■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

外伝・Gymnopedieスタンド任侠伝/『獣道』
1 名前: GM 投稿日: 2003/02/27(木) 00:58






               >立ち入り禁止

2 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 01:29
周囲を見渡す

3 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 01:34
>>2
気が付くとラビオリは何処かの街の中に居た。
ここは何処かのアパートの前のようだ。

4 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 01:37
>>3
アパートに侵入。

5 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 01:40
ルール11 文字をゲット出来る条件は『道』によって異なる。


>>4
アパートの扉は硬く閉ざされている。
どうやっても開かない。

6 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 01:43
>>5
『閉じている』扉の性質を書き換え。『開いている』にする。

7 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 01:48
>>6
ギギギギギギ・・・・・
アパートの扉が開いていく。

8 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 01:49
>>7
中の様子を慎重に眺める。

9 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 01:50
30分ほど休憩。

10 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 02:24
>>8
近くには誰も居ない。
誰かがアパート内部から歩いてくるような足音が聞こえる・・・・

11 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:05
>>10
足音の主を確認。

12 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:13
>>11
3名ほどのスタンド使いがアパート内部から出てきたようだ。
彼らはラビオリの居る玄関方向に雑談をしながら歩いてくる。

13 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:15
>>12
近くの物陰に隠れて3人の様子を伺う。

14 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:17
>>13
3名は雑談をしたまま何処かへ行ってしまった。

15 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:18
>>14
今から後を追うことは可能か?
不可能であればアパート内部を探索。

16 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:21
>>15
不可能。

内部は割と新しい感じのアパートのようだ。
中に入ると、それぞれの部屋に表札が掛かっている。
100号室(管理人室)……REX『ザウルス・ポンプ』
101号室……アンドー
102号室……佐藤
103号室……早坂達夫 七瀬詠美
104号室……境
          :
          :
          :

17 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:23
>>16
管理人室のドアを開ける。
鍵が『閉まっている』ようなら『開いている』にして。

18 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:32
>>17
管理人室を開けると、目の前にイグアナが寝ているのが見えた。
「zzz・・・・」

19 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:34
>>18
イグアナの首根っこを掴む。
ところで肩の文字は今どうなっているか。

20 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:36
>>19
イグアナの首を掴もうとするが、
どうやっても手がイグアナをすり抜けてしまって、掴むことが出来ない。

肩の文字は今までの数字が消え、『真』という漢字一文字が
ラビオリの右肩に現れている。

21 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:39
>>20
イグアナは諦めて室内を物色。
めぼしい物があれば懐にしまう。

22 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:43
>>21
特に何も見つからなかった。
残念ながら。

23 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:46
>>22
部屋を出て一階の部屋を一通り見て回る。
中に誰かいれば接触と会話を試みる。

24 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:49
>>23
寝ているのか、出かけているのか。
現在、アパートの中には誰も居ないようだ。

25 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/03(月) 23:52
>>24
そのままアパート全体を捜索、誰にも出会えなければアパートを出て歩き出す。

26 名前: GM 投稿日: 2003/03/03(月) 23:59
>>25
どうやら誰にも会えなかったようだ。
しばらく歩いていると、
どこの街にもある掲示板や、公園が目に留まった。

27 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:00
>>26
掲示板に目を通す。

28 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:09
>>27
『スタンドバトル掲示板』

『告知』
『店』に進入するコソドロが現れる。
『公園』で殺人事件が起こる。
『ビル』の『6階』に文字がある。

『依頼』
『夢公募』の場所を教えて欲しい。
『街のいじめっこを退治しろ』
と記載されていた。

29 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:14
>>28
掲示板の内容を胸に公園へ移動。
辺りを見回して人を探す。

30 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:14
>>29
今はまだ誰も居ない。

31 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:16
>>30
公園に町の地図はないだろうか。探す。

32 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:24
>>31
街の地図は見当たらなかったが、広場の近くに
管理事務所のような家を発見した。

33 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:25
>>32
管理事務所に入り中を漁る。
ここなら地図ぐらい常備してあるだろう。

34 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:31
>>33
中には管理人らしき女性が居た。
彼女は扉が開いたことに不思議がっているようだ。

