■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

マイクと照明
1 名前: DG 投稿日: 2003/01/02(木) 17:50
初めまして、DGと申します。学校で初めて映画をつくることに
なり一から機材をそろえています。
  DVは学校にあるのでマイクと照明器具を買おうと思います。
よくTVドラマの撮影現場などで見かけるあの長い棒がついている
マイクってどこでうっているのですか?質などはやっぱりピンキリ
何でしょうか?お勧めがあれば教えてください。やっぱり、DVと
つなげて音とっているのですか(そうならばマイクによって各メー
カーのDVとの相性などはありますか)?それとも別に録っている
のですか。
 照明機器に関しても同様に、扱い方や、どの角度で照らせばどう
いう感じになるかなどまったくわかりません。例えば、レフ板って
いうのはなぜ必要なんですか?(←写真だけなのですか?)
初心者にお勧めの本や雑誌、HPなどありましたら教えてください。
他にも映画全体を通して、こんな物も必要だと思うものがありましたら、
アドバイスお願いします。
多々の質問申し訳ありませんがどうかよろしくお願いします。

2 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/02(木) 22:23
 晴れた日にそのまま人物を撮影すると、日光が当たっている所と影の部分の明るさの差が大き過ぎ、やたらコントラストの強い画になりますので、レフ版で影の部分にも日光を反射して、影を弱めます。
 照明器具は、タングステンランプに関してはとにかく電球に素手で触らない事。手の油が付くと点灯時に熱で焦げて最悪の場合割れます。また、激しい熱を出してますので直接触れると大やけどをしますので必ず軍手をします。
 照明の当て方に関しては、写真関係がほとんど共通ですので、そちらの専門書を読んで勉強してみて下さい。かなり奥が深いので文章だけだと語り切れません。

 音は、簡単に済ませるなら、マイクコードを伸ばしてキャメラに刺して録音します。規格が合っていれば相性は関係ありません。別の機械で録音する場合は、かならずカチンコを叩いて、そこを音と画のシンクロするタイミングのマークにします。
 マイクは出来る限り役者に近づけます。そうしないと周囲の雑音にセリフの音量が負けてしいます。ブーム(竿)でマイクを近づけるのはそのためです。ブームは機材屋で売ってますが専用の物は数万円単位します。
 初めて作品を撮る場合は、あまり同時録音は薦めません。慣れないと録音作業も大変ですし、撮影中の音NGも大変だし、編集後の環境音の繋がりも非常に不自然になりやすいです。特にデジタル機材は例え僅かでも音量レベルがオーバーすると修復不可能な割れ方をしますので、レベルの管理の為のミキサーも必要になります。
 初心者は、普通にキャメラ付属のマイクで録音しておいて、それをガイドにしながら編集後にアフレコでセリフを入れる方をオススメします。学校なら放送室か視聴覚設備を借りれば、アフレコ用の録音ブースに使えるかもしれません。
 日本の映画界ではスケジュールがないという理由でいっぺんに録れる同録で済ませる事も多いそうですが、ハリウッドとかでは海外輸出の時にセリフを各国語に吹き替えないといけないので環境音とセリフを完全に分離しておく必要があり、また特撮や大がかりな仕掛けの音が入る事もあって、アフレコで制作する事も多いそうです。

 おすすめの本は、今だと写真工業出版社の『映画製作のすべて』と『DVシネマのつくりかた』あたりでしょうか。
 あと、初心者には『ファンタスティックアニメーションメイキングガイド(著・昼間行雄)』が、参考になるはずです。モデルアニメーションの撮り方の本ですが、自主映画を撮る時に必要な技術を一通り、分かりやすく解説してあります。

3 名前: DG 投稿日: 2003/01/02(木) 23:28
返信ありがとうございます。わからないところがあるので質問させていただきます。

初心者は、普通にキャメラ付属のマイクで録音しておいて、それをガイドにし
ながら編集後にアフレコでセリフを入れる方をオススメします。

というのは撮影時の声は口ぱくで周囲の音だけ録るということになるのですか?そうでない場合、
後で声を重ねると声が二重に鳴ってしまいませんか?よく状況の把握が出来なかったのでもう一
度教えてください、すみません。


