■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫で学ぶ日露戦争 その3
11 ◆R8YMTME8eI:2009/08/21(金) 21:55:47 ID:jIrGF9w.
やる夫で学ぶ日露戦争の3スレ目です。 やる夫板から移転してきました。こちらでもよろしくお願いします。

このスレは、>>1の知識をもとにして、日露戦争について語るものです。
一つの解釈である、とご理解頂けたら幸いです。

日露戦争に関する議論は自由にしていただいて構いませんが、以下の事柄は
慎んでいただきますよう、お願いいたします。

         |
    / ̄ ̄\     ・先の展開に関すること
   /   _ノ  \.
   |    ( ●)(●)  ・日露戦争に直接関係ないこと
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ  ・論理的でないこと
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

以上、ご配慮を賜りたく、存じます。

21 ◆R8YMTME8eI:2009/08/21(金) 21:57:17 ID:jIrGF9w.
前スレ

やる夫で学ぶ日露戦争 その2
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1247914549/

前々スレ
やる夫で学ぶ日露戦争
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246617797/

まとめていただいているサイト様

「ヌーそく」様
ttp://gnusoku.blog41.fc2.com/

「泳ぐやる夫シアター」様
ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/

「やる夫deまとめblog」様
ttp://version45.blog85.fc2.com/

つたない作品をまとめていただき、ありがとうございます。

なお、第七話「戦争編その3 鴨緑江渡河と遼東半島上陸」は8/22(土)19:00より投下します。

3名無しのやる夫だお:2009/08/22(土) 14:55:17 ID:D7ZnGiow
      俺が>>1乙を言うクマー!
             r -、,, - 、 
         __    ヽ/    ヽ__   
俺が先だ! ,"- `ヽ, / ●     l )  自分だけずるいクマー
      /  ● \__ (● ● i"  
     __/   ●)      ̄ )"__ "`;
   .(_i  ●    ' __, '"  ̄`'(___/.i⌒i  
     丶_ ,i⌒i,,_(_/    ● i ̄ ̄ )_|__  
   __, '"   ̄ ヽ! ● ●)  ミ~ ̄_● ヽ)
   (_/     ● i    ∪  / ⊂{●  | そうはいかんクマー  
    l ●( _●) (  ̄)-    /   -'  i 
  /ヽ、   |∪l   T      i     ● '")

41 ◆R8YMTME8eI:2009/08/22(土) 15:29:39 ID:jvQ9MgJ2
本日19:00より投下予定でしたが、急用のため、できなくなりました。
明日(8/23)19:00からの投下に変更します。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

5名無しのやる夫だお:2009/08/22(土) 15:42:32 ID:WktCZt.k


61 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:00:01 ID:Lt0vJA3w
やる夫で学ぶ日露戦争

第七話「戦争編その3 鴨緑江渡河と遼東半島上陸」


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   極東で日露両軍が苦闘しているころ、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 欧米では、日本人が別の戦いを繰り広げていた・・・
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

71 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:00:43 ID:Lt0vJA3w
                ____
         _,.. -‐' ´ ̄:::::::::::::::::::: ̄`:‐- 、
       ,ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶_
     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_::::ヾヽ、      日本の有利になるように、アメリカに働きかける・・・
    / ,イノ!,ィ'レヘv/:::::::::::::::::::::::::::::::r'、ヘー' ` ̄__rヽ、
   /,イ! /:::::v  | /v':::::::::::::::::::::::::::::::::iハ!:::::ヽ「`‐--ゝ:::ヽ、   ボクが大統領とハーバートで同窓だからといって、
  i:::::レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ  うまくいくだろうか・・・ああ、気が重い・・・
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::::/|::! i::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ!
  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::/i::::::::/ !:/l::::l i:!  !:ト、:::::!::::::::::::::::::ト、::!
  i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:/ |:/ |::::/ |/ l::::i |!  リ i:::ハ::1::::::::::::::! iリ
  !:::::::::::::::::::::::::/ i/ |! l::/___j'___V_,,    __|ノ !/ト:::::::::::リ l!
  ヽy'⌒ヽ::::::イ  -‐‐'"´レ',.-┬、-     /_,.゙二 ̄`!::ハノ
   i ´`ヾ!::::|    <´ ト:ィ:l        'Tフ`ヽ. ,l/
   ヽ、(`} ヽ:!       --'         ゝ-' " /ノ
     ヽゝy゙ l!              !     /′
      `ー;--、              ヽ      !
       ノハ:::ヽ、            ノ    ノ
        !ハ|          ___ _    /
           |   ヽ、           /
      r-‐'´ ̄|    \         /
      j  ヽ、 l      ` 、 _   /
    /    `'、         T"´ ヽ、

         金子堅太郎

金子は官僚出身の政治家で伊藤の側近。伊藤内閣では閣僚を歴任する。当時は貴族院議員。

81 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:01:30 ID:Lt0vJA3w

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ  ロシアと戦争をすることになった。
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : ! 列強諸国の中で我々の味方はイギリスだけだ。
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V フランスとドイツは中立国だが、ロシアとの関係が深い・・・
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|  お前はアメリカに行って、世論を日本寄りにするようにしてほしい。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

91 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:02:22 ID:Lt0vJA3w
        _ イ::../l/|/..:::N\lヽ.::\
        フ::::::::::::::/:::::::ハ::::::::::::::::::::::::::',   それは・・・!
        イ:::::::/l/ |//  |/∨\:::::::::::::〉
       イ:::l/ ≧‐ヘ  vz-―‐∨l:::::/   ロシアはアメリカの重要な通商相手であり、
        ∧'´(.)`    "(.)`ァ 〉y
        ヽ}     i〉     /ノ‐┬、 大富豪の中には、ロシア貴族と姻戚関係にある者もいます・・・
          ∧   r-―、   .仆  | |
         _イ/| \ l____j /:::|    | | 非常に難しいことです。
     /   |   |\__  イ/  |   / |
    /ヽ    |   |__- ___//⌒)} /  .| 僕にはできません・・・!
   /      |/⌒>、三--/ >\|/     |
  /   |\|    \\_//   /     | 伊藤さん自らが行かれるのが、得策ではありませんか?
  /    | //ノ    ヽl   _/_/|

101 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:03:09 ID:Lt0vJA3w
::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l  陛下から東京を離れるな、と言われたんだ。
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/  陛下のお側で、御下問に答えないといけないんだ。
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/   俺にはやるべきことがある。だが最悪の時は・・・
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /
     ヘ            /´   ',///´
                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

111 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:03:53 ID:Lt0vJA3w

             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_        俺も一兵士として銃を取り、戦う!
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    維新の時と同じことをするだけだ!
    /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l  この国にロシア兵は一兵たりとも上陸させない!
    l::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::釗:::::::::::::|
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
     |/  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/
         ゝ;八      ;       /イ
           _> 、  ゝニ ア   イゝ:::`>-、
         〆y´ 'l‐<` 、   , <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        /´ /   〈   lヽ、 `‘´.   /  /::::7::::::::::::::::::::ハヽ
       γ  ノ      { `xl    /  ,/::::/::::::::::::::::::::::/::::l
      八j      :;  ^  ノ   /∧ /::::/::::::::::::::::::::::/:::::: |

121 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:05:50 ID:Lt0vJA3w
             _,.. -‐―-―-、_
          ,.. '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
         , ':::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::`..、    伊藤さん・・・!
      _,,,... ':::::::::::::::::::::::,::::::ハ:::;::::::::::::::::::::::::::`、
      ,フ゛::::::::::::::::/:::/;:::::l  l;ハ;;;;;;',:::::::::::::::::::.,   分かりました。やります。
      ,.;::::::::::::::/l::/ l/ l人!  l; l::N l:l::::;:::::::::::::;_
      / l:::::::::::l. v ..__,.....,   -...,,,,_' j/ l:::::::::::l
       .l/l:::::r -'~_,,..._  ;.    ,- 、‐-l:::::::,''
          j::,  ,;' .f:::i   ゙    .f:::i ヽ  /:}'
         lヽヽ  '`        '"   /~.l
         `、(ゞ.      ;:      /) ,.'
          ` 、           //
            ヽ、  - --   ,. '~
              .i. 、     ., i′
             __,j `  _ ,.. '  l._
           r' ,. l       l 、~ヽ
           l .ゝt       lkl  l
        _,. -'/  l        /  ヾ';,
      _,..-"  /   _ l‐--、 .,-―/   ヽ、゙'':.,
    ,.-"    /  r~ l l    '  f .r〜,  l   ゙'':.,

131 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:06:38 ID:Lt0vJA3w
                ____
         _,.. -‐' ´ ̄:::::::::::::::::::: ̄`:‐- 、
       ,ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶_
     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_::::ヾヽ、      引き受けたものの、非常に難しい任務だ・・・
    / ,イノ!,ィ'レヘv/:::::::::::::::::::::::::::::::r'、ヘー' ` ̄__rヽ、
   /,イ! /:::::v  | /v':::::::::::::::::::::::::::::::::iハ!:::::ヽ「`‐--ゝ:::ヽ、   どうすればいいんだろう・・・
  i:::::レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ  どうすればうまくいくんでしょうか、高橋さん?
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::::/|::! i::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ!
  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::/i::::::::/ !:/l::::l i:!  !:ト、:::::!::::::::::::::::::ト、::!
  i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:/ |:/ |::::/ |/ l::::i |!  リ i:::ハ::1::::::::::::::! iリ
  !:::::::::::::::::::::::::/ i/ |! l::/___j'___V_,,    __|ノ !/ト:::::::::::リ l!
  ヽy'⌒ヽ::::::イ  -‐‐'"´レ',.-┬、-     /_,.゙二 ̄`!::ハノ
   i ´`ヾ!::::|    <´ ト:ィ:l        'Tフ`ヽ. ,l/
   ヽ、(`} ヽ:!       --'         ゝ-' " /ノ
     ヽゝy゙ l!              !     /′
      `ー;--、              ヽ      !
       ノハ:::ヽ、            ノ    ノ
        !ハ|          ___ _    /
           |   ヽ、           /
      r-‐'´ ̄|    \         /
      j  ヽ、 l      ` 、 _   /
    /    `'、         T"´ ヽ、

141 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:07:31 ID:Lt0vJA3w


.            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \     まあ、何とかなるもんだぞ。
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ   俺の人生見ればわかるぞ・・・
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

               高橋是清

151 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:08:26 ID:Lt0vJA3w
           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\    アメリカ留学の時は、知らないうちに奴隷になってたし、
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /

161 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:09:11 ID:Lt0vJA3w

          _ _ _
      ,. ;:'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、
    ,r'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ  日本に帰って英語教師の職に就いたら、
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;ヽ
   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ミミ`゙゙゙゙゙゙从リリリ 同僚に女遊びがばれて、ヒモ生活になるし、
   !;:;:;:;:;:r- 、;:;:/          !
   {;:;:;:;:;l ハ!;;! ,z==イ ;、,,j
   {;:;:;:;:;l い!;:!  =='  芹′
   .i;:;:;:;:;入 こ  //´    リ
    i;:;/   !  l,′  ( __ノ
  ``Xく     ト、 {  ;‐─./
   `ヽ\ _ L. \  ´¨¨/
      ̄ ̄``ヽ `ー く

171 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:10:08 ID:Lt0vJA3w
       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  官僚辞めてペルーの鉱山事業に乗り出したら、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;| クズ鉱山で撤退するハメになるし、
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.−-‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

18名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:10:12 ID:V7SymIVs
高橋さんは、よく大蔵卿になれたな〜  という経歴の持ち主w

191 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:11:08 ID:Lt0vJA3w
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ   そんな俺が今や日本銀行副総裁!
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }  男は度胸!なんでもヤってみるものさ !
  ヾ|!   ┴'  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |

201 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:12:10 ID:Lt0vJA3w

    γ                         |
    /             ∧            |   そうですか・・・そう考えられたら、いいんですけど
   /          ヽ   | \X    ,ヘ     |
   /     入   |\ ト、 |  _ \|`V ヽ ./ヽ |
  ∠      | \ ヽ \| 才'' _  `   Vイ~i レ
   |     |   \|  / /下ュ 〉     ア_ノ`、
   |      |    `   '   `ツ       VN`
   ヘ∧ ,|  `、| ,イ`、                  \  __
     V |ヘ | ヘ'~込                    `< ヽ  \
        ヘ  ヽ `'                      \|   ト、_
            |  ノ                      /    |
            \`   _, -     /          /     |
               ヽ、     /\_         /      |
                 `ー '    / ヽ     /  __ ヽ
                   丿   x  |_    _/    \   ̄

211 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:13:17 ID:Lt0vJA3w
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ  そうだ!金子君、度胸をつけてやろう!
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、| 俺と・・・
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

221 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:14:24 ID:Lt0vJA3w
;;;;;;;;;;;;;,!;;i l i ./ ヽ.!,,!ノ,__ _ !/      丶|.ヽl__ヽ.トl |ヽ;iヽ;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;/;/:l/r,_ゝ'`´''~""^''`-ゝ '_,   ヾ -‐;;''" ゙"`ヾl`-! .! lヾ;;;;;;;;;;;;|  そういうのは、遠慮します。
;;;;;;;;;/v::::::'".::::: .,,.ィ= -=.、         :: _ゝ - =;; _、 ゙l゙ !  !.;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;.l.::::::::::::::.r"  ,._)`; `              ,_)';  `'ヽ,   .l,;;;;;;ゝ  服を着てください・・・
;;;;,,;;;;;;.l,::::::::: ´ 、  ゙.ー゙ _              ゙ー゙   /   /;;,"r'゙
./'Vv、 l:::::   `' '' " ̄    .:::::!     `' ` ̄""''"    /;∠
  /-'!'i.::...          ::::::::!                〃,. `!
  { `ト !:::::....        .::::::: - ヽ            , ゙, 'i ./
   ヽヽ`;;:::::::::::....                       /.>ノ/
    \  ヽ::::::::::::..     , ;; ニニ ニ ュ..        / ゙ /
     `'ヾ_;;i、::::::::::::.   丶-―--- '         / ノ´
            `ト、::::::::::..    .:.::         . r"´
             !;:;ヽ、:::::::            / │
          !: :::;:;`ヽ、:::        /    l
             l: : : : : : :ヽ.::     /     !

2月24日、金子堅太郎と高橋是清は、同じ船でアメリカへと向かった。

金子の任務は対アメリカ工作、高橋のそれは戦費調達のための、外国での債券販売である。

どちらも、日本の命運を左右する重要な任務であった。

231 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:14:57 ID:Lt0vJA3w

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人  日本の公債発行を引き受けてくれ!
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |

アメリカ到着後、高橋は各方面に日本の公債発行を働きかけた。しかし・・・

241 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:15:34 ID:Lt0vJA3w
    _、、、__
   ノ      ヽ
  /  ●   ● |    日本の公債発行?
  |   ≧(_人_)≦ミ
 彡、   |∪|  、`\  うちは、外国資本を引き入れないといけないぐらいタマー!!
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/  そんなものに関わっていられないタマー!!
 /       /
 |     /
 |    /
 |  |
/   \

アメリカでの感触は色良いものではなかった。無論、ロシアに対する日本の国力の小ささが影響している。

251 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:16:20 ID:Lt0vJA3w
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、   むう、やはりロンドンへ向かうか・・・
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!  ロンドンは世界金融の中心だ・・・
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ  あそこなら伝手もある・・・
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

アメリカに見切りをつけた高橋はロンドンへ向かった。

261 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:17:14 ID:Lt0vJA3w

.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ  日本の公債発行?
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              } 難しいねえ。既存の公債はロンドンやパリの市場じゃ暴落しているよ。
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l  そもそも、ロシアと戦って勝てるのかね?
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \

イギリスでの反応も、良くはなかった。

政府レベルはともかく、民間では日本への期待は低かったのである。

27名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:17:44 ID:V7SymIVs
ま、そりゃそうだよね

281 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:18:12 ID:Lt0vJA3w

          ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、
         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ
         ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、      利率を良くする!
       / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、
        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',   関税収入を担保にしてもよいから、引き受けてくれ!
       ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         ',
      ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',
      ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ',
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″

高橋は様々な伝手を頼り、粘り強く交渉して、目標額半分の5000万円分の公債発行を実現した。

だが、まだ半分が残っている。そこへ救いの手が差し伸べられた。

291 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:18:58 ID:Lt0vJA3w
          __
       ,,,─:゙ : : : : :\   僕が残り半分を引受けましょう!
      /: : : : :/^\: :ヽ
.     |: : : :/一  -\;|
     |:__:/ <(゚)  <(゚)|    
     (t '      ゝ |
      ^ヽ、  ヽ_フ 丿
 ヽ∩    __i`__-__┐´    ∩/^ヽ
.  ´ |   /^ \; ;∧;/^ヽ   | `ヽ ノ
 ヽ/\/゙ i     D | \/\/

ユダヤ系アメリカ人の銀行家、ジェイコブ・シフが残りの公債発行を引き受けた。

301 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:19:45 ID:Lt0vJA3w
\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::  何故だ!
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ::::::::  何故、こんな巨額の投資を一人で引き受ける!
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´

311 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:20:34 ID:Lt0vJA3w
        ____
    ゝ/: : : : : : : : :\   ロシア帝国は、ユダヤ人を迫害しています・・・
   /: : : : : : : : : : : : : \
   /: : : : : :┌---,----i─ 彼らを救うためには、弱体化してもらうしかありません!
  | : : : : : : :|   / /i^i |
.  | : : : : ,--v    |_|_゚| |  そのために、日本を援助するのです!
  |: : : : | d.        '┐
   ヽ: : :ヽ_    ┌── |
    ヽ;;/     \/ /
      _|____┌ - ′
      /:_:_:_:_:_:_:_:\    ∩
     / /  ̄ヽ,   「   / ~ ̄,⊃
     |  i     \ | /\ ノ

シフは、ロシアの反ユダヤ主義(ポグロム)に反発し、同朋の苦境を救うべく資金援助をしていた。

その一環として、日本の苦境に手を差し伸べた。

32名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:20:38 ID:V7SymIVs
>>29
すげー頼りなく見えるけどktkr

331 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:21:24 ID:Lt0vJA3w
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、   ここまではできた・・・
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ だが、売れるには、日本がロシアに勝てるという
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{  公算が広まらなければならない・・・
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.  軍に頑張ってもらうしかないな・・・
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

日本の戦費調達は、海外での公債販売にかかっている。これなくしては、必要な装備を揃えることができない。

そのためにも、軍は戦果を上げねばならない。

341 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:22:16 ID:Lt0vJA3w
     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ    さあ、いよいよ、主力の第二軍を、
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\  
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、 遼東半島に上げるぞ!
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

3月15日、遼東半島上陸の第二軍編成が下令される。

351 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:23:07 ID:Lt0vJA3w
                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

第二軍司令官 奥保鞏大将(福岡)

361 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:24:04 ID:Lt0vJA3w
第二軍戦闘序列

第一師団(東京)

師団長:貞愛親王中将

歩兵第一旅団
 歩兵第一連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第十五連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第二旅団
 歩兵第二連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第一連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第一連隊(騎兵三個中隊)

工兵第一大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

第三師団(名古屋)

師団長:大島義昌中将

歩兵第五旅団
 歩兵第六連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三十三連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第十七旅団
 歩兵第九連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三十八連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第三連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第三連隊(騎兵三個中隊)

工兵第三大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

371 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:25:04 ID:Lt0vJA3w
第四師団(大阪)

師団長:小川又次中将

歩兵第七旅団
 歩兵第八連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第二十七連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第二旅団
 歩兵第二連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第四連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第四連隊(騎兵三個中隊)

工兵第四大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

第五師団(広島)

師団長:上田有沢中将

歩兵第九旅団
 歩兵第十一連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第四十一連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第二十一旅団
 歩兵第二十一連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第四十二連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第五連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第五連隊(騎兵三個中隊)

工兵第五大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

381 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:25:48 ID:Lt0vJA3w
第十一師団(善通寺)

師団長:土屋光春中将

歩兵第十旅団
 歩兵第二十二連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第四十四連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第二十二旅団
 歩兵第十二連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第四十三連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第十一連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第十一連隊(騎兵三個中隊)

工兵第十一大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

野戦砲兵第一旅団

旅団長:内山小二郎少将

野戦砲兵第十三連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

野戦砲兵第十四連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

野戦砲兵第十五連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

391 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:26:40 ID:Lt0vJA3w
騎兵第一旅団

旅団長:秋山好古少将

騎兵第十三連隊(騎兵四個中隊)

騎兵第十四連隊(騎兵四個中隊)

騎兵第十五連隊(騎兵四個中隊)

第一繋駕機関砲隊

401 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:27:27 ID:Lt0vJA3w
       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \   第二軍の任務は日本軍の主力部隊として遼東半島に上陸、
    (●)(● )   |
    (__人__)     |   旅順と遼陽の連絡線を断ちながら北上し、
    (          |
.    {          |   ロシア軍との決戦を行うことだ。
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )  さて、この部隊には、興味深い人物がいた。
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、    馬の体格・技術で劣る日本騎兵が
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ ロシアのコサックに勝てるわけがないわ・・・
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ 何か方法を考えないと・・・
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |

騎兵第一旅団長 秋山好古少将

41名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:27:45 ID:ElOLkuUM
阿部さんが首相になったときの、側近達が立てた避難マニュアル
①阿部さん当人は絶対逃げないだろうから、暴漢が入室したときはまず阿部さんの(暴漢ではなく)顔面を殴ってひるませる
②手足の二、三本は折ってもかまわないから、半殺しにして脱出用の小部屋に投げ込む

421 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:28:25 ID:Lt0vJA3w
 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',   そうだわ!
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |  歩兵・砲兵・工兵を指揮下に置いて、
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !  諸兵科連合部隊を作ればいいのよ!
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ      そうすれば、弱点を補えることができるわ!
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::

秋山のこのアイデアは、後に実現される。そして、日本軍の窮地を救うことになるのである。

431 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:30:19 ID:Lt0vJA3w

               ___........,,,,,,,_
            >-''''': : : : : : : : :'''-、       戦争に反対した私が指揮官・・・
         >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
      >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,   でも、なった以上は全力を尽くさないといけない・・・
    >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
 ,,,-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
   /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
   /::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
  l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
  |:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
  |l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
  .'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
     |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/    
       l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/
        l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'
        .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
        .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
         ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ

ロシア極東陸軍司令官 アレクセイ・クロパトキン大将

さて、日本軍を迎え撃つロシア陸軍だが、前陸軍大臣のクロパトキンが司令官として着任していた。

441 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:31:05 ID:Lt0vJA3w
       /                  ヽ
      /     ,     , '          ヽ   日本軍は手ごわい・・・
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !  旅順と遼陽の連絡は絶たれると考えないといけない・・・
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  また、開戦当初の兵力も劣勢・・・
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
       ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl  だから、日本軍を満州に引きずり込んで、
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´     ヨーロッパ・ロシアからの援軍到着を待って、決戦を挑もう。
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、       それまでは、大きな戦いはしない・・・
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \
     {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\
   , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}
 /        / / /     // /       !

開戦当初、クロパトキンの手元にあった兵力は、歩兵90個大隊、騎兵35個中隊、

火砲172門で、日本軍に劣っている。彼の作戦計画は現実的ではあった。しかし・・・

451 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:31:51 ID:Lt0vJA3w

           ,;.:_:;.:_;.:_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
          /::. : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\    極東での軍の指揮権は私にあるんですよ!
        ,イ!::::. : : : : : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       r:::/:!::::. : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  それを忘れてもらっては困ります!
       イ::/::::!::::. : : 、: : : :ヽ、: : : : : \: : : \ : : : : \: : : : : ヽ
      イ/:::/::::ハ:::::.::\: : : : \: : : : : :\: : : ヽ: : : : :ヽ: : : : : ヽ
      イ/::::f:::,イ ヾ::ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : : : : ヽ: : : :}
.     イ::::!::f::::! ヾ:::k \: : ヾ: : :: : :丶、: : : ヽ : : : \: : : : ヽ: : ト
     j::::!:::!::::! .,,_ ヾ:ヽ  \ヽ、  _ ,、-‐ゞ、: : : : ヾ: : : : ヽ: : : i : : !
.     i::::!:::!:::::ヽ, `゙ヽ,   ヾ,r'",,.-=z \: : : : ヾ: : : :i : : 1: :/!
      !::::!::ト、::::::ヽt〒ハ、    '゙ゞ-'‐゜   )ヽ: : : : 丶: : ヽ! ノ
      !::::ハ::! ヾ :::::l`¨´ i`            ヽ: : ,.: : : ゞ: :イ
      !:::! ヾ i:::::::!.  /                 ソ:, ヽ:ヽ:ヾi
       ii    ヽ::::ヽ 〈.,__                ゞレ :ハ:ト、
            ヾ:::i 丶、` __,             ヾレ/ヽ、 _ ___
               ヾj   \  ー     ./  /   /
                      丶、.__,,.イ   /    /
                        丶_,/    /

        極東総督 エフゲニー・アレクセーエフ海軍大将

461 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:32:41 ID:Lt0vJA3w

              ,. −'´::/::::`ヽ:::::`丶、        旅順は死守しないといけません!
             /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
           ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\      艦隊基地は絶対必要なんです!
   .       /::::::::/:::::::/::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
         , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄   朝鮮半島から、満州に日本兵を入れてはいけません!
        ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
          |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.
          厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
             ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|
              l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|
            ヘ:',::N         }    |:::ハ: !
            _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
         _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
    ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
   /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
.     /           l.  |    \ /   | |      ヘ

471 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:33:15 ID:Lt0vJA3w
             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、    それに、日本兵って大したことないでしょ?
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ  今のままの兵力でも大丈夫ですよ!
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

481 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:34:03 ID:Lt0vJA3w

         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ  ・・・
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

極東の陸軍指揮権はアレクセーエフが握っていた。両者は戦争指揮をめぐって激しく対立し、

大きな溝を作っていた。ロシア軍は上層部で意思統一ができない危険性をはらんでいたのである。

49名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:34:35 ID:V7SymIVs
この二人のいざこざは日本にとって甘露w

501 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:34:45 ID:Lt0vJA3w
              ,r:-::‐:::-:.、
               |:/" ̄`ヽ::}
           __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、        __
         ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、     | | ヾ}ヾ}   ねー、どうしたらいい?
        ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\    | |   _
       ../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ   ゝ二゙ノ
       .j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ     __
       l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|    | |
       {:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}      ! !
       ∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/      | |
       . ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/       ~
         |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|   グゥ〜
         /⌒Y⌒i^Yヽ:.:ヽハー::':´::: :.:∨⌒i⌒i^Yヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨゙ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄

一方、二回の旅順港閉塞に失敗した連合艦隊。敵艦隊はほとんど無傷。

敵の司令長官マカロフは、時々出撃するものの、要塞砲射程距離から出てこない。

511 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:35:41 ID:Lt0vJA3w
                         _      ____,ノ〉
                _,.-‐::─‐:-/::}-‐'" ̄: : :_::/
             ,.イ´.: : : : : : : :: : : :|::. : : : : : : : :`ー-.、__       まずいわ・・・
          ____,/:; : : : : .:: : : : :: : : : :|:: : :.、:: : : : : . . . . ......`ヽ、
        ,ィ'´;;;;;Y;;;}:/: : : : :::;: : : :;ィi: : : :jヽ:: : :i:: : : : ..、::. . . ....ヽ::...\   陸軍を遼東半島に送れないし、
     /;r‐::‐:;r';;;/: :;ノi:: :::/ : :/' |: : :/ ∨:.:|:.:i:: : : : i:::. : : : :.ハ` ̄`
     〈;;;;;;|: :::/;;;;;/: :(_,ノ::::/ : :/   j: :/   ∨:!::|V::.: : :|::::::. : : : :|     この状態で敵に増援の艦隊が来たら、
     \;j:.:/;;;;;/: : : : :.::::j:::‐/‐-、/::/    |:_;:|-l‐‐:: :|:::::: : : :: :|
      |:〈;;;;;;;j: : : :; :::::::|:::/  /::/`'"  `´|:.:| ∨:.: :|:::::::: : :i:.:|     勝ち目はないわ・・・
      |: :\;|: : :/|: :::::;|:/___j;/_、     ,__j;/__ V:: :|:::::::: :/|:.:j
      |: :::::::|: :/:::|: :::/:|マテ弐オゞ      チテ弐テ7ハ;/::::::::/ j;/     かといって、無理に攻めたら、
      |: :::::::j;/: :::|:::/::.:|、Vz:;ソ ,'       Vz:;ソ,,' ハ::|:::::::/| ´
      |: :::::::'i::::::::|;/、ヽ:| ゛ ̄´     、   ̄"´ {ソ::|::::/:.|        うちの被害は甚大になるし・・・
       |: ::::::::|: ::::::`ーrヘ、              ,ノ:i:::j;/:::.:|
        |: ::::::::|: : :::::::::|   ヽ、    -─   ,.ィ'::::::|::::::::::: :|        何か他の方法はないかしら・・・
       |:.:::::::::|: : : ::::::|      >‐r- -r::‐<:::ノ:::;ノ|:i:::::::: :|
        |::::::::::::|: : : :::::|  _,ィ'"´ 〈:ノ    }   }`ヽ、. |!:::::::.: :|
      |:::::::::::::|: : : : ::|/´ |    ヽ、_,/   |   ハ|:::::::::: :|
       |::::::::::::::|: : : : :|:   ヽ、    ヽ/   /    }:::::::::: :|

521 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:36:25 ID:Lt0vJA3w

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ   そー言えば、第二艦隊から
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ    上がってきた「あれ」、
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i    使えるんじゃねーですか?
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..−'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.

531 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:37:08 ID:Lt0vJA3w

         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`  それ、何?
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ
  l.::.l     l, `、_ヽl/ノ |  ヽ 〃
 /::.l  ,  ‐L /  l  ヽ.l    〉/
 l:.::l /  ,─,,ュ'、、_ ハ  l|  ,-l/-、
│:.:|´  // / 、 、 V ヽ  l /、/, , `l

541 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:37:59 ID:Lt0vJA3w
                     ,   ─=、─-=ニL」_
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′   機雷ですう!
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !
          /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、
            /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }
        /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ
        ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦
           ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |
            \.  ∨   |.   |  〈 》〜〜〜''〜 | i    !
             \/   .!.※ ! ,/」Lニ=- |!>X<| :| i    !
             //     ¨¨¨’ >厂    K  >' :| |、 ,ノ

551 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:38:43 ID:Lt0vJA3w
               ,、rr、  r゚'~´、ヘ  ヽ丶 、\
              ノノ/ノ / イ/ゞ'`゙ヽ ヽ: . ゝ: . `z、    さあって!
            /ノ/ノ/〃:.:.:/- 、    冫'´、ヽ.ト、トム ヽ
         __/  _,r ',ア{{´{.:.i  _ 、`  ,ィrぅァ、ヘ.:ハハ   今日も日本艦隊を、めがっさ翻弄するよ!
        / ヾ{   ´__ ノ 八トiハィ゙Jか    {z''jリ |仏{:::::`,
      /{   `ー弌)  / .: |.:ヘ ヒツ   ー'´ .|.:.:.:|:::::::`,
       {_ ヽ、. : :..:.://~`ヽ,: :;|.:::人  -‐ー '′,.イl|.:.:.::|::::::::ヘ
       /ゞ、_三//.: .   ゙´| ::::ト;;;;>,.、 _,. イ;;::i:::!.:.:.::|::::::::::.ヽ
     /   . :/ ̄ ̄ ヽ   │::::|`弋^\_/j ̄ :.:.::l::::::::::::: \
    ,r′  . ::/: . _ __:_:丿    | :::::| //\z三ソ==、 |:.:.:.:::lー、:::::::::::.丶
    {  .  ::ノ‐''"´乂; : : .   .|..:::::| { {__廾气く_  }} |:.:.:.:::{. }::::::::::ヾ::.ヽ
    `""~´    /.:.:.:\:.  .:;|.::::.:.! ノー‐''^ 、 \弍__|;.:.:.:::|メ、:::::::::::::::::、::ヽ
            ,'.:.:.:.:.;::::::`ー‐''{.:.::.:.:i      ヽ `ヾ、:|; .:.:::{  ヽ、:::::::::::'、::`、
            ,'.:.:.:.:.;:::::::/:::::::::|:.:.:.:.:.i;     . : : .}  . :.::|;.:.:.:::'!、   ヽ、::::::゙、::`、
           ,゙ .:.:.:.;:::::::'::::::::::::ハ.:.:、:.:.i;:....  : :.:.:八;. : : ;人 :.:.:::Vヾfr´   〉::::::、:: ヘ
         , .:.:.:.:;::::;:.:.::::::::::{:::ヽ:.:.:.:.ヘ`  . ':    ゙i升::j\:.:.:\|  .:/:::::::::`:ヘ::`、
           '.:.:.:.:.;:::/.:.::::::::::::::、:::ヾ:::ヽ.:`、      }:::l::::}:::::ヽ/{  /:::::::::::::::゙, ゙、::゙、
         ;.:.:.:.:.;:::'.:.:.::::::::::::::√ ̄\;;ト、 \    j;;:::':::::::::::/{  \∧:::::::::::::::::゙; 、::゙、
          i.:.:.:.:.:;'.:.:.:.:::::::::::::::|_,.._-≦ヘ、:ヾ;:.ヽ  儿}__:::::::〈__\___7/:::::::::::::::::::::; `;::::',

着任以来、マカロフは出撃を繰り返した。しかし、要塞砲射程からは出てこず、

決戦をはやる連合艦隊を翻弄した。その行動を見て、あることに気がついた者がいた。

561 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:39:37 ID:Lt0vJA3w

     ‐- .,,__ : : : : : : : : : : : : : : : : : : x
       , ィT ̄: : ,'l: :/T‐一'lt:. : : : : :.:\     敵艦隊は、旅順港外のいつも同じところを通っている・・・
.    ,x ´: : : : ,.: : : |: :/ .|   | ',: :|:. :. :. : :.ヽ
.   /, ッ': :/: :/: : ,.斗./ |     |.ヘ十.、 : : : 、:.ヽ   機雷(機械水雷)を仕掛けておけば、引っ掛かるんじゃないの?
  /,//. : l: : | : :´ y|::l .|   . | ';lヘ::ヽ:.: : :\!
  /' /: :: :|. :.:| : : : :ハ._|_ l     l ⊥.ヘ:. :. : : i:.:.\
   l. :,/|: : :|: : : :/、-.、     ´ txヾ; : :l: :|:. k、ヽ
    l /. |: : :::| : :/ ト-久|       ト-久i.ヘ:..:!::.|:::..ハ\i
   !'   |ハ ::::}、: ヘハ:ヘシ.j!     {:;ヘシjハ ハ::|ヾ;:::ヘ
     ,x|ハ :::|.ヾi  ゞ-''   ,.   ゞ‐ ' /リ ,:i!::: \゙\
   / ⊥;:ヘ::|ゝ,_'_ '''     ,、     '' /-‐':::::::ヘ、::ヽ
  ‐'' ´ /,'フ:ヾ::::::::>- , _      _,, ィ::ヽ;:::::::::::::ヘ `゙\
     '´ /:::::::///ヘ_,コ ‐-‐≦;;、:/\::.ヾヘ;::::::゙,
        /;:/   '´_ノ~ i-'     ゙- ! ヽ、 `ヾ!  \|
   / ̄~ヘ   r´   ト、   ,.-!   `ヽ    / ̄~''ヽ,
  /      ゙∨ミ\    l      /    /ヽ. /      ヽ
../         ヾ、\\  l.    /  /'/,-/         '、
.|         ヾ-i、\\ヘ.   / ./,/_/ ./  /       ヘ
}、 .       i i ヘ ゙ーi\ ヘ  ///ソ~ ./  ./       x ヘ
;ソ        '! }. ヘ X゙-{\∨/}~''/.  / l ./        |0 ヘ
         '!/  ゙i.  >ー'廿‐<、  /  y'        i!  ヘ
          i!  .l /::::::/ハ\::::::'! i!  /          \O ゝ

      吾妻艦長 藤井較一大佐

571 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:41:09 ID:Lt0vJA3w

            '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:.`丶
.          /::::::::::::: /.: /:: イ:::::/::::::::::::::::::::::Vハ::::::::::\      うん、いいんじゃない!
       /::::::':´:::::::/::::: /:::/ |::::ハ::::::::‐-::::::::: V∨::::::::: \
.       /:::/::::::: /:,' ::::::/´/  :| ::!  ヽ::::::::::::ヽ:::::V:::::::::::::::::: ヽ   行けると思うよ!
      ///:::://:::l::::::イl::/_  l:::|   \::::::::::::::/ :::::::: l::::::::::::',
       // / ::::|::/:j レxz  ヽ|  气=k.\:::: /::::::::::::::|:::::::::::::i
        /   ,' :::::::l/ ::l匕ii}     {ii7ト,_心 ∨::::::::::::::::l:::: /:::::|
          i::::::::/::::::j V::リ      V込::rソ /:::::::::::::::::,'::::/:::::::|
          |:::::/l :::::リ '" '      `ヾ ″':::::::::::::::::/:::/ :::::: |
          l::/ |::::::{.:.:::   ー-   ::::::.:.:: i :::::::::::: /`ヽ::::::::::|
          |,   | ::::::ヽ、          |:::/:::::::/ __ノ::::::::::|
                l:::::∧::::> 、        |/| :::::/:::::::::::::/ :::|
                ヽ:{ ∨/`ァ-r‐r‐ヘー≦千| :::/-、::::/ヽ :リ
                \{ `ータ l } `V´  ̄`|::/=く/   ∨
                人 (     _/     l/ \ ヽ
              /  ノ }   ーイ/        V∧
                /  /  .|   ,//          川lヘ

      第二艦隊参謀長 加藤友三郎大佐

581 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:41:57 ID:Lt0vJA3w
                        /^\_
               ,ィー‐ '⌒´ : : : : ヽ: `ヽ、
          , :≦7: : : : : : : : : : : : : : :ヘ : : : \      よーっし!
         /: : : /: : : : : : : : : : :∧: : : : :', : : : : :\
    rー<⌒\_:_ /: : : : : : :/ : : : :} ',: : : : :}: : :ヽ: : : \  東郷さんに上げようか!
    |: : : : l::..::..:ヽ/: :/ : : : :/ /⌒′│j: : : ト: : : ヘ \: :ヽ、
    |: : : : |:::::::::::' : / : : : :│: : : /   |:ハ : : |ハ: :l : |: : :ヘ
    |: : : : |::::::::::i :│ : : : : { : : : ,イ气 リ ヘ : 心}: }: :|: : : :}
.   /|: : : : }::::::::::| : | : : : : /l: : :/{::ヘ_∧   j/{rイ: | : h: : :′
   ' :|: : : : l::::::::::{: ∧: : : /:ヘ: 〈{ Ⅵ: : :}     Ⅵ: |: / }: /
  {.:::|: : : : |::::::::::Ⅳ::{ : :/ : : :V  ゞzソ     \Ⅳ ,j/
  └┤: : : ヘ:___/⌒l: /: : : : :|    "   rー┐  }:ヘ
    | i: : : : : ヘ ー {^Ⅳ{: : : i: |      { .__{  厶/
    | }: : : : : : { : : ヽ、_|: : : l: l           / }
    |八: : : :∧ヽ`゛<ム : : h:{   ____ , く: : :│
    |{ }: : /  ヽ{     }: : :|ヘヽ、 /} : 八 } : : |
.      j/       ∧ : ト、\  ヽ\}  |: /リ
              / ヘ: :l \   } ヽ. j/
           /     ヽ{ ,ィー―ヘ   \
             /ー 、     f } /⌒}   //}/⌒ヽ
          /⌒ヽ、ヽ   /^\  こヘ 〃 に⌒ /ヽ、
            {⌒\ ヽ\{\  \}⌒ /   { ,/ /∧

      第二艦隊司令長官 上村彦之丞中将

藤井の案は第二艦隊の案として、連合艦隊司令部にあげられた。

591 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:42:41 ID:Lt0vJA3w

             / ̄ ̄ ̄ 丶、
         /        \ ______
       , --'、             /         `〉   これだよ、これ!
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /    こういうのを待ってたんだよ!
       l  T´_        /       r'´ ̄ヽ
    /:\ノ>―`丶、   /       (  ̄  l  早速やろーよ!
    { ,>'´ /  /  `>'―――― --、ゝ-  /
    /-―/ / /  /    /   ヽ.| \  xく
   / 〈 `/ , /  / X |/l   ∧ 1  ∧  \_:. |
     V ,イ /  /,.く \ l   /__」斗- l ∧ __/
      /ハl/ /l/  \  l /__j.」l  ト l   |
      |'  j| /V}  ̄ ̄  '、| \  l  | V  /
         V/ 人.  >-、__,   `.ハ l  /
        /  / l\ ゝ.__,ノ    .ノ|/V ィ´
       /  /、| || 「ー 、/ ̄厂| j  /
        | /.:.:.:l/ll |  / /! / l/l
        /∨.:.:.;小 ヽjl / / / / /:  \
     / .:.:.:./ ̄` ォ`二 ィ/./l:.:.   、 \
      / l:.:∠. __.ノ! |  l _Kチ:.:.:l:.:.|:   ヽ、ヽ
      |:∧/:.:.:l/,  〈  lーく、 ̄}:.:.:.:.lヽ   | ヽ |
     l:| |:.:.:〈/ / l\|,丶、\/:.:.:.:.l  V l  jノ
     丶 ヽ:.:.|V_  l  \ >イ:.:.l:.:.:l   l:.:l /
        ヽlヽ:.`T┬-‐く\\:.:l:.:.:!  j:./
            \`'l |:.:.|  l:.:ハ-ヘ\{ /'′
              {ーlヽj  レ' l__|
            l__l      じ'
                ゞ_)

東郷は作戦案を了承。作戦実施責任者として、機雷戦の権威である小田大佐を召還した。

601 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:43:36 ID:Lt0vJA3w
           __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \    用件を聞こうか・・・
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./
    | |          `-;-′         |  |
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '

  連合艦隊付属敷設隊司令 小田喜代蔵大佐

611 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:44:38 ID:Lt0vJA3w

    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /  敵艦隊の行動パターンが分かったですう。
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l    それで、そこに機雷を仕掛けることになったですう。
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|   小田大佐にひと仕事してもらいたいですよ。
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',

621 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:45:26 ID:Lt0vJA3w
                  ,.ィ──--.、
                /γ´ ̄ ̄`}:}
                |/     j:ノ
      _,.-‐─::─::‐-..、_/:`ヽ-─┴--..、__
     '´ ̄>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、    ちょっと、切羽詰まっちゃっててね。
      / : : : : : : :/ : : :|:.i:.:.:.::::|.:.: : : : : : : .:.:.:.:ヘ
     /:.:,ィ' : :/: :.::/.:.:.:.:/|:.:|:.:.:::::|、:.:ヽ.: : : : :i:.:.:.:.::ヘ  小田大佐は機雷開発したり、専門家じゃない。
   /::/ /:.:.:.:|.:.:..:|::.:,ィ'⌒|::|:ヽ:.::| ヽ⌒ヽ:.:.::.:|::ヘ:::.:.:.}
    |/  /:.:.:.:.:|.:.:.::|:.:.:/  |::|∨:::|   \:.ヽ:.::|:.:ヘi:::.:| 洋上に機雷敷設してほしいんだよねー。
     j:.:.:.:.:.λ:.::|::;/____.|:| ∨::| ____∨:|::|:::.:ヘ:..:|
     |:.:.:.::/::|::.:;|;ハ ≡≡ `  ヽ| ≡≡ ∨:.:|、:::.:.ヘl、
       |:.:./ヽ:|:.:.::|:::}            ・|ヽ:|ノ:::`ヽl
      |:/  ヽ、:|:::j     ゝ‐'ー'l      ,|::::::i:::.:.:i:|
      ´    |.:::::::ヽ、   ´ー-‐'    イ:|::::::|::::.:.:|j
       l´|  |.:.::::|::i:::`>‐- -‐<´::::|::|.::::|:|:::.:.:|
       | .|  |i.::::|::|ィ´  {::,j   {::::〉 \|:::::|::|::.:.:.|
     ,-ヘ' .(´|、 ||.::::|:|     |-‐‐-、./   |:::.:|:::|:::.:.:|
    r'ヽ`> .〉 }j::|.::::||.     |    /     ,|:.:.:|ヘ:|:::. :|
    `ゝ'´ '´ ,ィ' {::|.:::|\.   |   /   /,.|:.:.:j ハ:::..:|
    {二二二}./"|.:::|\\  | /  //j:|:.:/  λ::.:|
    {二二二}:  ヽ::|{ \\|./ //   }|:/ /  |:.:.|

631 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:46:27 ID:Lt0vJA3w
    /: : : : : : : : : : : : :/三/       `ヽ三三三三三三三三三ハ
  ∧: : : : : : : : : : _/三/   _,. -    ソ三三三三ニニ三三三l  ・・・分かった。
  /: : : : : : : : : _/.三/  /ィ´  ィニ=-、._  ノ三三三=/ ̄`ヽ三三ニl
. /三三三ニニ=ニ='´´  _,./   /三=r─--、``ヽ.三ニ{ /´ \ヽ三三|  蛟竜丸で敷設しよう・・・
 ヽ三l ̄ ̄ ̄´         /三ニ/    ,;   ヽ.三、| \_) ヽ}三ニ!
   ヽ|/ ̄``    、    ./三ニ/___         ∨ハ\\  ll.三ニ|
    f/^\__     ヽ 、ィ´三三=ノィtッ ̄フ       !三ハ L `〉 !.三ニ!
    |l=-、三三三7| 、\三ニ∠= ´ ´         ∨三、 | ノ j´三ニj
    ヽ|  \三三ニl ζ`ーニ≠、             ∨三!´  |´ ̄`\
     ヽ_ r-―'tッ´ヽ.! f´ \ `` ヽ、         .!三ハ __.ノ     \___
      ヽ  ̄ ̄ / l  |   ヽ    \        ∨_/ ´        \二フ`ヽ
       ヽ    / |  !    |     \       `´/           弋/
          ヽ   l  | |    '         \         ノ! .       /
        ヽ     ! `!   ‐--               / リ  l、     /
         ヽ    1  ` _,.-                   /  |  、    /
          \   `ー-' _ニ──ヽ         /   /    ヽ./
              ヽ    / ̄    __/          /  /    /
             \  ` ̄ ̄ ̄´            /  /   /
              \  ヽ_ノ⌒``ヽ='    ./    ≠´
                \               /   /

641 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:47:30 ID:Lt0vJA3w

        ,  -―|`' ´     `>、 _
    -=′'′  |         X´::〉::_> 、
     /     ヘ         ヽ\ ',::::/
    /  .:./   |  |:  ! \  ヽ   ',:::|. |/             ,  --、    支援に駆逐隊と水雷艇隊つけるわ・・・
.   / ,/:.:.:|  :| |  ヽ. ト、 _゙_、 ',  !::|. |           , </  `i |`!
   ///.:.:.:.l \|_|   斗 '\  ヘ. |、 N. |      ,  '´////  、| ̄T_/ 〉  頑張って・・・
     | /!:.:|  |ヘ!`   ヾ  \ |: |弌 | |:.:|   , <    | | | !-ヽ__l  `Tj
     |/ |:.:.',  | ===    == `!/" ル' |:.:| /       ! | !|  _ヽ |_i∠
      ヽ.:.:.:Vl /// 、  /// ノ` ´/ 斗-イ.         ヽヽヽ| , -テ、  }
        ヽ!|个    -‐ _ ィ_/  /             フ ̄ 7 /  | Y
         | | | _!`テフ /:::/  /  /        ,  '′  //_/   |__|、
         | |/:::::/ ̄ y’:/  /  /      > '′     |       |
         | ∧:::::l  /::::/  /  /  _,  ′        |       |
         Y | ',::::| /::::/ / /  / / ´.:|           ヽ ___ ノ
         | !/ヽ| /, イ|/! /  ヽ イ :.:.:|
         | K !/ /  | /    / | .:.:.|
         / |/ ,、下、  !'    /  ! :.:.|
         |  | / ヽ }     /   | :.:.!

651 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:48:35 ID:Lt0vJA3w

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ここで、機雷について解説しておこう。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 機雷とは、水中に沈められ、これに艦船が接触したり、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ 近づくと爆発する兵器のことだ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │ 非常に大きな威力を発揮する。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      近代的な機雷が初めて使用されたのは、
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、  クリミア戦争と言われている。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'  ロシア軍がバルト海を封鎖する際に使用した。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ   で、これの製造に関与したのが・・・
   /     / ./
   |      /
    |    i´

661 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:49:31 ID:Lt0vJA3w

      (´⌒`´⌒`´⌒)
       |        |  
       |_______| _
     (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ
    (    )  l _ l   |)
    (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
     `ー´   ___  ノ
      \  )\_/ (ノ
       \_____/ 

    アルフレッド・ノーベル

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

671 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:50:25 ID:Lt0vJA3w
       ____
     /ノ   ヽ、_\     ノーベルって、ノーベル賞の人かお!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  そんなことしていたのかお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \   実際に開発したのは、親父のイマヌエルだけどな。
     . ( (● )    |
     . (人__)      |  このノーベルはダイナマイトをはじめとする、
     r-ヽ         |
     (三) |        |  各種火薬の製造で財をなした。石油ビジネスにも手を出している。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /    ビジネスの反省から、ノーベル賞作ったってことになっている。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

681 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:51:01 ID:Lt0vJA3w
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(  さて、その後も南北戦争で使われたり、
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/ 機雷は進歩を遂げた。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'   日本海軍でもその研究は行われていたが、
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │     その中心にいたのが、小田だった。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

691 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:52:02 ID:Lt0vJA3w
     _,, 、、 .. _
   ,. '"         ``` ‐-,
 /        /,~、``' ヽ   機雷で艦船を撃沈できる・・・
/         〈 ,.へ、._  ヽ
|      〃ヽ  //\..._`フノ
|      {(`、| |. `ヽ===ii`, ヽ
.|      .| { 〈| |    /   ヽ
|     ヽ ヽ| |  /    __,ヽ
 ヽ.    / ヽ | |       _了´
  /ヽw'゛    },,,|     厶
 ./      \ ` 、     〈
/~` ‐- 、__     \ ` - ..、._〉
       ̄~` ‐- 、  {

小田は機雷の信奉者として、二号機雷(小田式機雷)を開発した。

これは炸薬量180kgにも及ぶ巨大なものである。

4月12日、小田の指揮する蛟竜丸は旅順湾口に接近した。

70名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 19:52:39 ID:ElOLkuUM
ノーベルとかエジソンって、子供向けの伝記だとそういう負の部分はぼかされちゃってるからね
子供に現実を教えるためにも、ちゃんと書いたほうがいいと思うんだけどw

711 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:53:03 ID:Lt0vJA3w
                                                     __
                                                  ,≠´ ̄: : : : : ̄`ヽ.
                                                /: : : : : : : : : : : : : : :\
                                               /: : : : : : : : :_,.≠ ^ヽ: : : : :!
                                               ハf`ー―'' ̄´ ,-、 <: : : : :l|
                                              {/ハ._  r―'´_,.ヘ_ ヽ: : :,r-i
                                            _ ,,..-!、`ヽ._jノ_`ー-'tァニイ  |: : f^l }
                                     ,r===く^ヌ=ヾ' ソ´ヽ}' ̄`|´l `ヽ. ̄   !|: :トiノ |
                                    { f´  ! | l_,j,rト、_ノ/ / | i   `\   |_:ゝ/ソ`ヽィ、
                                    弋_ゝ-'ノ_/_,.≠]、_j、! l  し-`    ヽ.  ` |´// リ \
                                 /^`ー' ̄_,.―、 .≠ ̄`ソ_ハ   `'´_      /.//  ハ   \
                               ./ '´ ̄≠ ̄ヽ  __,,..-‐   ∧  ´   `    ///  / リ
                             _/,.ュ- ― ̄  `!__.,〉=' ̄    __,〉、 .'⌒ヽ   /-' /  /
     _,-、-―了、            __.===ニ≠     _,.≠ ̄      _,/ヽ   `!、___,.// /  /
   f´f ̄`i }   }}       __..==ニ ̄       _,.≠_,.-' ̄   _,-、_,./、 f'^j/: : :/` ̄7-‐‐: : | /  ./  /
   i、弋__ノ丿_,.=7-'  __..==ニ ̄         _,..≠`〉fr^j、 __,.=≠´| || (_jソ_j /: : ://|;,;,;,\: : : : :テ   /  /
    ー-‐7、_,.  j--=、 ̄          _..≠    /__ヽ` ン、._: : : : ト、._ニ-'}/: : : : : ノ‐‐〈: : : : : :.   /  /    ,.__=ニ
    r--<`ー'´    ヽ.       _,..≠|´ ̄ヽ    ̄ `、   \ャ___ヽ.`ー-'/: : : :/:/;,;,;,f´: : : : :.___/  /  ,._=≠´
  ,.==' ̄ヽ `ヽ.      !   _,.≠   f´   |    _,.--' ヽ   ヽ_ノ j`ー'l: : : : : /;,;,;,;,;|: : : : : :`ー-、.   / /   /≠´
 / ,......、 ヽ ヽ !.     j-‐ ̄      ヽ.  .ノ__,..イ´         |ヽ=、`フ: : : : :.:/;,;,;,;,;,;j: : : : :  /  ハ/´  _,../

12日23時。敷設地点に到達。作業を開始する。旅順要塞の砲射程内であったが、

折からの雨で、ロシア軍には気づかれなかった。2時間で作業を終了し、帰路に就く。

721 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:54:27 ID:Lt0vJA3w

      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶 おい、あそこに敵駆逐艦がいるぞ!
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\    |
      \            /
     , -‐ (_).ヽ      ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

翌13日6時頃、支援を終了した駆逐隊が、ロシア軍駆逐艦1隻を発見、これを攻撃、撃沈した。

これに対し、ロシア側からは巡洋艦バヤーンが支援のため出撃、

日本側はさらに第三戦隊(巡洋艦6隻)を送り込み、砲火を交えた。

731 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:55:16 ID:Lt0vJA3w
             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ    出撃!
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',  戦友を救うよ!
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ          リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄ ’  _,. -へ,   f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ   t __¨ン   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_       ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i`::ー.、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!';::::::::_;:r^!  ,!:::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_;>-´: :_:,.r| ,f::::::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|
    i::::::::::::;':::::|/: : : : ;/ー- /::::::::::::;'i:::i': : : : : :,.ィΞ>-、._
    !:::::::::::i::::::{: : : : : r'" ̄ ソ:::::::::::イ:!:::!: : : : ;イ三シ´: :,:-‐、
    f:::::::::::i|:::::::!: : : : :i二二ソ:::::::::::;"j:::/: : :,イΞ": : ;ィ´  ヽ、
    !:::::::::::f|:::::;': : : : :f  /::::::::::::/:/::/: : ;イ三": ;イ´      }

この状況にマカロフは自ら戦艦ペトロバブロスクを率いて、出撃した。

続くは戦艦セバストポリである。

第三戦隊は応戦しつつ、マカロフを要塞砲射程外に誘った。マカロフはこれに乗ったのである。

741 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:56:16 ID:Lt0vJA3w

              (⌒)
              (こ○こ)       ,-、
              (___)       てOう
                 _      ‘ー’   (⌒)     
.        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
       てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
       ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
              / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄     やったあ!
          {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
          ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }   敵さん、乗ったよ!
.          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
            ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨
             \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
          /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
          /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         V`ーく¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          /.::.::.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |.::/l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ

しかし、その先には東郷率いる連合艦隊主力が待ち構えていた。

751 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:57:08 ID:Lt0vJA3w
             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ    む!
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',  こっちと戦力が違い過ぎる!
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::, 引き返すよ!
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ 、         リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄           f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|

マカロフは優勢な連合艦隊主力を認めると、すぐに撤退を開始した。

761 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:57:44 ID:Lt0vJA3w
: : : : : : :/ : : : : : : : ヽ: : : ヽ: \ー-≧x
: : : : : :/ : : : : : : : : : : }: : : : ヘ: : :\    追うんだよ!
: : : : :/ : /: : : :__:/: :ト、: : : : |ヽ__: :ヽ
: : : :/ : /: : : : : : :/i\i_,∨: : :|: :', \ ヘ  捕まえるんだよ!
: : :/ : :{ : : : : :/:/ :|: :/  } : : j: : ヘ  ヽ}
:.∨ : /|: : : : /:/  Ⅳ  │: :/: : : |
∨: :/ :| : : :/:/≦三三, | :/ ヽ: : |
{: :/⌒| : : {:/{│  {  j/ |ヽ| : :j
:Ⅴヽーヘ : :∧ヘ| 、_j、__ ∨ } ://^ー― 、
>-、\ハ: {: ヘ ∨   /  /  j/^Y    `ヽ
: : : : :¨¨ Ⅵー:ヽ}、_ ノ /   {           }
: : : : : : : : : : : : :\_j/     \       .′
_;_;_: :イ´ ̄`ヽ : :ヽ、        `ー┐    |
          \ : ',        }    |
           ',: :}         ノ     j

急追する連合艦隊。しかし、マカロフは要塞砲射程内に逃げ込んでしまった。

771 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:58:28 ID:Lt0vJA3w
  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.  何で?
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|      何でこうなるの?
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'

落胆していた刹那、

781 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 19:59:08 ID:Lt0vJA3w
          .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil ̄
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..
                       :::::::::::   :::::::::::

ロシア艦隊の一艦から、爆発音が鳴り響いた。

791 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:00:09 ID:Lt0vJA3w

     ヽ.、______ .ノ|: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、          
       ` ー―ァ‐: , : : : : :| : : : : : : :\: : : : : : : : \         
        ,..イ´ : : /: : : :/__l!_:{___ヽ j|: : \:.、ソ^マヽー‐-....、 
       / ,/. - 7  ̄/ .小--ヘ.:\ ̄ ̄ハ: : : :∨:.:-.、:ノ:..:.:.:.:.:.:.:\  何!何が起きたの!
     / /     ′‐: :「 / |:l!: : :lト : :ト., :イ__厂 : : ∨:.:.:.\:::..:.:.:.:.:.:./ .
    /  /   / l ,:-―トl、 |ハ: : l! >イ\: : :∨. : : : V:.:.:.:.:.\::.:.:.:/  
   ′ イ /i:ハ :|′: :/| | \!  Ⅵl′>_z三=ァ : : : V:.:.:.:.:.:.:ヽイ
  //  !: : : :|:し.:|: : :/.z土ー|  ヽ.Vイ¨´}z.ミli、}ト、 : : : |:.:.:.:.:.:.:.:/:|
 /     ! : : | : :| :くf¨ 丁ミ.、    \ 「7!:::ハ}| ヾ ヽ: : :L:.:.:.:/|: |
     | : : : l : :.:.! ハ 「7{:::jj}        V迂ソリ   jヘ : | Y:.:.| : | :|
     l: : : /!: : :.:〉ヘ V{爪リ       `ニ´    jヘ:| リ:.:.| : |:|
       i: :/ l: : :.|:{ハ `ー'   、       ' '  ,、__ .ィ.:.:.:.! : |: :!
       ∨   V: :|:.ト._}  ´     _ .. - 、    .イ :}:.:.:/:.:.:.:.l : :!: :|
          V:|/.:八     {7 ̄.. - 一'  /|/:./:.: : : :|: :i|:. :|
           トl:.: : :.:>  .._  ̄    .  ´ 「:`j/:/ : : : : :l: :l:.|:. :!
           |ハ : : :.:.:.:.:.|:|:.:| ̄,.不丁    {_/j:/ : : : : : :!: l:.:|:. :|
            l! : : : :.:.:.:.:l:!|:.:.∨:..:./ノ    /:/′: : : : : :l: /:.:|:.:|
             | : : : : :.:.:.ハ{:.ノ..:..:/-――-/:./: : : : : : : :/:/|:.:.:!:. :|

801 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:01:12 ID:Lt0vJA3w
        _,,r―:;;;;;;;:::====- 、...__
     _,r'''"; ; ; ,r''" /        ゙``ヽ., - ―‐- 、
.   ,;;'´: : : : : :.:/ /    ./   ヽ.   ゙ヽ    ヽ  あれは!
. ,/ /: ; ; : : : ;;| ../ /   /     i ト ヽ  ヽ    |
.く; ;;/; ; : ; ; ; : ;:|/ ./ /./ ,: /  ./,| ji | ゙、 l.!    l  機雷をしかけたあたりですう!
 ヽ/; ; ; ; ; ; : : :| .;' / / / /   ,/ //:| | ゙i゙i |   /
 /,!'; ; ; |; ; ; ; : :| .;' ./ / ;' /______,, !_| | | | || |/   やったですう!
/  ;!; ; ; |; ; ; ;; :||i.| / .;' l .;'/...::/、.゙`/ ,r‐''!| || '
 /|; ; ; ; |; ; ; ; ;;||./| | ;' / r''´i|!^ii-/  ,;ニ.,!/ i|       引っかかったですう!
/ | ; ; ; |; ; ; ;;; ;;||  | ;!.//  ヽ.ゝノ    iij.| ;' .|
  |;; ; ; ;|; ; ; ;;; ;;|| ゙i|//`  ゙゙゙゙      ゙i | | :|
  |;; ; ; |: : : : : :|\ \_         ´.| |  |
  .|; ; ; ;|; ; ; ; : ::||ヽ  ̄       ー‐.  ハ  ||
 /|;; ;; ; |; ; ; ; ; ; ;|.| ゙ 、            /i_l」:゙V,!
/ |; ; ; |; ; ;; ; ; ;|ノ  ゙iヽ、._     / i |iヽi::゙、
  | ;; ; ;|; ; ; ;; ; ;|\  .゙i;;;;;;;;;;|` ー', , {{〈、r┘::::::::\、
 /| ; ; ;;|; ; ;; ; ;; ;{  \  ゙;;;;;;|ヽ/ //  }}/、フ:::::::::ヾ、
/ /| ; ; ;;|; ; ; ; ; ;!フ   \、ノ;;゙、/,nヽ、    !V|∧:::ヾ、
.、| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|ト /\ヽ ,.ィ`不ヽ、ノノノ {{/_l」:::::::::::ヽ.ヽ
,.‐:::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|}    // //'{l:l  ヾ、  nニト:::l::\::::::::ヽ
 :::::| ; ; ;;|: ; ;; ; ; ;;|:::\::ヽヽ//l>ィll:l__,ノ,、 )},.イ::l::::::::ヽ:::::::|
 :::::| ; ; ; |: ; ;; ; ; ;;|::::::::,、::::`イl:l. {.l:「´   〃!V:::l::::::::::::::::|

811 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:02:14 ID:Lt0vJA3w

          \ー- 、__ ヘ-――‐-
              __>─: : : :│: : : : : : : : : : : `丶
          '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:ヽ __
      /.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:./⌒く7 \   沈めた艦は何!
     /::::/ :::::::::::/ :::::::/:::ハ:::ヽ、::\:::::::::::::::::::ヾ///∧///\
   / -‐/::::/:::::::::/:::⌒/|::/  ' : | \⌒ヽ::::::::::::::::::∨ '/∧//// 何なのよ!
      /::::/:::::::::,'::::::::/ l/   ヽ|  \::ハ:::::::::::::::::::∨/ '∧//
      / :::,' ::::::::::|:::::ャ=ァz、      ,z=弌〒} :::::::! :::|////|/
     l::::/|:::::::::::::|:::/{ f_)ハ      イ、_)ハ∨ :::::::|:::::|////|
     |:∧|:::::::::::::l∧ |トし::|      |トしイ::| ヘ:::::::∧ :jー┬r'
     '   l:::::::::∧::ハ. Vヒリ       ゝ辷.リ  '.::::ハ ∨:::::l::|
       ' ::::/!∧:::::}     ,       ''   ィ∨ー':::::::::,' :|
        ∨│小::人     r ,    //:/ ::::::::::::/ :::|
          | ::|:::V::::> , . _   ィ⌒V:/::::::::::::::/:::::::|
          | ::|:::::::::::|:::::レ「 `┴‐‐<_」/ ::::::::::::/ ::::::::|
          | ::|:::::::::::|/ `'ー―一'´  /:::::::::::: /|:::::::::::|
          | ::|:::::::::::|   \____,. -‐´/ ::::::::::::∧|:::::::::::|
          | ::|:::::::::::l            / :::::::::/  ヽ :::::::|

司令部内で議論がされていたとき、

821 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:02:58 ID:Lt0vJA3w

              ̄ ̄> .::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::\.::.::.::.:\
        /⌒l   , ‐、/ .::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:ヽ   沈めたァァァ!!
        {  |  ,/   |/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.::.: ',
        |  |/{   |.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.::.::.::.::ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :.::.l  旗艦ペトロバブロスク!
   /^ヽ │  | ̄!  :l ::.l .::|:\:/ |.::l .::.::.::.::./  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:|
  {  `、 l   :l, |  :l.::.:!.::.| .::/\!∧ :.::.::./ __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::.::!  マカロフが乗っているゥゥゥゥ!
   `、  ヽヘ  :L_j  :{.::.ハ.::.l :,'   `ーヘ.::.:∧ 三三三 |.::|∨::.|.::.::.::.|
    \  ∨      ∨ ヘ.:l小. 三三 ∨       ・|.::l.::.::. |^ヽl :|
     ゝ        ヽ Ⅵハ      '      :::::::| :l.::.::.::|_ノ:l :|
    〃 `Y⌒ ー─    |_ンーヘ::::::: `ーー ’   │l ::.::.:ハ.::.::V
    {{   \      ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|:l.::.::.:,'.:.::.::.::|
     `ーt一'´ ̄て`      | l l | ヘヽ> -‐ '´ん.::リ:l .:: /:l.::.::.::.:|
       `ヽ、 __      | l l |   | l l\  ∧ ∨:l.::.:/::.:l.::.::.::.:|
            `ヽ、__////    V|ヘ ヽ_}_ ∨.:/.::.::.l.::.::.::.:|
              人彡∠/    V|ヘ  ∨ |//ヽ :.::l.::.::.::.:|
             /.::.::ヽ、__/  V|lヘ  ヽ j /// }ー-、.::.::.:|

東郷が、いち早く沈没した艦を特定した。

東郷が持っていたツァイス社の高性能双眼鏡が寄与した、と言われている。

831 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:03:50 ID:Lt0vJA3w
                , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \
  〃≠-、,.イ/  ∧ \,|  /  /  ハ.      \
 〈     { /  /  \__,jイ/  /  /  !`ヽ、   ≠、ヽ
  ヽ   V  /  {  ̄i{}7  /  イ  i   >'´   /
   \  / //`个tト-イ/  / _/   i l/    /

ロシア海軍の至宝、マカロフはこうして戦死した。

一見、日本にとって良いことのように思われるが・・・

841 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:04:35 ID:Lt0vJA3w
                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、     マカロフ死んでから、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ   ロシア艦隊全然出てこないよー。
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \   元に戻っただけ?
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l 我々はずっと封鎖で釘付け?
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、  シャレになんないわね!
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |

指揮官を失った旅順艦隊は再び不活発になった。

851 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:05:18 ID:Lt0vJA3w

       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  全く、海軍は何をしている?
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l 第二軍を上陸させられないじゃないか!
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

大本営では、第二軍の遼東半島上陸を三月下旬から四月上旬に行うことにしていた。

しかし、旅順艦隊が撃破できない以上、上陸は難しい。

861 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:05:52 ID:Lt0vJA3w
      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\     山本さん!
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ   旅順の結果にかかわらず、
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__) 陸軍は第二軍を遼東半島に上げます!
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

第二回の閉塞作戦が失敗に終わった後、4月6日に行われた陸海軍幕僚会議で、

第二軍の上陸が決定していた。一旦、韓国の鎮南浦に集結し、遼東半島を目指すのである。

4月23日から、日本各地−鎮南浦への兵員輸送が始まる。

871 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:07:10 ID:Lt0vJA3w
                 __   /,!
      ハ '"´ ̄ ̄``´ /‐ '∠., _
    / U       ,イ    、_  ` 、  何とかしないと!
__r‐{ -//  ,'  / / i     ヽ ̄``
:::::ム:::::7 /   ∧ ,/,/  l      丶
::://:::/ ,' u / X//     ! |/    ヽ
;/ !:://l !   / ,/ l/`'" 、,/!ヽ  |  l.  ',
 !l//:::|l   i. /        リ i. |  ト、 .!
 !l/'''7リ  ,l/ ////// ! l , l ヽ!
 |   !`l. /    / ̄ ̄`i   ハ. ,! ハ!
 l  `'l/ー 、 /     /   〉l/,/
. !   | |   `iー--、-',-‐、i"  |/
  !   l !  /7ヽ、....7M. ハ!  i !
.  !   !| ,!{ /.丶...ヾ,ハK. |  | |
  ハ   | |.| |........ヽ..........i.ヾ  ,! |
  !i.i.  | |.| |......、...i..../....|.[|,ノ ! !
  !| l  | }.| |.......ヽ|./........l,..}  i |

連合艦隊司令部に焦燥感が漂い始めた。

そんな折、大事件が起きる。

881 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:07:50 ID:Lt0vJA3w

                 /: : : : : : : : : :/:.:/ ∨:::: :|: : : : : : : : : : : : : : : :\ 。
  o              /::γ: : : : /: ::,ィ::/  ∨:: :|:.:ヽ、:: :、:.: :、`ヽ-‐" ̄
                 |:.:/: : : : : :|: :/ |::|    ∨:|ヽ、:ヘ: :ヘ: : ヘ:: :\___    ○  兵員輸送の金州丸が、
            __j:/: : : : : : :|、/ |:|      |::j  ,}: :|、: :| : : ハ: : : \;/
           };;;;;;;/ /: : : : : :|;/\.|:|  i   l j/ /|: :j |:.:j:: : : :|‐-、_: :\      敵艦隊に撃沈されたですって!
     ○      j;;;;;/:/|: : : :::: :| ゛\ |j\,j   ヽ,,ノ j:;ノ |:/::: : : :|:;;;;;;;;/ ̄
          〈,r-|/"|: : ::::::: :|    \_     _/   |ヽ::;:: : :|:ヽ;;/
           };;;;;;;;;;|: :.:::/、|:| " ̄ ̄ ////〃 ̄ ̄".!,、::∨: :|ヽ::`ヽ、
           ヽ;;;;;;;;|:.::/{ |リ⊂⊃         ⊂⊃}:::::}::.j: ::ヽ: : :\
 ○          /::/::|/:::ゝ、__,   '⌒ー─ー-‐^  ノ'´`ヽ:j;/::、: : :ヘ::\:\   ○
             /::/ : :i::::/  `ヽ.          ,/    `}:::|:: : : :ヘ: : \:\
           /: :j: : ::|::/       `>ー- -‐<´       |:::|::: : : : ハ:: :λ\:ヽ、
        .o    /: : |: : ::::{'    _____j 〈:::j  |、;〉 {、____     |::|:::: : : : : |: : :ハ  ヽ、::、
         /: : : |: : ::::|  /´ヽ、   λ     |     /´`ヽ(´`yヘ:: : : : |、::: :.|   }: :}
          /: : : ::|: : .::::| (⌒)  ヽ、  |-‐‐-.|    /.,   ,ィ´j^j: }:: : : : |ヽ: : |  |: :|
          /: : : : :|: : : ::::j´ i.^~`‐、 ∨.  |.   |   / :i /〈    ,ノ: : : : :| |: : |  |::|
        j: i: : : ::|: i: : : :ヽ、_  j: {∨. |   .|   / :j/ {   イ ∧::: : : | .|:: :|  |:|
         |: |i: : : :|: |: : ::〈   }   | 〈 ∨ |   j  /  ::}  |   |   ,〉:: : :|  |:: :|  ||
         |: :|i: : :.:|: |i: : : |}ヽ|   .| ,,〉 \ヽ,/ /  〈__ .|   .|,イ/:: : : :|  |:: :|  リ
         |: :||: : :.:|: ||: : : :|}ニ|   .|ニ}    \/      .}ニ|    |ニ{ : : : : :|  |:: :|

891 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:08:37 ID:Lt0vJA3w
         _,,,、、-‐ー─‐-- 、
        / . .:.:.;:;;;;:;:;.:;;;:;:;;;;;;:;;:;.:.ヾ,
      ,r‐'´ . .:.:.:::::;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;;;;;:;;;;.:.::.`ヽ,
    / . :.:.:.:::.::::.:.:::::.:::.:.:.;;:.:;;.;;:;::;;;;;.:.:.:.::.:..i
   ,/ . :.:.:.:.:::.:::.:::::_,、-‐、.:;.::;;;;;;;;;:;:;;:;:r、;;.::.\
   ,! . .:.:.:.::.::.::.::/゙    `,.:.:;;;;:;:;:;;;;,ソ `i;;:.:. ,!
   / . .:.:.:.:.::::.::,イ       `ー‐-‐'´  `i;;: ,l
   ! . .::..:.:.:::.:,!´       、       l;;:.:|
   l .:.:. :,r、,;:'| ,ィ'"≡=;、、,,j  _,、、-=、 .,!ィ/
   '、.:..:.,!カ j.:{  '"゙´rt=ニン´ ,ィ〈モァ-、  !;;,!
   ゞ:;,!イj彳:!      '´ ,: `i ヽ '´  l;'i′
    ヾヽ {i;;j       ,ィ  ,;:  l| :..  ,イリ
     `ゝ j`     _,、、、,.__,r;:、  ,j/
     /!,> !     _,、イ:.;.:;;;;;;;::;:;;:;:;:;ゞ, ソ
    l,イ、  \  `"'''''''"゙゙゙゙゙゙"''''"´ ,!
  _/ リ `丶、 \     ` ̄´  ,ィ゙!
   `ヽ, ,r-'´_,`ゝ、ゞ、__,'__, イレ',}、__
     i'、∧(  r- 、_二二ニi}ニr'"ソl ゝ、二二ニ
     l \゙ゝ ゞヾ、ヽ、 ,! | ,!_,j´イ| ))  `ヽ,
     /    \  \` ゙ー'  ,! ,ィ イ/ ,//ヽ、  ノ

ウラジオストック艦隊指揮官 エッセン少将

ウラジオストックには、旅順艦隊の分遣隊が置かれていた。

彼らは開戦当初から積極的に行動し、日本近海での通商破壊戦を行っていた。

4月25日、陸軍徴用の兵員輸送船金州丸が韓国の元山沖で彼らにつかまり、撃沈された。

901 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:09:25 ID:Lt0vJA3w
        __         ,ィ´: : :/: : : : : : /: : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : ::__:二ニ=‐-
        i;;;;`;;;;‐-.、,/: : :.:/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :ヘ:\:: : : : : :\;;;;;;〉__
       |;;;;;;;;;;;γ;λ:. :/ : : ::: : : : : :/: : : : : : ;、:: : : : : : i: : :\: : : : : :\;;;;;;;;;`}   まずいわ!
        |;;__;;;__ノ;;;;;ハ::/: : : : ::: : : : : /: : : ::j:: : ::|`|ヽ、:: :: :|: : : : : : : : :λ、::\;;;ノ
        〉;;;;/;;;;;;;;;;;/ : : : : ::: : : : :/: : : : :/:.:,ィ::| |  ∨: :|::ヽ: : : : : : : :ヘ;;\:\   やっぱり制海権を確保しないと、
      j/;;;;;;;;;;;;;;;/: : : : : ::: : : : /: : : : ;/: :/ |.:| |   |: : :|::: :|:: : : : : : : :.ヘ、 ``\
      〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: :; : : : :|::: : : : : : : ;イ: ::/ j;j  |  |: : :|::: :|: : : : : : : : :.ハ     どうしようもないわ!
       \;;;;;;;;;;;j: :.:i:: : : :|::-‐'⌒ヽ、/: ::;/  /´  |   |/i⌒:|: : : :i:: : : : : :.|
         |:\;;;;;| : :|:: : : :|: :/:: :://::`;メ、 /    |,/ |:.:j∨:j: : : ::|:: : : : : : |
         |: :::\|: ::|:i : : :|::/:;/___j:;/_ `'    `´__|;/_ ∨: : : ::|:: : : : :/::|
       j: :::::|:::|: :;j::|: : ::|::ヤテ===ァォ、     ,ォ===ャ=ヤハ: : : : |:: : : ;/|: :|
       |: :::::|::|:.:/|::|: : ::|/`.弋:zィク         弋:z:ク /λ::}: : : :.j:: : :/ |:.:|
       |: :::::|::|/::::リ|: : ::|、 ` -‐ ´        ` ‐- ' ハ:::|: : : /::: :/|  レ'
        |: ::::::|::.::ヽ: :|: : :|、__,             `      {:::::j: : ;/:: :;/::|
         |: :ji:::|: :::ヘ:.::ヽ、:|: :::ハ、     ,.-‐-、      ,ノ:::i:};イ:|j/:i::|
        |: :|.|:::|: ::: :|\: : : : :::::::ヽ   (   ,}  ,. イ:::::::::|::jレ':::::::::|::|
       |::| |::|: ::: :|  \: : : :::::::::`>‐-`ニニ´τ´  } } i::::;|::|::::::::::::|::|
       |::|  |:|: ::: :|    〉>、: : ::::::ヘ、  \  |   ノノ j:::ノ|:|::::::::i:::|::|
        |::|   |j:.::.: :|  /"´ `ヽ; : : ::::\  \ j // /:::/::j:j:::::::|l:::|::|
       |::|  ||: ::: :|  〈       \:: : ::::ヽ、 j7// /:::/:/'"〉::|:}::|::|
          |::|  |: :: : |   |V      `ゝ、: :::`ヽv /:::/´   j:::j::j:;/:j
         |::|  |: :: : |   |::ヽ、     (´,ィ `ヽ、::::ヽY::/ γ  |ノ;ノ7:/
        |::|   |: : : :|   |::::::〉    〈´r´`/"⌒弋ユ.     |ノ /:/
        |::|  |: : : :|   |:::::}      `/      j;リ     j /:/

911 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:10:13 ID:Lt0vJA3w
    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :  でもねえ、やれることっていったら、やっぱり・・・
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ,' / : l : :!
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :

921 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:10:54 ID:Lt0vJA3w

======            ======
======            ======  閉塞、だね♪
======            ======
                            ・
       /            \
        |      ∧       |
       |       / ヽ        |
       \__/   \___ノ

こうして、第三次閉塞作戦の実施が決まった・・・

931 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:13:09 ID:Lt0vJA3w

             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-   でも、有馬いなくなっちゃったからねー。
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、    そうすると・・・
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}

941 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:13:55 ID:Lt0vJA3w

           ,.-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ、
           '´ ̄_,.>'´. . ....:.:.:.:|.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ
           ,ィ' . . . . . . . ./ . . |::: . ...:.:i:.;:.:...... . . |. . ...:ヘ.......:.:.:.:ヘ  秋山、やって♪
            /:.:.;/:.:.:::/.:.:.:/.:.:.:.:.;|::::.:.:.:.:.:|::i:.:.:.:.:.:.....|:: . . . ヘ . . . . .ハ
         /:.:.:;ィ'.:.:.:::/.:.:.:.:|:.:.:.:./ |::i:::.:.:.:.:|.:|ヘ:.:.:.:.:.:.:|:::.:.: . . ヘ. . . . . }
          j/ /:.:.:::/:.:.:.:.:.ト、:/  |::|、:.:.:.:.|:.| ヽ;/:.:|::::.:.:.:i::::.∧.:.:.:..|
            |:.:.:::::|:.:.:.:.:.;|:.:/\. |::|∨:.:.:|:;l ,/ ∨::j;::::.:.:..|:::.:.:.:ヘ:::.:|
              |:.:.:::::|:.:.:.:.:/|/___`|::| ∨::.:|'`____∨ |::::.:.:.:ト、:::.:.:∧:|
          |:.:.:::::|:.:.:.:;ハマテ〒行|j  ∨:| 〒:テチヤ7i:::.:.:.:.|::`ヽ:::.:ヘ、
             |:.:.::::;|:.:/::ハ ik'。ィ::|´  ヽ:| |k'oィ::j.,' |::.:.:.:リ:::.:.:.:.i\::l
           ヽ:.::|∨::::::λ`--'┘    ` └'--".j|::.:.;/:::::.:.:.:.|:.::| `
            ヽ| |:.:::::::j      '         /:|;ィ' ):::::::.:.:.|:.:|
              |:.:.:.:::ヽ、     ー'ー'    ノ::::./'":::::::::.:.:.:|:リ
                 |:.:.:.::::i:::`>‐-ァ-, -‐<´:/::.:.;/-γ'´ ,,フ:::|'
               |.:.:.:.::|‐i´{i ,ィ:ノ____,/ /::;ィ´,.f´{  ´ -‐'⌒ヽ.
                ,r|.:.::i::| {| :|| /   /  /.:.:{ {:{ | j (´ ̄`,}ーr‐'
             < |:.:.:|:リ || :V  /=="j:.:.:/ {:{ | {(_ ̄゛ |:: |
             ノ" ヽ、:{\ヾ、|/ _,.-‐ァ'|::.:{  Vハ (  ̄__,ノ:: j
            /     ` {"ヽ、 ,ィ'´  / |/リ ヽ. i λ:: ̄:::::: ,人
          /      〈  ハ,/  _,ノ     :::::V   `=ニニィ"::∧
            〈    ~`ヾ::::..ノ,>   <´      :::::`ーr---‐'´:::::.:.:∧
          \     /´  /  ::: `}         |::::::::::::::::::::.:.:.:.ハ

951 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:14:38 ID:Lt0vJA3w
:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :  さ、真之がやるのですか・・・
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : / 
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :
  ノ   ̄                  | | <´__ /
  {                      /
  j \        __           /|
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /

961 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:15:20 ID:Lt0vJA3w
               ,.. -―‐- 、
               / ,. -――- 、\
            //       \ ヽ
             |′       /`ヽ、 \!
               , ‐''´ ̄ ̄ ̄`|: : : :  ̄ ̄ ` '' ‐- 、  /`>
         , ‐'"/: : : : : : : : : !: : : : :|、 : i: : : : : : : : \`'´, -‐、   現場にはいかなくてもいいけど、
        ,. ‐´'"/ : : : : /: : : : | |: : : : | !: :|: : : : : : : : : : ヽ ヾ'"´
           /: : : : : //: : : :_:/:||:|: : : : | .!: lヘ: : : : : :ヽ: : : :ヽ lニコ  閉塞に詳しい、秋山じゃないとできないんだよね♪
        / : : : : ://: : : :´ `/、:|: : : : | l_|__ヽ__: : : :|:ヽ: : : ハ
         /: : : : :,//: : : : : /:/ !:| ! : : | l :!  ',: `ヽ: l: :|: : : : l    ま、よろしく!
       |: : : / l l: : : : : /!:|--| | l : : | l/   ヽ : : : |: :l : : : :|
       | : :/  /:|: : : : :/!´| ̄|`l |: : :| Tテミヽ'、 : : l: :| : : : :!   
 r‐、 i´'! |: /   !:/!: : : /:,| ト、_|  ヽ; :|  |_  `∧: : |: l: : : :/
 { 、ヽ! | l/   |:| ! : :/:/:! . トり   ヽ|  r'、_,r'/ ∧: :l l: : :/
 l ヽ'i  l,  , ‐; |:! | : :|/: {  ̄         ` ‐-' /: :〉:l/: : :l
. { _ゝ  ... `´/  | l : :|: : ヽ'"'"  、__,、_,"'"'・ /: : !_ゝ |: :|
. ',   :::::  /    /:ヽ|: :::::::> 、 l    }  ,./: : :/::::::ヽ',:lヽ.
 ヽ、  i  l' ̄∧ /: :l: | ,. --┬‐` 丶--‐'<|∨: : / :::::::::|ヾ|: :\
   ヽ    ':、/  ! l : :| / |:| |:| |::::::::/___   /:/: : /:::::::::::::|: :|: : : :ヽ
   /':,. ‐'"/ /∧|: : i' /!| |:| |:::::::l  `ヽ,./:::!: : /\ ::::::::|: :|::::: : :
  l、/ / / / ヽ :| /:::|| |:| |:::::::|     ,:':::::| : /´, ‐\::::|: :|:::::: : :
  ヽ/,. '" /l   〉:| !::: !| |:| |::::::|   /::/l: :/'" _,. -、ヽ|: :|:::::::::::
    ヽ__,. '´  | ! /: l |::::::ヽ ;| |:::::! /:::::/::::/ ///     /: /:::::::::::
    〈      l/: :l !:::\ヽ| |::::| /:::/:::://::::::l     /: /ヽ:::::::::
      !ヽ   /: : :| |:::::::::::ヽ !::|//::::/':::::::::::/    /: /   \:::

971 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:16:10 ID:Lt0vJA3w
                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ   ・・・わかったですう。
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ', やるだけやってみるですう・・・
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri〜l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ
    ,. --イ /  /   / '、 {l)   入_  ゙ー'^ー'`丶ミヾ、
   ,'´、  / /  /   l  ノ人  ノイム、  丶、  ヽ`ヘー- 、
   l  ヽ/ /  /    l / {l`´ ^'く, , ,)    ヽ  ', //7 ヽ
  ノ!  /\      ノ!イ   し=〜'´゙"´`丶、   ヽ  ,'/ノ`ヽ. ヽ
 / r,/、  \  ,.ィ" '´          `'ーt、    l lj   丶ヽ、
i´   メ `二ニ>'´                 `丶ニ'ノ     }ヽj`ヽ.
リ⌒ヾ),'"´ーxメ、  ,.                、       //ノ丶ヽ

第二軍の上陸は5月1日と決まった。同時に第一軍が鴨緑江を渡河し、満州に入る。

これに合わせて、第三次閉塞作戦が、秋山の主導で実施されることになった。

981 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:16:57 ID:Lt0vJA3w

         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \    うん、ここまでは順調だな。
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \ 軍は損失もなく韓国に上陸できたし、
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   / 韓国内での戦闘もほとんどなく、鴨緑江まで来ることができた。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

一方、陸軍作戦は順調に進んでいた。4月下旬には鴨緑江韓国側の義州に達した。

これを越えれば、満州である。そして、対岸の九連城にはロシア軍がいる。

99名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 20:17:39 ID:ElOLkuUM
もうこのころは戦争が加速度的に進化していくから、みんな手探り状態なのかな?

