■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

真・やる夫無双雑談所2
1 ◆P3cVK955xg:2011/05/01(日) 04:26:41 ID:xPEOqwUM

               ,..、f: ̄! ̄:ァ、
               (::::::l:::::l::::::!:::::)          こちらは ◆P3cVK955xgがヒロイン板で投下中の
            r−- 、/``ー‐-;;;/
            ノ     l      `丶、         「真・やる夫†無双 〜白色演義〜」の雑談所です。
           /    l  i       ヽ
          /    / /|  |! |、  ゙:、! ゙、     雑談から議論まで幅広くお遣いください。
         /    l. l_ |  lハ L_   ゙:,j  l
        / /   i |'´ |:l .| ゙、{ ヽ`  、!. |       ただし、ケンカなどは勘弁してください。
       / イ   i.ハ.|  l :、| ヾ `、 i l |
       !/ l   |ハイニ=Vヽ{./ z=:、 ト、 | | .|      あと、こちらの話はこちらだけの話ということで宜しくお願いします
       |! ゙:、 l!(!'" ̄ 厂!  ̄`ソ!ハ.|/ .l
          \|.|.ト、ー''" ー `ー'' ィ,'::リ| l      ※ 当作内容や真・恋姫無双から離れた三国志系列の話、  ※
            |l :::`::.,ュ、 - ヒ、:./ l:| |      ※ 予想から議論までOKです。                   ※
            | l j/ハ、 〃l\  i._lr'7       ※ この様な話題が視界に入ってもOKな人は、           ※
            ノ:イ: : / ヾ,〃 | : : >'  .イ       ※ 当雑談所を他の利用者様と仲良くご利用ください。     ※
          r''´: : :|: : :|  ∨  |//,/`ヽ、
         /ヾ: :/: :!: : :|ヽ /  _/ ,r' /l: : /: |
         /: : ヽi: : !: : :| / / ,  /|: :|:/: : :ヽ     あ、mail欄には"sage"と入れて下さいね。
        ヾ: : : :l: : |: : :|,/.,/ / /: : |: ::l: : : : :ヽ、
        r':ー-:ソ: : |: ={´;r':ヽ_/|: : |: : |: : : : : :ヽ
       r`:>''´ ̄/ー、ヾビ;ソー、_| : : :|: : |: : : : : : :ヽ
      f´'´: : : : : : ! ニミン; :゙: : :}::ヽー┘: :|;:: : l::: : : :ヽ
     /´:: : : : : : :;ィフl''´:/:r--イ、: : \: : : :l: : l: : :l:: : :ヽ
     ヽ: : : : : : : ヽイ: |::/::/:| |:l:ヽ : : ヽ: : : |::l: : : l:: : : :ヽ
      |: : : : : : : : : |: :|/::/:::| |::l:::ヽ: : : :!: : :|:!: : : l: : : : : ヽ


 雑談所前スレ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1298029175/


 「真・やる夫†無双 〜白色演義〜」 現行スレ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1302881086/




2普通の名無しさん:2011/05/01(日) 05:14:42 ID:kjBaTJ.E


3普通の名無しさん:2011/05/01(日) 07:40:21 ID:zcLdvZRg
立て乙

4普通の名無しさん:2011/05/01(日) 09:04:17 ID:hDl/xw22


5普通の名無しさん:2011/05/01(日) 11:27:42 ID:GPZn/RVw
ジャーンジャーンジャーン

げぇっ、乙!

6普通の名無しさん:2011/05/01(日) 12:27:44 ID:kW964Lew
盾乙

7普通の名無しさん:2011/05/01(日) 22:12:28 ID:nCfomX6k
まて、慌てるな、乙の罠だ

8普通の名無しさん:2011/05/05(木) 07:09:39 ID:3JxxBnB6
スクロールして
前スレ1と今スレ1を交互に見ると妙な気持ちになる…

これって!?

9普通の名無しさん:2011/05/05(木) 10:33:26 ID:SQDFOows
うほっ!ってことだよ!

10普通の名無しさん:2011/05/05(木) 23:01:58 ID:6jaDsBhM
>>1 投下間に合わない時はこれ使え

363 普通の名無しさん 2009/09/03(木) 21:25:00 ID:D88ksZ4g
『次回の投下』延期のご連絡とお詫び


日頃より、私めのスレを閲覧して頂き誠にありがとうございます。

さて、『次回の投下』につきまして、投下日を2009年9月1日と発表しておりましたが
現状を確認し検討をいたしました結果、告知しておりました投下日では評価基準に満たないと判断するに至りました。
大変申し訳ございませんが、今しばらく完成に向けて時間が必要な状況となってしまいましたことをお知らせするとともに深くお詫び申し上げます。

AA及びストーリーの貼り付けは現在調整中となっております。
決定し次第お知らせいたしますので、お待ちくださいますようお願いいたします。

私は読者により良い作品をご提供できるよう、より一層の努力をしてまいりますので
何卒ご理解を賜るとともに、今後とも御贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

2009年 9月 1日

11普通の名無しさん:2011/05/06(金) 15:37:00 ID:.5tnSH82
ネタが分からないと煽られてると感じそうじゃね
つか、改良版があったようななかったような

12普通の名無しさん:2011/05/06(金) 15:42:37 ID:8K6fWDJE
たしかもともとは夏休みの宿題の延期のコピペ

13 ◆P3cVK955xg:2011/05/06(金) 19:47:37 ID:UBPoIKyM
>>10
ありがとうございます。
使う機会がない様にできれば一番ですよね。

今日の21:00より本スレにて投下しますのでよろしければご笑覧ください。

14普通の名無しさん:2011/05/06(金) 20:24:15 ID:gTRM5twk
誰か今俺を笑ったか。

15普通の名無しさん:2011/05/06(金) 20:28:22 ID:nLkixlEw
矢車の兄貴ィ!!

16普通の名無しさん:2011/05/06(金) 21:10:03 ID:YQHt2J3Q
そういや、武将的な面では一番割り食ってるのは蜀だけど、
何故か魏と呉よりは得してる気がするんだけど何故だろう

17普通の名無しさん:2011/05/06(金) 21:29:17 ID:4dNA0th6
魏が一番割食ってるだろ
青洲兵ない公算が高いしやる夫のお陰?で旧董卓軍健在だし

18普通の名無しさん:2011/05/06(金) 21:30:50 ID:SU7/QoIA
ついでに三姉妹を劉備に取られてるので原作ほど急激な徴兵できないんだよな、魏は

19普通の名無しさん:2011/05/06(金) 21:31:22 ID:C5vb/73I
>>16
董卓一行に加えて五虎大将2人とか食われてるけど、代わりの補強もあるからじゃね
曹操から張三姉妹、孫策からは袁術・張勲食ってるし




むしろ兵数面で三姉妹と、騎馬軍団の要である張遼食われてる曹操涙目じゃね?w
袁紹も立ち位置考えると負けても曹家の下にはつきそうにない気がするしなー


まあ、正史演戯原作どれ考えても曹操のとこは人材チート杉なのでこのくらいで釣り合い取れたと言えんこともないけどw

20普通の名無しさん:2011/05/06(金) 22:08:29 ID:.1ZSOlFw
やはり一刀不在だと曹操は孤独すぎる
魏ルートでかなり神経質になって華琳が彼を客将、同盟者ポジに置いてた気持ちがわかる

21普通の名無しさん:2011/05/06(金) 22:57:45 ID:Z4ufjFmU
本スレ>>55
まあ、当時の常識からして予想できるリアクションとしたら……

1:「王自身を縛る法なんざ持つなんてpgrっつーか、あいつらマジキチ」
2:「訳解らん事やってんな〜。ま、ウチには関係ねーが」
だろうし……。
3:「これは…歴史をも変えるかも知れん……! 何とか誼を通じて一部
   なりとも骨子なり内容を伝えて貰おう!」みたいな事は無いだろうな。
一番拙いのは憲法発布後になんかしら成果が出て、他所の連中が「アレが広まっ
たら、色々ウチの国の体制的に邪魔じゃね?」とみなされて、連合して潰しに掛かってくる
パターンじゃないかな。

22普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:01:06 ID:tNmjvcgs
>>16.19
むしろ、あの世界の劉蜀の欠点は武将じゃなくて土地と兵士な気がするから。
張三姉妹はマジで鬼に金棒…つうよりは、五虎的に考えて虎に翼だと思うんだよね。
…でも、正史演技では中原(都会)を手に入れたからこその兵員数だったはずだから…
田舎で張三姉妹を使っても、どれだけ効果が出るかがアヤシイ気もする。

仁徳ブーストもこの世界では、やる夫っていう巨大な対抗馬がいるしなあ

23普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:06:51 ID:p26RBbQQ
現状やる夫のほうが功績あげてるからつらい物があるしな

24普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:17:46 ID:.1ZSOlFw
現実的に弱体化した漢に変わって異民族から国土を守った君主やからねえ
確かそういうのもあの国の概念だと評価対象になるんじゃなかったっけ?

25普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:20:18 ID:tNmjvcgs
>>24
正史はくわしくしらんけど、演義董卓はそうやって成り上がったんじゃなかったっけ?

26普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:24:10 ID:B/2KSlFo
異民族と言えば後は北か?
だとしたら頑張れ袁紹か曹操w

27普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:24:57 ID:aIlLcfLQ
正史と比較した場合、曹操は皇帝擁せなかったのが一番でかいんじゃなかろうか

28普通の名無しさん:2011/05/06(金) 23:30:17 ID:B/2KSlFo
玉璽が墓の中ってのが有名だから、誰ぞに墓荒らしさせない限りどの勢力も
玉璽使っての皇帝即位ができないってのもある?

29 ◆P3cVK955xg:2011/05/07(土) 00:19:00 ID:Jzy2e6.Q
前スレ984
今日までレスできませんでしたが、その発想はありませんでした。
赤はAAが多くてうらやましいです。

30名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 00:38:20 ID:HcpesObU
>>29
やる夫と同衾してからでも赤くしても良いのよ?
赤王て一番露出多くてエロカッコイイし
女になったって表現的な部分でも使えそうじゃね

赤→赤飯→初潮は終わってるだろうし初めてで代用

こんな感じ?

31名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 00:51:22 ID:sI6PLAKk
正室かぁ…合衆国構想なら血縁による同盟は避けそうだから劉備のとこは
無くなった気がするし、蒼翠は格が落ちるみたいだし、
アルク自らのやる夫落としもありそうな気がしてきた
あとはルイズが色仕掛けで…無いなw

32名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 01:11:37 ID:eR4QJAF2
むしろ、青赤黒白にドレスチェンジ出来るようになれば…!
あ、黒は腹がへった時とアホ毛を掴まれたとき限定でw

33名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 01:19:35 ID:HcpesObU
>>32
おいそいつ自分の主人こき使うだろwww

34名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 01:44:03 ID:0k4ycLNE
アルクも原作同様バーサーカーモード搭載みたいだけど舞もなのかな
PSP版では追加イベで例の癖が覚醒して孫家の血筋だみたいになってたけど

35名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 01:50:13 ID:HcpesObU
>>34
DLC版追加イベントでもあんのGPMって思ったら恋姫の方か

36名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 03:24:39 ID:Gv6IKpMo
乙乙でした。
交州は軍事・防衛上の問題で、荊州に繋がる益州の出口さえ抑えておけば、
孫家に大分譲ってもいい所なので、良い落とし所だったと思う。
均衡政治の場合、相手国を締め付けすぎると、
閉塞の打開を求めて暴発する恐れもありますしね。
この辺りのさじ加減は本当に難しい。

正室問題は、初代の正室だから色々と難しいよね。
地方の看板を背負わない単身で中華無双の武を背負うセイバーは最適なんだけど、
その次の代の正室問題が難しくなるんだよな。
国体のあり方や首都の位置などと絡んでくるから、物凄く重要な問題抱えているよね。

37名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 03:44:48 ID:n/sKzFh.
てか、ベトナム制した事は、実質的に外国への交易路は全部抑えた事にならね?
船の性能次第では相当ウハウハになりそうな。

38名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 04:20:44 ID:U87UXQ1c
象は戦闘に出さず重機替りに力仕事に使うって手も有るから、もう何頭か貰えたら良かったのにね。

39名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 09:38:10 ID:waBWAR5o
>>38
常駐させるのは、成都辺りならともかく長安とか北の方だと寒さが心配だな(´・ω・`)

40名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 10:46:10 ID:ep/ylzOI
みゆきと三四、マリアさんの反応からすると正室はイリヤが当確かな。
バーサーカーが可愛いというぐらいだからやる夫はストライクだったりして。

41名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 12:41:34 ID:lVN7B79k
イリヤだと、まんま劉備だなw
趙雲(エーリカ)いないから、子供誘拐されそうだ

42名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 14:16:04 ID:mpQl5exM
・・・イリヤの護衛として外道マジカル☆テロリストな親父がついてきたりしないだろうな

43名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 14:19:53 ID:H12Av.N2
そういえば、やる夫の女性の好みのストライクゾーンはどれくらいなんだろ?
現在までに手を出した相手は好みに一貫性はないがw

44 ◆P3cVK955xg:2011/05/07(土) 16:11:54 ID:uMs836Q2
>>30
凄い発想だw

>>34
PSP版やってなかったんですけどそんなイベントが。

>>37
あ、確かに。 …まだモンゴル方面があることはあるけど、交易路って感じじゃないですしね。
この時代じゃ朝鮮半島や日本はあれだし。

>>41
子供を連れて実家にって現代だとありきたりな夫婦喧嘩なんですけどね〜
って最近だとそうでもない感じのニュースがあったりしますね。国際結婚だと。

>>42
出てたら登場してるw

>>43
やる夫の好み… 上四方固めやモモで考えれば基本的にでっぱい?

45名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 17:34:33 ID:nH2.wNqo
シルクロードと南蛮貿易ルート独占は美味しすぎ。
今後の外来物は全てやる夫達が掌握する事考えると、梨花やマリアは笑いが止まらない気が。
そして孫呉方面の交州の人たち涙目。交易路遮断って交州の意味がねえw

46名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 18:27:58 ID:KSOjmViQ
会談って長安でやるんだっけ?

47名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 18:40:18 ID:sI6PLAKk
>そして孫呉方面の交州の人たち涙目。交易路遮断って交州の意味がねえw
防衛線の向こう側が急激に発展していくのを見せつけられるだろうしなw

48名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 18:45:04 ID:GuRr5Bxs
>>46

劉備との会談は長安、孫策とは建業だったかな?

49名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 19:05:58 ID:kUyyQYIg
>>47
土地としては2/3取った&絶賛富国強兵中なのにそれはきつすぎるw

50名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 19:11:11 ID:ALclv8Lw
発展の度合いに差が出ると向こうの方がよかったとか言い出す奴が出そうだなwww

51名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 19:44:53 ID:XtrHNKUM
地理的にやる夫国は念願の外港を手に入れたわけだが
長安に首都機能おいている限り港からの物流が絶望的な気がする
やっぱ道路整備に力を入れるんかね

52名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 19:50:14 ID:KSOjmViQ
>>48
ありがとう。
劉備達は長安を見てカルチャーショック、てな場面があるのかな?

53名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 20:30:03 ID:HZIk8GTA
ハルヒみたいなデカルチャーとかもいるからwktkだw

54名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 21:31:32 ID:/mFuLxoo
他国の人達に見せても大丈夫で、なおかつ驚くようなものって何があったっけ?
都の賑わい、治安の良さとかしか思い出せん

55名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 21:35:14 ID:H12Av.N2
今回の象かな?

56名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 22:15:46 ID:Gv6IKpMo
>>50
流民になって流れ込んだりすると、大きな摩擦になったりするんだよな。

57名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 22:26:14 ID:yxhl6Gqg
>>56
大量に出ると介入の口実にされそうだけどね(双方とも)

58名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 23:07:58 ID:GuRr5Bxs
>>54

料理がすでにオーバーテクノロジー気味だから、十分に驚かせられると思うけどな。

あとは、医学研究所とかは普通に見せられるかな。

59名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/07(土) 23:59:57 ID:nH2.wNqo
>>56
流石に暴政を敷かない限り流民は防げると思うよ……多分。
ただ、孫呉の支配体制考えると反乱祭りの可能性が。

60名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:08:48 ID:cBdWXI.k
どういうやり方で富国強兵するかってのもあるからねえ

61名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:09:48 ID:ARUaDapk
つーか、憲法もどこまで踏み込めるか難しいところ。
全て国民は平等であり・・・なんて言い始めたら他国が受け入れられるはずがないし。
まぁ、国家元首を父、国民を子として、国民は元首を父として敬い、元首は国民を子として守り、慈しむ義務を負い、そしてその範囲内で国を動かす権限を得る。
みたいに、元首の責任とその権限の範囲を明文化するところまでかな?
細かいところは法として整備していくとしても、基本路線の明示は国民にも分かりやすくしなくちゃいけないしね。

国家レベルと民度、常識が全く違うとこだからどこまで落とし込めるのか塩梅が難しいよね。
どうすんだろ。

62名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:15:40 ID:ARUaDapk
仲間はともかく交州の太守とかも、自分の権限とかどうなるか分からなくなれば呉に寝返る可能性もあるし・・・

63名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:16:57 ID:q/QmChEg
交州から船だと、船の性能も考えるとどのあたりまで交易範囲になるんだろう。

隋や唐の時代でさえ日本-中国間が命がけ(生還率がどのくらいか知らないが)
ってことを考慮すると、現インドあたりからすら怪しい気も……。

とはいえ、チート物の羅針盤が既にあるのも見逃せないか。
羅針盤が重要になるほど遠洋に出れるかって問題もあるが。

64名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:18:09 ID:q/QmChEg
>>62
大丈夫だ、そういうやつはその頃には不正蓄財で逮捕されてるはず。

65名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:24:23 ID:lM4ETnwY
正史でも孫呉は連合の盟主的な立場を取った(取らざるを得なかった)お陰で地盤固めるのに苦労してたみたいだしなぁ
孫策暗殺もその辺りが一因だったっけ
水運関係の技術は一歩先んじてる筈だから、そこでアドバンテージ取らんと厳しいかな?

既に出てる方位磁針の発展で羅針盤とか、竜骨船辺りの技術チート炸裂で孫呉涙目になるかも知れないけどw

66名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:27:44 ID:2hVxEet6
さすがのやる夫でも、船関係の知識は専門的すぎてキツそうだが
でも大和や長門なんかの戦艦についての知識は豊富そうだから困るw

67名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:28:30 ID:ARUaDapk
>>64
益州に関してはそうだけど、交州に関してはそこまで無茶できないはず。
南蛮の脅威があるとは言え、呉と両天秤にかけられる場所だから攻め入る口実は与えたがらないはず。
そもそも今回取り込んだ範囲を入即出国の一部として宣言するのかどうかも判断に迷うところかな・・・

68名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:28:40 ID:bfShPyZM
やる夫達の船だと鉄甲船とか大砲装備とかしてそうで怖い
後者は火薬の生産次第ではあるけど鉄甲船の方は平然と出してきそう

69名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:39:47 ID:ARUaDapk
あと、海南島は取りに行ったら流石に揉めるのかね?w
タイミング的に考えて、まだ孫呉は海南島に進出する前のはずだけど。
史実通り進むと交州の体制が整ったら手を伸ばしてくるはず・・・

70名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:48:03 ID:q/QmChEg
>>67
そういえば、名目上は保護だったっけ。
どう扱うのか難しそうだな。
今後、同じような小勢力の飲み込むときの抵抗度合いにも関わってくるだろうし。

あとは、梨花がどういう形の交渉をしたかも関わってきそうだ。
ものすごいでかい穴が空いてるような契約をしてるとか……。
小さいところも含む他勢力を考えると、そう無茶はできないだろうけど。

71名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:48:12 ID:lM4ETnwY
>63
生還率だけじゃなくて色々な要因があるんだろうけど、
400年くらい後でも経典求めてインドに向けて旅する僧侶が海路選ばない程度には危険かと
中国‐日本間だとちょっと調べた感じ、生還率は5,6割程度
この時期の日本と交易してもあんまり旨味は無いだろうけどなー

羅針盤の発明で星見て方角を知るスキルを持つ船員がいなくても船を増やせるし、
領地内に限るけど灯台設置で航海の安全性も向上するだろうし、
柔速出のさらなる南下政策も有り得るか

72名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 01:54:57 ID:Z5di0wS2
西側に関しては対南蛮の安全保障が要因だから、寝返りは気にしなくていいんじゃない?
離脱すると、自動的に池田孟獲との条約適応外になって攻撃に晒されるし。
梨花は交渉で一切妥協してないから、厚遇は元から無い。むしろ益州の二の舞(ry

73名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:01:49 ID:bfShPyZM
>>71
そもそも陸路の方が圧倒的に開拓されてるし、シルクロードは原型が紀元前からある
現地住民との交流さえ上手く行けばほぼ確実に辿りつける陸路を選んで当然というか
南に向かってもインドネシア位だから(ベトナムは交州と被ってるから除外)
海路から改めて南下する必要は薄かったんじゃないかな

74名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:06:55 ID:ARUaDapk
海上貿易するなら技術だけじゃなくて海路の開拓が必要になるし、保存食(保存法)の開発とか必要になってくる。
それにこの時期だとまだ帆船じゃなくてガレー船じゃない?あと船の大型化もしなきゃいけないし。
それに合わせて船新しくしたら現場の技術の積み重ねになってくる。

正直めっさ初期投資と技術開発が必要だけど、戦国時代にどれだけ実入りが見込めるかは不明だよな。
技術開発はするべきだとは思うけど、珍しいだけのものに金を出す余裕はないだろうし。
香辛料とか食品系だけなら陸路で十分。
そもそもそこまで専門的な知識をやる夫が持っているとは思えないし・・・1から開発はキツイw

75名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:14:46 ID:Hb5G9kCM
やる夫には邪馬台国がどこにあったか見てきてほしいねw

76名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:21:00 ID:6jKBJAhQ
東方不敗っぽいキャラがでてきそうだなおいw

77名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:31:02 ID:lM4ETnwY
AA的に御本人登場でも面白そうだw
そうなると若本御大の配役も気になるが

78名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 02:49:19 ID:Z5di0wS2
>>67>>70
確認したところ、本スレ13の758で領土化の交渉してる。保護云々は条約をちらつかせてるだけ。
不正→没収のコンボも問題なし。
そもそも梨花は、「公正な政」を売りにして支配下入りを迫ったんだから、後ろ暗いなら初めから柔速出の軍隊を入れないかと。
ってか、スレ見てたら東側が受け入れなかったのって抗争以前に後ろ暗い事があったんじゃ。

79名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 10:56:19 ID:q/QmChEg
>>72>>78
不正→没収を交州でやったとして、今後の小勢力を吸収する時どうするんだろう。

小勢力側としたら、「降伏=生命保証+追放」と見られてしまうわけで
かなり降伏させにくくなるんじゃないかなぁと。
(交州の交渉時にはまだ益州の不正→没収も発動してなかったから問題なかった)

まぁ、軍隊背景にして圧力かければすぐ降伏するだろうから、
多少時間がかかる程度だと思うけど。

80名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 11:00:41 ID:nc.byO0M
規模だけみれば袁家を差し置いて統一候補第一位だからな

81名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 11:36:41 ID:d5HDaDwc
若本御大は…
酷いキャラしか思い浮かばないから想像したくないwww

82名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 11:38:24 ID:e16fEURQ
AA豊富で若本キャラというと、誰がいるんだろ?

83名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 11:49:39 ID:WpJG.FIw
セルでいいやw

84名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 12:15:02 ID:6jv4cl0I
それは流石に見た目でツッコミ入るでしょうw
お前明らかに人間ちゃうやろと。

あ、でも、白い肌の饅頭人間がいるのならば、
緑の肌のセルのような人種がいてもおかしくない気が……。

85名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 12:17:34 ID:a5WMUrAE
>>79
殺害されないだけマシじゃね?
追放どころか親子兄弟まで連座が当たり前にある時代なんだし。

86名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 12:53:09 ID:D6DbhEhU
南海貿易に関して↓

ttp://f27.aaa.livedoor.jp/~sonpoko/sisyou2.html

インドへの中継地点として考えるなら南蛮が友好国であり属国や自国では無い事を
含めても取った部分だけで十分というかあの辺り以外必要無いのかも
むしろ呉は貿易ほとんど無理になって下手したらほぼ詰み状態じゃ・・・

やる夫の知識含めると貿易品にゴムやうまくいけば硝石辺りも手に入る可能性があるし
さらにチートが加速する可能性がw

87名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/08(日) 17:11:53 ID:k2KKK1Ps
貿易の面でみればアレだけど、孫呉も人員と兵糧の獲得としては成功してるけどね。
東部は混血が少ないし荊州南西部への通路も確保したことになるし。
問題があるとすれば、力技で従えた事で交州側としては搾取にしか見えない事。

後は、揚州の土地柄と袁術戦での損害と消化不良による孫呉の発言権が絶対的じゃないという事。

88名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 18:25:41 ID:sfG1mvnY
最新話の呉からみた柔速出の急所ってなんだろうね?
やる夫に世継ぎや正室、係累がいないことだろうか?
会談までもっていければとかいってるけども。

自分高校から理数系が中心で歴史がわからないから憶測でいうが、確か恋姫では金印を呉はてにいれていたっけ。
やる夫をくぐつと思ってるからそれで董卓の動揺を誘うとか?

89名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 18:57:42 ID:srwO9Cko
システム構造上必要な急所以外、柔速出の軍師達が放置してるとは到底思えんからねえ

90名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 19:50:52 ID:ZwuzZIBQ
女君主が基本のこの地では男というだけで!
ないな、うん。軍事的に言うなら正室、側室がことごとく有力武将だから
孕んだりしたら大きな制限を受けることになるのは急所だけど

ああ、適当に女宛がって最初に孕んだりしたらとかその辺を急所と捉えるかも
軍師達が許さないけど万一はある

91名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:14:43 ID:1Vlqv2Hk
呉と比べるなら、やる夫の権威面での後継者がいないところじゃないかな?

92名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:15:15 ID:DbobYkTk
暗殺は南蛮でやったばかりだからなさそうだしなー

93名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:16:12 ID:F4sZFtNI
ハーレムに忍び込ませて情報収集とかじゃないかな

94名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:25:35 ID:DbobYkTk
忍び込ませてやる夫のマイサンを不能にして跡継ぎを作れなくさせるとか・・・
ハニートラップで不能にされたとかあまりに醜聞すぎて表ざたにも出来ないし

95名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:28:46 ID:0wRhwQ7o
政略結婚で舞かイリヤを正室に送り込んで
後継ぎ生まれたら実権握るとかじゃないかね
10年、20年先を見るとかどこかで言ってたし

96名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:46:36 ID:9GIoI3J2
一番に思い浮かぶのはやっぱり政略結婚だよな、土地的にw
でも同盟を結んでも無いし、友好関係がある訳でも無いから厳しくね?

97名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:51:04 ID:c.SHbrz.
最大の急所はやる夫個人なんだろうけど、どう利用することを考えているのかだなぁ・・・
まだ傀儡だと思っているなら女をあてがって内部から割るってのがありえそうだけど・・・

そういえば、この時期じゃ欧州にはまだお茶って存在しないんだよな。
ちょうどお茶の生産地抑えてるし、プランテーションの開始だw
でも、輸入すべきものってあんまりないんだよね。
珍しい食べ物とか香辛料くらいで。
石炭はともかく石油はやる夫は利用する方法思いつかんだろ。

98名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:55:18 ID:F4sZFtNI
まだ精製する技術もないしな

99名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 20:56:54 ID:DbobYkTk
火炎放射器作って「汚物は消毒だー!」くらいしか思い浮かばんな

100名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:08:27 ID:srwO9Cko
>>97
ステルスさんを向けられないから、内情の情報収集しにくいってのはあるかもなあ
普通の諜報はロベルタさんに一蹴されてるだろうし
相手首脳陣の会談まで盗み聞きに行かせたり、とにかく桃子に頼ってるってのが個人的印象なんで

101名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:08:33 ID:gf1t75Ug
柔速出軍には油田押さえてギリシアの火を再現してもらいたいな。
木造戦艦でひしめく赤壁で使ってほしいw

102名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:10:44 ID:oe98vNuY
弱点を挙げるなら、防衛ラインが南北に長いってのと、策源地の長安が最前線って辺りか

103名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:11:43 ID:iMuB4Y9Y
内燃機関の存在を伝えておけば、他の国が掘り出す前に油田を重要視して抑えようと動けるハズ
先に先に研究を続けられるってだけで十分じゃね

104名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:15:24 ID:qEYgrBTk
やる夫の出自が不明瞭というのも、やりようによっては致命傷にならないかな。

国内なら天の御使いだと誰も疑わないだろうけど、国外の人間にしてみたら、
いまだにどこの馬の骨とも知らない、得体の分からない人物なんだから、
妖術使いだのなんだのと流言飛語をばらまけそうだけど。

血統を重視する国民性だし、十分にダメージになると思うが・・・
だめだ、やっぱりいまいちピンとこない。

105名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:18:09 ID:c.SHbrz.
>>103
いや、冶金のレベルが内燃機関を作れるだけのレベルになるには長い年月が必要なはず・・・
そもそもやる夫達の目的を考えるとそこまでやるのかどうか・・・
人口増加が世界を狭くして争いを生むのは歴史を学んでいるやる夫ならわかるだろうし。
他の国とのレベル差が大きくなり過ぎたらそれも戦争の理由になるしな。
民からの統一を望む声がw

106名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:20:17 ID:c.SHbrz.
>>104
それを理由に他国に攻め要らなければ大きな傷にはならんのでは?
そもそも近隣の国ならともかく各国の一般の国民はやる夫の名前なんて知らない可能性が高いし。

107名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 21:33:52 ID:PcsxckTQ
>>104
今のところ、やる夫は失策をしてないから流言飛語しても効果薄いと思うなあ。
それに、この時代だと出自の根拠とか、戸籍なんてあってないようなもんだろうから。
イザとなれば後で設定をいっくらでも付けたせるんじゃね?

108名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:10:13 ID:c.SHbrz.
やっぱイリヤの嫁入りかなぁ・・・まだ正室が決まってないってのは大きいしな。
三四さんも今度の会談でうまくいけばって言ってるし。

109名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:16:47 ID:ZwuzZIBQ
自分の配下武将よりは対等な、国通しで取り決めた后
を正室にせざるを得ないと言うことか

110名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:19:20 ID:oe98vNuY
>>105
内燃機関どころか外燃機関ですら形になるまで爆発続きだったらしいな

111名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:40:44 ID:iMuB4Y9Y
>>105
十年二十年のスパンの話じゃないよwwwww百年単位での戦略の中でならこういう情報も役に立つという話
ずっと前に話題になったけど蒸気機関でも金属加工レベル低いと爆発か圧かからない役立たずしか作れないし
やる夫がやりすぎてもげ死んでも世界は続くんだぜ

112名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:49:44 ID:Et8ZRJ6.
>109
孫呉の成立だけ考えると、将来的に柔速出との統合まで視野に入れてるかも知れない

戦をせずに統合できれば中華の最大勢力になるのは確定で、
やる夫と正室になったイリヤの子供が柔速出の後継者になれば「孫家の末裔が」最大勢力の頭首になったとも言えるし
まだやる夫が傀儡だと思われてるとすると、アルクや舞がやる夫の義理の姉(外戚)になるって意味は大きいかと

113名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 22:54:50 ID:EmNr8hW6
けど、そんな真似しようとしたらマリアさんと梨花ちゃんの超黒い嫌がらせの
被害者になるの確定やん………魏が食らった焦土戦術レベルの

114名無しさん@作品CM用スレ試験運用中:2011/05/09(月) 23:15:42 ID:3824FjMY
その辺も含めて、今度の会談で把握するんじゃない。だから三四さんが「うまくいけば」って言ってるんじゃないかと。
既に隣接してるし酷い兵力差があると認識してるから、慎重に越した事は無いし。

兵力差と言えば孫呉は戦争で交州を切り取ったけど、せっかく徴募した兵士を早速消耗してる。
最大4〜5万と言ってた兵の損耗次第では荊州侵攻に支障が出そう。

115名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 00:19:53 ID:GyOFZwFs
つーか、まだ入即出国の戦力がどれくらい強化されてるのか把握してる国中華にないんだよな。
投石機もそうだし、軍事システム、手旗による情報網の構築等。
軍事も含めた文化レベルを引き上げるのが国家の目標だけど、やる夫の存在だけで数世紀飛び越えてきてるからな・・・

劉備の合衆国って、小規模の国が集まることを前提にしてるけど、一国だけずば抜けた国があった場合、成り立たないんだよね。
思想的に、向いている方向が同じでも、力関係で結局うまくいかない気がする。
劉備はむしろやる夫に統一王朝を作ってもらうほうが本旨にあうんじゃないだろうかw

116名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 03:55:00 ID:7ez/dKqQ
交州あたりでやる夫は交州の経済性活かして楽市楽座やりそう

117名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 08:55:27 ID:I9idPTCw
う〜ん、やる夫の正室がいないことが急所なのかな?
拡大路線の呉が天下の静謐を願う柔速出に嫁を出すの?
呉にしてみれば利点はあるだろうがなぁ。
柔速出側の利点がわからないな。

118名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 10:21:28 ID:ynsKbOX6
劉備が女性だから、呉と政略結婚ってのも無いしねー。
イリヤなら素質あるし、柔速出に乗り込んでも強かにやっていけそうって判断されるかもね。

119名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 11:24:31 ID:nFizHz6M
しかし他国が狙ってる(だろう)、政略結婚に拠る柔速出本家への影響力を浸透させようとするの
に対処する手段といっても難しいよな。
精々、男児が生まれると同時に母親の元から離して「妙な事」を吹き込まれない&(相応の判断力
を備えるまで)一切の母方の関係者との接触を立たせたり、更に例え母方の縁戚であろうとも必要・
邪魔とあれば…、とか徹底的に教え込んだり、後は国法で例え君主の配偶者or実母だろうと、国政
には傍聴は出来ても一切の口出しや決定権に王位継承権は与えず、許さないって決めるぐらいか。
何か、跡継ぎが生まれると母后の親戚筋を残らず駆逐して、外戚の肥大と干渉を事前に断つ…、
なんつー強引極まる手段を取ったトコもあったらしいが……。

120名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 12:26:46 ID:JHFqGbpc
>>115
他国の間諜が情報を仕入れにくいってのもありそうなんだよな。
工作兵なんかは訓練風景見ても「あいつら何で土掘ってるんだ?」だし、
遠投投石器(?)も現物が置いてあるはずもない上に
訓練や試射にしても作って撃って片付けるまでが1セットだろうし、
手旗信号もはたから見たら「旗もって体操か、元気なことだな」だし。
かつ、この辺は間諜が入りにくい体制を取れる部分でもあるしな。

漏れそうなのは水分補給に塩水くらいか?
正直、これが漏れてないってのが信じられないんだよな。
いくらなんでも、流民や一般民衆に混じって同じ行動を取る間諜を区別できるとは思えないし、
情報を伝える部分でも商人と同じ行動を取ればばれるとは思えないんだがなぁ……。
それに、間諜を使わなくても「やる夫のところと他国を往復する商人からの世間話」から
仕入れられそうな情報でもあるし。
漏れてない原因で考えられそうなのは、
・時間が経ってない。(一般民衆にまぎれたりする場合、情報が上がってくるのに時間がかかるはず)
・下の方で不必要な情報としてカットしてしまい、上に上がってない。
・上の方で「塩水」と「熱中症が少ない」が繋がってない。
・そもそも「熱中症が少ない」という情報自体が伝わってない。
あたりか?

あと漏れそうなのは「肥料」もか。
こっちはまだやってる方の結果がようやく出てきそうってレベルだから伝わってたとしたら、
「他国の間諜を止める役割のやつらは何をやってるんだ」ってことになりそうだが。

121名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 12:37:55 ID:y20jdOFU
>>120
海に面してる国は『海水(塩水)飲むとよけいに喉が渇く』って常識があるだろうから
その辺が邪魔してる可能性はあるかもね?いわゆる知識人ほどそういう常識が前提になるし
柔速出はこれまで見事に内陸国だったからそんな常識なかったけど
むしろ騎馬民族系の常識で家畜に塩舐めさせる必要とかが入ってきてる可能性だって否定できず

122名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 15:35:04 ID:7kVJvyys
>>115>>120
間諜の主な仕事は軍の動向を監視する事であって、領民の日常生活の観察じゃないからじゃない?
大体の事は「天の使い様の御業」で済んでしまうし。というか、領内の一般人も理屈は分かってないと思う。
後、>>121の言うように涼州とか異民族と血が混じってる領地が多いから、風習が伝播してるとしか思われないかと。

元トップの董卓自身、異民族の血を引いた涼州の家系だし。
やる夫が普及させてる乳製品も、五胡では既に利用されてたものだし。
肥料の様に、聞きかじりで行うと逆効果になる情報もあるし。(てかまだ実験段階のものも多いし)

柔速出領は平原から外れた特殊な地形ばっかだから、余計に利用するという発想が出ないと思う。
それに今の平原は常時戦争状態なので、リソース割くだけの余裕が他勢力には無いかと。何かと徴兵してるし。

123名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 15:55:52 ID:BopIzasI
間諜か、前にここで紹介してもらった暗黒三国志だと間諜無双やってたな…

124名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 16:00:01 ID:y20jdOFU
>>115
ユーフェミア劉備の元ネタ コードギアスの超合衆国の神聖ブリタニア帝国加入問題とそっくりそのまま問題が同じなんだよね、作者は狙ったのか?