特にデジタル機材は例え僅かでも音量レベルがオーバーすると修復不可能な割
れ方をしますので、レベルの管理の為のミキサーも必要になります

これはマイクコードを伸ばしてキャメラに刺して録音する場合のみですか?
キャメラ付属のマイクの場合はミキサーなどは要らないのですか?ミキサー
の根本的な使用目的がよくわかっていないのでどういう配線をしてどういう
ことをする物なのか教えていただけませんか?それを使うと音われは防げる
のですか?
後、キャメラ付属のマイクって伸ばせないのでどうしてもカメラが近
づかないといけなくなってしまうのでは?そうすると画のほうがかわってきてし
まいませんか?
新しく買う場合どんな種類のライトを買えばいいのですか?どこのメーカーがよろしいですか?
マイクやミキサーもお勧め商品いくつか教えてください。最大で10万円ほどのよさんですのでその程度の
ものでヨロシクおねがいします。


機材屋ってのはどこにありますか?僕は東京目黒と埼玉県を行ったりきたり
するのでその周辺で教えていただければうれしいです。


後、40分から1時間ほどの映画をパソコンで編集する際HDDは
どのくらいあったら楽でしょうか?

4 名前: DG 投稿日: 2003/01/02(木) 23:43
雑文で本当にすいません。よろしくお願いします。

5 名前: GMB 投稿日: 2003/01/03(金) 00:02
レフ板はテーブルにぬいぐるみでも置いて白い紙をかざしてみれば今すぐにでも効果がわかると思います。
ホームセンターにあるカポック(発泡スチロールの板)を適当な大きさに切って縁をガムテープで補強すれば安上がりです。
(厳密には蛍光剤の含まれない物が良い様ですがとりあえず使えます。)
片面に銀紙を張って銀レフにしておくと便利です。
なお写真用の丸く折りたたむタイプは風に弱いのが欠点ですが、コンパクトなので電車にも持ち込めます。

レフ板を使うと役者が引き立つし目にキャッチも入れられるので表情がより生き生き見えます。
また銀レフで日陰の俳優に日向から光を当てたりも出来ますし、室内で特に照明が用意できない時にも色々役立ちます。
手軽で効果が高いのでぜひ使ってみてください。

6 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/03(金) 02:49
>というのは撮影時の声は口ぱくで周囲の音だけ録るということになるのですか?そうでない場合、後で声を重ねると声が二重に鳴ってしまいませんか?

 そうではなく、撮影の時に撮ったセリフや音は、ガイドとして参考に使うだけで、作品には使わず最後に消します。ですので普通に声を出して演技します。アフレコだからと言った何も音がないよりは、ガイドになる音が録ってあれば、アフレコの時に演技の参考やタイミングを合わせるための参考に使えますし、編集の時にも無声よりはタイミングがとりやすいです。また、周囲の音も入っているので、効果音をつける時の参考にもなります。また、アフレコは完全にタイミングが合うわけではないので収録の後で少しセリフを前後する時の参考にもなります。

>ミキサーの根本的な使用目的がよくわかっていないのでどういう配線をしてどういうことをする物なのか教えていただけませんか?それを使うと音われは防げるのですか?

 ミキサーは、キャメラとマイクの間に入れてボリュームを調整するのに使います。キャメラにも機種によっては音声のベル調整があるのでそれを使っても構わないのですが、キャメラマンがキャメラの操作と音声の操作の両方を同時に行うのはとても大変なので、外にミキサーをつけて別の人にボリュームを操作してもらうわけです。何を使ってもレベルがオーバーすれば割れますので、割れないようにずっと付きっきり操作している人が必要なんです。ビデオキャメラには普通、オートレベルコントロールという機能があって、自動的に録音のボリュームを調整してくれますが、セリフの大小に合わせて勝手にボリュームが変わるので周囲の雑音が不自然に大きくなったり小さくなったりして困るので、同録の時はマニュアルで手動操作するんです。

>キャメラ付属のマイクって伸ばせないのでどうしてもカメラが近づかないといけなくなってしまうのでは?そうすると画のほうがかわってきてしまいませんか?

