■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫はプロ野球選手になるようです
1 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:54:42 ID:Lx7VJw3c
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第一話 「やる夫と甲子園」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想(妄想)ストーリーです。
    話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

2 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:56:24 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 グラウンドに一歩踏み出すと、それだけで気分が安らいでいくのがわかる。
 ここは自分にとって特別な空間だった。この場所で生きてきた。自分が最も輝ける場所だと知っていた。
 まあ、そう思っているのは自分だけではないに違いないが。

--------------------------------------------------------------------------------------

3 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:57:05 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 一人一人が死に物狂いでしがみつき、振り落とされ、栄光を手にするのがグランドだ。
 選手、それを見守る家族。そして選手から何かを受け取った観客。
 長い年月をかけ、何万、何億の想いがグラウンドには集められてきた。

--------------------------------------------------------------------------------------

4 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:58:07 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 しかし、しかしだ。

 このグラウンドは、このグラウンドだけは自分のものだ。

 誰よりもこのグラウンドに接し、誰よりもこのグラウンドを誇り、そして誰よりもこのグラウンドを愛した。
 そう確信している。

--------------------------------------------------------------------------------------

5 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:59:25 ID:Lx7VJw3c
             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !    ゆっくりと歩を進めると、自然と外野に向かっていた。
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /      3番センター赤木。自分の人生を象徴するポジションへ。
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´

6 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:00:15 ID:Lx7VJw3c
  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
             .  。          。  *。, + 。. o ゚, 。*,
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +     ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。   
。 .  .。       . 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .     
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .    
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  。。. ゚。+ 。 .。  .  。  ゚  ,
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .

夜明け前に振った雨はしつこく芝に水滴をつけている。

軽くつま先で蹴飛ばすと、芝はキラキラと水滴を弾いてゆれた。

雨を吸った芝の独特の匂いが鼻腔に届く。表情は、自然と和らいでいた。

7 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:01:06 ID:Lx7VJw3c
   。      .     。          '           ☆       . ゚   
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。   
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;     ゜       
  ゚        。      .        +     。        +      ゜
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。 
   ゚   ,;     。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜ 
     。          ,;    '   ゜             o     ゚   ゚   
 。             *''          *       .゜     。        
'      ゜       。   ゚        ゚  +   。   ゚        ゚      
        ゜       。  '   ゜゜       。  '   ゜゜            
                                                 
                                                 
                                                 
         _,..-'''""'''- .._ , -'"~""''' ‐- ...,,___,..-'''""'''- .._ ,
__,,.. .-‐ '''""~                      wwwwwwww
                     __,,.. .-‐ '''""~''' ´´´    ```゙
センターから見る眺めは野球場の中で、最高の眺めだと思う。

一般にはグラウンドの全てを見渡す役はキャッチャーだと言われている。
しかし、キャッチャーには仕事が多すぎると思うのだ。

ランナーを警戒し、リードを出し、投手を気遣い、打者を監視する。
その上細かい守備まで選手に指示をするのだ、
それだけ忙しいキャチャーは、楽しんでグラウンドを見られるものだろうか。

8 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:02:10 ID:Lx7VJw3c
  ̄l'" / ̄`ー     ゙ 「   レ' l/     投手と打者が対決を繰り広げるマウンドから80メートルほど離れたこの場所は、
.  |.    \  r  │          まさに野球場の全てを見渡せる場所だ。
.  !      \ ヽ │
. !_.」     ,へ._/\」 ┘          グラウンド上の全ての選手が見え、ベンチにいる仲間と相手チームの様子すら伺える。
 |│   ./
. l.l    /                   緊張している仲間を見るのは密かな楽しみだったし、
イ`!`ー-'                    ゲームの迫力というものがビンビンに伝わってくる場所だった。
. | |
 ||

9 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:03:15 ID:Lx7VJw3c
                       ∧∧,      λλ
         ∧∧  ,、,、 n n ∧∧(  ,,) (*´ロ`) (´v`*) ノリレ,, ノリルレ          
         (*´酈) (-^* )::::::::) ∧∧(∩_∩ (〜 ノ-(  ノ (-・ (゚- ゚*ノリ
     ,-'" (   ヽ(゚*  ) )   ( `ー) (∀・,,) vvv 〉 ノ 〉   l i_)(Y ノ          
  ∧w∧  ▲,,,▲  (  (    (/`ヽ) 〈 ヽ (   )ノリルリ λλ (__) し`J (::::::::::).(:::::::::::) 
 ( ・∀・)(∀`  )    ∧_∧  ∩_∩  し' Jノリ゚ ー゚(ー ` )   ∧∧ ∧_∧::::::::つ
 と    )(    )    (@Д@* )(´∀`*)     ( つ (v,と)   (   ´)(゚   ):::::::::| 
  Y  人  Y  人    (つ<V>)と  <v>)    /~~~~ Y 人   と  | |   |∪∪
  (_)`J (_)`J    |  | |  人  Y     ^^Uヽ)(__)ヽJ   |   〜 |   〜    

そして何よりも、観客席の近さがある。

ほんの少し振り返れば自分達を見に集まった4万の観客がいる。
彼らの声は常に自分に届く。

叱咤激励悲鳴祈り。

一喜一憂する彼らの感情は、確かに自分たちに向けられていたのだ。

10 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:04:08 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

試合中にこっそりと、彼らの表情を覗き見するのが自分は好きだった。

それが原因でミスをすることがしばしばあって、そのたびに散々罵られたものだったが---

--------------------------------------------------------------------------------------

11 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:05:09 ID:Lx7VJw3c
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|        いつしか、満面の笑みになっていた。
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ         一人で笑っているしているのが少し恥ずかしくなり、帽子を深めにかぶり直す。
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l     だが、浮かんだ表情は消えない。 
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l

12 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:06:05 ID:Lx7VJw3c
全てがいい思い出だった。

       |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
       |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|
       |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|      勝ったことや上手くいったことだけではない。
  .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
      |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
     |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
    |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
    /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:     \


.        | llllllllllllllllllllllllllllllj  丿lllllllllllllllll_lllllllllllll
      | :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   (;;;;;;;;;;;;;;;;:::://v::;;;;;:::
       | ;:::::::::::::::::::::::::::::::)  ):::::::::::::/:::::::::::::::::::
        | ,:::::::::::::::::::::_;:::::::::ゝ )::::::/:::::::::::::::::::::::::
.      | ,::::::::U:::::::::::::)::::: ) )/ U ::::::::::::::::::::      負けたことも、悔しかったことも、涙を流したことも、全て。
.       | ,::::::::::::::::/::   (./)     ::::::::::::::::
..     | ,::::v:::::::/l     /( j      ::::::::::::::::
      | ,::::::::/ .丿  /ヽ ∪  ,ヘ   :::::::::::::::
       | ::::/   ̄ ̄   \_/  |   :::::::::::::::::
       し'´          `´.   |  :::::::::::::::::::::
                  ∪    | ::::U::::::::::::::::::
                      |::::::::::::::::::::::::::/
.                      |:::::::::::u::::::::/
                       |::::::::::::::::::/
.                       |::::::::::::::
                       \_ノ

13 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:06:56 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

大きく息を吸い込んだ後、顔を上げる。ぐるりと、球場を見回したあと、赤木はグラウンドに向けて深深と頭を下げた。

------------------------------------------------------------------------------------------------

14 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:08:05 ID:Lx7VJw3c
         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l        11月。VIPスターズ 赤木シゲル監督(62)は来期限りでの引退を表明した。
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....

15 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:09:38 ID:Lx7VJw3c
11月末日―VIP球場

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (短距離走は苦手だお・・・ 最下位だけは避けたいお)
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \                              シコウチュウ

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (短距離は割り切って、最低評価じゃなければいいと思うお)
      \     ` ⌒´   ,/   
      /     ー‐    \                              NOW LOADING

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (できればおっせーピザと一緒に走りたいお)
      \     ` ⌒´   ,/   
      /     ー‐    \                                DREAMING!


<次!15番から20番!

オウッ!
                            ハイッ!

16 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:11:08 ID:Lx7VJw3c
         ____
        /ノ 15ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /   「ハイッ!オウッ!15番居るお!」
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

<15番。気合が入ってんな。良しだ!気合に合った走りを見せろよ!

17 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:12:03 ID:Lx7VJw3c
            ____
         :/  15 \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:  (しまった・・・悪目立ちしたお)
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

         ____
       /  15  \
      /  \    /\      (いや・・・)
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

         ____
       /  15  \        (そんなこと気にしてる場合じゃねーお!)
      /  \    /\      
    /  し (○)  (○) \     「チョオオオオリイイイイッス!」
     | ∪    (__人__)  J |     
    \  u   `⌒´   /     

<す・・・すっげえ気合だな・・・

18 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:13:19 ID:Lx7VJw3c
-VIP球場 50メートルトラック スタートライン-

           _-─―─- 、._
         ,-"´         \
        /           15 ヽ  (うっわ。隣の16番クソ早そうな顔してるお・・・ 黒いし・・・
         /       _/::::::\_ヽ  黒い奴は大抵早いもんだって相場がきまってるお(偏見))
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


       ` 、        (__人_)  / (隣が遅いとまだごまかしが聞くのに・・・)
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\  (それに、さっきの返事のせいで変に注目されてるお・・・やりにくいお・・・)

19 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:14:06 ID:Lx7VJw3c
<よーい・・・ パン!

              >   /ごノ   ダダダッ
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡               クロイトヤッパハヤイオ! アカイトモットハヤイオ!

スタートは上手くいった。
予想通り隣の16番は早かったのだが、しばらくはついていくことができた。

20 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:15:08 ID:Lx7VJw3c
しかし自分のうかつさを痛感するのは残り20メートルをきったポイント。
靴紐が解けたのだ。
紐を踏みつけるということはなかったが、足をとられ、多少なりともスピードは落ちた。

           ヽ   ` /  '}   キュムキュム
            >   /ごノ
        __,∠     /    ブカブカ
      〈、    /
       \、__ノ

そういえばスタートの前には靴紐を締めなおしている奴がいた。
自分もそうしようと思っていたはずだったのに―

21 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:17:21 ID:Lx7VJw3c
「20番―、5秒8。17番―、6秒ジャストー。」
                  ___
                    /\::15:/\.       急に呼びやがって・・・
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      あの試験官!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     / 
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

八つ当たりだなんて解っていたけれど、自分のミスを認め、落ち込んでいる暇はなかったのだ。

22 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:18:04 ID:Lx7VJw3c
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    屈んで靴紐を直しつつ、結果に耳を澄ませる。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   もっとも屈んだ理由には、顔を伏せたいという意味もあったのだけれど。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .::::::::::::::::::::15::::::::::::::::....ヽ

 「15番―、6秒7―以上。」

23 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:19:10 ID:Lx7VJw3c
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    最悪だ。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    6秒7。    運動をやっている高校生なら出せる、平凡なタイムだろう。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   自分の中で最低限と思っていた、6秒5すら超えることはできなかった
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::15:::::::::::::::::....ヽ

24 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:20:08 ID:Lx7VJw3c
           ____
         /:::     \    (こんなんで・・・やる夫は本当にプロになれるのかお・・・?)
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

 靴紐はすぐに結び終わったが、やるおが立ち上がるまでにはもう少し時間があった。

25 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:21:10 ID:Lx7VJw3c
同年8月―全国高校野球選手権決勝。

パアンと大きな音を立てて、ミットにボールが追突する。会心の球だった。肩が軽い。
生涯でも屈指のベストボールが、今日は次々と放たれていく。

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /      調子は怖いほど快調である。
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /        この日のために高校生活の全てを賭けてきただけはあった。
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ ゼッコウチョウデアール!


          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_    キャッチャーが首を振るのを目の端で捉えながら、
     :  (_ , 、 _)      ノ  /    やる夫は再びゆっくりと振りかぶり―
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

>やる夫!やる夫!

26 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:22:08 ID:Lx7VJw3c
        ノ L____
        ⌒   \   /\
     /  ( ○) (○)\ヽ
    / /     (__人__)  \\   やる夫!
  /  ./      |::::::|    | \
 (___ノ\       l;;;;;;l    /   )
     /      `ー'   \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

首を《横に》振りながら立ち上がったいぬ夫はミット下げてため息をついた。

27 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:23:03 ID:Lx7VJw3c
ワー!      ____
       /      \                 キャー!
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ      ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  ) ワー!

やる夫に向き合うのを避けるようにそっぽを向き、疲れたような、寂しそうな表情をみせる
そして、視線を1点に集中した。

ワー!         ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ               キャー!
      /    ( ●)  ( ●)'      ・・・
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ ワー!

受ける人間がいなければ投手はボールを投げられない。
やる夫はボールを手のひらでもてあそびながらいぬ夫の視線を追った。

28 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:24:05 ID:Lx7VJw3c
眩しいばかりに輝く、甲子園のフィールドを。
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::               ..,, ....:,:.. .:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::              ,:;;;;;,...:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::             .,;;;;;;;;;: ..:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::.  .           .:;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::   .          .;;;;;;;::,: .:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..     .        .,;;;;;;;;;;;  ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.     ;:       .;;;;:;;;;;;;  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::  ,,,,;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.    .:;; .     ,:::::;;;;;;;; . ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::.: .,,:;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:   ...;;;;     ,,:;:::::;;;;;;;;;: :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::  :...  ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.  .:;;;;    .,,;;;;;;::::;;;;;;;;;;:...:;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::.. ....    ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::   .;;;;;  ..,,;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;:..;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: . .      .,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::  .:;;;;: ,,:;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;::::::::.          .,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;:;;:::.:....         ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::    ....::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;::::::::::..         .,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::   .....::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,:, .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;::::        ...,,;;;;;;;;;;;;;;;;:::   ,,,:::::::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: .:;;;;;;;;;;;;:::::::      ..,,:;;;;;;;;;;::::   ....::::::::::::::::     ..,,;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :;;;;;;;;;;;;::::::::     ..,,:::;:::::     ...:::::::::      ,,;;;;;;;
 :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,,  .:..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ;;;;;;;;;;;;::::::::::..........       ....:::::::     ..,,,,:;;;;;;;;;;;;;;:
 ::::::;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;; ..  .:;;;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;;;:::::::           ....:::::   ...,,,,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ::::::::::::::::::::::::::;;:,:;;;;;;:,,,::::. .  .,            ....:::::::,,,,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:,:..:...   .        ....:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: _,.、;‐'
  :.-.、、:.、:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:,....... ... ....  ..............::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,.,.,、 -ヽ'; ´;;;;;;;::
 ;;;;;;;;;;:;;:;;;;``  'ヽヽ;.-;、:.、、.、:.::  :::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::_、、- …''`゙゙`;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::;:;:;`::`': :'':'  ':';'';';'' ;';;'':  ;;;;`:;;:;;;;;;;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

29 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:25:04 ID:Lx7VJw3c
            ____
           /     \       乾いた音が響き、球場を揺るがすような歓声が上がった。
          /  \   /\      小さくガッツポーズをとった後、白いユニフォームに背番号1をつけた男がゆっくりとマウンドから降りてくる。
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |    ストライクバッターアウト、チェンジ。
      \       ⌒    /    8回にして、今日13個目の奪三振だった。
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

30 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:26:03 ID:Lx7VJw3c
         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     「今日もできる夫は完璧だ。お前の出番はねえよ」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

視線をグラウンドに向けたままのいぬ夫の言葉は大歓声に半分かき消されていたはずだが、
その言葉はやる夫の耳でやけに大きく響く。

一番聞きたくない言葉だった。
そのことを、同じ補欠である所のいぬ夫も知っているはずの言葉だった。

31 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:27:05 ID:Lx7VJw3c
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    「んーなのわからないお!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ    「わかりきっているよ」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

32 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:28:03 ID:Lx7VJw3c
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      ・・・
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ  ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

33 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:29:06 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

甲子園にはしばしばヒーローが現れる。
それは毎試合のようにホームランを打つ怪物であったり、大会通産打率を5割に乗せる天才であったりする。

--------------------------------------------------------------------------------------

34 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:30:12 ID:Lx7VJw3c
          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,   そして今年現れた英雄は信頼度抜群の、完成された投手だった。
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/

35 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:31:10 ID:Lx7VJw3c
       _________
      /     \          決勝まで全ての試合を一人で投げきり。3回戦は無失点の完封勝利。
    /   ⌒  ⌒\         準々決勝ではノーヒットノーランを達成した。
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i       今大会での自責点は6で防御率は1.20。
   ヽ、    `ー'´  /       一試合の登板で1点しか取られないという、信じ難いほどの安定感を誇っていた
   /         \

36 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:32:05 ID:Lx7VJw3c
          ____
        /     \        できる夫18歳。
      / ⌒   ⌒ \       150キロ近い直球と130キロ後半の高速スライダーが武器の、野球名門校毘都附学院のエースである。
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /

37名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 22:32:24 ID:BqXzhZOI
さすができる夫

38 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:33:03 ID:Lx7VJw3c
     ____              8回を終えて無四球無失点。
   /     \            
  /  \   /\           ベンチに戻り腰をかけたその顔には緊張感はなく、
/   (_)  (_) \         むしろこの大舞台を一人で任されているという充実感に満ち溢れた表情だ。
|       、__',_,    |        
\           /         普段無愛想気味なその顔にも、今は笑顔が浮かんでいる。

39 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:34:07 ID:Lx7VJw3c
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \         「4連投だお?疲れは絶対にあるはずだお?いつ崩れるかもわからないお。」
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     「例えそうだったとしてもねこ夫を使う。お前じゃないさ。」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

40 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:35:13 ID:Lx7VJw3c
>>37
ご観覧ありがとうございます

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\          断定するようないぬ夫の言葉に、やる夫の顔が赤くなる。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

           ____
         /       \
        /       ― ヽ     しかしこんなところで殴りかかるわけにはいかない。
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)   熱くなったやる夫の視線は、自然と誰もいないマウンドに向けられた。
      \            `_⌒
      /           \

41 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:36:08 ID:Lx7VJw3c
         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ      「こんなに人がいても、どうせ俺達のことなんか誰も・・・」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

 ポツリと、いぬ夫がひとりごちる。
 小さな声だった。

 いぬ夫も3年だ。
 今大会も代打で一度バッターボックスに立っただけ。その打席はひっぱっての平凡なショートゴロだった。

42名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 22:36:42 ID:BqXzhZOI
やる夫三番手かよ……

43 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:37:11 ID:Lx7VJw3c
        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

やる夫の頭に昇った血が引いていく。
バッターボックスに毘都附付属の選手が立ち、再びの大歓声とともに9回の表が始まった。
フィールドにいる選手が、観客が、熱くなればなるほど自分たちの感情は冷めていく。

もちろん、チームメイトが勝つことは嬉しい。素直にすばらしいと思う。

それでも、それだとしても―

44 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:38:09 ID:Lx7VJw3c
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  「・・・もしもということもあるお。控えのやる夫は、できる限りの準備をしておくだけだお。」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

静かに、やる夫が言う。
何か押し殺したような雰囲気を感じ取ったか、いぬ夫は口元で小さな返事をするとミットを再び構えた。

45 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:39:28 ID:Lx7VJw3c
バンッ!      ____
      /  ノ   ヽ、_ ヽ
     /u ( >)}liil{(<)\\    すぐさま、勢いのいいボールがミットに飛び込んできて、
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\   いぬ夫はボールを弾いて捕り損ねた。
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ


           ____
          /         \
      // ─    ─    \    いい球だった。拾ったボールをしばらく見やる。
     // (●)   (●)  ヽ \
    /  |     (__人__)     ヽ  \
  (  (⌒(⌒(⌒ヽ  (⌒(⌒(⌒)i___)


         ____
       /      \
     /    _ノ  ヽ、_ \ヽ     「・・・俺より、練習してたものな。」
    / /  o゚⌒    ⌒゚o \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

 フィールドでやる夫の球を受けたい。いぬ夫はそう思った。

46 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:41:03 ID:Lx7VJw3c
           ____
         /       \     相手チームのエース、いく夫がマウンドに上がり、毘都附打線を相手に投球を始めた。
        /       ― ヽ    
      /         ( ●) '、   決勝の相手、入速工業は打撃のチームといわれている。
      |             (__ノ_)  
      \            `_⌒   裏を返せば絶対的なエースがいないということになり、
      /           \   できる夫一人で勝ってきた感のある毘都附とは対照的なチームだった。

47 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:42:07 ID:Lx7VJw3c
        _____
      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ 
      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|    
      |::::::::/ ⌒  ⌒ |   
      |:::::::〉 ( ●) (●)|                   ,. ‐- .. _
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)                ./  __  `` ー- 、  マウンド上のいく夫が、ボールを放る。
      |     |r┬-|  |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
       \    `ー'´ /             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、`>、..ノ=┘   そこそこ威力のあるストレートがキャッチャー目掛けて飛んでいく。
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /

48 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:43:10 ID:Lx7VJw3c

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \     自分と同じ程度のストレートだと、やる夫はそう思った
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

49 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:44:14 ID:Lx7VJw3c
    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ        ねこ夫は毘都附の2年のピッチャーだ。
   シ " ( ●)  (● )ミ       背番号は10をつけ、実質的な2番手ピッチャーである。
  メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ
 彡     |r┬'|   ;ミ
   ヾ    `ー '   ン
   /     ""  |

50 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:45:04 ID:Lx7VJw3c
     i^,\ _,,_ /^lγ⌒)⌒) ビシッ
     lノ  \ i|l /ヾノ/⌒) ○ ^)  実力はやる夫と同程度かやや劣るというのが周囲の評価だ。
    シ " ( ●)  (● )ミヽ   /   その意味では、まだやる夫が登板する可能性はある。
   メ  = ⌒(__人__)⌒=    /
  彡           ;ミ   /
    ヾ         ン,   ノ
    /     ""

51 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:46:03 ID:Lx7VJw3c
 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o. 。* ,-i| o. 。*゚}‐ 、゚ + |      ただ、ねこ夫は来年できる夫がいなくなった毘都附のエースである。
゚ |i   | {r|! *l:  /\__/ヽ  ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|     甲子園の連続出場を狙うだろう監督は自分か、ねこ夫
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚     どちらかを使わなければならなくなったとき、来年のためにねこ夫を使うだろう。
 *o゚ |   | 三   |r┬-|   三 |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||     人の成長にとって必須である、経験というものを与えるために。
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
 ─┬─    ──ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   │  ──  / | ̄| ̄ 月 ヒ | |
 ─┴─    /\/ | ノ \ ノ L_い o o

52 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:46:54 ID:Lx7VJw3c
毘都附の最後の攻撃は、あっさりと3人で終わった。大歓声があがり、ゆっくりとできる夫がマウンドに向かう。
甲子園優勝を決めるべく。この試合最後のマウンドへ。
         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \  
    |       ___'___    |                      チョォォォデンジ! ボォォォォォル!
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄ 
.      |          |  
このイニングを抑えきれば、21年ぶりの甲子園優勝である。観客席にいる生徒、家族、OBが、
そしてできる夫のファンが、球場が一つになったような声の嵐を巻き起こす。

そして嵐の中、できる夫が終わりに向けてボールを放つ。

53 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:47:40 ID:Lx7VJw3c
いぬ夫の言った出番は無いという言葉は、おそらく当たっているのだろう。
できる夫が打ち崩されるところなど想像できないし、打ち崩されたとしてもねこ夫がいる。
3点差でリードしていて、9回の裏。自分の出番が回ってくる確立は、限りなく低い。
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l
しかし、やる夫の投球練習は熱を帯びていく。
もういぬ夫は何も言わなかった。
         _____
        /        \
      // \  / \\
     //  (●)  (●)  \\
    /  |     (__人__)     |  \
  (   (⌒(⌒)⌒)  (⌒(⌒)⌒)   )

54 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:49:04 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

高校野球の背番号は、残酷なものではないだろうか?
1から9番は、各ポジションのレギュラーを示す番号である。

10番以降、2桁の番号は、補欠を意味する番号となっている。

------------------------------------------------------------------------------------------------

55 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:49:53 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

2桁の番号の中、10番だけは明確な意味を持つ。
10番は控えピッチャー。2番手ピッチャーの背番号である。

一人のピッチャーが全てを回すなどということがありえなくなった近代野球においては、
唯一明確な役割を与えられた背番号と言えるだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

56 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:51:06 ID:Lx7VJw3c
      /  ̄ ̄ ̄ \
      :/        ::::\   
     ; |          :::::::|     では15は何なのだろうか。
     \.....:::::::::    ::::, /     
     r "     .r  /       意味の無い背番号を背負う自分に、一体何の意味があるのだろうか。
    |::| 15  ::::| :::i
    |::|:     .::::| :::|        
    `.|:     .::::| :::|
     .,':     .::(  :::}
     i      `.-‐"

57 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:52:06 ID:Lx7VJw3c
                 _
             =〈〈〈≠=
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !.ヽヽヽ    リーチです!
  /    ___'___    .\|   l. )))
  |     |r┬-|       |  X ///
  \     ` ー'´     /X  \
  / __        /  \  \_、バシ
  (___)      /   ゝ⊃=≠ヘ人人

できる夫のボールが吸い込まれるようにミットに納まった。
審判の声は歓声にかき消され聞こえない。バッターはうなだれながらベンチに戻る。
2者連続三振。『あと一人』のコールに、できる夫が頷いたように見えた。

58 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:53:03 ID:Lx7VJw3c
         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \      
    |       ___'___    |                 
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ                     == ○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |
遊び球はなし。あっという間にツーストライクまで追い込んだ。
コールはいつの間にか『あと一球』に変わっていた。

59 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:54:15 ID:Lx7VJw3c
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

できる夫と同時に、やる夫は振りかぶる。
         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

60 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:55:31 ID:Lx7VJw3c
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l
背番号15の控え投手は、堂々と、力強く踏み込み、右腕をしならせ、放つ。

61 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:56:10 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------


やる夫の渾身のストレートは、甲子園の歓声を切り裂いて、ミットへ突き刺さった―


--------------------------------------------------------------------------------------

                                                  第一話 やる夫と甲子園 終

62名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 22:59:06 ID:BqXzhZOI
乙〜
次回以降も期待

63名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 23:02:20 ID:h/A1Phs2


64 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 23:04:08 ID:Lx7VJw3c
>>62

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ    <  アザース
(゚Д゚Λ)_Λ    \____________
( ̄⊃・∀・))
| | ̄| ̄
(__)_)

ご観覧ありがとうございました。
投下って緊張するものですねー。

65名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 23:05:05 ID:XWisiFLw
おつー。
今回はプロローグみたいなもんかな?
期待してます。

66名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 23:05:11 ID:7bGOt2QU
乙でした。
絶好調なのに出番がないという遣る瀬無さに物寂しさを感じました。
状況が目に浮ぶ細かい描写もよかったです。

67 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 23:05:35 ID:Lx7VJw3c
>>63

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ    <  オツカレーッス
(゚Д゚Λ)_Λ    \____________
( ̄⊃・∀・))
| | ̄| ̄
(__)_)

どもっす。
「乙」って言葉の温かみを覚えた今日この頃。

68 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 23:10:36 ID:Lx7VJw3c
>>65
>>66

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛハッ!  < アザーッス!
( ゚Д゚Λ_Λ   \____________
( ̄⊃・∀・))
| | ̄| ̄
(__)_)

>>65
言われてみるとその通り、プロローグみたいな話ですね。
やる夫がプロ入りを目指した動機のような回になります。

続きは、明日も休みなので明日この時間に投下したいと思っています。

>>66
どもっす。
(^ω^ ) <やべえ調子に乗りそう
(    )

69名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 06:51:32 ID:bE/IzU4Y
犬のやる夫が地味に可愛くていいね〜。
テスト生からのプロ選手。野村のようになってもらいたい。

70 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 16:46:24 ID:.WuWRnIo
>>69
アザース。

2話は予定通り今日の20:00頃開始予定です。
よろしければご観覧下さい〜

71名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 16:49:59 ID:yEFvC1eQ
やるお

72名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 17:32:20 ID:jlKJlSTc
センター赤木ってそっちのアカギだったか…

73名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 18:15:18 ID:/vdk/pPc
乙です
期待です!

74 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:00:40 ID:.WuWRnIo
>>72 ゴリって手があったんですね・・・ 面白かったかもw

んでははじめまーす。

75 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:01:21 ID:.WuWRnIo
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第二話 「やる夫とプロテスト」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想(妄想)ストーリーです。
    話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

76 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:02:14 ID:.WuWRnIo
 11月末日―VIP球場 午後
             __
〃 | ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ヾ
  \   |   ●  ● __
  ̄ ̄ ̄         \     「次は―長距離走か。距離は10キロだ。一次試験の最後のテストだ。気合を入れろよ!」
  |____/        ▼ |\ 〃
ヾ  |         _人|
   |      ___/
   \    /
    | | |
    (__)_)
   試験官 ぞぬ

77 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:03:01 ID:.WuWRnIo
一段と大きな試験官の声がグラウンドに響いた。
一斉にスタートを切るらしく、ぞろぞろとみなスタートラインに移動していく。

          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

これまでのテストで、やる夫は平凡な成績しか残していなかった。
短距離は下から数えたほうが早い。ここでなんとかしないとまずいのは、よくわかっている。

78 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:04:01 ID:.WuWRnIo
          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

野球は大学に行っても続けることはできる。
そこで自分が成長するだろうというのも、解る。

しかしそれではできる夫に一生届かないだろうことも、解っていた。

79 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:05:02 ID:.WuWRnIo
    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |
 \    ` ⌒´    /
 /            |
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)
偶然だが、やる夫のしゃがみこんでいた位置がスタートラインだったので、やる夫は自然と一番前に出ることとなった。
また目立つと思うが、考えてみればここはアピールの場だ。

目立っている状態で好成績をだせば、チャンスは十二分にある。

80 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:06:01 ID:.WuWRnIo
開き直るべきだ。やる夫は腰に手を当てて大きく息を吸い、1つ勢いよく吐き出す。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       チャンスはあるのだ。今がチャンスなのだ。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

81 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:06:27 ID:.WuWRnIo
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

そう、この『入団テスト』こそが、できる夫に追いつくことの、最後の道なのだ。

82 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:07:08 ID:.WuWRnIo
-------------------------------------------------------------------------------------------

プロ野球選手となるための、基本的な道はドラフト会議で指名されることである。

簡潔に言ってしまえば、プロ球団からお誘いを受けるということだ。
プロ志望届けを出した選手達がこのお誘いを拒否しなければ、晴れて新人プロ野球選手誕生ということになる。

-------------------------------------------------------------------------------------------

83 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:08:16 ID:.WuWRnIo
/\ |  /|/|/|  ドドドドドドドドドドドド!!
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     (´⌒(´⌒`)⌒`)
  |  /  /  |文|/ // / (´⌒(´テストだ!!テストだ!!`)⌒`)
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)
/|\/  / /  |/ /     (´⌒(´(,゚Д゚ )つ `)`)
/|    / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
  |   | ̄|  | |ヽ/|  遅れるな!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
  |   |  |/| |__|/.   ∧_∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
  |   |/|  |/  (´⌒(´( ´∀` )つ  ド  ∧_∧⌒`)
  |   |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( ・∀・ ) 突撃――!!
  |   |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)
  |  /         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |

では、プロ球団の目に止まる活躍をできなかったアマチュア選手達は、プロになることができないのだろうか?

1つだけある。

それが、今やる夫が挑んでいる『入団テスト』である。

84 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:08:39 ID:.WuWRnIo
-------------------------------------------------------------------------------------------

『入団テスト』とは、各プロ球団が自主的に開くプロテストだ。
スカウトの目から零れた『隠れた逸材』を探すことを目的とし、合格者にはその球団への入団−
プロ野球選手となることが許される。

しかし、スカウトマンは『逸材』を見つけるプロフェッショナルである。
スカウトマンの目に留まらない逸材など、基本、いない。

当然合格者が出ないことも多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------

85 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:09:36 ID:.WuWRnIo
-------------------------------------------------------------------------------------------
  |         |  |
  |         |  |_____
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|
  |         |  |   / /|
  |        /\ |  /|/|/|
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /    ∧∧
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/      /⌒ヽ)
/|\/  / /  |/ /       [   _]    ∧∧
/|    / /  /ヽ         三____|∪   /⌒ヽ)
  |   | ̄|  | |ヽ/l         (/~ ∪    [   _]
  |   |  |/| |__|/       三三      三___|∪
  |   |/|  |/         三三       (/~∪
  |   |  |/         三三      三三
  |   |/                    三三
  |  /                    三三
  |/                    三三
そもそも、日本野球機構は一球団が保有できる選手数を決めている。
チーム編成の都合上、開きはするものの合格者を出すつもりの無いテストも多く存在する。

狭き門とは言えないかも知れない。
開いてすらいないかもしれない門。それがプロテストだ。

-------------------------------------------------------------------------------------------

86 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:10:20 ID:.WuWRnIo
-------------------------------------------------------------------------------------------

やる夫は当然の事だが、ドラフトにかからなかった。
他の球団のプロテストにも落ちた。

今年度行われるプロテストで、日程的に最後のプロテスト。
VIPスターズのプロテストに、最後の望みを賭けて挑んでいた。

-------------------------------------------------------------------------------------------

87 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:11:39 ID:.WuWRnIo
笛の音が響き、100人からなる集団は一斉にトラックを走り始めた。
                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \   やる夫は最初から飛ばすことにした。
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/
集団に飲み込まれては足が殺される。一か八かで飛び出してみようと思った。
ふくらはぎに力をいれてグンと蹴る。

同じようにスタートダッシュを狙った数人とともに、やる夫は大きく集団を引き離した。

88 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:12:13 ID:.WuWRnIo
10分もたつとやる夫は集団から一人抜け出して走っていた。
              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /        息遣いはまだ整っているし、足どりもしっかりとしている。
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }          スタートからペースもかわってはいない。
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

やる夫は快調に集団を引き離していく。

89 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:13:14 ID:.WuWRnIo

長距離走は得意だ。

          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ

ちょくちょく陸上部の顧問に野球部からの転向を請われたりもしていた。
だけど、やる夫のランニングは野球のためのものだった。

90 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:14:04 ID:.WuWRnIo

『ピッチャーは下半身が命。大投手になるにはまず走らないと。』

         ____
        /―  ―\
      / ●   ●  \
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キョムキョム
      〈、    /
       \、__ノ

小学生のときTVのインタビューで憧れの投手が答えたこの言葉を、やる夫は信じた。
だからやる夫は走ってばかりいた。

安定した下半身を作るためだとか、投手には体力が重要だとかの理論は後から知ったものだ。

91名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:14:57 ID:5OqbO/DE
小さい頃のやる夫は純粋だったんだなぁ

92 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:15:04 ID:.WuWRnIo

坊主頭を卒業し、伸ばし始めた黒髪に汗が張り付く。

          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \   ←坊主頭ではないです。
      / (−)  (−)u ヽ
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\u `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ

20分たって残りは4000メートルを切った。足に疲労感を覚えたが、ペースは落とさない。

93 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:16:01 ID:.WuWRnIo
>>91
ご観覧感謝です。



そういえば長距離走は唯一できる夫に勝てる種目だった
         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /

94 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:16:26 ID:.WuWRnIo

負けず嫌いのできる夫は密かに特訓をしていたようだったが、それでもこの種目だけは絶対に譲らなかった。
                     _____
           r⌒ヽ、   .  /     \
          / \  \. /   \  / \
         _/ / ヽ   /   ( ●) (● )
        〈__/  . |  |       _ __´__   |
             /  .\     i `ー'´´ /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/

95 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:17:48 ID:.WuWRnIo
           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、  だんだんと息苦しさを覚えてきたが、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

                                                       ____
                                                      /     \
                                                    / ⌒   ⌒ \
                             ふと思い出したできる夫の顔が ./   (⌒)  (⌒)  \
                                                  |      __´___     |
                                                  \      `ー'´    /
                                                   ノ           \

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |    やる夫に火をつける。
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

96名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:19:03 ID:tAhgt1eI
純粋にすごく応援したくなるやる夫だ

97 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:19:12 ID:.WuWRnIo

やる夫はペースを上げた。

 \    \
  ヽ\、  ^\
\ .\\ヽ、   ^\、
 \ .\\ヽ \    |\
  \. \  \ \    λ\、
   \  \  \ \      \、
    \.  \   \ \      ^ー)\
     \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
      \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
       \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
        \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
         \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
          \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
            Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
             Z_   .\______/    (
               Z_               r'"
                 Z、、            (
                  ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/

ラストスパートで追い抜くランナーように。前に誰かがいるかのように。

98 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:19:42 ID:.WuWRnIo
  /u ̄ ̄u\
/  ┌-●---●、   
|Y  Y  u     \   「なんだこのタイム!?陸上やっていたのかお前?」
| |   |      Ξ▼Ξ
| \/|      _人.|
|    \_________ノ
\    /(T)
  |____|___|
 (__)_)

                    ノ⌒)
                  /(  / ノ⌒)
                  / / /   ( ,/
      ____ /⌒⌒`ヽ / ./  / /
    /     u \    _ \   / /
   /  _ノ  ヽ、_  \   / \ ヽ' /   
 /    ⌒   ⌒   \/\__.\__ノ
 | u    (__人__)    |
 \     ` ⌒´  u  /
   // ̄ ̄ ̄ / /
. //         / /
(_/          / /
         (_/
倒れこむようにしてゴールに入ったやる夫に答える気力は無い。

99 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:20:46 ID:.WuWRnIo
         ___
       /u     \
     / ─    ─.\
    /   (−)  (−)u\
    |     (__人__)     |
    \.u_ ` ⌒´    /
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)
しかしこの季節に自分のベストタイムとほぼ同じタイムを出せたというのは、我ながらよくやったと思う。
これでなんとか、首の皮一枚つながっただろうか?

地面にへたり込んだやる夫は、静かにほかの選手が走り終えるのを待った。

100 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:21:18 ID:.WuWRnIo

長距離走は抜群の成績だったらしい。
ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...
        )
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-
      "::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,''''"゙"' :
        .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.''''''''
         .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,´:
   .:::::::,,    . ., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,.、,,, ::::::_,,_        .,,,,,:,,,,,.
     ..;;      .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::   .:゙ ''゙゛ `.`      ..:
     .;;:,,.      .″  .`  `゙'-.:"     ,      .,
      . .::;;                      .′     :"
       .:;;       .,:''''''

101 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:22:05 ID:.WuWRnIo

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   スレテキニハツノカツヤクダオー!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

なんとかそれがアピールになったのか、やる夫は最終選考に臨むことができた。
最終選考は2チームに分かれての紅白戦である。やる夫は赤チームになった。

102 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:23:10 ID:.WuWRnIo

あてがわれたベンチの最奥に座りこむと、やる夫はむっつりと黙り込む。
       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

同じチームとはいえ、隣にいる人間もライバルだ。
簡単な打ち合わせ以外の声はあまり聞こえてこない。

103 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:24:05 ID:.WuWRnIo

成績順に先発していくと通知がありやる夫は最後を任されることになった。
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   イマノジテンデビリッテコトジャネーカオ
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

余程打ち込まれない限り交代は無いと言われたので、おそらく実際に投げるのは9回1イニングだろう。

104名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:24:31 ID:5OqbO/DE
このやる夫はよくも悪くも純粋すぎる感じがする
個人的に素直に応援したくなるタイプだ

105 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:25:05 ID:.WuWRnIo

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、   (こんな短時間で自分を認めさせることができるかお?)
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

それはやる夫だけでなく誰もが思うことで、重苦しい緊張感がベンチを支配している。

106 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:27:09 ID:.WuWRnIo

試合が始まると野球人の習性のようなもので少しずつ声が出始め、
チームにも僅かながら連帯感も生まれ始めてくる。
           o     ゜ o      。 ゜   。〇 ゚    。
 ゜ o   。 ゜    。 ゜    。 ゜   o           。   ゜
   ピッチャビビッテンヨー!。    。゜    O    バッターカカシデモダイジョウブダヨー!
 ♪  ∩ ∧∧     ♪ ∧∧           ∧_∧    .∧_∧ ♪
    ヽ (,,゚Д゚)      (*゚ワ゚)⊃♪.        (´∀`∩) ♪ (∩・∀・)
     ヽ ⊂ ヽ   ヽ⊂  丿           (つ  丿    (   ⊂)
      O-、 )〜  ⊂ _ /             ( ヽノ    . ヽ/  )
        U       し    .        し(_)      (_)J
゜o    。 ゜    。 ゜    。  ゜   o             。   ゜
  。゜ ゜o  ゚  。 ゜       。 ゜  。  ゜     。〇 ゚      o
 ゜ o   。 ゜    。 ゜    。  ゜    o           。  ゜
    。゜         〇       o        。   ゜

中には近くのものと打ち解けて親しく会話をしているものもいて、ベンチの雰囲気は一見明るく見える。

107 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:27:58 ID:.WuWRnIo

しかしすぐに明るい雰囲気をだしているのが一部の人間だけだということに気付くだろう。
      __    __
      \ `V´  ,∠─;z_
   ∠´ ̄  ,、         \
   /  ,.イ/ニl l、       ヽ    r'⌒`ー'⌒ヽ
  /ィ ∠-ヘ v l トゝ、L_     l   (  : ダ
.   レレ=く二´ u ヾ二,‐- ゝ、_  |   )  : メ
.    |} =ゝ:|ニニ| <ニ_u | | |ニ、:|  (  : な
     ゝ二~イv v トニ~uノu|.|-リ.|  _ノ  : ん
    {r,ニ0L、__,、」ー0ニニ、||_ソ | ⌒)   : だ
.     } r'エェェェUェエエェ、 ハ  ト、 (  ! .あ
     l },..-─-r-─‐-、| / l | \ `ー-─--‐
_,.. -‐ァヘ!ユエェエエェェェヌ./v | l   |`ー-
   /  Οー'-'-ri-'-'-U' u l'    ト、.___」L(!(! __
-‐'''7   |:::::::::::U::::::::::    /    |   ̄|「 ̄ |「 ̄l.|
.  /     | u    v ○ /     | (ノ |! |) L゙=='」 o o o
 /_,.-─‐r ト、  u   __,.イ T''‐-、 │
        |. |:::`ー--‐'´:::::/ /     \|
      \\::::::::::::://
結果を残せた人間は一様にホッとして饒舌になるものの、その一方でチャンスを逃した人間は逆に黙り込む。
ベンチの中には勝者と敗者の2極化した雰囲気が生まれ始めていた

108 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:28:26 ID:.WuWRnIo

やる夫の隣に座っていた男はベンチ裏に引っ込んでいた。
           ____
         /       \
        /       ― ヽ       
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

同じピッチャーだったが、登板して2イニング目につかまり、
ワンナウトも取れずに5失点の醜態を演じて交代させられたのだ。

109 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:29:46 ID:.WuWRnIo
       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \   イエア
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

ベンチにいられない程ショックを受けた男には悪いと思うが、やる夫にとってはチャンスだ。
男が予定の2イニングを消化できなかったため、やる夫が2イニング投げることになったからである。

110 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:30:18 ID:.WuWRnIo

     チラッ    ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、     ぽっかりと空いた隣の席を横目にした後、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

      ____
     /     \
   /        \
  /           \         やる夫は投球練習のためにベンチを後にした。
  |              |
  \              /

111 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:31:20 ID:.WuWRnIo

やる夫の出番が訪れた。

                   __
                ,r' "    ゙ヽ、   うしゃらららーーー!!
                |___15_|
             . /  (○ )lilili(○)  ―_
              /    ⌒(__人__)ヽ   ―
            __|       |r┬|  .|    ― ―
      .    ,r" _ \.____ 、__.`ー'_/   ―_
        /_,/ /___     .  〉  ―
        {mンー《//''''''''//》ーmmン  ./
        ゙ ̄" ̄7"ー―゙/i ̄弋ソ__/
         //" ̄ ̄iヽ  /
       .// /.     | .|  / ´⌒;;
     / / /     / /  \ (´⌒;; ≡
     \./ /     / /\  ヽ (´⌒(´≡≡  ←リリーフカーです。マジでリリーフカーです。
      / /     / / :::::〉  〉 ´⌒(´⌒;;;≡≡≡
  .   / /     / / ::::/ ./ (´⌒(´⌒;;
     ト,,ハト、⌒\' .{ :::〈. Y´
     ,r"ー\\  ヽ,ヽ/\>
     {::{ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙/    (´⌒;;
     ヽヽヽ ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡   キッキッーー!!
      ヽ、二/::/ (´⌒(´≡≡≡
        ̄ ̄ (´(´⌒;; ≡≡

8回の頭に交代を命ぜられると、やる夫は勢いよくベンチを飛び出す。

112 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:32:33 ID:.WuWRnIo

マウンドに立ち、土の感触を確かめていると、自然と口元が綻ぶ。
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /

つらい登板だろうが、プレッシャーのかかる場面だろうが、投げられないよりはずっといいものなのだ。
そう思った。

113 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:33:30 ID:.WuWRnIo

マウンドに立つとハッ大きく息を吐き出す。気合を入れるためのやる夫なりの方法だ。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|   ベツニタバコスッテルワケジャナインダカラネ!
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ         気合は危険なほどあふれている。
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶      息を吐くごとに、やる夫の熱情が噴き出されていくようだ。
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ      
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

この熱は8月からずっと、やる夫の体の中でくすぶり続けているものだ。

114名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:33:48 ID:tAhgt1eI
まごうことなきリリーフカーだねw

115 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:34:20 ID:.WuWRnIo
         i、 ,/f´'´レ=ニ-ァ
        iv' '´, ,-‐=ー'´、
         >-‐=:ーュ、-=ニ`>
        ,:i=三= ,! ト,)i、ミ`ミ、      ←キャッチャーマスクです。絶対キャッチャーマスクです。
    rv‐t')</ヾ,==へノ;〈゙ レ、ミ`、
    /`tj''´i/  `ヽ;-  ,.:'_,.-‐ャ゙`
   i '´ /    `ーァ、´ ,.-',´.'`=‐ァー--、
  f`iー-|     ,.-'/7'^>'.,' :',:'.'/   ヽ
  |_|__j、  ,:/;':/ i /´.' ,:.',:' .'/      |
  /'    l ,r‐'/;./ レ',:'.; : ' : .,.:'´      !
  |     |,!、_/: ;|  /, ,: , : ; /        /
  ヽ   トi |l|.il| ///,:'.:',i ヽ、_   r'´
  |   ノ ||il:`y'//.',;.:-r' ̄`ー、ヽ、i´

執拗にマウンドを掘り起こすやる夫に赤組のキャッチャーが歩み寄ってきた。
サイン確認のためだろう。
キャッチャーは大柄な男で、マスクでよく顔は見えなかったが印象としてはごつい感じがする男だった。

116 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:34:52 ID:.WuWRnIo
                 ,、 ,、_,......, _
              N `´    ̄/____
              |、,,/ェ´ェ´、_-- ̄/
             ..,〉,,,r´ヽ`~| ,ー、‐、~フ
             .`F・,彡∃ノ ||)..|ヽ<、
              i、´s゙´へノY(シ\.\           「18か?」
               ゙ィ、,,,...  .ノ...ト、ヽ‐`
               .. T_,..,‐´_,/\`゚
                  ,〉、~~ ,,r´,~,ー、______
                 ,.j.../ヽ//.././/// ~~\
               /~~/.j ./././././/./../    .ヽ
              .//./...j../////./././| |     .ヽ
             .///i ..|/.////.//./,/ |      ヽ
            ../.j.j./ ./..,'.,'.,'.,'.,'.,'/.,'.| ヽ      \
            〈/|.|| ./|.,'.,'.,'.,'.,'.,','..,'.,'ヽ ヽ       ヽ
            ..|.|.|.| ,',','.,'.,'.,'.,'.,','..,'.,'.,'\.\       |

年の事を聞かれているのだと気がつくのに、数秒間が空いた。
慌てて、そうですと答える。

117 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:35:27 ID:.WuWRnIo
                              。,r;'.:;:f''゙
                                 i'l゙t;::,:i'
                              i゙ ヾ;`i
                         。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                      ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                      tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                       'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                     _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、    「初受験か・・・俺は今年で6度目かな?もう28になっちまった。
                   ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`     3打席とも凡退だし、もう駄目と思わねえか?」
                   /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
                   ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
                r'"     i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
               r┤      i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',.. -‐ ヽ、
              r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '       i
                ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'
          , 、  ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
      ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
    r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
   r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
    ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ

118 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:36:04 ID:.WuWRnIo

答えようが無い質問だった。
           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、                   「・・・」
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

119名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:36:35 ID:5OqbO/DE
キッツイ質問だな
返事は期待しちゃいないだろうが…

120 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:36:40 ID:.WuWRnIo

やる夫が黙っていると男は笑った。

              ,、.../|. /´|____,,,,.
             __|ヽ,' |/   ‐〃ー‐、
            ..ヽ          ー´、
             i    ,,,.‐、__ ,_  ‐´
             .〉ー‐・´,‐,ヽ‐,ヽ'ヽ .`ヽ.
             |='三´´,'~・.j..|。,.|\_,、〉
             .|=='_,..‐'ェノ..´'ヽ_ィ.| i~`ー‐‐、______         「一度落ちればずるずるといっちまうぞ。解るか?」
             ..ヾ‐、_,''____‐, j‐イ...ノ`~ー‐‐´  ..`'',,.
               ,´ヽヾ=.' /_/ ..j..;..;..; .j     ..ヽ
              .|‐‐´~'ー‐‐、´ヽ ji..|..|..|...|      .ヽ
              |`(_,     ,`‐'、|.',',..|..|...|       |,
              | `ー´`ー´~  ..ヽ.',.',',..',,,)       |',
              |   i.',..\゚   `‐..','、'        |.ヽ
             ..,j   .\'.,..〉・´   `、(       ,‐´ ',
             ,‐´    ヽ.',(、     、r      /',..', ヽ
             i      .) \          /'.,.',..', .',

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \                          「解りますお。一年でも無駄にするわけにはいかないんですお」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
初対面の相手との会話に相応しくない、強い口調でやる夫が言う。

121 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:37:21 ID:.WuWRnIo

一瞬男はこわばると、ニヤっと野太い笑みを浮かべた。
                    /!/ ̄ー,
                  |`''      ァ___
                       (   .,,.‐、   ‐、ュ
                       ,〉ー‐´~,`ーi~|´`i ..ァ
                       |==='‐´,.!..|..|.)..|、,‐ゝ___,,,,,,、
                       i==三´ニ_ノノヽ/.ヽ、~,.'.,ヽ  .\
                  `ー、_,´__. ../ ./ `,',..', 、  ..ヽ
                   ,//ヽ,.__,/´ー,´ヽ..ヽ',.','..,ヽ  ..\      「毛色が違うな。」
               /´ヽ、ヽ'.,'.,'~.'.,'.,ヽ.iーi 、...|.',', ',、    \
                    ,'   ヽヽ',.'.,'.,'.,'.,ヽ '、..ヽ.|ヽ'.,..',ヽ    .ヽ
              /     .|',ヽヽ'.,'.,'.,ヽ、: ヽi.',', .|..|    ,/,∧
              j      |、'.,'.,'.,'.,'.,'.,',.v ..ヽ',', |..|   ,´,・ .ヽ
             /     .j..j',ヽ',.',.'.,'.,',.'.,',',  |.|.| |..| ̄(    .ヽ
            .(ー‐‐――(ヽヽ',..',',',',',..',',.',',.ヽ...|.|.|..|...| ...|    ...|
     i――‐i,_____..)     ..).ヽヽ'.,.',',',',',..',',.',',',ヽj.|.|..|...|  |    ...|

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

122 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:38:10 ID:.WuWRnIo

いぶかしげな顔になったやる夫を見下ろして、さらに男は笑みを強める。

       _,,..-‐''"  ヽ o ',_,,.ノ  ノ    ヽ,
     ,r'''"       ヽ-‐''"ゝ`''<       /ィ 、.,,_
     l          'r‐'''" `'''"`>、_,.,ノ.ヽヾヾヾーッ
      l     _,,,ッ‐,―''"         i゙ヽ  -、,ィl,ll || ll lヽゝ
      l,,,_   _ノ ̄ヽ、        i ヾ  ゝ、'-,,ィィ 、ヽ
      ヽr==''    ヽ`'''''ッ、   r',  ゝ==,''ミ三ノ、', ヽゝ
       l,            ,.-‐=ゝく..,,,,__..:::::::::>ー= '  i N          「受かりそうだって事だよ。」
       ゙ー、       ,ィ'"';ィX_,,.)   _二ニ< ,' ィ ,. ノ lヽ'
         \   /,',/' ,/ _,.lィ‐''"-:=:三::>-=-(V
           ヽ/','/  /, ',. ',. ',. ',. ',. ',./      ヽ
              /,.','/  ./', ', ',. ',. '///       ヽ
          //,'/ /'.,.'.,.',. ',. '// / ,
             l,','.,'./,'.,.'.,.'.,.'.,.'.,.' ./ ,ィl  l
          l',','l/,'/,.'.,.' /.,.'.,.' .,.' / ,ィl   l
            l,','/,'.,'.,'.,' ././,.' ,.' ./ /,人  ゝ、 ,
          l,','l.0,'.,' ,' ,'.,'/ ,.' .,.' .//,ィiiiiiiiiヅヽi   ,
         l,','l.,'.,',' ,' ,.' ,' ,.' .,.' // ,ィiiiiii/   `ー-<,/

簡単なサインの取り決めを交わすと男はポンとやる夫の肩を叩いてホームプレートに戻っていく。
やる夫は不思議な力強さを覚えた。

今日は、うまくやれそうだ。
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

123 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:38:45 ID:.WuWRnIo
                           ‐― 〇 ――
                   , ⌒⌒ヽ      / l \
           ,        (      )       |
   , ⌒ヽ   (     ヽ   ゝ    '⌒ )      ⌒ヽ
  (    ⌒ '        (        ' ⌒ヽ  (
   ゝ        ( ⌒ヽ              )  ゝ
  (         ゝ    )        (     ),
(´         (      ⌒      (       ⌒ヽ
          .
          |fi三二⊃     ,.-、
         __',,...jヽ二ニゝc;-―'-,=
        (、._   ⊂ニ=_,.-‐''''"
           ̄ ̄ ̄ ̄
―――――――――――――――――――――――‐‐‐
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::::.:. . :. .:. .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. :::.:.. .:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :. .:. .:. ..:.::.