125名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 16:02:32 ID:MScSMHFA
>>124
あれは直接的には投票制度の弱点を突かれた形だけどな

126124:2011/05/10(火) 16:21:24 ID:y20jdOFU
人口ってオブラートで包んでたけど飛びぬけた大国が入っちゃ機能しないって意味でさ
本来は柔速出の領土は山ばっか&異民族隣接の美味しくない土地だからユーフェミアの目論見も何とかなる国力差だったかもしんないんだけどさ〜

127名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 16:57:26 ID:JHFqGbpc
>>122
まず、三国志や恋姫の間諜がどうだったかは知らないし、
この作品の間諜(自国、他国両方)がどういう仕事をしてるかは
作者が決めてくれればいいと思ってる。

その上での話になるが、
「他国の軍師」としてあってもおかしくない考え方の一例が以下になる。
1、長安が通常では考えられないほど発展している。
2、長安に関する「他とは違うこと」の情報を集める。(例:塩水を飲んでる)
3、「他とは違うこと」をこっちでも実験してみて違いを比較する。(例:塩水20人、真水20人で比較)
4、効果があるならうちでも採用する。

この場合、「民衆は理屈を知ってなくても」他国に塩水が有効というのがばれる。
このとき、「2」の情報を集めてくるのも間諜の仕事になる。

これは一例だけど、他にも「民衆の情報」からいろいろ「国の情報」を推測することはできる。

逆効果に関しても「実験してみる」があるので、そういう目的で間諜を使わない理由にはならないはず。
「畑に何か撒いてる」「何かの材料が糞」って情報だけからでも
試行錯誤の量は増えるだろうけどそれなりの正解にはたどり着けるはずだし。

ただ、間諜の使い方や育成なんて「その家の秘伝(門外不出)」扱いされててもおかしくないだろうから、
こういう間諜の使い方がされてなくても納得はできるかな。
常識外のことを「思いつく」のは頭のいい人でも難しいし。

128名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 17:13:55 ID:vOHATDno
むしろ、柔速出を除いた平原諸国が合衆国で纏まりそうな悪寒。
憲法次第では、合衆国案とかみ合わないだろうし。
ってか、
タイ王国の様な立憲君主制(やる夫側)とアラブ首長国連邦の様な連邦国家(三国志の国家連合)で最終的に纏まりそうな。

129名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 17:21:03 ID:BVylhzGU
まあ、このまま順調に柔速出の圧勝なんてことにはならんだろうし
どんなふうに波乱が起こるのか楽しみだ

130名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 19:42:40 ID:GyOFZwFs
時代のレベルからすると、こやしにしろ労働時の塩分摂取にしろ迷信だって切り捨てられる可能性高いし・・・
しかもまだ2年経ってないし、データも揃わないだろう。
実施側の入即出国の方は、効用が分かっているからデータに意味があるのがわかるだろうけど他国じゃ無理。
農作物にしても、収穫2回程度じゃこやしが効果があったなんてわからないだろうし。
豊作だった。で終わりじゃないか?

131名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 20:01:34 ID:JVOjZ.Ik
后を送り込んで乗っ取りって考えは、
やる夫たちの考えている、憲法と立憲君主制もしくは制限君主制で失敗することになるんじゃないだろうか?

132名無しさん@スレ一覧で「CM」と検索してみよう:2011/05/10(火) 20:08:45 ID:mhMIcK0A
柔速出の弱みはやる夫の嫁とかそんな個人的なことじゃなく国の方針な気がする。

133普通の名無しさん:2011/05/10(火) 20:19:36 ID:AmRY/ytk
方針とかだと、欲が薄いとかかな

134普通の名無しさん:2011/05/10(火) 20:48:14 ID:JHFqGbpc
>>130
自分の中でもまとまりきってるわけじゃないんだが、

・「民衆からの情報集め」自体が行われていない。
この場合、「現在では誰も思いついてない」かつ「過去からの情報の伝達もない」
と考えられ、自分もこれについてはありうると思う。

・単純に時間の問題(広まるのに時間が足りてない)。
これについては、もう少し突っ込んで考える必要があると思う。
例えば、時間が足りてないとするなら、「じゃぁ、現在どこまで進んでいるのか?」

理詰めの軍師的な考えでは、
1、長安の発展に何かしらの原因があるのではないかと疑いを持つ。
2、原因になりそうなものを片っ端から集める。
3、2で集めたものの実効性を調査する。
という調査法が1つ考えられる。

2の段階で止まっている可能性は上記も含めて充分ありうる。
「あとどのくらいあれば情報が集まるのか」は作者次第。
民衆からの情報集めが行われておらず、間諜を全部シャットアウトできれてれば
いつまでも情報が集まらないわけだし。
3の段階は、こやしや塩水なら柔速出国での調査と同等の時間で実効性は分かると思う。
特にこやしはやる夫から聞いてるのは材料程度だし、作り方とかも民衆からの情報で
ある程度の目安はつけられるはず。

残りの「1の段階」が人によって意見が割れそうかなと思ってる。
自分は、孫策(アルク)側と劉備(ユーフェミア)側は疑いを持ち調査を開始してる、
曹操(真紅)側は疑いを持ってるが、対袁紹(ナギ)戦に集中してて調査できてない、
袁紹(ナギ)側はそもそも疑いを持ってないんじゃないかなと思ってる。

あと、完全に個人的な印象なんだけど、
「自分の常識に邪魔されて技術発展の元になってるものを見逃す」ような人が
有能な軍師(宰相とかの方が適切?)として後世まで名を残すのか?
というのが頭にこびりついてる状態だったりする。

135普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:00:24 ID:ezYKhwXU
産業でおk。
必要なら>>1が本編で明かしてくれるさ。

136普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:04:04 ID:JVOjZ.Ik
曹操陣営のスパイ網は破壊されてるからなぁw
情報収集はかなり遅れていると思う。
当面は対袁紹が重要だからやや後回しになっているんだろうなぁ(^^;

137普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:17:58 ID:JVOjZ.Ik
肥料に関しては、作り方・分量によっては
意味のない物、収穫量が減ってしまう物が出来てしまうので、
実地試験をしているにしても、税収増加な結果が出るのは来期以降、二年以上後ってこともあり得る。
柔速出領でも結果が出たのはつい最近なので、情報を得ていたところで結果が出ているってのはありえないと思う。

138普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:29:40 ID:XyNa5hOM
あ〜、そもそも技術が国力を左右するなんて思想に辿り着いている時代なのか?
そもそも、農作物が豊作だったらこれも君主の徳が高いからだとか言われる時代だよね?
技術開発の有用性なんかが認識されているなら、精華が武将をやってるのは不自然すぎる。

やらない夫関係の話を見ればわかるけど、有用な技術は門外不出の秘伝とかだし、
医師を集めて医術を研究させるなんてことも驚かれている。
間者を使って技術を集めようなんて有能な軍師でもすぐには思い至らないんじゃないかな。

139普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:29:49 ID:GyOFZwFs
>>134
というか、臨戦状態だし、どこの国も入即出にばっかり手を割いてられないと思うぞ。
曹操にしても孫策にしても隣接してなかったんだから優先度高くない。
(孫策は今回隣接したけど。)
可能性あるとすれば蜀だけど、内戦状態でそれどころじゃないだろ。
袁紹にしても余裕無いだろうし、新しいこと積極的に取り入れるタイプじゃない。

140普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:30:00 ID:ezYKhwXU
そういえば、曹操がスパイ網の破綻に気付いたのって関中王即位宣言の後(9章、16ッ月目)だった。
他の勢力もスパイに本腰入れたのって即位宣言の後(9章後編おまけ)だから、何にしてもこれからだろうし。
正直、戦争計画を一旦止めずに今から検証まで行う余裕はどの勢力も無いと思う。

141普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:44:54 ID:9lIj2qGQ
原作は恋姫無双だってことを忘れてないかい?
アドバイザー様にならんように気をつけようぜ。

142普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:46:04 ID:MScSMHFA
そのための雑談スレなんだからアドバイザーも糞もねぇ

143普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:50:16 ID:GyOFZwFs
うん、単なる状況分析という名の雑談w
原作が恋姫無双な事はあえて無視してるので全然前提が違うことも当然ありうるし。

144普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:52:01 ID:uSPbida6
>>138
そういえばそういう思想があった。
しかし科挙がまだ行われていないので儒家が政治の中枢や知識人を席巻していないから、
インテリが君主の徳が高い=泰平という発想はまだ少なそう。当時は無神論者の儒家がいるくらいだし。
柔速出の支配地域だと技術力=国力の思想にだんだんなっていきそうですがほかの地域はまだその発想は無理かなー。

145普通の名無しさん:2011/05/10(火) 21:54:13 ID:JVOjZ.Ik
六章のみwikiさんが「試験的な農法で素晴らしい成果が上がっている」って言っているから、
宋(劉備)は情報収集はしていると思うが、実地試験できるほどの情報を得ているとは思えない。
ロベルタが行ったスパイ狩りで情報収集は遅れてるだろうしねぇ…

146普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:11:47 ID:962ukYfE
たとえ曹操が勝ったとしても、司隷東部の支配権は柔速出の方に
渡っちゃいそうな気がするなあ。洛陽での薫卓の人気は根強いみたいだし。

孫呉はどうすんのかね。荊州を取りに行くのは既定路線なんだろうか。
ヘタうつと劉家のよしみで劉表が劉備に援軍要請→同盟の柔速出からも
挟撃を受ける→即滅亡、なんてことになりかねない。
しかし現状を見ると、やはり柔速出は一つ頭抜けてるな。ヘタすると
現時点でも、防御に徹するならば他の全ての勢力を相手にしても何とか
凌げそうなんだよなー。

147普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:18:50 ID:BVylhzGU
囲まれる心配無いのは大きいよね、その代わり領土がえらい広さだけど
それでも旗振り通信での速い連絡と、遠投投石機や火炎瓶なんかで鉄壁の防御を誇れるけど

148普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:22:44 ID:GyOFZwFs
しかも時間が開けば開くほど柔速出が有利になるしな・・・
火薬が安定的に生産出来るようになるだろうし、そしたら銃が作れる。

149普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:55:45 ID:lhpi2uy6
まずはてつはうだな

150普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:58:52 ID:rG/jZH/c
リアルでは鉄砲は何時中国で出来たのかな?

151普通の名無しさん:2011/05/10(火) 22:59:11 ID:y20jdOFU
炮烙火矢系のロケット兵器が先じゃね?
まあ恋姫の超スピード考えれば銃や大砲に行っても納得しちゃうけど

152普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:03:05 ID:GyOFZwFs
>>151
ていうか、ぶっちゃけ遠投投石機あるし、小さな鉄球と火薬詰めた弾飛ばせば恐ろしいことになるw
でも、流石に人道的にアレだし、やる夫はそこまでやらんだろ・・・

153普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:05:35 ID:nFizHz6M
>火薬の量産体制の確立
銃火砲より、構造が簡単で火炎瓶の製造ラインとも一体化出来る爆弾(元寇の時に
使われた例のブツ)の方が先じゃない? 投石器で放り出して炸裂と同時に中の
ガラス片や釘に容器自体が散弾として飛散するから、面制圧効果は相当の物かと。
城郭等の拠点攻撃を行う時に、破壊工作用にも重宝するしね

154普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:32:07 ID:y20jdOFU
>>ガラス片や釘
ガラスと鉄のレア度は史実じゃ高いけど恋姫基準じゃ安いのかな?
柔速出は重装甲騎兵やなんか整備してるから他勢力より鉄の価値が高いだろうし

ぶっちゃけ陶片とかで十分だからな

155普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:47:53 ID:XeA.naDY
>>150
宋代に使用された竹竿に鉄片を詰めた爆竹のでっかいのが、記録に残る最古の火器
火槍と呼ばれていて、敵の戦列に突きつけて炸裂させて、戦列を壊乱させるのが目的

弾丸を飛ばすタイプは火銃と言って、タンネンベルクガンと同じような形のハンドカノン
元代には使用されていた

156普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:52:36 ID:wRfbKZbc
>>146

劉備と柔速出が同盟を結ぶ前なら、劉家のよしみで劉表が劉備に援軍要請することもあるだろうけど、
劉家としては天の御使いと噂されている柔速出と同盟を結んだ劉備には援軍要請は出せないだろう。
いわば、劉家の裏切り者なわけだし。

それでも援軍要請を出さざる負えない状況なんてそれこそ荊州オワタ状態になってるのではないかと。

157普通の名無しさん:2011/05/10(火) 23:59:15 ID:ezYKhwXU
そんな状況になって援軍呼んだら、荊州内が相当荒れそうだな。
難民も大量に出そうだし。

158普通の名無しさん:2011/05/11(水) 00:42:19 ID:3ukEIxWY
ユフィは分からんけど、劉備なら確実に乗っ取るなw

159普通の名無しさん:2011/05/11(水) 01:02:44 ID:MhLLHrZo
劉備は演技でも正史でも冷静に見ると疫病神みたいなものだからなぁw
身を寄せた勢力が悉く崩壊滅亡していくという……

160普通の名無しさん:2011/05/11(水) 01:09:37 ID:qYFmvZlY
陶謙さんはたぶん自業自得だったよ!

161普通の名無しさん:2011/05/11(水) 01:40:34 ID:LpwVHIXE
ブリタニア帝国ばりの国力の入速出に対抗して合衆国が出来そうなのに
その入速出とユーフェミアが同盟なのがなんとも。
間諜の問題は生理食塩水等の問題であれば塩水を使うことで
問題として浮き上がらなくなったので気付きにくくなったというのはあるかもです。
効果が出ている領民にとっては当然なのであまり話題に出ない。
おまけに同時に色々やっているので原因がどれなのかわからないとか。

162普通の名無しさん:2011/05/11(水) 02:00:01 ID:wM5uCUKg
>>ブリタニア帝国ばりの国力の入速出に対抗して合衆国が出来そう
???そんなことはないような?
ぶっちゃけ入速出は支配領域がデカイだけで(やる夫出現前の常識から考える)他国に見える国力はそこまで大きくない
ユーフェミア劉備と同じくらいの国力と思ってるしナギ袁紹が最大とか思ってても不思議は無い、でっかい州はそれだけ田舎で人口少ないって事

まあこれから国力の増加の情報が他国に漏れて最大国家に見られるかもしんないけど、現状じゃ国力より大きな軍事力持った軍事国家みたいに見られるくらいかね?最強の騎馬軍団持ちだし

163普通の名無しさん:2011/05/11(水) 02:42:55 ID:ItOZpoAY
やる夫のところの国力がヤバイって他国が言ってるシーンあったっけ
神視点だと升乙wwってなるけど

164普通の名無しさん:2011/05/11(水) 03:11:16 ID:IRG6Tbk2
やる夫のやり方が目に見えてくる五年後は押しも押されぬ大国で
その頃にはもう手遅れって感じはするね

165普通の名無しさん:2011/05/11(水) 03:16:15 ID:ByTvJNwM
蜀を手に入れた時に「早過ぎる、いつから準備してたんだ!?」みたいなことを言ってたのはあったが、
今のところどんなチートつかったかは、それほど広まっていないと思う。

軍事的な評判も、馬超と呂布の騎馬軍団よりだったしな。
医療関係の研究をしているような話は、国内化国外かは忘れたけど、
うわさ話にはなってたようだが。

166普通の名無しさん:2011/05/11(水) 03:53:07 ID:wM5uCUKg
黄巾残党からの精鋭ユニット青洲兵はユーフェミア劉備の所に来たのかな?
史実でも恋姫でも曹操の大躍進の鍵が無いのに縛りプレイしてるなんて真紅曹操は(勢力として)生き残れるのか?

167普通の名無しさん:2011/05/11(水) 05:28:30 ID:A.aMzlQM
恋姫の黄巾は三姉妹のファンだからなあ
いるんなら劉備のとこに行っちゃうだろうな

168普通の名無しさん:2011/05/11(水) 07:52:28 ID:8bqN8ggQ
躍進もそうだけど、劉表を除く全勢力が戦争と徴兵で国力を下げてるのも原因かと。
特にナギと孫家は大規模な徴兵をしてるだろうし。

169普通の名無しさん:2011/05/11(水) 08:32:38 ID:XFsTkqtU
徴兵すると働き手が減るからねえ
国を豊かにした後に強兵を養うならともかく、両方同時しかも短期間にってできるもんなの?
貴族潰して私財ボーナスで一時的にならまだわからなくもないんだが

170普通の名無しさん:2011/05/11(水) 09:32:31 ID:lDKnlnzI
>>164
この世界恋姫みたいに超速で歴史が動いているわけじゃないものなあ。
情報伝達の速度(柔速出を除く)と移動時間が長いせいでちゃんと年単位でゆっくり情勢が動いてるから十分にありうることだw

171普通の名無しさん:2011/05/11(水) 09:56:34 ID:8bqN8ggQ
>>169
柔速出の場合は元が官軍(無所属官軍7万、董卓3万、呂布華雄張遼5万)で、洛陽撤退時に家族ごと引き抜いた経緯がある。
これにほぼ無傷の益州兵が加わってる。特に益州攻略時に両軍とも消耗してないのが大きいかと。
……最初から精鋭15万持ってるのが一番大きいね。しかもこれ、帰還希望者を除いての数だし。

172普通の名無しさん:2011/05/11(水) 10:06:46 ID:OG8Mc/GM
やる夫のためなら喜んで死ぬような忠誠心と士気の高さ
更に、衛生兵と一歩抜きん出た医療技術のおかげで死ににくいときたもんだ
こんなの絶対相手にしたくないよw

173普通の名無しさん:2011/05/11(水) 12:25:21 ID:jJfZi.C2
>>169
当時だと、食料生産も軍隊もどっちも「人」の力がメインだしね。

ありうるとしたら、
・他国の領土を奪って、食料も食糧生産力も軍隊も増強。
・他のところから人だけかっぱらってくる。
・技術革新で、同じ結果を得るのに必要な人のパワーを少なくする。
あたりじゃないか?

人口の自然増加は、何かしら対策を取ったとしても結果が出てくるのは
10年後や20年後の話だし。

やる夫のところは、>>171が言ってるように
最初の長安移動時に大量の人がくっついてきたのが大きいだろうね。

174普通の名無しさん:2011/05/11(水) 14:31:27 ID:OG8Mc/GM
これだけ議論されても完全スルーされる劉表さんカワイソス

175普通の名無しさん:2011/05/11(水) 14:43:19 ID:QBYwo07U
後継者問題でゴタゴタしてる以外情報がないからね
劉表側の人も出てきてないし

176普通の名無しさん:2011/05/11(水) 15:56:31 ID:565fnVSw
劉表さんは土地を取られるだけの人ですしおすし

177普通の名無しさん:2011/05/11(水) 16:30:08 ID:p/4O.sWI
史実の劉表はガチで政治力チートなんだがな……。
晩年は軍事行動に消極的になったしまった感があるけど、若い頃は結構武勇にも秀でていたし、
実践的な儒学者として名を知られ、何より政治力に至っては曹操に2つ3つ上をチート・オブ・チートだったんだが、
三国志という枠組みの中では手塩にかけて育てた荊州という果実を他勢力にもぎ取られるだけのオッサンにw

178普通の名無しさん:2011/05/11(水) 19:29:39 ID:NBBUQAEs
恋姫に出てこなかったから、劉表はこのまま出番なしでフェードアウトかな?w

179普通の名無しさん:2011/05/11(水) 20:00:01 ID:5lrT.TIw
法正(笑)さんと同じあつかいかw

180普通の名無しさん:2011/05/11(水) 20:07:26 ID:WFS/L7F6
劉表さんがもう少し若かったら、多分色々変わってたよな!

181普通の名無しさん:2011/05/11(水) 21:02:57 ID:nPaJ/ugs
劉表は袁紹と同様、三国志においても駄目な群雄の例として挙げられるなw
共通点は後継者問題と絶好の機会に躊躇った二点

182普通の名無しさん:2011/05/11(水) 21:41:50 ID:vN9UrJT6
長男と次男の生まれが逆だったら何も問題は無かったけどね。
荊州は地方豪族の強い土地だから、自分の意見を無理押し出来なくても仕方ない。

183普通の名無しさん:2011/05/11(水) 21:50:18 ID:wM5uCUKg
袁紹が汝南袁氏宗家の当主を自分の息子を養子にする形で継がせなければ後継者の混乱も起きなかったのかな?
袁紹の家を継ぐ三男と汝南袁氏宗家の家を継ぐ長男のどっちが袁紹の築いた勢力を継ぐのか?
混乱の元だよなコレ

184普通の名無しさん:2011/05/12(木) 05:35:20 ID:KsrdUQrw
まあマリアさんが真紅に後継者を曹丕にすべきか曹植にすべきか
意見を聞かれた時に遠まわしな回答で名前挙げられるぐらいだからな、その二人w

185普通の名無しさん:2011/05/12(木) 13:08:52 ID:qFOlhcF2
袁紹や劉表からすれば曹操の悩みは贅沢なんだ、と怒りそうな気もする

186普通の名無しさん:2011/05/12(木) 16:17:03 ID:8fGFVQQo
ちょっと次話関連で気になってたんだけど、
劉備(ユーフェミア)はどのルート通って長安まで来たんだろう。
本スレのテンプレの勢力地図を見ると劉表領か袁紹(ナギ)領を
通過しないと行き着けないと思うんだが、
他領を君主が通過するのって無理があるような……。

あと、勢力地図見てて改めて思ったんだけど、
本拠地が最前線って危なすぎだよな。
移転のメリットとデメリットを考えたら、しない方がいいんだとは思うが。

187普通の名無しさん:2011/05/12(木) 18:01:52 ID:z9YXLN4Q
劉表とは対立してないぞ。
やる夫と会うのはいい顔しないだろうが、入ってきたら殺すぞって険悪な関係でもないし。
軍隊引き連れて行くわけでもないし、どうとでもなるだろう。

188普通の名無しさん:2011/05/12(木) 18:05:32 ID:aB8K6ti6
柔速出と同盟結びそうな今ならともかく、開始当初は遠縁の親戚の同じ劉姓って事で友好関係にあったんじゃなかったっけ?

189普通の名無しさん:2011/05/12(木) 19:29:15 ID:t2mtWEFI
>>186
どうせ小国なんだから本拠地が前線ってのは悪くないと思うけどな
動員人数考えたら一か所落とされたら終わりだろうから、前線本拠の方が士気が高くなる

190普通の名無しさん:2011/05/12(木) 19:53:49 ID:kZ9Tb5tQ
呉の建業って地図で見ると魏との国境のすぐ近くなんだけど、なんであんなとこにしたんだ?

191普通の名無しさん:2011/05/12(木) 19:58:46 ID:BWpsmTnE
ぶっちゃけこの時代中国国内よりも異民族の襲来のほうが怖いし国内の他国よりに首都があってもいい気がする。
土木工事だって短期間で大規模なことが出来るわけでもないし、選択肢はそう多く無い。
そのなかでベターな選択がそこだったってことだろう。

192 ◆P3cVK955xg:2011/05/12(木) 20:47:42 ID:9NmCwiRs
>>186
いつかは出るだろう使者のルートの話題がw (今までに出てて見逃してたらごめんなさい

ぶっちゃけていえばあんまり考えてないです。
黄河(長江)の船に越後のちりめん問屋とか偽ってこっそり乗るとか、
一般市民の振りをするとか関所に賄賂渡すとか、監視網を潜り抜けるとかですかね?

多分ですけど現在の国境線みたいにガチガチじゃないでしょうから、
他の領土は知られていない山道獣道を使ってをこっそり入って、お目当ての国の関はちゃんと入るとかそんなイメージかもです。


本拠地については当スレとしては原作および三国志、三国演義参照ということでひとつ。
三国志、三国演義などとしてなぜ?というのはどんどん語り合ってください。

193普通の名無しさん:2011/05/12(木) 22:12:22 ID:TjZtq6nQ
>>190

建業は現在の南京市に当たる位置にあって、長江に接した平地にあるから、水上輸送や農業の点で利便性が高いからだろうな。
国境といっても、境界は長江だから、攻めるにしたって楽じゃないし、都市を作るには条件はむしろいい方だ。

ttp://maps.google.co.jp/maps?ll=32.05,118.766667&spn=0.01,0.01&t=m&q=32.05,118.766667

194普通の名無しさん:2011/05/12(木) 22:42:24 ID:kZ9Tb5tQ
なるほどサンクス

195普通の名無しさん:2011/05/12(木) 22:55:22 ID:TjZtq6nQ
今日のタイムスクープハンターは平安時代の海岸沿いで海を監視する狼煙台の番人の話だったのだが、
一本の狼煙で交易船発見、二本の狼煙で海賊船発見。霧が出ると狼煙の連携ができなくて走って
しらせにいかないといけない。間違いの訂正もままならない。

当時の最先端通信手段がこれだから、柔速出軍の手旗信号がどれだけチートだかよくわかったよw

ttp://www.nhk.or.jp/timescoop-blog/81398.html

196普通の名無しさん:2011/05/13(金) 01:04:10 ID:bIfwSlPU
呉は内部に異民族の越を抱えてる事も>>193の条件に付け加えておくぞ

197普通の名無しさん:2011/05/13(金) 07:23:28 ID:C.MCE.i2
ロベルタ、マリア、セイバー、カルラ、水銀燈、梨花、
トウカ、沙都子、なのは、フェイト、スバル、シャム(サーシャ)。

ちょうど12人か。「建国十二将」とか歴史書には書かれるんだろうか。
あの国、こういうリストとか序列化とか大好きだもんね。厨二的なやつ。
いずれ劣らぬ人材ぞろいだけど、領土や軍勢の大きさからすると少ない。
もうちょっと将が欲しいね。太史慈、高順、姜維、徐晃あたりの登場は
ないのかなあ。

198普通の名無しさん:2011/05/13(金) 07:45:10 ID:xMCJIZeI
>>197
おまえの願望だって正直に書けよ。

199普通の名無しさん:2011/05/13(金) 10:59:53 ID:RiGejT92
本スレネタだが、倒した敵は凄く描いてそれ倒した俺スゲェ! とアピールするのも史書の常
むしろ蜀の評価を微妙にして自分を引き立てる方ががが
呉ルートの蜀は悪く書ける突っ込みネタありますしねえ

200普通の名無しさん:2011/05/13(金) 11:05:44 ID:aB6GHb7Q
>>195
それ関連でちょっと気になってたんだが、
望遠鏡って当時の中国に既にあったものだっけ?
恋姫で普通に使われてるでもいいんだけど。

やる夫がアドバイスして作ったような描写はなかった(と思う)ので
どこから出てきたのかなと。

あと、やる夫のところの手旗通信ってどのくらいの悪天候でも使えるんだろう。
もちろん、砦(?)間の距離によるんだろうけど、
普通の雨でも通信不可だと、通信速度の優位性はそこまで絶対的なものには
ならないなぁと。

201普通の名無しさん:2011/05/13(金) 11:47:48 ID:WOpO6WJw
望遠鏡がどうだったかはちょっと覚えてないけど、まあ眼鏡(レンズ)が普通にある世界だし……

202普通の名無しさん:2011/05/13(金) 13:13:46 ID:XNRqEOtI
>>197
一応、太史慈と姜維は小説に出ている
他に登場したのは何進、張譲、司馬徽、孫静、張昭、兀突骨、陳琳がアニメで登場

203普通の名無しさん:2011/05/13(金) 13:33:54 ID:GJErmpRk
誰か二喬のことも思い出してあげてください

204普通の名無しさん:2011/05/13(金) 15:48:43 ID:DATtRafs
>>203
あの双子って両方ふたなりだっけ?

205普通の名無しさん:2011/05/13(金) 18:03:05 ID:JTXaNCls
武将が女だからあれは男の配役って気がするなぁ

206普通の名無しさん:2011/05/13(金) 18:05:51 ID:cS0C1Ue.
男の娘と女の子だったような?

207普通の名無しさん:2011/05/13(金) 18:10:01 ID:Q/mzUJWE
姉はふたなり、妹は普通の女の子。

どうして真じゃ削除されたんだろ?

208普通の名無しさん:2011/05/13(金) 19:10:24 ID:t3iKH.K2
人気投票の結果が二人揃って最低レベルだったからだよ、言わせんな恥ずかしい

209普通の名無しさん:2011/05/13(金) 19:25:02 ID:oNSq0chk
やっぱり生えてるのは引かれたのか
強引に2人とも別キャラにしても良かったのに

210普通の名無しさん:2011/05/13(金) 19:50:33 ID:dI3UtO16
中の人が陳宮に転生したのもあるね
あと、雪蓮と冥琳の間に2人が入るのも良く思わなかったんじゃないかな?

211普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:07:00 ID:j5wGKRP6
今後新キャラ出るとしたら
その双子か自称踊り子だが・・・正直想像つかないw

212普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:31:19 ID:Lvce4nXs
このスレにはもう双子キャラがいるから、二喬の出番はありません

213普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:31:30 ID:K1Vosuok
準にゃんとかそのへんか

214普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:44:31 ID:3mhlUf0A
>>209 生えてるからこそイイのに…

215普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:46:16 ID:dI3UtO16
そういや、陳宮っていやFateEXでは超軍師で変形型方天画戟なんかも作ってたなw
セイバーが白ではなく赤セイバーになってたら、なんか作ってくれたのかねw

216普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:49:03 ID:DEfw6RMc
フェイトさんの台詞からするとこの世界男色はあるんだよなw

217普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:51:07 ID:3mhlUf0A
>>216 やる夫×やらない夫 でハァハァする武将が出てくるのか…

218普通の名無しさん:2011/05/13(金) 20:59:07 ID:DEfw6RMc
CMスレでの宣伝乙かれさまです

>学校教育知識(学生レベル)
>実生活知識(医療・料理 家庭レベル)
>戦術・戦略知識(ゲーム類より)
>雑学知識(色々たくさん)
>21世紀的価値観/倫理観(日本・小市民的)

今考えるとこんだけ実際に役立てるレベルで学んでるやる夫が「普通の学生」だったのは甚だ怪しい気がw

219普通の名無しさん:2011/05/13(金) 21:04:45 ID:t7hDC5cw
>実生活知識(医療・料理 家庭レベル)←主にココと
>雑学知識(色々たくさん)←ココだな

220 ◆P3cVK955xg:2011/05/13(金) 21:06:54 ID:gt5UJqcU
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1304604718/376-387
という訳で宣伝させていただきました。

嘘は書いてないけど、大げさ、紛らわしいには引っかかる気がちょっとしてきましたw

>>218
そうかもしれないw

221普通の名無しさん:2011/05/13(金) 21:50:22 ID:zWMmvxe6
ふと気球ってあまり話題に上がってないけどあると敵情視察とかすごく楽になるんじゃね?
とか考えたけど燃料が無かった

222普通の名無しさん:2011/05/13(金) 22:00:27 ID:v13uSkfE
>>221
つ●

223普通の名無しさん:2011/05/13(金) 22:06:04 ID:.EBHs.Hw
マリアさんって少女だったのか・・・

224 ◆P3cVK955xg:2011/05/13(金) 22:37:27 ID:gt5UJqcU
マリアさんじゅうななさい

225普通の名無しさん:2011/05/13(金) 22:46:06 ID:6WHsNJrk
>>223
屋上

226普通の名無しさん:2011/05/13(金) 23:11:33 ID:dI3UtO16
確かに少女と呼べないかもしれんが、美人だからおk

227普通の名無しさん:2011/05/13(金) 23:13:58 ID:Lvce4nXs
少女ではなく乙女と言っておけば割と大丈夫
ただし漢女は勘弁な!

228普通の名無しさん:2011/05/13(金) 23:48:59 ID:QwgqRqAs
>224
しかし時代考えると既に適齢期だったり

229普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:04:01 ID:uijZZ1s.
いまじゃさんじゅうななさいを適齢期と言い張る世の中なのにな・・・

230普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:06:27 ID:tE/YAkr6
ここまで、複式簿記の話題なし

231普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:20:30 ID:zrPgWiiQ
簿記か、紙の量産が出来ていれば
陣営の状態がはっきりわかるな。

232 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 00:26:05 ID:gS8yhMCE
商業高校以外で簿記ってやります?

233普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:28:11 ID:WE556RRo
田舎の進学校だったけどやらなかったし
商業以外じゃあ何処もやらないんじゃないかな

234普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:29:31 ID:l7ZxjOQw
授業としては入ってなかったが時間外の講座にあった
簿記とかExcel、Wordの使い方講座とかそんなん

235普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:32:41 ID:BqIdGroo
普通科では普通やらない。
やるところもあるのかもしれんけど、極々例外だと考える方がいい。

236普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:33:35 ID:zrPgWiiQ
私も普通校でしたが、
情報の時間にエクセルで家計簿を作った程度でした。
高校生でも表を作る概念はあると思います。

237普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:34:00 ID:KrgmoK7k
>>232
それなりの進学校でもまったく触れないし、
工業大学でも自分から進んで学ぼうとしなければ知らないままなレベルかと。

一般的な18歳以上で考えても、
「複式簿記という名前」を知っている程度か、
よくて
「複式簿記の効果(書き間違いの発見や不正が難しいでいいのかな?)」
あたりを常識レベルに設定していいんじゃないかと思う。

238 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 00:34:54 ID:gS8yhMCE
よかった、時代はそれほど変わってないw

239普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:36:20 ID:BqIdGroo
表作る概念はあっても複式簿記なんてやってなきゃわからんし、有用かどうかも理解できてないと思うぞ。
それよりもソロバンの方がいい気がする。
小さい玉5個と5を示す玉、合計10で一桁上がりって形のソロバンはまだないはずだし。

240普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:37:36 ID:l7ZxjOQw
>>238
おちつくんだ>>1
質問に答えている住人の年齢がわからんと変わったかどうかの判断にはならんぞw

241 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 00:40:22 ID:gS8yhMCE
皆さん年齢まちまちでしょうけど、一般的でないという共通認識の確認が出来たのならオッケーですw

242普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:43:12 ID:CZLTku1w
あれ、一珠4つに五珠1つで一桁9までじゃなかったっけ、そろばんって。
そんで10になったら次の桁の一珠を上げることで十進法にしてた。

243普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:43:29 ID:NammIrT6
商業高出身だが数Aと数Ⅰだけしかやらなったなぁ…

244普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:46:31 ID:KrgmoK7k
>>239
ソロバンもそろばん塾に通ってた子供でもなければ、
足し算引き算がせいぜいだと思うぞ。
(自分の頃は、小学校のときに学校でその程度はやった)
まぁ、足し算引き算だけでもかなり便利になるとは思うけど。

あと、別の恋姫2次小説(だったかな?)でソロバンの話が出たことがあったんだが、
当時の中国の単位系だと、上2個、下4個の珠の方が計算しやすいって書いてあった。
なんでそうなるのかはは知らん。
自分としては、「この作品の中の単位系はメートル法です!」でいいと思うけどw

245普通の名無しさん:2011/05/14(土) 00:50:19 ID:zrPgWiiQ
伝説だとソロバンを作ったのは関羽で
今は商業の神様になっている。

246 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 00:51:46 ID:gS8yhMCE
そろばんは関羽が作ったって伝説があるとかなんとか。
ってこの話題前にもやってた記憶がw

一応SI単位系表示にされてるという設定で、実際は何里とかやってるんでしょう。
……そういえば、登場人物がカタカナ語を使えるようになった って設定があった気がする。

247 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 00:54:18 ID:gS8yhMCE
2章のおまけでした。

※日々の努力により、やる夫が真・恋姫†無双単位系を取得しました。
※実際は真・恋姫†無双単位系でやり取りしていますが、
※一部SI単位系に翻訳されて表示されます。ご了承ください。

※やる夫の努力により、登場人物がカタカナ語を習得する様になりました。

なんとなくでカタカナ語は使わせてないけど気にしない。

248普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:14:37 ID:xof88rNI
丁度読み返してたところだw>2章
感覚的に理解しやすいIS単位はともかく、
カタカナ語は簡単な物に限らないと三国志ベースの雰囲気が薄れるからこのままで良いと思う

249普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:18:28 ID:BqIdGroo
豊かになってきたら私塾とかじゃなくて国営の学校を作りたいね。
九九だとか読み書きを修得させる。
というか、活版技術あるんだろうか・・・アソアソとかあるんだろ?

