■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その14【募集中】
1名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:41:58 ID:AINxSUgw
ここは作者さんから依頼を受けたスレを評価したいという方が評価する場所です。
基本的には依頼された作品(過去に依頼・評価された作品でも可)を評価することにします。


評価を依頼したい作者様は、
  ・作品名とその作品のアドレスを書いて下さい。
  ・出来ればどのような方針が良いか(甘口・辛口等)もあればお願いします。
     ※この辺りを具体的に表示しておくと評価する側もやりやすいかも?
  ・話の流れで自分の依頼が忘れられてそうな場合は正直に言いましょう。
  ・評価されるまで時間がかかることがありますが(特に長編)、ゆっくりお待ち下さい。
  ・評価人はあくまで一個人として評価をしています。
  ・一度評価してもらった作品に再度評価依頼するのもオッケーです。
   以前もらった評価への誘導があればなお良いかもしれません。
  ・評価依頼の際には、酉などで自己証明しておくと評価人も安心して評価出来ます。
   酉をお持ちでない作者様は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。
思ったような評価ではなくてもあまり気にせず、あくまで参考程度とお考えください。
評価が散々でも気にするなよ。君ならきっと良い作品が書けるさ。


評価をしてくださる方は
  ・作品を少なくとも一度は読んでから評価する。
  ・辛口依頼をされていない場合、辛口は遠慮しておきましょう。
    ※あくまで辛口評価であって、悪口にならないようにしましょう。
  ・評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!
以上を心がけましょう。
また評価人評価はここではご遠慮ください。


評価人随時募集中。1作品のみ評価とかOKなので気軽にどうぞ。
他の方が評価した作品を再評価、もOKです。

2名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:43:41 ID:AINxSUgw
前スレ
【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その13【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/



過去スレ
【金糸雀と】やる夫スレを評価するスレ【その他が】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235999157/

【依頼】やる夫スレを評価するスレ その2【お待ちしてます】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1236753483/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その3【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238030319/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その4【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242173154/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その5【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244051236/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その6【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その7【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その8【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248240682/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その9【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その10【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250756053/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その11【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254940811/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その12【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/

3名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:44:16 ID:AINxSUgw

未評価作品一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜7スレ目〜

無劫世界でやる夫は…  ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/245
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238932469
   【最終スレ】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245488107/



〜12スレ目〜

やる夫とマナと聖剣と      ※完結したようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/474
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246281630/
   【最終スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1259420358.html

【幻想水滸伝Ⅴ】やる夫は108星束ねる王子のようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/749
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257860011/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263096531/

やるおでドラクエⅤ
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/771
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255522838/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258984057/

世界仰天!第一回蒼星石会議!
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/9
   【該当スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2815.html

カナリアホームズの冒険 番外編 【大乱闘やる夫ブラザーズ】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/290
   【予告スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2869.html
   【本編スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260009117/  543レス目から

やる夫が未来を変えていくようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/355
   【該当スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1258283925/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:46:42 ID:AINxSUgw
ちょっとミスった; >>3修正。


未評価作品一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜7スレ目〜

無劫世界でやる夫は…  ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/245
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238932469
   【最終スレ】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245488107/



〜12スレ目〜

やる夫とマナと聖剣と      ※完結したようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/474
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246281630/
   【最終スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1259420358.html

【幻想水滸伝Ⅴ】やる夫は108星束ねる王子のようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/749
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257860011/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263096531/

やるおでドラクエⅤ
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/771
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255522838/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258984057/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界仰天!第一回蒼星石会議!
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/9
   【該当スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2815.html

カナリアホームズの冒険 番外編 【大乱闘やる夫ブラザーズ】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/290
   【予告スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2869.html
   【本編スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260009117/  543レス目から

やる夫が未来を変えていくようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/355
   【該当スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1258283925/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:47:24 ID:AINxSUgw
未評価作品一覧2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【洞仙って】やる夫が仙人になって大地を救うようです6【素敵な仕事だお】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/403
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1242643860/
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261990894/

やらない夫とやる夫でWICKED  
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/422
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1259079331/
   【現行スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262798644/

やる夫のPS0のようです   ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/712
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1258279597/
   【最終スレ】ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1260013940/

やる夫達が殺し合う宿命は遥か昔から定められていたようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/830
   【開始スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1257643798/  185レス目から
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262271875/  344レス目まで

やる夫がドラゴンクエスト33の主人公になるようです   ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/866
   【該当スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/

【幻水4】やる夫が海上騎士団員になるようです【やる夫】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/867
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1249815387/
   【現行スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261235246/

やる夫はひと夏の思い出から始めるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/919
   【該当スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1261852944/

やる夫がロボ戦記に参戦するようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/961
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254550758/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263132246/

やる夫のガンダムSEED  C.E.73 STARGAZER
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/969
   【該当スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254550758/  171レス目から

【YARUO】やる夫が救世主になるようです【SAVIOR】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/973
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1241436763/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262692391/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:53:30 ID:dknQzpcc
スレ立て乙です。

7名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 17:55:34 ID:IWf2KJoY
>>5
>やる夫のガンダムSEED  C.E.73 STARGAZER
>依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/969
>【該当スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254550758/  171レス目から

これの該当スレのURLがロボ戦記さんと同じになっとりますな

正しくはこちら

中編、短編投下所10
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/   171レス目から

8名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 18:11:20 ID:gfBivJgI
乙です

9名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 18:18:32 ID:uR8/.32M
乙ですぜ

10名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 18:31:57 ID:Bs8udH1w
乙です

11名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 20:16:34 ID:R.6tPYw.
乙っす

12名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 20:19:52 ID:fDXRrBWo
乙です

13名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:36:02 ID:Y/zs48ZY


       _,..、         ……やる夫作者にはMが多いのか?
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'        評価依頼が予想に反して多くて、困った気もする。
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>         スレをまたいでは、読み辛かろうと、こちらに投下だ。
       | 」_l
       ヒノノ           問題があったならば指摘しておいてくれ、反省しておくから。

14名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:36:41 ID:Y/zs48ZY


                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ   まあ、それはともかく。
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,    ……任務了解。
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `    ミスリルの相良宗助だ。
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l          今回はこの作品の評価をさせて貰おう。
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /          「やる夫がロボ戦記に参戦するようです」
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263132246/
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /


         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::    元ネタは……なし。
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::     オリジナルのロボット戦記らしい。
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/      主人公やる夫達は、
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/       とあるゲーム機媒体を通して
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!          混乱、戦闘にに巻き込まれていく……
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l             と言った感じだ。
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、             クオリティは……中々高いぞ。
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_

15名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:37:03 ID:Y/zs48ZY


        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ /    7 / /      ハ !     因みに、何故この作品の評価を先に持ってきたかというと、
      {  l/  ̄ ̄`/  ´ ̄ ̄|!l
      ヽl             | ノ       以前依頼された時に、若干手をつけていたからだ。
    ,イヽハ  U          ! 、
  /  |   ヘ    r――┐ メ ハ \      原則として、評価依頼順にやっていきたいが、
/    |   l\  ` ̄ ̄´ ,/  l   \
     |   l  `:丶-- - イ ´l   l    \   今回は勘弁していただきたい。
     | ,--、ヽ         ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |




             /|___,
           ,::'´::::::;;;;::::::::::∠、
            ノV:::/"::`ヽ ヽ::::::::ゝ
        /:::/:::ソ::::::::::/リ::∧::::、:::::ゝ
       /_::ソ:::::::X:ハ:/レ フヽレ:::::ハレ:::ゝ     それでは早速
       ´ レ::::::/●レ    ● 从わ::ゝ
          レ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ:ノ       作者様依頼の3点から見ていこう。
        /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._) メ ノ:::/⌒i
      \ ///\>,、 __, イへ/   /
.        ///  ヽ |_\/__」ヘ、__ム
       `ヽ<     [:::人:::] ヽミ彡'

16名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:37:34 ID:Y/zs48ZY



                         ┌───────────────┐
                         │  ① 台詞が読みにくくないか? ..│
                         └───────────────┘

                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、   先ず1点目はこれ。
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    読み易さ、に関して。
           / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r     「読み易さ」に関しては、問題は無いと思う。
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、      とはいえ、台詞そのものに問題が無いか?
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \      との問いには、さにあらず、と言わざるを得ない。
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
               /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |


       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、      読み易さには問題なしだが、
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ      台詞の内容には問題ありだ。
       .<) ,l i>
       | 」_l      一言で言えば、推敲、練りこみの不足だな。
       ヒノノ

17名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:37:55 ID:Y/zs48ZY


/l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /;;;/   // /;;i' /|   ト、_;;;<,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , //;;;;;;/   // /;;/,/;l  , |;;;;;;ヾ,、;;;`;、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /i レ;;;;;;/   /;;i /|;/ i;;;;|  |.ト、;;;;;;ヽ\|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;i /;;;;;;/ / /;;;;レ"i;;レ"|;;;|  i; |;;小;;;;;;;;i '
;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;i/;;;;;;;/ /,,,=テニミ=,,  i;;;l  i;; i;;;;! ヾ;;;;i
;;;;;;;;;;;;;i /;;;;;;i;;;;;;;;/ / /i;;;/,,,,,,,,,'''=ミ;i  /;;i;;;;;;;;i  `リ
;;;;/ i;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;i  /i ,/.|/'~I;て,)~`.i ii`-/、;;iヾ;;;;i       台詞は基本的に上手くかけているが、
;;イ^i;;;;i/;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;i i  i  ト;;;;ノ : i;;iル'、 リ  ヾi
")vl;;;/|/|;;;;;;;;;;;;;;i i/iレ'    `-,,,,- l;;;;/ ,メ,  ノ        ノリで書いてそのまま、という箇所が
(,_,|;;;i`!'-i;;;;;;;;;;;;;;;i'i ,リ  // |\  レ'    ` ,_
\i;i~l'-、i;;;;;/^i;;;/ "         '       ~フ        散見されたな。
\リ-、__ i;;;i  レ'                _ ノ
;;;;;ヘ,   キi                   /           特に、廚二要素を含む台詞に多い。
;;;;;i `、,__,A'                   i
;;;;;;i     キ               ,r---,,」
;;;;i、i     `,             '    )
;iv `      `,               /
i     i    ` ,             !
!      i      ` ,           i
__      i        ` - ,      _ノ
  `- ,__   i         ,---~''---''~
     `- ,I_        l
         `- ,     ノ
           `-,  /
             Vゝ



           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |    適度な廚二要素は、
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ      物語を引き締めるのに役に立つ。
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!        俺は廚二要素を否定はしない。
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶        だが、使うのなら、もう少し慎重に
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\        言葉を選んで欲しい。
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\    意味が通らなくなっている台詞が多いんだ。
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\

18名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:39:10 ID:Y/zs48ZY


       _,..、               ・ ・ ・
      ,'´ ノ `ミ、    ただ格好良さそうな言葉を並べ立てるんだったら、
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ     誰にだって出来るからな、そこを、ただ並べるのでは無く、雰囲気だけではなく、
       .<) ,l i>
       | 」_l      取捨選択をし、台詞に矛盾が無いようにしてくれ。
       ヒノノ




                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<       台詞が読み易い、という、
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ       強みにもなる点が、
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /γ⌒ヽ/l/ヽへ、::|         弱みにもなっているんだ。
            〃|::::::::::/イ⌒` レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃   ヽ    _     / !|          ノリに引き摺られず、
              l∧ い      ´  |    lイ/
                 ヽ、 く      /  メr==-、        推敲と練りこみをしっかりやってくれ。
                 ,- 、ヽ、丶 __ / 冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \          なに、強みがある分楽なもんさ。
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ

19名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:39:30 ID:Y/zs48ZY


              ┌─────────────────────────────┐
              │  ② AA(特に戦闘シーン)がゴチャゴチャしすぎて、醜くないか。   .│
              └─────────────────────────────┘


        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N     さて、次は、AA関連の依頼だ。
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l      この作者氏は非常に戦闘シーンに力を
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ     __  ._    ハ \     注いでいる。
/    |   l \    __   メ/  l   \
     |   l  \       /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |




                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、    そして、全体として、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ        演出面は派手だ。
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/           中々に凝っておられる様で、
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /             「方向性」の修正は
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |             必要ないだろう。
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /

20名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:39:58 ID:Y/zs48ZY

                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    しかし、なおすべき点は多々ある。
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r      先ずは、「ズレ過ぎ」をどうにかする、だな。
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|
              l∧ い    ,-- 、     lイ/         良くも悪くも貴方のスレの表現は
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i         大雑把だな。
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、   パッと見は良いかもしれないが、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ   良く見ると、荒が目立つ。
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          |
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |
      / /            /....:::::::::/::....    ヽ..  ̄ヽ、     |
    /             ..:::/::::::;,─ ´    :::::..... ::::::::::.......     |
    |          ....:::::::::::/::/:::::::::::::::::::::...............::::::::....:::::::::::::::::::.. :::|
    |      ....:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

21名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:41:07 ID:Y/zs48ZY


       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、   「ズレ」に関しては「.」(3ドット)「゙」「!」(4ドット)なんかを利用したり、
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ     文字パレットの「dot」の所を見ながら少しずつ修正。
       .<) ,l i>
       | 」_l       せめて、1〜2ドットのズレにして貰わないと、かなり残念だ。
       ヒノノ



     _,..、
    ,'´ ノ `ミ、    例えば、こういうやつ。 多用されているが、
   イル'ノ)^))レ'
    `リ(!゚ ‐゚ノ     波打ってるのが結構あって、萎える。
     .<) ,l i>
┏───────────────────────┓
 ┃|||                       ┃|||
 ┃|||      レ| | / /| | | | | | | | | | ,     ┃|||
 ┃|||   〈/| // i!_ _  ` 丶 .,_¨゙℡_┃|||
 ┃|||    寸K==┤.   へ ̄ =─二 ./ 7.┃|||        _______  / ̄/
 ┃|||   | | |    l´/   /ヾ、   〉〉_.//┃|||       /          / / /
 ┃|||    | | /    ! i℡、/》》>ヽ  //__//┃|||       /          / /レ/ / ̄/
 ┃|||     |      i_ ! ヽ ∧〈    ヽ| | ─'  ┃|||     /_____   /     / /             _从
 ┃|||   | |       l├‐、;;;;ヽ\  | | | |   ┃|||             /  /     iY/              / / _从__
 ┃|||   | | |      |└─;;,- 、\ヽ ,イy_ ┃|||             /  /                     /,.,// //  /
 ┃|||     | |      ヽヾ.;;;;}、  \ 》《〆 } ┃|||    _____/  /                      " /,、/'´ /
 ┃|||     |       ! l;;;;\ヽ  ヽヾ_./ ┃|||    /             /                          ゙ //
 ┃|||    | |      。|ヾ;;;;;;;;;;ヾ( __ソヽ| | | | ┃|||  .  /_______/
 ┃|||  | | | | |  _ _ _|/;;;;;;;;;;;;/ /  〉| | | | ┃|||
 ┃|||   \\巛/> 、. __/ /  イヾ゙i}}  ┃|||
 ┃|||     | | \ミ>、.__〈  )〉'  /  /ヾ  ┃|||
 ┃|||      \\ミ>、ヽ彡ヽイ ヽノ リ  ┃|||
 ┃|||        `ー゙゙ -< 彡ヽ イ  /  ┃|||
 ┃|||             `<彡ヘ /    ┃|||
┗───────────────────────┛
             ↓
┏───────────────────────┓
 ┃|||                        ┃|||
 ┃|||      レ| | / /| | | | | | | | | | ,     ┃|||
 ┃|||   〈/| // i!_ _  ` 丶 .,_¨゙!℡_┃|||
 ┃|||    寸K==┤.   へ ̄ =─二 ./! 7┃|||
 ┃|||   | | |    l´/   /ヾ、   〉〉_.//.┃|||
 ┃|||    | | /    ! i℡、/》》>ヽ  //__//.┃|||
 ┃|||     |      i_ ! ヽ ∧〈    ヽ | | ─'. ┃|||
 ┃|||   | |       l├‐、;;;;ヽ\   | | | |   ┃|||
 ┃|||    | | |      |└─;;,- 、\ヽ ,イy_ ┃|||
 ┃|||     | |      ヽヾ.;;;;}、  \ 》《〆 }. ┃|||
 ┃|||     |       ! l;;;;\ヽ  ヽヾ_./゙ .┃|||
 ┃|||    | |      。|ヾ;;;;;;;;;;ヾ( __ソヽ| | | |..┃|||
 ┃|||  | | | | |  _ _ _|/;;;;;;;;;;;;/ /  〉| | | |┃|||
 ┃|||   \\巛/> 、. __/ /  イヾ゙i}}. ┃|||
 ┃|||     | | \ミ>、.__〈  )〉'  /  /ヾ゙. ┃|||
 ┃|||      \\ミ>、ヽ彡ヽイ ヽノ ゙リ. ┃|||
 ┃|||        `ー゙゙ -< 彡ヽ イ  ./゙  ┃|||
 ┃|||             `<彡ヘ /   ┃|||
┗───────────────────────┛

    _,..、
   ,'´ ノ `ミ、
  イル'ノ)^))レ'    丁寧にやれば、
   `リ(!゚ ‐゚ノ       コレくらいの修正は誰にでも出来る。
    .<) ,l i>

22名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:41:43 ID:Y/zs48ZY

                   「i|
                    | ||
                    ,r‐ォ}」|
                    l []ノ,}
                {  ,ノ
                  /  |
              /  |
               /   l
              l     !
                 l    | _  /∠ へ
              l  ノ  l> `    // \        我流だが、
            l     lフ / ///ハ ヽ
             |     l7〃/オ/ー≦ トi ト        俺はこういうズレ修正の時には、
             |  / |〃|   L     |、ト
           /| /   l {jl  , ─ 、   l ハ         一番ずらし難い所を捜し、
           iー'´    l }ヽ.   ̄   /'
           l        ∧-L   ̄  /l            そこを基準点として、
            l     /  \  `i ー' ト、
             l  / /  l \」\ /、 ハ          修正を行っている。
           ノ、   /   l      ト、| 〈 |
           ヽi  /     l     | l ,. <ヽ        ……まあ、凡人代表の見本と見てくれれば幸いだ。
                |       l    lノ/   \
              |          l   |/    ヽ
              |           |o |`ヽ |  i






             /|___,
           ,::'´::::::;;;;::::::::::∠、
         ノV:::/"::`ヽ ヽ::::::::ゝ
        /:::/:::ソ::::::::::/リ::∧::::、:::::ゝ
       /_::ソ:::::::X:ハ:/レ フヽレ:::::ハレ:::ゝ     因みに今回は、
       ´ レ::::::/●レ    ● 从わ::ゝ
         レ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ:ノ        上から5,6行目のすみっこ、
       /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._) メ ノ:::/⌒i
      \ ///\>,、 __, イへ/   /         312dot目に合わせたぞ。
.        ///  ヽ |_\/__」ヘ、__ム
       `ヽ<     [:::人:::] ヽミ彡'

23名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:42:06 ID:Y/zs48ZY

       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'    あと、貴方のスレにお勧めしたいのは、
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>     効果音の分割利用だな。
       | 」_l
       ヒノノ      まず、実例を見せよう。



          _,..、
         ,'´ ノ `ミ、      例えば、このシーン。
        イル'ノ)^))レ'
         `リ(!゚ ‐゚ノ        これを俺流に改変してみよう。
          .<) ,l i>
┏────────────────抜粋↓─────────────────┓
                       /^ヽ   r(⌒ヽ
                  /ィ  Tヽ二 ノ{⌒ヽ\
                      厂 ト- ' ィ--{  ミー {  ヽ
                 rク7´ lヽ rニ' _ヽ -xく /⌒ヽ
          _ _ イrイ { | i′ くヽ._ノヘ  / イノ厶
           / 「´   |└ゝ`ニ! V〈\ `´ / ィヘ   〃⌒ 、
    ___, r二{  ヽ _ ..ニ=一'∧ }i、ゝ>   '7/ // /  ハ
   `ーr rァ `ト、_,ノ/  イ  l{ {`ーヽ≧ーブ /イ_」 ⊥ _「` ¬         へえ?
       ` (/´   /  /'|   l|ヽ、_ ニ=‐'´ / / /     l r 、j
             /  / |  |\__   -‐ ´_  { {,イ ̄`T | | / ヽ
           i  | |  | |    トイ ! |  ー,ノ    ヽ‐ミV l  ヽ
             ∟r1  |   | ヾ、_  ヽ ー' /`ー ' ̄\}  }| rヘ
            ヽ. ノー‐'l_  |     ̄丁 ア´     __ r-ト-'-ヘー'  〉
             / ̄` ┴- '、_, -‐ニ ̄ ̄ミk、     Lr/-、 _jヽ‐'
            /   __   /     \   ヽ     / >‐ヘ
         /  //´  ̄ /  _ 二三  ヽー-ぃ  / |  ,ニ、l    /⌒
          /  //   | ∠_    `ヽ    | V  ト-i L. |  , -‐'
.        /  //   r‐一'′   〉\  ヽ  /  |   | | ヽ」,ノ
       /  , /   {  ヽ-   /  /ヘ  |〈   !  ,ハ-ヽ (   :.、_
        |   i「     `ヽ-イ  ヽく  〃 /  ヽ∧/  >‐ 、ンヽ::...
¬、      〉  」|        /Y    ハ/厶'   ∠ l  /    `Y:::::...
   ヽ  / フイ二 ̄`ヽ、イi }|  / j ノ'′_彡'   `ヽ {       `ヽ
  ..:;′/  /        | |  |   {r'/ ̄       .:  〉-、,イ::..
  .:::⌒ く⌒ヽ、_       /  ハ  〉、   .:::::  .:.    ヽ
        、::..  ー、    /  { ヽイ ヽー    、_
           ノ-、     ∧ !r'::..  ヽ
         :...   ト、  / ヽ┘{:::::: . .
         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.       ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.       ';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
.          V     U                             〈:::/ \/

24名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:42:26 ID:Y/zs48ZY

──改変例──

              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 |ハ::::|::::i|:::::Ⅵ::丁癶、∨:.ハ/イじ心j|:::/:::::|:::::::|:::::::∧
                 |  Ⅵヘ: \::ヾィ笊心ミ \ト  辷Zノ  イ:::::: i::: : |::::::: 八      へえ?
                   \ヾⅥ\ヘ弋zリ           イ::::::: i::::: :|:::::i|:::::::\
            __            |i|:::::|:ヘ    、         リ:::: /!::::| |:::::i|! ::::ヽ::\
     ../::ヽ.   「::::l /}     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     〈:::::::ハ  |:::::j '´
        ';:::::::l l/ _                   /^ヽ   r(⌒ヽ
         V:::::l /::::}.               /ィ  Tヽ二 ノ{⌒ヽ\
          V:::レ::::::::r'                   厂 ト- ' ィ--{  ミー {  ヽ
        ';:::::::::/               .rク7´ lヽ rニ' _ヽ -xく /⌒ヽ            __
        ';::::〈           ._ _ イrイ { | i′ くヽ._ノヘ  / イノ厶          ./´::::> ,.-.、_
           ヽ::::〉         / 「´   |└ゝ`ニ! V〈\ `´ / ィヘ   〃⌒ 、       /:::::/ /:::::/
            .V   ___,r二{  ヽ _ ..ニ=一'∧ }i、ゝ>   '7/ // /  ハ       /:::::/ /::::://::7
        .__   _ `ーr rァ `ト、_,ノ/  イ  l{ {`ーヽ≧ーブ /イ_」 ⊥ _「` ¬   ../::::::< └-' 〈_:/
      ./:::/ /´::::/.   ` (/´   ./  /'|   l|ヽ、_ ニ=‐'´ / / /     l r 、j   /:::;へ::::\
      |:::::/ /:::::::/./!       /  / |  |\__   -‐ ´_  { {,イ ̄`T | | / ヽ  ∨  丶;::::>.
      l::::i /:::::::://:::/       i  | |  | |    トイ ! |  ー,ノ    ヽ‐ミV l  ヽ      `
      l:::::!ヽ一' l/         ∟r1  |   | ヾ、_  ヽ ー' /`ー ' ̄\}  }| rヘ       __,,..、
      l:::::l             ヽ. ノー‐'l_  |     ̄丁 ア´     __ r-ト-'-ヘー'  〉     /::::::::j__
      ;:::::└‐:::ァ             / ̄` ┴- '、_, -‐ニ ̄ ̄ミk、     Lr/-、 _jヽ‐'     .,:'::::::::/::::::〉
      !::::;_:::::::/            /   __   /     \   ヽ     / >‐ヘ        /::::://:::::::/,.ヘ.
      |::/  ̄  __,,..、    ./  //´  ̄ /  _ 二三  ヽー-ぃ  / |  ,ニ、l    /⌒ /:::::<  ー-'<::/
      U    /::::::::j__  /  //   | ∠_    `ヽ    | V  ト-i L. |  , -‐'  ,,,'::::;ヘ::丶、
         ,:'::::::::/:::::::〉 /  //   r‐一'′   〉\  ヽ  /  |   | | ヽ」,ノ     レ'   `¨
         /::::://:::::::/,.ヘ.  , /   {  ヽ-   /  /ヘ  |〈   !  ,ハ-ヽ (   :.、_
        /:::::<  ー-'<::/  i「    `ヽ-イ  ヽく  〃 /  ヽ∧/  >‐ 、ンヽ::...
       ,,,'::::;ヘ::丶、     〉  」|        /Y    ハ/厶'   ∠ l  /    `Y:::::...
       レ'   `¨   ./ フイ二 ̄`ヽ、イi }|  / j ノ'′_彡'   `ヽ {       `ヽ
            ..:;′/  /        | |  |   {r'/ ̄       .:  〉-、,イ::..
            .:::⌒ く⌒ヽ、_       /  ハ  〉、   .:::::  .:.    ヽ
                、::..  ー、    /  { ヽイ ヽー    、_
                     ノ-、     ∧ !r'::..  ヽ
                   :...   ト、  / ヽ┘{:::::: . .

25名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:43:08 ID:Y/zs48ZY

             /|___,
           ,::'´::::::;;;;::::::::::∠、        どうかな? ただ下に効果音を置くよりは良いと思う。
            ノV:::/"::`ヽ ヽ::::::::ゝ
        /:::/:::ソ::::::::::/リ::∧::::、:::::ゝ       行った操作は単純だ。 メインのロボを若干中央よりに配置、
       /_::ソ:::::::X:ハ:/レ フヽレ:::::ハレ:::ゝ
       ´ レ::::::/●レ    ● 从わ::ゝ         一文字ずつ切り取った効果音を貼る → ズレ修正の繰り返し。
          レ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ:ノ
             ヘ /⌒l   メ ノ::/           カットインは俺の好みで。 パイロットとロボの隔たり、距離を表した。
           ┌┴─|__, イへ
.              | ̄ ̄|[\/__」 ヽ           人物キャラのカット以外は、パーツは自体は変えてないぞ。
             /|   |[:::人:::]    ヽ






┏────────┓
      __
../::ヽ.   「::::l /}
〈:::::::ハ  |:::::j '´
 ';:::::::l l/ _
  V:::::l /::::}.
  V:::レ::::::::r'
    ';:::::::::/
    ';::::〈
    ヽ::::〉
      .V

  ,__   _
./:::/ /´::::/
|:::::/ /:::::::/./!
l::::i /:::::::://:::/
l:::::!ヽ一' l/
l:::::l
;:::::└‐:::ァ
!::::;_:::::::/
|::/  ̄


    __
   ./´::::> ,.-.、_
  /:::::/ /:::::/
  /:::::/ /::::://::7
../::::::< └-' 〈_:/
/:::;へ::::\
∨  丶;::::>.
     `

       __,,..、
     /::::::::j__
   ,:'::::::::/::::::〉
  /::::://:::::::/,.ヘ.
  /:::::<  ー-'<::/
,,,'::::;ヘ::丶、
レ'   `¨

       __
      /:::::/
    /::::::://:ヽ
   /::::::::/':::::::/
  /:::::::< ヽ;;/::::>
 /::::;::::::::\ ヽ'
〈:::/ \/
┗────────┛

       _,..、        こんな感じに、1文字ずつ切り取ってmltなりなんなりにして、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'       保存しておくと便利だ。 面倒だけどな。
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>        保存しなくても、効果音は、1文字ずつ貼る、を徹底させれば、同じ効果だ。
       | 」_l
       ヒノノ        まあ、どっちが結局楽かは言わなくて良いだろう。

26名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:43:30 ID:Y/zs48ZY


           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |    AA表現に関しては、
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ      自身でも非常に考えているようで、
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!        好感が持てた。
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶        方向性に関しては、問題なしだ。
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\      そのまま進んでくれ。
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\    あとは、丁寧に な。 それが一番のポイントだ。
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\        ̄ ̄ ̄
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\


       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'       さて、次。
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>
       | 」_l
       ヒノノ

27名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:43:48 ID:Y/zs48ZY



                 ┌────────────────────┐
                 │  ③ ストーリーの流れは分かりやすいか?  .│
                 └────────────────────┘

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ        コレに関しては、
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ /    7 / /      ハ !              正直評価不能だ。
      {  l/  ̄ ̄`/  ´ ̄ ̄|!l   __ , -―- 、
      ヽl             | ノ  / !     __,r‐、     何しろまだ何も始まっていないからな。
    ,イヽハ U               ! 、 {  !     / .ノ 〈
  /  |   ヘ    r――┐ メ ハ \|  \  ,.-ノ /  /
/    |   l\  ` ̄ ̄´ ,/  l   | >、  Υノ    /
     |   l  `:丶-- - イ ´l   l  {__ !  !,.-'  /
     | ,--、ヽ         ! / ̄!    .\ |   ,イ、
     |/    \       l/  |    / ヽ  /
           ノi一    ーlヽ、    /     /

28名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:45:05 ID:Y/zs48ZY

/::::;::':::::::;::':::/:::::::/::::::/ /_, -|::/ァ |::::::::::::/|::::::::|::::::::::::|:::::::::/ リゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::/::::::;::'::;:'イ:::::::/:::::;:'、=チー"ly |/   !::::::::/ |::::::;|::::::::::::ト、::::::|, ⌒) ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
イ::::::,イ:::/ l:::::,イ::::/l ヾ  _|j/|   !:::::/  |:::;' |::::::::::;' }::::;'_/  l:::::::::::::::::::::::::::::ト、::.,
l:::::/ |:/   !::/|::::/|/Y   =ニ二   |::/    |/ |:::::::/  |:/  Y´⌒) |:::::::::::::::::::::::::::|  ヽ
:::/  !   l/ |:,' / }ノ         |'     |   !:::/  ノ``'´  / /:::::::::::::::::::::::::::ヽ
/     |   .! /        、          |;'     ̄゛ー' /::::::::::::::::::::::::\:::;ハj   そしてそれが貴方のスレの
        /       , --、 `ミ、、            ト、__./:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ヽ _-   / ,、-― \ `ヾ           |   |::::::::::::::::::::::::::::::{⌒ `       1番の問題点だ!
           ト / ∠、     \               |    !:::::::::::::::::::::::::::::|
           l´\/_, -'   ,  ―.l          /  |    |イ::::::::ト:::::ト、:::::|           10話近くかけて、
              、 \  /    |      \/   /  | |/ヾ|ヾハ>':| ヾjー、
               ヽ  `、/   ___ノ      /\/   |    /      \         漸く導入は遅すぎる!
                ヽ  トー'´ __./       /  /     |   /         }
              \`ー ´___,      /  /      |/           /
                   、 ヾ""´      /       /           /
                `、         /       ∠ニニ`l         /
                  ヽ    __/ー、      l    | |        ,'


        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::    何も始まっていない、
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::    それ故、今このスレは、
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/     雰囲気を楽しむだけのスレである。
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j      これでは単なる、
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/          「ぼくの好きなロボット紹介」スレだ。
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ            戦闘シーンの連続のみは、
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//            AAでは限界があるぞ?
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ          話の根っことなるものをしっかり提示してくれ!
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、

29名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:45:28 ID:Y/zs48ZY

───‐‐‐.   ,
───‐‐   ./ ./  ,k''"_,..-'"~~三'二...,,,____
─‐─‐‐  ,イ .l.!/,' .///:::::::::::::::::==ニニ.....__
──‐   !l l l レ'::::::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,,.二=-
       l::ヽl::::::::::::::::,,へ...___,,,,,ノ:::::::::::::::::::::::::::二=-
`==::;- 、_,,.ゝ::`:::::::::::::,;: `-=='二__,,:::::::::::::::::::::::二=-
_,,..-‐‐'`. ゝ:::::ヾ:::::::::::::iメ,---‐‐'":::::::ヾ::::::::::::::::::::::::二=-
==‐___,.::::::::::::::::,:::::::::::,/!l::;、:ヾミ::::\;::ゝ:::_;;::_::::::::::::::二=-
 ̄ ̄/::::::::::::/::::::::::/,' |!\.`:::::::::::,__..../_, `j、::::::::::::二=-
  /:::,y::::::/:::::::::::://,く´`. `jl ,-'"    _,,..丿:::::::::::::     主人公に葛藤は無いのか?
  ///::::/:://::::!lレ'ヘソ _,; .┌'┐       )::::::::::::::::
./´ /, '/!/i./::::/!!ヾ "~   l! .!   ^ヽ ;-'^k           悩みは? 友人の存在はその程度なのか?
   ."|/ .l! |l:/ .リ!  ,.._   l!_,,j  /"~~   `;;ヘ.
     .ヽ|`=7 /  ヽ.  〈   l::::::::::.....     ´\        戦闘以外の描写が雑すぎる!
       リ\`ヘ    .Y  ,`-Y´:::::::::::::::.....    .ミ
    _     .`.、 .ヽ/ユ_,;l .、/ ./ヽ:::::::::::::::::::::::....    \        キャラクターを出しすぎだ!
  /.:::`ヽ/´`\\ `='" /`/ ,;'ゝ,::::::::::::::::::::::::::.....
  \:::::::::\   ;`、`-‐,-ヘ" ._-'";;;;;ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::...           本当に全員動かせるのか?
=‐-=:.,-‐=-'"`k-、  y-'.......::|_'";;;;;;;;;;;;;;;}\  |:::::::::::::::::::::::::...
    / , '  ,   {_  |::::.....:::...``‐--┐/::::::ヾ!:::::::::::::::::::::::::::::::....
7=-/ /  ,イ  /   〉 l!`:::::..............::::: l .|;::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
  `=フ // ./   ./:::::..............:::....:::::: l .>::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  
    し, '" 、7  ../...,_;;;;;;;;;........,,,,;;;::::::l  |:::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
     `'"/  ,/!  `i..............::::::::::/ /':::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
      (___,/ l` -:',,,,,,,;;;;;;;.....::,_|ヨ  |;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
         |  |:::::;:;::::::::::::;;;,,,,,;_|ヨ  |; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......

30名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:46:19 ID:Y/zs48ZY



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ       そのキャラの描写の薄さを補っているのが、
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ      原作の存在だ。 AAの特性上多少は止むを得ないが、
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ /    7 / /      ハ !          ストーリーは「オリジナル」なのだろう?
      {  l/  ̄ ̄`/  ´ ̄ ̄|!l   __ , -―- 、
      ヽl             | ノ  / !     __,r‐、  クロス設定を本筋に組み込んだり、
    ,イヽハ U               ! 、 {  !     / .ノ 〈
  /  |   ヘ    r――┐ メ ハ \|  \  ,.-ノ /  /   何時の間にか女神転生が絡んできたりと……
/    |   l\  ` ̄ ̄´ ,/  l   | >、  Υノ    /
     |   l  `:丶-- - イ ´l   l  {__ !  !,.-'  /     想像を絶する混沌だ。
     | ,--、ヽ         ! / ̄!    .\ |   ,イ、
     |/    \       l/  |    / ヽ  /        正直分析の頭が付いて行かなかった。
           ノi一    ーlヽ、    /     /



                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、    書きたい要素を全て書いたとしたら、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ         一体いつ終わるのであろうか?
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/            完結しない作品に意味など無いのだぞ?
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /               一度、物語を構成する要素、キャラクタの、
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |                 取捨選択をしたほうが良い。
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /                  勿論未登場の、な。

31名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:46:45 ID:Y/zs48ZY


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ     ストーリーサイドにおいては、
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|      「詰め込み過ぎ」と結論付けておこう。
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|        エタるのは書き手の権利かもしれないが、
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i         読み手に対する裏切り行為でもある。
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────    それを踏まえて、一度ゆっくりと考えてみてくれ。
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

32名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:47:10 ID:Y/zs48ZY



                           ┌─────┐
                           │ + α  ....│
                           └─────┘

           / /       /    /    |    ヽ__ \
          / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|     俺のこの表情は
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ         緊迫したシーンに向かないと思うぜ。
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !   U   ハ!
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧           戦闘AAに力を注ぎがちになるのは分かるが、
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧          AAチョイス、表情改変にも気を配ってくれ。
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\        AAに関しては、「丁寧さ」がキーワードだな、
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\     貴方の場合は。
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\

33名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:47:35 ID:Y/zs48ZY


                  /| ,//
               |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
             \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
            ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
           /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、     厳しく書いたが、
           フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
          〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ     面白くなる要素は充分持っているし、
           / /::::::::::::::-テ=t| /γ⌒ヽ/l/ヽへ、::|
          〃|::::::::::/イ⌒` レl    〃  ||> } |r     スレを追って、自力思考の向上心は見て取れた。
          / /|:「|「l〃   ヽ    _     / !|
            l∧ い      ´  |    lイ/       ストーリーにおいても、まだまだ「これから」だからな。
               ヽ、 く      /  メr==-、
               ,- 、ヽ、丶 __ / 冫::::/ /i       そこら辺期待しているぜ。
              /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
              /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、  ただしエタるなよ? したら許さねえからな。
              /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ



  |:::::| /レ':::::::/::::::::://:::::::/.:.',
  |:::::|´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ.:.ト、
  |:::::|:::::::::::::::/!::::,イ:::/::,:<イ.:.:.トj
_|:::::|::::::::::::::! 、レ' //レ' f外ソ/レ'
  |\!:::::::::::::::〉、     乂/イ          _ -− ´`ヽ
  |:::::|:::::::::::::::l `i       i        _∠_ '´ ̄ `ヽ \_______
  |:::::|:::::::,、∧!  !       〉         ,<|     ̄ ̄` 、_) ̄           |
  |:::::|/レ'    丶    __ノ         ./ |            i             |
_|:::::| ̄ ̄  ` 丶     /      /   !             |              |     以上だ。
  |\!-−- 、_   `ト- '       /    |   日 日 日百  ナ ヽ / ヽ   |
  |:::::|     `  ̄ `ヽ、    , ´    ,.イ   | 口_| .疋ハ  (メ、 レ  ノ    l
  |:::::|              ,`<       / !          ̄            |
  |:::::|             /   `ヽ /   |   ー−−-        -−−    |
_|:::::|         /      ハ'    |                      |
  |\!           /           !     !  ー- 、  ー- 、l l  i _|_ ーァ   !
  |:::::|         /          l.    |     _ノ    _ノ   |  !  /‐、  .l
  |:::::|        ,'             l   |              ノ    _ノ   !
  |:::::|        l             !   |           !              |
_|:::::|         {          l    |___, -‐ 二,ニ)、______|
  |\!        ',          l         /      ` /
  |:::::|        ヽ       _ -l       ノ       _ノ
  |:::::|         ト--− _ ̄-− ´|     /   ,r‐--‐'´
  |:::::|             |ー  ̄  _ -−ニl  /    /
  |:::::|       ∠二二二フ!_ -‐ ´イ /      /
  |\!       |      |:::!_ -‐ ´ }'´       /
  |:::::|______!=======.!:::!             /

34名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:47:56 ID:Y/zs48ZY


       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、    次回は「やる夫のPS0のようです」を評価する予定だ。
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ      作者様はもう暫くお待ちいただきたい。
       .<) ,l i>
       | 」_l       あまり筆が早いほうではないのはご理解願いたい。
       ヒノノ

35名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:48:25 ID:R.6tPYw.
評価乙

36名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:51:13 ID:jmslXRSw
評価お疲れ様です。

37名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:54:15 ID:JpDeBbZw
評価乙ッす。
自分にも当てはまるから気をつけるっす。

38名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:55:31 ID:wECkik2o
評価乙です、軍曹殿
戦闘シーンの効果音は参考になるなぁ

39名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:57:32 ID:Q/EPjHNE
評価乙です、軍曹。 (`・ω・´)
>>24の改変例とかすごく参考になりました。

40名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 21:59:19 ID:HzmT2vzs
評価乙です
ストーリーの詰め込みすぎ、キャラの出し過ぎは注意しないといけませんね
取捨選択は大事です

41メルツェル ◆a1H0Q8OEqo:2010/01/12(火) 23:04:53 ID:GNS8aW4g
>>34
相良軍曹殿評価ありがとうございました!


台詞の書き方、効果音などの使い方など全て参考になりました。
ストーリーに関しては誠におっしゃるとおりです。
詰め込みすぎなのは重々承知でしたが、やはり問題ですね ORZ
もう一度全プロットを練り直して見ます。

辛口と頼みましたが、丁寧な指摘と参考になる改変例などで本当に嬉しかったです。
今後とも努力します、ありがとうございました。

42takabow ◆rIlw7o/YYc:2010/01/13(水) 01:39:19 ID:WMC/JLV.
前スレ990様

評価ありがとうございました
>>情報の詰め込みすぎ
その通りですね、改変の仕方が素晴らしく、大変参考になりました

>>枠線のズレ
訂正がんばります

>>演出
吹き出し、顔出し色々と試してみます

>>その他気が付いた点
誠にその通りでした、以後反省、自重します

丁寧なご指摘誠にありがとうございました。

43名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:09:18 ID:CZqk31q2

                   __ _
                  γ´-──- ヽ   前スレ>>982
                  ,レ', -──‐-、|     
              〈, イ (●) (<) − ☆     はーいイラッシャイお兄さん
               K>.;:",;:;.:::;:;:.::}           評価スレに来るのは初めて?
              /⌒ー ヾ;:;;:;;:;;(固);! 
          /    〃ヽ'    / !i ヽ           カタくならなくていいのよぉ?
          |  , 〃  L -─ i!   ヽ
          |  | 〃       i!     ヽ
          |/〃   y    .i! v   .|
          //i     ,'    !i |  /
          |' , |   |   /ヽ、ノ  /
            `ヽ、!  _人_/ 、 ,ノ   /
           |  ̄i~  ̄ ~"''''~i'   /



        /~ト=
       /ヽ_ノノ三
      , く   _/三.__         _ _
    /   ./三./ ノ }三    γ´-─- ヽ
    /、__ /=/`ー' /      ,レ', -─‐-、|        ってなにやらすんじゃーい!
   /   ,/丶 /三三    〈, イ(//)( 7)     
   /  /ヽ、 /三三三 -   K>.;:",;:;:;:.::}         特殊部隊Aです。
  /,/ _,∠ -┬―‐┬┬‐== ヾ;:;;:;;(固);!
,.-:「  ;:'''       !   :! L..ノノ三Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      今回ご指名につき評価させていただくスレはこちら!
 /|:! ,!   ::::-=二王 ̄三 ̄ ̄  ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
 |:|:! | i'''"""    !  ̄ !丁 ヽ三;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、 
 || ! ! ,|   ,;:::-┬―――三'三;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
 || !| |    ::::  l三|=  |三 ::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^
 ヽ|l,l|l___;;;;;__ノ三!=  /三三

【幻水4】やる夫が海上騎士団員になるようです【やる夫】
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1249/12498/1249815387.html

【幻水4】やる夫が海上騎士団員になるそうです【やる夫】 その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252166691/

【幻水4】やる夫は呪われし紋章を受け継いだようです【やる夫】 その3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1255199558/

やる夫は呪われし紋章を受け継いだようです その4
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261235246/

44名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:11:04 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|      ちなみに原作は未プレイ
            〈, イ(ー)(ー)    
             K>.;:",;:;:;:.::}       名前を聞いたことがある程度で
             ヾ;:;;:;;(固);!        誰が出てくるどんな話かなどサッパリです
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.      従って既プレイ者には分かるお約束など
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、     分からないことがありますのでその辺は
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,      よしなに・・・・・・
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^
【 評価のポイント 】

① 脇役含むそれぞれのキャラの個性をしっかり出せているか?

② やる夫がいろんな面で少しづつ成長していく様子が描けているか?

③ 前回の評価までと比べて、演出が良くなっているかどうか?

④ 艦隊戦の長さはちょうどいいか?

⑤ 以前の評価で「解説を付けた方が良い」とのご指摘があり、
 話と話の間に付けるようにしたが、こういったものでいいのか?

⑥ 単純に、読み物として面白いかどうか?

45名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:12:21 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|      読んでみました・・・・・・
            〈, イ(ー)(ー)    
             K>.;:",;:;:;:.::}        
             ヾ;:;;:;;(固);!      
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.   
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




        ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,        
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、       
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ
    /        '';;::: :: : : .   ',
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',      うーん
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '., 
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ       おもしろい
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~         物語序盤においては、複雑な設定を
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;  ○::|:| :||i ○.}        解説するためか、ついついキャラクターを
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ         しゃべらせすぎたりして、演出上見難い場面が
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、        多々見受けられますが、話を重ねるごとに
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i      改善されております。
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} /   
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/
    /""''''';;;__\\`i 〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::    
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::    
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄ l

46名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:14:08 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|       戦闘場面の演出などはもはや私が口出しできる
            〈, イ( 三●三●   レベルではありません。
             K>.;:",;:;:;:.::}      
             ヾ;:;;:;;(固);!        スレ見る側から、スレ作る側から見ても
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、       すげーの一言です。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.   
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、    ただ||||||||||||で表現される罰の紋章が見せる世界の
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   描写は分かりにくいかな・・・・・・改善案は特に思い浮かびませんが
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^   


③ 前回の評価までと比べて、演出が良くなっているかどうか?

   → 文句なし! 海上騎士団員編から呪われし紋章編に変わってからは作者が別人になったんじゃ
     ないかと思えるほど。

④ 艦隊戦の長さはちょうどいいか?

   → よいと思います。その分白兵戦がしっかり描写されているのでバランスよく感じます。

47名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:15:01 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ     順番が前後しましたが次に①と②です。
                ,レ', -─‐-、| 
            〈, イ(●)(●)      登場人物が結構多いのに、それぞれのキャラが
             K>.;:",;:;:;:.::}       生き生きとしているのは良いと思います。
             ヾ;:;;:;;(固);!      
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     これはそれぞれエピソードをあてることにより
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.   掘り下げが出来ているからです。広く浅く。
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、    ただ、序盤のできる夫だけはキャラがぶれてよく
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  分からない人間でした。原作でもあんなふうなんですか?
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^



                 _ _
                γ´-─- ヽ     
                ,レ', -─‐-、|     そして主人公・・・・・・持ち主に強力な力を与える代償として
            〈, イ(ー)(ー)    その命を奪う呪われた紋章の継承者・・・・・・
             K>.;:",;:;:;:.::}      
             ヾ;:;;:;;(固);!       こんなものを持っている人間が成長しないわけはありませんし
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、  成長してもらわなければ困ります。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.  
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、   罰の紋章の由来を知るエピソードから特に顕著に主人公の成長を
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙, 感じることが出来るようになりました
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

① 脇役含むそれぞれのキャラの個性をしっかり出せているか?

   → 出せている。OK。ただし今後キャラクターが増えていく点に一抹の不安がある。
     キャラが増えすぎることで全てのキャラが薄味になってしまうのではないか。

② やる夫がいろんな面で少しづつ成長していく様子が描けているか?

   → これについては問題なし。

48名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:16:00 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ    
                ,レ', -─‐-、|      次に解説編を挟むことの是非ですが、これについては
            〈, イ(//)( 7)     スレによりけりとしか言いようがありません。
             K>.;:",;:;:;:.::}  
             ヾ;:;;:;;(固);!       本来ならば本編で不足が無いように、物語の背景や設定
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、 などは語られるべきですが、どうしたって無理が出てきます。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!    
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  ゲームなどで出てくる情報量に対してAA一投下で表現
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙, できることは圧倒的に少ないですからね。
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^  
                        魔法の効果なんかを四角で囲って説明しているのはいいと思います。




                 _ _
                γ´-─- ヽ       
                ,レ', -ノ‐-、|       ただ、解説編やら番外編やらごっちゃになってて、評価のために
            〈, イ(●)(●)     一気読みしましたが、全体を通してみると分かりにくいものがあります。
             K>.;:",;:;:;:.::}       
             ヾ;:;;:;;(固);!       えっ? これは何の話? となったところが多々あります。
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、   
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!   解説なら解説に徹する、サイドエピソードならメインエピソードの間に
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、 さりげなく挟むなどしたほうがいいでしょう。
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^  

⑤ 以前の評価で「解説を付けた方が良い」との・・・・・・
 
   → 解説編の解説とサイドエピソードで解説するスタイルに分かりづらさが。たとえばSDキャラの
    掛け合い漫才で用語解説とか、解説スタイルの徹底が欲しいところ。解説そのものについては
    よいと思う。キャラクター紹介は細かすぎて笑えるくらいすごい。

49名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:16:30 ID:CZqk31q2

⑥ 単純に、読み物として面白いかどうか?


        ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,        
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、       
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ
    /        '';;::: :: : : .   ',
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',      面白いですよ。
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '., 
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ     ただしもしも私がこのゲームをやっていたら・・・・・・という
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)  残念さがあります。もっとこのスレに対する理解が深まって、
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~    もっともっと頭の中でやる夫たちが演じる幻想水滸伝の世界が
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;  ○::|:| :||i ○.}    広がったんじゃないかと。
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ     
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、      特に貴方のスレは序盤非常に分かりづらいし読みづらい。
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i  評価のためでなければ元ネタも知らないし、読み続けていないでしょう。
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} /   
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/
    /""''''';;;__\\`i 〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::    
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::    
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄ l




 ::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
            γ ⌒ ⌒ `ヘ
           イ ""  ⌒  ヾ ヾ   .....
          / (   ⌒    ヽ  )ヽ
          (      、 ,     ヾ )
  ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
  :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
          .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_           ですが、③でも述べましたが、本当に別人が作ってるんじゃ
         γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ         無いかと思えるくらいに進化するんですよ。
   ::::::::::   ::( (    |l  |    )  ) :::::
 :::::::::::::::    ヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'.:::::::::      途中で読むのを止めた人は損しています。今からでも遅くないので
        "   ""'''ー-┬ーr--〜''""          読んでみてください。
     :::::'          |   |
             .::;;ノ 从 ゝ;;.              またこれから何かゲーム原作スレを作ろうと考えている人も、まず
                ,レ', -─‐-、|             このスレをお手本に見てみてはどうでしょう。どういう点が分かり
            〈, イ(◎)(◎)             にくく、またそれをどのように作者が改善していったかがスレを
             K>.;:",;:;:;:.::}             通して分かります。
             ヾ;:;;:;;(固);!  
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!  
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

50名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:17:25 ID:CZqk31q2

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|        長くなりましたが以上です。
            〈, イ(ー)(ー)   
             K>.;:",;:;:;:.::}          これだけ話が良くできていると評価することに難しさを感じます。
             ヾ;:;;:;;(固);!    
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、       私も評価する立場とは言えいちやる夫スレ作者に過ぎないのですから。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

51名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:20:58 ID:b9jzZUU.
評価乙!

52名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:22:35 ID:dkY3bLKc
評価乙です

幻水4は幻想水滸伝と思わなければ面白いんですがねぇ
あ、原作の話ですよ。システム周りがモニョモニョ

53名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 15:35:18 ID:I091b9LM
>>43おいww
評価乙でした

54名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 16:19:03 ID:rvZSmmFs
評価乙

55 ◆E2iem.0YHk:2010/01/13(水) 20:36:59 ID:dRzUL9MI
自分の依頼を取り下げさせていただきます。お騒がせしました

世界仰天!第一回蒼星石会議!
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/9

56 ◆evVAiCMD1M:2010/01/13(水) 20:52:42 ID:z1dkW6Is
特殊部隊A様、ありがとうございました!

>>キャラの個性
やっぱり増えると、全体的に薄くなってしまいますよね・・・
原作的に仲間キャラの108人はどうしても減らせないので、
それ以外でまだ出てない一般仲間(味方)キャラを削ってみます。
あと、108人の出番に優先順位を付けることも考えます。

>>できる夫
原作では「ただのヘタレな坊ちゃん」なんですが、
ダメなりに葛藤してるキャラにしようとあれやこれやしてたら、
だんだん自分でもよく分からないキャラにorz

主人公に次ぐ重要キャラなので、もう一度キャラ設定を
見直してみたいと思います。

>>解説
あああ、そういえば紋章砲だとか何だとか、
本来、本編でやるべき話だったかも・・・
それから、番外編と解説編を混ぜたら分かりにくくなるって
自分では全く気付いてませんでした。
次から解説編ではきちんと解説させる事をを心がけます。

>>序盤
改めてきちんと読み返してみたら、酷さに愕然といたしました。
今まで回想で使うシーンだけ読み返した事はあったものの、
通して読んだのは本当に久しぶりだったので。
改訂版作ろうかな・・・

自分でよく分かってなかったり、漠然と感じていた問題点を
指摘してくださって本当に助かりました。
また演出面など高評価をいただけた部分については自信も持てました。
何より、面白いと言っていただけたので安心しました。

ご指摘いただいた点を念頭に置き、
今後とも努力していきたいと思います。
本当にありがとうございました。

57名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:51:13 ID:crLwMHy6
45レス程投下させていただきます。

58名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:51:26 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l  
               l :   / |       北川町のアパート在住、メトロン星人です
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     こちらのスレを評価させて頂きます
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やる夫達が殺し合う宿命は遥か昔から定められていたようです【4スレ目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1257643798/  (185レス目から)
やる夫達の憎しみは殺し合えば殺し合うほどに増すようです【5スレ目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1259518119/  (全部)
やる夫達の殺し合いはもはや誰にも止められないようです【6スレ目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262271875/  (344レス目まで)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

59名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:51:38 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、         元々読んでいたスレなので、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、       ストーリーは1話から全て目を通しております
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !       
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        前回の評価も拝見しましたが、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       内容について概ね同意する次第です
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|       
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        今回はその後展開された第三章を中心に、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    作者様の依頼部分と評価人として気になった点を挙げていきます
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 

■作者様の依頼

【戦闘、会話なのどテンポが悪くないか】
【回想・『芸』の効果・各キャラの感情の動きに無理が無いかどうか、わかりにくくないか】
【不必要な展開・省けるような展開が強引に組み込まれていないか】
【起こっていることをAAと文章からちゃんと理解できるかどうか】

60名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:51:49 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|     相良様への依頼と率直な意見を望まれている事を考慮し、
   |   :   |      / ///    評価人として思ったことを包み隠さず提示いたします
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /       また、私自身は山田風太郎の原作小説とアニメ版を嗜んでいるので、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       原作を知っている立場での意見も述べさせてください
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

※評価の都合上、ネタバレを含みます。
  未読の方はご注意下さい。

61名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:52:03 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      【戦闘、会話などテンポが悪くないか】
    l l    _l      
    l l    ( ]       戦闘、街中、移動、回想など全体に言える事ですが、
    l l   ( ̄フ       一つ一つの描写が長いと感じました
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !         第三章は20話から始まり、本格的な戦闘は23話冒頭からです
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l             
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        それまでは陣営内での話し合い、街での描写、回想シーン、
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        頭領同士の密談などがありました
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__          
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     どれも必要な描写ですが、
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ     もう少し短くても良かったと思います
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

62名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:52:15 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   既に伊賀と甲賀での争いは避けられない状況(真紅は諦めていませんが)ですし、
   |   :   |      / ///   もっと早く戦闘を開始させても問題はないでしょう
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     それと回想などによるキャラ掘り下げはあえて番外編で行った方が
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/     本編をテンポ良く進められたと思います
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

63名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:52:27 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l     番外編の「同気相求」は「殺伐としてしまう本編」に対する一服の清涼剤として、
               l :   / |    とても楽しく読めました
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i   平時における里での暮らしや人間関係がうかがえるエピソードであり、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l   それによって「本編で殺された仲間への想い」も際立ってくるものです
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   また、芸の詳細な解説(意外な弱点など)や過去の掘り下げについては、
   |   :   |      / ///   こうした番外編でまとめた方が本編もスムーズに進んだと思います
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    それに本編と番外編の落差が激しければ、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       読者も「平和な時代なら良い人なのに争いがあるから……」と感情移入できるでしょう
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

64名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:52:39 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l         次に戦闘のテンポですが、
               l :   / |       第三章からはだいぶ印象が変わりました
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     芸の特性や弱点をついた頭能戦から、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l       道中での遊撃戦と直接的な肉弾戦が目立っています
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l       そのためか「力押しな戦闘」という印象が強いです
    l l    _l      
    l l    ( ]        また、こなたとやらない夫の芸によって傷は無効化されますし、
    l l   ( ̄フ         それ以外の戦闘も「なかなか決着がつかない」と感じました
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

65名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:53:12 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   気になった戦闘を挙げてみますと、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     以下の二つです
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


■ハル火VS承太郎

時間を止めて拳を叩き込む承太郎に対し、
ハル火が芸と気迫(しぃへの気持ち)で耐え抜きます

「時間を止めて攻撃→ハル火が耐える」という描写が続き、
今一つ盛り上がりに欠けていました

最終的にはハル火の粘り勝ちとなりますが、
それまでの戦いと比べると泥臭い結末です


■しぃVS言葉

「逃げるしぃと追いかける言葉」という構図になりましたが、
中々決着しないように感じました

しぃは「仲間に情報を届ける」という目的あっての逃走でしたが、
それを伝えきれず間延びした印象を感じました

66名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:53:23 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ           また、戦闘中でも心理描写(仲間の仇討ち云々)やセリフが多いため、
                ,ィ :   ',           テンポが悪くなったと思います
               (ノ :  () l  
               l :   / |           特に母親的存在のしぃ、しぃの娘と言えるハル火とこなた、
               イi :  ,ヘ、 |           誠の事になると情緒不安定な言葉は内面を描きたくなるキャラでしょう
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l           しかしその心情描写も過剰な感がありました
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ         その他に戦闘で気付いた点は、
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_____  後述いたします
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

67名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:53:35 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、              【不必要な展開・省けるような展開が強引に組み込まれていないか】
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !             テンポの問題と絡みますが、全体的に回想が多く、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l              「本編→回想→本編→回想」と繰り返される事もあります
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|            「不必要」「強引」とまでは感じませんが、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__           ある程度は削っても問題ないでしょう
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ        一通り完成してから再度読み直して、
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-    取捨選択するのも良いですね
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   また、一見チートとも取れるやらない夫やこなたの芸ですが、
   |   :   |      / ///   これを破るための「弱点を探る描写」は必要と考えます
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     そのため「探りを入れるだけの戦闘」もありましたが、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      これは削れない展開ですね
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

68名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:53:46 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l      【回想・『芸』の効果・各キャラの感情の動きに無理が無いかどうか、わかりにくくないか】
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |      ・回想に無理があったか?
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     回想シーンそのものはキャラの掘り下げに繋がり、
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }    意味のあるものでした
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      しかし「忍者でありながら情に流される甘さがあるのでは?」
    l l    _l       とも感じました
    l l    ( ]       
    l l   ( ̄フ       この点は「感情の動き」の項で詳細を述べさせていただきます
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

69名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:53:58 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        ・「芸」の効果に無理があるか?
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         本作は「常識の通じない能力バトル」なので、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        「こんなのありえない」というくらいが面白いと思います
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__         一方で「どんな芸にも弱点があり、油断すればやられる」という点は、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    これまでに描写されています
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   加えて第三章ではチートと思われたこなた、やらない夫、ラオウの芸も、
   |   :   |      / ///   弱点が露呈して緊迫感がでてきました
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      私個人は「芸の効果」について、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      違和感はありません
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

70名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:54:10 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l      ・各キャラの感情の動き
     /  /  (○)l      
    l l    _l         まず例外としてやらない夫を想い、
    l l    ( ]         和睦にこだわる真紅の感情は「アリ」だと思います
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\      夢見がちな態度や行動に不快感を覚える人もいるでしょうが、
    ll  ( ̄フ~   \     それに対する制裁もありましたし、話に幅も出てきます
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',      一方で冷徹になりきれず、
               (ノ :  () l      「情」に動かされていると感じるキャラもいました
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |       言葉は「戦闘力は高いが精神的に不安定」とされているので、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    「誠の仇を討つ」という感情で動くのは仕方ないと思います
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     しかしハル火やこなたまでも、
           , - 、 ノ、 三__`ノ    「母親的存在であったしぃの仇」で動いているように感じました
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

71名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:54:22 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\          特にこなたは副頭領であり、
            /´: :  : : : : :、         「全てを賭けて頭領を守る」という立場です
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !        二人に限らず精鋭として選ばれた忍者である以上、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         「私的な感情よりも里を守ることが大事」と考えるのが自然(というより掟のはず)です
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|         覚悟を決めてしぃから一本を奪って副頭領となったこなたですが、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       本編を読んでいてこうした「甘さ」も見受けられました
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ   (副頭領としてはまだ若い、今後の展開に影響する等の理由もありますが)
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

72名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:54:34 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l     一方でっていうは、敵である甲賀に接触しようとした真紅に対して、
     /  /     l    「いっそ食べてしまった方が良い」と冷徹な結論を出しました
     /  /  (○)l      
    l l    _l      でっていうと同じく「結果主義」「現実的」とされるハル火とこなたですが、
    l l    ( ]       この判断に対しては強く反対しています
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\    「同胞は殺せない」「やる夫への心労を増やす」という理由はあれど、
    ll  ( ̄フ~   \   多少悩んでも良かったのではないかと(特にこなたは)
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


    /`: '\            
   /   :  ヽ              
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///   もっともこなたは副頭領として広い視野で考えるという事情があります
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      その後こなたが真紅へ"制裁"を下してけじめをつけていますが、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      これも安価で決めらているので消化不良の感はあります
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

※評価とは関係ありませんが、こなたによる制裁は「芸の特性を考えてうまいなぁ」と唸ってしまいました。

73名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:54:45 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',      「里の仲間は家族同然」というのはわかりますが、
               (ノ :  () l      所々で「非情になりきれないのでは?」と違和感を抱いてしまいます
               l :   / |     
               イi :  ,ヘ、 |       頭領であるやる夫も他人に感情を読まれない術に長けてるため、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    発する言葉ほどの覚悟があるかはわかりません
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }    事実やる夫は言葉の心を読んで動揺し、
           , - 、 ノ、 三__`ノ     第四章冒頭では精神的にだいぶ滅入っている描写があります
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

74名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:54:56 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   もっとも私は原作(小説・アニメ)の「憎悪にまみれて殺伐とした雰囲気」を知っており、
   |   :   |      / ///   「忍者は冷酷かつ非情」という見方もしています
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      そうしたイメージを持っているため、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      このように感じているのかもしれません
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      本作は原作を大幅に改変しているため、
    l l    _l      「忍者いえど人間である」と考えれば、こうした描写も「自然」と取れます
    l l    ( ]
    l l   ( ̄フ       あくまで「このように感じた人もいる」という程度の認識で、
    ll   ( ̄フ ̄\    捉えていただけますでしょうか
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

75名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:55:08 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l  
               l :   / |      【起こっていることをAAと文章からちゃんと理解できるかどうか】
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    一言で表すと「理解はできるけど物足りない」となります
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

76名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:55:21 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、         本作は「驚異的な身体能力と芸による何でもありな能力バトル」ですが、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        「何がどうなったか?」は読んでいて理解できます
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         もっともAA表現の制約、手間、技術的なハードルなどで、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        作者様のイメージを100%伝えることはできないでしょう
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       しかし戦闘シーンを見ていると、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    改善の余地が大きいのではと感じました
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

77名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:55:33 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   第三章の戦闘は、エフェクト・武器・攻撃ポーズのAAを並べ、
   |   :   |      / ///   状況や行動をセリフで説明するのが主でした
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      これでも「起こっていることは理解できます」が、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      どうしても「単調で面白味に欠ける描写」になってしまいます
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


                 /^ヽ       更に第三章では「戦闘開始→何らかの理由で撤退」という展開もありました
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l      よって決着が付くまで(相手が死ぬまで)の戦闘が必然的に長くなり、
               l :   / |      密度が下がっています
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     それに戦闘は「動きを見せる」シーンですから、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      敵前で勢いを止めて人物AAとセリフのやり取りが続くのは不自然です
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ    その辺りが「戦闘が今一つ」という印象になった原因でしょうか
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

78名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:55:46 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l     私のAA技術は未熟なので、細かい演出方法について言及できませんが
     /  /  (○)l      
    l l    _l       ・少ないレス数にキャラ・エフェクト・効果音・効果線を盛り込む
    l l    ( ]       ・戦いながら(動きながら)台詞のやり取りを進める
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\     といった事を工夫されてはいかがでしょうか
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|    例えば「しぃが移動→言葉が追走→言葉の攻撃→しぃが防ぐ」
   |   :   |      / ///    という展開があるとします
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     ここで背景と人物AAを組み合わせたり、会話を削るなどして、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      レス数を減らせば密度を上がってテンポも良くなります
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

79名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:55:58 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、      スレを見る限りAA改変には、
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !      あまり重きを置かないように感じました
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l             
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|      製作上の都合もあると思いますが、
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|      「シナリオは面白いのにAA表現が追いつかない」
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__      という印象に繋がるかもしれません
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

80名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:56:09 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      また、死力を尽くした"激闘"であっても、
    l l    _l      「緊迫感」が伝わりにくかったと感じています
    l l    ( ]
    l l   ( ̄フ      特に「ハルヒVS承太郎」戦はそれが顕著でした
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \   チート級の芸を持つ忍者がタイマンです、
    ll ( ̄フ 入   \ 期待するなという方が無理です
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                 /^ヽ      
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l      たまたま気付いたのですが、
               l :   / |     承太郎に原作と同じセリフ(※)が使われています
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    邪推ですが作者様は「接近戦におけるスタープラチナの凶悪さを知っている」
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     と考えました
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ    本編の設定でも「承太郎は甲賀随一の実力を持つ猛者」としていますね
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

※ジョジョ4部でシアーハートアタックをスタープラチナで攻撃したがほとんど傷も付かず、
  その頑丈さに辟易する場面でのセリフ

81名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:56:21 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             もっともジョジョの原作を知らなくともやる夫スレを読んでいれば、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、            「承太郎が時を止めて拳を叩き込んだら、相手はタダじゃすまない」
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            という認識はあるかもしれません
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|            それをハル火は芸と気迫(しぃの仇討ち)の補正で耐え抜きます
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__           しかし「時を止める→オラオラ→ハル火が耐える」の繰り返しでは、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.        どうしても地味な泥仕合になります
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   これには「承太郎がこれだけ攻撃しても決着付かないのかよ……」と、
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::   冷めてしまう人もいるでしょう
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

82名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:56:32 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l     最終的にハル火は諦めず、
     /  /     l     隙をついて「巻き鉤」などの忍具で粘り勝ちとなります
     /  /  (○)l      
    l l    _l      ただ「願望を現実にする」というハル火の芸を考えると、
    l l    ( ]       「粘り勝ち」より「偶然性における勝利」の方が盛り上がったのではないでしょうか
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\   もっとも承太郎が素手のみで戦い、
    ll  ( ̄フ~   \   ハル火の忍具が通用したのは芸のおかげとも取れますが
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///  一案ですが「天候や地形など人間が関与できない偶然性で辛くも勝利」とした方が、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   「戦闘力で勝る承太郎だが、ハル火の芸で負けてしまった」と、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /   「納得できたのでは思います
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

83名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:56:44 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l  
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |       また、第四章でも直接的な戦闘が描写されるので、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     こちらを補足させていただきます
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


■本編で"若干"わかりにくいと感じた戦闘シーン

・「雷電」「葉隠」などやる夫と真紅が使う固有名詞の攻撃
 →エフェクトや動きのAAで概ねイメージできますが、多少わかりづらい印象でした。

・ラオウVSでっていう戦におけるお互いの攻撃方法
 →セリフで補足していますが「芸以外の超人的な攻撃」である事は、
   すぐに把握できなかったです。

84名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:56:55 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、        他に「状況は理解できたけど見せ方が今一つ」と感じたのは、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、       23話で長良川の鉄砲水によってしぃとハル火を分断させたシーンでした
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        地の利を活かした上手い戦術ですが、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       読者視点では「山の中にいる」という程度の認識でした
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__      そのため「近くに長良川がある」とはわからず、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.  唐突な印象になっています
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l      これも推測ですが作者様自身は、
     /  /  (○)l        キャラの位置を把握されていたと思います
    l l    _l      
    l l    ( ]         しかし本編の描写でそれを伝えきれていなかったので、
    l l   ( ̄フ         読者は危険性を感じる事が出来ず、唐突な印象を受けたかもしれません
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \     鉄砲水の描写も説明セリフとエフェクトAAが数レスだけで済ませており、
    ll ( ̄フ 入   \    迫力に欠けてしまいます
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

85名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:57:07 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       【評価人として気になった点 その1】
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |       第三章では「野山を移動しながらの遊撃戦」であり、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     各キャラクターの位置関係は常に変化します
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     しかしキャラクターの位置や移動も、
           , - 、 ノ、 三__`ノ    戦闘と同じくセリフによる説明に頼っています
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

86名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:57:18 ID:crLwMHy6

※26話より抜粋 メンバーに指示を出すやる夫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\
     /    (__人__)    \       揖斐川上流まで引きつけられた鵜殿承太郎と言葉、
     |     ` ⌒´     |
     \             /        この二人が三河まで最短で向かうとなれば、
     ノ            \
   /´               ヽ      必ず通るはずの一点があるお。お前は急ぎそこへ向かうお。
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    例えばこの場面です
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     「誰がどこに移動するか」をセリフのみで説明しているので、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      地理や歴史に詳しい人以外はイメージができません
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

87名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:57:30 ID:crLwMHy6

※本編より抜粋

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜桑名東の街道〜

        (^)   ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ    ノ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ;:;:.;:;;:ヾノ;:;:.,ヾヾヾ;:;:.,ノ
  ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ:::;:;:       ;;:;:φ:: ヾ;:.丿,ヾヾヾ;:(^);:.;:;:;::: ヾ    ;:.ヾ;:;:.,ヾ/
     ;;:;丿:: ヾμ;:.,ヾヾヾ (^)  ;;:;:   丿  ヾ;:;;:ヾ::;ヾ;;:;:: ノ:.,ヾヾ;ξ:;:.;: ヾ丿
 ;;:ヾ::;ヾノ      ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ 丿  ;:ρ;ヾヾ:;::ヾヾ ヾ;ノ:ヽヾ;:;ヾ:;::ヾヾヾ;:ヾ)
     ァ!\\| |:;;ヾ:;: .r;. ::: ヾヾ:;::ヾrヾ:;;ヾ:;:;:;:.r;.;:;:. \|.ヾヾ| |ヾヾヾ;;:;:::ヾ)
;;:;::: .__ |;:  \  |^~~^~^^ ~ | |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;; ‖~~゙゙| l丿ノ ^^^^^
~~ ~~ |;|^^  .| |       ..| |^^...^.| | | |/~^~ .| |.. . .‖  | /"
    ..|;|   | |       ..| |   | | | |    | |   ‖  | |
    ..|;|   | |       ..| |   | | | |    | |  ,,_‖._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ′′
    ..|;|   | |       ::| |   | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ'"゙~' ′'"゙~' ′
    ..|;|   | |      r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′   ゙^゙ヽ"""   ゙^゙ヽ"" "" ""
   ;;'"゙~'     ゙ヽ"^゙ヽ^゙ヽ"r゙    r~゙" ゙ヽ""           """   """   """
   """"   ゙. ....;: ; : . . """  :;;、":.""""""   """"        """  :;;、":. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,~
`'''ー―- 、     :;、:. ;,:;.;、. ;,"゙~;,゙^゙:. ;,:;;、:;;、::. ;,:;;、:;;、: ´、:. ;;'"゙~;,゙^゙ヽ;;、:,:;;、:. ;,:;;  、:. ;,:; ;、:. ;,:;;、:. ;,
        `''ー、. ,,,___:;;、:. ;,..: ;,:;;、:. ;,:;;、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:、. ;,:;;、. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,
                `'''ー、..,,.._,,..,,.._,,,..,..,__。.,,.._,,..,...,,.._,,,..,..,.,,__。.,,.._,,,..,..,__。.,,.._,,,..,..,__。.,,.._,,,..,..,__。.,,.._,,,..,..,__。.,,.._
                  """""""

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l     また、移動や場面転換でも、
     /  /  (○)l      上記のように背景AAと地名の表示だけです
    l l    _l      
    l l    ( ]       そのせいで「誰がどこにいるのか」かがわかりにくいのです
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

88名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:57:42 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l        第三章は少人数での遊撃戦であるため、
               l :   / |       単独行動するキャラも出てきます
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     その際読者へ「単独で仲間から遠く離れた場所に向かう」と伝えられば、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      「一人で大丈夫か?」と危機感を煽る事もできます 
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

89名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:57:53 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    一例ですが、改善方法としては地図AAを使い、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    位置情報を視覚的に表現することが挙げられます
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                    ,)v ,,.-冖=、_               
                   .,,ノ .`′   ¨゙┐             
                   }  ●←ダディ・やらない夫             
              _,.,.    」  ■美濃の峠               
             .<′゙.'^゙〜''      .,y-″              
             .「、         .ii厂                 
             ..=       ●←言葉・こなた・やる夫
             ,「   __.,_      .、「      >         
             リ.:, ,.●←でっていう・真紅・ラオウ          
            ./゙ ゙┤    ゙.'=┐  ,厂     ,.}/           
       .、r‐v.u.-′.,r┴ミr    .^ー〔].、  .,.,.,vノソ  .,,        
       .}     .メ′.l゙゙)      .` ̄ソ'.゙.`′ ^'< .ノ¨‐、、、、     
       「    厂  .r(lミ       _ノ.′     .ミ.,〃    フ    
       ._>   「y  .゙┘¨¨''''┐ 、-.┘        ゙y-ny  .|     
      .厂     \  .<iiiiiiii「レrレiェ!       .ノ‐'''″.yノ  .'l!    
      .、″    ___ .》        .゙¬-y_  ,ノ″   ._l゙   . l!    
    .,_,ノ゙,,,r='7¨¨¨゙フill「           ¨^=フ′    ,|′●←承太郎・ハル火   
   r^  ノ‐                          〔.yy厂     
  .| ..,/'^″                           ″       
   ∨  

※イメージであり本編の内容とは異なります

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

90名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:58:05 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、            上記はあくまでイメージですが……
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !        地名とキャラの現在位置を表示することで
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l             
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        ・ダディとやらない夫は「美濃の峠」付近にいる
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|         ・それを伊賀と甲賀が入り乱れて追っている
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__      ・承太郎とハルヒは離れた場所なので1対1の戦いになる
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ   といった情報が一目でわかります
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 

※本作の性質上、身体能力や芸によって位置関係はいくらでも覆りますが、そこはご容赦を。

91名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:58:17 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      しかし頻繁に地図で位置情報を明示させると、
    l l    _l       「ピンチに助っ人が駆けつけた」などの展開で驚きがなくなるので注意が必要です
    l l    ( ]
    l l   ( ̄フ       物語の冒頭など区切りのいい時点で位置関係を挿入すると、
    ll   ( ̄フ ̄\    読者は状況を把握しやすくなったと思います
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|    こうして読者に位置関係をわかりやすく伝えれば、
   |   :   |      / ///    前述の「鉄砲水で分断」や「情報を伝えるためにあえて逃げるしぃ」
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    という展開に深みを持たせられたでしょう
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

92名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:58:28 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       もっとも人数が減って対戦カードも決まった第四章以降では、
               l :   / |        使う場面がないかもしれません
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     ですが、まだ残った人別帳の奪い合いがあり、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     そこで使えるのでは考えて指摘させていただきました
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

93名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:58:39 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、        【評価人として気になった点 その2】
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !       想像ですが作者様はテキストを全て書き起こしてから、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        AAを貼り付けて完成としているのでしょうか
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|       人物AAとセリフが続くのは、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__     「そうした製作手順だからなのでは」と考えました
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


        ___
      / /  \
      /  /     l     「知能戦」や「能力バトル」は漫画などの別媒体でも、
     /  /     l     表現の難しいジャンルだと思います
     /  /  (○)l      
    l l    _l       それを更に制約あるAAで全て表現するのは、
    l l    ( ]       ほぼ不可能と言えるかも知れません
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\    しかしどうしても本作は「説明セリフに頼りすぎている」感があります
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

94名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:58:50 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       繰り返しになってしまいますが、
               l :   / |        「プロットに描写が追いつかず損をしている」と感じるのです
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     AAという表現に制約はつきものですが、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     改善の余地が大きいのも事実です
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ     第四章以降はAA表現にも力を入れてみてはいかがでしょうか
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

95名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:59:02 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///   【個人的な意見 その1】
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     以下は「こう考える人もいる」程度に流してください
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


■やっぱり情に流される?