地図は事務所内の机の上に置いてある。

35 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:33
>>34
見えていないようなので地図を懐にしまう。
『ミニットマン』を発現して様子を見てみる。

36 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:37
>>35
地図は机に貼り付いているかのようにその場所から動かない。

彼女は『ミニットマン』には興味を示していないようだ。
彼女の視線はずっと事務所の扉に集中している。

37 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:39
>>36
『ミニットマン』で自分に触れる。
この世界の住人に『見えない』から『見える』に。微妙か。

38 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:47
>>37
女性がラビオリに気が付く様子は特に見られなかった。

ツカツカツカ・・・

女性は事務所の扉を閉めようとしている。

39 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 00:50
>>38
窓はあるだろうか。あればそれを開ける。

40 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 00:56
>>39
窓をスタンドで開けると、完全に女性の目が疑惑に変わりだした。

・・・・女性の側にスタンドが現れる。

41 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:02
>>40
一度窓を閉め、指を噛んで血文字を書いてみる。
『この文字が見えるか?
 俺の名はラビオリ。危害を加えるつもりはない。』

42 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:08
>>41
窓に血文字を書くが、その女性はそれに気が付くことは無い。
それよりも窓が再び閉まったことの方にびっくりしているようだ。
「そこに誰かいるんですかっ!?」
女性は声を張り上げている。

43 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:14
>>42
「チッ、見えていないか。」
机の上にあるであろうペンは持ち上げる事が可能か。
不可能ならばもう一度ドアを開けて女性の注意を向ける。

44 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:17
>>43
ペンはスタンドに持ち上げさせるのか、
ラビオリ本人が持ち上げるのか。

45 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:20
>>44
残念ながらスタンドは『頭のない犬型』。
ペンを持ち上げるのは得意ではないので自分で持ち上げる。
それで持ち上がらないようなら改めてスタンドの前足で挟んで持ち上げる。

46 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:27
>>45
ラビオリには持ち上げることは出来ないようだ。
仕方なくスタンドの前足を使うと、
なんとかペンを持ち上げることが出来た。

女性がそれをもろに見つめている。
「・・・やっぱり、誰かが・・・でも一体何を?」

47 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:29
>>46
たどたどしくペンでそこらの紙に文字を書く。

『俺の名はラビオリ。君には見えないようだがここにいる。』

読めるかどうかはともかくそう書く。

48 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:37
>>47
「・・・・なっ!??」
女性に文字の内容が理解できたのかはわからないが
女性の顔が恐怖で引きつっているのだけは確かなようだ。

確実に女性は一歩一歩、事務所の扉の方向に近づいていく。

49 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:44
>>48
この世界の物体に『スタンド』は触れる事が出来る。
では、『生物』ならどうだ?

女性のみぞおち目掛けてスピードBで突撃。気絶させる。

50 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:48
>>49
スカッ!!

攻撃は女性の体を見事に通り抜け
後ろの壁に激突した!
ドウン!!

その音にとどめを刺されたのか、
女性はこの世の者ではない何かと勘違いしたのか、
そのまま、事務所から逃げ出してしまった!

51 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:51
>>50
「くそッ」

事務所を出て公園を見渡す。
ここでの『条件』を早く解明しなければ。

52 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 01:57
>>51
公園を見渡すと、既に女性の影は無くなっていた。

・・・・どこからか、人の争う声が聞こえる。

53 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 01:59
>>52
声のするほうへ向かう。

54 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 02:03
明日に続く!

55 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 23:34
>>53
声のする方角に向かうと、公園の林の中で、
2人の男が言い争いをしていた。
2人のうち、一人の手にはナイフが見える。

56 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 23:37
>>55
『殺人事件が起こる』のか。
ひとまずは様子を見よう。

57 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 23:43
>>56
ナイフを持っていたほうの男がもう一方の男に
じりじりと近づいていく。
男の顔には狂気が浮かんでいる。
「・・・この場所じゃあ誰も見てねえ
 ・・・てことはだ、今お前を殺しても
 ・・・・・やっぱり誰も見てねえってことだ!」

「ちょ、ちょっとまて!
 自分が何をしているのかわかってんのかお前!」

58 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 23:52
>>57
問題は『止める』べきなのか『見守る』べきかという事だ。
おそらくこの道での『取得条件』はあの『掲示板』が関与している。
どちらが『取得条件』だ?『止める』こと?それとも『目撃する』こと?