 アフレコ用にガイドで録る音は作品には使わず捨てるので、きれいに録る必要はありませんので、近づく必要はありません。また、音量もオートレベルコントロールで十分です。

>新しく買う場合どんな種類のライトを買えばいいのですか?どこのメーカーがよろしいですか?

 写真用品店で通称アイランプと呼ばれるリフレクターランプと、クリップ付きソケットと、保護用のケージが、安くて基本的なセットです。クリップが使えない場所のためにライトスタンドも数本あると便利です。同録で使うマイクとミキサーは殆どが業務用でアマチュア向けの廉価品がないので、その予算だと厳しいです。どうしても同録で録りたいという事でしたら、安く代用品を探すとか、キャメラマンが自分でボリューム調整をがんばるか、諦めてオートレベルコントロールで録るとかした方が良いと思います。

7 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/03(金) 02:50
>機材屋ってのはどこにありますか?

 素人でも入りやすい所だと、秋葉原の九十九電気の5号館とか、中野ブロードウェイのフジヤエービックのプロショップ。新宿西口のプロビデオステーション新宿とかでしょうか。

>後、40分から1時間ほどの映画をパソコンで編集する際HDDはどのくらいあったら楽でしょうか?

 最低40GBの空き容量が欲しいです。できればシステムとはパーテーションを別(可能なら別ドライブ)に切って、キャプチャー前やレンダリング後は必ずデフラグを行います。

8 名前: 通りすがり 投稿日: 2003/01/03(金) 02:53
>DGさん
とりあえず、高山さんが薦めている本をまず読んで下さい。
それでも分からなければ、質問された方が話も分かりやすいと思います。
とにかく基本的な用語もご存知でないと、説明もし辛いので…。

9 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/03(金) 03:34
 そうですね(^^;
 10万の予算の中で買っても損はない思います。遠回りしなくて済むと思いますので、Amazonとかのネット通販で買っても時間は無駄にならないと思います。
 ちなみに学校って、何学校なんでしょ? 年齢によってハードルも違いますし。

10 名前: DG 投稿日: 2003/01/03(金) 15:00
多々の返答。本当に感謝しています。
とりあえず、DVシネマのつくりかたを購入しました。とりあえずこれをよんでみます。
学校は某大学付属の私立高校です。

11 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/03(金) 20:40
 あと『ファンタスティックアニメーションメイキングガイド(著・昼間行雄)』も初心者に優しいので結構お勧めです。著者の昼間さんは昔から自主映画の制作と上映を続けてるベテランですので、ツボを押さえた解説がされています。
 高校生だと仲間を集めるのが楽しいと思います。演劇部に役者を頼むとか、吹奏楽部に音楽を頼むとかしても面白いかもしれませんね。

12 名前: TE 投稿日: 2003/01/04(土) 04:55
マイクとブームのお手ごろなもののお勧め。
マイクはオーディオテクニカの815b。2万円ちょいくらい。
ビックカメラなんかにも置いてます。
ブームは、最近安いのが出てきていて、minetteのMポールというやつ。1万円。
これは高山さんのおっしゃっていた、ツクモやエービックに置いてあるようです。
ちなみにこれだけ買ってもマイクとブームはちゃんとくっついてくれないんだけど、
詳しく書くと長くなるんで、もしこれらを買うことになったらまた聞いてください。

個人的には、音撮りは、同時録音を基本に考えて、
後で聞いてみてダメな所だけアフレコ、と思っているのがいい気がします。
1時間もののアフレコは、役者の声はともかく、
それ以外の状況音や動作音なんかをしっかり集めるのはけっこうな労力になりそうなので…。
現場でブーム振ってると本格的で楽しい、なんて効能もありで(笑)。