124 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:39:26 ID:.WuWRnIo

先頭バッターを三振に切ってとったやる夫は、自分の調子のよさに感心していた。
よく冬場にここまで上手くコンディションを整えられたと思う。
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

最後のストレートに至っては、やる夫が目標においている140キロに届いたかもしれない。
いけるという気持ちが強く出て、熱くなった気持ちを抑えるのに苦労するほどだ。

125 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:40:09 ID:.WuWRnIo

やる夫の球種は投手として平凡である。
          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \    デモコウコウセイトシテハユウシュウダトオモウオ
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +

130キロ後半のストレートと大きく縦に割れるカーブ。
そして手元で小さく曲がるスライダーの3球種。

大きな武器は無いが穴が少なく打ち崩しづらいピッチャーと地元の新聞には書かれていた

126 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:41:27 ID:.WuWRnIo
  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   実際できる夫の休養のために投げた甲子園予選では12イニングを2失点。
   \  |     |r┬-|      |   大きなカーブを多投して好投を見せている
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ

127 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:41:52 ID:.WuWRnIo

          . -─‐- 、
      /        \
     /⌒      ⌒   ヽ. ○  その大きなカーブを引っ掛けた2人目の打者があわてて一塁に走り出す。
      /( ●)   (● )   ハ,4L_  ボテボテのピッチャーゴロでやる夫は難なくツーアウトを取る。
     : :::: (_ , 、 _)  :::::  ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧    ヒダリナゲニナッテルケドキニスンナオ
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

128 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:42:41 ID:.WuWRnIo

しかし難なく行き過ぎたのだろうか。
やる夫は次のバッターにヒットを許した。
           ____
    ジー  /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)   ←1塁ランナーを目で殺すやる夫
      \            `_⌒   
      /           \
ツーアウト1塁。簡単に終われそうな場面から一転。嫌な雰囲気の場面を作ってしまった。

129名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:43:43 ID:tAhgt1eI
野球はツーアウトからが怖いからな

130 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:43:47 ID:.WuWRnIo

滑り止めのロージンを手のひらでポンポンと跳ねさせる。

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       上手いバッターではなかった。
 /    ─   ─ ヽ       浮かれすぎた面もあったが、それを差し引きしても今のヒットは偶然だ。
 |    (●)  (●) |      2塁ベース右を抜けていたが打球は遅かった。
 \  ∩(__人/777/       セカンドが下手糞なだけで、うちの学校の人間なら補欠でも捕るだろう。
 /  (丶_//// \

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     気にするな。普通にやればいける。
  |       ` ⌒´   |      
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

心の整理をつけたやる夫は次のバッターに向き直る。

131 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:44:25 ID:.WuWRnIo

次のバッターは背の低い男だった。
170センチはありそうだが野球選手の中では明らかに小さい。
.      , '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.: . /.:.:.:.:.:.:.:\
    <,____/: : : : :/ : : : : : :, : :.:::://.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:、.:.:..ヽ
        /.:.: .:.: .:./.:.:. .:.: .::::/.:::::;ィ:イ.:.:.:.:.: /.:,:.:.:.:.:.:,:.:ヾ、.:.:.:',
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::::::;ィ.::// j.:.:.:.:..:ハ.:l:::.:.:.:.:l::.:.:'.,\.:',
.     /.:.:.:.::::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:::∠フ7=ム__j.:.:.:. /___>L、:::.:.:.ト、.:. l ヽl
    /:::::::::::::_/.:.:.::::l.:.:.:.::::/ ,ィfてT、 ¨|.:.:.:./.,ィ┬N.ヽ;::.:.|.ヽ:.:l
.     ̄ ̄ ̄/:..::::::_|.:.:.:../ く  辷ヲ   |.:.:∧ ヒ_ヲ 〉 ハ::.:|  ',:|
        /::::::::/r|.:.:.;イ        |.:/  、    ト∧:l  v
        ,::::::::::ヘ !|.:/rl|        V  /     l.リ. リ
       i:::::::_;、-ト|厂`            '    l
       レ'´  |:::::`ーヘ        ,、‐-‐、   /
            レ' |:::::ト|,\       ー‐    /
             |,、┴===キ、.       /   , -‐ri
           r='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. `' 、  /L、-‐'´   ||
           |:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:ト,     ̄   |    -o‐ ||
           |:::::::::::::::::::::::.:.:.:| \      |         !|
            |:::::;、-―――┴---┐    \___|ヽ、
         r‐┴'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー―--―\: : : : : : : ̄ ̄|
        _r--―――.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー―‐--―‐\: : : : : : : .:.:|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.○.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : : : :|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : : : : :|
しかし体格がどっしりとしていて、妙な圧迫感を発している。
今日の成績は三振一つと外野フライ2つだったはずだが、2打席目3打席目とも大きなあたりを放っていた。

気をつけなけれならないバッターだ。

132 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:45:07 ID:.WuWRnIo

初球スライダー。
バットの先を僅かに横切って空振りワンストライク。
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \         やる夫の体に力が入った。
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/          よし。
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

投手にとって1つ目のストライクのとり方は重要な課題の一つだ。
やる夫はこのバッターを打ち取るためのハードルを一つ越えたことになる。

133 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:45:38 ID:.WuWRnIo

二球目のストレートは見逃しだった。
インコース高めギリギリのストレートに相手は手が出ずツーストライク。
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     三 振 リ ー チ       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

だが、ピッチャーとバッターの勝負は、終わるまで何が起こるか解らないことをやる夫は知っている。

134 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:46:03 ID:.WuWRnIo

ハッとやる夫は鋭く息を吐き出した。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

135 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:46:48 ID:.WuWRnIo
サインは外。

ボール球のカーブ。

         i、 ,/f´'´レ=ニ-ァ
        iv' '´, ,-‐=ー'´、
         >-‐=:ーュ、-=ニ`>
        ,:i=三= ,! ト,)i、ミ`ミ、
    rv‐t')</ヾ,==へノ;〈゙ レ、ミ`、
    /`tj''´i/  `ヽ;-  ,.:'_,.-‐ャ゙`
   i '´ /    `ーァ、´ ,.-',´.'`=‐ァー--、
  f`iー-|     ,.-'/7'^>'.,' :',:'.'/   ヽ
  |_|__j、  ,:/;':/ i /´.' ,:.',:' .'/      |
  /'    l ,r‐'/;./ レ',:'.; : ' : .,.:'´      !
  |     |,!、_/: ;|  /, ,: , : ; /        /
  ヽ   トi |l|.il| ///,:'.:',i ヽ、_   r'´
  |   ノ ||il:`y'//.',;.:-r' ̄`ー、ヽ、i´

やる夫も同じことを考えていた。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

ノータイムで頷き投球動作に移る。

136 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:47:42 ID:.WuWRnIo

ゆったりとした軌道を描いて投ぜられたカーブは寸分狂うところ無く外角低めに飛んでいく。
しかしその軌道上にすっとバットが入り込んでくる瞬間をやる夫は見た。
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      ―バットが長い!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
[SPLIT]

137名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:47:52 ID:5OqbO/DE
やっぱり一球外すよな

138 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:48:34 ID:.WuWRnIo

規格外の長さのバットは正確にボールを掬い上げた。
                      __,,ィ'"::::://::: _/:::::::::::::::::::::::::\
                    /:::f::::::/:::/:/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /;__l|_/::::::::/::::_/ __;;;;;;_:::::::::::::::::::_
                ‐=ニニ~_::::::::::::::_/:::::_/'´:::::::::::::::_/::::::::::::::::::::::ヽ
          r-―――'":::,ェ-ー―:::::::i_:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::z__:::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::;;:::;;:::::;;;;:__,=ニ::::::::::::::::::::::゙l_::::::/:::::::::::::::::::::::::::::\`ヽ_:::::::::::::::ヽ
        ./:::::;;::;::;;::;;;::;::::_ィr'´:::::__:::::::_ ゙l:::十- 、:::::::::::::\:::::::::::ヽ_:::::::\:::::::::::ヽ
       /::::;;;;;::;;;::;;;; '´,/::::/::::::r'::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヽ:::::::‐=一;;;;;;;丶:::::::::|
       /::::::;;;;;;;,,_,,;;;;,,∠_::::/::_:::,ィ'i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i:::::::`ヽ、;;;;;;;;\:::::l
      /::::::;;;;;;;/  `ヽ;;::/://ー、/!::::::::::_::::::::::::::::::::i:::::::::::::::i:::::::::::::\ ;;;;;;;;;;;;;;i!
      /::::::;;;;;;;/、__/|!/::/ rt=_rt|、川,,::ハヽ::i'lミ,::::::::l::::::::::::::i::::::::z ̄;; `;;;;;;;;;;;;
      人:::;;;;;;_//  ,|;;;;;i イ { 、_'ソ'l | i:::::! i _=ーIzi:::::::|::::::::::::::i::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;
    ;'´   `一'    l;;;;;::'┤`    ! |::| ,ィoi::廾、ヽ:::l::_:::::::::::ヽ::::::::ヘ_;;;;;;;;
   i´   jノ       !;;;;;;;;;l      , リ  、i_'ノ '´ノ_t;/ i::|へ、ヽ ̄` ;;;;;;;;;;
  _,;l'´`} ir'ノ       |;;;;o;;;,,.  ,  ,_′      〃 '´ z|_ンi!:::;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;
,/ヽ _i゙-ー'゙       l_;-ー'"ヽ  `ー- __,    /-ー'´!:::;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
ヽ /             !ヽ、  ヽ       _...:'´:::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
/             | ヽ丶  \ _ _ -ー" 、:::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::-ー='
             /::`、ヾ、            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:'"
            /:::::;;::::::\`    `=-―一 -=\;;;;;;;;;;;;;,ィ'´
            /:::::::;;;:::::::;;;丶、            ンー-"
           ,!:::::::;;;:::::::;;;;:;;;;;;\_     __,ィ'"´:;;;;;;;;;;|
           ,i;,::::::;;::::::::;;;;::;;;;;/   `'ー-―i"::::::;;;;;;;;;;;::;;;;i
           i;;;::::::;:::::::;;;;;;:;;;/        l::;;;:::::;;;;;;;::;;;;;i
           l;;;;::::;:::::;;;;;;;;/        |:::;;:;::::;;;::::;:::;!

ゆっくりと放物線を描いてでやる夫の頭上を越えていったボールは、
何物にも邪魔をされることなくフェンスに飛び込んでいった。

139 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:49:21 ID:.WuWRnIo

言い訳することもできない、完全なツーランホームラン。

小さくガッツポーズをし、小柄な男はゆっくりと走り出す。
             r;r‐r/`!
             〈_L (`ヽ{
            l` ( ``/
            ヽ   l
            ,.-|,. -'´l
           r'‐'´:::::: |
            !::::::::::   |
          |:::::::    |
           |:::::::    |    _     、 _
          .|:::::::    |    \`'''ー- 、\`丶、
          .!:::::::.. .:: |  _,.. -‐''':: :::::::::::::::::::...丶、   
          |:::::::: .:::: |-二;;;::::::::...:.......   .:::::: _,. -
           |::::: .::::: .:::} /::::::::,-、::::.._;:-‐ニ;;;::::::..\
         .|::...:::::: .:::〈∠::::::::::/ )//....\l/:::;,,. -;‐
         |:::::::::: .:  l/:::::::::l _ '´    '''"´ミ::::::ト、ヽ
         |:::::::: .:: .:: ト,フ:::/`l    ,. -=_-、´l!'|::;' ヾ!                
           |:::::: .: .:: .::::::.ヽ冫  '   〈 ゙、:::: >' ノ l/                 _   
           !:::: .: .:..::::::::::::...\      ヽL//          _,,... -一 ''/-ヽ-'゙`、
         l::: . .::::::::::::::::::o/    rー──く,r、‐ァ‐r、-ー''''''' "´     ..::::! -、_,.ヘ_)
         !:..: .::::::::::::::../ヽ`ー‐'゙レ'´: ::::::: l ll  l::::    ............:::::::::::::::r一、/
        .,': ..::::::::::o,イ´ r 、゙、‐r''´::::::: ::::: l ll  !:::::::::::::::::::::::_,,... --‐一''´ 
        /. .:::::::::://   l::::!ー、 ゙、:::::::::: :::: l ll l::; --─ ''' ´         
      / .:::o:::/ ,'    ` |::::| ヽ::::::::. ::::::|__ll__lノ           
     ./.:::::::,ィ´  .,'    !  !`'   ヽ:::::: :::::|'´                
     /:::::::,イ;;|         !  l    ヽ:::::.::::|                    
    ./:o:, ';;l;;;;!       l  l      ヽ:::.:::!
   /:::; ';;;;;l;;;;|          l  !     ヽ::::|
   /:; ';;;;;;;l;;;;;;!        l       |;゙、:!
  ./:/;;;;;;;;;l;;;;;;;|         l        |;;;゙、

140 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:50:29 ID:.WuWRnIo

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    ギリっと奥歯がなったのがわかった。
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

この試合初のホームラン。
誰の目にも誰が勝ち、負けたかは明らかだ。

141 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:50:57 ID:.WuWRnIo

棒立ちになったやる夫を気遣ったのだろう。
キャッチャーが立ち上がりマウンドに歩き出すのを、やる夫は腕を突き出して制止した。
        __
      /    \
    /        .\
   /           \
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ

142 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:52:04 ID:.WuWRnIo

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i           悪あがきに見えるかもしれないが、まだテストは終わっていない。
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

       ____
     /     \
   /\   /   \
  /(●) (●))   .\
  |   (__人__)      |          腹の奥から息を吐き、全身に力を込める。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \ ハッ

143 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:52:29 ID:.WuWRnIo
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |       これくらいで諦める位なら、自分はプロになろうなんて考えなかっただろう。
     \      ` ⌒ ´  ,/        諦めることを知るのは、もう少し先でいい。
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

そしてやる夫は残りの打者には一本もヒットを許さなかった−

144 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:53:14 ID:.WuWRnIo

12月初日―毘都附学園付属高校
┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `〜、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||

145 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:53:40 ID:.WuWRnIo
_______________________________________
============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   _______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|職員室 |
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __    <失礼しましたお
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

大きな音を立てて職員室の扉が閉まる。
                           |┃┃
                           |┃┃
                           |┃┃
                           |┃┃
              / ̄ ̄ ̄\         |┃┃
          /   \  / \   .三 |┃┃
         /    (●)  (●)\   三 |┃┃て
           |         (__人__)   |    |┃┃ て
         \      ` ⌒´  / _/`||┃┃
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∩ノ |┃┃ ドンッ!
         |  |           | ̄ ̄ |┃┃

学校の廊下を足音立てて歩くやる夫の気分は、まさに最悪だ。

146 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:54:17 ID:.WuWRnIo
             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )    「梅岡○ね!だお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

5時間目の予鈴がなり、学校中に散らばっていた生徒達がこぞって教室に戻っていく。
そんな生徒達を尻目に、授業に行く気をとうになくしていたやる夫はフラフラと部室に向かう。

147 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:55:02 ID:.WuWRnIo

野球部の部室は部室錬にはなく、野球部専用グラウンドの隅に建てられている。

                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   |  ∧w∧....│     |      |    ┌──┐ │  野球部  〈部室〉  |
   | (,, ゚Д゚) .|     |      |    │  目│ └─────────┘
   |  /   |   |     |      |    │甲指│  :========:.:========:  
   | 野球部 │     |      |    │子せ│  |i.     l||i.     l| 
   | 部員募集 |    |     |   │園  │  |i.     l||i.     l|
   └────┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l| .
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄

スポーツ名門校らしい贅沢さというか、プレハブではなくしっかりとした造りになっている上、十分な広さがある。

148 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:55:38 ID:.WuWRnIo

今年野球部は甲子園で優勝したため、この部室はさらに増築されるらしい。
次はシャワールームだと息巻いていた教頭の顔が頭に浮かぶ。
          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、        ああいう大人には、部室の横に着いた水道から伝わせた貧相なホースで
    /::::::::⌒(__人__)⌒\       体を洗う心地よさは解らないのではないか。
    |      |r┬-|    |      
    \       `ー'´  /       やる夫はそう思った。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

149 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:56:11 ID:.WuWRnIo

錆が目立ち始めた部室の扉を開くと、中でビクリと体を跳ねさせた奴がいた。
おそらく自分を教師と勘違いしたのだろう。
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||                                         <ビクッ!
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||
部室で授業をサボル奴は多い。
元々スポーツ推薦で高校に来た連中ばかりだ。
授業についていける奴は少ないし、理解できない授業の授業態度がマジメになるはずもない。

教師も知ったもので少々のサボリには目をつぶっているというのが現状だ。

150 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:56:43 ID:.WuWRnIo

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\       「やる夫だお!」
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

先客を安心させるよう、名前を言いながら入り込む。
電気がついていない薄暗い部屋の中、立ち上がりかけていた先客はその言葉を聞いて椅子に座りなおした。

                                                              __
                                                            /..::::::::::::::..\
                                                          /..:::::::::::::::::::::::::.\
                                                         /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                                         「驚きました・・・」      | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                                         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                                        ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                                                        ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

151 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:57:14 ID:.WuWRnIo

その声を聞いて逆に驚いたのはやる夫だ。
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   「できる夫!?」
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

はい、だのとりあえずの返事をしたできる夫を、薄闇の中やる夫はまじまじと見てしまう。
野球だけでなく、何事にも真面目なできる夫が授業を抜け出しているというのが、やる夫には意外過ぎたのだ。

152 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:57:43 ID:.WuWRnIo

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ       「なんで電気もつけないお?」
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

       ___
     /     \
    /  \   /\        「馬鹿言わないで下さい。見つかったらどうするんですか」
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |
   \     /__/   /

            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      |  「見つかるかわけねーお。馬鹿はお前だお」
〈     } .\           ./
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \

153 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:58:30 ID:.WuWRnIo

半ば呆れながらやる夫が電気をつけるとできる夫は再びビクリと体を震わせた。
可笑しくなったやる夫が少し笑うと、できる夫はその笑いを咎める。

           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \    「初めてですからね」
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

         ____
       /     \
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \     「授業を抜け出すなんて不真面目なことは初めてなものですからね」
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /
      /             \

154 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:58:59 ID:.WuWRnIo

    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i        「そうかお」
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

そう言うとお互いに話すことはもう無くなった。
パイプ椅子に座るできる夫からは見えない位置にやる夫は寝転ぶ。

この時期には冷える畳が敷かれている位置で、落ち着く場所としては人気が無い。
しかしできる夫と顔をつき合わせているよりは居心地がいいだろう。

155 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 20:59:34 ID:.WuWRnIo

別になにがあったというわけではないが、やる夫とできる夫は仲がよくない。
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

            ____
          /     \    
        / ⌒   ⌒ \
       /   (●)  (●)  \
      |      __´___     |
      \      `ー'´    /
      /           \

チームメイトだし、2年のときは同じクラスだった。
しかし同じポジションのライバルとして、どうしてもやる夫はできる夫を意識してしまうし、
できる夫はできる夫で執拗に自分を追ってくるやる夫を意識せずにはいられなかった。

しかしそれ以上に、"馬が合わない"というのが本当の理由ではないだろうか。
お互いを認めてはいるのだが、何故か相手を否定したくなるのだ。

156 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:00:03 ID:.WuWRnIo

微妙な雰囲気が部室の中に流れる。
静かな場所なのだが、やけに落ち着かない。

       / ̄ ̄ ̄ \
      /u ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__) u |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

それはできる夫も同じようで時折チラチラとやる夫の様子を伺っている。

先に口を開いたのはできる夫だった。

157 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:00:39 ID:.WuWRnIo
           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \  「やる夫君。何度も寝返りをうつのはやめてくれませんか?。気になります」
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \

          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \  「神経質な奴だお・・・だったらお前も深呼吸ばっかすんなお。
      (人__)         |   フシューフシューうるさいんだお」
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \                                     ブルファンゴカッテーノ

       ___
     /     \
    /  \   /\       「人の寝方にケチをつけるのですか?あなたの方こそ神経質というんでしょう」
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |
   \     /__/   /

          ____
        /      \
       ─   ─  ┛┗ 
      (●)  ( ●)  ┓┏    「難癖付けて来たのはそっちが先だお・・・」
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

158 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:01:32 ID:.WuWRnIo

しばらく罵りあいを続けたが、「フンッ」と言ったきり、できる夫が静かになった。
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (_)  (_) \      「・・・」
      |        '      |
      \      ⌒   /
      ノ           \
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \      (ムカつく奴だお)
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

159 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:02:30 ID:.WuWRnIo
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|             「マイペースっていうと聞こえがいいけど・・・
./      ∩ ノ)━・'/              お前はただ頑固で自己中なだけんじゃないかお?」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

この言葉はできる夫は過敏に反応した。
毛布代わりにかけていたジャンパーを払い捨て、起き上がって反論してくる。
         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >       「頑固?あなたがいうんですか?それを!
    / U (○)  (○) \ \        あなた自分で自分がどういう性格だかわかってます!?」
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /

かみ締めるようなできる夫の言い方に今度はやる夫が反応する。

         ___
        / .    \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__)   :::\     /⌒)⌒)⌒)  「ハアアアア?なに言ってんだお?全然意味わかんねーお!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   やるおに頑固な要素なんてひとかけらも無いお?
| :::::::::::(⌒)   .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/     頑固の意味を辞書で調べてからくるといいお!
|     ノ    | |  |    \  /  )  /     やるおは腹からち○こに至るまでフニャフニャだお!」
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /      

罵りあいはもう少し続いたが、5限終了のチャイムに遮られると互いにピタリと止めた。

160 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:03:01 ID:.WuWRnIo

暫くした後、できる夫がボソリと呟いた。
       ____
     /      \
    /  ─    ─\      「・・・6限もサボるんですか?」
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\     「ったりめーだお。・・・おめーはどうすんだお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

       ____
     /      \
    /  ─    ─\      「・・・」
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /

      ___
    /     \  チッ
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \      「・・・おめーもかお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

161 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:03:31 ID:.WuWRnIo

フン、と鼻を鳴らすとやる夫は本格的に寝ることにし、
手の届く場所に脱ぎ散らかしてあった誰かのウィンドブレーカーを肌掛け代りに体に被せた。
          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |
         /  (__人__)     ヽ       | |
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ     /  | |
  /    ヽ        `ヽ、}    ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

162 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:03:51 ID:.WuWRnIo
         ___
       /     \
      / /      \      「・・・プロにいくらしいですね」
    / (_)        \
    |'__,            |
     \           /

  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/    「何で知ってるお!誰から聞いたお!?」
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\ 
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \

163 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:04:39 ID:.WuWRnIo

跳ね起きて唾を撒き散らすやる夫をみると、できる夫はしてやったりの表情を見せる。

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ      「スカウトの円堂さんが教えてくれました。だが別口でも聞きましたよ?」
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \

↓スカウトの円堂さん
------------------------------------------------------------------------------------------
             (_   ,,   、::::::::: : : : : : : |        ─    |
             |    ─ _ \::::::: : : : : : |   、 、      __ ヘ
             (_\___    \::::: : : : : |   __  ─    ノ
               |           \:::: : : :|     ,、    = _j、
             /L─ _        丶: : |      _ ─ ノ-、
             | ̄ヽT - __         -    __ ─ 7l / l
            /ヘ  |:::|  /ク<ー- 、──── ア /==、  |::|./ l
          /  ヘ |:::|  ヽゝ_ソ\\ ノ l  /ィヒ__ソ  '  |:::|  /    みんな!野球やろうぜ!
          l | ̄ ̄へ|::|  、、 、、    ̄  ヽ      、 、  |:::|/、\
         __| | 、丶  |::l          ,l           |:::l: \\\
         _| l ̄     Vヘ v、       ’    ___     イ|::l\ \\\
          / -         |\   ヽ────  ̄-ヘ^)  /l レ\ \ \\\
       / /     、    |  ゝ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / /    \ >  ┼l--ヽ
      //  -    、 / |   >   ___  -   /  、   l l  l l  |
    //    -    >   l  /i i      /,.     / 、丶  /  l |  l  | |
   //        /  、   -   i i    // 丶   /     /   l |  |. | |
 / /         /          i i  / , '   丶. ∧/   /    | |  | | l
./ /   \    /       、 ,, 、、  i V , '        丶       | |  ヽ丶 )
      \\--'        丶     i /     雷    、 \     ヽヽ  | _/<
        ̄>          \     '       門    \/\   / / <  |
------------------------------------------------------------------------------------------

164 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:05:22 ID:.WuWRnIo
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu   「別口・・・?誰だお!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \    「クラスの女子が教えてくれました。職員室で怒鳴りあっていたらしいですね?」
     |       __´___    |
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;       やる夫の顔が渋くなる。
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;      あれだけ派手にやれば流石にばれるとは思っていたが、
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;     それにしても噂の広まるスピードという奴は―
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

165 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:06:01 ID:.WuWRnIo
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \        「怒鳴っていたのは梅岡のバカだけだお。やる夫は怒鳴ってなんかないお」
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \       「監督が?何故ですか?」
  / (●)  (●)   \
  |      '        |
  \    ⌒     /

監督が怒鳴ったのが信じられないというような口振りに、やる夫はさらに腹が立った。

実際は監督の宝物であるできる夫が怒鳴られないだけで、
やる夫などは怒鳴られ、殴られたという印象しかないのだが。

166 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:06:50 ID:.WuWRnIo
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \      「実力不足だからプロテスト合格を辞退して、大学に行けっていわれたお。
  /(●)三(●))   .\     あの口振りからするに、もうやる夫がどの大学に入るかは決定事項だったみたいだお」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

          ____
        /     \
      /        \    「大学とのパイプ役ですか。確かに聞く話ではありますね」
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \

167 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:07:14 ID:.WuWRnIo
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      「なぁーにが”その方がお前のためだ”だお!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\     自分の事しか考えてないクセによく言えたもんだお!」
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

言っている間に先ほどの怒りが蒸し返され、やる夫は近くにあったゴミ箱を蹴飛ばした。
アルミでできたゴミ箱は大きな叫び声を上げながら、腹に貯まったものをぶちまけていく

168名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:07:16 ID:5OqbO/DE
ここのは駄目な梅岡か

169 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:07:33 ID:.WuWRnIo
        ____
       / ⌒  ⌒  \
     ./( ―) ( ●)  \
     /::  __',__   :::::  | チラッ
     |    `ー'´     .|
     \          /

         ___
       /     \
      / /      \   「まあ、私も大学進学をオススメしますがね」
    / (_)        \
    |'__,            |
     \           /

       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \      「・・・どういう意味だお?」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

やる夫の声に剣呑なものが混じった。
できる夫を睨み付けるが、できる夫は涼しい顔でそれを受け止める。

170 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:08:04 ID:.WuWRnIo
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \     「実力不足です。やる夫君はプロでは通用しない」
 |      __´___    . |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \      「知ってるお」
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l

171 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:08:34 ID:.WuWRnIo

きつい言葉を投げかけたつもりだったが、不適に笑うやる夫に何故か自信めいたものを感じた。
できる夫はやる夫をにらみ返し、やる夫の言葉を待つ。

          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \

172 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:09:04 ID:.WuWRnIo
        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\                      ・ ・ ・ ・ ・
   /   (● )  (●) \        「通用しないのは、今のやる夫だお」
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ        「2、3年プロの二軍で鍛えれば・・・ですか?それほど甘い・・・」
     |  (_)  (_)   |
     \   __',__    __,/
     /   `ー'´    \

             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ   「そんなちんたらしたペースでやる気はないお
    ((   / <●>::::::::::⌒      )   野球しかない生活で、すぐさまお前を抜いて見せるお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

173 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:09:32 ID:.WuWRnIo

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \     「無理です」
   /  (●)  (●) \
  |     、 ´       |
  \      ̄ ̄    /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    「無理じゃないお」
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /

       ___
     /     \
    /  \   /\
  /   (●)  (●) \    「無理です!」
  |       __',_,    |
   \     /__/   /

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\      「楽勝だお!」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

174 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:10:05 ID:.WuWRnIo
       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /
しばらく睨み合うと視線を外したのはできる夫だった。

      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \     勝った。
 /    _ノ 、_! ヽ  \   どうでもいいことだがやる夫が少し得意げな顔になる。
 |      トェェェイ     |
 \     ヽニソ    /

           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \
その顔を嫌そうに眺めながらできる夫は立ち上がった。

175 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:10:28 ID:.WuWRnIo
      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \            「6限はでることにします。あなたと一緒では息がつまります」
  |     、 ´       |
  \      ̄ ̄    /

          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\
     |      |r┬-|   |           「そうかお」
     \       `ー'´  / (ヽ
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /
     / /、:::..  、      _./
   / ノ .):::..       |
  l∪ノ /   ,      /
  UJ' i   |     |
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \               「・・・」
  |        '      |
  \      ⌒   /

176 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:10:58 ID:.WuWRnIo
                                                         ____
                                                       /     \
                                                      /::::::::::..   \ \
                         「あなたには、絶対に追いつかれません」  /:::::::::::::::::::..  (●) \
                                                    |:::::::::::::::::::::::::::..    、__|
                                                    \:::::::::::::::::::::::::::..   /
          ____
        /     \         
       /  ─     \
        ' (●)       \ 「絶対追いつくお」
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

お互いそっぽを向きながら言い放つ。


ガチャリと扉が開く音がした。
どうやらできる夫は本当に6限に出席するらしかった。

         .____    .i^マ'フ
       ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、          勝った。
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,         やる夫は姑息な勝利感を得る。
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

177 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:11:54 ID:.WuWRnIo

しかしすぐにまた扉が開く音がして、できる夫の声が浴びせられる。
           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \     「あ、蹴飛ばしたゴミ箱のゴミは集めておいてくださいよ。
       ヽ   L   、 `       |     不潔なのは嫌いですし、なによりマネージャーが怒りますよ?」
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\           やる夫の勝利感は一瞬で吹き飛んだ。
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

178 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:12:33 ID:.WuWRnIo
--------------------------------------------------------------------------------------


−本当に、気に食わない奴−


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第二話 やる夫とプロテスト 終

179名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:14:37 ID:.R4PMX6.

まあ仲良くは出来ないよな

180名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:15:51 ID:5OqbO/DE

やる夫は真っ直ぐすぎて、あまり周りが見えなくなるタイプなのかな
でもプロテストの時はそうでもなかったし、できる夫との相性が悪いだけなのか…
次も楽しみにしてるんよ

181名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:17:52 ID:HfIgfmpg
なにこの>>1・・
初作品でこれだけ引き込まれるものを作るとは・・
末恐ろしい子・・



乙!続き待ってるぜ!!

182 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:20:00 ID:.WuWRnIo
>>179
アザース!
ピッチャー同士は仲良くできないという個人的な主観がありますw
ローテーションができてくる大学とかになると変わってくるのかなーって思ってますが。

>>180
アザース!
アスリートなら許されるけど、一般的には許されない真っ直ぐさってのを書けたらなって思ってます。

183名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:21:05 ID:/vdk/pPc
乙でした!
できる夫がサボってたのはなんでなんだろうな・・・?

184名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:22:33 ID:aGujLfz6

仲良くはないけど認め合ってる感がいいなぁw

185 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:22:48 ID:.WuWRnIo
>>181
アザーーッス!

やる夫初心者スレみながら投下してます(笑

続きはできれば明日投下できればなーって思ってます。
長期休暇をやる夫に費すのです!

186名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:24:19 ID:5OqbO/DE
>>182
そうか、それは楽しみだ
アスリートは大なり小なりエゴイスティックなところがあるしね
自分も部活にのめり込んでた頃の言動を思い出すと恥ずかしくなる時があるよ

187名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:26:05 ID:5OqbO/DE
>>185
明日も投下予定か、それは楽しみだ!
でもまあ、無茶はせずにマイペースでなー

188 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:26:36 ID:.WuWRnIo
>>183
アザーッス。
自分的には野球ものなので、やる夫個人は勿論チームとライバルをきっちり書いていきたいと思ってます。

やる夫にポイントが当たる話を普通にやって、平行してチームメイト・ライバルの話をやりたいと皮算用してます。
できる夫がサボってた理由なんかは、そっちの方で書けたらなーって考えてます。

野球漫画で言えば、「愛しのバットマン」や「キャットルーキー」みたいに書きたいですね。

>>184
アザーーッス!
表現できたか自信なかった部分なんで嬉しいっス。

189名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:31:00 ID:rG8YkM8I
やるおの存在もできるおのモチベーションだったんだろうなあ・・・
いい感じのお話です。これからもがんばって

190名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:31:16 ID:tAhgt1eI
上手く言えないんだけど話の中に漂う空気というか
雰囲気がいいな
明日も楽しみにしてる

やらない夫は出てくるの?

191名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:33:15 ID:5OqbO/DE
やらない夫が出てくるとしたらチームメイトになるのか、それともライバルなのか
その辺も楽しみだ

192 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/28(水) 21:34:21 ID:.WuWRnIo
>>189
アザーッス!
がんばるっす!

>>190
アザーッス!

やらない夫も勿論登場します。
やる夫とのコンビということで、勿論ポジションはあのポジションとなります。

193名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 21:42:41 ID:xXGnZ8dA
乙。
明日も期待。

194名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 00:44:37 ID:mX96fkes

セリフというか、雰囲気の代弁なんだろうけど、やる夫とかキャラの横に置くと
セリフと勘違いするから、どうにかしたほうがいんじゃね?

195 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 15:46:01 ID:ybkPaR.w
>>194
なるほど。
セリフをカッコ書きしてるのも自分だけみたいっすね。
次々回投下分からちょっと考えて見ます。

ご指摘アザース!

ドラフト始まりますねー。
来期戦力を妄想できる、ストーブリーグ屈指の盛り上がりタイムですよね。

196名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 17:20:33 ID:pTragVsI
今夜投下なら何時ころからだろうか?
楽しみだw

197名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 17:24:28 ID:TRAKDPWA
test

198名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 19:07:17 ID:GwGQcADo
やる夫は入団テスト経緯だから育成枠入団という可能性もあるのか

199名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 19:30:48 ID:xoD0DwQo
今日も全裸で正座待ち

200 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 19:35:25 ID:ybkPaR.w
ご観覧アザーッス >>1です。

ちょっと予定より遅れて、今日の投下は21:00からにします。
すみません、よろしくお願いします。

201名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 20:51:12 ID:xoD0DwQo
よし、改めて半裸で正座待ちだ

202 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:00:05 ID:ybkPaR.w
>>201
アザーッス。

ドラフト見てたら作成が遅れてしまいましたw

それでは投下はじめます。

203 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:00:33 ID:ybkPaR.w
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第2.5話 「カズマとやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

204 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:01:04 ID:ybkPaR.w
12月 中旬 ???
   ;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......
   ";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ノ::::.....::::....;;;;;;;;ji :.:.: .: . :. :. : .. : . :.
.   .....:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::.... .:::;l :.:...:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    ;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;...::....::li :.:.....:::::::....:..::..:.:.:...:.:.:.:  li;;;;;;::::;;;.,....;;;:::;;;.;:i:;;:;:::;
   y;wリ゙W゛jリwj从リj"W.......:::::::::......:::::::::..jl ::::::::::::::::::::::::::::::::.....::::::::::: li;;;;...;;;;::;;....;:::;;...ji::::;;:
   ::゙i........ト ;i:iii;:::;iii:i;::'':;iノ,.,;;;;;;;..:::::::::....;;k  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: Z;;;wWti ijk:;;;k;;;,,::;
   ::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:'':ii;;;.. | ヾ゙リw;y.ノ,w'ハ    :.:.:.:. :.:. :.:.:. :.: . :.. :.:.:. :.: :; ; | ll;;;;~::|::::::|lki;;;:|
    :::::::::|;;;;..:;;;::゙ :: ::..゙|:::::: |. :;ii;::.|`:;,':,”'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;';;;,,,,,,__,,___,_::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;
    :: : : |. :;ii;:.゙゙,;ii;;ii::゙i:: :: :| ;::.゙゙,゙|'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;~゚''゚ ;~'',;;;;;;;;,,,__,,__,ヽ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:|
       |.ii゙:;''゙;.;::;:.; (;|:::  |;::.゙゙,゙゙|:',;''゚ ;~,;;”:;,`:;,':;~゚''゚ ;~'',_,,_ヽ__,,_____ヽ,,__,,i;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、::;i
       l゙゙゙゙, ; iii::゙,; ,゙| ::  〉;.::.;ii;..''  ~'',;''゚ ;~'',;'',;'; ,,,_/,,___,,____/_,,____,,_;ii'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: .
     : .ノ;;゙゙゙:;i;;;i:;;;i:゙゙゙;;ヾ :;ノ;;゙゙゙:;i;;;v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;;,,,/_,,___,,_____/,___λ,__,__ノ'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: ;i:
:    ; :.ヘ; ヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚ ;~,;;;;;;,___,,_____,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
     rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,___,,____/_,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
      ;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,____/_,,___,____/,,____;____/,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:

吐いた息が白く散って、季節が冬に差し掛かっていたことに気づく。
鬱蒼とした木々に囲まれた山道を登りながら、上着を持って来るべきだったと少し後悔した。

205 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:01:43 ID:ybkPaR.w

それにしてもここはこんなに寒かっただろうか?自分たちがここで練習していたときはもっと・・・

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......................................      ....................................   ..................::::::'''':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::.....................................................   .................................................................... .................................::::::::::::::::::
::::::::::::::......................................                  ............................................... .'''''''''''.....................................
   ................................................................................................................................
      .........................................................                   .......................................  .................
     
         
         
         
;;:.. ..,,., ..,;;iルv,.. ..,....,;:. .....,;:. ..,;;:;';,,.. ..,.,, ..,.,;;:: .,,.:;: ..,.,wiレノvv;,... .,, ;::,,:;' ,,.., .,,, .;;;;:, ..,.. ...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,
    . .;. . .  ,;;:.';'"" '  .,     .      . .;'' ' .   ' ; :'    . .        ,

-いや-

206 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:02:08 ID:ybkPaR.w

           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´            ―寒かったな
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

悴んだ手をズボンのポケットに突っ込み、少し歯を見せた。

207 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:02:33 ID:ybkPaR.w

VIPスターズ第3練習場は切り開かれた山の中腹にある。
山といっても1000mもない小山だが、木々や岩が作り出す独特の冷気がこの地方の空気と混ざると、
思った以上に冷えてくる。
    .,,.    '" ろ,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,.. ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;" そ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::.......................::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,... ...,"て '''''':::::::::::::::::....................        .......................................::::::::::::::''''''''
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"ろ:::::::................                  .........................::::::::::::::
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"........                             ..................
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~................................                      .....................:::::::::::::::
: |'''''''""~~''"                        r´`;
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            `゙´       _,、‐" ̄ ̄'''‐-、、__
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ここらへん         ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `'ー
iii;,                    ↓      __,,、‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||i               _,、‐"~`'''-,,..._ ,,,、r'''´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||||             ‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||||  ノノノノ         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,, _;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
―ヽ (:::__゚∋          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::: (::::::::⌒\ (::::::: )    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::: ヽヽ个彡~""∧,,∧'シ Π   「,,\ 「Π    「「//「 「「「 「「  Π
    )):::|    (:::::::: ) 'ソ   「「「「「 ヽヽ  Π     ||  「Π  Π_   「「 「
   ((::: |   @::::::::) ~ツ Π_   「「 「  ||  「Π   ヽヽ  Π   「「「「「

208 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:03:14 ID:ybkPaR.w

気密性の低い、掘っ立て小屋のような合宿所では布団の奪い合いが日常茶飯事だった。

                       DEAD or FUTON?
    ∧_∧                  ∧ ∧_
 Σ ( ´Д`)   +         ____(゚Д゚,,) ヾ
   /    ヽ  `========ll⊂| >    | ∨/| ̄`ヽ
   | | 1 | |            | >  i | // |  i  |
   | |   | |              ̄ ̄| |//.  |  |へ|
    ∪ イ ∪               | |=∞==|  |ナ
    | || |                  l___|  i  |_|
    | || |                   /    |   ヽ
    | || |                   L__⊥___」
.    (_)_)                /Y_l   〈_Y`、

209 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:03:48 ID:ybkPaR.w

雪が降った日などは耐え難く、男同士1つの布団で寝ることもざらだった。
  あ  )     __      r(    ,、_         /い 寒
  た (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'. れ い
  た  /            ヽ フハ    _ ミ        {. て か
  か.  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {.  く ら
  い   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  れ
   !!  (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_ よ
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\
       V     ヽ      /         {        \    \\

210 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:04:19 ID:ybkPaR.w
 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー−
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、  __─────、
                    −  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐   .i  /  . .´`''〜 ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー−'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.〜―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―
│ ! ./ . /   .,! `'-、      .‘  ! ゝ .l  .! `i^"''―ー¬―';;.¬'¬''/゙゙.l .ヽ .′      _ ..,,_

第3練習場の環境は劣悪だ。グラウンドはボコボコだし、照明設備も申し訳程度。
練習生は全員そろって大部屋に詰め込まれ、プライバシーなどあったものではない。

そういえば寒いというのも、練習場としては致命的な気がする。

211 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:05:18 ID:ybkPaR.w

そんな練習場に普通は貴重な選手を放り込んだりしない。
しないのだが、VIPスターズはある面球界で最も非常識な球団であった。

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ̄\
\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)_)
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|| |三三三三三| |┌─────┐|┌─────┐|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
\┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓\__|__|
\|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|

212 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:05:58 ID:ybkPaR.w

−いわば、根性論で動いている球団なのである。

           ____ , 彡三l
          く川三三三≡ヽ彡シ
       , - 彡=≡ 三彡彡彡` <        / ̄ ̄ ̄
    , ' 彡彡彡彡彡彡彡彡彡シシl   , '⌒  /
  /ノノl〈〈从川シシ彡彡彡彡シシl_ノ    /  覚 痛
,'`〈ミミミミl|l|//彡 '´:::):::::`彡彡シシシソト、    |   え  く
  ミミ゙゙゙l゙゙"     / :::::::::=彡彡彡シ_シl ヽ、_  |   ま  な
 /:ミ  ヽ、    l ::::::::::::::::::::::彡/r.ヽ|     |   せ け
 ! l   `    !._z‐'´;::::::::::::::〉/i : }|    |  ぬ れ
   ヽ....__   、..,zィ て刀´::::/::!! )ソ/ノ   ∠      ば
    ∧fてハ.、 :::::`ゝ' ´:::::::/:::::::::::/,イト、    \
    l ヽ‐ '´:l ::::..    ::::::::::::::::::y'´:::F 、     ー----
   l   '、  } ::::: ::   :::::::::::::::::l::::::::∧ !
   `  \ ゝ-:'´     ::::::::::::;:::::::::/:::ヽ
        \ ←-..→  ::::::/::  ::!:::::::ヽ
           \`´   .:/ ::  :::::::::::::\-、
            ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::/  \
                 l   :   .:::::::/     \
           ,  - //|::  :  .:/      /  ̄ ̄` ー
         /  / / ! : :: /      /

213 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:07:07 ID:ybkPaR.w

完封勝利を収めた翌日再び先発のマウンドに立ち、延長18イニングを投げきってリーグ優勝を勝ち取った"炎の男"炎尾燃。

  / ̄            \        |           ─ ̄∠_  \ \       ── ̄ ̄
./   ─── ̄/       \       |      __/ /ヽ  / ヽ    |── ̄T ̄ / |
/ / ̄    /  ─ ̄       ̄──  |   ── / / \   ̄ /   / |   | / /| |/ |
|/      /  /              ̄ ̄ ̄─ ̄ ∠ ──  ̄ ̄    / |  /|  / |   |
       / //     ─     ─ ̄  ─ ̄|          ̄ ̄ ̄ ̄ /  | / / |  | / / |
       / /   ─ ̄    ─ ̄  ─ ̄   /             /    |  |/ |  | | / \
        / /     ─ ̄| ─ ̄     /        \   ̄ ̄ //  |   | |  |  |    \
        | /   ─ ̄ ─ ̄|       ∠     ─     ̄ ̄ ̄/    |  / | |  |  |    ─ ̄
          / / ─ ̄  / |       \       ̄── ̄ ̄      | | / | / / |    \
          //     /   |                 ̄ ̄──   / | |/ / |  |      |
           \ ̄─ ̄     |      ヽ─ ────一      ̄ ̄/ |  / / / /      | |
             ̄─       |         __           ̄ /  | |/ / /       | |
           \  ─ ̄  /   |       \  /         /    \  /   |   /
        \     ̄  ─ ̄     \        ̄         /       / ̄     | |   /
           ̄── ̄      /   \              /        |   /|   | | | /

214 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:07:37 ID:ybkPaR.w

日本シリーズ第7戦。
第6戦で受けたデットボールが元で、砕けたままの肘で打席に立ち、
2打席連続ホームランを放った"豪腕"榊原豪。
 ──┐               !                ヽ/
                .i    l|i               ー─'フ
 ───      .   i   il|ヽ.   |ヽli                └─
  ─‐|ァ'  . !i.  、i|li ( \__ ,| `ー-l `ー、  ∧          ─‐|ァ
   ,/|/ ̄|_ |`ー‐トト'ゞ  ヽ、   ヽ  )j|,r‐"lノ|           /|/ ̄|_
    ̄.|   il|i    i|li    |   )ト |,|     ,ノ i
      ─┼ \. .   、  ||. || .|| (  j|li| 'i|  ノ ri|  ヽ/  │ ─┼
   │ ┌┼'   ≧ >.\从从八ヾ` 、 ヽ八ノ( ミレ  ー─'フ  L  匸「
   │ └┘ .   彡 )、  ,.r‐' ̄ ̄ラ'ーイー、 三  |レ゙   └─
        _ノ  )  ,メ人,イ,r‐、Z.、r` ノi =  V    ─‐|ァ
          ̄三 ) ̄iZ,、r(`.|  `゙‐!‐'" ,トて ト-`    ./|/ ̄|_
  ──┐     .<__)ハ  ! └` _、 <   ,! i|i
            i|li,ノ ハ  iト''二-、,il|  )  ( |i        ││
  ────‐    `'ーァ川:、 l|_____j く ∧ ハ.      ││
   ─‐|ァ       .<__ ハ  ー‐   ノ 川 ,j∧      ・ ・
    ,/|/ ̄|_      彡ラハ._,.---、__/  Y-‐'ノ     /,
     ̄.|       l ._,r-彡、 |        .|  |ー──///
     ││    、l|  ̄\  |         ノ/
     ││     .l|il / \ l      ,r'"~
      ・ ・   、/^ll i   <≧ー、  ,/~ 
                     >'"  

過去、この球団には限界を超えてまで勝利を掴んだ選手達がいた。
ファンは彼らの姿を見て感動し、球場に押しかけ、彼らが引退をした後はじっと彼らの再来を待つ。

215 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:08:25 ID:ybkPaR.w

伝説を持った選手達は監督・コーチとなり、今の選手にその精神を伝えていく。
この循環はフロントをも巻き込み、いつしか球団のカラーとして定着していた。

時代から大きく遅れた根性主義球団。それがVIPスターズだ。

        V (/  /  ヽ \  ヽ ヽ    }  } }     \ \、_ハノ
             (//     \ ヽ  ヽ |  / / ノ     ヽ\)
    俺       /   /___,ヽ }_ノ ,ノ,/ //      \  
    に       (_// ̄       ´"''<"´        ヽ,)   
    投       /,.、-‐'''"゙`` ̄````''"⌒\        _)   
    げ       (_   _       、   \     `ヽ   俺が投げる!
.    さ       /´ -''⌒\\   `ヽ川,}.}j__ヽ_   _) 
    せ      ∠_ _,r''',.ニニ、ヾ_ヾ廾T// ̄`ヽ.}!     )  
    ろ      <‐'''"´|`《 n \-'|ノ 巛{:{、_ノ:::リ   /-、  
    ぉ      / ̄ ..::\:三::二`.ノ彡'"`ヾ_);;;::::ノ、    /ヘ   . .        、
    ぉ       (´..:::::::::   ̄ ̄´ u  /::/ ̄ |   /  //7/ヘ /l ト、 |\
    ぉ        乙_u   U  ... .. .. く:::::/ 、、、ヽ|\._   ___,/ _____V__ | l ヽ|
.    ッ       < //〃///〃'゙_"_"___, -、ヽヾト、_  ̄ ̄    ̄`ー- 、 ||
.    !!      (^/〃/ //, ̄i_,i_,i_i_,{ ヾ{   ̄`ーニ二.. ̄`‐-、 \|
          __\/   //一' ̄....::::::::::::::::::r' ノ ヾ〉、         \   ヽ |
,          (\ // | {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { ヾハ、`ー‐=ニ二二     |/
7'          _\l'X/ ` ヽ_, -r¬'⌒'⌒'⌒'{. ヾ/、 `ー―--、ー-、 `ヽ  l/
/ 7 /l lヽ. |\ \`\X//;   `ー‐'''""´´ ̄ ̄` ヾ{、\_       `丶\   /
 //' | | ヽ|  \ヽ   'ヾ//,     ‐=ニ三三'  ヾ| \、__`ー=ニニ.ー-、
__/ /||_//_ノノ \   `ヾ;//,      、、 、 、ヾ}   ` ̄`ー-、 ヽ \
-‐'''""~|´ ̄ ̄ ̄~"'''- .._    ヾ〃;j i j }:川 川 },!メ、       )八
                 `丶、  `"''┴'┴'┴'‐''" ト、\

※選手があまりに不甲斐無いため、自分で投げようとする富士鷹前監督(55)の図

216名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:08:31 ID:hYTLL2mM
なんという根性論。
だがいいな。

217 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:09:58 ID:ybkPaR.w
その象徴たるものが第3練習場である。
ここに集められるのはドラフト下位、もしくはテスト生あがりの無名若手選手のみである。

  ____ ∧ ∧
〜' ____(,,#゚Д゚) <こいつテスト生かよ!使えんのか?
  UU    U U
 (昨年度ドラフト7位)                        いい加減にしてほしいよね
               テストセイハカイコ               ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        ∧_ ∧ _∧ ウザイヨネ-
                   バーカ                 (´∀`(・∀・ ) <またドラフト外がきたよ
                                       (   (    )
                         ∧_∧          || |   | |  (一昨年度ドラフト5位)
  ∧_∧                   (; ´Д`)         (__)_)_)_) (一昨年度ドラフト7位)
 (   ´A) <さっさと消えろ       (テスト入団)
 (    )                   | | | モウクンナ
. (今年度ドラフト6位)             (__)_)           (^ω^ ) <はいはいドラフト6位が何か言ってますよー。
                     ____∧______     (    )
       ツマンネ          いや、正直かわらんだろ・・・   (昨年度ドラフト6位)
                                        ∧_∧
                                       (・ω・` ) ドラフトカカラナイデイイノハショウガクセイマデダヨネー
                                        ⊂旦⊂ )
   ____ ∧ ∧  >>1ハハヤクカイコサレテネ              (__(__ ̄)  (昨年度ドラフト8位)
  〜' ____(,,*゚ー゚)                          
   UU    U U
 (一昨年度ドラフト外)

218名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:10:35 ID:b.ALs92w
ちょwww 暑苦しいくらいの熱さなんですがw

219 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:10:41 ID:ybkPaR.w

一般にプロ野球では入団後、解雇されることの無い猶予期間というべきものが存在する。
例えば、普通即戦力とはみられていない高卒ルーキーには4、5年といったように、若いほど猶予期間は長い。

何年かのうちに芽を出せばまたプロに残れ、結果を残せば一軍へのチャンスが生まれるというわけだ。
   _ρ_
  / ⊥ \
  |____|
  ‖∧ ∧¶  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚∀゚)/ <  成績悪くても今年は大丈夫!
   /  /    \_____________
  〈  (
  ∫ヽ__)
    U U
  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ←ギコ君19歳
  \__人__/

220 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:11:49 ID:ybkPaR.w
>>皆さん
 ご観覧アザーッス。レスもらえるとメチャクチャやる気でるっすw



しかしここ第3練習場に集められた選手には、年齢に関わらず猶予は与えられない。

努力は評価される。

結果だけを見られる訳ではない事が唯一の救いだが、厳しいことに代わりは無い。
下手するとプロ入り1年での解雇もありうるのだ。

           斬ってよし!!
───────────────────────────−──────―
────────‐───────────−────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐(; ´Д`)<え・・・?俺まだ二年目・・・
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| | 1/‐─‐/ | | ─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ    _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>.―‐―───‐─―‐| || | ─────―─
──/──‐──────────────―−───‐(_)_)─────―─
─/────────−────────────‐──────────―‐
───────────────────‐─────────―─────‐

年俸も規定で決められている最低の金額が払われるだけである。

221 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:15 ID:ybkPaR.w
そしてそこではプロに入るまでに名を売れなかった、
これという武器のない選手達を短期間で生まれ変わらせようとする強引な練習が日々行われるのだ。

その練習量は非常識の一言につきる。
         r--、_
        r´<ヽ、)
        `「 '  /
        `!  ヘ
.           l   !
          l   l
            l   ヽ、.._
           l   ヽ ヽ、
             lヽ、_   !  l`i         ,..---、
            `!. `ヽ....ソ´ !        _,ィ´`ー、 `ヽ
.             l          l       /ツ ......  ゝ.  !
             l       l    /` - '``  .!   .!
           l       l-‐、 ,!⌒ヽ l   ./   ,!
             l      /_ ノY `ー‐' '   '⌒) ノ
             l    ,../ ./´ ,ゝ、_    _,.=ニ´ l´
             l   r'-、ヾ,/  l_,..ニ=‐'´.    ̄!
              l r´`   li,r'"´       _,...-‐┤
               ! ヽ.   ,!     _,.-‐''´     ヽ、
                 l.l/ヽ  ,!、__,.r '´           ヽ
               i´,∧ /  `ー、              l
               ll l. ∨      `'´          l
               l'´  /                     l
                 /l ,ィ´                  l
            (/ l'´                     /
             `! l                    /
                 l l                   /
            ,r'´.ト、_________           /
               /   l _     ̄`ー-、__,、  /´
            l!    ll ``ー-、___     `ーノ
           /l   ./l       ̄``ー‐―l
             l .ト、,r'´ l            l
            l ,!   l               l
            l,!     l              /
           l!    l             l

※第3練習場前コーチ キア・イ・ダー(58)

222 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:35 ID:ybkPaR.w

劣悪な環境と厳しい練習のため、あっさりとケガで球界を去る選手も多い。

        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'
しかし、追いつめられた中での野球漬けの毎日で、拙かった才能を開花させるものもいる。

223 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:51 ID:ybkPaR.w
今、第3練習場に向かう男、カズマもその一人だった。

-第3練習場 BEFORE-
           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |       「ノック100本・・・!? きっついなあ」
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄釤  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__


-第3練習場 AFTER-
../:::::::;:へヾ、ヽ\/、,/l//'"\:::::::゙、_,,、-、.__::ヾ;;;;;::
/::;:';:'/゙、 `| 〈 | l l::l///:|:: /,.ヽ;::::::|  __,,,.`''',r|"
::;:';:'/、_,へ\゙、':,l:l::l///l |  l  |::::::|r‐'"/7 / :|
:::,:'/-、〈゙`''l: |: l l、  l l'"//   ヽ;::ヽ、,/゙ /,./|'゙
::::/\ `y‐、ヾヽ、_l  ノ _,l_,/_,,/_゙、:::\,//''":|-
::〈、`|`ly',`''‐==、l.|:::|/_,:';r‐、。ッ" //ヽ;:::|/!‐-、|、
:::ヽ\゙V ゙y---‐'"=ァ''-、 ゙''‐‐-‐'" '/ !:::| |´ヽ、_|     「1000本ノック?キリが悪ぃ・・・ 万本だ!」
、::::゙, |__|_/ _r‐ィ'゙:l/   `''‐、゙'‐-、´l,/ |:::!/‐-、:;;l  
..l:::::| ヽ,  ̄r'゙ / /     ::::``ヽ、`!./|::|`'‐-、./
. |::::|ヽ、゙'‐-l、〈:::''゙          `'"´//ヽ. l/
、.|::::'、'" ̄ \l::.`ヽ,         , //、 〈,.ィ゙ヽ、
/ \::\  //. \:. ´、,,,__,,.、-/' |:| l//ヽ、
.   \:\l | :::.. \ ヾ..,,,_,,.r''"  /゙ /:/\
     \\::::::::::.. \'ーァ-、‐''"   //:::/   `ヽ
,.、-‐-、//`゙\::::::::... ヾ   ヽ  ,.‐''"、ヽ、.__
r┬‐y'゙/   `` ::::::...\,_/  .! ::\.__ \
l (//-‐''''‐''''''‐‐-、 :::::..... ..::  .;;; :::`‐-二ニ-、

224名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:13:34 ID:hYTLL2mM
変わり過ぎだろw
何があったw

225 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:14:26 ID:ybkPaR.w

坂道を登り終えると凸凹とした砂利道に出る。
200mほど先に、懐かしい練習場がみえた。

   ;;;;;..:;;;;:..::::..:.:::....;;;;ゞ;;;;ゝ
  ;;;;;;;.,.,;;;;.::..:;;;..::..:::..::::....;;k
   ヾW゛jリwj从゙iノ,゙゙                            
    .|;;;;..:;;;::゙ :: ゙|                              
    |.ii゙:;''゙;.;::;:; (;|.                              
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  . ..______,_______、______,,wviwviw:.. .. .__ . ..  
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~""''  ,,',          `,',,_ ',    
        ゙゙''   viw  ,,'、               `       ,',,_ ',
 Mw M从    ,.,vw _、-''      ゙゙''   
         ,,、-‐'' "                    '''""''  w M从
 ,,.、 '''""'' _、-'                        
    _、-'                 '''""''               
 ,,.、,,、''                                     '''""''  
 、-'                   

                   
学校のグラウンドのような練習場は、10年前から全く変わっていないように見える。

226 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:14:48 ID:ybkPaR.w

蔦の絡まった門を抜けグラウンドに入ると、10人にも満たないまばらな練習生が一斉に振り返った。

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ     (人が来るの、珍しいんだよな)
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

カズマは小さく笑った。

227 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:15:18 ID:ybkPaR.w

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!     「カズマだ・・・」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

キャッチボールの手を止め、ポカンとした顔で練習生が言う。
手を振ると慌てて頭を下げたのが、若手の初々しさを感じさせて面白い。

228 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:15:44 ID:ybkPaR.w

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \    (いかん、考え方がおっさんっぽくなってるな)
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

思わず苦笑すると練習生がもの問いたげな顔をする。

        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

229 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:16:02 ID:ybkPaR.w
       ,___,,,,,,、--―----------、
.      / .___,,,,,,,,,.----------‐-i |
     /. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.!、-,
    i'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'./、ヽ、
    ヽ,.!'"´ ヽ------,::::::::::::::::::::i、::::::::ヽ_ヽ、
.   / ,.-、_/_/_/_//:::::::::,ii::::::::l. ヽ=::::::/ /
.  ー'-っ'´::::::::::::::::::::/i::::::/:::/ |l:::::/  ヽ::::i /
、--='´,:::::::::::, -、::/__|:::/」:/ .|l::/    |::::l.|
    \:::::::l. l_l:l'  /'´ /ー'"l:/ー‐‐‐/:::、l.|
.     \::`、 、|   ー---‐ '´ 、__, /::/ヽ`
      ヽ::!、_',.           /l/
       l:::,,::::',.        '  |'´           「いや、なんでもない。爺さんいるかな?」
       '´ l:/lヽ、  l`ー--  ./
--、__.    _'´/  ヽ、`ー _,.-'´
:.:.:.:.:.:`ー‐'".、 `<、    7''"´

           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/      「はい、すぐによんできます!」
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

230 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:16:36 ID:ybkPaR.w

−自分で行くからいいよ。

その言葉をかけるより先に小柄な練習生は走り出していた。

打点王2度。オールスター常連。
かつてVIPスターズの顔だった自分の顔が、いらない威厳を感じさせたようだ。

困った顔で周りを見ると皆露骨に視線をそらす。
そのわりにチラチラとこちらを窺う好奇の視線はビシビシと感じ、思わず失笑が漏れる

        _  ._
  _, -‐''"´  ',/ `ー――‐i
''"´,.....-...'"´::::ヽ、/´ ̄ ̄"'', ',/ヽ,
'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_/`ヽ.`i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i‐ii!ニ!:ニ!ニニニ==´  .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"´::::::::i:::::::::::::::::::`i . |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::ノ|`i::::::::i . |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::/__|:::Z,. | |:::::::ノ| |
::::::::::::::::::::::::::::::::/. /::/" |/ ` | |:::/ !/
:::::::::::::::::::::::::::/ /´7    / /
::::::::::::::::::::::::/        | .|
:::::::::::::/,ニ`',|.      _, - ',
::::::::::::| -L.l !     `""    `ー,
::::::::::::',.!.,イ!   .=‐''"       /   , -、 
、::::::::::::',ヽ__.           |  _|  |
∠::::::::::::`>ー、      ._,, -/  `ーi  |
/::::/|:::/   .',      ´  /      ̄
:/  |:/    `ー,-----―′
   /      /

231 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:17:22 ID:ybkPaR.w

耐え難くなりカズマは合宿所に歩き出した。

10年前ですでにボロボロだった合宿所は今や無残な体を見せている。
隙間風を埋めるためだろうか、打ち付けられた板が哀れみを誘った。
  __    ___       ___   ______
   :||  |      |      |      |  ||┌────┐||
   :||  |___|      |___|  ||│:::#;;.    │||::
   :||  |___|      |___|  ||│        │||
   :||:  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄   ||│     ;,   │||;
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│        │||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||.:,,'';                   ...:;;;  :||│::::/    │||:
   :||:;;;:                  .::||│    ;;; ,,│||:;;;
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,

232 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:17:41 ID:ybkPaR.w
      /            __  `ヽ
     /    /   、     , - 、`ヽ ヘ
   /   , '       } 、 /    l ト  li
   ,'   イi  ,イ  ノ レ ⌒ヽ l i i |l
   ! i! i l ! ! ハl ムィイ   ⌒}ノ 从 八
   i ii l l l l/⌒! 八ハi    ムイi ノ个ヽ
   レi| l | トl ィ^fアjヽ    イアヽ lリイソノ     (カンパでもして建て直してやろうか?)
   レ仆vトl、!  ー-‐     ー-‐ l}}ノ
    lハ{弋冫       ゝ   lノ
      lゝァz、       __    ノ
        〉l `ヽ   ´   /
      /.:ノ    `ヽ、 ___ ハ
        |.:.` ー- 、  ∧:::::i!
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::` ー ´:::::i}
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::ハ                                             <シュッ


いや、ハングリー精神を養うためにはこっちのほうがいいのかもしれない。
カズマが思い直した時、少し離れた場所で風切り音がした。

233 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:18:40 ID:ybkPaR.w

音のしている場所は合宿所の横手に作られたマウンドのほうで、
覗き込むと一人黙々とシャドウピッチングをする練習生がいる。

         ___
       /u    \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__) u .|
      \ u    ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

234 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:07 ID:ybkPaR.w

         |   (__人__)      |       −食いしばったような口元−
        \ ヽ|r┬-| /   /
        /   `ー'´      \


