■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【やる夫】真紅先生とクラシックを聴いてみよう!【学ぶ】
1 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:20:45 ID:pTi3WoYw
           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !   真紅先生とクラシックを聴いてみよう!
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !

2 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:22:38 ID:pTi3WoYw
>やる夫で学ぶ音楽史
http://vipvipblogblog.blog119.fc2.com/blog-entry-184.html


         ____
       /      \   神スレだお・・・・・・
      /  ─    ─\ 
    /    (●)  (●) \   クラシックに興味が湧いてきたお。
     |       (__人__)    |   ___________
     \      ` ⌒´   ,/   | |             |
    ノ           \  .| |             |
  /´                     | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_





          ____
        /      \   でも、クラシックなんかモーツァルトの「俺の尻をなめろ」しか
       /  ─    ─\   しらないお・・・
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_

3 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:22:54 ID:pTi3WoYw
         ____
       / _ノ  ヽ_ \   つまり、これはやらない夫に聞くのがてっとりばやいお!
     /。(⌒) (⌒)o\
    / :::⌒(__人__) ⌒::: \  ________
    |     ヽr┬-ノ      | . | |               |
.    \    `ー'′    /  | |               |
    /    `      \  .| |               |
    |  r        .|  \.| |               |
    |  ┴rェェァ_    |\   |_|________|
──‐‐`ー-イ__)l二二l ̄ ̄      | |  |

4 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:23:12 ID:pTi3WoYw
〜翌日〜

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \    おっはー!
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)  
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)




    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~

5 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:23:29 ID:pTi3WoYw
      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \   今更おはロックかァァァァァ!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\    サタスマが恋しいお!
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
   ( ( .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

6 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:24:37 ID:pTi3WoYw

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  何の用事だ?
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ      
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)    最近、クラシックに興味を持ちまして。。。
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \  
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)   色々と聴いてるのですが・・・
        / ||    ` ⌒|||   ,/  
        / / |\/ /  /l |  ̄    
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

7 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:25:09 ID:pTi3WoYw
     ____
   /      \
  /  ─    ─\  とはいうものの、やっぱり聞いてると、ちょっち退屈なんだお。 
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ドラクエやFFの戦闘音楽のような
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    血わき肉踊るクラシックはないのかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)| 血わき肉踊るって、お前なあ。
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ | 
     |       |  
      ヽ      /  
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }

8 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:25:55 ID:pTi3WoYw
       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"

9 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:26:24 ID:pTi3WoYw
                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′ あら。
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l   クラシック音楽の話?
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/  
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ??: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }
‐ヘYヽ、: : : : :/: : : :|: : : 、: : : : : : : : ':./: :|: : : : :l:ハ       ヽ`丶、j 「ヽ、
  VZハ:_:_/ : : : : : ヽ : : ヽ、:_: : : : : :/: : :ト、 : : :': : :ヽ、     `ヽ//\ ヽ
__,.ィ ∧/: : /: : : : : : : : : : : : : : :_:_; : '´: : : !: : :`ヽ、: : : : :}_   _,厶'´  ̄  }
: /:レ′: : :,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : l: : : \:ノ: |_〉/  ,  '´ ̄ ̄
: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,': :l : |: : : : : ヽ/ } ヽ_∠二二¨丶、
: : : : : : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : ! :|: : : : : : \    / `> /
: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/: : :! : : : : : : : : ヽ、  !/ /バーン!!

10 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:27:34 ID:pTi3WoYw

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) あ、真紅先生。 
 |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  そうなんだ。こいつ、最近クラシック音楽を聴き始めて。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    |





                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」   血わき肉踊る
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′  ドラクエやFFっぽいクラシックね…
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'     ・・・。
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \
    ./'/    / , -'´/´-'´ /    ヽ  / ヽ \、」┘ヽ \
  _/_/_ __/ ヽ./'´ . : :/  l       ` 、\ __ ゝ_ ヽ
 L.. -―z-、.> 、-‐:/ . : : : / l  l    \   、`¨ ー‥_T´
  , ‐'二 -- 、_ノ ´. : : : /  /  | ヽ  ヽ  ヽ: : . ` ーャ、: :`ヽー- 、
 く‐'´ー- 、_ |. : : _ -'´  . :/:  l: . ヽ  ヽ:   ヽ: : : : ./: : }: : :/―--'´
  `丶、   _」ヽ:´   . . : :/:   l: : .  ヽ  ヽ: .  }: : :./´`ヾ:.ノ` ー、

11 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:27:48 ID:pTi3WoYw
               /.| ̄l/ヽ
              へ .ノ  ´ ∠、       ヘ
             / ┐_ - ‐ - 、  )_    /ノソ
            |  ヾ /|、 )、 ヽ /  ┌ノ゙、ノ    ハチャトゥリャンの「ガイーヌ」
          〈 ̄`イ/ \l i 〉/ヽ )´  /‐く/ノ〈
           `l´丿 弋ノ )イノ、イ/ _ 、/   ヽ´      なんかどうかしら?
             i´| ∧  _ ' ノl/  \ _::ノ
            ノ .|√゙丶- ´`〉l  ノ ./ ´
           〟‐l〈 ノ _-、 _ )iヽ、 ノ
           / ノ i 〉‐'´/'l゛ _ヽl、 ゝ
         ノ  / l_ヽ‐'´ `´ノ丿\
        <   `_‐、`ヽ  /ノノ _/
       _く `‐_ ‐ '`ヽ ヾゝ‐ / ノ 〈
     _ノヽ´ヽ_/ ノ /  ゝ -   〈 )、
   ノ/ ノ´`'ノ / / /     ::::ヽ ゙
  /ノ'‐´´ / / /        ::::::} l
  "´  / /            ::::::::l ヽ
   / /   /          ::::::ヽ i
  / l  /            ::::::│/
 /〈〈 ヽ/              :::::: ヽ'
、l l l/          :      ::::::::l
 | | l          /: l     :::::::l
  l l l、        /::: l     ::::::l
ヽ ヽヽヽ      /::: /     ::/
  - //ノlヽ_ /::::: /_     /
  / ヽノ/     ̄ ̄   | ̄ l ̄_
  l  /          |ヽ-´  `l
    ̄           `───´

12 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:28:29 ID:pTi3WoYw
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  ガイーヌ? 
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |   ガイーヌって剣の舞のあれか?
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

13 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:28:51 ID:pTi3WoYw
           -、ヽ::::ハ ヽ::::/:.:::イ::.::{__/:::.::::〕        __
           /:::::::ーヘ:{:..:.ヽ ∨:..:..:.l:::.::|:..:./:::.::/{_j^ヽ    /  厂ヽ
∠二≧ 、   __ 〕ヽ:..:..:\:..:..:.∨ ..:..:..:.:..:..l../..:..:..:..:/:::ィナ___ ′ ハ/ ̄ヽ
 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ  そうよ、やらない夫、よく知ってるじゃない。
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||‖       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  ?U   |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||
  ‖ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |‖
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐−‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   > へ
  ̄`ー- 、 \ マ'⌒く /../^ーz一'  .:::.:::.:/::::|   ヽ::>、::.::∠ . .:..:..:..:.|/   ィ \
―- 、  {>、\:::.:::{::: .:::./ ― 、...:::.:::.:/:::::::|     {:::.:::.:::.:::.:::/..:..:/  ///

14 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:29:26 ID:pTi3WoYw
         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          | /// (__人__)  先生、俺、吹奏楽やってたんだ。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }    剣の舞をコンクールでやったんだよな。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |





           _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
       r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
        「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
       | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}
       ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
       ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、  剣の舞の吹奏楽版って難易度高いのよね。
        ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|
        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|   レベルが高いところじゃないと
      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」   なかなか難しいのだわ。
      l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |
         l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|
         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
         | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|
         | . .:||    ̄ ̄``ヽ _, ィ .:|   | \ // _ _//. l .:|
         | . .「 ̄ ̄¨¨¨`丶、 マ / :|   |   \ ̄ 二ニ === .:l
         |/| 「二二ニニ`ヽミヽV  :|   |  ,. '"´_  -===┐.:.l
        〈 : :| |        `ヽミヽ、:|   レ'´,r'"´       l | ̄``ヽ
         ト、:/⌒)            i 「 ̄ ̄| i          | (⌒ヽ

15 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:29:52 ID:pTi3WoYw

<ソンナコトナイダロjk
<オホホホホホ

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   やる夫も会話に混ざりたいお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |  つるぎのまいって攻撃力がアップするわざじゃないのかお・・・
  \     ` ⌒´     /

16 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:30:09 ID:pTi3WoYw

    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)   ・・・それはポケモンだろ。
.  |       (___ノ)
   |        ´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ



           /ノ              ヘ、
   .      /丿               しヘ、
 ∧     ∠ / ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、         フ
 l `丶ィイ/ r'  /  /     \       〔
 了  / ∧ 〕 / / 〃  |  、  ヽ      ア
 ̄ Y l  | r┘| | l|    !   ',  、' .     |  じゃあ、ガイーヌを聴いてみる?
、」 │ l └ァ l | |l   l| │l |  ', ',    く
  V V│  |  | | l|   |l  |│l  | | l   /   ゲーム音楽みたいな、聴きやすくて
   マ  V L.八斗┼l-l   リ ノ ノノ  | l│ 〔       面白い曲が揃ってるわよ。
   ヽ vヘ、乂,ィfチミ \ノ|ノム斗{ │l| lリ_/
     ヽf¬ ミ ヒュリ    ,ィ癶イ ノ ノ乂
     八勾 ハ       ゞ' ムイ
  ,  ′{ ̄ヽ、ハ   、_ ′  ,′|
, ′  ノ    ヽハ、    イ  |
 .   /      ヽハ辷イ   ヘ l
   / {       入ハ     ヘ|
 /  V  -― イ  `、ハ __ム
'′  / / |  / ,イ ̄ヘ^ー-、/  ̄/\

17 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:30:49 ID:pTi3WoYw

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
    /  |         |  ヽ
    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン 1903-1978年
中央アジアの、コーカサス地方であるアルメニア出身。(アルメニア共和国)
ハチャトゥリアンが活躍した当時は、アルメニアはソ連の一部であった。

プロコフィエフ、ショスタコーヴィチと共にソビエト3巨匠の一人と称される。
アルメニアの民族色溢れるその旋律と、ダイナミックなリズムが特徴。

1963年には来日し、結成直後の読売日本交響楽団と共演を果たしている。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

18 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:31:17 ID:pTi3WoYw

         ,.⌒ヽ
        〈● ノ\
         ヽ彡'  ヽ ニュロン
          \   \
            )    )      γ ⌒ ヽ
           (    (     /      \ γ⌒ ヽ
            \    ヽ  /   /⌒ヽ  `~\ ●〉
             )    Y    (     \、___ヾ_ノ
            /γ⌒     ⌒ヽ\
           /  |         |  ヽ
           |   ヽ__人__ノ   |   シャーーー!!
           \     |!!il|!|!l|    /
 
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

「ガイーヌ」とは1942年に初演されたバレエ。
主人公ガイーヌとアルメンの恋などを描く。
ハチャトゥリアンは後にバレエのスコアから書き下ろされた曲から、演奏会向けに3つの組曲を編曲した。

ハチャトゥリャンはこの「ガイーヌ」によって、2回目のスターリン賞を受賞することとなる。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

19 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:31:41 ID:pTi3WoYw
               __
             ,r‐':::::::::::::\
          「:::; -―- ::::ヾ、
          У´ //  、 ` ヾ、\
         ハ/,. i,イ .! |  ヾ!|:::}
        ∧| !'㍉|レ!,ト」 |i ,' }@{   ハチャトゥリアンはバレエ「ガイーヌ」のために50近い数の曲を作曲したの。
        //!i l`ヒj   ヒンレ∠:{ハ
        /_,-、!lゝ、 っ  ゙"〃ノ | !|     その後、自身の手で、演奏会用に3つの組曲を編んだのけれど
     //`T´〉´{薔} =7イ   | !|
   /, ´  {ミ!::::ト、, l!ヽ. {彡}ヽ_ | !|           現在、演奏される際には
 ,/ /,    ヽ;:ノ |ノ| `| {ミ} :: ヽ| !|             オーケストラが3つの組曲の中から独自に
 l i レ,     'ーイ l ^ヽ.! ,テ ::/.| !|            チョイスして演奏することが多いわね。
  `f≦     / :: :: 7~~/~~ ヽ. | !|
   テ    / :: /ヾ/ ::: ::: :::ハ≧〈
    _,,.-‐':: :: ゝ_,r′::: ::: ::: :::: ! テ
   ヽ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ′
    ゙ト :: :: :: :: :: ヽ :: :: :: :: :: : /
     ゙{_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
      `ヘ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >
        |~~/` ̄`ヽ~',ヾ^´
        }ニ}     )≡i
         i" ハ   〃 ̄ヽ
       ゞニノ     ゝ== ′

20 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:31:53 ID:pTi3WoYw
          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ   今回は特にチョイスされる
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ   機会の多い曲を
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V   聴いてみましょうか。
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽイf::::::::゙ヾ ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ  .ゝ-ヘノ      ,.メ≡!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|      (>>1の独断と偏見です)
    /  ' !  Y/  / | ハ    ̄          i、::_::rハヾ|!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l              ゝ- ' / イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ

21 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:32:11 ID:pTi3WoYw
                   
        / ̄ ̄ ̄\  へえ、ハチャトゥリャンって 
      / _ノ   ヽ、 \      来日してたのか。
      |   (●) (●) |   
        |  (__人__)  |   
       |   `⌒´   |            ____
       |        }    *       /_― ' ―_\  20世紀の作曲家だったとは知らなかったお。
       ヽ       }          /(●)   (●) \  
        ヽ     ノ        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   それにしてもハチャトゥリャンって、言いにくいお。
  十     /ゝ ''''''/>\      |     |r┬-|     |  
       / イ(,,,/  / ヘ      \      `ー'´     /   ハチャでいいかお?
       / l  | Y  |  / l ヘ     /   ,イ(, ,,)/>  \
      ( |  | :、 |  /  |  )    ( l  ヘ |:Y |  /  l )





                               )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                               (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                               >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
まあ、噛んじゃいそうな名字よね。             しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
                                  l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
最後に「〜〜ン」がつく名字は                ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
アルメニア地方特有の名字なんですって。            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                     ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                                     |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                     l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                    ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                   /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
                                   ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |

22 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:32:34 ID:pTi3WoYw
   _r<¬‐- 、__
 rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)
  }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7    それでは早速聴いてみましょう
. 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ
 (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ
  _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \
 {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ ヽ\
 `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }    \ヽ
  |l /|`ヽ、   rっ/7 /__    l |
    / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  | |
.   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }   | |
  / {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄   ! |
 ! 「77´/::.::.:`⌒´::.:{{__:`ヽ、  /  |
. l l { {/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: ヽ/ / /
||く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.:ノ ̄`く
|/ /7¬rへ::_::_::r〜r‐く`ヾ二>、 〉
<_/,厶  仁ニ}   !=彳  >‐=、厂
 └ヘl匸 |lメ/   |テ/  〈/ ̄
      ̄└'    └'

23 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:33:18 ID:pTi3WoYw






        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                             剣の舞
               http://www.youtube.com/watch?v=eUFWaauGPCs
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






.

24 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:33:46 ID:pTi3WoYw
        うおおおお!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!
||||||  ||||||  ||||||            / ̄ ̄\             ||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          / _ノ   ヽ_\         .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          |  (●)(●) |           .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          |.  (__人__)   |         ||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          |  ` ⌒´   ノ          .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          |.        }           .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          ヽ        }          .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          _ヽ     ノ_          .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||         /              \      ||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||      ( ̄ ̄)         ( ̄ ̄)     ..||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||        E \ ____ /  ∃     ..||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||          \         /       .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||         / ヽ        /ヽ      .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||       /  │       │ \     .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||      (__)/         \(__)     ..||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  |||||| ...(⌒ ̄                 ̄⌒)  .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||  ... ̄ ̄ ̄/   |ェェェェ|    \ ̄ ̄  ...||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||         |    / |ii!l|i|il| ヽ    |     .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||        │   (~~人~~)    │     .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||         \ ( ○)}l!!l{(○) /       ..||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||           ..\ 丿  ヽ   /       .||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||              ̄ ̄ ̄ ̄            ||||||   .||||||  ||||||
||||||  ||||||  ||||||       ブラボーー!!..          ||||||   .||||||  ||||||

25 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:34:10 ID:pTi3WoYw
                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ  
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ   一番有名な曲ね。
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |  ハチャトゥリャンの代表曲でもあるわ。
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、  この曲はバレエ終盤で登場する曲なのよ。
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_.:.:.:.:.: { :.:.:.:.:. :.ー、ァ..´: ̄ ̄_> ´// //
l !  イ/{  __r-_―_ ̄`>..フ´. ヽ:.:. /}、-ヽ - 三-‐::_二:/://
| V /:.:l `ヽヽ\::.::. { ̄:.:.:.:.:_ -‐..:´:/ :.ト 二∠´二_ -ァ´,.イ
ヽ V  :.|  ノ::.>、ヽ:. ヽ:.rく:..:..:..:..:.._:.ノ.:  .:j /∠-_ -‐ァ‐ ´/::.:.|
/ {  :.|  ヽ:.{ニブ__}:.:.:.:ー:-ヽ:..:/:..   .:/,..:<く/ /ヽ::.::.:..ヽ
 .:ハ:.  l   ``ヽ、ヽ:__ノ}:../ノ..:∠、 / イ{ .:.:./ /::.::.:..:.\::.::.:.\
.:/  ヽ. :l     ト--.'/::.:⌒ヽヽ::.ソ/:.:{:. `フ /::.::.::.::..:..:.r‐ヽ::.::.::.:`ヽ、

26 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:34:37 ID:pTi3WoYw
                _,.-‐──‐-、           \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::/
              / //ヽヽ,、,、,、,、ヽ\          〉;:;:;:;:;:;:;::;:;|
             / ! i r'イシ^ソ}」幵}」テ^ョ、ヽ       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ 
     |ヽ      / ! ィ´タ`T「´ ', i\ヽミk",|ヘ      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| 
     ヽ;:ヽ       | i イK「 || | ヾヽ ヽ\ `゙`‐=三_   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;| 
      ヽ;:ヽ    .| !}〈{/ i|| | l ! ヽヾ ミ_``゙`‐-<´  /;:;:;:;:;,.-、;:;:;:;:;::;:| 
、      \:;\   !}]{/ ii|| |、、从 、\_,._t_,ミ=、下`゙'./;:;:;:;:;:;:;| 弋;:;:;:;:;:) 
;:;\      \;:;\  〉i !! | |ト__',_',ミミ、=テ'’| l lト、 ヽ、_;:;:;:;:;:;:;γ   |;:;:;/
;:;:;:;:;\     ',;:;:;:;\i iiヽヘ| |7=ナ` `   | ll 、\ ',‐ニェ_、;:;/    |/
‐-、;:;:;:;\     ',;:;:;:;:;:〉i,、、ハミニ=-  _ '_, /l/| \ヽ、\;:;:/
  \;:;:;:;:\   |;:;:;:;/| |:,-ヽ',ヽ!`‐- `.´-'´、| |、\\ ', \
    \;:;:;:;\__/;:;/ ,| |::::::::ヽ:ミミ=-孑≦:::::| | ヽ ヽ ' ヽ \ 
      \;:;:;:;:;:;:;/ / | |::,.-、::`、::  ,.,.、-、,、 | |::⌒``、 ヽヽ ヽ `゙`‐--、_
      /;:;:;:;:;:/ / | |/:::::::::\ (二l: : :  |二<(二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三>
/´`゙`―'´;:;:;:;:;;:| |;:;:;:| , |::::::::::::::::〉', |  `/.| |::::::::::::::::|ヽ   ヽ ! \ヽ`゙`‐、`゙`、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| |;:;:;|∧|:://ヽ\弋 l,.-、|,/| |::::::::::::::::}  \  `、|   \',  |;:``‐-=-
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,-‐`、!──`'i/⌒,「,「ヌ ` i⌒i::::| |::::::::::::::::〉、  \  ヘ  ,;ヽ!‐';:;:;:;:;:ヽ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     __   ,/´ レ〈K,.「'-´!,「iス卩\|::::::::,.-‐' \___\ |_,/;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:_,.-‐'´     //``‐´/ /`´レ^ヽγヘ ェョ|ュ┐:::::/ ヽ   \;:;:;;:;:|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;`^^、
_/      /:::/,.、:::::/ /:::::::::::´`/: : | ! i i /,.-‐、 ヽ   ,.-┐;:;:;:;:;:_,-‐──-,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
      /::::::/´ `´ /::::::::::::::_/: :  |ュ__i^‐'|´`、ヽ、_,.-‐'´,.-┴-‐‐'´ _,.-‐'"´;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;\
      |:::::::::/    /::|:::::,.-'´,.、 ,、  /, |,、 | /::} ::ヽ、___  _,.-‐──'´;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:\
      |::::::/   /:::l:::|:::::`~´://:| i'/::ヾゝ`‐'´``ゝ、::::::::::l `´  \ \_ ̄└-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
      |:::/   弋:::|::::::|:::::::://::| | |、:::::::::::::>、_:::| \:::::| ヽ ヽ ヽ`゙`-`=-  \;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

「ガイーヌ」の最終幕で使われる曲である。
この曲は、クルド人が剣を持って踊る戦いの踊りを表している。
(黒海沿岸のクルジスタンと呼ばれる山岳に住む民族のこと)

きわめてインパクトのあるリズムのために、この「剣の舞」はクラシックの定番曲となっている。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

27 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:36:01 ID:pTi3WoYw
                      ,.、    ,. - ── -. 、
                    ___|:::ヽ.<´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                   「、:::::: lヘ:::::::::: `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\
                   |:::::`ヽ!::',:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   i::::::::::::::ハ::::、::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::: / .}
                   |:::::::::::::l ∨::',::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ/',
                   l:::::::::::::i  ∨ハ::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ
                   ;:::::::::::: ',`ー‐、:ハ::::::::::::: ',::::::::::::: 8 ::::::::::ハ
                   i:、:::::::::::! 、__',:::',:::::::::::::::!::::::::::::: 8 :::::::::::ハ
                    |::i::::::::::/     `!::::::::::::::|:::::::::::::: 8 ::::::::::::ハ
                    |:ハ::::::〈       |:::::::::::::ハ::::::::::::::::!i::::::::::::::::',
                    |l. ',::::::::ヽ--    !::::::::::;'::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::ハ
                   l! ',::::::::::::`.   |::::::::λ::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ
                   l   !::::::::::::::::ー‐イ::::::::ハ::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ
                      _|ィ'i^ト、:::::::::::|::::::ム'^.、:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ
                   _,ハ ', ',.しiヽ、r‐|::::/   ヽ::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::ハ
                       { (ヽヽlノ  l Y゙i l:/ ,.-'´ ̄.ハ::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ハ
                   ;ノ `´    .} |/ 〃    ハ::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ハ
                      ',      / //      ハ::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ハ
                      ',    /Y´ |  /    ハ::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ハ
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
中盤のサックスの哀愁のメロディーは(0:53ごろ)、戦士達の無事を祈る女たちを表現したもの。

しかし、フルートのほのかな熱を帯びた伴奏が、やがて戦士達の闘争心を呼び覚まし

曲は再び熱狂へ!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

28 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:36:24 ID:pTi3WoYw
      
      
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ 
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  | u ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

この曲は、締め切りギリギリで作曲された。
この独特のリズムは、ハチャトゥリャンが机を何度も叩いて、苦しんだ末に生み出したリズム。

ハチャトゥリャン自身はこの曲が、自分の代表曲のように扱われるのを嫌がったようである。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

29 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:37:16 ID:pTi3WoYw

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \  やる夫はこういう曲を求めていたんですお!
   /  (≡)  (≡)  \.
   |    (__人__)    |  ハァハァ… ぜひDQ10の戦闘の音楽はこれで…
   \    ` ⌒´    /
   /              \



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  懐かしいなぁ。トロンボーン吹いてたけど
   |      (__人__)
.   |        ノ   このグリッサンドはとっても緊張した記憶がある。
    |      ∩ ノ ⊃   (動画の0:19ごろのぱおーんという音)
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

30 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:38:17 ID:pTi3WoYw
                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_ 
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ     なんといっても、
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉     この曲は打楽器が主役よね。
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   木琴やティンパニがぐいぐい牽引して
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  とにかく前のめりに突っ込む曲なのだわ。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ     
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\   
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }



指揮者もノリノリだな。
           __                  γ⌒) ))  この曲の中盤からラストにかけての展開、
       γ⌒) ))\              / ⊃__    神過ぎるお!(動画の1:30ごろから)
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\
    〃/ /  ( ●)(●) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /

31 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:38:33 ID:pTi3WoYw
                 /\
                /.:.:.:.:.:.:`.、      .rv、
            /.:.:.:.:__.:.:.:.:..i ` - 、  j.:.:.:'
               }.:.:.:.:/.:. , .- ヘ.:.:.:.:.:.i`::'i.:.:.:'{ __
               }.:.:.:.:y // .ヽ.:.:.:.:i::::l.:.:.:{\/    次、いくわよ!
               キ.:.:/ / / / i .i i,ゝ::i::::l:.:.:.{.).\
               .ヽ.:i/! |./ !.i | .| i! ',::i:::l.:.:.:/i/\\
               .r‐.!| |.| iL|_||/仏ム_i',|@!/ ハ  .\\
             ._v./ヘヘ, |iヘラ   ^ゞラi|/  ノ i    \\
           .7 //   .〕人 ' _._ //'           .\\
        /./.V __,,.. //へ>-//:::::7 __        \\
      ././ ( /:<ニ二二ニニニニ':.:r、<,-,>--r'⌒)    〉 /
    /./  /.:.:`=≧/:::/::Y-,(⌒| |.///):;:ノ-<,     / /
  ././   (⌒レ⌒)<_∠__/:(._ノ::;/ ." "./^:;:;:r-ィ     / /
...//    .ハ:;:;:;:;:;(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(二、__〉__,ニ⊃(_/')  .//
. /     (.:.:.:.::;:;:;:;:;:⌒ソ.:.:.:._i.:.:.:.へrー、 ハ_ノ .//
        `乙-、r-v,.:(:;:;:;:;ノ.:(:;.;/二二二二ニニニ(
    /^)  _..,-‐''"~.^‐^.:.:-'`"//.:.:.:.\{    .__

32 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:39:14 ID:pTi3WoYw




            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                              薔薇の乙女の踊り   
                    http://www.youtube.com/watch?v=xO0NnHPPD4Y
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.

33 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:39:45 ID:pTi3WoYw
            _____            r――――┐
          /       \         _{ニニニニニニ}_
         く y´  ̄ ̄ `v >          {  ______  }
          7 从ハハ从バ         ∨ハノ ヽハ从∨
          { { > < } }            { 从> < } }'Tフ
          人_≧_口_≦イヘYフ         ヽl、l、_口_ .イノ/  
         // /!ノく__〉 <!__}:}          〈厂 ̄フ二{二}フ
.      / <__//`Z厶斗'7ァ、 :「[]フ        〈___∠!
.     rく   / /、_ハ〉}'xヘ. } |:|        xく__/}
.     rく\ヽ/ xヘ.   ∨、 ヽV/       /   ヘ
 ,ィ_rく\ヽン′/   \_∧ \ \      ヽ._Y_/
. i_|_L厶__〉 xヘ.       ヘ._ンく       rヘニニノ |ー|
      く    \_____∧ニニス_,ィ    {__j    l |
       \          〉` ー'′       | |
        ` ー―txtr―…'              ト-1
            ∠⊥!                  〈___ノ

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

農場の娘たちがバラの花を掲げて踊る。

オーボエとクラリネットが、4拍子の旋律をユニゾンで奏し、トランペットが可愛らしい対旋律を歌う。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

34 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:40:02 ID:pTi3WoYw
                                                      ___
           , -――- .                               .〝´:::::::::::〝 `' 、
          ∠ y,、_,、_,、_,、_ `'' - ..,.                        /:::::::: _____::::::::::::::\
        r少ニニ※ニニ※f辷z、    ノ                         Lr 二¨´-――-`ニ¬、:::::ヽ
       r少,_,rヘr'^'‐'^'‐'^'‐'^'‐ヘk'                         _」-´,..-―‐-―- .`ヽ`ヽ:::〉
       {込´::::: : i l:::_x‐_ . . `ヽ込\                       《:::.'´  : : :_: : : : : :`ヽ \》'
       レ′::::: : ノ爪 __ム: : : : :|:| : : (、                      〉': : i_:_.厶彡`X|_l: : :::::::\冫
       /::_l_リノレ' ´V艾≧刈: :||:| : : : )、                       ,': : :十=…'圷≧ァ:!: :.l: lト、:i::ハ
        {::::ノィf圷   弋ム,/ノリ:.:l}ノ : : : : ム                    |: : : :l: l Ⅵ弋oゾ リ乂ノi十):::|
       iヘ从弋ム, ___  ノ辷彡仁: : : : : :ヘ                     Nヘi、:Y|i: :|`  ̄    fテア::::ハ
        辷ミ、  〈Y´ } 彳イr少廴:\::: : : : \                   _ヽルノ  r=‐ 、 ' ''∠::/
         r少n、` =' .ィ仍ニ7}r'⌒7\:::::::::: :\                r少爿f!|ト》、  |⌒ ,/ ∠::ノ
        r少r込|`;≧f‐くr※7}匕. . 〉 : `'' - .:::辷z、             ノ........{込 \|>-r´‐<´::/
      ,r少※込 /《 〃}r辷 刻}. . . .ハ:::::::::::: : : `¨==≧、.____,、     _厶........{込  {{》o、f}~\ ∨
    ,r少ニニrソ 〃{f  f}r辷  刈} .r‐斤xn: : : : : : : : : : : : : : :/   )辷匕´.......〃{辷   {{リ|:|.》込. `ヽ、_
   ,r少※rソ‘ //::{f  リf}廴※ f込ノノ j示〉〉::::::::: : : : : : : : :/〃,r'⌒ヽヽノ⌒ヘ/..{迂   7/|:|''  込. ノ Y⌒rヘ
   {込ニrソ‘〃/::{f)  (f}勿孑テHミイ __r‐')勹::::::::::::: : : : : :/O./_: : : 》´ ′  〉..{込   〃 レ   .込| /Y´`ヘム
   ヽ〝 /,' /:::r‐弌zr'f》´___\_〕〈{ 〔ニニ})}⌒7::::::::__::/《./ ̄_:〆´    イi__..弌辷rf壬{≧xゥr少''〈/rfノノ , `マ
      /:::/ {::_{辻v'三/`==´()()∨入_ノ:.:}i ./.ニニニ二/ / ̄ん ´゚    r::/::::::::::::><:《^'‐'^'´ `弋{ `ヽ` -'f})

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

乙女達の軽快なステップを表すかのような、木琴の軽やかな旋律。
ティンパニの1打が効果的なアクセント。

クラリネットと テューバの彩りを添えると、やがて曲想は一転し、華やかに曲を閉じる。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

35 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:40:23 ID:pTi3WoYw

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   ローゼンメイデンの踊りだおwwwwww
      /( ●)  (●)\ )   
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |




 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕   そうよ!これは麗しき薔薇乙女のステップ!
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!    アニメ3期では、是非使って欲しい曲なのだわ!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

36 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:41:09 ID:pTi3WoYw

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |  この曲のチューバが楽しすぎるだろ。
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|   ヘ音記号ソルジャーとしてはうずうずしてくる曲だな。
       {          .|
       {       _ |    
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヘ音記号とは…低音楽器の人たちが使う楽譜のこと。(適当な説明で申し訳ない。
                                 ト音記号で表現しきれない低音部を表示するための記号)



                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′この「ガイーヌ」はとにかく打楽器
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈  (特に木琴)が難しいの。
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/  打楽器専攻の音大生に話を聞いたことがあるけど、
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |    
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l   アマチュアオーケストラなんかから演奏を頼まれても
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ    断ることが多いらしいわ。
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ   おこづかい稼ぎにしては、割が合わないものね。
 / ! レ??: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |

37 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:41:46 ID:pTi3WoYw





             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                    ゴパック
                  http://www.youtube.com/watch?v=rWsjaVuSVwU        
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





.

38 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:42:06 ID:pTi3WoYw

        〃⌒ ,、
        !i   ,l `ヽく⌒ヽー-- .、
         {ゝ.__/\.   \ ヽヽ. ,.- 、\
         `ー'〈  ,/`ー 、 \  {l >-、ハ
.           ハ /    `ー 、{l /r〈l} .}
            〉 i ⌒    '⌒ヾ::|'1| /
           ヽl,.'f´ミ、   ィf`ミ 7└'ヽ
          / !弋リ .   弋リ ト/) └,
         /Yi .>、 ∩ーー  ,.イヾト、 //〉、
           〉.ゝニ=' .| l>、‐ ハ、__ノノ \/_/
           〈 〈    ! ´.> {`~´   :   ` ̄`ヽ
          'ァ-,rL r,|/ヽ-ァ、_ゝ-  テー- 、     |
        ( (   ', ヾ´ ゙̄ヾソ    \/     !
         `゙.  ', |    /ハ     <l:i      .|
                 | !  / / 〉、   レiゞ、 ___,ノヽ
                 ゝ _ノ / 〈_,.ヘ   `^V_、 ̄´ハ ヽ.
                /人ノ   <´\     ヽl∨゙   ハ
             /イLノ y    `(. \__        ハ
               }〈    /     `´ー'`>ー,-、__.ハ
           ( ハ   ヽ            'ー'ー' (__j、_ヽ!
               `L',   \              /ノ
              !_,ゝ   `>           /!´
               ゝ->、~~/~7~⌒~7〜'    /ノ´
                  ゝ.i /   ./  ,. <フ`´
                      l/   ./ゝ-^ ー′
                    /_ ./
            ,.'´ ̄ヽ /!>、./
          /´.レー- 、 ヽ.!i´.У
           ,'_. ',  ̄ヾ、  } /
          ゝ-、ヽゞ、  ヽ `{
          `ゝ-k-.\  ゙レ′
             ` ゙̄ー'′
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ウクライナ地方の民族舞曲の一つ。2拍子による激しいテンポの曲。
跳ねるときの掛声〈ホプhop〉からきた名前とされている。
跳躍を特徴とするアクロバティックな踊り。

コサックダンスのようなものを想像してもらうとわかりやすい。
(と思う)
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

39 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:42:23 ID:pTi3WoYw
                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒! |   /
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

騒がしい導入部、そして、トランペットデュオの軽快なメロディーから曲がスタートする。
ホルンのゆるい後打ちのリズムがフルート、バイオリンを呼び寄せ、休むまもなく
一気に曲は最高潮へ!

打楽器は相変わらず酷使されている。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

40 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:42:52 ID:pTi3WoYw
           ___
          /       \
        /  \  / .\   誤爆? 
       /   (●)  (●)  \  
       |     (__人__)     |    
       \    `⌒ ´     /  
      /´ ̄          ィヽ     
      〈    ̄  ‐- 、       i
      `ー,‐ -、_   ヽ       | l



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   違う。ゴパックだ。なんとなく似ているが。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }    テンポが徐々に加速していくのが特徴的だな。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ      プレスト※の部分なんか爽快すぎる。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

※きわめて速くの意味

41 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:43:31 ID:pTi3WoYw

                 r'冖rーイ ̄¨ト、-┐
              r ┘、 丶」__ j/  /入
           」 -、 ,>'¨´,   ´`< -亠i
             〈 ー / / /  ', 、 ヽ. イ   運動会で流れそうな曲よね。
             」 - / :i  l|   l! l   ! '〕
            _┐ ! , +―l|   lz―+ . ! イヽ  爆演系の指揮者なんかの演奏聴いてると
          「´_.九ハ l,ィt::jヽノ ィt::ャ| リ_,八 |
      , -‐ '廴/ /乂ヘハゞ┘ . └ ツイ心、|ー'=、- 、   裏打ちと表打ちがごちゃまぜになっててなんだか
    /  , '_/\/イ  /rー-、_‐_, --'‐ム、 |¨ ヽ  \ 丶
    / , /___ / | /〔_  ーfッリー   人ヽ.  l丶 |  ヽ  よく分からなくなってくるのだわ。
      /, -'__´ /|  /__ ノ父\_'〕-、_!_ヽ--、丶  |l
   / l!    /z=ッ r'ー ' // -i‐\      〉ー \┴i|丶l|



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\  この曲、なんか一番ドラクエっぽい気がするお。 
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   ところでこれで、解説おしまい?
  \      `ー'´     /



                       __
                 イ孑< ̄ヽ   入
                _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
               {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
                /丶 、ゝ'        圦ミく   人
              7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ
             /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、  そうよ。
             ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /
                 ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、
                 |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
             . へ、 ヾ. ', ィ代㍉ ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
            /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
          /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',
         /  ,,∠ __z</ :/  _ ミY⌒Yミ:.| | ヽト、  ',  ',
       /  〆ヽ     ,/ /〉=-    ト=イミ;! !  | :ヽ.__ ',
      /   , ' ノ ハ z=/ / |!    /イ¬\| |  l! 乂   ゝ,
     ,.'    /  j 彡,ゝ、 / / ヽ _ イ:  |  | ハミぇ' \ ヽ 〆ソ ',

42 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:43:51 ID:pTi3WoYw
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     ・・・・。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /




    ゞ/:::: /  /        ,                       /
    /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/
   /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
  /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/
  /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
 /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  ! |:::: !
/::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ ! Y!::.: |
ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /! ヾ::::::|   ていうか、全体的に
  i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / l  |/\!!  「ガイーヌ」の資料が少なすぎるのよ!
  .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / /  |. │ i l
  /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / /   .| .| ,/  東芝EMI!CDの解説適当すぎるのだわ!
  /  / /: !   / ∧  o- '               O,. '' /     |/
 /  / /::::l!  ./  !ヘi 。                o /    /,! |    もうちょっと気合入れて書きなさいよ!
. /  / /レ ´  /   /  ゝ.       ` ―- 、  / /       ,   ,
/  ,//    , '  , '     \      (  丿 / ,´   / /  ノ
 ,./    /, イ/_    __..ゝ、       ̄  / /  ./  /  ∧
/    ,/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_  ' _,-―'/  /::::::\
ヽ  ,/   /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´::::::::::::/  /::::::::::::::\
ゞ\ヽ   /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::: /

43 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:44:03 ID:pTi3WoYw

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    ・・・では次いってみようか。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

44 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:44:31 ID:pTi3WoYw




          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                         ララバイ(子守唄)
               http://www.youtube.com/watch?v=ca1jQ4-zHLE
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    
    

.

45 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:45:08 ID:pTi3WoYw
           / .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::: .:.:. .:.:.:.:ヽ .:::::::.::.:.ヽ
         / .:.:.:::::.:.:.:.::::::::::::.:.:.ヽ::::::::.:.:.:.:.:.:::`、::::::::.:.:.:!
           / .:.:.:.:.:::.:.:.::::::::::::::::::::::.`,.:.i::::::.:.:.:.:.:.::i:::::::::.:.:.:!
           ! .:|:. i .:::ト、::i::::::::|.:ヽ:.、:::::i:::l::::::::.:.:.:.:.::|::::::.:.:.:.:|
           | .:|:: | ::::| i:::ト、.:::|:::::|:.|.:.:::|.:|::::::::::::::i.:.:|::::::::::::::!
           | .:|:: l.:::::| |/ -|:十i┼l:、.::|.:|::::::::::::::|.:.:|:::::::::::::!
         ト、ト、ト、.:.ヽ   |/ |/  1::l::l::::::::::::::|.:::|::::::::::/
              `ヾ、.:::.`, , ==-.`i.:|:::::::::::::|i::|::::::::/
       _ __ _    ヾ::ノ   ' ' ' '   |.:|.::::::::::ノ|::|:::::/l
      /.:.:.:::::::;:l}にニL_ ,L_     ,    |/.:.::::ィイイlト::/:イ
    〈.:.:.::::;:;; -──==、ュ`ー<    i.:.::::::/   l/ |
    ヽ, ィ´    / /   、 `ヽ.::;>一'1.:.::/       ヽ_
    / il   /_/_/ ,/!   ||  lK    |.::/ノ     , '"´ ̄`ヽ
  _/   ||  /l/ l/i`7 |  リ .! |.    |/厂   / / ̄ `V
イ, -─=|ヽ.:l ==ミ、 | _ノト、:/ /!   , イ __/ /       !
ニニ =={ミこ彡}  ""    ㍉/Vノ  //ニニ7 / -──‐‐-|
 , -‐={ミこ彡}   、 _' `゙ソ彡} `Y´ ー一' /l, '´ ̄ ̄ ̄ ̄ |
`ー一メ´ ̄`ヽト、    _,.イニ彡}ヽノ__ , .イレ′       |
 厂  r─‐ -、ヽ`にニフj彡イ=-_j       /            /l
/ ,   |:::にニ!.::≧只ー─-、 ``V       /         /.:.|
_/   `ー一'7::/i::ト、:ヽニ!:::!  /     /         /.:::::!
          /::/ |::| `ー‐ ′イ      /         /.:.:::::|
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

  ガイーヌが、リプシックという子供を寝かしつける場で奏される曲。
オーボエの独白につづいて、フルートが優美な旋律をうたう。
時折聞かれる木管のつんざくような響きは、夜のとばりを破ってさえずる、鳥の声のようだ。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

46 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:45:30 ID:pTi3WoYw
             rー-  .._          __
              |     `丶、‐┐ ,. ‐''"´   !
                ,ノ      `ヽ.「`Y /        ',
            /   ,. ‐''ニニ''‐、_} } | _,.. -──-、_」
           /ヽ 〈    ̄  /l ̄`ヽ、       /
        ,. -、__rく   ハ 〉   _/、__八フ ヘフヽ    {
       / /    `>、 V_,. ‐''/      ̄、 ⌒ \__ノ
     { {{    / |___,.イ /   /     |   、 ヽゝ
    ↓ ,ゞ-‐¬′  /   l l   |      |   l |  l
    !Y!         |  l | | | _|     i |   | | |ト、
   ヾ、{ ',      ! レH|T「 ||`l|   | ナlヽ/ ! l/ ヽ、
   r彡ヘ ヽ        ト、 トN>}キヽハ、 _ノ{≠リ/ / /  //
   |!   L\\_  _ノ 个 { iひ。1     な`! 〉ク/-‐'" /
   lし   ヒ_二ニ い'ー┴ァヽ.'ソ     ヽ'ソ /ご===ニ´
        ,ニ=フ''⌒ヽちフズ """ _、   ' ""ノ_二く-‐'''´
       /≧>    乙.\ヽ/´ `ニ´`ヾ〔=ニ之≫
       { 〈〈__,ノ   ≪_,ノ/n∟、/  ヽ ,..」((´〈〈__))
         ヽ.  ̄       )‐、/゙r''づ、ヽ__/(^ヽ∨   ̄
    _,.. -─〈/ 丶、 /} _l  '"r'う___ (^i〉 !
  /, -‐''ア /      フ_{イ|′  _/ / {´ `_ノ
 ヽ〈 ///´ヽ、 ─/´ |{   /| } !   / i
  } l/ .//    ヽ     Nヽ′ ! T| _,ノ j
  L/'/     ヽ     Nヽ / | N   /
  / /        L__  N_V  ! N_,/

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

余談だが、この曲をホールで演奏すると、お客さんの3割は確実に、寝る。

6/8拍子のゆったりと、それでいて心に訴えかけるテンポを巧みに利用した

ハチャトゥリャンの子守唄である。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

47 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:45:49 ID:pTi3WoYw
           ____   
         /⌒  ⌒\
       /( ―)  (―)\  zzz・・・
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"



     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ     やる夫のやつ、寝ちまったぞ!
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)   
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

48 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:46:16 ID:pTi3WoYw

                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′ハチャトゥリャン的には大成功ね。
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|    
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \
    ./'/    / , -'´/´-'´ /    ヽ  / ヽ \、」┘ヽ \





                        おきろ!
                        i`゛''-.,,            ,,、-ー=ニニ==
        __             |::::::::::::::゛''-.,,       ,.,r'`,,、‐''`´   ./
     .-´    ``ヽ          {:::::::::::;、;;:::::::::゛'-.,_  /、,r'`      //
   /  ヽー     `ヽ        }::、,r'`  ''r:::::::::::::7゛7''`‐r    、,r'`/'`´
  / ノ    (O )    ヽ       /     !:::::::::::::::゙i;;;';:::::::'r、rー`、,r'`
  / (●) __)⌒i`⌒''r-.,,/⌒゛'''‐-..,,,',r'/ 、,r' 'r::::::::::::::};;;;i::::::(`''‐r`
  | ::⌒(__ノ/ (,(,,__、ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::iハ /  ,.,r'゛''r::::::::!;;;;i::::::人;;;;!ー'`゙i,,,
  ヽ。   )(     ゛(,;;::::::::::::::::::::::::::::ッ,r'ォr'`,r'ッー、i''r:::;';;;i:::、' /:::::::::::::::::゙i,,,__
   ヽo (__ン    ´  ゛''ー`´゛''-::;;::::::リ:゙i ,  i;;;iフ'r.| |!::( ),r'`´::::::::::::::::ァー::::::::!
   人  ー              .゛''-:;j|\rュ  _、'ハ!::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|゙i
  ./       メ             ゛''゛'''-゙''''`゙i;','`|!゙゛'i:::::::: ,.ッ'''-:;;:::::::::::::、`:::
            メ             \7゙i、'、' .!,'  i-;::::::(, '; .; ; );-ー`::::::::
               タ            <,、'ヽ,リ /  ゛'ヽ'==ー`:::::::::::::::::::
                  ァ         ,':::::\ 」、(, .,゛''- ン::::::::::::::::::゛'':-::;;
                     !     .,';;;;;;;;;;;;;;\ \、,r'`r:::::::::::::::::/::::::::::
                           ゛'''-:::;;;;;;;;;;;;;\    i:::::::::::/::::::::::::::::

49 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:46:28 ID:pTi3WoYw

               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|     よく眠れたお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :  
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/      ハチャトゥリャンの手のひらで踊らされたってわけだお…
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\

50どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 10:46:57 ID:ZA1SYtYA
いや寝てただろ

51 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:47:07 ID:pTi3WoYw
            、 _rへ、几_r┐
         rヘ)      '^勹┐
          r┘           之
      くY′  _             L.,
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿   6/8拍子っていうのは、要はワルツのテンポなんだけど
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、  …なんて言ったらいいのかしら。ゆったりとした行進曲?
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′  心に訴えかけてくるようなリズムね。
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/
} \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ
`ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉
   \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹
 r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘



                                        ,.ヘ
                                       //:: `ー、_,ヘ
                                .      /:: :: \:: :: :: `:: :: ヽ___  ___
この曲も6/8拍子ね。                         \:: :: :ヽ__/⌒ヽ:: :: :: :`l/:: :: :: :: 二フヽ/|
                                        |:: :: :: :: /   ヽ:: :: :: ::|l_::_ :: ::/ー┐:;;;;)┘
主人公達のせつない心情が、聴く人の心に囁いてくるような    L_:: :: ::!| , i  \:: :: ::「:;:;:;|ヾ〈ヾ゙=="^ヾコ
                                         ゙ー、 l| l l i  ト;: :: :|:;:;:;:|:/\`》
すばらしい曲だわ。                               `トl ハ ム-ハ:: :: l:;:;:;:!|  ゙人
                                 .   r‐、  ,.  ヾ 〉゙0  l `ーノ:;:;/i'  ソ ヽ
旅の途中(「狼と香辛料」オープニングテーマ)         ヽ._ー┤`ーッ.、〈   /  /:;:;/ _〉 ソ  \ \
http://www.youtube.com/watch?v=9-VioU9wuIU        (´ (:: ::《:: :: ::`△_.ノ /、/_7  ソ     ヽ ヽ
                                       `ーヽ_>、; -、≦ 〉 ヽ ̄:: 〉 ソ        \ \
                                               7;{ニ}':: :: ::/ 人        ヽ ヽ
                                              └ノ:: :: :: //:: ::\        ヽ ヽ _
                                                ヽ:: :: ::l/ |:: :: :: ::\        > >

52 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:47:20 ID:pTi3WoYw

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\   よく眠れたところで、次の曲行ってみるお!
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

53 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:47:44 ID:pTi3WoYw




           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          山岳民族の踊り
                http://www.youtube.com/watch?v=HK6sx77qrQw
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   
                   


.