1001 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:17:46 ID:Lt0vJA3w

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬  閣下、部隊配置、完了しました
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/    各部隊、予定位置に集結しております!
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|


         九連城             ロシア軍二個師団(約16000人)

━━━━━━━━━━━━━━━鴨緑江

         義州              第一軍三個師団(約42000人))

鴨緑江対岸のロシア軍東部支隊(二個師団)は定員が充足しておらず、日本軍よりも劣勢であった。

1011 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:18:45 ID:Lt0vJA3w

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \      うむ、いよいよだな。
      /  ::\:::::::/::\
    /    <●>::::::<●> \   ロシア軍と本格的に干戈を交えるのだ。
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/   作戦を再確認しよう!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

1021 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:19:31 ID:Lt0vJA3w

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬  対岸の九連城付近には、ロシア軍二個師団が防備を固めています。
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/    正面から当たる愚は避けて、右翼の第十二師団が鴨緑江上流を渡河、
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|      ロシア軍左翼の側方に回り、拘束します。その後、近衛・第二師団も渡河し、
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./      九連城のロシア軍を包囲します。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

         九連城             ロシア軍二個師団(約16000人)
━━━━━━━━━━━━━━━鴨緑江
     2D    GD      12D

         義州              第一軍三個師団(約42000人)

※D:師団 GD:近衛師団

1031 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:20:15 ID:Lt0vJA3w

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)  我が軍は兵力・火力共にロシア軍に勝っています。
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/    苦戦することはないでしょう!
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

1041 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:21:03 ID:Lt0vJA3w

             / ̄\
               |    |
             \_/
               |
           /  ̄  ̄ \         私もそう思うが、何分緒戦だ。
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | )) 落ちついていこう!
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |

4月29日、第十二師団の渡河開始により、鴨緑江渡河戦は始まった。

各師団は攻勢発起点に集結する。

1051 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:22:01 ID:Lt0vJA3w

 从                从                从
((  ))、    ∧ ∧     ((  ))、    ∧ ∧    ((  ))、    ∧ ∧
 从ヽ\\__(゚Д゚ )      从ヽ\\__(゚Д゚ )     从ヽ\\__(゚Д゚ )
   /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃
   \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  .\\/ / ./ / /  ヽ
   /___/ | | ◎ |⊂⊂|   /___/ | | ◎ |⊂⊂|  /___/ | | ◎ |
    \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/
     . ̄    . ̄           ̄    . ̄          . ̄    . ̄
5月1日払暁。日本軍の砲兵隊が、ロシア軍陣地に向けて猛烈な射撃を開始する。

この支援のもと、各師団は行動を開始した。

1061 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:22:45 ID:Lt0vJA3w
             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、     閣下、敵砲兵が沈黙していきます!
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\ 
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ 非常に優勢です!
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

1071 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:23:23 ID:Lt0vJA3w
         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |     (.        ━┛
      {.   \_/     /      ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \        うむ、予定通りだ!
    /  <●>::::::<●>   \
    |    (__人__)     |      クルップの12サンチ榴弾砲は非常に強力だな!
    \    ` ⌒´    /

第一軍には、20門の12サンチ榴弾砲が配備されていた。

この重砲は大きな威力を発揮し、敵砲兵は沈黙、陣地は破壊されていった。

1081 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:24:23 ID:Lt0vJA3w

       / ̄\
      |     |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄.\      よし、全師団に渡河を開始せよと伝えよ!
    /   ::\:::/::\
  /     ,<●>::::<●>.\   
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l´Opoona  `l
   ヽ  丶-.,/  |______Phone__|
   /`ー、_ノ /      /

7時30分、第十二師団が渡河を開始。近衛・第二師団も続き、9時15分には、全師団が渡河を完了した。

各部隊は砲兵・小銃火力を集中させ、9時頃には、鴨緑江対岸の九連城一帯を占領。

日本軍の迅速な行動に驚いたロシア軍は、9時、全軍に撤退を命令した。

1091 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:25:07 ID:Lt0vJA3w


         l    .:.:.:.:.:.:.:.::.:.::::::::::::::::::::::/
       l     .:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:::::::::::::/
      , ┴ '"´ ̄ ̄ ̄  ̄ ``丶::::/
     〈  , - ────‐- 、、    \
      V´  , ,       、    \   /   敵は撤退しています!
      / / // .:   、、 \    `V
.     / / //l l:::|l:::ト、ヽ\ \.  l〈    追撃しましょう!
     l .:l  l | |_|::」l:::|:::|‐| ┼ヽ ヽ .l::l
     |.::|| レ「| | `1::ト、l ヽ| l | V| .::|::|
     |.::|| |,ィ==ミ|/  r===ミ|:|.:.::|::|
.     V l.:l1 、、、、   ,  、、、、、 |:|:.:/::|
       V ハ           〃:∧|
       l |::::ヽ   ┌─ァ   /.:::/
.       `|:::∧\ _ _  , イ l.:::/
        |/__, - ⊥  __| く
   _,.「`Y´ ̄   >r─‐ュ<    ̄`Y 」‐ュ_

1101 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:25:46 ID:Lt0vJA3w
             / ̄\
            |     |
             \_/
                |
           / ̄ ̄ ̄\      追え!
          /:::\:::/::   \
    _   / <●>::::::<●>   \   敵を休ませるな!
  _(_≡ |   (__人__)     |
 (_≡(_=\   `⌒´     /
(_≡(_=   _         \
  (_= (_≡        (___)
          (        |
           )  ___  \
          (_∠     \_)

日本軍は撤退するロシア軍を追撃、鴨緑江付近のロシア軍を完全に駆逐した。

日本軍の死傷者約900名に対し、ロシア軍の死傷者は1700名。

緒戦は日本軍の大勝利に終わった。

1111 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:26:54 ID:Lt0vJA3w
         ____
         / _ノ ヽ、\     すごいお!
      /o゚((>)) ((<))゚o
     /    .:゚~(__人__)~゚:\  帝国陸軍最強だお!
     |         |r┬-|    |
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  この戦いの日本軍勝利の要因は、
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    ・兵力・装備共に敵より優勢であったこと。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    ・「戦闘の決定力は火力」を実践できたこと。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    ・各部隊が充足しており、優秀な兵士がそろっていたこと。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ. があげられる。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

1121 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:27:42 ID:Lt0vJA3w

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \   この勝利は、欧米にただちに報道され、
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |  大反響をもたらした。
          |   ` ⌒´  |
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

1131 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:28:42 ID:Lt0vJA3w

         /::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/フ,/ノ:ノ!:ノ  ヽ:.:.:.:.:.:.:!
        ィ":::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:./´ '"´ ノ/ノ/    !.:.:.:.:.:.:}  ロシア軍は堅固な防御陣地を構築していた。
        /::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.,/r'"'´ レ'      "  '~    !:.:.:.:.:.:.:i
       {,ィ':::::::::::::::::::::::::::.:.:.:/                  ,!.:.:.:.:.:.:ノ  それに大河を渡河して攻撃・勝利した日本軍は、
        /"::::::::::::::::::::::::.:.:./  -‐‐‐-、_            /:.:.:.:.:ノ
        i::::::::::::::::::::::::::::.:,'  __y'"´ ̄  `ヽ、      _  !.:.:.:/   欧州の第一級陸軍に劣るものではない!
       {::::::::::::::::,--、;>f'"´ ‖       !,-‐-v=≠‐-、`、!:.y'
       ヽ:::::::::::,! ,_ ヽ:.ノ   λ        ノ  ‖    }-'"     日本軍の優秀さには、賞賛の言葉しかない!
        λ::::::::l r'! ヾ    ゛ー---‐‐'"   λ    チ、
         ヾ::::::! |                 !゛ー-‐‐', i      (5月3日付 英「タイムズ」紙)
          ヽ、ヽ ヾ             ,  ./    ,!/
           ゝヽ                    /ィ
            `、λ_ i      `、‐- __       /ノ
             `〉 i       `‐- 二_=‐-,   r'
              !  `、         __⌒"   /
             !   λ              ,'´
              !    ヽ            i
            -!     ヽ           ノ
          ゝ'´ ! ,r‐‐--、、`ー-、___,______,ィ'!ー、
         λ  ! /,ゝ    `ー‐--、_____⊥‐' )_
 , ィ‐‐‐‐----==ゝ__レ'                 ,ノ;;;;ヽ、
'´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ,________,rー‐‐-‐‐‐'フ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : : : : : : :イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;`

1141 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:29:18 ID:Lt0vJA3w

                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈    .鴨緑江での勝利は、日本軍が
              /   /    夢     ', ヽ    ノ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く   ..数でも、戦略でもロシア軍に
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    .
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )   .はるかに勝っていることを示しておるのだ!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{    .
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.   .(5月2日付 独「フランクフルター・ツァイトゥング」紙)
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //   ..
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /    .
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      .
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\      .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋   ....
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ   ...
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム  .....
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  ...
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ  ...
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.   ...
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ  ...
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ  ...

1151 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:30:05 ID:Lt0vJA3w
              // ̄ ̄|ヽ
         _  / |    ||\      
        /  ヽ   |   |||  ヽ    ロシア軍が負けたことは事実だが、
       /   ヽヽ      //  /
      /     ヽヽ     //   ヽ  必要以上の損害を被らずに、退却できたぜ!
     /ヽヽヽノヘ ヽヽ | // //  /
     /ヽヽヽリ  V/\| ///ヘ// /  傷は大きくないのさ!
     |ヽヽヽノ       \/  |/ /
     |ヽヽ、|         / ノ |/!   日本の近衛師団だって、戦死者は800名もいるっていうぜ!
    /ヽヽ./ ,.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  r'´  |リ
    |,.、ミ | =モtラー、:::r .r,.ミ_-、_レ、  (仏「ル・タン」紙)
    /,、∨    ̄  '´| |ゞニ゙ゝ//!
    //rヽヾ      /'7!   / し!
   〈ヾヽ`  l     \_ノ   i l,゙!_ヘ
   |リヾ〃,  l  ,.=-⌒ニ、_、_ ∧ ', ヽ
  ,.--io'イ゙´l  l   `'ー:-....-, //iヘ ヘ ヽ
 |  |リ/  ヽ      _   /r-!、l, ヽ
 l, r"/   \  ,.-:'´:::`ヽ /∧  ヽ!
  Y゙ l     \::::::::::::::::/´:/ ノヽ_,.入
    !        ̄ ̄/:::::/ ヽ/ヽ イ

欧米の論調では、おおむね日本軍の優秀性を賞賛し、ロシア軍の不利を伝えていた。その結果・・・

1161 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:31:06 ID:Lt0vJA3w

  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ 「う〜〜財産増やしたい」
  /川‖‖| ‖|  ゝ  今全力疾走している僕は
 〈巛《〈〈 \巛 |    小金持ちのごく一般的な大英帝国市民
  │个 个 ヘ |    強いて違うところをあげるとすれば
  │┌−   )/     金融商品に興味があるってとこかナー
   ヽヽ 丿//      
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ‖   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ

1171 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:32:20 ID:Lt0vJA3w
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 銀 帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 行 り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て に 道 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来    に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た    あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の.   る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

1181 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:34:43 ID:Lt0vJA3w

                          ,.、、.,_         座  ベ  ふ
      _,,.、、、、、.,,_             ,ハ爪、,::゙ヽ.          っ  ン  と
    /.:::::::::::::::::::..`ヽ、            `l 'i 'i'`ln:}           て  チ 見
   / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、            l ゙ァ 人{        い に  る
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ          `コfェエlユュ         た 一  と
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j           /;.;.ヽ   ヽ,        人
   |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{           l;.;.;.;.;.|    i'、      の
   .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙          '!;.;.;.;.;|     !;'!_       東
    }:::::::::::::::ノ゙  l  /            '!;.;.;.;.|    「 |||       洋
   ,xァ''ー'゙'`    '、 /            ノ;.;.;.;..j     |,,|||      人
  / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_ ..,;:';;'. ;:;:;:;..  /;.;.;.;/ __三」 |||      が
 ''^ーァ 、_____  ̄ /       __/;.;.;/lニl-'┴┴厂
  `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、 ,';';'; /  >'′ | | l`'Y'))i
  /           /    ヽ   `ー' :;:;: ,|-' 'ー'ニノノ,.,:,:,:
 ,'        ,   /      ゙、""''''''-= :,,_ /| l: : :"''|'′,.,.,.,.
          l /  __      !       / :| l: : : :.|
          l, l  く,_  、   |        /_:::| l: : : :|
 ''''ー--_  、、,,,_リ    `ヽ、ヽ, ,!     /   ̄`''ー'、
       ̄`¨`'''|!    _,,..、二,,_,〉'_ー_/    , ,、   `ヽ,
          |!   'ー''"´  '! /     /ニ''''ー ---'-

1191 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:35:59 ID:Lt0vJA3w

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |   お前、金融商品に興味があるんだろう?
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

1201 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:37:18 ID:Lt0vJA3w

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i       日 本 の 公 債、
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ       買 わ な い か
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

1211 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:38:19 ID:Lt0vJA3w
 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ

1221 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:38:59 ID:Lt0vJA3w
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  そういえば、新聞で
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   日本がロシアに勝ったって
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  読んだところだった
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   利回りのいい金融商品に弱い僕は、
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  誘われるままホイホイと日本の公債を
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   買ってしまったのだ
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

日本の勝利はロンドンでの公債販売に大きな影響を与えた。

前評判が悪かったのが一変し、5月12日からの販売では買い手が殺到。

たちまちのうちに、売り出し分の5000万円分は完売した。

1231 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:39:45 ID:Lt0vJA3w

         / 、,r'" ‐ ij ‐__,r======= 、__ - i -ヘ.\
.       /   /  ,r;=':/      }  ヽ⌒`= 、  ',  \   気乗りしねーけど、当面は閉塞しかできねーですう。
     /    / ,rァ''´ .:/     . .: ,::   }  ..  ヽ、ヘ   \
    \    .{彡' . .:/::    .: .::./: /:: / /:  ヽ..  ヽ{    ヽ 準備のため、第二軍の上陸を延ばしてもらったですう。
     丶、 /  .: ::/::   .:: .:::/::,/:::::,/:.ハ::::.. :ヽ:.  ヽ  /
        7 .:: ::.:::i丶、 .:::::::;ィ:: ィ:::::イ::/ ヽ、-‐:::i:::.  : ',/   今度こそ、成功させないといけないですう!
        ' .::: :::::::!:::...:::>くノ'´///:/-‐'´ヽ\:::}::::. ::|
.        i :::::..:::、:::|「 辷オミ、ノ'´ ,.', ' 彳辷オTハ}:::::. .::|
       ハ:::::::::::、:、 弋‐' ノ  /´  弋ー'ノ /::::::::::/イ
        } 八:::、:::::::、、` ̄           ` ̄ /::::::::ィ/|
       // i{\i\::::ヽ       }      ∠ - '´ j}. |
      // i{  ` _ 「``、   ゝ.二.ア    ィ i  j「 |
      //  .}i ‐ i 、 |:::::ii:`丶、      ィ::::j{ 水 ji::::  |
      //  .::ヽ   |:::::ii:::::ii::」` ー‐ ´L_::|::r┴ュ_ j}:::::  、
      //  .:::;r;ヘ   |-一''"´ゝ.    ノ' `ゝ<  ヽァZユ 、
.    //  .//ゝ、 、|   _ -‐‐\∠....r'´ヽ   ヽ ヽ一'\ 、
.    // ./ / 「 ハ ニ|- '´_ - 'フ:水く_「ヽ  ヽ    }ァ|   ',、
   // ./ /  〉 i八 '|- '´ /::/r'゙|::トi       ノ}|   i丶

第二軍の遼東半島上陸に先立って、第三次旅順港閉塞作戦が実施される。

準備不足のため、第二軍の上陸を4日に延期してもらった。もうこれ以上は遅延させられない。

1241 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:40:51 ID:Lt0vJA3w
第三回閉塞戦隊

小倉丸:福田昌輝少佐   以下21名
朝顔丸:向菊太郎少佐   以下18名
三河丸:匝瑳胤次少佐   以下18名
遠江丸:本田親民少佐   以下18名
江戸丸:高柳直夫少佐   以下18名
長門丸:田中銃郎少佐   以下22名
小樽丸:野村勉少佐     以下17名
佐倉丸:白石葭江少佐   以下20名
相模丸:湯浅竹次郎少佐 以下26名
釜山丸:大角岑生大尉   以下18名
新発田丸:遠矢勇之助大尉 以下25名
愛国丸:犬塚太郎大尉   以下24名

           ____,i ー- ――-- 、
    -==ニ二_,. -      |          ` ヽ
         /        !   ::..     \  /`:...イ` 、
         / /    /  ハ  ∧:..    i:. \::::::::::V::::::::::::\   参加兵力をこれまで以上にしたわ・・・
      / ,.-/     /  /  V  ! ',\::..  l_j   ヽ:::::::ハ:::::::::::::::::\
   /,. ´ /   /  |:  /   ', ', ヽ \::..    ヽ ヽ::::::',::::::::::::::/ これで何とか・・・
  /  //   i   :| /     ヽ:', ヽ_ ,.\-‐   ト  !::::::',:::::/
    /:::/  i  | ‐/‐V- .,     ヽ'´ ヽ_,,.-X::.   i::ヽ':::::::i/
    `゙,'   l  | :/  ―-       '"_rオ示斤   :l::::/ ̄li
     i:.  ハ | :∧<f代テミ     ,イ/::::i } リ ヽ::.  |/.::  l',
     { /|::::i l i :ハ k i:::: }      ト y‐ j   ri  }.::  |:i
     |:/ `∧ |! :| i 辷 ン      ヽ廴ン  / l |::.:  ! l
     !   i ハ  |ヽl           """    _,| |:.::.  ,' |
        j  ヽ :|:./! '""            イ ̄:/|!::.:: /.::. l
        l  ::.::.ヽ// 、   ―-―‐  ィ´ /::/.::.:: /.::.::.  !
        |  ::.::./ /    `゙  ‐-‐ ´ l  //   /:|::.::.  l
        |  ::.::.ヽ ゝ"´}  _ _/     ヽ/    ,.ハ::l::.::.:  |
        |  ::.::::{ '"´ }´‖       /   ,.<   i:l::.::.:  }
        |  :.::.:il / ヽ }‖      /   ,..<  \ l|::.::.:  |
        |   .::.{ ヽ  へ }‖     /  /リリ    il::.::   !
        l   ::.i 入  |l‐--=  -‐/  /≦i、/     |::.   /

5月2日夜、閉塞船隊は旅順港へ向かった。しかし・・・

1251 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:42:15 ID:Lt0vJA3w
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬

当日は悪天候。強風と波浪で船隊は大混乱に陥った。

2日22時、作戦中止を命令。しかし、連絡が徹底せず、3日2時頃、8隻が突入してしまった。

1261 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:42:58 ID:Lt0vJA3w

      /  /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::!::::::::\:::::::\   |
      ! ,/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::/::|::::::::::::::\::::::::ヽ !  結局、目的地点に達したのはなし、
      //::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::,ィ:::::/!::∧:::::::::::::::::ヽ:::::::::V
      fl::::::::::::::://::::::::/::::::::::::://::::///  \:::::::::::::::!::::::::::::!  死傷・行方不明者多数・・・
       j !::::::::::::::リ::__∠:ー::ナ' ´ /::///` ー-ゝ、_::::!::::|::::::::::::l
     / !::::::::::::::|::::/::_;∠´__-. ノ/ //   -__ヽ\:ト:::!::::::::::::j  もう、どうにでもなれですう・・・
     | !:::::::::::::l!/ヾ. {.,ィ:::rィ"´  〃  'イ j;;;r f''ッヽ!:ノ:::::::::イ:!
     ノ! ヾ、:!::::::::ヽ  ゞ_`.ノ  /    ゝゞク   レ:::::::;;∧:|
    ∧!  ゞ、:::::::ト、.              ̄   /:::::イ/ ::!::|
    /:::/!   ):ゝ、:;;\        `       /:::// /) ::!::|
   /:::::∧! ※ !!::::: |:~!\      ヽ三.ヲ     フ´!! j /) :::::l:::|
 . /::::::/:/ゞ  !!::::. |:::|::: へ           ,.イ|:::::::|| ※ !j:|:::::::l:::|
 /::::::/::/:::: |! |ヽ:::::|:::l::j::: ノ´`r 、. _  ィ=ヽ::|::|::::::|!  ノノ::|:::::::|:::|
/:::::::/:::/:::::::::ゞ! |:::::レ::メ/   j、     ノ   \|::::::|!   !l::::|:::::::|:::|
:::::::/:::/:::::::::::::_j_. ,Vf`/    __\  ./_      ゝjl  ヾ!:::|:::::::|:::|
::::/::::/::::::::: /三! |/   /:::::::::::~~:::::::::ヽ     ノノ /`ヽ|::::: |:::|

第三次閉塞作戦での損害、死傷24名、行方不明91名。大損害である。

旅順艦隊はいまだ、無傷で残っている。

1271 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:43:46 ID:Lt0vJA3w
                         _. - ._             _
                     /. -−- \             l `i   __
                        //      ヽ          } ´ ̄ ´ '´ う  打つ手なし・・・
                    |{      /\  ____  j     /
     ( ヽ              '.l.   ___/    ヽ´  ー-=ニ.¨`7     r '     ヲワタ!
  r──’ `ヽ            .ゞ ' ´         '.       `丶、  /
(´_ ̄       ヽ         /             |       \  \/
‘ー⊂.         \      /  ,    l  |    |、        ヽ‐-,ヽ
     ̄ ̄\     \.     /  /     !  ∧   ||ヽ__|     ∨ `
         \     \  /  /     | / '   ||'´ヽ l      l. ',
           \     \l  '    |  ,ィ´′ ∨ ハ. |   Nヽ.   |、 i
             \     \l.    |  /|/     / /       ',   |、ヽ!
               \     ヽ、.  | i       ∨    三三 ハ.  ! \
                 \.   /\ | | xィ彡        ・{ l. ∧ /
               /\ /   }'ヽ! "´       ,、_,   l |∨ ∨
                 / /   /   \     ‘7´  )   .ノ |     l
              {      /    ',\    、__,. ' ,/  |    /
                \   /      ', ヽ----r ' ´ |   |  ./
                | ー ´         ',  ',   ヽ    |   |  /


この後、連合艦隊は終わりの見えない封鎖作戦を続けることになる。

そして、ついに・・・

1281 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:44:29 ID:Lt0vJA3w

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7:::::::::/::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ   うーん、やっぱり、本国から旅順艦隊に
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',  増援送った方がいいかしら。
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|  新造艦をまとめれば、結構な戦力になるわ。
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

1291 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:45:05 ID:Lt0vJA3w
          _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、   あなたもそう思うでしょ、
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ  ジノヴィー・ペトロヴィチ!
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r
                /,r'           ヽ

1301 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:45:44 ID:Lt0vJA3w

                   __
              __,..-:'::::::-‐、:::::::::::`:::::....、
            /::::::::::/:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::\
           /::/:::::::::::|:::::::::::::::::::::ヘ::::ヽ::::::::ヽ:::ヽ   はい、陛下。
.            /::/:::::::|::::::|:::::ヘ::::::::::::::::ヘ:::::ヘ:::::::::ヽ::ヘ
           |:::|::::|::::|::::::l、__::ヘ::::::::::::-:ヘ、::::ヘ:::::|:::|:::ハ
           |:::|::::|::::|::;:イ\::::ヘ.、:::::::::::::|`:トl:::::|:::|::::::|
           |:::|:::ヘ:::|ヘ:::l,.-zヽ、\`ーァ=ヘ::ハ::,'|:/:::::::|
           ∨ヘ:::ヘ:', ,イソ::::l   ̄  |:::n::::トル'::|'::::::::::|
          |:::::::\トヽ弋=::|      R::::シ |::::::{l::::::::::|
          |::::::::::|::::::::| `¨´   、   ` ,4::::::|::::::::∧
            /|::::::::::|::::::::|\    ー   /:::|:::::::!::::::::|::::、
         /:::|::::::::::|::::::::|::::::` t  .._.  ´l:::::::|::::::;!::::::::|::::::.
.        /::::/:::::::::;1:::::::|⌒´_]_....、  |` 7::::/::::::::/::::::::、
         /:::::/::::::::/ ヘ、::::| /   、`ヽ  7/:::/`ー、/:::::::::::::.
      /:::::::::::::/   | ンく       .) .//イ    }.::::::::::::::、
.     /::/:::::::::/  /   \ _...r_ノ_/       ハ::::::::::::::.
      l:::::|::::::::::|  ,.ヘ、    7ー--一/        /  l:::::::::::::|
      |::/|::::::::/ /   \__ _」|`¨¨¨¨7      /   l:::::::::::::|

侍従武官 ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー海軍少将

4月30日、ヨーロッパ・ロシアより旅順艦隊の増援として、艦隊の回航が決定された。

名称は第二太平洋艦隊、いわゆるバルチック艦隊である。

5月2日、艦隊司令長官にニコライ二世の信任篤いロジェストヴェンスキー少将が任命された。

恐れていたことが現実になったのである。

1311 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:46:36 ID:Lt0vJA3w

                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、   敵の来襲はなしか・・・
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ   まずは、軍が無傷で上陸できたことを喜ぶべきだな。
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

第二軍の上陸は悪天候のため、5月5日からとなった。波浪に悩まされながらも、

第一挺団の上陸は12日で完了した。この間、ロシア軍の襲撃はなかった。

1321 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:47:22 ID:Lt0vJA3w
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|    日本軍は遼東半島にやってくる。
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |    上陸直後の水際で叩くのは原則・・・
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_        でも、どこに上陸するかわからないし、私の手元には兵力がない・・・
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´        その少ない兵力を、鴨緑江に送ってしまった・・・
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '          アレクセーエフめ・・・
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


遼東半島は黄海沿岸に1000㎞以上の海岸線を持つ。そのどこに日本軍が上陸するか、特定できなかった。

手持ち兵力も少なく、クロパトキンは絶対に上陸されてはいけない営口を警備する程度しかできなかった。

1331 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:48:07 ID:Lt0vJA3w

                                          .f `、 ..○ウラジオストック
                                        .,ィ′....´`- 
                                        .,・  、,ノ
                                    .,.ィ-・ . 、f`
                                     .,      1
                  ○奉天       .   、,‥_  . .,i  .  . .`.
                             、鴨緑江¨¨゜  .  . . .1
                             、/    .    .   .,'`"`
                 ○遼陽        ,.・           、,,.
         _,ノヘ、_             .,--"            ,ノ・
       , ̄   ○営口       .,r'"○義州        ._.′
      ,.     .,`        、r            、"´
.-‐...,x‐・    .,、-′ . . ..,..-・¨'-、>.__    .   、r`
  .`´        ′    ,.-'`○大孤山  ゙`゙r`        ′''・_
           /′.....・゛          、.○鎮南浦    .    ``‐,
           _/,,,..○塩大墺           .′           `x_
         、---く○大連          .,i"´              `v_
        ○旅順            .・.,.  ,○京城         .`、
         .        .        .´○仁川_..、`''       .   `,

第二軍は上陸後、旅順と遼陽の連絡線を断ち、その後北上して、遼陽付近で第一軍と合流する予定である。

なお、第一軍・第二軍間の距離があり、ロシア軍による分断を防止するため、

中間の大孤山に第十師団基幹の独立第十師団を5月19日より上陸させる。

1341 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:49:02 ID:Lt0vJA3w


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::  満州に送った兵力が増えてきて、
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::  日本からではコントロールしにくくなったな。
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::  現地で統一指揮をする司令部が必要だ。
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::  日清戦争の時のように宮様をかついで、
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i   大総督府を作るか・・・
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/

統一司令部案としてまず考えられたのは、大総督府である。これは皇族を大総督とし、

大きな権限をもった強力な組織である。言わば、大本営をそのまま戦地に持っていくことになる。

これには児玉のほか、大本営陸軍部のスタッフが賛同した。

1351 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:49:52 ID:Lt0vJA3w
               ,. -―――- ..
           ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\    それじゃ、日本からのコントロールが効きにくいじゃないですか!
          /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ
          ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i   政府や大本営の下から離れた組織なんて、絶対だめです!
        i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|
         l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |
         |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l
         |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l
         |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |
         |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐-
         |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′
        /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
.      //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」
      /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」
.     //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
      ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」
    /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」
    ,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」
    !: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/
    |: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、
    |:/ /: l : /  , /   ト、! ゙;;;:  ;:; ;;:}_| -―i'  ;;; ---ミ
    |l ∧ :| /   / l  // `  ̄      ;;;;;;;| ;;;; --、ソ

1361 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:50:36 ID:Lt0vJA3w

        __                                       rr‐-、
       l´ li                                       |l、_i  大本営でやることがなくなるっていう!
.       lー‐' !                                       i   l
       l   |                                     l   | 
.      |   |                                      |  │ ___ .__
      l    L_.                                _/ ̄ヽ   !r´   i´ 〉
    /⌒'|  / ̄ヽi ̄ヽ           /ニYニヽ            /  ',   |  ,|Y    | /
  r‐'i   |  |    |   |.          /( ゚ )( ゚ )ヽ         |    |   !   `´   l |
  | !   '   !    !   l、       /::::⌒`´⌒::::\         !    '            | !
  ! ,!               |       | ,-)___(-、|        |                 ' |
  | ヽ             |        | l   |-┬-|  l |        |               /
.  \                 |       \   `ー'´   /        !              /
.    \          /       _/           ヽ、       ヽ           /
       \           |--‐┬=''´              `Tー‐┬ |         |

そのような大きな権限が与えられると、本国からのコントロールが効きにくくなる。

特に海軍との調整が難しくなる、との理由で桂や山県が反対した。

結局、人事や兵站機能を持たない「満州軍」を設置することで決着したのだが・・・

1371 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:51:21 ID:Lt0vJA3w
      ,ィー- 、      /ニYニヽ
      |:::;リリノ    /;( 。)( 。)ヽ
      」::::」´ `ー、./;;;;;⌒`´⌒::::\
    /:::: ,r‐'⌒´.|;;;,-)___(-、|
   ,イ;; ̄7′   ..|;l;;;;;;;;;|-┬-|  l |
  /;;;;;;;;/′   ___\;;;;;;;;`ー'´   /
  :.;;;;;;;;;;l _,ィ'´;;:::| ,,`>''´「;;;/ /=ュ      この俺が総司令官になってやるっていう!!
  .;;;;;;;;;;;|'´;;;;:::::::;;;::| `''´>;/;;/__,イ、;;|ヽ
  ;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;::::::;;/、o ヾ、/;;::::/;;| ヾ;! !_
  ;;;;;;;ム--一''´i ;;`ーァ i';;;/;;;;;;;|:::::`::: |
  一′     l ;;;;;;;r'' ,ィ´;;: ̄ ̄::::;;;;:::: |
         ノ.;;;;;;;| i |;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;;;:::: {
        i´.;;;;;;;;;| | |;;;;;;;;;;;;;;;::::」;;;;:::::; |
        ム;;;;;;;;/ | .!;;;;;r==‐'i;;;;;::::::;:.|
        /`フ _/ L_」i    |;;;::::::;: j
         /;;;;´ ̄;;;ヽ 「 ̄    |;;;::;ィ|′

山県が総司令官に名乗りを上げたのである。

1381 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:52:24 ID:Lt0vJA3w
  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.  アンタが上官だと仕事がやりづらいんだよ!
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

総参謀長には児玉が予定されていた。作戦の実務を仕切るのは児玉である。

必要以上に細かく指示する山県では、円滑な行動ができなくなる恐れがあった。

結局、総司令官は参謀総長の大山が横滑りした。

1391 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:53:17 ID:Lt0vJA3w
        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\    児玉さん、今まで通りよろしくね。
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ  実務は全部、君にお願いするよ。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_ やりたいように、やってくれたらいい。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

1401 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:54:02 ID:Lt0vJA3w
         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、     まあ、他のスタッフも参謀本部そのままですので、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ  方針に沿って、今まで通りやらせてもらいます。
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´

1411 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:54:56 ID:Lt0vJA3w

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\     第二軍も上陸して一息ついたけど、
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ   残りの部隊で新たな軍を編成するよね。
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__) 軍司令官は誰になるの?
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

1421 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:55:53 ID:Lt0vJA3w
         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_        編成するのは二個軍で、
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\    独立第十師団を基幹とする第四軍司令官は、
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.  野津さんにやってもらいます。
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´

1431 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:56:50 ID:Lt0vJA3w
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

第四軍司令官予定者 野津道貫大将(鹿児島)

1441 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:57:47 ID:Lt0vJA3w
        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\    七次(野津の通称名)どんね。
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ  彼とは、薩英戦争でスイカ売り決死隊やった仲だし、
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_この前の戦争でも、立派に司令官やったから、適任だね。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\ で、もう一人は?
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

1451 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:59:01 ID:Lt0vJA3w
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、    実は、山県さんから推薦がありまして・・・
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ  第三軍司令官は、留守近衛師団長になります。
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | 山県推薦状 .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                     |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐

1461 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 20:59:59 ID:Lt0vJA3w

       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   留守近衛師団長?僕みたいに那須で開拓やってる彼?
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i  でも彼は中将だよ。軍司令官は大将じゃなきゃなれないよ?
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

147名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:01:25 ID:ElOLkuUM
立見さんはいつ出てくるのかな?

1481 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:02:55 ID:Lt0vJA3w

                  ____
               _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、   今度、軍司令官要員を増やそうってことで、
              /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
             //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ 何人か大将に昇進します。彼もそうなります。
            〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
            i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:! 海軍の山本さんや東郷さんも昇進しますよ。
            l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
            li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/ あ、ちなみに私もそうなります。
            !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
            ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
               Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
              iN \.  ` ニ′/}'
               礀   丶、  /
            ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
         _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
   /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
   |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
  ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

1491 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:04:07 ID:Lt0vJA3w
        _____   
      //⌒ ⌒ヽ  `\   そうなんだ。第三軍は旅順を攻略することになるかもしれないから、
     / / ・/・  / 、    ヽ
    // `ー●ー ´   \   ヽ 前の戦争で旅順を一日で落とした彼は適任だね。いいと思うよ。
   /^ 三 /  三     ヽ    l
   ヽ.__ /     __  l    |
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l

1501 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:04:58 ID:Lt0vJA3w
   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|         ┌┬┐   ええ、私もそう思います。
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !      ├┼┤
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |         └┴┘   あいつとは友達だし、
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |       / |_ヽヽ
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||              今まで色々あったから、
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||        |   ヽ
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|          ∨     ここで功績を立ててほしいんですよ。
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//         、 マ
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/          ┐用
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!            '^ー‐
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /                 |   |
  '             ヽ- ,.. ノ                 レ  |
  \     `ー------- '/ ヽ                     /
.    \            /    ヽ
      \       /      |                   /7
      /ヽ、   ノ         |                     //
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l                 o
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |

こうして、軍司令官は選ばれた。

1511 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:05:52 ID:Lt0vJA3w

      ,-‐' ̄                 ::::::::::::::ゝ
     /_                      ::::::::::\
   /.‐'/        ヘ              :::::::::ヾ
    /          /: |   |             :::::::ヽ
   ./..../     / /::  | :|: |  :∧、         :::::ヾ
   .//     // /::    | | : | |:: ::|、         :::ヽ
   . /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|
   /.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|
   ///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|
    / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|
   ..  |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|
       | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|
   .   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
   .    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|
   .     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|
   ..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|
        |  (______) :::::::::/:::/       :::|
   .      |            :::::::::/: :::/        :::l
          l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
           /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|
         /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
   ..    /   ヽ   ::/::::  ::;/     :::::::/    \ :|
   .    /     ヽ :/|::::: ,-‐'/     :::::::/_,‐'     〉:|
   .   //     ::/ |, -‐'  ̄ //    ::::::/      /::\
   .  //    :::/| ̄      /    ::::/ _,‐'   ./:::::::::::
      /   ::::/ /|       _//   ::/__, ‐'    /::::::::::::::::
     /  :::::/  / |   __, -‐' /   / ‐'    /::::::::::::::::::::::

   第三軍司令官予定者 乃木希典中将(山口)

後の惨劇を予想していた者は、まだ、いない。

1521 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:07:32 ID:Lt0vJA3w

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \  本格的な陸戦が開始された。
   ./          ヽ
   .l           l いよいよ、話は大きく動く・・・
    l             l
    .l           l 
    ヽ          l
     ヽ         l 
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

1531 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:08:27 ID:Lt0vJA3w
やる夫で学ぶ日露戦争

第七話「戦争編その3 鴨緑江渡河と遼東半島上陸」
    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)

次回第八話「戦争編その4 進軍と惨劇と」

1541 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:09:21 ID:Lt0vJA3w
キャスト

日本

山形有朋     でっでいう
桂太郎       桂言葉
高橋是清     阿部高和
金子堅太郎    碇シンジ

大山巌       ドラえもん
児玉源太郎    八神月
黒木為貞     オプーナ
藤井茂太     蒼星石
乃木希典     伊藤開司
奥保鞏      ラオウ
野津道貫      DIO
秋山好古     水銀燈

1551 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:09:58 ID:Lt0vJA3w
郷平八郎    泉こなた
島村速雄      柊かがみ
秋山真之      翠星石
上村彦之丞    小早川ゆたか
加藤友三郎    柊つかさ
藤井較一     小神あきら
小田喜代蔵   デューク東郷

ロシア

ニコライ二世       涼宮ハルヒ
ステバン・マカロフ    鶴屋さん
ロジェストヴェンスキー 朝比奈みくる
エッセン          ランバ・ラル

イギリス          ムスカ
ドイツ           ヨハネ・クラウザー二世
フランス          ジャン=ピエール・ポルナレフ

ジェイコブ・シフ     出来杉

説明役      やらない夫
聴講者      やる夫

156名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:10:08 ID:wx8TyXaI
ロジェストヴェンスキーがみくるかww

157名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:10:29 ID:dyIr0g4A
乃木カイジwwww

なんという凶悪チョイスwwww

1581 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:18:02 ID:Lt0vJA3w
                        /
                 ,. 、       /   /  読んでくれている皆さん、>>1だ。
   / ̄ ̄\       ,.〃´ヾ.、  /  /
 /   _ノ  \     / |l     ',  / /     今日は皆さんにお知らせがある。
 |    ( ●)(●) ,r'´  ||--‐r、 ',
. |     (__人__)ィ'´    l',  '.j '.       本題には関係ないが、今後のことについてだ・・・
  |      `'r '´          ',.r '´ !|  \
.  ヽ     l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、.  ,l  .. \  ちょっと自分語りが入るが、了承してほしい。
   ヽ    ゝ、.,_ --‐77‐‐-―.ゝ、ノ
   /    く  .\. //     \
   |     \   //     .  \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

1591 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:19:38 ID:Lt0vJA3w

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  >>1はメーカーに勤めているが、今年度昇進した。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ そして、違う工場に異動になった。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  異動先は生産現場で、部下持ちになる。
.  ヽ       /
   ヽ      /   問題がある現場なので、改善に手を貸してくれ、ということだった・・・
   >     <
   |      |
    |      |

1601 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:20:36 ID:Lt0vJA3w
        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\   異動して数か月、混乱した現場も大体把握できて、
      |   ( ●)(●)
. \    |     (__人__)  時間も何とか作れるようになったので、
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }   改善の原案を上司に提出して、
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く    身近なところから、改善していこうとしていた矢先だった。
     ./ 〈  \    i
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ
             \
               \
                 \

1611 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:21:29 ID:Lt0vJA3w
         ____
       /      \
      /   \ , , /\   来週から別の工場に異動だお!
    /  ==⊂⊃=⊂⊃=\      
     |     ⌒(__人__)⌒ |    
      \      ` ⌒´  ,/     
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄

今の製造業が置かれた現状は厳しい。>>1のところも例外ではない。
>>1のいた工場は注文量が少なく、採算が取れなくなっていた。
別の工場では、捌ききれないほど注文が入っており、人員が必要になっていた。
これに引っ掛かってしまったのだ。与えられた仕事は、現場での製造作業だった・・・

1621 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:22:33 ID:Lt0vJA3w
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   確かに会社の現状から考えれば、やむを得ないかもしれない・・・
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  理解はできるんだ、理解は。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  だがな・・・
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

1631 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:23:31 ID:Lt0vJA3w

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.     何で、俺なんだよ!現場作業者なら、他にもいるだろうが!
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)   でも、改善やら教育やら、プランが作られる人間は少ないだろうが!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:    そんな数少ない能力持ってる人間を、員数扱いしてどうするんだよ!
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |  この会社は○○○か!
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |iそれとも何か、俺は使えないとでも思われてるのか?
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \ だったら、さっさと言え!無駄な時間はすごしたくないんだよ!
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

1641 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:24:14 ID:Lt0vJA3w


                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ  で、行ってみたら、案の定問題のある職場だった・・・
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/  こういうのを改善しないといけないだろ、JKと思った。
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/   俺に改善させてくれないか、と言いたいが、
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ   ラインにがっちり組み込まれたので、不可能だ・・・
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/   今回のこの異動、あんまり頭に来たので、人事担当役員に話をしに行った。
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i   ちょっと、気が楽になった・・・
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

1651 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:25:21 ID:Lt0vJA3w
    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \  仕事を取り上げられて、直接作業者にされたのは二度目だ。
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │ 今までもいろいろあって、まあ大変だ。
   (,`⌒ ´      |
  . {        | 今後について考えたこともあったが、このまま去りたくはない。
    {        ..:/
    ` ー     \ 今年度は無駄になり非常に腹立たしいが、
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  | 来年度は俺がやりたい仕事、能力が生かせる仕事ができるよう、根回しはしておこうと思う。
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′

1661 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:26:21 ID:Lt0vJA3w
      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \  で、今後のこのスレの投下についてなんだが、
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |  今の職場は三交代制24時間稼働で、夜勤がある。
    |     ` ⌒´ |
     |       |  8月は全て夜勤という素敵なシフトを組まれてしまった。
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_   このため、作成する時間がなかなか取れない。
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |  前々回で隔週の投下になると言ったが、それも難しい。
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ | このため、いつ投下するというお約束ができない・・・
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

1671 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:27:11 ID:Lt0vJA3w
         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \   某漫画みたいに途中で投げ出す、ということはしたくない。
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |   投下間隔が長くなるが、可能な限り努力して続ける。
       l` ⌒´    .|
       {          .|  ご理解いただけたら幸いだ。
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1681 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 21:27:58 ID:Lt0vJA3w

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \  今日は付き合っていただいて、どうもありがとう。
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |  読んでくださる皆様には、本当に感謝している。
       l` ⌒´    .|
       {          .| 投下するときは、前日までにこのスレで告知する。
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )| おそらく土曜日19:00からになるだろう。
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ >>1が言いたいことは以上だ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

169名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:30:30 ID:qCY8ZMAw

みくるはある意味お似合いだわ
対応で言えば東郷さんは実力もラッキーもあった

作者氏の仕事でもスレ立てしたら面白いと思うよ

170名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:31:50 ID:ElOLkuUM
ええ? 三交代の状態で投下してくれてたの!?
俺もやったことあるけど、体内時計グチャグチャになるんだよね、あれ……
無理しないで、仕事が楽になってからでかまわないよ
投下の時間を休息に当てないと、体が持たないって

171名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:34:06 ID:I7uuN1Js
乙です
諒解致しました
自身の生活を最優先して下さい
投下が無理な場合でも生存等の報告さえしていただければ十分です

172名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 21:45:15 ID:u56sY2aQ
乙です
無茶して体壊したら元も子もないから気をつけてくださいね

1731 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 22:09:36 ID:Lt0vJA3w
>>170-172

ありがとうございます。
昨日投下できなかったのも、以下の理由があったんですよ。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 昨日 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは9:00に仕事を終えたと思ったら、
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        17:00にまた出勤していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    改善だとか合理化だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしい会社の片鱗を味わったぜ…

ほいでもって現在の心境は、

1741 ◆R8YMTME8eI:2009/08/23(日) 22:11:11 ID:Lt0vJA3w


     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐−――‐‐-...`l、     覚悟しろよ、畜生どもめ。
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..     
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      僕はもう決めてしまったぞ。
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i      貴様らが僕の敵だと決めてしまった・・・!
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶     貴様らが己の不幸を嘆くとき、どうということのない主任に
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ     どういう態度を取ったか、思い出すがいい・・・!
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\  貴様らを見返してやる。蹴落としてやる・・・!
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、 粉砕してやる。絶対にだ!
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:-−´゙゙`ノi!i!r-−i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''−´ ..ィ ッ

であります。

ま、何とかなりますよ。レスは時々しますんで。

このスレは日露戦争関係で雑談してもらって構わないですけど、お約束は守ってくださいね。

今日はもう寝ます。おやすみなさい。

175名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 22:20:52 ID:LL2WvpBw
俺も製造業勤務なので現場の厳しさを目の当たりにしてます。
リーマンショック以来どーんと人減らししてきたのだが、今は受注が戻りつつ
あり、でも今更雇用を戻すこともできず、技術職・管理職のみならず資材や
経理の人間まで残業時にラインに入ったりしてます。
くれぐれも>>1殿ご自愛ください。

176名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 22:50:47 ID:zxORLhgA
乙です。

無責任で月並みなセリフですが、>>1さん頑張って下さい。
次のお話を待ってますよ。

177名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 23:07:24 ID:0Ed8l2mI
技術職・管理職のみならず資材や
経理の人間まで残業時に雇用を戻すこともできずラインに・・・おいおい
雇用増やせよ。
日本大丈夫か・・・・1がんば

178名無しのやる夫だお:2009/08/23(日) 23:55:11 ID:DMGUOrDs
民主党が雇用関係の法律を弄りまわすと宣言しているから
形がハッキリするまで動けないよ。マヌケストがイイカゲンすぎる。

179名無しのやる夫だお:2009/08/24(月) 00:41:25 ID:FVc/1k3c
乙。
無理はしないでね。

180名無しのやる夫だお:2009/08/24(月) 02:52:56 ID:eshWa09I
乙です。
のんびりと全裸で待ってますんで、無理はしないで下さい。

181名無しのやる夫だお:2009/08/25(火) 21:09:15 ID:DELXsRXU
乙です!
立見さんは某魔王しかないと思っていますので、今から配役が楽しみです。

自分もメーカー勤めの営業なので工場の中については少しは解るのですが……
根回し、これでもかってぐらいにしといた方が良いですよ、どこで、どんな力学が働くかわかりませんから(汗)

182名無しのやる夫だお:2009/08/26(水) 17:23:51 ID:DKhJBztU
日本の戦時公債を買った人たちって、儲かったのかしら?だったら嬉しい。
あと日露戦争も正式な宣戦布告が無かったって言ってる人が、一部にいるよね。

183名無しのやる夫だお:2009/08/26(水) 22:43:49 ID:zXeKOLj.
>>182
何を持って宣戦布告と言うのか、明確な基準は当時まだ無かったんじゃないかな、確か。
でも当時の日本はとにかく外国の目を気にしていたから、可能な限り常識的な宣戦布告
と言うか、通告をしたハズです。
別にその事で、ロシアからクレームは来てなかったと思いますよ。

もっとも当時のヨーロッパ最強の陸軍の人は、「宣戦布告なんて愚の骨頂じゃ!」って、
日本の将官達に教えていたみたいですが(汗)

184名無しのやる夫だお:2009/08/27(木) 01:13:30 ID:0pT0z2Kc
>>182
昭和の御代にはソ連が心の祖国だった人が史学の世界には結構いたから。

185名無しのやる夫だお:2009/08/27(木) 01:30:14 ID:kpvPMiRo
ソ連とロシア帝国じゃ正反対だろ…

1861 ◆R8YMTME8eI:2009/08/27(木) 14:40:15 ID:4g6anGJI
>>182

戦争を行うにあたり宣戦布告を行うことは、慣習としてありましたが、
これが明文化され、どのように行うかルール化されたのは1907年のハーグ陸戦条約改訂以降です。
この改訂により、武力行使以前に開戦を通告することが必要になりました。

日露戦争では、日本は武力行使前の2月6日に、最後通牒として「国交断絶」通告を行っています。
これをもって、事実上の宣戦布告であると看做されることもあり、国際的には問題になりませんでした。

公債については後で書きます。

187名無しのやる夫だお:2009/08/27(木) 21:43:10 ID:NL.GfmbE
ニコニコ動画に『ロシアから見た日露戦争』があったけど、「開戦直後に日本は
奇襲した」と事実を述べているだけの所に、「宣戦布告後だから奇襲じゃない!」
「NHKは偏向している」とヒステリックにわめき立てるコメントが大量についてた。

この人らはとにかく「奇襲」という言葉を使われると、即、国際法違反を責め立てら
れているかのように思い込んでいるらしい。なかには「奇襲ではない、強襲だ
」という珍コメントも。

188名無しのやる夫だお:2009/08/27(木) 22:38:22 ID:JaG/7lFI
宣戦布告後攻撃は違反だけど。
国交断絶後の攻撃は違反じゃないんだっけ?

189名無しのやる夫だお:2009/08/27(木) 22:39:26 ID:TSsRotxU
>>188
当時はね
国交断絶=戦争状態という定義だから

190名無しのやる夫だお:2009/09/09(水) 22:21:52 ID:cT57sOS.
保守

191名無しのやる夫だお:2009/09/13(日) 22:53:02 ID:R5tgajzU
仕事があるだけマシとはいうものの
職場環境の激変はたひへんですな

1921 ◆R8YMTME8eI:2009/09/17(木) 11:56:45 ID:kY0QGWRs
色々とありすぎましたが、目途がつきましたので、
9/19(土)19:00から、第八話を投下します。
よろしくお願いします。

193名無しのやる夫だお:2009/09/17(木) 12:10:25 ID:kjSnnM4.
全裸でお待ちしています!

1941 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:00:08 ID:eYJ1NPVs
やる夫で学ぶ日露戦争

第八話「戦争編その4 進軍と惨劇と」


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   さて、皆様お待ちかねの乃木が登場したわけだが、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) ここで、彼のここまでの人生を振り返ってみよう。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ ちょっと長いが、お付き合い願いたい
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

1951 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:00:46 ID:eYJ1NPVs


                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 長 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 府 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 藩 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""
1849年、乃木希典は長州藩の支藩である長府藩江戸屋敷にて、藩士の三男として生まれた。

幼名を無人(なきと)という。上の兄たちは早世しており、彼は実質的に嫡男として乃木家を継ぐ運命にあった。

196名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 19:01:08 ID:E2sl.tHE
裸で待ってました!

1971 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:01:34 ID:eYJ1NPVs

    /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l
   /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV  左目が・・・
 /::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '
 ::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l     見えない・・・!
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |

幼少期の彼は虚弱体質で、しかも事故により、左目は光を失っていた。

性格もおとなしく、内向的で周囲になじめない子供だった。思えば、彼は人生のはじめから、苦難にあったのである。

1981 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:02:25 ID:eYJ1NPVs

   ヽ .. .   .. ../              MMMMMMM
   ..ヽ . U.  ../           v   ≫ ・ 卑 ≪ 
    ..ヽ   ../      )  U      ≫ ・   ≪
    ..ヽ  /   ⊂つ   v        ≫ ・ 劣 ≪
    . ヽ(               _..=≡≫. ・   ≪
     ..ヽ  ̄       _..ーー~    ...≫ ! っ ≪
     . λ∈≡=ー~~~~           ≫    ≪
     ./..ヽ            v      WWWWWW
     / ..ヽ U  .≡≡≡≡ .      /
    ./.  ..ヽ    ..≡≡≡       /

乃木家は代々藩の医者であったが、彼の父希次は文武両道に優れ、藩主の側近として活躍した。

しかし、提出した意見書が勘気に触れ、家禄を減らされ、一家は国元に帰還させられた。1858年のことである。

1991 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:03:19 ID:eYJ1NPVs
         ____
       /⌒L) ) ) \
      イ/⌒ハ ̄ ̄ ̄ ̄ハ
     イ __ ハハハハハハハハ
    イ ∠_/ ハハハハハハハハハ
    イ  │;:;:│  ハハハハハハハハハ
   イ  │;:;:│   ハハハハハハハハハ
   イ_,,│;:;:│__ハハハハハハハハハ
   -‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-

国元に戻った乃木を待っていたのは、厳しい現実だった。

江戸詰の乃木家は国元での屋敷がなく、家禄を減らせれた状況で、生活は困窮を極めた。

2001 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:04:05 ID:eYJ1NPVs

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ   もう、いやだッ・・・
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ   毎日毎日、父上に厳しくされる・・・!
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ 〜′    :::::::|ヽ.   ト. 
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |

乃木家はもともと医者だった。父の代に武士になったため、必要以上に武士であろうとふるまった。

このため、乃木への教育は苛烈を極めた。しかし、虚弱体質で内向的、気の弱い乃木には全く向かなかった。

こういう場合、母親が逃げ場所となるのだが、

201名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 19:05:00 ID:bqgVFP82
リアルタイムキタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!
支援

2021 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:05:04 ID:eYJ1NPVs
                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\   あたしゃ、アンタらの食い扶持稼ぐので忙しいんだよ!
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉 自分のことは自分でおし!
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z簠彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::

                    乃木寿子

家禄を減らされ、困窮する生活。母は毎日働きづめに働いた。そんな母に、息子を顧みる余裕はなかった。

鬱屈した生活の中、乃木は16歳のとき、ついに出奔する。

2031 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:06:57 ID:eYJ1NPVs
爻   _,,-‐t‐''⌒ハ、       _,,, -‐''三]
k;;:、 (,, メ μ ,,´`, -―一''''""~ _,, -‐/::::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  / --一'''"~ ̄  ,/:::::['i']::::\へ、  /
ニヾ \鄴鄴 Y,/         /ii[]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-〜〜-―へ`~~    ]、
         ━
 〓           ━〓   ー ---- 、---―

行先は親戚である玉木文之進が営む塾だった。武芸ができない以上、彼は学者になりたかったのである。

玉木家は乃木家の分家であり、玉木文之進の養子に乃木の実弟がなるなど、交流は非常に深かった。

そして、この玉木の甥が・・・

2041 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:07:59 ID:eYJ1NPVs

     __――――――          /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
    /            \       /
   /               \     )ワシが松下村塾塾長、吉田松陰である!
   /_         __     |    (
  / \  | /  /   \    |   /
/ _  \   /  /\|||||   |  \
|/  \_|| ||||_/       /\   )
 < ̄o ̄>   < ̄o ̄>  |   |  (
  /  ̄ ̄/       ̄ ̄    | ∂ |  )
 (  /(_⌒)\     /   ) ) | (
 | === ====     | (  |  )
  ( || |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||     (_/  (
   || |  ̄ ̄ ̄⌒ ̄| ||    |      )
   || |         | ||    |    (
   || |         | ||     |    )
   ||  )  /⌒⌒|   | ||     |   (
   || /  /     |_ / ||     |   )
   || ヽ ̄⌒ ̄ ̄ /  ||     /   \/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\
   ||  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄/  ||    /
    \   ̄ ̄ ̄        /
      \________ /

吉田松陰である。松陰は高杉晋作や伊藤博文など、多くの人材を育てたが、

2051 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:08:45 ID:eYJ1NPVs

                  /ニYニヽ
               / ( ゚ )( ゚ ).    俺は、松陰先生の高弟だっていう!
              / ::::⌒`´⌒::::\
               |  ,-)___ )-,|  (本当は二ヶ月しかいなかったけど、
               | l   |-┬-| .l |
            \    `ー'´  /  吹かしてやるっていう。)
      _, 、 -―-―/ | ` ー一'´|、
     /     ー    \  /  ̄ヽ-、_
    /      y  ´ ̄ ̄⌒`Y´⌒ ̄`ヾ'、
    /     ヾ/ 、       |     ||
   /   .\  _r‐、-、-、    |     ||
   /   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉〉___/,___/ |
  //  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ ヽ  ノ  イ ノ
  /   /  ```´-ァ‐'''" /⌒ へ\ ノ |
 ヽヘ  l   //ヾ   ( __ /_ ) ノ  |
   `ーヽ、_ノ | ミ 'ヽ  ( __ |_ )  |  .)

この人物もいた。乃木は長州藩改革派の筋目の良い境遇にいたのである。

彼は厳しいながらも、思いやりのある玉木家での生活を楽しみ、成長した。

2061 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:09:36 ID:eYJ1NPVs
            ____
              // |  」_.ヽ
           |_|_|_|=|__|    俺は・・・
            -=ニ|  Mゝ'N〆ヽ
           / (6|' テ 〈 テi`   学者になりたい・・・!
             /  .|、 __ヽl
         /-‐/|..| \ = /|_   武芸よりも向いている・・・・!
      /i ̄ -/ ||\__ヽ||\\
      .|,, | ̄ 〈゚.。/|::::::::::|\。/ ||
     .|,,,, |_。_\。|DER|/∠。_|,|
     |,,,  || | | |く|.|:-‐‐:|〉| | |.|,,|
      |___|| | | | i!| 38 |。| | |.|_,|
     [___] ̄ ̄ .i!|:‐--:|  ̄'|__]
      |.   |//   i!|RAM|   ゙|│
     |  |/    .i!|:::::::::::|。   .|│
.       |   | γ  i!|:::::::::::|  T│|
.      |   |.    i!|コl二ll|    | |
.     |.  |      i!| ミ| |,,|。   |.|
.     |. , 〉     .i!| ミ| |/|   | |
     巛∂     i!|\|_|ノ|   |ii」
      L____」.  |.  |。 ._」‖

彼の初陣は第二次長州征伐の小倉城攻めである。砲術を学んでいたため、砲一門の指揮を任される。

帰還後、彼は部隊を離れ、藩校明倫館の教員となった。このため、彼は戊辰戦争に参加していない。

このことは、足の負傷のため、とされているが、軍人には向かない、と考えたのかもしれない。しかし・・・

2071 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:10:29 ID:eYJ1NPVs

    未    し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  元 従    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   な 戦 え
  服 軍    L_ /                /        ヽ  い に  |
  前 が    / '                '           i  の 行 マ
  ま 許    /                 /           く  !? っ  ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,   て
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

戊辰戦争後の彼の仕事は、戦場帰りの元の部隊に漢文を教えることだった。

だが、学生たちは戦場に出なかった乃木を侮り、侮蔑した。

2081 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:11:28 ID:eYJ1NPVs
  |l   ヽ\|                     =~_
  ヽ\____>                        ~>   なんで・・・!
 ___,,,ニ==                       <
  ~二;;;;.=-       /|l.l.| llヾヽ          -=ニ,    お前らに何がわかる・・・!
     ~二ニ     /l;;;;;;||;;l;;;;;;ヽ;\ヽ           ~~'''''Z、
   _,,,ニ-=     /ノ;;;;;;;|;;;;l;;;;; ××_ヽ |⌒ ヽ         _、
     ///   ./\\ ;;;;;u/.×''~   | |⌒l .|      _,、‐~
    ///// |‖/ ~ 。ヾ||:.:.:.||/。  ,ノ | |⌒| |    ヽ
       //| | |/|ヽ,_,.、/::'''彡ーu <~u  |.|ニノ/    |ヾ\
      /     |u/ u u   `' u   ||ー ′    .l
     ./     / _丶u  u __,,О   /| .|      ヽ、
     /       ` l 、,,__,,.、、-;;;二-‐`l ./   l       ヽ、
     /     \  l l''‐-‐'''~    ___| /;;  u|
   /        \ヽ|-‐'''┬;;ニニ゜-‐ /;;0   l|ヽ、
  ./          \ヽ ̄O,,,,,,,;;;u /;;;;;  u  u |ヽ、ーー / ,,_ '''''''''    | |
  /           O ヽ u ''''''' /;;;;; u      /    ( / ,,_ ''''''''    | |
./       _,,,、、-‐‐-、、,/\ u /ヽ、   u u /     ( _/  ''''''    ||
/      /        ~'''‐、、_/  ヽ、U   ノ       ''-==ヽ_____,,,,、-ノ |

当然のごとく、乃木はこの仕事を楽しまなかった。

2091 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:12:13 ID:eYJ1NPVs

       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',  ドイツに留学します♪
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
.   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
.   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ
  /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
  /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧

この時期、桂太郎は私費でドイツに留学する。

2101 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:12:57 ID:eYJ1NPVs

     ./_,,     / ./::|
    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ           俺も、留学がしたい・・・
       .// / /    _, -| |´| |‐'\
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\        学者になりたい・・・
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ   そうだ、従兄弟の御堀さんに頼んでみよう。
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i |
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |   従僕でもいいから連れて行ってくれ、
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| | 
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ   と言えば、連れて行ってくれるはずだ・・・
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|       
         `ー、──────::::::::::::::::::/|
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/
               /∧::::::::::::::::/
              .//0::\::::::::/

御堀耕助は長州藩御盾隊総督として戊辰戦争で活躍した。大村益次郎亡き後の長州軍事系の重要人物である。

彼は山県や西郷従道らとドイツに留学することになっていた。しかし・・・

2111 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:13:48 ID:eYJ1NPVs
      .,..-──- 、
     r '´. : : : : : : : : : :ヽ    お前なあ。男だったら実力で留学しろよ。
    /.: : : : : : : : : : : : : :: ヽ
    ,!::: : : : : ,-…-…-ミ:: : :',  家来でもいいからって、手段を選ばないこと言うんじゃねえよ。
   {:: : : : : :i  ,;ノ;´:`ゞ、i: : :.:}
   {:: : : : : :|  ェェ;;;;;;;ェェ|: : : }  卑屈だぞ、そりゃ。
    { : : : : ::|    ,.、 .| : : :;!∫
    ヾ: :: : :i   r‐-ニ┐| : riii=  
     ゞイ!   ヽ 二゙ノ イ「 ノ
    ⌒ー ̄ ̄´ r⌒ !  〉
    (         (` ー'
       御堀耕助

  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ 
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U

あっさりと拒否された。逆に御堀から「今、必要なのは軍人だ。軍人になれ」と諭され、

乃木は軍人になることを決意する。長州藩や御親兵で教育を受けた後、1871年・・・

2121 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:14:36 ID:eYJ1NPVs
          ,-┬┬┬┬┬┬┬ 、
       / // / / | || |`l 、    今日は俺の人生で、もっとも輝かしい日だ・・・
       /_/__/_/_|_ | | |. | | |
       (]_|_|_|__ | |ーi. || ||
      /   /\ヘ\丁┴、| ゝ| | ||.|
    /    ヘ\    //l\/ゝ| ||.|
    |/|/V|_ゝl|_lK∠___\/ゝ.|| |
        |::::::::::;;;;;;;;::::::::::::::  / | lゝ/ゝ| 
  .      |;;;;;;;/  l;;;;;;;;;;;;;;;/ :|:|ーヽ∠ヽ_|
  .       | /      /ノ   ||〇| ヽ∠__|
        //__, -ヽ  / ι  l_ノ    ヽ
  .     / ヽ――――一'     |   |\ \
        フ  /ヽ ≡      ./|   | \ ̄― _
      ∠―./ | ヽ        / /   |丶. \ ― _
   ― ̄_―/ | ヽ    /   /   |丶丶 \
     ̄    /  |  |ヽ_/    /    | 丶  ヽ

23歳の乃木は陸軍少佐に任官する。深堀の引きであった。

なお、同じ年に任官した野津は少佐、黒木や奥は大尉であり、児玉に至っては下士官である。

何の実績もない人間に対してのこの厚遇は、情実のにおいがあからさまにする。

2131 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:15:37 ID:eYJ1NPVs
  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ  飲め・・・!
  /     ,.イ./|./::::ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!':::::::::iゝl-ゝ!'\i、    |  歌え・・・!
 レ' .! ,イ ,イ===。、:::::_"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/:::::´ `ー-‐,,´:::| Fヽ ! |  遊べ・・・!
       !/:::::__-,  -‐''" ::::| Lソ/  !
      `T、--;‐=;===ニヲ.::::::l└ ' 、 ヽ
      /! `'ー-'---‐ '´:::::/i    l \\
      / _ヽ  ー一 .::::/:: !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.   :::/:::  i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ::::    ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |

乃木はこの地位を楽しんだ。少年のころから鬱屈と侮蔑に囲まれていた自分が、高い地位に上ったのだ。

悪所通いを知ったのもこのころである。東京鎮台・名古屋鎮台での勤務の後、一度休職する。

そして、陸軍卿である山県の伝令使(副官:秘書)となる。だが、楽しい日々はそう長くは続かなかった。

2141 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:17:14 ID:eYJ1NPVs
     /フYヽ
 o ゚ ゚o/( o)(o )ヽo゚ ゚ o   まずいっていう・・・
   / ⌒`´⌒ \
  | ,-)___(-、|    小倉の十四連隊が萩の不平士族と協力しそうだっていう・・・
  | l    `⌒´  l |
   \       /

当時、全国各地では士族による新政府への不満が鬱積していた。

これがが顕著だったのは、維新の立役者となった薩長土肥の士族である。

彼らは血を流したにもかかわらず、新政府に登用されたのはごくわずか。特権を奪われて困窮する者もいる。

勢力争いに敗れて下野した者もおり、非常に不穏であった。

2151 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:18:03 ID:eYJ1NPVs
            ∩_
            〈〈〈 ヽ  ここは、連隊長を変えるっていう
           〈⊃  }
      /ニYニヽ   .|   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !
  /::::⌒`´⌒::::\|  /
  | ,-)___(-,| /
  、  |-┬-|  /
 / _ `ー'´ /
 (___)  /

小倉の歩兵第十四連隊長山田少佐は、征韓論で敗れて下野した前参議、前原一誠の実弟である。

前原は萩の不平士族のリーダーであり、山田は公然と前原支持を表明していた。

前原が挙兵した場合、連隊丸ごと寝返る心配があった。

2161 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:18:56 ID:eYJ1NPVs
   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ   そうだ!乃木がいいっていう!
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、| 乃木は前原たちと関係が深いし、山田もおとなしく指揮権を譲るはずだっていう!
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/ あいつなら、寝返る心配もないっていう!
. /    ∩ノ ⊃ ヽ
(  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |
  \ /___ /

こうして新任の連隊長として、乃木が選ばれた。1875年12月のことである。

山県の思惑通り、乃木は連隊の指揮を無事引き継いだ。そして、この乃木のもとを訪れる者がいた。

2171 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:19:41 ID:eYJ1NPVs
    _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、   兄さん!前原さんに協力してください!
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i   もう一度、維新をやるんです!
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
 ゙!  7     ̄    | トy'/
 !  `ヽ"         ;-‐i´
 ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
  ヽ、 ー         / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /
     玉木正誼

乃木の実弟で玉木家に養子に入っていた正誼は、前原のもとにいた。

小倉の乃木をたびたび訪れ、挙兵への参加を求めた。

2181 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:20:28 ID:eYJ1NPVs
          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>    それは・・・・
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\   できん・・・
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N   俺には与えられた職務への責任がある・・・
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!     それを破るわけにはいかん・・・
    | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!
    | l ヒ |:|.    u  r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
/      _..⊥._ \``  |

玉木正誼は乃木に挙兵計画を語り、再三再四協力を求めた。

乃木は同意しなかった。そして、正誼から得た挙兵に関する情報を、逐次山県に送った・・・

2191 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:21:25 ID:eYJ1NPVs
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

1876年10月24日、熊本で神風連の乱が起きる。これに呼応して、27日福岡では秋月の乱が発生する。

この事態を予期していた乃木は隷下部隊を速やかに派遣して、鎮圧に成功した。そして、28日・・・

2201 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:22:03 ID:eYJ1NPVs
     ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ   東京の腐った連中を追い出して、
..≦              `i,
..≦               i、新しい政府を作るんだ!
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '        ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ

前原一誠はついに立った。萩の乱である。しかし、反乱は政府軍により早期に鎮圧された。

乃木も隷下部隊を送っている。

2211 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:22:47 ID:eYJ1NPVs
             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `               i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ
乃木の実弟玉木正誼は戦死。師の玉木文之進は、多くの弟子が反乱に参加した責任を取って、自決した。

乃木はかけがえのないものを犠牲にして、国家への忠誠を尽くしたのである。

しばらくして、かつての上官、福原大佐から、手紙が届いた。

2221 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:23:41 ID:eYJ1NPVs

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                  |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /   お前は      /ヽ__//
     /    臆病者       /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


歩兵十四連隊には二千人の兵がいる。これだけで対処できるのに、大阪鎮台に救援を求めたのは何故か。

また、戦闘を部下に任せ、なぜ小倉を動かなかったのか。

ほかの部隊は少人数でも勇戦敢闘しているのに、大人数を抱えた乃木が動かなかったのは、臆病だからだ。

お前は、長州人の面汚しだ、という非難である。

2231 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:24:31 ID:eYJ1NPVs
         /ニYニヽ
       /( ゚ )( ゚ )ヽ   お前は何で、小倉を動かなかったっていう!
     /::::⌒`´⌒::::\  
     | ,-)___(-、| 臆病だっていう!命が惜しいのかっていう!
     | l   |-┬-|  l |
      \   `ー'´   /l!| !
     /        \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ
    `ー、_ノ   �堯�l、E ノ

この手紙は山県が書かせた、とも言われている。

福原や山県だけでなく、陸軍部内で乃木を批判する空気があった。この手紙は、その表れであった。

2241 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:25:23 ID:eYJ1NPVs
  |\   | |  //  U  /\ `,  \  \  /
 ;;;|  \ | | // ,    /  /ヽ 、==\  \(   秋月だけでなく、福岡や小倉でも反乱の気配があったんだぞ・・・
 ;;|\  \|// lj l j  /  //\ヽ   \  \)
 |u\//|ヾ||   l|  ||´ //   \、  ( \ (   そんな状況で小倉を動けるか・・・!
 |f゛/.へ| |  || lj   i|| /          |  ゝ) 
 |//  ヽiヾ、;||     ル/           |  (  そもそも、俺は弟を裏切って殺し、
//       ヾ)゛   ≡   ○      /   ) 
人|      ○ / =   ニ=_     _=--W   (  恩がある先生を死に追いやってまで、
 ヽー、     / = U   U-==_  (  u j   )  
\ lj し-、 ノi =   i       し ヽ     i´   国に尽くしたんだっ・・・!
 \   u) i/ =  u lj      ゝ  ) U  l    
  |`ヽu ゝ/ =           ゝー´     ゝ   それなのに、この仕打ち!
  |  |  /  = __−=ニニ ̄ ̄ ̄ー― ̄ ̄ ̄)   
 ノ ーーニニ==- ̄   ). ̄ ̄ー――― ̄ ̄/    卑劣・・・!!
― ̄ー7 = lj   =〓ヽ /     (⌒)     (   
― ̄ / =          lj     `¨´   __  ) 
   |  /  u U U      _―,− ̄|  `/  
    `T ー,        _−-,   |  | /   
     | |  | ̄| ̄ ̄| ̄ |   |__lー―+ー(    
     |トー+−ー―+ー-+ ̄ ̄         )   
      ||                     /   
      ||              ○―― /    
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄と ̄ ̄ ̄     /
       |.匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚匚(
.       |      u     lj      ゝ

乃木は手紙に返信し、福原の了解を得た。しかし、彼への批判が止むわけではない。

乃木の屈折はこうして深まった。

2251 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:26:19 ID:eYJ1NPVs
              ,,,、、、、、、、,,,
           ,r''.:´.:;;;;;;;;;;;;:;:;:.:.::`ヽ
          /.:.:;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;;:;:;:;:;;;:゙、
            ,'.:;;,:r''"´  ̄ `""゙´ ´¨ヾ;;!   おいの命は、おはんらにあげもんそ!
         |;;;:.:{   -ー -、 , -‐.::.;l;!
         |;;::.:ヽ    _ _,,)j   _,,.;i!
 .          i;;;;.:ji! ,r''ニニニ二ン r''二ニュ
         /^ヾ!   ,,,zf_で;ソ´ ヾでソ;;{
         レハj!    ''' "´   j;:.~'' ´ !
           Yヽ!     , ィ ,_ _,,ハ   |
            し'i.      ,′  j !;::.',  |
           , イハ      { ,,r====ュ;:,  ,!_
   ,,、、-‐''"´.:/.:j! ',     ´二三`  /:.::``¨''ー- 、、、
 "´.:.::::::::::::::::::/:::::| ` ヽ、、,, _ ___ ,,,.、ィ/:::::::::::::::::::::::::::::.:.:
.:.:.::::::::::::::::::::::/::::::::|i    、_ ,, __ //::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.
.:.:::::::::::::::::::::/::::::::::| |      . ,, _ _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::| |         .:::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/:::::::::::::::| .|     .:.:.:::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::/:::::::::::::::::| |       .:.:://:::::::::::::::::::::((Yj)::::::::::::::::::::

翌1977年2月、最大にして最後の士族反乱、西南戦争が始まった。

背いたのは西郷隆盛を盟主とする最強の士族集団、薩摩。

彼らが最初の目標としたのは、熊本城に駐屯する政府軍、熊本鎮台である。

2261 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:27:53 ID:eYJ1NPVs

                  ∫_____∫
                  |l|lllllllllllllllllllllllllll|l|
                  @:::::::::::::::::::::::::::@
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
               ヾ==================.ソ      ,;:"⌒⌒⌒⌒゙;,..
                 | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |      ,;:,,,,''''  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,)
               /;;;;;;;;;;;;;;;; /\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ,;:,,,  ;;;;;; ;;   ,,)
              ヾ=======.//\\ =======.ソ   ゙゙〜,,,,,,〜,,,,ノ
                 | // .[ ] .\\... |
            .───./:::::::::::::::::::::::::::::::::\───
           ゞ===============================ソ
            \.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii田 田iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/           /松
        .松\ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\         //::::::\
       /:::::\\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ヾ===========ソ
      ヾ=/\===ソ===============================.ソ    /_| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/
      /::::::::::\ |ミ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii田 田 田iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |/=========./::::::::::::::::::::::::::\
     ヾ========ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::ヾ===============ソ
      |iiiiiiiiiiiiiiiiii||ミ========================ミ ミミ ミ ミミ ::::::::::::::: | |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
      TTTTTTTt  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ミミ ミ ミミ ミミ ミミ.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |___  ヾ;yヾ;yヾ_口口口口口口口口 ミ ミミ ミ ミミ ミミ ==================ソ
      ◇◇◇◇ ゞヾ Yy;ヾヾ 口口口口口口口口 ミ ミ ミミ ミミ  iiiii| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
     ◇◇◇◇◇ ゞゞヾヾゞゞ 口口口口口口口口口 | ;;i /ミ    ∞◇◇◇◇◇◇◇
   ◇◇◇◇◇◇  ヾ|i|;ヾ  .口口口口口口口口  | @llヽ   .∞◇◇◇◇◇◇◇◇
 """""""""""""""""""|i|""""""""""""""""""""""") li!;lii!\"""""""""""""""""""""
 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