第四章冒頭ではこなたがやる夫へ恋愛感情を抱いていた過去も、
明示されました。

これらを読者がどう捉えるかは、今後の描写によるでしょう。

96名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:59:13 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    【個人的な意見 その2】
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


■でっていうの存在

逃げ出した真紅を「いっそ食べておこう」と考えるなど、
残っている伊賀側では一番(冷徹で現実的という視点で)忍者らしいキャラクターです。

トップクラスの地力もありますが、芸の特性から生き残ればそれだけ強くなるので、
今後の動向が気になります。


■真紅の扱い

第三章でも「甲賀へ接触」「制裁」「ラオウ戦」などで出番がありましたが、
反応はかなり分かれました。

今後もどのような行動を起こすかわかりませんが、
終盤と作品の評価そのものを握るキャラかもしれません。

97名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:59:27 ID:crLwMHy6

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///     【個人的な意見 その3】
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


■甲賀側の描写不足
やる夫が伊賀なので、当然ながら敵対する甲賀側の内情や心理面の描写は控えめです。
しかし甲賀も同じように今回の戦における意義や葛藤、長年の歴史があるわけですし、
少々バランスが悪い気もします。


■作品全体のテンポ

作者様も認識されていますが、
第三章では4人減らすのにかなり時間がかかっています。

原作と本作の共通する魅力は「凄い能力でもあっさりやられるので気が抜けない」
という点です。

そもそも戦争というほどの規模ではないので、
数ヶ月かかる戦いでもありません(現状想定できる範囲では)。

ストーリーも佳境に差し掛かっていますし、
ここからの引っ張り方には注意すべきと考えます。

98名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:59:39 ID:crLwMHy6

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',        【総評】
               (ノ :  () l  
               l :   / |        第三章で気になった点を簡潔にまとめるとこうなります
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     ・冗長な展開になってしまった
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     ・戦闘や状況説明をセリフに頼っている
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     ・位置情報をわかりやすく伝えてほしかった
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

99名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 21:59:51 ID:crLwMHy6

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          第三章では遊撃戦のため伊賀・甲賀の両陣営が分散し、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         それぞれの局面が平行して描写されました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !           
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         「あちこちで色々な事が起きている」という楽しさもありますが、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        「読んでいる量の割に話が進まない」という弊害も出ています
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       加えて回想シーンや説明に描写を割いたこともあり、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    作者様も実感しているとおり冗長になったのでは分析します
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///   間延びしてしまった印象は否めませんが、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    人数を減らし、芸の弱点を探るなどの下準備は整いました
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      勝手ながら第四章で、
 /|lニ)  (ニl| \  /        物語はかなり進むのではと思っています
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

100名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:00:05 ID:crLwMHy6

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l        残ったメンバーは曲者揃い、
     /  /  (○)l         対決カードも明示されました
    l l    _l      
    l l    ( ]          そして人別帳の行方はどうなるか、
    l l   ( ̄フ          まだまだ波乱があると思います
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \      ついつい「真紅がまたやらかすのか?」「大好きなでっていうはどうなる?」
    ll ( ̄フ 入   \     「地味なダディに見せ場はあるのか?」と読者視点で考えてしまいます
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                 /^ヽ        今回は評価人として厳しい内容を並べましたが、
                ,ィ :   ',        一読者としては続きが楽しみでなりません
               (ノ :  () l  
               l :   / |        私からの評価が完結への助力となれば、
               イi :  ,ヘ、 |        幸いです
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l        以上、評価を終わらせていただきます
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ     長々と失礼しました
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

101名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:03:11 ID:ME5R49AM
評価乙です。

102名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:04:58 ID:lVOx2mBo
すごい力の入った評価だったな

乙でした

103名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:08:45 ID:WS3U0Af.
作品が好きだから、もっと好きにさしておくれ!って感じの評価ですね。
愛があったw

お疲れさまです!

104名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:08:49 ID:8MoxLnlk
自分も追ってるスレだが非常に的確な指摘が多いと感じた。

丁寧な評価乙

105名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:12:48 ID:z1dkW6Is
乙乙です

106 ◆ehFSMHF3hk:2010/01/13(水) 22:13:21 ID:ME5R49AM
自分の依頼した
やる夫のガンダムSEED  C.E.73 STARGAZER
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/171

について、評価して頂きたい点を表示します。
・「原作の持ち味を殺していないか」または「原作を知らない人間にもストーリーが理解出来るか」
・「キャラに違和感がないか」
・「AAは見づらくないか」
・「テンポ」

です。
どうか宜しくお願い致します。

107名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 22:27:55 ID:rA0ccEn2

甲賀側の描写不足は俺も不満だった
せっかくオリジナルなのに勝ち負けが見えてる気分になるんだよな

108名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 23:00:40 ID:es9/E3sw
評価乙です
自分も感じた不満点がすごく掘り下げられています

109名無しのやる夫だお:2010/01/13(水) 23:15:52 ID:tTwORhW6
乙です。
自分の代弁をしてくださっているようで、とても素晴らしい評価だったと思います。

作者には悪いですが、いくら主人公のやる夫が伊賀側だとはいえ
甲賀側の掘り下げが少なかった点は、前から気になっていました。
どちらにも同じ位、譲れない思いはあるでしょうからね。

110 ◆7.MgAZG0zg:2010/01/13(水) 23:41:55 ID:ylHP/n0w
メトロン星人さん、ご評価ありがとうございます。
まさかここまで熱の入った評価を頂けるとは思わず、PCよりも早くフリーズしてしまいました。
45レスって見た瞬間に『俺のだったら嬉しいんだけどな…』って思いましたもの。そしたら……


【戦闘、会話などテンポが悪くないか】について頂いた指摘
 何かがダメだなぁ、でも何をどうすればいいんだろう――とやきもきしていた点を
 具体的にわかりやすく提示して頂けて、本当に大きな助けとなりました。
 『ここがダメなんだな』と確信を持って精査出来るとほんとに安心するのですよ。
 第4章、ひいては第5章を作る大きな標になりそうで、心から感謝申し上げます。

【回想・『芸』の効果・各キャラの感情の動きに無理が無いかどうか、わかりにくくないか】について頂いた指摘
 感情の動きについては、作る側の思惑とは違う伝わり方をしている部分が一番多いです。
 ここは作者としては、もっとしたたかに練り込んで、伝えたいことをちゃんと、かつポジティブに
 受け取って改善・改良していきたいところですね。それこそ、作者の腕が問われる所だと思うので。
 まさしくこれこそ思ったとおりのご意見をお聞かせ頂きたい点でしたので、貴重な声のひとつとして受け止め、
 今後の創作資材として活かしていきたいと思います。後に述べられている【個人的な意見】もまた然りです。

【起こっていることをAAと文章からちゃんと理解できるかどうか】について頂いた指摘
 これは……今一番頭を悩ませているところでしたね。
 私の力量でどこまで出来るのか、しかしもっと何とかしなければと強く思う部分でもあり、
 お恥ずかしながら立ち止まっちゃってるんですよwww だけど後押しして頂けるお声があると、
 何とかやっていけるような気もしてきます。指摘して頂いた内容よりも、もう少し何とかなるんじゃないかと
 背中を押して頂けたことが何よりも嬉しかったですよ。

【不必要な展開・省けるような展開が強引に組み込まれていないか】について頂いた指摘
 上の3つでだいたい述べたとおりです。総括っぽくなりますが、指摘された所に確信を持って改善する、
 第3章で得た反響を現在の判断材料として活かす、出来る限りやってみる、これに尽きますね。

【その他】
 偶然性! 『なぜ勝てたのか』を伝えることばかりに固執していて、そういう要素をほとんど視野に
 入れてなかったような気がします。何を実用するかはよそにしても、もっと広い視野を持たなきゃいかんですね。
 また、最大の要因として『わかりにくい』と受け取られた部分に関しては、一つ一つわかりやすくしていこうと思います。
 やっぱりわかりにくいって思われるのって、創作者の端くれとして悔しいですからねwww


予定を1日繰り上げて明日投下しようかと思っていたのですが、まだまだ手直ししたくなってきたので
当初の予定通りの投下日にします。やはり悩んだ時は、思いきって評価依頼してみるものですね。
重ね重ね申し上げますが、ご評価ありがとうございました。評価の後に続いた皆様の声もありがたく
聞かせて頂いております。絶対にエタらないことをここに約束して、この場は筆を置かせて頂きます。

111名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 00:37:04 ID:Ua6guNy.
評価乙!

112名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 00:40:20 ID:HXm2nrOM
評価乙であります!

113 ◆ZjznZpdpuI:2010/01/14(木) 02:52:24 ID:osxEaSkY

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/422
にて評価依頼いたしました「やらない夫でやる夫でWICKED」の作者です

評価依頼をしてからあまり時間が経っていないのですが、
年末年始にノリノリでスレを進めてしまいうっかり
完結してしまいました

依頼時と状況が変わってしまいましたので、
依頼を取り下げさせて頂きます

また機会があればよろしくお願い致します
失礼しました

114名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:23:09 ID:Z/7aA9og

ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|  ショカツリョウ
  i!f !:::::      ゙、i  諸葛亮いわく
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V  「僭越ながら評価させて頂きました」
  ̄ハ:::::\ "''il|

本日はこちらのスレで御座います。

【やる夫】真紅先生とクラシックを聴いてみよう!【学ぶ】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1253323245/

依頼レス(前レス>>536
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/536

115名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:23:32 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l   このスレの内容としては、
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   クラシックに興味を持ったやる夫が初めに出てきますが、
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ   基本的には真紅先生がクラシックを紹介するという作品ですな。
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\   因みに私のクラシックに対する知識は……
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   銀英伝っていいよね、こんなところでしょうか。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│   冒頭に出てくる音楽史と、あとオーケストラくらいは読みましたがね。
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个   作者様から希望のあった評価ポイントこのあたりですかな。
       丿::::6‖ ¨'..丿ミ ..   ヾ
       厂::::..‖ ┏人 ...    八   ・クラシックを全く知らない人でも、読みやすい内容になっているか
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳  ・テンポのよい内容になっているか
     イ´ ‖ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹.   ・音楽ネタを取り扱ったスレを作るにあたっての留意点
  rイ´   ..‖  卜Κ 乂   χ 彡
 f´      ‖  .弋乂 弋/ >│ゝ   最初の項目についてはそれほど問題は無いでしょう。
 {       ‖== 人刀匕つ´.》 │}    まぁ若干思うところはあるのでこの後で触れます。
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }   テンポに関しては正直な所コメントが難しいですな。
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }   敢えて言えばスレの読み方によって変わる、と感じました。
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }
    {.;.;.;.;  {/   .;.;少.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/
    {.;.. /   .;.;○/.;.;.;.;.;.;.;.;.;!/
     {.;.;.;.   .;.;○/.;.;.;.    │)
     {.;.;.;.;.;.;.;.;/‖/´丶    ソ!
     个一ノ..;.;.;‖ ! 丿     │
     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.‖ ソ       │

116名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:23:56 ID:Z/7aA9og

.,.,.,.,.,               ..,.,.,.,.,.         ノ
 .,.,.,.,.,              ..,.,.,.,.        彡
 .,.,.,.,.,        __  ..,.,.,.,.          ソ
 .,.,.,.,.    〆´ ̄     ̄ゞ 〆─      彡
  .,.,.,.,., 〆          ∨   ゙`\    ソ
 −´`丶/           ノ      │彡ソ  _=─−=
     ヾ          ..ノ      │ソ ┌ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ    まず読みやすさについてですが、特に問題はないでしょう。
      ヾ         ノ      ノ   ノ.:.:λ.:.:.:.:.:.:.:ノヘ.:.:.:.:..ヽ
       ヾ       ノ      ノ    ゝ/ `゙γ   .\.:.:.:.:!    曲調や、曲の良さの説明が分かりやすく好感触ですな。
 \      ヾ 彳个\久   ノ´      「 !r〒=ゝ z〒= 《.::│   単純な一つの曲としてではなく、流れをもった、
   ヽ    Υ丁ゝ⌒/´`}...!.ノ´       ゝ} ¨¨..│ ..¨¨  .}ヘ│   ストーリーとして説明されている所も評価できます。
      `χλ  ◎(  ヽ         /.:.:(  .《     ../..!│
      .(   `ヾ λ  │         ゝ.:ヽ┏___┓イ┘│   しかしもう少し説明があってもと感じる場所もあります。
       /ヽ ノ刀 . ゝ ├−¬−→ ̄//...ト ...二  .../│...<
      ..丶  `ヽ/´_ゝ  }       //  「 ヽ.   / .个  丶二
       ノヽ       )/      .//  ..│  `┳´ノ´ヽヽヽ    ̄丶
       ヽ \__....ノ }      /./   .. !   ..∧  │ ヘ
      γ( ヽ__ノ ノ      ノ..ノ__..│ヽ..∧::::..∧..│ 》ヽ
     /  !゚\__ノ}      └−_  .>!.∨ ゝ::ノ ∨ ノ ゝ
   ノ  ( ヾ ..(    )        / / .ヽ .ノ:::::ヽ │\\



                _ ,.. ノ)ー'´レ´ーz/ヽ.
           /(/    __ ..         \
          _ノ    , -‐'. -‐'´      、.    >
          Z、     i、 (  ___     ))    /
         i´rヘ_ノ_ー、-_―y'_      ̄\ /   /
         (/ iテ rテl)   ,-l r-',r‐'」rーt―'――
.           lヽ r─./ :)_/ lヽ_ f_ー彡        楽器などの説明なのですが、所々説明があるのよろしい。
        ト、.トー' / l| :  ヽ _/ ̄       ですが私は素人ですからな、はて、ティンパニやらチューバとは、
      _..-‐」 「∨‐、┘ヽ   ´ )        一体どんな楽器だったかな、と疑問に感じてしまうのです。
.     /∠/ // /    ヽ. /
       l/{ノ/ /       r'        作中にあるような一言説明でよろしいのでもっと説明があれば丁寧かと。
       iへィ /        l
       l/     r-i      /

117名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:24:18 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l    それともう一つ、曲の良さ、どんな感じかということについてです。
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   この点は主に曲の解説で触れられています。
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、  ですがこの作品には1話でやる夫とやらない夫、2話で歩鳥さんという、
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\  作中における明確な聞き手の存在があります。
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│  彼らも感想を言ってはいますが一言二言だけです。
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│   折角AAキャラをを使ったいるのです、
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│   曲の「感じ」の良さは彼らに言わせたほうがより伝わりやすいと思います。
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\    もっとも、掛け合いを増やせばテンポを阻害しうる。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }   故にこのあたり何とも意見を申し上げにくいのです。
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }   そうしたことも踏まえてテンポに関して思うことを述べます。
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

118名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:24:42 ID:Z/7aA9og

           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个   私は音楽のリンクなどは開くだけ開いて聞きながらスレを読む性質でしてな。
       丿::::6‖ ¨'..丿ミ ..   ヾ   故に聞きながらスレにおける解説など読んでおるわけです。
       厂::::..‖ ┏人 ...    八
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳  そうして見ると先に挙げた掛け合いなども含めて次の曲にいくテンポが速い。
     イ´ ‖ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹   顕著なのは2話における「★プロムナード(その3)★」から
  rイ´   ..‖  卜Κ 乂   χ 彡   「★チュイルリーの庭―遊んだ後の子供のけんか―★」のあたり。
 f´      ‖  .弋乂 弋/ >│ゝ   短いつなぎとは言え掛け合いや感想がまったく無いというのも寂しいですな。
 {       ‖== 人刀匕つ´.》 │}    一区切りついてから、数曲分の流れを追う形でもいいので掛け合いが欲しい所です。
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }   ただこれは、私が投下されたものを纏めて読んだから、ということが大きい
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\   恐らくリアルタイムで読んだ人はまた違う感想を持つはずです。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }   投下速度などもありますし、今くらいで丁度いいかもしれません。
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }    決してテンポが悪いというわけではありませんので。
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }    作風をどうするか、そこがポイントになりましょう。
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

119名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:25:04 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l   もっとも、この作品では一つの動画の中から数曲使っておられます。
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   一つの動画分くらいで区切って掛け合いや感想で小括するとよいかもしれませんな。
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、   切り替えが唐突な所も御座いますゆえ。
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   あとテンポで突っ込みたいのは3話まるごとですかな。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



                _ ,.. ノ)ー'´レ´ーz/ヽ.
           /(/    __ ..         \
          _ノ    , -‐'. -‐'´      、.    >
          Z、     i、 (  ___     ))    /
         i´rヘ_ノ_ー、-_―y'_      ̄\ /   /
         (/ iテ rテl)   ,-l r-',r‐'」rーt―'――
.           lヽ r─./ :)_/ lヽ_ f_ー彡        曲が列挙されていって掛け合いが全然無い!
        ト、.トー' / l| :  ヽ _/ ̄       この話だけそういう作風なのかと思って納得はしました。
      _..-‐」 「∨‐、┘ヽ   ´ )       しかし、先に挙げた聞き手の存在の意味、
.     /∠/ // /    ヽ. /       AA作品としてやる意味、そこを確り意識していただきたい。
       l/{ノ/ /       r'
       iへィ /        l
       l/     r-i      /

120名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:25:43 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l    次に参ります。
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   音楽系スレの留意点、私もあまり口幅ったいことは言えませんが……
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、   音楽とは感性に訴える割合の強い分野ですな。
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\   であるが故に繰り返しになりますが、キャラに感想を言わせましょう。
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│   そしてそれを踏まえて演出について少し。
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\    まず、AAの表情を豊かにしましょう。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \   幸いやるやらはAAも豊富です。動きのあるAAもどんどん採用で。
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/   そして唐突なAAの使用は程々に。
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }    ギャグスレではないのですからな。
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }     勿論駄目なわけではありませんよ。ポイントを押さえましょう。
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

121名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:26:05 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   まぁ例えば下のAA、やらない夫の表情がノってませんなぁ
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ  試しにちょっといじってみましょうか。
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\  演出だったら申し訳ない。
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
1話より

指揮者もノリノリだな。
           __                  γ⌒) ))  この曲の中盤からラストにかけての展開、
       γ⌒) ))\              / ⊃__    神過ぎるお!(動画の1:30ごろから)
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\
    〃/ /  ( ●)(●) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /

                 ↓↓↓
                 ↓↓↓
                 ↓↓↓
                 ↓↓↓

指揮者もノリノリだろ!
           __                  γ⌒) ))  この曲の中盤からラストにかけての展開!※
       γ⌒) ))\              / ⊃__    神過ぎるお!!
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\
    〃/ /  ( >)(<) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)       ※(動画の1:30ごろから)
  (( \ ヽ      . } /                    / / 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

122名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:26:47 ID:Z/7aA9og
ついでにもう一つ
こちらはAA自体置き換えました

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |  この曲のチューバが楽しすぎるだろ。
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|   ヘ音記号ソルジャーとしてはうずうずしてくる曲だな。
       {          .|
       {       _ |    
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヘ音記号とは…低音楽器の人たちが使う楽譜のこと。(適当な説明で申し訳ない。
                                 ト音記号で表現しきれない低音部を表示するための記号)

                 ↓↓↓
                 ↓↓↓
                 ↓↓↓
                 ↓↓↓

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)  この曲のチューバが楽しすぎるだろ!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ヘ音記号ソルジャーとしてはうずうずしてくる曲だな!!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バンバン!

ヘ音記号とは…低音楽器の人たちが使う楽譜のこと。
         (適当な説明で申し訳ない。ト音記号で表現しきれない低音部を表示するための記号)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l    文章を少しいじったのは、まぁ趣味です。
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ   実際の改変はごく小さいものですな。
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、  ですが実際この程度でも表情が豊かになっていませんか?
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l  実例を示すほどのことでなかったかもしれません。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│  ですがAAの改変などというのはそうした小さなことの積み重ねなのですよ。
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \

123名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:27:20 ID:Z/7aA9og

           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个   唐突なAAと言うのは例えば1話の「剣の舞」の後の筋肉バスター(?)
       丿::::6‖ ¨'..丿ミ ..   ヾ   しかもこれ真紅先生にスルーされていますからなぁ。
       厂::::..‖ ┏人 ...    八
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳  ツッコミが入ってもいいですし、折角ですから筋肉バスターをしてしまうほどの
     イ´ ‖ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹   やるやらの感じた気持ちを言葉にして欲しいものです。
  rイ´   ..‖  卜Κ 乂   χ 彡    つまりすぐ後のタイミングで、
 f´      ‖  .弋乂 弋/ >│ゝ
 {       ‖== 人刀匕つ´.》 │}    「これだお!まさにやる夫の求めていたものだお!」
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}    「俺も思わず筋肉バスターしちまっただろ、それほど熱い!」
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }    こういうやり取りがあれば先のAAも生きてきます。
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }    それとここでワンクッション置いておかないとこの後のやらない夫の
    {.;.;.;.;  {/   .;.;少.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/   「懐かしいなぁ」の下りで温度差が有り過ぎますしね。
    {.;.. /   .;.;○/.;.;.;.;.;.;.;.;.;!/
     {.;.;.;.   .;.;○/.;.;.;.    │)
     {.;.;.;.;.;.;.;.;/‖/´丶    ソ!
     个一ノ..;.;.;‖ ! 丿     │
     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.‖ ソ       │



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\   3話の紹介ラッシュも少し唐突なものが多いですな。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \  ハルヒとか祭りとか1000取りとか。
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/  紹介時、ピッタリ嵌るAAを探すのは確かに難しいでしょう。
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }  ですが1話2話では上手に組み立ててあるように感じました。
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }   それをこれからも発揮していただきたい!
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

124名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:28:00 ID:Z/7aA9og

        l'⌒l⌒l⌒6
        |.  |  |  .|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|       これは貴方の作品を面白いと感じたからこそです。
       /~ ̄ ̄ ̄~\
      /   ^   ^  rfリ川fテ,   クラシックを気軽に楽しめる、それが貴方のスレの魅力。
.     彡   (_人_)  シソfソリソミ   そのために私の拙文が少しでも参考になれば何よりと存じます。
     i"|    。   ゞソ◎シリ'
     ヽi    。    |と)    これにて私の評価を終えさせていただきます。
      ',          /
       ヽ      /
        ',   i!  /
       (___/ \___)

125名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:29:04 ID:Z/7aA9og
ここまで評価は終わりですが、続けて評価してもよろしいですか?

時間も時間ですし大丈夫だとは思いますが、一応確認を。

126名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:36:17 ID:Z/7aA9og
特に反対は出ませんし、投下しますぞ
少々短めですのですぐ済みます

127名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:36:40 ID:Z/7aA9og

ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|  ショカツリョウ
  i!f !:::::      ゙、i  諸葛亮いわく
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V  「まだおれのターンはおわっちゃいないぜ」
  ̄ハ:::::\ "''il|

お次はこちらで御座います。

やる夫がドラゴンクエスト33の主人公になるようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/

依頼レス(前スレ>>866
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/866

128名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:37:08 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、    どうも、孔明です。
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ   最初このスレを開いた時は、またドラクエ3か、しかいきなりタイトルミスかよ、
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、  そんな風に思っていた時期が、私にもありました。
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   読んでみた感想ですが、貴方馬鹿ですな、本物の。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│   よくまぁ、こんな話を思いついて原作通りなどとのたまったものです。
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个    評価ポイントは2つですな。
       丿::::6‖ ¨'..丿ミ ..   ヾ
       厂::::..‖ ┏人 ...    八    ・いわゆる「カオスギャグ」スレとして成立しているか
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳   ・このゲームが実際にあったらどんな感想か
     イ´ ‖ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹
  rイ´   ..‖  卜Κ 乂   χ 彡   カオスギャグとして成立は問題ないでしょう。
 f´      ‖  .弋乂 弋/ >│ゝ  それ以外の何ものでもありませんな。
 {       ‖== 人刀匕つ´.》 │}
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}   このゲームが実際にあったら?
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }   フリスビー、コースターとして役目を果たした後、
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }    愛すべきバカゲーとして押入れの奥で眠ることになるでしょうな。
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }
    {.;.;.;.;  {/   .;.;少.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/
    {.;.. /   .;.;○/.;.;.;.;.;.;.;.;.;!/
     {.;.;.;.   .;.;○/.;.;.;.    │)
     {.;.;.;.;.;.;.;.;/‖/´丶    ソ!
     个一ノ..;.;.;‖ ! 丿     │
     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.‖ ソ       │

129名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:37:45 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l   ギャグとして成立している以上ツッコミはし難いのですがね。
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、   次々と飛び出す「ぼくのかんがえたすごいわざ」やありえないダメージ設定など、
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ   色々な意味でカオスで最早それでいいんだと思えるほどです。
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\   まぁ強いて言うなら構成上テンポを良くするために、
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   ストーリー部分を少し削ってもいいかも知れませんな。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



                _ ,.. ノ)ー'´レ´ーz/ヽ.
           /(/    __ ..         \
          _ノ    , -‐'. -‐'´      、.    >
          Z、     i、 (  ___     ))    /
         i´rヘ_ノ_ー、-_―y'_      ̄\ /   /
         (/ iテ rテl)   ,-l r-',r‐'」rーt―'――
.           lヽ r─./ :)_/ lヽ_ f_ー彡       2話のルガールやブラッドレイの下り、
        ト、.トー' / l| :  ヽ _/ ̄       このあたり丸ごと削ってキャラの掛け合いで説明するだけでもいいのでは?
      _..-‐」 「∨‐、┘ヽ   ´ )
.     /∠/ // /    ヽ. /       カオスギャグですからな、読者のツッコミが追いつかないくらいでよいのですよ。
       l/{ノ/ /       r'       そういう意味では2話最後でいきなり半年経ったのはお見事。
       iへィ /        l
       l/     r-i      /

130名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:38:16 ID:Z/7aA9og

           _
         ノ´::::::: ̄:`ヽ_
        .ノ:::::::::::へ:::::::.ハ│
        ノ:::::::ヾz== ´〆乂.イ.个
       丿::::6‖ ¨'..丿ミ ..   ヾ   あとはそうですな、パロディネタは程々に。
       厂::::..‖ ┏人 ...    八   いや、使わないとこういったスレは成立しないのですがね。
       乂イ´个ヽ八  ...    ..彳
     イ´ ‖ ヽ λ 卞⌒`ヽ  勹   2話で勇者たちが極大呪文連発するとかですな、ちょっと分かり難いのは。
  rイ´   ..‖  卜Κ 乂   χ 彡   まぁドラクエまったく知らない人が読み進めるようなスレではないのかもしれませんが。
 f´      ‖  .弋乂 弋/ >│ゝ
 {       ‖== 人刀匕つ´.》 │}   パロディネタは知ってる人はウケル、知らない人は普通に読めるか、クスリと笑う。
  {.;.;    {   ≪  ノ  .  ..}// │..}   それくらいの匙加減が理想でしょうからな。
  《    {     ミ了   .;.;ノ  │ }
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;:.;: κ丿  .;.;ノ.;.;.;;/ ) }
   {.;.;.;.;  {:.;:.;:.;/ 入.;.;〆´.;.;.;.; ソ  }



.,.,.,.,.,               ..,.,.,.,.,.         ノ
 .,.,.,.,.,              ..,.,.,.,.        彡
 .,.,.,.,.,        __  ..,.,.,.,.          ソ
 .,.,.,.,.    〆´ ̄     ̄ゞ 〆─      彡
  .,.,.,.,., 〆          ∨   ゙`\    ソ
 −´`丶/           ノ      │彡ソ  _=─−=
     ヾ          ..ノ      │ソ ┌ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
      ヾ         ノ      ノ   ノ.:.:λ.:.:.:.:.:.:.:ノヘ.:.:.:.:..ヽ
       ヾ       ノ      ノ    ゝ/ `゙γ   .\.:.:.:.:!   まぁギャグ関連はあまり言うことがありませんのでな。
 \      ヾ 彳个\久   ノ´      「 !r〒=ゝ z〒= 《.::│
   ヽ    Υ丁ゝ⌒/´`}...!.ノ´       ゝ} ¨¨..│ ..¨¨  .}ヘ│   演出面に対して少し述べましょうか。
      `χλ  ◎(  ヽ         /.:.:(  .《     ../..!│    切り替えと集合AA、この2点です。
      .(   `ヾ λ  │         ゝ.:ヽ┏___┓イ┘│
       /ヽ ノ刀 . ゝ ├−¬−→ ̄//...ト ...二  .../│...<
      ..丶  `ヽ/´_ゝ  }       //  「 ヽ.   / .个  丶二
       ノヽ       )/      .//  ..│  `┳´ノ´ヽヽヽ    ̄丶
       ヽ \__....ノ }      /./   .. !   ..∧  │ ヘ
      γ( ヽ__ノ ノ      ノ..ノ__..│ヽ..∧::::..∧..│ 》ヽ
     /  !゚\__ノ}      └−_  .>!.∨ ゝ::ノ ∨ ノ ゝ
   ノ  ( ヾ ..(    )        / / .ヽ .ノ:::::ヽ │\\
  ノ  (    ゞ.⌒Ψ⌒ /ヘ   / /   .丶 ..!:::::::│.│. \ ゝ

131名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:38:36 ID:Z/7aA9og

                _ ,.. ノ)ー'´レ´ーz/ヽ.
           /(/    __ ..         \
          _ノ    , -‐'. -‐'´      、.    >
          Z、     i、 (  ___     ))    /
         i´rヘ_ノ_ー、-_―y'_      ̄\ /   /
         (/ iテ rテl)   ,-l r-',r‐'」rーt―'――
.           lヽ r─./ :)_/ lヽ_ f_ー彡        場面や時系列の切り替えにはアイキャッチがあると分かりやすいですぞ。
        ト、.トー' / l| :  ヽ _/ ̄       あと時間や場面の切り替えの際はナレーションを枠で囲むと宜しいでしょう。
      _..-‐」 「∨‐、┘ヽ   ´ )
.     /∠/ // /    ヽ. /        2話の「半年後」を一瞬見落として焦りましたからな。
       l/{ノ/ /       r'        まぁそれはそれで面白いのかもしれませんが。
       iへィ /        l
       l/     r-i      /



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!    そして集合AA。
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\    多用されてますが、結構ゴチャついてるんですなぁ。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }    AA同士の間隔を一文字分空けてみる。
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/    並列の横並びでも1〜2行ずらす。
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }    これだけでも変わってきますよ。
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

132名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:39:48 ID:Z/7aA9og

         __,, ----──--、
        /:::::::::::::::::::::::::::   \
    r─::'´::::::::::::へ::::::::::::::::::::  : !
    |::::::::::::::::/   `‐-、::::::::::::::::::::l
    ヽヘ::::/  _,,..,,_ <::::::::::::::::::::l、    これはギャグスレなので細かいことは言いません。
      /_    /´   \ \::::::__:::::::::ヽ   ですが、集合AAと言うのは見せ場にこそ使うべきだと思います。
      ヽ\  //_≧_    〉/ l::::::::::::: 、
     l ニゞ、"`、__゚ノ    /::l   l:::::::::::::::\  作るのは楽しいですが濫用にはご注意を。
      l  /  ゙       l:::::l__/::::::::::::::::::::::l   まぁそうしたお約束すらギャグにしてしまうことも出来ますがね。
      ヽ l            |:::::l l:::::::::::::::::::::::│
      r〃‐____ ,ヘ   l:::::l {:::::::::::::::::::::::│
     /  ヽ`=一'´ `ヾ/丶/ /\::::::::::::::::│
    {  ,' /    ,.イ   /   /\:::::::ノ
    l  i  ヽ∧< / >r ‐´   /   \



!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ     ヽi!i!i!i!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ` ` ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ヽi!i!i!!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ       ` ´ ´   ∧  彡Ξ=__ヽi!i!
i!i!i!i!i!i!i!i!i!i              ノ 丶彡_______  }\   最後に話の尺ですがこれぐらいでよかったのでしょうな。
i!i!i!i!i!i!i!i!/  ν二三Ξ二匕=ーーノ   ∠_●_∠} \
i!i!i!i!i!i!i!i!  ノ   _┰ーーー ノ     入::::::::::::::::::丶 }  これ以上長くなっていたらギャグとしてダレるか破綻したでしょう。
i!i!i!i!i!i!i!i!i!    匕 ● ∠ノ        ヽ:::::::::::  \/
i!i!i!i!i!i!i!i! '  ::::::::::::::::::丿ソ           ヽ     }   カオスのままツッコム暇も無く駆け抜けた。よろしいかと。
  \iiiiiiiiiii'    ノソ                ソ   }
ノ ソ iiiiiiiiiii ノソ                    ゝ  }
ヾ   iiiiiiii/                         ヾ }
  ⌒ iiiノ                           ソヽ
    ノ                               ヽ

133名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:40:08 ID:Z/7aA9og

         / ̄ ̄ ̄\
        (______)
         |      |
     ,,――┴―──┴──‐、
    /               \
   |   _________  .|
   |  l´             `l  |
   | l´              `l |
   | |  ,-―‐-、   ,-――-、 | |    こういうことを思いつくのも立派な感性。
  (^Y | '___,;;   /___ ` .| Y^)   大切にして欲しいものですな。
   `川| `ー`'´‐',;  l::`‐`'´‐´   | リ/
   川リ!        |:::      !川ヾ   あまり評価になっていませんでしたな。
   川リ|      、_|:::l      |ハリヾ   これで私の評価を終えさせていただきます。
   リリリ |   ┏     ┓    |' リリリ
   リリ ヘ   ┃ ─── ┃   /  リリ
   リリ  ヘ  ┛  ー― ┗  イ   リ
      ,| ヘ____リリ____/ |、
    /( \      リ     / )\
        `ー――リ――‐'´

134名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 03:50:40 ID:vxqj.JnU
遅くに乙っす

135名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 04:57:22 ID:8B5hNMAY
丁寧な評価乙でした!

136名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 20:11:14 ID:7xTXhDNo


137 ◆0VM0b4r/CQ:2010/01/14(木) 23:05:40 ID:qBCg6NGo
評価ありがとうございました
指摘された所はもちろん、その他にも自分で色々見直すべきかなぁという箇所もあったので
その辺はしっかり直せるようにしておこうと思います

138名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:17:56 ID:R3itrIl.

              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ご無沙汰しております、伊藤誠でございます
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l       今回は、『無劫世界でやる夫は…』を
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      評価、というか分析をしてみたいと思います
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l    依頼レス ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/245
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ   【第一スレ】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238932469
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|     【最終スレ】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245488107/
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/       ジャンルとしてはオリジナル物。
         ゝ;八      ;      /イ             やる夫の通う高校と、やる夫の精神世界を舞台に
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、         ストーリーが展開していきます。
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l     あらかじめ申し上げておきますが、今回はかなり辛口です。
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l

139名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:18:37 ID:R3itrIl.

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !         えっとですね、このスレは評価するのが
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|         ちょっと難しいです。理由としては、
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |           ・ 心理学の用語や概念をとくに説明なしに
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|             使ってたりするので、基礎知識がないと
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((             評価以前に、何が起こっているのかすら分からない
      \_!  u      '    ! ( ( ヽ)
        ヽ   'ー―--   / ヽノζ       _    ・ 作者さんが読者に深読みさせるべく、
      ___,r| \         / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ゝ'゙___`i     意図的に分かりにくくしてる部分がある
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´  |          |Y__  !
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、 ',       /コ     ト、 ・ 演出が過剰に冗長で、結果分かりづらくなってる部分もある
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-'' ヽ、__/ └エ''   l  ヾ 



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、_:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l    そもそも、「分かんないなら分かんないでいいや」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!    とか、作者さんが思ってそうなフシすらあります。
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′        正直ね、これを評価しろっていうのは
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ           結構な無茶振りだと思いますよ?
:::::::::::::::::∧     u         \
:::::::∧:::/ `ー             /           そもそも分かりやすくしようと思ってない人に、
:::::/ ∨             `ー=ニフ /                演出についてのアドバイスしたってあんま意味無いし……
/ヘ                  , '
\  \    \_        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \

140名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:19:01 ID:R3itrIl.


             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     ……フロイト、ユング、ラカンの心理学各派に加えて、
    l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    記号論や構造主義の基礎知識がないと
    |/|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    作者さんの意図するところを汲み取った上での
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    評価ってのができないわけですからね。
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::|:::::::lリィ
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨    かくいう俺の知識もごくささやかなものですが、
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/      まぁとにかくやってみます。
     |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/
         ゝ;八  u   ;       /イ
           x > 、    ─     イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l

141名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:19:22 ID:R3itrIl.


       >           まず、冒頭の渚――はとりあえず置いといて、
   ,''´ '`´ ゙ヾ         月のモノローグから話は始まります。
    ル ンノソヾリ゙
    ''v(i゚ ー゚ノi         明言はされてませんけど、この月はやる夫の中の、
    くj~Y~iヽ         「ニーチェ的な超人たらんとしてる部分」でしょうかね
   .  l__ハ_!ソ
      |__l_j          第一部では、やる夫の抱えた劣等感(過去のイジメ体験)と、
                 その克服(イジメっ子に剣道で勝つ)が語られます。



   ,,.-''" ̄ ̄`゙'ー-、r=
  ./:: : :i: :: :i: : !、.:.::.::ヽ
  |イ.:..:i|/__レ|:/lヾ.:.::ヘi     作者さんの解説によれば、ここで登場するキル夫は
  くlr:l:.:.l -ー レ -、 vレヘ!    やる夫の「自我」であり「シャドウ」だそうです。
  くl レ.i    |  N      でもどっちかというと「シャドウ」そのものに見えますね……
  ム`ー      ' ,/
    | `ー  ̄ , '        ちなみシャドウってのはユング心理学で言う、「心の中で抑圧された影の部分」、
  ,,rへ、_ ` 〔´__        「自分の認めたくない嫌な部分」を指します。
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、
: : |: : : ヽ/、;:;;;}イ: :ヽ: \
.: :.>': : ヽ/::::| .l: :<: : ヽ

142名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:20:02 ID:R3itrIl.

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|          そしてやる夫の口調が突然変わったり、
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: |.: : : | V           第2部で「なぜやる夫は自分を『やる夫』と呼ぶのか」
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |:./ヽ: : |            などというやり取りからは、「やる夫」は「ペルソナ」で
  <:: |. 小{              レ{: :.|ヽ:|            あろうことが推察されます。
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ V
      \_!   ☆          !                「ペルソナ」はユング心理学で言う、人間の外的側面、
        ヽ     !ー―‐r   /                 他者に見せている「仮面」のことです。
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)        ほら、やる夫スレでも大人気の、
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、     ゲームのペルソナシリーズにも出てきてたアレですね。
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |




          _,,,...----..,_
           ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
          /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ        ……でも、作者さんの意図は分かるのですが、
       /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i        やる夫が素の自分を出すタイミングとか、やらない夫の反応とか、
      <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!       セリフ回しや演出が唐突なせいで、どうにも違和感が拭えません。
      Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
        `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′       読者さんから「現実にいきなりこんなこと言い出すヤツがいたら引く」って
          !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/         ツッコミが入ってましたが、俺もまったく同感です。
       _r<   ヽ    - / '′
       /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/             初めに筋書きありき、で登場人物たちが動かされているので、
     f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、               会話がぎこちない。
     /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
    i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
    /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
   i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l

143名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:20:34 ID:R3itrIl.


                (,r'⌒
         、-ー''゙´ ̄ ̄゛''-――
       ,r'             \
     ,r'                 \
     i.          ::::   ::::  ヾ \ヽ
    l    /     イ :::、ト.  .ヽ \::::ヾゝ        あと、非常に言いにくいですが、ギャグが寒いです。
    l     l   / ノ::::|  |. | ゙i.゙i::::ヾ ゞレ
   l   ....:::|: 、イ≠=キ'::|  |゙il=メトヽ ,|ヽ |          作者さん、気づいてください。
  ≦  ::::: y:: Y|j;;;゜li':::| ノ:::j;;゜li {l|| |レ’         読者は貴方に全力で置いていかれています。
   ノリ゙i::::: {^゙i:{:::: ̄ :::レ'::.   ̄':|N| /
      ヾ゙::::!∨::::   :::   i   l’,レ′
       ヾ;::゛ト、  ‘こフ  , '
        );::| 丶.,_   , '
  ,へ<゛´ ̄ソ|.\   `''''i´Yー'^''''-_._
 ヘyr)m〉'z-ント.,__ l.゙iV◇ヘ|  / 、 、\



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l     特に、軍曹のセクハラ発言、翠星石のペンギンの話、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!     文化祭演奏シーンの三か所は、いくらなんでも悪ノリが過ぎます。
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′         っていうかセクハラ発言が実話とか、
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ            ちょっと生き方、考え直した方がよくね?
:::::::::::::::::∧               \
:::::::∧:::/ `ー   u         /
:::::/ ∨            (  ̄ 7 /              え、お前が言うな? ごもっとも。
/ヘ                ̄ , '
\  \    \_        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \

144名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:21:15 ID:R3itrIl.


          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l   ……気を取り直して、第二部。
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!    劣等感を克服したやる夫は、
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!    その反動で、幼児的万能感を抱くようになります。
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/        つまり、自分は神であり、なんでも自分の思い通りになる、
             \|\            /  ′       自分が一番でないと気が済まない。
             _{i         ̄´ /
            // `\  > _ イ             このせいで、第一部で自分を助けてくれた親友のやらない夫や
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、           恋仲になった言葉とも軋轢が生じます。
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_

145名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:21:36 ID:R3itrIl.

                  ___
              ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
          _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
             j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          そして、もうひとりの幼児的万能感の持ち主である
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',          ハルヒの登場によって、惨劇のトリガーがひかれます。
            |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
         、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|          通常は、幼児期において「自分の思い通りには
.         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!          ならないこともある」と学ぶものですが、
          ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl            そこのプロセスをすっとばして全能感を抱いたまま
               j、八i  ´  j〉   爪i              成長すると、「対立する他者の存在」を認められず、
               jヽ、  f=ァ .ィ                 気に入らないものは排除しようとするようになる……
            __//| ヽ_ー_'// |\
     ,...-',,⌒ゞミ、::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_         まあ、なんつーか納得のキャスティングだよね。
    /::/.:::::::::::::..ヽ :::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
    |:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヽ、、丱// ヽ/|::::::::_ノ⌒ ー - ,,,__  _
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヽ.、  ,r‐'゙           //   ヽ
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"       `ー - ,,,__  _∠
     ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l                //   ヽ
      ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ヽ、          l /    l
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::| l i´        `ー - ,,,_  __ /
        .|`ヽ;::::::::::::::::::::| | |       、         //   ヽ:::::`ヽ,
          |::::::::\∩:::::::::| l\         ` ー 、    l /    l/⌒ーー 、
          |::::::::::::::\∩:/  | ヽ、        ` ー - ,,,_ ノ i (⌒  ,ヽ
          |:::::::::::::::::| \:!`ー、  ,,=ヽ、      //   ヽ`ヽ,:::::ヽ_( ̄ ̄  ,)
          |::::::::::::::::::|  ヽ_;;ァ'~   .| ` ー 、   l /   /   `ヽi (_ ̄_   ノ
                             `ー-,,,___ ノ      (____ノ

146名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:22:15 ID:R3itrIl.


          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l     一方でやる夫は自分の精神世界で、
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l    「アニマ」たる翠星石を「統合」しようとします。
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!     「アニマ」っていうのはユング心理学の用語で、
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!     簡単に言うと自分自身の中の「女性的な部分」、ないし、
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨     「女性というものの総体的イメージ」です。
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_




                         ___
                           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
                       _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
                         j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            _       /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            | |.        i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
            | |       |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
            | |.      、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|        低いレベルのアニマは、例えばアニメ・ゲームキャラや
        ,-〈`ヽJ |       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!        アイドルなどの、いわゆる「俺の嫁」ですね。
.       /´⊂´ ̄ヽ |    ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl
.      ヽ_弋 入 ` }         j、八i  ´  j〉   爪i            高次のアニマは、例えば女神とか聖母マリアみたいな、
       / /    /            jヽ、  t_ア .ィ               護り、導いてくれる存在です。
       | {    /          __//| ヽ __// |\
       ヽ    _丶      ,--−゛:::::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_       やる夫のアニマが翠星石、ってのはある意味
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,    素晴らしく的確なチョイスですけど、やる夫の女性観、
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}   すっさまじい勢いで歪んでますね〜……
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|    |::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::|
.      |。|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|   |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i

147名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:22:45 ID:R3itrIl.


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ      「統合」っていうのは、対決し、理解し、受け入れる……
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',      ってカンジかな?
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      けど、やる夫は「統合」って言ってますが、
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V      やり方がすごく乱暴です。
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|       力づくで一時的にねじ伏せただけで、
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V       ぶっちゃけ統合なんてできてません。
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /           あとで「超自我」である水銀燈から
      ___,r| \  {    / /             手痛いしっぺ返しくらってるんで、そこんとこは
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´              作者さんの計算のうち、ではあるんでしょうけども。
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::




::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /   その後も何か問題が起こるたび、
     ヘ            /´   ',///´        やる夫は自分の内的世界で「自分の中の他者」と
                     '、            対決することで解決しようとし、一方で「現実の他者」とは
              __      _ゝ           対決を避けようとします。
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′              その結果、やる夫にかかわった人物はハルヒを除いて
;;;;', /     `` 、   , "                   ことごとく破滅していきます。
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\                             で、すべての上位存在である渚から「あなたは悪くない、
;;;;;;;;;;;\\                            誰も幸せになれない不完全なこの世界が悪い」と
;;;;;;;;;;;;;;∧ \                          慰められるわけですが……

148名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:23:49 ID:R3itrIl.


           ヘ
           ⌒ヽ)
         . ――-''" ̄`゙''ー-、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ……いやいや、そりゃねーだろ!
        /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l       そこでやる夫を肯定しちゃダメだから!
      /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l
      |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>      都合の悪いことはすべて「世界のせい」「他人のせい」ですか?
       |レ!小l ●    ●ヽ:;;j|Y ::::ア      やる夫が「現実の他者」とちゃんと向き合ってこなかった結果じゃないんですか?
 .         |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ
           ヘ  ゝ._) u /::レ':/レ      鏡像段階論ってこーゆー話だったっけ?
          _ ., >,、 __, イァ イ/       むしろ、他者とのかかわり方についての話じゃなかった?
          ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
           /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ



                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
                /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
                /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
                |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|      そして終盤、最後にやる夫が振り向くシーンで、
                |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V      物語がメタ構造になっていることが示唆されます。
               < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
               <:: |. 小{   `゙''''''       ‐-\ \ \_       つまりやる夫が振り向いた先にいるのは
                厶ヘ ハ        、 r--‐-、 >、    `ヽ     「冷笑的な他者」であり、また俺ら「読者」でもある。
                  \_!          ' ` ‐-、 ``     i     っていうつくりになってるわけですけど……
              _, r´:/ : :| ヽ    ー―--   /\     `、
          _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \         /ヽ :`ヽ      ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : ヘ      i
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : :!、    ___!=、
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'ヽ  !   ! /ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ヽ ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ   i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ

149名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:24:16 ID:R3itrIl.


/           /           ′
′         / ´ ̄`ヽ       / : : : : : : : : \
!        /´ .,. -、 ,ノ     , ' : :.、: : : : : : : : ヽ
l       _ ´/ .,´ ./ {     /: : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   _ - ´  、  > .{  /._  / : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !       でも、やる夫がここでメタ構造を認識したのなら、
ヾ         `´   `´(_,ノィ  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|       やる夫が真に目指すべきは、「内的世界の変革」ではなく、
  ` - _         ,ィ´ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V        振り向いた先にいる「現実の他者」ではないでしょうか?
      ` ┬--r‐ 7´ 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
       <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|         そして「他者」は「神」ではなく、自分と同じく
        厶ヘ ハ         、     {ハ/ V         心があり痛みを知る人間である、と知るべきなのでは?
           \_!      _ '     !
             ヽ    /   `t   /
           ___,r| \  {    / /
         /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            (⌒)
        /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、         ノ ~.レ-r┐、
      /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |



              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',      よく、「自分が変われば世界は変わる」って言いますけど、
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',      この現代においては、自分が変わった「だけ」では、世界は変わりません。
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>    なぜなら、自分と世界の間に社会ってものが介在し、
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>    社会を変えるように働きかけないと、世界は変わらないからです。
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ       自分と世界がひとつのもの足り得る時代もあったけど、
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/        今はそうではない。
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、       作者さんもそれが分かっているからこそ、
              `  、      , ′  /  \_    行き詰って続きが書けなくなったんではないですか?
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

150名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:25:14 ID:R3itrIl.


              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l     「やる夫」というキャラの特性を「ペルソナ」と解釈したところ、
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     ヒロインが「言葉(=言語)」であり「世界」である必然性、
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     やる夫の精神世界の住人たちのキャスティング、
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|     趣向を凝らされた言葉遊びなど、素晴らしい部分も多々ありました。
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ    ですが、あえてひどい言い方をすれば、根幹にある思想が
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|      借り物の域を出ていません。
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/     この話をエンターテイメントとして昇華させるには、
         ゝ;八      ;      /イ           まず作者さん自身の精神の成熟が必要だと思います。
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::



   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ::::メ::::::::::::::::::::::\ィ        それから、「ストーリーに深みを持たせるために
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>      あえて直接的な描写を控える」のと、
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\ ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___     単純に情報が足りなさ過ぎてわけわかんないのとは
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </     まったく別なんで、その辺のさじ加減を
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ_\     もうちょっと工夫してみてほしいです。
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'           あー、あと、心理学用語については
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /             もっとわかりやすい形でストーリーに組み込むか、
       lV_ 人         ^      イ              解説コーナーできっちり解説してほしい!
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\             やる夫スレ評価のためにエクリ読まないといけないとか、
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ            なんぼなんでもハードル高すぎます。
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\

151名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:25:51 ID:R3itrIl.


─都合により、番組を変更してお送りしています。────

            ∧
            || |   |                          以上です。
            || |  rt!               |
          __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit         役に立つかどうかわかりませんが、
''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕         これが俺なりの精一杯です。
        /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L        
       |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :.       
:''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |         不備な点、作者さんの意図したところと違う点等あれば
.:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'       どうかご容赦ください。
',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"
',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州
, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州
────────────────────────

152名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:27:03 ID:LZGppjA6
乙・・・ってかすげえなあんた

153名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:28:11 ID:/nKfmPdA
頭が物故割れる

154名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:30:00 ID:wpymQBTo
乙でした!

155名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:32:46 ID:RqUCeTis
乙!
スゲェ・・・

156名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:36:07 ID:mmx0z4Zk
乙です。

157名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:39:54 ID:OhMHd4Gw
乙と言わざるを得ない
読み手に相当の知識を要求するのか。しんどいな

158名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:41:54 ID:oXwO5leY
おつです!これは綺麗な誠

159名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:42:01 ID:vxqj.JnU

なんというか、お疲れ様です

160名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:49:49 ID:i8tdSTZ2
乙でした。この誠は生きていいw

161名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:52:39 ID:rXL2w4I.
おつ
誠で学ぶ心理学のアレコレって感じで面白かったです

162名無しのやる夫だお:2010/01/14(木) 23:53:42 ID:CngHHvSY
乙、感動した
まさか、これを評価するとは思わなかった
評価内容もすごい

163名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 00:21:35 ID:bO2DuhHE
わかんねぇ……わかんねぇよ
けどすげぇ
とりあえず万雷の乙とさせてもらいます

164名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 00:40:50 ID:aldd1u3M
乙です!
もはやコレは学ぶ系じゃないか…!

165名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 01:27:10 ID:P3P0qfHw
この誠の評価はアレだ、無劫世界をアンサガとすると評価が「説明書」と呼ばれる攻略本みたいな。
乙でした。

166名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 01:58:52 ID:MTr0x6tw
>>165
それは褒めているのか褒めていないのか……
アンサガ知らないけど

167名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:01:04 ID:o3zDhIXM
アンサガの価値は、決して値段で計ることは出来ない。
わかるか?わかるな。

168名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:02:32 ID:9mgU.jwU

三大ワゴンの中の名作なわけだしな

169名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:07:19 ID:nF6A485E
アンサガ、オプーナ、もうひとつは何だ?

170名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:11:32 ID:9mgU.jwU
勿論ドラクォ

171名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:16:29 ID:nF6A485E
>>170マジかよ…2、3日前に買ってきちまったよ…

172名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 02:27:44 ID:9mgU.jwU
問題ない。定価出す価値はある。そしてスレチもいいとこなんでコレにて失礼。

173 ◆xZ/MsbYZI6:2010/01/15(金) 21:34:09 ID:dGxcTggE
真紅クラシックスレの>>1です

前スレ>>647

>>114

評価ありがとうございました。

参考になりました。youtubeの使い方や、AAの使い方など
ちょっとした工夫で何倍もスレが読みやすくなるのですね。

コツコツと丁寧に作って行きたいと思います。ありがとうございました!