『ミニットマン』を発現し、男の持つナイフに意識を集中させながら考える。

59 名前: GM 投稿日: 2003/03/04(火) 23:57
>>58
「うひゃひゃひゃひゃ!!!」
ナイフを持った男は相手の男にナイフを振り下ろした!
ブゥン!!

「わぁぁぁぁ!!」

60 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/04(火) 23:59
>>59
一応、『止める』べきか。
殺してしまってからでは止められないしな。

『ミニットマン』がスピードBでナイフに突撃。
男の手の中から弾き飛ばす。

61 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:05
>>60
ガキィィン!!
『ミニットマン』がナイフを弾き飛ばす!
「あ、あれ??」
「・・・・・・?」
2人の男は今起きた状況を把握しかねているようだ。

ラビオリは右肩にあの痛みを覚える!

62 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 00:08
>>61
「こちらが正解か……」

肩を確認。

63 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:12
>>62
数字で『1』『4』『6』『9』と刻まれている。

「テメエなんかしやがったコラァ!!」
ナイフを持っていた男がもう一人の男に掴みかかっている!

64 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 00:16
>>63
数字さえ刻まれればここに用はないな。
次は『店』と『ビル』か。曖昧な表現だな。

管理事務所へ。

65 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:18
>>64
管理事務所へ向かうと、ラビオリに刻まれた
数字の内『9』の文字がスゥッと消えた。

森の中から『ドガッ!』 『ドガッ!』という音が聞こえる。

66 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:27
>>65
森じゃあない、林だ。
さっきの林から。

67 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 00:28
>>65
一度に得ることが出来るのは3つまで、ということだろうか。
打撃音のした森の中へ移動。

68 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:42
>>67
森、もとい先ほどの林の中に移動すると、
さっきの2人組みの男がドガドガと殴り合っている。
さっきまでナイフを持っていた男がもう一方
一方的に殴りつけている。

69 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 00:45
>>68
近くに小さめのごみ箱はないか。
あればその中身を(スタンドで)ひっくり返し、
『ミニットマン』がゴミ箱を被って殴っている男に体当たりを仕掛ける。スピードB。

70 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 00:50
>>69
残念ながら、近くにゴミ箱は見当たらない。
葉の少ない林が並んで立っているだけだ。

その間にも、敵意をむき出しにした男はドガドガと
もう一方の男を殴りつけている。
「この!この!この!このッ!!」

ラビオリの右肩の数字のうち『6』がスウッと消えた。

71 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 00:59
>>70
不味い。『4』と『1』を失うのはとても不味い気がする。
男の前に『ミニットマン』をやり、後ろ足で土を蹴り上げて目潰し。

72 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:03
>>71
ザァッ!!
男はその目に砂をもろに喰らった!
「な、なんだ??
 イデデデ・・・・なんなんだよ!」

殴られていたほうの男は
何が起こったのか解らないといった顔をしている。

73 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:04
>>72
「とっとと逃げろこのグズが」

もう一人の男の足元に土を履き掛け、逃げるように促す。

74 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:07
>>73
殴られていたほうの男は足元に土を履きかけられたのを見て、
目の色が変わった!
「よ、よし!うおぉぉぉぉぉッッッ!!!」
何かこれを神の意思と感じ取ったかのように、
砂で目の見えない男に向かって殴りかかっていったッ!

75 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:10
>>74
「馬鹿が」
同じように目に土を蹴り上げる。

76 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:16
>>75
「・・・・・え?イデデデデッ!!あ、あれっ!?」
男はじぶんの身に起こったことに混乱しているようだ。

ラビオリは再び、右肩に痛みを覚える。
先に言ってしまうと、さっき消えかけていた『6』『9』が戻ってきた!