54 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:51:12 ID:pTi3WoYw
                     //    //  / , /   , /    ',     ! .
                  / /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |?U
                     / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
                 | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
                   ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
                      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
                       \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ
                      ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |
                      _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |
.             . ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |
             /  /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |
        /  /  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
.      /  /  /       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ
.     /  /  /         ハ     弋__,. -―`ー'  ̄  >‐=xフ^ ハヽ| |
.       { /   '          / ∧      ヽ          仟うYハ‐-‐'´| |
.      ヽ{   /            / / ハ        |    -‐‥弋辷ハソ'‥‐-| ト.
.       \ヽ、         / / / /\     \     /__ノ匸 \  l l |
         \\      / /='/二二7       `ト-<.___人 /{   丶 !l|
              \\    / / / /_//    ` ‐-- _|    } ソ  了 ̄ /|l^|
               丶` ‐-l |  !/  ̄/         /|   ^⌒Y´ ̄    {|
                   ̄| l  |   /         /  |      \    ヽ\

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

金管と打楽器が、グリッサンド風味の異質なリズムを刻み、弦楽器と木管楽器がそれに呼応し、歌う。
激しいリズムとエネルギーに満ち溢れた舞曲。

シンバルのクラッシュ音が、オーケストラのボリュームをどんどんあげていく!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

55 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:51:56 ID:pTi3WoYw
          ―――---、 _   ,.  ――---
            ̄゛_,.ニ巧_j/ ̄    ≧ ̄  `  、
          ー――― 7 / `ー―         _ /{マ ,...  _
             / /   /               ̄ ̄  ヾーく__   --―一
            / /   ./  、    |       l         \ト __二ニ =一
          / /    /    \   |       |     |     | ヽ \
       ./ /     /|    |   . |      |     |     |   \\
    / /       /' | | |     卜.|    |    |    ‖|    \\
   ム /         |  | | T 卜| |\ | j   |;!    ‖|       \ ヽ
    ̄ ̄゛ ー― 、   |  | |.斗女 | | | \/‐―ォイ / | |!||        ヽイ
           \ >  / ハ ヾハ:::::ヽ」、|/ /マ 7ミ| / j //||       /|
      ,.      ̄  //  \ | ゞ--' //ハ∨匂イ} |//|||       / /
   ,.  ´ ,.   ´     /      ∧     、  ヾミZ少 / /| ||    ./ /
  / ,.  ´        /ー― 、 | |\    、 _     /|/| | ||  / /
 ,!X         ∧\   ーr―‐;>        /;¬|  | | / /
  ヽ\        /|  | ー一 \\::::::/` --  ´匕/ l|  | | \ \ _
   \\       / :|  |    ┌‐┤/ _)二 ̄ //>―    ̄ ̄ ̄ ̄/、
    \\――   _|   j_ -― ヾ\  / /イ__/   ー―---   </\ \
      > ̄ ̄>tヘ   `ヽ    》- V// ̄ ̄     ̄ ̄ /  j!  ヽ  >
     /// イ 冫    人_彡|Yフ/ ヘ     \   ,  ´    / //

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

特筆すべきは、金管楽器の異様な咆哮だろう。音をじわじわあげながら、上昇していく旋律。
どこか、山登りに似た息苦しさを覚える。

http://www.nationalgeographic.co.jp/places/places_countryprofile.php?ENLARGE&COUNTRY_ID=63
コーカサス地方の険しい山脈の様子

ハチャトゥリャンの故郷、コーカサス地方は
全体的に山がちな地形で、山あいには様々な言語、文化、宗教をもった民族集団が複雑に入り組んで暮らしており、
地球上でもっとも民族的に多様な地域であると言われる。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

56 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:52:17 ID:pTi3WoYw

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   カッコイイ曲だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     どんどこどんどこ鳴ってる太鼓が
  \     ` ー'´     /      震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!だお
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     熱い曲だが、演奏者にとっては気が抜けないな。
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ    あちこちの楽器が独自の進行をしているから
.  |         }        ちょっとしたミスが崩壊に繋がるだろjk
.  ヽ        }         
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

57 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:52:33 ID:pTi3WoYw
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   それにしても、どの曲も聴きやすいお。
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\   民謡っぽい感じがいいお。
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ    
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、    ・・・そうね。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  ショスタコービッチやプロコフィエフに比べると
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\         ハチャトゥリャンの音楽は親しみやすい方だと思うわ。
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\   
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \

58 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:52:47 ID:pTi3WoYw
        ____r----..、
      人_: : :「`ヽ:: : :.\ _,rヘ.__
    {: : : : : : ,.--―=ァ- ミマ:/ : :._}
     廴  /      `⌒)‐ \ヽ:└廴,__    ハチャトウリャンはもともと音楽家志望じゃなかったの。
    「 ̄7           〈__ ヽヽ: :.}//ノ
    廴.リ ィ /          ̄}__} }:.〈ミくく    音楽の勉強を始めたのは18歳のころ。
      Ⅵ { `トA.、  __/_/|イ 厂| |: :∧辷}
       Ⅵ 从|リr弌、 /| ,A4、/__/ /:.r' | | |    それまではクラシックなんか、全く聴かなかったそうよ。
         Ⅵ | .{てY∨ レイてr小 ヒ?サイ  |_|_|
         | ト 辷ノ    辷.ソ|. Y¨´.|:  |        素朴なメロディーの秘密はそんなところにあるのかしら?
         | ト、xx  _   xx イ | ̄ |:  |         
        ノ | ,>-rァャ‐ <{_| |   |:  |
      /イf:.\/⌒ヽ _/V| |   |:  |
      辷ラr=/_リ fハ. ∧.:.:.!:廴.≧ァ  |
     / ////、_Or「 ̄| |/辷==ミイ  {
    / / 辷ミ人 し'ーゝ-| |:.:.:|` ̄夊〉、 \
  く_∠ニ辷_ノ〉 ,>ァ-<:し':.:.:.ト=≦彳 廴_`ー――- 、
   r―‐=彡//〉癶/ |: : : : : :\:.: ̄〉       ̄ ̄ ̄〉 〉
   ヒニニイ (__/  | |: : : : : : : :\:.|   ,.-――=彡/
    <=彡' ,X    し': : : : : : : : : : ¬  ヒニ二≧=イ
     >/ / 〉、___人: : : : : : : : : .: : :ノ     辷三彡'
        {_/  | || └-ァ┬'¬-―'’       //
          し' 廴__,|7|   |         く く
             Fニ7 辷コラ
                ¨´  てソ

59 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:53:10 ID:pTi3WoYw



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           レズギンカ
             http://www.youtube.com/watch?v=kC0F1D1FVI8
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       
             
.

60 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:53:44 ID:pTi3WoYw
          `   、                _____
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           l:::し::j j|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''           `ー ' '' レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

コーカサス山脈の北東部に住むレズギ族特有の民族舞踊。
小太鼓の熱いリズムに導かれた木管群の旋律が響き渡ると、トランペットとホルンによる
対旋律が割り込んでくる。

イ長調とホ短調が不思議に交じり合う、魔法の踊り。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

61 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:54:05 ID:pTi3WoYw

   ノム_  /  /  /   ,/ / /
 /´⌒ヽヾ   /  /  / / ,   ' //ハ 
〃, イ, (._レ′ '  /   ' / /_ _ / /' /j!|!|
|!/ // , /   / / ,'  ' / ' /⌒ヽ! ////ハ!/
|! //__j/_   /  ' /  / / :| |   .' // l l! | /
イ  , __´二 T/_,/__ / /  j |!,.' /,. '/ ,' / |!'
  , ´ ,∠_,. ヽrーr-`===='-/' ///l! / ' /|!
. ,.イ /__  ヽ,. lヾ/ / !! '/ ', '//i,' リ/ // ,'j
_j レf7フ }レ/ / Y  l,// ,'///i, '  `/,、//
ハ ゞー'=_'≦,.イ ,/|!  j,/ //// '   // '/\
..ゞゝ二 _  _∠イャ,|!|!// ////   / j__.i! // ,ヽ
  ゝ___`ノヽ ヾヾ|!/ //'// _,, イ/_.ヾj//、/ ,
     _ _  j ノ          ' ,  -/メヾj//
    r ⌒  ̄             l l {  } | |!'
          r              ゝ ゞ ‐ '.ノ  |!
            ´          ゝ`  ̄  ,イ
     ト`. 、
    ゝヽ.\                  /
      ヽ_'ゝゝ               ,. イ  /
                     /// /
                   ィ.7/// /
 ゝ_             __ ,..イj ´/., // /
 ::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ フ ̄   `ヽ / // , / /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
本来はイスラム教圏の音楽なので、レズギンカはのんびりした曲調が多いらしい。

しかし、ハチャトゥリアンはテンポを速めに設定。にぎやかな曲となった。
…ところどころ、ハチャトゥリアンの狂気が小太鼓から伝わってくるような気もする。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

62 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:54:23 ID:pTi3WoYw
      ____
     /_ノ ' ヽ_\     レズ銀貨?
   /(≡)   (≡)\   
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |  
  \     ` ー'´    /  



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \      ・・・どんな銀貨だ。
    (⊃   ( ●)(●)       この曲も、吹奏楽なんかではよく演奏されるな。
     |     (__人__)     
     |     ` ⌒´ノ       
       |         } \    
     /ヽ       }  \   
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

63 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:54:49 ID:pTi3WoYw

    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   レズギンカは
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  | コンサートのアンコールとして
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |      演奏されることが多いわね。
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |   
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |   私は
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |   去年、アルメニアフィルハーモニー管弦楽団
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |    の来日公演を聴きに行ったのだけれど
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |   アンコールはこの「レズギンカ」だったわ。
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |
      __ノ/イ:::::::::::::::/: /: ∧: : : : : {::::::::::::::::://:::\::::::::::::::::::::::\{ー― 、

64 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:56:01 ID:pTi3WoYw
 ハチャトゥリャンの生まれ故郷の
オーケストラを聴けたなんて、うらやましすぎるだろjk
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\    どんな感じだったのかお?  
. |     (__人__) .(●) ( ●)\     
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\  
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |    
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─


 

     /        /:   / /  ;:  l  ヽ  \
    /       : ./:   :/ /  /::  l、  ',   ',
.   /  .:/     : /::  .;イ イ: / !::: l ',   |    l
   /  .:/     .: ,::::  /l l:/_|:l , |:::: l l:  l:    l
.  /′ .:/    .::: l:::   ! l |  l`ヽ.l::::: / |::: ,:::  l |   爆発しすぎて、もう笑うしかなかったわ。
 〃 .:/    .::://l:::  l l 、=ァュ、|` !`/  /::://l::l :. l. |
.// :/    .::::::// l:::  l|: l  、トう/` j/  イ/く/ l:::l ::/! !   東欧のオーケストラは
:/ .:/   .:::::::://ヽ!::  l l: l   `^     ,、ヽ >!::.l:/ .l/    色んな意味ではっちゃけてるから
 /   .::::::::::/ /::| l::: .l: l: l         、lン'//// /      とっても楽しいのよね。
/ ..:::::::::/./::::l !::: l. l: l        '′,'::T′  
::::::::::/.:/.:::::::/!l:::: l  .l: l.     `.丶  /l:: l
- ' ´:/ .::::::/// !:::: !   !:l      / l.l::.!
::::/ .::::::∠〃:::l:::: ト.、 /!:l_   ,.ィ:´!: l !:l
//二ニ =彳:\!:::: .l::::::::\l:l  ̄::: /イ: ! l::l
/:::::::::::/::::::::ヽヽ:::!::: .l:、:::::::::|:l:!::::..//:l:: .!  l:: !
::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ::l:::: l:::ヽ7fュTl ´//!: l  l:: l

65 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:56:21 ID:pTi3WoYw
      ____
    /_ノ   ヽ_\     それは、さておき
   /( ●) ( ●)\    今回聞いた曲を、ちょっと整理して欲しいお
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /



                              )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                              (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                              >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
   そうね                        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
 ここで、3つの組曲を                  しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
 もう一度おさらいしてみましょうか。           l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
                                 ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
                                    ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                    ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                                    |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                    l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                   ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                  /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
                                  ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |

66 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:56:44 ID:pTi3WoYw

┌─────────────┐  ┌──────────────┐ ┌─────────────┐
│ 「ガイーヌ」第1組曲      .....│  │ 「ガイーヌ」第2組曲        ...│ │「ガイーヌ」第3組曲       .│
│                    │  │                   .....│ │                    │
│序奏(第4幕への序奏)    ......│  │歓迎の踊り              │ │綿花の採集             .│
│                    │  │                   .....│ │                    │
│バラの娘たちの踊り★     ...│  │抒情的なデュエット          │ │クルドの若者たちの踊り    ...│
│                    │  │                   .....│ │                    │
│アイシャの目覚めと踊り    ....│  │ロシア人の踊り          ......│ │序奏と長老の踊り        ..│
│                    │  │                   .....│ │                    │
│山岳民族の踊り ★        .│  │ヌーネのヴァリエーション       │ │じゅうたんの刺繍         │
│                    │  │                   .....│ │                    │
│子守歌 ★           ......│  │老人とじゅうたん織りの場面     │ │剣の舞★            ......│
│                    │  │                   .....│ │                    │
│ガイーヌとギコ           .│  │アルメンのヴァリエーション     .│ │ゴパック ★            │
│                    │  │                   .....│ │                    │
│ガイーヌのアダージョ       .│  │火災(火焔)            ......│ └─────────────┘
│                    │  └──────────────┘
│レズギンカ ★          ..│
│                    │
└─────────────┘

                                  rーイ ̄¨ト、-┐
                                ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
   今回、紹介した曲は                _i -、_>- --- <:::::┴i
   ★がついている曲です。            〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
                              _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉
   組曲「ガイーヌ」のCDなら            ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、
   ほぼ収録されていると思います。 .       九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ
                                /|_ト、  、--,  / / .\ ヽ
                                /(_/.:.:.>、`___イ-_}   l  |
                               .|  \:} 「て) .く二}  |  |
                               .| |  レ"= 介、__l:::::\ .// /
                                | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
                        .        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>
                        .         ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
                                    i、_ソ  i、_ソ

67 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:57:03 ID:pTi3WoYw

                    /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.(
          ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::.:.:.)
          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(   というわけで、やる夫、私が持っているCDはこれ。
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ   http://www.hmv.co.jp/product/detail/2783943
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/     
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |      マニアックな輸入CDもあるけど
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .!                
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/          コノCDは入手しやすくて
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ ___       それでいて聴きやすいのだわ。
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
          ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \     \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .!  Pocky |
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
       | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
       | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|
       | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|

68 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:57:27 ID:pTi3WoYw
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    分かったお!探してみるお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\    勿論、このCD以外にもすばらしい演奏のCDはたくさんある。
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|    あれこれ聴いて、お気に入りを見つけるのも
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }     楽しみの一つだろ。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).  
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ             



  ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |   さて……今日はこれぐらいで……。
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |     また何かあったらいらっしゃい。
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |

69 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 10:57:42 ID:pTi3WoYw

┏━━━━━━━━━━━┓
┃       :/ ̄ ̄\、   ┃
┃. . ..   / ⌒  ⌒ \:... ┃
┃ :: ...... | ( ●)(●) | . ┃
┃:  ./ノ|  (__人__)  |...... ┃             
┃::../^/ |  ` ⌒´   l .. ┃             
┃(  'ヽ |         } :: ...┃
┃   └ ヽ        } ..... ┃
┗━━━━━━━━━━━┛
                              
                                     ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
                                   ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
                                   ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
                  ,ヘ               〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
      ____      / /                ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ  
     /\  /\   / /                〔.:.:./          \.:.:.:.::〕 
   /( ⌒)  (⌒)\/  /                〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /                /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
  |     |r┬-|       |                 ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ
  \     ` ー'´     /                〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',
  /          \                 ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i
 /             \                  \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i
/  /\           ヽ                  \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
 /   \          ノ                   l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ
U      ヽ        ノ                    l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ

                                                   つづく

70 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/19(土) 11:01:04 ID:pTi3WoYw
以上で投下終了です。

近日中にまた投下したいと思います。よかったらみてくださいね。

71どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 11:01:09 ID:ZA1SYtYA

いいね

72どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 11:40:12 ID:zJCS7476

剣の舞いいな
戦闘シーンに流れたら燃える

73どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 12:08:47 ID:nQ3cKfV2

動画で指揮者が目立ってるね
やっぱクラシックでは指揮者が大事なのか

74どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 12:13:53 ID:64WdBt3E

18歳からでも出来るもんなのか

75どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 12:34:43 ID:BIM3EHBk

芸術の秋に相応しいスレですな

76どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 13:05:53 ID:xQxZUB5A
乙でした

77どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 16:27:25 ID:BEax/Rt2

クラシックの幅が広がるよ。

78どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 18:55:01 ID:RFHkoJfY

クラシックはピアノ曲ばっかり聴いてたから
こういうのは新鮮だった

79どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 23:09:46 ID:lcqhvtso

いつもいつもわかりやすい解説をありがとう
曲はもちろん指揮者のチョイスがいいな
自分のようなクラシックの表面くらいしか知らない人間でも
「おお!」と思える人ばっかりだ

80どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 23:30:00 ID:QdwCJHm2


コオロギぃ、まとめ早過ぎるぜ・・・

81どこかの名無しさん:2009/09/19(土) 23:35:12 ID:4JMoFFwo
曲をただ演奏するなら、コンマスがいればいい。
だが指揮者はやっぱり要る、要るのである。

82どこかの名無しさん:2009/09/20(日) 00:11:59 ID:UBc5Ahl6
>>1
自分ブラヲタで最初にはまったのが「ガイーヌ」だった。
ちなみにガイーヌ曲目の一覧に収穫祭が入っていない気がするんだけど・・・

次はレスピーギのローマ三部作たのむ。

83どこかの名無しさん:2009/09/20(日) 03:21:10 ID:bIaSxHys

真紅はクラシックが似合うね

84どこかの名無しさん:2009/09/20(日) 03:22:46 ID:UqxhJ.so

アニメだと、トムとジェリー、FLCLのBGMで
躍動感たっぷりなクラッシック使用してたのを思い出します

85どこかの名無しさん:2009/09/20(日) 04:30:48 ID:TjmqbfWk
乙です。

当方メタル狂ですが、メタルの曲構成のベースはクラシックということもあり、
とても関心のあるジャンルです。

86どこかの名無しさん:2009/09/20(日) 23:48:08 ID:xmKKYXTI
乙。
明日はちょっとガイーヌのCD探してくる。

87どこかの名無しさん:2009/09/21(月) 02:11:12 ID:WzrNXAnY
>・・・そうね。
>ショスタコービッチやプロコフィエフに比べると
>ハチャトゥリャンの音楽は親しみやすい方だと思うわ。

ショスタコさんはともかく、プロコさんはちょっとわけわらないからなあ。

88どこかの名無しさん:2009/09/23(水) 12:51:30 ID:cYcl37Ik
>>1乙です
いつもリストとかパガニーニとかしか聞かないせいか、新鮮でした。
続編も期待してます。

89どこかの名無しさん:2009/09/23(水) 16:41:09 ID:/5inO3bY
いきなりガイーヌかいw
うp主はロシアものが好きなの?

90 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/23(水) 23:19:53 ID:njm.VixY
>>89
そうですね、ロシアものは好物かもしれません。あと北欧系も好きですね。

今回ガイーヌを取り上げたのは
真紅に「薔薇の乙女の踊り」を説明させたかったという、よく分からないこだわりがありましたw。



第2回は只今製作中です。完成したら告知しますので、よかったら見て下さいね。

91どこかの名無しさん:2009/09/24(木) 00:29:13 ID:uFMajveQ
次はペール・ギュントかな?

92どこかの名無しさん:2009/09/24(木) 22:18:24 ID:EfwtkjW2
>真紅に「薔薇の乙女の踊り」を説明させたかったという、よく分からないこだわりがありました

なんか、言われてみればとてつもなく納得した。

個人的にはシベリウスとか取り上げて欲しいけどスレ的にはマイナーかなぁ?

93 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 13:23:47 ID:RAoowCGU
>>92
シベリウス、好きですよ。カレリア組曲。
交響曲では、2番と5番が好きです。


第2回を今日の夜10時から投下したいと思います。テーマは「展覧会の絵」です。
よかったらみてくださいね。

94どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 13:32:27 ID:MCsjEJIw
楽しみだぜ!近頃真っ当な学ぶ系を見てなかった気もするぐらいだ。

95どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 20:00:47 ID:ZTtA3uiw
ELPですね。(違

96どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 20:34:12 ID:ikDcIwFE
>>95
いきなりブルース・セッションが始まる、と。

97 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:03:23 ID:RAoowCGU
こんばんは!  投下します

98 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:03:43 ID:RAoowCGU

         。 ゚゜ ゜゚  。  /          } \  \
       。゚ rx   , ┐  。{          し┐     \
        。  ,.|{ nY ,ニ}   。、       .二ニ{        ヽ
        。 { Ⅵ/r仁{     (_    ´     └;       . }       
    _」_ 。‘⌒k辷)=く    。゜ }/       ,)      ∨\, -┐   
  `Y⌒)}'^Y´ノ}ハlミメ、ノ  。 /,  〃  〃  /        |   | -┴-、  
  、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉  ゜。.{ {  l{  ″  八_n、    |   |   〈, 
  >'⌒ヽ=ミ、|{   ゜ ゚ ゜。  。゜ 丶.从__」{ ニメ、!(  \     厂    
..7, r=ミ、   \く,.     ゜゚    / ,リ  拜ミ, | ト、    /  /`   rく
]{ └' ,}j  、___){ィ       。゚゜,ノ/Y{   └' '^} 厂  _」.ム/    _,ノ|ー.
..^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx゚  { { __丶   ゛゙ //{,`Yr勹,}}、_」. イ   ト 真紅先生とクラシックを聴いてみよう!Op.2
       r宀ァ'^く    r_}l ゜゚ Y´ 人    /7/ `7t辷彡' ,ノ| | |
   ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ ,人 {ft `フ7,ノイ ,  {辷ァ‐-rく. | |  |  
 . {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ   Y⌒辷少'^{(,_| {  マフフ´| | | |   |  
   `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!   人 `7´ャ==ミx〉 川`゚{  |__」 | |   |   
   `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'^⌒′ }Y^ー辷≦三≧ァ'  \|   厂|  |  
    ,ノrtnrヘ ハ Ⅵ,r'{  ,>   ⌒ヽ___辷彡'´       \_//,リ  ,ノ  
    { 〉 ┘ jノ ,}__}[, `ニ{      }二.´            //∨.  {   
    〉'⌒'ーく_r仁フ/{ _,人        `ヽ)      .  //     ',  
    `¨フ,冖i{`フrく ヽ`ニT\      \__     `7/  」 
      {( _」L{ノY´\,  〉‐ `フT'   ‐-r<└-、   7/   _」

99 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:04:08 ID:RAoowCGU
 



二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.  //     | |          /| |    //    | |          /| |
.//       | |  /.       //| |  //      | |  /.       //| |
        | | //      /  .| |  /        | | //.          | |
        | |/          | |          /| |/          | |
        | |            | |        //| |            | |
        | |        _  | | _         | |            | |__
三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
 \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
\. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
 ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
  | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
   ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
 ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

100 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:04:54 ID:RAoowCGU
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |   こじんまりとした街角のカフェで
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   クラシックを聴きながらティータイムを楽しむ… 
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |   至福のひと時・・・。
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ




  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |      って、お店の中のBGM、よく聴いたら
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ      ドテラマンのOPテーマじゃないの!
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈         http://www.youtube.com/watch?v=pnqmu4_Mb_o
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/         確かに名曲だけど!
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/

101どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 22:05:28 ID:9QRkEdUE
投下ktkr!

102 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:06:18 ID:RAoowCGU
             i⌒V´ヽ                    _
             l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、         /∨ヘ
                  l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ    |\/    \/|
     ( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉    |   、_」    └z
       ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_   _」  (乂`)    〈
.     〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`ヽ \          >
      \  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl 〉 <   L )   く
        ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ′ >         >
.          \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆|  <    {__ l l  <
           ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|    〉   (_      >
           ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l        7       ∠_
            ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、     /    |│    /
               \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ    ̄7   ‥    」
               〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉     ∨\/\∧/
                 //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {
             〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ     \





            __,.--、__
            _ィメ-‐┴'-<ヘ、
         ト/::::ハ:::トl::、::ヘ_L_    真紅先生、いつも御贔屓にしていただいてありがとう。
     ,. -‐'´〈l::レ什ヘハ,ニk、l ト::ヽ
    /::::::::::::::;lハl´(う  └',, l」」∨   いやーいつもさ、適当にアニソン流してるんだけど・・・
     l::::::::::;く ト∧''  '__,、 !::リ
     `、::::::::::`'-ヘl>、ニ´ィノレ′
     \ ::::::::::;ムハ┴ゥ┴v;ー,、_
        ヽ::::::::{、」 {::〈」_〉::{ヘ‐〈:::ヽ
          \:ヽ,} ト、l」」::::ハ ヽ_〉:::|

103 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:06:46 ID:RAoowCGU
                               )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                               (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                               >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
                                 しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
                                  l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
それにしては、選曲がマニアックすぎるわよ。       ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
                                     ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                     ,' ハ 丶    u リ ,| |//´  | |
                                     |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                     l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                    ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                   /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
                                   ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |

104 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:07:16 ID:RAoowCGU
                               ___, -- 、
                        _r‐イ,_∠⊥__</⌒ヽ
                        く_ソ´::. . . . ..:::::`ヽ_ ,厶
                       〈フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ,ハ
                   _   /::::::/:::::/'|::;l::::ハ、:::::::::::K_,ハ
                    _  /::::::/ナメ、_K_レl__l∧:::::/小i::::ト、、   さすがにばあちゃんに怒られてね。
                    ニ ,rh::イ ;≠ミ    ,:==、`V / ! |::::lヾiハ
                    _ l^l |::l { ヒリ     ヒ} } lんム'l::::| l:リ   なんか、いい曲ない?
                    _∧ヽl::|,,,   ,     `,,, / / l_j::::j ″
                    ni::ハ ヽ!    `   _   / /ー':::::;ハ    あたしは、クラシックとかよく知らなくて…
                    | l::l |  |ヽ、 ヽ ̄ 〉  `7:::::/l::/ハj
                   j´V/  l::/:;ヽ、`ー′ ィ/:::;ん'イ_
                   { 〈.   |ハ∧/l`Tニ´__ル'イ⊥∠,  〉
                   ヽ   广Ⅵ_斤{_//.::: : : : : `Yヽ
           ′' ' __/´: :_L.. ⊥ノ// 厂/.::: : : : : : : : :}、 }
            _. -─¬〈: :ヽ 「 o     |〈 ノ j /.::: : : : :.:.:::.:::.:::::j勹
        ∠´. : .:.:.:.:::::::::::ヽゝ'|    __,」/>イレ'.:: : :.:.:.:.:::.::::::::::::;ハ/
        {.: : : .:.:::.::::::::::::::::::::::/ー7:´:::::::::/:「  ,レ'.:‐- 、:ヽ.:.:.::::::::::/フ
      ヽ: : : :::.:::ヽ、::::::::::::/ ,ハ::::::.:::.:::.:.ヽ/: : : : : : :.:.:.::::::::::::/´
       ヽ:::::.:.:::.::::::Y´ ̄l  l |:::::::.::.::.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:,:,:::;;;:ノ
        /´  ̄ `丶{   |  | |::::::::.:::.::.:.:レ':: :::::::::/:::::::.:./
      '         \ l  |ヽl:::::::::.:::.::.:.:.:.:.:.::/:::::::::::.:./



               __
             ,r‐':::::::::::::\
          「:::; -―- ::::ヾ、
          У´ //  、 ` ヾ、\
         ハ/,. i,イ .! |  ヾ!|:::}    そうねえ…
        ∧| !'㍉|レ!,ト」 |i ,' }@{
        //!i l`ヒj   ヒンレ∠:{ハ   モーツァルトやハイドンなんかが定番なんでしょうけど・・・
        /_,-、!lゝ、 っ  ゙"〃ノ | !|
     //`T´〉´{薔} =7イ   | !|
   /, ´  {ミ!::::ト、, l!ヽ. {彡}ヽ_ | !|
 ,/ /,    ヽ;:ノ |ノ| `| {ミ} :: ヽ| !|
 l i レ,     'ーイ l ^ヽ.! ,テ ::/.| !|
  `f≦     / :: :: 7~~/~~ ヽ. | !|
   テ    / :: /ヾ/ ::: ::: :::ハ≧〈
    _,,.-‐':: :: ゝ_,r′::: ::: ::: :::: ! テ
   ヽ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ′
    ゙ト :: :: :: :: :: ヽ :: :: :: :: :: : /
     ゙{_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
      `ヘ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >
        |~~/` ̄`ヽ~',ヾ^´
        }ニ}     )≡i
         i" ハ   〃 ̄ヽ

105 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:07:55 ID:RAoowCGU
          __,ィくZ_
         /   仄Y^⌒ヽ
       /     〈{Ⅳ    ヽ      __      私のキャラに合う音楽がいいな。
.      /     rくハ  ,ィハノ }     r刋    
     /     丿爪 厂ィ≦从!     h^|     飽きっぽいわたしに合うクラシック。
      ,′   (_/Jノi!,fく_{7(       ノノfミ、._  
     ハ,      「厂 |     冫   {ノ rf≧}  
      ∧N,   ¨ム  | r、_ ノ    /   ` ̄i   
       Ⅵハ∧ハ L._ ̄/    n!⌒ヽ   |
      , ヘノ≧=- {ヾ  ̄     ノ厶.. -廴」
.     く. r少¬=くY乃rヘ.       {     ⊂二l′
.    ノY´     `ヽ儿厶r‐、  ノ   ⊂二]
.    勺」        \}. 〉  7⌒ヽr-¬ー'’|




       r'´      ,イ´f´    /          `ヽ          ノ
  ,rー--{       / / |     /            |    ヽ        ノ
  / / ̄!      / 〈  ノ/  /            ‖   ヽ      (_!
  | レ´ ̄_>   / ! 'Y /    !  /           ‖  |  ' ,      `!
  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ‖   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |  歩鳥ちゃんのキャラ…
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .‖  .j   / } |  |   |        |
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ  
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィテ'i'テ〒ミ`ノノ/ /レ'`ナメイァ // / /    <(´
   /     `ー<@〉},'  ハ辷'_..八` " ノ.r' ,rテ!ムz'//イ /レ      ノ
  /         `マ  ,' ´"'''"゛      {、_.'ノ 'zィ'   レ'_  _,...-‐´
/            ,' | |',         j,  `'''''゛//     ) `´
            ,'  !! ヽ、      "      /├‐-‐ '´
                ,' ‖`ヽゝ^ヽ    ~'   _.. イ |
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /  {
  /          `┤ ‖       ヽ r-―-、_!  |

106 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:08:15 ID:RAoowCGU
           _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
       r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
        「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
       | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}
       ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ   「展覧会の絵」なんかどうかしら?
       ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、
        ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|   バリエーション豊かで
        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|  飽きっぽいあなたでも、全部聴けると思うわよ!
      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」
      l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |
         l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|
         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
         | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|
 
 
 
 
 
 
 

┰宀y-<ソ-┴‐<,>、
レ'Tン',´, , ,、、. : : Yヘ
:厂///;イイl |、トl、 : : :Vト、
:∨/,イ,エメヽl-H、!: : :/ハい、  展覧会の絵?
.::{7/l{fJ  frぃヽ:〈_j|_|l:|
::/|:l:{, , 、  `´ij |/|_リ」|リ
/O!:lヘ、 、__ ' ' //l.:.;ハj:
ュ-ヘl::トl\ ` ,.イイ::ル':: : / ̄`ヽr‐-、
\ソ`y-;、`スィZ┴<スz=ト、   l ̄/^
  〉Y´ Y7^マ´ .:.:.::\スl 、  ヽ厂
  L」   ノ^7 .:  .:.::.::::ヽ)、ヽ  /\
-ヘ|  r'^V. .: .: .: ::.:::.:::;:^ヽ ヽ \  \    }
__」/\{、:. .:::..::.:.::.::/.:.::.::.\ ヽ \  \ー7
ヽ.::〈丶/ヘハ:.i_::.:.、_ノ.::.::.::.::.::.::\ ヽ ヽ//
:.ヘ.::∨.:.::.::.V´  ::`F==x=====≧、_/
::.:::ヽ::ヽ::.::.::.:ヽ:.:..:::ハ、 .::ヽ>::.::.::.::.::.:::/ハミ

107 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:08:37 ID:RAoowCGU
            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

モデスト・ムソルグスキー(1839年-1881年)。国民楽派の作曲家。
ロシアの歴史、生活を題材とした作品を書いた。
管弦楽曲『禿山の一夜』、ピアノ組曲『展覧会の絵』が有名。

上流階級の生まれだが、後に家は没落。晩年はアルコール依存症などに苦しみ、不遇な最期を遂げた。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

108 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:09:06 ID:RAoowCGU




               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
  /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ムソルグスキーは、ヴィクトル・ガルトマンというデザイナーと親交していた。
しかし1873年8月4日、ガルトマンは動脈瘤が原因で急死してしまう。39歳という若さであった。

ムソルグスキーはこの親友の死を大変悲しみ、ショックで数日間寝込んだという。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

109 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:09:24 ID:RAoowCGU




         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ガルトマンの死後、ガルトマンの友人達の手によって遺作展が催された。
その遺作展に展示されている、数々の作品から、ムソルグスキーは猛烈なインスピレーションを受け

一つのピアノ組曲を書き上げる。(遅筆の彼にしては珍しく、一ヶ月足らずで完成させている)

それが「展覧会の絵」である。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

110 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:09:55 ID:RAoowCGU




      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

しかし、このピアノ組曲は、ムソルグスキー存命中は脚光を浴びずにいた。

この曲が注目を浴びるのは、1922年。フランスの作曲家、モーリス・ラヴェルが
「展覧会の絵」をオーケストラ用に編曲をしてから。
水墨画のような色合いの「展覧会の絵」は、虹色の輝きを得て、瞬く間に世界中に広がったのである。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

111 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:10:17 ID:RAoowCGU




        ,/ ン==-
  i   _-=ニ=-ヽヽ{
  ,i、_´,..-‐,ニ-''-‐ .{l
=シ \__ ̄/ / /i ヘ
/ ン/,r'´/  // シ入\、
ニ_/ ,r7  .l ,'/  {|iヽ、_
ン /ンl  ! {,'   ',ヽ `ー
' ///シ{l  ', ',   ヽ\
. / ,' ソ ゝ、 ヽ\   \
. !i i ! {i心、   ゞ、.._ _ニ
iハ、il | ',{ {',ヽー-、-‐、'´_
i{ iヽ{ ヽ ヽ', \ヽ=ニー--_=
,.-、心、\ ヾ、-= _`ー,r:〒=ミ、\
  }ハ!f:::tミ、、辷ニーf!{::ノ  ヾヽ  ',       、
、_ェジ从゙" ヾー' ̄ 、、.__,〃 ソ ノr-!、_ 、    ヽ
三ソ`ー_,ゞ=彡     `  ̄   ン"i    ``ー 、._
/"゙ヾ、ニン:::::::!           _   .|  ヽ、.__    `
゙{   ヽ、入 ヽ _ -      /}  ,|   i::|l:j!`
. lヽ、  ゙ンヽ、  ._,.. -'"ノ  /::i  /:||ソ}、
.〈:::::i   l_:::::`ヽ、   `~´  /ニ:_{'__ノ_::l:|/|
-,|r-{   ';:`ヽ  \   /_    /  ゙l:l‐!
_ノ ;:|    k'"\   `r--/::::::`::':=テ=、l| l   ,r
,  〃    ヾヽ 't、 l::::/:::::::::::::::::::// /:lヾ  /
ヽ i       ',ヾ、|. }{l:/:::::::::::::::::::/f' / l:| 'ン´
   ゙      i:::l} / i!l\ー-,....__/{:| {  l:| /
         リ:::: | ハヽ、 `/::/::::::|:|\\|/
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ラヴェルはボストン交響楽団の指揮者、クーセヴィツキーの依頼で編曲にとりかかった。

当時、フランスの音楽界では、ロシア音楽を評価する動きがあったこともあり
ラヴェルはこの仕事を快諾したようである。

「オーケストラの魔術師」と異名をもつ彼の手腕がいかんなく発揮された曲となっている。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

112 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:10:35 ID:RAoowCGU
            __,.--、__
            _ィメ-‐┴'-<ヘ、
         ト/::::ハ:::トl::、::ヘ_L_    へえ。そうなんだ。
     ,. -‐'´〈l::レ什ヘハ,ニk、l ト::ヽ
    /::::::::::::::;lハl´(う  └',, l」」∨   名前は聞いたことあるけど、もとがピアノ曲だったとは知らなかった。
     l::::::::::;く ト∧''  '__,、 !::リ
     `、::::::::::`'-ヘl>、ニ´ィノレ′
     \ ::::::::::;ムハ┴ゥ┴v;ー,、_
        ヽ::::::::{、」 {::〈」_〉::{ヘ‐〈:::ヽ
          \:ヽ,} ト、l」」::::ハ ヽ_〉:::|




               /.| ̄l/ヽ
              へ .ノ  ´ ∠、       ヘ
             / ┐_ - ‐ - 、  )_    /ノソ
            |  ヾ /|、 )、 ヽ /  ┌ノ゙、ノ    そうなの。ラヴェルの編曲版が
          〈 ̄`イ/ \l i 〉/ヽ )´  /‐く/ノ〈     現在はもっとも演奏されているわね。
           `l´丿 弋ノ )イノ、イ/ _ 、/   ヽ´      
             i´| ∧  _ ' ノl/  \ _::ノ     ラヴェル版をもとに、それでは聞いていってみましょうか。
            ノ .|√゙丶- ´`〉l  ノ ./ ´
           〟‐l〈 ノ _-、 _ )iヽ、 ノ
           / ノ i 〉‐'´/'l゛ _ヽl、 ゝ
         ノ  / l_ヽ‐'´ `´ノ丿\
        <   `_‐、`ヽ  /ノノ _/
       _く `‐_ ‐ '`ヽ ヾゝ‐ / ノ 〈
     _ノヽ´ヽ_/ ノ /  ゝ -   〈 )、
   ノ/ ノ´`'ノ / / /     ::::ヽ ゙
  /ノ'‐´´ / / /        ::::::} l
  "´  / /            ::::::::l ヽ
   / /   /          ::::::ヽ i
  / l  /            ::::::│/
 /〈〈 ヽ/              :::::: ヽ'
、l l l/          :      ::::::::l
 | | l          /: l     :::::::l
  l l l、        /::: l     ::::::l
ヽ ヽヽヽ      /::: /     ::/
  - //ノlヽ_ /::::: /_     /
  / ヽノ/     ̄ ̄   | ̄ l ̄_
  l  /          |ヽ-´  `l
    ̄           `───´

113 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:12:08 ID:RAoowCGU



┌───────────────────────────┐
│1 プロムナード                             ....│
│                                       .│
│2 グノームス                              ...│
│                                       .│
│3 プロムナード                             ....│
│                                       .│
│4  古城                                   │
│                                       .│
│5 プロムナード                             ....│
│                                       .│
│6  テュイルリーの庭 ―遊びの後の子供たちの口げんか―  ....│        
│                                       .│
│7  ビドロ                                 ...│
│                                       .│
│8 プロムナード                             ....│
│                                       .│
│9 卵の殻をつけた雛の踊り                        .│
│                                       .│
│10 サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ            ...│
│                                       .│
│11 リモージュの市場                          ...│
│                                       .│
│12 カタコンベ(ローマ時代の墓)                   ....│
│                                       .│
│13  死者とともに死者の言葉で                     .│
│                                       .│
│14  バーバ・ヤーガの小屋                      ...│
│                                       .│
│15 キエフの大門                              .│
└───────────────────────────┘

           rーイ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
.       _i -、_>- --- <:::::┴i      展覧会の絵の曲リストです。
        〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
.       _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉  ピアノ版にはプロムナードがもう1曲あります(10と11の間) 
        ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、
      九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ   ラヴェルはこれを冗長と感じ、削除したようです。。
.       /| ト、  、--,  / / .\ ヽ
.        / /_ヽ >、`___イ-_}   l  |     では、聞いてみましょうか。
.        | (|.:.:.:} 「て) .く二}  .|  |
.         | | ̄レ"= 介、__l:::::\ .// /
        | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.       <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>>
       ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
           i、_ソ   `、ソ

114 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:12:35 ID:RAoowCGU


                             ★プロムナード★   
                    http://www.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI
                                       (2:05ごろまで)

.

115 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:13:30 ID:RAoowCGU




                 __
           _,,. -< _,.二 `丶、
        ,. '´,. ‐ ニ二>ト、   `ヽ`ヽ、
      /__∠ -‐ァ¬' |ヽ`丶、  \ \
     /´/// / / { { \`ヽ、`ヽ、 ヽ ヽ __,
    /  ,  !.!  / | ヽ\  \ \   ヽ ヽ
    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

プロムナードはフランス語。訳すると「散歩、散策」と言った意味になる。

5/4拍子という特殊なリズムに、ロシア情緒溢れる旋律。ラヴェルは展覧会の幕開けに
トランペットソロを選択し、祝典的なムードを演出した。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

116 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:14:02 ID:RAoowCGU
                              ___, -- 、
                        _r‐イ,_∠⊥__</⌒ヽ
                        く_ソ´::. . . . ..:::::`ヽ_ ,厶
                       〈フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ,ハ
                       /::::::/:::::/'|::;l::::ハ、:::::::::::K_,ハ
                       /::::::/ナメ、_K_レl__l∧:::::/小i::::ト、、   これはきいたこと、あるなぁ。
                     ,rh::イ ;≠ミ    ,:==、`V / ! |::::lヾiハ
                     l^l |::l { ヒリ     ヒ} } lんム'l::::| l:リ  てゆーか、この「展覧会の絵」が
                    ∧ヽl::|,,,   ,     `,,, / / l_j::::j ″ 亡き友人の絵がモチーフっていうことを知ってから
                    ni::ハ ヽ!    `   _   / /ー':::::;ハ    このプロムナードを聴くと
                    | l::l |  |ヽ、 ヽ ̄ 〉  `7:::::/l::/ハj
                   j´V/  l::/:;ヽ、`ー′ ィ/:::;ん'イ_     なんだかメロディーが物悲しく感じるね。
                   { 〈.   |ハ∧/l`Tニ´__ル'イ⊥∠,  〉
                   ヽ   广Ⅵ_斤{_//.::: : : : : `Yヽ
           ′' ' __/´: :_L.. ⊥ノ// 厂/.::: : : : : : : : :}、 }
            _. -─¬〈: :ヽ 「 o     |〈 ノ j /.::: : : : :.:.:::.:::.:::::j勹
        ∠´. : .:.:.:.:::::::::::ヽゝ'|    __,」/>イレ'.:: : :.:.:.:.:::.::::::::::::;ハ/
        {.: : : .:.:::.::::::::::::::::::::::/ー7:´:::::::::/:「  ,レ'.:‐- 、:ヽ.:.:.::::::::::/フ
      ヽ: : : :::.:::ヽ、::::::::::::/ ,ハ::::::.:::.:::.:.ヽ/: : : : : : :.:.:.::::::::::::/´




                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_ 
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ     そうなの。この曲は亡き友人へ捧げた友情の曲。
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉    
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、   単なる展覧会の描写音楽じゃないのよ。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\ 
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  そこを踏まえて聴いてもらうと、この曲が緻密に計算された
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└    音楽だというのが分かるわ。
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ     
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\   
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }

117 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:15:15 ID:RAoowCGU
                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′  ここでちょっとピアノ版を聴いてみましょうか。
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈  
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/  http://www.youtube.com/watch?v=sCbKfqf9TPg
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |   
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l   
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ  
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |    
 / ! レ??: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |

118 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:15:45 ID:RAoowCGU
          __,ィくZ_
         /   仄Y^⌒ヽ
       /     〈{Ⅳ    ヽ      __     
.      /     rくハ  ,ィハノ }     r刋    素朴ーな感じだねえ。
     /     丿爪 厂ィ≦从!     h^|    
      ,′   (_/Jノi!,fく_{7(       ノノfミ、._    デジタル処理のアニメを見た後、セルのアニメを見た気分…
     ハ,      「厂 |     冫   {ノ rf≧}  
      ∧N,   ¨ム  | r、_ ノ    /   ` ̄i  
       Ⅵハ∧ハ L._ ̄/    n!⌒ヽ   |
      , ヘノ≧=- {ヾ  ̄     ノ厶.. -廴」
.     く. r少¬=くY乃rヘ.       {     ⊂二l′
.    ノY´     `ヽ儿厶r‐、  ノ   ⊂二]
.    勺」        \}. 〉  7⌒ヽr-¬ー'’|




 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕  是非、原曲のピアノ版とラヴェル版を 
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´   聞き比べてほしいのだわ。
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!    
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __    ラヴェルのすごさが本当に分かるから。
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /       では、次の曲行ってみましょうか。
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

119 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:16:11 ID:RAoowCGU



                            ★グノームス★   
                   http://www.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI
                                      (2:06〜4:40ごろまで)



.

120 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:16:41 ID:RAoowCGU



    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| i
  \、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;M、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ,.ィ´
- 、、,_」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  N、;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;N      ヽ;;;;;;;;;/   l;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  _」;;;;;;;;;;;;;;;;;ト!       ∨∨     |;;;;;;;;;;;;;;7´
 ̄`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、    ‐ 、        `i;;;;;;;;;/
  _>;;;;;;;;;;;;;;;;Nヽv- ‐ ミ:、__   _,,ィァ¬、vj!;;;;;/
ヽ、`ヽ;;/rク7;;;ト、ミi{ {:::〉 l}>-z=i <i{ 〈:::} }/ Vニ,ヽ   ,_,ィ=-、 __,rー 、
 ';'、   { !、レハ、! ヾミ=−ジ~´   `ニ=‐'" ,}K //  //_, /,ィフ;;;;;/⌒ヽ
\};;;ヽ、>、 − i ヽ、     /゙ '^!   、、 ./ノ-'/  /;;{'´ _,/;∠ノ;;;;;∠,____
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ̄| }、  / ___ __ l ノl|'II゙_,ノ-';;;;ノ'´;;;;;;/;;;;;;;;;;_;;、-‐<´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/| ヾミーム三三三三三ミニジノ?B;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ー'´;;< ̄`
;;;;;;;;;;;;;;;r‐<|!ヽ,l  `ヾミ{从儿从儿从州' /Y^^i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;ナ' ノ  `ト、  `'ミ三三三三三ツ ハ ヽへ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;Iニコ    / ! |ヽ、, ` ̄´  ` ̄´ /!    Z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;<,    /{  | i、ヾ冖''´   `ア´ i  } IニI;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;匕     ヽ〉 l | ヽ \___/   l  ′ _,}_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;レ1     ヽ!  ` ̄\  /  l |   `丁;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;匕┐      !   、_//   /     K;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;Uvi   }  ヽ   ´   /     r 、Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ル'〉,, ′      、_,   r‐、 r vヘ_};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/〃viイフ、_,, n  n   ,_,ハ しト、};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厂´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙´;;;;;;'‐''ljY^lj^゙W;;;;;;;ヽノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    }∧;;;;;;;;;;;

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

グノームスとは、地底に住んでいるといわれる妖怪。体が土で出来ていて、地下の財宝を守っていると
言われている。ガルトマンは、この妖怪をモチーフにしたスケッチを残している。

グロテスクなサウンドと、下降する音型が、地底のおどろおどろしさをあらわしているようだ。

弓を指板の近くで引くことによって不快な音をたてる弦楽器のテクニックが(動画2:36ごろ)、
不気味さを演出している。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

121 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:17:09 ID:RAoowCGU
┰宀y-<ソ-┴‐<,>、
レ'Tン',´, , ,、、. : : Yヘ
:厂///;イイl |、トl、 : : :Vト、
:∨/,イ,エメヽl-H、!: : :/ハい、  怪獣映画みたいなクラシックね。
.::{7/l{fJ  frぃヽ:〈_j|_|l:|
::/|:l:{, , 、  `´ij |/|_リ」|リ   あるいは、ドラクエのダンジョンの音楽みたいな。
/O!:lヘ、 、__ ' ' //l.:.;ハj:
ュ-ヘl::トl\ ` ,.イイ::ル':: : / ̄`ヽr‐-、
\ソ`y-;、`スィZ┴<スz=ト、   l ̄/^
  〉Y´ Y7^マ´ .:.:.::\スl 、  ヽ厂
  L」   ノ^7 .:  .:.::.::::ヽ)、ヽ  /\
-ヘ|  r'^V. .: .: .: ::.:::.:::;:^ヽ ヽ \  \    }
__」/\{、:. .:::..::.:.::.::/.:.::.::.\ ヽ \  \ー7
ヽ.::〈丶/ヘハ:.i_::.:.、_ノ.::.::.::.::.::.::\ ヽ ヽ//
:.ヘ.::∨.:.::.::.V´  ::`F==x=====≧、_/
::.:::ヽ::ヽ::.::.::.:ヽ:.:..:::ハ、 .::ヽ>::.::.::.::.::.:::/ハミ

122 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:17:35 ID:RAoowCGU
                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}  この曲はなんと言っても
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |   弦楽器がポイントね。
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|  ポルタメント奏法というテクニックを駆使したり
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉   とにかくグノームスの気持ち悪さの演出に
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'    貢献しているわ。
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_.:.:.:.:.: { :.:.:.:.:. :.ー、ァ..´: ̄ ̄_> ´// //
l !  イ/{  __r-_―_ ̄`>..フ´. ヽ:.:. /}、-ヽ - 三-‐::_二:/://
| V /:.:l `ヽヽ\::.::. { ̄:.:.:.:.:_ -‐..:´:/ :.ト 二∠´二_ -ァ´,.イ



            、 _rへ、几_r┐
         rヘ)      '^勹┐
          r┘           之
      くY′  _             L.,
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、  けれど、チェレスタという楽器を使って、神秘的な面も演出したり
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、  、(動画の2:35ごろのピアノのような楽器)
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》   ただのグロテスクな音楽にならないように編曲しているのは
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′    さすがラヴェルだわ。
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/
} \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ
`ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉
   \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹
 r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘

123 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:18:11 ID:RAoowCGU




                           ★プロムナード(その2)★   
                  http://www.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI
                                     (4:44〜5:37ごろまで)



.

124 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:18:34 ID:RAoowCGU




ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

やさしいプロムナード。このプロムナードは曲と曲を結ぶ役割と、ムソルグスキーの
微妙な心情の変化を表す。この後にも、何回か登場するので、是非注目していただきたい。

静かで内省的な様相。そのまま小休止した後、次の曲、古城へ移行する。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

125 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:20:22 ID:RAoowCGU




                             ★古城★   
                  http://www.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI
                                     (5:40〜)


.