174名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:01:11 ID:GK5mzXu2
投下して大丈夫でしょうか
少々長いです

175名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:01:52 ID:yk2C101U
問題、ない。

176名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:05:04 ID:GK5mzXu2

      // . . : : : : : : : : : : ヽ,ィ,. : : : : : : . \
    /.  . . : : : : : : : : : : : : : :.∨ァ : : : : : : .  ヽ
.   //        i       . . i ミ: . ヽ. | . . :ハ
   i/ . . . . .ハ. :{ . .l|. ..i. . . . . . :|  ヽ: : : :V!: : : .i: i
    ′ . : : : | : 、:∨ i! : | : :|: : ′  ト:.ヽ:.i| : : :||
   i :,| . : .: : {. :ハ:∨|: 小.i :ハ: ;/≦  ミ:≧| : : : ∨
   |.:{|..:. ハ_.|_ ト { ヽ.}/ |: }:.iイム=ミ、 // ァヽ: : .ハ
   |::|l:. :. . :i小≧ミ{.∧. }イ:}イ{ぅ:::..:}}  う i } : : :. .     こんばんは。
   :{ ;.:.:i:..ハ{《N::心` ∨ }ノ 弋_zジ  r ' /: :. : ::.∧     御坂美琴です。
  ハ! V:ト.:{ハ代.zツ / ノ        __ .イ:.:.. :.. : ::{:. '.
    |.ハ{ ヽ、.∨    、         ,小:.i:.:i:.:..:.|:...:.ト: ヽ    今日の評価はこちら。
        }:i∧    、 ___ ,     ト、}:.:|:.:.|:l:.: 小 `\
        |ハ:.:.\   ヽ.  ノ  /  ノ Vノ:.:.N:.ヽ:ト:ヽ      予告通り内容に突っ込んで厳しくいきますね。
        | :.:.i:.:.:.≧: . `ニ _ .イ  /   `iく 廴:ト{   \     どうぞよろしくお願いします。
        { i..:l!..:ハ:/:.:.ノi ミ}‐≦     /   ` ー- .
        ハ }:ノィ≦ Y`i/j 「oi⌒i     ′     ,. <\
          // ー、 }ノ }' ノo ノ 八    ノ     /  >≦ヽ 
       / ノ ー、 }'  /7  {   /≧ァ'      /  //   i
        ,′ } ァくノ'  }i′ / / /   i   /  //    i|

【やる夫は】AA達による逆転裁判〜カオス風味〜【脇役】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260105125/

依頼レス (前スレ>>236
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/236

177名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:05:31 ID:GK5mzXu2

            / : /: :/ : /: :.:/ : : : :/!: ヽ : : :ヽ
.          ,'〈∨ : :|: :_| : :/: :/: :/ :|:_:ハ : : ハ
         |:∧| : : |: /|`メ|、/: ://|:/  ヾ: |:│
         |: : :|八 〃⌒ヽ//´〃⌒ヽ  }ミ │
          /: : /⌒〈  ┃ 〉   〈 ┃ 〉/V| リ
        ′:人 (   ‐-‐      ‐-‐  {_ノ|/    このスレが立った時すごくワクワクさせられました。
      厶イ : : ーヘ.///(__,、_) ///八
       ∠: :/ :厶-\  {    ノ   イ: }\    AAを使って逆転裁判の再現でしょう?
         Vヘト、\::{> _ー'´ <:::レ∨
        {   ヽ::}ハ  \/ }:::}/::ハ      あのキャラやこのキャラが法廷で夢の共演するのよ。
        {    }:jハ />ヘ/::::}::/ 〈
        ハ   \レ:::::::{てノ二ン〉::j// }      想像するだけで凄く楽しそうじゃない!
          {  ___ヽ:::::|  {  /†>く_ }
         '<「  |__〉:ノ  ,ノ {::〈_「  |>'



              . . -―‐- .
            / . . : : : : . . `ー 、
            / :/ , . :/ . : : . . く:. .ヽ
          /. :《./ /  /,i:{ : :i :〈 ヽ.'l
          {//:/: /.:/,ィ:/ハ{i |:.i.トミi: i
         /.イ.:i /イ/l_lムレ}八}/リ }!:i|      AAオールスターの逆転裁判に安価で読者参加形式!
        /:/ 〉Y:l{ |__{_  /ノ'/`ー リ:||
         ノイ 人ハN'´⌒``   r=ミy/l/}′     その発想が素晴らしいと思ったわ。
          /:/i:.:.`ヘ '''     ,  ,,, ,小
       /´ |:|!.:.i:.人  {` ーァ  人i{         さて、どんな展開を見せてくれるのかしら──
   ,r<く`ー‐く {ハ:イ/} :}>`ー_' . イ}:イ从        _
  〈ヽ    ∨´ ̄|下、   /廴:|ム--、  rー'⌒‘ー' 〉
    ` ̄ 丁´|  ハ } `ヽ r‐ ヘヽ ハ  !  rー‐ ′
      }   !   ∧}ム=========.∨  i l  {
        |   !  //Oi/   l   v  ミ 、{_ |  |
      .′ .  .'/   / ○   O { ○ そ| |
      /  | ,ん'⌒`7ーヘノ^ー、}_人_入ノi   {
     ;    | /  、_ん○〜ーく__  人_,.`.′ i
     {   }^マ^¨´  {  O   `Y_) ({   .}
     ヽ _ノ ‘ー-く⌒^ー’⌒'^ーく,、__,爪.  ノ
            `'ハ         {   `ー ′

178名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:05:48 ID:GK5mzXu2

:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./    ……悪い意味でカオスになってしまったと
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八       読んでいて私はそう思います。
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\     いくらなんでもぶっ飛びすぎです。
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j     
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/

179名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:06:16 ID:GK5mzXu2

┌─────────────┐
│〜カオス設定について〜     │
└─────────────┘

             ,. -─‐─‐- 、
         , . :´: : : : : : : : : : : . `丶、
          〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.\
         〃. :./: /: : : : : : : :.`ヽ.:.: : : : : : :.\
      /. :./:.{: :l|: : : : :l: |: :.:.l: ト、: \: : : : : : ヽ
       /: :.,': : :X(: : : :i: l :|: :.:.l: | `ヽ:.:.ヽ: : : : : :.',
     ./: : :|: l: i.:.:.:l{: :/:/:ハ: : !:.|  ゝ: :.:\|: : : :|    まず最初にここから。
     i : .l: |: l:ハ: : l V./:/ _」.:/_リ_  V:ヘヽ::|: : : :|
     |:|: i: | テ十メ、;:ィ' ´ l/     Vヘ: :.|: : : :|    スレッドタイトルの"カオス"という言葉について。
     |:|: l: |:i:|,rテメ、l/  彳:〒.テ.ヽ   Vヘ:.:!: : : :|
     |:l:.:l: |:l:|〈 ハ1    ヽ 辷。ソノ    Vハ: : : .|    このスレはどういう方向のカオスを目指そうとしていますか?
      lハヽ|从ヽり      `ー '     ノノ }: : :.ト、
         ヽ:{   ′            ノ: : : :|..ヽ
           iハ   _        ,.ヘ¨´: :i:|: : :.:ト、:.ヽ
           l:l :ヽ    `     ,. イ: : i: : : N: : : :| ヽ|
           |:l.: :.:.\     ,. ´  |: :.:|: : : l |: :i: :|
           |ハ: :i: i: :.`二i´  ,. ´ ̄`ヽ: : :l |: :l: :|
          l:/:.ハ: :/  レ'´     入: :l |: :|: :|
         , ィ ´ / , 介、     /   ̄ヽ|∧|
        / /  / ィ´  ハ   /        \
         / /  /  l  ノ  `フ´       //⌒ヽ、



                     __
                    ´ : : : : : `⌒丶
                  /: : : : : : : / : : : : : >:\
                    /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N     私個人としては多彩なキャラクターが登場することが
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│     このスレのカオス要素だと思っていました。
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ 
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\     しかしながら現状はといいますと……
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ    作者さんが必要以上にカオスにしてるように見えます。
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ   それがどの辺りか──以下の2点です。
             {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨
                   { '´  //  /   / ハ    }
                   人   /        /  \  ノ

180名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:06:41 ID:GK5mzXu2

┌───────────────┐
│1:世界観の説明不足が目立つ   │
└───────────────┘

              /    / \::|  ′   ′  ヽ, |  ::!   1   .:ト、  ヽト、
            ′   '\ | !   /    / \.:::/!  .::!|    :::| `ゝ::::::: \
          |        ヽ:|  |   .′   .:::イ  ::ヽ/  ::/     |::|   ゝ:::ヽ. \
          | ′ /    . !  ! /./ !  ::/| .::/.' \./ |  /|::|    ハ:.:V\ 、
          i/  / .:  .:.|  |::T/ヽ| :::/  ! :://  /`ミ=-- |/ ..-‐ !∧::|  ヽ|
          /  /イ.:.| /:. !:.:.:|:|  |::/ヽ ! // /  /| / ィ´    | |: |   ,ノ
        -/=:彡.:.:.:.:.: レへ:|:!::从|=彡=テ==>//     /= 云ミ  | :ハ |
        / .:/ .:.:.:.:.:.: !  . ィ|::|  イ  f:: f:::0ハ       イ:f:::0! i:ハ ハ| |′
          / .:/ .:.:.:.:.:.:.:.:|  !: :!|::| ハ!  つt::り           ぅ:少  ′/:  |
       /.:.:/  .:.::/:::.:.:八 弋ぅ从    ゝ` ´          ` - ィ  /::   |
        .'.:::/  .:.:./!!:.::/::::: \     ::::::::::           ,:     :::::::∧:::: |    どうしてこんな重要な世界観設定を
     イ::/! イ::∧||:/i.:.:.:.:.:.l:::丁ヘ                       ∧:::::   |
    /  / !/ |/  ||:.:.!:.:.:.:.∧:.:|V人        ∠_ ̄:::::::丁     ':.:.:∧!  |     ここまで隠したのっ!?
            _イ|./|:.:.:./|! ヽ ヽ. ヽ.     /     ` .::::i     イ::::./  !  |
        r.:´ : : : `:..|/: :!    ヽ       !      V   く_|.∠  | ノ 
        i⌒ヽ : : : ヽ.: |       \ \  `ー──‐´ .イ: : : : : : :ヽ/
       /    \: : : :.\!         \ ` ー‐ ァ   ´  |: : : : : : : : : 7  
       .′      ヽ: : :.|         \  /      |: : : : : : /: : /ヽ
      /    \    ヽ:..:|         ⌒i 厂ヽ     ∧:|:.:.:.!:./: : /  '.
.      〈       \   ヽ!       /  ○ヽ |    ' : :.|::.: |/: :./   !
      ヽ       \  ヽ    イヾ\ l   |  ヽ  /: :..:|: :|: :./  ,  |
        ヽ.       \  〉┬'´: :.ト、:ヾ: .|   ! /〃ー': : : : :|: ::リ /  /   ノ

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260105125/121-125

181名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:07:14 ID:GK5mzXu2

                ◯     -――-
                   /:/: : : : :、: :\ ○     被告人KOS-MOSがアンドロイドであることの説明は裁判前に無し。
                   o/〔∨ / :/: :j ト、ヽ: :ヽ      """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                ′∨:/ :/|: /|:| ヽ : : O     話が進めば巫女に式神に錬金術と不思議設定のオンパレード。
                   | レ^{/|:X_,|/、j/ |: : :∧ 
                   {:/∨/////リ'´} :∧     そんなびっくりキャラ達を人間と同じ法律で裁けるのかって
          〃        /: :{  / ̄  ⌒ヽ ノ:/:ハ     疑問は置いといてどうして最初に説明をしなかったのよ?
        (\    〃  /イ: 个 {_____ノY⌒¨ ̄}――--、
      /ヽ ー、__ /⌒Y下、_>rく___ノ∨   |ー―--、 \ 
       〈ヽ\と____ ̄}  ∨ i ∨|∨ i 廴_」     \ \ 
      // ̄ ̄ //    \フ    } i Ⅵノ  i {         { 、〉
    {{       '    / >、 / :i  ∨ 〔†〕}           ̄ 
              / xく_レヘ  :i       i |
     ヽ丶  {{ //     }  i       i |        説明不足は逆転裁判というスレタイそのものを揺るがす
      ⊂ニ'⌒´ r'       _ハ :i       i ト、
        └‐とノ\      〈 ハ i       i | 〉       このスレの面白さの本質に関わる大問題です!
        \           人-=i       i l 〈
                 〈 =ニ孑  -=孑 〉 〉
                 ∧二ニiニニ三三i,//\
                   /:::::厂::::::::T:::::::::::丁::::ヽ:::\
                  /::::::/::::::::::∨:::::::::::∧::::::::::\::〉



              /: : : : : : : : : : : : : く: : : : : : :\
                . : :/: : /: : : : : : : : : : : >: : : : : : : ヽ
               //∨ : : : | / : : : : : : : : : ト、 : : : : : : : ',
            /: :∨: : : /:| i/: :/ : : /}: : | ㍉\ : : : : :
             ,′: :i: : : : |八{: : : : : / :|: : リ  ヾミ';.:. : : :i
          i : | : |: : l /ト、/|: :|: : /  i: :/ /  ミ∨ : i:|
          l : | : |:i: :Nx‐ミi: :|: /、__厶イ⌒ヾ  Yミ}: : :│
          | 八 从:.:! {{  心乂 〃 r'ハ   }} j/`ヽ:ハ      私は一話の後半部分を読むまで
          l/ ハ: :f小  Vリ     Vソ _,     ノi 八
               ∧:{.∧/////////u_/ :|:!.:.j\    エドもKOS-MOSも普通の人間と思ってました。
                / : \ハ    r   ⌒ヽ   /.:.:.:.j:从: |
           厶イ:./}人    ∨    _ノ  .イハ.: /!│jノ      登場時に特に設定紹介もなかったし
             |//⌒≧=-      _, イ\ト、}:/八{
            〃      ヽ\>‐<〉´│/Y `⌒!        色々な作品から集めたAAに人間を演じさせた
                ハ      (   \  ∧ |/ {    〉
             /         \  } ∨  ∨┌ノ  ,_ノ        人間同士の裁判なんだろうと。
             ,′    丶   ∨      ゚| l/   /┘
            {          \j {ニニニフ | /  /

182名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:07:33 ID:GK5mzXu2

  /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :|\: : : : : :ヽ: : : : : : : : : :ヽ
  /: : : : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :|  \: : : : : ヽ: : : : : : : : : l
. /: : : : : : : : :.l: : : : : i: !: : :.|: :l: : |   \: : : : :V: : : : : : : ::|
/: : : : : : :.ハ: ::|: : : : : | |: : : |: :l : :|     ヽ: : : :}: : : : : : : ::|
|: : : : : : : | |: ::!: :从: :| |: : :.ハ: |: iリ ___  》: :>-、: : : : :i: :|      原作ゲームの逆転裁判を思い出してください。
|:ハ: : : : : :| |::/ !::| l: | l: : //斗七´      ∨ ィ^ V: : : :l: :|      目に見える証拠を使って裁判するのが前提になってますね?
|:l !: : : : :.:| l/ |/ト、八j: // ノ ,孑ヤた圷     〉 }l: : : ::l: :|
l:l |: : : : : : ', ィf坏≧ト /     弋トz少    y'__ノノ: : : : !: |      推理を楽しむ人、ゲームならプレイヤー。
|l V: : : :ト、:ヘ 弋zり      / / / / /   _ /: : : : : l八      このスレの場合は読者に設定は常に開示されているべきです。
l!  ゝ: : :|: :ゞ\// /             /: : : : : : : : : ::l: : ヽ
    \|:.:.:.fヽ`   〈         u  イ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l:..:..:.ト\  
      |:.:.:.| 圦               / ト、:..:./|:..:..:..:..:..:l:..:..:.|   \  そうしないとエドワードに突然「錬金術師だ!」と言われても
      |:.:.:.! |:.:.:>   丶 ‐    /   l  V |:..:..l:..:..:..l:..:..:.|      劇中の登場人物は納得しても読者は置き去り。
      |:.:/ ,':.:.:.:.:.:.:.:>       イ    イ  \!:..:..|:..:..:..l:..:..:.|
      |/ /:.:.:.:r 、:.:.:.:.:.:._「 ´ l_ r─<´      V |:..:..:八:..:..|      時間をかけて話を追った読者の推理は一体何なの?
    ノ⌒ー'<: ! |:.:.:.:.,ォ' r=┴ 、          /: :\:/  \:|      ということになってしまいます。
.    f'  ー- 、 ! |:.// / o } ヘ        /: . : . :>、_  \
   } ー─、 }-' .|´: / /   l!  V     /: . : . : . : . : .>、_
    |  ーゥ l‐'  .}: .:L.イ or‐'   \_,.ィ: . : . : . : . : . : . : /: .>、
    | /{_/   /: . l: .|   }     /::/: . : . : . : . : . : . :/: ./   \
   }   }  /: . : l: .|  ,'   /::/: . : . : . : . : . : . : ./: . :/ /   ヽ
.    |    ノ  /: . : . l: .| /   /::/: . : . : . : . : . : . : . :/: . :/ /      |

183名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:08:01 ID:GK5mzXu2

                  /: : : : : : : : :i : : : \
                 /: : : : : : : : : : : }: : : : : :ヽ
                ': :i : : : : : : ,i: : : }ヽ : : : : : :.
                 ': : {: : {: : : / {∧/ }ミ: i : : : |
.            _     {: : {´㍉、: /,斗―  ヽミ:r 、: : {
.         , -‐く::)、    i∧:Yi芯∨  イ芯ハ ∨ヽ}: :j    設定に注意しながら、エドが「錬金術師だ!」と
      '´二 ヽYソ     {:∧:.}Vリ   弋ン '   ノノ : {
     / ―、 } }ソ    i' j∧  、     ¨´  イ: : : :|    名乗ったシーンをもう一度見てみましょう。
.     ,  ヽ }/ソ/.         、 ‐-      ´ j: : : : :{
    {   ¨´ノ          {: >┬  ´   | : : : : |
      }    {       ´  ̄>、:i:<}      .| : : : : }    被告人がアンドロイドであることが裁判中に突然発覚。
      |    |     /      、ヘ 、      {: {: :∧j
      |    |      /       } } >――く、∨ ヽ    次にエドが自分は錬金術師と突然名乗ります。
      |    |    ./    -‐-、  | }  ヽ ̄ ̄ヾ`ヽ、
      |    |   .,      /   / ,    >、  |} ヽ} ヽ    結局この場面が決め手となって裁判が終了に向いました。
      |    |   /     /   / ,.'      >、ノ  ハ }
      |    |  ./    ./|   , ./  、           ∨
      |    |  '    ./ 、ノ/    、        ヽ
      |    ∨     ./   ∨   、           }
      |    }    ,      }    、            /
      {         /       }     `          イ
      、     /         .}               、 {
      ` ― ´        /、             ヽ}

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260105125/148-152

184名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:08:15 ID:GK5mzXu2

                     __
                    ´ : : : : : `⌒丶
                  /: : : : : : : / : : : : : >:\
                    /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N      このシーンでの疑問は尽きません。
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│      アンドロイドが飛び降りても大丈夫と判断したエドの証言を
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八       裁判に関わる全員が証拠として一瞬で納得していること。
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\      錬金術師とは何をどれくらい出来る職業なのかわからないこと。
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ 
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ     原作漫画準拠ならエドは人間兵器と言える存在ですが
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)     この話のエドは錬金術師としてどれほどの使い手なのか。
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
             {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨     ……全て説明不足が生んだ結果です。
                   { '´  //  /   / ハ    }
                   人   /        /  \  ノ

185名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:08:41 ID:GK5mzXu2

          ,.<: : ̄:ミ: 、    /{/
         /;、 . . ./: : : :}ヽ.  /¬/
        ノ/V/:ィイ/ , /小: :'.  ___
       /イ:{/ル'(\|:イムイ}小}  `7└―
         /:人{_ ゙`´ `ー''/N     ̄ ̄
       ノイ从人./⌒マ} 八{  \ 、
       ,.イ ̄〈 `≧ァ<:}:ノ   <く
       ハ .   `《 {。V  「}     \ 
     / ハ∨  l Ⅵ〃i V,ハ  
    く\ ノ }'   | ∨《ワ }ー, ヽ,         このスレッドは推理ゲームに読者参加してもらうこと前提ですよね?
  /  >、7!    ' ′ / /__/∧   
 〈   〈    {   {ノ   ' / `ーく,  ',        ということは設定を作者さんだけが理解して納得してても意味がない。
.  ヽ. ヽ  rヘ、 j′ __,} {.   /  /  
    \ v┴v 丁≧ =i┴ュ./  /         推理を楽しんでいた読者を裏切ったのと同じです。
      `{ 三ア_{.__ ≦}〈r,ニi./  
      `7i´ー----┬ ‘〒’           重要な設定は全て先に読者に見せるべきでした。
     /.::′:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.ト,           """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
    /..::i|:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:.i:ヽ    
.   〈 .:.:i:|:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:|:l:.:.:.:|:_:〉          ……今更後の祭りですが。
     `i< __j:|___/┴ 「   
      |    | |    |  
     |     | l    l 



                 / : : : : : /: : : : : : : /{: : : : : 、〉: `丶、
              /: : :/: : : :///: : :/: : :/:ハ:.: : : :.:トz: : : : :\
                / : : く\ :///: : :/: : :/:/ : : :../: :.:| ヾ: : 丶: :ヽ
             ′: /: :\/ : ! : :/: : :/:/: : : ∨: :|: |  ミ: : i:| ト、|
                : : :/: : | : |: i│: | : -‐/|〜': 八: :L:j、 ミ:::..リ| |
               |: :厶:.: :| : |: i│/| /∨八: : //: :/|/ ∨: :/:,'| |
               | : |/: /:| : |: i八:r斤┬=ミ∨// r=zァi: /j/ j/   過ぎたことは仕方ありません。
                j: :/イ 八: iN  弋(ソ       ヒソ ,ル′
                ,′: : :\ ヽ{   //////////{        設定をどれだけ上手く読者に見せられるか?
           /: : : : : : : :ーzヘ           ′
          /:/: : : : : : : :/                  人        これが今後の第一の課題でしょう。
        ∠ /: /: : : : /:/     丶       ⌒^ /:ト :\
             /: : }: /: :/{ | \     >  .._/乂ノ `⌒      話の中に上手く絡める形で読者には分かるように
         厶∨|/|/八|   ̄二=く : /}: /: /|: :j\
             / 二ニ=- 、     ∨ j人:/│/            常に先に提示することを心がけて話を作ってください。
            / _,,二二 _  \     ∧     j/
         / /      \ \__ノ ∧
          //    ̄ ̄   \ \  \

186名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:09:06 ID:GK5mzXu2

┌────────────────┐
│2:安価による読者参加について   ...│
└────────────────┘

              /: : : : : : : : : : : : : く: : : : : : :\
                . : :/: : /: : : : : : : : : : : >: : : : : : : ヽ
               //∨ : : : | / : : : : : : : : : ト、 : : : : : : : ',
            /: :∨: : : /:| i/: :/ : : /}: : | ㍉\ : : : : :
             ,′: :i: : : : |八{: : : : : / :|: : リ  ヾミ';.:. : : :i
          i : | : |: : l /ト、/|: :|: : /  i: :/ /  ミ∨ : i:|    世界観を否定することになってしまいますが
          l : | : |:i: :Nx‐ミi: :|: /、__厶イ⌒ヾ  Yミ}: : :│
          | 八 从:.:! {{  心乂 〃 r'ハ   }} j/`ヽ:ハ    避けては通れない問題なのでこれも書きます。
          l/ ハ: :f小  Vリ     Vソ _,     ノi 八
               ∧:{.∧      '        u _/ :|:!.:.j\
                / : \ハ    r   ⌒ヽ   /.:.:.:.j:从: |    説明によれば舞台はアンドロイド、式神に
           厶イ:./}人    ∨    _ノ  .イハ.: /!│jノ
             |//⌒≧=-      _, イ\ト、}:/八{      さらには魔法だって、錬金術まで存在する世界です。
            〃      ヽ\>‐<〉´│/Y `⌒!
                ハ      (   \  ∧ |/ {    〉      技術も現代より遥かに進んでいると書かれています。
             /         \  } ∨  ∨┌ノ  ,_ノ
             ,′    丶   ∨      ゚| l/   /┘
            {          \j {ニニニフ | /  /

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260105125/125

           .  -――ー-,. .
         / . : : : : : : : : : >: .\
          /廴 : : :′: : : : : : :> : .  }ヽ
        /^ 7 ー { | - - : :く - ヽ ヘ'.
      / 〈〉′:./i:.!.{ :/: : iハ 「Z_: : '.: :ハ
     .: .: il:. ./:i:.l:..: V:イ .:l:. :i |  ミ:. i : .|    そんな世界の法律が私達が知る現代の法律と
      |i.:.:.|{:.:廴|:ト:.{:、V}:..:|:.:/}} u_.ヽ| : .|
      |l:.i:从.:|从{≧ー乂/}ナ≦´  ト} : .i.!     同じ内容で施行されていると私には到底思えません。
     N{Vハ{弋:::歹  / 弋::::歹 ノ-、: .|′
       { (i///        ///i) }: .{     法律は時代と場所が変われば内容も変わります。
       |ヽ._. u         u ;イ:.. i:|
       | /八           小!:.. l:{
       ノイ: .:l i> . ^^^^^^^^. イ:.:. {|:.:i:N
     / }.: .:li:|!:.:iL i ー i爪li:.:|i:.:. ||:.从     百歩譲って法律内容が現代と一緒だとすれば
       {∧:|}ハノ` ァi r '´ V:小:. :ノ' ′
        {__V ヘ _/ ,} }ヽ ノ`ー<:{        『魔法使いや式神や錬金術師を現代の法律でどうやって裁くのか?』
     /´      〈 j        `ヽ、
    / i         ヽ{          ハ    という極めて大きな疑問が残ります。
   ,′|!         |            i′ l

187名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:09:34 ID:GK5mzXu2

             _  _
            ,  ´: : : : : : : : : ` :. 、
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : 、:\
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : < : : ::.、
       /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ゞ: : :.ハ
.       /: : : : : : : :.:.:i: : :/.:.i : : : : : : ミ: : :.:.ハ
     |: : 》、!:.:.i.:. :/|: :.:i: : !: :./ イ:.i: !'''゙ミ:i :.トハ
     |/:.|:.:.| : |:.:/ .| :.:,|: /:.:/!/ |: |:.| .ミ:| :.! .!|
.      /: イ:i:.| : |: ト、ハ:/ !'|: // /:/リ  ミ:!:.:| ,リ    このスレッドが読者参加でない通常の投下形式なら
     /: : : r-|: :ハ:|___卞- レ'/' V斗孑'  ミ!:.:|
.    /,イ: : ハ ヘN イf;;芥ヾ   ィf;;芥ヾ .ハ}∧     世界観設定を突付こうなどとは思いません。
.  / ./: i :|: \! ┴'┘    └'┴' / ノ:i :.ハ
.    //レ'!:.:.| :ヘ        i     ァ'´i:.|.:| `\_
   /'´ , r┴┴-へ、   __  _     /:: /'Vリ      ですが、この話は現時点で読者に安価で参加を求めていますね。
   /ヘヘ.   {   ` .、  `´  ,. イ ̄ ̄i\      """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.  /  .ヘヘ .八    \_ ー ´   .|    .i ∧     読者が情報を知っていることを前提に裁判は進行しないといけないはず。
  |    ヘヘ i  \_,ノ  i \ ,ノi   ノ./ }     """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
  |      } }    i 《   ,=====、 i  i/./ |
  |     ! i   i  《,  |ニニニ| i  V  ハ     エドワードが突然「錬金術師だからだよ!」と言った時のように
  |     V    .i   , ―-、  __|_  !    }
  |       ハ   i  {/二つ  {―--ヽ !    |     読者に知らされていなかった後付け設定で裁判が解決すると
  |       ハ   i  {/ __つ  ⊂二` }/--、 |
  |  /二二゙}.  i ,{ ´ ィ-'_____`ーァ `|⌒ヽヽ.|     都合が良すぎて推理ゲームとしては失格です。
  |//   |    / !  )==== 7  .ノ   \|
  レ' |     |. /    /i     (  ´\   |リ

188名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:09:55 ID:GK5mzXu2
      // . . : : : : : : : : : : ヽ,ィ,. : : : : : : . \
    /.  . . : : : : : : : : : : : : : :.∨ァ : : : : : : .  ヽ
.   //        i       . . i ミ: . ヽ. | . . :ハ
   i/ . . . . .ハ. :{ . .l|. ..i. . . . . . :|  ヽ: : : :V!: : : .i: i.
    ′ . : : : | : 、:∨ i! : | : :|: : ′  ト:.ヽ:.i| : : :||
   i :,| . : .: : {. :ハ:∨|: 小.i :ハ: ;/≦  ミ:≧| : : : ∨     本当にこの話に安価を使う読者参加は必要ですか?
   |.:{|..:. ハ_.|_ ト { ヽ.}/ |: }:.iイム=ミ、 // ァヽ: : .ハ     """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
   |::|l:. :. . :i小≧ミ{.∧. }イ:}イ{ぅ:::..}リ  う i } : : :. .     安価を設定する前にもう一度ご自身でよく考えてください。
   :{ ;.:.:i:..ハ{《N::心` ∨ }ノ  Vとつ  r ' /: :. : ::.∧    """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
  ハ! V:ト.:{ハ`.rぅツ / ノ        __ .イ:.:.. :.. : ::{:. '.
    |.ハ{ ヽ、.∨    、         ,小:.i:.:i:.:..:.|:...:.ト: ヽ    逆転裁判だから選択肢に安価を設定するというのは
        }:i∧           .  ト、}:.:|:.:.|:l:.: 小 `\   あまりにも短絡的な思考です。
        |ハ:.:.\    '⌒    /  ノ Vノ:.:.N:.ヽ:ト:ヽ
        | :.:.i:.:.:.≧: .. _ イ  /   `iく 廴:ト{   \    私見ですがこの話に安価は必要であると思えません。
        { i..:l!..:ハ:/:.:.ノi ミ}‐≦     /   ` ー- .
        ハ }:ノィ≦ Y`i/j 「oi⌒i     ′     ,. <\    魔法、式神などが存在する世界に現代の法律という設定は
          // ー、 }ノ }' ノo ノ 八    ノ     /  >≦ヽ   読者が推理して安価に参加する余地がほぼないからです。
       / ノ ー、 }'  /7  {   /≧ァ'      /  //   i
        ,′ } ァくノ'  }i′ / / /   i   /  //    i|

189名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:10:09 ID:GK5mzXu2

          ,.<: : ̄:ミ: 、    /{/
         /;、 . . ./: : : :}ヽ.  /¬/
        ノ/V/:ィイ/ , /小: :'.  ___
       /イ:{/ル'(\|:イムイ}小}  `7└―
         /:人{_ ゙`´ `ー''/N     ̄ ̄
       ノイ从人./⌒マ} 八{  \ 、
       ,.イ ̄〈 `≧ァ<:}:ノ   <く
       ハ .   `《 {。V  「}     \ 
     / ハ∨  l Ⅵ〃i V,ハ  
    く\ ノ }'   | ∨《ワ }ー, ヽ,         カオスと意味不明、この2つは全くの別!
  /  >、7!    ' ′ / /__/∧   
 〈   〈    {   {ノ   ' / `ーく,  ',        カオスな話を作るなら、どこをカオスにするのか範囲を決めることが必須。
.  ヽ. ヽ  rヘ、 j′ __,} {.   /  /  
    \ v┴v 丁≧ =i┴ュ./  /         世界観、キャラクター、会話内容など構成要素全てをカオスにすると
      `{ 三ア_{.__ ≦}〈r,ニi./  
      `7i´ー----┬ ‘〒’           作者以外は理解しようがない、話と呼べないAAと文章の塊が出来上がります。
     /.::′:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.ト,    
    /..::i|:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:.i:ヽ    
.   〈 .:.:i:|:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:|:l:.:.:.:|:_:〉          カオス──簡単で抽象的で便利な言葉ですが、作者が作中で安易に使用すると
     `i< __j:|___/┴ 「   
      |    | |    |             ただの言い訳に見えてしまうことがあるので要注意!
     |     | l    l

190名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:10:32 ID:GK5mzXu2

.       /       /      / i   ,      l ',
      /       /=ュ    l  l   ∧     !  ',
      |     /         l ∧、/ |  / ∧  l
      |      /∧       ∧/. ∨\! 〃// l  |
      |      !ム、', ∧ ト /.ィf滲ミヽ`k/ /イ  | /!|
      l     /⌒l ',l ハ !V   ゞ込       ,≠y//
      |    {f (∨!从/        `    豸Yj/リ
..     //!  八ヽ_ン ′               〉 !′     このスレッドを『不思議世界の不思議な人達のドラマ』とするなら
..      // | ハ / ヘ二 、             ′l       今のまま大きな変更は必要はありません。
.    // /l/ l/ ! l l \                 /
    /イ./! ′l  | l |   丶          ´` /        しかし、読者参加型の推理ゲームとしては
   イ l/ |   >'´ ̄`ヽ、___ >         イ         話のあちこちに満足できない部分があり極めていびつです。
_      ! ! /     ....... \   ̄\ >‐--〈 
   ,r'⌒〜´   ..:::::::  ::::::::\    >、_ l ! 
  f,r'⌒〜ヽ            ::::::ヽ /   〉ハ |         どちらにも中途半端な悪い意味のカオスをだらだら続ける前に
:::::x{:::::::    `:::::::::::: ,rぅ::::::::::::::.. Y    ∧k_`         この話をどうしたいのか、もう一度じっくりと考えてください。
/ハ:::::::     ::::/ /     ::::}\_,/ l !
   \      /  {     ::::ト   \ヘ |          続いて評価依頼の3点を個別に見ていきます。
  __` ー-‐く     \__/7::::j  ',    \\
  \     } \       /::::::::人  ',  〉   \\
::....   \ ...:::::...      / >今 ヘ 〉/      \\
  :::::::::::::::::::__ . ::::.... /     /  V/       ヘ ヘ



            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミY:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         //::/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
       //:〃::/:/::/:::/::/ |:::j::ト、\::::::::::::::.
       イ/|/j:::/l/ヽ{::/::/ j::/::j ヾ::ヽ::::::::::i
        -=7{:小{イf心/l:/  ノ⌒メ  {ヽ:ハ:::::::::|
          /:/V} Vリ     アi心  ミ:::}::j/:::::j
.        /イ:::/:⊂⊃ ,    V_ソノ ノ`Y:::::::::リ
.         |/l ::八      ⊂⊃ .)^ノ :::::;':|     評価依頼は去年の12月19日時点のものです。
            |:∧::\ `     ィー::1::::::/:::{
            |::ハ::}::::>‐r   爪::{:::::::∧::::N八     その時ストーリーとしては>>290までしか進んでなかった事も
           '´ j∧/   }__,/{:从::::::|          ここに書いておきましょう。
             /\/|       ヘヽ{
           乙イ 、\  /⌒ヽ
            | L{.∨ / : : ⌒∧
             |   ̄/: : : :/: : : : :}
              |    |: : :j/ : : : : : |

┌──────────────────┐
│①・話が分かりやすいか            │
│②・キャラについて                │
│③・改善点などあれば    等です。    .│
└──────────────────┘

191名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:10:57 ID:GK5mzXu2

┌─────────────┐
│①・話が分かりやすいか     .│
└─────────────┘

              /    / \::|  ′   ′  ヽ, |  ::!   1   .:ト、  ヽト、
            ′   '\ | !   /    / \.:::/!  .::!|    :::| `ゝ::::::: \
          |        ヽ:|  |   .′   .:::イ  ::ヽ/  ::/     |::|   ゝ:::ヽ. \
          | ′ /    . !  ! /./ !  ::/| .::/.' \./ |  /|::|    ハ:.:V\ 、
          i/  / .:  .:.|  |::T/ヽ| :::/  ! :://  /`ミ=-- |/ ..-‐ !∧::|  ヽ|
          /  /イ.:.| /:. !:.:.:|:|  |::/ヽ ! // /  /| / ィ´    | |: |   ,ノ
        -/=:彡.:.:.:.:.: レへ:|:!::从|=彡=テ==>//     /= 云ミ  | :ハ |
        / .:/ .:.:.:.:.:.: !  . ィ|::|  イ  f:: f:::0ハ       イ:f:::0! i:ハ ハ| |′
          / .:/ .:.:.:.:.:.:.:.:|  !: :!|::| ハ!  つt::り           ぅ:少  ′/:  |
       /.:.:/  .:.::/:::.:.:八 弋ぅ从    ゝ` ´          ` - ィ  /::   |
        .'.:::/  .:.:./!!:.::/::::: \     ::::::::::           ,:     :::::::∧:::: |    はっきり言って分かり難い!!
     イ::/! イ::∧||:/i.:.:.:.:.:.l:::丁ヘ                       ∧:::::   |
    /  / !/ |/  ||:.:.!:.:.:.:.∧:.:|V人        ∠_ ̄:::::::丁     ':.:.:∧!  |
            _イ|./|:.:.:./|! ヽ ヽ. ヽ.     /     ` .::::i     イ::::./  !  |
        r.:´ : : : `:..|/: :!    ヽ       !      V   く_|.∠  | ノ 
        i⌒ヽ : : : ヽ.: |       \ \  `ー──‐´ .イ: : : : : : :ヽ/
       /    \: : : :.\!         \ ` ー‐ ァ   ´  |: : : : : : : : : 7  
       .′      ヽ: : :.|         \  /      |: : : : : : /: : /ヽ
      /    \    ヽ:..:|         ⌒i 厂ヽ     ∧:|:.:.:.!:./: : /  '.
.      〈       \   ヽ!       /  ○ヽ |    ' : :.|::.: |/: :./   !
      ヽ       \  ヽ    イヾ\ l   |  ヽ  /: :..:|: :|: :./  ,  |
        ヽ.       \  〉┬'´: :.ト、:ヾ: .|   ! /〃ー': : : : :|: ::リ /  /   ノ

192名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:11:22 ID:GK5mzXu2

:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./    数々の不思議設定に関してはすでに書きました。
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八       さらに話を分かり難くしている原因が短すぎるレス数です。
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ      """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\    初日の投下が11レス、次の日の投下が15レス。
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j      いくらなんでも長さが半端、短すぎます。
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/



           .  -――ー-,. .
         / . : : : : : : : : : >: .\
          /廴 : : :′: : : : : : :> : .  }ヽ
        /^ 7 ー { | - - : :く - ヽ ヘ'.
      / 〈〉′:./i:.!.{ :/: : iハ 「Z_: : '.: :ハ
     .: .: il:. ./:i:.l:..: V:イ .:l:. :i |  ミ:. i : .|  
      |i.:.:.|{:.:廴|:ト:.{:、V}:..:|:.:/}} u_.ヽ| : .|
      |l:.i:从.:|从{≧ー乂/}ナ≦´  ト} : .i.!     投下二回目に至っては証言途中で話を中断したから
     N{Vハ{弋:::歹  / 弋::::歹 ノ-、: .|′
       { (i///        ///i) }: .{      証言が中途半端にぶつ切りになってるし……何故ここで切った?
       |ヽ._. u         u ;イ:.. i:|
       | /八           小!:.. l:{
       ノイ: .:l i> . ^^^^^^^^. イ:.:. {|:.:i:N      全体的に言えることだけど話のペース配分をもっと練ってください。
     / }.: .:li:|!:.:iL i ー i爪li:.:|i:.:. ||:.从
       {∧:|}ハノ` ァi r '´ V:小:. :ノ' ′      これに関してはスレ立て時から現在に至るまで全く修正されていない。
        {__V ヘ _/ ,} }ヽ ノ`ー<:{    
     /´      〈 j        `ヽ、
    / i         ヽ{          ハ 
   ,′|!         |            i′ l

193名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:11:41 ID:GK5mzXu2

                  ‐- 、
                   :.:.:.\
                  :.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r- 、:.:\:.:.:.:.:.:.: i
        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./l  \:.ヽ:.:.:.:.:. i
     i:.: i  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ リ   三:ヽ:.:.:.:.:.:.!
     l:.:.:.l:. :.:.:l:.:.:/!:.:/    _.... 彡''ヽ:.:.:.:.:l      このスレはゲームの逆転裁判のように
     i:.l:.:l:.:.i:.:.:.l:./ l:/  /....._  ヾ i:.:.:.:.:.:!      読者が手掛かりを元に推理しながら読むタイプのスレよね?
     ';li:.:.l:.:li:.:.:l/ l ‐'"ヽ:::ノ/   /l:.l:.:.i:.:l
     !ル'l:.:ハl:./       `''''   イ:.l:.:l:.:.:l:.:l      頭を使いながら読む必要があるわけだけど
       l/ l/、   ,.         / l:.ハ:.l:.:.:.l:.:l      一日経ったら普通の人は前日の詳細なんて忘れてるわよ。
          \  .. ___   / l:.l i:lヽ:.:i:.l
                `  .. __ / /l::l  l:i ヽ:.l 
             |:/ _l..、 '゛ l:.l  l:i'" \! 
             l' /ト、    l/ /    ヽ     キリ良く話を区切って読者に分かりやすくするのも作者の配慮。
            / l/ l \   /       i     """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
           / ,;'   ̄/ ̄         l     情報をちょこちょこ小出しにして投下してるせいで
.          / .,;'  ,,;''   l /       l     読者は逐一戻って読んでを繰り返さなければいけない。
           /  ,;'' ,;;'''   l /          l
        / /,:' ,;''    l ,'       . : l     有体に言うと読むのが面倒くさい。
.       / / ';;,'''     l i       . : : l
       / /  ;' ;;;;;   l. ノ /     . : : :l

194名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:12:13 ID:GK5mzXu2

      // . . : : : : : : : : : : ヽ,ィ,. : : : : : : . \
    /.  . . : : : : : : : : : : : : : :.∨ァ : : : : : : .  ヽ
.   //        i       . . i ミ: . ヽ. | . . :ハ
   i/ . . . . .ハ. :{ . .l|. ..i. . . . . . :|  ヽ: : : :V!: : : .i: i.     ただでさえ証拠やらの確認をするために
    ′ . : : : | : 、:∨ i! : | : :|: : ′  ト:.ヽ:.i| : : :||     読者がスレッドを読み返す必要がある話よね?
   i :,| . : .: : {. :ハ:∨|: 小.i :ハ: ;/≦  ミ:≧| : : : ∨ 
   |.:{|..:. ハ_.|_ ト { ヽ.}/ |: }:.iイム=ミ、 // ァヽ: : .ハ     その回数は少なくなるように作者が配慮すべき。
   |::|l:. :. . :i小≧ミ{.∧. }イ:}イ{ぅ:::..}リ  う i } : : :. .     読者の負担になるんだしさ。
   :{ ;.:.:i:..ハ{《N::心` ∨ }ノ  Vとつ  r ' /: :. : ::.∧
  ハ! V:ト.:{ハ`.rぅツ / ノ        __ .イ:.:.. :.. : ::{:. '.    逆転裁判は弁護側に立って裁判を
    |.ハ{ ヽ、.∨    、         ,小:.i:.:i:.:..:.|:...:.ト: ヽ   『わかりやすく争えるから』面白いのです。
        }:i∧           .  ト、}:.:|:.:.|:l:.: 小 `\
        |ハ:.:.\    '⌒    /  ノ Vノ:.:.N:.ヽ:ト:ヽ   
        | :.:.i:.:.:.≧: .. _ イ  /   `iく 廴:ト{   \
        { i..:l!..:ハ:/:.:.ノi ミ}‐≦     /   ` ー- .
        ハ }:ノィ≦ Y`i/j 「oi⌒i     ′     ,. <\
          // ー、 }ノ }' ノo ノ 八    ノ     /  >≦ヽ
       / ノ ー、 }'  /7  {   /≧ァ'      /  //   i
        ,′ } ァくノ'  }i′ / / /   i   /  //    i|

195名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:12:47 ID:GK5mzXu2

:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |    これは私なりの区切り方だけど
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j    やる夫が証言を終える>>77まで最初の投下に収めるかな。
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ     証言途中で話を打ち切ったのはまずすぎる。
ハ {  ー                              l: : :.:.八       ここで区切ることに不自然を感じなかった?
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ  
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\     >>77のやる夫尋問まで入れても合計33レス。
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\   全然問題無い範囲でしょう。
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j  
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/

196名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:12:59 ID:GK5mzXu2

.       /       /      / i   ,      l ',
      /       /=ュ    l  l   ∧     !  ',
      |     /         l ∧、/ |  / ∧  l
      |      /∧       ∧/. ∨\! 〃// l  |
      |      !ム、', ∧ ト /.ィf滲ミヽ`k/ /イ  | /!|
      l     /⌒l ',l ハ !V   ゞ込       ,≠y//
      |    {f (∨!从/        `    豸Yj/リ
..     //!  八ヽ_ン ′               〉 !′
..      // | ハ / ヘ二 、             ′l     他人から説明を受ける時に半端なところで切られて
.    // /l/ l/ ! l l \                 /     翌日再開されても理解しにくいでしょう?
    /イ./! ′l  | l |   丶          ´` /
   イ l/ |   >'´ ̄`ヽ、___ >         イ       あなたがやってる事はそれと一緒です。
_      ! ! /     ....... \   ̄\ >‐--〈
   ,r'⌒〜´   ..:::::::  ::::::::\    >、_ l !
  f,r'⌒〜ヽ            ::::::ヽ /   〉ハ |       大体30〜50レス程度が読者にとって多すぎず、少なすぎず
:::::x{:::::::    `:::::::::::: ,rぅ::::::::::::::.. Y    ∧k_`       丁度良い具合に理解できる範囲かと私は思います。
/ハ:::::::     ::::/ /     ::::}\_,/ l ! 
   \      /  {     ::::ト   \ヘ |        内容を上手く区切ることを意識して話を作ってください。
  __` ー-‐く     \__/7::::j  ',    \\
  \     } \       /::::::::人  ',  〉   \\      まずこれが一つ目。
::....   \ ...:::::...      / >今 ヘ 〉/      \\ 
  :::::::::::::::::::__ . ::::.... /     /  V/       ヘ ヘ

197名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:14:24 ID:GK5mzXu2

                  //V: : : :/: : : : : /: : : : : 〈: : : : : : : ヽ
                    / ∨ /: :/ : / : : : /: : : : ∨: : : : : : : : :'
              ,′/:./: : : : //: :// : : : : : L : : : ヽ: : : : :'
               |i: :|l: |│': :/ |: //: : /: :/:| ㍉: : : |: : : : :|
               |i: :|l: ト|:l:./|: l//i: : :/: :,'| リ  ミヽ|: : : : :|
               |i: :|l: l厶\| /イ│j/|: / |/   ミ、:|: : : : :|     二つ目、いくらなんでもオマケ話・幕間が多すぎる!
              'i:八: |《⌒i心/|: |/|_j厶斗<_  从 : l: : |           """""""""""""""""""""""""""""""""
               \|lハ  弋;ン iハ|^l/ トじリ 癶 /'⌒Y : i:|     第二話:逆転炒飯が開始されたのが12月12日。
                  | :i  `^´::;     ー'_,,   rタ'ノ: : i:|
                  |从";;  、}   "     、_ /i: : :.i:|     それから一ヶ月以上経過した今日になっても
                  |/| ':.   ト.二ヽ     ,;;イ:./: : : : : |八     裁判が始まってすらいないってどういうこと!?
                 厶 {\ V  }   イ/:|/l: : :/ :八  
                     //:乂∨:ヽ`二  ´ /  ゙7|: :イ: /  ヽ
                    / /::/:::::::/ ノ゙∧ ̄   /ノ|乂V        本当に裁判を読者に見せる気あるの?
                /{/:∨::/:://∨ |    /::::::::::::::::ヽ
                 〈  |::/::/::://  ノ  |: /::::::::::/::::::::::ヽ       ……って疑われてもこれじゃ仕方無いわよ。
             /  {/::/::://  { /l/::::::::::/::::::::::::::::::_>、
              / ∨::/:::: |:|  //:::::::::::/::::::::::/:::::/:::::::__)
               /  /:::::::::::: |:l//:::::::::::::::::::::::::::::/::/::::/  \

198名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:14:42 ID:GK5mzXu2

          ,.<: : ̄:ミ: 、    /{/
         /;、 . . ./: : : :}ヽ.  /¬/
        ノ/V/:ィイ/ , /小: :'.  ___
       /イ:{/ル'(\|:イムイ}小}  `7└―
         /:人{_ ゙`´ `ー''/N     ̄ ̄
       ノイ从人./⌒マ} 八{  \ 、
       ,.イ ̄〈 `≧ァ<:}:ノ   <く
       ハ .   `《 {。V  「}     \ 
     / ハ∨  l Ⅵ〃i V,ハ  
    く\ ノ }'   | ∨《ワ }ー, ヽ,         本編より幕間の量が多いスレなんて何がしたいのか理解不能よ!
  /  >、7!    ' ′ / /__/∧   
 〈   〈    {   {ノ   ' / `ーく,  ',        この点が読んでいて一番、もっとも、最高に不満だわ。
.  ヽ. ヽ  rヘ、 j′ __,} {.   /  /  
    \ v┴v 丁≧ =i┴ュ./  /         年末も本編は進んでないのに、オマケはしっかりと投下されてるし?
      `{ 三ア_{.__ ≦}〈r,ニi./  
      `7i´ー----┬ ‘〒’           『合いの手が欲しい』とスレッドで嘆く前に本編をなんとかしてよ!
     /.::′:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.ト,    
    /..::i|:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:.i:ヽ    
.   〈 .:.:i:|:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:|:l:.:.:.:|:_:〉          大体、オマケなんてスレ内における内輪ネタだから
     `i< __j:|___/┴ 「   
      |    | |    |             話が進んでない状態で展開されても理解不能なんだってばよ!!
     |     | l    l

199名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:15:01 ID:GK5mzXu2

              ´. : : : : : ,く : : : : : : /: : ,: : : ,: : : : : : ,: : :i
              , . : : : : : />': : : : : : | : /: : :/ : : : : : / : : {
.               i: : : : : : /: : : : : : : : :斗― 、/i!: : :/ : ハ : : |
             | : : : : : ': /l : : : : : : ∧≦∨㍉、:/: :,/ i : : |
              j, : : : :/'´ `| : : : ∧/ 《{..r'::}ヽレ'//  } : : |
            /: : : : { (   |∧: /    弋リ     '斗-,: : :/
              /: : : : : :ヽ ノ' ∨          ヒ;リ':.ハ/
.            /: : : : : : /: `  、           '  IV
             ノ, : : /: : /: : : : | ヽ             / 
.          /イ: : /: : : : : ' : : |             '⌒ ,  
.            レイ: : :/´ ̄`ヽ、    `  、    ノ 
        /⌒ヽ_/      ヽ ̄`丶、 /: : ̄:|       このスレのオマケはほとんどキャラクター原作の内輪ネタだし
         |'´⌒`丶、_     ,  ∧    \:|: : |       東方ネタを使われても知らない人は反応しようがない。
       /{           /   ヽ、     ∧: ノ
      /  |        /      }、  / |ヽ        だから『読者として合いの手を入れる余地』が話に存在しません。
    /   ヽ、     /           }:..丶'、ヽj! |        """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.   /     、    ̄ ̄ヽ、     /fヾ':..:.: : :丶\        合いの手が欲しかったら本編をしっかり進行しなさい。
.   ∨    丶、   ノ      /  {∧:. : : : : 丶、\ 
   ∧        ∨ '   /⌒`/`ノi }:..:.: : : : : : :丶\     この二つを意識するだけで相当変わるはずです。
   { 丶、    /´⌒`/     ´ / /:..::.: : : : : : : : :\\


┌───────────────────┐
│一つ目──話を上手く区切ることを意識  .....│
└───────────────────┘

┌────────────────────────┐
│二つ目──オマケよりも本編進行をしっかりとすべき  ....│
└────────────────────────┘

200名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:15:29 ID:GK5mzXu2

┌──────────┐
│②・キャラについて   .│
└──────────┘

              ´ . : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : . .\
            / . : : : ノ: : : : : : /: : : :/: : : : : : : : : : . ヽ
         ' : : : ,く: :/: : : : :/ : : : / : : : /: : : : :ヽ : . i
           i: : :/>'': : : : : :ハ: : :/: : : :/: : : / : ハ! : |
           |:ノ/: : :ソ: : : : :ア≧=―メ㍉ハ: : ハ:/ }!:. :|
           |ノ: /:人: : : :ソ ァ≧='ム/`ノ:// .ノ⌒ハ: : |
.         } : ム⌒ハ: : :| ((ノ.::i}`ヾ ム /,斗-、/: ハ: }    キャラクターを色々出すことがこのスレのカオス要素なら
         j: : : :{ ( {ヽ: {   乂ソ      r'::i} 〉):{ リ    様々な作品からのキャスティングに異論を挟む余地はありません。
         }: : : :込_   N          ヒ;ソ j.: :|
.        ル': : : / : `ヽ、         '   人: |      ですが、主人公エドワードが周囲の濃い面々に比べて薄く
        /: / : :/ : /: : :._ト、      -‐   イ: : : |           """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.       /..:/ : : : : /: : ,</  >  _ <: : : : : |      いわゆる空気キャラになってるのは大問題です。
.      ノ|: ハ: :/ : /: / 丶、    / : : , : : /: ハ! :!      """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.       レ'从: : : _,く      \ ハ : /: : : : / i!:|  
          ン  ヽ      ><`丶、ハ/   リ   _    エドワードの設定が十分に語られていない二話開始前に
         /     丶、   /  } i|   i`}―-  _ ||    新しく霊夢と輝夜を投入してしまったのは早まったな
      /´⌒`ヽ、    \./丶 } i}  :i! |   ,  `||     というのが素直な印象。
     /'´ ̄ ̄`ヽ、ヽ、   \   ∧ i}  ヾ}  ./   ||
.     i       丶丶    \ { i} 丶 ヽノ f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} |
     ル        丶丶       \_j}  ハ |} | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
     |            i } ノ       ソ {[ ]} } /`二つ    .| |
     { i        | |´          ` ル/`二つ     | }

201名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:16:09 ID:GK5mzXu2

                     __
                    ´ : : : : : `⌒丶
                  /: : : : : : : / : : : : : >:\
                    /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N 
                } :( ∧       '    , )!     オマケ話でどんどん新しいキャラクターが登場してるけど
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八     これ以上の新キャラ投入は一旦中断して主人公を
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ    """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\     もっとしっかりと書くべきです。
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ    """""""""""""""""""""""""
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ    エドの伏線として「博麗家」に「神託」に「能力持ち」と
             {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '    すでに意味不明な単語がこんなに出ていますし
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨
                   { '´  //  /   / ハ    }      まずはそれらを消化してから他を増やしても遅くない。
                   人   /        /  \  ノ



:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./    言葉は悪いけど現状は
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八       『ぼくのすきなきゃらくたーだいしゅうごう』
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\     しているだけのスレッドにしか見えません……
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/

202名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:16:33 ID:GK5mzXu2

                         / /        /        Y  ∧
                     / /         〃   /          Y  ハ
                       / /  /    //   /l       ノ   |,   `ヽ
                   / <\/   /: //   / ノ    /    | `'く  `ヽ
                     / ii:: \> /:: l//::\/イ  / /   :l   |   >  ハ
                 / l i::   l ∧:: | {::  / ヽ.x'/   /::l  ノ   |::  ∧
                   / 八 i:: }:.l | ヽ|∧: / イイ::    /: ノイ厂`   |::  !ハ
               / イ:: 从/:::l |  |_、」{_   | !:::  /イx=ミ    八:: リ
  ー一へ、  __, /⌒ヽ |:: {{|/`ヽ:::l   ´⌒ヾヽ 从{:: / イ::r う::ハ /::/}:/
          ̄`ヽ∨'-     ∨八( く从|  ///       ヽ{   辷 シ′^/::/〃
           {``     l::  \ー                    ``  /イ /   .
                     |:::::  トー:i              '   // ,′ノ′
       ___/ヽ     从::::  | 八       ト  ___        /
      /    {      ..イ}:./!:::  |   }     V^__ フ     .イ      色々なキャラクターを出すのが楽しいのはわかる!
.     /     ヽ  _ ノ ∨ノ:: ノ:ノ,r‐v′`  .           .イ
     /      \  ノ ハY⌒く.  \   `  __ . <::. |        だからこそ、空気キャラクターを量産しないように
   /  `ヽ     Y __  `ヽ::::::.、   \     ∧::: /l::/ヽ|        気をつけて書いて欲しいんです。
    l       \   / r‐  `ヽ V::::::i    \  ,/ ハ /八{
   ノ        \ { !_      j:::::::|     ハーヘ  }\           せっかく登場させたお気に入りキャラクター達の
  {   `     厂ゝ----   .イ::::::::|    / |O| ヽ   l`:: ..._        印象が薄いと勿体無いですよ。
   \     >一'    ___..イ l:::::::::l  /   j j  ヽ  j:::::::::::`ヽ

203名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:16:53 ID:GK5mzXu2

┌────────────┐
│③・改善点などあれば   ....│
└────────────┘

:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ      思いつくのはギャグとAAの使い方ですね。
ハ {  ー                              l: : :.:.八
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ       どっちも分かり難い部分があります。
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/



                     __
                    ´ : : : : : `⌒丶
                  /: : : : : : : / : : : : : >:\
                    /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N     ギャグに関して言えることはキャラクターの原作ネタに頼りすぎ。
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│     ただでさえ短い内容に小ネタを挟んでいるから
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八     余計に進行が遅くなってしまっています。
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ    このスレに無理矢理ギャグを挟む必要はありません。
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)   だってこれ原作パロディがメインのスレじゃない……ですよね?
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
             {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨
                   { '´  //  /   / ハ    }
                   人   /        /  \  ノ

204名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:17:37 ID:GK5mzXu2

           / : /: : : : /: /:./:!: : : :./: : : :/: :! : | \ : : : : : ヽ
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |    AAの使い方で気になったのは証拠品の扱い。
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !    本当に原作通りにに忠実に再現されていて見難い。
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |    文字で箇条書きするだけではなくAAで具体的に
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |    証拠品を読者の目に見えるようにしてはどうかしら。
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ    前回評価を書いたきめぇ夫さんも言ってたけど
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \  「ゲーム通りに再現されてるならゲームを遊べばいい」
           // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
         / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、     ……でしょ?
              /|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260105125/74

          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | |      ||
  | |      ||     ↑のシーンなら携帯電話のAAを入れるだけで
  | |      ||
  | |      ||     証拠として読者に強く印象付けることが可能になるでしょう。
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |
  (⌒!二二二!⌒)
  |⌒ ⊂⊃  ⌒|     原作通りの演出にこだわる必要は全くない。
  | О (_O_) О |
  | ①  ②  ③..|     とにかく読者にわかりやすくすることを第一に心がけるべき。
  | ④  ⑤  ⑥..|
  | ⑦  ⑧  ⑨..|
  | 〇  〇  〇..|
  ゝ_______ノ

205名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:18:18 ID:GK5mzXu2

                  //V: : : :/: : : : : /: : : : : 〈: : : : : : : ヽ
                    / ∨ /: :/ : / : : : /: : : : ∨: : : : : : : : :'
              ,′/:./: : : : //: :// : : : : : L : : : ヽ: : : : :'
               |i: :|l: |│': :/ |: //: : /: :/:| ㍉: : : |: : : : :|
               |i: :|l: ト|:l:./|: l//i: : :/: :,'| リ  ミヽ|: : : : :|
               |i: :|l: l厶\| /イ│j/|: / |/   ミ、:|: : : : :|    最後にこれも言っておきます。
              'i:八: |《⌒i心/|: |/|_j厶斗<_  从 : l: : |
               \|lハ  弋;ン iハ|^l/ トじリ 癶 /'⌒Y : i:|    『現時点で即興スタイルは止めておく方が良い!』
                  | :i  `^´::;     ー'_,,   rタ'ノ: : i:|    """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                  |从";;  、}   "     、_ /i: : :.i:|
                  |/| ':.   ト.二ヽ     ,;;イ:./: : : : : |八
                 厶 {\ V  }   イ/:|/l: : :/ :八     最新話は即興で投下されてたけど
                     //:乂∨:ヽ`二  ´ /  ゙7|: :イ: /  ヽ    一時間近くかけて話の中身が全然進んでないし?
                    / /::/:::::::/ ノ゙∧ ̄   /ノ|乂V
                /{/:∨::/:://∨ |    /::::::::::::::::ヽ       即興は力量が問われる投下スタイル。
                 〈  |::/::/::://  ノ  |: /::::::::::/::::::::::ヽ      現時点のあなたにはハードルが高すぎる。
             /  {/::/::://  { /l/::::::::::/::::::::::::::::::_>、
              / ∨::/:::: |:|  //:::::::::::/::::::::::/:::::/:::::::__)
               /  /:::::::::::: |:l//:::::::::::::::::::::::::::::/::/::::/  \



              ´ . : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : . .\
            / . : : : ノ: : : : : : /: : : :/: : : : : : : : : : . ヽ
         ' : : : ,く: :/: : : : :/ : : : / : : : /: : : : :ヽ : . i
           i: : :/>'': : : : : :ハ: : :/: : : :/: : : / : ハ! : |
           |:ノ/: : :ソ: : : : :ア≧=―メ㍉ハ: : ハ:/ }!:. :|
           |ノ: /:人: : : :ソ ァ≧='ム/`ノ:// .ノ⌒ハ: : |
.         } : ム⌒ハ: : :| ((ノ.::i}`ヾ ム /,斗-、/: ハ: }
         j: : : :{ ( {ヽ: {   乂ソ      r'::i} 〉):{ リ
         }: : : :込_   N          ヒ;ソ j.: :|      とにかく何でもいいから投下しようとして焦るのは良くない。
.        ル': : : / : `ヽ、         '   人: |
        /: / : :/ : /: : :._ト、      -‐   イ: : : |      しっかりと話を作り上げてから投下してくださいな。
.       /..:/ : : : : /: : ,</  >  _ <: : : : : |
.      ノ|: ハ: :/ : /: / 丶、    / : : , : : /: ハ! :!      今のペースだと二ヵ月後も二話の真っ最中って事になりかねないよ?
.       レ'从: : : _,く      \ ハ : /: : : : / i!:|

206名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:18:54 ID:GK5mzXu2

      // . . : : : : : : : : : : ヽ,ィ,. : : : : : : . \
    /.  . . : : : : : : : : : : : : : :.∨ァ : : : : : : .  ヽ
.   //        i       . . i ミ: . ヽ. | . . :ハ
   i/ . . . . .ハ. :{ . .l|. ..i. . . . . . :|  ヽ: : : :V!: : : .i: i  っ
    ′ . : : : | : 、:∨ i! : | : :|: : ′  ト:.ヽ:.i| : : :||   つ
   i :,| . : .: : {. :ハ:∨|: 小.i :ハ: ;/'ー- 、 ミ:≧| : : : ∨
   |.:{|..:. ハ_.|_ ト { ヽ.}/ |: }:.iイム=ミ、 // ァヽ: : .ハ
   |::|l:. :. . :i小≧ミ{.∧. }イ:}イ{ぅ:::..:}}  う i } : : :. .      今回の内容をまとめると以下になります。
   :{ ;.:.:i:..ハ{《N::心` ∨ }ノ 弋_zジ  r ' /: :. : ::.∧
  ハ! V:ト.:{ハ代.zツ / ノ        __ .イ:.:.. :.. : ::{:. '.     長いので二つに分割してます。
    |.ハ{ ヽ、.∨    、       U  ,小:.i:.:i:.:..:.|:...:.ト: ヽ
        }:i∧           .  ト、}:.:|:.:.|:l:.: 小 `\ 
        |ハ:.:.\,   ⊂⊃   /  ノ Vノ:.:.N:.ヽ:ト:ヽ
        | :.:.i:.:.:.≧: .. _ イ  /   `iく 廴:ト{   \
        { i..:l!..:ハ:/:.:.ノi ミ}‐≦     /   ` ー- .
        ハ }:ノィ≦ Y`i/j 「oi⌒i     ′     ,. <\
          // ー、 }ノ }' ノo ノ 八    ノ     /  >≦ヽ
       / ノ ー、 }'  /7  {   /≧ァ'      /  //   i
        ,′ } ァくノ'  }i′ / / /   i   /  //    i|

┌──────────────────────────────────┐
│・カオス設定→全てではなく、どこをカオスにするのかポイントを絞る.        ..│
│                                                  │
│・世界観の説明不足→後付け設定で強引に話を解決しないよう注意   .. ..   ...│
│                                                  │
│・安価による読者参加について→安価を設定するかどうか必要性から見直す  ....│
│                                                  │
│・話を上手く区切ってわかりやすく→レス数を増やして投下することを推奨     ...│
│                                                  │
│・投下内容→オマケよりも本編進行をしっかりと行おう .             .   .  │
└──────────────────────────────────┘

207名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:19:15 ID:GK5mzXu2

              /: : : : : : : : : : : : : く: : : : : : :\
                . : :/: : /: : : : : : : : : : : >: : : : : : : ヽ
               //∨ : : : | / : : : : : : : : : ト、 : : : : : : : ',
            /: :∨: : : /:| i/: :/ : : /}: : | ㍉\ : : : : :
             ,′: :i: : : : |八{: : : : : / :|: : リ  ヾミ';.:. : : :i
          i : | : |: : l /ト、/|: :|: : /  i: :/ /  ミ∨ : i:|
          l : | : |:i: :Nx‐ミi: :|: /、__厶イ⌒ヾ  Yミ}: : :│
          | 八 从:.:! {{  心乂 〃 r'ハ   }} j/`ヽ:ハ      改めて見ると本当に長い……!
          l/ ハ: :f小  Vリ     Vソ _,     ノi 八
               ∧:{.∧      '        u _/ :|:!.:.j\    これらの中から役立つことが一つでも
                / : \ハ    r   ⌒ヽ   /.:.:.:.j:从: |
           厶イ:./}人    ∨    _ノ  .イハ.: /!│jノ      見つかれば幸いです。
             |//⌒≧=-      _, イ\ト、}:/八{
            〃      ヽ\>‐<〉´│/Y `⌒!
                ハ      (   \  ∧ |/ {    〉
             /         \  } ∨  ∨┌ノ  ,_ノ
             ,′    丶   ∨      ゚| l/   /┘
            {          \j {ニニニフ | /  /

┌──────────────────────────────────┐
│・キャラクター投入→空気キャラを量産しないようによく考えて新キャラを出す    │
│                                                  │
│・ギャグ→原作ネタで笑いを取りにいくスレでもない限り使い所を考えて      ...│
│                                                  │
│・AA→証拠品など読者にわかりやすくなるよう配慮重視で               .│
│                                                  │
│・投下スタイル→現状の話の進行を見る限り即興は止めておく方が無難     ....│
└──────────────────────────────────┘

208名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:19:35 ID:GK5mzXu2

.           /: : : : : | : : : : : : : : : : / : : /: : ,j: :|: : : : : : : : :ヽ
         /: : : |: : :| : : : : : : : : : / : : /: : /リ: :!__: : : : : : : : :',
         ,' : : : :|: : :|: : : :i: : : : : / : : /: : / '| : i  ㍉: : : : : : :i
        ハ: : : :i : : !: :!: :|: : : : / : : /: : /  !::/   ヾ: : : : : |       アイデア自体は凄く楽しい。
         |: : : : : |: : :|: :|::∧: : :∧ : /: : /  }/      {: : : : : |       カオス要素をどう料理するのかじっくり考えてね。
         |: : : : : |: : :|: :斗ム-:{‐-:く: /  `ー―‐- 、 { : : : : :}
         |: : : : : |: : :|ヽ从 ヽハハ/   / '´     |´ ヽ i:リ       評価は苦い内容となりましたが目に見えて伸びる要素が
         | : : : : 八: :!,孑チ坏≧xく     <_____,,, | ) }::!'        それだけたくさんあるということでもあります。
         | : : : : 人从ハ r'じリ '       ` ̄ ̄´ ! ノ::{  ⌒☆
         | : j: : : ::\N  `¨¨´             j'´ : : !
         |: ::|: : : : : ::∧         |〉          人: : : |        読者に良い意味でわかりやすいスレになるように
         |: :,' : : : : : : :人                 イ: : :i: : |        期待していますよ?
         レ': : : : : : : : : : ト 、   `    ´   イ: : : :ハ: :|
          /: ノ:八 / : /: : : : : :>         <: : : i: : :i  !八        以上です。
       // イ : / : /: : |: : / `ヽ≧―‐≦ イ八 :∧: :| .j!. ヽ       長くなりましたがお疲れ様でした。
     /´  / : /: :/: : 八∨    >┬<´   \ i: :| /
.        ノ: :ム '-‐=≦´ヽ     /` ̄`ヽヽ    /`ヾj≧=―- .、
      /´ ̄´く       丶 /      | \ ./         }ヽ
     /\  ∧.       `´.\     |   Y.           |. 丶
.    /\. ∨   i           ∧   |.   |     |     | ハ
.    ,'  ヽ i   |            |   |.   |     |     | '  |

209名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:20:29 ID:.3K3LAeQ
評価乙です。

210名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:22:26 ID:0JsJja0E
評価乙です

読者参加型(物語に読者の参加を求めるモノ)で成功した話ってやる夫だと一つも知らんなぁ

211名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:23:35 ID:zU86t682
評価乙です
他人の作品の評価も参考になるなあ

212名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:24:45 ID:tu5rrKZg
評価乙
丁寧ですね

213逆転作者:2010/01/15(金) 23:29:00 ID:AtubCXR2
乙でした。
そうですねー…
第一話はプロローグも兼ねて書いていたつもりだったので
説明不足になってました…そこに関しては特に反省してます。

分かりやすくをイメージして書いてみます。

214名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:31:31 ID:m3lulqMg
俺が知ってる中だとちゅるや逆裁となんでも屋だな
特にAA逆裁の人は前者を参考に読んでみると良いよ

かなり忠実に作りこんであるから

215名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:52:25 ID:ep3g.6C6
一つ一つ指摘すると長くなってしまいますよね
丁寧さが伝わってくる評価乙でした

216名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:58:18 ID:qCglljbg
丁寧な評価乙です。

217名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 01:10:58 ID:d3zBCvHQ
評価乙。

あとメガテン出演おめでとー(−−

218名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:11:09 ID:FofPSVFw

 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::      やあ、宇海零だ。久々に評価スレを覗いたら追っていたスレが依頼されていたので
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト      半ばまで評価を書いていたんだが……グズグズしているうちに当初指摘しようと
 /、__ \::::7V / /\:::::::l      .思っていた点をほとんど孔明先生に言われてしまった……。
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l 
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ
      u    \  /          ほぼ同じ内容を繰り返すのもつまらない……そこで孔明先生の評価と重複する
  J         ,. ‐'.,'          .部分は省略、もしくは最小限の言及に留め、俺はもう少し違う角度から評価を
.    ,___     /           行おうと思う。
.        ̄ ̄ /  
. \.   \フ  .'  
. \:\     ./
  \::\  , '
    `く .` ´
    /
    /



        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N        改めて!今回評価させてもらうスレはこちら!
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ       .  やる夫がドラゴンクエスト33の主人公になるようです
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_      .依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/866
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ    【該当スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i   まずはこのスレの紹介だが……。
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i

219名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:11:34 ID:FofPSVFw

              -=ニ,,_      ` - 、 ヽ   \ l ヽ
              _ -―''' '' ̄      ヽi     ゙、l  ヽ  
            , '´    = ミ_     ミ ヽ
             ̄_テ''¨ ̄= ニ-=   ミ ミ ヾ ソノ      
           , -'"     ̄≧ =_  -= ミ
         ∠ -―‐ァ  -=三二   -≦ <         ノ  なんなんだこれは……!
\            , ⌒} _, -ァ     彡ソ,リ,        ヽ
  ヽ          , 'ノ.y/>´      ノ/ ,ノソiハ ヾヽ  =   全然わけがわからない……!
   ` 、       /ヘ/ ノ  ̄T''T''lフ     /!ルリ'iヾ,ヽ  ミ ミ
     `ヽ _   ( ソ" ,' ,'⌒.|l l/_,.ノ           ハヾヾ  でも面白すぎる……!
        `>ァ'"_ι '、 ヾ-'' リ !'∠二7      ノリ〃M !゙`ヽ
        /, '/ ノ ヽ`iι` -‐ァ  -==//l    〃 /' ' 、    カオス……!まさにカオス……!
  r-― '"´ ノ.,'(\ `、ヽム‐'" / ,'⌒../' ヽl         ハ
ヽ〈    _,彡 ,'. \`ヽ \\.  ヽヾ-''_, '"ノ    _ ,. ァ /  ソ 
ヽY"'' ¨ ̄ /  { ι \ヽ、 \ヽ、ι . ̄ , -="ヌ_, - '¨  / '´
ヽ'-‐ヾ´ ̄!   ` ‐- 、 `ヽ\ ,)ノ _, ッ<ノノ _ノ
.! i  i !  {_ ι    `>-`ニ ''¨, -ヽ - ' ´       ドラクエ33ってお前……!これ誤字じゃないのかよ……!
.ヽヽ ヽヽ  ヽ ___ , ´彡''¨ .ラ¨´
  \ 、 Lヽ _,//   /{  
、   ; ゙,  >' ´/    /  ヽ
ヽヽ ヽヽ ハ⌒ヽ、   ノ    ヽ  
 〉- '" ̄ヽヽ',丶 ヽ_ /       ' 、

220名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:12:06 ID:FofPSVFw

            ,,......,,,,
         ―"-- :::;;; ゙::ヽ、
        ,,....-‐::'''':::‐-゙::‐、:::::ヽ,  ,, ‐'"゙ ゙̄"''::.....
      ――''''''―-- ;;;;;:.. ゙ ...::゙":  :::::≦ニ二,, ̄
       ,.. -‐''""~ ̄ ̄ .....:::::::::::::::::..   :::::::::::::゙ヽ
     /::  ,,.:::::::::   ::::::::::::::::::::::::::..   ::::<"'' 、ヽ
    /,. -シ" ..::::::::::  ..:::::::::::::::::::::::    :::::::::::ヽ  ゙'i   この評価スレを読んでいるカオスギャグ好きの諸君!
  /'" ,/:::    ::::::::::............       ......::::::::::ヽ:::::ヽ    今すぐこのスレを読んでくるんだ!
    /::::::::   .::::::::::::::::::::::::::: .::::::;:.....:::...::::::::::::::::::ヽ\ヽ   そして第一話だけでも読んでほしい……!
   ./  ,,./..:::    ::::::::::::::::;::::::::/|::::::;:::::::::::: ::.    i ヽi   そうすればこのスレのことがよくわかるだろう!
  . i::://:::::::::::;:: :::..   :::/|:::::/ !:::::i: .i:    ........|
  |::/ .i:::::::::::/::::::::::::;;/: / | ../ v .、..|>..:|.......:::..::::::::|
  |/ .i...  /|::::::::/゙!;;/::;゙'‐|::/  ,. ::ヽ|;;:ヘi\;:::::::,,..;| 
    i:::::::::/ |  /、、|/...,,,_゙''!/|i ij' |;::''",,,,,... , , |::|"-、 }     .もちろんギャグである以上人によって合う合わないはあるだろう。
    !::::::/ |....../::|‐,  (o9゙''/i  ''" (o9 ,、‐|::L,,/./     しかし!客観的に見てこのスレはカオスギャグを扱ったスレとし
    |::::/  |::::/‐、| "'‐--‐'〈:::|  ゙‐--‐''゙  i::レ/./      .てはかなり高い完成度を持っている……。
    |::/  |:::/<゙i;:|   ij''   ヽ|  ij       i:;!ノ./      AA改変も丁寧だしね。
    |/   |:;!ヽ..,,,!|      ▽        ||,,ノ  
    '    |!   !\  'ー―――――'  /:;/  
           .!:::\   ,,,,,,,,,,,,,,,   /::::;!         
       ,,. -‐''"!,...:|\   ::;;;::   /.|::...,!- ..,,_
 ,,.. -‐'''":::::::::::::::::/ .!:::|. \    /  .|:::,! i::::::::::::゙''‐- ..,  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ|.   \,,,,/   |:/  i::::::::::::::::::::::::::   
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i| ij     u  |i    i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/   i:::|         |::i    i::::::::::::::::::::::