250普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:23:51 ID:zrPgWiiQ
印刷の話題だと、持ち運べる印刷機の
ガリ版というのもあるな。

251普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:24:52 ID:xof88rNI
無ければ作ればよいのだー!

仏教伝来はちょっと年代下る筈だけど、経典なんかは版木で複製作ってたりしたはず
そこからは発想の転換の産物だから発明だけなら難しくは無いかと
使用する文字が表意文字の漢字のみだったりすると、元の活字が膨大な数になるから大変だけど

252普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:24:54 ID:/yxkpVuM
>>249
原作恋姫では普通に写本だった気がする。

253普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:27:29 ID:KIZrbjBo
紙の技術教えたっけ?

254 ◆P3cVK955xg:2011/05/14(土) 01:39:30 ID:gS8yhMCE
印刷は写本か、木版印刷かなぁと。阿蘇阿蘇、絵入りみたいですし。
阿蘇阿蘇を考えるに、識字率とか考えちゃいけないでしょうし、
活版印刷なくてもグーテンベルクが出てこなくても町民が本を手にとってますが?となってそうですw

紙は史実的にも既にあるみたいです。
原作でも高級品だったはずで、文字の練習は砂箱だったり、春蘭も"めも"を竹簡でやってましたねw

255普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:44:01 ID:zrPgWiiQ
紙か作るとなれば一大国家事業になるな、
工場を建てて大人数で大量に作らないと品質と供給が
満たせないから。

256普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:50:42 ID:KIZrbjBo
書き方悪かった。量産化とか漉き方、道具や紙に適している植物とかの意味
黒鉛掘れりゃ鉛筆も作れるんだよな

257普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:54:36 ID:bdaokBX.
そうなると、大量の木材も必要になる。
さらに、木こりだけじゃなく、森の保全のために、
植林や木の世話をする人も必要か。

色々繋がってると再認識させられるよな。

258普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:54:53 ID:l7ZxjOQw
ポディマハッタヤさんの話が恋姫世界でも語られる日が来るのか

259普通の名無しさん:2011/05/14(土) 01:57:05 ID:E2j.jXRQ
>>256
楮とかがそのまま生えてるわけじゃなかろうし、試行錯誤が必要だろう。
日本でも紙はながらく藩の専売品だったことを考えると、一朝一夕で出来るもんでもないと思う。
紙の漂白方法知っていても薬品作れる知識があるとは限らんしなぁ。

260普通の名無しさん:2011/05/14(土) 02:05:01 ID:eifsE2e.
というか今すぐ鉛筆の大量生産するメリットあるか?
墨と筆で充分だろ
木簡竹簡やゴワゴワの紙には書けないし、良質の紙使ってる人は大抵が書の心得ある人だろうし
薄くて頑丈な紙を安定して生産できるようにならないと使えないと思う

261普通の名無しさん:2011/05/14(土) 02:06:30 ID:KIZrbjBo
>>257
雇用も増える、竹ならいやと言うほど根が強い、森林作るのには時間掛かるだろうけど模擬戦でつかって伐採してなんてのも多少は出来る
矢竹は職人が抱えてるだろうから応用は出来そうだし

問題は>>259が言うような物に、技術が成り立つまで竹簡以上に劣化激しくなるだろうから学校作った時に学校で保管する教科書や、うちはこんなことしてるぜーって他国に見せる延長のもの程度になりそう

262普通の名無しさん:2011/05/14(土) 02:10:22 ID:E2j.jXRQ
あと需要な、需要。
結局のところ需要がないとどうしようもない。
活版印刷と識字率の向上、聖書みたいなベストセラーがないと普及も遅いだろうな。

263普通の名無しさん:2011/05/14(土) 02:19:27 ID:MvHtAnKg
>>257
後漢末は鉄の需要が増していたので、あちらこちらで製鉄用燃料のための森林伐採が進んでいた。
その影響は諸地域の砂漠化や河水から黄河への水質の悪化を促し、現在に至るまで続いているほど。
製紙目的であたら木々を伐採したらえらいことになりそうだなw

264普通の名無しさん:2011/05/14(土) 02:23:57 ID:G0pFs.Vs
そう言えば風呂も普及させてるけど燃料は薪や炭なのかな。

265普通の名無しさん:2011/05/14(土) 04:03:12 ID:uRA/JQPc
そりゃなあ、後世のことを考えなきゃ森を切り開いて畑化ウマーの一粒で二度美味しいから森林伐採を止めさせるなんて無理よね

やる夫の未来知識で黄河上流地域に管理された森が残るかも知んないわけか凄いな

266普通の名無しさん:2011/05/14(土) 05:36:19 ID:BqIdGroo
本は作れても、いわゆる雑誌が採算レベルにのっかるにはすごい規模のインフラがないとならないんだけど無理なんすよね。
旗振り通信やる人員にしても、実は読み書きできるレベルの人間でエリートじゃないと務まらないだろうし。
教育は大事w

識字率伸びればある程度は印刷量増やさないとまずいけど、あとは貸本屋だとか出来るし、図書館も作れる。
まぁ、戸籍管理しないときついかな・・・

267普通の名無しさん:2011/05/14(土) 06:58:07 ID:PlCd9NKI
教育か……この時代で教育水準引き上げるにはどういう方法があるんだろうか?
この時代に義務教育制はいろいろと無理があるだろうし

268普通の名無しさん:2011/05/14(土) 07:31:04 ID:/7SrK76w
つ阿蘇阿蘇

269普通の名無しさん:2011/05/14(土) 10:10:48 ID:RjyysUaE
私塾はあるから、簡単な学校ぐらいなら作れそうな気がしないでもない
情勢が安定するまでは難しそうだけど

270普通の名無しさん:2011/05/14(土) 10:21:52 ID:l7ZxjOQw
かな文字を開発・普及するという手もある
村ごとに立て看板して50音表置いて、何名かに文字の読み方を教えて教師役をお願いする
かなが読めれば振り仮名振って漢字もいけるようになるし平民の教育レベルも上がるんでは

ただ、今の時点で平民の教育水準引き上げるメリットが薄い気はする

271普通の名無しさん:2011/05/14(土) 10:38:03 ID:uRA/JQPc
子供が労働力の時代ですからねぇ
徴兵されてから教育を施す、軍隊=学校 状態でもしゃーないと諦めるしかないかも
不具になった兵士の再就職先として教師役を斡旋できるようになるし

272普通の名無しさん:2011/05/14(土) 10:41:04 ID:4IfgKkrY
リアル中国語だとかなじゃ発音を表現しきれないが、文語が漢文でも会話は日本語だから大丈夫なのか。
いっそのこと漢文は外交用と割り切って、言文一致をした方が底上げには有利だろう。

273普通の名無しさん:2011/05/14(土) 12:56:17 ID:BqIdGroo
まずは富国を目指さして、生活に余裕を持たせる。
その上で、基礎教育の代わりに12歳から1年間くらい兵役を課す。
そのなかで最低限の読み書き計算を教え込む。
1年だけでもきちんと体系だてて教えれば国の底力は増すし、適性もわかる。
工作部隊で適性があれば職人への道を考えることも出来るしな。

ただ全て、戸籍管理できてないと無理。
それができてれば、例えば子どもが兵役に出てる間は減税を受けられるとか出来るし。

274普通の名無しさん:2011/05/14(土) 12:56:51 ID:L8KqR4jU
南蛮まで手が伸びたんなら、製紙はバナナペーパーでやる
という手もアリかもしれない。葉や茎は製紙に使い、実は食料に
環境負担は従来の製紙より少ないかも。成長も早いし

275普通の名無しさん:2011/05/14(土) 13:25:19 ID:490IIuig
バナナって多年生だから、トータルで繊維の収量には期待できないことになるかも

276普通の名無しさん:2011/05/14(土) 13:34:52 ID:BqIdGroo
ろう石と石版で読み書き計算の練習をすれば基礎教育には紙は必要なくなるな・・・
あとは図書館。
技術書なんかも作らせて知識の伝達を出来るように。
技術の育成を国が行うという概念を定着させれば飛躍的に技術開発進むはずだし。
長い間基本的に技術は個人に付随するものだとされているはずだから。

277普通の名無しさん:2011/05/14(土) 13:51:57 ID:DOF0.fIM
学問は農林、畜産、海洋あたりの研究所を設立して
地域貢献と年1度程度の研究成果の発表提出で研究費の分配決定
研究所は徒弟制度などで人材発掘
みたいなとこからスタートじゃないかなぁと思う
知識、技術の公開にメリットがないと火薬のように独占するだろうし
戦争終結か、やる夫が全国制覇するまでは厳しいだろうけど

278普通の名無しさん:2011/05/14(土) 14:11:40 ID:KIZrbjBo
>>262
需要といわれても阿蘇阿蘇や活版技術の話になってたから紙の話題を挙げただけで


技術は技術でも医術研究もしてるんだし、カルテとかの記録や目録も作りそうだよな

279普通の名無しさん:2011/05/14(土) 14:50:50 ID:E2j.jXRQ
大量生産じゃなくて軍需、官需物資として利用するならありだろうなぁ。
それなら生産量も読みやすいだろうし。

280普通の名無しさん:2011/05/14(土) 18:40:09 ID:RwvRplL.
>>278
印刷技術が発達しないと大量生産が必要な物は
難しいと思う。
木簡での手書き複写が主だと思うし
紙は当時は高価な物のはずだから
世間一般レベルだと紙じゃなくて木簡じゃね?

281普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:06:41 ID:lcTZq.sI
メロンは見つからなかったみたいだけど時代的には流通してるはず
今の日本のと形が違うんでわかんないかもしれないけど

282普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:18:38 ID:KIZrbjBo
>>280
>>249まで遡ってくれ

283普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:30:08 ID:DmXB0ews
メロンって瓜だからなぁ
果物として探してたら見つからんだろう、野菜だし

284普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:47:46 ID:8dU3Sj2M
阿蘇阿蘇の存在からするとそれなりの生産・印刷技術があって
それを読む人間もそこそこいるってことだろうし、
生産量を増やせればそこそこ安くなるんじゃないかな。

285普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:49:03 ID:2.lX3lYs
今さらだけど阿蘇阿蘇は木簡ってことでいいのかな

286普通の名無しさん:2011/05/14(土) 20:56:38 ID:mW3F0DdQ
謎なんだよな、あれ
仕事では木簡や竹簡を使ってる描写はあるのに阿蘇阿蘇は何で出来てるのか一切書かれてないという
普通に紙でもおかしくないのが恋姫だが

287普通の名無しさん:2011/05/14(土) 21:29:39 ID:g2hKB53E
阿蘇阿蘇って絵入りじゃなかったっけ?

春蘭のめも話(魏拠点2回目)だと紙はもったいないから竹簡にしたって言ってるからそこそこの値段はしそう
でもメモの説明の時小さな紙片を出して贅沢だのなんだの言われない程度には安価


ある程度保存が効いて墨が映えるレベルの紙はそこそこ高価、逆にチラシレベルの内容に使われる紙は安価で粗悪、とかでいいんじゃないかな
一刀さんが砂箱で練習してたのは墨代とやり直しが紙より便利だったってことで
…春蘭?扱いが粗雑だから粗悪紙はすぐ破れて使えなかったから頑丈な竹簡にたどり着いたってことで…

288普通の名無しさん:2011/05/14(土) 22:27:56 ID:w2hoLG82
中華の良く解らん伝統的文化的概念で竹簡こそ高貴、紙は愚物という概念があるのかもよと変なこと言ってみる
正式な書類やら書物は全部竹簡じゃないと下品と見られて扱って貰えない
下品な雑誌類は逆に竹簡では出せない

そんなネタ仮説w

289普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:07:26 ID:WkKnivvA
阿蘇阿蘇もそうだが朱里たちの愛読書だって謎だ

290普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:15:42 ID:PlCd9NKI
保管とかの関係上、正式な書類は紙じゃ耐久度が不安だったりするのかもね
あと竹簡には削れば書き直せるって利点がある

291普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:16:04 ID:RjyysUaE
朱里たちが読んでたのは紙でできた本だったはず
確か、二人が読んでたCGがあった気がする
そういや、真だと桂花が私塾?の先生みたいなのやってたな

292普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:33:52 ID:tE/YAkr6
たしかに普通に紙はあるからなぁwww

293普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:38:34 ID:fHBOH9Wk
桂花が子どもたちに勉強教えてるCGね、確認したら紙使ってた
でも確か蜀ルートで朱里が紙は貴重って言ってるシーンがあった筈……

結論・好きなようにすればいい

294普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:45:08 ID:ZOgF1eow
蜀と魏じゃ発展具合も台所事情も違うのさと考えればまだぎりぎり矛盾を収められるはずだ

295普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:49:38 ID:RjyysUaE
貴重といっても、単に金が高くなるだけだからな

296普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:50:36 ID:mW3F0DdQ
ライターが設定のすり合わせしてないと言うオチでない事を祈るばかりだw

297普通の名無しさん:2011/05/14(土) 23:55:18 ID:Ml5Qw8Sw
ポケットマネーで用意したとか献上品から融通してもらったとかいくらでも妄想出来る

298普通の名無しさん:2011/05/15(日) 08:47:41 ID:Zm3xsCGU
ミツマタとかを使う高級紙か、藁を使う安物の紙かの差じゃね?
とすり合わせてみる

299 ◆P3cVK955xg:2011/05/15(日) 20:48:24 ID:CrIdFy8U
21時過ぎ、たぶん半までには投下できそうです。

300普通の名無しさん:2011/05/15(日) 21:10:22 ID:PwdhSpko
まってま〜す

301普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:10:08 ID:Ye81X1rg
んー。「中原情勢への介入口実」としての価値はそこそこあったりはする
現状だとある意味切り離されてるからね

302普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:14:30 ID:l63qCJko
ああ、中元の情勢に対して物申せるのはでかいかもしれん。
それに同盟する事自体それなりにメリットはある…。ただ劉備側にメリット多いから劉備が結構強くなりそう。
あ、それもこちらのメリットに入るか。

303普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:19:58 ID:yOIHIYHw
あの条約のメリット・デメリットを考えるに、やる夫陣営にはデメリットの面が大きいな
これはあれか?格の違いを見せ付ける事で自然と従属するように仕向ける策か?

軍事機密として火薬・旗通信とかを秘匿できれば情報流出を最小限にできそう
遠投投石器とかは簡単な構造だから見られれば真似される。隠せる物でもないし

304普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:19:58 ID:eKUQTSho
一番問題になりそうなのは、
柔速出と劉備を無視して、他の4勢力(袁紹、曹操、孫策、劉表)の
領土を統一するような動きを見せた時に、軍事介入が不可能なところかな。
(例えば、曹操が袁紹に勝つ>劉表に攻め込む>孫策に攻め込む)

さすがにその領土を統一されるようだと2正面作戦も可能だろうしなぁ。

305普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:22:12 ID:rwRD212Q
ぶっちゃけ、時間を稼げば稼ぐほど、柔速出が有利になるからなぁ。
この同盟で他勢力を牽制できれば、それはそれでよさげな予感。
逆に同盟つっぱねたとして、増してく国力を脅威に見られて、将来的に包囲網しかれるのだけは嫌だね。

306普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:23:46 ID:pCGheQTw
メリットが全くない、ってわけじゃないけど、相手が持ってきた条文を相手が自分達より大国ってわけでもないのに丸呑みってのはどうなんだろうか。

307普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:24:19 ID:Ye81X1rg
孫策からの申し出がまだだからなあ
それによってはどう転ぶかわからない

308普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:25:17 ID:Ye81X1rg
「劉備=劉家が提唱した条約です」ってのはそこそこ意味があるかも知れない

309普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:25:32 ID:yOIHIYHw
どちらにせよ荊州は草刈場になる。劉表が泣きつく先次第で揉めるな

310普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:26:36 ID:vszWDt4I
国力充実の時間稼ぎとしてはユーフェミアとの同盟は最善手なのかなあ。あと中原への介入の布石として。
どうもイベントの進行は原作というより史実にちかい時間スケールで進むようだし、
交易路と技術を握ってるやる夫側が五年・十年後には圧倒的な国力を身につけてるかな。

311普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:27:02 ID:YfgpbPEI
やる夫側の得が無さすぎるんだよな。
二方面作戦出来るのがメリットかもしれんが既に大国だしな。

312普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:27:31 ID:GgFDiW92
セイバーさん近距離戦考えてたはずなのになんでそんなでっかい攻撃しちゃうんだw

313普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:28:53 ID:Ye81X1rg
セイバーさんだから仕方ない

314普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:30:26 ID:sRj0KOZo
二正面作戦とかはこちらから侵攻する際の利でしょ。
国是として小国分立による平和を求めるなら、やる夫側の軍事力を背景に
宋が安定することがメリットになる。
なんでみんな独り勝ちを目指そうとしてるんだ…

315普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:31:49 ID:xxi3uyhM
やる夫の思想的には劉備有利でもいいかもしれが、ロベルタマリアといった旧来の価値観組からするともうちょっと自国にメリットあってしかるべきだよなあ

格下で結構領土的危機が迫ってる国相手にスパイ送り込んでもメリットないし…

316普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:33:08 ID:Ye81X1rg
>>315
ああ、大手を振れるスパイ拠点を宋に置けるのはメリットかも
これから中原の情勢が激変するのわかってるわけだし

317普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:34:05 ID:kkKlf5ac
周りを複数の勢力に囲まれ領土も決して広くない宋国と
各種技術で多国の遥か先を行き広大な領土を持ち他地方へのルートも持つやる夫一党

軍事的な同盟とは言っても第三者的視点で見ればとても対等には見えないよなあ…
むしろ覇者と諸侯の関係って言ったほうがしっくり来るような

318名無しのやる夫だお:2011/05/15(日) 23:34:13 ID:XZsODS0w
あー、なんていうか、美味しい料理が目の前にあって、これが毒入りなのかそうでないのか。
仮に毒が入っていなかったとしても、本当に食べることができるのかどうかわからない状況で、
何か高値で料理を買うハメになった気分。
最終的にこの料理を全部美味しく食べられれば、何の問題もないんだろうけどなw

319普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:34:25 ID:vszWDt4I
>>314
まあ一人勝ちの方が気分的に。
周辺諸国からしたら大陸の小国分裂は実にすばらしいことだけど、大陸からすると最後は統一してくれないと困るから。
現状やる夫勢力が統一することが最良だし。

320普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:34:46 ID:xxi3uyhM
あ、なるほど
宋を拠点にして曹操袁紹孫策にスパイを放つわけか

諜報ポイントが割引されていいね!w

321普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:35:37 ID:sRj0KOZo
>>320
スパ帝乙w

322普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:36:38 ID:Ye81X1rg
>>321
友達は大切にしよう、そして後で(ry

323名無しのやる夫だお:2011/05/15(日) 23:37:32 ID:XZsODS0w
とりあえずは、食べられるかどうか分らない料理よりも先に、(やる夫が)確実に食べられる料理を食べてしまうのが先だろうなw

324普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:37:38 ID:JMkljimc
何という安心感を出す意見だろうw

325普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:38:54 ID:sRj0KOZo
>>322
和平の使者として呂布を駐留させたのに、まさか実戦に使うとはw

326普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:39:53 ID:l63qCJko
>>320
ぶっちゃけそれがマジで魅力だろうからワロエナイww
後スパ帝乙

327普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:40:10 ID:pCGheQTw
メタ的視点でみてるこっちはユーフェミアのスタンスを理解できるからいいとしても、まともに相対してないやる夫が
それを鵜呑みにできるのか?ってのは思うけどね。それに力関係に見合ったことをしてかないと他国から足元を見られる原因になりかねん。
特に曹操とか現段階じゃ統一が目標なわけだし。

まぁ一応恋姫世界がベースだからそこまでネガティブに考える必要はないかもだけど

328普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:40:32 ID:yOIHIYHw
一番重要なのは時間が誰の味方なのかだ。
『世界』を知っているやる夫陣営が交易路の全てを握ってるのは最重要だろ
つまり時が経てば経つ程柔速出は強大になっていく=他は戦わずに屈服もあり
攻め込むのは駄目でも降伏されるのはOKのはず
文化勝利で無血開城、国ごと下ってくるぞ

それか戦っても無駄と悟って他諸侯と一致団結=劉備の理想に順ずる形になる=戦争無くなる

329普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:42:11 ID:Ye81X1rg
交易路確保は他国からの金銭、文化、芸術、技術の確保ですからねえ
ある意味、他の国は中華の中に閉じ込められたといってもいい

330普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:43:49 ID:e1PCgTPg
>>329
その代わり怖い外敵対策と交易路の確保も必要になるけどね

331普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:45:15 ID:0pGsK1TM
一人勝ちどうこうじゃなくて、条件が不利になるのが嫌なんだよね。
手旗での情報伝達、医療技術、どっちも国家機密なのに大放出だし。
こっちがスパイを放つのも楽にはなるかもしれないけど、現状でも放ってるだろうし。
やる夫側を攻めてくる勢力も今はないし、向こうは近々攻められるだろうし、
デメリット-100に対してメリット+20くらいにしか感じられないんだが。

332普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:46:38 ID:Ye81X1rg
現状はそれぞれ制圧完了で問題なし、そこからは未来の話だわねえ
しかし、拠点強化程度(しかも戦争終わってから始めるヨ!)で柔速出を防げるものなんだろうか

333普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:47:34 ID:xxi3uyhM
>>328
貴国との国境線が緊張状態にあるぞ(-1)


劉表領が内部分裂したあとどうなるのかなあ
放っとくと荒れまくるから軍出して保護という型に収まるんだろうか

一番可能性が高いのは柔速出・劉備・孫策の3分割かな?

334普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:48:02 ID:l63qCJko
>>331
巡り巡って劉備を敵と見るか同盟と見るかなんだよなぁ結局。
敵と見るなら出来る限りメリットは与えたくないけど同盟と見るなら逆に足手まといだと困るんだよね

335普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:48:05 ID:ynFZzNsg
医療が広がるのは悪いことじゃあるまい
旗は盗まれたくはないけどね

336普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:49:54 ID:vszWDt4I
微妙じゃないかな。
新型の攻城兵器も新しい戦術も漏れてないようだし、やる夫側からの侵攻は極めて早く行われそう。
あんな同盟がなされたからには手旗信号による高速通信も可能だろうし、
ユーフェミア側に侵攻した次の日かその日にやる夫側から侵攻された……ということになりうるw

337普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:50:14 ID:rE6jWaF6
まあ条約に関してはロベルタとマリアの顔色を確認してからの返答だし、よく考えた上での結論なんだろう
だがセイバーの件は絶対に許さな(ry

338普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:52:10 ID:pCGheQTw
ロベルタとかは多分間諜放った上での結論なんだろうけど、仮に同盟としてみても、一応他国の人間なんだから、
信をどこまで置くか、ってのもあるし、大盤振る舞いしすぎだと後で切る手札が無い、なんてことになっても困らないんだろうか。

339普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:52:14 ID:rwRD212Q
呉の領地も広いねぇ。
劉表を喰われたら、領地だけなら柔速出を超えるなぁ。
まあ、土地は広くても、問題ありすぎなんだけどさw

340普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:53:39 ID:kkKlf5ac
孫「荊州に攻めこむんよ」
劉「うちの同族なんで虐めないで欲しいんすけど」
孫「文句あるならそっちにも攻めこむんよ」
柔「条約に従い交州に南蛮勢を投入しますた」

一応、これも出来るっちゃ出来るんだよな…

341普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:53:56 ID:eKUQTSho
医療はばれると言うか広めるが近いか?

手旗信号はどうだろうな。
「情報の伝達速度が異様に速い」は間違いなくばれるけど、
それが手旗信号と結びつくかは、なんとも言えないところじゃないかな。

みゆきさんかテッサに「定期的に旗持って体操してる」ってのが伝わればばれそうだが、
途中で情報が止まってもおかしくなさそうだしなぁ。

民間の間諜もいるのに、塩水の存在すら軍師にまでは伝わってないみたいだし。

342 ◆P3cVK955xg:2011/05/15(日) 23:55:56 ID:CrIdFy8U
>>314
ありがとう、そしてありがとう!

343普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:55:57 ID:.JLsvDUo
自分の視点からすればやる夫に天下統一して欲しいから
どうしても不利が目立つけど
現目標の小国対立からすれば宋に残ってもらわないといけないから
ある程度の技術供与はしょうがないと見たのかもね
その分は後で戦費回収でがっつり借金漬けにしそうだけどなw

344普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:56:22 ID:NDxsVTA2
つまらないことだが、やる夫の後宮に入らないであろう劉備たちって旦那もたないんだろうか?
このままだとやる夫以外のところは後継者なしという君主制からしたらとってもよくないことになりそうだが

345普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:56:28 ID:eKUQTSho
>>336
現状だと、間に他国の領土があるから手旗信号は無理だろう。

劉表を巻き込めれば直接繋がるから解決できそうなんだがなぁ……。

346普通の名無しさん:2011/05/15(日) 23:57:09 ID:3iVopZ1U
頭のいい人間にありがちだけど、手段と目的が入れ替わるということも考えられるんだよな・・・
最悪、劉備が「合衆国構想に邪魔だから」という理由で他の国と組んで柔速出を潰そうとする可能性もある。
中国の静謐が目的だったはずなのに、それを忘れて。
その場合、今回の同盟が最大の足かせになるな。

347普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:00:15 ID:fAPLMKaI
いきなり作者から感謝だらけの返信貰うと誤爆を疑ってしまうw
汚れてるな、俺。

348名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 00:00:50 ID:fGVKGAWU
劉備が絶対に裏切らないっていう保障があるなら全く問題ないどころかメリットしかないはず。
ただ現状だと、手のひらを返して裏切る可能性が否定できないからこそ、デメリットが目につくんだろうなw

349普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:00:56 ID:.ifsIevE
>>345
あーそっか。劉表がネックだなあ……。
劉表の土地を取り込んで開発・発展するようになったらもう統一ゲームもそろそろ終盤にさしかかる頃なんだけどさ。

350普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:00:56 ID:wY8lRKRA
流出技術にかんしては「御使い様の御業」を言い含めれば印象操作として使えそうだけど。

351普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:01:05 ID:7BMHBWYw
>>340
柔「南蛮勢が勝手に荊州に攻め込みますた」も出来るな

352普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:01:22 ID:eSIjlQbU
>>314
独り勝ちを目指しているんじゃなくて、劉備を信用していないだけなんだけどな。
最終的に志向する政治形態の違いで決裂する可能性高いと思ってるし。
やる夫自身が技術などの流出は民間交流のレベルで漏れることは想定しているし
機密保持に関しては賈?が考えてるし、それはあまり考えてない。

まだ物語上に出てきていない要素があるんだろうから、それがどうなるか気になっている。

353名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 00:02:32 ID:fGVKGAWU
やる夫が一刀さんみたくもっと女性にアグレッシブだったら、何の心配もないんだけどなw

354普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:02:49 ID:/Eh/5Rlc
劉備が本当に裏切らないで信頼できる、という前提に立てば同盟国を強くするということはアリだけど、うーん…

355普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:03:27 ID:Xn6qLJN6
合衆国っていうけどこれ国少なすぎじゃね?w
あと荊州は欲しいな。要所だし

356普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:04:07 ID:eSIjlQbU
>>347
みんな判断ミスだってボロクソ言ってたしねw
まぁ、やる夫の考えてる事とみんなの戦略的目標とで、かなり食い違いがあるからしょうがないんだけど。w
最終的に裏切られないと判断するなら同盟はメリット大きいんだけどね・・・

357普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:04:30 ID:ekR95PdE
>>349
KOEI三国志的に言えば中華1/3が領地になってる時点でこの後はほぼ消化試合w

全国統一が目的なら全軍で荊州に攻め込んで毎ターン城が落ちてるw

358普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:05:08 ID:QLjE6gik
>>347
孤立無援の時に貰える同意は嬉しいものさ

359普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:05:48 ID:JAvL80OI
どちらの疑心暗鬼な状態なんだから国力の上の柔速出が妥協するのはありなんじゃね
目指すところは一緒なわけだし、もし裏切られてもどうにかなるぐらい戦力・国力ともに差がある

360普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:06:25 ID:eSIjlQbU
>>355
それは思ったw
しかも残ってる国は覇権狙ってる奴がトップの国ばっかり。
原作的に考えれば、それでも三国県立狙ってたからしょうがないのかなと思うところもあるけど
逆に言うと、うまくいかない事もやる夫は承知してるはずなんだけど、どう判断しているのか・・・

361普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:06:49 ID:lHgmDzUY
魏・宋・呉連合
条約破棄してこれが一番恐ろしいんだよなぁ…
条約組んでる間に宋に渡った技術がそのまんま漏れ出すわけだし
特に魏のチート技術者に渡るとかヤバイってもんじゃない


ん?ああ、袁が入ってないのは、どーせ袁はその頃には消えt(ry

362普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:08:29 ID:QLjE6gik
呉が美味しいところを掻っ攫う気がしてならぬw

363普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:08:39 ID:amhpIlgM
元ネタ的に暴走しそうって言うのも劉備組を信用しきれない理由かも。
みゆきさんはAA的に黒いキャラもいける人だし。これはメタ視点すぎるかwww

後は国連とかEU方式の限界がリアルで見えてるので不安が多いっていうのもあるかな?
自国優先に動きたい、他国を出し抜きたいって国がある場合に対処しきれないからね。あとは財政破綻とかも。
それなら軍事的優位を譲らないで、やる夫たちをリアルのアメリカ的立場の国にした方が対処しやすいし。

364普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:08:48 ID:gGdg8tZU
みんないきなり信頼重視に切り替わった事についていけてないんじゃないかな
今までは結構利とか絡んだり人質とか取ってたり、テッサにおんぶだっこはダメって言ってたしね
柔速出視点で劉備にそこまで信頼おける描写があったかというと?だし、たから戸惑ってるんだと思う

個人的には目指すものは平和なんだし、やる夫が劉備の信頼を買うためにもこれはこれでアリだと思う

365普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:09:07 ID:eSIjlQbU
>>361
だから、純軍事的な機密がどの程度守れるかだよ。

366普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:10:53 ID:QLjE6gik
みゆきさんが成立早々黒いこと考えてたからなあw
あれで信じろってのも無理はある

367普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:12:04 ID:.ifsIevE
通信と戦術・兵装の機密が漏れないように公式スパイの動きを縛り上げるしかないな。
それらを除いても医療技術を筆頭に狂ったような先進技術が盛りだくさんなわけだし、そちらに釘付けにさせねばならん。

368普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:12:39 ID:eSIjlQbU
>>364
いや、この段階に来ると最終的な政治形態というか、思想のレベルの話になる。
そこで妥協できないならては組めないでしょ。
というか、小国鼎立目指すなら大国は邪魔だし、何かしら仕掛けてくる可能性は考えると思うんだけどという話で。
それでもいいと判断してるのかな?

369普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:12:58 ID:Tk0a/2Dk
連合構想に関する評価については、やる夫がいつ現代から飛ばされたかによるな
一般人レベルでEUの構造的限界を意識するようになったのはギリシャの通貨危機からだろうし

370普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:14:21 ID:yukOHNZM
デメリットが多いって言う意見が多いけど、戦略と最終的落とし所を考えると悪くないんじゃないかな。
中原に同盟国があることで少なくとも包囲網を敷かれる事は無いし、宋の位置を考えれば、
中原の何処かが肥大化する前に介入してバランスを保つ事も可能。

また、最終的に小国並立にするには、他国と平等な条件で同盟すると言うスタンスを見せることも重要。
全土統一を狙ってるならともかく、小国並立狙っているのに、弱小側に負担押し付けるのは明らかに悪手。
そもそも、やる夫側と劉備の国力差を正確に把握してるのなんてやる夫側の上層部だけだろうし。

あと、やる夫側の発展速度を考えると多少の技術流出がおきても、実行段階で差がつけられる。
試行錯誤をすっ飛ばして解答を知ってるというのは、有利どころの話ではないよ?
重要な軍事技術とかは気合を入れて秘匿するだろうし。

371普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:14:45 ID:ekR95PdE
>>361
魏・宋・呉連合じゃなくても、ある程度宋が技術吸収したところで曹操なり孫策なりに潰されても同じようなリスク背負うよな
特に呉から攻め込まれた場合は荊州をある程度併合しておかないと救援軍が通るルートが無い
…まあ、交州から攻め上がって手薄な後方から領地食い荒らすという裏技あるけどね


まあアレだ、とりあえずまだ『同盟結んだ』ってくらいしか情報がないんだ
きっと次回は「劉備wwwwwww」的なレスで埋まるどんでん返しが待っているんだよ!とか無駄にハードル上げてみるw

372普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:15:20 ID:7BMHBWYw
やる夫の領土は広いし、長安ではお飾り軍隊、
最先端技術の研究開発、訓練は益州の片隅でやる手もあるわな
旗振りも長安付近の最終点をはずして残りを早馬にする手もあるし

373普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:16:30 ID:auL6Hc/Y
>>366
みゆきさんが黒いのは軍師として必要なことだろうw
マリアさんが黒いからやる夫を信じられない、って言うのと同じだぞそれはw

374名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 00:17:39 ID:fGVKGAWU
桃園三義姉妹がお嫁に来るーくらいのメリットがあれば、お釣りが来たのは間違いないな。

375普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:19:09 ID:/Eh/5Rlc
EUじゃなくても、違う思想や利益を求める者を共存させるのが難しいと思うのだけど果たしてどのようにまとめようとするんだろうか。

376普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:19:14 ID:eSIjlQbU
>>369
現物経済やってる間は起きない問題じゃない?

むしろ問題は、ほぼ1強な大国が存在して、そこが国家連合にはいる意義がないわけで
柔速出がそれを許容した場合、他の国が信用できるかできないかの問題でしょう。
劉備というか、孔明でさえ信用できないのは今回の孔明の思考で分かっているわけで(メタだけど)
それを考えればどんなにうまく運んでも、最終的に決裂するのは目に見えてる。

柔速出と国家連合という2大国で天下を分ける形に出来れば一番うまくいくんだろうけど。

377普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:20:22 ID:fAPLMKaI
見落としちゃいけないのは、ここで同盟を断るデメリットがでかいことだよね。
覇を唱える方向性にシフトしたととらえられるのはかなりおおきなデメリットになる。
監査役の権限について質疑がなかったからスパイ疑惑ばっかりもりあがっちゃったけど。

378普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:23:02 ID:74ipxEn.
確かに同盟受諾のメリットは薄いが、同盟を断ったと評判が立った場合のデメリットの方がでかそうだな

379普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:23:18 ID:yukOHNZM
それにしても・・・。
やる夫側の実態を把握しないで常識的な戦略を立てている真紅さんに嫌な予感しかしない点についてw
まあ、河北を取れば国力的にトップに立てるので、その後やる夫劉備連合を各個撃破と言うのは間違いではないんだが・・・。
やる夫の内政軍事チートを考えなければwww

380普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:23:56 ID:c0wjxkSY
同盟を組む事が問題ってより、同盟の内容だと思うけどね

381普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:25:28 ID:eSIjlQbU
というか、あれだけ裏側で疑ってるのにサラッと真名を交換してるのが・・・
当初よりかなり扱い軽くてどう判断するべきか困る。
それだけの信頼関係を作ったと読めばいいの?
外交上の儀礼だと見るべきなの?
作者がどういう含みを持たせて真名の交換をさせてるのか分からなくて読みづらいところ。

382普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:25:43 ID:/Eh/5Rlc
同盟をすること=相手の主張をそのまま受け入れることじゃないだろう、と思ったんだけどね。
別に条文を双方同意の上で、修正することもできないわけじゃなかったろうし。

383普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:25:58 ID:ekR95PdE
>>379
真紅「今はAD200年のはずだが、敵は歩兵(共通規格とライフリングが必要)で攻めて来たでゴザル」


シド星の予感!w

384普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:27:04 ID:c0wjxkSY
>>381
真名を政治的に使ってると見るべきだけど
……いまいちそこら辺の重さが分からないな

385普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:27:50 ID:SJnXl2kk
そもそも劉備たちでさえ、柔速出の兵数を本当に把握しているのかどうか。

現時点での動員兵力は、おそらく30万に届くぞ?しかもそのほとんどが
志願兵で、装備も最新鋭、有力な将も揃ってる。
その他の中の最大勢力である袁紹でさえ、その半分にも及ばないだろ。

386名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 00:28:43 ID:fGVKGAWU
まずまずのとっかかりは出来たんだし、
後は柔速出名物白饅頭の美味しさを劉家の皆さんに味わってもらうってことでいいんじゃない?