126 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:21:16 ID:RAoowCGU





;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:::;:;;:;:;:;;:;::;:;::;;:;::;:;:::;::;::::;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;|! ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:;:;:::;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;::;;:;;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;;::;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;;:;::;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:: ソI ;:;:;:;:;:;:;:;;:;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;;;:;::;:;: /ハヽ ;;:;:;;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;::;; i'l/li|;;;; 只 :;:;::;:;:;:;:;:;:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;:;:;:;:;;::;;:;:.''' . . ....';:;;:;:;:;:;::;:;:;:;
;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;::;:;; |lllIIトLLLヒー、i! ;:;:;;:;::;;:;:;::::;;:;:;:;:;:;:;:;;:;::::::;:;;:;:;:;;:;:;:.::;:;:;::' ,.,., ;: ,.,,  ,.,. ,.,,.,.,  '';:;;:;:;::;:
;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,、,、__|lll| i`三三三'i'il1_i!__i!,、  ,., ''''  ,.,,.;:;:;:; .....:::::::........'''':::::::::::::'' :::::::::::::;:;;:;:;:;:'''''';:;;:;::;
;:;:;::;::;;:;;:;:;::;:;::; ixYx .!;;;IIロ|[| トrrrrトHlHlhihihi1.. .. .. .. ... .               ... ... .. ::: ::: ::: ::: ;;;;::
:::: :::: :::: :::: :::: | []X]|[ IIロ|品| | | |´l l l l|,,|||||||                      .... ::::: :::: :::..     .
:: ::::: ::::: : :. ,,,|ト.LL.![[[ | ,;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,i,;,''";;,,      .             ::..         ::::::::
:::::,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒゛"''⌒''' ⌒;:;"⌒^^ ;:;⌒ヾ⌒   ⌒^;;)        /       /   ........ ....... ....... .
::x""⌒;:;:;iiii⌒ ii^^ ~;:;;;;⌒''''""''"⌒、;:;;;''". ^ "`´;:;ヾ               /  ....... ....... ...... .........
;::::;:i^ :::::⌒⌒ ⌒;:;;""'''''""⌒;:;;''",.,;;:;:;''⌒"";:;;:;⌒;:;:; ソ  /          /  ........ ......... ......... ......... .
;:;:;::; ^^;: /ヽ,.,"""'''⌒:::::::^;:;;"⌒;::;:;:;:´ヽ'';:;:;::::;:;:;:::⌒^^;;:"ヾ        .....  ......  .....  .....  ....... .
__./i!/;:;;;;;;:;::;:;;;;:;:;:;:;''";:;:;:;:;:;:;;;::;:;:ヾ⌒;:;::;:;:;⌒;::::;:;:;;:;:;:;:;:;:''⌒';,      ...............  ............  .............
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

イタリアのとある古城で歌う、吟遊詩人の絵がモチーフとされているが、原画は特定されていない。
(ガルトマンの作品の大部分は、ロシア国外へ流出し、所在が分からなくなっている)

チェロの刻む、たるいリズムの上を吟遊詩人役のアルトサックスが、シチリアーノ風のメロディーを歌う。

ラヴェルの選択したアルトサックスは見事にはまり、初演当時は絶賛を浴びたという。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

127 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:21:54 ID:RAoowCGU



          __,ィくZ_
         /   仄Y^⌒ヽ
       /     〈{Ⅳ    ヽ      __     
.      /     rくハ  ,ィハノ }     r刋    ウチの喫茶店がオシャレなバーになりそうだよ。
     /     丿爪 厂ィ≦从!     h^|    
      ,′   (_/Jノi!,fく_{7(       ノノfミ、._    ゆるーい曲だね。でもやっぱり物悲しくて。
     ハ,      「厂 |     冫   {ノ rf≧}  
      ∧N,   ¨ム  | r、_ ノ    /   ` ̄i     何処となく、荒城の月に似ているかな。
       Ⅵハ∧ハ L._ ̄/    n!⌒ヽ   |
      , ヘノ≧=- {ヾ  ̄     ノ厶.. -廴」
.     く. r少¬=くY乃rヘ.       {     ⊂二l′
.    ノY´     `ヽ儿厶r‐、  ノ   ⊂二]
.    勺」        \}. 〉  7⌒ヽr-¬ー'’|



                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、   歩鳥ちゃん、ふるい曲を知ってるわね・・・。。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′  
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ     ラヴェルは友達に「ここはクラリネットなんかどうだい?」
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\       と言われて、「クラリネットじゃ押し付けがましい」と
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ      アルトサックスを楽譜に書き込んだそうよ。
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ

128 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:22:38 ID:RAoowCGU
                             ___, -- 、
                       _r‐イ,_∠⊥__</⌒ヽ
                       く_ソ´::. . . . ..:::::`ヽ_ ,厶
                      〈フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ,ハ
                      /::::::/:::::/'|::;l::::ハ、:::::::::::K_,ハ
                      /::::::/ナメ、_K_レl__l∧:::::/小i::::ト、、  よくわからんこだわりね。
                    ,rh::イ ;≠ミ    ,:==、`V / ! |::::lヾiハ
                    l^l |::l { ヒリ     ヒ} } lんム'l::::| l:リ    アニメで言うと、声優の配役で
                   ∧ヽl::|,,,   ,     `,,, / / l_j::::j ″   もめるようなもんかしら?
                   ni::ハ ヽ!    `   _   / /ー':::::;ハ   
                   | l::l |  |ヽ、 ヽ ̄ 〉  `7:::::/l::/ハj
                  j´V/  l::/:;ヽ、`ー′ ィ/:::;ん'イ_   
                  { 〈.   |ハ∧/l`Tニ´__ル'イ⊥∠,  〉
                  ヽ   广Ⅵ_斤{_//.::: : : : : `Yヽ
          ′' ' __/´: :_L.. ⊥ノ// 厂/.::: : : : : : : : :}、 }
          _. -─¬〈: :ヽ 「 o     |〈 ノ j /.::: : : : :.:.:::.:::.:::::j勹
       ∠´. : .:.:.:.:::::::::::ヽゝ'|    __,」/>イレ'.:: : :.:.:.:.:::.::::::::::::;ハ/




                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′  …そうね。
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'   次、行ってみましょうか。
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \
    ./'/    / , -'´/´-'´ /    ヽ  / ヽ \、」┘ヽ \

129 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:24:06 ID:RAoowCGU




                 ★プロムナード(その3)★
           http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                             (0:33ごろまで)



.

130 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:24:35 ID:RAoowCGU
                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

明るく、そして重々しいプロムナード。

ふと、とある絵に心を奪われたように歩みは止まり、次の曲へ。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

131 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:25:21 ID:RAoowCGU




           ★チュイルリーの庭―遊んだ後の子供のけんか―★
           http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                        (0:34〜1:36ごろまで)



.

132 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:25:46 ID:RAoowCGU




       Tト、         _>‐'′ ,. '′     ∧  `ヽ、   `ー- 、
       : : l}‐-、  ,. -―- 、ヽ、  /        /  |ヽ   ヽ、     `7
       : : :|}  ` く       ヽ ヽ/       /三ニ/二\   ヽ.     /
       : : ::|}   `ヽ.      l=彳   ヽ、_∠二三∠三__>く  `、  ∧
       _:_:_:|} 、 ヽ、 ヽ    |.:/ 厂 ̄rr-‐..、二≠三ニrr‐-、  `ー〒≠ !/
       : : ::|}ヽ. ヽ  l |j    l/ |   `{!:....:ノ二三三ニ{!:.....::リ     Kr /
       ーrヘ、 l  |  ト、 /\/ |     ̄ 二三三三` ̄´       l ∨
        レ-‐仆、|  } ∨/: !  l     、_二三三三三二ニィ    l /,.ィ
       /| r=、 リ、 !-:'´:.:.:.:|   l     !∨∨∨∨∨∨∨|    /   |
         ! l| r、  |/:.:.:.:.:.:.:.:l    ト、  l:..: ..:.: ::. .: ..:.::. .: :..:.:| _, '⌒ヽ  |/ |/
       ヽ」 l|  V!  ヽ-へ、:|   ∨\ l:.:.:.:. :.:.:. :.:.:. .:...:..::_ノ´ __,ノ  _ノ⌒ヽ
       \ ヽ、`′  \ `l     ヽ:.:.:.|:.:.:.. :.. .:. .:__;:ノ´r‐ヘ _>‐=二´_    人
       _>へ、〇彡   }  |       ヽ:.|∧ .:.∧'´∧ ∧ ∧´ ∧ ヽ  ` ̄´  \
       ´   ヽ  ,.-‐'7_,.-|        `|_∨ ∨ ∨ ∨ 〉'´:.:.:.l |\      ヽ
       三ニ=彳  レ‐'フ:.:.:.:.:.|         \ ̄`::ー―--――':.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ::\      〉
       ≦-―┐ /,.-‐、√´ ̄`ヽ、   _>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\::\   /
       ‐-.、   厂´/ nr宀r-、 __⊥ -<\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: > >:.:.:\/
       : : : :`ヽレ-亠爿 ̄ ̄ ̄`ーヘ`ヽ:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
パリにある、チュイルリー公園。公園で遊ぶ子供達が、次第にケンカしていく様子を描いた絵。

この曲の冒頭のオーボエとフルートのユニゾンは、大変難しい箇所として知られる。

フルートはスタッカート、オーボエはスラーで演奏しなくてはならないのである。
      (音を切る)      (音を繋げる)
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

133 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:26:06 ID:RAoowCGU




          ,|lllllll|     |llllll| |lllll|
          |lllllll| _,-‐7|llllll| |lllll|
         |lllllllll'´lllllllll| |lllll| |llll|                __、_            .
        __,」|llllllllllllllllllll」 |llll|.|llll|            __,,/´   ヽ`゛‐-、__  i'´,-‐=、__  。
    _,-‐llllllllllllllllllllll-‐"   ,ニ-ー‐----、-=,,,_    ,/,,,、   ゝ\   ミr´;;ヘ;;`;;丶;ヾ
    |llllllllllllll-7lllllll|  |lllllll|/lノ,へつ__,,ノニ_;;;::::>' ̄ ̄     , _,,/,ノ ̄゛`'l;i;i、;;l゙‐'-、;;ヘ;ヽ、 .
    !゙'´゙.,;;,il |llllllll|  |lllllll|。゛。  ̄ _,-‐'/,´           ,/-、____ ゚  _ルi;;i ' ‐=7i;;;ハ`:
     |llllll|  |lllll| 。o|lllllll ゜. ゚__,、r-‐' "゛゛      ..::/:::::::::::::::::::::::::::.|/ヽ`ヽ、`/!″゜
      |ll|ll|  |llllo゚  ,l!!;゙゙ ゙̄^ニ=-、=‐'´      ,/..::/`゙゛`‐-、:::::::::::::::::::::V´::::::::⌒ヽ
`゙,ヽー―'l!llll「 =、⌒=ニノニ,-‐´   `\、    //o。      ヽ:::::::::::::,::,-‐、、:::::::::::::/
  \,_  ゙i,__,,/´         ハ    ヽ ...:::// 「i l7゚co∞∞oi:::::::::/  ,))ノ:::::::::ノ
   _ ̄  从._,,-|ヽ、 、(  ,|    ヾ'l::/lll|_,llll| |l||l]     /::::::://,、 l::::::::/
、 、~ヾ:`ミーイ:::::ヽi::::::::ヽ,,ヽ、_\i ,/   |、,;-lllll ̄ " "    /::::,ノノii ,i::l ii |:::Y
`\、_(`>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\イi、/|   ヽ|lllllllllll]       <:::::::::::/.':l l::l.||.!:丿
  \:: ̄´:::::::::ミュ.:::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ、,__、 ヾ、lll「"       /:::::::::::":::::'.:::':::::/
  、ヾ、:::ヾ:::::::、::..エヾ:::::::::::\::::::::::::),"    ")ll| rii r,   <,-‐=loi=‐--、,_;;;_|
   ゛=ニ´:::::::\、:::::::、_..:::::::::゛)::::::::://   // |ll| |llル7 ,丿 ,,l_i_/-‐"゛   !
    \::::::::::::::::_::::::::::::フ:::::::::::::/   、/'´  "  "///`゛"‐ l i_,=-‐ー- ,゛
     `'‐-,,_=-:::::/:::ノノ::::::ゞ     ノ      /    /.::l,/´    /
      ー=≡:::::::::::ュ:,シ::::/--、  /    ,,/     ..:::ノ,ゝ   ヽ/
         ~゙ニニ=-T:ソ´   ,〉、,/|   ,,/       _,;= 7 ノ  |! i
              /   _〆:::::y;/V/      _,,∠"  |/   i ,l
             /   l、__ノ;::  l,     ,/゛     ,l    l |
             !    ヽ;;;: l  iノ ヽ /       ノ /   |/
             ,l     I;;:.. //'|, / ヾr        l´/   l
            ノ, 、i 、ヽ、:/   |、  /        |/    ,|
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

しかし、このニュアンスの使い分けにより、滑らかな舌触り(スラー)の中に粒々(スタッカート)が混じっている
チョコチップアイスのような味わいが醸しだされる。

2回目はフルートのオクターブを上げたりと、子供達の言い分が食い違っていることを表しているかのようだ。

終盤で鳴るトライアングルも、魅力的なアクセントになっている。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

134 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:26:34 ID:RAoowCGU
             i⌒V´ヽ                    _
             l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、    
                  l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ   
     ( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉  
       ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_    カワイイ曲ね、うちの店にぴったり!
.     〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`ヽ
      \  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl 〉
        ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ′
.          \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆|  
           ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|  
           ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l     
            ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、    
               \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ  
               〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉 
                 //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {
             〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ     \



                       __
                 イ孑< ̄ヽ   入
                _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
               {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
                /丶 、ゝ'        圦ミく   人
              7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ  さっきまで、ドテラマン流してたお店だけれどね。
             /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、
             ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /   
                 ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、  童話を題材にした音楽を多く手がけたラヴェルならではの
                 |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
             . へ、 ヾ. ', ィ代㍉ ,   ::::::: イ |  l  ',  ',   やさしい編曲ね。では、次聴いてみましょう。
            /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
          /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',
         /  ,,∠ __z</ :/  _ ミY⌒Yミ:.| | ヽト、  ',  ',
       /  〆ヽ     ,/ /〉=-    ト=イミ;! !  | :ヽ.__ ',
      /   , ' ノ ハ z=/ / |!    /イ¬\| |  l! 乂   ゝ,
     ,.'    /  j 彡,ゝ、 / / ヽ _ イ:  |  | ハミぇ' \ ヽ 〆ソ ',
     /    /  て/  Y /z=ぇ   /|  |  | >ミミ〉 ,、,fゝ ' /  ',
.   /    /   /     !仆ヽ气〆  :!  !≠! レく<  !|j /;  .',
.   /    ,'   / z=ー‐.レ'7彡z=ミ〜|! ノ {! \__》ノ   :|/  ;:   ',

135 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:26:55 ID:RAoowCGU





                     ★牛車(ヴィドロ)★
            http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                          (1:37〜4:13ごろ)




.

136 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:27:22 ID:RAoowCGU

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

牛車がモチーフ…とされている曲。しかし、原画は不明。曲調が荷車を引く牛を描いた…にして悲劇的過ぎる。

ムソルグスキーはこの曲にどんな意味を込めたのだろうか。ヴィドロとはポーランド語で
「愚鈍」「抑圧された者」という意味もあるらしい。

ムソルグスキーはもともと付いていた曲名を消して、ヴィドロという名前を意図的に加えている。
(楽譜にナイフの跡が残っている)

チューバの歌う悲しげなメロディーは、やがてオーケストラ全体に伝播し、大合唱へ・・・。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

137 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:27:46 ID:RAoowCGU
┰宀y-<ソ-┴‐<,>、
レ'Tン',´, , ,、、. : : Yヘ
:厂///;イイl |、トl、 : : :Vト、
:∨/,イ,エメヽl-H、!: : :/ハい、  こりゃまた重たい曲だ。
.::{7/l{fJ  frぃヽ:〈_j|_|l:|
::/|:l:{, , 、  `´ij |/|_リ」|リ   ドナドナだって、こんなに重くはないぞ。
/O!:lヘ、 、__ ' ' //l.:.;ハj:
ュ-ヘl::トl\ ` ,.イイ::ル':: : / ̄`ヽr‐-、
\ソ`y-;、`スィZ┴<スz=ト、   l ̄/^
  〉Y´ Y7^マ´ .:.:.::\スl 、  ヽ厂
  L」   ノ^7 .:  .:.::.::::ヽ)、ヽ  /\
-ヘ|  r'^V. .: .: .: ::.:::.:::;:^ヽ ヽ \  \    }
__」/\{、:. .:::..::.:.::.::/.:.::.::.\ ヽ \  \ー7
ヽ.::〈丶/ヘハ:.i_::.:.、_ノ.::.::.::.::.::.::\ ヽ ヽ//
:.ヘ.::∨.:.::.::.V´  ::`F==x=====≧、_/
::.:::ヽ::ヽ::.::.::.:ヽ:.:..:::ハ、 .::ヽ>::.::.::.::.::.:::/ハミ



                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ  ムソルグスキーは、この曲で何を訴えたかったのかしらね。
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、  このヴィドロの原画は、本当に遺作展にあったのかも謎なの。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ

138 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:28:07 ID:RAoowCGU
                     ,.ヘ
                    //:: `ー、_,ヘ
                   /:: :: \:: :: :: `:: :: ヽ___  ___
ところで、この曲は        \:: :: :ヽ__/⌒ヽ:: :: :: :`l/:: :: :: :: 二フヽ/|
遠くから牛車がやってきて     |:: :: :: :: /   ヽ:: :: :: ::|l_::_ :: ::/ー┐:;;;;)┘
そして遠ざかっていく…       L_:: :: ::!| , i  \:: :: ::「:;:;:;|ヾ〈ヾ゙=="^ヾコ
                      ゙ー、 l| l l i  ト;: :: :|:;:;:;:|:/\`》
という曲なのだけれど           `トl ハ ム-ハ:: :: l:;:;:;:!|  ゙人
                  r‐、  ,.  ヾ 〉゙0  l `ーノ:;:;/i'  ソ ヽ
実は楽譜にちょっと      ヽ._ー┤`ーッ.、〈   /  /:;:;/ _〉 ソ  \ \
問題があるの。          (´ (:: ::《:: :: ::`△_.ノ /、/_7  ソ     ヽ ヽ
                    `ーヽ_>、; -、≦ 〉 ヽ ̄:: 〉 ソ        \ \
                            7;{ニ}':: :: ::/ 人        ヽ ヽ
                           └ノ:: :: :: //:: ::\        ヽ ヽ _
                             ヽ:: :: ::l/ |:: :: :: ::\        > >




                        r‐v勹‐r‐、__     
                    ,ハレ'‐亠宀く/_入   
          _             {ン′       ヽy'ハ   
        〃 ヽ            /  //ハi      Vハ   問題?
        {{   }          /l lイ,ニヽ|l∨ハl   ,ハ ト、 
        ヾ._ノ          7l l{ fJ`  ,ニ、Nl/l |〉ハリ
        ,.、jハ           〈_l |    └リ 八リィ|
       fヽ.)い           │ハ.  ′    /  |_」l
         仁うl }        __, Vヘl\ヽ⊃ イィルレl/
       ヽT´ノハ    /  厶ハ `T ´ /  }>、
        /^ー' 〉、   {    〈 ニ八___ゝく   / ,ノーz_
       |i   __/  }  j     辷l !/`Yハ ̄/ /こ/\}
       ヾ/ L   ヽ/   〈_7 lゝ_儿_」、/ /勺′  \
          |   ′  /ヒイ  l\」L」 「 K7      }
             !     /  Yl  l   ̄ ̄l  ト 〉     ノ
             \__,/     `l  l      l  トイ     ヾ、
                        |  !   、  l  {ソ  「ゝ,   \
                        l  l    ヽl  |  r'77ヽ.-、 _丿
                        人く⌒ー--⊥ノ−乂/ / ハ \

139 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:28:52 ID:RAoowCGU



  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
リムスキー=コルサコフ(1844年-1908年)

国民楽派の研究サークル「五人組」の一員であり
民族色溢れる曲を得意とした。それでいて、カラフルなオーケストレーションが彼の持ち味でもある。
代表作は交響組曲「シェヘラザード」 歌劇「皇帝サルタンの物語」 など。

ムソルグスキーと親交のあったリムスキー=コルサコフは、ムソルグスキーの死後
彼の作品をまとめた。未完のものには補筆なども加えている。

展覧会の絵をまとめたのもリムスキー=コルサコフであり、彼がこの作品を出版していなければ
ラヴェルの編曲もなかったのである。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

140 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:29:56 ID:RAoowCGU



        ───―――
   /\       ヾ、-=====─-丶\`'‐ .,_ ___ _、ニミ 三.、/
 、.ヾ 丶丶----;‐ゝ、 -:==;─- .,∠ i.丶   /_.、 -‐''` `'‐.,
 } |  ⌒l l‐┬‐'-r.| .,(_Y_) __`' ``{ .二}ゝb'ソ_ ̄ ̄ | ̄
  丶 ⌒! !ニ!    l|   ̄ ̄  '''' 、d/ ̄リ`‐゙--    |
  丶.ノ(ゞ     \,_     _.、/  ..:;;ソ        |
   \'‐\i       ̄ ̄ ̄ 、..   .,__)`'‐--==ー
    |::\_、l            `  ̄ 、ト:::.       i
    |    :|                           !
    、ト  ::!          ⊂ニニニ:==‐ー     /
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

彼は、「展覧会の絵」をまとめる際、音楽的におかしいところを手直しして出版している。

ヴィドロもそのひとつで、ヴィドロは冒頭、ピアニッシモ(弱い音)で始まるが
ムソルグスキーの原典版はフォルテ(強い音)を指定している。

これはリムスキー=コルサコフが出版の際、ピアニッシモに直したのである。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

141 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:30:22 ID:RAoowCGU



                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、       __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、   ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ   |      /                |ノ/        \
  /    ら か     |     |                 )/.|   ・  オ   |
  |    .い ら    |     |          ,;';;,,    /ノ |   ・   レ   |
  |     ・  な    |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 |   ・   に   |
  |     ・  い    |    /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;     |  ・   だ.  |
  |    あ  こ    |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'   :.'.,、   |  ・   っ  |
  |    る  と    |  ,へノ   `'''''"´   .:;     .:::_ヽ  |  ・   て   |
  |    ・        Y   \       .::;     ::::ゝ    .|  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`     |         |
  |    ・       |ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i       |          |
  |    ・       | `       \;;;;/    `゙"       \

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

こういった、細部の手直しがところどころ「展覧会の絵」には見られ
それがリムスキー自身への批判に繋がることもあるようだ。

しかし、、そのままであったなら決して日の目を浴びることはなかった「展覧会の絵」
この作品を、世に送り出した功績は大きい。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

142 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:30:41 ID:RAoowCGU

          __,ィくZ_
         /   仄Y^⌒ヽ
       /     〈{Ⅳ    ヽ      __     
.      /     rくハ  ,ィハノ }     r刋    ふーん、それはまぁ、しょうがないんじゃない?
     /     丿爪 厂ィ≦从!     h^|     
      ,′   (_/Jノi!,fく_{7(       ノノfミ、._  ほら、アニメだってさ、原作とは別物って
     ハ,      「厂 |     冫   {ノ rf≧}  割り切る人もいるじゃないすか。
      ∧N,   ¨ム  | r、_ ノ    /   ` ̄i   
       Ⅵハ∧ハ L._ ̄/    n!⌒ヽ   |
      , ヘノ≧=- {ヾ  ̄     ノ厶.. -廴」
.     く. r少¬=くY乃rヘ.       {     ⊂二l′
.    ノY´     `ヽ儿厶r‐、  ノ   ⊂二]
.    勺」        \}. 〉  7⌒ヽr-¬ー'’|

   
   

   
                                            _
                                         _r一':::::::`:ー-、
                                       f´:::::::::::::::::::::::::::{:ヽ __    ,、
                                       ノ:::::/  ̄'´ ̄ ̄`く\:::`ヽ〃》
                                      {::::::/  l         く::::ヽ、:::}≦、
              まあ、そうだけど。             〈::::::|l l !  l     ヽL:::::||:::ヽ=く
         (アニメに例えるのがうまいわねこの子は…)   !::::|N|、|、  |\l、  __|_l〉::||:::::〈  ヽ
                                       `ー|!ィf心\! ,.≦ミ、|/〉:@::ノ
         では、次の曲を聴いてみましょうか。        ,.-j{弋zリ  ´トrリ} }| ヽリノ!_〉
                                     / /{ v ー __  弋zソ /'_,.イ } {ヽ
                                    /   | 丶、 {  \  ̄z ´ノ__!ノ   ス
                                    |      ` トァ=='rァ==く 〈_j   〈__}
                                           /{ ニ@二 }ヾ|    ,ハ
                                          〈/:ヽイ |\__'j:l:::〉   〈_ノ
                                          〈/__|_ハ_!」_|:_!    〈_}
                                          /:|:::::イ::::::::f:::::;ノ:\  / }
                                         /::::{_::::j:!:/l::::::|:!:::::::ヽ〈ィ′
                                        /::::::::「¨l::::/L:ノ:l:::::::::::ト、|
                                        /::::::/:::`"::::::::〈ノ::/:::::::::::::!

143 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:31:10 ID:RAoowCGU





                ★プロムナード(その4)★
        http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                         (4:15〜5:05)




.

144 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:31:30 ID:RAoowCGU

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

悲しいプロムナード。しかし、最期に次の曲の主役達がひょいと顔を出す。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

145 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:31:54 ID:RAoowCGU


              ★卵の殻をつけた雛の踊り★
         http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                       (5:06〜6:16ごろ)
 

.

146 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:32:09 ID:RAoowCGU

    , ィi^ヽ、.    {リ:::::::::::::::.:.\    _/.:.:.:::::::::::::::::::jリ
    /l しJ!ヽ|    {リ:::::::::::::::::.:.:iヽ:只ソィ´  ̄``.:.:.::::::jリ
   .〈!jヽV/  Lェュ、 「{リ::.:,:ェェーェュJ⌒7>‐ュ、_    .:.:/
    ト、   〈.:::jリ ヽ ̄`フ"´ ̄         `ヽ _.::/^ヽ
    _j/ヽ ノT/.:ト、 レ'´     /    ヽ     \    \
   _j/.:.:.::ノ」// /  /  i   |      i   、  ト、 「 ̄
  i/.:.::::/7 // / / l / |   |  l |   |   l|   |ハ_」、
  /.:.::::/7 //  ./1 /! i | /_」| -┼-、トト、 ┼- 、リ   jj 7::! \
  .:::::ノ7 //    |/ ト、 lN/l/リヽ|   `\/l / ハ ; イ//.:::'   \
 ``ヽ、 _ノ       `ト;〉 ,r==´  .  `≡=ュ _/ l:/.:.::'ー─- 、ヽ
     \         r‐'‐ュ  ' ' ' ' r─┐' ' ' {ニ二ミ}::,:'´ ̄ ̄``y'′
      \_      `二孑、    l.::::.:ノ   {二三ミ}´ ̄``ヽ,/
           \    `孑j >、_    ̄  (ヽ 孑そ´  ̄``<
          〈          ヽl〕 ー‐r<::/⌒ヽ二ニヽ_/
          ヽ     /   `ー一'ヘ-─- 、  孑´`
             `辷_j /  , -‐r‐r‐- 、    \
              レ′ /:,r' 7:介ト、`ヾヽ   /
              /   /:/ /:/ |:::|  i:::|  〈
                /   /:/  |:::|  |:::|  |:::|   |

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ガルトマンがバレエ「トリルビ」のためにデザインした衣装のスケッチがモチーフ。

雛鳥がぴょこぴょことあちこちを走り回る様子を描いている。

この曲はラヴェルの天才ぶりがいかんなく発揮された編曲となっている。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

147 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:33:24 ID:RAoowCGU



  ー=テ/ ァ // i / ハ   i、、ヽ、_   ヽ\_
  _,ノ〃 //' / /  /! 7  i、  ',ー-`、_ー-- ニ、_ ̄ー
ーァ ///{ i ,r‐{ ,'i  i ハ l    !\ ヽ、  ``ーヽ、ヽ`ー- _
~  !l/  ,i l'  l i |  il!ヽ.',    、  `\ー- ...._  `ヽ 、ヽ、
ヽ//!/ソ \,rヽ',!  ゞ、 \   ヽ、      `ヽ ンヽヽ、
 l,' /  | .il/ ,i 心、 ヽ\ _`   ヾ=ェ_ ニニ -‐、' 「!\
 ! .l i ', {l l!::',_ヽ\、_ ` ̄_二ン_,ノ __ ン r/:::「!|!)ヽ
 ', | i 入', i{,rf:::::、_ヽ、ー二ンfrt:::::::)ヾヽー' ,/:::::((||)://_
  )! ', i iゝ|!、゙ー'ヾ}゙辷_、::::〃 `~´ }l:::ソ/、 / ,r'=_-
='、-' 、ヽ廴ヾゞ、_ノ '  ... ̄ ヾ=ェ‐'ン' iン_>/‐'´  `
  ゙∠ヽ}ソヽニ-  ̄    .:::::..      /(‐'_il‐'''ー‐ヽ
 {l、__,ノ/⌒ヽ',、     、 ,       ,r'、::r=__l|__ _.
. i ゙=彡  メンヾ、 丶、______,.ノ/_  ゝ(ー|l   `ヾ、_
 !   | r'''''ヽ:::  \  ` ー '´ /::::::`:::::、__``l|ー-、
. l  |.V   ゙i⌒ヽ__ `ヽ、     /::::::::::::::::::://7|l / ',ヽ、
. !  ヽ!   i    ', `ヽ|ヽ`''''"{:、:::::::::::::::// /,r'|l、  〉:ミY
.l|.   {   !   |  i_ヾヾ: ヽrヾ,::::://.//r':::|l∨/ミ/`
ヽ   ゙        ,   ヾ\、: ////`/i∧', ',',::/l ,'/!
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

卵の殻をつけたまま走り回る雛鳥に、親鳥役のファゴットは大慌て。
シンバルの音が転んでしまった雛鳥を想像させる。

羽の震えを表すかのようなバイオリンのトリルの効果も見事。

速いテンポで進行する、雛鳥のダンス。
この曲のハープは、屈指の難易度を誇るとされている。ハープは音を止めるストッパーが
ついていないため、ハープ奏者は手で音を止めながら伴奏するのである。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

148 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:33:44 ID:RAoowCGU

             i⌒V´ヽ                    _
             l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、    
                  l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ   
     ( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉  
       ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_    カワイイ曲ね、うちの店にぴったり!
.     〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`ヽ   (2回目)
      \  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl 〉
        ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ′
.          \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆|  
           ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|  
           ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l     
            ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、    
               \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ  
               〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉 
                 //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {
             〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ     \



        ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
      ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
      〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
      ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ    私もこの曲は好きだわ。
    〔.:.:./          \.:.:.:.::〕
     〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))  この曲はスケルツォと呼ばれる様式で書かれているの。
   /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
  ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ    スケルツォっていうのは「ジョーク」っていうことね。
 〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',
  ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i
    \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i
     \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
       l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ
       l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ
       l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \
       //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ    \
       〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \
        ヽl.:.:.:.:l___ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

149 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:33:58 ID:RAoowCGU
                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′  指揮者の人も楽しそうに、指揮棒を振ってるわね。
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l   …演奏者は大変そうだけれど。
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ??: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }
‐ヘYヽ、: : : : :/: : : :|: : : 、: : : : : : : : ':./: :|: : : : :l:ハ       ヽ`丶、j 「ヽ、
  VZハ:_:_/ : : : : : ヽ : : ヽ、:_: : : : : :/: : :ト、 : : :': : :ヽ、     `ヽ//\ ヽ
__,.ィ ∧/: : /: : : : : : : : : : : : : : :_:_; : '´: : : !: : :`ヽ、: : : : :}_   _,厶'´  ̄  }
: /:レ′: : :,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : l: : : \:ノ: |_〉/  ,  '´ ̄ ̄
: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,': :l : |: : : : : ヽ/ } ヽ_∠二二¨丶、
: : : : : : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : ! :|: : : : : : \    / `> /
: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/: : :! : : : : : : : : ヽ、  !/ /

150 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:34:26 ID:RAoowCGU





                    ★サミュエル・ゴールデンベルグとシュムイレ★
                  http://www.youtube.com/watch?v=8hT5NVsQR3Q
                                    (6:18〜)

                 

.

151 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:34:57 ID:RAoowCGU


                 
     _______  
    (ll 〃〃〃r=≡=ヨ 
.    /`'-‐'''''''"""ミ ミ ミ.| 
    /ニ ー-‐ ニ  ミ ミ ミ| 
.   /ヘヽ  ̄r‐''ニゝ/ミ ミ | 
  〈==ソ  ==ァ  .|fう)ミ| 
.   |`プ  ニ゚-   リソl ミ|       / /        _..、-―_=-
   |`l   、 ヽ、 ├〈 ミ.|\      / /  -= '' " ̄`´     `ヽ
.   | し--"―‐、 l  | ヾミ|  \.__ / / /                 ヽ
  _|!└――‐′l_. '  ヾ|   |_ / / ./イ               ヽ
 ̄ _/ ''-、"___. -''´    /|    / /   .|   ,, l゙"l  ト,  i、     l
 ̄  l   |ヽ     /  |   / /    | .| /」 |  ヽ .l ヽ Lゝ     |
   |   |. ヽ   /   |   / /     |.l r‐v、`li  ゝ'´,、r 'ヽ、   |
   |   .|  ヽ/      |.  / /        ゙|r|=。=、  `= 。=- | |ゔi .|
   |    |  /\     | / /        .| | l`‐-/ |j ` ‐-‐´ .| |コ.|  .|
   \ / .| /ヽ_/\    / /          | l |u/  _ 、    U リ-′  |
    /   |′| |  \ ./ /          |  `l `r―――,u / |  ト, |
    l     | | .|    / /           |    l `二.. ̄ /   |  | l__|__
.    |    .| .|  |   ./ /            |_/| ヽ.  ̄ /    |  |  |__  ̄
    |    | |  |  ./ /   ,r -‐ '' " ̄__./ |   ヽ_/  u   |  |  |   ̄
.    |    ||  .| / /   / -‐ '' " ̄ /  |   |       |  |   |

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

金持ちユダヤ人と貧乏ユダヤ人の対話を描いた曲。
弦楽器のユニゾンで奏される、金持ちユダヤ人サミュエル・ゴールデンベルグの
堂々としたメロディーに,
貧乏ユダヤ人シュムイレのへこへことした旋律が、トランペットによって演奏される。

当時のロシアにはユダヤ人が多く住んでおり、ムソルグスキーやガルトマンと
親交があったであろう事は想像に難くない。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

152 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:35:20 ID:RAoowCGU


          __
     _,.ゝ'"     `ヽ、
    _≧-          ヽ
    >  ハ、ト、_、 ,.-、   ヽ
    7,. ハl. //ヘ \^')    \
      W'\</、ノ、 u `!   ト、   \
       / ,`'~,.っ |!  |/'\__ \
 .      'イ-<_.、  |:! :! ./  `-、_\
             し'^l | ./   _ `\
          0     / V./ `><_ `ヽ \
             (j   \/ / /´   ヽ\/\
               || |  |   ,/ :l \ \
          J   ,.r┼‐|TT|_/    !  \ \
 _|_l_l ___        / (\lll|,|_|_|    /|  \ \
 ノ | ヽ |_|・・・   ヽ ´ヽ ヽ、 :|,..-''"  l    \ \
              `\   >'l   匚o]    //ヽ
       _|_l_l _    ヽ/ /`  |_|_|_|    //   ヽ
       ノ | ヽ |_|・・・   l\       ,!  /ヱ7   ヽ


◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

貧乏ユダヤ人シュムイレの旋律は、ピッコロトランペットという高音域用のトランペットで
演奏されることが多い。(動画の奏者もピッコロトランペットで演奏している)

弱音器で、トランペットの輝かしい音色を奪い、いっそう貧相で痛切な叫びの効果をあげている。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

153 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:35:37 ID:RAoowCGU

:             _ r‐‐,=‐r‐-、
        r‐i´..|..! -'-≠-.../`ヽ、
       /`ゝ:´::::::  :::::::::::::`ヽ.ゝヘ
'    /ゝ,.:':::::::::::::::::/::::::........  ::.ヾハ
      〉/::::::::/!::/{::/i::::::::::::::i:::::::::::::::ヽヘ.    ・・・・動画のトランペットのおっさん、大変だね。
    /./:::::::/ー!-ノ-‐リ i::::::从::::::::::::::::::}トイ
 ..  /./::::/'_.r=ミ、 .  !ノ`ト从ハ、::::::::jイ!ト
   ヽ,'::::,' 《 (.::) }   ,r==、\.リ::/ 从:::
  /i:::::i            (.::) }} ,':/ /! .|
 < イ:::::i ,,,,            "`,'/ / .| 
  `´!:::::i      ヽ      ,,,,  ,'::! {: .ノ_
   |::::::!.    、_____     イ:::ゝイl |::!
  /!:::::::ヽ.   ヽ.__ノ     ノ:::::::::::!」」リ
人_y'从从 \        . イ:::::::::::::,'i:/  
:/ヽ/ /   ` ー‐‐ ´  彡イリル' ,'   
ヽ/ /:!     !     /    人    
ヽ,' ,':::::ヽ.._ノト-r''"´    /:::/ヽ、 
フ! !::::::::::::::/ ∧イ !ヽ.   /::::::/  .ヽ 
\ ___::::,' / / .! |:::::`::::´ー|‐‐O  , く`>
:r‐┴-- `ヽ /  ー|‐‐O / | ヽ /ヽく
ゝ------  \ / | ヽ   ヽ , ヽ ´::::::i
ゝ------    ', ヽ ,    / ::::::::::::::::::l

154 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:36:26 ID:RAoowCGU
                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉   そうね。トランペットありきの編曲ですもの。
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   この曲では「ピッコロトランペット」という
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   高音域用のトランペットが使われるの。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\        通常のトランペットでもできないことはないけれど、
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ        大変難しいのよ。
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ




                        r‐v勹‐r‐、__       / ̄ ̄\
                    ,ハレ'‐亠宀く/_入    /   /7  ',
          _             {ン′       ヽy'ハ   |    レ′   |
        〃 ヽ            /  //ハi      Vハ   ム   o     /
        {{   }          /l lイ,ニヽ|l∨ハl   ,ハ ト、   \__/
        ヾ._ノ          7l l{ fJ`  ,ニ、Nl/l |〉ハリ
        ,.、jハ           〈_l |    └リ 八リィ|    本当だ!よくみると小さいトランペットだね。
       fヽ.)い           │ハ.  ′    /  |_」l        (動画の7:10ごろ)
         仁うl }        __, Vヘl\ヽ⊃ イィルレl/
       ヽT´ノハ    /  厶ハ `T ´ /  }>、
        /^ー' 〉、   {    〈 ニ八___ゝく   / ,ノーz_
       |i   __/  }  j     辷l !/`Yハ ̄/ /こ/\}
       ヾ/ L   ヽ/   〈_7 lゝ_儿_」、/ /勺′  \
          |   ′  /ヒイ  l\」L」 「 K7      }
             !     /  Yl  l   ̄ ̄l  ト 〉     ノ
             \__,/     `l  l      l  トイ     ヾ、
                        |  !   、  l  {ソ  「ゝ,   \

155 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:36:59 ID:RAoowCGU


               // /::/.レ          ,         、      ハハ i、     i:::::!    l::::i     !
               〈::\__,/::/,/   ,       ,/         |        i ', .ハヽ   .|:::::!    l::::!.    l
               `ヾ;;_::ー':/   /        ハ  ,'     l i    |   i | ', i ヽ  |:::::!    |::::!.    i
        .          ハ:77   /       / !        l!    !  〃.}  } .| ハ |:::::|    |::::|     ',
                 ハ:l .j / /       / |  i      l   | 〃!ム. | .i! 、ヽ !:::ハ    ,イ::::ハ     !
                 ハ:;' .| / ィ    !     !  |  l      ! .|   ムナ"レ′ iV ! |、ハト、:::ト、 .ハ:::::| ',    {
                ハ::l l/ /!  i! {.    |   ' .l!     /./| ィ7/ム‐,!-、-.、 } ハ V`ヾi . / \! ',    ハ
次の曲、   .         ハ:::| .ハ/ .| .ハ ',     .!  V il   ./レ ! ./ " ,イcf:) ハ // l |  |  } /     ∨  ハ
        .          !、:::| i ,'| ! i l ハ. ト   !  _ヽト、 /   レ′  .弋_z歹 ./ /  !  ! , //       ∨  .ハ
聴いてみましょう!      ヾ!.| l ! ハ | ト、ハ |ヽ,トメ二_ヽ∨           / /   .|  レ"           ∨ .ハ
                  l .ト、 .ハ V::i \ヾ、 ハl'ハcf:).バ               / /   |  |           |∨.ハ
                  ∨ ヽ ヾ、:|   ゙iヽ. ,ヘ弋z歹               / /   /.!  !             ', ∨ハ
        .            ハ   |´::!  |   l,ハ       ヽ      / /   / |  |、            | ト、|
                   |    ハ::::〉  ハ ,' ヾ、         < フ / /   ,.イ  .!  !::.\         l i! `i
                  .ハ   / レ′/  /     ヽ          / /  / ,.<ハ. リ::.::.::.:ヽ        ,} }.i .|
                  ハ  /     /  /      二> - __     ハ/,.ィ´-‐"::.::.::ハ リ::.::.::.::.::.ヽ     / リ ! .!
                  ハ.  /     / ,/|,.-.、  _i´::.::/::.::.::.::.::.` ̄l ,'::/::.::.::.::.::./  /::.::.::.::.::.::.::.ハ、   / ./ ハ !
                 ハ.  /   //,.! .!::.::.::.`ヽ、/::.::.::.::.::./::.::.::.::!|'´::.::.::.::.::.::./ ,イ::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ、// / , }
        .          / ./  // ,ハ |::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::./::.::.::.:O゙==‐、__,,.-'‐'´ .!::.::.::.::.::._,.-‐=≦'^>' ノ /
                / ,イr-.、_ヾ.く   {::.:ハ ',::.:/::/::.::.::.::.::.::./::.::.:_,,.-=≦三―‐-三二-‐='"´      ` ̄ ̄´ノ!
        .        / / | ヾミ `ヾ、 ',::.::. 〉〉::.::./::.::.::.::.::.::./f` ̄  ,,.-――ァー-ァ ∠,.-――-- .、     ,,.ノ"::|

156 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:38:40 ID:RAoowCGU




                    ★リモージュの市場★
            http://www.youtube.com/watch?v=8DsHAptvTGQ
                             (1:24ごろまで)



.

157 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:39:33 ID:RAoowCGU
-
    | ̄ ̄| ̄ ̄|        |i      | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|   ,r=======y     |i
    | // |  //|        |i      |  //  |    |   (⌒) |:::::| (⌒)     |i
    |__|__|        |i      |___|__ii   ̄::::|:.:..|  ̄       |i
_____________|i____________|::.|_____|i_____________
二[二二]二二二二二二二二二[二二]二二二二二二二二二[ニ |:::..| 二二二二二二二二二二[二二]二二二二二
/  / : : :: : : : : : : : : : : : :/  / : : :: : : : : : : : : : : : : / :;;;;|::...| : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  / : : : : : : : : : : :
   /i================i /   /i================i /    /.|:::..|=================i/   /i============
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄|:::..| | ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒,|  ̄|
 .(二二().きの好い擬古屋 |  |    | {TABACCO} | (二二() |::::.| |    | (二二()&ギコベーカリー(゚Д゚,)】_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |    |_______..|         |:::::| |    | ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:|::.::|
         ∩_∩     |  |    || _____,..| |      .|::...| |    | ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:.|
'~⊃。Д。)⊃ 魚__|    |  |    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ====== ̄:| ̄ ̄:| ̄:|
|____|_, ( ・∀・)∩ .  |  |    || |o o o o o | | |         |::.:.| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::::::: //:|.. ̄ ̄:| ̄ ̄:|
 <・二<  \ ||_||`ノ ∧∧ .|    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    |⌒j⌒j⌒j⌒j⌒||:[open]|/ ̄ ̄ ̄ ̄`|
<・二____ \_(. .(*  ,):|    || |o o o o o | | |         |:::..| |    | //      .||:: //..::::||手作りパン ||
 .  '|  |     |  ̄|_) ,U-、|).|    || |: ̄ ̄:Θ-'| | |         |::...| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||://:: ..:||&ケーキの店||
_____. |三| . 〒 .|  _|______|XXX|'〜______|| {二二二} | | |,___________|:::..|_,,|___,,|__________________,,||_________|_~ ̄|冂| ̄`||
   |_|___|     . じ'`J    .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |:::::|  iニニニi二二二二二二二i    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____| |_____________________|:::::|__|  | i____|:::::::| i _______


◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

フランス中部にある、リモージュという町の市場の喧騒を描いたもの。
けたたましくお喋りするおばさんたちの絵が、モチーフ。

常に細かい音符がアクセントを伴って、騒々しく演奏される曲。

ピアノで演奏される場合は、ペダルの使い方がポイントとなる。

最期は主題が素早く演奏され、駆け上がったかと思うと。突然…!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

158 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:40:05 ID:RAoowCGU





                       r‐v勹‐r‐、__       / ̄ ̄\
                   ,ハレ'‐亠宀く/_入    /   /7  ',
         _             {ン′       ヽy'ハ   |    レ′   |
       〃 ヽ            /  //ハi      Vハ   ム   o     /
       {{   }          /l lイ,ニヽ|l∨ハl   ,ハ ト、   \__/
       ヾ._ノ          7l l{ fJ`  ,ニ、Nl/l |〉ハリ
       ,.、jハ           〈_l |    └リ 八リィ|    
      fヽ.)い           │ハ.  ′    /  |_」l    
        仁うl }        __, Vヘl\ヽ⊃ イィルレl/
      ヽT´ノハ    /  厶ハ `T ´ /  }>、
       /^ー' 〉、   {    〈 ニ八___ゝく   / ,ノーz_
      |i   __/  }  j     辷l !/`Yハ ̄/ /こ/\}
      ヾ/ L   ヽ/   〈_7 lゝ_儿_」、/ /勺′  \
         |   ′  /ヒイ  l\」L」 「 K7      }
            !     /  Yl  l   ̄ ̄l  ト 〉     ノ
            \__,/     `l  l      l  トイ     ヾ、
                       |  !   、  l  {ソ  「ゝ,   \

159 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:40:20 ID:RAoowCGU


                          ★カタコンベ★
                http://www.youtube.com/watch?v=8DsHAptvTGQ
                        (1:25〜3:27ごろ)


.

160 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:40:50 ID:RAoowCGU
                         ,、 -‐‐‐‐‐‐-
                         /: : : : : : : : : : : : : : .\
                   r‐‐‐r‐/: : : :./ : : : : : l : : : : : : l ヽ‐‐‐ 、
                    /: : :.r''''/: : : :./: :/ : : : : l : : : l : : :l彡iヽ: : :ヽ
                 /: : : / ,': / : :,' : li : :l : l :.l : : : :.l : : : : l ヽ: : :',
                 ,': : : /  l: :l : : l : l :l: :l : li : l : : : : l : : : l:l  ',: : ',
                  l: : : ,'  l :l : : :l :l __l :l l l ',: l : : : : :l: : : :l:l  ',: : :',
                li: : l l  l :l : : : l〈i゙::::ヽ リ ヽ!レr‐‐、l: : : :l !  l:l : :l
                 !l: : l l   l: l: : : : l ヽ:::ノ      i:::::ハl: : : :l l  l:l : li
                   l ',: :l l.  l: l : l : :.l. ゙''''    ,   `''' /l: : : l: l  ,' l: :li
              _  l ',:.l:.l  l: l: : l : :lヽ.     __    .:..l: : : l: :l  l: /l  r‐ 、
          , '"::::::::i    ',:l'',, l: : l : :l: : l: :.` 、 ` ´  ィ: :| l: : :li : :',. l/ ,'  i::::::::\
         /::::::::::::::::',    'l. l: : :l : :.l : :l_ノ  ` ‐ '´ヽ!: :.l:l : :/l : : ',     ノ:::::::::::::丶
       , ':::::::::::::::::::::::::ヽ    l: : :レ,: :ト: :', ',     ,' ` l: /、l : : : ',  r‐'::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`> ,、 '"   i、:',.` ゝ ',    ,.'  〆 l:l ` ‐-、i {:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /      ||ヽ',.   ヽ , ゙     l:l     ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l      ll      ii        l:l.     l  }::li::::::::::::::::::::::::::::::::',
.   /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/   ',     ヽ ll.       十       l:l /    l  l:ノ|:::l:::::::::::::::::::::::::::::i
   i::::::/:::::;'::::/:::::::::::::::/     ',     Y:\           ノ:/     !    l::ハ:::ト,:::::::::::::::::::::l
   l:::::ハ::::,'l:::l |::l::::::|ヽ!      ',     ';::::::`....、     ,、...:´::::/     /li.     |::l. i:::::li:::::::::::::l
   l:::,' i::l. l:ノ リ l:::l       l:',      ',:::::::::::::丶  i/:::::::::::::,'       ,'l li     l::l l::::li:::::l:::::::l
   l:,'  レ'     lノ         l: ',.    ',:::::::::::::::::`‐':::::::::::::::::/     /|l li    l:ノ l:::|l:::::l::::::l
   リ               l l: ', _ _ , r ',:::::::::::::/::::ヽ:::::::::::/`rnyNn//l  li      l:ノ l::::l',:::l
                  l. ',: ',nYnYnY',::::::/::::::::::::丶::/:::::::::Ynr//リ  li        l:::ノ l::l
                  ', ヽ:ヽ::::::K※',:::::::::::::::::::::::::::,'::::::::lYn./ノ   ,'           リ
                     ` ',::::ヽYK',:::::::::::::::::::::::,'::::::::ノYソ
                       ',::::::l Y.k',:::::::::::::::::::,':::::::KコY- 、
                    ,、-‐ ':',:::G※K',::::::::::::::::,:::::::::::)l.,':::::::::ヽ、

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

パリの有名な観光地であるカタコンベ(ローマ時代の地下墓地)を、探索するガルトマン自身の絵がモチーフ。
キリスト教が迫害されていた時代、キリスト教信者はひっそりと地下墓地へ埋葬された。

地下墓地の遠くへ行ってしまうガルトマンを呼び止める、ムソルグスキーの叫びのような曲。

しかし、声は虚しく木霊し、友人は戻らない。コントラバスの作り出す漆黒の闇に、トロンボーンの冷たい和音が響き渡る。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

161 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:41:20 ID:RAoowCGU


┰宀y-<ソ-┴‐<,>、
レ'Tン',´, , ,、、. : : Yヘ
:厂///;イイl |、トl、 : : :Vト、
:∨/,イ,エメヽl-H、!: : :/ハい、  前の曲とのギャップが激しいねえ。
.::{7/l{fJ  frぃヽ:〈_j|_|l:|
::/|:l:{, , 、  `´ij |/|_リ」|リ   洞窟の中に居るような、息苦しさを感じるよ。
/O!:lヘ、 、__ ' ' //l.:.;ハj:
ュ-ヘl::トl\ ` ,.イイ::ル':: : / ̄`ヽr‐-、
\ソ`y-;、`スィZ┴<スz=ト、   l ̄/^
  〉Y´ Y7^マ´ .:.:.::\スl 、  ヽ厂
  L」   ノ^7 .:  .:.::.::::ヽ)、ヽ  /\
-ヘ|  r'^V. .: .: .: ::.:::.:::;:^ヽ ヽ \  \    }
__」/\{、:. .:::..::.:.::.::/.:.::.::.\ ヽ \  \ー7
ヽ.::〈丶/ヘハ:.i_::.:.、_ノ.::.::.::.::.::.::\ ヽ ヽ//
:.ヘ.::∨.:.::.::.V´  ::`F==x=====≧、_/
::.:::ヽ::ヽ::.::.::.:ヽ:.:..:::ハ、 .::ヽ>::.::.::.::.::.:::/ハミ



 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕   この曲
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕  低音域の和音で進行するという、面白い趣向の曲なんだけれど。
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕  もともとのピアノ楽譜には
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´   鍵盤を押したままクレッシェンド※するよう書かれているの。
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!     
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __   これ、ピアノでは絶対演奏不可能な技術。
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /     …ムソルグスキーは、どうしてこんな書き方をしたのかしらね?
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!   ※音を段々大きくすること
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

162 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:41:49 ID:RAoowCGU



                    ★死者とともに死者の言葉で★ 
             http://www.youtube.com/watch?v=8DsHAptvTGQ
                         (3:28〜)


.

163 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:42:15 ID:RAoowCGU


          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.   }     ::| ..::::  ::'   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::!
.   |_,ノ  /'' '' , ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::::::::::::|
.   〈 ン  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ:::::::::::::::::::!
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ヾ:::::::::::::::::リ
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ノ:::::::::::::::::::|
.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::!
 