        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l     このスレは……できれば前知識をあまり持たずに読んでほしいスレだ。
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|     ……ていうか内容については読んでくれとしかいえん。
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|     一応ドラクエ3を基にしているようだが原型はほぼ無いしな。
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|     カオスギャグ好きなら必見!と言えるだろう。
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{ 
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\     俺は最高に楽しませてもらった。いい意味でvipっぽいというか……
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ    まだやる夫スレがvipを中心に発表されていたころの、何が起きるか
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ    わからない感じというか……。不思議な懐かしさも味わった。
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

221名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:12:27 ID:FofPSVFw

 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::    しかも最初っから最後までギャグなのに、読了後に謎の感動が胸を吹きぬけたんだ……。
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト    なんだろうなこれは。出来のいいスレを読んだ満足感なのか、腹を抱えて笑った爽快感
 /、__ \::::7V / /\:::::::l    なのか……。
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l 
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ
          \  /  
            ,. ‐'.,'        まあ俺の個人的な感想はこれくらいにしておこう。
.    ,___     /         とにかく楽しませてもらったよ。
.        ̄ ̄ /  
. \.   \フ  .'  
. \:\     ./           次のレスから具体的な評価に移る。
  \::\  , '            ギャグの内容についてもガンガン言及していくので、未読の人は注意してくれ。
    `く .` ´
    /
    /

222名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:13:18 ID:FofPSVFw

        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N  まずは作者さんの要望に従って
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ .  ┃いわゆる「カオスギャグ」スレとして成立しているか  .....┃
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐. . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i     という項目についてだが……
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i     
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i



        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|    問題ない。十分だ。
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|    先ほども言ったように、このスレのカオスギャグとしての完成度は高い。
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{     ストーリーも一見勢いだけで突っ走っているように見えて、実はかなり
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ    計算されているようにもみえるしね。このあたりは後述しよう。
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ  こういうネタは着想したもん勝ちだ。一回限りの花火みたいなネタだ。
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ  作者さんは高いAA改変技術などによって、この下手をしたらスレタイオチ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|  になりかねない着想を上手く表現しきったと言えるだろう。
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

223名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:13:51 ID:FofPSVFw

     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`   俺が最も感心したのは……勢いだけの出落ちや一発のネタだけでなく、
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|    しっかりと計算されていると思しきギャグが随所に見られること……。
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !    具体的に二点上げるとしたら以下の二つだ。
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ       ┌─────────────────────────┐
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´       ...│1、伏線の張り方                          │
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_       ....│                                   .....│
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ        │2、同種のネタのかぶせ方(同種ネタの反復とずらし)    .│
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _  .└─────────────────────────┘
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二




         ┌────────┐
         │伏線の張り方   .│
         └────────┘

 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ    簡潔にいえば、一つのギャグが後に続く別のギャグの前振りになっているということ。
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::     しかもこのスレのの場合、それが話をまたいでのものだったりする。
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト
 /、__ \::::7V / /\:::::::l
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l 
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ
          \  /        .一例を挙げればスライムのネタ……
            ,. ‐'.,'         正直に言うと、俺はこれ、最初はただの出落ちネタだと思ってたんだ。
.    ,___     /          だってスライム=フリーザだぜ?……この時点で十分落ちてるっつーの……。
.        ̄ ̄ /  
. \.   \フ  .'  
. \:\     ./
  \::\  , '
    `く .` ´
    /
    /

224名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:14:22 ID:FofPSVFw

          _
          >::::゙r-、
         Z:::::::::::::::i     それがこの後の話でスライムベス、メタルスライムと続いて……。
          i/|)::::::::::i     やっとこれで終わりかと思ってたら、最終決戦のあのタイミングで
           i,- '"^゙- 、,,   ホイミンって……アレは卑怯だよ……盛大に吹いちゃったよ……。
         ,=''" ̄,,....  ..,,ヽ 
       r'"/iREDCROSSi
      /=,ノ        |
     人,,./ ヾ        |
   ,,.,, / .Yヽ  .f        |
  ( /  ./\ヽ i        |
   \\,/:::::::ヽ/       ノ
    ゙'" ::::::::::::;ヾミ====彡':::
         ::::::::゙:::::::::''"::::::



     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`   もちろん、いかにもカオスギャグっぽい出落ちや唐突なネタも多いが……。
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|    このように話をまたいで「何段落ちだよ!」って感じの部分もあり……。
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !    しっかり構成を考えているのだと思えるようなネタが随所に見受けられる。
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´      スライムネタの他には仲間キャラ紹介や村人・町人ネタなんかかな。
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_     . 面白かったよ。
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二

225名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:14:53 ID:FofPSVFw

┌───────────────────────┐
│同種のネタのかぶせ方(同種ネタの反復とずらし)  .....│
└───────────────────────┘

        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|   次に同種のネタのかぶせ方……これは同種のネタの反復とずらし、
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|   と言い換えることもできるだろうか……。
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{   伏線云々と重なる部分もあるんだが、こちらでは特に一つのパートにおいて、
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ  同種の小ネタをいくつも重ねて畳みかけてくるものについて言及してみたい。
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |



         , ' ̄ Z
  <⌒ ヽl::  :::::::ゝ         この作者さんのセンスというか……ギャグ的な技術が最も発揮されているのが
  /;::::::::  ...::::. :::\        「同種のネタを反復し、少しづつずらして落としていく」という部分だと思う。
 i//::::::::::::::::::::::、ミr 、`、__ ,, -――- 、、 __    
  /:::...  ...::人|`>/'<ヽ\ `、:::::::::::/:::::::::::::ヽ  ̄`` ‐- 
  !:::,i::::::::::/コヽ'<oノ u.〈、 l  .l::::::::::{:::::::::::::::::::ヽ
  |/ !::i:::/<o) v  _ } l   l::::::::::`、::::::::::::::::::l  
    |/V  |`<._ _/ノ/ .|   l::::::::::::::',:::::::::::::::::!   例えばここ。
       l::\\`´ /-‐''´==ト、:::::::::::l::::::::::::::::;l   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/174-180
       〈::::::/〉、`'´_,, >、<´ノ ,ヘ ==!:::::::::::::,' l   
       /:::/,'/,'  7   `゙''ァ-―"\l:::::::::::,' ト- 、、_
        l:::/,'/,'  /    /    / 〉::::::::l  |  .   ̄ .……俺の言いたいこと、わかってもらえるんじゃないかな。
      /:/,'/,'  /    /    , ' , '::::::::::,'  l     .. 最初のやらない夫の時点ですでに落ちてるんだ。
       /:/,'7,‐ /  /.    / /::::::::::::/  /   ,. ‐ . でも続いて雪華綺晶が何の前振りもなく5人に増えていたり
     i´:/,'/,'  /   /     ,'  ,'::::::::::/ ./,. ‐ '´    トキがいきなりアミバになっていたり……。ツッコミどころしかない!
     レ‐「ト、 ./   {      { /::::::/ ./   ,. -‐''   いったい半年の間に何があったんだよ!
    ,r((´|.| 、Y    ヽ      /ヾ:/ ./  ‐''"´ _,. -‐
   .〈ヽヽ.)|.|(ノ     ` ―/   .〉/_,,. -‐ ''

226名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:15:30 ID:FofPSVFw

      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ 
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|   あとここhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/331-334
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|   とかね。……まあ、やはり最初のホイミンで十分落ちてるんだが、マーニャ、ミネア……
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|   と比較的普通っぽくきたところでローレシア王子、だからな……。
    l/   ! r-┘v  v |レ' :| 
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、  よりによってローレシアの王子かよ!しかもキャスティングお前かよ!っていうね……。
       ヽ ≡   /  >'′L._ この後にもさらに濃ゆい面々が続くしな……。   
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー- 
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::  これって、同種のネタの繰り返しの中でやるから、不意を突かれたり予想を
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::  外されたりしてギャグの破壊力が増すんだ。
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ



     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|     ギャグ……特にカオスギャグは作者のセンスが全てとよく言われる。
  /' /       ,   , 、     ヽ`     俺もこの意見に反対はしない。
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y       しかしここまで述べてきた点は作者さんの工夫がよく見てとれることに加え、
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|       俺も含め他の人も参考にできる部分だと考え、特に指摘してみた。
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二

227名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:16:03 ID:FofPSVFw

 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト:::::::::::::::::: 
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト      さて……ここからは、いくつか苦言を呈させてもらおう。
 /、__ \::::7V / /\:::::::l
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l 
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ     まず孔明先生にも指摘されている集合AAの見難さだが、
          \  /         これは場合によりけりだろうな。
            ,. ‐'.,'         例えば以下のメタルスライム(笑)の集合AAはごちゃごちゃしていることが
.    ,___     /          そのままネタになりうるし。
.        ̄ ̄ /           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/242
. \.   \フ  .'  
. \:\     ./            ただhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261229136/360
  \::\  , '             などは、やはり空白をいれるなりした方がいいだろうな。
    `く .` ´              パピヨンやブロリ―が見難い。
    /



      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ 
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|    あとはテンションも勢いも最後まで全く衰えていないとはいえ、
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|    最終話は150レスを超えるためか若干、冗長に感じてしまった。
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}| 
    l/   ! r-┘v  v |レ' :| 
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、     こういう一発ネタは切れ味とテンポが重要だし……パロディ部分や
       ヽ ≡   /  >'′L._    仲間を減らすなどしてもう少し構成をすっきりさせた方がよかったかもしれん。
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー- 
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::  まあこれはあくまで俺が感じたことで、今のままでも問題は無いんだけどね。
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ

228名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:16:39 ID:FofPSVFw

          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l    それと……これは酷く野暮な話だとわかっちゃいるんだが……
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|    このスレをカオスギャグの創作としてではなく、「やる夫スレ」として
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|     見たとき、俺には「惜しいなあ……」と思う点がある。
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|
            |ヽ、     u  .!-':::: l
           ヽ -――‐-  / ヽ   |     それは……ツッコミのレスの少なさだ。
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ 
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ



          _
          >::::゙r-、
         Z:::::::::::::::i 
          i/|)::::::::::i    無茶なことを言っている自覚はある。
           i,- '"^゙- 、,,  これは誰が悪いのでもないしな。
         ,=''" ̄,,....  ..,,ヽ
       r'"/iREDCROSSi
      /=,ノ        |  スレのクオリティが低い、一般性が無いゆえにツッコミが入らなかった
     人,,./ ヾ        |  わけではない。
   ,,.,, / .Yヽ  .f        |
  ( /  ./\ヽ i        |  それは投下後の大量の書き込み(ノリノリのものが多いよね?)
   \\,/:::::::ヽ/       ノ  が証明していると思う。
    ゙'" ::::::::::::;ヾミ====彡':::
         ::::::::゙:::::::::''"::::::

229名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:17:36 ID:FofPSVFw

        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|    ネタが怒涛の勢いで展開されるためツッコミの隙が無い、というのは
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|    あったかもしれない。だが、やる夫スレとして、そしてカオスギャグとして
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|    は惜しい……。
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{ 
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ    もちろんこれをどうにかしろったって無理な話だ。
         ヽ ヾフ  /   _>、N    だから俺が提案したいのはスレの内容により「違う板に投下してみるのはいかがか?」
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\   ということだ。
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |



 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト:::::::::::::::::: 
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト    このスレの場合、具体的には……ズバリvip……!
 /、__ \::::7V / /\:::::::l
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l    ネタの一回性といい、畳みかけるかの如きギャグといい……
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ    このスレは非常にvipの空気に馴染むのではなかろうか。
          \  /  
            ,. ‐'.,'        別にvipの方が優れているとか、そんなことを言う気は全くない。
.    ,___     /         むしろ行数や容量、規制など厄介な要素の方が多いだろう。
.        ̄ ̄ /          ただvipは単純に人が多いしね。ツッコミもたくさん入って
. \.   \フ  .'          作者と読者で作る「やる夫スレ」として、より面白くなったかもしれない、と思ったんだ。
. \:\     ./
  \::\  , '
    `く .` ´
    /
    /

230名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:18:03 ID:FofPSVFw

         , ' ̄ Z
  <⌒ ヽl::  :::::::ゝ                  まあ、これは愛読者の一人としての意見だ。
  /;::::::::  ...::::. :::\                 大きなお世話であることは自覚しているので、
 i//::::::::::::::::::::::、ミr 、`、__ ,, -――- 、、 __    「こういう風に考えた読者もいるんだ〜」程度に考えてほしい。
  /:::...  ...::人|`>/'<ヽ\ `、:::::::::::/:::::::::::::ヽ  ̄`` ‐- 
  !:::,i::::::::::/コヽ'<oノ u.〈、 l  .l::::::::::{:::::::::::::::::::ヽ
  |/ !::i:::/<o) v  _ } l   l::::::::::`、::::::::::::::::::l  
    |/V  |`<._ _/ノ/ .|   l::::::::::::::',:::::::::::::::::!
       l::\\`´ /-‐''´==ト、:::::::::::l::::::::::::::::;l 
       〈::::::/〉、`'´_,, >、<´ノ ,ヘ ==!:::::::::::::,' l 
       /:::/,'/,'  7   `゙''ァ-―"\l:::::::::::,' ト- 、、_      言っておきたいことはこれくらいかな。
        l:::/,'/,'  /    /    / 〉::::::::l  |     ̄    AA技術も高いし、瑣末な点は好みもあるので、
      /:/,'/,'  /    /    , ' , '::::::::::,'  l         これ以上取り立てて指摘すべきことはないかな……。
       /:/,'7,‐ /  /.    / /::::::::::::/  /   ,. ‐
     i´:/,'/,'  /   /     ,'  ,'::::::::::/ ./,. ‐ '´
     レ‐「ト、 ./   {      { /::::::/ ./   ,. -‐''
    ,r((´|.| 、Y    ヽ      /ヾ:/ ./  ‐''"´ _,. -‐
   .〈ヽヽ.)|.|(ノ     ` ―/   .〉/_,,. -‐ ''



        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}   おっと、忘れるところだった。
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV
       |ヒソ! .__`Z,|    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       l:::人 `ー― '/   ..┃このゲームが実際にあったらどんな感想か    .┃
      ノ´-、.\ ^ン     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /´⌒\Y`´
     //⌒\〈}       絶対やるよ!発売日に並んで買いに行くよ!
     /ヽ、 , ァフ)ヽ       そしてクリアした後窓からぶん投げるよ!
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「

231名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:18:33 ID:FofPSVFw

     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|     そろそろ俺の評価を終えよう。
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !     総括としては……
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y      『楽しませてもらった!センスと計算が随所に光る良スレでした!』
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|      って感じかな。
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_        間違っても続編などありえない一回限りのネタだが、もし作者さんが
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ       全く別の次回作を作ることがあったら、是非俺もまた読ませてもらいたい
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _  ものだと思う。
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃          俺からは以上だ。それじゃまた!
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二

232名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 02:52:24 ID:AFvfBE16
評価乙です

孔明で御座います。
とても丁寧で、特に良い部分を確りと考察されており私など足元にも及びません。
お先に評価してしまったことが恥ずかしくなりますな。

僭越ながら私見として感じましたのはツッコミレスの少なさは時間帯もあるかと。
このスレですが、2話と3話は昼間(加えて2話は平日)に投下されておるのですよ。
vipに行かれるのも良いですが、可能なら時間帯を夕方から夜にすれば、リアルタイムで読める読者も増えるのではないかと。

横から文字レスにて失礼いたしました。

233名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 09:53:51 ID:Iybjni7Q
零乙です。
ホントこのスレは卑怯だよね(いい意味でw)

234名無しのやる夫だお:2010/01/16(土) 20:03:54 ID:brS2VIgg
ここで紹介されてドラクエ33見てきました……圧倒されたよ

235名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 00:30:31 ID:zpXfnXQE
やる夫はデーモンを狩るもののようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259686819/
チラシの裏に書いとくようなもの
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/609-642

”デーモンを狩るもののようです”の方は
自分なりに”こうした方が面白いのかな?” ”こうやった方が読みやすいかな?”
と、一応は考えながら書いたスレです

”チラシの裏に書いとくようなもの”は
評価、読者に対する配慮、面白さ、そういったものを一切考えずに
完全に独りよがり、自己満足のためだけに書いた短編です
乙が一つも付かないだろうと予想していたのですが、反応が良かったので驚いています

自分の作品を客観的に見れない事が今回の件でわかったので
二つの作品の評価を”どこが面白かったか、どこが面白くないか”をメインに”辛口”でお願いします

236名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 00:35:35 ID:3kr.M20A
>>235
念のため酉付けて一回書き込んで頂けませんか?
一応本人に明確に依頼されたという形が必要なので

237 ◆qMPMmTJqiI:2010/01/17(日) 00:43:09 ID:zpXfnXQE
>>236
すいません、>>1に書いていたのに失念していました
”チラシの裏に書いとくようなもの”は”デーモンを狩るようです”に投下した日と同じなので
IDから本人ということが証明できます

238名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 00:48:57 ID:3kr.M20A
問題ありません、お手数おかけ致しました。

最後の行以外で特に重点的に見て欲しいポイントなどはないですか?
無ければ評価人各々の判断と裁量に任せて頂くことになります。
問題無ければ特にこのレスには返答なしで構いません。

239名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 14:27:02 ID:Zg66CALU
ここってさ、作者から依頼されてない作品を勝手に評価とかしてもいいの?

240 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/17(日) 14:27:34 ID:8ZPH5y6M
「やる夫は弁護士になったようです(1話限り?)」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/

元ネタありで、パクリ呼ばわりされないか心配している毎日。
それなのに評価して欲しいなどと言うのも失笑もんですが、出来ればお願いします。
要望としては

「逆転裁判らしいか?」
「ムジュンの推理部分にアナがないか?」(読者がムジュンがわからなくて困らせたことがある為。)
「全体的な評価」

の3点を見ていただければ…幸いです。

241名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 14:31:29 ID:/JxKkAfY
>>239
依頼されて無いとまずいと思う。

どうしても書きたい!っていうのならこことかどうでしょう?

【気軽に】やる夫スレ系短評・紹介スレ【手軽に】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1245998026/

242 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/17(日) 14:37:17 ID:8ZPH5y6M
これって評価人を選ぶことって出来るのかな?

差し支えなければ、御坂美琴さんにお願いしたいです。
前があるから

243名無しのやる夫だお:2010/01/17(日) 14:54:15 ID:5gLw3Tps
>>242
相手が受けてくれるかは分からないが、指定は問題ないよ。

244名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:44:11 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|     特殊部隊Aです。
            〈, イ(//)( 7)    
             K>.;:",;:;:;:.::}         原作をプレイしたことがあるので
             ヾ;:;;:;;(固);!        ちょっと評価してみようと思います。 ↓
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、 
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!      ちなみに私は途中で挫折しました。
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、      体中が燃えてるのに飛び回る超ハイテンションな
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,       ボスキャラ「炎に潜むもの」が倒せませんでした。
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^  

やる夫はデーモンを狩るもののようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259686819/

  原作はハードな世界設定のロボットゲームに定評があるフロム・ソフトウェアが
 製作した「 Demon’s Souls 」 という、剣と魔法のファンタジーで、世界が謎の
 霧と、人間の魂を喰らうデーモンという存在ために滅びつつある、というゲームです。

245名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:45:14 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|      読んでみました・・・・・・
            〈, イ(ー)(ー)    
             K>.;:",;:;:;:.::}        
             ヾ;:;;:;;(固);!      
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.   
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!    ・・・・・・このスレはゲームをプレイした人向けにしてるんですか?
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、        それともゲームをやったことない人も
         |::l1:::ヽ _j;:.:.__u ,,ノ:::::H.:.:〉            気軽に見ることができるスレなんですか?
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V    
         ヾT:::::::::::::::::::::::u::::::::::://厂         AAの大文字で「 Demon’s Souls 」と出てはきますが
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{            一見さんはおそらくワケが分からないと思います。
            〉「二三三三コ,/:.:.i      
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :     オリジナルです、ブレイクです、と冒頭に書いてますが
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :    何が原作かを先ず始めに書きましょうよ。
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : :

246名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:46:07 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|     さて、作者様から提示された評価のポイントは
            〈, イ(ー)(ー)    いたってシンプル。
             K>.;:",;:;:;:.::}       「どこが面白かったか、どこが面白くなかったか」
             ヾ;:;;:;;(固);!     
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、  ですね。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                 _ _
                γ´-─- ヽ     
                ,レ', -─‐-、| 
            〈, イ(●)(●)     はっきり言いますと、面白い面白くないを評価できる
             K>.;:",;:;:;:.::}    段階まで話が進んでおりません。
             ヾ;:;;:;;(固);!     
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、   作者さんは何が描きたいんですか?
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.  
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、   貴方の考えたデモンズソウルの世界設定?
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,    豊胸を夢見て旅に出た真紅の活躍?
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^      それぞれの思惑ある原作登場キャラの暗躍?

247名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:47:19 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ     
                ,レ', -─‐-、|       肉体を失ってソウル体になった人間たちが
            〈, イ(>)(●)     街を作って社会生活を営んでいる、という、デモンズソウルの
             K>.;:",;:;:;:.::}     世界観を下敷きに発展させた設定は面白いとおもうんですよ。
             ヾ;:;;:;;(固);!     
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、   でも今の段階ではキャラがどんどん出てきてあーじゃこーじゃ
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.  掛け合いしながら世界観を説明している段階ですよね。
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、 
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                γ´-─- ヽ     
                ,レ', -─‐-、|       かと思うと唐突に真紅とやらない夫のエピソードが入ったりして
            〈, イ(?)(?)     一体何を描きたいのかさっぱりです。
             K>.;:",;:;:;:.::}     
             ヾ;:;;:;;(固);!          話の方向性が見えないのです。
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、  
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.       この話の何を評価しろと?
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、 
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

248名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:48:23 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|      ただでさえ「 死んだら驚いた 」では済まないほど複雑な
            〈, イ(ー)(ー)    世界設定のゲームに、さらにオリジナルの設定を詰め込もうと
             K>.;:",;:;:;:.::}    するもんだからもう何がなにやら。
             ヾ;:;;:;;(固);!      
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、  本投下で説明が足りないもんだから、解説コーナーを使って
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:. また延々と魔法やら体力やらスタミナやら奇跡やら・・・・・・・・
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                 _ _
                γ´-─- ヽ ノ(
                ,レ', -─‐-、| ⌒
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐         いい加減にせいっ!!
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、        ゲームをする前に設定資料集を読む奴はおらん!!
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、        おったとしても少数派じゃ!!
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙, 、ハ,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^ <  て
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.、ハ,./'Y''~ヾ         _,    _,     _    _     _    _, 
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::^ <`  ^ < て        |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_| 
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:./'Y''~ ./'Y''~ヾ    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ 
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.`/  `         |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| 
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ             |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|  
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「

249名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:50:15 ID:qXvBIYi6

                 _ _
                γ´-─- ヽ      いくらでも話は広げられると思うんですよ
                ,レ', -─‐-、| 
            〈, イ(●)(●)       たとえば街で軍隊を組織してるんだったら、
             K>.;:",;:;:;:.::}      みんなで軍隊を指揮して拡散の尖兵を撃退する話とか。
             ヾ;:;;:;;(固);!     
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     肉体を取り戻した真紅が再びピンチになって、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.    そこに助けに現れたソウルの戦士が実はやらない夫で
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、   真紅がやら夫の愛を再確認するとか。
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^    仲間のはずのセイバーが黒いソウルになって
                           襲い掛かかってくるとか。




                 _ _
                γ´-─- ヽ  
                ,レ', -─‐-、|       読者が読みたいのはそこだと思います。
            〈, イ(ー)(ー)    
             K>.;:",;:;:;:.::}       とりあえずデーモンを狩りましょう。話を進めましょう。
             ヾ;:;;:;;(固);!         推敲不足、行き当たりばったりと自覚があるのだったら
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      それを改めましょう。
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:. 
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、      私が言いたいことはそれだけです。
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

250名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:51:07 ID:qXvBIYi6

        ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,        
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、      
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ
    /        '';;::: :: : : .   ',
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',      チラシの裏に書いとくようなもの
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '.,      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/609-642
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ  
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)  
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~   こっちも読みました。ほのぼの掛け合いドラマですね。
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;  ○::|:| :||i ○.}    
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ     中年やる夫の家になぜか入り浸るこなた・・・・・・
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、      ヤマはなくオチもない。しかし心癒されます。
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i 
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} /     思うに作者様はこちらのほのぼの系の方が向いているのでは
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/    ないでしょうか。
    /""''''';;;__\\`i 〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::  
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::  
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄




                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|      以上で辛口評価を終わります
            〈, イ(//)( 7)    
             K>.;:",;:;:;:.::}       どこかで見たようなエンドクレジットが
             ヾ;:;;:;;(固);!      下にありますが気にしないでください。
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、 
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!  
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、 
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^
                                    糸冬
                             ―――――――――――
                              制作・著作 特殊部隊A

251名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 13:52:40 ID:jeK7QKvI
評価乙です。

原作プレイしたことがあれば話にはついて行けるんですけどね…

252名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 14:01:02 ID:0rNRTnsE
乙乙

プレイした事無いけど話にはついていけたな
俺もちょっと評価書いてみようかな

253 ◆qMPMmTJqiI:2010/01/18(月) 14:35:29 ID:cPLgQbCc
評価ありがとうございます

「ゲームをする前に設定資料集を読む奴はおらん!!」に心打たれました

オリジナル設定も、書きたい事をするために考えたものなのですが
そのオリジナル設定やら細かい部分の説明のせいで
本来書きたいものを書くのが非常に遅くなってしまっては意味がないですね

話しの方向性も、自分に向いたものにしようかと思います

254名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:13:12 ID:0rNRTnsE
オッケー出来た
今から投下する

255名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:13:44 ID:0rNRTnsE




    ',   ヽ \   /     /   / ̄__/\      /   /___
     ',    \ `/   // / /   ´\ \   /   / ̄ ̄/
      丶 、  〈  //l// /        │ 〉 /  /   /
       \\ 厂\ |へl//       /∨/ / /__,∠
        丶 | 几 ト、l≧、\     /_,.イ´ /ノ ̄〉 ̄ ̄ ̄/´
       __|└ ,ハ〈 |  しト   ,イ し' | / 厂 /___/          オッス、オラ悟空!
         `ヽ_\└∧└─┘ ,  └─┘jイ_/_/´            今日はこのスレの評価をしてみるぞ!
            ̄>-ヘ     〈レ _,、   /く二二>
             ̄\∧   「 二.イ   /  '、                 やる夫はデーモンを狩るもののようです
                 ,'  ヘ、ヽ─'′/   ノ\                ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259686819/
                 l  `三≧=-彡/       \, へ、
             _/│  |` ̄´   / /     /  />、__
        ┌/ /  人  |    // __/  //        ̄`ヽ、
        /  /´ ̄ ̄`\!/´ ̄ ̄,.<///  /   _ /⌒ヽ、    \
   , ⌒厂|   ノ、___/__, </////     ┌‐/   ヽ 彡'⌒ヽへ__〉
 _/  / │ 〈///////////////////    / イ ̄l    ヽ、ハ   \|///∧
/∧   / / // ∨///////////////  // /|  │ 八   〈 〉   l////∧
//∧     //   ∨////////////  //   /  l   ′∟         ///////|








     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /          最初に言っとくがオラは原作の事はまるでわからねえ
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/            デモンズソウルの題字を見たときも
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄            赤い悪魔の親戚か?って思ったくれぇだ
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、                そんなオラから見てこの話の導入は……
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^

256名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:14:20 ID:0rNRTnsE




【〜50レス】




   //   /|   ,个、
 /, -|  〈 /| /―ト、
〈.″√| /\ソ |// ̄ノY
\ゝ| |/ O  O   |           …………いいぞ、面白ぇ!
\|. ∟_      .__」            グッと引き込まれたぞ!
λ|  /〃  |   〃
6丶      レ  ノ   /           キャラも展開も魅力的だ!
`´|/⌒i   二二´  /レ           この冒頭だけで最後まで読めた!
 ,!ト _=|、   =  ∠ |
/||  |_\__/=  |`
て= ̄ ‖`」、三   /  |
/)- ' ̄ ̄〕 \  /
{〃 ´ ̄ ̄ア`ヾ√ ̄ ̄ ̄
   ー` ̄7`ー――――-/
ヽ √ ̄::::::::::::::::::::::::::::::/








【〜100レス】




                                                   //
                                               /| / ///
                                              / /    /
                                            ///  ///  /
                                            |///   /  //
           若干話の展開に強引さがあるが             / // イ _/
           ここまで強引に展開を牽引している           | / ̄ \ \ ヾ
           真紅とやらない夫の動機が                / / ヾ、 |] |/\/
           話の主筋に絡んでいるので                |/| // |/|   /、
           問題なく読めてるぞ                     ノ O__|,    §)/
                                           く、         J
           …………エルどっから出て来た                ̄ フ`      ヽ
                                             ヽ___ノヾ
                                                 \/
                                                 / /
                                                 |/
                                                / //

257名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:15:05 ID:0rNRTnsE




【〜150レス】




          /
      /     、     、          /  
      /         ト、      ト、      ∠ -‐‐‐
    /           |,.‐ヽ.    | ヽ         
 ___」.      ト、 |'⌒' \  | '^|/l         
´             | \! /⌒ヽヽ/ ,-、 !     ,.. -‐  
>        ト、!   |.  0    0 | |   <         …………真紅がいなくなった瞬間、話がよくわからなくなったぞ
       /^ヽ|.    L....    、.__| |    _ >        なんでいきなり自己紹介と目的アピールを始めたんだ?
       |.(^!  U  '""゙゙   ->゙゙ | /      
' ー‐-- ...__ ヽ.ヾ-、         ,.-┐  |/       
  _,. -‐'´    ゝ--、       `ニ´  /        
   ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、/` ‐、_         /
           |    `  .. _/ \








  |  ゙ヽ、 ゙l    ヽ     .| .| ゙l   .r
 .|.,〆"゙゙ヽ l゙     l     l゙ ,! ゙l   ,l゙
 .゙l゙‐'"゙l~゙''゙l |ヽ    .|    ,/ .l゙ !  ,/           ローランド王とかアリオナとか
|‐,,\ |  .゙l|`'゙l、  |   .,/`.,lヽr゙,,ィ"            専門用語を目的に混ぜられてもワケがわかんねぇ
゙l, ゙゙'''`|   ` /゙'|l、 .l゙  ,/,r从レ''lレ゙  _,,,,,,,,!        おまけにこの時点でやる夫、セイバー、ギル、こなたの背景が不明だから
`"   ヽ,,,、 .゙‐'"゙゙l l゙.,/,t'リ``,l゙ ./` ."'~~ー-、        目的を語られても覚える気になんねーぞ
  `゙゙゙゙'''=二'ー  .'"` .゙'゙ ,/`,/      _、
        ゙゙'ー   .、,,ニニ" /、,,,―‐''''"゙^         タイトル的に作者はやる夫が主役のつもりなのかも知れねぇが
、            l゙   ゙,/'゙`               展開的にどう見てもやらない夫と真紅が主役で、やる夫は「関係ない人A」だ
ヽ            、'=v,>  ./`                関係ない人の目的を話されてもなんだ、その、困る
.゙l\、      ゙二"   ./
 |、`‐、      ` _/`
  ゙l、 `ヽ、    _,‐l゙`
  `   `'ー-ー'゙,i´.l゙
          `

258名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:15:33 ID:0rNRTnsE




【〜220レス】




\|\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               \
            /\             町の解説がちょっと多すぎねえか?
\/|   /|   /                こういうのは本筋と絡めてやったほうがいいぞ
\| | /\|  / / ̄              鍛冶屋は翠星石が剣を直す時にでも出せばいいし
`/ |/ ̄\|/  |/ ̄              ソウルを中心とした貨幣経済も重要な話じゃねえだろ
`|/  __     _
   /                        というか、この時点で重要な話がなんなのかわかんねぇ
  /                         「真紅なにしてんだろ」が本題ならそこまでの話は全部必要ねえぞ
 |                           必要ねえ情報は読者は読まねえからな
 |      ●    ●
 ―――――  /  ―








【〜306レス】




   /   /
  /    レ
  |    "
  /   __
、 /  /   =<  ヽ//
、ヘ  /    /\  ヘ
- 'ヘ /    /゛  ヘ  |
  V'    /" U/ヘ/ヽ               …………言って良いか?言って良いよな?
  /   /、 // ̄/ V
 ̄|  /ヘ、リレλノ _ -
  | /L)~|  、 ̄ ""
 ヘ /゛ヘノ   ~ γ-、
\ ヘ  丶~フ_/ ノ |
    ゛  \\二 _//  /
//  ___ヽ 'ー'  /≡

259名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:15:50 ID:0rNRTnsE




                 /゚    。
                / .  ゚
           , '    。  ・
` ー  _   -  '   ゜
。       .      。  ゚
    :     。
゚             .
  ヾ冖フ  ヾス
   [ ,]   [ ]     、_ノ、_人_人_人_人_人_人_人_人_ノ、_人_人_人_人_人人_人_人_人人_人_
   |. i /l,ィ .!     ノ
.   !  }.r`'j7 !    _)  こういうのは本編で、こなたを主役にした過去話としてやれ!
   ! `、亠 {     ヽ
    } _l _,l_,j      '^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^Y^^
    ヽシ_,-i {
     /`´~バ}
.   /   j !
    ∧ '"/`,イ
   ! ヽ'/l_  j
  / \,/ }\,!
  .ァ、ヽィ  <`-イ
.  |. `iT.   ヽ j
  \ll'    `'










   / ヽ        |          /     |
 / \    |   /  |         /-‐、、    |
 | \\  | | /    |       /   ヽ、、  ノ
\ |  \\| | |/    ,,,-/      / ,,,,,,,,,,,,,ヽ /
 | |   \/ヽヽ_-‐'" /   ,.-‐'''''" ̄ /   /  
  | |    |ヽ_ヽ,.、‐''/ ,.-‐'"      /  /    
  |ヽ-,,,○」二   ヽ‐''"        ./ /-──‐イ
   | ‐-,,,,,ノ-‐' / \_   ◯  /        ヽ、     確かにゲームをやる前に設定資料を読むプレイヤーは極少数だが
\ |   //二 /__,,,二二二ニ,,,,               設定資料を面白いお話に改変すりゃ大勢が読むぞ!
  |  /‐'"           ̄ """""'''‐-,,,,,    
  |/_,,,,,--‐,                            設定の重厚さ、雰囲気、世界観に魅力があるというのが作者の意向なら
゙゙''''|  ̄ヽ 、‐'"  ,,,,,-‐‐-、                     それを活かしたお話作りをするべきだぞ!
  |   \‐'''" ̄      \              
  ヽ    ヽ──二ニ ̄"  |            ,,,,,,
   .\  、 ヽ┌二ヽノ,,,,,,,_,,‐、|  |l        /  
    \ヽ  |/二/  -''"  |  l       /‐、 
     ヽ   |二/  ヽ\_,,,|,,,,,,」\,,,,,,__/  ゙゙'
      ゙| |ヽ_   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙̄ヽ
       ゙| ヽ    ̄/;;;;---─''''''''──---,,,,,,,,_;;;;;;;
       ヽ,ヽ-'''" ̄ /             ノ‐、

260名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:16:28 ID:0rNRTnsE




\ l||  |   ゙、| |    //|///   ///  // /  / //
  \l|| .l|   ヽ|    //|//   // / /// / ,.-''"/
   \ || |   | /  ///    / / / //,.,.イ"‐'// /
\    \    ヽ  l| /  /  / / / /イ / // /
 ゝ  \  \   \ l|/ //   / //  / // ///
  ゙、  、 \ \ヽ ヽl/ /  // //  /  //イ //-‐'"
ヽ 、、\  \ \ヽl  l l/  // // ///‐ /‐彡-‐
\ \\、ヽ、\ヽ           ヽ///  /  /// ヽ
 \  \\ ヽ''     ヽ、      | /  /////ヽヽ|       主人公の目的にまったく関係ない設定をただ説明するだけ!
、、ヽ,  ゙゙゙ ゙         ヽゝ、    /  /ヽ|////ヽ ||
\\|           /  ノ/~'   ヾ"' '|、ヽl |//-‐イ| |        主人公の目的にまったく関係ない登場人物をただ増やすだけ!
、\| __  ヽ    //   /  ゞ    / ノ / -‐    | ||
 \ ヽ \  ヽl  //  /,.. イ     ┌ノ //   /  | |        これじゃ覚えなきゃいけない情報量がムダに増えてるだけだぞ!
/フ ハ ヽ\ l    /、ノ / -‐   / /     /  / |
|  |  `、、ヽゝヽヾ、‐''ヽ-''"-‐'"     /''" |    /‐/  |
|ミ|    \、 ̄‐ヽ/ '''" ,.-、      ,.' |  |  ,.‐"  /  /|
 |│     ヽ  |_,.- / ,-|    /  | |/ /   /::::::/ /::
ヽ l|       ゝ、  ̄、"-‐'",,ノ   /:::: l| |‐"   /::::::/ /:::
\|    | |    ヽ、ヽ''"-‐   /:::: 、 |,.''    /::::/ /:::::
:::::::::|    ||    l| ヽ、_,.,./二二ヽ /    /:/  /::::::
:::::::::::::|   | |     |  |::lヽ\ ̄  ''ヽ/ ,.‐'''"::::/  /::::::
 ::::::::::::|   |     |  .|::: \:::ヽ-── ̄::::::::::::/  /::::::::/::






       //  __
    _/  丶イ  /
__/ yyvvvy  ∠_        ぶっちゃけ、やる夫、セイバー、ギル、こなたの4人は
\   γ \ / l /           やらない夫や真紅が苦戦してるところに駆けつけて共闘してから
<_δ ∟゚ヽ゚l >          自己紹介を始めるくらいでちょうど良かったぞ
  ∠ ヘ  ` /






                                                 //
                                             /| / ///
                                            / /    /
                                          ///  ///  /
                                          |///   /  //
                                         / // イ _/
          その後、仲間として何回か共闘して          | / ̄ \ \ ヾ
          やらない夫が動機を聞いて初めて           / / ヾ、 |] |/\/
          そこから過去話を始める、くらいで           |/| // |/|   /、
          ようやく設定が頭に入ってくるな             ノ O__|,    §)/
                                         く、         J
                                            ̄ フ`      ヽ
                                           ヽ___ノヾ
                                               \/
                                               / /

261名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:16:58 ID:0rNRTnsE




【〜367レス】




,ニ-=´ ̄::::::::::::::::::::::::::`゙::::::::::::::::::::::::::::::゙ー= 、    
 ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
   `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::::ー-......、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::\ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  
::::::::::::::::::::::::::ヽ~::::::::::::::::::::/:::::::::,,r,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
::::::::::::::::::::::,ヘ l::::::::::::::::::,/::::::/ / \:::::::::::,ヘ:::::::::::::::´::::::::
:::::::::::::::::::く   l::::::::::::::/' |:::/   /   ヽ、::/  〉:::::::::::::::::::::
:::::::,-、::::/    l::::::::::/、 |:/   /      l::Y,ニミ/!::::_::::::::::::
:::// レ'     l_:::::::::!ヘーk'、ミ、/  、__/,l/'´ヽ //ヘ:::::::::::|        …………いいか、よく聞いてくれ
:::::| | ミ、    l _`>〈 ヽ,ヽ__゙ーシヾじ゙k'ー''__,,x'  冫〕/:::::::::         まだ1回も劇中で魔法も奇跡も使ってない上に
:::::| |  ||    l、`ーミ.lヾ,l  '''''''     ̄'''''''    l.s;/::::-=         戦闘の形式すら見せていないのに
::::ヾミ ||    i ゝ  l、::`゙l     〉         し':::::::,:::::        ゲームシステムを説明するのは止めるんだ
:::::l  ,/  ∪ l   l::::::::::l    く_  _,,、、     / |:::::::,'::::
::::l        | l、 l::::';::::\  ヾニ三"´,)    / /:::::;'::::,':::::l
::::l       / 、  l、:';;:::::l\_ ゞ=='   // /::::::,':::::';::::/
/       /   ヾ、  l:::::'';;::ヽ  ヽ、 ̄_,x "´ ´ /:::::::;'::::,':':::/
二___/ ,、_    `ヽ、';;:ヽー 、 ̄_,ニ=― /:::::;;;''::,,''::::/
===、\,、,、/  `ー'´`ヽ、_゙:::':::;`ヽ、_l__/:::::::::::,,'':::::/ /   _
   `/ //   /   ,   `l、::::''';;;;;;;;:::::::::::::::::;;:''::;'':::::::/ /  /:::
 _,/ / /   /   /    /  `l::::::::::;;;;;;;;;;;;;'''::::::::::::::,/  _, /;;''::::
/  / /   /   /    /    l\:::::::::::::::::::_,r―"´ ,r" /;;;''::::::::
   / l   l    l    /   / l   ̄ ̄ ̄








  |  ゙ヽ、 ゙l    ヽ     .| .| ゙l   .r
 .|.,〆"゙゙ヽ l゙     l     l゙ ,! ゙l   ,l゙
 .゙l゙‐'"゙l~゙''゙l |ヽ    .|    ,/ .l゙ !  ,/
|‐,,\ |  .゙l|`'゙l、  |   .,/`.,lヽr゙,,ィ"
゙l, ゙゙'''`|   ` /゙'|l、 .l゙  ,/,r从レ''lレ゙  _,,,,,,,,!          主人公の目的に関係ない人々の事情を
`"   ヽ,,,、 .゙‐'"゙゙l l゙.,/,t'リ``,l゙ ./` ."'~~ー-、         覚える必要を感じないのと同様に
  `゙゙゙゙'''=二'ー  .'"` .゙'゙ ,/`,/      _、          話に関係ないシステムの事を覚える必要もねぇぞ
        ゙゙'ー   .、,,ニニ" /、,,,―‐''''"゙^
、            l゙   ゙,/'゙`                 これから必要になる?
ヽ            、'=v,>  ./`                  そういうのは必要になってからでいいんだ
.゙l\、      ゙二"   ./
 |、`‐、      ` _/`
  ゙l、 `ヽ、    _,‐l゙`
  `   `'ー-ー'゙,i´.l゙
          `

262名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:17:27 ID:0rNRTnsE




【〜500レス】




 ,__
/;;;;;;;;;;丶
 ̄丶;;;;;;;;;ヘ
-ヽ |;;;;;;;;;;;;;L__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶__
;;;;;;;;;へ;;;;;;;;;;ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;/
ヽ;/v' ヘ;;;/ ⌒ヘ;;;;;;;<__
;;;丶 , ⌒V、 ,⌒ , ノ~;;;;;;;;;;/           主役の掘り下げを兼ねた登場人物の紹介だな
;ヘ' | |  o  o  | | |;;;;;;;;/            ようやくアリオナがどういう人物かわかったぞ
'・ヘ_ " ̄ 〈L  ̄" _ / /
   ヘ  E三ヲ  / ノ
へ_ノ|\ ー /|ヘ_へ
|;;;;;;;ヘ   ̄   ノ;;;;;;;|
' \;;;;;;;;\( ノ/;;;;;;;/






       //  __
    _/  丶イ  /            しかし中々話が進まねぇな
__/ yyvvvy  ∠_             これデーモン狩りの話なんだよな
\   γ \ / l /               500レス進んでまだ1匹も狩ってない
<_δ ∟゚ヽ゚l >               ってのはどういうわけなんだ?
  ∠ ヘ  ` /






   /   /
  /    レ
  |    "
  /   __
、 /  /   =<  ヽ//
、ヘ  /    /\  ヘ
- 'ヘ /    /゛  ヘ  |
  V'    /" U/ヘ/ヽ
  /   /、 // ̄/ V         しかもここで「安価」だと……?
 ̄|  /ヘ、リレλノ _ -
  | /L)~|  、 ̄ ""
 ヘ /゛ヘノ   ~ γ-、
\ ヘ  丶~フ_/ ノ |
    ゛  \\二 _//  /
//  ___ヽ 'ー'  /≡

263名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:17:56 ID:0rNRTnsE




【〜730レス】




                         / ,. -─‐‐ァァ
                _           {/:.:.:.:.:.:.:./ __ _
               ヽ:`ヽ.、  ,. −'´:.:.:.:.:.:.:イ´ ̄:.:.:.:.:.:.;イ
                  \:.:..`y´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                  __ミ ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:./‐- 、
                -ュ=二__:.:.:_:.::.:.:.:.:.:.fヘ:.:.:.:.メ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        設定に次ぐ設定でオラ疲れた
              /  ィ=‐=ニ、 rヘ,|`ヽト、}/ ヘ ;.:.:-=ニ二_ ̄ヾ        さらに次にやる話も安価だ
            / ,ィヘ/` 、ム{  '  {_ リァvィラ7イ__;:ィ-‐==` ヘ       地図の無い砂漠をウロウロしてる気分になってきたぞ
              { /     ヘ ハ、_  "" _ Уハ′ --- 、 〃 ハ
           ,ィ┤f ii     V  i ト、  ‘ニイ,イ/   ,. l  ヘ   ト、
         / ,!/  ,.ィ  ̄   \! イ\_,.イ ム-‐-=ド、 〃ハ  ii/ }      _  _
        イf / ‐-f ィ-‐=-   `v'´           }  ̄ `ヽイ 、ト,   _イ´ `´ }
  r‐ラヘfヘ { iイf´    |  ヾ 、    {     〃 /    | i〃ィ `ハ  ヘ {_ }_二´_ }
 { _二`Y¨}Y }  、ヾヽ { 0       `ト      //  Λ    Λ ,iハ_{_イ__ _  リ
 く _.. ィ'}リ } | ii   /i\        |        / / ト、if  ,イ / {、 - ,.イ!
  ト、 _,イイ 〃ー- /ハ  丶 __ ,.ィ{ヽ、     0  / Λヘ  /   {  ハ、__,イイ
  ヽ、 ̄/ヾ   r'¨   ヽ,  __,r‐--'ト=- 、`ー--‐ ´ ,.イ  \`  if   >、 _ イ
    ̄ `ー -=イ     __{  Λ__{、__ >-  ─ v´     `ヘ、 ´、、  /








  :..,_      |      /         ,:;'-'゙       .|  ,'  
   ゙゙'‐::,,   l .l   ./        .;r!!゙'゙        ,.,:l  :  _:'
 :;ー::、._  ゙''-,_ .)   ./       :,r゙゙       ,,:-''´ .l ::'  ,;;;_i
  'i,  ゙゙'‐:、, ゙'':i!  .;'       :'       ,,-''´  _,..ノ .:' ,:‐゙  ,:゙
  :i;    `''li;;,,l;  (,            :,,-''´ ,_-‐''゙ :i' ,:/゙   ,      まだ1匹のデーモンも狩っていないのに
   .'',,..,..,.__  'llllllll, r..`'-:,_  .,     .,-'''゙,,;iillllllリ    ゙''゙:'   ,:'゙.      対デーモンにおける街のシステムと
       `゙゙'''''''''゙'il.、゙,;,;;;:.,,,,;|! l| .;(;''',,_.‐''゙_,,,iillli-‐ ' '' '' ゙゙  :,;;!;':-‐i      貨幣経済が切り替わるってどういうことなんだ?
   ー''''''''iiii'iiiiiii! .,.._    ;, 'lli'iiii! ̄ ゙''゙´  ,.,,,,...,_....     ´   :i'
            `゙゙'''''''''゙     ゙'--''''''''゙'゙゙゙゙゙          i|,      そういうのは全体の半分くらい終わった
                .l!                   :i゙゙       話の転換期でやるもんじゃねえのか?
 .i,              ;l|                  ./  ,,:
  'l             ./l                  :'''
  'ト            .l;;,|       ゙'_          .' 
   .'i,        、 ,   :''lllli;iillll''   .  .         :'  
    '!;      ').;i) ゙':....--゙               、'   
     'li,     ゙';'、                  ,:'     .
    、 ゙l゙';_    ノノ   :;;lll!''''''''‐         ,,r!'     
    .'i, '、゙'ii;,  ´.゙                ;r'';:'

264名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:18:34 ID:0rNRTnsE




【読み終わって】




  | \|  /  ノ/   / - ―/=、ヽ  // 〃/
  ヽ  \/   }、  , /    }  ! l     /7
.  _\、 -ミ、 /  Y/     _」 / /   /
   \ ヽ|ハ ∨ィY〈    /ィイノ} /|∠- /
    \ ! 〉 i ! 弋}ト  イ り 」 7 ヲイ, /            うん、この話が何の話なのか
    \  ヽマ} = ニ ,.i ~ ニ - /ニノ-∠              オラよくわかんなかったぞ!
      \ _∧  r.=ァ フ  /:├  ´
           / :\ ∨三ノ /  ト                 さて、評価依頼は、と…………
           |  : : ヽ .- .イ     !  \へ_
      _ /{ | ヾ: : :/∠ - ‐ /  / ̄ ー
     / !  _, ! , - ‐ ´ ___/ / / _ノ ヾ
  ィく  /:ヽ___ヽ∠  -  ´:::/   , イ \
^ ´ || !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ソ^ i    ヽ
    !  \:::::::::::::::::::::::::::::::/  // ノl   ! ,








  |  ゙ヽ、 ゙l    ヽ     .| .| ゙l   .r
 .|.,〆"゙゙ヽ l゙     l     l゙ ,! ゙l   ,l゙
 .゙l゙‐'"゙l~゙''゙l |ヽ    .|    ,/ .l゙ !  ,/
|‐,,\ |  .゙l|`'゙l、  |   .,/`.,lヽr゙,,ィ"               面白かった所と面白く無かった所だな
゙l, ゙゙'''`|   ` /゙'|l、 .l゙  ,/,r从レ''lレ゙  _,,,,,,,,!
`"   ヽ,,,、 .゙‐'"゙゙l l゙.,/,t'リ``,l゙ ./` ."'~~ー-、           面白かった所は簡単だ
  `゙゙゙゙'''=二'ー  .'"` .゙'゙ ,/`,/      _、           ・やらない夫と真紅のキャラ
        ゙゙'ー   .、,,ニニ" /、,,,―‐''''"゙^            ・それによって強引に進む展開
、            l゙   ゙,/'゙`                  ・結果誕生するシュールな雰囲気
ヽ            、'=v,>  ./`                    ・振り回される人々
.゙l\、      ゙二"   ./
 |、`‐、      ` _/`
  ゙l、 `ヽ、    _,‐l゙`
  `   `'ー-ー'゙,i´.l゙
          `

265名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:19:07 ID:0rNRTnsE




   //   /|   ,个、
 /, -|  〈 /| /―ト、
〈.″√| /\ソ |// ̄ノY
\ゝ| |/ O  O   |          面白く無かった所
\|. ∟_      .__」           ・それ以外
λ|  /〃  |   〃
6丶      レ  ノ   /          詳しい事は上に書いた!
`´|/⌒i   二二´  /レ
 ,!ト _=|、   =  ∠ |
/||  |_\__/=  |`
て= ̄ ‖`」、三   /  |
/)- ' ̄ ̄〕 \  /
{〃 ´ ̄ ̄ア`ヾ√ ̄ ̄ ̄
   ー` ̄7`ー――――-/
ヽ √ ̄::::::::::::::::::::::::::::::/








     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |         とにもかくにも「指針」に欠けるのがこのお話の問題だ
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/       オラはやらない夫と真紅のキャラだけでついていったけど
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-       それにも限界ってもんがある
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/          「これが本題だ!これを見ろ!」というのをはっきり打ち出す事を勧めるぞ!
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~           じゃあな!
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^

266名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:34:16 ID:RD69iBP.
ごくうのくせにやけに丁寧だなwww



267名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:59:28 ID:77IMgT8o
ゴクウのAAこんなに一気に見たの初めてだが表情豊かに一杯あるもんだなw

そして乙でした

268名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 16:59:44 ID:fB7GOOYQ
悪い流れがわかりやすいな。乙でした

269 ◆qMPMmTJqiI:2010/01/18(月) 17:23:12 ID:cPLgQbCc
評価ありがとうございます

面白いと言われた部分は、全て何も考えずに部分で
それ以外のところは、全て考えながら書いた部分です

評価のお陰で、自分が目指すべき作風、書き方がわかった気がします

270名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 17:53:40 ID:cPLgQbCc
>>269
”面白いと言われた部分は、全て何も考えずに書いた部分で”です

お礼の文章に脱字とかすいません orz

271名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 18:15:56 ID:.CAI0aMc
評価乙

>>269
それってこれからは何も考えずに書くって意味?
だとすると、さすがに評価人さんに失礼だと思うぞ

272名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 18:18:09 ID:WbcZ78Ro
>>271
早合点レスに早合点レスを返すようでなんだが、「考えない方がいい」と言う結論を評価人さんによって気付かされたのなら、失礼でもなんでもないと思うよ。
より良きを求める姿勢には変りない。

273名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 18:21:45 ID:YrRvcLho
考えたことをうまく伝える技術を身につければレベルが上がるんじゃね?

274名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 18:29:39 ID:cUnkWU8k
大まかな流れだけ考えたら、後は思うまま勢いで書くのは結構筆が進む
拙い点はあとで直せるし悪くないと思う

275名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 19:16:10 ID:cPLgQbCc
>>271
誤解させるような書き方をしてすいません
>>256にあるように、キャラを出す際には違和感がないように出すようになどの演出の点ではちゃんと考えたいと思います
>>274さんが言うように、勢いで書いていく方が面白いと言ってもらえた部分ができやすいと言う事です

評価人さんの意見は自分にとって、技術的にも精神的にもとてもためになり、非常に感謝をしています

と、ここまでが考えて書くような文章で

すいません、違います違います!
考えた部分っての1レスに10分やら5分ってことなどの考えた時間のことで
完全に勢いで、1レス2分とかのペースの方で作って行った部分が誉められてるんで
そういった事を”何も考えずに”って言ってるんですよ!

自分では、どこが面白い部分で、面白くない部分か本当にわからなかったので
評価人さんには本当に感謝していますよ!

いやぁ、誤解をまねくような書き方をして本当にすいません!

ここまで何も考えてない文章です

276名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 19:28:33 ID:pip9aDLU
うん、何も考えてない文章の方が面白いw

277名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 19:42:58 ID:O2bvdL4.
分かりやすいwwwww
確かに考えない方が面白いね。
評価人さんも作者さんも乙!

278名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 19:47:31 ID:.CAI0aMc
>>275
丁寧にありがと
作品作りがんばってください

279名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 20:51:31 ID:Sqfn46DE
>>275
システムが複雑なゲーム系より日常系カオスギャグのほうが適性がありそうな気が
でも適性に合おうと合うまいと書きたいものを楽しく書くのがいちばんだけど
評価見て読んできたけど、やらない夫真紅パートはたしかに面白かったよー

280名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 21:15:18 ID:hd1OzmBY
お二方も作者さんも乙です
なんか美しい流れを感じたw

281 ◆eYwONQpWxw:2010/01/18(月) 22:57:04 ID:VYV1/kPc
失礼します。
久々に過去ログ含め覗いたら自分の依頼作品が評価されていたので、
大変遅くなりましたがお礼をしに参りました。

閻魔あいさん、評価ありがとうございました。
ストーリーに関しては完全な練り不足+実力不足だと感じてます。
AAの扱い方は為になるものばかりでした、今後の作品に反映していこうと思います。

また機会がありましたら、よろしくお願いします。

282 ◆uvqeqFRAxI:2010/01/18(月) 23:10:31 ID:ifycP6qI

評価以来です。

蒼星石のセラフィック・ブルー
1スレ
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244029526/
現行スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1263715314/

以前評価を受けましたが、最終回が間近なので成長の度合いが見えたかどうかお願いします。
次回作の参考にもしたいので。

以前のモモタロスさんの評価はコチラの>>76からです。
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/76-88

初期のAAのズレ、横幅の考え無し、1AAにセリフの喋らせすぎ、表記の不統一、投下中のレス返しetc,etc……
などは汗顔の至りですが、自分でも気がついています。

よって、他によく見ていただきたい点は

・延々と会話や説明が続いていくが、飽きの来るものになっていないか?

・戦闘。モモタロスさんの評価を踏まえ、効果線、擬音を使ってみたが如何なものか?

・戦闘は省略またはワンパンチで終わらせるを基本としているが、おかしくはないか?
 ワンパンチで終わらせる、勝てる伏線を入れているつもりだがわかりやすいか?

・原作プレイ済みなら……それでも驚いてもらえるよう、改変をかなり入れているが不快ではなかったか?
 未プレイなら……専門用語などがバリバリ出てくるが大丈夫だったか? 話に置いてきぼりにされないか?

・ヒロインをはじめとするキャラは魅力的か

・ヒロインが可愛いか

・ヒロインに萌えるか

・ヒロイン(ry

甘口、辛口なんでも構いません。
コチラの気づかない欠点、こうした方がもっと良くなる点などを指摘していただけたら幸いです。

評価人の指定も特になし。出来れば、たくさんの方に評価していただきたいのですが。
長いスレなので、大変かと思いますがよろしくお願いいたします。
.

283名無しのやる夫だお:2010/01/18(月) 23:23:41 ID:z6ly03Tg

なんだろうw
この遣りとりを見て、確かに的確な評価と感想だったと確信できたw

284 ◆0VM0b4r/CQ:2010/01/19(火) 21:09:44 ID:JcQznwIY
評価ありがとうございました
お二方ともに言われたAAの見やすさなどは優先的に解消していきたいと思います

あと、VIPに関しては投下時間や規制などの事情でちょっと無理でしたし、
一応、ある程度やる夫スレを見た人にたいして向けた部分があったので
どのみち派生板でやっていたかもしれません

285 ◆O.OM2XMzOI:2010/01/20(水) 02:55:10 ID:r.xQ7smw

始めまして皆様。悩みましたが思い切って評価依頼をさせていただきます

【DQⅢ】やる夫とやらない夫が旅に出るようです【厨二病】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/

ドラゴンクエスト3をベースにしていますが、著しい改変スレです


甘口、辛口評価どちらでも謹んでお受けいたします

評価していただきたい点は

 ① ストーリーのノリは良いか
 ② キャラクターは各員個性があるか
 ③ AAや台詞の『間』は良いか
 ④ 今後の展開に関心を引けるか

以上四点です

並びに改善点があれば教えていただきたいです


評価依頼が多くあるなか大変かと思いますが、どうぞよろしくお願いします

286名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:42:25 ID:B5NXWsyQ
こんばんは。
数ヶ月前に依頼をした「やる夫とヴァナディール」の作者です。

評価スレその12で評価頂いていたのに、確認が遅れてしまいました。
2スレ前の話になりますが、エド様マスタング様、評価ありがとうございました
お礼が遅くなって申し訳ありません。

改善後の評価も欠点への指摘も、詳しい説明、感謝致します。
言われて見直してみて、作成時に描いたイメージだけで
強引に作り上げていた部分が感じられ、改めて認識できました。
今後に生かしたいと思います。評価ありがとうございました。

287 ◆bnaE7br6zw:2010/01/20(水) 23:43:17 ID:B5NXWsyQ
>>286
すいません、トリ忘れてました。
失礼。

288名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:49:25 ID:dmV87LH.
評価投下して大丈夫でしょうか

289名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:50:00 ID:C2P8rL1c
OK

290名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:50:18 ID:OYG.TacM
どうぞどうぞ

291名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:50:22 ID:N7LLbvLY
おk

292名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:50:36 ID:M71J.YME
GoGo!

293名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:53:36 ID:dmV87LH.

            ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
.   {! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ    こんばんは。
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l    坂本美緒です。
      ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l
        ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l    本日は依頼を受けていたこちらのスレを評価します。
        >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l    よろしくお願いします。
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
           「V´    ,⊥-==ー戈{
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

やる夫はアルゼンチンに住むようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254648088/  (Uno)
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259514246/  (Dos)

依頼レス (前スレ>>963
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/963

294名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:54:15 ID:dmV87LH.

     ,.: '''""~~""''': ..
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::::',
  i:::::i::::::::::i::::::::::i::::::::',:i/i::::::::',
... ii| ::|::::;;;;;|!:::::::::l.!:::::::i:i  i::::::::i      今回は評価内容の都合でAAを変えてます。
.  ii.l:::li'´´//`Y´ 二二二 i:::::::i、
.   {.」. // /  乂ジ '´ )r‐、i     作品内にとある〜シリーズのキャラがたくさん出ています。
.  ,ヘ,,|'メノ--' ,   ,,,.   i∂j:::|     御坂のAAで「御坂が〜」とか言ってもややこしいですしね。
  j. _/フ      __  υ/┬´:::|
   i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 ,/ .| ::::::|     そういうわけでAAは違いますが中身は
   |   ,〕_>┬┬''" ト--、.|;;;;:::|     評価依頼を受けた御坂の人です。
  ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
.. ,'  ~"7 i   i'o     /.  ', 
. i    ,'Y    /      .i/   ', 
..|    i {    ,'ο      }',   ',
..!    |.ハ   ',       ハ    ',
...\_,. -''''"i   io      .|. i    |



    ,. ''""~~""'''‐.
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::/i::i:::i::::::::i::::::::i:::::i::::',
 i:::i .i::i::::トi:::::::l!::::::l!:::::;i/i
 |:::i こ二戈i::::::l!斗l!亠l!:l!       最初にスレッドの内容を軽くご紹介します。
 メi´ ..//`Y.  ̄它アrへ,
.〈δi、_// 丿,   しノ .i∂,'      現在アルゼンチン在住の作者様が生活や経験を通して
...ヽ/',/ ̄ ____  /X       読者に現地の様子を伝えるといったものです。
..  !. \ ‘、  .ノ , ':| j
.     >,.こ__,,. ィi ::::|        スレッドを立てたこと自体がすでにやる夫スレの題材になるという
     . .i`ヽv-'"´」i::::|        ある意味で他の作者の方々が羨むようなスレッドですね。
 _,iニニ二'\..ii.., -'"二ニニ.ヘ、
..i'\     「o      /  |     前置きはこれくらいにして評価へ移りましょう。
..| ',|    /        /  |
. | /    /.o       // |
...| i    i  /ir/ ̄`ヽ,..|
 | i´ ̄i~""'''‐-.|..,,__,-ヽ'" |
 | |  |         `ヽ |
 .|.へ-'"ヽ__...,,__      ./
  ヽ-i""~ |.o    ~""''i‐‐´
.   |   |.        |

295名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:54:37 ID:dmV87LH.

      _,..-''''''''''''-.._
     ,-'":::::::::::::::::::::::::::::"'.、
    ./:::/i::i:::::i:::::::::i:::::::i::::::::::',
   .i::::/ i:l!::::l!::::::::i}:::::::i}::::::::::}
   〃:::i .七卞l!:::::::l!ヒニi}:::::::::}
   |::へl{ ̄//メ´  .下丁! L
   i.|δii〉//_,ノ 、  凹i.´ | 〕
   .iヽ-'l!. ̄        .i∀    まず最初に前回の評価内容を思い出してみましょう。
   i:::::|l!\  ,  、   ./ ..| 
   .i::::|i  >,―,へ'"   .j     しまむらさん、亀田兄弟、そして私の3人が書いています。
    i::::|_,,.-/、丁〈/'´\
    .i厂イ  「o´ i彡 .ト--、     3人の指摘を箇条書きにするとこんなところでしょうか。
   /  メ  /   ル-'ヘ/ .|
  ./ i ./  /o  ∧  .∨..|
 ../ .| {  .{     ∨  .ハ |
...〈  ̄`/i  io     \  '/
 .ヘ\.ヘ,i  i      厂.´

┌───────────────────────────┐
│・シナリオ(ストーリー)の存在が薄い、やる夫の順応が早い   ..│
│                                       .│
│・説明が読み難い                             │
│                                       .│
│・写真の必要性                             ...│
│                                       .│
│・単語の発音と意味の表記                        │
└───────────────────────────┘

296名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:54:56 ID:dmV87LH.

      _,,..-‐‐‐‐-..,,_   人
    ,-'"::::::::::::::::::::::::::"ヽ,   て
   /:::::::::::::::::::::::::::ヘ\::::::ヽ  〈
  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .i/:::',
  ii::::::i::::::i::::::::ii:::::::ii:::::i/ i:::::::i
  ii:::::ii::::::ii:::::::ii_,..彡--ィ i:::::/
   ∨ //  .}  ' .回  ir'ヽi      まず目につくのは写真への指摘です。
   ∧ //  丿,  ~´''' ..∂ノi
   / ̄ミ ̄´       /イ::::|     デジカメが用意できそうにないとのことですし
  ヘ  イ\  .∠ > ./  |:::::|
   ∧ /  ,,.>,--,.ィ../>、|:::::|     改めて書くのはいささかアンフェアですが
  ../ Y j,'_,-'''"ヽ i./  \"'-i
 ./  .V .y   「o    { 冫'''"i     避けて通れない問題なので許していただきたい。
../   .人/    |     .∨ ./ i
.i   ./ ヘ    .i.o    ∧/  .i
..i /_,.-'"ヘ   i    ..i...ヘ  i



     ._,.‐'''""~~""''‐..
    ../:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
  .,..-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
..,.' //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::i
  i::l!::::::i}::l!:::::::i}::::::::::{i::::::|∧:::i
  i:il:::::::{i::i!::::::::i!:::::::::}.i::::::| i:::i
   〈ハi'´´//Y .__,,.... .-‐.ヘ`i      読者にイメージさせるには10の説明文章よりも1つの画像です。
   人,i //,ノ  =-‐‐' 夂/
   .{  i. ̄  ,  "" ./|:::::j       文章で説明されるより目で見ることができれば
 ι .,===ヽ、 ,  、  .イ====,
   i .l. ̄ヽ`.'‐ン'"~./ ̄ ̄ .i      直接的に現地の様子を想像することが可能になるからです。
   .i  .|./  √ο .´ .i /   i
   .i  ./  ./      |i   i 
   ..i ',(   i o     .i!/  ..i
   .i ',ヘ  .i      /   .i
   ..i ∧  .io     l!   .i
    .i  i  .i      .i   i

297名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:55:20 ID:dmV87LH.

                  _____________
          ,..‐''"~´:::::::::::::::::::::::::::::"'''- .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:`ヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/::::\:::\
.     ,.':::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::、::::::∨:::::::::::`、:::ヽ
.     /:::::::::::::ii::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::i::::::/::',:::::::::::::::',:::::',.
.    ,':::::/:::::||:::::::::i::::|::::::::::::::::::i:::::::i:/:::::::',::::::::::::::ハ:::::',
    i::::/ :::::::::|| : ::::::i::::i::::::::::::::::::i::::::/i::::::::::::レ‐‐'―  ̄
..    |:/:::::__:::::|| :::::::::i::::ii:::::::::::::::::|:::/.'.i_,::‐'デ ̄ヽト、
    v/ :::::::::||:::::::::::i:::ii::::::::__::::」v´ ./,, ,,>イ.卜.i
.   /:V.` ̄::::::||_:i:::::」イフ ̄/ >./  .' ,ィⅦ爿,' .|X i 
..  / :::Ⅹ⌒:::::::ハV//   ./ / `',     ,刈iノ  .| ∧        日本人の大多数はアルゼンチンがいかなる国で
  / ::::::.ヘ::::::::√\ヘ..|   ./ /   |         |  .l        どのような街並みが存在しているのかすら知りません。
.  ,':::::::::|:::ヽ:::| |.ヘ ',l..|  / /   ./           ,'  il 
  i ::::::i::| ::::`Y|.| 人 .',.iヽ_/ /__/      '   /   .||       例えば「やる夫達が車に乗って移動した」と書かれても
.....| : :::|::|:::::::::::',\ゝ)...|i /         _    '   /    li        どんな車かイメージができないわけです。
. | : :::| :|:::::::::|::i  >. /」               ,.'     i
. | : :::|:::| ::::::::|::i   .//|i > .....,,,__    /<_______     AAで一応再現されていますが画像が添えられていれば
. | ::::::|:::|::::::::::|::i  ..|\\       ̄厂| i>‐―――――‐\   具体的なイメージが可能となります。
. |::::::::|:::|::::::::::|::i.「 ̄|`ヽ、. ミーーー、「/|∨| \ニニニニニニニニニニi
. | : ::::|:::| ::::ノ//`ヽ、   ̄ ̄ ̄\V/∧ `丶、    V    |

298名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:55:34 ID:dmV87LH.

            ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
.   {! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ     インターネット上の画像検索など
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l
      ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l     デジカメで撮影しなくても手段はあると思います。
        ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l
        >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l     スレッド上でも何度かリンクが貼られてますね。
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
           「V´    ,⊥-==ー戈{     今後もそういったものを有効活用して頂きたい。
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

┌────────────────────┐
│・写真の必要性 → 画像を用意して対応   ...│
└────────────────────┘

299名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:55:46 ID:dmV87LH.