387普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:28:50 ID:eSIjlQbU
>>384
普通に読めばそうなんだけど、最初にすげー重い扱いしてたし、どう考えたもんかなと。

388普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:29:31 ID:/Eh/5Rlc
>>384
裏でどう考えてるかはともかく、相手に対して信じていますよ、と提示する程度かもしれんね

389普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:29:39 ID:c0wjxkSY
>>383
同じ信、もとい趣味ををもつ兄弟姉妹には好意をもっているぞ(+2)

390普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:29:43 ID:ekR95PdE
あ、歩兵は大量生産のほうだったw


>>384
真名に関してはなあ
やる夫も確かなのフェイ加入時にホイホイ交換してるの見てなんで?って思ってたシーンがあったわけでw


ここはもうそういうもんだと割り切るしか!現代日本にはそんな風習ないんだし!w

391普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:30:01 ID:kiqRs1ng
>>383
中世のユニットでデススタック作って攻めようとしたら、現代のヘルスタックがいたでござる

392普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:31:00 ID:QLjE6gik
>>379
諜報マジ大切w

393普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:32:00 ID:kiqRs1ng
>>392
エネルギーグラフのチェックと相手の軍の把握は大事だよね

394普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:32:36 ID:2yDJy8a.
なんか否定的というか悲観的な意見多いね、自分はこういうの分からんから入りづらいや
逆に、今回の同盟でいいところはなんか無いの?

395普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:34:11 ID:wY8lRKRA
どの道、獲得した技術を応用する前に真紅が攻めて来そうだけど。導入するにも金と時間がかかるし。
監査役は案内役(と言う名の監視)を二十四時間体制で置いとけば問題ないと思う。
監査役以外のスパイは問答無用で葬ればいいし、ゴネたら今後の協定から条約改定・破棄の口実に使えると考えれば。

396普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:34:28 ID:7BMHBWYw
>>394
宋が負けたときに逃げ込み先がやる夫のとこになった
側室が増えるよ!やったねやるちゃん!

397名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 00:34:32 ID:fGVKGAWU
ああ、見えない最大のメリットがあった。
張三姉妹と敵対しなくて良い!
原作最大のチートといっても過言ではない、張三姉妹を抑えてる劉備は、孫策よりも曹操よりも怖い。
真恋姫の曹操の軍備は張三姉妹の力も非常に大きいからなあ。

398普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:34:47 ID:hr60NJLc
>>385
袁紹の兵とは違い、やる夫の勅命なら喜んで死ぬ兵だしな
>>386
下の口でかwww

399普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:35:08 ID:c0wjxkSY
同盟で他国にプレッシャーを与えられる
劉備達と仲良くなった(外交含む)
何か有ったとき劉備(宋)に助けを求められる(逆もあり)

400普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:35:08 ID:auL6Hc/Y
>>381、384
前にやる夫陣営内で真名の許諾をしてたときに、裏切り防止、みたいな事も言ってたし
信じてはいるが、妄信はしない、って考えたらちょうど良いところだと思うが。
原作でも、主がこいつに真名を許しなさい、って言ったら許すくらいのもんだからな。

401普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:03 ID:XBo8bdjg
宋国という実質属国を置いて中原諸国に干渉しつつ我が世の春を謳歌する
中原に楔を打ち込み結果として統一国家の出現を防止する…これがメリットだな

柔速出は中華の三分の一を治め西方交易路、南方交易路を独占した
文化勝利目指せば軍を動かす必要ないよね?野蛮人どもに文化の力を見せてやろうw
こんな感じ。他の国に大同団結されない様に情報操作してれば勝手に自滅するわ

敵や第三国に温情掛けて施しをする…ゲームでよくやらない?
やる事無くなると相手の強化に走る。
COM相手だとこの行為を恩とも感じないが、人間相手だとどうだろうな?

402普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:37 ID:fAPLMKaI
今回は防衛的軍事同盟だったわけだが。

・嫁をよこせ
・代わりにチート知識くれてやる

って内容だったら皆どういうリアクションしていたんだろうかw

403普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:39 ID:QLjE6gik
これまでなんやかやで中原他国と正式な条約とか結んでなかったから、微妙にハブられてた感はある
その辺も一応メリットかもしれん

404普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:42 ID:/Eh/5Rlc
>>394
力の劣る国にも対等?だか真摯に接するという評判が得られるかもしれん。

405普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:45 ID:2yDJy8a.
ああ、女の子達を囲える可能性が出てきたって考えりゃいいのかw
そうだよな、このスレは戦記物だけど、そういう考えを先に思い浮かべるべきだよなw

406普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:36:53 ID:yukOHNZM
みんな、やる夫と劉備の政略戦略目標をもう少し考えようぜwww
小国分立目指して動くなら確実にメリットの方が大きい。
ぶっちゃけ、この戦乱の真っ只中な状況で小国分立に持ち込むならこの同盟は必須と言ってもいい。
一国だけじゃどれだけ努力しても均衡は作れても共存は出来ない。
外敵の存在を考えたら小国分立でもある程度の友好関係は作らないといけないからね。

軍事面は明らかに劉備の方が必要に迫られているし、技術面でも流出を考えたら面倒だが、
先の戦略を考えたら明らかにこの同盟の方が動きやすい。

真名に関しても、この同盟の価値を考えれば、この先は運命共同体のようなもの。
個人的にも仲良くと言うのはわからない話じゃない。

407普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:37:14 ID:Xn6qLJN6
宗の国力はどのくらいなんだろうな
国土小さいしむしろ速攻で消えそうな国だよなこれ

408普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:37:22 ID:ekR95PdE
>>394
・「天下の静謐」がお題目ではないということを改めて示した
・ユフィ領が同盟締結によって安定した場合、引き続きヒキコモリ内政ブーストが続く
・劉表が潰れた時に荊州に侵攻しても劉備から敵視されないことを確認した
・宋に諜報拠点を設置することが可能になり、今まで以上に他国の情報の入手が容易になった


後何があったっけ

409普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:37:31 ID:c0wjxkSY
>>401
むしろBTSになってからやばくなった国が逃げ込んで来たりして困るんだが

410普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:38:55 ID:jENttwD6
そういや劉表って何気に部下がチートぞろいなんだよなぁ
おまけに異民族の山越との仲も良好みたいだし(孫家が支配しだすと反乱の嵐がおきてる)

411普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:39:14 ID:x.xLxNQk
>>394
1.やる夫の指針「天下の静謐を目指す」に俄然信憑性が出てくる
2..同盟による対外的圧力の増幅、それによる戦争回避
3.医療関係の知識流布による死亡率・障害率の低下
4.やる夫達に対する対抗者(劉備)の育成
5.中央事情の取得効率アップ、スパイ網の展開余地の拡充

ほかに何かあったっけ?

412普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:41:58 ID:wY8lRKRA
>>407
中原だから国力(人員)はあると思うよ。
ただ、全域で戦場だから領土荒廃による難民・流民化、徴兵による労働人口消失により絶賛衰退中だけど。

413普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:45:09 ID:2yDJy8a.
ふむ、最悪の状況を想定した場合はデメリットが目立つけど
その最悪の状況が来る可能性はかなり低そうだし、こちらのメリットもそれなりにはある
むしろ断った場合は、デメリットしかないって感じか?
あれ?最悪の状況がこない限り、受けてもいい同盟だったんじゃねこれ?

414普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:48:02 ID:O/DINU/s
原作の劉備もアレだけども、
こっちの劉備もナニなので手を組ませたくなかった。
って嘆くのはただの感情論なんだけども。
でもなー。感情論だけに受け入れがたいわー。

415普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:49:03 ID:x.xLxNQk
うん、その通りな気が……
うわあぶねェ、俺否定派だった 自己顕示欲とか外交官とかみゆきさんの黒さにばっかり目がいってたぜ(´-∀-`;)

416普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:51:52 ID:/Eh/5Rlc
>>413
メタ視点で情報把握ができる読者はともかく、当人は最悪な状況を考慮して動くべきじゃないか?仮にも一国の主なんだし。民のためにも。

417普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:52:20 ID:Tr8F5Qn.
>>371
劉備のところが柔速出と同レベルの防諜体制を取っているとは思えないので、
下手すると即流出の可能性も否定できないんだよな。


軍事関係の流出に関しては、
国側が事前通告(ここで訓練やるから近づくな)もしくは
滞在員側が調査要請(ここ見たいから許可くれ)あたりの対応になるんじゃないかな。

滞在員の調査名目は「こっちから仕掛けてないかの調査」なので、
軍備関係を見る名目はないわけだし。

418普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:56:34 ID:/Eh/5Rlc
てかあれだ、俺が思ったのは同盟を結ばないってことじゃなくて、やりようが別にあったんじゃないのかなぁ、と。

419普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:56:35 ID:gGdg8tZU
見てて思ったが内政チートと分割統治の思考は合わないのかな
内政チートで自国を大国にすると自然に相手が格下になっちゃうし、
それで分割させるとどうしても自国が相手に譲る感じになってしまう

そこが納得できない、って人が多そうだし相性悪そうだ

420普通の名無しさん:2011/05/16(月) 00:56:53 ID:Tk0a/2Dk
>>414
次の会談で孫呉は姻戚を持ちかけてくる可能性が高いけど、
その場合嫁に来るのはDQN臭い発言が目立つイリヤだからな……
益州までのメンツで温かい繋がりが出来てるから、読者的にとんがった人たちを受け入れづらいかのかもね

421普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:00:53 ID:wY8lRKRA
>>417
宴でも予防線張ってたしね。
一度でも摘発すれば、その時点で政治外交的にはかなり有利になりそうだけど。
今後の条約にも丁度良いお断り・引き伸ばしの材料として使えるだろうし。

422普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:00:55 ID:kiqRs1ng
>>420
孫呉が最終着地地点をどこに構えるか次第かな
可能ならイリヤと仲良くして柔速出と呉を固くして、中原に備えるかな

423普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:01:31 ID:auL6Hc/Y
>>417
監督官が見るべきなのって、国の内情と諸外国との関係だろうから農耕やら旗振りだって見る必要ないもんな。
今年も豊作でした! とかの結果がわかればいいんであって、過程の細かい所までは見せんで良いよね。
見たいって言っても機密で通せるし、今までだって広まってないわけで。

424普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:01:44 ID:Q77ipPj.
そんなに痛い発言してたっけ
なぁにデレ期がくれば可愛くなる

425普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:02:34 ID:FD/3yZbs
>>419
本来の目的の天下の静謐を徐々に達成できてるはずなのに
圧倒的な国力の差が足かせになってて違和感ができてるんだよな
魏と呉の動向次第で状況も大きく変わるんだろうが

426普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:06:23 ID:XBo8bdjg
宋との軍事同盟だけど情報開示請求できるわけじゃないから旗や火薬とかは守れる
医療を推進してる事から流していい情報と悪い情報は分けてるんだし、大使が居ても大丈夫だろ

むしろ呉の方がやばいよ…柔速出の弱点を的確に突いてくるはずだ
血族を大事にする所だから、婚姻政策に真っ先に行き着いてるはずだからな…

427普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:08:36 ID:2yDJy8a.
婚姻を断った場合と結んだ場合、どちらが下手を打ったことになるのだろうか
というかこれヤバくね?どっちにしても火種を投げ込まれるわけで

428普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:11:07 ID:FD/3yZbs
梨花ちゃまと三四さんの対決が見られるのか…

429普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:15:45 ID:Tr8F5Qn.
やる夫の目標から考えると、
「明らかに公平公正な政が行われていない国」に対しての介入が
難しくなる条約内容になっちゃってるな。

他国に条約内容を公表しないことを前提とすれば
「ただし、両国で協議の上、両国の同意を前提に先制攻撃を可能とする」
くらいの条文を付け足すくらいはあってもよかったかも。

国内が荒れに荒れて、山賊が多数侵入してきてるような状態でも
根本原因を取り除けないような状態になっちゃってる。

430普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:18:55 ID:yukOHNZM
>>429
それをやると同盟を利用して覇道に突き進むのでは?
と言う疑いが出てくるんだよね。
軍事大国のやる夫側からは言い出せないだろ。

431普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:20:55 ID:SVlTU8PM
>>427
だよな。正直縁談が来ても、蹴った方がより安全の様な気がするな
河北でドンパチやらかしてる御両人ほどではないにせy…いや、自国の「安全保障」を
大義名分に、武力・恫喝に拠る干渉・拡大策と外的存在の排除を至極当然と考えてると
思える分、却ってタチが悪い。
共存ではなく。自分らの監督・支配下での非戦時的状況を作り出そうと見る向きもあるかね?

432普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:21:11 ID:auL6Hc/Y
婚姻関係は、正室・側室のシステムをどうするかまだしっかり決めてないから慎重になったほうがいい気がするなぁ。
シャムと同じような立場でよければ受けても良いとは思うが、そんな軽いもんで済む気がしないなw

>>429
せっかく監督官置くんだから、それはあってしかるべきだと思うんだよなぁ。
攻め込む前に両国名義で政を正すように、って要請してそれでもダメなら討つとかな。

433普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:24:57 ID:kiqRs1ng
>>432
まあ、婚姻後の妻と呉を御する自信があるなら・・・

434普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:25:04 ID:3C7CTAoQ
まー日米安保はおろか日英同盟レベルの片務条約に見えちゃうからいろいろ声も出るわな。
やる夫なりマリアなりが理由っぽいこと作中で言ってれば理解もあったろうけど。

435普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:25:20 ID:4mt2ayEs
>>406
互いに信頼に信頼を重ねるレベルなら悪くない条約内容だろう
しかし、他国への国としての信用を稼ぐには良いが、信用が置けるか未判明な相手にこれを丸呑みというのはな
監視員への情報制限の線引き問題は当然として
現実的には静謐狙いで他国への干渉封じられるのは痛過ぎる
というか他国から直接侵攻ではなく政治的挑発行為を食らったらどうすんだ
やり返したら第八条に抵触だろうし、下手すると締結国間のパワーバランスの調整に使われるだろ
ABCの国があったとして、BとCが本条約締結国
1.A⇔Bで内通
2.AがCに挑発行動や直接侵攻以外での攻撃を行うように仕向ける
3-1.CがAに対し条約に抵触する行動をとる
 4-1.直ちにBがCに対し条約を破棄、ABでCに制裁
3-2.C泣き寝入り
他にも内通国を増やせば様々なケースが考えられるし、Aが更にCとも内通する事でBをハメる事も可能だ
実際には内通してなくとも、実際に侵略国が発生した際に動き難い
名指しすれば覇を唱える気まんまんな曹操が勝った時に対処に困る
侵攻に対し逆侵攻で滅ぼしてしまっては小国分立なぞ無くなるし、押し返して停戦程度で諦める曹操ではあるまい
最悪泥沼の三国志になるし、次の世代でどうなるかわかったものではない
解消すればいい話だが、それをするにも時間が掛り、信用も落ちる

恋姫ベースで考えるなどといったメタ視点からの考察を加えるなら内容はある程度無視してでも結ぶべきだし
戦略的に見ればこういう防衛的条約はどこかで結ばねばならんけれども
現時点でこの内容では打てる手が減るというデメリットが大きい
これでは締結国間のみならず第三国間での軍事力差までもが殆ど意味をなさなくなる

最後に関係ない話だけど
個人的にはこの条約でもっとも評価できる点は行政機関間での同盟にあると思う
上が変わった事を理由にした反故が難しくなり、第七条の実効力が増強される

436普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:27:55 ID:2yDJy8a.
3行で

437普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:31:54 ID:4mt2ayEs
結ぶと足枷が増える内容だけど
大義名分の信用を得るには仕方ないし
恋姫だから別にいいや

438普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:34:18 ID:2yDJy8a.
おk、把握

439普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:37:05 ID:kiqRs1ng
3行すげー

440普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:39:14 ID:yukOHNZM
>>435
別に、条約結んだからといって改正してはいけないと言う道理は無いだろう?
第三国が問題を起こすようなら再度二国間で協議して対応を決めればいいだけ。

また、相手国が同盟に関して信義に反する行動をするならそれを理由に条約を破棄すればいいだけ。
罰則など無いのだから、世間が納得する大義名分があれば破棄するのも選択肢。

そもそも、裏切りの可能性を考えたらどのようなものであれ条約を結べないぞ?

互いに利害が一致してある程度条約を守るために動くであろうと想定できるから締結できるんだ。

441普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:39:50 ID:SVlTU8PM
>>435
……ローマが積年の敵対国だったカルタゴを完全に滅ぼした第三次ポエニ戦争でも、
ローマ側が上で例に挙げた様なやり口で戦争を吹っかけたな。
この手の条約って締結後の状況の変化による、条項の補則や追加に改正・撤廃って
対応できたっけ?

442普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:42:40 ID:eSIjlQbU
というか、民間レベルでの技術の放出は民間交流の中でなされていくってやる夫は思っているわけで
問題にするべきは軍事レベルでの機密の保持と、同盟運用上どの程度足かせになるか。

443普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:51:21 ID:yukOHNZM
あと、何で皆総スルーしてるのかわからんのだが、この条約でやる夫は中原の紛争に介入する大義名分を得たんだぞ?
地形、位置的に宋はどうしても覇道を目指すなら狙われるから、どう動いても干渉できる。
しかも宋を突いた背後を狙うと言う最もおいしい形で。
さらには戦費まで宋から搾り取れる。

ぶっちゃけ、なにがデメリットなのかわけがわからんレベル。

裏切り?最悪のパターン?それをやったら不味いのは確実に劉備のほうなんだがww

444普通の名無しさん:2011/05/16(月) 01:58:44 ID:eSIjlQbU
>>443
やる夫にやるつもりがないからメリットには成り得ない。
裏切るにしても露骨に裏切るような馬鹿はしないだろ・・・
技術流出とか、自国優位にする為に動く。
最終的な場面まで決定的な対立は利益にならんからしないだろうし。

445普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:00:24 ID:4mt2ayEs
>>443
第八条、当条約を締結するに当たり、他国への先制攻撃ならびに軍事的政治的挑発行為をしてはならない。

>軍事的政治的挑発行為をしてはならない。
ここに抵触するんで
当然国境に軍を集めたり移動させただけでも抵触
ちょっと前に演習しただけで軍事的挑発だ!ってどこかの国が攻撃したでしょ
国境への軍集結は冷戦下の米国とソ連が判り易いだろう

446普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:11:53 ID:QLjE6gik
何をどうしようがどうせ曹操は劉備に戦争をふっかけるから中原の闘争に柔速出が関わるのは決定事項
彼女の考えてる対策からすると、函谷関先生の強度にすべて掛かってる予感
旗での伝達速度と、騎馬軍団の速度があるんで一度函谷関を抜かれるとフリーハンドで好き放題やられるからねえ

447443:2011/05/16(月) 02:19:05 ID:yukOHNZM
>>444
いや、劉備側に対して最悪のパターンを考えてとか言っている人が多いから、勢力としての最大利益パターンも考えるのが筋でしょう?

そしてIDの過去発言でわかると思うけど個人的には大筋では同意です。
最終的な局面に至るまで対立しないだろうし、決定的な対立を避ける方向で動くだろうから、大筋で条約は守られると思う。
技術窃盗も問題になるレベル(軍事技術とか)を露骨に盗みにはこないだろうし。
以上から、この同盟には十分なメリットがあると思う。

>>445
まあ、原作も考慮して一番ありそうなパターン
真紅がナギを倒して河北統一→劉備に侵攻→やる夫同盟相手を助けるために隣接する真紅領土に侵攻
真紅領土を分捕った上で劉備領土から撤退させて和平→分捕った領土は覇道を阻止するため自領土に編入

以上、この条約で想定されるやる夫勢ウマーパターン。穴はあるかな?

448普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:24:49 ID:eSIjlQbU
>>447
”発生する可能性がある”最大利益のパターンは考慮するべきだとは思うけど
意図して狙わなければ発生しないパターンで、そのツモリがない場合は考慮する余地はあまりないと思う。
今回の場合は「覇道を進む場合」という条件下で発生するパターン。

449普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:38:18 ID:PYPkIy5c
とりあえず、このやる夫はまだまだチンコの遣いとしてのレベルが足りていないと思う

450普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:38:30 ID:4mt2ayEs
>>447
援軍要請前提だが、河北掌握後の曹操に対し劉備への援軍に加え関を突破するだけの兵力を割ける?
情報伝達速度はぶっちぎりだが要請を受けてから兵の移動させて間に合うか?
万一関を突破出来なかった場合は?
曹操の動きを利用する形で孫権が動いた場合はどうするの?

国力は圧倒的とはいえちょっと楽観過ぎないか?
悲観的になるのも問題だが都合のいいことばかり起こると考えて動くのは君主としてどうよ?

451普通の名無しさん:2011/05/16(月) 02:39:02 ID:ffWBpdos
孫策陣営のしそうなことって
孫尚香とやる夫の婚姻外交だろうなぁ

後は劉表一族を殺さず捕まえて
同じ劉家の劉備に引き渡した後にやる夫達の同盟に
乗ると劉備近辺が騒がしくなるかも

452443:2011/05/16(月) 02:40:52 ID:yukOHNZM
>>448

認識がずれてるね。
やる夫勢にとって一番嫌なパターンは中原に干渉できず中原がひとつにまとまるパターンと思ってます。
これを考えると、今回の同盟でたとえば、真紅が覇道を狙った場合、どこからも非難を受けない大義名分で、
堂々と中原の戦争に干渉できるようになる。
名声を考えるなら大義名分は大事だよ。
同盟無しで劉備を殴った真紅を攻めたら、ただの漁夫の利を狙うハイエナだけど、
同盟があればどこからも非難されるいわれは無い。

介入形態も常識的に考えれば劉備に攻めてる相手の背後を突く被害の少なそうな位置だし。

小国分立状態に持っていくのにこれ異常ない立ち位置だと思うのだが?

453443:2011/05/16(月) 02:57:17 ID:yukOHNZM
>>450
劉備への援軍どのルートで送るのさ?
隣接地域が無いから、軍事的選択肢なんて背後で暴れて撤退させるしかないと思うが?

あと、論旨的に失敗パターンはこの場合関係ないと思うが?

関の防衛に成功して劉備を滅ぼせたなら真紅が有能だったと言うだけでしょう?
同盟の利益を真っ向から打ち破ったんだから。
同盟の利を打ち破られるパターンがあったらその同盟には価値はないのか?
そもそも、やる夫側に大兵力を貼り付けなければならない時点で十分な利益が。
と言うかいろいろ言ってるがやる夫と劉備の軍師勢とかが対応してないとでも?

454普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:04:32 ID:pm8uyzB6
この同盟で

・相互防衛同盟といっている割には実質的に宋に対する庇護である事
・宋が柔速出に対して第五条を利用したスパイ行為をするつもりがあからさまにみえる事
・宋の同盟内容に対する履行能力に疑問がある事

このあたりが気になるかな
あと、仲裁・援護とか河北の争いが片ついたら宋が最小勢力になるのは目に見えてるから
いざという時に介入するだけの国力があるように見えない、防衛で呼ばれて攻撃しかけたらもう一方から仕掛けられて逆に救援呼ぶハメになるとか
あと同盟内容を知られると曹操・孫策に利用されて二面作戦に引き釣りこまれたり戦況引っ掻き回されたりと
デメリットのほうが大きく見えるんだよな

455普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:05:18 ID:eSIjlQbU
>>452
認識が明確にずれとる。
やる夫の最終目的は何だと考えてるんだ?
やる夫にとって小国分立は「手段」だよ?
劉備は最終目標になってるけど。
そして、覇道を阻止することも目的ではない。
従って中原に手を出す名目を得ることもメリットにはならない。
というか、現状で引き篭もってもいいレベル。
やる夫にとっては「まともな政治が行われない」「静謐が壊される」という条件下で武力を行使する必要があるだけ。

456443:2011/05/16(月) 03:06:17 ID:yukOHNZM
>>450
ん〜、話の飛びっぷりに混乱した、>>447は条約に抵触しない範囲でもっともやる夫勢力に利益がありそうな状況想定で、
条約に抵触するから干渉云々できないと言うのに対する反論です。
ゆえに干渉したが失敗したら?と言うのは議論の方向としておかしい。

457普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:18:42 ID:yukOHNZM
>>455
うん、さっぱりずれてるね。
状況的に最速で静謐に至れそうな状況が、覇道を目指す真紅、ナギあたりの心を折るで、
それは本編中の後発組にやる夫の秘密をばらしたあたりの会議でもそういっていたはず。

『天下の』静謐であって『やる夫の支配地域の』静謐じゃないんだよ。
天下分け目の大決戦と言うような状況を作って死者が大勢出る前に大勢力にならないうちに
均衡を作って平和を作ろうと言う方針でしょ?
劉備と組んで真紅を止めて均衡作ればある程度目的達成だと思うが?
それとも真紅とかが中原まとめて決戦しかけてくるまで引きこもるの?
それなら今のうちに小勢力を討伐して回ってさっさと統一したほうがいいと思うが。

458普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:29:12 ID:eSIjlQbU
>>457
完全に咬み合わないのでもうやめとくw
やる夫は極力争わない方針なのは明確にしてるし、さっき俺が書いたひきこもるにしても何もしないなんて書いてないし。
意図的に話を極端にして都合よく解釈されても困る。w

仕事もあるので寝ます。
おやすみ。

459普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:35:47 ID:ekR95PdE
天下の静謐狙うために、今の内に小勢力を潰して回るの?

ヘイジョニー、それって統一を最終目的にした覇道って言わないかい?w

460普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:44:49 ID:yukOHNZM
いやww他人の覇道黙認して戦乱長引かせるなら自制力で覇道やったほうがマシという反論www

積極的に均衡を作るなら中原に干渉してさくっと抑止力となればと言う論旨なんだけどどこがすれ違ってるのかねぇ

461普通の名無しさん:2011/05/16(月) 03:54:52 ID:4mt2ayEs
>>453,456
ルートに関しては劉表領の分裂と同盟への参入次第では組めるだろう
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1305468601/8
といっても期待できるレベルではないから
この事態に陥った場合は確かに曹操を突くしかなさそうね

干渉と阻止に失敗するようでは価値の半分を喪失するだろう
(もう半分の価値は言うまでもなく大義名分の信憑性だからこれは結んだ時点で確保したようなもの)
先手を打てなくなる上に技術流出の恐れ有と、失敗した場合はデメリットばかりが残る
この可能性を差し引きすると結ぶメリットは怪しいモノ
件の条約さえなければ動かれる前にある程度兵を集めるだけで曹操に圧力をかけることが可能だ
他にも例えば河北の決着が付く前に劣勢の勢力に一時的に渡りを付けて調停介入するという手もある筈だ
武力による和平では将来に禍根を残す可能性もあるが、逆侵攻上等なら大差ないだろう

武力による静謐の成立と維持では将来禍根を生む恐れがあるが
河北勢を黙らせるなら国力を付け過ぎられる前に黙らせに行くのが手っ取り早く望ましい筈だ
どのみち河北に攻め入る公算が高いなら、より早い時期に攻め入れる機会を手放すのは上策とはいえまい

462普通の名無しさん:2011/05/16(月) 04:11:51 ID:lm9qnxaw
神視点と現地の他国視点じゃ大きく乖離してる国だからな柔速出
現状じゃ益州の豊かさを運べる河川ー荊州ルートが遮断されてる事も異民族相手の防衛に戦力削られる(と思われる)領土配置といい
そんな大国でも無い(と外野には見える)
神視点の読者にとっちゃ不平等条約なんだけどさ

463普通の名無しさん:2011/05/16(月) 04:17:12 ID:GwiFqVSU
確かに諸国には舐められてるよなぁ。
元から自信過剰な袁家はまだしも、曹操ですら「時間があればこちら有利」みたいなこと言ってるし。
発展の度合いや密度を完全に見誤ってる。

464普通の名無しさん:2011/05/16(月) 04:29:42 ID:lm9qnxaw
真紅がナギ飲み込んでとか言ってる方は神視点に立ちすぎて現地の劉備達にどう見えてるかを無視してる
ぶっちゃけた話、現地視点の国力トップはナギよ?
焦土戦術の国力低下は他国から見えないから真紅は結局領土をろくに広げられなかったように見えるし

同じ小国だけど軍事力だけは有る柔速出に同盟のお誘いしただけというか
いじめられっこで集まろうとしたというか……まあ柔速出の真実を知らないからこその対応だよね

465普通の名無しさん:2011/05/16(月) 05:05:30 ID:moBScF6Y
真紅は今縛りプレイやってるけど、
それならなぜ反董卓連合に加わったのか?とか、
マリア、ロベルタは外交が得意そうに見えるけど
実際は十常侍皆殺しにして反董卓連合組まれて
あんまり根回し得意じゃないよね、とか思ってしまうw
特に後者はユフィの条約に関わることだけに気になるところw

466普通の名無しさん:2011/05/16(月) 06:17:19 ID:FA6hHMXc
今回の同盟で単純な国力的な意味で考えたら技術流出で劉備側がメリット大きいんだよね
逆にやる夫はメリット薄い

そこが引っかかる人が多いんじゃないかな

この場合のやる夫側のメリットって

・既に同盟と言う形で前例を作ったので他国に小国分立を示しやすい
 まあこれは劉備側もだけど
・いつか裏切るにしても裏切らないでいる間は技術吸収してくれたほうが同盟国として優秀
 技術流出は防げないんだから逆手にとって優秀な番犬になってもらえばいい
・劉備側の思想で言うとやる夫側と技術水準ある程度近づくと逆に攻める理由がなくなる
 出てるほうを打って平均化するか凹んでるほうを引き上げるかの違い

軍事的なメリット薄いけど政治的なメリットは大きいと思うよ?

467普通の名無しさん:2011/05/16(月) 06:36:12 ID:kp3Gsw96
同盟はよしとしても、その中身が現状からすれば不平等もいいとこだから、メタ視点でいろいろわかるこっちは納得できたとしても、
そういうことがないやる夫がこれを結んだのに引っかかるのさ。

468普通の名無しさん:2011/05/16(月) 07:52:47 ID:UGoqUxDI
軍としては勘弁願いたい同盟条約
政治としてはかなり嬉しい条約
劉備陣営育成で確実に思う方向に進んでるな。

ぶっちゃけ同じ思想の劉備だからこの条約はアリだけど
他の連中と同じ条約結んだら間違い無く下策だろうね。

469普通の名無しさん:2011/05/16(月) 09:12:11 ID:eSIjlQbU
政治的メリット云々以前に最終的な着地点に明確なズレがあるのに受け入れた、その意図が気になってるんだけどね。
中原の状況を鑑みて、劉備を保護したっていう見方も出来るし、メリットはあるんだけど、今回の条約をそのまま受けるのは
劉備を保護する以上に自分を不利にする枷の要素が強すぎるから。
状況考えると五分の条約には見えない。

470普通の名無しさん:2011/05/16(月) 10:11:48 ID:f1GfsMkU
やる夫は荊州騒動を知ってる訳だけど、孫呉が荊州攻めた時どう対応するのか?というのが
イマイチ分かりずらいというか話し合われてないような気がするな、建業で会談を控えているのに。
わざとぼかしてるのかもしれないが、孫呉がやる夫の不介入を条件に荊州の分割統治を提案してきたら受けてもいいのかな?
劉備は劉表から救援要請を受けても見捨てることを決めているのかな?

471普通の名無しさん:2011/05/16(月) 10:29:44 ID:ru/DSZ3.
今回の話
 劉備に独立保障をかけました

メリット
 イベント天下の静謐により、政策スライダーの介入主義が低い状況 で
 国民不満度を上げずに宣戦布告が出来る

472普通の名無しさん:2011/05/16(月) 10:41:14 ID:Rvwbe1Gc
>ちょっと前に演習しただけで軍事的挑発だ!ってどこかの国が攻撃したでしょ
馬超「それがしは優れたアイデアだと見受けしましたが…」

473普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:20:55 ID:Tr8F5Qn.
>>470
孫策とやる夫の分割統治はやる夫が荊州に攻め込めないので不可だな。
会談の時には「攻め込めないのを知らせず」、
攻め込む可能性をちらつかせて交渉を都合のいい方に持っていける可能性はあるが
どんな交渉が可能になるかはちょっと思いつかない。


劉表から救援要請を受けた劉備だが、条文の「先制攻撃」の扱い次第。
「第3国の救援要請を受けての行動であるので先制攻撃ではない」
と解釈することも可能だし、
「宋が直接攻撃されたわけではないので、救援要請を受けての行動でも先制攻撃である」
(劉表領内に軍を配備し防衛行動を取った場合でも、「軍事的挑発行為」と解釈)
と解釈することも可能。

前者の解釈なら、柔速出への「条約の防衛協力要請」はできないが
劉表の防衛に劉備単独で参加することは可能。
(ただし、条約をかなり穴のあるものとしてしまう解釈になる)

後者の解釈だと、劉表の防衛に参加することはできない。
劉表への食料援助すら「孫策への挑発行為」と解釈も可能だから、
介入できないことをうまく隠し、介入の可能性をちらつかせて
間に入って仲裁するのがせいぜいかな。

474普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:29:43 ID:Tr8F5Qn.
最新話を読み返してたら気づいたんだが、
本屋の店員が民間型間諜じゃねぇかw

ロベルタかマリアあたりの仕事だと思うが、
こんなところまで手を届かせてるのか。
民間技術の防諜体制もかなりしっかりしてそうだな。

475普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:31:13 ID:I8JIzn7s
劉備陣営が自分らに有利すぎる条約受け入れられたのに
受け入れられて当然のように悪びれる様子がなかったからなぁ
その辺の描写でもあれば違ったんだろうけど、自分勝手すぎるように見えるんだよねぇ

476普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:32:12 ID:2eJQ5LbI
>>471
HoI2かw

477普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:35:13 ID:ony/GOEw
ぶっちゃけ劉備が攻められることは容易に予想がつくけど
やる夫が攻められるのが全然イメージできない現状
劉備側ばかりメリット多すぎると思う

478名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 12:45:40 ID:fGVKGAWU
国が滅びなければ、分割で借金払ってもらえるんだし、
柔速出軍と劉備軍の2国なら一度攻められれば河北も簡単に切り取れると思うよ。
そうすると、劉備を敵に回さず領土拡大ができるんだし、十分メリットがあると思う。

479名無しのやる夫だお:2011/05/16(月) 12:46:23 ID:fGVKGAWU
借金っていうか、掛かった戦費だけどw

480普通の名無しさん:2011/05/16(月) 12:54:37 ID:yukOHNZM
そもそも、覇道を止めて小国分立な戦略な関係上、やる夫はどうあっても劉備あたりが攻められる状況に干渉したい点についてww
同盟による大義名分と軍事的な連携、戦費の支払い美味しいですwww

481普通の名無しさん:2011/05/16(月) 13:27:07 ID:SVlTU8PM
>>476
じゃあ、いずれこうなる訳か

覇道なんてロクデナシな主張を掲げる曹操が最後通牒を突きつけてきました

    魏の圧力に屈する
ピッ)→かかって来い! 相手になってやる!

482普通の名無しさん:2011/05/16(月) 13:33:12 ID:ekR95PdE
>>481

曹操「赤いお茶の販売利権をよこすのだわ!(曹操は宣戦を布告)」

→よかろう。


パパパパパパパードドゥン

483普通の名無しさん:2011/05/16(月) 13:51:05 ID:/Eh/5Rlc
さて、自分達の取り分が増えるわけでもなく、遠距離の行軍を強いられる兵士へはどういったメリットを提示するんだろうか…
それもやる夫への信頼かね。恋姫世界だし。

484普通の名無しさん:2011/05/16(月) 13:58:25 ID:lfETQyAM
何話か忘れたけど兵士からの忠誠度が最高クラスっていう話は既にあったし
この時代の軍事行動って農業が暇な時期なんでしょ?

485普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:09:20 ID:XBo8bdjg
柔速出家について一つだけ危惧する事がある…それは選民思想の台頭

軍事・商業・文化レベルで他と隔絶した状態になるとどうしてもこれが出てきそうで怖い
「他の国々はあくまでも我らの慈悲によって存続が許されている劣った国である」
この発想に行き着くのも時間の問題ではなかろうか?

486普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:12:53 ID:ekR95PdE
現世代はともかく、苦労を知らない2世代目3世代目ははっきり起きそうだな

最高指導者の継承方法と合わせて、国内での教育をがっつりまとめとかないと統一→崩壊コースはありそうね

487普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:18:15 ID:XBo8bdjg
パクスローマーナならぬパクスニューソクデはほぼ確定だろ
これに中華思想が加われば超帝国の出来上がり…今の技術レベルでも元帝国の再現が可能だしな

世界史にどう記されるかはやる夫次第か

488普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:19:36 ID:Tr8F5Qn.
>>483
現状では、宋に直接兵を派遣することは不可能。
領土が隣接してないし、兵の通行を認めてくれそうな勢力もないからね。

だから、宋は攻められたら篭城して時間を稼ぎ、
その間にやる夫軍が長安か交州から攻め込んで相手の兵力を分散させる。
なので、遠距離の行軍ってほどにはならないんじゃないか?