77 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:23
>>76
つまり、掲示板に書かれた出来事を未然に防ぐこと。
それがこの『道』における条件というわけか。

一応、これ以上ふたりが殺しあわないように
近くの木を数本、『脆く』してなぎ倒しておく。

これでさっきの管理人か警察が駆けつけるはずだ。

78 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:27
>>77
ザンザンザン・・・・
近くの木が何本かなぎ倒された。

2人の男はもう完全に怯えきっている。
もう、殺しあうこともないだろう。

79 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:29
>>78
次を急がなければ。
まずは管理事務所で地図を見る。
駅の周辺に『店』と大きめの『ビル』を探す。
それと『夢公募』なる場所も載っていれば探す。

80 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:39
>>79
『店』も『夢公募』も地図には載ってはいなかったが、
駅周辺の外れに、『ビル』を発見した。

81 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:40
>>80
「これか」
『ビル』へ駆け足で向かう。

82 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:45
>>81
ラビオリは駅前を通り、『ビル』に向かっていく、
流石にこの辺りは人通りが多い。

しばらくすると、それらしきビルを発見した。

83 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:47
>>82
ビルに入る。そして6階へ。

84 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 01:55
>>83
ラビオリはビルにあるエレベーターで6階に昇った。
6階には『伝統の竹細工・木崎屋』とプレートがしてあるが、
その部屋のドアは閉まっている。

85 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 01:56
>>84
ドアをガラスのように『脆く』して蹴破る。

86 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:04
>>85
ガシャァァァン!!
ドアを蹴破ると、その音がビルに響き渡る!

87 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 02:06
>>86
速やかに部屋に入り『文字』を探す。

88 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:12
>>87
部屋の中には竹で作った小物や、椅子などが並べられている。
何故か、隣の部屋には手術室が見える。
特に文字らしきものは、壁のカレンダーや部屋の時計らしきものしか
見つからない。

89 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 02:14
>>88
カレンダーをめくったり、時計の裏側を調べてみる。
それでなにも変わった文字がなければ小物や椅子をひっくり返して探し回る。

90 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:23
>>89
ブゥゥゥゥンンンン・・・・
エレベーターが動いているらしき音が聞こえる。

カレンダーを調べていると、カレンダーに書かれている全ての数字
がラビオリの肩の数字と共鳴し、赤く光りだした・・・

91 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 02:27
>>90
「これでいいのか?」
カレンダーを見つめながら変化を伺う。

その間に、『ミニットマン』はエレベーターの方へ行き。
ドアに強力な『粘着性』を持たせて開かないようにする。

92 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:35
>>91
カレンダーの文字が、
赤く変化してからは、特にこれと言って変化は起こっていない。

93 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 02:36
>>92
文字に触れてみる。

94 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:39
>>93
どの文字に触れるか。

95 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 02:47
明日に続く!

96 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/05(水) 02:50
>>94
適当に目を瞑って触ってみる。
触った文字は『8』だった。

97 名前: GM 投稿日: 2003/03/05(水) 21:17
今日は中止。

98 名前: GM 投稿日: 2003/03/06(木) 23:35
>>96
赤く光るカレンダーのうち、『8』のみ、光が消失した。
ラビオリはまた右肩に小さな痛みを覚えると、右肩が赤く光りだした。

99 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/06(木) 23:42
>>98
肩を確認。

100 名前: GM 投稿日: 2003/03/06(木) 23:44
>>99
右肩に刻み込まれた、
『1』『4』『6』『9』『8』
の数字の内、『6』『9』『8』の数字が赤く光っている。

101 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/06(木) 23:49
>>100
赤く光っているだけでそれ以上変化はないのか。
ならば別の数字にも触れてみる。差し当たり目に付いた『30日』の文字を。

102 名前: GM 投稿日: 2003/03/06(木) 23:59
>>101
同様に、カレンダーから『3』と『0』の光が消え、
ラビオリの右肩に痛みと共に『3』と『0』が現れる。
『3』と『0』が右肩に移ると、
『1』、『4』、『0』が青く光り、
『6』、『9』が赤く、
『8』が緑色に光りだした。

103 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:02
>>102
数字を並び替えてみるか。
『140』『8』『69』『3』
に並び替え

104 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:07
>>103
『1』『4』『0』8』が青く光りだし、
『6』『9』が赤く、
『3』は光りを発していない。

105 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:10
>>104
『1408』『369』にしてしばらく様子を見る。

106 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:14
>>105
しばらく様子を見たが、これ以上の変化は起こりそうもない。

107 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:24
>>106
『6』『9』を捨てることは可能か。

108 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:26
>>107
ルール12 ゲットした数字(文字)は取捨選択、入れ替え可能
の適用により、可能

109 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:26
>>108
捨ててみる。

110 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:29
>>109
『6』『9』を消すと、

『1』『4』『0』『8』が白く光りだした!