.          / :::::/:::::::l:::l:::::::ハ:::ヽ::ヽ:::::ハ
         l::::::/::::::::::l:::l:::::::| l :::|l::::,',::::::|
         |:::/从__:::ハ::l____Kl__」L⊥',__l
            Y7Y / ̄ Y   rテ:〒ァハ }
         { || V    ノ    弋タノ 小.ノ
         `下ム`ー '  ,     ムイ
              |  '、   r  ┐  ,.'       次にこれが作者様の依頼に書かれていた3点です。
              丶  ー ′ イ::!
.                八≧‐≦八::::|        今回は以前と比較してどう変わったのか?に注目して
         _______ 人   ∨____人_|______
       ry彡===   \/ O   `'===ミァ┐   見ていくことにしましょう。
      八:          |          八
      / ∨        |         / ハ
.     /   }          | O         ∨  ∧
.     /  :l: ::         |         ;: l  ∧

┌───────────────────────┐
│①評価される前と比べて何か進歩したか。       ...│
│                                  │
│②AAの使い方が不自然ではないか。         ......│
│                                  │
│③物語構成やシーン作りで変なところはないか。     .│
└───────────────────────┘

300名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:56:03 ID:dmV87LH.

┌─────────┐
│①・良くなった点  .....│
└─────────┘

       |:::::::::::/ .{::|:::::::::::::i |:| : :::::::::::.|::::|,-'}:::.}、::::::} i:::::::::|
      |:::::::::./ {::| :::::::::.| .|:| : :::::::::::.|::::| .}::::i.}::::::| ',:::::::,'
.      {  ,' .二二二ニ';‐-.、/   ,..-''''""~"'' .!:::::/
       冫-!/    / /`ヽ   ´,.-      .〉‐〈
       i ヘ',.  ./ /   /.        _,,,,,,,,_  /,'ヽ i
.        ! /´||', / /   ,.'.      ''"~´ ̄``".,|| ..//
         \ .|| '、/   /.            ./||./
.          |`||∧` ̄ ̄´     、        /-||
        |:::l!:::::'.,                    /  l!
         |::::! :::::::ヽ.     ヽ   フ    /   !      何と言っても会話が読みやすくなりました。
         | : :::::::::::::|`丶、        ./
         | : :::::::::::::|.  | `丶.、.,__,.. '"|            アルゼンチンの生活を登場人物の会話を通じて
         | ::::::::::::::::| i-‐i____   ,__,,...!ニ=‐i         紹介するスレですから読みやすくなったのは良いこと。
         | ::::::::::::::::| |       i .i     |
        | ::::::::::::::::| |        .i i       .|,、        わかりやすいを会話を第一に心がけて続けてください。
        |_,,..、,..'´`~"'‐-...,,__ .{..}__,,...-''"  \,、.,
   _,..-'''"~   \       .-'"       /  ~".'' -....,,__
.._,/\__,,.. .-‐ '''""~       i ◯         ~""''' ‐- ...,, \_
..| '\                 |                  ̄/ヘ

301名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:56:16 ID:dmV87LH.

     ,.: '''""~~""''': ..
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::::',
  i:::::i::::::::::i::::::::::i::::::::',:i/i::::::::',
... ii| ::|::::;;;;;|!:::::::::l.!:::::::i:i  i::::::::i
.  ii.l:::li'´´//`Y´ 二二二 i:::::::i、
.   {.」. // /  乂ジ '´ )r‐、i
.  ,ヘ,,|'メノ--' ,   ,,,.   i∂j:::|     その一方で説明はまだまだ詰め込み過ぎな箇所もありました。
  j. _/フ      __  υ/┬´:::|
   i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 ,/ .| ::::::|     1スレ目の>>458-459のバラライカ先生の歴史授業がそれですね。
   |   ,〕_>┬┬''" ト--、.|;;;;:::|
  ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\     特に>>458のセリフ3行目から4行目にかけては読み難かったな、うん。
.. ,'  ~"7 i   i'o     /.  ',
. i    ,'Y    /      .i/   ',
..|    i {    ,'ο      }',   ', 
..!    |.ハ   ',       ハ    ',
...\_,. -''''"i   io      .|. i    | 



      _,,..-‐‐‐‐-..,,_   人
    ,-'"::::::::::::::::::::::::::"ヽ,   て
   /:::::::::::::::::::::::::::ヘ\::::::ヽ  〈
  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .i/:::',
  ii::::::i::::::i::::::::ii:::::::ii:::::i/ i:::::::i
  ii:::::ii::::::ii:::::::ii_,..彡--ィ i:::::/
   ∨ //  .}  ' .回  ir'ヽi
   ∧ //  丿,  ~´''' ..∂ノi     こんな風
   / ̄ミ ̄´       /イ::::|
  ヘ  イ\  .∠ > ./  |:::::|    に文章が区切られていると読み難いだろう?
   ∧ /  ,,.>,--,.ィ../>、|:::::|
  ../ Y j,'_,-'''"ヽ i./  \"'-i    >>458をちょっと修正してみよう。
 ./  .V .y   「o    { 冫'''"i
../   .人/    |     .∨ ./ i
.i   ./ ヘ    .i.o    ∧/  .i
..i /_,.-'"ヘ   i    ..i...ヘ  i

302名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:57:02 ID:dmV87LH.

【修正】

          z-へ へ へー-           
        ノ ̄i┴   /- // \       
      < /  i   V/l \\l         
      / /  / / l  l     \ゝ     
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\     
   /  l / l l 彳\V/�賓�( ヽ\ \     
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト       とりあえず、こんな感じだ。
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉     
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/       
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /        コロンブスが中央アメリカを発見→ヨーロッパ各国が侵略→インディアン狩り。
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l        
    / l、≡三イ    l      7 イ l l        北米はイングランドが、中央と南アメリカの一部はイタリアやポルトガルが侵略。
    / l ヾ ミ》   .- ・    /l  l  l 
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l        南アメリカアルゼンチンはスペインが侵略→ヨーロッパでフランス革命。
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\     
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \     アルゼンチンを監視してる暇がなくなったところを在住アルゼンチン人が革命。
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\  副王、王座から落とされる→アルゼンチンはスペインから開放される。
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーー
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳 
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ‖
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .‖  
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\‖
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ‖
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》  
     \//  l,,    V \ミミミミヽーへ、_ミ ミ\ \\ ll ll ‖
      /   l, ソ,r    〉ミミミミミミミミ\/ミミミミミ\ y\} ll ‖      
     く     \l l\ ゞlミミミミミミミミミミ\ミミミミミミミ\l彡 ll ‖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      _,..-''''''''''''-.._
     ,-'":::::::::::::::::::::::::::::"'.、
    ./:::/i::i:::::i:::::::::i:::::::i::::::::::',
   .i::::/ i:l!::::l!::::::::i}:::::::i}::::::::::}
   〃:::i .七卞l!:::::::l!ヒニi}:::::::::}
   |::へl{ ̄//メ´  .下丁! L      ちょっとばかり文章を揃えただけだが見やすくなっていると思う。
   i.|δii〉//_,ノ 、  凹i.´ | 〕
   .iヽ-'l!. ̄        .i∀      フランス革命から下の二行は外して別のレスにしてもいいな。
   i:::::|l!\  ,  、   ./ ..|
   .i::::|i  >,―,へ'"   .j       説明セリフの詰め込みすぎには注意してもらいたい。
    i::::|_,,.-/、丁〈/'´\
    .i厂イ  「o´ i彡 .ト--、
   /  メ  /   ル-'ヘ/ .|
  ./ i ./  /o  ∧  .∨..|
 ../ .| {  .{     ∨  .ハ |
...〈  ̄`/i  io     \  '/
 .ヘ\.ヘ,i  i      厂.´

303名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:57:20 ID:dmV87LH.

┌───────────┐
│・改善されていない点  ....│
└───────────┘

.        /:::::::.,:::::::::::::::,:::::::::::::::,:::::::::::::、::::`、
       /::::::,.'/::::::::::::,イ::::::::::::::l|:::::::::::::::',:::::::::',
       ,':::::::,','::::::::::::::,'.|:::::::::::::::i}::::::::::::::::::i}:::::::|
.      |:::::::i.i:::::::::::::::i..|::::::::::::::::!|:::::::::i : :::!i ::::.l
.      {:::::::!.||:::::::::::::!. | : ::::::::::::!|:|: : :|: ::::i!.i:::::l
       l:::::| 卜..,,::::| .|:i::::::::::::::i.|:l_,,斗孑i}.|レr        以前の評価でも触れられていることですが
      〈ヘ.lトY⌒ ̄``穴'''ナ¬ヒ,イ''''''l'i7.ハ.i .}        物語の大筋が未だに見えてきません。
.       Ⅵ! {    //`!     ´|:;;;o|ノ .i !| リ
.       ゝ{l入 .//  ノ    `ー'  ,'ノ.|l'         日本からアルゼンチンに降り立ったやる夫が
        |ト-ハ‐---‐'"  、      //||          どのように物語の中で活躍するのか。
-=ニ二二ニ=- .l! .ヘ           .人  .i!-=ニ二二ニ=-
|ー=====''´丶.丶、  ´  `   , イ'  ゝ=====‐'"i
.|  \        \\`  __ , イ  ./       /  |   活躍しているのはしているのですが……
..|    ヽ',          `、  `Y´  , '       //   .|   内容が少々薄いように思います。
...|    \          ',ヽ, .l! ../        /'     |
 | 「``´ ̄\        /            冫''´ ̄つ亅
 .| i´ ̄``丶 `、         .| ○           / /´ ̄つ!|

304名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:57:32 ID:dmV87LH.

         ,..-'''""~~~~~~~""'''‐-..
        ,.'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..-"' 、  .___
     , .' : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..''"::::::::::::::::::::X´::::`ヽ
   , ':::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::,..'" :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ : ::::',
  , '::::::::::::::::::::::\::::, -'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',
.. ,' : :::i : :::ヽ、 : :::.\ : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::i
....,' : :::::| :::::::::::ト、:::::::::.ト、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ::::::|
. l! : :l :::|: : :::::::||i:::::::::i:| \ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i : ::::|
..||::i:::i::::.ii:::::::::::.il.i_,..'"  .\:::::::::::, -‐. :::::::::::::::::::::::i:::::::::|    アルゼンチンに着いてから
..|トii ::i :::ii、,..'/ _,,..ィ   .\::/.人.ヽ..', : : :::::::::::::::i ::::::::|    やる夫が経験したことを思い出してみたところ──
. l!:||:::|::'i.ヽ、.´ ,ziメ| |      .{i ├:.、 ..|::::::::::::::::::./| ::::::::|
.. !,.'    `、   V.l ´     .{i `i ./.,.ノ:::::::::::::./...| ::::::::|
        }  `´      .{i  `/ヽ, :::::::, '   .| : :::::|    ・やらない夫の家族の一員になりました。
       ,/          ! /´   ヽ、/,- 、. .|:::::::::|
.        \           .,'     .',    .| :::::::|    ・学生生活を始めました。
.         \  、、                ',     | : ::::|
.         ゝ、      _,.、    _,..-'''', .....|::::::::|    ・あちこち遊びに行きました。
       r'^∨ l!`'丶._.'"  ',_,.'''"    .', ....| ::::::|
.      冫、_,l、 .i      _,.'"   ._,..-'''"~ヽ...| : :::|    ・友達がたくさん出来ました。
.      /--、`ヽ、ヽ     i |  _,.'"< ̄  ̄`', ヽ :::::|
      ト -、 \__i ',     .i冫'"    ',_,..-'_'_'__ _`、::|    ・様々な料理を食べました。
     〈.___ \__>  |  ./|´, '     /"~     ',', |
.      i .\入   .| /i ノΟ     /        ',',|
      \   . i  人/|/       ./         i.i|    大雑把ですが分けるとこんなところです。
.      ∧i    |/|/       /         ||.|
.      i ヽ、  / |        丶/          || |

305名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:57:50 ID:dmV87LH.

         ,.' : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        /, '"::::::::::::::::::::::, : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::`、::',
        iヽ、::::::::::::::::::::::/:::::::::i:::i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} :::::::::::i::i.',
.       ,イ : :\:::::::::::,.イi : ::::::|:::| :::::::::::::i :::::::::i ::::::::::::::|::::::::::::|::i:}',
      ,'::{::::::::::::::::::::/.{:| : ::::::|:::|:i:::::::::::::|::::::::::|l : :::::::::::|}:::::::i::l!:l:::!',
.      i :::{ : ::::::::::::/ {:|::i : :::|::i|:| :::::::::::|::::::::::||:l!:::::::::::l|.} :::::|::|::!:ハ!
.       |:::::{ :::::::::::::::/ ..l:!,,!_ : :|::||:| ::::::::::.| ::::::::|l!.|::i:::::::::} }:::::.}イ::::!..i!
.       | ::::.{::::,/`ヽ.!  .>~-""'''''!!‐- .::,!|:::::::::|.l!.|::|_,.-;';""~i!::/ !
.      | : ::::Y ..へl.! i      // `i    ,.-'"    ./
        |:::::::::| 〈 .l.!....i   //   .}    .,    __.,ヘ
       | : ::::ヽ,丶,{!、 .>...//   ./      ~"''''"~´/`l!
      |:::::::::::冫、.{!'/  ~ ''''''''""´           / .l!      学生は遊んでばかりいるのは日本も一緒です。
.        |:::::::::::i  `l!ヽ、           〉     ,'  .l!
.       | : ::::::|   ! .,ヘ               ノ  .!       しかしながら、現状のこの話は「何をして遊んだか」に
.      |::::::::::|   ./  .i\.     `   ´   . : ´
        | : :::::|   j _|___ "' ..     , '              内容が偏りすぎていませんか?
       | :::::::|     !    ̄~"‐~''‐-.ィ´-、
       | : ::::|    /       .i  .i   |
        | : ::::| _,..'" "'''- .._    ',_/  _,ハ__   
.      | : :::.|乂  "'''- .._ `丶,/"" -'''"   `‐..,_



    ,. ''""~~""'''‐.
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::/i::i:::i::::::::i::::::::i:::::i::::',
 i:::i .i::i::::トi:::::::l!::::::l!:::::;i/i
 |:::i こ二戈i::::::l!斗l!亠l!:l!
 メi´ ..//`Y.  ̄它アrへ,
.〈δi、_// 丿,   しノ .i∂,'
...ヽ/',/ ̄ ____  /X       ただ日常を繰り返していると話に進展が感じられず
..  !. \ ‘、  .ノ , ':| j       """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.     >,.こ__,,. ィi ::::|        読者としては間延びを感じるだけです。
     . .i`ヽv-'"´」i::::|        """"""""""""""""""""""""""""""""
 _,iニニ二'\..ii.., -'"二ニニ.ヘ、 
..i'\     「o      /  |     季節感のある行事や、テストなどの
..| ',|    /        /  |     イベントを織り交ぜることがストーリーの幅を広げるはず。
. | /    /.o       // | 
...| i    i  /ir/ ̄`ヽ,..|      様々な行事がアルゼンチンにも存在するでしょうし
 | i´ ̄i~""'''‐-.|..,,__,-ヽ'" |      遊ぶこと以外も紹介してください。
 | |  |         `ヽ | 
 .|.へ-'"ヽ__...,,__      ./
  ヽ-i""~ |.o    ~""''i‐‐´ 
.   |   |.        |

306名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:58:35 ID:dmV87LH.

        ,.‐'''""~~""'''‐--‐・,''´
       /::::i:::::::::丶:::::::ヽ:::::""'-、   人
.      /:::::::::i::/ii:::::トi::l!::::トi::ト、::\i`ヽ   て
     /:::::/个、ii::::|::i::i!::::iナヘ::::::::ヽ、    〈
     |::::彡,..-‐>丈ソ .∠__,,,,,,ト-'"´
     i:::::| i  .// .i '"~   |、
     /l⌒l ゝ_//.._,.ノ 、 -‐'''"~.ト ii       それと番外編は本編あってこその存在。
.    /:::iδメ´ 「`丶、__,,.イ .|メ、 
....  /::::/`‐K. /       .| /   ',      作者様ご本人の体験談を中心としたこなた編の方が
   /::::/   .j.へ.,_        ,|,.'    j      ネタも思いつきやすく話を進めやすいのはわかります。
.  /::::/    ,-"_i''‐┬‐'i_      
 /:/i/    ,-'´  i''‐'7‐‐'i_.`.""''ヽ,       だけど、このスレはやる夫達の生活を通じて
...i:/./   / ゝ/ ̄   i.o   ̄ ̄ ´\      アルゼンチンの様子を紹介するのがメインだったはず。
 i i  /   〕     '.,      i.   \
   /    i        ', o     V    ヽ    本編と番外編の関係がいつの間にか逆転してるぞ!
 / ヽ, _,.イ.       i.     i\_   `、
 | ´ ̄ヘi.  ヽ.      ,'.o     /  7`ヽ   |
 |     |   ',      i      i.   ', \ |
 |     |     |.      |.o     |    i    |
 i/ ̄`ヽ、   <.     |     |    |_,,.....,,_|
 /ヽ、\へゝ /.       |.o    |.  /,-、 、.、\
 ヽ/ ̄  ../        l!      |  ヘ/  |,リリリ

307名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:58:46 ID:dmV87LH.

                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  |:::::::::::::::::           ::::::::::::|
                  |::::::::::              ::::::::|
                  |:::::://  /  / │  .|  ヽ::::::::|
                  |:::::| ||  .||  .|  .||   ||  || |::::|
                  ,ゝ.|||」_||  .|  .||   ||  || .|,≠      アルゼンチンの事情を話にしているから
                 |γ|──└-┴-┴─≦二∠ ::|勹      違和感はそれほど無いが番外編はあくまでもオマケだ。
                 ヾ卜:: // 丿   .弋少/:::/|‖
                  弋|ハ::ー─ ' ..:::::::::... ゙゙゙゙゙´ ::/_イ       本編よりも番外編が多くなっては本末転倒。
                    ヘ::     |     ::/         """""""""""""""""""""""""""""""""""""
                     ヽ    _ _   /           優先する順番は間違えないでくれ。
               _ <= ̄/ヘ> 、 _ , /冫二≧_、_ _   """"""""""""""""""""""""""""
          _,./´`´::::::::` ̄ヽ::゙゙゙゙`| |  ∧/ _/ ./ :::::::::::::::::::::::::`┘ミ
_______/::::::::::::::::::Y::::::|:::::: ヽ_| |_〟川〃_| ::::)::::::::i::::::::.:::::::::|::::\______
三三三三三三 |:::::::::|::::::::::|:::::::|:::::: /三.| |≡    ≡.| ::::|::::::::|::::::::/:::::::|三三三三三三三三
三三三三三三∧:::::::|::::::::::|:::::::|::: /三皿 |冫    <.| ::::|::::::::|::::::::|::::::/三三三三三三三三
     //:::::|ヽ:::::|::::::::::|:::::┴<::::::丿| | 彡    ミ>-へ::::人::::人:/:::::/:::::::::::::\
    /:::::::::::::::::\匕弋二し(⌒::::::::/  | | ‖从 ミ弋::::::::/::::::::::ノ─:::::ノ::::::::::::::::::::::\

308名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:59:01 ID:dmV87LH.

┌──────────────┐
│・時間の経過が分かり難い   ....│
└──────────────┘

        ,.‐'''""~~""'''‐--‐・,''´
       /::::i:::::::::丶:::::::ヽ:::::""'-、   人
.      /:::::::::i::/ii:::::トi::l!::::トi::ト、::\i`ヽ   て
     /:::::/个、ii::::|::i::i!::::iナヘ::::::::ヽ、    〈
     |::::彡,..-‐>丈ソ .∠__,,,,,,ト-'"´
     i:::::| i  .// .i '"~   |、
     /l⌒l ゝ_//.._,.ノ 、 -‐'''"~.ト ii
.    /:::iδメ´ 「`丶、__,,.イ .|メ、       話に進展が感じられない理由その2がこれです。
....  /::::/`‐K. /       .| /   ',
   /::::/   .j.へ.,_        ,|,.'    j       1話冒頭のやらない夫の説明によると
.  /::::/    ,-"_i''‐┬‐'i_            やる夫がアルゼンチンにやってきたのは2月。
 /:/i/    ,-'´  i''‐'7‐‐'i_.`.""''ヽ,
...i:/./   / ゝ/ ̄   i.o   ̄ ̄ ´\       この時の会話以外で『今が何月』なのか説明が無い!
 i i  /   〕     '.,      i.   \
   /    i        ', o     V    ヽ     これは分かり難い!
 / ヽ, _,.イ.       i.     i\_   `、
 | ´ ̄ヘi.  ヽ.      ,'.o     /  7`ヽ   |
 |     |   ',      i      i.   ', \ |
 |     |     |.      |.o     |    i    |
 i/ ̄`ヽ、   <.     |     |    |_,,.....,,_|
 /ヽ、\へゝ /.       |.o    |.  /,-、 、.、\
 ヽ/ ̄  ../        l!      |  ヘ/  |,リリリ

309名無しのやる夫だお:2010/01/20(水) 23:59:18 ID:dmV87LH.

      _,,..-‐‐‐‐-..,,_   人
    ,-'"::::::::::::::::::::::::::"ヽ,   て
   /:::::::::::::::::::::::::::ヘ\::::::ヽ  〈
  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .i/:::',
  ii::::::i::::::i::::::::ii:::::::ii:::::i/ i:::::::i
  ii:::::ii::::::ii:::::::ii_,..彡--ィ i:::::/
   ∨ //  .}  ' .回  ir'ヽi
   ∧ //  丿,  ~´''' ..∂ノi      入学式が3月にあることに至っては
   / ̄ミ ̄´       /イ::::|      1話から4話の間でたった二度しかセリフに出ていなかった。
  ヘ  イ\  .∠ > ./  |:::::|
   ∧ /  ,,.>,--,.ィ../>、|:::::|      これじゃ入学式が3月にあることを覚えてる読者の方が少ないだろ!
  ../ Y j,'_,-'''"ヽ i./  \"'-i
 ./  .V .y   「o    { 冫'''"i      話の最初に何月か書くことで、季節もわかるようになるし
../   .人/    |     .∨ ./ i      """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
.i   ./ ヘ    .i.o    ∧/  .i      次の話から必ず書くようにして欲しい。
..i /_,.-'"ヘ   i    ..i...ヘ  i      """""""""""""""""""""""""""""""



             ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
.   {! L ハ 〃Y    ○  、 Yr‐ 、:.:.ハ     ところで……4話の最後「1スレ目>>381-383」でやる夫が
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l
      ├‐'        !  __,ノ!: : : l     『3月からここに通う』と言ってるから4話までは2月の話なのかな。
        ヽ  ___     ィク_ |ト.: : l
        >、    , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l    やる夫がやらない夫と黒子にカステシャーノ(現地の言葉)を
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|
           「V´    ,⊥-==ー戈{    教わろうとするところで4話は終っています。
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

310名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:00:22 ID:5iEBOau2

              ミ 、
               l ヾヽ
          _  _.| ヾヘ
  _ , . -ーフ´: : : : : : : : :゛゛: : ヽ
  ゛ー-ニ二/: : : : : : : : : : : : : ト、: : :`、
      /: : : : : : : : l: : : : : :l ヽ.: :.:i
      イ: : : /: : : : :i| : : : : :l-一l― l
    / L: : :L: : : : :lL: : :_|  .l: : :l
    !  .l/ ̄//`Y´ニニ二__ ミヘハ    そして次の話は3月の入学式に時間が一気に飛ぶ。
       ハ // 丿  {り }ヤ / 6ノ: :l
      {ヘー- ′、  :::::::  { イ: : l    そこにはカステシャーノをマスターしたやる夫の姿があるんだが
        八       u イ   l: : l
         \ ⊂⊃  / l   l: : l    スペイン語をあまり上手じゃないはずのやる夫が
            ー    .|  l: : l
           | ̄| / ̄ ~7.  l: : l    一ヶ月弱でマスターできるようなものなのか……?
        __ | .|/   .{ __l: :.l
      /|――/ 「 0    t―‐三三ハ
      ハ ̄ ̄  /        ̄   / ヽ



     ,.: '''""~~""''': ..
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::::',
  i:::::i::::::::::i::::::::::i::::::::',:i/i::::::::',
... ii| ::|::::;;;;;|!:::::::::l.!:::::::i:i  i::::::::i
.  ii.l:::li'´´//`Y´ 二二二 i:::::::i、     スレの説明によるとスペイン語とカステシャーノは
.   {.」. // /  乂ジ '´ )r‐、i      日本でいうところの標準語と沖縄弁の差らしい。
.  ,ヘ,,|'メノ--' ,   ,,,.   i∂j:::|
  j. _/フ      __  υ/┬´:::|      だが、日本でいうところの本州弁をしゃべることすら
   i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 ,/ .| ::::::|      上手くないやる夫が方言をマスターできるんだろうか???
   |   ,〕_>┬┬''" ト--、.|;;;;:::|
  ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
.. ,'  ~"7 i   i'o     /.  ',      何故ここに疑問がわいてしまうのかというと
. i    ,'Y    /      .i/   ',     """""""""""""""""""""""""""""""""""""
..|    i {    ,'ο      }',   ',     それは学んだ過程が飛ばされているからなんだ。
..!    |.ハ   ',       ハ    ',     """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""
...\_,. -''''"i   io      .|. i    |

311名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:00:36 ID:5iEBOau2

      ,.‐'''""~~""'''‐.
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ,'::::::/i:::i:::::::::::i::::::::::i:::::::i:::i::::',
   |:::::i i:: l!:::::::::l!::::::::l!:::::::l!:l! ::|
   |:::::i __i;;;i!::::::::i!::::::::i.!__,,.l!!.|::,'
.   ',:::',i'´ //`Y´ .ノ_____ iヽ,      やる夫がカステシャーノを短期間でマスターしたこと自体は
   <..ヘ、_//_,ノι .lililililil /X       話の都合もあるし問題ではない。
    ヽソ、 ̄ι ,   υ/ .|
     |:::\  ____ ./   j       しかし、その勉強過程をすっ飛ばしたのは問題。
     |:::: |/>、..__.,,.イ
 _,..-'''"_,.ゝi. \/´ |`"'''' - .._
..i\_,.-''"  .`ヽ ..||/ ̄"'''- ._/i     亀田兄弟が以前に書いてくれていますが
..|  \         |o      /  .|     『やる夫は日本に住む読者の代理でもある』ということ。
..|   ,' ../`ン^ヽ. i        ',   |
..|.  i ..イ    ', io      ',  |     読者の多くは日本人だしアルゼンチンに移住したやる夫に
..|.  / .',    / i         ,'  |     自分自身の姿を重ねて読むのです。
..|/    Ⅶ ̄  io     /   |



     ._,.‐'''""~~""''‐..
    ../:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
  .,..-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
..,.' //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::i
  i::l!::::::i}::l!:::::::i}::::::::::{i::::::|∧:::i
  i:il:::::::{i::i!::::::::i!:::::::::}.i::::::| i:::i
   〈ハi'´´//Y .__,,.... .-‐.ヘ`i     残念ながら一般的な日本人はスペイン語にも
   人,i //,ノ  =-‐‐' 夂/     カステシャーノにも詳しくありません。
   .{  i. ̄  ,  "" ./|:::::j
 ι .,===ヽ、 ,  、  .イ====,     だから私のような疑問が出てくる。
   i .l. ̄ヽ`.'‐ン'"~./ ̄ ̄ .i
   .i  .|./  √ο .´ .i /   i     話の都合以上の説得力を持たせるなら
   .i  ./  ./      |i   i     """""""""""""""""""""""""""""""""
   ..i ',(   i o     .i!/  ..i     カステシャーノを学ぶ過程が欲しかった。
   .i ',ヘ  .i      /   .i      """""""""""""""""""""""""""""""""
   ..i ∧  .io     l!   .i
    .i  i  .i      .i   i

312名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:00:59 ID:5iEBOau2

                  _____________
          ,..‐''"~´:::::::::::::::::::::::::::::"'''- .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:`ヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/::::\:::\
.     ,.':::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::、::::::∨:::::::::::`、:::ヽ
.     /:::::::::::::ii::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::i::::::/::',:::::::::::::::',:::::',.
.    ,':::::/:::::||:::::::::i::::|::::::::::::::::::i:::::::i:/:::::::',::::::::::::::ハ:::::',
    i::::/ :::::::::|| : ::::::i::::i::::::::::::::::::i::::::/i::::::::::::レ‐‐'―  ̄
..    |:/:::::__:::::|| :::::::::i::::ii:::::::::::::::::|:::/.'.i_,::‐'デ ̄ヽト、
    v/ :::::::::||:::::::::::i:::ii::::::::__::::」v´ ./,, ,,>イ.卜.i     勉強するエピソードに色々とイベントを混ぜることもできる。
.   /:V.` ̄::::::||_:i:::::」イフ ̄/ >./  .' ,ィⅦ爿,' .|X i
..  / :::Ⅹ⌒:::::::ハV//   ./ / `',     ,刈iノ  .| ∧     どこか店に出かけてやる夫にカステシャーノで注文させて
  / ::::::.ヘ::::::::√\ヘ..|   ./ /   |         |  .l     ちゃんと通じるかどうかテストするとか。
.  ,':::::::::|:::ヽ:::| |.ヘ ',l..|  / /   ./           ,'  il
  i ::::::i::| ::::`Y|.| 人 .',.iヽ_/ /__/      '   /   .||     全然通じず買い物が失敗したなんて展開も有りかな。
.....| : :::|::|:::::::::::',\ゝ)...|i /         _    '   /    li 
. | : :::| :|:::::::::|::i  >. /」               ,.'     i
. | : :::|:::| ::::::::|::i   .//|i > .....,,,__    /<_______     こういった過程を話に組み込むことでやる夫が読者に
. | ::::::|:::|::::::::::|::i  ..|\\       ̄厂| i>‐―――――‐\   より身近な存在に感じられるだろう。
. |::::::::|:::|::::::::::|::i.「 ̄|`ヽ、. ミーーー、「/|∨| \ニニニニニニニニニニi
. | : ::::|:::| ::::ノ//`ヽ、   ̄ ̄ ̄\V/∧ `丶、    V    |

313名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:01:30 ID:5iEBOau2

             _,..-‐'''''""""'''''‐ .
           , :'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"':..
          /::::::::/:::::::::::::i :::::::::::::i:::::::::::',::::\
.           /::::::::/:/::::::::::::,イ ::::::::::::::|::::::::::::',:::::::`、
          ,':::/:::/:/:::::::::::::::|| :::::::::::::::|i:::}:::::i::',::__,,.. .
          ,':::/:::/:/i:::::::::::::::|.|:::::::::::::::::||:::|:::::|:::|ヽ:::::::i
       i:::/:::i::/ .|::::::_;.-'" ''' /-、:!.!::!:::::|:::| ヽ:::::|
       !/ハ::i ッ‐'''~/冫、./   -.~''‐...,,__ ヽ:::::i
         ',:::i   /./  |.    '''7乞i!ヽ、_ ./:::::i    異文化に対応していく過程はそれなりに描写してくれないと
         i´!,//   /      |:;iii;;:} ./' /-、/
.         `/ヽ<___,,./      `¬'  ./i`i.i     『最初からアルゼンチン在住のやる夫ではいけないのか?』とか
            |ヽヘ.       `        //| /
           |.   ',     _____       / ,ィ|´      『日本からアルゼンチンにやってきた設定は必要なのか?』とか
          j.   \  〈.  `)   ./`:i´ .!
                ヽ、    ,..;'i :::::::::|        そういう疑問が出てきてしまうからくれぐれも要注意だな。
                     | ` ‐ ''"  | |::::::::::| 
              i ̄ ̄ ̄`i i ̄`i: :::::|        禁句だけどさ。
       _____________,..!...,,__  | |  |: :::::|

314名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:01:47 ID:5iEBOau2

      ,' :::::::::::,'..{:i: :::::::::::::,i: : :::::::::::.|::::|::}::::.}:::::::::}, -'"´:::i
..       i :::::::::::,' .{:| ::::::::::::,イ:i::::::::::::::::|::::| }::::},::::::::} i.::::::::i
       |:::::::::::/ .{::|:::::::::::::i |:| : :::::::::::.|::::|,-'}:::.}、::::::} i:::::::::|
      |:::::::::./ {::| :::::::::.| .|:| : :::::::::::.|::::| .}::::i.}::::::| ',:::::::,'
.      {  ,' .二二二ニ';‐-.、/   ,..-''''""~"'' .!:::::/
       冫-!/    / /`ヽ   ´,.-      .〉‐〈
       i ヘ',.  ./ /   /.        _,,,,,,,,_  /,'ヽ i
.        ! /´||', / /   ,.'.      ''"~´ ̄``".,|| ..//
         \ .|| '、/   /.            ./||./ 
.          |`||∧` ̄ ̄´     、        /-|| 
        |:::l!:::::'.,                    /  l!
         |::::! :::::::ヽ.     ヽ   フ    /   !         やる夫の成長過程を見せることが
         | : :::::::::::::|`丶、        ./             『ストーリーの薄さを』補うことにそのまま繋がる。
         | : :::::::::::::|.  | `丶.、.,__,.. '"|
         | ::::::::::::::::| i-‐i____   ,__,,...!ニ=‐i            成長過程はアルゼンチン文化への対応そのものでもある
         | ::::::::::::::::| |       i .i     |            ということを強く覚えておいて欲しい。
        | ::::::::::::::::| |        .i i       .|,、
        |_,,..、,..'´`~"'‐-...,,__ .{..}__,,...-''"  \,、.,         そうする事でアルゼンチンのことをさらに
   _,..-'''"~   \       .-'"       /  ~".'' -....,,__   わかりやすく紹介する内容になるのではないかな。
.._,/\__,,.. .-‐ '''""~       i ◯         ~""''' ‐- ...,, \_
..| '\                 |                  ̄/ヘ

┌──────────────────────────────────────────┐
│・シナリオ(ストーリー)の存在が薄い、やる夫の順応が早い → 過程をしっかり書くことで解決     .│
└──────────────────────────────────────────┘

315名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:02:48 ID:5iEBOau2

┌─────────┐
│②・AAの使い方  .....│
└─────────┘

.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::\
.    ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、::::::::::::::::::::::::',
   /::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::i::::::::::::',::::::::::',:',:::::::::::::::::::::::_',
.  //: :::::::/:::::::::::::/!::::::::::::::|:i:::::::::::',::::::::::',::',:_,..-''"~´:::|
  //:::::::::::/::::::::::/:{ {: ::::::::::::|{|::::::::::::',::::::::::',::',ヽ: : :::::::::::::|
 ,','i:::::::::::/i:::::::::::|::| |:::::::::::::::|||::::::::::::::',::::::::::',::', ヽ:::::::::::::::|
..,','.|:::::::::::i |: ::::::::|!:|.|:::::::::::::::!イ::::_,::.-‐'''""~',', ヽ、:::::::::::|
.i,' .|:::::::::,',,,!,,__        /__,./_,,...-...,,_   ヽ、 : ::::::|
.| .|∠| ._.,.-‐''7''''>,/    / ./茫(_) .}ア  i::::/´`i     AAの使い方に特に問題があるようには見えません。
    ∨   /./ .i         !::iiii;;:! /'´  i:人ヘ''', |
    ∧ /./  . !      丶= '       |'.ハ i./     しかし、増える一方のキャラクターは見直しが必要。
    ∨V./   .ノ                 //V/:',
.     ∧ ',、___,,../   ヽ              ,__,,/|::::::',     現状を見る限りこれ以上増やすことはお勧めしない。
.    / ヽ',                       /::::::::::::|::::::::',
..   |.   ',.       r-‐‐‐ 、       /',::::::::::::::::::::::::', 
    j.    ヽ..      !.   .___}       / .',: :::::::::::::::::::::',
          丶.             ,..'"|    ',:::::::::::::::::::::::',
            丶、   ,.. ''"   |、    ',::::',、::::::::::::::',
               i`´    _,..:'''"',   .',::::',`、:::::::::::',
              iヘ!_  ,.'''~    .',   .',::::', `、:::::::::



     ,.: '''""~~""''': ..
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::::',
  i:::::i::::::::::i::::::::::i::::::::',:i/i::::::::',
... ii| ::|::::;;;;;|!:::::::::l.!:::::::i:i  i::::::::i
.  ii.l:::li'´´//`Y´ 二二二 i:::::::i、
.   {.」. // /  乂ジ '´ )r‐、i
.  ,ヘ,,|'メノ--' ,   ,,,.   i∂j:::|     話の中身の濃さよりもキャラクターの人数が多いと
  j. _/フ      __  υ/┬´:::|     いわゆる空気キャラが生まれます。
   i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 ,/ .| ::::::|
   |   ,〕_>┬┬''" ト--、.|;;;;:::|     このスレは話の展開速度が遅い方かと思いますが
  ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\     話の広がり方に比べて登場人物の数が多すぎです。
.. ,'  ~"7 i   i'o     /.  ',
. i    ,'Y    /      .i/   ',
..|    i {    ,'ο      }',   ',
..!    |.ハ   ',       ハ    ',
...\_,. -''''"i   io      .|. i    |

316名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:03:13 ID:5iEBOau2

              ミ 、
               l ヾヽ
          _  _.| ヾヘ
  _ , . -ーフ´: : : : : : : : :゛゛: : ヽ
  ゛ー-ニ二/: : : : : : : : : : : : : ト、: : :`、
      /: : : : : : : : l: : : : : :l ヽ.: :.:i
      イ: : : /: : : : :i| : : : : :l-一l― l
    / L: : :L: : : : :lL: : :_|  .l: : :l
    !  .l/ ̄//`Y´ニニ二__ ミヘハ     最初にやる夫について。
       ハ // 丿  {り }ヤ / 6ノ: :l
      {ヘー- ′、  :::::::  { イ: : l
        八       u イ   l: : l     主役のやる夫はただ単に話の中心にいるだけで
         \ ⊂⊃  / l   l: : l     その他キャラクター達と印象に大差がありません。
            ー    .|  l: : l
           | ̄| / ̄ ~7.  l: : l     すでに書きましたが異文化に溶け込む過程が薄いので
        __ | .|/   .{ __l: :.l     現地に住んでいる人との差が見えないからですね。
      /|――/ 「 0    t―‐三三ハ
      ハ ̄ ̄  /        ̄   / ヽ



      _,,..-‐‐‐‐-..,,_   人
    ,-'"::::::::::::::::::::::::::"ヽ,   て
   /:::::::::::::::::::::::::::ヘ\::::::ヽ  〈
  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .i/:::',
  ii::::::i::::::i::::::::ii:::::::ii:::::i/ i:::::::i
  ii:::::ii::::::ii:::::::ii_,..彡--ィ i:::::/
   ∨ //  .}  ' .回  ir'ヽi
   ∧ //  丿,  ~´''' ..∂ノi      それと異文化に溶け込む過程が薄くなっている原因の一つが
   / ̄ミ ̄´       /イ::::|
  ヘ  イ\  .∠ > ./  |:::::|     やる夫の周囲に良い友人が多すぎることです。
   ∧ /  ,,.>,--,.ィ../>、|:::::| 
  ../ Y j,'_,-'''"ヽ i./  \"'-i 
 ./  .V .y   「o    { 冫'''"i    理想的な友人関係による都合良いフォローが
../   .人/    |     .∨ ./ i    """"""""""""""""""""""""""""""""""""""
.i   ./ ヘ    .i.o    ∧/  .i    やる夫の苦労や成長過程を見えなくしている原因でもあります。
..i /_,.-'"ヘ   i    ..i...ヘ  i    """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

317名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:03:49 ID:5iEBOau2

.           /::::::::/:/::::::::::::,イ ::::::::::::::|::::::::::::',:::::::`、
          ,':::/:::/:/:::::::::::::::|| :::::::::::::::|i:::}:::::i::',::__,,.. .
          ,':::/:::/:/i:::::::::::::::|.|:::::::::::::::::||:::|:::::|:::|ヽ:::::::i
       i:::/:::i::/ .|::::::_;.-'" ''' /-、:!.!::!:::::|:::| ヽ:::::|
       !/ハ::i ッ‐'''~/冫、./   -.~''‐...,,__ ヽ:::::i 
         ',:::i   /./  |.    '''7乞i!ヽ、_ ./:::::i
         i´!,//   /      |:;iii;;:} ./' /-、/     そのやる夫以外の登場人物ですが……
.         `/ヽ<___,,./      `¬'  ./i`i.i
            |ヽヘ.       `        //| /      やらない夫はやる夫のフォロー役でしっかり動いてますね。
           |.   ',     _____       / ,ィ|´
          j.   \  〈.  `)   ./`:i´ .!       それから御坂、黒子の2人はよく動かせていると思います。
                ヽ、    ,..;'i :::::::::|  
                     | ` ‐ ''"  | |::::::::::|         しかし、それ以外……特にキラは完全に空気です。
              i ̄ ̄ ̄`i i ̄`i: :::::|
       _____________,..!...,,__  | |  |: :::::|         インデックスと羽入も存在感がありません。
    /´ ̄ヽ=======ヽ      >'  '"ヽ、, |,,_____
.   /~"\               i´Ο    !=====ヽ、
  /    ',             `、          ',



             ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ 
.   {! L ハ 〃Y    ○  、 Yr‐ 、:.:.ハ
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l     ルルーシュは今のところそれなりに話に絡んでるけど
      ├‐'        !  __,ノ!: : : l     新キャラ登場したらキラみたいに空気になりそうかも。
        ヽ  ___     ィク_ |ト.: : l
        >、    , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l     何せ話が進む度にキャラが増えていますから
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|     この調子だと総勢何人になるのやら、皆目検討がつかない。
           「V´    ,⊥-==ー戈{ 
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ 
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

318名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:04:21 ID:5iEBOau2

        ,..-'''""~~~~~~~""'''‐-..
      .'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"' .
    / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   , ':::::::::::.i:::::::ヽ,::::ヽ、:::::\ : :::::::_,..-'''''"""'''`、、
  ./::::/::.i:::::|:i:::::::::.',:::::::.ヽ,:::::`、,-'" :::::::::::::::::_,.''"',',ヽ
 /::::/::::||:::::|:|:::::::::::ト、 : :::::\:::::`、、 ::::.-'''":::://.',',::|
..i:,'::.i:::::::||::::.|.|:::::::::::i::.',:::::::_,._;;!;;;;_',.ヽ、:::::::: :/ ::/:::::i:::|
..|:i::.i : :::|| : :|'i.、 ::::::K..,-'" ______, \::::::::::::::::/::::...|:::|
..|:|::||::::::||::::::|.!'''/./.ィ''"伝刋|~iア  \_,...., : :::::.|:::|
..|:|::||:''<,>-,/   ..ノ ..i:;;iii∪ リ  冫 へ `, ::::::|:::|
..!!'´  ∨ /.`',      ヽ=-′  / 〈‐-、 i ::::/::::|    日常話は展開に起伏がなくなりがちです。
     ∨  .|            .{ /  〉./::::,イ : :|
.      !  ,ノ             .i , '"./:/ | :::::|    どうやって話に変化をつけようかということになりますが
.      |-'´ヽ            .j / ̄i :::/......|: : ::|    次々と新キャラ投入することが目的になっては本末転倒。
        ヽ.    _  '          |/  ...|::::::::|
         \         , '    ト、   .|: ::::::|    一人ずつの印象も薄れますし、多すぎるとろくに動かせない。
            `ヽ、   _,..''"  __,,.. .ゝ,`   | : :::::|
                ヽ‐'" ,冫-''"     | ......|::::::::::|
                  |       __, i,、......|:::::::::::|    キャラクター増やすことよりも話の中身を濃くすることで
               .|__,,.. .-‐ '''""~`丶.|:::::::::::::|    ストーリーに起伏をつけていってください。
           ,..-'''"フ             |::::::::::::::|
        _,.'" , -'"~             |: i ::::::::::|ヽ

319名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:04:51 ID:5iEBOau2

                     __,,........,,,,,__
                     ,..''"        `丶、
               , :'" ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::/:::::/::::/::::::::i::i:::::::',::::::ヽ,-'"~:'.,
           , -'"/:::::/:::::/:::,イ::::::::/|:|:、::::::i:::::::::i::::::::::::i
             ,イ:::::/:::::/:::/ |:::::::i |:| .i::::::i',:::::::i::::::::::::|
              !.!::::/::,'"~"''丶!:::!/_,..-‐- . i:::::::::::|
                   ヽ|'´ ̄/ヽ/  .-‐     ` i:::::::::::|、      友人は今登場している人達がいれば
                  | ././  .|   、._______,  ',__.::::/:::、      動かすにはとりあえず十分でしょう。
                |/./ ,ノ     `""´ ./,ヘ i/::::::::`、
                  /|' ̄ ´ ヽ         / .iくり !` ,:::::::丶     教師もそれなりの人数が出揃っています。
              /.  '、.  ┌―‐┐   !.乂_/  '.,::::::::`、
                   \ 丶 _..,ノ   ,/       ',:::::::::`、    アルゼンチンを舞台にしたキャラクター展示会スレに
                        \    ,..' |         .'.,:::::::::`、   """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                         ,.`i'''''"   .!┐        '.,:::::::::::、   ならないように注意してください。
              ___________,,.| ̄i / ̄ ̄´ |          ',:::!、:::`、  """"""""""""""""""""""""""
             /|======/\|/ _,. .-‐´~,.''‐.,,      ',::i ヽ:::',
           /  |      / O     "'==、._`ヽ、    i::i .',:::i

┌─────────────────────────────────────────┐
│・キャラクター → 空気キャラが出ている、今後の展開に本当に必要か考えて追加するように    .│
└─────────────────────────────────────────┘

320名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:05:06 ID:5iEBOau2

┌───────────────────────┐
│③物語構成やシーン作りで変なところはないか。     .│
└───────────────────────┘

.        /:::::::.,:::::::::::::::,:::::::::::::::,:::::::::::::、::::`、
       /::::::,.'/::::::::::::,イ::::::::::::::l|:::::::::::::::',:::::::::',
       ,':::::::,','::::::::::::::,'.|:::::::::::::::i}::::::::::::::::::i}:::::::|
.      |:::::::i.i:::::::::::::::i..|::::::::::::::::!|:::::::::i : :::!i ::::.l
.      {:::::::!.||:::::::::::::!. | : ::::::::::::!|:|: : :|: ::::i!.i:::::l         変というわけではないのだが……
       l:::::| 卜..,,::::| .|:i::::::::::::::i.|:l_,,斗孑i}.|レr
      〈ヘ.lトY⌒ ̄``穴'''ナ¬ヒ,イ''''''l'i7.ハ.i .}         せっかくアルゼンチンの知識を伝えれるスレなのに
.       Ⅵ! {    //`!     ´|:;;;o|ノ .i !| リ
.       ゝ{l入 .//  ノ    `ー'  ,'ノ.|l'          構成で非常に損をしていると言わざるを得ないな。
        |ト-ハ‐---‐'"  、      //||
-=ニ二二ニ=- .l! .ヘ           .人  .i!-=ニ二二ニ=-
|ー=====''´丶.丶、  ´  `   , イ'  ゝ=====‐'"i
.|  \        \\`  __ , イ  ./       /  |
..|    ヽ',          `、  `Y´  , '       //   .|
...|    \          ',ヽ, .l! ../        /'     |
 | 「``´ ̄\        /            冫''´ ̄つ亅
 .| i´ ̄``丶 `、         .| ○           / /´ ̄つ!|

321名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:05:31 ID:5iEBOau2

.  /::::::::::::i :::::::::::i . ::::::::::::i ::::::::::::::}:::::::::i .\ . :_,,...-‐'''"',
 ,':/:::::::::::i::::::::::::{i : ::::::::::::i} :::::::::::::iト, . ::}_,.'ヘ´:::::::::::::::::::::}
..,':,' :::::::::::i . ::::::::ii : ::::::::::::::}i . ::::::::::|.i . ::}   ヽ:::::::::::::::::::::ト、
..i i :::::::::::i :::::::::::i.i : ::::::::::::::|.! ::::::::::::|.| : ::|   ヽ : ::::::::::::::| ::',
..| |::::::::::::|i:::::::::l!|.|.i::::::::::::::/´´_,...-‐ '''""~ 丶::::::::::::::::::| : :|
..| |::::::::::::|.i'' _,,..--.. ./...-''" .,..-===、、_  ヘ /´\::| : :|
..|.i| ::, '"V´  / / `ヽ.   ../ |:;;iii(_| .i/  / ./`ヽ '|:::::|
. !    丶 / /   |      .乂_歹 '  / <`ヽ` ./:::::|     アルゼンチンの挨拶、料理の名前にレシピ。
      .∨./   .ノ             / / ./ / : : |
      /.V  ./                 i   `  ./:::i:::::|     カステシャーノを使った会話一つ取り上げても
       i  !-‐'  ヽ            i , 'フi´ : ::::|:::::|     日本人から見ると全ての情報が勉強になると言って良い。
        i  .',                      /.|/ | : :::::::|:::::|
         \     (  ヽ       ./...| . | : :::::::|:::::|
          .ヽ、                 | . | : :::::::| : :|     だがそれら知識が話の中だけで完結しているのだ。
              、      _,..'      |__.|::::::::::::| : :|
               `>r ' _,..- '''" ̄ `i::::::::::::| : :|     多くの読者は「ふ〜ん」って感じでなんとなく
               r<´r''             |::::::::::::| : :|     話を読み終えてしまっているのではないだろうか。
               | .| |           卜: : ::::| ::::|
                |  |.|     _,,..-'''"  .ゝ.._| : ::|
             厂\_|| .-‐'''"~ / < ̄ ̄ ̄`ヽ-.|
       __,,...‐'''"~!  i´◯   _,..'"    `'' 、_,..'' " "'''
      /!_,..-'''"~´  .|                _,..-'''"

322名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:05:59 ID:5iEBOau2

... /:::::::::::イ/:::::::::::::::| : ::::::|::::::::::::::::ト::::::::::::::::i:::::::::::<:::::::::::::|
.  |:::::::::::/|.イ::::::::::i:::| : ::::::|:::::::::::::i:::|.i:::::::::::::::ト:::::::::::|.ヘヽ :::|
.. |::::::,'./ |:::|: : :::::|:::|::::::::::|:::::::::::::| ::|.|:::::::::::::::|i::::::::::ト i.ヽ:::::|
.. |::::/:/ .|:::|.i :::::::| .|::::::::::|:::::::::::::| :::|.|:::::::::::::::||:::::::::|:|.i `:::::|
.. |:::::::/ i_:|__,,......|..|...,,_.|:::::::::::::|:::::| | __,,.. .---‐- !i ,ヽ::|
... |::::::l_,..-‐'''""~フ"'''>、/             i:::::::::|
.  !::::::',     / /  i     '"" ̄_______  i:::::::|
  r'`l.!l   / /   .|    ,,-'"行示`i゙~i`>‐.,'/'"ヽ
.  i/Tl.ト、 ./ /    ノ       '-゚―‐' .'´  ,'i.!ヽ |
..  i /|.| ハ',∠___,,...'"                /.|.| .!../     例えば『Buenos Dias』という挨拶だ。
  ヘ、||ヽヘ/          |              /'..|.|/./
   `||、,,_.',            `            ./-.'||/      Buenos Dias(こんにちは)と注釈こそ入っているが
    l!  .'、                  /-i' i!        注意して読まないと頭に残らないな。
.        \         ´  `      /:::::|
         丶、           ,. :'"::::::::::|         ああ、挨拶なのか?くらいの認識で済ませてしまう。
           `.ト 、_     ,. :'"i .| : :::::::::::|
            |  ~'‐--''"   .| .|:::::::::::::::|         日本語注釈をつけるだけでなく
          i ̄ ̄ ̄ヽ   , ' ̄ ̄ ̄i ::::::::::::|         読者に意味を理解して、記憶もしてもらいたいだろう?
.             |      i  i      .| : :::::::::|
        /        |   |.     \ :::::::|

323名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:06:27 ID:5iEBOau2

               ,.‐'''"""~~~""''''‐ .
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>、
            , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ、
              /:::::::,i:::::::、::::::::ヽ、::::::::ヽ、::`ヽ::ヽ、`' ._ _ _ ,.
           i::::::,.'/i::::::i:::::::':,::::::\::::::::ヽ::::::ヽ::::'.,`ヽ'"~´
           |:::::冫.|::::::|ヽ,::::`/:::::::',ヽ、|ヽ、;;;;!、:',::ヽ::,ゝ
      __,/ヘ/´,ノ'"_,.ゝ‐‐-.、X.:::::!ヽ;;;;ゝ-‐‐‐‐ ト、|`ヽ|i`、
   ,.-‐'"///i_/´,'¬ ,.∠_ .ヽ|  ,ィャ‐┬ャ i∧  .',  ヽ
    ̄ ̄ししく  Y´ /戈,Tiiii'厂`    |;ii0|  .|ハ.i  j        そこで提案だが毎回話の最後に
     i"~´/´ ̄"´ ,イ!.i .乂ソ      `‐" ,'!乂           1レスでいいから『今回のまとめ』をつけるのはどうだろう。
    リ ._/    ,.'~ Y.ヘ. """    ,  """./´  `ヽ
.. /||´   ,,./   .冫:`、   、   _,  .,.'              話に新しく出てきたアルゼンチンの言葉。
/ | ii  イ´     //iヽ、:\       /~""'''‐- ...,,__       料理の名前でも何でもいい。
  ', ii ./      .く:::〈..  `ヽi`' 、.__,.'´|::::::::::::::::::::::::::`ヽ、"'
   ', ii/    ___`ヽ___,厂|      |~|""'''‐- . :::::::::::\      読者に伝えたい、覚えてもらいたいと思ったことを
.   i/   ,..-'"ヘ.,、__,,..-‐''i\',    /´ |"' ._   `丶:::::::;;;ヽ    話の最後にまとめとして置いておく。
. / ,厂~ ̄`、"´/        `、 \ ./_,. -'´`' ., `' ..,  ` '、:::`、
../| ̄\.\  \|        `ヽi.i//        `'-.」i    \::',
ヘ\`\`ヽ`ヽ\i/        .厂0             / |     `、i   下に『Buenos Dias』を例にしてみた。
     . \\../        /                /  .|.       'i
 .i  \,___., '        ,.'            /   |       j
  |.-'''" /        , ' O              i.// ...|
''´     i        /                |/i"'- 、 |

┌──────────────────────────────────────┐
│Buenos Dias【ブエノスディアス/こんにちは】   ←   こんな風に簡単で構わない。   ...│
└──────────────────────────────────────┘

324名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:07:02 ID:5iEBOau2

    /::::::::::       iハi  |     i i ハ.    i  .|:.  i    :}
.    /i::::::::::::.     |!| | !i     | !.| | .|   |  l |:::. |    |
    ー、:::::!___:i| | |__||___ i | | |__!__!_!_|:::::、|!    i
       `ヾi ___>ト、、      ̄ ,>ィ´_____ !:::::j|   !
         ハ Y'´ i ̄ハト、'    ヽ ' >' f´ ̄ハ`ヾ/ .,ミ/´ヽ  |
.        {! 〉 l!  i::ゞ、ィ          !{::ゞ、ィ / // /ヾ` }  !
        /'ハ  弋__ソ.           弋_ン   ,'/  ).  ノ  !    ただ単に、話の中に知識を並べるよりも
          ! ヘi                   ,'' .ノ /.  |    最後に強調してやることで理解しやすくできる。
             !       ,                  __/:::: :  |
          、                  /:::::::::::::: :  |    覚えて欲しいポイントを作者からわかりやすく
           !ト、     v―‐、        /|ヽ::::::::::::::: :  |    読者に見せるための作業ということだ。
            |::::::::....    ー‐‐'       .ィ  :j :.、::::::::::::::.   !
          ,'::::::::::::::> ..      . イ   /   ヽ、:::::::.   !
             j:::::::::::/   !> .._..  ´     /      :!`ヽ、::  |



              i|  」 イ:/:.i:.:.:.:.ヽ:.:.//  |i
              |l:./ /:./.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:.:.\:. ll
              /:.:.:./:./:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:\|ト.、
             //:.:./∠!:.:.:.:.:」_L:.:.:.:.:.:|ヾ:.:.:.:.:i::::ヽ
             {:/レ´ )  ̄ ̄ __`二ミ」 ミミ::::::::::::l
        「`Y77^Lィつ/≦    イうj}冫 }:-:‐イ: ::|
        ししレ{ノ /ヾ:.K{v:}    弋シ  //⌒i::::::::i      亀田兄弟が以前指摘していた
       / ノ   /\  ! ゞ'<        {{ 〈しリ:::::::|      『単語の発音と意味の表記』なんかまとめにピッタリだな。
       | /   j  ヽ j、         {! rノノ:::::::::!
       」    /    {! ヽ  ⌒     T ̄ i::::::::::i      カステシャーノの発音、意味をやる夫スレで学べる。
     /くノ   ∧     ヽ  \    /  |⌒ヽ!::::::::|
     /  \  / |         `T ´_  -―┐  ',::::::i      やる夫スレ多しと言えどもおそらくこのスレでしか
    /    \   !     ィ‐ァ=「L /   ___ム_  ヘ:::::l      見れない特徴になるんじゃないか。
   イ      \i     // ニニミ| V_ -‐   << \ヘ::!
   /      /   _ ノ i   く ○       ヾ、 ヾ{
  /     ∠-‐イヽ   | /  j           ̄广 ̄|
  i      /     \ V   /

325名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:07:44 ID:5iEBOau2

         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:../!.:.:.:.:.:.ト、.:.:,  ,:.:.ヽ.:.:.:.:.i
         |:〃:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.ヽ、\ ,':.:.:.:.:」:.:.:.:.:!
         ノ_「⌒7:.:/  |:i:.:,  ,.:'\ \:.:.:.∧:.:彡ト 、
      ィ⌒「 |  レ  ̄ ヽ/ ヾ: '.:.:.:.:.::.:>/ヾ/ V⌒ヽ:.ミ、
     / |  | |/ _//ノ{!  \:.:.:.:/孑示¨¨7 |,へ i:.:.:.:.:i     これを応用していくと宿題という発想もできそうだな。
    /  し' し'{./ _ノ へ、   `¨ 丿 li::しi リ  |l ノ∧:.:.:.:{  
   /   i  / ∧K¨'芹屶ト       弋ソ   l|_ ,へ.:.:.:.:ヽ、   話の中で使われたアルゼンチンの知識を
  /    |    /ヽト、ヽ弋斗j        ¨   〃  / ̄ ̄    問題として用意しておき読者に答えを書きこんでもらう。
イ      _ ノ'´|: :. \  ¨    、      /     ̄ ̄
|    //   .i: : : :.∧           / /          あとで作者が答え合わせをすれば
 i  /|    /!: : : : : :.\    ⌒   /  /           クイズみたいに学びながら読者参加できるのではないか。
 } /  ト、__ /  ',: : : : : :.ヽ ` -  __/   /
 j/  人    /  \: : : : : \    ヽノ



: : : : : : : : : : \::/   ‖⊥-'' "    c }/ヽ|ヽ||::: : : }|::::: : : : : :::: : : : |
::: : : : : : : : : : : :i   /´        /|   リ リ|::: : : /.|:::: : : : : ;::: : : ||
::::::: : : : : : : : : /┌-./  __,     /|:||」.    ヘ::::/| 」::::: : : : :::::: : :.||
::::::::::: : : : : : : :{ _| /  / (/   /二二_     ,.>'  ̄ ̄ ̄7/|;;>´
::::::::::::::: : : : :ィ´ v/..:::/  { /           ´       /
::::::::::::::::::::/`、 ヽ|:::c{  |彡==,,"""゙'      ..::===ヾ, /
:::::::::::イ ` 、 丶 `ヾ,,{  |:::::::::ヾ `\       / 斤》ミ ||/
:::::::::::::ト 、 .\  ゞ.ソ/`  .|:::||::=|           |弋℃ ‖      以上のようなことを思いついてみた。
:::::::::::::} .\く`ヽ、ν   廴;;;ノ           ヽ='´  {、
::::::::::::{  ::::`:ゝ彡ソ    .}.........          、  :::::::: |ヘ      アルゼンチンという国から書きこんでいること自体が
:::::::::::::|   ::::::::::::{     }::::::::          ヽ     .| ヽ     興味を惹くやる夫スレの題材だ。
:::::::::::::|     :::::{     !             ′    ノ  
:::::::::::::|      ::.    ノ       ___ ,.     ./        あとは、読者にわかりやすく親しみやすい内容に
:::::::::::::|     ..:::   /、       ` ̄´     ./         できるかどうかにかかっていると言って良い。
:::::::::::::ゝ   ...:::::...../:::::::::ゝ、           / 
` ̄7 丶__,ノ:::::::::/|::::::::::::::::::::::>- .,     ,/             私のアイデアなど一例だ。
   !     .: ://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7>−                色々と工夫してみてくれ。

326名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:08:11 ID:5iEBOau2

        iヽ、::::::::::::::::::::::/:::::::::i:::i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} :::::::::::i::i.',
.       ,イ : :\:::::::::::,.イi : ::::::|:::| :::::::::::::i :::::::::i ::::::::::::::|::::::::::::|::i:}',
      ,'::{::::::::::::::::::::/.{:| : ::::::|:::|:i:::::::::::::|::::::::::|l : :::::::::::|}:::::::i::l!:l:::!',
.      i :::{ : ::::::::::::/ {:|::i : :::|::i|:| :::::::::::|::::::::::||:l!:::::::::::l|.} :::::|::|::!:ハ!
.       |:::::{ :::::::::::::::/ ..l:!,,!_ : :|::||:| ::::::::::.| ::::::::|l!.|::i:::::::::} }:::::.}イ::::!..i!
.       | ::::.{::::,/`ヽ.!  .>~-""'''''!!‐- .::,!|:::::::::|.l!.|::|_,.-;';""~i!::/ !
.      | : ::::Y ..へl.! i      // `i    ,.-'"    ./
        |:::::::::| 〈 .l.!....i   //   .}    .,    __.,ヘ
       | : ::::ヽ,丶,{!、 .>...//   ./      ~"''''"~´/`l! 
      |:::::::::::冫、.{!'/  ~ ''''''''""´           / .l!
.        |:::::::::::i  `l!ヽ、           〉     ,'  .l!     最後にこれも言っておこう。
.       | : ::::::|   ! .,ヘ               ノ  .!
.      |::::::::::|   ./  .i\.     `   ´   . : ´         雑談で話のネタをあまり消化しないように。
        | : :::::|   j _|___ "' ..     , '            """"""""""""""""""""""""""""""""""
       | :::::::|     !    ̄~"‐~''‐-.ィ´-、             移動で馬車を使う話題が出ていたが日本で馬車なんて
       | : ::::|    /       .i  .i   |             一生に一度乗るかどうかくらいの珍しいものだ。
        | : ::::| _,..'" "'''- .._    ',_/  _,ハ__
.      | : :::.|乂  "'''- .._ `丶,/"" -'''"   `‐..,_        読者としゃべるのが楽しいのはわかるが
   _,..-'''''"~~   >         .| ◯  , -'"  ヽ、__"'''- .._   やる夫達のネタに使えると思ったら程ほどで切り上げるといい。
..r< ̄\__,,...-‐'''"~           |           ~"'‐- .
.|. \                      |

327名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:08:31 ID:5iEBOau2

.          / :::::/:::::::l:::l:::::::ハ:::ヽ::ヽ:::::ハ
         l::::::/::::::::::l:::l:::::::| l :::|l::::,',::::::|
         |:::/从__:::ハ::l____Kl__」L⊥',__l
            Y7Y / ̄ Y   rテ:〒ァハ }
         { || V    ノ    弋タノ 小.ノ
         `下ム`ー '  ,     ムイ
              |  '、   r  ┐  ,.'          今回の内容をまとめると以下のようになる。
              丶  ー ′ イ::!
.                八≧‐≦八::::|           長いので二つに分割してあります。
         _______ 人   ∨____人_|______
       ry彡===   \/ O   `'===ミァ┐
      八:          |          八
      / ∨        |         / ハ
.     /   }          | O         ∨  ∧
.     /  :l: ::         |         ;: l  ∧
    /   l: :{  : . . : : |: : : : : : : }: |    ,
    /   | : ;: : : : : : | O : : : :  ,': :!    ',

┌─────────────────────────┐
│・写真の必要性 → 画像を用意して対応          ....│
│                                   .....│
│・説明文章 → 詰め込みすぎに注意            ......│
│                                   .....│
│・本編と番外編 → 構成を見直そう   . ...     ...    ..│
│                                   .....│
│・時間の経過が分かり難い  → 話に何月か書くこと     │
└─────────────────────────┘

328名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:08:44 ID:5iEBOau2

      _,..-''''''''''''-.._
     ,-'":::::::::::::::::::::::::::::"'.、
    ./:::/i::i:::::i:::::::::i:::::::i::::::::::',
   .i::::/ i:l!::::l!::::::::i}:::::::i}::::::::::}
   〃:::i .七卞l!:::::::l!ヒニi}:::::::::}
   |::へl{ ̄//メ´  .下丁! L
   i.|δii〉//_,ノ 、  凹i.´ | 〕
   .iヽ-'l!. ̄        .i∀
   i:::::|l!\  ,  、   ./ ..|
   .i::::|i  >,―,へ'"   .j      今回の評価で役立つことが一つでも見つかれば幸いだ。
    i::::|_,,.-/、丁〈/'´\
    .i厂イ  「o´ i彡 .ト--、      読んだ上で自身で考えて応用してください。
   /  メ  /   ル-'ヘ/ .|
  ./ i ./  /o  ∧  .∨..|
 ../ .| {  .{     ∨  .ハ |
...〈  ̄`/i  io     \  '/
 .ヘ\.ヘ,i  i      厂.´

┌──────────────────────────────────────────┐
│・シナリオ(ストーリー)の存在が薄い、やる夫の順応が早い → 過程をしっかり書くことで解決     .│
│                                                            ....│
│・キャラクター → 空気キャラが出ている、今後の展開に本当に必要か考えて追加するように   ......│
│                                                            ....│
│・1話ごとのまとめを作ってはどうだろう → ポイントを絞って解説する                  ....│
│                                                            ....│
│・雑談 → 止める必要はないが、話に使えると思ったネタは程ほどで切り上げる           .....│
└──────────────────────────────────────────┘

329名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:09:23 ID:5iEBOau2

      ,' :::::::::::,'..{:i: :::::::::::::,i: : :::::::::::.|::::|::}::::.}:::::::::}, -'"´:::i
..       i :::::::::::,' .{:| ::::::::::::,イ:i::::::::::::::::|::::| }::::},::::::::} i.::::::::i
       |:::::::::::/ .{::|:::::::::::::i |:| : :::::::::::.|::::|,-'}:::.}、::::::} i:::::::::|
      |:::::::::./ {::| :::::::::.| .|:| : :::::::::::.|::::| .}::::i.}::::::| ',:::::::,'
.      {  ,' .二二二ニ';‐-.、/   ,..-''''""~"'' .!:::::/
       冫-!/    / /`ヽ   ´,.-      .〉‐〈
       i ヘ',.  ./ /   /.        _,,,,,,,,_  /,'ヽ i
.        ! /´||', / /   ,.'.      ''"~´ ̄``".,|| ..//    最後まで口調が一定せずその点は申し訳ない。
         \ .|| '、/   /.            ./||./ 
.          |`||∧` ̄ ̄´     、        /-||       いわゆる美しい日本語になっていないので
        |:::l!:::::'.,                    /  l!       分かり難いところがあれば指摘してください。
         |::::! :::::::ヽ.     ヽ   フ    /   ! 
         | : :::::::::::::|`丶、        ./  
         | : :::::::::::::|.  | `丶.、.,__,.. '"|   
         | ::::::::::::::::| i-‐i____   ,__,,...!ニ=‐i          このスレがアルゼンチン文化を学ぶよい入門となることを
         | ::::::::::::::::| |       i .i     |          期待して筆を置かせてもらう。
        | ::::::::::::::::| |        .i i       .|,、
        |_,,..、,..'´`~"'‐-...,,__ .{..}__,,...-''"  \,、.,       以上で評価終わりです。
   _,..-'''"~   \       .-'"       /  ~".'' -..   長くなりましたがお疲れ様でした。
.._,/\__,,.. .-‐ '''""~       i ◯         ~""''' ‐- .
..| '\                 |

330名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:15:35 ID:SaZlw7Mo
乙です
アルゼンチンは確かに南米ぐらいしかイメージないな

331名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:21:33 ID:2PGDGPdA
評価乙です
アルゼンチンでの暮らしとは、珍しい題材ですよね

332名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 00:21:38 ID:tg5xgsdg
面白い評価でした。
アルゼンチンの日常として当たり前の事が、日本人からすれば
違うかも、というのは確かに興味があります。

333 ◆35OqNH4IFs:2010/01/21(木) 01:49:49 ID:tg5xgsdg
評価をお願いします。

やる夫が坂本龍馬になったようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263988550/

当スレッドは、完全にうろ覚えの坂本龍馬を
違う角度の記憶から推測のみで埋めていく事で、
「真面目に作った釣りスレ」というコンセプトで書きました。

評価をお願いしたい点は

・推察のシーンは、特に文字が多くなるため
 意識的にAAで視覚的にも楽しめるように努力したが、
 後半になるとそれが難しくなったので軽めのギャグとして
 読みながら息がつまらない感じのAA作りの改善点

・話の流れとして、推察の部分は知らない人ならだませそうな
 論理展開になっていたか。

・本物の坂本龍馬に興味が持てるような内容だったか。

・龍馬などの人物だけでなく、歴史背景、あるいは出てくる単語を
 グーグルなどで調べてもらうために意図的にリンクを張らなかったが
 自分から調べてみようという気になれたか

などです。
他にお気づきの点がございましたら、そのご指摘もお願いいたします。

評価は辛口で、出来るなら坂本龍馬を筆者よりある程度知っている方に
お願いしたくあります。

334名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 07:50:52 ID:5iEBOau2

【業務連絡】

>>242
了解です。
できる限り頑張ってみます。
しばしお待ちください。

335名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 13:56:52 ID:W6wprB0Q
14時ごろより、投下させていただいてもいいでしょうか?
初心者の拙い評価ですが…

336名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 13:58:03 ID:dcUf0RVw
おkです

337名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:00:23 ID:W6wprB0Q


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,       はじめまして、評価させていただきます
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!    マシンガンやかま進藤こと、
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !    進藤さつきであります
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     自分自身、何度もここで評価を受けている身であり、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     まだまだ精進中の一作者ではありますが、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !    
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !   
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    本日は一読者として、
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,    少しでも参考になるものが書けていれば幸いです
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',      ……と、適当にハードルを下げたところで……
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     本日のターゲットはコチラ↓
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     >>285で依頼のありました
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    【DQⅢ】やる夫とやらない夫が旅に出るようです【厨二病】
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    です
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

338名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:00:50 ID:W6wprB0Q


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |          マシンガンの通り名の通り、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |          ズバズバと評価して行けたら、と思ってますが……
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       甘口になってしまっても、それはご愛嬌
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|      作者様より頂きました
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |      「評価してもらいたいポイント」
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !      は以下のようでしたので、
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |      この辺りを踏まえつつ、話を進めて行きたいと思います
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

         ① ストーリーのノリは良いか

         ② キャラクターは各員個性があるか

         ③ AAや台詞の『間』は良いか

         ④ 今後の展開に関心を引けるか

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

339名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:01:19 ID:W6wprB0Q


-----------------------------------------------------

      と、その前に……

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ      自分自身、ドラクエは全シリーズプレイしているユーザーで、
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \      【ドラクエ】とタイトルについているやる夫スレもほとんどチェックしているのですが、
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |     それらを読む度に、毎回思うことがあります
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}  それは……
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/           『世界観』
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ        の説明をしてください!!
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

340名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:01:49 ID:W6wprB0Q


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |    たしかに『ドラクエ』といえば、『FF』と双璧を成す、
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |    日本で……いえ、世界規模で見ても『トップレベルの知名度』を持つ作品です
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/     特にやる夫スレで題材にされることの多い『Ⅲ』は、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      特定の世代ではプレイしていない人はいない、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        と言われるほどの作品だと言います
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    しかし、だからといって……
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    いえ、「だからこそ」 『世界観の説明』 は必要なのです
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    読者に向けて
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !    「俺は今から、ドラクエスレをやるぞ!!」
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    あるいは、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   「俺のドラクエは、他人のとこれだけ違うぞ!」
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    とアピールできる、絶好のチャンスなんですから!
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

341名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:02:18 ID:W6wprB0Q


          ,. -‐ ''''''' ‐-  .,
         ,.  ´           `  、
    /`ヽ、 r‐/`'' ―‐┐_    ,.ヘ    ヽ
   .//`ゝ‐'' ,'        `''i´ '!   ヽ┐  ' ,
  //      ,'     ',     ', !   i .i!    ,        ただまあ、これは原典である『ドラクエ』
  i/ / / ,' .,! !   l i    ',  ! |   .! l!    !       あるいは、『古いRPG』のほとんどが怠ってきたことなので、
  / / .,' ! i .!    !. i!    i l! li   i. i!    !       仕方ないことだとも思うんですけどね
 ,' / .,' .i  ! l!     i l! !  l! .| !   | i     |
 ! .,'  !  | .l .i!ノ   ,' 、! i  i! i i!   ! i     l       「朝起きたら、剣と鎧を装備していて、
 ! .i  i ,.+‐''l´',   !| ./`''!''/l‐ノト.|    ! |   .i       街の人の話を聞くと、どうやら俺は魔王を倒す役目を持ってるらしい」
,' ! .|  !  l /|イ:::|ヽ !レ /|イ::ヽ.! l   l  ! l  l
! .', |、 lヽ l!.,| l !:::j ヽi   | l !:::::イ l!   ! l  !  i      なんてのは、ザラなわけですし
! /ヾヽ l! ヽ! ',  ̄      `'‐-'i! ノ    ! l  ! l  !
!l! | `|ヽ! .| 、 `、 -┐    /イ|    l! l! i! l  !
',! l l!   .i! i` 、ヽ_ノ     ,' l    l! l! .l/| ./
  ', !、   i', |ヽヽ` 、    _,. ,'/l     ノ!./! / .|/
   ', | ヽ,  l!',! ``ヽ `  コ .〃/   /、レ | /
   ',!  ヽ l!    >::´::::|  / /''"´|、レ
         ヽ! -‐<::::、:::::ノ////:::_:: ┘ヽ
       r::´:::::::::::::::::`ヽYr‐ ̄--' ''´::::::::::::::::: ':..,



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|    しかし、容量に制限のあった当時とは違い、
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    ……というか、そもそもゲームとは違い、
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |    『自由な表現』
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//      ができるのが、やる夫スレの強み
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |        書いてる側からすれば、(もしくは読者側からすらも)
    |     |      | l\           /      ! |        当たり前のことだとは思いますが、
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3    
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |         『この世界には魔物が溢れていて、
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人         それを統治している魔王がウンタラカンタラ』
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \       ってな話を書いても、無駄はないのではないでしょうか?
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

342名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:02:49 ID:W6wprB0Q


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /      そうした中で、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |       『他作品との差異化』
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |       ができれば、これほど楽なことはありませんしね!!
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ


.