          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ      −睨み付ける様なその目−
        ./ <●>::::::::::⌒      )


なにが引っかかったのかはわからない、わからないが、
カズマはその練習生に声をかけていた。

235 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:30 ID:ybkPaR.w

           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |       「よお。やってんな〜」
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄釤  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                  「すみませんお。あとにしてもらえるかお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

236名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:19:48 ID:xoD0DwQo
カズマさんマジパネェな

237 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:55 ID:ybkPaR.w

一瞬振り返って無愛想にそう告げた練習生は、すぐさま顔を正面に向け練習を再開する。
2回、3回。風切り音が鳴った。
         ___
       /u    \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__) u .|
      \ u    ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

そこで弾けた様に振り返る。
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

ばっちりとあった目が、驚きの表情をありありと浮かべていた。

238 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:20:27 ID:ybkPaR.w
        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \                     「カズマ・・・!?」
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ      「初対面の先輩を呼び捨てか?」
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

239 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:20:58 ID:ybkPaR.w

冗談めかして言ったのだが、練習生はしっかりと頭を下げ「すみません」といってきた。

     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ (●) (●)\
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |              |
  .   |.   |.\_ノ\           /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

これにはカズマのほうが少し調子がくるう。

240 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:21:32 ID:ybkPaR.w

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |                        「それで、何か用なんですかお?」
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/   「カズマ!」
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.
練習生の声を吹き飛ばすしゃがれた声が響いた。
合宿所から出てきたのは髪の白くなった強面の老人−第三練習場コーチ 東方不敗と、先ほどの小柄な練習生である。

           _  -─-  _
         | , -──- 、|
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
          {:::::|ト、::\:::ヘ:::/
.           l::::if_テ f_テi}::l
          }リト、 -, イ/{
           r‐十示千、
            /,-、i }{ fj:.:\_
          く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ

241 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:21:58 ID:ybkPaR.w

          /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::''".::::::::::::::::::::::ヽ
         /    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..,_......::::::::::r''フ''i
        /  ..::::::::::::::_._,::::::::::::_,:::::::::::::::::::::::::/   |::.,,|.│ .|
        lノ",;;レ|:::.,-'テ'゙!ッ レ''゙!:,,ノ::::::::::::::::::::::::,!   '":::|│.|  |
         |//  !/   "γ.-ミヽレ !::::::r―¬''"_,,,/:::::::::| .| |  | ,r'^l
           l.! γ ,i    、!.,゙゙./ ` |/      /::::::::::::::| | |  フ /
          |゙、〃     ``          l}f::::::::::::::| | | / .!
         !、_l              .'ニ.ヽ'彳`'、:::::| | .| .|  |      「爺さん、ひっさしぶり」
    _..、,,、  .lj!|           !  <゙゙丿| |  l:::l } | /  |
__,/   ..:`''''/ l    ,‐、- 、 .‐    ` ‐ ", l,   !、l゙/ ".″ |
  .....::::::::::::::: /  l.    |  `ヽヽ、        ,/i'}  ゛      |
   :::::::::::::: !、   ヽ    \  ]/′    / / |    ''ソ゛    |
`゙゙゙^'ー- 、 :::: l    ヽ    `゙´    .,.-―''″ ,!   /     |
 ...::::::::::::::\::::ヽ     ゙'-、__,,,,. -'ァ("゙゛      |   l      |
    ::::::::::::\::\        /:::.. \_       l   |      |
  .....:::::::::::::::::::_ゝ::ヽ、     /..::::::::::::::...`'''‐、    ヽ  !      |
  :::::::::::: < ̄::::::::::::ヽ-、_ノ| ::::::::::::::::: / ヽ、   `┐'′    .|
    ::::::::::::::::\ ::::::::::ヽ    | ::::::::::::/    l\   |゙.、     |
     ::::::::::::::::\ :::::::`、   | :::::: /     /  ヽ   |      |

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                     「随分ぶりだな。それにしてもなぜ今更こんな所に来たのだ?
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                      ここは1軍の人間がくる場所ではないぞ?」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

242 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:23:06 ID:ybkPaR.w

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|             「復帰前にここを見ておきたくてね」
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./::::::/`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|

カズマは2年前のシーズンオフに膝の手術をした。
壊れつつあることを自覚していながら、無茶な出場を続けた結果の怪我だった。

結果野球生命が危ぶまれる酷い故障を引き起こした。

243名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:23:39 ID:xoD0DwQo
カズマ故障明けか

244 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:23:48 ID:ybkPaR.w

2年の間に2度の手術をしてその間延々とリハビリに明け暮れた。

もう一度グラウンドへ。
      〃 !  ノ 、 ハ   |l  ト、l
 l /  ! // / |l l'/ハヘノ レ^ヽル'´ l|
 !   l//!〃 ル、|!  ハ !/⌒   il
    _// l!ソl/ l l|    ノリ l .l    l
.  '´|l/``lヽ! l リ  厶イ⌒7!   l |
l  !l ll`ー‐' !      `ヽ o i |   从
l! ! :|l ル    , ' :!      ̄ ! !  l |ハl
|トl ソk / 7 ´ .:::|    ヽ  l /!l' |
l! !ヽ!ヽ、〃   '´ `      /l ,'l リ! !
   |トスx   、__  _    / メ/l !
   l! !入、       `  ィ7//!
    | lト、ヽ、 _ .. イ |ルイ l
      /| ヽ:::::::::::::''´ / l l/へ
  ,. イ/|ノ ヽ::::::'´  /   !l、  \
/ //l |   ヽ:   /  ノ::::〉    ヽー
 ´  ヽl           /::/      ヽ
     ヽ         ,/:/  __,,/ヽ
\     l      _ ノ:/    \
::::く      l⌒ ー'´ 〃    / ヽ
::::::::\   ト、__ノ´   /ヽ   \

真摯な思いが通じ、怪我はほぼ完治したと言えるようになった。
しかし2年もの間試合に触れていない。

245 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:24:12 ID:ybkPaR.w

気まぐれに足を運んだつもりだったのだが、
懐かしい雰囲気を感じ取ると自分が抱いていた不安の大きさが良くわかった。
今は、試合に出るのが正直怖い。だから−

''"'''''::----::'''''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''"''"'~"''"''::---::''''''''''"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii llii !!ii ii i!!l llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ||||ii!!liii!lli ||ii i!!l
wWiijiijwWWjwwjjiijijiwWjijjiijWWwjiijijijwwWWwjiiiijijiwwWWWwjiijijijwwwWWWWwjiij
        .,,.、,、,,,从仆ミ               ,,、,,、         `"''~
                  ,,、,,、     ,,、,,、           ,,、,,
  ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........;;,,::::,,:;;,,::::,,:
"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~   ::    "゙゙~"゙゙~~゙゙"''''''"゙゙~:: ::;;、,,::::. 
 ゙~     ::    ::   ゙~  ::    ::゙~              ::    ゙':;::::
      ::       ゙~    ::        ゙~        :: ::  ,,;;":::: 
゙~       ::   ゙~      ::              ゙~     :: :: ゙;;.,::::::::...
    ::            ::    :: ゙~               :: ::  ~゙゙"''i;、:::: 

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ         −自信の源となった場所を見たかったのだ−
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./::::::/`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|

246 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:24:47 ID:ybkPaR.w

少し無言が続いた後、昔と変わらない声で爺さんが言う。

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉       「ちょっとやってくか?」
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|            「いや、遠慮しておく」
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

2人で大きく笑った。

爺さんの「ちょっとやってくか?」は昔からの口癖で、その「ちょっと」は、ぶっ倒れるまで続くのだ。

247 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:20 ID:ybkPaR.w

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \ 
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

昔に帰るつもりで「ちょっとやってみたい」のだが、この寒さが気になっている。
体が冷えている中では故障の可能性は上がる。

今は体に細心の注意を払いたいのがカズマの本音だった。

248 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:43 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j     「ではコイツのことをちょっと見てもらえるか。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/      やる夫という。今年入った高校卒じゃ」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

さっさと練習に戻りたそうにしていた練習生は急に話題が自分に向かって驚いたようだった。

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

249 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:59 ID:ybkPaR.w

その驚いた顔を眺めて爺さんはニンマリと笑う。期待株ということだろう。

                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
             ニッ     VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

250 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:26:29 ID:ybkPaR.w

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!   「はいはい。未来のVIPスターズのために何でも言って下さいよ」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、__
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/   /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                 「じゃあバッターボックスに入ってくれ。バットもってな。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                 ああ、振らなくていいぞ。見るだけでいい」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \   「はいはい」
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

251名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:27:02 ID:hYTLL2mM
期待されてんなぁ。

252 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:27:43 ID:ybkPaR.w

VIPスターズの看板選手である自分に、まったく興味を示さなかった”やる夫”と呼ばれた練習生は、
投球を見てもらえると解った瞬間、瞳を輝かせて準備を始めた。

  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ

        , -======|
      ィく三三三三三三二|
      ∨三三三三三三三|
      /Aー――――――.|
      ヽ=Aー------――‐ |
        \.A三三三三三三 |
        /`ー ---- −― .|     (同じチームの先輩って、サイン貰っていいものなのかな?)
       ,:. :. :.{!:.、:.\:. :. ヽ.:.:.|
       |:. :. :.ト、:.\: ヽ, - ',‐|
       |:. :.| :|!⌒、 ヽ _ヽrテ|
       |:.l: |:.ヽマl!ヽ   弋リ
        ヽ!:.|:.l:. ゝゞ'′,   |
        Nlハ:.ヽゝ . -_ .イ|
         じ \ヽ:.{{   ヽj |
         o /::\:j::ヽ  fil|
          .ノ:::::l::::;:::: ヽ Ll|
           /:::::::::i:::l:::::::: ヽlf"
         ヽ:::::::::l::::;ィヘ´ ̄ゝ
          `ー-.' };; V `r
             / ¨ ミー|
            , '::::::::::::::: `|
             /::::::::::::ヽ:\|
          /::::::::::::::::::::\|
          / : :::::::::::::::::::::::|
           /:::::::::::::::::::::::::::: |

用は済んだはずなのだが、遠目にこちらを伺う小柄な練習生とは、対照的な姿を見せている。

253名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:28:12 ID:b.ALs92w
カズマがしっかりとしているというか……

野球に対して真摯だな、本当

254 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:28:17 ID:ybkPaR.w

いきなりの話だが練習生−やる夫は落ち着いて肩を温めなおしている。
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

いや、落ち着いているのは立ち振る舞いだけでその熱はビンビンに伝わってくる。
ここで一気に自分を売り込んでやろという気配が、少しも隠しきれていない。
            ____
          /⌒三 ⌒\
        /( ○)三(○)\
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
       |     |r┬-|     |
       \      `ー'´     /
      /     ー‐    \

255名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:28:38 ID:mX96fkes
根性論って大嫌いだなぁ・・・

256 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:28:58 ID:ybkPaR.w

       ,___,,,,,,、--―----------、
.      / .___,,,,,,,,,.----------‐-i |
     /. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.!、-,
    i'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'./、ヽ、
    ヽ,.!'"´ ヽ------,::::::::::::::::::::i、::::::::ヽ_ヽ、
.   / ,.-、_/_/_/_//:::::::::,ii::::::::l. ヽ=::::::/ /
.  ー'-っ'´::::::::::::::::::::/i::::::/:::/ |l:::::/  ヽ::::i /
、--='´,:::::::::::, -、::/__|:::/」:/ .|l::/    |::::l.|      (爺さんの好きそうなピッチャーだな・・・)
    \:::::::l. l_l:l'  /'´ /ー'"l:/ー‐‐‐/:::、l.|
.     \::`、 、|   ー---‐ '´ 、__, /::/ヽ`
      ヽ::!、_',.           /l/
       l:::,,::::',.        '  |'´   
       '´ l:/lヽ、  l`ー--  ./
--、__.    _'´/  ヽ、`ー _,.-'´
:.:.:.:.:.:`ー‐'".、 `<、    7''"´

野心という言葉が悪い意味で捉えられやすい日本では、あまりいないタイプではないだろうか。

肩を温めるにも、ボールを投げるのではなく、全力でのシャドーをはじめている。
投げるための準備としては今一つだ。

257 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:29:39 ID:ybkPaR.w

だが、”対戦相手”に自分の投球を見られるのを懸念している。
ギラつくやる夫は見ているのが面白かった。

            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、     (爺さんだけでなく俺も好きなタイプだな・・・
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \    夜神さんに似てるかな?)
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

258名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:29:53 ID:GwGQcADo
スポーツは上下関係厳しいからなあ
中日の浅尾は10も年上の井端と荒木にガチでタメ口らしい。何様だあいつww

259 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:30:01 ID:ybkPaR.w
                            ヾ(;ゝヾミ;;;ヽ ヽ::;;ヾ::;;;:;;`;;ヾヾ※ヽゞ;;ゞヾ|::i:i :ゞゝ/
                              ゝゝゞヾ;;::;"ゝゝ;;:※;;゚::ヾヾ※。ゝゝ;;:;;ヾヾ:|::;ii:: :;;ゞゝ
                                   ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ
                                      ミゞゝ;;:;'';;ゝ;;:ヾ;;ヽ;;:;ゝヾゝ;ヾソ;;ヽソ;;'ヾ
                                          .ゞゝ;;::';:ミミヾヾ※ヾヾヾヾゝ":
                                               ゞゞ;;ヽヽ゚彡ヾ:;;ゞゝヽ
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,....                                          |ii; :;;::;:iii:
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;..                                      |i ;;:::.:: ::ii::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、                             |:: ::;;ii:::::i;;:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙ ''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、                  |::;;:;::i:::i::::;;
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー- ..,,_     γ;;⌒;; (;(;|;;::::;ii:::;:::;;

260 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:31:26 ID:ybkPaR.w
>>258
浅尾はイケメン。 つまりそこから導き出されることは、ただイケ(ry


やる夫がゆっくりと両手を頭上で組み合わせた。
傲慢に見える程、堂々としたワインドアップモーションから、渾身のストレートが放たれる。

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /         ←傲慢に見えるワインドアップモーション
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


何球かのストレートの後、カーブ、スライダー。そしてまたストレート。

          . -─‐- 、
      /        \
     /\  ||  /   ヽ. ○  
      /( ●)   (● )   ハ,4L_  
     : :::: (_ , 、 _)  :::::  ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧   
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

コンディションはきっちり整えていたのだろう。
目一杯と見える球が次々とミットに突き刺さった。

261名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:31:40 ID:xoD0DwQo
新世界の神も登場予定か

262 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:32:03 ID:ybkPaR.w

      / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/   / /
     // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | / / /
     // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
     { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |/
   /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/   -――
   | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ /
   l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /             「どう思う?」
   / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
    |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
    l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /          /
        j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨         /
         `        〈_八   l||  |          /
                 [_/  ',   /ハ  \      /   /
              └‐く _| /l |  \ |   /   /
                    l /  ト、  l/´ ̄    /
                    |'   / \/
                      ト、   |  /
                      / \//
                       {  /
                     \/
15球ほど投げたあたりで、爺さんが口元をいびつに歪ませながら聞いてくる。

昔から意地の悪さはさほども変わっていない。
カズマがあきれた顔になったのを見て、歪みはさらに大きくなった。

263 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:16 ID:ybkPaR.w

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!         「ダメだろうね」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、__
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/   /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ

その瞬間強烈な視線を感じてカズマは顔を引き締めた。

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./::::::/`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|

264 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:35 ID:ybkPaR.w

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

やる夫がマウンドから、怒気を立ち上げ、睨みつけていた。

265 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:52 ID:ybkPaR.w
      / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/   / /
     // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | / / /
     // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
     { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |/
   /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/   -――
   | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ /
   l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
   / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/             「どこがダメじゃった?」
    |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
    l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /          /
        j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨         /
         `        〈_八   l||  |          /
                 [_/  ',   /ハ  \      /   /
              └‐く _| /l |  \ |   /   /
                    l /  ト、  l/´ ̄    /
                    |'   / \/
                      ト、   |  /
                      / \//
                       {  /
                     \/

空々しい質問に呆れるが、爺さんにも何か考えあってのことなのだろう。
正直に思った通りの答えを返す。

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \    「よく鍛えてあると思うけどな。
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |        どれも合格点。悪く言えば平均点。
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l        プロで戦う”武器”が無い」
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

266 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:34:42 ID:ybkPaR.w

我が意を得たり。
といった風にうなずく爺さんとは逆に、剣呑な表情のやる夫が言った。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\                       「わかんねーぉ」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!      「ん・・・?」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、__
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/   /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ

267 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:35:00 ID:ybkPaR.w
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \                      「やってみなきゃわかんねーお?」
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \  「解るさ。俺が何年プロでメシ食ってると思ってんだ?」
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

カズマは感心していた。
すぐに項垂れるタイプより、喰いかかってくるこの気骨は、プロの世界では頼もし−

268 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:35:38 ID:ybkPaR.w
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                        「2年タダ飯食ってる居候ってことは知ってるお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

   / .:/ ..::::::::::::;:::::::;:::;::::::;:::::::::r--‐'''''、:::::ヾ'ヽ、::、::;:'::":::::::::::::::::..゙i
.  /:.:;/.;' ::::.:::::;:'":::::::::/::::/、:::::/     ゙:、::::!   ヾ`ヾ;:::::':"´:::::..:、:゙、
 ///,:'" :::::::::::::;'":::/!:::/、 ヾ゙       ゙、| ,,..‐-、 ミ;:':"´::::::::::..\`
. '" ,'::/! .,'゙,:::::::、::;'::l‐l::/:::ヽ、_ ヽ、  !/  _,;z::/'"` }:::::::;:':":::"´/ヾ、
.   |/ .|/'; .::r-、:l、:| ィ'‐‐--=、ー=j  y==r‐'''''''ヽ,   l!:::/、;;:'゙、:::/
    !    V l'‐ ゙| ゙! _',  O  }`ー  ''" ;'゙ O  ,:,_  |/l!‐l!.:/V゙
      /;i, !ヽ,'! '-`'ー=''"-  ;.    `''=‐''"'-' ,'‐''"l|/      「!」
       l:゙、\.|         |          | ) ,ィ'
         ヽ、.|          l            |''ノ/
           jvl',       __,,,,,,,__        ./'"/
          ,r''`ヽ      /-―‐-ヽ     /、
       ,.-'゙:::::::::::`l、    〈´ ̄ ̄`ノ    ,.イ:::::ヽ、._
      /:::::::::::::::::::::| \    `'ー‐‐''゙   ./ |:::::::::::::..`ヽ,
   ,,.-‐'゙::::::::::::::::::::::::/ !.  \   ` ´   /   .ト、:::::::::::::::::...\、._
-‐'/::::::::::::::::::::::::::::::::::|__     ヽ、.,_,,/     /::::::::::::::::::::::::.\`ヾ''ー
:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、.`''ー-、..,,,,__,,,,...、 -‐一/:::::::::::::::::::::::::::::::..\ヽ、

269 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:36:03 ID:ybkPaR.w
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu                「試合に出たのが2年も昔なら、目が曇っててもおかしくないお!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |             
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

               、,,,_   ____
                >:::: ̄ ̄:::::::::r┐:`「|ヽ
           _,,.-‐''´,:':::::;;;;;;;r-、:::::::| .|::::/ l:::l゙l、
           `ヽ,:::::::;;;,':;イ;'::ヽ ゙、_,ノ '-' |:/ |::`ヽ、
             〉;;;;;;;;/ _.-、:::゙、      ノ ´ /::::ヽ::|
            〃、;;;;;l' ´=、 ヽ;;〉      〈_,,.-、::::|
             |::::リ:,,〉 i',.`/;;:{         .r''´::;;l
           _ノ:::::く´  ´  リ |    _,.-‐'´;;;:::::,:'  「あ゙あ゙あぁぁあー!!
           {l:::゙、::::└==、   l-‐'''''''ーlソ;;;;;;;;;;;;;/´
          /\:::::ー-j'、:::!   |´ ̄ ̄``l、;;;;、;;;/    俺だってね、マジにヤバイなって思ってんの!
        ,.ィ'゙   `‐ァ‐' l:::|   |:::::::::::::::::::| |,へ
      _ノ:.l    ./ ,_┌'  ,!::::::::::::::::::::|´__:::\    でも俺はお前と違ってもう1軍のピッチャー何人もみてんの!対戦してんの!
    /´:.:.:.:`ー-y'´-‐'":::::::::゙ー‐'`|:::::::::::::::::::::|´\ ̄`ヽ
   r'´:.:.:.:.:.:.:::::::/`ヽ、:::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::|  ヽ、.,__|  ルーキーが即戦力かどうか位はわかるってーの!」
  /.:.:.:.:.:.:.:::::::/:.:.:.:.:.:.| \::::::::/''"|:::::::::::::::::::::::|     `l
/.:.:.:.:.:.:::::::::/.:.:.:.:.:.:::::::!::::/::/ l‐' /|:::::::::::::::::::::::|_,,.、r‐-、_|
\.:.:.:::::::::‐'´::::::::_,,,...」:〈/''"´/ノ|:::::::l!::::::::::::::゙! `ヽ /|
   ̄``''ー‐''´ ̄    `}:::|::|_/ /::|:::::::|';:::::::::::::::|  ノ/:::|
            /:::/::l、_/::::::::|::::::| ゙、:::::::::::::l / |:::::|
            〉:/:::::Y:::::::::::::::l::::::| \:::::::::`l  |イ´
            //|:::::::|::::::::::::::::`ヽ:|   \:::://´:|
           //:|:::::::|::::::::::::::::::::::`l    `フ':::::::::|
           //::l::::::::|::::::::::::::::::::::::::\  /:`ヽ;::::|

270名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:36:12 ID:mX96fkes
ケンカ売りやがったwww

271名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:36:16 ID:xoD0DwQo
ああ…やる夫それは言っちゃいけな…

272名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:36:35 ID:hYTLL2mM
やりやがったw

273 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:13 ID:ybkPaR.w
             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )               「やる夫は試してもいないことを”無理だ”とか”ダメだ”とか
        |  ⌒(_人__)       ノ | |              .いう奴を信用しませんお。
        ヽ    )vvノ:      / ノノ               ありがたいアドバイスは通用しなかった後に思い出すことにしますお」
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

急に丁寧になったやる夫の言葉は皮肉に彩られている。

        / Y i l ' ハ、ノ l!    _z─ - _  /  ' /  ノj
       ト-,J i     ,、  l,z,-‐"´ ヽ、   フ/     '"´ |
     l`ヽl、,ヽ、 l   l ,/   /^ーz-ヽ  /,//z_,.- /  |!
     l   ヾ、 >   ノl l   ノ, '"二   ミ、         lノj
     l!   ゝ'" /、 l l /,-'/´。  f'  ヽ、 ,-‐ 、     l
      l!、 / ,ィ'ニ,_ , 《l l' イ _ -''"    l, lヽ_ ヽ    /
    ヽ ̄y /イ,-'フ-<, ヽl‐- '"        ∨ 〉 ゝ》   Z_   「てめえ・・・」
     ヾ/ /_ヽ ィ ゚ ノ              ,_ノ/   ∠ヽ、
      /'ヾ、 ̄ル/1ヽ  ,-‐- 、        l─<   て::::::::
         了'´  / k<,.-‐''":::::へ       l   ヽ  >:::::::::
         `ー-〈  ヽ-'::::::::::::,、::,ヘ      l    `/:::::::::::::
           ,-‐'ヽ  ヽ::::::::,;'   ヘ    /  l  /:::::::::::::::::
        ,.‐''" , -' ヽ  l _,z==ミシ  /     ∨:::::::::::::::::::
 ヽ、_,.-‐'"  /    ∧、'´,-‐-、  /      /::::::::::::::::::::::
  ヽ、     / _,-‐''"`/::::::ヽ    ∠,_      /:::::::::::::::::::::::::
     ~`'"ソ'"´ : : : : /:::::::::::::`ー‐'"::/ヽ`、 _..,-'/::::::::::::::::::::::::::::
      /: : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ/;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::
    / ,-‐, : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::,.-‐'"´
    //;;;::::l : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::,.-'"
    〃;;::: l : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l:::::::/

274名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:37:21 ID:24LSTDz.
即戦力=現時点でプロとして通用するかどうかを評価してるカズマと、
現時点での能力に駄目出しされてると思ってるやる夫の差かな

275 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:35 ID:ybkPaR.w

/,. --- 、`ヽ三彡'" \ \ ヽミ、¨゙ーニ三三三ミ|: : : : :/ヽ: : l: : : : :/l: : : : :/
/ / ̄¨ヽ 〉ル=‐\. \ ヽ i ミ, ヽ }¨ー、三ミl:: :: : :/  ∨::i: : : ///: : :/
./,.--、ヾ、} ///、 \\_i_ヽヽ  ヽ {  ∨/l: : : : i l  /:: :: : :i /: : :/
// ̄ヽ/ ./</  \  ̄iミ、r─‐‐ ミ辷__  ∨l: : : : l l. /: ∧:: ::l./: : :/
. / _ ノ ./>/     \ ミヾ  -、_ヽ、   Vl: : : :l l i::: :::∧l彡 _/
  -‐ァ  _>、     | ミi   \r‐`ヽ`ヽ ゙i: : : l l }〃  /--‐'"i
ヽ r'" /,. -‐、_,.\   lヽ  i     \P ) \ ', l: : lミl:{、  ./三三ミハ
__) ゝ/: : :    _i    \\    -、. ゙<  ミ ! l: : lミミ: : :/: : :7、: : :ハ     「いいだろう・・・やってやんよ。表にでな」
.  /: : =-‐ ¨ー" f     ヽ、___  ヽ、`¨ヽ!: : l: :lミ三/三ミ { }: : :ハ     
_/¨´ _,. =-‐'"¨ー{     : : : :/   ` ー 、、: :ニ   ヽ:ト、三彡' > l:: : :ハ     
三_, ¨       ゝ、__:: :// ̄`ー、ミヾ´ ̄   rヾ彡/レ'´  l: : : : i
〃       /´,  _f ̄`ー'       ミ     l l\      l: : : : :l
|     _,./  ///              ヾ     l ! \     .l: : : : : l
|           //                  \       }: : : : : l
|      ,. -‐‐ァ"        /             \_    l: : : : : :l
ハ     /   /          i/`ヽ、             /    /:: : : :/
ミヽ_/  //           ゝ、 `ヽ、      ___/    .// / 
 ミ\ /               `ヽ、   \    {      //-'"     ※グラウンドで野球勝負するぜ的な意味です

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._                      「怪我明けに新人相手に無理することありませんお?」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

276 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:56 ID:ybkPaR.w
     ト、
.     | `ヽ、  ,..l-―''Z-‐''Z._,.-(  ___,
 .   ト、|  ヽ`く ト、 ´    ′ `´ ∠_.ィ
     | |   l ヽl `i         ´  ム_.ィ
    l. |    l  l i |::.............._        {
  '、ー-ゝ、l.  |i l l| l |l:::::::::::::::::`'ーz__     |
  ヽ.   ミ>‐ッ、|,ィ-‐ッへィ-‐''¨了:::::::ーz    ム
 、_ヽ、ミ/ /    / /,.--―、`'j::::::::ーz   了
  ヽ、 ̄7´, イニミ-、i l /-┘jニ..⌒` }:::::::<_   ノ                「ぶっ飛ばす!」
   ヽ/∠_ミヽ/⌒〉 l/''¨ス  pゝ  `'j::iへ、Z  ぐ   ト、
    //  .`ー}`フ  l `'''  ̄'''"   jリ ヘ }Z /^    | lヽ
   /    .| \  __       r'フ /了/     | .|::|
           l l ̄――v`i     「ーt'´::::/^     .} |::|
         ヽヽ ,.-‐-‐ー}    /|__,,..ルヘL__    ノ .|::|
          ヽ`、_,,,,,__ノ_,,. -‐'¨´ _,.,.,.,.,.,.,,ヽ  /  ノミl
        _,,..〉-‐'',ニ¨-―-、''"""      〈 /  /ミ/
    _,.-‐''¨ ,.-‐'¨フ´      `ヽ        ∨  /ミ/
   `'ー、  y′ /       ミへ.._       ヽ/ミ/
      `ーィ   ゝ,       ミく  人二ヽ     li/             ※ボールを遠くに飛ばす的な意味です

           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:                     「お手柔らかにお願いしますお?
      :l        )  (      l:                      あと、怪我には気をつけてくださいお?」
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:

277名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:38:09 ID:xoD0DwQo
カズマキレたw

278 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:38:18 ID:ybkPaR.w

やる夫に背を向けて歩き出す。
やる夫への評価を改めなければならない。

反骨のある奴ではなかった。あれはただの臍曲がりの聞かん坊−

そこでなんと無しに、振り返る。

       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

やる夫は、ニヤリと笑っていた。

279名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:38:34 ID:GwGQcADo
2年試合に出てない奴に駄目だと言われたら余計に駄目なんじゃ・・・

280 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:38:51 ID:ybkPaR.w

:::::!:゙、  \ `ヽ、  /゙ ,  |/     | |:::.:.:;':.:.:.;:.:.;::;:.'":.;::':":´::,:'l
::: |::::ヽ    l、   Y゙   ゙ 、 |\     ||:::,:゙:.::;:':.:,:':.:;:.:.:.;::':.:.:::,:':,:'!     /
ヽ.|:::::::゙、  / \  ゙l``ヽ、 ゙、 |. \  | |::.:.:::.:;'.:.:/:.:,:':;゙::.:.;:.:.:,:゙:.:;.:'l.   //
ヽ、:::::::::ヘ∠,_ \ ゙l  -‐==,l、   \|/、:.:::.:,':::/:.,:'::/:.:.;:':::;:゙::;.:':::.:゙、./:::/
:::::;ゞ、::/__l__  ヽ'、   `\    _,ノ:::;:',::'":':.:/:.:,゙/::'"::.:.:::;::::;::'゙::::::/
:::/:::::::{ r‐‐‐、  ゙, ̄`` ー--==ニ二-‐'"i/ ,,.::'゙::,:::'゙:.:.;;::'"::;:';::':::::::::/
"|::::::__| .|| ̄`ヽ  ゙、  ヽ‐‐ヽ、  ゙l,    . '|::..:.:.__,,.::-''"_::,,.::'゙:::;:':::::::/
-'‐'" ノ |l__〉、 ヽ  ゙、   o\ ゙,   ! └‐‐=、;:‐-、''":::::,::'゙:_;:/
   `ヽ.|     \ ヽ、._`' ‐-、 ゙!lヽ、_ ,.'     `ヽ:::::l;:::::::::_,,.ノ-‐''/
.     /`ヽ、   /`''‐--ニ=- `  -‐       /:::://'"´::::::::/       (はめられた、か)
  , ‐''/   ``''‐-ー‐''"´        二==‐-、/::::/_,,..-‐''"´
'"    {     ,.r,‐t          / :, o`ヽ,`y゙::/-‐'"
      ゙i     ゙、`ヽ、         ) '、__,,. '//
      |     ヽ.._ `ヽ、   -‐'"      //
     |       `ヽ、 `ヽ.__       /、
.     |     `:::::::  `ヽ''"´    _,/|  \
      l           _,. -‐'''"´   l    \
'"´``''‐--ヽ.     ,,.、-‐'"        ゙、     ヽ
    __,, -ァ'`''‐--‐''゙::::::::::::......        ゙、    ゙,
-‐'゙ ̄-‐ィ'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     ゙、   |

そう気付く。実際に勝負して、かつての打点王の上に行こうというのだ。あのやる夫とかいうやつは。

カズマは再度、やる夫の評価を変更した。

281名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:39:07 ID:mX96fkes
これはうぜぇwww

282名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:39:17 ID:xoD0DwQo
やる夫、勝負に持ち込むための策か

283 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:39:41 ID:ybkPaR.w

   ;;;;;..:;;;;:..::::..:.:::....;;;;ゞ;;;;ゝ
  ;;;;;;;.,.,;;;;.::..:;;;..::..:::..::::....;;k
   ヾW゛jリwj从゙iノ,゙゙                            
    .|;;;;..:;;;::゙ :: ゙|                              
    |.ii゙:;''゙;.;::;:; (;|.                              
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  . ..______,_______、______,,wviwviw:.. .. .__ . ..  
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~""''  ,,',          `,',,_ ',    
        ゙゙''   viw  ,,'、               `       ,',,_ ',
 Mw M从    ,.,vw _、-''      ゙゙''   
         ,,、-‐'' "                    '''""''  w M从
 ,,.、 '''""'' _、-'                        
    _、-'                 '''""''               
 ,,.、,,、''                                     '''""''

284 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:00 ID:ybkPaR.w

グラウンドにでると練習生たちが何事かと集まってきた。

爺さんも止めるつもりは無いらしいし、見物を追っ払う気も無いらしい。

思う存分凹ませろ。そういうことだろう。

   、  Vヘ1 ヘ1:::::::::::iト、::::/::::::::::/    \::::::::::::::::jj/ /::/ノ !     _,. -,
    \  1:::, 、::1::::::::::≧Y:::::::::::::/ / ,. -一 \::::::::::l_,.z≠1f ,」  ,.  ´   i
     \j::/:::::::::,.'y'´::l::::j::::::::/ ,. ' ´ ___,z__, '´!:::::::::!z=- ' Y_,. '´jソ ,. ´7  !
   \ー/:::,. ´::::!:::::::!:::l , / /,.  ´ /   _!:::::::l -‐ ! 7ソ √ ! / !  l
    j::/::::::/!:::::::::::j::::: !::j j !i i! rッ ´ -‐ ´ ̄ '、:::!   |  /   j     !
   /ノ::::::/:::::__z=タ::.:.:. リ ィ' __ ' ´__,  __ _、 !:::::iz ュ __/    f 71  /
  /:::::::::/::::::::::::::/>z__  - '´` '´z=≠z、    、 !::::j \- 、 ,     / /
 ./:::::::::::::,!、:::::::::::/ ̄,.>,.z,   ̄    ::: : :`  、  Lj:::/ _  `1 、` 、i   ./
 .!::::::::::::::i  ,::::::>-く `::/       : : :     ` ,!::j、 ` 、{ z、 ,.!   /
  ,::::::::::::::!  V´  ヽ! '´                  /:/ `  ,、  fミ1\/
   ,:::::::::::'.      f\                /´      \  |
   、::::::::::'.      7 i7    _  ,_     /     ` 、\ ノ1
    .\::::::' 、     \!__,. ´_,.  ´ ̄     /        },./ '
       \::::\      ! 〉 '´       /       /:: . /
        \:::' 、     Y -─一              /::.:' : /
         ` 、ヘ     、 : : :: : :           /:: ::,':: : :!
             \    '、            ,.  :´::. :.,/:.:. ;: j
              ,    !       ,.  ´:: ::.::,:':::/:: :: :./
                   ' ,   _,.  ´:::,. -‐ 、::::::::::::::: {
                   `ー─ '´    ,. \:::::::: !

好奇の視線を感じているのか、無視しているのか、やる夫は平然としている。
いや、むしろ、口元は緩んでいる。
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

285 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:22 ID:ybkPaR.w
キャッチャーの準備が整った。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

こちらとやる夫が頷くのをみて、
                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /
                   l  |  |                 |
                       〕  |  |             〔
                  く \j |          /こ寸
                     /\ \」____  -―イ /l ト、
                 /\ \_    ――  ̄/||し' 、\
                 /    ̄ト、_ ̄   / ̄  リ  |\ } |
                /      |  |   ̄ ̄       |l  |  | ノ
                /      |  |             |l  廴ノイ
                  l      |  |         jj  |「 |

審判の位置に爺さんがつき、開始を宣言した。

286 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:43 ID:ybkPaR.w

初球インローへスライダー。
見逃してワンストライク。

    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::> ノ |
  ト、:::::\::::::/:::::::::::::,ィ /::::::, -―-、:::::::/::/:::::,'
  ト、\::::://:::::::::///:::/       l //::::::ハ:_ ノ
  ヽ::::::::://,-‐/ //::/         lハiト、:,ヘヘ`ヽ、
   \,イハ/⌒メ、l /  〈 _zrニゝ从:ヽ:::\\::}>
  / ̄`7/ ハ(´ o >    ̄rtテ=ァ   ,'ヽト、::::ゝY   
 ヘヘ::::〈:{ l〃  ̄         ̄ ヽ ,'ノ /::/⌒ヽ!
     `ヽ、イ /     |    \  ,'‐ '/
  ,.-‐'´ ̄ ヽ         '         //ー‐- 、
/        \   (二ニニニヲ ,ィ'´      `ヽ、
         |\ ` ̄ ̄ ̄´ //
          ヽ \    / /
          l  `ー-‐'´   /

打てない球ではなかったが、コースが良かった。
無理に打ちに行くことも無いと思い、見逃した。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

それをやる夫はどうとらえたのだろうか。

287 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:41:06 ID:ybkPaR.w

2球目。同じコースに同じ球。
先ほどより、ほんの僅かだが高く浮いた。

:::::!:゙、  \ `ヽ、  /゙ ,  |/     | |:::.:.:;':.:.:.;:.:.;::;:.'":.;::':":´::,:'l
::: |::::ヽ    l、   Y゙   ゙ 、 |\     ||:::,:゙:.::;:':.:,:':.:;:.:.:.;::':.:.:::,:':,:'!     /
ヽ.|:::::::゙、  / \  ゙l``ヽ、 ゙、 |. \  | |::.:.:::.:;'.:.:/:.:,:':;゙::.:.;:.:.:,:゙:.:;.:'l.   //
ヽ、:::::::::ヘ∠,_ \ ゙l  -‐==,l、   \|/、:.:::.:,':::/:.,:'::/:.:.;:':::;:゙::;.:':::.:゙、./:::/
:::::;ゞ、::/__l__  ヽ'、   `\    _,ノ:::;:',::'":':.:/:.:,゙/::'"::.:.:::;::::;::'゙::::::/
:::/:::::::{ r‐‐‐、  ゙, ̄`` ー--==ニ二-‐'"i/ ,,.::'゙::,:::'゙:.:.;;::'"::;:';::':::::::::/
"|::::::__| .|| ̄`ヽ  ゙、  ヽ‐‐ヽ、  ゙l,    . '|::..:.:.__,,.::-''"_::,,.::'゙:::;:':::::::/
-'‐'" ノ |l__〉、 ヽ  ゙、   o\ ゙,   ! └‐‐=、;:‐-、''":::::,::'゙:_;:/
   `ヽ.|     \ ヽ、._`' ‐-、 ゙!lヽ、_ ,.'     `ヽ:::::l;:::::::::_,,.ノ-‐''/
.     /`ヽ、   /`''‐--ニ=- `  -‐       /:::://'"´::::::::/    −見逃すカズマではない−
  , ‐''/   ``''‐-ー‐''"´        二==‐-、/::::/_,,..-‐''"´
'"    {     ,.r,‐t          / :, o`ヽ,`y゙::/-‐'"
      ゙i     ゙、`ヽ、         ) '、__,,. '//
      |     ヽ.._ `ヽ、   -‐'"      //
     |       `ヽ、 `ヽ.__       /、
.     |     `:::::::  `ヽ''"´    _,/|  \
      l           _,. -‐'''"´   l    \
'"´``''‐--ヽ.     ,,.、-‐'"        ゙、     ヽ
    __,, -ァ'`''‐--‐''゙::::::::::::......        ゙、    ゙,
-‐'゙ ̄-‐ィ'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     ゙、

288名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:42:05 ID:hYTLL2mM
さりげなくやらない夫が

289 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:06 ID:ybkPaR.w
快音一閃。

                                                          `、\N\
────────────────────────────────────────→    >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /7/
                                                          //

矢が放たれたかの如く、一直線に進んだ打球は、
レフトポールの僅か左に突き刺さる。

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

ファール。だけど鮮烈なファール。

打球を目で追いつつ、やる夫の顔色が変わった。

290 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:30 ID:ybkPaR.w

カズマはご満悦だ。
      <       /´   ヽ、ヽ、ヽ
     /´   、   ll ヽ ヽ
     ,/     lトリ|ヽ、 |        |
    //     lト 、 ヽヽヽ      l
  //    l | ヽ ヽ. \ \    l!   _/
  //〃l | l! l ! ,     〉l  \_,/ 二ノノ
 //    ! ! |  l l  〃 |、〃  /,イヒン ミ
.〈〈     | |l l  l  l |! ヽ》  〃 `ー'´/、  //
 ヽ\ヽ lヽト ヽ l| l| |! l  ソ // ー-‐'´   /'       「なんだ、まだまだやれそうだな俺も」
   \ン〉  ヽ ヽヽ | リ ヽ-‐'"  `ヾ、
    /    \二_ へゝ十‐-      !
    〈 \ ヽ\_二ー- ノ         /|
      ヽ、 ヽ  ヽ、`ヽ、 ̄ 、_     _/ /
      \ヽ、_二ニ=-‐  -=二-‐ノ
        `ー=ニ二_ヽ、   ー- ̄    /
            彡     ミ`ヽ、     /
           /// l |、\   `ー-‐'´
          // / | l ヽ
           / /  l

この程度の投球ならいつでも仕留められる。
ツーストライクを取られた焦りは無かった。

291 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:51 ID:ybkPaR.w
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

マウンド上でやる夫は竦んでいる様に見えた−

が。

292名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:43:05 ID:xoD0DwQo
やらない夫影薄い登場だなw

293 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:43:12 ID:ybkPaR.w

やる夫の表情が、何かを決意したように変わったのを、カズマは見逃さなかった。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

294 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:44:23 ID:ybkPaR.w
>>293
今回は一応カズマとやる夫の回という感じなので・・・
やらない夫は登場予告だと思ってくださいw



3球目。ストレート。 

    、     ,.   / _/{         /    /
     l゙、   ,/{  ,.r'i r":::/ /   ,.r   /    /     /
     ノ:::`、∧l:::゙、i"::::|/:":レ'"l、-''""/  /   /    /
    {:::::::、:::::::::∧'"゙`::::::::"::::{:::::::::::ノ     /   /
  ヽ、 ゙、:::/ヘ/:::゙、:::r"゙ヽ、::::::::,","/‐ニ="´     /
 __l゙=vニ-‐"~゙i、::゙,:::/:::::`ヽ‐-、_r、/-、    /
 ゙、:::::<,-‐''"~、 ゙'‐-=彡ゝ、_::::::::,.-''l    `''‐-、___,,.
  ):::::| ノ''''‐、 ,.〃-‐'''‐=、ヽ‐'゙'ゝ !、‐-、 _、-‐'''"´ 
  〈:::r' "-‐‐'/,゙i、 _,.-‐-、ミ ゙、ノl  |\ >ニ=‐''" 
  l/ 〃 ,.-‐   '、 ゙、 (・) }::::::/゙,〈  ゙、  ゙i、
  ,i"〃 r'"゙゙'ヽ,  ヽ `'‐-'::i、./::j `ヽ、ヽ  ヽ、_,.
..y'i.   ノ" ̄`、l   ゙、=‐-''" ゙}:::l ヽ  `ヽ r‐''"
〈, i / i'::::::::::;;;;/    `‐'" r'‐、゙、 ゙、,.、‐'"
/゙l/  /、:::::::::;/  // / /ra } ヽ, \__
:::::'i/ ゙'‐、__r" ι   /="/゙ 、 `ヽ'/
,.r"l  `'‐   ι    /、__,,./   ヽ , '"
  !       __,,,,...ノ ゙i、,__゙‐、 ,.、‐'"
 / ゙'''-r==‐'''"/ / ./}''" |   ̄
‐'   l | | / / / l j ヽ、
"~゙> /  / /r''‐''" `'-‐''"`゙゙

コースは、顔面スレスレのインハイ。

倒れこみながら体をそらしたカズマをみて、爺さんの顔色が変わる。

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

練習生からもどよめきが上がる。

295 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:44:54 ID:ybkPaR.w
                         ,,,,,
                      .,--s'~ ~l
                     ./'ヽ |::;';::::!∧
                    | |  ^';'''".|;:;|
                    / ./Vヽr-,7-w       「---------!!」
                   ./ ./  );;'-';-i"
                  /,.,イ ;-'^ヽ;;;--!,,,,,,__
                   V /'" ;;;;;;;;:::::::::::::::::~~"ヽ
                ,,,,,-|. |,,i-'"  """~''-/ lノ
               ,-'~ ,.-'| .|       ::丿 /
             / /  |,,,ヽ      / ,ノ
            .::ゝ,ノ   ||.|.レ    /"';ノ
                  .^~~    "''-,,"'i
                           ~~

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::u:::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::u:::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |          「カズマ!?」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

296 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:45:19 ID:ybkPaR.w

我知らず、口元が歪む。

:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

視界に、帽子を被りっぱなしのやる夫が見えた。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."    ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l     「こ、この勝負、中止に!」
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ
  /   /l        l l         l             9ゝ
 ̄__/   l       l l        /

297 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:45:46 ID:ybkPaR.w

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二==、≡≡≡    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡       <                      >
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡   <  しね―――――――よ!!   >
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡  <  はははははははははは!!  >
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ <                      >
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

本物だ!
久しぶりに本物が来た!

本物の負けず嫌い。
勝負に勝つためには何の遠慮もしない男。

その証拠にあの顔を見ろ!

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\              「さっさと立ち上がれ。勝負はまだ終わっていない」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

顔に口に出してない言葉が張り付いているじゃないか!

298 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:46:52 ID:ybkPaR.w

怪我明けの相手だとか、先輩だとか、これが何も賭かっていないどうでもいい勝負だとかは関係ないのだ。
どんな時でも絶対に相手に負けたくないのだ!

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \ 
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
    \__/


面白い。楽しすぎる!

:;:::::;:::::::::;:'::,:':::::,r‐=--、::::::::```'''''''‐‐-‐''゙;、/
::i:: :';:::::,':::/:::/  ノ゙、:::`''‐-‐i'"`゙`ヽ, ::::::::::!
r、::、',::,'::/  l  /  ヽ:::::/l;;;;;;::〃:::', :::::::::l
 ゙、.l;l;l;l l / ,,l  _,-'''゙Xr/ l::、:::::;r''"゙, ::::::::!
:: ;;l;;l;.l;l: l /´  ll   _ニ-.l:::lヽ'   l :::::::l
゙l:::::/l /:::/   ,r''   /  /:::j__,./  ! :::::l
::l::::l l j::/ ,./´ _,.=‐',r ノ /:::r''"/   l::::::::!
 l l l /:r'ノ ,.-。=ァ''"// V:::r、::::/   l::::::::l
ヽ_}jノ/‐'," ` ´__//   V/ `'"    !::::::;'
ゞ、='〃へ `" ̄ _,,´_,,,..-ァ、_/!    /:::::/
::::::l l ´ `'‐、‐=、__  ノ/:;_,.-'    /:/         「本気でいくぜ、やる夫おおおおお!」
:::::::l l:     '‐-┐`´/::::`ァ   /´
::::::::l ! ,.      !、/l::;r'´   /
 \!l/    / / l/ '"
  _,.、-‐''"´l 、.,/       
‐''" __,,,,_ / /!
`'-'" _,.,_`´.イ/|
`''‐'"   `´//  l゙、
y、     //  l }!
\ヽ-‐''"//  /' l
  `-‐''''"´  / l

この瞬間にカズマも、相手が二軍以下のピッチャーだとか、寒いから無理をしたくないとか、自分が怪我明けだとか、
余計な思惑がすっ飛んだ。

299名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:47:00 ID:xoD0DwQo
負けん気強いってレベルじゃねえよw

300 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:48:20 ID:ybkPaR.w
4球目−
            ____                      
           /     \                     
         /  ' "\ , 、/゙\             
       /   ( ◯)ヾ'(〇)ヽ            
       |  ij "⌒(__人__)⌒゙l           '    : `      
       \      `i ヾ/´ /            '、   ノヾ     '  
     γ⌒        ⌒` ̄ ̄二─=三───)ヽ/   ヽ、ノ|ノ´ 
    /                _≡三______'r       r`, 
   /           , ' ´ ̄       =三 ̄  )      ('`   
  (_/         /                  、 `⌒`Y`⌒`',.  
   /          /                          ,
 /          /                        
                                   

外、カーブ。

インハイ直球で仰け反らせた後の、外のゆるい球。
セオリー通りだが、最も効果的な配球。

−だけど−

  ‐--、 l ̄l、-、   ┻     /| //ソ//ソ/ ヽ| l ヽ--、、___    /|    //
  l   l l  ll l    ゞ6   ノ /ソ// / //l⌒ヽノソン\   ヽ 二白ケ/ /
   l   l l  ll__l 大      <ソ/〆/ノ/' / /  l / ,  人人ト\  ノ 方入   |
 ∂ |  l |/      人    ソ'`┘'/、| ├-/ヽ人ト/ / ノノ,ヽ`   千ナl    >
    l   ヽ--──ヽ        ゝ,_`ヽ\| |  ゝ、___,,、‐''` /ヽ  里/ |   |
♀   l      __,,,,___ゝ ヾ     ` ヽ_//|\ヽ、ノンヘノソノ   / ヽ    の     |
λ η l  l ̄ ̄         〆  `   ∧ レ入ノヽノ フ / ノ )    ノ \   (
  '   l   l   /⌒、"ヽ      γ   | | ノ-‐'''二二ノノ /  |  /    ヽ  |
      l  l  ヽ/⌒、 人   η   π ヽ/ /''" ̄/ ̄ノ' ♀ ノ     /    |
  〆   l_l ゝ/⌒ヽ )ノヽ,     ヽο、 |/< | // // β   ヽ   ノ|    |
   \●_  (ゝ/ヽ、)ヽゝヘ,,__  ハ   ( ヘ//へ/''ヘ、__|   ‐─┐l l (
    ■    ヽゝへ)ヘヘ) _ヽ,ヽ`'ー-、,_ノ人/ヽ⌒ノ )ヽ、,__,, |    ノ    ゝ
   //   大  </く ゝ人   `ヽ┌-、|(/( ⌒// ヘ, Λ Λ  |    |  |    |
               |ヽノ ヽ ヽイ ̄" `ヽソノノ___ヽl __■   |     ノ     |
      _,--、●/   ,-、 l‐lヽ|\`'ヽ /ヽ/ノ\____| ヽ ●/ | |     ツ    |
     |   |■    l__| |_|  ヽ ゝ '"‐/‐-'-,,ヘ==ゝ l/   | |     |      |
 廿    |   l-‐‐ ̄|"--‐=""|`|---/ -、,‐-ゝ   /    / |     | ̄    ヽ
   ┌-‐`  __  |---\二  二二|------ /     /   ノ     ×   (
    ヽ-‐┐ |   |  |‐'''" / /| |     __  |   /ヽ \ ヽ | ∩ ∩ ∩ (
      // |  | ̄ |  |  / / | |_,,,...‐‐''" "''|  / \   ヽ/ | ∪ ∪ ∪  |
  &/ ノ  |___|  /|/__,,ー--' ""|_|   人ζ◎|/\   ヽ //   ∨   ヽ\

ボール球になるとみたが、カズマは構わず踏み込んだ。

301 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:49:05 ID:ybkPaR.w

快音は無かった。
むしろバットが潰される、耳障りな音がした。

しかし、今度の打球はレフトスタンドに飛び込んでいった。
技術とかではない。力押しである。

ヽ、:::::\l::ヽ、 /:::::::::::ヽ|ヽ/::::::|
ヽ|::::::::::::::::::::::\L:::::::::::::::::::::::::::::::|  /|
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/\::::::::::::::::::::| /::::l    /i
:::::__:::::::::::::::::::::/::::::::::\:::::::::::::ヽ|::::::l   /::::|
::::\   ̄ヽ::::::::/::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::ヽ、 /::::::|
::::::::/,'::::::::::::::::::::/:::::::::::::::://|:::::::::::::::::::::ヽ/:::::::/
::::::::::::::::::iヽ、:::::l:::::::::::/i::::|i |:::::::::::::\:::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::| ,、\::|::::::/,、, l|::::|l`::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ、
:::::::::::::<´|/ \\/ 川ヾ, ,、::::::::::::::::::::/::::/\::::/
:::::::::∠ `  /`ヘヽ、゙  ´i/|::::::::::::::://:::::::::::::\
:::::::/    /::::/ ヾ |;:;: ;:;:;::|/i::::::::∠―- 、__:::::::::::\
::::ヾ    ==-、ヽ、i | ゙'ヽ、;:;:;ヾ-ヽ、,、-i:::::::::::\::::::::::::/
/    / ,ヾ、 `い,ゞ、、 ヾ ゙:;:;;゙' ,;:;:;:::|:::::::::::::::|`ー、'
     // .,,.` ー-ヽヾ.、 :l ゙:; ,,::;:____|::::::::::::::∧:::::|
     // ";::゙"' ,;:;:; `゙"/_∠_,//i/::::/\/ |:::::|     「俺の、勝ちだ!」
    |/     ;:"'    i<_ ゙゙' ブ _j--' /_   |:::::|
    ||          ヽ、 ̄ /:,-、::::::::/  |:::::|
    ||ヽ、          〉 /::_:フ `-´   ノ:::ノ
    || i\       - / /(´_/     / /
     | ヽ、 `ヽ、__   ヽ' /:::::::/    / /   
     ヽ ,.,., ` 、__二T´  /'\/___//
      "゙;;::;::;;:;:.    /     ̄ ̄ ´
\     ;:''"'""'"  /  '/彡
  \        /     三'
  /\      /      =三
/   `ーーー'  ,,    ミ二==
            "川 l|ミ\ヽ\

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

やる夫は顔をこちらに向けない。

302 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:50:49 ID:ybkPaR.w
>>299
ピッチャーの負けん気って、自分の経験上ですが、こいつどうにかしてんじゃないの?
ってレベルの人がちょくちょくいるように思います。
首振ってストレート投げたがるピッチャーに多い気も・・・w



立ちすくむやる夫に一声掛けようと、マウンドに歩み寄る。
                     , 、     ,.、
             _ ,. ヘ/:: ::\,ィ´:: :\
        ,..   ´:: :: :: :: :\:: :: :: :: :: :: :: ゝ'´
        / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`丶:: :,、:: :: ::.!
      / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ' 、
       !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧ヘ:: :、\
       !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 1、:: :: ::ノ__〆j:: ::> `
        |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : 小1:: :: !ヾ j斗:/
        |:: :: :: :: :: :: :: /:: :: :: :/_弍\:: '. /,イ'{
      !:: :: :: :: :: :: _{:: :: ::!:: ! r,ッ`,\! ゙´ | 
       、:: :: :: ::/r=丶:: :ド、ヽー ´   ー,〉
       '.:: :: :: ::ヾィ ヘ`ゞ、 `      '1 r-'⌒!
          \:: :: ::!:: >'ヘ、[_]   マzソ/'└、_,.ノ
           `1ヘド、|\(_>r==-  .,_/ ̄`丶、
             `   |、__ _,.イ \\ヘ   i
                jト、__,.r≠ヾ\'.X! |1  ト、
                  /   ,. `__ ,、_ イ ! |1| i ! \
                ,イ、  ' / フ'´  !1 N1 \  ヘ
            _/ヘ',\,/  /    | ! |1 N  \  i
          />ヘヘ'. \       |! | |1   !  !