薩摩軍一万三千人に対し、熊本鎮台の兵は全隷下部隊で五千人。籠城を決意した司令部は、

乃木の十四連隊にも、熊本城入城を命令した。

2271 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:28:42 ID:eYJ1NPVs

    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ           俺は、臆病者ではない・・・!
       .// / /    _, -| |´| |‐'\         
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\        この戦で、それを証明してみせる・・・!
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|        
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i |
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| |
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|
         `ー、──────::::::::::::::::::/|
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/

連隊のうち、二個中隊300名は2月19日に入城を果たしたが、主力は新式の銃交付のため、出発が遅れた。

しかし、銃は荒天のため到着せず、乃木は主力を残したまま、連隊本部と一個中隊200人のみを率いて、

熊本に向かった。焦っていたのかもしれない。

2281 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:29:33 ID:eYJ1NPVs

            /f彡-_‐‐‐‐- .:.:彡ソハ  ,、、、、、,,,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::i   ',
         /Vj   と二__つ.:.:′ .:.:ゞ‐‐‐‐- ̄``ヽ.:.:.:.:::ト、  ',
          Njf′  ''ニニ二~ン   ,'.:.:.:.:,r─- 、`ヽ `ヽ::::ト、ヽ !
           Nf′''~~´    ,. イ   ,'.:.:.:.:.`ニニヽ_ノ .:.ヽミミ.:.:.j! ', ', !
          _,jリ′   ,r'"´  ソ    ト、.:.:.:.:.:.:.:`~~~`.:.:.:.:.:.:.:.:.j! ', ',!
       /ハj     . :.:.:.'´ .: .: .:. : j! .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;∧  V     ちぇすとおおおおっ!
       i }::i1   ,r'´., ィフ⌒ヽ .: .:. ノ .:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;∧ i  ト、
       i }::i1  ,'.:.:/;;;/  / ト、`ヽ  ',  ',.:.:.:. .:.:.:;;;;;;;;;;/ i i  ト、ヽ
      ノノノノ  ,' .:/;;;/  /   i;;;i.:.:.i  i  i!.:.: i.:.:.:;;;;;;;;/  l l  ! 丶
     ,.イ彡′ ,' .:/;;;ム_ _/   i;;;i.:.:.i  l  i!.:.: l.:.:.:.;;;;∧  l l ,′  ',
    / j / ,. ,r'"´     ̄``ヽi;;;i.:.:.i   l  i!.:.: ;.:.:.:;;∧ i  l l ∧    ',
   /  H     `''''''''ヽ.  ``ヽヾi.:.:.i   l  i!.:.: ;.:.:;,イ.:.i i  l l/ ',
  /   .: j i                  ノ  ノ.:. /::;,′.:::i i  l l  i
,.イ  .:.: j i  `ニニニニニニヽ     .:.:.:.:.:.:..:.:. .::::::::;;′.:::::i i  l l  j

2月21日、熊本城より北方に10キロの植木に到着する。しかし、すでに薩摩軍は熊本城を包囲していた。

19時、薩摩軍400人が襲ってきた。乃木は防戦に努めたが、21時、撤退を決断する。

2291 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:30:12 ID:eYJ1NPVs
       ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
       >           ̄<
     -=ニ                 `ゝ  河原林少尉!
     ∠´   ,.ィ  ハ          `、
     /   / | ./ ヽ  ト、       | お前は、連隊旗をあくまでも護持しろ!戦闘はするな!
     lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |
       'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   | 絶対に敵の手に渡してはならん!
         |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |
         l || U/       lj  |.|ソl   |
        ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |
        ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
    _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
    | |  / |  \  / u レ!  |   |
     | | /   レw、  l´      |  l    |

2301 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:31:02 ID:eYJ1NPVs

     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\  
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ  
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ  
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|   
     | _|_/__\___/__\_|_::|  
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l  
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |  
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|  
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |   
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ  
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\  
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\   
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__   
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::  
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::  

     連隊旗手 河原林雄太少尉

河原林少尉は連隊旗を身に巻きつけ、十数人の兵に護衛されていたが、戦闘に巻き込まれ、戦死した。

乃木の命令を破り、自ら白刃を奮って敵兵に切り込んでいったのが最期、といわれている。

2311 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:32:02 ID:eYJ1NPVs

               ◯                  _______
               //           ____/   ,,;|||||||||!!"\___
              // |\_____/ ||||||  ,||||"  ,,;;|||||||!"     ,,,;;;||/
              // │ `||||||、  `|||、  |||||  ,||||"  ,,;|||||||"    ,,,;;;||||||/
             // │   `|||||、  ||||  |||| ,|||" ,,;;|||||"   ,,,,,;;;|||||||||||(
             //  │||ii、  `!||||、 `|||,,,||||,,,|||" ,,;||||"  ,,,,,;;||||||||||||!!!!"" )
            //  │!!|||||||ii、  `|||,,;||||||||||||||||||||" ,,,,;;;;||||||!!!""     /
            //   │  ""''!!!||i;:|||||||||||||||||||||||||;ii|||!!!""         |
           //   /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||||||||||||||||||||||||||||||||,,,,,,,,,,,,,,;;;;;iiiiiiiiiiiii|||||||||i
           //   /||||||||||!!!!!!""|||||||||||||||||||||||||||||||"!!!!!!!!!!||||||||||||||||||||||i
          //   /    ,,,,,,,;;iiii|||||||||||||||||||||||||||||iiii,,,,,,        """""|
          //   / ,,,;;iii||||||!!!"" ||||||||||||||||||||||||| `!!!!|||||||iii,,,,,       |
         //  /|||||||||||!""  ,;i|||!"`|||"|||!!!|||: `|||l、  `!!!!||||||||||||iiii、  /
         // /||||||||!!"   ,,;;|||||!" ,i|||' |||| `|||、 `|||||、   `'!!!!!|||||||||||||(
        //<|||||||||"   ,,;;i|||||!'  ,||||" ||||  ||||、 `!!|||||i     `!!!!|||||||||\
        //  \__ ,,,;;i|||||||"  ,;|||||" ,|||||__|||||、__`||||||||i、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       //       \________/ ̄    ̄    ̄ ̄ ̄
       //

そして、連隊旗は薩摩軍の手に渡った。

2321 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:32:56 ID:eYJ1NPVs
                  ,,..‐―、,.-=,,..-―--、
               _,,..==-         ==、    連隊旗が・・・!陛下より賜った連隊旗が・・・!
               ,,...二=             ヽ
             ,.-´,....--              ミ  軍人として、この上無い恥辱・・・!
   (i(i ___  _/ ̄/      .w         ヽ
-=,^,=- |┌--, |   /./|   /,i|´f !j|.|/ヽ、     |  もはや、死ぬしかない・・・!
/|| |(ヽ | |__| |。。。|/ |  /ヽ、!  ,,|/!∠,..ヽ、     |
.iノ.|ノ ',! '-――'     !,i/|=。=|| uレ.。'' / | |⌒,  .|
                 |`-/w `ー‐´ij~ | |こ||   ヽ
.                 |/ _っ; U~u u | |_ノノ    ヽ
..             0   |こ_,,..―--0'''ヽ u |,|ー´      'ー,,
...                 ||ー´''' ̄ ̄ ̄| / |    |ヽ ̄''ー...,,,
                  ||.‐-‐,――-_,' / ,'    |.`ヽ-...,,,
                  /',' ̄ニ ̄ ̄ /u |    |,!   ',
.               0 7 _ヽu= U  0  |ノ|   |    ',
               ,.-//ニノ. `、u /     | |i |    ヽ
             /  | |  フ ヽ/ヽ U u   | | |. j.    '
            /    | | Z  / /|       || 、ヽ`、
           /     |彡 ,,/~    |、      / ヽミ ヽ
          /      | |´~      | 0、____,ノ

乃木は半狂乱となった。連隊旗は天皇より下賜された、軍の象徴である。

のちの時代ほど神聖視されていなかったともいわれているが、

天皇から授けられたものを紛失することは、やはり面目を失することである。

2331 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:33:42 ID:eYJ1NPVs

   //   , -─;┬:─‐- 、        )
. //   /  ヽ  i  r'    \     (  ………
 /   .,'     , -─- 、    ヽ     ) 殺してくれっ……
     /    /      ヽ    .ヽ     (
      |{:    l           l     }|    ) ………
  E''ー-|{    {  ,ィノl人トヽ、 トi   }l-‐'''ヨ {  殺してくれよっ……
. E..三l| {   l. (l'≧ ll ≦゙l) :| |   n;|三..ヨ ) 
.     |.! {  |! ト∈ゞ'∋イ | :!   4!!:   (
    | | '  || |:::::`ー'´::::| |:::|.   !:!:    `フ'⌒`ー-‐
     |. }   { W::::::::::::::::::::W:::::}   { |::
     ヽ|.   |/:::::::::::::::::::::::::\|.   |ノ::://
.      |   |::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |//
      !  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::!. //
      |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::://!、      /
    /, r- ヽ::::: :::::::::::::::://  、、\  //
     !L{」_厂ゝ):  ::::::://:(.{⌒)_},},リ://
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

その後数日間、十四連隊は薩摩軍と激闘を行った。乃木は最前線に立ち、銃弾を受け、負傷した。

野戦病院に収容されたが、抜け出し、戦場をさまよった。何度もそんなことを繰り返したあげく、

乃木の身を案じた軍上層部から、第一旅団・熊本鎮台の参謀へと転属させられたが、

ここでも進んで危険な場所に赴き、銃弾に身をさらした。

2341 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:34:42 ID:eYJ1NPVs
 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\              戦死できなかった・・・
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__          もはや、自分で自分を処するのみ・・・
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''−'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ

乃木は自決を図った。しかし・・・

2351 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:35:30 ID:eYJ1NPVs
                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶       乃木!お前が死んで、連隊旗が戻ってくるのか!
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ    死んで責任をとることになるのか!
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',    死ぬことは逃げているにすぎん!犬死だ!
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',    お前の命、俺が預かる!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj     罪を償うだけの功績を立ててから、死ね!
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

当時熊本鎮台参謀だった児玉源太郎に制止される。

2361 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:36:16 ID:eYJ1NPVs

         _,,-──"─"─-,,_
      ,,─"::::::::::::/::::::::::::::::::::\::::::"──-,,     犬死・・・
    /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ,,
   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::ヽ   逃げ・・・
  /::/:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
 │::|:::::::::::::┌────┐:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|  俺は死ぬことすら許されないのか・・・
 │::|:::::::::::::│" /||||ヽ │::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|..__
, |::::|::::::::::::::::|二二二二□二二)::::::::::::::_|:::::::::::::::::::::::|::::::::::::""─--
 / ̄ ̄ _  _│υ││|ヽ ̄_,,- ̄ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ匚二二===
/   / "-,,",-,,   |│_,,-"_,-"∨||\    _  ヽ
  /=====ヽ ||  ||"_,,--====ヽ |,,-" "ヽ ヽ
 | | |    ◎ /_ ≡"  ◎     |  |,,-""ヽヽ ヽ
 / | |ヽ,,,__ ./_::::::≡ヽ,, __ /::::|  | ,,-'''| |  ヽ
./|  | |    :/_::::::::         :::::::|   |/  | |   ヽ
. │ | | υ:::::/_:::υ::    υ  ∪::::::::| │/""| |    ゝ
. /│| .|  ::/_::::__:::)        ::::::::|  |""_丿丿   ヽ
 /  ::::::::|  _____,,----,, :::::::::/  "二_ノ     ヽ
/   :::::::::| 〔        __」 ::::::/|           ヽ
    :::::::::::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"    :::::/ |    |       ヽ
    :::::::::::::| υ  ≡≡   ::::::::::/:  |   |ヽ─,,_  ヽ
    :::::::::::::::|    ≡   :::::::::::/:::::  |    | ヽ  ""─
      / ::ヽ     υ ::::::::/:::::   |     | ヾ
,,,─ " ̄/   ヽ      ::::::/:::::    |     │ ヽ─,,_
     /..    ヽ:::::::::::::::::::/::::::    |      |  ヽ
,,,──"/      ヽ──   ∪    |      |   ヽ
    /     /            |     ∧ |    ヽ

乃木の奮闘は連隊旗喪失の責任を補って余るものと捉えられ、罪を問われなかった。むしろ中佐に昇進した。

しかし、この連隊旗喪失事件は、乃木の精神にさらに大きな煩悶をもたらすことになる。

2371 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:37:17 ID:eYJ1NPVs

 | :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| ヒス>r',Z_ti :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :|
二二二二二二二二二二二二二'rク;YL_ヘr;z'__Z二二二二二二二二二二二二二二
 | :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| ィズァト-ゝfーく,勹  ┌────‐ト.、  :| :| :| :| :|   今日は平清、あすは大村屋だ。
 | :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :l, ‐vヘフ_」_了「,ゝ  |二ニ二ニ二|ミ:| :| :| :| :| :|
 ,,、 l イヘ:| :| :| :|ィ、| :| :| :| :|フィ ─:-\`ヽ'´ ̄,Z..__ ニ二ニ|ミ:| :| :| :| :| :|
、ィハヾミ||彡ノトィィ、;;ミ||〃ァィト;、. :|、  -:─-ゝ          < 二ニ二L_.| :| :| :| :| :|
ミd|ミ彡||〃リ|彡〃ヾ||彡ミ||〃ミ||'〃 >          ヾ  ̄l──` :| :| :| :| :|
ヾ|.ピミ|レリミ.ル〃ミミ||〃ヾ||彡ミ|レ゙∠ィ ,.ィ.イ/| i、      |  :|  | :| :| ,ィi、:| :| :|
ミ゚||彡ミ||彡ミ _ ミ||彡ミ||〃ヾ||'〃 |/:ヒニフ ヾニゝ、   | : : :| レ彡;;ヘ彡'ヒシヾィト彡
ミ|レ彡l.ヒ ,fニ)'_r‐'r-v、 ヾ||彡'ミ||彡: : |⊆。ヽ ''。ニ⊃ l.n  | :.:.:.:| ,ルヾ||〃ヾ||彡ミ||ラジ
:.:.:. : : : : { }     ̄ `ヾ'、_ : : : : : : : : : l'//_ 、///ノ::|h| | : : : 彡ミ||彡ヾ||〃ト||ゞク
-─ァ 、 `T ‐--r ¬_つ、.ノ : : : : : : : l‘Z__ ´ " :lレ' | : : : : : _,r─;z-_、_ : : : :
__./__ ヽ j、_ ) _ノ´ : : : :.: : : : : : :. : ! )ーー-ヲ ,.イ   l `ヽ,∠.._    ̄     `7¬、
〈 : 〉 〈ヾ /  〃.「 : : : : : : ,. -──-ーlに'二ン/: ,'  ハ.ヽ、|   :「`7''ー─-:く.__」
_」⊥..上ニ⊃ '  |  ̄  ̄>'   r゙三三'-、ト、_,..ィ:´ v / /  ` ーゝ .._/`' 、       /
  ;  l | | u |   /    iとニニエヽ\/    /ィ/        \ `>─‐--へ
__;_」__,|=l彳  |‐ '´    ,, -  |⊆ニエヽ、` \ ,. -──一   v   ;;ヽ´─ ─ ─ ‐
. |  | :| | |_ _ j _ _ _ __.」  ̄`ヾ、   \    u    ;;    | : : : : : : : : : :
 ̄: : ̄: : ̄: :   : : : : : : : : :    ̄  ̄ ` ー、   \ _ _ _ |       | : : : : : : :
: : : : : : : :          : : : : : : : : : : : :   \ _ ,> : :  ヽ. _ _ _ 」 : : : :
: : : :                   : : : : : : : : : : : : : :    : : : : : : : : : :

東京に戻った乃木は、歩兵第一連隊長に就任する。そして途方もない放蕩生活が始まった。

連夜の宴会。当時の日記には料亭の名と芸者の名が散見される。

家に戻らず、料亭から連隊に出勤することもしばしばだった。

2381 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:38:02 ID:eYJ1NPVs
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ   乃木を負かしてやったぞ!
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

乃木の「戦下手」根拠となる、児玉指揮下の連隊との演習もこのころである。

239名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 19:39:32 ID:NsftQEi2
なーんか、アップダウン激しい人だなあ……
最初、なんでカイジなのか疑問に思ったけど、納得だ

2401 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:39:33 ID:eYJ1NPVs

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    当時、軍人が遊びまわることは、非難されることではなかった。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   むしろ、豪放磊落や気前の良さ、勇敢さの象徴として、見られていた。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l しかし、それにしても乃木の放蕩生活は度を越している。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く  この人の耳にうわさが届くくらいだからな・・・
   /     ヽ \

2411 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:40:40 ID:eYJ1NPVs

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ  陸軍の乃木って奴の遊びは、そんなにすごいのか?
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

242名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 19:41:21 ID:NsftQEi2
うわ、こいつに言われたら人としておしまいだw

2431 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:41:34 ID:eYJ1NPVs

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  乃木の放蕩生活は連隊旗喪失による鬱憤がたまったもの、とするのが一般的だ。
     . ( (● )    |
     . (人__)      |  だが、それだけでは、説明がつかないような気がする。
     r-ヽ         |
     (三) |        | ここではある説と>>1の推測を混ぜたものを紹介したい。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

2441 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:42:54 ID:eYJ1NPVs

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ   俺は陛下の臣として許されないことをしてしまった・・・
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ   死にたい・・・だが、自決することは逃亡だ・・・
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ 〜′    :::::::|ヽ.   ト. 俺には許されていない・・
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !  俺は軍人として功績を立て、罪を償なわければならない・・・
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !  良い軍人だと認められなければならない・・・
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |

2451 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:44:01 ID:eYJ1NPVs

        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \            だが、どうやれば良い軍人として認められるんだ?
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \        俺は、児玉のように機転が利かないし、
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \    桂のように政治の才能もない・・・
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝどうやれば・・・
      ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \
        \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
        |u  |  /|(l(l「|  | |   |
         | u| / | ヾ-イ .||  l、
         _|   |/| |  \_|_|,. く. \
        ハ.___ハ     >、 \ \  \

2461 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:44:43 ID:eYJ1NPVs

    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ           そうだ・・・!
       .// / /    _, -| |´| |‐'\         
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\        遊びまわって、大酒を飲んで豪放磊落な人物だと思われよう・・・!
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|        
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ   これなら、俺にもできる・・・!
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i |
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |   それに、続けていれば、病気になるかもしれない・・・
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| |
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ   死ねるかもしれない・・・
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|
         `ー、──────::::::::::::::::::/|
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/

こうして乃木は尋常でない放蕩生活を続けた。しかし、当然のごとく、周囲はそれを理解できない。

2471 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:45:39 ID:eYJ1NPVs

         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i   希典!
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ   お前は、いつまでこんなことを続けるんだい?
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `   ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ

母は放蕩生活をやめさせようとした。そして、当時の常識的な方策にたどりついた。

2481 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:46:36 ID:eYJ1NPVs

                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、        希典!嫁をとりなさい!
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z簠彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::

2491 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:47:28 ID:eYJ1NPVs
       ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
       >           ̄<   いやだ・・・!
     -=ニ                 `ゝ
     ∠´   ,.ィ  ハ          `、俺には夢も希望もないんだ・・・!死にたいんだ・・・!
     /   / | ./ ヽ  ト、       |
     lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   | そんな人間が結婚して、何の意味がある・・・!
       'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
         |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |
         l || U/       lj  |.|ソl   |
        ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |
        ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
    _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''
    | |  / |  \  / u レ!  |   |
     | | /   レw、  l´      |  l    |

乃木は頑強に抵抗したが、母は譲らない。母をあきらめさせるつもりで、あることを言った。

2501 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:48:16 ID:eYJ1NPVs
        ___  ,.-‐- 、
       >  `       ` 、    
      ∠             ` 、   薩摩の娘ならば、もらおう・・・
     /               ヽ
 .   ./        /`ヽ         ヽ
   /, '   /|/|/   |. iヽ       ヽ
   ~./    /`- ._ u . | |_,| !ヽ      i
.     //| /== 。_!  !~,。 = 'ヽ. l^i  i
       ||` _ _ /  =,_ _ . '  | Fi  |
        ||  / u    u  u |.Pi  |
        i||/   _ 丶  u   .||~   |
 .      | ヽ`   ____....--、 / |   |
 .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
       |   ヽ  #'  /    |   __|_____
      //__....../| ヽ_ ./  u  |   |┬ii.--
 ___....-- i.|~  / | /   u    |   | | ||
 -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | |

2511 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:50:13 ID:eYJ1NPVs

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ      ・・・
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ   わかった。
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ   探してくるから、必ず嫁にするんだぞ。
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /

薩摩は同盟関係にあったとはいえ、禁門の変では敵として、長州に手ひどい被害を与えた。

寿子にとっては、憎むべき敵である。

薩摩の名を出せば、母はあきらめると乃木は考えたのだが、母のほうが一枚上だった。

2521 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:50:50 ID:eYJ1NPVs
    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
       ) ) )、    ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

こうして嫁いできたのが、静子夫人である。彼女は乃木最大の被害者となった。

しかし、結婚しても乃木の乱行は止まない。原因を理解していないのだから、止むはずがない。

2531 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:51:39 ID:eYJ1NPVs
                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\   どうして、希典は変わらないんだい!?
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉 まったく、至らない嫁だね!
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z簠彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::


       ,. ⌒ハ           ハ⌒ ,
       i::::::::. ゙i,r'⌒ Y ⌒ ^ヘ, ,r':::::::::j  お母様・・・
       i:::::::::::'(ッ. .:: ::::..::::....::::.. )j:::::::::(,
       リ:::::::y(, :: : : : ,.ヘ...:::..:::::..::ヾ:::::ル  申し訳ありません・・・
       iリル (::::::: ノ  ヽ ゝ,:...::. NY
          )::ー) (ー ) )::::::リ
             ( (i  、っ  ,, ハ::::ハ
              )ハゝ.   ,.( ( ((
          ((:::( り  ∧ ' ).),)

乃木の放蕩はその後何年も続いた。

254名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 19:52:13 ID:M4NYooT2
被害者……

ああ、そうだなぁ。確かに。

2551 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:52:22 ID:eYJ1NPVs
                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r−−‐-−−‐-−−‐-−−‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ−、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ−、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;ll;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――

1887年、陸軍少将になっていた乃木はドイツに留学する。目的は陸軍の兵制改革に伴う調査、

特に戦略・戦術分野に関してである。留学は乃木の悲願だった。しかし・・・

2561 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:53:30 ID:eYJ1NPVs

              __-- 、,. -‐;z.__
            `> `    ′ <    これは、何だ・・・
           ∠..           ヽ
            ∠,.  , ./`ヘ. i. 、    l  毎日専門的な戦術講義を受けさせられる。
             /  ,ィ_l/ u ヽl>,ゝ、 :|
          イ ィ.‐-ニjl  l'∠-‐; |n | 俺はもっと広い範囲のものを学びたいんだ・・・
 .          j fl|`u゚‐/ v゙ゝ゚〜'u|fリ |
           / lj| v / _ 、 U v lレ'  ゝ
          / .ハ にニニ二} ,イ  ハ.、_\
         _∠イ |0ヽ. ー u/│ l ヽ `T!'ー- 、._
    , -‐'''´ || / │ |::\./ O .|. j   \||     `ゝ、
    ハ    |レ'   lル'::::: u   ,.イルi  /o >    /  i
   / l   ∠o_o_/c| `::ー-‐0´:::::lyト、<o ,.イ!    ,'   l
   〉  |    ||.  〈ヽ| :::::::::::::::::::::::l0| ` ´ .||    i     l
 . /   l__o_.||__,∨:::::::::::::::::::::::::|. L___」|_o___」   /|
  ハ.   |T¨「 ̄|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄「 ̄「|  ./ |
  ! ヽ.  | | |  |  , ‐┐   , ──‐ 、   |  | │|     ハ
 ∧     | L⊥._|  ┐│    l ┌┐ |   L.⊥._」 |    / l

乃木にはドイツ軍の参謀将校が講師としてつき、歩兵操典をテキストに事細かく指導した。

これを楽しまなかった乃木は、ある思想を発見し、その道を極めることに行きついてしまう。

2571 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:54:32 ID:eYJ1NPVs
                             ___
                            7_y|
          /⌒丶              <_/ /!
   /^!   イ :fェ´r}l               ///'                  _
   !: : :L_イr、 ト=tテ |              ///                  /¨ ̄¨7
   |: :/⌒ヽ: |リ ゝく :!             .///                  ム r--tl
   |: ムハr、/___丈c!V`ヽ.        ,.rtュ'/./                    |リく+!+
   V   /: ゝ='∨k}`ヽ´\___ _,.≠く: / //                  __,.弋、jにレ'_,.._,.r─--=..__ _rュ
    }____ム: :r、: :ト':ハ:::::::::::`ヽ.ヽハノ: :,.-'////                 /´¨ヽ\ムf>、   弋ソ____/´ ̄7
   f、__)`ゝ: :\` {'|::::::|`ヽ::::∨r'j´  ////                 ヽ.  ∨ ニヽテ7'´:::::::::\  丶f^ュ'
   |\ } }: : : : ヽ_| !:::::j  }::::! fゝ-'7///                   ト、 r=ゝ、─ /:::::r¨ ̄ヽ::::∨   | l
   }、: 、! |: : : : : : 〉|::::::| ノ::::∧!:..::////ハ___                {\}   \j:::::/    L:::lr'  :り
    |___j ゝ: : : : /K|::::::レ':::::ノ  j:.://// /  フ}    _            |  >  /|:::::ト、__,.≠<__   l,;
   /: : ∨レjー、/: :/:::_,.≠  /:.//// / /: : :ー'f~f=-マヘ-rft_____   {___>,r、:::\r'____ノ::::/
    ktf、ソ'j   ∧7ハ  ∨´:. ://// ¨´f、: :< ̄`∨l=t=l |t_{-、_: : : )   |: : : : : : `ー|\:::::::::::::::ノ
      i   / ヽ.   (、:. :. :.:. :. 8f、 ∨: :`´ヽノ !j}={ソ !____ノ: : / ハ  ゝ: : : : : : : : :i  >-<
      |   /   \  ゝ--............_| ヽ. ∨: : : ソリ`¨´|リ': : : : :ノ /ハ ∧: : : : : : : : ハ
      ソ   /    ソ  /`<ノ ̄ ̄、  〉、ィュ: : / !=、|´  レ: ムf^ノ\ソ∧: : : :∧: : : : :}
     |   }    / ヽ/       ∨ノ }: : \7==、.  / ̄!: : :|   { |: : : : / ∨: : ::|
     |ヽノ    ∧  /        ,ハ  ノ、: : :/::::::∧^∧::::::!: :∧   ∨: : :/   }: : : ノ
     |: :/    ∧: :/        ノ  / ヽ:/:::::::::::::∨::::::::ハ/、 ∨  ∨::/   |: : : |
     |: :l     |: : /        /  /   /::::::::r、::::::::::r、::ハ::、  ∨ ∨    ヽ: : |
     {___/    {___{        /____/⌒、_/:::::::/: ,ヽ:::::/: ヽ:::ハ:、  ∨-'、     }___ノ、
    {r、リ    ! r、\     /ゝノ|   ´ー‐´  ー   ヽー、7  |弋ノ\    |ソ´`ヽ-、
    !___ノ    >'`ヽニス  ム´、__r´j__/                  ∨_j\__ヌ   ==、ニニニニ

                  ドイツ将校団のみなさん

当時のドイツにおいて、軍人、特に将校は尊敬される存在であった。

ドイツ統一からまだ十数年。軍は不敗であり、統一を実現させた原動力とみなされていた。

2581 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:56:11 ID:eYJ1NPVs
か事 ど ヒ (    ,ォvv、 <
∫な う イ (    ノゅ゙||i `<  し タ
∫ん ゆ ィ (   `ア´l||ii < て ン
  で う  (     X´l||⌒< く バ
  す_l´パ パ / ノ ノ  < れ リ
ヽ/._, 、_ ン ン l、_/ / < る ん
 | ( ゚ё゚)l  .,-|_た/ / < わ な
 ̄  X   こシ__人 <  ∫ ど
.~|  |ミ|  | l l,, --‐ノ三l ̄< ∫ ○
 |.  V  | .`|   / 三 v´ <  イ
      パ |  l 三_ /  /カク<プ
       `八\,l  八\/ カク <

            ___ .,  ガ ガ
          , =ニ二三ミ '三`ヽ ¨  タ  タ
         /  /, -─一ー‐、 ヾ :
       /  ///        ヽi l :
     /  ///      .殺   | | .
     |  l l|         u| | : 出た…
      |   | _ァ≒=、、  ir≒ァ|! | : あの将校の
      |  l l|  ´ ̄´,/|  ト ̄´ |! | . 見事な態度…
      |   |       |  |    |||:
     |   ト  u  { _ _〉  ,ノ|||:   り、理想の軍人の姿だ!
     |   ∧    r─‐ァ  /川! .
     |  | }、   }  |  || | :
      |    |\  `二´   || | :
      |    |\`ー──‐ァ‐'|八 :    /う┐
    _|    |  \___/  乂. }:..  / r个勺_
   ̄  |j  川| | _/|_ _}\_   | |`ー-/    〈/
         八|    ノ ̄|     jノ  匸つ   /

名誉を重んじる姿、厳正な規律。乃木はそれを強く感じ取った。

実際とは違っていたのだが。

2591 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:57:18 ID:eYJ1NPVs
       ,,
     ./_,,     / ./::|              ドイツ将校団の軍隊精神・・・徳義(モラル)を重んじること・・・
    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ
       .// / /    _, -| |´| |‐'\        これは、日本の武士道と相通ずるものがある・・・
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|      強い軍隊とは、こういうものがないといけないのか・・・
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i | そうだ、これだ!日本は西洋の技術を受け入れているが、
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| | それは枝葉末節で、根本には徳義が無いといけないんだ!
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"  俺が極めて軍に広げるべきなのは、これだ!
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|
         `ー、──────::::::::::::::::::/|
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/
               /∧::::::::::::::::/
              .//0::\::::::::/

2601 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:58:53 ID:eYJ1NPVs
  //  ./、\| /:::lll:|.|llll:||:::::::ヽ/ /lllll|_,,、-ヽ、;. |u  l  l  l
/ /   /|::::\ \;;lll:||::ll:::|:::::/ /, -'´  ,、...:|, ヽ..::|   .l  l  l  よし、レポートを書こう!
  .l  /|.l:::::::|llllヽ、||::|::llll::l:::ヽ/''´。 ,、lllllll:::u::|, ヽ,::l  u  ,、−'´
  l  / |.| |ヽ====、::::ll:::::u::::::`''−''´llllllulll/::|,  l `ヽ、 /l |    ・軍人は徳義(モラル)を本分とすること
  | ./ .||  ヽ'ー-゚‐'/::::lll ::::::::: lllllll lllll::llll/lll:::::|  | ;: ,l/ ||
  |/.   |   ヽllllll/:::u:::ll iju  lll llllll/:llll::llll::::|  | :: |  /`丶ー ・規律厳正のためには制服を重要視すること
  ||   |    ヽ/:::::u:::::::    llu/  :::::::: _ll::|  | : |./
.          /::::::::::::::::_,,`) u     ,、-、'´ヽ):|  .|;; : ||      ・軍人教育の目的は軍紀厳正にあること
         /   ,::::::::::     ,、-、'´ヽ、,.` ''llll::|./| | :;  |
         `'''´ ヽ ,、、-、´ヽ ,、-`''´ lll::llll :|/::| | ;: :: | U    この三点だ!
              ヽヽ、,、`''´ u,,,,,,;;;; ll::llll:::/;;;.::N |  .: |   llllll
               ヽ、  ''''''''''''  ll::llll::/;;;;   l.|  :.|  lllllllll
.               イ|ヽ ll   ...ij...::::::/;;;;;:   l | ;:::|  llllll
            ./ //|  \ij ::::::::::::::::::/;;;;;;   || '' :,.|   lll
           / / / |   `ヽ、::::::::::/;;;;;;;;   | ..| ;;::|
        / /  /  N/|    ヽ/|\;;:   .|| : |

2611 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 19:59:40 ID:eYJ1NPVs
       ,,
     ./_,,     / ./::|           兵の上に立つ将校には、十分な徳義がなければならない。
    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ
       .// / /    _, -| |´| |‐'\     立派な人格がなければ、兵はついてこない・・・
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|   軍服は軍の象徴だ。ドイツ人将校は軍服をどこでも着ている。
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i | 軍服を着ている以上、軍を代表していることなる。
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| | 恥ずかしい言動をしてはならない・・・
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"  軍人にまず必要なのは技術や知識じゃない。
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|
         `ー、──────::::::::::::::::::/|     軍紀を厳正に守ることだ・・・
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |     そうでないと、軍は堕落してしまう・・・
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/
               /∧::::::::::::::::/
              .//0::\::::::::/

帰国後、乃木は上記三点を纏めたレポートを提出した。

無論、怪しげな理論である。

だが、乃木はついに自分の道を見つけた、と考えてしまった。

2621 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:00:25 ID:eYJ1NPVs

         /ニYニヽ
       /( ゚ )( ゚ )ヽ
     /::::⌒`´⌒::::\   こいつ、馬鹿かっていう!
     | ,-)___(-、|
     | l   |-┬-|  l |  こんなことを言わせるために留学させたんじゃないっていう!
      \   `ー'´   /l!| !
     /        \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ
    `ー、_ノ   �堯�l、E ノ

戦術・戦略分野の報告を望んでいた軍上層部は苦々しく思った。

何しろ軍事知識は戦術の一部であり、本質は徳義(モラル)だと書いてあるのだ。

陸軍の方針に真っ向から反している。乃木は軍上層部の不興を買った。

263名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:00:52 ID:M4NYooT2
うーん、平時の軍人の姿としてはいいんだろうけどね…。

2641 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:01:28 ID:eYJ1NPVs

          //--,
        /ー-、_  ̄´ ̄´ー,,,     軍人は徳義が本分・・・
      Σ- ̄`ー、.` ̄`、    ヽ
     ∠-‐',,,,   ``ー、 ヽ   ヽ  この道を突き進むのが、俺の役目だ・・・
       /´  ̄ー-,、  `ヽ、ヽ.  ヽ
     /¨ー―,,    ̄`ー-、、`ヽ´ヽ もう、遊びはやめだ・・・
    / /1  /T./ー.、     ̄`ー、i.|
    |/ .| ´1 |、´、uヽフーv_.  `ヽ、
      レ.||/=:\|. ‖,〆==::::|`-,__|りミ`ヽ
        |、_゜,.ゝ K、゜ ノ::::::| |.ヽヽ  \
 .       |u三/    ̄´ :::::::| | ヽ\  /
 .      /.|/ u    /´::::| |  ヽ `
 .     ム  |ゝ  −) /´ :::::| |   ヽ
 .    /   l ―――=:ヽ :::|川     \
    /  レ | u     u.::/ /   jヽ  \
    ,,. -‐'' /| |  =三 j:://|   |  | ̄`ー
   ̄ _,,-/ l. |lj  u:// |  |  |―、
  --´  /  レ  | ::::://   |   |.    |  ̄
       、。 | `|´ ̄     j  /     |
       ー、。|i1. | lj´    | /  _,−|
         ー lル.|ヽ      ルリイヽ-, 。゚  |
           /ヽ.| `ー---―´ ‖、\,..- ̄

この怪しげな理論に、乃木はのめりこんでしまった。

彼は放蕩生活に終止符を打ち、極端に質素でストイックな生活を送るようになった。

軍人としての理想像を見せつけ、周りを感化すること。放蕩生活の時と、目的自体に変わりはない。

2651 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:02:26 ID:eYJ1NPVs

             ,ィ⊃  , -- 、
  ,r─-、      ,. ' /   ,/     }
  {     ヽ  / ∠ 、___/    |  乃木さん、ハイカラから蛮カラですか?
 ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'
   ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /   まったく、感化されやすいですねw
    \  l  トこ,!   {`-'}  Y 
     ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !   
, 、     l     ヘ‐--‐ケ   }
ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
}  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
 |    −!   \` ー一'´丿 \

しかし、そんな姿はなかなか理解されるものではない。

266名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:02:39 ID:NsftQEi2
実直でも無能だったら意味ないじゃん

2671 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:03:24 ID:eYJ1NPVs

                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、       私が宴席によく出るって、乃木さんに非難されます・・・
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\    今まであんなに遊び歩いていた人から、
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ  そんなこと言われるなんて、理解できません・・・
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}
.      /../:::::::::: |:.:.:.:.:.:|\ \ __,, ィ`-K-- .__).! |::::::::::::::::::::::|
     /..:{::::::::::::::|.:.:.:.:.:.|:.:.:\/___ノ ノ \-- >.|:::::::::::::::::::: |
.    /..:.:.:|::::::::::::::\:.:.::.i,:.::.::.ヽ ::`ー''´:::ヘ  Y´:::::::\:::::::::::::::::j
.     /..:.:.:.:ヘ.::::::::::::::::.\:.:\:.:.::.):::::::::::::::::::ヘ }::::::::::::::::\ :::::::: |

ドイツ留学から二年後、乃木は近衛歩兵第二旅団長から、歩兵第五旅団長に転任となる。三回目の旅団長ポスト、左遷である。

そして、師団長として、桂がやってきた。乃木は桂の清濁併せのむ姿勢を潔癖なまでに嫌った。

あらゆることで対立し、ついに辞表を出し、別荘のある那須に引きこもってしまった。二回目の休職である。

2681 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:04:10 ID:eYJ1NPVs

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>   俺が、台湾総督・・・!
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
    | l ヒ |:|.       r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |

幸いにして、引き上げてくれる人があり、日清戦争にて、乃木は歩兵第一旅団長として出征し、旅順を一日で陥落させた。

功績が認められ、1895年、中将に昇進、第二師団長となる。

戦後、新しく領有した台湾の鎮定に当たり、1896年、台湾総督となる。閣僚級の要職である。

2691 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:05:05 ID:eYJ1NPVs

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\               どうして、うまくいかない・・・
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__           なぜ、俺の姿勢を見て感化されないんだ?
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''−'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ

乃木は失敗した。原住民の抵抗が続く台湾は難しい土地だった。政治的才能のない彼には荷が重すぎた。

台湾には成功を求めてやってきた山師的人物が数多くおり、それを感化させられなかったことも要因、と言われている。

就任から一年半で彼は辞表を出し、軍を休職した。

270名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:05:39 ID:M4NYooT2
徳義もいいけど最終的に「勝利」に繋がる合理的なものであってほしいよなぁ

乃木のばあい「いかに勝つか」でなくて「いかに在るか」で突き詰めちゃったと

2711 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:05:56 ID:eYJ1NPVs
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

台湾が安定に向かうのは、次の総督児玉源太郎と民政長官後藤新平の時代からである。

結果として、ここでも、乃木は児玉の引き立て役を演じたのだった。

2721 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:07:00 ID:eYJ1NPVs
         ___  ___
         `>  `'´   <´
        ∠´          `ヽ、    なぜだ!
       /             ヽ
       /               ヽ  なぜ、俺の姿勢に感化されない!
      ,.イ  /|ハ/! ,ハ ト、lヽト、     `、
      ´/ ハ/\\|/ `,// \    | 俺の徳義がまだ足らんのか!?
      / r| ==\!  |/=== ヽ. r‐、 |
       7 | | `-v゚/  `--u゚‐'′| |こ!| |
       ,/ | | u / u     U | |こ!| `、
      / `| /_  - ヽ u'     | !_ン  ヽ
       .イ  ヽ lニニニニ二ヽu /|      \
      /   ヽ`ー──―'/  /   ハ~"''‐- ヽ_
        7'    ヽ ~~~ /    /  ,/ ヽ~"''‐-
       /__,.,.ィィ  \_/ u'   / / `、`、
   -‐''"~  /~7  /|      /ノ ',  `、ヽ
       / /  / |‐-、 ,r-―"|  ',   `、ヽ
      /____///__|   |    |______`、

七ヶ月後、新設された第十一師団長となる。彼は初代師団長として、部隊を練成したが、

義和団事件で出征した隷下部隊の将校が、接収した清国の銀を私的に横領する馬蹄銀事件を起こす。

責任をとって辞職し、四回目の休職に入った。

2731 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:08:02 ID:eYJ1NPVs
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  以上が、日露戦争に至るまでの乃木の人生だ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) もう、陰惨とか、痛ましさ全開だな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ 能力にも疑問符付けられて、思いっきり極端な方向に走るし・・・
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

274名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:08:04 ID:NsftQEi2
中身や実績に自身のない奴ほど、大仰な精神主義みたいなものにはまっちゃうのかねえ
ブラックラグーンでもふれてたことだけど

2751 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:08:54 ID:eYJ1NPVs
       ____
     /⌒  ⌒\    でも、乃木は軍司令官に選ばれたんだお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 能力によって選ばれたんじゃないかお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   いや、違うと思う。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 日清戦争時の評価もあるだろうが、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ 軍司令官になったのは、典型的な派閥人事からだ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

2761 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:10:57 ID:eYJ1NPVs
       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \  実は当初、野戦軍は二個軍の編成しか考えていなかった。
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  そして、戦時の軍司令官予定者である「都督」の地位にいた
    (          |
.    {          |  黒木(鹿児島)と奥(福岡)が選ばれたのは順当だ。
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/

277名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:11:16 ID:bLOQKPmQ
う〜ん
この辺は坂雲にも書いてなかったから目からウロコだな
面白い

2781 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:12:05 ID:eYJ1NPVs
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \     ところがだ。第一軍と第二軍の間隔が空きすぎたので、
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     もう一個軍編成して中間を進ませることになり、
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \   旅順の監視のために、さらに一個軍の編成が必要になった。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     ) それで、補充の軍司令官は教育総監だった野津(鹿児島)をあてる。
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)  もう一人をどうするか。なお、選ばれた三人の出身は、
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)   鹿児島二人、福岡一人だ。なんか気付かないか?

279名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:12:23 ID:8M2F5tiY
>>274
妙な宗教にはまるのと同じ理屈ですな
どこにも救いがないから無茶苦茶な方向に走る

2801 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:13:08 ID:eYJ1NPVs
           ____
         /      \    長州(山口)出身者がいないお・・・
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      そうだ。陸軍は「長の陸軍」と呼ばれるように、このころは、
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、 山県をはじめとする山口県出身者の影響力が強かった。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ' 派閥間の均衡から、軍司令官に山口県出身者がいないことはまずかった。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ   それで、選ばれたのが乃木、というわけだ。
   /     / ./
   |      /
    |    i´

2811 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:14:16 ID:eYJ1NPVs
      / ̄ ̄\
    / ヽ、. _ノ \    そもそもだな、乃木の大将昇進からして、かなり強引なんだ。
    |  (●)(●) |
    |  (__人__) |   乃木は4回も休職しているんだぞ。普通、そんな人間あげるか。
      |   ` ⌒´  |
     |        }    しかも、留守師団長という閑職に復職して、4ヶ月後に昇進だぞ。
     ヽ       }
     人_____ノ"⌒ヽ ほかに上げるべき人間はいるだろ。この人物の影響力としか、考えられないだろ・・
   /           \
  /            へ  \
  (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        {;;;;;;;}
         L;;;;」

留守師団とは、正規の師団が出征した後に設置され、内地での補充業務・教育などを行う部隊である。

2821 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:15:13 ID:eYJ1NPVs

         ,,-‐----‐、               , --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'            ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_)              ,ト/ /    ヽ     乃木に功績を立てさせてやるっていう!
     /    ヽ,r'                ゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」         /ニYニヽ       ゙‐ヽ、_,,  /l   とりあえず、留守師団長にしておいて、
    ,l l|  −'´ll       /( ゚ )( ゚ )ヽ       ,//゙l   //\
    l`l|     l|ヽ     /::::⌒`´⌒::::\     |l    //   } 後で使うっていう!
   l  \    l| ,l    | ,-)___(-、|     |,l   //    l
   /   '\   l|`l     | l   |-┬-|  l |   ___l ヽ //     |
  ,l     '\ l| .lヽ__\   `ー'´   /__/ |  ∨/      ,}
  |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l
  |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
  ヽ          |   \.   ヽ /   l   ヽ         /j
    \        /     ヽ   /   |   l          /
     ゙l\..     /       ヽ /    j   |     ,    /
     ヾ              Y     /    ヽ   /    ,l
      ヽ、            l     l     } /    ,r′
        ヽ            l     |     /′  ,,...''
        `'':..、  ___ ___,..-.|,     ,l ,  :..-‐'"´
            ̄ /lr‐‐‐'--、_ l_,..-'''""'- "

かつて、山県は乃木を不平士族の情報収集役として活用した。

彼はこの種のダーティな仕事をした部下を、切り捨てはしなかった。

山県が長らく権力の座にあり、派閥を形成出来たのは、この面倒見の良さが影響している。

283名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:15:48 ID:NsftQEi2
海軍の伊東祐亨みたいに、自分の能力のなさを自覚して周りにまかせるってだけでも
大分違うのにねえ

2841 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:16:09 ID:eYJ1NPVs

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   まあ、乃木は人格面とか評価されているんだが、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  軍人である以上、その能力でもって評価されないといけないだろ・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄

2851 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:17:14 ID:eYJ1NPVs
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    そもそもこの人な、「俺の背中を見て倣え」ってタイプなんだよ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   自分から積極的に指導・主導して、その方向にもっていく、てことしないんだよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l それも一つのやり方ではあるが、それだけじゃだめだろ、常識的に・・・
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   ほいじゃ、本編に戻るぞ・・・
   /     ヽ \

286名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:17:50 ID:E2sl.tHE
この頃は山県より無能っぽさ出してるな

2871 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:18:06 ID:eYJ1NPVs
       ,r::::::....   ヽ:::, -── - 、:::ヽ::.ヽ ヽ
        |   ,' .: :, ‐'         ヽ::ヽ:}i: l  日本艦隊の哨戒行動にはパターンがあるねえ。
         !:::...i/ .::/         , -―ヽ:i::! !: !
      │  { ..:::|   __    '    リレ!| !l  これを利用しない手はないよ!
       | i .:ヽヘゝ´   `     イかリk|:: |:| !
       !| | { |`ー ,イ丞テミ    弋zソ '|::: !i !  機雷仕掛けるよ!
      .!|.:|!::ヽ| ::|`弋zソ          !:: |::|l
       l !::!..::::::| ::|.、    t ― v7   !::. !=' ニニ≠ 、
      ,'//_,. -┤ ::l..\   ` ‐ ‐'   /.!::: !‐'´ ̄ へヽヽ__
     // ィ二.| :::!:::...`>ー-   イ, .::!: |`!     ヾ=、、ヽ
    .///r'   | :::l::::::::...\     /.:: !:: |│     ,'  , ヾ `
    / ' /丶:  | :::|   ::....ヘ  /  .!::: | .|    / /
  /‐'´   \:. | ::::!    ,, =、 > l〃~|:::: !.┘  / '

日本海軍の機雷によって戦死したマカロフだが、実は彼も同じことを考えていた。

彼は機雷敷設を命令してしたが、それを実行することなく、戦死した。

2881 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:19:04 ID:eYJ1NPVs
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     まかしとき!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   東郷みたいな低レベルの奴、
     |::〉   ●"    ●" |
   (⌒ヽ             |) すぐ、叩きのめしてやるわい!
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

旅順艦隊臨時司令長官 ヴィリゲリム・ヴィトゲフト少将

彼の命令は、後任のヴィトゲフト少将によって、5月から実施された。

2891 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:20:09 ID:eYJ1NPVs
             \、__    ,.、
              _`ヽ:`ー、ノ: ::`ー::-─-.、__
            _,.-‐'´ : : : : : :{: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
            ,ィ´: :/ . . . . . : : |: : : : : : ヽ: : : : \: : : ヘー-.、__      敵の機雷による沈没が相次いでいるわ・・・
        /:_::;イ . . ./. . ../. :/|、: : : |. . . .ヘ. . . . .\: : :;ハ_:::::::::\
       /'´ /:.:/ : :/: : ::/: :/ |∨:: :|: : : : :ヘ: ::: : : :ヘ::j:::::`r-、::::::〉   我々と同じことを、敵もやろうとしているのよ。
          /: :/::i: : :|: : :::|:.:/   | ∨:.:|: : : : : :ヘ: ::: : : :ハ:::::::::|: :}:::/
       /: ::j: ::|: : :| : ::,ィ:.:{   | V: :|ヽ、:.;/::ハ: ::: : i:.|:::::::::|:.:|     早急に手を打っておかないと・・・
       |:.:/'|::j|: : :| : ::j | :|\_, | ∨::|_,ノV: : : :j:: :::: |: |::::::::|:.:|
       j/ |:;||: :.:|: ::/ |.:|    |  V::|   ∨::;ハ: :::: |:.:|;_;;;;j: :|
         |'´|,ィ/^/`) ヽ{. __, `  ヽ{ ___∨ |: :: トi:|:/::i:: :|
           /./ / ,/ /) アZ彡"      戎Z弐、|:.:λ:リ::: :|:: :|
          j     V ,ハ                |;/ ,):::: : |: : |
           |      {::}     '         ,-r'´::::: : :j: : :|
            |      j:::ヽ、  ,-─-、     ノ リ::::: : : /: : :|
           j    ,,ノ::::::i:::`>`ニニ=´-‐τ´`ヽ/:::: : : /: : : :|
        i" ̄ ̄ ̄`ヽ: ::|"|   | `    ,/   /:: : : : /: : : : :|
          j          〉::| |   |-─--/   /: : : :/ハ: : : : |
       〈"~ ̄ ̄ ゛ー-/: ::|.|   |    /   /: : :/ ./ }: : : :|

5月12日、水雷艇48号が触雷沈没。14日には通報艦宮古が同じく沈没。

290名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:20:17 ID:bqgVFP82
>>287
やっこさんもおなじ事を考えていたんだ…
先に手を打って良かったような…

2911 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:21:04 ID:eYJ1NPVs
             ,  --=ニニ、ヽ、
      .     ∠ -―‐--- 、 \\      長官、ここは哨戒コースを変えるべきじゃねーですか?
           / / /  ,   `ヽ ヽ\
          // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
          // // / // / //||l l!  \
         {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
         l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
         N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
           jヘ、  _   " 彡'// |l  |
           / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
          厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
         / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
           / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
        / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
      /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
        | /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ
     |  | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \      `、
      |  //    /_〉!L.l   |_」}rr==n=<      |
       |  ハ ヽ、_/|_|X圧|   __|ニV{廴/|トV/       |

2921 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:22:07 ID:eYJ1NPVs
              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ    そうだねー。
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l   明日から、変えよっか。
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l

続発する機雷の被害に、連合艦隊では5月16日から哨戒コースを変更する予定でいた。しかし・・・

2931 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:23:08 ID:eYJ1NPVs
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     
      /::            \    
     /::.  /"""  """\ ヽ    どんなもんじゃーい!
     |::〉   ●"    ●" |
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

5月15日、戦艦初瀬・八島触雷により沈没。

二等巡洋艦吉野、装甲巡洋艦春日と衝突し沈没。

2941 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:24:01 ID:eYJ1NPVs
           , -――- 、 _ _/ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : !-.-.‐.‐.‐. ァ
    __∧': /   . . . : : : : : /: :/: : : :`: :<
.  /:::::::::::::::::〉: : : : : : :./: : : :,:イ: :∧: :i: : . .\:`ヽ   ○  初瀬と八島が触雷沈没!?
  〈::::/:::::::::::/: : : : : : :/ : : : / /: /  ',: |: : ハ: : ヽ  \
  ∨:::::::::::::/: /: : : : :/: :-∠_/_:/   |: |: : :∧: : :ヘ、  ',    吉野が春日と衝突して、沈没したですって!?
  〈:::::::::::::/: /: : : : :/: :.X   //   \!∧: : : :',: : : ハ\j
  /\:::::/: /|: : : : /i/  \      /`ー∨: : :l: : : :.!        o
  ,'.:: : :ヾ:./´ !: : : /  ̄ ̄ ̄       ___∨: :i:. : : :!
. i.: : : ./イ!  |: : /      __    \    /!: ;イ::. : :.i〉
. !: : : : .::|:.ヽ_j: /     /:::::`:.、   \ /、|:/:.|:::. : ,'
 j: : : : : .:!:.:/ |/ \    /::::::::::::::::::〉     ! }':.:.:|∨:/     o
 |: : : : : .:|:/    > 、j::::::::::::::::::/   , イ-<:.:.;イ:.Ⅳ
 |: : : : : .:|'   /   |` ーrー-イ--‐ '  |:.:.:.∨:.!: |
 |: : : : : : !   〉     |  /ヽ  ヽ  o j:.:.:.:.:. : !: |          O
 |: : : : : : |  /`ー 、  |    ,!  }、   |:.:.:.:. : :.|: !    ○
 |: : : : : : | ./    ヽ |\/,|  / ハ   |:.:.:. : : :.|/
 |: : : : : : |/      `|\///   |  .|::. : : : : |

2951 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:24:58 ID:eYJ1NPVs
        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、    初瀬と八島の喪失で、戦艦戦力は2/3になったですう・・・
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \ どうすればいいですか・・・
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l

2961 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:25:34 ID:eYJ1NPVs

::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::: 終わりよ・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::: もう終わり・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     ::::::::::::::::::::::::::: 敵艦隊はまだ大部分が残っている・・・
::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  :::::::::::::::::::::::: この戦力では勝てないわ・・・
::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

連合艦隊はその戦力を大きく減らした。まさに連合艦隊最悪の日であった。司令部は絶望の淵に立たされた。

2971 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:26:19 ID:eYJ1NPVs

       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\  まあまあ、そんなこと言ってないで。
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ   起きちゃったことは仕方ないよ。
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|  これから、どうすればいいか、考えてほしいな。
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

一人、東郷だけが超然としていた。

悲嘆にくれる海軍の中、彼の超然さだけが、救いであった。

2981 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:26:57 ID:eYJ1NPVs
                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、   軍主力の終結は終わった・・・
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ  早く行動せねばならぬ・・・!
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

一方、遼東半島に上陸した第二軍は、5月17日から行動を開始した。

第二軍の任務は遼陽・旅順間の連絡線を遮断し、その後北上してロシア軍と決戦を行う、というものである。

まずは、遼東半島の最狭隘部である金州・南山方面へと向かった。

2991 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:27:39 ID:eYJ1NPVs


                        ,ハ  :
                    /.:.:.:゙、    :    _  _ _ _
                   ,/.:.:.:.:.:.:ヽ       :  _ _ _     _ _
                   _/.:.:.:.:.:.:.:.:.`L,,
     _ _ _ _ :_ :_   ,/.:.:.:.:==r.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 _ _ _  _ _ _ _ :_ :_ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_
            ,,,,、、r;:;:イ ==r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i,
          ,r'゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''ー、                _ _ _ _
         ,r'゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、           _ _ _ _ :_ :_    _ _
      ,、ィ''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´::::::::;;:;:;:;:;::::;:;;:::` 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``'''ー-、 _        _ _ _ _
  ,,、、ィ''´;;::;r=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;::;:;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
  ``ヾ:;:;;;;;:;:;:;:;:;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:=r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
     ̄`¨`ヾ;;;;;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,r''"´
          ̄``ヾ;:;:;;.:.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;,'.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;;:r'''"´
             ヾ.:.:.:.:::;:;:;;:;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;, '.:.:r==.:.:,r'''"´   _ _ _ _ :_ :_    _ _
              i.:.:.:.:r==.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          _ _ _ _ :_ :_    _ _
  ‥‥‥‥ ∵    ゙ヾ、.:.:.:.:r==.:.:.:.:.:.:.:.:=.:.:.:,/       _ _ _ _ :_ :_    _ _
                `ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                  ゙j =.:.:.:.:.:.:.:,r'゙′    ∵∴   ∵∴
       _ _           \.:.:.:.:.:.:,'′ :   :      : :  ‥ ......
              _ _        ヾ:;;:/
                       V

その南山は金州の後方にある標高115メートルの山である。そこからは街道と鉄道が一望でき、

交通網を管制できる位置にあった。ロシア軍はここに防御陣地を構築し、砲70門と機関銃で堅めていた。

砲は掩蓋のある堡塁に収められ、堅固な防御が施されていた。

3001 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:28:26 ID:eYJ1NPVs

               _,,、、ーiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;,,,,__
              ,,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiヽ
            ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    大連に日本軍が上陸するかもしれない。
           ,rilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!! -''" ̄ミヽ、
           ,iflllllllllllllr^illllllllllll, - ''";; /_/_〃彡彡ミ  主力は後方に置こう。
          illllllllllllllllliiーlll,-∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,
          {lllllllllllllllllll!!"         ::::::::::i三彡i
          illllllllllllll"           ::::::::::l;ミ彡l
          'ー┬f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲノ
            i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|iiiヽ
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐illllllllヽ
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐il|illllllllllllヽ
            レ'´ 一一-v、 /___,‐'ii、lllllllllll/ ヘllll└、
       ___f´ー' `''ー-、, j /   〃lllli llllllll|/ ノllllllllllll`iiー -、,
  ,,,,;;;;iiiilllllllllllllllllllllll|   =-ァ- ノV jj  〃lllllllヽllllllレ'´lllllllllllllllllllllllllllllll
ri´lllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ノー'´ ノ 〃  /lllllllllllヽllllllll lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    }r-'´    ノllllllllllllllヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

     第四東シベリア師団長 フォーク少将

金州・南山一帯の防衛を任ぜられたフォーク少将は、南山に一個連隊を置き、自身は主力とともに後方にあった

南山は幅4キロほどの狭隘地で大兵力を展開するには向かないし、ロシア軍は大連への日本軍上陸を警戒していたのである。

3011 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:29:04 ID:eYJ1NPVs

              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、              むう、これは・・・
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ             かなり強力な陣地ではないか。
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、  第一軍のような重砲がないわが軍では、荷が重い・・・
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;  ここは、監視する兵力を置いておいて、
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""  主力は北上するのが、よかろう。
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t     ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i          ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|     ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;;リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

奥はこの方針にしたがって、行動しようとしたが・・・

3021 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:29:58 ID:eYJ1NPVs
  、___________
   、>              .|   第二軍には、何個師団いると思っているんだ!
   >________   .|
    ̄   .|./_   _\ |   |   大兵力があるのに、たった一個師団の南山を攻撃できないなんて、
       | /  ヽ/  ヽ |  |
 .      | |   ・ | ・  |  V⌒i   そんなことあるわけないだろ!さっさと取りかかれ!
    _  |.\  人__ノ   6 |
    \ ̄  ○        /
 .     \          厂
      /  _____/
       ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
        /./  ./o    i. \

南山の実情を把握していない東京の大本営からは、即時攻撃の命令が届いた。

3031 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:30:35 ID:eYJ1NPVs
      |   ミ  ,,l゙r、  ::::::::::y ツツノ/;; ツ : :::: 彡彡::::≧''" ノ     リ  」
      ヽ   ゙l :ミl |;; "ヽ:::::/イ((::"/;; i"r,,彡"彡リ彡:::之彡彡ノ、ノ  ク 了
み  な  イ   ミ ミ}}}ヽ };iiY|",,((,,、ミ_ィ:::::ェ;チ―ァヲ""}}ヽニ シ,j、゙,彡 rク .「    よ
せ  ら  L    { (jミ;;r=ィッ-5ソ´ミ三::'-ー゙ー´'''''"´彡ニ彡:::)) イ l| ',ー < )    か
よ  ば  /    ゙ミ Y゙`'' "´ヽ| ;;`'''Y゙,``゙::'ー、  ;;::j:::::::::ィ::| イリ ノ,リ、 ゙',ヲ`l     ろ
う  落  j     ゙t ゙{;{ /::::::::j ,  {::Y:::::::" 、 :: ,,''ノ;;;;、;/::|/,/,"ミ  ヽ,, |.    う
    と  |       ヽ',゙', : :::::イ ヽ,,,__ Y'"   ゙;;X; `;;} {;; ゙'=''/ミ゙  、,,,,ノ |       /
    し  7       ヾ: : ::::`''ー、rー''´    }; ;} ;l| ゙;; '-ー''ミ    `゙'ミ 〉      (
    て  /           ', ゙::::" ゙゙ろ        {;; |;; :レ::::::l|ミ      ゙、、´゙、     /
     |            ', ::::: ,,ィ''ー_'''_ー;-zイ  ''' l|  :|::::: ゙' 、ハ、,, 、 乙'゙  |_  r''゙
       |             ',: Y :::`゙ ̄_,, ヽ;;;ll;;   {;;  l|: : :  " ゙`ツ ノヽヽ ) ´  `''"
    _|   ;;{{   ;;   l, 、j ´ ̄' 、:::::::::||ヽ|ll;  };; ,j: : : : : :    :::ノノ ヽ    '',,/;;
   <,     ;;ヽ  Y    |',: }}""   `''ー、}};; }"  ,、-'":::::: : : : :    ',::|  ::.ヽ、、、,, ノ)
 ̄ ̄ ̄      ;;}}ヽ、};;  ,,,|::', { 彡::   ..{;; ;{,、 ''´: : : :;;、-ァー-、    l|::  ::..ヽヽ、`l|''ー、
     ;;ヽ   イノ;;;、-ー ''"::|:::} ィ ヽ:::::::.../,、 '": : : : : ::/  /   `' 、   ゙、::  ゙:::l|:::::::`゙'' 、
       ;;〉、,,、-'"    .....::::::| ゙ヽ、,,,,,,,,_,,、-'´:: : : ::   /  |       ゙' 、 /:   /:::::::::::::::::
      ,、 '" /;/  ......::::::::::::::l  ::::ヽ : : : : : :: : :   /    l         /  /::::::::::::::::::::

5月25日、第二軍は南山攻略を開始し、三個師団が包囲した。

金州湾には海軍の砲艦が艦砲射撃で支援する。

304名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:31:02 ID:bqgVFP82
>>300
ちょwwwwww本当にフォークかよwwwwwwwwww

3051 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:31:28 ID:eYJ1NPVs
       .      .     .     .。、_
                          `⊃
                           ′x.
                            、!
               .             .)
        .       .      .      .,.
              .             .:
          .         .        .`,
               .             .`¨
         金州湾               ゙,・´
                            ,r′
                         、,.・
                       ゙_.‐´ 
               .,.。.ー._.-′○金州城
          _、.-‐''““′   、`  4D
       .,r'⌒     ○南山    1D
  . ,、.-・.''“´                  3D
 .''´                             、r''' ̄`\,
                .               ..    、`
                      .          . . . . .,、
                                `、   、′─‐-、
                                、'、       、`v  ._,__


※D:師団

 从                从                从
((  ))、    ∧ ∧     ((  ))、    ∧ ∧    ((  ))、    ∧ ∧
 从ヽ\\__(゚Д゚ )      从ヽ\\__(゚Д゚ )     从ヽ\\__(゚Д゚ )
   /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃
   \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  .\\/ / ./ / /  ヽ
   /___/ | | ◎ |⊂⊂|   /___/ | | ◎ |⊂⊂|  /___/ | | ◎ |
    \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/
     . ̄    . ̄           ̄    . ̄          . ̄    . ̄
5月26日5時20分、日本軍野砲198門が南山への砲撃を開始した。

ロシア軍も応戦する。日本軍の砲撃は熾烈を極めたが、掩蓋で守られたロシア軍砲兵は、なかなか沈黙しない。

3061 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:32:23 ID:eYJ1NPVs


                    __             全軍突撃ィィィィ!!!! .___    /
                   /_☆|__ ウオォォオォォォォ!!!!!            __/☆_ヾ  /
        wWmmw     /_了#゚Д゚)                       (゚Д゚ 了 〆
                 / つ≠∩ヨ===┯                  く/ _/う
    WwMw         /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄     wWmM    //~'/_,,つ
                (ミ/'                          (ミ/'

   W        _,,,,,_,,,,,__                    _,,,,,_
          γγ__o_⊥ トォーツゲキィィー!           γ_☆_ヽ ワアァァァァァァァ!!!!!
       =  /= /」・∀・)                  /( #゚Д゚)
wWmmw  =   // つ≠∩ヨ===┯             / つ≠∩ヨ===┯   
        =  /~' /_,,つ      ̄ ̄           /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄ 
          ((ミ /'                    (ミ/'    

そんな中、9時、歩兵による突撃が開始される。しかし・・・

307名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:32:42 ID:M4NYooT2
本当にフォークwww

3081 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:33:13 ID:eYJ1NPVs
      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  逃げる奴は日本兵だ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  逃げない奴はよく訓練された日本兵だ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

兵士の眼前には、火を吹くロシア軍の機関銃があった。砲撃は機関銃陣地を潰していなかったのである。

狭隘地に三個師団もの兵力を投入したため、兵員の密度が高すぎ、格好の射撃目標となってしまった。

死傷者の数はどんどん増えていくが、敵陣地にとりつくことすらできない。

3091 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:34:15 ID:eYJ1NPVs

   /i    \ \
  /  .l     .!   ヽ
  .i   i     !    i   lヽ.
  l!   i    /    l   l i
  !   \ _/_  /  ./ .!
  ヽ、 / ̄    `゙`ヽ<   l
\ /            \_/
 /            、-、__ヽ ,.-vi
7              ゙t‐-、`Y"y‐7
               ゙t_-)YY f"
                 ゙‐iYYr、
                  ヾヾィ'
           r―‐,zzzz,,zz‐‐'   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       _   ゙>-‐ー‐゙くく      .|  閣下!損害が多すぎます!砲弾も欠乏し始めています!
       l >`i.  (   ̄  ,! \    |  
       l、(r`l  `ト、  /_,,,,Y´ _ノ  ここは、一時撤退なされては?
       !、 \l   .l ! イr-‐i'    ̄ヽ
        ゙>-.l)  l !  r‐' .!      \_______________
      ./  l.   l ヽ    !、_,r-‐――――――、______
      /    ``‐:、」、____.)/          //--------`―--、__
    _/       ,.:'  ,  / /         _/./            `―--、
┬―'"、       :'  /  / /   _,...--―'" ̄-'"                  \

午後、あまりの大損害に色をなした第二軍司令部の参謀たちは、奥に撤退を具申した。

3101 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:35:06 ID:eYJ1NPVs
      レ;;;;;/;;;;;;/;;;;;;;;::::::::::;;;;;:::::
      """リ"(( (''|ii,,,、-'ー-''(:ノノ
     ii、-'"―、;; ii、〉   ひ 7;;
     省 媚 `(`ノ    :  {彡
     み び  {;;;;)   退  >彡
     ぬ ぬ i"::/ ! !. か (:::;;;
      ! !.   | ;;;ヽ_ ぬ / |
    マ-i,、-、r''" ;;;;;;ノYi )''"  し
    ::::、 ii、 t;;; :::::;;;;i':::::U  ::::::::
    ::::::ヽ ヽ,,~ヽー、;; ::::::(  ::::::::r
    ::U::: `' 、ヽ、、 t;;;|ヽ;;;ヽ○ノ;;;
   ::::::::::;;、、、;;;;≧ミ=、,n,|ヽ;}ii |;;;;;
    Z:r"タ"'",=、''''ー、~'ー、ノノ|,i;ー
    三>'=='="チ=ー':`'"、;;;;;ン
   U  "  ::::::::::::::;;;;;;'''"ヽ|;;j彡"
   、:::  ::::::::::::::,イ:::;;;;;;;~'-、,j;;jー''":
  :、 ', U ::::::::::::::U::;;;;;;;;;;;、 リ;;;| :"
  :::t ':, ::::::::::::::::::::''"(⌒ /;;ヽ
  :::::t ヽ ::::::::(j:   ::::ヽ`'(;;;;;;;)''"
  ::::::::t U:::::::::  _,,,、;;_゙' 、;;;;;;;、ノ
  ::::::::::',  :::::::: イ'r、、"'''ー―ー-''"
  ::::::::::::ヽ ::::::: ij('ブ `""`´´"´
   ::::::::::::::ヽ u ......~'''""~~ ̄ ̄ ̄
   :::::::::::::::::ヽ :::::J::::::::::::r;;;;;;;;;;;;ヽ
 |.| ::::::::::::::::::::::ヽ::::::::;;;;;::::;;;;;
 U ::::::::::  :::::::::::::ヽ

第四師団長 小川又次中将

これに対し、第四師団長小川又次中将は攻撃続行を主張した。

3111 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:36:01 ID:eYJ1NPVs

            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ         /
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..        |  おれに後退はない
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ       <  あるのは前進勝利のみ!!
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.         |
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/          \
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

ロシア軍は遼陽方面に集結しつつある。ここ南山で長引けば、それだけ不利になる。

奥は損害を顧みず、攻撃を続行した。砲兵は砲弾欠乏を恐れずに撃ちまくり、

歩兵は突撃を反復して、敵陣地目前までたどり着いたが、そこから先はなかなか進めない。

312名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:36:19 ID:8M2F5tiY
死体の山を築いても勝つのは後年の赤軍のお家芸なのに

3131 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:37:06 ID:eYJ1NPVs
                 .|
              r┴'z、
        ___r‐┼‐rイ、___
            ー:}ニ二:ニ{_j
            [T^n、{ 〕
             〕`l lo <_、
         ─‐-己㌍゚゙l゙゙l_コ>┴─
             l__r‐‐z__レ'
           _r┴〉j= k 〈‐┴z__
          ̄ >‐,l_]__[__lK__/ ̄ ̄
           「〈三ヘ  ,/ rL「    _⊥_
           〉hL∧lニl∧__ヾ、    ̄T ̄
         =ニ二l┬‐─┬zュ(二ニ=  /|
            lヨl 。 。ll三l_V^L  / |
          <、V⌒l゙  ゙l⌒Vヾ r7 −'フュ
        r-、 L__⊥__⊥__」フ /ァl:!:lr{−/、
        ]===ヾコL|_h_jh人、__7-z、rv‐ュ<
       「厂 ̄ ̄ ̄ ̄""‐、‐-ァ:────────┐
        Lγh_r、__,_,_ヾ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄
      「厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""‐、‐-──── ┴───┐
    ,-‐"" ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄"""‐‐‐---二二二二 ̄
    /-‐"" ̄ ̄ ̄T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"""‐‐‐---,,,,、__L_
   ,!        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::厂
    | ‐‐-、    |:::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,,--‐‐""" ̄:::::::ヽ
─‐::|    >   |:::::::::::::::::,,,,-‐""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}─────
   ""::‐-、;.:;__  |  __,;:。;  --‐‐‐‐  "" ̄ ̄⌒"

※AAはイメージです

そこへ金州湾に進出していた海軍の砲艦「筑紫」以下6隻が南山に向けて艦砲射撃を実施する。

これが功を奏した。陣地は次々と破壊され、砲・機関銃は沈黙していった。

3141 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:38:00 ID:eYJ1NPVs

          ,r'゙´;:;:;:;:;:;:. :.: .:. :.:.:.!:::.:..:.   `ヽ、
            /;:;:;:;:;:;:;::::::ィ彡三ニ i!:::::.:.:.:.     ヽ   ここまでだな。
        /, ';:;:;:;:;:;:;;彡二三三ミ|:::::::::.:.:.:.:.    ゙、
        //;;;;;;;;,r-ー ‐‐- 、、、;;;;jト、,,,,,、、、、:.:.:.:.:.:.:.j! 我々には一個師団しかないし、
       ,イN;;;;;;;/:::::::::.:.:.:.           ̄ `ヾ.:::::|
       {;:;/;:;;{::::::::::::.:.:.:.               i!:::::! 旅順防衛の兵力を減らすわけにはいかない。
         ゙、;;;;;;|::::::::..:.:.:.                 |:::::!
        ゙、;;;;!::,r':.:.:.:.:.       .I!        !::/     
         カ;!::-ー- 、、_ _ ,, ,::;{   _ _ _ 1!/    
         〈 ト、::::ゝ こテニ;::::j;;{:::斤'''reァーュ ``j!   
       ,r‐< ハ!:::.:.:``  '"´::; ト、`` ̄ ¨´ //_     
_,,、、、-一''"´.:.:::::ト、jト、:.:.      .:.;; i      ノ/:::::.ヽ
.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:ヽト、    .:;;;; |      j〈::::::::::::::::``ー‐- 、、_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:.゙、::    '^ ー'゙    ,イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!.:.:. ゙、   -=ニニ=-    /:::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、.:.:ヽ   、__,   /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ >、        ,イ:::::::::::/l:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ --t r <:::::::::::::::l/::::::/仁二二7 7二二j::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i /   ! ト、 \::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              ,,, -'''"""""""''-- ,__
            /    /,, __     `ヽ、
           /  ///      ..   ... ヽ   突撃!
          / ,、i i  / /// /      'ヽ
         / i,,/ ``、ヽl i i  /  ノ ノ ノ /  ヽ
         /( i'   ..::::::``ii, , //ノノ/,; ',,,  ノノ   l
          iヽ/  ..::: :::     ) )    彡 彡'  |
         ;ミ!   :: ..: ::   /ノ    彡 _,, '  .ノ
        ;ミi(((ii,、 : : :::: /.      彡 _,, ' .ノ
__,,, --------;ミlヽi_\((  O .:      彡  ノノ.ノ
::::::::::::::::::::::::::::::`| ''\u`、ミi、' i、_,,,,, -'''))) ヽン / ノ
_________::::::::::::::::::|    ̄~/ ミ `、ーu-';_,;;;;''' ),ノ) ノ、
    |:::::::::::::::::| .......:: / '~ :::ヽ ̄~~~  /__ノー'---、__
  .  !:::::::::::::: l| .: , ./、  、 :.     ..:;;/、  `::    ヽ
     i:::/ ̄'i | ::.ヽ ヽ ー'''' :     .::;i~ :: ::. ::
:..    ヽ :  ,i |  .~''- ,,,,___    ,;/`::..   :::__,, ----=
:::::::...   ヽ : i ::| .:"'' ..,,,     /i`:::::: .::::::./
\::::::...   \| :::|   :::     ,, -''"::: \ :::::::/
;;;;;;\:::::......  \:: `''- ,,_,, -''" .:_;;--''" \/;;;;,/   ::::::
;;;;;;;;;;;;\::::::...   ヽ、 :::::::::::: , -''"     ,::ヽ、/   :::::::
;:;;;;;;;;;;;;;;;;`'- ;,,__    `---<'~.........:::::::;;;'''ノ;;;;;;;;;;)::  :::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''- ,,_______,,`-''''''''''''''//ノ);;;;;;/ ::::::::::::::::::

この機会を逃さず、第四師団は突撃を敢行、ついに陣地を占領した。

第一・第四師団もこれに続いて、20時、ついに南山を占領する。

3151 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:38:45 ID:eYJ1NPVs

            {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
     _______    ∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
 ┌'`'´    ̄ヽvヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 「         |、` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、
 .|       落  ト`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
 |.       ち   ト、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ
 |.    .   た   ト、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
 j       .:   | ゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ
 ヽ         j  ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡
  l__      /  ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
   ヽ---、, ' ̄    ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |
              `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
               ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
                ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,
                 ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /
                  l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡
                     l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
                    l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
                    l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
                     li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::
                     li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
                      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''
                       ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

日本軍投入兵力36400名のうち、死傷者4387名。ロシア軍は17000名のうち、死傷者1400名。

こうして南山の戦いは終わった。ロシア軍の守備隊は大連からも撤退し、旅順要塞へと立てこもった。

大きな犠牲を払ったが、ロシア軍の連絡線を断つことに成功したのである。

3161 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:39:26 ID:eYJ1NPVs
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l  一日の戦闘で死傷者が4300人以上!?
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |) そんなことあるはずがないだろ!
         |    ⊂⊃   |
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | | ちゃんと報告しろ!
      / |. l + + + + ノ |\
     /   \_____/  \
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

一方、報告を受けた東京の大本営では、「死傷者の数がひとケタ多いのではないか。これは間違いだ」

と、受け取った。しかし、それが真実であることを知ると、深い戦慄に襲われた。

敵軍よりも兵力が多い状況で、このような被害を受ける。戦争は始まったばかりなのに、これからどうなるのか、と。

3171 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:40:18 ID:eYJ1NPVs
     ____
   /      \   198門も砲があって、砲弾を打ちつくすほど砲撃して、
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \ 何で効果がなかったんだお?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     < 
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        いいところに気付いた。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    これには理由がある。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'    まず、第二軍は第一軍のような重砲を持っていなかった。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ      砲そのものが威力不足だったんだな。
   /     / ./
   |      /
    |    i´

3181 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:41:26 ID:eYJ1NPVs
       ____
     /⌒  ⌒\   何で、持っていなかったんだお?
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 持たせるべきだったんだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 怠慢だお!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   当時の日本の重工業基盤は非常に弱いんだ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  開発能力はともかく、大量に作れないし、金もない。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l 第一軍の重砲もクルップ社製だしな・・・
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   とにかく、持たせてやれなかったんだよ。
   /     ヽ \

3191 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:42:08 ID:eYJ1NPVs

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   もう一つ問題があった。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  砲弾の種類だ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  この当時使われていた砲弾は、榴弾と榴散弾だった。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

3201 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:42:50 ID:eYJ1NPVs
               \      ☆
                       |     ☆
                    (⌒ ⌒ヽ   /
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
               (´     )     ::: ) /
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


榴弾は砲弾に炸薬が詰まっており、着弾すると信管が作動して爆発、破壊をもたらす。

堅固な防御物などの破壊に向いている。

3211 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:43:32 ID:eYJ1NPVs

         γ ⌒ ⌒ `ヘ
        イ ""  ⌒  ヾ ヾ
      / (   ⌒    ヽ  )ヽ
      (      、 ,     ヾ )
      ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ
        ゝ、、ゝ   ノ  ノソ
          ゝ、、ゝノ ,, ノ

        ∴∴∴∴∴∴
       ∴∴∴∴∴∴∴
      ∴∴∴∴∴∴∴∴
     ∴∴∴∴∴∴∴∴∴

───────────────── 地表

一方、榴散弾は炸薬の代わりにボール状の小さな散弾が詰まっており、

時限信管によって敵の頭上で炸裂、散弾をまき散らす。対人殺傷用である。

非防護の兵を殺傷するのに向いているが、堅固な防御物の破壊には向かない。

日本軍が持っていた砲弾の大部分は榴散弾だった。

3221 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:44:09 ID:eYJ1NPVs

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   対人殺傷用の砲弾で防御物を狙ったんだからな。そりゃ利かないだろ。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  実戦でそれに気づいたんだが、後の祭りだ。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'    この後、前線からは「榴弾を送れ」という悲鳴が大本営に続々と届くんだが、
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │      大本営の無理解、生産能力の無さから、対応できなかった。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /      この状態は戦争全体を通して続く・・・

3231 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:44:50 ID:eYJ1NPVs
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)   また、機関銃の威力も脅威だった。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|     銃弾を短時間に、大量に発射できる機関銃は、
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }     火線の下にある地域での兵の行動が難しくなる。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__     機関銃を潰さない限り、前進することはできない。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.  無理に進もうとすると、その餌食となる・・・
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  / 非常に厄介な存在なんだ。

3241 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:45:31 ID:eYJ1NPVs

        / ̄ ̄\
      /       \                   この南山の戦いは、強固な防備を固めた
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                  近代的陣地との日本陸軍の最初の接触だった。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..    このような陣地に突撃をしかければ大損害を被るという
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      戦訓を生かしておけば、とも思う。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

325名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:45:49 ID:NsftQEi2
技術面での進歩が速過ぎて、人間の理解や予想が追いつかないのかね?

