■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【ゼロの】やる夫が召喚されたようです 雑談所3【使い魔】
11 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 18:11:18 ID:X7DreHOY
その1 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255328617/l50
その2 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256425706/l50

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    ご要望により設置しましたお。
   /   ( ⌒)  (⌒)\   ネタバレ等を話したい方はこちらでどうぞ♪
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


<お願い>
レス980踏んだ方は次スレを立てて下さい。


              .. .. .. ..
              ::/ ⌒`"⌒`ヽ、::
            ::/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\::
           ::/,//::         \::
           ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
         /  /、:::::...           /ヽ_ \
         (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )_
.        l ̄`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" \

21 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 18:12:14 ID:X7DreHOY
これでよし…

3名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:26:25 ID:RYlqeBsg
スレたて乙です

4名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:37:10 ID:LYQxI1Hc
スレ立て乙。
前スレ最後の短編は、どこまで本気なの?
とってもワクワクしちゃうじゃないのw

5名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:56:35 ID:VMJRLb/Q
>>1乙〜
ご先祖の嫁は理事長なのかw

61 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 19:04:46 ID:X7DreHOY
>ハルケギニア自衛隊
も少しちゃんと書こうとしたのですが、1には自衛隊モノ書けませんでしたw

>腕も厨二も遺伝だった訳かw
あ、こっちは+黒いです。
…ま、嫁さんにかなり修正されましたがw

>当人ノリノリじゃねーかwww
部下達はいい迷惑ですが、実は今でも重臣や小諸侯として家が存続しています。
かえって良かったかも?
ちなみにケティの家は……

>この場合、現地の人間と言葉も通じない全くの異邦人状態なのかな。
話作るなら、『何故か話せる』としますけどねwメンドいから。

>人間と神の中間の生命体となり永遠にハルケギニアをさ迷うのだ
戦車まで持ってますもんねえ〜
だからこその『鋼の竜騎士』なのですよ。

>前スレ最後の短編は、どこまで本気なの?
半分以上本気です。
全部で無いのは未だ修正する可能性があるためですね。
特にキャラとか自衛隊→帝國陸軍への変更とか。

>ご先祖の嫁は理事長なのかw
あ、わかる人いたんだ…
仰るとおり、ヨメの一人(正妻)ですw

7名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:07:53 ID:VWlc7VDQ
神になる夢を正妻の制裁であきらめたというわけか
瞳に精彩を欠いてたりしてなwwwww

8名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:16:38 ID:Pd.SujAE
>>7
【審議凍結】
    ______________
   /|//              / / /|
 //|/ /         // / /  |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.///.|
 |/ |   .∧,,∧.  ∧,,∧./// │   .|
 |  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧.  .|   .|
 | (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`) .│///|
 | | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ ./| .   |
 |  u-u (l    ) (    ノ u-u / .|/// |
 |       `u./ '/u-u'       |  /
 |//    //    //    .|/

9名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:19:07 ID:U2upMmFI
擬古一曹がケティの先祖なのですか あうあう

10名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:22:59 ID:Ew3Sd2nY
>>7
>>7
>>7
>>7

11名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:26:40 ID:BsIavmpI
だれだ?アイスウォール発生させたの('A`)

12名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:51:45 ID:VAuERXss
乙でー

使い魔召喚に限らず地球から召喚されるとなぜか翻訳魔法が掛かるっぽい節があるんで問題はないかと

13名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:26:50 ID:ZCtVjEqU
乙乙〜
料理以外でやる夫の現代知識が生きそうな分野ってなんだろう。
基本的に現代人のスキルは高度な工業化による量産ツール使用が前提だしなあ。

14名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:29:17 ID:I9glIyG.
>>13
科学や物理の知識かな。
硝石の作り方とか。

単純に軍事の知識もあるけど。
「とりあえず銃剣作って槍兵廃止するお!」とか。

15名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:29:56 ID:.ww03IDw
>>13
ミニエー銃と言う既存の技術で作れて、しかも従来のマスケットと比してチートな性能を持つ銃が作れる。知っていれば。

16名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:41:49 ID:VAuERXss
既存の技術で制作できるアイデアのみの作品なので、役に立つと解った途端もっと大きくて金持ちで
生産力のある他国が導入し、ただでさえ不利なのに更に格差が拡大して絶望的な気持ちになれるw

17名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:46:50 ID:Sf8UG7ks
>「とりあえず銃剣作って槍兵廃止するお!」とか。
既存の槍兵組織(OB+槍製造業者含む)が立つ瀬が無くなって、本気でや
る夫を殺しにかかるかもしれない。
ゼロ魔世界の文明なら銃剣は自然に出て来ていい頃なので、銃剣採用=槍廃
止とまでいかなければ、姫殿下の口ききで使ってもらえるかも。
外れにくい銃剣の詳しい構造までは、流石に知らないと思うが。

ミニエー銃とかも、知っていても製造は難しいんじゃなかろうか。
自分は知っているが、じゃあ設計図描いてくれと言われて描ける自信はない。

18名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:51:58 ID:I9glIyG.
ミニエー銃はライフリングどうすんのかな……

19名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:55:47 ID:VAuERXss
「真似の出来ない独自の何か」があるなら新兵器は強いんだけれど、その代わり数が出せなくなると言うジレンマ
某火石爆弾とかコルベール氏制作のあれこれとか(他国にいない特殊能力者必須)
地球舐めんなファンタジー諸兵器(この世界では制作不能でそもそもガンダ以外使えない)とかならまあ……

20名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 20:59:54 ID:zn2.1pGg
>>15
筒の中に規則正しいらせん状の溝を作るのは大変なんだぞ……。
ねじと違って1m以上彫らないといけないし。

21名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:07:43 ID:VAuERXss
土メイジの練金じゃ無理だろうけれど、ギーシュみたいなえらく手の込んだゴーレム創れる奴とかいるじゃないか
芸術家なのか技術者なのかはともかくああいう人の中にライフリング自体施せるメイジがいてもおかしくはない
無論量産は無理だけれど一品ものなら。でもそれって意味ないよなあw

22名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:19:35 ID:vlh7570.
狙撃兵は少数のグループを整備するだけで相当な脅威になると思うが…
嫌われ者なのよね、軍のスナイパーって

23名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:21:00 ID:BVJD/bLY
嫁がみやびなのに吹いたww まさかここで見るとはなぁ

>>1

24名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:21:30 ID:BhghZtAI
その代わりに一品モノの長距離ライフルなんかを使った「メイジ殺し」の傭兵なんかがいても
不思議じゃないのかも。
太平洋戦争末期、フィリピンのジャングルで米兵を狙撃していた日本兵が……とか。

25名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:22:31 ID:bN2laUIg
>>16
まるでベンチャー企業と大企業の様だ(w

某経済評論家に言わせれば、(分野にもよるだろうけど)現代は技術開発に多額の予算を
つぎ込んで、次々と新技術を新製品に導入しないと競争に敗れる為、一昔前程ベンチャー
企業は元気無いそうな。

26名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:26:10 ID:VAuERXss
特許がある現代ならともかくパクリ放題な作中世界じゃアイデアだけだと涙目過ぎるよなあw
いや、そういうこともあるんで厨房内の機密保ったり、新しいアイデアを次々に打ち出してた店長やる夫の
行動には素直に感心した。作者さんマジきちんと考えてる

271 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:28:45 ID:X7DreHOY
>使い魔召喚に限らず地球から召喚されるとなぜか翻訳魔法が掛かるっぽい節があるんで問題はないかと
確かに召喚術式に組み込まれてても不思議じゃないですね。
それに実際、言葉通じないと悲惨だからなあ〜


>料理以外でやる夫の現代知識が生きそうな分野ってなんだろう。
>基本的に現代人のスキルは高度な工業化による量産ツール使用が前提だしなあ。
結構難しいですよね。たとえば領主になって「お約束のノーフォークだ〜」なんていっても、上手くいく保障ないし。
(というか、6000年以上大きな戦乱も無く農業やってれば、もう誰か試してると思う…)
ま、やる夫自身、「農地のことはその土地の農民が一番良く知ってるんだお」ってスタンスですけど。
 

>擬古一曹がケティの先祖なのですか あうあう

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     ……………………。
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \   
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \


      .__
     /__|__
   /_u了 ゚Д゚)  
     (|〆/|)   ……………………。
    /|  ̄ |   
      ∪ ∪

281 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:30:08 ID:X7DreHOY
おまけ1

―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| | l_________,| | l_________,| ||  |
_________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン



              どうも、ドクヲです… 自衛隊に入って1年目の二等陸士(18)です……今はもう3年目ですが
    |          .どうも、ドクヲです… なんか知らないうちに異世界に来てました。誰か助けて下さい……
    |  ('A`)     どうも、ドクヲです… なんかココ、まるでマンガの世界です。勘弁して下さいよ……
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄  どうも、ドクヲです… なぜか先輩達みんなノリノリです。お願いだから帰る方法探しましょうよ……
              どうも、ドクヲです… ドクヲです… ドク……

291 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:31:32 ID:X7DreHOY
おまけ2

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    あ、ドクヲ君。
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/  .   君、今日から領主ね。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     10ヶ村あげるからよろしく。
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                ?h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖






       ('A`)
   /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ 治めるのマンドクセ…
  // ̄  ̄ フ /  今のままでいいです……
 / (___//
(______ノ

301 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:32:56 ID:X7DreHOY
おまけ3

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    大丈夫だよ。
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     君がそう言うの期待……いや想定して、いい嫁さん連れて来たから♪
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     彼女の家臣達に運営してもらうといい。
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      やー、あそこ元々は彼女の家の領地なんだけど、
               iN \.  ` ニ′/}'         いろいろあって形だけでも取り潰さなきゃならなくなったんだよ。
                ?h   丶、  /          ……けどお父さんもお兄さんも優秀でさ。やっぱりもったいないじゃない?
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U          
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖




       ('A`)
   /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ ますますマンドクセ…
  // ̄  ̄ フ / 
 / (___//
(______ノ

311 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:33:50 ID:X7DreHOY
おまけ4

                  ______
                '"´         `ヽ、
               /                `ー-、_
              /                   /=≧
           /                  二¨ ̄\///≫
         く    __    _, ニ-一  ̄: : : : \ : :ヽ/,'\
          `7>、 __ -= 7 : : :∧ヘ : ヽ: :ヽ: : :ヽ: : :∨,'/\
              ,' : : : :.:/ /: : :.::/ .:.:. /""`ヾ.:.:| :.::|.:.:.:.:.l.:.:.:.:.∨///\
          |:.: : .: :,' / .::/::∧::.:.:.:|     |.:.:| :.::|.: :|:::|::::::::ト 廴///∧
          |:.: :.: ::|: | :.::|::::|ハ:::::i{    |:斗‐:」‐::|:::|::::::::| l:|ヽ ̄ ̄
          | : :::::::|: |!:: イ:丁ハ_八   jィチ示 丁Lj:_j乂j/ '\
          | :.::::::::Vヘ::く ィi示圷     辷リ/イ/:::::::::| \////∧
          | i:.:::: 〃:::ヾ\辷::リ        '' ´ |\:::::::l  `ー 、/,|
        _/ ̄V!:::::::{{:::::::::ハ:\''     '    ,'::.:::ヽ:::|       ∨   よろしくお願いしますわ。
       {   `ゝ、::::ハ:::::: :::∧      r ァ    イ|:::::::}:}八
      r〈^      \:ヘ:::: ::{ :::丶 _   `  イ:_从_::_リ:::.:ヽ
      ⌒ヽ      ヽ\__::_::_::ゝ> -r1_:::::|:::::::::::::::|:::::.:.: \
        `メ、 / ̄ ̄ |::::/: _| ̄ ̄ヽY⌒|::::|:::::::::::::::|\:::::.:.:.:\
        /.: く べ=へ}:::x< -=^≧l≦)丶!、:::::::::∧ \:::::.:.:.:\
          /.:://  ヽ〉 {7: : : .  -=ニ{{彡  `ー<_:;ゝ-、\:::::.:.:.:ヽ
       /::/{: : : .     }、 : :/⌒`<}} >'⌒ヽ | |    ヽ \:::::.:.:.ヽ
.      /::/ ハ : : : .   ∧\    ((/r\))   | |     \ヽ:::::::.:.:',
     //  ∧、: : :    |\\   /〈\_〕\ ,/∧      \'、.::::.:.'.
    /     lヘ: : :    |::::::\_>'::::::: | |〈 〈∨/::::\        〉'.:::.:.:l
.   〈: : : : : : : : : |: !: : : :   V::::::::::::::::::::::::ヽヽ:\\:::::::::::::\     / '.:::.:.i
   / \: : : :x彡ソ: : : : : : :  ヘ::::::::::::::::::::::::::} }:::::\ヽ::::::::::::: ヽ   /  i::::.:|





        (゚д゚)
   /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ !
  // ̄  ̄ フ / 
 / (___//
(______ノ

32名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:34:09 ID:BVJD/bLY
鏡花ー!?

331 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:34:22 ID:X7DreHOY
おまけ5

 |  ('ー`)ノ  任せて下さい! 立派な領主になってみせますよ!
 |  <( )
 |   / \
/ ̄   


                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    じゃ、決定ね。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     あ、あと君は何もしなくていいから。
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      
               iN \.  ` ニ′/}'
                ?h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

341 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/17(火) 21:34:54 ID:X7DreHOY
以上です。ちと早いですがおやすみなさい…

35名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:36:12 ID:NFKH5IZo
おやすみなさいー

この調子でぽんぽこ召喚されてるんなら、シエスタは近親にいたってだけで
ハルキゲニアのほとんどの人に日本人の血が流れてるんじゃないだろうか

36名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:36:31 ID:cPzg4sIc
乙でしたー

37名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:38:21 ID:BVJD/bLY
乙、お休み

38名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:39:04 ID:R73gX/rU
この調子でぽんぽこ召喚されてるんなら、
化学とか数学の知識とかで工業関係が構築されるはずなんだがな

39名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:40:14 ID:bN2laUIg
>>35
そういや、このスレのオーパーツ(地球から召喚されたモノ)って、今の所過去から現在の
日本に存在した(する)モノばかりだっけ?

40名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:42:10 ID:RvVObNrU
つ「破壊の杖」

41名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:42:48 ID:/6ebPHZ2
乙!!!
おやすみー

42名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:55:24 ID:dkV0ojyc
>>40
このスレの破壊の杖は自衛隊にも配備されてなかったっけか。110mm個人携帯対戦車弾。

43名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:00:16 ID:RvVObNrU
過去ログからコピペしてみる。

>277 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/12(水) 12:51:32 ID:rYzvX96z
>あ、wikiを見てみたら名前だけ受け継いだ代物なのか orz
>しかし配備されたのが1992年って新型の部類に入る兵器だな

44名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:02:41 ID:bN2laUIg
>>40

http://acjryvnedk.blog54.fc2.com/blog-entry-314.html

275 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/12(水) 12:41:22 ID:rYzvX96z
というかパンツァーファウストってことは第二次大戦時のドイツ人か、オスマンの恩人
まあとっくに死んじゃってて子孫がハルケギニアにいるわけでもないから話に支障はないか

276 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/12(水) 12:48:35 ID:sfwbDqxb
>>275
ググってみろ。現用兵器だ。
自衛隊にも「110mm個人携帯対戦車弾」の名称で採用されてる。

↑このスレの19話のまとめから抜粋。
日本の自衛隊から召喚された「可能性も」あるかも。

45名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:07:11 ID:i3zaebOk
でも冷静に考えると、対戦車榴弾で岩石の塊って破壊できるんだろうか?

46名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:12:10 ID:VAuERXss
原作の話なら、フーケの目的的にはあそこでゴーレムは倒されるべきだったからなあ
もしかしたらもう一体くらい一から作り直せる余力はあったかも知れない。なんだかんだで彼女プロだし
(別にゴーレムは唯一無二、代えが制作できないじゃない)

47名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:17:54 ID:.ww03IDw
>>45
対戦車ロケットorミサイルの類は保塁を潰すのにも使われるよ。
最近はサーモバリック弾頭なんてのもあるし。
装甲板ならいざ知らず、岩石程度ならメタルジェットで開いた穴に爆風が加わるから粉々に吹っ飛ぶ。

48名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:22:02 ID:zwgqjYXw
しかし30mという規格外の大きさだぜ?
腰から上だけでも15mはあるんだろうし

49名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:25:28 ID:oTniShfI
アーマードコア・ネクストは10m強だったが…

50名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:27:16 ID:i3zaebOk
>>47
でも、反対側まで届くかね。モンロー効果の範囲って1m以下だったような。
まあ魔法で集めた塊だから、爆風に耐えられずに吹き飛んだのかもしれんが。

51名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:47:52 ID:u2XWDzTE
>>33
な、何も!?
た、種つけくらいはいいよね?ね?ね!?

52名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:50:40 ID:MOLcXK1g
>>51
ヒント:「自分は」何もしない

53名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:56:58 ID:U2upMmFI
でもまあいくら武装強化しても
空を飛び時速150㌔で飛びつつ火を吹く火竜相手んはどうにもならんよね

高い位置から火の秘薬を落とすだけで十分な威力だし

54名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:06:03 ID:VAuERXss
確かに無理ゲーそのものだなあ
基本逃げるべきだし、逃げられないなら飛んだら不利、高速で動いたら不利、火を吐いたらヤバイ状況、
つまり相手の長所が足枷になる戦場環境を作るしかない
まあ、我々人間は有史以前からそういうの上手だから案外簡単かもしれんがw

55名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:13:21 ID:ohGgRTLo
鳥もちつけて飛竜捕獲して落とせないかな?とかくだらない事考え付いた

56名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:13:20 ID:yl6qcvSU
実際のところ魔法のある世界って科学技術は進歩しないと思うんだ
魔法で解決できちゃうから。
つまり魔法>科学技術という形が主流で科学者はマイナージャンル
ただ人口比は一般人>魔法使いだと思うから
一般人を魔法使いに対抗できるレベルの科学武器もしくは魔法と科学の融合
=サイキョーになるんじゃない?

57名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:15:09 ID:vOxnf7Js
そういやギーシュの先祖はチハたんに乗ってたとばかり思ってたけど、
61式戦車だったのか・・・ギーシュのゴーレムが八九式から始まって
九七式にレベルアップしてもさすがにまだ61式の性能には遠いな。
しかしまだ61式が使えるならタイガー要らないなw まぁ色々と兵器が
原作よりレベルアップしてるからロマリアにあるのはT72かもしれんがww

58名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:15:12 ID:VMJRLb/Q
おまけ乙〜!
やっぱ鏡花の家はそんな運命なのか…

59名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:16:08 ID:9rnCFD5.
ぱっと思いついたのがBETAだった
なんかもーだめだ

60名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:17:57 ID:lhjexFCg
ヤバイ、この設定はwkwkするぜ

61名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:26:21 ID:9Xw5FQlc
>>50
>>50
現行のHEAT弾頭だと、1m以上の浸徹距離を出すには170mmぐらいの直径の砲弾が必要になるな
ただ、HEATは弾頭炸薬のエネルギーの9割は爆風として発散されるから、そっちのほうで吹き飛んだってのが
ありえると思う

62名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:29:42 ID:VMJRLb/Q
>>53
基本不利だろうけど、150kなら重機でも結構対応できるんでない?
そのくらいの速度の連絡機は結構落とされてるぜ?
自衛隊ならブローニングの傑作12.7mmが基本装備だろうし…
つか制空権は基本だし、エアカバー無しに吶喊はせんでしょw

63名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:30:50 ID:y.e6xLak
いや月クラスのヤシが部下の集団付きでいってるって状況は本気で洒落にならんぞw
ソルベー法くらいは基礎知識で当然知っているだろうから、化学肥料の量産やらなんやらで
本人死ぬ頃にゃ領地が産業革命初期まで行ってておかしくねぇw
それから1000年たってりゃ本来なら地球の科学水準超えてることさえありうる。

64名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:33:44 ID:VCsQApoA
俺もファンタジー世界に行って可愛い娘嫁にしたいわ

異世界召喚といえば言語の壁即突破だよな。サモンナイトだと召喚にもともと組み込まれてるな。
逆にガチで言葉分からないと永遠のアセリアの序盤みたいになる
あれは声優さんのがんばりが一人一人全然ちがって温度差が笑えるんだがw

65名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:38:25 ID:/MNwZXzQ
>>53
確か風竜の最高速度はゼロ戦以上で、火竜はそれよりもやや劣るって感じじゃなかったっけ?

66名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:38:32 ID:VMJRLb/Q
>>63
文明は知識量の集積だから…
しかも軍人ばかり(いても軍医程度か?)じゃ、文明全体への影響は無理じゃないかな?
軍制や作戦には孫子やクラウゼウィッツ並みの影響がでてるかも知れんけどw

67名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:39:59 ID:KJElgpHo
つうか1部隊まるまるいなくなるとか大問題だよな

68名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:42:04 ID:Y8UbKz3U
黄金拍車……ごめんなんでもない

69名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:45:33 ID:y.e6xLak
>>66
一人だけでいくならともかく
現代レベルの教育受けた上、集団行動できる人間がまとめていっている事実が
恐ろしいんだよw 現代義務教育レベルでも中世ヨーロッパレベルから見りゃ超インテリ集団だ。
事実上やる夫からガンダパワー抜いた、けど軍人としての訓練を受けた連中なんざヤバすぎる。
おまけに指揮官はノリノリの野心家で政治手腕ももってるとくりゃ、マジで歴史が変わる。(ってか変わったんだろが)
近代軍の士官教育の恐ろしさを

70名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:47:10 ID:y.e6xLak
69続き
なめるんじゃないw

71名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:47:37 ID:u2XWDzTE
個人単位なら脱走や行方不明で済む話でも、部隊単位となると
緘口令が敷かれて捜索隊が出るレベルだよな。
しかも何の痕跡もみつかりませんでした、なんて報告したら
さぞ景気よくクビが飛ぶんだろう。
実に傍迷惑な魔法だよな。

72名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:48:05 ID:i3zaebOk
>>66
怖いのは知識の伝授による軍事技術の発達だからなあ。もし試行錯誤をすっ飛ばして小銃作って魔術師の狙撃始めたらえらい事になる。
つうかスコープ付き64式小銃があったら魔術師をカモれるw

73名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:48:19 ID:/CbCLsq6
カズマなつかしすぐるwwww

74名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:52:47 ID:yMd.w94o
まさかやる夫スレで

 み や び ち ゃ ん ぷ り ち ー ☆

とレスする日が来ようとわ…

75名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:53:04 ID:R73gX/rU
完全にではないとはいえ魔法を学問にできてる以上、
少なくともハルケギニアには科学をないがしろにしないだけの土壌があるはずなんだがなあ

76名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:55:17 ID:y.e6xLak
>>72
>試行錯誤をすっ飛ばして
それが「知識」のもっとも恐ろしい点だ。本来数百年の時間と莫大な資金と手間を費やして
手に入るかどうかって「答え」を最初から知っているというのはチートの極み。

77名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 23:56:39 ID:VMJRLb/Q
>>69
別に歴史改変は否定して無いよ。言い方が悪かったかな?
文明の発達は、様々な分野の専門教育を受けた人間がそれぞれ大量に必要だから、
軍事面以外の発達は難しいんじゃないかなと思うんだ。
君の>>69を理解してるからこそ軍事面では、って思ってるよ。

78名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:00:06 ID:glkLmvTM
「軍人は土木作業が出来る」
これだけでいろいろなモノがぶっちぎりで発展する気もするが
家が建てられますとかそういうレベルの話じゃなくてね

79名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:04:22 ID:YwoTHPWg
>>77
いや軍事面よりむしろそれ以外の影響の方が多大だと思うよ。
持ち込んだ武器は弾や整備の部品が尽きればそれまでだろうけど。
あの後、指揮官(月)とその一党は全員が外様とは言え領主クラスに
収まることになるだろうから、その際に統治者として科学技術と教育の重要性に
気付かないわけがない。ってか連中は科学技術の差で負けた太平洋戦争の記憶も
まだ鮮やかな世代だからむしろ重点的に力をいれるんじゃね?

80名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:06:34 ID:PmaBaQMA
あれだ、簡単に言うなら「地球舐めんな、ファンタジー」ですね わかります

81名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:08:23 ID:5yJugXWQ
ヘリの話題が全然出ないwwwww

HUー1って昭和3X年時点で正式採用されたばかりじゃないか…
さすがに小銃まで64式じゃないよな?それとも米軍お古のM1ガランドかな?

82名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:08:42 ID:glkLmvTM
当時、実はいた虚無一人相手にしたとか作者さんが言ってもおかしいとは思わんw
>月軍団の戦い

83名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:11:58 ID:uZsotvlc
>>76
答を知っていても、証明できなきゃニュートン先生になってしまうから…
>>78
施工≠設計じゃね?
>>79
教育はシステムだし、教員をどう養成するかにかかってくるだろうね。
例えば、日本は寺子屋の昔から初等教育根付いてるけど、発展途上国は…

84名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:13:14 ID:iEqe5QJw
>>69
>現代義務教育レベルでも中世ヨーロッパレベルから見りゃ超インテリ集団だ。
銃器を始めとした文明のレベルや飲食店・宿屋の普及・整備からすれば、ゼ
ロ魔の舞台は明らかに中世ではなく、近世相当の社会だろう。
村唯一の宿屋兼酒場とか、>>1氏は16世紀頃のドイツを参考にしておいでな
のかもしれん。
16〜17世紀として、地球で言えばガリレオもフェルマーもコメニウスも
ベーコンももう出て来たか、そろそろ出て来る頃合。
数学を始めとした諸分野の発展を考えれば、どう考えても中卒では勝てんぞ。
義務教育も早い国だと(就学の実態はともかく)施行される時期だ。
そちらこそ、「中世ヨーロッパ」という漠然としたイメージで先人をなめな
い方がいい。
軍事(史)オタクは、博学で柔軟な思考の持ち主が多いが、時に軍事以外の
歴史について、ひどく無頓着なことがある。

85名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:15:53 ID:oVL5n39w
フツーの曹士じゃあ、確実なのは「文字が読めて、かなり複雑な計算ができる」程度だろ。
大事だけど、それで何かが変わるかな。
科学知識と言っても、教えたり実践出来たりするほどの物では無いだろ。

それと、防大では大学と同じだけの知識を学ぶけど、知識だけで何とかなるほど、工「業」は軽くないよ。
・・・とか書いたけど、倉門鍛冶屋が、グラモン重工になれないとは限らないんだよな。
最初の炉や窯は土メイジに頼っても、それで同じ規格品を作れば良いんだよね。
厳重な固定化をかけた定規を用意すれば、もしかしたら薬莢を削り出せるかも?

86名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:19:15 ID:5M9wfPiU
>>72
そういえば数日前に、日曜大工の店で売ってる道具だけで拳銃やライフル作って逮捕された事件が日本で「また」起こってたぞ。
知識と技能あれば案外簡単なのかね?

87名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:21:38 ID:iNYsoZ7I
>>81
いや、戦国自衛隊ネタだと明言されてるから、旧作の装備そのままだと思ってたけど。
ヘリも作中に出てたS-62ならギリギリ30年代配備だし、39年だと考えれば小銃も最新で間に合うぞ。

88名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:23:58 ID:PbsGaiYg
まあ、とりあえず歴史はおもいっきり変えたしな。
千年前の動乱による外様筆頭で国内有数の大貴族だ。
商売も一千年の間にうまくやったんだろうなー。

……普通にギーシュを待って彼に飛行機のこととか頼めばいいんじゃねと思った。

そして('A`)の子孫は誰なんだろう……。

89名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:37:31 ID:iNYsoZ7I
>>86
まあ、道具さえあれば難しいものでもないよ。密造銃って奴だが。
有名なAK47なんか品質を気にしなければ貧乏国の町工場でもコピーできるし。

90名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:41:47 ID:.4TTBnFI
>>88
ギーシュに燃料の精製を依頼して飛ばして帰るのが一番安上がりの気がするな

91名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:52:38 ID:qUGL.7Y6
しかし、倉門二尉から未来の次元漂流者(やる夫)へのメッセージとかアイテム
残ってないのかな?
あれば、やる夫が利用とか面白そうなんだが。
戦車わざわざ竜として残してるぐらいだからありそうなもんだが。

92名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 01:06:49 ID:MuqSzskM
>>91
とても厨二的なメッセージがそえられているかと。

チハたんに
「この封印破りしもの。すべての栄華と力を孤独を授ける!」とか
メッセージカードそえてw

93名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 02:17:50 ID:glkLmvTM
さすがに遺言残す年齢の頃には厨二病も治って……なさそうではあるw

94名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 02:24:54 ID:dFqP9RWU
まぁ、別に嘘書いてないし、
その年になると、厨二病というか様式美とかそんなんなんじゃね

95名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 02:31:05 ID:zXo7n04s
やる夫とギーシュは通りでウマが合うはず。
だって同じ日本人の血だもんなぁ・・・・

厨二病の血は惹かれあう・・・

96名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 09:32:19 ID:fCh6tRYE
        lア′                         \  _/\グラモン家は、千年前の大動乱に乗じて貴族になった、成り上がり者よ!
.        /     /  :/  .:.:j  .:.      \    ヽ ∨ _/ 〉…トリステインが領土の過半を失った、あの動乱に乗じて、ね。
       /     /  .:./  .:.:.; イ.:.: /    \:.:.:.. 丶    l ∨ _/そして乗じたギーシュの家が、今では王国随一の大領主で元帥っ!!
   __,/'⌒ヽ    /\.:./  .:.:.:./ |.:.:.:! :.:.  :ヽ:.\:.:.  l     ∨{/|    ――いいっ!?
   \ /    `、 .:.!:.:.:.:/ト、.:.:.: /   {.:. j{ .:.:  .:.: |ヾ:.:}ヽ: イ´:. :.:|:  !´  ト、   『外様貴族』っていうのはね、
     7     ∨.:|:.: / .|.:.\/    l:.:八.:.:.. ...:.:.jハ.:l/l:.:lヽ:..:.:l:  |__/  \  あの動乱の時に、王家と共に戦わなかったか、
    i    ....   l.:.l:.:,'  j.:.__/\   j:/  \ :.:.:/ /! _j:/ jl :.:|:  |:.:.:.:.:.:.:.:   その混乱に乗じて成り上がった貴族達のことを言うの!
ー―‐ |   .::::::::..  |:.:|:.{,>〃テFミ\/     }:.://チF千ヾ<|:.;':.  |¨ ̄`ヽ
:.:.:.:.:.: ∧ :::::::::::::::: |:.:Ⅳヘi{  !{ヘ  `トヽ_/  、ノ''´{iヘ  }:! }ハ l/.:.:  |       そんな連中、とうてい信用できないわ! 大っ嫌い!!
ー‐=≦仏 ::::::::::::::: l :.:.ハ. ヾ V:::ヽイj         V:::ヽイ/   /:.:.:   |
:.:_// ∧:::::::::::::: |\_:ヽ  _ ゞ‐='' :::::::::::::::::::::::::: ゞ=-'' _  /.:.:.:   |
:/ /_/_イヽ:::::::::::/{  :.:.}          '             /.:.:.:.     |
厂     |{ ::::::::::::::.ヽ :.八   __   -―=  ̄ 'ヽ  /..:.:.:.:    |  /
  __  |::\:::::::::::::::..∨.:.:.l丶、 ∨ ̄           〉ィ/..:.:.:.:.:   ヽレ'´ ̄ ̄
/ _`ヽ{/:::`::::::::::::::.:.\ :|  iく_> 、  _____,  <r:/.:.:.:.:.:.:     {:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
〜16話より

いきなり地球からハルケギニアに飛ばされて戦ったら千年後の小娘にボロクソ言われたでござるの巻

97名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:10:43 ID:QolK0r0o
1000年もたつのにいまだに外様扱いとかどんだけ排他的なんだw

98名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:11:11 ID:yA0hmytU
……えーと。それ聞く限り、
「トリステインが国土のほとんどを失い、存亡の危機にあった時に不甲斐ない譜代と違って大活躍したヒーロー」
に聞こえるのは俺だけ?

99名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:11:50 ID:GBfaz25I
もっとオープンだったらとっくに他所の国に吸収されてるんじゃね?

100名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:21:26 ID:sdaxcXKY
6千年の歴史ある国じゃ千年程度では新参扱いか・・・京都で百年程度の家柄じゃ
成り上がり呼ばわりされるようなもんかw

101名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:49:01 ID:fCh6tRYE
というか、やる夫が正に外様街道まっしぐらななわけだが。今後領地もらったらなおさらね。
そのとき他の貴族からやる夫が外様扱いされて軽んじられたらルイズはどう思うのかね。

102名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:49:34 ID:yA0hmytU
姫様曰くむしろ譜代の方が日和見かつ信用できんらしいんで、千年前の譜代もどの程度信用できたやら……

103名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:53:12 ID:yA0hmytU
譜代筆頭第三女配下だから一応譜代の傍流扱いになるんでないかなあ
むしろやる夫を外様より「上」として格式的に扱った方が譜代的には自尊心が満足するかも

王家>>譜代>>>>>>>>>譜代傍流(英雄だが元平民)>>外様になるから

104名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 10:57:54 ID:3Ezst2/I
原作に沿うならオルニエールは外様じゃないだろ
やる夫が平民からの成り上がりってだけで

ヴァリエール家とグラモン家とガリア王家との関係が深くてナギリエッタのお気に入りで庶民の英雄だなんて
譜代貴族なら確かに抹殺したくなるけどな

105名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 11:53:22 ID:YAyqYi8g
狙撃兵が一人いれば虚無使いなんて事足りる。
狙撃兵スレ見ると認識できない距離から鉛玉飛んでくる上に、
本人は3日ぐらい身動きせずに潜伏できる。
世界大戦以降はいそうな方向、森ごと焼き払う。
ビルごと爆破するというレベル。
グラモンに魔法補正した狙撃兵がいればゴルゴクラスの腕前だな。
でも、悲しいことに狙撃兵は残ってないんだろうな。
敵味方に一番嫌われる兵だから。

106名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 11:56:50 ID:ZeYLZbIk
物語補正がかかるから狙撃兵も雑魚扱いだけどなw

107名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 12:30:06 ID:5M9wfPiU
千年も弾丸持つわけないし、銃作るより弾丸作る方が難しい。
実弾演習できなければ、必然的に狙撃技術の継承も無理

108名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 12:33:41 ID:YAyqYi8g
狙撃兵なめんな
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-391.html

チート補正の当たらない技能無効クラスのシモ・ヘイヘとかいるんだぜ。
まさにG13

109名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 12:37:05 ID:3Ezst2/I
ヘイヘか
船坂軍曹とどっちが強いかな

110名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 12:57:02 ID:yA0hmytU
代用銃を作るとは思うけれどな
魔法と知識と(少なくともメンテは出来る兵士と)実物、十年単位の時間と貴族の財力が揃ってれば、
現代レベルは無理でもそこそこ優秀な銃を生産できてもおかしくはないかと

111名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 14:28:27 ID:VUuVNtLc
>>前スレ最後の短編は、どこまで本気なの?
>半分以上本気です。全部で無いのは未だ修正する可能性があるためですね。
>特にキャラとか自衛隊→帝國陸軍への変更とか。
OKなとこまで進んだら、中篇(できれば長編)でまじ読みたい
かにしのキャラのハルケギニア物語、是非お願いします

112名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:19:01 ID:f4I5fago
うーむ
典型的な天下り癒着だなぁ

113名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:24:46 ID:05eM04K.
ナギが抵抗勢力をぶっ潰すようです
というところかな?

114名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:32:48 ID:yvO2iDsY
ナギ様は全てお見通しのようです
しかし仮に穀潰しどもを一掃したとしても艦隊の強化には凄まじい費用と時間がかかるだろうなぁ
レコンキスタからの防衛に間に合うか……?

115名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:33:41 ID:uZsotvlc
>>113
「抵抗勢力」が必ずしも悪とは限らないんだぜ?
特に「現実」ではw

116名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:44:15 ID:VNgFGgQg
>>114
ナギリエッタ様がどう動こうと、1月では何もできないだろう。
歩兵や騎兵の増強にしたって半年や一年では使い物にならないだろうし。

船などとてもorz
仮に半年あって、緊急で造船できたとしても乗り手が用意できなければ意味がない。

状況は絶望的だな。

117名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:48:08 ID:XAGWfKLY
いやあ今回の場合、造船は将来の事を見越した話を出汁に使っただけで
10隻が分散していてタルブ戦に使えない現状を改善させたかった、もしくは
させる為の布石なんじゃね

118名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 16:00:57 ID:VNgFGgQg
こうなったら、10隻まとめて友愛の船にしてしまえ!

119名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 16:02:30 ID:nLf7sQus
いや上はともかく船と乗員は友愛しちゃだめだろ
それでなくても航空兵力も兵士もいないのに

120名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 16:03:34 ID:mY4r4Gck
トリスティンってぶっちゃけ戦う前に負けてるからな
外交で開戦を引き伸ばすなりしたいけど相手が相手だし
虚無がなかったら詰んでる

121名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 16:12:33 ID:VNgFGgQg
っと、細かいことだがフリゲート20隻だったorz
どのみち、過去スレの空軍比を考えればゲルマニアの船をあてにしなければどうしようもない状況だな。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258002722/548

過去スレより------------------------------------------------------
<アルビオン・トリステイン・ゲルマニア三国空軍力比(航洋型戦闘艦数の比較)>

              アルビオン      トリステイン   ゲルマニア
重戦列艦(*1)  40隻( .30)→. 30隻(. 30)    ――      20隻(. 15) 
軽戦列艦(*2)  60隻( .45)→. 40隻(. 40)   20隻(20)   .  20隻(. 15) 
非戦列艦(*3)  50隻( .40)→. 30隻(. 30)    ――      80隻(. 80) 
総 計  (*4). 150隻(115)→100隻(100)   20隻(20)    120隻(110)

*1 狭義の戦列艦
*2 いわゆる『フリゲート』。
*3 いわゆる『等外艦』『スループ』『コルベット』。
*4 括弧内は現役艦数。矢印は内戦直前→直後の数の変移。
------------------------------------------------------------------

122名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 17:58:55 ID:HsWvGGkk
問題提議しておくのは大切かもしれん
どのみち間に合わないけれど、事が起こった「後」に責任取らせたり、言動を盾に効率化の処理がしやすくなる
こともなく進むなら逆効果だが、この場合事が起こるのは解ってるから(少なくとも姫はやる夫の言葉を丸呑みで信じている)
しかしアレだ……一個人の言葉一つでアクションがらりと変えるとか、ある意味ロイヤルビッチよりヒデェw

123名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:36:15 ID:iNYsoZ7I
でも、港と造船所を潰したら維持できる船の数も減るよ。特に造船所の数がそのまま維持できる船の上限に直結するから。
船はすぐに痛むから定期的にドック入りしないと維持出来ない。整備できない船は崩壊後のソ連海軍のように港で朽ち果てる事になる。
重戦列艦とやらを新規配備するならそれ用のドックを新たに整備する必要も出てくるし。

124名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:43:09 ID:HsWvGGkk
そのこと自体は正しいと思うが、何しろ
「たかだか20隻しかないのに、10ヵ所はいくらなんでも多過ぎ」
だそうだからねえ……それぞれに造船所が付いてるらしいから、二隻の内一隻は常にドックに入ってないと
ドックが閑古鳥と言うことになる。さすがにそれが船に対する必要なケアとして適正とは……

125名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:53:46 ID:iNYsoZ7I
>>124
でも、今後は軍拡路線に転じるんじゃないの。そうなると予備港やら古い施設の更新なんかの必要も……
アルビオンが何もしなくても、ほっときゃトリスティンが勝手に破産して崩壊する気がしてきたなw

126名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:59:18 ID:y7FAkcW6
正直燃料の問題をギーシュが解決したら
紫電改に乗るのはルイズじゃなくてギーシュだよね、虚無よりギーシュ
ギーシュ「ずるいぞっ!!」

月の先祖は社長(遊戯王)でも似合いそう

127名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:59:25 ID:Nvve/4J6
もともと小国で金ないしなぁトリスティン
どうしようもねぇ

128名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:10:12 ID:Ecg1tw8.
>>117
せめて半数でもいいからアルビオン方面に集中させたいよな。
原作と違ってアンリエッタの結婚式が無いからどんな風にアルビオンが艦隊を接近させるかわからないけど。

……そう考えるとアルビオンが早めに仕掛けてくるかどうかってあんまり確定事項でもないような気もするな。
もちろん備えておく必要がある事は間違いないけど。

129名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:11:02 ID:msj.jFG2
やる夫の予言がはずれたらどうなるんだろう・・・

130名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:24:29 ID:HsWvGGkk
鳥の骨の思惑通り時間が稼げる

131名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:27:49 ID:VUuVNtLc
>原作と違ってアンリエッタの結婚式が無いから
そういえば、始祖の祈祷書はどーすんだろ
国宝だけど、ナギリエッタに言えば借りられるのかね

132名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:28:36 ID:mY4r4Gck
①原作より好転するがやる夫の信頼が落ちる
②原作より悪化するがかっこいいやる夫は逆転の秘策を考えつく
③原作より悪化してトリスティン滅亡。現実は非情である

133名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:47:37 ID:YAyqYi8g
エイブラムスを召喚してライトが操縦。

134名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:03:52 ID:zXo7n04s
そろそろやる夫の装備に銃が入りそうだな。

自衛隊の遺産に対戦車ライフルがあったらやる夫無双かも。
普通の狙撃用ライフルでもいいな。
500m〜2km先から指揮官ズドン。
ぱねぇ。

135名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:16:05 ID:6cAnfg3I
>134
対物狙撃銃なんて存在しないんじゃね、当時
ていうか今でも自衛隊装備してたっけ?

弾薬どうすんの

136名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:33:18 ID:zXo7n04s
>>135
確かに固定化してないと数十年前の弾薬は使えないな。

弾薬は消耗品なので一時装備じゃねーかなぁとか。

137名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:36:10 ID:y7FAkcW6
やる夫は銃を装備しちゃ駄目だろ

138名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:38:49 ID:sdaxcXKY
整備の問題はあの先祖なら十分理解してるだろうからある程度権力というか
金などの余裕ができたら片っ端から固定化をかけてそうだな。もっとも
そこまで成り上がるまでにかなりの装備を失ってそうだが・・・

139名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:40:10 ID:HsWvGGkk
西部劇に出てくるのとか昔マタギさんが使ってたような銃ならこの世界の技術でも何とかなりそうな気はするし
弾も火薬も自力で制作・調合できる
そしてとりあえず武器として使えそうならガンダパワーで使いこなせるという……

140名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:41:21 ID:HsWvGGkk
やる夫がじゃなくて当時の自衛隊員達が、ね
彼らは現物持ってきてるわけなんで劣化版なら何とかなった可能性はある

141名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:52:58 ID:MS4nn5mw
自衛隊員が持ってきた銃の劣化版が今使われてるんじゃね

142名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 20:58:18 ID:and7JFeQ
>>140
原作と同じ銃を装備してるとして、M1ガランドとM1カービン、M3グリースガンにM1911A1か・・・
64式は・・・あったっけ?
全部自動装填式の銃だから複製は難しいと思う。
現代ですらオウムが密造したAK47のように、まともに撃てないとか充分ありえる。

当時後方部隊に支給されていた、「30-06仕様の99式小銃」があるなら、何とか複製作れないこともない気はするが。
やっぱライフリングと薬莢と雷管をどうやって作るかという問題が・・・・

143名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:18:17 ID:iNYsoZ7I
>>139
残念だが、西部劇に出てくる銃はハルキゲニアのそれよりかなり高性能。
西部劇に出てくるのは有名なウィンチェスターライフルで、14発も撃てるレバーアクション型連発ライフル銃。こっちはタダのマスケットだから。
火薬も黒色火薬より数段高度な無煙火薬だから材料も揃えられないよ。

ちなみにマタギが持ってる村田銃は更に高度なボルトアクションライフル。

144名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:26:27 ID:aPltxbxk
この世界の銃はフロントリックマスケットだな。
パーカッションすらまだと言う遅れ様。
ミニエー銃ですらチートでオーパーツ。
一品物ならいざ知らず、ライフルを刻んだ銃を量産と言うこと自体がオーパーツ。

145名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:30:46 ID:mCshEBlc
遠距離攻撃か…
ここのガンダはものによって閾値が変わるわけで石、だといまいちだったが石とスリング、だったらどうなんだろう?
槍投げ器、なんてのもありかでっかい靴べらみたいなやつ。熟練者なら結構な距離を狙えるらしいが
拳銃よりまし、くらいか?

146名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:34:17 ID:RIrlKUhs
SSだと飛び道具にもルーン効果あるように書かれてるのが多いね
(理想郷のイチタバや革命とか)
まあ乗り物に効果あるんなら飛び道具にあってもおかしくないと思うが

147名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:47:18 ID:uZsotvlc
>>140
マトモな精度の旋盤や治具が無いと、現代銃器は無理だなー
それ以前に、まずライフリングの壁があるだろうし…

148名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:57:27 ID:HsWvGGkk
現品があって分解・組み立ての出来る兵士がいてチート魔法があって、時間と金がある状態で
出来ないと断言は個人的にはできんなあ
材質変えられる以上、粘土でも何でも魔法で形変えやすい物質基準にライフリング彫ってから
変化させる手もあれば、堅さ変えられる魔法もあるから強度上げ底しても良い
「部品単位で構築してから材質変化、その後組み立てる」事だって出来るんだから

149名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:58:15 ID:gmkCeNEk
やはり「皇国の守護者」で描かれているように、スチーム動力を使った旋盤・ドリル・ネジ切り・etc…で
大量生産出来ない事にはお話にならないのか…

何はなくとも工作機械と精密測定器を最初に作らないとダメかも。

150名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:59:29 ID:HsWvGGkk
……あー。自分が言ってるのはこの世界全般ではなく「倉門部隊が劣化品作れる」って話です
自分のID辿れば解ると思うけれど誤解させてたらごめんね

151名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:02:23 ID:6gRL5kSU
人間に固定化は無理?