343名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:03:18 ID:W6wprB0Q


-----------------------------------------------------

  では、作者様から依頼頂きましたポイントに戻り……

         ① ストーリーのノリは良いか

-----------------------------------------------------
              /\
             //  ,ヘ´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、
               //  〃―v―/ ̄\____ ヽ/\
            //   /   /  /    |   |`ヘ  ヘ、
              //   /   /  ,'      |   |  |   ||
            , ,    '  /  i       |   |  |   ||
             | i   |   l!   |       !   !  !   !!     さて、ここで本作の流れを簡単に触れておきますと……
             | |   |  ∧  ∧   /!  /  |   ||
           l l   !V7ト∨_ Vl/ _l!.イ|  ,'   l!!     ある日の朝、アリアハンの街から旅に出るやる夫とやらない夫
             ∧ヘ   l {:::::::(_}`   イ_)::::::l! /   //     彼らの胸には、魔物に殺された剣心の想いが秘められており……
             V>_,.!: `ー‐'     ヽ::::::ノレ   //      旅の目的も、「剣心の敵討ち」が大きなウエイトを占めています
           _,. ‐''´/`''‐ 、_   ○      /   〃
         ,_‐''´-‐'':´ヽ`'''-:.:.:.r‐`---、____r-/ ∠__        そうした中で芽生えてくる、やる夫とやらない夫との
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\\: : :>=、/..イ 、〉〉)       『世界に対する認識の違い』
         \___|l ̄ ̄ ̄ト .;,_∧ヘ《-《::[]:::》ヽ)´        『敵討ちに対する認識の違い』
            〈‐||::( ̄ ̄`ヽ_____〉::〉、_Vl!l!Vト .._
          _,. ‐'´'||:::`i、〉〉〉〉ノ::::::::::/  |__l!l!__|   >`>       それは、旅の仲間であるさくらとなのはが合流してから、
        <<._ └――' ,イ/ ̄ ̄  ヘ:\ヽ_//        より大きくなり……
          `7-..`_‐、////       ヘハ`ー'i!´
        //  l!`''-'´ /_'- 、_     /_イ_/\        さらに、道中出会う個性豊かな人々との関わりも、
          /〈   ゝ----く `''‐ ,`_‐、// l!____/\       彼ら四人の関係に大きな変化を与える
       /::::::\/____l!__l!   `ー< ̄ ̄\::::::::::::::\
        /:::::::::::/:::::::::::::::::::/::::l!    \\:::::::::::\::::::::::::::〉    ……といったところでしょうか
      ヘ:::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::|       \\:::::::::::\:::::/
        ∧:::/:::::::::::::::::::/:: /        \`ー――∨
       V:::::::::::::::::::://             ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄ ̄

.

344名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:03:48 ID:W6wprB0Q


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!    
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !    
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     現状、ギャグとシリアスのバランスもよく、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     こうした『流れ』から逸脱するようなシーンも見られないので、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     全体的に見た『ノリの良さ』は決して悪くないとは思います
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll  / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ




             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ            ギャグも
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \            「やるやらのドツキ漫才」
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |            が中心で、いささかテンプレート過ぎる感はありますが、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //           シリアス展開の邪魔にならないように、ということを考えると、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}        むしろこれぐらいの方がいいかな、といった感じもします
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     二人の想いに違いがある中で、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ    出てくるギャグシーンの、いつ崩れるか分からない「儚さ」「脆さ」
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    もこの作品の特徴ですしね
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

345名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:04:17 ID:W6wprB0Q


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      ただ、『ノリの良さ』に比べると、『物語のテンポの良さ』という点で、
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      疑問符を付けざるをえません
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       キャラクターの設定を深くするために、
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ      街の一つ一つのイベント、
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`     ダンジョンの一つ一つのイベントが細かく表現されているのは良いのですが、
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |     そのせいで、作者様自身も言われている通り
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /      『先が見えません』
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \


.

346名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:04:49 ID:W6wprB0Q


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ    『原作もの』の強みの一つとして、
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |    『着地点があること』があります
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|    いかにオリジナル展開が多い作品といえど、
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/    その決着があまりにも原典と違う、ということはそうないと思いますし、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /     (そういったことを目的とした作品は別として)
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|       読者側としても終わりが見えていることでの、
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         一種の『安心感』があります
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ      しかし、それに胡坐をかいて、
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }     「じゃあ、ここを改変しよう」
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }      「ここでオリキャラを出そう」
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'      といったことを延々と続けていると……
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {       そこにあったはずの『着地点』が
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i       いつの間にか見えなくなってしまい……
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く       読者の『安心感』を奪ってしまう結果になると思います
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

347名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:05:19 ID:W6wprB0Q


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__           
         | ̄ __         /     ―、ヽ          
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \         
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //         『オリジナル展開のない原作もの』
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}     ほど面白くないものもありませんが、
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |     かといって、『原作もの』であることを忘れてもいけません
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

.

348名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:05:49 ID:W6wprB0Q


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    オリキャラを出すのであれば、
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    『その用途をハッキリさせておく』
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /    それが使い捨てのキャラであったり、
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     読者の予想を裏切るタイミングで再登場するキャラであったり、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /      色々と立ち回りはあるとは思いますが……
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '         『出すだけの意味のあるキャラ』
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、      を常に意識して、登場させるべきです
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',
             ____,.j   ',   `ーア',    ヽ      ヽl



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,      再登場させるつもりのあるキャラでしたら、
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._    登場時に再登場を示唆させるべきでしょうし、
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !   それをしないのであれば、
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |   せめて自分の頭の中だけでも
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i   『あのイベントで絡ませよう』と組み立てをしておくべきです
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   『今回はここまでの出番にして、
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !   いつかまた必要になったら登場させよう』
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,  では、せっかくのオリキャラも台無し
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ  読者の皆さんも、ガッカリしてしまうのではないでしょうか
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

349名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:06:21 ID:W6wprB0Q


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',     
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',    
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     長くなってしまいましたが、
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     『ノリのよさ』と『テンポのよさ』を両立させるのは難しいと思います
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     ノリが良ければ、どうしても話が間延びしてテンポが失われるでしょうし……
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     テンポを優先すれば、「自分らしい話」を展開するのが難しくなる……
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \        しかし、こうした意識が作者側にあれば、
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |        自然とそういった調整は見えてくるものですし……
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |        でなくとも、それが『作品の味』『作者の味』となって現れるはずです
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      ストーリーものにおいて、一番してはいけないのは、
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   『ノリだけを意識した、テンポを無視した展開』
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ   あるいは、その逆です
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ    そういったことを、お忘れなく
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

350名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:06:48 ID:W6wprB0Q


-----------------------------------------------------

   ② キャラクターは各員個性があるか

-----------------------------------------------------
     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|       これは『現段階では』
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |       まったく問題ないと思います
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',        たとえば、勇者パーティーにしても、
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',       「敵討ち」を目標としながらも、周りとの温度差を感じ始めるやる夫
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',       それに同調しながらも、幼いながらの危うさをみせるさくら
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !      「敵討ち」しか目にない、周りを見えないやらない夫
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !      それに同調しているものの、やはり幼さを感じるなのは
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !   
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |       パーティーの二極化が再三描かれているおかげで、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !       作品にもかなりメリハリが付いてると思います
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

351名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:07:22 ID:W6wprB0Q


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     しかし、『現段階では』
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                     と強調したのは、現在の傾向を見るに、
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _     今後オリジナルイベントに伴う『オリキャラ』が増加する可能性が、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'     かなり高いと思われるからです
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /      そうなってきて始めて
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /       『数多いキャラ、一人一人に個性、役割を持たせる』
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '          という作者の手腕が問われる段階になってくるのではないでしょうか
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',
             ____,.j   ',   `ーア',    ヽ      ヽl



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      先ほどの内容と重複しますが、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      オリキャラばかりが増えて、
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      誰が誰だか分からない、不必要なキャラになってしまった状態になったり、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       肝心要の『ストーリー』が疎かになってしまっては、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|         せっかくの作品の持ち味も損なわれてしまいます
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N           全キャラクターにバックボーンを持たせていてはキリがありませんが、
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |            やはりそのキャラの役割、立ち回りを意識して
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、         掘り下げは必要となってくると思います
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

352名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:07:48 ID:W6wprB0Q


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',      そういった意味では、
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      最初のボスキャラであり、勇者パーティーの間に
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     「不穏な空気」をもたらした魔理沙
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     今後の動向が気になるラクス、キラ
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     彼らの『魅せ方』は現段階では十分すぎるほどだと思います
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |   
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

353名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:08:23 ID:W6wprB0Q


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i      ただ唯一気になったのは、
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|         バラライカと青子
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |      でしょうか
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//       バラライカは、原作にも登場する勇者の母親
      |   |      |`ー‐          、     l     l´        青子はオリキャラとして、さくらとなのはの保護者として登場します
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !      青子を登場させることで、「まほうのたま」イベント以外用事のないレーべに、
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      勇者パーティーが寄らざるをえない理由を作ったのはいいんですが……
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/         どうも序盤の、しかも登場タイミングが極めて近いにも関わらず
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       「母性」を象徴するキャラが出てくるのは気になりました
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

354名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:08:49 ID:W6wprB0Q


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |           今後の展開が分からないので、読者からはなんともいえませんが、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           この二人だけは別々にする必要があったのか?
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //           現段階では、勇者パーティー四人ともアリアハン出身でも良かった気もする
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     という話で、この項を締めさせてもらいます
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉

355名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:09:18 ID:W6wprB0Q


-----------------------------------------------------

       ③ AAや台詞の『間』は良いか

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           一番気になったのはここですね
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}        作者様自身も、後々修正版などを投稿しているのを見ると、
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |        かなり気になっている部分なのではないでしょうか?
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !      しかし、読者からすると
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      『シーンごとの修正を、後からする』
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       というのは止めてもらいたいところ
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

356名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:09:48 ID:W6wprB0Q


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',      話の間に、前の話の修正を挟まれると、
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i      どうも時系列的に分かりにくくなってしまいますし……
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|      なにより、『追いづらい』んですよね
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /       現状、セリフの微修正や、
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//        セリフの分割が修正の主な作業のようですし、
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |          「あそこのシーンを直さなければ、今後支障をきたす!」
    |     |      | l\           /      ! |          ということでもなければ、必要ないのではないでしょうか
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

357名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:10:19 ID:W6wprB0Q


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                       さて、ご自身でも修正版のシーンを投下しているので
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                       「今更言われるまでもない」
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                       と思うこともあるかもしれませんが……
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'      改めまして、『間の取り方』で気になったところを
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /       指摘してみたいと思います
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._    ここで比較にとってみたいのが、
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!   ↓こちらの2シーン
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |   【シーン1】
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/13
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   【シーン2】
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/11
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

358名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:10:48 ID:W6wprB0Q


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }    どちらも長台詞のシーンですが
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    【シーン1】はそれが気にならず、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'     【シーン2】はそれが気になる
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {     のではないでしょうか?
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く       え?そうでもない?
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ      ……そういう方向で話を進めます
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |            というのもこれは、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //            【シーン1】がギャグシーンで、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}         【シーン2】がシリアスなシーン
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、      という絶対的な差があるからなのです
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /

359名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:11:18 ID:W6wprB0Q


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                      【シーン1】は
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                     これから旅に出ようとするやるやらに、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     街の役人が現実を突きつけるシーン
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    しかし、全体的にコミカルに描かれているので、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    まるで麻呂の言葉も
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /    漫才やコントの「相手をまくしたてる言葉」に見えて、
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     長台詞もそれほど気にならないんですね
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i   しかし、【シーン2】の
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|   旅立つ息子たちを心配する母親のシーン
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!   では、そうも行きません
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /    まさか麻呂のように、やるやらをまくしたてているわけではありませんし、
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//     そもそも独り言なので、それほど早口なわけがありません
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

360名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:11:48 ID:W6wprB0Q


【改善案】

         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `  
      /   i ハ  i /  i|`ー- |         
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i   
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./    ……やれやれ、旅立ちの朝だってのに
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /    締まらないやつらだ
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `   ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
      / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/?h丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/    ……ま、あいつららしいといえばらしいか
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .- ・    /l  l  l
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\



_________________
||        /:::::::l      l:::::::',        ||
||     /:::::::/        '.,:::::::\      ||
||   /:::::::/         \:::::::\    ||
||_/:::::::/            \:::::::\_||
||::::::::::::/              \::::::::::::||
|| ̄ ̄                       ̄ ̄||
||                        ||
||                        ||
||                        ||   誰に似たんだか……
||                        ||
||                        ||
||                        ||
||                        ||   なぁ、魔物ごときに殺されたどこかの馬鹿野郎ども
||                        ||
||                        ||
||                        ||
||                        ||
||                        ||
||                        ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

361名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:12:18 ID:W6wprB0Q


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !       ちょっと大げさに3つのAAに分割しましたが、
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |       せめて二つぐらいに分けて『間』は欲しかったと思います
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/          バラライカのAAを並べて
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_        彼女の微妙な表情の変化を描くのもいいでしょうし……
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`     小道具やエフェクトを挟んで、
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     そのセリフの意味深さを増すのもいいでしょう
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !      ……ファンタジー世界だと、遺影っておかしいですかね?
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \


.

362名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:12:49 ID:W6wprB0Q


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \           いずれにせよ、
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |           そういったことを意図したシーン、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           解説シーンでやむなくセリフが増えてしまったシーン
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       これ以外では
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、    『セリフは多くて五行』
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    ぐらいに心がけた方がいいと思います
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ               せっかく主要キャラはAAが豊富なキャラが揃ってますし、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、              その方が微妙な表情の変化もつけやすいのではないでしょうか
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、

363名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:13:18 ID:W6wprB0Q


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    あと、最近よく言われることですが……
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    『キャラの左右配置』を心がけてみてはいかがでしょうか?
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    これは見やすさを高めるために効果的なんですが
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     せっかく「勇者パーティーが二分されているのが物語りの見所」
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     なわけですし、以下のような使い方をしてみてはどうでしょう?
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

364名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:13:48 ID:W6wprB0Q


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/534 より



                             /  ̄ ̄\
                            /      ノ ヽ
           …………ほう        |::::::     (○ ) 
                          .  |:::::::::::   (__人)
                            |::::::::::::::   ⌒ノ
                          .   |::::::::::::::    }
                          .   ヽ::::::::::::::    }
                             ヽ::::::::::  ノ
                              /:::::::::::: く
                              |::::::::::::::  |
                             |:::::::::::::::| |



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ○) (○)、     二度と調子に乗った真似が出来ないように
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    徹底的に話をつけるお
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /    幸い顔はやる夫の好みだし
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  勝者の特権ってやつを味わってみたくなったお
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

365名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:14:18 ID:W6wprB0Q


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261568537/541 より



                                        -‐   ̄/´   ,. ─:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}_:.:.:.:へ
                                            /  ̄`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. , ─:.:.:.:.:.:l´ヽ、:.
                                           /'´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.//l:.:.:l:.l:.
                                          _,. -//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:l:.:.:.l:.l:.
                                         ̄  //:.:.:,.ィ:./:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.//:.:l:.:.:l:.l|:
                                           / , '´l/:.:/:-─-/、://:.:/:.:./:/ l:
                                           // /,.-/:.:./:./:.:// /:.:/:.:/:./、l: 
 ……女の子としては、あまり気分はよくないの               /′ // //:/ ,ォ'。´ ̄lヽ//:/:.:/:./_  l/
  ま、モンスターの味方ってだけで人間だとも思えないんだけど        /  /:.,イ/ l V.{;;;}::l  /´/ィtャ弌iヽ
                                              /:/ l:{`ーl 弋ニソ     f.:゚;;;;〉} } 
  でも、私たち二人だけ?                                l:/   ヽ弋l      ,   込zク/ 
   さくらはどうするの?                                 |l     \ ヽ   、 __,    ` /l:.:
                                             l         l\        /:/:.:
                                            ,. - l -、rァ、_,. - スl、__ヽ _   -‐ ´ /:/
                                          /   //   /-/r-L|_l__ -lヽ、 /'´
                                        /     / /    /   Lo_   ol l/ ´_ ̄_`
                                             / /     l     l|l ̄/ /
                                        ヽ、   \\   l/l_/`\. /  /
                                          \ <<   l/l/`\ /  /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   ちょっと手伝ってもらいたいことがあるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  もちろん断らないおね?
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /   さくら?
       ̄ ̄ ̄

366名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:14:49 ID:W6wprB0Q


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧       ……お気づきいただけたでしょうか?
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |      最初のボスキャラ・魔理沙戦後、
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      「やる夫とさくら」 「やらない夫となのは」
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      と、パーティー内での亀裂が明白になるシーンです
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       そこで一度、暴走するやらない夫たちを静めるため、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|         やる夫はわざと彼らに同調するような行動をとるのですが……
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|         心の中では、元からの考えを変えていません
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',      そこで、やる夫を左側
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      それと全く反対の考えを持つやらない夫、なのはを右側
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     に配置することで、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      『ビジュアル的に考えの違い』を表現してみたのです
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     キャラクターの心理描写を( )でイチイチ表現していては、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      どうしても読み物として野暮ったさが付きまといます
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

367名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:15:19 ID:W6wprB0Q

                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!   せっかくやる夫スレは
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !   「視覚でも楽しめるもの」ですし、
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |   こうした演出を仕込んでみてもいいのではないでしょうか
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     こうした考え方の違いを表現するのはもちろん、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !     「敵味方」を表現するのにも効果的です
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    「左右配置」には「読みやすさ」
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,    だけでなく、こうした効果があることもお忘れなく
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

368名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:15:47 ID:W6wprB0Q


-----------------------------------------------------

    ④ 今後の展開に関心を引けるか

-----------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',      この四点目の評価を、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i       これまでの総括として、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !      私の評価を締めさせてもらいたいと思います
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

369名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:16:18 ID:W6wprB0Q


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ                         本作では作者様自ら、
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                        「ドラクエⅢっぽいものだ」
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                       と語っています
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                      ドラクエⅢ原作のスレは溢れかえっていますし、
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _      そうして作品性を明らかにしていくのは、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'      いいことでしょう
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       しかし、現段階では本作はまだ『ドラクエⅢ』です
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_        『っぽいもの』ではありません
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

370名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:16:49 ID:W6wprB0Q


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ      少々キツイ言い方になってしまいますが……
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|     オリジナル呪文、合成魔法・技なんてのは
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|     ドラクエの二次創作、
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!     あるいはファンタジーものの二次創作
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |      において『あって当たり前』のものです
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´         キャラクターの差異化、オリキャラの出演なんてのも、
.     /    !       ト               イ    ! |          むしろそれがなかったら「なんで二次創作やろうと思ったの?」
    |     |      | l\           /      ! |          と聞きたくなってしまうほど
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',    「っぽいもの」を語るのであれば、
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',    それこそオリジナルの街、ダンジョンを登場させて、
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',   本当の意味で『誰も見た事のないドラクエ』を作るしかないのではないでしょうか
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   あるいは、周るイベントの順番を改変してもいいでしょうが……
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !    これもまだ、しばしば見かける手法ではあります
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

371名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:17:18 ID:W6wprB0Q


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ        前フリが長くなってしまいましたが、
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |        そういった意味では、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|        『ドラクエのようなもの、として先を見てみたい』
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/        という段階にはまだ到達していないと思います
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|           まだまだ物語も序盤なので、
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|           これから先どういったオリジナル要素が出てくるのかは
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N             分かりませんけどね
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !      しかし、今にも空中分解しそうな
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |      『勇者パーティーの行く末』
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /       という意味では、大変先が気になりました
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |       今現在最新話である『第四話 前編』でも、
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !       いつやらない夫が出てくるのか……
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !       と期待してしまいましたしね
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

372名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:17:48 ID:W6wprB0Q


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ           これらを踏まえ、
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \           早い段階での『作品の方向付け』を期待したいと思います
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           「っぽいもの」分をとにかく強調し、
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //           これからもオリジナルイベント盛りだくさんで行くのか……
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       現在話の中心になっている「勇者パーティーと世界との交流」
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、    をメインにしていくのか
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    もちろん、両方取り入れて
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ     『誰にも創造できなかったドラクエ』を書くのもいいでしょう
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

373名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:19:18 ID:W6wprB0Q


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |        というわけで、拙い評価ではありましたが、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l        私の評価を終わらせてもらいたいと思います
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  <まとめ>
 ① ストーリーのノリは良いか
   ⇒テンポの良さ両立させるのは難しいが、それが返って作品の味になるはず

 ② キャラクターは各員個性があるか
   ⇒これからキャラが増えてからが勝負どころ

 ③ AAや台詞の『間』は良いか
   ⇒一枚の絵に情報を詰め込みすぎない

 ④ 今後の展開に関心を引けるか
   ⇒「ここでしか見れないドラクエ」を意識して

---------------------------------------------------------------------------------------------------------



       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                      ドラクエⅢ とメジャーな題材なだけに、
                                      『差異化』はたいへん難しいと思いますが……
          ∫∫∫                       それだけに、今後の展開に一読者として期待しています
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__      では以上、スレ汚し失礼いたいしました……
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

374名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:20:13 ID:VCJaj/vw
評価乙でした!

375名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 14:20:58 ID:k0c5OcIo
うん、ていねいな評価だ


376名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 16:49:16 ID:v75TeR.M
乙です

377名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 16:55:47 ID:dcUf0RVw
評価乙です

378 ◆bqb7Tq2kJM:2010/01/21(木) 20:54:50 ID:VCJaj/vw

このたび完結いたしました自スレの評価依頼をいたします。


天才発明家やらない夫
1スレ目
http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259925652/
2スレ目
http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1262592442/


評価して欲しいポイントは、

①唐突に、なんの説明も無しにオチに持っていくことが多いが
  しっかりと、わかりやすくオチの意味が伝わっているかどうか

②大体いつも似たようなオチになっているが
  マンネリ化していないかどうか

③特に良かったと思う話はどれか、
  逆にイマイチだと思った話はどれか

その他、お気づきの点がありましたらお聞かせください。
甘口、辛口は問いません。

評価人の皆様、よろしくお願いします。

379名無しのやる夫だお:2010/01/21(木) 22:43:31 ID:4byMfvNI
評価乙です。
投下後修正版は確かにって感じですね。
文字化けとか台詞修正なら分かるけど
見比べてもそんなに変わってなくね?ってのが、前追ってたスレであったな〜。

380名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:13:23 ID:1WibGR6k

┌─────────────────┐
│やる夫がGセイバーに乗るようです    .│
└─────────────────┘
一機目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240833441/
ニ機目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1243779783/
三機目:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1253625731/
四機目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262357504/


以前の評価依頼:http://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236/182
評価主:ゾイド◆G/mRFv/Ji.さん:http://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236/197-204


以前に評価していただいたのですが
次回作以降の作品作りの手本にするためにもう一度評価をお願いします


気になっているところは、
①セリフがストーリーと矛盾していないか
②登場した場所やキャラクターが説明不足になっていないか
③作品中のテンポが速すぎたり遅すぎたりしていないかどうか



○作者自身の悪ノリが過ぎていないかどうか

を、辛口で評価していただきたく思います。
あと何か気付いたことがありましたらその点も評価していただければ…と思っています


評価人の皆さま、お忙しいと思いますが評価をお願いいたします

381 ◆HARO/n.qC6:2010/01/22(金) 01:18:52 ID:1WibGR6k
>>380
すいません、酉を忘れていましたorz

あと、
" 以前の評価依頼:http://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236.htmlの182番目 "
" 評価主:ゾイド◆G/mRFv/Ji.さん:http://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236.htmlの197-204番目 "

で評価していただきました。

382 ◆O.OM2XMzOI:2010/01/22(金) 01:23:47 ID:evsD3woo
>>337

進藤さつきさん、評価お疲れ様です


評価を見ている途中に、「ああ、なるほど」と思うことが多々ありました
即興で書くことが多いので世界観、流れ、文字やAAの配置など甘いところが多いですね
キャラクターは主人公勢を活かしつつ、今後のキャラクターたちの役割を考えます

中でも一番意外だったのが「ドラクエⅢ」の枠を外れていないという点
念能力の設定を少し拝借した時点で、枠の外に出てしまったと考えていたので……
先のキャラクターたちの役割と共に再考させていただきます


今回していただいた評価を参考にしつつ、次回の製作に活かしたいと思います


評価ありがとうございました

383名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:49:14 ID:mVwq8QLg
>>382
横からですが。
念能力あたりだと、原作では省略されている部分の肉付けだと受け止められる。

ラクスが出てきたあたりで、これから外れてくるのかなと思った。

ところで、闘技場のモンスターは、原作でもどこから供給しているのか不思議なところなんだが、
使い捨てていくという話なら、さらに供給元が気になったりするw

384名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:52:19 ID:fbX7bXng
評価乙。

385名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:58:44 ID:vS1Bl71o




  | \|  /  ノ/   / - ―/=、ヽ  // 〃/
  ヽ  \/   }、  , /    }  ! l     /7
.  _\、 -ミ、 /  Y/     _」 / /   /
   \ ヽ|ハ ∨ィY〈    /ィイノ} /|∠- /
    \ ! 〉 i ! 弋}ト  イ り 」 7 ヲイ, /        オッス、オラ悟空!
    \  ヽマ} = ニ ,.i ~ ニ - /ニノ-∠          今日はこのスレの評価をしてみるぞ!
      \ _∧  r.=ァ フ  /:├  ´
           / :\ ∨三ノ /  ト             やる夫が坂本龍馬になったようです
           |  : : ヽ .- .イ     !  \へ_        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263988550/
      _ /{ | ヾ: : :/∠ - ‐ /  / ̄ ー
     / !  _, ! , - ‐ ´ ___/ / / _ノ ヾ
  ィく  /:ヽ___ヽ∠  -  ´:::/   , イ \
^ ´ || !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ソ^ i    ヽ
    !  \:::::::::::::::::::::::::::::::/  // ノl   ! ,







     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/       最初に言っとくがオラは歴史の事はまったくわからねえ
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-        坂本龍馬の一生は「おーい竜馬」で読んだくれえで
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /         そもそも幕末に詳しくねえんだ
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄          そんなオラから見てこのスレは……
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^

386名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:59:07 ID:vS1Bl71o




         __
        /:::/
      _/:::∠___
    / :::::::::::   ∠_
    / :::| V \|丶:::/             顔がこんな状態からしばらく動かなくなった
 _/ :::Nヽ  ノ|/∠
<_ :::ミ(●) (●)|: \             笑いすぎで腹がいてぇ
<_:(6 \__/ |" ̄
 <二>  \/ ノ






   //   /|   ,个、
 /, -|  〈 /| /―ト、
〈.″√| /\ソ |// ̄ノY
\ゝ| |/ O  O   |
\|. ∟_      .__」           見たところ「クソ真面目にバカをやる事で笑いを取る」
λ|  /〃  |   〃            正統派ギャグスレだな、こういうスレオラ好きだぞ!
6丶      レ  ノ   /
`´|/⌒i   二二´  /レ          坂本龍馬以外の無駄な知識が豊富な所も笑えるな!
 ,!ト _=|、   =  ∠ |
/||  |_\__/=  |`
て= ̄ ‖`」、三   /  |
/)- ' ̄ ̄〕 \  /
{〃 ´ ̄ ̄ア`ヾ√ ̄ ̄ ̄
   ー` ̄7`ー――――-/
ヽ √ ̄::::::::::::::::::::::::::::::/

387名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:59:28 ID:vS1Bl71o




 ,__
/;;;;;;;;;;丶
 ̄丶;;;;;;;;;ヘ
-ヽ |;;;;;;;;;;;;;L__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶__
;;;;;;;;;へ;;;;;;;;;;ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;/
ヽ;/v' ヘ;;;/ ⌒ヘ;;;;;;;<__           さーて、そんじゃ評価依頼にある
;;;丶 , ⌒V、 ,⌒ , ノ~;;;;;;;;;;/           数点に関してちょっくら見ていくか
;ヘ' | |  o  o  | | |;;;;;;;;/
'・ヘ_ " ̄ 〈L  ̄" _ / /           
   ヘ  E三ヲ  / ノ
へ_ノ|\ ー /|ヘ_へ
|;;;;;;;ヘ   ̄   ノ;;;;;;;|
' \;;;;;;;;\( ノ/;;;;;;;/
















┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ・推察のシーンは、特に文字が多くなるため
┃  意識的にAAで視覚的にも楽しめるように努力したが、
┃  後半になるとそれが難しくなったので軽めのギャグとして
┃  読みながら息がつまらない感じのAA作りの改善点

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





             /  ̄ ̄/
        ____/    ∠ _ ――
      /               /
  、-‐―'´     ト、  ト、  |   /
   >     |\|,-、\| ,-ヽ/ ∠           気にする事ねーんじゃねーか?
 /    ,-、N   ,--、  ,-、 |  /           あの推察の存在自体がギャグだし
   ̄ >  | 6   |_・  ・_| {/
  ∠_  ヽ._   '"" _ ゞ゙゙ |              強いて言うなら小ネタの内容そのものが
      ̄ヽへ.    (へ7 /              若干ディープすぎる気もすっがそんなの好みの問題だ
        |     、  ̄/
      _,へ     ̄l-‐、
   /   _ \―〜'|   \

388名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 01:59:50 ID:vS1Bl71o




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  ・話の流れとして、推察の部分は知らない人ならだませそうな
┃  論理展開になっていたか。
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





   /   /
  /    レ
  |    "
  /   __
、 /  /   =<  ヽ//            騙すの定義がよくわからねぇ
、ヘ  /    /\  ヘ             このスレの内容を真実だと思う読者は
- 'ヘ /    /゛  ヘ  |             一人も居ないってのは確定だ
  V'    /" U/ヘ/ヽ
  /   /、 // ̄/ V           すると「真実かどうかよくわからなくなってきた」
 ̄|  /ヘ、リレλノ _ -              という読者を増やすのが目的でそれが騙した状態になんのか?
  | /L)~|  、 ̄ ""
 ヘ /゛ヘノ   ~ γ-、
\ ヘ  丶~フ_/ ノ |
    ゛  \\二 _//  /
//  ___ヽ 'ー'  /≡





                         / ,. -─‐‐ァァ
                _           {/:.:.:.:.:.:.:./ __ _
               ヽ:`ヽ.、  ,. −'´:.:.:.:.:.:.:イ´ ̄:.:.:.:.:.:.;イ
                  \:.:..`y´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                  __ミ ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:./‐- 、              悪ィが推論の筋自体が歴史を全然知らねぇ
                -ュ=二__:.:.:_:.::.:.:.:.:.:.fヘ:.:.:.:.メ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\             オラからすればすでにマニアックで
              /  ィ=‐=ニ、 rヘ,|`ヽト、}/ ヘ ;.:.:-=ニ二_ ̄ヾ            信じるとか信じねぇとかいうレベルじゃねえよ
            / ,ィヘ/` 、ム{  '  {_ リァvィラ7イ__;:ィ-‐==` ヘ
              { /     ヘ ハ、_  "" _ Уハ′ --- 、 〃 ハ           そんなマニアックな知識をバカな事に使っているという
           ,ィ┤f ii     V  i ト、  ‘ニイ,イ/   ,. l  ヘ   ト、          コンセプトそのもので笑わすスレじゃねえのか?
         / ,!/  ,.ィ  ̄   \! イ\_,.イ ム-‐-=ド、 〃ハ  ii/ }      _  _
        イf / ‐-f ィ-‐=-   `v'´           }  ̄ `ヽイ 、ト,   _イ´ `´ }
  r‐ラヘfヘ { iイf´    |  ヾ 、    {     〃 /    | i〃ィ `ハ  ヘ {_ }_二´_ }
 { _二`Y¨}Y }  、ヾヽ { 0       `ト      //  Λ    Λ ,iハ_{_イ__ _  リ
 く _.. ィ'}リ } | ii   /i\        |        / / ト、if  ,イ / {、 - ,.イ!
  ト、 _,イイ 〃ー- /ハ  丶 __ ,.ィ{ヽ、     0  / Λヘ  /   {  ハ、__,イイ
  ヽ、 ̄/ヾ   r'¨   ヽ,  __,r‐--'ト=- 、`ー--‐ ´ ,.イ  \`  if   >、 _ イ

389名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:00:23 ID:vS1Bl71o




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  ・本物の坂本龍馬に興味が持てるような内容だったか。
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






       //  __
    _/  丶イ  /
__/ yyvvvy  ∠_
\   γ \ / l /             うーん…………こりゃ個人的な考えなんだがな
<_δ ∟゚ヽ゚l >
  ∠ ヘ  ` /








\|\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               \
            /\         坂本龍馬くらいメジャーになると
\/|   /|   /            ちょっと興味を持ったくらいじゃ調べねえんだよ
\| | /\|  / / ̄          すでにある程度イメージがある場合が多いからな
`/ |/ ̄\|/  |/ ̄
`|/  __     _          大河ドラマとかでこの手の有名どころの需要があんのは
   /                    そのある程度のイメージが良いイメージで
  /                     もうちょっと知りたいなという時に間口を広げる意味があるからだと思ってる
 |
 |      ●    ●          んじゃこのスレは間口を広げるスレか?
 ―――――  /  ―

390名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:01:03 ID:vS1Bl71o




  |  ゙ヽ、 ゙l    ヽ     .| .| ゙l   .r
 .|.,〆"゙゙ヽ l゙     l     l゙ ,! ゙l   ,l゙
 .゙l゙‐'"゙l~゙''゙l |ヽ    .|    ,/ .l゙ !  ,/
|‐,,\ |  .゙l|`'゙l、  |   .,/`.,lヽr゙,,ィ"
゙l, ゙゙'''`|   ` /゙'|l、 .l゙  ,/,r从レ''lレ゙  _,,,,,,,,!          悪いがそうは思えねぇ
`"   ヽ,,,、 .゙‐'"゙゙l l゙.,/,t'リ``,l゙ ./` ."'~~ー-、         何故かと言うとこのスレは
  `゙゙゙゙'''=二'ー  .'"` .゙'゙ ,/`,/      _、          「坂本龍馬をネタにしたギャグスレ」であって
        ゙゙'ー   .、,,ニニ" /、,,,―‐''''"゙^           「坂本龍馬のスレ」じゃねえからだ
、            l゙   ゙,/'゙`
ヽ            、'=v,>  ./`
.゙l\、      ゙二"   ./
 |、`‐、      ` _/`
  ゙l、 `ヽ、    _,‐l゙`
  `   `'ー-ー'゙,i´.l゙
          `






     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-     言ってみりゃ
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /      「マスコットキャラクターのリョウマ君を主人公にしたハチャメチャギャグ漫画」
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/        ってトコか
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~         リョウマ君の元キャラが全然知名度の無いキャラならともかく
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、            ある程度知名度がある以上、普通切り離して考えるんじゃねーか?
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^

391名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:01:39 ID:vS1Bl71o




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   ・龍馬などの人物だけでなく、歴史背景、あるいは出てくる単語を
┃    グーグルなどで調べてもらうために意図的にリンクを張らなかったが
┃    自分から調べてみようという気になれたか
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





         //
     /| / ///
    / /    /
  ///  ///  /
  |///   /  //
 / // イ _/
 | / ̄ \ \ ヾ             明らかにそういうスレじゃねえから調べる奴はいねーだろ
 / / ヾ、 |] |/\/
 |/| // |/|   /、             極端な話をすれば、このスレの内容そのものはどうでもいい
  ノ O__|,    §)/
 く、         J            ぶったまげて笑えるスレなんだから、別に学べなくていーんだ
    ̄ フ`      ヽ
   ヽ___ノヾ
       \/
       / /
       |/






       //  __
    _/  丶イ  /
__/ yyvvvy  ∠_       内部で気になったのは「禁門事件」くらいかな
\   γ \ / l /          それもまあ、知らなくても話が問題なく進むようなので調べるほどでもねぇ
<_δ ∟゚ヽ゚l >
  ∠ ヘ  ` /

392名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:01:57 ID:vS1Bl71o




::::::::`::::::::::::::::::::::::ヽ/::
>::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠
:::::::::::::::://ハ::ト、::::::::,
ニフ::::::J/、 , ノイ=ノハ:∠_
:::::::::( |L ・ ・ 」 ´ 6 |:::         オラなら事件自体に興味を持たせるキーワードを放り込んどくかな
⌒` |゙く  ″  ハ´ ̄        
   `丶 Lニ7 ,イ |           幼女、監禁、調教、とか書いてあったらちょっくらぐぐって……
― 、- 、_ ン ̄ ´/ に―-
ヽ  \ヘ_二ニ二_ノ
::::ト、、  |:::::::::::::::/   Y
::| \ \::::::::/    |
::/     \シ     |
ニ__         |










_,ニ-=´ ̄::::::::::::::::::::::::::`゙::::::::::::::::::::::::::::::゙ー= 、    
 ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、 .
    `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::::ー-......、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  
::::::::::::::::::::\ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
:::::::::::::::::::::::::::ヽ~::::::::::::::::::::/:::::::::,,r,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
:::::::::::::::::::::::,ヘ l::::::::::::::::::,/::::::/ / \:::::::::::,ヘ:::::::::::::::´:::::
::::::::::::::::::::く   l::::::::::::::/' |:::/   /   ヽ、::/  〉::::::::::::::::::
::::::::,-、::::/    l::::::::::/、 |:/   /      l::Y,ニミ/!::::_::::::::::
::::// レ'     l_:::::::::!ヘーk'、ミ、/  、__/,l/'´ヽ //ヘ:::::::::
::::::| | ミ、    l _`>〈 ヽ,ヽ__゙ーシヾじ゙k'ー''__,,x'  冫〕/:::::::
::::::| |  ||    l、`ーミ.lヾ,l  '''''''     ̄'''''''    l.s;/::::-          …………悪ィ、今のは忘れてくれ
:::::ヾミ ||    i ゝ  l、::`゙l     〉         し':::::::,::
::::::l  ,/  ∪ l   l::::::::::l    く_  _,,、、     / |:::::::,'::::::::l
:::::l        | l、 l::::';::::\  ヾニ三"´,)    / /:::::;'::::,':::::l
:::::l       / 、  l、:';;:::::l\_ ゞ=='   // /::::::,':::::';::::/
/       /   ヾ、  l:::::'';;::ヽ  ヽ、 ̄_,x "´ ´ /:::::::;'::::,':':::/
二___/ ,、_    `ヽ、';;:ヽー 、 ̄_,ニ=― /:::::;;;''::,,''::::/
===、\,、,、/  `ー'´`ヽ、_゙:::':::;`ヽ、_l__/:::::::::::,,'':::::/ /   _
   `/ //   /   ,   `l、::::''';;;;;;;;:::::::::::::::::;;:''::;'':::::::/ /  /:::
 _,/ / /   /   /    /  `l::::::::::;;;;;;;;;;;;;'''::::::::::::::,/  _, /;;''::::
´/  / /   /   /    /    l\:::::::::::::::::::_,r―"´ ,r" /;;;''::::::::
   / l   l    l    /   / l   ̄ ̄ ̄

393名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:02:26 ID:vS1Bl71o




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃       後、気になった事
┃  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






\|\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               \
            /\
\/|   /|   /
\| | /\|  / / ̄
`/ |/ ̄\|/  |/ ̄
`|/  __     _           そうだなあ、強いてあげるとすれば……
   /
  /
 |
 |      ●    ●
 ―――――  /  ―






  | \|  /  ノ/   / - ―/=、ヽ  // 〃/
  ヽ  \/   }、  , /    }  ! l     /7
.  _\、 -ミ、 /  Y/     _」 / /   /
   \ ヽ|ハ ∨ィY〈    /ィイノ} /|∠- /
    \ ! 〉 i ! 弋}ト  イ り 」 7 ヲイ, /          一通りこのスレを読んで、評価依頼を見たとき
    \  ヽマ} = ニ ,.i ~ ニ - /ニノ-∠
      \ _∧  r.=ァ フ  /:├  ´             「歴史にまったく興味が無い人にお馬鹿な話で
           / :\ ∨三ノ /  ト                楽しく歴史に興味を持って欲しいなあ」
           |  : : ヽ .- .イ     !  \へ_   
      _ /{ | ヾ: : :/∠ - ‐ /  / ̄ ー       みてえな作者の意図をオラは感じたんだが
     / !  _, ! , - ‐ ´ ___/ / / _ノ ヾ
  ィく  /:ヽ___ヽ∠  -  ´:::/   , イ \
^ ´ || !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ソ^ i    ヽ
    !  \:::::::::::::::::::::::::::::::/  // ノl   ! ,

394名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:02:50 ID:vS1Bl71o




  |  ゙ヽ、 ゙l    ヽ     .| .| ゙l   .r
 .|.,〆"゙゙ヽ l゙     l     l゙ ,! ゙l   ,l゙
 .゙l゙‐'"゙l~゙''゙l |ヽ    .|    ,/ .l゙ !  ,/
|‐,,\ |  .゙l|`'゙l、  |   .,/`.,lヽr゙,,ィ"         
゙l, ゙゙'''`|   ` /゙'|l、 .l゙  ,/,r从レ''lレ゙  _,,,,,,,,!      残念ながらその点では0点だ
`"   ヽ,,,、 .゙‐'"゙゙l l゙.,/,t'リ``,l゙ ./` ."'~~ー-、     
  `゙゙゙゙'''=二'ー  .'"` .゙'゙ ,/`,/      _、      何故かと言うとこのスレは自己完結してる部分が多すぎる
        ゙゙'ー   .、,,ニニ" /、,,,―‐''''"゙^      
、            l゙   ゙,/'゙`            「話が進めばそれでいい」で全てが終わっちまってるんだな
ヽ            、'=v,>  ./`             
.゙l\、      ゙二"   ./
 |、`‐、      ` _/`
  ゙l、 `ヽ、    _,‐l゙`
  `   `'ー-ー'゙,i´.l゙
          `








        .!  .l    /          、:;;r゙'゙     .  
  :..,_      |      /         ,:;'-'゙       .|  
   ゙゙'‐::,,   l .l   ./        .;r!!゙'゙        ,.,:l  : 
 :;ー::、._  ゙''-,_ .)   ./       :,r゙゙       ,,:-''´ .l ::' 
  'i,  ゙゙'‐:、, ゙'':i!  .;'       :'       ,,-''´  _,..ノ .:' ,:‐゙
  :i;    `''li;;,,l;  (,            :,,-''´ ,_-‐''゙ :i' ,:/゙
   .'',,..,..,.__  'llllllll, r..`'-:,_  .,     .,-'''゙,,;iillllllリ    ゙''゙:'        「楽しく歴史に興味を持つ」というラインを満たすために
       `゙゙'''''''''゙'il.、゙,;,;;;:.,,,,;|! l| .;(;''',,_.‐''゙_,,,iillli-‐ ' '' '' ゙゙  :,;;!; 
   ー''''''''iiii'iiiiiii! .,.._    ;, 'lli'iiii! ̄ ゙''゙´  ,.,,,,...,_....     ´        隙の無い作りにしたかったという発想はわかるが
            `゙゙'''''''''゙     ゙'--''''''''゙'゙゙゙゙゙         
                .l!                         ここまで内部で片付けちまったら興味が広がらねえだろう
 .i,              ;l|                  ./
  'l             ./l                  :''
  'ト            .l;;,|       ゙'_          .' 
   .'i,        、 ,   :''lllli;iillll''   .  .         :'  
    '!;      ').;i) ゙':....--゙               、'   
     'li,     ゙';'、                  ,:'    
    、 ゙l゙';_    ノノ   :;;lll!''''''''‐         ,,r!'

395名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:03:23 ID:vS1Bl71o




     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/       ギャグスレとしては完璧だ、文句のつけどころはねえ
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-        しかしこれをとっかかりにしたいならもう一工夫必要だな
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/           真相究明パートを置く、物語上調べたいと思うギミックを配置する
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄          視点をもう一ひねりする…………方法は色々あるはずだ
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、              一発ギャグという路線からは外れちまうのが苦しいか
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^








   //   /|   ,个、
 /, -|  〈 /| /―ト、
〈.″√| /\ソ |// ̄ノY
\ゝ| |/ O  O   |
\|. ∟_      .__」           …………つまり…………『連載』…………っ!
λ|  /〃  |   〃
6丶      レ  ノ   /          やる予定は無い?いやいや、期待してるぞ!
`´|/⌒i   二二´  /レ 
 ,!ト _=|、   =  ∠ |           じゃ、これでオラの評価は終わりだ!
/||  |_\__/=  |`
て= ̄ ‖`」、三   /  |
/)- ' ̄ ̄〕 \  /
{〃 ´ ̄ ̄ア`ヾ√ ̄ ̄ ̄
   ー` ̄7`ー――――-/
ヽ √ ̄::::::::::::::::::::::::::::::/

396名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:07:02 ID:/LIZOdgI
評価乙。

>>392
ちょっと署まで(ry

397名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:08:02 ID:xnQhFYyc
評価乙です

>>392 なるほど…

398名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:12:30 ID:lVtQ6Jj.

>>392  アグネスーーーー!!

399名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:25:12 ID:mVwq8QLg
おつおつ

400名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:28:20 ID:F.c.P5V.
>>392
アグネスーーー早く来てくれーー!乙

401名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 02:58:08 ID:ED.oudH.
乙です!

読んで来たがなんか逆に「調べたら負け」って気分になるスレだったw

402 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/22(金) 14:56:48 ID:Vvs4/.Hg
>>240です

評価人を指定こそしていますが、
あくまで希望ですので、差し支えなければ他の評価人の方の感想をお聞きしたいです。
ではでは短いですがこれで

403名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 18:36:54 ID:t5.609pI


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (            >>402
   /γ⌒     ⌒ヽ\          依頼から一週間もたたないうちに催促するとは、
  /  |         |  ヽ         ◆oQcSrBUN8Yさんは忙しい御身分ですな。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /         月並みなセリフだが、「評価人は人間なんだよ」
  /           ⌒ ̄,〆⌒,ニつ  催促されたって、興味の無いスレは評価しません。
  |  /     Y    .ヽ ,_、r_二⊃    (逆に、興味のあるスレの評価依頼を待ってたりもしますがネ)
  | .(           .)
  |  |.           |          興味があっても、評価を一本作る時間を取れない事もあります。
  .(9)|           .|          生物として、メシを食う方が大事なのは分かるでしょ。
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          浪漫が無きゃ人間じゃないが、伊達と酔狂だけで生きては行けんのよ。
    ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/
      >__ノ   \__<







   |   γ⌒ ヽ
   |   /\ ●〉
   | /   ヾ_ノ     とりあえず、1週間以内に評価一本作るよ。
   |Y     (
   |   ⌒ヽ\     だから、もうしばらく待っていてちょうだい。
   |     |  ヽ
   |人__ノ   |
   |ー'´    /
  (⌒ー─'   )

404名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 18:40:06 ID:kgVLzhPA
>>403
???

>>402って評価人の指定について追記しただけで、別に催促してなくね?
何を噛み付いてるんだ?

405名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 18:49:49 ID:P0UI1TNw
うん、別に催促はしてないな。まぁ早とちりは誰にだってあるよ。

別に指定されてなくっても、評価人自身がやりたいと思ったものならやるだろうし。

406名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:05:34 ID:zjIseX6.
きめぇ夫は一体何と戦っているんだ

407名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:09:48 ID:H.qJG6KY
俺も催促はしてないと思う。
評価人指名のある作品ってちょっと手を出しにくくなるからね。
むしろ>>402の一言でちょっと読んでみようかって気になったんだが。

408名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:11:09 ID:sxZlhVwM
このスレでよく見かける改善点ってどんなものがある?
まとめておけば「やりがちな失敗」ということで、それを念頭に置くことにより作者が作りやすくなると思うんだが
俺が見た限りでは、「キャラ出しすぎで一部キャラが空気化している」「番外編が多すぎ・長すぎで本編が進んでいない」
「何がやりたいのか分からない(から今の段階では評価不能)」という指摘が多い気がする

409名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:17:03 ID:H.qJG6KY
>>408
言ってしまえばテンポ、構成、演出、AAの使い方じゃね?
・・・全部だな。いや冗談だが。
作品や作風によって指摘が変わるのは当然、それゆえの評価なんだから。

ただまぁ過去ログを1,2スレでも遡ればかなり参考にはなるけどね

410名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:17:46 ID:VEyfr4nA
頻出と言えば
・最初に1行空ける
・AAとAAの間は3行くらいあける
・文章を1AAに詰め込みすぎない
要するに読みづらいぞってやつ

411名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:21:44 ID:kgVLzhPA
>>408
個人的によくあると感じるのは

ひとつのレスにセリフ詰め込み過ぎ
キャラ同士の行間開けすぎ
キャラを左右に配置せず、全て左寄せ
セリフとAAが合ってない

この辺かな
どれも比較的簡単に直せる上に
直すだけで見違えると思う

412名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:24:56 ID:5S.t4qGo
ここまでに書かれている「よくある評価」ばかりな気がしますが…
ちょっと投下させてもらってもいいでしょうか?

413名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:25:29 ID:FCmGE.HA
お願いします

414名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:26:14 ID:kgVLzhPA
オーケーカモン!

415名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:27:14 ID:F.c.P5V.
背景・風景AAがあるだけで場面転換や世界観が分かりやすくなる
もっと沢山風景のAAを使え、ってのも

416名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:27:22 ID:5S.t4qGo


では、失礼しまして……

             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ      「へい、マイケル。直前の人と同じスレを評価するのってどうなんだい?」
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \      「逆に考えるんだ、その方が拙い評価もみんなスルーしてくれる、と」
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          というわけで、評価させていただきます
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !      今回のターゲットは、
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|       >>333で依頼のありました
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |       
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !      やる夫が坂本龍馬になったようです
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263988550/
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !      です
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

417名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:27:51 ID:5S.t4qGo


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !      自分の坂本龍馬……というか幕末の知識は、
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      るろ剣なんかの漫画を何個か読んで、
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      歴史小説を何本か読んで……
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       ちょうど、劇中のやる夫と同じか、少し下ぐらいの知識になると思います
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`     というわけで、「自分以上の知識を持っている方に評価してもらいたい」
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     という作者様の趣旨には反するかもしれませんが……
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



          ,. -‐ ''''''' ‐-  .,
         ,.  ´           `  、
    /`ヽ、 r‐/`'' ―‐┐_    ,.ヘ    ヽ
   .//`ゝ‐'' ,'        `''i´ '!   ヽ┐  ' ,
  //      ,'     ',     ', !   i .i!    ,
  i/ / / ,' .,! !   l i    ',  ! |   .! l!    !
  / / .,' ! i .!    !. i!    i l! li   i. i!    !
 ,' / .,' .i  ! l!     i l! !  l! .| !   | i     |       気にせず、評価させていただきます
 ! .,'  !  | .l .i!ノ   ,' 、! i  i! i i!   ! i     l
 ! .i  i ,.+‐''l´',   !| ./`''!''/l‐ノト.|    ! |   .i
,' ! .|  !  l /|イ:::|ヽ !レ /|イ::ヽ.! l   l  ! l  l
! .', |、 lヽ l!.,| l !:::j ヽi   | l !:::::イ l!   ! l  !  i
! /ヾヽ l! ヽ! ',  ̄      `'‐-'i! ノ    ! l  ! l  !
!l! | `|ヽ! .| 、 `、 -┐    /イ|    l! l! i! l  !
',! l l!   .i! i` 、ヽ_ノ     ,' l    l! l! .l/| ./
  ', !、   i', |ヽヽ` 、    _,. ,'/l     ノ!./! / .|/
   ', | ヽ,  l!',! ``ヽ `  コ .〃/   /、レ | /
   ',!  ヽ l!    >::´::::|  / /''"´|、レ
         ヽ! -‐<::::、:::::ノ////:::_:: ┘ヽ
       r::´:::::::::::::::::`ヽYr‐ ̄--' ''´::::::::::::::::: ':..,

418名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:28:19 ID:5S.t4qGo


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     というのも、この作品の凄いのなんのって……
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _     基本的にやる夫の一人語りで物語が進んでいくんですが、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'     「登場人物がたった一人」ということが気にならないほどの
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /     テンポのよさ
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /      小気味よいギャグも相まって、大変読みやすい作品でした
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',      むしろ、笑うのも忘れて
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      一作者として学ぶべきところの多い作品でした
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !      あれだけのテンポが自分も出せれば……ブツブツブツ……
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !   
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |      と、話が逸れましたね
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

419名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:28:49 ID:5S.t4qGo


              /\
             //  ,ヘ´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、
               //  〃―v―/ ̄\____ ヽ/\
            //   /   /  /    |   |`ヘ  ヘ、
              //   /   /  ,'      |   |  |   ||
            , ,    '  /  i       |   |  |   ||
             | i   |   l!   |       !   !  !   !!
             | |   |  ∧  ∧   /!  /  |   ||     さて、作者様から依頼がありましたのは、
           l l   !V7ト∨_ Vl/ _l!.イ|  ,'   l!!     ↓以下の4点
             ∧ヘ   l {:::::::(_}`   イ_)::::::l! /   //     自分の評価も、これに沿って進めて行きたいと思います
             V>_,.!: `ー‐'     ヽ::::::ノレ   //
           _,. ‐''´/`''‐ 、_   ○      /   〃     ---------------------------------------------------------------
         ,_‐''´-‐'':´ヽ`'''-:.:.:.r‐`---、____r-/ ∠__       ・推察のシーンは、特に文字が多くなるため
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\\: : :>=、/..イ 、〉〉)       意識的にAAで視覚的にも楽しめるように努力したが、
         \___|l ̄ ̄ ̄ト .;,_∧ヘ《-《::[]:::》ヽ)´        後半になるとそれが難しくなったので軽めのギャグとして
            〈‐||::( ̄ ̄`ヽ_____〉::〉、_Vl!l!Vト .._        読みながら息がつまらない感じのAA作りの改善点
          _,. ‐'´'||:::`i、〉〉〉〉ノ::::::::::/  |__l!l!__|   >`>
        <<._ └――' ,イ/ ̄ ̄  ヘ:\ヽ_//      ・話の流れとして、推察の部分は知らない人ならだませそうな
          `7-..`_‐、////       ヘハ`ー'i!´         論理展開になっていたか。
        //  l!`''-'´ /_'- 、_     /_イ_/\
          /〈   ゝ----く `''‐ ,`_‐、// l!____/\     ・本物の坂本龍馬に興味が持てるような内容だったか。
       /::::::\/____l!__l!   `ー< ̄ ̄\::::::::::::::\
        /:::::::::::/:::::::::::::::::::/::::l!    \\:::::::::::\::::::::::::::〉   ・龍馬などの人物だけでなく、歴史背景、あるいは出てくる単語を
      ヘ:::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::|       \\:::::::::::\:::::/     グーグルなどで調べてもらうために意図的にリンクを張らなかったが
        ∧:::/:::::::::::::::::::/:: /        \`ー――∨     自分から調べてみようという気になれたか
       V:::::::::::::::::::://             ̄ ̄ ̄    --------------------------------------------------------------
           ̄ ̄ ̄ ̄

420名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:29:27 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

  ・推察のシーンは、特に文字が多くなるため
   意識的にAAで視覚的にも楽しめるように努力したが、
   後半になるとそれが難しくなったので軽めのギャグとして
   読みながら息がつまらない感じのAA作りの改善点

-----------------------------------------------------
                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!     作者様は、後半の流れが気になるとのことでしたが……
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     むしろ、ネタ重視のキャラ
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     歴史上の事件を揶揄したAA
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !     など、後半の方が自分としては好みなAAチョイスでした
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,   るろ剣や銀魂の「歴史上の人物なようで、そうでない」人々や
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !   「これから何が起こるのだろう?」と思ってしまう禁門の変、
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ   他にも色々と楽しめました!
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

421名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:29:50 ID:5S.t4qGo


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |     説明や推察のシーンで、文字数が多くなってしまうのは、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     この手のスレの常ですからね……
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      その辺りを無理に改めるより、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        大胆な展開をその後に見せた方が、
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        メリハリがついて読者も楽しめるのではないでしょうか
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |          そういった意味で、奇抜なAAチョイスは個性的で、良かったと思います
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\    むしろ、アレがなければこのスレの持ち味も数割減かと
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

422名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:30:21 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

 ・話の流れとして、推察の部分は知らない人ならだませそうな
  論理展開になっていたか。

-----------------------------------------------------
                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }     悟空さんと内容的に被ってしまいますが……
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      何をもって『騙す』とするのでしょう?
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !       スレ全体を見れば、最初に「この知識には曖昧な部分がある」
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |       と再三書かれている以上、騙せるわけがありませんし……
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_        推察部分だけを抜粋したとしても、
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ       行き着く先は「作者が持っている知識」なんですから、
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`      よほどの悪意でもない限り、「他人を騙せている」とはいえないのでは?
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |    
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /        「間違った知識で間違ったまま進める」
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !        というシーンも、大筋ではなかったと思いますしね
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_             (自分の知識不足かもしれませんが)
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

423名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:30:50 ID:5S.t4qGo


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                      論理展開としては、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                     他人から得た情報
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     その時代の歴史背景
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _     などを元に、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    やる夫が必死に「先の展開」を予測していくのが楽しかったです
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /       ある種、推理ドラマを視聴しているような気分にもなりました
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \           そういった意味で、おそらくこのスレの肝となっている
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           「やる夫の推察シーン」
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       は、大変見ごたえのあるものでした
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ    情報を得る手段が突拍子もないのはご愛嬌ですし、
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    にも関わらず推察はしっかりしていましたからね
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

424名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:31:21 ID:5S.t4qGo


---------------------------------------------------------------------

  ・本物の坂本龍馬に興味が持てるような内容だったか。

  ・龍馬などの人物だけでなく、歴史背景、あるいは出てくる単語を
   グーグルなどで調べてもらうために意図的にリンクを張らなかったが
   自分から調べてみようという気になれたか

---------------------------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !      後半二項は、内容的にはほとんど一緒なので
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !      まとめさせてもらいます
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !      で、結論から言いますと……
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |        このスレで他人に『興味』をもたせるのは、
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /         大分難しいのではないでしょうか?
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

425名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:31:51 ID:5S.t4qGo


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      「興味をもたせること」を主体とする、いわゆる「学ぶスレ」において、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      大事なものは↓以下の二点があると思います
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|         ①学ばせたいターゲットが明白か?
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N          ②そのターゲットと、同じ目線に立てているか?
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \      
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\    
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      ①がなければ、当然学べるものもありませんし、
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       その上で②をしないと、今度は読む側が退屈ですからね
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     「え?俺たち、そこまでのレベルは求めてないよ?」
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`    とか、その逆に
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !    「俺たちのレベルなら、それぐらいは当然知ってるから」
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /     となってしまっては、せっかくの知識も台無しですから
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

426名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:32:19 ID:5S.t4qGo


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                        依頼内容からすると、このスレでの①は
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                      「これから、歴史(幕末)を学ぼうとする人」
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _      でしょう
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /      そこで今度は、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /        作者側にもターゲットと同じ目線に立つことが必要とされます
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|      しかし、「これらの知識はうろ覚えである」
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|      と前置きされているせいで
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |      この作品の目線は
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//       『大分低い』
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |         んですよね……
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

427名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:32:49 ID:5S.t4qGo


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |       となれば、読者としては
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       「その程度の知識で読めばいいのか」
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/         となりますし、
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ      「これだけ学べれば満足満足」
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`     と、そのまま終結してしまうと思います
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'       学校や塾のことを考えればわかりますが、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'        予習や復習をしっかりするのなんて、
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {        ごく一部の生徒だけでしょ?
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ        「学びたい読者」にも、これと同じことが言えると思うんです
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

428名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:33:20 ID:5S.t4qGo


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!   「このスレで学べるのは、このレベルまで」
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |    と最初に示された以上、その傾向はより強くなると思いますし……
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´       このスレを元に、
.     /    !       ト               イ    ! |       「もう1ランク上を学ぶ」というのは難しいのではないでしょうか?
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

429名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:34:19 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

        「改善案」という名の素人考え

-----------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',        ここからは蛇足になってしまうかもしれませんが……
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',   
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i       「うろ覚えで描かれる荒唐無稽なストーリー」
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !       これが本作の最大の魅力であり、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !       「学ぶ」という観点において最も足かせになった点
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |       だと思われます
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._      そこでそれを逆手にとって、
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !     『読者に、作者と同じ目線に立ってもらう』
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     のはいかかでしょうか?
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !     え、さっきのと矛盾している?
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !     いえ、そうではなくて……
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

430名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:34:50 ID:5S.t4qGo


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |     具体的にいえば、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     『読者にもうろ覚えになってもらう』のです
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      最初に、「このスレを読む間は参考書やWikiを見ないで下さい」
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        なんて書いておいて、
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         本編では、「やる夫の推論」を元に、
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |          『読者と作者の知識比べをしていく』
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\     「知識比べ」の方法としては、単純に合いの手を見てもいいですし、
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ    勝海舟の登場シーンのようにクイズ形式にしてもいいでしょう
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !    そうすれば、見事その課題に答えられた人は
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |    自分の知識の再確認ができますし
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|     間違えてしまった人は、
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     「あれ?そうだっけ?」とまた調べなおすでしょう
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |     元々それを知らなかった人も
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !     周りの反応を見て、楽しむことができるはずです
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !     あわよくば、そこから気になったことを調べてくれるかも……
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

431名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:35:19 ID:5S.t4qGo


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |       こうした体系もまた、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l       「学ぶスレ」
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !       と言えるのではないでしょうか
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



          ,. -‐ ''''''' ‐-  .,
         ,.  ´           `  、
    /`ヽ、 r‐/`'' ―‐┐_    ,.ヘ    ヽ
   .//`ゝ‐'' ,'        `''i´ '!   ヽ┐  ' ,
  //      ,'     ',     ', !   i .i!    ,
  i/ / / ,' .,! !   l i    ',  ! |   .! l!    !
  / / .,' ! i .!    !. i!    i l! li   i. i!    !
 ,' / .,' .i  ! l!     i l! !  l! .| !   | i     |
 ! .,'  !  | .l .i!ノ   ,' 、! i  i! i i!   ! i     l     ……まあ、ちょっと理想的すぎるかもしれませんが
 ! .i  i ,.+‐''l´',   !| ./`''!''/l‐ノト.|    ! |   .i
,' ! .|  !  l /|イ:::|ヽ !レ /|イ::ヽ.! l   l  ! l  l
! .', |、 lヽ l!.,| l !:::j ヽi   | l !:::::イ l!   ! l  !  i
! /ヾヽ l! ヽ! ',  ̄      `'‐-'i! ノ    ! l  ! l  !
!l! | `|ヽ! .| 、 `、 -┐    /イ|    l! l! i! l  !
',! l l!   .i! i` 、ヽ_ノ     ,' l    l! l! .l/| ./
  ', !、   i', |ヽヽ` 、    _,. ,'/l     ノ!./! / .|/
   ', | ヽ,  l!',! ``ヽ `  コ .〃/   /、レ | /
   ',!  ヽ l!    >::´::::|  / /''"´|、レ
         ヽ! -‐<::::、:::::ノ////:::_:: ┘ヽ
       r::´:::::::::::::::::`ヽYr‐ ̄--' ''´::::::::::::::::: ':..,
     /l! :::::::: / ::::::::: '‐', :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \

432名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:35:52 ID:5S.t4qGo


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     というわけで、逃げ去るように
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     拙い評価を終了させていただきます!
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ
------------------------------------------------------------------------------------------------------

  ・推察のシーンは、特に文字が多くなるため意識的にAAで視覚的にも楽しめるように努力したが、
   後半になるとそれが難しくなったので軽めのギャグとして読みながら息がつまらない感じのAA作りの改善点

   ⇒むしろ意識しすぎて、作者様の持ち味がなくなっては意味がないのでは

  ・話の流れとして、推察の部分は知らない人ならだませそうな論理展開になっていたか。

   ⇒「騙す」のが目的のスレでしょうか?