3261 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:46:28 ID:eYJ1NPVs
       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   第三軍は旅順を攻略するかもしれないから、
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i  参謀長は工兵の上原のほうが、よくないかって?
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i  まあ、そうかもしれないけどさ・・・
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

5月29日、第三軍の編成が下令される。

ここで重要なのは、作戦の立案・指導を行う参謀の長で、軍を実質的に運営する参謀長の人事であった。

3271 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:47:22 ID:eYJ1NPVs
        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ    でもね、七次どんが上原を参謀長にしたいって、言ってるんだよ。
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ 七次どん、ああいう性格じゃない。参謀長のなり手がいないんだよ。
   l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  /    ──  |  ──  | 娘婿の上原じゃないと抑えられないんじゃないか、と思うよ。
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ

3281 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:47:59 ID:eYJ1NPVs

            ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _,,、    < ̄   チェストォォォォォ―――ッ
_ /´//フ    \
.|/ ///__,,,、   ノ    
.  /'´,,-‐'´∠二_             ___ .ii_,,i"!-,_,-
   ∠,__,,,,、     フ_______/,,,,,,,,, -‐'´--┐彡^''´`'>
   ┌-‐''''´   _,-‐'''''''''‐-,,_      _,,,,,,,/ /´ 弋!ヽ 彡∠
_  /       i´ , -‐'" ̄"''‐-,, -- ,,_,-‐´ -'i´ とヽvフ、,__三/
三彡ヽ, ,-‐'''''''''''´ i‐- ,,_ _   ヽヽ    `''‐-,_!-- 、ヽ)ノ ト'/ノ
三彡/ Y     /'''''‐-/ `'‐ ,_  `''''""''=-,__ \ ノ _,-''´-''´
三彡' /   /   /     `'‐ ,_     `'- ,_ ̄/
    /   / _,,-‐''/        `'‐ ,_   _,, _/`- ,,_
---''´`'‐- ,,i    /          /'  / /     \
      /    //        /./ '''''´  /        ヽ
     /_,-‐'''"/ i     _,, -''´ /`ヽ  _,,|         |
  / / /.ヽ/i |__,,,, -‐''"    /   `´  i  ,ノ      /
    /  .i   i ||./    _ノ   /       >'´     /
   ./ /    ii //<エア   /      /       /
   i /i  /i '=_-- ,,,,,,,,,, </__      /  /フi  /フi
 7 〉i i / /\_ヽ  _/   ̄\  /  /-,/  /‐ /  /'i
 i  i i  ||  !,---‐‐''''´       \ i  i- / /‐ /  /ヽ/
          /        __,-‐''¨\ _| .|/ / / /
                  '´ \  /    .// /_/ク
                               /-'´ _/

野津道貫は歴戦の勇将であったが、それゆえに猪突猛進が過ぎることがあった。

また、その頑固で豪胆すぎる性格から、部下に敬遠されることがあった。

3291 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:48:51 ID:eYJ1NPVs
              ____
        /¨''‐-‐'' ̄  \  \
      /||| |/ ̄ ̄\ |   \
    /_|\| |/ ̄ ̄ヽヽ|  \\
    | _ \ ||/ ̄\  |  _  \
    |  / ヽ | __\  |   \  |
    |   _,---_|/"""""ヽ| |   \ ヽ
    /   !、  ,,,,__,-,_,.-二| |  |_   | ヽ
   |     |~~!、  ノ_,-'´  |└-    \ \ ヽ
  |  /  | ̄~\/´     `'‐-、_;;;;;ヽ  | | |ヽ
  | | _ ノ=-,,_        _,,,ヽ;;ヽ || | |
  //||.~|  r〒==-_| |_,,==〒'i  |、;;| | |  |\
/ / || | ヽ`ニ´ノ i  ヽ`ニ´ノ  | |;;| | |     |
|ヽ | \|       |       _|=/ |  |     |
 ヽ\|(~'‐'~)      |'|       | | ||| \  |
  \|.\/〉     〈_|__      人_| || |  \ |
   \\  | ヽ   ___    /|;;;;|  | | | | | |
_,-‐'~~\| | ヽ,  ´ ,,,二,,,,,`  /  |;;;;|  | | _人_ | | |
  / ̄ヽ  |  |\       /i   |;;;;;| \  |   \| | |
/  // | /|  | \____//   |\ゝ ||     \  |
 //   !/|  |      /    |  !| ||      \__|
//    _, -‐!   |    |      |||        ~~'''''i‐-、_

       第四軍参謀長  上原勇作少将

上原は書生として野津家に住み込み、陸軍将校となって野津の娘と結婚した。

彼は日本工兵の父であり、開戦前は工兵監として、工兵全体の軍事行政を取り仕切っていた。

3301 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:49:26 ID:eYJ1NPVs
         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \  でもね、伊地知だって、陸大は出ていないけど、
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ フランスに留学した砲兵の専門家だし、悪くないと思うよ。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l 僕の縁者だから、ってことはないよ!
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ ) 
   /  /  ヽフ ヽ   /

こうして選ばれた第三軍参謀長が

3311 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:50:17 ID:eYJ1NPVs
    ,、!‐- ....,,,,___|ゞJレ'ノ|_______,,,.... -‐!、
 ,、-'´                             `'-、  
 ""''''''7‐-- ....,,,,____________,,,,.... --‐‐''''''""
    /   \  \.   <   /      | |;';';';'| |;';';';|     
.   ヽ,  i==\  | U ヽ/.,,.. ==== | |.'⌒ヽ|;';';ト'     
     ヽ, |    \!.    ''"       /| |'⌒i |;';';|
     / !   .@>    ,    @  / .| |'⌒i .|';';';'|     
.    /  ゝ__r‐''"     .` ,___ノノ .| |  .! |;';';';'|      
    /     .|   |.iu.   u  ̄ ̄   .| |⌒! .!;';';';';|      
.   ヽ,   /   |j     ヽ.      .| |_ノ /;';';';'ト'     
     ヽ,./      ___ )  \  u  | |__ノ;';';';';';|      
      ( _,,,.. -''"             //|;';';';';';';';';|     
   r―‐‐┴―――‐‐===ココ二!二!_ヽ .// |;';';';';';';';'|      
   |                            //  .|;';';';';';';ト'     
.   |     u           U   .//   |;';';';';';';|      
   |           u       //    !ヽ;';';';';';|      
.   |  |  |  |  |  |  |  |  |   //   /!::::::"''‐-'-,.,    
--‐''"|                  /´   /.i:::::::::::::::::::||:::::"''  
:::::::::::::`‐-,.,----,--,------------‐;´   ./ .!:::::::::::::::::::||::::::::::  
:::::::::::::::::::::||:::::::::::|  |;';';';';';';';';';';';';';';';';   ./ i::::::::::::::::::::||:::::::::::  

    第三軍参謀長 伊地知幸介少将

伊地知幸介少将である。当時の彼は、やや年齢が行っているものの、留学をして専門知識があり、

陸軍省や参謀本部の要職を歴任したエリートである、とみなされていた。

3321 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:51:14 ID:eYJ1NPVs
第三軍 戦闘序列

軍司令官 乃木希典大将(山口)
参謀長  伊地知幸介少将(鹿児島)

第一師団(東京) ※第二軍より配置換え

第九師団(金沢)

師団長:大島久直中将

歩兵第六旅団
 歩兵第七連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三十五連隊(歩兵三個大隊)

歩兵第十八旅団
 歩兵第十九連隊(歩兵三個大隊)
 歩兵第三十六連隊(歩兵三個大隊)

野戦砲兵第九連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)

騎兵第九連隊(騎兵三個中隊)

工兵第九大隊(工兵三個中隊)

師団輜重(輜重兵一個大隊)

333名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 20:51:36 ID:n/lIiAB6
出たな司馬遼太郎被害者の会会長w

3341 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:52:32 ID:eYJ1NPVs
第十一師団(善通寺)※第二軍より配置換え

後備歩兵第一旅団

旅団長:友安治延少将

 後備歩兵第一連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第十五連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第十六連隊(歩兵二個大隊) 

後備歩兵第四旅団

旅団長:竹内正朔少将

 後備歩兵第八連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第九連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第三十八連隊(歩兵二個大隊)

3351 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:53:19 ID:eYJ1NPVs
野戦砲兵第二旅団

旅団長:大迫尚道少将
 
 野戦砲兵第十六連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)
 野戦砲兵第十七連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)
 野戦砲兵第十八連隊(砲兵二個大隊=六個中隊)


第一師団後備工兵第一中隊
第三師団後備工兵第一中隊
第十二師団後備工兵第一中隊

攻城砲兵司令部

司令官:豊島陽蔵少将(兼第三軍砲兵部長)

 野戦重砲兵連隊(砲兵三個大隊=七個中隊)
 徒歩砲兵第一連隊(砲兵二個大隊=八個中隊)
 徒歩砲兵第二連隊(砲兵二個大隊=八個中隊)
 徒歩砲兵第三連隊(砲兵二個大隊=八個中隊)
 徒歩砲兵第一独立大隊(砲兵二個中隊)

3361 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:54:51 ID:eYJ1NPVs
      / ̄ ̄ ̄\
    /         \  日露両軍の戦争機械の歯車は大きく回り始めた。
   ./          ヽ
   .l           l 次回いよいよ、連合艦隊が待ち望んだ艦隊決戦が
    l             l
    .l           l 行われるのだが・・・
    ヽ          l
     ヽ         l 
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

3371 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:55:46 ID:eYJ1NPVs
やる夫で学ぶ日露戦争

第八話「戦争編その4 進軍と惨劇と」
    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)

次回第九話「戦争編その5 黄海海戦」

3381 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:56:39 ID:eYJ1NPVs
キャスト

日本

伊藤博文        伊藤誠(School Days)
山県有朋        でっでいう
桂太郎          桂言葉(School Days)
寺内正毅        ピーポ君

大山巌         ドラえもん
児玉源太郎      八神月(Death Note)
乃木希典       伊藤開司(賭博黙示録カイジ)
伊地知幸介      黒沢(最強伝説黒沢)
奥保鞏         ラオウ(北斗の拳)
小川又次       サウザー(北斗の拳)
野津道貫       DIO(ジョジョの奇妙な冒険)
上原勇作       ヴァニラ・アイス(ジョジョの奇妙な冒険)

河原林雄太      安藤 守(賭博黙示録カイジ)

東郷平八郎     泉こなた(らき☆すた)
島村速雄       柊かがみ(らき☆すた)
秋山真之       翠星石(Rosen Maiden)

乃木寿子      バラライカ(Black Lagoon)
乃木静子      やらない子

吉田松陰      江田島平八(男塾)
玉木正誼      タナカ(MMR)

3391 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:57:40 ID:eYJ1NPVs
ロシア

ステバン・マカロフ    鶴屋さん(涼宮ハルヒの憂鬱)
ウィトゲフト        1号
フォーク          アンドリュー・フォーク(銀河英雄伝説)

説明役      やらない夫
聴講者      やる夫

3401 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:58:32 ID:eYJ1NPVs
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \ 読んでくれて、どうもありがとうだろ。
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  | 実はちょっと訂正がある。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

3411 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 20:59:16 ID:eYJ1NPVs

       ‐==、''‐ヽ.:l::ヽ,.. -‐‐- 、
       ,. r‐'':::::`''‐::::::::::::::::::::` '' ‐ 、     
    ,.r ',. r ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::., ' ‐、::`ヽ、
  /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::ヽ、`ヽ、::ヽ、 
  ./::::/::::::::::::::::::i:::::i::、::::::ヽ:::::::::::ヽ、:::`ヽ::',
  ./.:..../. .:/ .../.:l .:.l ..:.l:.ヽ ....:ヽ....  .: ヽ. .:.ヽ.l
 /.::::イ:... .:l..... lト:::l:::::ト::::::ト::ヽ、::::::',:::::::::::::::',:::::::::l
. |://.l:::::::::|:::::il__l::l l:::l ヽ::l ,.>r‐''':::l::ヽ:::::::::::l::::::::l
. |:/ .|::::::::::l::::il、ミュ、ヽl  -'ヤ;ハ'7ヽ::l::::ヽ:::::::::l:l:::::l
. レ .|::::::::l::l::il `´ i. ヽ  ` "   〉:::::::::',::::::::l l::::|
   |::::::l::::ヽi'i. /    ヽ、 / ゝ''ニ l:::l::::::l l::|
   .|:::::ll:::::::.!:'、`ヽ__    X  ./li::::::ll:::l::::| レ
    l::::l ',:::::::::l ヽ、 ‐ ` ./ '/ .|i:::/::〉::::::l `:' ‐ 、_
    ヽl ヽ:::::l  ヽ  '  ,. '   .|i//rl::::l -‐- .,,_::`'' ‐ 、
        ヽ::l   ヽ-ィ      ,.. !-l:::レ-::::ヽ::`ヽ、`'‐-、`ヽ、
         ヽ    i  ,.r ' ´ r ''' .|::::::|'‐ュ::::`ヽ:::`ヽ、`'ヽ、 、
                 !r',.r ' ´    |l:l:::| l:::',.. :.:ヽ::::::::ヽ、  ヽ、
             /r'´  ,.. -‐‐ '' | l:l::| .'‐,::l::::::::::ヽ、::::::ヽ、   ヽ、
               /'"  ,.r '       |:l:l:..l  .l::::l::::::::::::',ヽ:::::::::',
          /  ,.r '         |:l::l::l i l::::::l:::::::::::::l .ヽ:::::::l
           /  /    /r ''´ `l::l::l:l' 、 .l:::::::l::::::::::::::l .ヽ::::l
         /  /    /     .l:::l::l  ヽヽ::::l::::::::::::::l  ',::::l
        /     /       l:::l::l      l:::l::::::::::::::l   l:::l

     陸軍参謀本部次長 田村怡与造中将(異名は「今謙信」)

第三話でこの人の異名を「今謙信」であると説明したんだが・・・

3421 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:00:02 ID:eYJ1NPVs

              ,,, -'''"""""""''-- ,__
            /    /,, __     `ヽ、
           /  ///      ..   ... ヽ
          / ,、i i  / /// /      'ヽ
         / i,,/ ``、ヽl i i  /  ノ ノ ノ /  ヽ
         /( i'   ..::::::``ii, , //ノノ/,; ',,,  ノノ   l
          iヽ/  ..::: :::     ) )    彡 彡'  |
         ;ミ!   :: ..: ::   /ノ    彡 _,, '  .ノ
        ;ミi(((ii,、 : : :::: /.      彡 _,, ' .ノ
__,,, --------;ミlヽi_\((  O .:      彡  ノノ.ノ
::::::::::::::::::::::::::::::`| ''\u`、ミi、' i、_,,,,, -'''))) ヽン / ノ
_________::::::::::::::::::|    ̄~/ ミ `、ーu-';_,;;;;''' ),ノ) ノ、
    |:::::::::::::::::| .......:: / '~ :::ヽ ̄~~~  /__ノー'---、__
  .  !:::::::::::::: l| .: , ./、  、 :.     ..:;;/、  `::    ヽ
     i:::/ ̄'i | ::.ヽ ヽ ー'''' :     .::;i~ :: ::. ::
:..    ヽ :  ,i |  .~''- ,,,,___    ,;/`::..   :::__,, ----=
:::::::...   ヽ : i ::| .:"'' ..,,,     /i`:::::: .::::::./
\::::::...   \| :::|   :::     ,, -''"::: \ :::::::/
;;;;;;\:::::......  \:: `''- ,,_,, -''" .:_;;--''" \/;;;;,/   ::::::
;;;;;;;;;;;;\::::::...   ヽ、 :::::::::::: , -''"     ,::ヽ、/   :::::::
;:;;;;;;;;;;;;;;;;`'- ;,,__    `---<'~.........:::::::;;;'''ノ;;;;;;;;;;)::  :::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''- ,,_______,,`-''''''''''''''//ノ);;;;;;/ ::::::::::::::::::

      第四師団長 小川又次中将

実は、こっちが「今謙信」で、田村は「今信玄」だった。

3431 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:01:00 ID:eYJ1NPVs
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  なぜか、川上操六が「今信玄」だと思ってただろ・・・
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__) 資料の読み込みは大切だと、思っただろ・・・
  |      |r┬|}
  |      | | |} さて、前回に引き続き、色々ありすぎたので
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ スレ違いかもしれないが、ちょっと愚痴を・・・
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

3441 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:01:39 ID:eYJ1NPVs

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ 本当は今回の話、先週投下するつもりだったんだ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  実はこういうことがあったんだ。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

3451 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:02:35 ID:eYJ1NPVs

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \     うん、こんなもんか。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)    今日はこれくらいにしとくか。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }    明日まとめれば、来週中に投下できるだろ・・・
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ     小腹すいたな、酒でも飲むか・・・
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

9月のある金曜の夜。俺は第八話を8割ぐらい仕上げていた。夜の10時ごろ、一区切りついた俺は、酒を飲むことにした。

近くには深夜営業しているスーパーがあり、買い出しに行った。


   / ̄ ̄\
 /     _ノ \  ん・・・雨が降っている。
 |      ( ●))
. |       (__ノ_) 近くだけど、車で行くか・・・
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

3461 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:03:29 ID:eYJ1NPVs
} ヾ ゙' {!li;:, ,, -" , " i__|_|_|_|  
ゞァ''ゥ゙_,,..-" ,, - " - |_|__|⊥|___ や ス 近  そ
ヘ , -''_ , エ","┴    .|__|_|_|_|_  っ │ く  ん
 i_,7i= |E エ ┴    |_|__|⊥|___ て  パ の な
  E||=E|E エ ┴ [fj] .|__|_|_|_|_ 来 .│    わ
  E||=E|[8]ェ ┴ _ |_|__|⊥|___ た  に    け
  E||=E|E エ ニ.._ |__|_|_|_|_ の  車    で
-,-='.'┷|E エ ニ.._ |_|__|⊥|___ だ  で
ーニ_゙、゙ー.┷エ ニ.._ |__|_|_|_|_
ニニニ゙、゙、 _ ゙ 、 ━ |_|__|⊥|__
ニニニニー、゙ 、 \ ー-----|_|_|_


         , -―- 、
      /     \  雨降ってるから、建物の近くの駐車区画に停めたいだろ・・・
      /  \_   |
      (●) (●)   |  あ、あっちの区画のほうが近い。あっちに行こう・・・
      (_人__)    /
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
      ( ヽ /
       \__ノ

3471 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:04:19 ID:eYJ1NPVs
―「おい、お前」

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  えっ?
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

3481 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:05:03 ID:eYJ1NPVs
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \   や ら な い か ?
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

3491 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:05:49 ID:eYJ1NPVs
            _,,-i、
           _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-〟
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
        ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'

                .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil ̄
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..
                       :::::::::::   :::::::::::

3501 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:06:24 ID:eYJ1NPVs

              _________
            /       'r r.r.r.i          そう、俺は駐車場での交通事故に遭ってしまったのだ。
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ          体は大丈夫だったが、車は大きく傷つき、修理が必要になった。
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、    翌日は保険屋に電話したり、修理工場に行ったりで、潰れた。
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l 何もしたくなくなって、かなり、へこんだ・・・
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ

3511 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:07:12 ID:eYJ1NPVs

    / ̄ ̄\
   _ノ  ヽ、  \   ,.:┐  でも、その翌日これ見にいったんで、ちょっと楽になった。
  .( ●)( ●)  ..| / |
  (__人__)     .|./   /  ttp://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/dd/hyuga/181.html
   i⌒ ´ .r−、  |/  /
   {     ヽ, ',. .,/ :/',    だが、翌週、また頭の痛いことが起きる。
   .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
    .ヽ . |   / , -−'i|
    /   {  V , -−ヘ
    |   ヽ  L| r= |

3521 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:07:43 ID:eYJ1NPVs

             / ̄ ̄\
           /  ー三三\  まったく、いつ走っても道が悪いな・・・
           |   ( ○) ( ○)
           |     (__人__) 空港作る前に、道直すだろ、常識的に・・・
           | u    ` ⌒´ノ
           |        }
         r⌒ヽrヽ,    }
        /  i/ | __  ノヽ
       ./  /  /      )
       ./ /  /     //
      /   ./     / ̄、⌒)
      .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
          r    /     |
        /          ノ
   /  ̄ ヽ/      /    /
   / ノ| /    //   /
    ̄  | .   /./  /
      ヽ__/ / /
         ノ.^/
         |_/

俺は茨城県某所でのイベントからの帰り、自転車を走らせていた。

3531 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:08:33 ID:eYJ1NPVs

      \\/⌒)             | || !| |
\\   、,、-'  /            | || || | !   ./
  _,、-'     (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
( ̄_        ヽ、             | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.  ̄ ~¨'' 、       ヽ、,_            || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
     ヽ、    _,、―--、,__)       ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\  .ヽ  /    \ \\    || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \  / .f |      \      ! | || | /    /   / /   /
      し   ヽ      ノ     | |  !  !    /   / /   /
         .   \_,、-'´ .\    !   !    ./   / /   /
      \\      ¨¨・・,    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \     ;,     し'/      ./μM/ / // // /
                           て_         ./M//M// /
                         て                / /
                        〜               /M/

そして、歩道の段差に車輪を取られて、派手に転倒した。

怪我は打ち身程度だったが、歩くと肋骨のあたりが響くのが、しばらく続いた。

また、何もする気になれなくなった・・・

3541 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:09:15 ID:eYJ1NPVs
         |
    / ̄ ̄\     そのほか起きた痛いこと。
   /   _ノ  \.
   |    ( ●)(●)  ・パソコンデスクの椅子が壊れて後ろ向きに倒れた。
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ  ・包丁で手の指の肉を削った。
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

355名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:09:17 ID:MOiIQj9Y
まあ、ツイてない時はそんなもんだw

3561 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 21:10:04 ID:eYJ1NPVs
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \    と、色々あったんだが、何とか第8話を仕上げることができた。
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)   今後は隔週でやりたいと思うが、次回投下はまだ未定だ。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }    投下前に予定をこのスレで連絡する。
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;      今日は読んでくれてどうもありがとう。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |  皆さんも、お気をつけて。
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

357名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:10:55 ID:NsftQEi2
すいません、茨城県人としておわびします
つくば周辺はだいぶ整ってきたんですがねえ……

358名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:15:06 ID:bqgVFP82
>>350
お疲れ様です。弱り目に祟り目。悪いときには悪いイベントばかり重なります。
(特に交通事故。1度やったら続けて2度目というのはよく聞きますのでこの1年間は要注意!)
No.73 2008 4月 特集・事故と違反を繰り返すドライバー
ttp://www.itarda.or.jp/info73/info73.pdf(PDF注意)

更新お疲れ様でした。お仕事も大変とのことですのでお体をご自愛ください。

359名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:15:44 ID:hE3/Rvhg

軍神・乃木さんのイメージが変わりました
軍人には向かない人だったって感じです
イケイケの時代はこういうこともあるんでしょうね・・・

360名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:19:07 ID:0gZ1OCfI
乙。

この件に関しては山県の悪い面が出てるような。
後年のように乃木は学習院の院長をやってれば幸せだったんだろうねえ。

361名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:22:13 ID:E2sl.tHE
乙でしたー

362名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:37:05 ID:vPp1hvII
おつかれさんです。乃木の鬱屈というのは初めて知りました。

>>349
つまり釜を掘られたとw

363名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 21:37:34 ID:cIkCfJK2
>>359
本人の希望通りに学者か教育者にでもなっていたほうがよかったのかもしれませんね。

3641 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 22:04:22 ID:eYJ1NPVs
お読みいただきありがとうございました。

乃木に関しては、傍から見ていると、それなりに感じいるところもあるんですが、

上官とするには、ものすごくどうなんだ、と言いたいのです。

確かに「不幸」な人ではあるんですけど、部下にとってみれば・・・

極端から極端に走る人ではあります。


>>304,>>307
こいつしかいない、と思いましたw

>>325
それは、あると思います。

小銃が施条・後装式・ボルトアクションになって威力・命中率・発射速度が飛躍的に上がった一方、

歩兵の戦術はそれほど進展せず、密集隊形の延長線上にあります。

この時代は、戦争が勇者の舞台から、機械的な殺戮の場になった過渡期です。

WW1の初期なんか、本当に悲惨ですし・・・

3651 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 22:05:45 ID:eYJ1NPVs
>>357

いえいえ、お気になさらずに。
こちとら、2年前にも同じこと思ったのに、また同じ道に踏み込んだ好き者でございます。
多分、来年も同じことしますw

>>358

ありがとうございます。気をつけます。
ま、これ以上のことはないだろ、と思いましたから、開き直ってますw

>>360,>>363

その通りだと思います。
学習院院長時代の臨海合宿の写真を今回見ましたが、いい笑顔してました。

>>362

その通りです。

366名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 22:06:21 ID:bLOQKPmQ
乙です
めったに起こらない不運は続けて起こるって言うからね
気をつけてね

367名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 22:10:25 ID:82doHrRg
>325 >363
兵器の進歩が著しく死傷率を上げた代表例が南北戦争だと聞いたことが。
大雑把に言って、戦争の最中に歩兵銃の射程が倍に伸びたけれど、戦術や操典が旧態依然だったから
有効射程の前に生身で晒された兵卒がバタバタなぎ倒されたのだとか。

368名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 22:26:58 ID:bqgVFP82
>>365
>ま、これ以上のことはないだろ、と思いましたから
甘いっすよw
自動車事故でお客様が運転中ほかの車に巻き込まれたら、後日別件で娘さんが事故をやってしまったとか
ほかのお客様の場合は被害者(1度目)→加害者(2度目)となってしまったり等で当事者の周囲に事故が連発します。
(嘘のような本当の話)
事故は事故を呼び、違反は違反を呼ぶという…
(以上自動車保険を扱っている中古車屋の戯言と言うことでw)

3691 ◆R8YMTME8eI:2009/09/19(土) 22:53:01 ID:eYJ1NPVs
>>365

南北戦争では、銃に施条(ライフル)が施され、ミニエー弾(椎の実型)が使用されました。
これにより殺傷力が飛躍的に上がりましたが、戦法はナポレオン戦争当時の密集隊形で、
南北両軍ともに、すさまじい被害を被ります。
戦争による死者は70万人を超え、これはアメリカの歴史上、最大の戦争による被害です。
また、南北戦争は、電信や鉄道の威力が確認された最初の戦争であり、「総力戦」の端緒であるといえます。

どんな感じだったかは、下記リンクを見てもらえれば・・・

Movie Gettysburg Pickett's Charge
ttp://www.youtube.com/watch?v=GupEJXlNKCE

ttp://www.youtube.com/watch?v=-iT0Hmu5bXY

>>368

ありがとうございます。

気 を つ け ま し ょ う!

車がないと生活できない土地なので、それしかありません!

370名無しのやる夫だお:2009/09/19(土) 23:39:01 ID:xBRri/W.
>>369
これはダメだ、単なるひき肉製造器だ……
あんなに至近距離でぼっこんぼっこん砲弾が炸裂するのに、
よく整然と歩いて行軍できるもんだわ

371名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 00:16:23 ID:fNvrQqiU
ええい、見逃してしまった。乙です。
ホント、戦場は地獄だぜ。

それにしても、1 ◆R8YMTME8eIさんの体験って、やる夫スレ一本できるんじゃないですか?
頑張って下さい。

372名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 00:42:56 ID:uhjgKfs6
乙!

373名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 03:22:27 ID:.epDLK9c
>>364
ハーバートにいたダニガン(だったと思う)って教授が、戦争の戦死者・負傷者の統計作って、
軍事技術・戦術の推移と実効性を検証する研究をしてますが、
ナポレオン戦争の次に急速に殺傷率が上昇したのがこの日露戦争だそうで、
後の第一次大戦のプロトタイプにあたるようですね。
機関銃の登場が、いかに革新的だったか、ということかと。

374名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 03:36:53 ID:k2CQwSPY
昭和帝も学習院院長としての乃木を慕い、尊敬していたらしいね。
逆に東郷は東宮御学問所総裁だったけどそれほどではなかったらしい。

今回のエピソードを見ても、苦境でも動じない東郷は
賢い怠け者で司令官の器だなあ。

375名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 03:38:02 ID:BJDghGK.
詳しい人に聞きたいんだけど
山県の後世の評価ってどうなん?

376名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 03:52:39 ID:k2CQwSPY
>>375
功も大きければ罪も大きい。
良くも悪くも帝国陸軍を作った立役者。

377名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 03:57:59 ID:BJDghGK.
良い評判あるんだ

陸軍と海軍の対立構造を作り上げた
足軽出身の卑屈で矮小な典型的な無能な御輿ってイメージだった

378名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 04:00:06 ID:k2CQwSPY
>>377
徴兵制への移行は山県の手腕あってのこと。
武士層の反対を押し切ってもやり遂げたのは評価すべき。

もっと早く引退してたら評価はさらに上がったと思われる。

379名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 04:00:58 ID:BJDghGK.
>>378
なるほどなるほど

380名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 05:35:17 ID:MvS8p.nU
山県と伊藤は早死した三傑との対比で必要以上に罪の面ばかり強調されてる感がある

381名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 07:16:29 ID:k2CQwSPY
伊藤は明るいイメージがあるからまだマシだよ。
山県はイメージ的にも暗いから。

とはいえ、それに関しては自業自得な面も少なからずあるのも確か。

382名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 11:59:15 ID:4e3pAMpg
乙!
乃木は不幸だったんだよ……凡人故の悲哀というか。
伊地知か……こいつこそアレなんだがな

383名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 14:10:21 ID:4tXBYmFY
道路を広くしたのもこの人だっけ?

384名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 14:12:58 ID:reU6T4ag
>>373
日露戦争で機関銃据えた永久陣地の威力を見てたはずの英仏がWW1であの体たらくなのを
鑑みると乃木や伊地知を無能と切って捨てるのはフェアではない気がするよ。

司馬遼太郎はやすりで削れる戦車(でも当時の日本最強)に乗せられて本土決戦やらされそうになった
からか陸軍に厳しすぎると思う。

385名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 17:19:55 ID:dkswkTrg
>>384
欧米ですら技術の進歩に戦略戦術がついていけなかったのに
その欧米を技術で後追いしていた日本が技術にあった戦略戦術やったらそれこそ世界史上の奇跡だもんな

386名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 17:27:25 ID:k2CQwSPY
>>385
ネタバレは避けるが、日露でも一部部隊じゃ時代を先取りした兵器(戦術)運用やってるが。

387名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 20:09:00 ID:.epDLK9c
>>384
「攻略」ってことで思考停止して
「何のために旅順を攻めている(攻略をしようとしている)のか」
を第3軍で共通認識として共有していなかったっぽいですからねえ。

結果としては攻略が国債の売れ行きにつながったからいいですが、
あくまで超ラッキーな副産物。
「国債の売れ行きのために攻略が大事」っていう認識が
第3軍にあったかというと・・・ねえ・・・

388名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 21:11:49 ID:kBfNRtzM
お疲れ様です。

乃木が本編のような精神論に傾倒したのは、葉隠の影響もあるんでしょうかね。

389名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 23:18:10 ID:8Xdz4wP.
乃木という人は、現実から問題点を発見して解決法を模索していくという思考構造を持てなかったんだろう。
現実に合わせて理論を作っていくのではなく、理論に合わせて現実を認識する。
現代でもよくいる暗記型優等生タイプ。

精神論は須らく「はず・べき」という原則論に集約されて思考の硬直性を招く。
結果的に思考が苦手で暗記が得意な人間は親しみやすい。

これでは教育者ならまだしも、学者になっても大成はできなかっただろうな。

390名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 23:33:09 ID:n8ArXhH2
まぁ、日露戦争ではロシア軍より日本軍の方が保有している機関銃の数は多かったワケなのですがw
しかも旅順に向かった第三軍には、日本陸軍全ての機関銃が集められていたワケなのですがww
おかげで他の軍団は非常に苦労するハメになるワケですがwww

391名無しのやる夫だお:2009/09/20(日) 23:45:10 ID:K2LSKnVs
>390
野戦や拠点防御にならともかく、攻城戦に機関砲(当時は機関銃ではなかった、と 坂の上の雲より)は無意味だよな……。
なんで常に正面攻撃の任を負った第二軍に装備させなかったのかと。

392名無しのやる夫だお:2009/09/21(月) 03:52:17 ID:mxu0mlBU
まだ機関銃の価値が認識されていないというか、
集団運用法が確立されていなかったってことでしょう。
なんたって、数百年、下手すれば千年単位で戦争の常識であった「攻撃側有利」が
ひっくり返った存在だったわけで。

げに、産業革命と徴兵制(国民国家=ネイション・ステート)登場の恐ろしさよ。

3931 ◆R8YMTME8eI:2009/09/21(月) 10:13:15 ID:GubNcEwE
>>375-381

山県といえば、良くないイメージがあるんですが、徴兵制軍隊の成立は評価しないといけません。
それと、かなりのリアリストで、できることと、できないことがわかっていて、できないことには
手を出さない、慎重なところがあります。国際関係は特にそうです。
長州が幕末に外国と戦争して、ボロクソにされた、という体験がそうさせているんでしょう。

しかし、今回山県のことを調べてみて、一番受けたのはこれでした。

大山巌が息子に山県のことを聞かれて、

        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\     山県さん?
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ   軍人勅諭を自分で作って、
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_  自分で破った人だよ。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

軍人が守るべき態度を説いた軍人勅諭には、「世論ニハ惑ワズ政治ニハ拘ワラズ」
って一節があるんですけど、思いっきり関わっていますw

3941 ◆R8YMTME8eI:2009/09/21(月) 10:18:49 ID:GubNcEwE
>>390-392

まず、当時の陸軍にとって、機関銃(機関砲)は防御兵器で、当初各師団には配備されていませんでした。
ところが、ロシア軍が満洲に送った各部隊に機関砲隊をつけているという情報が入り、あわてて機関砲隊
を編成して、第一・第三師団に配属、騎兵旅団には、繋駕機関砲隊(馬で引っ張って行動する)をつけます。

南山の戦いには48挺の機関砲が参加しますが、日本軍の使用法のまずさから、成果はほとんどありませんでした。
このため、野戦での使用をあきらめ、騎兵旅団の繋駕機関砲隊のみを残して、他は第三軍に配属されました。

当時の機関砲は重くて車輪式・三脚架式ですから、陣地防御では使えても、歩兵とともに攻撃前進することは、
ちょっと難しかったのではないか、と思います。
軽くて、野戦で持ち運びしやすい軽機関銃が一般化したのは、WW1ごろからです。

395名無しのやる夫だお:2009/09/21(月) 12:49:25 ID:3wpw5PcY
>戦争の常識であった「攻撃側有利」
昔はそうだったのか

396名無しのやる夫だお:2009/09/21(月) 13:03:49 ID:2YorXQQ6
>>395
陸上だと電撃戦以降も攻撃側有利。
海だとマリアナなどの例外を除いて基本的には攻撃側有利。

攻撃側は攻撃タイミングと攻撃場所への戦力の集中でイニシアチブ(主導権)を握れるので。

日露や第一次世界大戦がむしろ例外。

397名無しのやる夫だお:2009/09/21(月) 18:22:56 ID:3jMO4X/I
「日露戦争物語」でも立見さんが日清戦争で「今じゃ突撃していくより、
機関銃で待ち構えている方が圧倒的に有利になった」って言ってたね

398名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 00:33:34 ID:wdm8faTw
>>393
さすが大山だ。自分は政治に関わらなかったから、いえる台詞ではある

山県は派閥人事や情実人事はやるけど、一応何のために戦争をするのかってのはわきまえてたからね
戦争のための戦争はしなかったわけだし

399名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 11:55:33 ID:TzMt1nCM
>>384
つうか、当時の技術と戦術思想で重厚に防御された陣地を落とすためには歩兵による突撃しかないのよ
それに砲の支援を与えるんだけど、その砲も砲弾も日本は不足どころじゃない有様だったし
その上に、期限まで区切られてた
戦訓を生かせば、といっても当時の日本だと砲を増やすとか、機関銃を配備するとか、そのあたりしか出来る
ことがない
で、その手の装備の増加は物理的・経済的に当時の日本だと無理がある


司馬遼太郎は旅順攻略戦の損害の原因については言及していても、ならどうすればいいのか、っていう
代案は出してなかった記憶がある
203高地論争も、縦深のある旅順だと早期に占領してもむしろ周囲の陣地から集中砲火を受けることになった
可能性もあったし
当時の制限状況下だと、正直、乃木の手法以外には方法ってほとんどないんじゃないかと思うなぁ


あと、司馬さんが鑢で戦車を削ったころ最強なのは四式中戦車なのですよ
司馬さんの戦車は三式中戦車です
まあ、四式は数がないですが


あのエピソードも、実際は司馬さんの工学に対する知識のなさの露呈の面が少なくないんですよねぇ

400名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 12:08:14 ID:Nu4gCsj6
>>399
火砲による支援の元で工兵による坑道掘削、爆破による陣地攻略はもう存在してたよ。
実際、WWIでも使われてる。

工兵や陣地攻略に関するノウハウの不足が旅順の惨状を招いたとして、
「日本工兵の父」と呼ばれた上原勇作が日露戦後の1906年に大規模演習やってる。

これに関しても『坂の上の雲』で触れている。
司馬遼太郎を批判する以前に読み込みが足りないんじゃないかね?

401名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 12:39:38 ID:dGTNwsUs
司馬の代案は旧軍の幹部から現実離れと批判されていたような。

402名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 12:41:00 ID:Ov.e1/oE
>>401
旧軍幹部のやった戦争をみると
それがあてになるかどうか

403名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 12:42:18 ID:Nu4gCsj6
>>401
坑道掘削と爆破による保塁の突破は司馬の代案じゃなくて
陸軍内部で正式に検討されて演習まで行われたプランなんだが。
実際、WWIで効果挙げてるし。

404名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 13:05:21 ID:YdflxoV2
>401
確か旧陸軍だか元陸自幹部だか忘れたけれど、
「坂の上の雲を斬る」みたいな批判本を出版して されこれケチをつけていたそうな。

しかし、その本を検証した記事によると
「坂の上の雲の検証に対して正しい事も言っているが、全体としてはこの本自体の検証が甘く、陸軍贔屓な内容となっている」
みたいなことを見た事もある。……おぼろげな記憶でソースを出せずに済まないけれど。

例を挙げてみると、坂の上の雲では「地雷原を粉砕するのに、なぜか座標区分による事前の掃討・精密砲撃をせずに肉弾突撃を繰り返した」と書かれているのに対して、
元陸軍幹部の人は「当時は精密砲撃のような技術は無かったから机上の空論だ」と批判した。
しかし、実際にはやはり座標砲撃の技術は確立していたのだとか。

405名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 13:06:28 ID:6dCUVeEA
司馬のはフィクションだって。
小説なんだよ。
架空戦記と同じなんだよ。

406名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 14:19:50 ID:TzMt1nCM
>>400
ん、じゃあ、最終的には歩兵の突撃によるしかない、に修正で
でもなあ
その坑道掘削を行う工兵のマニュアルもなかったし、そもそも人数がなかったりしてたはずですよ?
まあ、自分が書き足りてなかったのは事実ですけど

あと、工兵による掘削戦術は乃木も実行してますがな

あの時点で乃木が取った対策以上は難しいと思いますがね

407名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 14:25:17 ID:Nu4gCsj6
>>406
だから戦術を使ったか使わなかったかが問題じゃなくて、
攻撃をどのタイミングでどこに重点を置いてどう実施するかが問題なんだよ。

その点について身内の陸軍からも旅順攻略戦には問題があったと考えられていたんだが。

あと、工兵のマニュアルやら人員が不足していたら、
それを要求するのが軍司令部の仕事でしょ。

自分の知る限り、第三軍司令部がそれらを要求した記録はないんだど、
知ってるなら是非教えてもらいたい。

408名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 14:55:06 ID:TzMt1nCM
>>407
第一次総攻撃での歩兵の横列突撃のことを問題視してるなら、それは乃木の方針より大本営の早期攻撃開始要求のが問題でしょ
準備不足の状態でなおかつ早期攻略まで要求されれば、ああいう攻撃になるでしょ
第一次総攻撃だって、事前砲撃はやってますし
第二次総攻撃以降の攻撃法の変更には、むしろ乃木のほうが主導的だったはずです

あと、マニュアルに関してはそもそも存在しないんだから、要求しないのが変とか成り立たないんでは?
工兵人員の増強要求に関しては、申し訳ないが、私も知りません
ただ、第三次総攻撃の前に第七師団とともに工兵が中隊二個だか三個増強されてるから、要求はあったんじゃないですかね
第三軍が増派要求を出してる第七師団にも、工兵大隊はあったわけですし
まあ、資料をあたったわけではないので、貴方の主張の方が正しいかもしれません

あと、旅順攻略に問題がなかった、なんて私は主張するつもりはありません
乃木のとった手段そのものは、当時の状況も考えるなら最善に近いとは主張したいですけど
旅順の惨状は、乃木や伊地知の無能だけには帰結できない部分のが明らかに多いと思うんで

409名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:07:41 ID:Nu4gCsj6
>>408
>司馬遼太郎は旅順攻略戦の損害の原因については言及していても、ならどうすればいいのか、っていう
>代案は出してなかった記憶がある

そもそもこの主張がおかしいというのがこちらの指摘なんだけど。

410名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:11:44 ID:TzMt1nCM
>>409
じゃあ、それに関してはこちらの読み込み不足です
ただ、代案といっても坑道掘削などは実際に乃木も実行してますよ、というのもこちらの主張です

411名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:13:42 ID:Nu4gCsj6
>>410
だから最低限批判するならちゃんと読んでから批判しようぜ。
坑道掘削や保塁爆破のタイミングや規模、攻撃主点に関して対案が出てるんだから。
満州軍総司令部も含めて。

読まずに「乃木も実行してます」じゃ話にならんよ。

412名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:15:15 ID:Nu4gCsj6
もう少し付け加えれば、
まともに批判対象も読まず、言葉足らず>>406で持論を主張されても、
おかしな人だとしか思えないよ。

こっちは貴方がどれくらい知識があった上でレスしてるかわからないんだから。

413名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:31:54 ID:PYGBcYRY
そろそろ冷静にならんか?
これ以上ヒートアップするならそれなりのスレ行ってやってくれ。

414名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:33:08 ID:Nu4gCsj6
こちらの主張は>>411-412で終わり。
後は特に言うことはないよ。
議論の内容以前の問題だから。

415名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 15:37:12 ID:UMXc650o
居酒屋で監督批判をする時間は終了かな?

4161@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 17:57:12 ID:PSydz8xo
このスレは、>>1の知識をもとにして、日露戦争について語るものです。
一つの解釈である、とご理解頂けたら幸いです。

日露戦争に関する議論は自由にしていただいて構いませんが、以下の事柄は
慎んでいただきますよう、お願いいたします。

         |
    / ̄ ̄\     ・先の展開に関すること
   /   _ノ  \.
   |    ( ●)(●)  ・日露戦争に直接関係ないこと
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ  ・論理的でないこと
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

以上、ご配慮を賜りたく、存じます。

4171@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 17:58:01 ID:PSydz8xo
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    このスレでは、日露戦争というテーマを扱っているし、
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   論争になっていて、結論が出ていないことも多いから、
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l 議論になることはわかるさ・・・
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   でもな・・・
   /     ヽ \

4181@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 17:58:39 ID:PSydz8xo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  後で解説しようと思っていることを、
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__) 先に説明されてしまうと、非常に困るんだ・・・
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  こっちは色々考えてやっているので、
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ  これをされてしまうと、話が作りづらくなってしまう・・・
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

4191@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 17:59:42 ID:PSydz8xo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   議論をするな、とは言わない。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  その話が出てくるまで、待ってほしいんだ。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'    ちょっと、タイミングが遅くなるだけだ。難しいことじゃない。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │      それと、もう一つ
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

4201@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 18:00:28 ID:PSydz8xo

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  議論をするには、相手とのコミュニケーションを十分にとらないといけない。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    これがなければ、自説の一方的な主張になってしまう・・・
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    こんなのは、議論と言えないだろ?
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

4211@休日出勤より帰宅 ◆R8YMTME8eI:2009/09/22(火) 18:00:53 ID:PSydz8xo

              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\         だから、議論の際には、
            ( ●)( ●)  |        ・論点を明確にする。 
            (__人__)      |         ・相手の意見を受け入れる度量を持つ。
            l` ⌒´    |        ・きちんと決着をつける
            {         |         ことを心得てほしい。俺が言いたいことは以上だ。
            {       /          俺はこれから、ブッシュミルズで臓腑を焼く。
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

422名無しのやる夫だお:2009/09/22(火) 19:48:44 ID:TzMt1nCM
>>414
あーはいはい
記憶で書いたこっちが全面的に悪かったです
はい

423名無しのやる夫だお:2009/09/23(水) 00:12:41 ID:WVI9rsSA
忙しい中 1さん乙です

424名無しのやる夫だお:2009/09/30(水) 10:12:57 ID:xRgf8Wh6
これはひどい

4251 ◆R8YMTME8eI:2009/10/01(木) 22:45:57 ID:VJfDXrAI
第九話「戦争編その5 黄海海戦」を10/3(土)に投下します。
19:00よりの投下としますが、変更になるかもしれません。
よろしくお願いします。

426名無しのやる夫だお:2009/10/01(木) 22:50:23 ID:fniGO5Is
把握しました!

427名無しのやる夫だお:2009/10/01(木) 22:52:25 ID:j4wLS21c
了解!

428名無しのやる夫だお:2009/10/01(木) 23:06:20 ID:KshFQGEE
>>425
黄海開戦?ああ、「勇敢なる水兵」のヤツですねw
まだ沈まぬか、定遠は〜って日清戦争か!?

429名無しのやる夫だお:2009/10/01(木) 23:10:02 ID:Q2DVR4oc
待ってた!

4301@出先:2009/10/03(土) 16:05:22 ID:6RjwklaQ
所用が終わらない…
すいませんが本日の投下は2200からにさせてください。
よろしくお願いします。

4311 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:00:04 ID:72DxCgWM
やる夫で学ぶ日露戦争

第九話「戦争編その5 黄海海戦」

            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\    ふう、やっと旅順を脱出できました。
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、 日本軍も案外、やるものですね。
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.
     _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |        `ヽ-、_
  , ・"´       /  レ / ´`ヽ  人/       |


極東総督アレクセーエフは、南山の戦い直前に旅順を脱出、遼陽に入った。

4321 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:00:35 ID:72DxCgWM


      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_     ですが、落ち込んでばかりもいられません。
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|  奪われたものは、取り返さないと!
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|  クロパトキン、旅順が危ないのです。
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l  救援の部隊を出してください!
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、

4331 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:01:06 ID:72DxCgWM
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\   旅順の喪失は想定済み・・・
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ', 日本軍は分進合撃でやって来る。各方面に対応する兵力はない・・・
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| ! ここ遼陽に兵を集めて、日本軍を迎え撃つのが既定方針・・・
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ   旅順方面に兵を出すことは、兵力を減らすことになる。慎むべき・・・
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

海軍軍人であるアレクセーエフは、海軍・港の喪失を嫌った。

しかし、クロパトキンは、既定方針の貫徹のため、この要請を再三再四断った。

4341 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:01:36 ID:72DxCgWM

::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ      南山が落ちてしまいました!
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |      急がないと旅順も危ないですよ!
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|     旅順を失うということは、海への出口を失うことなんですよ!
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|        とんでもない損失じゃないですか!
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !

4351 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:02:12 ID:72DxCgWM
       /                  ヽ
      /     ,     , '          ヽ   少ない戦力の中から兵を出しても、対応できない!
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !  日本軍主力は遼陽にやってくる!
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  この主力を撃滅しないと、どうしようもない!
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
       ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 旅順は枝葉末節!
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \
     {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\
   , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}
 /        / / /     // /       !

南山の戦いの後、アレクセーエフはさらに強い態度で旅順救援を申し入れたが、クロパトキンは拒否した。

その結果、

4361 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:02:53 ID:72DxCgWM

             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、     陛下!旅順が危ないのです!
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ   旅順がなくなれば、我々は港を失います!
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   大変な損失です。
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !   救援するよう、勅命を出していただけませんか?
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

4371 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:03:39 ID:72DxCgWM

            /   ,,,,,,--------,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ   その通りだわ!
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   "\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ........\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ 旅順を救援するよう、勅命を下すわ!
        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-''"   ,,,  ./ ヽl     / ,ン--,,
              r-rr''''  .ソ/;:==-,,,,''' '''ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./',,,----,,'''''ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./",,---,,,,, 'ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

アレクセーエフは皇帝ニコライ二世に働きかけ、旅順救援部隊派遣の勅命を得た。

こうなっては、クロパトキンも無視はできない。

4381 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:04:18 ID:72DxCgWM

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|    三個師団出す・・・
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |    それで、旅順を救援する・・・
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_        (アレクセーエフめ・・・
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´         ウィッテの言うとおり、逮捕してしまえばよかった・・・)
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

4391 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:05:05 ID:72DxCgWM
        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、    極東総督のアレクセーエフな、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ, お前の仕事に絶対干渉してくるから、
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l 着任したら、ペテルブルクに送り返したほうがいいぞ・・・
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |

4401 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:05:42 ID:72DxCgWM

         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \   そうする・・・
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


クロパトキンは着任前にウィッテより、アレクセーエフに関する助言を受け取っていた。

アレクセーエフは極東総督として陸海軍の指揮権を握っており、指揮系統が二元化する恐れがあったのである。

そして、現実にそうなった。このことが、ロシア軍に混乱をもたらした。

4411 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:06:32 ID:72DxCgWM
..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.

6月、ロシア軍三個師団はシタケルベルグ中将に率いられて、南下を始めた。

得利寺に前進基地を設け、ここを拠点にさらに南下しようとしたのである。

そして、この動きは日本軍が掴むところとなった。

4421 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:07:15 ID:72DxCgWM

                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、   対抗せねばならぬが、後続の第六師団到着を
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ  待つべきだ。ここは、陣地を構築して、
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'  敵の攻撃を待つべし・・・
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

しかし、ロシア軍は攻勢に出ない。6月13日、奥は前進を決断し、15日、ロシア軍と衝突した。

4431 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:07:49 ID:72DxCgWM
    9ESD  1ESD 35ESD2B
     ▼    ▼    ▼
       ○得利寺

    △  △  △  △
    4D  5D 3D 1CAB

D:師団 B:旅団 CAB:騎兵旅団 ESD:東シベリア師団

戦況は中央の第三師団がロシア軍の猛攻を受け、一時危機に陥るも、

4441 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:10:52 ID:72DxCgWM
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::    '彡:シ }
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
 ,、''ヽ `'',、 '´`) `' 、ヽ:::::::::::,、-'´    ,、-''":::
r'´ / ,r"  ,/'' ー- 、,゙''ー<、,,,_ ,,、-'"::::::::''"
.  ," / `' フ   ,、- ''"`)゙゙''''''::"::::::::::::::::///
 / , ´、,, /  / 、 ,,、 ' :::::::::::::/:::::/// /:
 |/'   /,、 '´ ,、 '" ,,,、,,_::/::::/ /::/  /:
ノ (,,、-'"''"゙,、',、- ''"´、   ):/ //::/  /:/
 ヽ ゙ッ  ゙- '´ 、__,ッ-ー'゙''' "":/ //::/  /:::|
''ー''''' ー---ーァ,ノ :::::::::::::,、-'"  /   /:::::lヽ
:::、  ,,、-,''二 |:::::::::::,、-ー -、  /    /:::::::|
 ヽ ,、 '"   }' ""i|::.. ,,、 ' /     /|ヽ:::::
 リ '"     j ー ,,,、-'" /  / /:::: ヽ:::::
        ,、-''"      / /::l||ヽ  ヽ、::
ー ''彡''ーー ''´       ,、 '  /人  ヽ

左翼の第三師団がロシア軍側面を迂回し、攻撃。

後方遮断の恐れが出たロシア軍は撤退した。

日本軍投入戦力33600名のうち、死傷者1145名

ロシア投入戦力41400名のうち、死傷者3563名であった。

445名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 22:11:54 ID:mlootRzs
ロシア結構消耗したなぁ

4461 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:13:01 ID:72DxCgWM

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\    やっぱり、駄目だったか・・・
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._


以後、ロシア軍の南下活動は停止され、遼陽での決戦準備に専念することとなる。

4471 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:14:27 ID:72DxCgWM

              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、               得利寺を落としたのはよいが、銃砲弾が足らぬ・・・!
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ              追撃はできぬな・・・
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t     ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i          ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|     ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;;リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

一方、第二軍も銃砲弾が完全に欠乏し、大規模な攻勢はしばらくとれなくなった。

もっとも、朝鮮半島から北上する第一軍と、大孤山から上陸した独立第十師団は順調に進んでいた。

4481 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:15:20 ID:72DxCgWM
                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .            ||><||><||  .r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx|
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x(V_。_。V)
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ彡、:_:_:rミ
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜:l|       :| ヽヽソ
〜〜`                              :|       :|
                                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                  大連港

南山の戦いの結果、日本軍は大連港を得た。大規模な港湾は、物資輸送に欠かせないものである。

これにより、日本軍の輸送力は大幅に増強されたが、この維持のためには、制海権獲得が必要である。

だが、連合艦隊は、それを実現できていない。それを象徴する出来事が起きる。

4491 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:16:13 ID:72DxCgWM
         _,,,、、-‐ー─‐-- 、
        / . .:.:.;:;;;;:;:;.:;;;:;:;;;;;;:;;:;.:.ヾ,
      ,r‐'´ . .:.:.:::::;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;;;;;:;;;;.:.::.`ヽ,   わが艦隊は、日本に積極的な行動をしかける・・・
    / . :.:.:.:::.::::.:.:::::.:::.:.:.;;:.:;;.;;:;::;;;;;.:.:.:.::.:..i
   ,/ . :.:.:.:.:::.:::.:::::_,、-‐、.:;.::;;;;;;;;;:;:;;:;:r、;;.::.\ 通商破壊で日本のシーレーンを脅かすのだ・・・
   ,! . .:.:.:.::.::.::.::/゙    `,.:.:;;;;:;:;:;;;;,ソ `i;;:.:. ,!
   / . .:.:.:.:.::::.::,イ       `ー‐-‐'´  `i;;: ,l 見せてやろう!本物の戦いというヤツを!
   ! . .::..:.:.:::.:,!´       、       l;;:.:|
   l .:.:. :,r、,;:'| ,ィ'"≡=;、、,,j  _,、、-=、 .,!ィ/
   '、.:..:.,!カ j.:{  '"゙´rt=ニン´ ,ィ〈モァ-、  !;;,!
   ゞ:;,!イj彳:!      '´ ,: `i ヽ '´  l;'i′
    ヾヽ {i;;j       ,ィ  ,;:  l| :..  ,イリ
     `ゝ j`     _,、、、,.__,r;:、  ,j/
     /!,> !     _,、イ:.;.:;;;;;;;::;:;;:;:;:;ゞ, ソ
    l,イ、  \  `"'''''''"゙゙゙゙゙゙"''''"´ ,!
  _/ リ `丶、 \     ` ̄´  ,ィ゙!
   `ヽ, ,r-'´_,`ゝ、ゞ、__,'__, イレ',}、__
     i'、∧(  r- 、_二二ニi}ニr'"ソl ゝ、二二ニ
     l \゙ゝ ゞヾ、ヽ、 ,! | ,!_,j´イ| ))  `ヽ,
     /    \  \` ゙ー'  ,! ,ィ イ/ ,//ヽ、  ノ

ウラジオストック艦隊指揮官 エッセン少将

開戦以来、ウラジオストック艦隊は神出鬼没に行動し、日本のシーレーンを脅かした。そして、6月15日・・・

4501 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:17:00 ID:72DxCgWM
玄界灘

      。   .      ‥‥   ‥‥                              ,ィ´ ̄ヾ=ヽ、________
    _ _  _ _ _ _     _ _  _ _ _ _       ‥‥ ‥‥            `,コ Q 〈カ〈 i  ! 氷 !   ゙i; ;!
      _ _  _ _ _ _    _ _  _ _ _ _    。   .        。   .   ,イi ゝ-rソニr'ー‐'──'──'ー'
       _ _  _ _ _ _     _ _  _ _ _ _                      \」/¨´  _ _ _ _ _ _   _ _ _ _ _ _
         ‥‥                                コ}≫ニニニ!!    _ _ _ _ _ _   _ _ _ _ _ _
                     コ}≫ニニニ!!                  ゝ'´      。   .
                      ゝ'´                 ‥‥       _ _  _ _ _ _
 コ}≫ニニニ!!                                。   .    _ _  _ _ _ _
  ゝ'´     ,、-ー-、_  _   ____,,,,、 z -r──-、─、               。   .          。   .
      ,r'´^i   ゝ-'ゝ-─'フゞ ──y'´ー───-,´`ヽ l  !ヽ  ∴∵∴∵
       |! ,ノ、 N  |   ,!     ,! , ,     ! O.l ,l  !O|       ∴∵∴∵
      Y()、 〕i. l   |   |    。 | i       | O i ,! ,!O|                    乍{ユ__
      !  V U  |   ,!     |     ・  。  | O V__/ o,!                    {了尸ーー’
      ``''T=≡ゝ- 、、 __j     |        |   _  ,!         乍{ユ__   _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
 _ _ _ _   |  /   /  ̄`¨`ー-、、j_ー‐-- 、 _」  i´r=、i /         {了尸ーー’ _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
         ! /   /           ̄`¨`ー──'´─‐‐'__               _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
         `ゝ-‐'                    {了尸ーー’             _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
 _ _ _ _           乍{ユ__     _ _  _ _ _ _     _ _  _ _ _ _                。   .
_ _ _ _           {了尸ーー’   _ _  _ _ _ _     _ _  _ _ _ _                    。   .
                           ‥‥      ‥‥
乍{ユ__      。   .     。   .                                ‥‥       。   .
{了尸ーー’                      ,ィ´ ̄ヾ=ヽ、________
                            `コ Q 〈カ〈 i  ! 氷 !   ゙i; ;!         。   .
           ‥‥               ,イi ゝ-rソニr'ー‐'──'──'ー' _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
        _ _ _ _ _ _            \」/¨´            _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _
       _ _ _ _ _ _                  ∴∵∴∵  。 . _ _  _ _ _ _  _ _  _ _ _ _

4511 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:18:07 ID:72DxCgWM
           /   \         _ヽ_
         /    __\ (  二三 _``丶ヽ
       / , -''"   ̄  ヽ_\(r  一 `−、ヽ  何て天候だ・・・この霧では何も見えんな・・・
       {    , −==/::::::   `ヽ._   r−、リ
      / ::::::::'´:::::::::::::::_ |:::::::::       ``'´ヽ从 ヽ 
      !::::ノ ノヌ彡三::::|:::::::::          イ  リ
      レ'´彡三彡彡三 l::::::〃:    、     |ケf'
      1::::::::::::::, -''"::::ノ::::::::ii二ニ`'ヽ、ヽ  rニ,ゝレ'´
      ノ  彡rヌ:::::::: f´:::::::::::::::くモIニヽー`'く{fヲI'´|
      ヽ::::::::/ 入ヽミ |:::::::::     ̄  r'´ i   i
        V/ハ::::(:: じ::ヽ       / `ヽ|  |
        v///メ::::::::::::::::ゝ::        ヽl ノ 
         V//:::ヽ::l::::::::::i::      rっ ノ | 
         Y::::::::::::::l:::::::::|:::    _ 、、 _,   j  
        r┤:::::::: i:::ヽ::::::`:::.     = =  / 
      / \::::::::::: i:::::::\::::::.        /   
     /     \::: |::::::::::: \::       /   
     /       \:::::::::::::: `ヽ_   __ノ    
                       ̄了
陸軍傭船 常陸丸(日本郵船)船長 ジョン・キャンベル

陸軍にチャーターされていた常陸丸は、僚船の佐渡丸とともに玄界灘を航行していた。

船に乗っているのは、後備近衛歩兵第一連隊本部および第二大隊ら約1000名。

当時、雨と霧で視界は大変悪かった。

4521 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:19:31 ID:72DxCgWM
           _,,..、、、、..,,_
        ,r''" ̄   ヽ  `ヽ、
      / ,,    ,.、-'゙^iヾ''-、`;''  船長!
     i゙fi,/::::i゙ ̄ ̄   ' ′ ゙リ
     |:::::::::::゙i          ゙|  向こうに船が見えますよ。
     /.::::::::::::}  ;r===  ;==f
     !:::::::::::;;f  '"_.ィr ,   ;f゙rr; {   ただ、何の船かはわかりませんな。
     \::f゙i~'!      ̄  ヽ ̄ !   
     _ナハ,`゙;     人__ノ   |  この天候じゃ、しょうがないですなあ。
    .∧`~゙l「|    rニ-''-ニ:、 ;'  
    /  ゙:, ヾi、    `二´  ,∧   
__/   ト、 \`ー、   ,,  ,ィ゙l ゙ー-、,_
  .|     ゙i,`ヽ、゙ヽ、`二二ニ",ハ!  ゙':、  `''ー:、,_
.  !     ゙i,\゙ヽ、      /,:'゙|   ゙:、
  |      ゙i, `ー-、,___,,、-'゙ :|    ゙:、

11時、航行中の常陸丸から船影が見えたが、悪天候の中、何の船かはわからない。

4531 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:20:27 ID:72DxCgWM

           /   \         _ヽ_
         /    __\ (  二三 _``丶ヽ
       / , -''"   ̄  ヽ_\(r  一 `−、ヽ  ここは、日本近海・・・
       {    , −==/::::::   `ヽ._   r−、リ
      / ::::::::'´:::::::::::::::_ |:::::::::       ``'´ヽ从 ヽ 危険はないとおも、
      !::::ノ ノヌ彡三::::|:::::::::          イ  リ
      レ'´彡三彡彡三 l::::::〃:    、     |ケf' ん!あれは!
      1::::::::::::::, -''"::::ノ::::::::ii二ニ`'ヽ、ヽ  rニ,ゝレ'´
      ノ  彡rヌ:::::::: f´:::::::::::::::くモIニヽー`'く{fヲI'´|
      ヽ::::::::/ 入ヽミ |:::::::::     ̄  r'´ i   i
        V/ハ::::(:: じ::ヽ       / `ヽ|  |
        v///メ::::::::::::::::ゝ::        ヽl ノ 
         V//:::ヽ::l::::::::::i::      rっ ノ | 
         Y::::::::::::::l:::::::::|:::    _ 、、 _,   j  
        r┤:::::::: i:::ヽ::::::`:::.     = =  / 
      / \::::::::::: i:::::::\::::::.        /   
     /     \::: |::::::::::: \::       /   
     /       \:::::::::::::: `ヽ_   __ノ    
                       ̄了

4541 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:21:07 ID:72DxCgWM


                 ,r'/        |     ヽ、
               ( (    ,.,  ,.,r''"||`ヽ.,.、  ノ )
                ,ゝ'⌒`r'"/ (キi !ーc‐'!ノタ;;'´⌒Y'゙フ
               ((⌒`>、`~〉=.ヘi))`石7ヌ゙,,,,ヾ、,,.`.イ
               (´⊂⊃),〉i゙゙~ i|゙;;  ヽ::;;;;;`〉ヾ´~ゞ、
    ,.ペ⌒r^ヽ、     |\  7'iヘ、 |;;::::_..-ニ`ニv',,,」\7'´^~`,=‐..,,/7__,.o
   ,へ,r'"⌒ヾ,..へ、   〈 ヘ  !i⌒)) i/,´<7/》'´   (()^~`=‐..,/{` に8/、
  /⌒/     \⌒ヽ、 `iソ^⌒ヘ,タi `''"゙'''=--く、  /゙`r'ji=-‐;;^'''ー`ニo;;;;;;;7/
  (⌒(        `(⌒ヽ、 〈〈〈〈^ヘゝ((((wmj^ヽヽnラ  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//
  ヾ、 へ、      `(⌒`ヽ、^ノタ / /  Y | |;;;;ヘ,     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `-.(^';-,,.__     `;、(⌒`ヽ、 / _i_  | | |;;;;;;;;ヘ,
       `-'.,,(_;;(^';i^)~)ノ ` 、(⌒`ヽ.、 ̄ー-=V__/‐''"、"
             ̄゛ ´    ,>、(⌒``ヽ、   !    Vヘ,
                  /   ` 、(⌒``ヽ、 ヽ、_ _,,/ i,|
                 {(i‐-..,;, ノ` 、(⌒``ヽ、  ())〈 /;;〉
                 〉へヲノノヘ,  ` 、(⌒``ヽ、  ヘ//
                 ,\//'⌒ノ)   ヽ、   ヾ  ヽヽ、
                 イ i Λ__〉      ヘ..,,_ ノ   ヽヽ、
           ''"" /|^7'ー、.,,.〉  "",,;;:''";""~´  |iヘノ / ̄ヘ              ''";""~´″
              |''";;;;;;''",,;;:''";""~´″″     ハノー/ ヘi__i、   ";;;;;;''" ,,;;:''";""~´″″
;;;;;;''"" ;;;;;;'';;;;;;''"" ;;;,,´;;;''"",,;;:''";""~´″″    "'' ト、/ミ\...,,,__ヘ ,,;;:''";""~´″″      ""
               ,,;       ;:''";""~´″″           ",,;;:''";""~´″″

「ロシアの軍艦だ!」

4551 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:22:05 ID:72DxCgWM
                           _____
                       _...-::::'":::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ノ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             Y":::::::::::::::::::/::::::::::r-――-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::|
              ノ::::::::::::::::::::::::::::::::チ      `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::|:::ヽ、   屠るぞ!
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::/          `ヽ、::::::::::::::::ノ::ノ:::::::l::|
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::{     ___    ̄ ̄`ー‐"ヽ::::::|::|
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/   /::::::::::::::::::\. \      ヽ:::::`|
          ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ̄二ニ=、_;;;\. 〉         |::::::|
           Y:::::::/ヽ::::::::::::::::| ,     、_○-' _`ー`/  イ-―:::::::Y::::::|
             |::::/ ┐ l:::::::::::::::〉 \    `ー--― "/  ヽ ヽ`=、‐:、:::|::::ノ
            /::::| ./ |ノ::::::::::::/  `〕        /     | |`○_`  >"
             /:::::::| | r|:::::::::::::::\  /"       ! ,     、|. ヽ`ー- イ   
          l:::::::::ヘ. | | |::::::::::::::/ ./      ____<_r-r-,   l    |    
          ヽ::::::::ヘ ヽ |:::::::::::::`ソ !     /:::::::::::::::`::ー--<´  ./〈
           \:::::::\ `ー―‐"     <´::::::::::::__:::::::::::::::::|  l:::::l
                /_::::/l          / ̄ ̄ ̄     ヽ\::::::l. / ̄
            /     \        `ー--------、___ソ \:| |
             |        .\                     l     l
              |       ヽ.\           ー―'''''ー /    /
            .|        ヾ, \                ィ-"
     r―――┴--==__  ヾ.  `ー-、 _             ノ
     /             ̄ ̄`ー―‐-、_ `ー---―.t ' ´
____/                     ミ ̄`ー--、__ |
   ̄`\                     ミ\     ̄TTー--、


現れたのは、装甲巡洋艦ロシア、グロムボイ、リューリックの三隻。

グロムボイが常陸丸に砲撃を開始し、戦闘が始まった。

常陸丸は逃走を試みるが、敵速18ノットにたいし、15ノットでは逃げられない。

4561 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:23:23 ID:72DxCgWM
                     ________
     ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)  ___)___)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\∩ノ\\  =|
                       皿皿皿  \\ =|
                    / ̄     ̄\  ̄ ̄ ̄
                  /           \
                 / /    ――――――\
  //◎\        /_|___       @)  |⌒|
   ̄| ̄| 「         | /  \|           | |
   \\|◎))\      | | (    |―――― ( ̄0) _|
      ̄  \  \    | \  /|      ( ̄ ̄0) |||||
          _     \  ̄ ̄     ( ̄ ̄ ̄0)  ̄
        //◎\___\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ̄| ̄| |))    )二二(◎)_)_____/
         \\|◎ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
           ̄
常陸丸からは歩兵が小銃で応戦する。だが、当然効果はない。

船内各所に被弾し、死傷者が続出。キャンベル以下、船の乗組員も倒れた。

4571 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:24:11 ID:72DxCgWM
            _____
         _,.r/ /      ゙̄`ー-、_
       // /            \
      /__j  └-、             ヽ、
    /.//――t‐、. ヽ              ヽ
   ./ .://    !ヾ\ ゙、              i!.
   / //       ! ヽ,\!          _,.-―‐i.!
  .i  i !     ,l! /゙ー-!、_       r'"r―‐‐、:.i
  .l ノ !     〃ノ __二ニー‐-= ,j ./     l i
  ,lr'"_」゙、__,..イr'l.l~「  __,,,..、 ゙i.TT´ i /      l i
  Y~i ゙({ ;''ftf'j:; ノ' -;r'tテ‐:ミ ゙l l  l i      l !
  i! !/!、l} `^".:i"  ゙ヾ二~  ハ.〉  ! l      .!,!
.  i! ゙: ::!    l!  `     ,! l.l  ! i!     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヽ.  ::゙!.  、j゙  .:、     ,j l.l  \ヽ.__./  |
    ヽ  :::!  ー‐''  __,:  〈 ,リ,!    ゙ー::/    |  悲しいけどコレって
     \  ::、 ー-― '",. "  ノ,!j´    ,.-f"  _ノ   戦争なのよネ
      i : !. ゙ー==   /,f ,!  r‐'" _,.jー、 `ヽ
      ト、j_,イー―‐-、./ _ト、. \_/ /   l   \_________
      ヽ  i      l./  ブ"  ̄     l
       >(" ̄ ̄{ ̄ス__/        /\_
      ̄   \__」/          /

後備近衛歩兵第一連隊長 須地源二郎中佐

逃れ難いことを知った連隊長須地中佐以下士官全員は、連隊旗を奉焼後、自決した。

犠牲者は1215名、救助されたのは37名と大惨事であった。

この日は他にも、河内丸が撃沈され、佐渡丸は損傷を受けるなど、日本のシーレーンは大いに妨害されたのである。

4581 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:25:06 ID:72DxCgWM
  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :

日本国内は戦慄に包まれた。日本近海でロシア艦隊が行動しているということは、

日本本土への攻撃もありうる、と考えたのである。

そして、この憤激は敵艦隊を捕捉できない海軍、特に担当の第二艦隊司令長官 上村彦之丞に向けられた。

459名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 22:25:30 ID:mlootRzs
グフvsボール?
ていうか小銃じゃむりだわなぁ・・・

4601 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:25:59 ID:72DxCgWM
                    ,,,,,,,,,,,,,,,
      ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)     上村は何をしている!
  r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
  `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ 常陸丸が沈んだのはお前のせいだ!
  ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
  _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l お前は無能だ!ロシアのスパイだろう!
 lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/
 `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_ 男なら、死んでお詫びしろ!
   f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、
   l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''

新聞はこのウラジオストック艦隊の神出鬼没の行動を伝え、上村への批判を煽った。

扇動された民衆は上村への個人攻撃を開始し、自宅に投石する者まで現れた。

4611 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:26:49 ID:72DxCgWM
                        ◯    _
          o             _     /::\
               __    _,.-.‐メ::ヽ-,ヘ/:. .: .:.:`,ヘ,ィ:ヽ、∧         ○
                /j´::`ヽrュ,r":.;/: : :;;; : : : .: : : : :.:|: : : : :::λ~`ヽ、   o
             /;;;|: : : メ;;ヘ;:/: : : ::/:.;|: ::/ヘ;. : : : ;|: : :ヽ;: : :`ヘ;;;;;;;\     __/⌒)´`>
             ヽ;j:/::/;;;;;;/: :: : :. :/:;/ |::/   |: .: .:/`ヽ; :|:: : : :.:∧;;;;;;;;〉/~`| |`τ' " )
    ◯        /: : |;;;;;/: :/:.: :.:/ノ `|/-‐  |: .:/‐-‐∨: : : : : : :.:ヘ;;/´    | | ζ 丿
               /: : ::L;;j: :/|:. :.:/'" \    |::/ /  ∨:: :.:|:: : : :|'     | |'ー-‐´
            /: : : : : : |/|: |: ;/  ___\   '"∠__  ハ;: : :|: :∧:|       |_|
              /::,イ: : : :( |::∨{      ̄ /////〃 λ|:. .:|::/:i:リ      ノ
         /;/ /: : : : : ヽ|: : :| ..:::::::::::  ,.-─-、 ..::::::.〈::.:|:.:/|/:.:|:>   /
         '"´   /:.: ::/|:.::ハ: : :ヽ、.:::::::.. /     i :::::::丿::|/、: : ::|   /
   (⌒ヽ,ヘ、     /: ;/  |;/ ヽ、:: ::ヽ、.  {     j _,ィ´:.:|リ `ヽ::|,/
  / ヽ Y_,ノiヘ、    '"´    ,ィ´ ̄ヽ;:. ::`>`-‐‐π爪  |::.:/  ,/.,/
  { ヽ ,メ ノ j `ヽ、.      /     \::::|\ \_,/ |  |:;/i  i/'"
  ./ゝ、' / ,/    Y^Y⌒゛‐-     | ヽ:|  \_/ヽ/  '" | |
 /|__,,/ /     ` }:::     `ヽj  \ /´"~{_}~ ̄\,/  |
 |_\ ,.,/         j:::      /   Χ_,,/||^||\_,,/、  j
 \ ̄"              __/     \   || :||  /  |
   `‐-──-、_    __,,-‐"´〉::::::      \ :||  ||:/    |
          `‐-‐´     /::::::        `||∨||     |


第二艦隊は4月以来、ウラジオストック艦隊の捕捉に努めたが、天候悪化、

誤報などで果たせなかった。上村の最もつらい時期であった。

4621 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:27:38 ID:72DxCgWM

         r―-<_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
         !::. : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\    ウィトゲフト!
       _,.イ'!::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    r'"´:::::::/:!::::. : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  あなたは何をしているんです!
    |::::::::::::/::::!::::. : : 、: : : :ヽ、: : : : : \: : : \ : : : : i : : : : : : ヽ
    |:::::/:::/::::ハ:::::. : : \: : : : \: : : : : :\: : : ヽ: : : :!: :ハ : : ヽヽ 敵は目の前にいるんですよ!
     |:::/::::f:::,イ ヾ::::.ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : :!:.!:::}: : : :!: !
.   /::/:::::!::f::::! ヾ:::k \: :ヾ丶、: : : ヽ __,.,_: :丶: : :! : !Z_::!: : : ト、ヽ、なぜ、出撃しない!
   /::::f:::::::!:::!::::! .,,_ヾ:ヽ  \ヽ、_,,.><"ゞ、: : : :ヾ: : !: :ト、ヾ: : i :! `ーヽ
.  /::/!:::::::!:::!:::::ヽ, `Y::{   ヾ´ r',.ィ-zュァ\: : ヾ: :!: :ヒ_ ,〉 /: !
 //  !:::::::!::ト、::::::ヽf弋ヾ、    ´、ゞ-‐'   ト、 !ヽ! lノ/ ./| /
     !::::ハ::! ヾ::::::::!`¨´ j`          |: :ヾ: : ,.ト' / ,イ.|/
       !:::! ヾ ヾ:::::::!.  /              |: : : : :,イ: :/ fヾr 、
      ヾ|    ヾ:::::ヽ〈.,__           |: : : :/ !::ハ:: :!/   \
            \:::i丶、` __,       |: : :/ /  >、!   /ヽ、
               ヾj   \ ー      ./|: ://  /    /   \
                      丶、.__,,.イ  ,|/'´  /    /     \
                   _,///_>'´   /       /        ヽ、
               _,.ィ'"´ / /Aヽ    /      /          `丶、
             ,.イ   /  /f⌒ヽ  /        /            _,,..,,_ \
            / .!  <    { !  .!/        ./        , -'"´    `丶\

一方、旅順艦隊はマカロフの戦死後、活動を停滞させていた。

南山陥落後、旅順を脱出した極東総督アレクセーエフは、積極攻勢策に転じ、

再三再四、ウィトゲフトに出撃を迫った。

4631 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:28:17 ID:72DxCgWM
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     い、今は時やあらへんのや!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   もうちょっと待ってくれ!
     |::〉   ●"    ●" |
   (⌒ヽ           ∪ |) (コイツ、安全な場所に行ったら、意見変えやがって!
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   いてもうたらなあかん!演習でな!)
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

4641 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:29:09 ID:72DxCgWM
           ,;.:_:;.:_;.:_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
          /::. : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   時じゃない?
        ,イ!::::. : : : : : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       r:::/:!::::. : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ あなた、この前もそんなこと言ってたじゃないですか!
       イ::/::::!::::. : : 、: : : :ヽ、: : : : : \: : : \ : : : : \: : : : : ヽ
      イ/:::/::::ハ:::::.::\: : : : \: : : : : :\: : : ヽ: : : : :ヽ: : : : : ヽ あなた、宇宙一強いんでしょう?
      イ/::::f:::,イ ヾ::ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : : : : ヽ: : : :}
.     イ::::!::f::::! ヾ:::k \: : ヾ: : :: : :丶、: : : ヽ : : : \: : : : ヽ: : ト
     j::::!:::!::::! .,,_ ヾ:ヽ  \ヽ、  _ ,、-‐ゞ、: : : : ヾ: : : : ヽ: : : i : : !
.     i::::!:::!:::::ヽ, `゙ヽ,   ヾ,r'",,.-=z \: : : : ヾ: : : :i : : 1: :/!
      !::::!::ト、::::::ヽt〒ハ、    '゙ゞ-'‐゜   )ヽ: : : : 丶: : ヽ! ノ
      !::::ハ::! ヾ :::::l`¨´ i`            ヽ: : ,.: : : ゞ: :イ
      !:::! ヾ i:::::::!.  /                 ソ:, ヽ:ヽ:ヾi
       ii    ヽ::::ヽ 〈.,__                ゞレ :ハ:ト、
            ヾ:::i 丶、` __,             ヾレ/ヽ、 _ ___
               ヾj   \  ー     ./  /   /
                      丶、.__,,.イ   /    /
                        丶_,/    /

4651 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:29:54 ID:72DxCgWM
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     そ、そうや!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   俺は宇宙一強いんや!
     |::〉   ●"    ●" |
   (⌒ヽ             |) 東郷はもちろんのこと、○○や○○にも勝てるんや!
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

4661 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:30:26 ID:72DxCgWM
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、  なら、証明して下さい。
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :| 出撃して、ウラジオストックヘ行くんですよ!
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、

4671 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:31:24 ID:72DxCgWM
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     お、おう!まかしとけ!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   (あ、あかん・・・
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ           ∪ |)  ○○や○○のときみたいに逃げられへん・・・)
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

6月23日早朝、ウィトゲフトは旅順港を出撃した。

4681 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:32:18 ID:72DxCgWM

                     ,   ─=、─-=ニL」_
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>   長官!
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、    敵艦隊が出撃したですう!
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !
          /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、
            /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }
        /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ
        ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦
           ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |
            \.  ∨   |.   |  〈 》〜〜〜''〜 | i    !
             \/   .!.※ ! ,/」Lニ=- |!>X<| :| i    !
             //     ¨¨¨’ >厂    K  >' :| |、 ,ノ

4691 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:33:07 ID:72DxCgWM

              (⌒)
              (こ○こ)       ,-、
              (___)       てOう
                 _      ‘ー’   (⌒)     待ってたよ!
.        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
       てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ    さあ、艦隊決戦、艦隊決戦!
       ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
              / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄
          {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
          ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }
.          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
            ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨
             \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
          /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
          /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         V`ーく¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          /.::.::.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |.::/l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ


9時、連合艦隊は待機していた裏長山列島沖から出撃、敵艦隊の予想進路に待ち伏せた。

旅順艦隊は前方海面の掃海に手間取り、両者がお互いを視認したのは18時だった。

4701 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:33:56 ID:72DxCgWM

           _,/:: : : : :/: : : : : : .:;: : : : : : : : : :/__,..-::‐:─;ァ'
       ,r‐'" ̄:::::}'-‐: : ;/. . .: : : : : :/:: : : : : : : : :/:::. : : : :.:‐-<、
        /:::::::〈::::::::::ム: .: :/. . . . . .: : : :/:: : : : : :.;/: :/ |:: :.::: : : : : . . :`ヽ、       ちょ、ちょっと!
       〈:::::::::::ト、;/::::λ:/: : :; : ::λ:: :/:.: : : : : ;イ: :/  |:: :|:::. .. . . . . .ヽ、::\
       ∨::::::|: :|::::::::∧:.: :/: :;/ |:.:/:::\:;/ /::/   |:: :|:;:: : : : : : : : ::ヘ:: :\    何で、敵艦隊反転して、
       ∨:::|: :j:::::::::::∧:/: ::(__,ノ:/:_:_;/\/::/,    ,|;イV::: : : : : : : : : ハ:: : :\
         ヽj: ::|::::::::::::::∧:: : : :;:マテ弐ァ、 /:/'"   ,∠j:;/_∨::: : : |: : : : : :|ー-、_::\ 引き返してんの!
           |: :::|::::::::::::::::::}:.:: ;/'´f‐':ハ;;:}` j:/    ,ィチ弐テ7:::: : : :|:: : : : : :|     ̄`
           |: :.::|-:‐:‐:r:‐':;::イ   Vゞィ:;リ '´    ん';ュ:} ,'ハ:: : : :j::: : : :;i:.:|
        j: : :::|: : :::r|: :/V´ ,  `-‐'"       V:ィ:;リ,/:::|: : :;/:::: : :;イ:.:j
        |: : :.:|: : ::{ |;/ゝ (j ゛        ` `ー"/:::::|: ::/}:::. : :/ |:/
        |: : :.:∨: ::ヽ、__,,    /´ ̄`ー--、,     {:::::::|:;/ |::: :/  ´
        |: : : ::|:ヽ、:.: : : :`ゝ.、__ ヽ、____:;;ノ    j:::::::j/:| |:::/
        |: : :.::|::::::::;>-──-、::`>‐-、_     ,.ィ´::::::::::::| j;/
        |: :.:.::|:;r,'´    r-‐、 \::::::::::::∧:::爪:::.:/|:::::::::::::::| '´
        |: ::::;/'´        `~⌒`ー-、::ヘ:::ノ:::/ .|::::::::::::::|           ,r‐‐、
        |::/{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ┬┬、 _,ノ ,/二__
         /  j                            ヘi | |~   r‐-‐'
        \  `ヽ                            } | |   メ、

旅順艦隊は、連合艦隊の姿を認めると、反転して旅順に引き返した。

4711 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:34:29 ID:72DxCgWM

         ________
       /:.'`::::\/:::::\     な、なんじゃ、これは!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   こんなん勝つん、無理や・・・
     |::〉   ○"    ○"" |   
   (⌒ヽ           ∪ |)  逃げい、逃げい!
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

連合艦隊と接触したウィトゲフトは、即座に港に引き返した。

連合艦隊は追撃したが、旅順艦隊の逃げ足は速く、捕まえることはできなかった。

4721 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:35:10 ID:72DxCgWM
         ________
               /  /     ′                \  ヽ
.             /   '        | i                 ヽ     打つ手なしで、ございます♪
           ,  / /      ′ | 釗    ト、 ___           |
    ,___   //  / /    i  | l     |´ \   `ヽ     i  l  |
    ^迂タ  {'   / /       !   | l      |    \      l  l  l         f7´(   r1
ミx. E7/辷冖⌒フ/ /      l ,|'´| l      |     丶.      !  !  !            }ー-、ヽ,リ __
,刈}r弓{/      /         l/ | |∧   |   __  ヽ  釗 !  ! ,. 、   f苅ト、_,ノイ仁疋
彡个辷{ /〉  /   i      ∧| l/  \  |   抖弄ミメ∧ ∧ l∨| {Y⌒}   `才T⌒)∧V辷
≧宀爪|'∠.  ,  /l     i   ∧!  _  丶 |      ,, ,,’′∨ ∨  |  `ニ才ア  ,ニこ.X⌒Y メ、
菲ミメ ノ人___ヽ{ 仕 |     l   /ヽ y抖芋            |    i  |r乞k }r‐ァ宀ヒフ,ハ}  ト-、 ナ
千仕//辷フ⌒V´ ̄|  ∧ | /  ∧′ ,,.       _      |    |   |辷タノrヘ} ( ̄ーヘノ`7j_ ノ}ノ
^Y辷.ユ、{  ,ノ, ‐'⌒|  ,′ヘ}/  ′ ″    (_ ノ      |    |   |不 rくj {`ヽ)辷'´ イノ  ノrf
 弋三ュ.}^>くr'{Y´ ̄ヘ {Tト-l   ′ 人    , ‐く  ヽ`マ. イ |    |   |弓ミxヘ、 `'┴ー--r'′ r午辻
rく`主彡くr'7⌒>---‐ヘタフ'|   i  ′ l` T7 ,、 } } } }   |, l    l  |,苹ミハ_`ニー--'⌒アチ伍xY
>-r‐{  { 代^辷タト、 辷^Y|   l l   l  l {   Y ノノT’ / ,        |辻タノ人_} ,.┬-く {_辷彡
ヽ辷}∧ { 弋⌒Y_ノ ハ-‐‐-|   l l  釗斗ヘ  ヽ   | /  /    /  ├冖たナ'才^丁「`ヽ∨,.-‐
┴-r{ `T^ 、 `'ー-‐ァ' /ト、,ニl,.-l l   l{   }      ノ′ /   ___,.厶宀-、|辷j  _,厶-‐ァ冖ー-ヘL,-‐
,二 {丶._,ト .__,二¨´ イ ∧,r弓ミx.lr宀<⌒X,_/      /  /  / , ‐ュ.-┐. ヽrくr十く`了フT´「`)| 辷.ニ、
--‐ヘ._`T ー---‐_'ノ 八辷タ(_辷伍Y^ 、」     /  / {了{ f辷'r‐1,ハ  }{_ヒ7了⌒フ/,ニニ}kー-‐'^
⌒ヽ-‐'7 イ>,二.´_フr仕^Y{⌒ヽr宀ァ' ,.ノ人_  /  /  ハトヘ.ー-宀'´}ノ r'{X辷{ノ__,ノ7/   /,ト、}辷彡
⌒ヽVl/ ,ノ { ̄`ヽ>-┴ヘ.」丶._ └<¨´rヘ. く  /  /  / ∧ `二¨´,ノ ノノ )Y´└-宀  イ{ } 广7冖

戦況は、元に戻った。

4731 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:35:58 ID:72DxCgWM
         _,,,、、-‐ー─‐-- 、
        / . .:.:.;:;;;;:;:;.:;;;:;:;;;;;;:;;:;.:.ヾ, 
      ,r‐'´ . .:.:.:::::;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;;;;;:;;;;.:.::.`ヽ,    我々は日本軍を翻弄している・・・
    / . :.:.:.:::.::::.:.:::::.:::.:.:.;;:.:;;.;;:;::;;;;;.:.:.:.::.:..i
   ,/ . :.:.:.:.:::.:::.:::::_,、-‐、.:;.::;;;;;;;;;:;:;;:;:r、;;.::.\  この風、この肌触りこそ戦争よ・・・
   ,! . .:.:.:.::.::.::.::/゙    `,.:.:;;;;:;:;:;;;;,ソ `i;;:.:. ,!
   / . .:.:.:.:.::::.::,イ       `ー‐-‐'´  `i;;: ,l
   ! . .::..:.:.:::.:,!´       、       l;;:.:|
   l .:.:. :,r、,;:'| ,ィ'"≡=;、、,,j  _,、、-=、 .,!ィ/
   '、.:..:.,!カ j.:{  '"゙´rt=ニン´ ,ィ〈モァ-、  !;;,!
   ゞ:;,!イj彳:!      '´ ,: `i ヽ '´  l;'i′
    ヾヽ {i;;j       ,ィ  ,;:  l| :..  ,イリ
     `ゝ j`     _,、、、,.__,r;:、  ,j/
     /!,> !     _,、イ:.;.:;;;;;;;::;:;;:;:;:;ゞ, ソ
    l,イ、  \  `"'''''''"゙゙゙゙゙゙"''''"´ ,!
  _/ リ `丶、 \     ` ̄´  ,ィ゙!
   `ヽ, ,r-'´_,`ゝ、ゞ、__,'__, イレ',}、__
     i'、∧(  r- 、_二二ニi}ニr'"ソl ゝ、二二ニ
     l \゙ゝ ゞヾ、ヽ、 ,! | ,!_,j´イ| ))  `ヽ,
     /    \  \` ゙ー'  ,! ,ィ イ/ ,//ヽ、  ノ


一方、ウラジオストック艦隊は活発な行動を続けていた。

6月30日には元山港を艦砲射撃、7月20日には津軽海峡を抜けて東京湾口に出没、

高島丸など五隻を撃沈した。

4741 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:36:50 ID:72DxCgWM
   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    iiiiiiiillllll!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!iiii,,,,
   l"""",,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
  |||||||||||!!!!!!!"""""""""!!!!!!!lll!!》
 .i|||||~~~~     ___      ..!!!》!
 巛/  ’,,,iiiiiiillllllll!!!!! iiiiiii,,,,,,,,, |
  |  """"≡ 。ヽ   _  ""'|
 .⌒”丶 .  `_彡"  ( °) |
(('.').  / " ⌒ 、.《  ~ヽ⌒' ヽ       上村の家に行こうぜ…
..'’、  '    ,,,!” ...  ___)    |
.ゝ `      ' ⌒_~ ⌒'    |          久しぶりに…
| ~~        '___       |
.|..       ,,,,,二二二ミ,     |             キレちまったよ…
..|                   |
...|...        "'!!!!!!!'"     |
 |、                ..|
..| へ          ソ   ....|

上村への非難は最高潮に達した。

4751 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:37:41 ID:72DxCgWM
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   /  濃霧で敵を発見できなかった、というが、
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   |    濃霧って、逆さに読めば、無能って読めるよな。
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    |    受けるw
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、      \________
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

濃霧により、ウラジオストック艦隊を捕捉できなかったと報告したところ、

ある代議士からは、「濃霧濃霧、逆さに読めば、無能なり」とさえ言われた。

476名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 22:37:45 ID:mlootRzs
東京湾口まで行ったのか、スゴイなw

4771 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:39:20 ID:72DxCgWM
            _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : : : : : ::λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/: : : : : : :;|: : : :.:i: : : :(_,j:: : :\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/: : ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ: : : :|:::: : : : \:::|: : : ::|>
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :| `ヽ::;l:::::: : : : ト:\:: : i:|
       ̄|::/: : : :::|: :;/__,ノ|:.:|:: : :| `ー-ヽ-::::: : :|::::: : : :|:|
       |:|: :j: :.:::|;/ ~  |::ハ: : j   ●、 |:ヽ::: : |、:::::: : |λ
       ||: :;|: : : :;ハ. ● リ ∨    ) )|::::∨::jノ:::: : : |:.:ヘ、
       j|:/:|: .:::/:::ハ( ( //////( ( j::: : }∨i::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/::::::λ) )r-‐  ̄ ̄ヽ、`/::: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :.:|: : : :::::::ト‐-∟___  ,ノ:::ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : ::|     /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、|   /     ,__\__λ_ヽ、
                 /     /:::::::::::::::::::::::::::}  }
               /"     〈:          |  |
                〈,,ィ'⌒ヽ‐-.、__〉          |:   \
           ,.ィ'^ヘ/   /┬'"         |  ,.<´
            〈  '´    /  |             |‐'´  \

この間、上村はひたすら隠忍自重した。国民の期待にこたえられていないのは、事実である。

4781 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:40:34 ID:72DxCgWM

  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、    今後の作戦計画はこうだ!
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ   ①遼陽で会戦を行い、勝利すれば、ハルビンでの次期会戦を想定する。
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',  ②第三軍は旅順の攻略を任務とし、攻略後北上して主力と合流する。
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:| ③できれば、沿海州方面に軍をすすめ、ウラジオストックを攻略する。
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ ④適当な時期に、樺太を攻略する。
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/  ⑤兵站線が長くなるので、鉄道の強化・河川を利用して能力を増強する。
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′  
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | KODAMA NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                 |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

6月10日、大本営では今後の戦略方針が決定された。主眼は遼陽であり、旅順にさほど関心を払っていないことが分かる。

6月20日、満州軍総司令部が正式に設置される。参謀本部をそのまま持っていった、と言ってよい。

4791 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:41:13 ID:72DxCgWM
満州軍総司令部組織編成

総司令官 大山巌元帥大将(鹿児島)
総参謀長 児玉源太郎大将(山口)

第一課(作戦担当)
    松川敏胤大佐
    河合  操少佐
    田中義一少佐
    小池安之少佐(兼任)
    尾野実信少佐(兼任)
    東  正彦大尉
    大竹澤冶大尉
    国司伍七大尉(兼任)

第二課(情報担当)
    福島安正少将
    小池安之少佐
    田中国重少佐
    田中義一少佐(兼任)
    岡田茂久大尉

第三課(総務担当)
    井口省吾少将
    尾野実信少佐
    河合  操少佐(兼任)
    国司伍七大尉
    東  正彦大尉(兼任)

4801 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:41:55 ID:72DxCgWM
6月30日には、第四軍が編成される

第四軍戦闘序列

軍司令官 野津道貫大将(鹿児島)
参謀長  上原勇作少将(宮崎)

第五師団 ※第二軍より配置換え

第十師団

後備歩兵第十旅団

旅団長:門司和太郎少将

 後備歩兵第十連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第二十連隊(歩兵二個大隊)
 後備歩兵第四十連隊(歩兵二個大隊)

4811 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:42:25 ID:72DxCgWM

  !   .|
  |   .!         ./ニYニヽ
 │  !       /( ゜)(.゜)ヽ    俺の出番だっていう!
.  !  ,!-、.    /::::⌒`´⌒::::\
 r''二し' ).   | ,-)___(-、|
 f´-‐、)、}     .| l  .|-┬-|  l |
 (_,ニ、) ,{` ‐r‐-\  `ー-'´  /
 (,!´ ̄`ヽ  .}::::::::::::`:.‐-r _,'´-‐う ̄`''‐、
. { ヽ  〈、._ノ:::::::::;:‐'"´ ̄       _ \
  {.__,  ,}  >f"     \     \\ ヽ
  |_l-‐-ゝ‐'´:::::ヽ 、ヽ    !       \\ヽ
. ⊂!::〃´:::::::::::::::::ヽ \`‐、  i         ヽ.ヾ、
   !::::::::::::::::::::::::;: ‐'ヽ-─、‐- 、         ̄ i.
   ヽ、:_;:::-‐'"´        ヽ.   `''ー-

参謀総長 山県有朋元帥大将

          ブーン
      /⌒ヽ    
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /     
      ( ヽノ     
      ノ>ノ      
  三  レレ     

参謀次長 長岡外史少将

一方、空席となった参謀総長・参謀次長には、山県と長岡外史少将が就いた。

4821 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:43:26 ID:72DxCgWM

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ    あなたが、満洲へ行かれるのですか?
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ  野津さんあたりに、任せればいいじゃないですか?
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ

             海軍大臣 山本権兵衛大将

満洲への出征前、大山は山本海軍大臣のもとを訪れた。

4831 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:44:25 ID:72DxCgWM
           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \   そりゃ、戦だけなら、七次どんのほうがいいでしょう。
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ でもね、軍司令官は豪傑ばっかりで・・・
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ

4841 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:45:17 ID:72DxCgWM
        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\    僕じゃないと、統率できないんですよ。
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ  戦のことは、児玉さんがいるから、
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_ 彼に任せておけば、大丈夫です。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\ それよりも、山本さん・・・
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

4851 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:46:15 ID:72DxCgWM
          ____
         /−、 −、   `\    今度の戦は相当厳しい。落とし所を心得ておかないと、
      / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ 大変なことになると思う。
     l  三  |   三     ヽ   l
    (___|___    |   l 戦は僕が引き受けるから、政府の一員であるあなたには、
     ヽ l    __ `ヽ  !   /
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  / その所を考えて、実行して欲しいんです。
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i ) どこで戦をやめるか、についてです。

4861 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:47:08 ID:72DxCgWM

                   ,-、
          ,λ ̄゛`ー‐--.|  ヽ-‐─--.、_
          //        .;|   . :i::.    `ヽ、    もちろんです!
            //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、
        /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ  お任せください!
       /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|
        / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、
     / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ
     〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉
     ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'
          |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |
        | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |
        `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|
            | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|
            リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ
          ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ
         / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ
        / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
       / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )
      \ .:/: : :|  〉      "|. | /  /       |:.:| ::: /

7月6日、満州軍総司令部は東京を出発し、13日、旅順に近い裏長山列島で、

東郷ら連合艦隊司令部と打ち合わせを行った。

487名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 22:47:48 ID:dAiN9udc
>>485 こういう発想できる人って貴重だよね
旗色が悪くなってからならともかく、普段はみんないけいけドンドンだから

4881 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:48:31 ID:72DxCgWM
               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、    以上が旅順方面の現況です。
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./  最後に、東郷からお願いがあります・・・
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

4891 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:49:08 ID:72DxCgWM
        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\   何でしょう?
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

4901 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:50:45 ID:72DxCgWM
       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、    旅順艦隊撃滅が我々の任務なんですが、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ  敵艦隊出てこないんです・・・
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:| そればかりか、二戦艦が沈んでしまい、
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/   ほかの艦も人も傷ついています。
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|     正直、きついんです・・・

4911 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:51:37 ID:72DxCgWM

           ____
        /:;:;:;:;:`ヽ.
       ./;/   ヽ;:',
      /;/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、     敵の艦隊は増援が来ることが分かっています。
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',  合流されては、我々が著しく不利になります。
  /:::::::::::::::::::/|:::::i::::::::::|\::::;i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/ !;;ハ::::::::|  \!;;;ハ::::::::::::::ヽ. 増援が来る前に旅順艦隊を撃滅し、
 i:::::::/!::::::i/〒テテ ヽ::::| テテテ'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ ヒ:;:;r  ヽ! ヒ;:;r! !\::::!へハ! 艦の整備や、人の休養・訓練に当てねばなりません・・・
 V'! イi::::::/!:! ""        "".l:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.   、_,、_,  ,.イ:::|:::::レi::|  そこで・・・
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|

4921 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:52:15 ID:72DxCgWM

             /,. -- 、: ヽ
                //    ヽ: :i
            l/      }:.|
                        _|イ,.. ------
                 ..::'´: : : : : : : : : : : : : `ヽ    陸軍で旅順要塞、早めに攻略してくれませんか?
                /: : :「`゙´: : : : : : : : : ヽ: : : : \
              ___/: : : :.:.:|: : : : : : : : : : : : : :.\: : : : :. 旅順艦隊を無力化してください。
ヽ         /: :.´: : :.: / : | : : : : |: : : :.\: : : : :.ヽ: : : :l
} ト、     /ィア: : : : : :.l: :/|: : : : ::|: : ト、: : ヽ: : : : :.ヽ: : |
./ノ       //: : : :/: : :.:|:.:l |: : : : :.ト:.:.「弌ー: ヽ : :.: :.: i:.:.|             /^~^
 !     / /: :/:.::.l: : : :.レl |: : : : :.| ヽ|   \:.|:.: : |:.:.:.l: :|               {
/ユ、    /  l: : l: : :.|: : :./|:.:| ト、: : :.:.|   .____   ト、:.:.r、:.:l: :|  ,r-、___           >-<
ソ }  /   l: : {: : :.{:.: : :.∧|  ヽ: : :|  ≡=-、 |::}:.:.| .):|:.:|r<:.:.:.:.:.:.:.〉       {/ヽ
=---ァ     |: : ィ: : :.l: : : :{   _,xz \|       ・|∧ l´:l:. : |{:.:.:.:.::/}:.:./     /ラ y'´
  ノ     |: / !: : :.ヽ:.:l:ハ ≠ ̄      ;;:;; }: :.Ⅵ:.|:.: :.|ヾ-ノ /ノ __   {( ニ=-r'/
一'        |/ | : : : |:ヽ:.:.:|ヽ ;;;;   <_,フ   ィ:./:.:.:.}:l: | : : |  ヽ / / `ヽ  `ー=イ.〉》
- 、rrrtュァ、   |:.: :.:|: : ト、|| :.ゝ 、  _,..ィ  |/: : : 从 | : : ト-、 |.|ノ ____,.ノ^      /{{
  ヾミ三彡、<((ヽ:.::.:|: : l |{: i: : : : :l:.ノ:./` /: : :./:. ̄`ヽ、ヽ__>||<          く ヾ_
___,..ゝ=ニイリ ヾ、`_\{:.:.:| |ヽヽ:.ィ.r':.:.:.:.l___,/: : :./:.:.:.:; 'ニ二}:.:\  〉 ,ノ`Y ̄}    ヽ、_
ヽ、 ヽ-=‐'´-==ミ二|: : :| |. Y l |:.:.:.:.:.| /: : :./:.://´ ̄`ヽ: :∨ ///;.ノ^ヽ
 } }┐      //´l: : :.|  ∧ l |:.:.:.:.:.| イ: : :///       |: : :V ):.{: : : : : .::ヽ
彡' .イ} } ̄`ヽ //  | : : |  / | l l:.:.:.:.:.|/.|: : { / /     }: : : \丶ヽ: : : :.:.:.:.:i
  / ∧ ゝ.   Vム  |l: :.:|  }  \\:.:.:.| /l:.:/ .l/      /:..: :.\:ヽr-ァ、: : :.:.:.}_
イ_ノ ノY^¨^~^'´:.:.:.:ヽ.|l: :.:|_,./     \\!:/l/./        /ト、:.:.: : :.ヽ:\ ノ、:.:.:/´ ̄
ノ /,∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./^ |ヽ: {={        ヽ|   {          | !:.ヽ:.:. : : :i\:ヽ :Y {   /
∠r'´ ノ:.:.:.:.:.: r-v'〈 (|て\_\   ___/~⌒ヽ!           ノ |:.:.:.i:.:.:. : :|/∧:.V } |  /
=- ,イ:.:.:.:.:.:,.イ /`ヽr-=ニ二// Yニ/ '´∧ /\ _____/  l:.:.:.|: : : : |{Y∧:.V| |  {__,.ノ
=‐'´ `弋_{ 瓜、   v‐‐-=' ヘ }‐弋  |{ ∨\___/     |:.:.:|: : : : | シ ∧:.V !/´

4931 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:53:24 ID:72DxCgWM

        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\    わかりました。お任せください。
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ  (やはり、そうなってしまうのか)
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

こうして、旅順要塞の早期攻略が決定された。敵の増援である第二太平洋(バルチック)艦隊は、

早ければ10月に日本近海に姿を見せることが予想されていた。艦の整備に二ヶ月当てるとして、

タイムリミットは8月中。急がねばならない。

4941 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:54:18 ID:72DxCgWM
                      ,、
             /\,. --/ \ _
         ,  ´′ ヽ ′     ` 、      艦載砲を陸揚げして編成する重砲隊の指揮官がウチ?
        /   i  ,、 /´丶 、      \
       /     l /''7´ ̄ ヽ ヽ   ヽ   \   陸軍さんの指揮下に入るん?
     /   / l  ! i.  |    ヽ ト、 丶  、 ヽ
     i.  , i   | ,| 1⌒!       l l⌒ヽ i 、 ヽ 丶 なんか、あれやなあ。
     |  | |   | ハ |  {.       l !  ヽ ! ヽ ',.  ヽ
     l  l/!   ! ! -_-_、      !}, - _i,. |  } il\ !
     l / |   「Y「{__,ハ`     r_,フi ハ |   |  ヽ!
     ヽ{ |  ヽ`l !rーヘ!       トヘ.} ハ!    |
      ヽハ. |  |、代'zrソ      込ク i  、  l
       `_} |  ! N        '     }  ハ ,!
    ,. ´: : ヽ!、l. ト、     _    ,. ヘ! /  !/
   / : : : : : : : ヽ! K_i`_ ー--r_-‐ ' ヽ lイ  ′
   ヽ; : : : :_:___/l. !    ヽ l ,`i   〉!l
    {.: :/ ___`ヽ!   /、ヽl /、 l― '-l!、
    `{          ヽ/\>┴ 、N ̄ `  ヽ
     r′  、        ヽ..:..:..}        }
   /       ヽ        `r‐{   、 ! `i
  /       }  ___ |..:..ヽ   V   \

  海軍陸戦重砲隊長 黒井悌二郎中佐

重砲不足を補うため、海軍からは重砲隊が提供され、第三軍の指揮下に入った。

4951 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:55:46 ID:72DxCgWM

                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_   まったく、あなたは何をしているんですか!
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'

一方、旅順では、逃げ帰った艦隊に非難が集中していた。

4961 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:57:24 ID:72DxCgWM


         /,r''"        、ヽ、ミ、l i, ヾ ノ ヽ
       /, '"     ィr'⌒`''ー- 、ヾL}リノツツハ 艦隊は当てになりませんな。
       //    //        '('゙( ̄`Y }
      //  ,、-''゙ ノ!          `   |ミ| 浮かんでいるだけとは、全く気楽ですな。
      / /    / ノ  ,,..             ト;|
      ∨ ,r‐ 、 ,ニ-ァ'          ..::   |'リ
      レ! ⌒ゝヽ7   ,、-ニ三゙'=:、     _,z=、「
      {/| l′〈 l彡   <´-tェァッ `'ヽ  ,f,,ニ,ン/
      ヾ'、ヽ、「 ''´ ,!   `-,` ̄'" '"  ゙ト¨´.::|
      ,リ^\_;   '、         .: |   ,'
       レリ´ |    ':,      ,.ィ  ,: |  ./
      ,ィj^`′l,      ,.    ` -ニン′/
     /〈 ゙、  い,    ` `''-=─---r' ゙ /
    /   ゙、 \ ゙、\  .;   ー-`二´ /
   /    ゙、  ヽ、\ `ヽ、'、     ̄ /′
        \  `ヽ、  ヾ、     _;'
         \   `''ー- 、 ̄ ̄「ヾ'ー- 、_
          l\      `>'‐-、ヽ   `''ー- 、_

ロシア関東軍司令官 アナトリー・ステッセル中将

4971 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 22:59:17 ID:72DxCgWM
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     好き勝手言いやがって!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   これには理由があるんや!
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ           ∪ |) (艦隊あっての旅順やないか!
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /    艦隊がのうなったら、意味なくなる言うのがわからんのか。
      ヽ   \____/  /
       \        /      今まで散々ええ思いさせてやったのに・・・)
         \____/

4981 ◆R8YMTME8eI:2009/10/03(土) 23:00:05 ID:72DxCgWM
:|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ      まったく、仕方がありません。
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |      また、あの手を使いますか・・・
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|     
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|        
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !

499名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 23:02:20 ID:0t31tkMc
また皇帝陛下に泣きつくということですね

500名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 23:16:08 ID:Ho86dzWc
保守

501名無しのやる夫だお:2009/10/03(土) 23:58:00 ID:AJhZhki6
>494
黒井って、まんま黒井センセーですかww

5021 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:15:29 ID:msxUdu4M
                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、    まったく、だらしないわね!
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l  旅順艦隊はただちに出撃して、ウラジオストックへ向かいなさい!
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ
.     〃〃   l     \\ l{{T}// /
      | || o   |       \`jl 〃 /
      | ||     !        ヽ!V/  {

5031 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:16:25 ID:msxUdu4M
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     外堀埋められた・・・!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   
     |::〉   ○"    ○"" |   
   (⌒ヽ           ∪ |)  
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/


8月7日、アレクセーエフはニコライ二世に働きかけ、旅順艦隊のウラジオストック

回航の勅命を出させた。こうして、出撃は規定事項になったのである。

5041 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:17:03 ID:msxUdu4M
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     俺は強い俺は強い俺は強い。
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   俺は宇宙一強い・・・
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ           ∪ |) 東郷なんかゴミ東郷なんかゴミ
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   東郷なんか・・・
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

8月10日早朝、旅順艦隊はウラジオストックへ向けて出撃した。

5051 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:17:56 ID:msxUdu4M
                , ...... - 、 _
            ,. -'´        `ヽ、   長官、敵艦隊がまた出てきたですう!
        _,. -ッ'´  ,.. -‐ '.: ´.:` ヽ、  ヽ、
       l´ / ,. .:'´.: .: .: .: .: .: .: .: .: '‐ 、  ト、
       い//.:,.: .: .: .: .: .; .: .: .: .: .;. .:, i.:ヽ,`',ヽ、
        〉'´/.: 、.: .; .:'´.: .: .:_,フ,´.:'フ!.:!.: .:i l ヽ,
    , ⌒丶ぐ/: .: .: .:X´.:ー=ラフ´.:/ ,|.:l!.: .:l 〉/
   ノ   、ヽ、 .: ,.'ッ-、ゝ ' ´, ,'ン´ ,/ l/l.: .: ! l'
  /   、  ヽ ト.〈 ト'uヽ ´  ,. イーr、' l.: .: l  l
 /    ヽ,  V l ` ゝ‐┘   !‐'じ'^! 〉,!.: ; '  !
 l、 ゝ、._  `どィ l、'''' ,、 _   ` ',,‐' , ':/:i、  l
  ヽ、  _フ´ ,-'ヽ,ヽ、,'    ̄ ̄ i  ∠ン.: .: :lヽ、l、
    `ラぐ'^~  ノ:::::フ`ゝ、    ,.! .:'.:´.: .: .: .: '、 ヽ,l
    l´::::::`'_、/::::::i i~  Fニ キ´ーn-、ヽ、、.: .: :'、 ゝ、
.   ,.ノ::::::::/:.:,入_r'´r' r '' ブに > 5 l;::::`ー:iヽ_.: .: '、'! ヽ
 //_::_;∠ン.: .: .Pく  >'/xい   i i;::::::;::::::b'F-.: .: i ! ヽ
/  / /.: .: .: .: .:L、'-、ノ´K´,l 'i   〉3ぐ !:::::l.: .: .: .: :l, ゝ, ヽ
  / /.: .: .: .: .:.: .: .: .`^、) <, ,゙- -´£`-|:::::ト、: .: .: .:) i  丶
 r  r: .: .: .: :: .: .: .:/〉、   ,、 ~゙´~(、 `´〉L、:::l: .: .: .:ヽ、 ヽ  丶
 | r´ .: .: .: :: .: //::::::ヾ/:::\/\ ヘ、:::::::) .: .: .: :: :) l   ヽ
.〈 / .: .: .: :: /::r´::::::::::::::丶::::::::ノ::::::::ヽ:::::ヽ´ .: .: .: :: : ヽ  i

5061 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:18:31 ID:msxUdu4M

       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\  今度は逃がさないようにしないとねえ。
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ   よろしく頼むよ!
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

6時、連合艦隊は旅順艦隊出撃を確認。迎撃のため、出撃した。

5071 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:19:10 ID:msxUdu4M
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、     まかせるですう。
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ  真之自慢の丁字(T字)戦法で、撃破してみせるですう!
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

12時30分、両艦隊はお互いを視認した。黄海海戦の始まりである。

日本側参加戦力  戦艦4 装甲巡洋艦4 巡洋艦7 駆逐艦18

ロシア側戦果戦力 戦艦6 巡洋艦4 駆逐艦8

5081 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:19:51 ID:msxUdu4M

           ,.-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ、
           '´ ̄_,.>'´. . ....:.:.:.:|.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ    左八点(90度)一斉回頭!
           ,ィ' . . . . . . . ./ . . |::: . ...:.:i:.;:.:...... . . |. . ...:ヘ.......:.:.:.:ヘ
            /:.:.;/:.:.:::/.:.:.:/.:.:.:.:.;|::::.:.:.:.:.:|::i:.:.:.:.:.:.....|:: . . . ヘ . . . . .ハ
         /:.:.:;ィ'.:.:.:::/.:.:.:.:|:.:.:.:./ |::i:::.:.:.:.:|.:|ヘ:.:.:.:.:.:.:|:::.:.: . . ヘ. . . . . }
          j/ /:.:.:::/:.:.:.:.:.ト、:/  |::|、:.:.:.:.|:.| ヽ;/:.:|::::.:.:.:i::::.∧.:.:.:..|
            |:.:.:::::|:.:.:.:.:.;|:.:/\. |::|∨:.:.:|:;l ,/ ∨::j;::::.:.:..|:::.:.:.:ヘ:::.:|
              |:.:.:::::|:.:.:.:.:/|/___`|::| ∨::.:|'`____∨ |::::.:.:.:ト、:::.:.:∧:|
          |:.:.:::::|:.:.:.:;ハマテ〒行|j  ∨:| 〒:テチヤ7i:::.:.:.:.|::`ヽ:::.:ヘ、
             |:.:.::::;|:.:/::ハ ik'。ィ::|´  ヽ:| |k'oィ::j.,' |::.:.:.:リ:::.:.:.:.i\::l
           ヽ:.::|∨::::::λ`--'┘    ` └'--".j|::.:.;/:::::.:.:.:.|:.::| `
            ヽ| |:.:::::::j      '         /:|;ィ' ):::::::.:.:.|:.:|
              |:.:.:.:::ヽ、     ー'ー'    ノ::::./'":::::::::.:.:.:|:リ
                 |:.:.:.::::i:::`>‐-ァ-, -‐<´:/::.:.;/-γ'´ ,,フ:::|'
               |.:.:.:.::|‐i´{i ,ィ:ノ____,/ /::;ィ´,.f´{  ´ -‐'⌒ヽ.
                ,r|.:.::i::| {| :|| /   /  /.:.:{ {:{ | j (´ ̄`,}ーr‐'
             < |:.:.:|:リ || :V  /=="j:.:.:/ {:{ | {(_ ̄゛ |:: |
             ノ" ヽ、:{\ヾ、|/ _,.-‐ァ'|::.:{  Vハ (  ̄__,ノ:: j
            /     ` {"ヽ、 ,ィ'´  / |/リ ヽ. i λ:: ̄:::::: ,人
          /      〈  ハ,/  _,ノ     :::::V   `=ニニィ"::∧
            〈    ~`ヾ::::..ノ,>   <´      :::::`ーr---‐'´:::::.:.:∧
          \     /´  /  ::: `}         |::::::::::::::::::::.:.:.:.ハ

13時。東郷は左八点(90度)一斉回頭を命じた。旅順艦隊を外洋におびき出すためである。

5091 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:20:26 ID:msxUdu4M
          
          ▼
          ▼
          ▼ 旅順艦隊
          ▼
          ▼
          ▼
          
          
┌─┬─┬─┬─┬─┬─── 連合艦隊
│  │  │  │  │  │
▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽


しかし、ウラジオストックへの入港を目指す旅順艦隊にとって、決戦は望むものではない。

5101 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:21:16 ID:msxUdu4M
          ▼
          ▼  旅順艦隊
          ▼   /
          ▼ ▼
          ▼
          
          
┌─┬─┬─┬─┬─┬─── 連合艦隊
│  │  │  │  │  │
▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽


すかざず、左四点(45度)に変針し、連合艦隊の後方を抜けてウラジオストック方面に向かう。

5111 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:22:00 ID:msxUdu4M
          
          ▼ 旅順艦隊
          ▼    
          ▼   /
          ▼ ▼
          ▼
          
          
┌─┬─┬─┬─┬─┬─── 連合艦隊
│  │  │  │  │  │
│  │  │  │  │  │
└─┴─┴─┴─┴─┴─△△△△△△→

東郷はすかさず、左八点(90度)一斉回頭を再度命じ、旅順艦隊の頭を押さえるべく、運動する。

5121 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:22:50 ID:msxUdu4M

              ̄ ̄> .::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::\.::.::.::.:\
        /⌒l   , ‐、/ .::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:ヽ 打ち方、始め!
        {  |  ,/   |/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.::.: ',
        |  |/{   |.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.::.::.::.::ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :.::.l
   /^ヽ │  | ̄!  :l ::.l .::|:\:/ |.::l .::.::.::.::./  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:|
  {  `、 l   :l, |  :l.::.:!.::.| .::/\!∧ :.::.::./ __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::.::!
   `、  ヽヘ  :L_j  :{.::.ハ.::.l :,'   `ーヘ.::.:∧ 三三三 |.::|∨::.|.::.::.::.|
    \  ∨      ∨ ヘ.:l小. 三三 ∨       ・|.::l.::.::. |^ヽl :|
     ゝ        ヽ Ⅵハ      '      :::::::| :l.::.::.::|_ノ:l :|
    〃 `Y⌒ ー─    |_ンーヘ::::::: `ーー ’   │l ::.::.:ハ.::.::V
    {{   \      ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|:l.::.::.:,'.:.::.::.::|
     `ーt一'´ ̄て`      | l l | ヘヽ> -‐ '´ん.::リ:l .:: /:l.::.::.::.:|
       `ヽ、 __      | l l |   | l l\  ∧ ∨:l.::.:/::.:l.::.::.::.:|
            `ヽ、__////    V|ヘ ヽ_}_ ∨.:/.::.::.l.::.::.::.:|
              人彡∠/    V|ヘ  ∨ |//ヽ :.::l.::.::.::.:|
             /.::.::ヽ、__/  V|lヘ  ヽ j /// }ー-、.::.::.:|

13時15分、連合艦隊は発砲を開始した。

5131 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:23:44 ID:msxUdu4M
          ▼
          ▼  旅順艦隊 
          ▼   
          ▼ 
       ←▼▼
          
          
─────△△△△△△→ 連合艦隊


この状況に旅順艦隊は右八点(90度)に回頭し、連合艦隊の後方をすり抜けようとした。

5141 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:24:27 ID:msxUdu4M
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     あんなんと、戦えるか!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   逃げや、逃げや!逃げるんや!
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ           ∪ |)  
    ( __  ∪  ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

旅順艦隊の目的はウラジオストックへの回航である。決戦ではない。

戦意はひたすら低かった。

これを見て、連合艦隊は右16点(180度)一斉回頭を行い、

5151 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:25:15 ID:msxUdu4M
          
          ▼
          ▼  旅順艦隊 
          ▼   
          ▼ 
          ▼
          ▼
          
      ←─△△△△△△ 連合艦隊 

13時30分、不完全ながらも待望の丁字(T字)を描くことに成功した。

これにより、火力を敵戦闘艦に集中し、有利な状況にもっていこうとしたのである。しかし・・・

5161 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:25:57 ID:msxUdu4M

          
          ▼
          ▼  旅順艦隊 
          ▼   
          ▼ 
          ▼▼→
          
          
   ←─△△△△△△ 連合艦隊


旅順艦隊は連合艦隊の後方をすり抜けて、ウラジオストックへの逃走を図る。

連合艦隊司令部はこの事態を把握するのが遅れた。その結果・・・

5171 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:26:29 ID:msxUdu4M

          /  ,   ´ ̄/ \ ̄/ \  ̄ `  、
         /   /   ×  __×    ×      \
       ,〃   >、  _ ィフ: : : :√:了丁:卞、   _, <
      //   / / ̄: : /: /: : :./} : /: 厶イ: : `Y: : : : :ヽ   敵がどんどん離れていくですう!
    /     /   i: : : : :√/ ̄不:./: /: / }: : ヽ: :.| : : : : : i
.    ′  ∠.ィ  {: : : : / //__// / _二二}: :l : : : : : |   奴ら、決戦に応じないですう。やばいですう!
    厶  r‐ T丁 |: :.:/  r≠=ミ、   /  ̄ 〃: l : : : : : :!
    |: : :.|: :.:|: | X l: : :{  |i   。 ヽ   ′、 ゚ イ{: : : : : : :/   まさか、逃げるだけなのですか!
   /: : イ: : :l: K  }l: : :l  ゞ  __ノノ   、 二彡ハ: : : : : /
  /:/: : : : :ヽ| X l: : ゙、  `二ニ       \    ',: : :.〃
/ : ' : : : : : : : :.K   l: : :.ヽ           ノ    }: : イ
: : : : : : : : : : : ,: ヽ >く l: : : : \             ハ/ハ
: : : : : : : : : / : : K   >|: : : : : :\  ,. -‐¬    ' |': : l
: : : : : : :./: : : : :.| × |「「「 ̄ ̄ /一''下/    /X | : : ヽ
: : : : :/: : : : : : : jく  >|       〈     ヽ   ∧  |: : : :ハ
: :.:/: : : : : : : : :/ × ./\      \__ ィ′ /  X |: : : : : :ヽ、
/: : : : : : : : : _//  Y   l>     `¨´ , イ /  ハ、:_:_:_: : :\
: : : : : : : : :/ \ × |    >ー 、 ` ー ‐≦、廴__/|      `丶:\
: : : : : : :.:/     ー十、 | 「`ヽ\_/イ´}|    /           \}

連合艦隊が旅順艦隊の意図を察知し、追撃に移った時、距離は3万メートルも離れていた。

15時20分、東郷は砲撃中止を命令。旅順艦隊を急追した。

5181 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:27:33 ID:msxUdu4M
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     引っかかった!引っかかった!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   このまま逃げるでえ!
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ             |)  
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/


:           , -――- 、 _ _/ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : !-.-.‐.‐.‐. ァ
    __∧': /   . . . : : : : : /: :/: : : :`: :<
.  /:::::::::::::::::〉: : : : : : :./: : : :,:イ: :∧: :i: : . .\:`ヽ   ○    捕まえるのよ!
  〈::::/:::::::::::/: : : : : : :/ : : : / /: /  ',: |: : ハ: : ヽ  \
  ∨:::::::::::::/: /: : : : :/: :-∠_/_:/   |: |: : :∧: : :ヘ、  ',      逃げられたら、大変なことになる!
  〈:::::::::::::/: /: : : : :/: :.X   //   \!∧: : : :',: : : ハ\j
  /\:::::/: /|: : : : /i/  \      /`ー∨: : :l: : : :.!        o
  ,'.:: : :ヾ:./´ !: : : /  ̄ ̄ ̄       ___∨: :i:. : : :!
. i.: : : ./イ!  |: : /      __    \    /!: ;イ::. : :.i〉
. !: : : : .::|:.ヽ_j: /     /:::::`:.、   \ /、|:/:.|:::. : ,'
 j: : : : : .:!:.:/ |/ \    /::::::::::::::::::〉     ! }':.:.:|∨:/     o
 |: : : : : .:|:/    > 、j::::::::::::::::::/   , イ-<:.:.;イ:.Ⅳ
 |: : : : : .:|'   /   |` ーrー-イ--‐ '  |:.:.:.∨:.!: |
 |: : : : : : !   〉     |  /ヽ  ヽ  o j:.:.:.:.:. : !: |          O
 |: : : : : : |  /`ー 、  |    ,!  }、   |:.:.:.:. : :.|: !    ○
 |: : : : : : | ./    ヽ |\/,|  / ハ   |:.:.:. : : :.|/
 |: : : : : : |/      `|\///   |  .|::. : : : : |

このままウラジオストックに逃げ込まれては、制海権維持に大きな影響を与える。

急追する連合艦隊。しかし、追いついたのは17時30分だった。

距離8000メートルで、旅順艦隊の戦艦ポルタワから発砲を受ける。連合艦隊も発砲し、戦闘が再開された。

両艦隊は並行しながら戦闘する同航戦で砲火を交える。

5191 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:28:11 ID:msxUdu4M
               _,.-‐::────::-.、
             ,ィ´ : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ、
              /: : : : : :| : : :| : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
         / : : : : / : :;|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         /:.:.:./:.:.:.:/:.:.:/:|:.:.:.::|:.:/|:.:.|::∨:.:.::|:.:.:.|
       /'´7:|:::|:.:.:.:チ==::|:.:.:.:.|/:::|=:|=V:.:.|:.:.:.:|
        /:|:.::|:.:.:.:.|:/:::::::∨:.:.|::::::ヽ:|::::::∨:j:.:.::.|
        j:.;|:.:|:.:.:/:´::::::::::::`ヽ|:::::::::::::・:::::∨:.:.:.|
        |/|:.::|::/ :: :: :: ::ノ:: :: :: : :: :: ::'":: :i'´ }:|
          |:.:|ハ : : : : :'〈 、゛: : : : : : : : :;ハ_,ノ:|
            |:.:.:ハ     r-‐‐、       /|:/ヽ:|
          |:;ハ::j、    i:::::::::::ヽ.   / |'
           ´  `ヽ、  |:::::::::::::::ヘ.  /::: |
               ヽ、.|_;;;;;;;;;;;;;_,〉,/::::;' :|ヘ、
                 `ーァ--‐ '"::::;' /  \
                ,ィ´ |、    _,rヘ、
               / .|  |    〈_/ヽ. \
              /',  |  |     /`ヽ   `
                /    |  |   ,'`ヒ
            /  i  |  |   /   廴_
            /___:|  |  | /  /  `ヽ
             //△V:|  |  |/  /  i!
          / ̄ ̄ ̄|  | /  / i  li
          ノ     ::|  |/  /  |i  l|i
         /"   |li :::|  /  /   |l!

    三笠艦長 伊地知彦次郎大佐

三笠も数多く被弾し、艦長伊地知大佐が重傷を負うなど、艦上は死傷者であふれた。

5201 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:28:42 ID:msxUdu4M
         ________
       /:.'`::::\/:::::\     やったで!もうすぐ日没や!
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ   逃げ込める!
     |::〉   ●"    ●" |   
   (⌒ヽ             |)  俺の逃げ足は宇宙一や!
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

日没を迎えると砲撃戦は難しくなる。このまま決着なしかと思われた18時37分。

5211 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:29:21 ID:msxUdu4M
        ,.      ___            
         ' 。゚ /|: : : : : : : :\::\        
       ・ 。;゚/  \\: : : : : : l:: l       
       ゚。゚ / \__,.   ̄ ̄//|:: |       
  ヾ。 ・。,  ./ _  ̄  {、 <<: : ::|:: |       
  ゝ    _ノ___h  }  }^'  |: : :/ / ____
 ミ 。∴>ゝ、    ^ //三 ̄ ̄ ̄ ̄三/ ̄ / 
 彡   \ ̄\_ 〃三         l |   |三
   。 ・:}}ヽ ̄ ̄ ̄|l三 /  }三   三ヽ__ヽ 三
      _\__ ヽ\__(___,ノ / / ̄ ニニニ
    /   ヽ ̄ ̄/ \、三ノ ノ         
    |     }   |     l ̄           
    |    /\  ノミ  __ノ ⌒ヽ          
    ト      }/、__ /,. ──-、         
    ヽ \   ´  ノ  (       )

旗艦ツェザレウィッチの司令塔に、三笠が発射した12インチ主砲弾が命中。

ウィトゲフトら司令部と、艦の首脳部を吹き飛ばした。

ツェザレウィッチの舵手も重傷を負い、艦は運動の自由を失った。

旗艦の異変に、大きく旅順艦隊は混乱する。

5221 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:29:56 ID:msxUdu4M
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_  __ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )           ̄ ̄>:.:. .::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::\.::.::.::.:\
  (´   ─、,,_  入_____ク            /.:.:.:.::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:ヽ  全艦攻撃!
  }         \_/   /              /:.:.:/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.::.: ',
  {   ─、,_   !   、ゝ、           _/.:.::i.:.|.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.::.::.::.::ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :.::.l
  ヽ      ヽ/  /´|ヽ ̄\       ̄「:.:.:!.:l ::.l .::|:\:/ |.::l .::.::.::.::./  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:|
   ヽ ¬─-ー"  /  ヘ |`    \       |:.:/| l.::.:!.::.| .::/\!∧ :.::.::./ __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::.::!
    ゝ、_     _L /  |      \    |/ |:..::.ハ.::.l :,'   `ーヘ.::.:∧ 三三三 |.::|∨::.|.::.::.::.|
      `゛ー< /   !       ヽ._ _     リ∨ ヘ.:l小. 三三 ∨       ・|.::l.::.::. |^ヽl :|
          ∨  /           ヽ__    Ⅵハ      '      :::::::| :l.::.::.::|_ノ:l :|
           `\            \ ヽ ̄¬_ンーヘ::::::: `ーー ’   │l ::.::.:ハ.::.::V
               `\                 ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|:l.::.::.:,'.:.::.::.::|
                \ ,..                 | l l | ヘヽ> -‐ '´ん.::リ:l .:: /:l.::.::.::.:|
                    ̄¬ -- ___ _    | l l |   | l l\  ∧ ∨:l.::.:/::.:l.::.::.::.:|
                             `ヽ、__////    V|ヘ ヽ_}_ ∨.:/.::.::.l.::.::.::.:|
                              人彡∠/    V|ヘ  ∨ |//ヽ :.::l.::.::.::.:|
                             /.::.::ヽ、__/  V|lヘ  ヽ j /// }ー-、.::.::.:|

この機に乗じて、連合艦隊は旅順艦隊を包囲、せん滅すべく努めたが、

日没となり、敵艦は包囲網をかいくぐって逃走。20時25分、東郷は攻撃を中止した。

5231 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:30:28 ID:msxUdu4M

                   l/´      `ヽ::ヽ、
      ____ __      ______ __      V:::〉
   ‐=ニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:`>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー::-..、j:./_
       ̄>:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:..:,ィヘ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:`ヽ、
      / :.:/: : : : : :.:.:.::.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ハ::.:.:.: :.`ヽ、
     /.: ;/. : :/: : : : : : :.;/ : : :.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:::.{  j: : : : : : :.ハ   失敗しちゃった・・・
    /: :,イ/: ;.;/ : : :/ ::/:.::j.:.:.:.:.::i:.:.: : : : : : : :`ー' : : : : : : : :j
    // ///:.:.::::/.:.::::/.:.:/|:.:.:.:.:::|:.:.:j:.:.:.:.:::i.:.: : : : : : :|: : : : :|
    '´ /'´ /:.:.::::/:.:.:、:/´|:/ |:.:.:.:.:::|:.:.ハ:.:.:.::::|ヽ;:.:.:.:::::.:.:|::::.:.: :|
        /:.:::.::/:.:.::::/\|:|  |:.:.:.:.:::|::/ ∨::.::| |.:.:.:.::::.:.:|:.:.:.:. :|
      j:.:.:::.:.|:.:.::::/ .___jj\ |:.:.::.:::|/   ∨:j __|:.:.:.:.:::i:.|::.:.:.:.:|
      |:.:::.:/j:.:.::/ マテャォ、 |:.:.:.::| --‐=|:/~_. |.:.:.:.:::|:;|:i:.:.:.:|
      |:.:./ .|:.:/}::〉i.ん。:;|   V::.::|  テ≠ャォャ:|:.:.:.::::|/:|:.:.:.:|
    λ⌒⌒Y⌒Y⌒ヘ.`-┘   ∨:| んィ::;ノ /i:::|:.:.:.:::|::::|:.:.:.:{
    j ) :: ..   ...   ハ       ヽ| ` ー- ' |::::|:.:.::::|::::|`)::〈
   (´ ,  ::   :::  :::  }            ・ |:::::|:.:.:::j::::|ノ:ヽ::\
     ~ヽ、_,-vヘ  ノ:::  j..tー-- 、        .|::::::|:.::/::::|i:.:.:.::∧:.:\
      / / ,/;;i^l_(ヽ,ノ::::`ー-'´-ァ‐─r<´,|:::::::|;/::::::|:|.:.:.:.:.:ハ` ̄
        { | j_:;j .|_,〉.〉::.:.:|  /         /|::::: ::::::::::::|;;|.:.:.:.:.:.:|
       ヽ、      }::::.:.|  j\___/. |:::::i::::::::::::| `ヽ、:.:.:|
       ,ィ'ヽ、____,ノヽ;:::|  |     /  |:::::| ::::::::::|/,ィヘ、:.::|
     _/ \    ̄.__}:::|  |    j´ヽ、_|::::| ::::::::::|/  ハ:::|
    /´\\  ̄ ̄ ̄ |:::|、  |   ,∩/´,ィ´`ヽ、;::::::j     |::|


ツェザレウィッチは中立港の膠州湾に逃げ込み、目的のウラジオストックにたどりついた艦はいなかった。

しかし、大多数の艦は旅順に戻ることができた。艦隊決戦を行ったが、敵艦隊は撃破できなかったのである。

5241 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:31:15 ID:msxUdu4M
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  こうして、海軍待望の艦隊決戦は実現したが、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) その成果は、不十分なものだった・・・
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ ところで、あまりにも有名な「丁(T)字戦法」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │という言葉が出てきたのだが・・・
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

5251 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:31:55 ID:msxUdu4M
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   これは、詳しいお!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   丁字戦法とは、日本海軍が考案した画期的な戦法だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   敵艦を進行方向から横に見て、砲戦に有利な状況を作るんだお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |      味方・敵の艦隊で丁(T)字上の陣形になることから、この名が付いているお!
    `ー---‐一' ̄


          
          ▼
          ▼  敵艦隊 
          ▼   
          ▼ 
          ▼
          ▼
          
      ←─△△△△△△ 味方艦隊

※←は進行方向。敵の先頭艦に砲火力を集中させ、敵艦の各個撃破を目指す。

5261 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:32:31 ID:msxUdu4M
         ____
        /⌒  ⌒\        でも、敵艦に横を見せるということは、
      。o(゜>)  (<゜)o 。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     自分たちに敵弾が当たる可能性も増すから、
      |     |r┬-|     |   て
     \      `ー'´     /( `´) そ とっても、勇気のいることなんだお!
    /           \ノ ノミ
    |\ \・      ・ \____ノ



         ____
         / _ノ ヽ、\    これを考え出したのは秋山真之だお!
      /o゚((>)) ((<))゚o
     /    .:゚~(__人__)~゚:\ 秋山は「智謀沸くが如し」と言われた、
     |         |r┬-|    | 
     \、     i⌒i‐'  ,;/  天才だお!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

527名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 00:32:33 ID:ohxXPMYQ
大航海時代4でゲルハルトが教えてくれたなぁ

5281 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:33:03 ID:msxUdu4M

   / ̄ ̄\     ちょっと、違う。
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \

5291 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:33:37 ID:msxUdu4M

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \  まず、なぜ敵艦を進行方向の横に見て、
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  砲戦を行うのか、ということから見ていこう。
    (          |
.    {          |  これには、当時の軍艦砲配置を考慮する必要がある。
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/

5301 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:34:15 ID:msxUdu4M

      /\
    /   \
   /      \
  │ ┌┼┼┐ │            
  │ └──┘ │
  ┼      . ┼              
  ┼      . ┼                  │ │ │ │ │ │
  ┼      . ┼               │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ┼      . ┼               │   ┌┼┼┐  ┌┼┼┐  \
  ┼ ┌──┐ ┼               │   └──┘  └──┘  /
  ┼ └┼┼┘ ┼               │____________/
  └─────┘                  │ │ │ │ │ │

 
※敵艦を進行方向に見た場合、    ※敵艦を横に見た場合、左右どちらかの舷の砲が利用できる。

進行方向の砲しか使えない。       主砲塔は、両弦どちらにも指向できる。


主力である戦艦・装甲巡洋艦の砲配置は、艦前後に連装主砲塔、左右両舷に単装の中間砲・副砲を備えている。

砲火力を活かすためには、左右どちらかの舷に、砲を指向させたほうが良い、ということになる。

5311 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:34:44 ID:msxUdu4M

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    確かに敵艦に向ける面積が大きくなるから、
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   被弾する可能性は増すだろうが、
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l そのデメリット以上に、火力を集中できるというメリットが大きい、
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   というわけだ。
   /     ヽ \

5321 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:35:22 ID:msxUdu4M

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)   日本海軍が考え出した、と言われているが、
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    火力を活かそうと思えば、このような着想に至るのは、
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }     難しいことじゃない。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__     帆走海軍の時代には、舷側にしか砲が置けなかったから、
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.  敵を横に見て戦うという考えが、すでにあった。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  / 正確には、この戦法を初期に使った海軍の一つが、

                  日本海軍だった、というべきじゃないかな。

5331 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:36:11 ID:msxUdu4M
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \   で、この戦法を日本海軍で最初に考えたのは秋山真之だ、
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   と一般には信じられているようだが、異説もある。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \  秋山の経歴を参照しながら、ちょっと整理してみたい。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     ) 
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

5341 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:36:53 ID:msxUdu4M
                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
-―┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ }

秋山真之という人物が海軍部内で本格的に注目されるようになったのは、大尉時代のアメリカ留学からである。

彼はアメリカで戦略・戦術思想を研究し、体系化した。この思想は日本海軍の基本思想となる。

5351 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:37:25 ID:msxUdu4M

                  / ̄ >―───―-
             , -ー─ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
             |: : : : : : l: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : \     これは、いいですわ!
.           |: : /: :.:|: : | : : : : l\ : ヽ: : : : : : : : :\: :ヽ
          j/ : /: :.|: : | : : : : |ー\‐丶-: : : : :.ヽ: :\ハ ┼ 秋山という男、覚えておきましょう!
          /: : : / : : |/|l.: : : :.|   _\ }\: : : : : l: . : |:|
           /: : : / : : ∧ :八.: : :│ 行う示㍉ヽ: : : j\: |:| _人__
        /: : : : | : : ,′'x=ミ、 : : l、  |j:_ハ_jⅣ:.ヘ : / : :j/:| `Y´+
         |: :/| :│ : | /イノ'ハヽ :{ :>弋_Yソ |│:.Vヽ: : :│ +
         | :ハ: : ヽ:小'{iヘ_Yソfj⌒ヾ、 ''  ̄  ,| j: : :! } : : |
         ∨ ヽ: : ト{ ハ ゞ'´/tー'^ヽ`ー‐ '´|/∨:|イ : :│
        ヽ   \!/\j__''_ノ ∨  }    / : : :.|│: :│
               |: :.:ノゝ, __/⌒'<_ イ.: : : :.:|⊥:.:八
               |: :/: :j: : |/ ノ`ーくヽ ∨: : : : : リ'⌒\丶
              ∨: :/ : /   ̄ヽ_)_)‐': : : : :〃    `、:\
            / : / /7   Y '´ ,ィ’ : /: :/       |: : :\
             /: : : / ∧{.   ノ // : : /: :/      │: : : :.ヽ
          /: : : /{ノ ヽ\ー/「 /! : :∧:/       ハ: : : : : :i
            /: :./ :厂\ \\ヽ∨∧ / 〃          {: ヽ.: : : :|

帰国後、彼が提出した留学・および当時行われた米西戦争の観戦報告書が海軍上層部の目にとまった。

これが、秋山を将来有望な若手将校として、認識させるきっかけとなった。

5361 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:38:44 ID:msxUdu4M
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V     真之に教えられる教官なんか、いねーですう。
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',

帰国後、常備艦隊参謀を経て、参謀将校養成機関だが、高等戦術研究機関でもある海軍大学校教官に着任。

予期される対露戦の研究とともに、日露戦争で中堅参謀として活躍する多くの学生を育てた。

日露戦争における秋山の戦術構想の基本は、ここで作られた、と言って良い。

5371 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:39:13 ID:msxUdu4M

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      以上が秋山の日露戦争に至るまでの略歴だ。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、  それでは、日本海軍の艦隊運動における
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'  思想の流れを追ってみよう。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

5381 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:39:45 ID:msxUdu4M

     ..:.:´:.:´:.:.:./:.!:.',:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ`:.:、:.:.:.ヽ
   /__/:.:./:.:.:.':.:.ハ:.:',:.:. i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.,-<::ゞ`::::ー..
 / ´ ./:.:.:/:i:.:.:.:.!:.:! .!:.:.l、:.:',:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:〈:::::::ヾ::::::::::::::::`::...、   艦隊運動の基本は単縦陣よ・・・
    . /:.:.: ':.:l:.:.:.:.l:,:l  ',:.:l ゝ:=-、_:.:.:.:',:.:.:.:',::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::}
    l:.:.:.:イ:.:l:.:.:イ:.l  .',:.! ヽ:'.,ヽ:.:`:ーl:.:.:.:.l:::::::::::::',:::::::::::::::::/
    l:.:./ l:.:l:.:.:.:ハ:!   .ヾ  \_,,xzぇァl:.:.:.:.l:::::::::::::::l:::::::::::::/
    l:/  l:.ハ:.:.ヾ≧.、  ヽ,ィf::::::ひ7:.:l,:.:.:.i‐.::::::::::!:::::::::/
    !'  .l:lゞ:. l:.:V心      !ゝイ,ハ:l ',:.:i }_...:::::夲、〆
       !' ヾト:、ゞ"      ゞー''  .}' ソ ノ:.:.:.:.:.:,':.:.l ',
            }.从  '、 ,      ,夂匕/:.:.:.:.:./:.:. l:.:',
           .个:..._   _ ..イ_/:.:.:,:':.:.:.:. ,イ:.:.:.:.l:.:.i
           i:.:.:.:.:.:i:`Tス   V:.:.:/:.:.:.:./!:!:.:.:.:.:l:. !
            !:.:.:.:.:.:!r'´:/} ./': ,.:':.:.:.:.<  l:.:!:.:.:.:.l:.:l
           ,.:.:.:.:.:ィ'::::/ ̄ソ´:/:,:.':,.::'´,.:-ヾ: l:.:!:.:.:.:.l:.:l
            /:.:.:.:.:/i::::l  /:::::/:/:,.:':/    }l:.:.!:.:.:.:l:.:l

日本海軍における艦隊運動の基本は、各艦が縦一列に並んで行動する単縦陣である。

これは、日清戦争において活躍した坪井幸三が提唱し、当時連合艦隊参謀であった島村速雄

が支持してまとめあげ、艦隊に徹底させた。

5391 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:40:31 ID:msxUdu4M

              __,..-‐:‐::‐/:ヽー:‐::‐-:.、__
       _,..-‐:‐:'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
       ´ ̄>:´: : : :/: : ;ィ: :/'ヽ:::、:: .:ヽ、:: : : : : ヘ
       /: : : : : : /: :.:/ |:.:|   |:.:|`ヽ: :l::.ハ::: :ヘ::ハ
        /: ::;イ: : : : j :-/‐-|:.:|   |:.:|-‐|-:|::. :l:: : :ハ::}
      j://:.::/: :::|:.:/___、 |:.:|   |:.:|,__j:;/:: : :|:: :i:.:|:|
         /:.::/: :::/|/,ィテz、ヽ:|   j/ィテz∨:: .:|:: :ト、|:|
       j: :/ : :;ハ ,ィ'f-'::ハ      f-'::ハ`V::.:|:.: :|:: :j
       |;/|: :/:.::ハ`、Vィ:;リ      Vィ:;リ,' |:V:\:|::/
         |/|:i:. :::j ゛ ̄   __'_  ̄" |::.: :|,ノ::/
             |:|: :.::i:ヽ、   V__,ノ   ,.ィ:|:::: :|:::λ
          ノ:;|:.:.::ゝ:::::>‐:-r -r-:<:::i::|::: :j:.:/:::\
        ´ ̄|:V: :::|\::::__:;ノ  ト、::__::/|::.:/:/:.:{ ̄`
          j;/ヽ、:|ィ'´~j |‐-  -‐| {`ヽ|:/'"\:|
            /´~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ヽ、
           ,ノ ̄ ̄i ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄i ̄ ̄~`}
             {     i::          i/:     |
            |     |::       {:.:     |

               山屋他人

そして、その単縦陣から発展した思想が、円戦法である。これは、単縦陣で敵の先頭艦を中心として円運動を行い、

敵に真横を向いて砲火力を集中する。海軍大学校教官だった山屋他人によって考案された。

これにより、山屋を丁字戦法の考案者、とする説もある。

余談だが、この人物の子孫は今や、いとやんごとなきお方である。

5401 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:41:06 ID:msxUdu4M

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \   この円戦法、使えるですう!
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   / ちょっとアレンジすれば、もっと良くなるですう!
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|

こうして、丁字戦法が考案されたのだろう。

5411 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:41:42 ID:msxUdu4M

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  秋山は山屋と入れ替わりに海軍大学校(海大)教官となっている。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    秋山は日本の水軍戦術から丁字戦法を思いついた、とも言われているが、
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    海大での先人の研究成果も、当然入れているはずだ。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ. 
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

5421 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:42:28 ID:msxUdu4M
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   つまり、丁字戦法は秋山の独創的な戦法ではなく、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  海軍先人の考えを彼がアレンジし、再構築したもの、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  というのが妥当ではないだろうか。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │ 秋山「だけ」の功績とは言えないのではないかな。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

5431 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:42:55 ID:msxUdu4M
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \   さらに、丁字戦法が非常に有効だった、とする説も疑問がある。
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   確かに、決まった場合効果はあるんだが、そうするのは非常に難しい。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }  特に黄海海戦のときに・・・
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          ▼
          ▼  旅順艦隊 
          ▼   
          ▼ 
          ▼▼→
          
          
   ←─△△△△△△ 連合艦隊


連合艦隊は丁字を描くよう努力したが、旅順艦隊の艦隊運動に翻弄され、後方をすり抜けられるなど、

艦隊を捕捉・撃滅できなかった。実戦では、丁字戦法の有効性を証明できなかったのである。

5441 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:43:34 ID:msxUdu4M

        / ̄ ̄\
      /       \                  丁字戦法が有効であるためには、
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                 ・常に敵の艦隊運動を制し、敵先頭艦の頭を抑えるために、
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   敵より速い速度、優れた艦隊運動の技術があること。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     ・敵の一艦に射撃を集中させるために、射撃管制に
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      優れなければならないこと。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――       が、戦訓となったわけだ。
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

5451 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:44:14 ID:msxUdu4M
                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ ノ  \ \  後、東郷が丁字戦法を実戦の場所で、直感的に採用した、
     __     | 、    ノ__ .|  (●)(●) |
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_  (__人__) .|  という説もあるようだが、そんなことはない。
/            \  /       / `ヽ ` ⌒´ |
{        ,.     y′     /   /ヽ    ノ  開戦前に「連合艦隊戦策」が艦隊に配布され、
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ   その中で丁字戦法を使うことが明記されていた。
           ` ー、               .ノ .. |
            ヽ.__         /  ... |   丁字戦法を使うのは基本方針なんだ。
               丶--―‐--'´

5461 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:44:36 ID:msxUdu4M

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    東郷にしろ、秋山にしろ彼らを賞賛したいがために、
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   「神格化」されているように思うな・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  その反動もあるみたいだが・・・
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   本編に戻ろう・・・
   /     ヽ \

5471 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:45:13 ID:msxUdu4M
          __,,,,.、、、 --──- .,_
           /            `''ヽ、   旅順艦隊の出迎えに行け、か・・・
        /       ,.,.,.,.,._         \
        / {      ,./    `ヽ、      ヽ
      l  / ヽ-- ''"        ゙、        ゙、
      ノ ./    i '´ ___,. -─‐-、 <         l
     (  l _,,,,,,.___ l  r',,. -o=,.‐‐-ゝ!       i
       ゙i レ .,-o==ヽ   `ー‐''"   r'  i´⌒ヽ  {
        ヽi 、`ー''"l  i ゙i      }   ゙i-,  l   .)
       lヽ,   /   __     /|     }'  l  /
         { |`  〈.,,___ ,.-<,._  ' `ニ7,._ノ  /  '-,
       〈,l ,r'´       ゙ヽ、   ̄  `ヽ、___,.ノ
        | L,,. -────--- .,ゝ     ノ     ゙、-、
         ゙、   ---            /  ,,. -'"-'゙i
         ヽ、,        _,,. -'"_,,. -'" /´   ゙i
           ヽ、____ ,.-'"_,,. -'",.-'" `} `゙ヽ   l- 、
           ゙、 ヽ,___,,. -'",. -'"  、___ノ ノ`ヽ!,.-'";;;;;;;;;`'''-
            |゙'i | r‐'',.-''"-/   `''ー ' ,.-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

一方、黄海海戦は、副産物をもたらした。

8月11日、ウラジオストック艦隊は、旅順艦隊支援のため、朝鮮海峡方面への出撃命令を受けた。

12日5時、エッセンはロシア、グロムボイ、リューリックを率いて出撃した。

5481 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:45:40 ID:msxUdu4M
                        /^\_
               ,ィー‐ '⌒´ : : : : ヽ: `ヽ、
          , :≦7: : : : : : : : : : : : : : :ヘ : : : \
         /: : : /: : : : : : : : : : :∧: : : : :', : : : : :\      ウラジオ艦隊は必ず出てくるよ!
    rー<⌒\_:_ /: : : : : : :/ : : : :} ',: : : : :}: : :ヽ: : : \
    |: : : : l::..::..:ヽ/: :/ : : : :/ /⌒′│j: : : ト: : : ヘ \: :ヽ、  今度こそ、今度こそ・・・
    |: : : : |:::::::::::' : / : : : :│: : : /   |:ハ : : |ハ: :l : |: : :ヘ
    |: : : : |::::::::::i :│ : : : : { : : : ,イ气 リ ヘ : 心}: }: :|: : : :}
.   /|: : : : }::::::::::| : | : : : : /l: : :/{::ヘ_∧   j/{rイ: | : h: : :′
   ' :|: : : : l::::::::::{: ∧: : : /:ヘ: 〈{ Ⅵ: : :}     Ⅵ: |: / }: /
  {.:::|: : : : |::::::::::Ⅳ::{ : :/ : : :V  ゞzソ     \Ⅳ ,j/
  └┤: : : ヘ:___/⌒l: /: : : : :|    "   rー┐  }:ヘ
    | i: : : : : ヘ ー {^Ⅳ{: : : i: |      { .__{  厶/
    | }: : : : : : { : : ヽ、_|: : : l: l           / }
    |八: : : :∧ヽ`゛<ム : : h:{   ____ , く: : :│
    |{ }: : /  ヽ{     }: : :|ヘヽ、 /} : 八 } : : |
.      j/       ∧ : ト、\  ヽ\}  |: /リ
              / ヘ: :l \   } ヽ. j/
           /     ヽ{ ,ィー―ヘ   \
             /ー 、     f } /⌒}   //}/⌒ヽ
          /⌒ヽ、ヽ   /^\  こヘ 〃 に⌒ /ヽ、
            {⌒\ ヽ\{\  \}⌒ /   { ,/ /∧

上村もウラジオストック艦隊出撃を予期していた。

11日11時30分、装甲巡洋艦4隻、巡洋艦2隻を率いて対馬を出撃、索敵しながら北上した。

両艦隊が接触したのは、14日4時30分、朝鮮半島 蔚山沖であった。

5491 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:46:08 ID:msxUdu4M
                          ___,ィ、-‐;/´ヽ、 °,、            o
                 o      ,r'`ヽュ'´__/  `^'     }^'´ λュ     ,ィ´)ュ    敵艦隊発見、各艦集合!
  ┏┓  ┏━━┓          // /::::}/   : : :/ .:::   j::   ∧::\,,r‐vヘ 辷,}
┏┛┗┓┃┏┓┃       〈::::j/ /::::/    : :.:/| /|::. ,/i::: j  ハ::::/  ∧ }-‐'     ┏┓┏┓
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━━━.∨ ,/:::;/ ;/ /:.:;/ | / |:: / }::/::  : }'     ∨         ┃┃┃┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃      / ;  ̄{ { /;/`jメ、, |;//|/}::. /i: j     /━━━━┓┃┃┃┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━━j/| : : :ヽ|V|' ,二ニ=   -=ニ、/:|:: /::j;イ     /       ┃┃┃┃┃
  ┃┃      ┃┃   r'`Y´}    j : : :(_| ::{、   ,--┐  j:::j;/:::::ト;|   ,/━━━━━┛┗┛┗┛
  ┗┛      ┗┛ 〈__`メ" ,}ュ、 /:;/j;/_| :|>‐-V__,ノ-‐'l´ :::jリ\:{:  /          ┏┓┏┓
               |ト_,/  λ'"  ,/´ ヽト.|   |\,,/ | j,/´ ,  `,/             ┗┛┗┛
               `ヽ、   }-‐'´ヽ  ,} \/ヽ,∧、j\,/i/-‐'´

5501 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:46:39 ID:msxUdu4M
          __,........
        ,.-'"   ,.-'""゛ー-..、
      ,.:'/    ,:'       `、   敵艦隊は強力だ!
     ,:'. ,'    /    __,.:'"´ ̄`:.
     ,''、,'_,..,  __!,... -‐'´i   ,.、'ニニ; ウラジオストックへ戻るぞ!
    .ll 、:,-'  .!___,... -く|   | |   i
     |ヽ!_,.-'"´t:・‐=:ァ |   | |ニ  |
     .ll !、.'!  .、`='  |   | |―  !
     ||'i :j .__,ュ_  ,.-'l   | !、__j
     .ll l!,.-、、、~\ rj   !/ _/
      !!.! ,.`‐-` ̄/ ;    ̄_,.:'
      |`lニ;ニl>-‐'  i __,.-'"´`!
      `Tー―-- ...-‐'"三三_,.-'`ー-
      /,j l      __,..-‐'"
     ,.r' `,'ー―-‐‐'"
    .〈 ,-'┐        ii___,,..-''"
     V‐-:!   ||__,,..-‐‐'''"
     ,'‐-:!ー―''"

エッセンは、艦隊を反転させ北上させたが、

5511 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:47:17 ID:msxUdu4M
            __ /: : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ
       /7::〃: : : :/: :,': : : : : : : : : : : ハ\r-、_
.      ///: : : : /: : l: : : : : : /: :|: : : : ハ/::::∧: `}  追うの!
      | |' : : : : ./⌒'|: : : : : ∧⌒ヽ: : : ハ:::::::::|: :ハ
      レ / : : : : ll: : ハ: : : : / Ⅴ',: : : |: : :∨ :::!: : :l ここで、捕まえられなかったら、
        //: : : : /:/l :′ V: : :′   l: : : !: : : |::::::| : : |
..     l/.: : : : :l/ !'    V/   __ |: : .|: : : :L:::」 : : | 明日はないものと、思ってね!
      | : : : : :∧ ,ィ三x     イニミx..:∧ : : l: : : : : :|
      |: :l! : : l: :∨          }/: :|: : /: : : : ハ{
      l.:/lヽ: :|: : l     r―ヘ     / : : !: /: : : : /
       j' |: :ヘl: : > ._  ゝ_ ノ   //: : ,j/ |: : : :/
       l: :∧: : : :!   ≧ーr-</イ: : /  .l∧: .′
       | '  ヽ、:|   /い_ / j/、   Ⅴ
              ヘ!  ∧___/__ヽ
               /ヽ     /  ヽ|

上村は優速を利用して追撃、5時30分、最後尾のリューリックに対して、射撃を開始した。

552名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 00:47:34 ID:1vXvt7uY
>>539
一族に連なる名前がなかなかエキセントリックですよねー。

まあ、出来れば男子も産んでいただいて、ぎゃーぎゃー騒ぐ人たちは黙らせてほしい気もしますが。

5531 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:48:06 ID:msxUdu4M
               r-‐┐
      __,.ィーマヘ/ヽ-ヘ.ヘ      あはは♪
     <´  /: : : : : : : : : :.ト、: :ヽ:.ヽ
.     \ /: : : : : : :∧: : :.:.l: ヽ: :.\::\   敵艦隊火達磨だよ♪
     _/: : : : :/: :.l l: : : :.|  l: : : :.ヽ:.:ヽ、
   /´:./: : : : :/: ,斗 |: : : :} 下`ヽ ト、:ヽ:.:i
  l: : : /:./: : :./:.イ: :l  ヽ: :/    ヽ:.:ト、l: :.ト.|
  {: : /;.イ: : :./l/ |:./   }/   _,_  V: :.l:.:.l
  l: :.l/: |: : :/∧ l/ ,.≠=    '⌒ヾ {: :.!:.:.|
  ヽ:.:l: :|: :./: : :V /             }: : ヽ|
   }:.l:.:{: :∧:.!:.∧ 、、    ___     イ: :.l:.|
   |:.l:. |:./::弋:.{::丶/)、_ (_,ノ ,. (\,|;/|:|:l
   l/|:.:l∧:( `':: /,/   下、 `Y /^ヽ、
.    '、!  ヽ  /、ヽ, \ i \ つ ノ / }
         ハ ヽ Yつ      `Y イノ/
         { ヽ_ゾ        ` ̄

両艦隊で激しい砲撃戦が繰り広げられる。上村はここぞとばかりに猛烈な射撃を実施した。

ウラジオストック艦隊三艦は炎上、特にリューリックは激しく、大破して戦闘力を失い、洋上で停止した。

5541 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:49:22 ID:msxUdu4M

                       _...-::::'":::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ノ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             Y":::::::::::::::::::/::::::::::r-――-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::|
              ノ::::::::::::::::::::::::::::::::チ      `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::|:::ヽ、   リューリックを救え!
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::/          `ヽ、::::::::::::::::ノ::ノ:::::::l::|
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::{     ___    ̄ ̄`ー‐"ヽ::::::|::|
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/   /::::::::::::::::::\. \      ヽ:::::`|
          ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ̄二ニ=、_;;;\. 〉         |::::::|
           Y:::::::/ヽ::::::::::::::::| ,     、_○-' _`ー`/  イ-―:::::::Y::::::|
             |::::/ ┐ l:::::::::::::::〉 \    `ー--― "/  ヽ ヽ`=、‐:、:::|::::ノ
            /::::| ./ |ノ::::::::::::/  `〕        /     | |`○_`  >"
             /:::::::| | r|:::::::::::::::\  /"       ! ,     、|. ヽ`ー- イ   
          l:::::::::ヘ. | | |::::::::::::::/ ./      ____<_r-r-,   l    |    
          ヽ::::::::ヘ ヽ |:::::::::::::`ソ !     /:::::::::::::::`::ー--<´  ./〈
           \:::::::\ `ー―‐"     <´::::::::::::__:::::::::::::::::|  l:::::l
                /_::::/l          / ̄ ̄ ̄     ヽ\::::::l. / ̄
            /     \        `ー--------、___ソ \:| |
             |        .\                     l     l
              |       ヽ.\           ー―'''''ー /    /
            .|        ヾ, \                ィ-"
     r―――┴--==__  ヾ.  `ー-、 _             ノ
     /             ̄ ̄`ー―‐-、_ `ー---―.t ' ´
____/                     ミ ̄`ー--、__ |
   ̄`\                     ミ\     ̄TTー--、


エッセンはリューリックを救うべく、何度も反撃を試みるが、ついに断念。ウラジオストックへの撤退を開始した。

5551 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:49:53 ID:msxUdu4M
           ,... __r-イ`: -‐''`ー、
.           / : : : : : : : : : :、: : : : ヽ、
      ,rx_./ : : : : :i.:l : : :.:.l: :V : : . >゙Y^ヽ.__    追撃するよ!
     //`/ : : : j: : j.:|: : : : |li :ト、: : : : : Vi⌒i ト、
...    / :/ :/ : : : : |: :ハ |: : : : ||ト|、 !..:.: :,: : Y、.ヾ \ 我に続け!
   〈 :/ :/:/: : i:..:i|イ |从: : : || |!`i: : :.:|i: :.|ハ  丶./
    .〈/.,'イ: : :..| :.:|:| |リ V :.リ |  V: :.|| : i: :|  Y
     〈 i/:| :.:.:.:|: :ハ! _.!  ヽ!|  ,...._ V. || : ト、|..イ
    ,. ┴┴ー:ト、| ,rf三ミ`   . イ三ミ>|:∧ ,':.:.|:i::|
   f         | ゙´ ::::::: 、 :::::::  イ: :ハ,':..:.:.ル|
  i,  ____ .ハ.    r--,    ,!:..|:1.i: :./ リ
  | r´.______|::`ト .._ ` __..ィ1:.:.| | |:/
  |1´ ____|: :tー"::::j   :!、`Y!リ..:.| |リ'
  | !Y´     ノ トト、  〈 _ | .イ: :/、
  |..` ̄ ̄ ̄ ̄|:.:.トヾ V .:|´  `.!  |:///i

上村は残るロシアとグロムボイを追ったが、

5561 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:50:28 ID:msxUdu4M

          ,. :<: : : {    }: : /   ,/
       /: : : : : : : :,> 、 h/___.. -<
        ./: : : : : |,x≦-ー¬^爪^¬=- : :\    あの、長官、これ・・・
      .′/:∧:│: : :./ : :/ :}| Vハ : ヽ: : : :.ヽ
      i : :| 廴):|_;厶イ/j:/ | Vh、_;_'; ヽ : : '.
       | : :| : : : :|: :/L.;/ 〃 ,j  Ⅵ、: :│: '; : :ヘ
       | : :| : :i : |;/_j /-/      リ ヘ: :| | :| :i: :ハ
       | {: }: : l : {ィf乏守    f示ヘⅥ h:| :ト,: :|
      } }∧ : '. :| {:トーリ      {ト-リ∧: }:リh| ヽ}
       j∧ ヘ : :';ヘ }f{「´   、   ¨" {ノ}∧ },j
       Ⅵヘ: :ヽヘ    -     ノ: :/ j/
         ヾV\{ヽ{^f¬ーr―≦´}: :/
        f^ヽ, ヾ、 ^ヽ、___,/ /Ⅳ
        /^Vハ  ヽ、 ___ , ′{^ヽ
        ,/  Vハ   `ー-      ',
       {   Ⅵ            }


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                  |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /   残  弾      /ヽ__//
     /    ナ  シ       /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

5571 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:51:38 ID:msxUdu4M
                     _  _
             _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : :: : . . .λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/. . . . : : :;|: : : :.:i: : . .(_,j:: . .\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/. . ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ::/::|: : : : : \:::| : . . |>
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :|ノ`ヽ::;l::::: : : : :ト:\:: : i:|
       ̄|::/: : : :::|:‐/‐-::|: :|:: : :|:::::::::::`ヽ、::::: : :|:::::: : : :|:|
       |:|: :j: :.:::|;/:::::::::::|::ハ: : j:::::::○::::::|:ヽ::: : |、::::::: : |λ
       ||: :;|: : : :ハ::::○::リ:::::∨::::::::::::::::::|:::::∨::jノ::::: : : |:.:ヘ、
       j|:/:|: .:::/::ハ::::::::::: 、__,ー'、    j:::: : }∨i:::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/:::::::λ    ("  j  /:::.: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :::|: : : ::::::::トー-- `二´-‐/:::;ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : :::|    /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、:|   /     ,__\__λ_ヽ、
                 /     /:::::::::::::::::::::::::::}  }
               /"     〈:          |  |
                〈,,ィ'⌒ヽ‐-.、__〉          |:   \
           ,.ィ'^ヘ/   /┬'"         |  ,.<´
            〈  '´    /  |             |‐'´  \


残弾なし、の報告が上がり、上村の追撃は終了した。

実際には弾庫の砲弾がなくなっただけで、弾庫から砲への弾路にはまだ残っていた。

蔚山沖海戦はこうして終了。ロシア側被害は装甲巡洋艦1隻沈没、2隻大破。日本側の沈没艦はなかった。

ウラジオストックに逃げ込んだ2隻も大破状態で、修理に手間どり、以後の行動は困難となった。艦隊は事実上壊滅したのであった。

558名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 00:52:08 ID:xRBu2SaA
>>552
もう40代で高齢出産になりますし、厳しいのでは。

5591 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:52:14 ID:msxUdu4M

             , :<´ ̄ ̄ ̄ : >^\    _
             /: : : : : : : : : : /: : : : : `ー' : i-、
       f´ ̄ ̄ ̄:}'⌒ : : : : : /: : : : : : : : : : : :│:ヘ__    リューリックの乗員を救って!
      |: : : : : : : :| : : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : l: : :', ヽ
      |: : : : : : : :| : : : : : /: : : : : : : : : / / : : : :} : : :l: :ヘ
      | i: : : : : : :|ー―: :/: : : :/ : : : : / /{: : : : .′ : | : : :.
      | |: : : : : : :lミヽ、/: : : :/ : : : :./ / }: : : /: : : :.| : : ハ
      | |: : : : |: : | : ∨: : : :/ : : :/j:/  i : : ∧ : : : | : : : i
      | |: : : : |: : | : .′: : /: : /,x≦{  | : / │ : : :| : : j |
        j: }: : : : l: : |r┤: : :/ : : ,イ{_ノ::}   | /心イ : : :.l : :∧|
.     /:八: : : :h: :| r{: : :/: :/〈{ { : Ⅳ   j/ん/:} : : : l/ }}
     /: ′ヘ : : |ヘ |ヽ|: :/:Ⅳ }  ゞ-'    ム/: :|: : /   j′
         \:{ ヾ、Ⅳ{: : : :|    __   }: : j/ |
          >ー―f^:ヘ : : :| 、  _ ,   イ | : :/}: }
           /⌒\ `  ヽ、:{    l>、 }: /j/ ,j/
         {     \   >く^ヽ }/^∨
         |      ヽ /`ヽ、\Υ/⌒ヽ
        ',       /}ヽ、  \ヽ ,/⌒}
                  / \ \  ヽ}   /ヽ
               {   `ヽ ヽ、/ー '

海戦終了後、上村は沈没したリューリックの乗員を救助させた。

5601 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:52:48 ID:msxUdu4M
                    ,,,,,,,,,,,,,,,
      ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)      上村はやるじゃねえか!
  r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
  `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ  敵を救助したのは、武士道精神の現れだ!
  ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
  _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l 実にすばらしい!
 lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/
 `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_ 世界に誇れる仁将だ!
   f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、
   l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''

5611 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:53:37 ID:msxUdu4M

       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   /  上村中将?
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   |    ああ、彼は素晴らしい人材だ。
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    |    日本海軍が世界に誇る提督だ。
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、      \________
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_


海戦後、上村の評価は一変した。

世界に誇れる提督である、とさえ言われた。

5621 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:54:05 ID:msxUdu4M
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   この出来事は、当時の国民が如何に状況に詳しくなかったか、
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  軍も国民に状況を伝えていなかったか、
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  いろいろと、考えることがあるな・・・
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ  
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

5631 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:54:40 ID:msxUdu4M

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、   勝典・・・
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''−'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ

6月4日、乃木率いる第三軍司令部は遼東半島に上陸。6日、南山に到着した。

南山の戦いでは、彼の長男、乃木勝典少尉が戦死していた。

5641 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:55:14 ID:msxUdu4M

   <               ヽ
  ∠ハハハハハハハ_      ゝ
   /          ∠_     | 
  /           ∠_    |
  |  ̄\  / ̄ ̄ ̄  /      | 
.  |__   ____  | |⌒l. | 
  | ̄o /   ̄ ̄o/  | l⌒| . |
   |. ̄/     ̄ ̄    | |〇|  | 
.   | /            |,|_ノ   | 
.   /__, -ヽ        ||     | 
.   ヽ――――一    /\   |\
    /ヽ ≡       /   \_|  \ 
   / ヽ      /      |   |ー―
   /   ヽ    /        |    | ̄ ̄
      /ヽ_,/        /|     |

乃木勝典。第一師団歩兵第一連隊の小隊長として、戦死。

5651 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:55:52 ID:msxUdu4M

               /
     _     /                 いやだっ・・・・!
   、N´   `ヽ、/
   ゝ      l 7二ニ7==‐-_、        軍人になんかなりたくない・・・・・・・・!
   イ      l /   // ̄\ /、`'‐、    
   "W._ヽ=-‐|/-──'-~、.._/  `'‐、 \
       ̄, ̄7 ⌒ヽ      /     \.ヽ
        / ./    }.     k         \!
      / /     |____|        /‐┬f=i  
.      /   7'''─r/     \.       , '  .|_| ‖   
.    /   /  //        //ヽ.   // ‐''´ ,E! リ
    /   f_/  .//       /   ヽ/.∠. -‐┬f=i
  / _,:=/  /'´       ,'     /     |_| ‖
` /  {三 ' _,ノ          l       _, -‐''´ ,E! リ
./    ̄ ̄            `ー-‐ ''"´       ゝー'

乃木勝典は父と同じく、虚弱体質だった。そして、学問の才もなかった。

にもかかわらず、父から軍人の道を歩まされ、陸軍士官学校は三度目の受験で、やっと合格した。

彼もまた、乃木が乃木であるために、苦難を強いられた犠牲者であった、と言えよう。

5661 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:56:22 ID:msxUdu4M

           /ノY ヽ
           /(゚ )( ゚)ヽ     海軍が旅順を早く落としてくれっていう
           /::⌒`´⌒::::\
         .|-)トェェェェイ(-、|   やらないといけないっていう
      _ril  .|  )┬-|   l |
      l_!!! ,、 ,\`ー-'´  ノ--'ー--、 -―--、 、
      | ! !_!|i::::::::: ゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ
        ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\
      !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::D:::::::/::|        \:::ヽ、_
      ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ
       ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、
       ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
        ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!