それとお金は、できればたくさん残して、
現場でのちょっとした飲食等、
役者、スタッフに楽しく参加してもらうために使うのがいいと思います。
現場でケンカ、とかいうことが起きるのが一番やばいんで。

13 名前: TE 投稿日: 2003/01/04(土) 05:04
あれ、ごめんなさい、書いたあとで気になって調べたら、
上に書いたマイクとブーム、これだけで取り付けることできました。
若干不安はあるけど、一応付いてます。

14 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/04(土) 15:21
 そうですね。目指すクオリティーにもよりますが、最初のうちは楽な方法で撮影した方が良いと思いますので、条件によって同録と併用はありだと思います。
 静かな室内とか、雑音の少ない場所では同録でも難しくないかもしれません。
 アフレコの時の動作音などの生音は、思いつく音を全部入れるとウルサくなるので、要所要所の必要な音だけでも十分です。別に全部の足音まで入れる必要はなく、重要な音だけに絞り込んで入れていけばそんなには大変でもないです。
 ただ、どちらかと言うと、全体のトーンが揃っている方が作品としての完成度が高くなるので、アフレコと同録の差が明確に変わったり、カットごとに背景の音が変化して一連のシーンに聞こえないようにならないように注意して手順を考えると良いと思います。
 どうしても難しい場合は、せめて同じシーンの中だけは統一が取れるように注意した方が良いです。
 本番に入る前に簡単なテスト撮影とテスト編集をやってみて、様子を見てみるのが良いでしょう。

15 名前: DG 投稿日: 2003/01/05(日) 00:36
ミキサーをかうならばオーディオテクニカ AT-PMX5 標準価格¥12,000 
    を考えていますがこのように安価な物と高価な物はどんな所が違いますか?
    
    マイクはTEさんがオーディオテクニカの815b。2万円のをすすめて
    くれていますが、 たとえば 
     ソニー ECM-670 標準価格¥46,000
    と比較してどのくらい質に幅があるのでしょうか?
    ロケ(駅や街や公園など)などもいろいろ行こうと
    思っているのでその場合のことも考慮します。
    そんなに違わなければ安いほうのオーディオテクニカの815bにしようと
    考えています
    後、マイクというのは別に電源が必要なのでしょうか?同録の場合、指
    向性が高すぎる物だと周囲の音が取れないなんてことはないですか?そ
    れとも、周囲の音はかぎりなく0にしたほうがいいのでしょうか?(シ
    ーンにもよるでしょうが)後、みなさんはどんなソフトで音の編集し
    ていますか?ブームはminetteのMポール1万円にしようと思ってます。
    簡易ソフタイというのは必要ですか?

16 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/05(日) 02:58
 まず、AT-PMX5はレベルメーターが付いてないので、レベルの確認ができませんので、使っても意味がありません。基準音の発信ができてキャメラとミキサーのレベルメーターをぴったり同じに合わせられる機種でないとレベルの管理はできません。
 マイクの指向性に関しては、周囲の音を録りたくないから指向性の高いガンマイクを使うんです。周囲の音が入っていると、カットごとに環境音がブツ切れになって聞き苦しくなります。また、実際の音というのはあまり格好よくない事が多いので、作った効果音と入れ替える事も多く、その時、元の音がセリフと被ってると新しい効果音と入れ替えが困難ですので、同録の場合はできるだけセリフだけに集中して録音しないと後で困る事があります。
 セリフと周囲の音を一緒に録って大雑把に仕上げるのなら同録でも楽なんですが、どうせ効果音を入れ直すんなら初心者にはアフレコの方が撮影は楽ですよ。スタジオ収録のテレビドラマのように一連の演技を何台ものキャメラで同時に撮ってスイッチャーで編集するのなら、環境音ごと録ってもカットで切らないので何ら問題ないのですが、アマチュアにその方法は現実的ではありませんし。