  ・本物の坂本龍馬に興味が持てるような内容だったか。
  ・龍馬などの人物だけでなく、歴史背景、あるいは出てくる単語を
   グーグルなどで調べてもらうために意図的にリンクを張らなかったが自分から調べてみようという気になれたか

   ⇒学ばせるターゲットを明白にし、その目線の高さを意識する

------------------------------------------------------------------------------------------------------



       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                       最近、学んだ知識を確認する場が少ないので、
                                       こうしたスレが増えてくれることは脳トレに繋がる!!
          ∫∫∫                         さあ、早く次回作に取り掛かるんだ!!
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__       では以上、スレ汚し失礼いたいしました……
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

433名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:37:52 ID:bdv9yO2M
乙かれ
わかりやすかった

434名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:38:04 ID:GFUmUJTI
評価乙です!

435名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:39:08 ID:F.c.P5V.
評価乙!

436名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:42:16 ID:kgVLzhPA


437名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 19:44:04 ID:4zg6sOZc
評価乙でした!

438名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 20:04:52 ID:rix.5aMs

さすがやかま進藤
マシンガンのような評価だったぜ

439名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 20:16:16 ID:Ddy0Jhrc
本物の坂本竜馬に興味を持てるかって難しいと思うなぁ。

まぁ、このやる夫は坂本竜馬のようで竜馬じゃないし。
竜馬という設定のやる夫でしかないから、
竜馬の生涯のあらすじに興味を持っても、
竜馬の生き様に興味を持つことはないしね。

人物の生き様とかに興味を持たないと関連する事件とか歴史背景とか調べないよな。
ギャグ系統スレの時点で、そこはある程度あきらめるしかないんじゃない?

440名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 20:40:15 ID:feyrtlKo
>>403
お前は何を言っているんだ

441名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 21:42:19 ID:F6Usaf.U
>>408
>俺が見た限りでは、「キャラ出しすぎで一部キャラが空気化している」「番外編が多すぎ・長すぎで本編が進んでいない」
「何がやりたいのか分からない(から今の段階では評価不能)」という指摘が多い気がする

だって、それをやったら確実に駄目になるからというのと、そういう事をしているスレが多いから

キャラの出し過ぎなんて読む側の負担を増やす物だし、本編が進まないなんてのはなんでこの題材選んだんだって事だし、
何をやりたいのかわからないってのは作者が話をまとめて人に読ませる力が無いって事だからな

やる夫スレに限らず、無闇に色々な物詰め込んで要点無視した回りくどい事をしていて、結局何が言いたいかわからないってのは
受け取る側からすれば辛い以外の何物でもない

442名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 22:11:18 ID:1GJ3/hno
評価乙でした!
読んでみたけど頭使わない作品だから、学べってのは難しいなw



俺がよく見る改善案は、

●AA

・レスの一番上を1行空ける
・AAとAAの間は3行くらいあける
・目立つズレは修正する
・特に必要が無ければAAは1スレに複数入れる
・会話時のAAの左右配置はよく考えて使う
・セリフや状況とAAをちゃんと合わせる
・ちょっとした改造でも追加すればだいぶ印象が変わる

●文章

・文章を1AAに詰め込みすぎない
・文章を読みやすいように改行、行数などに気を配る
・専門用語には解説を、英語や難しい漢字にはルビをふる

●投下

・一回の投下量は一定量以上にする
・投下中に質問に答えたり雑談をしない

とかとか。
あと>408もよく見るね。詰め込んだ作品多いからなぁ。

443名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 22:56:19 ID:a9pXlGtc
>>442
●AA
・AA改変能力無くても、漫符を使うことは覚える。
●文章
・1レス分の上限;文字+AAでの横幅は800ドット、25行以内が理想。
●その他内容について
・誤字脱字は興醒めの元、一晩置いて推敲に時間をかけよう。

この辺も基本なので追加で。

444名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 22:56:51 ID:PEGsQm0I
作者さんたちも他人の評価も自分のつもりで読んでその上で評価依頼しないとね

445名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:06:33 ID:H.qJG6KY
まぁ一応そういうスタイルが最近の評価だし、悪いとも言わんが
改善点指摘してアドバイスするだけが評価じゃないぞ

過去スレを読んだほうがいいのは俺も思うけどよ、その上で評価依頼しろってのはちょっと乱暴じゃないか?

446名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:08:07 ID:0tVC6zHo
評価ってさ、評価対象も読まないと意味が分からないことが結構あるんだよな。
だから、評価依頼する前に云々ってのは結構荷が重いとは思うな。

読んで欲しいとは思うが。

447名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:12:02 ID:5S.t4qGo
しまった…この流れで、投下してもいいでしょうか?

448名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:12:53 ID:H.qJG6KY
どうぞどうぞ

449名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:13:14 ID:wVby9Yzk
全然OK、やっちゃってください!

450名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:13:44 ID:aDCtZSMU
雑談とか議論を気にしたら負け

451名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:13:48 ID:PEGsQm0I
どうぞどうぞ

452名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:15:21 ID:5S.t4qGo


  では、失礼しまして…


.__,冖__ ,、  __冖__   / //
`,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /  ,. ‐ ''    ̄ ̄" ‐
ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / ゙               ヽ
.__,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ                ,-―'`ヽ
`,-. -、'ヽ'   く <´   7_//           ,ヘ--‐ヽ‐゙へ   ヽ、
ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / ,\__,,. ―i ̄   ', '., \  .\  ヾ,
  n     「 |      /  i7´  l´   i     i i  ヽ  ヽ  .',゙.,      自スレの書き溜めが進まないし、
  ll     || .,ヘ   /   i/   .i    i      i i   i   ヽ  , ,     「よし、他のスレを見て勉強しよう!」
  ll     ヽ二ノ__  {   i .l l |  l l l     l  l   l  ヽ ', i .i     と思ったら、評価を書いている
  l|         _| ゙っ  ̄フ .i i i  i  i .l     l  .l  .l i  i l  i i
  |l        (,・_,゙>  / .i i  i i  i i i l_   、l|  i  | i  i | |  .l l
  ll     __,冖__ ,、  >  | i_,,,.L.|+‐||ii.l''「,l.,   ./iト-| ,,|,」|_l .i .| | l .l l    皆さん、三度こんにちは
  l|     `,-. -、'ヽ'  \ .| | | i,| i,.|.ii ', ゙,ヽ  /ii.| / | /レii.l .i l .l .| .| |    マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
  |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .l |ヽl il__ii_i_ i  ヾ,/ ノ レ__|/  ii l l /レ  | | |
  ll     __,冖__ ,、 | |   | .l Or" ̄~~`      '" ̄`Ol /l/   .| | l
  ll     `,-. -、'ヽ' i  l   ト ゙ ,         、     .lノ /|   |, |, ',
  |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {l  l   .lヾ、     ,―-┐     l |/ |   | ', l ヾ、
.n. n. n        l  l l   lヽヽ.    l   l     イ  /|   | l、l
..|!  |!  |!         l  i i   .l. `' ,  ヽ___ノ ,. ‐ " / | / |   lli .| ヾ
..o  o  o      ,へ l .|、 lヽ  .l,   ` ‐ ._ ' ヽ|/ | /-| /_ .|   / ii
          /  ヽヽl ヽ ヽ  l ` ‐ ,_|_,./   |.レ  レ  ゙|  /




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      そんなこんなで、本日私が勉強のターゲットとさせてもらったのは、
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',      ↓のスレ
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     >>240で依頼のありました
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     「やる夫は弁護士になったようです(1話限り?)」
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    です
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /     せっかく、「誰でも評価してください」と書き込みありましたので、
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ      それに乗らない手はないってもんですよ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

453名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:15:51 ID:5S.t4qGo


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._      本作は、ゲームボ……おっと、歳のバレところだった
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!     任天堂の携帯ゲーム機で発売されている
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !     「逆転裁判」
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     ……の二次創作を題材としたスレです
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !    そのため、ゲームをプレイしたことのある人でも、
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    新鮮な気持ちで臨めるのではないでしょうか
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      ただ恥ずかしながら、私は「逆転裁判シリーズ」を
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      プレイしたことはありません
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/        せいぜい、友だちがプレイしているのを見たのと、
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       「犬マユ」の逆転裁判の回を見た程度
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     というわけで、
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |     「ゲームと比べるとどうこう」
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /      といった評価はできませんので、あしからず
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

454名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:16:19 ID:5S.t4qGo


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /    以上の点を踏まえ、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|    依頼のありました3点を見て行きたいと思います
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  「逆転裁判らしいか?」

  「ムジュンの推理部分にアナがないか?」(読者がムジュンがわからなくて困らせたことがある為。)

  「全体的な評価」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

.

455名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:16:49 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

   「逆転裁判らしいか?」

-----------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    先述のように、プレイしたことをない人間がいうのもなんですが……
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     こだわった演出のおかげで、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    『かなり「らしい」』
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    のではないでしょうか
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \          「異議あり」「くらえ」「待った」
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |          なんかの有名なセリフに加え、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          弁護士と検事の言い合いも面白かったですし、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       個性豊かな容疑者たちとのやり取りも楽しめました
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

456名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:17:20 ID:5S.t4qGo


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                       さらにそこに「安価」という
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                      やる夫スレ独特の機能を加えることで、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                     「まるで読者もゲームに参加しているような気になる」
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'     という試みは楽しかったです
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |         ただこれは、後から追う身になると……
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}     「へぇ、そういうことがあったのか」
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   なんて、冷めた感じになってしまい、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ  下手をすると入りにくい
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ  「ご新規さんお断り」な雰囲気を作りだしてしまう気も
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

457名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:17:50 ID:5S.t4qGo


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ     バランスの難しいことですし、
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |     それでスレの特徴が失われてしまっては意味がありませんが……
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     「実際に投下中にはスレを読まず、
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      後から追う人もいる」
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        ということは念頭に置いておいた方がいいと思います
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

458名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:18:21 ID:5S.t4qGo


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }      ただ、「逆転裁判らしさ」を追い求めすぎて、
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'       『やる夫スレ「らしさ」』
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i        が損なわれているように感じた部分がありまして……
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     この辺りは、後ほどの
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                     「全体的な評価」で触れてみたいと思います
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、

459名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:18:50 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

   「ムジュンの推理部分にアナがないか?」

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //           これも、ほとんど気になりませんでした
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       まるで本物の推理ドラマを見ているように、
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     なるほどな〜、と思いましたし……
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    よほど本格的に考える人でもなければ、
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ     アナがあったとしても気付かないのではないでしょうか
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      それに創作作品なんですし、
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/       多少のアナはあってもいいと思うんですよね
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|          コ○ンや金○一少年を見れば……
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|          と失言でした
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

460名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:19:21 ID:5S.t4qGo


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |       ともかく、現状はほとんど問題なく物語も進行してますし、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |       この水準が保てればアナなんて気にする必要はないかと
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|      ただ、現在突きつけている証拠、
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!      現在話している内容なんかがレスの頭におかれ、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /       ゴチャゴチャしているのだけは気になりました
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/85
.     /    !       ト               イ    ! |          ↑こんな感じで
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3      頭は2行ぐらい空けた方がいいと思いますね
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

461名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:19:50 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

    「全体的な評価」

-----------------------------------------------------
               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      さて、ここからズバズバと行かせてもらいます
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|         具体的にいえば、さらに項目を細分化してしまうほど
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

462名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:20:21 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

    全体を通して気になったこと

    ①ゲームを意識しすぎではないか?

-----------------------------------------------------
          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!    「原作」を持つと一番難しいのは、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |     「原作をどれだけ意識するのか」
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//      ということなんですよね
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                      その点において、本作では
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                      演出の節々から
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                      「原作をかなり意識している」
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'     というのがかなり垣間見えます
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',

463名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:20:53 ID:5S.t4qGo


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
┌─-───┐
│ やかま  |  
├───‐─┴────────────────────────
│そこで本作がよく利用しているのが、
│このタイプの吹き出し
└─────────────────────────────‐



            ,}`ヽ、
        ,,. -''´ ,,. -'’
      r''´  <´
      `ー,、,,.._ `゙`ー-、
        L_, ̄``ヽ_,ノ
         /⌒レ=ニ二´_
       |  '´,,-ァ   `ヽ
   r‐ 、 `ー'"/  ,,. -‐''"
   ,!   ヽ  ぐー一'^ヽ__
  ,!  ,イ`ー-=='"~´ ,_) ,,
  | /  ヽ._,.ィ´  <, //
  ,!〈   /  /ァ └' /
 {,_〉 {._/  ヽ、,,__/



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    そして、↑のタイプの大文字AA
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    たしかに、ゲーム画面を意識し、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    原作を再現するためには必要なことでしょう
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

464名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:21:56 ID:5S.t4qGo


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //            しかし、↓コチラを見ていただきたい
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |        【シーン1】
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/80
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ     【シーン2】
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/67
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|



          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|   【シーン1】では、吹き出しの幅をはみ出してしまうセリフ
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |  一方、【シーン2】では「吹き出しは2段」というのに拘りすぎてしまって……
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /   決して読みづらいわけではないんですが、
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//    なんだか妙なチグハグさがあります
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

465名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:22:21 ID:5S.t4qGo


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    たしかに原作に拘るのも大事ですが、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'     これは二次創作である「やる夫スレ」
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i     原作から足をはみ出し、
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ     「見易さ」を重視するのも大事なんですよ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



                   , r '' "  ̄ ̄ "' 、
                 /          \__
               | ̄ __         /     ―、ヽ
                 |  /   l l | | |   | l l lヽ \
                  !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |      ↓のように、
                l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |      AAやセリフに合わせて、
                 !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //      吹き出しを改変していく、ということを意識してみてはどうでしょう?
              | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
               | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
               | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
               | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
              V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
                 ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
┌─-─────────┐:::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
│ マジカル☆シンドレッテ |  レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
├───‐───────┴──────────────────
│はぁ また 悲しい冬がやってきた ?
│口を開けば延髄チョップ 一体私の何がいけないと言うの?

│今日もがくり 昨日もがくり きっと明日も また がくり
│でも負けない 私 マシンガンだもん
└──────────────────────────────

466名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:22:50 ID:5S.t4qGo


-----------------------------------------------------

      全体的な評価

      ②AAの位置

-----------------------------------------------------
, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/        で、さらに気になりましたのがAAの配置
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     ↑では、意図的にスレとは違う配置にしてみたんですが……
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

467名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:23:20 ID:5S.t4qGo


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
┌─-───┐
│ やかま  |  
├───‐─┴────────────────────────
│これと……

└─────────────────────────────‐



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
┌─-───┐,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
│ やかま  |  ::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
├───‐─┴────────────────────────
│これ
│どちらが、私が話しているように見えるでしょう?
└─────────────────────────────‐

468名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:23:50 ID:5S.t4qGo


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/     おそらく、後者ですよね?
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      ですよね?
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        この辺りも、「ゲームらしい吹き出しに拘ってしまった結果」
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         だと思います
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

469名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:24:20 ID:5S.t4qGo


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!        さらに「くらえ」のような大文字のAA
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /         これもまた、配置場所に違和感を覚えました……
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´          たとえば↓
.     /    !       ト               イ    ! |        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/85
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      たしかに、ゲーム画面では大写しになり、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       「おお!」とプレイヤーに思わせる演出ですが……
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|         「やる夫スレ」では、また勝手が違ってきます
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |           ようするに、吹き出しと一緒で
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、        『誰がどういった意図で言ってるのか』
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \       というのを見せないと、ダメなのです
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

470名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:24:54 ID:5S.t4qGo


                             ,}`ヽ、
                         ,,. -''´ ,,. -'’
                       r''´  <´
                       `ー,、,,.._ `゙`ー-、
                         L_, ̄``ヽ_,ノ
                        /⌒レ=ニ二´_
     .., ...,     ..,. .,         |  '´,,-ァ   `ヽ
    '::⌒ヽ:.:  ::::γ⌒)::     r‐ 、 `ー'"/  ,,. -‐''"
   ..::.: ::"::.f;   ':,:):.:~''::     ,!   ヽ  ぐー一'^ヽ__
     ''::ノ::'..':::::/':::       ,!  ,イ`ー-=='"~´ ,_) ,,
     (' :: :: /::::         | /  ヽ._,.ィ´  <, //
      ::`::  }          ,!〈   /  /ァ └' /
   ,,、-‐──‐- ,,       {,_〉 {._/  ヽ、,,__/
    l`''ー----一''|__
    |        |-、ヽ        ,,;:rュ;;::^;:;;;-、l;;:`:,
    |        |. ||     ,、;::;「;;;:r、゙::::;「;;::;::〉;::::;::
    |        |,ノ /   ,,、、へ;;'.O;;/:::::>;;;!:;;:://;;;.;ゞ、
    |        |-''´   ヾ^'' ー─-----------─一''フ
   `ー───‐'"      `''ー─-----------─一''

471名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:25:20 ID:5S.t4qGo


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |           ね?これだと「この料理を喰らえ」
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           って意味になるでしょ?
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}        いや、決しておふざけではなく……
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       『共にあるAAによって、言葉の意味が変わってくる』
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     のがやる夫スレなのです
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉

472名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:25:53 ID:5S.t4qGo


                      } ̄ヽ  } ̄レへ
                      /  ぐ二,,  r==、
                    / ,/  〉"´_,,.  -‐〈
                   '一グ   /-‐'",,__ r-‐'
                   /_,,ィ  l>(づ、,| ヽ
                    ̄  {.  トー-、,,_  ノ
    / ̄ ̄ ̄\           `ー' ヽー'"´ ̄ヽ
  /        \     /⌒ヽ_  } ̄L,ヘ-ク  ノ
 /    ─   ─ ヽ    !   ハ``'  __ノ''‐一く
 |    (●)  (●) |    .! /  `ナ /ヽ_,,ィ_,, -'”
 \  ∩(__人/777/    j イ    / / /´ー-‐'⌒ヽ
 /  (丶_//// \   {,_〉  {,,__/ ゝ,,____,,ノ



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     ですので、このように
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      「キャラクターと大文字の一体化」
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     をオススメしますね
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     その方がずっと、キャラクターの意図も読ませやすいですし
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |      大文字で1レス使って、まさに『決め台詞』とするのも、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !      演出的には楽しいかもしれませんね
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

473名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:26:20 ID:5S.t4qGo


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     というわけで、全体的に
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     『らしさを意識するあまり、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !      演出面がおろそかになっている』
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    という印象を受けたわけであります!
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

474名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:26:51 ID:5S.t4qGo


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |      というわけで、拙い評価となりましたが、
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|      コレにて締めとさせていただきます
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  「逆転裁判らしいか?」

     ⇒「ゲームらしい」という点では十分、しかし……

  「ムジュンの推理部分にアナがないか?」(読者がムジュンがわからなくて困らせたことがある為。)

     ⇒一読者としては気にならない

  「全体的な評価」

    ⇒「ゲームの再現」ではなく、「やる夫スレ」であることを意識して

----------------------------------------------------------------------------------------------------------



       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                     先輩にソックリの、朝比奈みくるが犯人……
                                     あんまりいい気分がしない
          ∫∫∫
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}              以上、スレ汚し失礼いたしました
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

475名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:28:47 ID:H.qJG6KY
連続での評価乙です

476名無しのやる夫だお:2010/01/22(金) 23:29:00 ID:wVby9Yzk
評価乙!

的確ですっごく良かった!
一体感か・・・考えさせられるな・・・

ただ、さいごの「〜が犯人」ってのはいらなかった気が・・・

477 ◆5bk3w.Lcjo:2010/01/22(金) 23:37:12 ID:NZj590mI
評価乙です。
自分も依頼させていただきたいとおもいます。

やる夫異聞録 Sun and "THE" Moon
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1253534462

・ 結果2話までの消化に1スレ半を消費しているのですが、
 その割りに話が書き込めていない(濃度が薄い)感じがするのですが
 いかがでしょうか? もし話としての濃度とレスの分量が釣り合っていないと
 したらどのように改善していけばよいでしょうか?

・ 現在の更新速度がかなり遅いのですが、この更新速度は
 許容できるレベルでしょうか? 一度連載を止めてでも
 コンスタンスな更新が出来るようにするべきでしょうか?

・ その他気になる点があればご指摘お願いします。

478名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:02:44 ID:nXHIFYBo
すごい人きたよ!

479 ◆35OqNH4IFs:2010/01/23(土) 00:05:34 ID:Uf9q8PJw
カカロット様、進藤様、評価ありがとうございました。

明らかにおかしい日本語の文意を汲んでいただき申し訳ありません。

自分で読み直しても何言ってるかちょっとわかんないっすね、という有様ですが、
要は見ただけで何となく何が起こってるかわかるように、簡単なAAを織り交ぜて、
なるべく長文であっても読み疲れしない工夫のアドバイスを願いたい、という意味でした。

・騙す、という言葉について
正直申し上げますと、「大筋が合っていた」と言うのが一番驚きました。
知らない人からすれば、これだけ長文とそれっぽい理屈を重ねていけば
嘘歴史でも信憑性が出るのでは、と思い、騙すという表現を使いました。
煙に巻くと言った方が意図に近かったかもしれません。

・興味を持たせる という点
ここは今作における最大の失敗点だと思います。
こと歴史が好きな方でも、たとえば劇中における火縄銃や船舶、
これの進化について詳しく知る方はあまりいないかと思います。

カカロットさんのおっしゃる事は極端ですが、なるほどと思いました。
こちらから読者の方に疑問符を投げかけて、意図的に考えるか、あるいは
調べていただくか、もういっそWikiのリンクを張るべきだと思いました。

進藤さんの評価からすると
①と②の両方が出来ていませんでした。

筆者の意図するところに読者の方の視線をもってきていただけるように
お願いする、というのは本当にしまったなぁ、と思いました。
劇中で「ちょっとみんなにも考えて欲しいんだけど…」といった、問いかけた上で、
考える時間というのを持って、いろんな意見を書き込んでいただくなど
読者の方の参加も視野に入れるべきだったと思います。

そうすることで「考えてみて欲しい」、という筆者の意図を
伝達できたかと思います。

「学べ」というスレではなく、「考えろ」といういう意図を評価で汲んでいただけたのは
素直に嬉しいです。
今作が完全に内容が一人よがりになっていたことを深く反省しています。

長文になりましたが、評価ありがとうございました。
カカロットさんと進藤さんのおかげで、やる夫スレがリアルタイムで進行しているものだ、
という事、読者の方への目の向け方を改めるよい評価をいただけました。

こちらのスレでいただける「評価」には、凝り固まった頭をほぐしていただける
大変にありがたい場所です。

これからも、よき評価で作者の方の作品の質の一助となり続けてあげてください。

480名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:05:55 ID:CNJjxHyM

延髄にチョップをかましたくなるほどやかましい評価だな

481名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:26:33 ID:Geoe/0OA
あわせて、やかま進藤ということですね、わかります

482 ◆7m.CTF/Sgs:2010/01/23(土) 00:36:30 ID:x2Xo3q4k
依頼してもよろしいでしょうか?
最近完結したんですが、次回作の参考にしたいので評価をお願いします。

キル夫が学園都市で暮らすようです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253885200/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258720566/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260624782/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262178507/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262440920/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263038454/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263559981/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263652934/

辛口でも何でも構いません。
正直な感想をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

483名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:36:44 ID:c4T6TcuE
>>481

【審議中】
            _,,..,,,,_        _,,..,,,,_
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ
          _,,..,, `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"
         / ,' 3  `ヽーっ         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ        l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"       _,,..,,, `'ー---‐'''''"
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ
             `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"

484名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:44:13 ID:N4ryJKm2
>>482
これ、前作も込みで考えないと評価できないかも……
前作のキャラや、その関係者が多数登場してるし

いや「前作未読の場合の評価」が知りたいのなら、その限りじゃないんだが

485名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 00:53:43 ID:zwQf18DQ
>>482
「こういう部分が気になる」というのがあれば、いただけますか?
ノリと勢いで楽しむスレですし、漠然とした依頼だと的確な評価ができないかもしれません

486名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 01:33:41 ID:gUx5BS6A
>>402
やる夫は弁護士になったようです作者様へ

      _   
     .'´  `ヽ    指名された評価が遅くなって申し訳ありません。
    | トレノノノ゙i.}    >>334で連絡させて頂いてますが分かり難かったですね。
     州(l ゚ -゚从
.     ⊂[iヘV+}]つ   依頼された時点で、すぐに取り掛かれたら良いのですが
       く/_l_|     すでに依頼があったためそちらを優先していました。
     〈_,八_〉


ところで評価を書いてもすでに指摘された内容と被ったら
内容を削ることもありますし、丸々被ったら投下せずPCから削除したこともあります。

きめぇ夫さんも過去にそういう経験があって
指名されている私の書く内容が無くなったりしないように
評価を書いている人として気遣ってくれたのかもしれないな?と思いました。(言葉は乱暴に見えましたが)

あくまで私の立場からの意見ですので
こんな見方もあるのかな?程度に流して頂けると幸いです。


出来得る限り早く完成させます。
評価でもないのに長文を失礼致しました。

487名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 02:00:33 ID:J0KzVlyU
>479
◆35OqNH4IFs様
当方幕末には多少の知識があるものですが、
悟空様と、進藤様、及び作者様の>479のレスで、
ようやく作者様の意図と作品の問題点が理解できました。
かなり説明の難しい状況で、ややお時間をいただくことになりますが、
評価させていただいてよろしいでしょうか?

488名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 07:09:48 ID:N6HtET36
評価してもらいたいのですが、よろしいでしょうか?
やる夫は幼馴染と初参りに行くようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/12-70

初めての投下なので、何が悪くて、何がよかったのかをはっきりと聞かせてもらいたいです。
なので辛口でお願いします。

489 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/23(土) 09:32:41 ID:weQpsuZA
さつきさん、的確な評価をありがとうございました。乙彼様です。
セリフの見易さ‥‥やる夫スレらしさ‥‥‥原作を追求しすぎて忘れていたのかもしれませんね‥‥。
その点を気をつけ、精進出来たらと思います。


ただ、>>469-472で申していた「キャラクターと大文字の一体化」
コレは主人公のみが発する「待った!」「くらえ!」はともかくとして、
ダレもが言う可能性のある「異議あり!」は話の流れに必要な為、今後もこのままの形で通そうと思います。

自分の為、読む人の為を思って一生懸命考えてくださった評価、アドバイスを無下にするような形をとってしまい、大変恐縮ですが、
「待った!」「くらえ!」の形は出来る限りで直そうと思います。 本当に…本っ当にありがとうございます!


>>486
>>334で気づかなくてごめんなさい……orz
そして御坂さんや、他の評価人のみなさんを急かすような真似をして申し訳ありませんでしたっ…!
長文失礼しました。

490名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:05:15 ID:77hNEmzM
>>484
同意

491 ◆35OqNH4IFs:2010/01/23(土) 10:06:32 ID:Uf9q8PJw
>>487
お任せいたします。
ただ、二件もすでに評価を頂いたので、気が向いたときにでも
寸評をいただければありがたく思います。

492 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/23(土) 10:14:18 ID:weQpsuZA
>>468
追記しておくと、コレは「ゲームらしさを追及した」のではなく、
タンジュンに技量が足りなかっただけという話というオチでした…そりでぃは…

493名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:46:37 ID:g3eZImyk
>>489

あの、横から失礼します。
「異議あり!」についてですが誰もが言う可能性があるならその場その場で組み合わせれば良いと思うのですが。
大した手間じゃないですよね?

「待った!」「くらえ!」にしてもその場に合うように加工したほうがいいと思うんですけどそんなに大変ですかね?

494名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:56:51 ID:L9lxO/D6
15レスほど投下します。

495名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:57:34 ID:heZwEyXI
AAいじることに慣れてないうちは大変なのよね
大した手間じゃないのが当たり前みたいな言い方は控えたほうがいいと思うな

496名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:59:00 ID:L9lxO/D6
.
            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、   こんにちは、八百黒の太田です。
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|   前スレの
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/969と、
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|   今スレの>>106で依頼された作品を評価させていただきますよ。
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       ・      U |:::::::::/
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/    俺は原作シリーズ(SEED、DESTINY、STARGAZER)を見ていません。
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/     なので、「予備知識皆無」と思っていただきたい。
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’      そういった視点からの評価になります。
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、         …やってみたら、評価がすごく難しい作品でした。
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_

       ↓評価依頼作品↓
───────────────────────────────
【やる夫板Ⅱ】  中編、短編投下所10

 やる夫のガンダムSEED  C.E.73 STARGAZER
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/171-222
───────────────────────────────

497名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 10:59:48 ID:L9lxO/D6
.
   ・「原作の持ち味を殺していないか」
    または「原作を知らない人間にもストーリーが理解出来るか」
   ・「キャラに違和感がないか」
   ・「AAは見づらくないか」
   ・「テンポ」

   ・長所、短所問わず
   ・甘くも辛くもないくらい



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|   依頼ポイントは、以上ですね。
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::!             |:::|     スタンスは
      l:::\   ー─一  . /|/        ・ニュートラルを意識したつもり
     ノl/i::/\         /|        ・原作を知らない読者の視点
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'          という方針で評価させていただきました。
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

498名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:00:37 ID:L9lxO/D6
.
  << 原作の持ち味を殺していないか >> または
  << 原作を知らない人間にもストーリーが理解出来るか >>



            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|::::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、    
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、    原作を知らないので、後者のみの評価ですが…
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::| .    「テロで降ってきたコロニーのせいで地球が大変。
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;::::::::::|      怒りに燃える元軍人の青年。
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|      被災地では何もかも足りない。
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/       そこへ『ヘリを貸してくれ』と現れた有力団体っぽい一行。
    `l lヽ|       `      U |:::::::::/       さらにはテロリストがモビルスーツで襲ってきた。
    `、|/|   ィ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   l:::/;::::|        そんな中、黒沢の心は青年によって強く動かされ・・・・!」
     // .|`、 {:〉- …   ─ -〈:}  /;;/l;;;:/
     "   |;;|、 `ー…    ─- ' r'";| |;/               読み取った流れはこのくらいです。
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’  
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/        
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_



                     _
                   ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
                /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
              /::::::/::::/-\_    `、:ヽ
              ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',
               l:::l什|:/  u    〉 ``' !::l:|   流れはわかるんですが…
                |:::|┘ゞ、 _,.ェェェェ_、  l::/ィ   それぞれが何のために動いているのか、「動機が見えない」。
                /:::::Y   ´      `` イ〃  
              /ァハ:::! ヽ           イノ    印象としては
                 l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!     「なんとなく雰囲気で動いてる」ように見えちゃったんですね。
                ヾ || !    /|:/八レ

499 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/23(土) 11:01:32 ID:weQpsuZA
>>493
言い方が紛らわしかったかもしれませんが、要するに「異議あり!」は所謂“仕様”的な形を取る為に
現状維持を保つという意味です。

「待った!」「くらえ!」等は普通に加工致しますよ。

500名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:02:37 ID:L9lxO/D6
.

        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \    それはなぜか? 「読み取れる情報」が少なすぎるんです。
     / ::::::/         \:: \   以下は、読んでいて「?」と思ったことを書き連ねています。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i U            |/|ソr ‐─ - =、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪∪∪∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/176
   しぃ はテレビ画面?ニュースキャスターかな?

  ・それを見てるやる夫は「元」軍人…今は何やってるの?飛行機とか飛ばしてるけど。

  ・ルイズは…きっと軍人だよね?
   被災地と離れた司令部的な場所で指示を出しているの?
   それとも被災地のベースキャンプで活動しているの?

  ・この肩書きはどんな意味があるんだ…?
   >【地球連合 陸軍 軍曹 才人・レイエス】
   >【D.S.S.D技術開発センター保安副部長 エドモンド・黒沢・デュクロ】
_____________________________________






            , -―- 、
           , '      ヽ           人物紹介の肩書きですが、「肩書きを伝える意味」とは
          /    ∠    'y-、           人物がどんな役職・立場かを伝えるためだと思います。
         { ≧   ≠   ζ}}
          r、≠ !.     トイ         「地球連合 陸軍 軍曹」…これはどこかの軍人さんだとわかります。
          ゝ}   _   / .|          .「D.S.S.D技術開発センター保安副部長」、これがさっぱりわからない。
           ` 、     / ! !,         後に「D.S.S.D」の説明が入りますが、正式名称が示されたくらい。
             `゙ ーく  l /.>、        「組織の説明」になってないんですね。
                〉/ ,≦=、
               !VV〃  {\.}、       どういう組織かわからないから、
             ,イ├―ォy' >  |       和と黒沢が何者で、何の用件で軍人さんの所に来たのか不明。
┌――――=―――‐、,|  /ノ〈    !l        救援活動で忙しい中、アポも取らずに現れ「ヘリを貸してくれ」…
|┌――‐―‐ヒ\‐―――Y y     |.i      非常識にもほどがあります。普通なら。
||            |>Ξミ、、  ノ .|
|| 帝 王       /ゝ、__ミy. |
||  才ー、ニ|ニ``/    .ノヾ===|
||  /1 d、ニ二 /   _ - ´     |
||      _ー '゙  _孑彳    ヾ三  |
.ヾ|    =ニ   「´   |         |

【 花見町商店街 「八百黒」店主 太田 明彦 】

501名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:03:49 ID:L9lxO/D6
.

        __ ______  __ _
        ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
      .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
      i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
      |::|        `;:::::::ヾ;::::    「どんな立場の人が、どこにいて、何をしているのか」
      |:| \  /  ヾ;::::::::!,.
      ..|| ―  ――  `;::::::::      背景AAや、文章・セリフによる解説の少なさもあって、
      . !          ;:::;;       原作を見ていない俺には状況を想像することが難しかったです。
       | 、     U  ;:;        「段取りを追っている」、そんなふうにも見えました。
       .|
        `ヽ, ̄ ̄      ,.-
          ヽ、___,,,...-‐''"       でもこれ、場合によっては“指摘する意味が無い”んです。
           |::::::::::::  ,,,...-      詳細は総括にて。
           /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
      ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
      ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
        l l   |    //

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・「原作を知らない人間にもストーリーが理解出来るか」

  → ストーリーは見える。しかし、
    肉付け描写が不足しており、段取りをこなしているだけに見える。
______________________________

502名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:04:32 ID:L9lxO/D6
.
   << キャラに違和感がないか >>



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \       指揮を取るルイズ、部下は才人やシエスタ。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |         なんか有力者っぽい原村和、
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|        元軍人で、葛藤しながらテロリストと戦う黒沢。
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::!             |:::|        関係性はわかりやすいですし、キャラもなんとなく掴めます。
      l:::\   ー─一  . /|/           なんとなく「しか」掴めないとも言えますが…
     ノl/i::/\         /|           これも、総括で再度触れます。
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入           作者さんが納得した上でのキャスティングであれば、
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_        扱いに違和感は出ないものかと思います。
  -‐'   | |            .| |  `‐-


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・「キャラに違和感がないか」

  → キャラ出典元の関係性が活きている。
    作者本人が納得の上であれば問題ない。
______________________

503名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:05:15 ID:L9lxO/D6
.
   << AAは見づらくないか >>



808 名前: 名無しのやる夫だお [sage] 投稿日: 2010/01/22(土) 01:23:45 oAkIhiKO
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \    
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \  
     / ::::::/         \:: \ 
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: | 
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|     先頭1行が詰まってたり、空いてたりしてますね。
     l:::l、i             |/|ソ      投下直前にでも、ひと通り確認しておくとよいでしょう。
    ノ|;::::! u           |:::|
      l:::\   ====ニニ  /|/
     ノl/i::/\       /|           「AAが見づらくないか?」ということなら
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/         特別気になるところは見当たりません。
         ,|、  :::::::/ ト,;'          でも…
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/181
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/199



      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \    
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \  
     / ::::::/         \:: \    上記2つのシエスタ。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: | .  場の空気と合わない気がしませんか?
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|    
     l:::l、i             |/|ソ .   「洗面器ひとつ回す余裕なんてない」のに、笑顔は不自然です。
    ノ|;::::! u           |:::|    
      l:::\    ───‐   /|/     笑顔のAAが多いキャラですが、
     ノl/i::/\       /|        このAAをよく見ると、口の部分は1文字です。
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/.         それを別の文字にすると、違った表情に見えてきます。
         ,|、  :::::::/ ト,;'

504名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:06:57 ID:L9lxO/D6
.
[ 改変前 ]
         __// __ヾ==-、
        f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
        |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
       ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
       l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
       |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/          あの、ミス・ヴァリエール
       l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ
       ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |            こちらの方が……
        Vl::::: |      '   {:::::: l
         l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__  ←口は長音【 ー 】
   厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ
    `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
   /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
   l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
   ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈

[ 改変例 ]
         __// __ヾ==-、
        f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
        |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
       ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
       l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
       |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/          あの、ミス・ヴァリエール
       l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ
       ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |            こちらの方が……
        Vl::::: |      '   {:::::: l
         l:!:::::::l>、   −   .イ:::::::,'__  ←口は全角マイナス【 − 】
   厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ
    `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
   /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
   l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
   ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈          [ 改変ここまで ]






     レ---  r‐,こ'、    `''==、,_
    ノ´    i .r'   `ヽ,r''' ヘ,   `'‐-、_
   /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,     `'‐、,,
   /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,      ヽ
  .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,
  .l,ノ  .,!           .'!     .ヽ,
  ,'   /          .,r'ヘ,      ヽ,
  .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,      γ、
  .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ     'i゙i i,
  i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \    .'i, .l     「AA改変」は、決して大げさな技術ばかりではありません。
  .l  l l!ヽ .゙-゙´ ,           \   .l, l
   l,  .'、.ll!   .r',:            \  l!   .  1文字変えるだけで効果的な場合もあり、
   ヽ ヾl!    `''            t ヽ, .l      それができると使い方の幅が大きく広がります。
    ヽ、, ヽ、__  、、、- '''''''=''゙´     ./ `'i!ヽ├
      `‐七´   `  ´       /   l 'i.l.     1文字改変を覚えたら2文字。1行改変を覚えたら2行…
        .ヽ,            ,r'    l rリ     気軽にいじってみるうちに、
          .\         /   ,、┴、 `     コツがつかめるようになってくるはずですよ。
            ヽ、_     /  ,、r'ヘ ヽ,、-
              ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ ,ヽ '´

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・「AAは見づらくないか」

  → 見づらくはない。
    簡易な改変、気軽にチャレンジを。
___________________

505名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:08:02 ID:L9lxO/D6
.
   << テンポ >>



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/209-212

        __ ______  __ _
        ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-      MSと戦車との戦闘シーン。
      .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::    .   「バレル(砲身?)が持ちません」「1回しか使わん」「狙うは関節部位」
      i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::         そんなセリフがあったので
      |::|        `;:::::::ヾ;:::::      「敵MSを行動不能にしたが、無茶な攻撃の代償に戦車が吹き飛んだ」
      |:| \  /  ヾ;::::::::!,.       そういった状況が読み取れます。
      ..|| ―  ――  `;::::::::        ですが…
      . !          ;:::;;
       | 、     U  ;:;        < 近づく→狙う→【撃つ→当たる→MS破壊・戦車自壊】→トドメ >
       .|
        `ヽ, ̄ ̄      ,.-         【】内の部分がひとまとめにされていて、もったいなかった気がします。
          ヽ、___,,,...-‐''"        そこは見せ場だったんじゃないかと…
           |::::::::::::  ,,,...-
           /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐'      水戸黄門に例えると
      ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'        「印籠が出ると思ったら、既にご老公が説教してた」…そんな雰囲気です。
      ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
        l l   |    //



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |     そんなこともあって、テンポとしては
    |:::i~|   ̄ ̄    ̄ ̄   |`i;:::|      「 何もかも唐突 」という印象ですね。
     l:::l、i      ′     |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|       シーン同士のつながりに、
      l:::\   〜〜〜   /|/.        「間」がほとんど無いことが原因だと思います。
     ノl/i::/\       ./|.         突然あっちこっち、先々のシーンに移るため
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/     .     「展開が忙しい」んです。
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

506名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:08:56 ID:L9lxO/D6
.
           _
         ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
      /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
    /::::::/::::/-\_    `、:ヽ       速いだけなら、「スピード感」は「忙しさ」に、
    ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',      遅いだけなら、「落ち着き」は「間怠っこしさ」に…
    l:::l什|:/ u     〉 ``' !::l:|
    |:::|┘ゞ、         l::/ィ      それぞれの要素は似て非なるものであり、
    /:::::Y    ー - 、  イ〃    .  加減を間違えると悪いほうへ傾いてしまいます。
  /ァハ:::! ヽ         イノ
   l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!
   'ヾ || !    /|:/八レ



            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|    「 スピード感 」 と 「 落ち着き 」
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|   両立させることは可能なはずです。
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       、        |:::::::::/     それが「メリハリをつける」ことになり、
    `、|/|               l:::/;::::|     「テンポの良さ」につながってくる、と思います。
     // .|`、   、___    /;;/l;;;:/
     "   |;;|\          ,r'";| |;/
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・「テンポ」

  → シーンごとの切り替えが唐突。
    ずっと速いままでは逆に単調。
    背景や、カットインなどを挿むのも効果的。
______________________

507名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:10:34 ID:L9lxO/D6
.
   /^v'''⌒ヽ
   {.! /^v⌒i.}
__Vi!;´Д`)__    依頼ポイント以外で気になった点をひとつ。
|  〃( つ つ   |
|\ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
|  \           \
\  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|
  \ |______|



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/199
     / ::::::/         \:: \     ・「ヘリを貸してと頼んだら、ナイスボートが出てきた」
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|     これ、どういう状況でしょう? ヘリの代用が船…嫌がらせ?
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|      和のAAが「おいおいなんだよそれ」という表情にも見えますし、
      l:::\   ====ニニ  /|/       緊迫してる場面が台無し…というか、すごく浮いています。
     ノl/i::/\       /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/         ギャグだったなら、ここで入れたのは失敗。
         ,|、  :::::::/ ト,;'          船である必要があったなら、
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入          ボートと和は他のAAを選ぶべきだった…そう思います。
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

508名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:11:35 ID:L9lxO/D6
.

         レ---  r‐,こ'、    `''==、,_
        ノ´    i .r'   `ヽ,r''' ヘ,   `'‐-、_
       /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,     `'‐、,,
       /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,      ヽ、
      .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,       .ヽ
      .l,ノ  .,!           .'!     .ヽ,      
      ,'   /          .,r'ヘ,      ヽ,     
      .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,      γ、   
      .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ     'i゙i i,     シリアスなまま結末に向かうなら、
      i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \    .'i, .l      ギャグの衝動は極力抑えたほうがよいでしょう。
      .l  l l!ヽ .゙-゙´ ,           \   .l, l  
       l,  .'、.ll!   .r',:            \  l!      シリアスな話にギャグを混ぜるのであれば、
       ヽ ヾl!    `''            t ヽ, .l  .     気持ちを切り替えられる場面で息抜き程度に。
        ヽ、, ヽ、__  、、、- '''''''=''゙´     ./ `'i!ヽ├'''
          `‐七´   `  ´       /   l 'i.l
            .ヽ,            ,r'    l rリ     ギャグ重視の作品でもなければ、意図の有無に関わらず
              .\         /   ,、┴、 `     TPOを意識することが必要かと思われます。
                ヽ、_     /  ,、r'ヘ ヽ,、-┐      先に指摘した、シエスタのAAチョイスも同じです。
                  ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ ,ヽ '´   ヽ,
                   r' i、.rrベヽ,r'´       
                  /モ''i.r( l! ,ソ              もちろん、サジ加減は作者さんのセンスに因りますが。
                 .N! l l! y '           


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・その他気になった点

  → 「AAのTPO」を意識しよう。
    真面目なAAでギャグは可能だが、
    ネタなAAでシリアスは難しい。
___________________

509名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:12:31 ID:L9lxO/D6
.
   <<  総括  >>


                     _
                   ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
                /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
              /::::::/::::/-\_    `、:ヽ    ここから総括に入りますが…
              ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',   この作品、評価は非常に難しいです。
               l:::l什|:/  u    〉 ``' !::l:|
                |:::|┘ゞ、 _,.ェェェェ_、  l::/ィ   総評は
                /:::::Y   ´      `` イ〃    「主演の黒沢は素晴らしいが、他がついてきていない」
              /ァハ:::! ヽ           イノ
                 l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!
                ヾ || !    /|:/八レ
                l| |  / ∧           展開と描写が「原作頼み、黒沢頼み」になっているので、
            _,.、-‐ァ´:.!   /:.:.:.〉ー-.、         「原作が好き」、または「黒沢が好き」
          /:.:.:.:.:/rー‐'r。∠、:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:`丶、     そういう読者以外を引きつけるには
        /:.:l:.|:.:.〃:.:./:.:.:.:.:.:.\/:i.:.:.:.:.:.;. -ァ-} .   足りない部分が多いかと思います…が、先に指摘した点。
       /:.:.:.:.ヽ!:〃:.:./。:.:.:.:.:.:.〃:.:.|レ:./:.:./:.:.:l
      _r'-‐:.:.:.:./プ ̄ ̄ ̄``X:.:.:.:.j/:.:.:.:/::.:.:.l     「段取りを追っている」
__  fニ¬ー-、!‐″       〃ハ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!     「キャラが、なんとなくしか掴めない」
    ̄ ̄  ‐┴--  _   || r宀ー‐- 、:.;,:.:.:.l      …これじゃダメ、とも
                |\ 弋万-- 、 -、 -、冫      これでいい、とも言えるんですよ。
                |   >'´     \\ ハ






        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |       短編として見れば、黒沢をじっくりと描いたことで
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|      作品の魅力は十分あります。
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::! u             |:::|       ですが、それ以外の内容は相当薄く見える。しかし…
      l:::\    イエエエ>   /|/  .      黒沢が描きたかったなら、「それ以外」は別に薄くてもいいんです。
     ノl/i::/\       /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/          また、濃くしようにも「原作の第1話」という性質上、
         ,|、  :::::::/ ト,;'           詳細な説明にも限界があります。
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入           今後の展開において、ネタバレとなる部分もあるでしょうし。
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

510名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:13:22 ID:L9lxO/D6
.


                                          レ---  r‐,こ'、    `''==、,_
                                         ノ´    i .r'   `ヽ,r''' ヘ,   `'‐-、_
                                        /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,     `'‐、,,
                                        /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,      ヽ、
                                       .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,       .ヽ
作者さんが「何をしたいか、何をしたかったか?」によって     l,ノ  .,!           .'!     .ヽ,
評価が違ってしまうんですよね。                        ,'   /          .,r'ヘ,      ヽ,
                                       .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,      γ、
                                       .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ     'i゙i i,
 黒沢だけなら、作品としてそれでいい。               i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \    .'i, .l
 メインテーマが「黒沢」ならば、それだけで推せます。       l  l l!ヽ .゙-゙´ ,           \   .l, l
                                        l,  .'、.ll!   .r',:            \  l!
 短編一発なら、描写が薄すぎる。                   ヽ ヾl!    `''          U  t ヽ, .l
 原作を明記しなければ伝わらない話では、               ヽ、, ヽ、__  、、、- '''''''=''゙´     ./ `'i!ヽ├'''
 「独立した短編」としては厳しいです。「完」とかついてますし。      .`‐七´   `  ´       /   l 'i.l
                                             .ヽ,            ,r'    l rリ
 シリーズ化の試作としてなら、薄すぎはしないが、まだまだ荒削り。      .\         /   ,、┴、 `
 もし今後スレを立てて、本格的に続きをやろうとするのであれば、       .    ヽ、_     /  ,、r'ヘ ヽ,、-┐
 第1話はこの短編を基にリメイクすることをオススメします。               ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ ,ヽ '´   ヽ
                                                    r' i、.rrベヽ,r'´
                                                   /モ''i.r( l! ,ソ
                                                  .N! l l! y '

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・総括

  → 作者さんの「やりたかったこと」次第。
    それによっては、指摘したポイントが蛇足にしかならない場合も。

    「黒沢」なら良い。 「短編」ならまずい。 「試作第1話」ならまずまず。

________________________________

511名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:14:13 ID:L9lxO/D6
.


            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|      処女作ということもあり、未熟・荒削りな部分も見えますが
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|     とにかく黒沢がカッコよく描かれています。
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       ・        |:::::::::/       投下時には、良い反応のレスもありました。
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/        最初から完成している人など、そうはいないものです。
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’.        千里の道でも、近所のコンビニまででも、まずは一歩から。
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/            その「一歩目の次」を踏み出す手助けとなれれば幸いです。
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_


.

512名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:16:08 ID:L9lxO/D6
評価は以上です。
結論が3つ…ちょっと卑怯な評価をしたかな、とも思います。

513名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:18:29 ID:weQpsuZA
評価乙です。
割り込みコメして申し訳ありませぬ。

514名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:23:13 ID:g3eZImyk
評価乙です。



>>495,499
不躾な物言いどうもすみませんでした。
それなのに答えていただきありがとうございました。

515名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 11:48:32 ID:Q5GyTgqU
評価乙です

516 ◆7m.CTF/Sgs:2010/01/23(土) 12:12:00 ID:h54MQFJM
>>484
失礼しました。
前作も出来れば読んでいただければ有り難いです。

前作【やる夫達は高校生活を満喫するようです】

ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1243422487/
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244040625/
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245679266/
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246202511/
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1247319342/
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248532010/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250129449/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1252672193/
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1253885200.html

>>485
失礼しました。
ちゃんと笑えたか。キャラは生き生きと動いてるか。
戦闘シーンが同じAAばかりでつまらなくないか。

それから、元々カオスギャグスレとして書いていたんですが
終盤からややシリアス流れになってしまったので、その展開も
楽しめたか感想をお聞きしたいです。

517 ◆7m.CTF/Sgs:2010/01/23(土) 12:16:51 ID:h54MQFJM
すみません。書き忘れました。

前作に比べてキャラが薄くなっていないか?
という事も気になってますので、よろしければ評価お願いします。

518 ◆ehFSMHF3hk:2010/01/23(土) 12:45:03 ID:2wVPP2Og
>>496
太田さん、評価ありがとうございます。
きちんとした状況解説、背景描写
状況次第でのAAの改変
時に間を入れメリハリを
などなど、非常に参考になる意見ばかりでした。

今回は黒沢を描きたいのはもちろんでしたが、
SEEDを知らない人に興味を持ってもらおうということも考えていたので、
まだまだ精進が足りないことを痛感しました。

次に作るものがSEED本編になるかスターゲイザーの作り直しになるかわかりませんが、
もっともっと洗練されたものを作れるよう努力させて頂きます。
本当にありがとうございました。

519名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:28:05 ID:CbRsJP12
む……>>488を評価してみたんですが……

酉が付いていないのは、マズイですかね?
それとも、短編な上に元スレでも酉がついてないから、大丈夫でしょうか?

520名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:30:06 ID:NiWrhiw.
酉なし短編評価は前もあったけど、そのときは評価人が責任を負ってくださいねという感じでしたね

521名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:33:43 ID:CbRsJP12
>>520
ああ、そういえばそんな例が前にありましたね……

では…せっかくですし、投下させていただきます
16時35分ごろから始めたいかと

522名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:37:22 ID:CbRsJP12


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |    スキルアップのためにやっていた
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!    「評価スレに挙がるやる夫スレ巡り」
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/       が、いつの間にか最大の楽しみになっている
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`   度々お騒がせいたします
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !   マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /    意外にキャラの知名度が高いようでビックリですよ
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !    さて、今回の私の勉強のターゲットにしましたのは
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |    ↓こちら
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     >>488で依頼のありました
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !    やる夫は幼馴染と初参りに行くようです
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/12-70
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !     です
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

523名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:37:55 ID:CbRsJP12


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                    「初投下」ということで、かなり不安だったようですが……
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                  やる夫、みゆきの両主役の表情が大変豊かで、
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                  大変勉強になりました
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ' 自分の好きなキャラをおし出すのも楽しいですけど、
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /  やっぱりこういう表情豊かなキャラで、
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /   自分の出したい「情景」を存分に書き出すのもいいですよね
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ            二人以外の「外の世界」の描写が、
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \            いささか寂しいような印象も受けましたが……
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           ・中編という限られた長さ
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}        ・やる夫の、みゆきに対する想いが物語の中心になる
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     という点を考えると、むしろこれぐらいの方がいいのではないでしょうか?
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ     むしろ、この辺りをバリバリ描写しすぎると、
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ      「細かい描写」というより、「野暮ったい描写」という印象を受けたと思います
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉

524名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:38:21 ID:CbRsJP12


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    しかし、いくつか気になる点もありまして……
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /     ↓以下3点、順を追って書いていきたいと思います
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

       ・「カタカナ台詞」を使う難しさ

       ・「※」を使う難しさ

       ・「恋愛もの」を書く難しさ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


.

525名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:38:51 ID:CbRsJP12


-----------------------------------------------------

   ・「カタカナ台詞」を使う難しさ

-----------------------------------------------------
                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i       直後の感想レスに同様のものがありましたので、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l       今更言われるまでもないかもしれませんが……
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !      序盤〜中盤で多用されていた
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !      「カタカナのみの台詞」が大変読みづらかったです
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'       たとえば、↓コチラ
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/32
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く       ぶっちゃけると、連発されるあまり
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ      「読み飛ばしてしまった台詞」も何個かありました
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

526名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:39:21 ID:CbRsJP12


      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\
  /   (__人__)   \    ミユキサン ハ ヤサシイオ
  |     |r┬-|     |    コウナリャ ヤケダオ   ハジモ ガイブンモ ナイカラ ゼンブ イッチャウオ
  \    `ー'J    /
  /              \



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \          こんな感じにして、
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |          「単語ごと」に一マス空けるなどの工夫を……
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          これでも見づらいと感じられましたら、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      この手の課題は「やる夫スレの作り方」を描いたようなスレ、
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      または評価スレでも何度も挙がっていますので、
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、    そういったものを参考にしてみてはどうでしょう?
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ    また、これに関して色々工夫している長編も多く見うけますので、
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /     それらを参考にしてみるのもいいでしょう
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

527名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:39:53 ID:CbRsJP12

-----------------------------------------------------

    ・「※」を使う難しさ

-----------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     ※心がマシンガンな人には、この評価は素晴らしいものに見えます
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i  
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    ↑最近よく見かける、この手の表現
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     本作でも何度か使われていました
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |  
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/26
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/27
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |      「このキャラにこの格好をさせたいのに、その衣装のAAが見つからない」
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |      「このキャラは今○○形態なのに、適当なAAがないから、一コマだけ通常形態」
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      こんな時によく使われる表現です
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   しかし……
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉

528名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:40:20 ID:CbRsJP12


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/         これは
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ      『最後の手段だ』
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     ということを自覚して使うようにして下さい
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

529名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:40:52 ID:CbRsJP12


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    「衣装を変える」ってだけなら、
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!    簡単なAAの首の挿げ替えをする方法もありますし、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /     「AA改変」を請け負ってくれるスレもありますので、
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//      そういった場所に依頼してみるのもいいでしょう
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'     とにかく、読者から見ると
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {      『野暮ったく見えてしまう』
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      ということを常に意識してください
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

530名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:41:21 ID:CbRsJP12


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|       まだ序盤の緩い空気の時はいいんですよ
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!       この「※」がギャグに見えますし
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /        しかし、↓の「二人の気持ちが高まってきたシーン」
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//         ですら、「※」を使ってしまったのは気になりました
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/60
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      ここで、「※」を使ってしまったことで、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       それまで「ギャグ」として受け取ってきたこれが、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|         一転、「なんか違和感を感じるもの」に早変わりしてしまうんですよね
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

531名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:41:50 ID:CbRsJP12


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |          ・「※」は最後の手段
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          ・使うにしても『今がどんなシーンなのか』を考えて、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      ってなことを考えて頂けると、いいと思います
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

532名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:42:20 ID:CbRsJP12


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'     あと、これとは直接関係ないんですが……
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      ↓コチラのシーン
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/50
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く     せっかく、丁寧なAAチョイスができているのに、
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ    どうしてここだけ「AAの意味の補足」をしてしまったのでしょう
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |         「コマ」としての台詞がない寂しさを警戒したのかもしれませんが、
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      必要以上の『キャラクターの心情の説明』は、
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      読者からすれば「想像の余地を奪うもの」
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   それ以外の何物でもありません
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

533名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:42:51 ID:CbRsJP12


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /     せっかく丁寧なAAチョイスができているのですから、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     もっと自信を持ってください!!
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

534名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:43:23 ID:CbRsJP12


-----------------------------------------------------

       ・「恋愛もの」を書く難しさ

-----------------------------------------------------
          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|    自分語りになってしまって鬱陶しいかもしれませんが……
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |    私、生まれてこの方、「恋愛もの」というのを書いたことがありません
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /     やる夫スレに限らず、黒歴史ノートや黒歴史Wordなどなど……
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//      数多くモノを書いてきましたが、このジャンルを取り上げたことがありません
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/        というのも、
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|          『恋愛ものって難しい』
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N            んですよね
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

535名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:43:52 ID:CbRsJP12


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                    本来、物書きにおいて要素の一つでしかない
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                  『キャラクターに魅力のあること』
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _  これが、恋愛ものでは一番に優先されることでなくてはなりません
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //           恋愛をする主人公と、その恋愛対象に
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       『読者も恋をできなければ』
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ    恋愛小説としては、失敗作だと思うのです
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

536名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:44:22 ID:CbRsJP12


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       「なんで、○○はこの男に恋ができるの?」
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/          「こんな女がいたら、ウザイ」
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_        なんて思われたら終わりですからね
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`      「こんな男の人と付き合いたい」
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !      「俺の周りにも、こんな女性がいたら……」
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |      と思わせて、初めて恋愛ものとしては成功になります
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |       となると必然的に
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|       『キャラの掘り下げ』
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/        が必要になるわけです
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|       なんの魅力もないキャラを好きになることはできないわけですから
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |            実際の恋愛でもそうでしょ?
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、         相手を知って、初めて恋するものです
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\      『一目ぼれ』なんて、都市伝説ですよ
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

537名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:44:50 ID:CbRsJP12


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|     それだけ『掘り下げる』ことが必要となる「恋愛もの」
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//       それを、短編・中編で描くというのは
      |   |      |`ー‐          、     l     l´         「とてつもなく難しい」
.     /    !       ト               イ    ! |         ということを理解してください
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'     結論から言うと、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      私はこの作品の主役のやる夫とみゆき、
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {       この二人の関係を「面白い」とは思いましたが……
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      「やる夫に恋をした」
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く      「みゆきに恋をした」
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ     という感覚には『まったくなりませんでした』
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

538名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:45:21 ID:CbRsJP12


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |         それもそのはず
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //         劇中に出てくるみゆきは、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      「やる夫(主人公)が、今恋しているみゆき」
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      です
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ  「私たち読者が見ているみゆき」
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ   ではありません
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      回想という形で、過去の彼女が色々語られますが、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      それもまた「やる夫の目を通した、みゆき像」であり……
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       「私たちが見ているもの」ではないんです
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N          他人が見ているものに、『恋をする』なんて芸当、
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |           大変難しいですよね?
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

539名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:45:51 ID:CbRsJP12


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |       「やる夫」に至っては、「常に主観」ですからね……
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/         たしかに、苦労してきたバックボーンは感じましたが、
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       それが『読者視点の恋愛対象になるか』
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ      というと話は別です
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._      物語で描かれているのが
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!     「やる夫から見たやる夫」
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !     「やる夫から見たみゆき」
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     だけだったのが、大変辛かったです
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l      こういった『誰かの視点』を取り除いた、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !      「やる夫」
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !      「みゆき」
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !     を描写して、読者は始めて彼らに『恋できる』
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,     のではないでしょうか
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

540名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:46:21 ID:CbRsJP12


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                   相当主観的意見が入りましたが……
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                   『恋愛短編』
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'  というのは、あらゆる書き物のジャンルの中で、
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   最も難しいジャンルです
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/        具体的な改善案がでず、申し訳ありませんが……
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     『他のジャンル以上に、キャラの魅力を発揮する必要がある』
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !    ということを理解して、臨んで頂きたいと思います
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

541名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:46:53 ID:CbRsJP12


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /     というわけで、本日はここまで
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     作者様の優れたAAチョイスセンスを活かした、
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !     次回作、次々回作……行く末は連載
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |     の登場を心待ちにしております
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

   ・「カタカナ台詞」を使う難しさ

          ⇒見易さを追求できる、「作者らしさ」を発揮できる点なんです

   ・「※」を使う難しさ

          ⇒「今使うべきなのか」を考えて

   ・「恋愛もの」を書く難しさ

         ⇒「掘り下げ」が、他以上に必要なジャンルだと理解して

----------------------------------------------------------------------------------------------------------




       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                   人生で一度も初詣に行ったことがない
                                   そして、行く相手もいない……
          ∫∫∫                     どないせいっちゅうねん
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ           以上、スレ汚し失礼いたしました
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

542名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:51:01 ID:NiWrhiw.
評価乙

543名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 16:51:26 ID:fTmKqb1.
評価乙です。
恋愛モノの難しさかぁ。

544名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:01:54 ID:N4ryJKm2
評価乙

恋愛ものの難しさなあ……
まあ、なんだ。フト思ったんだが

現実で恋愛もした事ないのに
恋愛を題材に書こうなんざ、おこがましいとは思わんかね?