東郷の依頼は、大山から山県に伝えられ、山県は第三軍の兵力がそろわなくとも、

早期に攻略に着手しなければいけない、と決意した。

5671 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:56:51 ID:msxUdu4M
      __、ーv''7-;z.__
.     _> `     ニ=
.   >  、NヽN、N、トゝ   8月末までに旅順を落とす・・・!
.    イ ィ` ij 「.| v  V.7
.    l. ヽ. __ | |  j /.ハ
   | r=i.| l⌒ヾレ''  レ'"う.〉   
    |.{に||uゝ..__。" く。.ノく
.   j. `ー|!ド、""r _ '〈:" (.._
.   /   /! lX.Z.エ.エエェ'エT´
 _ノ_,/ | ヾェェ:ェ:ェ:ェ:ェL.__     、゙`;`"ー;-;、
 ̄「|  ト、,l、ij、,_           |     j r-(\: : {
. l.|.  |j" .;、 "'‐、! i i  |`iー-,、._;'⊂,ヽ、ヽ|;:'゙
. !.!  j゙ .: ∩ f`l.i`h゙‐、__.ハ│ | {(\.|. |!. ||
 |.|  '、;'' ;|. |.;|. |.|│| '";=ニ{|.| | │j:,:ハ ヾ l ;|
 !.!.  |. 'y' レ' /' /./`´|`ー' |.|.| ∠ルl | ;  .ノ

第三軍は7月18日、旅順攻略計画を満州軍総司令部に提出。

7月25日より要塞外郭部の前哨陣地への攻撃を開始し、8月18日までに攻城砲の配置を完了、

21日より総攻撃を始め、8月中に要塞全体の攻略を完了する、というプランである。

5681 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:57:35 ID:msxUdu4M
                _,,.、、、、、、.,,_
              ,、-'´ . : ::::::::::::::::::::ヽ;ヽ、
              / . : : :::::::::::::::::::::::::::::゙ミ、::ヽ、     やれやれ、日本軍がやってくる。
           / . : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ::::ゞ、
          i ; ; ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリゞ;;:::ゞ    要塞を守るために徹底抗戦するけど、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノイ,/;;;;/::;;〃i/いリ;;;;;;:::::`、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ,/;;;;/ノ;;/;ノノハノハw;;;:::::';  また、給料分以上の仕事をさせられるのか・・・
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,ノノイノハノノノイノヽ、ノハ;;;::::!
           l;;;;;;;;r'ヽ;;;;!  -─ノノ-ノ '´─-ヽ;;:;:;:::/
          ハ;;;;;!リ〉リ'   r-rェァ'`  ,rェッ  !;;;;:ソ
          ,リ;;;;;;),  ヽ           l    /;:ノ
          ,/)ぃ,l:リ  l        ,_」   /
      _,.、-‐!  ヾ:!、Y       ___   /`ー -、_
_,.、-‐' ̄''ー- 、 l    \  ヽ     ー   /`ー-、_ i`ヽ、_
``ヽ、_,.、-ー-‐'ヾ 〔《l \ \     / \     `ー-,l ';
   ヽ、      ヽ      r'、  `ー‐',i ,r-‐'゙}        l! !
    .ヽ、     `、   /.、 \   / 〉\/          / ,}
      ヽ ゙l、  ヽ/、;:;:;:゙:、 \_/_,.r'             / / ク
`''‐-:、,_  ^:、 !       `ー、;;ヽ、,.ィ':;/          i / イr'゙ \
    ``''‐-:゙i ,|           `!;:;:;:;:〉     ___{_/ィレ'゙ _,.、‐':
ー─- 、___ミi、           ,}:;:;:/,-‐'" ̄ヽ、ヽ  ヽ、 ̄ヽ、   \
         `ヽ、   _,,..、-一''"         ゙i `l    `ヽ,.ー-ヽ、
         _,.、-‐'"                |  | ,ノー-、,    ヽ
      _,、-'"/                     |  イ'r 

東シベリア第7師団長兼旅順要塞防御指揮官 ロマン・コンドラチェンコ少将

だが、旅順要塞にはこの男がいた。

5691 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:58:38 ID:msxUdu4M

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \  次回、旅順要塞攻略が開始される。
   ./          ヽ
   .l           l 日本軍は予想外の惨劇に巻き込まれることになる・・・
    l             l
    .l           l 
    ヽ          l
     ヽ         l 
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

5701 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:59:15 ID:msxUdu4M
やる夫で学ぶ日露戦争

第九話「戦争編その5 黄海海戦」
    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)

次回第十話「戦争編その6 屍山血河−旅順総攻撃−」

5711 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 00:59:50 ID:msxUdu4M
ャスト

日本

山県有朋        でっでいう
大山巌         ドラえもん
児玉源太郎      八神月(Death Note)
乃木希典       伊藤開司(賭博黙示録カイジ)
伊地知幸介      黒沢(最強伝説黒沢)
奥保鞏         ラオウ(北斗の拳)
小川又次       サウザー(北斗の拳)
須地源二郎      スレッガー・ロウ(機動戦士ガンダム)
乃木勝典       佐原(賭博黙示録カイジ)

東郷平八郎     泉こなた(らき☆すた)
上村彦之丞     小早川ゆたか(らき☆すた)
島村速雄       柊かがみ(らき☆すた)
加藤友三郎     柊つかさ(らき☆すた)
伊地知彦次郎    泉そうじろう(らき☆すた)
黒井悌二郎     黒井ななこ(らき☆すた)
山屋他人       柊まつり(らき☆すた)
秋山真之       翠星石(Rosen Maiden)

ジョン・キャンベル ボリス・コーネフ(銀河英雄伝説)
船員         マリネスク(銀河英雄伝説)

5721 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 01:00:22 ID:msxUdu4M
ロシア

ニコライ二世      涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)
クロパトキン       長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
アレクセーエフ     古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)
ウィッテ          キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)
ステッセル       ヨブ・トリューニヒト(銀河英雄伝説)
ウィトゲフト        1号
コンドラチェンコ    ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説)
フォーク         アンドリュー・フォーク(銀河英雄伝説)
エッセン         ランバ・ラル(機動戦士ガンダム)

説明役      やらない夫
聴講者      やる夫

573名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 01:02:02 ID:lgt.IM0g
1乙

>>538
こまかいことだが航三

5741 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 01:03:11 ID:msxUdu4M
途中で投下が1時間以上中断してしまい、大変失礼しました。
PC前で寝落ちしてました。
レスにつきましては、後でさせていただきます。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

おやすみなさい。

575名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 01:04:39 ID:ssYYnVTg

おやすみ

576名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 01:08:07 ID:Klb.duiw
乙でした〜
おやすみなさい

577名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 01:11:26 ID:Q.WfsK0M
乙でした〜
司馬遼太郎はべた褒めのコンドラチェンコだけど、旅順が4ヶ月しか持たなかったのは
彼のせいだという説もあるよ。
独断で行った逆襲攻撃がことごとく撃退されて、無駄に兵員を損耗させたって言うね

578名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 01:55:50 ID:GtDf/Vic
有線電信付きの気球があればなあ・・・

579名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 02:39:35 ID:av/ecwuA
乙でした。

580名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 03:04:10 ID:GAGhm0FM
乙です。

581名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 10:41:42 ID:v3hO8maA
うわ、お待ちしてました。
次回旅順要塞攻略か・・・・・ホント日露戦争は壮大だ。

582名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 13:22:39 ID:JfHaQLtw
>>577
ネタバレにつながるようなレス止めろよ。
1が繰り返し禁じてるだろうに。

お前の自己顕示欲でスレを汚すな。

583名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 16:33:47 ID:NTkyTsOY
世界史的には第一次世界大戦の前哨戦みたいなもんだしね

5841 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 22:26:05 ID:EjSp71c6

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   昨日は、投下途中で寝てしまい、一時間以上も
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)  音沙汰なしの状態で放置して、大変申し訳なかった。
  |      |r┬|}
  |      | | |}  夜勤明けで寝ずに用事をこなすのは、無理があったようだ・・・
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ  以後、気をつけるだろ・・・
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

5851 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 22:27:05 ID:EjSp71c6

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      ところで、皆さんにお聞きしたいことがある。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、  戦闘の状況図や艦隊運動の陣形図を
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'  AAで表現したが、ちょっとわかりづらいんじゃないか、と思う。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

5861 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 22:27:43 ID:EjSp71c6
          _______
        /          \    本当は、きちんとしたAAを作るべきなんだろうが、
      __/             \
    /.            、    |  >>1の能力のなさと、時間の不足でちょっとできそうにない・・・
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

5871 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 22:28:21 ID:EjSp71c6
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  そこで、画像をロダにあげて、それで説明しようか、とも思っている。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) そこで、皆さんにこれで良いかお聞きしたい。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ また、何か良いAA作成ツールがあれば、AAで行きたいとも思っているので、
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │ 紹介していただけたら、すごくうれしい。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

5881 ◆R8YMTME8eI:2009/10/04(日) 22:31:22 ID:EjSp71c6

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \    最後になるが、9/20に歴史学者の大江志乃夫氏が亡くなられた。
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)   色々言われている人でもあるし、>>1も?な著書の感想を持ったことがあるが、
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }   日露戦争の研究者としての功績は大である、と思う。
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ    ご冥福をお祈りします。
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|

589名無しのやる夫だお:2009/10/04(日) 23:52:25 ID:vCiQwn5g
画像で説明でもいいですよ〜
あと、ご冥福をお祈りします

590名無しのやる夫だお:2009/10/05(月) 01:30:12 ID:JamA2Xq6
AAならハンニバルの人を参考にしたらわかりやすいんじゃね?

591名無しのやる夫だお:2009/10/06(火) 00:16:22 ID:4V29/pdA
陸戦はともかく海戦は今回みたいので十分なんじゃない?
できたら各艦名を併記してもらえたらよりわかりやすいかな
てか、20年ほど前に無責任艦長の人がほとんど同じことを既にやってたりw

592名無しのやる夫だお:2009/10/07(水) 19:04:42 ID:lQUcGn2I

  >>513     ▼                 「雪中の奇跡」スレではそうされてましたし、
          ▼  旅順艦隊         写真や画像のリンクでもいいんじゃないかと思います。
          ▼
          ▼
         ▲"                AAで表現するなら>>1さんが今やられてる通り記号で
        ▲"                 表した方がいいと思います。
       ←┘                   改行やサイズの都合もありますし。


─── > > > > > > → 連合艦隊

============================================


  >>515          ▲             効果線や擬音、台詞などで伝えやすくなるかと。
              ▲  旅順艦隊
             ▲               「横向き」をどうするかが最大の問題になりますけど、
            ▲                 不等号「<>」で誤魔化してみるとか苦しいかな。
           ▲                  「△▽」の代わりに「□◇」でとか?
         ▲
       |/                     これは上手い方法が思いつきませんが。
         ̄
               ゙△
                 ヽ クルッ!
                  丿
  ← ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ← ´
       オイカケロー!       連合艦隊

============================================

ただ、ここから先は個人的な考えだけど、本格的に陸戦の陣地を書くとなったら
集団ごとに線を引いたほうがいいんじゃないかと思ったりもする

   ┌┐                              ┌─┐
 ┌1cab┐   理由は規模によって大きさを.      ┌─┘  └─┐
 └──┘   変えればよりソレっぽいから.     .│    5D.   │
                                 └─────┘

593名無しのやる夫だお:2009/10/09(金) 13:33:35 ID:3w0I4Ka2
海戦のAA地図に、方角と至旅順などの方向を書き加えてみたらどうだろう。

個人的には、画像は重くなっちゃうから、AAで表現することに意義があると思う。

5941 ◆R8YMTME8eI:2009/10/11(日) 09:23:11 ID:2cOjufEo
>>589-593

ご助言いただきまして、ありがとうございます。
もうちょっと、AAで頑張ってみます。

595名無しのやる夫だお:2009/10/11(日) 15:02:40 ID:UHVjxFys
花の梅沢旅団と立見第8師団(弘前)そして秋山騎兵第2旅団に期待したいけど・・・
黒溝台会戦と沙河会戦は来年ですか、そうですか・・・

596名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 00:33:05 ID:D9SvZMkI
もしよければ、この表示セットなんか使ってもらえれば。
   ┏┓
 ┏┛┗┓
 ┗━━┛

[SPLIT]
   ┌┐
 ┌┘└┐
 └──┘

[SPLIT]
 ┏━━┓
 ┗┓┏┛
   ┗┛

[SPLIT]
 ┌──┐
 └┐┌┘
   └┘

[SPLIT]
   ┏━┓
 ┏┛  ┃
 ┗┓  ┃
   ┗━┛

[SPLIT]
   ┌─┐
 ┌┘  │
 └┐  │
   └─┘

[SPLIT]

 ┏━┓
 ┃  ┗┓
 ┃  ┏┛
 ┗━┛

[SPLIT]
 ┌─┐
 │  └┐
 │  ┌┘
 └─┘

[SPLIT]
 /\/\
 \   /
 /  /
 \/

[SPLIT]
 /\/\
 \   /
   \  \
    \/

[SPLIT]
    /\
   /  /
 /   \
 \/\/

[SPLIT]
 /\
 \  \
 /   \
 \/\/

[SPLIT]
   ./ヽ
 /   <
  ヽヘ/
[SPLIT]
  へ
  >   \
  ヽへ/

[SPLIT]
  /ヽへ
  >   /
  ヽ/
[SPLIT]
  /ヽへ
  \   <
    \/
[SPLIT]
┌┐
│ ]
└┘
[SPLIT]
  ┌┐
 [  |
  └┘
[SPLIT]
  ┌┐
 [__]

[SPLIT]
 
 [ ̄ ̄]
  └┘
[SPLIT]
   /
 /  ̄ ̄
 \ __
   \

[SPLIT]
    \
 ── \
 __ /
    /

[SPLIT]
 ┏━━
 ┃  \
 ┃\  \
    \

[SPLIT]
 ┌──
 │  \
 │\  \
    \

[SPLIT]
   ━━┓
   /  ┃
 /  /┃
   /
[SPLIT]
   ──┐
   /  │
 /  /│
   /
[SPLIT]
   \
 \  \┃
   \  ┃
   ━━┛
[SPLIT]
   \
 \  \│
   \  │
   ──┘
[SPLIT]
   /
┃/  /
┃  /
┗━━

[SPLIT]
   /
│/  /
│  /
└──
[SPLIT]
  |   |
\|   |/
  \/
[SPLIT]
  /\
/|   |\
  |   |

597名無しのやる夫だお:2009/10/13(火) 01:20:52 ID:1VBo65AE
貴方はもしかして…。
乙です、とりあえず横から頂いてしまう

5981 ◆R8YMTME8eI:2009/10/15(木) 21:59:28 ID:X47c30MM
>>595

沙河会戦は何とか年内にやりたいと思います。
梅沢さんはあの人にしようかな、と思っています。

>>597

五体投地して感謝させていただきます。こういうものを頂けると、ほんとに助かります。

週末投下考えていたのですが、ちょっと無理っぽいです。
休日出勤って、なんだよ・・・

59910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/23(金) 18:13:56 ID:SSWsMr5Y
おつかれさまです

6001 ◆R8YMTME8eI:2009/10/23(金) 22:55:32 ID:en2/tvcs
次回投下は10/24(土)19:00よりとしますが、仕事の都合で延期になるかもしれません。
その場合は、翌日の10/25(日)19:00よりの投下とします。
よろしくお願いします。

60110/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 00:31:36 ID:ACvM/fSk
りょうかーい

60210/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 05:05:44 ID:6fLM6C6.
ようそろ〜!

6031 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 18:45:37 ID:McgP8I4g
19:00から投下しますので、よろしくお願いします。

6041 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:00:00 ID:McgP8I4g
やる夫で学ぶ日露戦争

第十話「戦争編その6 屍山血河−旅順総攻撃−」


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   さて、旅順攻略戦が開始される前に、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 旅順とは、どういうところであったか、説明しよう。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

6051 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:00:45 ID:McgP8I4g
                            n .:(
    ⌒   /    ヽ r'⌒     )  ...ヾ:::て
       )     ,〜イ ,,;__,,,..-:::'" ...;..::::;、..;:.:..;;):;:::::)
     ,,,.ノ 、_, iii__,ノ l|llliiiii|l;;;:::;::iillllllii!!!!!:::;; ゝ__,/ .;;,ー'
 ...:;:;;;;−' iiii_;;:;:::- ::;;iii:ノ ,'iiii ) |-ii/レ,:iiiiiiiiiiii:..  ...;;:...ノ
 ~''〜-:;.,,_..;;;::;;;;ii\\У/-' i;' レ/iiilliiii!!!:::;;;::_,_ノ,,.r'
      ~'ー-、_!!iiiiiヾ.:liii;i;:::::;i;l|l;:|'゛iiiiiii!!!::;;:,,,..-‐'~"
         ~""'''']liii;i;:::::;i;ll;::{'''""゛゛´´
              }l ii; ::;iii ll|:!            /゛⌒ヾ  ヘヘ
 ⌒-.           |ii;::;::::::;iii l|{          γ⌒:、::.  ゝ
 :::... )          |ii;li;::::i;:;il;ll;;|         ( ....::..:::.......⌒)
 ^ ⌒.:)       }liii;i;::::::;i;l|l;:| ~,   ヘ(    ( ⌒ヽ::::::..^~ノ
 ゛:、 ...::)       ]liii;i;::::::;i;ll;::{  )       (  ..::.::::::..ヾ.. ) ,⌒〜.
 :::::...._ )      }l ii; :::::;iii ll|! ⌒::.、    {   ...::ゞ::::::::::.....) ..:.:. )
 ._...._........._......._...._... }llii;::;::::::;iii l|{ _......_.........__......._........__.......__.............  ,..〜-
 : : . : .:: : ::: ; : : : .  |iili;li;::::i;:;il;ll;;| : : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :  ,r'⌒ヾ'^~..;:i::;i;;
  −  ~  −.  }liii;i;::::::::;i;l|l;:| −  ~  −   ‐ ‐, (  ..::::.:}i.:;;:ilil:::;i
 〜〜~ 〜〜 ~  ]liii;i;::::::::;i;ll;::{ 〜 ''''"""´´´^~゛゛゛゛゛ ,(~^,,,:::;;iiiiiiiiiiiiiiiiii
 ,,,,,... -− ''''""~゛~ :}l ii; :::::::;iii ll|!             (^ ..._;;..iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
   v'wWル     |ll ii;::;:::::::;iii l|{          _ wWノレvwリレWwルルⅥ
             |ll ii;::::;:;:;:;iii ll[   Wwノル
    ノwV     ノ,' .メ ::: :i l: {
          / /',' .ノ 八 l '.'ヽ:::...            ノレルw
        WィノWwレ、VW∨wWW:::.... ノメル

旅順。遼東半島の付け根にあるこの都市は、かつてはさびれた漁村だった。

しかし、清朝末期に北洋水師の根拠地となったことから、町が形成される。

6061 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:01:26 ID:McgP8I4g
                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸  やっと、凍らない港を得たわ!
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

1898年、ロシアの租借地となり、ここに艦隊が配備された。

商業港としての大連とともに、ロシア極東戦略のかなめとなる。

6071 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:02:08 ID:McgP8I4g

       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、       
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|        
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|       
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|  
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|.. 
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. .
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::| 
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:| 
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:'  ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;| 
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;| 
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:     
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .    
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

ここには、清朝が築いた要塞がすでにあったが、

ロシアはこれを大幅に上回る近代要塞を築きだした。1901年のことである。

6081 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:02:51 ID:McgP8I4g

                       ○水師営

                     □水師営中央
         □南山坡山       □松樹山 □二龍山 □盤龍山   
        □老虎溝山          □            □望台
      ▲203高地    □椅子山            □       □東鶏冠山  ▲大孤山

      □北太陽溝 □大案子山□小案子山               □
          □       .         ,、,,,.¬     □老頭山     □   
          □       .         'く  /´                □      ▲小孤山
         □         .        /./
       . □     .      .     / l.                 □白銀山
       .□          ○新市街. _,/ `'v_
                  '`ゝ. ̄´´  .   `─、○旧市街         □
      □         ,、、_」       .   .  .,/             .   □   .
               ゙′-ー。   .   .     〉        、.'''〜、     .-
     □      .     .,.`      ._,.へ ``‐---¨⌒¨¨¨"    '〜' ̄```¨
                 .r`    ゙_,.・′ ..,´
     □ .       、r‥゛ . .,/¨´   .  ,.
               `¨l_ . .;      .,ノ´
     □          .′ . r′  .  .,r`
                 i′. . . . .,r´
    .□     .     .,・ .I  . . ._r´
     .     .     .'--‐゛ ,r'"`'“´
     □             _│
                 ゙.`
                 ,′


▲山・丘 □堡塁・砲台 ○地名
※位置は適当なため、若干のずれあり。一部の堡塁・砲台名、海側の堡塁・砲台は省略。

当初は203高地や大弧山を含めた、広い範囲に防御線を構築する予定だったが、規模は縮小され、

要塞守備兵も25000人から、13000人に削減された。完成は1909年の予定であった。

そして、開戦を迎えたのだが・・・

6091 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:03:29 ID:McgP8I4g

          _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
        ,、-''゙             ヽ
        /  ,へ     ____..:.::::l
     /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈    これは、何だ!
      l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
     ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';  旅順要塞なんてものは、存在しないじゃないか!?
      リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l
      'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
.         l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙
         l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、  
.         ゙、  r─- 、     / !、:::::リ
          ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、
           ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
        ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、
    _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
  ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::
          l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_

1903年、旅順防衛に当たる東シベリア第7師団の師団長として着任したロマン・コンドラチェンコ少将は、

要塞の現状を見て、愕然とした。予算不足と前任者の不徹底により、主防御線の工事ですら、進捗していなかったのだ。

6101 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:04:04 ID:McgP8I4g

    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i  閣下、要塞の工事を急速に進めなければなりません!
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈  日本軍がやってきてからでは遅いのです!
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l 私にやらせてください!
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

6111 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:04:40 ID:McgP8I4g

        ,.'"´ニ二三ミミミヾヾjjV `, `, ヽ
       / r=ニニ三ミミミヾ `ヾヽVノノノノイイ`ヽ  少将、君は心配性だな・・・
      / ,,ィィ彡 三7"´ ̄``''''ー-ァァ<ソソイソ;;;;;;|
     ,レ'´ィイ"´ __,′       リソ  ``ヾイ;;;;! 大丈夫だ。あせることはない。
     /ィィ彡 ニ二ヲ   _ __    '′     Njj!
     〈 ィイ彡彡イ' "´ ___ ¨`         |M!
    1//⌒ヾラ/   '" ̄``ヽ、        jソ,!
    ,リj! い、 N    ー牙ュ-、.:;;ゞ  ,,、z==zjソ
    ilN ヾY'リ i    `二ニ~´   斤= 、`ノ
     ヾ>、 !   ;           1;;.ー'' 1
     /.::〃Y.   ;       _ ,.,′,!:;;`、 ,!
   _,/.::.ノノ`1   !      `ー= イ;:;:;:;;::/
  .:;:;;V    !     '′、    ``".::::::::/
  ;;;;;;;;,ヽ   、       ``ー---‐;;::::/
  ;;;;;;;;;;;;;,\  ヽ、      `ー ‐.:.::;;::/
  ;;;;;;;;;;;;:;:;;:;.\   \       .:::::/
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;.ヽ、  ヽ、 _ __.::/
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;.ヽ、      ,ィ介.、
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>‐‐‐<::::::::::::\

旅順要塞司令官 アナトリー・ステッセル中将

要塞の工事進捗は遅々として進まず、不十分な防備体制で、開戦を迎えることとなる。

この状況が改善されるのは、ある人事からである。

6121 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:05:22 ID:McgP8I4g

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|    傲慢で無知で融通が利かないステッセルではまずい・・・
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |    旅順要塞の司令官を代えよう・・・
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

ステッセルは「狂ったイスラム法官」とまで呼ばれるほど、頑迷で部下に人気がなかった。

開戦後、クロパトキンは彼を関東軍司令官に棚上げし、要塞のプロを送り込む。

6131 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:06:18 ID:McgP8I4g

           /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
       /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:!
      /.:.:::::::<kカ〕::::::::::::,,,.-──‐-r 、─-<′  少将、貴官の言うとおりだ。
      !.:.:.:::::::::::,、-‐''"´,、 -─ - 、.. :.:i j. : . : .:ヽ
      ヾ.:.:,r'"´,,,  '",,.-─-、、ィ. :.:.:| !. : .: . :. !  わしが支持するから、要塞の工事を進めてくれ!
         ソ、、、,, j r'´_,,,、-ー-、彡.: .:l/. :.: . :. :.:|
        {r─-ミ、,,、;:;'`゙ftァュ. :.:. :.:. :.:.ト、,r‐ 、.: .:i!
        'i ,.ィモシ' .:;;:. `''ー-‐''"``ヾ.:. :.:ミj ,イ !.: .!
          | `~7 .;.:;.:.:.       .: : .:.`゙./H ,!.:.:|
        !  {  ;.;;;.:.:ト、       ,r'´.: .: じ,/:::/.
        ヽ ,>‐''⌒ヾ、     ′.:.:.:.,、 ノ_ノ 
         !,f!  ,、、、,,,, ゙i,,    ;!. :. :.::!.:.:.:.:.!  
         l ゞ‐'´   ``ヾ!ヽ    !.:.:.:./.:.:.:.:.:.L_
         ヽ  '´ ̄ `¨     '.:.:./.:.:.:.:.:.:.:」:::.\
          ,rハ           !.:./:.:,、‐'´:::::::::::::.:.!
         /.::::::!       _ ノ´,、‐'".:::::::::::::::::::::::.:|
        /.:.:.:::::::::`コ''ー--‐''"´「:.:.::::::/ヽ::::::::::::::::::::,ハ_
      /.:.:.:.::::::::::/⌒ゝy'´ ̄ ̄|:::::::::::ヾ/:::::::::::::::/::::::.:.:.:.''ー
     _/:.:.:.:::::::::::::〉 / /     |::::::::::::::::::::::::::::,r'´::::::::::::::::::::.:.:.
  ''"´.:.:.:.::::::::::::::/   /     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..

 旅順要塞司令官 コンスタンチン・スミルノフ中将

こうして、要塞の工事は大幅に進捗した。

6141 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:07:26 ID:McgP8I4g
                ッ-‐…ー-、
               , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
             / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、
             { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、    永久堡塁を作るぞ!
            ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐ 
           ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|   各堡塁と砲台間の連携は十分に取れ!
            /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {  
         /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、 ぐずぐずすると、日本軍がやって来るぞ!
         ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、
        _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、
      ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
      / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
     ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
     ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
    / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',
   ,/ -''"....:::::::::::::.. ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'.;'     ',
  / .::: ..::::::::::::::::::::;;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ,ハ      i
  i゙ .:::::::::::::::::::::;、t'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .|; i     l
  ゙!::::::::::::::::;、-i゙  〉 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |.l i     l
  `'┬-‐''゙  ll ./ .:: ..::::::::::::::::::;;、-''"´ ̄`ヽ::: l l l     .l
    |      ll ゙:、 ::::::::::::::::::;/ ,!  、    ゙i / l l- - - - ┤
  ─┴─-、、ll.. ゙:、:::::::::::::/,: ,/i  、゙:、   ゙i  「""""""""`ヽ、

8月までに、分厚いコンクリートでがっちりと固められ、中に砲台、兵員の待避室を持つ永久堡塁を8個建設し、

これを中核として無数の砲台、壕、地雷原が設置された。

陸上方面には、要塞砲283門、野砲63門、機関銃47挺が据え付けられ、一大防御コンプレックスが出現したのである。

そして、日本軍はこの詳細を知らなかった・・・

6151 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:08:09 ID:McgP8I4g

         /,r''"        、ヽ、ミ、l i, ヾ ノ ヽ
       /, '"     ィr'⌒`''ー- 、ヾL}リノツツハ  ここにいる最上級者は私だ。
       //    //        '('゙( ̄`Y }
      //  ,、-''゙ ノ!          `   |ミ|  私が指揮するのが当たり前だろう!
      / /    / ノ  ,,..             ト;|
      ∨ ,r‐ 、 ,ニ-ァ'          ..::   |'リ
      レ! ⌒ゝヽ7   ,、-ニ三゙'=:、     _,z=、「
      {/| l′〈 l彡   <´-tェァッ `'ヽ  ,f,,ニ,ン/
      ヾ'、ヽ、「 ''´ ,!   `-,` ̄'" '"  ゙ト¨´.::|
      ,リ^\_;   '、         .: |   ,'
       レリ´ |    ':,      ,.ィ  ,: |  ./
      ,ィj^`′l,      ,.    ` -ニン′/
     /〈 ゙、  い,    ` `''-=─---r' ゙ /
    /   ゙、 \ ゙、\  .;   ー-`二´ /
   /    ゙、  ヽ、\ `ヽ、'、     ̄ /′
        \  `ヽ、  ヾ、     _;'
         \   `''ー- 、 ̄ ̄「ヾ'ー- 、_
          l\      `>'‐-、ヽ   `''ー- 、_

6161 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:09:02 ID:McgP8I4g

               _,,、、ーiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;,,,,__
              ,,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiヽ
            ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
           ,rilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!! -''" ̄ミヽ、   その通りです、閣下!
           ,iflllllllllllllr^illllllllllll, - ''";; /_/_〃彡彡ミ
          illllllllllllllllliiーlll,-∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,
          {lllllllllllllllllll!!"         ::::::::::i三彡i
          illllllllllllll"           ::::::::::l;ミ彡l
          'ー┬f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲノ
            i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|iiiヽ
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐illllllllヽ
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐il|illllllllllllヽ
            レ'´ 一一-v、 /___,‐'ii、lllllllllll/ ヘllll└、
       ___f´ー' `''ー-、, j /   〃lllli llllllll|/ ノllllllllllll`iiー -、,
  ,,,,;;;;iiiilllllllllllllllllllllll|   =-ァ- ノV jj  〃lllllllヽllllllレ'´lllllllllllllllllllllllllllllll
ri´lllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ノー'´ ノ 〃  /lllllllllllヽllllllll lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    }r-'´    ノllllllllllllllヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

第4東シベリア師団長兼旅順要塞予備隊指揮官 アレクサンドル・フォーク少将

クロパトキンの命令では、要塞の指揮はスミルノフが執ることになっていたが、

ステッセルはこれを強引に無視し、フォークもこれを支持した。

侍従武官でもあった彼を強硬に解任することはできなかった。このことがロシア軍内の指揮不統一を生む。

6171 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:09:49 ID:McgP8I4g
          /  ..:.::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
            ! .: .:.:. :.:.::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;\
          〉-─ ─r‐r─‐-- 、、、,,,,_.:.:.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
            /      j j!     .: .:. :. :``'''ー-、、、:::::j!   やれやれ、こまったことじゃの、少将。
.          /二"´   ,! !      . :.: .: .: .: .:.:.:.:.::.ヾ!
        /_,、、、,,_   { {        .:. :. :. :. :.: .: .::::!   これでは、わしの仕事がやりにくくて、かなわん。
         〈f彡ミミ,彡   `ト、, /⌒ヾ   .:.:.:.:::::::::::::::::::|
          ,ゞテヲ、     jミ! ,イ;;.:.: !   .:.:::::::::::::::::::::|
       / `¨`     i!ミj<^.:.:j !    .:.:.:.:.:.:::::::::::|     
.      / .::;`~´     彡'゙ 〉ソ,ィ'     .: .: .: .: .:.:,!    
.       〈 .:.:::;;ヽ      '゙´ _ノ ヾ、,,,       ,イ   
       `T゙ヾ、!、    ,  ,!:!      ``ー─''"´ !   
        ヾ、,,,,,j!,   ;  ,! |       _,,、、、-‐'゙ー、   
         〈 `゙′ ,:′ ノ ,j! ,.-‐'''"´ :.:.::.:.:.:. :.:. :. :.:.l
         j~``       j!;:‐'゙´ . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:.::::」_
         !     ,、‐'´ .:. :. :.. :. :. :. : : .:::::::::::::::.:.:.::::::::::::\
            ゙ー'ー-イ_      _,. -‐.: .:.:.:::::::::::::::::::::::::ヽ
           /  |/| -‐ '''"´.:.: .:.:.: .:.::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          _,レ'''"´  ̄:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          / .:.:.:.:. :.:. :.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


指揮命令系統は、ステッセル−スミルノフ−コンドラチェンコ−フォークとなるのだが、

この系統はしばしば無視され、重複し、混乱をもたらした。

6181 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:10:24 ID:McgP8I4g

        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;   一大事ではありますが、
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}  幸いステッセル閣下は私を支持してくださるようなので、
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ  できるだけのことはやります。やって見せます。
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _−     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、


コンドラチェンコは、能力はもとより温厚、意見をよく聞く部下思いで、非常に人気があった。

この男により、日本軍は地獄を見ることとなる。

なお、要塞の守備兵は33000人である。

61910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:10:36 ID:ACvM/fSk
ふむ、なんという配役

6201 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:11:33 ID:McgP8I4g
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   以上が、ロシア側の対応だ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  これに対して、日本は旅順をどのようにとらえていたのか・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

6211 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:12:43 ID:McgP8I4g
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  前にも説明したように、陸軍の基本方針は、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 遼陽付近で敵野戦軍と決戦を行い、これを撃破することだった。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ このため、旅順方面への関心はそれほど高くはなかったのだが、
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │それでも要塞攻略が必要だ、という主張が参謀本部内にはあった。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

6221 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:13:33 ID:McgP8I4g
    / ̄ ̄\
  / ─  ─\   旅順要塞の守備兵力は15000人ぐらいという情報だ。
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|  得た情報によると、永久築城はしていないだろうから、
 .|     `⌒´  |
 ヽ         /  三個師団と、攻城砲兵で攻略できるな・・・
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

開戦前、参謀本部第五課(要塞担当)では、旅順要塞の攻略計画が練られていた。

この時点で日本陸軍が得た旅順要塞の情報は、後からみると不十分なものであった。

規模や兵員数はそこそこ掴んでいたものの、永久堡塁の詳細については調査が及んでいなかった。

ロシアは旅順地区への立ち入りを制限し、日本側の諜報活動を抑えていたのである。

6231 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:14:37 ID:McgP8I4g

     / ̄ ̄\
   /:::::::  /( ;:;:;)    計画が過大だと言って、攻城砲の砲弾と、
   /:::::::::o゚((;:;:;:;)(●))゚o
  .|::::::u:::   (__人__)    坑道戦用工兵機材を削られた・・・
  .|:::::::::::::   `⌒|||
  ヽ::::u::::::: メ   /
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く

だが、後から見れば楽観的過ぎるこの計画ですら、上層部には過大だった。

そして、十分な討議がなされないまま、この計画はお蔵入りとなった。その理由は・・・

6241 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:15:14 ID:McgP8I4g
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、    旅順は海軍が担当することとなった。
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ  我々は手を引く。
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::', 他の重要課題が山積みだからな・・・
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

陸海軍は協議の末、旅順問題を海軍に一任した。と言えば聞こえは良いが、

要は問題を棚上げしたのである。それはなぜか。

6251 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:15:39 ID:McgP8I4g

       ____
     /⌒  ⌒\    問題の棚上げ、ってどういうことだお?
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       何度も話しているように、日本は黄海の制海権を確保しないといけない。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、   そうしなければ、大陸に軍や必要な物資を送れないからだ。
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   そのためには、旅順艦隊の撃破が必要となる・・・
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

6261 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:16:27 ID:McgP8I4g
     ____
   /      \    艦隊の撃破は海軍の仕事だお・・・
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \ 海軍がやればいいはずだお。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     < 何の問題もないお・・・
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \    まあ、そうなんだが、海軍が失敗したらどうなる?
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)    撃破できなくて、艦隊がずっと旅順に居座ったらどうなる?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \   黄海の制海権を確保できず、ずるずると長期化することになるぞ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     ) そして、現実にそうなった。艦隊を無力化するために、
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)  旅順の攻略が必要になった。
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

62710/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:16:29 ID:UOXOtDcY
フォークってそのまんまフォークか!

いや、相手がヤン・ウェンリーっていうのは、(味方にとって)最悪な敵役ですぜ

6281 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:17:23 ID:McgP8I4g

                                                 ,っ
                                               ゙r'・′..
                                         .,、_    /`
                                          .f `、 ..○ウラジオストック
                                        .,ィ′....´`- 
                                        .,・  、,ノ
                                    .,.ィ-・ . 、f`
                                     .,      1
                  ○奉天       .   、,‥_  . .,i  .  . .`.
                             、鴨緑江¨¨゜  .  . . .1
                             、/    .    .   .,'`"`
                 ○遼陽        ,.・           、,,.
         _,ノヘ、_             .,--"            ,ノ・
       , ̄   ○営口       .,r'"            ._.′
      ,.     .,`        、r            、"´
.-‐...,x‐・    .,、-′ . . ..,..-・¨'-、>.__    .   、r`
  .`´        ′    ,.-'`       ゙`゙r`        ′''・_
           /′.....・゛          、.        .    ``‐,
           _/,,,..ィ             .′             `x_
         、---く             .,i"´               `v_
        ○旅順            .・.,.  ,○京城         .`、
         .        .        .´○仁川_..、`''       .   `,

そもそもである。日本軍は大陸に兵員と物資を送るのに海を渡らねばならない。

このためには、海軍力で制海権を確保することが必要になるが、ロシア側はその必要がない。

そのため、旅順艦隊出撃の必要性は薄いのである。このことを日本側はよく理解していなかった。

6291 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:17:58 ID:McgP8I4g
     ____
   /      \     と、言うことは陸軍は旅順の攻略計画を、
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  真剣に考えておく必要があった、ということかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    そうだ。旅順に関する問題は、本来ならば
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   陸海軍が共同して研究し、開戦直後に
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l 共同して攻略に取り組むべきだったのでは、と思う。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く   そうならなかったのは、こういう理由からじゃないか、と思うんだ・・・
   /     ヽ \

6301 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:18:25 ID:McgP8I4g
     /ニYニヽ              /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ            /( ゚ )( ゚ )ヽ     帝国の防衛で重要な戦力は陸軍だっていう
   /::::⌒`´⌒::::\         /::::⌒`´⌒::::\
  | ,-)___(-、|        | ,-)___(-、|   海軍は陸軍に従っていればいいっていうwww
  | l   |-┬-|  l |        | l   |-┬-|  l |
 /    `ー'´  、` ̄ ̄ヽ    / 、   `ー'´    |
/ __       Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |       
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/

西南戦争以降、日本の軍事力は陸主海従だった。

山県有朋を筆頭とする陸軍の発言力は大であり、大本営の組織をとってみても、陸軍の優勢化にあった。

6311 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:19:04 ID:McgP8I4g
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、   日本は海洋国家です!
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',  海軍が重要なんです!
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |  強力な海軍さえあれば、帝国の防衛はできます!
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |.

これに対し、海軍は日清戦争以降、その発言力の増大を狙った。

山本権兵衛は陸海対等を主張し、組織防衛を図って海軍の存在意義を声高に主張した。

そして、大本営の組織が陸海並列になるなど、一定の成果を上げた。

6321 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:20:00 ID:McgP8I4g

        / ̄ ̄\
      / _ノ  ヽ、_\   結論から言ってしまえば、陸軍も海軍もどちらも重要なんだが、
      .|  (●)(●)  |
      |  (__人__)  |  このように、日露戦争の頃には、陸海軍の仲は、あまりよろしくないことになっていた。
      っ   `⌒´   |
     / ミ)       /  まあ、違う軍同士の対立というのは、結構あるんだが。
    / ノヽ      /
    | |/      ヽ  で、この状況で旅順の問題が持ち上がったわけだ。
    |  | /|     | |
                そして、海軍の中には独力で対処できる、陸軍の助力はいらない、と主張する者もいた。

6331 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:20:37 ID:McgP8I4g

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   共同作戦を取ろうとすると、色々な問題が起きる。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   陸軍は旅順方面にあまり兵を割きたくないし、
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'     海軍は早期に攻略したい。どちらの意見を入れるかで対立が起きかねない。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │      また、どちらが総指揮をするのかという指揮権の問題も起こる。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /      それで、どっちも譲らない。つまり・・・

6341 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:21:15 ID:McgP8I4g
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i     旅順問題を海軍に一任したのは、
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /     陸海軍の対立を避けるという、
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ  日本的な組織運営をとったことも一因なんだ!
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

6351 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:23:16 ID:McgP8I4g

        / ̄ ̄\
      /       \   それでも、後の時代に比べれば、このころは、まだましだった・・・
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |  高級幹部は何をすべきで、何をすべきでないか、心得ていたからな・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

6361 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:23:56 ID:McgP8I4g

      ,-‐' ̄                 ::::::::::::::ゝ
     /_                      ::::::::::\   旅順を攻略することになった・・・
   /.‐'/        ヘ              :::::::::ヾ
    /          /: |   |             :::::::ヽ  作戦計画を立ててもらいたい・・・!
   ./..../     / /::  | :|: |  :∧、         :::::ヾ
   .//     // /::    | | : | |:: ::|、         :::ヽ
   . /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|
   /.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|
   ///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|
    / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|
   ..  |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|
       | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|
   .   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
   .    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|
   .     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|
   ..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|
        |  (______) :::::::::/:::/       :::|
   .      |            :::::::::/: :::/        :::l
          l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
           /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|
         /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
   ..    /   ヽ   ::/::::  ::;/     :::::::/    \ :|
   .    /     ヽ :/|::::: ,-‐'/     :::::::/_,‐'     〉:|
   .   //     ::/ |, -‐'  ̄ //    ::::::/      /::\
   .  //    :::/| ̄      /    ::::/ _,‐'   ./:::::::::::

時はさかのぼって、6月。第三軍に旅順要塞の攻略が命じられる。

現地に上陸した司令部は、作戦計画を練った。

6371 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:24:22 ID:McgP8I4g
          ____    ___
           "''''-、,  " Y "  ∠_
        -=ニ二  ̄          "'-、   情報によれば、旅順要塞の兵力は15000人・・・
         ,、-'"             T''
        ∠.-ァ               |    三個師団もあれば、十分だね・・・
       ´/    / ,イ ./ | .!|.|      |'
          /イ / /|/ .|/  ゝ!ゞ,     .|    キャハ・・・!
           | /| ,イ.,.=   ,.=、ゝ   |    
            ´ .レ |(  o   o )ヽ |⌒i
               |.` ‐7    一´  | |つ |     
           、__ノ@/   .ヽ @  | |_ン
           !、__  `'''-U''´ _  リ ,ゝ    
             |ニニニニ´-‐/ 人  ,ゝ
                |       / ./:::| ""''''‐
              _|二二v二ン/:::: |
   ___,, 、 -‐''''""{_    ./::::::: |      
.  /ヽ_,, 、 -‐''''"" |ゝ, _./:::::::::  |
  /   ヽ        ||    |:::::::    .|
. /    ヽ        ||    i      .|
/     ヽ       ||   ノニ ‐--‐ ニ|

6381 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:24:47 ID:McgP8I4g
    __ 、- 、 ,. -‐;z.__
    __ヽ. `  ′   <
   > ,.ィ ,ィ.,ィ,ィ,ィ,ィ,、 ヾ     8月中に落とさないといけないので、時間がないな・・・
  ´7'′′′  _'ィ, l
  7''‐、   /´   _.」 |     そうなると、攻撃方面は、大部隊が展開できる地勢があって、
  l==。> '..=。==|.∩ !
.   l`ーァ'     ー-‐ :|.hリ.|     鉄道が利用できる東側になるな・・・
   l./  __-,      |レ |
.   「.r-───-, .ハ.  |\   要塞防衛線の突出部を二方向から攻撃できるし・・・
.   !  ̄ ̄ ̄ ̄ / ヽ .| : :ヽ._
.    _!   ̄´  /   ヽ|: : :|:|- 二
-‐_'ニ.-!____./     〉: : :l |: : : :
´: : : :// : : |       / : : : | | : : :
: : : ://: : : : ト、.__,. イ : : : : | | : : :
: : :/ムへ: : : l`ー--‐ '/ ; ヘ : : | |: : :

6391 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:25:18 ID:McgP8I4g
これだっ・・・!

砲兵で要塞堡塁を潰し・・・歩兵による強襲・・・!

最高点の望台を占拠すれば、そこから他の堡塁を攻撃でき、

要塞の命運を握ることができる・・・!

               x !VViハハ/Vレx
 ノ-ァ ノ-ァ ノ-ァ    Σ        Z
  ノ  .ノ  ノ    .Z  ハ/Vヽハ/iv  .ミ     これは正しく・・・
             .ソ /::r i::::u:::::::/i:ヽ .k
 ノ-ァ ノ-ァ ノ-ァ    |/u:rxヽヽ:::://xi:ヽ|、
  ノ  .ノ  ノ    .ftヽuゝ 。ゝ.!!.ィ 。 ノ /=i        かつこれしかない・・・・・・!
             |F/__u  <<  v-ヽソ
 ノ-ァ ノ-ァ ノ-ァ   ノ`< iヽ__ r_ >>_-i__-ァ>ゝ
  ノ  .ノ  ノ   '/__>ヽ-エエエエエエ-フ <_ヾ、
  ・   ,,. __r-t=ナ" .| uヾエエエエエ!フ u .| ~T==t-t、_
  ・  冫`'-、| | /  .| i i i i~~i i i  |  |  | |   ̄"`,
  ・  /`、  `Y7TTキ-,.`--tx------yt--'  __|__⊥⊥ ,、,、, 、.ヽ
   / `;:,  | ! | |uヒ~゚{  | \____// ,ヘi7,| .| .| .| .|;:;,、,、;.:;, |
   /  冫  ;|' `'`'`'|`ー≦.ヽ ヽ./ / 父':',| u  `|,,:、,、,、;.'  |


第三軍司令部では練られた作戦計画は、

・要塞の東側に主要な攻撃な攻撃をかける。目標は防御線の最も高い位置にある望台の占拠。
 最高点を占拠することで、他の防御施設を上から攻め下ろすことが可能になり、
 要塞の命運を握ることができる。

・西側にも助攻を行って敵兵力を拘束し、東側の主攻を援護する。

・砲兵による準備射撃を5日間行い、要塞の防御施設を潰した上で、歩兵が突撃する。

というものであった。

6401 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:26:01 ID:McgP8I4g
                               9D
  1D   /\                  ┌─────┐
     /  /               .   └─┐  ┌─┘              /\
   /   \                     └─┘                 \  \11D
   \/\/                                       .   /   \
         □南山坡山       □松樹山 □二龍山 □盤龍山    .    \/\/
        □老虎溝山          □             □望台
      ▲203高地    □椅子山            □       □東鶏冠山  ▲大孤山

      □北太陽溝 □大案子山□小案子山               □
          □       .         ,、,,,.¬     □老頭山     □   
          □       .         'く  /´                □      ▲小孤山
         □         .        /./
       . □     .      .     / l.                 □白銀山
       .□          ○新市街. _,/ `'v_
                  '`ゝ. ̄´´  .   `─、○旧市街         □
      □         ,、、_」       .   .  .,/             .   □   .
               ゙′-ー。   .   .     〉        、.'''〜、     .-
     □      .     .,.`      ._,.へ ``‐---¨⌒¨¨¨"    '〜' ̄```¨
                 .r`    ゙_,.・′ ..,´
     □ .       、r‥゛ . .,/¨´   .  ,.
               `¨l_ . .;      .,ノ´
     □          .′ . r′  .  .,r`
                 i′. . . . .,r´
    .□     .     .,・ .I  . . ._r´
     .     .     .'--‐゛ ,r'"`'“´
     □             _│
                 ゙.`

▲山・丘 □堡塁・砲台 ○地名
※位置は適当なため、若干のずれあり。海側の堡塁・砲台は省略。D:師団

第九・十一師団は東側方面で望台の占領を目指す。第一師団は助攻として、南山坡山を目指す。

6411 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:27:15 ID:McgP8I4g

                 ∠      `\´     \
                 /      キ        ヽ   要塞を良く見てみると、ずいぶん堅固な構造物がある・・・
                /       fヾィ1       i
               i        |"'''"|        |  歩兵による強襲で、大丈夫かな。
.              |      ,ィ |    |  |      |
.               |       /」 ノ_.   ゝ.!l       |  工兵で防衛線に向けて壕を掘って、爆薬を仕掛けて
.               |    /ナ‐-、 _]  [ __ 、-‐ヘ   .|  
.               | | ./ ===-    -=== ゝ  |  爆破すればどうかな・・・? 
                i⌒| | `,. , _○_ | | _○_ , .,´ | |⌒i  
.               | F.|.|        | |        |.|つ.| 
               | じ|| l      .| |.      l ||ヲ.|
              ゝ-|| ゝ-   (_.|__|._)    -.'´ ||-i´
              |  l 、=============ヲ .l  .|
              レ  | ゞ二二二i二二二フ |  |
               |/!|     ___     !|\ .|
             __/  | L.___三三____亅|  \__
       __ 、 -‐ '' " 〃   |                 |   ヾ " '' ‐- 、 __
__ 、 -‐ '' "       〃     |            |    ヾ       " '' ‐- 、 __

 
要塞の堅固さを見て、隷下部隊の工兵将校の中には、このように意見する者もいた。しかし・・・

6421 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:27:51 ID:McgP8I4g
           __,,,,,,,__
   ,、!‐- ....,,,,___|ゞJレ'ノ|_______,,,.... -‐!、
 ,、-'´                             `'-、  要塞の兵は15000人。我々は三個師団基幹の51000人。
 ""''''''7‐-- ....,,,,____________,,,,.... --‐‐''''''""    
    /   \  \.   <   /      | |;';';';'| |;';';';|     十分な兵力じゃねえか・・・どこに失敗する要素がある・・・
.   ヽ,  i==\  | U ヽ/.,,.. ==== | |.'⌒ヽ|;';';ト'     
     ヽ, |    \!.    ''"       /| |'⌒i |;';';|      そもそも、8月中に陥落させないといけないんだぞ・・・
     / !   .@>    ,    @  / .| |'⌒i .|';';';'|     
.    /  ゝ__r‐''"     .` ,___ノノ .| |  .! |;';';';'|     壕なんか掘っている時間ないだろ・・・
    /     .|   |.iu.   u  ̄ ̄   .| |⌒! .!;';';';';|     
.   ヽ,   /   |j     ヽ.      .| |_ノ /;';';';'ト'     気がついてないっ・・・!そんなことに気がつかないって・・・・・・
     ヽ,./      ___ )  \  u  | |__ノ;';';';';';|
      ( _,,,.. -''"             //|;';';';';';';';';|     バカか・・・? こいつ・・・!
   r―‐‐┴―――‐‐===ココ二!二!_ヽ .// |;';';';';';';';'|     
   |                            //  .|;';';';';';';ト'     そもそも、陸大出と留学帰りのエリート参謀に意見だと・・・!
.   |     u           U   .//   |;';';';';';';|
   |           u       //    !ヽ;';';';';';|     そんなことありえたか・・・?振り返ってくれよ・・・おまえらの・・・
.   |  |  |  |  |  |  |  |  |   //   /!::::::"''‐-'-,.,
--‐''"|                  /´   /.i:::::::::::::::::::||:::::"''  これまでの陸軍ライフを・・・!
:::::::::::::`‐-,.,----,--,------------‐;´   ./ .!:::::::::::::::::::||::::::::::


日本軍は旅順要塞を明らかに甘く見ていた。日清戦争のときには1日・死傷者200人で落とした、ということが、

根拠のない自信となり、情報の少なさがそれを後押しした。

第三軍司令部の参謀たちは、自分たちの目で要塞を偵察することすら、怠っていた。ところが・・・

6431 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:28:28 ID:McgP8I4g

           ~ z
             ~`z
               ~-,_
    ,ヽ!ヘ/`v.        -,,_
   ,ゝ:::.__-.  `' 'V.,v     -,_
  ,ゝ::::ヽ. ヽ.     '^v,    -_   ずいぶん死傷者が多い・・・
  ,ゝ::::: ヽ. ヽ.      V`v ヽ, !
  !::::::::  ヽ. ヽ.       |` ! `  旅順要塞と言うのは、予想よりも堅固なんじゃないか・・・
,へ !,::::::.  ヽ. ヽ.       .|     
ヘ/ !::::::::  ヽ. ヽ.      .|  _  これで、大丈夫なのか・・・・
ゝ /::, '^` .  ヽ. ヽ.     _.-'' _,!
/ ./::::ヽ.  \ ヽ/  _, - ' _, -.i'   しかし、8月中に落とさないといけないんだ・・・
. /::::::::: ヽ.   ヽ   /_, - '   !
/::::u::   ` O ::::::: ,------.,/   方針は変えられない・・・
:::::::::      :::::::::: `.O_ -,.~
,.-−-'  __ ::::u:::::::: > く      しかし、死傷者が・・・
::::__    ' :::::::::::::: i~   )
:::: ` - ,_  ‘`;:::::::::. |  ./      俺はどうすれば…
:::::    ` - ,_ :::::::. | /
:::::::      `-`;. .ノ _.ゝ       
::/::::         `-.'_
::::::::::: /         `-_   
::::::::::::::: /          )
::::::::::::::::::::::  /      ./
` - _:::::::::::::::::::  /   /        
   ` - ,_:::::::::::::::::::  /

第三軍は旅順攻略を開始したが、主防衛線より外の陣地を攻略していくにつれ、死傷者が増えていった。

しかし、タイムリミットが決められている以上、方針を代えることはできない。

この事態に伊地知は、徐々に消極的・悲観的になっていく。

6441 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:29:16 ID:McgP8I4g

      ,-‐' ̄                 ::::::::::::::ゝ
     /_                      ::::::::::\    対壕戦術のほうが犠牲が少ないだろうが・・・
   /.‐'/        ヘ              :::::::::ヾ
    /          /: |   |             :::::::ヽ   とにかく時間がない・・・!
   ./..../     / /::  | :|: |  :∧、         :::::ヾ
   .//     // /::    | | : | |:: ::|、         :::ヽ  死傷者10000人の見積もり・・・
   . /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|
   /.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|  止むを得んか・・・・
   ///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|
    / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|
   ..  |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|
       | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|
   .   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
   .    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|
   .     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|
   ..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|
        |  (______) :::::::::/:::/       :::|
   .      |            :::::::::/: :::/        :::l
          l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
           /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|
         /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
   ..    /   ヽ   ::/::::  ::;/     :::::::/    \ :|
   .    /     ヽ :/|::::: ,-‐'/     :::::::/_,‐'     〉:|
   .   //     ::/ |, -‐'  ̄ //    ::::::/      /::\
   .  //    :::/| ̄      /    ::::/ _,‐'   ./:::::::::::
      /   ::::/ /|       _//   ::/__, ‐'    /::::::::::::::::
     /  :::::/  / |   __, -‐' /   / ‐'    /::::::::::::::::::::::
   

第三軍は8月15日までに死傷者6500人の損害を被りながらも、要塞主防衛線と対峙する位置まで進出した。

攻城砲陣地の構築も進み、計画通りに進捗していた。ここまでは・・・

8月17日、乃木は降伏勧告を発したが、ステッセルは拒絶。要塞戦は必至となった。

6451 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:29:57 ID:McgP8I4g

 从                从                从
((  ))、    ∧ ∧     ((  ))、    ∧ ∧    ((  ))、    ∧ ∧
 从ヽ\\__(゚Д゚ )      从ヽ\\__(゚Д゚ )     从ヽ\\__(゚Д゚ )
   /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃
   \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  .\\/ / ./ / /  ヽ
   /___/ | | ◎ |⊂⊂|   /___/ | | ◎ |⊂⊂|  /___/ | | ◎ |
    \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/ ( ( (〜′ \\==\\__/
     . ̄    . ̄           ̄    . ̄          . ̄    . ̄
8月19日6時。日本軍砲兵隊は旅順要塞主防衛線への射撃を開始した。

歩兵の突撃前の準備射撃である。

6461 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:30:31 ID:McgP8I4g

     _フ                      ヽ
     フ                       |゛
    ´Z,. ,ィ ,.,.,., ,r'ナノ''v'"'7   /`ソ'-ァ_         |   敵砲台はほとんど潰した・・・・・!
  <´ `<〃 〃 〃 u ./  ./ u   `>     N
   \  \  i |   /  /〃´`l    〉     .|   行っちゃうか、歩兵を・・・
    / \  \ U  ./  /〃  .|   / .r'⌒'i   |   
   / {´\\  |i  .i| ./〃   l  l .|⌒i l   |
.  /  l.   \\|!  .!レ'〃    .!l.   l .|⌒| |   l   
  \  l    \    /     !!l.   l |⌒l l    l
    \ ゝ __o/   ゞo _ ノ〃   l .|_ノ /    l
.     )ミ三|     三=彡´ _u_  リ__ノ     ゝ
.   /   /  .|j   --、 -‐'´,r‐、` |\       \
.  (  .|j /         )  /ヽ,イ] .|  \        \
   ヽ  ./     ==   /ヽ/∧! |   \           \
  _ ) ( __,、    .U_..、ィ´`>´ ,、ヘ/ |     \__        \
  ` ‐┬‐┬ ''T''''T´ | __.ゝ'´,、へ冫 ノ .|     /|::::::" '' ‐ 、 .._ \
.    └‐┼┬'=,='-〒‐r‐ヾ__ゝ'´u~ .|     / l:::::::::::::::::::::|::|::::::::: ̄
  f . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〜U   .|    /. ,'::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::
.  l  U   J             |    / /::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
  l            ,  ,  i  l   |    / /:::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
_..、-l   l  l  !  '  '  u      |   / ./:::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
:::::::::::l      |j    __ ... 、 --‐ '' ´   /  /:::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
::::::::::::::l __ .. 、 -t‐ ''ヾ,            /  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::
::::::::::::::::::::::::|::|:::::ヽ   \          / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::

ロシア軍の砲台はほとんど露天だったため、要塞砲の多くはつぶされていた。

司令部からは敵の火力はほとんど潰したかのように見えたのである。

しかし、彼らはある兵器の存在を見落としていた。

6471 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:31:12 ID:McgP8I4g

                        ,.-===‐ ュ、,,
                      ,r ,rr'´;:;'"´     ``ヽ、
                       /;://;:;:;;:...:        ヽ
                     /:;〃i;:;:;:;:;:;:;,ィ从       ゙i
                  , イつ〃 i;:;:;;ィイイシハ 从     j!
                     / /,ヘ l  |;ィイー- 、  `ヾトト、,、  j!
                 /  i!ソ1 |  iリ  tテァ`  _,,,,, Vィイ
               /   レゥ l  |      ! fテz`Vィイ
             ,.イ::::.::.ヽく /ハ __」      l    イノ     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人_人ノ
           /.:.:.::::::::::::::::Y.::::i: /ハ    ___´   /´      ノ
          /.:.:.:::::::::::::::::::::〈/:::::.:.ヽヽエコ ー‐'  , '      _ノ   各堡塁より報告、日本軍の砲撃が終了した模様! 
         /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.::::::::::::i:ヽ、 ___,.イL        ̄ヽ
        /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:::::::::::::::ト.、ー- 、V ::.:.ヽ         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY
      /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.::::::::::::::::|  i   jト、 1:::.:i
.      ,/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L⊥_ リ__ノ:::::::``ー-、
     ,/.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   ./.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    `ー一'''フ.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄`1
        /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |

6481 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:31:54 ID:McgP8I4g
                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,    歩兵が来る・・・
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,  各堡塁の兵員は待避壕から出て、射撃位置に着くように。
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ 
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ 
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ 
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ      ,   ,!   jソ/′
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !
.: .:. :.: .:. :..: .: ,,r'"´  ̄  ̄ `ヽイ;:'´  _,レ^ー-、_   ,r‐y `i j,リ /     ! |
.:.:.:.:.:..:.:.:;:;:;/     `,   ヽ:;: ;:,イ.: .: . . . . ̄`ゝ‐'T二レ'゙ /    ,! 」
:::::::::.::;;:;:;:/        j     ト、''´.: . .: :. : :.: . . .: . . ,.   /    | 1

6491 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:32:23 ID:McgP8I4g

                      目標、前方の敵堡塁!全軍突撃ィィィィ!!!! .___    /
                   /_☆|__ ウオォォオォォォォ!!!!!            __/☆_ヾ  /
        wWmmw     /_了#゚Д゚)                       (゚Д゚ 了 〆
                 / つ≠∩ヨ===┯                  く/ _/う
    WwMw         /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄     wWmM    //~'/_,,つ
                (ミ/'                          (ミ/'

   W        _,,,,,_,,,,,__                    _,,,,,_
          γγ__o_⊥ トォーツゲキィィー!           γ_☆_ヽ ワアァァァァァァァ!!!!!
       =  /= /」・∀・)                  /( #゚Д゚)
wWmmw  =   // つ≠∩ヨ===┯             / つ≠∩ヨ===┯   
        =  /~' /_,,つ      ̄ ̄           /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄ 
          ((ミ /'                    (ミ/'    

8月21日、各方面で歩兵の突撃が開始された。そして彼らのが目にしたのは、

6501 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:33:00 ID:McgP8I4g

                    _,,.. -──‐- .、.._.      ‥ ・ ‥...
               ,. ‐''"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``'‐.、 ∴∵ ・・・
              ,.‐´.:..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:`‐ 、 . .  …… … …
              /.:..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:\
           ,i´.:..;.;.;.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;::.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:、              ……  … …
  ‥ ・ ‥ ./.:.:.;.;.;.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.::..;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   おい、あれはなんだ!
        ,i.:.:..;.;.;.;.;.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:...;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:..:.:.:.:.:i、
        .i.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.;.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:i. ちょ…おまry
        .i.:..;.;.;.;.;.;.;.;. :. :. :.:::::::::::::::::. :. :. :. :. :., '" ̄`ヽ  .: .:. .:.:.:.:.:.:.:.:l    ∵∴   ∵∴       :
        |.:.:.:.:.;.;.;.;.;;__ ___ _ ___ __,′     ',. :.: .: ;:.:.:.:.:.:.:.:|  ∵∴   ∵∴
        |.:.:.:.:.:.:..;.;.;.;. ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄',      ,.: .: ::::.;.:.:.:.:.:.:|   
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.;.;:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ  _ ノ. : ::::;.;.;.;.;.:.:.:.:.:|  
 .       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.l  
 .       i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,i  
 .       i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!′
 .       ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       ‥ ・ ‥...
 .         `:、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:,‐'
              \.;.;;.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ‥ ・ ‥...
    ∴∵ ・・・    `‐、.;.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:, ‐´∴∵ ・・・・     ‥ ・ ‥...
               ` '‐.、 _.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.:.:.:.:_, ‐''"
                     `` ‐-----‐ '"´

破壊されず、いまだ戦闘力を保っていた堡塁だった。そして、

6511 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:33:44 ID:McgP8I4g


                ッ-‐…ー-、
               , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
             / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、
             { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、   
            ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐   各堡塁に連絡。
           ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|        トールハンマー
            /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {   各個に機関銃射撃開始!
         /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、 
         ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、
        _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、
      ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
      / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
     ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
     ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
    / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',
   ,/ -''"....:::::::::::::.. ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'.;'     ',
  / .::: ..::::::::::::::::::::;;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ,ハ      i
  i゙ .:::::::::::::::::::::;、t'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .|; i     l
  ゙!::::::::::::::::;、-i゙  〉 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |.l i     l
  `'┬-‐''゙  ll ./ .:: ..::::::::::::::::::;;、-''"´ ̄`ヽ::: l l l     .l
    |      ll ゙:、 ::::::::::::::::::;/ ,!  、    ゙i / l l- - - - ┤
  ─┴─-、、ll.. ゙:、:::::::::::::/,: ,/i  、゙:、   ゙i  「""""""""`ヽ、

6521 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:34:14 ID:McgP8I4g
                                    : 丿  \ \.
                                  ,_ ゛''=;- .,_\  \\
                              ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
   O /`゛√,  ,r'`w-''´゙i       /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:
 ̄ ッ  ̄ ̄○ ゙̄i ̄ ̄ ̄"´ ̄ ̄ ̄ ッo ̄: 丿  \ \.               ′゙i,.
...〉..0..............................〈..............................〉.....,_ ゛''=;- .,_\  \\               ″:::i ;
................................\.............................---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i              :^::!.
r'`w-''´゙i       /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:               : 丿  \ \.
 ̄ ̄ ̄"´ ̄ ̄ ̄ ッo ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,.          ,_ ゛''=;- .,_\  \\
..............................〉.......o...........○__ ;                  ″:::i ;       ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
........................./...............................\................_ _             :^::!. /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:
`゙i,     、i'´゙ ○      : 丿  \ \.           :^::!.  ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:           ′゙i,.
゙i O        ,  _ ッ,_ ゛''=;- .,_\  \\        : :: ::i  o...........○__ ;                 ″:::i ;
ッ  ̄ ゙̄i_ッ ̄ ̄ ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i      ッ  ,r'  ...................\................_ _             :^::!.
     /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:  ://ッ    \ \.        _ _            :^::!.
 ̄ ̄ ッo ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,. / .     ,_\  \\     _            : :: ::i
....〉.......o...........○__ ;                  ″:::i ; ' ─ )     ゛`゛'-' \゙i              ッ  ,r'
/...............................\................_ _             :^::!. w-''´゙i  _-__-____    J゙i:  .,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
'´゙ ○      ゚ O`゙i,   _ _            :^::!. 0 ̄ ̄:            ′゙i,. `゛'-''i| ::  /| / .
〉..0.......,  _ ッ o  __-_             : :: ::i                  ″:::i ; ─゛''=;- ., :: , ' ─ )
 ̄ ̄\,_、,r'´ ̄ ̄ ̄__三          ッ  ,r'  .........._ _             :^::!.
 ̄/         /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ   `゙i,   _ _            :^::!.
_/______ッ_- ゛`゛'-''i| ::  /| / .     -_             : :: ::i
i ̄ ̄      ̄ ̄フメへッ─゛''=;- ., :: , ' ─ )    __三          ッ  ,r'
                 !、 ̄/         /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
          ,.' .・ '′ソ_/______ッ_- ゛`゛'-''i| ::  /| / .
  ;"・.。′°+゜ ; フニ二ブi ̄ ̄      ̄ ̄フメへッ─゛''=;- ., :: , ' ─ )

猛烈な銃火が彼らを襲った。

6531 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:34:47 ID:McgP8I4g
      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l 
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  日本兵は密集してやってきた!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ 狙いをつける必要すらないぜ!!
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

第三軍の準備砲撃は、堡塁を破壊できなかった。露天の砲はつぶせても、厚いコンクリートで覆われた、

内部に被害は及ばなかった。砲の威力は明らかに不足していたのである

そして、兵員は無傷で、堡塁内から無傷の機関銃で射撃した。

65410/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:35:18 ID:ACvM/fSk
なんか違う気もするけど大体あってるw

6551 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:35:26 ID:McgP8I4g

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   日本軍陣地ととロシア軍堡塁との位置関係は下の通りだ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  想像するだけで、ぞっとするな・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


────────── ロシア軍主防衛戦(堡塁)


      ↑         樹木が切り払われた無人地帯(数100メートル)

────────── 日本軍陣地

突撃した日本軍は、陣地から堡塁までを、ロシア軍の機関銃にさらされながら、密集して歩かされた。

その間はロシア軍によって樹木が切り払われており、堡塁上のロシア軍からは丸見えであった。

攻撃側のロケーションは最悪だったのである。

6561 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:36:25 ID:McgP8I4g
              __,,,,,,
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
        !       '、:::::::::::::::::::i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \>


       ヽ、
         >-、
        / .,、-ヘ ̄`"'''─-
      / <,、- '" J  U | .|:::::::::::/
      ヽ     _,r‐-、   | .|::::::::://  おい!あそこの兵隊は何だ?・・・
       ヽ  '´ ̄   f J | .|-‐-、
     ,、 - ' ┃   r‐'    | .|/     伏せたまま動かんじゃないか!
.    j     -‐ '"   J :| .|⌒
  ,、 '       U   J   ;| .|      あのままだと、いい的だぞ!
 (___.::::   ー--- 、   | .|      
     ヽ┬┬┬┬┬┬、\ .| .|      将校は何をしている!
       二二二二二二ヽ
  ,、-‐─┴┴┴┴┴┴┴
 / ∴ ∴∵ ∵ ∴ ∴
 !  | l i l  i  | l  i
 !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6571 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:37:06 ID:McgP8I4g
        _ NヾV\∧/ !__
        \:::::::::::::::::::::::::::::::<        あの兵達はっ・・・・・・!
        ∠/i/i/i/i/L::::::::>        
      ..,,_/| | | | | | |,,|--フ:::::::ゝ
      /\v.! ! ! レ!'.! ! ! !Z:::::::i        死んでいますっ・・・・・・・・・!
      {-ー- 、  ,. -――/, -、|
      |   o >    o  }|:|ラ.|:|        
      .|ヽ.,/  ゙ヽ _,,,..ノ |:| ノ/|       こんな、こんなことが・・・・・・・!
       | i"   _ j    v !|シ::|
      . | .i―-----― 、 /、:::::|         
       | |二ニニニ二二| /::.ヽ:::ト-、       
       .|└-――---'./::::  〉|: : :\ー--
        |.   ≡ u.  /:::   /.|: : : : :!ー--  
     _,,.. -|____ /::.   / .| : : : : !: : : :
  r ''": : : :,,.. -/: : : ヽ::::::::::  / |.: : : : : !: : : :  
. /:ト- '''"" : : /: : : : : |\   /  |: : : : : : !: : : :
/ : | : : : : : : /: : : , ヘ|/|  /\ |: : へ : :.!: : : : 
: : : |: : : : : :/: : :/: : :| . | /   |/: : :\:!: : : :

6581 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:38:04 ID:McgP8I4g
    .___    /
   __/☆_ヾ  /    まだ大丈夫だ!
   (゚Д゚ 了 〆    
 く/ _/う        敵堡塁はすぐそこだ!
//~'/_,,つ
 (ミ/'            俺に続け!

この煉獄を乗り越えて、堡塁に近づいた者もいる。しかし・・・

65910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:39:25 ID:UOXOtDcY
ああああああ……

6601 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:39:39 ID:McgP8I4g
>>658は間違い。いかに差し替えます。すいません。

   .____==ヽ     .,.、
   /__  l |/`ー´‐‐‐\
 // _  l:::  ミ,..ー―-‐、 `ヾ
 /f  Z ヾ_|;;   ,.-./l〆l \ \
// /二,\ ミ 彡二\´   ). |―...,,__
/ / l  ー´  ー´ ヽ `l  |.  |    ~\  し、死んどるのかっ・・・・・・・!
 /  |/l/l/Vヽ/|/ヽl l.  l  |  |           
.   /\\    // ':;  l  '  |         
、_, ノ j \\  //  ljヽ.    |    /     
 /l く  \\|| l/ /. ノ-、:,__  |   /      
/| l二> ―-ヽ  ∠-- /|-l (l   |入  |     
〉ヽ`/   / // uヽ ヽ|-| |,`>´  | .|
   ヽ  し~ ))  U^´ )_ノ | |○  | l
   / ⌒ー´<//> `ー~ヽヽ  | |   jヽ'
 ,,..‐| f王エ=--=壬王) |へf`ー--~  .|
   | v   l.j~  u  u'´|  |      ゝ/
   |  l l i i l i i,  |ヽ、.|       ヽ,
   |      u  u   .| 0/|        l
   `ー―――――――´ / |

突撃に投入された日本兵は、次々と打ち倒された・・・・

あたかも、伏せをしたようにバタバタと倒れていった、という。

6611 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:40:35 ID:McgP8I4g
    .___    /
   __/☆_ヾ  /    まだ大丈夫だ!
   (゚Д゚ 了 〆    
 く/ _/う        敵堡塁はすぐそこだ!
//~'/_,,つ
 (ミ/'            俺に続け!