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

レクイエムのプロムナード。ガルトマンの死を悼む、ムソルグスキーの歌である。

全曲中の中でもダイヤモンドのように輝く、美しい曲。

ラヴェルが巧みに編曲したハープの分散和音。天国の響きのように、優しくオーケストラを包み込む。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

164 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:43:01 ID:RAoowCGU
                      ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ムソルグスキーは、こんなコメントを残している。


「芸術は、人間とコミュニケイトするための手段ですが、それにとどまるものではありません。

(中略)音楽芸術の使命は、単に感情のニュアンスだけではなく、より重要といえるもの、

すなわち、人間の語りのニュアンスを音楽で再現することにあるのです。」

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

165 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:43:28 ID:RAoowCGU

           ___ ,.--、
         _rく__上∟、」7^ヽ,
       y'ソ´::::::::::::::::::::`ヽ<ス
        {ン::/ルヘ∧lヽNヽ|i::::::Vト、
      /::/,-<´三`>=、lハ::::l〈::::lト、
    /7::/l{ fi }三三{.fj } l::/小:::li::::\    ええ曲やないか…感動したわ
    V:::l /7イ ,    {n.l j/ /l_|::::ll:::l::l:}
   /l::::l /,ハlj ヽ il  l} ll /l'Tリ::::|l:::lハl    音楽にこんなに感情移入したのは初めてだよ!
   `j:::::l {j ||、┴''‐ァ  ll //| |,イ:::::| V
    l:::::ヽl {j `ー‐'   ll 'jイ」┘::::!       
     l::::l::::\       リ/::::::::::ハ::|
     |:::l::N::::::>,r ‐ ´ l:::l:::/:::/ リ
   ヽハl Vハ /     lVレル' ___
 _/`Y^ゝr‐^ん不、 ̄ `>r‐'7 ̄/ヾ>
/::L_、 7/ ノ`7!‖ハ::: ̄´::// ム´/:::: ヽ.
:::/ヽン′/:::// jl i |::::::::::/〃 /‐' /::::::::.. ヘ
:{ 、_,/ / /:::::V_,仆-'::::::::/ / ,/_ /::::: :::::.  l
::レソ   _>┴七)'7Th/〃 /\/::::::::  :::  l




        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l   作曲家と画家の、魂の対話。
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/   私達には、理解不能な世界だけど
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ     それでも心を打つのはなぜなのかしらね・・・。
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<
      /  _ ノ  .::::::/  イ  ヽ:::::     |ゞ_≦'_´  _つ ノ
    r ´     ::::::ノ  /::!    ):::::!      |   j,._)  `ヾj
    ヽ-──' /  /::::   /:::::: !     ヽ、_ ヾヽ   ('、

166 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:43:42 ID:RAoowCGU
                          /  _ノ : : : : : : : : : : : : : 廴
                    /  .〈:.: : : : : : : :/: : : : : : : : :(
           ,、      _r〜'   ∧ノ___/: : : : , ´: : : : :`Y
         / \_ /r〜'  / ̄´     ""''' <: : : : : : :.__ノ
      ヘ、 \    /: : /  ノ⌒): :              \: : : : :{__
      〈〈>`Y⌒ヽ ./: : /  _込/: : .,イ   ヘ \      \: : : :_〉
      7/(_  ヾ.|: : :.| / _) : : i. i.i     ! ハ.\    ヘ ヘ.: :(_
.       //.//)   |: : :.|  (/ : : ,イ .i i    i!  i! ヘ    ハ ハ._)   残りは二曲、一気に行くわよ!
     ((ノノ  .廴.`ゝ|: : :.| /⌒) | i i i !    i!.  i! i!ハ  ハ l\
          |!. ) .|: : :.|. /了, l i i i. i!   iト、 i! i! ハ  l l\\
.           i!>廴, ヤ: : ヤ   r'゙|゙ | | i 乂.    i!、ヽi! i!. ハ   l l\\二二二フ
       /i!   辷. ヤ: : ヤ 〈 ト、 i人小、_.∧  ハ .ハ斗孑l  イ ト、. \\
       /  i!  ,イ| |〉ヤrミx 「 |^'孑'斗千ァゝ\ハノ 斗rァjノ从ルヘ ハ  \二ミ''X___
.  //   /   //.| |\(辻))|. ト、,斗'ラ豸>      ヤ為>∧ \)) ))       \__」
. //   ./   // //   \乂イ ハ ヘ弋彡タ,        込タr' i! i!(( ((
.  ̄     /  // //    `''/ムハ. ', ´¨`       ,  ¨`/   i! i! 辷ニニ==ュ
       /  //彡゙       //⌒ハ  ',      ‐   ./_  i! i! \ \ 《《_
  ,.-‐X./  //.        (.(.  「Y〉  >'´\ _´_, <´^. : :\乂\. \ \ミニハ
// /  /イ         ).)/ r'゙ X \: :.〉 \(辻)) .〉/ : :\\\. \ ゙'ノノ
/  ./  //.i          辷二ニ====ュ\: : ´ミ彡゙X: :   : :/ 辷,、二ニ====ュ
   /  //|. !         /: :ゝミx‐‐‐-彡゙//: : ∨ : : \   /\ 廴,、-──‐-、ミ)
.  /  // .|.ノ      /,イ: : ^Xミ二二二ニニニミx.、 ∨  : : \/  : :\,、──‐辷彡゙\___
 /  // ノ゙      / ノ: :    : :_|_: :,≫≫>ヽ .〉   : : :〉\.  : :ヽ: : : : : :.辷三三三ク

167 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:44:59 ID:RAoowCGU



                   ★バーバヤーガの小屋★
             http://www.youtube.com/watch?v=U-JjNJAkBZc
                         (2:58ごろまで)


.

168 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:46:31 ID:RAoowCGU


                      ,. - 、
                /三三 \
                 ,イ三三/三三ヽ
                   ム===Y三三三=\       ,..ィニニ.フ
                  |三三三三ニ\_, イ三三/
                   |三三三三ニ/三三三ニ/  ☆
                     |三三三三三, イ:::i::`:<._   / ゚
                 r‐三三三, イ:::/:::::/|:/::l::マ  / ゚ 。*
                 /三三.,.イ;4ナ7}!::/ +A}:N  / 。 + 。
                 /三三.イl:/,.化=メj/ 行ホノ _/  + ゚ 。
                /三ニイ::::,ヘ|:::::::l 辷リ   マリト、イノ *    ゚ +
       ,.、-===-、  ̄   jハ:L_:|:::::::|⊂⊃ _ ⊂小} >   ゚
.      ムイ三三三`丶、    >'´N\|三7_ ,.イ|ノ/  
          ヽ三三三_rr<三三三三三7三<ノノ    
          }三三ニゝLL,.ィ-ァ'`マ=>o<=イ     
           ヽ三三三 r----ゝ  >}{ハ三|      
            ∠_:_:_:_:/_|: : : : /ヾ辷≠/三}/      
                  ヽ: : / : : : ノ三>'"       
                      ゝL:_:_:_>            
                  |_|             
                       |: : |             
                     l.: :|
                     ヽ|

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ガルトマンのスケッチした置時計。バーバヤーガの小屋(ロシアの民話にある、魔女が住むと呼ばれる小屋)を
かたどった不気味な時計を、ムソルグスキーは、荒々しく表現する。

人間の骨をすすって生きるとされる、魔女の恐怖をラヴェルは、金管楽器の大合唱で表現する。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

169 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:47:37 ID:RAoowCGU


                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
中間部、魔女の住む森の深遠を、フルートが描き出し、チューバが不気味にうごめくが

やがて冒頭部の再現。打楽器の刻む原始的なリズムが、恐怖を再び描き出す。

ラスト、猛スピードで駆け抜ける弦楽器の行き着く先は…!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

170 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:48:25 ID:RAoowCGU




                 ★キエフの大門★
        http://www.youtube.com/watch?v=U-JjNJAkBZc
                      (2:59〜)



.

171 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:49:00 ID:RAoowCGU
                               。 。 。
                            ∧人∧    __o
                     __   __  {:{{:{0}:}}:}  __. |:::::::: ||
                      | |   >゚ )/ ̄ ̄ ̄\( ゚<  ̄ ̄||
                    ∧ ∧lニ0ニ! ((..| | \|/ | |..))    ||.∧ ∧
                 (*:::::::::) | |   ))| | /|\ | |((    ||(:::::::::*)
                   /::::::::つ | |   ((. \___/ .))    ||と::::::::ヽ
             〜(;;;;;Uノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヽU;;;;;)〜
             |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
              ┏╋┳┳━┳━┳━┳━┳┳┳━┳━┳━┳━┳┳╋┓
              ┣{†}╋╋━╋━╋━╋━╋╋╋━╋━╋━╋━╋╋{†}┫
              ┣┻┫┃  ┃  ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ┃  ┃┣┻┫
              ┣┳┫┃  ┃  ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ┃  ┃┣┳┫
              ┃╋┃┣━╋━╋━╋━╋╋╋━╋━╋━╋━┫┃╋┃
              ┣┻┫┃  ┃  ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ┃  ┃┣┻┫
              ┣┳┫┃  ┃  ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ┃  ┃┣┳┫
  ◆  ◆  ◆  ┃╋┃┣━╋━╋━╋━╋╋╋━╋━╋━╋━┫┃╋┃  ◆  ◆  ◆
━╋━╋━╋━╋┻┫┃  ┃  ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ┃  ┃┣┻╋━╋━╋━╋━
  ┃  ┃  ┃  ┣┳┫┣━╋━╋━╋━╋╋╋━╋━╋━╋━┫┣┳┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣╋╋╋〓†〓〓†〓〓〓†〓〓†〓〓〓†〓〓†〓╋╋╋┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣┻┫┣━. ∧. ╋━╋━╋╋╋━╋━╋ ∧ ━┫┣┻┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣┳┫┃   .|:l:|、┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃ |:l:|゙  ┃┣┳┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┃╋┃┃   }三{.┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃. }三{  ┃┃╋┃  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣┻┫┣━ . || ╋━╋━╋╋╋━╋━╋━||. ━┫┣┻┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣┳┫┃   . || ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ||.   ┃┣┳┫  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┃╋┃┃   . || ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ||.   ┃┃╋┃  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃  ┃  ┣┻┫┣━ . || ╋━╋━╋╋╋━╋━╋━||. ━┫┣┻┫  ┃  ┃  ┃
┳╋┳╋┳╋┳╋┳┫┃ st || ┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃  ||st ┃┣┳╋┳╋┳╋┳╋┳
╋┃╋┃╋┃╋┃╋┃ (・ω・) .┃  ┃  ┃┃┃  ┃  ┃ (・ω・) ┃╋┃╋┃╋┃╋┃╋
┻╋┻╋┻╋┻╋┻╋ 「}ト=イフ| ╋━╋━╋╋╋━╋━╋・ 〈}=イ」╋╋┻╋┻╋┻╋┻╋┻
━┻━┻━┻━┻━┻ .(_/Ll || ┻━┻━┻┻┻━┻━┻  |L.l、_) ┻━┻━┻━┻━┻━

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
キエフとは現在のウクライナの首都のこと。

キエフに大門が設置されることになり、ガルトマンはそのデザインコンクールに応募した。

彼の絵は見事に受賞したが、結局、大門は建設されなかった。

ムソルグスキーは、この大門のスケッチを組曲のラストに置いて、親友の偉大な功績を称えた。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

172 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:50:46 ID:RAoowCGU



          ,/  ,,、-‐=''
           /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
        ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-
        ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、
    , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄`'''‐、
 7     i, !ヽ::::::/´                 \
 `i    l,  リ/   ヽ              '、
  ゙ー-、  i,   !     ',                'i,
     '!  'i,  l      ', ,  ノ          '、
     !、-‐''"i,|     / / /            L.___
    ,/   ゙l′   l゙ノ ´                //
    `ヽ    i    l゙、,                //
      l   ,|     l'ヽ`ー              //
      iヽ  ( l,   ,| '!、 ,          //
       | l, ヾ'、ヽ  i  `!、l          //
      l\i,      /   ト、!          //
       ゝ、\、 _,ノ    | lヽ       //
          ヽ`'-二、     ! l \     //
        \  `"ヽ      !,,_ 丶    //
          \____\____i_____//
         '´―、――‐、:::::::::::::::,――‐ヽ i
            \   i,::::::::::::l`"‐-、_ 'i |,
              \  |,:::::::::::!    ` l, l
              |、 ーl,:::::::::::l、    ! |
               ,i___i::::::::::::l=======i l

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ムソルグスキーの書いたピアノ楽譜は、全体的にはピアノの限界を超えた作曲法がなされていて
彼の頭の中には、オーケストラ化の設計図があったのかもしれない。

冒頭部、金管楽器の高らかな演奏の後、ロシア正教の聖歌「あなたが洗礼を受けるとき」が
木管楽器によって厳かに歌われる。

やがて聴こえてくるのは、鐘の音、そしてプロムナードの回帰。全楽器大合奏の後、展覧会の幕は閉じる。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

173 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:51:11 ID:RAoowCGU
             i⌒V´ヽ                    _
             l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、      
                  l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ  
     ( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉 
       ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_  ブラボー、おおブラボー!
.     〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`ヽ
      \  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl   
        ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ プロムナードが再現される部分で
.          \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆| 
           ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|   あたし鳥肌が立っちゃったよ。
           ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l     
            ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、    
               \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ 
               〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉
                 //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {
             〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ     \




                  ,. '"´ ー┴- 、
        ,.-‐…==ュ、-‐く ,r'´       \
       /     ´ ̄``ヽ `ヽ   , -─-、  ヽ
        !         __⊥ __」__∠. : : : : : : ヽ人
       V   ,.-一 フ       ̄`ヽ. : : , イ Tヽ
       人.  /. : : : :,.イ  i | |   l | | |`V / /  \
       /  人/:.: : :, イ/. i | | |   l | | | | Vハ     ヽ  …この「キエフの大門」は少しずつ少しずつ
     /  /.`ー----イ/|  | | | |   l,.| | | |爪 ,ト、    ∧   盛り上がっていくように作曲されているの。
      i  ト、ト----┘l |  | | | |   ./_L|__L ソ V  ト、 /
     |  i:∧ !.:.:!.:.:.!.ト、┼十トト、 /l/ / /ハ /)ノ  l Vヽ    銅鑼が入ってくる終結部分のカタルシスは相当なものね。
     |  iハト、ヽ.:ヽ.:トト ,tt=テ V/ ftハリ /    1 !  ヽ
     |  | i.ト、ヽ いi |、込ソノ     ゝ‐',ハ      | |
     |  | i:| ヽ\Ji |        ′ ハ:|      | |
     |  | i:|  ``1ハ __    ー'  イ l |      | |
     |  | i:|    ノリ  く ``ー-rく リ l |`ヽ.   | |
     |  | i:| ∠二ニヽ `ヽ   ハ V ,!ニニミ ヽ   l l
     |  | i:レ′V^V^ヽ\  \ノハ V^孑   〉 | |
     |  .:l 〃      く _」} ≒,l  V //   /.  | !
     |  .:レ': : : : : : .   く_」} , .::l   / ハ  /   | |
     l  .:!ト、: : : : : : : .  / /.:::/l  〈 ′ト、.V   | |
     l  .:!| \: : : : : :  V.::::/⊥  ハ __人V1  !!

174 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:51:32 ID:RAoowCGU
   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
   :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
     , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
    / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /  20世紀の偉大な指揮者の一人、
ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ  アルトゥーロ・トスカニーニは
ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//  このラヴェル版展覧会の絵を
:| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V   
:レ   ゞYヽイf::::::::゙ヾ ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |  「オーケストレーションの偉大な宝物」と評しているわ。
:|   イ ハ  .ゝ-ヘノ      ,.メ≡!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
/  / | ハ    ̄          i、::_::rハヾ|!ノ{γfヽ!フ /  〃  \   無名だったピアノ組曲は
  / ハ  l              ゝ- ' / イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
/ / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!  クラシックの偉大な宝物にまで昇華されたのね。
/ /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \

175 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:52:54 ID:RAoowCGU
                              ___, -- 、
                        _r‐イ,_∠⊥__</⌒ヽ
                        く_ソ´::. . . . ..:::::`ヽ_ ,厶
                       〈フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ,ハ
                       /::::::/:::::/'|::;l::::ハ、:::::::::::K_,ハ
                       /::::::/ナメ、_K_レl__l∧:::::/小i::::ト、、さっそく店に流してみるね。
                     ,rh::イ ;≠ミ    ,:==、`V / ! |::::lヾiハ   もう、アニソンカフェからは脱却よ!
                     l^l |::l { ヒリ     ヒ} } lんム'l::::| l:リ   
                    ∧ヽl::|,,,   ,     `,,, / / l_j::::j ″   真紅先生のおすすめCDってある?
                    ni::ハ ヽ!    `   _   / /ー':::::;ハ   
                    | l::l |  |ヽ、 ヽ ̄ 〉  `7:::::/l::/ハj
                   j´V/  l::/:;ヽ、`ー′ ィ/:::;ん'イ_    
                   { 〈.   |ハ∧/l`Tニ´__ル'イ⊥∠,  〉
                   ヽ   广Ⅵ_斤{_//.::: : : : : `Yヽ
           ′' ' __/´: :_L.. ⊥ノ// 厂/.::: : : : : : : : :}、 }
            _. -─¬〈: :ヽ 「 o     |〈 ノ j /.::: : : : :.:.:::.:::.:::::j勹
        ∠´. : .:.:.:.:::::::::::ヽゝ'|    __,」/>イレ'.:: : :.:.:.:.:::.::::::::::::;ハ/
        {.: : : .:.:::.::::::::::::::::::::::/ー7:´:::::::::/:「  ,レ'.:‐- 、:ヽ.:.:.::::::::::/フ
      ヽ: : : :::.:::ヽ、::::::::::::/ ,ハ::::::.:::.:::.:.ヽ/: : : : : : :.:.:.::::::::::::/´
       ヽ:::::.:.:::.::::::Y´ ̄l  l |:::::::.::.::.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:,:,:::;;;:ノ
        /´  ̄ `丶{   |  | |::::::::.:::.::.:.:レ':: :::::::::/:::::::.:./
      '         \ l  |ヽl:::::::::.:::.::.:.:.:.:.:.::/:::::::::::.:./

176 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:53:12 ID:RAoowCGU



                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、 http://www.hmv.co.jp/product/detail/1244320
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{  なんか、どうかしら。
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ  ピアノ版もついてて、お得な一枚よ。
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈   豪華絢爛な演奏だけど、終盤の盛り上がり方は
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l    最高ね。
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |    あるいは、http://www.hmv.co.jp/product/detail/2546419
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ      こちらは、まさに怪演。賛否両論あるCDだけど
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ    2枚目に是非。
 / ! レ??: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }
‐ヘYヽ、: : : : :/: : : :|: : : 、: : : : : : : : ':./: :|: : : : :l:ハ       ヽ`丶、j 「ヽ、
  VZハ:_:_/ : : : : : ヽ : : ヽ、:_: : : : : :/: : :ト、 : : :': : :ヽ、     `ヽ//\ ヽ

177 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:53:45 ID:RAoowCGU



                  ,----- -- 、
        r-、,- 、___,ー-/:::::::::::::::::::::::::.)     展覧会の絵は様々なアーティストが、編曲しているの。
.         「ニニil:::::::::::/ /::::::::::::::::::::::ゝ/  ここで紹介したいのが、プログレッシブロックのマエストロ、EL&Pのアレンジ。
          ゞ"(:::::::::::::|  |:::::::::_,..-''"ヽ      
        | l |ゝ:::::::.|  |:::::r" /iリi|_!_/       Emerson, Lake & Palmer "Picture at an Exibition",
         | | | ヽ、::::f@rt:::ji /( ・)!'       http://www.youtube.com/watch?v=_Y1x04hAUT4
         | | | .. r、ゞ"ヽ.,レ|' 、__ ノ
         | | |     `-| l |. --‐'            この人たちは、村上春樹の1Q84で使われた
         | | |     /{二> k)             ヤナーチェクのシンフォニエッタも
         | | |      |.:.|.:.:i.:ヽ__|             ロックアレンジしてたりするのだわ。
.        <二二}   /::.(__)::.:::.:ヽ
.       {二二> く_::.::.::.::.::.:..::...::.〉              
               `,へ::_:_::rくヽ_
                   {_/"    `-゙

178 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:54:20 ID:RAoowCGU



             i⌒V´ヽ                    _
             l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、    
                  l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ   
     ( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉  
       ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_    手塚治虫先生も、この曲をアニメにしようと
.     〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`ヽ   してたんだよね!
      \  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl 〉
        ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ′  
.          \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆|  よーし、amazonで探してみっか!
           ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|  
           ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l     
            ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、    
               \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ  
               〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉 
                 //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {
             〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ     \




    |  __::. ::: .     ,   r┘
    |´,    `丶、.::;:'     〕
    |/ /  / ,  V    t┘
    |,// / / ,  V.:-   」
    | /// / , l i|::::.  _「′  冨田版ね、へんなところだけ、詳しいわね・・・。
    |,'/ / / ,:' l l,'.: r┘
    |   '_\ //, / ソ|!》   
   r、,   〈::ノY/イ寸个l|
   ト l__  ィ'刀| l{ l| il
   と j::::::::::::V| l i| /' {!
    |ノ::::::::::/| ハ ! l|
    |ト、::::::「三¬-、 l
    ||::::i‐┘ ̄> 、〉|
    |j:::::V´ ̄ ` イ l |
    |::::::::|`ヽ下 ̄ ヽj__
    |、:::::l ム二ソ   、__/
    |込イ _t.__j〉 ィ └〉
    |九 丿} 〈'し'`┘

179 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:54:33 ID:RAoowCGU


┏━━━━━━━━━━━┓
┃       :/ ̄ ̄\、   ┃
┃. . ..   / ⌒  ⌒ \:... ┃
┃ :: ...... | ( ●)(●) | . ┃
┃:  ./ノ|  (__人__)  |...... ┃             
┃::../^/ |  ` ⌒´   l .. ┃             
┃(  'ヽ |         } :: ...┃
┃   └ ヽ        } ..... ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

        i⌒V´ヽ                    _
        l   l   |               ,.-v冖マ_}7⌒ク-、             ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
          l  l.  |            人_ン'´ ̄   ̄`ヽイへ          ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
( `ヽ、     l  ‖ l ,.-、     r‐'フ7/            ∨^〉         ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
ヽ   \    |   l   V  l       {/ '/ _//l ,ィ   /l  Ⅵ_         〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
〈 `\   \   |   |  {   l    <人/ /レ`メ、ノ| ,/_」_l_  K`        ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ  
\  \   `ーヽ ノ   ト-  |   く,/ ,イ ≡ミヽ レ/__ ノレl  | トl        〔.:.:./          \.:.:.:.::〕 
  ヽ  \  '/    j    l   __/ '// | ,,,  `   =≡ 'リ ノ 〉レ      〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))
    \  `      ,/    l<i_/\l l l      ,   ,,, // 仆|      /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
      ヽ      //    j、 \,ハ|ハl、 r'^ー┐   /, /l」_|      ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ
      ヽ__,   ´  {     / !   Y,ハ N\ヽ_ノ_,. イ l /l         〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',
       ヽ        _/} |     kイ \ `ァ ´ / l/レf⌒ 、      ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i
          \__ ,ノ   / ノ    ト、ハ__、イ又   /, ム⌒}   ヽ       \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i
          〉`>‐'´ /     |ソ∧// { \/ {/ヽ、ノ     〉       \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
            //´ r─<_       | l 〈  ハ ヽ ∨ト 〉    {          l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ
        〈/_/      ` ̄`¬、l i、ハ_ノハ_ソ  ノ               l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ

                                                         つづく

180 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 22:55:18 ID:RAoowCGU
以上で投下終了です。見てくれた方、ありがとうございました。

また、近日中に投下するので、よかったら見て下さいね。

181どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 22:56:04 ID:3OwNWgiU


182どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 23:01:47 ID:ikDcIwFE
乙です。
聴いたことないけどストコフスキー編曲版もあるよね

183 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/26(土) 23:08:28 ID:RAoowCGU
>>182
ストコフスキー版!あれもすばらしい編曲ですよね。

でも、ELP版が一番好きなので、ここではELP版を取り上げました。

184どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 23:18:01 ID:ikDcIwFE
やっぱ押さえてたかwさすがっす
ラヴェル編曲版のスコア、安くなったよねー。
俺なんてBoosy & Hawks版を…orz

185どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 23:30:17 ID:9QRkEdUE
乙でした
解説読んでから聞くと印象がまた変わる

186どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 23:30:33 ID:.xFg8lUk
乙でした、ちなみにYoutubeの動画URLに#t=○m○s(○に任意の数字)を入れると開始地点を指定できます。


http://www.youtube.com/watch?v=DU_ggFovJNo#t=3m08s
(「アホでしょ バカでしょ ドラえもんでしょ」という空耳が聞こえるはず)

本編のグノームス指定なら
http://www.youtube.com/watch?v=k_98452AxFI#t=2m06s

187どこかの名無しさん:2009/09/26(土) 23:52:06 ID:9zrlD67w
乙!

188どこかの名無しさん:2009/09/27(日) 00:07:58 ID:5lynmRxo

クラシックは詳しくないが
聞き覚えのある曲が多い

189どこかの名無しさん:2009/09/27(日) 00:27:37 ID:pjZAcR5A

わかりやすい解説GJ

190どこかの名無しさん:2009/09/27(日) 13:02:02 ID:cByj02Zc
乙でした

191どこかの名無しさん:2009/09/27(日) 18:22:07 ID:GitKba9U

今回も、面白かったw

192どこかの名無しさん:2009/09/27(日) 23:46:56 ID:OOLRic9I
乙〜

193どこかの名無しさん:2009/09/28(月) 01:49:58 ID:428R/dAA
乙ですよ~!

展覧会の絵は、ムゾルグスキーの粗野な感じと、
ラヴェルの豊かな表現が丁度良く結合した作品ですよね
何度聞いても良い曲です

194 ◆xZ/MsbYZI6:2009/09/28(月) 23:29:30 ID:pfCg.DQA
感想ありがとうございます。
また近日中に投下します。よかったら見て下さいね。


>>184
Boosy & Hawksって、あの海外版のメッチャ高い奴ですよねw
私は音楽の友社を愛用してます。

>>186
おお、こんな便利な機能があったとは!
早速使わせていただきます!ありがとうございます

195どこかの名無しさん:2009/10/07(水) 01:55:01 ID:qKhjyp2M
大変だ!第一回で使われたyoutubeの『剣の舞』が削除されました!
どうしましょう・・・。

196どこかの名無しさん:2009/10/11(日) 03:19:22 ID:t1e5dUN2
剣の舞ならたくさんyoutubeに落ちてそうだけど…

197どこかの名無しさん:2009/10/11(日) 14:15:06 ID:qDoETN/k
他のところで画像もよくリンク切れしてるし、あんまり気にしなくてもいいかも
どこか別のが有るのなら別途そっちを紹介してもいいし。

198どこかの名無しさん:2009/10/31(土) 16:31:04 ID:wk21LP2s
近日中とはいつだ

199どこかの名無しさん:2009/11/03(火) 07:32:14 ID:NM57iOXg
続きwktk!

200どこかの名無しさん:2009/11/29(日) 12:51:01 ID:kgBxR6Yk
時間が空いたらでいいから来てね

201どこかの名無しさん:2009/12/15(火) 00:12:40 ID:Gg4QF0ZE
保守

202 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 21:59:04 ID:0k9HZp.U
どうもお久しぶりです。>>1です。

すごく間が空いてしまいましたが
これから、第3話を投下したいと思います。

203 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 21:59:41 ID:0k9HZp.U

        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}   真紅先生とクラシックを聴いてみよう!Op.3
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /

204 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:00:06 ID:0k9HZp.U

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)      
    |┃   `ー'ォ     //       
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)




    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~

205 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:00:21 ID:0k9HZp.U
      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
   ( ( .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

206 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:00:49 ID:0k9HZp.U
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  はいはい。お約束終了と。 
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ      何の用事だ?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   年末は実家に帰省することにしまして・・・
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::) 
        / ||    ` ⌒|||   ,/    高速道路を利用して帰るのですがなにか
        / / |\/ /  /l |  ̄     ドライブ中にオススメなBGMはありませんかお?
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |            こう、眠くならないようなスピード感溢れるBGMを。
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

207 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:01:33 ID:0k9HZp.U
んなもん知るか!バッドマンのテーマでも
聞いとけ!
http://www.youtube.com/watch?v=X4ydxgekFls
      / ̄ ̄\                        ゙i\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ                       ゙i (,
    | ⌒(( ●)(●)                     i  ゙i
.    |     (__人__) /⌒l                     i|  i,
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                 i|  ',
    / ⌒ヽ     }  |  |                 i|   |i
   /  へ  \   }__/ /                i|.   |i
 / / |      ノ   ノ                ,.i.    |
( _ ノ    |      \´                 ,.i     ゝ
       |       \_,              ゝ      |i.
       .|         \              , '       |i.
       ヽ      \  \        /       |i.
         \      \  \      , '        |i.
          \     ( \   ,, ,. ,., ' , '    _/⌒  ⌒\_
            \    \ \  `゙ィ/   /:●))(__人__)((● \ ダークナイトは神映画!
                    , ,. /`    |     |r┬-|     |
                    ゙ィ/`, ' `   \      `ー'┃     /

208 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:04:29 ID:0k9HZp.U
           /:::::::ーヘ:{:..:.ヽ ∨:..:..:.l:::.::|:..:./:::.::/{_j^ヽ    /  厂ヽ
∠二≧ 、   __ 〕ヽ:..:..:\:..:..:.∨ ..:..:..:.:..:..l../..:..:..:..:/:::ィナ___ ′ ハ/ ̄ヽ
 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\  やる夫・・・!やらない夫・・・!
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \クラシック紹介スレでその狼藉は許さないわよ?
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||‖       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  ?U   |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||
  ‖ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |‖
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐−‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   > へ
  ̄`ー- 、 \ マ'⌒く /../^ーz一'  .:::.:::.:/::::|   ヽ::>、::.::∠ . .:..:..:..:.|/   ィ \
―- 、  {>、\:::.:::{::: .:::./ ― 、...:::.:::.:/:::::::|     {:::.:::.:::.:::.:::/..:..:/  ///

209 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:04:52 ID:0k9HZp.U

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   あーー!真紅先生だお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\   3ヶ月ぶりに真紅先生が登場だお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......




      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)     先生。久々の登場ですが
.    |       (___ノ)    今まで何をなさっていたんですか?
     |        ´ノ    
.     |         }      
.     ヽ        }      
      ヽ     ノ

210 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:05:19 ID:0k9HZp.U

   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |   訊かないで頂戴。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  まあ、色々あったのよ。色々。
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '     u イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

211 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:06:08 ID:0k9HZp.U

                                // /::/.レ          ,         、      ハハ i、     i:::::!    l::::i     !
                                :\__,/::/,/   ,       ,/         |        i ', .ハヽ   .|:::::!    l::::!.    l
                                `ヾ;;_::ー':/   /        ハ  ,'     l i    |   i | ', i ヽ  |:::::!    |::::!.    i
                            .       ハ:77   /       / !        l!    !  〃.}  } .| ハ |:::::|    |::::|     ',
     ↑のバッドマンのテーマのように          ハ:l .j / /       / |  i      l   | 〃!ム. | .i! 、ヽ !:::ハ    ,イ::::ハ     !
                                  ハ:;' .| / ィ    !     !  |  l      ! .|   ムナ"レ′ iV ! |、ハト、:::ト、 .ハ:::::| ',    {
ドライブにぴったりなクラシックも数多あるのだわ    ハ::l l/ /!  i! {.    |   ' .l!     /./| ィ7/ム‐,!-、-.、 } ハ V`ヾi . / \! ',    ハ
                            .     ハ:::| .ハ/ .| .ハ ',     .!  V il   ./レ ! ./ " ,イcf:) ハ // l |  |  } /     ∨  ハ
一部をかいつまんで紹介しましょう。      .     !、:::| i ,'| ! i l ハ. ト   !  _ヽト、 /   レ′  .弋_z歹 ./ /  !  ! , //       ∨  .ハ
                                  ヾ!.| l ! ハ | ト、ハ |ヽ,トメ二_ヽ∨           / /   .|  レ"           ∨ .ハ
                                   l .ト、 .ハ V::i \ヾ、 ハl'ハcf:).バ               / /   |  |           |∨.ハ
                                   ∨ ヽ ヾ、:|   ゙iヽ. ,ヘ弋z歹               / /   /.!  !             ', ∨ハ
                            .         ハ   |´::!  |   l,ハ       ヽ      / /   / |  |、            | ト、|
                                    |    ハ::::〉  ハ ,' ヾ、         < フ / /   ,.イ  .!  !::.\         l i! `i
                                   .ハ   / レ′/  /     ヽ          / /  / ,.<ハ. リ::.::.::.:ヽ        ,} }.i .|
                                   ハ  /     /  /      二> - __     ハ/,.ィ´-‐"::.::.::ハ リ::.::.::.::.::.ヽ     / リ ! .!
                                   ハ.  /     / ,/|,.-.、  _i´::.::/::.::.::.::.::.` ̄l ,'::/::.::.::.::.::./  /::.::.::.::.::.::.::.ハ、   / ./ ハ !
                                  ハ.  /   //,.! .!::.::.::.`ヽ、/::.::.::.::.::./::.::.::.::!|'´::.::.::.::.::.::./ , イ::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ、// / , }
                            .    / ./  // ,ハ |::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::./::.::.::.:O゙==‐、__,,.-'‐'´ .!::.::.::.::.::._,.-‐=≦'^>' ノ /
                                / ,イr-.、_ヾ.く   {::.:ハ ',::.:/::/::.::.::.::.::.::./::.::.:_,,.-=≦三―‐-三二-‐='"´      ` ̄ ̄´ノ!
                            .    / | ヾミ `ヾ、 ',::.::. 〉〉::.::./::.::.::.::.::.::./f` ̄  ,,.-――ァー-ァ ∠,.-――-- .、

212 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:07:48 ID:0k9HZp.U

  ほほう・・・
        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \ それは気になるお・・・
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――





        ,.---r--'  lヽ../                `ヽ `ー 、
         〈 、-{   /} .}                   \.   ヽ
      ./ゝ. ヾ)  〃!:´ノ                   、 ヽ  .ィ’
      / ,..ィ"´  .ハ!} ,'       ,      、        ヽ ヾヾ.
     .// /l_   ,' {l ヽ.   /  .!      ',  、     、 ', ',  )  ではさっそく、聴いてみましょう。
    /.{ /    ) .!  !  ノ   ,'   {       ト. ト、    ', ヽ Yi
   ハ Ⅵー''1´  {  i (   i l i ト、!     ,,.!-!‐-!、!    ト. i! }:|
   .ハ  `T゙∧   {  !  `i  i!_ム-!<:l´ト.    从! lj l` 、  }:} !i ;:|
   ハ  //Ⅳ.Kフ. ', {  ノ,.-〈、 ! ヽN、 ゝ.  .//レ'¨心レ{、! ,' i / } /:|
  ′ .// ' i::{   '.__ヽi ト、 レ'f=心、   ヽ'  弋zソ " } ./ ヘ// :!
  ,'   // ,'  |::|ヾ、_ f 、 `ト! ヾ 弋zソ         ̄   /ィ/ォ  i´  :|
 ,'   〃.Ⅳ  .|::| ',. {:{) ∨ `.、ハ.  ̄       !     ´〃 !|  !  :|
 !  /   .i   !::!  Ⅶi゙ヾi   ト、.ハ             ,'/! :!',  ',.  :!
 ! ,/    !  .|::l  l| |  |  :ト∧. ',       ´ `    ,.イ」 | :| ',  ヽ. :|
. ハ’    .i   レ’ 1 .|  |  :| `ヽ ト.、        ,.ィ≒ュ_..| :| ヽ  ',.:!
/     .l      | |  |  :|r≦:} }'´¨` ー‐r:r<     | :ト、 ',  }|
      |      | |  |  :|ソ´ | |     ヾ.        ヽヽ. \. !|
      |      } }  |  :|  ノノ    f"三三゙ヽ.    \\ノ }|

213 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:08:13 ID:0k9HZp.U

             /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
交響曲第7番 第4楽章/ベートーヴェン
http://www.youtube.com/watch?v=OpU0gfZDmFk

祝・のだめカンタービレ映画公開☆

ベートーヴェンが贈るダンスチューン。
ワーグナーは、このリズミカルな交響曲を「舞踏の聖化」と呼んだ。

ベートーヴェン「刻むわよ!波紋のビート!」
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

214 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:09:06 ID:0k9HZp.U

                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ボンボン
       エナジー    / ̄\     ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;    / ̄\コーエー
       / ̄\    |    |  ;' ';';';;;/ ̄\';;'';;; ;;'';;'';|     |     / ̄\
      |     |    \_/;';;' (__)';';|     |;';;;';(__)';'';\_/     |     |
ドンマイ  \_/       |       、,\_/ 、/      |          \ _/  オプーナ
         _|_   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(|ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    . _|_
      /      \/  \ /  \./  ̄ ̄ ̄\. /   \ /  \ ./       \
   /  \  /  \. ⌒   ⌒ /  \ /  \  ⌒   ⌒ ./   \ /  .\
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

ラコッツィ行進曲/ベルリオーズ
http://www.youtube.com/watch?v=8yFU8SikrKA

劇音楽「ファウストの劫罰」
ゲーテの「ファウスト」を元ネタにした劇音楽である。

このラコッツイ行進曲は、ハンガリーの民謡をもとにした行進曲。
この民謡が気に入ったベルリオーズが、劇音楽「ファウストの劫罰」に挿入した。

ベルリオーズは極端な音の強弱で人を脅かせるような音楽を作る。
その特性がよく現れた軽快な行進曲。

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

215 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:10:10 ID:0k9HZp.U


                 ___
              /`ー―':\               ,.‐冖r―‐rrー――‐┐r―冖―┐
                 /:       ::',               ,.ニ7 ニ7 ノ] |:| r―‐┐|⊥二 二.⊥
             |::. __  __":::|              ,ニ7 r┼'┴‐!:| ゙ ̄ ̄ トr―――‐┤
              厂;!:'てO>! KOアヽ}¨ヽ            / / _]| iコ !::`フ T F-、|  二二  |
           {ハ{  ´,.ィ' ヽ.`  :|ノ/          /   ヽ;|__|/  /! |  |」,.ヘ二フ\!_
              ヽハ. _/ノ'‐-‐ヘ、_.:;!'′          |/\___」::! /:::|_____∧_ノ/:\._」
              |i::.{.ハ二二¨フノ/ト、_____        \:::::;ヘ;:::::::::::::::Χ::/!::::::::∧::::::;.ヘ、:::::;ノ
              |ヽ.ヽ`ニニ´イ/:i:|ヽ、   ̄`ヽ、      `′  ̄ ̄ ̄ `  ` ̄´  ̄    ̄
              人 \.___;ノ :ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::/: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧   
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|  
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::. . . . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|  ..:ノ :. ヾ、
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.:|
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/
  ヽ!::::::{ :..  ̄ ̄厂:く__,.-‐''    ..|::::::::::::::|!:. .   . .. ... - =_ヲ''ーヘ
   |:::::::| .. ー―‐イ:::[___,.    ...::|::::::::::::::|!__,,..-―‐''フ ̄:.   :  .:|
   ヽ::::ヽ ー―ノ::人______,,.   ...:::|::::::::::::::|!    ..::/:. .. :.     .::|
    \:` ̄¨´/  `'-、‐' ...::::ノ|:::::::::__;;|! ..::/:.: :::. . .::..   .:::|
        ̄ ̄        ̄ ̄´  ` ̄

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

歌劇「サムソンとデリラ」より バッカナール/サン・サーンス
http://www.youtube.com/watch?v=URXS2cdYN_c

フィギュアスケートでよく使われることが多い。

アラビアンナイトを彷彿させるオーボエのエキゾチックなメロディから
スタートする劇音楽。カスタネットの刻むリズムは次第に熱を帯び、興奮のクライマックスへ!

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

216 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:11:04 ID:0k9HZp.U



           ト、 |:::::::\{::::::::::::\, ィ´  ̄ `ヽ、        |、
           |::丶 ',::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \       |::!
          |::::::`\:::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__,ノ:::|
            ヘ:::::::::::::::ヽ::: /: /:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___,ノ
         \、 ヽ、::::::::::::V::,イ,イソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ヾー-`--‐'´ル'/y'゙::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: \:::::: ヽ
               \:::::::::::::::: ,勹::::;ノ ::::::::/`'' ‐- .__::|:::::::::::::::ヽ、:::ヘ
   __       _,.-‐ ´,ゝ、__:::::〈 //:::::::::::,㌧.___    `!::: |::::|:::|: |ャ:: |
\/  `ヽ、''´,,ィァ' ア´イ´/-、::/'| ::::::::::: /‐ヘ\_,|`7_>|:::::|::: !:::!::| ∨:|
ノツ`>、   /''´//;ノ::|1´ \ \|::::::::: ,イニニ^¨´',ノv'_フj:::: !: /::;ハ:! V:|
〉、ィ o/ /ヽr'‐'´::/___:!ヽ、   \ `ヽ、::| !     { `¨´ノ|::: |/|:/ ||  V!
 `¨´ / ノ::.::, =.ニ二ヽrー-- 、ヽ r_'ヽ ー 、__r ′ィ´/|::: レ'|′ |!  リ
ヽ、__,ノ、/::., -‐r_ァ'´_ ̄ ̄ }ヽ.人  |l | |  、ァ, イ|ノノ:;'|::!::::|    ノ
 イ/  ノ/::.'´:`¨_´__  ̄ヾ、:::\ヽ !l | |ヽ__,.イ j_レ|:/_j_|:::ノ'´:}、_
/ ,' / ´ィ´::.,ィコ´___'__j ̄ ̄` :::}ヽ:∨ ! |-':::Vィ',ィ^Vノ-r`':::::_'__:::}、_
,ノ///::.::./:rミ´、____>、 ::::::,′j::ヘ ヽ!_/ィ´:ヘ |!、::j l::::/ i`ヽ、ノ、
 i/´::.: /::.::.:`ヽ___{____,:::::::ノ /::::;ハ、::.´::.::.::.::.:`´::|:::::|: ー、|rチy'i j
 |::.::/::.::.::.::.::.::ゝ、_`_ァ'´:::::::`ー':::::,'/ `ヽ、::.::.::.::.::./ヽノ::___:::`:く 〃
 |::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.// ̄ ̄`ゝ、__,〃    `iヽ、::.::.|:::::::V´`ヾ::::: ソ
 |,'::.::.::.::.::.::..::.::/::.;ハ:::::::::::::::::/`\    ,ノ:::::::\|:::/   ヽ/

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
スラブ行進曲/チャイコフスキー
http://www.youtube.com/watch?v=oy-bDe6PBp0
アラビア地方の民謡をモチーフにした、チャイコフスキーの軍隊行進曲。

戦争をモチーフにした同氏の作品としてはナポレオンのロシア遠征を描いた「1812年」がある。

が「1812年」はチャイコフスキー自身はあまり乗り気で作った作品ではなかった。

しかし、この「スラブ行進曲」は、
オスマン帝国軍によってセルビアのスラヴ人が多数殺害された事件に対し
怒りを覚えたチャイコフスキーが、追悼演奏会の為に作曲した。

五日間で作曲したというこの曲はまさに燃え上がれ闘志!
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

217 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:11:39 ID:0k9HZp.U
               rニYニヽ          , ---一 、
   |レ               //__殺_j |         / 教レオ i
   !!_           イ t` !_,` } |        ,'  えイ.レ i
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj        l  てプ.が |
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、    |  やの本 |
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈   .|  るや当 |
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|   `|    り.の |
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ',   |    方  i
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ',  ヽ   を  ノ
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  |   ` ---一 '
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |
    //  / l  | ',ニ二ニニi |ニ二Y   ', |
.  //  /   l  } ヾニ二ニi |ニ二イ   ', ',
/ /    l    レミj   {ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    {三i
 / i   /    } ヶ / `丶、 _, -'´ |    } ヽ
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
「展覧会の絵」より バーバヤガーの小屋〜キエフの大門/ムソルグスキー ラヴェル編曲
http://www.youtube.com/watch?v=r7Uz3qGsu5Q

バーバヤガーとは、ロシアの民話に登場する魔女。
キエフとは、現在のウクライナのこと。(ロシアの西に位置する国)

魔女の住まう館を描写した音楽+キエフのそびえたつ堂々たる門を描写した音楽

メタルとも、ハードロックとも評されるクラシカルロックを堪能せよ!
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

218 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:12:19 ID:0k9HZp.U

祭りの会場はここか?     腕が鳴るぜ      踊るぞヤロウども!
                   ____
       ∧         ∧ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i\ , -``-、         , -``-、
        / ヽ        ./ .∧ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ   \      /     )
     /   `、     /   ∧  `、;;;;;;;;;;;;;;/  \    \    /    /
    /       ̄ ̄ ̄    ヽ           ヽ    ̄ ̄     /
  ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄祭り命 ̄ ̄ ̄ ̄) ̄祭り命 ̄ ̄ ̄)  ̄祭り命 ̄ ̄ ̄)
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  /:::::::::: ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /=・-   -=・=-  |・=-   -=・=-  | 
  ヽ:::::::::::    \___/    /  \___/   /  \___/   /
    ヽ__::::::::::::::  \/     /::::::::  \/    /:::::::  \/    
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
謝肉祭序曲/ドヴォルザーク
http://www.youtube.com/watch?v=4znvl9Sdflk
 
欧州のお祭り、謝肉祭を描写した音楽。
この曲を作曲した頃、ドボルザークは
プラハ南方地方の自然豊かな村、ヴィソカー村に滞在していたので
そこの人々の交流が基になっているとも。

にぎやかなお祭りのはじまり、そして、心静まる中間部
そして回帰する謝肉祭の熱狂。半音ずつ上昇し興奮の渦へ巻き込んでいく
ドボルザークの妙手をご堪能あれ。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

219 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:12:51 ID:0k9HZp.U

          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  屋上へ行こうぜ・・・・・・
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
レクイエム「怒りの日」/ヴェルディ
http://www.youtube.com/watch?v=BZ2OAS9UTCA

バトルロワイヤルやエヴァンゲリオンでおなじみのレクイエム。
その歌詞を一部紹介。

Dies irae,dies illa solvet saeclum in favilla,
(怒りの日、その日こそ この世が灰に帰するなり)

teste David cum Sibylla Quantus tremor est futurus,
(ダヴィデとシビラの共なる予言のごとく。人々のおそれ、如何ばかりならん)

quando judex est venturus cuncta stricte discussurus.
(審きの主の来給ひて 全てを厳しく糺すとき)

Tuba mirum spargens sonum per sepulchra regionum
(妙なるラッパがその響きもて もろもろの墓の上に鳴り渡り)

coget omnes ante tronum.
(全ての人々を御座の前に集めん)

さあ、一緒に歌ってみよう。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

220 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:13:26 ID:0k9HZp.U

         /" ̄ ̄`ヽ.    /⌒ヽ    ,-" ̄ ̄"\
  ∩/^l   ( ┬ 、    \ヽ二" "二//     ┬ )   l^l∩
⊂l ヽ(    \l⌒\ i⌒_.\|    |/_⌒i. /⌒l/    ) |⊃
  \__(二l ̄ ̄`⌒ヽ\ヽi\\<\i/>//i/ /⌒´ ̄ ̄`l二)__ノ
        ̄`-ヽ___\ヽヽ >.⌒""⌒.< ./ /___ノ-´ ̄
             ̄|\//"i;;;Д;;;i"\\/ |
              i//| i ヽ;; ;;/ i l\\i
  .          //i | i  |; ;|  i |. \\
             (,,."i i | i  i; ; i  i l  i ".,,)
             /⌒⌒ヽ- |; ;|-/⌒⌒ヽ、
             ( ´"ヽ \ ;;;i;; ノ;;;//"` )
             ヽ  ::ヽ_,i,__/; ;ヽ_,/ゝ'` /|ヽ
             /.|"-ヽ/:\|;; ;;| /ヽ/   | i
              / :|; :/ ヽ:::::|;; ;;|:::::/ヽ   | |
            i  |⌒l.___ |:::::i; ;i::::::|_i_ ヽ|⌒| |
            ヽ_|     `-' l ;i`-'  `--'  |_ノ
                      i|i
.
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
バレエ組曲「火の鳥」より魔王カッチャイの凶暴な踊り/ストラヴィンスキー
http://www.youtube.com/watch?v=XzDo-BX74uU

ストラヴィンスキーの3大バレエ曲のうち
特にオーケストラで演奏される機会の多いバレエ組曲「火の鳥」

凶暴な踊りという名前だが、実際はメダパニを食らって混乱状態の
魔王の様子を表している。

何回も何回も盛り上がるその曲はまさにラスボス戦の様相を表しているようだ。
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

221 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:14:01 ID:0k9HZp.U

       まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇
交響詩「ローマの松」より アッピア街道の松/レスピーギ
http://www.youtube.com/watch?v=1oqasTguizM

古代ローマの幻影を、幻想的に再現する音楽。
心臓の鼓動のように迫ってくるリズムが、徐々に私たちを興奮の渦へ巻き込んでいく。

レスピーギ自身の言葉を引用しよう。

「アッピア街道の霧深い夜あけ。
不思議な風景を見まもっている離れた松。果てしない足音の静かな休みないリズム。
詩人は、過去の栄光の幻想的な姿を浮べる。トランペットがひびき、新しく昇る太陽の響きの中で、
執政官の軍隊がサクラ街道を前進し、カピトレ丘へ勝ち誇って登ってゆく」
◆─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─◇

222 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:14:30 ID:0k9HZp.U


     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\  結構あるもんだなあ。
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |   謝肉祭序曲の後半の盛り上がりが気に入ったぜ。
.   |   ` ⌒´  }
    |         }
    ヽ      /       / ̄ ̄ ̄\
    __ヽ    ノ__      / ─    ─ \  やる夫は邪気眼臭のするレクイエムの歌詞が気に入ったお・・・
  /         .ヽ   /  (●)  (●)  \
  ||        || . |    (__人__)    |
  ||  ・    ・ ||   \    ` ⌒´    /





          rーイ ̄¨ト、-┐
        ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
       _i -、_>- --- <:::::┴i    私のの独断と偏見で選ばせてもらったけど
      〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
      _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉     CDショップのクラシックコーナーには
        ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、       この手の曲ばっかりあつめたCDなんかも
.       九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ      売られているから 気になったら聴いてみるといいわよ。
        /|_ト、  、--,  / / .\ ヽ
        /(_/.:.:.>、`___イ-_}   l  |
        .|  \:} 「て) .く二}  |  |
       .| |  レ"= 介、__l:::::\ .// /
          | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>
.         ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
              i、_ソ  i、_ソ

223 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:14:53 ID:0k9HZp.U

        _____
  _ _(_) / ⌒  ⌒ \
 l_j_j_j^⊃(●)  (●) ヽ        ありがとうだお!
  ヽ / ::⌒(__人__)⌒::: | (_) _
   | |     |rt- j   ⊂_ l_j_j_j     早速探してみるお!
   | ヽ    `ー '   /__ ノ ̄
  /  `ー――― ' ノ           これで車の運転も退屈せずに済みそうだお
  |        /ー'
  ヽ       /
  / _\ \_ノ
  U (⌒ _ノ





     / ̄ ̄\               
   /   _ノ  \     
   |    ( ー)(ー)    スピードの出しすぎには気をつけて
.   |     (__人__)     安全運転で帰れよ。
    |     ` ⌒´ノ    
   .l^l^ln      }     
.   ヽ   L     }  
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

224 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:15:18 ID:0k9HZp.U

           , -‐ 、___
        , '⌒ニ': : : : : : : : : :Y
         ゝ: : : : : : : : : : : : : (ヽ_
       ,.  - ァ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ__
     /.   /: : : ::,   ――-、: : :(:ヽ し 、
    弋 / : :, '´         `ヽヽ:丶  L
      Yヽ: ::/               Y :!:l   /┐  大晦日はジルベスターコンサートを見ながら
       ( : ,′   l     !     ):|::!  )X、  年越しするのよ。
         ヽl   lヽl{ .ト、  /} / レ (_ l::l  (.|シ
.  , ┐    .,l ト !. rzュ、ヽノ ィ-z、 lシ r 、r'´ !ll    そしてその後にさだまさしの番組よ。分かってるわね、やる夫。
.  l  l    /lヽ|∧找ツ   ヒシ .l う人ソ  l l|
  ヽ(    '´  ! ∧    __   / .l'". ''|  l
    _      l />r― ,.-、‐<l トヽ  l  .l
   ヽ ヽ   / 」 /l::::::::ゝノ::::l/ノノ  |  |
    ` ′<⌒<ヽ: :└ ァ:::::::::/ '_"コ  !  、
        7 r-、ア: ::r'´:::::::::└<ノ_  , l ヽ
      /∧ ̄〈: ,、`'2_/- )_</: : フ  ', ト ',
    _/, /  ,`ニY'´: : : : : : : :l/( ̄    ', ヘ、',
-=ニ<_ ノ=: :´: : : : : : : : : : : : : : : >、   ', lヽ',
  `<ヽl: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`―┐ゝ- )
., -< , 人: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : ┌'"´-=ニ二 _
'-―=- > ` - 、r―、: : : : : : : : : : : :/::)>―--  >
 └ ァ, フ     ̄ '-<⌒ヽ__, -'   ゝニ二 <
   `‐-┐       }`┐ Y"     r-ヽ=''"
       ̄.        ト、├ '!      〈
             ヒツニソ

225 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:15:33 ID:0k9HZp.U


       ____
     /⌒  ⌒\   
   /( ●)  (●)\   OKだお〜!それではよいお年をだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

226 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:15:46 ID:0k9HZp.U

                                    \ヽ, ,、
                                      `''|/ノ
                                       .|
                                   _    |
                     ,、              \`ヽ、|
                    ヽYノ              \, V
                  r''ヽ、.|                  `L,,_
      ,、           `ー-ヽ|ヮ                    |ヽ、)
     ヽYノ          __ .`|                  |
   r''ヽ、.|         /::::::::::`ー|                 ノ
   `ー-ヽ|ヮ       」::::::::::::::::::::゙ト、               /
     .`|        ヾ::,.-――ヾ\ _           |
       |         / /  / ハ ヽ、::「!:::〈_            |
   / ̄ ̄\      i i! \ l !/ i',::!|ノi ハ           |
 /   _ノ  \     ヽ  } ┃ ┃ .!:リ-、!  |        _|___
 |    /゚ヽ/゚ヽ     | /""    ""|l{薔}i  |       /      \
 |     (__人__)     | ゝ、 fヽ   |7'¨´|  |     /ノ  \    \
  |     |'|`⌒´ノ     | K¨{薇} ̄∧   |  |    / /゚\  /゚\    \
.  |.    U    }     | ./ ヽ:介、,,/:::ハ  |  |   |   (__人__)        |
.  ヽ        }      | \:::ハ::::::::;イ  |  |    \  .` ⌒´|'|      /
   ヽ     ノ                       ノ     .U     \
                                               つづく

227 ◆xZ/MsbYZI6:2009/12/27(日) 22:17:26 ID:0k9HZp.U
短めです。以上で投下終了です。

年明けぐらいから、またひとつの曲に絞っていろいろ
解説なんかをやってみたいと思います。

よかったらまた見て下さいね。

228どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 22:24:35 ID:JRhv7O4k
久し振りの投下乙
嬉しくなったから今年はさだまさし見ます
よいお年を

229どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 22:25:55 ID:LoEoQdjI
乙でした〜

230どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 22:53:42 ID:/4K80atE
帰還…だと?

231どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 23:13:29 ID:xTw94Qy6
おつでした。

車に乗せるクラシックって、結構悩みますねぇ。
行進曲系が多いかもしれません。

曲名出てこないけど、一本でで40分ぐらいのヤツをよくかけてます…
軍系の曲で、調子にのるとスピードが出ちゃう

232どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 23:30:08 ID:dR4XaMNM
乙!

233どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 23:40:38 ID:y1z6UD1Y
乙!

234どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 23:43:55 ID:C6g43.Fc


235どこかの名無しさん:2009/12/27(日) 23:59:31 ID:LB8LQxJk

なんか戻ってきてくれる気がしてずっとみてたよ。
シベリウスが好きなんで気が向かれたらシベリウスもやってください。
カレリア組曲とか好き。

236どこかの名無しさん:2009/12/29(火) 01:07:53 ID:SAum/udE
乙!というか久々だっ!

自分は車に乗る時は、
ニコニコ動画の「突撃したくなる曲集」をかけてる
欠点は、ついアクセルを踏み込みすぎてしまうwww
アッピア街道いいなあーこの迫力

>>224
>大晦日はジルベスターコンサートを見ながら
>年越しするのよ。
>そしてその後にさだまさしの番組よ。分かってるわね、やる夫。
あれ、自分いつ書き込んだっけ?

237どこかの名無しさん:2009/12/30(水) 15:15:43 ID:sjvCENmY
自分もやる夫みたいにクラシックのこと全然わからないんだけど、
フランソワっていう人がピアノ弾いてる曲聞いて
感動して泣いたことあったなぁ
これはやべえ…って思った
出だしでパーンって凄い音がする曲なんだけど、あれ何の楽器なんだろう

238どこかの名無しさん:2009/12/30(水) 16:04:29 ID:oMDHN6T2
>>237
完全に当てずっぽうなんだけど、ひょっとしてこれだったりする?
http://www.amazon.co.jp/ラヴェル-ピアノ協奏曲-フランソワ-サンソン/dp/B00069BO6O

239どこかの名無しさん:2009/12/30(水) 17:46:55 ID:hTsYpSB.
>>237-238
http://www.youtube.com/watch?v=Cq7O8QI3gt4
ほんとだ、出だしで変な音が・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2_%28%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%29
編成から推測すると、鞭じゃないかと

240どこかの名無しさん:2009/12/30(水) 20:18:05 ID:sjvCENmY
フランソワ-サンソン、その人で間違いない、曲もそれだ!
やっぱここ詳しい人多いんだなw
あれ鞭だったんだね

ちょっと、CDほっくりかえして探してくる!

241どこかの名無しさん:2010/01/01(金) 15:32:30 ID:HTYubwgs
ベト7以外イロモノばっかじゃねーかwwwwwwwwwww

242 ◆xZ/MsbYZI6:2010/01/31(日) 22:00:55 ID:VymAmz4U
こんばんは。>>1です
お久しぶりです。

「真紅先生とクラシックを聴いてみよう!」ですが
ちょっと行き詰ってしまったので、一旦ここで終了とさせていただきます。
読んで下さった方、ありがとうございました。中途半端に終わって申し訳ありません

番外編として、現在「やる夫は交響曲第9番『新世界より』を作曲するようです」を準備中です。

完成したら、このスレに投下したいと思うので、その時は良かったら見て下さい。
2月中旬ぐらいに投下したいと思います。

243どこかの名無しさん:2010/01/31(日) 22:03:39 ID:S6k9i83M
真紅先生そんなんだから不人ry

次作楽しみに待ってます。

244どこかの名無しさん:2010/01/31(日) 22:13:22 ID:nlI/ucSk
スレ開いてたらレス更新来てビックリしたw
面白いスレだったから終わってしまうのは残念だけど事情もあるようだし仕方ないね。
今までお疲れ様でした。次回作も読ませてもらいます。

245どこかの名無しさん:2010/02/01(月) 00:27:03 ID:FA/.rpWo
了解、ドヴォ9待ってます!

246 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:08:09 ID:gAX4ML/Y
こんばんは。



>>243
>>244
>>245
どうもありがとうございます。感謝…!



やる夫は交響曲第9番「新世界より」を作曲するようです
本日22:30から投下したいと思います。

全4話。本日は第1話を投下します。

247 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:30:25 ID:gAX4ML/Y
投下します

248 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:31:13 ID:gAX4ML/Y


   .....   "''''''""""""''''';:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                           ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        .......
、、、、、.,;:'''"""                               ""'''''"''''':::::;;;,,..;;::....................__,
__________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ ___________
::::::::::::::::::::::::...... ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........        .............::::::::::::::::::::::::::::............. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::......   .........::::::::::::::::::::::::::::::::::::....... .......:::::::::::::::::::::::::::::::.......   ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..................  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.................  ................::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::...... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................  ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......... .........:::::::
::::::.....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............   ..........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::.......... ...................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...................  .........
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


世界三大交響曲というものをご存知だろうか。
一つはベートーヴェンの交響曲第5番「運命」
一つはシューベルトの交響曲第7番「未完成」

そして、もうひとつはドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」である。

249 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:31:31 ID:gAX4ML/Y

                    ハ
                     /∧
                 ///∧
                  I┴┴I
                  不スス不
                  |    |
                  |    |   _r‐=='^ ∧ー- 、                          r7_
                  |    |- '´..:..:..:..:..:.. f二j..:..:..:.ヽ _ r 、         ,. -─一¬二三//:..:..:
               r ー|    |:..:..:..:..:..:..:..:..:..|  |.:..:..:..:..:..:..:..:..: `ー-- 、_/ 同:..:..:..:. 内ハ..://..:..:..:.
TTTTー--一Fテ三] 「|-‐'´..:.. |    |.:..:..:..:..:..:..:..:..:.|  |:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..|叭≧≦片爿:レ'.:..:..:..:.
立立立立立立立立≧、 :..:..: |    |..:..:..:..:..:..:..:..:..:|  |..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.上士士士士士士士士
工工工工工工工]   L≧ |[]  |三三三三{r二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二ュ_ ..: :.:. ....:.:. :.:. ..:.:.: :.:.:. ... :.: ..:.:.:.: ::.: .:.:.:.: :..:. .:.::.:.: :.:.:. .:.::.: ..::.: . :.:.:. :
_______________|: ..:.: :.: ...:.:.: :.: ....:.:. . .:.:.: :.:.:.:.: .:.:. ..:. :.:.: .:.: .:.:.: ..:..:: :.:.: : .:.: :: .:.:: .:. :
. :::.:. :. .::.. :. ...::.: : :. :::.: : ::.. .:.:...::::. : .:: : ::.:.: ..:.: :.:..:. ..:.:.: : ..:.: :.:.:. .:.: .:.:..:. .:.:.:.: ::.:..:.:. .:.:. :.: . .: :.:.: :.:.: :.:.: .:.: :.: .
:...: .. ::.:.: ...: ::..: :::: :. :. :..:::. .: :.::. : . . .: .:. :.:.: .::.: . :.:.:.::....::.: .:.:.: .:.:.:.:. :.:.:.:: :: .:.:.: :.:.:.:.:. :::.:.: .:.:.: :.:. .:. :.: .: :.: ..:.: .:
.. ::.:. . .: : :. :.: :. ::::.:. . :. :. :....:::.: : . :...::: : .:. . :.:. .:.:. :.: .:.:.:. :.:.:. ..:. :.:.:.: . ..:.: ..: ..:. ::.: . :. :.:. .:.:.: .: .:.:.:.:. :.: :.:.: ..: :..
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

交響曲第九番「新世界より」は、ドヴォルザークがアメリカに滞在しているときに作曲された。
どのような経緯を経てこの曲は作られたのだろうか。標題の「新世界より」の意味とは?

ドヴォルザークがアメリカに滞在した3年間を追いかけてみよう。

250 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:31:47 ID:gAX4ML/Y



やる夫は交響曲第9番「新世界より」を作曲するようです ♪第1楽章♪


                                                   ,,,
                                             _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、_r−lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I−lT┐┬

251 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:32:04 ID:gAX4ML/Y


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :  :   :         :   :  :  : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :: : .                     ,-⌒一_..._  . : :: :::::::::::::::::::
:::::: :: :                       __,,.-" ..::⌒ヽ^~>     : :: :::::::
                            ⌒ 〜^―~⌒ _      _
   _へ"⌒‐-、_ .__ __ _                         |  L___」  |
   ̄⌒^^^^ ~^⌒' |lliiiiiiiiiiiiill|  _ -"⌒ヽ.._            | i========il |
            |lliiiil⌒liiill|   ^ー- ''^   __      | i========il |
            |lliiii|≡|iiill|         l77|||||ll::l       | i========il |
           zL|lliiii|≡|iiill|         |//||||l::::l       | i========il |
          |T:|lliiii|≡|iiill|         |//|||li::: |___     | |}]―━―[ll| |
  ―┐ ィェェェェェェT:|lliiii|≡|iiill|_        ┌‐|//||li::::::|◯l―┐| |≡≡≡≡|| |
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:|l]]]]]]]]]]l甲|―┐ -- : |.._」//!il:::::::|\\|iiiill|同TTTTT −コ「
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:||三三三{⌒h≡≡≡―|EEEEEE三三三三三三lココココココココ
 ”.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'
 ⌒..~^..⌒ 〜...^...~ 〜... ⌒ ...^〜~..⌒~...^~ {i二二二二二二二二フ  ̄ ̄ ̄
 _::: ::. . - _ :: .:.. - :::.. .:__ ~:: .: --__~ ::. :___..  |_l |,,,;|_l 」,,,;;|_l 」;;/        .
 − ‐ ~ _ __  ~   ‐ ‐  ‐‐_  _〜  〜~⌒ - ~ _..⌒~/          :
  ---       --   ---  ~      ---  - -   /           ..:
 -     ― 〜    〜〜    --  ~   〜  ~_  /             .::
    ~~~  〜   〜     〜   ..  ―−   ~_  /           ..::::
  ~~ 〜〜 ^~ 〜〜  ~ ~~  〜〜〜〜 ~     /         ...........::::::::::

1892年9月  アメリカ ニューヨーク

252 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:32:48 ID:gAX4ML/Y




              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \   ここがアメーリカですかお
           |     (__人__)      |
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ   ノ

やる夫・ドヴォルザーク






      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \  渡米早々はなをほじるんじゃねーーー!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\ フーアーユー??
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

253 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:33:53 ID:gAX4ML/Y

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  俺はやらない夫。ドヴォルザークさん。
. |    (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ  あんたの身の回りのお世話をさせていただく秘書だ。
.  |         }
.  ヽ        }   よろしくな。
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   猟奇的な秘書でございますこと…
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

254 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:34:21 ID:gAX4ML/Y


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |  あっちに馬車を用意してある。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /  早速音楽院へ向かいましょう。
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \  馬車?大都会ニューヨークに?
     /   (__人__)     \   珍しいお。
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \

255 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:34:50 ID:gAX4ML/Y

                    、-‐‐‐--// .
            - ‐ - r ' ´;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;`ヽ.  . - ‐ - .
         ,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;ヽ;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;ヽ.                    ・゚゚・。
      ;:'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;/  |;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,                 ・・。 /ゝ 
     , ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. - ‐ - .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. - ‐ - ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ               ./⌒/"、⌒ヽ
    , ';;;;;;;;;;;;;;;;;r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、       〜 | :::::::○::;;::○;|
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|― 、  〜    ヽ,,:::::WWW
   i;;;;;;;;;サーバー夫人の;;;;;;;;;-‐―- ;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐―- ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/ .ヽ.     /~(・ω・;)  
   i;;;;;;;;;;;趣味だ。この馬車は    `ヽ;;;;;r'      `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     '  /: :/:つO  
   l;;;;;;;;;;;;;/  __ ,   Y                 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|)―─|∠;;;;/:::: :.:,:.ノ
  | ;;;;;;;;;;;;| / _ノ \   |         | ディズニーランドの;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/  i  /(/~(/'~"
   |;;;;;;;;;;;;||:|  ( ● ●)  |         | アトラクションかお?;;;;;;;;;;|;;/ヽノ./〜
.   |;;;;;;;;;;;| |  (__人_) .. |         |     ,_‐‐‐‐_、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /
   |;;;;;;;;;;| !   ⌒/  |         |   /(● ●)\;;;;;;;;;;;;;;;;;; |/ ./
.     l;;;;;;;;| rヽ   ノ   |        .|  ( :::: (_人_)  :::: );;;;;;;;;;;;;;;l;//
    i.、;;| /   ヽ、\  |======.|◎ >     <;;;;;;;;;;;;;;;//
      ヽヽ:|     .ニつ|;;§ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ◎ お菓子 ◎ |;;;;;;;;;∠;/
      / ̄ ̄ ̄ ̄\.ノ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ___/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
.     / \  .│ ./ .:Yヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;/:\   |:. ./ .ヽ
     i   \ | /     i//`ー-----‐‐///////l..   \ | /    i
    |:───○───:|/////////////////..|:―──○───|
ゴ ロ   i   / │\    i.=========.i   / │\   :i
  ゴロ ヽ/  .:|:.  \./       ゴロ       ヽ/   .:|  \/
  ε=   ` ' - -- ‐ ' '          ゴロ  ε=  ` ' - -- ‐ '

256 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:35:13 ID:gAX4ML/Y




               __
             ,r‐':::::::::::::\
          「:::; -―- ::::ヾ、
          У´ //  、 ` ヾ、\
         ハ/,. i,イ .! |  ヾ!|:::}
        ∧| !'㍉|レ!,ト」 |i ,' }@{
        //!i l`ヒj   ヒンレ∠:{ハ   さて、二人が移動中の間
        /_,-、!lゝ、 っ  ゙"〃ノ | !|   ドヴォルザークの簡単な経歴について説明するのだわ。
     //`T´〉´{薔} =7イ   | !|
   /, ´  {ミ!::::ト、, l!ヽ. {彡}ヽ_ | !|
 ,/ /,    ヽ;:ノ |ノ| `| {ミ} :: ヽ| !|   え?私は通りすがりのクラシックファンよ。
 l i レ,     'ーイ l ^ヽ.! ,テ ::/.| !|
  `f≦     / :: :: 7~~/~~ ヽ. | !|
   テ    / :: /ヾ/ ::: ::: :::ハ≧〈
    _,,.-‐':: :: ゝ_,r′::: ::: ::: :::: ! テ
   ヽ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ′
    ゙ト :: :: :: :: :: ヽ :: :: :: :: :: : /
     ゙{_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
      `ヘ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >
        |~~/` ̄`ヽ~',ヾ^´
        }ニ}     )≡i
         i" ハ   〃 ̄ヽ
       ゞニノ     ゝ== ′

257 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:35:36 ID:gAX4ML/Y



      __
     /― ―\
   / (● ●)\   ちなみにサッカーのトルシエ前日本代表監督も
   (   (_人_)  )   実家は肉屋だそうだお。
   ./..  ∩ノ ⊃|  |
   \ V_ノ_|  |   
     \/__/

┌──────────────────────────────────────┐
│ドヴォルザーク(1841-1904)。彼は1841年にボヘミア(現在のチェコ)で生まれたの。   ...│
│彼の生家は宿屋兼肉屋であり、いわゆる商売人の家に生まれた子供だったのね。     ..│
└──────────────────────────────────────┘

258 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:35:57 ID:gAX4ML/Y


                        _,.  ー- .
    __                   〃⌒X´ー-、\ヽ,__r、>┐
     {fT"                ‖  / ヾ\\ `ヽ { _,ムニ_}'´レi,、_ハ_
    |i!|                 }l  //ハ \\ r'r'ilr‐、iiッ-‐truvァ〈
    |i!|               { いj /  `ヾ、\ ラゞ:゙-={ィ{くィiゝニY´
    |i!|                  ヽYイ/     \ヽ`7 tf、 〉トr、イニ彡'
    |i!|              〈ミ> ⌒ヽ   `‐┴ァtz{ljz{lト、j´
    |i!|               ,Y}i rf子ミ、    ̄`ヾ {llレ'N》    ドヴォルザーク君は上達が早いかしら。
    |i!|                _ゝf } 辷テ    ェ==、 j}、 /
    |i!|                 Xヾゞ」 '''  _'__   .,,`  /、_)´         将来ビッグな音楽家になれるかもしれないかしら。
    |i!|               く\ゝ`Yミゝ、 {   )   ,/'┘`フ        
    |i!i               _>へ、ハ/>、___,. <_/⌒/て
    |i!|             /     Y:ヾ::::>'ヘ::ゞ、:::::>ヽ, r'ンヌ
    |i!|           ┌|        |: : Y   ∨ヘー''"ヘ ∠イ7
    |i!|         トミL!-一     ゞ. {{_   ∨巛、 r jュ⌒)ノ
    |i!|         ⊥ァx‐f‐.       {(人ゝ、_"ヽ 亥Nハf(
    |i!|      f´ ィ {  /  斤   {(二>、Y⌒ヽぅ キXx 弋
    |トi      ,r}/j }イj  勹   _n >从jト、='   》亥、 ヽ
.     ! |i ,ハ_,.-‐'   く ノ y' / { rfチ^´jノリ'イハ〉リヘ    XXx、 ノ}
    ノ)、乂ζ        ノ/rチ rfノ^:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.^} ゝ-= __ >Xxノ┐
   (r‐ヌ\ ζ         '"rfチ 从:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>tァ‐--+‐ヘX<_\
  (_ つ< ζ  ∧∨ rfチ ノ`:.:.:.-‐ヽ:.:.:.:.:.:./:.:\:. }ィ |ヘレハヘX<⌒ヽ
    ゝ+十< ζ  爪  rfチ、_ノ⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:?ET{斤'ヘノ7⊂ノ
.     |Ⅱ く ζ 爪ヘrfチ、ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅴ、⌒i__ノXヘ
 
┌──────────────────────────────────────┐
│宿屋には、旅の音楽家なども頻繁に出入りしていて                        .│
│ドヴォルザークはそこで音楽的な素養を身につけていったというわ。              ..│
│.                                                       │
│小学生の時                                                │
│バイオリンを先生から習い、見る見るうちに上達したという逸話が残っているほどなの。   │
└──────────────────────────────────────┘

259 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:36:20 ID:gAX4ML/Y




      / ̄ ̄\
    / ⌒  ⌒ \  
   /  (●)  (●) \  
   |    (__人__)    | 
   \          / 
   /|`ー‐--‐‐‐―i\  
   l  ||_____||  l トントントントン
  | ⌒、l|        / /  トントントントン
― \  ⌒っ―|l―/ /――
\ ̄ ̄`ー-|\__し "\
  \ l|  <ヾ,) \_ )=三=
    \     \| |l     \

┌────────────────────────────────────┐
│しかし、父親は、ドヴォルザークにはあくまで家業を継いでもらうつもりでいたの。   ....│
│肉屋の免許を取るため、ドヴォルザークは専門学校へ進学したのだわ。          │
└────────────────────────────────────┘

260 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:36:40 ID:gAX4ML/Y



     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ ドヴォルザークはわしが育てた。
  .しi   r、_) |
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i

┌────────────────────────────────────┐
│しかし、その専門学校でドイツ語を教えていたアントニン・リーマンさん。        ......│
│(当時、肉屋の技術修得書を得るためにはドイツ語が必修であった)           .│
│                                                   .....│
│この人は、楽団の指揮者を務めたり、教会音楽の作曲などを行っていた人物で、  ......│
│ドヴォルザークにヴァイオリン、ヴィオラ、オルガンの演奏のみならず、           .│
│音楽理論の基礎も熱心に教えたの。                               .│
└────────────────────────────────────┘

261 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:37:08 ID:gAX4ML/Y


//_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ 
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;| 肉屋の修行はどうしたぁ!
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/ 
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」')
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|

┌──────────────────────────────────┐
│でもやっぱり、案の定というか。                              ..│
│肉屋の勉強をせず、音楽に熱中していたことがお父様にバレちゃったのね。  ......│
│                                                  │
│強制的に別の町へ引越しをさせられたドヴォルザークだけど            ....│
│そこの町でも、結局は音楽に熱中したのだわ。                     .│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

262 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:37:31 ID:gAX4ML/Y



                                                           _____
                                                        rァ'フ"´::::::::::::::::::::::`ヽ.
                                   ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ       {f〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 j`‐'              ‘ーィ     ヾ ;::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                              、- '     プ  ク  き  L_     /-‐_ヽNヽ;:::ニニヽ:::::::::::::::l
                              _ )      ラ  ビ  さ   く     l、_/,.-`ゝ<:三三ミ:、::::::::::::|
                               )   行   ハ  だ   ま   (_      〉゙iヒニフ,  i::r',ニヾヾ:::::::::::::
                               ´) け  へ !! は   ,ニ=-   r'  `ー '  .}::7,  l::::::::::::::::
                              _)    っ              (_    〔_ヽ ー-- 、 j::{ ァ ノ::::::::::::::
                                ) !!           (      しィ´ ̄ ヽ 彡Tヽ::::::::::::::
                               ⌒)-、 ,. 、         〈         ̄ ̄ }_,. -‐リlハノヽ
       ____                         ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「    _,.  -──-<._x x x x x
     /      \                ⊂二,フ´二_''‐- 、_,.  -─r─'^ ー '´x x x x x x x x x x x x x x x
   /  _ノ  ヽ、_  \  親父…           r'   ‐-           | x x x l l x x x x x x x x x x x x x x x
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \すまねえお…       〈              | x x x | | x x x x x x x x x x x x x x x
  |     (__人__)    |                ヽ二ァー-‐' `  、    ! x x x l l x x x x x x x x x x x x x x x
  \     ` ⌒´     /                        ` ー-〉x x x ヾ、 x x x x x x x x x x x x x x
                                           / x x x x x\x x x\x x x x x x x x x
┌────────────────────────────────────────────┐
│ドヴォルザークは専門学校卒業後、店の手伝いをしていたけれど、音楽への道が諦めきれなかった。  ....│
│                                                                │
│リーマンの強い説得もあって、プラハの音楽学校への入学がついにお父様から許されたの。        ..│
│ドヴォルザークはこのとき16歳だったわ。                                       .│
└────────────────────────────────────────────┘

263 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:38:05 ID:gAX4ML/Y


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \ 腹減ったお…
   |  \ (__人__) /  |
   \_ | ` ⌒´ | _/
    /        |
   (_)| ・    ・ ||
┌────────────────────────────────────┐
│音楽学校卒業後、彼はピアノやバイオリンの先生として         .          .│
│生計を立てていたけど、とにかく貧乏だったのだわ。                     │
│                                                   .....│
│自分のピアノを持つことも出来ず、それより五線譜を買うことすら不自由したとか。  ....│
└────────────────────────────────────┘





         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \  作曲したのはいいけれど、発表する機会がないお…
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /   ニコニコ動画やらようつべはまだこの時代ないんだお…
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────────────┐
│コムザーク楽団というオーケストラに所属し、ヴィオラを弾きつつ    .                   │
│作曲活動などにも精を出したドヴォルザーク。残念ながらこの頃の作品は殆ど残っていないけど   ..│
│                                                            ....│
│このころには既に交響曲第一番「ズロニツェの鐘」を作曲しているわ。                   .│
└──────────────────────────────────────────┘

264 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:38:37 ID:gAX4ML/Y


                                   ,.;'´_;;:::;::::::::::::.、:_ ゙ヾー-,`丶、
                                ,,,;,,,´´γ  ,     `゙ヽ、:::::ゝ、  ゙ヽ
                              ,//" 〃´  ,イ, 人  ゙i,   ヽ,:::::||'   ゙i,
                             ,/ク i' ,i"/  ,i'jイ,ハ, ゙i,  ゙i,  , ゙i,::゙ヽ,   ゙i,
 全く、13も年下の私にプロポーズするとは… ,i' ,i' { ,i'/  /'j',j'  ゙i, ゙k  ゙i, j  ,}::::/  ッ ゙i
                             i' { ゙i, ,ソ‐'ンフ',/' "´ ̄弋, ゙i, j  ,j::::゙,,.ィ'´`゙ヾ
このロリコンめ!ですう。             ,i' 'i, ゙i'i"‐;,ァ:、   ,ィテニ-⊥,_  i::::/" i,  
                            ´  ゙i, i、i, ゙i|::::|    |.l゚:::::::j'ソ,"´ /':::||  i
                               ゙i, ゙,'゙l`゙'-' .,   弋::ン / ,/:::/"i i' .i,
                                ||゙ヾ'l,'''' .丶   ;;;;, ,/イ:::::::::ノ  i i i,
                          _,..........,_  ゙》::::`\ ゙ア"j     ,/"::::r"i  i i i,
                     ,,,,;;''""'r"   :::::::゙ヽ 《::::::::::》へ.`´_,,〟‐"||:::::ノ _,..,_ i .i 'i,
                    ;'   ..::::':::.......::::::::::::::゙,_,》:::::::》rυ`゙i   _/":j'フ'".:.:.:.`"ヽ、 ゙i,
                    ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,;'´゙》::::::j';;ャェェュレ<;-ー‐´---‐'.:.:.:.:.:.:.:l ゙i
                     ゙.::::::::::::::::::::::::::::   ,/.:.《:::::::k-っ='仆,',,_;;;,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  ゙i
                   (´`U゙、::::::::::::::::::    /.::,.γν(⌒),r;,゙)´ ̄||'i,`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i'゙i  ゙i,
               _,.ィ'" ̄⌒゙ヾ、\:::::::   .,/.:.:.∩>´   `ヾγ''; || ゙ト-'ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ i  ゙i,
           ,-ー''"´ ,;      `、`j ,、  ,.イ.:.:,ン´       ゙、K '"ノ.:.:.:.:゙i.:.:.:.:.:/ノ  ゙i,  ゙i,
            ゙'ーー''"/        )) ),゙t,''"/´      ゙\  ヽ´:.:.:.:j.:.:.:.:.゙i___ノ  ゙i  ゙i  ゙i
               /        / 'イ゙'ー''.:.:,l        ,/,.ン゙''".:.:.:.:.,j.:.:.:.:.:.゙i, i   i   ゙i  ゙i,
              / γ ,     ノー'゙ i.:.:.:.:.:.,i   , ,/´ /オ゙i.:.:.:.:.:.:.:,j.:.:.:.:.:.:.:.゙i, i   ゙i   ゙i   ゙i,
             ,' ,/ /´ ,〟 ノ   ゙i.:.:.:.:i' r / ,/ ./´\/;;;;゙i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,j .i    ゙i,  ゙i   ヘ,
             i /' ,/' /' ,/"     i.:.:i' / ,/ ,/' /',゙X'/;;;;;;;;゙i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'" ゙i ゙    i,   ゙i   ヽ,
┌────────────────────────────┐
│しかしそんな彼も1873年に結婚。お相手は        .      .│
│彼が音楽の家庭教師をしていたとある家のご令嬢。          │
│                                         .│
│名前はアンナ。                           ..    │
└────────────────────────────┘

265 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:39:32 ID:gAX4ML/Y
                                               , '⌒ニ': : : : : : : : : :Y
                                               ゝ: : : : : : : : : : : : : (ヽ_
このとき                                        ,.  - ァ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ__
ドヴォルザーク32歳。アンナ19歳。                       /.   /: : : ::,   ――-、: : :(:ヽ し 、
ちなみに、出来ちゃった結婚よ。ドヴォルザークも              弋 / : :, '´         `ヽヽ:丶  L
やることはやってるのね。                              Yヽ: ::/               Y :!:l   /┐
                                              ( : ,′   l     !     ):|::!  )X、
ちなみに結婚のときは、アンナのご両親に                      ヽl   lヽl{ .ト、  /} / レ (_ l::l  (.|シ
猛反対されたそうだわ。                          .  , ┐    .,l ト !. rzュ、ヽノ ィ-z、 lシ r 、r'´ !ll
この頃のドヴォルザークはまだ、収入が安定していなかったし。  .  l  l    /lヽ|∧找ツ   ヒシ .l う人ソ  l l|
                                          ヽ(    '´  ! ∧    __   / .l'". ''|  l
挙句に、孕ませちゃったものね                         _      l />r― ,.-、‐<l トヽ  l  .l
                                           ヽ ヽ   / 」 /l::::::::ゝノ::::l/ノノ  |  |
                                            ` ′<⌒<ヽ: :└ ァ:::::::::/ '_"コ  !  、
                                               7 r-、ア: ::r'´:::::::::└<ノ_  , l ヽ
                                              /∧ ̄〈: ,、`'2_/- )_</: : フ  ', ト ',
                                            _/, /  ,`ニY'´: : : : : : : :l/( ̄    ', ヘ、',
                                        -=ニ<_ ノ=: :´: : : : : : : : : : : : : : : >、   ', lヽ',

266 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:40:11 ID:gAX4ML/Y

           ,-―― - 、 _
       ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ.
       /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
        /:.:./::.::./::.〃  y::..ヽ ヽー`
     〃.:ノ ノ:::::/ \ l::/::.| |:|
  .   _.|:::.!ll。( ・) (・ )。リ| |:|  一週間連続でたまごかけご飯はキツイですう…
 .((  {_ヽ__. ト、".".、-、 ."リ:}.:..|*{;:|
      {::.:.:ヽ_.>、 `__.イァ..:::.| .}|   
      '':'、::.:.:〉 {><} {ヘ、.:::| |:|
  .     : . ̄:>T:介T::ilヾ:::\*i::|
        /.:/   |.:.:.:.:ヽ::::ヽ、:|
      /.:.:.:〈__|.:.:.:.:.:.:.:.:ヾー'、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       `ー--------------'
┌───────────────────────────────────┐
│貧乏暮らしはあいかわらずで、身重の体に鞭打ってアンナも働きに出たそうよ。  ....│
│それでもギリギリのときは、アンナの実家から援助を受けることもあった。        │
│                                                    │
│でもアンナは「今に世間は、夫の音楽を認めてくれるはず」と             ......│
│夫の成功を信じて疑わなかったそうよ。                            .│
└───────────────────────────────────┘

267 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:40:28 ID:gAX4ML/Y



 |
 |二ヽ>
 |ノイハ))アナタ…ガンバルノデス
 | -゚ノ|
 ⊂). |
 |ハゝ≧
 |∪  ミ                   _
                     /_ノヽ\
                    / ―  ―⊂ヽ  ちくしょう…4回で終わっちまったお…
                   (  o゚(_人_)゚o )) 
                    ノ   `^ '  /

┌─────────────────────────────────────────┐
│ドヴォルザークは「白山の後継者」という賛歌、「王と炭焼き」というオペラでようやくヒット。       .│
│しかし、オペラは4回で上演が終わるなど、まだまだ収入面では貧乏暮らしが続いたのだわ。     │
└─────────────────────────────────────────┘

268 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:40:50 ID:gAX4ML/Y

                                            r=..、、             | |
                                         rー-ヘ三r' \.          | |
                                        r..、}三三ニ_入j  ヽ       | |
                                       ヽ三三ニ/´フ‐-て 癶、.       | |
                                       { `三ニ/  /  | i ト、;八了   | |
さて、ドヴォルザークとは切っても切れない関係にある       ⌒}ニ/| l :|  ハ| } :゛}三|ヱ   | |
一人の偉大な作曲家がいます。                .     {ヘニ| |十+{ :七LムリV三乂   | |
                                        |イ :{ l|rtォ V 'tzヵ}{ニ刋:lヽ、 :| |
それはヨハネス・ブラームスです。                     Ⅵ {  ,      ハ  |:| ー`-、| |
                                           `ト、  n    ノ}} : ハl:    Ⅵ
                                           | >`--<イノ  }/     }`ヽ
ブラームスとの出会いが、                           | { `>彡'´          j`7ハ、
ドヴォルザークに大きな転機を与えるのだわ。               | 小、                /} : lト、
                                           | |  ゜ヾ、            //|/ :l| ヽ
                                           ! |    ヘ      -_.ノ/イハ:..:ハ ハ
                                           ハ{ !       {ミ/ー<彡'´ ′ }/   ハ
                                            ヾ        {ハ ̄      /    ∧
                                                   ヾ }               l
                                                   |              l

269 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:41:17 ID:gAX4ML/Y



   \      ,..''  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,,,,/    /  |
  |   \        ` .、::::::::::::::::::::::::::.,-‐'"'"     /    .|  オーホッホッホッホ!
   i    `'''ヽ、       -:::::::::::::::::::      -‐'"'" /    /
   `i    |  `、'''ヽ、、     .ヽ.Y    , ..-':''" ゙/   /   ../  はじめまして皆さん。私はブラームスと申します。
    `、  |    `、  (:、、   . .|  ,..-')   /   /  ‐-‐'
     ‐-‐'| \  `、....,,,`_゙ヽ_、_,| ノ、."..-'''''''" // .. /   
       |  \\γ .,--‐-‐ "゛"゛‐-‐'''"゙'' |///  /       わたしの交響曲第一番は
       `i| \\ |        、      |///  /\`i   「ベートーヴェンの10番目の交響曲」と評されるほどの
       /`i  \ |   < ___ ゙''-''"'_,,,, >.. |///. /   `、   傑作だったのです。
     /   `i\\|     ヽ゛⌒⌒/゛   |/ / /
          `i \|     `.、__ ノ     //.-          のだめで千秋さんが私の曲でCDまで出してましたね。
           ~\      ‐'''''‐   / '
               \      /

┌────────────────────────────────────┐
│オーストリア政府の「芸術家の為に奨学金」コンクールへ応募したドヴォルザーク。   │
│                                                   .....│
│その審査員の一人が、ドイツの大作曲家ヨハネス・ブラームスだったのだわ。      │
└────────────────────────────────────┘

270 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:41:41 ID:gAX4ML/Y




             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \,   l||||||||||||||||||||||||||l   /    /VVVVVVVVVVVVVVV
─────-- 彡   ゛ll|||||||||||||||||ll"   ミ--─<
 |    |    |\_      ゛゛Y""  ___ノ |   <
 |    |    |  | ]下ミ ̄`。、_|_, 。" ̄ヲ「 [ |  |  <ドヴォルザークさんの作品を
 |    |    |  ゝ_,. lミミ="<_,、゛=fヲ 、__ノ  |  < 早く出版しなさい!
_ |    |    |  | i ヽlミ|l^===^l|ヲイ  |   |   <
  ̄ヽ  l   /  \\-ヾマ⌒i⌒「ソ/ // \.  <
    \/ノ―、,=、\`ー-゛===="‐' /     \<
     /´ /  / ̄`i、  ̄ ̄|| ̄ ̄      /   VVVVVVVVVVVVVVVV
     ノ 丿   l    | `i ---┼---------'´
    |   〈 l   〈 〉  |
    ゝ         ,/
        ___/
┌───────────────────────────────────────┐
│ブラームスはドヴォルザークの才能に大変驚き、そして大いに賞賛したの。          ......│
│                                                         .│
│奨学金の支給のみでドヴォルザークに援助することに満足できず、               .....│
│ドヴォルザークの作品をなんとか出版できないか、出版社に交渉するほどだったのだわ。    .│
└───────────────────────────────────────┘

271 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:42:09 ID:gAX4ML/Y
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     チェコの小室哲哉       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

┌─────────────────────────────────────────┐
│こうして、ブラームスの支援を得たドヴォルザークは「スラブ舞曲集」を発表。これが大ヒット。    .│
│ドヴォルザークは売れっ子作曲家の仲間入りを果たしたのだわ。                    ..│
└─────────────────────────────────────────┘

ドヴォルザーク スラブ舞曲 第1番 ハ長調
http://www.youtube.com/watch?v=uUqZGNantgE

(ピアノ演奏用に作られた曲でしたが、のちにオーケストラヴァージョンも作られました)

272 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:42:39 ID:gAX4ML/Y





     _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
   r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
 r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
 「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
 | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}  
 ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
 ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、   そして、時は流れ1891年。
///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|   既に売れっ子作曲家として活躍中のドヴォルザークに、
/ l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|  アメリカから、あるオファーが舞い降りたの。
.:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」
/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |    オファーをしたのはアメリカの富豪、ジャネット・サーバー夫人。
 l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
 | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|
 | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
 | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
 | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
 | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
 | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|

273 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:42:58 ID:gAX4ML/Y




                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ
┌───────────────────────────────────────┐
│サーバー夫人は、ドヴォルザークを                                    │
│自身が経営する私立ナショナル音楽院の院長として招きたいと、何度も打診をしたの。   ......│
│                                                         .│
│ドヴォルザークは当初、断っていたけれど、サーバー夫人は年棒を3万グルテンも提示し    │
│(当時のドヴォルザークの年棒は1200グルテンであった)                     ..│
│4ヶ月の有給休暇、自作演奏会付という破格の条件で招聘。                    .│
│                                                         .│
│これにはドヴォルザークも折れ、渡米を決意したのだわ。                     .....│
└───────────────────────────────────────┘

274 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:43:23 ID:gAX4ML/Y

          rーイ ̄¨ト、-┐
        ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
       _i -、_>- --- <:::::┴i
      〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
      _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉   …どうやら、馬車が学校に着いたようです。
        ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、
.       九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ   それでは本編に戻りましょう。
        /|_ト、  、--,  / / .\ ヽ
        /(_/.:.:.>、`___イ-_}   l  |
        .|  \:} 「て) .く二}  |  |
       .| |  レ"= 介、__l:::::\ .// /
          | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>
.         ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
              i、_ソ  i、_ソ

275 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:43:39 ID:gAX4ML/Y



              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ニューヨーク ナショナル音楽院

276 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:44:31 ID:gAX4ML/Y

                                _rfヲ"   i! | !l |i ヾ、 \丶    !}  ! ハ
                              ィ{匂 i l   | i! |il |l  トヾ. ヽ ヾ:、  ||  |  ヽ
                             { ((´i  l l   | i! |il !|  i! !|ハ、 \ ハ 八 ヾ.   \
                         .     | j))il  !ハ  i! | ハ! jム斗ァト、i! ト、 ヽ い、ヽ \  ヽ
  ようこそ、おいでくださいました。    .     | ハ !| 川  |! !i!才i|_Lzxjハil| i! ヾハノ ヾ!i }i   ヽ  }
                             八 il i! ヾi|  !i ト! jィf乏ヽヾ! | j リ  N 从 ノ \  ト、`
  ドヴォルザーク様。               / ,イi i!ハ  lLi_l!ハリイ 乂゚_ノ ,  |/,ィt _! ヾ廴ハ\ ヽ ヾ ヽ
                            { ハ.!ト㍉ }}Xヾj)`バ!  " ´..:::::. | バ:、{ Yヾ 、リ  ヾ i ノ ヾ:、
  心から歓迎いたしますわ。          | ! i!ハ ヾ((fチ卞ミ:x        !{ _`圦 ヽ ヽヽ _ イ ヾ、ー、
                            八ヽヾト:ヾx圦均 }ト、        |i}弋 `Yハ. ‘,! V !ヽ.  \
                             } ハヽ Y゙辷彡{:.   r'_7   }ハ. r':、 ヽ:} '   i }  \  入
                         .    //   ヾ 人 Yヽ.))    "   |iリィソ.:.} `’    人___ ヾ  )
                            { {     廴_) j / Y寸=- .. _ ィlイrぅ.イ    __ ムャr'⌒y`1 {!
                            ヾ:、   ‘,いゞ! ム }、{! Y^Yひ7 { {  __ r' 乙.イ   ′ハ
                              \  }i{  ilゝ{ ゞ`ー’ ヽ { / r≦´ Yリ ` ノ : : :/.∧
                                  i|! __川入 `ー''⌒  Ⅵi_ \  : :}/   : : :_;イ r' ヾi
                                  Ⅵ}x乙j⌒r'⌒y'Zィ^「i7!`) ヽ: :{! __.x≦_ / ノ、: |ト
                                  ∨  {/  /  | ヾソく  / Yヽ_. :ィ´  ,イ  ヾリ
                                  〈   ヽ  .イ   '  〃 ノ 〈:i ハ |、    /.:{   /
                                   }    }〃      "{   {トxⅥハ   /: : ハ {i
                                   i     ヽ.  〈::ヽ 、 |   } ヾ、  ′ : : }i! ヾ

                                      音楽院の経営者 サーバー夫人

277 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:45:11 ID:gAX4ML/Y


         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l   いえいえ。お招きいただいてありがとうございますだお。
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /  
                   /



                      ,,-
         _       __  {i  _r─ 、-  _
        {{ ̄ヾ  , - ' ´     ヾミ={ ィtュ}入ァ=、 ヽ
      _}}ヘr=/            Yヽ _ ィノ ノ i
      i<イri ノ        ヽ    ;, `tr''´ - '´  l
    r==YKニン   ';,       \    ';,  ̄〃\ ,'
    廴才彡'' /   ヽ       'i   ',;, -'´ ';, ヾ、       チェコの大作曲家、ドヴォルザーク様に
     /У  i     ';,     i  l __ム    li ハ ヽ      師事を仰げるということで
    /   i   i!     ,, \  i  'i,´il   升`  i! ;i ヽ ';,
    il  l   i!     {{  \,;i  'i, |   川i    | ,;| ';, }     皆、喜んでおります
    ヽ i   i  /  ヾ;, ';,  !  ,;iィ,ーイケミ、  / ,i  i ,ノ
     Vイ   ',     _〃zュ、 l  ノハ::rilj...:i 小 ;/  l //
     //ゝ   ';,  r=≧>ーァュヾ/  レz::ソ /川レ'  V/
.    // ヽヾ   ';,  i {フr )y/イ      ̄  ノ┤il  /∧
    i i   \ヾ、 ';,ミ;ゝ辻ニ/   '   ノ  イ.ノi! } //  ヽ
    l l    ヽ ー''´ /八ヽ{{    ̄   // / ノ;, i i   ';,
    ヾ;,    }   ハ     ̄`)>`⌒/{  /<⌒i:l |    ';,
      \    i    / ̄`つ/ニ化≦ i  ir''´ イ i ヽ    i
       \;,ノ    _/    } //><ハYヽ \  マi,, \ ,;;'
        /∧ヽ  {    У⌒`´⌒´`⌒{ ̄ヾ  }\  \i

278 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:45:36 ID:gAX4ML/Y
                                 ___
                       _!_      /___` - 、_     _!_
                       !     ,.く -――- , `'-,_ `‐ 、  .!
                            / .,.イ l.      \ \.  \
                          ,`..l、イ |'lヽ , \ ヽ l、 .゙i__/  うひょーーー!3万グルテンもーーー!
   オプーナ買い放題だお!_人_      .!. l. 」- |ヾヽ `>ニく|ヽl ヽ .| l
     _人_    ____.   `Y´     .| .L.    ヽヽ     .| l | l  _人_  あなた!レッツUSAですう。
     `Y´  ./ー‐'' ´ `'ー\       ヽ. !.i. z=≡`   ≡z │ l |..l  `Y´
       / .z=≡   ≡z\.  プニ   ヽ.⊃  __ ⊂つ l | l !    アメリカンドリームゲットだぜですう!
      / ⊂つ (__人__)  (ニニ~`ヽ、   .{   l   ヽ    |/| | !    _人_
      |      /   1.   .(((_⊂> ヽ   |\.  ヽ_  _}   .<l | !    `Y´
.     _!_\.    {_  _,ノ    /   `ヽ、ヽ. | .l:`::‐:::‐r ┌ー::: :::| | !
.      ! ./            \.     ヽ、 ヽ l::::::::彳i{X} `ヽ::::::l lヽ
          ―――――○――――――――――’
                  O              
                 0
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   こんなに年棒貰っちゃっていいのかお?
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   嫁が歓喜してたお…
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )  
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

279 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:45:55 ID:gAX4ML/Y
               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   ご家族の方は?
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \
    / / ィ )(⌒ヽ/ ゝ ゝぅ   ゝ-、 ,、__」 {    r¬ ) ) ',  ヽ
. / / // //⌒){__厂)⌒ . . . . . . 弋__八ヽ、___) {_ .イ  i i|
  /   '/./    ゝ_r‐-、 ' . .. . .. .. .'. . ..   >ー ニ、ー- 、| lハ
' /   / /          .'   ' r‐、. : '   ' (      ヽ } } ヽ丶 '、
/    / ′        ィ⌒:  :'  「|/  : :   : ⌒)     } ' ハ ヽヽ.\

280 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:46:13 ID:gAX4ML/Y
                                   ____
                                 /      \
                                /─    ─  \
                              / (●)  (●)   \
ニューヨーク観光がしたいって言って        |    (__人__)      |
船を下りてすぐに、出かけて行ったお。       \   ⊂ ヽ∩     <
                                |  |  '、_ \ /  )
                                |  |__\  “  /
                                \ ___\_/

※ドヴォルザークは妻子一緒に渡米した。

281 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:46:48 ID:gAX4ML/Y

               iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
             ィv┘./  /         ` 、  .r'´
           r  >イテ   i             \/v
          >フ/  /  l  l        l   {人レ、
        , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴     そうですか…
      / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ    この音楽院の近く、ニューヨーク東17番通りに
     /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
   / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ     滞在中のお屋敷を準備しました。
   {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
   V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',    長旅でお疲れでしょう、
    V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',    今日はそちらでゆっくりお休みください。
    V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
  ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
  y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
.   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
  / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )

282 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:47:09 ID:gAX4ML/Y

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  それじゃ、ドヴォルザークさん。
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  あんたの住むお屋敷へ案内するぜ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

283 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:47:47 ID:gAX4ML/Y



                    、-‐‐‐--// .
            - ‐ - r ' ´;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;`ヽ.  . - ‐ - .
         ,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;ヽ;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;ヽ.                    ・゚゚・。
      ;:'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;/  |;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,                 ・・。 /ゝ 
     , ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. - ‐ - .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. - ‐ - ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ               ./⌒/"、⌒ヽ
    , ';;;;;;;;;;;;;;;;;r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、          | :::::::○::;;::○;|
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|― 、  〜    ヽ,,:::::WWW
   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐―-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐―- ;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐―- ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/ .ヽ.     /~(・ω・;)  
   i;;;;;;;;;;;;;;;;;。     `ヽ;;;;;r'     `ヽ;;;;;r'      `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     '  /: :/:つO  
   l;;;;;;;;;;;;;/  __ ,   Y                 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|)―─|∠;;;;/:::: :.:,:.ノ
  | ;;;;;;;;;;;;| / _ノ \   |         |          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/  i  /(/~(/'~"
   |;;;;;;;;;;;;|..|  ( ● ●)  |         |          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;/ヽノ./〜
.   |;;;;;;;;;;;| |  (__人_) .. |         |     ,_‐‐‐‐_、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /
   |;;;;;;;;;;| !   ⌒/  |         |   /(● ●)\;;;;;;;;;;;;;;;;;; |/ ./
.     l;;;;;;;;| rヽ   ノ   |        .|  ( :::: (_人_)  :::: );;;;;;;;;;;;;;;l;//
    i.、;;| /   ヽ、\  |======.|◎ >     <;;;;;;;;;;;;;;;//
      ヽヽ:|     .ニつ|;;§ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ◎ お菓子 ◎ |;;;;;;;;;∠;/
      / ̄ ̄ ̄ ̄\.ノ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ___/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
.     / \  .│ ./ .:Yヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;/:\   |:. ./ .ヽ
     i   \ | /     i//`ー-----‐‐///////l..   \ | /    i
    |:───○───:|/////////////////..|:―──○───|
ゴ ロ   i   / │\    i.=========.i   / │\   :i
  ゴロ ヽ/  .:|:.  \./       ゴロ       ヽ/   .:|  \/
  ε=   ` ' - -- ‐ ' '          ゴロ  ε=  ` ' - -- ‐ '

こうして、ドヴォルザークのニューヨークでの生活が始まった。(第2楽章へ続く

284 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/04(木) 22:48:56 ID:gAX4ML/Y
以上です。

次回は来週の木曜日、夜10時から投下したいと思います。よかったら観て下さい

285どこかの名無しさん:2010/02/04(木) 22:54:16 ID:O6hf/oy6
乙乙
続き、楽しみにしています

286どこかの名無しさん:2010/02/04(木) 22:54:45 ID:3rV6/NuU

馬車がかわいいな
中央ヨーロッパは作曲家が多いよね

287どこかの名無しさん:2010/02/05(金) 00:01:12 ID:Fix/wdlk
乙です
ドヴォルザークはCD1枚も持ってなかったな。
今度買いに行こうかな。

288どこかの名無しさん:2010/02/05(金) 02:10:02 ID:F7jEsi.2
乙、新世界はマジで良い曲だから困る

しかしブラームスがフリーザかよwww

289どこかの名無しさん:2010/02/05(金) 09:07:09 ID:mkd/BQSQ
乙です。
若い嫁っていいよねーw

290どこかの名無しさん:2010/02/09(火) 22:27:11 ID:JoDj1ORk
学生オケで、この曲でシンバルやったことある。懐かしいな。

291どこかの名無しさん:2010/02/10(水) 16:43:09 ID:W9nZ4rj.
今更ながら乙

音楽史を>>2のスレで
理論を運命スレで
演奏家を指揮者スレで

学べば何とかなる……か?

292 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 20:31:12 ID:0yN8.rIo
こんばんは。>>1です。ごらんいただいてありがとうございます。


>>290
あのシンバルの謎にも迫ってみたい…と思います!(出来れば

>>291
指揮者スレは面白いです。私もいつも読んでます


予定通り、今夜10時から投下します。よかったらみてください

293どこかの名無しさん:2010/02/11(木) 21:51:15 ID:ASVpANBo
楽しみにしてます

294 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:02:24 ID:0yN8.rIo
>>293
ありがとうございます。

投下します

295 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:03:27 ID:0yN8.rIo







「ドヴォルザークは、我々の仲間の誰よりも発想が豊かである。
 彼の捨てた素材をかきあつめるだけで、主題をつなげていくことができる」

                      ヨハネス・ブラームス







やる夫は交響曲第9番「新世界より」を作曲するようです♪第2楽章♪

296 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:03:51 ID:0yN8.rIo


     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. -−- 、 ゙ー'  ,,. -−- 、 ゙ー' ,,. -−- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:
ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニシ:;;..;;..:;;..;;../::.:...;;;..:::...:l..::.:;;.::.:;;.::.:;;::..::l::...::::

ニューヨーク東17番通り

ドヴォルザーク一家のお屋敷

297 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:04:18 ID:0yN8.rIo


                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈   あなた、今日はいよいよ
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ   院長赴任初日ですね。
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\   お弁当つくったですう。
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―

298 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:04:46 ID:0yN8.rIo


       ___
     /⌒  ⌒\
   /-=;・;=-=;・;=-\    ありがとうだお。それじゃ行ってくるお…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |  )  トェェェイ  (  |
  \    ヽニニソ    /



                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                / /" `ヽ ヽ  \
                               //, '/ u   ヽハ  、 ヽ
                               〃 {_{ \ 、/,リ| l │ i|
 お…親父、どうしたんだお、その顔は?      レ!小l( ●) (●)从 |、i|
                               レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
                                 ヽu  ゝ._)   j /
                                  ヘ,、 __, イ
                               r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                               {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

                               娘 オティリエ

299 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:05:24 ID:0yN8.rIo



       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  アメリカの学生たちとどう接すればいいのか
  |     トェェェイ     | ビバリーヒルズ高校白書を見て勉強したんだお。
  \    ヽニニソ    /   …ついつい徹夜しちゃって…

300 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:05:57 ID:0yN8.rIo

        __...-‐ ニ ..._ ニミ 、
     ...ィ ※ ̄  ※ `ーミ、.\
    // ___彡=ミ、__. ゚  ヾ、 \
   〈: : {/  /  / ` ー.、ヽ ※ ヾ  ` .、_
   ∨j′/  / /  j }, \ 、 ` .ヾ、  /
     ソ / / .{. !  //:ハ l ヘー.、゚ リ: :/
.    !{ ' / ./{ l ///ー-l ! ./ ゝ{  .|lイ
.    !|} |:{ ./_ '{ /.イ厶xz:}' / ./{:{ ※}}|   ったく、しょうがねーですう。
     '{.!}.レ忘`∨  ゞ=リ//:}.{{ .〃|
.     {{ .ヘ''  '    "./イ/ィ j {l  {{ :|    居眠りしてもしらないですよ。
    (( ※.ゝ 、 -   イ }八!{  }}:リ   
      j}}ュ_ノ):.`ヾミェ<   弋-:リ※jハ、  
    /:/:.:.:.:.ヽ_,、ミ、 >- 、_才〃 .jjハヽ
.   / :{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝィヽヽ才介ミ{{  {{ }.] ∧
   /  ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ ヽ`´ ゞヾヘ'※リ_メ、:.:ヽ_ _
.  /   j∨:.:.\:.:.:.:.:∨}   / ̄¨ニつ.ニ¨ニヽミy‐、
 /  / |:.:',:.:.:.:.:.\:.:.:∨ r-冖_   ´_.ィ)ヽ`.</.ィ_}、-{
./   / .!:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.ハ <¨ミx、7Tヘ´※リ.|:.ゝ'ー-彡 .′
′ /  弋:.:.:.:.:.:ノ才´ヘレ´`'^ー-」´|. }}  }} !/ `´⌒/
! ./  /   `:ヾ<:.:.:.:.:/      」∪ {L彡'./     :{
V  /  /   ∨:.:.:.:/  i:.  . :j彡辷=r‐y'.:/  ノ/

301 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:06:21 ID:0yN8.rIo


       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \     大丈夫だお…
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |   今なら空も飛べる気がするお…
  \    ヽニニソ    /








                                          , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                        /  /"" `ヽヽ \
                                        // ,'/      ヽハ 、ヽ (…大丈夫なのかお)
                                       〃 {_{  :::):::(:::  ,リ| l |i|
<君と出会った奇跡が…この胸にあふれてる…♪         レ小l‐=・=-:::‐=・=- 从 |i|
                                       レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
                                        ヽゝ、      j /
<スピッツはまだこの時代生まれてないですう               ヘ,、 __, イ
                                       rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                                       {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

302 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:06:42 ID:0yN8.rIo

   \   |  i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:l:.:.:|:.:.:.:.:.:.ヽ:.`\   |
    \ _|_/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l:.:.| .:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: \...|   ,
        フ:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:../:./:.:イ:.: |:.: |:.:.:ヽ:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:Vト<:.:
     /:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:/:.::八 : |:.:.从:.:.:.:\:.:.:i:.:.:.::.:.:.Vi:.:i:.:
.     /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.//:.:./i:.人:.:.:.:.:.:.:.:.i: |:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:l:.:
    i:.:.:.:.:.:.:.:.i>、:.:.:.:/:.:.:.:./:./ /:.:/.//  ヾ:.:.:.:.:.::l: レ:.:.:.:.:.:l:.: |:.   …あなた。
    i八:.:.:.:.: l:.:.:>.< ´ / // //   ><:.:. |:.:.:.:.:.:.:..l:.: l:.
      ∧:.:.:.:..ヾ:./≠、=ミー 〃 // ー彡=≠≧/:.:.:/:.:.::/i:.:.l:
      /:.{{\:.:.::Vi Ⅵo(;;):::カ   /  彳o(;;) .V/イ:.:/:.:イ/ .l:.:.|:.
.    /:.:.イ} .\:.:ミ、 弋:::::ソ        乂  ク//::.:.:./〃 .|:.:.:.
   /:.:/:.{{   >、廴´ ̄`         ´ ̄`彡:.イ:{{ .* .|:.:.:.:
.  /:.:/:.:.:{{ * }}∧""""    `     """" ./:.:.:.i:.{{   }}:.:.:




       ___
     /⌒  ⌒\
   /-=;・;=-=;・;=-\   ん?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |  )  トェェェイ  (  |
  \    ヽニニソ    /

303 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:06:56 ID:0yN8.rIo
             _, ___
            , : '´::.::.::.:ヽ 、|バヽ、
         //:::/:::;::: { ‐┼‐! `ヽ.
        ///::〃/::/l::.::l:∨lヽ !     \
        //:::/::;<:/!:|::l:|::.|    |       ヽ
      //l::/l:/::/下|:l::|:l::.{丶|/|      `、
      ! |:レ' 之_ |::リ!/;'::.:| /j丶|       `、
      「   ` ̄/ハ/〃:/:ノ   / /___    }
       {,   "″//::.://、|/  レ'´::.::.::.::|  ̄ ̄´
       !      /::// 7lヽ r':l::.::l::.';::.::|
        ヽ、 _ ≦彡'/,   ノ:|:|::.::|::.:';::.l|
            `ヽ  /冫く ,イ::.:::|:|::.::|::.::ヽl|
           r勹  ∠竺三ミx_::.ヽ::.::.:lト、
            fハ/  /ム: : : : : `ヾ}::.::\:|:::`、
           //:l< //): : : : : : : :lト、::、::.::l::.::.:.
            //j::| / {〈: : : : : : : : :.| :ヽ`::.:l::.::.:::.
          {〈l::|:l ハ{ |l}: : : : : : : : : \}::.:、:|:.::.::.::
            V!l|:|?U | Vハ: : : : : : : : : : ヽ::.:、::.::.::.::、
          {|:||:| l  ! {」 ト、 : : : : : : : | : :|::.::、::.::.::.:ヽ
         〈|:||:| {  | {」 } :ヽ : : : : : : l /ハ::.::.:、::.::.:::ヽ
          〔」:||:|! l {」 }: : : : : : : : /: /}::.::.:`、::.::.::.:\
        └ヘll」_{  ∨l 「ヽ、:_:_: :_:_:_∠ニ=、::.ヽ::.::.::.::.:ヽ

304 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:07:14 ID:0yN8.rIo


                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                / /" `ヽ ヽ  \
                               //, '/     ヽハ  、 ヽ  はいはい、バカップルバカップル
                               〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
<チュ!                          レ!小l( ー) (ー)从 |、i|
                               レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ /~|
                                 ヽ、  ゝ._)   / /
                                  ヘ,、 __, イ~\ ~\      /
                               r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::ヽ、\   /
                               {  V:::::::::∨yヽ/:::::::::/,1  \
                               |ノ''::"::::::::::ヽ/:::::::::: r" /__)
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`/
                              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   旦

305 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:07:46 ID:0yN8.rIo
     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. -−- 、 ゙ー'  ,,. -−- 、 ゙ー' ,,. -−- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:
ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニシ:;;..;;..:;;..;;../::.:...;;;..:::...:l..::.:;;.::.:;;.::.:;;::..::l::...::::

「それじゃやらない夫さん、馬車を出してくれお」

「ああ、どうもおはようございます…ってどうしたんだその顔は!?」

306 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:08:13 ID:0yN8.rIo


          rーイ ̄¨ト、-┐
        ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
       _i -、_>- --- <:::::┴i
      〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ
      _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉   はぁい! どうもこんにちは。
        ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、
.       九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ   通りすがりのクラシックファンです。
        /|_ト、  、--,  / / .\ ヽ
        /(_/.:.:.>、`___イ-_}   l  |  ドヴォルザークが通勤している間、ちょっと解説します。
        .|  \:} 「て) .く二}  |  |
       .| |  レ"= 介、__l:::::\ .// /
          | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>
.         ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
              i、_ソ  i、_ソ

307 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:08:31 ID:0yN8.rIo

               __
             ,r‐':::::::::::::\
          「:::; -―- ::::ヾ、
          У´ //  、 ` ヾ、\
         ハ/,. i,イ .! |  ヾ!|:::}
        ∧| !'㍉|レ!,ト」 |i ,' }@{
        //!i l`ヒj   ヒンレ∠:{ハ   妻アンナとは、生涯ずっとなかよしだったドヴォルザーク。
        /_,-、!lゝ、 っ  ゙"〃ノ | !|   彼は9人の子に恵まれたのだわ。
     //`T´〉´{薔} =7イ   | !|
   /, ´  {ミ!::::ト、, l!ヽ. {彡}ヽ_ | !|   …でもね、そのうち3番目の子までは、相次いで亡くなっているの。
 ,/ /,    ヽ;:ノ |ノ| `| {ミ} :: ヽ| !|
 l i レ,     'ーイ l ^ヽ.! ,テ ::/.| !|
  `f≦     / :: :: 7~~/~~ ヽ. | !|
   テ    / :: /ヾ/ ::: ::: :::ハ≧〈
    _,,.-‐':: :: ゝ_,r′::: ::: ::: :::: ! テ
   ヽ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ′
    ゙ト :: :: :: :: :: ヽ :: :: :: :: :: : /
     ゙{_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
      `ヘ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >
        |~~/` ̄`ヽ~',ヾ^´
        }ニ}     )≡i
         i" ハ   〃 ̄ヽ
       ゞニノ     ゝ== ′

308 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:08:58 ID:0yN8.rIo
. ................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:........... . . . . ............ . . . . . . . . . . . . . . . . ..:.:...... . .    . . . . . . ...........
. . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:............. . . . .................... . . . . . .. . . . . . . . ....:.:.:....     . . . . .
  . . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.::............. . . . . ............. . . . . ...... . . . . . . . ........:.:.:....
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
       ̄ ̄ ̄ ̄´     |:;:::;::;:;;:;:::::;;:;;;|::::!                           |: |;;:::
                 |;:;::::::::;;:;:::::;;;;;|..::!                           |; |;::::

1875年に生まれた長女は生後まもなく、天に召されてしまったわ。

生まれ変わりのように授かった次女も、言葉を覚え始めた頃に病死。

309 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:10:03 ID:0yN8.rIo

                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄

不幸は続くのだわ。

次女が亡くなって3週間後のこと。結婚後まもなく生まれた長男も、事故死。
3歳半という短い人生に幕を閉じたわ。

310 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:10:54 ID:0yN8.rIo















このときドヴォルザークは「スターバト・マーテル」という曲を作るの。
我が子の相次ぐ不幸に、自らの慟哭を重ね合わせたような、魂の叫びの作品ね。

┌───────────────────────────────────────┐
│スターバト・マーテルとは                                          │
│※聖母哀傷ともいう。キリストの磔刑を嘆く、聖母マリアを表したラテン語の詩。          │
│題名は、最初の1行(Stabat mater dolorosa、悲しみの聖母は立ちぬ)を省略したもの。    .│
│ドヴォルザーク以外にも、多くの作曲家が詩に歌をつけている。                  ..│
└───────────────────────────────────────┘

311 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:11:22 ID:0yN8.rIo


  . - ―― r― - 、
'´      _ノXXXXX`丶、
      (XXXXXXXXXX`丶、
      /XXXXXXXXXXXXX\           
     r'XXXXXXXXXXXXX >く
  __{ XXXXXXXXXX厂 ̄ ;  ヽ
:'´/::/:/XXXXXXXン'´ ̄, .:.' , ' /   ハ
::/::/::{XXXXXX7´://:.:/.;.:' / ′ i   Stabat mater dolorosa       悲しみの聖母は立ちぬ
;'::/::/XXXXXXノ.:'´/:.:/:/:.:/::/ ;: |   iuxta Crucem lacrimosa,      十字架の傍らに、涙にくれ
:/: /XXXXXX〈、/:.://.:.:/: /:./: / l   dum pendebat Filius.        御子が架けられているその間
:: /XXXXXXX}/ `ン<.:.::/.: :./:.// :,′
:/〉XXXー=彳マミx< >:.:.:; ':.〃:/ /    Cuius animam gementem,      呻き、悲しみ
::;'XXXXXXXノ  x廴癶^ /::メ/ / /     contristatam et dolentem      歎くその魂を
/XXXXXXXl     `゙ / ,ィx'彡シ′    pertransivit gladius.         剣が貫いた
XXXXXXX八       {7゙!
XXXXXX丿        ,.ィ:|::|         O quam tristis et afflicta     ああ、なんと悲しく、打ちのめされたことか
XXXXXX)     ` ー, イ:/::l::|        fuit illa benedicta,          あれほどまでに祝福された
XXXxx个 、    . イX//::.:          mater Unigeniti!           神のひとり子の母が!
XXXXXl::l::.:l>くXXX《:|::.:
XXXXXl⊥/XXXX_X_x〉
XXXX》《ニ!} XXX∧::.::::
XXXXハ ヽ \ X/三ヽ

「スターバト・マーテル」 作品58
http://www.youtube.com/watch?v=ihRZPcMi0g0

312 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:13:17 ID:0yN8.rIo





   r‐rァZ´~"ヾ   ドヴォルザークが
  rヘi !〃 ̄ ヽ}   学校に着いたようね。
   7b!リノノリ))》   それでは、本編どうぞ。
  /ノヘ.!}!゚ -゚ノ|ヽ
  (( く_ヒ|卯i7ヾト、
  rク /爿'^ jス ソ〉
 r'ブー-rァァ-‐′r'

313 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:13:45 ID:0yN8.rIo


              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ニューヨーク ナショナル音楽院

314 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:14:19 ID:0yN8.rIo

            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |   おはようございます。ドヴォルザーク先生。
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |   …あら、顔色が悪いようですけど
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′  いかがなさいました?
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / 〜〜\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|




          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\   いえ、大丈夫ですお。
     | u    |r┬-|   |
     \       `ー'´  / (ヽ  それで、早速授業を教えるのですかお?
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /
     / /、:::..  、      _./
   / ノ .):::..       |

※院長という役職ではあるが、実際に授業を教える事は勿論、院長としての
事務的な仕事もこなしていた。

315 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:14:52 ID:0yN8.rIo

             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i   ええ。それでは早速
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ   3年B組をお願いします。
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |

316 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:15:07 ID:0yN8.rIo

                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./

317 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:17:15 ID:0yN8.rIo

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   3年B組はここかお。
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /   よーし、張り切っていくお!






       ,、-‐''"´   ,','
  ,、-‐''"´        ,','ニニニニニニニニニニニノ     オ  み 
''"´ィ! , ; .      ,','          ____    )   . .. |.  ん (_
iヽ ._  /i .  .   //        /⌒  ⌒\ ろ .    ス  な  (
レ’|/-/ iー .'7   //       /(●)  (●) \). .    !! !  >
/! \/∠/ .  ,イ   .  /   (__人__)  . \  ,ィ⌒ヽ、.      ア
 ̄/\ ,ヘ/.   ,'.i      .|      |r┬ |      | .(   ノ     k
くi k_./i,イ/ .  i .|    .  \    .l| .| l     /⌒/   i     て
\k、 .リ   .  |.|      /ヾニニニ`ー'´ ニニニシ\ ,'`ー '´i、    (`
 r' .〉'´ iン  . .|    .,ィ'´ ̄`ヽ    |○      |     'i⌒iY´⌒
tァ ̄ .  、|.l.||,,. |    ./三三.互.',ヽ  |        i    ,′.| i.|
 ..  \ i| ! |..`|... . i三三三三 i i  |○   /`ヽ、',   /.. .| i.|
  ‐   |´ j,       ..l三三三三| l  |    ,'    `'ー'´.... .| i.|
   ‐.´'.l| !,  |!,   ノ/ ̄ ̄ ̄!,' ! .|○   i..          .| i.|
     / !.| |!!´i  . | . ̄ ̄ ̄ i  ',_|__ , |           .| i.|
       . .!´"', ',   .ヽ三三三,'   f..  . リ           .| i.|
          .', ',  .  ゞ三シ⌒ヽ.、 ノ  ... |            .| i.|
          . ヽヾ、 ..      ヽ.     |            .| i.|
             ヽヾ、 .. .     ヽ、 . |     . .. . .| i.|
              ヽヾ、  .......   .ヽ  . |      .    | i.|

318 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:17:46 ID:0yN8.rIo

    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈  
    !  :l      ,リ|}    |. }  
.   {.   |          ′    | }   
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   ドヴォルザーク先生だ。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|  
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ    
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

319 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:18:00 ID:0yN8.rIo

          )    \\  ,ィ:::::::,ィ:;::;ィ:::;ィ!:f!::::ィ::ィi::::;、:::::::,ィハ;::ヽ,    /  
  ヽ  う   く      \  ,iィ::::::/l:ハ:|'|:::iハ!|.|:::{l:::|.!:::|'!::::::{|! }:::::l;.  //  
   ノ   っ    ヽ ,、-''l{ i i  lソ:::::::| |l l:| '、:!i, il,'l:::i,'、'、';:i,';:ト;:i,'、ミ::::i|        
  (    :     )  l{    (!:';::::| |l '!゙、ゞ、シ、'ツ,,、'_ヾ!`ン二ゞ}::::リ  __  
  )    :    /  l{ l|    ''>、|ィンー-;三<"  ミ >;三,<⌒'ヾ!ヘ,  ̄ ̄   
 /   !   (    l| lレ'    i ,-.! -f゙ ハ`'      ハ ゙Y  ,l 、 |    __
 '、_,,、-、     ヽ         |冫'i|   __゙-゙_      _゙-゙_ '   ハ ),!    ̄ ̄ ̄
     l    r-、,,_) ,、=''l} i i ( ',ヾ..|  ////// x //////   |ノ'゙/
 ≡= `ー'⌒\       l}    ) \'!      rュ_ィ:、      ,!_/   )
             l{ l{    ( ( `!       ` ´      「   (
 三≡=−      l| lレ′   ) )  ',  (_,、-''⌒ー--''⌒ー! ,!  )  )
               l l /   ( (    i、    ::::::::::::   ,イ  (   !
                  /      )  | ゙、            / |   )
                        |   \       /  |


                       
                               ,x '"::::::::::::::::::::
                             ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ: 
                           ,,x '"::::::,,、- '"     |::: 
                           `"i`ー'"        ヾ 
                            !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ 
                            |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、 
                            ヾ::ヽ     -┴'~  
                            ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"  
                             /_             
                            l    '' )    i  
                             ヽ,,、'~`      U
                              ゙, __ ,-、_,ノ`
                        |/      ゙, `'" ,,y
                        |/  彡  ゙、`-'"
                          /|/     i
                          /        !    ,, -'"
                           |     `ー '"|::
                           |      /|||ヽ
                                 /|||||/心

320 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:18:20 ID:0yN8.rIo


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚      ..                 ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧

321 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:18:42 ID:0yN8.rIo

                                   /          
                                   ん | !''! !'''、ヾ "!、
                                  //ル |.! | | 人 ヽ,,''!,,弋
                                  〃;;;i '!!, 代 !i、\|ヽ!ヾ  !
                                  !! ;;;|.  'ヾ、゙ ゙.:;;;;iiiiiiii!!!!!!"" ヾ,
                                  !  !,;;ii||i;,  ゙ 〃;杰;"ヽ    "、
                                    "!?段;,    ._ヾシ-      !. /
ドヴォルザーク先生、先生の                    ":;i|i;  ,,// ///"      !/
交響曲第8番、拝聴させていただいたんですけど・・・      ;;/
                                      /
                                      ヾ;;;:-
                                       i、  _,, - _=-
                                        i、ヽ-'''
                                         i、 -‐'' '      /
                                          i、       ,,-'
                                 .     /    i、    _,.-i;;
                                     〃     ヽ--‐=|!!!;:
                                               !!;:



      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ○)  (○)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   は、はあ・・・
 |  u    |r┬-|   |
 \        `ー'´  /

322 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:19:19 ID:0yN8.rIo
     ヽ       j   .す
  い.   ゙,      l.     ご
  い    !      ',     く
  曲    ',        ',    :
  で    ト-、,,_    l
  す    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´



ドヴォルザーク 交響曲第8番 第4楽章
http://www.youtube.com/watch?v=kOTvLSK2Awk

(1889年作曲。民族的な色彩感をもった交響曲。

「ロッシーニの序曲に匹敵するようなクオリティの高さ」と評された。

余談だが、 第4楽章中間部の旋律が童謡「こがねむし」っぽく聴こえる)」



http://www.youtube.com/watch?v=kOTvLSK2Awk#t=3m05s
こがねむしはかねもちだー♪

323 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:19:42 ID:0yN8.rIo

              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |/
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |アーッ
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |\
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

生徒達から熱烈な歓迎を受けたドヴォルザークであった。

324 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:20:05 ID:0yN8.rIo

     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. -−- 、 ゙ー'  ,,. -−- 、 ゙ー' ,,. -−- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:
ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニシ:;;..;;..:;;..;;../::.:...;;;..:::...:l..::.:;;.::.:;;.::.:;;::..::l::...::::

アメリカの新生活が始まって、数週間が経った――

325 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:20:28 ID:0yN8.rIo


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|   カーチャン あれ、親父は?
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /

326 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:20:43 ID:0yN8.rIo

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.   お父さんなら、
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..−'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }  機関車を観に行ったですう。
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.



           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|  またぁ?
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /

327 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:20:56 ID:0yN8.rIo


         |:::::::|::|                                  |::|::::|
_,.i::i        |:::::::|::|                                  |「 ̄`i
_,.|::l        |:::::::|::|ヽ. | /      ヽ | /                  ヽ.|| Ⅸ |
VV|::lニニニ,二 |:::::::|::|二VV二二.,二二.,二VVニ.r─────t,二二エi二iエ二二 || 以 |二二二二
___」|::|[::] o | [:::|:::::::|::|[::] |::| [::] | [::] l [::]|::| o l| [三三三三] |   ┌─‐┐  F||___| o
コ ||::|mr勺云テ|:::::::|::|f云|::|:云云云云汀m|::|/^Y   ロ □  |   └─‐┘  L|::|::::|r勺云云云
___」|::|凶山_____,.|:::::::|::|__|::|_______,凶|::|L.ノ|______,冊冊冊冊_[][]_____|::|::::|山_____
_,.|_j____|:::::::|::|__|_j___________|_j_{」__________________|::|::::|______
ニエ二エ二エニ|:::::::|::|エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ|::|::::|エ二エ二エ
: : | | : : | | : : | l.|:::::::|::|: :| | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | | : : | l: :|::|::::| | | : : | | : :
______,|:::::::|::|_________________________________|::|::::|_____
:============|:::::::|::|:==============================================:|::|::::|=========
         |:::::::|::|                                  |::|::::|
            ̄´´                                   ` ̄

ニューヨークのとあるターミナル駅

328 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:21:14 ID:0yN8.rIo

   ___  +
  / ⌒ ⌒\  +
/ ( ●) (●)\ ヤルヤルテカテカ
| 0゚ ⌒(_人_)⌒ |
\_0゚ ヽ_ノ  _/ +
  (0゚ ∪ ∪ +
  と__)_)   +





                                        ノ  . .: .:. . : .
                                     ノ⌒ . : .: .:: .:::.
                                   γ⌒'. .: .:. .:.:. γ⌒'
                                   ノ . . : .: ,; ,;;;, :.)
                                , '"~. : .: .:.: .:. .; ; ,;ノ
                               ,ノ    . .: .:..:,. ー '"~
                              ノ.;, :. .  . .:.::.ノ
                           ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)
                          (  . . .:.::;;;._,,...'"
                           ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)
                          ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ
                         (  ,..-‐''"~
                          )ノ
                              (;;;) ポッポー
                             |.:i|
                             |.:i|
                             〔...;.〕
                      ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
                  /     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
                    l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
               __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
               [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
            _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
            〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
            /ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ

329 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:21:33 ID:0yN8.rIo

 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


ドヴォルザークは、鉄道マニアだった。
チェコで活動していた頃は
プラハの停車場に入ってくる機関車のモデルと車体番号、そして運転士まで全て記憶していたという。

こんなエピソードもある。

330 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:21:59 ID:0yN8.rIo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   スーク、頼みがあるお。
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))  
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\  今日、プラハの停車場に新しい機関車が入るそうなんだお。
  (___     `ー'´   ____ )  車体番号を控えてきてくれないかお?
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



     /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ、
    _ラ::/ソイ〃:::::::::ィ:/|:l ゙l::|ヽ:::::;、レVwリl
.   7:::::::::::::::、:ハ|/ リ l!   l! _lハLl,i::;::::::::}
    |ハ:::::::i?E_l!‐_二`ヽ.  ` r≠、、`lイ:::::!  はい、先生分かりました。
      ?E:ヽ  / l!寸`      弋リ冫 1:::ト
      ヾ;ヘ  ` ´           /ヾ'   番号を控えてくればいいんですね?
         { fヽ.     `´      /ソノ
         `ヽゝ.    ー ─‐   _'/
          ム、      /
             |`ヽ、_ __,/ |
             |       |
.          .'`ー┤       |`7ヽ
         _/  i /!        ト l ,ト、-、_
    _,. -‐'"´/,.ヘ \ ‐‐、  ,.‐‐  / i^| ヽ `‐- ._

ドヴォルザークの弟子 スーク。
ちなみに娘 オティリエの彼氏でもある。

331 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:22:18 ID:0yN8.rIo
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  悪いお。今日はどうしても抜けられない仕事があるんだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l   おやすい御用です。
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',

332 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:22:34 ID:0yN8.rIo

〜その日の夕方〜



,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllif;
.,illllllllllllllllllllllllハiillllllllllllllllllllllllii
,;illlllllllllllllllリハll  'lllハlメllll'llllllllllllir
;illlllllllllハlll'--lリ'  リ -ト-lリlllllllllliii'
..illllトlハl ",,..._     ,,..   iilllllllルi
. 'iiトii、 ,; ;''"`'''     '''"`''ヾ /ii"
 '{、<`,        ,      /"/
  `ヾ、_、    , _ "    ,//   先生、車体番号を控えてきました。
     '\    ヽ、_ブ   ,/   
      l゛ 、      /    
      |   ゛' ..,_,, r "
    ェ‐‐ー-----―rl、
   /_,,       `ー- 、
   ノ   '''¬- 、..   √7
   l"       ヽ   〉 |
   /         `ヽ,くヽ,,L,,__
  l      _,,_ , y ^ \\  /
  ,,     /    へt-,,,._ ヽヽ/__

333 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:22:53 ID:0yN8.rIo

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    悪いお。
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   なになに…Z-4649…
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /




      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)   あれ? Zから始まる車体は…確か…
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
 |  u     |r┬-|  |
 \        `ー'´  /





        .____     
     ;/   ノ( \;   \_人人人/
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;    ) ビキッ (
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  /^Y^Y^Y^\
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

334 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:23:13 ID:0yN8.rIo
      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ  このたわけがッ!
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
  |      (__人__) 〃/ ノ             これは淡水車の番号だお!!
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃    貴様はクビだ!でていけえ!!
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))









                ,. -- 、__
              /:::::::::::::`'::::`ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z
            !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ   わああああ!
  __,. -─── ¬ーゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r、!
 / `ヽ       r i`j |:::::::::::::::::::/!::::::::::::::::リ
 |   \r─=ニ>ヽ!::::::,.イ::/!/ |::/i::::::::/        / ̄二つ、
 |     !//´ ̄ ̄>-く≧'__,.,, ノ'__|::::/`ー 、   __ イ  /´-‐<
 |     Y1   /  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / }--‐r'
 |    / !  /   /                    {r-─'
 |    | | /   !>-.. __     _  <  ̄ ̄>、__二)
 |    | 〈__、    | /N/ 丁! ̄ ̄ /`ヽi r 、   レ-1
 `\___!-/ >、  / /  / i ̄iノ\//    ∨ !__/ ノ _
     L_/  ヽ-'  〈  L /     __  _ノ  '  / ̄ ノ
     } ヽ       く   {     (__二_       ̄ゝ─ァ
     ト、         i   !        `ニ⌒ヽ __フ ̄ ̄ヽ
     i\!二二_ヽ __,r-┼一' \   ,. <´            \

335 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:23:34 ID:0yN8.rIo

            /.::::/.::/ .:::.:/'| ::::.:ハ::::.: ト、:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.: .:.:.:.:.:.:..:. :.:.:.:.:.:.:.'       \_人人人人人人/
           /.::〃 .::/..::.:.:/ ! :::/  '::::.:.| \:.:.::.:.:.:.:.:.. :.::.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.i        ) オティリエ!(
.          /'´/.:::::: { ::.:.:/  j/   ヽ::.|   ヽ:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:...:.:.:.:.:.:.:.i        /^Y^Y^Y^Y^^Y^\
         / ,.:::::::::::.:,:.:./─-、     \ ___ヽ:.:.:::│:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.i
           '::::::::::::::.∨ ,.__ 、ヽ     ´    `':.:.:/| :.:.:.:.:.:.:..:.|.:.:.:.:.:. {:|   
.           l::::: l::::::.: | ,/フ心       ´-ぅミ._∨ | :.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.ぃ
         |::::: {::::.:.: |ヾ ト::::゚!           '::::::(_,ト、」 :.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.`ト、
 ん?      |:::: ∧::.:.: !  弋::ノ           {:::ryり丿.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:. }
           {:::: {:::.ヽ::.ヘ             ゙ー-'′/.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:.:.:.:.: リ
.           \ハ:::.:. \ ⊂⊃ ,′         /.:.:.:.:.:.:.:.:.从.:.:.:.:.:/.:,′
           ヽ:: ノ    丶        こつ ノイ.:.:.:.:.:.::イ:::::::.:.:.:/.:/
               ヽ    _            /.:.:.:/.::ノ::::::.:.;ノ:ノ
                \  /` ー-       ノ イ:::::::::::./´
                  /             . '゙ | 从/
.        r‐- 、     /   丶   _ _.   ´    |/
.         { ヽ  `¨フ/      r::┤             |‐-、
          _}__,」`二//⌒,  /.:::::|            |:::::::.\
         {  _/\{  { / .::::/|             /.::::::::::::..\
        厂    \ ヽ ':::::::::/ 丿         /..:::::::::::::::::::...ヽ

336 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:23:55 ID:0yN8.rIo


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     スークはたった今破門にした!
     /    (__人__)   \   こんなバカタレとはとっとと別れるお!
      |       |::::::|     |  
     \       l;;;;;;l    /l!| !  お父さんは絶対交際を許さんお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

337 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:24:17 ID:0yN8.rIo


                                 l   /
                         ヽ、   /ヽ、.ノ
             ,  -─- 、 _     ', `
          , -'´::::::::-ー::、:::::::::::::`‐、ト、_」 
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::'"´`ヽ::::」     
       /::::::::::::::::::::::::::::::;::-、:::::;:、::::::::ゝ  . 
      ノ::/:/:::::::::::::::/'"´`` ‐-';:::::\.    `
     /::/:/:::::::::::::/        ';::::::::',.     いきなり 
    /::/:::/::::::::::::::/          ';::::::::l    
   ,'::/:::/::::::::::::/               ';::::::L.   なにを言い出すお! 
   l;イ::/::::::::::::/ \      ,'   /__ ';::::::〈   
    l l::;イ::::::::::/「弋三ト、  └-,.イ三プゝ';:::::l   
   ! l;' l::::::::::::l ', トiイ       ゝ-イ-、/!::/_  
    l<ヽ::::::::l(__ノ ̄   ,   ⊂つ‐,イノ:::/ l
  , -''"´  \::l',     r---ーvヽ   /イ:/  レ 
、_ノしイヽ_,.イ::ヽ:\  l:::::::::::::::::::l ,.イ::ノ    ヽ     , - 、
        lーァ"´ `i‐ヽ::::::::::::ノ l', ` ‐「`ヾ ̄ ̄`ヽ /   \/\
    こ    プ   ',」       l i   l  ',      ',
    の    ヽ-イ  ヽ      /    l       ',
    _l_    l    \  /      l   l     i
    ノl Jヽ     〉   / ヽ/\        l   l     l
    /又     > / ヾ 、ア〃 \    l   l     l
    / \     l/  / イ l `ヽ   \   l   l     l
           l  /  /l l  \   \ l   l     ト、
    ム ヒ     ヽ \/ l  l  /      ..:: l    ノ l
    月 ヒ     /    l  ヾ    ...:::::::::  l     l
   ノ | l l ノ    l:::::.....   l   \..::::::::::::::::::  l     ,イ
      ̄ ̄    l::::::::::::::::....l::::::::::::::::::::::::::::::::  l   / l
     親       ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  トー'´  ,.ゝ
    父    ,   ┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  l___, -'l
    !       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  l      l

338 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:24:44 ID:0yN8.rIo


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__      うぬぬぬ!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      スークなどに誑かされおってええええ!!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿      このバカ娘が!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /








               _rー-'⌒^⌒'ー-、_
              r'´r、_r'^;ォ冖-、     ト、
             /¨フ::///l::ヽ\`Z l } >   バカはアンタですう。
             〉/:://l::/::|::.::l:ヽ::ヽ〉|∨
             ,イ/:://::l|:l::.:レ';:l|_」⊥|〉 |l 八   |li  |li  |li
              l;ハ::.|:l::.」Hx/::.;ノ,ォ示:l〉〃{::l:| |li |li  |li  |li   |li
             |:::ヾl:找オ   ゞイ:{   )|:ト、|li,γ'''"""⌒""''''' ヽ,|li
             ∧;」::|ヾ`′'_ , ∠:{   厶l.,/            ヽ
            / /  l::/>z 、 ,.ィ刋 ノ:.:.:.|ヽ,,            、,|
              / /l  〃/::.:;r-‐介v' /;.:.:.:.:|  ゙ヽ、_    _,, , ' '゙ .|
          / // /::l/r个ヽ/| |/ //:.:.:.:.:|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      |
          !/{  {::./:./}|  /‖ //:.:.:.:. |                |
           /::/  V:.:.:.{ニ{ / | | |:.:.:.:.|li .|                | il|
          /::.::/   /:.:.r仁{ | /  〉ヾ、:|li |                | il|
.      /_rr'フ〉   〉:r佐/_____と⌒i|              ,-;;,|
     /:/  \二二二二_____ (((( |             ((、,;;)
      l::ヽ__ミ`-    「 ̄ ̄/_}   \_`=|              トー'
.     |::{l::.: {l:.:.:{   _| ::.::.::/ :.:.:.:ヾ、_rヘノ :.:.:|                |
.     |:::|::.: ヾ:.:.ヽ/:.:.:.| ::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|                |   メシャッ
     入:\:/{l :.:..:.:.:.:.:./〃 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                |
    {::.::.\::} ヽ.:.:.:.:./〃 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、            ノ
     \::.::.ヽ }|:.:.:/:.:.:.{| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. >゙゙ヽ、、____,, '' "  そ
     〈:ヽ::.::.〉{L_/:.:.:.:.:{| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r==ミ :.:.:< /●))(__人__)((● \て
                             |     |r┬-|      |
                             \      `ー'┃     /

※実話

娘との交際を解消させようとしたほど、マジギレしたそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

339 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:25:25 ID:0yN8.rIo



            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }  もし、蒸気機関車をこの手で製作できるのなら
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |
     \       ゙ー ′   ,/   !   いままで書いた音楽全てを引き換えにしてもいいお!※
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

  ―――――○――――――――――’
            O              
               0 
            ___
          /〜〜〜、_\                   / /" `ヽ ヽ  \
.        /+__,+、__,、_,+トヽ                 //, .,  ,-、 ヽハ  、 ヽ
.       /`¨/__::/::::/、::ヽ, ト、',    あれさえ       〃/ ノ:/ ノfヽ  リ| l │ i|
     / /::::/:_/,ィ::::/ ̄',:::::>+ } ',    なけりゃ……     レ!| /:/ /...| |  从 |、i|
     \ !::::i〃ム // イ≧ト}:ヽ + } ヽ─,             レl レ ./..ノ .,''´} ⊃ |ノ
    ‐‐  レ:::',弋リ´  弋:ソ/:r'  `!  /              l   ' ´ .〃 /  j /
.    ∨',  }ヽ!{.゚//  .、 // イr' +<-  ´               ヽ.     . 〈イ
     ∨', ( /:::/≧‐‐、ィ T、) +_ ノ::|               r ヽ \.,_  ._ノ´,1ー:::::ヽ、
.     ∨'ト{::::!く >/ 介 / \ノ::|:::::|               {   V:::::/  /yヽ/::::::::::/,1
      ∨',> ' >/} {/! {ト、イ \l:::::|              く_,,.'':::/  / ./::::::::::: r" /
 
 
※この発言はドヴォルザークが大マジで言った言葉で、当時かなりの物議を醸した

340 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:25:45 ID:0yN8.rIo



              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、そんなこんなで一ヶ月が過ぎた頃・・・
学校の授業中に…

341 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:26:03 ID:0yN8.rIo



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  はい、ではこの主題はどこに対応しているか分かる人いるかお?
    |      (__人__)     |  
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

342 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:26:16 ID:0yN8.rIo



                      ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ
         ,ィヽ         /三三,/´    `丶ミ三ベ
.         / /            /三三/           ` ヘ
        / /        __/三┌''               ハ
.       / /        //ハ三/   ェエ≧ト   j    l
      / /     ,ィヽ  | / !      ゞツヽ / /≦エト リ ハイ!先生!
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   l〈__ j.          ,.'  l ムツ  ,'
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐'        / l  l    ,'  そこの答えはズバリ・・・
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ          `ー 、__,、)  /
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l        /__,,....、__ l ./
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ      / |‐'‐‐- -''リ/ ,.'
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  .ヘ     l  ヽュェェェン /
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ   ヽ ヽ  ー‐‐"/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ  \    ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\  >ー "|、
::::::::::l   /:::lハ::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ  _/___|ハ
::::::::::`ー'---.':/:::::::::::::::::::::l::::::l      l /  l /:::::\

343 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:26:42 ID:0yN8.rIo

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)     正解だお!
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |  ヘンリー君、君は実によく勉強しているお!
 \        `ー'´  /



           __,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
        _,.-'": : : : : : : : : : : `ヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
.     /: : : : : : : : : :彡 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /: : : : : : : : : : : : ≧.        !
     {: : : : : : : : : : : 〃´        ',
     i: : : : : : : : : /    _,.-─‐ァ  ィ‐i、  先生からお褒めの言葉をいただけるなんて
     レ'" ̄ヾヽ、{   ___'"ィ二tォ¨ 〈五ソ
.    《 il r'"1、`゙    r',゙´`¨¨´ 〉  ヾ゙、      光栄デース!
     ヽ、r‐''      ' ,.   イ⌒ヽ ヽ`i
      ヾゝ-イ     ', r'  / `¨¨ンイ ノ  
       } i      ', !, i 弋ニニニテ〃
        { l       '', ', l `ーニニ〉/
       ハ        ' ヽヽ  ー'/
     /{  \        `、`ー- 〉
    /::::ハ    \      ̄¨ーj──'"
_,.-'"i::::::::::::ハ    `ヽ、   r'ノ〈、_
:::::::::l::::::::::::::::ハ      >=イ、 iヽ::::`ー-、__
:::::::::l::::::::::::::::::∧    ,イ※※∧ !::ヽ:::::::::::::::` ー、__
:::::::::ト、::::::::/:::∧,/  `゙i::※l ヾ:::::::\:::::::::::::::::::::`ー、
:::::::::::::::>':::::::::::::∧    }::=┤  i::::::::::::〉::::::::::::::::::::::i:::',

ヘンリー・サッカー・バーリー
作曲家を志す学生。

344 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:27:18 ID:0yN8.rIo

〜授業後〜

                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./

345 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:27:38 ID:0yN8.rIo


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   おーい。ヘンリー君。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  このあと時間あるかお?
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



     _,.-'"三三≧ー 、       
   /三ニニ一─--、ヽ、    
.  /:r'"         }:::ヽ   
  /彡           ヽ:::',   
  i::::r'   ___   ===、 ',::}  
  !:::l  /三_ミヽ rィ正テヾ V=,、  あ、ドヴォルザーク先生。ダイジョーブですケドー
 __Vi /_テ''ラ゙ _} }、   ̄  }'',, 〉.
. {ヽ.ヾ      r'"   _,,>、   } / .
. ヽ {〈    丿¨`ー'゙___ヽ  、ノ    どうしたんデスカー?
  ヽ、 ォ  《 _,ィ行iテLi,ィ¨li /  
   ¨゙ヽ   i! `ニ三彡 ノ {.   
     ゙iヽ    ー‐''   / ト、
      ゙i ヽ、ー--‐‐ノ  / 1ヽ
      ._}   ヽ r'"  /  l:::::ヽ
     ,イ|\       /  /:::: ::::

346 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:27:56 ID:0yN8.rIo

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   また、例の黒人の歌について
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  教えてくれないかお?
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |




     _,.-'"三三≧ー 、      
   /三ニニ一─--、ヽ、    
.  /:r'"         }:::ヽ   
  /彡           ヽ:::',   
  i::::r'   ___   ===、 ',::}      お安い御用デース!
  !:::l  /三_ミヽ rィ正テヾ V=,、 
 __Vi /_テ''ラ゙ _} }、   ̄  }'',, 〉._  ボクの喋り方、パワプロのダイジョーブ博士みたいですけど
. {ヽ.ヾ      r'"   _,,>、   } / .
. ヽ {〈    丿¨`ー'゙___ヽ  、ノ    気にしないで下サーイ!
  ヽ、 ォ  《 _,ィ行iテLi,ィ¨li /    
   ¨゙ヽ   i! `ニ三彡 ノ {.   
     ゙iヽ    ー‐''   / ト、
      ゙i ヽ、ー--‐‐ノ  / 1ヽ
      ._}   ヽ r'"  /  l:::::ヽ
     ,イ|\       /  /:::: ::::

347 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:28:22 ID:0yN8.rIo


                     /ξξξ`ヽ.
                     くξξξξξ:.:.ハ
                    /´`¨゙゙゙'''''´´´ソξξ}
.                    j: : : : : : : : : :/ξξ:..|
                    f__: j i: : : : : !:\ξ.::.ノ
                    }斫'l:.:〉f斫_、: : : :|/⌒}
                    l: : //_: :¨´: : : ´: :jソ:ノ
                    V`ーィ‐'・ヽ : : : : /!-'
           / ̄`ヽ      ヽ===-、|: : : :/: ノヽ\_
         ∠ィヘ々イ-‐'´ ̄:/ハヒ___7': : : :// |::::::ヽ.::`ー‐-、_
        く//ヽ〉 │:::: /::::::ハ______ノ--'   /!:::::::::〉::::   :::`ヽ_
         ヽ' r、_ノ ノ:::  ゝ、::  :l /ミヽ.  | |::: く:::     :::::/ヽ
         ∨ `ー' /::::: く::::   ::|  }ミ/ `ヽ' j:::::::::::ヽ:::    ::/::::::|
         ノヽ.____ノ::::   ヽ::   ::| /彡ハ   |::   :/::::   ::/:::: :|
         〉ノ: : : /::    ::∨/⌒`ヽ彡'//f⌒ヽ::  ::/:::    /ノ::: ::|
        /::| \:_ノ}:::     ::{f´⌒ヽ}彡//|⌒ヽ|:: ::/::    :: /::  ::|
      /::: |  ソ∧::     ∨´ニヽ!/^ヽ[f´¨`]  /::      /     〉

ドヴォルザークは彼から、黒人霊歌をはじめとした黒人のメロディを耳にする。
また、黒人霊歌の音楽の特質を彼から教わった。

このころの黒人霊歌というものは、アフリカ的な要素はほとんどなく
アメリカで生まれたものがほとんどであったという。

348 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:28:44 ID:0yN8.rIo

                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ  当音楽院は誰でもウェルカムですわ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / / ?U  l  |
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  |?U |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ / / ?U|  / | |  〈
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  /  /}   | | ,' l |  |  `、
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /

この音楽院は人種差別する事無く、誰でも入学することが出来た。

これは経営者であるサーバー夫人の方針である。

こうしてドヴォルザークは黒人音楽とふれあい、新たな境地を見出していく。

349 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:29:17 ID:0yN8.rIo



         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \

年が明けて1893年 1月

ドヴォルザークは新しい交響曲のスケッチにとりかかる。

12月の自作演奏会でお披露目する予定になっていた。

「新世界より」が産声を上げるまで、あと11ヶ月である。





        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   \   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/________i | ケシケシ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__凵_______ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                    (続く)

350 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/11(木) 22:30:03 ID:0yN8.rIo
以上です。ごらん頂いた方、ありがとうございました。

次回の投下は未定です。決まったら連絡しますので、よかったらみてくださいね。

351どこかの名無しさん:2010/02/11(木) 22:41:21 ID:16Lkc7m.
乙です
オリエント急行とかの時代だよなあ
鉄道好きならやっぱり乗ったんだろうか

352どこかの名無しさん:2010/02/11(木) 22:54:34 ID:22wBOXuM
乙でした!
何かいいなあドヴォルザークw

353どこかの名無しさん:2010/02/11(木) 23:25:14 ID:bG/dwcnI
乙です
鉄オタぶりがキ○ガイの域にw

354どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 00:55:13 ID:oK9MbAc6
乙でした。
鉄オタっぷり、読む分には微笑ましいけど実際に周囲にいた人は大変だったろうなあw

355どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 04:15:33 ID:Cl3QGNwY
乙でした!

356どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 05:00:59 ID:52AmQaco

スークの孫は今も活躍してるな

357どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 05:54:35 ID:0DE4vc2Q
鉄オタっぷりを表すドヴォルザークのエピソードと言ったら・・・

ネタバレになりそうだからやめとこ

358どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 18:55:27 ID:52AmQaco
あ〜ところでここの>>1さん今後オペラ関係のもの取り上げる予定はおありで?
ないなら俺が作るけど

359どこかの名無しさん:2010/02/12(金) 21:15:03 ID:R//kb.kU

3人も亡くしてたのか・・・翠アンナの表情が悲しい

360どこかの名無しさん:2010/02/14(日) 02:23:50 ID:10oTuai6
ちょうど今日バーンスタイン・ニューヨークフィルの新世界を聞いてた。
いい曲でごわす。
が、たまに汽笛っぽい音が聞こえたりするのは気のせいだと信じたい。

361どこかの名無しさん:2010/02/14(日) 14:00:34 ID:6cL/NKJ.
あれは名演だな

362どこかの名無しさん:2010/02/15(月) 21:22:08 ID:a62hjVu6
>>356
まだ現役なの?