152名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:04:40 ID:sdaxcXKY
わざとやったのかわからないけど産業革命は起こさなかったみたいだよね。
少なくとも千年後のトリステインで蒸気機関が実用化されてるようには
見えないということはブリミル教という世界宗教を敵に回すのを避けるため
装備品や知識はある程度意図的に封印したと判断するべきかもしれない。

153名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:06:22 ID:Ecg1tw8.
>>146
原作でサイトはAK小銃でメイジの杖だけねらい打ちしたりできてる。
飛び道具でも何の問題もない。
ただ、剣や槍みたいな白兵戦武器と違って身体能力によって威力が増すことはないだろうけど、
近代的な銃器だとそもそも威力を増す必要がないし。

問題は限られた弾数と故障したら治せないって事だな。

154名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:08:54 ID:HsWvGGkk
よく考えたらこの世界、型取りに使った粘土やら蝋やらを別の物質に変化させられるんだよなあ
必要なら鉄や鉛や石に変えられるし、要らなくなったら水にしたり砂にして抜ける
現代先端技術的なミリ単位の制度が要らないなら科学技術抜きで現物からのデッドコピー楽勝かもしれん

155名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:09:02 ID:6cAnfg3I
>143
金属薬莢の生産はいざ知らず
日本の江戸時代レベルの技術力と生産基盤があれば
戦力になるほど実戦配備できるかははさて置きドライゼ銃レベルのものは作れるよ。
問題は国力と社会構造がそれを扱うにたるの歩兵と指揮官を育成運用できるか否かだと思う。
世代的には絶対王政前後だろうから、まー無理だろうけど。
せいぜいがフリントロックの密集横隊戦術位かな

>更に高度なボルトアクションライフル
ていうかこれはどういう意味?

156名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:16:25 ID:uZsotvlc
>>150
劣化版にしてもまずは工具や工作機械が必要で、それらが集積所にあったとも…
なにより、どんな製品にも製作過程には何らかの「専門性」があるから、
ちょっと厳しいんじゃないかな?

157名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:18:29 ID:H2DQNzEw
早い段階で延命のために銃身に固定化の魔法をかけてあれば
弾を撃ちつくしてもライフリングの施された銃身は残るので
それを再利用する形で先祖伝来の銃を作ってるかも

158名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:19:38 ID:6gRL5kSU
そもそも「ねじ」は存在するのだろうか?
これが無いと始まらない

159名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:23:30 ID:iNYsoZ7I
>>155
どうって、ウィンチェスターライフルより30年式歩兵銃のほうが武器として明らかに上でしょう。
レバーアクション銃がボルトアクション銃に切り替わったのも後者が優れていることの証明だし。

160名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:25:09 ID:De4AaQQE
>>155
「ボルトアクションという機構はレバーアクションより高度な工作技術を要求される」
ということだと思われる。

それはさておき、江戸時代って300年あるから
「江戸時代くらいのレベル」っつってもどれくらいの技術レベルかいまいちわからんよなぁ。
末期には「蒸気機関の概念を聞いただけで蒸気船を作っちゃった」とか
「反射炉の概念を聞いただけで実際に反射炉による鉄の大量生産に成功しちゃった」とかいう
変態職人がいたらしいが。

161名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:25:51 ID:HsWvGGkk
>>156
いや。制作過程とか専門性とか実物からコピーするときにあんまり関係ないよ?
たとえばの話、単純なレボルバーが一丁、目の前にあるとする
これを兵士が部品にばらす。部品単位で型を取る。鉄を流し込んで取り出し、念のため硬化を掛ける。
現物と見比べながら一つ一つ組み立てる。テストして不具合のある部品だけ作り直す。
これで実用レベルのレボルバーが一丁コピー(もちろん色々劣化してはいるだろうが)出来ないとは
個人的には断言できない。

162名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:25:53 ID:aPltxbxk
>>159
機構的にはウィンチェスターライフルの方が複雑で、求められる技術はこっちが上。
ただ、ウィンチェスターライフルは構造上、尖頭弾、強装薬が使えないって欠点がある。
だから軍用小銃としては劣っていた。

163名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:27:06 ID:iNYsoZ7I
間違えた、マタギの村田銃は13年式か18年式だった。

164名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:33:45 ID:uZsotvlc
>>161
なるほどー
確かに魔法があれば、材料工学その他モロモロ無視できるかもなぁ…

因みに角度は変わるが、銃器の威力UP=平民の武力強化だと思うんだが、
上手くいくかな?貴族的に…

165名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:36:10 ID:YAyqYi8g
ライフルばらす。
部品の型取る。
型を固定化。
金型さえ押さえれば大量生産できると思うし。
鋼とか魔法で液化→型嵌め→固定化させれば大量生産できそうだが。

166名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:37:19 ID:HsWvGGkk
現代じゃないけれど、地球生まれの兵士が銃が使えなくなった=なら西洋刀にするぜ! と考えるか、
なら何とかして銃を作るぜ! と考えるかの話かなあとw

自分ら専用にするとは思うけれど(貴族になったんだし広まると自分が不利)、劣化品を作るか
残ったのを隠しておくかはすると思う。
崇めるためかいつか使うために残したのかは不明だけれど、実際地下に戦車あるしね。

167名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:37:46 ID:De4AaQQE
>>161
リバースエンジニアリングの経験がある技術者がいても半年以上はかかりそうだな。
あと、そんな工程で作った銃なんて暴発が怖くてとても試射する勇気が出ん。
信頼できる金型ができるまでに試し撃ち用のゴーレム(or現地の命知らず)が100単位で必要だな。

168名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:39:07 ID:HsWvGGkk
倉門部隊には必要ならそれをまかなう金と10年単位での時間があったわけだから……

169名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:39:11 ID:iNYsoZ7I
>>161
でも、同じ物の完全コピーは出来ないから弾丸は作れない、という問題はどうする?

170名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:43:20 ID:uZsotvlc
>>166
銃器はメイジみたく血統によらず「誰にでも使える」から、
生産可能な時点でまずい気もするんだよなぁ…
「二人知ればそれは秘密ではない」わけだし

つか、銃器がコピー可能でも弾をどうすんだろ?

171名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:43:48 ID:HsWvGGkk
>>169
弾を型取り後に流し込み、弾と同じ成分に変化させる方法をとるならむしろ出来ない方が理解できないorz
コルベール先生が突き抜けて優秀で他の人は足元にも及ばないと考えた方が楽なんだよなあ。
(あの人、バッテリー内部の物質組成いじって充電済みにするし)

172名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:46:45 ID:HsWvGGkk
火薬についてもコルベール式充電技術と同じ方法を使えば可能(同じ成分の火薬に元の物質を変えてしまえるので)
使えないなら火の秘薬が具体的にどういう代物なのか解らないことには何とも……。
軍隊で火薬の組成についてとか説明してたり、地元で猟師やってた人とかが部隊に混じってれば黒色火薬みたいな
劣化版なら作れるかも。
そうなるともっと単純な構造の銃にしなくちゃいけなくなるから更に劣化が進むだろうけれど。

173名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:46:57 ID:De4AaQQE
>>169
ちゃんと(同じ弾丸が撃てる程度に)銃をコピーできるなら弾丸のコピーはそれより楽。
特に機銃用の弾丸なんてミリ単位の誤差があるはず。
薬莢は……まあ、再利用すればいいんじゃない?

174名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:48:01 ID:1K2R5QZo
型があっても、原料にする金属の精製度合いの方に問題があるかと。
魔法使えばそれなりの上質な物は作れるだろうけど、
こっちの正解での実用レベルと、向こうの実用レベルとでは雲泥の差があると思うから、
こっちのレベルの金属作り上げるのは、相当の労力が必要と思う。
後、こっちで作りだせてる合金とかあったら、向こうで作ろうと思ったら、
その原料、割合を求める必要があるわけだから、ある程度のことは魔法で出来ても、
そこまでの精度が必要な物は相当厳しいんじゃないかと。

175名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:48:39 ID:uZsotvlc
魔法万歳!
ハルケギニアに文明の恩寵あれ!!

…知識や勉強が馬鹿馬鹿しくなる時ってあるよねorz

176名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:50:18 ID:HsWvGGkk
練金と硬化の魔法は詐欺だと思うんだ

177名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:51:00 ID:6cAnfg3I
>>159
>>160
ボルトアクションが流行ったのは単純で堅牢な構造だからで、
技術の革新があったからレバーアクションが廃れたわけじゃないよ。

>「江戸時代くらいのレベル」っつってもいまいちわからん
構造分かってて作るだけなら技術的には戦国後期には可能でしょ
戦力化考えると後期の方が望ましいけど

178名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:51:44 ID:dBL3Yqg.
>>169
現代のセンターファイヤ式の金属薬莢は新規製造が困難だろうから
紙製の一体型薬莢にすればなんとかなる(弾頭なんぞ連金で幾らでも作れるはず)
問題は金属薬莢前提の銃に旧式の一体型薬莢が使えるのかって事か
あと戦闘機の機関砲の薬莢は無理だろうな

179名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:56:58 ID:6cAnfg3I
銃の部品量産できるほど魔法が便利なものなら
中下級の市井メイジと平民階級が台頭して王様お貴族様政治なんかやってられない気がする。

もういっそ地道に産業革命起こそうぜ
そっちのが早いって絶対

180名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:01:03 ID:uZsotvlc
そういや、難しい練成(金etc)は量が限られるんじゃなかったか?

それはともかく>>179、そっちはまず無理だと思うぜ?

181名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:08:18 ID:De4AaQQE
>>179
そもそも「懐の中の財布を抜き取る」程度のことができる立派なメイジが
大量に失業して王都でスリになってる今のトリステインは行政的に大失敗してると思う。
何をどうしたらドットですらいろいろできるメイジを失業に追い込めるんだ。

あと、産業革命には「金さえ出せばモノが買える」市場の整備が必要不可欠で
下手すると技術革新より暗殺&宗教裁判フラグが立つ罠。

182名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:14:07 ID:QolK0r0o
いろいろできるのほうに頭使う発想がないんじゃね?
だから職がなくなってせこいことばっかりに頭使う

183名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:15:02 ID:R3YagGho
地球の模倣でなくハイブリっとでの産業革命ならどうだ?
蒸気機関すっ飛ばしていきなりモーターからとか
魔法+科学で火薬式すっ飛ばして超電磁砲とか

それとグラモン隊にも科学技術的なこと詳しい奴いたんだろうし
何か書物的なものに書き残してないのかね日本語で
紫電改のじいちゃん見たく
どこの言葉か分かんないもんには異端審問とかもごまかせるだろ
個人的に書いて封印したのならまず表に出てこないし

184名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:15:05 ID:6cAnfg3I
>>180-181
原作読んでないからどんな社会なのかいまいち分からんのだけど
飛竜便が発達してるみたいだから物流はそれなりに活発じゃないの?
貨幣経済が根付いてなかったりする?

(ああ、極力ネタばれにならん範囲で……)

185名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:17:37 ID:3pETNsvw
>>182
そもそも色々出来るけどやろうとしたら異端扱いされるから出来ないってのが正しい

火の魔法の応用で街灯を作る研究→異端
火の魔法でブリミルの使っていた火の形を再現する研究→もっとやれ

魔法研究機関のアカデミーがこんなんじゃダメだろwwwww

186名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:21:04 ID:HsWvGGkk
ラノベに出てくるアカデミーが社会に貢献するような研究してるはずないじゃないかw

187名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:21:16 ID:uZsotvlc
>>184
大体17〜18世紀相当くらいだろうから、
都市部と農村部とかの地域間格差はでかい希ガス

空飛ぶ船もあるし、物流はそこそこ発展してるんだろうが、
大航海時代は未到来ぽい、かな

188名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:21:26 ID:3pETNsvw
>>184
なんかごめん・・・

社会は学の無い民と権力利用して私腹を肥やす悪徳貴族の氾濫でヤバイ
物流はよくわからん
紙幣経済は根付いてるよ

189名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:22:47 ID:QolK0r0o
簡単に言うとこうなる
わかりやすいファンタジー世界

190名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:26:32 ID:iNYsoZ7I
>>185
純粋な学術機関じゃなくて、魔法も教える神学校みたいなもんか。
コルベール先生はまさにガリレオみたいなもんだと。

191名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:26:44 ID:lebyK3so
銃火器詳しくないから流れに加われなかったけど
飛び道具なら弓や投げ槍、投石とかはどうなんだろう

この辺ならゼロ魔世界でいくらでも現地調達できるから

192名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:28:55 ID:3pETNsvw
>>190
いや、魔法学校とアカデミーは別の機関
魔法学校はルイズとかが通ってる貴族のどうr・・・もとい、次世代の貴族を育てる教育機関
アカデミーは魔法の研究をする国家機関

だったよな?

193名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:31:35 ID:HsWvGGkk
>>184
魔法使いが貴族で支配階層だけれど、ライフラインを魔法使いが握ってるので平民の反乱は
事実上無理。
飛龍の乗り手も特殊な例を覗いて作品に出てくるのは魔法使いばかり。
飛行船は不明だけれど、動力源の風石が魔法系なんでやっぱり魔法使いがいないと成り立たない。
物流は荷留めが戦略になるくらいには一般的。
貨幣経済はすでに出ていたけれどチップ(と両替)の概念があるくらい都市では一般的。田舎は不明。
こんな感じかなあ……。

194名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:31:39 ID:uZsotvlc
>>184
もう一つ
現実では平民と貴族の格差は主に「金」だったけど、
この世界ではそれに加え血統による「魔法」が大きな差異になってる。
で、魔法は社会制度全般に深く関わっているので、
魔法が廃れない(不便にならない)限り、必要ないこと(技術)には誰も投資しない。

だから産業革命は…

195名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:50:34 ID:E2GGTCAc
産業革命産業革命言うけど、奇形的に一分野だけ伸びても碌なことにならんと思う。

196名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:51:07 ID:6cAnfg3I
>>187-189>>193-194
封建制が腐敗して手詰まりだけど魔法縛りのせいで
貴族の代わりに台頭してくる階級がいない感じ?
んでもって宗教支配が強いから研究開発すると異端審問……
って、もうどうしようもないじゃん

197名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:58:55 ID:gmkCeNEk
結局、ゼロ魔世界の内部律で魔法と貴族政治を打倒して産業革命と市民革命を起こすのは不可能に近いわけか。

それこそどこかメイジの手の届かない辺境で、平民だけの帝国を建国して産業革命を起こし、19〜20世紀レベルの
科学力・経済力を身につけた大国がメイジの国々に侵攻するとかじゃなけりゃ、無理そうだな。

198名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 23:59:48 ID:uZsotvlc
>>195
一分野???
まずはココの前文だけでも読んでくれ

産業革命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD

199名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:01:15 ID:JGyBxVsg
まあ、ブリミルの時代から6千年の歴史を経て来ているのにあんまり科学とか発達してないっぽいしな。
できる可能性があっても誰もやらないかできないか思いつかないってのがハルケギニアの現実なんだろう。

200名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:07:09 ID:M/cFGfMk
実は、やろうと思っても何故か出来ないようにビリミルが世界全体に呪いでもかけて制限されてたりしてなw

201名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:07:09 ID:VcIsD.pc
>>197
もし魔法が無尽蔵の資源じゃないなら魔法の枯渇でメイジの時代は終わるんだが、ちと期待薄
魔力じゃなくて精神力って作中で言ってるからなあ

202名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:07:17 ID:fqMYX/5o
>>191
確かに古代から使われてる武器なら量産は可能だな
ただ銃と違って熟練に時間かかるからなー

ガンダールヴなら熟練関係なしに弓で狙撃とかできそう
確か日本の戦国時代の死傷者数は弓が一位だったんだっけ?

203名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:09:49 ID:G86S.aIw
>>202
矢疵ではなかったろうか?

204名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:11:05 ID:uG2k4p6s
なんで弓と矢を分けるんだよw

205名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:11:13 ID:VcIsD.pc
ガンダールヴだと投げ槍の方が強いかもしれん。
弓矢は材質で威力に限界があるが、手で投げるならやる夫本人のブースト性能が完全に発揮できる。
月ギーシュが作った全鋼作りの槍とか投げたら貫通力半端ないと思う。

206名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:11:36 ID:kUHc3zbk
>>197
なんという自由惑星同盟

207名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:13:32 ID:fqMYX/5o
>>205
それなんてロンギヌスの槍w

208名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:14:48 ID:G86S.aIw
>>204
矢疵ってのはその後の後遺症を含む
灰とか糞便塗った矢に当たると…

209名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:16:31 ID:9lgsMUwk
コレは全盛期のガンダールヴが来てほしい流れだなww

210名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:17:03 ID:TtR3Xtck
それこそ板バネ式のクロスボウをガンダパゥワーで手引きさせるとか、3mm厚くらいのの板バネ使ったクレインクレインを運用させれば……

211名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:17:07 ID:bYBBSuxA
>>199
ていうか文明の発達と衰退を繰り返してるんじゃね?
ミョズニトニルンが使ってた古代の魔道具とか、
魔法関連だけでもロストテクノロジーは多そうだし

212名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:18:47 ID:Cs3GvFM6
>>202
弓か投石だったと思う>戦国時代の戦死原因
正直ガンダチートを考慮するならマスケットよりロングボウのほうがはるかに狙撃に向いてるし
中距離戦ならスリングで十分人が殺せる。
魔法の防御があるならそもそもどうせ「場違いな工芸品」の大火力でないとどうしようもない。

213名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:19:00 ID:sQAaI8mM
魔法体系と科学体系が融合できてないからな。
量子論とか物理学とか習得させれば
魔法も科学も飛躍的に進歩するのに。

とある科学、とある魔術の世界が体現できる。
電磁射出の概念を理解すれば、
魔法でレールガン撃てるし。

214名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:20:52 ID:VcIsD.pc
コルベールさんの切り札みたいに、突出したメイジが一代限りで使ってた魔法も少なくないと思う

215名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:22:39 ID:fqMYX/5o
fateのギルガメッシュがこの世界に召喚されて、やる夫と組んだら厨二的に最強だな
伝説の武具から現代の最新兵器まで、四次元ポケット並みに取り出せる

216名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:24:42 ID:uLQ398vs
>>208
弓矢って面制圧兵器だぜ?
どっかの砦の攻囲戦で追い詰められた城方が嫌がらせにやるなら兎も角、
大規模野戦でいちいち鏃にンコ塗ったりしないよ。
あと、衛生観念も抗生剤も麻酔も碌な技術も存在しない時代
戦場の劣悪な環境で受傷したら高確立で感染症で死ぬ。

ところで灰塗るってなんで?

217名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:26:35 ID:G86S.aIw
>>216
壊疽でまず確実に死ねますw

あと、こんなん見っけた
やっぱほとんど弓矢なのなー
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hampton/read010.htm

218名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:26:46 ID:VcIsD.pc
燃やした直後の灰は文字通り熱消毒されているから素人考えでは比較的清潔な気も

219名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:31:54 ID:fqMYX/5o
一時期原作の方のスレでインテリジェントランスが出るんじゃないか
的な話があったけど、外伝の日本刀イスミみたいにやる夫が使う武器が全部意思持ってたら
こなたの嫉妬がマッハでヤバい

220名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:36:17 ID:uLQ398vs
>壊疽でまず確実に死ねますw

どういうメカニズムで?
変な菌でも生息するなら別だけど、
灰なんて単なるカリウム塩じゃないの?

ソースplz

221名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:39:57 ID:6fa4Cziw
血止めとかに使われてたろ灰って?

222名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:40:21 ID:VcIsD.pc
灰に汚物混ぜて鏃に塗りたくるとかかなあ?
でも混乱する戦場でそんな矢を取り廻してたら自分も手を怪我する気も

223名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:42:06 ID:fqMYX/5o
灰っていったら農地にまくイメージしかないわ

224名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:52:01 ID:G86S.aIw
>>220
メカニズムは↓なんだが、
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AC%E3%82%B9%E5%A3%8A%E7%96%BD

その灰の作り方もなんかで読んだんだが、思い出せない…
すまんね、馬鹿にしてくれていいよorz

225名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:52:35 ID:Cs3GvFM6
>>222
別に特別な加工なんかしなくても適当な灰をしばらく放置してたらヤバイ菌が繁殖して危険物に進化する。
そうでなくとも粉末状の異物が体内に残留したらいろいろまずい。
確実とは言えんが何も塗らんよりは被害がでかくなると思うぞ。

226名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:56:41 ID:G86S.aIw
ついでなので
壊疽つーかガス壊疽は進行が速いのでマジ危険

ガス壊疽
http://ops.umin.ac.jp/ops/etc/gasueso.html

227名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:00:13 ID:VcIsD.pc
>>225
放置するならわざわざ灰を使う必要はないのでは?
そもそも灰は粉だから何かと混ぜないとモノに長時間付着しないし
と言うか216さんの言うとおり、戦場で常に矢にそんなモノを塗って戦うようなことはないような

228名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:12:31 ID:Cs3GvFM6
>>227
 そういわれりゃそうかもな。
まあ色々わかってる現代なら「戦場で矢に灰を塗っても費用対効果が悪い」なんてことが言えるが、
一切合財手探りなら「矢とかに灰を塗ったら傷の治りが悪くなった」という経験から灰を塗ることに固執する奴がいてもおかしくはなかろう。

……ごめん、ここまで言っといてなんだがゼロの使い魔に全然関係ない話になってるな。
とりあえず「試行錯誤や過程を無視して技術の結果だけキンクリできるのが現代人の強み」ということでひとつ。

229名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:13:50 ID:G86S.aIw
>>227
培養用寒天みたく、無菌なのがかえって菌の繁殖にはいいからかもね
油は粘性長持ちなんだぜ?

頭数=戦力の時代、かたわになった人間は戦力外なわけで…
常にとは俺も思わんけど、そういう方法があったことは主張しとくな
変なネタ振りになってごめんなー

230名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:14:20 ID:WoCPuDZQ
実際銃弾って弾頭が鉛だから発射の圧力で変形して
螺旋状の溝にフィットして回転による貫通力がアップするとどこかで見た気が・・・
あくまでうろ覚えの知識なので軍オタの方解説あったら頼む
つまり細かいサイズはある程度修正可能じゃないかという事なんだけど

231名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:15:34 ID:VcIsD.pc
こちらこそ妙に脳のギアが空回りして申し訳ありませんでした
冷静に自分を見返すともうなにがなんだか……寝ようorz

232名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:18:35 ID:uLQ398vs
>別に特別な加工なんかしなくても適当な灰をしばらく放置してたらヤバイ菌が繁殖して危険物に進化する。

ガス壊疽って破傷風なんかと同じ嫌気性グラム妖精桿菌の創傷感染だよ?
灰を空気中で放置するだけで感染に必要な菌が増殖するものなんだろうか。
腸内細菌叢構成してるからンコぬった矢ならガス壊疽になるかも心内けど、それと混同して内科医?

233名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:26:48 ID:sQAaI8mM
風系統の魔法で鳥豚の糞尿MIXして敵陣投げ込めばいいだけじゃね。
傷負えばひどいことになればいいわけでしょ。

234名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:28:03 ID:fqMYX/5o
>>230
銃弾は貫通するより体内にとどまった方が鉛の毒がまわって厄介だったとか
ここら辺は今みたいに情報が溢れて無かったから経験則なんだろうな

武田信玄は矢じりが抜けにくいように細工して周りから批判受けていたとか聞いたし
なんでもやりすぎは良くないんだろうね

235名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:29:10 ID:G86S.aIw

>>232
>空気中に放置

俺と他の人のレス混同してないかい?
ガス壊疽について言ってたのは俺だから。

>>231
こちらこそ
でもまぁ面白かったよノシ

236名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:31:08 ID:5diMLxFU
>>234
昔アーチェリーやってたんだが
もし人に誤射した場合アルミの矢よりカーボンの矢がヤバいと聞いたことがある
何でもカーボン繊維が血管内に入り込んで大変らしい

237名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:48:06 ID:uLQ398vs
>>235
そうかも
ちょっと調べたけど俺の知識じゃ何で灰がヤバイのか様よく分からんかった

>>233
敵陣から茶色い霧が流れてきたらおれならマッハで逃げるね

238名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 02:11:05 ID:G86S.aIw
>>237
灰自体が原因にとれる書き方だったし、まぁ俺が悪いよ。
ちなみに、鏃が傷口に残ってないとガス壊疽はまず発症しないらしいから、
糞便よりは取り扱い安全だったのかもね。

>>236
石綿みたいにガンにならんのかな?

239名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 08:17:22 ID:FaqLfhQ2
久しぶりに覗いてみたら俺の大好きなジャンルの話になってるw
この住人の中に自衛隊がファンタジー世界に召喚されますたスレの存在を知ってる人はいるかな?

240名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 08:23:45 ID:vkQBwRZU
てさりすとさんとか大好きだー

241名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 08:51:47 ID:4kQkUBg2
ハルケギニア自衛隊かー
戦国自衛隊もそうだけど弾薬の補給が出来ないから、物資が持つのかハラハラする

242名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 09:12:30 ID:rOBtDCoY
>この住人の中に自衛隊がファンタジー世界に召喚されますたスレの存在を知ってる人はいるかな?

知っているどころか、>>1の「S籐D輔症候群」の心配をしているぐらいですw

243名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 10:14:16 ID:dJy2O4mo
実物から「寸分違わず」コピーするのが難しいことはコッパゲが吐露していた気がする。
工学が発達するのに必要なのは「規格」だよ。

原作の雰囲気からするに、そのレベルに達していないというのが、ハルケギニアの世界なのではないかと。

だとすると、銃の量産とかは難しいよな。

244名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 10:30:13 ID:/CBstmB6
ネジの径ひとつとっても共通規格やら知識の集結の結晶だしねぇ
大量生産するなら教育レベルやらインフラからやらんといかんしな

245名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 10:39:54 ID:UUOGdMVE
魔法のあるなしの差が圧倒的すぎて魔法の使えない平民の教育に金をかける気には普通なれんな

246名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 11:23:06 ID:5PjgdbH.
「規格」なんだけど、最初に『厳重な固定化をかけた型』を用意すれば大丈夫だよな。
上の方で書いていた人がいたけど、螺旋を彫った心棒さえあれば、粘土でも被せて鋼に錬金してライフルの銃身は作れるだろう。
(先込めライフルでもヘボメイジより上だし、大量生産でリアル遍在だ)
型の型の型の・・・ってのが近代工業の規格だ。
元の型がしっかりしていれば、製法はどうでも良いんです。削り出そうが鋳造しようが鍛造しようが、魔法でも同じ製品に出来る。

つまり、型をたくさん作るという『発想』が無いんだな。
刺身にタンポポを乗せるだけの仕事なんて、やる夫くらいでしょ。
「きょうもねじくれた棒を作る作業が始まるお」
トリステインが「魔法使えるのは貴族なんだぞ。偉いんだぞ」じゃあ、なおさら同じ物を作り続ける単純作業はやるまい。

そんな具合だから、供給は限られ、入手は諦められ、需要も無くなる。
需要が無いなら供給する必要も無い。

2471 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:29:25 ID:54eF57qw
ちと投下

2481 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:30:56 ID:54eF57qw


----------------------------------------------------------------------------------

           「やる夫が召喚されたようです」チラシの裏劇場 その9

----------------------------------------------------------------------------------

.

2491 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:32:01 ID:54eF57qw
1、


┏━━┛         ┃    ┃     ┃
┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃



                 
       ,. -───- 、    |
    ,. '´. : : : : : : : : : : ``ヽ、    /
  ,. '´. : : : : : : : : : : : :.、: `ヽ: :.`ヽ   _
 . : : : : : : : : : : ─-: :、: :\: : \: : :\ 
 : : : : : i: : : : : : : : : : : \: :\: : \: : :\
 : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : }: : N
 : : : : : |: : : : : : : : : ヽ : : : :\: : \|: : :}
 : :i: .:.:.:|: : : : : : ト、: : : \:/: :\: : |\:|
 :.!: : :!: : :!.:.:| \: /\ ̄ ヽ): l
 :.!: : :!: : : !:.:\ /\/: :\  \
 :. |: : : |: i: : : ト、:.:.:.:\  ´ ̄    ` ー一'´\
 .: |: : : |:.:l: : : l `ヽ/: :\     ,,.ク        ヽ
 .: |: : : :l.:.l: : : ト、 / ´ ̄  _,.ィ彡'         !
 :. |.: : : :l.:.l: : :.l: :\        . : : :         〉
 :. |:.: : : :l.:.l: : :.l:  ̄      . : : : : : :        ゝ
 : :|.:.:i: : :.l:.:l: : :.l: : \                 `ヽ
 : :|.:.:l:ト、: l.:.l: : :.l: : : : \_                 〉     ZZZ……クシュンッ
 : :|.:.:l:l.:.:\.:l: : :.l: :\  ̄                      /_
 : :|.:.:l:l.:.:.:.:.:\. : l: : : `ー-----. . . . _ __ _ _ _∠: : : :.``ヽ
 : :|:.:.l:l:.:.:.:.:.:.:.:.\l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄`ヽ: : \

2501 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:32:43 ID:54eF57qw
2、

               /            ヽ
              /  / /  l        ',
              ,'   /l ,イ   l   ヽ      !
                l | 」斗|ヤ  |、 l  ,l  l  |
               l l、{ィ|メ、\ j``トx.','  l  |
             |// l ヒノ   )ノ,圷ミ/   l  l    …………?
              / ::l:::: '   └イ ,/  ,'  ハ    なによ、今夜はやけに冷え――
                / i ,\ 、   ::::/ / l |  ハ:: ヽ
             |.  ヽ ::::`ーェr イ,' /  l |  l/::  )
            / ヽ  l__// _,/ /l`ヽ、,|  \イヽ、
            〈  | ::l / /l、ノ| ゝ、ヽ  ヽ、  \:::..\
            ヽ l ::l レ' ,|_/|/  〉 l , ‐ヘ::..  \::.. )
            ノ / ::l  (戈)  ,/ ::|イ   /::::    ∨
            /´ ::\::ヽ、| l   ,/::/   ,/:::::::    }
           ,'    ::| ヽ ::}.| |  (::{    /:::::::::  //
            ヽ、 ::::| レ' | l   lヽ}  /:::::::::   /:: /
            ノ ::::::|  l  ,  /   /:::::::::   {/
          (´ l  :::/:| ヽ| l  //  /l:::::::: /:   \
     ,.‐- 、 )/l  /::::|   Y l,/   / |:::::: 〈::. ヽ、 \
     { :::::::::::::::`ノイ ∧|   |/    /  ',::::.. ヽ::  l、   ヽ
      `ー 、:::::::::::::::N /  /    /     ヽ:::  l:: ハ   /
        /.:::::::/ ,/  /    /     , \/l: /  \(
      /.::::/,.イ´|  /     l     |ヽ、 l V
     /.::::::,'.<  | |  l    /   -‐<_  | \
.   /.::::,ィ '´:::::::.ヽ | `! ,〉、_  ,/   / ̄  ,' ̄ ̄ ,-、_   __
 /.:::/.::::::::::::::::::::.} |  l`}ー-r'  /     /   /:::::::::`¨:::::::::::ヽ
.':::::/.::::::::::::::::::::::::ノィ  | |   | /__    ,/   /:::::::::::::::::::::::_ノ
:/.::::::::::::::::::; r ' ´ / ,//   |/´::::::`ヽ /   /::::::::::/´ ̄
:::::::::::::::; r' ´   ∠_ ∧| | l /.,'::::::::::::::::::Y  /:::::::::::/
::::::;: ‐'          レ'ヽイ_,'::::::::::::::::::://:::::::::::::/
 ̄                  l:::::::::::::::::/:::::::::::::::/
                  l::::::::::::/:::::::::::::::::/
                 l::::::::::/::::::::::::::::::/
                    l::::::::/::::::::::::::::/
                  l::::::::::::::::::::::/
               l::::::::::::::::::/
               \:::::::::/

2511 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:33:27 ID:54eF57qw
3、

======================================================================================

                      〜〜目の前に広がる風景〜〜


                  , ィ r─┐
                /  l l   l
                l   l l   l
   / \           l   l l   l
  \   \       /\l  l l  l
    \   \    /  /l  l l  l
     \   \/  /  l_l└ ┘
       \     /
       /   /
      /   /
     /   /
    /   /
   /   /
   l    l       /\      / ̄ ̄\                / ̄ ̄/
   l   l___ /  /    /      \              /  /
   \         /    く    /\   \    / ̄\    /  /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       \/   \     ̄ ̄     /   /  /
                            \___/ ̄ヽ/  /  //\   __
                                        /  /   \/  /
                                       /    /\    /
                                      /   /     \/
                                      \/
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7

2521 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:33:37 ID:54eF57qw

 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ〜vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj〜シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^〜v、
I;l; _i; ,.t`i、;ll;r======k^〜v__ゝ;く,i|k'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`y´K´ナv^ーヌ_{ソ\ヽく,ノ~i´ナ,、
iIネ, Y,k';:i-;ll;r=====,=i、ノ~i´_{ `y;:.l|jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'ト-ナv^ーヽ~‐`ー^‐゛゛'゛'';"‐'~
;;;;゛`、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":,;゛^゛:'~''^’::"''":;゛""゛

======================================================================================

2531 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:34:58 ID:54eF57qw
4、

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;: ホー
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:  ホー
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv


    /: :/: : : : : :/. . :/. : :.!: : : : : :ヽ: : : :.ヘ: : : :.:!.: : : : : :ハ: : : :∧: : : : : :.
   .' /. . . . : :厶ミ/: :イ: l: : : : : : :.ヘ: : : : }..彡下ミ.!: :./ V: : : ∧: : : : :.
    {: :{: : : : : ´{: : :∧/ !: }:ヽ: : : : : : i: :}/! ヽ、 |: : :!.:/   V: : :.ハ: : : :.
   N.i : : : : : :|: :/: ハ レハ: : : : : : :.}イ>=≦ミ!.: : !,′   ∨: : : !: : : :.
   レ'ヽ、.: : : : lッ≧≠ミ、 ヽ:.: : : :./ィf''¨゚㍉ `ミ、 人     ノ: : : :,': : : :.
        ヽ、 : :イ{  f'¨㍉`ヽ ): :/ {ト、 ノ}  从/: : :`=彡: : :.V: : : .:.
       乂: 从 ト、ノ}  ノ.ィ´  弋ーソ ノ イ: : : : :/: : : : :./: : : : :.
        }.:.`ミヽ弋_ソ           ̄ `  /: : : : : :}'^ヾ: :./: : : : : :.    ……………………はい?
       ∧:.:} ''""""" '     """""" /: : : : : : リ ! }ノ:.ヽ.: : : .:.
       /: : : i       .. -‐一v1`   /: : : : : : /ノ ノ: : : :.ヽ: : .:.
        /: : : : :'.     「  ..  -‐!  /: : : : : : :/ー<゙: : : : :.:..ヽ: :.
     /: : : : : :人     ∨     '  /: : : : : :.:.∧:ヽ:.:: : : : : : : :.ヽ
.    /: : : : : : : : :/丶、   ヽ、_ ノ  /.: : : : : : : {: : : l: : : : : : : : : : :.
    /: : : : : : : : :/   >、   ‐   /.: : : : : : : : |: : : l: : : : : : : : : : :.
.   /: : : : : : : : :/   厶.: : :`ト ‐<i´ : : : : : : : : :|: : : |: : : : : : : : : : :.
  / : : : : : : : : .'    /: : :/: : :}     l: : : : : : : : : :.|: : : |: : : : : : : : : : :.
. /: : : : : : : : : :.!  ./: : :/ : :.ノ    |: : : : : : : : : :.|: : : l-‐一─-.、: : :.

2541 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:36:05 ID:54eF57qw
5、

          /                ヽ
           / /7  /      、     ',
        / // r  ,! |:   l:、  \:  i  l
        ,' // l / l !l  l::ヽ、  ヽ l  l
        l //  l l::ーVィヽノ/::`ー\ U \l  l
         |//  l、z≠==ミ∨::::: z≠=x、l l  : l    な、何よこれ…
       // :   |く /`ヽ   ::::  / `ヽ /l l : l    なんでわたし、外で寝てるの?
       //  .  ',  ゝ‐ '   ;:  ` ̄ lil! l !   l    っていうか、アレは何、ここはどこよ!?
      //|  :. l u             ,'リ .:   ',
      // |  i  : ト、   ャ─ -_‐ッ゙  /イ ;    !
    ,.、// j  l ; l l少 、   ̄    /l /   :   l
 r-‐' /7、 /  / j / } l `l ー - ‐ ´! l ,'  /     l
 l と'_{ (/ノ /ハ '、{ /:'rィ´ \    ,.イ`k、l ,' i   l
/  _.、__〉 ',//ハ ヽ弋ヽ   `兀´   / | ト、l  i  !
{  、__}:::厶ィ‐'´ l  }ヾヘ\ 〆⊥\ / l l l  ト、_l
l、  _,.フ;:/  ヽ / ノー、 ヽ Y´☆`Y イ  ヽ ! j   {  



        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\
  __ /   ( ー)  (ー) \       
   ( |      (__人__)    |     
  \ヽ\__  `ー ´__/ \   ZZZ…
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

2551 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:37:07 ID:54eF57qw
6、

: : : : : : : l: : : :/:.:. : : : :| : : ∧: : : :{:.:.: : : : : : :}:./: :.:| :/j:.: : : ;ハ:.:. : }:.:. : : :}.:.:.ハ: :|
: : : : : : : |: : : |:.:l:.: : : : |:.: : |ハ:.: :__|ノ^: : : : : :jハ`ー!-=|:.―/| }-:.:,'|:.:. : : : :.:.:. : :| :|
: : : : : : : |: : : |:.:l:.: : : :∧:.斗‐ハ: ̄:|\:.:.:. : : : : :│///_;∠_j,'L_/ |:.:. : : /:.:.:. :/|/
: : : : : : : |: : : |:.:l : /:|ハ.:.:.!.  \::{  ヽ.:.:. : : : :j/xィ≦ ̄:仆、:::<|:.: : :/|:.:.:. /
: : : : : : : |: : : |:.:ハ:.: : :|  ヽ:{     \ ハ:.: : : :/  {i込 ノイ ∨7:.: :/: j:.:.:/
:.:: : : : : : l、/:l {小_;斗==≠テ斤   ヽ. }.:.:. :/    と)i辷以⌒) /.:/: //{
:.:.:.: : : : : ヘ\: :>:::::;ィiく  ノハ     ノ_:/         `¨  イ:.:.: : : :}:八
:.:.:.:.:.: : : : ∨ Z:::xく弋. i{≧ク少             ///// |.:.: : : : i:.: : \
: .:.:.:.: : : : : : ∨ヘ ;ゞ (⌒)¨¨ ̄            ヽ           |:. : : : ∧:.:.:.:.:.:'.   あ… よかった……
∧:.:.:.: : : : : : ヘ    /////                     i:. : : :∧:.';:.:.:.:.:.}   ねえ、やる夫! 起きてよ、大変なの!
:.:.:';.:.:.:.:. : : : : : :'、                                ノ : : :/ ∨:.:.:.:./
:.:.:ハ.:.:.:.:. : : : : : :ヽ              _  ‐〜 ⌒}    ': : : : /   ';:.:.:./
:.:.:.: ∧.:.:.:.:.. : : : : : 丶 ()       /⌒´     _. ┘  イ.:.: : : :/     }/
:.:.:.:/:.:.':,:.:.:..:.:.:. : : : : : \        { _  -‐二   イ .:/:.:. : : ,′   /
:.:.:.:.:.:/\:.:.:.:.:.:.:. : : : : : \                / /:.:.: . : : : ,′  ./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :>=-     .  _/   {:.:.:. : : : : :|   .ノ



         ____
        /⌒  ⌒\
      /( ―)  (―)\
  __ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ムニャムニャ…… テファ…すっごく大きいですお……
   ( |       |++++| 」_ キラッ |      
  \ヽ\__ `ー''´ l__/ \   
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

2561 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:37:32 ID:54eF57qw
7、

      /\  /\ /\      /| /|
      /  | く  | |  |      .| | / |
      |  |  |  | |  |     | | | |
       |  |  |  | |  |  |~| .|/ |/
       |  |  |  〉 | /   | |      /| /|
        |  |_ヽl    |\_| |      | | |/
         |    \    L_└┐    |/
         .|   i、_  \_  i、_ | i‐┘
          .|   | \ .~| |_ `└-、
           `|   |  \|   ̄! i、,_| 〈~|
             |   |      | | ,,,__〉 !‐二 〉
              \  |      | / |__,.ヘ〈 く/
             \|      .|/    | |
                        |/


      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二    では遠慮なくいただ…………だおっ!?
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'

2571 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:38:25 ID:54eF57qw
8、

                 |  l│└ ┐ ./   /        \   \
                 ┌‐┘ ノ./ー─┘/   /     i     ヽ    ヽ
                 └―〃/ | ̄ ̄|   ,′      ',      '.  ヽハ
              / ̄ ̄|│ 「丁   l        ヽ   ヽ   l.  l│
                  ヽ/丁| │|ヽ_>{  j{  /      N  }  │ │|   この非常時に何の夢を見てるっ!?
                |└┘ト l、∧  |ヽ {      } } ヽ, 斗-┼ │l
                |│  | lヾ >k{_ \    ノ_ル<ハj /   !│
                   八!  ∨ ‐〒示心ーヘ ヽ戈云テテ‐レ'     j八
               / "∧  ',   ゞー'´  j/  ゞー''   /    /   \
              /   ハ  ∨///      /// /   ∧    \
             /     /rヘ   ヘ        ___     _/_/¨ヾ ヘヽ    ヽ
            /    , -‐<:::::}   个 ,、 rー'´__う /〃⌒ヽ \:ヽ \   '.
            /    ,イ:::::::::::::}::::j   ∨ > ー-- ‐ァ<.じ⌒ヽ、   Y:ス \  l
       /     /::l :::::::::::{:: /    ',.   厂V弋′ /^\       /:::∧   \ }
      /      /:::::ヘ::::::::::∨     }ヽ /ー兮-ヽ /{ l、      //:::::l    \
.     /     /l:::::::::::::ヽ/     /:: ∨_/ 厶ヽ_V  フ       /:::::::::::::|\    \
.     ,′   /  |:::::::::::/       /:::::::::∨/_ヽ∨ /     /、__:::::::::::l  \    \
.      l   /  ノ"::::::/      \{::::::::::::::\∀/  {     ム  ):::: く    \    ヽ
      ! /    ヾ:::::/         \:::::::::::::: ̄{   /ゝ-──' {  /:::::::::ノ    ヽ    }
     ∨     /::/           `ヽ /厂ヽ  〉      l/::::::::::::\     }   /



       ____
     /,:' /,';;;}: \
   /_, 。ィ' li:.、ヒァ' \    す、すいませんですお。
  / ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、 \   ついつい寝惚けて妄想が暴走してしまいましたお…
  |    ,:' /,';;;}:.ヾ:.    |
  \     ' {;!゙'    /

2581 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:38:56 ID:54eF57qw
9、

        ,. - '::´ ̄ ̄:`::ー-、
      / ,.: : : : : : : : : : : : : : \
     /: : /: : ,: : : : : : : : _ : : \: .\
     |: : i : : {:./: : : : : :、: ヽ : : ヽ: : i
     |: : ト、ハ|.: : : ヽ: : ヽ: :|: : : :|: : |
     |ハ:.i !\:.ヽ.: : : :|: ハ|: :.|.: : : |: : |
      从弋ト、:.!: :!_」斗ヤT: : : :|: : |   ……いいから、黙って周りをごらんなさい。
       |:.| ヒリ |ノ 弋たト/: : : 八: :|
     /|人::: 、   ::`ー' /: : : /: : ヽ!
     (:._ノ: : \ r 、   /: : :.∧: : : : \
    / : : : : : _}>、 _, ィ: : : /: :ヽ: : : : : \
   (.: : : : : /:/:.:.:.:ムr:/: : : /\: : \: : : : : \
    ヽ : : 〈:.:.:.:|:.:.:/A.Y : : : {:.:.:.:.\_: : : : : : : )
     ) : : \_:i:.:.|.X/{: : : : :\――┴┐: : : /
弋二¨´.: : : : : 人V|/::{__: : : : \:.:.:.:.:.:.:{: : :/
人_ノ: : : : /:.:,:ィ介ー―‐‐): : : : : }:.:.:.:.:.:.〉:(
{___:./:.:/::/i!.|:.:.:.:./: : : : : :ノ:.:.:.:.:./: : :\
   厶イ/>く ノi \:{: : : : : : : (___:.:.:.:.:|: : : : : :\
   |::/|_/   \__rく∨: : : : : : _厶:__:.:.|: : :\: : : \
   |/  |     \_}J\: : : ___/:.:|: : : : :): : : : )
   |\  \     \  \_>:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : /: : : /
   |: : :`ーr-、>、    /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : /: : :/



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・    ……周り?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

2591 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:39:58 ID:54eF57qw
10、

:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K         
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、     .  わたしたち、何かとんでもないことに
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __      巻き込まれちゃったみたいなの!
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ  どうしよう……
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:



          ____
        /_ノ  ヽ、_\                  
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ      ルイズは大げさ過ぎだお!
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)    アルビオンの『レコンキスタ』に始まって、
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //     ガリアの『苛烈王』、ロマリアの『狂皇』……
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/    .  挙句の果てには東方のエルフとも剣を交え勝ち抜いてきたやる夫達に、
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /        今更慌てるようなことなんてあるわけねーお!
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン

2601 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:41:02 ID:54eF57qw
11、

 / .:./       \       ヽ    i      |i:.   i
./ .:./           ヾ、 ヽ   .:',.:.:.:. .:l       |l:.:.   l
i .:./| .:.:.:       :.:ヽヽ ヽ.  .:.l:.:.:.:._ -ト      | |.:.   l
.:.:/ l .:l.:.:.  .:.   .:.:.ヽ ヽ.:.ヽ.:._-ト‐´:.:.:.!     l l:.:.   l
!.:|   l.:.:!ヽ.:.:.  .:.  :i.:.:.| ヽ_}-l  |、.:.:.:.:ハ     / l:.:.   l   
f ト、_ l.:.| ヽ.:.:.:. .:.:. .:|l.:/ /}リ_l=/ヽ--/!‐   / l.:.:   l    
ヾ!==ヽ:i|、.ヽ.:.:.:.:.:../lソニ=リ ̄l:/ |.:./ ,'    / イ.:.:.   l
. ヽr 、 ̄ヾヽ ', l 〃/リ ̄ r-,  /  l/ ./.:.  .:./  / ヽ    ',
  {:i:} _ノ   j | /  ヽ、{:!:i    //.:. .:./  l:.:.:.:.\  ヽ
_-―ニ     ソ    ‐テ=―‐ ´ /:.:. .:./   /.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \
   ‐´               U /:.:.:.:./    ト、.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ、
         ,           /.:.:.:./.    {::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ
               _ノ、  /.:.:.:/:      ト、::ヽ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ
   ___,  ----―‐=_ニソ /.:.:.:./:.      l:::l::::l::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ',
‐-、 `ー==-------―  ̄   _-/.:.:.:/.:.       ',:::i:::|::::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ l ガルル…
  ヾ ‐ 、     ̄    ィ ´ /.:.:.:/:.:.          !:::/::r、::::l.:.:.:.:.:.  .:.:. ヽl
   \ ` ゝ‐ - ‐ ´ /   〈.:.:.:,':.:.:.         ヾ::/:::ヽ::ト、 .:.:.:.:.:.:.:. リ