 機材は、高価な物の方が機能が高いし、収録の品質が高いですが、制作全体のバランスと合っていないと意味をなしません。予算を伺った限りでは、できるだけ安く済ませてお金を余らせた方が良いと思います。
 もし、映画制作部のような恒久的な活動でずっと使い続けるというならちゃんとした物も欲しいですが、それならそれで予備や別班が動けるように安い物で複数個買い揃える方をおすすめします。高価な一台というのは故障した時に全ての撮影がストップするので、本当はキャメラも予備が待機していた方が良いくらいなんです。

 あと、これは余計な事だとは思いますが、一般論として、初めて撮る映画で1時間の作品というのは規模が大きすぎます。それなりに慣れた人でも1時間という大作はなかなか撮れません。
 今、DGさんは色々な技術的な疑問があるだろうと思いますが、いざ実際の撮影や編集に入ると、その何倍もの疑問に直面するはずです。気づかずにいくつもの失敗もするはずです。これが短編ならなんとか回避できる事が多いのですが、長編を撮っている時にうっかり間違った手順を踏んだら、修正にとても大変な苦労を必要とします。時には修正できなかったり、最悪、制作自体が頓挫する事もあります。
 そういう意味で、まずは一回、数分から10分未満の短編で習作を撮り、完成までの手順を踏んでみる事をおすすめします。一度、完成までの手順を踏めば、今の自分に本当に必要な機材が分かってきます。もちろん、その数分が完成しなければ1時間の大作は不可能です。
 今はまだ、本や、聞いた知識だけで考えて撮れそうに思っている事と思います。でも、現実の撮影は本に書いてある事よりずっと簡単だったり、逆にとても大変だったりと、実際に自分でやってみないと理解できない事が殆どです。高いマイクもソフタイも必要ありません。本当に同録で撮りたいならブームはほうきの柄にマイクをガムテープで巻くだけでも十分です。風が気になれば厚手のスポンジとタオルを巻くだけでも十分です。まずはそれで短編を数本撮ってみて下さい。そうすれば自分の制作体制に本当に必要なものは何なのか判断できます。制作チームによって機材にたいする考え方やスタイルはまちまちです。まずは撮らないと自分たちのスタイルも分かりません。
 1時間もの大作は、それからの方が良いと思いますよ。

17 名前: TE 投稿日: 2003/01/07(火) 18:12
ECM-670は使ったことないので質の違いについてはコメントできないんですが、
これってファンタム電源だけっぽいですね。672になると電池も使えるって感じで。
だとすると、多分カメラが民生機だったりすると使えない? ミキサーかませばいいのかな。
ちょっとこの辺自分詳しくないんでどなたかフォローしていただけると助かります。
ちなみに815bは電池とファンタム両方いけます。

僕もこの作品のためだけに高価な機材を買う、というのはちょっとバランス悪いかな、と思います。
そのあとその機材どうするか、がハッキリしてるんなら別に構わないんだけど…。
もしどこかの押入れに放り込まれてそれっきり、みたいになっちゃいそうなら、
機材は極力知り合い関係から探して借りて、できるだけ現場で使えるお金を残したほうがいい気がします。

あと1時間ものを一人の監督が仕切るのはホントに大変なので(初めてやるんだったらなおさら)、
もしまだ企画がちゃんと上がっていないなら、
例えば15分4本とかに分けて、それぞれ別の監督(=責任者)を立ててやるほうが、負担が減るのとそれぞれ切磋琢磨できるのとで、
いい効果を生む気がします。少なくとも、僕がその場を仕切っていたら、そうなるように仕向ける(笑)。

ちなみに借りるカメラは型番わかります? それによってはファンタム電源のマイクが使えるかも。
それとふと思ったんだけど、三脚はあるんだろうか。

18 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/07(火) 19:43
 15分で撮るにしても、まずは2〜3分、例え1分でもいいから、撮って繋いで音を全部入れて完成までやっみた方がいいですよね。ホントに初めて撮る方の場合は、15分だってかなり大変です。