この煉獄を乗り越えて、堡塁に近づいた者もいる。しかし・・・

6621 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:41:36 ID:McgP8I4g
────────── ロシア軍主防衛線(堡塁)

========== 鉄条網
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 地雷原


────────── 日本軍陣地

そこには、地雷原と鉄条網が十重二十重に張り巡らされていた。

ある者は吹き飛ばされ、ある者は鉄条網に行く手を阻まれ、銃火の餌食となった。

6631 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:42:19 ID:McgP8I4g
          __
         /__|__    堡塁直前まで来たぞ!
       /_了゚Д゚)
        (|〆/|)     壕に飛び込め!
       /|  ̄ |
          ∪ ∪     直下は銃火の死角のはずだ!

堡塁直前にたどりついた勇敢で幸運な兵たちは、堡塁直前の壕に飛び込んだ。

だが、彼らの幸運もここまでだった・・・

6641 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:42:46 ID:McgP8I4g

   堡│
   塁│
    ..│
    ..│
    ..│
    ..│         .┌──────地表
    ..│         .│
   匣.├─       │
   室.│         │
    ..│         .│
    ..└──────┘

堡塁下部には、機関銃を収めた匣室があり、壕のため、外からは見えなかった。

ここからの射撃で、堡塁下部にとりついた部隊は、次々と壊滅していった・・・・

6651 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:43:32 ID:McgP8I4g

       -=ミヽl∨レl イイイイィ
       Z ,vvwvwvwvv、"ミ
      Z /:|:|:|u|:|j:|:u:|:|u:|:ヽ ミ    よし、もうすぐ・・・・
      Z. \;:|u|:|:|:|j~|:|:|/ _ ミ
     1 l::\ \l:l:l:l:l:/ /::l ト'   もうすぐだ・・・・!
      |〈:|u:|::\`!ll !´/:|:U:ノ.|
     r‐'‐〉 ==。=-ソ /=。== 〈.‐、   要塞は必ず落ちる・・・・!
     | f.ヲ u三三〈 〈 三三|j )〕|
     l ゞゝ 〃〃/ /〃〃〃/ソ.l   ここで引き上げては、何の意味もない・・・・!
    ム`''〈 /´ r_(_/_ 、 `ヽ 〉‐ヘ
    /_l´ ̄u ̄ ̄u ̄u ̄ ̄`l._ヾ、
一 '' "|| | 〃〃〃〃〃〃〃〃| ||" '' ー
.   || .| l l l l l l l l l |. ||
   ||  l  |j  u |j |j  u  l ||
.   ||   ̄ ̄ト ̄ ̄ ̄ ,| ̄ ̄  .||
   ||     | `r----/ |      .||

66610/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:44:47 ID:ACvM/fSk
ほんと機関銃は地獄だぜ……

6671 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:45:20 ID:McgP8I4g
             ,、-─ ‐-、、
         ,ィ'"´`'"'       ``ヽ、
        / ,ノ  ,r、,,、ィ、         \
       ,/  '′ /ミY彡j!  、   `ミヽ __,ハ   やっとここまで来たぞ!
      |   ノ ,リ"´  `ト、  `i、.:;;;ヾ三ミヽ!
      ,イ !/ハ jト、    _,ゞ公`ト、ヾ三三ヾj!  堡塁に突入しろ!
    / j! jソニニ'ーz、 ,zr=,ニ < `iミミヾミゞ;;;;!
    Nヾ.;;ト, `でン〉   ゝ='   !ミ/ヘ」ツ;;:;;| 
    `ヾ`ヾj  ゙`7        ゙リ }カ !;:i;:;;{ 
       `` i!   ヾニ        ノ ,イ.:;;!N 
           !   r ─ -、      /`i j;;;;V 
            ',  V 二 ノ     ,′ N,イソ  
            ゙、   ー‐     /   リ/   
             ゙、       /   ,,ノ{
           }> --- ‐''゙´,、-‐'"´ Λ
           厂Y^Y厂<´     / Λ_ __ _
              l|/^}! |!!/^ヽ    /_/ r''"´.::::.:.:.::`7 7"「「
        _ ,,ハ V l | |  ノルィ''"´.:::::::::::::::::::::::::::::.://  i |
      , ィ´:::::.:.:::トト、 /ハ j , イ´:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  | |

   第九師団歩兵第六旅団長 一戸兵衛少将

このような絶望的な状況にも拘わらず、22日10時、第九師団は盤龍山東堡塁への突入に成功。

第三軍はこれに勇気づけられ、全戦線で攻勢に出た。24日未明、第十一師団が待望の望台を占領した。

だが、戦果はそこまでだった・・・

6681 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:45:55 ID:McgP8I4g

       =ミヽM/lイイ/レr     
       Z ,vwvwvwv、 ミ     
         Z/∠二jl |j/二ヽ ミ    
      Z/ r‐u |j u r'`uヽミ    
    r‐( ( の / /( の /‐、   
     .| f->〃´〃〉 〉〃´〃〉b.|   
    .ゝ〈 r‐- r_(_ノ_) '-―、`iソ   
      i´ ィTTЧ-Ч‐TTヽ |   
    /| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ゝ  
      フ| | ̄`´ ̄Y´ ̄`´ ̄| |ヽ  
   "´ ̄| ヾロコココココココココフ .| ̄`" '' r- 、.._   
  ≡≡ | l l l l l l l l l |≡≡≡|   l、
 ≡≡≡||三| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三|| ≡≡ |   | ヽ
  ≡≡.|| 三|        |三 ||.≡≡|   | ≡ヽ
 |≡≡.|| 三.|\___/|.三 ||≡≡|   | ≡≡l
 |≡≡|| 三 |  \―/  | 三 ||≡≡|   | ≡≡.|

望台は占拠したものの、付近の堡塁・砲台は健在で、後続の部隊が接近できず、投入できない。

逆にロシア軍の逆襲に遭い、放棄を余儀なくされた。第九師団が確保していた盤龍山東・西堡塁

ですら、確保が難しくなった。ことここに至りて、

6691 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:46:32 ID:McgP8I4g

      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ   攻撃中止・・・・・
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ 〜′    :::::::|ヽ.   ト.
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |

死傷者の続出との続出と、砲弾の著しい射耗により、24日16時、乃木はこれ以上の攻撃は無理と判断。撤退を命令した。

この第一次総攻撃で得たものは東側では盤龍山東・西堡塁のみ。その引き換えとして、

6701 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:47:36 ID:McgP8I4g

 ///      /| |::l .|l  |ヽ  ヽ\
   /        /::::|.|:::l |::| |/\ \\
.  | /    ./::::::::l|:::::l |".l |/::::::::ヽ、_\ヽ__
  |.l.| l   /::::::::::::|/ i /l| _,,、、-  ~  ::::ヽ ヽ/⌒ヽ、   い、今何と言った?
  || | .|l  /\::::: ヽ /,、-'''"        :::::::ヽ ヽ'⌒ヽ.ヽ
  . | |.| | /  \  〃          i.l ::::::::ヽ ヽ'⌒| .|   もう一度言ってくれ・・・
.    |l |l    \ ;;; ヽ、  ,,、'      ij  :::::::::ヽ ヽ、_ノ |
           /:::::    ‐''~         ::::::::::::ヽ ヽ、_ノ
          / ,':::::::             :::::::::::::::::ヽ ヽ
         / ,':::::ij:::::: U    `ij     :::::::ij:::::::::l;ヽノヽ
        / ,':::::::::::::::::             :::::::::::::::::l;;;:::::: ヽ
       / ,'::::::::::::::::_::`)       _,,、-'''´~~`ヽ::::::::::l;;;:::::: ヽ
      / :::::::::: ''~ノ    __,,、-‐´   _、、-‐':::::::::l;;;;:::::::u ヽ
      `''''    `''−'、~    _ 、-‐´    :::::::::::::::l;;;;;;:::::  ヽ
                `r‐''' ´       :::::::::::::::l;;;;;;;;:::::   ヽ

6711 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:48:21 ID:McgP8I4g

           ガク…
   ガク…        , - 、 ガク…
      _ _  _ニニ、_ (:::::::::\`、
      , -‐ ´、ュュュ_ _ \::::::ヽ::)         死傷者15860人・・・・・!
    , '/. ,,彳 ̄、  ¨`ヽ ヾ::::::\`、      
   ,'/  〃    `、   ヽ  \⌒\`、     つまり・・・・
、  L  タ     `、   `、  丶 ) ;     
::\ ,'ト、>ヽ        `、   ヽ、__ノ, '     つまり・・・
::::::::>ト、/  \    ∧从从ノi ヽ 、_::::::      
ヽ// |    /|   ヽ` :ヽ :〈  ヽ \ ガク… 
::::\ !   //`ヽ  〉: : : : :ヽ  } リ ヽ    
  ::::ヽ、_ ,ノ/     i rl : : : : : ヘ‐'-、ノ   ))   
 ガク… /   、ヽノ_,ゝ: : : : : : リ::::/   // ガク… 
    ,'/ ,,_,>'´::::::ヽ,_ミ 彡ソ /   /:::
    ((     ` ‐- 、rっ‐^ ‐',ノニヽノ, '
     `‐- ,,_   ((  ミ〉 /, ,  ノ:::
     :::::::::::  ニニ ¨`‐^:::: Ywソ, '

6721 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:49:27 ID:McgP8I4g
           _ヽー-、,. イ,ィ__      
           >         Z     
          > , ィ ,ィ ,、__    `ト、    投入兵力の約三割・・・・!
        <\フ´ lj ´  ´,/,ハ,     ゝ  
         \\   ,//  イ     |   一個師団分が・・・・!
         /  \l{ |{,/  _  Z    |   
        〈 r-ベ |  r‐-'´ ノ 7 r-、 |   たった一度の攻撃で・・・・!
        ヽ( o_,}'  ` o  ノ   l |´`l| |  
         / `J|   `ひ′ u l |二!l ゝ  消えてなくなった・・・・・!
        ゝ ,/__, -、.) __.二._ヽ |,トー'ノ ト、
         ̄「工工⊥!┴┴'-|  |、.´|   \
            _)__(      .|  l. `|三ニ=;、ヽ
       _rー-┴'-∟!工工T'Tリ .|  |ニ三三|` ¬- 、
   _,. ‐'´ .| l  l  i  i ; :  ̄   /  |ニ三三|` ¬- 、
    _,. -'´ヽ、.__ _     _ノ  /|;三三三|
        /三三ミト、 ̄ ̄ ̄   ,イ |;三三三|
         ,/三三ニミ|l.ヽ.      /l.| |;;三三三|
          /三三ニ;ミ|l.#ヽ、__,イ#| |ニ三三三|

あまりにも、あまりにも、大きな損害であった。一例を下記に記す。

                             攻撃前人員  死傷者  攻撃後人員  損害率

第九師団歩兵第六旅団歩兵第七連隊      1809人    1524人    285人     84%

第十一師団歩兵第一〇旅団歩兵第四四連隊  2282人     2018人    264人      88%

通常、部隊の三割以上の損害を受けると、その部隊は戦闘能力を失った、とみられるので、

上記部隊は壊滅、と判定されるのである。

6731 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:50:09 ID:McgP8I4g

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     さて、お待ちかねの検証タイムだ。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、 ご感想は?
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

67410/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:51:00 ID:ACvM/fSk
なんでそうなる前に、てのはしょうがないのか

6751 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:51:09 ID:McgP8I4g

        ノ L____
       ⌒ \ / \     信じられないお!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   乃木と伊地知はやっぱり無能だお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| ! こんな、大損害被るなんて、あり得ないお!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    そうとも言えないんだが
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

6761 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:51:54 ID:McgP8I4g
       ____
     /   ノ( \    どうして、堅固な要塞「正面」に攻撃を仕掛けたお?
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \ 防御が手薄なところを攻撃するのが、常識だお!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/ そんなこともわからんのかお!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   いや、それには理由が・・・
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  そもそも堅固な「正面」とか、手薄な「西側」なんかないし・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

67710/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:52:53 ID:g.UDKS8I
まあ、機関銃の件は仕方ないかもしれないけど、
もうちょっと早く撤退してれば死傷者の数を減らせたかもな

6781 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:53:02 ID:McgP8I4g
      ____
    /:::::::::  u\         旅順艦隊さえ沈めればいいんだお!
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu  要塞を占領する必要なんかないお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |  重砲で射撃するために必要な地点さえ取ればいいんだお!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´    何で、それがわからないんだお!
 / /       /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   いや、大本営・満州軍からの命令はだな・・・
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  この時期に艦隊攻撃できる重砲なんてないぞ・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

6791 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:53:44 ID:McgP8I4g
            ___
              /\:::::::::/\.    とにかく、乃木と伊地知は無能な働き者だお!
            /:::<◎>:::<◎>:::\
          /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\ こんな、利敵行為を働くう奴らは、銃殺すべきだお!
          |     ` ー'´  u   |
          \  u   :::::     /
          /    :::::::::::::::::::    \
        /                 \  〈〈〈 ヽ
                         (〈⊃  } }

6801 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:54:29 ID:McgP8I4g
      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \   人の話を聞け!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

6811 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:55:21 ID:McgP8I4g

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \ さあって、解説始めるぞ。
    (●)(● )   |
    (__人__)     | まず、何でこんな大損害出たか、なんだが・・・
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |


        ノ L____
       ⌒ \ / \      乃木と伊地知の馬鹿が、歩兵の強襲なんて、馬鹿な戦術やらかすからだお!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   コンクリートで固めた要塞に、小銃でどう対抗するんだお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| ! 奴らはドイツで何を学んでいたんだお!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

6821 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:56:09 ID:McgP8I4g

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   いや、彼らはドイツ留学の成果を活かしていた、ともいえる。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  それは、次の理由による。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

6831 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:57:10 ID:McgP8I4g
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ
              /,ィ彡'"´ .運 ̄ ``ヾミヽ     〈    .戦闘の基本は運動戦!敵野戦軍の撃滅が主眼!
              /   /    動     ', ヽ    ノ
            /   /::(    命    ノ:::)  ヽ   く   ..要塞など無視してかまわぬ!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    .
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )   . 
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{    .
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.   .
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //   ..
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /    .
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      .
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\      .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋   ....
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ   ...
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム  .....
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  ...
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ  ...
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.   ...
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ  ...
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ  ...

ドイツ陸軍の基本戦術は、部隊を迅速に動かし、敵を翻弄する運動戦(機動戦)である。また、野戦での敵兵力撃滅

に主眼が置かれている。運動戦ができず、野戦による迅速な敵兵力撃破ができない要塞戦は軽視された。

68410/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 19:57:10 ID:FZ7e/U2.
伊地知がここまで言われるのってやっぱり某司馬先生の影響もあるんだろうかね

6851 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:57:58 ID:McgP8I4g

                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´       要塞など歩兵の攻撃で片がつくわ!
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´ 運 `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 動   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    命   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

よって、要塞攻略の研究は進まず、歩兵による突撃で攻略が可能、とされていた。

6861 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:58:37 ID:McgP8I4g
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ちなみに、ドイツ軍はWW1でのリエージュ要塞攻撃でも、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) 歩兵の突撃やらかして、損害被っている。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         } つまりだな・・・
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

6871 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 19:59:21 ID:McgP8I4g
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ   歩兵の強襲による要塞攻撃は、
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i  ドイツ兵学でいえば、理にかなったものと言えるんだよ!
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

6881 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:00:25 ID:McgP8I4g

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    第一次総攻撃が終わった後、これじゃまずいという認識になったが、
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   まともな参考資料がなかったので、以前のフランス式兵制時代の
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  教範を持ち出してきたらしい・・・こういうことも傍証になるだろう。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

68910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:00:55 ID:FZ7e/U2.
お手本がそもそもアレだったのか

>ドイツ陸軍の基本戦術は、部隊を迅速に動かし、敵を翻弄する運動戦(機動戦)
これに色々なものを積み重ねた成果が後の電撃戦になるのかな

69010/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:01:45 ID:0Pyrpqtg
>>689
もともとはナポレオンからじゃない?

6911 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:02:17 ID:McgP8I4g

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \  さて、次になぜ、東側の要塞「正面」に攻撃をしたのか、ということだが・・・
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  これは、第三軍司令部の判断の通り、
    (          |
.    {          |  ・東側は鉄道があり、輸送が有利。地勢も大部隊が展開するのに向いている。
    ⊂ ヽ∩     く   西側は輸送用道路の建設が必要で、短時間ではできない。
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./  ・防御線の突出部に二方向から攻撃できる。
     ヽ、 __\_/
               ことが理由だ。とにかく時間がないからな・・・

6921 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:03:30 ID:McgP8I4g
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   でも、こういう結果になったじゃないかお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   時間がかかっても、防備の手薄な西側に、
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿   攻撃を仕掛けるべきだお!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


   / ̄ ̄\
 /     _ノ \   あのな、要塞は全周防御がされていて、
 |      ( ●))
. |       (__ノ_) 防備が堅固な「正面」とか、手薄な「側面」なんかないぞ・・・
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

6931 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:04:09 ID:McgP8I4g

 ⊂ \       /⊃
   \\/⌒ヽ//    要塞東側に展開しやすいのはロシア軍もわかっているから、
 ((   \( ^ω^)    ))
     /|    ヘ      防備を固めている「はず」だお!
   //( ヽノ \\
 ⊂/   ノ>ノ    \⊃  西側は防備が手薄な「はず」だお!

参謀次長 長岡外史少将

陸軍部内でも、東側でなく、西側から攻撃を行うべきだという意見が存在した。

そのおもな提唱者は、長岡参謀次長であった。しかし・・・

6941 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:04:55 ID:McgP8I4g
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  じつは、この長岡の主張、単なる推測であって、明確な根拠はなかった。
     . ( (● )    |
     . (人__)      | 現に要塞攻略後の調査によれば、西側防衛戦の強度は東側と大差なかったんだ。
     r-ヽ         |
     (三) |        | 「西側が手薄」というのは誤りだった・・・
     > ノ       /
    /  / ヽ     /   そして、旅順の地図を見てほしい。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

69510/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:05:22 ID:g.UDKS8I
まあ、俺たちはフィクションなんかで知識があるから
「防御が厚くてバカスカ弾撃ってくる建物に無策でつっこむなんて、アホか」
って思うけど、当時はそんな前例ないもんね

6961 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:05:54 ID:McgP8I4g
         □南山坡山       □松樹山 □二龍山 □盤龍山    .    
        □老虎溝山          □            □望台
      ▲203高地    □椅子山            □       □東鶏冠山  ▲大孤山

      □北太陽溝 □大案子山□小案子山               □
          □       .         ,、,,,.¬     □老頭山     □   
          □       .         'く  /´                □      小孤山
         □         .        /./
       . □     .      .     / l.                 □白銀山
       .□          ○新市街. _,/ `'v_
                  '`ゝ. ̄´´  .   `─、○旧市街         □
      □         ,、、_」       .   .  .,/             .   □   .
               ゙′-ー。   .   .     〉        、.'''〜、     .-
     □      .     .,.`      ._,.へ ``‐---¨⌒¨¨¨"    '〜' ̄```¨
                 .r`    ゙_,.・′ ..,´
     □ .       、r‥゛ . .,/¨´   .  ,.
               `¨l_ . .;      .,ノ´
     □          .′ . r′  .  .,r`
                 i′. . . . .,r´
    .□     .     .,・ .I  . . ._r´
     .     .     .'--‐゛ ,r'"`'“´
     □             _│
                 ゙.`
                 ,′

▲山・丘 □堡塁・砲台 ○地名
※位置は適当なため、若干のずれあり。海側の堡塁・砲台は省略。


戦術上、最も標高が高い高地(制高点)を奪取すれば、そこから他の地点を俯瞰することができ、非常に有利になる。

東側でいえば望台、西側でいえば203高地である。だが前者は要塞の主防衛線、後者は外郭陣地である。

203高地を奪取しても、続いて主防衛線を攻撃せねばならない。しかも、事前に他の陣地を攻略しなければ、取りかかれない。

これに対し、望台は直接攻撃することができる。時間がない状況では、東側から攻撃して要塞攻略を目指すしかないのである。

6971 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:07:04 ID:McgP8I4g

            ___
              /\:::::::::/\.     そ、それでも203高地さえ落としてしまえばいいんだお!
            /:::<◎>:::<◎>:::\
          /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\  203高地からは、旅順港が丸見えだお!
          |     ` ー'´  u   |
          \  u   :::::     /  そこに砲兵観測班を送れば、旅順艦隊を攻撃できるお!
          /    :::::::::::::::::::    \
        /                 \  〈〈〈 ヽ  要塞を落とす必要なんか、ないんだお!
                         (〈⊃  } }

6981 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:07:44 ID:McgP8I4g

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \   この時期に軍港を有効射程内に収めて、軍艦を撃沈できる重砲なんかないぞ・・・
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)  それができるのは、第一次総攻撃後なんだ・・
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


当時第三軍が持っていた最大の重砲は口径15センチ、海軍陸戦重砲隊は口径8センチである。

これでは、要塞外から港内の艦隊に届かないし、威力も足りない。

6991 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:08:23 ID:McgP8I4g
     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ      そもそも、旅順を攻略することになったのは、旅順艦隊の無力化が
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫  必要になったわけだが、では、どのように無力化するのか。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|   当時、どのように考えていたのか、見てみよう。
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

7001 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:08:51 ID:McgP8I4g


                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、    旅順艦隊出てこないですう・・・
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ  撃滅できないですう・・・
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l このままじゃ、増援艦隊が来てしまうですう・・・
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri〜l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ
    ,. --イ /  /   / '、 {l)   入_  ゙ー'^ー'`丶ミヾ、
   ,'´、  / /  /   l  ノ人  ノイム、  丶、  ヽ`ヘー- 、
   l  ヽ/ /  /    l / {l`´ ^'く, , ,)    ヽ  ', //7 ヽ
  ノ!  /\      ノ!イ   し=〜'´゙"´`丶、   ヽ  ,'/ノ`ヽ. ヽ
 / r,/、  \  ,.ィ" '´          `'ーt、    l lj   丶ヽ、
i´   メ `二ニ>'´                 `丶ニ'ノ     }ヽj`ヽ.
リ⌒ヾ),'"´ーxメ、  ,.                、       //ノ丶ヽ

7011 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:09:33 ID:McgP8I4g
                           _      ____,ノ〉
                  _,.-‐::─‐:-/::}-‐'" ̄: : :_::/
               ,.イ´.: : : : : : : :: : : :|::. : : : : : : : :`ー-.、__
            ____,/:; : : : : .:: : : : :: : : : :|:: : :.、:: : : : : . . . . ......`ヽ、    まずいわ、すごく、まずいわ・・・
           ,ィ'´;;;;;Y;;;}:/: : : : :::;: : : :;ィi: : : :jヽ:: : :i:: : : : ..、::. . . ....ヽ::...\
       /;r‐::‐:;r';;;/: :;ノi:: :::/ : :/' |: : :/ ∨:.:|:.:i:: : : : i:::. : : : :.ハ` ̄`  こうなったら、別の方法を考えないと・・・
        〈;;;;;;|: :::/;;;;;/: :(_,ノ::::/ : :/   j: :/   ∨:!::|V::.: : :|::::::. : : : :|
       \;j:.:/;;;;;/: : : : :.::::j:::‐/‐-、/::/    |:_;:|-l‐‐:: :|:::::: : : :: :|    要塞を攻略して、港湾施設を破壊するってのは?
        |:〈;;;;;;;j: : : :; :::::::|:::/  /::/`'"  `´|:.:| ∨:.: :|:::::::: : :i:.:|
        |: :\;|: : :/|: :::::;|:/___j;/_、     ,__j;/__ V:: :|:::::::: :/|:.:j    それなら艦隊を無力化できるし、
        |: :::::::|: :/:::|: :::/:|マテ弐オゞ      チテ弐テ7ハ;/::::::::/ j;/
        |: :::::::j;/: :::|:::/::.:|、Vz:;ソ ,'       Vz:;ソ,,' ハ::|:::::::/| ´     出撃してくるかもしれないわ・・・
        |: :::::::'i::::::::|;/、ヽ:| ゛ ̄´     、   ̄"´ {ソ::|::::/:.|
         |: ::::::::|: ::::::`ーrヘ、              ,ノ:i:::j;/:::.:|
          |: ::::::::|: : :::::::::|   ヽ、    -─   ,.ィ'::::::|::::::::::: :|
          |:.:::::::::|: : : ::::::|      >‐r- -r::‐<:::ノ:::;ノ|:i:::::::: :|
          |::::::::::::|: : : :::::|  _,ィ'"´ 〈:ノ    }   }`ヽ、. |!:::::::.: :|
        |:::::::::::::|: : : : ::|/´ |    ヽ、_,/   |   ハ|:::::::::: :|
         |::::::::::::::|: : : : :|:   ヽ、    ヽ/   /    }:::::::::: :|

7021 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:10:44 ID:McgP8I4g
            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、     今は、それしかないか・・・
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,   陸軍さんに、お願いするよ・・・
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |

海軍の考えは以上のようなものだった。これより、一番最初の段階では、

旅順要塞攻略で直接旅順艦隊を破壊することは、考えていなかったことがわかる。

7031 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:11:27 ID:McgP8I4g

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   以上より、言えることがある。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  つまり・・・
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

7041 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:12:40 ID:McgP8I4g

      / ̄ ̄\
    /    _ノ \     誰が第三軍を指揮しても、
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)   この状況がある限り、大損害が発生しただろ・・・常識的に!
     |      |r┬| .}
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

7051 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:13:28 ID:McgP8I4g
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\                  じゃ、っじゃあ!
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      乃木は有能なのかお!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \  それは・・・
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)  何を以って有能無能とするのか、ということもあるが、
       |     `⌒ ´l
      |         }   まあ、問題がある人物、とは思うな。
      ヽ        }
       ゝ     丿   実は第三軍司令部でこういうことがあったんだ・・・
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

7061 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:14:28 ID:McgP8I4g
          ____    ___
           "''''-、,  " Y "  ∠_
        -=ニ二  ̄          "'-、   俺たちエリートだよね・・・
         ,、-'"             T''
        ∠.-ァ               |    部隊は俺たちの言うことを聞いて動けば良いんだよね・・・
       ´/    / ,イ ./ | .!|.|      |'
          /イ / /|/ .|/  ゝ!ゞ,     .|    キャハ・・・!
           | /| ,イ.,.=   ,.=、ゝ   |    
            ´ .レ |(  o   o )ヽ |⌒i
               |.` ‐7    一´  | |つ |     
           、__ノ@/   .ヽ @  | |_ン
           !、__  `'''-U''´ _  リ ,ゝ    
             |ニニニニ´-‐/ 人  ,ゝ
                |       / ./:::| ""''''‐
              _|二二v二ン/:::: |
   ___,, 、 -‐''''""{_    ./::::::: |      
.  /ヽ_,, 、 -‐''''"" |ゝ, _./:::::::::  |
  /   ヽ        ||    |:::::::    .|
. /    ヽ        ||    i      .|
/     ヽ       ||   ノニ ‐--‐ ニ|


参謀とは、指揮官のスタッフである。彼らは作戦を立案し、指揮官の認可を受けて、それを実行する。

時には隷下部隊に赴き、部隊の状況をつぶさに見て、立案した作戦通りに実施しているか指導する。

参謀は指揮官の目であり、頭脳であり、手足とならなくてはならない。しかし・・・

7071 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:15:22 ID:McgP8I4g
    __ 、- 、 ,. -‐;z.__
    __ヽ. `  ′   <
   > ,.ィ ,ィ.,ィ,ィ,ィ,ィ,、 ヾ     そうだ・・・ 陸大出や留学組の俺たちこそが軍の中核・・・!
  ´7'′′′  _'ィ, l
  7''‐、   /´   _.」 |     そのエリート様がわざわざ下々の声を聞くこともないな・・・!
  l==。> '..=。==|.∩ !
.   l`ーァ'     ー-‐ :|.hリ.|     
   l./  __-,      |レ |
.   「.r-───-, .ハ.  |\   
.   !  ̄ ̄ ̄ ̄ / ヽ .| : :ヽ._
.    _!   ̄´  /   ヽ|: : :|:|- 二
-‐_'ニ.-!____./     〉: : :l |: : : :
´: : : :// : : |       / : : : | | : : :
: : : ://: : : : ト、.__,. イ : : : : | | : : :
: : :/ムへ: : : l`ー--‐ '/ ; ヘ : : | |: : :

当初の軍編成は二個軍であったため、第三軍編成時に司令部要員は少なくなっていた。

そのため、ドイツ・フランスと言った留学先から呼び戻された陸大出身者で構成されており、

まとまりに欠けていた。彼らは己の能力を恃み、傲慢な態度をとることがあった。

70810/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:16:21 ID:sUEp3.4c
よーするに、要塞の徹底強化が終わってた時点で日本に勝ち目は無かったとw

7091 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:16:27 ID:McgP8I4g

                ,、,、,、,、,、,、
               f´,.,.,.,.,.,.,.,., `!             i | | うううっ・・・!本当に・・・・・・どうしたらいいんだ・・・・・・・?
.               | f´u  u `! |           ‐┼‐ 
.            _,,,...r,| f ヽ> ィ'ノ ! |ヾ,- .,,_         / | ヽ 旅順要塞は予想以上に堅固だって言うのに・・・ 
.  i | |    _,, -''" _,,|に} ≧.〃≦ {う ||- .,,_"''- ,,_    ___  効果的な兵器が手元にないって言うのに・・・!  
 ‐┼‐   ,'i'" _,, -''" .||ゞ{ .U.、|jッ.U .}ノ ||   "''- ,,_.!'i    |  | 早期陥落ばかり声高に唱えられて・・・!
 / | ヽ   | .|‐''"    .|| . |.!三.三.三!.| .||      | |   |__|  
. ___  |  |      !'==|, , , ,= , ,u |=='.!       |  .|   。  いったい・・・・・・いったい・・・・・・どうしたらいいんだ・・・? 
 |  |  .|  |       .《 ̄! ̄! ̄》         |  !|.   。  この胸苦しさ・・・・・・焦燥・・・・痛み・・・ 
 |__|  |.!  | _____ヾ, .| | 〃第三軍   .|  | .|.  。  腐敗・・・喪失・・・徒労・・・つまり・・・
  。  .| .|  .| |.!__o___!| ヾ! .〃.|.!二二o.二!|.|   .!|      
  。  |.!   |.|  ̄ ̄ ̄ ̄|.  ∨ .|  ̄ ̄ ̄ ̄| !   .| .|    なにかとんでもない勘違いをしてるんじゃないか・・・?
  。  .| .|   |.|      | 〃|   |      | |i     .|   っていうこの不安感・・・いいのか・・・?
.    |    .! !--------!. }} .|  .!--------!.| .|     |   こんなやり方で・・・!    
    |   ー- !.|       {{ .|         | .|==‐  .|      
.    |     |.|"'i'‐,- , .,,__||__|___,,... , -,‐'i'"| |     |    ううっ・・・!分かんねぇ・・・!オレには分かんねぇ・・・!    
.     |     |ノ"''.‐'- ' .!,,,_|___|___|___|_,,!.. ' -'‐'''"ヽ|     |    いったい・・・・・・本当にどうしたらいいんだ・・・・・・?   
    |     |      .,  |  !!   ,.        |     |   i | |   
    |     |       - ,`'-| .||.-'´ _, -      |     |  ‐┼‐   
.    |,. ''""ヽ|       `'-ゝ,||,. -'´       !, '"""'ヽ|.  / | ヽ   
.    |''"""''!          ノヽ,        .!''"""''',!|    __
.   ,ィ' 〃 !. ヽ,       /   ヽ,       / .〃 ! | |.  |  |   
   / | i .i .i .iヽ,.)     /     ヽ,       (, 4 i .i .i .| .|  |__|   
.  / .U| !| | |      //      !ヽ,     .i | .| !U  |.   。
 /   ` U´    //       .i .ヽ,    `.U.´   |.  。   
 !         //         ヽ, ヽ         .|  。  


司令部を運営する参謀長を務めた伊地知は能力はあったかもしれないが、長として決定的な欠点があった。

彼は優柔不断で、決断ができなかったのである。結果として、この司令部をまとめられなかった。

運営能力に欠けていた。このことが、司令部と隷下部隊とのコミュニケーション欠如を招く。その結果・・・

7101 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:17:41 ID:McgP8I4g
                 ,,、、、、、、     ,,,、、、,,,
              ,〃´        ´    ``ヾヽ
             〃     ミヽ  .:.:;,     . : .:.:.`ヽ      軍司令部の連中は何だ!
            〃´    `ミミV彡'´       .: .: .:.:`ヽ
           〃´     `ヽミV彡'´     .: .: .: .: .: .: .::.ヽ    前線に出てこず、俺たちに正面攻撃をさせるばかり!
          j j      `V//'"´        `ヽミミミミヽ
          ノノ      `V/'´     `ヽヽ   `ヽミミミミヾ  犠牲が増えるばかりだ!何も分かっちゃいない!
        ,〃   .l:l:l. !.l:ミヽ ,.ィ彡ノノ.:.!.:.:.i.:.:.!.:!    .: .:.`ヽ.:.:.ミミ;、
         ,〃  .,:.!.l.:l.l:! l l:l ノ゙゙リ゙゙゙゙゙´j.:.::!..:.:i.:.:.!.:!  .: .: .:. :. :. `ヽ.:!.:! あいつらは何をやっているんだ!
      ,〃 .l.:l!.l.:l.:l.:l.l:! l l:!′ ハ  川j!.:.:.:i.:.:l.:lトト、.:.: .: .: .: .: .:.:.kl.:i!
      l/ ..l.l.:l!.Nイイ_リ j リ      トト、.:.:.:.:.トト、ミミヽ.:.:.ニ彡彡ノノ!l
      l l.:.川.:.l!.l.::.``ミミ;:、   ト、,,,__,,.ィ彡公ミミヽ\ミミミニニ彡!!.!Ⅳ
       VⅥ.:.l!.l.:ハ ,ニミミヽ ヽミミミ∠二_   ``ミj!ハヽ:j.:!!.:V
           Ⅵ:j:州`ヽ(:・:シヽ  .:.:. 、_(:・:) ヽ   lミj!j i i.:j.j.!.:;′
     二ニ二二ニ`ヾ州!   `゙゙7 ;: . ``   `    iミ!j i i.:j:j:i ハ
     l i     !.:.:.:.:.:.',    ,′ ;.:..           ノ ノハ,:ji/ ト、
     l i   !.:.:.:.:.:.:.:',    ( ...;;;:'´          /   ji!イ /!.、`丶、
     l i   .!.:..:.:.:.:.:.:.:',    r===== 、        /  ノノ / !:::::`丶、
     l i   !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙.、   V/    ',      / /  / /:::::::::::::;:;:;:
     ! !  l.:.:.::::::::::::::::::.:.゙、   !.ニニニニソ     /:/   / /:::::::::;:;:;:;:;:;:;
     ! !  l.:.:.:.::::::::::::::::::::::ト、  `二二´   /:/   /7. /::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;
     ! !  l.:.::::::::::::::::::::::::::ヽト、      ,.ィ´/ `ヽ\// /;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;
     l l  l.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::ヽにニニ〒〒``YY1  l 1/ /;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l l  !.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 州jj!ゝィイノノ ノノ/;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

隷下部隊は軍司令部に不信感を持った。ある旅団長は伊地知を「老朽変則の人物」と酷評している。

7111 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:19:34 ID:McgP8I4g
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   第一総攻撃の失敗の後、第三軍は対壕戦術を採用するが、
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  様々な理由で実施する部隊には今までの繰り返し、と映った。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  組織を運営する際に、「なぜ、これをするのか」ということを総員に
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ   周知徹底させることは必要だと思うが、これが欠けていたんだな。
   /  /    \
  /  /       \ 訳もわからず、今までと同じやり方でやらせらるんだから、そりゃ、反発するだろ・・・
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

7121 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:20:16 ID:McgP8I4g
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(  このように、第三軍は部隊と司令部が対立するというよろしくない状態にあった。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  しかし、乃木はこの状況を改善できなかった・・・
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

当時の中大将クラスは正規の士官教育を受けていない者がほとんどだ。欧米の近代戦術をよく理解していない。

作戦の立案は陸大出や留学を経験した参謀長以下のスタッフが行う。

軍司令官に求められたのは、部隊の統率である。

7131 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:20:55 ID:McgP8I4g
       ,,
     ./_,,     / ./::|              軍人に最も必要なのは徳義(モラル)を重んじること・・・
    ./‐'' /     /// u ::|  | iヘ
       .// / /    _, -| |´| |‐'\        俺はこの道を突き進む・・・!
      ///、  _, -‐'´  , -|'´:::|::::::::\
      /  \ \_, -‐'´  :::::::::::::::::::::|      周りも俺の姿を見れば感化されるはずだ・・・!
           \ __========:::::::::::|  /⌒ヽ
           / ''' !     , ‐'´:::::::::::::| |/⌒i | きっとそうなる・・・!
          /:::::::   -‐ '´ :::::::v::::::::::|...|/⌒l |
          /:::::::::::v        :::::::::::::::::::| .||  .| | 
.       /:::::::::::::::   U    U:::::::::::::::::| | ⌒ノノ
     <__   ,,,, `)          :::::::::::::::::::| `-‐"  
.        __,ノ          ::::::::::::::::::::|
         `ー、──────::::::::::::::::::/|
            ヽ       ::::::::::::::::::/: |
             ー─,    :::::::::::::::::/: |
              /   U::::::::::::/::  |
              ./   :::::::::::/:::   l
            ./   :::::::::/:::::   l
            /   ::::::/|:::::   ,, /
            !、  __/  |:::, -‐'´:/
              ̄  ,、-‐' ´::::::::::/
               /∧::::::::::::::::/
              .//0::\::::::::/

しかし、乃木の統率方法とは、「己の姿を理想像として見せつけ、部下を自発的に感化させること」だった。

確かにそれで感化される人物もいるだろうが、全員がそうなるわけではない。人間とは、それほど物分かりのいい存在ではない。

7141 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:21:51 ID:McgP8I4g
        /vVへへヘvヽ
      ∠         >
      ∠wwvwヘヘへ  >   まあ・・・ その・・・
       /│││││フ |   なんというか・・・・・・・・
      /r─-、 r─-、ジ |
      |r==、 ===、:ゝ |   必要ないってこってすよ・・・!
.      |ヽ__o/ ____o丿||⌒i
.      |.//./::  /// ||つi   前線に行くなんてことは・・・・・・!
.      | ./_:: ) ///u||6/
..      |.r─---─フ:::::||./|    前線に行くと余計なノイズが入って・・・
.      .|.に二二二/:::/ヽ..|    冷静な作戦立案ができないんっスよ・・・・・
.     / ̄⌒"ヽー":/ ヽ.|
   /二つ──/  :/  ヽ|    何でわざわざ、
  /二つ::r丶/──/ / .ヽ   こっちから行かなきゃなんないんっスか・・・?
 ノ二つ:::::::| |  ヽ ./  ./.ヽ
ノ二つ:::::::/丿   /   /  ヽ ほっときましょうよ、もうそのことは・・・!

隷下部隊から「参謀が前線に来ないこと」を批判された乃木は、司令部の参謀たちにそれを求めたが、

伊地知以下の参謀たちにこう返された。そして、この話はそれでおしまいになった。

乃木は参謀たちに「思いやりのある慈父」といった態度を示すばかりで、積極的に行動しなかった・・・

71510/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:22:35 ID:g.UDKS8I
なまじっか長州閥にいるもんだから、誰も「そこは違う」って論理的な突っ込み入れられないんだろうねえ
本人も持論を展開するタイプじゃないみたいだし

71610/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:22:38 ID:ACvM/fSk
制度そのものが色々と歪みすぎですな

7171 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:23:27 ID:McgP8I4g

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ  一番身近にいる部下すら自分の意見に従わせず、統率できない・・・
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/  このことを乃木はおかしい、と思わなかったのだろうか?
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/   自分の方法が妥当ではない、と考えなかったのだろうか?
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ   また、こんなこともあった。
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

71810/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:23:56 ID:FZ7e/U2.
悪条件山積み+トップの二人がこういう事態に絶望的に向いてなかったのか

7191 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:24:22 ID:McgP8I4g

      ,-‐' ̄                 ::::::::::::::ゝ
     /_                      ::::::::::\   参謀長、早く風呂に入れ・・・
   /.‐'/        ヘ              :::::::::ヾ
    /          /: |   |             :::::::ヽ  風呂番をしている従兵の体が冷えて、
   ./..../     / /::  | :|: |  :∧、         :::::ヾ
   .//     // /::    | | : | |:: ::|、         :::ヽ 可哀そうだろ・・・
   . /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|
   /.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|
   ///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|
    / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|
   ..  |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|
       | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|
   .   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
   .    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|
   .     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|
   ..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|
        |  (______) :::::::::/:::/       :::|
   .      |            :::::::::/: :::/        :::l
          l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
           /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|
         /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
   ..    /   ヽ   ::/::::  ::;/     :::::::/    \ :|
   .    /     ヽ :/|::::: ,-‐'/     :::::::/_,‐'     〉:|
   .   //     ::/ |, -‐'  ̄ //    ::::::/      /::\
   .  //    :::/| ̄      /    ::::/ _,‐'   ./:::::::::::
      /   ::::/ /|       _//   ::/__, ‐'    /::::::::::::::::
     /  :::::/  / |   __, -‐' /   / ‐'    /::::::::::::::::::::::

旅順攻略後、北方での作戦中に乃木は激務に追われる参謀長に、早く風呂に入れと促した。

風呂番の従兵が寒がって、可哀そうだから、という。美談のように思える。

7201 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:25:52 ID:McgP8I4g
        / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   だが、ちょっとと考えてほしい。
    (○)(○ )   |
 .   (__人__)   u  .|  この場合、参謀長に仕事をさせたほうがいいんじゃないか?
  .   ヽ`⌒ ´    |
     {       /  効果的に戦えるよう、兵が死なないように作戦を考えさせたほうがいいんじゃないか?
     lヽ、  ,ィ'.) ./
     j .}ン// ヽ   そのほうが、多くの兵たちにとって幸せで、大事にしていることになるんじゃないのか?
     ノ '"´  ̄〉  |
 .    {     勹.. |
     ヽ 、__,,ノ . |

7211 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:27:04 ID:McgP8I4g

       ./ ̄ ̄\
     ./      \    乃木は自分の周りにいる人や、直接会った人には非常に優しい。
     |     ー  ‐ i
     |   ( ●) ( ●)   この手の「美談」には、事欠かない。
     |     (__人__)
     |      `⌒´i    だが、彼は自分が命を預かっている多くの人達のことを、考えていたのだろうか。
     ヽ.       ノ
      ヽ     ノ     第一次総攻撃後、彼は攻撃方針の転換を決断するが、その後も軍司令部と隷下部隊の
   /   \       \
    |     \, -‐- 、-‐- 、 摩擦は続き、乃木はこれを解消できなかった。統率できなかった。
    |\     \.  (" ̄ .入
   |  \    "  ̄ ̄ ̄  )もし、彼が本当に人に優しいのなら、もうちょっと積極的に行動すべきではなかったろうか。
   |  / \,,_______人
    |      /\    \  \ 悪く言えば、自分の美学を優先させた、ともいえる。
   ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
             (______)___)

7221 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:28:01 ID:McgP8I4g
      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \  この話を始めた際、乃木は、
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |  「色々な状況を押し付けられた、ちょっとかわいそうな人」
    |     ` ⌒´ |
     |       |   という説明にするつもりだった。
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_    でも、調べてみたら、やはり問題のある人じゃないか、と考えるようになった。
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |  自分の考えを相手が上手く組み取ってくれると期待するばかりで、
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |  統率・指導ができない人なんだ。自分の役割を理解できない人なんだ。
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/  軍司令官として、何万人もの命を預かる存在としては不適当、だと思う。
     |    ij  ノ
      |   |.   |   しかしながら・・・
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ    
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

7231 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:28:50 ID:McgP8I4g

           / ̄ ̄\
          / ノ     ヽ     >>1の考えを言うと、確かに、乃木と伊地知は問題がある人物だったように思う。
          |  (●)(●) |
          |  (__人__) |    正直、上官とはしたくない。
          |   ` ⌒´   |
          ヽ        }     だが、旅順で生じた損害は乃木たち「だけ」に責任があるのではない。
        __,, -ヽ     ノ -、
       /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ . 様々な状況や理由で、ああなったのだ。彼らに全てを押し付けるのは公平ではない。
       {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
      {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ つまり、これは当時の日本軍の能力の限界を示しているのだ。
 _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
 || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,このことを理解しないと、問題の本質はつかめないと思う。
 || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
 || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄

7241 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:29:34 ID:McgP8I4g
      / ̄ ̄ ̄\
    /         \  さて、旅順が赤く染まっているころ、北方では大規模な会戦がおこなわれていた。
   ./          ヽ
   .l           l この「決戦」の結果は次回に説明する。
    l             l
    .l           l 
    ヽ          l
     ヽ         l 
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

7251 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:30:42 ID:McgP8I4g
やる夫で学ぶ日露戦争

第十話「戦争編その6 屍山血河−旅順総攻撃−」
    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)

次回第十一話「戦争編その7 遼陽会戦」

7261 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:31:19 ID:McgP8I4g
キャスト

日本

山県有朋       でっていう
児玉源太郎      八神月(Death Note)
乃木希典       伊藤開司(賭博黙示録カイジ)
伊地知幸介      黒沢(最強伝説黒沢)
一戸兵衛       ウォルフガング・ミッターマイヤー(銀河英雄伝説)
第三軍参謀     穴平建設のみなさん(最強伝説黒沢)

山本権兵衛     高良みゆき(らき☆すた)
東郷平八郎     泉こなた(らき☆すた)
島村速雄       柊かがみ(らき☆すた)
秋山真之       翠星石(Rosen Maiden)

7271 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:31:59 ID:McgP8I4g
ロシア

ニコライ二世          涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)
アレクセイ・クロパトキン   長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
アナトリー・ステッセル     ヨブ・トリューニヒト(銀河英雄伝説)
コンスタンチン・スミルノフ  アレクサンデル・ビュコック(銀河英雄伝説)
ロマン・コンドラチェンコ    ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説)
アレクサンドル・フォーク   アンドリュー・フォーク(銀河英雄伝説)

説明役      やらない夫
聴講者      やる夫

72810/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:32:18 ID:0Pyrpqtg
乃木や伊地知の無能のせい、とするのは、問題を個人の責任に帰して、組織の問題点を晦ますことになるからな。

72910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:32:37 ID:ACvM/fSk


こういう表現はなんだが
二人とも「いい人なんだけど」って言われて振られるタイプに見える

73010/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:34:37 ID:g.UDKS8I
なんか乃木って挫折しまくった人なんかにたまに見られる
「もう失敗したくない&嫌われたくない」って考えに陥ってるようにも見えるなあ

73110/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:36:36 ID:FZ7e/U2.

個人ではなく組織そのものの限界、問題点か

フォーク准将がまんまフォーク准将なのにいつも噴くw

7321 ◆R8YMTME8eI:2009/10/24(土) 20:39:32 ID:McgP8I4g
お読みいただき、ありがとうございます。

次回なんですが、ちょっと仕事の関係で文章を書いて、叩きつけてやりたい、
と思いますので、ちょっと間隔を空かせてください。

次をお待ちになっておられる方には申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。
11/29(日)までには復帰します。

今日は眠いので、レスは後日させていただきます。
ホント、夜勤明けは地獄だぜ・・・

73310/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:43:15 ID:qeHizxcU
乙 隷下部隊ってのはなんですか 末端の部隊みたいなもんですかね
ぐぐってもよくわからんかった

73410/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 20:59:24 ID:LD49FZJA


>>721
自分が直接顔を合わせた人は思いやれるけど、会ったこともない人のことまで
想像できないってことですかね

身内にだけ優しいのは人間によくあるタイプだけど、「会ったこともない人」に部下も
含まれてたら、最悪の上司だな…

73510/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 21:06:54 ID:0Pyrpqtg
>>734
発想が「徳治」なんですよね。おかけで法家からの批判がそのまま当てはまるという。

73610/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 21:27:46 ID:Ow6eSQvo
>>734
ひとつ上の上司としてはやりやすいかもしれないけど二つ以上上の上司には居てほしく無いタイプかな。

73710/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 22:21:17 ID:wVw4BgMo
乙です。
一回目は失敗しても仕方が無い。成功への道が見えないんだから。
前回の反省をして次回に臨めば良いのだ。
だが、参謀達は前線視察をしないようだけど、それで反省できたのかな?

>>733
「隷下」とは、「指揮下」と似たような意味だったはず。

73810/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 22:49:52 ID:h.rQUZ.2
ある意味これの発展系がWW1にも…
塹壕も要塞も砲弾でつぶせないと同じことになるからな…

65 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/22 01:06 ID:???
1916年その後4ヶ月続くことになる第一次ソンム戦の初日である7月1日
イギリス軍第10ウエスト・ヨーク歩兵大隊は


進軍から一分以内で事実上全滅した。

73910/25からIDが全スレッドで共通になるお:2009/10/24(土) 23:41:14 ID:1sdwnlD2

時期的に機関銃の破壊力が認知された時期だもんな
んで次が戦車か

740名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 00:35:26 ID:eGAgK.T2
>>739
んにゃ、本当にヤヴァイのは駐退機付きの大砲。
戦場で最も兵隊を殺すのは銃弾ではなく砲弾。
格段の発射速度で冗談でも誇張でもなく戦場に鉄の雨が降る。

741名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 01:44:42 ID:t3K3X3og
まあその後重すぎて動かしずらくて射程は短いけど威力は高い機関銃とかがフランスに。
トンデモ兵器の入り口ですね

742名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 09:37:46 ID:mrUNBdLc
満州に旅行にいったとき、ガイドさんに
「旅順攻防戦のとき、ここいらには中国人住んでたんですか?」って聞いたら、
「日本兵に全員殺されました」って言われた。
真偽は確認していない。

743名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 09:41:48 ID:vcVak5ZA
……そ、それはないだろ…………。
聞いたことがある話しでは「ロシア軍が旅順の機密を守るために、手伝いに来た中国人を以下ry」とかはあったけれど。

744名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 12:19:00 ID:PJYqdGOU
ロシアの要塞である以上、戦争時に中国人が普通にいるとも思えないしな

745名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 13:38:12 ID:c4Y1TvZM
メッケルは日露戦争と関係なかったっけ?

746名無しのやる夫だお:2009/10/25(日) 13:39:08 ID:WXjDjJ4M
>>745
とっくに帰国してるよ。
児玉がいる限り日本が勝つだろう、と言ってたらしいが。

7471 ◆R8YMTME8eI:2009/10/25(日) 21:18:17 ID:V5wXkPiE
>>666
WWW1のときで言えば、機関銃一挺で一個中隊(200〜300人)の銃火力に相当した、と言われています。
核兵器のように戦争の抑止力となる、とさえ言われたこともありますから、ホント、恐ろしいものなんです。

>>689
そもそもドイツ軍は運動戦重視なんですが、WW1後、敗北したドイツ軍は全体で10万人という規模に抑制されます。
この兵力では国土の防衛は難しく、よって、いかに部隊を機動させて有利な状態にもっていくか、という思想に拍車がかかります。
これが、「電撃戦」へと発展していく、ということなんですが、『電撃戦という幻』という本がありまして、電撃戦の構想などなく、
現場指揮官の果断な判断が成功をもたらした、という説がありますので、一概には・・・
私はこの本読んでいないので、なんとも言えませんが。

>>708
そういうことになります。
開戦から攻略開始までの数か月を無為に過ごしてしまったことが一番大きいかと思います。

それと、後知恵ですが、投入戦力が少なかったと思います。51000人対33000人ですので、
戦力比は1.55対1となります。
巧者三倍の原則というものがありまして、勝利のために攻撃側は守備側の三倍の戦力を投入
しなければいけない、ということです。

これはあくまでも原則であり、戦闘ごとに様々な状況がありますので、必ずこうしなければならない、
ということはありませんが、やはり少ないと思います。

7481 ◆R8YMTME8eI:2009/10/25(日) 21:19:12 ID:V5wXkPiE
>>715 >>718 >>729
乃木はですねえ、確かに「いいひと」かもしれませんが、組織を引っ張っていくには、物足りないんです。
組織のトップは大方針を示して部下に理解させ、ここから逸脱しない限り好きにやらせる、というのが
いいんじゃないか、と思うのですが、望むべくもありません。
私が部下だったら、絶対にその地位から追い落とすよう工作しますw

>>728
旅順の大損害を乃木と伊地知の無能で説明することがありますが、今回説明したように、
様々な理由・状況でああなった、と思います。
確かに彼らにも責任はあるでしょうが、それだけで、すべての原因を説明することには、なりません。
組織全体の問題として、捉えるべきでは、と思います。

>>733
隷下とは、>>737さんが言うように、部下、指揮下にあるもの、という意味です。
ここでは、第三軍司令部の指揮下にある部隊、という意味になります。

>>734-736
うろ覚えですが、

「乃木閣下は優しい人だった。だが、その優しさをなぜ、作戦や戦法を替えて、銃火に倒れる兵たちを
 救うという方向に持っていけなかったのだろう。もう少し、積極的になって頂きたかった」

というようなことを、第三軍のある将校は戦後回想していたようです。
実際には、戦法を替えていたのですが、このように思われていた、ということです。

749名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 01:19:13 ID:04YQe17Y
>>738
日露戦争の戦訓とか全く研究されてなかったんだろうか。
クリミア戦争で痛い目見たイギリスが日本陸軍はともかくロシア陸軍を侮ってたとは思えないんだけど。

750名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 02:22:15 ID:PkjIPS5k
>>749
反対意見も出てるし戦車という新兵器も初導入されてる。
数が少なかったのと運用にまだ問題があるから決定力はなかったけれども。

ドイツ側でも戦訓は分析されていて、防御側有利で攻勢突破はほぼ不可能だから、
「消耗戦に持ち込んでフランスをギブアップさせよう」として発動したのがヴェルダン攻勢。

自軍も消耗したのが問題だったが。

まあ、毒ガスの導入とか色々合理的に考えて狂った方向に発展していくわけだが。

751名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 10:21:39 ID:rBb10FOY
>>749
「おめー、極東の片隅でスラブと黄猿と泥にまみれてオカシクなったか?」
本場ヨーロッパでは、ロシア人は日本で言う「部落民」のような扱いなんです。
また、「バナナで武装した強盗から見栄を守る方法」なんて誰も研究しないように、『特殊な局面の事』を研究してもしょうがないとも言えます。


WW1のリエージュ要塞攻略は、テキトーに歩兵を突っ込ませてドイツ軍は殲滅されました。
「時間が無いから手持ちのネタだけで勝負する」ならどこもそうなる物でしょうか。
だけど、(ネタばれなんで省略)42センチ臼砲なんてのが用意してあり、これが後から投入されました。
結局の所、研究してはいたようです。
が、研究結果を使うかどうかはオレの知った事じゃねぇ。

752名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 20:29:32 ID:L4y4jkSk
それにしちゃ海のほうは例の海戦が影響しまくってドレッドノートなんて生み出されたようだが

753名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 20:52:38 ID:pmOvwRhs
そりゃバルチック艦隊は西洋から派遣された戦力だからだろ

754名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 21:08:42 ID:L4y4jkSk
ロシア陸軍は部落民でロシア海軍はヨーロッパという扱いなの?

755名無しのやる夫だお:2009/10/26(月) 23:57:56 ID:H7uqnsp6
「無茶でも何とかする」という事を求められる地位に、
理想論だけ突っ走って「何とかなる」と考えちゃう人間が就いちゃったのが第3軍の悲劇だったってことなのかね

756名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 01:03:21 ID:XRh4H7aw
>>752
ハデな所や役に立ちそうな所は研究しているんですよ。
(ネタばれ省略)を研究した物を持って来たって書いたでしょ。

また、陸軍的には砲撃すれば機関銃巣を撲滅できるんです。それでイイじゃないですか。
進撃前に砲撃する事はやったぞ。
さぁ、突撃だ。BADEND

>>754
「陸軍が」では無く、民族として蔑視されがち。
テレビでおバカ芸能人なんてのがいますが、「あいつらバカだから」と言うばかりで、その行動を笑う・けなすだけになる奴がいます。
こんな感じ。
「なんでそうなったのか」を研究するべきなのに、どうでも良い差別感情を混ぜて、それで十分と思考停止するの。

757名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 09:31:52 ID:HPaYt6YI
>>1様 乙です!

758名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 19:08:11 ID:wYrl0Mf6
この頃から軍はダメダメだったんだな

759名無しのやる夫だお:2009/10/27(火) 22:18:01 ID:INF0Jbgg
在る意味、とても日本人らしいなぁ。失敗の仕方もその失敗を「無かったことにして」ナアナアで済ますこととか特に
笑い事じゃないけど

今回のお話で「203高地」を思い出しましたわ
上司がアホだと下が苦労して、一番下は大迷惑被るってイイ見本だ

760名無しのやる夫だお:2009/10/28(水) 20:39:41 ID:AzYFXDyA
いわゆる有能な働き者タイプがナンバー2ナンバー3にいて、
そいつが自分の代わりに決断してくれるなら、乃木みたいなのでもタイプでも上手くやれるんだんだろうね。
とはいえ司馬遼太郎のように伊地知に責任の全てを押しつけるのはあまりに可哀想だ

761名無しのやる夫だお:2009/11/05(木) 22:31:31 ID:uiVC4H5g
ここの>>1はやる夫がF1グランプリに挑むようですの人ですかね?

762名無しのやる夫だお:2009/11/06(金) 21:11:41 ID:6bFEHkSA
つうか、アホとか駄目駄目とか気軽によく言えるな・・・・

7631 ◆R8YMTME8eI:2009/11/08(日) 20:23:39 ID:NeWzGHlw
>>761

そうです。
あの話は、中村さんのホンダ入社前の話とか、追加したい内容がありまして、
色々構想は浮かんでいるんですが、こちらを終わらせないと、できませぬ。
始めた当初は、年内に終わるかと思っていたんですけどね・・・

764名無しのやる夫だお:2009/11/08(日) 20:27:38 ID:WijQ2cbs
>>763
まじか!!期待してる
最近のF1の話も作ってくれたら嬉しい
この作品も面白いからすぐには終わって欲しくないけどねw

765名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 15:18:08 ID:iovvpSFs
hosyu

766名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 01:25:38 ID:iEqe5QJw
>>748
>私が部下だったら、絶対にその地位から追い落とすよう工作しますw
いや、そういう部下がいる組織も、それはそれで問題があるんじゃないかと……。
思うだけなら誰にでもあることでしょうが。

7671 ◆R8YMTME8eI:2009/11/21(土) 22:41:42 ID:K9WP.ewI
ご無沙汰しております。

次回なんですが、遼陽会戦を取り上げるつもりでしたが、参謀制度や兵站、
諸外国の対応などを説明して方が良いと思いますので、番外編という形で
これらを解説したいと思います。

投下は11/27(金)を予定して現在作成中ですが、
明日も明後日も仕事という名の時間の切り売りがあるんです・・・アヒャヤヤ。できるかな?

>>766

確かにこの文章だけを見たら、「下剋上」を奨励しているように見えますね。
ちょっと言い過ぎました。
私の工作というのは、上司に問題がある場合、どのようなデメリットがあるのか、
というのを、その上の上司に具申するというものですので、非業的な活動をする
というわけではありません。

個人的な事情を言えば、無理難題や非合理なことを要求する人とか、
自らの意見を優先させて他人の意見を全否定する人とか、
こっちの意見を理解しないで、非合理な理由で否定する人が上司にいましたので、
ちょっと敏感になっているんです。

768名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:13:10 ID:ICTDlVZc
>>767
>こっちの意見を理解しないで、非合理な理由で否定する人が上司にいましたので、
なるほど。浮世はどこへ行ってもそういう人がいるものですね。
しかも、特別偉い人よりも、プチ権力者に多い。地位が不安定なせいか。
(勿論、特別偉い人にもいない訳ではありませんが)
そうした弊害の合理的・法的な削除は、求められながらも現代まで続いている問題ですね。
会社でも問題ですが、戦争になると洒落にならない……。

7691 ◆R8YMTME8eI:2009/11/26(木) 22:37:25 ID:tWolrxZI
11/27(金)20:00より、第11話を投下します。
当初、遼陽会戦の予定でしたが、番外編として、参謀制度や兵站、
諸外国の対応についての話となります。
よろしくお願いします。

770名無しのやる夫だお:2009/11/26(木) 22:50:06 ID:k9Lxw5tY
おお、乙ですっ。
坂の上の雲での黒木の活躍がパネえだったので、今度のも楽しみですww

そう言えば今週の日曜からは坂の上の雲ですね〜〜。
映像では、かなり力が入っているように見えるけれど、果たして……。

771名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 00:05:40 ID:MgTjRu2U
坂の上の雲もう五年前くらいからやるやるって言ってようやくだよな

772名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 00:17:46 ID:OpWhHT9A
了解ですお待ちしておりました!

773名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 01:48:26 ID:imnSy/Rk
おお、了解です

774名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 03:35:57 ID:B5CWHbqk
最近兵藤二十八の「有坂銃」読んだんで楽しみにしてます。

775名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 18:36:28 ID:aYhXyoLc
やる夫スレは偉大です
http://omegavip.blog31.fc2.com/blog-entry-130.html

776名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 19:23:43 ID:aYhXyoLc
>>775
有坂さんってド近眼の31式速射砲やら30年式歩兵銃作った人だっけ?

777名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 19:24:58 ID:aYhXyoLc
間違えた、>>776>>774宛てです

778名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 21:04:30 ID:xmkfqtOc
今日は結局やらないのかな?

779名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 21:05:49 ID:7R.x2Q/M
くっ、そろそろ風邪ひきそうだぜ

7801 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:11:38 ID:25AGrKow
今会社から帰って来ました。

急に残業しろと言われて、延期を連絡しようとしたんですけど、
携帯から書き込みできませんでした。

お待ちいただいた皆さんを放置してしまい、申し訳ありません。
21:30から投下しますので、もうしばらくお待ちください。

781名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 21:14:05 ID:xmkfqtOc
了解です あまりご無理はなさらぬよう

782名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 21:19:27 ID:7R.x2Q/M
よしきた!!

7831 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:30:01 ID:25AGrKow
やる夫で学ぶ日露戦争

第十一話「番外編 参謀と兵站システム・諸外国の対応について」

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   今回は遼陽会戦を取り上げるつもりだったんだが、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 軍隊について解説が足りないと思うし、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ 諸外国の対応などもまだなので、
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │ 一括して取り上げる。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

7841 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:30:58 ID:25AGrKow

   / ̄ ̄\  
 /   _ノ  \     まずは、前回、色々と話題になった参謀制度についてだ。
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、 やる夫、参謀でイメージする人って、誰だ?
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

7851 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:31:43 ID:25AGrKow

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   、この人だお!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   参謀って作戦を考える人だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   つまり、軍師だお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


          ______       
         r〃〃〃 f7⌒ろ)
          l‖‖‖ ||   f灯     
           |‖‖‖ ||   | |
           |儿儿儿._」∟⊥厶    
          〔__o____o_≦ト、
.          「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ  
         |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i
.          l ー| `ー'  ||、_八 |  
          l │     ll  〃V
           、{`―-ヽ ,〃 〃  \ 
           __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、
.          ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\
.       /   | ̄r少}¨ ̄〃   /    /′ ヽ
      〃 l   |  l| | l| 〃    /     /    └ヽ
     /   l  |l | |l/″   /      !  厂    \
    く,  Y   ! l」fレト!    /       | /        1
    丿  |   | 丿} じ’  /      | /         |
   /     l   | `¨      /      レ′        |

           諸葛亮孔明

7861 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:32:43 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    ・・・
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   軍師と参謀ってのは、ちょっと違うんだ・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  これを理解するために、なぜ参謀という制度ができたか、
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く    説明しよう。
   /     ヽ \

787名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 21:33:19 ID:xmkfqtOc
参謀…… スタースクリームとか?w

7881 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:33:32 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   15世紀以降、ヨーロッパでは常備軍が整備されるようになる。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  それまでの戦争ごとに傭兵と契約して軍隊を編成するのではなく、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  常雇いの兵隊で、軍隊を編成することになるわけだ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │  その結果、こういう事例が起きた。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

7891 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:34:28 ID:25AGrKow
  ∧∧ ∩
 ( ´∀`)/ 給料マダー?
⊂   ノ  
 (つ ノ      ∧∧ ∩
  (ノ      ( ´∀`)/ 飯マダー?
        ⊂   ノ  
         (つ ノ   
          (ノ       ∧∧ ∩
                 ( ´∀`)/ 銃マダー?
                ⊂   ノ  
                 (つ ノ   
                  (ノ    

                  ∧∧ ∩  寝るとこ、ドコ?
                 ( ´∀`)/
                _| つ/ヽ-、_
              / └-(____/
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それまでは、契約した傭兵隊長にすべてを任せればよかった。

しかし、常備軍であるということは、常に兵士の管理をしなければいけない、ということである。

給料はもちろんのこと、食料や武器、兵舎などを与えねばならない。

また、兵の募集や訓練、規律の維持など、様々な管理業務をこなさねばならなくなった。

7901 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:36:34 ID:25AGrKow

   *``・*。.    。.:☆   .     *。+゚ ★
   |   `*。 ;*  †▲_*;.。.: ∧  ∧  /*。
  ,。∩    *. ゚*: (('A`);゚' +< ,,‘∀‘> つ  *。+゚
 + (・ω・`)*。   ゚・* (  7  `*。 二つ *゚*
 `*。 ヽ つ*゜* .  < ヽ   \+。*・'
  `・+。*・`゜⊃ +゜   *。+゚    ∪`J
  ☆  ∪~。**'``・* 。
  `・+。*・゜.  |     `*。
      ,。 _,,∩,_     * もうどうにでもな〜れ〜☆
     + / ,' 3 `ヽ* 。+゚
     `*⊂    ,j *゚ *
       ゚と・+。*・' ゚ +゚
       ☆ `(ノ′ 。*


この役割を担うのは部隊の指揮官だが、軍が肥大化するにつれ、この種の仕事が増えてくる。

一人でできることには限界がある。指揮官たちの負担は増大し、業務に停滞を招くことになる。そこで・・・

7911 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:37:32 ID:25AGrKow

    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\   我々官僚がお手伝いしましょう。
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

この種の作業には、文書がつきものである。無学な者には務まらない。

そこで、文書作成能力に長けた官僚を軍に編入し、指揮官の補佐役として業務にあたらせた。

これが、参謀や副官と言った制度の始まりである。

7921 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:38:06 ID:25AGrKow

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \  というのが、参謀制度の起こりだ。
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  当初参謀とは、指揮官の管理任務遂行を補佐する
     (`⌒ ´     |
.     {           |  存在だったんだな。ここは注意するところだ。
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |


     ____
   /      \    単なる管理業務の補佐役が、
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \ なんで、作戦立案をするようになったんだお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

7931 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:39:16 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     それについては、歴史をひもとこう・・・
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、 参謀制度はその後発展し、18世紀後半には、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ' 一つの大きな組織として編成されるようになった。
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ   そして、このころ、フランスにある天才的な軍人が現れる・・・
   /     / ./
   |      /
    |    i´

7941 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:40:37 ID:25AGrKow

         l;;llllll||lll从从WWWl||ll,,ツ从ツツノlイノ'彡ヽ
         イ从、从从从从从ll|| |リ从////ノノ彡;j
        jl从从从从;;;;;;;;;;;;从;;;;;/;;;;;;;;;、、、;;-ー、イ彡:}
       (ミミ;;ッ''"゙ ̄ '、::::゙`゙''ー、/"´:::  :::: |;;;;;彡|
        }ミミ;;;} :::  {:: ゙:::::、:::    :::ィ ,,:::: };;;;イ;;l
        jミミ;;;;} :::  ヽ::::ミヽ::  |  ノ  W::  |;;;;彡:|
          }ミ;;;;;;} ::: ヾ {:::::ミ ヽ j イ|从 ":::: };;;;;;彡{
         iミ゙;;;ノ::::::  \'、 }}: l||イ /,ィ;;、、-ーーヾ'ァ;;イ、
        {;;;;リ:レ彡"三三ミヽ,,リ{{,,ノ;;;;ィ≦==ミ'" |;;〉l.|
        l"';;;l ゙'''<<~(::) >>::)-ら::ィ'ー゙-゙,,彡゙  .:|;l"lリ
          |l ';;', ::: ー` ̄:::::::ミ}゙'~}彡ィ""´   .:::lリノ/
         l'、〈;', :::    :::::::t、,j iノ:::、::..    ..::::lー'/
   ,、,,,/|  ヽヽ,,', ::.、    :::::(゙゙(  ),、)、ヽ::.  イ ::::l_ノ
)ヽ"´   ''''"レl_ヽ,,,', ヾ'ー、:::;r'"`' ゙'';;""  ゙l|  ::j ::: |: l,,,,
         ゙''(,l ', l| リ {"ィr''''' ーー''ijツヽ  l| :" l  |',`ヽ,
   世 大    (l :'、 `',. 'l| |;;゙゙゙゙"""´ー、;;| ノ:  / /リヽ \
.    界 陸    Z::::ヽ '、 ゙'t;ヽ ` ´ ノ;;リ   ,r' //  |
   最. 軍     >; :::ヽ  ::ヽミニニニ彡'"  , '::::://  |
   強 は     フヽ ::\ : ミー―― "ノ , ':::: //:   |
   ォ        }ヽヽ :::::\::( ̄ ̄ ̄ /:::://:    |
   ォ      }| ヽヽ :::::`'-、竺;;ニィ'::://    |    l
   ォ       (: |  ヽ ヽ :::: ::::::...  :://     |    |
)   ッ.       (  |  ヽ ヽ::  ::::::... //      リ.    |
つ、 //     r、{  |   ヽ ヽ   //      /     |
  ヽ・・     '´    |   ヽ  ヽ //      /     |

             ナポレオン・ボナパルト

ナポレオンは従来からあった参謀制度を進化させ、参謀本部として組織、参謀総長ポストも置いた。

これにより、ナポレオンを参謀本部制度の創始者、とする意見もある。しかしながら、

7951 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:44:43 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       この参謀本部の任務は補給や情報収集、輸送などの業務で、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      作戦を主導するものじゃなかった。今までの組織を発展させただけ、だったんだな・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      なぜならナポレオンは、天才的な軍人だったからだ。助言なんか、必要ないんだな。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

ナポレオンは天才的な軍人であった。それゆえ、作戦は彼が立案する。彼にとって他人が作戦に介入することは、

劣った者の意見を聞くこと、わずらわしいことであった。彼は他者に自分の補佐以上のことは望まなかったのである。

7961 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:45:43 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ナポレオンの部下たちは、ナポレオンの指示通りに動くことが要求された。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) これを命令戦法という。詳細まで規定され、逸脱は許されない。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ この戦法でナポレオンとその部下たちは、ヨーロッパを席巻した。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


             ____
           /⌒  ⌒\       さすがだお!
         ⊂。(゚>) (<゚)。つ
      ⊂ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ つ 文字通り、「余の辞書に不可能はない」だお!
     ⊂  |    /| | | | |     |  つ
        \  (、`ー―'´,    /   
         ( ヽ  _____ ././
         \ \|  .,  レ゛/
           .\旨EX ξン┐

7971 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:46:33 ID:25AGrKow

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \  ところが、「不可能」があるんだな。
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |

7981 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:47:35 ID:25AGrKow
       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ   こういうことだ。
     |     ( ●) |
     |      (__人)  昨日、天気予報は晴れだったけど、雨降ったよな・・・
     |        ⌒ノ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



       ,.-'⌒ヽ,
      ノ     ヽ、
    (´  ,ノヽ    )
    ,.-' (´     `)`ー-、
   (´   ,ヽ、 (⌒     )
   `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄
    。i    。    ゚l  。
   !    |    ゜   i
     l       i     ! ゚
       !   、i;,| i, ゚,゜   ゜  そうだお!
    !   /  ̄ u  ̄ \:
    !  ::/  :j     ::::\:   ちょうど外出中で、傘を持っていなかったから、
     ;: |  u        :::::::| :
      \.....::::::::: u  ::::, /    ひどい目に遭ったお!
   !   r "     .r  /゚。 !
    :|::|     ::::| :::i !
    :|::|:     .::::| :::|:  !
  !  :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}: !
   !  :i      `.-‐"

7991 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:48:17 ID:25AGrKow

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \   お前は天気予報から、傘は必要ないと判断して
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   持たずに外出した。だが、雨が降った。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }   初めの想定とは違うことが起きたわけだ。
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

8001 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:50:10 ID:25AGrKow

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \         つまり、物事には、当初の想定からは違うことが起きたり、
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}      はっきりとは予測できない、不確定要素があるということなんだ。
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ これは戦場でもそうだ。むしろ、不確定要素であふれている、とも言える。
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /     例えば、天候が急変したら、当初計画通りのスピードでは行軍はできない。
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄   以後の計画に大きな影響をもたらすんだが、命令戦法だとどうなるか?
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

8011 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:50:59 ID:25AGrKow
         ____
       /     \      逸脱は許されていないのだから、
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   そのまま、行動するしかない、ってことかお?
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        その通り!
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)       命令戦法では、想定とは違った状況に陥った時、柔軟な対応ができないんだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        このことが、後にナポレオンの命取りとなった。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ   さて、そのころ、同じヨーロッパの別の国で、このアンチテーゼが生み出された。
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

8021 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:52:21 ID:25AGrKow

           _,;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';;、
          ,;';; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `、
          ,';;;;;,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;   ナポレオンという天才に対抗するためには、
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  チームワークが必要です・・・
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i  そのための、参謀たちです・・・
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  |      ノ:::::::::::::::::::;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

         ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト

プロイセン王国、後のドイツ帝国の母体となるこの国は、ナポレオンとの戦争で壊滅的な敗北を喫し、

軍制改革に乗り出すこととなる。この中心となったのが、シャルンホルストであった。

彼は、作戦を担当する参謀本部の母体を創設し、その発展に寄与した。

8031 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:53:27 ID:25AGrKow
  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::   ナポレオンの戦法では、柔軟な対応ができない。其処をつける。
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:   我々は大方針を示し、そこから逸脱しない限り、指揮官(ライン)
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::   に柔軟な行動を認めよう。
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::   そして、指揮官を補佐する参謀(スタッフ)が必要だ。
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :   指揮官は、この新しい戦法に慣れていないし、
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::   こちらの意図も十分理解していないからな・・・
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::

この戦法を訓令戦法という。これにより、大幅な柔軟性を獲得したプロイセン軍は、ある方面では不利となっても、

別の方面の軍が活躍して選挙区の打開が図れる、という事態を招くことができた。

8041 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:54:43 ID:25AGrKow
 .l          ..ノイ.....:::::::::::..     ....:::::::::::::::::         V
 .|                 , :::..    i::       .|     /       参謀本部の意図を理解させるために、
  |i   ____`    i  /  /  :::    j`:、、     i l   __,,/,、 /  ,
  ,イ´___ `'´ ̄ ̄`  マ、,__ _,_i   / .:\ ゝ´ ̄ i ̄` マヽ二ニマ ,'イ  参謀たちには、共通の専門教育が必要だ。
  ´:.:.:.: . ". . .      . .:.`ヾ仁ノ}  ヽ-イ/ヽ . .   . . . .:.:.:、///
ヽ____:. . . . . .       . .: :.:l:L丿,ニ、ゞ.:.:.f:.:.:. . . . .   . . . .:.:.L__,/ そうでなければ、参謀本部の意図を理解して、
`ー―_!」:.:.: . . .  .  . . . .:.:iイ二ニニニニ二!:.:.:. . . . .   .  . .:.:r‐--ィ'1
   -弋;.:.: . . .   . . . .:./ヘ ,' i   il! ゝ,:.:. . . . .   . . 丶/イ    i 方針に沿った助言を指揮官にできない・・・
  /, ,ヘ;';.. . . . . . . .:.:/\、/,イ   iハ、/ヽ、'.:. . . . . _._:.:/ヘ、   |
     / `,'ー‐i--!┼ ヘ` 、 ノ/    |ilili、  / ≧/-i-┼‐ ' ` 、     l  参謀本部と部隊勤務を繰り返すことも大切だ・・・
ヽ,  /    i  / .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、      .i       , ィ,{
  ,\´`ヽ、   ,イ  .:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、        ///,イ!
  .|ヾヽ  `>'´ ....::::::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         ルi{
  |  _, ィ'´ ......::::::::;ィ,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.     从リ{
  `y′ .:::::::::::::;::::;/  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_  `'ー-ュ,仆林
_/  ..i::::::;;;ン;イ  ...:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ{
/  .::::://,イ .:::::::;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、
 ...::::::/,イr'´ .::::::::;メ,≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ゝ,__,イ/  | :::::::::j-イ!  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::

指揮官に勝つための作戦を助言する、ということは専門的な教育が必要である。

それが共通のものであれば、どこの部隊でも参謀がいる限り、同一の助言ができるわけである。

また、参謀本部と部隊勤務を繰り返すことで、部隊に最新の参謀本部の方針を理解する者が置ける。

8051 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:55:40 ID:25AGrKow
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

1815年6月18日、ベルギー・ワーテルロー。エルバ島から脱出したナポレオン率いるフランス軍は、

この地で、イギリス・オランダ軍と激突した。ワーテルローの戦いである。

この直前、ナポレオンは、イギリス軍と合流前のプロイセン軍に打撃を与えており、これを追撃するため、

グルーシーという将軍に別働隊を預け、追わせた。

8061 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:56:44 ID:25AGrKow
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(  ナポレオンはプロイセン軍を撃破した、後は残敵掃討、と考えていたんだが、
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/ プロイセン軍は戦闘力を保っていた。そして、グル―シーは釣りだされ、
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'   ワーテルローから遠ざかって行った・・・
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

イギリス・オランダ軍との激突前、ナポレオンはグル―シーを呼び返そうとした。

しかし、連絡は付かなかった。当日、ワーテルロー方面から砲声が届き、

帰還を進言する部下もいたが、グル―シーは、

8071 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:57:36 ID:25AGrKow
          _ . .、、、,,,,.....__
       ,r'´¨   ,r    `ヽ、
     ,.r'´ィ'´`゙ー-ゞ、,,〃" `ヾ `ヾ、   皇帝陛下は私に、プロイセン軍を追え、と命じられた。
    ,'    ',,〃"_,,Y、_  `゙il、   )
    ノi',,〃"   ,/´ ̄`゙"`i   `i:;, ヾ
   ,! !  ,:ィ'タ ;オ ,r'‐- 、 `ト,.ソ,!ソ : ノ
   l ,.,,  ノ ,丿 -‐=;、、_,. 从リト,,.,:i'
    'y|i!,'¨ヾ, /  ゞ ,-=・ゞ゙';`〈・=ヾソ
   l il!、,!l,リ,!    ー-‐ : `li'‐|´
   'i ´ ト、ゞ、         ,;  ,l./
    ヾ, ノ,ノーi.         '´ ''゙´l
    ,;',;r'゙ i l.     i -‐‐一 l
     ,}'ヽ、 'l `丶、      ̄ ,!
    /   `丶、  \     ,!
、-‐一'、       `丶、`ー─イ'
     `ヽ、    rソこ-`fヾ;i}
       `ヽ、.   ¨``Y| i|l
          `ヽ、 ,-‐'ソ| il|、

と繰り返すばかりだった。行動の柔軟性がない、命令戦法の欠陥が現れたのである。

グルーシーの部隊が遊軍となったのに対し、プロイセン軍は決戦場に到着し、フランス軍側面を攻撃、

フランス軍を敗走させ、ナポレオンの命運は尽きたのだった。

8081 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:58:35 ID:25AGrKow
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  作戦立案に携わる参謀本部創設のいきさつは、以上の通りだ。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    プロイセン参謀本部の栄光に関する話は、
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    こちらの方のスレを見た方が良いかと、思う。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    「やる夫が鉄血宰相になるようです」様 
  / /  /       `ヽ.  ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1257069081/111-
  /´  ./       ,.  ヽ.  
  ト、_,/.       |、  ヽ では、参謀の業務内容について、詳しく見ていこう。
   |         |/  /

8091 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 21:59:44 ID:25AGrKow
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \   と、その前に、ライン・スタッフについて説明しておこう。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)  ラインとは、指揮系統や指揮官、スタッフとはこれを補佐する参謀を指す。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }  このシステムは企業経営なんかにも取り入れられているから、
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ   聞いたことがあるかもしれない。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

8101 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:00:52 ID:25AGrKow

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \          軍隊は柔軟性を確保するために、レベルに合わせて様々な部隊が編成される。
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)         師団の下は旅団や連隊、といった風にだ。
      |     ` ⌒´ノ 
.     |         }         そして、その各部隊には、規模に見合った階級を持つ指揮官が置かれる。
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ          日本軍の場合で言えば、師団長は中将、小隊長は中尉・少尉となる。
 i'⌒゙l |   l         \__ィ〜っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}こうして、上から下への命令系統が確立され、
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ 目的に合わせて部隊編成ができるようになる。
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||

8111 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:02:12 ID:25AGrKow
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      そして、それぞれのラインに対し、スタッフである参謀が置かれる。
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)     軍司令官には、軍参謀、師団長には師団参謀、といった風にだ。
   |     ` ⌒´ノ
.   |         } ∫∬ これがライン−スタッフ制度の基本形となる。
    ヽ        }  i.⌒i
     ヽ     ノ  kニ l
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ
.     |     /        〈〉        ヽ
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ

8121 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:03:10 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /  ヽ、 _  \   さて、このライン−スタッフ制度、押さえていかなければならないことがある。
  ( ●)( ●)   |
   (__人__)     |   それは、上位ラインが、直接下のラインに命令を下す、ということだ。
    (`⌒ ´    .|
    {       |
    {       .ノ
    ヽ     ノ\
      | __/ )
   へ へ|___/|   三二==
⊂《二 《⊃       |   三二==
   \\|/\__|    三二== スイ〜ッ
     \\ /  )   三二==
       \/   ノ      三二==
     / /   /     三二二==
     \\_ \      三二==
      ⊂⊂ / ̄ ̄\  三二=
     | | ̄ | /\  | 三二=
     |  ̄ ̄| \/  |  三二==
     \__\__/

8131 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:04:04 ID:25AGrKow
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    そんなの、当り前じゃないかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    確かにそうかもしれないが、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   これを決めておくのとしないのでは、大違いだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   指揮系統が不明だと大混乱するんだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm  こういうことが起きかねない・・・
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

8141 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:05:03 ID:25AGrKow
           
     ∧∧  この歩兵中隊長の上官は歩兵大隊長(少佐)の私だ!
    (,,゚Д゚)   
     (i  i)  
    〜|  |   
     し`J   

  ∧___∧   
 ( ´∀` )  砲兵連隊長だけど、大佐で大隊長より階級は上だ!
 (     )  
  i     i  歩兵中隊への指揮権がある! 
 (,__,ハ,__,)  

ライン制度では、直属の上官以外の指揮命令は受けない。例え二等兵であっても、

直属の上官でない限り、大将の命令を聞く必要はないのである。

こうして、誰の命令を聞くべきか、という無用の混乱を避けている。

8151 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:06:06 ID:25AGrKow
  ∧_∧ 
  (・∀・ ,,) 中隊長が中隊の指揮を執れなくなったので、
  (    )
  | | | 第一小隊長の小官が指揮を執ります!
  (_(__)

また、指揮官が指揮をとれなくなった場合、誰が引き継ぐか、というのも明確にしてある。

この場合、下の階級の指揮官で先任(その階級に最も早く昇任した者)の指揮官に引き継がれる。

言い換えれば、軍隊の階級とはこのためにある、とも言える。図にするとこうなる。


軍司令官──軍参謀部

  │
  │

師団長───師団参謀部

  │
  │

旅団長───旅団参謀部

8161 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:07:05 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ     さて、この制度、もうひとつ重要なポイントがある。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫ スタッフには指揮命令の権限がない、ということだ。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

8171 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:08:12 ID:25AGrKow
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   え?小説や漫画では、参謀が指揮を執っている場合があるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
  |     |r┬-/ '    | あの話では、司令官が負傷したんで、参謀の主人公が指揮を執って、
  \      `ー'´     / 
                敗北を免れているお!

8181 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:09:16 ID:25AGrKow

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ  それはな、その小説が間違っているんだ・・・
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |  良く分かっていないんだな・・・
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

8191 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:13:54 ID:25AGrKow

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       確かに、参謀は指揮官のスタッフとして、
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、   様々な命令を発することがあるが、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   それは指揮権から権限を委譲されたり、
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ    指揮官の同意を得てから行う。
   /     / ./
   |      /       つまり、参謀そのものには、指揮命令の権限はないんだ。
    |    i´
                指揮官のスタッフであると共に、自らも部隊を率いて戦う軍師との違いはここなんだ。

8201 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:15:02 ID:25AGrKow

                                    
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  スタッフである参謀に指揮権がないのは原則だが、
             /         ヽ        ,〜'_, -‐ 
            /         丶    _,〜'_ッ'-     この原則から外れた事例は結構あるし、
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃          上記のような例もあるから、誤解が生じることもわかるが、
             |       (__人_) /〉
           /∧     ,.<))/´二//⊃          もう少し調べれば、わかることだと思うんだな。
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \         当り前のように参謀が指揮権を継承するのは
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|        違和感ありまくりだろ、常識的に・・・
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|

8211 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:16:15 ID:25AGrKow

.                   / ̄ ̄\
           -、      /  ヽ、_  \   ではなぜ、スタッフに指揮権がないのか?
         /  /     (●)(● )   |
          |  ,      (__人__)     |   これは無用な指揮の混乱を防止するためだ。
          l  |      (`⌒ ´     |
      ┌―}  l  .     {           |   ラインとスタッフから違う命令が出されたら、どうなるか?
      ┌‐| lノ   〉      {        ノ
    「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐
    └イ ̄フ  {          小  ´   /  l
      l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
      ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
         |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
       \  r'´       ,//   l  / /   \  \
            ` <. __///   / / /    /   /

8221 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:17:03 ID:25AGrKow
旅団長「A地点を攻撃しろ」

師団参謀長「B地点を攻撃しろ」

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  どっちに従えばいいんだよ?
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

      連隊長

この場合、どちらも上記組織のライン・スタッフであり、どちらに従えばよいかわからない、ということになる。

指揮命令系統は一元化されねばならないのである。

8231 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:18:23 ID:25AGrKow

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\  このような事態を避けるために、スタッフである参謀には、
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |  指揮命令の権限は与えられないんだ。
            l` ⌒´    |
           {         |  では、参謀とはどのような業務を行うのか。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  作戦を立案すること、じゃないのかお?
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

8241 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:19:19 ID:25AGrKow
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \     確かにそうだが、それだけじゃない。
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    参謀の役割は多岐にわたる。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   わかりやすく言えば、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉    「指揮官の決心を助けるために、情報を収集・整理して、
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_  事前に指揮官の意図を把握して、決心の根拠を提供する。
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::! そしてそれを文書にして、伝達する」ことだ。
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

8251 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:20:22 ID:25AGrKow

    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\    味方の戦力はこれで、敵の戦力はいくら。
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |   想定戦場はここで、地形は把握してある・・・
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /   だから、こういう作戦計画が良いか、と。
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

参謀は彼我戦力、行動能力を見積もって作戦を立案する。

想定戦場の把握も必要である。こうやって事前に情報を収集・整理して、勝つための戦術を研究する。

こうしたことは、事前に行っておかなければならない。参謀の仕事の第一は、事前の研究なのである。

8261 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:21:17 ID:25AGrKow
             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

また、組織が大きくなるにつれ、一人の人間では手に余るようになる。参謀も同様である。

このため、業務を分けた結果、参謀の数が増える、参謀の部下が存在する、ということになった。

そうなると、参謀そのものが組織化され、部隊規模ごとに参謀部として編成されるようになった。

8271 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:22:17 ID:25AGrKow

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   こういう作戦計画で行きたいんだよね・・・
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  でも、それじゃ補給に無理がないか?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       通信は維持できるのか?兵の休養も必要だぞ?


参謀部には、作戦参謀のほか、通信・情報・兵站といった各担当の参謀がいる。

作戦計画立案の際には、それぞれの立場から、計画について議論する。

そうした議論の上で、合理的で根拠のある作戦計画をいくつか立案し、

8281 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:23:10 ID:25AGrKow

         ∧,,_∧
        ⊂(´・ω・)つ-、  ほいじゃ、B案にしよう。
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」  lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ lヽ,,lヽ
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/| (    )(    )(    )   A・B・Cと三案、立案しました。
  /______/ | | と.、   iと.、   iと.、   i
  | |-----------|      しーJ  しーJ しーJ    それぞれのメリット・デメリットは・・・

指揮官に提出して、決心の材料としてもらうのである。

8291 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:23:53 ID:25AGrKow
    / ̄ ̄\
  /  \  ./\  前線視察に行くか!
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) | 味方部隊の状況も把握しておかないといけないし・・・
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

情報収集は担当の参謀や部下達が行うが、重要な事項については、作戦参謀・参謀長といった

重要人物が自らの目で確認を行うことが必要である。

良い計画を作るためには、自ら状況の把握に努めなければならない。

8301 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:24:48 ID:25AGrKow
       / ̄ ̄\_
     /  ─  ─\   歩兵連隊はB地点を攻撃し、
     /   (●) (●)ヽ
    .|    (__人__) |  砲兵はこれを支援すること。
     .|      `⌒´  |
    ヽ         /  工兵は事前に敵陣地の障害を除去すること、と・・・
   ノ  ヽ       ノ \
. /               ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

作戦計画が決定されたら、これを隷下部隊に伝達しなければならない。これも参謀の仕事である。

ただ単に「どこを攻撃しろ」ではなく、「どこをどのように攻撃しろ」と具体的に、簡潔に伝えなければならない。

こうした作業には、知識と経験が必要であり、専門教育を受けた参謀の重要な仕事なのである。

8311 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:26:03 ID:25AGrKow
       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:    命令の伝達なんて、誰にでも、電話一本できるお!
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\: こんなのが専門技能だなんて、おかしいお!
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:


                〈 \ 「 \
                    〉  `>  `>
                /  /  /    大間違いだ!
                /   /  〈
              | ./ ̄ ̄ヽ  |
               /llllllヽ_  ヽ ..)  l
            |  (○)(○ )  | |   ‖
      |      | ‖  (_人__)    | ‖ ∩⌒)
     ‖ .  ‖    ヽ⌒´    | |/ /
  |   __   「 ̄`フ/{      | ll  /
  ‖ /  `ヽ  |  | (  <ヽ     l  ノ
   ,/  /ヽ  ヽ/ /__,ヽ       ノ ‖
  く  /  |   '´ ̄      . _ ノ    )
    ̄   |        _,,..-‐'.;;;(○ )/
       .`ー-‐'´ ̄   \   /
                  ̄ ̄
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

8321 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:26:59 ID:25AGrKow
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ  確かに簡単な命令なら、電話一本で事足りる!
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i しかし、それが複雑な内容だったら?理解させるのは難しいぞ!
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l それに誤解したらどうなる!
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/ 命令伝達の技術は、非常に重要なんだ!
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

833名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 22:27:01 ID:GtW92szk
参謀は指揮官の補佐役だね。
指揮に専念してもらうために、情報収集、総務、命令伝達を代わりに行う。

8341 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:27:59 ID:25AGrKow
    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ  この作戦では、あなたの部隊に危険を冒してもらわないといけません。
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |  ですが、あなたの努力は無駄にしません。きっと、勝ってみせます。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ  ですから、理解していただきたいのです・・・
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

また、リスクが伴う作戦の場合、命令を受ける相手に納得させなければならない。

そのためには、参謀が直接出向いて状況を説明し、指揮官に理解してもらわないといけない。

こうしたコミュニケーション技術も必要なのである。

8351 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:29:15 ID:25AGrKow

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \  このように、参謀とは前線や隷下部隊にひんぱんに赴いて、
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  | 状況を確認したり、調整の業務をしなければならない。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        } 日本軍では、「参謀は足で働け」と言われたらしい。
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

8361 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:30:26 ID:25AGrKow

             / ̄ ̄\
           / _ノ  .ヽ、\       お分かりになったと思うが、第三軍司令部の参謀が
           |  (●)(●) |
  .         |  (__人__) .|      前線に来ないことで非難されたのは、
            |   ` ⌒´  ノ
 .   r─一'´ ̄`<ヽ      }       ・敵の状況を確認していない
 .   `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
      ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).  ・味方部隊の状況を確認していない
 .    /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
    (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)・味方の指揮官に、軍司令官の考えを伝えていない、意図がよくわからない
       / // / /         . . \_\_)、_)
       ー' {_/ノ              ."´  からなんだな。そりゃ、怒るだろ、常識的に・・・

8371 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:31:30 ID:25AGrKow
     / ̄ ̄\
   / \  /\
  |  (●) (●) ヽ. そうではありません!
  |   (__人__)  .|
  |     `⌒´   |  その部隊はこちらに移動させてください!
  /         /
  /  ヽ∩__   .ノヽ
 /   (  )   |  |
 (  / ノ    .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /

参謀が部隊を頻繁に訪れるのは、まだ理由がある。監視と指導である。

部隊が軍司令官の命令をきちんと実行しているか、監視する。また、部隊が作戦計画を誤解している場合は、指導して正す。

これは、軍司令官の役割であるが、多忙であるため、軍司令官のスタッフである参謀の役割となっている。

8381 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:32:12 ID:25AGrKow

       / ̄ ̄\_
     /  ─  ─\   何時何分に砲兵が敵陣地に射撃を開始し、
     /   (●) (●)ヽ
    .|    (__人__) |  歩兵がその後突撃、何時何分に陣地を占領、と
     .|      `⌒´  |
    ヽ         /  
   ノ  ヽ       ノ \
. /               ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

報告書の作成も参謀の仕事である。

このように、参謀の仕事は非常に多岐に渡る。

平時でも研究はもとより、演習や教育訓練、情報収集が待っている。

8391 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:33:38 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /   多くの仕事を担う参謀。
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /    こうした多岐にわたる仕事を行うには、専門教育が必要だ。
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     では、どのように養成されるのか。
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

8401 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:34:33 ID:25AGrKow
   ___________________
   ||                               ||
   ||                               ||
   ||                               ||
   ||             ∧ ∧   。               ||
   ||          ( ,,゚Д゚)/                ||
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  つ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /  ̄ ̄ ̄ /|
                | ̄ ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ∧,,∧  ∧,,∧
      ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
     ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
     | U (  ´・) (・`  ) と ノ
      u-u (l    ) (   ノu-u
          `u-u'. `u-u'

国によって名称に違いはあるが、どこの国の軍でも参謀を養成する教育機関を持っている。

日本陸軍で言えば、陸軍大学校である。

こうした教育機関を経ずして参謀になることは、まれと言って良い。

8411 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:35:48 ID:25AGrKow

   ∧,,∧         ∧,,∧
 ┌(・ω・`)ァ    r、(´・ω・)ァ
  `\   <      >   /
    ⊂一、_)∧,,∧(_,ー、う
       (^(・ω・`)^)
       `>   <´
     (ヽ∧,(_/ \_),∧/)
    ⊂(´・ω・) (・ω・`)⊃
       `ー-、_)(_,-一'´
        (-ω-´)
       ⊂   ⊃
          (_,ー 、,)

ここには、試験を経て入学してきた尉官・佐官級の若手将校が集まり、必要な専門教育を受ける。

卒業後、部隊に配属され参謀となるが、中には部隊指揮官や学校の教官となる者もいる。

その後、数年おきに異動を繰り返し、エリートして軍の階級・役職を駆け上る。

8421 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:36:30 ID:25AGrKow

        ♪      ∧,, ∧            ♪
♪          ∧,, ∧ ・ω・)
         ∧,, ∧ ・ω・)   )
    ♪∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ   ♪    ∧,, ∧
  ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡    .∧,, ∧    )
 ( ・ω・)   )っ__フ(_/彡    ∧,, ∧    )   )
 (っ  )っ__フ(_/彡    .∧,, ∧    )   ) Οノ
  ( __フ(_/彡   ∧,, ∧    )   ) Οノ ヽ_)
   (_/彡      (    )   ) Οノ 'ヽ_)
            (    )  Οノ 'ヽ_)
           (ゝ. Οノ 'ヽ_)      ♪
     ♪    ミ  ヽ_


教育機関では、同一の教育を受ける。卒業後、彼らが部隊や軍の各機関に散らばることで、

ドクトリン(教義・部隊運用の基本原則)の統一が容易となる。同じ思考で物事を見つめられるのである。

8431 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:37:08 ID:25AGrKow
                ! l ! r
                i l l i
               ! 从 l i i
               l / ゝ人 /
         ∧,,∧  ; !  __  ヽ r    ∧,,∧
        (´・ω・)  丿 ヾ/;;/ ヽ   (・ω・`)
  ∧,,∧   /つ_ _O (二;;;;二二;二;;二) O _ とヽ   ∧,,∧
 ( ´・ω)   ゝノu.u  ((;;;;;;/;;/;;;;@)   u'u'、ソ  (ω・` )
 /  つ         (二二;;二;;;二二)         と  ヽ
 ゝ_人)   ∧,,∧  (@);;;;;;;;;;(@)  ∧,,∧    (人_ノ
        (  ´・)             (・`  )
        /   )            (   ヽ
        ゝ_ )            ( _ノ

教育の中には参謀旅行と呼ばれる、各地に赴いて、実地で戦術の検討を行うものがある。

日本陸軍では、終了後は宴会となるが、ここで将来の参謀たちが率直に意見交換することで、

後に円滑な部隊運用ができるようになることも期待された。

8441 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:38:03 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  このように、参謀制度は発展したのだが、
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ 問題もあった。それは、「指導」という役割に起因する。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |


    / ̄ ̄\
  /  \.i||i./\    そうじゃありません!
  /   (○) (○)ヽ
 .|    (__人__) |   あなたは、私の言うとおりにやっていればいいんです!
 .|     `|::::::|  .|
 ヽ     .l;;;;;;l  /
 / ヽ    .`ー' .ノヽ
/           .ヾ

参謀に指揮命令権限はない。しかし、「指導」を通して指揮官の意を伝える役割を持つ。

時には佐官級の参謀が、階級が上の将官に実行を強制する、という図式ができてしまった。

8451 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:38:44 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   / \  /\   何やってんだ、こいつら・・・!
  |  (●) (●) ヽ.
  |   (__人__)  .|  俺に任せれば、もっとうまくやって見せる!
  |     `⌒´   |
  /         /
  /  ヽ∩__   .ノヽ
 /   (  )   |  |
 (  / ノ    .|  |
 .\__/    _|  |
      .___ /

また参謀は情報に精通している。命令を起案し、伝達する役割にもたけている。

またエリートであり、その自負から功名心にはやる場合もある。自分の考えを命令しようと思えば、できないことはない。

ここに、階級が下の者が上の者を従わせるという、「下剋上」が生じる可能性が生まれるのである。

8461 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:39:27 ID:25AGrKow


        / ̄ ̄\
      /       \                日本軍における参謀の問題点については、
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |               本編の最後に紹介するつもりなので、
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  .. 詳細な説明はここでは省くが、とにかく悪評が強い。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .    参謀制度に否定的な意見を持たれた方もいるかもしれないが、
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――     一人の指揮官ですべてを実行できない現状では、この制度はなくならない。
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
                               制度そのものでなく、運用に問題があるような気がするな・・・

8471 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:41:20 ID:25AGrKow

               / ̄ ̄\
              /  ノ    \   さて、それでは、兵站について解説しよう。
            .(●)(● )    |
             (__人__)      |   兵站とは、軍隊の戦闘力を維持するための役割、
             .(`⌒ ´     |
             {         |    つまり戦闘量を維持するために、様々な物資の補給や武器の整備、
              {       . /
                \     /    兵士の休養等の様々なサービスと言った、業務を指す。
.       {__}       ノ     \
      l1 ,. -  、/´        `}
    rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 1//  言うなれば、戦うために必要な様々なサービス業務、と言ったところだろうか。
    Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、::! |
      '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:)、j
    _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´:/: :!
  /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_, __,イ、
 /   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、
. i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY
. !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j
. i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /
 ! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ
  ー -'

8481 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:44:11 ID:25AGrKow


               /7
                 //   その中で重要な「補給」について、取り上げよう。
             //
       __    //    ここで言う「補給」とは、軍隊が作戦行動をする上で
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/      必要な物資を提供することだ。
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ      ちなみに、一番重要な物資とは何だったか、お前わかるか?
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

8491 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:45:41 ID:25AGrKow
       ____
     /⌒  ⌒\    軍隊なんだから、武器や弾薬に決まっているお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \    予想通りの回答だが、違うんだ。
     |  ( ●)( ●)
        |      (__人__)   もっとも重要なのは、食料と馬の餌である飼い葉だ。
       |     `⌒ ´l
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


銃や砲といった火器が戦場に登場するのは13世紀ごろからだが、その発射スピードの低さから、

使用する弾薬はそれほど多くない。兵士の背嚢や部隊の手持ち分で十分戦うことができた。

19世紀後半に至るまで、最も重要な物資は食料と、輸送手段である馬の餌・飼い葉だった。

850名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 22:48:34 ID:vzpgYwls
>>831
そもそも電話が通じなかったり、防諜の必要もあるしねえ

8511 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:48:37 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ       飼い葉の調達は、実に厄介だ。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫   人間の食料はある程度長期保存がきくが、飼い葉はそうはいかない。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|    草を主とするが、一度刈り取れば、再び成長するのにも時間がかかる。
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |   
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

8521 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:51:13 ID:25AGrKow

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    それじゃ、補給業務は大変なことになるお・・・
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   根拠地から物資を輸送するのは大変だお・・・
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \    ところがだな、中世、17世紀後半に至るまで、
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)   ヨーロッパの軍隊は根拠地からの輸送による
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }   補給業務にそれほど関心を払っていないんだ。なぜなら、必要がなかったからだ。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ    それはだな・・・
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

8531 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:52:34 ID:25AGrKow
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i   軍隊は食料と飼い葉を現地で調達すること、
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   が原則だったからだ!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!   と、いうよりそれしかできなかった・・・
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

8541 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:53:25 ID:25AGrKow
            rーi     .|
             .l二コ .。! ̄| ̄!。
             |: |  ÷|÷ l 十
               /|: |.   |i~|_  l |
          ,ニニ゙|: | ニニニニニニニニ,ト,   ,
       r--┴/-|;;;_|┴┴┴┴┴┴-` =ii、
       | ロ ./ロ|: | ロ  ロ  ロ ロ  ロ | !゙ー、
       |   /   |: |            | ii; |、
       | ロ' lココ|: |ユ lココ lココ  lコ | i ii |;;;)
     l"l __!/_i__lユ_|;,, |___lコ  ロ  ロl"l ロ .| i ii ゙' マ
    _,.!='''"     -==-  ̄~""' ‐-,L.!.,_  !  ii ;;; |
   \; ; ; ; ; ; ; ; ; ::::::          =- `t iiii トュ `i
     ヽ; ; ; ; ; ; ; ::::  ,-,         `゙''ー- 、,L!!!`i
     ヽ; ; ; ; ; ; :: , (;;/ .: : : : : : : :           |
ー へへーーヽ; ; ; ; i;  ..: : : : : : : : : : : : : : :        ノへーへ
   ,,~  ,,~:ヽ; ; ; i .: : : : : : : : : : : : : : :: : : .      / ~ ~:
~  ,,~  ,,~:へーーへへーーへへーーへへーへへー''"⌒,,  ,,~


根拠地から物資を運ぶ手段として、船がある。船は多くの荷物を少人数・低コストで運べるが、

海や川のないところでは使えない。

855名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 22:54:50 ID:GtW92szk
ヒャハー

8561 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:55:13 ID:25AGrKow
                            ________
                             / _______ `ヽー――、xー―-、_
                          //三三三三三三三三ニ`ヽ \   /     ヽー――、
                               |\三三三三三三三三三三〉/|、.∠       .l     \
                         │ヽ` ー-―――――――"  .|    ̄ ―- 、|      |
                         │  \          /    .|           ̄ ‐--i/
   ∧__ ∧                   │  、           ´   /   .|                   │
   ヾ/"人//ーヽ、_x_,-、__           |               /    |                   │
   l    )     ノノ  〉'\ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ|_                     |                   │
   ゝ ● l  // / \\        \三ミ、 .l" ̄ ̄ ̄//|   .___|                   │
  /  /  ノ / //    `ーヘ 、       \从 ゝ----"""┘ // ̄ ̄.|                __|_
  /⌒" ,/`ヽ/ /"         \\       l川/     \ |//    |             / /  ∧
 ゙ヘ_ヘノ __//       |     \\     | /ヾ、___ノ//       |           l  l    l
   ̄ ` ̄ ̄´ 〉、′、    l       \\    | /  ̄ ̄ ̄ | |      |              l  |    .|
         (  ゝ-〉   /ー――ヽ⌒ヽ \\ /        | |      |          |  |     |
         |  | |   /      l   ヽ \\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヘヘ      |         , -l  |    |
         /  l  |  |       \ ヽ\ \\        | l     |      , -'" - l  |    .|
         l  〉 |   〉           |  l  〉 /\\   _  | |___| _,..-'''" , -'"  |  l    l
         |   | .|  |         l  | l  | ゙̄ \\ / / ̄ヘ ̄ ̄ ̄ ̄|   , -' "      l  l   /
           |  |  |  |         / / |  |―――\l  i、ヘ /l―――"            ゝ-ゝ-"
         ノ  l  |  l、         〈 〈  |  |      |  | ー -.l
        [二ニ] |  /       /ー 〉〈  l       l  l / 、l
               〈二]        ゙ー "∠ニゝ      ゝ-ゝ- "

そのため、地上の輸送は馬車を使うということになるが、千人単位の部隊を維持するために、百単位の馬車が必要になる。

人や馬が大量に必要になり、目的地に着くまでの食料・飼い葉も同時に運ばねばならない。

また、時間が経つにつれ、傷んでしまう。また、道路事情が悪いと、ただ動かすだけでも大変になる。

8571 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:57:15 ID:25AGrKow
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   コストと手間は馬鹿にならない・・・
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   それじゃ、現地で調達した方が良い、ということになる。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

8581 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:58:39 ID:25AGrKow
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\   
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   現地調達、ってこんな感じかお?!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

8591 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 22:59:25 ID:25AGrKow

           t        〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ)          ~'ー、
           了     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii〈            /
   て 消     (     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽi|   食 わ     (
   え 毒      〉     |/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t:::::j   料 は     〉
   か さ     (      y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:ヌ   を は     (
   ┃. れ     ヽ,     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t )    出 は     / ,,、-''"
   ┃         ゝ    i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i |   せ       /'",、-'"
   ┃       ,r"     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j |   //       〉:::::::::::::
   //     r-、|        ',  i;;;;r'"~~ リ ソ:://'''ー、 ・・      _(::::::::::::::
  ・・     |           i  tー'--,ノ / ,r';;; :::L  _  __ /::::::::::::/
,r、 ,、-- 、, -'"           ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::::::/ ノ/",, レ''"、~  ,、 ':::;;、
 レ"从 ;:;: (         _,, r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -'":::"::| ,,,,」L,,,,  ヽ''",,、-'~::::
 从     ),,,、-ー ''''" ̄ ̄::/::::. (、;;;;二=ー'''":::::::::::::::,、-''i,  |j" ,,,,,、- '":::::::::::::
 ゙〉  , '''~ '''"::''___''''/::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;、-ー''"/从;;;;~'''''''i'i""| i|:/ ̄ ̄
 ∫ (,,:::::''" ,r"ii .ツY""::/:' 、;;;;;;;;;;、 -ー ''""     i i|||;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;| i|:::/
`}∫  _ノ、,,,,,,,/ニ了 ̄/,,,,,i////::::::::::::::::::::tj:::::::::::::::::::::::::| }||;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;;;| |/
";:;: ;:i'___(二二i|/iiiiii////     :::::i :::      i 〈t""○;;;;ti;;;;;;i /
'、t,,々ヽ==、、~'' 、ヽ| iOj//リ:::::,、 '""  :::| :::       t | t、、   ti;;;;;;i
.,r/;:;~''tt;;;;;:ヽヽヽ'yi|リ,//iソ''~      ::::| :::       '、ヽ';;;;;;O;;;;ヽ;;i
.i.|;:;:;:;:;;゚;;;;o;:;;:;:;:i |"|::|O|ii||||       :: it :::::::       ' 、;'、;;;;;;;;;;;;ヽ| 、、
i ';:;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;;:;:;ノノ:::i:ソii|||i| ||       ::;;ヽ ::::::::......................`' 、;;;;;;;;;;;;;;;i :::"   ,、
ー、' 、、;;;;;;;;;;;、 '"::::ノ人i从i ||      ::::::;;;j ~' 、,,::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;t ::::::,、 '~ ,,
_i、ヽ,,二_,,、 '",,r"入从jノ:::::::::::::::::::::::::::;;/ (:、  ~ '''''''''''''''''""""~ヽ;;;;;;;;;'、/:::/::
  'フヽ、iii二二;;;;、-'"ー-'、〉、、;;;;;;;;;;;;,、- ''~  ;;;;};;;;:::::;;;;;;;; ,,,,,,,,,、  ,、-ー''''、~フ""/:::::::
 /、 '"~(~~~  '''、"~   ヽ,...,,'ー-、~'ー、::::'''" ヽ::    ~ 、-ー''":::::::ヽ  Y

8601 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:00:10 ID:25AGrKow

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \  まあ、そういう略奪形式もあるが、
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)  対価を払って手に入れる、というのが一般的だな。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

食料を探すために、徴発隊を編成する、または商人と契約して用意させる、

という方式が取られた。しかし、この現地調達方式、重大な問題がある。

8611 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:01:08 ID:25AGrKow

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ‖‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `

何千・何万人という軍隊が現地で物資を調達する。ということは多くの物資が必要になる。

これは、調達された町から物資がなくなる、ということを意味する。

そして物資がなければ軍隊は移動する。これを繰り返す。結果として、荒廃した街がどんどんできる。

8621 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:01:57 ID:25AGrKow
    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三

そして、物資を調達できる街がなくなったら、軍隊は行動できなくなる。

つまり崩壊する。行動能力に限界があるのだ。

そもそも、何万人もの規模に膨れ上がった部隊を、維持できるだけの物資を調達するのは非常に難しい。

8631 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:03:24 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(  こうした欠陥のため、軍隊は倉庫(補給拠点)に物資をあらかじめ集積しておいて、
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  必要に応じて前線に送るという方式をとるようになった。倉庫方式だ。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

8641 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:04:14 ID:25AGrKow

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  と、これで、現地調達が解消されたか、と言えばそうでもない。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    後方の補給拠点から前線まで必要な物資を運ぶことは、膨大なコストと手間がかかる。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    これは、鉄道や自動車といった新たな輸送手段が登場してからも、解決しなかった。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    特に鉄道は兵站業務に大きな影響を与えたのだが、抜本的解決には至らなかった。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ. この辺の詳しいところは、後日、鉄血宰相さんが説明されると思うので、そちらを見てほしい。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  / 原則として、現地調達に頼らない軍隊というのは、WW2のアメリカ軍を待たねばならない。

8651 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:05:08 ID:25AGrKow
    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \  さて、それでは日露戦争当時の兵站システムはどうだったか。
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |  この時期、ある革命的なことが起きる。
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |   銃や砲の発射速度が上がり、弾薬の消費量が大幅に上がったのだ。
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_   戦争前の予想を超える状況だった。
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
           (゙  ))

8661 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:06:35 ID:25AGrKow

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ   銃砲の発射量が上がるということは、補修部品や交換用の武器も必要となる。
     |     ( ●) |
     |      (__人)  補給物資の中で食料と飼い葉の割合は減り続け、弾薬の割合が大幅に増加する。
     |        ⌒ノ
     ン        ノ   ついに軍隊は食料と飼い葉を現地調達し、手持ちの弾薬で戦うということができなくなった。
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´      補給拠点から遠く離れて行動することができなくなったのだ。
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

8671 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:09:15 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   日露戦争はこの過渡期だった。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  多くのサインは出ていたのだが、諸外国がこのことに気づくのは、
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }   WW1を待たねばならない。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

868名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:10:26 ID:kSRU9cD.
>自らも部隊を率いて戦う軍師
これはどういう人物のことなんだろう。

8691 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:10:56 ID:25AGrKow

    ―― [] []
   | l ̄ | |     / ̄ ̄\
   |_| 匚. |   /   _ノ  \    最後に、日本ロシア以外の諸外国の対応・立ち位置について解説しよう。
      | |   |    ( ●)(●) .
       |_|   |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ .
 [] [] ,-,     |         }  .
   //     ヽ        }
 匚/    / ̄ヽヽ     ノ      ,.r-、
       /           ⌒\  P{三)
      /ヽ/^y       /\  \/\ノ
     (、、J /       /  ヽ /  /
        /      /    \___/
从从    (       /
Σ  ヽ、 __へ     \
Σ  /  ̄   \    \
Σ_ノ \、__ / \    ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ

8701 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:13:15 ID:25AGrKow
                      __,,,,.....,,__
                 _,. :- :' ":´: : : : :` ': 、、
              _,.r ':´: : : : : : : : : : : : ヽ、    ロシアに対抗するために日本を使う・・・
           _,.-'´: : : : : : : : : .人: : : : : : \
           ,.ィ'´: : : : : : : : : : / ヾ、: : : : : :ヽ  参戦はしないが、支援は惜しまないぞ。
        /: : : : : : : : : : : ノ    ヾ、: : : : : ゙i、
        'イ: : : : : : : : /: //      ヽ : : : : : 'i
        /: : : : : ノ'_,. 彡',.ィ'/"        'i | : : : : 'i
       '7: : : : /ム" '''''^~''"゙          !:|: : : : : |
        レi: : : :i'              ,...:;;.、 ゙'! : : : : |
        .!∧ : : ! =-x、.,_ .;' :  _,,.、=:''""'ー  | : : : : 丿
         ゙ \ r'l,_r'""゙゙゙゙~~Y_,,....,,i'"゙゙~~ ̄`゙ト、.,_ i':r‐、: :/
           `1 i !,    _,!.|  '''!、    _j!  ゙''レ'ri ! ;/
            ヽl| ゙゙"""~~ . |     ゙゙"~~ ̄   .:jシ' ノ /
               '、!       └-ー         '~/ :ノ
              ゙'、               ,/-',,.:-'゙
               ゙、  :: _,,. -―- 、..,,_ ::  ,/ |'゙
               ゙i、    '""''      .ノ .|
                | '、         /  .|_
               ,.┤.ヽ、____,,./   _,|..)
             _,..-|`゙"'''ー-、 ::  ,.-― '''''""゙   ト-.、、
       __,,,,,...、- ''";;;;;ト 、、 く,ヽ、 /j      _,.-'゙|;;;;;;;;;;゙;;';ー;,,、..,,,_
、--―;'';;;"゙;;;;;;;;;;::''';;;;;;;;;;;;;;;|: : : ゙,.>≫V.∠..、__-‐_'',,"  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;''-、.,;;;;;;;;;;;゙;;;;;;'';;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|>''":/"  :: ゙'、__,,,,,,... ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'",;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: /:/     ::.  \    ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'.,;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';,, ..;;;;;;;;;;;/: :/ : /     ::::   ヽ、 ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,-‐''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:",,;;;;;;;;;/ : :/: : /      :::    ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;く: : : /∩_,./    λ n :::    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

イギリスは極東でのロシア強大化を恐れ、日本を同盟国とした。

日英同盟では、直接の参戦義務はないものの、多くの物的・精神的支援を与えた。

特に、全世界にネットワークを張り、世界第一位の規模を持つイギリス海軍が味方であることは、

日本にとって大いに有利なことだった。

871名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:13:45 ID:gIJImI66
>>868
孔明とかのことじゃないかな。
物語だとアドバイザーだけど本来あの人は軍の指揮官だから。

8721 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:14:47 ID:25AGrKow
              // ̄ ̄|ヽ
         _  / |    ||\    ロシアは俺の同盟国。
        /  ヽ   |   |||  ヽ
       /   ヽヽ      //  /  対ドイツ対策に重要なパートナーなのさ・・・
      /     ヽヽ     //   ヽ
     /ヽヽヽノヘ ヽヽ | // //  /
     /ヽヽヽリ  V/\| ///ヘ// /
     |ヽヽヽノ       \/  |/ /
     |ヽヽ、|         / ノ |/!
    /ヽヽ./ ,.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  r'´  |リ
    |,.、ミ | =モtラー、:::r .r,.ミ_-、_レ、
    /,、∨    ̄  '´| |ゞニ゙ゝ//!
    //rヽヾ      /'7!   / し!
   〈ヾヽ`  l     \_ノ   i l,゙!_ヘ
   |リヾ〃,  l  ,.=-⌒ニ、_、_ ∧ ', ヽ
  ,.--io'イ゙´l  l   `'ー:-....-, //iヘ ヘ ヽ
 |  |リ/  ヽ      _   /r-!、l, ヽ
 l, r"/   \  ,.-:'´:::`ヽ /∧  ヽ!
  Y゙ l     \::::::::::::::::/´:/ ノヽ_,.入
    !        ̄ ̄/:::::/ ヽ/ヽ イ


フランスの仮想敵国はドイツである。普仏戦争で大敗し、ヴェルサイユでドイツ皇帝の戴冠式を

やられててしまった不倶戴天の敵である。

このため、ロシアと同盟を結び、東西からドイツを圧迫しようとした。しかし・・・

8731 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:16:16 ID:25AGrKow

                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/     ヨーロッパの兵をアジアに回すだと!?
            /   〃    J ミ ニ彡彡/ 
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /      ドイツへの圧迫がすくなくなるじゃねえか!
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
            ,'   /   ```     りノ
            !  ({ 、       ├タ<
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
    /  ハ {      ̄  /    |リ
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

本来の対抗相手であるドイツを圧迫するための兵力を極東に転用され、不満に思っていた。

フランスにとって日露戦争とは、不必要なものであり、ロシアが大きな痛手を被らずに終わることを願っていた。

8741 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:18:08 ID:25AGrKow

                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\    貴様は太平洋の提督となれ!
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 海   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!   俺は大西洋の提督となる!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'


ロシアとの間はあまり良好ではなかったが、皇帝はいとこ同士だった。

ヴィルヘルム2世はニコライ2世をこのようにたきつけたらしい。

この結果、ロシアは満洲に港を得たくなり、日露戦争の原因になった、という説もあるようだ。

>>1は信じていないが。

8751 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:21:52 ID:25AGrKow

   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ  乗り遅れてしまったクマー・・・
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─

アメリカは日本同様、遅れて来てやってきた帝国主義国である。なぜそうなったのかは、

この国がおかれた特殊な状況にある。

8761 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:23:58 ID:25AGrKow
: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ苕k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ苕w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  

アメリカ合衆国は、ヨーロッパからの移民が建国した国家である。

彼らが安住の地とした「新大陸」はあまりに広大で、「未開」の地が広がっていた。

彼らはこれを神から与えられ、開発にいそしむのは使命であると考えた。

これを「マニフェスト・ディステニィ(明白なる運命)」という。もっとも、その「未開」地には先住民がいたのだが。

877名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:24:51 ID:kSRU9cD.
>>871
孔明の役職が史料上で「軍師」と明記されていたのか、気になったもので
山本とか竹中もそうですが、東洋史上の「軍師」は、「忍者」ぐらい作られ
たものだと思います

8781 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:26:26 ID:25AGrKow

:                .  /,|
     ___  __  __,... ‖|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ))。I/:: :: \ |I。(   ‖|  <  クマども!
     \ \::_::_:: / /.. .. ‖|    \  西部開拓いくクマ―!!
     ,/::\_((⌒) /ヽ   ‖|     \____________
   /,\=ニニ二二ニ=/,ヽ++-
   \ / ●   ● ヽ/つ⌒)
   ///   ( _●_)  ミI /|x|
  /三//__  |∪| __ ` ,/  `゙
 /ニ// ,|。|_ ヽノ _|。|_ノ\
  ( ̄ ̄)  ̄ ̄ ̄  〕\//
    ̄Tニ===∞===ニ!,〆`"
   {I|三三|⌒I|三三〕
    |。。/   (| 。 。)
    ∪     ( ̄\.    \  クマ――――――――――ッ??  /
           \_)..     \                      /
  ∩     ∩     ∩     ∩    ∩     ∩ /⌒)
  |   ̄ ̄ ̄ ヽ/⌒)  |   ̄ ̄ ̄ ヽ   |   ̄ ̄ ̄ ヽ /∩     ∩
  /        | /  /        | ∩     ∩   ,/ |   ̄ ̄ ̄ ヽ
  |        ノ /   |        ノ |   ̄ ̄ ̄ ヽ,/⌒) /        |
 彡、∩     ∩  ∩、     ∩ ヽ/        | /  |         |
   |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |         ノ/  彡、       ノ

彼らは初期の居住区域であった東海岸から、西へ西へと開発の手を伸ばした。

道を作り、町を開き、鉄道を通した。彼らの前にある「未開」地はあまりに広大で、終わりがないように思えた。

8791 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:27:27 ID:25AGrKow

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   アメリカの国外への膨張があまりなかったのは、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  国内の、あまり広大な「未開」地の開発が優先されたからなんだな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  南北戦争による国土荒廃の復興、という目的もあったし・・・
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


だが、この状況が終わるときが、ついにやってくる。

8801 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:29:03 ID:25AGrKow
   ∩___∩
   | ノ    u ヽ   フロンティアがなくなってしまったクマー!
  /  ●   ● |
  | u  ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

フロンティアとは、国内における人口希薄地域、つまり開発すべき「未開」地である。

1890年の調査で、ついにこのフロンティアが消滅したことが発表された。

アメリカは、自己の膨張先を国外に求めなければいけなくなったのである。

8811 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:31:26 ID:25AGrKow
      ∩___∩
      | ノ  _,   ヽ   いい戦争だったクマ・・・
     /   ─   ─ |
     | ////( _●_)//ミ  
    彡、   |∪|  ノヽ
     /ヽ /⌒つ⊂⌒ヽ |
     |  /  / k  l  | l
     ヽ、_ノ    ヽ,,ノ

1898年、キューバ問題をめぐり、スペインと開戦。大勝利を得る。米西戦争である。

この戦争でフィリピン・グアム・プエルトリコを領有し、独立したキューバを保護国化した。

かくも、素晴らしき戦果を得たこの戦争を、スプレンディット・リトル・ウオー(素晴らしき小戦争)ともいう。

8821 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:33:30 ID:25AGrKow
      ∩___∩
   (ヽ  | ノ      ヽ  /)   次は清国クマー!
  (((i ) / (゜)  (゜) | ( i)))
 /∠彡    ( _●_)  |_ゝ \  貿易するクマー!
( ___、    |∪|    ,__ )
    |     ヽノ   /´
    |        /

アメリカの次なる進出先は、清国であった。しかし・・・

8831 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:34:16 ID:25AGrKow

                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/     広東は俺のものだぜ!
            /   〃    J ミ ニ彡彡/ 
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /      
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
            ,'   /   ```     りノ
            !  ({ 、       ├タ<
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
    /  ハ {      ̄  /    |リ
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

8841 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:35:39 ID:25AGrKow

                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ 山東省に入って来んな!
              /,ィ彡'"  海 ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /          ', ヽ    ノ
            /   /::(    狂    ノ:::)  ヽ   く
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ

日清戦争以降、列強による清国の分割は確実に進んでおり、自由貿易を求めるアメリカが入る余地はあまりなかった。

8851 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:37:06 ID:25AGrKow

            ∩_
           〈〈〈 ヽ   清国をこのままにはしておけないクマー!
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |   ・清国の領土保全
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /   ・清国内の機会均等
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /     を求めるクマー!
/ __  ヽノ /
(___)   /

1898年、1900年、国務長官ジョン・ヘイにより、列強諸国へ通牒が出される。「門戸開放宣言」である。

ここで求めていることは、

8861 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:39:16 ID:25AGrKow
            ________
         _/´´        / ,r   ~  ̄、"ー 、   ロシアが満洲に居座ってしまったクマ・・・
       , ´           / /    ○   ヽ ノ
    ,/   ,|           / / _i⌒      |
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ●      |
 (´__   、       / /    ̄!,__, ○  /ヽ、
      ̄ ̄`ヾ_     し  -‐一 -‐一─`'__ノ


義和団事件以降、満州はロシアに占領された。アメリカにとってこの状況はまずい。

清国への進出がますます遅れるからである。ロシアの排除をしてくれる勢力が必要であった。

8871 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:39:58 ID:25AGrKow
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))  日本だクマー!
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /   ロシアと対抗してくれるクマー!
  彡、   |∪|    /
  /    ヽノ   /

それが日本だった。こすいて、アメリカ政府の上層部は、日本への期待を持つようになったのだ。

8881 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:40:37 ID:25AGrKow

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \  今回はこれで終わりだ。
   ./          ヽ
   .l           l 次は遼陽会戦なわけなのだが・・・
    l             l
    .l           l 
    ヽ          l
     ヽ         l 
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

8891 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:41:09 ID:25AGrKow
やる夫で学ぶ日露戦争

第十一話「番外編 参謀と兵站システム・諸外国の対応について」
    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)

次回第十二話「戦争編その7 遼陽会戦」

8901 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:44:24 ID:25AGrKow

          _______
        /          \    本日は読んでいただいて、どうもありがとう。
      __/             \
    /.            、    |  また、なんだが、皆さんにお知らせしなければいけないことがある・・・
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

8911 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:44:54 ID:25AGrKow
        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \   腎臓結石になった。
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

892名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:45:47 ID:ewdaPN3w
体に石が出来たって?
ヤベーっよ!

893名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:46:37 ID:opCQseig
ちょ

8941 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:47:06 ID:25AGrKow
    __
   /ノ ヽ\    うん?
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |  腰と背中が痛いぞ・・・
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

10月下旬、腰の痛みを覚える。単なる筋肉痛かと、思っていたのだが・・・

8951 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:48:39 ID:25AGrKow
       / ̄ ̄\
      /  \    \  あれ、主に痛いのって、わき腹だよな・・・
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |  腰じゃないぞ・・・内臓の関係なのか・・・
     .(`⌒ ´     |
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

ということに気づき、びくついていたのだが、決定的なことが起きる。

896名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:49:15 ID:kSRU9cD.
お休み下さい(仕事の疲労が原因でしょうね)
乙でした

8971 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:49:31 ID:25AGrKow
                  ,r;;;;;;;;,
             ,r<"´  ̄ ̄ ``丶、
           ,彡′          `ヽ     血が出ておるぞ・・・
           ,彡′     ̄`ヽ  __ ,,,,  ヽ
        , ィ彡′  '''⌒ヽミ、,,        ゙,   おぬし、石があろう。
       /ハV′  _,r==xミヽぐ  ミx==ュ、   i
        〈 いミ′    ´ ̄    Y.::__ _    ハ
       ij ,;;′      ,.ィ .. .:. ..::' ´ ̄``.:.:.:.:lミ!
       ij シ   ,r    '⌒ヾ:;:;;;;;;:;L     jミ!
       V    {{ 、__ _ _  `゙゙"´`ヽ    ,.イノ
         ∧         ``ー- 、__ i} ,r'.::::′
        / '、       `ニニニ''ー   リ j.:;;′
    _ _/   `ヽ       ⌒ヽ    ,;;′
  /´     ̄二ニ ヽヽ__          ,r′
_/        -- …… === 、、 ,.. イ
  '''"´  ̄            `丶、ぐ;;;;;、
          . . . .. : : : : : : : :: . . .. `丶;;;;;;、
      . . . . . .: : : :: : : .: :: : : :. :. :: .: .: .:. :. :. ヽ,,_
              ."´  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄`ユ_
            . :. :. :.: .: .: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .: .: .:. ユ、_
      .: .: .: .: .:. :. :. :. :. :.: .: ''"´       ̄ ̄ ̄二二ニ
   . .: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .: .: '"´    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

会社の健康診断で、このことが発覚した。結果として・・・

8981 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:50:30 ID:25AGrKow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    再来週に入院して、石を割る治療を受けることになった。
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   このため、この話の投下はしばらくお休みさせていただきたい。
  |      |r┬|}
  |      | | |}   こんなことがたびたび起きて申し訳ない。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ   年内投下も今回が最後になるかもしれない。
   /    く  \
   |     \   \ この話始めた時は、こんなことになるなんて、思ってなかったんだけどな・・・
    |    |ヽ、二⌒)、
              つまり、こういうことだ。

8991 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:51:57 ID:25AGrKow
              / ̄ ̄\
            ../      \   クリスマスまでに投下は終わる・・・
             |      : :::::::|
.              |     :::::::::::::|  そんなふうに考えていた時期が、
.             |      :::::::::::::|
              {      :::::::::::::::|  >>1にもありました・・・
              {    ____/
             (, ./_.,r'ニニ'r
             ン:`三ー`_:ニニ:'r
          <:::::::::::、ニ,´::::::::::::::::\
          ,.-''´::;:、::-;::::::::::::::::::::::::rlッ
.         r{:::⊂-='"::::::::::::::::::::::::::::fァ
          r!:::::r:::{ロ}::っ:::::::::::::::::::::/
           l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
          /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::l
         /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::::l
         /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::;:::::!
        /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::j:::::!
        f::::::::::::/_,. -――''"T::::::;'
        /:::::::::::/__,,,..、-r‐''´';:::::;'
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::l:::::::::';::;' .
.     /::::::::::::/ゝ:::::::::::::::::::l::::::::::Y.

900名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:52:53 ID:opCQseig
病気はやばいっすなあ

9011 ◆R8YMTME8eI:2009/11/27(金) 23:52:54 ID:25AGrKow
ご覧いただき、誠にありがとうございました。こういう事態になりましたので、

しばらく、投下はお休みさせていただきます。ですが、必ず帰ってきます。

さて、「坂の上の雲」の放送が始まりますが、このスレでその関連の雑談をしていただいて構いません。

ですが、以下の事柄は慎んでいただきますよう、お願いいたします。

・先の展開に関すること

・ドラマの内容に直接関係ないこと

・論理的でないこと

・根拠のない推論

・ドラマの実況

以上、よろしくお願いします。

本日はお読み頂き、ありがとうございました。

902名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:53:25 ID:gIJImI66
かなり痛いやつですね・・・療養して下さいませ
乙でした。

903名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:55:12 ID:xmkfqtOc
乙です くれぐれもご自愛くださいませ
ところで、もし雑談等でスレが埋まってしまった場合、どうしましょう?

904名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 23:56:59 ID:.QfGctG2

結石はやっぱりストレスなんかね
お大事にー

905名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:04:00 ID:utf/ZtYg
乙です

906名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:07:49 ID:SPSy0C0.
乙。体を大事にしてください。

907名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:11:44 ID:aCN.y4sY


マジですか…とかくご自愛ください
のんびり再開を待ちます

>>903
新しい酒は新しい皮袋に

908名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:16:28 ID:mI8p/Ldo
乙。腎臓結石ですか・・・・。再開心よりお待ちしております。
お大事に。

909名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:27:49 ID:uJvaZ6Uk
乙です。どうぞご自愛ください。

910名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:29:04 ID:Y1zW4UL.
乙。
お大事に。

9111 ◆R8YMTME8eI:2009/11/28(土) 00:30:24 ID:86R9Os1M
皆様、ご心配いただきありがとうございます。
ま、なんとかなりますよ。
むしろ、本を読める時間ができたのがうれしいようなw

入院といいましても短期間ですので、このスレにちょくちょく顔は出せると思います。
次スレにつきましても私が立てますので、心おきなく利用してください。

それでは、おやすみなさい。

912名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 00:54:27 ID:0tVfJZjQ
うはあ。結石の痛みはひどくなるとマジ耐えられないようで
去年、上司が夜中に痛み出して、朝まで耐えられずに救急車を呼んだらしい
ご自愛ください

913名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 01:04:45 ID:DzC4u2NU
>>1
乙です。石は自分も別のことですが死ぬかと思うくらい痛かった思い出が。ご自愛ください。
来年の再開を楽しみにしています。

現在「不毛地帯」をドラマでやってますけど、原作者山崎豊子に限らず参謀に関する日本人のイメージって
軍師のまんまなんですねぇ。「瀬島機関(笑)とかないから」とモデルの人が鶴瓶の番組で語ったのを見た事ありますが。

914名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 01:25:58 ID:STe0oFco
乙です。
ゆっくり養生して、万全の体調で戻ってきて下さい。

915名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 01:43:21 ID:q76KAGrw
病気はホントシャレにならないんで、ゆっくりご療養ください。
ところで、最近(と言っても1ヶ月以上前)「『坂の上の雲』ではわからない日露戦争陸戦」と言う
本が出ましたが、1さんはお読みになりました?

916名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 03:15:12 ID:JdhK1JCo
乙です
って腎臓結石ですか
くれぐれもご自愛を…

とりあえず水置いておきますね

つ水

917名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 03:50:16 ID:P2h6qvEU
乙、ご自愛くだされ。

>>877
諸葛亮は、軍師中郎将・軍師将軍になってる。

918名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 04:52:24 ID:..QfyMkE
腎結石とな…破砕の様子とか聞きたいのう
あと兵站の重要性をもっと聞きたかった 乙

919名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 05:18:54 ID:c/crzKPM
乙です。
ごゆっくり養生くだいさませ。

920名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 08:09:15 ID:Rox4KsxU

無理はしないでくださいね

921名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 08:17:08 ID:8IkuJ/So

ゆっくりお休みください

今回は参謀の立場がよくわかりました
恥ずかしながら指揮をとる参謀のイメージ持ってました
第二次世界大戦時に情報参謀をつとめた堀栄三『大本営参謀の情報戦記』を読んだら、
あちこち出張して情報の収集と分析やってて、まさしく足で働いていたので、
イメージがあわなくてとまどってました

922名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 11:48:06 ID:PQeRvXLY
乙でした。
お体を労ってください。
>>803選挙区の打開
この誤変換が妙にツボにはまったw

923名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 14:23:21 ID:BtDe8QQ2
1、貴様に休養を命ずるぞ!原隊復帰は急がなくとも良い。
乙である。今後の活躍に期待している。

924名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 15:28:25 ID:xczT53FU
>>917
どうもありがとうございます。

925名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 15:42:55 ID:iUTWCT5A


生きろ

926名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 17:44:52 ID:UdC057aw
乙でした。
くれぐれもお大事に。

927名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 19:09:32 ID:9CmHC55A
乙!

腎臓結石はまじで痛いよな。
尿に血が混ざっててあせって病院いって
レーザーで石割ったが泣きそうだったわ・・

928名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 19:13:18 ID:9kSZhnvU
尿管結石を患ったことあるがわずか2ミリの石があるだけで歩けなくなるほどの激痛に襲われるからなぁ…
点滴と注射だけで半日で治ったが

929名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:40:09 ID:LFOQFbfM
しっかり治してきててください


……次回作は「やらない夫が腎臓結石になったようです」ですね。

9301 ◆R8YMTME8eI:2009/11/29(日) 19:28:20 ID:2R9o.t1U
>>868,>>871

軍師のイメージとしては、竹中半兵衛とか、黒田官兵衛です。

>>922

急いで作ったので、誤字ありまくりです。
確かに、自分でも吹きましたw

>>929

次回作としては、

「やる夫が航空技術者になるようです」
「やる夫がルマン24時間を制覇するようです」
「やる夫で学ぶ60年代の日本グランプリ」
「やる夫が世界ヘビー級チャンピオンになるようです」
「やる夫が世界フライ級チャンピオンになるようです」
「やる夫が天覧試合で投げるようです」

とか色々構想はできているんですが、まず、このスレを完結させねば。

個人的には限りなくノンフィクションとして、

「やる夫が工場を改善するようです」
というのができればいいんですが。

9311 ◆R8YMTME8eI:2009/11/29(日) 19:37:33 ID:2R9o.t1U
皆様、ご心配いただいて、本当にありがとうございます。

今現在、痛みはそれほどありませんので、なんとかなっております。

さて、20:00も放送開始をまって、正座いたしませう。

    ∧_∧
    (0゚・∀・) ワクワク
  oノ∧つ⊂)
  (0゚(0゚・∀・) テカテカ
  ∪(0゚∪ ∪
    と__)__)

TBSの方は、録画して後から見るか・・・

932名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 19:44:00 ID:4Fa8VV0o
>>930
ル・マン24時間はマツダの話だと良いなあ。

933名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:06:09 ID:PE8V8dNE
>>930
天覧試合は見てみたいなあ
工場の改善モノは確かやる夫が工場の経営者でやらない夫が銀行の頭取のやつがあったと思う

934名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:57:41 ID:4KV1zEQM
>>930
俺も天覧試合見てみたい
投げるってことはやる夫=村山となるのかな?やるとしたらだけど

935名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 21:00:26 ID:hAQ8adK6
むしろ天覧試合以外が見たい

936名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 21:07:09 ID:vuqKMnio
ザトペックの人がメインか。
でもあれはファールじゃないよな、VTR見るとw

937名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 21:31:13 ID:UcJLNYqA
坂の上の雲オワタ。阿部ちゃん好古が予想以上にいいw

938名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:10:06 ID:L.GcjYeM
>937
坂の上の雲の番宣で見せている、好古が騎馬支隊を進軍させているシーンや、清軍の戦闘シーンのモブがすごいな。
十人〜二十人前後程度の人数で撮影しているはずだけれど、CG処理が見事すぎて不自然な所が分からん。

葵三代の関が原のシーンもモブをCG処理していたけれど、CG臭が残った感じがあったし。
(あれはあれで、当時の技術として見事だったけれど)

9391 ◆R8YMTME8eI:2009/11/29(日) 22:37:24 ID:2R9o.t1U
>>937-938
よかった。実によかった。

主役級子役3人が実によかった。
特に青年好古の中の人は、これから注目せねば。

真之が上京した際の街並みと人ごみに感動した。よくもこれだけ表現できたものだ。
監修に関川夏央や宮尾登美子がいるってのも、すごいなあと思います。

これで、日曜8時はテレビの前に正座です。

940名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:46:00 ID:C/9yUAck
>「やる夫が航空技術者になるようです」
これはやはり糸川英夫博士の話なんだろうか?
と言うか、何故か昔読んだ「富嶽」と言う本が脳裏に浮かんだりして・・・

941名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:55:16 ID:UcJLNYqA
>>939
青年好古の人よかったですね、かなりうまいと思った。あと明治時代の熱気みたいなのがちゃんと表現されてて、見ててどんどん引き込まれた

9421 ◆R8YMTME8eI:2009/12/05(土) 10:16:30 ID:..823056
今から、病院に向かいます。
しばらくネット環境のない所に行きますので、ご承知おきください。

帰還するのは水曜になりますので、よろしくお願いします。

943名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 12:29:58 ID:R3Nhpm8w
うぃー、お大事にー

944名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 16:48:40 ID:AGRAqgfA
あらら・・・森鴎外スレの人やらこのスレの人やら心配だなぁ
御大事にね

9451 ◆R8YMTME8eI:2009/12/09(水) 20:52:16 ID:jYduNqmc
帰還しました。

色々とありすぎて、筆舌に尽しがたい状況でしたが、
何とか、予定通りに帰って来れました。

>>944
今、見てきたら、鉄血宰相さんも・・・
皆さん、体だけは大事にしましょう。

946名無しのやる夫だお:2009/12/09(水) 22:02:59 ID:49OMCC2A
おいおい、情報無しで「筆舌に尽くしがたい」なんて言われると心配するじゃないかね

947名無しのやる夫だお:2009/12/10(木) 00:25:45 ID:OsLEpGlc
>>946
かけるなら舌筆に尽くせちゃうじゃないか!

948名無しのやる夫だお:2009/12/10(木) 00:30:33 ID:gByei5f.
>>947
おまえ、常識あるな

949名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 09:05:14 ID:9HZimzP6
保守

950名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 22:02:42 ID:lccESTco
「坂の上の雲」の日清戦争の戦闘シーン、すげえ。
NHKが何年かぶりに本気出してきたww

今までの大河は一体なんだったのやら。

でも、わざとらしく日本の略奪シーンを入れるのはかんべんなw

951名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 22:10:05 ID:wVVcf.xM


952名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 22:38:04 ID:G3/76Mrk
>>950

> でも、わざとらしく日本の略奪シーンを入れるのはかんべんなw

あれぐらい許してやろうぜ
ああいうシーン入れないとガタガタ騒ぎ出す方々が世の中にはいらっしゃるということだ

953名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 22:57:44 ID:Yj0b7Dds
問題なのは略奪シーンより、日清両国がどういう意図で開戦して、どういう経緯で勝敗が決したのかがまったく描写されてないことだと思う。日本兵がバタバタ倒れて退却するシーンしかないのに旅順落として勝ちましたとか言われても一般視聴者は訳が分からないんじゃないかなw

黄海海戦の鎮遠・定遠vs三景艦とか、伊東祐亨と丁汝昌のやり取りが映像で見たかった。

954名無しのやる夫だお:2009/12/20(日) 23:26:12 ID:kKCGLx.w
>>953
>日清両国がどういう意図で開戦して、どういう経緯で勝敗が決したのか

分かりやすくやったら、ペリー来航から開戦までに半年はかかるだろうなw
つーか、放送予定見たんだが、全13回で合計3年もこのドラマやるんだな。
それなら、半年かけてでも丁寧に経緯を説明して欲しいわ。
この微妙な話数に長い時間の構成考えたやつ、出て来いやと思ったわw

955名無しのやる夫だお:2009/12/21(月) 07:00:57 ID:Iu0u1aXQ
>>953
>日清両国がどういう意図で開戦して、どういう経緯で勝敗が決したのか

日清双方の大義名分並べただけでもうるさいのが沸くから
一切触れない方が無難と製作側が判断したんだろうね。

元寇のときもそうだったけど、対外戦争で日本勝利と描写するのを相手に配慮してか避けてるけど
そんな姿勢で歴史系を扱うなら、ドキュメンタリー以外やらないほうがいいと思うんだ。

956名無しのやる夫だお:2009/12/21(月) 13:21:43 ID:szHElIX.
NHKは社内にそういうのが居て、しかも50過ぎて鉄パイプやら角材振り回すアレなのとつるんでるからなぁ。
連中もアキバ解放デモだのサウンドデモだの企画して後継者探しにやっきだけど10年もすれば足腰立たなくって絶滅だわな。
それまでこういうのは続くだろうね。

957名無しのやる夫だお:2009/12/21(月) 19:54:16 ID:nwne0DJA
作中でもシナ連呼してたし、そういう方向での「政治的偏向」はさほど感じなかった

ドラマとして単純に面白くない、
このドラマで描こうとする日本の黎明期の物語の構築からは優先度低い
と判断されたから切ったんだろ
一般人と歴オタの興味は違うよ

9581 ◆R8YMTME8eI:2009/12/21(月) 20:32:17 ID:a7zFnR5I
現在、土曜投下を目指して奮闘中です。間に合わなかったらごめんなさい。

>>950-957

「坂の上の雲」、戦闘シーン確かに良かったですね。やればできるじゃないの、と思いました。

日本軍の略奪シーン云々に関しては、表現するのはいいと思います。
ただそれ以上に問題なのは、いろんなシーンがぶつ切りに入っていて、予備知識がない人には、流れが良く分からないのでは、と思うんです。黄海海戦は見たかったなあ。

やっぱり尺が足りないのでしょうか。初めのころは75分×20回程度の放送の予定でしたし。

あと、くれぐれも、推論には根拠を示してくださいますよう、お願いいたします。

959明日から短編勝負!設定が変更されてるお:2009/12/22(火) 13:45:39 ID:ytdmOIuQ0
戦闘シーン気合入ってたけど、俯瞰が無いのがちと不思議だった。

それよりも今回は詰め込み脚本が鼻についたな。

対比
・金を払うサーベルを持つ秋山好古 ⇔ 略奪する日本刀を背負った軍曹
・自分の決定に悩む秋山真之 ⇔ 英国籍船砲撃を決定した東郷
・俳句や記事に写生を取り入れる正岡子規 ⇔ 色々

隠喩
帝国主義とは牙から血をしたらせた云々 

サメと子規吐血

NHK臭
お隣のアジアの国云々


無理な詰め込みや端折りは放送回数の少なさが原因なんだろうなぁ。
すでに全13回のうち4回だし、このペースですすむと
肝心の日露戦争のシーンはどうなるんだろう。

960明日から短編勝負!設定が変更されてるお:2009/12/22(火) 15:43:14 ID:ujogkNzY0
>>959
この調子で考えるとキンクリさんだろ
       ___
     /×( ゚Д゚)
     |×( ´∀`)
    ⊂××××つ   たいきちゅう
     |ユ偽フ×|    
     | ××× ノ
     |×| ̄|×|
      (__) (__)

961明日から短編勝負!設定が変更されてるお:2009/12/22(火) 21:51:10 ID:.9GvU/zc0
俺は小村寿太郎が李鴻章に啖呵切った場面が見れただけでも満足だわ。

962短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/23(水) 13:15:08 ID:WMIn5mO60
竹中の目つきが良かったな。

963短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/24(木) 13:20:17 ID:6hTxymdc0
三年目は全部二倍速じゃね?

964短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/24(木) 16:31:35 ID:gsL13mf60
>>957
政治的云々は置いておいて、別に「シナ」って言葉は、差別用語じゃないぜ
中国も気にしないって言っているし。
chinaも元々は「シナ」って言葉からきてるんだから。

965短編勝負開催中!設定が変更されてるお:2009/12/24(木) 22:18:09 ID:rlaX.cEU0
でも抗議してくるズレた人たちは存在するし
そういうの対策に自主規制してたのが現状だろ

9661 ◆R8YMTME8eI:2009/12/26(土) 16:16:41 ID:TkvgiGlU0
本日中の投下は難しくなりました。

明日12/26(日)15:00からの投下とします。
変則的な時間ですが、20:00までには余裕を持って終わらせたいと
思いますので、お付き合いいただけましたら、幸いです。

9671 ◆R8YMTME8eI:2009/12/26(土) 16:23:25 ID:TkvgiGlU0
>>966

すいません、間違えました。12/27(日)15:00からの投下です。

夜勤やっていると、日付と曜日の感覚が狂うなあ・・・

968投票受付中!設定が変更されてるお:2009/12/26(土) 18:36:26 ID:o2qjYrcA0
了解です。
私も夜勤族だから、その気持ち良く分かるw

969投票受付中!設定が変更されてるお:2009/12/26(土) 20:05:04 ID:6.nYJHGs0
や ら な い か

ttp://img.tv2ch.net/jlab-tv/3/k/s/tv1261805421445.jpg

970投票受付中!設定が変更されてるお:2009/12/26(土) 21:40:00 ID:j5eRvzPY0
>>969
目がマジで怖すぎるwww

9711 ◆R8YMTME8eI:2009/12/26(土) 21:59:02 ID:TkvgiGlU0
>>970
大笑いw

さて、投下ですが、明日次スレを立てますので、そちらに投下します。
こちらは雑談でもして、消化してつかあさい。

9721 ◆R8YMTME8eI:2009/12/27(日) 15:01:34 ID:sLqAuZY2
次スレ立てました。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261893519/

15:10より次スレで投下します。

973名無しのやる夫だお:2009/12/28(月) 01:15:16 ID:o7D3VqVo
残レスは>>1が埋めるのかな?

974名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 06:15:25 ID:k5/6t3QA
俺たちで埋めようぜw

9751 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:45:09 ID:8aqfcX8c
唐突だけど、小ネタやります。

9761 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:52:13 ID:8aqfcX8c
        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \   坂の上の雲の今年分の放送が終わってしまったな・・・
    (●)(● )   |
    (__人__)     |   しかし、一番吹いたシーンと言えば、これだろ・・・
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |

9771 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:52:53 ID:8aqfcX8c
            __,.--_-_- .__
          _∠/ _v__`¨´ _vv_ヽ.__ ¨' -._
         ,ィ´r_  イハ`_,、__ ハハ   _`ヽ.  ¨ ‐--ォ                     _,、ィァ''''''''''ー-,、
       ,ィ´ ´ハ ,ノ ̄ ̄´    ̄ ̄ヽ、フヘ' ヽ.__    |                   ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
.      /ヘア´ ̄|.:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.\.:.:.:.:.`ー、 _、\  |                  ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
     ノi,ィ´:/.:.:.:.:.| .:.:/!:|ヽ.:',.:.:\.:.:ヽ..:.:.:.:.:.: ヽ.ハ¨ `ー'‐- 、   ___           jf´            }   ーヘ
.    |_/:!.:.:!.:.:.:.:.:ハ.:/ノ.:| .:',∧:ヽ.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ:`¨Tヽ._=Y= _二_Yィ ン          ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
.    / !:!|.:.:|.:.:.:.:.:|::|'/.:.;ハ.:.:ハ:|\:\:_:.ヽ.:.:.:. i.:.',:.:',.:.:\ ̄¨ ‐._ ̄          .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
   イV|:|:!',.:l.:.:.|.:.:|::,'.:./ !.:.l |:!-‐<_`ヽ`.:',.:.:. |.: |、.:i、_.:ヽ、.:.:.:.:.: ̄¨         ヽ`テiァ` "ご     | f、く
.   |'ヘ |:|:!:ヽ',.:.|ヽ|ノ-,''¨|ノ l:!  _ ヽ|、.:.|.:.:/.:.:|::',:|、.:.: ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:          j ´.j          | |, |.|
.  /  ,!:l:ヽ.:.ヽ.i/:|/  _」'  リ  _, -z' Y.:∧.:.:!ヽ!| \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          { く;ッ        |. ト ,リ
.  ,'v_ 代:',、:ヽ.:.ヽ.:.:i!  _,ノ      ̄´   ,':,イ/ハ.:|:::::i|\.:.:.¨ヽ.__            ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_
  {,ホ | ',ヘヽ \:ヽト=''´      zxx /'´,'ノ:::|/ ̄¨ ‐-.__.:.:.:.ヽ. ̄           ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`
  ヽ ノ  ヽ', {\`ヽ\_zxx  `__ ,.    人\__:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄           ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
  トvヽ   \ヽ.\:`ヾ. ̄        /| :::\_`¨:::::‐-._____            ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
  ヾ` |     `ュ、`.:、`マ'ェァ、‐-‐''´  jヽ___`>、‐-._____            _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ
   `¨!`ー- 、/.::.::`ーY`ァ-}`'‐‐x― '´ ト、,、,、:::::::::\_                 ‖「 ノE   、._.ノイ ̄`゙''ー--
     ヽ、___ヽ-=、_,、f'/_ファ=ァソト=,ゝ、__} /イー--、:::::::::::`¨ ‐-.__            j| 片_,シ  _  ,,ノ´
                                                  /|! レ-―'''′

                      明治2X年、最高の友とともに

しかしこれと言い、

9781 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:53:28 ID:8aqfcX8c
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\        ×××が▲▲▲て、たまらんですう・・・
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

このシーンと言い、本当に流すとは、NHK恐ろしい子、である。

9791 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:54:05 ID:8aqfcX8c
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    さて、広瀬のこの写真、広島県江田島にある旧海軍兵学校、
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   今の海上自衛隊第一術科学校・幹部候補生学校内の
  |      |r┬|}
  |      | | |}   教育参考館に飾られている。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ    >>1も見に行ったのだが、遺書やら遺品やら重いものがある中で、
   /    く  \
   |     \   \ あれがあるもんだから、微苦笑を禁じ得なかった・・・
    |    |ヽ、二⌒)、

9801 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:54:39 ID:8aqfcX8c
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   ちなみのこの写真、本当はふんどし姿じゃなくて、ブリーフ姿なんだが
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  日本人が西洋式の下着姿で撮った写真の第一号じゃないか、との説があるらしい。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  明治20年代でこんなことする奴、他にいないだろうしな、常識的に・・・
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

9811 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:55:22 ID:8aqfcX8c
          _______
        /          \     しかし、次回の放送が1年後、というのはわかっていてもつらいな・・・
      __/             \
    /.            、    |   次の大河はどうなることやら・・・
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /   モウ、ネタトシテモミレイナイノハ、ドウヨ
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

9821 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:55:48 ID:8aqfcX8c

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   埋めネタその2として、徴兵制度について、ちょっと小ネタを
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  徴兵制度と言えば、「国民皆兵」、だが
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   このようなイメージがあるのでは・・・
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

9831 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:56:21 ID:8aqfcX8c

          /                 ヽ
         ノ                ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ   
        |    _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ 、〉::::::::::::::_,.=''    来たか、ウジ虫ども!
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_〈__,,..=''''~           ・・・・・・・・・・・・・・
 _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂           お前達徴兵対象者全員は平等に価値がない!
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_ :::::::::::::::::::    '  ̄ノ    ヽ
 ~''''''''''''''''''''''~(:::::(("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )         この俺が、お前たちを人間凶器に変えてやる!
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f
          (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ         泣いたり、笑ったりできなくしてやる!
          ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ
          `i::::      :::l          .〈 〈           分かったかウジ虫ども!分かったら返事をしろ!
           \     :::l          ヽ1
            \    ::ヘ       ノ    ソ           (Sir, Yes Sir!)
              \   :::ヘ    /    f
               \      _,,..=ー---‐            ふざけるな! 大声だせ!タマ、落としたか!

9841 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:56:50 ID:8aqfcX8c

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   このように徴兵制度、というと、対象者全員が徴兵される、
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  と思っている方もいるようだが、そんなことはない。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  全員を徴兵しても、教育・装備のための予算がない。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm そもそも、社会から若年労働力という最も価値のある存在を奪うことになり、
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄   社会システムの崩壊を招きかねないからだ。

9851 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:57:23 ID:8aqfcX8c

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、   日本軍における徴兵対象者の徴兵率は明治20年代半ばまでは5%程度、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../    日清日露戦争時期に至って10〜20%程度となっている。
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /     全対象者の2割程度でしかなかったわけだ。
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /      さて、徴兵される側の国民の受け止め方はどうだったか・・・
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

9861 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:58:03 ID:8aqfcX8c
      _/      ∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.      /
 _ -‐ ´/  ,   -‐´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}     /         _|_ \
   ̄ フ´,  /             丶\::V| |      Vl       ,'             |____
.  //./                   `Vヽl |      ヽ ' .     |         /|    ヽ
  / ,イ/                    Ⅵ/,       ヽ.\   |.   l       (_ノ  _ノ
  |/ /       |               ∨ヘ.      ト、 \_ |.   |
.  /     /  /  l:     /  l           ∨i    、   |  ̄   !  l       lヽ│/ /
  l│  /  イ  ,イ.    l  ト、ヽ     / | :l :|   |  l      |   ヽ_ノ   !ー┼‐ |‐┬
  | |   l_メ、」_,;./l     L  l V   ∧ /  :|/   ハ.  ト、   |          |./│ヽ l  |
  | ト.  |.____ ヽ    l´ヽ{ _⊥イ イ /   /    / l/⌒ヽ   .|  ー┼─ └── l  |
  | | ヽ | 、i┘::::i  \  | r┬┬‐┬ァ V  ,∧.   ,'  ´       |   ー┼−
  レ   ヽ!  ゝ- '   \l  i,.┘:::::iノ / ,/〉│ :| {         |    _⊥_     l   |
.      7/l/l/   、     `'ー‐ ' ∠≠r'ノ:jノ :| |         |   (__丿 ヽ    レ  |
     λ    `i`ァー-- 、  /l/l/l ∧‐'.:|:::|  ハ ',        |              l
      `、     レ'    ',     ,/| ::| :|:::| ./ ヽ_>      _|   __|_       _ノ
        ` = 、 '、    ノ  ,.イ∧'|:l.:/l:::|´            \    ._|
              `>-r  =ニi´、.,_`::: |:| { |:::l             |  .(_|
          _,.イ´ヽ.7   /  /:\;八:V:ノ                 |    ノ
       /7:::::!  ○O'´  /::::::::/ヽ.                ',
       /  /:::::::レ'/ムヽ.  /::::::::/   ヽ.

実は、国民の徴兵忌避感は結構あった。家族から引き離され、仕事を奪われ、

ひどい場合には死ぬことすらあるのだ。そういう態度になるのは当たり前かもしれない。

そして、抵抗として、彼らはこういうことを行うことがあった。

9871 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:58:34 ID:8aqfcX8c
                 _,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',    徴兵されませんように・・・
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/    
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、

ある村では、徴兵検査前になると、徴兵検査を受ける若者を村の鎮守様に集めて、「徴兵逃れ祈願」

を行っていた。この風習は日中戦争ごろまでやっていた、という。

9881 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:59:05 ID:8aqfcX8c
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   徴兵されたら家族どうなんの?
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  陸軍の給料じゃ安すぎて、養えないぞ・・・
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'      誰が田んぼの面倒見てくれるんだ?

徴兵される、ということは、それまでの仕事から離れることを意味するが、

社会扶助制度の未発達な当時において、働き手である若者を奪われることは、

残された家族にとっては、死活問題である。そこに目をつけたビジネスが現れた。

9891 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 11:59:37 ID:8aqfcX8c
            ___
          ./    \
          .| ^   ^ |
          | .>ノ(、_, )ヽ、.|
         __! ! -=ニ=- ノ!_
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|     徴 兵 保 険      |
  / :::::::::::|                      |__
  / :::::::::::::|    これであなたの家族も   rニ-─`、
. / : :::::::::::::|                  `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、    ご 安 心        |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                 |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|

保険加入者が徴兵されると、保険金を支払う。これが徴兵保険である。

この保険金で徴兵中の家族の生活が保障される、というわけである。

この徴兵保険は爆発的な人気を呼んだ。

生命保険会社である富国生命のスタートはこれである。

9901 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 12:00:09 ID:8aqfcX8c

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ   これは当時の徴兵率が低かったから、できたことだ。
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/   しかし、日中戦争以降、徴兵率が40%を超えるようになると、
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/    経営が圧迫され、危機に陥ることになる・・・
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

9911 ◆R8YMTME8eI:2009/12/29(火) 12:00:38 ID:8aqfcX8c
                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                  |   ⌒  ⌒  |
                |// (__人__)//|
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/      /     ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
              /   ノ {=   | |
 +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、

以上、埋めネタ終わり。

会社行ってきます。ああ、行きたくねえ!

992名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 15:38:12 ID:5dchtNfk
前向きにイ㌔

993名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 16:25:45 ID:NS4RZsbk
来年の冬コミは広瀬×真之とか、騎兵 兄貴×海軍弟とかのジャンルが生まれたりしてww
ちょうどコミケの時期はタイムリーに第二部最終回だし。

994名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 18:49:49 ID:NS4RZsbk
しかし、よく考えたら来年の第二部完で、ようやく 小説「坂の上の雲」 全8巻のうちの三巻が終わるんだよな。
残り四巻〜八巻まで、第三部の4話にまとめられるのか、ちと不安です。

黒溝台の描写は 秋山兄が「ふんばるしかないわ」とかつぶやくシーンとかで終わったりしてww
(第八師団 立見の死闘は解説だけで登場しなかったり)

995名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 19:02:36 ID:RYfqOqPQ
>>990
全体の2割なら加入者5名の保険料で一人支えれば良かったのに
4割じゃ二人の保険料で支えなきゃいけないのか。
そりゃ無茶な話だな。

996名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 20:47:46 ID:VCegh54c
>>994
10話〜13話のタイトルが「旅順総攻撃」「二〇三高地」「敵艦見ユ」「日本海海戦」だから
どう考えても入りそうにないw
黒溝台は好古の見せ場だからともかく、奉天会戦なんか凸マークがちょこまか動いて、最後に北方
へ押し上げられて、「結局、奉天会戦は日本の勝利で終わった(謙)」で片付けられそうな気がするw

997名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 20:50:34 ID:kkg19.so
えーと、史実の真之と広瀬ってあんまり仲がよくなかった(よく言ってライバル関係)んだっけ?

998名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 23:58:55 ID:zq63d1gQ
>>993
あのドラマは男の裸体シーンが毎回のように有るからな、
そのたびに実況はアッー!で埋まるw

999名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 01:37:15 ID:3GHPRLUY
ダレモイナイ

1000名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 01:39:29 ID:3GHPRLUY


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■