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

やる夫が、ゆっくりと顔を向ける。

303 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:51:23 ID:ybkPaR.w
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \                   「もう1回だお・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

      /       :::::::::::::....:::::  `ヽ
     /    、 ヽ  :::::::::::::::::::      、
   /    〃::l:.:.:.:}:! ::/⌒ヽ:..!.     ',
    |     |:.:.:ノ:.:./:.|::〃,.-‐‐-|:.|:.:i    ',
    |l  :ト li:::ムィイト、|/ '´ _、ヽ|.:.|::|:i:.   ',
    ハ! :!::::lレ1T7  l|  〈´ }b7ト、|::|:|::::::ト、
    |ト、:l::::ハ イ⌒b     -一'   |リソ7wト、
     lハ:|::::|:ト ー'            レ /:!|             「へっ?」
     リヽト|     〈       ヽ  /,ィl:::|:!
          `、    r‐ ニ三ヲ  ,イ〈:l|ト::lァ-、
          \  ` ̄     / | ヘ!y'  \
             `ヽ、 ´ ` /  ノ /    /ー-、
              >‐<、   /   /
         ,. -―ィ'´    | /   /
     , '´   /     レ′  /        /
    /    /      /    /\     , イ
   /l   /      /    /、   `ー--‐' /
  /:.:.:.|  ∠..,,     /       l ト、         /
  | :.:.:.|    `ヽ   /      | / ヽ     l
 ノ:.:.:.:.|      〉./         l'  /|      ヽ

304 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:51:41 ID:ybkPaR.w
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |                   「も・・・もう1回勝負だお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二==、≡≡≡    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡       <                      >
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡   <  しね―――――――よ!!   >
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡  <  はははははははははは!!  >
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ <                      >
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

やばい。楽しい。超楽しい。コイツは最高だ。

305 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:08 ID:ybkPaR.w

やる、やらないで言い合いを続けていると、爺さんが呆れたように歩いてきた。
目線で俺に外せと言いながら、やる夫に向かって声を掛ける。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「やる夫、解ったか?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                      「今大事な話中だお。後にしてくれお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫の言い草に、カズマは吹き出してしまう。

306 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:29 ID:ybkPaR.w

      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「やる夫、解ったか?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

       ____
     /      \
   /  ヽ  ノ    \
  /     米     \                      「何が・・・ですかお?」
  |     ノ  ヽ     |
  \             /

307 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:46 ID:ybkPaR.w

爺さんの声が真剣味を帯びる

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「お前の球が、何一つプロで通用しないということが、だ−」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

やる夫の顔から表情が消えた。

308 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:53:12 ID:ybkPaR.w

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/     「お前の球に悪いところは無い。が、いいところも無い。
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉     例え他の球全てが悪くても、1点ずば抜けていいものがあれば通用する。
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}     それがプロの世界というものだ」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i                     「武器が無いお前は、プロでやっていくことはできん。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                     それはわしにも、最初から解っていたことじゃ」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

309 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:54:09 ID:ybkPaR.w

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \          「だったら、やる夫をなんで取ったんですかお?」
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

                       _, -―- 、
                    , イ/, -―、  \
                   /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                     j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                   〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l           「投球に直結しているわけではないが、お前の基礎体力には目を見張るものがある。
                   l  l_」 _」__  〃  lう ハ           良い鍛錬を積み重ねてきたのだろうな・・・
                   ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ           お前は大きな土台を自分で作り上げたのだ」
                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __   
                      L〈__ ∠ -―≠   /    /
                      r 7  レ-‐ ′   /    /
       r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
  /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
 _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
|       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                        「その大きな土台の上にプロの技術を加えれば、
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                         必ずお前は羽ばたくことができる。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                         VIPスターズは今のお前を取ったのではない。
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘                          将来のお前を雇い入れたのだ」
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

310 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:54:37 ID:ybkPaR.w

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ                              「具体的に、やる夫は何をすればいいんですかお?
 |    (●)  (●) |                               何も通用しないということじゃ、練習しても意味あるのかわからねーお」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |                    「うむ、そこでだ」
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

311 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:05 ID:ybkPaR.w

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '       「貴様には今までの全てを捨ててもらう」
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/             (おもしろくなってきたぜ・・・)
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

カズマは黙って事の推移を見守っている。

312 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:23 ID:ybkPaR.w

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                 「やる夫、おぬしサイドスローに転向しろ」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \                            「サイドスロー・・・かお?」
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

313 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:43 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                        「そうだ。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         本格派ピッチャーとなるにはお前は体が小さい。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                          軟投派といえるほど、器用でもない。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                        ならばいっそ、変則派のピッチャーとして生まれ変わるがいい!」
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |                        「・・・」
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                        「変則であるところのサイドスローは、それだけで既に
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         右のワンポイントという武器になる。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                          今のままで武器が無いのならば、無理やりにでも武器を作るがいい!」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                        
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

314 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:56:06 ID:ybkPaR.w
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |                        「・・・」
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、   「・・・今までの自分を捨てろといわれて、素直にウンと言う奴はいるまい。
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/    きついことを言っていると言うのも解っておる。
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉    だがやる夫よ、今日の勝負でお前も今のままではダメだということが、
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}    よく解っただろう」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

315名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:56:25 ID:hYTLL2mM
そういや足腰は走り込みで強靭だって書いてあったな。

316名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:57:19 ID:jpuU4jGc
どんどん面白くなってくるな

317 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:57:51 ID:ybkPaR.w
          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                         「悲しむのも解る、辛いのも解る。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         だが、その気持ちを捨て、明日に向かって羽ばたこうではないか!」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i                            「なに勘違いしてんだお?」
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

318名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:58:00 ID:xoD0DwQo
サイドかぁ
これはやる夫にとっても簡単に受け入れられるもんじゃないだろうな…

319 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:11 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `○` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「○j                         「え?」
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ                                「やる夫は怒っているんだお?」
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `○` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「○j                         「え?」
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

320 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:42 ID:ybkPaR.w

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     「最初からわかってんだったらなんで初日に言わなかったお!?
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      少なくとも初日から今日までの2週間はサイドスローの練習ができたお?」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

321 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:58 ID:ybkPaR.w
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\    
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\   「やる夫は2週間も無駄に過ごしたのかお?やってらんねーお?
                  |     ` ー'´  u   |    下手したらこの2週間の間にサイドスローで変化球の1個も覚えられたかもしんねーお?
                  \  u   :::::     /    この時間の無駄をどうしてくれんだお?」
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

322名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:59:07 ID:xoD0DwQo
東方先生が可愛いw

323名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 21:59:19 ID:hYTLL2mM
あー、そっちの方に怒るか。
つくづく今後化けるのが楽しみなやる夫だw

324 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:59:39 ID:ybkPaR.w
        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;       「○×△□△□××○×△□!」
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二==、≡≡≡    
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡      
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡ 
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡ 
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ 
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡       −カズマは久しぶりに腹を抱えて爆笑している−
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

325 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:00:13 ID:ybkPaR.w

爺さんからしてみれば、18の子供を傷つけないための配慮だったのかもしれない。
しかしそんなものやる夫からしてみれば、大きなお世話以外の何者でもなかったのだろう。
やる夫の興奮は収まらない。
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu           「○×△□△□××○×△□!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

兎に角、一分一秒でも早く野球が上手くなりたいのだ。勝ちたいのだ。
こんな奴、上に上がってこないわけが無い。

        ,..-''゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''- ,,,
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、
     ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::./ ''^"ゝ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::,,::./|゙,i、/゛  _,, -‐ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    .l,、:::::::::/.l|´.l!.ゞ  ‐゛ ._,,..,,、.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.!
     ゙ |j'、:.::::!.-¬、       '゛  `'、,|i{:i、::::::::::::::::::::::::::|
     ! .!!゙/  ,i            !! .!,,::::::::::::::::::::::,!
       !   "                "l::::::::::::::::::::::.!
       .|   .i;;;;ニニ;;;; ..、           !.,ilしjl!、::::::/
       ヽ  l ..―-ミ./         !冫 `、/::::/
        l,  .|′  /         ー .シ":./
         ゙l,  `^゙´        /´厂::::,r!'"
            l、         -‐"  l:,ノ゙ゞ
          `'―vー…           |~'''、
             ,..-'''!            ,/:::::::ヽ
       ._..-'"゛:::::::,,!       /:::::::::::::::::: l,,,,,,,,,,,,,,_,
.. -―''フ'":::::::::::::,/       ,/::::::::::::::::::::::::/:_,,.... |v..,,_´゛

想像以上に元気を貰った。
やる夫には、いろいろ思い出させてもらった気がしている。

326 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:06 ID:ybkPaR.w
原点を−

wW\wWWwWwW/:::|\iwWwWwWwW///|/\___::::::\WwWwW/wWwW
wWwW\WwWw./:::::|\\iWwWwW//wW/:::::::::::::::::::::::::::w\:::::::\W/wWwWw
wWwWwW\w/::::/ {ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::w\::::::::\WwWw
wW/ ̄ ̄ ̄ /  { { ー-_::::::::::::::::::::::::::::/{_::::::::::::::::::::::::Ww\::::::::::\w
w/::::::/| ̄ ̄`ー-_ `l  l:::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::   二=7wW\:::::::::::\
./:::::::::/く _____|!-!!!!-`7 | l、i|  l|/:::::::::::/_,--一' ̄ ̄:::::::::::::::|―一l\::::::::::|
|:::::::::::|Nヽ`li\r=======,ヽヾ "  ":::::::/:/二二二二,-::::::::::::::::| /:::7 |w|::::::::::/
|:::::::::::|=ー-_=`\ミ! ||   \``{  V/:::::::::'/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ::::::'::::| 二 |w|::::::::/
.\::::::|`、\L_,,λ    Θ _~;=,{ l|r::::::: '=.~   Θ   〃:::/:::::::| /フ /w|::::/
  \| ヽ、\/ミ`、A-_=='_r=≡/ :::::::( (:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'~:::::/l:::::::|  /W//
    \ \ヽ一`_r--' ̄__≡/ ::::::::::::::::ヽー≡::::::::::::::::::/ /::::::|_/W/:::::::
       \\|  _r-'~ .彡/ ::::::::::::::::::::::ヽ≡::::::::::::::::彡 /\::|wWw::::::::::::::
        \、`,,,{    .く ::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄~::::ヽ:::::::\:::/wW::::::::::::::::
          `l, i     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\:://:::::/:::::::::::::::
           |/    r___三__ ::::::::::::::::::::::::::::::}::/:/::::::/::::::::::::::::
           `L|    |::::::::::::::::::::::::`i ::::::::::::::::::::::::::/:/::::::::/::::::::::::::
             \   |:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::/:::/:::::::::::/::::::::::::::::
              `i,  |::::::::::::::::::::::::| }:::::::::::::/:::::/::::::::::::/::::::::::::::::::
               l、  L_::::::::::::::::::」/::::::::/:::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::
                \, ~~二~~ ̄:::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::
                  `L、____,/::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::

勝つための執念を−

327 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:28 ID:ybkPaR.w

やる夫が爺さんの胸倉を掴み始めたのをみて、周りの練習生が慌てて止めに入った。
爺さんはすっかりやる夫に飲まれていて、鬼コーチのイメージはどこにもない。

そんな争いを背に、ニマニマとしながらカズマは第三練習場を後にした。
         、、
        ,/.l.l.lソ
        !   /
        ,lッ==il'"
        l;:;;;  .l゙             , - 、
       |;; 、│       /゛   `'、
        ',;;;; l', !       !         .l,
        .!;;;;:',,>',、、     l、;;;;;;;;...;;;;;;;;. iイ
        .',,;;;...',´`'' l>r;;-i,,,,/'¨゙゙゙^'''''- ..i!"
         `'-,.;.\. ヽ .,,,,,,,,_l゙       l,,、
              \.;;.\.! |  |            ,゙;;、
             \ ;;ヽ_|、 l    i  ./゛ /l,
                 ゙j;;;;;;;;`´'-.   ′ l   ./; |
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''-..-'''´;;.\./丶|
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;        . !;;;;;;;;|
                  ',、;;;;;;;;;;        l;;;;;;;;;.!
                `'|゙'- ,,、   _.. rii.!;;;;;;;;;:!
                 !;;;;;;;;;;;`゙゙゙゙゙´;; l . l;;;;;;│
                 !;;;_,,,,,,......,,,,,,_ !  .!;;;;;;;;.!
                 |~゛   、   .`', l;;;;;;;;;,!
                 !    .l    | l.;;;;;;;.!
                ,,'    l     ! .|`^゙フ
                ゙l  ....;;;;lii、    l'/  ,'
                   | .'"゙´  i     ゙l''ニ/、
                 !    !     ,!;;;;;; !
                 !    !    .!l/ミ.,'
                 l    !    l .´
                |   .!    !
--------------------------------------------------------------------------------------


カズマは今、試合にでたくてしょうがない。


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第2.5話 カズマとやる夫 終

328 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:57 ID:ybkPaR.w
投下は異常になります。
ご観覧アザーしたー!

329名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:01:57 ID:hYTLL2mM
乙ー
面白かったよ。

330名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:03:22 ID:ac5733sA
乙!
展開が熱くて引き込まれるぜ!!

331 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:03:52 ID:ybkPaR.w
>>329
アザーッス!
見て貰えるってだけでマジ嬉しいっス!

332名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:05:16 ID:xoD0DwQo
乙乙
まさかあっさりサイドスロー転向を受け入れるとはw
次も楽しみにしてるんよ

333 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:06:22 ID:ybkPaR.w
>>330
アザーッス!

プロ野球ものということで、華がない(女の子的な意味で)ので無駄に暑苦しくいければって思ってますw

334名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:06:27 ID:b.ALs92w
乙!

これは熱い!
やる夫なんだけど、凄く勝利への執念がw
そうなると、このチームの水は肌に合いそうだ

335名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:08:34 ID:xoD0DwQo
>>334
常識人が精神的に苦労しそうな球団だ
ツッコミ甲斐があるだろうから、ない夫も色んな意味で大活躍できそうw

336名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:10:17 ID:McLHP0dg
乙でした!
このやる夫は面白いなwwww

337 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:11:14 ID:ybkPaR.w
>>332

やる夫はできる夫っていうスターが近くにいたことで、
逆に自分の実力をよく把握しています。
今の自分を打破できるなら、正直なんでもするといった感じですかね。

次もできる限り早く投下できるようがんばります!

>>334
のんびり屋・能天気のイメージがあるやる夫でやるか、結構悩みましたが、これはこれでってことで・・・w

338名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:11:25 ID:hYTLL2mM
そういや合否結果って出たっけ?

339名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:11:44 ID:xbhhY2DI
アツイわ
やる夫のキャラが魅力的過ぎる

340名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:12:12 ID:hWSc7M6s
面白いけどレス返すのは投下終わってからのほうがいいよ

341名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:12:41 ID:L4CEJNm6
乙。
華は無くてもスポ根は大好きなんだぜ?

342 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:14:16 ID:ybkPaR.w
>>335
アザーッス
この作品は島本和彦ナイズでお送り致します。常識人・・・?w

>>336
アザーッス。
本当にアザーッス!

343名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:17:27 ID:J.8ppXwQ
乙でした。
ちょっと、松井VS遠山を思い出したわ。

344名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:18:14 ID:xoD0DwQo
>>341
何を言うか
スポ魂の華は熱い血潮なのだ
なまっちょろい色気など要らぬのだよ(他所ではもげろ言いつつ)

345 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:18:15 ID:ybkPaR.w
>>338
直接は書いてないっすね。
最後のプロテスト後にやる夫とできる夫の会話の中でやる夫のプロ入りを名言してるんで、
VIPスターズ入りと・・・ ちょっとわかりにくかったかもしれませんね。 木をつけるっす。

>>339
アザーッス。
今後もやる夫刑事熱血系でいかせて貰うっす。

>>340
アザーッス。
了解です。

やる夫スレはよく読むのですが、投下は正直初心者もいいとこなので、気になった点ありましたら
またご指摘お願いします。

>>341
アザーッス。
同意権ですw  華もどうにか入れられたら・・・無理かなw

346名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 22:28:57 ID:GwGQcADo
楽天のマー君とかに似てるな
マー君は逆に投手が足りなくて一軍で投げさせられてフルボッコにされながら成長したけどな

347名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 23:00:28 ID:ktvosp0M
かなり笑ったわ・・・みんないいキャラしてる。
ところでカズマって元ネタなんですか?

348名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 23:30:29 ID:5MXJa.02
また一つ優良スレが出てきたな。
今後が楽しみになったのは久しぶりだ。

349名無しのやる夫だお:2009/10/29(木) 23:56:20 ID:jGr9Sc6.
乙乙
どんどん話に引き込まれてくぜ

350名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 00:21:29 ID:1wrqPwSY
これは面白れえわ。すっげえ熱いwww
全然折れないやる夫がカッコよすぎだろw

351名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 01:45:27 ID:DfTm/pYQ
クオリティ高えw これで初心者とは凄いな

352名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 06:50:24 ID:ovar/bog

投下中のレスはなるべくやめてほうがいいよー。
読んでる途中でコマにそういうのがはいってると、シラけちゃうことがあるから

353名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 10:05:41 ID:U2nej8fo
乙!
最近サイド転向で花開くタイプは少ないだけに楽しみだぜ
実戦回が待ち遠しいお

354名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 12:14:55 ID:amNLNBy.
サイドとアンダーは肘に負担が来るって言うけど、大丈夫だろうか。

355名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 13:46:47 ID:HiLcWvwU
ごく最近だとハムの糸数が横にしていい結果出してる・・・かな?

356 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/30(金) 20:24:20 ID:Eo8VdlMQ
>>346
アザーッス。
できる夫の能力がマー君並って考えてますね。

>>347
アザーッス。
”反逆”がテーマのアニメ・漫画作品 「スクライド」からの出展になります。
主人公:反逆者カズマは勿論、熱い男だらけの話なので超オススメです。

漫画版はアニメ版と違う展開で、斜め上にゲキアツっすよ!

>>348
>>349
>>350
>>351
アザーッス!
頑張って書きやすんでよろしくおねがいしまっす!

357 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/30(金) 20:48:08 ID:Eo8VdlMQ
>>352
アザーッス。
他の方からも指摘を受けてるところなので、今後は注意するっす。

>>353
アザーッス。確かに最近サイド転向はきかないっすね。

てか、左打者全盛期になってしまったんで、
左打者からはリリースポイントの見えやすい右のサイドスローって、あまり流行じゃないんじゃないでしょうかね。

ただ、歳がばれますが、俺が少年野球やってた時の看板投手っていうと
斎藤雅樹、潮崎哲也、高津臣吾とかって名前が出てくるんですよねー。

サイド全盛期だったんでしょうか。もしかしたらw

>>354
それはおいおいと・・・w

>>355
いい結果と言うにはちょっと悩ましいところですよねw

358名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 21:40:59 ID:T81sCY2g
>>354
やる夫なら壊れた端から再生するはず

359名無しのやる夫だお:2009/10/30(金) 21:59:37 ID:UBM7Zosw
熱血と狂気のバランスがとれてて面白い。
次回も期待します

360名無しのやる夫だお:2009/10/31(土) 17:48:48 ID:CMwLgST6
熱血系のやる夫は珍しいな。
投下する際は前日くらいに教えてほしい。
1日3回くらいこのスレ覗いてしまうし。

361名無しのやる夫だお:2009/10/31(土) 19:47:40 ID:BV0AUGEs
やっぱりおもしれええええ
ここ>>1さんは今一番好きな作者さんかもしれん


乙!次待ってるぜえ

362名無しのやる夫だお:2009/10/31(土) 20:02:06 ID:ufRukiVw
>斎藤雅樹、潮崎哲也、高津臣吾


主は絶対俺と同世代だな。20台中盤でしょ?

俺も小学校の時に2年ほど野球やってたなぁ。
下手くそだったけどwww

363 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/31(土) 20:29:24 ID:KzJR7qHc
>>皆様
応援アザーッス!
テンションが上がって書くことに集中できそうです!

>>360
アザーッス!
長期連休の最終日ってことで、明日の夜には一本アップしたいと思ってます。
それ以降の更新ペースはちょっと遅くなると思いますね。

>>362
ドンピシャっすw

364 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 19:56:06 ID:yTScZJmg
21時より3話投下しまーす。
よろしくお願いします。

365名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 20:05:03 ID:Jwkfgfm.
全裸待機オッケーです。

366名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 20:40:11 ID:CGCECcCI
日シリ見ながら待機するぜ!

367 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 20:59:11 ID:yTScZJmg
今日の日本シリーズの解説はフリーダム

それでは投下開始しますー

368 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 20:59:53 ID:yTScZJmg
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第3話 「やる夫とやらない夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

369 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:00:19 ID:yTScZJmg
第三練習場の朝は早い。
高校球児が朝練を開始するような時刻から、地獄の練習はスタートする。

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7    | 見よ!
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7  <  東方は 赤く燃えているっ!!
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7     |
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン     \________
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    日の出から練習スタートの意味です  .|
 |__________________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

370名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:00:30 ID:0CjVh6vU
20台中盤か、俺と同じぐらいだ。 にしても昔はいい時代だった…。
屋敷、ポンセ、パチョレック……etc etc.
横浜スタジアムは塗り替える前の方が好きだったぜ。

371 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:00:55 ID:yTScZJmg

第三練習場の夜は早い。
満足な照明設備が無いこと、そして冷え込みが一段と激しくなることから、
練習は比較的早い段階で切り上げられる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:゜:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: ::::::::_,,-- =-..、: :::::::: :::::::: :::::::::
  _,, ,,_::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :,,,r''";; ;; ;;,,  `::、_:: :::: :::: ::::::
''"" ;;,,  `::、:: :: :: :: :: :: :: :: :_,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、: : : : :
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                  `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;,

372 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:01:35 ID:yTScZJmg

それでも1日の練習時間は”部活動”のレベルを遥かに超えるものだ。
皆一同に、練習が終わった後は魂の抜けたような顔を見せる。

  ∧_∧
 (ii!゚Д゚:;・ヽ。; ..;
  |つ |:・.ヽ;・.; :ヽ. :
〜と_)__) :・: 。・; ;゚・ゲェログェゥグェァオェ
     =二三三三二

ゲェェェ
     ∧_∧
    (ill ´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

373 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:02:07 ID:yTScZJmg

練習後の食事を終えた後は自由時間だ。
第三練習場に入れられて日が浅いものは、この時間で既に眠りに入る。

     _,,..,,,,_
   ./ ,  /⌒-、___ 
 / l. ,3⊃     / むにゃむにゃ
   `'ー-|___/
     _,,..,,,,_
   ./ ,' 3/⌒-、___ぐーぐー
 / l.  ⊃     /
   `'ー-|___/

374 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:03:07 ID:yTScZJmg
しかし、(決して名誉な事では無いが)第三練習場のベテランは違う。
     _,,..,,,,_
   ./ ,  /⌒-、___
 / l. ,3⊃     / ZZZ
   `'ー-|___/

     _,,..,,,,_
   ./ 。゚ 3/⌒-、___ パチリ
 / l.  ⊃     /
   `'ー-|___/

375 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:03:49 ID:yTScZJmg

仮眠をとった後、起き上がり。

   ムクッ     ,,,,,
        γ' - -ヽ,,
       ;  ω ; `ヽーっ
     彡 ゝU    ⌒_つ
         ''ー---‐'''''"
              ,,,,,
           γ' - -ヽ
           ;.  ω ;
.           ; U  ,/
            '人 Y
        .((((( (,ノ ヽ_)

一日のストレス解消に騒ぎ始める。

  ヨヨイノ ヨイ!    ___   ドン!ドンドドン!     ソレソレ     ソレソレ
     П∧_∧.ミ __ ヽ:::..ヽドンドン!ドンドン!     ∧_∧     ∧_∧
     ∩(# ・∀・) //  i::::::: |Σ           ∩ ・∀・)    ∩ ・∀・)
ドドンガ ヾ冫祭 ⌒lつ  l:::::::::|            ヽ ⊂丿    ヽ ⊂丿
  ドン! (__.八 _._ノ._ノ            ( ( ノ ))   ( ( ノ ))
       )_)_) 凵凵 凵              し'し'       し'し'

376 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:04:40 ID:yTScZJmg

合宿所は大部屋の寝室を除けば、基本ロビーと食堂があるだけの簡素なつくりになっている。
娯楽といえば古いブラウン管テレビが一つ置いてあるだけだ。

したがって、遊びも限られる。

1にテレビ。
   ___
  / || ̄ ̄||   ∧∧
  |  ||__||  (   )
  | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
  |    | ( ./     /

但し、最年長選手の見たい番組にあわせることが多いため、テレビで楽しめる人数は限られている。。
          ____                                              / ̄ ̄\
        /     \                                            /ヽ、_    \ ジーッ
       /  ─     \                                        .((● )     |
        ' (●)       \  「・・・」                                 . (ノ、__)      |
      (l、__)          |                                       .|⌒´       |
        ⌒´         /.                                        |        |
       `l          \.                                        ヽ      /
        l           \                                        ヽ     /
                                                             .>    <
                                                             |     |
                                                              |     |

377 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:05:22 ID:yTScZJmg

次にギャンブル。
麻雀、ポーカー、花札などのギャンブルは日常的に行われる。

誰でも参加できる上、閉鎖された日常の中では刺激的な時間だ。
おそらく最も人気のある娯楽がこのギャンブルになる。

        | :|∩|:: |:::        :::|..|::       / :::|:: |∩|:|
       |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
       |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|
       |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|        「奴隷は・・・2度刺す!」
  .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
      |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
     |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
    |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
    /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:     \

   / ̄ ̄\                                                
 /     _ノ \  ジーッ                                           
 |      ( ●))                                              
. |       (__ノ_).                                             
  |       `⌒ノ.                                                 ____
.  |         }                                               /       \
.  ヽ        }.                                              /   ─     ―
   ヽ     ノ.                                             /     ( ●)  (●)' 「・・・」
   .>    <                                              |         (__人__)  |
   |     |                                              \        ` ⌒´ /
    |     |                                              /       ー‐  '

378 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:06:26 ID:yTScZJmg

3つ目は会話だ。
プロ野球選手といっても結局のところは人間の集合体。
人とのコミニュケーションは疲れた心を解してくれる。

最も、過酷な練習の弱音や待遇への不満、将来の不安など、
最終的に愚痴りあいになることが多い。

        ┌──────────.      ─────────┐
  ∧∧  │今日も練習キツ過ぎだよ・・     腰が痛い・・・・・   .│  ∧_∧
 (,,゚Д゚)<. てか練習方法原始的すぎね?  さっさと休みこねーかな>(・∀・  )
 (.   ) │ゴルァ、さっさと足揉め                      .│ (      )
  |   |. └─────────       ─────────┘  l    l
  し ヽj                                       (_ |_ )
         ┌────────       ─────────┐
  ∧_∧ │10円やるから        先輩お茶組んできました!.│ ∧_∧
  ( ´∀`)<. さっさと2軍に返せモナ  .エ?オマエハジブンデクメヨ    >(`・ω・´)
  (  ⊃⑩.└────────       ─────────┘ (つ旦~ サッ
  │   /                                     と_)_)
  し´ヽっ                
       ∧∧                      休養日マダ──(゚∀゚ )──?
       (*゚ー゚)オレ明日から二軍帯同♪ .       
       (   ) ココカラオサラバ♪             (・A・ )キビシスギイクナイ!
       ゝ  ノ                       ('A` )レンシュウマンドクセ
       ι J

379 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:07:29 ID:yTScZJmg

最も、どの遊びにも混ざらない男も、いることにはいる−

                                 / ̄ ̄\     ジーッ
     カタ        ____             /ノ  ヽ、_  \
       カタ    /         \         . (●)(● )   |
  < ` ヽ 、    /\::::::::: /    \        . (人__)      |
  /`ヽ、  ` ヽ、  (●)  (●)      \        |⌒´      |
/    `ヽ、/ i   (__人__)      |      .  |        /
`ヽ、    / i  i、  ` ⌒´      ./       .  ヽ      /
ヽ  `ヽ/   i  i ヽ、 ̄ ̄ ̄      |           ヽ     /
.l `ヽ、 i      i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノ.|           .>    <
..l    .`i      i  i####>`ゞ_、_,,/ .|           |     |
 `ヽ、  i      i/ヽ//:::::::::`ヽ、  |            |     |
↑持込のノートパソコン

380 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:08:20 ID:yTScZJmg

12月某日 日の出 第三練習場

     _,,..,,,,_     グー
   ./ ,  /⌒-、___  スー
 / l. ,3⊃     / 
   `'ー-|___/
     _,,..,,,,_
   ./ ,' 3/⌒-、___  <モウタベラレナイヨ・・・
 / l.  ⊃     /       (セイテキナイミデ)
   `'ー-|___/

           ____
          /      \
        /    ―  ―\
       /   ( ●)  (●) \   ムクリ
       |      (__人__)   |
       \       `⌒ ´  /
        /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'
         |      _゙_ 、  \
        ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉
          l     /  r  ヽ彡'
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」

381 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:08:52 ID:yTScZJmg

     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (ー)(ー )    | (うー・・・寒、寒。便所が外とか寒すぎるだろ、季節的に考えて・・・)
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

382名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:08:59 ID:ADYgOBMY
回線はあるのか(w

383 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:09:20 ID:yTScZJmg
                                                            / ̄ ̄\
                                                           /ヽ、_    \
                                                         . ((● )     |
                                                         . (ノ、__)      |
           ____                                           .|⌒´       |
         /       \                                        .  |        |
        /       ― ヽ     <あっ                    おっ>      .  ヽ      /
      /         ( ●) '、                                         ヽ     /
      |             (__ノ_)                                        .>    <
      \            `_⌒                                         |     |
      /           \                                          |     |

384 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:09:52 ID:yTScZJmg

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |     「寒いな。便所に行くのも一苦労だな」
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
           (゙  ))

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)    「・・・・・・だお」
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

やる夫の言葉は歯切れが悪い。

385 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:10:41 ID:yTScZJmg

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |      「?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (−)  (−)
  /     (__人__) \       「・・・じゃあ」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

やる夫が向かう先は便所では無い。

386 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:11:13 ID:yTScZJmg

やる夫は毎朝、日が昇ると同時に練習を始めていた。
起きてすぐの運動が健康に悪いことを考え、自主トレ開始の30分前には起床する。

周囲の迷惑を考え、布団からは起き上がらない。
虎視眈々と、日が昇るのを待つ。

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (ー)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| |
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/

387 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:11:58 ID:yTScZJmg

カロリーメイトとスポーツ飲料水だけとると、その後入念はストレッチを行う。
冷えた外気に身体を蝕まれぬよう、ストレッチは身体が完全に解れるまで行う。

その時間は30分を越えることもある。

   ♪    ____
       /⌒  ⌒\    ♪
     / ( ●) ( ●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
     /          \
 ( (( ( "―― ;;,      ヽ      ♪
     ヽ,___ノ ))    | )) )
      (( ( ̄ ̄   /  |
        /ヽ___ノ    |
  ♪   /           ヽ、
      |    | `'ヽ       \
      |     j   `'ー-=     \
      >    |       ヽ     } ) )) )
  ( (( (__ノ

388 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:12:36 ID:yTScZJmg

その後、軽く球を放り始める。
通常ボールを放るまでの3倍以上の時間をかけ、フォームを確認しながらゆっくりと投げる。
ボールの行方やスピードなどは気にせず、ボールにかかったスピンだけを確認する。

一日でも早く改造したフォームを身体に染み込ませるための、やる夫が考えた練習だ。

         ___
       /     \    
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

これを皆が起きる少し前の時間まで続け、その後やる夫は”普通の”練習生としての生活に戻る。

389 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:12:53 ID:yTScZJmg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

390 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:13:31 ID:yTScZJmg

12月26日 第三練習場 合宿所

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )   「よし、それでは今年最後の練習を終了する!」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

         _人人人人人人人人人人人人人人人_
           >    イエエエエエエエエエエイ♪  <
           ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     ll     ll          ll     ll          ll     ll
     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __
    ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ
   /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  } /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }./└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }
   l   ,.-ー\/. 、l |   |. l   ,.-ー\/. 、l |   | l   ,.-ー\/. 、l |   |
  |  /.__';_..ン、!   ! |  /.__';_..ン、!   !|  /.__';_..ン、!   !
  / /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 /
 //--─'( _●_)`ーミ /.//--─'( _●_)`ーミ / //--─'( _●_)`ーミ /
<-''彡、   |∪|  / <-''彡、   |∪|  /  <-''彡、   |∪|  /
 / __  ヽノ /     / __  ヽノ /    / __  ヽノ /
 (___)   /     (___)   /     (___)   /

練習中にその声をださんか―。
内心東方不敗が腹を立てるほど、息の揃った喜びの声が上がる。

391 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:14:34 ID:yTScZJmg

ただ気持ちは解る。
怒りを飲み込んで東方不敗は続ける。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                    「練習の再開は1月4日からだ。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                     実家で浮かれすぎて練習に遅れるではないぞ!」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


         _人人人人人人人人人人人人人人人_
           >    イエエエエエエエエエエイ♪  <
           ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     ll     ll          ll     ll          ll     ll
     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __
    ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ
   /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  } /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }./└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }
   l   ,.-ー\/. 、l |   |. l   ,.-ー\/. 、l |   | l   ,.-ー\/. 、l |   |
  |  /.__';_..ン、!   ! |  /.__';_..ン、!   !|  /.__';_..ン、!   !
  / /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 /
 //--─'( _●_)`ーミ /.//--─'( _●_)`ーミ / //--─'( _●_)`ーミ /
<-''彡、   |∪|  / <-''彡、   |∪|  /  <-''彡、   |∪|  /
 / __  ヽノ /     / __  ヽノ /    / __  ヽノ /
 (___)   /     (___)   /     (___)   /

392 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:15:06 ID:yTScZJmg

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/        (・・・話を聞いとらんな)
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}         「ん・・・?」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.                 <チョンチョン

解散の合図と共に、練習生達が飛び跳ねながら合宿所に向かう。
半ば呆れつつその背中を眺める東方不敗のジャージの裾を、誰かが小さく引っ張った。

引っ張ったのはやる夫である。

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |       「・・・」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

393 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:15:55 ID:yTScZJmg
          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・ん、やる夫か。どうした?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

やる夫は、この男にしては珍しく言い淀んだ。

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \             「えーと、えーと」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

暫く逡巡するように無意味な言葉を紡ぎ、
そして何かを閃いたような表情を見せる。

      ____
    /    ⌒ \
   /      ( ●) )
  /       :::⌒ (__)                「!」
  |          |┬、|
  \          `ーノ

394 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:17:03 ID:yTScZJmg
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !             「うち実家の両親が海外旅行行ってるんで、帰らなくてもいいですかお?」
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |      「なんじゃと!?」
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

やる夫は実家に帰りたくなかった。
実家に帰っても野球の練習ができる場所は毘都附学園のグラウンドくらいしか心当たりが無い。
しかし毘都附学園監督、梅岡との関係に亀裂が入っている今は、グラウンドを貸してくれと頼み辛いのであった。

395 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:00 ID:yTScZJmg
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \              「・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

必要限の休養しか取りたくない。練習がしたい。
それが今のやる夫の心境だ。

それに、毘都附学園のグラウンドでは、アイツと会う可能性もある―

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

そんなやる夫の心境が、東方不敗には手に取るように解る。

396 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:31 ID:yTScZJmg

練習を止めても、無駄だろう。
止めようが必ず隠れてやるに違いない。 

そう判断した。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |      「−・・・」
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉       「認めよう。ただ、1つ約束をしろ」
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

397 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:58 ID:yTScZJmg
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |                               「はいですお!」
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

自分の我意が通った時のやる夫の表情は無邪気そのものだ。
その顔を見て思わず苦笑が零れるが、気を引き締めなおして東方不敗は言った。

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /            「無茶な練習は絶対に禁止だ。
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|             自分を追い込む類の練習も許さぬ。
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|             もしワシがいない間に怪我をしたら、即効退団してもらう」
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \                          「―――!」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

398 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:19:57 ID:yTScZJmg
                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/     「・・・守ってくれるな?
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉     お前が怪我で野球人生を棒に振れば、
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}     入団テストでお前を推した赤木監督が悲しむ」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \                             「赤木監督!?赤木監督がやる夫を推薦してくれたんですかお!?」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

―初耳だった。

399 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:20:48 ID:yTScZJmg
::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、, ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                   「・・・守れるな?」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::. |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

静かに、東方不敗が念を押す。

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |                        「ハイ!ですお!」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫が力強く答えた。

400 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:21:12 ID:yTScZJmg

その返事を聞くと、東方不敗は穏やかに笑って立ち去った。
赤木監督についてもっと聞き出したかったのだが、声をかけるタイミングを逃してしまった。

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \        ―しかし―
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

401 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:21:33 ID:yTScZJmg

誰かの期待など、禄に受けたことの無いやる夫だ。
自分に期待してくれている。それもプロの1軍監督が―。

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

やる夫の身体に力が漲ってくる。
今なら何百球という投げ込みも、何百キロというランニングも楽々こなせそうな気がする。

402 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:22:32 ID:yTScZJmg

やる夫は逸る気持ちを何とか抑える。

少しでも早く1軍に上がれるように、少しでも早くできる夫に追いつくために、
やる夫は全力での投げ込みを増やしたい。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

でも、この気持ちを抑ようと誓う。

赤木監督の期待を受けてると知れたこと。それも嬉しかった、が―

403 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:22:52 ID:yTScZJmg

―東方不敗の親身になった言葉も、同じ位嬉しかったのだ。

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::} ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄-‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
  i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

404 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:23:11 ID:yTScZJmg

皆が立ち去った後、ポツポツと雪が降り始めた。

/ / / / / /| 。                               o
/|/|/|/|/| /|      o          ゚       。
/ / / / / /|           。       。
/|/|/|/|三ll/|                          。
// /  |三||/|              。               ゜
/|/.   .|三||/|    。                   o
/|      .三||/|                ゚
/|     |三ll/|                      。
/|     |三ll/|  。                             。
/|/l/ / /./|    。
/ /l/ / /./|                         。
/|/l/ / /./|         o
/ / / / //|。                   o
/|/|/|/|/|/|                        。

軽いランニングをはじめていたやる夫だが、切り上げて宿舎に戻ることにする。

405 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:24:00 ID:yTScZJmg
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\.                                           *
 |:::::::::::::::||●) (●) \                                   / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |.                                   | ::|   /   ⌒   \
 |:::::::::::::::||___   /                           よう>     | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
 |::::::::::::::(_____ノ´||                                  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||                                 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 |:::::::::::::::||/    ||                                 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 |:::::::::::::::||      ||                                 | ___)  ::|+{          .|     十
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄                                  | ___)  ::|  {       _ |
   \ ::::||.                                       ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
    \||.                                                  ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                              ヽ ノ

なぜか、やらない夫がいた。

406 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:24:50 ID:yTScZJmg

やらない夫は高校卒の同期である。
名門BL工業で活躍したキャッチャーで、今年度ドラフト2位で入団した。

所謂2世選手でもあり、父親は羽亜速パイレーツのタイトルホルダーのため、入団早々注目度の高い選手である。

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

ただ、同じ合宿所にいながらやる夫との交流は無い。
寧ろやる夫が、誰とも交流を取っていないというのが正しいが。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

407 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:25:39 ID:yTScZJmg

          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \           「・・・」
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

何故やらない夫がいるのか良くわからなかったが、どうでもいいことだった。
やる夫は風呂場に向かおうとする。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |        「ちょちょちょ、ちょっと待ってくれ、話があるだろ」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

あわててやらない夫が引き止めてくる。

408 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:26:42 ID:yTScZJmg

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・話?やる夫にかお?」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ                    「そうだ、大事な話だろ。運命的に考えて」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

大仰に言う奴だ。やる夫はそう思った。

409 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:27:27 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }              「てか、いきなりオレが残ってたらもっと驚いてもいいだろ?
        ヽ     ヘミ|               びっくりしなかったのかお前?」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

話を円滑に進めたいのだろう、やらない夫が笑顔で軽い話題を振る。
が。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・なんの話だお?」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

その話題には答えず、やる夫はとことんめんどくさそうな顔をしている。

410 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:28:36 ID:yTScZJmg
       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |        「あーと」
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |        「えーと」
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

これにはやらない夫も戸惑う。
合同生活の中で、やる夫がコミニュケーション能力の低い奴ということは理解していたが、
実際に話してみると異様な話しにくさを感じるのだ。

411 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:28:56 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)     「あ、あのな」
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \      「・・・」
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

しかし、少し言いよどんだ後、思い切ってやらない夫は言う。

412 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:29:55 ID:yTScZJmg

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|      「お、オレを仲間にしてほしいだろ!」
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                 「はぁ?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やらない夫にとっては、愛の告白並に緊張する、悩みに悩んだ末の言葉だった。
やる夫にとっては、何の関心も示さない言葉だった。

413 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:30:44 ID:yTScZJmg

想像していた以上の反応の無さに、ちょっぴし心が折れかける。
縋りつくように言葉を続けた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                  「あ、仲間にしてくれってのは言い方が悪かっただろ。
  |     |r┬-|                   なんていったらいいかな・・・
.  | ι   `ー'´}                   お、俺をお前の練習に混ぜてほしいだろ!」
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \      
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、                  チョ、チョットドラクエポッカッタカナーナンテ・・・

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                「・・・なんでだお?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫の表情は変わらない。

414 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:31:45 ID:yTScZJmg

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |                   「そ、それは・・・」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /             「お前が凄い奴だからだろ!」
      |   ` ⌒´ リ  ヒ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

ストレートに自分の気持ちを相手に伝えることは、人間同士の関係では難しい。
悪感情にしろ、尊敬の念だろうとそれは同じだ。

不快な気持ちを伝えれば、言わずもがな喧嘩になる。
尊敬の念を伝えるのは、照れが入るし、おべっかとも取られかねない。

やらない夫は今、思っている通りの言葉を伝えた。
やる夫の反応は―

415 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:32:32 ID:yTScZJmg

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\              「はぁ?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やらない夫には理由がさっぱり検討がつかなかったが、やる夫は怒った。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(○)(○ )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |        (え、なにその反応。コワイ)
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

416 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:33:07 ID:yTScZJmg

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \                 「高校通産本塁打数、50を超えてるって聞いてるお。
  / ノ( ●━━●   \                 名門BL学園の正捕手でキャプテン。
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |                ドラフト2位のやらない夫様がやる夫のどこを凄いと思うんだお?」
  \     ` ⌒´   ⌒/

人はこんなに嫌味にしゃべる事ができるのか。
そういう口調でやる夫が言った。

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |             (痛い、心が痛い!)
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

しかしやらない夫は察しがいい。
やる夫との会話の糸口を、今の言葉から掴んだ。

417 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:33:27 ID:yTScZJmg
やる夫を刺激しないよう、落ち着いた口調で話す。

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ             「たしかに、実績なら俺の方が凄いかもしれないだろ。
   |   ,.<))/´二⊃            でも、俺がやる夫を凄いって言っているのはそんなところじゃないだろ」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

418 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:34:08 ID:yTScZJmg
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |        「へー、だったらやる夫の何が凄いんだお!言ってみるお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

やる夫の口調は荒々しい。
その荒々しさを受け止めつつ、やらない夫が言った。

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ          「なら言うだろ!
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ       俺が凄いと行っているのはまさに”やる夫”っていう人間そのものだろ!
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l      俺はやる夫という人間を尊敬してる!
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ     近くにいて少しでもその凄さを見習わせてもらいたいと思ってるだろ!
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|      プロ野球選手的に考えて!」
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

はっきりと、やる夫の目を見て噛み締めるように言う。

419名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:35:00 ID:ADYgOBMY
BL学園ってさり気にひでぇ名前だな。
「アッー!!」的に(w

420 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:08 ID:yTScZJmg
その後のやる夫は、面白かった。
       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

421 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:27 ID:yTScZJmg
いつもの鉄面皮はどこへやら。
動揺をモロに出したその表情で、右に左に小刻みに揺れる。
          , 、、  ,,          
        , '  ____ " 、、        
         , '   /⌒三 ⌒\  ',   
       ;  /( @)三(@)\  ;   
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; 
        |  u   |r┬-|  u  | ; 
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',    
  ,、'  /              |  ; 
 、 ( ̄                |  ;  
     ̄ ̄ ̄|               | ;
                   ,,  、、 ,
                  、、 ゛ ____  ' ,  
                 ,'  /⌒ 三⌒\  丶  
                  ;  /(@)三(@ )\  ;  
                 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;      
             ; |  u  |r┬-|   u  |    
             ; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /   
            ,' |   ___)    \   _    
               ;  |                \  '、,     
                ;  |                 ̄) 、     
             ; |               | ̄ ̄ ̄   ;

422名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:35:28 ID:xxxiYBQk
名選手の息子に名選手はいないからなぁ。
やらない夫はどうなるんだろう。

423 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:42 ID:yTScZJmg

何かを言おうと口をパクパクさせるが、言葉を発しない。
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

424 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:07 ID:yTScZJmg

さんざんっぱら悩みに悩んで―
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

導き出した答えは―
     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

425 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:23 ID:yTScZJmg

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \          「壷は買わねーおっ!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |      「いや、そんなこと考えてないだろ・・・」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

426 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:40 ID:yTScZJmg

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \          「絵も買わねーおっ!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \
 |,'⌒ (( ●)(●)                 「詐欺師じゃねえだろ!」
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ

427 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:37:46 ID:yTScZJmg

―数分経過―

         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |             「・・・落ち着いたか?」
       |        }
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \               「・・・」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫がいつもの顔―いつもの、人の話を全く聞かなそうな、倣岸不遜な顔―に戻ったのを見て、
やらない夫が語りかける。

428 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:38:08 ID:yTScZJmg

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |        「まだ、俺の話を信用したわけじゃなさそうだろ。
            ヽ        }         だから、俺は暫く勝手に話す。
          __,, -ヽ     ノ -、       それを、黙って聞いててくれるか?」
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \               「・・・(コクリ)」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |            
 \      ` ⌒´   / 

不承不承。そんな顔でやる夫は頷いた。

429 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:38:53 ID:yTScZJmg

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |               「お前の凄いところは3つあるだろ。
    (          |                まず練習量。正直あり得ないだろ、あの練習量は」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \       「やる夫は一番下手だから練習してるだけだお。
        |      (__人__)     |        フォームを改造したてのやる夫はまともに投げれる球がないお。
        \     ` ⌒´    ,/        だからあんなの当たり前だお」
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)                 「んなことねーよ。」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

430 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:39:16 ID:yTScZJmg

やらない夫は諭すように言う。

   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│                     「悪いがお前のことを観察させてもらっただろ」
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  「観察かお!?」
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |              「そうだ。そして、お前が1日を全て野球のために使っているのが解っただろ」
     (三) |        |              
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

431 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:39:48 ID:yTScZJmg

観察していたということは本当なのだろう。
やらない夫はスラスラと、理路整然と喋り始める。

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)              「練習の時間。
     |       (__人__) , -―ーっ         一つ一つの練習に、お前は桁が違うほど真剣だろ。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄          無駄口の一つも叩かない代わりに、常に何か考えながら練習をしてる。
.      ン         } ゙| ̄'|             練習を”させられてる”俺達と、練習を”してる”お前との、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |             .練習の質の差は明らかだろ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫           この練習時間のお前を見て、俺はお前に興味を持った」
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)                「自由時間。
    |      (__人__)  ∫              誰の輪に加わるわけでもなくロビーにいるお前が不思議だった。
    |     `⌒´ノ ∬               お前は、パソコンの動画サイトでずっとサイドスロー投手の動画を眺めていた。
.   ヽ         } | ̄|               目つきは、練習の時とおんなじものだったろ。
     ヽ     ノ |_|)               ・・・違うか、お前は身体を動かさず、練習してたんだ」
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)              「そして朝の時間。
     . |     (__人__)               隠れて、自主練してるって気付いたときは、本当に凄いと思った。
       |     ` ⌒´ノ               .この環境で自主練をやるってだけで尊敬するが・・・それだけじゃないだろ。
     .l^l^ln        }               お前はこの朝の時間で、夜の自由時間に見たサイドスロー投手のフォームを真似て、
     .ヽ   L       }                自分に何が一番しっくりくるかを模索してる。
       ゝ  ノ    ノ                この練習時間は自由時間と高いレベル繋がっているといえるだろ」
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

432 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:40:33 ID:yTScZJmg

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │                   「だから・・・」
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __ 「誰よりも多く、誰よりも質の高い練習をしてるお前を、
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ 凄い!と思うだろ」
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    「―――!」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

433 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:02 ID:yTScZJmg

よくわからないが、やる夫はショックを受けている。
やらない夫は反応を気にせず、続けて話すことにした。

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |                「・・・次に凄いと思うのは、お前の執念だろ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /                    「執念?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

不思議なことをいう―
そんな顔を見て、やらない夫は心底驚いた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                      (こいつ無自覚かッ!)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

434 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:30 ID:yTScZJmg

いや、アスリートなんてものはちょっと位壊れている方が成功するものなのだ。
天才肌とかって言うし―

やらない夫は自分を無理やり納得させて、続ける。

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |                      「れ、練習にしたってそうだ。
. |        |                       お前は何かに取り付かれてるみたいに真剣だ。
  |        |                       あの練習量を支えている意思には驚かされるだろ」
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

どうもやらない夫は喋っていると調子がでてくるタイプらしい。
段々と口調にリズムが乗ってくる。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)                    「練習量にしたってそうだが・・・
.   |        ノ                     やっぱ一番驚かされたのはカズマさんとの対戦だろ」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

435 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:57 ID:yTScZJmg

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |                    「・・・やる夫が負けた、普通の勝負だったお?」
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l                       「そこだよ。お前の”普通”が凄いんだよ。
.  |    `⌒// ノ                       あの勝負で俺がキャッチャーをやってたことを覚えてるか・・・?」
   l       // ./ 
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

やる夫は正直覚えていなかった。
カズマしか見えていなかったというのが本当の所。しかしこれは黙っておくことにする。

436名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:42:12 ID:rZfIzMEU
やらない夫は常識人だなあ

437 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:42:30 ID:yTScZJmg

あの勝負の3球目・・・
お前から出されたサインに、オレは驚愕しただろ。

-------------------------------------------------------------------------------------
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }          (ビ、ビーンボールっすか!!!!)
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__                                      ヤルオサンパネエッス!

-------------------------------------------------------------------------------------



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\             「・・・カズマさんと勝負するにはやる夫の実力が足りなかったお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\            勝つためにはあれしかなかったと思うお」
 |        ̄      |
 \               /

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |           「それだよ!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

ドン、とやらない夫が机を叩く。
やらない夫の声が急に大きくなり、やる夫はビクリと身体を跳ね上らせた。

438 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:43:20 ID:yTScZJmg

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |            「後で色々考えたが・・・勝つにはアレしか無かっと思うだろ。
     . (人__)     |             でも、相手は先輩で1軍の看板選手。
     r‐-、    .   |             ぶつけて怪我でもさせたら、正直お前の選手生命も終わってただろ。
     (三))   .   |             選手の価値的に考えて」
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

         ____
       /      \エッ・・・
      / ─    ─ \
    /   (○)  (○)  \          ←そこまで考えてなかった人
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒┃   ,/

439 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:44:05 ID:yTScZJmg

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|              「でもお前は”勝つ”ことを選んだ。
    | ./´ニト━・' .l               この、勝つ為の執念が、オレに欠けてて、お前が”凄い”ところだろ!」
    | .l _ニソ    }               
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ‖  ノ \         「――――!」
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |

やる夫は顔を手で隠している。
さっきからやる夫の反応は良くわからない。が、気にしないことは既に決めている。

やらない夫は言葉を続けた。

440 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:44:27 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/           「やる夫、なんでドラフト2位の俺が、この第三練習場にいると思う?」
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \        「!」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

そういえばおかしい。

第三練習場にいる人間は、基本的にドラフト下位指名の人間か、テスト入団のドラフト外の人間。
有望株であるところのドラフト2位のやらない夫がいる理由は無い。

441名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:44:29 ID:0CjVh6vU
>>尊敬の念を伝えるのは、照れが入るし、おべっかとも取られかねない。

そうなんだよなぁ。 人に尊敬の念を伝えるのって、説得力のある言葉じゃないとたんなるおべっかなんだよな。

442 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:46:30 ID:yTScZJmg
第三練習場では散々噂になっていることだったが、やる夫の耳には入っていなかったらしい。
他人への関心がとことん薄いのか、それとも自分の事で手一杯なのか。

付き合いの浅いやらない夫には判断できなかった。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)        「赤木監督に直接言われたんだよ。
. |     (__人__)         お前には足らないものがある。第三練習場でそれを見つけて来い・・・ってな」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

-------------------------------------------------------------------------------------

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)      マジッスカ
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l          マジ!マジ!マ-ジレンジャー♪
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....
-------------------------------------------------------------------------------------

443名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:47:20 ID:hI20Yanw
この赤木ノリノリである。

444 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:47:30 ID:yTScZJmg

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ             「そして、ここに来て、お前を見てて気付いただろ。
.     |         }              俺に足りないものが、野球に対する、勝負に対する執念だってことに」
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ〜っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |               「・・・よくわからないお。
. |   (__ノ ̄    /                勝負に対する執念なんて、誰でももってるんじゃないかお?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ              「・・・そうだな、ちょっと自分語りをさせてもらおうか。
.     |         }               ちょっと自慢話のようになるかもしれないが、許してほしいだろ」
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|

やる夫がコクリと、子供のように頷いたのを見てから、やらない夫はポツポツ。
先ほどまでの悠長な話し方とはうってかわった様子で話はじめた。

445 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:47:55 ID:yTScZJmg

―俺の親父は昔ホームラン王を取った事もあるプロ選手だ。
  ポジションはキャッチャー。
  現役生活は長くなかったが、その時代の野球ファンにとっては、誰でも聞き覚えのある類の選手だったろ―
        _         . , _ ,
     , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
    r'ヽ./             \,- 'ヽ
   i'  /                l   i
   l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l
   |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  |
   ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/
    丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /
     ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´
      `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$
       $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$
       $| .| 、__,_ |  |$$$$$
       $\| `ー─‐"| /$$$$
        $$\ r‐ /$$$$
          $$$$$$$$

  やらない夫父 VIP・デ・バッファ郎

446 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:48:32 ID:yTScZJmg
―早くに怪我でプロを辞めた親父だけど、すぐ生き甲斐を見つけただろ。
  それが俺の育成だ。
  短かった現役生活の穴埋めのように、俺は野球の英才教育を受けて育ったろ―
                                            
            __
          / ヽ \
         |   ● ●
       |⊂⊃ (_,、_,)         ハリケーンミキサー!
          |    {::::::}
         ヽ     ̄/
         >、 __∠___r‐-っ
          /  .    |    ゙i ,ノ~
       / /    "~| ̄ ̄
                                                    _         . , _ ,
                                                                                             , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
                                                r'ヽ./             \,- 'ヽ 
                                               i'  /                l   i
                                               l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l
                                               |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  |
                                               ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/
                                                丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /
                                 <いいぞ!やらない夫! ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´
                                                  `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$
                                                   $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$
                                                   $| .| 、__,_ |  |$$$$$
                                                   $\| `ー─‐"| /$$$$
                                                    $$\ r‐ /$$$$
                                                      $$$$$$$$

447 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:49:22 ID:yTScZJmg

―親父譲りのプロの身体・・・大きな身体を貰った俺は、すぐに才能を開花させた。
  小学校からは推薦で、オヤジの信頼する監督がいるリトルに預けられ、シニアまで一貫した教育を受けただろ―
         __
          /\ /\
         | ●  ● |
       |⊃(_,、_,)⊂|   グレートホーン!
          |  {:::::::}  }
         ヽ.  ̄  /
           ゝ  <

                     ヽ,.ヽ.、_
                      .ヽ、 ` ̄`゙゙''ヽ、
                        .゙''―-、,   ゙ヽ
                             ゙ヽ,  .゙i
                              :i   !
     -.、              ,、/‐--、.,_    ./   ,i
      ゙i ゙i         ,.、r'"i゙!´ .!     ,>-、/   ./
i、     | :!       /゙=" :|i  :|.,,ニ∧ :i,  i    ./    <違う!こうだ!
 \    | :!       /\ O i.i,/,、イ ゙i,゙i, ゙i, .ヽ, ,/
  \,、.,_ | :i、     /゙ヽ,,=i、_,、r' ;/゚ノ゙-‐//  ヽ、,゙フ
   ,イ, `゙゙'ヽ、.,_   ,ノ .//,-。-i゙´:)゙´´  i i,    .゙i,                ./
 /´ i,ヾ;::::..... `゙ヽ< i'、.i゙i,゙''"ブi;  ,r''⌒i,i,゙i,    .゙i,          __,,,,∠゙"⌒'
    ,イ  \:::::::::.... `ヽ,ヾ゙ヽ, ,、ン''゙ _,r''"゙i;゙i,゙i,    :i;   _   .,、-‐'"´   ``゙゙'ヽ
  / i,   ゙i,ヽ;、::::::::... `ヾi゙i,ヽ-‐'"__゙i .〉i;、-i;;;フ //'"゙゙/ ./      .,r‐''''''‐、
,/  ,/ii,   ゙i, ゙i,ヽ,''‐-、;... ゙ヽ,-゙‐'´    ゙'v゙,   i,// /'|,,/       / /⌒ヽ
   /./i:|   | i, :iヽ,  ゙ヽ、, .\‐'" ゙̄ヽ、, ゙ヽ、,r―'、 λ゙i, `゙゙'ヽ、,    i i,、. /゙´
 ./ ././j    | :! :゙! ヽ,   `ヽ、,ヽ,     ゙'ヽ、,,_.|  Y i, ゙i;゙'ヽ,  ゙ヽ,  i,  j | !
/ ///    i :! :|  ヽ     ゙ヽ,i_       ゙ヽ, ゙i, i、,) .,,、>、  ゙ヽ, ゙ー゙ .i, :i,
,;/.//    ,! j  i   i,   .,、-―''""'''''―---、、,,_.i  ヽレ‐'゙ ,、、r'ヽ,   ヽ,  .ヽ,
 //     / ./ /   i ./ .,、-――''''''――--、二゙''<, r'"  _,,,,\   ヽ、
'シ'゙      / / /    |'゙  / ,、-‐‐、      ,、、、_゙i, .゙i, ゙i, ./ .,,,,,,\   ゙'ヽ、
´      / / /    i  ./  i  /゙' .ノ    / ,.., ゙i,゙i, .゙! .゙!.!  ゙ヽ `゙ヽ、,
     ,/ / /     |  :|   .i, ゙iー'゙   ,ノ / i'" j i, .゙i, .i,゙‐=‐゙   ゙i `i.、,
_,,、、-‐゙  ,、r゙ /     |  :i   ヽ、 `゙''''''''゙´,ィ ! .ヽ-''  i ゙i .゙i      .i, .i,,-、゙
_,,,、、-'" ,、-'"       i,  ;i.    `ニ''''''''"ノ j      j  | L_     i、 ゙ )
,,,,,,、、-‐''゙          i,  i;.   ./ _゙.) ノ /   ,、-‐'  ,j、__ ゙''ヽ、,  `'''゙
::| i゙\,           ./゙i, ヾ,  .ヽ, `'‐''",/ .,.r'".,,、-‐'"´   `゙ヽ、 .゙ヽ,
ヽ!.゙i, `゙ヽ  、,     / .\ \  .゙'―''"  / / ,、-―-.、'"⌒゙'ヽ、゙ヽ, ヽ
、,,_!, i、     `ヽ、, ./     \ ゙ヽ、,    ,/ / /     ゙i;    ゙'i, ゙i  ゙-''"

448名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:49:54 ID:ADYgOBMY
バッファ郎(wwwwwww

449 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:50:15 ID:yTScZJmg

―最終的に野球名門校に推薦で入った。
  1年からレギュラーを取った。甲子園にもでて、結果を残した。
       f ̄`i
       |.  │
       |.  │ ,。-‐…‐。、
      |.  |/   ゚  ゚  ヽ
.      |.   |         ヘ
       |  │ミ三二二二二>
.       |.  | f´   \, /
        |.. |c j   ( ●)(●)
       |  |イ    (__人__)
.       |. | |     ` ⌒´ノ
        |. | ヽ.       }
.       (ミ ̄)_ゝ     ノ
      /´ 「ミ)      く
     ( . ´ ∧ \  ノ   / ヘ
     丶_/  \  Y    /  i
          i \ _ ノ   ∧
           i         i
           ヽ        ヘ
           ヘ         \
            │  丶 /    )
            .|   ./    /
.            |  (    .く
.            |   i\   \
.            |.   」  \   ヽ
             |.   |    \  ヘ
.             |   i    `ソ   )
             |   |    ゞ_ /
.             |   |
             (___)
  チームは負けたけど、俺自信は甲子園通算で4割を超える打率を残した。
  プロのスカウトからもすぐに誘いがきた。
  負けたって言うのに、後味は正直悪くなかったろ―

450名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 21:50:42 ID:CO9511o.
お?始まってた

451 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:51:32 ID:yTScZJmg

―身体とセンス。両方のギフトを貰った。
  その上、最高のコーチを常につけて貰った。
                  .___
                 / ノ  .\
                /  (●) ヽ、ヽ
               /   (⌒  (●)/
               /    ( ̄ヽ__)/∩m
.           /⌒ヽ(ふ.  ノ yノ/ (  ノ
            `ァー─⊇(_ノ´\_/ /
             /      /ヽ__/
           /       /
             /      /
          /      ⌒ヽ         ←普通の練習
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

  だから、俺は普通にやってるだけでよかったんだ。
  普通にやってるだけで、レギュラーを譲ったことも無ければ、悔しい思いをしたことも無い。
  ありきたりに言えば、レールに乗った人生。
  そう、俺は―
                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,〜'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃      「自分で決心して、自分で勝負をした経験がないんだろ・・・」
             |       (__人_) /〉
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|

452 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:52:49 ID:yTScZJmg

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ                   「・・・」
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

確かに、自慢話にも聞こえる話だった。
ただやらない夫の表情は苦痛をこらえるかの様に見え、やる夫はやらない夫が本気で話していることを理解する。

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..  「情けない話だが、俺は自力で掴み取るっていう経験がないだろ。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     持っていて、勝てていたせいで、勝ちに対する執着が薄い・・・貪欲さが無い。
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      これは、野球選手として致命的な欠点だろ」
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