 私は、機材費10万円の映画にコンデンサーマイクを買うだけでもかなり贅沢な事だと思います。それで作品のクオリティーが上がるなら良いのですが、これは失礼だとは思いますが、そんなことはまずありません。ちょっと音質がクリアーになったとしても、それが作品自体を高める事はないです。その分予算を交通費に回してロケ場所を厳選するとか、衣装や小道具、借り物などの、実際に画面に映るものに費やす方がプラスになると思います。
 これだけの画を、これでけの腕で撮るんだから、これだけ良いキャメラ。これだけの音を、これだけの技術で録るためには、これだけ良いマイク。と、全体のバランスが取れてこそ生きるのであって、録られる素材と録る腕がそれなりに上等じゃないと、機材ばかり良くても、ちぐはぐな仕上がりになります。見る人が見たら、予算配分が下手な作り手だと見抜かれる(^^;
 発声練習を重ねたしっかりした役者のセリフを経験豊富な音声さんが丹念に録るというのなら別ですが、無理に高いコンデンサーマイク使わなくても、静かな部屋でアフレコした方が例え安いカラオケ用マイクでもセリフも聞き取りやすく良い仕上がりになるはずです。
 自主映画で非常に多くある失敗の一つが「セリフが聞き取れない」です。それは演技、録音技術、併せて言える事です。作品として、伝わらないのは内容以前の問題。ドキュメンタリー色が強い作品でないかぎりは、無理して現場で同録にこだわるのは、あまり薦めません。セリフがちゃんと聞きとれるというだけで評価があがるなんて事も少なくありません。

19 名前: 小珍恋次郎 投稿日: 2003/01/09(木) 01:06
え〜ぶっちゃけ話を…。
この前、1人で撮影、照明、録音をやって(監督は別)作品を撮りました(監督は別にいる)。撮影期間はほぼ1日。完成呎は結果15分くらい。完成まで2週間くらいしかなく、同録も必要でした。
で、カメラは10万もしない安物。照明は個人で機材を持っているんでそれを使用。で、マイクはオーディオテクニカの1万円前後のヤツを購入し、それはプラグインパワーといって、カメラから電源供給されるヤツなんで、直接カメラに突っ込んで延長ケーブルで延ばし、2千円くらいの一脚につけて使用しました。
当然、レベルはオート。まあ、室内撮影メインだったんで、充分でした。
まず「作る事」を優先するなら、こういうやり方も充分アリです。
それと、屋外でFF(フルフィギア)サイズでセリフをガンマイクだけでしっかり録ろうというのは、無茶に等しい話。普通に考えればワイヤレスマイクの出番です。
でも、そんなモノを揃えるのは金銭的にも大変です。だったら、アップでマイクを近付けて音を優先で撮影をしておいて、それを編集で合わせて入れるんです。でもそれが著しくズレていれば、アフレコすればいいんです。
あと、撮影の時にな〜んも芝居をせずに環境音をしっかりとっておきましょう。編集の時にそういった音をバックに被せると、随分雰囲気が違いますよ。

20 名前: 高山カツヒコ(www.tepproject.com) 投稿日: 2003/01/09(木) 03:50
 実際の所、機材に懲りすぎても、あんまり意味ないんですよね(^^;
 作品によっては、どうしてもそれがないと撮れない機材というのはもちろんありますが、初心者が初めて撮る作品にそういう難易度の高い企画をたてるのは、リスクが高いです。
 品質よりも「作る事」事を優先しないと、特に初心者は完成すらしない危険があります。

 引き絵で録る時はワイヤレスよりも、ピンマイクのコードをうんと伸ばして録った方が安いし楽ですよ。歩き回らないカットなら、結構融通がききます。ピンマイクは量販店で6千円くらいで売っていて、私も取材でかなり延長して使った事あります。ガンマイクのように向けなくて良いので、一人で撮る時は特に楽です。
 コード伸ばせないくらい引く時は、ワイヤレスよりも衣装に隠せるサイズの録音できるウォークマンとピンマイクの方が安くて良いです。今はMDウォークマンなんてのもあるし。カチンコさえ叩けばリップシンクロできます。

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■