外伝・Gymnopedieスタンド任侠伝/『昇道』に移動可能

イエスかノーか。

111 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:32
>>110
移動。

112 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:36
>>111
http://jbbs.shitaraba.com/movie/bbs/read.cgi?BBS=1408&KEY=1046275175
移動だ。

113 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:42
>>112
ところで『制限時間』は移動してレスを開始してからカウントされると考えても?
ならばここから移動した、という時点で仕切りなおして向こうへのレスは明日にしたいのだが駄目か?

114 名前: GM 投稿日: 2003/03/07(金) 00:48
>>113
許可します。

115 名前: ラビオリ『ミニットマン』@新手 投稿日: 2003/03/07(金) 00:50
>>114
thanks.

116 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:15
外伝・Gymnopedieスタンド任侠伝/『死道』  『ON』

117 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 00:21
>>116
でここはどこなんですかね。

118 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:24
>>117
グワッシャンンンン!!!


どこか解らないが、どこかの倉庫の中のようだ。
倉庫の中は薄暗く、1m先もよく見えない。


ガリガリガリガリ・・・・・・

119 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 00:27
>>118
よく見えないなら、見ることにこだわる事も無い。
『ロードキラー』を先行させつつ、障害物は叩き壊して進む。

120 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:34
>>119
ドガァァァンン!!!

『ロードキラー』が障害物を叩き壊しながら先に進んでいると、
いきなり、『なにか』が『ロードキラー』の真下で爆発を起こした!


・・・爆発の光りで倉庫が一瞬、照らされる・・・・
沢山の『●』と、その奥に人影らしきものが見える。

121 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 00:36
>>120
『●』ってなんだよ。穴?それとも黒いボール?
 
とりあえず、人影に接近する。

122 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:40
>>121
一瞬でよく見えなかったが、穴というよりはボールのように見えた。

ある一定まで近づくと、その人影が不意に声を発した。

「ん?スタンド使い?よくもまあここまで・・・・」

123 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 00:43
>>122
「ゴチャゴチャうるせェーーーーーッ!!!」
 
と叫んで、『ロードキラー』で殴りかかる!
‥‥と見せかけて止まった。
「といってブン殴るのは簡単だけどよォ〜〜〜〜ッ。
そういうわけにもいかねェよなァ〜〜〜〜ッ‥‥‥で、あんたは誰よ?」

124 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:51
>>123
倉庫の奥の人影は落ち着いた声でこう答える。
「私か?私はこの道の門番みたいなもんだ。
 私を倒せれば簡単に『数字』が手に入るぞ・・・・
 ここだけは『ルールは無用』だ。」

125 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 00:55
>>124
「マジかよ」
 
ところでさっきの道で手に入れた硫酸とかは無くなってないよな?
無くなってる?

126 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 00:57
>>125
全て無くなっている。
もちろん、手に持っていたサインペンも。

127 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:01
>>126
マジかよ!!
 
「しょうがねェなァ〜〜〜〜ッ」
覚悟を決めた。
「で、なんだっけか‥‥『ルールは無用』?
じゃあどんな方法でも、おたくを倒せばいいんだな?」

128 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:04
>>127
「そういうことになるな。」


・・・・ピン!

暗闇のどこからか何かの金属音が倉庫内に響いた・・・・

129 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:09
>>128
「あー、一つ聞くけどよ。
それは、その方法は『殴り合い』でないと駄目なのか?」
 
抱えていたスケボーを置き、コツコツと足で踏む。

130 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:11
>>129
「どんな方法でも・・・・」

ドッガァァァンン!!!!!

リューイチの10mほど前方で『なにか』が爆発した!

131 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:17
>>130
「なんだ今の。
あれがあんたの『スタンド能力』なのか?」

132 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:19
>>131
「・・・・・さあ?」

・・・・ピン!


「まあ、そのうち解ってくるよ。」

133 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:20
>>132
「あっそ」
ここはまだ暗いままなのか?