まぁ、長安から交州に移動して孫呉に攻め込む部隊があったとしたら
かなりの長距離移動になるが……。

489普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:25:59 ID:t3SuWYLc
同盟自体には賛成だけど、中身が問題って感じ
絶対部分的な変更を求めると思って読んでたら、
質問しただけで丸呑みするんだからびっくりってレベルじゃなかったw

今までに比べ、いきなり警戒レベル下げ過ぎの印象

490普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:31:19 ID:XBo8bdjg
省略された実務者協議で色々突付いたんじゃないの?
柔速出にとって大事なのは時間稼ぎだし矢面に立つのは宋国だもの
スパイ云々も本当に大事な所以外は知られた所で何とも思わないだろ
ある程度の強さはないと防波堤にもなりゃしないしな。弱者への施しだよ

491普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:34:45 ID:/Eh/5Rlc
>>488
それもそうか。

個人的に後気になったのは小国分立するには個々の国が強くなりすぎてる感はあるけど、その辺のバランスをどう取るか、だーねぇ。
平等というにはやる夫自身が強くなりすぎてるし。

492普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:36:00 ID:t3SuWYLc
やる夫の思想は各国のトップに同レベルの天才がいないと成り立たない気がするw

493普通の名無しさん:2011/05/16(月) 14:51:42 ID:GWgKWE9M
同盟を盾にした技術提供がなし崩しに、それも安価で求められそうなのと
宋が得た技術が未だ仮想敵国に簡単に流出しそうな諜報レベルなのが問題ですよね。
また入速出が歯牙にもかけないレベルの宋に真摯に対応したとはいっても
他国はその入速出の国力を正確には測れていないわけで。
ちょっと勢いのある田舎者と弱小国が世間知らずな同盟結んでどうすんの?って認識じゃなかろうか。

494普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:13:00 ID:yukOHNZM
そういや、宋の防諜ってどうなってるんだろ。やる夫のとこより低いような話の流れだけど、
恋姫の知略補正の入った諸葛亮&鳳統が仕切ってるなら低い水準とは思えないんだが。

見た感じ、やる夫は情報の重要性は気付いてそうだけど、
董卓、賈駆、陳宮あたりが上手い感じに仕切ってるからノータッチっぽいし。

それと、技術流出は確定みたいな流れだが、重要な技術は出すか?
軍事上の重要技術以外はある程度まで教えて友好を維持する方針みたいだし。
軍事技術流出とかは董卓、賈駆あたりは気づいていたのでしかるべき対策はされるだろうし。
少なくとも、河北の勝者との決戦までに重用技術が流出と言うような事態は無さそうに思えるんだが。
戦場で使ったら普通に真似されるだけだしね。

495普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:26:26 ID:XBo8bdjg
宋国にはステルスが入り込めるからな…軍師同士の密談まで入手されるのは大問題だわ

それを踏まえて柔速出は重要技術を国外に流さないだろ

496普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:30:03 ID:lm9qnxaw
現地の人間の国力判断基準は支配してる州の数だろうしな
中原はやっぱり豊かで人間の数も多いから細かな州になってるし
でかい州はそれだけ田舎の開拓地なんだよ
戦乱で中原の国力は下降してるけど正確な所は支配してる人間にしかわかんない

宋は何気に二州支配してるから単純な数だと孫策、曹操より上なんだよな。この二人1.5州しか支配してないし

497普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:40:08 ID:yukOHNZM
>>495
いや、ステルスと南蛮レーダーはここの2大チートだと思うんだが・・・。あれを基準に考えるのか?
と言うか、ステルスがあっさり進入してたのが宋の防諜ザル印象の原因なのかな?

498普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:44:07 ID:XBo8bdjg
軍師の密談すら〜ってのはザルの印象大だろw
あれじゃそれ以下の情報は筒抜けになるって誰でも思うわ

499普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:45:13 ID:Tr8F5Qn.
>>494
民間技術の重要性に気づくことができ、
技術の発展とともに防諜体制を1〜2年程度だけど整えることができた国

民間技術の重要性を理解していない上に、
ばれると危険なレベルの技術を一足飛びに得てしまい、
民間技術の防諜体制が整っているとはいえない国。

諸葛亮ですら「情報は独占するもの」って考え方なんだから、
やる夫のところを真似して民間に広めた技術の防諜なんて
これまで考えたこともないだろうし、そのための体制も作られているはずがない。


強引に比較するならこんなところか?
救いがあるのは「情報を奪う側(曹操や孫策、袁紹)」も
民間技術の重要性をそこまでは理解してないから、
積極的に探りにはこない可能性があるってところか。

曹操のところは優秀な技術者が一人いるから、その辺で重要性に気づくかもしれんが。

500普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:53:14 ID:XBo8bdjg
>>499
その優秀な技術者は柔速出にとって最優先排除対象に指定されそうw
曹魏の最後の切り札=こいつが居なくなれば何も怖くないwww

ロベルタ辺りがスタッパー送り込みそうだろ。開発中の事故で死亡とか

501普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:56:26 ID:yukOHNZM
>>498
いや、ステルス対策の話ならやる夫の所も大差無い気がww
やる夫&数人が気付けるだけだからね。

ぶっちゃけ、技術窃盗にステルス使うなら、劉備のところに来た技術を〜なんてしなくても、
直接やる夫の所に潜らせたほうが早いww
君主の暗殺防止できるくらいの人員は居そうだけど、全技術情報に対ステルスガードは無理そう。

紀元前に大スパイ誕生とかどんな無理ゲーww

502普通の名無しさん:2011/05/16(月) 15:58:37 ID:Tr8F5Qn.
>>497
印象でいいなら、
・柔速出国で積極的に防諜体制を敷いている描写がある。
・他国視点で柔速出国に派遣した間諜が帰ってこないという描写があった気がする。
・他国視点で柔速出国への間諜を強化しなければならないという描写があった気がする。
(本文の確認してないので、特に下二つは勘違いかも)

自分としては多分この辺の描写が頭にあるので、
柔速出国は防諜体制が他国より強化されているって印象がある。

柔速出国からの視点で他国への間諜がしにくいって描写もないし。

503普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:09:03 ID:eZihPMuU
>>410
史実の孫家ってマジでクズだからなw
元々豪族勢力の寄り合い所帯の上にチョコンと乗っかっているだけの君主だから、
権力基盤は薄弱で、中央集権化や改革に手を出そうとすれば直ぐに暗殺の魔手ががが(ry
そんなこんなで初めからほとんど詰んでるようなgdgdな状況で滅びるまでgdgdしてたのが孫家。

一方、劉表は覇権を争う諸勢力を尻目に内政に励み戦乱を逃れてきた難民たちを受け入れ、
彼らにちゃんとご飯を食べさせていたw

504普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:13:33 ID:XBo8bdjg
>>501
一度見つかったスパイを同じ所に送り込むのは下策と判断するだろ
それにステルスを視認できた者の共通項とか色々調べたり、対策打ってる描写もあったし

尚且つ今ならシャムが見抜くと思う。隠遁で野生の獣に勝てるとは思えんしな

505普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:18:07 ID:Tr8F5Qn.
>>501
個人的なステルスに対する考えなんだけど、
ステルスを見破れる人間は民間含めれば多数いる。
ただし、本文にかかれているように見破っててもいても気づく状況がほとんどない。

「見破れる人がたまたまやる夫の近くに集中していて、
柔速出国内で見破れる人はその数名だけ」というよりは
「一定割合で見破れる人は全国にいる。ただ見破れることに気づいてないだけ」
と言う方が自然だと思う。

で、これを前提にして柔速出国で対策を取るとすると、
「モモの似顔絵をいっぱい作って指名手配」。
これだけでモモの活動が著しく制限される。

あと、孫呉での調査結果次第だけど、
「ステルスを見破れる人は多数いるが、見破れることに気づいてないだけ」
というのを周瑜あたりが知ったら、極力モモを使わないようにして
ここぞというときのみ使う方向に使い方を変えるはず。

506普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:36:36 ID:lm9qnxaw
女性の胸部に興味がある青少年と胸部にコンプレックスのある女性に無効なステルスだから
現場の兵士に不振人物見つけたら即座に声を上げてよいって許可出すだけで有効なんだよな
上層部の女性陣周りにも護衛は置けるんだから

507普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:48:25 ID:yukOHNZM
>>504
いや、見つけられる人の共通項とかは調べてたが、実物で実験できない以上、
実際に頼れるのは、あの場に居て見つけられた人間だけ。
シャムにしたってやる夫に不用意に近づけば気付くとは思うけど、
大都市長安のそれ以外の不審者をいちいち区別してるとは思えない。
要は、中央の意思決定機関の防諜くらいの手駒はあると思うけど、
軍事技術全般に対するガードは厳しいのではということ。
農法にしても軍事関連にしても技術自体は知ってる人間が多いからステルス対策は難しい。
やる夫の玉座の間から逃げ切った能力とかからも複合して考えると、リスクがあるとは思うが十分可能な範囲に収まるかと。

まあ、リスクを犯しても技術窃盗に価値があると認識してる人間は居なさそうだから机上の空論だが。

>>505
似顔絵は有効そうだね。潜在的に見破れる人はそれなりに居そうだし。
でも、似顔絵なら化粧や髪型である程度は誤魔化せるのか?
実際には、やる夫のとこでステルス対策ってどこまでしてるんだろう?

508普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:56:30 ID:pSitMr7o
この同盟の最大の利点は"抑止力になるかもしれない"って事だと思うのよ。
ここ数回の遠征に何ヶ月かかったか思い出してみてくれ。
このままでは天下の静謐完成→武将の妊娠ok→高齢出産ラッシュになる可能性があっていかん。
真紅さんが2国相手取る為のNAISEIと精華チートの新兵器量産する数年間の平和が欲しい所。

ぶっちゃけもう国力や技術で負けると思えないから、
内政と子作りの時間ができる"かもしれない"同盟は良いと思うんだ。
時間あれば時代チート兵器も見られるかもしれないしな。

509普通の名無しさん:2011/05/16(月) 16:58:40 ID:rPdC6CfQ
内調ひとりにそこまで手はかけられないだろ。

510普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:25:05 ID:Tr8F5Qn.
>>509
ステルスを「技術」として発展させて、
部隊として活動してたり育成段階だったりするかもしれんぞ?

柔速出国からは何人いるかなんて分からないんだし。

>>507
技術の諜報は「やってる人を見る」だけじゃ無理じゃないか?

ステルスで侵入して見つかる情報って
遠投投石器の存在(あくまで存在のみ。複製は無理)と鐙くらいな気がする。
手旗信号もそれを目的にして探さないと見つけられないだろうし。

城内で報告書や書物などを漁られるのが一番問題だが、
さすがに、警戒されてる城内には侵入不可能って考えていいと思うんだ。


シャムのレーダーは詳細が明らかになってない以上、どういう扱いも可能。
今のところは「戦術における斥候の発見、陣形の把握」
「やる夫に近づく暗殺者の把握」のみって考えておいた方がいいかと。

シャムの防諜能力を前提に話を進めようとすると、
前提が噛み合わなくて本来の話が進まなくなるでしょ。

511普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:28:45 ID:6l5NABYI
遅れたが読みました、>>1乙です。
目的は「天下の静謐」なんだから、自分達に有利な条件で
条約を結ぶ必要性がないというのがポイントかなと予想しておこう。
解釈上の吟味も重ねて行った上での提携だから、結んで正解だと思われ。

そもそも華北の覇者と真っ向からぶつかる事が予想される宋には
強くなってもらわないと困るんだよね。
あと、自分達にあまり甘みがない提案でもそれを飲むことで
「君たちが不安視してる冊封体制には持ち込まないよ」
という意思表示も兼ねてる感じだな。

あとあまりに柔速出が突出して発展すると、
移民問題といった摩擦が起きる可能性が大だから、
天下が治まったら、その他の国にもある程度技術提供はするんじゃないかなこれ。
最重要のものだけ隠すことを明言した上で、出自をばらす方法っていうのは
「ある程度のレベルなら情報提供しますよ」って暗に条件次第では技術提供の意向ありっていうのが見えるかな。
宋側の帰国後、もしかしたら何かしらの提案の動きがあるかもしれないなと妄想。

512普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:52:46 ID:/Eh/5Rlc
「天下の静謐」が目的でも、進んだ技術ってのは争いの種にもなる可能性だってあるんだぜ…?
まぁ技術は置いおくとしても、名目上相互に助け合う側面があるのに宋側が作ってきた条文を丸呑みってのは、
いくら吟味を行ったところで、対等な国家間ならなおさらありえないだろ。条文自体が公開される/されないはともかく、
見る奴が見れば現状においては明らかに柔速出への負担が大きいわけで、余計な勘ぐりをされかねんし。

513普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:55:03 ID:XBo8bdjg
欲の無い相手ほど始末に負えない者はない
案の定諸葛良が疑心暗鬼になってるし

514普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:57:32 ID:6l5NABYI
条約をさらっと読み直してきたが、あくまで「相互」の「防衛」のための条約なわけね。
ロベルタのQ11-1、Q11-2に対するシグナムの返答が面白くなってくるな。
となると、大体孫家としての狙いが見えてくるが、お土産は一体何になるんだろうかw

515普通の名無しさん:2011/05/16(月) 17:57:34 ID:yukOHNZM
>>510
技術窃盗前提で本腰入れてかかればステルスで十分盗めるかと。手旗の信号表とかね。
でも、普通は新型の超強力投石器の開発とか、誰でも簡単に乗馬が出来る馬具の開発とか、
矢の効きづらい重装備の騎兵とか、長距離連絡手段とかあるとは思わないw
認識していない物を盗むなんて不可能だからね。
まあ、可能不可能で言えば可能だと思うけど、実際そういう命令が出る可能性は皆無と言うのが私の推測。

そもそも、技術格差なんて認識があるのはやる夫の所だけだろうね。あったら精華を遊ばせてる現状は不自然www

劉備がやる夫の所から技術もらっても、(軍事技術とかならともかく)そもそも他国が盗みに来るかな?と言うレベルだよね。

シャムに関してはおおむね同感。都市内部じゃあせいぜいやる夫の暗殺防止くらいだよね。
まあ、それで十分なんだが。

516普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:01:03 ID:er/7hMUI
>>510
似顔絵何かで忍び込んだステルスを追うのが無駄って事。
部隊単位でやってるならそれこそその時に対応するべき問題。
その危険性を追うなら、1人を追うよりも内偵に力を入れなきゃならない。

517普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:02:24 ID:cCSQcjFk
真紅の自信の根拠が分からんな。
今やる夫に騎馬軍団で函谷関から中原に攻め込まれたら確実にアウトじゃね?
やる夫が変なだけで光栄ゲーム的には普通は攻め込むだろうし、結果的には
その方が血と金と時間の節約になりそう。

518普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:07:37 ID:6l5NABYI
>>512
別にけちをつける所がなければ、解釈さえ事前に整えておけば問題ないと思うよ。
丸呑み部分が気になるようだが、そもそも交渉の経緯なんざ公表せんだろお互い。

あと、相互防衛の名前に目がくらまされるが、河北の二人の性格上
この条約の本質は「対河北の軍事連携の同盟」だろう。
一度は曹操&袁紹の心を叩き折る戦を仕掛ける必要がある以上、
柔速出は遅かれ早かれ、劉備軍と連携して動く必要があるわけで。
実はあんまり問題にならないよ。

519普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:14:34 ID:/Eh/5Rlc
まぁこっちの印象が食い違うのはこっちがなまじ他国をメタ視点で見ることができるから、なんだろうなぁ。

520普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:16:41 ID:XBo8bdjg
>>518
曹操・袁紹のどちらが相手でも、宋から救援要請されたら柔速出はまず洛陽を取るよな?
函谷関を落とすのもそれほど時間は掛からないだろうし、司隷を取れば宋との連絡が可能になる
そこから北上なり南下なりすればいいんだから、主戦力は長安から出すのが基本戦略となるだろ

521普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:22:03 ID:GWgKWE9M
静謐という理想は入速出が圧倒的になることで実現可能っちゃ可能。
やる夫の権限を制限し、腐敗しても被害を抑える。
対等というならば宋のほうからもこちらが必要でなくてもなにか大事なものを供出すべきだったように思える。
ただまあ、宋側の知将以外は民間技術の恐ろしさが判らないから
誠意として金銀財宝を超えるものを渡されたことに気づいて無いんだよなあ。
かといって武将レベルでも判る鐙とか渡したら渡したで軍事技術の流出だしw

522普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:28:29 ID:TMpU.QfQ
1,要請があれば、負担は要請側がもつ。
2,地理・国力から考えると、先に仕掛けられるとしたら劉備側。
ってことを考えると、「軍事費」出しますから助けてください
っていうことじゃね?

523普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:35:45 ID:ru/DSZ3.
天下の静謐という面倒な看板掲げながら軍事介入するいい口実ができたって考えればかなりいい選択肢なんだがね

524普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:43:17 ID:Tr8F5Qn.
>>516
似顔絵を兵士に持たせて巡回させるんじゃなく、
街角とか掲示板とかいろんな場所に貼って「民衆に見つけてもらう」。

君主からの告知の方法なんかはもともとあるだろうから、
実質的な手間は「大量の似顔絵作成」のみ。
当時あったか分からんが、版画で似顔絵を量産くらいはやる夫も思いつくだろうし
そこまでの手間はかからんだろう。

1人の場合の対応と複数の場合の対応の両方を同時にやる方が効果的なんだし、
似顔絵の手間と効果がつりあわないってことはないでしょ。


>>515
シャムの能力に関しては、
「他の議論の前提にするなら」>>510程度にしておかないと収拾がつかなくなる。
例えば、「シャムはモモを探知できる」vs「探知できない」のように。

でも、シャムの能力自体を妄想するなら、
レーダーの能力次第では高性能な防諜能力を持っていることも考えられる。
「密集してても何人いるか分かる」「個人の識別が可能」くらいの能力があれば
「その役職では入る必要のない場所に入る」とかで、文官や兵士として潜入してる
間諜を見つけることも可能になる。

525普通の名無しさん:2011/05/16(月) 18:49:58 ID:TMpU.QfQ
となると、怖いのは河北による謀略ってことになるな。
あと孫呉は各勢力に大きな貸しを作れる立場にあるわけだ。

柔速出としては、現在の河北争乱の混乱を狙った諜報戦と、孫呉との早期同盟締結が鍵になるな。
……となると、孫呉には国主の妹がうまい具合に二人いるから分散されられることになるね、ふむ

526普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:04:56 ID:CVYNJZP6
孫策の暗殺はまだないよな。膠着状態を打開するには都合いいけど、まだ時期も早いし

527普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:14:34 ID:yukOHNZM
>>524
シャムの負担でかすぎwww
策敵能力云々以前にシャムの人間としての処理能力の問題で南蛮レーダー防諜は無理っぽいが。
まあ、単発の誘い出して捕まえる系の罠を張る際の補助とかには使えるかもだが。

いや、レーダー保持者が複数居るなら出来るかもだけどね。
重要区画に居るであろう100人単位の人間の動きをを個別に監視とか実際に出来るのか?
と言うか、正直ステルス対策が無いなら普通に見張りを置けばいいだけだし、
ステルス対策を考えても、いつ来るかわからんステルスの為に南蛮レーダー一個使い続けるとか出来ないだろww


まあ、キャラ的にルルーシュあたりがレーダー能力持ってたらそういうことも可能かもだが。

528普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:22:41 ID:PYPkIy5c
恋姫孫策の暗殺は当人がヒロインの呉でしか起きず他では普通にスルーされるよな
覇をとるとかいうのも何時の間にか引っ込めるし

529普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:45:42 ID:QhJ0D2C6
領土的に人材的にも軍事的にも技術的にも「天下統一までリーチだよね?」って現状で
主要交易路を全て握り、未来技術で貧しい土地も並にできるし時間をかければかけるほど有利な状況
天下統一を目指さない前提なら今回の同盟は問題ない
1国と結べば牽制力になるし(ほぼこちらが保護する形でも)

シャムはモモを見つけられるだろ?前提条件的に

530普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:50:05 ID:Tr8F5Qn.
>>527
こんなのできるのは人間じゃねぇって思いながら書いてたwww

現実レベルだと、激しく忍者型の間諜の潜入発見程度かね。
こっちなら、天井裏とか本来人が通らない場所に人がいるのを
見つけるだけでOKだし。

見張りは基本だよな。
……すっかり頭の中から抜け落ちてた……。

531普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:54:08 ID:Rmy1b3os
孫呉がもっと突っ込んだ、下手すると運命共同体レベルの条約を婚姻込みで持ち込んでくる可能性が
そこそこあると思うんだよ、個人的には
他の国が君主しかいないのと違って、孫呉だけは婚姻政策採れるからねえ
そうすれば入速出の次代の王に孫呉の血が入るわけで一族的にはどのみち覇権が取れて問題ない
課題は外戚排斥派のロベルタさんとのすりあわせ位じゃないかな、と思っている

532普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:55:55 ID:GFY21fiI
把握されていないと思われる国力差が酷過ぎて、真紅さん乙状態って予想してる人が多いけど
恋姫原作の技術チート精華えもんがフル稼働していたとしたらどうだろう
しかも真桜じゃなくて精華にキャラ変わってるから、あの趣味優先気味なちゃらんぽらんさはナシだぜ?

533普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:57:01 ID:czpRJ5VI
交易路+2
公明正大な取引+2
技術提供はさすがに軍事はやらないだろう 多分

こんな感じかな
覇権目指してるでもなし確実におきる中原の争いに介入する口実もできる

真紅の余裕はなんだろうな。
今から後ろ攻めてくれば苦戦するけど呑んだ後は強国になるぞって考えか

534普通の名無しさん:2011/05/16(月) 19:59:11 ID:yD..etfc
俺はもっさんが怖いんだが。

武は原作でもトップクラスだったのに頭もしっかりある描写とかで
袁家以上に「これ違う!絶対違う!」と叫びたくなるほど

535普通の名無しさん:2011/05/16(月) 20:03:04 ID:74ipxEn.
元が恋姫で男キャラがいないから、やる夫の嫁入り以外の婚姻政策がとれないのがツライw
ロベルタあたりに男兄弟がいれば、やる夫の方から婚姻政策すすめるってこともできるんだが

536普通の名無しさん:2011/05/16(月) 20:05:04 ID:czpRJ5VI
なあに子供を作ればいいのだ

537普通の名無しさん:2011/05/16(月) 20:05:09 ID:eSIjlQbU
今回の話の内容を踏まえて考えると、実際にはまだやる夫の外交勉強期間だと捉えているのかもね。
遠からず情勢が変わると思っているから、致命的な傷にならない限りは
やる夫に判断させてやらせてると考えると納得出来る部分が多い。
大外戚政権だかって構想も、やる夫を中心に動かす形になるだろうし
そこに備えて出来る限り経験値を稼がせておきたいって考えてるのかも。
あと、基本的に向いている方向が同じな劉備相手では大きなミスは出ないと判断している部分も。
本番は次の呉との交渉になるんじゃないかな。

538普通の名無しさん:2011/05/16(月) 21:08:44 ID:bC6WDp9M
象を見て驚く呉と、バーサーカーを見て驚くやる夫陣営か
胸が熱くなるなw

539普通の名無しさん:2011/05/16(月) 21:20:32 ID:aih7fDkg
>>533
誰かも言っていたが、真紅は柔速出について正しい情報を得てないからな。
領地は接していない上に、諜報全滅でアウト、伝わってくるのは民間からのみ。
益州や南蛮相手に力を示した柔速出を、覇道の最大の障害程度には認めてるから、真紅としては評価してる方じゃないかな。

つーかいくら真紅でも、柔速出が未来知識で内政、軍事共にチートしてるなんて、想定外すぎるわ。

540普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:11:37 ID:eSIjlQbU
>ええ、そうですね。少なくとも戦が一段楽するまでは。
>ですが、我らが一強になりうるのを向うがどう考えているのか…
>自分達が私達の対抗勢力ではなく、第三勢力となればあるいは?
>それと関羽が来たのでもしやと思いましたが、
>諸葛亮の方が雄弁でした。無さそうですね。)

マリアさんの発言だけど、最悪の事態は考えてるっぽいし、一時的な関係になる可能性も想定済みだな。

541普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:27:49 ID:Pq7/Tn3E
そういや年代は良くわからんけど華陀と曹操は繋がりがあった筈だよな
その辺から何かしらの情報得てる可能性って無いのかな?
医療技術限定とはいえ通常ではありえない発展してる事から、なんか予想してたりしないんだろうか?

真紅「頭痛がひどいから何とかして欲しいのだわ」
ない夫「開頭手術すれば直るぜ常識で考えて」
真紅「常識で考えてそんな事をしたら死ぬのだわ!貴様の頭を開いてくれるのだわ!」
華陀の最後はこんな感じだったっけ

542普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:37:14 ID:c0wjxkSY
そういえばそうだったな
うろ覚えだけど蒼天航路では
真紅「薬の配合を教えるだわ!」
ない夫「素人に教えられるわけ無いだろ常識的に考えて」
真紅「ならそこにずっと居ればいいのだわ!」
みたいな感じで監禁して獄死させてた気がする
南に行ったから大丈夫だと思うけど、河北はない夫には鬼門かもな

543普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:40:35 ID:SJnXl2kk
まあ、同盟を結ばないという選択肢はないわけで、
その内容はぶっちゃけ、あんまり重要じゃないと考えてるのかも。

どの道、将来的にも小国分立状態で安定させるなら、多かれ少なかれ
技術の拡散は免れないだろうしね。

544普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:42:27 ID:eSIjlQbU
まだ献帝死後間もないから接触してないはずだけど。
史実のタイミング的に言えば遷都の時期だろうから三国志という物語的には初期のはずだし。

545普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:44:01 ID:e/Ldcl3Y
>>541

史実はともかく、この世界では直接接触したことがあるという描写はない、
少なくともこの世界での華陀ない夫は長安に入ってからは曹操とは接触する機会はない。

あと、9章の前編で華陀ない夫が他国の情報を聞くのは勘弁してくれと言って、
マリアさんが承諾している描写がある。

546普通の名無しさん:2011/05/16(月) 22:51:47 ID:fhreAS4E
奪われた領土を奪還の場合は同盟に反しないんだっけ?
となると洛陽奪還戦は同盟に反しないんだよね?

547普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:04:14 ID:7BMHBWYw
大外戚政権がわからなくて読み返してたんだが、
外戚にならないと発言権が低くなるってことになるのかな?
正后を呉から迎えるとしても権力が分散して押さえ込めることになるってことか?
んで、あれってロベルタも寵愛うける気があるってことでいいんだよね?

548普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:05:20 ID:4mt2ayEs
領土はお互いに協議してから人派遣して決めるとか言ってたからそれ次第でしょ
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1304687831/888,893

549普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:08:33 ID:Pq7/Tn3E
その理屈は通らんと思うなぁ
それを言うなら「皇帝の直轄領」で諸侯の誰の領地でもない

>545
その辺は理解してるけど、曹操を診た事がないとも言ってないわけで
最近ない夫出て来ないからどうしてるのかな?ってのと
ない夫なら過去に診た患者の要請なら再診も断らないだろうし、
ない夫の診察受ければどうしても柔速出の医療技術は漏れ出てくるだろうから「医療技術限定とはいえ」としたんだけど
言葉足らずですまない

輸血と血液型の関係性、感染症と消毒の概念なんかを一足飛びに得てるない夫と
引いては柔速出に興味を持つんじゃないかな、と思ったんだ

550普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:08:39 ID:9.HaKOdY
実際に長安に宋の監視員兼間諜が入って
それが宋からさらに多国に漏れるとして

医療⇒人死にが減るのはいいことだからむしろ率先して広めるべき
食品⇒栄養状態の向上に繋がるから医療と同様
農業⇒肥料も量を間違えれば毒、サンプルを持ち帰ったとして土地との相性を見出すのに何年かはかかりそう
軍事⇒火薬と方位磁針は流石に最重要機密だし製法も含めて上層部が厳重管理してるはず
    重装騎兵は大量に鉄を使うため実現可能かどうかは鉱脈の有無による
    投石機は仕組みを理解できる人材がいるかどうか次第、魏なら精華ぐらいか
    スネーク部隊はそもそも監視員の目につくような場所では行動しないはず

ざっと考えてみたけど合ってるかねえ…

551普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:10:25 ID:eSIjlQbU
>>547
やる夫が大国全てから嫁を取るんじゃね?w
つまるところ、国連の役割をやる夫が果たす。
望まれて統一できるならやる夫としては「アリ」なんだろうけど
劉備のとこは反発するかも。
他の覇権国家とも戦い抜きでそこまでの関係はできないだろうな。
他が争っている間にどれだけ国力を貯められるかが勝負かも。

552普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:18:04 ID:Ul6IkiIc
本スレで真紅やみゆきに、
「チートのこと分かってないでやんのプギャー」
ってやってる奴多すぎてキモイ。

553普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:19:09 ID:bwNmxR1o
いちいち言わんでいい

554普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:24:06 ID:Tr8F5Qn.
>>546
>奪われた領土を奪還の場合は同盟に反しないんだっけ?

条文と質疑応答を見るだけでは「どちらともいえない」じゃないか?

領土を攻め取られても和睦したら、
その後その攻め取られた領土を理由に攻めるのは不可という解釈もできる。
(Q1の「自領土」を適宜更新する考え方)

逆に、攻め取られても自領土として扱い、
そこを奪い返すために攻めるのは認めるという解釈もできる。


洛陽に関しては、「洛陽は現在も柔速出の自領土である」とは
劉備側が認めないかと。

555普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:34:53 ID:Tr8F5Qn.
>>550
投石器についてだけど、上の方でも少し触れたんだが、
そもそも「組み立てた状態」で置いておくとは考えにくい。
なので、見られたらまずいのは「訓練中の遠投投石器」。

また、最低でも「軍事機密に関係する訓練をするから、この時間この場所には近づくな」
って言えるような条件にはしているだろうから、
監視員を通じて遠投投石器の存在がばれるのは考えにくい、かな。
(機密に関する訓練だけじゃなく、「軍事訓練全てに近づくな」という方が
機密関係もばれにくくなるのでいいんだが……)

あと、遠投投石器は「性能と存在」がばれることすらまずい。
コピーできなくても対策を取ることはできるので。
となると、技術者以外でも実射訓練や性能テストを見られるのは防がないといけない。

556普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:46:53 ID:DHTkq7M.
仕組み自体はすげー単純だから概要がわかれば再現も可能だろうしね
ただどんなに隠しても他の国にバレるのは時間の問題だろうし、投石機に頼るよりは次の武器開発に着手したほうがいいんじゃねえかな
クロスボウとかはまだ無理か?

557普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:47:23 ID:lHgmDzUY
それこそ上のほうで言ってた重要度の高い軍事機密を益州や涼州に全部移動させるとかをしたら良さそうだな
さすがに監視員を置くのは長安だけだろうし

558普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:52:00 ID:eSIjlQbU
バネ自体はあるからばね仕掛けを使った武器は作れるはず。
技術開発や合金の研究なんかも、そういう概念がありさえすればやり始められるはずだからすぐに出来るはず。
だからクロスボウも出来るんじゃない?

559普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:57:10 ID:Tr8F5Qn.
>>556
使えばばれるし、
真紅、ナギの想定通りに状況が進むと仮定すると、
函谷関での初戦まで隠しとおせるかどうか、かな。

弩は既にある技術っぽいね。

武器じゃないが、「大部隊による高速の山中踏破」あたりは
現在訓練中じゃないかなぁとか妄想してる。
方位磁針があるからこれまでよりも高速かつ集合率が高くできるはずだし。

560普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:59:01 ID:Pq7/Tn3E
>556
たしか構造がクロスボウとほぼ同じ弩は既に作中に出てた筈
三国志か演義か忘れたけど諸葛亮が据付型で連射可能な連弩なんてのを開発してた
金属弓や金属製の弩はまだ出てないな

火薬が必要な銃器よりも前の段階で、投石器以上に画期的な兵器って何があるんだろう?
ロングボウは馬上の取り回しの問題でセイバーに却下されてたよな?
多分開発自体は続けてるだろうけど

561普通の名無しさん:2011/05/16(月) 23:59:34 ID:SVlTU8PM
>>556
戦争シーンで出番がある弩ってのが、西洋で言う所のクロスボウなんでは? 
この時点で既に連射性や威力とかも、ほぼ実用基準満たしていて弓と補完し合う
重要な兵科の筈だけど。
まあクロスボウ固有の欠点は、こっちでも克服しきれてない様だけど

562普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:03:35 ID:qmxYj00g
もういっそのこと戦車みたいなの作っちゃおうぜ
馬に引っ張らせるんじゃなくて中に兵士10人ぐらい乗せて一斉に歯車回して車輪に連動させてさ
主砲に連弩2門ぐらい付けて周りは銅板でも貼りつければ結構な脅威になりそうだ

563普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:09:11 ID:6HA1pVv.
>>562
ダ・ヴィンチのスケッチにあったようなやつか?
ありゃ、結局動力の問題で使い物にならなかった気がしたが。どうだったけかな?

564普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:11:13 ID:sf8LJaRQ
>>562
ワゴンブルク戦術つってフス戦争時に同じような兵器が使用されてる
当時は手砲や火器が使用されたが、クロスボウや床弩でもでも同じような戦術は取れる

問題は騎兵戦力が強いやる夫側ではあまり効果がないばかりか、相性最悪の戦術を相手に教える羽目になる諸刃の剣
これにドン百姓の軍勢に十字軍がメッタクソにやられて、東欧では中世的な秩序がボロクソに崩壊した

565普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:13:13 ID:wYlWmf66
総鋼鉄製なら人力では動かず無理
木製車体に鉄板貼り付けてるなら油壷で火達磨

内燃機関ができるまでそういうのは無理じゃないかなあ
チャリオットは効率悪すぎて鐙ありで騎乗して戦うほうが圧倒的に強いし

566普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:13:19 ID:ttvdS8co
>ワゴンブルク戦術

ごめん、ワゴンという文字だけでマイナスイメージ付いちゃった…

567普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:13:41 ID:Yr43k2bc
銅板貼ったらのろのろとしか動けないと思う
それで攻撃力が連弩×2じゃ防御力しか期待でき無そう
沢山作って敵を待ち構えるなら……あるいは(普通に砦作った方が早そうだけど)

568普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:14:02 ID:PMQ7B1UU
>>560
どこかの2次小説でコンパウンドボウを使ってたのを見たことがある。
(弓の両端に滑車つき。強い弓を弱い力でも引けるようにしたものらしい)

とは言え、やる夫が知ってたら弓関係の話の時に出てきてただろうし
今から思い出したってのはちょっと不自然に……。

蒸気機関でも作れれば、車や鉄道もあるが火薬より技術的には上だしな……。

催涙弾とガスマスクは……無理だよな。

569普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:17:57 ID:sf8LJaRQ
>>568
初期の火薬兵器に毒物を燃焼させて敵をひるませるものがある
もっとも、火薬兵器は知識があるならさっさと火縄銃を開発した方がいいんだけどね

神槍や十眼銃とか初期の銃は試行錯誤の数々が面白いが、はっきりと非効率さが見えるからなぁ

570普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:18:03 ID:93DczPEM
「ワゴン」ブルク戦術…まさかオプーナさん登場フラグかっ!?

>652
装甲自転車か
装甲の厚さというか重量と踏破性が問題になりそうだが
ってそういややる夫、自転車発明してないな

571普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:18:57 ID:wYlWmf66
>>564
鉄板貼り付けた馬車を盾にして隙間からピストルうちまくるやつか?

移動式簡易トーチカとして防衛戦に有利だけど、『知っている』わけじゃないなら閃くまでは時間がかかりそうな…

572普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:21:05 ID:MXY59urY
いっそのこと、技術より街道の整備などの
人や物の輸送を円滑にするのがいいんじゃないか?
金と時間が掛かるけど効果は絶大だぞ。

573普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:21:18 ID:T4uzxoUA
象が数いれば戦車モドキは出来たかもね
山道とかなら牛集めて後ろから焼き鏝当てるとかやるんだろうけど

574普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:29:18 ID:4D.4fCU6
>>570
自転車は実用性に欠けるだろ。
資源もいるし、高い冶金のレベルもいるし。

>>572
財政状態がどの程度かだな。
それより鉱山資源の探索とかを優先させたい。
後は貿易の準備、船の開発。
技術開発はできうるかぎりすべて研究させたいな。

575普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:40:18 ID:.4UT0Z6k
人の道と水の道はどれくらい整備されているんだろうな

576普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:47:30 ID:wYlWmf66
製鉄業が盛んになると、鉄を取り出した後の不純物(スラグ)がものすごい勢いで出てくるはず
こいつをレンガに転用して道作ればいいってどっかで見たな

馬車のわだちの幅を統一化して、そこだけレンガ敷き詰めれば総レンガ敷きの道よりコスト低いしかなり街道整備進むんじゃね?