         ____
       /   u \
      /  /    \\    あ、はい……周りですお?
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

2611 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:41:26 ID:54eF57qw
12、

:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;: ホー
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:  ホー
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \     あれ?
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

2621 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:42:13 ID:54eF57qw
13、

:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,


         ____
       /     \!??
      /  u   ノ  \      あれれ? やる夫達、なんで外にいるお???
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ ソレニドコカ懐カシイ風景…

2631 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:42:47 ID:54eF57qw
14、

     ____
   /      \
  /         \    ん〜〜〜〜っ
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 何処デ見タッケ?



                ___
            ,  ' ¨´     `ヽ、
          /          `ヽ`ヽ、
        /            ヽ  ヽ ',
       /   / .:   /    :.   :.!  ', !
       |:.! .:.! .:.:! :.:|.:.   .:!:.!: .:.ハ|:  !:. |     悩んでないで、後ろをごらんなさい。
       V .:.:!:.:.:ハ\ハ !  ムイ:.∠ |:.:  |:. |     もっと驚くから!
       ヽ:.从:| f⌒心\/ー 仇⌒ヽ:.  |.:. !
         | | :.!  ヒリ    ヒリ  |:.:.  !:.:ハ
        / | .:{ 、、   '   _ 、、 !:  ト、::.ヽ、_
       / /| :.\ マ´  ̄   ) _ハ:  | }:.:.:...  ヽ
     / .:.:.| | :.:.:.|!> 、 __"´ ィ  |:.:  | |:.ヽ:.:.   i
    // .:.:.:人| .:./~7ヘ」_  rくY~\|:.  匕}.:.:.:.!:..!  |
    V! :.:.:..幺| :.|   ハ Y ハ ヽ ノ!:   |:::|.:.:.:.!/  リ
     \.:.:く_ノ .:.>r---个  , ィ} |.:.  ∨.:.:::/: /
      ):/  .:.:.:.:∧  ∧   レヘ.{.:.:..   \/:. (
  弋フ´ ̄  .:.:.:.:.:.:込_ ヽイ } ヘ√ r‐ヘ\.:.:..  \  `ー-、
   / /   :.:.:.:./::::::::{父/!__/父}:::::::::::::):.:.:   ):.:.:...  ヽ
   V{   :.:.:〈:::::::::::::::/〈小-く:::::::::::::::::/:.:.   /:.:.:.:.:.:.:.  |
    乂 ヽ:.:.:.:.:\__/::::::::::リ:::::::.\_/:.:.   (:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.: /
   弋二:.,:.:.:.:,. イ:::::::::::::::::〈::::::::::::::(:.:.:.:.:.:.:.:....  _>:.:.:!:::|/
   ー=ニニイ  /::::::::::::::::::::.}::::::::::::::::\:.:.:.:.:.:.: ̄:フ:.:.リ:/
         |:__厶イ癶ミ^ー---、`ー―<__:/|/

264名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:42:54 ID:JxkQat8Q
古き良き日ノ本へようこそw

2651 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:43:20 ID:54eF57qw
15、

                 そうよ! 見たことも無いお城が建ってるの!>

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    ……後ろ?
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



          ____
        /     \
  ((    ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         | ノノ   
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \ クルッとな…

266名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:43:28 ID:91bGAmYM
ルイズがちょんまげ見たらどう思うだろうか?w

2671 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:43:48 ID:54eF57qw
16、

======================================================================================

                      〜〜目の前に広がる風景〜〜


                  , ィ r─┐
                /  l l   l
                l   l l   l
   / \           l   l l   l
  \   \       /\l  l l  l
    \   \    /  /l  l l  l
     \   \/  /  l_l└ ┘
       \     /
       /   /
      /   /
     /   /
    /   /
   /   /
   l    l       /\      / ̄ ̄\                / ̄ ̄/
   l   l___ /  /    /      \              /  /
   \         /    く    /\   \    / ̄\    /  /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       \/   \     ̄ ̄     /   /  /
                            \___/ ̄ヽ/  /  //\   __
                                        /  /   \/  /
                                       /    /\    /
                                      /   /     \/
                                      \/

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,

2681 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:44:05 ID:54eF57qw

    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ〜vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj〜シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^〜v、
I;l; _i; ,.t`i、;ll;r======k^〜v__ゝ;く,i|k'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`y´K´ナv^ーヌ_{ソ\ヽく,ノ~i´ナ,、
iIネ, Y,k';:i-;ll;r=====,=i、ノ~i´_{ `y;:.l|jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'ト-ナv^ーヽ~‐`ー^‐゛゛'゛'';"‐'~
;;;;゛`、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":,;゛^゛:'~''^’::"''":;゛""゛

======================================================================================

2691 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:44:33 ID:54eF57qw
17、

:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;: ホー
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:  ホー
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

2701 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:45:10 ID:54eF57qw
18、

.     /: : / : : : : / : /´ : : / /: : : : : : 丶: : ヽ: : :.\.:.: : :\|: : : : |: : : : \: : |
     |: : /.: : : : :│:/ : : : /: :l : : : : : : \\: :}: : : : : ヽ: : :.:.|: : : : |: : : : : : \l
     |: :j : : : : : : |│ー 、/: : j{: : : : : : : : :.ヽ∨ヽ: : : : : }: : :.:|: : : : |ヽ、: : : : : :.` 、
     ∨|.: l : : : : |∧: ::/\ ハ: : : : : : : : : :! |: :ハ__: :斗-‐┼: : : :l\:\: : : : : : \
       |.: | : : : : | ヽ_{,_{\{ヽ.: : : : : : : :| j /j___j,,z-/: : : :│: :\:): : : : : : : ヽ
       ∧ | : : : : |  ア/仔≧トkヽ\: `ー-j孑仔f¬「⌒ヾ\: : : : |: : : : `ヽ、: : : : : : :',
.      /: :}人: : : : !、Ⅵ  {iヘ  jト'  ヽ: : :./ イiヘ  j.|  /: : : :.:/│ : : : : : : }.: : : : : :}   ねっ? 驚いたでしょ?
      l : : : : ノ\从ヘ   弋込イ|   ノ / 弋込.イソ ./: : : :.:/: :.|  /⌒V: : : : : : /
      |: : :./\厶: : ハ   ,_ゞ=ー'    ̄     `ー=<_ /: : : :.:/: : ん'´〔  │ : : : : /
      `ーく  /´{∧: : } ////   ,    ///// /: : : :.:/: : ∧ )-〈  :| : : : : {
      ∧/  ヾヘ 八                /: : : :.:/  //   |  l: : : : : :ヽ
       /' |    ∧: :ゝ.、      ヘ      /: : : :.:/: : ∧\   |  /: : : : : : : !
.    ノ{:  |    ト∧: : : :    ,_          ィ/: : : :.:/: : ∧/∨l\/ /: : : : : : : : |
    〃: :\∧    ヾ ヽ: : : : : : ∨>‐--<ヽ〃: : : :./: : :.ハj/⌒)  /: : : : : : : : :.j
   {i: : : :.:ヾヘ    ∨ハ: : : : : : ∨ハ     〃: : : :./: : : :|、/ \/ /: : : : : : : : : /
   ヾ : : : : : : \    ̄{,ヘ : : : : : :∨ハ   :{!: : : : :{: : : :.:l∧_厂  ノ: : : : : : : : : /



       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   あ、あれはまさしくオオサカ城……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / ナゼッ!?

2711 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:45:40 ID:54eF57qw
19、

    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |    やる夫、あのお城のこと知ってるの!?
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |   
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', ' ,
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \     
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \  
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ  
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \



       ____
     /      \
   / ─    ─ \    いや、知ってるも何も……
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


<あっちに人の声が聞こえるぞ!

<賊かもしれん!

2721 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:46:05 ID:54eF57qw
20、

                <´ ̄ ̄  ‐-
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',
          /    /  :/   i  /  i  ',  i i
          /    ,' ー-/、  /j:  |  ∧ |  l: l
         ,'     i  /ン`゙ー V | 7''ーl‐l'"  l l   まず……誰か来るわ!
         /      | ./示≧ミ/ ヽ,!/,,.ムr i  /l l   
       /      .|/ ヾニシ     frシ/ / /: リ
        /     ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /:ハ
       ,'      \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       |      } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',  \
      乂    ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、_   ヽ
        )   f;.;.;;: : :/トヽヽ,.-' イ V::.(   (:.:.::.:.:.:.:`ヘ    )
       /   i:.:.:.:.V`ヽ、`´,イ 'ヘ/::.:.:ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:>`-、/
       / ,'  j:.:.,ィ': : : : : :∧) . /:/ /:.:',   ', r'"    \
      / /  /V  `ヽ=-i / /: { / /  )  )Y       \
     ,'     //i      } (.l {: : i ,' /.:./  /l l .ゝ、      |
    l     iシ.:.:j    ,.イ ヽiヽ:.:.:.:.:.:.:(    (:.:.:.:\`/ー'" ̄  j
    l     {.:.:.:.:i    /, _/ i」 ヽ.:.:.:/ゝ___`¨フ.:./      /
     乂   ヽ.:.:.:.:i   /.:.:.:./    V:::::.:.:.:.:.:.\:.:.:.:/\     /
  ト、 __,)   ヽ_.V.:.:.:./      ヽ:.::.:.:.:.:.:<¨´  ̄  ヽ、 /
  乂__   ,'.:.:.:.:.:.:.:.:/         ヽ:.:.::.:..::i_     /} \
        i.:.:.:.:.:.:.:/            ヽ:.:.:.:./:.:::\__/.:.:l  )
         l.:.:.:.:.:.:.{            / ヽ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|! /
         {.:.:.:.:.:.:.:ヽ        イ ̄`イ   ヽ:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:| しイ
        l.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃ー---‐ヾヽ   ヽ   ∧''".:.:.::.:.:.:.:.:|_ノ}
        l.:.:.:.:.:.:.:.:〃{  i    |::|    i     ',.:..:..:.:.:.:.:.:|



         ____
       /   u \
      /  \    /\    ! ルイズ、早く逃げるおっ!
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

2731 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:46:32 ID:54eF57qw
21、

,,,,_________
               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''−- ,,_
                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
                     `−へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,--−−''"" ̄
                             ̄''''''−----- 、
  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)      \ ___ \
 ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                  ∟___Y   /./  /  \\ \ λ !
                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘      __,--−
                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,--−''" ̄
                         ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" /
                             ヽ-/ /  / /    グイッ…

2741 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:47:07 ID:54eF57qw
22、

          ,  ' ´ ̄ ̄ ̄ ー- 、
        /             ` 、
      /     /     ヽ  、    \
     /     | |      |   ヽ  ヽ ハ
     /     |,斗 ミ    弋T ト、 |   |i i |
     | |  | |/| | |\ヽ   | _」_ハ |   |i | |
     | |  | リ  >― ミ\ヽ イレ-、\|  :|乂ノ
     | |  V / ん.ハ   }.ノ{ハ...i} トレ ∧∧
    /i|   ', ヘ {こリ    ヾ.シ  レ'  | \
   / |.   ', ...::.::'''      :`゛::::: |   ',   \   あ、ちょっと! 急にひっぱらないでよ!?
. /   i|     ', ::::::           ノ   \     
    / |     \..    , -‐、   / |      \  
   / ∧       `ー- ニ._´ ィ´ |  \     \  
  /    \ / ⌒ヽ、       \|-ュvヘ--、 \
 /      /     ',       //^/ィ__,⊥..._\
/       |      ヽ、    /   rヘ{Y// ヽ \
      / |   _ ⊥ヘ   rくr‐、__/rく }^^Y |  \
     /   |\イ__rへ‐ヘ〉-‐|--┴< ̄ト 〉__|.r┴──
    /    |イ /.: ヽ \|r‐|:.: .: .: .:  ̄`ー┴<入
   /   __レく.: .: .: .: \ >iト、:.: .: .: .: .: .: .: .: //――
   |  /  \\.: .: .: .: .: .: T: ヽ  ̄`ー.: .:/
   /      \i.: .: .: .: .: .: |.: ハ.: .: .: .: ∨
  /       / ∧.: .: .: .: .: i.: .: i.: .: .: :/´ ̄ ̄ ̄ `ヽ



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   いいからっ!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

<いたぞ!

<逃がすなっ!

2751 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:47:37 ID:54eF57qw
23、

                    _ _r─、_r〜'⌒ヽ__rヘ.__
                  ,.. -‐. : _j     ヽ   }  │   |rヘ
                 /:_厂 ̄\ ヽ、  }  |  } // / / ヽ
              /: : :〉 `ヽ、 \_ `-┴'´ ̄ ̄  ─- ' _/∟_
            /_rv'´\   >'´: : : : : : : : : : : : ⌒ヽ、: : : ``: .く
               /r┘ ヽ、 ン'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : `ヽ、
           /:く      >'′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :\
           ,′: \   /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :\: : : ヽ`ヽ:',
          ,: : : : : : ン'′: : /: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、: : : :\: : : :ヽ: : :ハ l/
            l: : : : : :/: : : : :/: : : : : .:/: : :│ : : : : : : :\: : : : ヽ、l:│ : :ハ
         |: : / : :│: : : : | : : : / : ! : : :│: : : : : : : : : |l: ト、: /j /: : : : : !
           |: :/ : : : |: : : : :\ : ∧: :|ヽ: : :ト、: : : : : : : : ハ:|/、: l′: : : : :|
.          | / : : : : | : : : : | : ン、__∨ \:{ ヽ: : : : : :/y≦テ弌: |: : : : ハ:│
        /: / : : : | : : : : レrチ气孑≧ュx_,ノ|: : : : :rく イ jト、}ノ: : / }/
       /: : /: : : : .:| : : : : | イ{! ト、  ,イヾ   |: : :/V辷リ " /{ : /
      /: : /.: : : .: .:.| : : : : |  ゙  V辷リ     ノ/   ー‐'   |:!∨\
.   /: : /: : : : : : : :│: : : : |   `ー─''       ,   ''""゙` 从: : : : ヽ   なんであの人たち追って来るのよ!?
   /: : : /.: : .: .: : :. : : .:|: : : : : l\  ''""゙´              人: :): : : : :)
.  /: : : /: : : : : : : : : : : :|: : : : : | く〕 、        ヘ    . イ : : ) : : : /
  ′: : {: : : : : : : : : : : : :|: : : : : |_ノヽ、`  、      . ィ´ : : !: /: : :/
 { : : : : \: : : : : : : : : : :|: : : : : | \   ̄ 二`> -イ: :│: : :│ : : : /
 ヽ、: : : : :ヽ : : : : / ̄ヽ: : : : :\ ` ーr─- 、-‐' ̄ ヽ|: : : : {: : : : {
    ̄} : : :}: : : :/      \: : : : ヽ、r'´ ̄\ \   丿: : : : \: : :\
     /: : :/ : : : |       ヽ: : : : :\ ̄\ ヽ `ヽ { : : : : : : : :ヽ : : :\
 _/: :/ : : : : |         }: : : : : : :\ 、ヽ    } ヽ、: : : : : : : :\: : : \



         ____
       /   u \
      /  /    \\   ……そりゃ、やる夫達が勝手に城内に入り込んだからだお。
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

2761 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:48:04 ID:54eF57qw
24、

            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ        _
         /.:./  / / .:.  /     \    /__ `ヽ
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ  .{ (    ヽ ',
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',  ゝ' ,. -ー' ノ
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉    / / ̄
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/    / /
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!    __`´
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |   (__)   はあ? お城なんかに入り込んで無いわよ。
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |         だって、お城ならあそこにあるじゃない。
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \
/r' ─- 、/.:.:.    /  ∨_ノ´\l/ \:.:.:.:.:   ヽ
.:.:.l    /.:.:     / \  \ /ヽ/ /  ヽ:.:.:.:.:.:.:  〉
/   /.:.:     / \ \  ヽソ /    }:.:.:.:.:  /

2771 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:48:33 ID:54eF57qw
25、

======================================================================================

                         〜〜あそこ〜〜


                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7

2781 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:48:47 ID:54eF57qw

 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ〜vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj〜シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^〜v、
I;l; _i; ,.t`i、;ll;r======k^〜v__ゝ;く,i|k'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`y´K´ナv^ーヌ_{ソ\ヽく,ノ~i´ナ,、
iIネ, Y,k';:i-;ll;r=====,=i、ノ~i´_{ `y;:.l|jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'ト-ナv^ーヽ~‐`ー^‐゛゛'゛'';"‐'~
;;;;゛`、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~、;;'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":,;゛^゛:'~''^’::"''":;゛""゛

======================================================================================

2791 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:49:18 ID:54eF57qw
26、

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ……あそこは『本丸』。この城の一部に過ぎないお。
  / -=・=-   -=・=- \  
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     / 



       ,. ― 、         / ̄\        __
      /    ヽ       〈      〉      /    \
       l     /            /      l       |
      ヽ     |     ,. -―― ┴ 、               /
           ヽ  /           ヽ      / ̄
             O// /  ,.イ  ヽ ヽ ヽ';     /
              イ/ l lィ ト、ム  ム斗}  }|
              ∨l从! ○ l ノ ○ リ  ||   ○
        /⌒〉    /{. /       l  ||       / ̄\
        ヽ \  / .|人   △   u/  ∧           |    ……はい?
             /   ∧  ≧,ェ‐ェ '/  ∧. \       _/
          〈   ムィ!  V /Tl /  ム ヽ l!\   /
              ヽ   l/   Y ☆V  /:.:.:.∨ ;  } ○
           ノ ./   /:,ヽ/!  ヽ:.−;!    /
         / /l    /:.:.:.7:∧:.\   \|   ヽ
         /   l  ヽ    \:./:/l ll:.:.:.:.ヽ   .〉    \
       ヽ  | _ ∧    ∨ l l l:.:./   /:|   ヽ ヽ
         ヽ | >―}     }   l/    /:. |    } 丿
        イノ l >−   /    〈      ヽ,|   .//
        ー/ 7:ー−:.'/       ヽィ  厂:|   .乂_ノ
            |/∨:.:.:.:/:.:./      l:.:\「::l:.:|  ハ
          /:.:.:.:./:.:./       l:.:.:.:.:.::.l:.:|ハ从
          /:.:.:.:./:.:./         l:.:.:.:.:.:.l:.:|

2801 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:50:18 ID:54eF57qw
27、

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ      オオサカ城は複数の区画からなる、総周囲15リーグを越える巨城なんだお。
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ     だから、よほど高い所から見ないととうてい一望なんてできないんだお。
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./ チナミニココハ『西の丸』…



: : .―-∧-: 、 : : |\: : : ヽ : : : : : : /\ : : -ヽ:─:| : : : :
: :{.: : :/ \: \: :|  \: : : : : : : :.:/ /ヽ: : : }.: :│: : : :
{ハ: : |   \:_:`ト、  \}: : : : ://_  \∧:/:| : : : :
: :.个┝┯┯┯┯━\/∨ : :、/ ┯┯┯┯━∨: : : : :
: : ヘ   弋_辷'_ノ    ∠: :_/  弋_辷'_ノ  / : : : : :    ちょっと、なんでアンタがそんなコト知ってるのよ?
: : : :'、                      ,′: : : : :
: : : : :'. /:/:/:/          /:/:/:/ : : : : : : :
: : : : : '.                    u  ! : : : : : ;
: : : : : :i                      | : : : : :,′
: : : : : :|、        〜〜‐-          ィ|: : : : : !

2811 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:50:48 ID:54eF57qw
28、

         ____
       /   u \
      /  \    /\    それは……
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃
┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓ ┏┓ ┏┓ ┏┓
┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛ ┗┛ ┗┛ ┗┛
┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛

::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\      
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

2821 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:51:32 ID:54eF57qw
29、

        /: : : : : : : :/ : /: / : : :./ {: : : : : : : : : : 丶  : : : : \丶、: : : :l
.       /:/: : : : : : :.|: | |:./ ヽ: : l 八 :_: : : : : ヽ: : : }\ : : : : : :\:\: :│
      {/|: : : : l: : : |: レl┼─\l {:-ヘ: : : : ヾ斗七7 ̄\: :ヽ: : : l: : l: : |
       j∧: :.:| : : 乂Vァ≧≠=kz∨ヽ: : : : Ⅳz=≠テ≦、 ∧: : |: : l: : |   ちょっと、なによこの数!? 
           lヽ: ヽ : ヘ 〃 fて ,ハ    }:.: :.:/   fて ハ }ト } : j: :∧.:.|   たかが二人相手に大げさ過ぎない!?
          }: :|\\:.|ヾ 弋っ;辷リっ  j//  c辷う少'〃 //: :,': :ヽ!
.         /: :ハ: :  ̄ {ヽ( う¨¨´      ,      `¨¨( つイ : : : ∧: : : \
      /: : : : ',: : : O°  :::::::::::::::::  ′   :::::::::::::   l◯ : ,' ヽ: : : : \
     /: : : : : : ◯ : : : ',       _  __       ,′ : / : : : : : : : : : \
    / : : : : : : : : :∧ : : : ヽ    /´  `´  `ヽ      /: : : / : : : : : : \: : : : :\
   ,': : : : : : : :/ : ∧: : : : :\  {         }   ィ´: : :∧.: : : : : : : : :\: : : : :ヽ
   i : : : : : /: : _;/ ∧: : : : : : > `ー一   ー‐ ' _<:' : : : :.,'::::::ゝ、 : : : : : : : 丶 : : : :',
   { : : : '´: : :/ ::::::::::ヽ : : : : : :\ > 、_  <// : : : : : :l:::::::::::::\ : : : : : : : :.ヽ : : :
   ∨: : : _/:::::::::::::::::::::',: : : : : : : :ヽ \     / / : : : : : : :|::::::::::::::::::\: : : : : : : : ヽ: :
   /: : /´:::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : ∨⌒∨^ヽ /. : : : : : : : !:::::::::::::::::::::::ヽ : : : : : : : }: :
    {: : :{ :::::::::::::::::::::::::::::: j : : : : : : : : : }. /⌒ヽ ∨ : : : : : : : : {:::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : :,' : :



       ,..ィ ´_,,.. -─- ..,,_  `丶、
   ,. -─-<´\.. - ─ - ト、`>、,. --- 、
  /,.. .._/´¨゙/´-‐ 7¨ヽ    `ー<   ,.- ゙ヽ
 i /:::::::::/  ./'´   / /    ',   ヽ<::::::::::::il
 '、ヽ、_:/  /   / ./ ∨   V    i:: _,.ノ/
  丶-/.  ,'   / /  ∨ト、.  ',     lニ-‐'
    i/  i  / / /    ∨i.Vト、V     l |
   /  ¨l ‐-/.l/    ,,.V!- i‐V!.    l. i
 . //  l l i,!-ミ、     レ,,.=、 ',ll   l  l    曲者共っ、そこまでだ! 大人しく縛に――
 . //l.  l-イ'i f_jl`     '´i f i ト、l_  l   i
 // .l  lヘ. ヾ-'       ヾニソ ' l.  l  l
 /  l  l__゙', `¨   i::.    `¨  i   l.  l
 .   l  l. ヘ    ゙       ,イl   l   l
 .   l  l ll 丶、  ^     / i.   l   i
   l   i l.l l_ ,.>、.  ,.ィ´  lブi.   l    l
   l   l_,./// i/|. `¨   ./ l   l、
  ,. l   i  ';:', ヽ   / /i   l \
 ´ .lハ   l  ';:',  ヽ_/ //l.   l

2831 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:52:08 ID:54eF57qw
30、

          ____
        ∠ -―___ー-、`ヽ     て
    ___/:::::_;. -テァ 、\::::`ヽ、>―-、  て
   /:::::: / ̄ /  // /、   `く  ̄`ヽl::::ヽ  て
  /:/´:::::/ /| //,イ ヽ | l ヽ   ',x、::|
  V::にY  l|lV  ./イ!|   || l ! ハ   V:::|
  ヽ二!   |/ ィ´「/l||   ||〕ー| /、|   |-'′
     |   'イ|>x「ミl||   |レァ-ミく |   |
     |    lハ | i:j }    { i:j | ハ   |    ――って、おししょー!? おししょー様じゃないですか!?
     |    l| ゞ‐'′ ,   `ー 'っ|   |
     |    lト、     ___     /|   |
     |    l|-ヽ、 f'__}  イ |   |
     |    リ  > 、_ イ ||   |
     |   |  ./ |      |._ l   j
     .ハ.   |‐'/てく    / >ー |  /、
    ./ ハ  | ヽ \\ /イ   ,イ  /  ヽ
   /    V l|   \ /   // /     ヽ
  ./    Vリ    /   / /イ       ハ
 /    /     /  /           |
 !    |     /  /         '、  |



       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\   そういうお前は……まさか、虎子かお?
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

2841 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:52:40 ID:54eF57qw
31、

          ____
        ∠ -―___ー-、`ヽ
    ___/:::::_;. -テァ 、\::::`ヽ、>―-、
   /:::::: / ̄ /  // /、   `く  ̄`ヽl::::ヽ
  /:/´:::::/ /| //,イ ヽ | l ヽ   ',x、::|
  V::にY  l|lV  ./イ!|   || l ! ハ   V:::|
  ヽ二!   |/ ィ´「/l||   ||〕ー| /、|   |-'′
     |   'イ|>x「ミl||   |レァ-ミく |   |
     |    lハ | i:j }    { i:j | ハ   |    そうです! 『みそっかす』の虎子ですよー
     |    l| ゞ‐'′ ,   `ー 'っ|   |     おししょー、3年も何処で何やってたんですかー!?
     |    lト、     ___     /|   |     みんな、すごくすっごく心配してたんですよー!?
     |    l|-ヽ、 f'__}  イ |   |
     |    リ  > 、_ イ ||   |
     |   |  ./ |      |._ l   j
     .ハ.   |‐'/てく    / >ー |  /、
    ./ ハ  | ヽ \\ /イ   ,イ  /  ヽ
   /    V l|   \ /   // /     ヽ
  ./    Vリ    /   / /イ       ハ
 /    /     /  /           |
 !    |     /  /         '、  |



      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、    ごめんお…
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

2851 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:53:56 ID:54eF57qw
32、

         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ    ちょっと、いったい何なのよ。この展開…
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ



   (ヽ、00  ∩               (ヽ、00  ∩
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃            ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇    ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )         ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  `ー――'′ し∪  (ノ           `ー――'′ し∪  (ノ

       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )     
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'


 ――おい、隊長の師匠って……まさか『あの』鬼神将軍のことか!?

 ――ああ、あのお姿は間違いない。3年前に神隠しにあった、やる夫将軍閣下だ。

 ――あの時は国中大騒ぎだったもんなあ〜 一年以上捜索が続いたっけ。

 ――いや、縮小されただけで今でも続いてるよ。

 ――……そういや、見つけたら10万両貰えるんだっけ。もしかしたら俺達貰えるのかな。

 ――この場合はどうだろう? ていうか、多すぎて実感湧かないよね。

2861 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:55:10 ID:54eF57qw
33、

            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!   ……………………。
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \



            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |   (そっか、『ここ』はやる夫の故郷なんだ……)
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ

2871 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:55:53 ID:54eF57qw
34、

                  ,ヘ
      ____ 〜♪  / / 
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /   ルイズー、もう逃げなくても大丈夫だお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィf?lテトミー ヽ /rえV /|/
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ 
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |    ……ずいぶんと嬉しそうね。
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. | ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|

288名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:56:17 ID:z0rXD6pE
ええーどういうことwww

2891 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:56:21 ID:54eF57qw
35、

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ    いや、まあ久し振りの故郷だし。
   / _ノ ノ    \  \ `、   ……けど、後でみんなに会うのが怖すぎるお。
  (  < (○)  (○)   |  )  きっといっぱいいっぱい怒られるんだお。
  \ ヽ (__人__)   / /



  ┏┓┏┓
┏┛┃┃┗┓
┗━┛┗━┛
┏━┓┏━┓
┗┓┃┃┏┛_,,.. -─- ..,,_  `丶、
  ┗┛┗┛´\.. - ─ - ト、`>、,. --- 、
  /,.. .._/´¨゙/´-‐ 7¨ヽ    `ー<   ,.- ゙ヽ
 i /:::::::::/  ./'´   / /    ',   ヽ<::::::::::::il
 '、ヽ、_:/  /   / ./ ∨   V    i:: _,.ノ/
  丶-/.  ,'   / /  ∨ト、.  ',     lニ-‐'
    i/  i  / / /    ∨i.Vト、V     l |
   /  ¨l ‐-/.l/    ,,.V!- i‐V!.    l. i
 . //  l l i,!-ミ、     レ,,.=、 ',ll   l  l   当たり前ですっ!
 . //l.  l-イ'i f_jl`     '´i f i ト、l_  l   i 
 // .l  lヘ. ヾ-'       ヾニソ ' l.  l  l
 /  l  l__゙', `¨   i::.    `¨  i   l.  l
 .   l  l. ヘ    ゙       ,イl   l   l
 .   l  l ll 丶、  ^     / i.   l   i
   l   i l.l l_ ,.>、.  ,.ィ´  lブi.   l    l
   l   l_,./// i/|. `¨   ./ l   l、
  ,. l   i  ';:', ヽ   / /i   l \
 ´ .lハ   l  ';:',  ヽ_/ //l.   l    \

290名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:56:51 ID:V4lbAfK6
何がなんだかわからない

2911 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:56:54 ID:54eF57qw
36、

       ,..ィ ´_,,.. -─- ..,,_  `丶、
   ,. -─-<´\.. - ─ - ト、`>、,. --- 、
  /,.. .._/´¨゙/´-‐ 7¨ヽ    `ー<   ,.- ゙ヽ
 i /:::::::::/  ./'´   / /    ',   ヽ<::::::::::::il
 '、ヽ、_:/  /   / ./ ∨   V    i:: _,.ノ/
  丶-/.  ,'   / /  ∨ト、.  ',     lニ-‐'
    i/  i  / / /    ∨i.Vト、V     l |
   /  ¨l ‐-/.l/    ,,.V!- i‐V!.    l. i    ところで、さっきから気になっていたのですが……
 . //  l l i,!-ミ、     レ,,.=、 ',ll   l  l    そちらの方はいったい?
 . //l.  l-イ'i f_jl`     '´i f i ト、l_  l   i
 // .l  lヘ. ヾ-'       ヾニソ ' l.  l  l
 /  l  l__゙', `¨   i::.    `¨  i   l.  l
 .   l  l. ヘ    ゙       ,イl   l   l
 .   l  l ll 丶、  ^     / i.   l   i
   l   i l.l l_ ,.>、.  ,.ィ´  lブi.   l    l
   l   l_,./// i/|. `¨   ./ l   l、
  ,. l   i  ';:', ヽ   / /i   l \
 ´ .lハ   l  ';:',  ヽ_/ //l.   l    \



         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,    え〜と、それは……その……
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

2921 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:57:36 ID:54eF57qw
37、

        r┐   , -―――-- 、
      <ヽヽ.二>´          \
       } } r‐┐            \
      く/ L{´     ヽ     ヽ ヽ ヽ
       ! .:./ .:./.:.i:/   ヽ.: !:.. /.:.!  !  !
       | :.|:..:.:/\从 ..:. .::ハ:.:.:|/:.!.:|  |  !
       从\ハ/ \{:..:iノ、}/|从fV  i:.  |   (くっ… 何故こいつはいつもいつも、
        ヽ| !⊂ニ⊃V  ⊂ニ⊃/  !:.  !    『恋人』だの『愛してる』だのという台詞を恥ずかしがるっ!?)
         /.:i、、、       、、、 /   !:.:. リ
       / .:.{          /   ∧: |
      /  .:.:.>、 〜 ‐-〜  /:   ,:.:ハ: !
      |   :.:..!:.::.!「>r― ' T!:.:   !.:.:∧ \
     /\  .:.:∨:::::〈≧ r< |:.:.:  弋ヘ、:.\ \
    / .:.:.:.ハ  .:.:.:.〉:::::∧ Ⅴ  ∧:.:.:..  \\:.\ \
    | .::./ i.:.:.:.:./:::::::::::ⅤA::V:::::\:.:.:....  \ヽ:.:.ヽ \
    ∨   .:.:.:.:./::::::::ヽ::∧:::V:::::::::::::\:.:.:.:  Vヘ:.:.:)  )
    |   :.:.:.:人:::::::::::::\∨:::::::::::::::::::::):.:.  |::::|:./  /



-ー ''´   ̄ ̄ ̄  ー- 、

                 \
                \     \
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l|
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ   ……でも、いったいどうして帰れたのかしら。
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./     しかも、私まで――
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{    むー
.  ´        、      {:.:ヽ`
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ

2931 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:58:25 ID:54eF57qw
38、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ――それは、私が呼んだからよ。泥棒猫さん?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

294名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:59:01 ID:V4lbAfK6
勝子もいるのか

2951 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:59:13 ID:54eF57qw
39、

                                             /´〉,、     | ̄|rヘ
                                       l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
                                        二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
                                        /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                                                      (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                                                    `ー-、__,|

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \
          \     | i ヽ、    \   \  ¨‐=ニ二¨ ̄  _,.ィ´/__... -‐‐¨==──''下¨ヽ /`'ヘ. ヽ'/-‐ァ''¨ ̄       ハ    ゙丶、 ___,,,...... _

2961 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:59:25 ID:54eF57qw

     _.. -‐‐ヽ.    i. l  ',     \    ヽー---‐ニ¨ ̄¨7    __....     /    カ¨アヽ  ヽ/メ'`゙             ',\     ゙丶、.._       `丶、
   r'´    _ノ`丶、 l  ',  ',       ヽ-‐、  \__`ヽ¨´___,,..ニ      /_.. -‐ ¨フ   ̄ニ=ヽ='/      i ̄ \     ',  ゙丶、     ¨ ー-=ニ二¨ ̄`ヽ
  ノ,. -‐ ¨ ̄/ ヽ  `ヽ ヽ, ',         \  \ __\__.... _.. ∠ ‐''    /,_..,八    ヽ、.._   ノl    ヽ     \   ¨ ー- .._       ̄¨ ‐-`------
 /  ,.ィ´/    \   i  ', ',           ',\ \    / ,. '´ ̄ ̄ i     / /-‐'"  \  〈   `ヾ、   l    \     \`¨ ー--‐ ¨`丶、..__
  /   i       \  l   ', ',          ',  \ `丶'<...__     l__..ノ //     ,....ノー‐ヘ.._    \  i     ヽ      丶、         ̄¨ヽー-----、--‐
 /    l         \l  ', ゙、       __ヽ_` ー- .._  二ニ==///      (      j.}    \ l      \        `丶、        ',     ',
        l           \. '.  ヽ  _.. -‐'' ヽ      ̄¨ ー----─一'、// ',       \,.   、ノ      .i\      ヽ            ̄ ̄`¨゙丶、 i     l
     /!.._            `丶-‐''"ー‐--一' _.. -‐ ¨ ̄¨ ー- 、     ` ̄、\,        弋⌒ ノ       ,ハ ヽ      \                ヽl.     l、
    /    ¨ ー、--─ ¨ ̄`ヽ、       `  ̄   ̄ ̄ ̄¨゙ ─--`=‐---- .._  `ヽ'、‐-、      ヽ/       /  ',  ',\     ヽ                /    ノ/
    ,'       >、         ̄¨ ー--,  ,. -‐‐- ..__            二ニ=‐‐イ¨ヽヽ      l       イ .   ',  ','´      \             /  _.. -''"
    iヽ、   /  `ー- ニ..__,.ィ´__.. -‐''" ,,. --‐‐、 . `ヽ         ,,. -‐= ..ノ ヽ            / j、  ',  \       \        _,,.. イ-‐'' "
    lヽ `>'-──- 、.._      ,.へ、  >''"      ̄/  \      / -‐ ¨ ..ノ       ,. -、,. ‐- <    ¨ヽ ',   \     __,,,... --一 ¨ ̄            ,,..ィ
 \ _', /          `¨ ''"            // __... -‐─'''"¨ ,.. ィ´,.-‐'        /'´ ̄`'´  ̄ `ヽ\    ',>-‐‐ ''"¨´ ̄                _,,.. -‐'''"
 -‐'   ̄¨゙丶、           _... -- ─ ¨  ̄  ̄ ̄   _.. -‐''"  / | l       //  /l  l \   ヽ.',.ィ´    _,,.. --─ 、─一 '''''"ア¨¨ ̄ ̄ ̄ /
        /\__.. --─ ¨ ̄ / ̄ `ー- 、 ──‐-、      ̄¨ヽ  /i  /./      //   / l l  i  ヽ,. ''"  ,. -‐''"、    \   >''"´ ̄´ ,.. --─‐''"´
                   /        /`ヽ、    \ 丶、..__ノ l /./      ,' ,'  / l l l  / >''"i     ヽ     //  >'''"
                /       >''"    .\    \  \_..ノ!/./      l i  /  l  l  ,'//  l !      ',   / />'"\
              /     >'''"          /\_   ヽ--‐ ''"/./         l l  /  l  l  '//    ,','         ',/ ,' /   \\
            /    ,.ィ´            /     ̄/ ̄   ,' ,'        ', ',./   l  l  i {   .//       //.i i      \',
           /  >''"  i             /     /      ,' ,'         ', ',   l.  l  ヾ  /./      // i  ∨       ヽ

297名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:59:48 ID:nqMexRTc
魔王様w

2981 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 12:59:49 ID:54eF57qw
40、

           , へ、广 7ヽ、
        / Y^ヽ , ⊥ 」_ ! へ
       _フ__>"´     ` <厂〉
      / /    !       ∨レ┐
      匕/     !     !    V ./
      /   /   |    |   ! !ヘ
      |从. Tナ <ハ  ! _,.!斗‐ ! |:イ    あ、あなたは?
      ∧ !、|圷テfト |ノリ「rセT!Vリ  ! |
      / / !ハ 弋:rリ    弋:rリ /  / ヘ   (すごい魔力…)
     //  !ハ. ::::   、  ::::u/  /::.. \
   /  ....::i. へ、  ‐-   , イ  /:!:::::.   \
  / ..:::::://  ::|>_、. _ < /  /:::ヽ:::::::..   \
./  ::::::://   .::」_r|____ト、/  {___  \:::::::. . ヽ
| :::::::://   ::::::/<::::∧::::〉 !   \ ヽ、 \::::::::  )
|:::::::::./   :::::::/  V  ∨  ∨   \!:::::::::):::: /
! !::::/  ::::::::: /勺ス__    _rタハ::::..   ヽ:::::/  /
V| {   ::::::::::|/ `<>、 r化レ’ ∨:::   ∨  /
/ \  :::::\    ∨「/    .):::::    |  (
  ::::::!!\.  :::::\.  __∨_    /:::::   /:::.   \
 :::::::::川.|ハ   ::::::V::::仆::\/::::   / |:::::::::   }
 ::::::// |ノ    :::∨:|.|::∨:::::::   (― |::::::::::  /

2991 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:00:17 ID:54eF57qw

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


          ――この国の女王よ。ま、あなたにとっては、『やる夫の本当の主』と言った方が早いかもしれないけど。

3001 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:00:54 ID:54eF57qw
41、

     /  /   l /    ハ      \  、   ヽ  ヽ
    i  /l   l /l   / /  \ ヽ   、 ヽ  i   i i ヽ l
    l  i l  __l_l_l_|i___| ll.    リ i   li__A-ナ、  l l lリ
    l  l  i   l l ヽ\ ¨ヾー-- レl  ナレ l /l / /l/ /
     l ハ  ヽ  ヽ,ヽ- ,==-_   ノ /_,∠、l/ //ノ
     l l ヘ  ヽ  iヾ`(::ヽ-ー)`   ̄ '7ヽつ,ヾィ' '/イ    え…………?
     リ ヘ  \ ヽ  ̄ ̄ ̄      `ー-'  / / l
     /  ∧ ヘ  \ヽυ       丶     .i / lヘ    (この怒りのオーラ……
   / / ヘ i  ヽヽ   __         / / il \    やる夫のやつ、故郷の女王様にまで手を出してたの!?)
  / ´    〉 l   ヽヽ  '、二二ン     / /   l   \
./      / ヘl    ヽヽ 、 _ ¨¨  , ・ '/   /   ヘ   \
    , - 、/  l    ヽヽニ―=、' l¨¨, `l  /    ヘ    \
   /      l     i i\ /ヘ l / l i      ヘ、_    ヽ
  /       l      l l  \ゝ'-'-- 、l l      \ヽ  l l



      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-   (……あ、うん。すごく納得だわ。
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \         だって、やる夫だし。)
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l

3011 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:01:34 ID:54eF57qw
42、

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


              ――この3年間… 探しに探したわ…… よくもまあ、私のやる夫を奪ってくれたわね?

3021 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:02:04 ID:54eF57qw

          /                ヽ
           / /7  /      、     ',
        / // r  ,! |:   l:、  \:  i  l
        ,' // l / l !l  l::ヽ、  ヽ l  l
        l //  l l::ーVィヽノ/::`ー\ U \l  l
         |//  l、z≠==ミ∨::::: z≠=x、l l  : l    えっと……
       // :   |く /`ヽ   ::::  / `ヽ /l l : l
       //  .  ',  ゝ‐ '   ;:  ` ̄ lil! l !   l   (マズいわ… この人、完全にキレてる……)
      //|  :. l u             ,'リ .:   ',
      // |  i  : ト、   ャ─ -_‐ッ゙  /イ ;    !
    ,.、// j  l ; l l少 、   ̄    /l /   :   l
 r-‐' /7、 /  / j / } l `l ー - ‐ ´! l ,'  /     l
 l と'_{ (/ノ /ハ '、{ /:'rィ´ \    ,.イ`k、l ,' i   l
/  _.、__〉 ',//ハ ヽ弋ヽ   `兀´   / | ト、l  i  !
{  、__}:::厶ィ‐'´ l  }ヾヘ\ 〆⊥\ / l l l  ト、_l
l、  _,.フ;:/  ヽ / ノー、 ヽ Y´☆`Y イ  ヽ ! j   {  ヽ

3031 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:02:31 ID:54eF57qw
43、

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    へっ、陛下! 待って下さいお!
  /    (__人__)   \   ルイズは悪くないんだお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



     /        l    \         \ ヽ
    /       .:/  | |   .:. :ヽ :\   .ヽ   ヽ ',
    / /  .: :| .:/ .:.:| |:   、.:.:.:.\ :.:ヽ   :|  :.:', |
    l l |  .:.: .:.! .:ハ/: :∧|:.:.  :\:.:.:.lヽ:.:.:\:..:|  :.:.:|: |
    | | |:   .:| :.:|_;.|_|_|__乂:.:.: .:`廾十 ト-:、ヽ:|  :.:.:|: |
   lハ ト、 -K´|ヾ! \:|__ `\:.:.:.:.:.}_ヾ!. |:.:.:ハ/l   :.:.!: |
    ヾ;.\:.| ,ィチfテ¨ヾミ、  ヽ.:.:./,ィチ¨ヾミk、{   :.:.|: |   やる夫♪
     N ヾ ソ{ 代:、ノリ   ノ/  代:、ノリ バ  ..:.:.:|: |
     | ヘ :.',  と);少゙。      と)_,少゙ /  .:. .:.:./: ',
     ∧ ハ :ヘ  ゚ ::::::    ,   ::::::::::: ゚ /  .:.:. .:./.:.: ヽ
     / .:.:.:| :.:',        __       /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.. \
   / .:.:.:.:.:.|  ヽ      f ーヽ     /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.\:.  \
. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:|  :.:.\    、__ ノ   /  .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. ヽ
/ .:.:.:.:/  ̄ Y  :.:.:.:.> 、      , イ  ..:.:.:.:.:.├─ ー 、:.:.\:. ',
 .:.:.:.:/、   }  .:.:.:.:.:.∨ー-≧ー ≦-'{   .:.:.:.:.:.:.:.|     l:.:.:.:.l:.:. |
 .:.:./  \  /  .:.:.:.:.:.:.:〉  ∧ ∧  |  ..:.:.:.:.:.:.:.:|     |:.:.:.:.|:.:. |

3041 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:03:00 ID:54eF57qw
44、

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


                                ――ええ、もちろんやる夫は悪くないわよ♪



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   ……へ? いや、その……
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

3051 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:03:51 ID:54eF57qw
45、

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


               ――ねえ、やる夫。先に『奥』に帰ってくれないかしら? 私、この子と少しばかり『お話』があるの♪



       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    いや、しかし……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

3061 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:04:33 ID:54eF57qw
46、

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


                       ――ねえ、やる夫お願い。私が笑ってる内に、ね?