134 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:26
>>133
依然、暗いままだ。
ただ、爆発により、一瞬だけ辺りが明るくなる。


ドッガァァァァァン!!!
ドッガァァァァァン!!!

今度は2つほどリューイチの足元と、その後方で『なにか』が爆発した!

135 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:29
>>134
「なにィーッ!?」
 
ダメージは?

136 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:34
>>135
暗くてよく見えないので、はっきりしたことはよく解らないが、
『両足が物凄く熱く、痛い』
リューイチは力なくその場に倒れこむ。

「もう解ったかな?」

137 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:38
>>136
「暗闇地雷デスマッチ、ってとこですかァ〜〜〜ッ?」
声の人物の方を見る。近づいてくる?

138 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:43
>>137
「まあ、半分は当たりかな。その答えは。」

声の人物が近づいてくる様子は無い!


「さあ、これからどうする?・・・・逃げてみてもいいよ?」

139 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:46
>>138
「ンなわけねェだろボケ!!」
 
『ロードキラー』セット解除。
『ロードキラー』の上にスケボーを乗せ、さらにそのスケボーの上に座る。
ス:Bで、声のしたほうに接近!!

140 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:49
>>139
ピンピンピンピンピンピンピンピン!
ドッガァァァン!ドッガァァァン!
ドッガァァァン!ドッガァァァン!
ドッガァァァン!ドッガァァァン!
ドッガァァァン!ドッガァァァン!

リューイチの周りに異常なほどの爆風が上がるッ!
スケボーが爆風により、倉庫の入り口まで
吹き飛ばされた!

「なかなか頑丈だなぁ・・・・ここの倉庫・・・・」

141 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/08(土) 01:51
>>140
「卑怯だぞコンチクショー!!
さてはあの黒いのが地雷だな!!」
 
直接『ロードキラー』に乗ると、爆発の明りを頼りに声の人物の方へ。
可能な限り『●』は避けて。

142 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 01:56
>>141
「地雷とかじゃないよ。そんなんだから文字通り
 足元をすくわれるんだよ。」

ピンピンピンピンピンピン!!

ヒュッッヒュヒュッ!!

『なにか』が縦横無尽に飛んでいる!
そのうちの一個が、リューイチのわき腹を掠めるッ!

143 名前: GM 投稿日: 2003/03/08(土) 02:00
明日に続く!

144 名前: GM 投稿日: 2003/03/09(日) 00:01
昨日の続き!

145 名前: 座木劉一郎『プロペラヘッド』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:33
>>144
「……ここは……どこだ……」

このセリフも……そろそろ終いにしたいな……

146 名前: 香里『ラス・ケチャップ』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:38
「ふむう」
 
周囲を見(ry

147 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 01:42
>>145-146
ここはどこかの下水道の中のようだ。
光りも届かず、辺りは暗闇に包まれている。


・・・だが、2人の周りはやけに明るい。

2人の右肩が熱く光っている・・・・・・・

148 名前: 香里『ラス・ケチャップ』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:44
>>147
「へあ?」
 
右肩を見るですよ。

149 名前: 座木劉一郎『プロペラヘッド』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:45
>>148
「……いきなりか?」
見る。

150 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 01:47
>>148>>149
『真』、『廃』、『昇』、『未』全ての文字が真っ白に輝いている。

外伝・Gymnopedieスタンド任侠伝/『??』へ移動可能。
イエスか、ノーか。

151 名前: 座木劉一郎『プロペラヘッド』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:48
>>150
「……NOなわけがあるか……
 ……YESだ」

152 名前: 香里『ラス・ケチャップ』@新手 投稿日: 2003/03/10(月) 01:49
>>150
そりゃもちろんイエスでいすよ。

153 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 02:02
http://jbbs.shitaraba.com/movie/bbs/read.cgi?BBS=2419&KEY=1047229235
では、移動。

154 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 23:17
再開

155 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:18
>>144
率直に聞く。
俺はもうおしまいか?

156 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:18
>>154
やったね。
脇腹をかすめたものを拾う。

157 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 23:22
>>156
ドグオォォォオンンン!!!!


『脇腹を掠めたもの』が爆発した!