453 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:53:47 ID:yTScZJmg

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )             「赤木監督はそんな俺のことを見抜いていた。
.  |:::::::::::   (__人)             だから、のし上がることに懸命な奴が集うここに、俺をやっただろ。
   |::::::::::::::   ⌒ノ             今なら解るけど・・・」
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |
-------------------------------------------------------------------------------------
―もし俺が、第三練習場に行けといわれて、怒って詰め寄る気概があったなら―

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

―多分あの人は簡単に撤回しただろう―

     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|         シ!ン!ジーテ!フューチャー♪
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l
-------------------------------------------------------------------------------------

454 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:54:13 ID:yTScZJmg

―俺はあの時試されて、そして不合格を貰ったんだ―

..    |丶__:/:::::::::::::  _____/:::::::::::|:::::|/\:| |:::::|
.....   |   ::/:::::::::::::::          :::::::::::| :|:::::::::|// :::|
......   |.../:/::::::::::::::::::   \       ::::::::::| |√)// :::|
.......   |/:::/:::::::::::_::::)     ̄\    :::::::::::|:::|\//  ::|
.....    | (::::'''            \  :::::::::::|..|ヽノ  :::::|
.      |  ───────`   \::::::::/|/::::|  :::::::|
...      |    ___       ::::::::::/::  :::::| :::::::|       オーケーオーライユーキヲコノテニー♪
.....      |    ::::〓      :::::::::/::    :::::::| :::|
.......      |    :::      ::::::::/::
         |         :::::::/:::
....         |       :::::/:::
......     //::ヽ    ::::/::::
    /  /::::ヽ  :::/:::::
  /   ./ ::::::ヽ/::::::

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/              「そして本当にここに来ることになった」
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i                タビーダテー♪
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

455 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:05 ID:yTScZJmg
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)                    「だけど俺は見つけた!俺に足りないものを!
.   | ノ(  (__人__)                     それはお前と一緒に進んでいくことで、満たされるとみただろ!
    | ⌒    ` ⌒´ノ                     つまり、お前の勝利への執念を見習いたいってことだろ!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)                   「・・・・・・」
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

456 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:26 ID:yTScZJmg

困惑しているやる夫をみながら、やらない夫は更に続けた。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●                   「最後のお前の凄さは、信じているところだろ」
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

     ____
   /      \
  /         \                   「信じてる・・・?」
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

457 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:51 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)              「練習は必ず実を結ぶ。
   |      (__人__) /;;/               頑張っていればいつかは必ず報われる」
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ          「んなことねーお。
         /       ::::/::::::::\::ヽ          ただ、やらなきゃ何も始まらないだけだお」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)                「それを信じてるって言うだろ。俺的に考えて」
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

458 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:56:51 ID:yTScZJmg

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|              「練習はキツイし、効果が上がってるか毎日目に見えるわけじゃない。
        !  (__人__)  |               だからみんな、楽になるためにどうしても自分に言い訳しちゃうだろ。
          , っ  `⌒´   |               やっても無駄だ。こんなもんでいいか。以外となんとかなるもんさ」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)                「お前にはそれがないだろ
     |     (__人__)                 やらなきゃ始まらないんだ、だからやる。徹底的にやる。
     |     ` ⌒´ノ                 ”やる”って事に関して、全く迷いが無いんだ」
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

459 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:57:27 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |                「それが出来る理由は多分・・・」
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |                「お前がお前自身を信じているんだろ」
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やらない夫は朗らかに言った。

460 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:58:28 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)               「俺はまだだめだ。
        |      ` ⌒´ノ                本当に大丈夫か、本当にできるのか。
          ,|         }                そんなことを考えて、結局やらないでいてしまう。
       / ヽ       }                 でも、俺もそれができるようになりたいだろ」
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l                   「―1度しかない人生・・・」
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「自分を信じて見たいだろ!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

461 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:58:54 ID:yTScZJmg

やる夫には自分なんかを凄いというやらない夫の気持ちが解らなかった。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ                 「・・・」
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

しかし、これだけは解る。

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「・・・」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

やらない夫は、本気で自分と一緒に野球をしたがっている。

462 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:59:59 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ          「・・・」
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「・・・」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

少し、沈黙が流れる。

463 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:14 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ          「・・・やる夫なんかと一緒に練習しても、メリットは無いお?」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                「ある。俺にはある。
        |        }                 やる夫だって、ボールを受ける奴や、バッターをやってくれる奴がいたほうが、
        ヽ       }                 練習にはいいはずだろ!」
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄

464 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:36 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ          「やる夫にはメリットがあるけど、やらない夫にはメリットが無いお?」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                「やる夫、俺にとってのメリットがある、ないを判断するのは俺だ。
        |        }                 お前じゃない。そして、その俺がメリットがあるって言ってるだろ。
        ヽ       }                 それにお前は一つ勘違いしてるだろ・・・」
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄

465 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:58 ID:yTScZJmg
━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)                  「練習を一緒にやらせてくれって頼んでるのは俺だろ。
     |     ` ⌒´ノ                   お前は自分のことだけを考えて、YESかNOかを言ってくれるだけでいい。
       |         } \                 まあ最も・・・」
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |                  「俺はお前がNOといってもお前にまとわりつくつもりだろ。
       l` ⌒´    .|                  野球人的に考えて」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やらない夫の笑顔に嘘は無い。そう見えた。

466 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:01:36 ID:yTScZJmg

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\                     「・・・ホントにやる夫のことを凄いって思ってるのかお?」
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|                  「おう、思ってる」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,            「・・・ホントにやる夫と野球をやるのかお?」
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ                  「そうさせてもらえればと思ってるだろ」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

467 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:02:31 ID:yTScZJmg
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\                     「し、しかたないから一緒にやってあげるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \                   べ、別に嬉しくなんて無いんだぉ!」
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( ●)(●)
. |  ///(__人__)                        「お、おう。ありがとうやる夫!
  |     ` ⌒´ノ                        これからヨロシクな!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く  <キュン☆
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |            ナニコノキモチ・・・

やらない夫はようやく挙動不審だったやる夫を理解した。
あの奇妙な反応はおそらく、全力で照れていたのだ。

こいつは多分。

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \                   ―ロクに褒められた事が無いのだ―
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

468名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:03:09 ID:0exgDYsE
えっ、なにこの甘酸っぱい関係www

469名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:04:37 ID:CO9511o.
爽やかスポ根100%物語だなw

470名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:05:10 ID:gRk/iAM2
こーゆー話すきすぎて困るww

471 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:05:49 ID:yTScZJmg

考えてみれば友達の少なそうなタイプである。攻撃性が高いせいで、嫌われることも多いだろう。
好意を持たれるという経験に乏しいのだ。

そう解ると、今までのやる夫の行動のいろんなことに納得がいく。
敵意には過剰な敵意で返すが、好意に対する返し方を知らないのだろう。

照れに照れてるやる夫をみると、なんだかやらない夫も照れてきた。

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ                         「さ、さっそくだが、軽くでいいから球を見せてくれないか?
.  |         }                          雪が降ってる中悪いんだけど、明日からの参考にしたいだろ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,             「い、いきなりそんな恥ずかしいお?」
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |                        (な、なんかドキドキするだろ)
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ       \
   / ノ,,ノ  |\ キュンキュン!  \
   |        |  \         \
    |       |   \          \

472 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:06:51 ID:yTScZJmg
―同日同時刻 某居酒屋―
   | l
   | |  /     ヾソ   ヾソ   ヾソ
   | |. //     ミ爻彡wミ爻彡wミ爻彡w 、、
   | |//      r─────────、 /| |         r─────────
   | |/    ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙| | | ./.          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | |   //|                 | | |/           | |__ ______
   | |  // ̄ 日  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ̄/.゙|/              | \___,||\
   | |//              /;;;||''''| /           \.. | ||__,;;\
   //               /;;;;;;||__|,/              \|__||_,,,;;;;\
 //|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                           || ̄ ̄

473 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:07:25 ID:yTScZJmg
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    「ん・・・?」
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|      「おっと・・・?」
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ、
      |    ,-‐‐'\        l      ',                | ヽ
      |  イ::::::::::::::::::ヽ        l      ',              |  i

474 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:07:45 ID:yTScZJmg
           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !   「なんだ?どうした?」
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` −''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._

475名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:08:03 ID:v2oPbGmc
やっと追いついた
>―ロクに褒められた事が無いのだ―
ああ、高校時代のできる夫以外にも常に上が居たのか…

476 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:08:55 ID:yTScZJmg
    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈   
    !  :l      ,リ|}    |. }   
.   {.   |          ′    | }   
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<                    「いや、いい男レーダーがおっ勃ったもんでね」
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   / 
.   /}   \    ー‐   ,イ      
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\      


   i: : : : : : ;;;;;;;;i     i : : : : : : : : : ;;;;;;,, : : : : : : : : : :
 .、  .i : : : : : ;;;;;;;i     i : : : : : : : : : :;;;;;;;, : : : : : : : : :
 ヾ;、 丶: : : : ;;;;;;;;i      i : : : : : : : : : ;;;;;;;;,, : : : : : : : :
   `、丶: : : : ;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;., : : : : : : :
..i`.、  ヽ丶: : : :;;;;;;;i      丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;,, : : : : : :
...l b:`:.、i. 丶: : : :;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
 l.t:::ty:l 丶: : : :;;;;,,i_, - ‐=======ッュr。_:_ ;;;;;;;;;;;;;;;,, : : : :   「阿部さんのもですか・・・
  ``ォ;;;j|  丶: : : ::;;;i : : :ェォ=- :\ : : : :  ̄: ̄;;;;;;;;;;、;;;;;;,, : :   僕のレーダーもビンビンですよ」
.    ;l   丶: : : :;;i: : :": :    \: : : : : : : : ;;;;;;;;l:\;;;;;;,, :
\   /   .∧: : : ;;i: _ィェェ、_      \: : : : : : : :;;;;;ヽ: :\;;;;;
  .\/   / : :ヽ: : :;;i :-`´`≡ョ、_     \: : : : : : :;;;;ヽ: : :\
   \  /: :  :ヽ: : ヽ : `、  |;;o`k‐y-r,,,,_`__、: : : : ::;;;丶: : : :
  .  `<: : :  : ヽ: :ヽ    ヾ、.ヽ;;;ヽ`' ノ;;;;'-'''''':\;;;; : : ;;;丶: : :
     ヽ : :  : 丶::ヽ    ` ` ー`´." : : : : \; ; ;;;;丶: : :
` 、.     ヽ: : :   丶ヽ      : : : : : : : : : \;;;;;;;丶: : :
. `、:.    ヽ: : :   丶、        . : : : : : : : \;;;丶: :
: : ヽ:.    ヽ: : :    丶、     . : : : : : : : : : : 丶`、: :
: : ヽ::.    ヽ: :      \ . : : : : : : : : : : : : : :  `: :
: :  :ヽ:::.    ヽ: :    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
`ヽ、:  :、::..    ヽ: :  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   `ヽ、、::..     ヽ、: . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

477 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:09:11 ID:yTScZJmg
     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'    「カズマさん遅いっすね〜」
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....−:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

2人との付き合いは長い。キョンは貞操帯の準備を怠っていなかった。

478 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:10:04 ID:yTScZJmg
―話は戻って 第三練習場 合宿所―

やる夫もやらない夫も、気持ちが高ぶりに高ぶっていた。
お互い、恥ずかしくって普段は口に出来ないような夢や、将来の展望を、子供のように語り合った。
その内容は笑い話にしかならない大仰なものだ。

           __                  γ⌒) ))
       γ⌒) ))\              / ⊃__
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\         「俺は3000本安打だろ」
    〃/ /  ( ●)(●) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)    「じゃあやる夫は300勝だお!」
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ     「更に500本塁打だな」
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))   「じゃあやる夫は更に200セーブだお!」
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /

479名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:10:31 ID:CO9511o.
良い判断だw

480名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:10:44 ID:25SgodzQ
>貞操帯の準備を怠っていなかった
おいw

481 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:10:56 ID:yTScZJmg

しかし酷く楽しい。
仲間というより、同志というのだろうか。
辛い次期を共に越え、同じ目的にたどり着こうという相手が見つかった。

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩                 「やる夫はやる夫だけの魔球を生み出すお!」
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____       「カッコいいだろ!名前はどうする?」
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒  ⌒\      「やる夫ボール2号改!なんてどうだお?」
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \    「すんげーセンスだろ・・・やる夫の発想に脱帽だろ」
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   「だお!」
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |   「1号が無くて2号、更に”改”って部分に底知れぬ魅力を感じるだろ・・・」
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \

482 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:11:26 ID:yTScZJmg
そのことの興奮が、やる夫とやらない夫を包んでいる。

.     / ̄ ̄\     __人_
   /      \    `Y´                 _人_  
   | 仟磷ト  磷心                     `Y´
   | .弋cソ   cソレ.     / ̄ ̄ ̄\
   |     (__人__)    /  仟磷   心”     ηノノ     「俺達は2人でVIPの星になるお!」
   |      `i  i´ノ  /   .弋c    ソ.     ノ, ∃      「おう、まさにVIPスターだろ!球団名的に考えて!」
   |   .   `⌒ }  ./      (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |       `i  i´  | ./  /
    ヽ     ノ    \ _     `⌒  / ./
   /      ヽ   /       ⌒   /
  /         ヽ, ./  .         /
  /  /      }  | .|  |         |
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \        |                                           ムクリ
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ      .ノ

483 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:12:07 ID:yTScZJmg
        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉  
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |                「ごめん、もう少し声落としてくれない?」
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

       / ̄ ̄\
     /  ─   \
    ( ●)    (●)
.    |   (入__,,ノ  i          くぁw背drftgyふじこlp;@:「」
     |   (  /u  |
.     |   |! |u   }
.      ヽ ι! .|   }
      _ヽ;:i;l 。゚・ ノ_
    ノ   i:;l|;:;::;     \
  /´   ι! :i;l 。゚     |ヽ
 |    l。,j i:i;l 。゚ i!、o     \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)

484 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:13:14 ID:yTScZJmg
          ___ _
       . /  >‐-、\            「そ、そそそそs、蒼星石!なんでいるお!?いつからそこにいたお!」
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\        「え、最初からいたよ。隅で寝てたけどさ」
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)               「全然気付いてなかっただろ・・・」
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

485 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:14:12 ID:yTScZJmg
          , 、、  ,,         
        , '  ____ " 、、      
         , '   /⌒三 ⌒\  ',     
       ;  /( @)三(@)\  ;         「最初からって・・・最初から聞いてたのかお!?」
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; 
        |  u   |r┬-|  u  | ;   
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',  
  ,、'  /              |  ;  
 、 ( ̄                |  ; 
     ̄ ̄ ̄|               | ;

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T    「最初からだよ?騒がしくて眠れなかったしね。
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|      ・やる夫が凄い! byやらない夫
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|      ・やらない夫自分を語る! byやらない夫
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./      . ・俺達の明日の夢と希望と妄想 byデュエット の三本立てだったね。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′    
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/       というか声大きすぎなんだよ。特にやらない夫。
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /       聞き耳立てるつもりは無かったけど、詳細に綿密に緻密に丸聞こえだったよ」
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /              「―――!!!」
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

486 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:15:27 ID:yTScZJmg
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/         「まあ、でも、なんというかさ・・・
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/           余計なお世話だと思うんだけど・・・」
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)___
   |     (__人__)´ ー  ー\
   |      `i  i´ノ( ●) ( ●)         (やだ、聞くのが怖い)
   |   .   `⌒ }   (__人__) ヽ
   ヽ       .}    `i  i´  |
    ヽ     ノ、_    `⌒_/
    /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ `i
    /    r―――――――‐‐'
    l      ( ̄レワ   /  |
    |       \ \/ /  |
    |       | \_/   |

487 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:15:56 ID:yTScZJmg

    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|      「もう一応社会人なんだから、厨二病は卒業したほうがいいよ?」
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(○)(○) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (○) (○)   \      「・・・・・あ・・・・あ」
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

488 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:16:23 ID:yTScZJmg

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!    「あ?」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

           __                  γ⌒) ))
       γ⌒) ))\              / ⊃__
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\
    〃/ /  ( ○)(○) / ノ     γ⌒)( ○)  (○) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ    「あ・・・あ・・・」
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /

489 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:16:58 ID:yTScZJmg
               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-〟
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'゛

490 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:17:17 ID:yTScZJmg

--------------------------------------------------------------------------------------


蒼星石の視線は、冬山の冷気よりも厳しかった―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第3話 やる夫とやらない夫 終

491名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:17:34 ID:v2oPbGmc
待てやw

492 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:18:12 ID:yTScZJmg
投下は以上になります ご観覧アザーっした。

やる夫に仲間が出来る回ということで、やる夫の活躍をご期待されてたかたすんませんです。

493名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:18:23 ID:CO9511o.
乙w面白かったよ〜

494名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:18:58 ID:v2oPbGmc

やらない夫が実に爽やかな厨二青年で安心したw

495名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:19:55 ID:heeQqgQY
乙。なんともいい話だった。
やらない夫好きな自分にとってはたまらんかった
(無論やる夫もみんな好きだが)。
今後やるやらがどう成長していくのか楽しみだ。

496名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:21:39 ID:M4rhfFik
乙でした
シリアスのテンポのままなのにギャグも差し込んでくるとかすげー!

497名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:21:49 ID:25SgodzQ

自分の長所短所を知ってる恋女房がいてくれると
ピッチャーとしては助かりそうだよな

498 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:23:02 ID:yTScZJmg
>>382
回線は無いっす。携帯につないでやってます。

>>419
名門の高校野球部でパッと思い浮かんだのがそこの学校だったもので・・・w

>>422
まさにその通りですね。
やらない夫はその原因を”最初から持っているから”と考えています。

>>441
ですよねー。特に同僚とか上司には伝えずらい・・・

499名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:25:21 ID:bjS4wWx2
乙!
友情の深まる過程、いいね!

500名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:25:23 ID:0exgDYsE

熱くも爽やかな話で今回も面白かったわwww

501 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:25:58 ID:yTScZJmg
>>494
やらない夫はお坊ちゃまなので少しずれてるところがあるという設定です。
簡単にいうとクサイ事を簡単に言えます。松岡修三チックな人間です。
逆にだからこそやる夫を気に入ったという感じですかね。

厨二さとクササが伝わっていれば嬉しいですw

502名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:33:41 ID:xxxiYBQk
そういや青星石ってどこのポジションなんだろ。

503名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 22:37:50 ID:0CjVh6vU
>>441
長嶋一茂もいい選手だったんだぜ…。

504名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 23:29:41 ID:rZfIzMEU
遅ればせながら乙

505名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 23:54:33 ID:kbEgYsHw
いいキャラだやらない夫。
乙でした。

506名無しのやる夫だお:2009/11/01(日) 23:57:39 ID:iKiMF34.
乙。
しかし何だ、こいつら良いなw

蒼星石のポジションが気になるな……

507名無しのやる夫だお:2009/11/02(月) 00:14:31 ID:BwaB3OMo
個人的に和田豊みたいな巧守巧打の二塁手のイメージ>蒼い子
長尺バット振り回すブンブン丸とかでも面白いけど。

508名無しのやる夫だお:2009/11/02(月) 01:03:30 ID:KbipbeyE
遅れながらも乙です
なんかすげえいいなこいつらw
普通にわくわくして読んでた。

509名無しのやる夫だお:2009/11/02(月) 01:13:01 ID:0lCLgpog
乙。
自分のペースでの投下を求む。
ペース速かったのに、途中でしんどくなってやめる人もいるし。
でも、たまには生存報告よろしく。

510 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/02(月) 05:54:24 ID:uT5o1Cm6
>>皆様
ご観覧アザーッス。

>>506
>>507
次回は蒼星石の話の予定です。

>>509
アザーッス。
今日から長期連休終わって社会人復帰なんで、ペースは落ちますね。
週1、2回投下を目指そうと思ってます。

511名無しのやる夫だお:2009/11/02(月) 12:51:19 ID:8icn/laU
乙 ストレートな青春中二が逆にすがすがしい

それにしても

ぴーえる
びーえる

たったこれだけの違いなのにひどい違いだなw

512名無しのやる夫だお:2009/11/02(月) 20:15:03 ID:0lCLgpog
このやる夫はエロゲーに縁がなさそうだな。
パソコンを野球のためだけに使ってる感じ。
これまでのやる夫とは違った熱血中二キャラのやる夫に期待。

…たぶん、やる夫にとって初めて真剣に夢を話し合える仲間ができたんだな。

513 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/03(火) 03:39:33 ID:q1lIDo9Q
次回更新に目処がつきました。
木曜日投下を目標で行きたいと思います。

よろしくお願いしまーす。

514名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 05:32:36 ID:NL6TR7/.
よっしゃええぞ!

まっとるぞ!

515名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 06:41:48 ID:5xz.0Fa.
こいつら高卒でもう作中は12月ということは少なくともプロ入りして
一年は経過しているってことだよな。なんか時系列おかしくないか?
やる夫は一年間オーバーでやった後にサイドに転向したってこと?
それとも春のキャンプで言い渡されてから10ヶ月練習してやっとのことで
自分のフォームをつかみかけてるって事なのか?

516名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 07:06:27 ID:wcC7qBAA
しかし構成力と文章力ハンパねえな。
モノローグ多用で魅せられるやる夫スレなんざそうはねえぞ。

その辺のラノベより面白い

517名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 08:17:27 ID:isUKGxhE
>>515
卒業可能なら学校は自主登校だろJK

518名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 11:02:42 ID:vfzOTLtM
>話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。

ドラフト関連の部分かな?
たしか今は、プロテストはドラフト前にやって、テスト生でもドラフトにかけるんだっけか。
でもなんつーか、この「ドラフトかからずプロテストで合格」っていいよな。
待遇面に無茶苦茶差がつくはずだけど。

野球ってジャンルもそうだけど、やる夫の性格がレアだね。応援してますぜ。

519名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 11:33:17 ID:0iWQYiMk
>>515
時系列的には

11月末 プロテスト

12月初旬 梅岡にプロ入り報告

12月初旬〜 練習生として第三練習場に

12月中旬 カズマと対決

12月末 やらない夫と会話

という流れでしょう。 
形としては正式入団前の自主練習ってことじゃないかな。

520 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/03(火) 11:43:17 ID:q1lIDo9Q
>>515
解りにくいですね申し訳ないッス。
プロ野球ファンにしかわからないような部分は、出来る限り厚く解説をいれているつもりでしたが、
見落としている部分でした。

>>517さんが言われているように、卒業が決まっているので最低限の登校だけして、
後はプロの練習を行っているということになります。

まだ在学中のルーキーのことなんていうんだろうな・・・
ルーキーだと18歳か22歳かそれ以上かわからないしw


>>516
アザーッス。
モノローグの多さは自分でも気にしてるんですよね。
なんかもう少し漫画っぽくかけないかと。

でも楽しんでもらえるなら幸いです

521 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/03(火) 11:49:01 ID:q1lIDo9Q
>>518
正解です。
あと次回の話(プロ野球漫画には良くある展開)になりますね。

所謂昔の”ドラフト外選手”っていう、雑草中の雑草で活躍する選手が
自分は凄く好きだったんですね。

というか、大野豊が好きなんですw

522 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/03(火) 11:51:16 ID:q1lIDo9Q
>>519
まとめアザーッスw

523名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 14:28:37 ID:5xz.0Fa.
>>520
普通は年越す前は自分のチームで練習してるもんだし、入団予定の球団で
現役選手たちと一緒に練習なんてことは現行ルール的には完全にNGだから
ちょっと分かりにくいかと思ったまでなんで気にしないでください。
あくまでフィクションですから作者さんの都合のいいようにやってください。

524名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 14:56:32 ID:wKDY3iFU
地の文は残す方向で行って欲しいなあ
このスレの個性だと思う

525名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 17:19:49 ID:XnkL/pt6
ドラフト外って今でいう育成枠入団みたいなものか?

526名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 18:16:26 ID:cvxSAp3I
>>524同意 このモノローグがいいんじゃない・・・。

527名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 19:41:47 ID:lX4f08uU
>>526
オレもだ

528名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 20:12:20 ID:3YyZgJBo
最初は読みにくかったけど今は面白い

529名無しのやる夫だお:2009/11/03(火) 22:15:02 ID:KOD8dwaU
>>521
大野豊良いよね
軟式野球からテスト入団って凄すぎる

530 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 00:02:35 ID:jOHj4NHM
>>523
プロアマ規定はアマチュアの野球連盟に退部届けを出すことて適用されなくなるため、
高校生や大学生が現役選手と練習することが、完全にNGではなかったように思います。
そうじゃないと今年卒業の人が春季キャンプに参加できなくなっちゃいますからね。

記憶なんで、間違ってたらすいませんです。

規定の改変は今後も結構あるかと思います。
解りにくそうなところはきちんと解説いれてくようにしますんで、今後もどうぞよろしくお願いします。


>>524 >>526 >>527 >>528
アザーッス。
自信でたっすw このままいくっすw

531 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 00:25:33 ID:jOHj4NHM
>>525
ちょっと違いますね。
雑にですが、説明させていただきます。

育成枠選手ってのはプロでない扱いに近い選手で、2軍の試合にしかでられないという制約があります。
1軍の試合に出るためには球団にプロ選手として登録してもらう必要(支配下登録)があります。

ドラフト外入団ってのはドラフトで選ばれなかった選手が、テストや交渉を経て入団することです。
ドラフト外の選手は普通に入団するため、最初からプロ選手として登録されます。


余談ですが、育成枠選手は”プロ”でない扱いのため、最低年俸が普通のプロ選手の最低年俸の半分です。
どちらももドラフトでかからなかった注目度の低い選手ではありますが、
1軍の試合にでれることもあり、ドラフト外のほうが全然マシですねw

記憶で語るんで、間違ってたら誰かツッコミお願いしますw


>>521
カッコいいっすよね。
名球会入りしないのが納得できないんですよー。
148勝138セーブって、絶対名球会資格あると思うんですけどね。

日本近代野球最高のピッチャーの一人だと、勝手に思っておりますw

532名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 00:39:16 ID:0CYjDdgM
100勝100Sでも名球会入りさせるとかさせないとか話題になったよね
大野って社会人時代は軟式野球やってたんだよね
母子家庭で、母親のために地元から離れず、軟式野球しかできなかったと聞いた

533名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 01:36:57 ID:ks.o0HDI
>>531
なるほど
そう考えると当時のドラフト外よりも下の存在から這い上がった巨人の山口や松本は凄いですね
巨人は嫌いなんですがこういう選手は応援したくなります

534名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 11:46:54 ID:oO7BeW/k
育成枠ができたからドラフト外入団はかなり減るんだろうな

535名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 13:36:39 ID:y1Mwgt9w
>>534
いや違う。

ドラフト外入団制度廃止→約10年ほどブランク→育成選手制度導入

だからむしろ育成選手枠によって事実上ドラフト外入団は復活したようなもの。
ドラフト外入団制度がなかった頃は、田畑(元大工、ダイエー→ヤクルト→巨人)の
ように入団テストに受かってもドラフト指名がなければ入団できなかった。
ちなみに田畑はドラフト10位な。

あと、オリックスが数年やった「契約金無しで下位指名入団制度」なんかもあったけど

536名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 22:57:53 ID:DXaORK2M
渡辺俊介や星野伸之が好きな俺にとっては神スレな予感。がんがってくれ。

しかしやらない夫はキャッチャーか。素直そうなキャラだから、どれだけ「意地悪く」なれるか注目。

537 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:04:19 ID:jOHj4NHM
       ,.  -─-  、
    r'"        `ヽ
   /   fi l  ト ト |、i、 i !}   )
    |   ノ リ ル' レ' リ リj ヾ リ  (  し
   レヽ| '"^二´   `ニ^h′  )  l           火曜日休出したため、予定していた木曜の投下がまにあわなそうです。
    { ^r  ゙⌒////(⌒ { |   (  ま          申し訳ございませんが、土曜日投下とさせてください
    ヽ.( ij       ∠ィ リ    )  し
.     ド、 r ⌒`ー--‐1 ,'   ノ  ェ
     l ト、ヽ.       l /   ⌒)   l
.     リ \` -─- , '    (   ン
 ─- ..⊥.   ` ー- イ-‐''" ̄  )   !!


      ____
    /__.))ノヽ
    .|ミ.l _  ._ i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ  <ワシが遅らせた!
   .しi   r、_) |  
     |  `ニニ' /
    ノ `ー―i´
      ↑>>1の上司

538名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 23:08:57 ID:RD4j5Kbw
>>537
雪印コーヒー吹いた。笑わせんなw

539 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:17:02 ID:jOHj4NHM
>>532
そんな話あったんすか。知りませんでしたw

100勝100Sだと意外にいけそうだと思っちゃうけど、
150勝100Sとか100勝150Sだと大野が条件に当てはまらないというジレンマw

>>533
頑張ってる選手は自分も大好きです。願わくば長く巨人でやってほしいですね。
メジャー嗜好はまだ残ってるんでしょうかねぇ

どーでもいい話ですが、自分は山口選手とひょっとしたら対戦したことがあるかもしれません。
対戦したーって言い張ってる友達がいて、長く同じチームでやってきたそいつが対戦してるなら、
自分が対戦してないはずないんですよね。

ただ、対戦したって言い張っているのはチームでそいつただ一人ですがwww

>>536
ああいう魔球系ピッチャー(魔球というより技術の塊なんでしょうがw)は見てて面白いですよねw

540名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 23:32:52 ID:ShieZhjw
アンダースローの投手は結構このやる夫みたいな経路辿ってるのかもな
サイドより人口少ないし

541名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 23:44:17 ID:DXaORK2M
>>539
仕事ガンバ☆
星野伸之は、かの野村監督に「芸術品に理論は不要」と言わしめた変態ピッチャーだからなぁ。
某球団に移ってからはちと残念だったが、好きなんだぜ。

>>540
たしか、それこそ渡辺俊介はまさにこのパターンだったはず。
「正統派では通用しない。変則ピッチャーとしてならなんとか」
これを、実の親父さん(兼コーチだったらしいが)が言うんだから何ともw

542 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:45:55 ID:jOHj4NHM
酔った勢いに愚痴投下




  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ 「う〜〜休み明け休み明け」
  /川‖‖| ‖|  ゝ  今休み明けで、溜まった雑務の消化を求めて全力疾走している僕は
 〈巛《〈〈 \巛 |    典型的な社会人の男の子。
  │个 个 ヘ |    強いて違うところをあげるとすれば
  │┌−   )/     去年のGWも今年の冬休みも今年のGWも今年の夏休みも無かったってことかな〜
   ヽヽ 丿//      名前は>>1
    ┼┬┼       
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ‖   ヽ   / │                              (夢を見続けることが、俺のファンタジ〜)
├-┤   /   /   LllLノ

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  代わりといっちゃ何だけど、
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   プロジェクトが終わったことで
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  1週間の休みをもらったんだ。
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   全部仕事は終わらせていたし、
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  次のプロジェクトに入るまでは
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   楽々な日々が暫く続く予定だったのだ
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__                 (生きることが好きさ、蒼く、浮かぶ、宇宙!)

          )    \\  ,ィ:::::::,ィ:;::;ィ:::;ィ!:f!::::ィ::ィi::::;、:::::::,ィハ;::ヽ,    /  で  予  し
  ヽ  う   く      \  ,iィ::::::/l:ハ:|'|:::iハ!|.|:::{l:::|.!:::|'!::::::{|! }:::::l;.  //  き  期  か
   ノ   っ    ヽ ,、-''l{ i i  lソ:::::::| |l l:| '、:!i, il,'l:::i,'、'、';:i,';:ト;:i,'、ミ::::i|         事  せ   し
  (    :     )  l{    (!:';::::| |l '!゙、ゞ、シ、'ツ,,、'_ヾ!`ン二ゞ}::::リ  __  が  ぬ
  )    :    /  l{ l|    ''>、|ィンー-;三<"  ミ >;三,<⌒'ヾ!ヘ,  ̄ ̄    :     そ
 /   !   (    l| lレ'    i ,-.! -f゙ ハ`'      ハ ゙Y  ,l 、 |    ___     の
 '、_,,、-、     ヽ         |冫'i|   __゙-゙_      _゙-゙_ '   ハ ),!    ̄ ̄ ̄        時
     l    r-、,,_) ,、=''l} i i ( ',ヾ..|  ////// x //////   |ノ'゙/
 ≡= `ー'⌒\       l}    ) \'!      rュ_ィ:、      ,!_/   )
             l{ l{    ( ( `!       ` ´      「   (
 三≡=−      l| lレ′   ) )  ',  (_,、-''⌒ー--''⌒ー! ,!  )  )
               l l /   ( (    i、    ::::::::::::   ,イ  (   !
                  /      )  | ゙、            / |   )      (時を、越えろ!空を、駆けろ!この星のため〜)

543 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:47:48 ID:jOHj4NHM
      ____
    /__.))ノヽ
    .|ミ.l _  ._ i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ   <お前火曜出勤にしといたぞ。
   .しi   r、_) |  
     |  `ニニ' /    
    ノ `ー―i´                                    (熱く、燃やせ!涙、流せ!明日と、いう日に〜)

544 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:48:04 ID:jOHj4NHM
             |   ./
              ,ト'「l/ _ヽ、
            / `il| |/ `ヽ
            |  |l| ||  ||
               ト-イ| |ゝ-'"|          「>>1との約束だ、皆、就職は慎重にな!!」
             |イ" ̄ 7 ;-|
           _ノ .ヽ ィ,ナ ト、
        _,.-‐' 、_   _,ヾ   ゝ-‐-、
       / /ー'  `  ' _ .   lヽ 丶 .ヽ        
       |  |      / (弋x !.|    ー'\
     /`  l    |        ,、    ヽ
   ,/、    /l __/ \__ノ / .\   \
  イ/ゝ  ./   l _|幵幵| __ /   \-‐'~ !、                  (かめーーーんらーーいだーーーBLACK!)

545 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:48:37 ID:jOHj4NHM
 .i   i
 .i  ,i   ,,、- '''"~~t~~ ''''''''ー- 、,
 .i  i,,,r''":::    :::t:::::::::::::::::t:::::~''ー、,,
 .| ,rイ}::::        t   , :::t::::::::i::::::tヽ,
 0i'r'tェ ,,,     ,,、、、t----i--i、、;;;i:::::::t:::~' 、,
 ||::"r'  ~'' 、;r''"-',、、、t;;;;;;;;;;|;;;;;|;;;;;;;|~;;''''i-、;::::ヽ,
 io::t     .ヽ''" '' """i''ーーi--i、、;;;i;;;;;r''iー":::::::::ヽ,       「就職は・・・
 i :::iヽ,    ,ノ   ::::::i':::(~'i''ーi--、i;::::::::i::::::::::::::::: ::\                    慎重にな・・・」
 i ::::i:::t';;;ー-;'";:::::::::::::::::リ:::::~~ヽi';;;;;;;;;;;;~''リ:::::::::::::::::::: :::\
 t;;、-'-'ー、;;;;;;;;ヽ;::::::::::::/::::::::::::/::~''ー-、、ノ::::::::::::::::::::::::::::: :ヽ,
  't   t;r"~リヽi、:::::;r'ヽ;::::::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::  :ヽ,
  t'"""":t:::::/::::i::~'''"t;;;;;~'ー、;:::::::::::::::::::::::::::::::;;;、、-ー,''""~~~";;;;;;;,,,
   .'、,,,,,,,,,,ゝ'ノ::::リ:::ヽ,ヽ,~-、;;;;;;~''ー----ーー''''";r''"~ ;;;;;;r ''"~;;;;;;;;;;~'ー、,
     't''''''"ヽ;;リ:::;r'::)::i;;;;r"~''ー-、、;;;;;;;;;;;;;;;;;r" ;;;;;;;;/     ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ヽ、,,,,,,ヽr'、-ー'''":::::::;r''";;;;;;rー、;;;;r'":::::;;;;;;/:::::    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,
          ,、-r'、;ーー'''";;;;;;;、ー";;r''" ::::::::;;;r":::::  ;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t,
        r'"'":|t ~''''''";;;、-ー'''"::::::::::::::::::;;/:::::  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ー ''''''''ー-、;;;i,
       rr"  );~'ー'"~  :::::::::::::::::::::::::::::;;;i:::  ;;;; ;;;;;;;;、ー'":::::   ::::;;;;;;ヽi
       /  ::::::リ;/   :::::::::::::::::::::::::::::::::i;;;|::: ;;;;; ;;;;;/::::::::::::::::::::  :::;;;;;;;;;ヽ,
      ./  ::::::::リ;i   :::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;t::: ;;;;;;;;;;;r"::::::::::::::::::;;、-ー''~~~~~''ヽ
      i  ::::::::::ii;;i   :::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;;;t:::::;;;;;;;;i::::;;;r't、~''''"i:::::::(ヽr";;;;;;;;;'ヽ,
      |  ::::::::::::|;;i  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;t:::::;;;;;;r''":::::::t、 ,ノノ:::::::::ヽ,t;;;;rー、、ヽ,  (かめーーーんらーーいだーーーBLACK!)
      |  ::::::::::i;;i  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: リ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;i;;;i:::::::::::)'r":::::::::::::::::tV/~;;;;;;`ヽ,
      t  ::::::::::t;t  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::iリ;;;;;;;;;;;;;;~'ー''ヽ;::::::イ r':::::::::::::::::::::::t,i:::::::;;;;;;;;;;t
      t  :::::::::::t;;t  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;::: リ::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::;;;;;;;;'t
       t, ::::::::::::t;;t :::::::::::::::::::::::::::::::: ノ:j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iヽ;;rヽヽ;:::::::::::::::::::::::i.i:::::::::::::::;;;;;;;t

546 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/04(水) 23:49:31 ID:jOHj4NHM
                _ .. --- ....__
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.._三ニ=
            /{ /.:.:.:.:.:.:.:.:. /-‐───...、
              {.:レ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'.:.:.:.:.:.:.:.__==二>
           〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー─≧
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__ノレ'}
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._彡'.:.:,’
           l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:{:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ \\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_/イ    「・・・後は、勇気だけだ!」
          '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト-イ廴.:.:.:>.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:./
           \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{`Tじリ} ̄ リ/^).:.:.:.:.:.:/             (転職的な意味で)
            八`ー--ァ_廴 ー'′ イ 9/:.:Z彡´
           /(((\  ヽ_     ,ヘ_ノ辷z´
             //ヾ\\  ー   /ノj!ヽ、_
          /    \ヽ` ー= 彡"_ン|   \ `ヽ、
       _/      ゝ辷ー=一イ ./    \ ヽ
    /´   `ヽ、      `ーz____/       ', }
    j  __     '.                /⌒ヽ.| |
    レ'´   `ヽ.   !               |   || ’

おわり

547名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 23:50:33 ID:7mh42MbE
短編乙

548名無しのやる夫だお:2009/11/04(水) 23:57:00 ID:DXaORK2M
短編&出勤乙

そしてチョイスがBLACKなのにワラタ。
>>1とは美味い酒が飲めそうだ。

549名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 00:29:09 ID:y6lo22Fw
二回言ったwww

550名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 01:20:33 ID:zxGHxZGs
全俺が泣いた…
>>1
負けんな。チャンスを待て。
自分を磨けば、好条件での転職もありうるから。

551名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 16:21:20 ID:EpMMEbnc
544はRXか……。
RXのシルエットってやらない夫に似てるよね?

どーでもいいが、南光太郎の老けっぷりにちょいとびびった。いや当たり前なんだけどさ。

552名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 19:15:16 ID:ZXIIUaWc
短編乙www
笑って泣いたわ
入ったトコで頑張るしかないわな、このご時世…

553名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 20:58:44 ID:RkGgEOM2
武田久大炎上wwwwwwww

554名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 22:09:52 ID:75wrD0fU
>>553
ハムファンだけど、笑うしかなかったわw

555名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 22:27:49 ID:8yUU7.tg
炎上シーン見てないのでなんとも言えないが
CSのもる者よりマシとは考えられないだろうか…

無理ッすねw

556名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 22:35:41 ID:MeYQzfJI
亀井の打席(HR)
要求
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/516318.jpg
来たところ
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/516319.jpg

阿部(サヨナラHR)
要求
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/516324.jpg
来た所
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/516314.jpg

557名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 22:45:33 ID:8d.yBKMw
福盛に比べれば普通のサヨナラ劇だった

中日に行った泡様は炎上王どころかすっかり消化する側になっちまったな

558名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 23:08:19 ID:75wrD0fU
藤井が今シーズンでも一番といって差し支えないくらいの出来だったんで、悔やまれます。

もうほんと建山は登板するたびに評価下げてる気がする。
愚痴って申し訳ないです。

559 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/05(木) 23:19:49 ID:.rFn87Bs
>>554

浅尾で同じ感情を味わいました。
楽天ファンも福盛で味わった。日ハムファンも味わった・・・
なら次はクルーンの番だ!


今日中に書きあがりそうなんで、明日に投下しようと思います。
予定コロコロ変更すみません。よろしくおねがいしまーす。

560名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 23:24:48 ID:n.arzcjc
はいよー

561名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 23:56:18 ID:8d.yBKMw
いつまでも待ってるぜ

あさ夫はもっと制球力磨かないと駄目だと思うんだ
かといって中田みたいに球威落として制球力上げるのは意味ないけどな

562名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 01:18:18 ID:AYol3yS.
早くなって文句言うやつはいないよ。
でも、無理しないでね。
しんどい時とか、2〜3日延期しても文句言うやつなんていないだろうし。

563名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 01:21:13 ID:knaMRLVM
エタらなければどうということはない!

564名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 02:21:04 ID:tqssCTh6
了解
今一番楽しみなスレだ

565名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 09:02:38 ID:t0kNwCBI
>>559
クルーンは球威はあるけど不安定という巨人の抑えの典型だから

 フ ァ ン は 覚 悟 完 了 済 み


…初代炎上王の石毛、泡原、マッキー、クルーン、基本的に巨人の抑え=不安定
だから9回リードしてても気を抜かないことぐらいなんでもないぜ!
セーフティリードは3点以上だぜ!

566名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 17:38:28 ID:72PyT2As
福盛のセーフティリードは何点なん?

567名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 17:48:10 ID:y2HnHq3o
そんなこといったら横(ry

568名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 18:12:40 ID:MEIsWGuM
今シーズンはコイツが出てきたらほぼ終わりと思わせるほど安定した抑えが各球団に居なかった気が
イムくらいか?

569名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 18:37:58 ID:bGUHOd..
>>568
セーブ成功率が90%超えてる藤川岩瀬クルーンてところじゃない。特に藤川
イムは前半戦はよかったけど8・9・10月がだめだめだったからね

570名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 19:31:06 ID:rR7KV2RE
>>569
藤川はチームの不調がね……。登板機会少ねーのなんの。
チームはどうでもいいが、ああいうピッチャー好きな俺涙目。

っていつの間にか野球談義になってるじゃねーか。自重せねば。

571名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 22:58:08 ID:nS3/LILc
>>570

野球談義は1的にもオッケーじゃねえ?
スレを食いつぶすのは不味いが。
とりあえず、風呂に入ってくる。
レス投下は明日になるかもね。

572 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/06(金) 23:30:46 ID:hflge3BY
今帰宅しました。
申し訳ございませんが、投下は24:30くらいになると思います。

>>570
>>571

野球が好きなので、野球の話は歓迎ですよー

573名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 23:34:40 ID:AE2R6K62
おかえりー
期待してるよー

574名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 23:35:18 ID:K20smV4Q
よっしゃーーーーーwktk
全裸に野球帽で待機します

575名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 23:42:48 ID:nS3/LILc
風呂から出てきたら、嬉しい報告。
楽しみです。

576名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 23:55:46 ID:y2HnHq3o
いやっふうーー

寒い夜もこれで熱くなるぜぃ!

577名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 00:41:47 ID:ho/pGWso
あれ?まだ??

578名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 00:55:58 ID:4OS1HYac
寝ちゃったか?

579 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 00:56:28 ID:TKLH.oso
申し訳ない、ちょっと会社の人間とやりとりしてます。
もう少しお待ち下さい・・・

マジ申し訳ない

580名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 00:59:49 ID:4OS1HYac
おk。のんびり待ってるよ。

581 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:30:31 ID:TKLH.oso
散々遅くなって申し訳ない。
投下開始しマース

582 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:31:15 ID:TKLH.oso
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第3.5話 「蒼星石とやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

583 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:32:22 ID:TKLH.oso
―12月30日 第三練習場―

青星石は怒っていた。
蒼星石の壮大な計画が狂っていたのだ。

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ               パシッ、
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、                         シュッ!
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

あのホームランバーみたいな男のせいで―。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|   <あのー・・・ 蒼星石さーん・・・
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

584 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:32:46 ID:TKLH.oso
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\     「・・・えーと、あのー、蒼星石?」
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\ 
| / / /     |r┬-|     |
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /           パシ、
|     ノ    | |  |    \  
ヽ    /    └ー.┘    ヽ                      シュっ!


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ   ニコッ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/           パシッ。
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


         ____
       /   u \
      /  /    \\        ニ・・・ ニコッ
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

585 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:33:12 ID:TKLH.oso
         l    .:.:.:.:.:.:.:.::.:.::::::::::::::::::::::/
       l     .:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:::::::::::::/
      , ┴ '"´ ̄ ̄ ̄  ̄ ``丶::::/
     〈  , - ────‐- 、、    \
      V´  , ,       、    \   /
      / / // .:   、、 \    `V
.     / / //l l:::|l:::ト、ヽ\ \.  l〈
     l .:l  l | |_|::」l:::|:::|‐| ┼ヽ ヽ .l::l
     |.::|| レ「| | `1::ト、l ヽ| l | V| .::|::|
     |.::|| |,ィ==ミ|/  r===ミ|:|.:.::|::|  
.     V l.:l1 、、、、   ,  、、、、、 |:|:.:/::|
       V ハ           〃:∧|
       l |::::ヽ   ┌─ァ   /.:::/
.       `|:::∧\ _ _  , イ l.:::/
        |/__, - ⊥  __| く
   _,.「`Y´ ̄   >r─‐ュ<    ̄`Y 」‐ュ_         シュッ!
  .:::::〉 j{(   /:/ /:ハ:::',`ヽ:\   ) }j .〈:::`
  .:::::〉 j{(  〈.::<  /:/。j1::',  〉::〉.  ).}j. 〈:::::
  .:::::〉 j{(   ヽ:::V::/ 。j l::::.',./:/   ) }j 〈:::::
  .:::::〉 j{(    V::/ 。j |:::|V:/   ) }j 〈:::::

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\            パシッ。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |                「え・・・あ、あっと・・・」
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

586 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:33:46 ID:TKLH.oso
お邪魔虫がついに耐えかね、騒ぎ始めた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \           「なんでだよ!なんで俺にボールくれないんだよ!
. |   o゚ (__人__)  __            これいじめか?イジメだろ常識的に考えて!」
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\            「そ、蒼星石、キャッチボールは
    / ∪  (__人__)  \            やる夫→蒼星石→やらない夫→やる夫周りだぉ?」
    |      ` ⌒´    |       
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/         
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /                       シュッ!
  ヽ __     /   /   /

―そんなことは知っている―

587 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:34:25 ID:TKLH.oso

―でもボクは、やる夫と野球がやりたいのだ―

           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ        パシッ
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ             シュッ
           ,.ィ´ ヽニノ <l/
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ                     <まただろ!もうおうち帰るだろ! ウワーン!
         /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',
        / `ヽ.:.:.:.:/Ⅹ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ                            <待つお!やらない夫!待つおーーーっ!
       〈   L.:.:.〔 {y}〕.:.:.「~~T´
        / `ヽjニ三三三ニ !,.ィハ
         / 。゚/.:Lニ三三三ニレイ 〉          「じゃあね、やらない夫。良いお年をー!」
       ノ  /.:.:.:.:ヽニ」.:lニ/.:.:.!``1
     { `ヽ/.:.:.:.:.:.:.:、.:., .:.:.:.:.:l  l
     〈 ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:!゚。 ト、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.にニハ}     
       〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ハハJ
       `ー--‐'  ヽ.:.:.:.:.:.:ノ

―断じて、あのスティック糊みたいな男とではない―

588名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 01:35:29 ID:4OS1HYac
やる夫モテモテだなw

589 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:35:54 ID:TKLH.oso
―12月中旬 第三練習場 ロビー―

    踊れゴルァ!♪             ワイワイ
 ♪  ∩ ∧∧     ♪ ∧∧           ∧_∧    .∧_∧ ♪
    ヽ (,,゚Д゚)      (*゚ワ゚)⊃♪.        (´∀`∩) ♪ (∩・∀・)
     ヽ ⊂ ヽ   ヽ⊂  丿           (つ  丿    (   ⊂)
      O-、 )〜  ⊂ _ /             ( ヽノ    . ヽ/  )ガヤガヤ
        U       し    .        し(_)      (_)J


        , -======|
      ィく三三三三三三二|
      ∨三三三三三三三|
      /Aー――――――.|
      ヽ=Aー------――‐ |
        \.A三三三三三三 |
        /`ー ---- −― .|
       ,:. :. :.{!:.、:.\:. :. ヽ.:.:.|
       |:. :. :.ト、:.\: ヽ, - ',‐|
       |:. :.| :|!⌒、 ヽ _ヽrテ|
       |:.l: |:.ヽマl!ヽ   弋リ
        ヽ!:.|:.l:. ゝゞ'′,   |
        Nlハ:.ヽゝ . -_ .イ|
         じ \ヽ:.{{   ヽj |
         o /::\:j::ヽ  fil|
          .ノ:::::l::::;:::: ヽ Ll|
           /:::::::::i:::l:::::::: ヽlf"
         ヽ:::::::::l::::;ィヘ´ ̄ゝ
          `ー-.' };; V `r
             / ¨ ミー|
            , '::::::::::::::: `|
             /::::::::::::ヽ:\|
          /::::::::::::::::::::\|
          / : :::::::::::::::::::::::|
           /:::::::::::::::::::::::::::: |

590 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:36:44 ID:TKLH.oso
蒼星石はプロ野球初の女性選手である。

今年の全国高校野球選手権では甲子園にこそ届かなかったものの、
エースナンバーを背負い公立高校ながら予選でベスト4入りを果たした。

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/               「・・・」
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

大会での防御率は2.71。
激戦区での公立高校の快進撃と相俟って、全国的にマスコミで取り上げれ、一躍ブームを起こした人物だ。

591 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:37:07 ID:TKLH.oso

本人はそのブームにひたすら当惑した。

自分はあくまで野球選手である。
その思いから、人気先行で見られることを酷く嫌っていた。

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

592 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:37:36 ID:TKLH.oso

驚くほどの結果は残していない。
しかしドラフトで誘いを受けた球団もいくつかあった。
ただ、それら球団の思惑は透けていた。
             _ __ __
         /´    .:.:.:.::::::::::ヽ
          l``ー-- ---- 一'1
          L_ __ __ _ |
       〈こL_ __/ _// _,ノ::7
.       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
         /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|
          i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!
         |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,′
.         ト、:::::、  _'_  , イ::/
         ヽN>_-_<ィイ/
.         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、
.        /.}j  <_,ィ介ト、_> i {::ハ
.         /.:::}j   |:!^}|:|   | {::ハ
        /.:;.:::〉.  !:| j}!:|   |〈::::ハ
.       /.:/!.:::〉,_ _j_j}_j _ _j〈:::.:::!
      /.:/::|.:::ゝニ7ニ7个!ニ7ニ7:::.::::l
.      V_::」.::::::::|:::.:.:.i|XiL.::::::::l/_:::」
       「 ̄ Y´二ヽiXノ二ニj  |
      _,.レ ノニ二 三三二ニ,〉 、!_
.      {i ゚``7´ ̄ヽ_/^ヽ_/ ̄`゙,´ ゚ !}
     {j ゚ / .:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.i ゚ !}
      {j ゚ / .:.:.:::::::ヽ::;:;:;:;:/:::::::::.:.:.|゚ !}
      fL/ .:.:.:::::::::::::`ト‐イ.::::::::::::.:.:.|」j
      〈7 .:.:.:::::::::::::::::::| |.:.::::::::::::.:.:.:!ソ
      / .:.:.::::::::::::::::::::::l !.:.:::::::::::::::.:.|

自分を客寄せパンダにしようというのだろう。
蒼星石はその誘いを固辞した。

593 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:38:27 ID:TKLH.oso

野球は大好きだった。
野球人が皆憧れる、プロ入りも実際は熱望していた。
野球というスポーツを、心から敬愛していた。

                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)

だから、人気とかいうくだらないもので自分がプロ入りすることが絶対に、許せなかった。

594 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:38:55 ID:TKLH.oso

結局蒼星石は入団テストを受けることにした。
入団テストでしかるべき結果を出せば、自分が実力でプロ入りすることを、
皆にしらしめれるれると思ったのだ。

                       , - '──‐ - 、  . .:.:.:.::::::::::::\
                      /          `丶、 .:.::::::::::::/
                      \ _ __ _. . .:.:.. :.:.:.:.:::.`ヽ、.:/
                      /,イ:.:::::.::::.:::.:`:`丶、.:.:.::::::::::.:.\
                         /.:/::j::/.:.:::::、.::::.::::::.:.:::.`ヽ .:.:.::::::::::\
                     /.:::l::::i::ト、;;:、::::`ヽ;i:::::j!:::.::i;:;;\.:.::::::/
                      l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
                     `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,′
                           ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/
                         ト、 __      |:::::::j/;;イ
                        l/'、     |::::,イ;:;;/
                           |:;ゝrァ┐ !/ l;/
                          |/^l/ィュ-─‐- 、\
                         , ィフ.:.:.:.::::::::::::::::.:ヽト、
                     , ィ ´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.〉j|
                _, <二ニフ´ ̄`ヽ.:.:.::::::::::::.::::::::::.::::ヽト、
    _  _,r‐ュ--─<二ゝ、_ _      \.:.::::::::.:.:::::::::.:.:::i:|/
  , イ 仄,r'´   `ヽト、      \  ``ヽ  _ jL.:.::::::::::.:.::::.:.::|:|
  しJl///, ヘ _ ノ ヽ        j!    , イ_イj!;:;:;;;;;;;:;:``77ヽ::」
 / Y ⌒Y^ヽ ト、 ``j〉 |   。  °L _/ヽj'^ヽ|;:;:;;;;;;;;;;;;;;//ス/
 ! ハj! ハ i  i ! !  fコ L。_, ィソ´ ̄    ,ス<7;;;;;;;:;:;:;;:;;;;;厂
 | !.:|l| .:| | | | |人j〉_ソノ ̄        /><7;:;::;;;;;:;;;;:;:;;j
 | |::|||.::::j | | | |             /><7;:, ィ7三三jト、

3球団の入団テストを受けた結果、計7イニングを無失点。
これならばと思い、蒼星石はプロ入りを決意した。

595 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:39:22 ID:TKLH.oso

全ての球団から合格の通知を貰った。
球団はVIPスターズを選択する。

、     , '´          _, -‐ '´    ,'
 ヽ   /       _,  '´         ′
   ヽ′   ,  ' ´           ___,'
    ∨ /         _, -‐ '´- 、 `ヽ
':,     | '´     _, ='´ー- 、    \丶、 ハ.
 ,   l      , イ、 \  ヽ `丶、 ヽ. i丶!、
  !   l   /i | |ヾ、 ト、 丶  `ト、ヘ lヽ ハ\
  ,  |、/i  l l l  ヽ l丶\ ヽイハ!ヽ|ヽ!
、  ,.  V|  ,  l - l ヱ二ヽ 丶 イ::カ |ヘ |`ト、 |
 、 ,.  V!  、  | ヽ;;;;;〔ヽ `ヽ  ー' !、 、|
  、 ,   Vト、ヽ /、|ー '´    '   ハ l|
   l i  |ヽヽ、|ヽ \   ___ ' ` /|  ヽl !
    l l   V-―\―- 、{- ヽ∠ -ッl   | !
__ヽ ヽ  V: : : : :/´ ̄´`ヽイ{ー‐' |  l/
: : : : : :ヽ ヽ V: : : :{ l´ ̄`ヽ. |」|\、,、,、 /
: : : : : : ヽ.  V: : :j 、: : : {| l ヽ.} \〕
: : : - 、 : : ヽ   V;ノ 、 ゝ:_:_{」 |   ヽ」 `ト、
: : : : : : :/: ヘ /  /ゝ、_ノ!    ト、  ヽ}
: : : : : /: : : : / t: /-、: : : : :lLl」    Ll〕、 ヽゝ
: : : : :/___:/!   / ∨ \: : : Ll〕   Ll〕!ゝ、」〕
_; - '´   / 〉 /、  ヽ_ /\:_:Ll二ここチ:'ー:'|
     / / i / , - 、\::::::::::|\/l::|: : : ;--'
.     / /  l l / ヽ ヽ |:::::::::l/ヽ!lーッ┘
    / /  / ,| l-、 i l |::::::::::l><!| イ
.   / /   l./ l  ! \l//、:::::::::\// l
  / /   ハ ゝ. `_! lノ:-: \:::::::::::i ヽ
. / /   /l \___〕ゝ_): : : : : :\:::;::!-i \
.,.' ,     /i 丶 -、」/|: : : : : : : : : :ヽ!: :ヽ  ヽ
′/    /.└‐-、ノ  /: : : : : : : : : : : :i: : : \  \

泥臭いこの球団ならば、自分を”プロ初の女性選手”という奇異な目ではなく、
野球選手として見てもらえると考えたのだ。

596 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:39:45 ID:TKLH.oso

期待は裏切られた―

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

練習や待遇に特別扱いは無い。
マスコミも遠ざけて貰っている。

しかし、一緒に野球をする仲間達。
チームメイトが、結局のところ蒼星石を”色物”として見るのだ―

597 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:40:04 ID:TKLH.oso

これは、高校時代と一緒だった。

            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

高校時代、確かに蒼星石はチームを地区予選ベスト4まで導いた。
しかし、チームメイトとの関係は良い関係とは言い難かった。

598 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:41:00 ID:TKLH.oso

”女なんか”にエースナンバーを奪われた投手陣は、蒼星石を毛嫌いした。

           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    /
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <   女の癖に生意気だ!
      / |. l + + + + ノ |\  \
     /   \_____/  \  \___________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、   <女のせいでベンチ落ちした!
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/
  ヽ/     `ー´   く/
 ∠_________二}
   ` 、_      _,,,一'′
       ̄ ̄ ̄ ̄