577普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:49:04 ID:6HA1pVv.
>>579
規格化とインフラ整備はチートの基本だなぁ。

578普通の名無しさん:2011/05/17(火) 00:53:52 ID:93DczPEM
といっても秦の始皇帝もやってる事だけどね
まぁ再整備する価値は十二分に有るだろうな

579普通の名無しさん:2011/05/17(火) 01:01:38 ID:EF73Xpjk
アーチェリーのコンパウンドボウみたいな、滑車使う弓や弩って作れんもんだろうか

580普通の名無しさん:2011/05/17(火) 01:10:50 ID:PMQ7B1UU
>>579
技術的には可能だろうけど、やる夫が覚えていない(と思われる)以上
発想が出てこないと思う。

覚えてるならロングボウだのなんだのと考えてた時に思い出してるはずだし。

581普通の名無しさん:2011/05/17(火) 01:13:53 ID:93DczPEM
もしそういう技術が出てくるとしても、民間から出てくるって展開のほうが面白そう
民間に技術公開してる理由の一つでもあるんだし

582普通の名無しさん:2011/05/17(火) 02:01:36 ID:PMQ7B1UU
コンパウンドボウの歴史調べてみたら、
発明されたの1969年っぽいぞ……。

こんなのが民間から出てくるなんてちょっと無茶すぎるだろうなぁ。

583普通の名無しさん:2011/05/17(火) 02:31:12 ID:12CM5Ias
そもそもアーチェリーを使う必要性がないからなあ。
騎射に特化した遊牧民族の短弓が既にある訳だし、
そこであえて複雑な機構のアーチェリーを採用するのは技術的・コスパ的に無駄が多いと思う。

584普通の名無しさん:2011/05/17(火) 07:11:29 ID:oo5Vzf/U
複雑な機構ってのは結局それだけ脆くなる耐久性が落ちるって事ですからねぇ

585普通の名無しさん:2011/05/17(火) 07:20:29 ID:mf8abDP.
>        ____
>      /⌒  ⌒\
>    / ⌒   ⌒ \
>   /::::::   (__人__) ::::: \
>   |     |r┬-|     |
>   \      `ー'´     /

本スレで話題になってた笑顔はコレだとどだろ。

586普通の名無しさん:2011/05/17(火) 07:22:00 ID:uel.7FbI
技術と応用に関する事で話が盛り上がっている中申し訳ないが
やる夫の国号は「白」でいいんじゃないかなーと思ってたりする

中原から見て西で「白」の方位だし
そして「白饅頭の国」として覚えや(ryu

587普通の名無しさん:2011/05/17(火) 08:28:44 ID:bPZiml7I
国号に関してはもうだいぶ前にここで聞かれて決まってたような

588普通の名無しさん:2011/05/17(火) 10:02:11 ID:oo5Vzf/U
>>585
いいね!これなら目が無いようには絶対見えない
今までのは目の位置が鼻と同じせいで脳内変化できなかったけど、こっちなら笑顔だGJ

589普通の名無しさん:2011/05/17(火) 10:15:48 ID:yfNxmesc
>>585
ああ、これはすごくいい
改変スレに貼り付けてきたら?

590普通の名無しさん:2011/05/17(火) 10:30:59 ID:a.EPFebQ
>>572
手旗信号での早い伝達、騎兵の機動力での対応、商人の利便性
道路の強化は血管の強化と同じくらい便利だわねローマっぽく

やる夫直属の工兵部隊の兵を指揮官に現地で仕事に当たらせれば
各地の技術も上昇しやすくなるし民間で雇えば雇用も増える

591普通の名無しさん:2011/05/17(火) 12:37:09 ID:4D.4fCU6
異民族の交易を通じての教化、陸のシルクロードと海路を通じての交易、陸路と海路を通す大動脈を柔速出国のど真ん中を通す。
中華に限らず世界平和への一歩だなw

592普通の名無しさん:2011/05/17(火) 12:53:28 ID:SEvBbApw
>591
世界征服による世界平和?

>        ____
>      /⌒  ⌒\
>    / ⌒   ⌒ \
>   /::::::   (__人__) ::::: \

問題はこれだけでも笑顔の表情として成立してしまうことではなかろうか

593普通の名無しさん:2011/05/17(火) 13:32:22 ID:oo5Vzf/U
>>陸路と海路を通す大動脈
現状の領地の形じゃこれが無理なんだよな
ほんと蜀の地は交通の便が最悪通り越してる
唯一の河川路は荊州に遮断されてるし
事実上四川盆地と漢中盆地で国土が南北分断されてるも同然状態
……まあ外から見た勢力に低く見られてもしょうがないかな〜と思える
防御力最高の引きこもり地形の外に
首都で一番の大都市長安があるから中原側から見ると攻め易いし

594普通の名無しさん:2011/05/17(火) 15:16:33 ID:zOWj.hr6
山地を拓くしかないな。
大事業だw

595普通の名無しさん:2011/05/17(火) 15:26:06 ID:PMQ7B1UU
本スレ>>311
携帯等の電子機器の場合、

許容電圧を越えて電圧をかけたら、機器の破壊につながる。

電圧が足りなかったり不安定だったりすると、最低でもフリーズ。
メモリ内容の破損までいくかは分からん。

さらに、電圧計は手持ちがない上に、
構造を知ってても必要な性能を満たすものの再現はほぼ不可能。
(電圧の強弱は測れても、「何ボルトか」を決めることができない)


試行錯誤が可能なら動かすのも可能だと思うけど、
現状、その試行錯誤で機器を破壊してしまう可能性が高い以上、
実際にそれなりでも安定して動かすことのできる電池を作るのは不可能かと。

それに、国としては再度動かす意味があまりないし。
表計算ソフトやデータベース、科学事典が入ってるPCとかなら
動かせればかなり違うんだけどね。

携帯電話と携帯ゲーム機程度じゃ、電卓程度しか使えないような。

596普通の名無しさん:2011/05/17(火) 15:42:04 ID:wHxhERNk
見てるか分からないこっちでレスせずに向こうでレスしろよ・・・

597普通の名無しさん:2011/05/17(火) 15:49:35 ID:vs7Ryrxo
長文だから気を使ってこっちに書いたんじゃね?

598普通の名無しさん:2011/05/17(火) 16:26:48 ID:0DZ9aCXs
なら本スレに一言雑談所でレスしたとか書けばいいのに
前々からこういう人いるけど相手に見てもらうためではない自己満足なレスは程々にしてほしい

599普通の名無しさん:2011/05/17(火) 17:05:49 ID:zOWj.hr6
雑談に自己満足を書き込んだらいけないとか…
話したくないならスルーしろよ。
話したいなら振れ。
それだけの話。
本スレで雑談所にレスつけはじめたら注意しな。

600普通の名無しさん:2011/05/17(火) 17:28:50 ID:12CM5Ias
>>593
陸路と海路がダメなら空路を使えばいいじゃない?w



上のネタとも関連するけど、一度でいいから三国志で対地攻撃や空爆とかする創作物を見てみたいなw
商業作品あたりで現代の軍隊が三国志の世界に飛ばされて……みたいな話はないもんかな。
『三国自衛隊』とかありそうなもんだがなあ。

601普通の名無しさん:2011/05/17(火) 17:36:36 ID:d0lYvibE
そんなことをしたら勝負にならねえ
中期以上粘ろうとすると補給的問題であっという間に枯渇死だし

602普通の名無しさん:2011/05/17(火) 18:18:46 ID:t.ikjiB2
弾薬の製造さえ何とかなれば迫撃砲が大活躍か
ないな、うん

603普通の名無しさん:2011/05/17(火) 18:30:23 ID:HgshSweU
>>585 GJ!

604普通の名無しさん:2011/05/17(火) 18:40:07 ID:W8xkj1n2
火薬の精製はまだだったか
こんだけチートやってて、まだ上があるんだから恐ろしい・・・

605普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:18:49 ID:wYlWmf66
火薬兵器が実用化されると多分手がつけられなくなるぞw

何より技術が多少漏れても大量に配備できないから脅威度あまり上がらないというオマケつき
厳重に管理すべきなのはライフリング切ったスナイパーライフルくらいかな


流石にスナイパーにヤマモトオプションされるとどうしようもないw

606普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:23:35 ID:4LPbWgRc
前半でも出てたがノーベル的な苦悩があんのかな

607 ◆P3cVK955xg:2011/05/17(火) 19:34:49 ID:TH45qe62
>>585,592

いい感じですね。

>>589
ところで、改変したAAって改変スレなどに貼ったほうがいいんでしょうか?

あ、本スレで使われてた>>1の作ったAAや改変したAAで使いたいのがあればご自由にお遣いください。
自作なんて…トレビュシェット位ですけど、あれはかなり手直ししたい気分ですw
改変だと、最近だとセイバーのリリィ化くらい? あれも大部分は他のAAからパーツ戴いて貼り付けただけですが。

              元AA                                    改変AA

        /       ヾト、                   |                 ___
       /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__           |                爪   人.
           厂/ , --  ヽ}}        \}_          |    (二二二===--,--¬ベY弋¬=- 、.---====二二三三、
          fブ ̄/              \ ヽ       |     \:::::::::::::::::/ , --  ヽ}}        \:::::::::::::::::::::::::::::.ノ
         /ィ' /               ヽ.   :ヽ|       |      ∨:::::::/ /              \:::::::::::::::::::::::::\
      ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、       |       イィ' /               ヽ.   :ヽ:::::::/:::::::::::::::〉
  .   // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨      |    ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ   丶:::::::::::::::::/
     〃 〈_/ / /イ',   / ,    / |  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、     |   // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、.  丶/::::::/
  .  /    ∧.イ / /  / /   /  |  | ト、.:::| リ  i:::::iV    |   〃 〈_/ / /イ',   / ,    / |  | | :::l ヽ!!  i  |、::::::::/\
   /   / ,.! .〃 /  / /:l   /   |   | |. |::::|:..}  .!:::::トト     |  /    ∧.イ / /  / /   /  |  | ト、.:::| リ  i  i ::::::ノ \ \
   ,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.Ⅳ i. トi::::|ハ!    | /   / ,.! .〃 /  / /:l   /   |   | |. |::::|:..}  .! .ト/::ヽ ヽ. \
   {   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、| |     | ,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.Ⅳ i. トi |:::::::ヽヽ  \ \
  .     l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ:::::|      | {   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、|::::::::::::::::ヽ  \ ヽ
        j! i:::ハ. ヽ辷ゾ        .ヾ二ソ' /./ |. i:::|      |    l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ .|::::::::::::::::::::ヽ  ハ }
         〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i::|      |   /:::: j! i:::ハ. ヽ辷ゾ        .ヾ二ソ' /./ |. i...|::::ヽ::::::::::::::::ヽ|ノ′
 .      / |  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|    |  /::::::: 〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i..|::::::ヽ:::::::::::::::ノ|
      〈 |  i:::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. ||      |   ヽ:::::::::|  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|::::::人:::::::厂
 .      Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||    |     ̄ |  i::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. | ̄   ̄/
          || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |   |      |  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||    /

608 ◆P3cVK955xg:2011/05/17(火) 19:38:45 ID:TH45qe62
              元AA                                    改変AA


 .      / |  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|    |  /::::::: 〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i..|::::::ヽ:::::::::::::::ノ|
      〈 |  i:::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. ||      |   ヽ:::::::::|  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|::::::人:::::::厂
 .      Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||    |     ̄ |  i::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. | ̄   ̄/
          || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |   |      |  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||    /
         || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|     |      || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
    ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||     |      || !' |ハ:::ヽ .|.`_`ー―v-一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
.   ::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::|  |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄ |       | .|/||::ヽ__〉|     |      ././       ||
    ::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二    |.     __,| .|.=ノ--―':ト、      |    __,,ノ /ー--==,,,,__
 . :/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;  |   '  ̄   V     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l,      , '  ̄`
    :::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::  |      ""ヽ‐-- ∧            ,人 --‐ /""
  /:::::::::::::::::::::::::::::::/          ||          ヽ::::::/:::::::  |        |  ;イ  \ .._____/  ヽ   |
  :::::::::::::::::::::::::::::::/    ,、 - ― :┴: ‐ 、       ∨:::::::::::::    |        ヽ/                     ヽ.../

シニョンぽく見えるところを削ってリボンを他のリリィから戴いたのをつけたのに、左部分のリボンは捏造して、
あとはアゴから下の部分を捏造したりいじったりしました。

609普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:44:12 ID:u1t5FdXE
>>600
気球あたりなら再現可能な技術なんだよね…
高い位置からの陣頭指揮・敵陣の布陣丸見え 高度射撃 初期爆撃(レンガなどを落とす)が可能

天の云々の信憑性が増す1手でもある

610普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:44:42 ID:GfbiQgZc
リリィはAA少ないから
こういう改変は喜ぶ人は必ずいるだろうな

611普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:46:11 ID:yfNxmesc
ああいう所に貼りつけてるとmlt職人が既存のリストに追加してくれたりしますので
AA録の充実やリリィを採用するスレの増加に一助けとなると思いますよ

そしてリリィAAъ(゚Д゚)グッジョブ!!w

612普通の名無しさん:2011/05/17(火) 19:51:54 ID:hyEp4uFM
夜伽の時はリリィなんですね判りまs(風王結界

613普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:02:10 ID:FcEAeydc
リリィと聞くと某エロゲのヒロインが…

614普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:20:00 ID:93DczPEM
前線では青、護衛は白、夜は赤、そんなセイバー
とか自分でもよくわからん事考えてたら
スキル:皇后特権EX
効果:このスキルを持つ者が要請した時、要請を受けたやる夫は他のどんな予定もキャンセルしスキル所有者と夜伽をしなければならない
とか変な妄想が湧いてきた

615普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:26:35 ID:W8xkj1n2
夜は赤って、一番おいしい所を他人に取られてるじゃねぇかw

616普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:29:46 ID:.Ubgr6hc
>>613
ラブラブビー……いや何でもない

617普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:32:05 ID:J7ZUpaOs
>>613
最近出た新作が売れ行き好調なアレか

618普通の名無しさん:2011/05/17(火) 20:44:03 ID:7KRi1Ua2
前線では青、護衛は白、夜は赤、情事の時は黒、そんなセイバー

前立腺を刺激して無理やり勃たせて「射精したから和姦」と言い出すんですね

619普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:05:47 ID:W8xkj1n2
南蛮勢と遊ぶ時は黄色で

620普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:33:55 ID:4D.4fCU6
・・・どうでもいいけど、やる夫既に世界に冠たる偉人だよなw
料理人で、思想家で、技術家で、将軍で、為政家。
後世の曹操以上、今世では並ぶものがないレベルw
そりゃそれで野心も功名心も全く無いですとか言ったら疑うよな。
天の使いか神そのものだわ・・・
そのレベルなら本人が望まなくても周囲や民が統一を望むだろうし
本人に野心がなくても他の国のトップが恐れるよな。

・・・劉備や孔明が「本当の意味で」静謐だけを望んでいればいいんだけどな!

621普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:39:07 ID:tIkt77KQ
一強を作り出すわけにはいかないのです!キリッ

622普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:42:22 ID:4D.4fCU6
医術家ってのもあったなw

医者じゃないんだけどな。

623普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:46:30 ID:7KRi1Ua2
一番怖いのは理解できない相手だから仕方ないね

624普通の名無しさん:2011/05/17(火) 21:55:36 ID:aajia6YQ
能力のある人間ならそれを生かしたい、何かを為したい、ってのがあるんだが
やる夫の場合大元が自分で編み出したもんでもないからそれすらない

曹操とか孔明とかから見たらそれこそ
「あらゆる意味で異常な能力を持ちながらまったく理解できない人間」以外の何物でもないし
そんなもんがよりによって最大勢力の当主というわけだからたまったもんじゃなかろう

625普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:04:30 ID:R31bsVnc
やる夫って後世の歴史に載るとしたらどう書かれるかねw
生まれが不明ってのは珍しくないけど柔速出一党を率いるようになった経緯とか
様々な技術を何処で手に入れたのかとかも不明だろうしw

そのくせ柔速出一党を率いてからは歴史にガンガン介入するだろうから
南華老仙みたいないたかどうか定かでない人物として扱えないしw

626普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:10:46 ID:12CM5Ias
>>625
事績だけを見ると多方面に渡ってあまりにも多芸多才すぎるために、
「複数の人間の功績を1人に集約したのではないか」と疑われるタイプの偉人だと思うw

627普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:13:10 ID:W8xkj1n2
ここから更に好色王の異名まで付く可能性もあるから困るw

628普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:20:17 ID:I.6V77VU
山奥に落ちてきた謎の王様
その饅頭フェイスをそのまま書くのもアレなので仮面をつけてるんだ説が流れる

こどもーのこーろのゆめーはー

629普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:21:20 ID:tIkt77KQ
KOEI的ユニットにされると、やたらとイベント発生の多いキャラにされると思われる
ほぼ毎回イベントが起こって新技術とか新ユニットが登場し、国力とかが跳ね上がっていくのであるw

630普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:23:24 ID:8P/fpugc
>>627
今やる夫のいる世界の未来の日本でも
やる夫達をモチーフにしたエロゲが作ら
れるんですね、わかりますw

631普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:27:28 ID:DsDq4BK.
性別が逆転して乙女ゲーになって携帯で配信

632普通の名無しさん:2011/05/17(火) 22:30:29 ID:G4I5WAF2
白饅頭一人が絶世の美少女に…ワロスw

633普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:09:21 ID:.4UT0Z6k
なんだやる実か

634普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:09:31 ID:R31bsVnc
三国†無双〜ウホッ☆童貞だらけの三国志演義〜

こうですか

635普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:12:52 ID:tIkt77KQ
本スレのネタだが、T&Tは油断するとラスボス臭い奴の代わりになって次のPCと戦わさせられたり、
ファンタジーなのにガチ宇宙に連れて行かれたりする素敵ゲームだから仕方ないよなあ

636普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:14:43 ID:ttvdS8co
董卓が小動物系萌え萌え美少女メイドになるような世界だ
白饅頭の美少女化など容易いはずだ

637普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:39:08 ID:1z30DkLU
本家無双だとどうなるんだろう?

白饅頭が剣もって1000人切り?

638普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:41:31 ID:QIHvhM9U
白饅頭がツボに入って武将の体力回復だな

639普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:46:44 ID:tIkt77KQ
嫁全部がどこからか沸いてきて、敵をハイパワー&数の暴力でボコって去っていく
但し白饅頭のHPが限界まで減って朝になる、もげろ

640普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:52:11 ID:Si4h3a.g
後ろから移動式投石器が付いてきて攻撃とかかも

641普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/17(火) 23:57:15 ID:Ncl9/Wkg
顔の形的に移動ワゴンに乗って攻撃とか

642普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 00:04:10 ID:RzQjtIhE
>>639,640
もはや別ゲーじゃねえかwwww

643普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 00:27:57 ID:PSDGZ0Bg
>>639
何その、固有結界“王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)”……?
とはいえ、もう似たような状況なんだよなぁ。兵士らが捨てがまりをやれって言われたら、
嫌がるどころか志願者が多数出るレベル……。
(ありえないが)覇道に政策変更したら、マジでアレクサンダーの再来と後世に伝えられるぞ

644普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 00:42:02 ID:19SkMpMg
各国がゴリゴリ兵士減らして民間から徴兵してるなかで、漢の正規軍をかなり温存しとるからなあ
中原でガチ最強レベルの騎馬隊も持ってるし
問題は軍師の数が少なめ? くらいかな

645普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 00:49:17 ID:JF7rli6E
最新話をまとめで読み直してて、ふと気付いたんだが
みゆきさんが諸葛亮ということはだな……今回のみゆきさんの
野心うんぬんの人物眼はまったくアテにならないんじゃないかしら
孔明的に考えて。内政チートで、演義仕様だとそこに軍略チートも付くけど
最後の最期まで、人を見る目だけは無かったよねあのひと

646普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 01:01:02 ID:FMXmq/Ag
軍師は少なくともやる夫陣営には内政もしくは維持が可能な武将、
それも都市レベルがいるのは軍師の数の少なさを補っているような。

また軍師の本分である政略は入速出国の国力を正確に把握できないと見当違いになりやすく
戦場においては装備・戦法・思想が違いすぎるので十二分に力を発揮できるかも怪しいというえぐさ。
偽報も手旗信号の情報と違えば怪しまれるし、奇襲しようとしたらギリースーツで奇襲されたとかw

647普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 02:20:37 ID:xhDSth3Q
騎馬隊と言えば、宋と呉は馬の産地持ってないよね。
豫州戦で兵隊減らしまくったけど、騎馬の補充って出来るんだろうか。特に軍が半壊してた孫呉とか。

648普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 02:51:04 ID:POPIQePE
馬はやる夫の所あたりから買うという選択肢もあるはず
ふっかければ金がウハウハだし、売らなくても別に困りはしないし

649普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 09:25:46 ID:xI1JVbEc
なあもし孫呉が同盟に入ってきてさあ、
 袁術よこせ、って言って多数決で勝利したら、劉備は袁術を渡さないといけないわけ?
 内政に干渉できるっていうけど、それって普通に諸刃の剣にしか思えないんだが。
 劉備にしても、袁術がいるから粛々と領土を奪えたわけだし、その正当性もあった。 
 逆に、袁術を倒せなかった孫呉は発言権を低下させたわけだし・・。
 利害がもろかぶりしている奴・・袁術やその部下とか、袁術と取引している商人とか袁術のおかげで領土がふえた誰かさんとか
大反対して反乱フラグにしか思えないんだが。
 それともあれか? 三人あつまったとき、皆さん死んでくださいフラグなのか?

650普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 09:55:49 ID:sVfMtSs.
軍事同盟と将来的に劉備が作りたい合議の場はあまり関係無いから……

あと各勢力の保護下の人物に対する引渡しが多数決で勝てるわけない
どの国もそういった人物はいるからそんなの認めるはず無い議題

651普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 15:59:44 ID:.56kxcXo
超合衆国に参加するよ→非武装で会議に向かうよ→不審だからと国家元首を拉致監禁
既存のルールでは投票権は人口に比例→「うちが分裂したあとはお前の国最大規模なんで過半数取られるから駄目だろ」→国を割るか投票率を20%にしろと監禁した上で脅迫
海中に伏せておいた護衛が奪還→「脅迫するつもり?議員たちを暴力で」ってギアスの超展開思い出した

やる夫「民主主義をはじめるお」

652普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 17:03:42 ID:eIsfbeVc
>>651
まあ、あの時点で神楽耶が悪逆皇帝呼ばわりしたのは
どうかとは思ったが。

アンチ黒の騎士団SSとかでもそこらへん追及したの多いよね。


劉備の合衆国構想はどこからでたんだろうか?
恋姫劉備も水鏡先生が師匠だったけか?

653普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 18:13:24 ID:PSDGZ0Bg
しかし、軍師というだけで農工商を始め内政全般、諜報から修好までの対外交渉・政策
に、戦争ともなれば戦略立案から戦術レベルの立案・準備に至るまで何でもかんでも
やらされる訳だが、最終決定権こそ君主にあるとはいえこうも国の舵取り全般、グランド
デザインまでもが一個人の才能と処理能力に託される(依存する)システムって、いずれ
改正・再編の対象にはならないのかな?

654普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 18:53:24 ID:B26ZkDSw
>>653
その手のは乱世のみにしか出現しない
そして賢人は天下を統一した後は去る(殺されるから)

655普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 19:09:09 ID:axmVrqdQ
>>653
恋姫だから(ry

真面目に答えると、それぞれ専門のスタッフぐらいはいると思うよ。単にモブ扱いなだけで。
軍師というか登場人物は、基本的に最高幹部として統轄して、重要な物だけ口出ししてるんじゃない?
どの道、その辺は全部戦後になってからだと思う。

656普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 19:53:52 ID:0HFOr9ZY
実際、食料の調達の実務を下の方の者がやってる描写はあるしね。
(桂花の食料うんぬんのシーン)

657普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 21:45:19 ID:sVfMtSs.
まあ実際それをやった史実孔明が過労死したし国主の許可が有ればできるんだろうが
恋姫のは軍師が文官を代表して話してるだけだよな

658普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 21:54:30 ID:dMny3QRM
しかし劉備は物事が都合よくいきすぎなんじゃね?
もう少し苦労してもいいと思うんだが

659普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 21:56:32 ID:/mE31yQ.
買って来た茶を投げ捨てられたり賊に囚われたり子供を投げたりか

660普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:01:30 ID:xOXoQDpk
>柔速出領域での農業収入
 領土的大きいけど、大半が山で耕作地は狭いので農法で改善されたとはいえ、中原よりの総収入は低いんじゃないかと考える。
中原は平地が多いので、当然耕作地が広い収入に直結していると思う。
今後は、輪作の実験やら、肥料の効果で休耕地が減るので断然柔速出の収入は高い値で継続する。
将来はともかく、現状は中原を超える農地収入が在ったわけではないって考えてしまったんだがどうだろうか?

661普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:03:39 ID:JqJmry.o
>>660
逆に考えよう
中原各国が例外なく徴兵しまくり戦争三昧で農地収入が激減していると想定するんだ

662普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:03:48 ID:c8ysyI2k
劉備の命運はやる夫の匙加減ひとつだなw
タイミングを図って救援に行って宋滅亡直後に劉備一党と難民拾えれば最高。
戦費分は劉備一党に働いて返してもらうとか。そして騎馬軍団の機動力で電撃戦、
怒涛の逆侵攻だな。

663普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:07:05 ID:DkUzLlqQ
やる夫達の目指す静謐と真逆の方向じゃないですか、やだー

664普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:16:45 ID:c8ysyI2k
やる夫が小国分立を目指す動機は「血と金と時間の浪費」を望まないからであって
単純な平和主義ではないし、小国分立がだめなら統一に方針を切り替えると言ってる。
神の視点の読者からみれば今曹操を叩くのが最善なんだろうな。

665普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:26:20 ID:f.o6Smkc
何がしかの事情で宋への救援が間に合わなければそうなるかもしれないけど、やる夫は望まないだろうな
柔速出の軍師団がやる夫の皇帝襲名を望んでるなら裏工作してでもやるだろうけど

曹操対袁紹が納まったらモブ視点でなんかやって欲しいな
各国やその君主の評判とか旅商人視点でお国自慢とか
萌将伝の龍退治みたいなモブ主役回でもいいけど

666普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:33:31 ID:0aIBsOOQ
>>660
中原は耕作地はあっても、労働人口は減少してんじゃね?
敵対勢力同士がガチで潰しあってるし。
ナギが食料持ち逃げしてるせいで、たとえ現物は有っても経済には結びつかない様な。

やる夫支配地域は洛陽からの30万に元々の住民に他国からの難民、
ここ2年位の戦争でも、他国並に人的損耗が出た事は事は無いし、
繁農期に被らせない用に進めてる。

つか余剰分を真紅に売却できる位なんだから、生産力は推して知るべし、って希ガス

667普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:37:16 ID:lRiT3wzc
Wikipediaで旗振り通信のページ見てたんだが
江戸時代に米相場を伝えるのに当時の望遠鏡・双眼鏡を併用して時速720km相当?
伝える情報量がそれほど複雑では無かっただろうことを考えてもかなりの速さが出るんだな

668普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:37:20 ID:jaW104tE
>>666
三国志の知識がほとんどないんで、日本の戦国時代の
「応仁の乱で荒れ果てた京都、しかもイメージは俺屍」
なんだけど。

実際のところ三国志の漢の皇帝って何やってたの?

669普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:39:52 ID:3sj6fiWc
>>668
跡目争いで死んで、宦官の操り人形になって、死んだら次継ぐ人いなくなって後釜狙って大混乱


多分こんな感じ

670普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:43:30 ID:0KCVIIuI
>>660
中原はやる夫が来る前から黄布(黄巾党)が暴れているので、難民・流民化が戦乱の前から始まってるんじゃない?
現実だと、荊州・揚州・益州が主な駆け込み先になってたし。

後、益州は単に未開拓な土地が多いだけで生産力そのものは高い。四川盆地だけでも適切な農法を行えれば相当の収穫になるかと。

671普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:43:37 ID:olJ4Hiv6
>>662
> 戦費分は劉備一党に働いて返してもらうとか。

まず劉備以下、宋の首脳陣(女性)に身体での返済を
やる夫がせまるシーンを妄想した俺は間違いなく心が
病んでいるw

>>664
やる夫達が目指す天下の静謐の実現に、宋の合州国
構想が障害になると認定されたら、宋も打倒する
んだろうか?

ロベルタやマリアが同盟締結に口出ししなかったのも
その辺の覚悟があったからかな?

672普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:49:20 ID:zTS.2Urs
>>668
お飾り 
宦官が権力を握り腐り放題な所に起きた大規模反乱(黄巾党)が三国志の幕開け
各地で黄巾党討伐で三国志の英雄たちが出現
なんだかんだで宦官始末して勢力争いに勝利(皇帝の身柄を確保)したのは董卓

三国志の時の漢の皇帝は正当性であり御旗でしかないよ

673普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:50:38 ID:f.o6Smkc
>667
光通信ですから

>668
董卓と曹操に頭押えられて傀儡政権楽しいです
曹操の保護下では子供作ったり儀式やったり詩作したり
当時の名筆の一人として名前が残ってた筈
その前から実務は宦官やら役人やらが請け負ってて大した事やってなかった筈だけど

674普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 22:59:24 ID:POPIQePE
>傀儡政権楽しいです

どこの二世皇帝の弟だよw

675普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 23:05:07 ID:zTS.2Urs
でもある程度富が保障されてれば傀儡政権楽しいと思う…楽だし

676普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/18(水) 23:06:52 ID:r0bumIg6
蒼天航路と龍狼伝ではそこそこ扱いいいんだけどねw

677普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:04:01 ID:XInR8/7Q
>>660
中原は平地が多い……んだけど、散々抗菌が暴れて土地が荒れてるのでそうそう
すぐには使えるようにはならない。実際の田畑でもそうだし。
難民や定住させてその土地にあった技術を仕込むには時間がかかる。近隣住人が離散していればなおさら。
柔速出はその逆。それに中国って土地が塩害・アルカリ化しやすいから荒れるとヤバかったかと。

678普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:28:10 ID:i0aJLb.6
抗菌てw

洛陽以東は董卓包囲網で諸侯軍が進軍したのもあっていろいろまずいだろうねー


というかやる夫んとこはこれから益州南部の穀倉地帯にスーパー未来農法が入るのでますます手がつけられなくなると思います!w

679普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:38:52 ID:a12IzI3I
すっごい金と労力と時間と運は必要だけれど、曹操様が中原を統一して技術パクリまくった暁には勝てるさ!

680普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:47:47 ID:XInR8/7Q
oh shit 黄巾ですよ、どうなってんの変換様。
>>679
だがこの外史は曹操様はいなくて不人気様しかいないのであった。
メインヒロインのはずがライバルキャラになす術もなく人気で負けた時点で運は絶対にないw
おや、誰か来たようだ。うわ、なにをす……ぐふっ。

681普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:52:50 ID:7oPrJXDQ
>>680
正直、水銀党員で華琳さま好きの俺としては
いまからでも遅くないから不人気様追放して原作華琳さまを・・・
おや、誰か来た(ry

682普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 00:54:10 ID:zinGs4Io
無印的に捕らえてデレさせてほしいなあ
不人気言われているがここの真紅は原作寄りだから普通に有能だしな

683普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 01:03:08 ID:a12IzI3I
りゅ、劉表の領地はあんまり荒れてなさげだから、丸ごと美味しく頂けば曹操様大もうけですよ!
まだチャンスはある、勝てる
軍師のボケのせいで敵が焦土作戦おっぱじめ、時間浪費したのが尾を引いて負けるとか悲しすぎるじゃないか

684普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 01:03:32 ID:zVv7CN66
だからチンコの遣いとして覚醒し全武将を棒姉妹にしてしまえと(ry

685普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 01:04:23 ID:SiK7pTY6
そういえば真紅って領土がエン州だけだったよね?
なのに10万の動員をやって大丈夫なの?
食料的にも資金的にも酷い事になってそうな。

686普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 01:35:22 ID:a12IzI3I
三姉妹ブーストはないんだったな、そういや

687普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 09:03:53 ID:Z80DrVjs
>>671
「宋が目指す目標」を確認したし、その目標からずれない限りは
天下の静謐の実現の妨げにはならない、って判断したんじゃない?

「戦争が起きていない」は宋が条約を守っているなら問題なしだし、
「公正な政治」もユーフェミア達が目標からずれなければ大丈夫。

あとは、「柔速出の目指す天下の静謐」と「宋の目指す合州国」が
対立してしまって両立できない場合だけど、
話し合いでよりよい政治体系を模索することになるかと。
まぁ、両立しない場合ってのは宋が「手段と目的を履き違えてる」ことになるけど。


「どのくらいの期間平和を維持できるか」ってのまで考慮し始めると
政治体系の形にもさまざまな意見が出てくると思うけどね。
たった250年維持できただけで世界的には長い方だったはずだし。

688普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 09:20:49 ID:JQxqHfbk
ただ、天下百年の為!といって安定するだけで十分だよね
現代日本でも戦争からまだ100年経ってないんだし

689普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 09:34:12 ID:6vw2zd5Y
銀英でヤンが言ってたな
「恒久平和なんて人類の歴史上なかった。だから私はそんなもの望みはしない。
だが何十年かの平和で豊かな時代は存在できた。
吾々が次の世代に何か遺産を託さなくてはならないとするなら、やはり平和が一番だ。」と

690普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 09:51:46 ID:xlUsiSLE
いまんところやる夫とユーフェミアとのズレは小国分立ってスタンス上問題になるようなもんじゃないけど、
逆にやる夫が善意100%で動いてても、時代的に必ずしも好意的に受け取られるわけじゃないしのう。

実際には天下を狙ってるのがいる以上、考えが変わらない限りは防衛に徹するだけには行かなくなってくるだろうし、
現時点では分立っていうには最終的にやる夫が強くなりすぎるんじゃないか、と思うのだけど。まぁ政治的な知識が足りないからそう思うだけかもしれんね

691普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 10:16:20 ID:3X74TIEo
なんでみんな裏切られることにそこまで神経質になってるんだろう、と思ったけど
そういや相手は史実、演義、恋姫の全てでやらかした劉備なんだよなあ

692普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 10:23:32 ID:.RvzCNlo
小国分立っていうほど国の数も残ってないし残らないっぽいしね
劉表の荊州が生き残れるのか河北のナギと真紅はどうなるのか
孫呉としちゃ荊州切り取らなきゃ他勢力に張り合えないから当然動くだろうし

693普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 10:44:52 ID:dSlpzIng
ロベルタとマリアはもともとは、政治腐敗を防ぐ手段としての小国分立志向
だったから、ある程度の軍事的緊張は想定内、むしろプラスくらいには
思っていてもおかしくない。バリバリの現実主義者だし、ユーフェミアの
理想に過度の期待はしてないだろう。

694普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 12:04:14 ID:.RvzCNlo
ユーフェミア劉備の理想の中の『各国の上位に立つ合議機関の設立』がすでに夢物語だからなぁ
話し合いで決着が着かなかった時の武力の行使をどうやって否定するのかまったく見えてこないし
個人的には、共産主義を絶賛するような危うさを感じるんだよな宋の上層部
理想と現実の間には壁があるってのが見えてるのかな?と

695普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 12:18:29 ID:6vw2zd5Y
>>694
経験者がいないんだから、どんな壁ができるのか発生しないと誰もわからんよ
時代考えると、斬新ってレベルじゃない発想なんだし

696普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 13:34:19 ID:.mvxvOt2
メタ視点との状況判断が離れてるのに
キリリッ と締めをしてくれる真紅さんは
不人気ではなくて不憫気だとおもふ

697普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 15:57:20 ID:l/0HDvxo
国を息子たちで分けて別の国として参加すれば投票数的に有利になれないか

698普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 16:08:56 ID:.RvzCNlo
読者視点だと宋の上層部の考えは1州に付き一票っぽいが……

699普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 16:12:41 ID:wmomp/v6
細分化されてる華北が有利になりすぎるだろ。
厚顔無恥なお花畑だと言い出しかねんが

700普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 16:29:40 ID:aQdJMLWU
>>646
まさにフルボッコだなw

701普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 16:34:18 ID:aQdJMLWU
>>661
曹操のとこでも、屯田制をしいた位だしなぁ。作る人が減ってたのは確かなんじゃないかな?