リューイチの右手が『吹き飛ぶ』

「これが『SOS』の使い方だ・・・・・クックック。」

158 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:32
>>157
「なにィィィーッ!?」
 
吹き飛んだ。
「『地雷』じゃなく‥‥『爆発』してたのはこっちのほうかよクソッタレー!」
今の爆発で、相手の位置は見えたか?
見えたなら、『ロードキラー』に乗ってそちらへ移動。

159 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:32
>>158
追記。吹き飛んだ右手が残っていれば拾っておく。

160 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 23:39
>>158
ピンピンピンピン!!!
ひゅんひゅんひゅんひゅん!!!
ドガドガドガドガ!!!

・・・倉庫のあちらこちらで爆発が起こりはじめている!
相手の位置は『それ』が起こした爆風でほとんど見ることが出来ないが。
遥か遠くに『女性』らしき姿と、その『スタンド』、そして確かに『手榴弾』が見えた・・・・

「・・・この爆風の中を?進んでこられるのかな?
 ここまで!」

吹き飛んだ右手は残っていないようだ。

161 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:44
>>160
「罠かよ!」
 
一旦進むのは諦める。
『手榴弾』が飛んできたら、可能な限り弾いてガード。
爆発が収まるまで待つ。

162 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:48
>>161
もちろん弾いてガードするのは『ロードキラー』だぞ!!

163 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 23:50
>>161
奇妙なことに、『手榴弾』はほとんどリューイチには飛んできていない。
爆発のほとんどはリューイチの前と後ろで起こっている。

・・・・ろくに止血もしていないリューイチの右手首からは大量の血液が、
ボトボトと音を立てて流れ落ちている。

ドガンドガンドガンッッッッ!!
爆音と閃光が倉庫内を包んでいる・・・・

「・・・・・・・・・・・」

164 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/10(月) 23:57
>>163
液状の『ロードキラー』で切断面を包み込み止血。
爆発の治まる様子はないのか?

165 名前: GM 投稿日: 2003/03/10(月) 23:59
>>164
爆発は徐々に収まってきたようだ。
そろそろいいだろう・・・・あなたに真実を見せようか・・・・」

暗闇に支配されていた倉庫に突然、明かりが灯る・・・・
リューイチはその場所で恐るべき光景を目の当たりにする・・・・

リューイチの遥か前方に一人の女性とその側に立つスタンド・・・・
・・・そして、『倉庫』の壁、床、天井に敷き詰められた・・・・
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』
『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』『手榴弾』

166 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/11(火) 00:02
>>165
「うわっ卑怯くせー‥‥」
 
距離はどのくらい?

167 名前: GM 投稿日: 2003/03/11(火) 00:08
>>166
距離は直線距離で約50m程。

「・・・卑怯とは!
 想像力が貧困な人間の口にする妬みの言葉だッ!
 君はその力では私に負けている!
 ・・・・『SOS』!」

ピンピンピンピンピンピン!!!

SOSの掛け声とともに、6つの手榴弾が吹き飛ぶ!
そのうちの5つが他の壁にぶつかり、更なる連鎖爆破を引き起こしている!
ドッグオォォォオォオォオォンンンン!!!!!

そのうちの一つがリューイチの方向に向かってきたッ!

168 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/11(火) 00:12
>>167
「いや想像力もクソも」
 
人型に変化した『ロードキラー』で、女目掛けてその『手榴弾』を蹴り返す。

169 名前: GM 投稿日: 2003/03/11(火) 00:19
>>168
ドッガァァァンンン!!

リューイチが蹴り返した『手榴弾』が『ロードキラー』接触と共に爆発する!

「クソも何もこれが私の戦い方だ。
 ・・・・・あと何分?」

170 名前: リューイチ『ロードキラー』@倉庫 投稿日: 2003/03/11(火) 00:22
>>169
「知るか」
 
『手榴弾』が大量にあるとはいえ、そろそろ『びっしり』と言うわけにはいかなく
なってきただろう。
『手榴弾』の無くなったところを選んで接近を試みる。

171 名前: GM 投稿日: 2003/03/11(火) 00:24
>>170
リューイチの体が急に金縛りにあったときのように
まったく動かなくなる。
・・・・リューイチは自身の体内に熱い『なにか』を感じた。

リューイチ『ロードキラー』2003/03/11 00:21----------------『敗北』

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■