363どこかの名無しさん:2010/02/16(火) 19:29:48 ID:CvAORnXE
久々に「やる夫観察日記」を覗いてみたら、やっぱりまとめられてましたw
ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-category-98.html

364どこかの名無しさん:2010/02/17(水) 14:11:58 ID:wFGm1Grc
今追いついた。
こんな楽しいスレをやっているなら何故言ってくれないんですか!
次回に期待。

だが一つ言わせてくれ
こんな凶悪そうなブラームスがいてたまるかw

365どこかの名無しさん:2010/02/17(水) 19:04:39 ID:/Z6xkamI
どこぞのスレのワルターより大分まし

366どこかの名無しさん:2010/02/17(水) 22:17:11 ID:2I5hCB1I
>>365
kwsk

367どこかの名無しさん:2010/02/17(水) 23:45:51 ID:4MH/Z7BY
>>365
kwsk

368 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/18(木) 22:32:11 ID:ThB7HDX2
>>358
カルメンを企画してましたが、挫折。うーん難しい  ぜひぜひ!期待してます

>>363
観察日記さんには頭が上がらないです。拙作の悲愴スレからお世話になってます。ありがとうございます

>>364
私の交響曲の戦闘力は(ry  ブラームスファンに殴られる覚悟ッス。


ドヴォ9は、どのCDも良いので困りますねえ。去年出た西本智実のドボ9を聴きながら作業してます




続きは鋭意製作中なので、お待ちください。 感想ありがとうございます!

369どこかの名無しさん:2010/02/18(木) 23:51:54 ID:07nBx1nw
お待ちする

370どこかの名無しさん:2010/02/19(金) 00:15:13 ID:e2sO60qI
待ってるよー

オペラものは
「やる夫たちが舞踏会にいくようです」(こうもり)
「やる夫がマイスタージンガーになるようです」
とか面白そうかも。

371どこかの名無しさん:2010/02/19(金) 05:38:11 ID:ffQpxrkA
「やらない夫は無慈悲な神を信じているようです」とか
「でっていうはせむしの道化師のようです」とか
「やる夫は義理の母を愛しているようです」とかやって
うまくいったら神(オテロ、リゴレット、ドン・カルロね)

372どこかの名無しさん:2010/02/20(土) 12:22:07 ID:AYVfW9XY
>>368
では、やらせてもらおう
続きも待ってます

373 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/23(火) 23:36:37 ID:zYLTpxEk
こんばんは!


今週土曜日の夜10時から、第3楽章を投下したいと思います。
よかったら観て下さい。

374どこかの名無しさん:2010/02/23(火) 23:37:37 ID:lWsUau1A
wktk

375どこかの名無しさん:2010/02/23(火) 23:50:36 ID:06mDKYyY
よし、待ってる

376どこかの名無しさん:2010/02/24(水) 01:21:43 ID:B7PYzv5k
全裸待機

377どこかの名無しさん:2010/02/25(木) 00:24:40 ID:K9CWW93c
お待ちしてます


>>366-367

>>365 ではないが、たぶんコレ↓
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264216910/157


ハトポッポ・・・

378どこかの名無しさん:2010/02/25(木) 18:51:22 ID:L4UrWXKU
こ れ は ひ ど い

379どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 07:22:25 ID:dC9Ikv5c
ワルターファンには全力で謝らして貰います、すいません!

アー、ところでオペラなんですけど、ほかの方がはじめられたようなので
俺はちょっとパスさせてもらいます。アドヴァイスくれた人すみません
やる夫を主人公に指揮者物語でも書こうかしらん

380どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 20:03:59 ID:SQRQJX4Y
やる夫がハンス・フォン・ビューローになるようですとか

381どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 20:23:07 ID:jHPGImGM
>>380
寝取られるのかwww

382 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 20:25:38 ID:OuSf08p6
>>379
ぜひ指揮者物語! 楽しみにしてます
やる夫はコバケンになるようです!とかw


本日の投下ですがすみません、ちょっと遅れます

11時半から投下します。

ごめんなさいm(__)m

383どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 22:27:22 ID:dC9Ikv5c
やる夫カルロスクライバー
ない夫サヴァリッシュを考えてた

>>382
待つ

384どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 22:28:54 ID:SQRQJX4Y
待ってるぜ

385 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:32:06 ID:OuSf08p6
こんばんは。投下します

386 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:32:48 ID:OuSf08p6




「ドヴォルザークの頭の中には、優れた何かが隠されているに違いない。
我々の音楽の一層の発展のためにも 彼のようなすばらしいライバルがいること嬉しく思う。」

                                  ベドジフ・スメタナ






やる夫は交響曲第9番「新世界より」を作曲するようです♪第3楽章♪

387どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 23:32:58 ID:bppUkTus
うすw

388 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:33:11 ID:OuSf08p6

                                          _,,....;:''''"~ ̄~`''
     _,,....;:''''"~ ̄~`''-、_          _,,....;:''''"~ ̄~`''-、__,,....;:''''"~
 _,,....;:''''"へ/二| へ^i    ̄~`''-、__,,....;:''''"~             `''-、
 ̄~`''ー-|Π|  ||Πi ̄! _,,....;:''''"                      `'';';.,,;;`;
  ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、、_  ____________________.;;:。;:;;::、;;:`''-、__
_,._,._,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''",./|\|/|\|/|\|/|\|/|\/|\|\|/|\|/|\:;;`;;i`:;:;,i
     _,,...--―.;.;.-'"~ ̄~`''-、_ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ,r'''''lイトli"~~`''-、__
--―''''"~_,,...i''''"~          ~`''-、,''",''"゙ヽ,_,._,._,._,.._,.,._,._,_,_,,,r''"゙ヽ,.r'''
_,,...!''''"~         _,,....;:''''"~,''"゙ヽ, '""~""~'        ,''"゙ヽ ,''",''"゙ヽ,,._,._,
        _,,....;:''''"~      ~"'"~              ~"'"~ '""~""~ ;:''''"~
       (     :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:             ;:''''"~
        `''-、_                              `''--、
           "''-、_   :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:. `''--、
              `''-、

1983年 夏
渡米してから、初めての夏休み

ドヴォルザークは家族と共にアメリカ旅行へ出かけていた。

389どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 23:33:32 ID:SQRQJX4Y
スメタナさんっすか

390 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:37:14 ID:OuSf08p6

                            ,,,,_   .,,r'''~ ̄~ヽ,,           、、
                     ,,,   : _,、!'″ ゙゚'''''''"  ::::....::   ~''―--r-    '″ ゙゚'''''''"'⌒ ゙゚'''''''"
                ,,rr'~丿⌒~`  ,,,,, :::::......:::::: ,,,,, :::::......::::::    :::......:::::: ,,,,, :::::......::::::
                 ,i'″ ,,,,,   :::::......:   ::::: ,   ,,,, :::::..     ....:::     :::......:::::: ,,,,, :::::...
     ""ヽ,,、      `  ,,,,, :::::......:::::: ,,,     _,,,,,_     、、
  ,,,,,:::::    `~゙゙ヽ,_                  ''''″  ゙`゙rー'''゚゚~^ ゙~゚`⌒'''''´´` ''''″  ゙`゙rー'''゚゚~^ ゙~゚`⌒'''
  ,,,,, :::::......    `~~゙               ,,,,, :::::......:::::: ,,,,, :::::......:::: :::::......:::::: ,,,,, :::::......:::: :::::......:::::: ,::
      ,r~~~~~~~~~~~~~~~'r、'''''''''''''''r、                        .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.
   .,,r,r″ヾ-_ヾヾヾヾヾヾヾ゙゙゙`r--、、~ヾヽ、   .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.  .、;:...:,:.:.、.:,:.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:.:.:.:.
 .,,r'ヾヾヾ~,-----------、 .,,,r/   'r、ヾヾヽ, .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.     .、;:...:,:.:.、.:,:.:./〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
,r"ヾヾヾヾ | 直売 野菜 |ヾヾヾヾヾヾヾヽ/.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:..:::::i    .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、ヾ/ヾ/ヾ/ヾ/ヽヾ/ヾ/ヾ/ヾ/ヽ/
"'| l゙゙""""""""""""""""""""""""":||~~~”||.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、:::::i     i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./ ||ゞ ||ゞ.,.||ゞ .:||ゞ,,, ||ゞ ||ゞ.,.||ゞ .
 | |   |::::::::::::;;;;::;:;;;;:;:;;:::;;;;::;:;::::::::::::::: ||   /.、;:...:,:.:.、.:,:.:.:::::i     i:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./ :||;:ゞ ||;:ゞ:||;:ゞ ||ゞ;:;:||;:ゞ ||;:ゞ:||;:ゞ ||
 | | / ̄ ̄ ̄ /l   ./ ̄ ̄ ̄ ̄/i ||   /.、;:...:,:.:.、._,:::::i     i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./  :||  ||  ||  ||;: ; :||  ||.. :||  ||;:
 | | | ̄ ̄ ̄ ̄|/  |:二二二二|/:::‖/.、;:..,,,;:;::;i'''゙''      i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''';:...:,:.:.、.:,:.:.
 "'"""'""゙''~"'""""""゙''~~'"'''"'"""゙"""゙''~'''゙''"'         i:;:;.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.
                                    '''゙''"'"""゙''~'''゙''"^r、.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.
                                                    "'""゙''~"'"'""゙''~"'

アイオワ州のチェコ移民集落 スピルヴィルに滞在し夏休みを楽しんだ。

ドヴォルザークはスピルヴィルで、弦楽四重奏曲第12番 『アメリカ』を作曲している。

僅か2週間で作曲したこの曲。
ネイティブアメリカンが民謡で使う五音音階を多用した曲になっている。

┌──────────────────────┐
│弦楽四重奏曲第12番 『アメリカ』          .....│
http://www.youtube.com/watch?v=jiPA2Iw4IGg  .....│
└──────────────────────┘

391 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:37:40 ID:OuSf08p6


  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
            *- - -*   。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  . ヽ  ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚  ヽ 。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。        *- - -*. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .  ヽ 。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   . ヽ 。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 *゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ヽ´。.  ((★))。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ヽ+ ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚.,* ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.ヽ ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ヽ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 *゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。

392 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:38:05 ID:OuSf08p6

ゝ.;:_:_;:;:_:_;:;:_;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:||  /
ミゝ、___/\二`>、;:_:_;:;:_:_;:_||ー========----......__
ゝミミミ / /\\  ̄7 \__||三三三三三,ィ=‐--,,,..三三,kニニニニ、
彡彡/ /lll;lll;ll;\ \i\  \,',',.ヘ,',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',','/,',',',',',',',','/ \
彡/ /ll;ll;ll;ll;ll;ll;ll;\ \ \r-\,','},',',',',',',','ハ,',',',',',',',',',','7,',',',',',','/ /\\
/ /l;;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l\ \/ヽ、__\ ̄ ̄∨ \,',',',',',',','|,',',','/ /ll;ll;ll;ll;ll
;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \,',',',',',',\,',',','\,',',','\,',',',.ヘ,/ /l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;
:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:;\_ゞ;; iiニ三f;|_/__ヾ´/ ,/_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:
_;:;:_:_;:;__:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|; ||k三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:〈__/:;:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:
_;:;:_:_;:「_,:,.,:,.,:,.,:,.,:,.l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||三三ミ|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:,.-'"
_;:;:_:_;:l.,.,.,:..,:,..:,..:,.,:l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||_三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|_:_;:;:_:ri―":.:.:..:..
_;:;:_:_;:l_:_,:_,:_,:_:,:__」!:::::_;:;:_:_;:;:_:;:;:|; ||三二t|_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:;:|_;:;:_:_|;|:.:.:.:.:.:
_;:;:_:_;:; ̄ ̄ ̄ ̄:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_;:|; ||[三三|;;γ⌒ヽ_;:;:_:;:|:_;:;_;_|;|:.:. .
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:|; || 三二|_; | ____|__:_;:_|_:_;;:;_|;|::
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_/ ̄/ ̄ ̄`!;;;;;;;;;;;;;;|_:;:|__ __|;:_;:;::;|:;:_:__:|;|.
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:__|  i;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;/;|_;:;|___  |:;:;:;_:;|;:_:_;:_|;|      /
_;:;:/ ̄ ̄ ̄/l:_;:;:_:_;:;,ィ´⌒i;;;;;;;;;;;;;|;;/,.;;;;;;|_;{  ___};:;_:_;::|_;:__:;:i;|    ,.-''"
_;/_;:;;_;;:;;:;_/__:_;:;:_:_;:_|ミ_ ノ..{   {     {  ゙ミ、 ン::::--┴-―┴'""´
             ` ┴―┴――┴―'''"´

ドヴォルザークの別荘

393 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:38:33 ID:OuSf08p6

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  それにしてもアメリカというのは面白い国だお。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  特にネイティブアメリカンや黒人達の民謡や歌
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //   どれもヨーロッパでは聞くことの出来ない、すばらしいものばかりだお!!
  / __        /
  (___)      /



            , - - - 、 _ _
          /´_ -―-―- 、`ヽ
        / /´     ※ `''-、\
       //  ※ _, - - 、 _ ※', \
     / / ※ r‐' '´:: :: :: :: i:: :: ::ゝ、 ',  >
     / .i/  /´:: :: :: :: :: :: :: :l:: :: :: :: ヽV''´
    ./  l  /:: :: :: :: :: :: :: :ィ:::ト:: :: :i:: :: ::i
    ´-、|  /:: :: ::i:: :: :: /:::ハ::::A-―:l:: :: ::l    …あら、それならずっとここで暮らしますぅ?
      | .イ::l:: :: ::l,::-::ナ´ // ,ィ=-ァ.|:: :: ::|、
      |∧::l:: :: :: Vォ=-、ノ´  迅.ソ/:: :: :i|::',
      |※',i:: :: :: :ト弋及  、   /ィ::,イ/ |:: :',
       }  ト、\:: ::ミ    - ' ノイノ/ 人r-、,
     ./   i r、, Xー-ニ> _ //※ / { i }、ヽ
     i ※ /i i }、 `   `i  イ l   i  { i }: |:::',
    /   ノ|:{ il }    r''ニフ不ヲ  / .{ i }: : |:: ヽ
   ./   イ::|: } ili }    // /, |}{/.※人  { i }: : :|:: ::',
   / ※ イ:: ::l: : ヾ i }  // //| | ||  ∧ヽ/∨: : : |:: :: :',
  ./  イ/:: :: ::|: : : :>V y/ .| | | | .| イi > >: : : : ::|:: :: :: \
 / / /:: :: :: :|: : : : :< <  ///∧/|  |、//i: : : : : ::ト:: :: :: :: ヽ

394どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 23:38:47 ID:SQRQJX4Y
>>390
ヴィオラ弾き的には外せない曲ですな

395 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:38:56 ID:OuSf08p6

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   いやーぁ でも、チェコが一番だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |  次の夏休みは一旦チェコに戻ろうかと思ってるお。
  \      `ー'´     /



    / /.:.:.:./.:.:./.:.:./!.:.:.:.|.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:!.:|.:ヽ._'' ` }  ヽ
    ,' /.:.:.:.,'.:.:.:/ .:,イ.:|.:.:|.:|ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:|.:|.:.:.:.:|ヽ  | /  それもいいですう。
.   i.:.!.:.:.:/.:.:.:/.:,イ ! ハ.:.|.:|.:.:',:、.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:!.:|.:.:.:.:`7  !'´
.   |.:|.:.:.:|.:.:.:,' 7十H-l、|.:ヽ.:.ヽ\.:\.:.:..:.:ヽ.:!.:!.:.:.:.| {_  |  …ここはチェコからの移民の村だけあって
   ,|.:|.:.:.:|.:.:.:|/__ヽ|_ ',|、.:ヽ :|\ゝ‐ヽ、__.:',|.:|.:.:.:.|.:{, |
  ハ:|、.:.ヽ.:.ハ'¨びこハ ヽ\:| \ ゝ\:|\` V.:.:.:.:!: ハ |    どこか故郷の香りがしませんか?
  .:.{ヽ \.:N ヽ又__ブ゙    \  '´び>ャ、!:、!.:.:.:.,'.:,' Y
  .:.({  {\ヽ_`¨             又_ブ ノ,イ.:.:.:/ /   !
  /〉  `ヽ ̄     ノ      --‐''¨,ノ.:/_/  ,イ
  :::人 ri  ,ヘ、   、、_    , 、,ニラ='´r'´, _, |:|
  ´.:.(iヽ;;く }〉 /\      ̄ ,r‐r', ´  ¨ `Y´_V_ r‐1:!
  _,ノ:;ゝ{j `ii)'::::::::`ゝ、___/.::.::ゝ    、__,、_r‐1 .:|:|

396 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:39:43 ID:OuSf08p6

       ____
     /⌒  ⌒\ 
   /( ●)  (●)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  故郷のヴィソカー村を思い出すお。
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /  …しかし、貧乏暮らしだったあの頃からは想像も出来ない夏休みだお。
   ( ^ノ ̄       ヽ




               ,.-rr'  ̄ ̄`7゙ `丶、
             ,r'´   リ *  ,′  .:.:.\
           /      |    /   .:',::::、:::ヽ
           /       | * / .:.:/.i .:l:::::ト、:::`,
         /        |  ,/ .:.:/.:.:|:.:::l!_:」:|::::l::!   そうですう。
          /         {  j!:::::::|:..::l|:,j´リl/::!:::N
         ̄`7´.:::::::ー-、! ‐f {::::::::|:::/ソ _ _,,〈l:/  やきそばにもやしを混ぜて量を増やしていたあのころ…
           ,/.:.:::::::::::::::i.::ト、  `、:::::V.  '""´ `ゝ
          /.:.:.:.:.::.:.:.:::::|::|:〈  `ト、::.ヽ' ' '、__ /         /´ ̄\
          ,/.:.: .:.: .::.:.::::::j!::|``ゝ‐j‐、`"   ー/      _ノ─- 、/
       ,/.:.:   .:.:.:::::::,'::::L _ノト、  ヽ_,r─ '     /   ̄`ヽ/
       , イ   .:.:::::::::::::/:::::!  「`{ 下〈i尓,      /       {
     /.:,′.:.::.:.::::::::::::/::::::ハ  !. {!   ゙,jkト、.   /        ,′
   /.::::/ .:.:.:.:::.::::::::::/:::::::! !  !  i! ‐f‐{u7`ト 、_.,/       /
  /.:::::;:イ.:.:.:..:.:::::::::::::/::::::,イ ,′ ′ |   | i}  ./   _r‐- 、 /
/.:::::::.:::/.:.:::::::::::::::::::/::::::/ |/.     |   ! ,j}:. /   {三ヽ y′
.:::::::/::/.:.::::::::::::::::::/:::::::/ .:|      | ‐f‐|_/:::./ /   <二  jト、__
.:/.:::::/.::::::::::::::::::::/:::::::/ .::::ト、      |   | `,/ /   , 孑フ´ 〉、\
.:.::::::::/.:.:.:::::::::::::,:イ::::::::/ .::::::l!::iヽ   |   | {ト、   /  /´  , イ  \\
.:::::::/.:.::::::::::::/::/::;:イ .::::::::::|:::L.:.:``ー| ‐f‐i j/^\ /  /´ ̄  ji /  \\

397 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:40:04 ID:OuSf08p6

        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \     
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ   
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{       
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l




        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \     死んだあの子たちにも
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ   この生活をさせたかったですう…
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{       
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !
      ハヽ: {xx~´   .     ーo ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :‖
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l

398 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:40:26 ID:OuSf08p6

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   ・・・。
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \




        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
:L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |

399 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:40:50 ID:OuSf08p6

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ






                 , -‐ ' ' ' ' ' ' ー-、
            ,r‐ '' ´ ,、 ,、,、,--、,、,、  `'' - 、
           /  _,-'´        `´- 、,、  \
          ./   ,(  ※   ※   ※    `ヽ  ',
          /   { ※  ,、,、-ー`´ー、,、,、_  ※ ',  \
         /  {´ r-/:: :: :: /:: :: :: /:: :: i;;`´`-、, ',   ヽ
        ./  .{r-'´:: :i:: :: ::/:: :: :: /:: :: :: l:: :: :: :: ヽ',    ',
        /   {.,':: :: :: :l:: :::/:: :: :::イ:: :: ィ:::∧:: :: :: :: ',.',    ヽ
      .<   { i:: :: :: :.|:: : :: ::/:: :://:/  V:: :: :: ::i ',    ノ
       \ ( .l:: :: ::..::|/`:ーィー//`-/-七´vi:: :: :: l ',  /   あ、ごごごごめんなさいですう!
         `V .',:: :: :: :|イ行= 、`  ノ ィテ=-.ァ|:: :: ::.l  ',/
         ,.' ト、::::ヾ:|弋 tじン    弋辷::ソ::/:: ::イ※ ',   微妙な空気にしてしまったですう
        .,'   i: ヽ、:: ヽ xxx´  ,   `xxx/ィ:: /イ:l   ',
        ,' ※,':: ::::ヾ>、ゝu  rー─ ァ  イフ/:: i::l ※ ',  
       ,.'   ,':: :: :i:: ::i:: :>、  ',  /    イ:: :: :i::l:: ',   ',
       ,' ※ ,':: :: ::l:: ::l:: :: l::>、 ` ´ , <:i:l:: :: ::l::l:: :', ※  ',
     ,'    ,':: :: ;/:: ::ノ:: /ィ''´L ` ´ 斗-,j_|:: :: ::V:: :::',    ',
    ,.'  ※ ,':: :r^>'''´  , -= 、`V_´- 、_  `''' v^ゞ、:: '  ※ .',
   , '     ,V..( ||   ,〃''´/ ィxミ\`ヽ\  || イ:\',    ',
  ,.'  ※  ,': : :/ ||  << //ノ∧ ト、\,> > || {: : : :.', ※ ',
 ,.'      ,': : : 廴 ||  ヽ_/ //i<∧ ',`- ''´  .|| ノ: : : ∧   ',
,.'  ※   ,': : : : : ( ||     //||}{}{||∧i       || 5: :: /: :.', ※ ',

400 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:41:04 ID:OuSf08p6


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (ー)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '  ス…

401 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:41:22 ID:OuSf08p6
                          _, -''´ ̄゛''ー───- 、_
                       , - ''´  , -- 、,r ─ 、 , - 、    ` '' - 、
                   _ - ''´  r ─'´ 、_ i ノ      ゜'ー-、    ` ヽ、
                  /   ,-、/     フ l ヽ        、 _'ー, 、    \
               r' ´    /         , 、 _ , 、   ,、 ィ i ヾ ー、    `'-、
              /    r'' ̄,、     ノ'ー ''`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:ヽ、_ _ `  ∧ ::.    \
             /  ..: ノ i ノ   r - '´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、  ヽ :::.     \
            /  ..::::r'´ /ヽ_ -'´:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー、  ',::::..      .\
           /   .:::::/   ノ/:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ヽ ヽ:::..        \
        ./    .:::r'´ , -'´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ V        \
     _, -'´     .::ノ -'´:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.::.:.:.:./:.:.:.:.:.:. /l:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:、 ヽ::.       \
    /     _, -彡ァ'´:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.:/ .|:.:.i:.∧:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:V ',::::..       /
  /`ー = = ''゛" /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:::./:.:.::./:.:.:.:ィ:.:.:./:.:.;/  l:.:ノ:.L_>廴-─:.:::十.-:.:.:.:.:..i::.::.:.廴 ヽ::::.........:::::::/
./...:::::::::::::::::::::::::::::/:.:./:.:.:.:.:.:.:.::.i:.:.:.:.:.: /:.:.::./:.:.:.//:.:./:.:.:/   .l/i:.:ノ、_- ヽ_ゞ、_:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:..て V:::::::::::/ ・・・。
. \::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:. /:.-./-|:.:ハ:.:./   ノ //  ,,r=''::::::ヽ`ア,:.:.:.i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.ゝ  V、,/
   '<:::::_ //:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.::/:.:.:.:.ハ:.:.:/ レ |:.:{    /  イi:.... :r 、:.:}V .ト./:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:`i  ヽ:\
   _, -''´:.:.::/:.:.:.:../:.:..:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:イ -'./ |:./=''´::ミゞ|:.:i  /    弋:..:.`''歹ソ //:.:.::.:.:.:.ハ:.:.:.:i:.:.:.:.:|  '、:.:.:\
_ -''´:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.::.イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/ |:.:.:.:K.i/{...:.:,-、:::} ヾi  ´      ゜ー''´ ノ/:.:.:.:.:.:.:/ }:.:./:.:.:.:.ゝ,   V:.:.:.:\
-ァ''´:.:.:._ ,ァ:.|:.:.:ノ |:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:./ゞヽ:.:.| ヾ弋::.:'ー.ソ、 ヽ       " " "_彡イ:.:.:.:.:/ //:.:.:.:.:.:.:.:.}、  ヽ:.:、ヽ:
:.:.:.- ''` /:.:.:.i:.:/ .|:.:.:.:.:./ {l:.:../:.:.i  ゝミ、   'ー''´゛     ,         _ノィ:.:.::/ノi:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{    V:.\
   /:.:.:.:.:.:.ゝi i ',:.:.:./ ノ.l:./:.:.:.:.|  `'=-  " " "     ヽ         ノ_.//:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ   i:.:.:.:

402 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:41:40 ID:OuSf08p6


                 ヽ
                  |
                _,.⊥_-─‐- 、
              ,. イ7    ` x ‐- 、 `丶、
              / -──-、 ´ヾ   `ヽ、 `ヽ、
            /´       ゝ`、 、  、, ヽ   \
            , /  ,        l   ゝ、 ´` ハ     \
.         //  /   ,.ィ/    !   、 {    ハ    \
     、   / / // / ィ/ 从.   |   | {    }       >
__  、  ヽ、.__'_ イ__ '-=チ' / ,人.ハ   |   ! | {  ※ }  r‐ ' ´
  `ヽ`ヽ、 l イ //、_- '´// / |` ト、 l l l ! {     }ノ|‐┐  ギュ……
    ヽ ヽ |/ | lイx、 __,. '  '  ト 、リ l` ト ! .| | |     !γ .ノ
‐- ニ_ 、ヽ ハ  l/.l    ,    z、_ ` | ハリ /ノ| l|   / ,ゝ' ノ
     ` 丶、l‐┘{    '     `^'F-Fイ/ ノリ   /,.(, イノ

403 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:42:49 ID:OuSf08p6



    |┃三 ガラッ
    |┃  _-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    |┃ /  /" `ヽ ヽ  \
    |┃//, '/     ヽハ  、 ヽ   ただいまー!
――‐.|┃〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
    |┃レ!小l( ●) (●)从 |、i|  門限破っちゃってごめんお〜
    |┃レ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ(⌒)
    (⌒ヽヽ、  ゝ._)   j / / /
    |┃ノ  ヘ,、 __,  ノ / /
    |┃|ノ''" -    - r /

404 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:43:14 ID:OuSf08p6
                                 
                                 
                                 
                                 
                                 
                                     .. /⌒i
                                   _,,..、 .|  / ,..-、
                                   l   l | /´ l,、_ノ
     _ -‐lニ =ー...、                      |  i' '´_,,、          /´〉,、      /7
   、 '´ /ノ(: : ::.:::ノ:l::`ヽ  ウワーーーー!        |  し''´ 」     l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/     / /
   \ l'/::.⌒_ヽ/- 'ヽ::l:::ト、                   |  ,,.-''´       二コ ,|         /_/
    /冫 ̄! { o\:, ::_::メ、レ′      ______     | .|         /__」        ∠ゝ
_  /: :l  l  ー ': :ヽ゚_ノ|!       / ー   ─\   l、_ノ
┴v: : l  ハ    /ヽ、:.:::/|     \\ ┌────────────────────────────┐
__/: : l  l, ‐ヽ、/  : : l} ,,,..-‐'''"⌒ゝ-r''⌒`│                    _____              │
://: :l  |   {  : :/´:.:::::::::::::::::::::::::::ゝ、__,│                 -ーァ  `゙i  ゙i ´ \           ..│
/' : : l  |      ̄/::::::;;::-''"``'"'//ヽ │               、イ:.:. ゙i::.:.\\゙i..  ッ◎γ           .│
_: : :!  |-j-......._/::Y、:     // \  │`''‐-'''‐-`'''‐-__,       {.:゙i::.:.!\ ,.へ;゙i゙i:. ゙i  _ッ \       .....│
/:::l   |イ::::::::::::::::::::::| ´     (   \ │      \ \--γ-_r!、fー^r  ,r'    l  r    \        .│
〉:::::> 、| l:::::::::::::::::::::::|       \_ ) │      `   ゙i゙i゙i ゙i       \ソ_弋^--ト     \       │
 ̄     j-ー- _:::::::l       /′   │        |  | l l          {゛!、 !、゙ィ /       |     ....│
      /    : :`:ヾ     /      │       , ' |   l          |{゛!、゙i ソ         |    ......│
                  (     (/ │          '- - `'- 、    ,,,,_    |' (         |     ...│
                  \   /  │       _: /゙i     \     ゛r./ ッ       /       │
                    \./  │      /     '┬---,r'⌒\. __ ,., ' ゙ッ       /        ..│
                        │              /                \       .....│
                        │            、,r'                   ゙i       ...│
                        │           /                     l        │
                        │          、イ                       |       │
                        └────────────────────────────┘

405 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:43:39 ID:OuSf08p6

   \   |  i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:l:.:.:|:.:.:.:.:.:.ヽ:.`\   |
    \ _|_/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l:.:.| .:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: \...|   ,
        フ:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:../:./:.:イ:.: |:.: |:.:.:ヽ:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:Vト<:.:
     /:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:/:.::八 : |:.:.从:.:.:.:\:.:.:i:.:.:.::.:.:.Vi:.:i:.:
.     /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.//:.:./i:.人:.:.:.:.:.:.:.:.i: |:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:l:.:
    i:.:.:.:.:.:.:.:.i>、:.:.:.:/:.:.:.:./:./ /:.:/.//  ヾ:.:.:.:.:.::l: レ:.:.:.:.:.:l:.: |:.
    i八:.:.:.:.: l:.:.:>.< ´ / // //   ><:.:. |:.:.:.:.:.:.:..l:.: l:.
      ∧:.:.:.:..ヾ:./≠、=ミー 〃 // ー彡=≠≧/:.:.:/:.:.::/i:.:.l:  あ、あら、オティリエ、遅かったのね!
      /:.{{\:.:.::Vi Ⅵo(;;):::カ   /  彳o(;;) .V/イ:.:/:.:イ/ .l:.:.|:.
.    /:.:.イ} .\:.:ミ、 弋:::::ソ        乂  ク//::.:.:./〃 .|:.:.:.   
   /:.:/:.{{   >、廴´ ̄`         ´ ̄`彡:.イ:{{ .* .|:.:.:.:
.  /:.:/:.:.:{{ * }}∧"u"""    `     """" ./:.:.:.i:.{{   }}:.:.:
  /:.:/:.:.:.:.}}    {{:.:.:>、     r== ァ    / \:.:{{   }}:.:.:
. /:.:/:.:.:.:.:ハ{    }}´  >   `ー ´   <     {{    }}⌒
/:.:/:.:.:.:.:/ハ{{ .* }}     \> ._ </        }} .* {{: : :
:.:/:.:.:.:.:/: : :{{   }}.       \  /          {{    }}: :

406 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:44:03 ID:OuSf08p6

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ u   ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ \ 、/,リ| l │ i|    …なんかオジャマしちゃったみたいで……悪かったお
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽu  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1



            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
         /  -==、   '==-  ..:::::|
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\

のんびりしたスピルツェルでの休暇は、あっという間に過ぎていった。

407 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:44:42 ID:OuSf08p6

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -'""'- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
~""''' ‐- ...,,__, -'"     "'- 、::::__,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐- ...,,___,..-'''""'''- .._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.....   , -'"            "'- 、__,,,,,_         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::.....__,,.. .-‐ '' ´.  i''''''i==ii ~|
:::::::::::::::..........             i''''''i==ii ~|    i''''"""~iiii::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.:        i{}:::i//ii ;;|
::::::::::::::::::::::    : : : : : : . ,,,,___   i{}:::i//ii ;;|__,,,, i-''iiii,,  ..iii|--;::::..:::::::....:::::::::::::::::::::___,,ii i|iiiii=.  i 「,ii//ii ;;|
. .:. . .. :      . : : :___,,ii i|iiiii=.  i 「,ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;.!i|:::::|:::....:::::...:::::. .:.::. .. ::|::::|| |iiiiiii| _,,ii | ii//ii ;;|
,,, .  : .         |::::|| |iiiiiii| _,,ii | ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::| :..  __,,,,,,, .: :i'Ii ii! |iiiiiii| || |; ii//ii ;;|
||ii==「!!!!!!!!!!!!_ . :: i'Ii ii! |iiiiiii| || |; ii//ii ;;| |||||.|//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::|/ヽ__i-|; ; ;||ii==「!!!!!!!|~~~~~~~~~~~i~;;;;;;;;;;;
||__| ̄|||||||||||||iii   | ii iii |iiii|~~~~~~~~~~~i~~~~~~''''i-;==;;=iii|「「司 ii三.|; ; ;||__| ̄|||||||i[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;
||||||||||||||||||||||||| TTT」iiiiiii |iiii|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |iiii| |「「| ̄| ii三|.|; ; ;|||||||||||||||||i[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;
ii|||||||||||||||||||||||| iiiiiii| iiiiii;;---;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__iiiiii| 「「=i i~i三 ,|; ; ;ii||||||||||||||||[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;
 iiiii--「ii!!!!!!!!!!____;;;=;; ;;;;;;;;;;;;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|三三三三三三三三 iiiii--「ii ,|[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;

休暇も終わり、帰宅の途に着いたドヴォルザークは
途中、シカゴで行われていた万国博覧会に立ち寄ったり

ナイアガラの滝を観光して、ニューヨ−クへ戻った。

万国博覧会では熱烈な歓迎を受け、ドヴォルザークは大変感激したという。

408 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:45:02 ID:OuSf08p6


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

またナイアガラの滝の迫力に感動したドヴォルザークは
「よし、これでロ短調の曲を作るぞ」と語ったという。

このときのインスピレーションは、のちに作曲するチェロ協奏曲へつながっていく。

409 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:45:41 ID:OuSf08p6
☆作曲中☆
                         ___
                       /     \
                      /   \ , , /\
                    /    (●)  (●) \  
                     |       (__人__)   |       __
                      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐´,  `l
                .      /⌒,    `ー'´     ___; _、_ヽ、リノ
                     /  ,)、_, -、_    ,/ ̄      ^´
                    (_____´r'  〉   l
                .      |    ` ̄~    |

                      ┌───────┐
                      │こうして・・・・   │
                      └───────┘

410 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:46:20 ID:OuSf08p6
☆推敲中☆
                            ___
                       /     \
                      /   \ , , /\
                    /    (●)  (●) \
                     |       (__人__)   |       __      .,__    ., \
                      \      |r┬-| __,/    _  - ― = ̄  ̄ヽ ''=;- .,_\ \\
                .      /´ ⌒` ̄  ,    ´  ̄'' ̄      __   |.‐-> "`"'-' \
                      |       _゙__ -―   ̄ ̄ ̄"'" /  / ._二)  \    ヽ
                      |  イ´ ̄     l            /  /  ̄"'''─-::        ヽ
                .     |           |           /  /     三 ≡           ヽ,
                                          /  /                     ヽ;
                                            |   {           _  - ― = ̄  ̄`:,  |
                                        ',  `ー―  ̄ '' ̄     __――= i
                                             ` ----- - ―   ̄ ̄ ̄"'" .       !
                                                    ヾ、 _、         ::|
                                                     ヾ./_    _   //.`
                                                  、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/
                                                    // ./// /
                                                    /  / / /

             ┌─────────────────────────┐
             │いよいよ新作交響曲のリハーサルの日がやってきた…    .│
             └─────────────────────────┘

411 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:46:40 ID:OuSf08p6


                  /|i三i三i三i三ii]\     /|i三i三i三i三i三i三i]\
                 /i =|        |二|   \ /|二|      |二|     .|   \
                /: |二|        |二|    /  |二|      |二|     .|  |ミ|\
             ./    |二|        |二|  /    |二|      |二|     .|  |ミ|  |i\
               /i_________|二|____|二|/___|二|___|二|_______|  |ミ|.|ii.|i  |
          /|        |二|        |二|        |二|      |二|     .| ヽ |ミ| '' |i  |
         /i =|        |二|        |二|        |二|      |二|     .|  ヽ、....|i  |
         /i |二| __ _ |二| __ _ |二| __ _ |二|      |二|  _. |  |ミ| ヽ  |,.;;:。;:、;
     / .   |ニ| |\| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ|      |二| |\| |  |ミ|  |i  |。;:;ii:;;;:、;____
      |.   |ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ|      |二| |_| |  |ミ|.|ii.|i  | ∠∠∠∠∠∠∠i|
  __|___|二|____|二|____|二|____|二|___|二|_______|  |ミ|___.!_ , ∠∠∠∠/ |
  |        |二|        |二|        |二|        |二|        |二|     .|`゙'' /___/ \∠∠∠/   |
  |        |二|    [二二二二二二]`゙''ー、!.      |二|        |二|     .| : : : | |ii====||^|| ∩ ∩ |    :|
  | __ _ |二| __ ||゙''ー、____||二゙ト-ii __ _ |二| __ _ |二|  _. |  _. | |`゙' -| || ||: : : : : : : |: : : : :|
  | |\| |iヾ||ニ| |\| .||\||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |\| |\||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |\| | | | | |:::: : :| || ||ー----------
  | |_| |_||ニ| |_| .||_||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| | |_| | | _,,.-'.i|| !!
  |        |二|     || _  |二| |:::::::||:: | i二|        |二|        |二|     .|_,,. -‐ー'==-'" .:.::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄... .||-‐''" ̄  ̄ . ||, - '"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:'"':,:'"': ̄,:'"': ̄,:'"'"':   "''   /
  ''"'"' "'''  _,,.-‐''"    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ''"' "' "''  ';.;,,;、.ii:'; ;..;;イ;;  ;,ii.;;:'     /     ..:.:.

リハーサル会場

412 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:46:54 ID:OuSf08p6



       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  君がアントン君かお。
  |    mj |ー'´     |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

413 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:47:21 ID:OuSf08p6

              /
           _//
      / ̄ /ー─-、__,ノ
    _/    / ノ´ r-‐─<´__,ノ       
. / ̄              __ノ´        
´       /      ー-、   \        
 ノ    / /´ ̄   ヽ \ \ \       
/    / /  / /  ィ } } \ ヽ ゝ      
  ーノ  /  イ //  /ノ /イ    ハリ       
 /  / 彡´// / //〃ノ ∨ヽ/         
  -‐=ニ彡  '´ ‐'メ∠ノ_// _} ノリ          
r- 、彡ノ       ー‐=r:;ミ、 /r=「/      はい。そうです。    
{{ `ーノ/        ` ´    `ゞ|             
ヽヽ {l!              \ ;       ドヴォルザーク先生の交響曲の初演を担当させていただけるなんて     
 ゝ_くヘ              ノ !           
ヾ、ヽtーヘ              ´ ,      大変光栄です。       
  `リ|! ∧         -──- /             
   ,,r|  \       ─- /             
  / |     > 、       /、               
 / | l|        ` - _,/ ∧ー--、___      
/  |  |           /   |  ∧     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   
.  |  \         /   }     }                ∧  
   |  r 、ゝ     /ヘ    /     |           l   ∧  
   { / ,/∧   |  | ヽ /|      |              |   ∧

アントン・ザイドル(1850-1898)
ハンガリー生まれの指揮者。作曲家ワーグナーの助手をしつつ
ライプツィヒ歌劇場の指揮を務める。

1885年にアメリカに渡り、91年にニューヨークフィルの指揮者に就任する。

414 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:47:50 ID:OuSf08p6


              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \  スコアリーディングはきちんとしたのかお?
           |     (__人__)      |
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ   ノ



                ____   ,
              /     \  -
            / ―   ― \`   極端なことを言えば、この交響曲の成功のカギを握っているのは
           /   (● ) (● )  \
           |     (__人__)      |   君だから…
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ



                ____
              /     \
            / ⌒   ⌒ \
           /   (●)  (●)  \   しっかりやりたまえお?
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´

415 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:48:06 ID:OuSf08p6


      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \  はなをほじるんじゃねーーー!
    | ⌒(( ●)(●)  失礼だろうがー!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\ ぎゃぼーーー!
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

416 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:48:30 ID:OuSf08p6


                       `ー---ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.=ニ二´
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝー--
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                       /:.:.イ:.:.:.:.:ハ:.:ハ:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧`ー-   それではリハーサルをはじめます……
                      _ノノ´ {:.:.:.:.:/  !:.| ヽ:.:| \:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
                      ´     l:.|r_{   l:|  ヽ!  ヽ:.:.:.:.∨´ \
                          ノハノ`'ー- ''、ーr}'" ̄`lr'^}
                             ゞ !`ー'" | `'''"´ r 丿
                              ',       ・ jlく
                          ,-‐'"\ __  , ' ヽ\_
                     , -‐'" ̄       \   /   /´   `ー<
                      /ヘ           ゝ二,, -‐''´         `ー--、
                     /  !                        _/ ヽ
                     /   }                           /     |
                    ノ  ヽ l              \       /      |
                r ー‐、 /   ∧                 \      }      |
             /  、  Y     ゝ                    ノ       |
           j´ヽ ヽ ヽ l        }              \   ∨         |

初演は12月、カーネギーホールにて
ニューヨークフィルの演奏で発表されることが決まった。

417どこかの名無しさん:2010/02/27(土) 23:49:07 ID:SQRQJX4Y
>>413
ねちっこそうだなw

418 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:49:12 ID:OuSf08p6

        __r‐v-、
       _」    ーi_
      _ノ ,.-―-、  !
     r〉./  l  l  ヽ}┐
     ,天{ 、ヒ、! ノニ }天、
     | | ゙〈 ilj  ilj Y! .| i′  はあい!こんばんは。
     | | _ハ、 。 ,ィ | | |
     | レ>_}¨`()´r'‐ヘ_| |   通りすがりのクラシックファンです。
     |ヽ ¨ r‐く >┐¨ 〉!
     | |ヽ/ ̄ ̄`ヽ/| |    ドヴォルザークの交響曲って、どんな
     | |./ /   i   ヽ.| |
     |ノ /    .j i ヽ\!     特徴があるのかしら。リハーサル中ですが
,、_  く_そ--y'⌒ヾ--!__ヽ N^i
`7/_ノ人___|~~| |~~|ノ__ノゝ-ヘヾ   ちょっとかいつまんで説明してみましょう
  ̄ ̄    'ー' 'ー'     ` ̄ヽ〉

419 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:50:09 ID:OuSf08p6


    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

ドヴォルザークの交響曲は、
19世紀の国民主義的な交響曲の代表格として、しばしば挙げられるの。

国民主義とは、【民謡や民話をモチーフとした創作活動】   のこと。

420 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:50:40 ID:OuSf08p6

           ,..----r____
  _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
  {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::} 19世紀、
,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}  世界の各地で祖国的、愛国的な音楽を作ろうという動きが活発になっていたのね。
|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ
|  Y.:! lイl li   lト、/lレ | 从〈   世界史的な観点でいえば、民族運動の高まりと一致するし、また
|  :i {薔}川 \    /l小iv
|  :| ゞ! l .i ●    ● li|ノ   交響曲というジャンルで絶対的な権威を持っていたベートーヴェンから
|  :| .i i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|
!  :!. ヽ:~::ヽx>、 __, イl |     脱却しようという試みでもあるのだわ。
!  :!  .くミヽ| ̄(*) ̄|::{三}、
|  :l   ( ⌒ )_,.イト、_l:: ( ⌒ )

421 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:51:12 ID:OuSf08p6

                                     _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
                                    /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
                                   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
                                    r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
                                   廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
                                    _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
                                   (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
                                    フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
                                    V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
ドヴォルザークの交響曲は                   ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)
最初から、国民主義的なものだったわけではないの。  {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴
                                  Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
むしろ、初期の交響曲は古典派やロマン派の影響を   i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´
鮮明に見せたものとなっているわ。              ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ  / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_
                                     ハトヾ入ゞハ マ芯カ、ハ ノ  ilィ=ミ斗 /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ
国民主義的な要素が多くなってくるのは第4番から。    / ノ人ゝ川ハ ゞ-ソ '´    ヘ心rリゞ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
ブラームスに実力を認められ、               .//.イil /人.ハ    i     ゜ーフ升 ili i:.K {rj]iイr'´ //
                                  イ// /il.// //  >   `      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ.   //
作曲家として認められてきた頃ね。           イ// イイr⌒>''´  \  ' ー    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
                                /// iヾ:::Y''´       > ` -r::、´_ノ::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
                                 /∧::.::.::.:ヽ     _ t K'´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
                                / < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ...|.|
                                ヾ <:.:.:.:`:.:.:.:.:<:.:. ̄:.:.ヾ:.:.:トュ>≧}:.:.:.: イ:/:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:`ヽ.}升
                                ヽ彡}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:::::::::::::::ノ/  r''´:.:.:/:.:.il:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.il ミ >、
                                 .}==── 、 :ノ::::::::::::::::V三.ゞ:.:.:/:.:.:.:il:.:.:.:.:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:il-イ:. Ⅶ
                                Ⅳ ̄ ̄ ̄ ` -/::::::::::::::::::::}X<ソ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ

422 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:51:55 ID:OuSf08p6

          rーイ ̄¨ト、-┐      
        ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
       _i -、_>- --- <:::::┴i       さて、ブラームスに引き続き
      〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ    
      _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉     ここでドヴォルザークに大きな影響を与えた 
        ┐::i  |Vlリk i|⌒|ソ . i_イ、    作曲家をまた一人、紹介しましょう。
.       九ハ_i,( ・)ヽ(・ )ソ,ハ ヽ  
        /|_ト、  、--,  / / .\ ヽ    その名はスメタナ。
        /(_/.:.:.>、`___イ-_}   l  |  チェコの国民楽派の大家として活躍した作曲家ね。
        .|  \:} 「て) .く二}  |  |
       .| |  レ"= 介、__l:::::\ .// /
          | {{/::.::::.::.::.::.::.::.: ヽ/) ̄く
.        <_く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ二>
.         ヘ_`へ::_::_::r〜r‐く`" >ー"
              i、_ソ  i、_ソ

423 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:53:14 ID:OuSf08p6

   /:.:/´     {_:_:_:_:´:.:.:.:.∠:.:.-‐:::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::ヽ::::::::、_::::::::::::::::::::::::::
_´二´__     /:.:./´::::::::::::::::::::::::/::::::::/|:::::::::::/::::::::::ヽ二:.:.:.:.ヽ、:.:.\:::::
:.:.:.:._:_:_::.:.:∠`-─ '´:.:.(:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/  l::::::::::|::::ヽ::::::::::::::::⌒ヽ、_:_:_::.:.ヽ
-─ァ::::):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´/:::::::::::::::::.:. ノ:::::::::::::::|   ヽ;:::::ト、::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:
_ ノ´:.:.:.:.:.:.;.:.-─::::ソ:.:.:./::::::::/:.:./:::::::::::::::::ノ    !::::| \::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::
-─-、:.:.:.´フ:::::/:.:.:.:.:.:.ン::::::::::::´::::::::::::::::人:(    ヽ  l::::}  / `ヽ\ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄`ヾf'ー- 、ゝ,|:::| ノ_-‐ ニ\_:ヽ;::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::::/、    `    >ハ::{ィ;ィ''tジ¨ノ  \!::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::::::|\` ー- -‐ '"  ̄lヽ:';` ー-─‐ '"ノ/::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ヽ::::::l ヽ   ' ´      | ゙,:゙、  `゙゙  //::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::} :::::l  ',         |  ヽ:;ヽ、   ,' ./::::::::::::::::::r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::|::::::::',  !        ,. |! j   \ヽ; /::::::::;、‐ "´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   `ヽ、:::::::/ヽ:::::::ヽ_    ,.、、、,,,,ヽノ ,,,,,、,,、、_,ヽ/:::/
:::::::::::::::::::::::;. -‐"      _ ノ::::::) `ヽ:::|ヾ:゙::゙/_,..-───‐-、,_>:::゙/     /
::::_::;、 - "´       /::::;::::‐´     }:::| ヾ:::'、 ̄二 ̄二 ̄ /       /;;;;;;;
 ̄ ̄`丶、_ 、-──‐く/´      ノ::::::'!   \';、      ∠,___     /;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \__ ,. ‐'´::::;、ノ|、 ヽニヾl:l!l.|l:i|.l|ン´三〈    /;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ー--‐'´    l|  ヽト ゞ!|l;l」ツ /三ノ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、_    ヽ  ヾ  ー=ノ !ニ/  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ   ヽ       /::/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ベドジフ・スメタナ(1824-1884)

代表作は 連作交響詩『わが祖国』  歌劇『売られた花嫁』など

ベートーヴェンと同じく難聴に苦しみつつも、
チェコの個性が現れた音楽を描き、チェコ国民楽派の開祖とされる。


┌───────────────────────────┐
│連作交響詩『わが祖国』より モルダウ                 │
│part1                                    │
http://www.youtube.com/watch?v=LlLPLO90fSk          .│
│part2                                    │
http://www.youtube.com/watch?v=k0lPLOeBzyA         ..│
│プラハ音楽祭のオープニングを飾る定番の曲となっている。   .│
└───────────────────────────┘

424 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:54:07 ID:OuSf08p6

                /)
            _,. イ;;;;;;:〈 }
      l.`ー-┬┬イ;;;;;;;;;;;;;;;;j }
     〈 〉;;;;;|iiiii|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r' ノ  スメタナの音楽に大きく影響されたドヴォルザーク。
    γゝ、;;;;|lllll|;;;;;;;;、;;;;;ノ'!l/
    l/`〉、r=ォ、;;;;;;;;`メ=リノ  民俗的な音楽法を用いることの必要性を痛感し
     | `'//kゞ=イーイ' 0 0l   次第に、自作にボヘミアの民俗音楽を盛り込むようになってくるのだわ。
     li  /l| |ヾll l|   r‐ノ
.    li  /l| | /l ||≧ー ´
    || / l| l/;|l l|≦'i》___
    | ! / l| |;;;;ミ、.l|;;;;;;}::::::i ̄)
    〉、/、l|ミ|`_l`ミミ:::t  ̄  ̄
    ミミヾリ /;;;;;;;;((i';;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    ´"'‐-=ニニiヽ__iヽ_iニ=-‐'"
            \ノヽノ

425 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:55:11 ID:OuSf08p6
                      ___
                     イ一': : : : Z
                   /_ノ: : : : : : : : ゝ、
                   /: :.)- ―― - 、: : :f
               ___ .ィ: : : :イ      、 ヾ.
               ノ: : Y:|: : : :ノ / , i   } ヽ.ハ
            __{: : : i!::j: : :.:f i! / l!_i   ム i i
            //ハ}: : :∨!: : : } l! !/l! ! ili l!`l |
          У_./-^、__ヾ、: <  l!ィ=t、∨リ'<l "
         〈〈_7 {!:   ヾ薔}ハ. ゙弋zリ   ' /
              7/!|:   i!>" ̄ヾ i    n/r―っ--、 そんなドヴォルザークのターニングポイントになったのは、
             // .!|:   i!: : : : : : :}!.ハー― ´__|  /一’
         〈/ //!:  .j!: : : : : : リ .ノ: : :ヾ i~`ー^!   ドヴォルザーク第6番目の交響曲!
              〈/ノ!:  ノ:i: : : : : : :\`ヽ: : 〉.ト : : : j    http://www.youtube.com/watch?v=UGnp-DN6ks8
         _ ./.ノ/: : :l: : : : : /: : :}: }:./ }: : : :.i
       f /\-- ´: : : :/: :i: : : l: : : :l: l∧_ノ: : : : |
       _У三ニrッ―‐ ァ : :.l: : : l: : : :ヽ ヽ:_ヾ : : : イ
     /〈彡ー:介:、ミ、/、: : :k'1ノ!: ;-、: :\. i: `: : :ノ
    ト./: : ヾ==-′!;iヾ:〈: : ¨¨: :フ/:¨: : :7l¨´! |´ ̄´
  _l| i: : : : : : : : : : : ̄`: : : : く{ i: : : : / i  ! |
∠ - ’ ∨: : : : : : : : : : : : : : : : :.Ⅶ: : :.:i |  ゝラ
   ̄)) !、: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :,' ヽ._
  /  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l!: :i!`ー―ア
  {   ∨: : : : : : ヽ.: : : : : : : : : : :ヾキ、 /
      〉: : : : : : : : \: : : : : : : : : ハ__.〕 `ー―ォ
     ハ: : : : : : : : : : ヽ : : : : : : : : \   ,ィ
      /: :ハ: : : : : \: : : : \: : : : : : : : : ゙ー': :l}
     i: :/: : 、: : : : : :.\: : : : : : : : : : :\: : : :ヾ、
    rオ: : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : :,.ィ1、_ノ/
    レ、,ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : ィォ: : ナス ゙ーン′
      ゞ-イ¨ヽ: : r‐r.r 、: /:キリ_:./   ヽ
          ./   `¨ / レiシ   \      \

426 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:55:39 ID:OuSf08p6

                                      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                                      (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                                      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                       て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
民族的要素を全面的に押し出した第6番交響曲は、        しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
当時の大指揮者のハンス・リヒターに                  l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
大いに絶賛され、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団によって    ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
初演される予定だったの。                            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
残念ながら、スケジュールの都合で実現はしなかったのだわ       |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                           ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                          /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |


※ウィーンフィルハーモニー管弦楽団とは
世界最高峰のオーケストラの1つ。お正月のニューイヤーコンサートでおなじみ。
交響曲というジャンルが生まれたウィーンで、交響曲を初演するということは
まさに最大の名誉である。

427 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:56:07 ID:OuSf08p6

  /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
 5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|    
 ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |   
 /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ     この第6交響曲は民族的なサウンドの他にも
 てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´      ドヴォルザークらしい
  <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_   暖かい情感や熱気がこめられているの。
 //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
<<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ 作曲のテクニックも、
 \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ' まさにドヴォルザーク自身の集大成とも言えるほど
  L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\    明快かつ秀逸で、ドヴォルザークが作曲家として
  // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
 //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}   成熟したことを示す作品だったのだわ。
 | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
 ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
/ ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

428 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:57:16 ID:OuSf08p6

     _   ノ ≧:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ:.:.:.:.:.::::::::::,'´_
     /::.::.`ーy、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>' ´  ̄ ̄ ̄ ` - 、::::::ー=───')
   /::::::::::::r─':::::::::.:.:.:.:.:, - '´     /      ` 、:::.:.:.:.:.:.::::::::レ、
    ></´{:::::::/:.:.:.:.:./   /    il  、      ヽ:.:.:.:.:.-=、:.:.:}
  {::::::::::i />:.:.:.:.:.::.:.:./    /     il   il        V:.:.:.:.:.:.::ソ-、
   ヾ:::::::|./i:::::::::.:.:.:.:./    /     il   .il         Vヽ:.:.:.:ゝ、 `,
   彡r手イ >:./:.:.:/     il      il   .il         .V:.:`ーっキ .|
  //  | 小:.:./:.:.V      il      il   il  、        V、:.:.:.:.:)Xゝ
..  |.|  ソ人ミ>/:.:| il    小   il  .il   升 il         iミ、:.:< フ}
  |.| .// V イ:.:.:.| ト  il -升弋-、 il  i ヽ  /│ .ハ   il    |ハ:.:.ノ  小
  |.| //i  ト V-、ヽト、 .il、 ≧ァ=-、ハ,、 ヾ  /-ナ‐升- 、 .il    ir'´ソ/  ハi
  |V/ |  .ハヽ 廴::::|ゝ川 ワ示芯゜ `',v/  ≧=ナ_ /.il    リ::ハ   | ||
.  //  .|  .| ll  弋.{ .|ト、ゞ─'´      {辻り >/ノiハ  i /リ|::| i   | ||
 / ハ  .|  .|  i}   >/ .|ヽ`'、     ,    ゞ-ィ / イノハ/レ .|::| /   | ||
.//廴| .|  .|  |}  /ハ |∧ ヽ   _       ./i l .|/    |::||   | .||
./    |  |  |}   / .| Vr> )   `     .イ/ .| .|    .V/i  .:| .||
}      |  | .|} /  小 V/>/>   , -=-≦ |   | .|    人 >  | .il
|       |  V/」 / <::::::|ヽ ヽ/:::::::r'=ミ入:::::/:::::`-イ  小.|     | | |   |/
ヽ    /   v i レヽ::::>、  X:::.::ィ{rj}ソ::::::ヽ::::::::/  .| ヽ   │| |   |
  \ ./   川 .人:::/廴∧ /  V::ィ:示::ヾ::::::::.:.::./   /ノ  \   | | |   |

この第6番は、ブラームスの交響曲第2番の影響を強く受けているとしばし論じられるわ。

仮にその面があったとしても、それ以上に、ドヴォルザークの独創性に満ちていて

とても魅力的な音楽だと思うわ。

┌────────────────────────────────┐
│交響曲第6番 第3楽章                                 │
http://www.youtube.com/watch?v=npRvQamp8JU                │
│(稀代のメロディーメーカーの才能と、天才的なリズム感覚が生み出した   .│
│スケルツォ楽章のマスターピース! )                       ..│
└────────────────────────────────┘
※プラハで行われた初演は大成功、この第3楽章はアンコールでもう一度演奏された

429 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:58:45 ID:OuSf08p6


        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ     さて、光陰キングクリムゾンのごとし。
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ    いよいよ新作交響曲の発表の日がやってきたようです。
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ    それでは本編どうぞ。
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /

430 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/27(土) 23:59:01 ID:OuSf08p6

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 自 ド そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 作 ヴ ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の ォ な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 演 ル わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 奏  ザ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. 会  |  で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に ク
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_      
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

431 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:00:21 ID:DpMkItss



                 |            / |
                 |           /   |
 ________|           |   |
 |             ‖            |   |
 | / ,;'"CROヽ  ‖            |   |
 | // i )ミ/ノ) )),〉. ‖ | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ |   |
 | / ノl(l!゚ ヮ゚ノリ  /‖ |      ||     |   |
 |    (つlXl つ /∧_∧     ||     |   |
 |   ┌──┐,r(     ,)         |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     ) ∧∧       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  O | (   ,,) ワイワイ
                | ∧∧  ,ヘ_,ヘ
.              (    ) (?D` ) ,へへ ガヤガヤ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(|   |) (   |<´    > ̄

432 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:00:40 ID:DpMkItss

..  ┌---、、,,,,_
__.| menu  :| ̄ ̄"''''ー┐                       ._,,,,,,,,---‐''''′
.    | ===i=== | ≡≡≡ .l--、、,,,,,,,,,,,___:     _,,,,,,,,,--ー'''''"゙゙`
、、、、、|,,,_ ==== | ≡≡≡ .l       :  ゙゙̄`l゙゙         __,,,,,,,,,、----‐
      ~~~~~゙゙゙゙゙゙'''''''''─ー┘'''''ー─―‐---.+-―ー'''''''""゙゙゙゙゙
           .r‐-――‐┐           .|      ,----r---、
    _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、,,|,_  l|コーヒ.l           |     l゙゙゙゙゙゙゙゙|`` ̄'l
    | |_       l l|: : : l           |     亅pop|コーン, l
    | | l      ○ l l|| ゙̄b----ー--ー--ー、   . 、i~~~~|i、_|,;´:":゙;l
    | |/         |゚゚゚l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~!、 : |[][]:]|i.'''|,l ̄"゙゙|ニニx_
    | |_,,,,,.,,,,,,,,,,,、--、―--------──── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,,,ヒ] ̄ ̄   l
=─┴┴──'''''''''''""""""l:ヒ------――''''''''''''"゙゙"゙゙ ̄`[:]  ヒ] \\  |
  .l      \\       l.ヒ [:]  [:] [:]  _,,,,,,,,---―─'''ヒ]  \\ .|
  l        \\     l ヒ----──'''''''''''     ◇◆   ヒ]     ,,,|
  l  \\  パンフレット   l ヒ  口 ■  _,,,,,,,,,,,---──'''''''ヒ],,-ー''''" _|
  'l    \\  800円   l ヒ--──'''''''''''       △◆▽ ,,,川,,-ー''''"
   l |三三  __ __,,,,,,,---l ヒ | ̄|  |固|  __,,,,,,、--ー‐'''''"
   .l,,,,,,,,,,,,--──''''''     川_,,,,、---ー‐''''''"
   |       ___,,,,,--―''''''゙゙゙゙゙
    l--──''''''
  ∧_∧   
  ( ´∀`)              人                           
  (_ラ   )         / ゚o\      ,,,,.,.,,,
   人 ヽノ         (O´∀`)     ミ・д・ ミλλ
  (__(__)       〜(∪ ι)      λλ(´∀`\
                 ∪ ∪       (゚Д゚λλナ
                             (゚∀゚\

433 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:01:07 ID:DpMkItss


 \_/_____________________________________\_/
    /|                                                     |\
   ./ .|                                                     |  \
  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧⌒∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧⌒ヽ
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧⌒∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧⌒
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、 ,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、
 ノノノノ __  △  ∧_∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧. ∧∧  ∧_∧
(* ゚∋)| ・∀| ●ノ( ´Д)(   )(   )(   )(   )(   )(∀゚ )(∀゚ )(∀゚ )(∀゚ )(∀・;)
Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y '"⌒`Y' "⌒`Y'"⌒`Y'" ⌒ Y '"⌒`Y'"
.|    |    |    .|    |    .|    |    |    .|    |     |     |    |      |     |
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒
ザワザワ…    マダカシラ…            ドンナシンキョクナンダロウナ…       ザワザワ…
 ノノノノ __  △  ∧_∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧. ∧∧  ∧_∧
(* ゚∋)| ・∀| ●ノ( ´Д)(   )(   )(   )(   )(   )(∀゚ )(∀゚ )(∀゚ )(∀゚ )(∀・;)
Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y '"⌒`Y' "⌒`Y'"⌒`Y'" ⌒ Y '"⌒`Y'"
.|    |    |    .|    |    .|    |    |    .|    |     |     |    |      |     |
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒

434 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:02:22 ID:DpMkItss


2F ボックス席
       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |  さて、いよいよ始まるお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

435 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:02:57 ID:DpMkItss

<コンコン) 失礼します





            ., ----ァ- 、
.      _,..-'''"  / /:..::>.::、
.        \    / /...:.::/j:.:.ハヾ  あなた…
.        \   / ./.:''.:.:.:/|:/ !:.〉
          .|:\{| .|:.i}::/( ・) i  たくさんお客様が入ってますねえ…
          .|::.l::{|  |:.|.:<.  ___  /
         .|.:.|::{|  |:/.`'. `-'/  
        ./.:..| {|  |: . ̄.>「
       /..:.:.::.|..{|_| .:: ..{、イ|
        /.:.:.:.:.:..|/: .: .ヽ、:..V}
       |.:.:.:.:/: .: .: .: .: .ゝ:.:|_)
.      ヽ/: .: .: .: .: .: ...|__/\
        /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .|
       ヽ: .: .: .: .: .: .: .: ._,,..-‐''

436 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:05:54 ID:DpMkItss

         , へrァォ7フx- ´  ̄ − 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
   //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、  ドヴォルザーク先生
  //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
//   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、 このたびは初演おめでとうございます。
/   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
  ,/  / /  |  しー   /     ,ー−='(  (      )
/ , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
 /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'

437 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:06:20 ID:DpMkItss

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   サーバー夫人、あなたのおかげですお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   こちらこそ、お礼を言わなくてはなりませんお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |   リハーサル見学にお招きしたのに、どうしていらっしゃらなかったのですかお?
  \ /___ /




       __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /  ・・・楽しみは
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ  最後までとっておきたいものですから。
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \  それでは失礼します。
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉

438 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:07:04 ID:DpMkItss
                                                    ばたん>


                   ,  -‐―‐ 、
                  /,  -―‐-、\
                  // ,.  -――‐\\
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  あの人がサーバー夫人ですか。
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
            / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
              / ::: | |lト、         ̄Z /l|
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
            / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
          / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\



       ____
    /     \
   /  ─    ─\    そうだお。
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |  あの方には感謝しなくてはならないお……
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

439 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:11:02 ID:DpMkItss

                _ --- 、
           /´  ̄ ト、 \_
             /ヽ //l l  l
         //O/´ヽ:| |  」    そろそろ始まるわ。  
         / ! r- 、 Ol ! l/ \
        // /アヽ _|_/ {    ヽ
     / / /{_| {_{}_}| /\   ヽ
      | 〈 // 」 く_∧_〉」 l 人   ┴┐
    「 ̄_V(_フ/\_j__ | lV__l 〉┐  └i
    「 r┘l ̄ l  l      | 〉(__) ̄ ̄ヽ |
    \!  |  l  \_ /L/   フ    |l/
        |  |         /    l
       l  ヽ _  -―−'       /
          l           __ /
          \        /
           ̄ ̄ ̄ ̄

440 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:11:19 ID:DpMkItss


    ;
    | =ψ=  φψ σλρ ξ   |;;;
禁煙 | ε θ θκ β γ/  ο   |
    | δ ξ μ ξ φ   π ξ」  |  :
    |            κ ξ}    |
    |  ξ ζ   β   ξ υ}   |
__________________
  /πππ ππππππ πππππ
 /ππππ ππππππ πππππ
 πππππ ππππππ ππππππ
πππππ πππππππ  ππππππ 
 ππππ ππππππππ ππππππ
ππππ ππππ  ππππ ππππππ
πππ πππππ ππππ  ππππππ
πππ πππππ πππππ ππππππ
ππ  πππππ  πππππ ππππππ

┌────┐
│〜開演〜│
└────┘

441 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:12:29 ID:DpMkItss

.       \                        / ____,  丿
           \                /// .-‐ ̄´`ニフ
            \                  { {'  '´  ´__―<`ヽ
            \           , 'ニ二`//-― 、 `ヽ, \\
                  \r 、__    ////ハヽ≧ミミヽ,\ー- _ _ゝ、
                 __,.ゝ- 、 \   レ i//l/ |ヽヽ ゙ミミゞゝ,\`ヽ ヽ ハ
             ゝ,- \(ヾ) \  从' !  | i/  ミミ、ゝヽ.\ \ |i从
              <_ノ ,ヘヽ \ ヘ ソ '、_ー 、   ',ミミシ、_\  ̄ 川トゝ
 r 、             ヽ_)人_〉.  /く      ̄`    i彡〉´ヽヽヽ 仆!lト、
  ヽ\                /  , '  /  〉           |ミソ_)ソ// },从八
   | |              /  /    !  〉、        ,リ、_/Ⅵノノ从ノ
ーー '  !           〈   '   _ト,  `! `     /__>'´ ̄ ̄´{
    l              〈>―‐‐ '´ |  `ー―‐r /´j>'´ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |             《       ト,     ___〉'.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ソ\           /》、d _>'"´:ハ    \ 〉´/. ̄ ̄.\:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
   /    >、        V》_/.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ     (//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.ハ
 /   /. : \       ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.  _/´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.   /.:..:.:.:.:.:.:.:\     ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
.  /\:. :.:.:.:.:.:.:.:.:. \    ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ∨.:.:.:_>┴――‐― ---.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   \:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \__>'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.|
     \.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      \:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:_;,:.-‐ '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.         \.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,;.: -‐ ' "´.:.:';` ̄.: ̄´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            \:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,;. -‐."´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             \____,;.: -‐ "´∨.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                     \.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                            7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

442 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:12:56 ID:DpMkItss
                                (⌒,-、
                               (^ヽ ,ゝ´ ''`ー、
                               ゝ ヘ  ヽ ,,ハ,-、
                              ("⌒,, ⌒) ,ノ  ,,ノ`⌒`,,)
         (⌒,,ヽ                   ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (,⌒´,,,,) `⌒`,,)
         ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
                               /ヽ、,、
_人/ヽ'´ゝ、_,、__ _    _ _ _ __,、,、/`yヽノ\,ヘヘ'ゝ/ゝУヾуヽへ'´Vゝ'^ヽ、,_,、__ _ _
ーー─'────────'ーー────'ー──'ー──'ー──'ーー个~^ィ~⌒ィ~~^~~ヾ^~
       _ _, _ __,,              ,,,, ,,     ,,,, _,, ,,,  ゙"个彳个^~ィ~ ^^~
_,,                   ,  ,,_         _ _,,     、_,, _, ゙"~イア~ ^^~ ~
  _,,           _,,   __,,               _, _ _,,,                 个チ ~~ ゙
   _,, _,,           _,,_,,   _,,             _ _ _,,  、,_,,    `゙"~彳`"
_ __,,   _,,   ,, _,,                       __   _, _ _,,,    、,, _ __,,, ゙~^
    _ _,,      _ __,,              ,,,, ,,       _,,   __
 、,,   , ,,           、_,,  _ _,,           _,,_,,    ,,_             , @
                 ,   ,,   、,       ,,,,                 _ _ ,,    ,,ψ_,
 、,,          __ _ ,,   _ _v   、,,     、_,,       _v v,,   、!;,_    __ ,,_
  、,,_,, ,,               ,,_、 ,,_ ,,    ,,、,,      ,, ,,_   ,,_, 、.,.

交響曲第9番「新世界より」 第1楽章
http://www.youtube.com/watch?v=-OAXCy3YS54

ゆったりとしたアダージョのテンポで始まる第1楽章。
しかし、ティンパニの強打により雰囲気が変わり、他の楽器を加えて色彩感を増して盛り上がってくる。

http://www.youtube.com/watch?v=-OAXCy3YS54#t=2m04s
そしてホルンによる主題の提示。
シンコペーションのリズムを使用した特徴的な主題である。

443 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:13:31 ID:DpMkItss

                                       ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
                                       /               \
                                       /             \ \
                                    /                ヽ ヽ
                                    ,′  /                i   ハ
                                |   ,′          ,′   .l  |  |
                                |  ,  i   i     /     ,′    |
                                   V |  |   |   /|∧!    /|   l  |
                                     ,′ l  |   |」_/`ト | //斗!  リ ,′
                                l∧ ハ |   |、__ 、   ̄ _ └ ァ' . /
                                    ! ヽ } .! ∧! ` ̄      ー' /  /
            , ---v'ヽ/)      _, -r<\   ノイ | ト、         '   / /|/
  .,-―f≧i‐f≧i‐f壬V Zヽ)ヽ)'‐fュfュfュ‐⊂、ヽ ヽ` ヽ‐‐┬‐‐┬‐‐‐‐‐‐‐‐==─‐‐‐〈
 └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐┬‐‐‐‐,‐―‐ァ‐‐‐‐‐‐‐‐―ヽ    ! ‐┴‐‐┴‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ┬‐‐,‐‐'
               |    _ノ'´         /{    |:::《::::::::::::V   イ ::::::`::.|  /
               廴  .イ         /  乂   ヽ:::《:::::::::::ヘ__|:::::::::::》|. / ヽ、
               {    !          /    ヽ   \《::::::::::ヘ   !:::::::::》 !/〃  \
                '.   '.          /       \    ヽ、 ::::ヘ † |:::::::》:// ´   i
.             '.   ヽ       く           \    ` 、:ヘ |:::::》∠_       |
              '.   \     /\       , ィ-  \    ` <´ / \     ,′
                    '.     ヽ.  , ′  ヽ   /       \       `   \ /
                    '.      y'     .,个v'           \         /}/
                    '.         / |           {\       ∠_ソ
                 '.      /   .ト              >{::ヽ、_/ }
                 \   /     ,′            /::::::H:::::i    /
                    ` ー'       /             /::::::/ .|:::::|   イ
                          |          /::::::/  |:::::|.  |
                          /         〈::::::::|   レ'    !
                             廴__         \/       |

http://www.youtube.com/watch?v=-OAXCy3YS54#t=4m15s
第2主題。フルートの吹く柔らかなメロディが美しい。

>>1が特にドヴォルザークの中でも大好きな旋律!)

第1楽章はこの2つの主題で構築されている。

そして、再現部に突入すると、これらの材料を順次再帰させながら

一気呵成のごとく結尾へ導いていく。

444 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:13:57 ID:DpMkItss

                        ⌒⌒
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        ⌒⌒
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
        ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
      ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
    ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
  ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
 ,r'  ,,,,;;;;;       " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
   "'' -‐‐‐-,..,,.,,,,;;;;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.
;;;;;;,,,   ,,,,;;;;;            ;::      ,, ;;,  ....゛゛;;;;;;:::;:
  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;  ;;;;;;;;;,;;;;;;;,,,,,,,::;
 ;;;;;;; ;;;,,; ;;;; ;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,
WWWwwwjij,,.、,iijiiywiijiiyyviiijwiijijywWwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','

第2楽章
http://www.youtube.com/watch?v=-ENf4VEhI40

短い序奏ののちに、イングリッシュホルンが郷愁をこめたメロディを歌う。

日本では『家路』『遠き山より日は落ちて』という歌で親しまれている旋律。
(前者後者とも曲は同じだが、作詞者が違う)

『家路』はドヴォルザークの弟子が歌詞をつけて売り出し、これが大変な人気になったという。

445 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:14:34 ID:DpMkItss

             /\___/ヽ   +
            /''''''   '''''':::::::\         .  /⌒\
      +   |(●),   、(●)、.:|     +    |    ヽ
           |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|           Y     i、
        + |   `-=ニ=- ' .:::::::|    +     ノ     `i
         \  `ニ< ̄ヽ:::::/         /         |
       ,,.....イ.ヽヽ、ニi⌒|/゙-、.      _、rr⌒          i
    +/:   |  '; \_| i   \  .,;rf'              i
    /      |  \/゙├┤ ,.r・-' ̄                i
   /       >   ヽ..>⌒                    .i
  /         ,,.:r・' ̄    、r-一⌒ ̄`\、   ___、     |
 /       ,,.:r・' ̄    / ̄⌒)、--'''''''`> 、 ‘て ̄   ヽ    .|
丿   ,.:r・ ̄      / ノ⌒ ̄ー''⌒i ̄  .\ ヽ     \  /
,,.::r・ ̄         ,ノ /r⌒>く    ソ     丶.丶     ``'
丶     ,,,.:::r・'' ̄.ノ ./( (   ))   /      i  i
 ヽ,.::r:'' ̄    .、ノ 丿丶 i ノ:r・'''`ir・')(⌒) ./| |
'' ̄  .i ,,..::r・''' ̄  /;::r+'' ̄  ,,,.::rYir-'`i(⌒) ./ ./

曲の始まり、金管楽器によるコラールにてスタートするが
チューバはこの部分にしか登場しない。

(当時のカーネギーホールでは低音がよく響かなかったため、リハーサルの段階で
スコアにはなかったチューバが急遽呼ばれた)

446 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:15:01 ID:DpMkItss

           ____
          / \  /\ キリッ
        / (ー)  (ー)\
      /   ⌒(__人__)⌒ .\
      |      |r┬-|    |
      \     `ー'´   /
        \ ,,,,    ,,, /
       ./:::::::::::::\  ./::ヽ‐、
      /:::::,::::::::::::::|  |::::::| ::i
     ./:::::::| :::::::::::::::|  |::::::| ::i
     i::::::/ i::::::::::::::::|  |:::::」 ::i
     i::::::i  ^| ̄ ̄  ^|ノ :/

この有名な旋律は
詩人ロングフェローの「ハイアワーサの歌」をモチーフにしたと
ドヴォルザークは明言している。
(旋律そのものは、ドヴォルザークの完全オリジナルである)

447 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:15:27 ID:DpMkItss

                     _,,.-‐'''"~">‐--─‐-- .,_
               ,,.-'"    ,.-'"_,,,... --,べi /‐-゙ヽ、
              /     /,.-'"  ,.-'" ,ベi | ゙i゙ヽ、ヾヽ
             /     ///  /   /┴゙i l l   ト-,,.゙、‐-、
            /     //i  /  // //__,,,.ニl.li i.  |=ユ∠-、゙、
             ,i'    // i' 〃 / /_i' /i i' ,.-''"_!_i、|,  l__i, ゙、゙i、゙、 ヽ  こんばんはみなさん。
           i'    // |// /i'/,.r=、 i!!  '´_i :::ソ'i  i-゙il 、ヽi゙i, ヽ、\ 私はロングフェローだよ。
           !     ii'   l./ /i゙i|ヽi;;:ノ      ̄ i'|  l''ノ|__゙、ヾ、-vi''"
                  i!   ii'| i' |l_,l   i.,     /'i|  |' /(_iyi、 ゙i,ヽ   吟じます☆
                 |   l|┤i| i゙iノ゙、  ー -‐ '  /i  i|/  /i lノ il i
           __,,,,. -=i!‐''ニiニi ll i ∨ ノヽ、     イi /| /,i'/ /ノ i'
       ,,. -‐'".-‐''",,.-'!'"_,,.!.ハi| | |_ヾ'ノ,._゙丶- '" // /ノ|'" / //
    /,.-'"´_,,.-'"'フ ,,.-'" ∠.-|i.l i ,.-'"/`'ノ ̄// // il、/  /
   / '´,,. -'"-'" '" '´   /  _,.i i|ノ' //  '"´ / / //''" `゙''<-─‐、
  // /.-'"/ '"     /‐'´ //./ i'  '´ 、/ / /i'  _,./ ,.-'''"´\
   // //     //  / /,ノ 。|  _,./-/,'/il  // /         ゙ヽ
  〃 //    ,,.-'"  i' / /'"  。/_i.-''゚ / i' ,' |  / i'          ゙i
  /  // ,.-'r''´ __   i..'' /      / /゚ /   | i'' | i  ,i         l,
   ,// / '_,.、_i' i./ /      i'./  ,''   l i  i l、 〈i             ゙、
  i'/ /,.-‐'´_,. l  l./ヾi      i!    li   i!   ! ゙、 |、         ゙、
  ,| i'〈 `'-/,._`i':゙i ゙i、  〉i,           |l     !     ヽ ヽ、         ゙、
  .l.l i__,/i  |/,.l l   〉/i 〉、      、 ゙i,        /  /゙、     /   ゙、
  ゙i| / 〉 | i ! l l  i y,.i ヽ`‐       ヽ、i、__,.... -'´_ / /   ヽ、   ,i' _,.,.  ゙、、

※ロングフェローとは…
アメリカの詩人。ダンテの「神曲」をアメリカで初めて翻訳した人物。
ハイアワーサの歌とは、インディアンの英雄ハイアワーサをうたった叙事詩。
ドヴォルザークは渡米前から、このロングフェローの詩を好んで読んでいたという。

448 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:15:43 ID:DpMkItss

チュンチュン…チチチ
 [二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||  .. . ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. . ||
  ||  l;;;;|    / ̄ ̄ ̄ \      ;;; ||  
  ||  l;;;;|  /::::::::::::::::    \    ;;; ||
  ||;;;; l;;;;;|/::::::::::::::::       \;;;;.;;;;; ||
  ||;;;;┌;;;|::::::::::::::::::::::::         |;;;;;;;;;;;;||
  ||;;;; |;;;;;;\::::::::::::::::        /;;;;;;;;;;;;||
  ||;;;; |;;;;;;(⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ;;;;;;;;;;;;||
 [ニ二二二|  ::::::::::::::     |ニニニニ]
       |  ::::::::::     |

私たち日本人には、たそがれ時の歌としてのイメージが強いこの旋律だが
アメリカ大陸の夜明けをイメージした……ともドヴォルザークは語っている。

449 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:16:16 ID:DpMkItss

             .......::::::;;;;;;;;;;;;::::........
   ,ノ ̄⌒ ̄ヽ  ....::::::;;;''    '';;;::::::.........
  /       \..:::::;;'',ノ⌒ヽ  '';;;:::_:::::.........             ,ノ
,ノ           \/    \''::;ノ \::::::..._   ,ノ⌒ヽ    ,/
              \      Y.    \ノ \/    ⌒\ノ
                      \     ,/        \
;;::;;;:;:;;;;:;:;::;;:::;;;;;;;:;:;;::;;::;;:;:;:;;;;;;;:;;;:;:;;;;:;:;::;;:::;;;;;;;:;:;;::;;::;;:;:;:;;;;;;;:;;;:;:;;;;:;:;::;;:::;;;;;;;:;:;;
 ロ=Hロ□H□日l l lロ=Hロ日\        傘傘  傘
 ===‡=====/ ̄ ̄\===‡=====‡=====
 lTlロ_日日ロ=Hロ□H□日l‡∩日 / _____ 傘 傘 傘 傘 傘
 日| ‡∩日□日凵=_‡日ロ=Hロ| ロ\\田田田傘\\傘 "゙"゙""゙"゙""゙
 □日lTlロ_日日‡=Hロ□H□ロ=Hロ//⌒ヽ.田田 傘\ \傘 "゙"゙""゙"゙
 =Hロ凵□=_□ロ=Hロ日Hロ凵□/⊂====⊃ 田田 傘\. \傘 "゙"゙"゙"
 □ロ=lロ_日ロ=H□‡∧∧.コH /.  (:::::   ) 田田田 傘\.. \傘 "゙"゙
::::::::::::::::::::::::;;;;;;::::;;;;;;;;(::  ,,);;;;;;;;;;;;;;;:: (:::::: 〇::)::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::: /  ゙"゙  ,(|:::. |)     ゙"゙,|::: |:: |゙"゙゙"゙     ゙"゙ヽ;;;;;;:::::::::::::
:::::::::::::;ノ " ゙   ゙"゙.〜|:::. |    . (__)_)     ゙"゙"    \:::::::
:::::::::::::|ll\        ∪.∪      三三三  ゙"゙    ,,     \::
:::::::::::::ゞ,,ll| ゙"   ゙"゙三三    "゙"三三三゙"゙"゙   ."゙"      ノ|:
::::;;;;;;;/ll,ノ''      ゙ 三三      三三三゙"       "゙"  .,/lll |:
/ ゙"゙゙  ゙"゙"゙"    三三"     三三三三゙" "゙"     .〈ll  lソ::
            ゙"゙"三三     ゙"゙三三三  ゙"゙     ""゙"\

第2楽章 後半
http://www.youtube.com/watch?v=phbYpnPlYq0

転調ののちに木管楽器らによる物悲しげなメロディ。

震える弦楽器の伴奏が、まるで故郷を懐かしむドヴォルザークの心情を吐露しているかのようだ。

オーボエが可愛らしい旋律を奏した後、第1楽章の主題が回帰する。

『家路より』を再び歌うイングリッシュホルン、旋律は弦楽器に引き継がれ
次第に音は遠くへ消えていく。

最後の合奏の後、美しく曲は終わりを告げる。

450 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:16:33 ID:DpMkItss
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|    冗談みたいな音楽ですよ
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /

第3楽章
http://www.youtube.com/watch?v=Cp0-FVuLtOk

けたたましく鳴るトライアングルと共に曲がスタート。
スケルツォ楽章である。

※スケルツォとは…
諧謔、冗談といった意味。どこかおどけたユニークな音楽のこと。
第3楽章にスケルツォを置きはじめたのは、あの楽聖ベートーヴェン。
その後、慣例として定着するようになる。

451 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:17:01 ID:DpMkItss



結婚式の会場はここか?     腕が鳴るぜ      踊るぞヤロウども!
                   ____
       ∧         ∧ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i\ , -``-、         , -``-、
        / ヽ        ./ .∧ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ   \      /     )
     /   `、     /   ∧  `、;;;;;;;;;;;;;;/  \    \    /    /
    /       ̄ ̄ ̄    ヽ           ヽ    ̄ ̄     /
  ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄祭り命 ̄ ̄ ̄ ̄) ̄祭り命 ̄ ̄ ̄)  ̄祭り命 ̄ ̄ ̄)
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  /:::::::::: ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /=・-   -=・=-  |・=-   -=・=-  | 
  ヽ:::::::::::    \___/    /  \___/   /  \___/   /
    ヽ__::::::::::::::  \/     /::::::::  \/    /:::::::  \/    /


ドヴォルザークはこの第3楽章を
前述の「ハイアワーサの歌」の結婚式で踊る
インディアンの詩からインスピレーションを得たと語っている。

452 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:17:36 ID:DpMkItss

          ____
       /⌒  ⌒\
     /( ―)  (―)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    | u            |
.    \         __∠___,,        〜♪
    ( ̄ ̄ ̄`つ""“rf π三≡≡≡≡===kpr、、
     下 ̄ ̄     .!!__,--、__fk'⌒) ̄ ̄ `ー''        〜♪
      |          ヽ_ノ ̄      〜♪
      |           |
      |             |
      l    _     ヽ
.      l     l \     \
      l     l   \    ヽ
       l     l   \    \

この第3楽章は、弦楽器奏者鬼門の楽章。
高難易度の旋律を、高速で弾かなくてはならない。

また、ホルンがヘミオラで伴奏し、3拍子のリズムをずらすので
アンサンブルが合わせにくいのである。

453 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:18:00 ID:DpMkItss
                                            マ=
                                 ____        マ=// \=マ
                               /      \     マ=// ,/=マ
                              /   \  /\    /><.>'=マ
                            /    (ー)  (ー)\  /></
      リンキンパークの            |     ⌒(__人__)⌒ |/></
                            \       |r┬-|  /><ミ)
      セカンドアルバムじゃないお?     (      _`ー'´/><//
                              \ \/ / ̄/></_/
                                \ \//></||
                              // ヽ っ></ 入_,
                              / /   (((//   ノ
                             ィ (o、/></゚、。/ヽ
                             j | \x/ \/   \
                             \\ ヽo)  / \  )

※ヘミオラとは
3拍子の曲を2拍子で進行させるテクニック。(大雑把な説明で申し訳ない)
このテクニックはバロック時代や古典派時代に良く用いられた手法で、(1700〜1840年代ぐらい)
ブラームスやドヴォルザークは好んで使用した。

やがてフルートによる穏やかな旋律。ボヘミアの美しい風景を思わせる。

第1楽章の旋律がふと顔を見せつつ、曲は勢いよく進み、最終楽章へ!

454 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:18:58 ID:DpMkItss

       _                       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
      ´ `ヽ                    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /     ハ                    /.:::::::::::〃:::::::::ト、:::::::::::::|、::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. /         :.、                 /.:::::::::::/l{::::::::::::| )::::}:::::| \/⌒>,::::::::::::::::::::::::.
/: . .      '⌒:.  \                   /.::::::/}/|:八:::l::::::ト=孑ム:::ノ  V /.:::::::::::::::::::::::::|
: : : .    ////l   丶、          / イ:::::::{`jト=ミ八::::| .ィ心`ヾ>  Vi::::::::::::::::|:::::::::::|
: : : .    ////|l       > ..    _, - 、_  |:::::::::〃ん}  ヽ|  し'} 〃   l:|::::::::::::::::|::::::::::;
: :       '///リ         `¨ ¬'┐ 〉 / /ヽ::::::::ノ` し′    ゝ゚      ノル'^ヽ::::::::|:::::::::;
     . : : : '//            }}}し(,/(_/(_/:::::Y ::.: '      :::::.:.:       く⌒Y:::::|:::/:/
    . : : : : /: . .  -‐=≠≠= =リリリリリリリリ( ∨lリ竺⊇-=ミY             /  ノ::::::|/l/
V     . : : ,〃´   // ,∠フ¨¨≧===-‐-'  V^ヽノノ. :.:ノノ       u  , -=彡::::::::|
. \  . : :/      / ,' /⌒)‐-= . _      人} } `ヾ´           . イ:::::::::l:∧:::::|
   `¨¨´      { { {/〔      二ニ==(⌒) l\             从::::::八 ヽ|
             ヽ. ヽ `}i=‐-   . _ /:::|   `フ  /::::::\___        〉ニ\
           /i≧=-=ニ二   三二二ニ 彡イ::::::::::/⊇ニニハ     -=ニニニ\
              /{川ニニニニハ  /二ニr‐-=<.i ̄|:::::::::厂{ニニニ/ー‐<ニニニニニニニ)ーr‐- 、__
         _/八l |ニニ(_)ニハ__/ニニ/-‐=孑' {: : |:::::::/: : }ニニ/⌒Y: :ハニニニニ>(ニニ≧=彡ニニニヽ
.        //: : : :Ⅵニニニニニニニニニ/: : : : :`ヽハ: :|::::/: : :厶イ、__ノ: : :/}ニニ>": : : : ̄: ̄: ̄:`ヽニニ

第4楽章
part1
http://www.youtube.com/watch?v=GYbVpLZokG8
part2
http://www.youtube.com/watch?v=WoWgK6Zf56g

少しずつ、エネルギーを溜めていくような短い序奏を先行させ
それに続き、力強い第1主題を、トランペットとホルンが演奏する。

あまりにインパクトのあるメロディのせいか、多くの映画やCM、アニメなどに使用されている。

455 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:19:28 ID:DpMkItss

 |             ||
 |             ||  ν
 |             || ξ
 |           γ ヾ __
 |           (   ソ ι, \
 |            /丶\::(○ 川\
 |  ν        / |\ \_ ι  |
 | ξ        /ソ  | ヽ  \ ι/
 |_ζ   ヘ   /   ι  ソ  ヾ_/
 || \/   \/ ι    ハ  |
 ||   /ヾ、  ヽ   ι    /
 |ヾ_ノ   \、       /
 |     /\ 冫    /
 |    / ヽ ソ  ι/
 |    (_ ハ ι  /
 |       ヾ _ノ


しかし、この第四楽章はいわば「新世界より」を圧縮したダイジェスト的な内容。

第1楽章の主題、第2楽章の主題、第3楽章の主題、全てを登場させている。

456 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:19:47 ID:DpMkItss

                        ____
                      /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐

ここで一つの問題を提示しよう。

ドヴォルザークの交響曲は

世界の音楽界にどのような発展をもたらしたのだろうか。

ドヴォルザークの音楽に、いわゆる現代音楽への道を切り拓いた作曲家たちのような

進歩主義的な展望を見出す事は可能だろうか。

457 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:20:32 ID:DpMkItss

                                     ∧__,∧
                                    ∩ω・`)三二一
                                 . ..とヽニニノ三二一
                                   .(`ヽ  /三二一
                                   . \ 」、 l三二一
                                       U三二一   
              ハハ                   ↑ドビュッシー
              (゚ω゚)  
             /  \  ←スクリャービン
           ((⊂ )  ノ\つ))
              (_⌒ヽ
              丶 ヘ |
           εニ三 ノノ J                   |\        /|
                                     |  \──< |
                                 ♪   レ        |ハッ
                                    / (●)   (●)', ハッ
                                    |    ト--イ  |
             /^l                ____      !::::::::!  ノ
      ,―-y'"'~"゙´  |                ヽ___     `ー‐'  \
      ヽ  ´ ∀ `  ゙':                    /       /ヽ <
      ミ  .,/)   、/)                   /      /    ̄
      ゙,   "'   ´''ミ                  /     /    ♪
    (( ミ       ;:'  ,                 (_ ⌒丶..
       ';      彡  ::                  | /ヽ }  ←リヒャルト・シュトラウス
       (/~"゙''´~"U                       し  ))
      ↑                                ソ 
      シェーンベルク
             ┌──────────────────────┐
             │お れ た ち 現 代 音 楽 作 曲 家 ! !  │
             └──────────────────────┘

この頃
ドビュッシーやシェーンベルク、スクリャービン、若き日のリヒャルトシュトラウスといった

作曲家達は、不協和音を積極的に作品に取り入れていった。

20世紀初頭より、彼らは音楽界を牽引していく偉大な存在になっていく。

458 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:21:06 ID:DpMkItss

彡'   ヾ、    _ノ       ____ |
      `ー '         /       |
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ    /─-   -─|
彡'     ` ̄      /; <●>  <●|
        _  __ ノ |     (__人__) |
   ,ィ彡'   ̄       \      `  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|

不協和音の積極的な使用が認められてきた時代に突入し

ドヴォルザークの作風は「保守的」という批判を浴びるようになる…

しかし、ドヴォルザークにとって、調性的な終止形は、彼自身にとって
決して覆すことが出来ないものだった。

不協和音は、心地よい響きによって解消されるという彼の哲学があった。

459 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:21:23 ID:DpMkItss



               / ̄ ̄ ̄ \
             / ─    ─ \
    ィ'^ '^ '^ヽ^),, /  (●)  (●)  \.!^)'^ '^ '^ヽ
 ̄ ̄U l l l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l l l∪ ̄ ̄ ̄
     ∪∪∪..                  ∪∪∪

ドヴォルザークを進歩主義者たちと同列に並べるのは、確かに無理がある。

彼の音楽は目新しいさ、革命的何かといった点からは程遠い。

460 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:22:48 ID:DpMkItss

           '''''''--;;;;;;;;;;;::::::::::::::::             :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;-''
               :::::::::::''''''''''''''''''''-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-'''''''''''''''''



                   ◇
                  /\
                  /  /
                  \/
                 /\
                /   \
               /     /
               /     /
               \   /
                \/



芸術と自然、崇高な人間性と形而上的な概念……音楽界において常に相反し、対立するものたち。


それらから距離を置き、停滞していたヨーロッパの音楽にチェコの民族的旋律を注入したドヴォルザーク。

メロディを楽しむという純粋な世界、対立のない美しき地図を彼は交響曲で描いた。

この交響曲第9番は、その到達点であったといえるだろう。

461 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:23:19 ID:DpMkItss

    ;
    | =ψ=  φψ σλρ ξ   |;;;
禁煙 | ε θ θκ β γ/  ο   |
    | δ ξ μ ξ φ   π ξ」  |  :
    |            κ ξ}    |
    |  ξ ζ   β   ξ υ}   |
__________________
  /πππ ππππππ πππππ
 /ππππ ππππππ πππππ   ブラボー!
 πππππ ππππππ ππππππ
πππππ πππππππ  ππππππ パチパチパチ……
 ππππ ππππππππ ππππππ パチパチパチ……
ππππ ππππ  ππππ ππππππ パチパチパチ……
πππ πππππ ππππ  ππππππ
πππ πππππ πππππ ππππππ
ππ  πππππ  πππππ ππππππ

┌────┐
│〜終演〜│
└────┘

462 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:23:32 ID:DpMkItss



      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)    ブラボーーーー!!!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|

463 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:23:56 ID:DpMkItss
                                             ___
                                     >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
                                    γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
                                    / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
                                   〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
          すばらしい…すばらしい交響曲でしたわ。 ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
                                   / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
          惜しみないブラボーを贈りましょう……  イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
                                  |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
                                  从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
                                  !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
                                    Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
                                     `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
                                      j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
                                      ハi  \ ´ /       \ 、
                                       j    >ァ'          \ヽ



           __,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
        _,.-'": : : : : : : : : : : `ヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
.     /: : : : : : : : : :彡 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /: : : : : : : : : : : : ≧.        !
     {: : : : : : : : : : : 〃´        ',
     i: : : : : : : : : /    _,.-─‐ァ  ィ‐i、  (先生…美しい交響曲デシタ…!)
     レ'" ̄ヾヽ、{   ___'"ィ二tォ¨ 〈五ソ
.    《 il r'"1、`゙    r',゙´`¨¨´ 〉  ヾ゙、     
     ヽ、r‐''      ' ,.   イ⌒ヽ ヽ`i
      ヾゝ-イ     ', r'  / `¨¨ンイ ノ  
       } i      ', !, i 弋ニニニテ〃
        { l       '', ', l `ーニニ〉/
       ハ        ' ヽヽ  ー'/
     /{  \        `、`ー- 〉
    /::::ハ    \      ̄¨ーj──'"
_,.-'"i::::::::::::ハ    `ヽ、   r'ノ〈、_
:::::::::l::::::::::::::::ハ      >=イ、 iヽ::::`ー-、__
:::::::::l::::::::::::::::::∧    ,イ※※∧ !::ヽ:::::::::::::::` ー、__
:::::::::ト、::::::::/:::∧,/  `゙i::※l ヾ:::::::\:::::::::::::::::::::`ー、
:::::::::::::::>':::::::::::::∧    }::=┤  i::::::::::::〉::::::::::::::::::::::i:::',

464 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:24:14 ID:DpMkItss


     /    _(       /´: : : : : : : : : : : : : : :\_    ヾヽ 
   /     f   fj   /: : : : : : : : : : /: : : : : : : :ヽ丶、    
     l    /´⊆※っ /: . : . : . : . : .:/ : : : : : : : :ハ: : :ヽ: :\/ 
     ヽ  j    `   /: . : . : . : . :/: ; : ‐''´: : : :/ l : : : }: : : ヽ 
    ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ
   三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l
   ;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !(あなた…あなたの音楽は…世界一ですう…)
   : :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l
   :.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./
   :.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ/
    :.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧ /
    :.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/ `,
   :.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人:バ   `,
   :.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}/`;   `,
   ´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}   `;    `,
    ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ     `;   `,  , '"´ `丶
    l!      {    `ヽ Yハ:::::.:.:.:.:.:.l: : |/{: . 〈     `;.、-‐≠‐ 、    .:: ゙,
    |       ヽ  fj  }Z´斤\:.:._:.:l: : .|  ヽn, |     /       ヾ..:: :: /
    l        〉⊂, え ヽ〃|ハ ヾヘ)-、:.l  {f!〈  /          ´ハ/
    ヽ   `丶、 {   lj  〈:/ |ハ  > 〉 ヾ、 |  |/          ..:: :: リ
      ヽ     ` 〉     ノ  |ヘ|//{    ヽ|/          ..:: :: :: :/
       ヽ     ヽ     )  |ヘ|"  l):.: . /  ;::r‐- 、r-、 ..:: :: :: :: /

465 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:24:28 ID:DpMkItss
           _//
      / ̄ /ー─-、__,ノ
    _/    / ノ´ r-‐─<´__,ノ       
. / ̄              __ノ´        
´       /      ー-、   \        
 ノ    / /´ ̄   ヽ \ \ \       
/    / /  / /  ィ } } \ ヽ ゝ      
  ーノ  /  イ //  /ノ /イ    ハリ       
 /  / 彡´// / //〃ノ ∨ヽ/         
  -‐=ニ彡  '´ ‐'メ∠ノ_// _} ノリ          
r- 、彡ノ       ー‐=r:;ミ、 /r=「/    (なんとか、終わった……)
{{ `ーノ/        ` ´    `ゞ|     
ヽヽ {l!              \ ;        
 ゝ_くヘ   u          ノ !     
ヾ、ヽtーヘ      u      ´ ,     
  `リ|! ∧         -──- /             
   ,,r|  \       ─- /  ふう…           
  / |     > 、       /、               
 / | l|        ` - _,/ ∧ー--、___      
/  |  |           /   |  ∧     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   
.  |  \         /   }     }                ∧  
   |  r 、ゝ     /ヘ    /     |           l   ∧  
   { / ,/∧   |  | ヽ /|      |              |   ∧

466 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:25:26 ID:DpMkItss

<ブラボー!(パチパチパチパチ!


           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   ・・・。
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \
                                   続く

467 ◆xZ/MsbYZI6:2010/02/28(日) 00:26:33 ID:DpMkItss
以上で投下終了です。

お付き合いただいた方、ありがとうございました。

次回の投下は未定です。決まったらまた告知します!

468どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 00:27:33 ID:Rj0IXzDk

ブラボー、おお、ブラボー

469どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 00:28:33 ID:7elVzVBw

ぶらぼー

470どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 00:35:54 ID:6rfNnsNA
おつー

471どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 00:56:18 ID:jZSH/k9M

演奏会は呆然とするほどの成功だったのか
アメリカは希望に満ちてるな

472どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 11:11:09 ID:ifY9LqG.
遅くなりましたが乙
『アメリカ』が気に入りすぎて絶賛リピート中w
改めてリンク全部たどってきます

473どこかの名無しさん:2010/02/28(日) 15:35:56 ID:6rfNnsNA
アメリカは第一楽章もいいけど、第4楽章のラストが神だと思う

ついでに空気読まずに言うと、SQなら14番が最高傑作だと思うな

474どこかの名無しさん:2010/03/01(月) 10:28:17 ID:woagQqfc
…27年前?

475どこかの名無しさん:2010/03/02(火) 14:29:22 ID:HjWHV.aA
乙ですーー!

476どこかの名無しさん:2010/05/29(土) 14:54:02 ID:hcEWq4TA
密かに待ち

478どこかの名無しさん:2010/06/01(火) 06:46:46 ID:srBvu2z2
同じく待ち

479どこかの名無しさん:2010/06/03(木) 09:49:50 ID:O8KF7G6o
わっふるわっふる

480 ◆jjuKVa/Tmg:2010/08/23(月) 21:36:08 ID:rrd6hfgI
こんばんは>1です
半年近くスレを放置してすみませんでした。

ドボルザークの続きですが、3楽章までで一区切りとして
一旦ここで終了にします。読んでくださった方、どうも半端な形で終わらせてしまい申し訳ありません
ごめんなさい。

481 ◆jjuKVa/Tmg:2010/08/23(月) 21:36:46 ID:rrd6hfgI
と思ったら、酉ちがう・・・ありゃ
失念してしまった

482芽留子 ◆RWwEbHEhig:2010/08/23(月) 21:37:28 ID:rrd6hfgI
こちらに戻します。

483芽留子 ◆RWwEbHEhig:2010/08/23(月) 21:46:26 ID:rrd6hfgI
では、削除依頼を出してきます。

次回作として学生オケを舞台にしたお話を考えてます。
今度は半端なところで終わらないよう、しっかり作りますので
よかったら見て下さい。本当に申し訳ありませんでした

それではー

484どこかの名無しさん:2010/08/23(月) 21:49:11 ID:ZSueiZEQ
むー
残念ですがお疲れ様でした

485芽留子 ◆RWwEbHEhig:2010/08/23(月) 22:01:04 ID:rrd6hfgI
>>484
どうも申し訳ありませんでしたm(__)m

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■