うん、ちょっと死んでくる

545名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:19:35 ID:t7Fc3BzA
その理屈でいったら、日本で推理モノや戦争ものを書ける人間がもの凄い減るぞ

546名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:21:10 ID:c4T6TcuE
ファンタジー物なんかもっと減るな

547名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:22:27 ID:d89JnHNE
ドウテイのエロマンガ家ェ……

548名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:31:55 ID:FGDaY/1I
同人誌読んでれば
たいていわかります

549名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 17:49:23 ID:ip3ku4hM
評価おつ華麗。
昔、何かの本で読んだ言葉↓

「松本零士は四畳半のアパートで宇宙を駆け巡る物語を描いた」

550 ◆soYc2wnAMA:2010/01/23(土) 19:38:52 ID:MkkF4c7c
初めまして
評価依頼をお願いしたいです

白メタボのやる夫
1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259305384/
2スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261716679/

やる夫スレ初挑戦のため至らないところばかりかと思います
読者を楽しませることが出来るような作者になりたいので辛口で評価していただきたいです

どうかお願い致します

551名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:55:56 ID:37y6VFtY



       (● )    ( ●)))
     ))) ) ヽ___/  (
      /        \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  評価ができたんで、投下して良いかな?
  答えを聞く前にやっちゃうけどさ。

552名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:57:51 ID:2wVPP2Og
どうぞどうぞです。

553名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:57:55 ID:37y6VFtY


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (     催促するのはどうかと思うぞ!
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ ペローン
  |   ヽ__人__ノ   |         ∧∧
  \     |=======================三三三  ゴ、ゴラァ




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈× ノ\   /\ ×〉     ・・・と、早とちりしてごめんなさい。
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      ____
    )    Y    (       /      \
   /γ⌒     ⌒ヽ巛~) .. \    / u. \
  /  |         |  ヾ /(●)  (●)    \
  |   ヽ__人__ノ   | |   (__人__)       |
  \     |=====================(((9) u.  ./
  /    `ー'´    \ \     \ \__ ヽ   >>404-407 不愉快な思いをさせて申し訳ないです。
  |  /     Y    .ヽ |   i       \_/   だが>>440。 君はスピードが足りない。
  | .(           .) |  .|          .|    >>486>>490 悪いのは誤読したアホです。重ね重ね申し訳ない。
  |  |.           | |  .|.          |
  .(9)|           .|9) . |          .|
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   |    (∪)    .|
    ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/   ヽ   ヽ ./   /
      >__ノ   \__<      >__ノ  \__<





                     さて、評価依頼はこちら>>240

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ )) >「やる夫は弁護士になったようです(1話限り?)」
   ((〈● ノ\   /\ ●〉   >http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
        )    Y    (     >元ネタありで、パクリ呼ばわりされないか心配している毎日。
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   >それなのに評価して欲しいなどと言うのも失笑もんですが、出来ればお願いします。
  ((  |   |          |   .|   >要望としては
((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ
                     >「逆転裁判らしいか?」
                     >「ムジュンの推理部分にアナがないか?」
                       (読者がムジュンがわからなくて困らせたことがある為。)
                     >「全体的な評価」

                     >の3点を見ていただければ…幸いです。



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈> ノ\   /\ <〉       元ネタも「やる夫スレ」じゃないですかw
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ        いや、AAスレと言うべきか?
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\        でも、それもアリかな。
    /  |         |  ヽ
    |   ヽ__人__ノ   |       男も女も度胸。何でもやってみるものさ。
    \     `ー'´     /

554名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:58:05 ID:W7yhCo/w
いらっしゃいませ

555名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:58:47 ID:37y6VFtY



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ     さっそく行きましょうか。
     〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     >「逆転裁判らしいか?」
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\      オレは元の逆転裁判を知らない。
.    /  |         |  ヽ     ただ、漠然としたイメージはあるな。
.    |   ヽ__人__ノ   |     そう言う面では「らしい」です。
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /





>「ムジュンの推理部分にアナがないか?」(読者がムジュンがわからなくて困らせたことがある為。)

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     やる夫が違和感を感じることで、ムジュンが存在する伏線になっていて良い感じ。
        )    Y    (       で、ムジュンの内容はそれぞれしっかりしているかな。
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ
      \ .  `ー'´    /



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   情報の後出しは推理物で避けなければならない事だけど、
    )    Y    (     特に重大なミスは無かったよ。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   後出し気味のもあったけど、「お話の演出」の範囲内だよ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

556名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:59:27 ID:37y6VFtY




   ,.⌒ヽ
  〈 ○ ノ\   / ̄ ̄ ̄\ ニュロン
    ヽ彡  ヽ /  u     \
    )    Y    (⌒ヽ    |   ただ、店の構造がチト分かりづらかったな。
   / γ⌒     ⌒\  l___彡|   この喫茶店では、外から中を見られるのは「ガラスのドア」だけなんですよね?
  / U |         |ヽ〈   l
  |    ヽ__人__ノ | ヽ○/
  \      `ー' |\  //|
  /      /⌒ノ \/ ( )
         / /|       |


   ,.⌒ヽ
  〈 ● ノ\   / ̄ ̄ ̄\
    ヽ彡  ヽ /        \
    )    Y    (⌒ヽ    |     平面図にも「窓が無い」と書いてあれば、もう少し分かりやすかったな。
   / γ⌒     ⌒\  l___彡|
  /   |         |ヽ〈   l     オレは大きな窓ガラスのお店を想像していたから、
  |    ヽ__人__ノ | ヽ●/     「中が見えない」と言われてもすぐには分からなかったよ。
  \      `ー' |\  / /|
  /      /⌒ノ \/ ( )      平面図だけでなく、喫茶店の背景を用意しておくと良かったね。
         / /|       |




..\
  \             背景AAから喫茶店らしい物を用意。
    \            窓を消して、応接室AAからポスターと観葉植物を移植。
     \
       ::\
      :: :::\___________________________
        .:: :::::|:::::: .             
         ::::|:::.     _____
         .:|: :     ||__,____||    ┌‐─‐┐    ゞヾ;ッ, 
         .:|      ||   ||     ||    |.[__]゙|    ,ノノ;;;ソヘゝ
         |      ||   ||     ||    |:: :: :: :: |       ii   
         |      ||   ||     ||    └‐─‐┘    ┌┴┐ 
         .:::|___||__||___||__________|_|_|_|________
        /:::     / ̄ ̄|   iニニi         .  └‐┘
      /         ̄ .i | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|、`i     .    iヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄
     /              |‐|______\ |         |ヽ|‐\_____
   /                | ::::|┃::::::::::::::::::::::┃ |          ' .|:::.. ┃:::::::::::::::
  /                ::::┸::::::::::::::::::::::┸            .  :::┸:::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        :::::::::::::::::
______________________    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      \

557名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 21:59:52 ID:37y6VFtY



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ            >「全体的な評価」
                 )    Y     (
              /γ⌒       ⌒ヽ \      この先は、辛口気味です。中辛くらいかな。
           ((  |  |         |.   |      恐いなら、名前欄の「辛口」をNG設定に入れるか、
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ      単純に飛ばして下さいね。
               \   `ー'´    /
             __/ニヘ       ' 「L__
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__       オレとしては辛口を読んで、オレを徹底的に憎んで、
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、    いつか「お前よりも上手くなったぞ見に来てみろ!」と
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\   再評価で見返して欲しいですね。
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||

558辛口:2010/01/23(土) 22:00:34 ID:37y6VFtY


                                ,}`ヽ、
                            ,,. -''´ ,,. -'’
                          r''´  <´
                          `ー,、,,.._ `゙`ー-、
                            L_, ̄``ヽ_,ノ
                             /⌒レ=ニ二´_
                           |  '´,,-ァ   `ヽ
                       r‐ 、 `ー'"/  ,,. -‐''"
                       ,!   ヽ  ぐー一'^ヽ__
                      ,!  ,イ`ー-=='"~´ ,_) ,,
                      | /  ヽ._,.ィ´  <, //
     ,.⌒ヽ.       γ⌒ ヽ    ,!〈   /  /ァ └' /
    〈/ ノ\     /\ \〉  {,_〉 {._/  ヽ、,,__/
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ  まずは、大文字の使い方。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /  単純に縦に重ねちゃダメよ。
    /     ∩ノ ⊃  /    >>469-472で進藤さんがおっしゃった通り、横に並べて欲しいな。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈○ ノ\   /\ ○〉
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     うん?
           )    Y    (
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ    >>489『異議あり』はみんな使うからこのまま?
     ((  |   |          |   .|
   ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ





                          } ̄〉_,,-'、 ̄` ̄二 ̄}
                      r〜''´ _ィ-‐ー'| 二 一 |
                       `ァ=' 、''⌒ヽL__, =  -‐i
                       / ,zr  /フ ,{二 = '´ ̄ヽ
                       ヽ二ニ、〉ーく、_,ィ  兀'⌒ヽ-'
                         / ̄〉|   |∠__,イ≦_,-、ノ
                        { '´{,|  ,!-'一゙'{__  二}
      ノ L                 >‐'´ ハ二ニ={- _ ニ,ヽ
      ⌒               ∠ ,,ィ'⌒;´ f-=⌒! '┘ '´二}
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ         | ./ | [] {, 彡 ィト、
  〈 ◎ノ\   /\ ◎〉ノ L       f ‘ヽ   L_ハ-{,_'/ヽ,  `!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒        `ー'’         `ー'’
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\          それではただの手抜きだよ。
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |         (´д`)Editを使ってますか? 貼り付けや、調整が楽になります。
  \     `ー'´     /         詳しくはこちら「(´д`)Editさいたま営業所」
  /           ⌒ ̄,〆⌒,ニつ  http://www.kuronowish.com/~edit_/
  |  /     Y    .ヽ ,_、r_二⊃    上下に並べるだけの時に比べ、制作時間が2倍に増えるでしょうが、
  | .(           .)          見やすさで面白さは3倍以上得られるはずです。
  |  |.           |
  .(9)|           .|
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/
      >__ノ   \__<

559辛口:2010/01/23(土) 22:01:31 ID:37y6VFtY


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    BGMについて
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     とりあえず、ちゃんと毎度『BGM』と明記してほしい。
.    /  |         |  ヽ    URL投げっ放しはちょっと困る。
.    |   ヽ__人__ノ   |   発想と技法は良い物だから、そこの所を確実にね。
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /      それと、ニコ動系は登録し、幾つか操作しないとかからないのでは?
    (  \ / _ノ |  |       思いっきり贅沢を言えば、誰でもURL一つでかかるYOUTUBE系で。
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉   次に、証拠品・人物ファイルにしまう時の
             /      ヾ●ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/61より抜粋
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ.  ┌─────────────────────────────┐
   ニュロン /   //    `~\ ●〉   │| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                |
      /   //  /⌒ヽ、_ヾ..ノ   │|                |           (( 店札 ))          .    |
    /     Y    (      .       │|                |                                |
   / γ⌒     ⌒ヽ.            │|                |     本来、土曜日は店を閉まっているが、    |
  /   |         | ヽ     .       │|                |                                |
  |    ヽ__人__ノ  |         .   │|                |     事件当日は訳ありで               |
  \.      ∩ノ ⊃  ./            │|                |                                |
   (  \ / _ノ |  |                │|                |     開店していたという。               |
   .\ “  /__|  |     .         │|________|                                |
     \ /___ /             └─────────────────────────────┘

                           これはさびしいよ。枠の中に何か入れてよ。



こんな具合に。
┌─────────────────────────────┐
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                |
│|                |    (( おでんマン ))                |
│|      △        |                                |
│|   / ●\      |  顔文字板に颯爽と現れた正義の味方。      .|
│|      □        |                                |
│|    / \     |  具は上からこんにゃく、卵、大根らしい。      |
│|                |                                |
│|                |  必殺技はおでんキック、おでん光線など     |
│|________|                                |
└─────────────────────────────┘

560辛口:2010/01/23(土) 22:02:33 ID:37y6VFtY


   |   γ⌒ ヽ
   |   /\ ●〉   読者参加について
   | /   ヾ_ノ
   |Y     (      最初は「全部ゆさぶる」になっちゃったね。
   |   ⌒ヽ\     だったら「ゆさぶる」は選択肢から外しても良いんじゃないか?
   |     |  ヽ
   |人__ノ U |    それに、読んでいるだけの身としては、各証言は証言の時点で
   |⌒´    /    全ての情報を出し切ってほしいな。
  (⌒ー─'   )


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈/ ノ\   /\ \〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\   と言っても、参加ポイントを増やすのも一手だし、
  /  |         |  ヽ  逆転裁判のシステムを忠実に再現した部分だろうから、
  |   ヽ__人__ノ   |  無理に減らせとは言えない。
  \     `ー'´     /






     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (     それと、やっぱり証言やら何やらを纏めた所はごちゃつくよね。
     /γ⌒     ⌒ヽ\    安価は即応の勝負。
    /  |         |  ヽ   特にこのスレは先着順なんだから、素早く把握できる物にしなくちゃ。
    |   ヽ__人__ノ   |
    \            /



       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉  まず、証言選択肢は圧縮すること。
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (     特徴的な語尾や、ですます調は必要な情報では無いから削る。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    例としては、
.    |   ヽ__人__ノ   |            【 1、「誰か干物を焼いていた」 】
    \     `ー'´     /
     /           く  \   「ゆさぶる」「つきつける」の部分で、改めて元のセリフに解凍しよう。
     |               \   \
     |              |ヽ、二⌒)、        【 証言1:「誰かがアジの干物を焼いていたのだわ」 】




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    誰の証言かは、話の流れで分かります。
    )    Y    (      また、証言は「誰が」じゃなくて「何を」が重要でしょ。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   台詞を丸ごと載せる必要は無いさ。
  |  ヽ((●))人((●))ノ クンクン
  \     `ー'´     /

561辛口:2010/01/23(土) 22:03:14 ID:37y6VFtY



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
       〈● ノ\   /\ ●〉      証拠品・人物紹介も、乾燥させる。
         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
         )    Y    ( 
        /γ⌒     ⌒ヽ\       人物ファイルの例
       /  |         |  ヽ              【 亀甲男 :被害者。詳細は>>2012 】
       |   ヽ__人__ノ   |
       \     `ー'´     /      特に必要が無い時点では、情報はこれで十分。
        /              \      ただし、一番最初の紹介では、事情や状況など、
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     その人物の背景を加えた方が良いね。
     _(,,)                (,,)_
    /  |                  |  \   その時点で不要な情報は、アンカーを打ち込んで、
  /    |____________」    \ 書いてある所へ誘導しよう。



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
       〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉
         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     それと、一行に収めようとしない。
         )    Y    (
        /γ⌒     ⌒ヽ\    さっきは『その時点で必要のない情報を削るように』と書いたけど、
       /  |         |  ヽ   『必要な情報は必ず入れる』って事は変わらない。
       |   ヽ__人__ノ   |    場合によっては長くなるけど、読み易さは必要だよね。
       \     `ー'´     /
        /              \    そんな時は、単純に横に伸ばさずに、縦に一行加える。
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    これで小さいモニターでも安心だ。
     _(,,)                (,,)_
    /  |                  |  \
  /    |____________」    \


           BEFORE
「人物ファイル」
亀甲男(キッコウマン)   :被害者。世界に醤油の良さをを広める戦士。実はウスターソースの方が好きで、他の仲間からやる気を疑われていた。
鋼鉄真紅(アイアンシンク) :被告人。改造人間で、体重が非常に重い。必殺技はアイアンパンチ。

           AFTER
「人物ファイル」
亀甲男(キッコウマン)   :被害者。世界に醤油の良さをを広める戦士。
                    実はウスターソースの方が好きで、他の仲間からやる気を疑われていた。
鋼鉄真紅(アイアンシンク) :被告人。改造人間で、体重が非常に重い。必殺技はアイアンパンチ。

562辛口:2010/01/23(土) 22:04:15 ID:37y6VFtY



http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261153800/207より抜粋
=============================================
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
┌─-───┐
│ ヤルオ . |  
├───‐─┴────────────────────────
│後は、できる夫が裏口へ出るのを見計らって死体と入れ替え、
│犯人はトイレの窓なり、入り口と裏口以外の場所から脱出すりゃいいんだお!
└─────────────────────────────
=============================================


     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
   ∩ ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
  ( ⊂) )    Y    (
   | |./γ⌒     ⌒ヽ\
   トニ/  |         | ヽ    ここに限らず、殆どの枠がガタガタじゃないの。
   |  |   ヽ__人__ノ  |
   \\     `ー'´     /    所々ではセリフもはみ出してるしさ。
    \\           /
       ン ゝ ''''''/><、_      こういう細かい所でスレに差はつかないんだけどさ、
      / イ( /  /   \    どうしても都合がつかない場合以外は、ピシッと仕上げよう。
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ
=============================================
改善A
┌─────┐         枠を延長する
│ ヤルオ  ..|
├─────┴────────────────────────────
│後は、できる夫が裏口へ出るのを見計らって死体と入れ替え、
│犯人はトイレの窓なり、入り口と裏口以外の場所から脱出すりゃいいんだお!
└──────────────────────────────────
改善B
┌─────┐         枠を3行にする
│ ヤルオ  ..|
├─────┴───────────────────────
│後は、できる夫が裏口へ出るのを見計らって死体と入れ替え、
│犯人はトイレの窓なり、入り口と裏口以外の場所から脱出すりゃ
│いいんだお!
└─────────────────────────────
==============================================

563辛口:2010/01/23(土) 22:04:56 ID:37y6VFtY



          ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
        ((〈● ノ\   /\ ●〉
           ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ   裁判が始まるまで弁護士のやる夫が出てないのは、イイ演出だね。
             )    Y    (
          γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
       ((  |   |          |   .|
     ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ


       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
      〈 ○ノ\   /\○ 〉
        ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     「良い演出」じゃなくて、「イイ演出」ね。
          )    Y    (       枠入り台詞だけの連続は見辛いのよ。
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
      |   |          |   .|     感情移入する対象が無いからかな。
      ヽ_ヽ__人__ノ_ノ





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (           逆転裁判っぽさを強く意識しているんでしょうけど、
   /γ⌒     ⌒ヽ\          原作より原作っぽい物は無いんです。
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |        ここは、『逆転裁判っぽく』するのは法廷内部だけで、
  \     `ー'´     /        法廷以外ではあえて枠内台詞を排して、
  /           ⌒ ̄,〆⌒,ニつ  一般的なやる夫スレの形式にしてみてはどうかな?
  |  /     Y    .ヽ ,_、r_二⊃
  | .(           .)

==================================================

                 ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                〈● ノ\   /\ ●〉
             ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                  )    Y    (
             /           ヽ          ─── 誰が何の目的で作ったかは知らないが、
             // /  ,.イ  ヽ ヽ ヽ';                         なんじゃ?このAAは ───
             イ/ l lィ ト、ム  ム斗}  }|
             ∨l从! ○ l ノ ○ リ  ||
               /{. /       l  ||
             / .|人   △   u/  ∧     何見てんのよ。
            /   ∧    ,ェ‐ェ '/  ∧. \
         〈   ムィ!  V    /  /  \ \
             ヽ   l/   Y   V  /   .|  }
          ノ ./   /   !  ヽ    .| /        ─── 君こそ、どこで見ているんだい ──
        / /l    /     \   \ \ ヽ
        /   l  ヽ    \      ヽ   .〉 ヽ \
      ヽ  | _ ∧    \  /    /   ヽ ヽ
        ヽ | >―}     }   l/    /:     } 丿
       イノ l >−   /    〈      ヽ   .//
       ー/ 7:ー−:.'/       ヽィ  厂   .乂_ノ
           |/∨:              \「                        ちなみに、これは一人称の例ね。
==================================================





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈/ ノ\   /\ \〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (     苦味はアルカロイド系の毒だから不味い筈なんだけど、
   /γ⌒     ⌒ヽ\    それを旨味として好む人もいる。
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |   原作形式を続行されても、原作を好きな人には大丈夫でしょう。
  \     `ー'´     /

564名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:05:50 ID:37y6VFtY




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ   オレからは以上です。
     |   ヽ__人__ノ   |   誤読したアホウの分際で辛口評価をして、何様だって言う感じですね。
     \     `ー'´     /
      /           \    推理物は面白いです。
      |    ・    ・      )   さらに読者参加型となればもっと面白くできるでしょう。
.     |  |           /  /     細かい所まで手を加えて、原作では無い、
       |   |       /  / |     あなたのスレを作り上げる事を頑張って下さい。
       |  |       /  /  |
      (YYYヾ  Y  (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)__ノ




.

565名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:06:44 ID:K2LbKpkI
丁寧な評価乙

566名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:08:39 ID:N4ryJKm2
評価乙

あと誤読は気にせず、また評価してくれ

567名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:09:52 ID:cfVPopIU


568名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:13:53 ID:dTJLLXp.
乙でした。真摯に評価すれば汚名も返上されるよ

569名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:14:36 ID:W7yhCo/w
乙です。もうあんたには会えんと思っていたwww
帰ってきてくれて何よりです、また評価してくれ。

570 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/23(土) 22:33:32 ID:weQpsuZA
二人の人に評価を頂きありがたい次第です。

改めて考えたら、小出しの「異議あり!」は確かに横に並べるべきですね……
そのアドバイスを真摯に捕らえ、今後(いつになるやら)に取り入れたいと思います。
原作を追い求めすぎて見やすさを損なわせていたのは盲点でした……。

あと、ゆさぶるの事ですが、「ゆさぶる」と「全部ゆさぶる」に小分けしているのは
読者が「詳細な情報やネタを求めている人」と「手っ取り早く必要な部分だけゆさぶる」人の為に分けてあるほか、
後の話で意味を持ってくるのでコレはこのままにします。
尋問セリフの乾燥の方は……「どうでもいい部分にも食いつく」というゆさぶるの特性を活かせる場面が
あるかもしれないので、これも裏切る結果となりますがこのままにさせて頂きます。



そして最後……
誤解させるような事を言って貶めさせるような事態に発展させ、申し訳ございませんでした。

571名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:33:48 ID:N6HtET36
>>522-541
評価ありがとうございます、参考になります。
>>532に関しては入れといた方が分かりやすいかなっと思ったのですが………

572名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:35:02 ID:c4T6TcuE
「全部ゆさぶる」を用意している以上全部みたいと思うのが人の常だと思うから、
部分部分をゆさぶるのは選択されない気がするなw

573 ◆oQcSrBUN8Y:2010/01/23(土) 22:36:34 ID:weQpsuZA
>>572
それはほら、逆転裁判お決まりのあのパターンの為に使わざるを得ないシーンがあったり…

574名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:40:56 ID:p5IXyZag
評価乙だが
>ダレもが言う可能性のある「異議あり!」は話の流れに必要な為、今後もこのままの形で通そうと思います。

>>>489『異議あり』はみんな使うからこのまま?
と受け取って手抜きと断ずるのは暴論じゃよ

575名無しのやる夫だお:2010/01/23(土) 22:45:58 ID:Na.CriWY
まあ状況次第なんじゃないかなー?
単発異議ありのほうが映える場面も
キャラとセットのほうが映える場面も両方あると思うんです

視野狭窄に自ら落ち込まず、色々と試してみればいいんじゃないかと

576名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 01:16:57 ID:c0h3LFHE

>>571
 >>532に関しては入れといた方が分かりやすいかなっと思ったのですが………

と頂きましたので、せっかくですので補足の話を数レス


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |         たとえば↓の部分を見てみてください
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/19-22
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   「母親に対し、暴言を吐いてしまったので逃げ出す……
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ   しかし、次のコマではボコボコになっている」
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ   というシーンです
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     おそらく、この流れを見て
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/     8割以上の人は、「ああ母親にやられたんだな……」
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      と思うでしょう
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        2割ぐらいの人は、「あれ?逃げる途中に転んだ?」
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         と思うかもしれません
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |          しかし、これはかなり捻くれた意見かと
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \      そして、「なんでやる夫がボコボコになってるの?意味分からない」
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\     と思う人は……おそらく、いないでしょう
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

577名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 01:17:32 ID:c0h3LFHE


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      しかし、>>532で挙げた
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262429208/50
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     では、まるでこのコマに
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',` 
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     「※逃げるのに失敗して、ボコボコにされました」
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /     と注釈をつけるのと、同じ意味になってしまうと思うのです
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     『細かい描写』も大切ですが、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     読者に『間』や『空白』、
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     『断片的な情報』から、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      色々読み取ってもらうのも大切なことです
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

578名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 01:18:00 ID:c0h3LFHE


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /     せっかく、丁寧なAAチョイスで、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|     『間』を作るのには成功しているんですし、
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !     思い切って、『情報を削る』のも大事なのではないでしょうか
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ


以上……いらぬお節介になってしまったら、申し訳ない

.

579名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 02:43:23 ID:o0XBxhBs
>>576-578
いえいえ、十分ためになります。補足解説ありがとうございました。

580名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 03:19:35 ID:xgo7X5Ng
横から贅沢言う形ですが、 ※文字 じゃなく
汗、照れ表現の顔の斜線を増やすとか、カァーッって効果音入れるとか
そんなAAの表現使ってもよくなると思います。

581名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 07:38:20 ID:TO4kXSl6
>>580
評価乙です

582名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 16:41:40 ID:R0kC1MEc
評価乙!

583名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 18:16:15 ID:jEvxfevg
評価乙!

584名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:26:00 ID:2rRVGSVc
評価を投下させていただきます。

585名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:26:15 ID:2rRVGSVc

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',       四畳半からこんばんは、メトロン星人です
               (ノ :  () l  
               l :   / |       こちらのスレを評価させて頂きます
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i      やる夫異聞録 Sun and "THE" Moon
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1253534462
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ     依頼レス>>477
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l       まず作者様から依頼されている二点について、
    l l    _l        私なりの評価を述べさせていただきます
    l l    ( ]       
    l l   ( ̄フ         ■話の密度が低いのではないか?
    ll   ( ̄フ ̄\      ■更新速度が遅いが許容できるレベルか?
    ll  ( ̄フ~   \    
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

※本編のネタバレを含みます、未読の方はご注意下さい。

586名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:26:30 ID:2rRVGSVc

■話の密度が低いのではないか?


    /`: '\            
   /   :  ヽ                
    O  .:   O       ///|    現時点では「起」となる二話分が終了し、
   |   :   |      / ///    背景説明やこれからの道筋が提示された段階ですね
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     率直に言うと「話の密度が低い」とは感じませんでしたが、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      「良くも悪くも丁寧」という印象でした
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

587名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:26:44 ID:2rRVGSVc

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !        やる夫の新生活、ペルソナについて、怪事件など、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         舞台や人物がとても丁寧に描かれていました
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|          新生活が始まれば大家さんとの付き合いや学校での交流があり、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       事件現場に出くわせば警察から事情聴取もされます
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b    
           i' i    `゙゙´ :「:::b     こうした日常描写の一つ一つをしっかり描くことで、
.          | |      .丿:::h     物語は厚みのあるものになりました
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h  
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ     やる夫だけでなくサブキャラも丁寧に描かれており、
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ    おかげでキャラクターの行動や考えに説得力が出ていますね
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i  
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |    しかしペルソナを中心とした一連の事象は、
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ    レス数の割にあまり進展しません
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''

588名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:26:56 ID:2rRVGSVc

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、         こうした丁寧な描写によって「密度が低くなる」ことはありませんが、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        「話のテンポ」は落ちてしまいました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !        
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         話に絡む秋瀬やマーガレットは、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       あれぐらいで良かったと思います
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        しかし教師やクラスメイト、大家さんや成実などの丁寧な描写は、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    読んでいてそれほど必要性を感じませんでした
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


        ___
      / /  \
      /  /     l     
     /  /     l     大家さんや学校関係者などの出番が今後増えるのであれば、
     /  /  (○)l      次話以降から掘り下げても問題ないでしょう
    l l    _l      
    l l    ( ]       もっともストーリーはまだ序盤ですし、
    l l   ( ̄フ       今後のためにしっかり描いたともとれますが
    ll   ( ̄フ ̄\     
    ll  ( ̄フ~   \   
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

589名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:27:09 ID:2rRVGSVc

    /`: '\            
   /   :  ヽ               全体的に物事の「発端」と「結果」をつなぐ「過程」が、
    O  .:   O       ///|  細かすぎるきらいがあるように感じます
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   心理描写や過去の回想についても、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    ストーリーを進めながら少しずつ挟んでも良いでしょう
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       「やる夫が動けばストーリーが進む」という事を意識して、
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        本編で読者に伝える描写や情報を精査してはいかがでしょうか
   |ニ二 V二ニ|

590名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:27:21 ID:2rRVGSVc

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、               ここまで「描写が丁寧すぎる」と指摘しておりますが、
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            戦闘シーンに関しては別です
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l             
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           AA技術を駆使した迫力ある戦闘は、
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|           他では見られないものです
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__          
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.        緻密さと迫力が入り交じった戦闘には、
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       思わず引き込まれてしまいました
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ  「ストーリーとAA」「日常と戦闘」の両方が、
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'  高いレベルでまとまっています
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\                
   /   :  ヽ               
    O  .:   O       ///|    最新話まででペルソナと戦闘に関しては説明できたので、
   |   :   |      / ///     その部分の解説を繰り返す必要はないと思います
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      こうして徐々に説明要素を減らしていけば、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      ストーリー進行に注力できるのではないでしょうか?
 /|lニ)  (ニl| \  /        
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'          
   |ニ二 V二ニ|

591名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:27:34 ID:2rRVGSVc

        ___
      / /  \
      /  /     l     
     /  /     l     スレの性質からストーリーが急展開しても、
     /  /  (○)l      それほど違和感はありません
    l l    _l      
    l l    ( ]       多少読者を突き放した展開でも、
    l l   ( ̄フ       許容できるのではないでしょうか
    ll   ( ̄フ ̄\     
    ll  ( ̄フ~   \    こうした方法で話を進めるのもアリではないかと
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                          
                 /^ヽ        
                ,ィ :   ',       
               (ノ :  () l        あえて日常パートをあっさりさせることで、
               l :   / |      戦闘パートとの差別化も計ることもできますね
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     そうすることで「日常」と「戦闘」のメリハリがつきます
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l    
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     これらの方法で話をもっと書き込んで(密度を高めて)は、
           , - 、 ノ、 三__`ノ    いかがでしょうか
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

592名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:27:46 ID:2rRVGSVc

■更新速度が遅いが許容できるレベルか?


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   
   |   :   |      / ///   更新速度については、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    一概に言えるものではありません
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      それにクオリティを考慮すれば仕方のないことです
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b    
           i' i    `゙゙´ :「:::b     一度作成中に矛盾点が発覚して、
.          | |      .丿:::h     投下が延期されたことがありました
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h  
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ     そうした不慮の事態も読者は納得しています
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ   
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i    「高いクオリティを持つ作品の製作には時間がかかる」という事を、
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |    読んでいる側も理解しているととれますね
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ   
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|

593名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:27:58 ID:2rRVGSVc

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l        作者様の作品は突出した魅力と個性を備えており、
     /  /  (○)l       他人が真似できるようなものではありません
    l l    _l      
    l l    ( ]        練られたストーリーと独特の雰囲気がスレの魅力です
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\     それに更新速度のためにクオリティを犠牲にすることは、
    ll  ( ̄フ~   \     望まれないことでしょう
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       「納得できる作品が出来たら投下する」
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |       そうした姿勢を許容できる土壌は出来ています
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      現状のままにしろ、充電期間を設けて定期的に投下するにしろ、
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     そこは作者様のやりやすい方で良いと思います
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

594名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:28:17 ID:2rRVGSVc

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          その他に気付いたこととして、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         細かいことですが二点ほど
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l          シンジが包帯人間(シュバルツ・バルト)に変化したのは、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        ギャグっぽく見えてしまいました
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__         ここは完全に人外なキャラクターで、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     変化を見せても良かったでしょう
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\            
   /   :  ヽ               次に内容について適時補足されていますが、
    O  .:   O       ///|    登場人物一覧も欲しいです
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    ペルソナや一部登場人物の補足(レポート?)はありますが、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      単純な人物一覧と紹介もあった方がわかりやすいと思います
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /        間隔が空くとどうしても記憶が曖昧になってしまいますので
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

595名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:28:32 ID:2rRVGSVc

     ━━━━━━━━━━━━━  総評  ━━━━━━━━━━━━━
      描写を取捨選択することでストーリーと更新速度の改善を図りましょう
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',       全体が高いレベルでまとまっているスレであり、
               (ノ :  () l       正直なところ「あえて挙げるなら」程度の指摘です
               l :   / |       
               イi :  ,ヘ、 |       仮に「ペルソナゲーム」と「やる夫が欠けた何かを取り戻す」を主題とするなら、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     関連の深い場面や行動を選んでみてください
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     その中で優先順位の低いものを削っていくと、
           , - 、 ノ、 三__`ノ      物語のテンポと厚みが両立できるかと思います
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、          今後キャラや舞台背景(ヒューイット側や特殊な行政区など)の説明も、
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !          増えてくると思います
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l             
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|         本編での役割や登場機会を考慮すると、
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|         どの要素やキャラにどこまで焦点を当てる必要がありますか?
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__          
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.      それをよって本編のテンポや密度も変わってくるでしょう
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

596名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:28:44 ID:2rRVGSVc

              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b      やる夫の過去や目的も見えてきました
           i' i    `゙゙´ :「:::b   
.          | |      .丿:::h     次回以降はペルソナゲームがメインになるかも知れませんが、
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h     さらっと登場している「メシア教」も気になります
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ    
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ     今後やる夫達や街はどうなっていくのか、
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i    ペルソナによるバトルも楽しみです
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |  
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ    一読者としての期待も込めつつ、
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ    以上で評価とさせていただきます
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''

597名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:30:49 ID:HTkdk116
評価乙です。

598名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:44:16 ID:eBqidXN.
評価乙

599名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 20:45:35 ID:BOwteAFk
まだ見えないところが多そうな作品なんだが、整理された評価乙

600名無しのやる夫だお:2010/01/24(日) 21:25:23 ID:TO4kXSl6
評価乙です。

601 ◆XksB4AwhxU:2010/01/24(日) 23:20:02 ID:1.MGmxn.
はじめまして
辛口の評価をお願いいたします

やる夫たちは£500,000の借金を背負うようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/l50

・場面、状況がAA、会話から理解できるでしょうか?
・描写が足りない場合、何に気をつけるべきでしょうか?
・一回の投下量に過不足はないでしょうか?
・その他、気になる点があればご指摘お願いたします

それではよろしくお願いいたします

602 ◆5bk3w.Lcjo:2010/01/25(月) 17:15:03 ID:.5N38GPg
>>585
幻覚宇宙人様、評価ありがとうございます。

細やかな分析、痛み入ります。
序盤ということもあり、これからの下地作りに気合を入れすぎて
いたかもしれません。
自分の出来る中で全力を、と思い
すぐに必要がない部分にも描写を厚くしていた部分がある気もします。

これから1話分の中で要素を書き出しながら、重要度で描写に
段階的に差をつけられたら理想だなあと思います。
日常・戦闘の差別化もしたいですね。

簡易的なキャラリストに関してはすぐに用意が出来ると思います。
こちらも併せてありがとうございました。
早くできる工夫もしつつ、マイペースに頑張りたいと思います。

603名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:33:07 ID:vBJ6N/sU

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶            はじめまして。こちらの評価をやりたいと思います。
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ           「やる夫たちは£500,000の借金を背負うようです」
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'           依頼レス>>601
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、          まあ、直ぐ上にあるのですがw
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l          評価ポイントは
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/          1・場面、状況がAA、会話から理解できるでしょうか?
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}.          2・描写が足りない場合、何に気をつけるべきでしょうか?
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、.           3・一回の投下量に過不足はないでしょうか?
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }          4・その他
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ        ですね
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫       辛口との話ですが、意に添えるか自信ないです。ごめんなさい
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)


              _    ̄ ̄ ー- .
             ´               、
         /                   ―- \          ガイ・リッチー監督の出世作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」が
         '                     `\        原作のようですが、ボクは全く知らないです
        /                      ヽ  ヽ
.       /            /            '.  '      群像劇のクライム・ムービーのようですね
      /             ′              |   ',
       .′               l  |    /   |    |  l l
     ′               |  |l   /| /|    |  | |l
     |     /            |  | l /  | /|    ∧  | | l
      | |   ′   |       |  | _l |. -|/ー、|   ./ ┤ | ||
      | |  |    |       |\|´_」厶ニく |  /厶イ ∧l l
      | l.|   |    |   |  | ィて::::「|   | / f´l| ノイ l  |    さて、1・場面、状況がAA、会話から理解できるでしょうか?
      l | l   |    |   |  |  ヾ辷ソ   ´  ヒソ  !  |、|.   を考察してみます
     l.| '、 l  |l  '.    '  |   ̄         丶  |  | \、
          \l |ヘ  ヽ   \ l  ` ` `         ′ ハ|  \   考察と同時に、2に触れることになるかと思います
         ヽ| \  |\   |\           __  ヘ  リ
.            /   `トゝ \ l         / l'/ |/
           ∨  |.    \丶       `ー'/    l/
           /  r┤         `l≧ー― '
            〉 r‐┘ \          |
           厶イ       `ー-、_     |

604名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:33:53 ID:vBJ6N/sU

             . :―‐‐ 、 -- 、
           :´: : : : : : : : : : : : :`: 、                  冒頭、登場人物が説明付きで次々と出てきます
        /: : : : : : : : : : : 、: : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : \               手抜き? いいえ、これは違うでしょう
.      /: : : : : :|: : : :、: : 、: : : : : ヽ: : : : : : :ヽ
      〃: : : |: : |、: : : :\: >:く: : :.:.l: : : : : ',: :.ぃ             さきほども言ったように、この作品は群像劇です
.      八: : : :ト、┼l、: : : :く_>:{ __>ァ|: : : : : :',: :い             キャラクター数も多いし、物語のテンポを早めるためにも
     ': :ヽ: : :{厶{__≧、: : :才´ う }|: : : : : : }: : ハ             このように背景設定を軽く説明するのはアリだと思います
    .: : : :\∧{{ いム  ̄ レ)  }/}: : : : |: /: /      ,イ
    |:∧: : l: : :}ヽ弋リ    弋zタ /: : : /:/ハ/   __r‐ァ':/       ただ、説明文は枠で囲んでいたほうがわかりやすかったですかね
    j' ヽ: j: : :{⊃    '__ノ⌒⊂/: : : /:人_:⌒ー⌒: :>くノ
       `\: ト ___ヽ_ ィク: : /´ /_}ト^ー'⌒└┘
         ヽ! rニ[二]ニコr{ー‐"   /   ' ̄l\
         ,イくくヽか}/| (__}___∠     /_ 1
        〃⌒寸}  从jノ--'    `}二二_ノ__ノ !
        弋zュノノ-‐         /、___}__./|
                          l    /  1   !
                           l   ,     l   |
                            }_  」     !_ _{
                           { Y {      } Y |
                     | i! |     | i! j
                     └ ┘     └ ┘

II〈改訂例〉━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II          ____                        ┏━━─────────────────────
II       /ー  ─\                 ┃【ニューソクデやる夫】
II      / (●) (●) \                    ┃――――小遣い稼ぎにケチなサクラをやっているが 
II    /   .(__人__)   \                ┃      本職はギャンブラー
II    |     `⌒´      |                  ┗───────────────────────
II     \           _/
II      ノ        . 厂    やらない夫、今幾らたまったお?
II     .//\ "'つ ̄旦\
II    // ※\____\
II    \\  ※   ....※ ※ ヽ
II      \ヽ-ー―――――ヽ
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

605名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:34:07 ID:vBJ6N/sU

続いて主要人物のやらない夫、金糸雀、蒼星石が同じ構図で出てくる演出はわかるのですが、
やる夫の台詞が説明文に近くて目立ちにくいので、なおさら説明文を枠で囲んでいればよかったのにと思いました

II〈改訂例〉━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II
II   / ̄ ̄\                                ┏━━───────────────────
II /   _ノ  \                         ┃【ビップデやらない夫【】
II |    ( ●)(●)    きっちり£25,000               ┃――――盗品売りをしているが
II. |     (__人__)                        ┃      「こんなこと、いつまでも続けられない」
II  |     ` ⌒´ノ                         ┃      「そろそろ潮時だ」
II.  |         }                         ┃      と思っている
II.  ヽ        }                            ┗━────────────────────
II   ヽ     ノ                     OK>
II   .>    <              金糸雀はどうだお>
II   |     |
II    |     |
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

606名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:34:40 ID:vBJ6N/sU

               /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
           /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',     この辺りの演出は、原作映画を模しているのでしょうか?
         /:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
          / :.:.:':.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,     見ていないので判断が付かないのですが、
.        /:.:.:.:.|:.:.:.:.| :.:.:.:.:.!l:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:| :i:.:.:.|: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!.    映画的演出にこだわるあまりなのか、わかりにくくなっている部位が
       //':.:.:!:.i:.:.!{ :.:.:.:.| !:.:.:.:.:.:/ |:.:.:/|:.j:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:、',..    散見されます
.       / .l:.:.:ハ:|、:L、:.:.:.:| |:.:.:.:.:/-j:.:./-l:ハ:./}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.i:.、
            l:.:.:.::ヾヽヒ、:.:.| |:.:.:.イ二':ィ__リ_j/ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.ト \  顕著なのが以下のシーケンスですね
         l:.:{:.:i:::バ{r'心:.| j:., ' '´{i心り /  .' :.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:|
           l:.: ',:.l:::::l ` ̄/` '´   ` ̄¨¨  .':.:.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.j::.:.:.:.:.:、:.:|     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/120-121
          .':.:ィ:.',∨:l.  <              /:.:.:.:/::::. :.:.:.:.:.:./::.:.:/:.:/}:.j     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/131-137
         .':/ |:.:.:ヾメ:、  `         /:.:.:., '}:::.:.:.:./:.:.:/:::../}:./ j:/
         /:′.l:.:.:./`':ヽ             /:.:/ /::.:.:.:イ:.: /:.:.:イ}.j/ ./'      131の前半は別の場面ですが、ギャル夫とギャラナイ夫のふたりが
             l:.:.′ }:.:\  ̄ `    .//  /::.:., ' .!:.//:.ノ-..、       麻呂の館に盗みに入るシーンです
             ∨   |:.:/. ` 、    ./.-</:./  j:イゝ:.:.:.:.:.:.:ヘ
                  レ    ` ‐=:、 ' ´    /   /:ヘ ̄~、¨ ヽ:.}       ちなみに盗みの場面は以上で終わりです
                   ..ィハ          _..ゝイ   }:.\
                 / ./ :∧     _.. -:‐' ´     \:.:ヽ

607名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:36:19 ID:vBJ6N/sU

             . :―‐‐ 、 -- 、
           :´: : : : : : : : : : : : :`: 、
        /: : : : : : : : : : : 、: : : : : : \               まず、最初。場面切り替えでいきなり下のカットです
       /: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : \
.      /: : : : : :|: : : :、: : 、: : : : : ヽ: : : : : : :ヽ             麻呂の館に入ってギャラナイ夫が物色しているのをギャル夫が咎めるシーンだと
      〃: : : |: : |、: : : :\: >:く: : :.:.l: : : : : ',: :.ぃ            わかるのですが、物色しているところを省いている上、そんなバナナに喋らせて
.      八: : : :ト、┼l、: : : :く_>:{ __>ァ|: : : : : :',: :い.           いるため、ちょっと戸惑います。
     ': :ヽ: : :{厶{__≧、: : :才´ う }|: : : : : : }: : ハ
    .: : : :\∧{{ いム  ̄ レ)  }/}: : : : |: /: /      ,イ     こういうスレではバナナ=置物とは限らないですからね。
    |:∧: : l: : :}ヽ弋リ    弋zタ /: : : /:/ハ/   __r‐ァ':/      まず喋っているところを見たら初出のキャラかなと思ってしまいます
    j' ヽ: j: : :{⊃    '__ノ⌒⊂/: : : /:人_:⌒ー⌒: :>くノ
       `\: ト ___ヽ_ ィク: : /´ /_}ト^ー'⌒└┘
         ヽ! rニ[二]ニコr{ー‐"   /   ' ̄l\         ここは「置物」を物色するところを挿入すべきだったでしょう
         ,イくくヽか}/| (__}___∠     /_ 1
        〃⌒寸}  从jノ--'    `}二二_ノ__ノ !
        弋zュノノ-‐         /、___}__./|
                          l    /  1   !
                           l   ,     l   |


II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
II  /::::::::::、::::::::::::::/   て
II∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ      .┌┐
IIノ//::::/  シ  .ヽヽ  |     / /
IIイ /: :从  (●)(●)レレ|    ./ / i
II |ハ |    (__人__)/ノ     | ( ゚Д゚)<そんなバナナ
II  .イ|         }     |(ノi  |)
II    |        }      |  i  i
II  .  ヽ       }      \_ヽ_,ゝ
II     ヽ     ノ  mm   U" U
II     /    ̄ ̄ ̄ つノ 
II                                                       NVVVVVVV\
II                                                       \        \
II                                                       <         `ヽ、
II                                                       </ /"" \ .ノヽ. \  んなもんに価値はないっす
II                                                        //, '〆     \ \ ヽ さっさと銃取りに行くっすよ
II                                                       〃 {_{   ─   。─ │i|
II                                                       レ!小§  (●)  (●) .| イ
II                                                        レ §    (__人__)  |ノ
II                                                       /     ∩ノ ⊃ 。/l
II
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※1レスに入らないので削っています

608名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:36:41 ID:vBJ6N/sU
そして次、

II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II
II           ヽ   ` /  '}
II            >   /ごノ
II        __,∠     /    
II      〈、    /
II       \、__ノ<タン…タン…
II
II
II  〜〜〜〜〜場面転換〜〜〜〜〜
II  〜〜〜〜〜場面転換〜〜〜〜〜
II
II                  <ウーウー!
II           |      .|
II           |     |
II           |      |
II          ,l     ヽ
II          /      /
II       /      |:::::::
II      / ,   /   lノ::::
II    /// ,  ,   i:::::
II   (__(__(_`/- ,_, ノ:::::
II       ゝ(  丿:::::
II
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

609名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:37:14 ID:vBJ6N/sU

  |      |    /                    \
  |      |    , ゙         /            ヽ
  |      |.   /          ,' .:               ヽ:::、       足のアップで終わって、足のアップから入るという演出ですかね?
  |      |  /        ,'.:.:              ':::.        連続したシーケンスでないとイマイチ効果はわからないです。ただの偶然なのかな
  |      |. /   /     ,'.:{:.: ,   ,' '         ;:i
  |      |/    :!      :l:ハ:.:.:l_」_j: j:.    }  :,   }l        まあ、そんなことよりも重要なのは、この足の持ち主がさっぱりわかりません
  |      |  :/ :i:      :|{/「:{い{: {:.:.    :ム、.:} : }|
  |      | イ:  :i:.  :i:.  :|_,..ィfァトハ八::. ハ .:/:ノ:ノメj.: ,':|        前半部は、侵入したギャル夫たちを密かに追うだれかかと思うので、
  |      | :::|:.  :i:.  :i:.  :|{ んィ:::} ゙   :.:.| |/ィぅv、/::/:│       たぶん後半に出てくるようかんマンの足なんでしょうね
  |      |:. :|:.  :i:.   ', :小弋゚:::ノ    ヽ| ' i_)::j }〉イ.:.: |
  |      |:. :|:.  :i::.  ヽ  l`、、     :、ゞン ノ/.:.:..: |        歩く向きが逆方向なので、追いかけているように見えないのもマイナスかな。
  |      |{V|∧:::i:.:.   : l\::、        ノ 、、 '.:.:.:.{.:.|
  |      |: : |: ', lヽ::. : l              ノ:.:.: 八:|
  |      |: : : : : ',|l: \ : l\.     -r‐、   イ:.:.:.:/          後半部の足。これは・・・麻呂の足でいいのかな。
  |      |: : : : : : :|  \l  ` .._   | |, イ:..: |:.:.:/             麻呂の姿が全く出てこないので正直判断出きないっス
  |      |: : : : : : :|    ,. <} : : :ト│ |  Vl/|/
  |      |: : : : : : 卜、   ノ |: : : ト、.| |、                ギャラナイ夫の「火攻め」も、どうにか出来なかったですかね
  |      |\: : : : ヽ      |: : :ノ :}  \
  |      |\\: : : : :\     '. : :{  ′    ヽ
  |      |  \\: : : : :\ / :/}        /
  |      |   >辷_ ー∨ .ノイ        /
  |      |{   ヘ::::::::::::::: ̄V´:::::∧       ∧
  |      | \  |ー-  ..__)-<ノ〉     / 〉

610名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:37:30 ID:vBJ6N/sU

II〈改善案〉━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
II      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
II      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|    ううう・・・
II     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
II    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi                      ,'
II    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi                      (:'
II    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ‖                   ',  ))
II   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|                    }  /(
II    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|                  ,' ノし': :ヽ
II   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l                 ((,イ: :  :: :V)
II    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l                 、ゝ: :   : :(ノ}
II     `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i                  ヽ: :: :i  : :: :/
II     ' '{三三三三三三三三三三}                   ゝ;:; !:;从;ノジポッ
II       {三三三三三三三三三}                    | ̄ ̄ ̄┝■■■
II       ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /           .          | ┃┃.│■■
II      /i |ノ: : : ヽ: :.        /                     |──────┐
II      /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_                   |      |    │
II   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_                 |      |    │
II ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,             |      |    │
II"´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |                      |      |    │
II                                             |      |    │
II                                             |      |    │
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

611名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:38:02 ID:vBJ6N/sU

                  /     /                   ,   ::、
             /     /                      ',   .::、         これで、相手しているのが麻呂だとはっきりするし
             /      /                     ,   .:.',         多少なりとも「火攻め」の雰囲気が出ないでしょうか?
            ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
               ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,         猿ぐつわっぽいのをさせているのは、足のシーンで
           ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!         「ウーウー」と唸らせているからです
           ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
          ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i         それで金の在処を喋らせようとするのは矛盾じゃないか?
          /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i
          /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi          それもそうですが、状況が不明すぎて・・・
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.:、        :'       /.ィ′..:/|.::/ }
               l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/          また、ここでは他にもあれ?っと思わせる点があります。
             シ  \  \:..\      -ー-     //.:/ :/              ギャル夫の「ボロ屋」という言葉です
            ∫         \ 丶、         . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \ 
           人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',
          /:::::::(_                `ヽr┘     リ : : :│          以下は、真紅がギャル夫たちに盗みを命じるシーンです
            /:、::::::::ミ、                  `ヽ       メ: : : : : |


II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
II       , ′       .:: /::.    / /  /  l   `、 `、
II.      /    , '    .:: /::.    / /  ,'l:.::  ト、   l  ハ
II     /    /      .:: /:.:.  ,.::〃 l|   / |:. .: |l::  | / ハ
II.    /  ..:/     .:: /:.:.   |:.:∟」_|:l | |:.:.. j l|::.:  |:.     l  そりゃ大金持ちの家ですもの
II   /  ..:/    ..:.; /::.:..   |/l | } l≧x 」:.. / |::.:. ハ  、 |  いくらでもあるのだわ
II.  /  ..:/     . : ://::.::.  |斗与=ミ`ヽ|:: /  ,':.: /リ::.:l:.. l| |
II  /,   ..:/    . .:://7::.:.  l l ヽ {斥ぅ癶 l|/  /::.:// }:: |::. l| |  たとえば骨董品とか
II. //  .:; ′  .: ..:/人!:.:..  l| | `ヾン′    厶メヽ ハ::.j::.:/リ l
II´/ /  ..: .::.:.//ヽl::..  ハ l             fi仇イ/リ: / ,' /
II /  . .: .:.:/ ,'::.::}|:.:.. | | |           〉V /N厶イ 彡′
II  .: .:.:.:.:::/ .:/ ::;イ|:.:.  l| | |     _ __ ´  ,小
II. ..:.:.::.::.:/ ::/ .:.::川:.:.  | | |     `_┘  / ,' |
II_: _: .:; ′, '´ .:.::/_/_|:.:  l   ヽ \      , ィ /l| |
II..:.::.::.::/ .:.:.::∠_//:.:.:|:.  ト、   ハ ヽ  , '´/ l / ! |
II.:.:.;イ二ニ≦_/ ^ヽ、|:.. |::.:.:`ヽ、|  l ̄   ,イ // ||
II//: .: .::.:.::.:.:.:`ヾミト、::|:. {::.::.:.:.:. ∧ !  /} l l   | ト、
II/: .:.::.::.:;': :.:.:.:.::.::.::V!:|:. |::.::.:.:.r衣} 厂 //| |   | l |
II: : ::.::.:::./: .:.:.:.:.::.:::.::.:}ヘ!:.. |: .:.:.:.:゙='^仁彡'´| |   |川
II━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

612名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:38:23 ID:vBJ6N/sU

                  /: :./: : : : /: :/: : :/: : : : /: : : : : : : `: : :\
             .': : /: : : : /: :/: : :/: /: : /: : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
            //: /: : : : /: :/: : ;イ: /; : /: : : /!: : : : : : : :': : : '     麻呂はお金に困って銃のコレクションを売ろうとしているので、
          /イ/:/: : : : /: :∧: / |:/ |: /: : : / l: : : :./: : : :',: : :;     これはギャル夫たちを乗り気にさせるための嘘だったと思われます
           /ノ: l: ; : : :.l: :.l ∨__j_ヽj/;|: : / ; : : :/:/: : : :}: : :|
           イ/: :}:l: l: : : :l: :.l  {ん'っトz |: / /: /l/|: :/: /: : ::!     ですので、ギャル夫の「ボロ屋」発言も、
           |/|:l: l: : :.人:.l  ゞ= ''  V //ニ/ー|:/: /: : : :,      期待はずれの思いから来た台詞だろうと理解出きます
               j:川: : : :∧!        /ん)::ト、/'/: : :./j
             从乂: :/ ヽ       { ゙マソ ィ: :/: /: /
            r=(: :.八:{ヘ           ノ    /: /: /: /
           /ヾ.二/ ヾ、 \   ‐- ._      .イ: /: /: /
          _/  / ̄\   丶       _ イ/}/: /: /
         ノ \/ ( ) /     >-=:<}从: :|' /: //
         /    |\___/     /、     \ヽル;/ ´
      . ´      }   }     { \   / ̄}
     /       ∧   ト、       |}Ⅳ_()人
   / \     /  .  |::::\ー――:|!‐} /  \
   /   \    /   ( ) ヽ:::::::ヽ::::::::::::j}:::{ /    }、


             / .::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ノヘ、:.    /
              / .::/.::::::::::::{::::::::::::iハ::::::/_x≦∠  }ハ:.    \
            { .::'.:::::::|:::!八::::::::::| .|:::/7´んハ `Y ∧:.     )
            { .:i:::|::::|:::i,二ム::::::|`|/  hし:::j ノ/::::ハ:.     )   でも、あまりに表現を
              ィ`   |八l lX{ うハ \l    ゞ-゚'’ // }:.    }
            L    八 弋ツ ノ /////  /   ハ:.     |
            }    ハ:;ゝー \              /::::}:.    |  省略しすぎていませんか!?
           ,'   .::/.::::::i     , ァ===- 、    厶イ::}:.    )
           .イ   :/イ:::::{     }/      \   /:::::} :. /
              L,   |::::八     {           }  /::::::::<
            }   人::::::::\   ヽ.         ノ 厶イ/::::::`ヽ
             ^ヽ   ヽ::::ト、\   \_    /   /:::::::::::/.:⌒ヽ
             }    ヽ! >、}ト ..    . < /:::::::::::/.:::::::::::::::'⌒Y⌒Y⌒Y⌒
            └ーヘ,_,_ .ィ.:::::::::::::〃≧=≦ニ二く::○::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    //.::::::::::::::{{:::::○::::::::::::::::::\:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                //::○:::::::::::{{:::::::::::::::::/⌒{:::::::ヽ},.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                \::::::::::::○::/^ヽ:::::::::{  \:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   丶、::::::/    \:::.、   ∨.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        Y:::{     ヽ{    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     |::::|         ゝ  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     |::::{            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

613名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:39:04 ID:vBJ6N/sU

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶         骨董品があるだろうと忍び込んだら碌なものがない
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'         これはたしかに前半のシーンで間接的に描写されています
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、       しかし、「なんだよ、聞いてたのとはちげーじゃねえか」などと憤るシーンが
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\      あってもよかったと思います
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'        ただの好みでしょうか?
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}        原作映画には、その辺りの描写がなかったからじゃないかと思うところです
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、       映画だと、台詞じゃなくても映像で説得力を持たせることができますしね
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫



                  /..:..:..:. ´..:..:..:..:..:..:..:.`丶、..:..:..:..:.`丶、
            /..:/...:..:..:../..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\..:..:..:..:..:..:.\
.             /..:..:/..:..:..:..:. /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ..:..:..:..:..:..:...ヽ        見ていたらなんとなくわかることは、はっきり描写しない方がスタイリッシュ、
           /..:. /.:..:..:..:..:. :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:.:,       それはそうかもしれませんが表現力不足に泣かされるAAスレでは
            /..:. ,..:..:..:..:..:..: ;...:..:..:..:..:..:..:..:..:.} .:..:..:j.:.. ',..:..:..:..:..:..:..:..',      なかなか使いにくい手だと思います
            /..:..:.i..:..:..:..:..:..:..{...:..:..:..:..:..:..:..:..リ .:..:..,'..:..: i..:..:..:..:..:..:..:..:|
            /.:..:..:.i.:i..:. {:..:..: ハ..:..:..:..:イ..:..:../} ..:..:/::}..:..:|..:..:..:..:..:..:..:.. |
           ,′..:..:.l.:|..:_」:..:..:.|ハ :..: | |..:..:/ 」:..:.厶ハ..:...|..:..:..:..:..:..:..:..:.|      作者さんも、この点が気になっての評価依頼じゃないのかなと、
.          ゙ .:..:..:.l八..:.{ \:「` \::| |:../'´ |/ノ ノ|/|..:..: .:..:..:..: |.. '、     勝手ながら愚考しています
.         ノイ  :..:...:..:|r‐ァ弌トミ. ヽ |/  ィ弋ア'フトvリ..:..:.}.:..:..:..: |..:..:、
         | ..:.ハ.:..: ハ 弋゚:::::リ        ゞ゚:::::ノ丿..:..: ,゙.:..:..:..:..|..:..:ト、
        │ ..:{:.ヽ:..:、`  "´            ¨´ ´/..:..:/...:..:..:..:.リ..:..:| \
.          |:∧..:.:..\:ヽ       ,:           /.../..:..:..:/ :/..:.ハ:|
            |  ',:..:..'.:..\     丶       //..:..:..:/..:/|.:/ リ
           \:..'.:.∧       __ __,、   .//..:..:./..:/. j/
.              \ト、..丶、  `‐-‐'′    .イ..:./..::イ   /
                  \| ` ._      _,  ´//|___人
                     _  -‐个ー ´_,,....  -┴──‐ト、
                | : :| ̄|l: |   j「: : :|: : : : : : : : : : :│::〉
                | : :| :0|l_」  l} 0 :|: : : : : : : : : : :.」:..::\
                    /ー-リ: :」{   l| : : |-‐==: :~ ̄ : : `丶_〉

614名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:39:45 ID:vBJ6N/sU

                  /     /                   ,   ::、
             /     /                      ',   .::、
             /      /                     ,   .:.',       最新話での、ギャル夫が散弾銃を売ってしまっていた件。
            ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
               ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,       これも話の流れで分からない点はないのですが、
           ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!      あれ、いつ売ったのかな?と戸惑いました
           ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
          ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i      話は追えるので、テンポ重視なら切ってもしかたないかとも思いますが、
          /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i      薔薇水晶とギャル夫のやり取りが3話の前の方にあれば、ちょっとした
          /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi      伏線になってよかったかなと思います
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.:、        :'       /.ィ′..:/|.::/ }
               l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/
             シ  \  \:..\      -ー-     //.:/ :/
            ∫         \ 丶、         . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
           人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',
          /:::::::(_                `ヽr┘     リ : : :│
            /:、::::::::ミ、                  `ヽ       メ: : : : : |


                  /     /                   ,   ::、
             /     /                      ',   .::、      ここまでを軽くまとめますと、
             /      /                     ,   .:.',
            ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,      1・説明不足のところはあるが、概ね理解できる
               ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,.      ただ、上述した盗みのシーンは厳しい
           ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!
           ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i      2・映画通りの演出はAAだと辛いので、
          ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i       原作にない描写も入れてわかりやすい表現を心がける
          /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i
          /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.:、        :'       /.ィ′..:/|.::/ }
               l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/
             シ  \  \:..\     r ⌒7    //.:/ :/
            ∫         \ 丶、   ` ‐'′  . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
           人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',
          /:::::::(_                `ヽr┘     リ : : :│
            /:、::::::::ミ、                  `ヽ       メ: : : : : |

615名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:40:11 ID:vBJ6N/sU

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶          2話冒頭のジャナリス灯がやっているリンチ描写も、ちょっと分かりにくいかなと
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ          思いましたが、いい代案が見つかりません。
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'          吊られているキャラがぶらぶら揺れているカットを入れるくらいですかね。
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、.        上下反転は上手いと思いました。
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\      
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l         あと、並行符「‖」は垂直の二重線に見える環境があるらしいのですが、
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'         ボクの環境だと、右上がりの斜め線に見えます。
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/         昨日かおとついのAA改変スレでも話題になってたかと
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)


         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶          3・一回の投下量に過不足はないでしょうか?
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'         これは、十分じゃないでしょうか。
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、        続きが気になりますが、マイペースでお願いします。
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)

616名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:41:25 ID:vBJ6N/sU

              /               ヘ          \
           //              \        ヽ
             //     ,′          ヽ        ', ヽ          4.その他
          '/   ..:..′   .:      .:   ',      ', :、
         ':′.:.  .::..{   .:.:..  l  .:.:}..:   ,        ',  、        ローゼンと朝鮮メイデンが一緒に出ているとちょっとややこしいかな
            i:{ :.:{  .:l:.{  ..:.:ハ.:..: |...:.:/:リ.:}:..:. }       , ::、
.          j:{ :.:.', .:l: ', ..:./ 、}:.. /| .:/_/从_.:/|    .:  .:i:. ::、       似た人物ネタがあるなら仕方ないけど、できれば被るキャラは
           ノ八 :.:..ヽ.:l:ハ, .:.|  |: / jノ}厶⊥.」_│   ...:..  .:i:.:.. \.      控えて欲しかったかも。
.         イ .:.ヽ.:..ぃ」イ_\|  レ′ '´ト'゚し':, }`| :   .:.:}  .:.:i:.:..,.:.ト、.:、.     でも、キャラが立っているので大丈夫です
         l  :.:..\」ィfて_),       ゞ:::::ノ ノ リ .::  :..:リ ..:..:.:i:.:...',リ `
         | .: :.:..:.lハ弋:::::j       ¨´  / / ..:../..:..:.,'.:j:..:..:.}
         | .:.  :..:.., ` ¨´ j         /イ ..:..:/ .:..:/..:ハ:../
          | :ハ  :.:..ハ     丶       / / ..:../..:./..:/ }/
           |/ ', :.:..:..::、       _     /.:.:イ:.:.// .:人
         ノ   , .:..|',.:..|l..:.._   ´      / ノ/∨/..:..:〉
            \| ', .:..ノ:从ト ._   _, '  /   /\..:..:.ヽ
               j/  リ   `TI「  ./    / : : : ト、..:.〉
                     ノ」L /-─-、 / : : : : | : :`''ー- .._
                   // -〔]ー    /./ : : : : : | : : : : : : : :/ ̄`ヽ
                    //{   人    /./ :\-─┘: : : : : : :/ : : : : : ,
                    __/: : > ヽ//| `Y´ / : : : :\: : : : : : : : :/ : : : : : : |
             /: : : : : { : : : :〈 / |  / ./ : : : : : : / : : : : : : :/ : : : : : : : |
              { : | : : : | : : : :|∨,/|// : : : : : /──┐: / : : : : : : : :│
              { : { : : :!: : :│0/ /: : : : : : /───┤:/ : : : : : : : : : |

617名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 19:41:44 ID:vBJ6N/sU
                        _
                     , '´ __ .ミ 、
                  /ヽイ´   ̄\ヽ
                  /: /   _,,ニミ、 ヽ∨          拙い評価ですが、以上です
                  |:./ ,.イl:.ト、:Ⅳム ハV
                   |/ /リモテ'  モチハ  ヾ          参考になることが書けていればいいのですが・・・
                 /  !ゝ  _'_ ィ7:ゝ- ィ
                 弋__,人ヘ- ,-┬! /厶-ミヽ
                      <:.:.:∧、}__」ノニrニ ̄ヽ:}
                  /:.:.「!rヘ:|:.:.:!彡ム-ミ:.`ソ
                  / ̄トゞ、ヘ;.: |:.r' ,  V }
                 ム-ミ「「¨|:マヘルし'冖, レハ
                /:.:_:.:! ̄:.:.|:ヾ,ゞE,!::レ':.:.:.:!      _______________
                    ,:'/:.:.:.:>マ_」ニ-==ミ='ミ、__|_____|:T''ミー────────────:≧、
                   弋!:.:.:.:./:.:.:.oニ};;{;;{;(;{;;/:::::::::::::::::::::::::::::::/|::|;;;;;|::「 ̄ ̄!:::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::;¬r'
                  >ミ{:.:.:.У ≧;;ィ>,<:::::::::::::::::::::::::,':::|::|;;;;;|::|;;;;;;;;;;;|:::::::::::::,;<;;;;;;;;;>ミ:::::::::::::::! ||
                       /\:{ ¨ニ|」フ:イ;;;;ハ:ヘ_<::::::::::::{::::|::|;;;;;|::|;;;;;;;;;;;|:::::::::::/圭ヘ;;;;;;;;;;;;;ハ:::::::::::: l ||
                 , イ:.:.:.>、__フL/;;/ノ:∧ム. . ><:V:|::|;;;;;|::|;;;;;;;;;;;|::::::::::{圭ミリ;;;;;;;;;;;;;;;;}::::::::::::| ||
                    /o ̄ハ://:.:./:.:./;;/':.:// マム/ >―ヘ|::|;;;;;|::|;;;;;;;;;;;|:::::::::::V彡';;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::| ||
                   /フ>イ/〃:斗:.:/;;/:/イ . . マム/. . . . ..|::|;;;;;|::|;;;;;;;;;;;|::::::::::::::ヾ、;;;;_;;/::::::::::::::::| ||
               /:/:.:.://:.:|;!:.:.:.|:./;;/イ. . . . . . .マム. . . . ..ヽヽ、|└─:┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L」L
                  >‐ミ、/イ :.:|:!:.:.:.:!/;;/ . . . . . . . . . マム. . . . . . \i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 <ミ:、:.:.:.:.:.:.:.」:Lイ/;;/. . . . . . . . ./;、マム. . . . . . .  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 / >ミニ彡イ,} /;;/ .; _二ニ=<;.;.;.;.ヘマム . . . . . . . |
            /. . . . . . . . .  ̄/;;/<{;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヘマム . . . . . . . |

618名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:01:53 ID:vBJ6N/sU

                      -_ー-:.ゝ`ー-:.:.、
                     >―…−:.:.:.:`:.:.:...、
                      、-―…/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:\            あ・・・盗みのシーンの表現不足がわざとかもしれない可能性が
                        ゝ:.:/:.:.:.:.:./´  ̄ `丶:.:.}:.:.:.\           あることに気づいた
                 /:.:.:'‐‐‐ュ_:ノ:::.       ヾ:.:.:.:.:.:.ヽ
                    `丶:.:.:.:./´          ハ:.:.:.:.、:.:}          あそこで火攻めにされかかった人物が麻呂じゃない場合・・・
                  ∠:.:.:.:{::.           :':.:.:.:.:.i:.|          あるのかな?
                     厶:.:.ヽ::...       ..:::/:.:.:.ヘ:.j ′
                  ,<:.:( ` ー-  -ーァ仁_」:/:.:У-、__        意図的に隠していたとしたら、ほんとうに的外れになりますね
            , -、        〃 /`:丶.._____//r, /` ーミ、:.:.:.:.ハ___
      /「´ {  }       〃 . / : : : : : /   //  _厶-―ーイ`ー、:.:.:.}__     まあ、投下してしまったものは仕方ないです。それでは
     /!  !...:::!::::::}.‐、   〃 ̄/: :>=ニ.._彡'イ/    , ' ´ ̄`:、7:.:.:ノ
.    |l .ヽ:::ヽ::::l:::::j /  〃 . /:::::/:,::::::':´/ / !|   /        ハ7:冫
.   _jヽ::::ヽ彡=:¨´ ! , ィ/ /;. ー</::::::/ /   l|:. /        }:.:>
.  ∧{ _У`丶 \,/ //::〈__,彡'::::::::/ /   .:::!レ´  _... -― ‐-マ冫
.  ∧.У ``    \ /:'::::::::::`¨´:::::::::/o/´_.ミヽ::/ , ' ´       |<
 / /  ̄`       \ :::::::::::::::::::::::/ / /  ヽ:{/          |′

619名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:10:52 ID:YGMcIFB6
ちょっと読みにくかったけど評価乙!
なかなか丁寧で改善案もよいと思う。

620名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:13:31 ID:Zrt9ZDpk
評価乙です。

621名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:23:21 ID:N2lkTCD.
評価乙

622名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:25:40 ID:6pgMRL/s
評価乙。ただ、AAの人、どのキャラクターだかわからない。

623名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:35:34 ID:vBJ6N/sU
>>622
「Darker Than Black -流星の双子-」の蘇芳・パブリチェンコです。名乗りもせず失礼しました

624名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:38:32 ID:dodH0pBI
評価お疲れ様でした、もう少し色々とあきらかになってからじゃないと
評価が難しかったかもしれませんね。
あと>>618がどういう状況のAAなのか分かりません

625名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 20:58:43 ID:UOw7AMz2

このスレってモナー板とかでリタイアした元ストーリーAA職人が多そうな感じだね

626名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:01:24 ID:vBJ6N/sU
>>624
あんまり表情の種類がないので苦し紛れにつかったのですが、うーむ、自ら演出上悪い例を出している感じです

顔に何かが乗りかかって仰け反っているんだけど、何だったのか思い出せない。ビデオ見なおそう

627名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:31:00 ID:X5awVh6A
蘇芳さんと、まったく真逆なこと言っちゃってるけど…
投下させてもらってもいいでしょうか?

問題なければ、35分ごろから始めさせていただきます

628名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:33:50 ID:vBJ6N/sU
聞きたいですよ

629名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:37:24 ID:X5awVh6A



では、失礼しまして……



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/      よぉし、今日は評価スレはノータッチで、書き溜めに専念しよう!
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_     …と思ったら、友人に誘われてリリカルなのは劇場版へ
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ   …と思ったら、結局満員で見られなかった
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !  そんなこんなで、リリカルマジカルやかま進藤こと、進藤さつきです
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |  初見が即劇場版で大丈夫なんですかね?
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!  今回、評価という名の勉強をさせていただいたのは↓コチラ
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |  >>601で依頼のありました
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i  やる夫たちは£500,000の借金を背負うようです
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/l50
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   ! です
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

630名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:37:54 ID:X5awVh6A


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                   原作を知らない者の評価になってしまうので、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                  少々不適切な話もあるかもしれませんが……
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                 
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                 古きよきギャング映画を思わせる独特の雰囲気
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _ 裏社会に生きる者たちの、ダークながらも味のある生き方
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ' 
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" / 派手な演出を求められることの多いやる夫スレの中で、
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /  こうした独自路線は大変趣を感じました
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',



           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    今現在の最新話が
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !   タイトルにある「£500,000の借金」が発生した話
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   というわけで、まだ序盤の段階ですので……
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !   
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |   適切な評価ができるかは分かりませんが、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   ↓以下の作者様の依頼に沿いまして、がんばって評価させていただきます
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !
-------------------------------------------------------------------------------

   ・場面、状況がAA、会話から理解できるでしょうか?

   ・描写が足りない場合、何に気をつけるべきでしょうか?

   ・一回の投下量に過不足はないでしょうか?

   ・その他、気になる点があればご指摘お願いたします

-------------------------------------------------------------------------------

631名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:38:24 ID:X5awVh6A


--------------------------------------------------------

  ・場面、状況がAA、会話から理解できるでしょうか?

--------------------------------------------------------
               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|  こうした裏世界ってのは、隠語や俗語、独特の言い回しであふれています
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/   (あくまで映画や漫画での知識ですけど)
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /   
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|     本作も、できるだけそうした雰囲気を尊重してか……
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|     あまり『直接的な表現』を使っているシーンが見られませんでしたね
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |        というわけで、『会話から状況を理解する』というのは、
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、    大変難しいジャンルなのだと思います
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|   しかし、これは『魅力』であり、『欠点』ではない、のです
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |  
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !   ジャンル上仕方のないことであり……
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |   むしろ、こういうのがなければ、魅力も半減かと
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

632名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:38:54 ID:X5awVh6A


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |      ただ、そうなってくると、そういったものをAAで表現していく必要があります
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //       
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      常に物語の中心にある『お金』
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |     これを巡る人々の『狂気』のようなものが描かれて、
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、  
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ  はじめて読者も「ああ、お金を巡る話なんだ」ということを
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ  認識していきます
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ            幸い、主役級キャラがやるやらの派生キャラ、
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ           ローゼンメイデンのキャラに限定されているので、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}          数あるAAで「表情を表現する」というのが、
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'          これ以上なくやりがいのある作業だと思います
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

633名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:39:24 ID:X5awVh6A


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    『言葉が曖昧である以上、AAで必要以上に表情を描写する必要がある』
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   というのを、常に心がけておいてください
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |     そういう点を考えて、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/35
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //     
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /} 
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |   のできない夫の顔なんかは面白かったですね
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、こういう小さな改変で、深い意味を持たせられるものか……と
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !
    / /    /| |:::::::\_.  -┘ ´ ̄ト、  lヽ  /

634名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:39:53 ID:X5awVh6A


--------------------------------------------------------

 ・描写が足りない場合、何に気をつけるべきでしょうか?

--------------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    というわけで、この項では読みながら気になったシーンの、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    具体的な改善法なんかを……
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   できるだけ、思いつく限り書いてみたいと思います
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

635名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:40:26 ID:X5awVh6A


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !   とりあえず、全体として気になったのは
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |   
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i   『同じレスに、時間・空間の異なる人物が存在している点』
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l    
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   でしょうか
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |   たとえば、↓コチラ
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/28-31
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/142
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`  上は、「聞き耳をたてて、隣の住人の様子をうかがうシーン」
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !  下は、「ゲームに興じるやる夫たちを、真紅が監視するシーンです」
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /   まったく違う空間にいるはずのキャラクターたちが、『同じレス』に存在している、
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !   というシーンに妙な違和感を感じます
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

636名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:40:53 ID:X5awVh6A


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!   漫画の『一コマ』を思い出してもらうと良いんですが、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /    一コマにあまり台詞が詰まっていると、
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//    あるいは一コマの絵があまりゴチャゴチャしていると、
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |       かなり『読みづらい』と思います
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/     やる夫スレにおける『一レス』も、この『一コマ』と同じ
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        情報が多すぎてはいけません
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         ましてや、漫画の一コマに
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |          「別の場所・別の時間にいる人が一緒に存在してる」
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、       なんてシーン、ありませんよね?
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

637名無しのやる夫だお:2010/01/25(月) 21:41:26 ID:X5awVh6A