702普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 18:33:42 ID:W2t/Qf.I
黄巾賊との戦いで大量の降伏者が出た。
 その就職先どうするよ? ニート? 無理だろ、常考。
 じゃあ、みんな半農半兵になっちゃえー、で屯田制度だったんじゃね?
 減ったというより増えたと思われ。
 まあ基本、情報伝達手段を吟遊詩人や商人に依存していた時代だからな。
 やる夫の領地が景気良いよ、って聞けばそっちにいくだろうし・・。
 当然、腹黒軍師はその手を打っているだろうからね。
 それと中国は賄賂と汚職の国だからなー、賄賂と汚職に対しての自浄手段として共産主義が出やすい土壌にあるのかもね

703普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:05:15 ID:fIizjNKs
>>695
経験の有無云々よりも、ここの劉備には「戦争も外交も相手あってのこと」
という単純なことが抜け落ちているいるような希ガス。

例えば宋と柔速出以外の生き残った国々のどこも自分達の合州国構想に
乗ってこなかった場合どうするのか、ちゃんとシミュレーション済みなのか
怪しい様にも思えるw

仮に相次ぐ戦乱の結果、宋と柔速出の2国だけになったら、柔速出と共存の
道を選ぶのか、雌雄を決するのか?

704普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:12:21 ID:xlUsiSLE
恋姫劉備はちょっとほら、抜けてるから…

705普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:19:07 ID:.RvzCNlo
恋姫劉備の理想と言動はキレイだけど実際の行動は汚いのを反映して
中華統一後に各州一票の合議制国家<合衆国>を建国で理想実現じゃね?

706普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:28:39 ID:u79jectY
>>694
そういう時の、

っ【集団的安全保障】


仲間内で問題が起きた時に腕力に物を言わせる悪い子がいたら、他の仲間全員でフルボッコにしようぜ!
……おいおい、この時代なら何の問題もないじゃないかw

707普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:30:50 ID:AkGX0Fn6
>>706
秦がやべえから連合しようぜー はお約束

708普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:33:22 ID:Tyn7kgZk
>>706
んで、議会で「内政干渉に当たる」って言い出す奴らが出てきて、
議会が真っ二つになって、結局泥沼の展開から再び戦乱の世になるわけだなw

709普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:37:22 ID:evvEPLv.
>>707
合州国じゃなくて合従国か

710普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 19:39:21 ID:u79jectY
上手いこと言うなw

711普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:16:38 ID:QLiQpz6c
>>694
やる夫は劉備の構想を国連みたいと言っていたけど
多分劉備(実際は孔明かも)の狙いは国連作った状態でアメリカになることなんだよね
小国連立させて話し合いをする機関を作るけど、最大の影響力は自国が持つ
自国が正義だから問題を起こす国には周りを纏めて介入するし、国同士の争いは自国が仲裁する
でも現状で進むと国力的にやる夫勢力がそれに成っちゃうから危機感を抱いてるんだと思う

712普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:36:36 ID:Z80DrVjs
その辺に関してだと、柔速出国側もしっかりした未来像があるわけじゃないしな。

柔速出国での「天下の静謐」にしても、期間を考慮していないことに問題あり。
現在の戦略は、「自分が生きている間」であれば妥当なところだけど、
「少なくとも100年」くらいを加えると熟議しないといけない項目はかなり増えるはず。

そして、戦争終結時の情勢が戦後の体制にも影響する以上、
現在の戦略(大まかには小国分立か統一か)を決めるには戦後のことも考える必要がある。

「100年持たせるためにはやはり全土を統一する必要がある」
という結論がでる可能性もあるわけだし。


あと、ロベルタとマリアの本心ってどのあたりになるんだろう。

「政治の腐敗を少なくする」のを目的としちゃってるように見えるんだが、
(本来目的としちゃいけないものだけどな……)
小国分立では制限君主制を導入できるのは柔速出国だけと考えられる。

小国分立である以上、柔速出国以外が統一した場合よりは政治腐敗が遅くなるだろうけど、
それでも柔速出国が統一した場合よりは早く政治腐敗が進む。

ロベルタトマリアは「小国分立でもいい」
(自国(柔速出国)の政治腐敗が遅ければいいor小国分立の遅さであればいい)なのか、
本心としてはやっぱり「柔速出国が統一して、全土を制限君主制のもとで治めたい」なのか
どっちなんだろうか。

713普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:37:29 ID:KV5PyxUE
宋の懸念は、現状で合衆国構想が進んでも柔速出一強か、柔速出と河北獲った曹操か袁紹の二強になって
合衆国が有名無実化することを恐れてるんだと思う
やる夫はどちらかというと賛同派だけど、取り巻きや次世代も賛同するかは分からないし

714普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:38:10 ID:.RvzCNlo
そうか?
Wikipediaで後漢の領土見りゃわかるけどはっきり言って実用的な領土狭いよやる夫勢力

715普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:39:22 ID:3X74TIEo
>ロベルタトマリア

離して書けばロベルタ・トマリア
普通にありそうな名前だw

716714:2011/05/19(木) 20:39:42 ID:.RvzCNlo
リロード忘れで意味不になってしまった
711宛でした

717普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:48:43 ID:Z80DrVjs
>>711
明記されてない部分になるだろうから、
個人の感想で意見が異なるんだろうというのを前提にして、自分の意見だが、

自国が最大の影響力までは考えていなくて、
「全部の国の影響力が大して違わない状態」を目指してるんじゃないかと。
現状のまま進むと柔速出国が突出した影響力を
持ってしまいそうなのでそれを危惧している。

「宋が最大勢力になるのを許容するかどうか」は判断つかないところ。
次代のことも考えて、「自国ですら突出した影響力を持つのはまずい」
と考えている可能性も否定はできないかなぁと。

>>715
ぎゃーーー。
誤字脱字は注意してはいるんだが、やっぱりなくせない……。
>>1も相当苦労してるんだろうな。

718普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:54:51 ID:fIizjNKs
>>717
> 現状のまま進むと柔速出国が突出した影響力を
> 持ってしまいそうなのでそれを危惧している。

その場合に気になるのが、劉備達が合州国構想がある程度形に
なった時に柔速出勢に「あなた達が1強になるのは合州国構想
上マズイので国力を少し削がせて下さいね(はあと)」と言って、
領土や金品や軍備の他の国への割譲を強要してきやしないかとw

719普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:55:02 ID:X2TvnmEE
中国において辺境は平時には貧乏くさいが混乱期には中央の混乱に巻き込まれにくく、
被害を受けにくいので結果的に余力が残って中央が疲弊すると表舞台に出てくる
でもやっぱり平和になると元々貧乏くさいのでそのまま埋没していく
中国の歴史はその繰り返しだ、などと言ってた作家がいたような気がする

720普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:59:18 ID:fIizjNKs
流れをぶった切って申し訳ないですが、恋姫SSや同人誌を幅広く読まれている方に
質問が。

「○○召喚系のお話」(○○は異世界や別の時代)において、主人公と同じ世界の人間
も召喚されて主人公と合流したり、主人公と対峙したラスボスが実は同世界人だった、
というのはお約束だと思いますが、恋姫2次創作でそういう系統のお話を見た方はおら
れますか?

・もう一人の天の御遣い(もう一人の○ンコ太守)
・一刀と同じ「聖フランチェスカ学園」の女子生徒が実は恋姫世界の君主だった。

みたいなw

721普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 20:59:24 ID:QLiQpz6c
>>716
確かに、司隷以外は
涼:超僻地、馬は取れるけど耕作能力が低い上五胡の心配が有る
益:超山奥、平地が少ないうえに天候上穀物の生産力が少ない
交:三国史でほとんどの勢力が手を出さなかった場所
だしね、農業技術と医療技術が行き渡っても早々国力と人口は上がらないと思う
ただしこのまま劉備が河北全部取るとかにならなければ国力差は残ると思う

722普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:14:01 ID:kgMets2w
国力・人口ともにやる夫の勢力下で十年発展政策、古い言い方で富国強兵を推し進めれば何とかなりそう。
問題はこの作品の中で歴史の速度はどれくらいなのかってとこで。
史実通りの時間スケールで進むなら十年くらいの余裕は楽にあるけれど。

どれくらい何でしょう?

723普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:27:25 ID:CW7.VYW2
原作だとここに来てからどれぐらい経ったとか一刀さん言わないんで時の流れの速度はよくわからない
ぶっちゃけ一年ぐらいで黄巾から赤壁まで行きましたとかでも恋姫ならありうるのが怖いw

724普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:29:40 ID:7RLPC2pA
>>721
あの時代の益州は未開拓地域が多いだけで生産力は高いよ。てかあそこて温暖湿潤で穀物の生産にうってつけなんですけど。
三期作可能な土地も当たり前にあるし、水源に困る事もないし。
正直、あそこの発展が遅れたのは北部からの通行が不便すぎた事から、代々の王朝が華北(平原)にばかり開発投資をしたせいだと思う。

725普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:31:15 ID:Z80DrVjs
>>722
反董卓同盟により長安遷都が190年。
白馬の戦い、官渡の戦い(曹操対袁紹)が200年。

本スレ足跡だと、
長安遷都が1ヶ月目、
曹操、冀州へ侵攻開始が13ヶ月目。

曹操対袁紹の決戦の開始を基準にするなら10年が1年。
終了を基準にするなら5年が1年あたりかな?

とはいえ、原作をそのままなぞってるわけじゃないから、
各種時間の流れは史実通りで曹操と袁紹が他のことを後回しにして
決戦を始めただけ、という可能性もある。

726普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:38:36 ID:QLiQpz6c
> あの時代の益州は未開拓地域が多いだけで生産力は高いよ。てかあそこて温暖湿潤で穀物の生産にうってつけなんですけど。
あれ?確か益州は日照時間が短いとかで野菜類はともかく穀物の生産高が低かったと思うんだけど
記憶違いだったらごめん

727普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:39:02 ID:Z80DrVjs
>>724
そういえば、中国の二つの大河の上流確保してるんだよな。

技術的に不可能だけどダム作れたら戦略兵器的な使い方も可能か。
農作物に水が必要な時に水を流さないとか。
……やったら、血で血を洗う戦国時代に突入するだろうけど。

728普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:44:06 ID:Mi9KyhMA
アルクとの会談に誰と誰が同行するのか気になる。

729普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:46:00 ID:u79jectY
>>724
そうだよね。
俺も「益州の生産力少ない」と言われて「???」となった。
四川は今でも野菜類の一大産地だし、劉備が入蜀した頃も数十万の兵を養うだけの生産力があった。
だがしかし、蜀漢が降伏した頃になると国中からやせ細った人材をかき集めてようやく10万の大台に乗る程度。
北朝鮮以上にヤバイ国状だったという……。

730普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:52:51 ID:7RLPC2pA
>>726
厳密には東部が温暖湿潤で、西部の山岳地帯が亜熱帯から亜寒帯までの気候を取り揃えたトンデモ地形。
だから何でも揃うと諸葛亮や法正先生が絶賛してたんだとおもう。
しかも岩塩も取れるから海と離れていても問題なし。

おまけにガス田もあるしね。この時代は使わないけど。

731普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:56:36 ID:269rqrKo
>>729
戦乱で中原から人口が流れ込んだのはいいが、三国鼎立で情勢が安定すると難民が中原に帰還しちゃったと言うオチが
中原は中原で流出した人口を補うために、塞外異民族の強制移住を勧めて、五胡十六国の遠因を作ってる

732普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 21:57:09 ID:3X74TIEo
蜀に地は塩、鉱石、油田(ガス田?)が豊富に取れるから
やる夫にとっては最高の環境だなあ

733普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:01:31 ID:X2TvnmEE
比較的無事っぽい劉表の領地を魏呉どちらが喰うかが結構楽しみだったり
とはいえ曹操様、んなことしてる場合じゃないよな、今
本当ならもっと早くケリが付いていたというのに…ミントェ……

734普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:09:00 ID:Tyn7kgZk
てか、誰か一人くらい袁紹が万に一つくらいの確率でも勝つ可能性を考えてやれよw




俺? 無理w

735普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:09:27 ID:97KqXCog
>>728
梨花、ロベルタ、カルラかなぁ?
あとサーニャが護衛で

736普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:09:58 ID:XInR8/7Q
原作の時の流れというか黄巾・虎牢関・官渡・赤壁が
数年の間(女性陣の容貌が変化していない・制服が汚れきっていない)に起きてる時点で
あの大兵力、どうやって人口増やしたと素朴なツッコミががが。
人がどこからともなく増えるなら畑が増えたっていいじゃないw

737普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:10:24 ID:X2TvnmEE
>>734
いやさ、これで負けたら曹操が覇者の誇り(笑)になってしまうw

738普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:17:35 ID:X8YOArZ2
>>734
より組みしやすくなるだけじゃないですか
基本戦略には何ら影響を及ぼさん

739 ◆P3cVK955xg:2011/05/19(木) 22:24:39 ID:PxR0QJ1Y
>>720
実はこのスレをはじめてから、
「やる夫はSS(二次創作小説)に興味を持ったようです」さん(完結済みなのでセーフ?)でSSの存在を知り、
慌てて検索して恋姫SSでビールを作ってる話だけは読んだのですが、
ネタ被りがあったら意識しそうと思ってそれ以外は読んでないです。
同人誌もあさっていないので分りません。
お力になれず残念です。

あのキャラがルイズに召喚されたーとかは知ってたんですけど、
SSという意識も無くご立派様が呼び出されるのを某所で知り、それを読んだくらい。
あ、でも書籍になった和風wizは読んでました。SSって意識なしで。

740普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:27:59 ID:xlUsiSLE
>>720
もう一人の御遣い系は腐るほどあるね。二次創作の投稿掲示板とか投稿サイトとかに。完結までいってるのあんまないけど。

741普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:30:59 ID:kH59Z51o
和風Wizは途中で人物把握できなくなって読むの辞めてたけど小説買って読みなおしたわ
紙媒体だとすっと入ってくるのにPC画面だと難しいw

742普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:35:45 ID:fIizjNKs
>>739
>>740
ありがとうございました。2次創作系掲示板等々を漁ってみますね。

743普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:39:54 ID:3X74TIEo
単なる原作恋姫SSなら、「恋姫†無双 シリーズ 外史まとめサイト」
に行くとたくさん読めるぞ
SSだけでなく、ちょっとした小話みたいなのも纏めてあって、すごい量がある

744普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:52:46 ID:Z80DrVjs
>>720
具体的にこれって挙げられるのは、
「演技してるやつ」と「男の娘のやつ」の二つかな。
(前者は同じ高校出身。後者は聖フランチェスカ学園を普通の高校として知ってる)

「史実武将への転生」のパターンも含めるとかなり膨大な数になると思う。
(ただし、こちらの場合「恋姫を知っている」か「一刀がいない」、
「聖フランチェスカ学園の存在が明記されない」など
同一の世界である確証が持てない場合が多い)

745普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 22:55:59 ID:DaMLa7eA
>>742
その手の話は殆ど読んでないので具体的な作品名は思い出せないが
一刀と同じ世界となるとフランチェスカの生徒ってのがやはり多いみたい
以前、春恋*乙女の主人公章仁が恋姫世界にやって来るって話をちらほら見たことがある
及川も登場して一刀とあわせてトリオみたいな扱いの話もあった
及川にいたっては外史の管理者な作品もあったなあ
それ以外だと同じく春恋の不動先輩も見たことがあったような(曖昧でスマソ、コレは記憶違いかもしれん
後はほぼオリ主かな

>>743
量だけで言ったらTINAMIを忘れちゃ駄目だろう

>>744
>男の娘
それもあったな

746普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:06:44 ID:DaMLa7eA
今思い出したが
変わりどころで一刀が『複数』いるってパターンもあるな

747普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:16:52 ID:j5oD.JLo
>>743
外史スレは基本的にオリキャラは基本的に否定的だぞ
サブなら兎も角、メインオリキャラは大抵アウト
それで過去に何度も荒れてるんで、オリ主系はほとんど無いはず

TINAMI、理想郷、なろう探せば色々出てくるとは思うが。

748普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:18:12 ID:ERSE65DU
なんで12章の展開にムキムキしてたのか自己分析してみたんだが
やる夫ものより、恋姫二次創作分を強めに読んでたのが原因っぽい
ヘイトに影響受けすぎだ…

749普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:53:12 ID:0lKietvs
なんか、やけに反発してる人が多かったよね。
実務的には柔速出は中原の牽制、宋は自国防衛がメインだから、やや柔速出の持ち出しが多かったのは確かだが、
文面上は相互防衛で対等だし、最終目標を考えると妥当だったので何で反発してるのか解らんかった。

750普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:59:18 ID:6VtIs11M
俺は単にやる夫が無双しない展開が気に入らないように感じたな
論理的に批判するなら、12章全部見て熟考してからにするだろうし

751普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/19(木) 23:59:39 ID:6vw2zd5Y
恋姫劉備がそれだけ嫌われてるってことなのかね
劉備の提案だから、なのか
それともAA元のユフィが嫌われてるとか?

752普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:00:11 ID:IIQ44Jo2
宗欲張り過ぎじゃね? とは思ったが、最終的に宗の方が圧倒的に得するなんて事は
無いだろうし、考えすぎだと思うよ

753普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:05:04 ID:oj/ZdSKE
最終目的にはまだまだ遠いと思ってるからな
勿論名目だけでも互助軍事同盟自体は結ぶべきだが、その内容がな
今でももう2段階は状況が進んでから改めて結び直す内容だったと思ってる
最低でも河北が決着して孫家の目論見が読めてから

754普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:06:04 ID:TRNLPNjg
>>749
神の視点で中華最大勢力を誇る柔速出と滅亡の危機が迫る弱小国宋が対等の条約というのがカチンときた理由という線もある
というか俺はそういう風に気に食わなかった


せめて滅亡の危機がなければ…
まあ袁紹・曹操・孫策・弱いけど同族の劉表に囲まれてて拡張しようにもできないんですけどねw

755普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:15:46 ID:dzN1e6Y2
読者はメタ視点で見られるから、やる夫の方は一種強者の立場からの寛容で、
劉備側の同盟受け入れたのに、
劉備側は、柔速出側の底の見えない力や現代人的感性に対して
過剰に警戒してるので、不義理に感じるからじゃないの?

756普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:18:24 ID:9FaEz1qA
>劉備以外の宋の面々
ま、光栄ゲーなら他国に真っ先に食われた後、プレイヤーに人材ハイエナされるのは確定だわなwww
さながら立志伝5日輪シナリオでの武田よろしく……。風林火山美味しいです。

757普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:19:11 ID:GU3D4jy2
多分6割くらいの人はやる夫最強なのに!って感情が根底にあると思うよ

758普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:19:44 ID:Eyz2UaF6
自分の場合は宋の態度でかすぎ、と言う極めて単純な感情論
ろくな手土産も持たずに良いご身分ですねと言うか、そんな刹那的気分の問題
>下手をしたら合州国を乗っ取られる可能性も
とか自分たち側から申し出てきて被害妄想てんこ盛りなのもお前なぁと怒ると言うより呆れた部分だった

759普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:21:31 ID:7AyoYOcs
やる夫の勢力は軍事的には圧倒的優位なんだけど、
やる夫の感情を考えると、
兵士の死や、セイバーが生死をさまよったのが
同盟の決め手になったように感じるw
俺はだけどw

760普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:21:53 ID:uUOUj.tM
外交の手順としてどうかなぁというのはちょっとあった。

・実質的な交渉の開始が君主同士の会談である。
普通なら、下の方で条約の内容を詰めて、
最後に「すでに内容の決まっている条約」を君主同士が結ぶ、かなと。

とはいえ、今回の場合「ユーフェミアの考え方」が条約を結ぶ上での
重要条件になっていたようなので、納得できないわけじゃない。

・条約の条文の決め方。
片方が最初に出した案を相手がそのまま丸呑みするなんてのは
一方的に差がついてる状況じゃなきゃありえない。

「両国が条文案を持ち寄って、双方が歩み寄る」か
「条文案を作る段階から両国で話し合う」ような形でやって欲しかったなと。

実際、マリアはスパイの問題は出てきそうだという判断をしたわけなので
条文の段階でスパイを防ぐような対策も可能だったはず。

761普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:23:55 ID:Eyz2UaF6
さすがに現実的な詰めの作業でかなりの制限はつけたんじゃないかな
正確には制限と言うより「諜報が露見した場合のリスク拡大」
でないとさすがに防諜担当ロベルタさんが黙ってないでしょうし

762普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:37:10 ID:uUOUj.tM
>>761
質問のところでマリアさんが「織り込み済み、と。」と引いちゃってるのが
一番引っかかってる部分かな。

ここで、「詰めの部分での対応」をマリアさんの内心あたりで
匂わせてくれればすんなり納得できたような気がする。

763普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:41:10 ID:Eyz2UaF6
>>762
諜報関係は次回やるよって作者さんの感想に書いてあるんで楽しみにしていたりする

764 ◆P3cVK955xg:2011/05/20(金) 00:41:23 ID:.FTZ00AI
土日のどちらかには投下しますのでー

前回の解説というか釈明というかをしてますが、ご期待に添えればいいのですけど。

・やる夫の一言でたぶんミスリードさせてたんだろうなと今になって反省。
・「書いてないから無いこと」と、「書いてなくてもあって当たり前」のことの意識の差

あたりは補えるのではないかと。

765普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:47:42 ID:tShTe81s
うい〜

766普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:49:33 ID:13XTmWQk
まあ、外から見たら、劉備は中原の2州持ってるのに対し、やる夫は中国的には田舎の土地ばかり。
さらに、やる夫は落とすのが大変な益州攻めと異民族の侵攻が2回もあって疲弊しているのでは、
と言うような感じに思われているかもなんだよね。

実際はありえないくらい被害は少なかったと思うんだが、外から見たらそんな事は解らないからね。
やる夫も偉ぶるような人間でないし、舐められてるというか過小評価されてる可能性は無きにしも非ずだよね。

正しく、脅威と認識されても国力を示した方がいいのか、多少舐められても手の内を隠した方が利益があるのか、
そのあたりのさじ加減は微妙だが。
まあ、国力を背景に不利な条約押し付けて反発されるのは目標を考えると微妙なので、
もっと毟り取れと言う空気はどうかと思うがwww

いや、劉備はそんなに嫌か?wwwと言う感じ。
実は原作やってないんだがそんなに酷いのか?

767普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:51:09 ID:13XTmWQk
今週も投下ありだと!

やったー。

768普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:51:46 ID:r4pNdCo6
> 土日のどちらかには投下しますのでー
楽しみにしています

後前回の読者の反応についてはそんなに気にしなくても
それだけ盛り上がった事でもありましたし

769普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:55:22 ID:9FaEz1qA
>>766
本スレないし雑談スレの過去ログ見れば解るが、まさにフルボッコだ。
擁護の意見なんざ、殆ど無い……。まあ、アレをフォローすんのは某弁護士でも
至難の業じゃないかな?

770普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 00:59:50 ID:c/Z/hebE
>>766
おっぱいのでかいエロ娘、以上

771普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:04:30 ID:HDcr8j3M
>前回の解説というか釈明というかを
シャムの腹ペコ買い物記-始めてのお給料-か胸が熱くなるな

772普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:12:28 ID:TRNLPNjg
恋姫原作劉備さんは結構かわいそうな子
蜀ルートではあーぱーヒロイン枠なんだけど他ルートでは話の進行の矛盾点を押し付けられる不遇キャラ


例えば魏ルートだと曹操の覇道は許せないので平和を望んでるけど戦っちゃう
魏の勢力は圧倒的だが降伏するつもりはない
なのでお前が今まで話し合いで平和解決できたのは相手が劉備の叶えられる範囲内でのちっちゃい望みしか持ってなかったからだとか痛烈に皮肉られちゃう

773普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:30:30 ID:zTBg1CuQ
劉備は理想デカイ割に努力してるとこあんまり描かれないからな
たまにあってもサボったり仕事嫌がってる描写があって台無しだし

774普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:37:19 ID:Rf4mP4oY
将が出払ってる時に宣戦布告無しで、大群で都を攻めて来たり
いきなり、前に同盟組んだけどやっぱあれ無しな
とかやってるからな、これは劉備じゃなくて脚本の問題な気もするが

775普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:48:49 ID:mDHLh37E
劉備側の提案が弱小勢力ほど都合がよく見えるのがな、大勢力ほど領土の分割とか割り食うのをどう収めるのかが見えないとか
それを力づくで推進するにしても背景に国力が必要なのはわかると思うのに国力は各勢力中最小なあたりとかな

あと条約の方も確認だけして丸呑みじゃなくて何かしら柔速出側で要望なり修正をいれないと他の勢力に舐められるか、始めから守る気が無い空約束だと捉えられる気もする
少なくとも柔速出は異民族と接しているから提案を柔速出側から提示した事にするとかの外交パフォーマンスをいれないと侵攻を誘発しそうで怖くもある
タイミング的に南蛮侵攻で国力が落ちてるから弱小勢力の都合のいい提案を鵜呑みにするほど弱ってると誤解を与えかねないからね

776普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 01:53:29 ID:qauVsErM
>774
魏の領地通って袁紹から逃げる時、華琳から、
その内潰しに行くからそうならない様に精々頑張れ。あと、潰した後はお前と愛紗は性奴隷にするから
とか散々脅かされてるからな

三国君主の中で、理想と現実のギャップが一番大きいキャラだから一刀さん居ないと余裕がないんだと思う

777普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 06:48:42 ID:60JBoxtA
開発者にもめちゃくちゃにヤっちまいたくなるコですと言われる劉備さんェ

778普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 06:59:59 ID:Y1VdHHMo
開発側のしわ寄せを一手に押し付けられた子ですから……
てか、ほんとリソースをちゃんと割いてやれよと。

779普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 07:40:07 ID:.nG/wrb.
先制攻撃の禁止の条文と劉表を攻めるだろう孫呉への対応が不十分なのが気になったな。
宋は真紅からの侵攻があるのを予想してるのに、河北の統一を自国に攻め込まれるまで指をくわえて
待ってるような印象を受けてしまった。
無論、抑止力としての同盟締結なのは理解してるんだけど、やる夫に断られたら劉備はどうするつもりだったんだろう?
原作の劉備なら「話し合えばわかる!」とか言いながら結局戦争して曹操に皮肉られるんだろうけど。
今回の条約は「曹操と孫策が地盤を固めて強大化するのを待ってあげましょう」という誰得条約にもみえる。
「天下を獲れる機会を逃せば天運が潰える」という結果にやる夫がなりそうで怖いのよ、中国的に。

780普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 07:46:54 ID:kl0c8qzE
>>776
蜀ルートの劉備さんは負担が半分以下になってるから色々余裕あるんだろう
他と違って自分の理想がある程度現実になってる未来について一刀さんに教えて貰ってないから、
本当にできるかどうかの確信がないってのもあるし
ていうか、蜀ルートでの仕事量とヒーヒー言ってる状況が倍になってて他勢力が一刀効果でブート
掛かってる別ルートで、彼女が少しぶっ壊れてても仕方ないw

781普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 08:49:09 ID:L3Oxy6b.
無印だと劉備枠に一刀が収まってたんだっけか。

782普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 12:45:15 ID:o1Ep3LzM
そういえば地勢的に国号は蜀にするのかな?
いっそ捻って蜀の人という意味で「蜀er(ショッカー)」とかw

783普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 13:07:08 ID:dWCwXm56
どこの勢力の国号?やる夫勢力ならもう決まってるらしい……とりあえず蜀じゃ無いらしいけど

784普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 13:07:54 ID:vJKsdOhk
>>782
今度は間違えてこの外史にディケイド来ちゃうでしょwww

785普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 16:59:05 ID:13XTmWQk
益州が本拠と言うわけじゃないから蜀は無さそう。

786普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 17:26:45 ID:13XTmWQk
それにしても、宋とは不可侵条約だけにして他を食いに行けば速攻で終わりそうな状況だよね。
河北、中原は真紅との決戦中のナギの領地の司隷と并州あたりを切り取っていけば、真紅が強大化することが無いので、楽に終わる。
呉の方は荊州を飲み込んだ直後くらいにまとめて侵攻すれば終わりそう。
殴りかかるタイミングは考えないといけないだろうが、他が弱小だったり、戦争中だったりする中、一人だけ安定だからなぁ。
不安要素は異民族なんだが、それだって一回ずつ殴り倒してるし、交易もそれなりにしてて友好度も高そう。


この場合の問題は劉備が不可侵条約をどこまで守るかか?

787普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 17:28:21 ID:0RnL9RDg
しまった。君主が関中王で、部下の女性陣といろんな意味で親交が深いので
国号は「姦」とかやられるのを想像してしまった。
いや、十二国記だと音読みが同じで漢字変えてくるから……ねえ。

788普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 17:39:37 ID:Rf4mP4oY
「姦」なら女3つで3姉妹に見えるから、劉備勢の方が似合うんじゃねえかなあ
とか、文字の意味を無視して考えてしまった
やる夫のとこは「嫐」で

789普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 18:31:02 ID:9FaEz1qA
>>786
最高のタイミングで横合いから思い切り殴りつける、か……。
一番良いのは袁と曹、両方に物資や情報なりを供与して思い切り泥仕合演じさせた後、
ヘロヘロになった所を纏めて墓穴に蹴落としてやれるなら、願ったり叶ったりなんだがねー。
向こうさんもそれは読めてるから、ホイホイと乗りそうにない所がな。
呉に対しても、積極的には無いにせよ「嫌がらせ」の一つもするのも手だけどなぁ。あいつら
野放しするのは、宜しくない

790普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:15:11 ID:oj/ZdSKE
>>786
それだと覇王ルート一直線なのが問題じゃね?
現状やる夫自身が統一するつもりが無いからこんな回りくどい事をしてるのだろうし
合衆国構想にしろ小国分立にしろ、自身が大国になったら水面下で反発を生むのは火を見るより明らかだからな
幕藩体制みたいなのを敷くというのもあるだろうが、制度的にな……

791普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:20:38 ID:L3Oxy6b.
必要があれば統一にいくかも、ってスタンスだっけ?今は分立の方針だけど

792普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:31:29 ID:dWCwXm56
戦争しないでこのまま安定するなら自分から統一には行かないってだけっぽいし>やる夫
各国が安定せずに領地の取り合いを続ける場合は動くかもねやる夫

793普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:33:30 ID:f2.xCF7c
何だかんだで覇王ルート選ぶのが一番安定感のある平和への道のりだったりするしな。
上手いこと間諜使って相手に宣戦布告させるように持って行ったりとかすれば、
「噛み付いてくる相手を片っ端からボコってたら中華統一しちゃったでござる」
ってな感じで建前的にはいいかもだけど。

794普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:43:14 ID:13XTmWQk
>>790
いや、覇王ルート行ったら速攻で終わりそうじゃね?という話。

内政能力が高いだけに、一定以上領土を取ったらワンサイドゲームだし。
万全の内政と策略と技術の支援を受けた呂布無双とかどんな無理ゲーwww

795普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:45:06 ID:xNesMz02
ああそっか
制覇勝利目指すとすぐ終わっちゃうからやる夫はこういう方向性なのかw
メタ的にすごく納得

796普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:45:20 ID:UF0aTNJk
つか覇王ルート行くと他所が同盟結ぶんじゃなかろうか
反董卓なら前回それなりに纏まってたし
なので劉備と組むのはそういう事に対しても抑止力となる気がする

797普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:45:49 ID:oj/ZdSKE
>>794
速攻でゲームクリアだろうというのは概ね同意
クリア後が面倒だろうけど

798普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:47:28 ID:P1NpcWyc
天の知識でブーストかかってるのに
知識抜いたガチの殴り合いでも勝てそうってところでもうすでにおかしい

799普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 20:53:58 ID:.nG/wrb.
落としどころをどうするのかワクテカするな。五胡の南進を同盟組んで防ぐとか?
萌将伝にもっていくには一刀さん並のチ○コ力が必要なのだが。

800普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:00:14 ID:t3fYQjK.
やる夫も外見からしてチンコ頭の異名を持つからチンコ力では互角だな

801普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:11:13 ID:.B4Ya.FA
そういえば、ここの世界はゼロの概念って
知識あるのかな…
原作準拠なら普通にありそうだけどw

802 ◆P3cVK955xg:2011/05/20(金) 21:17:26 ID:ICXcSlCM
明日投下できそうです。とりあえず本編分は122レス分で完成。見直しで増えるかもしれませんが。

これからおまけ分作ってきます

803普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:19:36 ID:f2.xCF7c
よっしゃあ!

804普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:21:27 ID:arRkz4Yg
乙!

たのしみにしてます。

805普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:24:17 ID:tShTe81s
イエ〜イ♪

806普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:32:31 ID:ViFllgl6
投下確定だ!バンザーイ!

807普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:40:04 ID:9FaEz1qA
桶、把握。もし日曜だと月一の卓ゲーのセッションと被るから、困る事になったぜ……。
しかし、最近ペース速いな。筆が乗ってるんだろうけど、リアルも大事にして欲しいな

808普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 21:41:48 ID:y/0KzKPg
楽しみにしてます
サーニャ可愛いよサーニャ

809普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 22:26:48 ID:Oc0JCkHE
>>795
その辺はやる夫が曹操のとこに落ちてきた物語「やる夫無双 覇王伝」とか
劉備のとこに落ちてきた物語「やる夫無双 流浪編」とか
孫策のとこに落ちてきた物語「やる夫無双 立身出世伝」とかで1さんがやってくれると思うよw

810普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 22:39:02 ID:JugTXamY
>>809
次回作を同時に3つも要求するとか鬼畜だなオイww

811普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:01:15 ID:vJKsdOhk
>>795
その場合、董卓軍メンバーがどうなるかだなー。
恋姫原作と違ってバラバラにはなりそうにないし。

二次で結構袁家ルートとかるけど、
この世界の袁家には行きたくねーわwww
原作より有能ではあるけど、その分むかつき度がUPしてる。

812普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:09:07 ID:0/wy5JKM
>>811
本家の漢女ルートが事実上の袁家ルートな件

813普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:11:41 ID:IIQ44Jo2
原作より有能だからってお得だって訳じゃないよな

814普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:19:00 ID:f2.xCF7c
そうだな、原作に比べて胸が激減してる時点で着いて行く気にならんわw

815普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:33:59 ID:OTqoeGAU
袁術もざんげじゃなくて残念な人だったな

816普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:43:21 ID:vJKsdOhk
正直、ざんげじゃ印象薄いしなー。

袁術の方はそこまでムカつかない。
腹黒いなー。で済むレベル。

817普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:49:37 ID:wNTQ.ZBw
>>809
一瞬みたいと思ったが今スレのオチもついてなかったなw

818普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/20(金) 23:59:56 ID:Rf4mP4oY
この宇宙(外史)には、無数のやる夫がいる!来たれやる夫!

819普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:03:02 ID:Gy0nPEoQ
>>818
スーパーやる夫大戦

820普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:10:49 ID:aXA7AZjc
>>818
負け戦となり首置いてく寸前に…、
やる夫「助けにきたお!」
やる夫「お前が死ぬと、こっちのやる夫も消滅しちまうお!」
やる夫「そういう事だお!」
――って事になるのか、悪夢だな

821普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:26:05 ID:DtLinuVE
101匹やるちゃんとかどっかの動画投降サイト掲載のキワモノプレイ動画みたいなことになるのか

822普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:27:31 ID:mGzcTw9I
> この宇宙(外史)には、無数のやる夫がいる!来たれやる夫!
エルフを狩るものたちにそんなネタが有ったな
別世界の自分を召喚して力を借りられるようになったけど
その呪文の発明で自分自身が時々別世界に呼ばれる様になってしまったってオチ

823普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:36:09 ID:e5kN72RA
なんか最近のスパロボのラスボスにそんな設定の奴がいたような

824普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:44:32 ID:0Xbf.8TU
うーむ、石馬戒厳を知らない人結構多いんだなあ

825普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 00:45:10 ID:QZsUZjdg
ビッグボディかと思った

826普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 01:19:52 ID:Gy0nPEoQ
平行世界のやる夫を皆殺しにして
母親のクローンと恋愛する漫画じゃねえの?

827普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 01:37:15 ID:mGjzXUcw
今すぐ「石馬戒厳会話集」で検索して動画を見るんだ

828普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 08:18:36 ID:3IfvC5Dk
定光か・・・ついでにニトロワwww

829普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 08:53:06 ID:Egxsjm/w
てっきりRXネタかと思ったよ

830普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 19:03:31 ID:Vl0SQHDg
定光最終巻だけもってないんだよな…て、あれ完結してんだよな?