女というだけで嫌われるのは、納得が行かなかった。

599 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:41:25 ID:TKLH.oso

”良識のある”チームメイトは、蒼星石に常に気を使った。

          __
       ,,,─:゙ : : : : :\
      /: : : : :/^\: :ヽ
.     |: : : :/一  -\;|
     |:__:/ <(゚)  <(゚)|
     (t '      ゝ |            「女の子なんだから、そんな無茶なプレイはやめなよ」
      ^ヽ、  ヽ_フ 丿
 ヽ∩    __i`__-__┐´    ∩/^ヽ
.  ´ |   /^ \; ;∧;/^ヽ   | `ヽ ノ
 ヽ/\/゙ i     D | \/\/

それも、蒼星石の望んでないことだった。
特別扱いなんてされたくなかった。

チームメイトに自分の気持ちをわかる者はおらず、いつしかチームで浮いた存在になった。

600 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:42:03 ID:TKLH.oso

野球は一人では出来ないなんていうが、嘘だ。
投手だけは、一人で野球を行うことが可能である。

蒼星石は投手だった。

                         / // _,, -─‐- 、
                        /‐''´/''´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                   /  /::::::;;:::::::::::;:::::::::::\:::::::::::::\
                    /、_/:::::/::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ
                  /ヽr‐/:::::/::::::::::::::::!::;::i::::::::::::::::::::ヽ::::::::::、:、:゙、
                ,-‐' / //:::::/:::::::::::::/::l:::i::::l:::::::::::::、:::::::i:::::::、::i::|、:|
            _,,/ _,,/  // l::::::i:::::::::::::/::/ |::|、::ヽ:::::::::::ヽ::::|:::::::i:::l::| !|
          , -‐_´,,、 |/ _  !| |::::::|:::::::/::/_ ゙、ヽヾ::\、::::::|;;:i:::::::l::j|:::| |!
        / /////_,/ i! |:::::::|::::;;{ !/__\ \、 `>_二j:;':::::!/ l::j i
     / /////,.、/ / /;|::::::::}/|〈゙、ヽ、辷>` ヾ;, '{_,ン゙/::::::::/、/'゙,、,、
  / /////_r'゙,-、>'‐┐〃゙!:::::::|:::{ ヾ、       ,.   _/:/::::/-< ̄`ヾ〉、_
 / /.////, ノ _ノ゙'/ ̄  ̄`ヾ、::::|、|`iーヽ    _ '.._ ´/,r'': ̄ ̄::`ヽ‐、_ _>> _,,,,,_
./ /./// / /ノ'゙>{ /        `ヾ、:;lヘ|ヾ''ー_-_,,=-‐゙:::::::::::::::::::::::::::::::\>‐'''´::::::::::::::ヽ
| 〈_/'´/  {_ノ´ /〈 !            `ヽ,f_r''ヽ`>''''ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::}
|  _,,/、    /_r゙ノ            / _,,>''フ´    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::(
ヽニ ┴ 、二ニ-‐| / O               !     /      !_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::`::ヽ
         < ̄`ン、 __O   O   |           _>、_::::::::::::::::::::::/ ̄;〉:::::::::::::::::/
         ` ̄ `ー''ヽ__バ ̄/_7=ニ7´ヽ、    __,, -r‐r<´::::::::::::`ヾ;; ̄`';;;;'';;;;;;;;;;/:::::::::::::::/
               〈::::: ̄::::::::::::::::::::::::/>、_ノ  /ノ/ソ ヽ;;_;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;/──''ヾ、::::::::/
                   ,┤:::::::::::::::::::::::::::_〈/     /〉>/    〉;;;;;;;;;;;;;;::|        ̄
             _,,/ \::::::::_;;;_;;!/      /ノ//    /;;;;;;;;;;;;;;;;:::|
           / 〈     ̄ / _l/     /_j r'/    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|

一人で野球をして、一人で勝った。

601 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:42:44 ID:TKLH.oso

それが正しくない野球であることを知っている。

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

しかし蒼星石は、プロの世界でも正しくない野球を続けることとなった。
勿論、本位ではない。

602 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:43:26 ID:TKLH.oso

女と見られるのは、高校時代と同じだった。
それは、悪い意味で慣れている。

でも、耐えられないのが”勝負”をしてもらえないことだった。

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

蒼星石と対峙したバッターは、照れ隠しのように本気の勝負を避ける。
”女”と真剣勝負して、負けることから逃げるのだ。

実は真剣に勝負してきても、必ず”女となんてちゃんと勝負してない”などというポーズを作る。
そして負け惜しみに、皆必ず同じことを言うのだ―

603 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:43:46 ID:TKLH.oso

--------------------------------------------------------------------------------

アイツ、客寄せだろ? どうせすぐ1軍に行くよ。  と―

--------------------------------------------------------------------------------

604 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:44:24 ID:TKLH.oso

練習が終わり、シャワーを浴びると蒼星石はやることがなくなる。
チームの人間といることは苦痛だったので、ロビーに行くことはない。

精一杯の配慮としてあてがわれた4畳半の個室―元々はただの道具倉庫―に寝そべり、
目を閉じて時間が過ぎるのを待つ。
                                  「  ̄  ̄`丶、
                             __   |    .:.:.:.::::::.\
                            |  ``ヽ「``丶、.:.:.::::::::.:.:.:\
                            |     \   `ヽ、.:.:::::::::.:.\
                               ノ-─-、、   `ヽ、   \.:.::::::/
                            /.:.:.:,::::::::.:::::.`丶、  `ヽ、 ヾ/
                          /:::/.::/:ノ.:l.::::|:|::l:i:::.:.\   `く_
                           l/ll.::/ト、`l l::::从从.::::lt、\ .:.:.::::::)
    __   __ __              |l:/ 辷ソリヾ!十l:1ト、リ:::l:l:「  ̄
  /   `7.:::7.:.:.::::.:.ヽ        _ __   ,小   ,    込シV/.:.:ノ:l:!
/     /.::::/.:.::::::::.:.:::.',     _「.:.:.:::::::::::::.`ソ::ハ 、 _   ' ' 'ノ.:.::;:イノノ
     /.::::/.:.::::::::::.:.:::::::V´ ̄`ヽ.:.::::::::::fシ^l/  ,ゝ--ィ⌒ヽんコュ//
  ./.:::::::/.:.:.:::::::::::.:::::::jソ。゚ ̄``il::::::::fシ′  f|フ.f「ネ l ,〃 -─-y
__∠__ ̄_]:.:.:.  ̄ ̄.``jソ。    ,ソ:::::〈{l    f|フ.::f!| l! ヽ」 。   ト、
    /.:::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:::jソL_   ,'.::::::::::lト、  f|フ.::::f |_|! {」 。   |i::'.
  /.::.::::::/.:.:.:.:.:.::::::::く.〈 ノノノ`V.:::.`ヽ:::ヽlト、_f|フ.:::::f!」 /:{」 。    |l!::l
-‐〈.::::::::/.:.::::::::::::::::::::.:.` ー==‐':::::::::::ト、::::/iiillll|.:::i :辷ソ:/_L_:._ _ノハ::|
  l::::::/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:::liiilllll1::::| .::::::l::ハ、 ___ _ノノ:ノ
    ̄`ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:ノ'"´ ̄ `⌒⌒~  `ー----‐'゙´
      ` ー-------------‐'′

605 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:44:51 ID:TKLH.oso

寝転がりはするものの、眠れはしない。
ロビーから漏れてくる楽しげな声が、蒼星石を刺激するのだ。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

606 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:45:55 ID:TKLH.oso

ただ、その日は違った。
思い通りの野球ができないストレスと、プロの練習での疲労、両方がピークだったのだろうか。
まだ1日を相当残したままで、蒼星石は眠りについた。

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

607 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:46:51 ID:TKLH.oso

慣れぬ時間に眠った反動だろう。
次の日は、いつもよりずっと早くに目覚めた。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           「----?」
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

そして気付いた。
薄い風切り音に。

608 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:47:19 ID:TKLH.oso

音は窓の外―。
合宿所の横手側から聞こえていた。

確かめようと窓を開けようとし、朝の日差しに目をやられる。
         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l     ウオッ! マブシッ!
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

手で日差しをつくり、そっと窓を開けた。

609 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:47:40 ID:TKLH.oso

  .'::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …−.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \

窓の外では、今まさにボールを手放した、やる夫の姿があった。

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

やる夫は、窓が小さく開いたことに気付かない。

610 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:48:13 ID:TKLH.oso

―それから毎日、蒼星石は夜明けと共に目を覚ました。
朝起きて、ほんの小さな風切り音と、ボールが跳ねる音に耳を澄ます。

             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨

やる夫の邪魔をしないように、窓は開けない。
ただ、じっと耳を澄ます。

611 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:48:36 ID:TKLH.oso

やる気のある奴を見ていると、なんだか自分のやる気も沸いてくるときがある。

           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:l.:.:.ノ`y /.:/.:.ハ.:.l \.:.:V `7.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /.:.:.:l.:.:ト、y'/.:/.:/~i/.:.:l  1.:/`7.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:',
        /.:.::::::l.:「`7 V.:/~~i.:.::/L_ノ/ /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:',
         〈.:.::::::::l.:.:y′/.:/~~ i:.:/ `ー'レイ.:.:./⌒ヽ!.:.:.:.:.:〉
          \.:.:「`ヽ /.:/ ^~7.:/  ノ j.:.:/   /.:.:.:.:/

612 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:48:57 ID:TKLH.oso
本当に頑張っている人が間近にいると、自分も頑張らなくてはと自然に思い起こされる。

        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|

蒼星石の期待に答え、風切り音は欠かさず鳴った。
蒼星石は日毎元気を取り戻していく。

613 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:49:19 ID:TKLH.oso
ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...
        )
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-
      "::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,''''"゙"' :
        .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.''''''''
         .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,´:
   .:::::::,,    . ., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,.、,,, ::::::_,,_        .,,,,,:,,,,,.
     ..;;      .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::   .:゙ ''゙゛ `.`      ..:
     .;;:,,.      .″  .`  `゙'-.:"     ,      .,
      . .::;;                      .′     :"

614 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:49:46 ID:TKLH.oso

今日も、練習が始まった。
アップの時間は蒼星石にとって、最も苦痛なものだった。

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

練習生で浮いている蒼星石は、キャッチボールの相手を探すのに一苦労なのだ。

お人良しのやらない夫がいれば混ぜてくれることも多いのだが、
今日やらない夫は家の都合とかで、第三練習場を後にしていた。

蒼星石は壁に向かってボールを投げ始めた。

615 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:50:20 ID:TKLH.oso

少し遅れて、グラウンドにやる夫が現れた。
食事当番は後片付けのために、少し遅れる。

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

やる夫はざっとグラウンドを見渡した後、蒼星石に近づいてきた。

          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ        「キャッチボール、やるお」
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|

616名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 01:50:38 ID:68e9.Nho
てっきり蒼は男役だと思ってた

617名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 01:51:20 ID:4OS1HYac
やる夫にとっちゃ誰でも一緒だったんだろうな。

618 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:51:24 ID:TKLH.oso

やる夫とは、初対面の挨拶程度しか話したことがなかった。
後は一方的に蒼星石がやる夫を見ていただけである。

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,               ― だけど、友達になりたいと思っていた ―
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

蒼星石は、浮かれつつも、少し緊張気味に答える。

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j       「ボ、ボクでいいの?」
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

619 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:51:48 ID:TKLH.oso
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                      「腕がついててボールが投げれりゃだれでもいいお」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫はにべもない。
                                            r ̄`-‐ '´ ̄ ̄`< ̄,二ヽ
                                                シ~.:.:.:,::::::::.:::::.ヽ ::. '、//
                                              /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ゞ:.::.ヽ、 ヽ
                                              〃:/ト`ヾ `ヾ`ミ、ヾ:ヾ、:ヽ|
                                              レ!小lノ    `ヽ 从 |::l::i|
                                     .           レ|l:! ●   ●  i::`メ:ノ  ショボーン
                                                 |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ /:ノ´
                                               レ'./⌒l,、 __, イレ'ト、
.                                                  /  /〈iトゝ  |}:::::::::ヽ
                                                  |  l. /|    |}:::::::::ノi

620 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:52:45 ID:TKLH.oso
無言でキャッチボールが始まり、事務的にこなされていった。
           ____
         /      \
        /  ─    ─\   シュッ
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \
                                                     ,. -── -
                                                      , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
                                                 /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                                  , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
                                                /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                                      パシッ     〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                              || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                              || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
                                              ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
                                                ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
                                                    ハ'、   ////|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
                                                     ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
                                                    |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
                                                    ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
                                                     n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
                                                    / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉

621 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:54:28 ID:TKLH.oso

会話はない。
捕球音だけが、二人の会話だった。
           ____
         /      \
        /  ─    ─\   パシッ
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \
                                                     ,. -── -
                                                      , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
                                                 /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                                  , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
                                                /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                                      シュッ      〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                              || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                              || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
                                              ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
                                                ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
                                                    ハ'、   ////|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
                                                     ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
                                                    |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
                                                    ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
                                                     n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
                                                    / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉
蒼星石は必死に話題を考えるが、あせるばかりで何も思いつかない。
思いつかない代わりといっては何だが、少し引っかかることがあった。

622 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:55:10 ID:TKLH.oso

キャッチボールが数を負うごとに、段々と蒼星石は泣きたくなってきた―
引っかかっていたことが、どんどん顕在化していく。
                                                         ,、 -──‐ ─- 、
                                                        ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
                                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
                                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
                                                    /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
                                                  ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
                                         シュッ       i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
                                                  |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
                                                  |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
                                                       ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
                                                           <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                                                            \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                                                                ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                                                            ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                                                            ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
                                                           ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|
何事も無いかのように、淡々と続くキャッチボールだが、
時折やる夫が顔をしかめるのだ。
       ____
  イラッ ./   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \   
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/  パシッ

キャッチボールが終わりに近づく頃には、しかめた顔が固定されつつある。

623 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:55:47 ID:TKLH.oso

やる夫が不快と思うことをした覚えはなかった。
準備運動のキャッチボールだがかなり真剣にやった。やる夫が取りやすい位置に放り続けたはずだった。

やる夫が不快に感じる原因は、もう、1つしか思い浮かばなかった―

         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽ:`、:::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヾー--ト ,._ヾ:: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|,.-‐'、:l ヽ-ゝ ゝォ=ミ≡ァ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|,ィ= 、\     r::::ハリ イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ-r'っj/!イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|rぅ-'         `.j /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヾ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`  r 、        ,   /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ    ー'     u´ /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ:::::::ハ `;´  |     |/  __│
.              l::::::ヽヾ`'   u   |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\

624 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:57:08 ID:TKLH.oso

結局一言の会話もなく、キャッチボールは終わった。

一瞥くれることもなく背を向けたやる夫の背中を、蒼星石は暗い瞳で追い続けていた。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

625名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 01:57:12 ID:E4SmtDxc
うお、きてた!
今日は諦めてたのに

626 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:57:25 ID:TKLH.oso
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

627 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:57:48 ID:TKLH.oso

冬にしては、やけに暖かい夜だった。
窓を開け、ボーっと夜空を眺めていた。

.       |、 _ミミミミミミミミミミミミミ彡‐''"」_
      _|  ヽ、ミミミミミミミ彡'''"´ _,.-''彡ミハ
      に_`ミー  ..____,,... -.'彡´ミミ彡'<
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ
.         /:.:.:.にr'"// Z! ト、ヽ .// に:.:.:.:.:.:.:\
.        ,.:.:.:.:r ソ ハ:.ヽ'/ヘ l:.| l:.|// ク、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:.:)./.ハ_/;ス/.|:.|ニノ./ に:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:/:.:.:.:ヽ//_Z/イK/.|:.|_//  Z:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.: \
   ,‐<^l:._,:.-:.、(,.ニー/->''" ̄:.:.:.: ̄`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:/
  「 `ーァ_):.:.:.:.:.:.:.:`ヽィ.ソ:.:.:.:.´:.:.:.:.:.―、`ヽ:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:/
 「二.._),:.: -―--、:.:.:.:./:.:.:.´:.:.,: -‐‐-- 、ヽヘ:. \:.:.:.:.:.:.:.:.ハ\
「 ト rイ:.:.:./´`ヽ、:.:ヽ;':.:.ト、:.:l/      V´:.ヽ:.:.:.\:.:./|ソ /、
リコV:/:./     トヽ:.!:.: |:.:`:|         |:.:.:.:.:.';:.:.:.:.|´   `/。\ュ,、
.イル:.l:ハ      |Y:.:|:. :.:.:.: :|         |:.:.:.:.:.ヘ:.:i:.:|_ イ   ゚ \z
. |ル!:.`ハ.       |:'´:|:.:.:i:.:.:.:.|         |:.:.:.:.:.:.:V:.:「ソ、: : : . ,イ

星は好きだった。
自分の名前に星が入っているというのも一因だ。

628 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:58:14 ID:TKLH.oso

昔から、落ち込んだときはよく星を見上げていた。
キラキラと輝いている星を見ていると、なんとなく気分が落ち着いてくるのだ。
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::
  ::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : : : : : : : : : : : :<<*゚): : : : : : : : : : : : : : : :
  ゙゙゙゙''''゙゙""""゙''゙゙"""゙゙ノ  |゙゙゙゙''''゙゙"""''''゙゙"""''''゙゙"
     ''゙゙"     〜___,,) ''゙゙"     ''゙゙"

629 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:58:42 ID:TKLH.oso
VIPスターズ。
VIPの星達。

星の名を持つ自分も、その星々の中で輝けると思っていた。

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

ただ今日は、少しも星が見えない―

630 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:59:19 ID:TKLH.oso
限界、かな―

そう思った時、何故か夜だというのにいつもの音が聞こえてきた。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l                            <ヒュッツ
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     「――!」
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ 
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

その音は、普段と何も変わりはしない。

631 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 01:59:46 ID:TKLH.oso

いつもと違ったのは蒼星石だ。

                       , - '──‐ - 、  . .:.:.:.::::::::::::\
                      /          `丶、 .:.::::::::::::/
                      \ _ __ _. . .:.:.. :.:.:.:.:::.`ヽ、.:/
                      /,イ:.:::::.::::.:::.:`:`丶、.:.:.::::::::::.:.\
                         /.:/::j::/.:.:::::、.::::.::::::.:.:::.`ヽ .:.:.::::::::::\
                     /.:::l::::i::ト、;;:、::::`ヽ;i:::::j!:::.::i;:;;\.:.::::::/
                      l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
                     `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,′
                           ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/
                         ト、 __      |:::::::j/;;イ
                        l/'、     |::::,イ;:;;/
                           |:;ゝrァ┐ !/ l;/
                          |/^l/ィュ-─‐- 、\
                         , ィフ.:.:.:.::::::::::::::::.:ヽト、
                     , ィ ´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.〉j|
                _, <二ニフ´ ̄`ヽ.:.:.::::::::::::.::::::::::.::::ヽト、
    _  _,r‐ュ--─<二ゝ、_ _      \.:.::::::::.:.:::::::::.:.:::i:|/
  , イ 仄,r'´   `ヽト、      \  ``ヽ  _ jL.:.::::::::::.:.::::.:.::|:|
  しJl///, ヘ _ ノ ヽ        j!    , イ_イj!;:;:;;;;;;;:;:``77ヽ::」
 / Y ⌒Y^ヽ ト、 ``j〉 |   。  °L _/ヽj'^ヽ|;:;:;;;;;;;;;;;;;;//ス/
 ! ハj! ハ i  i ! !  fコ L。_, ィソ´ ̄    ,ス<7;;;;;;;:;:;:;;:;;;;;厂
 | !.:|l| .:| | | | |人j〉_ソノ ̄        /><7;:;::;;;;;:;;;;:;:;;j
 | |::|||.::::j | | | |             /><7;:, ィ7三三jト、

立ち上がり、ふらふらと宿舎横に向かう。

632 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:00:14 ID:TKLH.oso

最後に聞いてみたくなったのだ。

友達に、チームメイトになってくれるかもしれないと思った奴に、
自分の事をどう思っているのかと。

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

633 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:01:05 ID:TKLH.oso

合宿所横では、やる夫が想像通りの姿を見せていた。
                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\  
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /

歩み寄る蒼星石に気付いたやる夫は、一瞬視線を蒼星石にやり―

          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \

―何事も無かったかのように、投球を続けた。

       ____
    /     \
   /   \,三_ノ\    rnm
 /   ( ー) (ー)\ rl  |
 |      (__人__)   | ゝ .|
 \     ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ          i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

634 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:01:36 ID:TKLH.oso

蒼星石のイメージする、やる夫の行動そのものだった。

       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ
       /.:.:::::.:. }1f  ///八トト、 f{:::.',

蒼星石は合宿所の壁に背を預け、しゃがみこむ。
何も言わず、やる夫の練習を見守った。

635 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:02:18 ID:TKLH.oso

やる夫のフォームは、驚くほど綺麗だった。
                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\  
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /

2球、3球と見ていくが、投げても投げてもやる夫のフォームは同じに見える。
サイドスロー転向後、1週間程度のはずだった。

フォームが既に固まりつつあるのだ。

636 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:02:57 ID:TKLH.oso

時折、やる夫はゆっくりとしたボールではなく、全力での投球を混ぜていた。
全力での投球になるとフォームがばらつきだす。

一番大きくフォームが崩れた時、やる夫は笑った。

       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \ ニッ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,' ニッ
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

蒼星石も笑った。
やる夫は、野球をするのが楽しそうだった。

637 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:03:23 ID:TKLH.oso

ずいぶんと時間がたった気もするし、そうでない気もする。
蒼星石は飽きずにやる夫を見ていた。

             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨

やる夫は、飽きずに投球を続けていた。

          ____
         /\  /\    r ⌒j
       /( ●)  (●)\  /   /
      /    (__人__)   \/   /   /  )
   _rーn|     |i|||||||i|     /  /  /  /
  i j j j j\     ` ー'´     /   '` ´  /
  {   'つr´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  入  人     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
   \_/\     -、      }        (  ̄¨´
         \     ヽ._       __  \
           >     `   --‐'´ `゙' 、_.)

638 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:04:15 ID:TKLH.oso

急にやる夫の動きが止まる。
一瞬不審に思った蒼星石だったが、息を殺して動きを止めた。

  /   l     .i, 'i、
  /   !     .|.! !.ヽ   l
  /   .|      ! .l ! .ヽ   l\          ,
  ! /  │  .|   ! .ヽ.l,  \ . l、 \         !
 .! l|   l  / .,./   . l..l.   \ミ/;;、.,゙;;xi..ii,i--――-l..,、
 | l│   .l .l'"/了゙゙''''''''''.lヽ     .`'!!r..,,._,,,`-ニニ二l、 `
 .l.! .! .,  .}゙.iiシ'┌'''Z,゙,゙'''x/.l、      !" .|コy ,,, |.,l′
  │ l l ,iシl,.l. ヽ .l'Yくッ.! .\          ! ゙‐''゙'ジ゙/ r     .,
  ゝ ゙lir彳 ..l,.l   .゙―ー"   `''        ̄´  /./      !
     ヽ.!i、 ゙ l、                      /. /    ,l゙ /
      ゙'.乂、 .\        ゝ           ,〃 ! /   /l/
      .| ll \  .\       _       ´  /./   / 〃
       ! |l `'‐  ゙l‐ヘ、               ,!/   .i| l'!l゙
       .! l.l   .l.!゙7-、          _/´l|〕  .,l"l/ l!
       l ! l   .l l |  .              .|'l゙ ./ . ′
       レ .l  l .|/      `゙'''Y'"゛    ._,.. | l\
          .l │         │   _..-'"  | l   .\
             \|          '" ̄''''''    .l/     \

やる夫の顔つきが、今までに見たことが無いほど真剣だったからだ。

           ____
         /      \
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \

639 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:04:38 ID:TKLH.oso

ハッ―

鋭く、息が吐き出された。
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫は、今日初めてワインドアップモーションに入る。

640 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:05:21 ID:TKLH.oso

大きく振りかぶった、相手を見下すワインドアップモーション。

      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク
  }         \_/   /   ___
  {   ─、,_   !   、!  /     \
  ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (●)  (●) \
    ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/
          ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

繰り出されたボールは、唸りを上げながらネットに突き刺さった。

                      /(_,,,..._
          .,‐-ヘ       ∧ノ_,..-'"´
          / {´`,ゝ      / _;'~
   lヽ、   _,,..//‐‐-...,,_   、/ ('                 ,;-‐────- 、
   l ,ヘ `''´ /       `''‐.、l' /´             /          ヽ
  _,j.l/             l /,         _    / \ , , /      ヽ
  \ヽ             丿/ ヽ,     (^ヽ{ ヽ  | (●)  (●)     |
  ,i' \            )/   '!,  ( ̄ ヽ ヽ i  l  (__人__)        l
 ,|              /       |.(二 ヽ i i |,r‐i   |::::::|         |
 |                       |  ヽ   /  人  `⌒´       ノ
 ,|                      |    i   {   イ―丶. __    _-‐"
  '!,                    ,!'    ヽ. `ー '/          ヽ. r‐、__
  ヽ,  __,ヘ._              /       `ー '  ̄ i         .',`´ ┬┤
    ヽ「 /ヽ|       r',ニ_マ,‐´                l           i  _匸}
    〈 〈 __        〃,,..‐' ヽ了            }         ├゙ー '
     ¬ レヘ_ ‐---‐ ''      }〈             /'           l、
      ヽ,勹 了         jノ           /    _      ヽ
        '¬, 〈_                     /    /  ヽ、     i
         `ー-ゝ                 _/     /     /     >?
                            /       ヾ       }    ´  `ヽ
                           {        〉     〈         〉
                           ヽ____ ィ       ー‐'` ー―一'

641 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:06:01 ID:TKLH.oso

バックスピンが自己主張する、威力のあるストレートだった。
やる夫は小さくガッツポーズを取る。

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ


          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

蒼星石も、なんだか嬉しくなった。

642 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:06:43 ID:TKLH.oso

そこで急にやる夫が振り返る。
顔はいつもの顔面神経痛。無邪気な笑顔はどこかに消えうせていた。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                          「・・・何か、ようかお?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

虚をつかれたが、何故か蒼星石は落ち着いていた。

          ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
         く        ,.-────-、、、/
          \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
             /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
          /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
          ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
           |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l          「ちょっとね。話を聞いてほしくて」
          |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
             ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
                ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                  l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                    |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                    |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ
                    l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ
                  (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V
                  ト.、   |:| |:リ.::: .:.:.:.:.:.:.::::::l::::::l::::::::.:.:.:.\
                   /i 〉、   /.::: .:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|::::::::::::::::.:.:.
                  /.::|/:::(_ノ.:::: .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|:::::::::::::::.:.:.:
                   んュ、::::::::/::/.:.:::::,.-─‐- 、::::::|:::::|:::::::::::::.:.:.:.:

643 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:07:24 ID:TKLH.oso
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                          「・・・やる夫が、聞くのかお?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、       「そうだよ?」
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|

やる夫に、話を聞かせてもらうつもりで来たはずだった。
口からでたのは逆の言葉だった。

644 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:09:31 ID:TKLH.oso
ようやく気付く。
自分は誰かに話を聞いて貰いたかったのだと。
自分は誰かに話を聞かせて貰いたかったのだと。

           _____
         <´          ` マ
         ヽ           /
            |-‐  __ ー--|
       ー…''"~ ̄     ̄~" 'ーァ
        ヽ,.  了 ̄ ̄~" 'ー- 、/´
        /  i: |!|: |:.:、    !   |
        |:i. .:/_ハ:从_\_|::.|  |
        |:|:::イ '  \ _` _`}:|/:::;′
          |:|ヽ"´ 、  ̄゛〃:/:!
          |:ハ:::ト   ‐  /::/{リ
           リ川!` ェ ' /|/<__
           ィfrt匕/:{\| rタ癶
          Fニニ卞5!トィ:}_{r'   鄯
            「⊇ = | t|:|~´ネ{ |   鄯
         ィ三} _=| t|:|_タ} |   鄯
        ム'癶ミヽ`ニーォ=ニ「_Lノカ/
          「ム `Tt┬‐{|    ヽヽ`ヘ
         \气ソノ;〉Vi。 。 。|  /
           _L ‘= ―‐一'ーi′
    _   -―亠  ―-__ ̄  ヽ
   /     ,.  -― ''"~  `   |
  /     / ___,..          | < ̄
. |    / / -< ヽ、___,.≦ ̄ヽ___
 ヽ    |        | |     〉xzx{ヘ
   `ー‐ヘ         //_  -―=≠¬ト匂_
       \__,. -一′

―自分のことを解ってもらいたかったのだと―

645 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:09:54 ID:TKLH.oso
          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \                      「・・・よくわかんねーけど、聞いてやるお」
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +

意外にあっさりと、やる夫は引き受けた。
流石に蒼星石が背負う、只ならぬ感じを悟っていた。

本人の中では最も人当たりがよいと思われる顔―傍から見たら笑わせようとしてるとしか思えない顔―を作り、
承諾の言葉を返す。

646 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:10:48 ID:TKLH.oso
ありがとう―

言葉には出さずに、頷いた。

            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ        ヨクミルトイケメンカモシレナイ?
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

647 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:11:35 ID:TKLH.oso

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|        . 「父が典型的なトラキチでね、
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./         息子を野球選手にしたかったんだろうけど、
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′        家には娘しか生まれなかった。
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/          まあ、よくある話さ」
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

648 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:12:16 ID:TKLH.oso
―ボクは父さんが好きだった。
  やさしくて、賢くて、周りから信頼されている人だったよ。
  顔もカッコよかったしね―

----------------------------------------------------------------------------------
               /!
                 //
             /::l _,  - ア
            _ /:::::!「::::::::::::/─‐…ァ
      、___∠::::::〈:::::::|::::::::::::::::::::::::<´
       /::::::::::::::: 〉、::ヽ-..、::::::::::::::::::::\
      ∠ ァ¨´::::;:ィ::::;、ヽ::∧::\:::::::::::ト、::;;>
      /::::::::::/:::|::::{┴'┴l:!::::::}i::::::::::::::\
.     /::::::::::∧::下仁、 イル二ハ::::::::l:::::::::ヽ
     /::::;イ:::/;;:ハ:{廴__j「¨f廴__j}ハ::::::ト、::::::::',
    .厶イ/::/::{ (Y ` ̄´ } ` ̄´ Yヘ::::l/:\::::!    「父です」
       ⌒ヽヘ ト-‐ トLr┘ ー-1 /∧:: ハ:|
         Vヾ{ ',ト、 __ ィ1' };イ/ ∨  ′
         V:::ト、 }ヽ`二´ '{ /::/
             ヽ:} ヽ . − 、 /|:/
             /! iハ、___ イ i|\
         _/ {〈 l   {    ト、∧
     / ̄ |   ヽ._  ゝ    _!イ〉 「 ̄\
_  - ´ ̄ヽ  ト、   \二二二 / /    ` - 、_

----------------------------------------------------------------------------------

―父さんが喜ぶから、キャッチボールをした。
  最初はただそれだけだったんだ―

649 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:12:36 ID:TKLH.oso

―そのうち、少年野球のチームに混ざって野球をやるようになったよ。
  子供のころって男女でも大して運動能力は変わらないだろ?

           _  -─-  _
         | , -──- 、|
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
          {:::::|ト、::\:::ヘ:::/                                 <トラーーーイ!ッター!アウッ!
.           l::::if_テ f_テi}::l
          }リト、 -, イ/{      
           r‐十示千、
            /,-、i }{ fj:.:\_
     グッ . く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ

勝てちゃってね。そうしたら、ボクも野球が楽しくなってきた―

650 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:13:09 ID:TKLH.oso

―だから、中学に入っても野球を続けたよ。
中学に入ったら、男と女の差がでてきちゃってね。
負け越すようになって、エースナンバーがとれなくなっちゃった。

      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    N______И
.   rヘ 二二二二/`ヽ、
  /  /,         、 ヽ
  ,′/ / ,′l |  ト、 !  j
  ! ′/ /7メ |  レ仁| /|
  | l| { l/-=ミヘ. |/:::「レ' /
  ∨丶 〈::.::.::}  ヽlヾツ厶イ
  `、 ト、ヾ゙゙´  _ ,  ,イ /
   ヽj \>r-r<}//  _
    _/: : |介ヘ: : ̄厂「rヘレ‐-、
    >、: : :.:L_ニ_〉_:_厶┴し'/¨7 }
.   rく  /7¬^X ハ  〉 ≠ ー'/
  〈 \>'´/:`ヽ/ lレ': :∨ /∨ ̄
     ̄  V_:_:_:_ノ_:_:_:/ / /
.       / ̄7  「 「 / /
      厶__/  l  |/ /
      |=≠    Y弍/
      └′    `┘

そしたら、もっと野球が楽しくなってきた。
勝ちたい、上手くなりたいってね―

651名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:13:32 ID:4OS1HYac
イケメン・・・?・・・カッコ良かった・・・?

652 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:13:39 ID:TKLH.oso

―本気で野球がやりたくなって、高校では必死に練習したよ。
  野球がぐんぐん上手くなって、勝てるようになった。

           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

 でも、野球が楽しくなくなってしまった―

653 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:15:42 ID:TKLH.oso
何故身の上話を?―

やる夫は困惑した。しかし、蒼星石の語りに口を挟める雰囲気は無かった。

演劇を見ているようだった。
妙に演技がかった調子で、流暢に、他人事のように、歌うように語る蒼星石は、そこで1拍間を作る。


            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´     「チームで、孤立しちゃってさ」
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \               「―!」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

やる夫が顔を僅かに上げた。

654 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:18:32 ID:TKLH.oso
         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/   「才能ってのが、あったんだろうね。
        /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l     
      /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ      高校に入ってボクの野球はグングン上手くなったよ。
         ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,      
          ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/       公立高校で適当に部活をこなしてる奴には、
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´        かすらせもしない位にね」
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ::::::ハ     |     |/  __│
.              l:::::ヽヾ`'       |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\

            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/                「そしたら、孤立した」
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

蒼星石が、急に無表情になった。

655 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:19:43 ID:TKLH.oso
  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|      「がんばって、たどり着いたその先に、
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ       何が待っていたと思う?」
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ

656 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:21:26 ID:TKLH.oso

― 待っていたのは、チームメイトからの敵意だったよ ―

.          /⌒\    , ─ 、                               \  /:\  /ヽ     /|
         /___ヽ /   ヽ                            !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
      /  ̄      ̄ ヽ.    i          , ────-.            !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
     /  ̄ ̄ ̄ ̄ \     \  .|.        //V:V:V:V:V:V\,.          !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
    / へ    /ヽ   ヽ     ヽノ      )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (        !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   / /^ヽ    /^ヽ   ヽ     ヽ       )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (.       」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、
   |. | 0 |   | 0 |     |     i.    )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (      r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|
   |  `− 6   `−′    |    |.     ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (       | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/
   !               !    !    / |:::::|//|\:/|\\|::::| \.      ヽ/     `ー´   く/
    ヽ   /  ̄ ̄ ̄ \   /   /.    /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ    ∠_________二}
     \ \_ (⌒ヽ丿  /  /.     |   //、\__(二 二)__//\\ |      ` 、_      _,,,一'′
       ━━━6━━━━━ヽ、   ⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒        ̄ ̄ ̄ ̄

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

やる夫は口を挟む代わりに、目を瞑った。

657 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:22:04 ID:TKLH.oso
------------------------------------------------------------------------------------
         _____
   ウ   //∨∨∨∨∨ヽ
       |. |    ∪∪  |
   ウ   |__|    (@ (@ |、
      (d  へ   ⊂⊃  'ヘ                「―――――!」
   ウ   | i⌒\ /__!_\/^| |
    :   | | WW//WW\\| |       __
      __i\ヽ-//一⌒ー-\\  ⌒ )    /
    /  \ / / ̄ ̄ ̄ノ ̄ヽ\(    ) /
   /⌒ヽ   //  ̄ ̄ ̄  |  i (   ノ  ┌┴┐
   |   ( ` ⌒ )     |  |  ` ′     /
   |__| (   )      |_|           ツ
   |   |  ` ′      |  |
------------------------------------------------------------------------------------

                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/        「女にはエースナンバーはふさわしくないそうだよ?」
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'         
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!          
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)

658 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:22:29 ID:TKLH.oso
------------------------------------------------------------------------------------
   ____________
 /               <
|                <
|      / ̄√ ̄ ̄Τ ̄ ̄
|     /    /⌒\|
| |⌒\/     |  ヽ||
| | ∂       \_」|                  「―――――!」
| \            ∟__
|  /       ____/
 \/        \____
  |      ____/
------------------------------------------------------------------------------------

                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/        「女相手だと真剣さがなくなるから、
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'          勝負にでてくるだけで邪魔だそうだよ?」
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!          
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)

659 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:23:06 ID:TKLH.oso
------------------------------------------------------------------------------------
          , ─ 、      / ⌒ \
        /    \   /     ヽ
        /   , −´  ̄ ̄ ̄ ─  、|
       /  /    , ───── \
       | /    /            ヽ
/  /  |/     /   ⌒\     /ヽ ヽ
  /   /    /     ヽ l /      ヽ l /  ヽ
/      l     /      / ⌒ヽ     /⌒ヽ   l
   / |    l      | (‘l |      |(‘l |   |       「―――――!」
  /   |    |     l     l   _ l    l  l
/  / l     |      ` ー ´   (二) ー ´  |
  /    l   l          ___       !
/  /  ヽ  ヽ     ヽ/´      l     /
  //   lヽ   ヽ      ノ─-、    ノ     /
//    /ヽ\ ヽ   /____ノ_ /   /
/    /  \` ー` ‐─────── イ   /
  /  /     ` −──/⌒/´ー‐─´\ / /
/   /        \  ヽ_/  #♯# ヽ /
                >´⌒ヽ   ♯# /⌒ヽ /
------------------------------------------------------------------------------------

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ      「そもそも、女が野球をやるのが問題なんだそうだよ!」
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

660名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:24:44 ID:4OS1HYac
ドラ美はマネージャーか、それとも男の娘かな?w

661 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:25:43 ID:TKLH.oso
音量こそ小さかったが、泣き叫んでいる様な声だった。
いや、実際泣いていたのだろう、叫んでいたのだろう。
蒼星石がそれを表に出す程、惰弱なタイプでは無いだけのことだ。
                _.____._
              .//: : : :: :: 、::\.゙ヽ
             ./: :/: : : : i、 : : ヽ、:\.
            /: :イ: : : : : : i、: : ::ハ::: :ヘ.
              i:: :i: :i: :::i:: :: :゙iヽ、:i:::i: ::ト.i
            'i::::i.::::i:::::i:::::i:::ヘ「´}i/!:/゙ `
                ハ::::i::::i:::::i:::::i:::::iハノ:! '┐
               ヘ:::i:::i::::,i::::ハ::::i:::/  ノ
              ハ::i.i!./|::/ 'i,/レ-<エェ┐
               レi/ .レ  '  イ   ヽ.\.
               〆ア.   .i       .ヾヽ、
               マ/フ    .i  i、  ヽ \\_
               /マ/フ   n.i  ハ    ヽ _ハ/
            / └‐-==ソ》ハ、i ヘ、 _._ .ヾ
            >、_,人_.ノソへノ\__!゙ ヾノ
             /   //::::::::::::::::::::::::::∧!.⌒´
             V   ハ::::::::∧:::::.__ノ >ゝ

だが、今の言葉は禄に話もしたことのない相手に話すような話でも、ぶつけるような感情でもない。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

今の蒼星石は”危ない”。
流石に、やる夫にだってそのくらいは解った。

662 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:26:11 ID:TKLH.oso
蒼星石の息使いは、興奮を抑えかねて最早病的ですらあった。
荒い息遣いに気付いたのだろう、蒼星石は喉元に手をやって、息を整えようとする。

               __,,,...,,,_
              f´ __,,,__ ~""''' ヽ
              ヤ'´__,,,__``ー-ュ,,_〉
             r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
             >'´~:::::::::::::::``ヽ.、``>
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
         f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
         i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j
         .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
          !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
           ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
            ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
           r'´>ヾ ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
           / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
          /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !

視線はやる夫から外さない。
瞳は、やる夫からの言葉を引き摺りだそうとしていた。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/                    「・・・」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

663 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:26:42 ID:TKLH.oso

長い時間が立った。やる夫はそう感じた。
息遣いは戻ったが、蒼星石はやる夫から視線を外そうとしない。

ため息をつきながら、やる夫は重たい口を開いた。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/                    「落ち着いたかお・・・?」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|           「いや?全然」
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
         }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
          rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i
.         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}{| 。   |
        /:.:/:.:.:.:.:.:.:.{ 〉   | lXト 〉|Y 。  /

軽い口調で蒼星石は言う。

664 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:27:57 ID:TKLH.oso

―目が狂ってやがる

やる夫は蒼星石が何故この対話にやる夫を選んだのかが、さっぱりわからない。
しかし、一応蒼星石はチームメイトだった。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/                    「・・・」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

求められても困るが、最低限の応対はしてやるつもりだった。

          Xイ ::ハ ゝ'、         /,:イ  ::::|:::::j      
           ヾ V!   , - = ヲ''  '´}:::! .::::;':::/
          `Tト.  ` ー '     /;イ .:i::/レ'         
               |i \        '´7 .:::ル′        
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、   
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ  
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:  
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;: 
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;: 
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  

そんなやる夫のそっけない対応を、蒼星石はブチ壊してやろうと思っている。

665 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:28:31 ID:TKLH.oso

        〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三=彳  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i           「やる夫、一つ聞いていいかい?」
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
       { ハノ´ 小 {_艠゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !  __
         i i   ハ\_     '      ; --、// i´i⌒l  .r=i
         i l   l ヽ      r _ ヲ    ィ.|l⌒l l  | ゙ー '|  | L.」 ))
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/|.ー‐' |  |   |  !   l
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥.|"'|   l   │  |. i   」  ,. -‐;
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´   i  !   l  _|   l. |  | /  //
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、.   │ l   l、'´j、|   | }  |,.{  / ))
           /) /  // ハ 「ヽ }    |__,.ヽ、__,. ヽ_」   レ'   ;   /

逆上させても困る、面倒だが、ここはいいなりになっておくのがいい。
そう判断する。

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ                           「別にいくらでもきくといいお」
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

666 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:30:13 ID:TKLH.oso
             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|               「やる夫、先に二ついうよ。」
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \                      「ん」
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

聞いていいか?の後、言うよ?
話の順序が、おかしい。

667 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:30:49 ID:TKLH.oso
          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./    「ボクは君に、”うざいけど話くらい聞いてやるか”
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/      なんていう常識的なチームメイトの反応は、
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|      少しも期待していない」
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \                        「・・・」
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

668 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:32:35 ID:TKLH.oso
             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'             「あと、そういうチーム思いっぽい行動、
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,               すっごく似合わないよ?」
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/                       「喧嘩を・・・売ってないで、さっさと聞けお」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ``丶、
            |   . : : : : : :        `丶、
            | . : : : : : : : : .          \
            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``丶、      \
        「  ̄ ̄ 二二二ニ ニ丶、   `ヽ、    /
        ! !             `丶、   \  /
        ', L__ __ ___ _       `丶、 V
           〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
        /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉
          //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
       l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「       「とことん冷たいね君は」
            VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!
           l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
           l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′
           l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://
           l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
          l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/
          l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
          |:/     _,ム _」/ ̄`L_
              ′ _,. イィ介:、       >ュ、
           ノ「フ7 l//iト、 ヽ     /_ノ.:.:.:.ヽ
          /7´ l L_//} ト、ヽノ    /_ノ.::::::::: ゙、
           〃   `7/ ,} l |     j 〈.::::::::::::.:.:. ',
           〃′  // ,} l |       j_ノ.::::::::::::.:.:.:. i
          〃′  l/  ,ノ l |     j_ノ.:::::::::::::::::.:.:.:l

やる夫を怒らせようとしているのだろうか?

期待した反応と異なったのだろう。蒼星石はつまらなそうな顔をした。

669 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:33:35 ID:TKLH.oso
           /.:::.:.:.           _ _ __   /
        /.:::::::.:.:.    ,. '"´.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.く
        \.:::::.:.:.,..'´.:.:.:.:.:::::::::::::::::.、::::::::.:.:.:.:.ヽ
           ハ ,.ィ:.:.:.;.:.:.:.:ハ:::::::、、:::::::::.\:::::l.:l:::.:.:',
         |   V.:.:.:/_:_:/:ハ:::::トト、::::::::::::_ヽl.:|::.::.:.l
      ,rr┴-、 l.:.:/.:::./ナナト、:.\`ヽ<.::T:l::|::::::/         「まあいいや、じゃあ聞くよ?」
      ノノ ̄`ヽムレ':::.K.r=ミヽ \:::,.ィ云〒::l/.::/!
     l7´o   `い::::::i:iヽ辷ソ     辷ソ7.::::/::!
    /       い::::l::',      .;    /;:イ::/
   ./ o        り::::l:::|     _ _.   ノ.:::::::/
   /          ム:::::l:::| >      ,. イl:::::::/
 _/ o        /^7い:::::!   \`二フ`` リ:::/.、
   ̄``ヽ   /.;' .::} _ト、:!  ,.ィイ只ト.、  l:::ハ:.ヽ
        \_/.;' .:::〉 _」 ///.i,。{i:ト、:\l/!.〈::::.:.\::.、
         /.:;′.:::::〉 _」く V/7::|。{i::| V:/ i 〈::::::::.:. \`ヽ、
        , イ.:::;′.::::::::〉 _」 `"l:::|。{i:::| `"  i 〈:::::::::::.:.:. \::
      , イ.::l.::/ .:::::::::::〉 _」  |:::|。{i::::|   i 〈:::::::::::::::::::::.:.:

670 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:34:28 ID:TKLH.oso

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'    「この前一緒にキャッチボールをした時、
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ       なんであんなに嫌そうな顔をしたの?」
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //            「!?」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/              (やっべ、顔にでてたかお?)
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /  ←無自覚

671 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:35:29 ID:TKLH.oso

    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、        「そんなに、”女”とキャッチボールするのが嫌だったかい!?」
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|     
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(


    /:::::::::  u\
   /    \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::  ( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |                     「んなことねーお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

672 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:36:03 ID:TKLH.oso
蒼星石が、鋭く叫ぶ。

:... : : :/ : : :| : : : : : : : :トヽ:..ィ⌒l : ヽ\: : :.:\::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
:.:.:..:./:|: ! : :| : : : : :.:.:.:.:ト_:V∠:.|:.:.:.:.l:.:.:\:.::.::.:l! l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
/:.:.:.!l:.|:.|:.:.:.:lヽ:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ.    lハ:.l:.:.l:.l:.:、ヽ:.::.l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
:.:.:.!:|l:∧|、:.:.ヽヽ:\:.ト、ヽ\  j/|イ:.|:.::.__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
:.:.:.|:|:l| ∧\:ヽ:ト\:.ド\ヽー イ\ }r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
ヽ:.:!:トV{ 仆.、ヽト\ヽ〃 ソ仆}  }ハ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
、:.\ヽト {:{{:l{:外zイ八ドイ{:l{:刈 /イヘ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
:.\ト┬トヽニ斗彳  ̄ =`ミ゙く/_ イ{:.:.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
/:.lレ:ベヽ  ´ , ィ、__'__ ヘ、 ` /、小:ヽV! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
|:.:|!ー- ':\  〈 Vーーl/}! /:::::` ー-l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
|:.トヽ :::::::::::/ヽ.. Vヽ-- 'Vイ ヽ:::::::::::::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
ト:.!    ::/  ヽ  ̄ ̄  /  }:: ,・ トl! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
{ トヽ   ト、         !  |::‘・;-イ l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
.l |:::\  |  ー 、   , -‐ ´j: ,;.;j_イ_ イ:;| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
|!::.  . ,ト、 ヽ丶 / /´ イ ; :, ;’|;/;,:::;:| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
ヽハ::.  ,'ヽ.` ー ---‐ ´ / ,ォ,;:.:|;:;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i::.〈__/:::::::


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i           (あれ、今顔変わったよね?)
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

673 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:37:06 ID:TKLH.oso
    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′      「他に・・・他に何があるって言うんだい?
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|           結構期待してたけど、結局君も他の奴らといっしょだった」
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(

   ヽ 三_,. - " 三三三三__三三_三_三三三ヽ
    ,V´三三三,. -─' ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ 三 ノ
   |_三三 ,. イ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:\:.:.:.:Y
   l _三:: ':.:.:.:/:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ:.::.゙
    ゝ三 |:.::./:.:.:./.:.:.ハ:.:l!:.:.: i -.- .、::ヽ:.:.:.:.!:.:.:|            「女だから女だから・・・ウンザリする!
     ヽll !:.イ::.!: ,. -,‐‐l:.i! :.: |  ヽ.:.:.::.:ハ:.:.:|:.:.:|             どうだった、女の球は。
        Y:.|!:.:.|:.:|:./_  !:|!、:.:.|  ,._=ー,、:.:ヾl:.:.:l             顔色変わるくらい不快な球だったかい?」
      l:.イ!:.:.l.:.レ =_.、ゝ ゝ!   ォ::::リ !:.:.:..|:.,リ
      ∨ V:.:イ! フ..ノ        ̄"イ:.:.:レ
        _ゞ.:.:ゝ"    、      イ:.:/
       イ ハ:.:ハ!-、   ー '   ∠:l:/
     /: :.l r'{ レ l ´`ー-、 __ イ  l!' `ーr⌒ヽ
     , : : : :フ! ゝ. _      \ /      ヒ ハ
     |: : : : ゝゝ   _>     ノr===,、    iト、〈: : ヽ
    人: : : : : \r‐'/´  ̄ `<.li!   |:!    !|_ノ : : :.1
   /: : : : : : : :「ヽ./ o     ヽヾ_ ノj  ノ`!  } : : : :|
  (: : : : : : : : : :: ン'        /!| ̄ r'__,-_、フ: : : : :.|
  ヽ: : : : : : : : ::L7         / !| r ´. .! : : :!` ! : : : |
    \: : : : : :イ        /.  !| |ゝー!`:‐::!: :| : : : :!

674 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:37:31 ID:TKLH.oso
           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|        「!―――
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./         違うか、いい球だったんだ!
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ           いい球だったから、君は女に負けてると思って―
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:l.:.:.ノ`y /.:/.:.ハ.:.l \.:.:V `7.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /.:.:.:l.:.:ト、y'/.:/.:/~i/.:.:l  1.:/`7.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:',
        /.:.::::::l.:「`7 V.:/~~i.:.::/L_ノ/ /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:',
         〈.:.::::::::l.:.:y′/.:/~~ i:.:/ `ー'レイ.:.:./⌒ヽ!.:.:.:.:.:〉
          \.:.:「`ヽ /.:/ ^~7.:/  ノ j.:.:/   /.:.:.:.:/

    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i                         「黙れ」
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

675 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:37:50 ID:TKLH.oso
          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',                   「黙らないよ?
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i                    最後くらい思いっきり自分の言いたいことを言うんだ。
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ           そのくらいいいだろ?」
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

その言葉を、やる夫は聞きとがめた。

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \                      「・・・―最後?」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

676 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:38:17 ID:TKLH.oso

やる夫のその言葉で、蒼星石の過剰な興奮は一気に冷えた。
そのとたん理性が自分の言葉に急ブレーキをかける。

     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/                「そうだよ?」
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ ( __r─-、
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ    )
         |.:::/:::/V,r'"´l/爪、 /,. .:.:::::::::.: 、.::\ (
         |:/^l/ /    ,ィ介〉l/.::/ /  .|.:.:.:.!.:.:.::ヽ `ヽ
         '′ └r-、 /VネV 〉/ /  .:::|.::::::|:::::::.:.:゙.、 ノ
               」::ノj l;ハ」/:,′  .:.::::!.::::::|::::::::::.:.:.リ
            (      `^V/   .:.:.::::::::::::::|::::::::::::::::ト、
             , イト、_ ヽ ,//  .:.:.::::::::::::::::::l:::::::::::::::::i:.:ヽ
            /.:/ .:::( ゙y′  .:.:.::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::::.:.\
            (^ ソ .:.:::::`y' , -─‐- 、:::::::::::::/i::::::::::::::::|::::::.:.:.:.