          , 、、  ,,                   丿⌒ヽ、
        , '  ____ " 、、               /⌒     ヽ
         , '   /⌒三 ⌒\  ',          (  す  す   )
       ;  /( @)三(@)\  ;          )  い    `  (
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  _     /  ま     丿
        |  u   |r┬-|  u  | ;   ヽ 、_ノ    せ    /
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    ヽ、_ノヽ  ん   ノ
    _   /    (___   | ',          ) :  (
  ,、'  /              |  ;         (     /
 、 ( ̄                |  ;         ヽ、_ノ
     ̄ ̄ ̄|               | ;

3071 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:05:33 ID:54eF57qw
47、

                                      /         /
.                                           /         /
                                      / _        /
                            .         / ̄   ̄ヽ、   ./
                     _ -‐- _          /        ',  /
                 _  -‐       ー _     ト,─--.....、    ! /
                  /  __,,,         x-‐'    ::::::ヘ   Y
                /  _∠/          /        :::::::::Y j
              .( ̄               /           :::::::|ヘ}
               | ーァ、一、- 、 _     /    ,_:::.....     :::::::|;;;}
               、_ノ \ j\_)ー-- ィ  /     ヽ、   :::::レ
                   `~       /  人       ヽ   ::::::|
                          `ー'  .|         ヘ.  ::::|
                             |          ハ  ::j
                             |         ハ::....:ノ

3081 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:06:42 ID:54eF57qw
48、

       ,..ィ ´_,,.. -─- ..,,_  `丶、
   ,. -─-<´\.. - ─ - ト、`>、,. --- 、
  /,.. .._/´¨゙/´-‐ 7¨ヽ    `ー<   ,.- ゙ヽ
 i /:::::::::/  ./'´   / /    ',   ヽ<::::::::::::il
 '、ヽ、_:/  /   / ./ ∨   V  U i:: _,.ノ/
  丶-/.  ,' U / /  ∨ト、.  ',     lニ-‐'
    i/  i  / / /    ∨i.Vト、V     l |
   /  ¨l ‐-/.l/    ,,.V!- i‐V!.    l. i
 . //  l l i,!-ミ、     レ,,.=、 ',ll   l  l   さ、さあ、おししょー。行きますよ!
 . //l.  l-イ'i f_jl`     '´i f i ト、l_  l   i  ――ほ、ほら! あんた達も手伝いなさいっ!
 // .l  lヘ. ヾ-'       ヾニソ ' l.  l  l
 /  l  l__゙', `¨   i::.    `¨  i   l.  l
 .   l  l. ヘ    ゙     u ,イl   l   l
 .   l  l ll 丶、  ^     / i.   l   i
   l   i l.l l_ ,.>、.  ,.ィ´  lブi.   l    l
   l   l_,./// i/|. `¨   ./ l   l、
  ,. l   i  ';:', ヽ   / /i   l \
 ´ .lハ   l  ';:',  ヽ_/ //l.   l    \



   :ノlノレl,ノlヽlヽlヽ、:
  : (iii´(ii ´・( ・` ii)`ii):
  : ( う  つと   と )   りっ、了解!
  .:`u^u-u'::u-u'u'

3091 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:07:04 ID:54eF57qw
49、

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   こっ、こら! お前ら放すお!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /    ルイズ、る い ず ーーーー!?
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)



: : : : : : : l: : : :/:.:. : : : :| : : ∧: : : :{:.:.: : : : : : :}:./: :.:| :/j:.: : : ;ハ:.:. : }:.:. : : :}.:.:.ハ: :|
: : : : : : : |: : : |:.:l:.: : : : |:.: : |ハ:.: :__|ノ^: : : : : :jハ`ー!-=|:.―/| }-:.:,'|:.:. : : : :.:.:. : :| :|
: : : : : : : |: : : |:.:l:.: : : :∧:.斗‐ハ: ̄:|\:.:.:. : : : : :│///_;∠_j,'L_/ |:.:. : : /:.:.:. :/|/
: : : : : : : |: : : |:.:l : /:|ハ.:.:.!.  \::{  ヽ.:.:. : : : :j/xィ≦ ̄:仆、:::<|:.: : :/|:.:.:. /
: : : : : : : |: : : |:.:ハ:.: : :|  ヽ:{     \ ハ:.: : : :/  {i込 ノイ ∨7:.: :/: j:.:.:/
:.:: : : : : : l、/:l {小_;斗==≠テ斤   ヽ. }.:.:. :/    と)i辷以⌒) /.:/: //{
:.:.:.: : : : : ヘ\: :>:::::;ィiく  ノハ     ノ_:/         `¨  イ:.:.: : : :}:八
:.:.:.:.:.: : : : ∨ Z:::xく弋. i{≧ク少             ///// |.:.: : : : i:.: : \   やる夫ーーーー!?
: .:.:.:.: : : : : : ∨ヘ ;ゞ (⌒)¨¨ ̄            ヽ           |:. : : : ∧:.:.:.:.:.:'.
∧:.:.:.: : : : : : ヘ    /////                     i:. : : :∧:.';:.:.:.:.:.}
:.:.:';.:.:.:.:. : : : : : :'、                                ノ : : :/ ∨:.:.:.:./
:.:.:ハ.:.:.:.:. : : : : : :ヽ              _  ‐〜 ⌒}    ': : : : /   ';:.:.:./
:.:.:.: ∧.:.:.:.:.. : : : : : 丶 ()       /⌒´     _. ┘  イ.:.: : : :/     }/
:.:.:.:/:.:.':,:.:.:..:.:.:. : : : : : \        { _  -‐二   イ .:/:.:. : : ,′   /
:.:.:.:.:.:/\:.:.:.:.:.:.:. : : : : : \                / /:.:.: . : : : ,′  ./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :>=-     .  _/   {:.:.:. : : : : :|   .ノ

3101 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:07:20 ID:54eF57qw
50、

               ,. ----―ァ⌒)                             _,. ..__
           __∠ ___//                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄
         /   ____ノ___                    ー―― _====--ノ
__     /   __/ / /'´        ノ              /´ ̄ ̄ ̄ ̄       \ ヽ
  /\ /         ヽ _/ ̄ ̄ ̄ ̄                 ` ===----――――--- }  \
  / /           /                       f´          _____  丶    \
. /フ′   ---一 ^ー  /                         `  ̄ ̄ ̄ ̄,.  ---―一冖\   {\
/|              /                                f´     ___  へ--
. |              |`ー――- 、                            ̄ ̄ ̄        / \
. l\     ノ      ____ノ                                        /  ,. --―
 \ ー==ニ へ _ /                                           f __/
   ヽ// /
    } / /

3111 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:07:47 ID:54eF57qw
51、

                                                     \ー--- ...___   ハ
                                                     __二`ー- ..__ ̄`ヽ! l
                                           、....___,,.. -‐'''"            .j、
                                             ̄¨ー-_-         /            ヽ,
                                            ,.ィ"´         ,'             ',
 、                                           /_.. -‐ ¨/     ,'  !           ハ
  \、                                        '"   /      i  ll        /ヽ.  i
   ヽ`丶、                                      /  / / .,' ,'i  ハ       \.  \ l
    ',   \                                       ,' / ,' ,'  i ,' l l ', ヽ      ヽ.  ヽ,
     V    \                                   /i / .i  i l ‐-トi.._l l. ',  ヽ_..ト-‐\、 \  ヘ
     ',     ヽ                               / ,.lハ ll トヽ . r〒ミ、i  \ ト、,.ィ=テ、ヽヽ.',`ヽ. ',
      i      \                             // l! ヾlヽ!ハヽ'` ヽ_ノ゙ヾ   ヽ!´!、_ノヾ i  メ、 lヽ!
       l       \                    ─--、   ,'"    ./  l  l.',. `冖      ` ¨   / /ノ  ハ        _,,....__
      l         \_                    `゙¨ヽ        /   ハ  ',ヘ       :!       / //l    ',       / >''"´
     丿           \                       \    ./ / / _', ∧-\   ー- ‐'   ,.イノ ./¨゙゙ ー- ._ ',     /i´
    /  \         ヽ\                    ヽ\、ム.-‐ ¨.  ', ',  >.、   ,..<!  !/       ¨ ー/ /
    \    \        ゙、 \                   ゙、 \        ヽ ゙、ノl ヽ ` ー' / ト j/._      /   /
     ヽ     \         ',   \-──- 、           / ̄¨>.`゙<¨`ー一'ヾハ l   \_,.ノ   l      ̄¨ブ"/_.. -‐'\
        \     ヽ 、     ヽ   \‐- 、.._ `ヽ     _..ィ´  /  \ `¨ ー- ..__ ',  /、 >、 j  _.. - ¨ /'´  \  \


                      ――さて、と…… やる夫はああ言ったけど……どうしようかしらねえ? ふふふ♪



     j  |:l     !:: :.,    :l:::l
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ ジャリ…
         l j乂/ / / ヘ _/
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ

3121 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:08:13 ID:54eF57qw
52、

             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..;:.:..:.:.:... .. .. . . ..  :;:;:;:;:;:;:;:.....
        . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..             ..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .       __      .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . ..      / |     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..     __       .i |        .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..      ( \.     | |           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:.:.:.:... . .       \ \  | !            . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .          \ \_ノ  '.              . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .            \       \            . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;:.:.:.:... .     ( ̄ ̄ ̄ ̄     /   ` ̄)          . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .       ` ー―― 、   ノ ./ア´ ̄ \        . ..:.:.:;:;:
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .             / |く_ノ//       ヽ--、    .:.:.:.:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:..           / .人__//         \ \: .... ..:.:.::;:;:;;:;.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..       ` ̄ ヾニ´<_            . ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . .            `丶、       ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..            \     .:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \
         .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.: .:. ..           └=ニ..:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..:;:.:  .:. ..     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
           ..... ;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..   .:. ..  . .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.\
                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;

3131 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:08:25 ID:54eF57qw

                     -―=‐- ._
                  '"´: : : : : : : : :\: :\
                 /: : : : : /: : : : 丶:\: \: :ヽ
             / : : : : : : :{ :j: : ヽ jヽ:_ヽ: :.ヾ : `:、
             {/ : : : : }: :Ⅳ: :ー}ノ乏_,:|: : : !: : : :ヽ、
             |: : : : :j∧人: : : :代_ィY}|: : : |: : : : : : 丶、
             N: : : :.{匕ャ=ミ}/  ゝ"/: : :∧: : : : \: : :`丶、   あ…… ああ……
             _ ,>、 : ゝ Vリ     ::::;′/ ̄`ヽ`:、 \: : : : \
           /: : : : ノ{`:ーヘ :::::   (⌒l: : |'⌒\  ∨ : : : ) : : : 'ノ
          /: : : : : /:八: : :个ト _z-ィ|: : |   ヽ、 ヽ: : /: : : 〃
            /(: : : : : : ヽ: : \: :`< ヽ∨{∨二)   \ ∨:{ : : :{{
           { : `丶、 : : : \: : `ト、 : \}{くY/ ニ}    イ  ∨\: : \
.           ̄ ̄_ `ヽ: : : : )r┴、\ : ∨ハ 〃     !  ヘ: : : : : : :`丶、
            /(__ノ: : :/: {  /⌒ヽ厂{∨     /    '; : : : :\: : : :丶、
           ‘ー -:/: : : :廴_(    \ソ< ̄  ∧    iヽ: : : : ヽ : : : : \
.                /: : (: : : :{  \_   \   /: :ヘ    { :j: : : : :ノ : : : : : : )
               (: : : : : \: : | / \     / : : : }   ∨: : : / : : : : : /
             \: : : : : \{〈     >、   /.: : : :ノ      '; : :く: : : : : :/
                   ): : : : : 人   /: : :>、_//j/        l : : :\: : :(   ノ}
              /: : : : : /: ハ_/ : : / 〈          | : : : : :\_: : ̄:ノ
                /: : : : : /:ノ: :./ : : /     〉             |: : : : : : : ヽ ̄

3141 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:08:44 ID:54eF57qw
53、

        /: : : : : : : :/ : /: / : : :./ {: : : : : : : : : : 丶  : : : : \丶、: : : :l
.       /:/: : : : : : :.|: | |:./ ヽ: : l 八 :_: : : : : ヽ: : : }\ : : : : : :\:\: :│
      {/|: : : : l: : : |: レl┼─\l {:-ヘ: : : : ヾ斗七7 ̄\: :ヽ: : : l: : l: : |
       j∧: :.:| : : 乂Vァ≧≠=kz∨ヽ: : : : Ⅳz=≠テ≦、 ∧: : |: : l: : |   イヤーーーーっ!?
           lヽ: ヽ : ヘ 〃 fて ,ハ    }:.: :.:/   fて ハ }ト } : j: :∧.:.|
          }: :|\\:.|ヾ 弋っ;辷リっ  j//  c辷う少'〃 //: :,': :ヽ!
.         /: :ハ: :  ̄ {ヽ( う¨¨´      ,      `¨¨( つイ : : : ∧: : : \
      /: : : : ',: : : O°  :::::::::::::::::  ′   :::::::::::::   l◯ : ,' ヽ: : : : \
     /: : : : : : ◯ : : : ',       _  __       ,′ : / : : : : : : : : : \
    / : : : : : : : : :∧ : : : ヽ    /´  `´  `ヽ      /: : : / : : : : : : \: : : : :\
   ,': : : : : : : :/ : ∧: : : : :\  {         }   ィ´: : :∧.: : : : : : : : :\: : : : :ヽ
   i : : : : : /: : _;/ ∧: : : : : : > `ー一   ー‐ ' _<:' : : : :.,'::::::ゝ、 : : : : : : : 丶 : : : :',
   { : : : '´: : :/ ::::::::::ヽ : : : : : :\ > 、_  <// : : : : : :l:::::::::::::\ : : : : : : : :.ヽ : : :
   ∨: : : _/:::::::::::::::::::::',: : : : : : : :ヽ \     / / : : : : : : :|::::::::::::::::::\: : : : : : : : ヽ: :
   /: : /´:::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : ∨⌒∨^ヽ /. : : : : : : : !:::::::::::::::::::::::ヽ : : : : : : : }: :
    {: : :{ :::::::::::::::::::::::::::::: j : : : : : : : : : }. /⌒ヽ ∨ : : : : : : : : {:::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : :,' : : ガバッ!

3151 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:09:08 ID:54eF57qw
54、

 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ


       ,. ― 、         / ̄\        __
      /    ヽ       〈      〉      /    \
       l     /            /      l       |
      ヽ     |     ,. -―― ┴ 、               /
           ヽ  /           ヽ      / ̄
             O// /  ,.イ  ヽ ヽ ヽ';     /
              イ/ l lィ ト、ム  ム斗}  }|
              ∨l从! ○ l ノ ○ リ  ||   ○
        /⌒〉    /{. /       l  ||       / ̄\
        ヽ \  / .|人   △   u/  ∧           |
             /   ∧  ≧,ェ‐ェ '/  ∧. \       _/   あ、あれ……?
          〈   ムィ!  V /Tl /  ム ヽ l!\   /
              ヽ   l/   Y ☆V  /:.:.:.∨ ;  } ○
           ノ ./   /:,ヽ/!  ヽ:.−;!    /
         / /l    /:.:.:.7:∧:.\   \|   ヽ
         /   l  ヽ    \:./:/l ll:.:.:.:.ヽ   .〉    \
       ヽ  | _ ∧    ∨ l l l:.:./   /:|   ヽ ヽ
         ヽ | >―}     }   l/    /:. |    } 丿
        イノ l >−   /    〈      ヽ,|   .//
        ー/ 7:ー−:.'/       ヽィ  厂:|   .乂_ノ
            |/∨:.:.:.:/:.:./      l:.:\「::l:.:|  ハ
          /:.:.:.:./:.:./       l:.:.:.:.:.::.l:.:|ハ从
          /:.:.:.:./:.:./         l:.:.:.:.:.:.l:.:| 私生キテル?

3161 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:09:35 ID:54eF57qw
55、

\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/
/     


               /            ヽ
              /  / /  l        ',
              ,'   /l ,イ   l   ヽ      !
                l | 」斗|ヤ  |、 l  ,l  l  |
               l l、{ィ|メ、\ j``トx.','  l  |
             |// l ヒノ   )ノ,圷ミ/   l  l    ここは……私の部屋?
              / ::l:::: '   └イ ,/  ,'  ハ
                / i ,\ 、   ::::/ / l |  ハ:: ヽ
             |.  ヽ ::::`ーェr イ,' /  l |  l/::  )
            / ヽ  l__// _,/ /l`ヽ、,|  \イヽ、
            〈  | ::l / /l、ノ| ゝ、ヽ  ヽ、  \:::..\
            ヽ l ::l レ' ,|_/|/  〉 l , ‐ヘ::..  \::.. )
            ノ / ::l  (戈)  ,/ ::|イ   /::::    ∨
            /´ ::\::ヽ、| l   ,/::/   ,/:::::::    }
           ,'    ::| ヽ ::}.| |  (::{    /:::::::::  //
            ヽ、 ::::| レ' | l   lヽ}  /:::::::::   /:: /
            ノ ::::::|  l  ,  /   /:::::::::   {/
          (´ l  :::/:| ヽ| l  //  /l:::::::: /:   \
     ,.‐- 、 )/l  /::::|   Y l,/   / |:::::: 〈::. ヽ、 \
     { :::::::::::::::`ノイ ∧|   |/    /  ',::::.. ヽ::  l、   ヽ
      `ー 、:::::::::::::::N /  /    /     ヽ:::  l:: ハ   /
        /.:::::::/ ,/  /    /     , \/l: /  \(
      /.::::/,.イ´|  /     l     |ヽ、 l V
     /.::::::,'.<  | |  l    /   -‐<_  | \
.   /.::::,ィ '´:::::::.ヽ | `! ,〉、_  ,/   / ̄  ,' ̄ ̄ ,-、_   __
 /.:::/.::::::::::::::::::::.} |  l`}ー-r'  /     /   /:::::::::`¨:::::::::::ヽ
.':::::/.::::::::::::::::::::::::ノィ  | |   | /__    ,/   /:::::::::::::::::::::::_ノ
:/.::::::::::::::::::; r ' ´ / ,//   |/´::::::`ヽ /   /::::::::::/´ ̄
:::::::::::::::; r' ´   ∠_ ∧| | l /.,'::::::::::::::::::Y  /:::::::::::/
::::::;: ‐'          レ'ヽイ_,'::::::::::::::::::://:::::::::::::/
 ̄                  l:::::::::::::::::/:::::::::::::::/
                  l::::::::::::/:::::::::::::::::/
                 l::::::::::/::::::::::::::::::/
                    l::::::::/::::::::::::::::/
                  l::::::::::::::::::::::/
               l::::::::::::::::::/
               \:::::::::/
                     `¨

3171 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:10:04 ID:54eF57qw
56、

                            ."⌒ヽ.
                            ヽ  ,'
                             ゙、;´     フゴゴ……
                           _(_`Y´ )
                         / |r┬`| \
                        /   `ー'´   \   、´`ヽ
                      /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                      |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
           「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
          、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
           X/          ̄`ヽ             ヽ
                 ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ



                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l   ZZZ…
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\



                _ ____ _
            , .: ´: : : :: : : : : : : `丶、
          , .::´: : : : : : : : : : : :: : : : : : :.`ヽ
          /. .: : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : :.\
         /  . . :. :. :. : .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ
      / . . : . : : : .: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : |
       / . . : . : : : : :/: : : : : l: :.:.l: : : : |: : : : : : : :.:.:.|
     ′.:.:.l: : l.:.:.j.:/.:..ハ:.:.:.l.:.:.:.l.:.:.:.: :|: : : : :i: : : : :|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|;.ィ:十イ   ',.:.:L.:_:ト、.:.: :|: : : : :|: : :.:.:.|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|Vl/ l/   V ヽ| \:|: : : : :|: : :.:.:.|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|.〈   _     __   1l: : : :.l: : :. : |
     |∧Ⅵ.:.:.l.:ハ -==     ==- |l: : : /.: : : :.:|
          L.:⊥ハ           リ: :_/i.:.:.:.:. . |
           i: :ハ           ,.イ:.:.:.l:|:.:.:.:.:.: |
           |: i : :.>'⌒ヽ、 _ , イ/\.:リ.:.:.:.:.:. |
           |: l./      \/    \.:.:.:. : |
          ノレ'          `丶、  / \.:. :|
         /.:V    /         /l/ /:.\!
         /.:./  . :/: .         ///.:.:.:.:.:.:.:\
          /.:./  . :/: : :       //.::::::::::::::::::::::::::.ヽ スヤスヤ…
       //  . : :/: : : : : .       //.:::::::::::::::::::::::::::::::::l
       〃  . : :/: : : :: : : : .    l/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      〃  . : :./: : : : : : : : : : .  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

3181 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:10:36 ID:54eF57qw
57、

      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ 
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ        夢、か… 
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、     あ〜、びっくりした……
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!



              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /    あんな夢を見たのは……
       |    |    | ィf?lテトミー ヽ /rえV /|/      たぶん、昨日遅くまでイスミの故郷の話を聞いていたせいね。
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. | ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|

3191 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:12:10 ID:54eF57qw
58、

=====================================================================================

               〜〜故郷を語るイスミの図〜〜


                   ┌┐
                   │ |     /7
            < \     L」     /_/
             \_>    ____         />   私、蓬莱国では国宝中の国宝、
                  ´     \   </     『四種の神器』の一つとして、
                     /         ヽ         オオサカ城の奥深くに厳重に保管されて参りました。
         {二二l   ,′ /厶/八ヽ\  ハ  l二二}  ですから、やる夫様こそが事実上の最初の主っ!
                | l |ァ心  ィ心.∨| |        使い古されたどこぞの剣とは違います!!
                l八_{ ヒ:ノ  ヒ::ノ/ |)│   __
            /ヽ/\  |人""    ""アT| |  //}/\
   ((     /  /.:.:.: `宀弋≧=r‐ァ≦}>‐┴'´:.: 「´  │   ))
           /   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ {{/__/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   │
            >、  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(こ厂◯ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   /
        /  \|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__/\
          /    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    |
         {       \:.:.:.:.:.:/  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /       |



                      ┏┓┏┓
          _,-,ニ二ニ=、   . ┏┛┃┃┗┓
        //         ┗━┛┗━┛
        /:/           ┏━┓┏━┓
          ヾ`、           ┗┓┃┃┏┛
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、┗┛┗┛
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、   あ〜、ハイハイ。
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l       道理で世間知らずな訳だ。
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ   あんた達いい加減にしなさいよ…
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ

=====================================================================================

3201 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:12:54 ID:54eF57qw
59、

-ー ''´   ̄ ̄ ̄  ー- 、

                 \
                \     \
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l|
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ   それにしても……
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{    むー
.  ´        、      {:.:ヽ`
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ




      !    |  !    l
     |     |   i    l
       }   |   l    、
       | 、 ,. |     l 、  ,  i
      ト --..:1    i、_ ノ:!
      |::.::.::.::.::|     l::.::.::.::.::.|
.       !::.::.::.::.::|    l::.::.::.::.::|
       l::.::.::.::.::!    |::.::.::.::.:l
        i::.::.::.::.|      !::.::.::.::.!   ツカツカ…
         !:.::.::.::|     |::.::.::.::|
       |::.::.::.:l      |::.::.::.::|
          }::, -┴i   ノ-―、:!、
       l´:‐.: ̄:`j /´: ̄:..´:.} 
       ー―‐ ´  ー―― ′

3211 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:13:25 ID:54eF57qw
60、

                            ."⌒ヽ.
                            ヽ  ,'
                             ゙、;´     フゴゴ……
                           _(_`Y´ )
                         / |r┬`| \
                        /   `ー'´   \   、´`ヽ
                      /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                      |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
           「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
          、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
           X/          ̄`ヽ             ヽ
                 ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ



 / .:./       \       ヽ    i      |i:.   i
./ .:./           ヾ、 ヽ   .:',.:.:.:. .:l       |l:.:.   l
i .:./| .:.:.:       :.:ヽヽ ヽ.  .:.l:.:.:.:._ -ト      | |.:.   l
.:.:/ l .:l.:.:.  .:.   .:.:.ヽ ヽ.:.ヽ.:._-ト‐´:.:.:.!     l l:.:.   l
!.:|   l.:.:!ヽ.:.:.  .:.  :i.:.:.| ヽ_}-l  |、.:.:.:.:ハ     / l:.:.   l   そうよね……
f ト、_ l.:.| ヽ.:.:.:. .:.:. .:|l.:/ /}リ_l=/ヽ--/!‐   / l.:.:   l   あんたのことだもの、故郷でもさぞやお盛んだったんでしょうね……
ヾ!==ヽ:i|、.ヽ.:.:.:.:.:../lソニ=リ ̄l:/ |.:./ ,'    / イ.:.:.   l
. ヽr 、 ̄ヾヽ ', l 〃/リ ̄ r-,  /  l/ ./.:.  .:./  / ヽ    ',
  {:i:} _ノ   j | /  ヽ、{:!:i    //.:. .:./  l:.:.:.:.\  ヽ
_-―ニ     ソ    ‐テ=―‐ ´ /:.:. .:./   /.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \
   ‐´               U /:.:.:.:./    ト、.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ、
         ,           /.:.:.:./.    {::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ
               _ノ、  /.:.:.:/:      ト、::ヽ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ
   ___,  ----―‐=_ニソ /.:.:.:./:.      l:::l::::l::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ',
‐-、 `ー==-------―  ̄   _-/.:.:.:/.:.       ',:::i:::|::::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ l
  ヾ ‐ 、     ̄    ィ ´ /.:.:.:/:.:.          !:::/::r、::::l.:.:.:.:.:.  .:.:. ヽl
   \ ` ゝ‐ - ‐ ´ /   〈.:.:.:,':.:.:.         ヾ::/:::ヽ::ト、 .:.:.:.:.:.:.:. リ コノヤロ…

322名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:13:29 ID:x/Ru3h6o
うっわぁ、仲悪いというかイスミの天然でこなたが煽られるパターンなのか……

3231 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:13:55 ID:54eF57qw
61、

        r┐   , -―――-- 、
      <ヽヽ.二>´          \
       } } r‐┐            \
      く/ L{´     ヽ     ヽ ヽ ヽ
       ! .:./ .:./.:.i:/   ヽ.: !:.. /.:.!  !  !
       | :.|:..:.:/\从 ..:. .::ハ:.:.:|/:.!.:|  |  !
       从\ハ/ \{:..:iノ、}/|从fV  i:.  |
        ヽ| !⊂ニ⊃V  ⊂ニ⊃/  !:.  !   あー、考えたらムカムカしてきた!
         /.:i、、、       、、、 /   !:.:. リ    よく考えてみたら、コイツ昨日もテファのおっぱい揉んでたしっ!
       / .:.{          /   ∧: |
      /  .:.:.>、 〜 ‐-〜  /:   ,:.:ハ: !
      |   :.:..!:.::.!「>r― ' T!:.:   !.:.:∧ \
     /\  .:.:∨:::::〈≧ r< |:.:.:  弋ヘ、:.\ \
    / .:.:.:.ハ  .:.:.:.〉:::::∧ Ⅴ  ∧:.:.:..  \\:.\ \
    | .::./ i.:.:.:.:./:::::::::::ⅤA::V:::::\:.:.:....  \ヽ:.:.ヽ \
    ∨   .:.:.:.:./::::::::ヽ::∧:::V:::::::::::::\:.:.:.:  Vヘ:.:.:)  )
    |   :.:.:.:人:::::::::::::\∨:::::::::::::::::::::):.:.  |::::|:./  / ナ〜ニガ『事故だお』ヨ!



                       _  -――- 、
                     , '⌒ : : : : : : : : : : \
                       / : : : : : : {: ヽハ : : :.ヽ:ヽ
                    /イ: : {: :/{ ∧ : : : }:∧ :_}: ハ   ,.-、
                     {/|: : :Ⅳト\ハ: : ノj.斗Ⅵ : |   .{  i
                    ヽ、:小__ >j/< _/|: i:|   '、 '、   _ -‐'^)   このバカ犬、起きろーーーーっ!!
                      _ノ :ノ:}  _.. -=ニニ>、 /: 八     }. ヽー'"´_.. -‐'´
                        '´:/ : ゝ ∨       ノ/: :ハ:ヽ   /     ^ー─----、
                /: /: : : /厶≧=rー=≦/: :/ーヘ__;>′      ‐x―---'
                   /: /: : : : /'´::::::::::ヘ☆/:/: :(::::(_...ィ、_     __>、\
                   {: :ゝ : : : :(::::::::::::\::∨::::人: : :\:::::/::::{弋三三ノ 〈 \)
     __      __ノ : : ノ\: : :\::::::::::::::爪::::::::::\: : :\::_人     /
    〃 ̄`゙ヽ  / : : : : : : /r-'ノ: : : : :):::://|ヽ\::::_ノ: : : : )_  {ヽ   ,/
.   {{     }} / : : : :ト、 ___{__:{/ : : : /'´  ̄ |  ̄/ : : : : /  i|`ー ─rく
    ゝ、__xく { : : : : | : : : : : : : : : ://    │ / : : : : : :(.   i|    |: :\
      ̄ rヘ^\rーヘ:.: : : : : ; イ´ /j     {, 八: : : : : : : :`ー-イ__   |: : : :\
       { =ヘ.{\    ̄ ̄   ' ノ |.     }   丶、 ____:_:_;/   |: : : : : :)

3241 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:15:24 ID:54eF57qw
62、

               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-〟
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'
⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_      |!____i|     ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒
  `ー' ,-、_ノ⌒)    /=‐::::::::::::::::∧
'⌒ゝノ⌒ヽ、-〜、ノ    ∧────ト ∧     (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
              /=ヘ ロ ロ ロロ | /=ハ  /ヘ  `〜‐-、__二ニ( <何っ!? 何だお!?
  /⌒ヽ、_     /_ ヘ ロ   |/_ハ/= ヘ
,ノ"´ `゛ー-、\-‐'  ]二二[     ]二二[.| ̄| ∧           <このバカ犬っ! 
"´′     "ノ ヽ\ |ロ ロ ロ |=====:|ロロ ロロ|\|/=ヘ__/⌒、∧_,∧、_   故郷の女関係、今日こそ洗いざらい吐いて貰うわよっ!
    ,ノミゝ       ...┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖    /=∨ハ
彡ゞノソ爻乂ゞ∧ ソ   |============..|\_/_ハ__ハ <だからっ、『悲しいほどモテなかった』って何度も言ったお〜!?
爻ノゞノ个ゞゝ/=ヘミ   |___ ェェ ニコ  ェ  」   | |  |  ロ| ロ|
^^~" ̄~~゙ /=-ヘ彡/...._/|      ェェ  r=====ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  <嘘つけっ!!
从 ノゞ Fニニニニ.I |    .| : | r=====ョ   /=-‐==ハヘ | ̄∧ | ̄∧
ノ爻ゞ   |  ./ ̄ ̄ ̄∧...:::| : | ||ロl.lロ||  /== -‐-ハヘ レ'△ヘ レ'△ヘ
ノゞヽ / ̄ ̄ ̄ ̄∧/品| | : | ||日ll日|| /____ハヘ______
ゝ'  ./___-=/品| ∩ .|// ̄ ̄ ̄[INN]┌┬┐ |┌┬┐┌┬┐
  /\=-    \_¬ //′″,,   _ |  ├┼┤ |├┼┤├┼┤
/ .品. \‐-  //|_ ̄ "   . / /|  └┴┘ |└┴┘└┴┘
____\_| ̄|/|/        . | ̄|/|______|______
   .エコ  ュ | ̄| ''|  ′′ ''''  | ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
 エ コ .. 匚 |~コ| │     ‐-  |  ||匚]  ′′匚 ]
,,vy,、,_,,,.,.,,vv、.,,| ,,_|,/ 二=  -‐  |,,_ ||,,___,,vw_,,,,,y从w,,_、、,,,_vy,,_
::::、、::::::::::::vy,,::::::::::::::z'     ‐-  `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3251 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/19(木) 13:15:46 ID:54eF57qw
投下終了。
まあ思いつきのネタなんで、細かい矛盾は目を瞑って下さいw
ご笑覧ありがとうございました。

326名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:16:02 ID:uG2k4p6s
お盛んと言っても、2次元とでしたけどねw

327名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:16:25 ID:uG2k4p6s
乙でした

328名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:16:28 ID:V4lbAfK6
まあ少なくとも二人からはモテてたよな

329名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:16:42 ID:UUOGdMVE


剣と女房は新しい方がいいということですね

330名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:17:11 ID:x/Ru3h6o
乙でした

二次元嫁は数知れずだろうにw と言うかルイズもある意味二次元嫁?

331名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:18:26 ID:2ytlgeC2
乙!
今日は番外編か
やる夫の末路(ジェシカとルイズ的な意味で)と
月ギーシュの末路は次回か

332名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:20:44 ID:kfFBycDk
乙。
でっかいAAは大量破壊兵器食らっても歩いて帰って来れる魔王様?

333名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:22:01 ID:91bGAmYM
乙ですー
アカン、今回の二人の元ネタAAがサッパリワカランわ
気になるのは「今までやる夫がモテた相手は年下系だから今度こそ年上系なのか?」だけだw

334名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:22:28 ID:5PjgdbH.
乙です。
今回は重要な事が明かされた。
『テファのおっぱいはデカイんだ!』

ま、オレは貧乳好きだから関係無いけどね。

335名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:26:46 ID:WBzAm.ws
今回のAAは戦国ランスより
魔王リトルプリンセスと上杉武将の虎子ちゃんだ。
明らかにやる夫より年下。

336名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:31:23 ID:j9uhudmY
乙でした。
おもしろかったです

>>279
あれは『本丸』ではなく『天守閣』だと思いますが?

337名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:36:23 ID:91bGAmYM
>>334
以前(初代雑談スレ>>21参照)に記載が有ったが
「*ネタバレを防ぐ意味もあり、初出の設定は基本的に原作準拠とします。」だそうな
何度もこの話題が上がるから、テンプレに入れた方が良いのかも知れん
>>1のOKが出たら>>980踏んだ人が次スレの時に入れればいいんじゃないかな?)


>>335
なるほど、㌧クス。戦国はやってないからワカランカッタ
そしてまた年下系か、業が深いなぁ・・・

338名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:38:56 ID:V4lbAfK6
つうかやる夫より年上のヒロインってリズナとか妖怪連中位だろ戦国だと

339名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 14:01:39 ID:Cs3GvFM6
>>336
 いちいち追われてる最中に「天守閣の概念」なんて教える暇はないからはしょったんだろ。というか夢だし。

しかし……ニューカッスルが大阪城や姫路城並の防御力を備えていればレコンキスタ5万などおそるるに足らんかったろうに。
姫路城にいたってはB29の空襲にすら耐えやがったからな。れっきとした攻撃目標だったのに。

340名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 14:34:41 ID:nwyxH/us
日本の城は大砲にも強いからねぇ
大阪城はまぐれで一発当たったけど
秀吉存命のうちならそれこそ爆撃機でもないと落とせなかったかもね

341名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 14:57:03 ID:/CBstmB6
関ヶ原後の新城郭はすべて、設計段階から大砲に備えられてたけど大阪城は違うぞ。
山城ならまだわからん言い分でもないがw

あと少し時代勧めて見ると当時日本最強の要塞といわれた五稜郭も、改良された大砲の
射程圏内であまり要塞としての意味無かったし。

342名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 15:26:50 ID:Cs3GvFM6
>>341
そりゃ砲弾やらミサイルやらを雨霰に撃ちこめばどんな要塞や塹壕も消滅するさ。
あとまあ、大阪城に関しては構造が謎に包まれてるからなんとも言えん。
大阪冬の陣で埋められたという外堀が大阪市中央区のほとんどを囲ってて「なんじゃこりゃ」と思った記憶はあるが。

343名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 16:26:55 ID:6fHhgrrY
覇者の首さえあれば五稜郭は機動要塞になり空まで飛ぶから砲弾ごとき屁でもないよ!

と数年前のアニメを思い出してしまう。

344名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 17:59:50 ID:NcrHhuKI
火薬なくても火の魔法で火薬のある場所に爆発を起こさせたり
銃身の中で風の魔法で風を起こして弾丸を加速させたり

で銃のような武器って作れないの? と思った
普通に魔法使うほうが強いのかと思い直したけど

345名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:04:21 ID:yJ6JV3kU
旋盤さえあればなぁ

346名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:09:51 ID:/CBstmB6
>>342
当時の大砲の効力を論じるなら兎も角、それをもって城が強いってのは違うかとってことですよ。

>大阪城に関しては構造が謎に包まれてるから
そうなのか。なんか面白そうだ。

347名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:23:54 ID:M/cFGfMk
>>344
そこまで細かい制御って出来るもんなのかね?
もし出来たとしても高レベル術者しか出来ないとか言われたら意味無いしなあ。

そんな使い方は貴族的に間違ってるから誰も協力しない、というのは別問題でw

348名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:38:59 ID:sQAaI8mM
>>347
携行武器にそんなことしたら暴発するなって思うけど、
固定化の魔法かけてから使えば可能かなと思った。
というか、状態保持の魔法って最強だよね。

スプリガンにも時間軸が存在しない物質とか出てくるけど、
固定化の魔法ってまさしくそれだものな。

349名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:48:41 ID:rRbxfhBo
固定化を前提にした 魔法建築学や設計がまかり通っていそうだ

ガリアの宮殿修理で、貴族と職人の仕事の差が描写されていたがあれだけ差があると
こっちの常識を超えたゲテモノ建築がまかり通っても驚けない

問題があるとしたら数千年は同じ水準の社会が続く 閉そく感くらいしか思いつかん

350名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:57:54 ID:vkQBwRZU
固定化前提で作ってると城攻めで生き埋めくらいそうだなw
ってかラローシュ作った土のスクウェアがいれば城攻めとか簡単そうだな、逆やればいいんだし

351名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:58:40 ID:/r3gYuog
多分、ルイズでも誰でも良いからディスペル掛けるだけで大抵の建物は自壊するw

352名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:07:08 ID:Cs3GvFM6
>>350
土のトライアングルで30m級の土ゴーレムを作って操って再生させられるらしいからなぁ(まあ、フーケはトライアングルでも上のほうだろうが)。
土のスクウェアなんてどんなことができるのか想像もつかん。風メイジは遍在が最高スペルらしいから高が知れるんだが。
そもそもスクウェアメイジって作中に何人出てたっけ? そういやみんな風メイジな気がするんだが。

353名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:12:51 ID:/r3gYuog
数十年前のカリン様大活躍で風メイジ最強厨が大量発生して厨二力で
風メイジが強くなったんじゃない? 特にトリステイン。
ソースはギトー。異論はむしろ当然w

354名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:14:51 ID:IPfO6k1c
固定化は費用が結構かかるんじゃないだろうか
道楽で建てる家以外はわりとまともな建築がなされていると思う
そっちのほうが安上がりだろうし

355名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:20:37 ID:WBzAm.ws
正直な話、ウェールズ王子とアンリエッタ姫様が
王家の血に連なる者にのみ使えるらしい合体魔法を
使っていた事があったが、タバサがスクウェアになったら
偏在使って一人ヘキサゴンスペル使えるんだろうか?
カリン様は外戚であるヴァリエール公爵と結婚してるけど
自分自身は外戚じゃないんだよな?

356名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:22:13 ID:6qrtRN2Q
>>135
バレットM95を何丁か購入してる形跡がある>自衛隊の対物ライフル
あと、自衛隊じゃないけど警視庁のSATは高い確率で装備してる>対物ライフル

357名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:29:43 ID:UrMyk5YQ
合体魔法とかいやらしいな

358名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 19:40:09 ID:iGgKmmi2
やる夫がすっかりヤリ夫扱いされてるwww

359名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 22:06:09 ID:81vDni2Y
大坂城出てきたから大坂の陣にでも巻き込まれたのかと思った
てか、このやる夫夢だけど初見で大阪城ではなく大坂城って見抜けるって
軍オタなだけじゃなく、戦国時代の知識まであるのか

ニートって凄いな

360名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 22:08:41 ID:uG2k4p6s
歴史ゲーから、そのまま歴史にはまるオタは多い

361名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 22:17:48 ID:/r3gYuog
ルイズの夢の中だから、彼女がイメージしているやる夫ならこれくらいの判断は軽いって事なのかもしれん

362名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 22:42:10 ID:81vDni2Y
ニートってハルケギニアだったら富豪の家の道楽息子だな
知識も溜め込んでるし、ハルケギニアに生まれていてもゲルマニア行けば
商才次第で領主になれるんじゃないか

363名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 22:58:54 ID:nxTsVEvc
「働いたら負けと思っている」ニート(全員じゃないだろうけど)が、異世界で何をきっかけに
勤勉家に変身するのか、興味深いものがあるな。

「魅惑の妖精亭」を切り盛りしたやる夫みたく、充分な動機さえあれば、やる時はやるのかな?

364名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:05:52 ID:UUOGdMVE
>>363
そのきっかけを得るというのは奇跡的な確率でしか起きないだろうな
おそらくハルケギニアに召喚されたニート達は物語にもならずに何もできずのたれ死んでるんだよ

365名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:10:01 ID:4/jAXgNY
この話読んでる限り、やる夫はニートメタボであること以外は
スペック高そうだけどな

366名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:19:26 ID:bYBBSuxA
普段はダメダメなのに緊急時に超人化は厨二主人公の標準的な属性のひとつじゃないか

367名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:33:18 ID:81vDni2Y
全然関係ないけど、最近の少年漫画の主人公は完全無欠でイケメンが多い希ガス
個人的には、やる夫みたいに駄目人間やヘタレがいざって時に活躍する方が好きだな〜

368名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:33:53 ID:Cs3GvFM6
>>364
「主人公が特別なのではない。運にせよ実力にせよ、特別な何かを持っているから主人公になれるのだ」ってやつだな。

369名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:35:12 ID:nxTsVEvc
>>364
> おそらくハルケギニアに召喚されたニート達は物語にもならずに何もできずのたれ死んでるんだよ

メイジに使い魔候補として召喚されて、メイジに「こんな平民、使い魔に出来んわ!」と、
契約せずに【ピー】されて廃棄処分にされる割合の方が多いかも(w

370名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:39:53 ID:sQAaI8mM
ニートでも大丈夫。


371名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:40:51 ID:yJ6JV3kU
そういや、平民を召喚ってやる夫以前にもあったのだろうか?ガンダ以外で

372名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:44:09 ID:/r3gYuog
虚無の使い魔は全員平民……のはず

373名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:46:38 ID:uG2k4p6s
ガンダ以外でだろ。
作者オリみたいな、一個師団まるごとみたいなのはなかったのかということじゃね。

374名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:47:24 ID:qn8xoWYI
ニートでも大丈夫
※ただし主人公補正な奴に限る

375名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:49:24 ID:/r3gYuog
虚無の使い魔はガンダだけじゃないんだが……。
それはさておき、「地球から」なら一巻の弊誌やらシエスタの先祖やらみたいに武器にくっついてきてるのはいる。
ゲーム版にも何人か来てる人がいる。
「普通のメイジ」が行った使い魔召喚では人間は来ない、らしい。悪魔の証明になるんで断定は出来ないが。

376名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:51:34 ID:9lgsMUwk
原作でもそうだが複数個所に神隠しゲートがある筈
わかってるだけで結構な数の漂流人がいるからね

377名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:52:57 ID:UUOGdMVE
>>369
ニートを呼び出すたびにルイズが爆殺するんだったら激しくホラーだな

378名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:55:40 ID:/r3gYuog
身内しかいない場所で呼んだらとんでもないグロい使い魔が来て「居なかったこと」にした貴族はいると思うw

379名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:58:31 ID:Cs3GvFM6
>>375
となると大抵の異世界人は軍人か犯罪者なんだろうな。

380名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:02:20 ID:6xfoVLtw
376の言うような神隠しゲートを偶然通ってしまったなら一般人もいるかもしれん
原作にそういう人が出てきた記憶はないけれど

381名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:10:59 ID:8IPsWxTs
異世界召喚モノといったらオーラバトラーや魔装機神が思い浮かぶ俺ロボオタ

スパロボの魔装機神とかちょうど四大元素揃ってるし
風のサイバスター・タバサ、土のギーシュ、火のキュルケ、水は…モンモンかナギリエッタ
虚無のルイズはチートグランゾン、肝心のガンダールヴ・やる夫は…思いつかない

そんなSS無いかな

382名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:26:14 ID:JI6eWAeM
>>381
ファミリアを使い魔にしたらよくね?
やる夫会話パート以外出番ねぇけどw

383名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:28:15 ID:xwoSZ9FI
確かにサイバスターは属性が風だけど、その中でも特別な「虚空」属性だから主人公機なわけで。

384名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:33:09 ID:6xfoVLtw
ある意味タバサも主役みたいなモンだから良いんでね?
むしろルイズはグランゾンの操者ではなくゼオライマーの動力源的扱いでも良いくらいだしw

385名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:39:07 ID:JI6eWAeM
ああ
まそーきしんを擬人化なりデモンペインみたいな複座型なりにすりゃ一応キャスティングは埋まるな

ストーリーは知らんw
SFCのやつでやる夫シリーズにすりゃ一応それっぽくはなるけど、それだと別にゼロ魔じゃなくてもいいしなぁ

386名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 01:07:19 ID:8IPsWxTs
サイバスター以外AAがないorz
AA化よりもSS向けかな、アクションシーンさえ書ければ

387名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 07:21:48 ID:BpNQrteI
>>364
ってか虚無の使い魔は人間召喚するからニートが呼ばれる可能性もあるけど
ブリミルゲートの方は武器持ってないと召喚されないし、呼ばれるとしたら虚無の使い手だな

ルイズかテファか…いつ呼ばれてもいいように準備しよう

388名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 07:42:22 ID:27DUS/gk
宗教ピーやピー王に呼ばれる可能性もあるぞw

389名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 08:04:31 ID:BpNQrteI
男にキスされるのは嫌だorz

3901 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/20(金) 08:17:43 ID:BpSe2Yx.
みなさまいつも応援ありがとうございます。

>でっかいAAは大量破壊兵器食らっても歩いて帰って来れる魔王様?
今回のAAは、既に他の方が仰っているように戦国ランスからです。

>気になるのは「今までやる夫がモテた相手は年下系だから今度こそ年上系なのか?」だけだw
やる夫は29歳……この作品の時点ともなると30越え、リアルだと難しいですねw
ただタイプでいえば魔王様は年上系かも……

>あれは『本丸』ではなく『天守閣』だと思いますが?
や、本丸のAAないですしw
まあ(ルイズの)夢ということでご勘弁を……



おまけ
ハルケギニアの軍(仮決定版)

聯隊
 ┣━聯隊本部
 ┣━歩兵大隊 *各中隊は80〜100名前後
 ┃  ┣━大隊本部
 ┃  ┣━槍兵中隊
 ┃  ┣━槍兵中隊
 ┃  ┣━銃兵中隊
 ┃  ┣━弓兵中隊
 ┃  ┗━大隊段列 *状況により大きく異なる
 ┣━騎士大隊 *各中隊は『騎士(メイジ)+従兵数人』×10前後
 ┃  ┣━大隊本部
 ┃  ┣━『火』騎士中隊
 ┃  ┣━『風』騎士中隊
 ┃  ┣━『土』騎士中隊
 ┃  ┣━『水』騎士中隊
 ┃  ┗━大隊段列 *状況により大きく異なる
 ┣━軽砲兵中隊
 ┣━軽騎兵中隊
 ┣━工兵中隊
 ┗━聯隊段列 *状況により大きく異なる

上は理想的な編制の聯隊です。(故にここまで充実した聯隊は少ない)
ちなみにハルケギニアにおける聯隊は、『独立した作戦行動が可能な基本単位』です。
多くの場合人員は1000人(段列人員を除く)以下ですが、稀に複数の歩兵・騎士大隊を保有する巨大聯隊も……

391名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 08:47:07 ID:BpNQrteI
すごく佐藤大輔っぽいです
朝早くから乙

392名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 09:01:48 ID:TbsPwVRg
騎士の部隊はマンティコアや飛竜とかの騎獣は騎士の私物なのかな? 騎獣の
種族は統一しないと部隊単位では運用なんて難しいだろうし軍からの支給品
なのかもしれませんな(もしくは軍から騎士に買い取らせる形で支給するか)

393名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 09:29:36 ID:AyqXfOdc
古いやり方だと「自分で用意できる財力があり、乗るスキルもあるから騎士」だが……
基本的に軍が支給、自前のを使うもよし(但し自腹)と言うのがありそうかなあ

3941 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/20(金) 09:31:59 ID:BpSe2Yx.
>すごく佐藤大輔っぽいです
や、近代軍の編制をアレンジしただけですw
あそこまではとてもとても……
ちなみに規模が小さいのは、
『機動性の向上』
『(魔法)支援を密にする』
『部隊数の確保』(あるいは『コストの問題』。戦乱の多かった中近世の欧州とは違う…)
『被害極限』
等のためです。

>騎士の部隊はマンティコアや飛竜とかの騎獣は騎士の私物なのかな? 
基本、官給の馬です。
というか、マンティコアや飛竜もってたら相応の『特別な』部隊に入れるでしょう。
この部隊の『騎士』たちは、まあ原作7巻に出てきた少年竜騎士達みたいなものです。
『身分が低い』&『ビンボ』……定年まで軍務に就いてもせいぜい営門少佐、多くが大尉で終わります。
少尉から中尉に上がるだけで優に5〜6年、大尉に上がるまでは更に……って感じですね。

395名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 13:22:53 ID:xJ4hkSFA
乙です
チラシの裏劇場では、やる夫はルイズ、シエスタ、テファと一所に住んでるのか
もげろwww

396名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 15:39:24 ID:VlXLsnws
銃兵の数が滅茶苦茶少ないな

397名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 18:27:41 ID:9T.3Mtsc
『火』騎士中隊とか砲兵中隊とか弾幕張れそうなのいるけど、それでも少ない気がする
輜重隊は本部付きかな

398名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 18:49:47 ID:sgBIF9d6
銃剣が発明されてないから、集団戦術が生まれて無いと考えればOKなんでない。
でも、これって常備軍なんだろうか。封建貴族社会的に徴兵制は有り得ないとして。

399名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 19:44:00 ID:VDz2vIw6
>>390
きちんと中隊レベルで編成されてるとか、すげぇ近代的な軍制度だなぁ
ハルケギニアにはマウリッツに相当する人間がいたのかもしれん・・・・・・

400名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 19:54:55 ID:AyqXfOdc
倉門部隊が来てるからなあ

401名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:15:22 ID:9T.3Mtsc
ファンタジーの特権の魔法使える騎士大隊とか夢が広がりんぐ
土はゴーレムだけじゃなく地割れ起こすとか、水辺なら水メイジで水の塊を敵にぶつけるとか
コッパゲの窒息させる魔法みたいに、火と土混ぜて溶岩作り出せば敵の負傷兵増えて敵遅延させられるかな

さすがに天変地異レベルの魔法使えるメイジ少ないかもしれんけど
同数の近代軍歩兵相手なら勝てる希ガス

402名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:19:12 ID:NsEtg7oo
数か月で、部隊を作りだしてくる近代軍事システムと戦えば
かつてのドイツや日本が負けたのと同じ状況になるよ

403名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:25:05 ID:AyqXfOdc
距離とって鉄量で押しつぶすのが定石かなあ
本編でサイトによって運用実績のある歩兵の携行可能装備に絞っても火力の優越性は取れるから
(爆撃機等の兵器群を組み込むと地球なめんなファンタジーになるので省くとして)

結局、特異能力者が一番戦果上げられるのは(自爆に近い)無差別テロなんで

404名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:39:36 ID:sgBIF9d6
でも、ハルキゲニアって近代軍を編成出来るほどの人口とかインフラとか整ってんのかな。
魅惑亭の客は簡単な暗算レベルも出来ない程度の学力だったし、士官は貴族限定になりそうだから数が揃いそうも無い。

405名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:40:48 ID:TCxzCkJw
>>404
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%A2

406名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:43:02 ID:sgBIF9d6
>>404
悪かったよ、ハルケギニアでしたorz

407名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:45:52 ID:AyqXfOdc
よく間違えてる人いるからあまりキニスンナ
ハルキゲニアとハルケギニア、ゲニアとギニア、地名の方と俺は覚えてるよ

408名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:50:59 ID:9T.3Mtsc
マリコルヌもよくマルコリヌと間違える、なんかイメージが丸コリヌだったんで

409名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:58:31 ID:stOcUF9s
パタの再登場マダー?(AA略

410名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:22:47 ID:bDvHG9Z.
>>1だって最初ハルキゲニアって書いてたぞ
細かいことはいいんだよ

411名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:35:18 ID:9T.3Mtsc
世界史取ってたけどカタカナは覚えづらかった
サッカー好きな奴らはよくあんなに外人の名前覚えられるなって感心した
漢字なら、まだ覚えやすいんだけどさ

412名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:43:41 ID:G2.XMTg6
では今後は春気気゛尼阿と表記しよう

413名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:06:07 ID:xJ4hkSFA
覇留家魏爾亜に1票www

414名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:09:10 ID:ZzjpxaL.
民明書房に出てきそうだなオイ

415名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:11:31 ID:BQyBe9wc
春来夏児蛙で

416名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:18:48 ID:L..GwWW6
>>411
ピクシーが現役のころのユーゴ代表なんか主力連中キーパー以外みんな名前のケツにビッチ付いてたからな。
俺の学校のサッカー部の奴らでもビッチばっかでわかんねえよとか言ってる奴結構いたよ。

417名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:18:46 ID:9T.3Mtsc
ちょwww何だこの暴走族のチーム名みたいなハルケギニア
確かに読めなくないけど

418名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:20:45 ID:bDvHG9Z.
>>416
ロイヤルビッチ?

419名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:25:54 ID:I5BhJB2Y
アン様をビッチ呼ばわりとは許せないが、正直ロイヤルビッチといわれてアン様が真っ先に思い浮かぶ体になってしまったorzくやしい、でもエロすぐる

420名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:37:05 ID:JR8s.jkE
現実にいたほんとにエロイ女王様に比べたらアン様なんてまだまだ

421名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:41:14 ID:FdlJtXZI
この時代なら、原チャリを発明しただけでも大もうけできそうだ。

422名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:44:37 ID:BQyBe9wc
>>421
その前に魔法に頼らない動力を開発しないとな

んで異端扱い受けて死刑・・と

423名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:46:36 ID:hItzfVH.
原チャリどころか自転車もないんじゃね?

424名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:57:43 ID:Y0LHuhfs
>>423
俺も思ったがチャリで十分
>>422
コルベールも異端ですねわかります

425名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:02:46 ID:yKK2oI6M
>>416
名前に ○○の息子とかつけんなよな とか思うよね‥
ビッチにしてもアヌスにしても‥

426名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:04:21 ID:BQyBe9wc
ネタバレ有り















>>424
原作でも蒸気機関(だっけ?)を使った高速飛行艇が異端扱いされそうになってた

427名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:07:08 ID:I5BhJB2Y
逆にいえばそのレベルまで行かなきゃ認定されんし、そこまでいっても後ろ盾によっては回避可能ってなわけだ

428名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:16:49 ID:YjsFV6pU
そういや原作では宗教関係はどういう設定?キリ○ト教的なものや教皇庁みたいなものも存在してんの?

429名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:22:10 ID:BQyBe9wc
ネタb(ry

















>>428
キリ○ト教→ブリミル教
教皇庁→ロマリア連合皇国

430名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:23:44 ID:4bEc.TK.
>>429
ドラクエ3やってると地名でピンときたりする

431名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:24:41 ID:wy/75KAk
>>429
別に段を開けなくていいよ、ここはネタバレOKスレのはずだから
そういやまんまだったねww

432名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:25:42 ID:VXJ/fLa6
しかしこっちの始祖はやりすぎ感があるけどな

433名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:25:57 ID:9T.3Mtsc
教皇とか宗教権力者が直接武力を握っているって
よく考えたら恐ろしい

434名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:26:50 ID:BQyBe9wc
ネタバレ無し
>>431
把握

435名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:26:59 ID:MDXLr6DM
>>428
原作のロマリア皇国がそれだね>教皇庁。
新教が完璧に異端扱いで聖戦を宣言できる辺り、史実レベルだと権威は十字軍の頃と同じくらい。

436名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:27:53 ID:wy/75KAk
>>433
つムダヅモ無き改革

437名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:28:01 ID:YjsFV6pU
>>429
おk。
把握。
感謝。

4381 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/20(金) 23:42:57 ID:tX3uQ0Co
>銃兵の数が滅茶苦茶少ないな
戦国時代と比較すればこんなものかと。
ただこれはあくまで理想で、実際には――

・槍兵中隊が1個、或いは縮小編制2個
・弓兵中隊は『銃兵と弓兵の混成』或いは『銃兵のみ』で代替される

場合が多いですので、銃兵の割合はもっと大きいです。
長弓兵は射程も大きく速射が効きますが、訓練に時間がかかる上に能力差が大きいですからね。
傭兵を雇う場合その見極めが難しいですし、動員兵ならそもそも猟師でもないかぎり弓なんか扱えない。
ですから一定の能力が保証されている銃兵の方が……

*ちなみに多くの場合、銃兵の銃は火縄銃です。


>輜重隊は本部付きかな
当座の物資は段列が輸送します。
それ以上はより上級の部隊の仕事ですね。(現地調達の場合もあるけど)


>でも、これって常備軍なんだろうか。封建貴族社会的に徴兵制は有り得ないとして。
多くの場合動員です。諸侯軍なら基本――

・騎士大隊は家臣&奉公人
・輜重段列は領民

の寄せ集めです。
歩兵大隊や砲兵騎兵工兵は傭兵をあてますが、これだってケチって領民をあてる場合が少なくありません。
(その場合、指揮官は原作みたいに家臣メイジの子弟)
本当に戦力にならない……orz

まあこれだけの規模の軍を動員できる諸侯なんて一握りなんですけどね。


>きちんと中隊レベルで編成されてるとか、すげぇ近代的な軍制度だなぁ
原作にも大隊・中隊が出てきますからw


>倉門部隊が来てるからなあ
「その名残」ということにしたいですね。
きっと歴史に名を残す名将だったのでしょうw

439名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:56:11 ID:FdlJtXZI
>>422
どうだろうね。
飛行艇が異端扱いを受けたのは空を飛んだことが原因でしょ?
しかし、なぜにゼロ戦は異端扱いを受けなかったんだ?味方だから?

>>424
人間が手荷物を持っていくだけならともかく
量が多い運輸や機動力の要求される軍事ならバイクは価値がある。
比較すると サラブレッド:60km/h
        陸王(1930年代):93km/h

自分ならどこかの貴族と手を組んで

1.素材系(金属・プラスチック・石油)
2.部品系(エンジン・車体)
2.インフラ整備(ガソリンスタンド・道路)
で三回大もうけするけどね。

ぶっちゃけ石炭を蒸し焼きにしてコークスにすることや、酸化カルシウムを入れること
銑鉄に酸素を吹き込むことすらできていないなら
この三つを使うだけで同業他社を叩き潰して独占できる。
電解精錬技術も発明されていないから、品質の面では圧倒的に有利。
素材系を押さえ込んでしまえば大陸最強のプライベートカンパニーになるだろ。

440名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:02:46 ID:ssm2C/DE
名残というか何というか、一応グラモン家は元帥で軍のトップだからグラモン的軍制(倉門部隊の系譜)が
トリステイン軍制の主流でもおかしくはないかと
もちろん譜代は譜代で古い形式の軍制を自国内で堅守している可能性は高いですが

441名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:04:12 ID:kU9Rtn2k
>>439
>しかし、なぜにゼロ戦は異端扱いを受けなかったんだ?味方だから?
PN:鳥の骨さんが伝説のフェニックスだとかハッタリかましたから。
後から異端でしたーなんて言えるわけ無い罠。

あとあんまり派手に動くと暗殺されたり、ギアスで情報引き出されて裏社会でひっそりと幕を閉じる事になる

442名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:04:27 ID:eCwKCon2
>ハルキゲニア

俺はそのうちカンブリア帝國とか阿野麻呂狩ス宰相とかでてくるもんだと思ってたよ

443名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:05:30 ID:K1ZqH08g
>>439
ゼロ戦は異次元過ぎて理解できなかったとか
そんな感じで補完してるw

444名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:08:17 ID:ssm2C/DE
プリミル教的にゼロ戦=ガンダールヴの使った「槍」を異端扱いはできないですさ
戦車もまたしかり。多分ガンダールヴが使えばどんなブツでも教義的にプリミルの思し召しで通る
教皇の思惑もあるのでなおのこと

445名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:22:59 ID:CrOEl2cE
>>441
PNwww
そういえば、才人は「フェニックス」を知らないたんだっけ?

その解釈でいくと、ギーシュかルイズに頼むしかないな。
資金調達に株式は危険すぎる。
商業化するには商業が発達しているギーシュのほうがいいけど
ご主人様が反目しているから、どっちになるかはわからん。
採算を取るには両方の協力がいるんだけどね。
根無し草って辛いよね。

>>443
ということは構造を完璧に理解したうえに改造までしたコルベールって…

>>444
その解釈なら普通にやりたい放題やると思うけどな。
石炭さえあれば石油化学と鉄鋼は制覇できる。
ついでに石炭から硫黄(硫酸)もとれる。
あとは超大型圧力鍋を作ってプラチナをせしめてくれば硝酸もとれる。
「俺の武器を作るんだ〜」とか発狂してさ。

446名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:23:28 ID:jKoMzeXA
>>441
枢機卿兼宰相が言ってるんだから疑うことが罪な状態だな

447名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:35:29 ID:gWISsfCg
>>445
コルベールは頭髪のありかと頭の中身が異次元

448名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:39:18 ID:9WBNqb2A
このスレ華やかでいいけど、コッパゲみたいなオッサン成分もあったらいいなー

449名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:40:21 ID:pMjY6yyM
コルベールは一人産業革命だからな。

リアルで言えば蒸気機関時代周辺の産業に関わる発明を一人でやってるような人。

450名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:41:35 ID:ssm2C/DE
>>445
多分サイトが希望すれば教皇辺りは金も人も出すと思うよ。あの人の目的に沿うならばだけれど
あとひとつ、「場違いな工芸品」は全部プリミルパワーでこっちに来てる「プリミルにより選ばれた武器」だからなあ
プリミルの奇跡が異端品持ち込んでますとかさすがにいえんと思うw

451名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:45:35 ID:CPEP6R3Q
ところでコッパゲは自分の頭をフサフサにする研究には関心が無いのかねえ?(w

452名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:45:42 ID:C7kXOz.A
まあ始祖の使い魔が使用して枢機卿が認定すりゃ異端にはなんねぇわな
「ガンダールヴの槍を異端とな」

453名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:48:46 ID:K1ZqH08g
>>451
太陽みたいで素敵だから気にしてないんじゃないか

454名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:49:17 ID:CrOEl2cE
>>450
けどなぁ、やっぱり宗教が絡むと…
マザリーニに話を付けて、「殖産興業」ってことにして
やりたい放題やったほうがいいと思う。
自国の産業がボロボロで、輸入物が幅を利かせているなら絶対に食いつくはず。
重化学工業は軍事に直結するからね。

>>451
結婚をあきらめているから見てくれに気を使わないんじゃないの?

455名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:49:54 ID:ssm2C/DE
あのテカテカ部分ですべてを超越する天才的な発想を生み出してるんだよ
どんなことにも対価はつきものってことで

456名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:54:34 ID:f45ON1us
昔はふさふさだったのにな

457名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 01:10:03 ID:9WBNqb2A
波平コッパゲは最後の一本にかなり気を使ってるけどな

458名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 09:53:02 ID:CvtSVoU6
>>454
産業レベルの重化学工業にいくまでは大変だとおもうぞ。(設備整える手間とか)
よほどの専門家でもない限り具体的な生産設備の製造は魔法の力があっても手間取るだろう。
はじめは素直に石炭の乾留でコークスとコールタール作って製鉄業。
転炉つくって鋼鉄を安く量産、硫酸量産できるようになった骨にぶっかけて化学肥料作成。
ってルートだろう。

459名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 10:45:01 ID:eCwKCon2
>>458
素直に軽工業から始めないのか?

どのみち国民総文盲な時点でお先真っ暗、たいしたことできないよ
ロシアみたいな底力あるなら別だけど

460名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 11:22:47 ID:BxXohQpY
紡績機、旋盤、活版印刷

この辺りを実用化できると一気に文明レベルは加速するんじゃないかとは思うが、
一朝一夕で変えられるようなもんでもないからなあ
年単位の時間がかかる改革は今の状況では無理だろう

461名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 11:38:42 ID:qEJmwxM.
一番トリステインが発展できる可能性が高いのは、ルイズが世界扉覚えることのような気もする
貴金属の換金とか面倒くさいことはあるけれど、地球から工作機械その他を入手できれば途中過程吹っ飛ばして
手っ取り早く他国相手にアドバンテージを握れるし、他国は真似しようもない

世界扉に必要な膨大というも愚かな精神力についてはエターナル嫉妬パワーで充電して貰うとしてw

462名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 11:39:34 ID:xgKeId5U
ギーシュ…やはり4男なのか

463名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 12:14:34 ID:4IXg7dmU
>>459
>どのみち国民総文盲な時点でお先真っ暗、たいしたことできないよ

神国JAPANがチート国家と申したか。

464名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 12:17:10 ID:6UFTozw2
いやあ、しかしナオエさん、爽やかに魔王過ぎるww

465名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:05:35 ID:BhfR/pAU
>>463
諸外国から多くの人材招き入れれないからな、日本と違って

466名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:06:38 ID:CvtSVoU6
>>463
もろに産業革命期を扱ったゲームでVICTORIAというゲームがある。
このゲームでは「技術は力なり」「識字率こそ国力の源泉」「労働力はあればあるほどいい」
で、ヨーロッパ側が非常に有利で東洋側が異常に不利になっている。(歴史通りだが)
しかし、その中で日本は海外のプレイヤーから「チートすぎる」
と抗議食らうほど異様に最初から識字率が高く、有利なイベント目白押しに
なっている。

467名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:12:25 ID:NMLuHF6Q
>>463
明治に開国して日本に来た外人が店頭で普通の身なり人たちが
立ち読みしている姿に驚いたという逸話がある

すり師の神業に驚いた外国の新聞記者もいたらしいが、
出展を忘れてしまった…

468名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:15:52 ID:gTYyJfPc
まったくナオエって名前の奴は物騒なのしかいないな。

469名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:19:05 ID:XMbR3scs
>>466
ウルトラチートイベントである「明治維新」を忘れてね?
開発元に講義がきて、「これこれこういう歴史的事実がありまして」と説明したら、ピタリと
講義が止んだ、といわれてる

470名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:37:59 ID:qEJmwxM.
(語弊はあるが)三百年の平和が国家に何を蓄積するかの一つの回答だからなあ
一方6000年の停滞は何を国家に蓄積したのやら

471名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:53:50 ID:mzPHol1k
>>470
・極度の平和ボケと縮小され続ける軍事力
・格差社会が生み続ける長年の軋轢
・格式・儀礼などが重用され実利・実用性が低くなる

辺りじゃね?千年王国(ミレニアム)なんて単語があるけどその6倍だもんな
想像つかんわ

472名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:59:57 ID:RD90zSzU
ふと思ったんだけど……魔王様登場で夜のことを確認……魔王様の夜の性活……ここから連想されることは

このケティ、「ついている」のではないかっ!?

473名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:04:14 ID:gWISsfCg
>>470
文化、技術的には停滞していただろうが戦争はしてるしエルフという驚異もいるし、聖地奪還の目的もあって何度か実行して失敗しているから一概に停滞の一言ではすませられないと思う

474名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:14:06 ID:nM4Bv6pg
あんなにカワイイ子が女の子のはずがない

475名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:17:45 ID:CPEP6R3Q
このスレの魔王様も、ハーレム(望んでかいつの間にかは知らんが)を構築していそうだな(w

…人外にまで手を出してはおるまいね?

476名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:46:06 ID:9aYO1xjA
>若殿はどちらにつかれることをお望みですか?
>そうだね。僕は――
「トリステイン王家について新時代の神になる」
>――成程。そいつは実に楽しそうですな。
しかないよね
>>466
それって東洋は大丈夫だろとほっといたら
日本が異常進化してきて「チートだ」ってクレームつけたら
史実だったでござるってので有名になったゲームか‥

477名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:04:19 ID:TVCXN.X.
>>476
だな。
野望と力があるなら、負けそうな方について大きく成り上がるのが男というもの。
厨二病的にも正しい選択w

478名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:27:53 ID:CvtSVoU6
>>476
そうそのゲーム。文明国か非文明国かでゲーム上エゲツナイ程
有利不利が分かれるようになっているのだが、非文明国が
文明国になるのは超がつくほど至難なゲームバランスになっている。
結果して文明国(要はヨーロッパ列強)にアジア、アフリカの国々が
いいように餌食(植民地)にされるという展開になるのだが
日本だけは「明治維新」というイベントでいきなり文明国になって本来
死ぬほど苦労して手に入れる技術を、タダかつ瞬間的に取得できる。
明治維新でいきなり列強入りし、東洋最強として周辺諸国を食いまくるという
展開が珍しくない。

479名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:39:38 ID:dmnU10Lw
あれを普通にゲーム化したチートイベントになるのもまあ仕方ないな

480名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:53:46 ID:yed2Aidk
まぁ、HOIのアメリカも大概チートなんだが。
しかも、あれですらゲームバランス上抑えられている。

481名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:55:17 ID:l7tfUa2E
>>471
千年王国か、建国者の夢とか言われるけど現実にあるのかな?
日本は一応、トップが天皇で千年以上続いてはいるけど

482名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:12:18 ID:6OpjW0yE
紫電改を動かすための燃料も大事だけど、エンジンの油膜なんてとっくに落ちてるだろうし、
下手すりゃ錆まで浮かんでるだろうし、燃料ホースとかのゴム類は硬化してるだろうし、
油脂類は全とっかえしないと無理じゃね?
固定化の魔法で時間軸を固定して経年劣化を止めてるんならまだしも。

あと、分解整備に必要なスパナとかドライバーとの軸回転系工具がこっちの世界にあるか、
あったとしても戦前の日本の工業規格と一致してないとネジ山とか、ナットの山とか舐めて
分解不可能になりそうな希ガス。

483名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:17:05 ID:CvtSVoU6
>>471
同一の「血統」をトップとして1000年以上続いているのは
日本以外はしらないね。(帝国といえるか怪しいし、南北朝の時に実は偽の血統が
天皇になったんじゃないかとの疑いはあるが)
ただし「国」としてみるならローマ帝国は1000年以上続いていたはず。

484名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:17:46 ID:dmnU10Lw
>>481
やるトリスレでそういう話題が出た時、東ローマ帝国、ヴェネツィア共和国、ヴァチカン教皇領が該当するって答えてた人がいたよ
ついでにもう少しでイングランドがランクインするとも

485名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:35:04 ID:CrOEl2cE
>>458
製鉄業が初めなのは同意
小型の製鉄所自体は存在するみたいだから
つぶれそうなところを二束三文で買い取って、設備を地道に更新するのがいいかも。
わざわざ1から作る必要も無い。
重化学工業の建造物自体やたら大きいから
鉄が無いとどうしようもない。

鉄血宰相の気持ちがわかる。

>>459
そういやこの世界には缶詰が存在していなかったな。
ただ、薄い鉄板を作るだけでも大変だから、初めは瓶詰めだろう。
ビンは存在していたみたいだから瓶詰め作るだけでも大もうけ。

軽工業はこの世界だとあまり発達しないんじゃないか?
食品は魔法で固定化すればどうとでもなる世界だし
繊維は原材料を供給できない(イギリスはインドから綿花を買って、インドに製品を売りつけた)

486名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:58:18 ID:CvtSVoU6
この世界ではハルケ大陸の東側にエルフと聖地が控えているわけだが
海を越えての西側はどうなっているのだろう。
「こっち」同様征服するのに手ごろで金山抱えた国があるなら面白いんだが。

487名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:47:22 ID:l7tfUa2E
>>483-484
ローマ・ヴェネツィア・ヴァチカン・イングランド辺りですか、ありがとう
ローマは分裂してから印象が薄かった、都市国家のヴェネツィアは除いて
現代まで続いている国だとトップが象徴や宗教的価値だけで、実権を握ってないと生き残れるんかな

ハルケギニアは王の直接統治でよく六千年も続いたもんだ

488名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:53:42 ID:xHzDpU66
>>487
魔法のせいで文明が停滞してるんだろう。
そのお陰だね。

489名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:56:49 ID:CvtSVoU6
>>実権を握ってないと生き残れるんかな
その通り。トップが実権のない権威と象徴であるほど実は生き残りやすい。
数百年や1000年ってスパンでみた場合、実権を握っている政権の初代がどれほど有能でも
後継者の中にアホが出てきてそこで潰れる可能性が高い。
しかし実権のない権威と象徴に徹すれば、そのアホの失政の責任はアホの所で
止まってそれより上は存続する。新しい実権者もそれまでの象徴と権威を潰すより
これまで通りのお飾りとして自分たちを権威づけさせる方が有利だと考える。
かくして実権者は時代とともにどんどん流転するが実権のない権威と象徴だけは残り続ける。

490名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 19:16:12 ID:dmnU10Lw
>>488
文明が停滞してても、対立がないわけじゃないんだが

491名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 19:31:00 ID:l7tfUa2E
>>486
確か月が二つあった筈だから球体なのは間違いないと思うけど
ハルケギニアの星の大きさまでは想像つかんなー

大体、ヨーロッパと一緒だと思うけど、あまり国増やしすぎても設定だけになるし
西回りで東の国に着く設定で、西と東からエルフを挟み打ちでいーんじゃね?
東方は設定だけで、原作にも登場してないから>>1さんに書いて欲しい

492名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:03:30 ID:gWISsfCg
月があっても世界が球体だという証拠にはならんぞ
遠心力とか重力とか無関係に月が自力で浮遊して移動していてもいいわけだし
何せ魔法がある世界だからな

493名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:29:48 ID:l7tfUa2E
球体の証拠かー
コロンブスは船が水平線に向かっていく船が、船体の下から消えていくのを見て
西回り航路を確信したらしいけど、ハルケギニアには航空戦力あるし球体なら気づく気もするんだけど

確かに、地球の常識が「魔法だからで」片付く世界だから何でもありだな

494名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:30:06 ID:OCRlu93g
>空の月
まあ、アルビオンとかわけ判らん浮遊大陸あるしなあ
『理屈は不明だけど、きっとアルビオンと同じ理屈で浮いている』って認識されてるかもなー

495名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:31:21 ID:TVCXN.X.
魔法のあるファンタジー世界だと確かに何でもありだな。
世界が4匹の象と亀に支えられていてもおかしくないし。

496名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:43:43 ID:qEJmwxM.
宇宙空間から見た奴いないんで下手すると書き割り的箱庭世界である可能性すら完全には否定できんのだw

497名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:52:46 ID:BxXohQpY
エルフを狩るモノたちで似たような話があったなw
地動説とかを説明しようとしてたやつ

498名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:17:51 ID:l7tfUa2E
地理関係がはっきりしないけど、シエスタの祖父が聖地に召喚されてタルブに着いたらしいから
同じように飛行機に搭乗者がいれば東方に辿り着いている可能性があるんじゃないか

原作での東方の出番は「お茶」位だけど、向こうは向こうで場違いな工芸品で発達しているかも

499名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:21:31 ID:4QLmujUE
>>489
中国の故事にそういうものをさしたもので「覇道」と「王道」ってものがあったな

500名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:37:25 ID:qEJmwxM.
本スレで名言が飛び出した
ネタとか煽りとか一切抜きでその通りだと思う。自戒せねばorz

501名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:42:48 ID:HqX2mO1E
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258002722/761
は、もっと評価されるべき

502名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:52:26 ID:xvsQyZBc
紫電改で高高度まで上がって地平線を見れば分かるんでない。
ある程度の高度まで上がったら天井にぶつかった、とかになったら知らんw

503名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:02:30 ID:IJFFqDYI
>>501
あれは冗談抜きで名言の一つに加えていいと思う。

504名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:03:18 ID:cnVt09EM
あれ? 女キャラは二次元ファンタジーでその他はリアルな作品ってクオリティ高いよね?
もしかしてその方が売れるんじゃね?w

505名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:05:39 ID:JE/FnsFU
>>498
東方出身のミョズさんの話だと、ロバ・アル・カリイエも
そんな無茶な発展はしていないみたいだけどね。

506名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:06:23 ID:NYXcseYs
まあ男の願望の塊だしな二次元ファンタジー

507名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:09:57 ID:qEJmwxM.
巨大ロボット大好きだが、戦車で地球なめんなもやりたい
それが男というものさ

508名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:13:08 ID:TVCXN.X.
魔法や巨大ロボットが大好きだけど、空想科学本で重箱の隅をつつくのも楽しいわけで。

509名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:16:47 ID:YUuTRdxI
月食見れば世界が球体かどうかわかるんじゃない。

510名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:17:37 ID:qEJmwxM.
個人的には設定を全肯定して無茶な理論で美味くこじつけるすごい科学で守る方が好きだw

511名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:18:17 ID:l7tfUa2E
まあ、雑談はなるべく雑談スレでって気もする

>>505
ミョズさん東方出身だったね、すっかり忘れてた

512名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:52:05 ID:EjBQpgio
遠まわしに諌めたつもりが火種になったでござるの巻き
反省してますんで他スレに張ったりとかはマジ簡便してください

513名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:00:28 ID:qwNmskYc
>>512
ニヤニヤ

まあこの設定の緻密さは作風でもある
細かくしていくとそのうち収拾が付かなくなりがちなのは本当のことだが…
ゼロ魔は虚無とかエルフとかチェス盤をひっくり返す要素が多数あるので
それが中和剤となって話が進まなくなるのは防げるはず

514名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:05:33 ID:CvsTFNNg
いい加減リアル追求するの辞めろ
女は二次元ファンタジーがいいけどその他はリアルじゃないと嫌ってか

515名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:08:46 ID:0riCwCWs
そろそろいじめが過ぎるな
元ネタ投下した人も反省するように、過度の自治を自治厨と言う

516名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:47:34 ID:ZYycNp8Y
「女は二次元ファンタジーがいいけどその他はリアルじゃないと嫌ってか」
でも問題なくね?

ゴルゴ13だと、たしか作者
「絶対無敵の主人公を作ろうと思った、しかしそれだけではリアリティがなく絶対に続かない
 だから周囲世界観は徹底的にリアルにしようと思った」
 ↑この方針でロングランになったんだし。

517名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:50:28 ID:iJwWzvuE
それは金を貰って作品を書いてるプロだろ・・・
それをやる夫スレに求めるのか

518名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:51:34 ID:ZYycNp8Y
そこまではいってない。

ただ、上のヲタ方針に何の問題がある、といっただけだ。
作者に批判は一切ない。第一関係ない。

519名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 01:01:26 ID:ZwUKXihk
まあその言葉は、"過度な"リアルを求める姿勢に対して言ってるだけだからな。
枝葉末節にこだわる、もしくは角を矯めて牛を殺すようなことに対しての戒めの言葉だし。

520名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 01:37:08 ID:1zkkSi7g
「ファンタジーなめんな現実厨」ってことで
    べつに「こまけえことはいいんだよ」でもOK

521名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 01:45:16 ID:ZYycNp8Y
「現実のこだわり方が偏ってもいいじゃない、をたくだもの。でも行き過ぎは勘弁な」

こんなところで

522名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:12:45 ID:XCqq1tPI
ゴルゴは周辺事情や題材があくまでリアルっぽいというだけであって、
詳しい人が見れば突っ込みどころ満載だったりするんだぜ?
その作品に見合ったレベルのリアルっぽさがあればそれで十分だと思う。

523名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:16:08 ID:ZYycNp8Y
リアルっぽさ!

そうだよ。リアル「っぽさ」。

524名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:38:14 ID:BUP7krJs
まぁゴルゴは作者が軍事知識なくて戦記物を書いてる人間に今一番すごい銃は
なんだと聞いてM16(当時は最新鋭だった)を登場させたはいいがそれを
読んだ戦記物漫画家に「M16は狙撃銃じゃねーよ!!」とつっこまれたという
エピソードがあるらしいからなw それでも魅力的な作品であることも確かだけど

525名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 03:10:29 ID:ovaHM596
そういえば、この世界にはペン・鉛筆・シャーペン・ボールペンはないみたいだな。
(作る難易度は右に行くほど難しくなる)
鉛筆を作るだけでも大もうけできそう。

526名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 03:55:11 ID:ADMkzwS2
>>524
「あのキレイな顔をry」
と同じボケをやったのか

527名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 04:11:38 ID:NhlSdSw.
あくまで専用の狙撃銃でないだけで、精度は落ちるが突撃銃でも狙撃はできる
ましてやGは下手したら億単位の金をつぎ込み、世界最高クラスの職人に依頼してカスタムしてるから
流通しているような銃とは比べ物にならない(現地調達の銃を使うことも多いが)

528名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 07:43:08 ID:Vq3bkxhE
司馬史観の功罪とか言われるように、漫画や小説など娯楽モノは娯楽モノ・フィクションと割り切った方がいいと思う
なるべくリアルに近づけて欲しいし、ここは現実ではこうだよなって語り合うのも楽しいんだけど

529名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 08:20:59 ID:of04QiaQ
>>523
同意
リアルがいいなら歴史書でも読めばいい
小説で書いたら即没にされる厨二設定がごろごろしてるから

530名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 11:56:05 ID:IxT2R7Hs
「ファンタジーだから」だの「っぽければいい」だの「そんなにリアルがいいなら歴史書読め」だの・・・
現代(リアル)が異世界(ファンタジー)と同居するからこそのカタルシスだろうが。
ファンタジーもリアルも100%がよければ他にいい作品あるわい。

531名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:03:48 ID:YFWBcHLY
ここはお前らの知識自慢スレじゃないってことだろ

532名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:19:03 ID:vqcgo1zY
雑談所なんだから別にいいんじゃねーのか

533名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:28:58 ID:tB52qlEE
こういう話題が嫌いな人も多いんだろうね
そんな時はどの子がやる夫の正妻になるのかを熱く語ればいいじゃない

俺はナギリエッタに一票だ

534名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:38:45 ID:56ypGTsk
やる夫に制裁を加えるのはルイズに決まっている

535名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:40:47 ID:JYC45pf6
ジェシカしかねえだろjk

536名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:40:53 ID:a2QE8GEo
>こういう話題が嫌いな人も多いんだろうね
知識を語ってるのを見るのは基本ROMな自分も色々知れてうれしいし
>>1も好きみたいだからいいけど、ただ『相手の意見の否定』が入っちゃうと
まんま朝まで生テレビ化しちゃうしね ソシテソウナリヤスイワダイデモアルシ

ちなみに俺はジェシカに一票

537名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:57:32 ID:O3dLO9bg
ジェシカもいいけどシエスタも・・・

538名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 13:02:49 ID:CvsTFNNg
ナギリエッタに全部

539名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 13:08:36 ID:ZYycNp8Y
一番話しもペースもあいそうでしかもうまくやれば政治すら動かせる
ナギリエッタ一択だろ常考

しかしあのシエジェ姉妹も捨てがたいので妾ということに(ピンクの折檻

540名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 13:12:57 ID:BQw/7P4w
何を言ってるんだ。すでにシエスタはやる夫の(ry
たがあれだ、とことんうまくいったと仮定するとやる夫は公爵家令嬢が正妻、メイドが妾、行きつけかつ店長として経営している
店の女主人が愛人、逆に自国の王女様の愛人で隣国の貴族令嬢とムフフな関係とかになるのか?

5411 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:01:37 ID:sT5/Tpb6
こっそり投下。

5421 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:02:49 ID:sT5/Tpb6


----------------------------------------------------------------------------------

           「やる夫が召喚されたようです」チラシの裏劇場 その8-2?

----------------------------------------------------------------------------------

.

5431 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:03:25 ID:sT5/Tpb6
1、

――――トリステイン王国、王都トリスタニア。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:::;:;;:;:;:;;:;::;:;::;;:;::;:;:::;::;::::;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;|! ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:;:;:::;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;::;;:;;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;;::;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;;:;::;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:: ソI ;:;:;:;:;:;:;:;;:;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;;;:;::;:;: /ハヽ ;;:;:;;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;::;; i'l/li|;;;; 只 :;:;::;:;:;:;:;:;:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;:;;::;;:;:.''' . . ....';:;;:;:;:;:;::;:;:;:;
;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;::;:;; |lllIIトLLLヒー、i! ;:;:;;:;::;;:;:;::::;;:;:;:;:;:;:;:;;:;::::::;:;;:;:;:;;:;:;:.::;:;:;::' ,.,., ;: ,.,,  ,.,. ,.,,.,.,  '';:;;:;:;::;:
;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,、,、__|lll| i`三三三'i'il1_i!__i!,、  ,., ''''  ,.,,.;:;:;:; .....:::::::........'''':::::::::::::'' :::::::::::::;:;;:;:;:;:'''''';:;;:;::;
;:;:;::;::;;:;;:;:;::;:;::; ixYx .!;;;IIロ|[| トrrrrトHlHlhihihi1.. .. .. .. ... .               ... ... .. ::: ::: ::: ::: ;;;;::
:::: :::: :::: :::: :::: | []X]|[ IIロ|品| | | |´l l l l|,,|||||||                      .... ::::: :::: :::..     .
:: ::::: ::::: : :. ,,,|ト.LL.![[[ | ,;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,i,;,''";;,,      .             ::..         ::::::::
:::::,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒゛"''⌒''' ⌒;:;"⌒^^ ;:;⌒ヾ⌒   ⌒^;;)        /       /   ........ ....... ....... .
::x""⌒;:;:;iiii⌒ ii^^ ~;:;;;;⌒''''""''"⌒、;:;;;''". ^ "`´;:;ヾ               /  ....... ....... ...... .........
;::::;:i^ :::::⌒⌒ ⌒;:;;""'''''""⌒;:;;''",.,;;:;:;''⌒"";:;;:;⌒;:;:; ソ  /          /  ........ ......... ......... ......... .
;:;:;::; ^^;: /ヽ,.,"""'''⌒:::::::^;:;;"⌒;::;:;:;:´ヽ'';:;:;::::;:;:;:::⌒^^;;:"ヾ        .....  ......  .....  .....  ....... .
__./i!/;:;;;;;;:;::;:;;;;:;:;:;:;''";:;:;:;:;:;:;;;::;:;:ヾ⌒;:;::;:;:;⌒;::::;:;:;;:;:;:;:;:;:''⌒';,      ...............  ............  .............
 ̄ ̄i!/;:;:;:;;::;:;:;:;::::::''''''''''''';:;::;:;::;:;:;::;;:;;''''''"""'''';:;:;:;:;:;⌒;:;:;:;:;⌒;::;:;:;, ニ「 ̄i─' ̄"''ー"'ー''`゛"'──'' ̄'-

5441 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:04:33 ID:sT5/Tpb6
2、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  ――時にブリミル暦50XX年。

      アルビオン・ガリア・ゲルマニア連合軍の占領下にあった王都トリスタニアは、

        ミヤビ王女を奉ずる『鋼の竜騎士』グゥ・ラモンの手により解放された。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

545名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:05:00 ID:a2QE8GEo
うお、window開いたままにしてたらいつのまにか来てた
乙!今日は番外編?

546名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:05:28 ID:IEp7WsUg
こっそり駆けつけたお

5471 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:06:07 ID:sT5/Tpb6
3、

――――王城、ギーコ『将軍』の私室。

ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──
__/___/___/___/___/___/___/___/___/___/
___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__

5481 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:06:33 ID:sT5/Tpb6

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     あのっ、あのあの……赤ちゃん、できちゃいました……
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \  
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ あうあう…
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \



      .__て
     /__|__て
   /_u了 ゚Д゚)   なんとっ!?
     (|〆/|)   
    /|  ̄ |    (あれだけヤっといてなんだが、この歳になってこんな若い娘を孕ませるとは……)
      ∪ ∪

5491 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:07:29 ID:sT5/Tpb6
4、

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     あのっ、それで、それで……
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \    また……戦いに出られるのですか?
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \



      .__〜♪
     /__|__  ああ、ますます頑張らねばな!
   /_u了 ゚Д゚)  何れ隊長殿はミヤビ様を通じてトリステインの王……
     (|〆/|)    いやいや、このハルケギニア全土を支配される大王となられる。
    /|  ̄ |   その暁には、お前は大公妃殿下、生まれてくる子供は次の大公殿下だっ!
      ∪ ∪

5501 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:08:09 ID:sT5/Tpb6
5、

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \    そ、そうですか…………
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \ あう……



      .__?
     /__|__
   /_u了 ゚Д゚)  ……? どうした?
     (|〆/|) 
    /|  ̄ |   
      ∪ ∪

5511 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:09:16 ID:sT5/Tpb6
6、

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \   あの… 子供もできたことですし、その、その、もう戦うのは……
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \ あう〜〜



      .__て
     /__|__て
   /_u了 ゚Д゚)  !? な、何を言っているのだ!
     (|〆/|)    まだお前のご両親の仇、その張本人を討っていないではないか!?
    /|  ̄ |    それに、未だ占領下にある先祖伝来の領地だって取り返さねば……
      ∪ ∪

5521 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:10:05 ID:sT5/Tpb6
7、

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \.    でも、直接の仇は討ちました。
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \   領地だっていりません。グラモン様から頂いてる禄で十分です。
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ   ……もう、いいんです。
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |       そんなことより、もうどこにも行かないで下さい!
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ       お父さまやお母さまみたいに、私を一人にしないでっ!
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \ あう〜〜



      .__
     /u _|__
   /_u了 ゚Д゚)   う… し、しかし、家族や領地を失ったのはお前だけではない。
     (|〆/|)    ……元々お前たちは、その為に我々に協力していたのだろう?
    /|  ̄ |    お前一人の考えで今更止める訳には……
      ∪ ∪

5531 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:11:04 ID:sT5/Tpb6
8、

                  _, -―――――- 、
                 , -‐ ´            \
              〈-―    ._____        \
             \            ̄   ― -  _ヽ
              〃 ̄¨` ー-、___        /
                //      / ムV厶` T ー―ァ'" >‐
.              //l"  !  / l |    |ヽ lヽ   レ{.:.:.`ヽ   
             {l │  |{ { | {    j、}: !│| l lハ∧;ノ   
             l| | l: |ヽ仏匕ヘ   /'ム`トl-l j l| ∧ヽ     
               l ∧ ヽ ∨仟:r'ト ヽ  仟:r'ハV / /'|  ∧ \   
            /7:ヘ 小 cVュj      VュリっVイヽ|   |  \   これは、私一人の考えじゃありません。
                `}/::::::|\ハ .:.:.:      :.:.: /,' l:::::|   |\ _,ゝ.  みんなで話し合った結論なんです……
              く_;/|   ゝ.   r―-、   イ/  |:::::〉、 |       
              /-‐|   l|__>_`二´_<__/ '  |=く l\ノ  
                /   :| ,. ‐ト、_\_6}{6_/ //l   |  ヽ
             /   l ///ヽ}  爪  /7ヘ ヽ│  '.
.            /    :|ヽ ' 〃〉 _川、_〈'^ヽ   }│   }
            {      | \  \ /\ /   / l|   /
              \    |  |く}___}>}-{く{___∠} l|_ /|
             l\  |l くヽ、__ 人人 ____ 人 ll   |
             /  ヽ |l ∨ / ' ∨∨ / ヽ ∨ ll  .八
.  〃        /   }|l /}    ∨      ,/ リ    ヽ
  {{       /    { ヽ{V      ‖     V{ /       \
  ヾ ___ / /     ハ /      ‖    }∨     \ \
       ̄ ̄´/     //\.      ‖     〉\      {\ ヽ _ノ
  、 __ /     /   /\     .八      ∧  \ヽ   ヽ ` ̄ ̄´
   \ ____ /    } / \_,/  \___/} {    \\   \ あう〜〜



      .__て
     /u _|__ て
   /_u了 ゚Д゚)    なんと!? で、ではミヤビ様も!?
     (|〆/|)    
    /|  ̄ |    
      ∪ ∪

5541 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:13:00 ID:sT5/Tpb6
9、

――――いっぽうその頃、『玉座の間』では……

                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||     / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       ||||| |||  フン、マアマアダナ…
                 ||||| |||       ||         || 〜♪  ||||| |||
                 ||||| |||       || (((g)))"||      ||||| |||
                 ||||| |||       || ( ´∀`,,) ||      ||||| |||
                 ||||| |||       ||(入 III へ、||_     ||||| |||
                 ||||| |||      | ̄| l⌒(_,,) |      ||||| |||
                 ||||| ||| ̄ ̄ ̄|  |(__) |  | ̄ ̄ ̄||||| |||
                 ||||| |||      |_|───|_|      ||||| |||
___________ /||||| |||                  ||||| ||| \_________
                /.  ` ̄ ̄´                    ` ̄ ̄´   \
           /                                      \
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                    _____
               __/´ ̄        `ヽ、
              ド、r‐v'⌒ヽ        ヽ、
              {  `fゲそノ           \
              >、‘ ̄’ ̄ ̄ ¨`¬‐-、     \
            /'/  ̄ ̄ ̄ 7¬‐-  _  ̄¨ー‐-、 )
           〃 //  /  イ ハ { ヽ   `ー‐ 、r<⌒≧
           {! //  /  / !| / \ヽ \  ヽノ{ / _>
.             V/"  /  _{__{{_{    ヽ\ \__ j {∧{弋
           l{ | l l '´Ⅳ_リヽ     V´_\lヽ| ∧ \
           ヾl | |l {イfアr'ト      イアr'ハj }| { ヘ  ヽ
            /ヽハ ヽ八 マ辷j     マ辷j / イ|  Vヘ   丶
             >')勹_\{{ハ :.:.:    __   .:.:.彳|│  { 人  !   ……………………。
        ⊂¨V / /ぅィ^ l小、    「 `}     イ! |〈  }/   ー┘
         / ー _/ /'│ l| l>    ー ’ イ l | │l\/
        / r'´  j\|  l| l |  ⊥≧≦⊥|: l | │  l\
.        { __ / /|  l| l |  } _q||p _{l_ ノ| リ!   |  \
        匸____ 〕/ _|  l| rt<´  ニ||二   `゙| /!   |ー 、 \
       く // ヽ }/ |  l|ヘ ゝ‐―-、j{_/⌒ヽl/│  |   \ }
      ∨     /{:  |  l|/   /L」\  / 〉|  │    ∨
       l     ∨}._ | i V>    /| |ヽ. / /│ i: |    }、
       |     ∨≡| {  Vヽ   / jl ll V  / .| l: |   /人
       |      ヽ  ヽ\ ヽ \_/ |l l|  ヽ/ ,ノ /:八  _/   \
       |       /   ハ.`ー‐''/  :|l l|   l<∠/ ̄ヽ      \
       ∨    /  / /゙}   /  :|l l|   |   /    \∠ニ=  ヽ

5551 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:13:59 ID:sT5/Tpb6
10、

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ 〜♪
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   やあミヤビ。君も玉座に座るかい?
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    何なら、僕の膝の上でも可だ。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                ?h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖




                    _____
               __/´ ̄        `ヽ、
              ド、r‐v'⌒ヽ        ヽ、
              {  `fゲそノ           \
              >、‘ ̄’ ̄ ̄ ¨`¬‐-、     \
            /'/  ̄ ̄ ̄ 7¬‐-  _  ̄¨ー‐-、 )
           〃 //  /  イ ハ { ヽ   `ー‐ 、r<⌒≧
           {! //  /  / !| / \ヽ \  ヽノ{ / _>
.             V/"  /  _{__{{_{    ヽ\ \__ j {∧{弋
           l{ | l l '´Ⅳ_リヽ     V´_\lヽ| ∧ \
           ヾl | |l {イfアr'ト      イアr'ハj }| { ヘ  ヽ
            /ヽハ ヽ八 マ辷j     マ辷j / イ|  Vヘ   丶
             >')勹_\{{ハ :.:.:    __   .:.:.彳|│  { 人  !   いい。
        ⊂¨V / /ぅィ^ l小、    「 `}     イ! |〈  }/   ー┘   ……そんなことより、話がある。
         / ー _/ /'│ l| l>    ー ’ イ l | │l\/
        / r'´  j\|  l| l |  ⊥≧≦⊥|: l | │  l\
.        { __ / /|  l| l |  } _q||p _{l_ ノ| リ!   |  \
        匸____ 〕/ _|  l| rt<´  ニ||二   `゙| /!   |ー 、 \
       く // ヽ }/ |  l|ヘ ゝ‐―-、j{_/⌒ヽl/│  |   \ }
      ∨     /{:  |  l|/   /L」\  / 〉|  │    ∨
       l     ∨}._ | i V>    /| |ヽ. / /│ i: |    }、
       |     ∨≡| {  Vヽ   / jl ll V  / .| l: |   /人
       |      ヽ  ヽ\ ヽ \_/ |l l|  ヽ/ ,ノ /:八  _/   \
       |       /   ハ.`ー‐''/  :|l l|   l<∠/ ̄ヽ      \
       ∨    /  / /゙}   /  :|l l|   |   /    \∠ニ=  ヽ
        '、     /  / j   l   :|l l|   |  ヘ    _r<      ノ
        \ __/  / /'  レヘ_;|l l|/ヽ!    ヘ´ ̄         /
        / / /   / /  i     l l     i  '、       /\
          / / /   / /   l      :l lC      i   ヽ____>く.    \

5561 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:14:25 ID:sT5/Tpb6
11、

┌──────────────────────────────────────┐
         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |   ……話? 
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!   そんなにあらたまって、どうしたんだい?
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \ 
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘ ああ、実は……
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /    /


                      ただいま、お話中…

                       しばらくお待ちください            .
                          Now loading...                .

└──────────────────────────────────────┘

5571 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:16:07 ID:sT5/Tpb6
12、

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   はあっ!?  『戦いを止めろ』?
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.   バカな……
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.   やっとアルビオン・ガリア・ゲルマニアの連中を、
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.    王都から追い出したんだぞ!?
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:   『これから』じゃないか!!
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

5581 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:16:21 ID:sT5/Tpb6

                    _____
               __/´ ̄        `ヽ、
              ド、r‐v'⌒ヽ        ヽ、
              {  `fゲそノ           \
              >、‘ ̄’ ̄ ̄ ¨`¬‐-、     \
            /'/  ̄ ̄ ̄ 7¬‐-  _  ̄¨ー‐-、 )
           〃 //  /  イ ハ { ヽ   `ー‐ 、r<⌒≧
           {! //  /  / !| / \ヽ \  ヽノ{ / _>
.             V/"  /  _{__{{_{    ヽ\ \__ j {∧{弋
           l{ | l l '´Ⅳ_リヽ     V´_\lヽ| ∧ \     そうだな。
           ヾl | |l {イfアr'ト      イアr'ハj }| { ヘ  ヽ    圧倒的な敵連合軍を叩き潰し、王都を解放する……
            /ヽハ ヽ八 マ辷j     マ辷j / イ|  Vヘ   丶   お前は英雄だ。
             >')勹_\{{ハ :.:.:    __   .:.:.彳|│  { 人  !   ……今、ここで兵を止めれば、な?
        ⊂¨V / /ぅィ^ l小、    「 `}     イ! |〈  }/   ー┘
         / ー _/ /'│ l| l>    ー ’ イ l | │l\/
        / r'´  j\|  l| l |  ⊥≧≦⊥|: l | │  l\
.        { __ / /|  l| l |  } _q||p _{l_ ノ| リ!   |  \
        匸____ 〕/ _|  l| rt<´  ニ||二   `゙| /!   |ー 、 \
       く // ヽ }/ |  l|ヘ ゝ‐―-、j{_/⌒ヽl/│  |   \ }
      ∨     /{:  |  l|/   /L」\  / 〉|  │    ∨
       l     ∨}._ | i V>    /| |ヽ. / /│ i: |    }、
       |     ∨≡| {  Vヽ   / jl ll V  / .| l: |   /人
       |      ヽ  ヽ\ ヽ \_/ |l l|  ヽ/ ,ノ /:八  _/   \
       |       /   ハ.`ー‐''/  :|l l|   l<∠/ ̄ヽ      \
       ∨    /  / /゙}   /  :|l l|   |   /    \∠ニ=  ヽ
        '、     /  / j   l   :|l l|   |  ヘ    _r<      ノ
        \ __/  / /'  レヘ_;|l l|/ヽ!    ヘ´ ̄         /
        / / /   / /  i     l l     i  '、       /\
          / / /   / /   l      :l lC      i   ヽ____>く.    \

5591 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:17:23 ID:sT5/Tpb6
13、

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    君は現状を正しく認識しているのか!?
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   僕が制圧したのは、王都を含むトリステイン中央部のみ……
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、  北端には未だアルビオンの軍勢が、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',     そして東部と西部にはゲルマニアとガリアが居座っている!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ   これから、これからなんだぞっ!?
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



                    _____
               __/´ ̄        `ヽ、
              ド、r‐v'⌒ヽ        ヽ、
              {  `fゲそノ           \
              >、‘ ̄’ ̄ ̄ ¨`¬‐-、     \
            /'/  ̄ ̄ ̄ 7¬‐-  _  ̄¨ー‐-、 )
           〃 //  /  イ ハ { ヽ   `ー‐ 、r<⌒≧
           {! //  /  / !| / \ヽ \  ヽノ{ / _>
.             V/"  /  _{__{{_{    ヽ\ \__ j {∧{弋
           l{ | l l '´Ⅳ_リヽ     V´_\lヽ| ∧ \    
           ヾl | |l {イfアr'ト      イアr'ハj }| { ヘ  ヽ    ……………………。
            /ヽハ ヽ八 マ辷j     マ辷j / イ|  Vヘ   丶  
             >')勹_\{{ハ :.:.:    __   .:.:.彳|│  { 人  !  
        ⊂¨V / /ぅィ^ l小、    「 `}     イ! |〈  }/   ー┘
         / ー _/ /'│ l| l>    ー ’ イ l | │l\/
        / r'´  j\|  l| l |  ⊥≧≦⊥|: l | │  l\
.        { __ / /|  l| l |  } _q||p _{l_ ノ| リ!   |  \
        匸____ 〕/ _|  l| rt<´  ニ||二   `゙| /!   |ー 、 \
       く // ヽ }/ |  l|ヘ ゝ‐―-、j{_/⌒ヽl/│  |   \ }
      ∨     /{:  |  l|/   /L」\  / 〉|  │    ∨
       l     ∨}._ | i V>    /| |ヽ. / /│ i: |    }、
       |     ∨≡| {  Vヽ   / jl ll V  / .| l: |   /人
       |      ヽ  ヽ\ ヽ \_/ |l l|  ヽ/ ,ノ /:八  _/   \
       |       /   ハ.`ー‐''/  :|l l|   l<∠/ ̄ヽ      \

5601 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:18:06 ID:sT5/Tpb6
14、

       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   え? ちょっと、何とか言ってよ。
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     急に泣き出すとか無しだよ?
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     それ、ハーグ陸戦条約違反だから。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



                   /⌒>=-、
               _, -'´ ̄ ̄ `ー<}
             //⌒          \
              /// /   〃ハヽ \   ヽ
            /'´//     / /  {{ \    ハ        | 
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   泣くか、バカっ!
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |  
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉

5611 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:18:31 ID:sT5/Tpb6
15、

                , ,, ,,,,.. 、  ,,,..
          ,  ,,..r''"       ヽi  ` ,
        ,r''';               .: j
       /  .       ,,,,. -ー-- 、 .i:;イ
      /.     ,,..r''"         .i  |
      / .::.                 i  !
      / .::/              ,,.rヾ、,ノ
      〈 .::::i.        .,,..-‐ ''"   iノ
     ヾ;::ヽ、              /
      ヾ;::::.              /ヾ,
        ヾ:.,            ,,.r"  〉
         `、        '"    /
          .ヽ            ;´
            ヽ、      ,,.r''"
             ヽ, ,, ,,,,..r''


               .. /⌒i
              _,,..、 .|  / ,..-、
             l   l | /´ l,、_ノ
                  |  i' '´_,,、          /´〉,、      /7
                 |  し''´ 」     l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/     / /
                 |  ,,.-''´       二コ ,|         /_/
                 | .|         /__」        ∠ゝ
                 l、_ノ

    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}   げふぅっ!?
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l

5621 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:19:50 ID:sT5/Tpb6
16、

                   /⌒>=-、
               _, -'´ ̄ ̄ `ー<}
             //⌒          \        |  はっきり言わないとわからんのか!?
              /// /   〃ハヽ \   ヽ      .|  
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  要は、お前は『やりすぎた』んだっ!
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |  
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |   このバカチン!!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l   ……え? ヤりすぎ?
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ   (やっぱ昨日、リーダさんと3人でしたこと怒ってるのかな?)
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

5631 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:21:13 ID:sT5/Tpb6
17、

                   /⌒>=-、
               _, -'´ ̄ ̄ `ー<}           
             //⌒          \        |  まず一つ!
              /// /   〃ハヽ \   ヽ       | 
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  お前の戦法は、あまりに異端で理解し難い!
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |  
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |  『大規模な先住魔法を使っている』と言う者すらいる!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉



                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    (なんだ……じゃ、『三人で』はOKなのか♪)
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   当たり前さ!
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   僕達地球人類が、何千年もの歳月と数億数十億の血でもって、
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     編み出した英知だもの。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/    こんなヌルい戦いしてる連中に負ける筈ないよ♪
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                ?h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖ ホッ…

564名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:22:14 ID:wxj5utIE
野望は男のロマンですからのー。
橘征五郎さんもそう言ってます。

5651 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:22:29 ID:sT5/Tpb6
18、

                   /⌒>=-、
               _, -'´ ̄ ̄ `ー<}         
             //ノ(          \        |  二つ目!
              /// .⌒ 〃ハヽ \   ヽ       |  お前の戦い方は、あまりに平民に頼りすぎている!
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  というか、メイジ中心のこの世界で、
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   平民に討ち取られるメイジが増えることの意味すらわからんのか!?
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |  この大バカ者ーーーーっ!!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉



                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    (しかし、お姫さまのクセに相変わらず口が悪いなあ)
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   あ〜〜
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   でもさ、メイジの数で負けてるんだから、仕方が無いじゃない?
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    それにいずれ非メイジの僕が新世界の神になるんだから、
             ヾト辷N!U     ‐ノ  !:l/      無問題でしょ?
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                ?h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´?U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖ 手モ足モ早イシ…

566名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:23:46 ID:ADMkzwS2
ライトもげろ

5671 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:24:18 ID:sT5/Tpb6
19、

              ┏┓┏┓
            ┏┛┃┃┗┓
            ┗━┛┗━┛
            ┏━┓┏━┓
            ┗┓┃┃┏┛⌒>=-、
              ┗┛┗┛  ̄ `ー<}         
             //⌒          \        |  三つ目は――
              /// /   〃ハヽ \   ヽ       | 
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  その、異端をブッちぎりで通り越した傲慢不遜な考え方だっ!
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |   このコンコンチキの大バカ野郎ーーーーっっっっ!!!!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉

5681 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:24:38 ID:sT5/Tpb6

                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   ふっ…
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l   天才は常に理解されないものさ……
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi    
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i ククク…

5691 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:25:35 ID:sT5/Tpb6
20、

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i   トリステインの王座など、僕の野望のほんの第一歩に過ぎない…
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l    ゆくゆくはハルケギニア全土を支配する大王
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ   そして最終的にはエルフを下し、
              ヾ、          リイ:|リ       やつらを先陣に東のロバ・アル・カリイエに攻め込んでやるさ。
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i      ……いや、その前に大航海時代を再現してみるのも悪くないな。
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |

5701 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:26:04 ID:sT5/Tpb6
21、

      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ

ー-rクフ   ./jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ
ー-‐'"   ,ィi  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ
jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!ヘ,,ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!
k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ ヘ,,  γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ
:t `´ jr 、、  ` ミ  '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽlト   、v‐、... ‐v7  .lト \ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ
ヾ   '`、'`_'   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l| :t ` ミ   ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|
ヽ γ_,.二二..ヽ. 、:ヽ `'ー-‐'" ´ ィjr 、、  `´ イハ∧! 、:  ヽ  `'ー-‐'" ´ ィjr 、、  `´ イハ∧!
ミ. '、v‐、... ‐v7   ヾ \   ̄  ,.イ:/'`、'`_'     ハ|V   ヾ \   ̄  ,.イ:/'`、'`_'     ハ|V
r 、、  `´ イハ∧  '`、'`_'     ハ_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、} ∧  '`、'`_'     ハ_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}
`、'`_'     ハ| γ_,.二二..ヽ.   j'´ jr 、、  `´ イハ/ γ_,.二二..ヽ.   j'´ jr 、、  `´ イハ/
二二..ヽ.   jjリ;|,/!ム\|トミ'-、ヽ,jヾ  `、'`_'     ハ| リ;|,/!ム\|トミ'-、ヽ,jヾ  `、'`_'     ハ|
‐、...‐v7   !'イヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|γ_,.二二..ヽ.   jjリ ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|γ_,.二二..ヽ.   jjリ
ー-rクフ   ./jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イjハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ
ー-‐'"   ,ィi  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ
jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,! ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!
k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ  ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ
:t `´ jr 、、  ` ミ  '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ_0_   '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ
ヾ   '`、'`_'   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|

   何れにせよ、ハルケギニアは新たなる『神』と共に新たなる時代を歩むのだ!

5711 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:27:02 ID:sT5/Tpb6
22、

          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、     ……本当に、勝てるのか?
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \ 
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /    /



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l   ……え?
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:

5721 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:28:04 ID:sT5/Tpb6
23、

          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、      
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、     
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \   お前たちだけで全世界を相手にして、本当に勝てるのか?
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘  持ち込んだ武器だって、もうだいぶ使ってしまったのだろう?
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |       『最初の一歩』で。
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /    /



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__   ふん…
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |    .その代わり『持ち金』が出来たのだから、問題ないさ。
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐    いいかミヤビ、これはバクチなんだよ。
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│   文字通り『全て』を賭け、自分の才能を試す、ね?
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

573名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:29:15 ID:mqqUXAkc
つくづく生まれる時代を間違えたな、この男www

5741 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:30:11 ID:sT5/Tpb6
24、

          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、       ……この世界の人間だって馬鹿じゃない。
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、      そして、エルフはもっと恐ろしい。
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \    お前は……この世界を知らなさ過ぎるんだ。
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘   お前が今まで駆け抜けたのは、
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |         ハルケギニアのほんの一部に過ぎないんだぞ?
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /   



                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',    くっ… うるさい!
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、   僕は、どこまで自分の才能が通じか試してみたいんだ!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

5751 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:31:45 ID:sT5/Tpb6
25、

           /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
         /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::   どうせソ連が攻めてきたら、戦って死ぬつもりだったんだ。
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::   もう十分名も残せたし、死んでも悔いはないね。
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、       
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、      ……私とリーダだけじゃ、不満か?
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \   
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘ 
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /

5761 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:32:59 ID:sT5/Tpb6
26、

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /    いや、それとこれとは……
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ  U  _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、       
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、     実は、ロマリアに亡命している兄さまと話をつけてあるんだ。
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \   進軍をここで止め、今占領している中部17州を兄さまに明け渡せば……
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘.  お前を正式な臣下と認め、侯爵位と州一つ下さると約束してくれた。
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |       ……無論、私たちの結婚も。
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /

5771 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:34:12 ID:sT5/Tpb6
27、

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  バカなっ!?
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.  それじゃ今までの苦労が水の泡じゃないか!
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.  挙句、この僕に『他人に頭を下げろ』と!?
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、       
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、      
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \     お前が頭を下げれば、教皇の仲裁の下、平和が訪れる。
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘    教皇も『見せ場』と思ってか、だいぶ乗り気らしい。
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |         なんでも、お前を『聖騎士に列する』とまで言っているらしいぞ。
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘        そうなれば、もう誰もお前を、お前たちを『異端』と言えない。
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \        なんと言っても、『国を救った聖騎士とその従者たち』だからな。
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /

5781 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:34:34 ID:sT5/Tpb6
28、

        ./'',         ,/'i、   .,i、    ./i、
  ,-、   / |、.゙l   ,,、   ./ル │  .|│   ) ヽ     
  ゙l ゙l   .゙l .‖.|   { ゙l    ゙l ‖゙l  ,, .゙l T゙l、.,/`  |    
  │.|   │.|゙l,l゙   ゙l ゙l、   │ |゙l,!  |゙l | l| l.,i´  ,l゙   
  | ゙‐''i、 │| `   ゙l .゙l,,,、l゙ヾl .| ` 、| |,l゙ .l".|| ,,/   
  .|   ゙l、‘″    .| ` .゙l│゙l`"  |゙l,| `, ` .|| .|     
  ,!    ゙l       |   ゙l゙l ゙l   | || .l| _,,l゙| |     .
 丿  ,r‐'ンi、     l゙  .,i、 | | ゙l  .| 'l, || .|` | レ''i、   
,!'"  .,P‐"  .゙i、   丿  ,(| ゙l.| ゙l  | .|り| .\ |   ゙l、  
゙l   |.|     |  /'"  l゙.|  | | .|  .| .゙‐'  .゙l.|    |  
.゙l,   | ヽ    |  .゙l   .| .|  | |  |  |     .l゙|   |''′  
 `|  | / .,,,-┘  ヽ  | .|  | .|  |  | .k  ./'Å .ョ |    ○ ○ ○  ○ ○ ○
  |  l゙ ,l゙ ,/      〔 .| │ .| .|  ゙l .| .||  │| .l| ゙l  
 .|  ,| l゙ ,i´      .|  | |  | .|  |  | .l′  .゙ll゙ || .|  
 l゙  | | .|       .|  l l゙ { .|  .| .| ." z .i、 l| .l| .|  
: ,l゙  |.| {       ,l゙ l゙ |  | .l゙  | .|  ‖ 》 .l  || .| 
: |  .| | |         l゙  | |  ゙‐'  | .|  .T .|゙l,《 ||  | 
│ .| .| ヽ,,,-‐'i、  .|  ヽ .|  ッ、  |  | .r'゙l l゙ │ l゙| .|  
.l゙  .| |     .゙l  l゙  y`'" .| ゙l、 l  .| .| .゙l_l゙_ l゙ l゙|  |  
.|  .l゙ │    |  |  八  .| .゙‐'`  | .ト'"^.゙l| .|.|  |   
│ │ │    l゙ .|  l゙ ゙l  │     |    ` ._`′.|    
: |, ,l゙   \_ _,,,/  │.l゙ .| .l゙     ゙l  _ ,i、八  |     .
 ‘゙     ``    ″ .゙‐'゙      .゙l./゙^ ``` │.,"     
                       ″     `^


                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

5791 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:35:28 ID:sT5/Tpb6
29、

          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \ 
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘  返事を聞く前にこんなことを言うのは卑怯だと思うけど……『出来た』んだ。
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |       ……リーダに。
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘ 
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /    /

5801 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:35:44 ID:sT5/Tpb6

                      -ァ^===、‐-  _
                 , イ`ー'^ヽ      丁 ̄}\
                r^⌒ \     j   │ />ヘヽ
                /ヘ  \z≧=≠==≦z /    ̄{_
              く  ヽ>'´    j      `'<   L
             〃ヽ /      ハ、       \/  〉
             ハ ∨/   /   /  { \   \   ヽ/ヽ
             l ∨   /  /  丶 \   ヽ   ∨┘
             |  l ,′/ ./      ヽ  \   :l | | |
             |  | │/_/―‐-     -―‐\_| l l |
             |  | l {/    `      ´    l lV l|
             | ∧ Ⅵ   _ _        _ _  ノ /ヽ/|   三ヶ月だそうです♪
             | l { 小V´ ̄`ヾ     〃´ ̄>イノ/ l
            ,′j  ヽ ハ :.:.::         :.:.: ∧く.  |
              / /}  /|ハ.      r ┐     / { \{
.            /'´ ノ // ノゝr、ハヘ   ’ rイ゙lイ\_ヽ\ >
             ´ ̄  ´ ̄ │l│ト /}{^レ!│| |   ` ̄`
               _  r-、│l│∀ 八.∀│| |,-ッ
           /´   `ヽヽ ソ    {Y }    /_  -――-、
          /        〕-く ̄ 7^}ムイ¨Y^ヽく         \
        /        _ノ   _>┴〈/ ̄ `<└ 、         \
       /        厂 >'´     }      `< \j   \  \_
     / ∠/ jヘノ>'>'´       |        ∨{'⌒V⌒ヽノ〜ヘ `>、
    //\{/´{/⌒   >'´        │        ∨         \_ノ
    >〈 /       ヽ            |         /          /
      ̄ \        ∧        │          /         /
        \       j_,∧  /二二二ミ|ニ二二二\ ∧   ―‐-  /
          }/ / ̄__∨/     |      ヽ/'´  ̄ ̄ \   }
         ‘ーく.ィ寸"  /|′      |       ∨  ̄ ̄ ∨>ー’
.            〃 ∧   {/ }        |         /ト、>  /ハ ヾ
          {{___{ \ └〈.        │       {__}  く__/ j___}}
            └‐く  <{       |       }ヽ` /
               \           |            /
                 \         人.        /
                    /\     厶_厶    /7
                /   \_/   ヽ_/  ∧

5811 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:36:12 ID:sT5/Tpb6
30、

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   ……………………。
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \ 
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘   この子のためにも……頼む。
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /    /

5821 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:36:52 ID:sT5/Tpb6
31、

                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',   …………………………………………。
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ



    _.    _
    \\__//       __   ___.  く ̄|        __
      \ /  /⌒ヽ. | |  | |   | |  /⌒ヽ ( 、-_ヽ /三ヽ
      | |   ( ○ ) | |_| |   | |  ( ○ ). __ヽヽ、 ( 、―┘
      | |.    ヽ___ノ   ヽ.__|.  [_]   ヽ___ノ  ヽ二ノ  ヽ二7  o o o
       ̄
          .  .| ./__
        '/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l   …………ハイ。
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

583名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:36:56 ID:wxj5utIE
選択肢

→連合軍と講和を試みる
 ボルシェビキどもは完全に粉砕されなければならない!!

みたいな感じか。

5841 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:37:23 ID:sT5/Tpb6
32、

             rイ´ ̄ ̄ ̄ `\
             ∨   ー──=- ヽ,、,
                / `7¬==‐-f勺.::ミヽ    //
            | l  |__| lハ__\ Ⅵ\ \
            レヘ´j/ V ´\`トヘ| .::.\/     
              }イハ'⌒__⌒Y レヘ.::.::.j \    
            ./│ :l>ゝ ノイ:!│ ',⌒   |  おおそうか! これで平和が訪れるな♪
                | | :Ⅳ‐允‐く7 /ヽ ∨ ̄   ついでに私たちも正式な夫婦だ♪♪
                | Ⅳリ ∨ ll__/Ⅳ /  ハ    
                l / 〉く,_小_,>ヘ \ lハ    
           ∠__ イ   人   >、__∨ リ    
           ‘ー'´/\_/Wヘ/∨`ー’
             /        ',       \\
             _ト、__\  ___〉
            (__ノ ̄`ヘ ___)



           {   ^ヽ  _{_j  / 人
          /( _>== ¨´ ̄ ̄¨` =< /`ヽ
        / (ヽ〃    /´        ヾ j{  / / /    姫さま、おめでとうございます♪
.        / { /'    /   :/ │ } \  ∨ ) / / / 
        j   V!   / ⌒ヽ/ /! ∧ヽハ  ∨     
       /   j|  /fアテ<// / / }_j_ l l│f^ヽ    _  
.      /   /∧ |l {::::::::: cト / ´ /厶 )| rく |  } / )
     _// 人 ヘレハ:::::::::::ノ     /::r} 7/l│ ∨  レ′/       ///
   < ∠ /  ゝ、  `ー‐''     {:::::::7 仏l/{_  )  ∠ .._    ///
       ̄`Z∠ \ "" /^\  ヾシ{/イ{∧)_    、___ノ
     ノ⌒ヽ〔{ \.`Y个   ゝ- ’    厶斗'  \)‐v-、  ̄)
    フ二`〜`>\}l|\rV>┬‐‐<  {{_   `ー<) ̄
    (::::.    ̄`V┬ヘ」/><\_j__/_{{_  ヾ≧r<´ ̄!!!!
   (^Y⌒ヽ___ノニ| t‐</ム__〉少''´   ̄ ̄   │││││ |
   {(\___)ィヽ \.\/__,lr<__          │││││ |
   ヽ-イ/ /   \__\  ノヘxく          / / / / / / /
     / :/     `ー\_/ \\        //////
   /  /           ノ  \\

5851 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:39:01 ID:sT5/Tpb6
33、

                    _____
               __/´ ̄        `ヽ、
              ド、r‐v'⌒ヽ        ヽ、
              {  `fゲそノ           \
              >、‘ ̄’ ̄ ̄ ¨`¬‐-、     \
            /'/  ̄ ̄ ̄ 7¬‐-  _  ̄¨ー‐-、 )
           〃 //  /  イ ハ { ヽ   `ー‐ 、r<⌒≧
           {! //  /  / !| / \ヽ \  ヽノ{ / _>
.             V/"  /  _{__{{_{    ヽ\ \__ j {∧{弋
           l{ | l l '´Ⅳ_リヽ     V´_\lヽ| ∧ \
           ヾl | |l {イfアr'ト      イアr'ハj }| { ヘ  ヽ
            /ヽハ ヽ八 マ辷j     マ辷j / イ|  Vヘ   丶
             >')勹_\{{ハ :.:.:    __   .:.:.彳|│  { 人  !   ああ、結婚式は王都で盛大にやろう!
        ⊂¨V / /ぅィ^ l小、    「 `}     イ! |〈  }/   ー┘   なんなら、教皇に頼もうか♪
         / ー _/ /'│ l| l>    ー ’ イ l | │l\/
        / r'´  j\|  l| l |  ⊥≧≦⊥|: l | │  l\
.        { __ / /|  l| l |  } _q||p _{l_ ノ| リ!   |  \
        匸____ 〕/ _|  l| rt<´  ニ||二   `゙| /!   |ー 、 \
       く // ヽ }/ |  l|ヘ ゝ‐―-、j{_/⌒ヽl/│  |   \ }
      ∨     /{:  |  l|/   /L」\  / 〉|  │    ∨
       l     ∨}._ | i V>    /| |ヽ. / /│ i: |    }、
       |     ∨≡| {  Vヽ   / jl ll V  / .| l: |   /人
       |      ヽ  ヽ\ ヽ \_/ |l l|  ヽ/ ,ノ /:八  _/   \
       |       /   ハ.`ー‐''/  :|l l|   l<∠/ ̄ヽ      \
       ∨    /  / /゙}   /  :|l l|   |   /    \∠ニ=  ヽ
        '、     /  / j   l   :|l l|   |  ヘ    _r<      ノ
        \ __/  / /'  レヘ_;|l l|/ヽ!    ヘ´ ̄         /
        / / /   / /  i     l l     i  '、       /\
          / / /   / /   l      :l lC      i   ヽ____>く.    \

5861 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:39:18 ID:sT5/Tpb6

                      -ァ^===、‐-  _
                 , イ`ー'^ヽ      丁 ̄}\
                r^⌒ \     j   │ />ヘヽ
                /ヘ  \z≧=≠==≦z /    ̄{_
              く  ヽ>'´    j      `'<   L
             〃ヽ /      ハ、       \/  〉
             ハ ∨/   /   /  { \   \   ヽ/ヽ
             l ∨   /  /  丶 \   ヽ   ∨┘
             |  l ,′/ ./      ヽ  \   :l | | |
             |  | │/_/―‐-     -―‐\_| l l |
             |  | l {/    `      ´    l lV l|
             | ∧ Ⅵ   _ _        _ _  ノ /ヽ/|   女の子の夢ですねー♪
             | l { 小V´ ̄`ヾ     〃´ ̄>イノ/ l
            ,′j  ヽ ハ :.:.::         :.:.: ∧く.  |
              / /}  /|ハ.      r ┐     / { \{
.            /'´ ノ // ノゝr、ハヘ   ’ rイ゙lイ\_ヽ\ >
             ´ ̄  ´ ̄ │l│ト /}{^レ!│| |   ` ̄`
               _  r-、│l│∀ 八.∀│| |,-ッ
           /´   `ヽヽ ソ    {Y }    /_  -――-、
          /        〕-く ̄ 7^}ムイ¨Y^ヽく         \
        /        _ノ   _>┴〈/ ̄ `<└ 、         \
       /        厂 >'´     }      `< \j   \  \_
     / ∠/ jヘノ>'>'´       |        ∨{'⌒V⌒ヽノ〜ヘ `>、
    //\{/´{/⌒   >'´        │        ∨         \_ノ
    >〈 /       ヽ            |         /          /
      ̄ \        ∧        │          /         /
        \       j_,∧  /二二二ミ|ニ二二二\ ∧   ―‐-  /
          }/ / ̄__∨/     |      ヽ/'´  ̄ ̄ \   }
         ‘ーく.ィ寸"  /|′      |       ∨  ̄ ̄ ∨>ー’
.            〃 ∧   {/ }        |         /ト、>  /ハ ヾ
          {{___{ \ └〈.        │       {__}  く__/ j___}}
            └‐く  <{       |       }ヽ` /
               \           |            /
                 \         人.        /
                    /\     厶_厶    /7
                /   \_/   ヽ_/  ∧

5871 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:39:48 ID:sT5/Tpb6
34、

      l⌒l       (~~ヽ、    (~~ヽ/)ヽ_)ヽ_)   (\  /)     ____
    _」 L_      ヽ、_ノ     > /         > `ー' <   ∩ (__ __)◎
   (__  __)     ,/ ̄ ̄ヽ  /  <   /)     / ∧ <~/ ヽ、 l l _」 L_
    _」 L_     / / ̄~ヽ │(_/l l //      l l ヽV /ヽ l  l l (_  __)  ○ ○ ○
   (__  __)    L__」   ││   l l ヽ'        l L/ ∧) l l  l l   」 L_
      l  l   l⌒l      / /   l l  __/)   ヽ_/   (/  lレ, /    \
      l  ヽ_ノ /   _//     l l (___/             レ' l ○ /ヽノ
      `ヽ、___/   (_/      U                       `'ー-'''"

          .  .| ./__
        '/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l   もう好きにしてくれ…
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/



             rイ´ ̄ ̄ ̄ `\
             ∨   ー──=- ヽ,、,
                / `7¬==‐-f勺.::ミヽ    //
            | l  |__| lハ__\ Ⅵ\ \
            レヘ´j/ V ´\`トヘ| .::.\/     
              }イハ'⌒__⌒Y レヘ.::.::.j \    
            ./│ :l>ゝ ノイ:!│ ',⌒   |  そうか♪
                | | :Ⅳ‐允‐く7 /ヽ ∨ ̄   
                | Ⅳリ ∨ ll__/Ⅳ /  ハ     じゃあ次は――
                l / 〉く,_小_,>ヘ \ lハ    
           ∠__ イ   人   >、__∨ リ    
           ‘ー'´/\_/Wヘ/∨`ー’
             /        ',       \\
             _ト、__\  ___〉
            (__ノ ̄`ヘ ___)

5881 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:40:30 ID:sT5/Tpb6
35、

       ('''''‐、                             ..-ー 、                 _,
      .__,/  .!' ̄'''、      i''、     ____            ゙j  / ,_          ,i .. -‐'″ .`'';
    .ヽ´ ._,,  : ―<       ! .!  .t./ ´  `'、    .r‐ 、 │ .! l .`'i      .\,   ../゛
    .!ミ゛ _,  -ー'┴ー-、    !  |   .`''---‐"    |  .←′ `^゙"  l        ,/’ .,r__
  .,i--''''"゛      ,.___.ノ   .l  !,.           .く, ._,, , ィ¬__./       ./    .__, `''、.
  \ -/″ lフ   'ヽ      .|   l  ,i、   __.    .r‐-、 .|  .|  .l ゙\    ,i'" ., / ^´ │ │
   .,/ ,イ .`-'゙,..、 `''ー、.  │  /  l .`゙゙゙´  ゙ヽ   !  ゝー'′  ̄´゛  /    .|__/    /   ./
  i彡 -'".l′ ./  \、 _,ゝ  l. l   `'-----‐'゛   !  .,.. -―''''''''''l  /           <;;,゙゙___,,,./
      ゝ'"     .´゛     .´             `''"       `''"


                   /⌒>=-、
               _, -'´ ̄ ̄ `ー<}         
             //ノ(          \        |  
              /// .⌒ 〃ハヽ \   ヽ       |  リーダを妊娠させた
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   『おしおき』だな!
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |   
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉

5891 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:41:06 ID:sT5/Tpb6
36、

                  ____
               _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ  ━━┓┃┃
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    ┃   ━━━━━━━━
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!.   ┃               ┃┃┃
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  。                     ┛
           li::l::N{:ヾVヘ ー== 'ハ ソr=ハ!:l/
            !:l!:ト、l::l{`         !,、 j川/  ゚ 。
           ヾト辷N!      ,,'   ≦ 三
              Yl:ト、     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              iN \ ゚ 。≧         三 ==-
              zh   丶、ァ,          ≧=- 。
           ノ ̄´"''‐ 、   イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ヾ        ヾ ≧
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|  ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ     レ   ≦
  |八 \      __/      _,)ヽ___/ "ヾヽ。`=、、
  ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l    え? なにそれ?
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    だいたい、最初にリーダを誘ったの君じゃん!?
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

5901 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:41:54 ID:sT5/Tpb6
37、

 ____   _       _             __
 |___|.   | |       __| |__       / >.   |  |         _
            | |       |__  __|    / /    |  |         | |
            |  ̄ ̄ヽ     | |____  < <      .|  |       _| ニl  |二二>
 |\__    |  / ̄ヽ ヽ  .└─┐ |   \ \    |  \_   /__  'へ
 |___|   |_|    |__|      .|__|     \ >   \__|   ヽ_,ヘ/


              ┏┓┏┓
            ┏┛┃┃┗┓
            ┗━┛┗━┛
            ┏━┓┏━┓
            ┗┓┃┃┏┛⌒>=-、
              ┗┛┗┛  ̄ `ー<}         
             //⌒          \        .|  それとこれとは別だ!
              /// /   〃ハヽ \   ヽ       |  
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  だいたい、なんでリーダの方が『先』なのよ!?
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |  私の方がずっとずっとしてるのにーーーーっっ!!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉

5911 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:42:41 ID:sT5/Tpb6
38、

                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ       そんなの知らないよ!
                {: :/|イA: :}       純粋な運だろ!?
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ



              ┏┓┏┓
            ┏┛┃┃┗┓
            ┗━┛┗━┛
            ┏━┓┏━┓
            ┗┓┃┃┏┛⌒>=-、
              ┗┛┗┛  ̄ `ー<}         
             //⌒          \        
              /// /   〃ハヽ \   ヽ       |  
            /'´//     / /  {{ \    ハ        |  五月蝿い!
            〃 / , { {V{   ヽ \ヽ  リ      |   
            { ハ  l `ト、\    _, 斗  }\      |  あーもう何だかとってもちくしょーーーーっっっっ!!!!
            ∧ { ヽ { ヽ_ ゚>'  `<゚ __/ //:::::::\   \_  ___________
          く ::::ヾ::|l∧ ''       ''彳l"|::::::::::/     //
        _/^ヽ、::::::|l lゝ rvー== V}/l│|:::::_/
         f     入:::|l l | l> _, イ l│|く
        {     / ヽ|l l | /  厂}i{厂}j ll│|::::\
        「 ̄ ̄ ̄〕   |l l |-‐ '^¨ {i{ ¨>リ |│::::::::\
.      /⌒7「 ̄⌒7/|l l | _  川  //! |`\::::::::}
    〈   `\  /  |l l |  )/爪\(⌒/l│/ \~
.     ヽ       }   |l l |C/ / :|::ヘ. \C|│    /\
      ∨       |  l{ヽ八  {::{::|::l::}  ∨/  ≠=  ヘ
      ∨     〉 ヾV  ヽ Ⅵ::|:Ⅳ! 彡' ト、      \
        ',      レ   ∧    /:::/|゙l ::l     | \      ヽ
        ヽ       / ヽ  l:::::l│l:::l     |   ,>      〉

5921 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:43:54 ID:sT5/Tpb6
39、

           ,,                                 ,,,
  ゙'lliiiiiiiiiiiiilllllllllllllllll|||li,,                               l||||l
   ゙゙゙゙゙  、,,,,,,,ii!!"゙゙゙゙゙     、,,,,,,   、,,,,                      ||||
      ,l||||"       ゙゙'llli,, ゙l||! ,,l|||゙   ill,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,iiilllll,,,      |||
      ,,l|||!         ゙゙゙゙゙  ,,,l||"     ゙゙'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       ||
     ,il|l゙゙            ,,rlll"                      ,,,,
    ,,ill"゙           ,,,ril"゙                         il||||l
                                            ゙゙゙

               \      ☆
                       |     ☆
                    (⌒ ⌒ヽ   /
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /  ワーンクヤシ〜
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
               (´     )     ::: ) /   イタイイタイボウリョクハンタイ !?
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5931 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 14:44:20 ID:sT5/Tpb6
投下終了。
リクエストあったんでちと即興で作ってみたけど、やっぱ「かにしの」はaa無いんでキツいw
それはともかく、ご笑覧ありがとうございました。

……続き書くなら倉門二尉を別のaaにすれば良かったorz
(ルルーシュとかルルーシュとか)

594名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:45:49 ID:ysxGq7U2
乙。
しかし先祖からして側室が先に子供を産んでるのか…

595名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:46:20 ID:IEp7WsUg
乙。

596名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:46:42 ID:8sPOWMDE
乙乙

もおおおげええろおおおおおおおおおおお

597名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:48:00 ID:ZwUKXihk
乙!
あー、このエピソードで正妻の第一子が嫡子ということになったわけね。

しっかし所謂譜代は立場がなんもないなあ。ほとんど倉門一派に制圧されたようなもんじゃん。
敵視するのはわからんでもない。

598名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:48:29 ID:4nxHCwXg
乙でした。
でも何気に凄い話が出てたような。マスケットも無さそうなこの時代でも戦術の工夫だけでメイジって倒せるのか。

599名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:51:11 ID:g4jQjLnQ
あれ姫さんってトリステインの王家なん?

600名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:52:53 ID:MMOBYbus
乙です。
えー、倉門さん一行はトリステインを救った英雄なんだよね?
素直に読むと、倉門さんなんかは王家から嫁を貰っているんだよね?
それなのに外様だって?格下扱いだって?
さすがはハルケギニアの魔法貴族。6000年の惰性は伊達じゃないね。


それと、やる夫以外にこの言葉を使うとは思わなかったよ。
モゲろ!コン畜生めっ!

601名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:53:46 ID:fK7uRPwk
平民→獣の認識かなあ。
例えばブービートラップ的なものを平民が作るとは欠片も思っていないわけで。

602名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:54:31 ID:mN.B7jUA
ギーシュん家は開祖の頃から中二病だったんですね・・・

603名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:55:02 ID:ZYycNp8Y
月の場合、もげろではなく、書かれろ、ですね。ノート的に考えて。

604名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:57:03 ID:/DnM6.hA
おっつおっつ
平民を兵士として使って勝つってのは、平民がメイジのことを嫌っていたに違いない。

605名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:01:46 ID:m8anJ7QY
>>598
何でなのかは俺には全く理解でいないが
行軍時に隊列を整えるだけで進軍速度が倍ぐらいになるらしい。

606名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:07:07 ID:a9DwhbaM

これ読んで更にトリステインがなんで王家存続してるのかがわからなくなったわ

607名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:07:55 ID:BQw/7P4w

厨二病が出来ちゃったの一言に勝つのは無理だよなあw

608名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:09:17 ID:eTw7AFM6
>>605
渋滞の原因は前の車の「減速」で起きる。
前の車の減速を見て後ろの車が更に減速する。
そのスパイラルが渋滞と言う現象を起こす。
当然、これは人の場合にも通じる。

だから、整列して皆、同じ速度で行軍すると結果として進軍速度が上がる。

609名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:12:09 ID:J/zgFEjQ
「平民を使ってメイジを倒す戦法」
ガチの自衛隊将校が現地の実情を勘案した上で作り出した戦闘教義か
これが伝承されているか否かでグラモン家の軍事力は天地の差がでるな。

610名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:19:03 ID:MMOBYbus
>>598
攻撃魔法は、相手が見えなきゃ使えないみたいだぜ。
どこぞのストライカーズだったら、レーダーと連動した攻撃?があったけど、こっちでそんな話は聞かない。
使い魔で偵察する程度も、二次創作の領域じゃないか?

だったら、適当な遮蔽物を置いておけばメイジ殺しは容易だろう。
野戦において塹壕を掘るだけでも、全然違う戦いになるよ。
(槍と矢と遠距離攻撃は完全に無効)
問題はそれに相手が乗るかだが・・・

6111 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 15:21:23 ID:sT5/Tpb6
ごめんなさい。中部17州はトリステイン残党と倉門部隊合わせてであり、
倉門部隊単独だと『王都を含む北部7州』でした。
ま、残党は複数の将に率いられてるし、北部7州は南部10州より発展してるんですけどね?
(現在の王領の中心…)

6121 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/22(日) 15:22:38 ID:sT5/Tpb6
<修正>

26、

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /    いや、それとこれとは……
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ  U  _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l



          ,...<:::::::::::::::≧ト 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        r'::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::::\
       >、:;ィ ´/ ./∧、 _`ヽ<::::rミ::>
      / / /レ!T|i | ',\、ヽ` ト、 l 下、       
.     / !/ :|イ :|i|.|_L  ヽテ≧ヘト| l,'!下= 、     実は、ロマリアに亡命している兄さまと話をつけてあるんだ。
     i  ll  !:! 仍:下    i'::::::::7/ l ∨、  \   進軍をここで止め、今占領している北部7州を兄さまに明け渡せば……
     l   |' , ト、ト、i::::i     i:::::::/,'/!  V/ ー┘.  お前を正式な臣下と認め、侯爵位と州一つ下さると約束してくれた。
.       ヽ | \ ヽ ,,-' ´   `,,,'/  |',  |       ……無論、私たちの結婚も。
.             |ヽ ト   `´   /! l l `ー┘
   r‐ .ノ    |  |!  ≧==<|__,'/  l   \
   し       |  |!TL_ノ ^l!^__ / i  ,'.     \
          | l !Yイ,-- '-、 / ,' :/ヘ /----- ヽ
           ヽ', Vイ 天ヽ \イ /  ∨',   ∧
           //ヽト、、レ/:!| ', r‐/      l   ∧
          /イ / {:\::i:| ト'::人__    | | ', ト、\
       // l  Y ji_|::イ:!, 」::::::::7` ┘「  | i :!. ヽ\
.      //   ! ,'!┌──   ⌒ /  l.   | l   \',
.       |'    ! レr'      ___/ |>/! ,'  |,'.      l!
.       |     V ヽ丶 /ニニ _ ィ┘入./   |      /
        ヽ    !ヘ/ 7:::::::|::::::::::::\ //   \ /

613名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:25:35 ID:hX0w4FSo
乙です
かにしのは比較的AAにはめぐまれてるんだけどねえ
何故、御三家が重用されるかがわかった気がするよ

614名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:28:59 ID:BUP7krJs
ギコの嫁さんの梓乃の血から何故あんなの(魔王)が生まれたんだろうとは
思ったけど、まぁケティ(羽入)にはその面影はあるかなw
ところで人気投票一位の殿子はいないのか殿子は!!!!www

615名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:30:22 ID:fK7uRPwk
ルルーシュもある意味じゃ男性軍人がいないというのもあるのかなと。ネタにしやすさも強いんだろうけど。
新城は軍人キャラとしては根強いな…

616名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:34:48 ID:a2QE8GEo
>ところで人気投票一位の殿子はいないのか殿子は!!!!www
俺も殿ちゃんとしのしのが欲しいと思ったけど
今回見て、やっぱ出なくていいと思った
かにしのさっきクリアしたばっかであの二人が妊娠したとか聞いたらマジ寝込む

617名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:37:12 ID:BUP7krJs
>>616
・・・・・・・・・うん、納得したw 確かに殿子が妊娠したとか言ったら
相手はもげろじゃすまんなwww よく見たらギコの嫁は梓乃じゃなくて
奏だったし、殿子は梓乃と一緒にどこか別の場所で幸せになったと想像した方が・・・

618名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:45:19 ID:w2nGLg3o
しかし、視点かえると譜代どももすげぇな
普通に考えればこんな状況だと発言力ガタ落ちだぞ?
それが1000年後には普通にグラモン家を外様と言って名ばかりの職をあてがえるくらいに回復してんだぜ

619名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:52:37 ID:hX0w4FSo
よく考えたらグラモン家も王家の血を受け継いでるから
虚無に目覚める可能性もあるんだな

620名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:58:22 ID:.MPpfNAY
>>605
例えば前の人が0.1秒歩を緩めたとする。
するとそれを見た後ろの人がさらに緩める。
するとその後ろの人は0.2秒弛むことになる
それが1000人も居たとしたらあっという間に100秒遅くなる。
先頭が1分止まったら最後尾だったら1000分になるんだぜ?