831普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 19:11:42 ID:bN1eFgME
完結してる!・・・はず

個人的にはもっと続いて欲しかったけど

832普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 19:55:12 ID:mGjzXUcw
前の投下から、たった一週間で約500レスも書き込みあったのか
今日の投下が終わったら次スレ要りそうだな

833 ◆P3cVK955xg:2011/05/21(土) 19:55:44 ID:ygGEW22M
21:00から始めます。
合計171の予定です。宜しければご笑覧くだされ。

834普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 19:58:34 ID:WlMt2DMg
あぶねえあぶねえ…。
危うく靴下を脱ぐところだった。

835普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 20:00:56 ID:cR3eW.5s
今日は投下が多いなぁ…
4つほど同時の追うの疲れるぜ

836普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 20:06:38 ID:mGzcTw9I
あと1時間くらいか、楽しみだ

> 今日は投下が多いなぁ…
> 4つほど同時の追うの疲れるぜ
やっぱり生活サイクル的にも土日祝日は投下が多いよね
平日の朝6時からとかやられても読むほうも困るし

837普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 21:28:22 ID:c98R8yMA
あれ、苦肉の策って赤壁の黄蓋さんが由来じゃなかったっけ

838普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 21:31:25 ID:Vl0SQHDg
>>837
まあ、恋姫ですからw

839普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:02:33 ID:LTeAQRZ.
海といえば海運が真っ先に来ると思ったんだがなぁ。

840普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:04:47 ID:W.7opSOM
>>839
だってやる夫の領土で海に面してるのは少ししかないし
何処と海運するんだよ

841普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:15:15 ID:5Ae27RR2
海と言えば塩、あと魚だろうw


そいやノリは養殖に成功しても栄養になるのは君主の血筋の人間だけなんだよなw

842普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:19:04 ID:Egxsjm/w
つか中国では魚=川魚ってとこのほうが多いのでは
川自体が日本と桁違いにでっかいし海に面してないところのほうがはるかに多いし

843普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:20:02 ID:LTeAQRZ.
>>840
より正確に言えば造船技術(船の構造とか、造船方法)、航海技術(羅針盤、六分儀)などの海運関係。

844普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:20:06 ID:K1ZYjo9E
川魚がダメでも、俺たちには田ウナギがあるじゃないか!

845普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:24:07 ID:LTeAQRZ.
個人的にセイバーは、上等な感じのギャップ萌えだ。
堅物(恥じらい)なイメージと、淫ら(のめり込む)なイメージのギャップ。

846普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:26:28 ID:b9Yi0ecw
大陸だと岩塩から塩の精製が基本らしいからな
世界的な比率で言うと、海から精製してる方が少ないらしい

847普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:27:52 ID:MlDuG0TY
海水→塩田→にがり

これは豆腐フラグ!

848普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:28:24 ID:OU7zEYRs
>>840
インドや東南アジアなんかとの貿易でかなりおいしいらしい。
恋姫世界だとどうか知らないけど。

849普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:29:24 ID:YLjLxtyQ
>海と直接面しましたので、
>貿易路が圧倒的に増えたのです。
って言ってるから増えたのは確実かと

850普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:34:07 ID:/DokEpMY
入浜式塩田とかどれだけの富を生み出すのだろうか?w


あと、憲法については大分穏当な部分に落ち着いたね。
とは言え、中世の根本法(=国王と言えども従わねばならない高次の法)のレベルまで
1000年分の時間を飛び越えているのだから、それでも革新的な内容なんだろうけど。

851普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:34:10 ID:5Ae27RR2
>>849
とりあえず港と灯台は必須だ
ファロス灯台とロードス島の巨神像とモアイ像もハンマーに余裕があればやっときたいなw

852普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:35:38 ID:DHUGoR7s
あとはやっぱ船舶そのものの技術革新が欲しいとこだなぁ。

853普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:36:06 ID:K1ZYjo9E
>>851
おいおい、ダイクと港も忘れないでくれよ

854普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:36:36 ID:j0fK5cYQ
>>848
インドはともかく東南アジアってこのころどんな情勢だっけ?
林邑出来る前?もう少し時代下った頃なら分かるけど、海の交易路確立してたかな。

855普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:36:54 ID:RBmqemfk
正直正確な座標がない状態でオーストラリアとか概要を目指すのはリスキー過ぎるw
当面は東南アジアの植民地化を目指すべきだな。
植民地化というよりは領有だけど。

856普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:37:46 ID:Fnm9ZVf.
流石に造船の知識を高校生に求めるのは難しいんじゃないだろうかw
この時期の船がどんなもんかわからんけど、帆船以上になると一気に蒸気船になってるイメージ

857普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:38:48 ID:RBmqemfk
>>856
鋳造技術が高くなれば竜骨を金属製にするとか出来るんだろうけど。
・・・帆船模型とか、結構高いから作ってないだろうなw

858普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:39:22 ID:AfJ1QMOM
憲法は君主たるもの民や家来に裏切られるならそれまでと考える恋姫華琳ならユフィより意気投合しそう。
乾物とかの高級品もあるし、この時代に正確にあるかわからない血抜きとかで生ものの販路の拡大、
香辛料による消費期限の増大等の食品の革命。結果として兵站・兵糧への寄与。
造船技術というか竜骨船ってちーとですよね。三年後に鉄鋼船でたら死ぬ。

859普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:40:38 ID:AN/KUw1M
そういややる夫って数学とか物理とかの基礎学問とか伝えてんだろうか?
座標、ベクトル、関数、微積分、力学、電磁気学、熱力学etc
こういうの研究しとくのも後々のことを考えたら必要だと思う

860普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:40:51 ID:/ak0yyGY
別に船の構造を詳しく知らなくても
「こんな形してた」って船大工に教えて研究させればいい品

861普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:41:05 ID:1V//3YmQ
そーいえば、この世界って龍いるんじゃなかったっけか?
真恋姫の漢ルートで華陀が龍倒して薬の材料手に入れたってあったよーな。

862普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:42:37 ID:DHUGoR7s
>>856
帆船つっても割とピンキリだぞ。
筏レベルからガレオンまで、さらに帆の付き方で用途も変わる。

863普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:42:45 ID:5Ae27RR2
>>856
石炭が発見できれば外輪船目指すんじゃないかなあ
流石に木炭燃やした蒸気機関は効率が…

864普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:44:44 ID:Egxsjm/w
鉄甲船なあ
これから約1500年後の信長の有名なアレは
防御力はあったが重量がひどいことになって取り回しがきかない上に錆び易いから使いにくかったって効いたが

865普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:45:18 ID:Fnm9ZVf.
>>862
いや、そっち方面の知識を一般高校生が持てるかなーって
好きなら知ってるかもしれんけどw

>>863
それ以前に金属加工のレベルあげないと蒸気機関作れないお

866普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:45:33 ID:LTeAQRZ.
帆船においては揚力の出番かな。飛行機も説明できる。

帆船と蒸気船の間に高速帆船を置いておきたい所……。

867普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:45:39 ID:VT5KyZSU
「その3年間は袁紹も曹操も一段落したあとに時間が欲しい」って判断してるけど、
原作恋姫を考えると袁紹が勝ったらそのまま攻め込んでくるような気が。

戦力的には順当に行けば袁紹が勝つくらい(史実基準)だと思うから
ちょっと軍師的に読み違いがあるかなぁと。

まぁ、公孫賛のところとは被害の度合いが違うってのを本命、
頭がよくてもバカの考えは読めないが対抗、
そもそも誰も袁紹が勝つと思ってないが大穴ってところか?


船舶関係は、
「軍事関係にはちょっと詳しい程度の高校生の知識にあるか?」
ってのがな……。
外洋に出るには多分船の構造の強化が必須になると思うが、
覚えてる知識だけだと厳しい気がする。

「こんな形してた」レベルでどうこうなるとも思えないんだよなぁ。
10年、20年単位での先ならそのくらいでもかなり変わると思うけど。

868普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:46:38 ID:YWnXO8uU
南方の海って昆布採れる?

869普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:46:56 ID:YLjLxtyQ
とりあえず漫画とかでバイキングの船の形あたりは知ってるかもしれん
あ、ワンピース読んでるとどれくらい知識得られるかな?
良く知らんのだが船を修理するエピソードとかあった気が

870普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:47:46 ID:LTeAQRZ.
昆布っていったら北海道産だろ

871普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:49:36 ID:/DokEpMY
目下の所、外洋での海戦を予定していないのならばガレー船で十分だと思うんだけどなあ。
沿岸・内海・河川においては1300年後の世界でも普通に主力を張れる艦種ですから。
造船技術に無駄にリソース使うよりも、今あるガレー船の造船運用技術を発展させた方が利口だと思う。

872普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:50:00 ID:5Ae27RR2
竜骨がやられてるから修理不能とかいうエピではあったな
きちんと読んでれば浅い知識はありそうだが…


モックさえ出来れば結構早く発展しそうな気はしないでもないが
問題は今のやる夫に職人と試行錯誤しながら模型作る暇あるのか?ってことでw

873普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:50:27 ID:DtLinuVE
>858
火薬は既にあるし、単純な構造の大砲を乗せた戦闘艦も作れるぜ

>589
個人的なイメージだけど、普通科高校の授業でやった事はある程度ちゃんと覚えてるっぽいから
その中では力学くらいまでは覚えてそう
きっかけがあれば三角測量とか比重による金銀の鑑定法くらいなら思い出すんじゃないか?

874普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:54:31 ID:8iU4wA9I
まあ金銀の真贋の判定法は古くギリシャからあるから今更かも。
三角法・三角関数導入しようぜ!五百年くらい先取りだし。

875普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:54:51 ID:b9Yi0ecw
そういえば、現在各国の人口はどんなもんなんだろ?
やる夫にしろ呉にしろ領土は広いが人口は少ないから、中原の連中は甘く見てるはずだが
今のところ人口データって出てないよね?

876普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/21(土) 23:59:00 ID:/xk7bQbM
幾らなんでも三大発明は教えてるよな?
火薬OK、活版印刷…あれだけ本が出回ってるならOKか?あとは羅針盤だが問題ないよね?

一般的な帆船をイメージして絵を描けば専門家なら分かるだろ。それでも十分技術的跳躍なはず

877普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:05:16 ID:XCg412Dk
活版印刷以外は高校の授業で教わった覚えはないぞ俺は

878普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:06:20 ID:z3UbX8hc
いや、受験でも必須だろこのへんはwww

879普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:06:31 ID:pRNg5F/2
>>876
同じ羅針盤でも、航海用として改良しなきゃならん。
その改良には革新的な知識が多い。

880普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:07:22 ID:iHc9qbGQ
むしろ知らないほうがおかしいレベルじゃないのか?受験者ならの話だが

881普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:07:47 ID:PJmXlPck
関や相対した軍の兵数比較は有っても各国の総合的な国力比較みたいのはなかったはず
でも原作:恋姫だし、あんまり詳細な設定すると色々矛盾が出たり、
そこから噛みあわない議論が始まったりするから多少曖昧にしておいた方が良い気がする

>876
火薬は3年あれば量産も可能かもって状況だし、羅針盤はかなり初期から出てる

882普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:08:06 ID:o6amTbCQ
いっそ国号も定めたし、国勢調査してほしいw 今後の政策を考える上で必要だと思うんだ。

883普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:08:10 ID:cqWhulFE
方位磁石で教えてるから、羅針盤を教えない理由はないだろうね

884普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:08:50 ID:XCg412Dk
いやいやマジマジ
火薬の作り方やら羅針盤の作り方なんて教わった覚え全くないぜ
今現在高校生の知り合いが居るなら聞いてみればいいんじゃねぇ?

一般の高校生って地域でまぁ底辺ではないレベルの高校でいいんだよね?

885普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:09:21 ID:SkWXd7Z6
俺も教わった覚えねぇや…
まあ、理系だからって物理数学化学以外に目も向けなかったからですけどね
とりあえず微積分教えてニュートンライプニッツ涙目にしようぜ!

886普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:10:00 ID:/Fv92rm2
ぶっちゃけやる夫の知識も能力も精神も高校生()だしそんな気にすることでもないでしょ
今更過ぎる

887普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:10:30 ID:LDiY5blM
>>884
黒色火薬の作り方なんて習わないw
方位磁石に関しては科学の範疇。
後は趣味の問題

888普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:10:57 ID:YlpyBSYM
俺も作り方までは教わった覚えはないな。

889普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:12:36 ID:S9dwdJ6o
火薬、羅針盤、活版印刷は存在こそ知ってても
作り方を説明するのは普通の学生には難しいだろうな
そもそもどういう物かキチンと説明出来るだけで作れる技術者もおかしいし
政策にしろ他人が理解出来るほど説明するやる夫が一般的学生の知識から逸脱してるのは確実だけど

890普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:13:04 ID:YthN2JZw
火薬なんて高校生が作り方教わってどうすんだよってレベルwww

891普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:14:20 ID:vMxc/9vs
というか火薬の作り方なんて高校生に教えたら間違いなく人生終了もんだろww

892普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:14:51 ID:zCLDaWnY
火薬ではないけれど、ニトログリセリンの精製ならば経験のある人もいるんじゃないか?w

893普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:14:57 ID:cqWhulFE
政治なかは戦争がどうして起こったかという観点から、趣味で覚えてるのかもしれないw

894普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:15:51 ID:e1ebsqU.
羅針盤と方位磁石の間には『揺れる船の中で安定させる技術』が有るからな
コレの作り方は学校じゃ教えんわ

磁石と紐で吊るしたり水に浮かべればそれでOKの方位磁石は知ってりゃ作れるけど羅針盤は大変

895普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:16:13 ID:HSmsk7bM
>>892
もっといないだろww

896普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:17:41 ID:4IoYTJY.
>>859
数学は高校数学レベルだと、実用への応用をさっぱりやらないからな。
物理の運動方程式で少しやる程度か。
うまくやれば、遠投投石器の弾道計算くらいはできそうか?
使い方知らないが計算尺もないだろうし難しい気もするが。

内政や軍事でかなり「計算」を使うだろうから、
うまく使えばかなりの効率化が可能なんだろうけど、
誰が教えるのかとか誰に教えるのか、どうやって使うのかを誰が見つけるのか、
問題は山積みだな。

897普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:20:16 ID:xta3Q8aA
小学校のころ船の模型作りまくったぜ!









宇宙戦艦ヤマトのプラモだけどな!

898普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:20:16 ID:LDiY5blM
活版印刷は概念さえ知っていれば後は技術的な問題だし、必要な工程は少ないからなんとでもなるな。
羅針盤の安定化の問題は技術的な問題というよりも発想の問題だから、羅針盤としての終着点が見えてればなんとかなる。
黒色火薬は材料の問題とレシピの問題があるから、これは知らなきゃ無理。
火薬の作り方と硝石の作り方知ってた時点で勝利だなw

899普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:20:40 ID:/0hoQ8OM
携帯さえ生き返ればもし付いてれば電卓機能が

900普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:20:59 ID:z3UbX8hc
ああ、作り方までは受験で必須じゃないなwwwごめんwww

901普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:23:17 ID:e1ebsqU.
アラビア数字の計算式を広めるだけでとんでもなく効果は出るだろうしね
漢数字の計算式なんて嫌過ぎる

902普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:23:57 ID:/0hoQ8OM
>PSPはゲーム、音楽、動画
>携帯はメロディ、写真、電卓、カメラ……)
って一応付いてた
単純な四則計算だけかもしれんがちょっと凝った機能があれば色々と
後はカレンダーとか地道に役に立つ……のか?

903普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:24:29 ID:iHc9qbGQ
火薬については受験というより授業で教師が雑学で喋ってたから覚えてる
科学って退屈だからそっち方面ばかり頭に残ってるわ

904普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:26:00 ID:zCLDaWnY
活版印刷を漢字文化圏で普及させるのは大変だろうな。
余程の需要と安定的な利益が見込めないかぎりはちょっと産業化は厳しいと思う。
1冊の本に使われる文字だって少なくとも千文字は超えているだろうからなあ。

905普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:26:52 ID:XCg412Dk
授業で教師が雑学で喋ってた内容が知らなければおかしいレベルだったら僕は今頃ニートです

906普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:27:32 ID:/0hoQ8OM
雑誌が売ってる恋姫世界だからその辺はまともに考えても仕方ない

907普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:28:01 ID:pRNg5F/2
>>901
和算ディスってるんじゃねーお。

908普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:28:08 ID:zCLDaWnY
いや、阿蘇阿蘇は写本だから。

909普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:32:46 ID:LDiY5blM
>>904
基礎教育過程を策定して、寺子屋を設置、一人の教師が多数の生徒を教えられる体制を整えれば問題ない。
技術は秘匿するものではなく教え伝える物だと国主自身が示しているし、何とかなる。

910普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:34:56 ID:PJmXlPck
>902
2000年前まで検索できて大潮や暦上のイベントも探せるカレンダーなら使えるかも?
実際は日にちじゃなくて、田植えの時期にも関係がある一年365日と閨じゃなくて閏年の正しい概念、
後は夏至冬至春分秋分なんかの暦の上での概念のほうが重要になるかと

911普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:36:38 ID:S9dwdJ6o
>>909
それ以前に判子を全ての漢字に作ってたら作業が多くて大変って事でしょ
活版印刷は文字数の少ないアルファベット圏なら兎も角
一文字一文字手作業で漢字を組み合わせるのは大変でしょ

912普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:40:33 ID:P9zTvT1Y
>>911
実際の中国の場合、活版印刷ってどうやってたんであろ?

913普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:43:18 ID:LDiY5blM
>>911
大変なのは分かりきってるんだが・・・
ただ、刷数が多い本を手書きするのは無理だし、最低限の本を絞り込む事が必要だということ。

914普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:43:21 ID:4IoYTJY.
歴史や当時の軍事に興味があるなら、
火薬の作り方くらいは個人的興味で調べていてもおかしくはないかも。
黒色火薬ならGoogle先生に聞けば簡単に出てくるし。
硝石もやる夫が説明したレベルならGoogle先生で出てこないかな。

ただ、火薬はあの説明だけから3年でってのは怪しい気もするな。
「土からどうやって硝石を取り出すのか」って問題も解決してないし。

まぁ、火薬関係は「一般的な高校生の知識」には含まれないな。

方位磁針は普通の高校生でも再現可能かと。
極端に言えば、磁石探して水に浮かべるだけだし。

羅針盤は「一般的な高校生の知識」ならほんとに名前だけじゃないかな。
「どういった機能を持つのか、方位磁針との違いは?」ってのも知らないと思う。

活版印刷は、概念くらいは、知ってるor名前や効果から思いつく、くらいか?
Google先生に聞いてみたら、活版印刷の最初の記録が1050年頃の中国である以上、
文字の種類が多いから大変になるが、できないことはなさそう。
「国が支援してとりあえずやらせてみる」ことから始めてみたら、ってところか。
あ、あと紙はどうするんだって問題も……。

915普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:45:40 ID:9dJ64U0o
生徒が作ることは無かったけど、ニトログリセリンと綿火薬を教師が作ってみせてた
うちの高校はちょっと異端?

916普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:45:52 ID:LDiY5blM
>>912
全部作ったんだよ。
手掘りで全文字。

917普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:46:18 ID:zCLDaWnY
>>914
いや、中国で普及しなかった理由がまさにその文字の多さなんだってば

918普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:47:34 ID:P9zTvT1Y
>>916
oh……
文章用の表音文字とかは作らなかったの?平仮名みたいな

919普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:48:56 ID:LDiY5blM
だから、日本で言うところの当用漢字とでもいうのか、日常で使う漢字とか、学習で使う漢字を絞り込む。
その上で学習要項を作って、普及させる。
多分、これが一番効率がいい。

920普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:51:06 ID:XCg412Dk
大日本中国の出来上がりだな
政治思想も踏まえて

921普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:51:23 ID:pRNg5F/2
常用漢字とかのように、よく使う文字と使わない文字を分ければ良いのでは?
似たような漢字、元が同じ漢字は統合していくとか。
中国の漢字って人々が次々に新しい字を作って行くから増えたんじゃなかったか?
印刷で使う字、巷で使う事のできる字を政府で決める、つまり文字を整理するとやりやすいのでは。

922普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:51:45 ID:o6amTbCQ
十年あれば何とかなるが、三年だしなあ。
文字の種類は国家の後押しがあれば何とでもなるでしょうね。
数万字あろうとなんとかなる。ついでだから文字がどれだけ頻出する統計表も作ってしまったらいいんじゃないかな。
実際に使う漢字なんて数千文字だし。
あと表音文字が多いから、適当な漢字を崩して中国版のひらがなを導入しちゃえ。民間はそれで十分。

923普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:52:31 ID:LDiY5blM
>>918
知ってる限りではないけど・・・近代になるまで生まれなかったんじゃないかな?
台湾の言葉が古代中国語に一番近いけど、昔は更に複雑だったらしいし。

924普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:53:45 ID:cqWhulFE
短期的にには木版印刷で、長期的に活字を選定した活版印刷に移行する形とかなら?

925普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:56:23 ID:LDiY5blM
>>922
3年でやる必要はないよ。
憲法も次代を見据えての話だし。
言葉の簡略化は知識の裾野を広げるためってのもあるし、やるべきだとは思う。
ただ、いきなり表音文字だとかに方向切り替えていくと前の世代の本だとか読めなくなるし
教育する側がまず新しい読み書きを学ぶ必要が出てくるから厳しい。
段階をおっていくべきじゃないかなと。

926普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:56:25 ID:CL8Gzzqc
日本のひらがなも元は漢字だし
開き直って日本語普及させたほうが早いと思う
どうせ庶民には一から教えるんだし

927普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:56:44 ID:JepYONkc
兎に角使いやすい文字の開発が急務か、古代は文字に実用性よりも格式をもとめたからね

羅針盤や火薬はNHKの歴史物や青年誌の歴史漫画を見てたらだいたいあたりをつけれそうだね

928普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:57:55 ID:pRNg5F/2
木版画だ!木版画を流行らせろ!!
そこから印刷へシフトするんだ!!

>言語
文字は兎も角、言語の関係の問題はファンタジーだからやらなくても良さそうな気がする。
作中に通訳の人出てきていないし。

929普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:57:59 ID:XCg412Dk
あの世界って庶民でも割りと言葉知ってそうなんだが、そうでもないんだっけ?

930普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 00:59:21 ID:LDiY5blM
>>926
誰が日本語教えるの?

931普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:00:33 ID:4yuhhIps
>>926
日本でひらがなが成立するまでは漢字を音に当ててたんじゃなかったっけ
それって要するに表意文字を表音文字として使ってたわけで
表意文字を表意文字として使ってる地域に普及させるのは難しそうだけどなあ

932普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:01:36 ID:PJmXlPck
原作:恋姫の世界だから、口語をそのまま文章にするようにしたら良いんだぜ

933普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:01:40 ID:3l7p9CtM
安価間違いで自己レス恥ずかしい OTL

民間学習(寺子屋など)を作り普及
写本をその教育の一部にすることで多少数は増やせるよ

934普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:02:16 ID:zCLDaWnY
>>930
教えなくても彼らの話し言葉は日本語だったはず。
ただし、書き言葉だけ漢文というややこしい世界w

935普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:02:44 ID:cI4zCKKU
>>926
歴史に名を残すレベルじゃねーぞw

936普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:04:58 ID:LDiY5blM
>>934
あー・・・中国じゃないの?

読み言葉と書き言葉で全く関係の無い文法を使っている事は想定外。
まともな理屈で考えてもしょうがないってことだな。

937普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:05:51 ID:QqubvEmk
やる夫文字ができてしまうww

938普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:05:59 ID:o6amTbCQ
いきなり表音文字導入すると現在の韓国みたいになっちゃうか。
やる夫が50歳くらいになった頃には当用漢字と表音文字の導入が終了していて、
子供の頃から教育を受けた第一世代が有名な文献を現代語訳してるとかいう感じになったらいいな。

恋姫世界だから日本語をみんな使ってるというのは忘れてたけど、きわめて楽。
全て漢字の文章はまさに「漢文」ということで、公式文章用になっていくかな。日本語は日常用という感じ。

939普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:06:16 ID:LDiY5blM
>>931
その通り。
独自の文字がなかったんで漢字持ってきて音だけ使用した。

940普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:06:30 ID:3l7p9CtM
主人公だけ異世界召還物のお約束で言語の会話ができるだけかと思ってた
文字まではそれが適応されないだけで

941普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:10:30 ID:LDiY5blM
言ってもしょうがないけど、この世界の言葉って自然な成立の仕方してないな、絶対。

942普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:14:57 ID:JepYONkc
何者かによる文字(日本語)の強奪か……

余りにもハマリ過ぎるやる夫文字に、自分たちの先祖は天の国の住人ではないかと噂がたったりしてな

943普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:28:05 ID:JdKVcxFU
元々の設定では何か歴史の裏でコソコソやってる魔道士とか妖術使い?がいたよな
あいつ等が結局なんだったのかよく分からなかったけど、真には漢女しか関わらなかったから余計にわからん
つまり、こまけーことは(ry なんだろうがw

944普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:42:32 ID:fecPHKA2
流れ㌧切りだけど…この時代の武功を挙げた将への褒章ってどんなのだ?
想像付く範囲じゃ、名剣や馬に後宮の寵姫の下賜とか金銀財貨を与えたり、
普通に地位の引き立て(昇進)や領地or荘園(みたいなの?)を持たせたりとか
だけど、勲章とか休暇と一時金みたいなのとか有ったのかな?

945普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 01:54:59 ID:p1flL85c
原作はその辺どうだったの?

946普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:01:04 ID:5fC/CdPY
原作にそんな描写はなかった希ガス
ただ漢王朝から官職とかはあったような

947普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:01:04 ID:JdKVcxFU


ごめん、最後にプレイしたのが魏のせいでこれしか浮かばなかった

948普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:30:27 ID:4yuhhIps
全く触れられてないけど荊州はどうなるんかねえ
劉表がぽっくり逝ったら確実に劉蒅派と劉蒴派で分裂っしょ?
その混乱に乗じて呉が攻める
食い止められるとは思えないし、関はもちろん宋にも援軍要請するかどうか
まさか河北に頼るなんてことは…

949普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:31:21 ID:2fenSN92
「肥溜めに引っ付いてた結晶を集めて爆竹を自作した」
と言う話を昔、北海道の叔父から聞いたような気がしてウィキペを見たら、
肩透かしを食らった。

>硝石
>中 国 内 陸 部 や西アジア、南ヨーロッパのような乾燥地帯、(略
>などでは、土壌から析出した硝石が地表で薄い層になって産するため天然に採取される

なんか、普通に輸出してた程、とれるらしい。
耕作には不向きなトウカの領地が実は戦略資源の宝庫?

950普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:46:47 ID:Uh5lr2nE
>>949
マジメな話、硝石は産地が近くにあるなら掘ったほうが早いし安い
硝石丘法や培養法は火薬に使うくらい精製度を上げると、コストが洒落にならないらしい
その辺を嫌って質の低い火薬を使用すると、一会戦分の銃の使用(50発程度)で燃え滓による弾詰まりが起きたとか

インドから輸入できなくなっていた頃における、自前で硝石を生産していたナポレオン時代のフランスの火薬事情より

951普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 02:55:05 ID:ffsE6DIs
あまり原作の恋姫をやりこんでないんで詳しくないんだけど、
呉陣営には洗脳とか催眠術みたいな気功の持ち主っていないのかな?
ステルス桃とか策士三四とか見てると、戦闘もこなせるけど実際は陰謀国家、みたいなイメージがどうにも強い。

仮にイリヤあたりがその力の持ち主で正室として送り込まれてくると、機密から何から、
内部から着々とひっかきまわされそうな不安が…違うとは思うけれども。

952普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 03:34:55 ID:LDiY5blM
>>950
流石にやる夫も鉱物資源の埋蔵場所まで覚えてないと思う。
だから知識として知っていた硝石の作り方を言ったんだと。

953普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 03:53:34 ID:bFIX4./E
>>951
無印には催眠術みたいなの使う男居たけど
真で気功使ってるのは楽進と華佗くらいだな
呉に忍者っぽい娘は居るけど

954普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 04:05:10 ID:4yuhhIps
萌将伝では夏侯惇がチート級の外気功に目覚めてたな

955普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 04:08:22 ID:xta3Q8aA
なにいってる、李典のドリルは気孔で回してるし他の武将も
基本気孔でブースとしてるっていってたぞ?

956普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 04:13:39 ID:bFIX4./E
そうだっけ
すまんかった

957普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 09:14:43 ID:PJmXlPck
対劉備&孫策の時に琥珀さんが「ルイズの気功を使えば…」的な事を言ってたし何か持ってるはず
ルイズの方の原作能力だとすると大火力の外気功特化かな?
結局使わなかったことを考えると何かリスクがあるのかもしれない

原作だと戦闘イベントで使える奥義ってのがあって、
敵軍に直接ダメージ与える他に自軍ブーストや敵軍弱体化なんかもある
張三姉妹あたりは気功で士気向上やってるかも

958普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 09:38:39 ID:Yj.T6gJ.
外洋が開けて
羅針盤っていう最重要アイテムがすでにあるって
鐙、手旗信号、医療法すら霞むくらいのアドバンテージだよな
交易でこの時代手に入れるべきものってなんだろう
パッと思いついたのは胡椒だけど

959普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 09:53:16 ID:9G1/aED.
暗殺とか出てるけど、むしろそれは呉のが心配だろ。
って突っ込みたくなるな

960普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:14:54 ID:wil7dVf2
農地がほぼ無限にあるんだから、やっぱ牛と馬で開梱できる鋤の開発が急務だが、気づかないだろうなあ・・・

961普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:17:16 ID:uRcEmXFM
>>958
胡椒は入手できてるはず
カラック船の概念があれば長距離航海も可能
もやしを船で栽培すれば壊血病も防げるし

962普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:27:27 ID:LDiY5blM
>>960
いや、あったと思うけど。
それよりも農薬の研究(除虫菊とか)継続していくべきことはいくつかある。
いつか航海技術が発達したときにアメリカにジャガイモを取りに行かせることも考えなければ・・・

963普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:30:18 ID:Yj.T6gJ.
まずは君主の思いつき探索実行研究部隊を独立部門として設立させることが急務だと思うw

964普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:31:06 ID:wil7dVf2
>>962
そう思うだろ?でも近代の鋤と古代の鋤の性能は段違いなんだよ。
・・・と書いて字を間違えてることに気づいた
犂な、犂

965普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:35:58 ID:FMy3q1YY
アメリカはさすがにきつすぎるだろw
初めてアメリカを見つけた15世紀でも、限界ギリギリの航海だったらしいぞ

と思ったけど、なんか興味深い文章があった

>中国は明代の武将にして朝貢外交および貿易の航海責任者であった鄭和は
彼が率いる船団の分隊が15世紀初頭にアフリカ大陸東岸に到達しており
アメリカ大陸にもコロンブスより70年から80年ほど早く到達していたと主張する者も存在する

966普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:40:40 ID:wil7dVf2
でかい船作らないと意味ないし、北方経由で行く方が楽しそうだなw
サーモンくおうぜ!

967普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:44:41 ID:Yj.T6gJ.
せっかく銅の産出地を押さえたんだから
独自通貨を流通とかいろいろあるよね
でもこの世界だと董卓がいらんことしてないから
貨幣経済は残ってるのか

968普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:47:02 ID:LDiY5blM
>>964
形状が明らかに違うっぽいから現場見れば気づきそうだな。

にしても、たどり着く答えを知っているってのはチートだよな・・・
答えから逆算して考えられるから、全然効率が違うし、何が足りないのかわかるとかヒドスw
船にしても、知識はなくても形状は知っているわけで、何をどうしたらその形状になるのか考えれば答えにたどり着く。
帆船にしても帆の形状は知っているだろうし、実験してみればその意味はわかる。
金も人でもあって答えがわかってるなら全部試すという方法で足りない部分は埋められるからなぁ・・・

969普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:54:39 ID:PJmXlPck
アラスカ経由のルートがあるから欧州側から行くよりは難度は低いかと
南回りのルートは個人が冒険心でやるなら兎も角、国がやる事業としては技術的に困難すぎるな

船のダメコンの話がちょっと出てきたけど、衝角突撃喰らっても沈まない(沈み難い)船とか酷いよね

970普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 10:57:05 ID:avQdpf/s
・・・回転ドリル衝角とかロマンほとばしる船作れないかなぁ・・・

971普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:03:08 ID:FMy3q1YY
雑談所の新スレってもう立ってたっけ?
まだなら減速しないとマズくね?

972普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:04:55 ID:sljbP7ZY
やるおのアイデア実行部隊はマジ胃潰瘍
主君を信じていればいるほど完成させられない自分を追い詰めてしまう罠

973 ◆P3cVK955xg:2011/05/22(日) 11:09:32 ID:WcOqLT5k
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1306030100/

建てておきましたー

これから外出なので今のうち。

974普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:16:10 ID:FMy3q1YY
>>973
聞いてすぐに立ててもらえるとは思わなかったw
スレ立て乙です

975普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:25:00 ID:4IoYTJY.
船に関しては、竜骨に気づけるかどうか、かな。
知らない人が書いた船の図だと竜骨部分を強調して書いたりはしないだろうから、
やる夫の書いた船の図から竜骨船を開発できるかは、なんとも言えないかと。

あるとしたら、
とりあえず形だけ作って近場で使ってみる
→竜骨部分が壊れることが非常に多い
→じゃぁ、そこを丈夫にして作ってみよう
→まだ竜骨部分が壊れる
→1本のぶっとい木で作れば壊れねぇだろ!
って感じかね。

帆の形は、横帆と縦帆か。
横帆は普通の大型の帆船、縦帆はヨットあたりが思い浮かべば出てくるかな。
海皇紀を読んでれば、帆の形はすぐに出てきそうだが……。

976普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:38:32 ID:4IoYTJY.
ゴムとかの採取関連は現地人から情報集めるのが第一歩だろうな。

幸い南蛮とは友好な関係を気づけているわけで、
向こうも「見つかればうまい飯がいっぱい食える!」ってことで
積極的に協力してくれるだろうし。

現代的な観点からだと、新薬の元となる植物がいっぱいありそうだけど
……どう考えても無理だな。

977普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 11:59:15 ID:PJmXlPck
ない夫が色々見つけてくれるだろ、常識で考えて

978普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 13:00:18 ID:FMy3q1YY
現代でも中国では淡水真珠とかマベ真珠なんてのを作ってるんだが
さすがのやる夫もこの2つはマイナー気味だから知らないかな

979普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 13:12:32 ID:8v.vL9RI
ゴムって亜熱帯に分布してるから、南蛮よりさらに南、
今で言うマレーシアまで行かないと無理じゃね?

980普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:08:10 ID:JUfWgo/Y
>>963
真珠の養殖に成功して莫大な利益を上げられたら、理化学研究所みたいなのを
国家後援の半官半民機関として発足させると良いかも。

981普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:39:19 ID:wCjBEBzM
>>979
港を手に入れたんでそれからになるだろうね
異世界なんだし池田が見つけてきて主要交易品でも問題ないだ

982普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:53:26 ID:ScilQ7OE
雑談新スレ見て気がついたんだけど
池田の出番って、もう絶望的にないんじゃない?

983普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:54:36 ID:9G1/aED.
おま………そりゃ部下の3人もらえれば大王はどうでもいいとか
思う部分も無いかもしれんがそこまで言うのはどうよ

984普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:55:46 ID:CJ9jXdH.
で、出番ならあると思うよ(視線を全力で泳がせながら

985普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:57:54 ID:JdKVcxFU
原作でもここでいうおまけでしか出てこなくなったしな
そのうちシャムが他の面子を長安に招待する小話とかはあるかも?w

986普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 14:59:19 ID:CJ9jXdH.
文化の違いについて若干ドヤ顔で説明するシャム想像したら微笑ましかった

987普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:02:29 ID:SkWXd7Z6
確かに微笑ましい光景になりそうだな
ただ池田が何かやらかしそうではあるが

988普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:19:30 ID:m2PUQLV6
ピンチの時の援軍で来てくれるよ……たぶん

989普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:20:56 ID:9G1/aED.
待て、そんな事したら池田が引き摺り下ろされてシャムが大王になっちまうぞ

990普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:37:25 ID:LuVoBvCk
・・・それって、すごくいい事なんじゃないか?

991普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:45:42 ID:OpsVtmZ2
そもそもなんで池田が大王になったんだ?

992普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 15:51:02 ID:352dYRog
>>991
大義名分と操作しやすさの兼合いなんじゃない?

993普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 16:00:57 ID:FiOb2CXs
南蛮が本気を出せばミャンマー位余裕だな
ttp://www.geocities.jp/nafricap/09/835.jpg

994普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 17:30:46 ID:PJmXlPck
>991
恋姫だと先祖返りかなんかで本物の猫耳だからだった筈
他の南蛮組は付け耳

995普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:06:46 ID:LuVoBvCk
残り少ないんで埋め

996普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:16:07 ID:XCg412Dk
>>994
なん…だと
そんな設定だったのかあいつら
全員本物だとばかり

997普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:34:08 ID:51iGnMXU
いやそんな設定はないからw

998普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:42:40 ID:bFPaTiZY
スバルが乙女してるとこ見たいぃぃぃ削らないでぇぇぇ

999普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:43:54 ID:LuVoBvCk
>>1000ならシャムが大活躍

1000普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/22(日) 18:45:10 ID:iHc9qbGQ
>>1000ならなのフェイご懐妊

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■