言って、楽になりたかったのかもしれない。

―言うな―

理性がそう告げていたけど、鬱屈した3年間の感情が、止まらなかった。

          ,/ / /    /   , /!  ,!                ヾ、;;;;;;;;;;;;;;/
         /,イ /  ,   /  / / |  | l     \   |         \/
        i/l ,:.  !  / ''´,.ィ_/._ | ,/| |i \     ヽ.  |         ,
         |l | i::|  j// ̄/ ̄ |│| | \-、-- 、 ヾ./l!  i: |!.    /
         |! |_,ィニ イ |    ̄ `  | | ヽ,   \\、. . i: :;|  ,. |::!  , '
         ヾ   |│ ___-  | |   \´ ̄ヾi `ー、i/  / !::ヽ. /  「ボクはもう、野球をやめるんだ」
          \,ハ, 、`´ ̄ `   ヾ     -__    /  /  i:::::::/
           |!:::::トゝ        \  ´  ̄ ヽ /  イ  i:::::,
           |!:::::ヽ.     ヽ           /,.イ:::|  ,:::/
           |!::::::::::\    、 _        ,//:::::/ /:/
            jイ:::::::/::| \          ., イフ|::::/ /|/
     r‐r 、._   |!:::::/ V´ニ=\    _  イ r レi/〃/ /
     _j::::|r- 、`ニ'ヽ::::|   \/  ̄    /::/  イ:/ ,/ _, -、_
   /フー L_j    \     \    /:/    //`ーl  ´ ̄ヽ
   i/三三ゝ/`!         _ >-r‐iL___       |   ー┘
  /三三三三三|       /;;;;;;;;;;イ;;;;;;ト、;;;;`;.、     |     |

677 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:39:20 ID:TKLH.oso

自分で口にした、その言葉で蒼星石は固まってしまった。

やる夫がため息をついた。
小さく首を振って、ようやく言葉を見つけたかのように、ボソボソと口を動かし始める。

          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ             「ようやくわかったお・・・」
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_

678 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:40:11 ID:TKLH.oso
    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|   「何がさ?」
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(

なんとか答えたが、蒼星石の声は震えていた。

679 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:41:32 ID:TKLH.oso

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )                  「初めて女のヒステリーって奴を味わったお。
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._              貴重な体験だったお」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


蒼星石の瞳に、また激しい感情が点火する。


          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   「”女の”ね。
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/     ずいぶん嫌な言い方をしてくれるね」
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                    「あ?関係ないやる夫に散々当たっといて、
  |   (__人__)      |                     なにいってるお?
  \ ヽ|r┬-| /   /                      ヒステリーじゃなかったらお前はただの社会不適合者だお」
  /   `ー'´      \

680 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:45:32 ID:TKLH.oso

                         / // _,, -─‐- 、
                        /‐''´/''´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                   /  /::::::;;:::::::::::;:::::::::::\:::::::::::::\
                    /、_/:::::/::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ
                  /ヽr‐/:::::/::::::::::::::::!::;::i::::::::::::::::::::ヽ::::::::::、:、:゙、
                ,-‐' / //:::::/:::::::::::::/::l:::i::::l:::::::::::::、:::::::i:::::::、::i::|、:|     (それを君が言う?)
            _,,/ _,,/  // l::::::i:::::::::::::/::/ |::|、::ヽ:::::::::::ヽ::::|:::::::i:::l::| !|     「関係ない?違うだろ!
          , -‐_´,,、 |/ _  !| |::::::|:::::::/::/_ ゙、ヽヾ::\、::::::|;;:i:::::::l::j|:::| |!     君とボクは同じチームのチームメイトだ!
        / /////_,/ i! |:::::::|::::;;{ !/__\ \、 `>_二j:;':::::!/ l::j i      それなのに、君たちはボクを―」
     / /////,.、/ / /;|::::::::}/|〈゙、ヽ、辷>` ヾ;, '{_,ン゙/::::::::/、/'゙,、,、
  / /////_r'゙,-、>'‐┐〃゙!:::::::|:::{ ヾ、       ,.   _/:/::::/-< ̄`ヾ〉、_
 / /.////, ノ _ノ゙'/ ̄  ̄`ヾ、::::|、|`iーヽ    _ '.._ ´/,r'': ̄ ̄::`ヽ‐、_ _>> _,,,,,_
./ /./// / /ノ'゙>{ /        `ヾ、:;lヘ|ヾ''ー_-_,,=-‐゙:::::::::::::::::::::::::::::::\>‐'''´::::::::::::::ヽ
| 〈_/'´/  {_ノ´ /〈 !            `ヽ,f_r''ヽ`>''''ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::}
|  _,,/、    /_r゙ノ            / _,,>''フ´    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::(
ヽニ ┴ 、二ニ-‐| / O               !     /      !_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::`::ヽ
         < ̄`ン、 __O   O   |           _>、_::::::::::::::::::::::/ ̄;〉:::::::::::::::::/
         ` ̄ `ー''ヽ__バ ̄/_7=ニ7´ヽ、    __,, -r‐r<´::::::::::::`ヾ;; ̄`';;;;'';;;;;;;;;;/:::::::::::::::/
               〈::::: ̄::::::::::::::::::::::::/>、_ノ  /ノ/ソ ヽ;;_;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;/──''ヾ、::::::::/
                   ,┤:::::::::::::::::::::::::::_〈/     /〉>/    〉;;;;;;;;;;;;;;::|        ̄
             _,,/ \::::::::_;;;_;;!/      /ノ//    /;;;;;;;;;;;;;;;;:::|
           / 〈     ̄ / _l/     /_j r'/    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|


       ____
     /⌒三 ⌒\ 
   /( ○)三(○)\        
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           「やる夫にチームメイトなんていないお」
  |     |r┬-|     |       
  \      `ー'´     /


        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l      (斜め上にまいりまーす)
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l
        ヽ lト、          / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ikゝ、__∩_
            /: i_lil__|::::;ノ  |}__E}
          i: : :l:::::ヒj::l」´ ̄ ̄´
           /ーイ::::::i::::l

681名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:46:42 ID:wzlmf6Ic
ちょっとワロタwwww

682名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:46:52 ID:4OS1HYac
「やる夫にチームメイトなんていないお」
立派な社会不適合者だw

683 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:49:34 ID:TKLH.oso
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \            「第三練習場なんてただの練習場だお?
  / ノ( ●━━●   \           ここにいる限り2軍の試合にもでれないんだお?
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |           チームすら組めないやる夫達は、チームメイトなのかお?」
  \     ` ⌒´   ⌒/


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \            「それともお前はここにいる奴らと仲良くチームになるつもりなのかお?
  /(●)三(●))   .\           馬鹿かお?馬鹿なのかお?馬鹿なんですかお?一生ここで野球やんのかお?
  |   (__人__)      |           とっととこんなとこオサラバして上に上がらなきゃ、何の意味も無いお?
  \ ヽ|r┬-| /   /           そんなにみんなと仲良くなりたきゃ」
  /   `ー'´      \


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ              「草野球でもやってりゃいいお・・・
:::::::::::...    ヽ   .ヽ              やる夫は遠慮しておくお。やる夫は1軍で勝つためにプロになったんだお。
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶            楽しく野球するためにプロになったんじゃねーお・・・」
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

684 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:51:02 ID:TKLH.oso
              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/   「いや・・・一緒にやってんだからもっと仲良くさ・・・
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|     みんなで野球を楽しんで―」
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \ 
  /(●)三(●))   .\             「それはお前の希望で、やる夫にはなんの関係もねーお。
  |   (__人__)      |             
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫はぶった切った。

685 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:53:07 ID:TKLH.oso
       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ            「それに・・・」
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )          「おめーがそれを言うべきなのは、やる夫じゃねーお。
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._      お前が、一緒に楽しくやりたいとおもっていた奴らにいうことだお。
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、 それをやる夫にいってるからヒステリーだって言ってんだお」
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\              「・・・プロは・・・戦うところだお!」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

686 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:53:34 ID:TKLH.oso
-----------------------------------------------------------------------------------------------
.          /⌒\    , ─ 、                               \  /:\  /ヽ     /|
         /___ヽ /   ヽ                            !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
      /  ̄      ̄ ヽ.    i          , ────-.            !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
     /  ̄ ̄ ̄ ̄ \     \  .|.        //V:V:V:V:V:V\,.          !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
    / へ    /ヽ   ヽ     ヽノ      )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (        !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   / /^ヽ    /^ヽ   ヽ     ヽ       )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (.       」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、
   |. | 0 |   | 0 |     |     i.    )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (      r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|
   |  `− 6   `−′    |    |.     ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (       | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/
   !               !    !    / |:::::|//|\:/|\\|::::| \.      ヽ/     `ー´   く/
    ヽ   /  ̄ ̄ ̄ \   /   /.    /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ    ∠_________二}
     \ \_ (⌒ヽ丿  /  /.     |   //、\__(二 二)__//\\ |      ` 、_      _,,,一'′
       ━━━6━━━━━ヽ、   ⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒        ̄ ̄ ̄ ̄

-----------------------------------------------------------------------------------------------
             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l            「―――!」
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

687 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:54:46 ID:TKLH.oso
  .'::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …−.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ   ハッ!?
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \


        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トfj l `Y :::l :. :::::::「       
.      ' l.::|レ'.:イrfij.!    ヽゝ‐'   ! ::;' ::::i::::::}       
          Xイ ::ハ ゝ'、         /,:イ  ::::|:::::j       「話をすり変えたね!?
           ヾ V!   , - = ヲ''  '´}:::! .::::;':::/        ボクが聞きたいのはそんなことじゃない!
          `Tト.  ` ー '     /;イ .:i::/レ'          君はあのキャッチボールの時、確かにボクに不快感を抱いた!」
               |i \        '´7 .:::ル′        
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、   
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ  
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:  
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;: 
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;: 
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;: 
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
  i.   ミミ( ○)    .|                    「・・・おう、確かに抱いたお」
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

688 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:55:27 ID:TKLH.oso
        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|       「やっぱりそうだ!君はボクが―」
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                   「やる夫はオメーが左利きなのにムカツイたお」
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /


              _,‐''´´ ̄ ̄ ̄```丶、
             │, --‐‐─― ---、_ _ ゝ
            _, ヽ'  ̄´´ ̄ ̄`‐―-、/
           ヽ             `/
             ゝ-‐―" ̄ ̄`丶、___/
           /   │  | ヽ ヽ 丶、
          / / / |  /ヽ 丶 ヽ   l
          |/  /l/ | /   \|\ l  |
          ヽ/|  ○l/   ○ 丶ゝ|  |
          /  |          lヽ、l  |
          |/|  ヽ、  (_,、_,)    ,,l   /
           ヽ|\/ `‐-y-‐'''"~ゝ| /
            /:::: |  《 小、}}  ゝl/ヽ
           ヽ/_:::::|       i::::::/
            __/::::::丶‐‐--‐‐"::::::ヽ、,、
          __,l:::::::::::/:::,、二二、__',::::::::::::/_
       (( 〈_,ヽ、:::::l/::::::::::::::丶ヽ、___/_ ノ ))
               ̄/::::::::::、-:::::::::::ゝ
             _,,ゞ::::::::::::: ̄,ゝ:/_____
             丶-┬-、__,''ヽ /___/_/
                |/l
                l/

689 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:56:02 ID:TKLH.oso
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \            「お前の球は軽いし、遅いし、たいしたことない投手だお。
 |      (__人__)    |             正直お前は何をとってもやる夫に劣ってるお」
 \      ` ⌒´   /

  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l     <こいつさらっと凄いこといってるよ!
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/                  酷いこといってるよ!
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

690 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:57:19 ID:TKLH.oso
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \           「コントロールはそこそこだけど、スタミナは無いお。
  /(●)三(●))   .\          変化球はやる夫の球種にフォークが加わるけど・・・
  |   (__人__)      |          マジメな話あのフォークは実戦レベルじゃないお。
  \ ヽ|r┬-| /   /           あんなの投げれるだけであって、球種として言う球じゃないお」
  /   `ー'´      \


        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',                          <フォークボクの決め球だよ?
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i                              フィニッシュボールだよ?
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !        ━━┓┃┃
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l              ┃   ━━━━━━━━
        ヽ lト、     <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
         l ト从 ー┐ r‐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。
          i: : :l:::::ヒj::l」 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|   ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

691 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:57:52 ID:TKLH.oso
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      「でもお前はピッチングにテコ入れが入らないお。
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\     それはお前が左利きで、希少価値のある左ピッチャーだからだお!
                  |     ` ー'´  u   |     純粋に需要がある上、VIPスターズは深刻な左不足。
                  \  u   :::::     /     お前は左ってだけででっかいチャンスをもらってるお!」
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;  
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;               「やる夫より下手なのにだお!てか、やる夫劣化版なのにだお!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;               これはどう考えても許せんよなーー!」
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


                         _
                         /::::::::::`丶、
                           , -'─‐- 、::::::::\
                      ,イィ_二仁`ヽ:::\::::::}
        , - 、          〃ィO  O `!iい:::::i/
      {   )       _rmイ/  こフ   リ !|::|
      ,ゝ‐、ノ       辷71l{_     イノ レ',rnm
      弋__ノ       〈 _/(<_仆_>)、 __∠イ_/>へァ′
               /トヽィ/l 廴_//::.:_/ ̄ ヽ/
.       _____√ ̄ ̄´::.::jノ::Lノー─‐'::.:.イー一 '´   , - 、
   _廴    厶-、::.〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::弋_¨´        (   )
( ̄         / ̄`メ、::.::.:>‐、::.::.::.::.::.::.:\` ー- 、  ゝ __ノ
 `ー、   __∠二Y  `´   └、::.::.::.::.::.::.冫   と_
   ゝ∠ニニ 、=、/   、 _ __ 冫 ̄`>'´ _ノ   ` 、
    {. __儿ノ - _     /⌒ヽ/    _ _   j
    ` ̄ ̄ ¨´    ̄廴__ 〈=r、`く ` ー' ̄     ̄
                     `ヾ \ ヽ
                    \_ソ

692名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:58:18 ID:YtWdGBqg
なんという暴言。やる夫△

693 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:58:37 ID:TKLH.oso
     ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu                「○×△△○○×□△○○××―」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

            ,.、-‐‐- 、
          ,.--/ ` 、  ヽ
       ___/i  ヘ、    ̄.7
    ,. "´   | \丶、`  ‐/`、
   /     \ \_  ̄´_,.'./
  :i ./  i     ` 、_  ̄ _,.ノ ヽ :;
  |/| 、 | ヽ|、i |    ̄ ̄    i
  .! ! N\i、`、 !  .i      .|
   :`7 ;;;;;; ` i  /      .!              「待って、待って、ちょっと待って―!」
   ∠/   U /  ./      /
   ´\  _ '_ ,. 1 .,  /  , ./ :;
 . :::;;;: : `´∠ _/レ'レ'|_,.i,ノノ
  : ::;;。;;:: :    /へ   ,_ヽ
  . ::''\-,‐‐,─'´ ,.\ノ  \ :;
    ;:ヽL_,|  _,.    ,. "´ゝ,
         ̄_ヽ   /,. ´,, 'ヽ
        く ,;;,',、イ/  " ヽ _,.ヽ
         `´ .ソイ´i レ'´,.イ
            '‐,-‐' ̄ノ'´ .ノ
            i  -',‐‐ 、`つ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                 「あぁん?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

694 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:58:54 ID:TKLH.oso
: / /: : :/:::/::l /::::/ `: l l: :l::::ト::::::ヽ: : : :l ヽ:::::::::\: : l:::::、  \::::::::::::::::\:\ヽl::::::l:l l: : : l l: : : :`、 ヾ
〃: : /::〃::レ::::/   `、l l: :l:::::l l:::::::ヽ: : : l ヽ:::::::::::\l::::::、   ヽ:::::::::::::::::ヽ ヾ l::::::l l l : / .l: : : : :ヽ. l:l
: : /:::://::::::::/     ``l: :l::::::l `::::::::ヽ: : l  \:::::::::::::::::::ヽ   \:::::::::::::::ヽ:ヾl:::::::;;. V /: :ト: : : ヽ l:l
‐-:::://:::::::/      `、: l:::::::l ヽ:::::::ヽ: :l   \:::::::::::::::::ヽ    ヽ:::::::::::::ヽ :l::::::::ll  ノ: : l:::、: : ヽ l:l
::::://:‐-x_        ヽ: l:::::::l  ヽ:::::::::ヽl    \:::::::::::::`、     ヽ:::::::::::::ヽl:::::::ll  /: : : l:::ヽ: : ``,:l
/ / -┴― ` ‐- _  ヽ:::::::::l  \::::::::::l      \:::::::::ヽ    ゝ-‐  ̄:::::::::::ll ./: : : :l:::l::::l: : : ll.:l
-'´-‐ ̄フ ̄ ̄ゝ-、 ` 、‐- _::::::l   \:::::::::、       ._ -‐   ̄ ヽ:::::::::::::::::::lレ': : : : l::::l:::::l: : : : l
´  /. . . . . . l  l:`ヽ ミ´ ヽ:::::l   \:::::::、    ニ⌒_二ニ`‐、   ヽ:::::::::::::::::l: : : : :/::::l:::::::l : : : l
.  /. . . . . r-‐、`- '. . l `´   ヽ::::、    \::ヽ   彡-フ:.:.:.l´ `,ヽ`、ヽ  .l::::::::::::::l: : : : /::::::l::::::::l: : : l
 / . . . . ./::::::::::::l.. . . ..l      ヽ::、     \ヽ   /:.:.:.:.:.`- '.:.:`、 ヽヽ  l::::::::::::l: : : :/:::::::l::::::::::l : : l
 l. . . . . l:::::::::::::ノ. . . . .l       \      `\ ./:.:.:.:/::::ヽ:.:.:.:.:.l  ヾヽ l::::::::::l: : : /:::::::ノ::::::ィ::l: : :l
 l. . .ハ. `‐-‐'´ . . . ../         \        l:.:.:.:.l::::::::ノ:.:.:.:.:.:l  `、. l::::::::l: : :/::::::::/:::::/l:::l: : l:
 \l: :r-`===ニ^アノ           \       l.:ハ、`‐'´:.:.:.:,、ノ   `l  〉:::::l: :/:::::::::/:::::/ l::::l: /   「ボクが女だってことは・・・」
‐---‐-―-- --''´                    `l , ミニニ_ ノ    l ハ::::〃/:::::::::/::V  l:::l: /
`、: : : : : : : :                           `‐--‐'´―― "´ ./::l //::::::::::/:::::::l.  l:::l/
: : : : : : : : : : :                             : : : : : : : : : : :  l::::レ/::::::::::/::::::::::l /:〃
: : : : : : : : : : :                     ,      : : : : : : : : : : : : : l::::::/::::::/:::::::::::::l レ'´
\: : : : : : : : :                               : : : : : : : : : : : : : l:::::/:::/::::::::::::::::::;l
``\: :: : : :                            : : : : : : : : : : : :  l:://:::::::::::::::::::::::::l
: : : : : : : : :                           : : : : : : : : : : : l:'´::::::::::::::::::イ:::::::::::l
                                  : : : : : : :   ノ::::::::::::::::::::::l l:::::::::::l
                                         /:::::::::::::::::::::l l::::::::::l
l                                         /:::::::::::::::::::::::l  l:::::::::l
:l                                       /::::::::::::::::::::::::::l   l:::::::l
::l              r‐、_______,、            /:::::::/:::::::::::::::::::/  l:::::::l
:::ト          `--―" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'          _ ´l::::::::::ハ::::::::::::::::::/   l:::::l

695 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:59:09 ID:TKLH.oso
             ヽ、_`` ヽ    ──,``  ┼-  .i   、 .i   、 
              /    ̄ ̄`i.   /    ┼- 、|   ヽ |   ヽ
             (.__   _/    ヽ_     ヽ_ノ ヽ/   ' ヽ/   ' 
                                              
             ::ノ⌒'Z::        ::___::         :: -^)::
              ::八  '(::      ::/ヽ,,)ii(,,ノ\::      ::/  /::
                 ::\ \ ::  ::/( ゚ )))((( ゚ ) \::     ::′ /::
                ::\ \:/:::::⌒(__人__)⌒::::: \:: ::/ ,.イ::
                  ::ヽ   |  ヽ il´|r┬-|`li  r  |/ /::      
                   ::ヘ \ .!l ヾェェイ l!   / /::
                    ::`ヽ  `=≧r ‐i彡''´  /::
                      ::\ヽ   ` ´   / /::
                       ::          ,′::
                       ::i  :;     :;  i::

696 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:59:23 ID:TKLH.oso
            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://       「ボ・・・ボクチームにいると邪魔かな?」
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ
.    {     | / ..:/        i;  l ',     \
.     |  __!/  .::/           '::   l  ゙、       `7
     」/   /   .:/         '::::;   l  ヽ.     /
    j/   ノ   .:/           ':::::;    l /|   /
   〈   \  .::/        /::; '    ∨、/_,  '´
.    }     \/        /:::'      ハ::ム
   !      _7ー-  _    ′     /::::::',_ノ
   |   厂 /      ¨ ァ 、_, イ::::::::::::::',

697名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:59:40 ID:wzlmf6Ic
さすがやる夫だw

698 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 02:59:42 ID:TKLH.oso

 -┼-     ヽ      ̄フ .  / -─   ー--、`` -┼ー``..i   、 -┼-  ┼-┼-  /   .
 - ヽ-     ̄ ̄`i. _/_i__ |     ,.        ヽ、  |   ヽ -┼-   |  J.  / ,-, 
 ヽ_.` よ.   _/ .(__/  ノ  ヽ/ー-  ヽ__   ヽ_   ヽ/   ' αヽ.   ヽ___ ι'  し'
.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ ( ゚) ( ゚)\
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |       \   |  |
  .   |.   |.\_ノ\       \_| /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

699名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 02:59:59 ID:vuzycgm.
蒼…漏らしてる…?

700 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:00:48 ID:TKLH.oso
           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
           ,.ィ´ ヽニノ <l/              「そ、そっかー・・・ハ、ハハハ・・・ハハ・・・ハハハハハハ」
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ
         /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',
        / `ヽ.:.:.:.:/Ⅹ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
       〈   L.:.:.〔 {y}〕.:.:.「~~T´
        / `ヽjニ三三三ニ !,.ィハ
         / 。゚/.:Lニ三三三ニレイ 〉
       ノ  /.:.:.:.:ヽニ」.:lニ/.:.:.!``1
     { `ヽ/.:.:.:.:.:.:.:、.:., .:.:.:.:.:l  l
     〈 ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:!゚。 ト、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.にニハ}
       〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ハハJ
       `ー--‐'  ヽ.:.:.:.:.:.:ノ

蒼星石は、呆けたように笑う。笑い続ける。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \               「そんなことはどうでもいいんだお!それより○×―」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

701 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:01:11 ID:TKLH.oso
            ,.、-‐‐- 、
          ,.--/ ` 、  ヽ
       ___/i  ヘ、    ̄.7
    ,. "´   | \丶、`  ‐/`、
   /     \ \_  ̄´_,.'./
  :i ./  i     ` 、_  ̄ _,.ノ ヽ :;
  |/| 、 | ヽ|、i |    ̄ ̄    i
  .! ! N\i、`、 !  .i      .|
   :`7 ;;;;;; ` i  /      .!              「待って、待って、ちょっと待って―!」
   ∠/   U /  ./      /
   ´\  _ '_ ,. 1 .,  /  , ./ :;
 . :::;;;: : `´∠ _/レ'レ'|_,.i,ノノ
  : ::;;。;;:: :    /へ   ,_ヽ
  . ::''\-,‐‐,─'´ ,.\ノ  \ :;
    ;:ヽL_,|  _,.    ,. "´ゝ,
         ̄_ヽ   /,. ´,, 'ヽ
        く ,;;,',、イ/  " ヽ _,.ヽ
         `´ .ソイ´i レ'´,.イ
            '‐,-‐' ̄ノ'´ .ノ
            i  -',‐‐ 、`つ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                 「あぁん?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

702名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:02:46 ID:ECvtJe.o
傍若無人すぐるwwww

703 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:02:51 ID:TKLH.oso
          ,/ / /    /   , /!  ,!                ヾ、;;;;;;;;;;;;;;/
         /,イ /  ,   /  / / |  | l     \   |         \/
        i/l ,:.  !  / ''´,.ィ_/._ | ,/| |i \     ヽ.  |         ,
         |l | i::|  j// ̄/ ̄ |│| | \-、-- 、 ヾ./l!  i: |!.    /
         |! |_,ィニ イ |    ̄ `  | | ヽ,   \\、. . i: :;|  ,. |::!  , '
         ヾ   |│ ___-  | |   \´ ̄ヾi `ー、i/  / !::ヽ. /
          \,ハ, 、`´ ̄ `   ヾ     -__    /  /  i:::::::/
           |!:::::トゝ        \  ´  ̄ ヽ /  イ  i:::::,
           |!:::::ヽ.     ヽ           /,.イ:::|  ,:::/        「ごめん―」
           |!::::::::::\    、 _        ,//:::::/ /:/
            jイ:::::::/::| \          ., イフ|::::/ /|/
     r‐r 、._   |!:::::/ V´ニ=\    _  イ r レi/〃/ /
     _j::::|r- 、`ニ'ヽ::::|   \/  ̄    /::/  イ:/ ,/ _, -、_
   /フー L_j    \     \    /:/    //`ーl  ´ ̄ヽ
   i/三三ゝ/`!         _ >-r‐iL___       |   ー┘
  /三三三三三|       /;;;;;;;;;;イ;;;;;;ト、;;;;`;.、     |     |

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ                            「――っ!」
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /

今日の蒼星石は本当にわからない。今の謝罪には、心が入っていた。
そして、瞳は穏やかなものに戻っていた。

なにが何やらさっぱり―わからない。

704名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:03:40 ID:Hr4OAbIM
やる夫乙ww

705 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:03:43 ID:TKLH.oso

やる夫はまだまだいい足りな気な顔をしていたが、言葉を飲み込む。

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \                           「・・・」
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

そして普段の憎たらしい顔に戻った。
そのとたん、蒼星石に対する関心が消えたのだろう。
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                           「おう・・・」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

くるりと背を向け、とことこと歩きだす。

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!       「ちょ、っちょっとまってやる夫!」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

蒼星石はやる夫を慌てて呼び止めた。

706 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:04:46 ID:TKLH.oso

くるりと振り向いた顔は悪鬼羅刹。
「めんどくせぇ」と、顔に張り付いていた。

       ____
     /め ん \
   /_ノ ど ヽ、_  \
  /(●)三(●))    \  クルリ
  |   (__人__)  く   |
  \せヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´  え    \

         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽ:`、:::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヾー--ト ,._ヾ:: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|,.-‐'、:l ヽ-ゝ ゝォ=ミ≡ァ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|,ィ= 、\     r::::ハリ イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ-r'っj/!イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|rぅ-'         `.j /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヾ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ       「あ、あのさ」
         ヽ:::::トー`  r 、        ,   /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ    ー'     u´ /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ:::::::ハ `;´  |     |/  __│
.              l::::::ヽヾ`'   u   |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\

707 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:05:08 ID:TKLH.oso
          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|             「ありがとう―」
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

708 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:05:51 ID:TKLH.oso
蒼星石はじっとやる夫を見つめた。
やる夫は考えていることがだだ漏れな類の人間だ。
表情を見ているだけで今の言葉をどう捉えたか、良く解る。

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |              ―最初は身の覚えの無い謝礼に戸惑い―
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |              ―次に考えが纏まり―
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\            ―皮肉を言われていると判断し、ボクを睨みつける―
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

709 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:06:09 ID:TKLH.oso

蒼星石はニコニコと笑っている。
気持ちが、さっぱりしたのだ。晴れやかな気分だった。

     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ     
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ ( __r─-、
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ    )
         |.:::/:::/V,r'"´l/爪、 /,. .:.:::::::::.: 、.::\ (
         |:/^l/ /    ,ィ介〉l/.::/ /  .|.:.:.:.!.:.:.::ヽ `ヽ
         '′ └r-、 /VネV 〉/ /  .:::|.::::::|:::::::.:.:゙.、 ノ
               」::ノj l;ハ」/:,′  .:.::::!.::::::|::::::::::.:.:.リ
            (      `^V/   .:.:.::::::::::::::|::::::::::::::::ト、
             , イト、_ ヽ ,//  .:.:.::::::::::::::::::l:::::::::::::::::i:.:ヽ
            /.:/ .:::( ゙y′  .:.:.::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::::.:.\
            (^ ソ .:.:::::`y' , -─‐- 、:::::::::::::/i::::::::::::::::|::::::.:.:.:.

710 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:06:37 ID:TKLH.oso

蒼星石劇場に次いでの公演は、やる夫の七変化だ。
やる夫をニコニコと眺めながら、やる夫の表情に心の中でセリフを付けていった。

         ____
       /   u \
      /  /    \\           ―あれ、皮肉じゃなかったぞ!なんでお礼言われてるの?―
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /              ―理論再検証。しかし心当たりはまったくないぞ?―
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\               ―あ、わかったぞ!―
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

711 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:07:00 ID:TKLH.oso

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \                      ―こいつ馬鹿だ―
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

思わず噴き出しそうになる。
口角の上がった口元を手で抑えた。

           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/ 
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|    「酷いよやる夫!」
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:l.:.:.ノ`y /.:/.:.ハ.:.l \.:.:V `7.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /.:.:.:l.:.:ト、y'/.:/.:/~i/.:.:l  1.:/`7.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:',
        /.:.::::::l.:「`7 V.:/~~i.:.::/L_ノ/ /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:',
         〈.:.::::::::l.:.:y′/.:/~~ i:.:/ `ー'レイ.:.:./⌒ヽ!.:.:.:.:.:〉
          \.:.:「`ヽ /.:/ ^~7.:/  ノ j.:.:/   /.:.:.:.:/

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |             
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

身体をビクっと震わせて、やる夫が動揺を表に出した。
それは蒼星石の考えたセリフが正しい事をあらわしている。

712 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:08:04 ID:TKLH.oso

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'       「今、コイツ馬鹿だっておもったでしょ」
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    ―な、なんでわかったお!?こいつエスパーかお!?―
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/      (な、なんでわかったお!?こいつエスパーかお!?)
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

自分で考えたやる夫のセリフに、蒼星石は噴き出した。
大笑いする蒼星石を、やる夫は不思議なものを見るような目で眺めている。

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

713 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:09:13 ID:TKLH.oso

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|       「自分に心当たりがなかったとしても、
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ        相手を喜ばしたり、元気付けたりすることはあるんだよ」
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|        「だから、ありがとね、やる夫」
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、                  「・・・」
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

714 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:09:53 ID:TKLH.oso

―正直よくわからないけど、元気がでたならそれでいいお―

くるりと背を向けて、やる夫は歩きだす。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::      \.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......


やる夫の背中を視線で追うと、夜空に輝いてる星が見えた。

715 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:10:03 ID:TKLH.oso

 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′       「―!星だ!」
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂

716 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:10:37 ID:TKLH.oso
再びやる夫が振り向いた。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                              「・・・んなもんずっとでてたお」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


  .'::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …−.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ      「出て無かったよ!今日は出てなかった!」
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \

717 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:11:32 ID:TKLH.oso

何故そんなことに蒼星石がムキになったのか、やる夫には理解できない。
少し驚いた表情を見せた後、馬鹿に教える口振りでやる夫は言った。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \              「たまたま雲に隠れただけだお。星は、いつでも出ているお」
  /(●)三(●))   .\                             
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


    r ' 三三三三三三三三三三三_\
    |三三三三三三三三三三三三三 ヽ
    |/´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `'ヽ 三:::./
   _|, -≡≡≡≡≡≡≡≡≡=_ _、 \:/
 r ' 三三三三____三三三__三三三__ \/
丶三., -‐ ' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐ - 三三ヽ\.
  >':.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヽ,三三 ヽ   「―!」
 /:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.ハ.:.:.:.:.ト 、.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.ヽ,. /
,'.:.:.:./.:.::'___ノ_  | .:.::| 、 j:__jヽ、.:.|.:.:.:.:.:.: !
|::/:/::::/j:/_-_  ヽ :|  _\|` ヽ|:.:. /:.:.:}
l::l/ ォヘく 7__ハ`   ヾ!  フィ::ヾマ |:::/::::.:.,
 イl: ヘ:| ゝ-'        ゞン  ,レ:../.:/
 `|::ハ!///    '    /// /.:./.:/
   ヾ|::ゝ,     r‐,     ノ.:.:/.:/
    ヽ:::|iゞ 、      ,. ィ'ハ:l:.:イ/
    _rYL..,-イ`_ ー ´_j、 レj/|.:.:,'
  /{ヽ/  , ,==ゝr<   \レ,ノ‐-__、
 '三(`,/   //_ノ:ハ!^ヾヽ   |_) 三_ _ヽ__

言葉を無くした蒼星石を冷たい視線で一瞥くれて、今度こそやる夫は立ち去った。

718 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:12:16 ID:TKLH.oso
やる夫が立ち去った後も、暫くやる夫がいた場所を、呆けて蒼星石は眺めていた。

              !          .:.:.:::::::/
             _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
             〈    , - ── ──- 、、    /
            ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
            /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
             /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
           ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′
             i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/
           i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/      
           l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´
             VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
                「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|
             ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!
           _ノ  〃.:.:.::::::.:.`ヽヽl |__
        r '¨´     f(.:.::::::::::::::::::.:.V  `L
        ハ、     f(.:.::::::::::::::::::.:.:に7ニ7ニヽ
        ノ::い     f(.:.:.::::/ .: :.  ``ヽ  。i{
      /.::::人_L_ __」ソ.:.:::/  .:: i::   .:::.\。i{
       `ヽ.:/.::::.`ー'ー'‐'.:.:/  .::::: |::   .:.::::::::::〉!
        ⌒`ヽ .:.:.:::::::/  .:::::::: |:::. .:::::::::/ 1
             ``ゝ‐{  .::::::::::: |::::. .::ィ´   l
             }≧L.:.:::::::::::: L::::く      !
             ノ三三二ニ三三「 `ー--‐'

やる夫と話して、よくわかったことがある。
あれは本物の野球馬鹿だった。

719 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:12:47 ID:TKLH.oso

心の底から野球のことだけを考えている。
自分が野球を上手くなること以外、眼中にない。

  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ

だから、蒼星石の”特別さ”もひたすらどうでもいい。

720 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:16:15 ID:TKLH.oso
    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′      「・・・異常者だね」
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(

その異常性は、蒼星石にとって好ましいものだ。
けど―

        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

こっちが好ましいと思っているのに、
向こうがあれだけ無関心なのは、なんだかくやしいではないか。

どうでもいい―

あの言葉がボクにとって、どれだけ嬉しくて、必要な言葉だったかなど、
少しも理解してないのだろう。

721 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:16:42 ID:TKLH.oso

やる夫とチームメイトになりたい。もう一度そう思った。

.       |、 _ミミミミミミミミミミミミミ彡‐''"」_
      _|  ヽ、ミミミミミミミ彡'''"´ _,.-''彡ミハ
      に_`ミー  ..____,,... -.'彡´ミミ彡'<
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ
.         /:.:.:.にr'"// Z! ト、ヽ .// に:.:.:.:.:.:.:\
.        ,.:.:.:.:r ソ ハ:.ヽ'/ヘ l:.| l:.|// ク、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:.:)./.ハ_/;ス/.|:.|ニノ./ に:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:/:.:.:.:ヽ//_Z/イK/.|:.|_//  Z:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.: \
   ,‐<^l:._,:.-:.、(,.ニー/->''" ̄:.:.:.: ̄`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:/
  「 `ーァ_):.:.:.:.:.:.:.:`ヽィ.ソ:.:.:.:.´:.:.:.:.:.―、`ヽ:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:/
 「二.._),:.: -―--、:.:.:.:./:.:.:.´:.:.,: -‐‐-- 、ヽヘ:. \:.:.:.:.:.:.:.:.ハ\
「 ト rイ:.:.:./´`ヽ、:.:ヽ;':.:.ト、:.:l/      V´:.ヽ:.:.:.\:.:./|ソ /、
リコV:/:./     トヽ:.!:.: |:.:`:|         |:.:.:.:.:.';:.:.:.:.|´   `/。\ュ,、
.イル:.l:ハ      |Y:.:|:. :.:.:.: :|         |:.:.:.:.:.ヘ:.:i:.:|_ イ   ゚ \z
. |ル!:.`ハ.       |:'´:|:.:.:i:.:.:.:.|         |:.:.:.:.:.:.:V:.:「ソ、: : : . ,イ

それには条件がある。

722 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:17:10 ID:TKLH.oso

1軍にあがる必要がある。
さっきの言動で解った。

やる夫がチームと認めているのは、1軍のチームだけである。
ここも、2軍も、チームだと思っていない。

それは間違っていると思うが、少なくともやる夫はそう思っている。

           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ/  \ \\
       /.:::::::::::::::::::::::::::  -┬―  ―-  :::::::::::::::::::::\    \ \\
       \ /.:::::::::  ´/   ! l     \  `ヽ、::::::::::::::::\    ヽ \\
        ヽ _/  / /   /! ト、         \ \:::::::::::::_ヽ   ノ_  ̄ ヽ、
           / l   !/ / l !、 \     !  ヽ ヽ /      冫  >、― \
             ! 、!_l_l∠ _   ! l \ \   !、  l  ハ       ヽ/ _ ヽ/´ `ヽ
          l  l ̄!_‐_-`ヽ、! !  、ヽ ヽ__l_ヽ ! / !        冫´    ヽ __ 人
          !  !  ト、 !イj !ヽ  !    ̄_-ヽ! ∨ /  l        ヽ、    ノ 丿   ̄
          l  ハ. ヽ ゞ= '    ヽ 〃斤j 「>/ ′ /         /  _  ̄ \
            ! l ヽ、\       .    `¬′// / /           / / /_ \  \
              ! !  ト、 ̄    _        _/  / /     __   _! l l /  `ヽ \  \
               !  ! \     `     〃 / ′    /_Y_Yヽ┐    ヽ \
            ヽ!  !   >  _   -‐ ´// /       /      `くム_       \ \
              / Y⌒> ´ .::::::::::::::::::`>―‐ <   /`ヽ/        ヽ-く      ヽ
          ゝ-/ ..::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::: /´ ̄    \        c├く       ! !
         r┘ ′.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /            ヽ       c  !__ノ、     / /
          └/ / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /             c _ ∠ ノ\ ー―‐ /
             !/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/            !_ ∠人ノ ̄\   ̄ ̄  /
            / .::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _          _/_,ゝ- '´   \   ̄ ̄ ̄ `ヽ/
          / .:::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::| :::::::::/ ̄   ―- /              ヽ ___ ノ

ならばやる夫にチームメイトと認められるためには、1軍に上がる必要がある。

723 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:17:39 ID:TKLH.oso

蒼星石は地べたに座り込み、柔軟体操を始めた。
吐いた息は白い、けど熱い。

足を伸ばそうとした時に、夜空が目に入った。

      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
  ::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
  ::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.. ..  .:::.::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
  ::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  。.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . ..:  ::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::。
  ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;w--─--、___:::::::::::::。: . :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::。::::::::::
     _  ___  ____--─ー──~'''~`─-、._,,、w─''"" ̄  ̄ ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;ー-‐''''"~~~
 ─''"~   ̄   ̄    ̄^ー-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,,__,, __            (;; ;: :    ::::
 ::::                                        (;;; .; : :;;;::: ::;;;;;;::::::::::::::
 ::::::::::                                    (;;(;;;;;(;;;;;○;;;;;;;;;○;;;;;::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::                                (;;(;○;;;○;;;;);;;○::::::::::::::
                                           (;;;;○ゞil/;;;;);;;;;)
                                              (;;;;| il|;;);;;;;;;;;

星は、確かに輝いていた―。

724 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:18:37 ID:TKLH.oso

―12月30日 第三練習場―

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \                   「じゃあ、いくお」
      |  U   (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/       「うん、いいよ!」
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」             バッチコーイ!
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |                      「俺キャッチャーなのに、やる夫の球受けるのが蒼星石って
     i      r‐‐人__) .|                       おかしいだろ、常識的に考えて」
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、     
         \      |.i
           |    .   | |

725 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:20:15 ID:TKLH.oso

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }                            <黙れ白チョーク。粉が飛ぶ
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \                                  <そ、蒼星石、おちつくお!
    |    |ヽ、二⌒)

やらない夫が半べそをかきながら右バッターボックスに入り、”お披露目”の準備は整った。
ロージンバックをポンポンと、手の甲で遊ばせた後、やる夫はハッと息を吐く。

          /⌒l
        :{.__, |
          {   |
         }.__, |
    __,/厂{  |、
  __ノ{  、   }ー ,八
  |! 、  |  {.イjj \
 | |  ヽ.___,フツ'´  )
  ヽ.__>ーく_(rへ__,/ハ
   ハ..__,.ィ"丁厂_,ノ ノ :〉              ____
   !ヽニニニニ-tijj":::i:{            /_ノ   ヽ_\
  |i ::::巛'::::::j;彡'::::;':/l         /( >)  (<)\
   :|!('.:::::::::jj彡'::::/人      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
   ヽ_'ー--一__''ニ´ くヽ \ー-、  |     |r┬-/      |
    /´「`广 ̄:::彡::  l }  j}ヽ、\\     ` ̄'´     /
  /..:f}!!   :::三::  ! ' ,ハ  \,,> \      ,. -‐'"'´~'''
_/ .::;i}!}|!    ::三::.. :.  j:: ;    (⌒!ノ ミ.  ̄彡 !h´.,.,;.;';;'';:';'';;.;.,
{ .::;}}i}人`    :::三ッ川:..{:. ;    jlY^) ミ....::彡 rj^),;'';:;':;;';.:'':;':;'.;.;

マウンドで、やる夫がゆっくりとワインドアップの体制に入る。
身体が膨れ上がって見えるような、威圧的なワインドアップモーション。

726 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:21:28 ID:TKLH.oso

蒼星石の期待も、同じように膨れ上がっていく。

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

やる夫の本気の投球を見るのはあの日以来だ。
参考までに少しだけ見てもらいたいと、
本人から言い出した”本気投球、初お披露目”だった。

自信がなければ言うやる夫ではない。
蒼星石はそう思っている。

727名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:23:55 ID:PqhM7bpg
あれ?サイドスロー転向したんじゃなかったっけ?

728 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:25:29 ID:TKLH.oso

やる夫の左足が上がった。

やる夫は左足をサイドに大きく踏み出し、そこから身体を急旋回させる。
巻き込むように横から右腕が身体についてきて、少し遅れて肘、手首が段階的にしなる。
そしてリリース。

      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク
  }         \_/   /   ___
  {   ─、,_   !   、!  /     \
  ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (●)  (●) \
    ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/
          ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

ボールはやらない夫めがけて飛び出したようにみえた。
思わずやらない夫がバッターボックスを外す。

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

729名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:26:44 ID:68e9.Nho
サイドでも振り被る投手は少なくないぞ?

730名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:27:09 ID:4OS1HYac
>>727
セットポジションじゃないってことだろ。ワインドアップってのは。

731 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:27:09 ID:TKLH.oso
ボールは科学反応のようにに変化を加えた。

                          / .                                ,ノ/
                         / /                                ,/ノ゛
                     / ./                                ノ./
                    /  /                                 / ./
                      /  /                                     / . /
                 /  /                                 /   .′
                ,ノ゛ ./                                 /    /
               /  ./                                   /    .l
              /  ,i′                                  /      l
               /  ./                                   / -、     l
              ノ, 、'"                                    ‐./   ヽ     l       ,
             /./                              / /     .l    .l          /
         ,r.゙‐'゙,i                              ,/ /      .|    .l      .,rソ゛
            ン.'i "                               /  /       |     .\__,.,,..‐ン"
          / /                                /   ./      │        /
       ,.!-‐゙,i'                              _....、    i′      /       ,/
      ./ ,, 、."                         、y'"  . !   /       .l゙     . /
     /'" ./                         //゛    .l   !       /    ./
    ./ _/-                       / . /      |   /      ./   . /
    r'"゛  l                        ,/゛  /      !   ./     ./ . ,/
   ./.,, '"゛〉                      ,..ニ,    ./      i′  !、  .,./ /゛
   /゛ ../ .                ,、.'゛  . l   .l゙      /    `'''''' /
  " ,..‐゛ |               ,..‐'./     │  .!      /     .,/゛
 .、゛゛ .,, ‐.''':           ,..-'´ ./      ./  ./     ./    .,/゛
 l゙ /  ./         _..;;./    /       !   !     ./  ,/゛
. `,i`   ./ ヽ _   ,... ‐'゙/ │  ./       !   .l   ./ /
..,″  ,./  ,r'" . l .゛   ./    .l   /      /     .`''_シ'´
..′,/  ./    |   ./     /   l゙      /    _..-'´
.i`゛  ./     ′ /     /   .|     ./  ._ /

蒼星石の耳に、カン高いボールの回転音が聞こえた気がした。
やらない夫の身体に当たるかと思われたボールは、グンと曲がって蒼星石のミットをはじいた。

732 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:27:59 ID:TKLH.oso

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                           「・・・なんだ、今の。
  |     |r┬-|                            ボールは、どこいっただろ。視覚的に考えて」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

唖然とした表情でやらない夫が言った。

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}          「コース的には、アウトローだったよ・・・」
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

呆然と、蒼星石が答えた。

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |                            「なんだ・・・と!?」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

右打者にぶつかるかと思われたボールが、アウトコースまで変化していったのだ。
すさまじい変化量だった。

733 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:28:36 ID:TKLH.oso
        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |                「いまのは、スライダー?」
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。              「そうだお」
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l

誇らしげに、やる夫が言った。

734 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:29:36 ID:TKLH.oso
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                         「あ、あんなスライダーみたことないだろ!
  |     |r┬-|                          高校野球界的に考えて!
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|        「凄い― 凄いよやる夫!」
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \                      「ほ、ほめられたって嬉しくないんだからね!
 /    _ノ 、_! ヽ  \                      本当なんだからね!」
 |      トェェェイ     |
 \     ヽニソ    /


やる夫は満面の笑みで嬉しそうである。

735 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:31:11 ID:TKLH.oso

    r ' 三三三三三三三三三三三_\
    |三三三三三三三三三三三三三 ヽ
    |/´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `'ヽ 三:::./
   _|, -≡≡≡≡≡≡≡≡≡=_ _、 \:/
 r ' 三三三三____三三三__三三三__ \/
丶三., -‐ ' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐ - 三三ヽ\.
  >':.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヽ,三三 ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.ハ.:.:.:.:.ト 、.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.ヽ,. /           「でも、本当に凄いよ!
,'.:.:.:./.:.::'___ノ_  | .:.::| 、 j:__jヽ、.:.|.:.:.:.:.:.: !              まだサイドスローに転向して2週間なのに!」
|::/:/::::/j:/_-_  ヽ :|  _\|` ヽ|:.:. /:.:.:}
l::l/ ォヘく 7__ハ`   ヾ!  フィ::ヾマ |:::/::::.:.,
 イl: ヘ:| ゝ-'        ゞン  ,レ:../.:/
 `|::ハ!///    '    /// /.:./.:/
   ヾ|::ゝ,     r‐,     ノ.:.:/.:/
    ヽ:::|iゞ 、      ,. ィ'ハ:l:.:イ/
    _rYL..,-イ`_ ー ´_j、 レj/|.:.:,'   <キュン!
  /{ヽ/  , ,==ゝr<   \レ,ノ‐-__、                     エナニコレ、イケメン?ヒロ=ミズシマ?
 '三(`,/   //_ノ:ハ!^ヾヽ   |_) 三_ _ヽ__

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |                        「俺達本気でいってるぜ!
  |    |  |⌒|  |                         これならいつでも1軍で通用するだろ!」
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ  
   / ノ,,ノ    |
   |        | <キュン!
    |       |                                   エナニコノイケメン ケント=ハンダ?

736 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:31:42 ID:TKLH.oso
       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \                      「それはないお。馬鹿いうなおやらない夫」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}     「そうだよやらない夫。馬鹿なこと言うなよ。
           |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′    やる夫に失礼だろ?」
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

        ./ ̄ ̄\
      ./      \
      |     ー  ‐ i
      |   ( ●) ( ●)
      |     (__人__)
      |      `⌒´i
      ヽ.       ノ                    (俺、蒼星石になにかしたかな・・・?)
       ヽ     ノ
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)

737 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:32:49 ID:TKLH.oso
       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \                    「変化量は、それなりだと思うお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ                    でも、コントロールが正直やばすぎだお。
  |   (__人__)( /   〉|                    どこ飛んでくかわかんねーお。さっきのはまぐれだお」
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

やる夫は、淡々と述べ始めた。

       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\                   「しかも、やる夫はこれしか投げらんねーお。
    /    (ー)  (ー) \                   ストレートは全然球威がないし、
    |       (__人__)   |                  カーブもサイドになったらなげられなくなっちまったお。
    \      ` ⌒´   /                  正直ワンナウトも取れる自信は無いお」
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

そういうわりに、やる夫はモジモジと、落ち着きなく体を動かしている。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|                      「でも・・・」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

738名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:34:44 ID:q7YqSNqs
今すぐやる夫はベイスターズの中継ぎに加わるべきだろ・・・投手不足的に考えて

739 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:35:25 ID:TKLH.oso

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                   「プロで戦う、武器は見えたお」
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

やる夫は、珍しく快活に笑った。

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|        (本当に、凄いよ。)
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

やる夫は、東方不敗やカズマに言われたことをきちんと実践して見せたのだ。
例え他の球全てが悪くても、1点ずば抜けていいものがあれば通用する、無理やりにでも武器を作れ―

その言葉を信じて、無理やりに武器を作って見せた。
それもこのわずかな時間で―

740名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:36:15 ID:vuzycgm.
何で555とカブトwww

741 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:36:52 ID:TKLH.oso

―つくづく、刺激になる男である―

  l 二 /   / 二二二二二二二二二二二_j__ l二!
  l二/   / 二二二二二> < _  \   ヽ ̄ヽ}
  lニ′/ 二二二二> ´_         \   V  ハ
  {' / 二二二> ´ヽ、    `  ー-     `丶   V  ハ
  / 二二二/    \    _  \   > _ ヽ、 Vi !
. /二二二/ {  \  ` ー __  >く  ヽ. \  _\ Vj
 { ニ二二ハ  \  ヽ     ̄7´三≧壬¬ト、 \ `Vl
 i 二二{  l   爪 、  ` <二 77rf'う:::i } _  l\ ヽーミ、
     i i    ト、_〉f> 、` <二′〈:t_シ'´  l   、 V l `
     l |  '.   l\孑㌣ ー  ̄ ̄  ̄     } !  \}\}
     l l 、 ヽ K'_ノ ハ             lイ  .ヽ ヽ ヽ        「よし、ボクの球も受けてよ!」
      、 \ 厂ヽヽ- '′ i           ハ  :!、  ト、 ヽ
      \  V、 ヽ       .. -     / !ハ l } l ヽ ',
          ヽヽ \          /  l厂l l l !  } !
            \` ー二 ─_--- ∠─- 、!、、V } .「  .j/
             _rv≠ ¬:.:.:.:.:.〉了f>、rf= 、ヽ、_ノ__
             (ノ.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:乂__ハ\Vハ、\>f千く ーッ、
             ,r 1:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.(_人  Vハ {:i:「ハハ \v〔:.ヾ
           { イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v:.:.:.:.:.:.:.f⌒{  ∨_シiハ__ハハ-' }ノ:.:..}
           厂!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:i、__j、_  ̄ l:::トr_小ハ ヽf〈ヽ
           ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:/:.:.l:.:.:.`Vi   l:::l vハ }、V V-'.
           /.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.!:.:.:.r' {、   !::l  V } }ヽヽヽj
           .:.:.:{_:.:r‐、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v:.:.:.:l:.:.:.ゝヘ 〕  L:!  v_、'、 ヽVfヽ
          i:.:.:.ヽj  i`  、:.:.:.:.:.:v:.:.:!:.:.:.:.:.〈 '、__  _ v_{fハ ` V^!_
          ゝ丁´  /    ̄i ̄ハ:.:j:.:.:.:.:.:.:.く__r:.X_ >'_ Xくゝ-vく  )

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\                      「お、やる夫のすぐ後に投げていいのかお?
    |    (⌒)|r┬-|     |                      自信喪失しちゃうお?」
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

珍しくやる夫の口から軽口が飛び出した。

742名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:37:28 ID:jeU90meU
サイドスローで投げられる球種って後はなんだろ
シンカーとか?

743 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:39:26 ID:TKLH.oso

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !             「そうだね、そうなるかもね」
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |


             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。                  「お?珍しく殊勝だお?」
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ


           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!            「そうなっても、それもまた勉強だろ?」
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

蒼星石も、もうくだらないことを考えるのはやめることにした。
そんなことを考えては、あっというまにこの男に置いてかれるだろうと思うのだ。

744名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:39:54 ID:ECvtJe.o
サイドでナックル投げるととんでもないことになるという話は本当なんだろうか?

745 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:42:43 ID:TKLH.oso

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\                          「・・・なんかあったのかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                         えっらくポジティブだお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

ヽ      /     /. \ \ \\\\\ \ '、
  \ /     /\\ \ \ \\\\.ヽ ヽ∨
   /     /\\.\\ \ \ \\\\\ V
  く     /l ト、\ヽ \\\ \ `x.^\\\ヽ.ヽ ',
   \   /釗| | .ト\\\\\\/ ,. -‐.┐、\ヽ\ ',
.      \/ /.l l//ハ\\ヽ \ヽ `  ィ{:;{i:;jリ.j | | ! | l\}        「あったよ。
      ∨| l|l|l,.. -‐\\ヽ\. ′ヾ`ニ′ハl | | |∧|         今は、全部上手くいく気がしてるよ」
.         '、.{. ! | | | _ z.-‐-、          //l l | |  }
         \| i ||弋{:{i:;jリ.j     、     /'./| l | |
          i\l i \`` ‐′   _,.. '    / .| l l釗
          |  |\ \\         /  ! l | ー─--
           i  {   \ \` ー----、‐‐´   / |
.          \__   \ \\,.'´ ̄ `ー 、r′
              / ̄ \ \    _, イ.{iー-、


何か起こしたのは君だよとは、流石に恥ずかしくていえなかった。

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |                          「・・・なんでだお?」
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

746名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:43:18 ID:PqhM7bpg
サイドスローで投げられないメジャーな球ってフォークくらいじゃないかな?
ナックルはよく知らないけど、カーブ、スライダー、シュート、シンカーは投げれるはず。

747名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:44:28 ID:YtWdGBqg
シュート・パームとか有名じゃね。<サイドの変化球
オーバースローで投げられる球はだいたい使えたと思う。

748 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:45:04 ID:TKLH.oso

            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/              「知ったから、かな?
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \               それにそれは君が教えてくれたんだ」
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

749 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:45:20 ID:TKLH.oso
''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|                 「・・・」
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

750 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:45:50 ID:TKLH.oso
--------------------------------------------------------------------------------------


星は、いつでも輝いているんだってさ―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第3.5話 蒼星石とやる夫 終

751 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 03:46:41 ID:TKLH.oso
投下は以上になります。
ご観覧アザーした!


度重なる投下の遅延失礼しましたー

752名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:47:14 ID:68e9.Nho
乙乙

753名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:47:15 ID:PqhM7bpg
乙。
そろそろ寝ることにする。
こっちも仕事で昨日は3時間ほどしかねてないから
ぼちぼち限界です。

754名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:47:23 ID:C65JgY6Y
乙っした
今回も面白かったです

755名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:48:13 ID:E4SmtDxc
このスレ見ると「将来の夢はプロ野球選手」だなどと夢を語っていた時代を思い出すわ



756名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:48:48 ID:YtWdGBqg
遅くまで乙っした。
>>750で思ったけど、星と蒼”星”石でかけてるの?

757名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:54:20 ID:2aBoJqlM
乙ーッス。
とても面白かったです。
お仕事大変そうですが体に気をつけてね〜

758名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:58:43 ID:Hr4OAbIM
乙でした
蒼い子はてっきり男の娘だと思ってたぜww

759名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 03:59:11 ID:m1uuCO2M
乙ー

しかし、このやる夫…東野圭吾の「魔球」の主人公を思い出した
あの主人公も、孤立気味の捻くれ者だったな。実力的にはできる夫に近かったけど

760名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 04:07:52 ID:JqgVhLdg
乙でした



やらない夫イキロ

761名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 08:45:56 ID:SvEusvJI

蒼が女だったとは意表つかれた

カーブが無いなら
しょぼくてもシンカーが欲しいなぁ

762名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 09:03:49 ID:UuAtKUR.

蒼い子は男の娘じゃなかったのか…

763名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 09:58:44 ID:wzlmf6Ic
遅くまで乙でした

寝落ちしてしまったよ

764名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 12:29:34 ID:g7wuXFGU
面白かった。
しかし前回の投下とは裏腹にやらない夫の扱いがひどすぎて吹いたw

765名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 13:06:59 ID:qmnBDMZA
ない夫さんの精神を鍛えるという意味では
蒼い子のこの仕打ちは役に立っているといえなくもないw
いいぞもっとやれww

766名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 13:15:33 ID:CIZw/4VY
おぉ作者はキャットルーキー好きか!!
あれ名作だよな。16巻は今でも俺はよく読むぜ。

期待してるんで頑張ってくれー!!

767名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 13:20:38 ID:g7wuXFGU
野球漫画と言えば県立海空高校野球部員山下たろーくん という少数派の俺だが、誰か知ってる者はいないかね?

768名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 13:35:20 ID:UuAtKUR.
>>767               \ここにいるぞ/

769名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 14:42:07 ID:ssodVMvk
おもしろいなー

770名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 14:44:42 ID:EZ6mtMnU
>>767
何故か知らんがうちに一冊だけある。結構面白かったなー鼻血出してバッターボックス立っちゃいけねーのか
って審判にキレてるのがつぼった

771名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 14:59:20 ID:7ebbV3LM
やらない夫は今後こういう扱い?

772名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 15:12:58 ID:gdhBU3t.
今日はメインじゃないからだろ。
きっとまた出番があると思うよ!よ!

773名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 15:20:21 ID:HK6NfEu.
変則投法・ノーコン・武器はスライダーで有銘兼久が頭に浮かんだ By楽天ファン

774名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 15:25:19 ID:7i07GNo2
乙 乙。
698のやる夫が何か好きだw

サイドでスライダーが武器なら、ワンポイントとしては使えなくもないかな。
可能ならシュートを覚えて、東尾みたいな喧嘩投法でいければヨイよね。
性格的にもぴったりだし。

「デッドボールは避けられない打者が悪いんだお」
……うん、平気で言いそうだ。

775名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 16:13:04 ID:PqhM7bpg
フォームがサイドスローになったばかりだから投げられなくなった球があるわけで、
このまま球種が増えないことはありえないだろ。
困難でも血のにじむ努力で大体の球は投げれるようになりそう。

776名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 16:36:58 ID:vfkUEEow
>>774
ベテランの選手に「おっさん、インコース避けられないんだったら野球辞めちまえお」

あれ?孫…六?

777sage:2009/11/07(土) 16:47:53 ID:hDo.FVt2
>>774 
いいね、イメージピッタリだ。
左バッターにはプレートを目一杯使ったクロスファイヤーをインハイに
容赦なく投げ込んでやるとかww

蒼の子は山本(昌)ばりのスクリューとか面白そう。

778名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 17:05:51 ID:jh/d8nNQ
スクリューボールというとカムストックを思い出す俺はオッサン

779名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 18:37:33 ID:kFegFBKA
サイドで打者が当たるかと仰け反る殺人スライダーと言えば
ウィリアムスが思い浮かんだ、右左逆だが        By阪神ファン
なんでジェフ退団させちまったんだよ……

そういやトラキチって言葉があるってことは
架空の球団はVIPスターズだけで他は現実通り存在するんだろうか

780 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 18:59:44 ID:TKLH.oso
>>皆様
アザーーーーッス!!

投下後、速攻寝てしまったのですが、あんな時間まで見て下さっていたようで、
正直感動した!

後、亀井のプレーはギャンブリックだったとおもう。
フェイント入れられたらアウアウだし、2アウトなんだから、別に2塁でもよくない?

・やらない夫の扱いというか、各人の扱いはきっちりやってこうと思ってます。
 タイトルに入ってる名前のキャラ、タイトルにはいってる名前で、○○と○○の前に入ってるキャラは
 補正をかけるってスタンスです。

・蒼の子女は野球漫画のある意味定番モノってことでちょっとやってみたかったです。

・やる夫が今後使う球種は一応決めてます。やっぱサイドスローといえばあの球じゃないっすかねw

・キャットルーキーは、プロのリーグ全体を描ききったって点で超名作だと思ってます。
 あと、ストッパー毒島とか?

・山下たろー君だけでなく、ちんちんに毛が生えていないやまだたいち君もお忘れなく。

781 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/07(土) 19:06:01 ID:TKLH.oso
>>779
ジェフはかなり意識しています。
日本現代野球のサイドスローで、一番活躍したサイドスローの選手なんじゃないっすかね。

仰る通り左右逆なのですが、左打者に対して絶対なものがあるピッチャーですよね。

782名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 21:15:24 ID:jdOLlxXM
サイドスローの「あの球」と言ったら、あの厨二病っぽい名前のアレかw
調子いい時のジェフのあれは打たれる気がしなかったなぁ…。
今度来る外国人もいい投手だといいな。
城島がどうリードして行くのかも見ものだ。

783名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 21:45:38 ID:yeDiLcLk
>780
>1にはいいものを読ませてもらってるわ。
楽しみにしまくってるのでこれからも無理せず頑張ってくれ。

あとキャットルーキーで一番熱い漢はイブさん。
異論は認める。

784名無しのやる夫だお:2009/11/07(土) 22:36:14 ID:E4SmtDxc
>>781
いや、さすがに現代野球のサイドで一番活躍したは無いでしょう
斎藤雅樹というピッチャーがおりますから…

785名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 10:09:03 ID:fCZD4qi2
斎藤雅樹は今考えるとチート臭いからなあ。21世紀に入ってから変則フォームで
活躍している先発って言うとハムの武田勝かマリンの俊介ぐらいだし。

786名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 10:29:14 ID:eh.vvm.U
山本昌は変則に入らないの?