621名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:03:30 ID:IIo9RhOg
あれ?
これだと倉門家は王家の傍流になるわけで初代は外様扱いとしても
2代目以降は譜代に組み込まれるんじゃないの?
まあ譜代底辺より外様筆頭の方が発言力はデカいだろうけどw

622名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:08:22 ID:56ypGTsk
グラモンはある意味運も持ってたんだな
このタイミングでやめる理由がなかったら異世界で磨り潰されるまで戦いに戦って全てを失ってたんだろうな

623名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:10:39 ID:w2nGLg3o
>>621
外様の定義がこの動乱の時に成り上がった連中だからでそ
平民から見たらどっちも貴族に変わりねーし、外様言ってる連中ってようはこの時にろくに活躍できんかった古くから続く貴族だからね
王家の血が入ったとかそんなの関係ないねってことかと

624名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:13:42 ID:J/zgFEjQ
>>621
正妻と間に男児が生まれず、側室の子供が後継ぎになったなら
外様だろうね。正妻が生んだ男児が後継ぎなら流石に外様扱いは無理。

625名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:15:27 ID:43pF2F7Y
>>618
初代があんなバカ共と付き合って居られんって
登城とか職を蹴り捲くった結果、譜代が勢力を盛り返したのかも試練。

626名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:15:36 ID:eTw7AFM6
日本じゃ将軍家の血が入った外様ってのも珍しくないんだぜ。
もっとも、50人以上子供を生んだあの将軍だからこそなせる技だが(w

627名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:30:58 ID:Q.ZqPHRQ
ところで、3Pやっていることには
だれもつっこまないのか
倉門モゲロwww

628名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:35:10 ID:w2nGLg3o
あれが嫁である以上、あっちにも手を出してないほうがおかしいし

629名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:49:32 ID:mAjFDVbY
妾腹の兄がルルーシュとかじゃなかったんだ‥没AA的に考えて

630名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:49:49 ID:yMbi64w2
>>625
> 登城とか職を蹴り捲くった結果
あの嫁さんが、それを許すと思う?(w
「兄上の顔をツブす気か!表に出ろ!おしおきだ!」でおしまいでそ(w

631名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:53:04 ID:yMbi64w2
>>627
しかも二人目の女は、嫁さん自ら選んだ件について。

632名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:55:48 ID:wxj5utIE

あまりにも異質な勢力が介入してきたことに対する、勢力や派閥を越えた
「拒絶反応」みたいな話だった感じもするなあ。
トリステイン側にとっても連合軍にとっても、強すぎる力は毒になるという
暗黙の了解に基づいた取引だったと。

「この世界の秩序に従って同化していくか、さもなくば死か?」
嫁さんたちが彼らを止めたのもそういう流れだったのかなと。
それに逆らって滅ぼされたのが、映画版や漫画版の「戦国自衛隊」なんだろう。

やる夫が「異端」として即座に排除されないのは、そうした先駆者たちが少しずつ
社会の許容幅を広げていってくれてたおかげなのかなと思った。

雑談所だから好きなこと書くぜ。

633名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:59:33 ID:bP3wYSvk
というかゲルマニア・ガリア・アルビオン連合ってことだから
外様=旧自衛隊部隊って認識でOKなんかね?

634名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:06:53 ID:4nxHCwXg
>>632
異世界からの侵入者、という認識が無ければ排除って発想が出てこないと思うんだが。
やる夫が派手に暴れるような事してそれを知ってる連中に存在がばれたら、始末しに来るんじゃね。やる夫は空気読めないから自重は無理だろうし。

635名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:09:31 ID:yMbi64w2
>>633
本スレ16話のルイズの話で、王家と共に戦わなかった連中も外様扱いされているので、
戦場から遠い所に運良く領地を持っていた日和見主義者の旧来貴族も少しはいたかも。

636名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:20:29 ID:bHcYbgP.
>本スレ
1000年知識を伝えるにはやはり文字として残すのが最良だと思うけど、
彼らが抱えている知識を全部残すのは無理だろうからやっぱり限定的にしか残せなかっただろうなあ。
まさか全員総掛かりで死ぬまで本を書きまくっていたとは思えないし。
日本語を子孫に伝える事も難しかっただろうし、かといってハルケギニア語で書くのも大変だ。

637名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:48:27 ID:56ypGTsk
ギコはなにもするなと命令されていたけど、だからといって本当になにもしないと暇でかなわんだろ
空いた時間を利用して口述筆記で知識残してたんじゃないか
残した知識の影響が子孫の魔王に出てきたんじゃないかと思う

638名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:13:28 ID:fK7uRPwk
きっとギーシュは「僕は新世界の神だ!だったら先祖にもそれっぽい逸話があるはずだ!若しくは知識とか!」
で初代の古文書とかを発見、体得してたりな。

639名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:16:41 ID:5482.qV.
>>637
ギコじゃありません。

('A`)ドクオデス…

640名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:17:19 ID:yMbi64w2
>>637
何もするなと命令されていたのは、ドクオ君でね?

倉門二尉とギコ一曹が同時期に嫁さん孕ませていたとすると、
ドクオ君の嫁さんも腹ボテかな?

いや、既に二人より先にもう産まれていたりして(w

641名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:18:35 ID:nL4hXJbQ
ドクオの嫁ってある意味矛盾してるなwwww

642名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:36:47 ID:VZiHSbk2
オギノ式が発見されたのって戦後だっけ

倉門が知ってればこんなことにならなかったのになw

643名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:42:37 ID:uc4oNlq6
オギノ式ってやっちゃいけない日とかあるの?
当たりやすい日がわかるだけなら、毎日やってりゃ関係ないよね。
(この調子ならほぼ毎日盛ってそうだし)

644名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 18:48:02 ID:VZiHSbk2
>>643
いや、毎日やるにしても当たりやすい日はリーダさんに遠慮してもらうってことね。

それでも運しだいだろうけど。

645名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:07:23 ID:WIatWa0s
>>643
むしろ毎晩のようにしてると男女ともに妊娠する確率は減っていくらしいぞw
売春婦歴が長い人間ほど妊娠しにくいんだとか

646名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:15:25 ID:iWEZcJtI
精子の質が下がって、受精に必要な能力を満たさなくなる

月経周期や体調管理をしっかりして妊娠に向いた時期を待ってやるしかないか
着床率を上げる秘薬があるならそれを使うのも手か

647名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:24:18 ID:4nxHCwXg
>>646
ガープスに出てくる豊穣のエリクサですねw
性交不可能な種族間でさえ子供を作れるという恐るべき秘薬。

648名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:43:06 ID:srALpu9c
>>647
いや、GALZOOの男の子エキスと見た

649名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:45:23 ID:V.DHVYqQ
水の秘薬にそういうのは有るのか?

650名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 19:47:08 ID:yMbi64w2
ブリミルの教えでは、「婚前交渉」はOKなのかいな?

↑の話で見る限り、ミヤビ姫と倉門は正式なケコーン前のようだが。
兄王がガリアに亡命し、トリステインの滅亡を覚悟したミヤビ姫が
たまたま戦場に出現した倉門隊の強さを目の当たりにして、国の
為に自らを差し出したのかな?

さすがにこれは「ロイヤル・ヴィッチ」とは呼べないだろうねえ(w

651名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:12:16 ID:/JbhUERM
倉門二尉はソ連と戦うつもりだったって事は終戦間際は満州か、北海道辺りに配属されていたのか
もし関東軍所属だったら、当時の裏話的な事聞けるのになー

652名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:25:44 ID:43pF2F7Y
>>651
61式戦車が配備されてるから戦後の北の圧力が
厳しい時代じゃないだろうか?

653名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:35:57 ID:U1EhXuOA
>>620
その例えは極端すぎるけど、
車間40M空けると減速しても大規模な停止が起きないのが分かってる。
隊に分けたときも隊間の距離を空けると全体の進行速度が落ちない。
パレードとか見ると分かるけど部隊の編成規模で距離間が違う。
どっかが減速しても一部遅延で全体の進行速度が落ちないようになってる。

平民が数でメイジ圧倒した感じの表現なので
横隊組んでから大将正面崩れたと思って突っ込んだら、
実は鶴翼で囲まれてフルボッコとかされたんだろうな。

654名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:43:31 ID:56ypGTsk
ギーシュ、キュルケ、タバサの魔法見てると生半可な数でメイジを圧倒できるとは思えんのだがな
近代兵器が使えるなら射程や火力は補えるだろうけど、それがつきたら炎ぶち込まれたりゴーレムに踏みつぶされたりして終わりじゃなかろうか
いったいどうやったら初歩的な銃や剣弓矢でメイジに勝てるんだろう

655名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:45:38 ID:SAm8IAnE
家臣に衛宮切継でもいたとかw

656名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:48:09 ID:P3DRe0rY
魔法も1000年で昇華したんだろ

657名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:50:02 ID:5482.qV.
>>654
散兵戦術
浸透戦術

このへんですかね。
後者は日本軍のお家芸だし。

658名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:51:28 ID:mN.B7jUA
なにも強いメイジと正面きってガチンコしなくても
強いユニットは無視して勝利条件を満たせばいいんじゃないの?

659名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:54:46 ID:qwNmskYc
名乗りあいから初めていざ尋常に勝負!
と思ってたところに榴弾砲を打ち込まれて司令部全滅とか

660名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:55:47 ID:MMOBYbus
>>651
日本国自衛隊は、設立当初からソヴェート相手に戦うつもりでいました。
それ以外の国なんて脅威じゃないんです。

倉門さんのいた頃(昭和30年代?)は、ソ連の中がどうなっているのか良く分からない。
さらに、アメリカが軍事予算獲得の為に過大評価しまくる物だから、恐ろしさが倍増。
地を覆う大戦車軍団。続々登場の新鋭ジェット機。一発で都市を焼き払う核ミサイル。
最近になってソ連が滅んでも、かつてのソ連以上の脅威は未だに無いんです。

661名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:56:20 ID:BQw/7P4w
魔法の届かない遠距離から砲弾撃ち込んで陣形メチャクチャにしたところに兵士大量に叩きつけて
混戦を強要すれば数の暴力フルボッコでなんとでもなるかと。伏兵なら更によし

662名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:56:48 ID:5482.qV.
>>658
それが浸透戦術。

時代によっては「まず敵の最大の戦力を打倒するのだ!」という戦術思想もあった。
最初から正解を知っている倉門は有利。

663名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:01:52 ID:/GW6IBVk
よくわからんけど、敵の頭ぶっ殺したら勝ちだよね が浸透でいいのかしら?

664名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:05:56 ID:5482.qV.
>>663
敵の少ないところをすり抜けて、回り込んで包囲する、
ということ。

>敵の第一線に気が付かれることなく、第一線を突破する。

>浸透兵力が分散合撃を繰り返し、
>内線攪乱、司令部襲撃などを行う事で、結果的に第一線を孤立させ、
>最終的にその戦域全体の戦闘を命令系統切断や残敵包囲によって終結に追い込む。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B8%E9%80%8F%E6%88%A6%E8%A1%93

665名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:06:43 ID:vqcgo1zY
ハルケギニアの戦争って未だに戦列組んで堂々の会戦で勝敗を決するレベルじゃないの?
浸透戦術や散兵戦術が実現可能な素地があるなら、教えられるまでもなく既に戦場で使われてるだろ

666名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:08:42 ID:fK7uRPwk
というより警戒ラインをこっそり突破して内側の補給ポイントや司令部をヒャッハー
内側をめためたにして当初の防衛ラインを孤立させた挙句に殲滅、かな?>浸透

メイジが倉門に対して平民での防衛線を構築。
油断しているメイジ達をこっそり突破した部隊が奇襲。
混乱しているメイジを追い散らした挙句…ってとこだねえ。
倉門部隊が平民の集まりであるって言うことが知られていると油断と侮蔑で効果はさらに高いだろう。
「メイジにはむかう〜」なりくつで。

667名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:10:56 ID:5482.qV.
>>665
>浸透戦術や散兵戦術が実現可能な素地があるなら、教えられるまでもなく既に戦場で使われてるだろ

浸透戦術:敵の裏側に回り込んで独立行動できる下士官が多く必要(教育システムが必要)
散兵戦術:少ない兵数でも目標に命中させられる命中精度の良い銃(例:ライフル銃が必要)

ハルケギニアにはどちらもないからねぇ。

668名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:11:11 ID:mN.B7jUA
浸透戦術の説明見てて思ったんだが
これって無線機とか無い時だと偉い難しそうだな

669名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:17:46 ID:eTw7AFM6
>>668
無い時代に既にやってた。
必要なのはその場その場で適切な判断を下せる現場指揮官。
指揮の最小単位の分隊にまで指揮官がいて、それぞれが大まかな方針の下に動く。
国民総文盲のこの時代じゃ無理。

670名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:21:44 ID:5482.qV.
ところで本スレが落ちているような気がするのですが。

671名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:22:54 ID:/JbhUERM
ギーシュの先祖は姫とキャッキャッウフフしているって事は
メイジも部隊にいたんだろうけど、メイジ部隊は指揮したんだろうか

厨二病思考で魔法をどういった形で近代戦術に加えたのか興味がある

672名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:26:51 ID:56ypGTsk
>>669
そこまで必要ならさすがの倉門も無理くさいな
いくらなんでも現場指揮官全員を自衛隊でまかなうわけにもいかんだろうし、平民を指揮官にはできなさそうに思える

673名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:30:24 ID:5482.qV.
>>672
文字を読める平民を指揮官にする、
という程度までなら思いつくかも。

まあ、実際は
長期戦になる前に講和したから
倉門が困ることはなかったのかもしれない。

674名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:35:50 ID:U1EhXuOA
アニメ見るとただの横隊で平原ガチンコとかファランクス組んでるレベルじゃね。
メイジの魔法力押ししか能がないなら武田八陣形とかでもうなにされてるかわからないんじゃ。
戦術(魔法)が近代戦略でフルボッコの図とか。

675名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:40:41 ID:fK7uRPwk
高火力による夜襲レベルでも結構な戦果を上げそうだ。
ゼロ魔って探知系の魔法とかあったっけ?無ければ大きいぞ、異常に。


釣り野伏で蹂躙されるメイジ部隊の姿が…

676名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:41:09 ID:.QETlh..
まあハルケギニアは基本戦術が対メイジ戦を想定したものだからなぁ・・・
砲亀や飛行ユニットもあるからその辺どう始末するのかしらん?

677名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:47:02 ID:tX0xSryc
倉門家一州丸ごと領土とかやばいな。面積だけならルイズの実家超えてそうだな

678名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:47:57 ID:yMbi64w2
>>574
> ……この世界の人間だって馬鹿じゃない。
倉門二尉が嫁さんの制止を振り切って進軍を続けた場合。
倉門隊の戦術をハルケギニア人の中の出来る軍人が見抜いて、周囲が

「その戦術は異端の恐れがあるから採用出来ない」

と止めるのを説得するのが先か、倉門隊に潰されるのが先か、時間との勝負になるのかな。
でも人も国家も窮地に立たされるとなりふり構わなくなるから、教会勢力を粛清してでも
倉門隊の戦術を採用しそうな希ガス。

679名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:48:49 ID:BQw/7P4w
自分らが役立たずだった戦乱の英雄で平民使ってメイジを蹴り飛ばせて領地もデカイと来れば
外様と罵る以外に自尊心を維持できんのも理解できる気はする

680名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:49:11 ID:4nxHCwXg
案外、クロスボウや合成弓で長距離狙撃をやったか弓騎兵を導入して振り回したかじゃね。
甲冑でも容易く貫通する威力があるし、有効射程もマスケットの数倍はあるし。訓練の問題はあるが作るのは可能だろうし。

681名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:58:32 ID:/GW6IBVk
間者使って井戸かなんかに毒ぶち込んだらいいんじゃね?
勝てばよかろうなのだ

682名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:01:22 ID:56ypGTsk
>>678
ミヤビはいずれターニングポイントがくることを察知しいて、しかも倉門が子供ができれば折れる性格だと言うことを見切ってリーダまで与えていた
だとしたら恐ろしい策士だな

683名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:12:24 ID:eTw7AFM6
>>680
あまり知られてないけど、甲冑を抜けるくらいのクロスボウは大型だったり、弦の張力がとんでもなく強い。
その取り回しの悪さが故に、銃にとって代わられた。

684名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:27:35 ID:/JbhUERM
やっぱり物資の欠乏は作者さんも考えていたんだな
第二次大戦経験した自衛官でも、南方の激戦区経験者なら現地調達でやりくり出来そうなイメージ

685名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:28:20 ID:mN.B7jUA
>>593
               シ ス コ ン
今からでも遅くない、ルルーシュに変えるんだ!

686名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:32:55 ID:kAxd8Ym.
>>680
弓騎兵なんて遊牧民でも取り込まない限り無理だって。


小銃で指揮官でも狙撃したんじゃないの?
単に野戦築城と偽装導入するだけでも戦力は倍増するだろうし、
統一された指揮系統もなくて部隊の戦術も単純な進退しかもってないような連中なら
機動力利用して奇襲とか誘引して包囲殲滅とか、各個撃破のやり方はいくらでもあるだろうし。
この世界のレベルで見れば部隊総シモヘイヘも良いとこなんだから
敵の進撃路に数人潜伏させて狙撃でもさせれば拘束誘引やりたい放題で笑いがとまらんでしょ、月としては。
後はあらかじめ重厚に防御された陣地にでも誘い込んで十字砲火でまとめて
ゴリゴリ殲滅すればメイジが何人いようと鉄と数の暴力で決まっちゃうんじゃないの?

メイジっていってもマスケットが現役兵器足りうるんだから
軍全体で見た火力はその程度のものなんでしょ。

687名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:34:26 ID:yMbi64w2
>>682
なろほど。そこまでは気がつきませんですた。

…でもね、3Pはやり過ぎだと思うんだ、うん。>ミヤビ

688名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:34:28 ID:4nxHCwXg
>>633
その辺は知ってるけど、ようは対戦車砲みたいな運用をされたんではないかと。
メイジの射程はマスケットと似たようなものと作中で月が言ってるから、射程では圧倒できるし。
WW2前半の対戦車戦闘みたいにメイジを誘き出して叩いたんじゃないかね。メイジを潰せば後は戦術的優位で勝てるだろうし。

689名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:38:40 ID:BQw/7P4w
>>682
(その当時だと)5000年続いた王朝の姫君の、陰惨な宮廷陰謀で磨かれた深慮遠謀マジパネェ

690名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:41:16 ID:qwNmskYc
陣形を組んでる各大隊に無線兵を配備して司令部が丘の上から指揮するだけでも
戦闘力倍増のような気がする

691名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:44:41 ID:vqcgo1zY
でも竜騎士だけは勘弁な

692名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:45:27 ID:Kdt3Ez2k
倉門達が敵味方問わず貴族達に危険視される様になったのは戦術だけでなく
ハルケギニアで使われてる銃の原型を作ったからじゃないかな

693名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:45:58 ID:/JbhUERM
>>690
無線って電源はどうやって調達するんだろ?
メイジを頼るにしても、直流・交流の概念が通じるだろうか

694名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:49:22 ID:g4ZT86/k
>>654
「卑怯な戦闘」ってやつですよ
戦術とも言いますが
本編読む限り、どうも一騎打ちが余興とはいえまかり通るような世界ですし、現代軍の
戦術を使えるならかなり優位に立てるでしょう
技術的制約で、たぶん19世紀後半レベルの戦術になるでしょうが、それでも殺戮の効率は
大幅に向上するかと

695名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:51:27 ID:4nxHCwXg
>>693
似たような物って事で魔報が作られたとかw?

696名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:51:51 ID:g4ZT86/k
>>684
さすがに工業製品は現地調達無理でしょう
フィリピンで戦い続けたあの方も、銃弾は墜落した味方機から回収した
銃弾を改造して使ってましたし

697名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:52:41 ID:ZYycNp8Y
メイジ同士なら、遠隔テレパシー通信とかありそうなんだが

698名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:55:04 ID:.QETlh..
高性能伝書鳩くらいなら出来そうだが・・・
あと飛行系使い魔による偵察とか

699名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:57:16 ID:yMbi64w2
>>697
新城さんと千早がいたから、グラモン家にだけ導術兵がいたら最高なんですが(w

700名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:58:44 ID:U1EhXuOA
>>676
平野戦挑む振りしてメイジと飛行部隊主力を誘き出す。
兵站ある町と港、倉門部隊で強襲制圧。
メイジ日干し。
救出飛行ユニットが降りたら包囲戦で散らす。
応援部隊が来たらそいつら無視して次の兵站を叩く。
力押ししてきたら鶴翼で退路ふさぐ。
町で持久戦かましてきたら無視して街道押さえる。
単体火力高かろうが、飛行戦力持ってようが兵站抑えれば終わる。

701名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:59:22 ID:4nxHCwXg
>>698
魔法のコンソメスープでドーピングされたムキピキ伝書鳩ですねw

702名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:11:06 ID:U1EhXuOA
>>690
ライトギーシュの部下やってる新城さんは、
皇国の守護で導術兵使ってそれやってた。
一個大隊生き残りかき集めて撤退戦で、
相手の全部隊足止めして泥沼に引きずり込んだ。

魔法で狼煙上げた回数・間隔で暗号組んで戦略やりとりとかしてれば、
倉門部隊の率いた平民が軍団化できるな。

703名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:12:31 ID:/JbhUERM
>>696
工業製品は無理だね、ハルケギニアに銃が登場したのがいつなのかによると思う

竹槍みたいに武器を自作したりは出来るかなー

704名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:26:06 ID:ysxGq7U2
>>697
使い魔との感覚共有を使えばいいんじゃないか?
二人の人間が互いの使い魔を交換すれば二部隊間での通信ができる。
部隊が増えると使えないけど

705名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:29:11 ID:V.DHVYqQ
メインの基地局作って中継するようにすれば部隊が増えても大丈夫だな。

706名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:29:58 ID:ZYycNp8Y
メイジ特権の携帯wwww

707名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:32:09 ID:/JbhUERM
>>704
皇国の守護者の導術兵みたいだな
導術兵は凄い疲労してた覚えがある

708名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:32:42 ID:56ypGTsk
>>704
使い魔を偵察に出すのは原作でもやってたな

709名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:33:56 ID:Q0yp0IkM
釘通しが姫とかお姉さまとか言い合ってると思うと何か凄い変だよな

710名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:36:24 ID:m8anJ7QY
>>704
「全ての情報をいったん司令部に集積し、部隊間通信は司令部を通じて間接的に行う」なら
通信ラインはN個部隊について(N−1)本、つまり使い魔もちのメイジが2(N−1)人いれば最低限の通信はできる。

A⇔司⇔B

こんな感じで。
何か一工夫するか、地獄のような訓練を行わないと司令部が情報を処理し切れなくて自壊するだろうが。

711名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:36:39 ID:yMbi64w2
使い魔→主人 は主人が指揮官に報告するから問題ないけど

例)
大隊指揮所の主人→中隊指揮所の使い魔→中隊長
                           ↑
                 この部分の翻訳はどうするの?

大概の使い魔は人語喋れないんじゃ…

712名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:38:49 ID:SAm8IAnE
>>711
つ「こっくりさん」

713名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:39:49 ID:56ypGTsk
>>711
表を作っておいて使い魔の足とか嘴で該当する項目を指し示してもらうとかはどうだ

714名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:47:15 ID:yMbi64w2
スマン。自己解決。2部隊で主人・使い魔を交換するから、片方向ラインが2本あるから問題なかったわ。orz

715名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:49:03 ID:bHcYbgP.
司令部           部隊1

メイジA ←―――― 使い魔A
使い魔B ――――→ メイジB


こうなってるんだから相互通信できてるんだろ。

716名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:49:55 ID:J/zgFEjQ
倉門一派の戦術としては平民を中心とした部隊に塹壕掘らせて鉄槌にし敵を拘束、
自衛隊組と自派メイジを金槌として敵主力を叩き潰すというところか?
砲兵がいるなら観測をさせながら完全アウトレンジ砲撃が可能だし。
榴弾使えるなら反則の極みでしょう。

717716:2009/11/22(日) 23:51:32 ID:J/zgFEjQ
平民部隊は金床の間違い。

718名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:51:44 ID:m8anJ7QY
>>711
司令部には各部隊に配属された通信メイジの使い魔を「全て」集めておく。

司令部がある部隊に情報を伝えたい場合は
その部隊に配属されているメイジの使い魔に話しかけるんだ。
そうしたらそのメイジに情報が伝わるので、後はそいつに情報を伝えさせればいい。

逆に、司令部付の通信メイジが「司令部以外の部隊数」人いて、そいつらは担当している部隊に自分の使い魔を預けておく。
司令部に情報を伝えたいときには預かっている使い魔に話しかけると、司令部に待機しているメイジが情報を得ることになる。

719名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 00:18:34 ID:TMBdHbH.
メイジの絶対数がどのくらいかによるけど、
それだと部隊数=メイジ数になるから大変だよね。

720名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 00:23:47 ID:BfaN01lQ
貴族制を根底から揺るがしかねないが平民に杖持たして呪文唱えさせてみればどうだろう
庶子や貴族崩れのメイジなんかもいるし5000年も経ってれば相当混血が進んでるだろうから案外…

721名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 00:27:47 ID:HGkKJWXM
案外いけるだろうけど、トリステインじゃ無理だろうな。
特権と地位にしがみつく人間が改革を邪魔するのが関の山。

722名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 00:42:41 ID:gOxcxMow
そういう貴族崩れのメイジの血を取り入れ、魔法を使えるようになった自分の子孫が武勲で持って成り上がってく
こんなことを画策した奴っていたりしそうなきがする

723名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 00:50:08 ID:2ru5S02A
譜代の家臣なんていない倉門たちはむしろ積極的に貴族じゃないメイジを郎党として
取り込んで勢力を維持しようとしたかもね。なんせ近代兵器を封印して現地に土着
するとなれば魔法を使えないことには地位を保てないと分かってただろうし

724名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:08:04 ID:dMHHm.EQ
ここで聞いていいか分からんので、駄目だったらスルーしてくれ。

貴族の条件ってなんだ? 貴族以外のメイジがいるから、魔法が使える=貴族じゃない事は原作からも明らか。
爵位を持つ事が条件なら、爵位なしのルイズは貴族じゃなくなるんでこれも×。
上の倉門なんかは(功績があり、王族と婚姻するにせよ)「トリステインで」「メイジではない」のに侯爵として認められている。

何か「貴族名鑑」みたいなのがあって、そこに名前が載っていれば「貴族」なのだろうか?

725名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:16:49 ID:/r5NDPn6
> 爵位を持つ事が条件なら、爵位なしのルイズは貴族じゃなくなるんでこれも×
爵位を現在持っている貴族の子女は普通貴族を名乗るもんじゃないの?
当主が長子に家督を譲れば、長子は親の爵位を継ぐけどそれ以外の子供達は
どうなるか知らんが(w

まあ、通常は女の子は他家へ嫁に出し、次男以下は政府からお情けで騎士の爵位
を貰うか、女の子が次期当主の他家へ婿入りするか、そんなところでは?

726名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:17:00 ID:Wzb8GfsU
>>724
くわしくはわからんが
「爵位もち、あるいはその人物が家族と認めたもの」が貴族とみなされるのではなかろうか。
爵位の認定をどうしてるのかはわからん。
ぶっちゃけ「俺貴族だから」と主張して周りから「そうですね。確かにあなたは貴族です」と帰ってきたら貴族なんじゃない?
少なくとも貴族と魔法に密接な因果関係を見出してる思想が単なるプロパガンダであることは確定的に明らか。

727名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:20:14 ID:7j2pf0SQ
皇国の守護者漫画版引張り出して読んでて感じたけど
「何をもって勝利とするか」ってのは政治的判断が必要だから難しいなー
士官である倉門二尉がそこら辺決断するのは大変だったろうから、止めた姫さんがナイスだな

728名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:20:41 ID:eo.8z8C2
貴族っていうぐらいだから高貴な人のことじゃねと適当なこといってみる

729名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:51:38 ID:2ru5S02A
ぶっちゃけるなら法的に貴族と認められたら貴族でその子供でも廃嫡されたらメイジ
であっても貴族じゃないということで>>724がいみじくも言ってるように貴族名鑑に
乗れば貴族というのはある意味で正しく、貴族であっても失態や陰謀などで領地を没収
されたりして貴族名鑑から削除されれば平民へと落とされるんじゃないかな。ルイズも
貴族の令嬢、というカテゴリーだから貴族扱いされるけどほとんどありえない想定では
あるけど領地を持たない豪商などに嫁いだりした場合は貴族じゃなくなるのではないかと。

実際問題、トリステインは小国で土地も限られてるから大貴族でもいちいち嫡子以外に
領地を渡してたら数代で弱小貴族の仲間入りですから嫡子以外は騎士などの一代貴族か
外国の貴族か豪商などに嫁ぐケースが多いんじゃないかな。江戸時代の武家の次男坊
みたいに跡継ぎのスペアとしてどこにも養子にいけず飼い殺しにされるケースも多そうだ。
そう考えるとギーシュの兄が色々と鬱屈して後継者になろうとする気持ちも分からんでも
ないかも・・・軍人一族だから軍人向きでない人間だったりすると更に悲惨だろうし

730名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 01:57:40 ID:/UZXzx6c
そこも含めての社交界と顔見せなんだろうね
この子は貴族社会の一員で○○家の者なんですよ と

爵位は重複して持つこともできるんでグラモンパパが伯爵(存命)で
先祖が他に男爵位を得てたら息子がギーシュ男爵を名乗れる

731名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 02:24:00 ID:HtYKxHGs
クロムウェルがアルビオンの貴族の一覧暗記してたな

732670:2009/11/23(月) 02:34:25 ID:ze4cru5Q
本スレ、落ちていませんでした。失礼しました。

7331 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/23(月) 13:51:41 ID:NpDKdPjo
皆様いつも応援ありがとうございます。

>でも何気に凄い話が出てたような。マスケットも無さそうなこの時代でも戦術の工夫だけでメイジって倒せるのか。
まあ一番の勝因は火力でしょう。
せいぜい射程100mの魔法じゃ、アウトレンジされて終りです。
107㎜迫撃砲や81㎜迫撃砲なら数千mの距離から、しかも身を隠して撃てますからね。
ロケットランチャーや機関銃、小銃だって数百m……
威力も射程も発射速度も何もかもが違いすぎますよ。

ですがメイジ達がそれ以上に驚きかつ怒ったことは、平民を大量動員したこと。
それまでは源平合戦の如くメイジ1騎に数人〜多くても10人程度の平民が付き従い、
それが幾つも集まって軍を構成していたのですが、
クゥ・ラモンの軍勢は『メイジ』(自衛官&本物のメイジ)は後方で支援に徹し、
最前列には『メイジ』(自衛官)数人に指揮された数百人数千人の平民が陣取っている。
しかも、平民の中にも明確な上下関係があり、時に1人の平民が数十人の平民を指揮している……
で、敵メイジの『大魔法』に陣形を崩された後に突撃を喰らい、やられてる訳です。
しかも単独でも上手く連携したり陣地に篭ったりで結構手強い……
これらは『現在』でこそ主流の戦術ですが、当時はデカルチャー以外の何者でもありませんでした。


>あれ姫さんってトリステインの王家なん?
側室の子です。(とはいえ母親は『まあ上級と言える』貴族だけど)


>えー、倉門さん一行はトリステインを救った英雄なんだよね?
>素直に読むと、倉門さんなんかは王家から嫁を貰っているんだよね?
>それなのに外様だって?格下扱いだって?
5000年の間に王家の血は(上の方限定とはいえ)結構散らばってますからねえ。
これが王子なら違うのですが、王女だし側室だし、何より夫は馬の骨だし……


>かにしのは比較的AAにはめぐまれてるんだけどねえ
短編なら誤魔化せるんですけど、やはり数話続けるとなると……


>しかし、視点かえると譜代どももすげぇな
>普通に考えればこんな状況だと発言力ガタ落ちだぞ?
>それが1000年後には普通にグラモン家を外様と言って名ばかりの職をあてがえるくらいに回復してんだぜ
といいますか、そのあまりに巨大な領地と軍事力を警戒されたのですよ。
正直、こんな強大な存在にポストなんか渡せません。

で、逆にグラモンの方もこの状況を歓迎しました。
だって、当初は非メイジですもん。
バレたらヤバい(大半はこの事実を知らない)し、単独では魔法に無知&無力…
そんなこんなで警戒し、あまり交わろうとしません。
で、逆に譜代が疑心暗鬼し、それが逆に…という悪循環。
ぶっちゃけそれでも無事次代に継承できたのは、ヨメさん達の尽力だったりします。
(彼女達お姫様付だけあって毛並みいいし、機転のきくお付きもいるし…)

7341 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/23(月) 13:51:55 ID:NpDKdPjo
>というかゲルマニア・ガリア・アルビオン連合ってことだから
>外様=旧自衛隊部隊って認識でOKなんかね?
それに加えて
①『日和見し続けたor消極的ながらも連合軍に下った貴族』
②『国外に逃げた貴族』
③『倉門軍に参加して爵位を得た市井のメイジ』
④『倉門軍に参加した貴族』←ドクヲのヨメさんの実家とか
⑤その他
とかがいます。


>ギーシュ、キュルケ、タバサの魔法見てると生半可な数でメイジを圧倒できるとは思えんのだがな
彼等彼女等はメイジの中でも『特別』ですよ。


>近代兵器が使えるなら射程や火力は補えるだろうけど、
>それがつきたら炎ぶち込まれたりゴーレムに踏みつぶされたりして終わりじゃなかろうか
実際、作中でみやびが指摘したように、そのせいでだいぶ弾薬を消耗したんです。
加えて、宣伝&配下の平民を安心させるために派手にやりましたし。


>いったいどうやったら初歩的な銃や剣弓矢でメイジに勝てるんだろう
無理です。
ですが彼等が『主要な戦力となった』ことは非常な驚きをもって迎えられました。
ことに『野蛮な』ゲルマニアは、これを見て……


>…でもね、3Pはやり過ぎだと思うんだ、うん。>ミヤビ
や、それは二尉が無理矢理……


>でも竜騎士だけは勘弁な
確かに脅威ですが、射程が短いのでM2や62式、M1919といった機関銃でアウトレンジできます。(自動小銃でもOKかも)
というか、あの速度とガタイで射程内に入ろうとしたら……
(原作によればブレスより機銃の方が『何十倍も射程が長い』とのこと)


>貴族の条件
トリステインに限らず、メイジであることが絶対条件かと。(だからゲルマニアは『野蛮』)
で、貴族とは国に仕え、『武鑑(貴族名鑑)』に名が載るようなメイジとその家族。
けど貴族じゃなくなってもメイジではあるんだから、平民にとっては『貴族みたいなもの』。
江戸時代の浪人みたいなものかな?
けど、手に技術があるから浪人なんかよりずっと恵まれてるでしょうね。
その気になれば、結構いい家の平民とかが喜んで婿に迎えてくれるでしょう。
……ま、実際にはプライド高そう(下手に能力あるし…)なんで、仲間内で結婚する場合が多いだろうけど、
それでも平民の血が混ざって徐々に薄まっていくだろうなあ。


>嫡子以外の貴族の子弟
爵位の無い平貴族になります。
ただ上級貴族の子弟の場合、諸方に運動すれば数段階下の爵位を与えられます。(法衣貴族ですけどね)
けどそうやって、代を経るに従いどんどん落ちてくのですよ。
だから貴族は上以外は子供が少ないんじゃないでしょうかねえ。金もかかるし。

7351 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/23(月) 13:52:07 ID:NpDKdPjo
では…

736名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 13:55:18 ID:JWZIU1U2
投下北と思ったらちがったか

737名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 14:53:41 ID:1dnZKZOg
グラモン家が残った戦車、弾薬、火器すべてに保管魔法をかけて保持し続けているなら
えらいことになるなw

738名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 15:42:49 ID:knO0j33g
どこぞの宗教の偉い人たち「いーもんもんじゃんじょん。とりま没収ね」

739名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 15:48:53 ID:AUJ91xvE
1000年間最新鋭の武器なしでどうやって戦っていたんだろ?
「外様ごときにいい顔させるか」と譜代の皆様が頑張ってくれたのか?

740名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 15:59:02 ID:1dnZKZOg
>>739
初代が確立した戦闘教義(組織、訓練、戦術)の優位で持たしていたんだろう。

7411 ◆WeAPMvKLVc:2009/11/23(月) 16:11:53 ID:NpDKdPjo
>グラモン家が残った戦車、弾薬、火器すべてに保管魔法をかけて保持し続けているなら
>えらいことになるなw
倉門部隊が制圧した北部7州は4万平方キロメートル以上。実際に戦った地域はもっと広いでしょう。
これは戦国自衛隊で言えば、北条を倒したあたりです。
……そして戦国自衛隊はこの時点で大半の物資を消耗し、次の浅井朝倉戦で全て使い果たしました。
倉門部隊の場合、敵は戦国時代の武士よりも遥かに強力であり、かつ越後という初期の地盤もありません。
きっと戦国自衛隊以上に消耗したでしょうね。はてさて、いったい如何ほど残っているか。
(千年の間に事故等で失ったものもあるだろうし)


>1000年間最新鋭の武器なしでどうやって戦っていたんだろ?
きっと小競り合い程度で、国家の存亡を賭けるような大きな戦いがなかったのでしょう。


あ、あとこの作品はあくまで『チラシの裏』であり、本編と完全な=ではありません。念のため。

742名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 16:32:15 ID:AUJ91xvE
>>740
>>741
なるほど
戦国時代を引き伸ばしたような感じか。

743名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 16:35:49 ID:mxfRE.OI
つまり、引き際見定めてハッピーエンドに終わったハルケ版戦国自衛隊ということか

744名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 16:56:36 ID:00wty2.2
その後延々平和だから名ばかりの譜代が勢力をもったまま残ってるわけだしな

745名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:11:03 ID:AUJ91xvE
この世界の技術力で魔法なしで製造できて
なおかつ実用的なものって何がある?

鉛筆・万年筆・安全カミソリは出来そうな気がする

746名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:18:45 ID:iw7cwSFo
ハルケの文明レベルがどの程度かは知らんが、飛び杼と紡績機

747名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:27:26 ID:MVWL9/Xc
瓶詰め

748名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:36:43 ID:pAkcVXLU
パンを美味しく醗酵してくれる酵母

749名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:38:51 ID:1dnZKZOg
コークス(石炭の蒸し焼き、高火力)
コークスを用いた製鉄所(安価な鉄の量産)

750名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:41:40 ID:IPETOtuo
モーターくらいは作れそうな気がする
あと発電機

751名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:46:09 ID:AUJ91xvE
>>746-750
サンクス
コルベールも手に職ぐらい付けておいたほうがいいだろうjk

752名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:48:26 ID:AUJ91xvE
>>751
P.S.
職自体はもっているんだよな。
この世界では副業していいのか?

753名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:49:31 ID:pAkcVXLU
そういえばタバサの眼鏡が魔道具みたいな品じゃないなら、ガラス工芸関連の技術力はガチで高いことに

754名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:54:41 ID:BfaN01lQ
>>753
錬金じゃね?

755名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 17:55:20 ID:r8j5Wh7w
昔の眼鏡って言うと、ビン底メガネ?
ダバサの掛けてるような極薄レンズは最近のものだよなあ
変装の為の伊達とかか?

756名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:20:24 ID:ko0WxUP.
戦闘に耐えうるためのサファイヤガラス製メガネを作る技術を生み出せればっ

757名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:22:57 ID:fODDZ3mc
>>751
原作でノートPCの電源ってコッパゲが用意したんだっけ?
ハゲが出来たなら無線等軍事機器が再び日の目を見る事もあるんだろうか

758名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:40:30 ID:AUJ91xvE
>>757
発電機に関連する装置(内燃機関…)が出来れば何とかなるかもしれん
しかし、内燃機関を作るのがまた難しい。下手に作ると爆発する。

759名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:47:20 ID:X7jdO.QQ
でも、発電機作れても何に電気使うのだ?
どう考えても各世帯に電灯普及させるだけの工業力は無さそうだし、それ以前に魔法で明かりともす貧乏メイジが毎日頑張れば済む話だし。
源内みたいにエレキテルでもやって一儲けくらいなんじゃね。

760名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:48:51 ID:AUJ91xvE
>>759
電解精錬じゃね?

761名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:49:24 ID:BjFR/jBA
>>759
エレキテルオナニーに決まってんだろ?

762名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:51:00 ID:dKwvvTQw
古代だと簡易電池で鍍金加工やってたっていう話も聞いたなあ。

763名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:53:01 ID:PUCNyxnw
>>753
固定化なり何なりでいくらでも強化できるからなぁ・・・

764名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 18:57:09 ID:X7jdO.QQ
>>760
やっても需要が無さそうw
銀を精錬して生産量増加とかなら売り込めるのかな?

>>761
ルイズが犬の躾用として改造椅子を作らせるんですね。

765名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:00:48 ID:AUJ91xvE
>>764
銅を電解精錬すると、銀や金が取れる(陽極泥)
これを狙ってみるのもいいかも。

766名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:02:36 ID:Wzb8GfsU
>>764
水酸化ナトリウムとかアルミニウムとかは「電気精錬でないと手に入らない」ものだな。
意外なところでは「純度99%以上の純銅」とかも電気精錬でないとまず作れない。
一回ちょっとサンプルを作ったらあとは錬金で作ったほうがどう考えても効率がいいが。

767名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:04:45 ID:AUJ91xvE
>>766
「魔法だと不純物が混じる」Byコルベール
だから、電解精錬の方が技術的には優れている。

ただ、電解精錬をするほど純度が必要な機材を思いつかない。

768名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:06:20 ID:wH/ME7h6
そういや貴金属は採掘なんだよな

769名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:09:49 ID:X7jdO.QQ
>>765
儲けが出ないと誰も興味持たないよねえ。

>>766
そこまで純度上げても利用法が。何かの研究用に少量生産とかになりそう。
ところでこの世界って、鋼鉄はあるんだよね?

770名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:14:49 ID:AUJ91xvE
>>769
鉄はあると思うけど、鋼は無いような気がする。
ぶっちゃげ銑鉄状態じゃないのか?

771名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:21:29 ID:4.ymbK/c
熱処理とかされてんのかな

772名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:23:35 ID:1dnZKZOg
平民の傭兵が使用する武器とかに使われているけど非常に高価って所だろう。
大量生産される前、鋼ってのは一種の貴金属扱いだった。

773名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:24:56 ID:X7jdO.QQ
>>770
無いのかあ、なら転炉を作れば素敵な事に。

774名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:27:01 ID:8eLjWi5U
ヒント、月ギーシュのセカンドネーム
鋼は錬金使えばできると思う

775名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:28:56 ID:1dnZKZOg
>>773
転炉をつくるまでが一苦労w
まあ原理と基本的な構造は割と単純だからね。
錬金つかいながら試行錯誤すりゃ無理な話じゃないでしょ。

776名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:29:52 ID:AUJ91xvE
>>773
他の人のとおり、「量産品としては無い」というのが正解かも。

ちなみに、転炉で扱う酸素を作るのにも、電気が必要だから
やっぱり産業の発展には電気がいるんだろう

777名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:31:50 ID:iw7cwSFo
鋼の剣を作ってヒナギクにプレゼントしてフラグ立てる
パンの酵母や瓶詰めを発明してジェシカにさらにフラグドン
アルミニウムを電解精錬で作って新金属によるアクセサリとしてプレゼントして誰かにフラグ立てる

ああなんと素晴らしい現代技術

778名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:34:55 ID:fODDZ3mc
そんなモノ無くてもやる夫はモテるのさ
腐ってただれ落ちろ

779名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:36:06 ID:1dnZKZOg
>>776
転炉で純粋な酸素を吹き込む技術が開発されたのは現代になってから。
それまでは普通の空気を使っていたはずだから工業的に酸素を作成する必要はないでしょう。

780名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:43:18 ID:AUJ91xvE
>>779
やっぱり純度の問題になるのか。

それにしても、硫酸が無いのはつらいね。
日本だと硫黄は取り放題だから心配は要らないんだけど
この世界に火山は存在しないのか?

781名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:45:09 ID:8eLjWi5U
ヒナギクの目から見たらやる夫は超美形なんだぜ…

782名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:45:36 ID:fODDZ3mc
>>780
タバサの外伝で登場したはず
火竜が住んでいて確か火山だったと思う

783名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:49:41 ID:8eLjWi5U
そのあたりの技術はドワーフが研究していそうだなw
なお、この世界にドワーフはいるらしい…月が言ってた

784名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:50:36 ID:vItOEH4A
陸地造成を考えれば火山が無いなんてこたーないだろう

785名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:53:17 ID:X7jdO.QQ
>>784
分からんぞ、地の精霊の働きかもしれないじゃないかw

786名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:54:40 ID:wH/ME7h6
硫黄ってこの世界だと錬金すると火薬になるステキ物質じゃなかったっけ

787名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:58:44 ID:fODDZ3mc
>>784
以前、ハルケギニアが天体か?って話題でも言ってたけど
地球の常識どころか物理法則まで通じない可能性も

788名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:06:54 ID:4TUsRYag
需要がないと、もしくは作れないとどんな技術も製品も普及しないからなあ
正直言って教皇主張のエルフぶっ殺し計画は短期的にはとてもオイシイ
勝てないと貴族が数十%破滅するし、かつてサイトが垣間見た、プリミル本人が数千年前に
陥ってた状況見る限り勝ってもパンドラの箱開けてあの世界の人類絶滅しそうだが

789名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:13:56 ID:AUJ91xvE
この世界の平民は、「自分たちで何とかしよう」とは思わないのかな?
製鉄まで発展させておきながら、向上心が無いとは考えにくい。

790名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:25:09 ID:wH/ME7h6
>>789
成果があっても貴族に吸い上げられるだろうし、大抵の技術は貴族にとっては意味がないから発展は見込めないんじゃないかな
金を持っている貴族が技術に価値を認めないことにはある程度以上の技術開発は見込めないだろうし

791名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:33:31 ID:uxDTQtFg
>>789
貴族が平民を見下すように、平民も平民を見下しているんじゃないかな。
安くも無いし、質も良くないし、って。

792名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:36:39 ID:4TUsRYag
概念がないんじゃないかねえ。「貴族と生存戦争する」って言う概念が
その概念が生まれたらいくら魔法があろうが力があろうが貴族どうにもならんけど
(貴族の魔法がないと平民は不便を強いられるが、平民が居ないと貴族は生存できないので)

793名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:47:15 ID:AUJ91xvE
>>790
この世界の所得配分はどうなっているんだろうな。
マルトーさんのように金持ちの平民もいるにはいるらしいから
製鉄所にいてもおかしくは無い?

>>791
かつての郵パックや塩ですね。わかります。

>>792
腐敗した役人がいるから、平民に不満がたまるはずなのだが
やっぱりリーダーがいないからかな。

794名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:58:35 ID:4TUsRYag
不満は役人や領主、国王までで止まるって事なんだろうねえ
貴族という概念、制度までは届かない
しかしあれだ、この世界に20世紀最大のアレ実験だった共産主義持ち込んだらどうなるんだろうw

795名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 20:59:13 ID:gOxcxMow
腐敗した役人がいるなら当の本人に恨みは向かうし、それが多すぎるのならトップに向かう
特にトリステインとか事実上のトップなら鳥の骨だろ、恨みごと押し付ける分には最適
貴族とい存在そのものに対してはなかなか向かんだろうね

796名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:03:23 ID:iw7cwSFo
銃とかの開発も行われてるから、時代がもっと進めばそういうのも噴出してくるかもしれんね
ゼロ戦とかを分解、解析して似たようなのを量産できるようになればメイジの時代は終わる

797名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:07:30 ID:pAkcVXLU
もっと強いコンバットメイジが誕生しそうだ

798名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:08:03 ID:X7jdO.QQ
もしトリスティンでフランス革命の再現が起きたら、やる夫どちらに剣を向けるかな。

799名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:09:47 ID:hPhpTovg
>>796
銃の世代が2世代ほど進歩した時点でアウト。有効射程はマスケットの4〜5倍になってる。
ただし、地球でもフリントロック・マスケットの世代で200年は足踏みしているんだな、コレが。

800名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:12:30 ID:fODDZ3mc
共産主義も革命も
メイジと平民じゃ別種族みたいな感じだしどんだけメイジを取り込めるかだと思う

801名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:13:00 ID:C0CzN8tw
魔法が便利すぎるハルケギニアじゃ初期の蒸気機関なんか効率が悪すぎて投資が集まらないんだろうな
一定の段階を超えれば機械の効率が魔法をしのぐだろうがそこに至ることは多分無理だろう
となると地球からの技術情報なしで(レシプロエンジンの現物のみで)航空機に搭載可能なレベルの蒸気機関を作れたコッパゲはマジで天才なんだが
正直、あれに搭載されてた蒸気機関って物理的に製作可能なんだろうか?

802名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:15:33 ID:ze4cru5Q
>>798
やる夫はネトウヨっぽいから
共産主義的な陣営には味方にならないんじゃないかね。

803名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:17:55 ID:4TUsRYag
ゲルマニアの高等教育受けてる平民高級軍人辺りがサイトの運用する地球兵器を目の当たりにしていれば
その価値に気がついて、人モノ金をつぎ込む可能性はある
ゲルマニアの技術力と平民+メイジのコンビネーション、そして完成品を知っているというアドバンテージが
あれば、比較的早く実用レベルの平気が完成してゲルマニア無双?w

804名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:19:55 ID:iw7cwSFo
>>801
風石とかもあるから、そういう謎素材とか魔法アイテムとかを補助に使えばいけるんじゃね
いや、それでもかなりすごいの作ったんだろうけど

805名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:20:03 ID:gOxcxMow
>>798
基本的にゼロ魔の主な登場人物のほとんどはメイジだぜ
主人公回りであり身内といってもいい奴らを考えて見れ、大半は貴族だ
そいつら切り捨ててほとんどが見ず知らずばっかしの平民に肩入れする、それが主人公のやることか考えてみりゃ答えなんて一発

806名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:20:55 ID:hPhpTovg
革命ってのは「現体制から除け者にされた富裕層、知識層の嫉妬」から始まるもんだよ。
アカだろうがシロだろうが。レコン・キスタなんてそのまんまじゃん。

807名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:21:17 ID:wH/ME7h6
>>799
メイジだって銃を使うから平民とメイジの関係が簡単に逆転するとは思えないんだが
魔法と銃火器を混成で使われたら個人単位でも部隊単位でもかなり強力になるんじゃないか

808名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:26:16 ID:InyuRGNI
メイジなら銃をぶっ放しつつトーチカ作って塹壕掘って、風で砂埃起こして相手の視界を
遮りながら敵陣に浸透して火炎放射で汚物は消毒だーッ!も出来るからな。

ぶっちゃけメイジが近代戦術使い始めると手が付けられなくなる

809名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:26:30 ID:AUJ91xvE
>>794
>>795
地球とは違って、魔法が根拠に出来るからなぁ

才人がどうしてあそこまで驚かれたのか分かる

810名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:31:21 ID:hPhpTovg
>>807
銃のその最大の利点は「ズブの素人を短期間で兵器に仕立て上げることが出来る」って点だ。
最終的には数の多い方が有利になる。
その点が高価な玩具に過ぎなかった銃がここまで進歩した理由。
魔法は一朝一夕じゃモノにならないだろ?その点は地球で言う所の重装騎兵や長弓兵みたいなもの。
そして、地球では騎士や長弓のような半生を掛けて鍛え上げてきた技、を銃火器がなぎ払う事で、制度的に、軍事的に中世って時代が終わることになった。

811名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:33:27 ID:4TUsRYag
>>810
そう考えると手にした瞬間どんな武器でも熟練してしまうガンダチート、マジチート
わざわざプリミルが四つの僕に与える能力の一つに選んだ理由が良く解る

812名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:41:52 ID:TMBdHbH.
素人は戦術(tactics)を語り、
玄人は戦略(strategy)を語り、
プロは兵站(logistics)を語る。

倉門が兵站つぶす戦略とったら、
メイジが飢え死に。
という衝撃的な戦死を部隊ごと食らっただろうな。

ギーシュの部下にナオエがいるってことは、
先祖はどさくさにまぎれて兵站のある街ごと焼き払ってると思うぞ。

813名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:45:32 ID:AUJ91xvE
>>812
その理論でいくと、アルビオン経済封鎖を主張したルイズ公爵は
相当な切れ者ってことになるな。
まぁ、あの戦争はとめることが出来なかったのは間違いないが

814名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:45:43 ID:fODDZ3mc
>>812
素人とか関係なくどれも大事だとは思うけど
兵站が整ってなきゃ戦略も立てられないもんな

815名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:52:50 ID:LDz6ExOA
>>733
随分お粗末な戦い方してたんだな、この世界のメイジは。
原作だと過去それなりに国家間の戦争もあったっぽいから、
軍組織もわりと洗練されてたのかと思いきや。
そりゃ少人数の自衛官でも無双できるわ

816名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 21:59:35 ID:X7jdO.QQ
>>814
でも、この世界に兵站って概念があるんかね。
船出てくるシーンだと物資運んでるように見えるけど、基本は現地調達なんじゃね?
ロシア式に焦土戦術やったら防御側も後で死ぬからなあ。

817名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:01:50 ID:PUCNyxnw
>>813
実現性が無いからとてもじゃないが切れ者とはいえないな・・・

>>815
しかしブリミルが生きていた時代には高度な文明を築いた平民たちが居たり。
全身金属鎧の大軍勢を率いてテレポートでどこかへ逃げ回る少数のメイジを徹底的に追い回してたし。

818名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:03:26 ID:4TUsRYag
>>817
むしろアレに追われてこの世界に逃げてきたんじゃあるまいか>プリミルさんたち

819名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:07:16 ID:fODDZ3mc
>>816
現地調達って兵站の中に含まれるのかな
皇国の新城さんなんか相手の現地調達防ぐために、自国の村と井戸を使えないようにしたけど

820名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:09:15 ID:AUJ91xvE
>>817
そうか?軍人としてはとてつもなく有能な人間だと思ったけどな。

821名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:11:25 ID:gOxcxMow
>>817
あの時点で公爵が得られる情報からだとあれが最適解だと思われ
実際のところは黒幕がアレなんで失敗確定の策だけどな、まあ見抜けって方が無茶だし

822名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:19:58 ID:X7jdO.QQ
>>818
実は未来の地球から時間と空間越えて逃げてきた犯罪科学者と人体実験された被験者で、追ってきたのは警察だったりしてなw

823名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:20:22 ID:PUCNyxnw
自国の重要役職にまで同調者が居るのに持久戦は無いだろー。
それに相変わらずトリステイン内部は纏まってないし・・・不安要素が多すぎる。

824名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:24:22 ID:.0S2w2vk
>>822
何故か宇宙猿人ゴリを思い出したw
もしくは別の世界で差別や虐待を受けて逃げてきたミュータントとか

825名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:26:37 ID:InyuRGNI
>>824
追いかけてきた兵士が人間サイズのセンチネルなんですね。わかります。

826名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:53:03 ID:TMBdHbH.
>>819
一応は兵站に含まれるようだけど、作戦行動の継続的な維持の確保の観点だと、
短期行動か継続移動(現地徴発→食料のあるところへイナゴのようにひたすら移動)しかできない。
メイジ同士の魔法短期決戦しかしてないこの世界には兵站の重要性がほぼない。
輸送能力や街道確保できてるなら、戦闘機の輸送費やトリステインの食糧事情がもっといいから、
そのへんも中世並みで停止してると兵站線の確保維持の概念すらないので、
皇国の新城さんみたいなことやられたら、メイジ部隊は餓死するしかなくなるね。

秀吉の朝鮮戦役やインパール作戦とか兵站維持できなかったからだからな。
大量の平民を味方につけたってことは、一次産業の生産者を味方にしてるってことだし、
兵站を倉門は掌握してたはず。
逆に嫁の制止振り切って戦線延ばしたら、
太平洋戦争の日本軍と同じ憂き目にあったんじゃないか。

827名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 22:58:45 ID:LDz6ExOA
城があるのに短期決戦しかしないとはこれ如何に

828名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 23:06:23 ID:X7jdO.QQ
中世だと、冬が来るから戦争止めるとか、収穫期だから帰るって戦争だから。
ローマの頃だと何年も都市を包囲なんてやってるけど、この頃の技術と知識は欧州じゃ遺失技術になったから。

829名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 23:16:17 ID:TMBdHbH.
トリステインの城とか篭城戦考えてないでしょ。
メイジ同士の戦争では防御戦は長期間続かないから、
兵站確保した敵に囲まれて長期戦されたら、
城の兵站なんてあっという間に尽きる。

>>828
ローマは元々街道・水道を征服国にたいしても整備したからね。
馬車の車幅の規格まであったチート国家だから、
だれか現代からタイムスリップした奴いたんじゃね?っていうレベル。

830名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 23:18:00 ID:fODDZ3mc
>>828
ルネサンスが起きた理由に、ビザンツ帝国からローマやギリシャ時代の知識や技術が
流入してきたからって説もあるしな

831名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 23:25:56 ID:LDz6ExOA
>>829
固定化や硬化みたいに防御向きの呪文もあるし、
メイジを動員した戦争でも長期に渡るものは珍しくないんじゃないかな。
そうでないとあんな高い城壁に守られた城を作る意味がわからんし

832名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:07:26 ID:H/pGEJrk
アルビオンで既に篭城戦で悲惨な結末を本スレで迎えてるのに、
長期の篭城戦ができる知識や技術がないってはっきりしてるじゃない。
城壁高ければ長期戦可能とかないわ。

833名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:08:17 ID:3b8XbRfU
>>798
フラグ立てた女の子の中で革命軍に目を付けられそうな子達全員連れて
ゲルマニア辺りに脱出しそう。

当然その中にルイズも含まれると思うが、ルイズ…いい顔しないだろうなあ(w

むしろその時、ルイズだけ「私はここに残る!」と言われたら、やる夫がどうするか
そっちの方が興味あるなあ(w

834名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:13:13 ID:Urx/cltY
>>832
あの事例だけを見て篭城戦のノウハウが無いとか言うのはどうかと思うよ。
たった数百人で五万人の攻囲を跳ね返せたらそりゃ凄いわ。

835名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:25:54 ID:1927P0ZE
>>832
百倍以上の戦力差があるあの戦いはすでに最初から勝敗が決まってるレベルだから
一般例にはならないかと。10万の大軍を100騎の飛竜が全滅させられないからと
いって航空戦力が役立たずとは言えないのと一緒

836名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:27:59 ID:c8vvjJr2
>>834
つ千早城
まぁ、山城の縄張りのノウハウなんてこの世界に無い罠(w

篭城に必要なのは食料と水と士気、そして「援軍」。
それがない時点で詰みだわ。

837名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:32:04 ID:T0BKVa6g
ハルケギニアで産業革命が起こるとしたら多分ゲルマニアだろう
欧州で常に虐げられてきた我がドイツは異世界でついに欧州最先進国になりおおせることができるのか……

838名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:34:46 ID:70wLZQOo
いつも通り調子に乗って周りにケンカ売ってフルボッコ、もしくは周りからケンカ売られてフルボッコ
それがドイツクオリティ

839名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:35:49 ID:1hG7m8ng
航空戦力と黒色火薬があるんだから、導火線付けた火薬詰めの樽でも空から降らせば城落ちるんじゃね?

840名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:42:51 ID:70wLZQOo
風メイジに弾かれて終わるんでね? アルビオン多そうだし
もしくは火メイジに消されるか

841名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:44:55 ID:H/pGEJrk
>>834-835
つ末森城
15000対300
つ第二次上田合戦
3500対38000

842名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:45:38 ID:c8vvjJr2
>>839
黒色火薬は威力がショボイ。
充分な威力を出そうとすると飛竜の積載量を簡単に越えるぞ。
それに、この世界のレベルの科学技術の信管だと信頼性は低い。
精々、「落とし多時に火が消えなくって爆発するまでに火が消されなかったらラッキー」ってレベル。

843名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 00:47:37 ID:SRakdVNQ
>>842
着火は誘導のきくフレイムボールを後追いで打ち込むとか

844名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 01:04:38 ID:jfwoWcBA
>>839
地上400メートルに達した時点で
炎で焼くか水をかけるか風で飛ばすか
のいずれかじゃないのか?

四散した火薬にいくら火をつけてもねぇ

845名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 01:20:09 ID:uHGGYGVw
火薬使わなくてもでかいゴーレムがひたすら投石すれば事足りるんじゃ

846名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 02:21:43 ID:1927P0ZE
篭城する側にもメイジや航空戦力がいる可能性を忘れてはいけない。なければ
一方的に蹂躙されるのも有りえるだろうけど兵力を含めて五分の条件なら野戦陣地
よりも頑丈な城砦の方が有利なのは当然。航空戦力からの攻撃にも元の強度が違うから
城と野戦陣地じゃ防御力の差が顕著に出るだろうし、特に屋根があるかないかだけでも
航空攻撃への耐久力はかなり違うだろうし

>>841
圧倒的な戦力差をひっくり返したケースは少ないからこそ特筆すべき例
として記録に残るのですよ。十倍の敵には蹂躙されるのが一般例というものw

847名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 04:40:05 ID:UGyQ.2Jw
戦車があるって事は内燃機関=エンジンが作成可能。
エンジンが作れるということは産業革命と同じ条件がそろっているということ
やる気になれば一台工業立国を作り出せるんじゃない?

84814:2009/11/24(火) 05:12:54 ID:T9Ok7F/E
>>13
あと、やる夫はFランク大学中退ニートというスペックなので
法学・政治学・経済学についての知識はある程度あるかもしれず、
それを生かせることはできるかも。

また、立憲君主制・民主制の現代日本が
20世紀に世界で最も経済が急激に発展した国家であることも知っているだろう。
(なので共和制が絶対必要、とまでは思わないだろう)

そして自由主義・民主制が効率的であることも。

>>798,806
上記の点から「財産権の保障」をした市民革命としての
フランス革命の功績は認めるだろう。
(「嫉妬」だけが革命の原因ではない、ということ)

ただ、やる夫はネトウヨなので、問題がありすぎるジャコバン派のような
共産主義的な思想の陣営には味方しないだろう。

>>478
(ゲームではない史実的な観点としては)
「文明国」になるには実際には軍事力だけでなく、
「財産権の保障」「罪刑法定主義」など、社会科学の充実も
「文明化」の条件として必要なのかもしれない。

安土桃山時代・江戸時代の大商人には悪いことをしていないのに財産を没収された者もいた。
(例:呂宋助左衛門、淀屋廣當)
こんな社会では経済が発展しにくいだろう。

貿易相手の他文明国(欧米)も債権が保障されないと不安だろう。
自国民がなんだかよくわからない理由で投獄・処刑されるのも困るだろう。

84914:2009/11/24(火) 05:17:46 ID:T9Ok7F/E
あと、ノボルスレでも時々話題になるが。

共和制≠民主制

なので注意。
共和制は単に「君主がいない」政体。

共和制の国が必ず民主制であるわけではない。
たまに誤解している人がいるのでここでレスしておきます。

850名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 08:29:41 ID:uiQHaAIE
共和制って下手したら扇動屋に煽られて衆愚政治になるのが困りものだよな
フランス革命とか血の雨が降ったし

その分有能な独裁者とストッパーのいる政治なら
独裁政治であっても素早い動きが出来るし一長一短だな

851名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:17:17 ID:70wLZQOo
原作のロイヤルビッチは対貴族不信感が良い方向に進んでる結果論的名君主だな、そういや
いや、彼女の場合なにやらかしても結果的に上手く転がる豪運の持ち主ではあるんだが
正直言って彼女相手に賭け事支度ねぇ……ぜってぇどんなに頑張っても最後にはひっくり返される
そして、有能な君主より幸運な君主の方が有能さ故の準備その他に労力割かなくて良い分国民は楽だと思うんだw

852名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:21:58 ID:H/pGEJrk
>>846
で、守るがわの兵站はどうすんだよ。
攻め側と同じなら守りきれる!
>>828の言うようにハルケギニアの戦争はそういうレベルだから、
冬まで耐えれば勝つ!とか思ったら、
倉門は兵站線確保して日干し攻めで終了だよ。
攻め側と同数で守るって言うなら食料庫なんてあっという間に空だぜ。

853名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:24:28 ID:H/pGEJrk
そこに城の防御力とか航空ユニットがとか関係ない。
つーか、ずっと粘着してるな。
>>846はなにが言いたいかさっぱり分からん。

854名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:32:22 ID:fYJyEVt2
>>851
次代の国王はすげえ大変だろうけどな
ノウハウもなにもない運任せで連続勝利なんだから参考にしようがない
しかも国民や臣下は間違いなく運任せの成果以上の物を望んでくる

855名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:35:44 ID:70wLZQOo
>>854
大丈夫大丈夫
女で水メイジで女王で若いから今恩恵受けている大抵の民が彼女の前に死んでいるw

856名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 09:45:52 ID:T4wtqndQ
秋冬もぶっとおしで戦争するだけの生産能力があるって言う前提があっての話だろ。
冬だから現地徴発もできないし、同数なら兵糧の減りは攻め側のほうが高いよ。

857名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:01:49 ID:3fSxGHHw
十代の女性であれだけ決断力あるのはすげーよ、ウェールズの仇にしても
一応、民の生活にも目を向ける事は出来るし、これで経験積んだら
無能王といい勝負できる傑物になるぞ

858名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:29:48 ID:vb3J6Cr2
十年後に期待ってとこじゃね
きっと有能かつエロス漂う美姫になってくれるだろう

こっちのナギリエッタ姫の十年後は期待はできるのだろうか
主に胸的な意味で

859名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:36:37 ID:YFmBHB2Y
母親があれだぞ?
期待できるにきまってる

860名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:44:32 ID:5jFE1hk.
>>847
コッパゲがエンジン作ってたが
根本的に「大量生産」の概念がない世界じゃ無理じゃないか?

861名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:47:21 ID:k6xDmv8w
>>859
精神的資質の継承でないことを祈るのみだ

862名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:53:31 ID:uS0Uguoo
niceboat継承とか勘弁してw

863名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 10:55:52 ID:YFmBHB2Y
トリステイン空軍旗艦NiceBoat.号と申したか

864名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 14:02:48 ID:1927P0ZE
>>853
要するに城なんて魔法や航空戦力があるから無意味だ、という主張に対して
場合によるのでは、と反論してみただけです。この世界の兵站がタルブへの
略奪みたくまだ現地徴発にある程度依存してる状況なら周囲の物資を城に運び
こんでの篭城も無意味とはいえないだろうし。

865名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:17:10 ID:H/pGEJrk
>>864
現地徴発した程度の食料で篭城したら、
倉門が兵站線を確保した時点で勝敗は決する。
というか、その程度の兵站だと長期戦は不可能だ。
飯が食えない現実に城の壁や魔法が助けになるのか?
兵站の概念が中世レベルで描写されてるハルケギニアに比べ、
倉門のいた時代で馬鹿にされてたとは言え、
関東軍には輜重部隊が存在してたんだぞ。
篭城やったらどっちが勝つかなんてわかりきってるだろ。

866名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:19:04 ID:uHGGYGVw
>>865
サモン・サーヴァント→食うで食料はいくらでも…

867名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:24:39 ID:YFmBHB2Y
やばい、その発想はなかったw

868名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:27:33 ID:ZTilHlnU
そう言えば、保存食研究している姉ちゃんがいたな

869名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:38:37 ID:Urx/cltY
物資を固定化して保存すれば年単位の篭城すら可能かもな

870名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:58:50 ID:KpaFlF..
・・・このレス数、きっと投下があったに違いないとwktkでスレをみた結果がこれだよ!

871名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 15:59:16 ID:6KLkAnpw
水は水メイジに頑張ってもらうとして穀物や野菜をどうにかできればずっと城から出る必要もないな
収穫済み農作物は錬金で作れないだろうか

872名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:00:18 ID:rP7/4mAo
藁やふすまから代用肉など食べ物をを錬金可能だぜ。

873名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:02:45 ID:fYJyEVt2
可能は可能だがそれは最新技術ってやつだろう
そんなのを戦争に使うのはまだいないと思う

874名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:03:05 ID:b8HnuJMU
>>870
www

仕方ないw
人気スレだからな

875名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:12:24 ID:ZTilHlnU
結果的には避難所があって良かったなww
さて…後は絵師様の御降臨を待つばかりなのだが…

876名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:46:37 ID:eYvX5EhE
げぇ、孔明!

877名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:51:00 ID:vb3J6Cr2
ヤンに直衛に孔明か
グラモン家だけでトリスティン落とせそうだな

878名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:51:43 ID:45zDAP2E
ファーザーだけが浮いて見えるな、コレはwww

879名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 16:56:00 ID:eYvX5EhE
目の前で堂々とクーデターの話をしてるのに「元気があってよろしい」で済ませるとは、さすがファーザー。

880名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:01:56 ID:uHGGYGVw
ファーザーは有能だけど従いたくねえなw

881名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:08:24 ID:KpaFlF..
ファーザーが出てきた瞬間、
キバヤシAA貼り付けて「大変だ!グラモン家は滅亡する!!」と
思わずやりたくなったぜ・・・

882名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:11:34 ID:/VAK473Q
それにしてもこのグラモン家の人材ブラックホールっぷりは…

883名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:12:52 ID:vb3J6Cr2
>>882
そのギーシュが入れ込むやる夫もまた、特別な人材なのです

884名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:17:57 ID:ZTilHlnU
今回の事件は、グモラン家が「外様大名」の汚名を返上する絶好のチャンスだよね?

885名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:29:04 ID:45zDAP2E
>>884
それもあるけど、下手するとファーザーの代で不要な汚名を被っていそうだからそっちが先かもなw

よく没落しなかったもんだ、孔明たちが支えたんかね

886名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:50:20 ID:vb3J6Cr2
鋼の飛竜とは相変わらず厨二全開w

887名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:51:58 ID:b8HnuJMU
なるほど、倉門家の貯蔵庫には、固定化されたガソリンが……

888名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:52:15 ID:eYvX5EhE
まあ、紫電改は鋼じゃなくてジュラルミンだった気がするが。

889名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:53:46 ID:/VAK473Q
鋼の飛竜……フヒヒ、心躍るワードを絡ませるのう…

890名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:58:58 ID:6KLkAnpw
この時期でガンダと虚無特定とか孔明すげええええ

891名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 17:59:38 ID:vb3J6Cr2
ジュラルミンって結構錆びやすいんじゃなかったか?
固定化かけるまでの時間によってはやばいことに……

892名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:01:00 ID:70wLZQOo
鋼と言われてギーシュが黙っているわけにはw

893名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:01:11 ID:b8HnuJMU
孔明ですからw

894名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:01:58 ID:kSa3C5Y2
ダメだ、ドクオのキャラとAAが合いすぎて吹くwww

895名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:02:29 ID:ZTilHlnU
計ったな!孔明!

896名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:02:45 ID:olknCPS2
もしや孔明、ギーシュが後継ぎになるのを渋ってるのを知って、引くに引けない状況にするのも兼ねてたとか?

897名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:05:04 ID:T9Ok7F/E
>>878-885
ファーザーは
無能で人格的にもアレだけど
有能な人士が集いやすい君主=最強
の劉邦の再現じゃね?w

898名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:09:48 ID:70wLZQOo
扱いやすくて細かいことを気にしないから、しゃしゃり出てなければ癖が強すぎて普通の上司からなら
危険視されて当然な臣下どもにとってはありがたい君主かもw

899名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:11:09 ID:45zDAP2E
本スレ964みて思った
長男は神聖モテモテ王国のあの駄メガネかもな

900名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:11:45 ID:hZwfwNMs
君臨すれど統治せず。
必要であれば、自分の名と権限を使う事を許してくれる。

そんな主が欲しいです。

901名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:31:18 ID:T9Ok7F/E
>>899
トーマスとかブタッキーとかアンゴルモア大王とかほかにも候補はいるじゃないかw

90215:2009/11/24(火) 18:45:19 ID:6TBvfLGY
ファザー実は有能・・・?

しかし目の前で「このままなら反旗翻す」発言されるのはやっぱ相当アレなんだろうか。

903名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:48:49 ID:T9Ok7F/E
>>902
劉邦も韓信に反乱されたしねえw

904名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:50:50 ID:uS0Uguoo
テンション上がってきたー
ほのぼの学園コメディはまだまだ遠いな

905名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:53:20 ID:T9Ok7F/E
>>904
>ほのぼの学園コメディ

それってアニメ版だけなんじゃ?
原作だとアルビオン侵攻以降はシリアス路線が多い。
短編でほのぼのがある程度。

906名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 18:53:56 ID:T9Ok7F/E
ああ、レモンちゃんとかもあったか。

907名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 19:01:05 ID:1hG7m8ng
でも、これで言ってるフリゲートって、まんま帆船時代のフリゲートのイメージで良いんだろうか。
だとしたら20隻やそこら揃えても複数の戦列艦相手に役に立つとは思えんのだが。

908名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 19:03:22 ID:T9Ok7F/E
>>907
魔術師(ミラクル)ドクオ提督なら、なんとかしてくれるんじゃないかね?

艦隊戦や空戦のノウハウまで
倉門部隊が知っていたかどうかはわからないが。

909名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 19:33:18 ID:KpaFlF..
>>908
土着化した倉門部隊の連中が、すり減らした近代装備に代わって
現地での装備・戦術を研究してないとも思えんけどね。

910名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 19:41:34 ID:Ga6OgtGc
そういえば空戦では上を取れってのが常識らしいが空飛ぶ船の場合ってどうなんだろう?
砲撃は直上が死角だってのがモノの話のお約束だが、(ほぼ)直下に撃てる砲とかあるんだろうか

911名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:04:39 ID:U03ZKzAs
銀英伝チラッと見たとき平面の戦いで続きみなかったなあ
実際に三次元の戦いされても想像が追いつかないかも

912名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:05:25 ID:Qi2T9xpo
それにしても、グラモン家だけで天下取れるんじゃないだろうか・・・

913名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:05:27 ID:3b8XbRfU
>>894
> ダメだ、ドクオのキャラとAAが合いすぎて吹くwww
銀英伝のヤンは「有能な怠け者」で、有休消化率100%を誇っていたけど、
ここのドクオ提督も「昨夜酒飲み過ぎて今朝は頭痛が酷いから欠勤♪欠勤♪」
とか、やらかしてそう。

副官や参謀長等の部下達は、毎日ため息吐いてたりして(w

914名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:05:39 ID:ezzgUdYA
爆弾とか油の入った樽に火つけて落とすんじゃないの?

915名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:08:40 ID:T9Ok7F/E
>>912
領主と部下が天下を望まなければ
取ることもできないわけで。

他国に侵攻する必要がないからなあ。
防衛的な考え方以外で。

916名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:10:26 ID:KpaFlF..
>>914
魔法で迎撃されないよう煙幕弾だの閃光弾だのを先に落とせると尚良ろしですな。

917名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:11:14 ID:uS0Uguoo
先祖があれだからギーシュの領地の宗教観はやっぱ日本人的な感じか

918名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:19:36 ID:QT7KAUA2
ん、グラモン家がこれほど大きな貴族であるにもかかわらず外様扱いされてるのは1000年前に侵略したからなのか。

今回の戦争でトリステインのために功を立てたら誰も外様扱いできなくなるな

919名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:24:17 ID:/VAK473Q
その程度の手柄で手のひら返すならトリステインはそうそう腐らなかったんでね>外様扱いできない

というか「アルビオンに降っておこぼれに預かるつもりだったのに!」ってうらまれていちゃもんつけられるという予感

920名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:27:03 ID:xz4sfV8c
>>919
そういった嫉妬はファーザーだとプギャーするだろうし、ナギリエッタへの
反感は麻呂の骨が全て受けとめるから大丈夫

921名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:34:02 ID:rP7/4mAo
倉門家にはカレーとか鍋とか日本の食事伝えられなかったのかな。

922名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:35:17 ID:QT7KAUA2
あー、そう言えば海軍では毎週金曜日はカレー、って献立で決まってるって話を聞いたことがある。
あと、野戦の場合はカレー粉を支給するとか。
どうなん?

923名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 20:52:20 ID:XrsvVrxM
上は侯爵から下は兵士まで
「今日はカレーの日!」
グラモン家がはぶられてる理由ってそれじゃね?
カレーは高級料理ですよっと

924名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 21:11:52 ID:uS0Uguoo
そういえばスパイスは貴重品だった!

925名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 21:15:54 ID:FtsZduCQ
胡椒=ごおるでんという時代なのかの?ここの設定って

まあ、サフランは今でもごおるでんだが

926名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 21:17:21 ID:dlAszDLg
グラモン領地内ではどうなんだろうか?
妖精亭では誰も知らなかったからあったとしてもマイナーな料理なんだろうな
というか米なかったら強制的にカレーパンしかできんのじゃないか?

927名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 21:27:12 ID:2a9ry8Jg
どうでもいいけど、”鋼の飛竜”でキ109?と思ったのはナイショだw
あれはひとりでは扱えないからなぁ…

928名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 21:40:16 ID:XrsvVrxM
>>926
いや、兵舎の食事に出るっていう意味で書いたんだ
月に一度ぐらい「カレーの日」があって
その匂いをかいだ諸侯軍や国軍の将校や兵士が
「あいつら、あんなスパイシーな料理を…」
とか

周りの反応とか気にしなさそうな家風っぽいから

929名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:00:07 ID:Omil8fnY
倉門家領内では納豆が普及していて欲しい。
これまでの描写見るに望み薄だが・・・

930名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:03:05 ID:uS0Uguoo
何故に納豆

931名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:13:15 ID:c8vvjJr2
>>929
大豆は根粒菌が土壌に存在しないと育たないとい。
まんまヨーロッパがモデルのハルケギニアでは育たない可能性が。

932名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:47:46 ID:6KLkAnpw
領内にとんかつはあるみたいだが銀シャリは手に入るんだろうか
あったかいご飯なしでとんかつだけ食わされるのもちょっと・・・

933名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:48:32 ID:dVprcN8s
カツサンドじゃだめなのか

934名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:48:50 ID:6TBvfLGY
根粒菌なんかヨーロッパだろうがアフリカだろうがあるんじゃね?

935名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:49:25 ID:3b8XbRfU
大豆が駄目なら、あずきを栽培してアンコを作って汁粉とぜんざいは無理かな?

936名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:52:55 ID:1927P0ZE
汁粉とぜんざいは小豆を他国から輸入してやる夫が発明したみたいなことを
言ってたからやっぱり普及はしてないんじゃないかな。まぁトンカツがあるなら
てんぷらは普及してそうだが

937名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:53:44 ID:dlAszDLg
そもそも栽培されてる野菜や穀物は地球と同じなのか?

938名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:55:02 ID:3b8XbRfU
大豆が駄目なら味噌・醤油も駄目か。
天つゆの無いてんぷらなんて…

魚醤油で天つゆ作れるかな?

939名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 22:58:02 ID:QT7KAUA2
>>931
ヨーロッパにはないけどハルケギニアには有る、って事で良いじゃん

940名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:01:12 ID:nZ70ET0k
天下四分の計か…
となるとアルビオン王党派の家族を受け入れたのがデカイな。
王家の斡旋で貧乏貴族と縁組させれば、王党派旧領は問題なく併合可能。
亡命者にとっても旧領回復の機会だし、貧乏譜代に恩も売れて一石三鳥。
秘宝も宝石も譲られてるし、他国はいちゃもんつけにくい。
トリステイン連合王国(?)成立の布石は着々とw

941名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:08:29 ID:fYJyEVt2
ギーシュの実家が活躍するとルイズの実家の立場がどんどん悪くなる
ある意味すげえやばくないか

942名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:10:11 ID:vb3J6Cr2
グラモンが活躍するのと同じくらいヴァリエールが活躍すれば問題ない
虚無の使い手(予定)のルイズもいるし大丈夫だろう

943名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:12:45 ID:9VuliCjI
やる夫が活躍→ルイズ→ルイズの実家
と評価されるから大丈夫だろ。
虚無目覚めたら無双だろうし。

944名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:16:11 ID:1927P0ZE
しかし当人達の意思を無視して着々とルイズとギーシュの婚約フラグが立って
きているように見えるのは気のせいだろうかw ナギリエッタやケティも二人は
そういう関係だと誤解してるみたいだし政治的バランスを取る意味でも正しいしw

945名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:18:58 ID:FtsZduCQ
そしてちゃっかりナギリエッタはやる夫をゲットとwwwww

あれ?これでよくね?

946名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:20:16 ID:2JlmzkJo
???「ダメだお!やる夫の目標はハーレムなんだお!」

947名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:23:09 ID:nZ70ET0k
>>946
Nice boat!

948名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:24:24 ID:FtsZduCQ
>>946

側室としてシエシカ姉妹を迎え入れればいいじゃない

いいじゃない

949名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:26:24 ID:Omil8fnY
当代の当主夫婦死んじまったらヴぁリエール家ってお先真っ暗だよな。
上はヒス持ちのババア、中は心優しい重病人、下はすぐ切れるバカ。
誰かしらによほどしっかりした旦那あてがうかそれなりに使える若者を養子に迎えて鍛えるかしないとどうしようもないだろ。

950名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:40:02 ID:t/OxYGts
>>949
なんかもうほとんど詰みに近いもんがあるなそれ

951名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:41:24 ID:2JlmzkJo
長女と三女の無駄にあり余ってる元気を次女に分けてあげてください・・・・

952名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:45:55 ID:UGyQ.2Jw
実際のところコンピューター制御の機械は無理だとしてもその他の機械は何とか
ここの技術と魔法レベルなら作れそうな気がするんだけどなぁ・・・

953名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:47:56 ID:aBsq1eYw
人格的に唯一まともな次女が結婚できんほど病弱ってのは痛すぎる。

954名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:54:24 ID:1hG7m8ng
そういえば、次女って体弱いのは知ってるがなんか持病持ちなんだったっけ?

955名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:54:52 ID:T9Ok7F/E
>>952
必要性を感じていない・理解してないから作らないだけかと。

956名無しのやる夫だお:2009/11/24(火) 23:57:33 ID:hEjNsOfA
>>949
ヒス持ちっていうけど、カリーヌでさえ嫁に貰われたんだからエレオノールも大丈夫じゃね?
むしろ、「耐えられない」とか言って出て行った連中は、
エレオノールと無事結婚した場合、何れはヴァリエール領を継いで
四六時中ヴァリエール公や烈風カリンと顔つき合わせることになるって忘れてたんじゃねえの?

957名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:01:34 ID:lNH1YMFo
>>954
おそらくは白血病と思われる
魔法で生きながらえている状態…きっと長生きはできない…

958名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:04:00 ID:65SnjTSs
>>956
>ヒス持ちっていうけど、カリーヌでさえ嫁に貰われたんだからエレオノールも大丈夫じゃね?
状況が違うからなぁ・・・。

959名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:04:34 ID:s2mU8K..
テファの水の指輪みたいのがあればいいんだろうけどな

960名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:07:12 ID:Idp1/NGw
>>940
グラモン家の妾腹の兄達をアルビオン王党派有力貴族の子女と縁組させれば
家督争いもうまく回避できるし捨て場所としては最適だな

>>949
年はいってるが有能な技術者かつ強力な魔術師のコッパゲを事実上婿に取り込んだ
原作のツェルプストー家は大勝利だよな。系統が同じ火だし

961名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:12:35 ID:hCAukq1k
>>957
ああ、確かに骨髄移植なんて発想自体が不可能な技術レベルだから、どうにもならないか。

962名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 00:35:38 ID:T9YwxG7I
>>944
ルイズ×ギーシュだと、グラモンによるヴァリエール併合になるぞ?
少なくとも、長女が旦那を迎えないと無理と思われ。

963名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 01:11:52 ID:Idp1/NGw
>>962
それではあまってる長兄を婿養子に送り込めば良いじゃありませんか

964名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 01:17:15 ID:IyToL9mY
>>962
あぁ、そういえばルイズの婿が跡継ぎになっちゃう状況なんでしたっけ。
まぁ両親はまだまだ若そうだしとりあえずは両親が頑張るか中継ぎとして
長女を独身のままでも当主にしといてルイズに二人以上の子供が生まれたら
どちらかをヴァリエール家の当主にすれば、と考えるんじゃないかな。
まぁそんなことになったらやる夫がギーシュをNice boatしに行くだろうけどw

965名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 01:45:24 ID:T9YwxG7I
>>963
兄達が無能なら「押し付け」
有能でも「乗っ取り」
どちらに転んでも関係悪化しかありえない罠w

966名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 02:44:40 ID:.e/nYnBA
ほ、ほら、あれですよ。
世間体さえ気にしなければヴァリエール家長女は売れ残ってますよっと・・・
おや、こんな時間に誰だ(ry

967名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 03:40:24 ID:wOourfMg
話変わるけど、今回ギーシュが、グラモン領で新教徒保護したりしてるから云々言ってるけど
それでダングルテールの虐殺起こってない為にハゲの研究が無くなったとかアニエスの経歴が違うとか
に繋がってるのかな。
伏線かなり練ってあるなあ。

968名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 03:44:50 ID:39dTCn7U
>>967
なるほど。考えてあるな。
だとするとヴィットーリアの持っていた炎のルビーはどこにあるのだろうか?

969名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 04:19:26 ID:bSoFDkVQ
アニエスが持ってるんじゃね、ヒロイン的に考えて

970名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 11:44:56 ID:2uKR1/lA
勝手だが、次スレを作る時のテンプレを用意してみた。
                                   
【ゼロの】やる夫が召喚されたようです の雑談所です。    リ
                                  …チラ裏もあるよ。

<過去ログ>
その1 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255328617/
その2 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256425706/
その3 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258449078/

<現行スレ>
【ゼロの】やる夫が召喚されたようです その18【使い魔】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259054132/

原作ありの話ですので、本スレでのネタバレはほどほどにお願いします。
「過度」な「ネタバレ・雑談」はこの雑談所で。

作戦は常に「みんな仲良く」もしくは「マッタリ行こうぜ」、荒らし・煽りはスルー。
当雑談所はやる夫の快適なハーレムライフを[もげろ]します。


次スレを作る>>980 は参考にでもしてくれると嬉しい

971名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 11:49:42 ID:2uKR1/lA
あっ>>970

「次スレは980を踏んだ人が立てて下さい」

を入れるのを忘れていた

972名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 13:34:58 ID:grkP6QDw
ぶっちゃけ土の錬金で食料作りまくれば兵糧は無限だよな
ガソリンみたいな化合物が錬金できるんだから炭水化物等ができないわけがない
まあノボル神の定める「ご都合主義ルール」に思いっきり抵触するだろうから
採用される見込みはないだろうがw

973名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 13:48:27 ID:xgchtsCQ
MP足りなくなるんじゃね

974名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:01:45 ID:DGgbghac
>>972
「城の補修」に代表される様々な作業に使える土メイジのMPを捻出してブドウ糖を練成させないといけない状況か。
兵糧攻めも大詰めの段階だな。

975名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:23:55 ID:D6GXcTI6
>>972
錬金で食べ物作る話は、タバサの冒険2にあるぜ
パン生地みたいなのを錬金して作られた代用肉が存在する
ただし、味は保証できない

976名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:25:43 ID:2uKR1/lA
>>975
大豆じゃなかったっけ?
後、あの話で十分美味しく頂ける物になってたと思うけど

977名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:30:08 ID:OH5v8E42
水とブドウ糖だけの生活を続けちゃ、体力・精神力が尽きる前に狂うよ。

魔法で何を作れるか分からないけど、混合物は作れそうにない。
木材=セルロース=ブドウ糖=でんぷん、と片栗粉のような物を合成しても、グルテン(タンパク質)が無ければパンにはならぬ。
・・・糞尿の窒素を材料にアミノ酸=たんぱく質を合成できる・・・か?
いや、それが可能なら空気から硝酸を・・・

ここまでくると、化学・生物学なんてレベルじゃねーぞ。
発達した科学は魔法と変わらないけど、発達した魔法も科学と変わらないな。
「よー分からんけど、豆から肉っぽい物を作れる」
「何でだか、酒と酢から果物の匂いを作れる」
そんな始まりを記録していけば、錬金の使える町角(没落)メイジのパン屋は繁盛するぞ。
と言うか、魔法を使えない平民は種として絶滅するぞ。

・・・錬金なんて設定作ったのは誰だよw
あまりに都合が良過ぎて、厨二設定なんてレベルじゃねーよ。

978名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:41:23 ID:umilLN..
籠城戦中ならタバサ話に出てきた「代用肉を美味しく仕上げるのに必要な条件」は誰でも満たせそうではあるw

979名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:47:50 ID:k4pPcRBs
>>978
籠城戦が末期的になるほど食卓に上る代用肉がうまくなるのか

980名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:50:19 ID:D6GXcTI6
>>976
『豆で作ったパン状の生地』(p.143)らしい
取り敢えず流し読みしたけど、豆の種類は不明

美味しく焼けましたー、は、火事場の馬鹿力の可能性もあるし、
よしんばマスターしてても、他のメイジには彼女の味は出せんだろうから保証はしない、と
「最低3日間断食しながら、ひたすら練習してください」とか言われても困るわw

>>977
原作ギーシュが得意な『青銅』は、そもそも銅と錫の合金でだな……
それに、元の素材は難易度を変える意味しかないので、岩からも代用肉は作れたりする。というかやった

981名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:52:27 ID:2uKR1/lA
>>980
次スレよろしく

>錬金
そのうち何か重大な問題点が出てくるな

982名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 14:58:42 ID:D6GXcTI6
>970氏の使わせて貰いました、有り難う御座います

新スレ
【ゼロの】やる夫が召喚されたようです 雑談所4【使い魔】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259128513/l50

「(´д`)Edit」が見つからなくて、AA仕込む余裕が無かったぜ……まあ気分気分

983名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:18:54 ID:5h73htGg
>>982
ちょっと早いような気がしないでもない


984名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:23:03 ID:k4pPcRBs
いつも>1が立ててたのに新スレ勝手に立ててよかったのか?

985名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:25:01 ID:itVva23Y
<お願い>
レス980踏んだ方は次スレを立てて下さい。

ってかいてあるんだが・・・

986名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:25:35 ID:xgchtsCQ


>>1自身が書いたテンプレにあるから、早くも無いし>1以外が立てても問題ない

987名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:26:07 ID:2uKR1/lA
>983-984
実は>1に雑談所の次スレは980を踏んだ人が立ててほしいと書いてある

988名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:26:14 ID:k4pPcRBs
>>985
すまん、みのがしてた

989名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:27:55 ID:2uKR1/lA
遅れたがスレ立て乙であります

990名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:35:49 ID:OH5v8E42
>>982
乙です。
>>980
orzです。

そう言えば、青銅は合金だよね。
で、岩から代用肉(しかも断食イメージによる完成品)だったね。

って、そこまで万能なら、魔法を使えない平民が存在できる隙間無いじゃん。
自分で食物やら何やらを錬金すれば良いんだから、社会とか政治とかってレベルじゃねーぞ。生物としての『強さ』が違う。
ハルケギニアの人間が、メイジ単独にならなかった理由が全く分からん。
まさか植物と動物のように、「平民」が「メイジ」を食べる、とか・・・

991名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:41:24 ID:Idp1/NGw
>>990
メイジの血筋は劣性遺伝と考えればOK

992名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:42:21 ID:DGgbghac
>>990
ついでに言うと「青銅色をした青銅」ということは「表面が酸化した状態」をわざわざ錬金している。
(青銅のは本来銅とほとんど変わらない、青銅の色は酸化して析出した銅イオンの色)
ぶっちゃけ頭の中か魔法かに「青銅とはこういうものだよ」という情報があってそれを引き出しているとしか思えない。

993名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:48:57 ID:xgchtsCQ
最初に発現したのが文明ある程度固まってからなんだろ。
生物的な強さ<集団社会の異端排除力

994名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:54:49 ID:DGgbghac
>>993
異端排除までいかずとも、社会が形成されていれば
「平民による生産コスト≦魔法による生産コスト」となるだけで平民は生きていける。

995名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 15:55:41 ID:s2mU8K..
代用肉よりは牛の肉を食いたい
味気ないスープよりは料理人の作ったスープ食いたい

こんな程度の考えでもメイジが平民を纏めて国家作る理由にはなるんじゃね
逆にメイジの庇護を求めて労働力とかを提供する連中もいただろうし

996名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 16:21:15 ID:2uKR1/lA
次スレに何か来た!

997名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 16:31:49 ID:xmO7x0xk
埋め

998名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 16:34:16 ID:2uKR1/lA
ume

999名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 16:35:26 ID:2uKR1/lA
1000ならやる夫もぎの決死隊が結成される

1000名無しのやる夫だお:2009/11/25(水) 16:35:31 ID:CSBlF8Do
>>1000ならなのはさん魔王

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■