787名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 10:31:18 ID:Q4pqaxnE
>>785
サイドやアンダーにこだわらず変則フォームで活躍してる先発ってだけなら他にも結構いる。
多田野なんかありえないフォームで投げるし。

788名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 16:42:02 ID:sUCGl5C2
斎藤雅樹を『現代野球』の括りに入れていいものかどうか……と思ったが、引退したの21世紀になってからか。パネェ。
イチローなんかもそうだけど、時々チートなスポーツ選手って出現するよね。

サイドの選手が活躍しにくいのは、右対左・左対右でリリースポイントが見やすいからかなー。
斉藤、ウィリアムス、高津……皆日本球界からいなくなったか。寂しいやね。

789名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 17:21:38 ID:3qCC5g4Y
館山のことも思い出してあげてください
サイド(スリークウォーターとの意見もあるが)で最多勝獲ったんです

790名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 20:59:09 ID:fCZD4qi2
>>786
マサは変則って言うか、まさかり投法とかトルネードの仲間だろアレ

791 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 22:53:52 ID:s9glR65E
かけたー。

今から見直しますが、大幅なテコ入れが無い限り、23:30から投下できそうです。
よろしくお願いします。


>>784
現代って言葉を現役+ここ2,3年って感じで使ってます。
斎藤雅樹は、近頃の高校生だともう知らないっすからね・・・

現代って感覚があんまりないです。


>>789
館山みたいな、スリークウォーターの低い位置から投げる選手と、
ウィリアムスみたいな、サイドスローの高い位置から投げる選手って、
正直どっちとも取れる気がします。本人次第?w

>>786
>>790
マサはフォームがクソかっこ悪いだけで、普通のオーバースローだと思いますw

792名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:07:27 ID:LBqkJqc2
>>791
>現代って言葉を現役+ここ2,3年って感じで使ってます。
>斎藤雅樹は、近頃の高校生だともう知らないっすからね・・・

なるほど
こういう言葉を聞くと自分が歳食ったなあと思う

当時阪神ファンだった身として
阪神戦で斎籐が先発すると聞いた日は「今日はヒット何本打てるかなー」ってレベルだったなあ

793名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:11:23 ID:oh0BMpWs
なんだとー、これは全裸待機。

794 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:11:28 ID:s9glR65E
>>792
同感です。
大学の頃バイトで巨人ファンという子達に会い、斎藤を知らないってことに
愕然とした記憶があります。

自分も巨人ファンではなかったので、
斎藤のローテーションが好きな球団の試合日に重なるのが恐怖でしたw

795名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:17:21 ID:jyA88mb6
よっしゃー
期待して待機

796名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:17:27 ID:Far4Buc.
半裸待機

797名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:29:07 ID:LBqkJqc2
アンダーシャツとスラパンで待機中

798 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:30:58 ID:s9glR65E
投下開始しマース

799 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:31:31 ID:s9glR65E
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第4話 「やる夫と2軍紅白戦」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

800 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:31:55 ID:s9glR65E
―2月中旬 沖縄 那覇球場―
            /´ /;イ: : : ! : : l: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : l、 : : : : : : ヽ: : : : : :
             // /: : : :l: : : :l: : : : : : : : 、: :ヽ: : : : : : lヽ: : : : : : : l: : : : : :
            /'´  /: : /: :!: : : :l: : 、: : : : : ヽ: : l: : : : : : !: ヽ: : : : : :l: : : : : :
           /'    ./: : /l: : l: l: : : ',: :ヽ :、: : 、:ヽ :l: : : : : :l\ヾ、: : : : :ト、\: :
               l : /イ: : l: :l: : : :l: : ヽ \: \ヽ! : : : : l\ヽ:ヾ: : : : l、: : :\
               ,': :/ l: :/ヽ:ヽ: : :ト、 :、: : :_ :\ヾ: : : : l : ヽヽ:ヽ: : l:l:\: : :
               l /  l: /: :/l、ヽ: : l>、\\:ヽ: :\ヽ: :l: : : lヽ: : ',: : l:', : :>
               l:l  l/: :/: l: ヽヽ ','´L__ゝ_≧:ヽ: l`:\': : : l: :ト: :l: :!.l !: : :
               !l  /:/ヽ: :l`Уヽ:ヾ'´ {泌、イ \ヾ,: :/`\:!: :l: :λ!: l !l,: : :
               ! /:/  ヾУ  \ヽ. ̄´`ヽ  l`メ: : : :メ、l: :/ ヾl:トリ}: : :
               ' /'    /     ヾ    `  l:/l: :>: l: /:/ ( ゞl ノ!: : :
               ,--=‐ 、.  ヽ      \    /イ l: : : : :l:/' /イ>.7: : :
               / , -、 ̄ヽ\ ヽ         /'  l: : : : :l/ r-イ´ l: :l:ヽ: :
             , -' ´  `>'ヽ、_`ヽ _        l: : : : /イ    .l: lゝ/
             l  ,/' ´ /`丶ニ,〉` ̄`       .l: : : :/'     /!´
             l /  /y'´ ̄:: ̄:::丶         l : : /     /  l
            .〈   ヽ':::::::::::::::::::::::::::::',_ _ , <:::ィ: : /    /
             ` 、 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-‐匕ヘ l: /   /       /
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::h!   .乂、 ./        /
                ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  />'´         /
                 `> 、::::::::::::::::::::::::::// >'´λ‐-、        /
                    <::::::::::::::::::::::/' /   l ヽ \     ./   /
                    /:::::::::::::::::::::::/'´   _」 -十―-ヽ   /  ィ/::
                   ./::::::::::::::::::::::::/、    \ -‐ ヽ   \ / / /:::::
                  /:::::::::::::::::::::::::/  \   .lヽ  ヽ   ∨ / /::::::::
                  /::::::::::::::::::::::::::/::\  ヽ lヽ ヽ.  ヽ   / /:::::::::::
                 ./:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::l\ ` ヽ. ヽ_ ! '   /::::::::::::::
                /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::l:::::\ ,ヽ. y !  l    /::::::::::::::::

那覇球場のスタンドから、古泉一樹は一人の選手を眺めていた。

                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\  ツゥー!
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /

見たことの無い若い選手―おそらく新人だろう―が、熱心に投球練習を続けいた。

801名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:32:09 ID:AgacA/mk
キター
最近これ楽しみなんだ

802 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:32:40 ID:s9glR65E

   i: : : : : : ;;;;;;;;i     i : : : : : : : : : ;;;;;;,, : : : : : : : : : :
 .、  .i : : : : : ;;;;;;;i     i : : : : : : : : : :;;;;;;;, : : : : : : : : :
 ヾ;、 丶: : : : ;;;;;;;;i      i : : : : : : : : : ;;;;;;;;,, : : : : : : : :
   `、丶: : : : ;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;., : : : : : : :
..i`.、  ヽ丶: : : :;;;;;;;i      丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;,, : : : : : :
...l b:`:.、i. 丶: : : :;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
 l.t:::ty:l 丶: : : :;;;;,,i_, - ‐=======ッュr。_:_ ;;;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
  ``ォ;;;j|  丶: : : ::;;;i : : :ェォ=- :\ : : : :  ̄: ̄;;;;;;;;;;、;;;;;;,, : :
.    ;l   丶: : : :;;i: : :": :    \: : : : : : : : ;;;;;;;;l:\;;;;;;,, :
\   /   .∧: : : ;;i: _ィェェ、_      \: : : : : : : :;;;;;ヽ: :\;;;;;         ジーーーー
  .\/   / : :ヽ: : :;;i :-`´`≡ョ、_     \: : : : : : :;;;;ヽ: : :\
   \  /: :  :ヽ: : ヽ : `、  |;;o`k‐y-r,,,,_`__、: : : : ::;;;丶: : : :
  .  `<: : :  : ヽ: :ヽ    ヾ、.ヽ;;;ヽ`' ノ;;;;'-'''''':\;;;; : : ;;;丶: : :
     ヽ : :  : 丶::ヽ    ` ` ー`´." : : : : \; ; ;;;;丶: : :
` 、.     ヽ: : :   丶ヽ      : : : : : : : : : \;;;;;;;丶: : :
. `、:.    ヽ: : :   丶、        . : : : : : : : \;;;丶: :
: : ヽ:.    ヽ: : :    丶、     . : : : : : : : : : : 丶`、: :
: : ヽ::.    ヽ: :      \ . : : : : : : : : : : : : : :  `: :
: :  :ヽ:::.    ヽ: :    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
`ヽ、:  :、::..    ヽ: :  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   `ヽ、、::..     ヽ、: . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

1球1球噛み締めるように投げる投球に、雰囲気がある。
存在感のある選手だった。2軍の、名も知れぬ新人だというのに。

803 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:32:58 ID:s9glR65E
           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !              「早いな、古泉」
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` −''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._

声がかかり、初めて2人の男が近づいていたことに気付く。
随分と、古泉はあの投球に見入っていたようだった。

804 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:33:24 ID:s9glR65E
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !                 「何を熱心に見ているんだ?
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |                  ・・・なるほど、イイケツじゃあないの」
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

同期のキョンと一緒に近づいてきたのは先輩の阿部だ。
阿部はゲイである。

           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i| ゾワワッ
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!

805 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:33:48 ID:s9glR65E

                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ           「それもありますけどね。
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/              見てくださいよ、彼、随分珍しいフォームですよ」
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'       ニジリ,ニジリ


        / /:/: : : : |: : : /l: :lヽ: : : ::!\: : ::|ヽ: : : : ヽ: ヽ: : : : : : : : : : : |: : : : ::!j
       ∠-イ: :|: : |: : |: : :/ |: i ヽ: : :|  、: ::i \: : : :|、: ::|: : : : : : : : : : |: : : : ::l:ヽ
         |: : |: : |: /|: :/ i::/  丶: :|   \:|  ヽ: : | |: :|: : : : : : i: : : : !: : : :!: !: :!
            !: : :|: : ;V |::/  レ゙    ヾj     ソ   丶:| !: !: : : : : /: : : : |: : : |: ::|`j
         |: : ::|: ::/ ,-―-、     、_    ___ ∨  リ: : : : ::/: : : : :/: : : |: ::i
         |: : ∧/ヽ  _ 丶    ` ̄´__    `    !: : : :/: : : : : :!: : : :| :/
         |: /|: : : :i 、___         ´_____      |: : :/: : : : / /: : : イ|:|
         |/ ヽ: : ヽ. 弋r:)`,        '弋rツ::)``      |: :/: : : : イ /!: : : / リ
            ヾド::!   ̄         ` ̄ ̄       / /: : : :/ リ |: : ::/    「どれだ・・・?あの15番か?」
            リ ヾj      !              ソリ!: : : /) /  !: :/     
               |     /                  |: : /  ノ ./: /
                   !    /                     |: / ̄´/: :/
                、  ヽ                     |/_/:/;/
                ヽ                 /´ /: : : /:/
                    丶  、_ __        /  /: : : :/V
                     \  、_ `     /   //!: : ::j
                     ヽ       , イ     / ! :/ リ
               / ̄< ゙̄`|゙ヽ _ _  "        |,j |
                 /    `ー‐ヽ、             | リ\
               i         ̄`― 、___    |    \        チカヨルナ,イキヲフキカケルナ
          __/ {___                `ヽ  |       \_
         ノ      ヽ \             /⌒| .!           ̄∩

投球練習をしているピッチャーは3人ほどいたが、横投げは一人だった。
横投げというだけではない。妙に目に付く選手がいた。

806 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:34:20 ID:s9glR65E

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|         「・・・右のサイドスローは別に珍しくないが、確かに変わってるな。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|          何か違和感じみたものを感じるぜ」
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\


     /.:イi:.i:.:.:.!:. i:.::.:.i:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ 、:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     !' /:.:!:.!:.:.ハ:|、:.:.:|\:.:.: |:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:. l 丶:.:.!:.:.:.:.:. ハ:.:.:.:.:.:.:.:l
      |:.:ハヘ:.:l  :! \! _ ヽ: l:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.ヽハ:.:.:.:./:.:l:.:.:i:.:.:.:.|
      |/ |:ヾ!    ´   `:!ヽ:.: l:.:.:.i:. i: !⌒ 、:.:.V:./:.:.:l:.:/l:.:.:. |
           Ⅵ  /  _      Ⅵ:.:.:.|:. Ⅳ⌒ヾ、:.:!/:.:.:.:.!:':. |:.:.:.:l
          ヘ´,イヽ /     !ハ:.:l:.:.| ヽソ .}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!∧:!
            !  ゞ '       '  Ⅵ: l ) ! ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / }'    「・・・ここからだと遠いな。
.           /              !:./ ´ , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l       グラウンドに行けばもっと解りやすいんだろうけど」
.         /             !:' ┌┐:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧!
          丶              ./ : |:.:.:!:.:.:.:. i:.:.:.:.l
              ヽ    _          . :: : l:.:ハ:.:.:.:|:.:.:. l
              `┐´         . : : : :  V  \:.!ヽ:.:!
             ヽ´      . : : : : : :        `__Ⅵ=、
              i    <ヘ : : : : :    . . :´ : : : : : : l
                 ̄     ヽ: : :   . : ´: : : : : : : : : : :ヽ
                    ..‐ヘ : . : ´: : : : : : : : : : : : : : ´\
                  /: : : / : : : : : : : : : : : : ´: : : : : : :.\        
                 /: : : /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ
                   |: : :./: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : !


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|                「ね。なかなか興味深いフォームでしょう?」
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ       サワサワ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

阿部もキョンも、15番を背負った見知らぬ選手に釘付けになる。
流石に2人もプロだな。古泉はそう思う。

807 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:35:00 ID:s9glR65E
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ                    「・・・結論が解ってるなら聞かせてもらいたいじゃないの」
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


              ____
             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
           /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
         , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.
         /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
        l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.           「球の投げる位置が珍しいってことなんでしょうね。
        j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ             僕が勝手に思っている、サイドスロー論なんですが、
        /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙処ニ:::::::| ヽ.           少しお付き合いいただいていいですか?」
        ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l
         ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/
         ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|
          |フ入     l    ー'ィ'ヘl
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }                  ナデナデ
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /

阿部もキョンも承諾の意を返した。

808 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:35:40 ID:s9glR65E
                ____
                , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
              /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
            , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.
            /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
           l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.
           j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ       「サイドスローのピッチャーというのは基本的に9パターンあると考えています。
           /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙磷:::::::| ヽ.       腕の高低が3通り、どれだけ横から投げるかが3通り。
           ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l   __`ヽ、Y、:::l          3×3で9パターンってことですね」
            ヘ::::|// .ム-,..,.j  ´ ` ノヘ:/
         _   ノイ.ヽ! ' ' !      , ィ'|
       /   `ヽ   フ入      ー'ィ'ヘl
       i::.....    ;\...-ー 、 /⌒ヽ _ノ、 `
       ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、 ヽ
         / .ソ'    : /::.   /::  〉  }
        / ,... i:.       :,'::.   /::  ./ヽ. j               ツマミツマミ
       /, '´   |::       |ヽ.:..    :':://
      //      !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ ./〉
     j j     ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/    ,._ll′
     l |    :i   `ー::':.:.::.:.:./      /

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|              「腕の高低ってのは解るな。
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ               メジャー流のスリークウォーターに近い位置から投げる型。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ               日本流の横から投げる型。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ               そしてこれも日本流の、アンダースローに近い位置から投げる型だな?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

809 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:36:23 ID:s9glR65E

                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|     「流石阿部さん。解説なんていりませんか?」
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、            ベタベタ
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //


        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l          「どれだけ横から投げるか・・・か。いわれてみると思い当たるな。
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/            ・普通に立って投げる型。
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i            ・横に踏み込んで投げる型。
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ.             ・極端に横に踏み込んで投げる型。
     ハ   `    | .| l .| |ノ             ってところかな?
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |

810 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:37:22 ID:s9glR65E

            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   「・・・本当に解説がいりませんでしたね。
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |   まあ一応補足しておくと、お二人が後に言った型になるほど、
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|   ニッチとでもいいましょうか、得意不得意のハッキリした
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ   尖った型になります」
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.               ペロペロ
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.
     _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |        `ヽ-、_
  , ・"´       /  レ / ´`ヽ  人/       |

811 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:37:54 ID:s9glR65E
            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::               「それはそうだ。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::               横の変化を目的とするなら、別に腕を低い位置から出す必要はない。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::               目先を変える意味なら横から投げればいい。。
    /..             "´ 2ノ/ l:::::               下からでてくるサイドスローってのはただ単純に、物珍しいから打ち難い。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::               色物と言えば色物だな」
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x
          , -‐ '′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:| :.;ハ.:.:∧ .::.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト、 .:. |.:.l | リ V .ト、 .:.:.:.:.:.ト、.:.: l
       ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V.:.Ⅳ |/   V.| \.:.:.:.| \|
.     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: r‐∨─── ' |/ 、__ レヘ:|
     从.:.:.:.:.:., ┐:.:.:.:.:.:. イ .:.|  ' ̄じリ㍉   /_`,ハ/
       jイ.:.:.:.:/ -ミ.:.l.:.:.:.:.:.:| .: |  `ー‐'    j{ じ /.:.|
      |.:.:.:〈  (ヘ.:ト、 :.:.: ト、.:|          〈 ̄ レヘl     「横への踏み出しも一緒だな。
      ∨.:.:.\ ` リ、', .:.:| リ             \ |       横に踏み出せば踏み出すほど球に角度はつく。
         Vヘ.:.:.:ヽ __ ,ハ :|            ノノ       
            Ⅵ.:.:.:. ∧ V           '´ イ        でも利き腕と逆方向の打者に対しては、
         リ|.:.:.:.:.川\      /´ ̄ ア /レ        ボールの出所がどんどん見え易くなっていくし、
           Ⅵ.:.:.:,イ  \      ` ̄二'"/          全部の球が懐に入って来る球になっちまう」
           イ^V      `:...         /
.         __r┴- .__         ‐ァ-- '′
       /',、|      ̄ ¬‐- 、 ├- _
       /','、,',、\        /L |   礀
.     /`ヽ、','、,',、',\     / 礀`ー┐「  ̄ ̄ 7
  /','、,',、',、\','、,',、,'、\   /   ノ (`) 卜} =ニ 厶- .. __
<´','、,',、','、,',、',ハ','、,',、','、,',\/\ (    | |    /','、|','、,',、,\
','、,'ヽ、','、,',、','、,',|','、,',、','、,',/\. \    レ′  /','、,'|','、,',、','、,ト、

812 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:38:28 ID:s9glR65E
          _l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:.:`:.:、:.:.:.:.:.:.:.\、
          _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!   「まさにお二方の言う通りですね。
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ    15番の彼は、腕の高低も踏み出しも、
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/     どちらも極端な方を選択しています。
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ      言わば―」
              \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                     ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                     ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
               ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._
             /:.,: : : :./:.:./ /: : : : : : /           `ヽ、
           _. 人:.ヽ: :.イ ´  /: : : : : : /                 ヽ
        ,   ´ ノ: : `: :V ー /: : : : : : : / /                ヽ
          /    ハ: : : : ヽー ': : : : : : : : : :l /    /                  ',


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !               「超☆右殺し とでも言いましょうかね♪」
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

813 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:39:07 ID:s9glR65E
           /  . __ 、/ 丿               ヽ
          / ,  / ./  /  _ ,__'   i  i  i  i   'l
          //. /  /  /_-''’ ___,,ノ、  7  '       l
        . レ.l/  ./   /  ,,-'''''  l l  .l   ,       l
          / ,/   ´  , '_ !-‐'''''''''''') ./l ../l     i ...l l
         r/ .l  ゙   '''’ _,,,-‐/ ̄.l/ .l ./ l     i  .l l
         .l.!         々' Vヽー--l/'‐、l /l   i  /ll
         l         /'''' ヽ   '..,,,___、l/./   ノ'l/ l'
        l         ./   !       '' /'/' ,/)ノ
        l        /   /          / ,//
        /       丿   亅         ./ /r'
     / ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ /丶   ____        ./ /        「極端な・・・」
   / ̄ ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ \. .l\ ”-ニ⊃    //r'\
   /          '-,/  .l \  ' ̄   ,/ / │ ''、、             <ところでキョン君
  ./            /  l 丶ゝ,,,,,,,-‐''  /  │  'l "'-、
 /          .∩/   .l  /─、 ,─/   │   'l  "'-、 「ん?」
../          ∩/    .l /  Cl l - l\  │    'l    "'-、
/            /     レ' ヽ┌──┐ソ\ │     'l      "'-、


               f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
              _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
          /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
          }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
          /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
         /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : :! : | : | : : : : |
        /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   「キョン君を触っても全然いい感触がないのは何故なんでしょう?
        // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |   全然楽しくないのですが・・・」
       /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
         |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
        ヽ|  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
         ヘ,  !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          ヘ, |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/゙: : ≧=-、__.
          __,r‐|ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{ l: : : : : : : : : : : :
         ,r'゙r'  i  }   `ー イ       _./´ 入: : : : : : : : : : ::
          f  {      ハ¨ヽ=、     /: : : : : : l: : : : : : : : : : : :::
       _i.  }=-、_r‐-'、_Ⅵ  k    ∧: : : : : : :l: : : : : : : : : : =
      r'ヾ=r1 j    》、__  `¨ヽ、\.  /: : \: : : ::ノ: : : :: :: :: ::≠〃
      ゞ=7__ゞ=- r'"¨ー--`ヽ、  `¨ ×: : : : : :\'": : : : : : : : 〃〃¨
        }_,.=,'_,.ニニヽ、_  `ヾ≠   ヽ: : : : : : :ヽ; : :: :: :: i〃:: ::〃
       .///三辻、_ `¨ー-=、_      \:◎): ∨: : : : : : l: : 〃≠
       ///三∨、 r‐ニヽ_           \_:j/: : : :: :: :: l: 〃´:: ::
     ,r'"三三ヽ/ /: ',ゝ、_            ヽ≧、:_:_: : : l〃:: :: :::
   //´¨ ー、7/: : : i: : : : :`ヽ、          j}: : : : :≧ー、_f:: :: :::
  ,f/_,r‐ヘ、_ _>l: : : :',: : : : : : : i>-、__     /j: : : : : : : :: ::≧ー、
  〈 / __ ヾ{: l: : : : i: : : : : : :l:::/: : : : ∨゙k  / j: : : : : : : : : : :: :: ::

814 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:39:25 ID:s9glR65E
           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′   「服の下を全身ケブラーで包み込んでいるからな」
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` −''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\            ※ケブラー:ケブラー繊維の被服を指している。
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._                 主な用途は防弾チョッキ等
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._

2人との付き合いは長い。キョンはいつだって準備万端だった。

815 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:39:50 ID:s9glR65E

2月1日から、プロ野球では春季キャンプが始まる。
気候の暖かい場所にチーム全体で移動し、およそ一ヶ月にわたり練習を行うのだ。


 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  | /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........  ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...::  ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
〜;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     |  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚〜〜~゚^ |__/〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i
;w;w;w;ii
;;i;;i;i;i;i;i

主な目的は2つ。
シーズンオフからの休養で、鈍った野球選手のコンディションを整えることと、
来期の戦力を首脳陣がチェックするという2つを主な目的とする。

816名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:40:00 ID:oh0BMpWs
ケプラーは割りと重いぞ(w

817 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:40:21 ID:s9glR65E

但し、1軍が確約されていない選手にとっては正念場でもある。
キャンプは1軍キャンプと2軍キャンプに分けて行われるが、
1軍キャンプにいるからといって、シーズンの1軍が確定するものではない。
                  ,,,.ii..,
                ,,。..,ll::;;liii|,,..,,,
───ーー────ー-"───ー-─’──ー──ーー─────ーー─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::     .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    :ザザーン
" '”・' '.......:::::.:...,。,・'"" ””" '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""”:..., ,'""’’゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '”・' '”・'           '”・' '”・'      '”・'         '”・' '”・' '”・'
          .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
_______________
_______________,,,/|  .,,, ..,.,.,   ,,.
 ::   ;; 。 ...  :: ;   ;;  | ; |
 / ̄\        。  : ;;...| ; |     ,.    ∧_∧  .,,, ..,.,.,   ,,.
;..|  。,, | ;;..      ;;  ;;...| ; | ,.       (;;:;:;::::::::),,
;..|    |""'''  ̄""'''  ̄""''' ""''' ''' "" /  ̄ ̄(::::::::::::.;,ノ ̄ ̄ヽ
 i._ ,-/⌒i''i                \____/::::ヽ::::)___゚ノ~"'〜ー
   レヽ,,ノノ              "''' "  .;; .,,(___(___,,)"''' "

首脳陣へのアピールに成功し、1軍の切符を掴み取るための第一関門。
それが春季キャンプだ。

818 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:40:40 ID:s9glR65E
そして今、やる夫は2軍の紅白戦のウォームアップを行っている。

       ____
    /     \
   /   \,三_ノ\    rnm
 /   ( ー) (ー)\ rl  |
 |      (__人__)   | ゝ .|
 \     ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ          i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

やる夫は赤組。2番手での登板予定だった。

819名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:40:49 ID:n1.yuapg
>キョンはいつでも準備万端だった
ちょっと待て、常に防御策を練っておかないといけないのかw

820 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:41:09 ID:s9glR65E

ちなみに赤組先発は蒼星石である。白組の先発も、左投手。
左投手がロクにいないVIPスターズでは、若手の左投手に対する期待は大きい。

           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ/  \ \\
       /.:::::::::::::::::::::::::::  -┬―  ―-  :::::::::::::::::::::\    \ \\
       \ /.:::::::::  ´/   ! l     \  `ヽ、::::::::::::::::\    ヽ \\
        ヽ _/  / /   /! ト、         \ \:::::::::::::_ヽ   ノ_  ̄ ヽ、
           / l   !/ / l !、 \     !  ヽ ヽ /      冫  >、― \
             ! 、!_l_l∠ _   ! l \ \   !、  l  ハ       ヽ/ _ ヽ/´ `ヽ
          l  l ̄!_‐_-`ヽ、! !  、ヽ ヽ__l_ヽ ! / !        冫´    ヽ __ 人
          !  !  ト、 !イj !ヽ  !    ̄_-ヽ! ∨ /  l        ヽ、    ノ 丿   ̄
          l  ハ. ヽ ゞ= '    ヽ 〃斤j 「>/ ′ /         /  _  ̄ \
            ! l ヽ、\       .    `¬′// / /           / / /_ \  \
              ! !  ト、 ̄    _        _/  / /     __   _! l l /  `ヽ \  \
               !  ! \     `     〃 / ′    /_Y_Yヽ┐    ヽ \
            ヽ!  !   >  _   -‐ ´// /       /      `くム_       \ \
              / Y⌒> ´ .::::::::::::::::::`>―‐ <   /`ヽ/        ヽ-く      ヽ
          ゝ-/ ..::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::: /´ ̄    \        c├く       ! !
         r┘ ′.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /            ヽ       c  !__ノ、     / /
          └/ / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /             c _ ∠ ノ\ ー―‐ /
             !/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/            !_ ∠人ノ ̄\   ̄ ̄  /
            / .::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _          _/_,ゝ- '´   \   ̄ ̄ ̄ `ヽ/
          / .:::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::| :::::::::/ ̄   ―- /              ヽ ___ ノ

それを象徴する今日の先発の布陣である。

821名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:41:16 ID:PLLgvVg6
万全ってレベルじゃねーぞwww

822 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:41:36 ID:s9glR65E

勢いのあるボールが、やらない夫のミットに突き刺さる。

           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´     「ナイスボール!今日も絶好調だろ!」
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 | ___)  ::|+{          .|     
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ                 「まあまあだお」
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /

やらない夫も、同じく赤組のスタメンマスクを被る。
12月からやる夫の専属キャッチャーのようにやる夫に付き添うやらない夫は、
やる夫のコンディションを把握している。

823名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:41:49 ID:zg/jBXsk
つーか一芸だろうけど、左に対して極端に弱いと
言うのも問題ではにーか?

エースとか先発狙わないなら、暫くは対右ワンポイントとして一軍起用狙い?

824 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:42:47 ID:s9glR65E

ボールの調子を見たところ、コンディションは絶好調。
12月からハードなトレーニングを続けているやる夫は、本来くたびれてもいい頃だが、
驚くくらいにピンシャンしている。

                         i^ヽ
                           ノ .|
                 _____   / ./
               / ー  ー\. /. /
              / ( ●) ( ●) /
            /     (__人__) \
            |       ` ⌒´   |
<\_______\            /
 ヽ_______,_\______/
            /      /
            /     /
           /     /
     rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     | ヽ \ / ヽー―─―/  /
     匕iヽ, /  ./    /. /
        ヽ、_./      / /
                / ヽ,
                ヽ、__つ

やる夫の練習につきあっていたやらない夫と蒼星石は、1月後半にバテて休養を取った。
正直やる夫のスタミナと頑丈さには驚かされるばかりだ。

825 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:43:40 ID:s9glR65E

やる夫の調子がいいと、自分の調子も良くなるようだ。
やらない夫は試合前に高揚してきた。
             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |        「よーし、俺もガンガン打って1軍に行くぞ!」
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\          「2人で1軍だお!」
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

826 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:44:22 ID:s9glR65E
                

        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆

                

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ          「・・・ですってよ」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    「ふざけた話だ・・・」
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/


大声で話すせいで、マウンド脇で休んでいた2人に話が聞こえた。
Lは淡々と話したが、ライトの声には棘棘しいものがある。

827 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:45:11 ID:s9glR65E

             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::           「まあでも、やらない夫君には光るものがあります。
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::            私の首はそろそろ本気で危なくなってきましたね」
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   「冗談でもそんなことを言うな!」
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

夜神ライトとLは同期入団の8年目である。
お互い大学卒でライトは投手、Lは捕手と、やる夫とやらない夫の関係に似ている。

違うところは年齢と実績。
お互いもう30歳になるというのに、1軍と2軍の行ったり来たりを繰り返している。

828 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:45:54 ID:s9glR65E
',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::           「でもまあ事実でしょう。
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::            投手と違って捕手なんて予備を含め2人でいいですし、
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,              私バッティング悪いんでコンバートもないでしょうしね。
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、             そろそろ世代交代の時期なんでしょう」
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i      
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、


     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i                       「・・・随分と弱気じゃないか。
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!                       今までも後輩の捕手なんて腐るほどいたろう?」
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、                      
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

長い付き合いである。
Lが意外にも、本心からそう思っていることが読み取れた。

829 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:46:25 ID:s9glR65E
            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、        「彼のバッティングみましたか?」
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i                       「―いや」
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

830 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:47:33 ID:s9glR65E
     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′  「モノが違う感じがありますよ?
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´     将来はクリーンナップを打つ大打者になりそうですね」
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ

831 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:47:50 ID:s9glR65E
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::  
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l   「フン・・・大打者か。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi    名キャッチャーとは言わないんだな」
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/

832 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:48:16 ID:s9glR65E
                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.     い
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l      い
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l      ま
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l.      せ
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',      ん
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

プライドを刺激したのだろう。Lが断定する。
ライトは薄く笑った。

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    「ならいいさ、キャッチーの仕事は打つことだけじゃない。
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!      そうだろ?
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     それがわかっているなら1軍に行くのは僕たちだ」
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /    
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/        
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/         
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′         
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

833 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:49:27 ID:s9glR65E
          ,/  ,,、-‐=''
           /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
        ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-
       ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、
    , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄`'''‐、
 7     i, !ヽ::::::/´                 \
 `i    l,  リ/   ヽ              '、
  ゙ー-、  i,   !     ',                'i,
     '!  'i,  l      ', ,  ノ          '、
     !、-‐''"i,|     / / /            L.___
    ,/   ゙l′   l゙ノ ´                //        (僕たち、か)
    `ヽ    i    l゙、,                //
      l   ,|     l'ヽ`ー              //
      iヽ  ( l,   ,| '!、 ,          //
       | l, ヾ'、ヽ  i  `!、l          //
      l\i,      /   ト、!          //
       ゝ、\、 _,ノ    | lヽ       //
          ヽ`'-二、     ! l \     //
        \  `"ヽ      !,,_ 丶    //
          \____\____i_____//
         '´―、――‐、:::::::::::::::,――‐ヽ i
            \   i,::::::::::::l`"‐-、_ 'i |,
              \  |,:::::::::::!    ` l, l
              |、 ーl,:::::::::::l、    ! |
               ,i___i::::::::::::l=======i l

全くこの男は―

ライトに背を向けてため息をつく。
30になった1軍半の選手なんて、整理対象もいいところだ。
がむしゃらになって定位置を確保しなくてはいけない。

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

それでもまだ"僕たち"なんて言う。
2人で一軍に定着して、2人でバッテリーを組んで活躍するという、入団当初の夢をまだ持っている。
自分には兎も角、ライトには1軍で通用する腕がある。

とっとと一人で行けばいいものを―

834 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:49:48 ID:s9glR65E
      /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _:::::
     ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::ー
   / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\::::::::ヽ
  '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::::、
     /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ::::::::::::
    /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::::
   // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::
  /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i::::::::::::::::
 _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l:::::::::::::          (全く・・・)
  /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l ヽ
 / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ 
.  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li   
             ',.   | il \            / ./  !  
     、     'i    l l:::ヽ        /''  l|     
  \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー
   _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄    
   ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /       

内心とは裏腹に、Lの口元は緩んでいる。

835 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:50:13 ID:s9glR65E

試合が始まった。
最初にマウンドに向かったのは蒼星石。
プロ入り後、初登板になる。
               |                  \ /\
               |         . : : : : ::::::::: :: : :/ト、\\
               |          . : : : : ::::::: :: :/ \\\\ ,. -‐ ┐
               | , -‐ ── ──‐-、、. : :::::/    \ヽ/   ∠ム
             ,.'"´              ``ヽ/      ∠ ̄ ̄`ヽ  `ヽ
            /              . : : : : :: :\  /  ´  ̄``ヽ⌒ヽノ
            く       ,.- ───‐ - 、 . : : : : :: `y′      .: ::lヽ\\
             \  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ . : : : : ::/        /  \\\
                `Y.:..:.:.:i:::|:|.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\ : : /        /     \\\
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.、.:::::::::::\.::.:.|.:.:.:\l         /        \\
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.::|.\::::::.:.:.:.\|.:.:.:.:.:.l       /           \
             |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.ト、.:.:><:_:_:ト、.:.:.:/      .:/
              ト、:|.:.:.|:::l:ト、::::::|"´, ィ行テi.:.|.:.:.V       .:/
              l:.∧.:.:l.:.ト、/\| ー弋辷ソ 7.:.:/     : : : :/
              l/ |.:.:l.:.',    ,      /.:.:/     :. :. :/
                |.:.:l.:/\  _,  ∠.:/,. イ    i: :.んー-、
                |.:/,r==> _..,.イ,イ '´ ,:′  . j:./: : : : : :`ヽ
                l/_」  , ィ介ラ⌒V:./  ,r'     l/ : : : : : : :ノ
               rr='´``Yく´     ,rfソ〈  /   ,:′/: :,.'"´
                l j  〃/7    ,rfソ : :ヽ     ,′/: :(
              ノノ  〃//   ,rfソ: : : : : .\,.. イソ: : : :)
               ノノ  〃//  ,rfソ. : : : : :_ノ: : /. : : : /
               l L _」   ,rfソ. : : : _ノ: : : :./. : : :./
             〕三フ氷三ニく. : : : _ノ: : : /. : :,r'´
             ノ三≧≦三ニ ー 'ミミミV. : : : :(
           , '´7.:「 ̄`yく三三二ミミV. : : : : : `ヽ
            /. :/.:::| : : : : : : : :``ヽミミん: : : : :,. イ
          /. :/.:.::::| : : : : : : : : : : : `く ⌒¨ヽ´`ヽ|
         /. ::/.:.:::::::l : : : : : : : : : : : : : :\   \
           l . ::l .:.::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : :\   \
         l : ::l .:.::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   \
         l : ::l .:.:::::::::l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   _ノ

様々な思惑、願望が交差するこの球場、この試合。
当然蒼星石にも期するものがある。

836 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:50:40 ID:s9glR65E

結果を出すのだ。
―こんなとこオサラバして上に上がらなきゃ、何の意味も無い―
やる夫はそういった。

その通りだ。
結果を出して上に上がれば、実力の証明にもなる。
陰口叩かれることも少なくなるだろう。
結果を出し続けて、無理やりにでも自分を認めさせる必要がある。

                       , - '──‐ - 、  . .:.:.:.::::::::::::\
                      /          `丶、 .:.::::::::::::/
                      \ _ __ _. . .:.:.. :.:.:.:.:::.`ヽ、.:/
                      /,イ:.:::::.::::.:::.:`:`丶、.:.:.::::::::::.:.\
                         /.:/::j::/.:.:::::、.::::.::::::.:.:::.`ヽ .:.:.::::::::::\
                     /.:::l::::i::ト、;;:、::::`ヽ;i:::::j!:::.::i;:;;\.:.::::::/
                      l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
                     `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,′
                           ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/
                         ト、 __      |:::::::j/;;イ
                        l/'、     |::::,イ;:;;/
                           |:;ゝrァ┐ !/ l;/
                          |/^l/ィュ-─‐- 、\
                         , ィフ.:.:.:.::::::::::::::::.:ヽト、
                     , ィ ´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.〉j|
                _, <二ニフ´ ̄`ヽ.:.:.::::::::::::.::::::::::.::::ヽト、
    _  _,r‐ュ--─<二ゝ、_ _      \.:.::::::::.:.:::::::::.:.:::i:|/
  , イ 仄,r'´   `ヽト、      \  ``ヽ  _ jL.:.::::::::::.:.::::.:.::|:|
  しJl///, ヘ _ ノ ヽ        j!    , イ_イj!;:;:;;;;;;;:;:``77ヽ::」
 / Y ⌒Y^ヽ ト、 ``j〉 |   。  °L _/ヽj'^ヽ|;:;:;;;;;;;;;;;;;;//ス/
 ! ハj! ハ i  i ! !  fコ L。_, ィソ´ ̄    ,ス<7;;;;;;;:;:;:;;:;;;;;厂
 | !.:|l| .:| | | | |人j〉_ソノ ̄        /><7;:;::;;;;;:;;;;:;:;;j
 | |::|||.::::j | | | |             /><7;:, ィ7三三jト、

それが自分の望む野球をやるための、最短ルートだった。
1点も取らせない―
蒼星石の気合は並々ならぬものがある。

837名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:51:05 ID:PLLgvVg6
あーこっちのコンビもいいなぁw
この策士二人が肩を並べてるのは非常に頼もしいし夢があるwww

838 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:51:08 ID:s9glR65E
プレイボール―

審判の声が響き渡った。

. .  .   ..  .   . .  . . . . ...   . .   .. .   . ... . . ..   . .  ..   .. .   . ... . . ....  . .  .. .
   .. . .   .     :  . .  .. .. ..  .  ..  .    :. . : .  .: .  .. .:.. . . . .. .. ..:. ... . .. .. . .
  .:. :           .: .... .
,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,  . .  :..: ........: .. .   . .. . . .. .... .... .. .... ..:. ..  ... .    .. .. .  .  .
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,  :. .:.: .. . .   .: .... .. .. . ...    :. . : .  .: . .. .:.. . .. .. .... . .. .. . .
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;  . .. .. . ...  ..  . .:.  . . .   . .. ..   . . :.  . .    .   .  .
.''':. .;;,'''.:;. .:;;: .'''.;, ,.:, ; '',,.,; '' .  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .          .    .     .
'' ' '     ''   ''' ''                            .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
. . . . .    .: ..  . .       . . . . .    .: ....      .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..;,..
   .:.:.:..... .. .... .. .. . ...    :. .:.:.::..... .. .... .. .. . ...    :. .:.:.,,(    .: .....:   ...:.: .:,⌒` .: ..:.: .: ... .'';' .:.:.
                                (., .: ...'..::;,: .'''.;, .:; .''',..,;;::: ....::..;;,: .'''.;, .:;.... .. . ..
―ー――ー――ー―――ーーー――ー――ーー―――.―ー..―――.ー―.―:ーー.ー―..―ー―
 ... .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . ....:: ::...:::.. ..::: ::::...: :. .:::.. . .. .:.:::... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :... . .:::: .. . .
. .. ..     . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.: . : .: ....  .. .. . ...     ... :. .:.: :. .  : .: ... . ...
... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...    ... .. . .。. . .     .: ....    .. . .: .... .. .. . . :. .: ..    .. .. . .: ..  ... .. .
   ゚             。                  。                  ゚
.: .: ... .. ..  .:. :.. .. .. .. .: .: ...  . . :. :.: . .. .  .   . .. . . :. :.: . .. . . .. ... . . .  . . .:.:. . ... . .。.. :..: :.:. . .

839 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:51:55 ID:s9glR65E

初球、ストレート。
小気味のいい音をたて、やらない夫のミットにボールが吸い込まれた。

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ         <ナイスボールだろ!
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

左打者の外角低めに、きっちりときまったストレートだった。

しかし、やらない夫の「ナイスボール」の掛け声に、
バッターは薄ら笑いを浮かべた。

     ゝ-‐―──────-、―- 、 /
. _, -' ̄               ̄`―Y、
(                        ヽ、
.ヽ    , -‐―" ̄ ̄ ̄`―--、__      )
  ` y‐"´     、         ``‐、  /
  //,  i   ノ, lヽヽ、    、   l  、 l,,/
  i'//l  | /λヽヽ、ヽ _,-‐ヽ''"!  i |
  l| l 'i ‐-/イノ‐ト ヽ、ヽヽ ._,=-t'フ   | |
  l,| | |l ノニ-y--、ヽ `ヽ /'i,,,;;;,l/ ノ  l l    (なるほど、ね・・・)
   ',l lヽ、ヽ` i..:::l  ヽ    ̄ // , //
   ヽl', `ヽ_ト ̄   、     ノl /,-/ヽ
    ノ l li lヽ、   -   ,,,,,/-‐''''""''―-、
    /  ,ヽ',   ` ‐,- -‐''"~~~
,,,,,-―''"'')`iヽ}、-‐'"ヽ、  _, -‐'"~ ̄'/ヽ
     ) )/'´ ,--、 >' lヽヽ、    ) ノ
>'´ ̄"''"(~/ _  ̄`Y l | > ヽ   (`/
     ) l     ̄`y'  | `´/  iノ

蒼星石のストレートは最高でも132キロ。プロの水準を遥かに下回る。
バッターの浮かべた笑いは、嘲笑だった。

840 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:52:41 ID:s9glR65E

2球目、スライダー。
ファールしてツーストライク。
追い込まれたというのに、バッターは薄ら笑いを止めない。

.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|     (いつでも打てるとでも思っているのかい?
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |      そのファールは、打たせたファールだよ?)
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_

今度は蒼星石が、嘲笑を顔に貼り付けた。

841 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:53:02 ID:s9glR65E
―1月中旬 第三練習場―
          °              _,,--⌒^``:、       ο
                       ,r''"       ` ‐-、              _,,._
     ,,r''"~⌒^`:、       _,,..-‐''"        ^`:   `、       __,, --‐''
  ⌒^~'       ` ‐- --‐'''""`⌒^.、..,,__      __ ,... .-‐`‐ -‐‐''''""
  ,i'⌒ヽ    シ               ''':‐-,‐‐'''           ⌒^~
 ,(    )ο //    ο         °     ""'⌒-- ,, , ;; ,,, ,,,;;
\  |  ゛-、 /./                                  --
\`ー'  \//        ο          °       ο
   `\   ",ノ
o   |  /゚   ,i'⌒ヽ、              ο        °
゙、\_ノ  i o (    )       °
 ` 、゙   ノ /`;;;;;_ノ  ο
   \  i,//´
   i    /
   i   | r                                     °
   i   |ノ
  /ο i       ο
  i   |
ー.^ノ、.......,iー.⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒

842 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:53:24 ID:s9glR65E

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/            「・・・」
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

気難しい顔をして、練習を止めている蒼星石に、やる夫が声をかけた。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\                             「どうしたお?蒼星石」
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ``丶、
            |   . : : : : : :        `丶、
            | . : : : : : : : : .          \
            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``丶、      \
        「  ̄ ̄ 二二二ニ ニ丶、   `ヽ、    /
        ! !             `丶、   \  /
        ', L__ __ ___ _       `丶、 V
           〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
        /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉         「あ、やる夫!」
          //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
       l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「
            VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!
           l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
           l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′
           l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://
           l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
          l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/
          l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
          |:/     _,ム _」/ ̄`L_
              ′ _,. イィ介:、       >ュ、
           ノ「フ7 l//iト、 ヽ     /_ノ.:.:.:.ヽ
          /7´ l L_//} ト、ヽノ    /_ノ.::::::::: ゙、
           〃   `7/ ,} l |     j 〈.::::::::::::.:.:. ',

843名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:53:44 ID:n1.yuapg
何を企んでいる……?

844 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:53:51 ID:s9glR65E

ヽ      /     /. \ \ \\\\\ \ '、
  \ /     /\\ \ \ \\\\.ヽ ヽ∨
   /     /\\.\\ \ \ \\\\\ V
  く     /l ト、\ヽ \\\ \ `x.^\\\ヽ.ヽ ',
   \   /釗| | .ト\\\\\\/ ,. -‐.┐、\ヽ\ ',
.      \/ /.l l//ハ\\ヽ \ヽ `  ィ{:;{i:;jリ.j | | ! | l\}
      ∨| l|l|l,.. -‐\\ヽ\. ′ヾ`ニ′ハl | | |∧|    「心配してくれたの?」
.         '、.{. ! | | | _ z.-‐-、          //l l | |  }
         \| i ||弋{:{i:;jリ.j     、     /'./| l | |
          i\l i \`` ‐′   _,.. '    / .| l l釗
          |  |\ \\         /  ! l | ー─--
           i  {   \ \` ー----、‐‐´   / |
.          \__   \ \\,.'´ ̄ `ー 、r′
              / ̄ \ \    _, イ.{iー-、

12月末から1月始にかけての3人だけのキャンプで、やる夫は随分心を許してくれるようになった。
気難しく、すぐ吠えるが、身内にはとことん優しい柴犬のようなものだ。
蒼星石は今ではやる夫のことをそう解釈している。

       ____
     /     \テレッ
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  | :::::: (__人__) ::::::    |                    「し、心配なんてしてないお!
  \ ヽ|r┬-| /   /                      ちょっと気になっただけなんだお!」
  /   `ー'´      \

845 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:54:18 ID:s9glR65E

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ         
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|        「・・・投球にちょっと行き詰まっちゃってね。
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ         ほら、ボク体格がこれだろ?
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/           ストレートもスピードがないし、変化球もいいものがない。
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ          こんなんじゃ、プロでやってけないかも・・・なんてね」
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

自分の異変にすぐに気付いてくれるやる夫は頼りがいがあった。
だから、ちょっと甘えてみたのだ。

846 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:54:45 ID:s9glR65E

ただ―
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \                    「なあんだ、そんなこと」
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \ 
  /(●)三(●))   .\                    「今頃気付いたのかお」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫がこういう奴だってことを、ほんのちょっぴり忘れてただけで―

          ,- 、
         /;:;:;|;:|
         L;:;:l;:;:L_
            「;:`!;:;:l  ̄ト、
         ′-'-'、 丿 \
     _       _〉‐く    \
    ↑;:\ , -、´   ヽ,    i
.      !;:l.;:;:;:`';:;:;:;:ヽ __ / l.     |
     ∨ゝ;:;:;:ゝ-‐'´トー‐γ-―‐-,l、,、
      ヾ' /   L -‐√`―‐‐γi.| ト
          /    |   ヘ ヘ入  ' i
       ,v´ゞ、  /   「 ̄ ̄`ゝ丿
       く ̄: ヽ     |: : : : : : \l
        ヽ: : : i     |: : : : : : : /」
         ゝ: ,亠―--イ: : : : : /」
         {: : \;:;:;:;:;:;:ζ: : : : 〈」
      ィ-‐┤: /;:;:;:;:;:;:/|: : : : /
   _   \: :|ノ;:;:;:;:;:;:;:人l_ -´>,
  ´  `ヽ,/: :Lr‐- _/: : : : : : ζ/::::::
  -―::::::::::\_: : : : : : : : : : : : : : 〉二:::::::     ユダンニゴザル
     ::::::「/ ` ‐丶_イiへ _/」:::::::::::::::
     「人       /」::::::::::ヽ ̄ ‐
       L\___/」
        ヽ'ヽ-~ヽ´

847名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:55:07 ID:Far4Buc.
ワロタ

848 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:55:12 ID:s9glR65E
       ____
     /      \
   / ─    ─ \          「お前がやる夫の劣化版だってことは、前にいったお?
  / -=・=-   -=・=- \         そのやる夫が通用しないんだから、左だって位でお前が通用するわけねえお?」
  |      (__人__)  U  |         
  \     ` ⌒´     /


  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/.        ロマンスノカミサマ
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l       <広瀬○美はどこいった!!!
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/        
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l

849名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:55:52 ID:zg/jBXsk
ツンデレ風やる夫かと思いきやw

850 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:55:59 ID:s9glR65E

ちょっと考えた後、やる夫が言う。
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \           「・・・プロのピッチャーが試合で使うストレートで、
  |  l^l^lnー'´       |           最低限クリアしなきゃいけない球速って、何キロだと思うお?」
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/     「140キロ・・・だろうね。130キロ台のストレートは、プロの試合では殆どみない」
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\          「やる夫もそう思うお。じゃあ次の質問だお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \          お前、将来的にコンスタントに140キロ出せるようになる自信あるかお?」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |          
  . \ ヽ           /

851名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:56:26 ID:jyA88mb6
容赦なさすぎw

852 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:56:48 ID:s9glR65E

認めたくない質問だった。
やる夫以外には、おそらくそうは言わなかっただろうが、蒼星石は正直に答えた。

        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |     「・・・思わない。後5キロ上乗せする自信はあるんだけど、」
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ


       ____
     /⌒  ⌒\   ング ング
   / (●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \  チュパチュパ    「だったらわかるお?お前は普通のピッチャーを参考にしちゃいけねーお」
  |     (   \    |
  \_   ヽυ  ::\ /
         \  .:::\


 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:. :. :.`ヽ
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.、::::.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 .:.:..:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::::::\:\ヽ::ヽヽ:',
 .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|
 ::::::', ¨¨´       / /::::|             「普通のピッチャー?」
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!
 ::::i        `'/l:::::/
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/
 :::::L _ __/     |/
 \|__ _ ユ_==ァァ
         \//                           ヤルオハドリンクヲクチニシテオリマス
          \
            \__
      . .: .: :/ ̄,.-、入
    .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、
   .: .:. :. / ヽ_ソ.::::::::::::::::::::.ヽ

853 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:57:20 ID:s9glR65E

    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |              「140キロ台のストレートと、2、3種類の変化球を使う。
 \    ` ⌒´    /               そういうどこにでもいるプロのピッチャーのことだお」
 /            |
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)

長話になると思ったのだろうか、やる夫は地べたに座り込んだ。
蒼星石も、その正面にちょこんと座りながら、話を続ける。

           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
           ,.ィ´ ヽニノ <l/          「でも、プロのピッチャーってそういうものじゃないの?」
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ
         /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',
        / `ヽ.:.:.:.:/Ⅹ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
       〈   L.:.:.〔 {y}〕.:.:.「~~T´
        / `ヽjニ三三三ニ !,.ィハ
         / 。゚/.:Lニ三三三ニレイ 〉
       ノ  /.:.:.:.:ヽニ」.:lニ/.:.:.!``1
     { `ヽ/.:.:.:.:.:.:.:、.:., .:.:.:.:.:l  l
     〈 ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:!゚。 ト、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.にニハ}
       〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ハハJ
       `ー--‐'  ヽ.:.:.:.:.:.:ノ
              `¨¨´

854 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:58:18 ID:s9glR65E

12月以来いつものことだが、蒼星石はやる夫にアホの子扱いされている。
やる夫はため息をつきながら、言い聞かせるように喋る。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|               「じゃあ、130キロ台のストレートしか投げられないピッチャーは、
./      ∩ ノ)━・'/                プロでやっていくことは不可能なのかお?」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


  |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …−.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ   「そんなことないよ!
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/     ストレートが遅くたって活躍した選手は沢山いる!
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'      ・・・あっ!」
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \

855 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:58:48 ID:s9glR65E
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      「そういうことだお。
    |      (__人__)     |       おめーの好きな選手は150キロを超えるストレートをバンバン投げ込む
     \    ` ⌒´    ,/       剛球派ってことはしってるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        でも、自分に何が一番適しているかは、好みじゃねーお。私情を抜くお」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       ____
      /      \          
     / ⌒  ⌒   \         
   /  (ー) (ー) /^ヽ        「お前が参考にすべきなのは、130キロ台のストレートでタイトルを取ったピッチャーだお。
  |   (__人__)( /   〉|        左投げ、130キロ台のストレートでタイトル取ったピッチャーは、何人かいるお」
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |   「!・・・
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!   星野○之選手と、山本○選手のビデオ、すぐに集めるよ!」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

856 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:59:18 ID:s9glR65E
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \         「分析が先、だお・・・」
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl     「分析?」
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \            「何も考えずにビデオ見るより、考えながらビデオを見るほうがずっと有用だお?
  /(●)三(●))   .\           両投手の優れてると言われいるポイントの共通点。何か心当たりはないかお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

857名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 23:59:29 ID:Far4Buc.
こりゃアホの子扱いでもしょうがない

858 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/08(日) 23:59:47 ID:s9glR65E
           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/       「・・・!コントロールだ!
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/         抜群の制球力があれば、バッターはそれだけで打ち辛い・・・
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/          ありがとうやる夫!」
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                 「結論がはえーお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                「コントロールが良くなった後、お前はどうするお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

859 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:00:19 ID:jMqmf7HI

 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |   「え・・・」
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂


       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)   |     「目標は、何段階も分けて作るもんだお。
    \      ` ⌒´   /      次のステップだけじゃなく、次の次のステップ、
      / ヽノ   ⌒\__      そうやってどんどん重ねていって、将来の自分をイメージするんだお」
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

メキメキと自力をつけていくやる夫の言葉には、説得力があった。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     「お前、140キロのストレート、投げるの諦めるのかお?」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

860 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:00:48 ID:jMqmf7HI

        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/   「諦め・・・たくない」
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

やる夫は内心をぴたりと当ててくる。
最も、これは共通したコンプレクス―140キロ台のストレートが投げられない―があっての言葉だったが。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|                  「だったら話は早いお。
./      ∩ ノ)━・'/                  130キロのストレートしか投げられない投球スタイルに必要で、
(  \ / _ノ´.|  |                    140キロのストレートにも良く合う。
.\  "  /__|  |                   そういう変化球を磨くといいお」
  \ /___ /

861 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:01:11 ID:jMqmf7HI

答えが見つからなかったので、やる夫を見上げたが、今度はやる夫は答えをくれなかった。
蒼星石は頭をフル回転させて答えを探す。

やがて、蒼星石はおずおずと答えを述べてみる。

            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′  「スローカーブ?」
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ
.    {     | / ..:/        i;  l ',     \
.     |  __!/  .::/           '::   l  ゙、       `7
     」/   /   .:/         '::::;   l  ヽ.     /
    j/   ノ   .:/           ':::::;    l /|   /
   〈   \  .::/        /::; '    ∨、/_,  '´
.    }     \/        /:::'      ハ::ム
   !      _7ー-  _    ′     /::::::',_ノ
   |   厂 /      ¨ ァ 、_, イ::::::::::::::',

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

やる夫は答えてくれなかったが、顔を見ればそれが正解なのは明白だった。

862 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:01:37 ID:jMqmf7HI

そういえば、やる夫の敬愛するピッチャーは左投げでスローカーブの使い手だ。
なんだ、自分だって私情入ってるじゃないか―

           ______
          (⊂二二二⊃)
             ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
           /_ノ ' ヽ_\
         /(≡)   (≡)\
        / /// (__人__) /// ヽ        栄光の14番・・・
        .|     |r┬-|     |        やる夫の15という背番号は、彼の後を託されたという天啓なんだお・・・
     __\    `ー'´   /__
    /YYYY /  _ノ(ξ)、_ \YYYYY\
   .|YYYYYY(__/  \__)YYYYYY|
    ∨      {      }      ∨
           {       }
           {      }
           ヽ   |  /
            ヽ  |  /
             ∪ ∪

そう思ったが、確かに的は射ていると思うし、自分の間違いを正してもらった。
何より、自分が進むべきところが明確に見えた気がする。

863 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:02:12 ID:jMqmf7HI

そう考えたら居ても立ってもいられなくなってきた。
すぐにでも練習を始めようと、蒼星石は立ち上がった。

      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ    「ありがとうやる夫!すぐにビデオを取り寄せてくるよ!」
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,〜ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|

そして駆け出す。

864 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:02:28 ID:jMqmf7HI
            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ
.    {     | / ..:/        i;  l ',     \
.     |  __!/  .::/           '::   l  ゙、       `7
     」/   /   .:/         '::::;   l  ヽ.     /
    j/   ノ   .:/           ':::::;    l /|   /
   〈   \  .::/        /::; '    ∨、/_,  '´
.    }     \/        /:::'      ハ::ム
   !      _7ー-  _    ′     /::::::',_ノ
   |   厂 /      ¨ ァ 、_, イ::::::::::::::',

走り去る途中、一度ちらりと、やる夫を見返した。

865sage:2009/11/09(月) 00:03:09 ID:g/tXo9Is
今中?

866 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:03:20 ID:jMqmf7HI

        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―2月中旬 那覇球場―
【1回表】

ツーストライクから、蒼星石はやらない夫のサインに首を振った。

           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

次のサインも首を振る。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

最初の登板から、舐められて終わるわけにはいかないのだ。

867 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:04:07 ID:jMqmf7HI

諦めたようにやらない夫が出したサインはストレート。

                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,−´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

蒼星石は笑って頷いた。


       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_

大事なのはコントロール。
球の出所が見え辛く、4隅にしっかり決まるとすれば、
そのストレートは150キロのストレートと遜色がないと、信じる―

868 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:04:37 ID:jMqmf7HI

蒼星石の放った、128キロのストレートは

     /  {    \                        /   /  /ヽ
     ヽ  ヽ    ヾー 、__                _,. -‐ '   /  / /
      \  \   \  ` ー-- 、___,. -ー '"     _/ ./  /
        \  `ヽ、 ヽ、                 ,. - '  /   /
         \   ` ー-`_ー-- 、_     _,._-ー '_ ,. - '´    /ヽ、
           !ヽ,       ̄` ー--- ̄- ̄-─ ' "´       /  ヽ、
           |  ` - 、                     ,. ヾ、    |
           | ,. - 、! ` - 、__           _,. -ー' ´  \\   !
         ,. - 、 ソ   ヾ      `ヾ ' ー--丶 ̄ヾ`' - 、.   /   ヽヽ |
      ノ   V    ト       l      \ \  `'フ,ィ7´7 ̄ ̄ ヽ!
      /      |      !ヽ     ̄ヾ ̄ ' ─- 、\ \  イ:ン, !、ヽ   '
    /       /     / \      ヽィ'〒.'.:テヽ  ` ー-ゝ `´ l ヾ`ヽ、
.   /       /    ∧、  \\    \:.:'''.:ノ      ヽ  /   \ `
_,.. /     /    /‐-ヽ、  \\   `゙\"´       /
 `ヽ    /  ../     ` ー-ヾ、\   ヾ、   r_‐',イ、|-、.
   ヽ   /   ,__`i  ,> ヽ       `ー\   ヽ -- ー'  ヾ、ノ ヽ、
    ヽ     r´  ヽ  ヽ ヽ          r ヽ  ヽ-r─-- 、_.ヽ`ソ \
、   /    (゙     !_ } ヽ          ! | \ \戈、`- 、 `ヽ、__ \_
 ヽ '"    ノ ヽ   ノ    ,> ヽ        ! |  ` ヾヽ、`ヽ、 \ l ヽ  ヾ、
      ´   _,. -"   ヽ ヽ       ヽ`ヽ、 | | >、 \_ノ !<、
         /       }  ヽ        ヽ、ヽノ ! `7`ヽ、 / -'

外。低め。ストライクゾーン一杯。
打者にバットを振らせることなく、三振を奪うことに成功した。

869 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:05:16 ID:jMqmf7HI


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


【4回裏終了】

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ         「お疲れ、ナイスピッチングだろ!」
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/   「う〜ん。4回2失点はナイスピッチングなのかなあ」
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

蒼星石は、いまいち納得のいっていない表情だ。

870 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:05:57 ID:jMqmf7HI

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |           「いや、初登板なんだから上出来だろ、新人的に考えて」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/   「初登板って・・・2軍の試合の初登板なんて、別に意味無いよ。
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/    それよりやる夫は?」
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

蒼星石は、にべもない。
やらない夫にとって、なんだか覚えのある感覚だった。

871 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:06:35 ID:jMqmf7HI

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)                     (いうことも頼もしさも、やる夫に似てきただろ・・・)
   |     `⌒´ノ                     
   |   ,.<))/´二⊃                    「ブルペンだけど2番手だからな、今くるだろ
   ヽ / /  '‐、ニ⊃                     お、きたきた」
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!                                           <キュムキュム
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

やる夫の姿がブルペンから現れた。
やらない夫を突き飛ばして蒼星石がやる夫に飛びつく。

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/       「やる夫!ボクのピッチング見ててくれた!?」
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

蒼星石の声色は、やらない夫と話していた時のそれと明らかに違う。

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫                (もうなれただろ。いじめられっ子的に考えて)
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

872 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 00:06:57 ID:jMqmf7HI

当たり前のことだが、やる夫はにべもない。
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (