■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

グランくん正妻ワールドカップの組み合わせが決定しました

1 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 20:58:22 FzfEAhOQ
【グループA】
ルリア、サラ、クラリス、ゾーイ
 
【グループB】
ジータ、カルテイラ、ヘルエス、ニオ
 
【グループC】
ヴィーラ、アニラ、ソーン、アンチラ
 
【グループD】
ナルメア、ジュリエット、ユエル、レオナ
 
【グループE】
リーシャ、アルルメイヤ、ドロシー、ソシエ
 
【グループF】
カレン、サラーサ、イシュミール、アンナ
 
【グループG】
マギサ、カリオストロ、ヴァンピィ、ダヌア

【グループH】
ディアンサ、アンスリア、闇ジャンヌ、メーテラ
 

ちなみに開幕戦は開催国枠で初出場のクラリスVS正妻ランキング1位のルリアです


2 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 21:01:49 girvR/eQ
レオ姉とかいう期待のホープ


3 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 21:05:27 HTfJs./c
グループHこれはまずいですね


4 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 21:11:25 QwVTXnLg
Hが死のグループ過ぎる
Bはニオたそヘルエスのジャイアントキリングに期待


5 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 22:28:11 HlwfmhR6
Aグループそのまま遊びだしそうなんですがそれは


6 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 22:43:46 wUFc82es
ジータが他の参加者を全部殺しそう


7 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 22:44:34 momQrMmg
Gグループは読めないですね…


8 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:00:59 L7NkJSKk
カルテイラ棄権

でもみんなが争っている隙にグランくんとイチャイチャしてそう


9 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:12:11 WziGOAW6
各グループ一人ずつ死者が出そう


10 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:13:55 mEtuGLPs
グループE結構クソザコ揃いですよ


11 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:15:32 HTfJs./c
>>10
秩序以外強くないですかね


12 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:32:02 oYztQnPA
リーシャとドロシーがイキスギ両成敗食らってる間にソシエアルルメイヤが詰めて来そう


13 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:33:54 TdAk06Mo
ちなみにどうやって勝敗決めるんですかね・・・?


14 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:34:14 h7dT2Z0E
Bグループはカルテイラちゃんに勝ち抜いてほしいけど絶対開始早々消されますね…


15 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:37:27 HR8r3DVc
強豪ナルメアは試合開始早々グラン君にお手つきして
退場処分になりそう


16 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:39:37 SjCULPkE
ベアは予選落ちか


17 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:40:12 Mzr5.T6A
たしかにグループEはガツガツ攻めてくるやつアイツしかいないけど、変わりに誘い込んでくるような娘多いからむしろアイツは予選で消えそう


18 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:45:21 ldVZ.pmY
グループFはカレン突破オナシャス!


19 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:46:24 QwVTXnLg
>>16
闇予選でジャンヌヴィーラに潰されたからなぁ…


20 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:54:39 4W71Qv4Y
陣痛で痛いふりすると顰蹙を買うらしい


21 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/19(火) 23:57:20 kFy6aU8E
>>17
ドロシーお世話(意味深)をしに街中追いかけ回すくらいにはめっちゃ攻めてくるだろ!


22 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 00:04:35 OrklulLk
主な予選敗退選手って誰ですかね
ベアとかシルヴァさんとかリリィとか結構いそう
あとイオちゃんもバレンタインとかでラブ勢っぽい感じでしたね


23 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 00:05:17 7shjbZog
競技はやっぱり将棋なんですかね?


24 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 02:06:37 0WyZD.j.
お互いがケツから空気をパンパンに入れて腕相撲をし
先に屁こいた方が負けで勝敗


25 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 02:23:27 kZKc9OW2
グループごとに審査員がグランくんへのアピールを採点し、最も点数の高かったものが決勝リーグへ進出
決勝リーグでは1人ずつグランくんと1週間同棲してもらい、最終的にグランくんが選んだ子の勝利

もしくはバチェラーみたいに全員同時にグランくんを奪い合うとか


26 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 02:29:47 xv0yswpg
クラリスvsサラとかいう最強の矛vs最強の盾対決
終始クラリスが猛攻を仕掛けるも、カウンターにやられそう。


27 : 愛されるより 愛したい :2018/06/20(水) 12:50:05 ???
ハンド(意味深)したらPK(意味深)


28 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 13:14:03 .Z65w1QQ
背水持ちのサラちゃんは傷つけば傷つくほど強くなる(意味深)


29 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 13:41:17 zopWEj/A
グループDのナルメア・レオナ戦は激しい打ち合いになりそう


30 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 16:44:40 s2Ldnlfg
グランくんと対面座位で抱き合ってより長い時間キスを我慢できた人が勝利


31 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 17:05:01 8f9D/nc2
あーっとグループBジータ選手、種付け決定機に痛恨のハンドー!
退場です!優勝候補が初戦でまさかの退場!グループBは波乱の幕開けとなりました!!!


32 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 17:06:56 7shjbZog
ノーハンドセックスって難しくないですかね


33 : クロスビー :2018/06/20(水) 17:25:27 ???
お互いパンツ一丁になってパンツの奪い合いしてほしい


34 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 18:04:12 GTC/7/j2
レオナ未所属なんですがそんなにすごいんですか


35 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 18:32:29 0.3PxVY.
>>34
不安定さがチラホラ見えててヤバいですね

まあ、見方の問題なのかも知れないけど、
グランくんにアベルさんのイメージ重ねて満足→安眠の流れはすごかったです


36 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 18:35:45 1GSoOXdI
グラブルの妙齢の女性にはヤバイやつしかいないんですかね…


37 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 18:48:41 OrklulLk
注目カードは
ヴィーラVSソーン(やべーやつ対決)
アニラVSアンチラ(十二神将のラブ勢対決)
レオナVSジュリエット(未亡人対決)
カリオストロVSヴァンピィ(可愛い系頂上対決)
グループH全試合
ですかね


38 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 18:50:21 Io5UvWUI
現実の試合結果に合わせて寸評を何方かに書いて欲しい(他力本願)


39 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 20:03:40 Fypt9CF2
グループC本命ヴィーラ
試合そっちのけでグラン君を逆レ


40 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 20:09:45 8rT/mEuk
グループFイシュミール、審査員席のグランくんにことあるごとに告白


41 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 20:29:07 2jP7RWDU
これが蠱毒ですか


42 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 20:35:01 CL3aGPrY
グループH闇ジャンヌ、グランくん依存症のため本気度が違う


43 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:24:25 OrklulLk
クラリス 0-5 ルリア

グランくん正妻ワールドカップが14日に開幕し、開催国のクラリスとランキング1位のルリアが対戦した。

立ち上がりから試合は予想に反しクラリスが王者相手に猛攻を見せる展開に。
グランくん相手に友人関係から徐々に距離を詰めるムーブを見せ何度もゴールに迫るも、
ここ一番でのチキンムーブが災いし三度の絶好機を逃し得点ならず。

しかし、ヒロインとしての年季や格の差で圧倒的に上回るルリアがグランくんへの甘えやアピールを積極的に使い始めると流れとスコアが一気に動く。

前半12分、食堂での食事の流れからMFビィが「たまにはお前ら2人で出かけたらどうだぁ?」と絶妙なクロスを配給。
それに合わせルリアがデートの約束を豪快に押し込み、王者ルリアが今大会初ゴールを奪う。

クラリスは失点後に「ルリアちゃんとデート?マメな男はモテるよー☆」とグランくんに言う余裕を見せたがそれをきっかけに失点。
クラリスが心を折られた後はルリアが2人きりのデートでグランくんとの距離を詰めていき得点を積み重ね、王者の貫禄を見せたルリアが5-0で快勝した。


44 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:27:02 mcsNDL5Q



45 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:28:32 Io5UvWUI
草、何故開催国枠なのに負けてるんですかね?


46 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:29:26 EhJaNLyk
弱すぎる


47 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:30:07 5WpOiDLM
敗北者は牧場送りで


48 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:33:01 QVZtijEw
何をしたら得点になるんですか(すっとぼけ)


49 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:34:00 8FNCuosc
グランくんがときめいたらじゃない?(適当)


50 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:42:26 Q9j3IMrY
ルリア(JITAランキング1位)ークラリス(JITAランキング140位)
やめて差し上げろ

あと運営がよっぽど強くないと、結局捕った者勝ちのサバイバルレースになると思うんですけど


51 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 21:55:11 xfTxY6HE
首筋に昨夜自分がつけたキスマークを発見してサイファーマスクの正体がわかったジェシカが観客席でしっぽり


52 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 23:08:11 aB9JmPro
子宮に1発で1点でしょ


53 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 23:11:03 qKq218.E
先制されてんのに何余裕ブッこいてんだど阿呆
ほれ歴史的大敗じゃないか


54 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/20(水) 23:25:48 6Pl5763w
なんで自然な流れでオウンゴールしてんすかね・・・


55 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/21(木) 23:21:41 H79ifC5o
アニラ 2-3 アンチラ

グランくん正妻ワールドカップグループCの第1節が行われ、アニラ(ランキング18位)とアンチラ(ランキング31位)が対戦した。

二人は同じ十二神将で「アニラ姉ちゃん」「アンチラ」と呼び合う仲であり、十二神将のラブ勢対決で試合も大いに注目を集めていた。

試合は開始早々に動く。均衡を破ったのはアンチラ。
開始4分、こたつで一人で温まっているグランくんという絶好機にショートコーナーから無邪気に右隣へ飛び込む。
これがグランくんの心のネットを揺らしアンチラが先制。

アニラもそこから一気に前へと仕掛ける。
前半8分、秘蔵の「羊屋の最高級羊羹」を手にグランくんの左隣に抱きつきながら飛び込みすかさず同点。
さらに15分には「くふふふ、これはグランと一緒に食べたかったんじゃ」の言葉と共にあーん攻めをして追加点を上げる。
切り札の羊羹を投入し試合はアニラペース。そのまま何度も口移しを仕掛け何度もゴールを狙うが、グランくんの照れからかゴールを挙げることは出来ず2-1のまま前半終了。

アニラペースから試合が動いたのは後半13分、アンチラはコタツの上のみかんをグランくんに取らせる奇策に出る。
みかんを受け取りながら「こうしてキミとみかん食べてるのがボクの一番の幸せなんです」と満面の笑顔を見せ、これが同点ゴールに。
試合の流れを一気に引き戻す。

その後も豊満な体をすり寄せアピールをするアニラと無邪気に抱きつくアンチラで得点機合計15回という激しい応酬が続くが、
どちらもあと一歩というところで決めきれず試合は終盤へ。
このまま2-2のドローかと誰もが思った試合終了間際の後半48分、アンチラがグランくんの右頬を狙うような無邪気なキスを仕掛けに行く。
これにアニラも素早く反応、逆サイドから左頬を狙う。
このまま両者同時得点でドローかと思いきや、アニラが照れで一瞬だけ躊躇してしまったこと、妹分のアンチラに対し本気になりきれなかったことから唇が頰に1cm届かずに試合終了のホイッスル。
アンチラだけに得点が認められ、注目の十二神将対決は3-2でアンチラに軍配が上がった。


56 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/21(木) 23:26:31 Kd0C.Axg
いいぞもっとやれ


57 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/21(木) 23:27:02 H79ifC5o
結構でも疲れますねこれ(小声)
みんなも書いて(他力本願)


58 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 00:37:37 qRYKAovs
ヴィーラ 10-9 ソーン

グランくん正妻ワールドカップグループCの第1節2試合目が行われ、ヴィーラ(ランキング3位)とソーン(ランキング21位)が対戦した。

先制したのはヴィーラで手早くグランを裸にした後逆レイプを敢行
一気に9(発)得点をあげグランから「もう出ないよぉ」とお決まりのフレーズを言わせる活躍
トリプルハットトリックを決めたヴィーラはグランの上でお得意のダンスを披露
コレで追加点(発)をあげて前半だけで一挙10得点と前回大会得点王の実力を見せつけた
一方ソーンは遠くから二人の行為を眺めながら自らを慰めるにとどまった

試合後半、すっかり干からびていたグランだったがハーフタイム中も自分を慰め続けていたソーンを見てハッスル
エリクシールを飲んで皆口裕子ボイスを存分に堪能したが
すっかり逆レイプで体力を使い切った為か9(発)得点と後一歩及ばなかった

お互い(グランが)打ち合いの展開となった一戦だったがからくもヴィーラが逃げ切り初戦を制し(精子)た
ヴィーラは記者団に対し「シュバリエが全て悪い」と犯行を否認
「シュバリエが今大会中に孕みたがっていて身体の自由が効かない」と豊富を語った


59 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 00:41:18 1G/yNoq.
アニラ対アンチラの試合終了後も仲良くしてそうな雰囲気すき
心が温まる


60 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 01:28:01 fD28qxOk
ほのぼのからの落差よ


61 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 02:01:55 lzlpn3Wo
これ予選中にグラン君テクノブレイクしそうですね


62 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 07:12:53 vhOTuijA
逆レしてくる奴が正妻面するのか…(今更)


63 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 10:04:55 LUzOiBQE
ソーンさんしれっとグランくんから手を出されてない?


64 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 18:38:14 Pb8MYo4c
いつも言い訳に使われているシュバリエが可愛そう


65 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 18:42:09 JmNEwRHk
欲張りバイの面目躍如


66 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 18:43:32 .2JlZZwE
ベア「ヴィーラ半端ねぇって!」


67 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 19:45:42 1G/yNoq.
ジャンヌ(闇)7-6メーテラ
激戦区のグループH、大量得点戦を制したのはジャンヌ(闇)だった。
アウギュステ都市部でのデートシチュエーションでグラン君を誘惑できるのはどちらか、という対決だったが、ジャンヌは試合開始時間に到着しないというアクシデントが発生。しかし、
「来ないほうが悪いんだから、アタシ達ふたりで楽しんじゃおうよ、グラン」
とメーテラが試合を強行。
いつもと違い、敢えて露出度の低いカジュアルジャケットとキャミソールに身を包み、グランと街中に繰り出した。
喫茶店や遊覧船での会話や、アウギュステ名物魚介レストランでの「あーん」など、年上かつ恋愛経験の豊富なメーテラが順調に得点を重ね、グランの脇をガッチリキープ。時折胸元をチラつかせ、
「気になる?まだだぁめ、デートの最後に手取り足取り教えてア・ゲ・ル」
と童貞少年の心を昂らせるのも忘れない、盤石の試合運びだった。
このまま終了か、と思われた試合終盤、ホテルに行こうとしたふたりがあまりの人込みによって分断、更には豪雨が降りだすというハプニングが起こった。
しかし、この雨が試合の流れを大きく変えることになる。
人通りの少ない、裏道の軒下で雨宿りしながらやきもきしているグランのもとに、満を持してジャンヌが登場。雨でずぶ濡れの恰好だった。
「グラン…今日はメーテラと逢引きではなかったのか…?」
と疑問と安堵を浮かべた表情で駆け寄ってきた。
はぐれちゃったんだ、早く戻らなきゃ、というグランを
「そうか、やはり行ってしまうんだな…」
と捨てられた子犬のような瞳で引き留め得点。
とにかく拭かなきゃ、とグランが渡したタオルを使用して
「グラン…君のあたたかな匂いがするよ…まるで君に包まれているみたいだ…」
と状況全てを使用して得点を重ねていく。
雨が小降りになり、メーテラと合流しようとしたグランを背中から抱きしめ、
「お願いだ…もう少し、ほんの少しでいい…このままでいさせてくれ…君が好きなんだ、グラン…」
と告白。これが決定打となり、グランもジャンヌに熱い抱擁とキスを交わす。
二人が近くの安宿をとったところで試合終了。二人は一晩中愛を確かめ合った。
試合後、メーテラは
「男の庇護欲をそそった、って言えば聞こえはいいけど、要はアタシの努力の上澄みを掬っただけでしょ?気に入らないね」
とコメント。不快感を露わにしていた。
一方ジャンヌは
「私にはグランしかいない。たとえ外道と罵られようと私は彼を誰にも渡さない」
と悲壮な決意を語った。


68 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 20:04:42 wLmIr.k2
熱戦が続いてて寝る暇もなさそう
なお開幕戦


69 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 20:12:37 s8JaEaf2
試合が終わる度にグランくんはリセットされてるのかな?


70 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 20:54:02 IndXvpUA
クラリス 3-7 サラ

グランくん正妻ワールドカップグループAの第2節が行われ、開催国のクラリスとサラ(ランキング9位)の試合が行われた。

初戦に大敗し後がないクラリスは序盤から一気に猛攻を仕掛ける。
まず前半5分、クラリスが「だんちょー、ウチと海行こーよ☆」とグランくんに海へのデートを提案し1点先制。
それに対しサラは「私も行っても良いですか?」と言って着いていったものの、
その後は水着にも着替えず普段着で砂浜に無言で座っているだけでアプローチなし。
一方クラリスは前半だけで「だんちょー、ウチと一緒に泳ご☆」「ねぇ、ウチの水着...どうかな?」などの30回の猛アピールをグランくんに放ち2得点。
前半はクラリスのみがグランくんにアピールを連発する一方的展開で終わり、格上サラ相手に3点リードの3-0で折り返す。

クラリスペースだった試合が動いたのは後半開始直後。
クラリスは気が利く女性をアピールするために海の家に食事を買いに出掛けた。
この時サラとグランくんは二人きり。
直後のグランくんの「サラ、せっかく海に来たけど楽しくないの?」の絶妙なコーナーキックが試合の流れを大きく変えた。
その発言に「団長さんと一緒に居られるだけで幸せで、楽しいです」と静かな笑顔を叩き込み1点返すと、
後半7分にはエースストライカーのFW水着を投入し「水着を着用した9歳児離れした色気」で2点目。
すかさず後半13分には「体をグランくんにさりげなく密着させて砂遊び」であっという間に同点弾を叩き込んだ。

後半15分、混んでいた海の家から戻ったクラリスが見たのは同点のスコアボード。
僅か15分で同点にされたことに焦ったクラリスはグランくんの元へ走るも砂浜でサラと激しく交錯し転倒。
ファールとはならなかったが、起き上がったクラリスが見たのはサラだけを心配するグランくん、涙目で痛がりつつもクラリスの方を見ながら口を三日月型に歪ませるサラ。
9歳児に嘲笑された怒り、15分でグランくんを取られた事への悲しみ、あっという間に同点を許した焦り、予選敗退の恐怖や絶望等が頭で渦巻いたクラリスはメンタルが崩壊。
精神が不安定になったクラリスは激昂してしまい存在崩壊をグラフォスとサラに仕掛けようとするも、
これが「グランくん及び対戦相手への暴力行為」に該当し一発レッド。
ジークフリート主審ら30人の審判団の攻撃で失神させられ痛恨の退場となった。

その後、クラリス退場で無人のゴールとなったグランくん相手にサラは後半26分に「溺れたふりでグランくんに抱きつく」で勝ち越すと、
後半35分には「わざと水着を海に流し『水着が波にさらわれたから取ってください』とグランくんに頼む」、
後半37分には「取ってもらったその水着を『団長さん、着せてください』と頼む」、
後半43分には「団長さんがいなかったら、私はあのサブル島で...ありがとうございます」と涙を見せ抱き着くなどやりたい放題のゴールラッシュ。
後半だけで7得点を挙げたサラが7-3でクラリスに逆転勝利し、勝ち点3を獲得した。
2連敗となったクラリスは最終戦を残し32人中最速でグループリーグ敗退が決定した。


71 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 20:55:22 IndXvpUA
試合終了後に別室で目覚めたクラリスは敗退の報せを聴くと泣き崩れ、しばらく立てなかった。
10分後に部屋に来たGグループのカリオストロが寄り添うと、無言で肩を叩き弟子の健闘を讃えた。

カリオストロは記者団に「あいつは負けたが本気で戦った。代表に恥ずかしくない戦いをした。
今日の戦いを見て誰もあいつをクソザコだなんて言う奴はいねーだろ。
今日の負けはあいつを強くする。あいつはまだ終わったわけじゃない。
大会には負けたが、本当の意味で最後に勝つのはアイツかもしれねーな」と弟子の健闘と今後の飛躍を語り、
弟子に肩を貸してスタジアムを後にした。


72 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:04:36 89PJmL3w
カリおっさん優しいけど
30回のチャンスで3点しか入れられなかったのは擁護できないわ
中日打線かよ


73 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:09:25 wLmIr.k2
30回もチャンスあったら日本代表でももう少し決めるレベル


74 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:11:30 1G/yNoq.
グランくんさりげなくサラちゃんに味方してて草
クラリスも報われてくれよな〜


75 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:15:47 V17Cb2ts
30回チャンスで3点って横浜打線かよ


76 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:16:58 IndXvpUA
30回のアピールでの決定力のなさはクラリスちゃんがアピール慣れしてないから多少はね?
席さえ外さなければ、もしくは最後まで前半の勢いで攻めてればクラリスちゃんが勝ってたか悪くて引き分けだったと思います

後にこの試合は全空史上最大の逆転劇として名が残り、試合写真や結果が数百年に渡って全空中に語り継がれる伝説になります


77 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:17:27 JkjYmDTU
全然ワールドカップでも何でもないのにあふれ出るワールド感すき

>>72
正論すぎて草


78 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:20:22 .2JlZZwE
他の男性団員がドン引きしてそう


79 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:22:11 PMxhtIpM
http://url.ie/12aa4


80 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 21:51:33 NW4J4rrc
このサラはクズですね・・・


81 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 22:39:18 cQHahBp2
ホストでこんな無様な試合するとかサポーターいなくなるわ
というかポッドAでルリア引いてる時点で試合終わってますね


82 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/22(金) 23:40:47 w2glAZp6
カリオストロ「チームがバラバラじゃねぇか!」


83 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 04:15:20 Z35TrHVY
ダヌア2-2ヴァンピィ

グランくん正妻ワールドカップグループGの第1節が行われ、ダヌア(JITAランキング10位)とヴァンピィ(JITAランキング32位)、妹属性の二人が激突した。

注目の妹対決は意外な形での決着を見た。
グランと三人でピクニックに行くという今回の対決、晴れ渡った空の下、緑に包まれた小高い丘の頂上にシートを敷いて、グランのために二人で仲良く作ったというサンドイッチと紅茶、クッキーを広げたところから試合開始。

前半1分、開始早々ヴァンピィが「ヴァンピィちゃんが食べさせてあげるんだから!どう?おいしい?」とサンドイッチをグランの口元に運び、早々に先制の1点。
グランがおいしいと伝えると、「とーぜん!なんたってヴァンピィちゃんとダヌアがつくったんだからぁ!」と、スープを作った時より格段に上達した料理の腕前と、ダヌアに対しての信頼感を話した。
前半5分、ダヌアも動き、「くちぃ…よごぉ…」とグランの口元をハンカチで拭ってあげるというファインプレイで1点。
さらに前半8分「ヴぁん…たべぇ…」とヴァンピィにもクッキーを差し出し、ヴァンピィも「ありがとー、ダヌア!」と応えるという、試合には関係ないものの微笑ましい光景が見られた。
しかしそれ以後は大きく試合が動くことはなく、3人で楽しくお昼を食べるという展開が続く。

試合が動いたのは後半15分、お腹いっぱいになったダヌアがうとうとし始め、グランにもたれかかって眠り始めたことによって、グランがダヌアの頭を撫でるという展開にて追加の1点。
ダヌアは幸せな笑みを浮かべながらぐっすりと眠り始めた。
後半23分、それを見ていたヴァンピィも「ダヌアだけずるーい!ヴァンピィちゃんもけんぞくぅになでなでしてもらうんだからぁー!」と要求。
グランの膝枕にて頭を撫でてもらい、「えへへ…」と無邪気な笑顔で快眠。ダヌアに追いつく追加の1点を決めた。

しかしその後ふたりが目を覚ますことはなく、そのまま試合終了。
2-2で引き分けという決着を迎えた。
他の試合とは明らかに異なる、どこまでもほのぼのとした結末に、グランも心を癒されたようだった。


84 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 04:16:30 Z35TrHVY
試合終了後、ダヌア側のマネージャー(?)であるヘンゼルは
「結局ダヌアは家族が恋しかったのだろう。ヴァンピィとグランを奪い合うよりも、みんなで仲良く、家族団らんを味わいたかったのではないか。ランチを二人で作った時から、もう彼女に家族を感じていたのだと思う」
と分析。同グレーテルも
「マ、ダヌアに人を出し抜くだけの頭があるとは思えねーしナ!ケケケ!」
と笑いながらも満足そうに語った。
一方ヴァンピィの弟であるヴァイトは、
「大会の趣旨とは大幅に異なる展開だが、外界にヴァンピィが頼れる人間が増えたことは好ましく思う。改めて、この騎空団に参加できたことを感謝する」
と謝辞を述べた。


85 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 04:43:25 4abww2/c
ほっこりした


86 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 06:14:55 gS.xI.YQ
ジータは何をしてるんですかね


87 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 06:20:51 28TNtDTw
>>86
全員弱らせてから纏めて処理ゾ


88 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 07:45:49 pm/BdUrE
勝ち上がって来た最後の一人を殺せばそれで済むから


89 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 07:47:27 NCFhJmNw
今頃過去に飛んでショタグランくんを食ってるゾ


90 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 07:48:06 ke7ouHEA
>>88
蠱毒かな?


91 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 15:02:34 0PAqxGUs
グループBの試合様子がない...
あっ...(恐怖)


92 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 15:25:54 JlCZFUa.
ジータちゃんは即反則で退場してそうだから残る面子は比較的まともな試合展開になりそう


93 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 15:26:47 Ha8q2U0c
http://0oo.jp/6523c


94 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 15:27:30 5nSxniz.
ヘルエスさんとニオはいい勝負してカルテさんが勝ちそう


95 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 15:31:30 i7php6wY
搦め手使うNANじぇいジータは見たことないかも


96 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 16:08:30 7gqS3wcg
やっぱり妹は最高だな!


97 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:09:46 WJXDwkak
優勝すれば確実に手に入るのであれば正攻法の強力な正妻ムーブを見せて勝ち進むかもしれない


98 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:47:26 6gFYE0fc
リーシャ 0-1 ドロシー
 
グランくん正妻ワールドカップグループEの第1節が行われ、リーシャ(ランキング5位)とドロシー(ランキング27位)の試合が行われた。
 
リーシャは予選全試合を無失点で勝ち上がってきた全チームNo.1の堅守が持ち味。
どんなアピールやアプローチも「秩序」という口実で妨害する「秩序ディフェンス」は数々のグラン君ラブ勢の希望を打ち砕いてきた。
一方ドロシーはご主人様ことグランくんへのお世話を起点にした爆発的攻撃力が持ち味で、その攻撃力で秩序ディフェンスを崩せるかが試合開始前から注目されていた。
 
試合前半は完全にリーシャペース。「秩序」の言葉を出して全アピールを封じる「秩序ディフェンス」によりドロシーのお世話攻めを完全に封じ込める。
ドロシーの24回ものグランくんへのお世話アプローチは全てリーシャの「ピピー!その行動は秩序に反しています!」「ピピー!それは秩序的ではないですよ!」等の秩序ワードや妨害で完封され、0-0のまま前半は終了。


99 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:48:10 6gFYE0fc
後半もリーシャは「秩序ディフェンス」で鉄壁のガードを仕掛けていたが、試合が動いたのは後半12分。
ドロシーがグランくんにお菓子とお茶を持って行ったのを「秩序」の言葉と勢いでディフェンスしたが、
その際にドロシーは「リーシャ様、ドロシーは『ご主人様のお世話』というお仕事をしてるんです。他人のお仕事を妨害する社会とかお仕事をしない社会ってリーシャ様達が目指す秩序的な社会なのですか?」とリーシャに満面の笑顔で反論。
するとリーシャは反論を予想していなかったらしく突然しどろもどろになり「え?あの、いや、秩序というか、男女間のですね・・・」と動揺。
更にドロシーの「ご主人様とコンスタンツィア様とクラウディア以外の全てはゴミ、燃やして綺麗にお片付けしても良いんですよ?もちろんお前もな」とでも言わんばかりの殺意を込めた笑顔に怯えて逃走した。
精神にダメージを受けたリーシャはその後一気に精彩を欠き、全チームNo.1とも言われる鉄壁のディフェンスに明らかにほころびが出始める。
 
そして運命の後半38分。グランくんへのお世話攻撃を得意の秩序ディフェンスで妨害しようとしたリーシャだったが、
すれ違いざまのドロシーの殺意を込めた笑顔とドスのきいたささやきに本気でビビり腰が抜け、
「グランくんへのお世話&抱きつき」で得点を許し予選からの無失点記録が途絶え均衡が破られる。
焦ったリーシャはその後無理矢理に攻撃に出てグランくんへのアプローチを始めるが、
グランくんの腕に抱きついたドロシーが隣をガッチリキープしガード、得点を上げることができない。
結局その1点が決勝点となり、1-0でドロシーが格上リーシャ相手に大金星を上げた。
優勝候補リーシャがまさかの初戦黒星発進。
今後のグループEは混戦となりそうだ。


100 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:48:50 6gFYE0fc
格上相手に勝利したドロシーは「(金星を生んだのは)ご主人様への愛です☆」とコメントした後、記者団にご主人様ことグランくんの魅力について5時間語り続けた。

一方リーシャは記者団に対し「この試合結果は秩序に反しています。大会運営や協会に対して秩序の騎空団の圧力を使って提訴することも検討しています」と短いコメントだけを残し怒りを顕に試合会場を後にした。

また、大会主催者のシェロカルテは「正妻ワールドカップだけに持ち味の精彩を欠いたら負けちゃいますよね〜うぷぷぷ〜。」と今回の熱戦に対しコメントしている。


101 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:51:04 6gFYE0fc
※ちなみにリーシャさんは相手の全アピールやアプローチを後半終了間際まで秩序ディフェンスで妨害し、
相手が疲弊した終了間際の後半アディショナルタイムで1点とって1-0で逃げ切るスタイルで勝ち抜いてきた感じです
秩序一辺倒が格下と言えども通用しないという大会のレベルの高さを印象付けた一戦でした


102 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 18:52:47 7gqS3wcg
秩序戦法がしょうもなさすぎて草生える
よく予選突破できたな…


103 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 19:00:48 V2ohSfpQ
秩序!秩序!敗北者!


104 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 19:04:20 WSkdoDQI
シャビさんにアンチリーガルワイフって言われそう


105 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 19:30:40 Nnl4vzoU
相手がもうちょっと弱々しい子ならワンチャンあったんだけどちょこっとネジぶっ飛んでるドロシーだとダメみたいですね


106 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 19:43:06 6cHuwxgI
カレンvsイシュミールとか面白そう


107 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 19:51:15 4Ni5DBSU
敗北してからあの手この手で難癖つけるのは某国を思い出すからやめろ


108 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:09:39 5nSxniz.
>>106
その2人普通に仲良しだから同点で終わりそう


109 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:15:48 lRs/5Gno
サラーサの力技が見てみたいです


110 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:23:09 KXkNchWk
ソーン 3-5 アニラ

グランくん正妻ワールドカップグループCの第2節が行われ、ソーン(ランキング21位)とアニラ(ランキング18位)が対戦した。

試合は思わぬ助っ人が双方参戦からスタートした
ソーンには銃工房3姉妹
アニラにはアンチラ、マキラ、ヴァジラと団体戦の様相となる
特に本戦出場かつ同グループであるアンチラが加わる事には大会の意義さえ失う危険もあったが
長時間の審議の結果、「可愛いからよし」という裁定が下された

試合は十二神将チームが先に仕掛けた
皆でおこたを囲み
前からアニラが腰の上、両サイドからアンチラヴァジラ、後ろからマキラが抱きついて、もふもふサンドイッチフォーメーションで攻める
グランが思わずアニラの胸の谷間に顔を埋めて1点
アンチラがグランの左横から頬にキスをして1点
ヴァジラがグランの右腕にお股を擦りながら目をトロンとさせて1点
マキラが背中から抱きつきながら「ウホウホー♪」と可愛く囁いて1点
前試合で惜しくも奪えなかったグランの唇をアニラも覚悟を決めて正面からたどたどしくキスをして1点
絶え間なく割り込む隙を与えず十二神将チームが猛攻を仕掛け、試合前半は一方的展開となった

一方前節同様遠巻きに眺めるに終始していたソーンを見かねてククルとクムユが仕掛ける
「皆で里帰りするからグランも着いてきてよ!」
「グランの顔を見てーっておやっさんも言ってたぞコンチキショー」
この言葉をきっかけに5人で銃工房に泊まる事に
生憎()おやっさんおばさんは不在だったが家族団欒を演出し1点を返す
ククルクムユは晩御飯にスッポンを用意するなど準備万端で追加点を狙う
夜になり魔物が乱入するアクシデントがあったがシルヴァがキックで迎え撃った為パンチラを披露し1点
更に恥ずかしがってスカートを抑えて1点
すっかりエレクトしたグランが各個人を相手に3点ずつハットトリックを決めて後半一気の15点を叩き出して試合終了のホイッスルが鳴った

しかし試合終了後十二神将チームから講義が入り
「ソーンは結局何もしていない」「そもそも銃工房姉妹にソーンはカウントしないのでは無いか?」
と、ビデオ判定リクエストがあり審議に
VARでの長時間の審議の末、何故か審判団は賢者タイムになっていた
結果はソーンが中出しをされた3点以外はノーゴールとの裁定が下され、アニラ率いる十二神将チームの勝利となった

観客席からは「夜の詳細を見ないと納得出来ない」とのブーイングが飛び交う大荒れの展開に
尚、審議VTRはシェロカルテオンデマンドで8月発売予定(税別5980宝晶石)
先行配信が7月から予定している(PPV方式3000宝晶石)
大会中、詳細を放映出来なかったR-18内容は全てココでチェック可能だ


111 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:24:57 NCFhJmNw
シェロカルテオンデマンドで変な声が出た、訴訟


112 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:27:09 0.E.pCQ2
やっぱ秩序ってクソだわ


113 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:28:21 4abww2/c
マキラまたハンサムゴリラキメたのか…


114 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:29:42 5nSxniz.
ニヤニヤしながらVTRを確認する頭目


115 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:31:23 WWd6vobQ
秩序とかいうサウジアラビア


116 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 20:35:52 wphJQ7xg
グループHは混戦になりそう


117 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 21:42:42 YnqSrVnw
>>110
ほとんど総力戦ですね…


118 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 22:15:28 2hHf5o52
というかAV撮影も兼ねてないですかねコレ
ソーンさんほぼ何もせずに大会中12発も中出し喰らってるの凄いわ


119 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 22:17:12 lRs/5Gno
ヴァジラちゃんは発情期かな?


120 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/23(土) 22:33:24 JlCZFUa.
ソーンさん負けてはいるけど地味にMVPかっさらいそう


121 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 00:37:09 XV4yFBYk
シェロカルテオンデマンド月額登録したい


122 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 00:40:28 nTA9WvfY
ソーンとグランの薄い本少なすぎ問題


123 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 01:12:54 7XXgs8S.
クラリス3-3ゾーイ

開催国であるクラリスが初の勝ち点一を獲得した

試合前ゾーイにコメントを求めると「調停者として、この試合に挑む」対するクラリスは「うちは、まだ敗北者じゃない!」とそれぞれに闘争心溢れるコメントで試合前を盛り上げた

しかし、実際に試合が開始するとシチュエーションとなった居酒屋アリーナでクラリスは早々に雰囲気酔いを始めグランに絡みだす始末

「なんでうちじゃダメなの」「グランってロリコンでしょ」などとまくしたてて、前半中のシンピンでの退場させられる

そこをゾーイは同じく場酔いしたグランに膝枕での手当てを始め、抱き締めての介抱、そしてまさかのキス未遂(ゴールライン判定テクノロジーによりゴールを認められる)など立て続けに三点を先制した


124 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 01:27:16 7XXgs8S.
しかし、後半ゾーイは調停者としての資質を徐々に発揮し始める

シンピンを終えて、反省し何もかも絶望したようなクラリスが復帰してからは、的確にクラリスをホロー

「クラリスは良い娘だ」「最近悪いことが続いたからちょっと口が悪くなってしまったんだ」「私は少し気分がすぐれないのでおいとまする、後は二人でしっぽりやってくれ」と自発的に退場してしまう

あまりにもの展開に豆鉄砲をくらった形のクラリスだが、ここにきてのチャンスに奮起し「さっきはごめん」「うちは君のことずっと好きだったんよ」「ちょっと甘えさせてもらってもイイ?」と今までの鬱憤を返すかの如く三点入れた

しかし、ここで終了の笛が吹かれて結果として3-3で試合終了、両者痛み分けで終わった

試合後のコメントではゾーイからは「調停者として責務を全うすることができた、これが終わってからもう一度グランに甘えるつもりだ」と満足げなコメント

一方、初の勝ち点一を得たクラリスからは「さっき始めてのデート約束しちゃった! もう約束が待ちきれない!」と喜びを爆発させたコメントがあった

なお、今回の居酒屋シチュでグランも早々に雰囲気酔いをし、二人とのやり取りを覚えていないことを、備考として取り上げておく


125 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 01:38:47 wPB3Deeo
それでいいのか…(困惑


126 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 01:55:45 9zWFsi22
相手からチャンス施されてなおかつ勝ち越しできてないとか普通に負けるより憐れ。


127 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 03:34:38 oGwk7E0I
そろそろレオ姉が病みまくってるところが見たい


128 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 03:42:14 iCJYC9Yo
いまだに試合開始されないグループBが怖すぎるんですが


129 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 03:55:52 3SpLlc7Q
始まってないのはグループBDFですかね
今日帰ってきたらマギサVSヴァンピィの試合を投稿します


130 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 03:58:55 oGwk7E0I
>>128
ジータは大会参加者全員を敵に回しても勝てるポテンシャルがあるからね、しょうがないね


131 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 03:59:51 oGwk7E0I
>>129
超楽しみにしてる


132 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 04:04:20 XV4yFBYk
早くジータの試合見たい……見たくない?


133 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 04:11:01 dQonMXDw
死のグループ(直球)


134 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 11:51:08 sKrYLmBU
グループBは試合自体は行われたけど草刈り場になってるんでしょ。
そのうち得点のみの結果だけが送られてきそう


135 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 11:57:10 hYbzG28s
審判が制止するためにカード出そうとしたら腕切り落とされそう<グループB


136 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:36:54 oGwk7E0I
ナルメア5-2レオナ
グランくん正妻ワールドカップグループDの第1節が行われ、ナルメア(ランキング2位)とレオナ(ランキング30位)が対戦した。
ナルメアはグランをお世話したい、という気持ちから生まれる圧倒的な攻撃力が特徴。今回のためにドロシーの抵抗を押し切ってクラウディアに師事したといい、その意気込みは本物だ。
一方のレオナは、グランに昔の男の面影を重ねているという未確認情報こそあったが、情報の少なさからその動向が読めずに、下馬評はナルメア有利の声が大きかった。

試合はレオナのグランへの接触から始まった。
最初こそ、ナルグランデ空域での戦いを労う話をしていたレオナだったが、グランがアベルに似ていると確信した彼女は開始5分、速攻を仕掛け自室にグランを引きずり込んで逆レイプ。
フェラチオで1点、パイズリで1点を獲得し、さらには騎乗位でグランを犯しはじめる。このまま試合はレオナペースで進むのかと思われた前半39分、興奮の極みにあったレオナは「お願い…このまま膣内に射精して…愛してるの、アベル…!!」とグランとアベル同一視するあまり、名前を間違えるというを致命的なミスを犯す。
普段ヴィーラのおかげで逆レイプには慣れていたグランだったが、流石にこの一言はショックだったらしく、「僕はアベルさんの代わりなんですか…?」と悲痛な声が漏れた。

これに激しく動揺したレオナは「ちが…私、なんて酷いこと…アベル、グラン…ごめんなさい…」と泣きながら謝罪するが、そこでも同様のミスを繰り返してしまう。
前半43分、あくまでもアベルに固執するレオナに失望したグランは、服を着て部屋のノブに手をかける。「お願い行かないで、ごめんなさい、なんでもするから」とグランにしがみつき、なりふり構わず泣き叫ぶレオナを振り払って、自室へと帰っていった。
この時点で、事実上レオナはこの試合をリタイア。
自室で「どうして…私…間違えちゃったんだろう…助けて、アベル…」と膝を抱えてすすり泣くことしかできなかった。

後半3分、試合の潮目が変わったのを見計らってナルメアが登場。「グランちゃん、どうしたの?顔色が良くないわよ?」とグランを気遣う。
心身ともに堪えていたグランには、この一言が何より嬉しかったらしく、登場早々の1点獲得。
後半8分、「よーし、今日はお姉さんがグランちゃんのことを一日お世話しちゃうからね!」と今後のグランを独り占め宣言をしたナルメアは、レオナの轍を踏まぬよう(蝶に変身して監視していた)、あえて自身の豊満な肢体を封印。
後半13分、家庭的な暖かい料理でグランをもてなし1点。
後半26分、膝枕をしながら歯磨きをしてあげて1点。
後半30分、お風呂に入って胸で背中を流して1点。
後半42分、自らが抱き枕の代わりになりグランと眠って1点と、無人のゴールにシュートを放ちまくる無法地帯状態だった。
クラリス対サラの試合を彷彿とさせるゴールラッシュに観客は熱狂。その勢いのまま試合は終了した。


137 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:37:48 oGwk7E0I
終わってみれば下馬評通り、情報収集を怠らなかったナルメアが、その攻撃力を遺憾なく発揮し勝利。
レオナに関してはこの試合で精神的に大きな傷を負ったと思われ、再起できるかどうかの瀬戸際だと言えるだろう。

試合終了後、記者団に対してナルメアは「お姉さんにグランちゃんが甘えてくれて嬉しい!もっともーーっとお世話するからね!」と次の試合への意気込みを語った。
一方のレオナ側は、代理人としてカインが登場。「レオ姉は、現状とても話ができる状態じゃない。今後の試合も体調面、精神面の両面から様子を見て、参加するかを考える」と深刻な様子を語った。
ともに積極的な攻めを見せた二人だが、その明暗ははっきりと分かれた。


138 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:41:36 oGwk7E0I
ところでナルメアは「団長ちゃん」のほうがよかったですかね…(小声)


139 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:50:47 Me5EaaQA
コメントが面白くて読みやすくていいと思う(スカル並の感想)


140 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:51:54 nHL2gqTE
グランちゃん呼びも斬新でいいですね
やっぱりレオ姉もヤバイ側の人間なのか


141 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:53:06 z7UkyKgI
クソザコとすら呼べない何かですねこれは


142 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 15:55:19 ROWVh5x.
相手の名前間違えるってsyamuさんかよ


143 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 16:01:33 p6ZkXs9E
カインお前名前間違えることまで想定した作戦レオ姉に叩き込んでおけよ
軍師だろ


144 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 16:39:56 hYbzG28s
アベルが原因でグランとレオナが傷ついたことを知った上で、
代理人としてコメントしてるカインくんが一番つらそう


145 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 17:00:46 8Frur5PM
レオ姉がイマイチ闇に染まりきれていなかった点を次の試合までに修正したい


146 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 18:29:13 P89eY47M
名前を間違えられて沈痛な面持ちで服を着てる情景がありありと浮かぶ玉筆
優勝決定まで書いてほしい


147 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 18:44:20 pQ7zaiTE
グラン君は逆レに慣れているのか...


148 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:05:23 zYoCHpwA
闇に染まったレオ姉はなんの迷いもなくグランくんをアベル呼びしそう


149 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:09:45 zS1zaE72
ハクタクに頼んでグランくんをアベルってことにしそう


150 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:22:30 yJtAYawQ
いろんな女ととっかえひっかえヤリまくってるのに、名前間違えられたぐらいでなに動揺してるんですかねグラン君は


151 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:24:17 30NpTAAI
アンスリアvsディアンサはヤバそう


152 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:27:32 NtJm.k/6
あくまで正妻杯ですから他の男の名は完全にアウトですねこれは痛い


153 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 19:29:16 .qAzMzFk
>>150
ジャッジとして適切な対応をしただけだから


154 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 20:41:44 zzUkzqKM
この調子じゃ振り切ったジュリエットどころかクラリスリーシャ相手ですら白星献上しかねない


155 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 21:19:01 3RM..Tfs
ヴィーラ 8-6 アンチラ

「スコアこそ接戦だが圧勝だった、歴史に残すべき試合」
グランくん正妻ワールドカップグループCの第1節2試合目が行われ、ヴィーラ(ランキング3位)とアンチラ(ランキング31位)が対戦した。

ソーンアニラ戦に引き続きアンチラは十二神将を引き連れて入場、総力戦の構えで得点王を迎え撃つ構え
単身のヴィーラは幾ら逆レイプクイーンとは言えど圧倒的不利かに思えた
しかしヴィーラは助っ人を求めるでもなく悠然と微笑を浮かべるのみで抗議も一切しない

試合がスタートすると十二神将チーム得意の形に
全員でグランを囲み、身体を擦りつけたりもふもふさせたりキスをしたりウホウホしたりと
順調に得点を重ね前試合で見せた一瞬の気の緩みも無い鉄壁のガードと攻撃を見せる

後半に入ってからもフォーメーションを固め
ここまで6点差もあり、流石のヴィーラも万事休すかに思われた

後半18分ヴィーラが動く
フォーメーションの僅かな隙を付きグランの乳首を一撫で
「そんな中途半端じゃなくて出すもの出したいですよねぇ…グランさん...」
その一言をきっかけにグラン自ら十二神将フォーメーションを突破
股を開いて待ち受けていたヴィーラに襲い始めた
一気にヴィーラ(グラン)のゴールショーと試合は化し
試合終了のホイッスルが鳴る頃にはグランは8発ヴィーラの子宮に吐き出していた

試合終了のホイッスル後もグランの腰は止まる事無く
終了後12発ゴールを決めてやっとグランの腰が止まる事になった
ヴィーラはお掃除フェラで更に一発ゴールを奪い、未成立分も含め21発も絞り取って見せた
コレのは観客席からもスタンディング(マスター)オベーションの嵐で
会場は非常にイカ臭くなって清掃が大変だった

試合後まだベッドの上で股をおっぴろげて息も絶え絶えなヴィーラは記者団に対し
「グランさん主導だとイカされ過ぎちゃうから控えてるんですけども...」と語った上で
「襲わせる事だって出来ると証明出来た」「全てはシュバリエのせい」「準決勝決勝戦辺りが基礎体温的にも当たりやすそう」
と、既に危険日を逆算して決勝に進む余裕を見せつけた
負けた十二神将チームは記者団に対し
「キスだけで精一杯な純情が招いた結果」「貞操を捧げる覚悟を決めなければならない」
と、グループリーグ最終節へ意気込みを語った

全空が注目している白熱間違いなしのヴィーラ戦最前列チケットはまだ入手可能(税別90万宝晶石)
カットモザイク無しライブビューイングPPVはシェロカルテオンデマンドで視聴可能だ(3000宝晶石)


156 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 21:48:31 YCg/02os
他の団員は彼女になることを目的としているなか正妻として世継ぎを孕むことを目的にするヴィーラは実力が段違いですね…


157 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 22:11:26 U5ZwHBsE
シュバリエくんのせいにするのすらついでくらいになってて草
もう素直になれよ


158 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 22:18:44 hYbzG28s
何をどうすればいいかわからんレベルで強すぎる


159 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 22:20:06 FydkF20U
静観してる間にもう出ないよぉするしかない


160 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 22:30:09 SaPMkcLI
ルリアやジータですらヴィーラに負けそうなんですが…


161 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:09:55 3SpLlc7Q
マギサ 6 ー 3 ヴァンピィ

グランくん正妻ワールドカップグループGの第2節が行われ、
マギサ(ランキング7位)とヴァンピィ(ランキング32位)の試合が行われた。
 
前半開始直後、騎空団への依頼でとある町の宿屋に着いた一行。
MFラカムの「そういや薬草切らしてたな。誰か買ってきてくれるか?」のフリーキックで試合がまず動く。
その絶妙なボールに飛びついたのはヴァンピィ。
「おつかい?だったらヴァンピィちゃんがけんぞくぅと行ってくるー!」
とグランくんと2人きりのデートを積極的に仕掛けに行く。
 
そこからマギサも同行しアピール合戦の展開になるかと思いきや、
試合の展開は誰もが予想しない意外な方向に動いていく。
「私はここに残るわね」
誰もが目と耳を疑う。
ヴァンピィとグランくんには2人で行かせ自分は宿で待つというのだ。
この場合は3人で行ってアプローチ合戦したり互いにアプローチを妨害したりといった試合展開が定石であるが、これは前代未聞。
ヴァンピィも勝利を確信した余裕の顔で
「ふーん。じゃあけんぞくぅ、2人で行こ?」とグランくんを宿から連れ出していく。
 
前半5分、宿屋を出て無邪気にグランくんを置いて先を急ぐヴァンピィ。
団の用事でちょっとの買い物を済ませ、喫茶店で軽い食事とお茶をするだけだったが、
ヴァンピィの太陽のように眩しい笑顔や猫のような気まぐれさ、
成長途上な吸血鬼的蠱惑さにグランくんは徐々に惹かれていく。
ヴァンピィの何気ない態度が何度もグランくんの心を揺さぶり、
後半15分までに3点を挙げた。
 
後半も30分、アディショナルタイムを含めても残り20分足らずの時点で試合が動いた。
グランくんが喫茶店で疲れて眠ってしまったヴァンピィをおぶって宿へ帰って来たのだ。
グランくんは前後半の1時間余でヴァンピィに振り回されつつもその天真爛漫な魅力に惹かれており、
心がヴァンピィに完全に傾いているという状況での3点ビハインド。
心が完全にヴァンピィの方にあるこの状況は半端なアプローチではグランくんの心を揺らすことが出来ず、
勝利を目指すどころか1点入れることさえ難しい。
ほぼ詰みのこの状況で誰もがたった20分での逆転は無理だと思っていた。


162 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:11:32 3SpLlc7Q
後半32分、ヴァンピィを彼女の部屋に運ぶのを手伝った後にマギサは自分の部屋にグランくんを呼ぶ。
マギサはすでに用意していた冷たいお茶とお茶菓子を出し、まず今日のことを優しくねぎらった。
普通であればこれで得点であるが、ヴァンピィに心が傾いているためこの程度ではノーゴール。
しかしここからゴールラッシュが始まる。
後半34分。グランくんが今日ヴァンピィに振り回された話を困った顔でするのをただ微笑みながら静かに聞き、
「流石は団長さん。お姫様のエスコートが上手いのね」
「お店も事前に調べてあの子に気を遣ったのね、もう一人前の王子様かしら」など、
ヴァンピィのエスコートを頑張ったグランくんを褒めたり男としての自尊心や面子を立てたりの的確な言葉の数々で心を掴み1点目を取る。
さらにそこから後半37分には疲れた顔のグランくんにマギサが膝枕を提案、
グランくんは照れつつマギサの膝に頭を乗せ横になり2点目。
その後もトークや態度で持ち味の包容力を発揮していくと、
後半39分に自らグランくんが甘え出してこれが同点弾となるにはほとんど時間がかからなかった。

その後マギサはただ静かに微笑みグランくんを見つめながら頭を撫でると、
いつしかグランくんは団長の顔から年相応の甘えた顔に。
ついにはマギサの腰に抱きついてお腹に顔を埋めるようにして眠りにつき、
ここで試合終了のホイッスル。
グランくんの完全に心を許した態度、グランくんが夢の中でマギサに抱きついてイチャイチャ甘えていたこと等から
これが夢内審判員のモルフェにより合計3点分にカウントされ、結果6-3でのマギサの勝ちが決定した。
終わってみれば後半の20分足らずだけのプレーで完全に心を掴み逆転、
32人中で可愛さNo.1を誇る強豪ヴァンピィすら全く歯牙にも掛けない圧倒的な試合。
優勝候補筆頭にも挙げる専門家も多いマギサが圧巻の初戦勝利を見せた。


163 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:12:42 3SpLlc7Q
マギサは記者団に対し「今回の勝利は必然よ。あの2人が後半30分頃に帰ってくる未来は何となく見えていたし、
見えてなくても今日の日光の強さが吸血鬼の体に与える影響、ヴァンピィちゃんの体力の無さ等から十分予想できた。
アプローチもアピールも駆け引きも必要ないの。
小さい頃母親にしてきたように恋人に甘えられる、
男性が一番居心地のいいそんな場所を作って待っていれば良いだけ」
と勝利に喜ぶこともなく淡々とコメント。
そのコメントに対してはクラリスやシルヴァを始めとしたグランサイファー女性陣も真剣に耳を傾けメモを取っていた。

ヴァンピィは試合終了後に自室で目覚め敗北を知ると
「むうー…ヴァンピィちゃんだってもっと大きくなればけんぞくぅをメロメロに出来るのにー」
と不機嫌に記者団にコメントした後、付き添いのヴァイトを連れてベスちゃんに乗りこみ会場を後にした。

今日の試合でヴァンピィは0勝1分1敗(勝ち点1)となり、
グループリーグ突破に向け最終戦のカリオストロとの可愛さ頂上決戦の勝利は突破の最低条件。
最終戦は激戦となりそうだ。


164 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:16:13 ktvitxZY
これは元祖恋愛くそつよ万能魔女


165 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:16:46 9RLKRNTk
手練手管がヤバすぎる


166 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:17:11 PcnjffkQ
クラリスは相変わらずクソザコだけど自分を理解して学ぶ姿勢があるだけ有望なクソザコだな


167 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:17:39 3SpLlc7Q
このマギサ強すぎてルリアかジータ以外では勝てそうにない気がしてきましたね...
今後はBブロック初戦のジータVSカルテイラ→カリオストロVSヴァンピィ→カリオストロVSマギサという順で1日に1戦ずつ書こうかと思います


168 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:18:37 p6ZkXs9E
リーシャさんちゃんとメモ取りました?


169 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:19:45 z7UkyKgI
最後の最後で母性が邪魔をして負けそう


170 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:25:14 z9k0NQHU
母性強すぎだわ
ここまで性欲のヴィーラと母性マギサさんが優勝候補ってところかな?


171 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:25:26 v.00Whgo
1位ルリア
2位ナルメア
3位ヴィーラ
5位リーシャ
7位マギサ
9位サラ
18位アニラ
21位ソーン
27位ドロシー
30位レオナ
31位アンチラ
32位ヴァンピィ

ジータは何位なの?


172 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:32:22 7XXgs8S.
そもそもこのランキングはJITAランキングですし、きっと自分で自分を採点出来ないだけでしょ

正直ジータは「しゃらくさい、三人まとめてかかってこいよ!」とかいってぼこしてくれそう


173 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:33:44 3SpLlc7Q
>>171
スレを立てた時はブロック分けのそれぞれ一番左のキャラの順番=ランキング上位8人のイメージでしたね
1位からルリアジータヴィーラナルメアリーシャカレンマギサディアンサみたいな感じで
色んな方のアイデアが融合してるスレなので順位設定は試合を書く方が自由に決める感じで良いのではないでしょうか


174 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/24(日) 23:45:25 oGwk7E0I
この方の文章は思わずのめり込んで読んでしまう…
脱帽です。


175 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 00:21:55 4h5RfSQQ
このペースで色んな女性に中出し続けてたら決勝トーナメントへ行く頃には妊娠発覚のファインプレーが出そう


176 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 00:22:01 Z7GsajTE
マギサの試合巧者っぷりがすごい


177 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 00:23:22 epP.IxvY
初代王者の風格ある


178 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 00:55:20 DHYIBVnc
Cグループずっと書いてる人はいつもヴィーラスレ立ててる人だと思うんですが(名推理)


179 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 00:58:39 8QaxWuDo
誰かBグループを書いてくれ(懇願)


180 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:17:51 MNl3YiwY
ジータ 0 ー 0 カルテイラ

グランくん正妻ワールドカップグループBの第1節が行われ、
ジータ(ランキング4位)とカルテイラ(ランキング16位)の試合が行われた。

商人としての財力やファータグランデ中に広がる商業ネットワークを使い、
本気になれば戦争すら引き起こせるとも言われるカルテイラ。
一人で星晶獣をも討ち取れる全空最強レベルのヒューマン兵器ジータ。
いくら本大会がグランくんや対戦相手への暴力や戦闘行為が禁じられてるとはいえ、
この二人には雇った軍隊を使うなり審判が見えないレベルの速さで攻撃するなりいくらでも抜け道はある。
この二人がぶつかり合えばもはや戦争となるだろう、
島一つ消し飛ぶレベルの被害では済まないだろうと誰もが死闘を予想したこの一戦。
しかし、試合は誰も予想しない展開となった。

依頼で訪れた街から試合は開始したが、その直後だった。
「カルテイラさん、買い物に付き合ってくれません?」
「ええでー、親友のジータはんの頼みなら!値切りは任せとき!」
なんとグラン君を置き去りに二人は商業街に買い物に出掛けたのだ。


181 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:18:59 MNl3YiwY
グランくんを巻き込まないように場所を変えて戦闘開始か?と思いきや
二人はただ普通にショッピングを楽しむだけ。
服や装飾品、小物やお菓子といった女の子らしいものを笑顔で買って回る二人。
グランくんへのアピール合戦も、血で血を洗う暴力も、二人の総力をぶつけあう戦争も。
観客が期待し予想したものは何もなかった。
試合後半になってからも喫茶店でパフェを食べたり、
靴を買ったりとグランくんを全く無視。
当然どちらにも点が入ることはなく、0-0の引き分けで試合は終わった。

二人は記者団に対し
「私達は親友だから争いませんよ?2人で決勝トーナメントに行くんです!」
「せやせや、ジータはんはシェロはん並の親友やから!」とコメント。
肩を組んで仲良しをアピールした。

報道陣や観客のほとんどは試合の展開に納得がいかない様子だった。
しかし一部の実力者が「ああ、やっぱりそうなったわね」と予想の範囲内という顔をしていたのは気のせいだろうか。


182 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:20:09 MNl3YiwY
(客席)

クラリス「な、なんで!?なんで戦わないの!?」

カリオストロ「なるほどな。そういうことか。」

クラリス「どういうことなのししょー!」

???「ふぅ、説明してあげたら?」

カリオストロ「げっ、お前は...」

クラリス「マギサ!?」

カリオストロ「しょうがねえな。
カルテイラが本気になればその財力やネットワークを惜しみなく使ってくる。
戦争並みのことだって起こせる。
ジータだって本気になればそれに対抗できるレベルの圧倒的な戦闘力がある。
初戦から本気でぶつかり合えばどうなる?」

クラリス「ぶつかれば…すごい戦いになる?」

カリオストロ「すごい戦いってなぁ」

マギサ「そう。すごい戦いになる。
お互いの身や保有戦力が無事で済まないレベルでね。
勝ったところでボロボロになってたったの1勝が得られるだけ。
下手をすれば漁夫の利で他の参加者にその後負ける可能性もあるのよ。
つまり、こんなグループリーグなんかで本気でぶつかって得をするのは他の参加者。
争わず引き分けにしておくのがお互い得策だと暗黙の了解か密約があったんでしょうね」


183 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:21:22 MNl3YiwY
クラリス「で、でも!平和的に勝つんだったらさっき遊んでる時にこっそりだんちょーにアプローチすれば良かったんじゃないの?」

マギサ「そうね。さっきはいつでも裏切ったり出し抜いたりすることはできたでしょう。
でも、それで裏切られた上に予選敗退でもしたら?
裏切られて敗退した方は裏切った方を恨み、他の選手に惜しみなく協力するでしょう。
つまり裏切るのは今後の敵を手強くするだけ。
そんなケチな一勝のために裏切るのはありえない」

カリオストロ「互いに談合して引き分けて2人で仲良く予選を抜け、
もし戦うなら決勝って形が最善だと思ったんだろ。
ジータはその戦闘力だけが注目されがちだが決してバカじゃねぇ。
オレらみたいな規格外の天才を除けば頭もトップクラスだ、
普段は団長のグランに華を持たせる為に隠してるがな。
この試合も戦力温存の良策ってわけだ」

クラリス「へー、ジータって優しいんだね。
いつもグランのことになると感情的になるからもっと力押しで来るのかと思った」

カリオストロ「優しい?恐ろしいの間違いだろ。
グランのことともなれば普段は神でさえも即殺しに行く感情的なアイツがだ、
冷静な損得勘定で敵と一時休戦してるだけでもな。」

クラリス「でもあの二人仲良くしてたじゃん!」

マギサ「そう見えた?あれだけ仲よさそうにしていた2人だけど、
試合終了と同時に互いに一言交わすどころか一暼もせず去っていったじゃない」

カリオストロ「恐らくジータのはらわたは煮えくり返ってるんだろ。
何でグランを狙う虫と仲良くしないといけないのか、
出来るならさっさと殺処分したいってな。
あの時々漏れ出る殺気を見りゃ分かる。
おそらくその捌け口はあのBブロックの他の2人に向くだろ。
…ジータの残り二戦、血の雨が降らなきゃ良いがな」


184 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:27:01 HWZYzV9E
血の雨(グランの赤玉)


185 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 03:28:00 MNl3YiwY
ジータちゃん無双とかもアピール合戦とかもなく肩透かしっぽい感じになりましたが書いてみました
今後誰かがジータちゃんの恐怖を書いてくれることでしょう(他力本願)


186 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 09:21:49 nNYMVFgs
準決勝あたりでミネイロンの惨劇起こらねぇかなぁ…


187 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 16:52:05 k2mI1ENM
アルビオンTVヴィーラ独占インタビュー

『まずはヴィーラさん、ここまで全勝で決勝トーナメント進出おめでとうございます』

ヴィーラ「ありがとうございます」

『今大会の目標をグランさんの子供の妊娠としてますが
他の参戦者の方々は正妻であったりパートナーになりたいという理由が殆どです
何故、妊娠を目標にしているのか理由を教えてください』

ヴィーラ「まず私はグランサイファーに乗って早々に既にグランさんと関係を結んでいます」

『逆レイプしたんですよね』

ヴィーラ「そう思って頂いて結構です
その後も射精管理という名目で、様々なシチュエーションでグランさんと交わっています
最近では率先してこちらが押し倒される事も珍しくありません
少なくとも私がグランサイファーに乗ってからは、グランさんの射精の7割以上私が頂いているでしょう」

『そんなに...』

ヴィーラ「ですが、私が童貞を奪って自信をつけてしまったのでしょう...他の女性団員の方々ともグランさんは関係を持ってしまっています」

『どれ位の数と認識していますか?』

ヴィーラ「2桁はいっているのかなと...
まぁグランサイファーは才能溢れる魅力的な女性が多いですし致し方ないと思ってはいます
ですので大会の基本理念に外れますが正妻がどれだけ意味を成すのでしょうか?」

『というと?』

ヴィーラ「グランさん程の器量があれば一夫多妻でも構わないのかなと...
グランさん程の優秀な遺伝子は数多く残す事に意味を感じています
ですので、まずは私が率先して妊娠する事で後進を期待しています」

『そんな狙いが...』

ヴィーラ「視聴者の方々もお分かりの通り、グランさんは大変絶倫です
7割の射精を受け止めていた私が妊娠した場合その矛先は何処に向かうのでしょうか?」

『なるほど』

ヴィーラ「勿論、一番は私でありたいですし
今後も私が出来うる限り私が一番グランさんの性欲は受け止めて見せますがね…」

『今大会ここまでの試合を振り返って』

ヴィーラ「ソーンさんは非常に強かったですね、気を抜くと第一子を譲ってしまうかもしれません
積極性を持って行動をされたら分からなかったかと」

『優勝候補とされるジータさんについては?』

ヴィーラ「ジータさんはもう少し柔軟に物を考えて頂きたいのですが…
グランさんを独占したいという気持ちも分からなくは無いですが、現実問題を受け止めるべきかと
私はジータさんも妹のように感じていますし、なんなら夜のお相手もしたいとさえ...
女性も悪くないですよ?ジータさん」

『他に怖い出場者がいれば』

ヴィーラ「ジャンヌさんでしょうか?
彼女にはグランサイファーに乗っている限りグランさんは逃げないと伝えたいですね
他の出場者との対戦を楽しむ余裕が見られないので」

『本日はお忙しい中、ありがとうございました』

ヴィーラ『ありがとうございました。最後に言わせて下さい、これはシュバリエが望んでいるから仕方ないのです。それだけです』


188 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 17:02:52 jMozi6g6
ここまで見たらヴィーラが圧倒的強者過ぎて草生えますよ


189 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 17:09:42 mCW4fhjw
インタビューを終えたころにはインタビュアーの正気度下がってそう


190 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 17:26:44 2ZejIgcY
ジータちゃんは予選グループでは鳴りを潜めてそうで怖い


191 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 19:10:06 epP.IxvY
インタビュアーのセリフ全部に(白目)って付いてそう


192 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 19:15:26 yXL1539o
ここで調子に乗って決勝でルリアに負けたら一生ネタにされそう


193 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 19:54:21 ahlBt2Rk
マギサとは違う意味で思慮が深すぎる
考え方が常人のそれじゃない…


194 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 20:16:41 Qb/X/omk
イシュミール 2-3 アンナ

グループFの第1節がアウギュステ列島で行われた。
灼熱の太陽とそれを反射して煌めく海岸を各選手がどのように活かすか注目を集めた。

試合開始早々の前半1分、イシュミール選手が水着に着替える最中にブラのホックが髪の毛に引っかかるアクシデントが発生。この解消をグラン君に頼む好プレーで豊かな乳房と際どい水着を印象付けて1点の先制を果たす。
その後もイシュミール選手は海岸にグラン君を誘い出し水遊びに興じて攻め立てる。
一方のアンナ選手は生来の奥手な性格が仇となり、海岸までは着いていったものの厚手のローブを手放せず防戦気味。
しかし、前半終了も近くなった40分、司令塔カシマールの「ソノクロイフクノママジャ、ブッタオレチマウゼ!」という好アシストを受けてアンナ選手はローブを脱ぎ捨てる。
黒いローブの下から現れた鮮やかな赤いワンピース水着と華奢な身体つきの絶妙なバランスがグラン君の視線を射止め見事同点ゴールを産んだ。

後半に入り積極的に攻める両選手。お互い水を掛け合いながらグラン君の隙を伺う。
試合が動いたのは後半23分、日焼けで赤くなったグラン君を気遣うイシュミール選手が浜辺に氷のベッドを作る心遣いで追加点。
直後の24分にアンナ選手が日傘を差しかけて追い付くと、寝そべるグラン君の両サイドに両者が陣取りお昼寝タイムとなった。

このまま日没となり引き分けになるかと思われた後半44分、先に目覚めたアンナ選手が先に着替えてグラン君を起こす。その衣装は白いレースの縁取りが映える黒のドレスだった。
風にはためくそのドレスが寝起きのグラン君の心のネットも揺らし決勝点となった。

試合後、両者は健闘を称えあい次の試合での善戦を誓い合った。


195 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 20:28:12 4h5RfSQQ
>>187がヴィーラの薄い本シリーズ2つの要約みたいになってて草


196 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 20:53:25 ExB5xovE
シュバリエ「ざけんな」


197 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 21:05:49 tPEysvmU
久しぶりのほっこり対戦で安心した


198 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 21:19:33 h8U6AAu6
相手にグラン君を保持させておいて
攻め疲れたところで一気に捲る
カウンター戦術が強すぎる


199 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 21:19:59 9ztP07Jc
徳川君やっとまともな試合が出てきたぞ…


200 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 21:51:09 Qb/X/omk
カレン 2-3 サラーサ

グループFの第1節第2試合がアウギュステ列島で行われた。煌めく海岸が名物である当所であるが、天候の急変により両者難しい試合運びを強いられる事となった。

両選手とも水着に着替え上着を羽織った状態で砂浜にて球遊びに興じ、グラン君の隙を伺う展開となった。(サラーサはビーチボールに夢中になっていた)
その後両者の球遊びはヒートアップ。自然発生的に相手の守る領域内に手を使わずにボールを入れた方が勝ちというルールが作られ、審判役のグラン君の見守る中、砂浜での球蹴りの攻防が続いた。

前半38分、1m先も見えなくなるような突然の激しい降雨により球蹴り勝負は一時中断。その際海の家に避難したグラン君がカレン選手のずぶ濡れになって透けて見えた水着と濡れた髪をかきあげる仕草に見惚れて立て続けに連続得点。豪雨の中はしゃぐサラーサ選手を置き去りに2-0でカレン選手が有利に立った。

後半開始直後、豪雨の中でハイになったサラーサ選手が海の家までやってきてグラン君を雨の下に誘う。風邪をひくよ、と諭すグラン君に「水着着てるんだから濡れたって平気だ!それよりこんな天気なかなかないからこの状況で闘ってみたい!!」
と能天気な笑顔をみせる。その満面の笑みで得点した上、未だ降りしきる雨の中にグラン君を誘い出すことに成功する。

カレン選手も負けじとグラン君に付いていくが、相性悪い雨の中で大はしゃぎしているサラーサ選手に付き合うのは至難の技であった。
後半31分、グラン君と組手をしてテンションマックスなサラーサ選手がうっかりグラウンド・ゼロを発動。砂浜は大きくえぐり取られ、海の家は瓦礫と化し、グラン君とカレン選手も巻き込まれて十数mの距離をきりもみしながら飛んだ。

一瞬意識を失ったグラン君が目覚めた時には平謝りするサラーサ選手が目前に。その豊満な胸がグラン君の上で形を変える事で1点を返すとさらに、怪我をしているな…と出来た擦り傷にチロリと舌を這わせる事で勝ち越し点を挙げた。

そのまま時間が経過してゲームセット。その後目を覚ましたカレン選手の猛抗議により大会組織委員会の緊急会合が開かれた。

委員長のシエテ氏は会合後の記者会見で次のように述べました。
「天候が原因のアクシデントである事、サラーサ選手の計画的な行動でない事そしてとても良い絵が撮れた事から今回の試合は成立したとみなします。なお、サラーサ選手には警告が与えられ、次戦以降累積2回で退場処分とします」

なお、大幅に会場が破壊されたため第2節は別の会場を利用することになりそうです。


201 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 22:08:25 tPEysvmU
シエテさん身内だからって贔屓采配じゃないですかね?


202 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 22:13:32 ahlBt2Rk
ただ遊んだただけのサラーサに負けるカレンほんと不憫


203 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/25(月) 22:40:08 tZuSoLww
これはリクエスト判定でしょ


204 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 00:36:45 nfR/Neps
カリオストロ 5 ー 6 ヴァンピィ

グランくん正妻ワールドカップグループGの第3節が行われ、
ヴァンピィ(ランキング32位)とカリオストロ(ランキング15位)の試合が行われた。

このカードは言ってみれば「可愛さの頂上決戦」。
天真爛漫で天衣無縫、極上の天然の可愛さを持つヴァンピィ。
対して的確に男のツボを抑えてくる男目線の可愛さを持つカリオストロ。
勝った方がグランくんラブ勢の可愛さNo.1。
そんなカワイさの「養殖物」VS「天然物」の頂上対決に大きな注目が集まっていた。

とある島の小さな町で試合開始したこのゲーム。
試合開始直後、ヴァンピィがいきなりかぷっとしてけんぞくぅを眷属にしようとしたことからイエローカード。
いきなりのPKの大チャンスに「ねえねえ団長さん、カリオストロが早起きして作ったんだよ☆」と
前半1分、いきなり繰り出した切り札の「オレ様特製手作り弁当の差し入れ」で鮮やかにカリオストロが先制。
美味しそうに手作り弁当を食べるグランくんを見て早くもカリオストロは勝利を確信した顔をするが、
その1分後の前半2分、ヴァンピィはそのお弁当からおかずの唐揚げを指でつまむと「あーん♪」とグランくんの口の中へ。
さらに「えへへ、けんぞくぅのおくさまみたいだね!」と無邪気に笑いながら、
グランくんの唾液の着いた指を妖艶にぺろりとなめてすかさず同点。
他人の手作り弁当を利用して自らの得点に繋げるというスーパープレイでの同点劇に観客は湧き上がった。
そこから激しいシュートの撃ち合いが始まる。


205 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 00:37:32 nfR/Neps
前半12分、ヴァンピィがグランくんの右腕に抱きつけばカリオストロは左腕に抱きつき同時ゴール。
前半21分、ブティックでヴァンピィが可愛いドレスを試着し得点すれば、カリオストロは「こういうのが好きなんだろ〜?」と肌の露出の多い服を試着し挑発してすかさず同点に。
後半9分、パフェを食べていたグランくんの口元にクリームが付けば二人が同時にキスで舐め取り同時ゴール。
後半25分、ヴァンピィが出店で安いぺアの指輪をグランくんにねだり「けんぞくぅと夫婦みたいだね!」と笑って得点すれば、
カリオストロにもなにか買おうとするグランくんに「物なんていらねーよ、お前との思い出だけで十分だからな・・・なんでもねーよ」と顔を赤らめて同点に。
どちらかが点を入れればすかさず同点にするという全くの互角、ノーガードの撃ち合い。
両者合わせて40回を超えるアピールの応酬。
グランくんは両手に花で休むことのないアプローチを両側から受け続けた。
基本的には女の子の可愛さをアピールしつつも、
元同性であるという気安さや悪友ポジションでもアプローチしてくるという「変化球」も使う緩急自在のカリオストロ。
天然かつ王道の可愛さという「直球」だけで勝負するヴァンピィ。
どちらも譲らず全くの互角で5-5のままスコアは動かなくなる。

このままドローかと思われた試合終了間際の後半アディショナルタイム、
なにか思いついたヴァンピィは何かをグランくんの耳元で囁いた。
するとこれがグランくんの心を揺らしたため得点と認められ勝ち越し。
驚きで呆然とするカリオストロを前に無情にも試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
この得点についてカリオストロはささやき内容に「金銭等のやりとりやその約束」等の反則事項があったのではないかと主張し審判団に抗議したが、
主審が囁きの内容をグランくん・ヴァンピィ両者に確認した上、
グランくんの服に付いている小型マイク等でも音声を確認したがゴールの判定は覆らず。
そのまま5-6でヴァンピィが逆転勝利を収め、可愛さ頂上決戦を制した。
互いに持ち味の可愛さを活かし、相手への妨害や小細工なしで正面からぶつかりあった好ゲームとなった。


206 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 00:39:00 nfR/Neps
試合後、記者団の「一体何を囁いたのか?」との質問に、ヴァンピィは
「えー?ヴァンピィちゃんは何も言ってませーん、もしヴァンピィちゃんを手に入れたらおまけにヴァイトも付いてくるだなんてけんぞくぅには言ってませんのでー」
と可愛くすっとぼけ、名実ともに勝ち取ったNo.1の可愛さで記者団を和ませた。

一方敗れたカリオストロは「おまけを付けてくるのは考えやがったな・・・
こっちも『カリオストロを手に入れたらおまけにクラリスもついてくるよっ☆』とか言うべきだったか。
だがあんなの付けられてもいらねえだろうし・・・『クラリスとプロメティアが付いてくるよっ☆』って言えば・・・
でも人妻を付けるのはやっぱまずいか・・・」と後悔の言葉を呟き続けていた。

なお、「ヴァイトくんで点が決まったということは団長はホモなのでは?」という意見が実況席から飛び出したが、
グランくんの専門家A(匿名)は「団長ちゃんがヴァイトちゃんをおまけに付けられて心が動いたからホモだって言う人もいるけど、それは違うと思うわ。
弟や妹がいない団長ちゃんだもの、可愛がれる弟ができると聞いて心惹かれたんだとお姉さん思うの」と否定している。
しかし専門家B(匿名)は「モテモテの少年が狙っていたのは実は美少女ではなくその弟・・・これは次の耽美物絵ネタにできるんじゃないかしら・・・フヘヘ・・・」と肯定的な意見を述べた。
また、ヴァイトが試合の決め手になったことで「グランくんの決める可愛さNo.1、ヴァイトくんに決定」ともファンの間で話題になっている。

グループリーグ3試合を終えたヴァンピィはこれで1勝1敗1分の勝ち点4。
通過できるかは当落線上であるが、日程の都合でまだ1試合ずつしか終えていない他3人の結果を上々の戦績で待つこととなった。


207 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 00:49:48 pfisbygc
ビィ「結局ホモかよぉ!?」


208 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 00:52:44 XqbJIM1.
やっぱりホモじゃないか!(歓喜)


209 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 03:38:06 9c3y.Q5c
流石はヴァンピィちゃんだぜ!!
ヴァイトくんで団長をときめかせるなんて誰も思いつかねェよ!!


210 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 03:42:03 ZK3qR.1w
おまけにすらならないクラリスちゃん 悲しいなぁ


211 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 03:49:37 bPQvM0mI
プロメティアを付けてれば余裕で10近い追加点が入ってたんだよなぁ…


212 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 06:25:27 XqbJIM1.
ヴァイトくん参考画像
https://i.imgur.com/dKDUqES.jpg


213 : 邪龍アナンタ :2018/06/26(火) 11:25:23 ???
>>212
これで一点しか入らないんだからむしろグランはノンケなのではなかろうか


214 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:02:29 NaaHHBQA
>>212
ああ^〜たまらねえぜ


215 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:11:35 emgH/jQI

https://i.imgur.com/KS6upXv.png


216 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:13:27 zYyp3AVQ
>>215
? ・・・


217 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:14:40 YqdkiJwo
でもクラリスちゃんティーンとしてはトップクラスにおっぱい大きいしいいわきしてるよ


218 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:32:22 pc1IYU8E
>>216
なんだァ てめェ で画像検索ゥ


219 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:48:30 JT1m00ok
>>218
武というより舞だなってやってるときの武蔵の指の動きとかノーヒントでわかるわけないだろ!


220 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 18:49:12 zYyp3AVQ
>>218
わかってなかったらこんな適当なレスするわけないだろいい加減にしろ!


221 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 19:22:03 pfisbygc
なんでバキスレになってるんですかね…??


222 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/26(火) 19:29:19 OkJ3Vf0s
所詮カリオストロは千年前の敗北者じゃけぇ…


223 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:20:32 A11vOp0Q
取り消せよ…!


224 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 00:55:08 OXabCqbY
????「まったく、せっかく妾がナルグランデから来たというにレベルの低い大会じゃな。子供のままごとと同じレベルじゃのぅ」

???「うむ。リーシャも情けない奴だ、真の秩序の力なら団長との子を授かることくらい容易だと言うのに。この程度の大会で遅れを取るとはな」

??????「だから我々4人が来たのではないですか。...クラリス、可愛い妹をお土産にして帰りますからね」

????「ふふ、そうね。アリーザとスタン君にも団長さんとの子供を見せてあげないと...♪」


225 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 01:13:47 YgxJ5pKo
普通に試合の展開を書くような体でめちゃくちゃな痴態が書かれてたりほのぼのしたやり取りが書かれたりした上でスポーツ用語やら得点と総評なんかが混じってくるの草生えますよ


226 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 01:25:18 uMt7sc9I
>>224
年上勢、参戦!!

ウイイレのポイント使って解放するレジェンド選手を思い出して草


227 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 04:51:07 dLzWvzIE
ヴィーラ 5-3 アニラ

「やっぱりな...」
グランくん正妻ワールドカップグループCの最終節1試合目が行われ、ヴィーラ(ランキング3位)とアニラ(ランキング18位)が対戦した。

前節で総力戦でアンチラが敗れた反省か
敢えて総力戦では無く、単身乗り込んで来たアニラ
その目には悲壮な決意が見て取れた
反面ヴィーラはそのアニラの様子を見て微笑を浮かべる

フィールドは両者の意向でホテルの一室が取られ、3人で入室したところからスタートした
ホイッスルと同時にアニラが動く、グランに抱きついてキスを開始
今回は特殊な会場の為、これだけでは得点が認められない
何度もキスをして見るがゴール判定は得られずアニラは焦った表情を浮かべていた

前半8分そこにヴィーラから駄目出しが入る
「アニラさん...そんなキスではグランさんを興奮させる事は出来ません
私がお手本を見せますので良く見ていて下さい」
アニラをグランから離しグランにするかと観客席の誰もが思った
しかしヴィーラの唇はアニラの唇を捉えていた
ヴィーラの唇はアニラの口を自然と開かせ、舌を挿入し見事なディープキスをアニラに実践する
その女性同士の見事なディープキスショーにグランは置いてけぼりにされていたが。完全に見ながらフル勃起を確認した為、ヴィーラはグランに触れずして1点を先制する

前半20分ようやくアニラを連続キスから解放したヴィーラは微笑みながら
「どうです?キスとはこうするんですよアニラさん
さぁアニラさんからもどうぞ」
既にキスだけでアニラはほぼトンでいたが、ヴィーラの唇にむしゃぶりつき
またもグランを置き去りにした女性同士のキスショーがスタートする
半狂乱になりながらヴィーラとキスをするアニラを見て。グランのカウパー染みをパンツに確認された為、アニラが思いもかけず1点を返す

前半28分ようやく2人はキスが終了し完全に出来上がっていた、ヴィーラがアニラに声を掛ける
「では本当に気持ちいいキス私と一緒にグランさんとしましょう?」
そこからは両者得点の奪い合いがスタート
散々お預けを食らったグランがアニラの唇とキスをして上達したキスで興奮がMAXで1点
ヴィーラが更に凄いキスを披露し2点で逆転(射精1発を確認ノータッチ射精ボーナス追加1点)
更に3人キスまでキスは発展し両者に1点が加算された
ココで前半終了のホイッスルが吹かれる

1点差ではあったがヴィーラの女性もイける試合運びには観客席から溜息が漏れた

後半開始の開始のホイッスルが鳴ったがアニラは完全にフラフラで試合が続行不能状態であった
ピッチで力無く横たわっているアニラに対してヴィーラは
ヴィーラ「グランさんに貞操を捧げるのはいつだって可能です、最前列で今日は男女の交わりを勉強して下さいね」
ヴィーラ「あまり刺激の強いのはお見せするのも気が引けるので、グランさん残り時間ゆっくりしましょうね...」
ここでグランとヴィーラは前戯挿入射精後戯を、45分掛けてゆっくりアニラにレクチャーしながら行い
ヴィーラに1点が入り試合終了のホイッスルが鳴った

まさにレズ行為からのキスのレクチャー
そしてベッドでの一連の流れのレクチャー
ヴィーラという女性の懐の深さを見せつけた一戦であった

試合後の記者会見でヴィーラは
「これでアニラさんもグランさんと最高の初体験が出来るのでは無いでしょうか?」と前置きした上で
「アニラさんは意外といけた、女性同士の行為もレクチャーしたい」「久しぶりの普通のSEXは新鮮だった」「そういえば忘れてたけどもシュバリエのせいです」と記者団に語った

アニラのコメントは以下の通り
「ヴィーラお姉様...」「次こそはちゃんと2人っきりでします」「まだ決勝トーナメント進出の可能性があるので」との談話を残した


228 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 05:00:18 dLzWvzIE
ヴィーラは全勝1位通過で決勝進出
一方1勝1引き分けで勝ち点3のアニラはアンチラソーン戦の結果を待つ事になった

ビィ「おい!会場だったホテルが吹き飛んでるぞ!」
カリオストロ「危ねぇ撤収が済んでたから被害者は出てないようだが...まぁアイツの仕業か...」


229 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 05:57:18 UQW.nBXk
シュヴァリエもいい仕事するじゃねえか


230 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 06:04:38 l4PsDz0U
欲張りバイは対戦相手の選手も喰っちまうのか・・・


231 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 07:27:37 SxEcd7fM
欲張りバイの本領発揮ですね…


232 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 07:47:32 bYGpJB4w
今日の朝刊記事

(日刊)圧巻ヴィーラ3戦全勝!GL余裕突破も「シュヴァリエのせい」

(報知)クラリス、師匠応援も…観戦試合全敗の『ジンクス』継続

(デイリー)ユエル、ジータKO宣言や!風呂絶ち一週間「一発でキメる」


233 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 17:18:40 iIKBcKyE
>>「そういえば」「忘れてたけども」シュバリエのせい

これもうシュバリエ関係ないよね。絶対ヴィーラさんの意思でしょ

>>「次こそはちゃんと2人っきりでします」

(相手がグランくんとは言ってない)


234 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:14:59 WbjU/nmQ
20行以上?30行以下?性描写どこまで入れていいのかわかんねえ!


235 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:15:17 WbjU/nmQ
試合の性描写ね


236 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:19:02 hz5oRDZI
60行以上が最低値です


237 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:26:11 IyNBlHso
だいたい年齢の2倍が目安


238 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:27:20 qLun1vDY
おっさんの性描写できないやん!


239 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:43:42 zbZH5CUA
>>238
それはそれで蹴り技を封じられながら戦うボクシング編の陸奥九十九みたいで興奮する


240 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 20:59:39 .QNJuDyM
あくまで戦評なので多少はね


241 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 21:01:15 5va88.Tc
ヴィーラがあれだけやらかしてるんでいいんじゃない?
まぁ試合形式になってりゃいいよ
単なるエッチじゃなくて


242 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 21:12:20 OXabCqbY
性描写が入ってない試合も多いしあってもなくても試合形式ならどちらでも良いんじゃないですかね


243 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 21:19:07 WbjU/nmQ
なるほど、やはり試合形式が大事なのね。
アドバイスありがとうございました。


244 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 21:25:02 5va88.Tc
グループCとかいう毎試合エッチしてるグループ
欲張りバイのせいですね


245 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 21:32:35 H5rIAu86
ノータッチ射精ボーナスってそんなバレーのノータッチエースみたいに


246 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:09:58 /BEyKxIU
>>232
ユエルが阪神扱いで草


247 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:27:29 nOmOvyaI
●ユエル速い!殺人バファロー腰振りに狐将仰天
●狐ユエル強姦15発!ソシエ監督グランくん撃ち指令
●ド迫力の狐新助っ人ユエル、松葉崩し任せろ
●乱交任せろ!ユエル、狐の魔よけや!!
●狐将も合格点!ユエル、逆レイプイケるやん
●狐将安心「参之舞・燼花」ユエル“一発合格"
●死角なし!エルーン・ユエル、コウくんでも25発
●絶好調!エルーン・ユエルが余裕14発!
●豪毛ユエルが激走!ド迫力顔騎で一気絶頂
●エルーン・ソシエ、ユエルの活躍に太鼓判!
●コココココッ狐・ユエル、走るセックスや
●狐将唸った!“猛臭"ユエルが赤星殺した
●狐将不敵!007歓迎、ユエルの弱点探して
●エルーン・ユエル目覚めた!?コウくん戦で4射精4中出し1妊娠6絶頂


248 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:28:55 yIsVsfpM
レッドスターころさないで


249 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:30:02 OXabCqbY
ユエルの体臭は汚れた道頓堀に飛び込んだからだった...?


250 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:31:33 49vd7IRQ
無改変赤星すき


251 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:40:47 thuHO6yY
赤星が何をしたっていうんだ


252 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 22:49:25 cb8f.6dg
羨ま死


253 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/27(水) 23:25:24 zlA0LsF6
(チンコが)入ってねぇんだよこの野郎


254 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 00:09:29 26n5tsLY
どんな内容でも草生えるので好きに書いていいと思う


255 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 06:09:03 aPyBbAoc
ジータ 4 ー 3 ニオ

「ゲームを完全に支配していた、流石は王者」

グランくん正妻ワールドカップグループBの試合日程が急遽変更され。
ジータ(ランキング4位)とニオ(ランキング20位)の試合が行われた。

前節のカルテイラ戦で「あえて戦わずに引き分けを選択した」と一部に語られた優勝候補筆頭ジータが今試合はどう動くか。
また、それに対してニオがどう立ち向かうかに注目が集まった。

会場はグランサイファーの談話室、試合開始のホイッッスルが鳴り響いた。

まず最初に動いたのはニオ。
グランに対して抱っこを要求、グランの腕の中を確保する姿勢を見せる。
しかし意外にもジータはこれを止めずに笑顔で見つめるだけ、無事に定位置を確保したニオは好機と見るや速攻を仕掛ける

グランの胸に耳を当て「あなたの音色、やっぱり大好き…」で1点。
「私の音も聞いてほしい、ちょっとだけ恥ずかしいけどあなたなら…」で1点。
「昔は一人でいるのが好きだったけど、いまはあなたと一緒にいるのが一番好き」で1点

そしてここで前半終了、大方の予想を覆しニオがリードした状態で折り返す。


しかし後半開始直後、王者が動いた。
ゆっくりとグランの横に移動すると「こうやって3人で並ぶと、私たち親子みたいだね。」と言い放ち1点を返す。
その後も立て続けに「グランはパパになったらどんな子がいい? 私はニオみたいに静かな子も好きだよ。」で1点。
「旅が終わっても、私はグランの隣にいたいなぁ。」で1点。

怒涛のゴールラッシュで難なく同点に追いついてみせた。

すかさずニオもグランを見つめて「ぎゅっとして。」と切り返す。
しかしグランはジータの話術により既にニオを子どもとして見ている為、これは得点にはならず。

グランの視点を変える…王者のディフェンスは既に完成していた。
それに気付いたニオは真剣な表情で「あなたのことが大好き、ずっと一緒にいてほしい」と一世一代の告白で勝負に出る。


256 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 06:10:27 aPyBbAoc
しかしその告白すらも王者の想定内だった。
突然の告白に一瞬素に戻りかけるグランに対して「かわいい娘からのプロポーズだよ、受けてあげなよパパ。」と茶化すように一言。
それを聞いたグランは「ありがとうニオ、ずっと一緒にいようね」と答えたが当然得点にはならず。

冗談だと頭では理解していても照れと嬉しさで赤面しながら固まるニオ、ジータはそんな彼女をグランから引き取って抱っこした。
「パパはママのものだからあげないよ、でも私もニオとずっと一緒にいたいなぁ。」
答えたジータが見せたのは正に聖母の微笑み、これが決勝点となった。

その後ジータは固まったニオを抱っこしつつグランと談笑、試合の関係ない純粋なコミュニケーションを楽しんだ。

ここで試合終了のホイッスル、ジータ選手が危なげなく勝ち点3を手にした

試合後のジータ選手のコメント
「ニオが最初に抱っこを要求するのは想定内、止める策もあったが必要では無いと判断した。」
「演技をしたつもりはない、いつものジータも今日のジータも全部含めてジータ、グランには全てのジータを受け入れてほしい。」
「大会中はどうしてもグラン分が足りなくなくなる、うまいこと補給出来たので明日以降に繋げたい」

落ち着いた態度と表情で会場を出ました


試合後のニオ選手のコメント
「想定していた以上の実力差があった、もう少し早くその事実に気付いていれば…」
「例え冗談でもグランにずっと一緒にいようと言われたことは私の宝物になる、その点はジータに感謝している。」


負けたことを受け入れつつも、どこか嬉しそうな表情で会場を出ました。


257 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 06:13:00 aPyBbAoc
行間多すぎて読みにくいので、今後は気をつけます。


258 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 12:29:21 cmFvyULM
強い(確信)


259 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 16:44:13 0wPnbSeM
そんなに読みにくくは無いからいいぞ
ジータちゃんはまだなり潜めてるな


260 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 16:48:57 26n5tsLY
相手のオフェンスを逆手に取って完全なディフェンスを完成させる圧倒的な実力で草生える


261 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 17:13:03 8qaUwCUM
山田風太郎の短編「武蔵忍法旅」で手裏剣の名手が宮本武蔵に挑んだら、
刀を手裏剣の間合い以上の距離までぶん投げて返り討ちにしたシーンのような圧倒的実力差


262 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 17:24:53 V9sQ7ptU
今の所優勝候補はジータ、ヴィーラ、マギサの3人ですかね
盤石に見えるけど番狂わせあるのかそこもも楽しみです


263 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 18:26:18 1cYGaYFU
スマホからだと行間有った方が読みやすいのでそのままで(要望)


264 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:16:07 .Q9o5SAw
マギサ 9-0 カリオストロ

グランくん正妻ワールドカップグループGの第2節が行われ、
マギサ(ランキング7位)とカリオストロ(ランキング15位)の試合が行われた。

初戦ヴァンピィから勝ち点3を挙げたマギサはこの試合勝利すればグループリーグ通過確定、
一方初戦ヴァンピィに悪夢の逆転勝利を許したカリオストロはこの試合負ければグループリーグ敗退という一戦。
ランキング上位の強豪同士の勝負の行方に大いに注目が集まった。

小さな町の宿屋から始まったこの一戦。
試合開始直後、MFカタリナの「誰か、暇な者がいたら買い出しに行って来てくれないか?」
のフリーキックで試合が動く。
奇しくもマギサVSヴァンピィ戦と似た状況、このボールに飛びついたのはカリオストロ。
「カリオストロが団長さんと一緒に行ってくるよ☆」
と二人でお使いに行く事を申し出る。
あの吸血鬼の敗因は宿に帰ったこと、このままグランを連れ回し宿に帰らなければオレの勝ちだと
グランくんの保持率を高めるポゼッションサッカーを仕掛けに行くが、
当然それはマギサに読まれており「私も行くわ」とヴァンピィ戦とは一転し正面からの撃ち合いの様相を見せる。


265 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:17:50 .Q9o5SAw
前半5分、最初に動いたのはカリオストロ。
事前のリサーチを使い「ねえ団長さん?カリオストロ、あのお店がいいと思うなー☆」と、
事前リサーチのお店知識と可愛さアピールを織り交ぜた強烈なミドルシュートを放つ。
そのまま先取点かと思われたが、
「あら、あのお店は高いわ。少し先のお店だと100ルピほど安かったわね。
それに包装紙が可愛いのよ」
とシュートを防がれた上に「倹約で頼れて可愛いもの好きな女性」をアピールされ、
グランくんに「本当ですか?そっちのお店にしましょう!」と喜ばれてしまい先制を許す。
絶好の得点機を逃した上に強烈なカウンターサッカーで失点したカリオストロの顔色が変わる。

さらに前半16分、カリオストロは再び仕掛けに行く。
購入したものに手をかけ「おい、そんな荷物オレが持ってやるよ」
と頼れる女性アピールでシュートを放つが、
マギサはその荷物をあえてグランくんに持たせ、
「その荷物、団長さんが持ってくれるかしら?
…ふふ、ありがとう。流石は男の子ね。頼りになるわ」
と笑顔を見せるとグランくんは得意げな顔で赤面。
あえてグランくんを頼って男としての自尊心を充足させるテクニックを見せ追加点を挙げられる。

前半30分にはカリオストロはリードする女をアピールしようと
「おいグラン行くぞ」とグランくんの手を引こうとするが、
「あら、団長さんはそこの模型店に行きたいんじゃないかしら。
さっき船の模型を横目で見てたから。まだ時間があるから見ていきましょう?
私も興味があるわ」
と「趣味に理解があり気持ちも察してくれる女性」を強烈にアピールされ3点目を許す。

これらの他にもカリオストロは何度も言葉や性的アピール、スキンシップや態度など
多彩な手段で前半だけで15本のシュートを放つも、
どんなアピールもマギサによるファインセーブやそれ以上のカウンターで潰され続けた。

前半終了間際、無得点に焦ったカリオストロは前回の試合で身に付けた新技を解禁、
「オレを選んだらおまけにクラリスとプロメティアもつくぜ?」と言い放つ。
言わばゴールポストもへし折るレベルの殺人シュート。
しかしその必殺シュートも「…私は一人でも団長さんを支えて歩いていきたいわ、ずっと」
とマギサはグランくんを見つめ手を優しく握って静かに語りファインセーブ。
絶対の自信を持った切り札が通用せず呆然となったカリオストロをよそに3ー0で前半は終了した。
カリオストロの猛攻を全て防ぐだけでなくそれ以上のカウンターで返す。
マギサだからこそ可能な世界最高峰のカウンターサッカーの真骨頂が前半から発揮された。


266 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:18:38 .Q9o5SAw
後半開始直後、カリオストロは猛攻を仕掛けに行く。
しかし何をしようとも何を言おうともマギサのカウンターサッカーで倍返しされ、
得点を挙げられないどころか失点を重ねていく。

それでも。
何度カウンターで失点しようとも。
何度自信のアプローチが無駄に終わり心の中で打ちひしがれようとも。
グランくんがマギサに完全に心を許して抱きついて甘え、
既にその眼にカリオストロを映していなくとも。
何度も。
何度も。
何度も。
何度も果敢にアプローチやアピールを続けた。

まるで「誰か」にこの戦いを、戦う姿勢を見せているかのように。
ーお前は最後まで諦めるな。何度負けても馬鹿にされても絶対に諦めず挑み続けろー
そう言っているかのように、何度も何度も最後まで巨大な敵に挑み続けた。
 
美貌、知識、経験、包容力。
何気ない一挙手一投足や一言すらも並のヒロインのアプローチ級にグランくんの心を動かす。
大会参加者の中でも1、2を争う「怪物」。
カリオストロは理解していたのだろう。
「オレではこいつには勝てない」と。
だからこそ。
だからこそ、誰かにこの戦いを見せて何かを残したかったのかもしれない。
 
結果、試合は9-0でマギサが勝利した。
マギサは2勝でグループリーグ突破が決定。
カリオストロは2敗でグループリーグ敗退が確定した。
しかし、試合を終えたカリオストロの表情は何の悔いも悲しみもないスッキリとしたものだった。


267 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:19:14 .Q9o5SAw
試合後カリオストロは記者団に「負け犬に聞いたってしょーがねーだろ、帰れよ」
と短くコメントし立ち去り、その後客席のクラリスの元へ向かった。

「あーあ、お前の試合よりひどい戦いしちまったな〜」と笑いながらクラリスに語ったのに対し、
「ししょー点取られすぎだって!クラリスちゃんならもっといい試合だったよ☆」とおどけながら返すクラリス。
だが、カリオストロはこの戦いを見た後の弟子の顔付きや意識がどこか変わったのを分かっていたようだった。
「仲良く敗退したことだしどこか飯でも食いに行くか。
ついでにグラン狙いの今後の方針について話し合うぞ。大会後のことを考えるか」
「りょーかい☆」
と語りながら二人は並んでスタジアムを後にした。
 
一方圧勝で決勝トーナメント進出を決めたマギサは圧勝を褒め称える記者団に対し
「点数ほど実力に差はなかったわ。実力差が紙一重の強敵だから私も最初から本気で行っただけ。
実際危ない場面も何度かあった。試合中に一瞬でも気を抜いていたらあっという間にペースを握られて結果は逆だった筈。
もし1点でも入れられてたら分からなかった」と厳しい顔でコメント。
決勝トーナメント進出への意気込みを聞かれると
「誰が相手でもやることは変わらないわ。ただ団長さんの最も居心地が良い場所が私の隣であるように努めるだけ」とだけ語った。


268 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:27:30 V9sQ7ptU
敗れこそしたもののししょーとして弟子に残せるものを残したカリオストロさんかっこいい
それにしてもマギサさんは強い(感嘆)


269 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:30:22 KkJZ7IMc
なんだこの清々しいラストは…
すき


270 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:32:46 o1M1w9V.
やっぱりグループCがおかしいだけじゃないか


271 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:34:16 8qaUwCUM
1か0、真剣による斬り合いのような戦いですね…


272 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:46:22 .Q9o5SAw
本来はカリオストロが意地を見せて引き分けの筈だったんですが完成したらなぜかマギサさんが勝ってました
前半最後のシュートが入ってれば流れを引き寄せて引き分けに持ち込める力はあったと思います


273 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 19:48:37 D76P36SQ
クラリスだけじゃなく他の立ち向かう側の選手全員に勇気を与えてそう


274 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 21:54:44 ULJzccEo
なんかいい話になってて草


275 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:15:53 SCFExj22
新着記事一覧

(日刊)女王ジータ、逆転勝利も笑顔なく「グラン分が欲しい」

(サンケイ)カリオストロ無念の敗退も…ハロルド氏「信頼変わらない」クラリスの師匠継続へ

(デイリー)『尻ペン』解禁で秩序切りや!ソシエ、盟友ユエルから奥義伝授に「ええ感じよ」

(毎日)ホテル倒壊事故に新事実か…名探偵バロワが意味深発言、人為的である可能性も


276 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:36:19 ULJzccEo
デイリーユエルほんと好き


277 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:51:07 KkJZ7IMc
レオナ16-1ジュリエット
グランくん正妻ワールドカップグループDの第2節が行われ、レオナ(ランキング30位)とジュリエット(ランキング19位)の試合が行われた。

ジュリエットは堅実な攻撃と堅牢な守備を併せ持つスタイルで、貞淑な女性であり、他参加者とは一線を画す存在として本大会に参加した。
一方のレオナは、第1節でナルメアを相手に大敗を喫し、その際にトラウマを負ったとされ、今後の大会参加も危ぶまれるほどの精神状態だったという。
「未亡人対決」と巷で言われた今回の試合だが、ジュリエットの安定感に対し、前回多大なダメージを負ったレオナとでは勝負にならないとし、ジュリエットの勝利を予想したものが大半だった。
しかし、その予想は大きく覆されることになる。

復興に向けて進んでいくヴェローナ領、その様が一望できる城のバルコニーにて、グランとジュリエットとの会話から試合は始まった。
「…失礼だけど、その、ロミオのこと…」とグランが言い淀むと、「私は、ロミオを忘れることは一生ありません。でも、彼に囚われたままでいるつもりもありません。彼もきっと、それを望んではいないでしょうから」と、過去に囚われず、前に進もうとする気丈な女性の姿と同時に、グランへの想いもアピールという離れ業を披露し、前半5分で一点先取。雰囲気作りは十分かと思われた。

しかし、前半6分、暗い影と共にレオナが現れると雰囲気は一変。にわかに緊張が高まり始めた。
「…少し、彼と話をさせてもらえませんか?」というレオナと「今は私がお話をしているのです。ご遠慮ください」と言い返すジュリエット。互いに一歩も引かないグラン確保のための牽制が始まる。
しかし、レオナのピリピリと高まり続ける緊張感を感じ取ったグランは、試合の続行に関わる事態だと判断し、レオナについていくことを決断。小声でジュリエットに説明し、後で戻るからという条件付きでジュリエットもそれを渋々了承した。

前半12分、城の一室を借りたレオナとグランは話を始める。
「…ごめんなさい、あの時、間違えたこと、どうしてもきちんと謝りたくて…いざ謝ろう、と思ったときに、自分でも思っていた以上に緊張してたみたい」
空気が一転して弛緩した前半15分、その落差もあってか、グランがレオナに安堵を覚えて1点を決める。
グランとレオナの他愛ない話が始まった。しかし、その会話はどこか噛み合わない。グランに対して「ほんとに大雑把なんだから」「でも、前からそのおおらかさが魅力だったのよね」と違和感を覚える相槌を打つレオナ。何か怪しいものを感じ、ジュリエットの元に戻ろうとするグランだったが、そのときレオナが正面から彼を抱きしめた。
「行かないで…もうどこにも、私だけをみていてよ」
「戻ると約束したんだ、またあとで来るから」と断るグランだったが、レオナは離さない。
「いや…絶対に嫌よ、私、もう絶対に間違えないから、だからそばにいてよ」
濁り切った目でレオナは言った。
「アベル、もうあなたのことをグランさんだ、なんて言わないから」
前半23分、部屋の鍵が閉められた。


278 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:51:49 KkJZ7IMc
「アベル…アベルなんでしょう?私のことが心配で、生まれ変わって逢いに来てくれたんでしょう?」
落涙しながら自分をアベルと呼ぶレオナに、背筋が凍ったグランは、脱出すべき緊急事態と判断。膂力に優れるレスラーにジョブチェンジし、レオナの拘束を振りほどこうとする。
しかし、星晶獣ハクタクの加護によって、人間の限界を超える力を出せるレオナの前では、レスラーの力も子供同然だった。グランはあっという間に組み伏せられ、ベッドの上で裸にされてしまう。レオナは強引にグランの唇を奪い、全てを吸い尽くすように舐った。
「愛してるわ、アベル。二人で蕩けあいましょう…」
その日、グランはジュリエットの元に還ることなく、レオナの体に15回精液を吐き出し、そのまま試合は終了した。

試合は16-1でレオナの勝利。同時に、一匹のけだものが誕生した。
グランをアベル本人だと思い込むことによって、メンタルを無理やりに立て直したレオナは、ある意味どの優勝候補よりも強敵と言えるかもしれない。
相手と共に何処までも高まりを求めるヴィーラとは異なり、倒錯した愛を貪る一匹の化け物。

ジュリエットは試合終了後、記者団に「レオナさんからこの世のものとは思えない、不穏な空気を感じました」とコメント。何かを感じ取っている様子だったが、確証がないのか、そう言うに止まった。
一方のレオナは「私の問題で、皆様にご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。ですが、もう大丈夫です。心から愛する人と本当の意味で結ばれ、今の私は心身ともに充実しています。ありがとうございました」とコメントし、記者団を絶句させた。
その背後では、カインが俯いたまま震える拳を握り締めており、拳からは血が流れていたという。
この試合でレオナは勝ち点3を獲得、一勝一敗となった。

恋人を失った過去に囚われず、未来へ歩もうとしたジュリエット。
恋人という過去の呪縛で、未来を塗りつぶしたレオナ。
あまりにも対照的な二人の対決は、今回はレオナが勝利した。
その先に待つのは、幻の中の幸せか、それとも身の破滅か。


279 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:53:22 KkJZ7IMc
(ところでこれどうやってまとめたらいいんですかね…)


280 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:55:53 JvMLIu4Y
ファッ!?ウーン(心肺停止)


281 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:56:26 rYqwySSk
やべぇよやべぇよ…


282 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:58:46 bc1xV55c
絶対王者ジータすら引きそう


283 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 22:59:23 .Q9o5SAw
もし敗退しても諦めずに付け狙い続けそうで怖い


284 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:01:17 s6S4vCKo
>>279
秩序がんばえー


285 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:03:15 HwGsU13E
困ったら星晶獣のせいにして展開させよう(グラブル並感)


286 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:12:03 8qaUwCUM
傷が痛むので痛覚全部排除したとかそういうレベルの復帰方法ですね…


287 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:26:01 CHnWuzz.
全団員が絶句してそう


288 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:30:33 ULJzccEo
草野球の大会にアストロ球団スタイルで参加するが如き戦い方


289 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:31:25 3n7Oet7A
グランくん正妻ワールドカップの大会意義から外れるから失格になりそう


290 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:41:17 ETnQKJGA
たった数レスでレオナがやべーやつのトップに躍り出てる…


291 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:42:23 OF1o67n6
大会規定的には除名した方がよさそう


292 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:43:56 8qaUwCUM
ビィくんがグランと似てる発言をしたこと思い出して青ざめてそう


293 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:43:57 bc1xV55c
闇ジャンヌが光に戻りそう


294 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:44:08 WL9GkEqY
http://nazr.in/11rC


295 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:57:48 /HHi/YKo
このスレのせいでNANじぇいでのレオ姉のやべーやつ扱いが確定しましたね…


296 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/28(木) 23:58:37 9UQlakdM
(怪文書が作られるのが)見える見える


297 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:05:33 pggw5Rls
グランブルーファンタジー ナルグランデギリギリ!!ぶっちぎりのやべーやつ!


298 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:16:29 TNxIBpco
グループCのCって恋愛のABCのことなんですかね……


299 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:19:10 9YzMsWUo
今までの怪文書枠とは一線を画するヤバさを感じる


300 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:20:42 9Tp78F8.
これじゃFGOの清姫やん・・・


301 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:41:14 umN806PQ
むしろただただ戦慄する下位陣に対して上位陣は対策を考えてそう


302 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:56:23 X5iJLyMY
>>300
きよひーは最終的にぐだをぐだとして見る上にエッチなことにあまり耐性がないからベクトルは逆ゾ


303 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 00:58:49 /ehnzSsk
与えるものの無い愛は愛と言えるんですか?


304 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 01:16:55 LOz9Oflo
(絶句)


305 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 01:20:54 kiMxQvLE
闇が深すぎる訴訟


306 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 01:35:38 i5hMoiMw
大会運営が失格にしたら暴走しそう
敗退したら暴走しそう
「正気に戻した上で敗退させる」という超難度の試練


307 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 01:40:38 tyX2x7Kw
グループC1位ヴィーラ、2位残り3人の誰か
グループD1位ナルメア、2位レオナ

これでいくと決勝トーナメント初戦でヴィーラとレオナが激突しますね…


308 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 02:23:37 U3emWXYQ
今さらだけどこんだけのメンツを制御できてる主催者って誰よ


309 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 02:33:40 LOz9Oflo
シェロ畜だぞ


310 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 06:42:05 atynyF1k
ジークンマンか頭目どうにかしろ(無茶振り)


311 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 06:55:32 EuEGChbk
それでもジータちゃんなら真正面からしばき倒してくれるはず


312 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 06:57:44 8rZoMLwg
グランの心を傷付けた相手には慈悲も容赦も持ち合わせてなさそうなジータちゃんが止めてくれそう


313 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 14:42:02 9Tp78F8.
グラン君じゃない他の男を求めてる奴は勝敗どうこうじゃなく出場停止だと思います


314 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 15:03:16 LyH4bz2k
それでもヴィーラならなんとかしてくれるかもしれないという希望


315 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 16:07:53 HcnBctvE
部屋に篭っての犯行だったからこれがプレイの一環という可能性も否めなくないので運営も停止処分出来ないんじゃないですかね?
審判や観客の目に前でプレイさせないと厳しいですね


316 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 16:15:35 ty/MtRC2
>>315
そこでSOD(シェロカルテオンデマンド)ですよ


317 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 16:22:09 ypZeTyCA
てかパーシヴァルやローアイン、ジャミルあたりの理解者勢も引いてそう


318 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 16:40:50 hwpCSUII
レオナの奥義ゲージMAX時の「行くよ、アベル」ってセリフに不穏な響きを感じるようになった


319 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 18:42:32 i5hMoiMw
【ファータ・グランデ経済新聞経済欄】
『意外な選手が人気?グランくん正妻ワールドカップのグッズ事情』
 
 
6月中旬からファータ・グランデを舞台に熱戦が繰り広げられるグランくん正妻ワールドカップ。
毎日の熱戦で全空が盛り上がっているが、実はもうひとつの「戦い」がある。
それはグランくん正妻ワールドカップの「グッズ売上争い」だ。
その総売上は全空で500億ルピ以上にも上ると言われているから驚きである。
そこで今回は、ポート・ブリーズのグランくん正妻ワールドカップオフィシャルショップ店員の荒くれ者Aさん(男ドラフ・32才・独身)にグッズ事情に関してお話を伺った。
 
「グランくん正妻ワールドカップのグッズでは各選手が監修やデザインをしたコンドームや安産お守りや婚姻届なども人気ですが、
やはり一番人気はレプリカユニフォームですね」
 
レプリカユニフォームは参加選手の衣装を模したものでグッズの定番商品。
グッズ売上の7割はレプリカユニフォームのものだという。
 
「その中でもやはり特に人気が高いのは優勝候補のルリアやジータ。
圧倒的な戦いで決勝トーナメントに駒を進めたヴィーラやマギサのモデルも最近人気です」
 
しかし、一番売れているのは彼女たち強豪のではないという。


320 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 18:43:22 i5hMoiMw
「今大会で一番売れてるのはクラリスのユニフォームです」
 
なんと一番売れているのは開催国なのに一番早く敗退したクラリスのユニフォームだというのだ。
 
「売上としては平均的な選手の50倍以上ですね。
入荷したら即売れていきます。
クラリスが試合の中で言い放った『マメな男はモテるよー☆』などのザコ発言が若者の間で人気になり、
彼女の今までのクソザコ発言をまとめた『恋愛クソザコ錬金術師と呼ばれて〜クラリス名言集〜』が本人に無許可で出版され全空で1億部を超えるベストセラーになっています。
そのためスライム以下の恋愛力を持つという意味の『クラリス系女子』が今年の全空流行語大賞を取りそうな勢いなんです。
おそらくレプユニ(レプリカユニフォーム)には宴会などの余興で使うコスプレ需要が高いのでしょう」
 
しかしそれ以外の理由もあるという。
 
「クラリスは開幕戦こそ全空史上最低最悪でサブル島民の方がまだマシなレベルの試合内容でしたが、
2戦目は前半善戦し、3戦目では初の勝ち点を挙げました。
クソザコでも少しずつ成長を続ける、そんな成長性が恋愛に勇気が持てない女性たちに大いに支持されています」
 
様々なグッズが売れる正妻ワールドカップ。
予選落ちした意外な選手のグッズが「優勝」することもあるようだ。


321 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 18:44:59 Pn3CWiUk
書いてあることがめちゃめちゃそれっぽくて大草原
四年後は頑張ってほしいですね


322 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 18:58:09 kiMxQvLE
ハルウララのブームみたいだあ(直喩)


323 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 19:52:24 N1eCw5jA
クラリス褒めてるかと思ったらボロクソに貶してて草


324 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 20:29:28 I82JSI1M
いくらなんでもサブル島民の方がまだマシは言い過ぎ


325 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 20:33:27 JHStWRfQ
そもそもサブル島民は幼女に罵詈雑言を浴びせても心が傷まないほどクソ強メンタルの持ち主だぞ


326 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 20:43:42 juA24jMg
余興で使うコスプレで盛大に笑った


327 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 20:45:09 X0chzu6I
怒濤のクソザコ連呼は草生えるからやめろ


328 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 20:45:46 KPbe.rzM
クラリスのユニフォーム、グラブル世界の名もないカップル達がコスプレセックスで使ってそう


329 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:12:41 723Iguo.
現実のワールドカップ本戦が始まる前に出来るだけ欠けているのを埋めたいですね

ただ書くのに、ランキングと勝ち負け表が欲しい(わがまま)


330 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:36:00 723Iguo.
リーシャ 1 ー 1 アルルメイヤ

リーシャ(ランキング4位)とアルルメイヤ(ランキング29位)は素晴らしい試合だったが結果として互いに痛み分けとなった

前半、この試合の優勝候補リーシャはその名に恥じない素晴らしい「秩序」ディフェンスを披露、正確な未来予知をもつアルルメイヤに対しても、積極的な「秩序ですか!」でグランへのアタックを潰すことで、0点で抑える

唯一の見せ場である前半37分のアルルメイヤの「グラン暇なら、手を出してくれないか、占ってあげよう」という場面、自身の占い師という特性を最大限利用しボディタッチからの、照れさせての一点を狙ったが、伸ばしてきたグランの手を間一髪クラリスが叩き落とし、「秩序です!ボディタッチはNGです!」とチャンスの芽を摘んだ

しかし、一方でクラリス自身もディフェンスに時間をかけすぎて殆どグランとの接触ができない、前半アディショナルタイムになんとかグランとの目を合わせることに成功したが、前半はそのまま0ー0で終えた

クラリスは前半のコメントで「上手く試合に入れた、前半最後の形を続ければ快勝できる」と自信をのぞかせた

一方、アルルメイヤは前半の攻め方について「このままでは、勝てない。闘い方に変化をつけ得点を狙っていく」と後半への展望を述べていた


331 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:39:21 czKZWa/w
クラリスさんどこからきたの


332 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:39:29 tyX2x7Kw
リーシャの試合にクラリスが乱入するハプニング


333 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:40:04 I82JSI1M
もはやこの弱さはクラリス

秩序ですか!って知らんわい


334 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 21:56:13 Dzsu9NYg
友人リーシャさんのために秩序ディフェンスを駆使する一般通過クラリスさん


335 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:10:38 723Iguo.
クラリス→リーシャ間違えました、ごめんなさい

後半、入場してきたアルルメイヤに皆驚愕する

なんとそこには、伝説の名選手アタタメイヤが立っていた。リーシャは審判に「事案です!」と詰め寄り交替に抗議するも、交代は認められアタタメイヤがピッチに立った

すると後半開始一分、すぐさま試合は動く、前半のように「秩序」プレスを行なおうとするリーシャにアタタメイヤの母性が立ちはだかる、前半と違いふわふわな空気を醸し出しプレスが上手くいかない

突如、フィールドに出現したちゃぶ台にお釜、「あなた」「お前」二人はまるで夫婦のように振る舞いだしリーシャの存在なぞ目に映らない

「あ〜ん!」「ちょっと、新婚のときみたいで恥ずかしいな」「何言ってるんですか、良いじゃない夫婦なんだから」と濃厚な空気を醸し出しそのまま試合は続いていく

そのままイチャイチャを観客に見せながらも一方で熟年カップルのようにすぐさま点数を入れない、しかし後半40分「あなた、これからしっぽり」とグランに耳打ちし見事一点決めた

この間リーシャは涙目になりながら「事案です!」「秩序!」と叫び続けたが、二人の仲を壊すことは出来なかった

そして後半アディショナルタイム、リーシャは本気を見せる

「私はほんとは秩序なんてどうでもいい!」「秩序なんか拘ってグランを失うなんてイヤだ!」「グランが好きだ!」と叫び、二人の間に割って入りグランにアツいディープキスをした

ここで、審判は一端はゴールを認めなかったが、グランがそのリーシャの気持ちを認め腰に手を回した為、ゴールを認めた、それと同時に試合終了
両者の白熱の対決はドローで終わった

試合後のコメントでアルルメイヤは「勝てた試合だった、ただ彼女の情熱は評価したい」と相手を褒めながらも、後悔をにじませていた

一方のリーシャは「あの時秩序について言ってたことは全て咄嗟のでまかせです」「アタタメイヤのゾーンを崩すのは本当に苦労した」と、なんとかドローに持ち込んだ疲労で口数は少なかった

今回のリーシャはなんとか勝ち点一を手にしたことで、なんとか予選落ちを免れたが、次の試合での勝利が必要となった

一方のアルルメイヤもとっておきを見せたことで、今後のライバルからのマークがより一層厳しくなる結果となった


336 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:14:33 723Iguo.
焦って書いてミスしてごめんなさい、駄文でごめんなさい、多分グループE はリーシャ×ドロシー、リーシャ×アルルメイヤ以外はまだです


337 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:31:10 Xc82uGp2
これはクラリスちゃんにも勝ち点1を上げるべきなのでは?


338 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:34:14 uoCfxo06
僕的には機材の不調とか放映時のミスとかで脳内補正すれば問題ないですね(適当)
話は面白かったんで次回にも期待


339 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:34:25 uwqf.RLs
アンチラ 0-25 ソーン

「恐れていた事が現実に…」
グランくん正妻ワールドカップグループCの最終節2試合目が行われ、アンチラ(ランキング31位)とソーン(ランキング21位)が対戦した。

試合開始前からソーンの様子がおかしく審判団からメディカルチェックが入る異例の展開に
セコンドについたシルヴァが様子がおかしい理由を審判団に話し急遽試合開始が1時間ズレこんだ
騒然とする会場に理由アナウンスが流れる
「えー主審のジークフリートです」(半ギレ)
「ソーンさんは本日危険日の為、参戦するが遠巻きに眺めるだけにするという事ですアアァイ!!」
異様なざわめきが会場に渦巻く、特に他の参戦者からは試合開始自体を妨害に動く者も出始める
混乱の空気の中、試合開始のホイッスルが鳴った

アンチラは逆にこれをチャンスと捉えていた
まだ直接的性行為への踏ん切りがつかない中、ここまでごっつぁんゴール(中出し)だけで12点のソーンが事実上の脱落
開始早々にグランにアプローチを仕掛けるはずだった…

グランはこの試合とりあえずエッチをしに来ていた
C組1試合目はヴィーラ戦という事もあり、前日は抜かずマカスッポンマムシそして試合前にエリクシールをがぶ飲みと最低20は出す計算だった
しかし蓋を開ければたった2発とグラン的に消化不良もいいとこであり
グラン的に気持ちがいいエッチ相手ランキングでトップ争いのソーンで解消する予定であった
しかし危険日。
『危険日』というワードはグランを軽くドン引かせたがそれと同時に好奇心を非常に揺さぶられるワードでもある
気付けばレスラーモードになったグランは、端も端で体育座りでシルヴァに慰められていたソーンに襲いかかった

「私みたいな化け物孕ませちゃったら、団長も困るから落ち着いて、ね?」
グラン「そんな事無い!ソーンさんは魅力的なお茶目なお姉さんで、僕も憧れてて…隣にいるシルヴァさんだってそうだけどもソーンさんをもう孤独になんてさせない!」
そう言って綺麗事を吐いたのちにソーンに挿入
「ね、今日じゃなければいつでもするから。もしくはちゃんと避妊してから、ね?」
しかしグランは聞く耳を持たずまずは1点(中出し)

軽く落ち着いたグランは何故か隣にいたシルヴァに標的を定め襲い始める
シルヴァ「あの、私も危険日だからその口か胸なら…」
しかし必死の懇願も虚しくグランはシルヴァに挿入&中出し(非公認記録の為、得点に認めず)

ハーフタイム中後半関係無くグランは欲望のままに2人を襲い
何点か計算するにも面倒だった審判団はヴィーラに聞いて見た所、25点と言われたので25点でフィニッシュした

試合後ソーンとシルヴァが残したコメントは以下の通り
「化け物の子って疎まれたらどうしよう…」「まだ当たって着床した訳では無いのでコメントは控える」「ソーンを孤独にしない為にも私も産む」と会見場を後にした

歴代最多失点での敗戦となったアンチラだが
「まだ関係を持っていなかった事が敗因」「前試合がああいった内容では無かったら結果も変わったはず」「4年後では無くても日々戦いで勝ち抜いてみせる」と気丈に語った

試合後ヴィーラは緊急記者会見を開き
ヴィーラ「正直ソーンさんが羨ましいですね…あれこそ嫌よ嫌よも好きの内じゃないでしょうか?だってガッツリグランさんの腰を蟹挟みしてましたから…
お零れとは言えソーンさんをサポートするという名目で散々色目を使っているシルヴァさんには苦言を呈したいと思います
貴方がグランさんを好きで度々関係を持っていたのは承知していますし、正々堂々エントリーして種を貰えば私も何も言わないのですが…
まぁまだ受精した訳でも無いし着床した訳でも無いですからね…例え着床したとしてもたった2週間程度なので第一子とは限らないですから」
『もし2人が産んだ場合のヴィーラさんの立場は?』
ヴィーラ「グランさんの子供ですものそれはそれは可愛いでしょうね…
私もママの一人として子育ては協力します…例え私がお腹を痛めた子が第一子では無くても…」

これでグループCは全日程が終了
ヴィーラが全勝で1位通過
他3名が1勝2敗で並んだが、得失点差でソーンが勝ち抜けた


340 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:38:52 tyX2x7Kw
ラグビーのスコアみたいになって草


341 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:39:11 5itGO08g
グループCのCは着床のC


342 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:39:43 I82JSI1M
グループCだけやりたい放題やないか…


343 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:48:34 G/zo7Qsc
なにシルヴァさんこっそり種貰おうとしとんねん


344 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/29(金) 22:50:17 b9mw1Y5s
ソーンさんクソザコメンタルの癖に中々強いっすねえ!


345 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 00:33:56 JRBUqKhY
これでグループCが終了したけども
グループC書いてたヤツが他のグループも残り書くのかな?
大分ヴィーラ磁場のせいでおかしな事になってたグループCだが


346 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 00:43:30 /5aV4YZs
別に誰が��とか決めない方がいいでしょ
レオナは当人にしかオチつけれなさそうだけど


347 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 00:53:03 2dSZQBZo
トリが有るわけでもないしどれを誰が書いたかなんて全くわからないので皆さん好きに書いてほしいです


348 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 01:08:46 JRBUqKhY
まぁそうね
とりあえずここまでの勝敗表スプレッドシートにまとめる作業に入るゾ


349 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 01:12:24 iJrfKRqA
クラリス得失点差最下位回避できそうじゃんよかったな

勝ち点?知らんなぁ


350 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 01:38:23 IJROhkqw
グループステージは短評で済まされる試合があっても良いのでは?
やったもん勝ちですよ


351 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 04:07:40 JRBUqKhY
とりあえずこれまでの星取表だぞ
グループHがあまり進んで無いな
https://i.imgur.com/aFDj9dz.jpg
https://i.imgur.com/9lYWEAQ.jpg
https://i.imgur.com/Lv7wpN0.jpg


352 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 17:52:08 poE36oqA
>>351
お疲れナス!
一応全グループ一試合は終わってるんすね


353 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 19:02:28 4I4krPpE
>>351
ソーンの勝ち点間違ってる


354 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 23:20:10 d9JmZHwA
ここのおかげでレオ姉がやばい奴に認定されましたね…


355 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 23:21:24 E.FWv5nM
まあ二次創作だし多少はね?


356 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 23:26:51 f1aF0Gpw
やってる事はくっそしょうもないのにみんな真剣に議論してて大草原
しかも本家W杯の裏で行われてるのがポイント高い

終盤絶対ジータが大暴れするんだよなぁ…
なんもかんもアニメジータが悪いよ〜


357 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/06/30(土) 23:53:23 XIZCfyEQ
現実でもランキング1位が予選敗退してるしホモ達の気まぐれでクソザコ化もあるゾ


358 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 00:18:23 hZqOmBtE
明日か明後日くらいまでにはグループG2試合書いてGを終わらせたいですね


359 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 00:34:27 nCz0sF1o
正直グラブル全くやったこと無くてこことエロ同人でしか知らないけど楽しんでます


360 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 01:59:22 HKAYzUuc
アニメのジータは戦闘力高かっただけで別に正妻キャラじゃなかったんだよなぁ…


361 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 02:04:23 0hMMgDgQ
>>360
いいだろそんなこと! ホラ飲め飲め!


362 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 02:40:34 YHOaAwos
そもそも、ジータとグランは実際は同一人物なんだよなぁ…


363 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 03:54:34 vJvoyLYM
正直、ジータ嫌い
グラン君だけでいい


364 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 08:37:52 th8.atF6
いきなり差別かよ
ファータグランデッパリらしいな


365 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 10:59:54 /k9.oaAs
ザンクティンッパリじゃないのか…


366 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 11:09:02 Hdykg9mY
ナルグランデッパリかもしれない


367 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 11:35:12 vJvoyLYM
嫌っただけで差別ってお前精神状態おかしいよ・・・


368 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 11:40:10 ErKLtl5o
>>367
あれ嫌いって言ったら差別扱いされる世の中なんだよなぁ


369 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 15:09:18 th8.atF6
全空最高ヒロインジータを侮辱した罪...軽くはねーぜ?


370 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 15:22:08 wf60tdGY
まあまあ、ここはID:vJvoyLYMはサブル島民ってことで穏便に


371 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 16:44:55 x7/R5hgc
>>367
今の世の中じゃ仕方ないんだよなぁ…息苦しいわ
目が苦手って言ったらファンネル飛ばしてくる人もいるし気をつけないとダメですね…


372 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 16:47:03 MRCks1VU
文句言うのは好きだけど、言われると世界中が自分の敵のように見えてる人種だぞ


373 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:08:12 zZ5o8ZmY
>>371
マジで気を付ければ良いだけなんですけどね
何故か「ここでこういう事書いたらどういう反応されるか」に気を付けられない人が多い


374 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:24:42 CJplfM6Y
言うだけ言っておいて、言われたら文句を言うのはやめようね!


375 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:26:22 t4s5bouM
自分の好きなキャラに置き換えて考えてみ?ってのはあるな

あとポジティブな感想は共感されやさいけどネガティブな感想はギスギスを産むからねぇ……


376 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:29:42 Rvb96cE2
いいと思った時だけ書き込んで楽しめば精神衛生的にもいいと思うゾ
嫌な時はパパっと閉じて終わりっ!


377 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:42:53 Lno/cFYI
これがエコーチャンバーですか


378 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:45:39 iHtlKc1c
ジータ嫌いならジータがボロ負けする試合書くぐらいの男気見せなあかんのとちゃうか?
じゃ俺、水着イルザでシコって帰るから…


379 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:50:13 pyN3Qzr.
イルザおばさんってスリングショットでガチャに来そう(しょうなみ)


380 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:52:10 Qzb4/Cac
そういえばグラブルの女キャラ(プレイアブル)って何人ぐらいいるんですかね?
イベントとかで勢力が大きく変わるLOVE勢ですから
レオ姉みたいになんだこいつ!?ってなる今まであまり焦点のあてられてこなかったキャラいそうですね


381 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:53:38 U75sPlBs
そもそも語録に何マジレスしてんだ


382 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 17:55:07 iHtlKc1c
>>379
イルザさんはCMを見る限り中々攻めた水着だったゾ(射精)


383 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 18:19:39 Lno/cFYI
数ある語録の中からそれを選んだ時点で自分の意思表示になってるんじゃないすかね
語録だからマジレスしてはいけないというのはちょっと乱暴だと思いますけど


384 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 19:32:13 .qMQgZtA
また良スレが1つ死んだ
いこう、ここもじき腐海に沈む


385 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 19:36:09 wf60tdGY
>>382
chmateでID見ると
自分で自分に射精なのか…(困惑


386 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:06:16 iN4y0S6U
じゃ、AILEくんあとはよろしくね


387 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:17:13 vRhBeAYY
勿体ないなぁ


388 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:20:31 ygq5rGyI
TDNお客さんだろうしスルーして終わりでいいんじゃない?


389 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:23:21 NrutQvFw
おきゃくさま【お客様】自分の気にくわない意見を言う普段から常駐してるNaNじぇい民の意


390 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:24:59 nNZDIGJs
多分一部の人が騒いでるだけで大多数は未だに楽しんでると思うんですけど(名推理)


391 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:30:17 F/hBDwrs
別に楽しんでないんじゃなくて出場国の一つが気に食わねえって言った人がいるだけで皆こんなんなっちゃうのは過剰反応だと思いますよ
平和なホモ掲示板なのは良いけど平和ボケは…やめようね!


392 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:32:02 Gb1QGE.I
とりあえず続きプリーズ(能天気)


393 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:36:07 FRIj1tFs
相も変わらずnanじぇい民の耐性はボロボロ


394 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:37:20 0hMMgDgQ
>>393
本家からの移民を増やそう(提案)


395 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 20:39:20 v3ETOHyE
>>394
とうすこ民くらいしか来ないんじゃ…


396 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:00:28 Rc8wyqJM
あくしろよ


397 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:04:15 7bTzzHbY
何があったのかと思ったらジータ嫌いの一言だけでくだらなさ過ぎて草


398 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:13:53 4gtYe4pA
ちょっと書かれただけでアナフィラキシーショックみたいな反応起こしてて面白いっすね


399 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:20:56 ZN1Y7OR2
nanじぇい民の煽り耐性の無さは異常だ
ふたばみたい


400 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:27:50 xWdaK4uk
普段は煽りが少ないから慣れてない人が多そう(偏見)


401 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:39:48 hZqOmBtE
【ファータグランデスポーツ・地方欄】
『既に「結婚決定」で大盛り上がり、アルビオンの今』


現在開催中のグランくん正妻ワールドカップにて全勝でグループリーグを勝ち進み、
決勝トーナメント進出を決めたヴィーラ。
進出が決定するとヴィーラが領主を務める城塞都市アルビオンは大盛り上がりを見せた。
しかし聞くところによると、現地ではもう結婚が決定したかのように毎日がお祭り騒ぎだという。
そこで本誌は急遽アルビオンへ飛び、現地の様子を取材した。

アルビオンの町に着くと入り口には「領主ヴィーラ様、グラン様と結婚おめでとう」と書かれた巨大なシュヴァリエ型の垂れ幕。
いきなり取材班を驚かせると、街中には「ヴィーラ&グラン結婚記念セール」の文字がどの店にも踊り、
壮大な音楽を鳴らしながら結婚記念パレードのリハーサルが行われていた。
まだベスト16だというのに優勝したかのような盛り上がりだ。

さらに書店には「Vやねん!ヴィーラ領主!」
「アルビオン領主懐妊&結婚は『当確』でございます!!」
「結婚だ!結婚だ!!結婚だ!!!」
などの字が表紙に踊る本が並び、
店にはグランくんとヴィーラのイラストが描かれた結婚記念グッズがもう既に大量に売られている。
アルビオンの町はグランくんとヴィーラの結婚がもう決まったかのようだった。


402 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:40:50 hZqOmBtE
「ヴィーラ様がグラン殿と結婚されればアルビオンは1000年安泰でしょう。
子々孫々に渡りアルビオンを栄えさせてくれましょう」(町の有力者)

そう人々が語るように領主の結婚への期待は大きい。
ましてそれが全空でも屈指の才能を持つグランくんであれば2人の子供への期待も高いことだろう。
聞くと、結婚もまだだというのに2人の子供の名前でブックメイカーの賭けすら行われているという。

「賭けで人気の名前ですか?
男の子だとシンプルな『グラン2世』や2人の名前から取った『ヴィラン』、
グランくんの船の名前から取って『サイファー』。
女の子では2人の敬愛する女性から取った『カタリナ』や『カタリーナ』、
2人の可愛がっている女の子から取った『ルリア』等が人気ですね。
大穴で今若者の間で話題の『クラリス系女子』の流行語を生み出した『クラリス』の名前に賭けてる人も多いですよ」(ブックメイカー主催者)

そこで本誌は早速クラリスにブックメイカーの件で話を伺うと
「いや、うちにそんなこと聞かれても...」と困惑顔。
「でもそうなったらせめて名前だけでも『クラリス』ってつけて子供の名前を呼ぶ度にうちをたまにでいいから思い出してほしい」
とポツリと敗北者顔で語るに留まった。


403 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:42:57 .L8C1VQY
アルビオンの魔境ぶりに磨きがかかってて草


404 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:43:13 iPynnu0o
空気を読まずに恐縮ですが、レオナを書いていた者です。
新作を、というお話があったので(別に自分に向けてというわけではないと思いますが)
すみません、もうちょい時間がかかりそうです。
スレが残っていれば書きますし、万一残ってなくても別にスレを建てたいと思ってます。
(試合描写だけにおさまりそうにないのが心配です)


405 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:43:58 pvxyqNJU
>>402
クラリスに完全なる負け犬根性が根付いてて草生える


406 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:44:08 YeSqvnrc
>男の子だとシンプルな『グラン2世』や2人の名前から取った『ヴィラン』

悪役になりそうな名前で草


407 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:44:23 iPynnu0o
(あっ新作もうきてた恥ずかしい)


408 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:49:34 Gb1QGE.I
島民もキャタリナさんの放り投げからのヴィーラの話はやんわりと知ってそうだから応援するわな


409 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:55:50 hZqOmBtE
(試合が書けるまでネタで)ゆるして


410 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 21:56:40 Qzb4/Cac
デイリースポーツアルビオン支部やめろ


411 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:05:30 C5y5WE4w
執筆者って多数居たんすね…(池沼)


412 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:09:46 C5jMhrPw
実際のW杯も審判いっぱいいるから多少はね?


413 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:27:29 MRCks1VU
アルビオンの市民たちは領主の無双をどう思ってるのか


414 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:31:00 pyN3Qzr.
どの文も全部1人で書いてると思ってました(池沼)
全部同様にクオリティ高くて見分けつかないんだよなぁ


415 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:31:05 .L8C1VQY
>>413
島を支える根幹が士官学校だから、全空に威を示せるんならオールOKでしょう


416 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/01(日) 23:31:09 nCz0sF1o

カリおっさんが敗北者扱いの記者と敗北者芸が板についてきた恋愛クソザコ弟子両方に怒ってそう


417 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 00:44:09 uZmtPPtI
ソシエ 5 ー 0 ドロシー

ソシエ(世界ランキング8位)対ドロシー(世界ランキング27位)の対決が行われた

この一戦は受けの天才ソシエと攻めに定評のあるドロシーの一戦だった為、競った好ゲームが予想されていたが、予想外の展開となった

試合会場となったのは大晦日のおこた部屋、これが悲劇の始まりだった

開始一分、グラン、ソシエはおこたの中でぬくぬくする中ドロシーは仕掛ける、「ご主人様ぁ、一緒に大掃除しませんか?」これは自分の得意範囲で戦うドロシーの巧妙な策であったがこれが裏目に出た

なんとグランが動かない、おこたの魅力に逆らえない!

そこをソシエが繋ぐ「グランはん、いつも疲れてるよね、いいよゆっくり休みましょ!」と身体を寄せ微かに触れながらミカンを剥くという天才的なプレーを見せる

圧倒的な空間の中、その後20分にあ〜んでグランにミカンを食べさせ一点、33分にはうとうとしてきたグランと手と手が重なって更に一点を連続で決めた

一方ドロシーは掃除を提案した手前、二人のイチャイチャを前におこたに分け入ることが出来ない。されるがままに二点決められ茫然自失しながら前半を終えた

前半を終えて満足そうなソシエに対しドロシーは「あの女狐め、ご主人様をたぶらかしやがって」と短くコメントしドレッシングルームに消えていった


418 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 01:09:03 uZmtPPtI
後半に入るとドロシーの戦略は更に泥沼に陥る

開始早々ドロシーは「あっ手が滑っちゃった」と手持ちの火炎放射機でおこたを潰す、これについては試合後に故意の反則ではないのか、と開催国枠の一般人からクレームが入ったが、だからお前はあまちゃんなんだ、と一言で返された

しかし、これが決定的だった。突然冷えた空間に投げ出されたグランに詰めようとするドロシーを遮ったのはソシエだ

「寒いのいやや、グラン一緒に暖まりましょ!」と自然な形で抱きつき首もとの自身の匂いををグランの鼻腔に丁寧に流し込んだ

そして、自分から腰に手を回したグランに「いけずは嫌よグラン……」とだめ押しを決めそのままイチャイチャしだした

ここに至ってドロシーは膝から崩れ落ち自分から敗北を認め結果ここで試合終了、ルールに基づきソシエに追加の三点が認められた

しかし、この試合はこの後が素晴らしかった、ことに至り双房にむしゃぶりつくグランの頭を撫でながら、ドロシーのほうを向き「試合はもう終わったなら貴女もしっぽり……しません?」と救いの手を差し伸べたのだ

ドロシーの勇気を認め、かつ一方だけが勝ちすぎないよう心を配る、そんなソシエのプレーに観客席からは称賛の拍手がなりやまなかった

試合終了四時間後、メディアの前に姿を表したソシエは「当たり前のことをしただけどす、これからの相手ともフェアプレイで闘い抜きたい」と、王者のゆとりを感じさせるよう淡々と語った

一方アンラッキーが重なって負けたドロシーからは代理人のクラウディア氏よりの代理コメントで「試合関係者並びにおこたには大変申し訳ないことをした、反省している」とコメント又「今後の試合には誠心誠意メイド魂を込めたい」「試合会場にはグランを狙う幼女が多く、それら何人かをNTRたい!」と次の試合での巻き返しを誓った


419 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 01:35:25 Fq0/lhTA
クラウディアちょっと欲望漏れてんよ〜


420 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:10:18 bOJHs1Hk
ルリア 9 ー 8 サラ


グランくん正妻ワールドカップグループAの試合がアウギュステで行われた。
ルリア(ランキング1位)とサラ(ランキング9位)の対決、共にランキング1桁の強豪であり予選屈指の好カードだ。

両者共に開催国クラリス(140位)を圧倒し仕上がりも上々、観客から好ゲームを期待されていた。


そしてグランサイファーの食堂で試合開始のホイッスルが鳴り響いた。

まずはグランがローアインから食材の備蓄が少なくなっているとの報せを受け、自然とグランが街へ買出しに行く流れに。

これに「私も一緒に行きます!」とルリアが即答、試合開始早々サラが遅れを取るかに思われたが「サラちゃんも行きましょう! アウギュステには美味しいお店が一杯あるんですよ!」とまさかのフォローが入る。
サラは少し困惑したが「私も行きたいです。 でもルリアちゃん、食べに行くんじゃなくて買いに行くんだと思うけど…」とこれを了承、3人でアウギュステの街へ買出しに行くことになった。

その後は白熱したゴールラッシュが繰り広げられる。

サラが「せっかくだしもう少しくっついて歩きませんか?」と言って腕を組んで1点取れば
ルリアが「人がたくさんいますね…グランが迷子になるといけないので手を繋ぎましょう!」と無邪気に手を繋いで1点を返す。

ルリアが「グラン、これすっごく美味しいですよ! 食べてみて下さい!」と半ば強引にあーんをして1点取れば
サラが「グランさん、ほっぺにソースくっ付いたままですよ?」と指で舐め取って1点を返す。

その後も一進一退の攻防が続きスコアは8対7でルリアが1点リード。
このままゴール合戦が続くと思われたが、試合は意外な形で決まった。


421 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:12:04 bOJHs1Hk
買出しも食事も終えて街を観ながら歩いてると、ルリアがある露店の前で足を止めた。
談笑していたグランとサラがその事に気づいて近寄ると、ルリアは2つのアクセサリーを手にしていた。

「カタリナからお小遣いを貰ったので、2人にプレゼントです!」と言ってサラに髪留めを、グランにブローチを手渡した。

「これ、前にグランが私に買ってくれた髪留めと同じ石で出来ているんです、これで3人お揃いですね!」
裏表の無いヒロインムーブ、これが得点となりルリアが点差を広げる。

グランとサラがお礼を言うと、ルリアは「じゃあグラン、サラちゃんに髪飾り付けてあげて下さい。」と、ここもまさかのフォローが入った。
グランは言われた通りに髪飾りを付けると、付けられる際の嬉し恥ずかしの表情でサラが1点を返す形になった。


しかしサラはここから巻き返しを狙うかと思いきや、笑顔で「買出しもほとんど終わりましたしもうすぐ夜なので、グランサイファーに戻りましょうか。」と提案。
このまま1点差で買出しが終了すれば敗北は濃厚…しかしサラは発言を撤回しなかった。

結局サラを真ん中にして3人仲良く手を繋いでグランサイファーに戻ることになり、船につくとそこで試合終了のホイッスルが鳴った


ルリアが接戦を制して勝ち点3を手にした。


試合後のルリア選手のコメント

「予選突破…? よくわからないけど、まだグランや皆と一緒に遊べるってことですよね!」
「次はゾーイちゃんと遊ぶんですよ! とっても楽しみです!」
「この間はクラリスさんと一緒に遊ぶ予定だったんですけど、忙しかったみたいで…。」

クラリス(140位)の話をした際は表情を曇らせましたが、それ以外は終始楽しそうに話しながら会場を出ました。


試合後のサラ選手のコメント

「流石はルリアちゃんですね、最後までペースに乗せられたままでした。」
「グランさんを大好きなのは勿論ですけど、ルリアちゃんも大好きです。 でも試合中にそう思った時点で私の負けですよね。」
「次の試合までに気持ちを切り替えます。」

髪留めは外さず会場を出ました。


422 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:14:44 bOJHs1Hk
馬鹿野郎お前俺は他人の戦評読みたいから書くぞお前!!


423 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:15:05 MZosA9bo
両者トップなだけあって正統派かつ激戦ですね


424 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:21:35 aYq/jpNg
グループAは3人全員が強敵だけあって激戦ばかりですね


425 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:28:57 FG2u1FGg
ルリアちょっと眩しすぎんよ〜
アニメ版と漫画版がポタラ合体したかが様な圧倒的メインヒロイン力


426 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 07:30:30 PyWGNQSI
ルリアは現段階だから控えめに済んでるけど、10年後とか手がつけられなくなりそう


427 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 16:11:21 0S8otdbM
シェロカルテオンデマンド ヴィーラ独占インタビュー

『全勝での決勝進出おめでとうございます』

ヴィーラ「ありがとうございます」

『グループCでは1試合を除き全てでグランさんとの性行為が行われました
その先導をしたのがヴィーラさんですが、ヴィーラさんにとってSEXとは』

ヴィーラ「気持ちが良くて子孫も残せて相手への思いも伝えられる最高のコミニュケーションだと思います」

『初体験はいつ?』

ヴィーラ「私はグランサイファーに乗ってすぐに思春期まっしぐらのグランさんがカタリナお姉様に悪さをしないように童貞を奪いました」

『その時はヴィーラさんも処女だったんですよね?』

ヴィーラ「ええ、お姉様に捧げる予定でしたが。まぁグランさんならいいかなと
意外としてみたら気持ち良いですしグランさんもいい表情もするしで癖になったとは思います」

『毎日のようにそれからは?』

ヴィーラ「女性の日もあるので口や胸のみもありますが、してない日は無いですね。射精管理名義でしています」

『好きな体位は?』

ヴィーラ「騎乗位ですね、あんなに強いグランさんを征服してるのがたまりません
正常位側位後背位対面座位も好きですが、グランさんに自由を与えるとイカされ過ぎるのが難点ですね
グランさんは主導権を握ると見境無く腰を振るタイプですので」

『因みに正妻ワールドカップの試合外でも期間中しているのでしょうか?』

ヴィーラ「他のプレイヤーの分を残す為にも1日5発程度ですが…
この前のソーンさんシルヴァさん相手に危険日中出しをした後は少し妬けてしまったのか、あれだけ出した後でも10発出させました
グランさんを一番気持ちさせる穴がどの穴か再確認させなさいといけませんからね...」

『ソーンさんシルヴァさんが先に危険日中出しをされた件については』

ヴィーラ「正直残念ですね、グランさんの種の初受精は私の卵子でと思ってたのですが…
私も近日中に排卵日が来るので続きたいと思います」

『正妻には拘らないという事ですが地元アルビオンでは正妻を望む声もあるようです』

ヴィーラ「付き合いの長いジータさんや半身であるルリアさんでもそれは構いません
彼女達のがその冠には相応しいかと
まぁ結果それが着いて来るのであれば私でも構わないですがね
あくまでも私が拘るのはグランさんの男の部分を満足させられる一番の女性であることですから...」

『アルビオンの方はガッカリされるのでは?』

ヴィーラ「そもそも妊娠したとしてもお姉様やグランさんジータさんと離れてアルビオンに戻るという選択はありません」

『と言うと?』

ヴィーラ「シェロカルテさんを通じて既にグランサイファーは大幅改修をする予定です
衛生的な出産環境と託児所及び教育設備を増築を予定しています
防衛力強化の為に砲撃等に備えて船全体をダマスカス鋼とヒヒイロカネの外装にするプランもあります
本大会を通じて既にソーンさんシルヴァさん私とそれにそれ以外の方も孕む事がほぼ確実視されています
船を降りるよりもグランサイファーのが腕の立つ人間も多いですから安心ですしね
また各ジャンルにおける専門家がいるグランサイファーは子育ての面でも非常に助かります
グランサイファーは働くママに優しい環境を応援していますので、安心して危険日でも避妊せずエッチが可能です」

『因みに莫大な予算が掛かると思われますが、予算は大丈夫なのでしょうか?』

ヴィーラ「本大会のシェロカルテオンデマンド収益金が我々に還元されていますので
収益金を増やす為にも私は魅せる試合を心掛けています」

『そこまで考えての全試合での性行為だったのですね…』

ヴィーラ「ええ、試合外でのSEXや私の初逆レイプをグランさんと私本人での再現も配信がされています」

『ヴィーラさんの動画だけで既に収益金が最大時のエルステ帝国GDPを上回ったようです』

ヴィーラ「当然ですね」

『それでは最後に締めて下さい』

ヴィーラ「危険日の試合はかなりの熱戦になると思います
既にグランさんには食事管理体調管理で万全を期して私の危険日に向けた調整に入って貰っています
是非楽しみに待っていて下さい」

『完全に言い忘れてる辺り、シュヴァリエのせいじゃないんですよね本当は?』

ヴィーラ「何を言ってるんですか?シュヴァリエですよ訴えますよ?」


428 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 16:21:18 SC8lq4kI
シュヴァリエ「ファッ!?」


429 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 16:23:31 0S8otdbM
ヴィーラの試合いつも書いてるけどもヴィーラ絡まないと筆が乗らないわ
明日か明後日闇ジャンヌに手を出す予定


430 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 16:55:24 F9QKkCVE
なんだこのキング・オブ・ストロングスタイル?!


431 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 17:30:08 a/Mztuao
シュヴァリエって悪いやつだなー


432 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 17:36:00 PyWGNQSI
止めに来たルリアも食っちゃいそうなのがヴィーラさん


433 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 17:41:34 ZXAvmJ9w
そういえばジータやルリアのような妹も欲しいって言ってましたねヴィーラさん


434 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 17:53:14 8fwAcA7Q
これもう欲張りバイ無敵じゃん…


435 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 18:08:44 /vcqRX0.
ダマとヒッヒの無駄遣いはやめろ
まじでやめろ


436 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 18:21:17 bwleOFuM
いくら忠誠心激高のシュヴァリエ君でもストレスで死にそう


437 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 18:25:53 .5AQFA0c
タービンズかな?


438 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 19:16:28 j4PuCFSk
快楽だけで星晶獣を殺した女


439 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 19:31:07 TwkrOwCI
ヒヒイロの新たな使用方法(即中止)はこれだった可能性が……?


440 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 19:31:21 8jw7Mjt2
このインタビュアーには危険手当てついてそう


441 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 20:07:24 u1WVkGU.
ヒヒイロ外装は団長が聞いたら卒倒しそう


442 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 20:35:35 9yAqT40s
全空に自分のセックスが放映されているのにこの余裕


443 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 20:43:54 rkR69Hjg
なんだこの無敵ウーマン!?


444 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 21:57:51 /9z65IaU
欲張りすぎィ!


445 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:25:18 OmFxGy7w
無敵すぎて草


446 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:37:39 aYq/jpNg
マギサ 0 - 2 ダヌア
 
グランくん正妻ワールドカップグループGの残り2試合が午前・午後のダブルヘッダーで行われ、
午前中にマギサ(ランキング7位)とダヌア(ランキング10位)が対戦した。
圧倒的な戦いで既に2位以上を確定させグループリーグ突破を決めているマギサ。
対するダヌアは1分で勝ち点1、
1勝して暫定2位のヴァンピィと勝ち点で並びグループリーグ突破に王手をかけたい立場。
激戦が予想されたが、その戦いは意外な展開となった。
 
グランくんの誕生日の朝という状況で始まったこの試合。
前半開始直後、先に動いたのはダヌア。
ダヌアは台所へ向かいグランくんの誕生日ケーキを作ろうと試みる。
毎年グランくんの誕生日にケーキを作っているだけあり、
手際よく順調にケーキを仕上げていくダヌア。
一方、マギサは動かない。
グランサイファーの自室にいるグランくんに誕生日プレゼントのアプローチをするでもなく、
ダヌアの妨害をするでもなく。
ただ「何か」を待つかのようにじっと甲板に立ち目を閉じていた。
 

試合が動いたのは後半開始直後。
ダヌアは焼き上がったケーキをグランくんに持っていこうと嬉しそうに走るが、
ダヌアが食堂で見たのは多くの団員たちと彼女たちの作ったケーキに囲まれるグランくんだった。
それも自分のよりも豪華なケーキ、派手なケーキばかり。
すっかり自信を失ったダヌアはケーキを持って自室へ帰ってしまう。
 
そこでマギサが動いた。
ダヌアの部屋に行くと、「団長さんを驚かせるケーキ、一緒に作らないかしら?」と優しく呼びかける。
「こいつは敵!信用できねーゼ!」とグレーテルは警戒するが、
ダヌアが「けぇ・・・き・・・つくぅ・・・」と笑顔を見せ、
「ダヌアも作りたいと言っているし、何もしないよりは良いだろう」
とヘンゼルが言ったことから一緒に作る展開に。
 
一緒に台所へ行き、ケーキを作る二人。
マギサはダヌア以上の手際で見事にケーキを作り、
炎の魔法を使いケーキを焼き上げあっという間に完成。
ケーキ作りが上手いダヌア以上の出来、
パティシエが作ったと言われても遜色ない仕上がりだった。
マギサはこのケーキを切り分け皿に乗せ、「これを団長さんに食べさせてあげて」と言った後、
「それと・・・」と何かをダヌアにささやいた後、頭を撫でて笑顔でダヌアを送り出した。


447 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:38:23 aYq/jpNg
後半40分、一人で部屋にいたグランくんに
「おたぁ・・・じょびぃ・・・おめぇ・・・」とダヌアがケーキを手渡す。
「ありがとう」と笑顔で応じるグランくん。
しかしこのグランくん、朝からケーキを食べさせられ続けて甘いものに飽き飽きしていた。
ダヌアを悲しませないために1口だけ口に運び、
「後はゆっくり食べるよ」と言ってお腹が減るまで残しておくはずだった。
しかし、1口食べた瞬間。グランくんの目から涙が一筋こぼれ落ちる。
「こ、これ・・・この味」
甘いものに飽き飽きし、もうほとんど食べられないはずだった。
なのに、一口一口とどんどん手が伸びる。
あっという間にケーキを3切れを完食してしまった。
 
味の決め手となったのはグランくんの故郷、ザンクティンゼルから事前に取り寄せていた卵やミルクなどの材料。
それはまさにグランくんが食べて育った味だった。
ここしばらく故郷に戻れず、しばらく食べていなかった故郷の味。
今のグランくんにとってはどれだけ豪奢なケーキだろうとこれに勝る味はなかっただろう。
「ダヌアが作ったの?」
「うぅ・・・」
「ありがとう、すごく美味しいよダヌア」
ケーキの味がグランくんの心を揺らし、ダヌアが1点先制。
続けざまにダヌアは「なでぇ・・・」と甘え、笑顔で応じるグランくん。
この甘えですかさず2点目を取る。
そしてそのままダヌアがグランくんに抱きついて甘え続け、試合は終了。
マギサが動かずに試合が終わるというまさかの展開だった。
 
試合終了後、ヘンゼルはグランくんに
「すまない、マギサに『試合終了まで黙っていて』と言われたんだがあれはマギサが作ったものだったんだ」と告白。
これを聞いてグランくんはマギサに対して大きく心が揺れ動いたが、既に試合終了後。
当然得点は認められずに2-0でダヌアが勝利した。
ダヌアはこれで1勝1分で勝ち点4となり、
最終戦で引き分け以上か3点差以内の敗北で決勝トーナメント進出が決まる。
 
試合後、「確実に勝てる試合だったのになぜ?」とマギサに詰め寄る記者団に対し、
マギサは口元に笑みを浮かべ「午後のカリオストロとダヌアの試合を見れば分かるんじゃないかしら?」とだけコメント。
口直しのコーヒーと少し甘さを抑えた別のケーキをおかわりとしてグランくんに手渡し、
美味しそうに食べる姿を微笑みながら見届けてからスタジアムの客席へと消えた。


448 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:42:36 aYq/jpNg
グループG最終戦のカリオストロVSダヌアに続きます
多分明日か明後日になると思います


449 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:42:47 Ip5UE2sQ
勝利を譲れるこの余裕よ


450 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:49:51 G1TOoU.Q
違うどこかおかしい
勝ちを譲ったのでなく負けを代償にそれ以上の何かを掴む気でいる


451 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 22:56:37 AEy.BqZg
剛のヴィーラ
柔のマギサ


452 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:08:06 FdWl9Ew2
強者特有の余裕ですかね


453 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:10:50 5ZG3gDDc
http://nazr.in/11tD


454 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:13:14 KQUq0VbE
グラン「なんちゅうもんを食わせてくれたんや・・・」


455 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:14:51 8jw7Mjt2
試合としての勝敗よりも、権謀術数の色を帯びてきましたね


456 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:18:49 7akrOqCM
ポーランド戦かな


457 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:19:51 T26AH51E
>>456
そっちは敗退が決まってたんだよなぁ


458 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/02(月) 23:20:23 dIcdO47M
これはフェアプレー


459 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 00:04:06 fG0JFxzg
カレン 4-3 アンナ

グループFの第2節第1試合が行われた。前節で崩壊してしまったアウギュステ会場からノース・ヴァスト 白風の境の山際に建てられた臨時会場に変更された。前節とは正反対の環境である一面の銀世界を舞台に熱い女の戦いが繰り広げられた。

カレン選手は防水仕様のウェアで入場、寒冷気候でもアクティブさをアピールする構えである。
対するアンナ選手は前節で見せたドレスに厚手のコートとレッグウォーマーを合わせコーディネートでグラン君の目を惹く作戦か。
両者寒さの中で情熱の焔を燃やして対峙する中、開始の合図が鳴った。

開始と同時にカレン選手がグラン君の手を取りソリ遊びに誘う。
アンナ選手は無理に付き合わずにカウンターの作戦を用意するようだ。

グラン君と1対1の状況を得たカレン選手は緩斜面でソリに二人乗り。手綱は私が握る!とうまくグラン君に抱えられるポジションを維持する。

そして2人のテンションが高まった前半23分、ちょうどソリが止まったタイミングでグラン君にもたれかかり、ほんのり汗ばんだ額をグラン君の顔に寄せて「ちょっと疲れちゃったね…」と囁いてグラン君をときめかせ1点先制。
すかさず「君と一緒だからはしゃぎ過ぎちゃった…」頬擦りしながら軽くキスをして追加点を奪う。

そこから押し倒して更なる追加点を狙うかと思われたとき、アンナ選手が「お疲れ様…」とインターセプト。バスケットに暖かい飲み物と軽く摘めるお菓子を用意して雪原でのお茶会を催した。

前半37分、カレン選手がお菓子を頬張って一息ついている隙にアンナ選手は猛攻を開始。甲斐甲斐しくグラン君の汗をハンカチで押さえて拭うと「こんなの作っていたんだ」と自作の雪うさぎを披露。「うさぎは寂しいと死んじゃうんだよ…?」と上目遣いの構ってアピールでグラン君の心のネットを揺らして1点を返す。続け様に「手が冷たくなっちゃった…」と温める事を要求、グラン君の両手の温もりで手を暖めてもらいながらその直前に口に咥えたクッキーをグラン君の口元に寄せて食べさせることで同点に追いつく。さらに身を寄せて「あったかい…ずっとこのままで居たいよ」と温めてもらった手をグラン君の顔に添えそっと唇を合わせて逆転に成功した。
カレン選手がお菓子を食べ終わると同時に前半は終了した。

後半は雪がチラつく中で始まった。カレン選手の提案で、寒さを緩和する為に3人でカマクラを作る事に。しかしその提案は仇となり作業に追われてなかなか両選手ど得点チャンスが来ない。
試合が動いたのはカマクラが完成した後半35分だった。

動いて暑くなったカレン選手はまず一人でカマクラに入った。おもむろにウェアを脱ぎ出すとその下に着ていたのはアウギュステで使った水着だった。そしてホッと一息ついていたグラン君を中に呼び込む。カマクラの中に広がるまさかの光景。視界一面の白の中で見るチェック柄のビキニ姿はカレンの肢体を輝かせる。予想だにしない状況でも本能に従い股間が反応。「暑いから脱いだけど、やっぱりこの格好じゃ寒いから温めて?」とシナを作ったカレン選手に迫られるとグラン君は獣と化して襲いかかりカレン選手が2点を得た。

そのままタイムアップになったがイチャつく2人はなかなかカマクラから出て来ず、外には置いてきぼりとなったアンナ選手が残された。

試合後、見事逆転勝ちを納めたカレン選手は前半の終盤に逆転された事で思い切った作戦がハマったと、アンナ選手は一度はリードしながらの終盤の甘さを反省するとそれぞれコメント。
これで共に1勝1敗となった2人は最終節で決勝トーナメント進出を狙う。


460 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 01:06:18 e88DWVtc
男1人の奪い合いのために各地を移動して会場作るって


461 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 02:36:46 XbQJPJ6M
これまでの星取表だぞ
間違えてる所一部修正したぞ
https://i.imgur.com/ubqtRnV.jpg
https://i.imgur.com/Lv7T0sK.jpg
https://i.imgur.com/2SND3K7.jpg


462 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 03:31:45 8wTlCwQo
アンナちゃんカシマールのアシスト無しで勝ち点取れたか、成長を感じる


463 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 03:44:32 8wTlCwQo
勝ち点じゃなくて得点でした、センセンシャル

星取表見たけどクラリス選手は試合でクソザコな上にクジ運もクソザコでどうしようもないですね…


464 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 05:53:19 mknBoXws
サラーサ 0-9 イシュミール

グループFの第2節第2試合が行われた。前節で崩壊してしまったアウギュステ会場からノース・ヴァスト 白風の境の山際に建てられた臨時会場に変更された。白銀の荒野は更に白く荒れる展開となった。

前会場を破壊してしまったサラーサ選手は普段と変わらぬ装いで登場。雪は初めてとの事で、非常にウキウキしている様子。
対するイシュミール選手も当地は地元な為普段通りの衣装で気負った様子はありません。
イシュミール選手が地元の利をどれだけ活かせるかがポイントになりそうです。

試合開始と同時に雪原を駆け始めるサラーサ選手。そのまま雪の中に飛び込んだり雪を口に含んだりして1人遊び始める。
イシュミール選手は対照的に落ち着いた佇まい。寒いと風邪をひくから、とグラン君にあれこれ世話を焼く。
前半5分が過ぎて1人遊びに飽きたサラーサ選手が山の方から降りてくると、雪玉を投げてイシュミール選手を挑発。イシュミール選手は氷剣を作って切り落とす。ムキになって雪玉を投げるサラーサ選手。冷静に自分に当たりそうな雪玉だけ叩き斬るイシュミール選手。かくしてこの試合でもイシュミール選手に雪玉が当たったらサラーサ選手の勝ちという謎競技が始まり、それは前半中ずっと続いた。

後半が始まっても謎競技を続けるサラーサ選手。段々雪玉は大きくなり、会場に不穏な空気が漂い始める。
イシュミール選手が5本の氷剣を自由に使って雪玉を綺麗に切り分続けるため業を煮やしたサラーサ選手、うっかりメテオ・スラストを発動。流石にイシュミール選手はこれを回避する事を選択、グラン君をかばいながら咄嗟に雪が最も積もった場所に空洞を作りながら潜り込む。
隕石は雪山の麓に落ち、その衝撃で雪崩が発生。サラーサ選手は会場諸共純白の波に飲み込まれた。

大会組織委員会は緊急会合を開き、同時に選手とグラン君の捜索にあたる。サラーサ選手は自力で雪を吹き飛ばしながら生還。
イシュミール選手とグラン君の行方がわかったのは数時間後の日没直前だった。
小さな雪洞で発見された時、2人は暖をとるために激しく肌と肌を重ね合っていた。現場周辺では淫らな匂いが立ち込め、雪崩発生直後からずっと性行為が行われていたであろう事は容易に想像できた。

この事を踏まえ、委員会は次のように結論を出した。
まず、勝敗についてはイシュミール選手が高得点を得ていた事が確実である事から9-0でイシュミール選手の勝ちとする事。
サラーサ選手は会場を崩壊させたため警告を与える事。
累積2回の警告となったサラーサ選手は次節出場停止による不戦敗とする事。

これでサラーサ選手は最終節を待たずして1勝2敗が決まり敗退が確定。イシュミール選手は1勝1敗と星を戻した。
アンナ選手は自動的に2勝1敗となりグループリーグ突破となった。

グループFの残りの椅子は最終節の試合で決まる激しい争いとなっている。


465 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 06:06:09 UsMrqT4E
サラーサは何しに来たんですかね…


466 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 17:22:21 yewcTBBU
別スレで「初孫が出来ればグランパパも顔を見に帰ってきてくれるかも」って書いてあって重いなーって思った
まだ15歳だもんな……

逆レもされるのにグランくんが協力する理由がわかった気がする


467 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 18:48:12 rDI9TPeQ
雪崩からの下りで何故か草が止まらなくなった


468 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 21:59:09 QR7Nxsvk
レオナ??-??ユエル

グランくん正妻ワールドカップグループDの第3節が行われ、ユエル(ランキング12位)とレオナ(ランキング30位)が対戦した。
ユエルはその気楽さ、気安さ、能天気さでグランとの距離は近く、親しい仲であった。「友達感覚の恋人」「普段意識していなかったが魅力的な異性」という感じで、「通常の」試合であれば、十分に白星の可能性はあっただろう。

しかし、その相手はレオナであった。
レオナは無数の優勝候補の中では際立たない、普通の参加者のはずだった。
しかし、亡き恋人・アベルをグランに投影してしまった彼女は、それゆえに歪んでしまうことになる。
人知を超えた力と、歪んでしまった精神。
下馬評は、レオナが圧倒的有利と語る者もいれば、没収試合になるだろうと予想する者もいた。
だが、試合はもはや勝敗とも、没収とも違う、別のところに向かっていくことになる。

今回の舞台はイデルバ。初のナルグランデ空域での対戦に注目が集まっていた。
試合開始早々、ユエルがグランに声をかける。
「グラン、ウチな、イデルバは全然知らんのやけど、グランは少しは知っとるんやろ?一緒に見てまわらへん?」
というユエルの提案をグランが承諾した、その時。
「アベル、こんなところにいたのね」
暗い影を瞳に宿し、レオナがその姿を現した。そのままグランの手を握ると、その場から去ろうとする。
「ちょ、ちょっと待ちーや!グランはウチと一緒に見て回ろうと…」
「グラン?誰が?彼はアベル、私の生涯の伴侶なんだ」
前半8分、有無を言わさぬ迫力のレオナは、ユエルは勿論、グランの意志など意に介さず強引に連れ去った。
残されたユエルは小さく呟く。

「ここまでは作戦通り…グラン、レオナを頼んだで…!!」


469 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:00:05 QR7Nxsvk
前半14分、ユエルから離れたグランとレオナは、人通りのほぼない裏道へと来ていた。
「ここまで来れば、道に詳しくないあの女は追ってこられないよね。ふふっ、アベル、やっと二人きりになれた」
そう言って微笑み腕を組むレオナだが、その笑顔の裏には真っ黒な影が見え隠れしている。
だが、グランはそんなレオナを冷たく突き放した。
「もうやめて、触らないでよ」
「えっ…?」
「僕に触らないで、近寄らないでよ」
グランの言葉を受けて、レオナの顔が色を失っていく。
「あ、アベル、ごめんなさい、私、何か気に入らないことしたかしら、直すから…」
「気に入らないも何も、僕はアベルさんじゃない!!」
前半18分、声を荒げるグランに、レオナは戦慄した。
「僕の中に、居もしないしない人のことを投影して、勝手に慕われて、迷惑なんだよ!」
「アベルさんは亡くなってもういない。僕はその生まれ変わりなんかじゃないんだ!!」
グランの怒りに満ち満ちた声を聴き、レオナはへたり込んでしまった。
「ちがう…わ、わたし、アベル、わたし、だって、あなた、アベルで、あいにきてくれて…」
思考がまとまらないのか、大粒の涙をこぼすレオナの口からは、支離滅裂な言葉が飛び出してくる。
「もう、僕に近寄らないで。さようなら、レオナさん」
そういうとグランはレオナに背を向けて、行ってしまった。
「あっ、ああっ…あっ……………」
それがとどめだった。負の感情が極まったレオナは、その場に倒れてしまった。

だが、それこそが、グランの立てた、レオナを救うための作戦だった。
前半32分、気絶したレオナの胸から、植物の双葉のようなものが出てきた。
それこそが、レオナの思考、感情、記憶を操っていた星晶獣「レナトゥス」だった。
グランはただレオナから離れたわけではなく、ルリアを呼びに戻っていた。
戦闘力がほぼないレナトゥスに対して、ルリアは、その力を封印した。

前半41分、そこで試合という名の星晶獣討伐は終わった。


470 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:02:48 QR7Nxsvk
時はレオナ対ジュリエット戦の直後に遡る。
レオナのあまりの豹変ぶりを受け、大会運営で会議が開かれた。
議論の内容は、レオナの処遇について。
「グランをアベルと認識している」ほど尋常ならざる精神状態にあり、かつグランを凌駕するほどの力を持つ彼女は、コントロールも難しく、最悪の場合大会を破綻させかねない。
なかには「『グランを想っている人間以外は参加してはいけない』というルールに抵触している」として大会から排除できないかという意見も出たが、「(アベルに似ていたから、という前提はあるものの)レオナはグランに対して元から好意を持っていた」「客観的に見れば、現実に求められたのはグラン本人(の肉体)である」という事実がある以上、ルールに則っての排除は難しい、という結論に達した。
さらに、迂闊に排除すると、大会のルールから外れたレオナがどのような手段でグランを狙うかわからない、という意見も出た。

喧々諤々の議論が続いたが、試合後にジュリエットの言った「レオナさんからこの世のものとは思えない、不穏な空気を感じました」という発言がクローズアップされる。
レオナ自身に不安定な要素はあったものの、前回の試合からものの数日でそこまでの精神的変調をきたすのは、普通は考えにくい。
となれば外的要素があったと考えるのが自然であり、その可能性として真っ先に上がったのが星晶獣だった。
人の心の闇につけ込み、別の人間を想い人と誤認させる…そんな星晶獣がいてもおかしくはない。


471 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:04:24 QR7Nxsvk
大会運営はすぐさまグランサイファーに事情を説明し、協力を要請。
調査班が編成され、徹底的な原因究明が行われた。
その結果わかったのは、今回のレオナの変貌ぶりには「レナトゥス」という星晶獣が関わっていることだった。
再生、新生、復活を意味する名を持つこの星晶獣は、戦闘力こそ星晶獣の中でも最低レベルだが、その代わり人間の精神と結びつく「精神結合」の能力があった。
その力をもって対象の人間の精神に宿り、その人間が最も強く想っていた死者を特定の他人に「似ている」と投影させ、遂には「相手が生き返った、生まれ変わった」と誤認させるに至るという。
そして、取りつかれた人間は、最終的には精神的に死亡して廃人になるというのだ。

この星晶獣から宿り主を救う方法はたった一つ。
死者と誤解された本人がそれを否定し、レナトゥスの精神干渉を断ち切ること。
端的に言えば「はっきりと振ること」だった。
大会運営は、最早グランとユエル、そしてルリアに、次の試合を使ってレオナの救出作戦として「試合の中でグランにレオナを振ってもらう」ことを提案し、三人ともこれを快諾した。

そして、作戦は成功を収めた。
レオナはレナトゥスの能力の影響から解き放たれ、無事に生還したのだった。


472 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:06:46 QR7Nxsvk
レオナは作戦終了後、病院に搬送されて検査を受けた。
体調に問題はないことが確認されたが、レナトゥスの影響下にあった際の記憶が残っており、精神的に疲弊しきっていたため、休養のための入院が決まった。
本試合はあくまで試合形式のレオナ救出作戦であり、正妻ワールドカップの試合としては数えないことことが大会運営により発表された。
大会運営は、レオナが星晶獣の影響を受け始めた第2節からの試合を再度行うことを本人に提案したが、レオナはこれを固辞。大会からも身を引くと運営に伝えた。
これを受け、大会運営は、レオナ以外の3名中、上位2名を本戦トーナメントに進出させると発表。グループDの今までの戦績は白紙になり、改めて試合を行うことが決定した。

試合終了後、ユエルは「なんや、ウチは作戦のためだけに呼ばれたんか?割に合わんなぁ。これは運営さんから、アツアツ出来立てのフートン焼き、お腹いっぱいご馳走してもらわんとなぁ!あ、ユエルとコウも一緒にな!」とコメントし、笑顔で記者団に振る舞った。

レオナは入院中のため、コメントは控えたいという意向がカインから発表されたが、レオナは記者団を病室に呼ぶことを頼んだ。
「私は皆様に、特にグランさんに対して、いくら詫びても済まないことをしました。それでも、せめて、頭を下げさせてください。申し訳ありませんでした」
ベッドで上半身を起こしながらコメントしたレオナは、顔が青く、涙は涸れはてて、憔悴しきっている様子だった。

星晶獣に支配されていたとはいえ、重いカルマを背負ってしまったレオナ。
彼女の戦いは、ワールドカップが終わってからも続きそうだ。


473 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:08:49 QR7Nxsvk
「…ほら、レオ姉、イデルバから取り寄せた野菜のプディングスープだよ」
カインは病室のベッドに横たわるレオナに、スプーンを差し出す。しかし、レオナはその口を開くことはなかった。
「もう入院して3日、何も口にしてないじゃないか。点滴だけじゃ限界があるよ」
そういうカインに、レオナは何も応えない。
入院後にコメントを行った後から、レオナはずっとこの有様だった。
グランに対して犯した罪を強く意識し、そして頼れるアベルがもういないということを改めて認識したレオナは、とてもものが食べられる状態ではなかった。
「…レオ姉、俺、ちょっと用があるから行ってくるけど、すぐ戻ってくるから」
カインはそう言って、部屋を出て行った。

しかし、その直後、すぐに部屋の扉が開く。
カインは忘れ物でもしたのだろうか、そう思ってレオナが目線を向けた。
しかし、そこに立っていたのはグランだった。
「レオナ、調子はどう?」
「グ、グランさん!?どうして…」
「よかった、また『アベル』って呼ばれたら、どうしようかと思ってたんだ」
「え、そ、そんなことは…」
冗談を言うグランに、思わずレオナははにかむ。
「(これって…まさかカインが…?)」
レオナの読み通り、グランを呼んだのはカインだった。今の状況を考えれば賭けでもあったが、何かしら変化を与えなければ、レオナの状況は改善されないと思ったのだ。


474 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:09:47 QR7Nxsvk
グランはお土産のフルーツジュースをベッドサイドテーブルに置くと、レオナに向かい合った。
そのまま二人に沈黙が流れる。
数秒とも、数十分とも感じられる、短くて長い沈黙が。
「「ごめんなさい」」
全く同時に沈黙を破って、二人の謝罪が口から出た。
「どうして…グランさんが謝ることなんて何も…」
そう言いながら、レオナはグランに謝罪を続けた。
第1節、無理やりに部屋に連れ込み、アベルとグランの名前を間違えたこと。
第2節、部屋に拉致監禁し、精を搾り取ったこと。
謝罪の最中、涸れ果てたはずの涙が、レオナの目から絶えることはなかった。

グランはそれを、苦虫を嚙み潰したような表情で聞いていた。
そして、グラン自身も謝罪をした。
第1節、名前を間違えただけで、あまりにレオナに冷たくしてしまったこと。
その結果、星晶獣につけ込まれる心の闇を作ってしまったこと。
第2節、言葉ではなく、力で振り払おうとしたこと。
そして先日の作戦で、仕方ないこととはいえ、レオナを激しく罵倒したこと。
「レオナがそうなったのは僕の所為なんだ、本当に…ごめんなさい」
そういうと、グラン自身の目からも涙が溢れた。
「泣かないで…グランさん」
「レオナこそ、泣かないでよ」
そう言いながら二人は、抱き合い、声を上げて泣いた。

やがて二人が泣きつかれ、涙と共にすべての悲しみを流しつくした後。
「…そろそろ、行くよ」
どこか晴れ晴れしい顔で、グランが言った。
「退院したら、また一緒に話そう」
「うん」
そう返すレオナも、憑き物が落ちたように明るかった。
「グランサイファーで、待ってるから」
グランはそう言って帰っていった。

自分一人の病室で、レオナはお土産のフルーツジュースを飲んだ。
心身に染み渡る、甘味と酸味だった。
天井を眺めてレオナは独り言ちた。
「アベル…私、浮気性なのかな…ごめんね、好きな人ができちゃったよ」


475 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:11:27 QR7Nxsvk
すみません、もう試合形式で終わらせられませんでした。
こんな感じで勘弁してください…


476 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:18:04 uY/oA1E2
おー、ええやん
これも全て星の民って奴の仕業なんだ


477 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:21:14 mknBoXws
レオナヤベー奴路線は嫌いじゃなかった


478 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:21:33 nnHclKEw
予想外の大作になりましたね...


479 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:22:24 NESiPFWk
レオナさんの魅力を最大限に発揮する素晴らしい内容114514点


480 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:40:45 B2m6WanM
怖い文字化けは想定外のしたらばのいたずらですよね(震え声)


481 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 22:47:39 p0VCphVs
なんかグラブルのシナリオにありそうな展開で燃えつつも笑った


482 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 23:04:36 10gyK8jA
レオナヤベー奴路線はハラハラして面白かったけど着地点が見えない不安さもありました
こういう形での決着、僕は良いと思います。1つのドラマですねこれも

そしてサラーサさんは・・・ほんと何しに来たんだって感じですが
面白い試合だったのでよかったと思います(小並感)


483 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/03(火) 23:18:06 /2g4ijUs
誰かジョン・カビラ的な実況して欲しい


484 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:26:50 3bLtb1Dk
カリオストロ 5  - 6 ダヌア

グランくん正妻ワールドカップグループGの最終戦が行われ、
ダヌア(ランキング10位)とカリオストロ(ランキング15位)の試合が行われた。
 
2敗しグループ最下位と敗退が確定しているカリオストロ、
対するは1勝1分で勝ち点4、引き分け以上か3点以内での敗北で
決勝トーナメント進出が決まるダヌア。
カリオストロが最後に意地を見せるか、ダヌアが勝ち抜けを決めるかに注目が集まった。
 
午前中の試合と同じくグランくんの誕生日、その午後という状況で始まった試合。
試合はいきなり動き出す。
前半1分、カリオストロが速攻。
「団長さん、お誕生日おめでとうっ☆あのね、カリオストロからのプレゼントだよ☆」
といきなりのプレゼント攻撃で1点先制。
その後の前半7分には「どうだ、美少女のオレ様からのプレゼントは嬉しいだろ?
団長さんが望むなら、もっといいモノ、あげるんだけどな☆」
と胸元をチラ見せしながら色仕掛けで1点追加。
ダヌアに攻撃させる暇すら与えない猛攻をグランくんに掛け続ける。

前半16分にはようやくダヌアが近くの街で買ってあったプレゼントを持ち
グランくんの元に向かうも、渡す前にカリオストロに突き飛ばされ転倒。
ゴールを阻まれてしまう。
さらにこのプレーにファールは取られず、
直後カウンター攻撃からカリオストロがグランくんに抱きつき3点目。
その後もカリオストロはファールまがいの乱暴なプレーをも織り交ぜたアピールを連発。
ダヌアに攻める暇を全く与えず、前半を5-0で折り返す。
このまま行けば得失点差でヴァンピィの2位通過が確定する状況となった。


485 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:28:41 3bLtb1Dk
後半開始直後、カリオストロはグランくんへのアピールに走り、
ダヌアと派手に接触しダヌアは転倒。
このプレーでファールを取られたが、
その際にカリオストロは倒れたダヌアに呼びかける。
「どうした、そんなんじゃ他の奴に団長を取られるぜ?」
「やぁ・・・」
「嫌じゃねえよ。お前はここで負けるんだ。
例え勝ち進めたとしても次で負けるだろうな。
そうなったら今後団長はお前なんて見てもくれねーな。
もう撫でてももらえないだろ」
「やぁ・・・!」
涙目で嫌がるダヌアに、さらにカリオストロは一喝する。
「悔しいのか?だったら立ってみろよ。
あいつが好きなんだろ?自分の手で好きなヤツくらい奪ってみせろよ!!」
一喝されたダヌアは涙を拭いて歯を食いしばり、立ち上がった。
 
その後、ダヌアの動きは前半とは一変する。
必死に出ない声を出そうとし、
声が出ない分を抱きついたりの積極的スキンシップでカバーした。
アピールでは声の出しにくい自分は他の誰よりも劣っているかもしれない。
でも、グランくんを好きな気持ちだけは他の誰にも負けていない。
最初のヴァンピィとの試合では「皆で仲良くやれればいい」と思っていたのかもしれない。
しかし、ダヌアは見た。
今大会のグランくんを巡る激しい戦い、ときに醜い争いの数々を。
それを見る中でダヌアには芽生えていた。
他の参加者をグランくんが見る度に、
グランくんが他の参加者と親しくする度にずきりと痛む心が。
自分だけを見てほしい、自分だけを抱きしめてほしいという「わがまま」な思いが。
それは、初めてダヌアの中のグランくんへの「親愛」が
「恋心」に変わった瞬間だったのかもしれない。
そして、グランくんがもう自分を見てくれないかもしれないという言葉。
心の変化とその言葉がダヌアを大きく変えた。


486 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:29:13 3bLtb1Dk
試合はカリオストロとの激しいアピール合戦に。
前半とは打って変わり、積極的にアピールを連発するダヌア。
逆にカリオストロは前半とはやや精彩を欠き、
明らかなミスプレーや無理矢理な攻撃からの失点が目立った。
そのミスに乗じ、積極的攻撃から得点を積み重ねていくダヌア。
1戦目、2戦目とはまるで別人であった。
 
そして後半40分には「すきぃ・・・」と告白したダヌアの言葉が
グランくんの心に突き刺さりついに5-5の同点。
後半41分にはそのままグランくんを抱きしめ頬ずりし、これが得点となり勝ち越し。
そのままグランくんを抱きしめたまま試合終了までキープし、
カリオストロに得点の隙を全く与えない。
そしてこのスコアのままダヌアが逆転勝利した。
敗退の危機を乗り越えただけでなく圧巻の6得点での逆転勝利。
ダークホースダヌアが2勝1分の勝ち点7でGグループ1位通過、
2勝1敗で勝ち点6のマギサは2位通過となった。
 
「・・・そうだ、それでいい。全く、オレ様にここまで手間取らせやがって・・・」
観客の一人によると、カリオストロは試合終了直後そう一人呟いていたという。


487 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:30:15 3bLtb1Dk
【Gグループ全日程を終えてGグループ全選手への試合後インタビュー】

―グループ1位で決勝トーナメント進出おめでとうございます。
 
ダヌア「ありぃ・・・」
ヘンゼル「ダヌアは『ありがとう』と言っている。」
 
―決勝トーナメントではどんな戦いを見せたい?
 
ダヌア「よくぅ・・・」
ヘンゼル「『よくわからないが、大好きな団長のために頑張りたい』と言っている」
 
 
 
 
―勝ち点4の当落ラインで最終戦の結果グループリーグ敗退したが。
 
ヴァンピィ「ふーん、いいもん。
ヴァンピィちゃんは人間より長生きするし、
いつでもけんぞくぅをかぷっとしちゃえばいいだけだから」
 
―まだ諦めないということ?
 
ヴァンピィ「なんでけんぞくぅをあきらめる必要があるのー?
ヴァンピィちゃんはあきらめませんのでー」

―最後にひとこと。

ヴァンピィ「べーだ!おぼえてろー!帰ろヴァイト!」


488 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:31:18 3bLtb1Dk
―今日の敗戦は計算だった?
 
カリオストロ「まあな。あいつ(マギサ)の思惑に乗ってやっただけのことだ。
こんな猿芝居までオレ様がすることになるとはな」
 
―思惑とは?

カリオストロ「どうせあいつは化け物揃いの決勝トーナメントに
ヴァンピィじゃ役不足だから、
相手から見れば計算しにくいダヌアを勝ち抜けさせたかったんだろうよ。
やべー奴が優勝する確率を減らすためだろうな。
その点はオレ様も同感だから乗ってやった。
(組み合わせ表を険しい顔でにらみつけながら)
『あいつら』が優勝するよりは何万倍もマシだ」

―「あいつら」とは?
 
カリオストロ「今の団の形を変えようとする連中のことに決まってんだろ。
今のオレの理想はな、団が今の形を維持しつつ、
尚且つあいつ(グラン)に害を及ばさない奴が優勝することだ。
そうすりゃオレにもあのバカ(クラリス)にもいずれ奪うチャンスはあるだろ?
団の形そのものを変えようとするヴィーラ、
グランとの子供を作ろうとする奴ら、
グランに肉体的、精神的に害を成すような奴ら・・・
誰が優勝したって今の団の形やあり方が変わる。
こいつらの優勝だけは死んでも阻止してやる。
あいつ(グラン)にとって害が無さそうなのはダヌアかルリア、
アンナくらいだって誰だって考えりゃ分かるだろ?
そいつらの誰かが優勝すりゃあいい。」
 
―3連敗とのことだが、最後に1勝を持ち帰って
有終の美を飾ろうとは思わなかったか?
 
カリオストロ「3連敗で勝ち点0だろうが関係ねーよ、
最後だけ勝って有終の美?バカか?
敗退したら勝ち点がいくつあろうが関係ねーだろ。
形式や格好にこだわるのなんざこの体になってからとっくに捨ててんだよ」
 
―勝ち残った選手に一言。
 
カリオストロ「恋敵の応援なんざしたかねーが、
ダヌアとマギサには頑張って欲しいもんだな。
他の奴らが優勝するよりは何万倍かマシだ。
オレ様が負けた上に他人の計略に乗っかったのはシャクだが応援はしてやる。
ま、あいつもオレ様が勝ち点3もくれてやって
(マギサを)2位通過にしてやったことは予想しなかっただろうがな。
ダヌアの勝ち抜けには引き分けで十分。
引き分けなら俺にも勝ち点が入り、マギサも1位通過。
誰も損しない状況だ。
こっちを予想してただろうが、残念だったな」


489 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:32:13 3bLtb1Dk
―カリオストロの会見を聞いてどう思ったか。
 
マギサ「流石は天才美少女錬金術師といったところかしら。
私の思惑までほぼ読んでるんだから」
 
―カリオストロの言う通り、午前中の試合はわざと勝ちを譲ったと?
 
マギサ「そうなるかしらね。
負けたとはいえ、ちゃんと団長さんに料理の腕でアピールはしておいたけど。
あの子(ヴァンピィ)は強いけど例えるなら常人トップレベルの強さ。
せいぜいベスト8レベル。
超人級の上位陣と戦って優勝する力ははっきり言ってないわ。
そうね、何十年後か何百年後か。
吸血鬼の淑女に成長すれば分からないけどまだ早い。
だから上位陣には未知数のダヌアをぶつけた方が可能性が高いでしょう?
...カリオストロなら勝負が決まってるのに
わざわざ見苦しく勝ち点を取って場を荒らすようなことはしないでしょうし、
天才だから私のこの程度の浅い思惑くらいは読んでくれるでしょうから。
・・・わざわざ修行まで付けてあげたのは予想外だったかしら」
 
―カリオストロの機転で2位通過に終わったが?

マギサ「カリオストロは1つだけ勘違いしてるわね。
2位通過は読んでたわ。
2位通過の方が与し易い相手が来る可能性が高い山だと予想してたから、
あえて意趣返ししてくることを見越して勝ち星を献上したのよ」
 
―決勝トーナメント本戦に向けてひとこと。
 
マギサ「この先は『戦争』。次元が違う戦いになる。
それこそ死人だって出るかもしれない。
それでも私は団長さんのためにやれることをやるだけ。何も変わらないわ」


490 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:38:33 Gix9hlU2
今までも激しい戦いが続いてたのに決勝トーナメントではさらに厳しい戦いになるんですね


491 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:38:49 3bLtb1Dk
これでGグループ全試合終了です
GはダヌアVSヴァンピィ以外の5試合を書かせて頂きました
他の組も楽しみです
カリオストロは全敗ですが一応格を落とさないようにはしたつもりです


492 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:42:37 iAfkdpRk
Gグループ主人公感半端ないな


493 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:45:52 iAfkdpRk
というかヴィーラが悪の組織扱いが草


494 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 00:47:45 bR99yfck
ヴィーラを止められるのはカタリナとロミオだけだからなぁ


495 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 01:06:13 uWmJwNKE
ヴィーラとジータが戦ったら世界壊れるんじゃない?


496 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 01:40:52 sZ77/OZw
アタタメイヤ(世界ランキング?位) 7 ー 0 ソシエ(世界ランキング8位)

今大会、様々な試合がおきてきたが、この試合もまさに予想外の一戦となった

試合前のメンバー登録ではアルルメイヤの名前があったが突然のつわり(自己申告)により、急遽アタタメイヤかスタメンになった

一方ソシエは前回同様、受けを意識した格好で登場、観客からの歓声は激しかった

試合開始直後、割烹着姿のアタタメイヤが攻める、「貴方は私にもう魅力を感じないのですか?」そう言いながらグランの手を握り、目線を合わせるといった強固な攻めを魅せる。前回のゆったりした攻めを反省したかのような攻めだ

そこはお得意のソシエ「いけずは止めて欲しいおす」と得意の形でアタタの勢いを削ごうとする

しかし、この試合負けると予選落ちがみえているアタタメイヤは負けじと、「わっ私という新婚の妻かいても、そんな妾に心を許すのですか?」と決定的なロングパスをいれる

それをグランが上手く反応、「妾は妾だ」「本妻のアイツにあそこまで言われると、すまない」と丁寧に押し込みアルルメイヤは四点入れた

一方後半はソシエペースといきたかったが、アタタメイヤの「いくら外に妾を作っても最後は私に戻ってきてくれたら」「女遊びも程々に、子どもを泣かしたくない」と精力的に守備し、一瞬の隙を狙い子作りからの三点を手に入れた

結果、このあともアタタメイヤの積極的な守備のまえにソシエは0点進行、相手の強固な守備を弱点としていることを露呈した

一方アタタメイヤは勝利になにひとつ喜ぶこともなく「当たり前の勝利だった」「事前の占いからグランは私を選ぶと知っていた」「この受精卵
を大切にし、グランの子どもの妻にしたい」と、将来の展望を語った


497 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 02:32:27 COOb.kwk
アルルメイヤも順調に狂って来てますね…


498 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 03:06:46 GESgX8kQ
アタタ呼びは草生える


499 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 03:16:11 O7/t3yU.
団の秩序のためにもダヌアさんには頑張ってもらいたいですね


500 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 03:59:35 A76PT8g2
なりふり構わない29歳さんの必死さよ


501 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 05:13:49 D1bF2G..
エキシビションマッチでトカゲに種付けしよう


502 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 08:15:19 kNYkmSCs
アタタメイヤさんすき


503 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 16:20:26 GESgX8kQ
実況スタイルで試合内容書かれてるの想像しただけで草生えたので決勝トーナメントで採用して欲しいと思いました


504 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 18:00:20 uWmJwNKE
ヴィーラ戦とか何故か実況が急に冷静になったりしそう


505 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 21:17:57 q6e9D9wk
当たり前のように団員食いまくってるグランくんが一番ヤバイ人物だと思う


506 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 21:19:19 9XuTaK1s
ヤバくなかったらこんなヤバい団の団長なんて務まらないでしょ


507 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 21:48:25 .dBBUuBI
独り身のイイ男も団員にたくさんいるのに、15歳の団長に群がる女団員はどこか病んでいるのではないのだろうか


508 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 22:12:36 bLCSrgCQ
今日は試合がないのかな?


509 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 22:26:50 zCRkNusE
グランくんも書き手によってかなりキャラが違うから多少はね?


510 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 22:27:48 Gix9hlU2
休養日かもしれませんね
グランくんの体調も考慮しなければ


511 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 23:14:56 GESgX8kQ
グループFの最終節を前にして大会組織委員会では順位を確定させる方法が発表されました。
サラーサ-アンナの試合は勝敗はサラーサ選手の不戦敗が確定していますが、アンナ選手の得点を決めるために前後半なしの45分の特別試合を行うことになりました。

時間中にアンナ選手がどれだけ点を積み上げられるかが順位の鍵を握る事になりそうです。

これを受けてアンナ選手に一言、意気込みを聞くことができました。

ーー決勝トーナメント進出おめでとうございます。最終節、有利な立場で試合を行えますが、どのような試合運びを想定していますか?

アンナ「あ、ありがとう… ボクは引っ込み思案で、この大会もどうしたらいいのかよくわからなかったんだけど、イシュミールさん、カレンさんと戦ううちに、成長できた…とおもいます。だから、次の試合も全力で行って、もっと、もっと、成長したいです」


また、残念な結果となったサラーサ選手にもお話を伺いました。

ーー残念ながら敗退確定してしまいましたが、敗因の自己分析をお願いします。

サラーサ「遊ぶのに夢中になっちゃったんだ!グランとももっと遊びたかったのに残念だ!」

ーー失礼ですが、何故遊んでいたのでしょうか…?もう少しグラン君に対してアピール出来るポイントがあったのでは?

サラーサ「えっ?グランと一番楽しく遊んだ人が勝ちなんだろ?グランと対戦相手とみんなが盛り上がる遊びは難しかったぞ…」

ーーいえ、この大会はグラン君の正妻、つまりお嫁さんを決めるための戦いですので…他の皆さんは自分の魅力、とりわけセックスアピールで得点していますよ?

サラーサ「そうだったのか!?つまりグランの子種をもらえば良かったのか!いい事教えてくれてありがとうな!」

ーーいえ、もうサラーサさんは出場停止なんですが…あれ?サラーサさん?サラーサさん!?


どうも勝負の仕方を勘違いしていたようでした。人の話を最後まで聞かないようですので今後も少し心配ですね…それではみなさん最終節の各試合をお楽しみいただけたらと思います。


512 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 23:22:40 GESgX8kQ
カレン 1-0 イシュミール

グループFの最終節第1試合が行われた。試合会場は再び崩壊してしまったため、急遽ポート・ブリーズ諸島の中心市街地で行われる事となった。
三度変わった環境で両選手がどのような駆け引きをするのか。そして決勝トーナメントへの残る椅子を得るのはどちらの選手か。注目の集まる試合となった。

開始と同時に動いたのはイシュミール選手。前節でのハプニングにより、半日性行為に没頭していた余韻そのままに、初めて降りる市街地の案内をグラン君に頼む。その手はグラン君の左肘を豊満な胸に、しっかと掴んで離さない。
しかし、カレン選手も主導権を渡すまいと共に付き従い、イシュミール選手の興味を引きそうな店を指し示しながら左手でグラン君の右手と恋人繋ぎ。
一進一退の膠着状態のまま、アクセサリー・服・化粧品など各店舗を冷やかしながら回っていく。

この日は大きな騎空団の出入りがあった為に街は偶々多くの人で賑わっていた。つまり名品、珍品、掘り出し物も多く店頭に並び、それがイシュミール選手の目を楽しませていた。
ふとイシュミール選手の注意が店に向いた瞬間瞬間を見逃さないカレン選手。その度毎に恋人結びの手に軽く力を加え、グラン君の意識を引き寄せる。側から見ると一見気付かず焦れったいほどのアピールを積み重ねていく。

前半38分、イシュミール選手が振ると自然発熱する世にも珍しい小袋を見つけその場に釘付けになった瞬間、その一瞬を見逃さなかったカレン選手が動く。
イシュミール選手がグラン君と共にいる事を意識しすぎないよう自然に立ち止まり、「イシュさん、それ気に入ったなら団長に買ってもらいなよ」とアシストにも見える一言。そしてグラン君が頷き商品を包装してもらう間にグラン君の耳元で「後であたしにもいいものちょーだいね」と囁く。
その一連の流れでグラン君の心が揺れ動き、見事先制を果たした。

その後もカレン選手は人混みに疲れを感じたイシュミール選手をいち早く気遣い、お洒落なカフェでの休憩を提案。入店した時点で前半終了となった。


513 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 23:24:34 GESgX8kQ
後半に入ってもカレン選手はたぐり寄せた主導権を離さない。美味しいお茶とお菓子を目の前にして、グラン君にあーんしてもらうとイシュミール選手にも同じようにするよう促す。お茶が少なくなると率先しておかわりを勧め、新しいお茶に合わせて別のお菓子を頼む。テキパキと環境の変化に合わせて動くその様子は、ともするとイシュミール選手へのアシストにも見える。
しかし、その行動によってイシュミール選手は能動的に動けなくなり、ただグラン君にくっつく事しかできない。必死にグラン君にしがみ付き、自慢の肉体をアピールするが、それすらもカレン選手の「イシュさん、だいぶお疲れだねぇ。中断して船に戻る?」という気遣いの一言で効果を薄められる。
イシュミール選手には厳しい時間帯が続いた。

後半25分、カフェから出るとカレン選手はこの街の中心に建つ聖堂への見学を提案する。ティアマト信仰の中心として長い歴史を持つその聖堂は信者以外が見ても荘厳たる雰囲気を醸し出していた。
その目前まで来るとイシュミール選手はグラン君から離れ2人に向き合った。

「今日は2人ともありがとう。すごく楽しめたし、グランにもらったプレゼント、とっても嬉しかった。大切にするね」
笑顔の中に哀しさを漂わせながら彼女は続ける。
「グランを諦める訳じゃないけど、今日はカレンに完敗みたい。この大会も今日勝たなきゃ次はないのもわかってる。だけど、こんなにカレンに気を使ってもらって、温かい気持ちになって、このままで今日は終わりたいなって、そう思っちゃった」
ひとり踵を返してイシュミール選手は、聖堂の見学は一人で行きたい、と告げ歩き出す。
寂しさを纏いながらもシャンと伸びたその背中を、追いかけられるような2人ではなかった。

自然と繋がった2人の手に力が入る。その場に背を向けた2人は人混みの雑踏の中に消えた。

この悲しくも美しい両選手の試合の流れに審判団も放心。2人を見失ったため試合終了までの残り時間、どこで何をしていたかは大会運営も把握できなかった。

結果、点数はカウントされた1点をもってカレン選手が勝利。決勝トーナメントへの進出を決めた。

F組はこれで決勝トーナメント進出者が出揃った。しかしまだその順位は未定である。
大会組織委員会の発表によると、次の第2試合をアンナ選手のみ参加、時間を前後半なしの45分で行う事となったようだ。
アンナ選手が何点獲得出来るかで順位が決まる形となり、注目が集まる。


514 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/04(水) 23:59:46 zCRkNusE
イシュミール切ない…


515 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 01:19:47 J2d9YpJM
サラーサ X−4 アンナ

グループFの最終節第2試合が行われた。試合会場は再び崩壊してしまったため、急遽ポート・ブリーズ諸島の中心市街地で行われた。
前節でサラーサ選手への警告が累積2回に達し出場停止が決まっているため、アンナ選手の不戦勝が決まっている。ただし、最終順位を出すためにこの試合には特別ルールが設けられアンナ選手が45分間でどれだけ加点出来るかで順位の行く末が占われる。

アンナ選手は初戦で勝利の決め手となったドレスを身につけて開始の刻限を待つ。
しかし、開始早々にトラブル発生。何故かグラン君が会場に現れない。
審判団は協議の末、アンナ選手とグラン君が揃った瞬間から試合開始とする事にした。
アンナ選手はまず控え室でもあるグラン君の私室を訪問。扉を開いたその瞬間、アンナ選手と付き従う審判団を衝撃が襲った。

部屋の片隅、ベッドの上で重なり合う2つの身体。下に組み敷かれるグラン君は上半身は服を着ているものの、下半身は完全に脱がされている。両手は硬く縛り上げられ、口には猿轡がかまされていた。その上には産まれたままの姿で下半身に跨り、激しく腰を使うサラーサがいた。
一体いつからそうして交わっていたのか。何度精を放ったのか。サラーサの秘所は白濁が泡となってまとわりつき、グラン君の肉棒をしっかと咥え込んでいた。
ベッドの周囲には服やシーツが散らばり、饐えた淫臭が部屋の外まで流れ出していた。

審判団はすぐに対応。サラーサをグラン君から引き離し、隔離する。それと同時に試合開始を告げた。


516 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 01:20:22 J2d9YpJM
アンナ選手は茫然自失の様相。奥手な性格からふらりとそのまま倒れるかと
誰もが危惧した。
しかし、この予選の荒波に揉まれたアンナ選手はこの状況で挫けなかった。
静々とベッドの傍まで近寄るとグラン君の拘束を解き、その赤くなった跡を優しくさする。
「大丈夫…?辛いところはない?」
温かく手で包み込みながら、横たわったままのグラン君にふわりと覆い被さり優しく唇にキスをした。
その際、グラン君の陰茎がピクリと反応したためまず1点を獲得する。

数秒続いた優しいキスの後、アンナ選手は面を上げてグラン君に話しかける。
「えっと…これからボクがする事に驚かないでね…?」
両手でおずおずとスカートの裾を持ち上げると、そこには大事な部位を守るべき布が存在しなかった。
控えめな茂みはすでに蜜で濡れそぼり、雫が一筋、ツゥっと太ももの内側を滑り落ちていく。
「キミとサラーサさんが身体を重ねているのを見て…こんなになっちゃったんだ…」
はしたない娘でごめんね? と真っ赤な顔で俯きながらもさらにグラン君からよく見えるよう裾を持ち上げる。
そのいじらしい様子にサラーサとの情事でくたびれていたグラン君もしっかりエレクチオン、1点追加に成功する。
すっと伸びたグラン君の右手はアンナ選手の茂みの奥、溢れ出る雫の源泉を弄る。そのままアンナ選手は荒い吐息をつきながら溢れそうになる嬌声を圧し殺す。この時点で開始からの経過時間は僅か7分だった。

その後、アンナ選手は着衣のままグラン君の顔に着座。優しくクンニリングスを受けながら手袋を付けたまま右手でグラン君の陰茎を擦り上げる。
ゆっくりとした動き、時折アンナ選手が感じた事による細かい身震い、それにより止まる陰茎への刺激。散々焦らされたグラン君の先走りが溢れる出る頃、アンナ選手は吸い付くように唇を寄せて大きく口に含んだ。
その急な刺激に思わずグラン君も暴発。白濁がアンナ選手の口内を満たして溢れ出た。開始から24分経過した所だった。
1点追加したものの、初めての精の味に思わず咽せるアンナ選手。グラン君はクンニを中断してアンナ選手と向かい合い、無理しないでいいと頭を優しく撫でた。
そのまま近付く顔と顔。ディープキスに移行しながら、屹立収まらぬグラン君は対面座位でアンナ選手に挿入した。

初めての痛みは充分ほぐされた膣にとってむしろ快楽に近い刺激となり、アンナ選手の目に浮かぶ涙は苦痛よりも歓喜を映していた。
そのままぎこちない動きで上下しながら、キスの切れ目にアンナ選手の嬌声が漏れる。お互いの頭をかき抱きながら段々と主導権がグラン君に移っていく。そのままアンナ選手が下になり、正常位で重なり合う。グラン君の腰の動きはますます速くなり、アンナ選手の留められぬ喜びの声が響き出す。少しでも離れたくないと、アンナ選手の両脚はグラン君の腰に纏わりつく。遂にはグラン君は荒々しい一息の後、アンナ選手の奥深くに精を迸らせた。開始から35分経過した所である。

その後も萎えないグラン君は残り時間中をアンナ選手と交わり続けたが、その動きは決して激しいものではなく、まるでアンナ選手を労わるかのように静かな時間だった。
追加点は加算されなかったがグラン君に満たされたアンナ選手は穏やかな顔で試合を終えた。

結果として4点を獲得したアンナ選手。得失点差でグループリーグを1位通過する事になった。
2位通過は第1試合で勝利したカレン選手。
決勝トーナメントではそれぞれE組2位、1位とぶつかる事になる。

なお、出場停止処分中に試合を妨害してしまう結果となったサラーサ選手の処分はシエテ氏により古戦場中の目玉焼きをし続けるものと決まり、決勝トーナメントを邪魔しないよう一足先に風古戦場へ送り込まれた。


517 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 01:21:27 J2d9YpJM
グループFの最終結果を受けて、見事予選突破を果たしたカレン選手にコメントをいただきました。

ーー激戦を制し予選突破、おめでとうございます。予選を振り返っていかがてしたか?

カレン「ありがとうー!最初は戦い方もわからないうちに吹き飛ばされたりして散々だったけど、他の予選ブロックや直接対戦する相手から学ぶものは大きかったです!」

ーー決勝トーナメントにむけて意気込みを

カレン「団長代理としては、やっぱりグランに並び立つ存在にならないとね!常に横に立てる存在になれるようがんばるよ!」

ーーありがとうございました。


また、惜しくも敗退となったイシュミール 選手にも一言いただきました。

ーー残念な結果になりましたが、予選を振り返って反省点などいかがですか?

イシュミール 「試合中全体的にずっとグランの側にいられたのは充実していたわ。ただ、自分本位になり過ぎてしまったのが敗因かしら。でもあの熱い雪山でのひと時があったから負けても清々しくいられるわ」

そう言って愛おしそうに腹部を抑える姿が印象的でした。

Fグループからお伝えする事は以上です。


518 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 01:30:55 J2d9YpJM
これでFグループは終了です。
なにぶんこういうところに長文書き込むのは初めてなもので、読みにくい箇所などあると思います。ごめんなさい

あとサラーサをアホの子にしてしまって申し訳ありません。自分では一二を争う好きなキャラなんですがどうしてこうなった…

ひとまず自分がノリで荒らしてしまった場は良くも悪くも収拾しておきましたので後は他の方に委ねようと思います

ありがとうございました


519 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 01:41:37 K6TUL5BM
サラーサに獣みたいに襲われたい(性的な意味で)


520 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 02:00:55 kYdT.iP.
シェロカルテオンデマンドがまた潤いますね


521 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 02:03:42 keYmRero
http://nazr.in/11uK


522 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 08:10:15 YbiGK4q6
アンナちゃんにねっとりと腰を振ってもらって搾られたい


523 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 18:54:19 mK80/qvQ
セックスしてばかりじゃないか(呆れ)


524 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:31:12 ZaALKy4s
ジャンヌ8-0アンスリア

グランくん正妻ワールドカップグループHの第2節が行われ、ジャンヌ(ランキング8位)とアンスリア(ランキング12位)の試合が行われた。

アンスリアは妖艶な色気と官能的な声、見るものに息をのませる情熱的なダンス、そして半ば天然で行われるグランへのセックスアピールなど、その秘めたポテンシャルは他の優勝候補に勝るとも劣らない。
これほどの実力を持ちながらこの順位に甘んじているのは、根があまりに純情なため、肝心なところで攻め切ることができないからと推測されている。そういう意味では名言集を発行したどこぞの錬金術師と同じである。

一方のジャンヌは激戦区であるグループHの中でも一際異彩を放つ存在であり、グランに対しての執念は、最早怨念の域に達しているとまで言われた。
メーテラとの対戦では、あえてメーテラにグランの主導権を譲り、後半悲劇のヒロインを演じることでグランの心を傾かせるという、倫理規定ギリギリの手で勝ち上がった。
これに対しては、「どれほどの意気込みでこの大会に臨んだかがわかる」とも、「いくら何でもやりすぎだ」とも、「お前もこれくらいやってみせろ馬鹿弟子」「あうぅ…そ、そんなの無理だよぉ…」など様々な意見が囁かれた。

今回の舞台は山奥の川べり。
周囲は緑に包まれ、清流が流れる静謐とした空間で、二人は死闘を繰り広げることになる。
試合は、アンスリアがグランと共にキャンプの準備をするところから始まった。

「グラン…焚火の準備ができたわ…」
一見ゆったりに見えるが、てきぱきと準備をこなしていくアンスリア。
しかし、その一挙手一投足にはグランへのアピールが込められていた。
「準備してたら…暑くなってきちゃった…」
と、自然に薄着になり、上気した肌をグランに晒す。
未だジャンヌの来ない二人きりの空間で、急速に二人の仲が接近していく…
誰もがそう思った前半15分、ジャンヌが到着した。
「済まない、遅くなった」
その声で現実に引き戻され、声のした方向に思わず振り向くグラン。そこには、予想だににしないものが立っていた。


525 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:33:44 ZaALKy4s
そこにいたのは勿論ジャンヌ。
しかし、その髪は白みがかった銀髪ではなく、彼女の生まれ故郷の麦畑を思わせる金髪。
服装は、零れそうなほどの豊満な胸を包み隠す水着と、シースルーの上着。
手には手製のサンドイッチを詰め込んだバスケット。
そう、ジャンヌは服装を水着に変え、属性を変更させることで、これまでとは大きく趣を変えてこの勝負に参戦してきたのだ。
今回の大会に、ジャンヌは、己の情熱を最も強く表現できる闇属性での登録を行っていたが、「複数属性を持っている者は、必要に応じて使い分けを許可する」という大会規定を最大限に利用し、ギャップを狙ったのだ。

これに驚いたのはアンスリアだった。
恐らく、グランサイファー団員の中で、属性によるキャラクターの差が最も大きいのがジャンヌだろう。
光であれば、清廉潔白、勇猛果敢な救世主としての凛々しさ。
闇であれば、インモラルな雰囲気を漂わせての誘惑。
水着(風)であれば、爽やかな陽光のような輝きを放つ、年相応の少女。
そして、この川べりという状況を最大に生かし、水着を選択してきたのだ。
さらに、闇はある程度アンスリア自身とのアプローチの手段が重なるため、その差別化としても有効に働く。
グランを渡さない、という、ある種負の感情が行動原理の彼女が、まさかこれほど硬軟併せ持つ攻め方をしてくるとは想像もしていなかったのだ。

「さぁ二人とも、キャンプ設営でお腹が空いただろう。もういい時間だ、お昼にしよう」
ジャンヌはマットを広げ、バスケットからお手製のサンドウィッチを取り出し、二人に振る舞った。
アンスリアはあまりの衝撃から、一瞬出遅れてしまう。
しかしジャンヌはその隙を見逃さない。すかさずサンドイッチをグランの口元にむけて「どうぞ」と先制点を奪う。
アンスリアも負けじとサンドイッチを持つが、グランの興味はジャンヌ側に向いていた。思わずジャンヌの胸元を覗き込んでしまうグラン。
そこでジャンヌは追撃の、
「その…変だろうか…やはり私のような田舎娘が、こんな派手な水着など…」
と顔を赤らめ恥じらうことで、さらに追加の一点を決める。
「そんなことない、とてもよく似合ってると思うよ」
との返事には、満面の笑みで
「本当か……?お、お世辞だとわかっていても、君から言われると、嬉しいものだな…」
と更に返し得点するという、前半時点で3点アヘッドの驚異的な攻撃力を見せた。


526 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:35:22 ZaALKy4s
後半戦に突入してからは、前半の激流とはうって変わって和やかな展開が続く。

三人で水浴びをしたり、夕食の食糧調達として釣りをしたり、釣った魚を焚火で焼いたり…
しかし、その裏には壮絶な決意が隠されていた。
このままでは勝ちはない、と確信したアンスリアは、その晩、グランに貞操を捧げる覚悟を決めていたのだ。
その為に余計な仕掛けは行わず、体力を温存しておきたい。
グランを一晩で4回射精させなければ、もはや逆転は不可能なのだ。
ジャンヌは聖少女ゆえ、性的アプローチには乏しい。光や風の最大の弱点がそこだろう。
全ては夜だ。

そして時は経ち、後半30分。
月と星が煌々とあたりを照らし、梟と虫の合唱が響き渡る。
アンスリアは、決死の覚悟でグランのテントへと向かうが、そこにグランの姿はなかった。
慌ててグランを探しに周囲を見渡すが、そこで彼女は恐ろしいものを目撃した。


527 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:37:38 ZaALKy4s
時は少し巻き戻る。
後半20分、一日楽しく過ごしたグランは、気分が高揚していたのか、なかなか寝つけなかった。
テントを抜け出し、川近くの大きな石に腰かけて、足を浸す。
清流は余計な熱を体から逃がし、グランの心は少しずつ落ち着いていった。

だが、グランは見てしまったのだ。
川で水浴びをする、一糸纏わぬ姿のジャンヌを。
しかもその髪は銀髪に戻っていた。
ジャンヌはアンスリアの思考を読み、同じく夜に勝負をかけるべく、闇属性へとその身を落としたのだ。
長く美しい銀髪は、月光に照らされ冴え冴えと輝く。
水着から解放された二つの乳房は、桃のような張りを感じさせた。
そして彫刻を思わせるほどに美しく、しなやかな腹と腰。
グランは思わず、何も考えずに見とれてしまった。
それをわかっていたかのように、ジャンヌはグランのほうへ目線を向ける。
思わず隠れてしまうグランだったが、
「グラン…隠れなくていい、お互い、全てを曝け出した仲じゃないか」
と妖しく微笑むジャンヌに導かれ、自身も服を脱ぎ捨て川へと入っていく。
流したはずの熱は下腹部に宿り、グランとジャンヌはそのまま水中で愛を交わした。

アンスリアは、それを見てしまったのだ。

ここで試合終了のホイッスルが鳴る。
結果、8-0でジャンヌが完全勝利。
一試合中の時間帯に合わせて、属性の切り替えを的確に行ったジャンヌが2勝目を獲得した。
前試合とは異なり、綱渡りをせずとも強豪アンスリアを圧倒する、横綱相撲での寄り切り。
明確な成長を感じさせるジャンヌは、決勝トーナメントへの切符をほぼ確実なものにした。

試合終了後、アンスリアは肩を落とし
「覚悟を……決めていたはずなのに……」
とだけこぼし、意気消沈したまま会場を去った。
しかし、今回の苦戦は川べりでのキャンプという状況と噛み合わなかったこと、ジャンヌの不意打ち的な属性変更によるものが大きいと思われ、まだまだこれからが本番だと言えるだろう。

一方のジャンヌは、
「この大会で様々な試合、様々な人々の生きざまを目に写した。皆、それぞれの信念や覚悟を持ち、私に勝るとも劣らない情熱を感じた。特にヴィーラ選手の在り方と、『グランはグランサイファーから逃げない』という言葉が大きく私の心を揺さぶった。そんな中で、ただ押すだけでは勝ち目がないと感じた。今回の試合で自分なりの工夫が見せられたと思う。まだまだ私は成長する。そして最後の最後、グランのそばにいるのは私だ」
と、ある種ヴィーラへの感謝とも、意趣返しともとれるコメントを残した。

大激戦のグループH、まだまだ戦国時代は続く。


528 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:39:28 /MED5v3s
あーやばい!(ヘドバン)


529 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/05(木) 22:41:35 ZaALKy4s
アンスリアに割りを食わせちゃってごめんなさい。
構想ではもっと喰いさがるはずだったのですが…難しいですね。


530 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 00:53:30 QMcCDVf.
ヘルエス 6 ー 2 ニオ

グランくん正妻ワールドカップグループBの試合が行われた。
ニオ(ランキング20位)とヘルエス(ランキング43位)の対決だ。

ニオ選手は先日ジータ選手に僅差で敗れており、ここで勝ち点を手にしないと決勝トーナメント出場は非常に厳しくなる。
しかし、ハンデとも言われるハーヴィン族の体躯を活かした戦法は一部から羨望の的であり、特に抱っこはグランを拘束しながら得点出来るという圧倒的なメリットがある。

一方のヘルエス選手は日程の都合によりこれが始めての試合となる。
圧倒的な高貴さと高いお姉ちゃん力を併せ持つ実力派だが、ランキングを考えると厳しい展開になりそうだ。


そしてグランサイファーの談話室で試合開始のホイッスルが鳴り響いた。


まずは両者様子見、他愛ない世間話で相手の出方を伺う展開となった。
前回のジータ戦で手痛いカウンターから敗北したニオは、お姉ちゃん力の高いヘルエスの前で抱っこは愚策と考えて動かず。
対するヘルエスも、序盤は無理に得点を狙いに行かないようだ。

膠着状態が続くが、先に動いたのはニオだった。
グランに対して合奏を提案、前回同様グランを拘束しながらの得点を狙う。

これをグランは快く了承し、二人の合奏が始まった。

二人の音色が、心が、一つになり美しいハーモニーを奏でる。
グランがニオと心が通じ合っていることを実感し1点。
さらにニオが即興でアレンジを加えるとグランもそれに追随し、お互いイタズラっぽく微笑み合い1点。

しかしヘルエスは先制されても演奏を妨げるわけではなく「私はお邪魔のようですので、一旦席を外しますね。」と退室してしまう。

それを見たニオは、演奏を続ければヘルエスに介入されずゲームセットまで持っていけると思い九界琴の演奏を続ける。
観客もニオ本人も、誰もがこのままニオが勝利すると確信していた。


531 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 00:55:26 QMcCDVf.
大きく試合が動いたのはヘルエスが戻った直後だった。
戻ってきたヘルエスが着ていたのは【アイルストイブニング】、デザイナーのコルワ氏が作成した逸品だ。

二人の演奏を邪魔しない程度の距離まで近づくと、ヒールを鳴らしてリズムを計り、二人の音色に合わせてステップを踏み始めた。
かつて王女として社交場で磨いたダンスは全く錆付いておらず、騎空団に入団してからはアンスリアの指導で更に輝きを増していた。

情熱的、そして時に妖艶なダンスはグランを完全に魅了し1点を返す。

このままでは流れを持っていかれる…そう判断したニオが演奏を締めて合奏は終了した。
お互いにお互いを褒め称えあう3人、演奏やダンスについて話し合っていたが不意にヘルエスがニオに質問を投げかける。

「そういえばニオ殿、今日はグラン殿に抱っこはしてもらわないのですか?」

ニオの脳裏にジータ戦の苦い思い出が浮かんでくる。
恐らく、ヘルエスもお姉ちゃん力を活かして抱っこを逆手に取るつもりだろう。

「今はそういう気分じゃないから大丈夫。」その策には乗らないと断るニオ。


しかし抱っこを拒ませることこそがヘルエスの真の狙いだった。


532 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 00:57:30 QMcCDVf.
「そうですか、わかりました。 ではグラン殿、今日は私を抱っこして下さい。」

ニオもグランも観客も、全員が耳を疑った。

しかしヘルエス本人は全く気にする素振りが無い。
さらに「私とて一人の女性です、少女のような夢を持つことはいけませんか?」と言いながらグランの首に手を回して1点を返し同点に迫る。

断れない空気の中、グランはそのままヘルエスをお姫様抱っこした。
ニオのときと違い、両手にかかる重量で確かに大人の女性をお姫様抱っこしていると実感するグラン。
ダンスで肌が汗ばんでいた事も手伝い、ここで1点が入り逆転に成功する。

そして「そういえばニオはよくグラン殿の心音を聞いていましたね、せっかくだから私も試してみましょう。」とグランが可否を答える前に耳を胸に当てて1点。
さらにその際、ヘルエスの首筋から汗の匂いとシャンプーの匂いが混ざった高貴な香りがグランの鼻腔に飛び込み追加で1点を。

ヘルエスはしばらくお姫様抱っこを堪能すると「もう十分です、ありがとうございます。」と足を地に降ろした。

そして「とても満足しました、またお願いしてもよろしいでしょうか?」とグランに微笑みあっさりと追加点を奪い取った。

一方のニオは反撃に転じる事が出来なかった。
これ程のインパクトを残された後、いつも通り抱っこされても得点にはならないだろう。
さらに九界琴も1度演奏してしまった。
頭の中で考えても打開策が浮かばずに時間だけが過ぎていく。

そしてここで試合終了のホイッスル。
ヘルエス選手が下馬評を覆しニオ選手を圧倒、貴重な勝ち点3を手にしました。


ヘルエス選手のコメント

「確かに私はセルエルの姉であり元アイルスト王国王女ですが、大切な人に甘えたいという気持ちもあります。」
「父上以外の殿方に抱っこされたのは初めてでしたが、クセになってしまいそうですね。」

満足そうな表情で会場を出ました。


ニオ選手のコメント

「私は今まで試合中にほとんどグランのことしか考えていなかったが、それだけでは勝てないのだと痛感した。」
「十天衆としても一人の女としても、これ以上無様な姿を晒すわけにはいかない。」

グループリーグ最終戦への決意を語ってから会場を出ました。


533 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 01:01:09 QMcCDVf.
ニオたそ解放したしクッソカワイイと思ってますが、戦評書いたらご覧の有様でした。
試合とかだと恥ずかしくて力が出せないだけだと思う(断固たる定見)


534 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 01:43:35 qkw8ptJM
ニオたそはあんまり積極的になれないのね


535 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 03:18:52 QkERCHTQ
ニオたそ素が引きこもり属性だからこの大会は厳しそう


536 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 07:03:04 5rxAVMl2
朝の通勤で読むのが最近の楽しみになってます。
職人の皆さん、ありがとうございます。


537 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 15:03:11 4whNQKEU
コロコロ属性変えるジャンヌがまるでアルバハ みたいだあ


538 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 19:58:43 hKkUm3K6
>>536
嬉しいの一言です
ありがとうございます


539 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 21:45:34 iVG4prMA
AMラジオのようなきよきよしいお手紙は大会がスポーツマンシップにあふれ爽やかになるのでもっとやれ


540 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 22:14:52 wg2cKKVU
土日でAブロック残り2試合書きたいですね
ところでグループリーグは全部であと何試合くらい残ってるんですかね?


541 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/06(金) 22:44:19 QMcCDVf.
自分で書いたヘルエス対ニオ読み直したけど、カルテイラが勝ち点1持ってるからニオたそ敗退確定ですね
算数ガバすまぬ…すまぬ…


542 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/08(日) 08:22:43 v6Kn.kZE
>>541
いいだろそんなことホラ飲め飲め!


543 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/08(日) 18:46:17 NByE/a/I
本家W杯中には終わらなさそうですね…


544 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/08(日) 18:48:55 TcPFZWJw
ジータちゃん正夫ワールドカップも見たいですねぇ!


545 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/08(日) 19:37:15 f2GnjpY2
拳で語り合うアイツが優勝して掻っ攫っていきそう


546 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/08(日) 19:50:41 TcPFZWJw
アレは普通に強そうですね…


547 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/09(月) 22:04:21 J0/9L2eM
ここまでの試合をまとめてみました
多分あと14試合ですね

【グループA】
ルリア  5 - 0 クラリス(>>43)
サラ   7 - 3 クラリス(>>70)
ゾーイ  3 - 3 クラリス(>>123)
ルリア  9 - 8 サラ(>>420)
残り2試合:ルリアVSゾーイ、サラVSゾーイ

【グループB】
ジータ  0 - 0 カルテイラ(>>180)
ジータ  4 - 3 ニオ(>>255)
ヘルエス 6 - 2 ニオ(>>530)
残り3試合:ジータVSヘルエス、ニオVSカルテイラ、ヘルエスVSカルテイラ

【グループC】全日程終了:1位→ヴィーラ、2位→ソーン┃3位→アニラ、4位→アンチラ
アンチラ  3 - 2 アニラ(>>55)
ヴィーラ 10 - 9 ソーン(>>58)
アニラ   5 - 3 ソーン(>>110)
ヴィーラ  8 - 6 アンチラ(>>155)
ヴィーラ  5 - 3 アニラ(>>227)
ソーン  25 - 0 アンチラ(>>339)

【グループD】
ナルメア 5 - 2  レオナ(>>136)
レオナ 16 - 1  ジュリエット(>>277)
ユエル ?? - ?? レオナ(>>468)
残り3試合?

【グループE】
ドロシー   1 - 0 リーシャ(>>98)
アルルメイヤ 1 - 1 リーシャ(>>330)
ソシエ    5 - 0 ドロシー(>>417)
アルルメイヤ 7 - 0 ソシエ(>>496)
残り2試合:リーシャVSソシエ、ドロシーVSアルルメイヤ


【グループF】全日程終了:1位→カレン、2位→アンナ┃3位→イシュミール、4位→サラーサ
アンナ     3 - 2 イシュミール(>>194)
カレン    2 - 0 サラーサ(>>200)
カレン    4 - 3 アンナ(>>459)
イシュミール 9 - 0 サラーサ(>>464)
カレン    1 - 0 イシュミール(>>512)
アンナ    4 - ☓ サラーサ(>>515)


【グループG】全日程終了:1位→ダヌア、2位→マギサ┃3位→ヴァンピィ、4位→カリオストロ
ダヌア    2 - 2 ヴァンピィ(>>83)
マギサ    6 - 3 ヴァンピィ(>>161)
ヴァンピィ  6 - 5 カリオストロ(>>204)
マギサ    9 - 0 カリオストロ(>>264)
ダヌア    2 - 0 マギサ(>>446)
ダヌア    6 - 5 カリオストロ(>>484)


【グループH】
闇ジャンヌ 7 - 6 メーテラ(>>67)
闇ジャンヌ 8 - 0 アンスリア(>>524)
残り4試合→闇ジャンヌVSディアンサ、アンスリアVSディアンサ、メーテラVSディアンサ、メーテラVSアンスリア


548 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/09(月) 22:55:46 RfoQu78w
グループFはアンナ一位カレン二位では


549 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/09(月) 23:03:10 J0/9L2eM
>>548
こうですかね
修正しました

【グループF】全日程終了:1位→アンナ、2位→カレン┃3位→イシュミール、4位→サラーサ
アンナ     3 - 2 イシュミール(>>194)
サラーサ   3 - 2 カレン(>>200)
カレン    4 - 3 アンナ(>>459)
イシュミール 9 - 0 サラーサ(>>464)
カレン    1 - 0 イシュミール(>>512)
アンナ    4 - ☓ サラーサ(>>515)


550 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:09:27 Js0wa8IQ
サラ 9 - 4 ゾーイ

グランくん正妻ワールドカップグループAの第2節が行われ、
サラ(ランキング9位)とゾーイ(ランキング25位)の試合が行われた。

サラはここまでに1勝1敗、ゾーイは1分。
サラが勝てばサラが決勝トーナメント進出決定、
ゾーイが勝てば決勝トーナメント勝ち抜けは最終戦に託される一戦。
大事な試合に注目が集まった。

今回の試合の舞台はアウギュステのビーチ。
奇しくもサラVSクラリスと似た試合展開になったが、
サラは相手がクラリスとはレベルがゴブリンとアルバハ並に違うと一瞬で見抜き
切り札の水着をスタメン投入、攻撃的な布陣で挑む。
対するゾーイも1戦目とは違う真剣な調停者の表情で水着着用で登場、
こちらも攻撃的なフォーメーションを組んだ。


551 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:10:29 Js0wa8IQ
前半開始直後、最初に動いたのはゾーイ。
「海は知識はあれど行ったことがなかった。遊び方を教えてほしい」
とグランくんに抱きつきながら提案し1点先制。
そこから「さあ団長、泳ごう!」と手を強く引きグランくんを完全キープの体制に入り、
そのまま海の遊びに不慣れなゾーイにつきっきりでグランくんが遊びを教える流れとなる。
無邪気に豊満な身体をグランくんに擦り寄せたりのアプローチを連発し、前半だけで4得点を挙げた。

サラも負けじとグランくんのもとに歩み寄り静かに身体を擦り寄せるアピールをするも、
身体を近づけるアピールは既にゾーイがやっている上に豊満さはゾーイが上。
そのため得点にはつながらず無得点、前半は4-0のゾーイがリードして折り返す。
同じ水着という条件であれば当然豊満なゾーイが有利。
こればかりは如何ともし難い差にサラは憎々しげな表情でギリッと奥歯を噛んだ。


552 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:12:30 Js0wa8IQ
このままゾーイ有利かと思われた後半開始直後、試合が動く。
ゾーイが走り寄る際サラと接触。サラは激しく転倒した。
「ゾーイさんに無理矢理倒されてしまって...」とサラはグランくんに泣きつく。
だがこれは審判団のVAR判定によるとサラとゾーイは接触しておらず、
サラはシミュレーションのイエローカードを取られてしまう。
しかしサラはその後即座に「すみません、熱射病で倒れてしまったみたいで...」と
グランくんに熱っぽい表情でしなだれかかり、1点を返す。
シミュレーションを取られながらもそれを利用するという、
9歳児とは思えない頭脳プレーでの得点に観客は湧いた。

しかし、ここでゾーイの表情が一変。腰に差していた剣に手をかける。
サラも殺気を察知しグラフォスを構え、
攻撃行為を阻止するため審判団は急いで走った。
だがゾーイは直後剣から手を離し反則は取られず。
しかもゾーイはそのまま審判団のところへ自ら歩み寄り、試合放棄を告げ試合会場を去った。

驚く観客をよそに、敵がいなくなったサラはやりたい放題。
後半5分、「暑さで体が動かなくて...飲ませて下さい、団長さん」
と熱射病の看病という名目でグランくんに水の口移しを要求し2点目。
後半7分にはその口移しの最中に舌を入れ3点目、
後半9分には妖艶な表情で「団長さんの口の中、甘くて美味しいです...♪」と語り4点目、
後半12分にはグランくんが買ってきたかき氷を口移しで食べさせてほしいとねだり5点目、
後半17分にはまた舌を入れ6点目とクラリス戦を彷彿とさせるやりたい放題のゴールラッシュ。
後半29分には児童ポルノ案件になりそうな展開をサラが仕掛けたため、
審判団がコールドゲームを宣言し9-4でサラの勝利として試合は強制終了した。

試合の結果、サラが2勝1敗でグループリーグ2位以上を確定。
グループAは最終戦を残しルリアとサラの突破が決定し、
2人を勝ち点で上回れないゾーイは敗退が確定した。
最終戦のルリアVSゾーイの結果で突破順位が決定する。


553 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:13:33 Js0wa8IQ
グループリーグ突破を決めたサラは記者団に対し、
「怖い相手でしたが、団長さんが守ってくれて良かったです...」と弱々しい9歳児の顔でコメント。
お前の戦略の方が怖かったとの記者団のコメントを背後のグラフォスの威圧で封じ込めた。
決勝トーナメントへの意気込みを聞かれると、
「...他の子と違って私にはここしか居場所が無いんです。
もし団長さんを奪われたら私は死ぬしか...
...団長さんは絶対に誰にも渡しません、例えどんなことをしてでも」
と覚悟を決めた表情で語り去っていった。


一方、ゾーイは記者団に対し「あの子だけは世界の均衡を保つために排除しなければいけないと一瞬考えてしまった。
1選手という前に調停者としての自分を捨てきれなかった。
...あの島民の選択は正しかったのかもしれないな」
とだけ淡々とコメントした。
その後、「団長と遊んでいた時間はとても楽しかった。
あの時間を、あの団長の笑顔を守るためならば私は再び非情な調停者に戻る覚悟もある」と殺気を込めた表情で呟きスタジアムを後にした。


554 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:18:31 ZKk2BP7c
これはサブル島の忌み子


555 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:29:34 62Dn8lqg
これ決勝トーナメント前にサラちゃんが調停されちゃいそうですね…


556 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 00:59:58 aVYwQpXA
サラちゃんだけとはいわずトーナメント出場選手のほとんど調停した方がいいんだよなぁ…


557 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 21:17:16 fPUzmyGg
ワールドカップに参加するとみんな闇に染まっていくのか…(困惑


558 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 21:34:57 XYpGYBRU
ルリアサラーサクラリスは紛うこと無き光だからセーフ


559 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/10(火) 21:39:26 M8fYAzR6
本戦中本能に任せて遊んでただけのサラーサちゃんを光扱いはNG


560 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 01:22:58 EFWPp1h6
ドロシー(27位) 4 - 3 アルルメイヤ(29位)

決勝トーナメントをかけた最後の一戦互いに勝てば自力での進出が狙える中、試合は最後までもつれた

グランへのご奉仕という課題で取り組んだこの一戦、前回手痛いミスをおかしてしまったドロシーは慎重な攻めをみせる

「ご主人様! どんなご奉仕が嬉しいですか?」「アルルさんみたいなお年を召した方が好きなんですか?」「ねぇ、ご主人様答えて、こたえてよ……」と自陣でのパス回しに終始して決定期を作れない

そこにアルルメイヤの鋭いカウンターが炸裂する「いろいろ煩い小娘がいるが、あんなのは無視してお風呂でしっぽり、どう……?」これに頷いたグランを連れ込み前半40分から立て続けに三点を叩き込んだ

一方のドロシーは我を忘れたかのようにグラン(人形)に話しかける始末、アデイショナルタイムに我慢の限界を超えたのかクラウディアが乱入、「私はルリアお嬢様のような美少女以外にはまるで興味がない」「グランと誰が付き合うかも全く興味無い」「しかしお前の今のプレイはなんだ、メイドオナニーでもしてるつもりか!」と不甲斐ない相方に鉄拳で喝をいれた

ここで主審が止めに入り前半終了、呆然と座り込むドロシーを尻目に、アルルメイヤはグランの腕に抱きつき惚れ気をムンムンとしている始末、誰の目にも試合の勝敗は明らかだった


561 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 01:54:04 EFWPp1h6
後半、我々は度肝を抜かれた

なんとドロシーサイドに謎の覆面メイドがもう一人立っているではないか

話をきくと、「今回はご奉仕の真髄を伝えに来た」「本来のゲームでも私たちは二人で一人扱いだから、問題ない。もしルール違反ならサイゲームズに文句を言え」「グランに対し性的な行為は正直嫌だが、必要なら行いたい」「トーレス来てくれて嬉しい」と仮面越しに流暢に答えてくれた

そして後半開始、その直後謎の覆面C が行動に出る。なんと、もう一度お風呂に行こうとするグランとアルルの中を遮って強引にグランサイファー執務室に連れてきたのだ、その際ドロシーは放心しながらもフンフンデイフェンスでなんとかアルルメイヤの行動を遮った

部屋につくなり「最近少し、いえ、かなり爛れた生活をしすぎです」「英雄色を好む、と言いますから多少は我慢してきたつもりですがこれ以上は我慢の限界です」「今日はこの部屋で缶詰をし雑務に取り組んでもらいます」と正論を並べ、グランに事務をするよう要求、グランもそれに応じ一点が入った

何日も正妻ワールドカップに駆り出され、団の運営に危機感を感じていたのか精力的に事務をこなすグラン、しかし正ワカ、実は既にグランへの攻めは続いていたのだ

度々、ペンを止め肩のこりをほぐし、外を見るグラン、何故かその度に部屋を整理している謎覆面はスカートの丈を調整するかのように持ち上げ、そのたわやかな太ももを見せびらかしたり、又は事務処理をするための机の物を整理するため自身の胸を押し付け、自身の武器を全身全霊でアピールした

これを、耐えられる男がいるだろうか、いやいない

流石のグランも後半35分にはもう、その魅力にくらくらし、飛び付いた。しかし、ここで覆面はチェンジを発動なんとグランが抱きついた相手はドロシーだった

「ご主人様、ちょっと怖い」「でも私が欲しいのなら……その……」「ご奉仕しますね!」とたぎったグランを逆手に試合終了迄に三点入れ、結果ドロシーの勝利となった

負けたアルルメイヤは「アタタメイヤなら勝てたかもしれないが仕方ない」「私の中で彼の子が育てばきっと帰ってきてくれる」と淡々とかつ将来を見据えていた

一方のドロシー陣営は、ドロシーが暴走してグランに付き合っているためクラウディアが代わりにコメントをくれた

「喝が上手いこときいてなんとか勝ち点三を手に入れた」「後半に覆面メイドが入ってこなければ勝てなかったと思う、感謝している」「幼女をペロペロしたい」「(グランが私に欲情したらという質問に関して)そうなったら諦めてメイドとして素直に受け止めたい、彼の子ならば……」と終始火照った体が疼くのか、色っぽく語っていた

結果として、ドロシーは決勝トーナメントに進み、残りの試合の結果いかんでアルルメイヤはグループリーグ敗退の危機に陥った


562 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 01:57:53 87NvYjJ6
クラウディアさんもなんかヤバい…ヤバくない?


563 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 03:36:32 6UDMkAQ6
NaNではレズは基本ノンケにされてしまうからしょうがない


564 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 15:53:49 KxytjRoY
シェロカルテオンデマンド緊急新作情報

【盗撮】レズメイドのクラ〇ディアが深夜に団長に呼び出されて...

内容
試合後のグラン君は覆面メイドCとしたくてしょうがなかった
クラ〇ディアを深夜自室に呼び出し覆面の招待と試合後のインタビューの断らない発言の言質を元に迫る
最初はいやいやながらも絡む舌と最終的にはだいしゅきホールドをする始末
後半には日課の搾精に来たヴィーラに見つかりまた新しい女を増やした事に小言を言われるが
レズのクラ〇ディアは肉体で語り合う事でヴィーラを籠絡して怒涛の3Pが始まる...

チャプター1
グランの詰問責め→前戯→パイズリフェラ→69→射精

チャプター2
処女喪失正常位→後背位中出し

チャプター3
騎乗位→正常位→だいしゅきホールド中出し

チャプター4
ヴィーラ乱入→グラン詰問→クラ〇ディアヴィーラのレズプレイ

チャプター5
3P中出し×5

2週間の限定配信となっていますのでお早めに!


565 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 16:25:00 3D27Du62
こちらの商品は宝晶石で買えますか!?


566 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 17:25:24 MCQS47OI
今更ながらゲームほんへをDMMで配信することによる高い位置でのプレス(意味深)の有効性が浮き彫りになってきましたね


567 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 18:02:50 6UDMkAQ6
ヴィーラがしれっとレズ共増やしてますね…


568 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/11(水) 18:24:53 s1t15KWk
唐突なトーレスで草


569 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 01:19:09 k5qoqTe2
リーシャ(5位) ∞ ー 4 ソシエ(8位)

これが、正妻ワールドカップの恐ろしさなのか、誰もが驚き阿鼻叫喚の中前代未聞の試合が終わった

積極的な守りからのカウンター志向のリーシャと消極的に守備をし、焦れた相手に攻めいるというソシエの二人のマッチは、今大会屈指の好カードになるはずであった……

開始直後、我々は異変を目の当たりにする。何故かリーシャは積極的な「事案ですか!」プレスを仕掛けない、一方のソシエも何時もの柔らかく、あたりを日溜まりにするような雰囲気は陰を潜め、まるで行進するかのごとくグランのもとへ歩くと、いきなり抱きつきまずは先制点を獲得する

「同士、私と愛しあいましょう」「同士、私は普通です何もおかしい所などありません」「同士、グラン助けて」と豊満な体を駆使し、更に三点をあげた

一方のリーシャはあのプレスは鳴りを潜め、ただ冷めた目で二人の情事を観察している。棄権のサインなのかと、審判に問われた際には「何を言っているのですか、今が一番いいときではないですか」と恍惚した笑みを浮かべ、二人のラブシーンを見入っていた

前半はここで終了、このまま4点のリードを保ちソシエの圧倒的勝利で終えるかにみえた


570 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 01:45:55 k5qoqTe2
後はん、リーしゃがjtpgadwxjq-0rbn.dakwmdjupgn.tltmeajtx-dmdahtw.panwtg.aemwUhamxj……

「同士、試合結果は幸せでしたか?」「同士、幸せです」「はい、わかりました、現在の身分は保証し追って幸福を授けます」

同士リーシャは、素晴らしかったなにもかも管理され私たちは幸福となった

グラン及び、この自体を察し抵抗を試みたレジスタンスには、今後再教育が必要だろう

……、えー……この度正妻ワールドカップの運営本部よりこの度のリーシャ、ソシエのカードについての見解を述べさせてもらいます

前半から、ソシエ選手は極度の洗脳情況にあり、これにより開始直後から異常な展開となりました

そして後半、開始直後からは試合会場にいた観客及びキャスターにすら、その狂気が感染し、結果誰もがこの試合の結果を確認出来ないという異常事態が発生しました

唯一グラン殿は持ち前の精神力により、この狂気から無事生還されましたが、他の方々は口々に歯車や幸福を語り、一昼夜で回復は見込めません

ここで、リーシャ殿の展開力及び狂気を改めて認め、今回の試合で勝ち点三そして、得点は誠に恐れながら∞とさせて頂きます

実際現状何でもありのワールドカップにおいて、彼女を追放すべきだとの意見も一定数出ましたが、ここまでの異常な執念が彼女を駆り立てたのだと意見が大半を占め、このような結果となりました

グループE は結果、一位ドロシー、二位リーシャとなった

リーシャは試合後のコメントで「アルルさんから勝つことの意味を教えて貰いました」「彼の側に私以外の雌が立っていたら虫酸がはしるんですよ!」と淡々と狂気を述べた

一方のソシエ選手は、いつのまにか私が私で無くなっていた、グランはんには不快な思いをさせなかったか優しくしながら聞いてみたい、リーシャさんはもっと私に花をもたせず圧勝出来たはず、その優しさが仇にならなければいいが、と敗退を受け入れながらもコメントに応じてくれた


571 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 01:57:18 k5qoqTe2
グループE はこれにて終わりです、シェロ畜オンデマンドの方に追記されたのはほんと嬉しかったです

リーシャは本音をいうと落としたかったのですが、皆様の書かれる狂気に対抗しようとした結果生き残りました、おめでとう

他の方が書いた文書に比べ大部駄文で申し訳ありませんでした


572 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 02:50:22 TxchRN82
秩序は幸福であること、はっきりわかんだね


573 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 02:55:50 LjrOVPO.
秩序って素晴らしいな


574 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 06:04:20 pVq/32Nc
シェロカルテオンデマンドは字面だけで大分草が生えるのでもっとやれ


575 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 06:35:08 kBEosKv6
同士、これが秩序か!すばらしいな!


576 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 07:07:43 lYu7ipYQ
これ審判洗脳による実質買収じゃないですかね?
しかし仮にスコアが∞-∞になった場合はどう決着付けるのだろう


577 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 08:53:07 EzigpMi6
>>576
数Ⅲかな?


578 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 09:02:35 v1iMinBM
モニカ助けて!


579 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 11:04:46 lnTDmsIY
現時点で確定してる分の決勝トーナメント表作りました
間違ってたら修正お願いします!

..........................┏━(グループA1位)
....................┏┫
....................┃┗━(グループB2位)
...............┏┫
...............┃┃┏━ヴィーラ(グループC1位)
...............┃┗┫
...............┃......┗━(グループD2位)
..........┏┫
..........┃┃......┏━ドロシー(グループE1位)
..........┃┃┏┫
..........┃┃┃┗━カレン(グループF2位)
..........┃┗┫
..........┃.....┃┏━ダヌア(グループG1位)
..........┃.....┗┫
..........┃...........┗━(グループH2位)
優勝┫
...........┃...........┏━(グループB1位)
...........┃.....┏┫
...........┃.....┃┗━(グループA2位)
...........┃┏┫
...........┃┃┃┏━(グループD1位)
...........┃┃┗┫
...........┃┃......┗━ソーン(グループC2位)
...........┗┫
................┃......┏━アンナ(グループF1位)
................┃┏┫
................┃┃┗━リーシャ(グループE2位)
................┗┫
.....................┃┏━(グループH1位)
.....................┗┫
...........................┗━マギサ(グループG2位)


580 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 13:49:55 cLm9sDNM
マギサとヴィーラが別ツリーなのが運命を感じる


581 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 15:08:03 NNxPu1fg
そろそろディアンサの試合を見たい


582 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 16:52:19 SIbKTLM2
優勝の望みは低いけど一番得してそうなソーンさん


583 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 18:03:40 lnTDmsIY
すいません修正します

..........................┏━(グループA1位)
....................┏┫
....................┃┗━(グループB2位)
...............┏┫
...............┃┃┏━ヴィーラ(グループC1位)
...............┃┗┫
...............┃......┗━(グループD2位)
..........┏┫
..........┃┃......┏━ドロシー(グループE1位)
..........┃┃┏┫
..........┃┃┃┗━カレン(グループF2位)
..........┃┗┫
..........┃.....┃┏━ダヌア(グループG1位)
..........┃.....┗┫
..........┃...........┗━(グループH2位)
正妻┫
...........┃...........┏━(グループB1位)
...........┃.....┏┫
...........┃.....┃┗━(グループA2位)
...........┃┏┫
...........┃┃┃┏━(グループD1位)
...........┃┃┗┫
...........┃┃......┗━ソーン(グループC2位)
...........┗┫
................┃......┏━アンナ(グループF1位)
................┃┏┫
................┃┃┗━リーシャ(グループE2位)
................┗┫
.....................┃┏━(グループH1位)
.....................┗┫
...........................┗━マギサ(グループG2位)


584 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:51:40 7u8M4wrM
ルリア 1 - 0 ゾーイ

グランくん正妻ワールドカップグループAの最終戦が行われ、
ルリア(ランキング1位)とゾーイ(25位)の試合が行われた。
ルリアは既に決勝トーナメント進出を決め突破順位が決まる試合。
一方ゾーイは既に敗退が決定しており、
観客達も消化試合であるかのような雰囲気を見せていた。

グランくん、ルリア、ゾーイの3人で街へショッピングへ出かけるという状況からのキックオフ。
試合開始から特に点の奪い合いということもなく、和やかに時間を過ごす3人。
「団長、あれはなんだ?」
「ゾーイちゃん、あれは海産物の屋台です!ンニが美味しいんですよ!」
「じゃあ食べに行こうか?」
など、平和なやり取りが続く。
前半32分に偶然ルリアがつまずき、とっさにグランくんが支えた際に
ルリアとグランくんの目が合ってドキッとさせて偶然1点入ったのを除けば両者攻める気なし。
自陣でパス回しを繰り返すような無気力試合に観客からはブーイングが飛んだ。
ブーイングの嵐の中、前半はルリア1点リードの1-0で折り返した。


585 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:52:31 7u8M4wrM
前半終了後、ゾーイはルリアに近づき話しかける。
「ルリアは団長のことが好きなのか?」
「ええっ!?」
「そもそもこの正妻ワールドカップはそういう大会だろう」
「・・・正直、よくわからないんです。でも、一つだけわかったんです。
・・・私、他の女の人がグランと一緒にいるのは嫌なんです」
「それが好きということだろう?」
「・・・でも、私は他の皆さんみたいなものを何一つ持ってないんです。
前の2試合だって運良く勝っただけなんです。
私なんかがこの先グランを取り合って勝てるわけが・・・」
ルリアは悲しそうにそう言うと一人ベンチに下がっていった。


586 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:54:49 7u8M4wrM
後半開始直後、試合が動いた。

ルリア「はぅ・・・決勝トーナメントに勝ち進んだ皆さんにはこの先勝てそうにないです・・・
私なんかじゃグランと・・・」

???「キミがそんなんじゃダメだろう、ルリア」

ルリア「あなたは・・・ゾーイちゃん!?」


587 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:54:59 43v7omqk
落ちろ!


588 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:56:06 7u8M4wrM
ゾーイ「キミの対戦相手のゾーイだ。
ルリア、キミには他の決勝トーナメント進出者のような武器がない。
ヴィーラたちのような性的魅力もなければ、
マギサのような知性や包容力もない。
積極性においてもドロシーなど多くの者に劣っている。
まともに戦えば誰にも勝てはしないだろう」

ルリア「そんなにはっきり言わないで下さい・・・傷つきます・・・
でもその通りなんです。
女性としての魅力もないですし、頭だって良くないですし、
いつもグランに守られてばかりで強くもない・・・
私なんかが皆さんとグランを取り合って勝てるわけ、ないんです・・・」


589 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:57:16 y0ZCeCRE
こんな試合の動かし方があるか


590 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:57:44 7u8M4wrM
ゾーイ「だがキミには団長と長い冒険をしてきた中で培った『絆』という武器がある。
その武器は他の誰にもない。
今団長が笑顔でいるのもルリア、キミのおかげだと私は思う。
あとは一歩踏み出す勇気さえあればキミは誰にも負けることはない。
必ず優勝するんだ、世界や団の均衡の・・・
いや、団長の笑顔のためにもそれが一番いい」

(ゾーイが優しくルリアの頭に手を載せ)

ルリア「そ、そうですよね・・・!
私、絶対に優勝したいです!
グランと恋人になって、私だけを見てほしいです!」

???「よく言った!それでこそ蒼の少女だ!」


591 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:59:43 7u8M4wrM
カリオストロ「Gグループ全敗で敗退したカリオストロだ」

クラリス「ししょー!どうしてここに?」

カリオストロ「予選敗退してヒマなんだよ。お前こそどうしてここにいるんだよ」

クラリス「あ!」

カリオストロ「ヴィーラみたいな奴らが優勝するとろくなことにならねーからな。
グランサイファーを託児所になんてのはもっての外だし、
勝ち残ってるやつの殆どだってまだ15才のアイツを父親にさせることを企む奴らだ。
ルリアが優勝するのが一番平和に収まる。
だからこの先はオレが不本意ながらお前に協力してやるよ」

クラリス「クラリスちゃんも協力するよっ☆」

ルリア「カリオストロさん、クラリスさん・・・!
私、グランのためにも、お二人のためにも絶対優勝します!」

???「よう言うた!それでこそスポーツマンシップ溢れる正妻ワールドカップや!」


592 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 22:59:59 lYu7ipYQ
ちくしょう既視感がハンパねぇ


593 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:01:45 7u8M4wrM


      ,,-―――――-、
    ,r´          `\
    | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
    |./           ',   ',
    /-      -     i   .|
    /⌒ヽ    /⌒     .|   |
   ,'  _ `  ´  _     |  .|
   |.ノ-・、.〉 ,  ./-・ヽ    |/,⌒i
   |  ̄./     ̄        .>ノ.|
    .',  .|   -、        .、_ノ
    ヽ  `¨i⌒´      / / .|
    .|ヽ,ヽlエlエlアヽ /   /  |    阪神タイガース、監督の金本や
    .ヽ、 .ヾ二ノ    /   .|
      i\  ‐    ./ /  |
      |. ヽ___/  ,'   .|
       |ヽ_______,,-''"|
    ''"´ヽ           ノ`"''




(中略)





   ,'  /            \|   ,.'.    /(,リ ̄ ̄(,(!、(,      ゙i
    |.   |     -       - '、  |  /  `'―  `' `'リ(,,      |
   |  |    ⌒\    /⌒ '、ヽ i ,⌒'     ,r'⌒   `,.    |
  .,⊥、.|     ,ニ、      ,ニ、 ',  ゙(, ,.二,\  ノ ,.二,  ) ゙i   │  ちゅ……ん……んちゅ………
  |⌒.ヽ|    ノ-.・ゝ  、〈.ノ・-ヽ.| , r''`⌒゛' 〉 , .  `⌒゛''`  |. リ'⌒i
  | ヽ<       . ̄       '、 ̄ .   〈  _,r' ,'   !、_´    i |,r'.)|
  .\_.         ,.-   |  .,'   ゙i    (ィ,、c)       / ト,_ /
    |. '、  \    `⌒iエ´ , イ    \  へへ,          || J)
    |. '、   .',     ノ_,ィ ノ / /     ゙i (_ンヽ i _r'⌒    /.| フノ
    |  `''-、     ヽ二ノ \_ _ノU ̄(`⌒ ,r'!、    /  | ーイ
  _,,-〈.\  '、 \   '⌒ /   U    \ ̄    .、-''´  /.゙i`


594 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:02:12 EzigpMi6
落ちろ!(サンダルフォン)


595 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:02:20 qsOmURm.
全略しろ


596 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:02:54 7u8M4wrM
謎の中年男性2名の乱入と審判団による排除作業により試合の後半は中止となり、
結局前半の1点が決勝点となりルリアが1-0で勝利を収めた。
その結果ルリアは3勝でグループAを1位通過、2勝1敗のサラは2位通過となった。
ちなみに2名の中年男性は会場からいつの間にか姿を消し、現在も行方がわかっていない。


597 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:04:31 43v7omqk
謎の中年男性(50)


598 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:04:49 y0ZCeCRE
ペルフェット島の騒動の後もグラブル世界に残ってましたねこれは…


599 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:05:19 7u8M4wrM
【試合後インタビュー】
―勝利おめでとうございます。

ルリア「ありがとうございます!
でもあのおじさんたちはいったい誰だったんでしょうか・・・」

―決勝トーナメントについての意気込みは。

ルリア「私、やっとわかったんです・・・・。
グランを誰にも渡したくない。だから、絶対優勝します!
負けた皆さんの分までがんばります!」


―敗退が決まったが。

ゾーイ「団の均衡のために私が優勝するべきでないことは最初からわかっていた。
団長と楽しく過ごせたこの大会はとても楽しかった。
あとは本来の私がやるべきことをやるだけだ」

―やるべきこととは?

ゾーイ「団長の笑顔を奪うような者たち、団の均衡を乱すような者たちを排除することだ。
もしそんな彼女たちが勝ち進むのなら私は非情な調停者となるだろう」


600 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:12:37 7u8M4wrM
これでグループAは全試合終了ですね
こういうふざけた試合もたまには良いですよね


601 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:15:13 LjrOVPO.
なんだこれは...たまげたなあ
ヴィーラが完全に悪役扱いで大草原ですよ


602 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:19:36 y0ZCeCRE
すごいですねこれ(条件反射)


603 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:20:17 B04fHVyg
これといい前日譚といい長生きっすね……


604 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:48:18 bst98bwk
声上げて笑った
ルリアがグランを好きだと自覚させるのにだいじっこを使っていくのか…(困惑


605 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/12(木) 23:59:03 3XJYJc36
最初ゾーイは均衡を保って全試合引き分けるのかなとか思ってました


606 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 00:19:05 buBSvo8I
誰かがどこかで抜くであろう伝家の宝刀を主要キャラの消化試合で抜いたのは英断だと思う(小並感)


607 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 00:32:35 Uj2sHMjg
サンキューおっさん&ザコ弟子


608 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 00:44:23 IepU.Z5A
俺はおっさんとクソザコ錬金術師が大好きなんだ
この試合がおっさんとクソザコ錬金術師のだいじっこじゃないからちくしょう!!


609 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 01:04:38 FjiC6F4k
だいじっこは草生える

他は出張して来ないでくれよ…?


610 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 01:22:11 7alTC6uA
面白かったけど二度使えるネタでもないしこれっきりにしてくれやオルァン


611 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/13(金) 21:00:59 OEmuM3Tk
だいじっこ展開は草生え散らかす


612 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/15(日) 07:36:32 2TCP2dME
現実のワールドカップの方は早期敗退してる強豪もいるし、ジータやルリアがコロっと負ける可能性もあるよね。


613 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/15(日) 21:36:58 VfkjsDYg
現実のワールドカップがもうすぐ終わりますね...


614 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/15(日) 23:19:07 eDUTgkdY
とりあえずダイジェスト方式で予選全試合終わらせて良い?


615 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/15(日) 23:22:16 Z3l5zitg
いいわよ


616 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 00:24:57 0Uu44DWU
いいんじゃないかなぁ。


617 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 00:40:21 P8Y4Tqlc
ハ-トビ-...ハ-トビ-...(演奏アオイドス)

『ここからは予選全試合をダイジェストでお送りします
解説は全空ナンバーワン軍師のアルタイルさんですよろしくお願いします』
アルタイル「よろしくお願いします」


カルテイラ 5-10 ヘルエス
『財力対王族という対決でしたがアルタイルさんはどう見ましたか?』
アルタイル「財力を背景にあらゆる貢物やこれからスラ爆をしないで良いという事でグランも揺れました
しかし鎧を脱ぐ事で高貴力を下品力に変えるという王族のならではのギャップで後半一気の逆転になりました」


ジータ 6-3 ヘルエス
『解説のアルタイルさんこの試合どう見ましたか?』
アルタイル「現実の姉対お姉ちゃん力の化身の好勝負が期待されました
お姉ちゃんお世話対決になってしまってはやはり年季の差でしょうか、終始ジータ選手ペースで試合が動きました
終盤で見せた授乳手コキには思わずエレクトしました」

ニオ 1-0 カルテイラ
『この試合はどうでしょうか?』
アルタイル「連日のグランの射精疲れからか押せ押せ姿勢で来たカルテイラ選手は完全に肩透かしを喰らいましたね
ニオ選手は見事な琴の演奏で90分使ってグランを癒しての1点
十天衆の面目躍如といった試合運びでした」

これでグループBは全日程が終了
2勝1分けで首位でジータ選手
2勝1敗でヘルエス選手の2名が決勝トーナメント進出しました
アルタイル『やはりジータ選手強しでした
お姉ちゃん力高貴力のヘルエス選手も決勝では台風の目に十分なれそうです
ニオ選手は元々の引きこもり体質が災いしてしまいましたね
カルテイラ選手は財力というバックボーンに頼りきって己を信じれなかったのが敗因でしょうか』

見逃した試合はシェロカルテオンデマンドでチェックしよう!


618 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 00:48:01 o2z.G9Do
ジータちゃんに6発抜かれたいなー俺もなー


619 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 01:31:11 P8Y4Tqlc
タマシイレボリュ-ショ-ン(唄リルル)

『それではグループDのダイジェストを引き続き解説のアルタイルさんとお送りします』
アルタイル「よろしくお願いします」
『グループDはレオナ選手の暴走により大荒れの展開になってしまいました』
アルタイル「亡き夫の幻影を追いかけた結果とは言え大会に大きな影を落としました
3選手のメンタル面が心配されましたね」

ナルメア 5-15 ユエル
『お世話対メスという一戦でしたが一方的展開になりました』
アルタイル「ヴィーラ選手ばかり注目されますがユエル選手も逆レイプの名手です
前半で一気のグランのもう出ないよぉ状態に持ち込みました
ナルメア選手も必死のお世話を展開しましたが授乳するにとどまってしまいましたね」

ユエル ×-× ジュリエット(試合棄権)
『思わぬ展開になってしまいましたアルタイルさん』
アルタイル「えぇ、ワールドカップ開催を聞きつけたロミオが思わず試合観戦に来てしまったのが良くなかったですね
会場にロミオがいるという話を聞いてしまったジュリエット選手が試合を放棄してロミオを探しにいってしまいました
見つからなかったようですが大会を辞退するという結果になりました
ユエル選手は試合数が少ない腹いせか90分間グランを絞り続けたようですね
ちなみにコウ君が試合を観戦してしまったようで無事精通したようです」

『これでナルメアユエル戦のみが有効試合となって
直接対決を制したユエル選手が首位で決勝トーナメント進出
2位でナルメア選手が決勝トーナメント進出となりました』
アルタイル「大荒れに荒れたグループでしたやはり中古は出てくるなという事でしょうかね」

コウ君の初オナニー映像もシェロカルテオンデマンドなら見放題!今すぐ加入して見逃すな!


620 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 02:36:40 P8Y4Tqlc
アァゲンソウトジャレアッテ(唄リルル 演奏アオイドス ミムルメモル)

『それではラストグループのグループHのダイジェストになります
解説は引き続きメガネことアルタイルさんです』
アルタイル「参りましょう」

メーテラ 4-4 ディアンサ
『大人のセクシーお姉さん対現役巫女という一戦どうでしたでしょうか』
アルタイル「意外ですがメーテラ選手はグランが大人になったら相手にするというポリシーの常識人な一面があります
終始セクシーさをアピールしましたが全空が憧れる現役ショロトルの巫女という事もあり攻めきれませんでした
ディアンサ選手も決定機はあったのですが現役巫女という事か直接的行為にはいけませんでしたね」

アンスリア 5-0 ディアンサ
『全空きっての踊り子対アイドル的巫女という好カードでしたが一方的展開になりました』
アルタイル「アンスリア選手はジャンヌ戦の反省からか序盤から自らの肉体を差し出しました
流石に初体験からか大量得点はならなかったですが終始グランを引き付けて逃しませんでした
やはり現役巫女の枷は大きいのか、ディアンサ選手は肉体が使えないのが痛いですね」

メーテラ 2-10 アンスリア
『注目の火エルーン対決、情熱的な試合が期待されましたがアンスリア選手の圧倒でした』
アルタイル「やはり序盤から事に及んだアンスリア選手、グランの腰の上で最高のダンスを披露してくれました
メーテラ選手は己のポリシーからか行為に行わなかったですが
終盤にグランへのキスからの大人になってもっとSEXが上手くなったら相手する発言でグランも大分興奮した様子でした
敗れたものの自由人なりのポリシーを感じさせる一幕でした」

ジャンヌ 20-5 ディアンサ
『やはり優勝候補の一角と見られるジャンヌ選手、圧巻の試合でした』
アルタイル「序盤はショロトルの歌に踊りにとグランの目を引き付け会場含めて熱狂の渦となりました
最高のパフォーマンスでしたし勝利も見えていたんではないでしょうか
しかしステージに乗り込んだジャンヌ選手は見せつけるかのようなSEXを展開
どういう風にすればグランが感じるかのレクチャーまで披露してくれました
思わずディアンサ選手もオナニーをしてくれて1点は返しましたが後の祭りでしたね」

『これでグループHは全勝のジャンヌ選手が首位通過
2位には2勝1敗アンスリア選手が決勝トーナメント進出です』
アルタイル「直接的行為の有り無しが命運を分けたグループになりました
特にグランに圧倒的執着があるジャンヌ選手はどんな事をしてでも勝つという気概を見せました
アンスリア選手も初体験を済ませダンステクニックが決勝トーナメントで火を吹きそうです
メーテラ選手は大人の余裕が仇になったとは思います、開かれれば4年後の大会は目が離せません
ディアンサ選手は巫女という立場がどうしても足を引っ張ってしまいました、役職が解かれてからが本勝負ではあると期待しています」

全戦R-18展開必至の決勝トーナメントはシェロカルテオンデマンドで要チェックやで!


621 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 02:38:50 P8Y4Tqlc
という訳でワールドカップ期間内に無理矢理予選終わらせたゾ
力尽きたから後は誰か書いてくれると信じたい


622 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 02:55:44 0Uu44DWU
怒涛の展開乙
どの試合も小ネタ挟んであって笑ったわ


623 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 02:57:58 P8Y4Tqlc
こうなったらしい

..........................┏━ルリア(グループA1位)
....................┏┫
....................┃┗━ヘルエス(グループB2位)
...............┏┫
...............┃┃┏━ヴィーラ(グループC1位)
...............┃┗┫
...............┃......┗━ナルメア(グループD2位)
..........┏┫
..........┃┃......┏━ドロシー(グループE1位)
..........┃┃┏┫
..........┃┃┃┗━カレン(グループF2位)
..........┃┗┫
..........┃.....┃┏━ダヌア(グループG1位)
..........┃.....┗┫
..........┃...........┗━アンスリア(グループH2位)
正妻┫
...........┃...........┏━ジータ(グループB1位)
...........┃.....┏┫
...........┃.....┃┗━サラ (グループA2位)
...........┃┏┫
...........┃┃┃┏━ユエル(グループD1位)
...........┃┃┗┫
...........┃┃......┗━ソーン(グループC2位)
...........┗┫
................┃......┏━アンナ(グループF1位)
................┃┏┫
................┃┃┗━リーシャ(グループE2位)
................┗┫
.....................┃┏━ジャンヌ(グループH1位)
.....................┗┫
...........................┗━マギサ(グループG2位)


624 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 18:51:32 rjO4VLFc
ヴィーラナルメア、ジャンヌマギサとヤバそうな対戦が早々にあるけど一番ヤバそうなのはジータサラなんじゃないかな


625 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 18:53:30 c4Rb0M2.
1回戦予想しておくか
全問正解したら10000宝晶石な

第一 ルリア
第二 ヴィーラ
第三 ドロシー
第四 ダヌア
第五 ジータ
第六 ソーン
第七 アンナ
第八 マギサ

よしどうだ


626 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 20:06:02 ft1pPr.Y
コウ君の初オナニー映像が莫大な売上記録してそう


627 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 20:07:20 1YGzJTVc
全盛期のディープインパクト並みに堅い勝率予想


628 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/16(月) 20:23:46 lQGKK9c2
唐突にグラン君とのツーショットが公式から用意されたジェシカがリザーバーで待機してますよ


629 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 00:37:32 L7roAu0U
決勝トーナメント初戦を変則的にルリア&ヘルエスVSヴィーラ&ナルメアにしてお互い11人VS11人のサッカーみたいなチーム戦で書きたいんですが良いですかね?


630 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 01:16:43 V79GGbH.
あっその発想はなかった…個人的には超見たい


631 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 01:17:13 BUbRu7J2
いままで散々わけわからん状態作ってるから好きにやったらいいと思う


632 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 02:49:40 oY/TQze6
強豪が開始数分でレッドカード一発退場起こすどんでん返しの布石ですねこれは……


633 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 03:06:48 sdim6r0c
レッドカードならぬグランくんが赤玉退場なら予想しないでもない


634 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 07:30:39 /jJ6jDVM
面白そうだからやってしまえ


635 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 08:12:58 aoOZYOog
8対8にして勝ったチームがベスト8、次4対4にしたらベスト4になって試合数が削減できますね
正直描いてる人の負担がデカいと思ってたから良い案だと思いますよ


636 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 08:37:40 aoOZYOog
とりあえずベスト8用

.........................┏━
...................┏┫
...................┃┗━
.............┏┫
.............┃┃┏━
.............┃┗┫
.............┃......┗━
. ..正妻┫
.............┃......┏━
.............┃┏┫
.............┃┃┗━
.............┗┫
...................┃┏━
...................┗┫
.........................┗━

ベスト4用

.....................┏━
...............┏┫
...............┃┗━
. ....正妻┫
...............┃┏━
...............┗┫
.....................┗━


637 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 08:42:11 aoOZYOog
すいませんズレました
とりあえずベスト8用

.........................┏━
...................┏┫
...................┃┗━
.............┏┫
.............┃┃┏━
.............┃┗┫
.............┃......┗━
.正妻┫
.............┃......┏━
.............┃┏┫
.............┃┃┗━
.............┗┫
...................┃┏━
...................┗┫
.........................┗━

ベスト4用

.....................┏━
...............┏┫
...............┃┗━
...正妻┫
...............┃┏━
...............┗┫
.....................┗━


638 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 23:47:28 L7roAu0U
【ファータ・グランデ経済新聞・政治欄】
「敗退者の行方は?大会運営や全空が恐怖する『派閥争い』」

6月中旬から熱戦が繰り広げられているグランくん正妻ワールドカップ。
既に多くの選手が敗退し、決勝トーナメントに進む16人が勝ち名乗りを上げてきた。
ここまでにグループリーグや予選で多くの選手が敗退。
敗退した選手が増えることでグランくん狙いの女性が減り
平和になっていくと思われがちだが、実はそうではないという。
このことについて大会運営関係者にお話を伺った。

―敗退者が増えれば正妻候補が減るので平和になるのでは?

「全くの逆です。敗退者が増えれば増えるほど危険になるんです。
その理由としては『負けたら潔く身を引かねばならない』というルールがないこと、
そして大体の参加者は敗退したくらいでは『絶対に』諦めないことです。
さらに『敗退者や非参加者が決勝トーナメント参加者に協力してはダメ』
とはルールにありません」

―ということは?

「負けた参加者たちは『誰が優勝したら自分に一番得か』を考えて
勝ち残り者に力を貸すんです。
GLで負けた選手や予選敗退選手たちはもはや『自らが優勝を狙う立場』ではなく、
『優勝してほしい人物に協力する立場』なんです。
決勝トーナメントでグループリーグの全敗退者16人が
勝たせたい側に協力して17VS1で戦っても何ら問題はないわけです。
極端に言えば予選敗退者まで参戦して100VS1でも何も問題はありませんし、
その100人が一斉にグランくんにスマブラ
(ファータ・グランデの方言で『逆レイプ』の意味)
を仕掛けても何も問題はありません。
決勝トーナメントから先は個人の戦いから集団の戦いへ徐々にシフトしていく、
これが『派閥争い』です。
決勝戦では数十人VS数十人といった派閥間の団体戦になる可能性もあるでしょう。
いくつかの派閥が既にあります」


639 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 23:48:28 L7roAu0U
―どんな派閥があるんですか。

「まず『ヴィーラ派』と呼ばれる派閥ですね。
ヴィーラを中心としてグランくんの一夫多妻や
グランサイファーの育児所化などを掲げています。
この派閥はシルヴァやアルルメイヤなど予選やGLで敗れた女性からも人気が高く最大派閥です。
ソーン等といった単独で妊娠を狙う選手たちも
敗退したらこの派閥に合流すると見られているため、
今後さらに勢力はまさに妊婦のお腹のごとく膨らむでしょう。
先日敗退が決定したイシュミールを勧誘していると言った一部報道もあります。
年齢等で結婚を焦る女性、上位陣とのレベル差に正妻の座を諦めた女性、
正妻にはこだわらずグランくんの子供を妊娠したい女性などが主な構成員ですね」

―他にはどのような派閥が?

「第二勢力は『穏健派』と呼ばれる派閥です。
ルリアなどグランくんにとって無害な人物の優勝を支援しているようです。
優勝者には一時的な正妻の座こそ譲るものの、
大会終了後もほぼ今まで通りのグランくん争奪戦をすることを目的としていますね。
構成員はカリオストロやクラリスなど、
負けはしたものの正式な正妻やパートナーの座を諦めてない女性たち、
まだ正妻争いを続けたい若年層中心とした女性たちを中心に構成されているようです。
特にヴィーラ派の優勝阻止に力を注いでいるみたいですね。
この2つが主流派閥です」


640 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 23:52:13 L7roAu0U
―主流派閥以外にも派閥はある?

「中には大会の破壊を目論む過激派もあります。
現在は数えるほどの人数ですが、
ヴァンピィやサラーサもこれに合流するのではないかと見られています。
頭が弱い脳筋系が思い通りにならなかったから暴れるといった派閥ですね。
大会運営側にはジークフリートら強豪の審判団がいますが、
この派閥が大きくなれば抑えきれるかわかりません。
仮にジータが敗退してこの過激派に加わればもう大会どころではなくなるでしょう。
大会の破壊だけならまだ良いのですが、
ヤケになった参加者たちが一斉に暴れ出せば覇空戦争レベルの厄災にもなりかねません」


641 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/17(火) 23:58:22 L7roAu0U
ー派閥に属さない選手も?

「ジータやマギサといった強豪は派閥を組んでいません。
彼女たちは唯一無二の正妻を狙ってますし、
誰かと組む必要は無いでしょうからね。
特にジータはただグランくんの独占を狙い全員を排除するという
思想を持っているため誰かと組むことはまずありえないでしょう」


642 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:01:18 geI59UmA
現実だったら公安課が頭抱えるレベルの事態ですね…


643 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:01:46 n1XjZi3o
ルリア随分と舐められたものですね…
アルバコアとサタン用意しときますね…


644 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:03:18 SCeyeecg
NGが入ってるらしく最後まで貼れませんね...


645 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:05:43 vphvr38Y
それっぽくするために駄目なところを黒塗りしておこう(提案)


646 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:07:33 yXk/qiO.
本家用語とかドン後とかっぽいのはアウトなはず


647 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:08:19 SCeyeecg
「他に中立派と呼ばれる派閥もあります。
十二神将、ゾーイ等ですね。
彼女らは本来の役目から穏健派へ移るとも一部報道されていますね。
その他ユエル、ソシエのように友人と組む
少数派などが確認されています」

大詰めを迎えてきたグランくん正妻ワールドカップ。
その戦いは「戦争」になっていくのだろうか。


648 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:09:49 SCeyeecg
やっと最後まで貼れましたね
一応こうしたバックストーリーでルリア派VSヴィーラ派の11VS11を書こうと思います


649 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:10:18 dML..CDY
サラーサはともかくヴァンピィちゃんが脳筋扱いされるのは草


650 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:12:10 yXk/qiO.
ヴィーラ派が勝つに花京院の魂をかけよう


651 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:18:51 ZSRh/2os
前日譚(非公式)で完全勝利を収めたハッピーエンドが姿を現さないのが不穏ですね…


652 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:36:42 n1XjZi3o
ハッピーエンドはルリア派でしょ
その方がハッピーだもの


653 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 00:59:48 u/MIQz2M
この大会の前日譚って覇空戦争でもあったんですかね


654 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:05:50 n1XjZi3o
どうなんでしょうかロキさん


655 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:10:16 5/.51j/A
(一応)身も心も綺麗になったレオナはどの派閥に入るんだろう
そしてナルメアの話を今更思いついたけど後の祭り
あとはよろしくお願いします


656 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:15:38 n1XjZi3o
そういえば、ファスティバは何で参加してないんですかね


657 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:20:12 yXk/qiO.
みんな好き勝手書いてるし
後日談的に書けばいいじゃない


658 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:27:40 5/.51j/A
いいのかな
大会後、頭の中にある話と雰囲気が乖離してなければ書きたいな


659 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 01:34:02 hbeXPJUc
リボンの武者のコルドロン大会みたいになってて草


660 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 23:58:53 SCeyeecg
SSみたいな感じになりますけどルリアヘルエスVSヴィーラナルメアの試合を書いていきます


661 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/18(水) 23:59:14 SCeyeecg
(とある街の酒場)

クラリス「とうとう決勝トーナメントだねっ☆」

ルリア「はい!頑張りたいです!私の相手はヘルエスさんですね!」

カリオストロ「・・・いや、ヴィーラだ」

クラリス「ええっ?何言ってんのししょー!ヴィーラは準々決勝でしょ?」

ルリア「そうですよ!ヴィーラさんはヘルエスさんに勝ったら次戦うかもしれない相手で・・・」

ヘルエス「その点についてはわたくしから説明しましょう」

ルリア「ヘルエスさん!?」


662 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:00:10 WvCnaQkI
ヘルエス「カリオストロさんと話してルリアさんとは同盟を結ばせてもらったのです」

カリオストロ「そうだ、悪いが勝手にヘルエスと同盟させてもらった」

ルリア「ええ!?でもどうして?」

カリオストロ「ヴィーラ対策だ」

クラリス「対策?」

カリオストロ「ヴィーラの思想がかなり広まってるからな。
正妻にこだわらずに皆でグランに愛してもらおうって考えだから、
大会で負けた奴の多くは必然的にヴィーラ派に入る。
そうなれば、大会が進むにつれてあいつはさらに手強くなるだろう」

クラリス「なんで?」


663 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:01:23 WvCnaQkI
ヘルエス「この大会では助太刀もルール内だからです。
自分に賛同する女性たちを決勝トーナメントの試合に連れてくることで
更に手強い相手となるでしょう。
敗退者が増えていくほどにその女性たちの数は増えますからね」

ルリア「なるほど・・・」

カリオストロ「準々決勝で戦う場合、下手をすれば決勝トーナメント初戦敗退者全員がヴィーラ側に回る。
そうなったら絶対勝てはしないだろ?
だから『敗退者が増える前、決勝トーナメント初戦で叩く』。
大会運営に話して決勝トーナメント初戦を『ルリア&ヘルエスVSヴィーラ&ナルメア』にしてもらうつもりだ」

ルリア「そうなると組み合わせはどうなるんですか?」

カリオストロ「本来はルリアVSヘルエスとヴィーラVSナルメアでその勝者同士で準々決勝だが、
初戦が『ルリア&ヘルエスVSヴィーラ&ナルメア』となり、準々決勝は勝った側の2人が戦うことになる。
ルリアが勝てば準々決勝でルリアVSヘルエスだな。
考えたくねーが、相手が勝てば準々決勝はヴィーラVSナルメアになる」


664 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:02:05 WvCnaQkI
ルリア「ヘルエスさんはそれで良いんですか?」

ヘルエス「ええ。初戦でルリアさんを倒したとしても、はっきり言ってわたくしでは次のヴィーラさんには勝てないでしょうから」

ルリア「そんな、ヘルエスさんだって・・・」

ヘルエス「何人もお仲間を引き連れてきたらとても勝てる相手ではないでしょう。
たとえ1対1ですら手強い相手だと言うのに」

カリオストロ「だから勝手に同盟を組んだ。協力してヴィーラを倒そうとな。
互いに悪い話じゃない。それに」

クラリス「それに?」

カリオストロ「味方はヘルエスだけじゃねぇ」


665 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:02:36 WvCnaQkI
カリオストロ「当然あっちも仲間を引き連れてくるだろうからこっちもいろんなやつに声をかけた。
何人かは来るだろうから数で対抗する」

クラリス「集団戦だねっ☆」

ヘルエス「とりあえずこちらの戦力はわたくし、カリオストロさん、クラリスさん、そしてルリアさんの4人ですね」

カリオストロ「あっちはシルヴァやアルルメイヤ辺りを呼ぶだろうな。
こっちが戦力を集めてるのはあっちもわかってるはずだ。
あとはこっちに何人集まるかだが、まあなんとかなるだろ。
最悪オレ様とヘルエスとルリアの3人でヴィーラを集中して潰せばいいだけだ」

ルリア「クラリスさんは・・・」

ヘルエス「それで、ルリアさんにも意見を伺いたいのです。
最終的に決めるのはあなたですから」

カリオストロ「勝手に話を進めたが、最後はお前が決めろ。
普通にヘルエスと戦うか、それとも一旦ヘルエスと組んでヴィーラと戦うか」

ルリア「私は・・・」


666 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:03:14 WvCnaQkI
ルリア「・・・わがままかもしれませんが、私は勝ちたいんです。
それで勝つ可能性は少しでも高くなるなら・・・ヘルエスさんやカリオストロさん達と一緒に戦いたいです」

カリオストロ「よし、決まりだな。大会運営にちょっと提案してくるか」

ヘルエス「よろしくおねがいします、ルリアさん」

ルリア「こちらこそよろしくおねがいします、ヘルエスさん!」

クラリス「集団戦かー、うちがまとめてドカーンだねっ☆」

カリオストロ「あのなぁ、天下一武道会かなんかだと勘違いしてねーか?
そんなことやったら一発退場だぞ?」


667 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:03:48 WvCnaQkI
(半日後)

ルリア「どうでしたか?」

カリオストロ「大会運営は『ルリア・ヘルエス・ヴィーラ・ナルメアの4者全員の合意があれば構わない』とさ。
だから2人の部屋に手紙を置いてきた」

ヘルエス「お二人が合意すれば良いというわけですね」

カリオストロ「あっちが乗ってくるかどうかは分からねーけどな」


668 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:03:59 2H9DV6xw
ロミオ「話は聞かせてもらった!」

ジュリエット「我々も参戦いたします!」

ローアイン「なんで俺まで…」


669 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:04:43 WvCnaQkI
(試合当日、試合会場)

ヘルエス「相手のお二人が合意してくださったようで何よりでしたね」

ルリア「はい!こうしてみなさんと一緒に戦えるのは嬉しいです!」

クラリス「相手が何人いようとウチだけいればラクショーだよっ☆」

カリオストロ「全くのんきなやつだな・・・
オレ様達以外誰も仲間が来なかったってのに・・・
お、来たみたいだぜ」

ヴィーラ「あら、そちらは4人ですか?」

ナルメア「・・・・・。」

カリオストロ「あっちは2人か・・・?」


670 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:05:37 WvCnaQkI
ルリア「ヴィーラさん、ナルメアさん!」

ヴィーラ「ふふ、ルリアさん。今日は良い試合にしましょうね」

ルリア「はい!ナルメアさんも!」

ナルメア「・・・・」

ルリア「ナルメアさん?」

ナルメア「・・・・(ぶつぶつ」

ヘルエス「・・・ナルメアさんに何を?」

ヴィーラ「簡単なことです。ナルメアさんを説得してあげたんですよ」

クラリス「説得?」

ヴィーラ「ナルメアさんは中々同意してくれなかったのですよ。
だからちょっと弱気になっているときを狙ってこう言ってあげただけです。

『もし負けたらあなたの団長さんは二度とあなたを見てくれない』
『でも私の同志になれば一生見ていてもらえる、一生愛してもらえる』
『私達の仲間になればもう何の心配も必要ありませんよ』と。

多少不安を煽ったために心が不安定になってしまった部分はありますが、
快く私達の仲間になっていただけました」

カリオストロ「お前・・・」

ヴィーラ「感謝してほしいものですね?
ナルメアさんはこの形式に乗り気ではなかったのですよ。
こうやって説得しなければあなた方の希望は叶わなかったのですから
ですが私の理想もちゃんと納得してもらえたようです」

ルリア「ナルメアさん・・・」


671 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:06:46 WvCnaQkI
ヴィーラ「ルリアさん。私は貴女を今大会最大の障壁とみなしています。
だから今回、こうして貴女の誘いに乗りました。
今回用意した最強のベストイレブンであなたを倒します」

カリオストロ「イレブン・・・11か!?まさか・・・」

ヴィーラ「さあ行きましょう皆さん。もう出てきても良いですよ」

(ベンチから9人が出てくる)

ルリア「えっ!?」

カリオストロ「おい、嘘だろ・・・」

クラリス「ひぃ・・・」

ヘルエス「これは・・・」


672 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:07:38 WvCnaQkI
シルヴァ「4人に対し11人とは気が引けるな・・・」

ソーン「ふふ、ごめんねルリアちゃん」

クラウディア「ルリア様、お手向かいいたします」

ドロシー「ドロシーはご主人様の幸せのためこっちに付きました♪」

リーシャ「これも完全秩序(パーフェクトハーモニー)のため。
完全秩序の名の下にルリアさん、貴女を倒します!」

アルルメイヤ「私の占いによれば今大会一番の敵はルリア、キミだ。
これだけの人数を揃えても卑怯とは言わないだろう?」

イシュミール「ごめんなさい。
私さえも温めてくれたグラン...その暖かさを皆で共有したいの」

闇ジャンヌ「団長を皆で共有する、それもまた大義か...フフ...」

ナルメア「・・・団長ちゃん団長ちゃん・・・」

コルワ「このチームの理想が紡ぐハッピーエンド。見たいとは思わない?」

ヴィーラ「ふふ、素晴らしいでしょう?理想を共有する最高の同志です。
ルリアさんとその仲間の皆さん。
あなた達も負けたらこちらに加わって頂きましょう」


673 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:10:31 WvCnaQkI
ヘルエス「11人も揃えるとは予想外でしたね」

カリオストロ「せいぜい相手は5、6人くらいと踏んだんだが甘かったか・・・
まさかソーンにドロシー、リーシャやジャンヌなんて
まだ勝ち残ってる奴らまで仲間にしてくるとはな。
集まってるメンバーのレベルだって相当なもんだ。
これじゃヴィーラを狙うどころじゃねぇ・・・」

クラリス「クラリスちゃんでもこれはダメかな・・・あはは・・・」

ルリア「うぅ、私達4人だけじゃ勝てるわけが・・・」

???「4人ではない、5人だ」


674 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:11:28 WvCnaQkI
ルリア「ゾーイちゃん!?」

ゾーイ「団と世界の均衡を保つため。助太刀させてもらおう」

ルリア「ゾーイちゃんと一緒に戦えるなんて心強いです!」

ゾーイ「ああ、私もルリアと戦えて嬉しい」

カリオストロ「来たか、遅いんだよ」

ゾーイ「すまない、色々な者に声をかけていてな」

クラリス「これで5人だね!」

???「いや、7人じゃ」

????「7人だよ!」


675 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:12:36 WvCnaQkI
ルリア「アニラさん、アンチラちゃん!?」

アニラ「どうやら間に合ったようじゃのう」

アンチラ「ふふ、ボクたちが助太刀に来たのです!」

ルリア「どうしてここに?」

アニラ「何、あちらのチームの2人には借りがあるからのう。
予選敗退させてくれた借りがな。意趣返しというやつじゃ」

アンチラ「それに十二神将としてもこの戦いは見過ごせないのです」

アニラ「全空に何らかの害があるかもしれぬからのぅ。
他のマキラやヴァジラにも声をかけたんじゃが遊ぶ用事があるそうでの」

ルリア「ありがとうございます!」

カリオストロ「これで7人か」

???「まにぃ・・・」

??「間に合いました・・・!」

???「ま、待ってよふたりとも・・・」

ルリア「その声は・・・ダヌアちゃん!サラちゃん!アンナちゃん!」


676 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:13:50 WvCnaQkI
ダヌア「たたぁ・・・」

ヘンゼル「ダヌアは『一緒に戦いたい』と言っている」

サラ「ルリアちゃんが困ってるのに友達として放ってなんておけません・・・!」

アンナ「うん、ボクもルリアちゃんたちと一緒に戦いたくて・・・
団長さんをみんなで、とかあんまり好きじゃなくて・・・
団長さんはだれか一人だけのものっていうか・・・」

ルリア「ダヌアちゃん、サラちゃん、アンナちゃん!
嬉しいです・・・!」

サラ「友達ですから当たり前じゃないですか!
(・・・性的魅力を武器にするヴィーラさんたちが消えれば私の優勝の可能性が大きく上がります・・・)」

クラリス「これで10人!なんとか戦えそうだねっ☆」

カリオストロ「ああ、最初はどうなることかと思ったが10人もいれば戦えるだろう」

???「あら、一人足りないと困るんじゃない?」

ヘルエス「あなたは・・・」

ルリア「マギサさん!」


677 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:14:28 WvCnaQkI
カリオストロ「・・・マギサ、どうしてお前がここに」

マギサ「あら、魔女は困ってる女の子の味方をするものでしょう?」

カリオストロ「こんな戦いお前には何の関係もないだろ?
オレ様たちが勝ってもお前に得なんてないだろうが」

マギサ「味方したいから味方する。魔女は気まぐれなものよ」

ルリア「マギサさんがいてくれれば心強いです!」

ヘルエス「ええ、勝率が一気に上がりそうですね」

マギサ「(勝率ね・・・。まだこっちが勝つには残念だけど少し足りない。
あとなにかひとつかふたつ・・・)」


ヴィーラ「これでそちらも11人揃ったようですね。そろそろ始めましょうか」

ルリア「は、はい・・・!」


678 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:16:21 2H9DV6xw
ルリアがんばれ!!


679 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:17:19 WvCnaQkI
テレーズ「全空のグランくん正妻争いファンの皆さんこんにちは。
ここジュエルリゾート特設スタジアムから決勝トーナメント1回戦第一試合!
『ルリア&ヘルエス連合VSヴィーラ&ナルメア連合』の試合をお送りします。
実況はわたくしジュエルリゾート所属のデュエリストのテレーズが。」

アルタイル「解説は私、グランサイファーの軍師アルタイルでお送りします」

テレーズ「前代未聞の11対11という団体戦になった決勝トーナメント初戦。
アルタイルさんはどう見ますか?」

アルタイル「そうですね、ほぼ互角といえるメンバーですが
個人技・経験・フィジカル・積極性等各能力に優れるメンバーの多い
ヴィーラチームが7割方有利と言えるでしょうか。
ただ試合はやってみないとわかりません」

テレーズ「ありがとうございます。
・・・それでは今回の特別ルールを説明します。
今回のルールはとある島の人気スポーツ『サッカー』のルールで行われます」

クラリス「さっかぁ?」


680 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:19:06 sA4OGPxc
秩序がどこぞの地獄兄弟兄貴みたいなこと言いだしたぞ


681 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:20:26 WvCnaQkI
テレーズ「今までのルールは団長さんが心ときめいたり
しゃ、しゃせ・・・(赤面小声)したりしたら点が入りましたが、
今回の試合ではそれだけでは得点できません。
団長さんをフィールドの両端にある『相手陣地のゴール』の中まで連れて行ってから
心ときめかせたりしゃせ・・・(赤面小声)すれば1点になります。
また、1点取った後は団長さんはフィールドの中心に戻されますので連続ゴールは出来ません」

ルリア「ごーる・・・あの白いやつですね?白い網みたいのがついてます」

テレーズ「ちなみに団長さんを放り投げたり蹴飛ばしたりしてゴールに入れるのは反則です。
団長さんには常に何らかのアプローチやアピールをしながらゴールまで連れて行くのがルールです」

テレーズ「試合時間は前後半45分の合わせて90分、ゴール数が多いチームが勝利となります。
同点の場合は延長戦もあります。
勝ったチームの2人が準々決勝進出、負けたチームの2人は敗退です。
なお、互いのチームの助っ人9人に関してはチームが負けても決勝トーナメント敗退ということはありません」


682 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:21:56 WvCnaQkI
マギサ「つまり11人で協力して団長さんを相手側のゴールまで連れて行く必要があるってことかしら」

ヘルエス「個人プレーではなく協力が必要になりそうですね」

テレーズ「反則行為は団長さん及び敵チームメンバーに対しての攻撃です。
団長さんを奪うためのプレーであれば多少の激しい接触等は反則となりませんが、
それ以外であればちょっとした暴力行為でも2回で退場、
生命に関わる攻撃及び攻撃未遂は一発退場なので注意して下さい」

ヘルエス「確かにこのメンバーで攻撃ありだとただの戦争になりますから、
そうしたルールは必要でしょう」

カリオストロ「もう存在崩壊とか使って退場するんじゃねーぞ」

クラリス「わかってるってば・・・」


683 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:22:25 b55GIYPs
これってコブラのラグボールよりもヤバいのでは…


684 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:23:34 WvCnaQkI
カリオストロ「よしルリア、試合前に景気付けに何か話せ」

ルリア「え?何かって言われても・・・」

ヘルエス「簡単なことです。
絶対勝ちたい、そんな自分の気持ちをチームの皆の前で話せば良いのです」

ルリア「わかりました・・・えっと・・・
私はこの試合、絶対勝ちたいです。
集まってくれた10人の皆さんもグランのために勝ちたいのは同じだと思います。
私のために戦ってとは言いません。
グランのために絶対勝ちましょう!」

カリオストロ「ま、このオレ様がいれば楽勝だろうけどな」

クラリス「そうそう!クラリスちゃんがいれば楽勝だよっ☆」

ヘルエス「最善を尽くし勝利を掴みましょう」

ダヌア「かつぅ・・・!」

アンナ「か、勝つぞ・・・!」

サラ「はい、勝ちましょう!」

ゾーイ「世界の均衡のため、団長のため、絶対に勝とう!」

アニラ「ふふ、絶対に負けられぬのう!」

アンチラ「勝つぞー!」

マギサ「恐らくはこの試合が大会の流れを大きく変える一戦になるはず。絶対に勝ちましょう」

11人「おーっ!」


685 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:24:26 flpmrDcU
マジでサッカー始まってて草


686 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:24:56 WvCnaQkI
テレーズ「間もなくキックオフです。
ルリア&ヘルエス連合のスターティングメンバーの紹介です」

GK ルリア
DF アニラ
DF マギサ
DF アンチラ
MF サラ
MF ダヌア
MF アンナ
FW カリオストロ
FW クラリス
FW ゾーイ 
FW ヘルエス

アルタイル「比較的年齢層の若いチームですが、
これがどう試合展開に影響するでしょうか。
陣形はさっかぁ定番の3-3-4のフォーメーションですね。
やや攻撃に重点を置いた陣形となっています」


687 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:27:11 WvCnaQkI
テレーズ「次にヴィーラ&ナルメア連合のスターティグメンバーの紹介です」

FW ヴィーラ
FW ナルメア
FW ソーン
FW リーシャ
FW アルルメイヤ
FW ドロシー
FW クラウディア
FW 闇ジャンヌ
FW イシュミール
FW シルヴァ
FW コルワ

アルタイル「正妻パワーが高く経験や個人技に優れた選手が揃ったスター揃いのチームです。
守備を完全に捨てた0-0-0-11のフォーメーションですね。
攻撃のことしか考えていないようです。
全員がファランクスのように横に並び、
野獣の眼光でフィールド中央の団長を妖艶な表情で見つめています」


688 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:30:51 2H9DV6xw
ブローディア召喚すればゴール守れそうですね


689 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:31:15 WvCnaQkI
(ピピー)

テレーズ「今試合開始のホイッスルが鳴り響きました!
決勝トーナメント第一戦、試合開始です!」

ヴィーラ「さあみなさん、参りましょう!」

テレーズ「おっとヴィーラチーム、試合開始と同時に全員で一斉に
フィールド中央の団長さんに襲いかかるー!」

アルタイル「0-0-0-11の超攻撃陣形からファランクスのように横並びで一斉に襲いかかっていますね。
中には胸元を緩めながら向かって行く選手、脱ぎながら向かって行く選手もいます。
団長はアルバハに睨まれたホワイトラビットのような表情で怯えています」


690 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:31:38 2H9DV6xw
えぇ…


691 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:33:25 WvCnaQkI
カリオストロ「チッ・・・おいお前ら!1人ずつ敵チームの誰かをマークしろ!
とりあえずグランを守るぞ!
クラリス、お前はお前でも止められそうな奴を・・・」

クラリス「ウチがヴィーラを止めるよっ☆」

カリオストロ「おいあのバカ、無理に決まってるだろうが!
・・・あー、行っちまいやがったか・・・仕方ねえな・・・」

マギサ「あら、貴女がちゃんとフォローしてあげればいいだけでしょ?」

カリオストロ「まあそりゃそうなんだが・・・お前は誰に付く?」

マギサ「ちょっと気になる相手がいるから、それをマークするわ(ちらり」

コルワ「(くすくす)」


692 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:33:51 b55GIYPs
サッカーかと思ったら合戦の様相で草


693 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:34:44 WvCnaQkI
とりあえずキリがいい所なので今日はここまでにしておきます
あと2、3回に分けて投稿する予定です


694 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 00:36:48 sA4OGPxc
>守備を完全に捨てた0-0-0-11のフォーメーションですね。

捨てすぎィ!


695 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 01:25:51 6lBYYKyY
グランくんの意思はどこに行ってしまったのか


696 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 01:41:45 PhJjJetE
グランくん
カアイソウ カアイソウ


697 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 01:43:47 dUNAzjdo
ヴィーラを密かに応援してたら物凄い展開になってて草

ハッピーエンドに期待するゾ


698 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 07:38:55 L2a98I2Y
グランサイファー団員はグランをなんだと思っているのか


699 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 08:00:05 0e6psU1.
お空のおやつ程度には想ってるよ多分……


700 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 11:00:39 Wnkcbj3E
アルバハに睨まれたホワイトラビットに草生い茂るわ


701 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 22:04:25 msLGjkjU
喋る机ネタぐらいなら書けるかなと思ったけどそもそもグラブルよく知らんねんな…
だから誰か書いて


702 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 22:04:26 msLGjkjU
喋る机ネタぐらいなら書けるかなと思ったけどそもそもグラブルよく知らんねんな…
だから誰か書いて


703 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 22:10:02 eCc/QnBY
FW11人並んでるの想像したら草


704 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 22:53:45 bN2/xWpw
競馬ネタなら


705 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/19(木) 23:28:31 rIxcYiuU
ルリア……GK……中の人……わかるわ……

あっ、ふーん……(察し)


706 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 00:15:09 R1gf99Co
11人が横列組んで行進してるのがシュールすぎてジャングル生えた


707 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 00:34:20 AXfThmXs
今日はないのかな?


708 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 00:35:00 QMjVczNc
一応グラン君が交わっている行為自体は自由意志のものなのでは…


709 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 20:05:41 k0BrIcXo
ヴィーラ陣営にレズ2人いるのが気になりますね
ファール(意味深)が多発しそう


710 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 21:20:26 AXfThmXs
続きが気になって狂いそう…もう狂う!
もう待ちきれないよ、早く書いてくれ!


711 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:40:10 pRVp8tfQ
あまり書けていませんが続きをちょっと投下します
古戦場中なのでユルシテ・・・ユルシテ・・・


712 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:42:04 pRVp8tfQ
テレーズ「一斉に団長さんに襲いかかるヴィーラチーム!
それを阻止せんと走るルリアチーム!
両チーム団長さんの真上でスクラムを組んで彼を奪い合うー!」

アルタイル「これはもはやサッカーというよりラグビーかアメフトですね」

ゾーイ「15歳の子供相手に恥ずかしくないのか!いい加減に全空に恥を晒すのはやめろ!(グランくんからヴィーラチームメンバーを引き剥がしながら)」

シルヴァ「離せ、こっちはもうなりふりかまってられないんだ!」

アニラ「こら!離れぬか!団長が怯えておるじゃろう!(引き剥がしながら)」

アルルメイヤ「怯えていても子種は出るじゃないか、種だけでももらうのは悪いことじゃないだろう」

ダヌア「はなぁ・・・(ぐいぐい」

リーシャ「離して下さい!これもまた秩序なんです!新しい形の秩序なんですよ!」

カリオストロ「こんな公共の場で下着姿になって秩序とか言っても説得力ねーだろ!いいからグランの上からどけよ!」

テレーズ「ヴィーラチーム、団長さんに迫りながらも正論とともに引き剥がしに来る若年層相手に醜い言い訳を繰り返しています!
しかも引き剥がされながらもなお這ってまで浅ましく団長さんに迫っていく!」

アルタイル「この大会に出ていない小さい子達もこういう大人にだけはなってほしくないですね」


713 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:43:55 pRVp8tfQ
テレーズ「さあそこから抜け出し団長さんを奪ったのは・・・」

ドロシー「ご主人様ゲットです☆」

クラウディア「頂きました」

テレーズ「ヴィーラチームの核弾頭タッグことサーヴァンツだー!
ドロシーがお姫様抱っこで団長さんを抱きかかえ爆走、
クラウディアもそれに並走する!
そして早速自陣フィールド内で団長さんを押し倒しマウント状態に移行しているー!」

アルタイル「ヴィーラチームは全員が核弾頭みたいなものですけどね」

テレーズ「おっと早速団長さんを脱がし始めたサーヴァンツ!
試合開始3分、早速一発目が飛び出すかー!」

アルタイル「しかし相手チームのゴール内以外で出しても得点にならないことを理解しているのでしょうか疑問ですね」


714 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:44:51 pRVp8tfQ
ドロシー「それではドロシーがご主人様のご子息のお世話をさせていただきます☆」

テレーズ「ドロシーが団長さんのズボンに手をかけそのまま脱がしたが・・・
おっと団長さんの超鋼巨人ゴッドギガンテス、大地に立ちません!
団長さんのファイン・バナナの奥義ゲージは0%だー!」

アルタイル「流石に11人の年上女性からあんな迫られ方をしたら恐怖で勃つものも勃たないでしょう」

テレーズ「これではヴィーラチームお得意の逆レイプができない!これは万事休すかー!」

アルタイル「別に普通にときめかせればいいだけなのですがね」

クラウディア「そういうときはこれに限ります」

テレーズ「おっとクラウディア、団長さんの身体をうつ伏せにひっくり返す!
そして拳を構えましたが・・・?
これは団長さんのお尻にフルメタルインパクトを叩き込む構えだー!」

アルタイル「前立腺を狙って強烈なシュートを叩き込んで強制勃起を狙うようですね」

(ピピー)

テレーズ「おっと流石にここは審判団からファール!
クラウディア、ファールを取られました!」

アルタイル「流石に15才でガバガバどころかスカスカアナルは哀れですからね。
審判団は全員男性ですからその点を考慮したのでしょう」


715 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:47:35 pRVp8tfQ
テレーズ「おっとここでヴィーラチームからファールへの抗議が入りました。
『この程度でファールを取られたら試合にならない』
『判定が厳しすぎるのではないか』
『ルリパイアやめろ』とのことです」

アルタイル「本当に判定が厳しく下されていたらヴィーラチームの8割の選手は大会から永久追放されていてもおかしくないですけどね」

テレーズ「・・・抗議が終わったようです。ルリアチームが団長さんを保持して試合再開です」

カリオストロ「おい、行くぞクラリス!」

クラリス「いいよ、ししょー!」

テレーズ「おっと、試合再開から一気に飛び出したのはカリオストロ&クラリスの師弟コンビだー!」

クラリス「ねえだんちょー、クラリスちゃんのこと好きだよね?(ぎゅう」

カリオストロ「へっ、こんな小娘よりこのオレ様の方が好きだろ?(ぎゅう」

テレーズ「団長さんの両側に陣取り両側からアプローチを繰り返す!
まさに南葛のゴールデンコンビ並のパス回し!
そのままヴィーラチームのゴールにぐんぐん迫っていくー!」

アルタイル「南葛のゴールデンコンビは言い過ぎでせいぜい修哲トリオ並だと思いますね」


716 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:48:26 pRVp8tfQ
カリオストロ「へっ、オレのパス回しについて来れるとは成長したじゃねえか」

クラリス「ウチだって少しは成長してるからね☆」

リーシャ「・・・くっ、通しません!秩序ディフェンス!」

テレーズ「おっとここでディフェンスに定評のあるリーシャの秩序デイフェンスだー!」

カリオストロ「ザコはどいてろ!」

リーシャ「きゃっ!」

テレーズ「リーシャくん ふっとばされた!」

クラリス「きゃあ!」

テレーズ「クラリスくん ふっとばされた!」

カリオストロ「お前もどいてどうすんだよ!」

テレーズ「団長さんがラインを割りましたのでヴィーラチームが団長さんを保持して試合再開です」


717 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:49:39 pRVp8tfQ
マギサ「・・・貴女、何を考えているのかしら?予選にも出なかった貴女がどうしてこのチームに?」

コルワ「決まってるじゃない、ハッピーエンドのためよ」

マギサ「ヴィーラチームの理想が貴女の考えるハッピーエンドなのかしら」

コルワ「ええ、それも1つのハッピーエンドね。
皆が団長さんに平等に愛されて、可愛い子供を持って、騎空団もまた続いていく。
誰も不幸になることがない素敵な素敵なハッピーエンドじゃない」

マギサ「その理想を叶えるためにヴィーラの下に?」

コルワ「ここにいるとハッピーエンドが見られるから。
私は最高のハッピーエンドを間近で見たい。それだけよ」

マギサ「なるほどね・・・」

コルワ「ところで私なんかと無駄話なんてしてて良いのかしら?
私のチームメイトがゴールに迫ってるわよ?」

マギサ「心配いらないわ、このチームは私抜きでも強いから」


718 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:53:59 UmYucJOY
アルタイルの辛辣な批評で草


719 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:54:19 pRVp8tfQ
余り書けてませんが試合前半の半分くらいのここで今日は終わりです
試合の収集がつかなくなりそうですね・・・


720 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:55:37 b8d9NYY2
なんだか正義とまた別の正義のぶつかり合いみたいな話してますけど
やってる事は15歳の男の子強姦してるだけなんですよね


721 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/20(金) 22:56:37 bmqkG43I
書き始めたんだから毎日投下しにきて(ニッコリ)


722 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 00:13:20 s2IAFIp.
前半ほとんどキャプテン翼で草
アルタイルのあまりにも冷静な解説で草
客観的に見て逆レイプありまくりの大会っておかしいよな…


723 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 00:15:08 Xs97Z25M
まるで黒ミサみたいだぁ…


724 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 00:28:00 d./nbw/A
団長がラインを割るとかいう字面で草
アルタイルの冷静なツッコミ大草原


725 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 00:34:36 eDZ6dPF6
両陣営ぶつかり合い時の会話が酷くて草


726 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 00:44:13 Xs97Z25M
ていうか両チームのキャプテンがグラン以上に執着してるあの人はいつ出てくるんだ


727 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 01:04:35 IYWE05Ss
そう言えば最後にコルワが勝った前日譚スレのスレタイって何でしたっけ


728 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 04:52:35 YHRE1a4o
アルタイルの辛辣コメで草


729 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 04:58:31 VNRGclLs
アルタイルが眼鏡クイーしながら辛辣コメしてるの想像するだけで草生える


730 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 06:38:02 qDz3dRls
ジータがいないのがクッソ不穏なんですが大丈夫なんですかね…?


731 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/21(土) 21:42:41 s2IAFIp.
ジータは誰ともつるまないからね、しょうがないね


732 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/23(月) 00:51:31 NGNA/gy2
続きは古戦場が終わってからになりそうです


733 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/23(月) 01:12:14 kvW9cr7Q
了解です
ゆっくり執筆してください


734 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:27:10 cCqoc.XI
テレーズ「さあサーヴァンツとソーン&シルヴァのダブルタッグによる爆走!
ソーンが飛びながら団長さんを抱きしめ、さらに無理矢理胸を吸わせているー!
他の3人がソーンの周囲を護衛し敵チームから守る最強の形態!
4人の力に加え周囲のチームメイトもアシスト!
爆発的な勢いで敵陣を侵略していく!
爆発力は1+1で200!10倍だー!」

アルタイル「2倍ですね」

サラ「うう・・・止められません」

ヘルエス「この勢いを止めるのは皆で協力しなければ無理でしょうか」

テレーズ「ルリアチームもグランくんを奪いに行くが中々グランくんを奪うことが出来ない!
どんどんルリアゴールに迫っていくー!」

アルタイル「どう考えても飛ぶのは反則にした方が良かったようですね」


735 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:29:15 cCqoc.XI
ルリア「はわわ・・・止められるでしょうか」

アニラ「くふふ、我とアンチラさえおればゴールの心配などいらぬ。のうアンチラ?」

アンチラ「そうそう、ボクとアニラ姉ちゃんさえいれば大丈夫!」

ルリア「アニラさん、アンチラちゃん・・・!」

アニラ「さあ、行くぞアンチラ!」

アンチラ「うん、アニラ姉ちゃん!」

アニラ・アンチラ「「十二神将秘奥義・『年々歳々謝肉祭』!」」

テレーズ「おーっとこれは、アニラとアンチラの周りにマキラやヴァジラら10人の残りの十二神将が現れたー!」

アルタイル「トンデモサッカーのような雰囲気を帯びてきましたね」


736 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:30:26 cCqoc.XI
アニラ「これで数ならこちらが上じゃ!」

アンチラ「いくぞー!」

テレーズ「十二神将、そのまま十二人で団長さんの元へ突っ込んでいくー!」

ソーン「きゃあ!」

シルヴァ「くっ!」

テレーズ「そして団長さんを奪い返したー!
さらにそのまま12人でヴィーラチームのゴールへ爆走するー!
アニラとアンチラが団長さんの両隣をキープ!
マキラやヴァジラ、あとなんかまだ出てきてない8人位が周りをがっちりガード!
全員で攻めていたヴィーラチーム、ゴールは無人だー!」

カリオストロ「もしこの大会がタッグ大会だったらあの技であいつらが優勝してたかもしれねーな」

クラリス「いっけええええええー!」

テレーズ「このままルリアチームが1点先制・・・
おーっと!違う!ゴール前にはナルメアだー!
ナルメアがいつの間にか立ちふさがっているー!」

ナルメア「・・・・・。」


737 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:32:04 cCqoc.XI
アンチラ「どうする、アニラ姉ちゃん?」

アニラ「なぁに、1人くらいなぞどうとでもなる!このまま突っ込めば1点じゃ!」

アンチラ「よーし突っ込め―!」

テレーズ「12人と団長さんが一気にヴィーラゴールに突っ込む!」

ナルメア「・・・邪魔。胡蝶刃・神楽舞」

アニラ「ぐうっ!」

アンチラ「わーっ!」

テレーズ「おーっとナルメア、刀を抜きわずか一閃で十二人全員を斬ったー!」


738 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:33:20 cCqoc.XI
カリオストロ「おい審判、あれは退場だろ!殺す気だっただろ!」

(ピピー)

テレーズ「これは殺意を持った攻撃ですね、審判がナルメア選手に退場を告げ・・・」

ナルメア「・・・私が斬ったのは紛い物だけ。2人は無傷」

テレーズ「おっと・・・?斬ったのはアニラとアンチラ以外の10人だー!
アニラとアンチラは無傷!そして斬られた10人が消えていくー!」

アルタイル「恐らくはエネルギーを実体化させる技だったのでしょう」

アニラ「くぅっ・・・もう一度・・・」

ナルメア「・・・立ちふさがるなら次は斬る」

アンチラ「うう・・・」

テレーズ「あーっと2人共ナルメアに威圧されて立てません!」

アルタイル「威圧されたのもありますが、エネルギーを使い果たしたのもあるでしょう、
10人を具現化させるのには相当のエネルギーが必要でしょうからね。
それが消された今、もう一度あの技を使うのは無理でしょう」

ナルメア「さあ団長ちゃん、お姉さんと一緒にお散歩しましょうか♪」

テレーズ「ナルメア、先程の殺意を込めた表情から笑顔に変わったー!
そして怯える団長さんの手を半ば強引に引いてルリアゴールにゆっくり歩いていくー!」

アルタイル「まるで江戸川先輩の顔面返しのような豹変ぶりですね」


739 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:35:41 cCqoc.XI
リーシャ「ナルメアさん!私がフリーですよ!パスパス!秩序的にパス!」

アルルメイヤ「ふふ、私の方もフリーだよ」

イシュミール「私の方に・・・」

ヴィーラ「さあナルメアさん、皆で協力してゴールを狙いましょう」

ナルメア「うるさい」

ヴィーラ「!?」

ナルメア「何で団長ちゃんを渡さなきゃいけないの団長ちゃんは私だけのもの団長ちゃんがいないと私は・・・(爪を噛みながら)」

ナルメア「だからどいて。どかなければ斬る」

テレーズ「おーっとナルメア、パスを拒否だー!
ヴィーラチームのメンバーたちも半ば怯えているー!」

ヴィーラ「...私はとんでもない化物を生み出してしまったのかもしれませんね」


740 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:37:04 cCqoc.XI
ゾーイ「・・・何という殺気だ、私ですら近付くのをためらってしまうとは」

ダヌア「こわぁ・・・」

サラ「・・・怖いですね・・・
(この状態で近付くのは得策じゃないですね、
誰か適当な他の人に近付かせて斬らせて退場を狙うのが良いかもしれません)」

クラリス「クラリスちゃんにお任・・・」

ナルメア「(無言で睨む)」

クラリス「ひいいいいいい」

テレーズ「ナルメア、敵にも味方にも殺気を発しながらゆっくりとルリアゴールに近付いていく!
ルリアチームも誰一人近寄れなーい!」

アルタイル「すごいですねこれ」


741 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:37:07 FyUJUaCg
>江戸川先輩の顔面返し

その例えはさすがに草生える


742 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:39:12 cCqoc.XI
マギサ「・・・まずいわね、止めに・・・」

ソーン「そうはさせないわ」

シルヴァ「悪いがここにいてもらおうか」

イシュミール「ごめんなさい、3人がかりで貴女を止めるように言われてるの」

マギサ「・・・3人がかりのマーク、これじゃどうしようもないわね」

ルリア「マギサさん!・・・なら、私が止めに・・・」

コルワ「ブランシェ・フィル!」

ルリア「糸・・・?きゃあ!」

コルワ「悪いけどルリアちゃん、貴女はここでおとなしくしててくれる?」

ルリア「う、動けな・・・」

テレーズ「おーっとルリアチーム、要のマギサには3人がかりのマーク!
ルリアは糸で巻いて封殺だー!」

アルタイル「主戦力を一気に封じる、中々の策ですね(メガネクイー」

ヴィーラ「ふふ、ルリアさんとマギサさんさえ封じればあのチームは封じたも同然です。」


743 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:40:15 MU1xngC.
これはエゴイストモンスター


744 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:40:34 cCqoc.XI
ナルメア「さあ団長ちゃん、着いたわ!
ここでお姉さんとイイコトしましょうね・・・♪」

テレーズ「ナルメア、ルリアゴールに到着!
団長さんを押し倒しキスをし、脱がしていくー!
悔しそうに見る両チームメンバーだが、誰も怖くて近寄れなーい!」

(ピピー)

テレーズ「おっとここで得点判定!ヴィーラチーム、1点先制です!
点数が入ったため団長さんが審判により中央に戻されますが、
引き剥がされたナルメアは審判団をすごい形相で睨んでいます」

アルタイル「一応審判を攻撃しない理性は残っていましたね」


745 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:42:21 cCqoc.XI
カリオストロ「1点入れられたか・・・だがまだ前半、チャンスはある」

ヘルエス「だと良いのですけどね・・・
ルリアさんとマギサさんが封じられていますし、
アニラさんとアンチラさんもバテていますので実質こちらは7人で点を取らなければいけません」

ゾーイ「厳しい状況だな」

テレーズ「さあルリアチームが団長さんを保持して試合再開です!」

ヘルエス「さて行きましょうか団長さ・・・!?」

テレーズ「おーっと!ヴィーラ、試合再開後一瞬の隙をついてヘルエスから団長さんを奪った!」

ヴィーラ「行きましょうか、シュヴァリエ」

テレーズ「そしてシュヴァリエを纏い無人のゴールに爆走していくー!
すごい速さです!速い!速い!
殺人シュヴァリエ走法にルリア将仰天だー!」

アルタイル「走る凶器ですね」

ゾーイ「くっ、速い!間に合わない・・・」

カリオストロ「くそっ、得点を焦って全員を前に出しすぎたか・・・」


746 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:45:03 cCqoc.XI
テレーズ「そして誰も追いつけないままルリアチームのゴールに入った!
さらに手際よく団長さんを脱がせ、団長さんのデリシャス・バナナがご開帳されるー!
そして自らも下を脱ぎ、逆レイプの体制に入ったー!
そして団長さんにまたがり腰を動かし・・・?
おっと出たー!団長さん、今日1発目の射精だー!
早い、あまりに早い一発!
試合再開からわずか10秒でゴール&射精!
10秒カウンターで2点目をもぎとったー!」

アルタイル「今日は今まで両チームの色々な女性から色々なアプローチを受けていましたが、
射精はゼロでしたからね。
溜まりに溜まった分、出るのも早かったんでしょう。
例えるなら奥義ゲージ200%でしたから。
ヴィーラはそれを狙っていたのでしょうね」

ルリア「そんな・・・」

テレーズ「おっとヴィーラ、射精に気付かないフリをしながらまだ腰を動かしている!」

アルタイル「流石に速すぎて本人は満足できてないでしょうからね」

テレーズ「おっと、審判団が『これ以上続けたら遅延行為でイエローが出る』と警告し
しぶしぶ離れたようです」

アルタイル「警告しなければイエローどころか出し尽くさせて団長のレッドまで出させるつもりだったのでしょうね」


747 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:47:12 cCqoc.XI
ヘルエス「申し訳ありません、私のミスです」

カリオストロ「お前に責任はねーよ、オレ様が得点を焦るあまり全員を前線に出しすぎただけだ。
もっと後ろに下げていれば点は入らなかった」

クラリス「クラリスちゃんなら止められたのになー」

カリオストロ「はいはい、そうだな」

ルリア「もう2-0...この勝負、勝てるんでしょうか...」


748 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:48:51 cCqoc.XI
今日のところはここまでです
たぶん次回で前半は終わる予定ですね...


749 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:49:46 N1/CHlbo
カタリナー!早く来てくれー!


750 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:50:45 FyUJUaCg
クソ面白ェ 楽しませてもらったよ


751 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 00:51:34 vEvU4pUM
>サラ「・・・怖いですね・・・
>(この状態で近付くのは得策じゃないですね、
>誰か適当な他の人に近付かせて斬らせて退場を狙うのが良いかもしれません)」


これはサブル島の忌み子


752 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 07:31:18 RP40V3SM
どんな形でもナルメアが活躍してくれてウレシイ…ウレシイ…


753 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 17:55:45 Llpq4KNI
これとても面白いんだけど時間もとてもかかるので勝利チームに所属してた人が自動的に勝ち抜けみたいなシステムにしちゃっていいんじゃないかな…


754 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 20:12:30 RP40V3SM
勝利チーム全員が勝ち上がりとなると、今きれいに善チームと悪チームに分かれてるから(サラちゃん除く)今後の試合がマンネリ化しそう
チームに関係なく試合貢献度の高い上位11人勝ち上がりとかどうですかね?
基準が曖昧すぎるかな…


755 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/25(水) 22:34:34 7JXoA2pc
サッカー不参加組の動向が不穏すぎるんだよなぁ…


756 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:24:18 .Xn42ick
箸休めに小ネタ投下
ダイジェストされた【グループD】ナルメアvsユエルの様子


757 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:24:33 .Xn42ick
どこかムッとした熱気が感じられる、ここは騎空挺グランサイファー号の団長室
いま静かに戦いの火蓋が切られようとしています!
お姉ちゃんの座は譲れないが正妻の座も譲れない!欲張り胡蝶ナルメア選手の入室です!
続いて入室しましたユエル選手!エルーンがエロいのは常識だがこれはもはや存在そのものがエロスの塊であります!
両者の圧倒的な存在感によってもはや試合会場というよりは子作りの戦場!古戦場ならぬ子戦場といった有様です!
しかし彼女たちが求めるは天星器ならぬ団長の天性器!この戦いの果ては生か死か!あるいは精か子でしょうか!


758 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:25:22 .Xn42ick
さあ試合が始まりました、おおっと早速ユエル選手が脱衣して団長を押し倒しました!逆レイプです!速攻を仕掛けます!
流れるように団長チンポがご開帳されます!チンポと言えばバナナ!バナナと言えばチンポ!
あまたの女性団員達を虜にしてやまない団長の性器はもはや魔法か奇跡の産物か!マジカルバナナ!ミラクルバナナであります!
さあユエル選手、自慢のオッパイで挟みます!パイズリが決まりました!
上下に揺れ動く美乳と張り詰めた怒張はもはやパイとパイの小宇宙!
名イベントと名高いミックスパイをこの地でも再現するとでも言いたいのでしょうか!信じられません!


759 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:26:31 .Xn42ick
ナルメア選手、ようやく硬直から脱出して脱衣するもホールドされた団長をお世話できません!
ユエル選手は間髪入れずにチンポを入れます!射精しましたさらに追加点!もはや団長の射精は止めることは不可能であります!
団長も負けてはいられません!ヴィーラ選手に逆レイプされた経験はそれこそ星の数!星の民にも負けない空の民の意地を見せます!
復活です!団長のチンポがいままさに復活しました!ピンチの時こそ威力を発揮する、股間のグラーシーザーとでも言いたいのか!
しかしユエル選手、今度は足コキを繰り出しました!さながらタタラ炉に空気を送るバルツの鍛冶師のごとき技前です!
ナルメア選手はこの隙に団長の顔にドラフ巨乳を押し付けます!頭を撫でながら乳首を吸わせて授乳プレイの体制に入ります!
はたして挽回できるのでしょうか!?


760 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:28:18 .Xn42ick
『今ならシェロカルテオンデマンド映像特典として実況入り副音声が視聴可能です。』


761 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 01:38:00 sRX.UJ.k
ミラクルバナナ...バナナと言ったら黄色...!


762 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 03:50:08 Bw3yqMa.
お空にも古舘っていたんだな


763 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/26(木) 07:58:39 UtQgxe7.
そういえばイオやロゼッタがおらんな…今更だけど
そしてミカちゃんは義母ワールドカップに出場しそう


764 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 00:46:24 kB/fPuwc
更新まだですカネ?


765 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 07:52:11 .FhBxzs.
あれだけの大作なんだし、こちらもゆっくり待とうぜ


766 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:41:33 wzdWLuKE
テレーズ「おーっとヴィーラチーム全員全裸になって団長さんに向かっていく―!」

アルタイル「服を脱ぐと身軽ですからスピード勝負にいきましたね。
しかしいくら全裸の美女たちが向かってくると言ってもあの気迫で襲いかかられたら
もう女性で勃たなくなる可能性もありますね」



テレーズ「おーっとヴィーラチーム、安全な自陣で団長さんを脱がした!
そして団長さんのデリシャス・バナナをしゃぶりだしたー!
しかも周囲を集団で囲んで守りも完璧だー!」

アルタイル「堅い防御陣を敷いてのフェラチオ、これが本当の堅(カテ)ナチオですね」



テレーズ「今度はヴィーラチーム、身体にローションを塗りたくって全員突撃だ―!」

アルタイル「次回大会は全試合ローション相撲大会で良いのではないでしょうかね」


767 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:42:23 wzdWLuKE
カリオストロ「・・・はぁ、はぁ・・・散々好き放題やられたな」

ヘルエス「しかしなんとか皆さんで無失点には抑えられましたね」

アンナ「す、すごかったね・・・」

サラ「わたしにはなにをやっているかよくわからなかったですけど、すごかったですね
(あの人達が好き放題やってるのも今のうちだけですけどね、
いずれ団長さんは6才年下の身体でしか満足できない体になるんですから)」

ゾーイ「前半残り3分、何とか守りきりたいものだな」

クラリス「守るだけじゃなくて攻めなきゃ!」

カリオストロ「それができりゃ苦労はしねーんだよ、
第一なぁ、2点目入れられてからずっと防戦一方じゃねーか」


768 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:44:09 wzdWLuKE
テレーズ「さあ前半も残り3分!これが前半最後のゴールチャンスとなるでしょう!
ヴィーラ、団長さんの顔を胸に押し付けながらゴールまで爆走するー!」

アルタイル「ここで決めて3-0になればほぼ試合が決まりますからね。
ルリアチームとしてはなんとか2-0で前半を折り返したいところです」

カリオストロ「行かせるかぁ!行けウロボロス!」

闇ジャンヌ「そうはさせん・・・リヴァース・シフト!」

テレーズ「おーっとすごい技のぶつかり合いだー!
ウロボロスでヴィーラの進路を妨害させようとするカリオストロ、
それを闇ジャンヌが技で押し止めるー!」

イシュミール「この先は行かせない・・・レド・ブラスト」

アンナ「と、通して・・・!エレメンタリーブレイズ!」

テレーズ「そして今度はイシュミールが氷で巨大な壁を作りルリアチームを妨害だー!
しかしすかさずアンナが特異の炎魔法でそれを溶かして相殺させるー!
更にあちこちで激しいぶつかり合いが起きている!
両チームそれぞれの技を使って前半最後の攻防だー!」

アルタイル「ヴィーラチームがほぼ全員下半身丸出しでなければすごい白熱した試合なのですけどね」


769 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:46:20 wzdWLuKE
サラ「グラフォス!」

ヴィーラ「くっ、砂で足を取られ・・・」

テレーズ「おっとサラ、グラフォスの砂をヴィーラの前に大量に撒き散らして移動を妨げる!
この砂ではまともに走れなーい!」

ヴィーラ「しぶとい方々ですね。
ですがこんなもの飛び越えればもうすぐゴール・・・」

クラリス「パパ直伝!錬金ターックル!」

ヴィーラ「きゃあ!」

テレーズ「おーっと、砂地をシュヴァリエを使った大ジャンプで回避するも、
無防備な着地時に必殺の錬金タックル!
錬金術の名門にのみ伝わると言われる秘術が炸裂だー!
ヴィーラ、転倒ー!」

クラリス「大丈夫!?だんちょー!早く逃げるよ!」(ぎゅう)

テレーズ「奪ったー!あのクラリス(140位)がヴィーラを止め団長さんを奪ったー!」

アルタイル「明日のファータ・グランデスポーツの一面記事は決まりですね」

クラリス「よーし、ここから反撃・・・」

ヴィーラ「・・・ふぅ。大勢で私から団長さんを奪って即退散ですか。
やはりあなたは敗北者ですね、クラリスさん」

クラリス「ハァ・・・ハァ・・・敗北者!?」

カリオストロ「乗るな、クラリス!戻れ!」

ルリア「クラリスさん!」


770 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:49:22 wzdWLuKE
ヴィーラ「初期に騎空艇に乗り込んでから何年もの間、
団長さんの女友達に君臨するも恋愛対象にはなれず何も得ず。
終いには開催国枠でお情けでこの大会に出場して無様な試合で惨敗して真っ先に敗退!
実に空虚ではありませんか?」

クラリス「黙っててよ!」

ヴィーラ「でもクラリスさん、良いのですよ。
・・・クラリスさん、私たちの仲間になりませんか?」

クラリス「え?」

ヴィーラ「もし私達の優勝を阻止し、ルリアさんが優勝したとしましょう。
そして再び団長さんを巡る恋愛レースが始まったとして・・・
貴女は心のどこかではまた負ける、どうせ勝てないと思ってるのでしょう?」

クラリス「う・・・」

ヴィーラ「無理はする必要ありません。
団長さんなら何人妻や子供がいても全員愛してくれるでしょう。
そこに勝ちも負けもありません。
もう負ける悔しさも劣等感も味わう必要なんて無いんですよ。
あなたも団長さんの妻の一人となって皆で楽しく暮らしませんか?
さあ、一緒に参りましょう・・・」

クラリス「・・・・」

テレーズ「おーっとヴィーラ、ナルメアを勧誘した話術でクラリスの寝返りを誘うー!」

カリオストロ「チッ、あのままクラリスごとグランがヴィーラのとこに行って点が取られたらもう・・・
おい!クラリス!」

クラリス「うちは・・・」


771 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:53:18 wzdWLuKE
クラリス「うちは・・・戦う!絶対に逃げない!
戦わずに幸せだけ得るなんて・・・そんなのはただの逃げじゃない!
嫌なのもう!もう勝ちたいのウチは!
一生このまま!負けたままで生きたくない!
お前に勝つ!」

カリオストロ「あいつ・・・」

ヴィーラ「チッ...この!」(ガチビンタ

クラリス「きゃあ!」(バタリ

(ピピー)

ヴィーラ「あっ・・・つい手が(うっかり)」

テレーズ「おーっとこれはヴィーラにイエローカード!故意の暴力行為は反則です!」

アルタイル「ゴキブリが急に向かってきたからつい叩いてしまったみたいな感じでしょうね」

カリオストロ「おい、大丈夫か?
だがこれでもうヴィーラは退場を恐れて無理なプレイができない。
よくやったぞ」

クラリス「うんだいじょう・・・ぎゃああああ」(ゴロゴロゴロゴロ

テレーズ「クラリス選手痛みに悶絶して転がるー!」

ヴィーラ「そんな強く叩いたはずは・・・」

アルタイル「これは立ち上がろうとして足を捻り、痛みで転がったようですね。
しかしネイマール並の回転でした」

カリオストロ「・・・はぁ、せっかく少しは根性見せたから褒めてやろうと思ったらこれか」

テレーズ「残り30秒、ルリアチームが団長さんを保持して試合再開です」


772 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:55:37 wzdWLuKE
(ピッ、ピピー)

テレーズ「ここでホイッスル!前半が終了しました。
2-0、ヴィーラチーム2点リードで折り返します」

アルタイル「予想に反して一方的にヴィーラチームが攻め立てる展開になりましたね。
ルリアチームは後半厳しいかもしれません」


アニラ「はぁ・・・これは試合終了まで・・・もたんかもしれんの・・・」

アンチラ「アニラ姉ちゃん・・・ボクももうだめかも・・・」

サラ「はぁ・・・はぁ・・・」

ダヌア「うぅ・・・」

アンナ「疲れた・・・」

クラリス「あいたたた・・・さっきひねった足が・・・」


ヘルエス「これは芳しくない状況ですね」

カリオストロ「ああ、アニラとアンチラはあの後もあの技を乱用して完全に疲れ切ってる、
サラやアンナやダヌアもガキでそんなに体力がねーのに45分走り回らされて疲れてる。
頼みのマギサやルリアも徹底マークされてる・・・
このままだとマズいな」

ルリア「うう・・・ごめんなさい」

マギサ「そうね、このままだと押し切られるか・・・
そうでなくとも完全に守りに入られたらどうしようもないわね」

???「だったらあたしが出るよ!」


773 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:56:47 DwqFQ3Mc
>>766
もう蛮族だろこれ


774 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 21:58:39 wzdWLuKE
ルリア「カレンさん!?」

カリオストロ「何を企んでんだ、お前には関係ない試合だろ?」

カレン「別に?だってさだってさ!団長は一般的に団長代理のモノでしょ?
皆で分け合うとか私に勝手に何言ってんのって感じでさ?
だからさぁ・・・」

クラリス「?」

カレン「・・・正直、気に入らないのよね。あいつら」(ギリギリ

クラリス「ひぃっ!」

カレン「だから今回だけあたしが代わりに出てあげるから!
キャプテンやってもいいよ!」

カリオストロ「・・・まぁ、心強いことは心強いな」

ルリア「よろしくお願いしますね、カレンさん!」

カレン「ふふーん、任せてよ!」


775 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 22:01:20 wzdWLuKE
テレーズ「さあ、間もなく後半試合開始です!
ルリアチーム、体力の付きたアンチラとアニラを下げてカレンを投入してきました!
正妻パワー1200%増しの水着姿で登場です!」

アンチラ「ボクの分まで頑張ってよー!」

アニラ「頑張るのじゃぞー!」

カレン「ふふん、わかってるってー!」

アルタイル「ポーチャーズ・デイも現在復刻されていますからね。
その正妻力は決勝トーナメント勝ち残り者でもトップレベルだと噂されています」

カレン「いくぞー!」

ルリア「はい!皆さん、後半もがんばりましょう!」

9人「おー!」

カレン「そうだ、ひとつ秘策があるんだけど」

ルリア「秘策・・・ですか?」

カレン「うん!点が取れるとっておきのやつがね!あたしに任せといてよ!」



テレーズ「ヴィーラチームは後半も0-0-0-11のフォーメーションですね」

アルタイル「また試合開始直後に団長に一斉に脱ぎながら襲いかかるのでしょうね。
女性に対してトラウマが出来ないことを祈るばかりです」

テレーズ「そしてルリアチームも出てきましたが・・・?
おっとルリアチームも0-0-0-10のフォーメーションだ!
フィールドの最前線に10人が横並びになっているが?」

アルタイル「ファランクス同士のぶつかり合いになるのでしょうか、
横に並んだ両軍が殺気を込めて睨み合ってもはや合戦前ですね」

テレーズ「さあ、ルリアチームからキックオフです!」


776 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 22:05:26 wzdWLuKE
ここで今日は終わりです
やっと前半が終わりましたね...

残りのスレの尺的にヴィーラVSルリアが終わったら準決勝か決勝まで各試合ハイライトで終わらせて、
スレを立てた時から考えてあったオチを書いて一旦話を終わらせ、
その後は「もしこのキャラが優勝していたらこういう未来になった」的な個別エンドをスレの最後まで書いていこうと思ってるのですがいかがでしょうか


777 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 22:07:13 X1rNVWWo
スクラムかな?


778 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 22:09:08 kB/fPuwc
良いと思うぞ
というか思いもかけず大作になったな


779 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 22:14:08 jUO8Wxps

https://i.imgur.com/grWRgGb.jpg


780 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/28(土) 23:16:19 guHH.l2A
自分もIFルートやダイジェスト補完したいから歓迎ゾ


781 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/29(日) 00:10:17 zCZmzT8M
(物凄い超大作で)ブルっちゃうよ…


782 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/29(日) 00:18:39 AfknmuX2
これで正妻が決まらないとまたグランくんの顔が曇るね


783 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/29(日) 00:19:09 zCZmzT8M
それにしてもヴィーラの言ってることの方が正しい気がしてきた…(洗脳


784 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/29(日) 02:00:12 qaHQ2vUM
グラン君からも普通にやることやってるからね


785 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/29(日) 04:55:15 m2LH/Pm.
赤犬ラップの流れになりかけて笑った


786 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:31:31 u297hxg2
テレーズ「ヴィーラ独走!誰も追いつけない!
後半始まって即団長さんを奪い、そのまま無人のゴールへ突き進む!
このまま1点追加かー!」

カレン「うー、上がりすぎたー!ちょっと待ってよー!こら待て―!」

クラリス「ぜえ、ぜえ・・・何が秘策があるから任せといて、よー!
前半同じやり方で点取られたのにー!」

カレン「だってだって!チーム全員が相手ゴールに近ければ絶対ゴールしやすいじゃん!!」

カリオストロ「それだけの作戦だったのかよ!
期待したオレ様がバカだったか・・・」

アルタイル「得点を狙おうと前線が上がりすぎていましたね。
守りの要のマギサもマークで封じられていますしルリアもまたコルワの糸で縛られています。
ここで1点取られたらほぼ決定的といえるでしょう、何とか守りたいものですね」

ゾーイ「あれは・・・?」

テレーズ「・・・おーっと!?マントを羽織った謎の影がルリアチームのゴールポストに登っている?
そして何やらヴィーラチームのゴール目掛けて射ち出したー!
ヴィーラゴールのゴールポストに何やら突き刺さったが?」

カリオストロ「誰だあいつは?」

???「アンカー射出成功、立体機動装置準備完了。
キック力増強シューズ最大出力」

テレーズ「そして何やら謎の人物の足が輝いているー!」


787 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:35:14 u297hxg2
???「・・・クリンゲン・トルナード!」
 
テレーズ「おーっと、謎の影がコーナーポストを蹴りヴィーラに向かってすごい速さで飛んだー!
蹴られたコーナーポストは足型が残るほどのキック力ー!
そして超高速でヴィーラからすれ違いざまに団長さんを奪うー!」
 
ヴィーラ「ぐっ、なんですって・・・!?」
 
テレーズ「そして団長さんを抱き上げたままヴィーラ側のゴール内に着地!
そして素顔を見せ、団長さんを優しく撫でた後にキスを交わすー!
謎の人物による得点!
なんと大ピンチから一転、ルリアチームが1点返したー!!」
 
アルタイル「1点と一転がかかっていますね〜、と大会主催者はコメントしていますね。
しかしあのワイヤーを使った特殊な空中移動が使えるのはこの団ではごく一部、
そのほとんどはこの大会には全く関係していないメンバーのはずですが・・・」
 
???「こんな相手に苦戦してるの?決勝で戦う前に負けるなんて許さないから」
 
ルリア「あなたは・・・」
 
ヴィーラ「あら、ジータさんではないですか」
 
テレーズ「おーっと、謎のマントの正体はジータだー!」


788 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:39:13 u297hxg2
ジータ「クラリスがさっき言ってた事は間違ってないわ。
私は全員叩き潰す気だけど、正面からグランの正妻を狙ってくる相手は嫌いじゃない。
でも正妻を狙わず妥協した幸せを得ようなんてのは気にくわない。ただの逃げ。
子供が産めればいい?愛してもらえれば何番目でもいい?
これはグランを得られるか得られないか、0か100かの勝負でしょ?
正妻を狙わないそんな志の低いあんたたちには・・・
子供どころかグランの精子1匹だって渡さないから」

ジータ「だから、ヴィーラさん、そしてヴィーラさんに賛同したみんな。
私はここで、貴女たちを完全に『潰す』。
心も体も完全に叩きのめして完全に立ち直れなくする。
二度とグランに近付こうなんて思えなくなるように」

テレーズ「おーっとジータ、乱入して早くもヴィーラチームに宣戦布告だー!」
 
ヴィーラ「・・・・。」

ルリア「ジータが味方なら心強いです!」

ジータ「勘違いしないでルリア。
叩き潰したい相手がいるから手を組むだけ。
もしこの試合が終わればあなたといえど敵同士」
 
ルリア「・・・」
 
ジータ「でもこの試合の間だけは協力するわ(にっこり」
 
ルリア「は、はい・・・!」
 
テレーズ「ジータがルリアチームに参戦!再び11人VS11人になったー!」


789 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:42:51 u297hxg2
シルヴァ「ジータはあちらのチームメンバーではない、今の得点は反則じゃないのか?」
 
ソーン「そーんよ(便乗)」
 
ドロシー「ドロシーも今の得点は無効だと思います☆」

イシュミール「私もずるいと思う・・・」

リーシャ「秩序的ではないですよね!」
 
テレーズ「おっとヴィーラチームから抗議が入りました。
今の得点は無効じゃないかとのことです」
 
アルタイル「普通は乱入者が1点入れても点数にはなりませんからね。
この大会に今更普通を求めても仕方ないですが」
 
テレーズ「ヴィーラチームのほとんどで審判を取り囲み抗議を行っています」
 
ヴィーラ「お静かに」
 
テレーズ「おっと、ヴィーラが彼女らを止めていますか?」


790 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:44:52 u297hxg2
ヴィーラ「恋愛はルールなんて本来存在しないものです。
嘘に抜け駆け、騙し討ち。
シュヴァリエへの責任転嫁に睡眠薬に逆レイプなんでもありです」
 
アルタイル「正論ですが、15才の少年にしていいかは別ですね」

ヴィーラ「それで皆さんは不意に意中の相手を取られたら泣きわめくのですか?
卑怯だと罵りますか?正々堂々勝負しろと吠えますか?
本来恋愛にはルールなんて存在しない。取られた方が悪いのです。
ですから、私は得点を認めます。みなさんもそれで良いですね?」
 
テレーズ「おーっとヴィーラ、得点を認める発言だー!」
 
アルタイル「もう少し別の場ならかっこいい台詞だったんですけどね」
 
テレーズ「チームメンバーも渋々それを認め、得点となります!
ルリアチームが1点返し、2-1です!」
 
ジータ「・・・随分余裕ですね、ヴィーラさん。
貴女がダメだって言えば点は入らなかったのに」
 
ヴィーラ「ふふ・・・好都合だと思ったからです。
ジータさん、ルリアさん、マギサさん。
私はあなた方3人がこの大会の3強だと思っています。
この3人を同時に敵に回し勝つことができれば私はこの大会、
間違いなく優勝するでしょう」
 
ジータ「それはどうですか?
この試合に勝ってもマギサさんも私も敗退にはなりませんよ」
 
ヴィーラ「そういうものなのですよ。
一度格付けが済んでしまえば短期間では覆らない。
貴女も心の底ではわかってるのではないですか?」
 
ジータ「・・・」
 
ヴィーラ「ふふ・・・貴女もいつでもこちら側に来てもよろしいのですよ。
そちらのチームの誰でも歓迎しますが、ジータさんなら特に大歓迎です。それでは」


791 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:50:08 u297hxg2
マギサ「ふふ・・・これで少しは勝てる可能性が出てきたかしら?」

???「あの・・・」

マギサ「あら、あなたは・・・」




ジータ「みんな、ここから攻めていくわよ!」

カレン「攻めなら任せといてよ!」

クラリス「クラリスちゃんも合わせてスリートップで得点力ドカーンだね☆」

カリオストロ「お前はゴール前にでも居座って壁にでもなってた方が良いんじゃないか?」

マギサ「ちょっと良いかしら?良い作戦が有るのだけれど」

クラリス「作戦?」


792 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 21:55:54 u297hxg2
テレーズ「スコアは2-1、ヴィーラチームが団長さんを保持して試合再開です。
試合が始まり団長さんを抱きかかえたのはドロシーですが・・・
おっとルリアチームのゴールポスト上にはジータ!
その手にはアンカーを持ち、立体機動装置とキック力増強シューズで再びゴールを狙っている!」

アルタイル「再び同じ作戦で点を狙うのでしょうか」

テレーズ「そしてアンカーを射出したー!」

ヴィーラ「させません!シュヴァリエ!」

テレーズ「おっとアンカーをシュヴァリエで叩き落としたー!」

ヴィーラ「そしてドロシーさんを皆さんで囲んで下さい」

テレーズ「おーっとヴィーラチーム、
団長さんをお姫様だっこしたドロシーを全員で囲む!
これでは団長さんを奪えず先程の戦法は通用しないー!」

ジータ「クリンゲン・トルナード!」

テレーズ「立体機動装置が使えずともキック力増強シューズで強化した超人的キック力だけで跳躍し突っ込んでくるジータ!
団長さん目掛けて矢のように突っ込むー!
しかしヴィーラチーム全員が迎撃体制、
このままでは撃ち落とされてしまうがー?」


793 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:00:07 u297hxg2
ジータ「真上ががら空きよ!」

テレーズ「おーっとジータ、空中で反転しながら空きの真上から狙いに行くー!」

リーシャ「秩序ディフェンス!」

クラウディア「フルメタルインパクト!」

シルヴァ「バリー・ブリット!」

ソーン「アストラルハウザー!」

テレーズ「おーっと、ヴィーラチーム一斉に必殺技で迎撃だー!
常人なら即死だから本来なら反則だがジータだから反則にはならないー!」

アルタイル「そもそも必殺技じゃないと止められませんからね。
それに正妻ワールドカップ参加者全員で殺す気で攻撃しても殺せるか不明です」

ジータ「くっ!」

テレーズ「流石のジータも撃墜ー!」

ヴィーラ「取り押さえて下さい」

ジータ「流行らせコラ!流行らせコラ!」

テレーズ「そしてヴィーラチーム、一斉に取り押さえるー!」

リーシャ「9人に勝てるわけ無いでしょう!」

ジータ「馬鹿野郎お前私は勝つわよお前!(全ヒロイン中最強)」

ヴィーラ「ふう、さすがはジータさんですがこうやって取り押さえられれば・・・」


794 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:03:53 u297hxg2
カレン「へっへーん、隙ありー!」

ドロシー「あっ!」

テレーズ「おっとヴィーラチームのほとんどがジータに気を取られている内に、
カレンが不意をついてドロシーから団長さんを奪う!
そして既にルリアチーム攻撃陣は全員上がっているー!」

アルタイル「先程の攻撃は陽動だったようですね。
ジータに注意を集めてその隙に攻撃陣が上がり、
隙を作ったところで団長を奪い一気に得点を狙う。
理想的な陽動戦術といえるでしょう」

ヴィーラ「くっ、迂闊でしたね。1点目があったから警戒しすぎてしまいましたか・・・」

テレーズ「ヴィーラチーム追いつけないー!
追いかけようとしても既に上がっていた攻撃陣により妨害されて進めないー!」

カレン「へっへーん、ゴールとーちゃく!」

テレーズ「カレン、ヴィーラチームのゴールに到着!」

カレン「ほらほら、こういうのが嬉しいでしょ?」(ぎゅう

テレーズ「そして水着から溢れる豊満な胸に団長さんの顔を押し付けるー!
そして何度も胸を押し付けそのたわわな2つの真夏の果実を団長さんに堪能させていくー!!」

アルタイル「普段友達感覚のカレンが水着を着てああいうことをしてくれば15歳の純情少年はあっさり落ちるでしょうね」

(ピピー)

テレーズ「ここで得点判定!ルリアチーム、なんと後半始まってからたったの5分!
鮮やかな攻めであっという間に2-2の同点だー!」


795 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:06:20 u297hxg2
カレン「ふっふっふ、流石はあたし!」

ジータ「あら、すごいのは何人もの相手を足止めした私でしょ?」

クラリス「え?クラリスちゃんでしょ?」

カリオストロ「だからお前は何もしてないだろうが。
一番すごいのは作戦を考えたマギサだろ。
こんな秘策を持ってたなんてな」

マギサ「私じゃないわ。ある人がさっき教えてくれたの」

クラリス「ある人?」




ルリア「レオナさんが・・・」

マギサ「そう。さっきまでカインと客席で一緒に見てたみたいね。
2人で相談して作戦を考えたみたいで、さっき私に作戦を教えてくれたの。
本来なら私達と一緒に戦いたかったみたいだけど、
まだ身体が治りきってないからって、
皆に宜しくと言って2人で帰っていったわ」

カリオストロ「なるほどな」

ルリア「・・・レオナさんのためにも、絶対に負けられませんね!」

ジータ「これで同点!ここから一気に攻めるわよ!」


796 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:08:06 u297hxg2
同点になったところで今日は終わりです
だいたいあと2回分くらいで試合は終わりそうですね


797 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:13:47 GdQUfCQ6
レオナがそういう形で登場するとは…
ほんとオールキャラ総進撃ですき


798 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 22:16:45 7pvVfT1g
シュヴァリエへの責任転嫁に睡眠薬に逆レイプなんでもありです

シュヴァリエ カアイソウ カアイソウ


799 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:11:04 Lccwqyo2
アルタイルの冷静なツッコミがいつも狂いかける俺の価値観を正常に戻してくれる


800 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:25:03 BpZA/qOU
>嘘に抜け駆け、騙し討ち。シュヴァリエへの責任転嫁に睡眠薬に逆レイプ

Dirty Deeds Done Dirt Cheepの歌詞を彷彿とさせるピカレスクなラインナップですね…


801 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:29:24 pGzDqrK.
>テレーズ「おっとアンカーをシュヴァリエで叩き落としたー!」

シュバリエもそろそろキレていい頃ではないか


802 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:33:49 EsuW2pxk
我は汝、汝は我だからね、仕方ないね


803 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:43:36 aOlpPVK2
>常人なら即死だから本来なら反則だがジータだから反則にはならない
>正妻ワールドカップ参加者全員で殺す気で攻撃しても殺せるか不明

ブロリーやゴジラみたいな扱いで草


804 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/30(月) 23:47:23 95xQs8gQ
ずっと思ってたけどガチビンタはイエローなのに糸で妨害はファウルですらないのか(困惑)


805 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:01:53 KmCtMwDg
グランくんはこんなめちゃくちゃな大会で優勝した人と本当に一緒になりたいんだろうか


806 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:03:25 HrF9n1uA
まぁグラン君も色々手を出しまくってたから相応の報いをしなきゃいけないしね


807 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:16:24 IlUUmBas
今はなんかルリアチーム仲良さげだけどここで勝っても次はこの仲間たちで奪い合い始めるんだよなぁ


808 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:24:59 YTs4lU5Y
されるがままに皆と肉体関係持って被害者面してるグランくんが一番倫理観欠けてるしお似合いなのでは


809 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:36:53 pw54sJXg
おい目を覚ませ。レイプされて完全な被害者なのに無意識に誘惑したり肉体関係を持った女が悪いと言ってる事は同じだ


810 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 00:46:49 KmCtMwDg
そういえばこの大会、グランくんが自分から迫って肉体関係を持ったのはジャンヌくらいかな


811 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/07/31(火) 01:18:30 m1MWsKy6
ソーンさんもオナニーしてたらグラン君に襲われてた気がする


812 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:09:41 yjL9VetY
サッカーの続きがもう少しかかりそうなので本来オチの後の個別エンドとして投下しようと思っていた
「クラリスちゃんが圧倒的優勝したエンディング」を箸休めで投下します


813 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:11:40 yjL9VetY
【クラリスちゃん圧倒的優勝エンド】

正妻ワールドカップは意外な形で幕を閉じた。
誰もが予想していなかったクラリスの大勝利。
予選はいつものように明るく振舞っていたが、
グループリーグから大人しい雰囲気を出してグランを魅了。
普段とのギャップにルリアやヴィーラ、
ジータやマギサ等といった優勝候補を全員下して優勝した。
圧倒的優勝を決めたクラリス、
しかし彼女は笑顔を見せながらもどこか浮かない顔だった。
 

正妻ワールドカップの早朝。
クラリスはこっそりグランサイファーから抜け出し、
一人で近くの港から出る早朝の定期船に乗り込んでいた。
・・・もう、自分はグランサイファーにはいられない。
船の甲板で風を感じながらクラリスは大会や団長の顔を思い返してため息を付いていた。


814 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:12:46 yjL9VetY
「クラリス、どこへ行くの?」
背後から響く声にびくりと驚く。団長さんの声だ。
「そ、その・・・そう!優勝したから家に帰るの!ママに報告しなきゃ!
だんちょーこそ、船出ちゃうよ?早く戻ったほうが良いよ☆」
とっさに思いついたにしては上手い言い訳だ。
最初は慣れなかったが、1ヶ月もすれば演技も多少はうまくなるものだ。
お願い、このまま帰って。
せっかく決意したのに、私にもう顔を見せないで。
「戻らないよ」
「どうして・・・?」
「今戻ったらもう貴女には二度と会えないから」
団長さんが私の肩を優しく掴む。
 
正妻ワールドカップという団長さんを巡る争いがある、と娘から聞いた。
呆れた大会があるものだと思っていたが、
更に呆れたのは「お願いだから入れ替わって」と娘に泣きながら頼まれたことだ。
気が進まなかったが、団長さんには前の事件以来興味があったから引き受けた。
娘には「プロメティア」として振る舞えるように家の様々な事を1ヶ月で教え込んだ。
当主の座は既にクラリスに譲っているのだからタイミング的には丁度良かった。
更にクラリスに10か20くらい年をとって見えるメイクも施すと、
血がつながっているだけあって本当に私そっくりの姿に変わった。
一方で私は若作りをしたりカツラや服を購入したり、
仲間の団員のこと、グランサイファー内での決まりごとなどの知識を覚えたりして
「クラリス」として振る舞えるように努力した。
大会の少し前から入れ替わっていたが、
努力のおかげでなんとか上手に取り繕うことが出来た。
 
最初はちょっとした遊びだったが、
普段の生活や大会で団長さんに触れて言葉をささやかれる内に、
大会で勝ち進んで団長さんと深い仲になっていく度に、
だんだん本気で心惹かれていく私がいた。
初恋の頃、とある騎空団に所属していた私はそこの団長に恋をした。
その恋は実ることなく団長は他の女性と結婚し、
私は家が決めたハロルドと結婚したが。
初恋の人を思い出すような彼の横顔に何度も心が揺れ、
自分が母親ではなく女だということを何度も実感することになった。
いつの間にか本気で団長さんを好きになっていたのだ。
 
「でもウチ・・・いえ私はクラリスではなくプ・・・!?」
「それ以上言わないで下さい、あなたは『クラリス』でしょう?」
唇で言葉を塞がれる。
「絶対に貴女を二度と家には帰しません。『クラリス』として僕とずっと一緒にいて下さい」
 
ああ、団長さんには全て分かっていたんだ。
私がクラリスではなくプロメティアだったことも。
クラリスと入れ替わっていることも。
遊びでなく本気で私を真っ直ぐに見る団長さん。
ここではっきり拒絶して振り払えば全部終わる。
振り払って家に帰って娘と入れ替われば全てが今まで通り。
振り払わなきゃいけないのに、拒絶しなきゃいけないのに、
言葉が出てこない。
身体が勝手に団長さんを抱きしめ、何度も唇を重ねてしまう。
 
「はい、ウチ・・・『クラリス』はずっとだんちょーと一緒に居ます・・・」
 
ごめんね、クラリス。
貴女はこれからプロメティアとして生きて。
でも良いでしょう?
皆は貴女が団長さんと結ばれたと思っているんだから・・・
 
その後、副団長となった『クラリス』は二度と家には帰らず、
ずっとグランの側にいて彼を支えた。
旅が終わった後『クラリス』は家を捨て、
誰も知らない辺境の島で二人きりで幸せに暮らしたという。


815 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:14:12 yjL9VetY
クラリスちゃん優勝できて良かったですね
なんか雰囲気が大人っぽいですけど気のせいでしょう


816 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:15:19 MHbf9KcA
ホラー展開やだ怖い…


817 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:20:08 uFt9OQMQ
うーんクズ親


818 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/02(木) 23:21:06 ca5Y8oWM
また親に負けたのか…(困惑)


819 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 00:17:54 20vlIRI6
勝負を最初から投げ捨てる姿勢、まさに恋愛クソザコらしい最期と言える


820 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 00:27:00 yRr0K28I
ビィ「なんだってぇ!?クラリスの正体がプロメティアだってぇ!?」(クソデカ大声)


821 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 01:50:59 7wrC8UHI
お 家 芸


822 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 07:34:36 im6DB1gc
ハァ・・・ハァ・・・『敗北者』?


823 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 15:02:46 BqskpiRg
グランくんもクラリスちゃん(偽)も幸せそうだしハロルドさんも妻が若返って嬉しいだろうしクラリスちゃん(真)ももう負けて嫌な思いすること無いしWin-Winですね


824 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 19:23:49 Ghk7rMzc
はい錬金タックル


825 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 22:15:57 0iBacOPM
なぜNanじぇいはしばしば怪作SSを生み出してしまうのか


826 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 22:34:13 vy4ZMXyg
クラリスちゃんの初めてがお父さんとか興奮する


827 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 22:49:57 Rjv9zFuI
>>826
この話も書いてほしい(他力本願


828 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/03(金) 23:05:06 vy4ZMXyg
>>826
誰か書いてくださいな(他力本願)


829 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 08:10:54 URXAK.rU
うーん、これはハッピーエンド!w


830 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:26:20 sPklYoNI
アルルメイヤ「さあどうしようか?
このままあちらの勢いだとまずいのではないかな?」

イシュミール「対策を考えるべき・・・」

ヴィーラ「ふふ、何の問題もありませんよ。
ところで皆さん、鳥かごは好きですか?」

闇ジャンヌ「鳥かご・・・?」


831 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:27:02 sPklYoNI
テレーズ「さあヴィーラチームが団長さんを保持して試合開始ですが・・・
おーっとこれは何だー!?
団長さんを地面に寝かせて騎乗位でヴィーラがまたがり!
それをヴィーラチーム全員で囲んでいる!
まさに鳥かごのようだー!」

アルタイル「鳥かごというよりも猛獣の檻に入れられた哀れな生き餌ですね」

ジータ「・・・あいつら!グランを汚すな!!」

カレン「おーっ!とっつげきー!」

クラリス「クラリスちゃんも続くよー☆」

テレーズ「ルリアチーム、皆で団長さんへの逆レイプを阻止せんと突っ込むー!」

ヴィーラ「かかりましたね。鳥かご第二形態!」

テレーズ「おーっとヴィーラチーム、全員で団長さんとヴィーラを持ち上げて・・・
神輿のように担いだー!
2人が騎乗位で交わったまま神輿のように担がれて・・・
ルリアチームのゴールへ突撃するー!」

カリオストロ「なにィ!」

アルタイル「実際にあんな祭りがあったらその風習のある島ごと沈めるのが良策でしょうね」


832 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:30:26 x1r8ecC.
アルタイルに心底同意してやまない


833 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:30:47 sPklYoNI
ゾーイ「ぐっ!」

クラリス「きゃあ!」

テレーズ「エロ神輿速い!速い!しかも強い!
止めに来たルリアチームを跳ね飛ばしながらゴールへ爆走するー!」

アルタイル「一人一人で突っ込むよりも神輿のように集団で突っ込む方が強いですからね。
しかもそれぞれがなんやかんや能力を使って神輿の推進力や破壊力をアップさせています。
あれはエロ神輿というよりもエロ戦車ですね」

マギサ「あれは突進力は有るけど横からの攻撃には少し弱いでしょうね。
バランスを崩した所に横からの衝撃が加われば崩せるかも・・・」

サラ「だったら・・・グラフォス!」

ヴィーラ「ぐっ!」

テレーズ「おーっとサラ、足元に大量の砂をまく!
高速で動いていた神輿、担ぎ手が一瞬足を取られてバランスを崩しぐらつくー!」

ジータ「バランスが崩れた・・・皆!横から攻撃して崩して!」

クラリス「りょーかい!錬金タックル!」

カリオストロ「おらぁ!錬金タックル開祖バージョン!」

ゾーイ「ガンマレイ・タックル!」

ヴィーラ「ぐっ、皆さん耐えて下さい!」

テレーズ「神輿にルリアチームが激突ー!
これは激しい激突、全員弾き飛ばされた―!」

アルタイル「あのまま全員ずっと昏睡状態になっててくれれば
全空は平和なのではないでしょうかね」

テレーズ「すごい土煙!そして全員倒れているが・・・?」


834 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:38:21 Iu1ZV9DM
グランくん死んだ目になってそう


835 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:44:07 sPklYoNI
ナルメア「さあ団長ちゃん、邪魔なのは全員いなくなったわ。行きましょう?」

テレーズ「ただ一人立ち上がったのは・・・ナルメアだー!
失神するヴィーラから下半身裸の団長さんを引き剥がし、無理矢理に手を取る!」

カリオストロ「まずいな・・・くそ、体が動かねえ・・・
他の奴らも動けねえか...」

ナルメア「さあお姉さんと一緒にゴールしましょうね?」

テレーズ「ナルメア、団長さんの手を引いて歩くー!
ルリアゴールがどんどん迫っていくー!」

ヘルエス「ここは通しませんよ」

テレーズ「おっとヘルエスも立ち上がり、ゴールの前に立ちふさがったー!」

ナルメア「どいて」

ヘルエス「それはできません」

テレーズ「ナルメア、すごい殺気だー!
だがヘルエス、汗一つかかず一歩も引かなーい!」

ナルメア「どいてと言っている」

テレーズ「ナルメア、一瞬で刀を抜いてヘルエスの首元に突きつけるー!」

ヘルエス「どきません」

ナルメア「どかなければ斬る」

テレーズ「ナルメア、殺気をさらに高めつつヘルエスに迫るー!」

ルリア「ヘルエスさん・・・」


836 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:45:35 sPklYoNI
ヘルエス 「どくかどうかは団長さんに決めていただきましょう。
団長さんが私たち2人のどちらを選ぶか。
もし団長さんが貴女を選ぶのなら私は大人しくここをどきましょう」

ナルメア「団長ちゃんに聞くまでもないわ。
ね、団長ちゃん?お姉さんの方が良いわよね?
お姉さん団長ちゃんのためならなんだってしてあげちゃう!
えっちなことも苦手だけどしてあげるし...
私達以外の邪魔な奴らはみーんな斬ってあげる!
ね、ね?団長ちゃんこのまま倒れてる全員をお掃除してから私達二人きりで暮らしましょ?
だから団長ちゃん、お姉さんと...」

テレーズ「おっと団長さん、怯えて即ヘルエスの元へ逃げるー!」

アルタイル「消去法で当然の結果ですね」


837 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:47:05 HoF/LziA
魔天忍法帖の百地丹波守が延命のために常にしていた、
女性が組み体操みたいに櫓組んでその上でセックスすることで女性の精力吸収する忍法を思い出した


838 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:48:58 sPklYoNI
ナルメア「なんで・・・なんで・・・
嫌・・・団長ちゃん、捨てないで・・・」

ヘルエス「簡単な事です。今の貴女に魅力はないですから」

ナルメア「私に・・・魅力がない?
そうよね・・・だから・・・いつも私は・・・」

ヘルエス「いえ、貴女の魅力は団長さんだけでなく皆に朗らかで優しい所。
団長さんのお姉さんであるだけでなく、皆のお姉さんでもある貴女です。
単に視野狭窄に陥り団長さんだけしか見えていない、
余裕がなく優しさを忘れた貴女は取るに足りません。
もし普段の貴女ならば私などの魅力ではとても敵わないでしょう」

ヘルエス「私は、貴女が大好きです。
もちろん、私だけではありません。団の皆が貴女を大好きです」

ナルメア「皆が、私を・・・」

ヘルエス「以前の優しい貴女に戻ってください。団長さんも怯えていますよ」

ナルメア「皆が私のことを好き・・・
私は・・・皆が大好きな私を!!私は大好きになってみせる!(最終上限解放ポーズ)」

テレーズ「おーっとナルメア、ヘルエスの言葉で本当の自分と自信を取り戻し最終解放されたー!」

アルタイル「考えてみたら史上最低のフェイトエピソードですね」

ナルメア「なんだか目が覚めたみたい。まだまだ勝負はこれからだから!
全お姉ちゃん力解放!」

ヘルエス「ええ、望む所です。こちらもお姉ちゃん力全開でお相手しましょう」

テレーズ「おーっと目が覚めたナルメア、お姉ちゃん力を解放した!
ヘルエスもそれに対抗しお姉ちゃん力を解放するー!」

アルタイル「お姉ちゃん力に差がありすぎてナルメアは既に50メートルくらい吹っ飛んでますけどね」


839 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/05(日) 23:51:50 sPklYoNI
ナルメアさんの目が覚めて覚醒したところで今日はここまでです
あと1回か2回で終わりそうですね


840 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:34:47 q6xgNiFY
弟がいない時点で姉として負けが決定してるんだよなぁ
やっぱりレオ姉がナンバーワン!


841 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:35:09 26bvAnEs
テレーズ「さあすごい戦いになってきたー!
自分に自信を持ち覚醒したナルメアが加わり、ヴィーラとともに攻め立てる!
ルリアチームもヘルエスやカレン、ジータを中心に猛攻!
すごい互角のぶつかり合いだー!」

アルタイル「しかしルリアやマギサは徹底マークで封じられていますね。
ルリアはコルワによって糸で封じられ、マギサは3人がかりのマークが前半から続いています。
この二人が攻撃陣に加われば戦いの均衡が破れるかもしれませんね」

ソーン「いくらマギサといえどこの私の『狩人の魔眼』からは絶対に逃れられないわ」

シルヴァ「ああ、何の問題もないな。
こうして3人でずっとマークしているのだから。
見てみろ、マギサはこの徹底マークに身動き一つ取れていない」

イシュミール「・・・マギサ、少し大きくなってない・・・?」

マギサの帽子をかぶった魔神モラクス「・・・・」

テレーズ「おーっと、マークしている3人、
いつの間にかマギサがモラクスにすり替わっていることに全く気付いていないー!」

アルタイル「その魔眼不良品なんじゃないでしょうか」


842 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:36:06 26bvAnEs
マギサ「ふふ、こんにちは」

コルワ「あら、マギサ。お姫様を助けに来たのかしら?」

ルリア「マギサさん!」

マギサ「いいえ、助けるのは私じゃない。もう答えは出ているんでしょう、コルワ?」

コルワ「・・・何の話かしら?」

マギサ「貴女、本当にヴィーラチームの理想がハッピーエンドだと思っているの?」

コルワ「どういうことかしら?皆もれなく幸せでしょう?
どの女の子も皆団長さんに愛されるのだから」

マギサ「いいえ。もし一夫多妻に含まれる女の子に片思いをしている男性でもいたらどうかしら?
その人にとってはハッピーエンド、かしら?
全員が同時にハッピーエンドなんて都合のいい選択肢はこの世界に存在しないのよ」

コルワ「それは・・・でもそういう人にも他の女の子を紹介したりして別のハッピーエンドくらい用意できるわ」

マギサ「それに、もし団長さんが手に入らずに恋に敗れても
別の場所でそれと同じかそれ以上の幸せを得られるかもしれない。
女の子は一度恋に破れたくらいで人生ずっと真っ暗闇なんてことはない、そんなに弱くはないわ。
その失恋をバネにもっと大きなハッピーエンドを掴むのよ。
無理矢理に全員にハッピーエンドを押し付けるのはそれ以上のハッピーエンドの可能性を奪うことになる・・・」

コルワ「・・・それでも私は女の子たちが皆ハッピーエンドな道を選びたいわ。
世の中はそんなに強い女の子ばかりじゃない、その子達のためにも私はヴィーラに味方したいの」


843 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:36:56 26bvAnEs
マギサ「・・・恋のために戦ったり、負けたりして大事な何かを得た子だっている。この試合だってそう。
皆がこの試合・・・いえ、この大会で色々なものを得た」

コルワ「色々なもの・・・」


リーシャ「あいたたた・・・」
アルルメイヤ「おっと、立てるかい?」
リーシャ「あ、ありがとうございます」
アルルメイヤ「後半もあと半分だ、気を抜かず行こうじゃないか」
リーシャ「はい!」

マギサ「恋のライバルたちとの友情・・・」


ダヌア「すぅきぃ・・・」
ヘンゼル「ダヌアは『好きな団長さんを離せ』と言っている」
グレーテル「ケケケ!ダヌアも随分団長に対してワガママになったナ!」

マギサ「団長さんへの本当の想いの再確認・・・」


クラリス「くっ・・・うちは絶対負けない!何度負けたってだんちょーを諦めない!」
カリオストロ「大会前とは大違いだな。
この気合が大会前からあったらもしかしたら・・・なんてな」

マギサ「本気で団長さんを狙おうという闘志や意思・・・」


ナルメア「お姉さん、この試合絶対に負けないから!
団長ちゃんのために・・・ううん、それだけじゃない。
こんな自分自身をもっと好きになるために!!」

マギサ「新しい自分を見つけた子だっている・・・
勝ち残っている子も、負けた子も。
それぞれが大事なものを得て大きく成長した。
・・・あなただって、1ヶ月以上前からこの大会を自分の目でずっと見てきたのでしょう?」

コルワ「・・・・。」

マギサ「誰も戦わず誰も負けないのが一番だとしたら、
戦ったからこそ得られたそれらも無駄だというの?
この大会で新しく得た『何か』は例え団長さんを得られなかったとしても、
全く別のハッピーエンドに通じているんじゃないかしら。
戦って得られたものは決して無駄にならないハッピーエンドの種だと思うわ」

コルワ「・・・何が言いたいのかしら」

マギサ「貴女にはわかってるはずよ」

コルワ「どこへ行くの?ルリアを助けに来たんじゃないの?」

ルリア「マギサさん!」

マギサ「選ぶのは私じゃない、それを決めるのは貴女。
そろそろ貴女も決断を下すときなんじゃないかしら。
もう十分見極めたでしょう?」

コルワ「・・・。」


844 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:38:41 26bvAnEs
ルリア「うう・・・」

コルワ「ねえ、ルリア」

ルリア「え?」

コルワ「例え貴女がこの大会で勝ったとしても単純にそれでハッピーエンドじゃない。
むしろその先が茨の道よ。
他の女の子たちが奪いに来るかもしれない。
気持ちが離れて団長が他の女の子を好きになるかもしれない。
それ以外の、もっとどうしようもない運命が待ち構えてるかもしれない。
それでも貴女は戦うの?戦わずに、皆で団長を共有して皆で幸せになるハッピーエンドだってあるのよ?」

ルリア「私は・・・」

ルリア「私はマギサさんやコルワさんみたいに立派な大人ではないですし、
グランを支えられるかわかりません。
むしろ迷惑をかけちゃうかもしれません。
この先何が待ち受けているかだって予想もできません。
でも、グランとずっと一緒に歩んでいきたいんです。
例えどれだけ大変でも、2人きりで」

コルワ「それが仲間や友達と戦うことになっても?」

ルリア「仲間やお友達の皆さんは大事です。
それ以外のことだったら何でもしてあげたいです。
でも・・・グランだけはお友達にも絶対に渡したくない、負けたくないんです。
わがままかも知れませんけど・・・
でも!絶対に譲れないんです!
グランが...グランが好きだから!!」

コルワ「・・・そう」


845 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:40:17 26bvAnEs
テレーズ「試合は残り15分!ヴィーラが団長さんをお姫様抱っこしつつルリアゴールへひた走る!
その隣にはナルメア!最強の闇属性ツートップのゴールデンコンビ誕生だー!」

ヴィーラ「ナルメアさん!団長さんをパスしますよ!」

ナルメア「うん!お姉さんに任せて!」

テレーズ「ヴィーラ、団長さんを放り投げたー!」

ジータ「させない!」

テレーズ「ジータ、超人的な跳躍から見事なパスカットー!」

ジータ「ふふ、グラン。こんなに小さくなっちゃってそんなに怖かったのかしら・・・
ってこれはシュヴァリエ!?」

シュヴァリエ「・・・」

テレーズ「おーっとヴィーラ、団長さんではなくシュヴァリエを放り投げるフェイントだ!」

アルタイル「さっきもアンカーを撃ち落とすのに使われてましたね。
シュヴァリエはそろそろ怒っても良いと思いますよ」

テレーズ「これで一気にルリアチームメンバーたちを抜き去りゴールに迫るー!
ゴールまではほぼ無人だー!
ゴール前にはルリアがいるが、コルワに縛られ動けない!」

ルリア「うう・・・」

ヴィーラ「ふふ・・・コルワさん。
ちゃんとルリアさんを押さえておいてくださいね。
ここで1点とって守りに徹すればあとは私達の勝ちです」

コルワ「・・・・。」


846 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:42:34 26bvAnEs
コルワ「決めたわ。・・・ブランシェ・フィル!」

テレーズ「おっとなんだー!?ルリアに巻きついていた糸がみるみる内に美しいドレスに変わっていくー!」

ヴィーラ「な!?」

ルリア「え・・・?」

コルワ「さあルリア、ハッピーエンドに向かって行ってきなさい!
私に最高のハッピーエンドを見せるのよ!」

ルリア「は、はい!」

テレーズ「ルリア、コルワのマークから逃れてヴィーラの元へ走るー!
コルワはそれを止めることもなく見送る!」

コルワ「ふふ・・・そのドレスはハッピーエンドへの餞別になるかしら?」

ヴィーラ「コルワさん、裏切りましたね・・・」

コルワ「裏切る?私は最初から貴女に言ってあったじゃない。
『そうね、一時的に手伝ってもいいけど私は誰の味方でもないわ、ハッピーエンドの味方よ。
より大きなハッピーエンドのためならいつでも抜けさせて貰うわ』って。
さあ、観客席に戻って特等席でハッピーエンドを見せてもらうわね」

テレーズ「コルワ、突然フィールドを離れると観客席に戻ったー!
一体どうしたことかー!?」

ヴィーラ「くっ・・・しかし団長さんは私の手の中。
先にゴールに飛び込んで1点取ってしまえばこちらの勝ちです・・・!」

ルリア「絶対にさせません!お願い、間に合って・・・!」


847 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 21:45:11 26bvAnEs
今日書けてるのはここまでです
なんとか次で終わりそうですね


848 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/06(月) 22:23:13 84sAfZCA
おつおつ!
シュヴァリエくん大活躍やなって…


849 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 02:29:37 CwINbevI
アルタイルのシュート解説にいちいち草


850 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 03:14:30 GI4PkfbA
グランとシュヴァリエの扱いが酷い


851 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 03:57:17 KzlCPNDc
もうこれが決勝で
ウヤムヤで終わっていいんじゃない?(適当)


852 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 18:22:45 OhZ3Va/o
もうこのままハッピーエンドで終わらせたらスレもちょうどよく終わりそう


853 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 23:47:20 BBHs7cm2
残り150レス敗北者決勝戦きつい……きつくない?


854 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/07(火) 23:52:02 BBHs7cm2
「は」が敗北者で予測変換された


855 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 00:05:55 xTjwA8U6
ハァ…ハァ…敗北者……?


856 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 00:10:34 jKuXWask
決勝までダイジェストだっていうし多少はね?
その後のif展開見たいけどな〜俺もな〜


857 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 00:33:37 iIwVnD4s
お前がルナールになるんだよ!


858 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:43:33 kmfZSQn6
サッカーのオチがもう少し掛かりそうなので
個別ifエンドのひとつ「リーシャさん圧倒的優勝エンド(リーシャがモニカと組んで優勝した場合)」を箸休めに投下します
以前書いた「クラリスちゃん圧倒的優勝エンド」よりはハッピーエンドです


859 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:44:22 kmfZSQn6
【モニカ&リーシャタッグで優勝エンド】

「ありがとうございます、モニカさん」

「仕事を代わってやるくらいのことで気にするな。
可愛い『上司殿』の頼みとあらばな」

「もう。その言い方はやめてくださいってば」

「ふふ。それで取った半日の休暇を使ってデートか?」

「ええ、団長さんを食事に誘ったんです。
おしゃれなお店も予約してあるんですよ」

「くれぐれも秩序ある付き合いをしろよ?
仲人の私の顔に泥を塗らないようにな」

「はい!」

嬉しそうに部屋を出て行くリーシャ。
それを見届けると、私は貼りついたような笑顔をやめ不愉快な顔で舌打ちをする。
元部下の恋を応援する元上司。
誰が見ても微笑ましく見えるだろう。
ああ、なんて不快な猿芝居だ。

早く夜にならないだろうか。
夜になれば―


860 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:45:03 kmfZSQn6
団長は私を真っ直ぐに見下ろし、獣のように腰を振っている。
突かれる度に快楽と幸福感が身体を支配する。
なんとも愛おしい。
幼さが残る顔立ちの中にこうした逞しさがある。
身体が快楽を感じる度にこの雄を独り占めにしたい、
この雄の子を孕みたいと雌の本能が囁く。

まだ15だというのに女を惑わす魔性。
5年後、10年後にはさらに熟し魅力を増していくだろう。
この年齢で何十人もの女が本気で奪い合ったのも分かる。
父親譲りの化け物といったところか。

半月前に初めてを貰い、数回体を重ねただけだというのに
既にベッドの上では私が手玉に取られかけている。
全く末恐ろしい。
半年後、1年後には完全に雌として屈服させられているだろう。
既に私の身体は早くこの雄に完全に屈服させられたがっている。
ああ、考えてみただけで身体の芯が疼く。


団長がリーシャとの夕食から帰ってきてすぐに身体を重ね始めたから、
もう4、5時間ほど交わっていただろうか。
長い長い時間をかけた情事が終わった。
私達は幸福感と互いの体液の匂いと多少の疲労感に包まれ、
裸でベッドに横になっていた。

「僕が本当に好きなのはモニカさんです、
だから早くリーシャさんとは別れさせてく..んむっ!?」

ああ、またその話か。
私は団長を抱き寄せて唇で言葉を遮る。

「ふふ、貴公は本当に慌て者だ。
何度も言っているが、今は私の言う通りにリーシャと付き合っていてくれ。
一応あいつが正妻ワールドカップの優勝者なんだからな」

「でもそれじゃモニカさんもリーシャさんも裏切ってることになります。
ちゃんとリーシャさんには僕から話しておきたいんです。
例えリーシャさんや皆に軽蔑されてもそれはやらなきゃいけない」

ふふ、貴公は本当に真面目で優しいな。
何十人もの女を侍らせる器量を持ちながらパートナーは絶対に1人だと心に決める一途さ。
あんな大会など「全員俺の女だ」とでも言えば即終わったのだ。
そんな言葉を言うような男でないからこそ惚れたのだが。

「今別れたらリーシャが大きく傷つくだろう、
せっかく苦労して優勝したのだからな。
物事にはタイミングがある。
女心はな、貴公よりも同じ女である私がよくわかっている。
あの時も言っただろう?私に全部任せておけ」

そうだ、全部私に任せておけば良い。
ただ貴公は私に愛を注いでさえいてくれれば全てうまくいくんだ。


861 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:45:49 kmfZSQn6
「それにだ、あんな大規模な大会が開かれたんだ。
いくら貴公が意に反して無理矢理に出場させられたとはいえ、
優勝者をすぐに捨てて別の女に乗り換えたなど知られてみろ。
貴公の団内の立場、ひいては全空におけるこの騎空団の立場も悪くなるんじゃないか?」

「確かにそうですけど、でも...」

「貴公は心配性だな」

優しく団長の頭を撫で、続ける。

「別に良いだろう?リーシャは結婚まで清い付き合いをしたいと言ったんだ。
その通りにキスすらせず男女の仲にもならなければ良い。
ただの女友達として接しろ、あちらは付き合ってると思ってるかもしれないがな。
向こうから無理矢理に迫ってきたら幻滅したとか言って別れれば良い。
ほとぼりが冷めるまで、あいつがボロを出すまでの辛抱だ。
私の言うことが信じられないのか?
それとも貴公はリーシャの誘惑に負けるというのか?」

「いえ!絶対にそんなことはないです!」

必死に否定する団長。
否定などせずとも二股以上をかけられるほど器用でもなければ不誠実でもない。
そんなことは私が十分分かっている。

「結婚までキスすらしない清い付き合いをしろ」
そうやってリーシャに吹き込んだのは私だ。
優勝したところでがっつけばすぐ嫌われる。
あえて清い交際を結婚まで続けるべきだ。
お前はあの大会に優勝したのだから焦ることもない。
それも秩序だと。

馬鹿正直にそれを納得したあの女。
手を繋いだ、一緒に食事をしたなんて他愛ないことで毎日はしゃいでみせる。
それを祝福したり冷やかしたりしながら何度も心の中で吹き出しそうなのを耐えている。
私と団長は既にその遥か遠くにいて心を通わせ愛を深めているのに。
余りに滑稽。哀れな道化だ。

そう考えながら顔が思わずにやけると、舌を絡めたキスを何度も交わす。
「んっ、モニカさん...」
すると団長はもう一戦するつもりになったらしく、優しく押さえつけられる。
「...ふふ、今夜も朝までするつもりか?
良いだろう、2人で快楽に溺れよう...」
私は脚を団長の胴体に絡めて抱きつき、完全に身を委ねる。
ああ、今夜も寝かせてくれそうにないな...
愛する雄を独占できる喜びと与えられる快楽への期待に思わず口元が緩み、
私は快楽の海の中へと落ちていった。


862 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:46:25 kmfZSQn6
団長に惚れた頃から私はリーシャに幾度となく嫉妬していた。
父親同士の関係が深く幼少時に出会っている幼馴染であること。
リーシャがグランサイファーに乗り込んだこと。
リーシャが嬉しそうに団長の話をすること。
あいつが笑顔で団長の隣にいること。
団長があの女に笑顔を向けていること。

何故あそこにいるのが私じゃない?
幾度となくギリギリと奥歯を噛み締め自分の運命を呪った。
誰よりも可愛い部下だった女はいつしか、
何度殺しても殺し足りない誰よりも憎い敵へと変わっていった。

それが爆発したのは今回の正妻ワールドカップだ。
今大会の出場資格はグランサイファーの団員であること。
当然私にその資格はない。
私には戦う機会すら与えられないのかと全てを呪い、
風邪と言って仕事も休んで何日も部屋にこもり泣き続けた。

そしてある日、お見舞いと称してやってきたあいつは
阿呆面で無神経にも私に「正妻ワールドカップに一緒に出て協力してほしい」と言ってきた。
殴りかかりたい気持ちを必死に抑えたものだ。
もし傍らに果物ナイフでも置いてあれば滅多刺しにしてやっただろう。
断っても良かったが、大会に潜り込んであいつを利用してやろうとの目論見が生まれた。
そして私は「元部下の恋を応援する優しい元上司」を演じることにしたのだ。



大会中、ふと団長があいつではなく私を見ているのが分かった。
一度ではなく、何度も。
試合中、団長があいつに言い寄られている際も私を見ている時があった。
もしかしたら...という一縷の望みがあったからこそ
不倶戴天の敵の恋の手伝いなどという反吐が出ることが出来た。

紆余曲折あったが、正妻ワールドカップはあいつが優勝した。
私はあいつの優勝が決まったその晩、祝勝会が終わりあいつが眠った後に
こっそり団長を自室に呼び出して告白した。
いつもの私ではない、みっともなく子供のように泣きながら稚拙に気持ちをぶちまけた。
普段のように自らを冷静に取り繕うことなど出来なかったのだ。

断られたらグランサイファーから飛び降りて死のうと思っていたが、
「優勝したのはリーシャさんですが、僕が好きなのはモニカさんだけです。
出会った時から貴女を見ていました」
と団長は私の告白を照れながら笑顔で受け入れ、抱きしめてくれた。
あの眼差しに、あの笑顔に、あの返事に、あの暖かさに
どれだけ救われたか、どれだけ嬉しかったか分からない。
やはり貴公と私は運命の赤い糸で結ばれている。
あの女など私達の幸福の踏み台でしかないのだ。
私は一生貴公を離さない、貴公のためなら何でもしよう、
二人の幸せを妨げる者は何をしてでも排除しよう...

「でもダメなんです」
ふと現実に引き戻される。ダメとは何だ?
「大会の直前にシェロカルテさんに言ったんです、
僕には別に好きな人がいるからこんな大会なんてやめてくれって。
でももう大会の準備を始めてしまったからって、
もしあの中から恋人を選ばないと僕のせいで全空が大変なことになる、
人がいっぱい死ぬって言われて...
それで僕は怖くて...何も出来ずに...
こんな僕には...恋人を選ぶ権利も...」
ぼろぼろと涙をこぼす団長。
嗚咽混じりに助けて、助けてと呟いている。

あいつらが。
あいつらが団長を泣かせた。
ゆるさない。
全員殺...
いや、そんなことよりも団長が私を頼ってくれている。

「大丈夫、私に任せておけ。
私と一緒なら何も心配することはない・・・」
優しく抱きしめつつ平静を装うも口元が歪む。
私は貴公のためならばなんでもする。
愛し合っているのだからどんな障害も乗り越えていける・・・


863 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:47:09 kmfZSQn6
まず私はリーシャを隠れ蓑に関係を深めることにした。
一応優勝者だ、あいつがいれば他の女どももしばらくは団長へのアプローチを遠慮するだろう。

優勝者のあいつに清い付き合いをさせているのには
団長にあいつと付き合い続けるのを納得させる目的以外にもう一つ目的がある。
優勝者がそういう行いをしていれば他の女もおとなしくしているはず。
逆にそれにつけ込もうとして誘惑などすればすぐに分かる。
あいつでも目を光らせやすいだろう。
手を出してくるような女はあいつに対処させればいい。

そして事が整ったらリーシャに大罪を着せて拘束、団から永久追放するつもりだ。
証拠が薄くとも他の女どもは厄介な優勝者を排除できるならと喜んで協力することだろう。
その後はリーシャの犯した不始末の処理という名目で秩序の騎空団として
グランサイファーに本格的に介入する。
あいつの居場所にそのまま私が収まるというわけだ。
そうなれば後は他の女どもを抑えることなど容易いことだろう。
妙な動きをする女がいればまた適当な罪でも着せてやって追い出せばいい。



ああ、リーシャに何を見せてやろうか。
団長が「モニカだけが好きだ」と言いながら情熱的に私を抱く姿か。
私が団長の子を孕んでお腹が膨らんだ姿か。
いっそ私が団長の子を出産する光景を見せてやってもいい。
団長と二人で遠くへ逃げ、数年後に何人もの子供を連れてあいつの前に現れてもいいな。
私と団長の子供を「全空の運命を左右する程の重要人物から預かった子供だ」
とでも言ってあいつに育てさせるのも悪くない。
知らずに不義の子供を育てさせられるなど女にとってこれ以上の屈辱もないだろう。

あいつはどんな顔をするか?
どんな言葉で私を罵るか?
どんな行動に出るか?
あいつにはこう言ってやろう。
「ああ、リーシャ。お前には言ってなかったな。
恋愛には秩序なんてない、醜く汚いものなんだ」と。

最も愛する者と最も信頼する者に同時に裏切られたらどうなるだろうか?
考えただけで口が歪む。
単に団長を奪うだけでは飽き足らない。
心を完全に壊して二度と団長に、
いや二度と私達のこの騎空団に近付かないようにしてやらねば。
あいつは殺すなど生ぬるい。
一生絶望と敗北感を背負って惨めに生きていけ。

・・・だが、まだ早い。
団長、もっとあいつに愛を与えてやってくれ。
突き落とされた時の傷が深くなるように。
あいつの心をグチャグチャに壊すにはまだまだ足りない。
もっと、もっとだ。
幸福の絶頂から最悪の絶望に叩き落としてやる。

リーシャ、昔からお前の事は気に入っていた。
だがお前がいけないんだ。
団長はわたしだけのものだ。
いや、お前だけじゃない、
団長に近付く奴はどんな手段を使っても全員排除してやる。

そう、例え私の行いが秩序に反したとしても。
秩序の騎空団の地位も何もかもを無くしたとしても。


私には団長さえいれば―


864 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:47:44 kmfZSQn6
終わりです
モニモニが心の中ではこれくらい執着心や嫉妬心、独占欲が強いと興奮しますね
モニカの実装発表がもっと早かったり今大会でモニカがリーシャに協力してたらこっちのエンディングを正規エンドに出来たのに残念ですね・・・


865 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 19:48:11 Pgz5ePrY
クラリスルートのほうがハッピーじゃないか…(困惑)


866 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 20:41:56 jKuXWask
コルワさん怒りのハッピーエンドの定義説明


867 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 21:57:21 erjaueks
そろそろコルワさん画面の中から糸伸ばしてきそう


868 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 22:10:49 L/RNVBvc
正直この路線大好き


869 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 22:19:31 tWjuNqLI
モニカのプレイアブルが怖くなるからやめろォ!(建前)ナイスゥ!(本音)


870 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/08(水) 23:35:12 R/NTBiss
モニモニ大勝利エンドだろうなぁと思ったら案の定でした
はやくモニモニプレイアブル化してくれ!待ちきれないよ!


871 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/09(木) 08:11:42 0SqwkK2g
プリコネの方のモニカならやらなそう


872 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/09(木) 22:46:42 z1ArndJ6
プレイアブル前から闇モニカ路線を流行らせていくのか(困惑)


873 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:19:28 NDUm3Lg2
ヴィーラ「これでゴールに・・・」

ルリア「ダメです!」

テレーズ「おーっと、団長さんを抱き上げルリアゴールに入ろうとしたヴィーラ!
ルリアゴールの中にはルリアが立ちふさがるー!」

ヴィーラ「ふふ、ルリアさん。そこをどいて頂けませんか?
私達はそのゴールの中で大人の営みというものをするのです。
それで私達の勝ちとなるのですから」

ルリア「ダ、ダメです!」

ヴィーラ「ではルリアさんも一緒に団長さんと交わりましょうか?
得点を許したくなければゴールの外でも良いですよ」

ルリア「そ・・・それもダメです!
そ、その・・・そういうのはもっとちゃんとした時とか場所で・・・」

ヴィーラ「はぁ、では団長さんに選んでいただきましょう」

ルリア「え・・・グランに?」

ヴィーラ「さあ団長さん、私とルリアさんの好きな方を選んで下さい。
私を選べばそこのゴールの中で私の身体を好きにしても構いません。
ルリアさんを選んでも特に何もありませんが」

テレーズ「ヴィーラ、団長さんに選択を迫ったー!
さあ団長さん、どういう行動に出るー!」

アルタイル「本当ならこの会場から逃げたいでしょうね」

ヴィーラ「!?」

ルリア「グラン!」

テレーズ「おーっと団長さん、ルリアの方に走る!
それをルリア、抱きしめて受け止める!」

アルタイル「普通に考えてあれだけ好き勝手やった相手の方には行かないでしょう」

ヴィーラ「・・・まあ良いでしょう。幸いルリアさんと団長さんはゴールの中。
無理矢理にルリアさんを引き剥がして団長さんと交われば1点です」

テレーズ「おっとヴィーラ、団長さんとルリアに迫る!
団長さんは怯えた表情でルリアを抱きしめているー!」

ルリア「やめて下さいヴィーラさん!」

ヴィーラ「・・・どかないと無理矢理にでも引き剥がしますよ」

ルリア「・・・っ」

ヴィーラ「さあ団長さん、邪魔なルリアさんを引剥が・・・・!!?」

テレーズ「おっと、ヴィーラ突然動かない!どうしたことだー!?」


874 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:21:04 NDUm3Lg2
アンナ「な、なんで動かないの・・・?」

カリオストロ「動かないんじゃなくて動けないんだろ。
ヴィーラは1回クラリス相手のガチビンタでイエローカードもらってるからな。
あまり手荒な真似をしたら2枚目を取られて退場もありうる。
退場が怖いんだろうよ」

クラリス「やっぱりクラリスちゃんがこの試合のMVPだねっ☆」

カリオストロ「まあ、お前も少しは役に立ったな」

マギサ「(・・・退場が怖い?それはどうかしらね・・・)」




闇ジャンヌ「イエローカードが怖いなら私達がやろう・・・ふふ・・・」

アルルメイヤ「丁度いいね、決勝点は皆で仲良く搾り大会といこうじゃないか」

イシュミール「・・・ふふ、楽しみ・・・」

リーシャ「実に秩序的な得点方法ですね」

ドロシー「皆でご主人様のご子息のお世話、素敵ですね☆」

シルヴァ「親方さん、おかみさん、ククル、クムユ・・・ふふ・・・やっと皆に子供を見せてあげられるな・・・」

テレーズ「ヴィーラチーム、全員がゾンビのように立ち上がり団長さんとルリアに迫るー!」

ジータ「ぐ・・・私でも立ち上がれないダメージなのにあいつらなんで・・・」

マギサ「身体は限界でも性欲や妊娠への執念だけで動いてるのでしょうね」



ヴィーラ「やめなさい!私が、私がやります・・・」

テレーズ「ヴィーラ、チームメイトを一喝!
だがいつもの調子でなくその手も震えていて二人に手を出せない!」

ヴィーラ「・・・やはり、私には・・・」

テレーズ「おっとヴィーラ、突然うつむいて2人に背を向けたー!」


875 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:22:41 NDUm3Lg2
闇ジャンヌ「興冷めだな。皆で団長を分け合うのも一興かと思ったのだが見込み違いだったか。
フフ…やはり団長は私一人が頂こうか…」

リーシャ「やはり貴女も完全秩序の前では不協和音にしか過ぎませんでしたね。失望しましたよ。
明日私の試合を見に来て下さい、本当の秩序というものをお見せしますよ」

ソーン「お友達いっぱいできて団長さんも分け合える、いいアイデアだと思ったんだけど。
帰りましょうシルヴァ。」

シルヴァ「そうだなソーン。次の試合の準備を手伝おう。
私にはもうソーンだけが頼りだからな・・・」

イシュミール「・・・そうね、私も帰る・・・。」

アルルメイヤ「皆がこう言っているようだからね、私も失礼する。
組まずに一人で愛人ポジションを狙ってみることにするよ」

ドロシー「やっぱりドロシーはご主人様をドロシー自身で自分のモノにすることにします☆」

クラウディア「そういうことです。御暇させていただきます」

ナルメア「あ、あれ・・・?皆どうしたの?まだ勝負は終わってないわよ?」

テレーズ「どうしたことでしょうか!?
ヴィーラチームのヴィーラ・ナルメア以外の8人がフィールドを後にし始めたー!」

ヴィーラ「・・・。」





カリオストロ「どういうことだ?あいつら帰り始めたぞ?」

マギサ「あのチームメイトたちはヴィーラのカリスマと理想に惹かれて集まった協力者たち。
あそこで無理矢理にルリアを引き剥がして犯していれば良かった。
でも、ヴィーラにはそれが出来なかった。
そんな腰抜けにはついていけないということでしょう。
愛人や妾ポジション狙い、子供だけ欲しいというのなら別にヴィーラ派にこだわらなくても良いのだから」

クラリス「でもどうして手を出せなかったの?」

マギサ「・・・ヴィーラは本当に団長さんが好きだったのでしょう」

マギサ「団長さんが怯え、ルリアをしっかりと守るように抱きしめていたあの状態。
もし無理矢理に2人を引き剥がして団長さんを犯していれば試合には勝ったでしょうけど、
もう二度と団長さんがヴィーラのことを見てくれることも愛してくれることもなかったでしょう。
例えヴィーラに子供ができようとも、団長さんのために何百人ものハーレムを作ろうとも。
それが怖かったのよ」

ルリア「ヴィーラさん・・・」

テレーズ「これでヴィーラチームはナルメアとヴィーラの2人、11人対2人の状況!
これは勝負あったかー!?」

カリオストロ「ま、所詮は寄せ集めのエロ集団。あとは楽勝だな」

ルリア「・・・皆さん、お話があります」

クラリス「話?」


876 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:23:43 NDUm3Lg2
ルリア「ここからは、私とヴィーラさんの1対1で戦いたいんです」

クラリス「え?せっかく相手2人しかいなくなったんだからチャンスでしょ?
こっちは11人!クラリスちゃんは10点くらい入れちゃうよー☆」

ルリア「・・・この試合、私はほとんど何も出来ませんでした。
マギサさん、ヘルエスさん、ジータ、カレンさん、カリオストロさん、クラリスさん。
ゾーイちゃん、アニラさん、アンチラちゃん、ダヌアちゃん、アンナちゃん、サラちゃん、レオナさん。
みなさんがいたからこそ私はここまで戦ってこれました」

ルリア「でも、それだけで勝ったらダメなんです。
だって私は何も出来てませんから・・・だから」

ルリア「この試合、最後はヴィーラさんと1対1で戦って勝ちたいんです。
それでないと、私はグランの隣にいる資格がないんです」

ヘルエス「分かりました。私の運命、貴女に託しましょう」

ルリア「ありがとうございます、ヘルエスさん!
皆さんは・・・」

カレン「よく言ったー!気に入ったよ!」

カリオストロ「お前がそれでいいなら行って来い。今のお前なら負けねーだろ」

クラリス「何ならクラリスちゃんが代わってもいいよ☆」

アニラ「うむ、頑張ってくるのじゃぞ!」

アンチラ「ボクも応援してるよ!」

ゾーイ「ルリアが決めたことだ、私は応援する」

サラ「私もルリアちゃんを応援します!(うまいこと共倒れになってくれれば一気に優勝に近付く・・・)」

アンナ「うん、ボ、ボクも応援するよ・・・!」

ダヌア「がぁん・・・」
ヘンゼル「ダヌアは『頑張れ』と言っている」

マギサ「私も異存はないわ。かならず勝つのよ?」

ルリア「皆さん・・・!」

ジータ「・・・・」

ルリア「ジータ・・・」

ジータ「私とルリアは決勝で戦うんだから、負けたら許さないからね!」

ルリア「は、はい!」



テレーズ「おっとルリアチーム、ルリアとヴィーラの1対1の対決を申し出た!
11対2の圧倒的有利な状況を捨ててのまさかのタイマン要求だー!
ヴィーラチームはどう出るか?」

ヴィーラ「この勝負、受けようと思います。ナルメアさん・・・」

ナルメア「うんうん!お姉さん、信じてるわ!
貴女ならきっと勝てる!貴女が本当は優しい子だって知ってるから!」

ヴィーラ「・・・本当に今回は貴女には悪いことをしてしまいました」

ナルメア「ううん、この試合に出たおかげで私も少しは変われたもの。
むしろ感謝してるのよ?だから、おもいっきり頑張ってきて。
そうするとお姉さんも嬉しいから!」

ヴィーラ「・・・はい。ふふ、もし今の貴女と1回戦で当たっていたら勝てたかどうかわかりませんね」

ナルメア「ふふ、そうね。ルリアちゃんに勝って、次の試合でお姉さんと戦いましょう?」

ヴィーラ「そうですね。きっと楽しい戦いになるでしょう・・・」


877 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:25:12 NDUm3Lg2
テレーズ「さあ、フィールド中央に団長さんを挟んで両チームの2名が進み出ます!
他のチームメイトはフィールド外に退きました」

ヴィーラ「良かったのですか?私達はもはや2人だけ。
11人で戦えば確実に勝てるというのに」

ルリア「それだけじゃ意味がないんです。
私がヴィーラさんを越えなければいつかグランを取られちゃうから・・・」

ヴィーラ「・・・分かりました。ルリアさん、貴女は強いですね。
私は正妻には興味がないなんて事を言っておきながら本当は…
団長さんの愛を独り占めにしたかったのです。
この大会で優勝して、参加者たちで作られたハーレムを団長さんに捧げれば、
きっと私を一番に想ってくれると。
皆さんを利用しようとしてたんです。」

ルリア「ヴィーラさん・・・」

ヴィーラ「…駄目ですね、私は。臆病で弱い人間です。
何かのせいにしたり、本音を隠したり。
アルビオンにいた頃から、お姉さまを苦しめた頃から何も変わっていません…」

ルリア「そんなこと・・・」

ヴィーラ「ですが、もう何一つ隠し立てしません。
本心で団長さんにぶつかります。
そしてルリアさん、貴女を倒します!」

ルリア「ヴィーラさん・・・!私も、ヴィーラさんを倒します!」

テレーズ「両者、正妻の構えだー!互いに正妻パワーを高めていくー!」

ルリア「正妻ワールドカップ!」

ヴィーラ「レディー・・・」

ルリア・ヴィーラ「「ゴー!」」

テレーズ「ルリア対ヴィーラ、今本当の戦いが始まりました!」

コルワ「きゃあ!椅子が壊れ・・・でもハッピーエンドを見るためにこんなことじゃ負けないわよ!」

テレーズ「すごい力のぶつかり合いだー!
あまりの正妻力のぶつかり合いでスタジアムや客席が破壊されて行くー!」

アルタイル「正妻力ってそんな危険なものだったんですね」


878 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:26:35 NDUm3Lg2
アルルメイヤ「これがヴィーラの本当の力とはね…」

シルヴァ「今までさえも正妻パワーを隠していたとでもいうのか・・・」

イシュミール「・・・これが最上位正妻ランク同士の戦い・・・」

マギサ「ふふ・・・2人とも中々の正妻パワー。私でもちょっと手こずりそうね」

ジータ「(あの2人の正妻パワーが私の正妻パワーとほぼ同等・・・?
ありえない、最強の正妻パワーを持つのは私のはず・・・)」





ルリア「はぁ、はぁ・・・なんてすごい力・・・私じゃやっぱり」

テレーズ「おっとルリア、膝をついてしまう!」

ヴィーラ「誰が膝をついて良いと・・・?
貴女の力はその程度ですか?自ら膝を付くなど勝負を捨てた者のすること。
そんなことでは貴女の大事な団長さんを汚そうとする悪人の私一人倒せませんよ?
さあ立ちなさい、足を踏ん張り腰を入れるのです!」

ルリア「・・・うう・・・私は・・・私は・・・
私は、ヴィーラさんを超えていきます!!」

テレーズ「ルリア、再び立ち上がった!」

ヴィーラ「そう、それで良いのです。
・・・さあ、これで最後です!もう私は自らを偽りません!
団長さん!私は、貴方のことが好きです!愛しています!!
大事なお姉様よりも大好きなんです!
貴方に私のこれからの人生全てを捧げます、どうか私だけの団長さんになってください!!」

ルリア「グラーーーーン!私は、貴方が大好きです!
貴方がいたから今の私があるんです!
貴方なしで生きていくなんて考えられません!
旅が終わってからもずっと一緒に歩んでいきたいです!!」

ヴィーラ「団長さん!」

ルリア「グラン!」

2人「「大好きです!!」」

テレーズ「互いに最大限にまで正妻パワーを高め、愛の告白で解き放ったー!
ルリアの正妻パワーはバハムートの形に、ヴィーラの正妻パワーはシュヴァリエ・マグナの形へと変わったー!
衝突する2体の星晶獣!
とうとう全壊に近い状態にまで破壊されるスタジアム!
この衝突が決着となるかー!」

アルタイル「サッカーってこんな危険な競技だったのですね」


879 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:27:23 NDUm3Lg2
ヘルエス「聞こえますか?」

カリオストロ「ああ・・・。」

ナルメア「悲しくも美しい、魂の響き・・・。」

クラリス「ウチ、この勝負一生忘れない!!」

大会参加者全員「これこそ、正妻ワールドカップ!!」



ルリア「これは…ヴィーラさんの正妻パワーからグランへの愛が伝わってくる?
誰よりも優しく哀しいその愛情が…」

ヴィーラ「ふふ・・・何のことでしょうか?
私は自分のためだけに団長さんを独り占めしようとしているだけです・・・」

ルリア「でも・・・私は・・・負けるわけにはいかないんです!
グランが・・・好きだからーーーー!!!」

ヴィーラ「私だって・・・負けるわけにはいかないのです!!」

テレーズ「すごい爆発だ―!スタジアムはとうとう爆発四散ー!」

アルタイル「もはやサッカーではありませんね」


880 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:28:44 NDUm3Lg2
テレーズ「もはや灰燼と化したスタジアム!一面の土煙!決着は・・・」

ヴィーラ「見事です、ルリアさん・・・」

テレーズ「ヴィーラ、倒れたー!勝ったのはルリアだーーー!!」

ルリア「ヴィーラさん!」

ルリア「ヴィーラさんはただグランを独り占めしようとしただけじゃないんですよね。
負ける人たちのことも思って...」

ヴィーラ「違いますよ。私はそれを口実にして団長さんの愛が欲しかっただけ。
しかも独り占めにしようとも思ってました。
優しくも非情にもなれなかった半端者です。」

ルリア「良いんです。だって私もグランを独り占めにしたいと思ってますから」

ヴィーラ「ルリアさん・・・ふふ、やはり貴女は優しいのですね・・・
さあ、団長さんを連れてゴールへ・・・」

ルリア「・・・はい」

テレーズ「ルリア、団長さんを抱きしめゴールへ向かい
キスを交わしたー!一点入って3-2!」

アルタイル「2人のパワーのぶつかり合いのせいで何度も爆風でふっとばされて
もう団長がボロクズみたいになってますが大丈夫でしょうか」

(ピッピッピーー)

テレーズ「ここで試合終了ー!
ヴィーラ&ナルメア連合VSルリア&ヘルエス連合の試合は3-2でルリア&ヘルエス連合が勝利したー!
ベスト8一番乗りはルリアとヘルエスだーー!!」




コルワ「純愛のルリアが勝って、ヴィーラも生まれて初めて素直な自分の気持ちが出せてハッピーエンド。
この終わり方が一番良かったのかしら?ふふ・・・面白いものを見せてもらったわ」


881 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:30:39 NDUm3Lg2
ヴィーラ「…今回の大会では団長さんから潔く身を引きます。
ですが、団長さんは諦めません。何度でもアタックし続けますよ」

ルリア「はい!負けませんから!」

ナルメア「お姉ちゃん力勝負でも負けちゃったわね。
でもお姉さん、次は勝つから!」

ヘルエス「私も充実した勝負をさせて頂きました。
貴女とはまた別の場所で戦いたいものです」

テレーズ「握手で爽やかに健闘を讃え合う4人!
これこそスポーツマンシップ!
まさにこれこそ正妻ワールドカップー!」

アルタイル「いい話風に終わっていますが前半は15歳の少年を集団で襲ったりヴィーラチームは下半身裸だったりしていました」




カリオストロ「これでヴィーラ派は瓦解。オレ様達の仕事も終わりだな」

ルリア「皆さんはこれからどうするんですか?」

カリオストロ「後はお前が勝つのを応援するだけだ。
誰かが集団で来たらまた味方してやるよ」

クラリス「その時はクラリスちゃんも味方するよー☆」

ゾーイ「私もこれからの勝負を見守らせてもらう。
調停者としての介入が必要だと思えばまた力を貸そう」

アニラ「我らも十二神将として大会を見守るとするかのう。一緒に戦えて楽しかったぞ」

アンチラ「あまり役に立てなかったかもしれないけど楽しかったよ!いつでもボク達を呼んでね!」

カレン「楽しかったー!でも優勝はあたしがいただくからね!」

サラ「ルリアちゃん、決勝で会いましょう・・・!
(ジータさんに試合中何度もさりげなく即死級攻撃を仕掛けたのに結局全部回避されましたね・・・
こうなったら次の試合、何をしてでも勝たなきゃ・・・)」

アンナ「ボ、ボクも頑張るから!」

ダヌア「かちぃ・・・」
ヘンゼル「ダヌアは『勝ち進んでまた皆と楽しく戦いたい』と言っている」

マギサ「私も楽しませてもらったわ。ここにいる皆が今後勝ち進むと良いわね」

ヘルエス「そうですね。もし戦うようなことがあれば正々堂々と戦いましょう」

ルリア「はい!皆さん、ありがとうございました!」

ジータ「・・・。」

ルリア「ジータ?」

ジータ「決勝で待ってるから」

ルリア「はい!」

マギサ「ふふ、私すらも眼中にないのかしら?一瞥もしないなんてね」

ジータ「(私がルリアの正妻パワーに恐怖した・・・?ありえない・・・グランの正妻は私だけ・・・)」


882 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 21:33:21 NDUm3Lg2
これでサッカー編は終わりです
ちょっと長くなりすぎましたね...
最後のルリアVSヴィーラの展開は名作をパクりました


883 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 22:10:37 pTIXHWW6
まさかスレ立った時にここまで続いた大作になるとは思ってなかった


884 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 22:33:32 CjQS3AWg
寄せ集めのエロ集団で草が生い茂った


885 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/10(金) 22:40:27 edAsQ/Fg
正妻力ってなんだよ…


886 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 18:36:24 YAy4nDAc
カリオストロ「ヴィーラとルリアのあの試合から決勝まではあっという間だった。
22人が入り乱れたあの試合と比べて迫力がないというのももちろんあるが、
参加者たち全員がルリアとヴィーラの1対1のあの戦いを見たせいもあるだろうな。
自分があの2人に並び立てられるかどうかというのを感じて
気圧された参加者が多かったんじゃねーか?
ま、ジータやマギサみたいな全く顔色変えてねーやつもいたが。
今思えば、あの試合で決勝まで行く資格があるかがほぼ決まったようなものだったな」



【決勝トーナメント第三試合】
ドロシー 4 - 6 カレン

カリオストロ「ドロシーとカレンは互いに同じ積極的な火属性同士ということで激しい打ち合いだったな。
色仕掛けも織り交ぜたお世話攻勢で攻め続けるドロシーに対し、
カレンも水着着用で攻め立てた。
互いに一進一退の攻防で前半終了までに4-4と全くの同点だったんだが・・・」

カリオストロ「後半32分、カレンが急におとなしくなった。
すると突然『あたし、団長に会えて本当に良かった。ありがとう・・・』
と静かにはにかみながら言った。
この普段とのギャップが一気にグランの心を掴む。
それをきっかけにドロシーの積極的な攻めは全く通用しなくなり、アレで勝負が決まったな。
緩急を織り交ぜた攻めを見せたカレンがベスト8へ進んだ」




【決勝トーナメント第四試合】
ダヌア 3 - 1 アンスリア

カリオストロ「ダヌアとアンスリアの戦いだが、互いに積極的に攻め合う展開だった。
実力は同じくらいかアンスリアやや有利だったが...
自分の気持ちに気付いて攻めに全くの躊躇も見せないダヌア。
チャンスでも顔を赤らめてしまい攻めきれないアンスリア。
決勝トーナメントまで来たらこの2人の『覚悟』の差が勝負を分けたな。
ダヌアがベスト8に勝ち進んだ」




【決勝トーナメント第五試合】
ジータ 2 - 1 サラ

カリオストロ「ジータとサラの試合は大会全試合中最もダーティな試合だったな。
サラはいきなり倒れ込んで『・・・ジータさんがいきなり殴りかかってきて・・・』とグランに嘘の主張をしたり
『団長さん、ジータさんが怖いです・・・』と甘えたりと9才の立場を利用した同情狙いの卑劣なプレイに走った。
『団長さん、こんな大会が開かれたのはジータさんって人の仕業なんですよ』
とグランを騙したりもした。
グランも『なんだって!?それは本当かい!?』と騙されてたな。
更にはグラフォスを利用してジータに砂の目潰し、砂を足元にまいて転ばせる、
砂でジータの口をふさいでグランへの告白を封じるなどのラフプレイも連発してたっけな・・・」

カリオストロ「一方でジータは審判の目にも留まらぬ速さでサラを殺す気で攻撃したり、
グランの聞いていないところでサラにドスの効いた声で『あまり調子に乗らないでね』『次やったら殺すから』と囁いたり、
一歩間違えれば殺し合いになりかねない雰囲気になってたな・・・
前日にルリアチームで協力してたとはとてもじゃねーが思えなかったぜ」

カリオストロ「で、それを審判団が見かねたんだろうな、
3本勝負のじゃんけんで試合を決めることを提案して2人共それを受け入れた。
1本目はジータが超人的な動体視力で誰も認識できないレベルの「後出し」を決めて勝利。
2本目はサラがそれを逆用し、あえて手を読ませた上でグラフォスに手を出させて勝利。
3本目もそれを使おうとしたサラだったが、目にも止まらない速さでグラフォスの腕を斬られたことで
その戦術を封じられた結果ジータが勝ち、ジータがベスト8進出を決めた。
敗退が決定した時のサラの表情は・・・まあ、言わなない方がいいな」


887 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 18:37:43 YAy4nDAc
【決勝トーナメント第六試合】
ユエル 15 - 5 ソーン

カリオストロ「ユエルVSソーンの一戦は互いに親友が加勢し2VS2になった。
ユエルにはソシエ、ソーンにはシルヴァ。
性獣4人で逆レイプし放題でやりたい放題だったな。」

カリオストロ「だが夏場ということもあり臭いやすいエルーン組は不利、
汗で蒸れた上に数日間風呂に入っていないとんでもない獣臭で
グランも何回も吐きそうになってたな、
そのせいで前半は4-1とソーン組リードで折り返す。
後半も早々に1点追加されて5-1になってもう勝負は決まったなとオレ様も思ってたんだが・・・」

カリオストロ「その後ユエルは苦し紛れに観客席に連れてきてたコウを投入した。
そうしたらグランは4人を置き去りにコウとイチャつき出し試合終了まで盛り続けた。
呆然とする4人、ひたすら盛り続ける2人、入り続ける得点。
その結果ユエル組が15-5で勝利、ユエルがベスト8に進んだ」

カリオストロ「・・・まあ、大会中に女にあれだけ好き勝手されたら
グランがああいう行為に走るのもわかるかもしれねーな・・・」





【決勝トーナメント第七試合】
アンナ 3 - 0 リーシャ

カリオストロ「リーシャは試合開始直後に最終奥義『事案ディフェンス』を発動。
こいつはリーシャが事案だと騒ぐことで年齢差がある男女を封殺する切り札らしい。
グランにアプローチを仕掛けるアンナに対し『事案ですか?』と迫った。
だがアンナは16才でグランは15才で別に全く事案ではなく健全だ。
リーシャの切り札も不発に終わる」

カリオストロ「しかもアホなことにその技で
逆に21歳のリーシャの年齢にブーメランが刺さる。
そのせいでその後全てのアプローチが自らの事案ディフェンスのせいで無効化。
何も出来ずにアンナが問題なくベスト8に進出した。しかし何しに来たんだ。
しかしまあ、秩序だ事案だ小細工に頼らなくても
アイツ(リーシャ)ならそこそこ勝ち進んでたとは思うんだけどな」






【決勝トーナメント第八試合】
マギサ 2 - 0 闇ジャンヌ

カリオストロ「マギサと闇ジャンヌの試合か、あれは俺も信じられない展開だったな。
試合開始直後、闇ジャンヌがグランをベッドルームに連れ込み押し倒したんだ。
で、それをマギサが止めたんだが・・・そこからがオレ様も信じられなかった。
マギサがな、闇ジャンヌを抱きしめたんだよ。
そうだ、グランじゃねえ。対戦相手のジャンヌの方だ」

カリオストロ「最初は何をする、やめろ等と激しく抵抗していた闇ジャンヌだったんが、
静かに頭を撫でられ温かい言葉を10分に渡り掛けられていくと、
抵抗をやめてマギサの胸の中で静かにすすり泣き始めたんだ。
『私は・・・世界のために・・・』『でも私は・・・守れなかったんだ・・・』と弱音を吐き泣くジャンヌを
『頑張ったわね』『貴女はよくやって来たわ・・・』と頭を撫でながら慰めていくマギサ。
そうしたら段々ジャンヌの髪の色も徐々に金髪に戻っていってな、
時間が経つにつれ水着ジャンヌ→通常ジャンヌとどんどん弱体化した。
で、最終的には田舎娘バージョンにまで退行した」

カリオストロ「そうなったらジャンヌは試合も完全放棄。
マギサに対し母親にするように抱きついて甘え出し、
マギサも優しく頭を撫でて娘のように可愛がってた。
試合終了時にはグランとともにマギサの胸に吸い付いていてママ、ママと甘えていたな」

カリオストロ「・・・最終スコアは2-0。
ジャンヌを甘えさせつつもちゃんとグランも同時に甘えさせての2得点だ。
グループリーグ3戦35得点のジャンヌさえも完封してあの勝ち方だ・・・
化物をそれ以上のとんでもない化物が喰った、そんな感想しかなかったな」


888 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 18:39:07 YAy4nDAc
【ベスト16敗退者コメント】

ヴィーラ「負けた私から特に何も申し上げることはありません。
ただ、私はこれからも団長さんを諦めませんとだけ。」


ナルメア「ふふ、とっても楽しい大会だったわ!
でもお姉さん、次は負けないから!」


ドロシー「・・・すぞ」
クラウディア「いい勝負でした、ありがとうございましたとドロシーは申しています。
そう聞こえなかった?気のせいでしょう。では仕事がありますので」


アンスリア「勝てると思ったんだけど・・・何が悪かったのかしら・・・」


サラ「怖かったです・・・団長さんはあの人が勝ち進んだほうが嬉しいんですか・・?
私なんか死んでも良いんですか・・・?」(嘘泣きをしながら)


ソーン「うん・・・そういうの(BL)も受け入れていかなきゃ。大好きな団長さんだから。
そどみー?っていうのはベリアルって人に弟子入りすれば学べるのかしら・・・」
シルヴァ「ああ・・・クムユが男の子だったらなぁ・・・」


リーシャ「うーん、負けてしまいましたか・・・こういうことならモニカさんを連れてくるんでしたね。
泣くほど風邪が辛いみたいだったので誘わなかったんですが。
もしモニカさんを連れてきてたら絶対私が優勝してましたからね!
こんな非秩序的な大会なんて絶対認めませんよ・・・」


元闇ジャンヌ(現SRジャンヌ)「パパ(グランくんのこと)の正妻はママ(マギサのこと)だけなのに、
私がこんな大会に出るとは愚かだった。
今後はパパとママと私の近親ラブラブ3Pを目指す、それが新たに受けた神の啓示だ」


889 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 18:40:31 YAy4nDAc
今日はここまでです...
次は準々決勝、準決勝、3位決定戦と全部一気に進めます


890 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 18:45:20 4gbk.gTg
敗戦の弁が全く穏やかじゃない
ジャミル、どうにかしろ


891 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 19:55:05 q9G6J9c2
コウ君が食われてしまった…


892 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/12(日) 20:13:01 uC0KbnJg
途中しれっとコウ君とヤッてて草


893 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:02:59 SJkAbYOk
これ大会終わった後今まで通りみんな仲良く旅できるんですかね


894 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:04:24 2MU6bsPE
優勝者以外の出場者は騎空団をクビだクビだクビだ


895 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:07:28 ihHqrVYk
第2回が開催されるまでの暫定的な正妻なんじゃないかな(適当)


896 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:23:49 92SK15vI
グランくんが平等にチンポを提供すれば旅は続けられる


897 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:30:56 7f9eZsk6
モニカが辛そうなのはリーシャのせいだと思うんですけど(小声


898 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/13(月) 23:35:35 KkwUwTzk
正妻になった人間以外はみんな記憶をリセットされるんじゃない?(適当


899 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:27:27 7wLYdDQk
【準々決勝第一試合】
ルリア 3  - 1 ヘルエス

カリオストロ「ルリアとヘルエス、1回戦で組んで戦った同士の戦いは
ラフプレイも逆レイプもない大会中最もクリーンな試合だったな。
互いにグランに気持ちをぶつけ続ける展開。
高貴オーラとお姉ちゃん力全快でグランを口説くヘルエス、
対するは正妻力ヒロイン力全快で真っ直ぐにぶつかるルリア。
ヴィーラを倒し大きく成長したルリアがヘルエスを圧倒し、
ルリアがベスト4進出を決めた。
負けたヘルエスも何の悔いもない爽やかな顔だったな」




【準々決勝第二試合】
カレン 4  -  3 ダヌア

カリオストロ「準々決勝の大事な試合、ダヌアもここで水着を解禁。
カレンとダヌアの水着同士の対決になった。
胸はダヌアの方が上だが、やっぱり言葉攻めできるカレンが有利だな。
言葉は男が興奮する大事な要素だからな。
『この水着の下、見せてあげよっか?』とか『・・・誰にも見せたことないけど、団長になら見せてあげても・・・』と
緩急自在に言葉で攻めるカレン。
ダヌアもカレン相手に互角に堂々と戦ってたが、
やっぱり互角の戦いだと上手くしゃべれないダヌアが不利だな。
カレンが押し切ってベス4を決めた。」

カリオストロ「ダヌアは敗れたが涙はなく、カレンに抱きついて甘えていたな。
それをカレンも笑って頭を撫で、『絶対あたしが優勝するからね!』と健闘を誓っていたぜ。
こういう戦いばかりなら良いんだがな・・・」




【準々決勝第三試合】
ジータ 5 -  3 ユエル

カリオストロ「ユエルは前の試合で味を占め、コウを参戦させユエル・ソシエ・コウの3人で挑む。
流石のジータもこの3人を相手にするのは厳しいと思ってたんだが・・・
ジータはグランの故郷からアーロンを連れてきてグランと盛り合わせた。
久々に会えた幼馴染ということで盛り上がってプレイにも熱が入ってたな。
途中からコウも交えて3人で盛り合ってたが、
やっぱり久々のプレイで燃えたのが大きかったのか。
アーロン相手により興奮していたジータが勝った」

カリオストロ「試合後、『最後にグランと仲良く出来て気が済んだでしょ?
もう二度とグランの前に顔を出さないでね。近付いたら・・・わかってるわね?』と
恐ろしい顔でアーロンに脅迫しているジータの姿が控室にあったらしいが、
まあどうでもいいことだろう」



【準々決勝第四試合】
マギサ 5 - 2 アンナ

カリオストロ「マギサとアンナ、魔女同士の戦いだな。
だがやっぱり魔女として、女としての年季の差で終始マギサがアンナを圧倒してた。
アンナが水着で色仕掛けを仕掛けてもボリュームの違う身体で
『こっちの方が団長さんが好みなんじゃないかしら?』と
カウンターを返されて失点。
アンナはほぼ為す術もなかったんだが・・・」

カリオストロ「だが試合終盤、アンナはグランを抱き寄せ強引に唇を奪い、
抱きつくなどの猛攻を見せて2得点を挙げた。
あのマギサも予想していなかった攻撃らしく流石にいつもの笑みが消えていたな。」

カリオストロ「結局マギサが魔女同士の対決を制した。
だが『今回は私が勝ったけど、将来的にはあの子は私を超えるかも・・・魔女としても、恋のライバルとしても楽しみな存在ね』
とその素質を最大限に評価してたな。
何年後かに再戦したら結果は逆かもしれねーな」


900 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:28:43 7wLYdDQk
【ベスト8敗退者コメント】
ヘルエス「私は最善を尽くしました、何も悔いはありません。後はお任せしましょう」


ダヌア「かれぇ・・・がぁん・・・」
ヘンゼル「ダヌアは『カレンがんばれ』と言っている」


ユエル「はぁー、あ ほ く さ。
こんな大会やってられるか!
大会なんて関係あらへん、団長なんていつでも奪ってやるわ!
次は1ヶ月風呂に入らずに挑んだるからな!」
ソシエ「ユエルちゃん、落ち着いて・・・」


アンナ「うう・・・負けちゃった・・・
でもこの大会で団長さんといっぱい仲良くなれたしいいかな・・・えへへ」


901 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:49:07 7wLYdDQk
【準決勝第一試合】
ルリア 4 ― 3 カレン

カリオストロ「ルリアとカレンの戦いは正統派同士のすごい戦いだった。
前半は互いにグランの両脇に陣取りアピール合戦。
カレンの豊満な身体に負けないルリアのヒロイン力は凄かったな」

カリオストロ「試合後半は正妻パワー同士のぶつかり合いの激戦だった。
巨大な正妻パワーを持ったルリアが有利に試合を進めるが、後半にカレンが正妻パワーに覚醒。
正妻パワーを炎に変えてルリアと堂々と渡り合った。
その後は互角の戦いを見せるが、僅かに上回ったルリアが決勝進出を決めたな」

カリオストロ「ルリアも『今回は勝ちましたけど、次戦ったら勝てるかどうか・・・』って言ってたな。
準決勝に相応しい激戦だった」



【準決勝第二試合】
ジータ 1 ー 0 マギサ

カリオストロ「ジータとマギサの戦いは・・・よく分からなかったな。
互いに試合開始と同時に互いに巨大な正妻パワーを解放。
ルリアVSヴィーラのときみたいに、
正妻パワーをマギサは魔神モラクスの形に、
ジータは別ジョブの大量の自分の形へと変えた。
2人の力が衝突すると、周囲が爆発で吹っ飛んで
このまままた激戦が始まるのかと思いきや、
マギサが『ふふ、私の負けね』と言って棄権。
ジータが『逃げるの?』『卑怯者!』と散々罵るのを尻目に試合会場を後にして
試合開始3分でジータの決勝進出が決定した」

カリオストロ「オレ様の隣で見てたルリアは
『どちらも同じくらいすごい力でしたけど、僅かだけジータが勝ってました』
って言ってたな。
正妻力で僅かに上回っていたジータが決勝進出となった」



【3位決定戦】
マギサ 5 ― 1 カレン

カリオストロ「準決勝に敗れた2人の戦い。
カレンはもちろん水着で戦いに挑むが、
マギサはここまで封印してきた神バハのサマーウィッチクラフト水着で登場。
カレンの水着や体型とはセクシーさとボリュームが段違い、
それだけでもう圧倒してカレンの戦意を失わせてたな」

カリオストロ「試合はマギサの一方的展開。
ボリュームの違う身体で誘惑し、
さらに包容力などを織り交ぜた巧みな戦略も織り交ぜてカレンを圧倒だ。
カレンがルリアとの戦いのダメージや疲労でボロボロだったのもあり精彩を欠き、
マギサが圧勝して余裕の3位入賞を決めた」


902 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:50:01 7wLYdDQk
【3位・4位入賞者コメント】
マギサ「私が優勝するにはジータとルリアに連戦で勝つのが必要。
全てを出し切ればジータには勝てたかもしれないけど、
出し切った後ではルリアには負けるでしょう。
だから無傷で負けて余裕の3位に甘んじておいて、
2人共倒れでの繰り上がり優勝を狙うのも賢いんじゃないかしら?
それに3位なら愛人の座だって狙いやすいもの・・・」


カレン「うー、団長は団長代理のものなのにー。
次は絶対優勝するからね!覚えててよ!
でも4位ならちょっと位は団長がもらえるんだよね?」


903 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:51:46 7wLYdDQk
かなり雑にですが決勝まで終わらせました
あとは決勝とオチをさっさと書いてスレの終わりまで個別ifエンドを一個でも多く書いていきたいですね


904 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 21:54:30 n2mDkDJY
やべえよ・・・やべえよ・・・


905 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 22:37:35 .PzXVQhc
もう完全にグラン君ホモになってるんだよなぁ…


906 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 22:48:52 WrkOw062
久々のプレイってことはグランくん以前から…


907 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/14(火) 23:04:56 hVTYl5hY
恋愛クソ強魔女がちょっと弱気になりかけてるのが不安ですね


908 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 01:10:06 Vb1dbgik
もうこのジータどうにか始末されてほしい


909 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:47:20 lDoC0jXc
テレーズ「さあ2ヶ月に渡って開催されてきましたグランくん正妻ワールドカップも決勝戦!
何百人もの女性団員が予選を戦い、勝ち残ってるのは僅か2名!
正妻力を1戦ごとに急成長させて勝ち上がってきたルリア!
圧倒的な力で対戦相手を叩き潰してきたジータ!
どちらが正妻の座を掴むのか!
客席には全空から詰め掛けた数万人の群衆の他、
今までに敗退した選手たちの多くが詰めかけています」

クラリス「応援してるよー☆」

カリオストロ「おいルリア、負けるんじゃねーぞ!」

マギサ「ふふ、楽しみな勝負ね」

ヴィーラ「さて、どうなるでしょうか・・・」

リーシャ「ルリアさん!応援してますよー!」

ドロシー「ルリアさーん、ご主人様のためにも絶対勝ってくださいね☆」

アルルメイヤ「ふふ。応援してるよ、ルリア」

テレーズ「一部の大会参加者たちも手のひらを返したようにルリアを応援しているようです。
あれだけルリアチームに敵対しておいて恥ずかしくないんでしょうか」

アルタイル「ルリアが勝てばうやむやになって大会の後も正妻レースが出来ますし、
ジータが優勝したらどうなるかわかりませんからね。
下手をすればルリアが負けたら敗退した選手全員が
優勝阻止のためにジータに襲いかかる可能性もありますね」

ルリア「緊張します・・・」

ジータ「グラン・・・私は絶対に勝つから!」

テレーズ「それでは決勝戦!試合開始です!」


910 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:49:15 lDoC0jXc
(試合開始30分後)

テレーズ「互いに正妻力を解放してものすごい戦いが続いているスタジアム!
0-0のままどちらも全く引かない互角の戦い!
既にスタジアムは全壊だー!」

ジータ「はぁ、はぁ・・・まだ諦めないの?」

ルリア「はぁ、はぁ・・・ジータこそ・・・」

ジータ「・・・なら次で終わりにしましょう。コレ以上やっても時間の無駄だから」

ルリア「はい、次に私のグランへの全ての思いを込めます!」

ジータ「私も全力で・・・あ、ちょっと待ってて。
グランが倒れてるから安全な場所に移してくるわ」

ルリア「それなら私も手伝います」

ジータ「ねえグラン、大丈夫?」

ルリア「大丈夫ですか、グラ・・・」

(ころり)

テレーズ「おーっと、団長さんの首がごろりと転がったー!」

ルリア「」

ジータ「」

客席の参加者たち「「「」」」

ルリア「え?え?グランの首が取れて死んじゃ・・・
あれ?でも生命のリンクで繋がってる私は死んでないですし・・・え?」

ジータ「これはどういうことなのよ・・・
しかもこれ、機械・・・?」



???「おやおや、壊れてしまいましたか〜」


911 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:50:46 lDoC0jXc
(立体映像で映し出されるシェロカルテ)

ルリア「シェロカルテさん!?」

ジータ「どういう事?」

シェロカルテ「ご安心を〜。ちゃんと新しいのを持ってきますから〜」

ジータ「新しいの、って・・・もしかして最初からグランが偽物だったってこと?」

シェロカルテ「私はちゃんと言ってありましたよ〜?
この大会は『グランくん正妻ワールドカップ』だって〜。
団長さん本人の正妻ワールドカップとは一言も言ってません〜。
それは大会でずっと使われてきた団長さん型アンドロイドの『グランくん』(特許出願中)ですよ〜」

クラリス「え、だんちょーロボットだったの?」

シェロカルテ「シロウさんの研究所に出資協力して作ったんですよ〜。
ロボミさんのAI技術を応用してまして、
団長さんの思考パターンに似せてあるAIで自動で行動するんです〜。
遠隔で行動や言葉を操作することも出来ますよ〜。」

マギサ「ふふ、それで完全に納得できたわ。
試合ごとに団長さんの行動や言動にブレがあったのも
試合中に誰かが遠隔で団長さんを操作していたからでしょう?
試合ごとに違った人間が団長さんを動かしていたんじゃないかしら」

シェロカルテ「その通りです〜。
男性好きな所がある方は団長さんを男色に走らせたりしましたし、
女好きな方は団長さんをセックスに積極的に動かしたりしてましたね〜」

カリオストロ「なるほどな・・・」

ジータ「でも匂いやぬくもりは確実にグランだった・・・」

シェロカルテ「このアンドロイドはですね〜、
団長さんから採取した体組織から皮膚を作ってあるので肌の質感もぬくもりも匂いも再現しています〜。
もちろん身体の各大きさのサイズも採寸して精巧に作ってあります〜。
団長さんの戦闘力を半分くらいは再現できてますし、
おちんちんを刺激するとちゃんと勃起するんですよ〜。
さらにアウギュステ産の海産物の生臭さを使った精液風の片栗粉水まで
リアルにおちんちんから射精もできるハイテクぶりです〜。」

カリオストロ「なんだ、あれは疑似精液だったのか」

シェロカルテ「優勝者にはこれを差し上げようと思ったんですが、壊れてしまいましたか〜。
でもちゃんと直しますからご安心を〜。
優勝者には新品で差し上げますから、おふたりとも頑張って下さい〜。
さあさあ、私に構わず試合をお続け下さい〜!」


912 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:51:37 lDoC0jXc
ジータ「・・・・」

ルリア「でも良かったですね、大会で可愛そうな目にあっていたグランはいなかったんですから」

ジータ「・・・こんなガラクタのために・・・私は・・・・」

ルリア「ジータ?」

ジータ「おらぁ!!」(バキィ)

ルリア「!?」

テレーズ「おーっとジータ、グランくん(ロボ)を完全に破壊したー!」

クラリス「あーもったいない!」

ジータ「・・・でももういいわ。それに邪魔な奴らは今全員ここにいるんだから丁度いい・・・
グランに近付く虫は全員ここで片付ける!!
全員で殺し合って勝ち残った一人だけがグランを手に入れる!!!
それでいいでしょう?ねえ観客のみんな!」

ルリア「え、ええっ!?」


サラーサ「あたし、こういうルール待ってたぞー!全員叩き潰してグランはあたしのものだー!」

ヴァンピィ「何言ってるの?ヴァンピイちゃんがここで全員倒してけんぞくぅを手に入れますのでー」

ユエル「せやな、全員倒せば団長はウチらのモンやな!行くでソシエ!」

ソシエ「ちょ、ちょっとユエルちゃん!」

ゾーイ「これは調停者として止めなければならないな」

アニラ「羊羹でも食べながら観戦しようと思ったが仕方がないのう。我らも止めるとするか」

アンチラ「ボクも止めるよ!」

サラ「・・・ここで全員・・・せれば・・・私が・・・」

ソーン「ふふ、悪いけど私とシルヴァと団長さんの未来のために全員消えてもらおうかしら」

シルヴァ「ああ、行くぞソーン!待っててくれ親方さん、おかみさん、ククル、クムユ!」

ドロシー「ご主人様に近付くゴミをここで全てお掃除です☆」

リーシャ「真の秩序というものを私がお見せしましょう!」

カレン「あーもう、あたしも混ぜろー!」

クラリス「ウチがだんちょーを手に入れる!!存在崩壊で全員ドッカーンだよ☆」

カリオストロ「あっおいあのバカ!・・・あーしょうがねえな・・・やっぱりこうなるのか・・・」

(ぎゃーぎゃー)

テレーズ「客席から百人近い大会参加者たちが次々と乱入してあちこちで乱闘が始まったー!
運営が想定した最悪の事態だー!」

アルタイル「もう最初から最強トーナメントにでもすればよかったのではないでしょうか。
審判団もお手上げで既に会場から離脱しています。危険なので我々も逃げましょう」

テレーズ「そうしましょう。それでは皆さん、スタジアムからお別れです。
実況解説はテレーズとアルタイルがお送りいたしました。さようなら」


913 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:53:28 lDoC0jXc
(数時間後)

ジータ「それでさぁ、グランったら小さい頃の私にね?」

カレン「わかるわかる、団長って無意識にそういうフラグ立ててくるとこあるよね」

ヴィーラ「ジータさん、他に小さい頃の団長さんのエピソードはありませんか?」

サラ「小さい頃の団長さん・・・私ももう少し早く生まれてたら・・・」

ダヌア「ふわぅ・・・」

ナルメア「ふふ、よっぽど疲れたのね。お姉さんの膝でゆっくり休んでね?」

アンナ「・・・はぁ、ボクも皆から逃げ回ってたら疲れちゃったよ」

イシュミール「私も・・・疲れた・・・」

ヘルエス「ジュースと料理を持ってきました、皆で食べて大会の疲れを癒やしましょう」

シルヴァ「ちきしょー酒持ってこい酒!! こうなったらとことんバカ騒ぎしてやる」

ソーン「あったよ!おつまみが!」

リーシャ「でかした!」

サラーサ「いいだろそんな事お前!ホラ飲め飲め!」

ドロシー「このご主人様情報超助かる☆」

ヴァンピィ「気持ちいいぜ!こいつらとのけんぞくぅトーク超気持ちいい!」

女性参加者たち「ガハハハハ」

女性参加者たち「ガハハハハ」




カリオストロ「ま、一時はどうなることかと思ったが良かったな。
みんな思いっきり暴れて気が済んで、結局女同士でグランの話を肴にしての大宴会になったか」

クラリス「コレで一件落着、だね☆」

カリオストロ「バカかお前、本当にそう思ってるのか?」

クラリス「え?」


914 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:54:37 lDoC0jXc
カリオストロ「この大会は多くの女に火をつけたんだよ」

クラリス「ウチも火属性だけど」

カリオストロ「そういうことを言ってんじゃねえよ」

マギサ「この大会で大きく成長した子たちを知ってるでしょう?
意外な子が勝ち残ったりしたのもそのため。
みんな自分の気持ちに気付いたり、もっとアピールが必要だって気付いたり・・・
予選で負けた子たちだって相当の危機感を持ったはず。
参加者全員が恋のライバルとして大きく成長した。
明日からの団長さん争奪戦は今までの何十倍も熾烈なものになるでしょうね」

カリオストロ「そういうこった。お前も今まで以上に頑張らないと女友達の座まで失うぞ?」

クラリス「うう・・・」

マギサ「ふふ、あんまりいじめちゃダメよ」

クラリス「あ、それにしてもさー。あれだけいたのにだんちょーがロボットだって皆気付かないなんてね」

マギサ「あら、薄々気付いてた子は結構いると思うわよ?私も含めてね」

カリオストロ「俺も途中からだが気付いてたぜ。あのグランがオレのスペアボディみたいに感じたんだよ」

クラリス「え、なんでうちに言ってくれなかったの!?それになんで知ってたならみんな言わなかったの!?」

マギサ「団長さんが偽者だと知ってても彼女たちは『覚悟』と『力』を示したかったのよ。
この覚悟と力を目にしてもまだ団長さんを巡る争いに参加するか、尻尾を巻いて逃げるか。
それとも誰かと組むか、自分の下につくか。それを他の女性団員たちに示したのよ」

カリオストロ「なるほどな。戦うか逃げるか誰かの下に付くか・・・
本当のグラン争奪戦が始まる前にどうするか選べって宣戦布告か。
・・・クラリス、お前はどうするんだ?ルリアやジータみたいな奴らを見て、戦うのか?
それとも諦めるか、誰かの下についておこぼれを狙うのか」

クラリス「確かにアレを見ちゃったら勝てるかなって思ったけど・・・
ウチはもう後悔したくない。だから、絶対にだんちょーを諦めずに最後までひとりで戦う!
それがクラリスちゃんだからねっ☆」

カリオストロ「・・・少しはやる気になったか。
この大会で一番成長したのはお前かもしれねーな」

マギサ「ところで、皆一番大事なことを忘れてるみたいね。
まだ誰もそれに気付いてないみたいだけど、それに気付いたらどうなるかしらね・・・ふふ」

クラリス「大事なこと?」

マギサ「この大会での団長さんは最初からロボットだったけど、じゃあ・・・
本物の団長さんはこの2ヶ月どこで何をしてるのかしら?」

カリオストロ「あ・・・」

クラリス「そういえば・・・」


915 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:57:01 lDoC0jXc
(とあるリゾート島、ビーチでくつろいでいる10代男子たち)

ジャミル「主君、冷たい飲み物をお持ちしました」

グラン「ありがとうジャミル。でもせっかくのバカンスなんだから自由にしてていいよ」

ジャミル「お気遣い感謝します主君。
しかしなぜ我々男だけの十数人でこの島に?」

グラン「いつも女の子たちと一緒だから気を遣っちゃって...
同じ年頃の男だけでこうして1〜2ヶ月くらい休み取って遊びたかったんだ。
サンクティンゼルには同じ年齢の男の子があんまりいなくてさ。
ジャミルも後で遊ぼうよ」

ジャミル「主君がそう仰るのなら喜んでご一緒します」

ローアイン「そうそ、やっぱダンチョたちもちゃんと遊び覚えた方がいいっすよ。
オレらがいくらでも教えるんで。明日は皆で街の『げーせん』にでも行っちゃいます?」

エルセム「昼はげーせんで?」

トモイ「夜は温泉で?」

グラン、エルセム、ローアイン、トモイ「「「「ウェーイ!!」」」」

グラン「あはは。ローアインさんたちには本当感謝してます。僕じゃ遊び方がわからなくて。
本当色々なことを僕たちに教えてくれて毎日楽しいです」

アイル「フン、別にこんなガキの遊びなんて楽しくなんかねーけど..
チッ、また負けた!もう一回だ!」

フェザー「うおおおお!受けて立つぞおおお!」

ランドル「うるせーぞフェザー!」

ウェルダー「勇敢なる海の戦士ウェルダー様参上!いやっほー!」

アレク「あっ、ずりーぞ!俺が先に泳ぐんだって!」

ジョエル「こら!ちゃんと泳ぐ前は準備体操をしないと!」

ヨハン「こういう砂浜でのんびり本を読むのも悪くないですね。
最近団の依頼で出かけることが多くて文献ばかり溜まっていたから丁度良かったですよ」

エルタ「ええ、僕もビーチが貸し切りなので僕も楽器の練習が出来て嬉しいです。
綺麗な潮騒の音をバックに演奏できるなんてめったに出来ないですからね」

グラン「はは・・・皆楽しそう。
女の子たちに隠れて男子だけで1〜2ヶ月くらい休みを取りたいってシェロカルテさんに相談してよかった。
ルリアと命のリンクが繋がる程度の距離の島を紹介してもらえるなんて。
旅が始まって色々楽しい事があったけど今が一番楽しいかもしれない。
しかもこんなリゾート島を食費宿泊費込みでタダで2ヶ月も使って良いなんてね」

ジャミル「しかし妙な条件でしたね。
新聞等の報道は絶対に見ないように、島から絶対出ないようにとのことでしたが」

グラン「きっと僕たちに世間の情報なんて忘れて思いっきりリラックスしてほしいんだよ」

ジャミル「だといいのですが」

ローアイン「ところで、ダンチョは彼女とか作らないんスか?
せっかくのリゾートに彼女とか連れてこなかったのはもったいなかったっしょ」

グラン「作らないよ。まだ旅の途中だしね」

ジャミル「主君ほどの器量をお持ちなら選び放題だと思うのですが」

グラン「そんなことないって。
団長の立場だってちゃんと務められているかわからないのに、
恋人なんて背負えないよ。
恋人や家族みたいな他に大事なものができちゃったら団長なんてやれないと思うからね。
もし作るなら一人前になってから、かな」

ローアイン「でもでも、作らないのはもったいないっしょ。
ダンチョくらいモテポだらけならいつでも作れるっしょ?」

グラン「彼女を作るとしたらそうだなぁ..
僕がもうちょっと成長してから・・・

『4年後』くらいかな?」


【4年後(2022年)の第二回正妻ワールドカップ(本番)へ続く】


916 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 19:57:57 lDoC0jXc
これにてグランくん正妻ワールドカップ閉幕です
ここまで伸びるとは思ってませんでしたが大勢で試合を書いていくのがとても楽しかったですね
ワールドカップらしく1試合くらいサッカーを書きたいという思いつきで中弛みしちゃいましたが何とか終われて良かったです
スレ立てしてから今まで本当にありがとうございました


917 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 20:01:12 /QtT584c
約2ヶ月にも及ぶ大作になろうとは


918 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 20:03:06 ay7Xl9F6
好評、絶賛!
次回(4年後)もお願いします(リピーター)


919 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 20:04:55 uj6EjLJY
ラストがね…


920 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 20:15:06 RSBm4kA2
グラン君19だとさぞモテるんだろうな


921 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 21:38:32 lDoC0jXc
【ハーレムエンド】

「大会参加者を全員僕の妻にする」
100人以上の正妻ワールドカップ参加者たちを
グランサイファーの食堂に集め、僕はこう宣言した。
僕の知らないところで開かれた正妻ワールドカップ。
勝手に僕も参加させられている。
だが、これくらい下衆なことを言えばみんな幻滅して大会なんて途中で中止になるだろう。
こういうことはイングヴェイさんみたいなカッコイイ人しか言うことを許されない。
僕なんかが言ってもただ浮気者、クズ男だと幻滅されるだけだ。
恐らくこんな事を言えば皆が僕のことを嫌いになるはず・・・

ルリア「本当ですか!?」

ヴィーラ「団長さんもその気のようですよ、ジータさん」

ジータ「グランがそう言うならしょうがないわね」

突然皆が喜びだした。
え?なんで?

カレン「皆で話し合ってたの。このまま皆で争ってたら皆が傷つくだけ。
だから全員が団長の妻になって皆で分け合おうって」

ジータ「私だけは最後まで反対したんだけど、このまま皆で旅が出来るのも悪くないから。
じゃあグランにその気があるならって条件でそれで良いって言ったの」

マギサ「団長さんもその気みたいだし、気が変わらない内に話を進めましょ?」

集まった100人近い全員が大喜びしている。
え?どういうことなんだ?
そして全員が僕に熱っぽい視線を浴びせている。
あ、あれ?もしかして最悪の選択をしちゃった・・・?

助けてラカム、助けてオイゲンさん・・・
助けを求めるように食堂の隅にいた二人に視線を向けると、
「ま、団の平和のために頑張れよ」「骨は拾ってやるからな」
というような温かい笑みを浮かべた表情で食堂を出ていく。

「あ、はは・・・あの、僕は大会を止めるために冗談で・・・」

カレン「とりあえず今から誰が一番最初に団長を抱くか順番を決めようよ!」

マギサ「ふふ、そうね。その後で団長さんを今後どうやって分け合うかの時間割や日付の分担も決めましょう」

ジータ「夜はどの日に誰と誰と誰がグランとするか・・・っていうのもちゃんと決めなきゃね」

ヴィーラ「ふふ、誰から団長さんの子供を生むかのローテーションも決めないといけませんね・・・」

ヘルエス「祖国の復興のために一人でも多く産ませて頂きたいですね」

シルヴァ「妊娠適齢期を考えて年齢の高い女性から産むというのはどうだろうか」

サラ「・・・早く団長さんの子供を産めるようにならなきゃ・・・」

レフィーエ「皆さんの出産計画に関しては団が経済的に余裕が出てからですわね」

カルテイラ「育児施設の増設にはどれくらいかかるかシェロはんにも相談してみるわ!」

ディアンサ「ジオラやリナリアたちも連れて来たいな」

オーキス「・・・私もあっちの国が落ち着いたらオルキスを連れて来たい・・・」

リーシャ「なら私もモニカさんを連れてきたいですね」

カリオストロ「よーし、プロメティアも連れてくるか」

クラリス「ちょっとししょー、ウチの家庭を崩壊させないでってば!」

ルリア「はい!グランを好きな子を皆連れてきて仲良くグランを分け合いましょう!楽しみです!」

コルワ「うんうん、これこそ最高のハッピーエンドね!」

「あ、あの・・・さっきのは冗談で・・・」
もう誰も僕の話を聞いてくれる人は居なかった。
そして、それ以降の僕は人生全てを皆で管理され、
仲良く分けられることになった。

それからの生活では、常に女の子5、6人が僕の周りにいて僕に自由はなかった。
夜は一晩で10人を相手にする日もある。
夢の中でさえヴェトルがべったりしてくる。

自由がなくて多少は疲れるけど、それでも愛されているというのは嬉しい。
皆が僕を愛してくれる。僕も皆を心から愛している。
幸せっていうのはこういうものなのかな。


そしてあの正妻ワールドカップから10年後、
今では150人近い妻と数えきれないくらいの数の可愛い子供たちに囲まれて旅をしている。
旅と言っても家族の生活費を稼ぐのが大変でまだ星の島へはたどり着けていない。
僕はもう自由に生きることは出来ないけど、僕の人生が犠牲になったおかげで
団員皆が家族になってずっと仲良く旅をすることが出来ているのだから良かったのかもしれない・・・


922 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 21:39:09 lDoC0jXc
ifエンドは思い付いたらスレが終わるまでどんどん書いていきます
マギサ優勝エンドとリーシャモニカ優勝エンド(ハッピーエンド)とか色々考えてあります
ラストが自分で見てもアレなのでみんなも自分の理想のエンド、書こう!


923 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 22:28:49 wVsOkbj6
おっつおつ まぁいい感じでオチ着いたわ


924 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 22:42:11 y1CJvQhk
冷静に考えたら15歳少年に100人ハーレムとか普通に秩序案件ではないか?
やはり名誉秩序戦犯リーシャさんのifエンド書くしかないな


925 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/15(水) 22:55:04 GY5voh5k
リーシャモニカのハッピーエンドならもうあるでしょ(棒読み)


926 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 00:48:01 .cKbeXFI
スレが立った当初はまさかきちんと終わるとは思ってなかった
皆様お疲れ様でした
楽しかったです


927 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 01:01:32 O4izvNHc
いい話で終わってよかった


928 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 01:26:17 ECKLwhbU
幾つかの試合を書かせてもらいましたが、形として完結し感無量です、最後までの執筆お疲れ様でした

ちなみに、いつかIF とか書いてもいいですよね……?


929 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 01:54:39 yJjQ9Kso
アーロン使い捨てでカアイソウ


930 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 19:31:30 lwjrKXf2
【モニカ&リーシャタッグで優勝エンド(コルワさん向けver)】

団長は私を真っ直ぐに見下ろし、獣のように腰を振っている。
突かれる度に快楽と幸福感が身体を支配する。
なんとも愛おしい。
幼さが残る顔立ちの中にこうした逞しさがある。
身体が快楽を感じる度にこの雄を独り占めにしたい、
この雄の子を孕みたいと雌の本能が囁く。
そして舌を絡めたキスを何度も交わす。
私は脚を団長の胴体に絡めて抱きつき、完全に身を委ね・・・

「ただいま帰りま・・・あーー!モニカさん団長さん!何やってるんですか!!!」
ドアが開かれるといつもの騒がしい声が聞こえてくる。
「おかえりなさいリーシャさん」
「ああ、帰ったかリーシャ。先に始めてるぞ」
私達は交わったままいつものようにリーシャに挨拶を交わす。
団長はリーシャに挨拶をしつつもまだ腰を振っている。
「先に始めてるぞ、じゃないですよ!団長さんとするときは2人揃ってって決めてあったでしょう!」
「何を言うんだリーシャ、聞く所によると数日前私が出払っている時にこっそり団長と2人でしていたそうじゃないか」
「うぐ・・・だって団長さんが溜まってそうだったから・・・っていうか喋っちゃったんですか団長さん!?」
「だってリーシャさんもモニカさんもふたりとも大事な人だから・・・」
「まあお互い様ということで良いじゃないか、リーシャ」
「うー・・・しょうがないですね。とりあえず着替えてきます」

私達3人のこうした関係は正妻ワールドカップでリーシャが私と組んで優勝した直後から始まった。
優勝が決まった夜、2人で「私達二人一緒にずっと愛してほしい」と団長に頼み込んだのだ。
最初は戸惑っていたが、今では団長は私もリーシャも同じくらい深く愛してくれている。
秩序の騎空団を一時離れ、グランサイファーに私が団員として乗り込んだのもそのためだ。



正妻ワールドカップの大会中。
控室で脳天気に私に次の試合についてヘラヘラと喋りかけてきたリーシャに
私はカッとなり、激しい怒りをあいつにぶつけた。

なんで団長の隣にいるのがおまえなんだ、
団長を返せ、団長は私のものなんだ、
お前を絶対に許さない、一生苦しめてやると。
あいつに飛びかかって胸ぐらをつかみながら、
途中からは泣きながら声にならない声であいつに怒りをぶつけた。

するとリーシャは涙をこぼしながら答えた。
団長さんは私を見てくれてない。
モニカさんだって私を見る目が日に日に怖くなっている。
大好きなモニカさんに嫌われるのだけは嫌だ。
このままだと団長さんもモニカさんも失ってしまう。
そんなことになるくらいなら優勝しても私は死を選ぶ。
私はモニカさんも団長さんも同じくらい好きなんです。
私は、私はどうしたら・・・
目を真っ赤にして涙をボロボロとこぼしながら半ば叫ぶように私にぶちまけた。

―ああ、あいつだって苦しんでいたんだ。
私はリーシャになんてことをしようとしていたんだ。
リーシャは私にとっても大事な存在だったじゃないか。
私達はお互いに大声で泣いて謝りながら抱き合った。
いつのまにか私がリーシャに抱いていた憎悪はどこかへ消え失せ、
世界中で団長の次に、いや同じくらい愛おしい存在へと変わった。
心の底から2人で一緒に団長を愛していこう、
優勝したら団長と私とリーシャの3人でずっと生きていこうと2人で誓ったのだ。
そのおかげか、正妻ワールドカップはあっさりと優勝できた。
長く付き合ってきた私達の結束に敵う者などいないだろう。


931 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 19:32:17 lwjrKXf2
リーシャは湯で汗を流してきた後、服を脱ぎ団長の反対側に横になり抱きつく。
「はぁ、モニカさんにはお仕置きが必要みたいですね・・・」
「涙目になることはないだろう、昔からお前は泣き虫だな」
「じゃあ大会に参加できなくてこっそり泣いてたのは誰だったですかね?」
「・・・はぁ、その話はやめ・・・んむっ!?」
リーシャの唇が私の口をふさぐ。
「・・・ぷはぁ、おいリーシャ、キスする相手を間違えて・・・」
「ふふ・・・団長さん、今日は二人で一晩中モニカさんを攻めませんか?」
「良いですね、僕も最近モニカさんに攻められっぱなしでしたから」
2人の顔がいたずらっぽくにやける。
「お、おい、お前たち・・・」
2人の顔が近づいてくる。
「私は団長さんを一番愛してますけど、モニカさんだって同じくらい愛してるんですからね」
「僕もモニカさんもリーシャさんも世界で一番、同じくらい愛しています」
「わ、私だって団長もリーシャも同じくらい好きだ!」
私達3人は顔を見合わせると笑い、3人で快楽の海へと溺れていった。



明け方、私の右隣では気持ちよさそうな顔で団長が寝息を立てていた。
年相応の可愛い寝顔だ。
ほんの30分前まで私とリーシャを獣のように蹂躙し、
喘がせていたとはとても思えない。
愛おしくなって団長の頭を軽く撫でると、
団長の逆隣に横になっているリーシャが話しかけてきた。
「ねえモニカさん、幸せですか?」
「幸せに決まっているだろう、お前はそうじゃないのか?
「いえ・・・この上なく幸せなんですけど・・・この関係は非秩序的ではないのでしょうか?」
面白いことを言う。私は笑って答えた。
「まあ、少なくとも健全な関係ではないな。
だが私やリーシャが産んだ団長との子供たちが秩序の騎空団に入れば
差し引きゼロくらいにはなるんじゃないか?」
秩序の騎空団に属する私達としてはこのような非秩序的な関係は望ましくないのかもしれないが、
これが私達だけの秩序だ。誰にも邪魔はさせない。

団長、リーシャ。
いつまでも私達3人でこの「秩序的」な関係を続けていこう―

【おわり】


932 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 19:33:59 lwjrKXf2
こっちの方がハッピーですけど前書いたモニモニエンドは書いてる途中ずっとギンギンだったので頭の中に逆コルワさんが住んでるんだと思います

自分だけがifエンドを書いてると多分モニカエンドをあと5つ書くとか趣味に走りかねないから皆も好きなキャラでifエンド、書こう!


>>928
試合執筆ありがとうございました
私以外の書いた試合のどれも面白くて楽しめました
むしろどんどんifエンド書いて♡


933 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 19:59:00 vjLBt6qw
お前のモニモニが好きだったんだよ!


934 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 20:17:17 .cKbeXFI
やったぜ。
ところでifエンドというかif予選とか書いてみてもいいです?
(もう書いちゃったんですが)


935 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 20:17:47 2Q9k9pgM
我々に拒否権はない


936 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:01:58 .cKbeXFI
ナルメアのお話を書いてみました。
ただし、
・ifエンドではなく、if予選(予選Dグループでレオナが離脱した直後の話)
・グランくんは正真正銘本物である
という前提です。
一応ちゃんと決勝に繋げられる話…のはずです…


937 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:04:41 .cKbeXFI
ナルメア 11-4 ジュリエット

グランくん正妻ワールドカップ、予選Dグループの試合が再開された。
レオナ(に宿った星晶獣)の暴走により仕切り直しとなったDグループは、レオナ以外の3名中、成績上位2名が決勝に進出すると発表されている。

試合はレオナの騒動で心身ともに疲弊したグランくんを労うべく、グランサイファー船上にて「お世話対決」として、開催された。
下馬評は、試合の形式上、ナルメアが圧倒的に有利である、との意見が散見されたが、試合はまたも予想外の方向に進んでいく。

試合開始直後、なんと先手を打ったのはジュリエットだった。

「グランさん、私、本日のためにお紅茶の淹れ方を学んで参りました。」

ジュリエットは恭しくお辞儀をすると、たどたどしい手つきながらも準備を進めていった。
ダージリン特有の、甘くフローラルな香りが漂う。
ジュリエットは、レオナにいいように振り回された経験を踏まえ、積極的な行動に出てきたのだ。
上流階級の彼女は、他者をお世話することに慣れているとは言い難かった。
しかし、拙いながらも、必死の練習を積み重ねてきたことを容易に感じさせるその仕事ぶりは、強くグランの胸を打った。
試合開始5分で、ジュリエットは早くも1点を決める。

ナルメア側はジュリエットの速攻にやや驚いたようだったが、怯むことなく自分も前に出た。

「団長ちゃん、お姉さんね、この日のためにクラウディアさんにメイドの心得を教わったの!今日もいーっぱいお世話するね!」

前半11分、笑顔でグランに駆け寄ってきたナルメアだったが、その前に突如ジュリエットの使役する英霊が立ちはだかった。

これを見たナルメアは、まずは英霊を排除することが先決と、愛刀を構え英霊に斬りかかろうとした。
しかし、審判団から「グラン及び対戦選手に対する危険行為」に該当する、とイエローカード。
接近したくとも、撃破しては失格負けになる壁が目の前に展開されている。
早くもこの時点で、ナルメアは二人の空間に干渉することすら出来なくなっていた。

前半32分、2人の周囲をぐるり、と回ることしかできないナルメアの顔に、焦りの表情が浮かんだ。
何しろ、今回の試合ではまだグランに接近することすら許されていないのだ。
クラウディアに師事し、身に着けたメイドとしての技量も、相手が確保されたままでは発揮しようがなかった。
英霊による堅牢な守護、そして素朴な、しかし誠心誠意行われるお世話。
最早完封といっていい、ジュリエットの本領発揮だった。


938 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:07:16 .cKbeXFI
そして後半19分、ついにナルメアは、諦めの表情と共に、グランとジュリエットのもとを離れた。
グランはそんなナルメアを目で追い、同情とも憐憫ともとれる表情を浮かべたが、ジュリエットはがっしりとグランを掴み離さなかった。

後半40分、ジュリエットは地道に得点を重ね、すでに4点を獲得していた。
このまま試合はジュリエットが勝利するのだろう、誰もが確信したそのとき。
ガチャン、という何かが割れたような音が、ナルメアの部屋から聞こえてきた。
慌ててナルメアのもとへ向かうグランと、それを追うジュリエット。

部屋の扉を開けた時に、グランの目の前には、想像を絶する光景が広がっていた。
部屋は衣服や下着が散乱し、饐えたような臭気が漂っていた。
机の上と床には大量のハンサムゴリラTAのビンが転がり、そのうちの数本は机から落ちたからなのか、割れてしまっていた。
お世話好きのナルメアのイメージとはかけ離れたその部屋に、グランもジュリエットも絶句した。
ナルメアは部屋の中心にあるテーブルに突っ伏しながら、ただ只管ハンサムゴリラをあおっていた。

「団長ちゃん…どうして…どうして…お姉さんのことを見てくれないの…」
「やっぱり、ダメなのかな、私なんかじゃ、どれだけ頑張っても、大好きな人にかまってなんてもらえないんだ…」

しかし、徐々にその表情は狂気を帯びた笑顔に変わっていく。

「ふふふ…団長ちゃん、ダメだよ、変な女の子に声をかけられたら、お姉さんに相談して、っていったのに」
「ほら…一緒に帰ろう、大丈夫、お姉さんが守ってあげるからね」

ハンサムゴリラと同時に ある種のアルコールを接種すると、自分の思い通りの幻覚を見られることを、ナルメアは知っていた。

あまりの惨状に、グランは後ずさりしてしまう。
その時グランは、転がっていた小枝を踏んでしまった。
パキッ、と音が鳴ると同時に、ナルメアがぬらり、と自室の入り口に目を移す。
そこには、凍り付いたように表情の固まったグランとジュリエットがいた。

途端にナルメアの顔が色を失っていく。

「だんちょう…ちゃん?み、見ないで、お姉さんのこんなところ…こんな汚れたところ…見ないで…」

しかしそう言いながらも、選手としての本能なのか、ナルメアは椅子から立ち上がり、グランのもとへと向かおうとした。
だが、ハンサムゴリラとアルコールですっかり酩酊し、足取りの覚束ないナルメアは、入口に辿り着くことすら出来ずに倒れかける。
グランは思わず、ジュリエットを振り払ってナルメアのもとに駆け寄り、彼女の体を支えた。
ナルメアはグランの顔を覗き込み、消え入りそうな声で言った。

「団長ちゃん、お願い、見捨てないで…お姉さんには団長ちゃんしかいないの、お姉さんのこと、見捨てないで…」

雨の中捨てられた子犬のような表情で、ナルメアは泣きながら懇願した。

グランはその時、ようやく思い至った。
ナルメアをここまで追い詰めたのは、僕だ。


939 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:09:14 .cKbeXFI
これほどの汚部屋に住んでいる彼女が、人にお世話できるようになるまで、どれほどの努力を積み重ねたのだろうか。
僕のことが好きだという、その一念のみを原動力にして。
そんな彼女に、僕は本当に真摯に接していただろうか。
彼女にお世話されることが日常になり、それに甘えていたことすら気が付かず、感謝を忘れていたのではないか。
ありがとう、とは常々言っていた。
でも、そんな彼女に態度で、行動で示しただろうか。
贈り物は、ホワイトデーのお返しをした程度しか記憶にない。
そんな僕に、ナルメアは日々変わらず誠心誠意接してくれた。 いや、この大会のために、新たに修練すら積んだのだ。
そして今、彼女は傷ついている。 劇薬のハンサムゴリラを使い、幻覚 に溺れるほどに。
今こそ、僕が彼女を支えなければいけない…!

グランは、ナルメアを強く抱きしめた。

「ナルメア…ごめん、ごめんね、僕、ずっとナルメアに甘えてた」
「なのに、ナルメアがこんなに追い詰められてたなんて、気が付かなかった」
「大丈夫、僕、ずっとナルメアと一緒にいるよ、2人で立ち直ろう、お姉ちゃん 」

ボロボロと大粒の涙を流しながら、グランはナルメアに声をかけた。

「団長ちゃん…こんな私を、『お姉ちゃん』ってよんでくれるんだね…ありがとう…」

ナルメアとグランは抱き合ったまま、互いに泣き続けた。
ジュリエットはその様を、呆然と見つめるしかなかった。

この一連のやり取りで、ナルメアはなんと一挙11点を獲得。 そして試合は終了した。
グループD再開1戦目はナルメアの勝利。
途中の試合展開こそ、一方的にジュリエットが進めたものの、逆境を力に変えて、ナルメアは決勝進出に向けて歩を進めた。

だが、試合終了直後。
グランは気が付かなかった。
ジュリエットは見てしまった。
いや、見せつけられてしまった。

ハンサムゴリラを大量摂取し、心身ともに衰弱しきったはずのナルメアの口の両端が、にやり、と大きく歪んだことを。


940 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:13:46 .cKbeXFI
この試合は、すべてナルメアの想定通りの展開だったのだ。

グループ予選が進む中、ナルメアは自分の力不足を実感しつつあった。
『お世話』という普段ならこれ一つで勝負を決することのできるほどの攻撃も、逆レイプ、騙し討ち、シュヴァリエによる攻撃などが常態化した本大会では、ただの攻撃手段の一つでしかなかった。
正妻の座を勝ち取るため、優勝するためには、なにかもう一つ決定打となる武器が必要になる。
それを考えながら、ナルメアはこれまでの試合を研究し始めた。
これまで勝ち進んだ人がどのような戦い方をしたか、それは自分の戦法に取り込めそうな手段だったか。

そんな中、闇ジャンヌ対メーテラの試合がナルメアの目に留まる。
ジャンヌは、悲劇のヒロインを演じ、グランをメーテラから奪って勝利していた。
試合の流れそのものは、ほぼメーテラが支配していたにも関わらずだ。

これだ。
団長ちゃんは、同情を誘う女の子に、弱い。

今まで自分は『お世話』という、いわば押し一辺倒での戦いしかしてこなかった。
そんな自分が同情を誘えば、そのギャップによる破壊力はかなりのものになるはず。
ナルメアは、お題が『お世話対決』に決まった対ジュリエット戦に備えて、入念に準備をし始めた。
『あえて一方的に相手に攻め込ませ、弱り切った自分をみせて同情を誘う』ために。
普段きれいに掃除している部屋を、数日に渡って散らかした。
ルナールに頼み込み、各種ハンサムゴリラの空き瓶を大量に入手した。
(その際、ルナールから『ポポル様の幻覚を見られるようになったの…フフフ』と任意の幻覚を見られる方法を教えてもらったが、ナルメア自身は危険を感じ一切試していない)
あとはこの空き瓶を、床と机の上に転がしておく。
うち数本には水を入れておき、机に並べた。

試合が始まったら、あえて攻めきれない状況を演出し(実のところ、ナルメアの刀捌きならば、審判や監視カメラでも分からない、証拠が残らないレベルで英霊を全て粉砕可能だった)、自分の部屋に団長ちゃんを誘い込む。
そのあとは、ハンサムゴリラの空き瓶に入った水を飲み干し、あたかもハンサムゴリラ中毒になってしまったように振る舞えばいい。

そして、試合は全くナルメアの想定通りに進んだ。
全ては、愛するグランをその手に掴むため。
恐るべきは、ナルメアの執念。

団長ちゃん、騙すような形になってごめんね。
でも、これがきっと団長ちゃんのためにもなるの。
周りの人は、みんな団長ちゃんのことを考えないで、自分の都合を押し通そうとする人ばかり。
そんな人たちに、大事な団長ちゃんを任せるわけにはいかないわ。
だから、お姉さんが守ってあげる。
優勝して、正妻の座を手に入れたら、お姉さんすぐに『回復するから』。
だから、それまでもう少しだけ、待っててね。

試合終了後、ナルメアはなんと、グランに肩を借りながら記者団の前に姿を現した。

「この度私は、自分の弱さに負け、ハンサムゴリラに手を出してしまいました。ですが、団長ちゃんは、こんな私と一緒にいると言ってくれました。その言葉を噛みしめ、彼とともに歩んでいきたいと思います。彼と二人なら、きっと立ち直れます」

と涙ながらにコメントした。
一方のジュリエットは、なんと正妻ワールドカップからの離脱を宣言。

「これ以上、この大会で、皆様と正妻の座を争う自信がなくなりました」

と、力なく語るジュリエットは、レオナ、ナルメアという二大選手と戦ったことにより、戦意を根こそぎ奪われてしまっていた。

しかし、ナルメアのこの発言を受け、大会運営委員長のシェロカルテは

「まず、はっきりとお伝えして おきますが、ハンサムゴリラは違法なものではありませ〜ん。幻覚を見る副作用は確認されていますし、特殊な手段で自分が見たがっている幻覚を見られる、ということも確認されていますが、それによって周囲を害することもなければ、中毒になることもありませ〜ん。ですから、ナルメアさんの今回の言い分は、首を傾げざるをえませんね〜。」
「さらに、試合終了後のナルメアさんに行われた尿検査からは、ハンサムゴリラの成分は一切検出されませんでした〜。おかしいですね〜、尿検査だけに、尿(もう)一度再検査を、なんちゃって、うぷぷ〜」

と、いつものシェロカルテ節を炸裂させながらも、ナルメアの発言を疑問視していた。

レオナに続き、ジュリエットまでもが離脱したグループDは、協議の結果、ナルメアとユエルの二名を決勝に進出させることを決定。
順位づけのために、この二人は試合を行うことが決まった。

なんと4人中2人までもが離脱してしまった、大会最大の魔境グループD。
果たして残った2人も、無事に決勝へと進出することができるのだろうか。


941 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:17:27 .cKbeXFI
以上です。
…一応ナルメア対ユエルも考えてまして、一応(グランくん周り以外は)ちゃんと決勝に繋げられるはずなので、スレが残ってて、かつ許してもらえるなら書かせてもらえれば…という感じですね。
それにしてもなんで自分が書くといつもこうなるのかな…


942 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 21:37:26 tqwlUL9w
ナルメア暗躍の陰でルナール先生ェが大変な事になってるぞ 大丈夫か!?


943 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/16(木) 22:59:18 UdoYkyQs
>>930
これはなかなか秩序的な理想的エンディングですね
次はリーシャさんだけが団長さんを手に入れるエンディングを書けばもっと秩序的ですよ


944 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 00:48:40 k.pD3hq.
>>942
は、ハンサムゴリラは依存症ないから(震え声


945 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:23:49 I6uQh76I
【グランくん正妻星人襲来エンド】

テレーズ「それでは正妻ワールドカップ決勝戦、試合開始です!」

ルリア「行きますよ、ジータ!」

ジータ「ルリア、手加減はしないから!」

(ドカーン)

ルリア、ジータ「「!?」」

ソーン「・・・みんな、早く逃げて・・・」

シルヴァ「くっ・・・とんでもない正妻力だ、私達の力では・・・」

ルリア「え?ソーンさん、シルヴァさん!?」

ジータ「これ・・・ひどい傷。一体何が・・・」

フォリア「はぁ、つまらんのぅ。この星の正妻上位ランクがこの程度の正妻力とは」

ルリア「あなたは・・・フォリアちゃん!?」

モニカ「リーシャが優勝すれば奪うのも楽だったのだがな、こんなレベルの低い大会で勝てないとは情けない奴だ」

リーシャ「モニカ、さん・・・?」

プロメティア「同感です。長く育てたクラリスには少し期待していたのですが」

クラリス「え・・・ママ!?」

アリシア「しかも本物の団長さんは別の所に隠してあるなんて思わなかったわ」

ジータ「あれはアリーザのママの・・・」

ポピー「ですがもう見つけ出しました、無駄なあがきでしたね」

ディアンサ「さ、祭司様!?」

(ポピーの腕の中には眠っているグラン)

ルリア「え・・・?なんでグランが?」

ジータ「あなた達、グランに何を・・・きゃっ!?」

(ふっ飛ばされるジータ)

ルリア「ジータ!?」

ジータ「い、痛・・・な、なんなのこの正妻力・・・」

ヴィーラ「そんな、ジータさんの正妻力をあっさりと超えた・・・?」

フォリア「これがこの星最強の正妻力か、妾ら5人には全く及ばぬ。話にもならんのう」

モニカ「団長は手に入れた、もうこんな星に用はないな」

プロメティア「ええ。長く暮らしたこの世界が滅ぶのは名残惜しいですが仕方ありません」

ポピー「既に軍勢は各地に差し向けてあります。彼女らに任せて参りましょう」

アリシア「早く星へ帰りましょう?楽しみだわ」

(グランを抱えてワープし消える5人)

ジータ「グラン!!」

ルリア「グラン・・・一体どうなって・・・」

???「とうとう現れてしまいましたか〜・・・『団長さん正妻星人』が〜。」

ルリア「シェロカルテさん!?」

シェロカルテ「皆さんに全てをお話します〜。」


946 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:26:01 I6uQh76I
シェロカルテ「かつて星の民がこの世界を支配していた時代のことです〜。
この星とは違う、別の星からある集団が攻めてきました〜。
それが『団長さん正妻星人』です〜。」

ジータ「団長さん正妻星人・・・?何者なのよ?」

シェロカルテ「団長さん正妻星人はこことは違う、別の星から来ました〜。
凄まじい正妻力を持つ種族でして、星々を渡り歩いて理想の男性を発見してさらった後に
その星の生命体を全滅させるという恐ろしい正妻集団です〜。」

カリオストロ「迷惑な奴らだな」

シェロカルテ「かつては星の民が作った『正妻の星晶獣」の力で相打ちにして撃退したそうなのですが〜・・・
再びこの世界に目をつけたみたいですね〜。正しくは団長さんに、ですが〜。」

ルリア「その正妻星人たちがどうしてグランを・・・?」

シェロカルテ「彼女たちは若く、かっこよく、強く、優しく、カリスマ性のある優秀な男性を好むそうで〜。
正妻星人は女性しかいないらしく、種の繁栄のためにそうした優れた男性をさらうみたいですね〜。
団長さんはまさにそれに当てはまりますから〜」

ルリア「そんな・・・」

リーシャ「でもどうしてモニカさんが?」

クラリス「ママもいたし・・・」

シェロカルテ「正妻星人はいろいろな星に散らばっていまして、我々と全く同じ姿なんです〜。
そして普通に世界に紛れ込んで生活をしながら伴侶となる男性を探しているらしいんですよ〜。
モニカさんやプロメティアさんたちもそうだったんでしょうね〜」

クラリス「そんな、ママが宇宙人って・・・ウチも宇宙人とのハーフだったの?」

シェロカルテ「う〜ん、正妻星人が子供を作る時は既にその相手の星の生命体が滅んだ後らしいので
多分クラリスさんは養子か何かなのでは〜?」

クラリス「えぇ・・・」

シェロカルテ「私は正妻星人の噂を聞きまして〜、
それに対抗しうる正妻力の持ち主を探すためにこの正妻ワールドカップを開いたんです〜。
一応侵略に備えて団長さんも隠したのですが失敗だったみたいですね〜、申し訳ありません〜。」

ルリア「グランは・・・どうなるんですか?
それにこの世界は・・・」

シェロカルテ「団長さんは正妻星に連れて行かれて、
永遠にあの5人の正妻星人さんたちと繁殖させられますね〜。
殺されはせず大事にされるのでご安心を〜。
そして正妻星人さんたちが団長さんを奪った今この世界は用済みなので恐らく〜・・・」

(すごいでかい音)

ルリア「な、何の音ですか!?」

シェロカルテ「来ましたね〜、正妻星からの侵略者たちが〜。」


947 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:27:23 I6uQh76I
(地平線を埋め尽くす数の女性の軍団。全員グランくんの好みど真ん中の年上美女)

クラリス「な、なんなのあの女たち・・・?」

シェロカルテ「団長さん正妻星人の一般戦闘員たちですね〜、一人一人がとんでもなく高い正妻力を持っていますよ〜」

カリオストロ「あいつら全員この大会参加者と同等クラスの正妻力じゃねーか・・・しかもあの数、一体どうすんだよ・・・」

シェロカルテ「このままでは我々この星の生命はあの正妻力で全員殺されてしまうでしょうね〜・・・」

マギサ「何か方法はないのかしら?」

シェロカルテ「こうなったら我々は団長さん正妻星人の本拠地、『団長さん正妻星』に乗り込むしかありません〜。
その星を滅ぼすことができればあるいは撤退するかもしれません〜・・・」

ヴィーラ「どうやってそこまで行くのですか?」

シェロカルテ「このときのためにシロウさんの研究所と協力して正妻星まで転送する装置を作りました〜。
少人数でしたら団長さん正妻星人たちの母星まで移動することが出来ます〜。
そこでですね〜。正妻ワールドカップですごい正妻力を発揮した
ルリアさん、ジータさん、マギサさん、ヴィーラさん、カレンさん〜。
申し訳ありませんが、この星の未来のために正妻星まで行ってくれますか〜?」

ルリア「はい!この世界を救うため、グランを助けるためなら!」

ジータ「もちろん行くわ。この世界なんてどうでもいいけど、グランだけは渡さない」

マギサ「ふふ、面白いわね。まさか宇宙人との戦いになるなんてね」

ヴィーラ「相手が誰であろうと団長さんを渡す気はありません」

カレン「あったりまえじゃん!」

シェロカルテ「ありがとうございます〜。あと2人行けるのですが、どうしましょうか〜。」

リーシャ「私が・・・私が行きます!モニカさんを止めます!」

シェロカルテ「分かりました〜。」

クラリス「ウチも・・・ウチも行く!」

カリオストロ「おいバカやめろ、お前が役に立つわけねーだろ!」

クラリス「ウチが行きたいの!ママを止めなきゃいけないし、だんちょーも取り返すの!」

カリオストロ「お前・・・ふっ、しょうがねえな、こいつでいいか?」

シェロカルテ「はい〜。身内ならもしかしたらということもありますからね〜。」


948 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:28:38 I6uQh76I
ジャンヌ「奴らが攻め込んできたぞ!」

シェロカルテ「皆さん〜、急ぎましょう〜!」

ルリア「で、でもあの数じゃ私達7人がここを離れたら皆さんやこの世界が・・・」

カリオストロ「こっちの世界はオレ様達に任せろ!さっさと行ってグランを取り返してこい!」

アルルメイヤ「私達もあの大会の激戦を戦ってきたのだからね。これくらいの相手は止められるよ」

ディアンサ「お願い・・・祭司様たちを止めてきて!」

ゾーイ「こちらは引き受ける。ルリア・・・この世界を頼む」

ヘルエス「この世界の運命、あなた方に託します」

ドロシー「ご主人様を取り返してきたらまた皆さんで本当の正妻ワールドカップをやり直して争いましょう☆」

(正妻星へ行く7人以外の大会参加者全員が集結し、見送る)

ルリア「皆さん・・・!分かりました、ここはおまかせします!絶対にグランを取り返してきます!」




(転送装置に入る7人)

シェロカルテ「では皆さん、団長さんを、この世界を、よろしくおねがいします〜。」

ジータ「絶対にグランを取り返すわよ!」

マギサ「団長さんはこの星の宝でもあり私達の宝。絶対に取り戻しましょう」

ヴィーラ「団長さん、待っていてくださいね」

カレン「団長を取り返すのはあたしだからね!」

リーシャ「モニカさん・・・私は貴女相手でも戦います!」

クラリス「ママ・・・ウチはだんちょーを取り返す!」

ルリア「行きましょう、皆さん!」


―7人の若き正妻たちがグランを取り戻すことを信じてー



【おわり。「激闘!団長さん正妻星編」に続かない】


949 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:29:21 I6uQh76I
グランくんは5人の正妻星人たちと普通にイチャラブして正妻星でいつまでも幸せに暮らしましたとさ
こういう頭の悪いエンディングも書いていきます
モニモニエンドと頭の悪いエンディングで埋められたくなかったらみんなもエンディング、書こう!


950 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:34:39 w4zJikps
正妻力って小宇宙的なものだと思ったら、空間支配能力系のやべーやつっぽいですね(適当)


951 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 20:43:55 YewMXbPM
妾ら(わらわら)すき


952 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/17(金) 23:28:11 k.pD3hq.
懐かしの刃牙のガーゴイルバレを思い出して草


953 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/18(土) 22:53:59 hiiq1ZBY
だから正妻力ってなんだよ…


954 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:05:51 QlLhg7ME
【ベアトリクスEND】

テレーズ「試合終了間際にリーシャのアプローチが決まったー!1-0!
そしてここで試合終了!
正妻ワールドカップ最終予選、最後の32枠目代表はリーシャに決定ー!
自慢の秩序ディフェンスでベアトリクスを完封!」

リーシャ「やったー!勝ちました!
見てますかモニカさーん!本戦出場決まりましたよー!」

そんな・・・嘘だろ?
確かに決勝でリーシャと当たるという最悪のくじ運だったけどさ。
勝てると思ってたんだ。でも勝てなかった。
グランは私じゃない、他の誰かに奪われるんだ・・・

リーシャ「いえーい!モニカさん見てますかー!」

この決勝戦だって色々グランに近付こうとしたけど、
全部リーシャに妨害されて。
いや、負けた原因は妨害じゃない。
何度かあったチャンスに転んだり言葉を噛んだりして失敗して。
私はいつもこうだ。
いつもいつも張り切るけど大事なところで失敗して・・・
「ちくしょう・・・」
涙とともにその言葉だけが喉から絞り出された。

リーシャ「モニカさーん!秩序フラーッシュ!」

「ベア、大丈夫?」
顔をあげると目の前にグランの手が差し出されていた。
ああ、優しいなグランは。
だからこんな多くの女の子に好かれるんだ。
でもそんなグランも私じゃない誰かに・・・
グランの手を取り立ち上がろうとすると、
手に平になにか違和感があった。
立ち上がった後に手を開いてみると、小さな紙切れ。
グランは私の手を再び握らせると帰っていった。

「3日後、アウギュステ港で。団の誰にも見つからないように」

部屋に帰って紙切れを読むと、グランの字でそう書かれていた。
・・・何なんだ?
3日後といえば正妻ワールドカップ本戦の初戦が始まる日だ。
グランがいるわけはない。
多分団の依頼かなにかだろう。
ため息をつくと部屋に戻り早めに寝た。


955 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:06:51 eUXGJ8bs
秩序はモニカを曇らせるな


956 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:06:53 QlLhg7ME
そして3日後、私はアウギュステ港にいた。
どうせ団の依頼をやってくれとかだろうし、気が進まない。
今頃グランは他の女に・・・と思うと歯ぎしりしたくなる。
「あーもう!こんな・・・!」
「やあ、ベア」
後ろからの声に驚き振り向くと、
「え・・・?」
そこにはグランがいた。
「じゃあ、行こうか」
「え、行こうかって・・・それに何でここに?」
「いいから」
それでグランに腕をぐいっと掴まれると、アウギュステからの出る定期船に乗せられたんだ。


「夏休み!?」
「うん」
船内で聞いた真実は意外なものだった。
シェロカルテに「2ヶ月位夏休みが欲しい」と言ったらこの大会を開くことになって。
予選だけはグラン自ら付き合わされ、
本戦期間はシェロカルテが用意したロボットを変わり身にして
その期間誰にも気付かれずに本人は自由に夏休みを取った・・・
「皆を騙して?」
「騙すって言ってもシェロカルテさんが私に任せてくださいって言ってこんな形になったんだよ」
「でもなぁ・・・他の子達がグランを巡って争ってるのにそれを放置して休むってのはどうなんだ?」
「だって」
「え・・・?」
グランは私の手を握る。
「僕が好きなのはベアだけだから」
「え・・あ・・・え?」
え、今なんて言った?グランが、私だけを、好き?
「だから2人きりでこの夏を過ごしたかったんだ」
「え・・・?まさか私と過ごすために・・・」
「うん。それで、ベアは・・・?嫌なら・・・」
グランと、二人きりで、夏を・・・!
「わ・・私もグランが大好きだから!もちろん一緒にいたい!!」
焦って返事をして思わず大声を出してしまう。
声も裏返ってたし、顔も真っ赤。
いやもうとっくに赤くなってた・・・かもしれない。
告白されたときから。
そして私達だけの夏が始まったんだ。


957 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:07:50 QlLhg7ME
グランと2人きりで過ごした2ヶ月の夏は色々なことがあった。
アウギュステ周辺のいろいろな島を回って。
泳いだり、砂浜で遊んだり、港町で一緒に買物をしたり、食事をしたり・・・
私が失敗してグランが代わりに謝ってたことも何度かあって情けなくなったっけ。
あと・・・初めてその・・・そういうこともした。

旅行の初日、小さな宿に泊まって。
私達しか宿泊客がいないから、
グランをからかうために裸にタオル一枚だけ巻いて男湯に忍び込んで。
私に気付かず体を洗っているグランの後ろから忍び寄って・・・
濡れた床で転んで、タオルがはだけてグランを押し倒す形になっちゃって。
それで、グランが私にキスしてきてそれでそのまま逆に押し倒されて・・・うん。
初体験にしてはマヌケというか・・・。
その日から夜は毎日朝までしてた。
どこにも行かずに一日中宿でしてた日もあったっけ。
思い出すだけでも身体が熱くなって顔が赤くなる。
グランを素敵な海で独り占めできて、本当に幸せな日々だったんだ・・・



「バレたぁ!?」
「うん、シェロカルテさんが『団長さんが偽物だってバレたから早く帰ってきてください〜』って連絡が来たんだ」
「まあ、確かにバレるか・・・でもよく2ヶ月も持ったな」
「・・・帰り支度をしないとね」
帰りたくない。ずっとこうしてグランと過ごしていたい・・・
私はできるだけゆっくりと帰り支度を始めた。


二人きりの旅の最終日の夕方。
定期船が出る時間まで私達は砂浜に座り、夕日の海を眺めていた。
ずっとふたりとも無言。
グランは目を閉じてこの夏を思い出しているみたいだった。
「なあグラン、どうして私なんかを誘ったんだ?」
私は居ても立っても居られず一番聞きたい疑問をぶつけた。
他の女の子たちを放置してまでどうして私なんかを選んだんだろう。
「だってベアが大好きだから」
「じゃあ私のどこが好きなんだよ」
「面白いところかな」
「面白いところって・・・」
ちょっとむくれる。もっとお菓子作りが得意なところとかいっぱいあるだろ。
「はは、ごめんごめん。・・・団長って仕事さ、とても大変なんだよ。
数百人の団員の人生と生命を背負っているわけだからね」
「そりゃそうだよな」
「楽しいことがあっても心から笑えないときもあるんだ。
団のことで色々な心配事があったりするとね」
「・・・・」
そりゃそうだ。団の経営とか団員同士の人間関係とか、
色々気を使うことがあるからな。
「でも、ベアと一緒にいると楽しくて。
団長という立場でも笑顔になれるんだ。
・・・だからずっと一緒にいたいと思ったんだ。
僕とこれからも、ずっと一緒にいて欲しい・・・」
グランが私の手に手を重ねてくる。
「・・・私だってずっと一緒にいたい・・・」
「旅が終わったら、また二人きりでここに来ようか」
「そ、それってまさか、新婚旅行・・・」
「うん、嫌?」
「嫌なわけないだろ・・・」
沈む夕日を背景に、私達はこの二人きりの夏最後のキスを交わした。
この夏何度も重ねてきた唇。
夏が終わるのを惜しむように、長く、長く。
私達は唇を重ねていた・・・


958 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:08:53 QlLhg7ME
「いやーベアも隅に置けないね!2人きりでグランと2ヶ月もラブラブ旅行?
しかも恋のライバルたちを出し抜いて?やるじゃん!」

「痛い痛い、背中を叩くなってゼタ!」

グランサイファーに帰った後、私は部屋でゼタにからかわれていた。

「まったくあたしくらいには言いなさいっての。
組織への連絡やあんたの仕事はかわりにやっといたから貸し1ね?」

「本当ありがとう!神様ゼタ様!感謝してる!何でもする!」

2ヶ月も組織と連絡を取らなかった・・・というか
幸せで頭が一杯で組織のことを本気で忘れていた。
本来ならクビでもおかしくはないんだけど、本当私はいい友人を持ったな〜

「ん、何でもするって言った?じゃあ今度バザラガ連れてくるからさ!グランとベアとあたしとバザラガで4Pしようよ!」

「嫌だ」

前言撤回だ。

「あはは、冗談よ冗談〜」

「ゼタのは冗談に聞こえないんだよ」

「ベア、サボった分明日からちゃんと働きなさいよ?」

「わかってるって」

明日からは今までどおり。
グランサイファーの一員として依頼をこなし、
同時に組織の一員として働く。
代わり映えのしない日々がまた始まる。
でも・・・これからは少し違う。



「ベア、おまたせ」

「遅いってグラン!せっかくの久しぶりのデートなのに!」

「ごめんごめん、こっそり抜け出すのが大変でさ。じゃあ、行こうかベア」



だって、これからもずっと私の隣にグランがいるんだから・・・

【おわり】


959 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 19:10:48 QlLhg7ME
グランくんを偽物にした理由として
「流石にグランくんがクズになっちゃう」
「いろんな方がグランくんを描いてたので行動にブレがある」
「普通に15歳相手には事案」
などといった理由のほかに
「出場32人以外の子もこうやってハッピーエンドが描ける」
っていうのがあるんですよね
だから正妻ワールドカップに出なかったキャラでもエンディングを書こう(提案)


>>952
まさにその刃牙のガーゴイル嘘バレとソードマスターヤマトなどを参考にしました


960 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/19(日) 21:02:03 KkGuWhHA
ベア好きなんですけどうちの子になってくれないから嫌い


961 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/20(月) 07:27:31 9hgSIChY
ベアほんとすき


962 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/20(月) 23:20:08 mP3wTf6Y
ハッピーエンドっぽいけどこれベアが団内女子たちから陰湿ないじめを受けるよね
真剣に大会戦ってた子たちが全員団結しそう


963 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 09:08:49 Q3f9AH8Y
そんなマネしたらますますグランくんがベアの味方になるんだよなあ…
決勝トーナメントの優勝者は所詮グランくんの偽物に選ばれたにすぎないんだし、グランくんにとっちゃ知ったことじゃない


964 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:24:19 wH8qM79g
【モニカEND】
モニカ「では行ってくる。しばらくは連絡が取れん、何かあったらリーシャの所まで連絡しろ」

秩序の騎空団一般団員たち「はい、行ってらっしゃいモニカさん!」

一般団員A「しかしあの新入り強かったな。
モニカさんとほぼ互角に打ち合えるなんて。リーシャ船長くらい強いんじゃないか?」

一般団員B「だから極秘任務に同行させるんだろうな」

一般団員C「モニカさんと新入りのたった2人での極秘任務なんてな。
多分相当の国家機密が絡んでくるんだろう。一体どんな任務なんだろうな」



(2週間後、とある島の小さな街)
兵士達「流石は秩序の騎空団のモニカ殿ですな。それでは我々がこの男たちを王都まで連行します」

モニカ「うむ、よろしく頼む」

村長「まさかお二人だけで街を襲う野盗どもを全滅させてしまうとは・・・
本当にありがとうございます」

新入り団員「いえ、僕たちは大したことはしてないです。気にしないでください」

村長「お礼もほとんどできませんが・・・」

モニカ「気にすることはない。多少の路銀と宿と食事だけ提供してくれればそれで十分だ」

村長「その程度で良いとは・・・御礼の言葉もございません。
ここの近くに宿を取ってあります、何日でもゆっくりしていってくだされ」


(宿屋の一室)
新入り団員「ふう・・・今日も無事に終わりましたね」

モニカ「いつまでそんな格好をしているつもりだ。私と二人きりのときくらい変装を解け」

グラン「はい。でも、良いんでしょうか。皆を騙してこんな」

モニカ「何、例えバレたとしても構わんだろう。実際に多くの人々を救っているのだからな。
私としても仕事はこなしている、私が貴公に協力を要請したことにすればいい。
それに男一人を争う遊びをしている連中と人助けをしている我々。どちらが正しいと思う?」

グラン「それはそうかもしれませんけど」

モニカ「気にするな。まだ日が高い、着替えて町へ出ようか」

私は壁にコートを掛け、荷物から服を取り出す。
二人きりの旅を始める前日に団長と二人で選んだものだ。
フリルやレースの付いたワンピース。
こういう女の子らしい服には興味はあったが、
こんなもの私には似合わないと思っていた。
でも、団長はこれを選んでくれた。
それが何より嬉しかった。
依頼が終わって2人で街を歩く時はこれを着ている。
多少子供に見られることもあってたまにムカっとくるが、
世の中の恋人同士のように団長と歩けるのは幸せだ。

着替え終わると、急に後ろから暖かさを感じて抱きしめられる。

グラン「モニカさん・・・」

モニカ「ふふ、何だ?まだ日が高いぞ?」

振り向くと唇が重ねられ、壁に押し付けられる。
いつも優しい団長もこういう時は積極的だ。
自分だけが本当の顔を知っているのが何よりも嬉しい。

モニカ「まあ待て。せっかく貴公に買ってもらった服だ。
ちゃんと脱いでから・・・な?」

せっかく今日も可愛い服でデートが出来ると思ったのだが・・・
まあいい。私もちょうどそういう気分になっていたところだ。
デートはこの後でいいか・・・


965 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:25:58 wH8qM79g
モニカ「しかし驚いたぞ、貴公が秩序の騎空団の新入りとして入ってきたときはな」

宿で一戦(実際は三戦)を終えると、着替えて私達は夕暮れの町に出て酒場で食事を取っていた。

グラン「モニカさん忙しそうでしたから。どうしても一緒にいたくて」

団長の正妻の座を争う正妻ワールドカップなるものが開かれるとは新聞で見た。
バカなことをやっているな、と思いながらも
参加者のリーシャたちに嫉妬心はかなり湧き上がっていた。
そんな時に秩序の騎空団の団員が新入り団員を1人連れてきたのだ。
2人きりであれこれ話をしていると、違和感があった。
どこかで聞いた声、見た風貌だと。
それが団長だったのだ。
聞けば私とどうしても一緒に過ごしたい一心で
2ヶ月休みを取ってこっそり抜け出してきたということだ。
それを聞いた途端、私の目からは涙がこぼれ知らず知らずの間に団長を抱きしめていた。
優しく私を受け止めてくれた団長は、私のことが好きだと言ってくれた。
私も泣きながら団長が好きだと告白して結ばれたのだ・・・

グラン「でもよく思いつきましたね。二人きりで各地の町の強盗団を壊滅させながら旅をするなんて」

モニカ「私も秩序の騎空団の仕事が出来るし、仕事以外の時間は貴公と二人きりでいられる。
そして旅費は報酬として街に出してもらう、と。まさに一石三鳥という良い作戦だろう?」

団長が2ヶ月休みを取ったと言っても私も休めるわけではない。
最初の一週間は同じ秩序の騎空団員として一緒に仕事をしたのだが、やはり一緒にいられる時間は限られる。
そこで思いついたのだ。
仕事という名目でなら2人きりでいくらでも休めると。
実際ちゃんと仕事はしているし、報告もしている。
何の問題もないのだ。

グラン「そうですね、困ってる人を助けられて嬉しいですし。
僕としても戦いの参考にもなります」

モニカ「全く、貴公は勤勉で優しいのだな。普段は可愛い顔をしているのにな」

グラン「モニカさんだってその服を着てると可愛いですよ」

モニカ「むっ、服が可愛いということか?」

グラン「そうじゃないですよ、普段の服もカッコイイですけど」

モニカ「・・・こんな服を着て見せるのも愛している貴公だけなのだからな」

グラン「モニカさん・・・」

モニカ「ふふ、せっかく依頼が終わったんだ。
明日はもう一日この街にいてデートをしようか」

グラン「はい!」

明日は何をしようか。
買い物もいいな、食事も良い。
どこか名所を見に行ってもいいだろう。
もちろんどこにも行かずに宿で一日中交わっていても良い。
団長、明日はどんな思い出を作ってくれる?

私と団長二人きりの夏は、まだ始まったばかりだ―


966 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:31:33 wH8qM79g
2ヶ月後、グランサイファーの食堂。
女どもが険しい顔で私を取り囲んでいる。
私はといえば、あくびをしながらふてぶてしく椅子にもたれかかっていた。
睨んでくる者、殺気を放つ者などもいるが別にあんなもんはただの虚勢だ。
本当の殺気なんぞいくらでも見てきている。

リーシャ「どういう事ですかモニカさん」

まず口を開いたのはリーシャだ。
あいつの怒りは相当のものだろうな。
自分たちが無駄な争いを2ヶ月もしていたのを知った上に
最も信頼していた私に裏切られたわけだからな。
声は震え、目からは涙がこぼれかかっている。
ああ、かわいそうに可愛いリーシャ。
誰がお前をそんなに傷つけたんだろうな。

「どういう事も何も。秩序の騎空団の仕事を手伝ってもらっていただけだが」

リーシャ「2人きりでですか?」

「極秘の任務だ。それにあまり多くの人員を割くと警戒されるからな」

ジータ「そんな事信じられるわけないじゃない!!」

リーシャ「・・・ジータさん落ち着いてください」

ジータ「これが落ち着いていられるわけないじゃない!!」

ジータといったか。
こいつが一番怒り狂っているようだ。
今にも斬りかかろうとせんばかりに怒ってるな。

「嘘じゃあない、私達はこの2ヶ月で20の盗賊団やマフィアを潰した。
お前も各地から報告を受けてるだろう?」

リーシャ「確かに報告は・・・でも」

ジータ「ふざけないで、そんなの2人でいる口実に決まってるじゃない!
あんたがグランをそそのかして!!」

「ふっ・・・くくっ」

そそのかす?思わず笑いが漏れる。

ジータ「何がおかしいのよ!!!」

ジータの怒りに触れたようで胸ぐらをつかまれ持ち上げられる。
はぁ、こういう時に背が低いのは嫌だな。
服にシワができるじゃないか。

「団長は自ら私のところへ来たんだ」

ジータ「嘘よ!!グランが私達じゃなくてあんたなんかのところに!!」

「私はずっとアマルティアにいた。それは証明できる。
じゃあ何で団長がここを抜け出して私のところに来たんだ?
お前たちの誰かが好きならここに残るだろう?」

ジータ「それは・・・」

「この2ヶ月男を奪い合って遊んで全空に恥を晒してたお前達とは違う。
団長と私は人のために働いてきたんだ。
ああ、男では無くあれは人形だったか。
子供は人形遊びでもしているのがお似合いだぞ?」

ジータ「あなたねっ...!返せ!グランを返せ!!!」

喚き散らし始めたジータ。
やれ自分の方が団長を昔から知ってるだの、
団長が好きなのは自分だの、
団長はお前に騙されてるだの。
聞いているだけであくびが出てくる。
まだ野犬の方がおとなしいな。
・・・さて、このまま聞いてるのも耳障りだな。

「黙れ」

ジータが私を持ち上げる腕を掴み、少しずつ力を込め握りしめる。

ジータ「・・・っ!?」

「だったら今からもう一度開くか?その正妻ワールドカップとやらを。
それで決めれば早いじゃないか。
ハンデでここにいる全員でかかってきても一向に構わないのだがな」

挑発するようににやけながらそう言うとジータの顔が赤くなり、
私の顔を張ろうと右手を振り上げる。
と同時に、食堂のドアが開いた。


967 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:31:48 wH8qM79g
グラン「モニカさん、話が...ど、どうしたのみんな?」

ジータ「グ、グラン・・・これは、違・・・」

ジータが私の胸ぐらを片手で掴んで持ち上げ、
他の女たちがそれを取り囲む現場。
焦ったジータが私から手を離すとようやく首元が楽になった。
言い訳を探してしどろもどろになる女どもを無視し、私は団長に微笑む。

「何でもない、私を皆で歓迎してくれていたところなんだ。
私が自己紹介で『背が低いのだけが私の弱点だ』と言ったら高い高いをしてくれてな。
いや、貴公のところの女性団員達は実に皆優しい...」

女どもの顔を見回し、女たちだけに見えるように口を歪ませる。
ここでこいつらの評価を下げてやってもいいが、
せっかくの今夜の『お楽しみ』の前にそんな面倒な真似はしたくない。

グラン「そうだったんだ。早速仲良くしてくれて嬉しいよ」

団長は納得してくれたようだ。女どもも安堵の表情をしている。

ジータ「グラン、あの、早速って?」

グラン「あ、まだ言ってなかったね。
これからモニカさんにグランサイファーに乗ってもらって副団長を務めてもらうことにしたんだ」

「そういうことだ。・・・だから宜しく頼むぞ?みんな『仲良く』やろうじゃないか」

安堵の顔から急に青ざめた顔の女どもに満面の笑顔で言ってやった。

「さあ、行こうか『グラン』。部屋でゆっくり二人きりでこれからのことを話そうか・・・」

グラン「・・・うん、行こうモニカ」

手を繋ぎ、指を絡めて二人で食堂を出る。
振り返ると、青ざめたり怒り狂ったり各々様々な表情を浮かべる負け犬達の姿があった。
彼女たちに私は一度振り返ると笑顔を見せ、ドアを閉じた。

勘のいい女は理解したはずだ。
団長の目にはもう私しか映っておらず、
他の女性に対する恋愛感情が完全に消え去ったことを。
大方はもう団長を諦めることだろう。
捨て鉢で反抗してくる女どももいるだろうが、
やってくることなどだいたい予想がつく。
返り討ちにして船から追放することなど容易いことだろう。
後はもうどうとでもなる。

さあ、団長。誰にも邪魔はさせない。
このグランサイファーで、私と一緒に新しい秩序を作っていこう...

【おわり】


968 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:38:53 wH8qM79g
モニモニ視点でエンディングを色々書いてたらモニモニでしか書けなくなりかけてますね...


969 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/21(火) 23:54:14 Kfkb.1AA
あぁ^〜たまらねぇぜ(修羅場)
マギサENDあくしろよ(豹変)


970 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/22(水) 00:11:48 z9zRppk.
どうあがいても修羅場


971 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/22(水) 06:31:09 iTOrxkBQ
あーっ!おぅううっす!おーっ!うーっす!
モニモニプレイアブルあくしろよ


972 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/22(水) 19:59:15 cj2tJ8to
リーシャ&モニカの3Pエンドよりも明らかに筆が乗ってて草


973 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/23(木) 20:43:41 ll7por1I
【マギサEND】

正妻ワールドカップはマグサがジータやルリアを下し、優勝した。
この優勝の勢いのままアプローチを強めていく…と思いきや、
マギサはそうせずいつも通り。
「優勝して慢心しているんだろう」
「ほとぼりが冷めたらラクに奪える」
「マギサも大したことないな」
多くのライバルたちはそう思っていた。

しかしそれは甘い考えだったのだ。

マギサだけはこの正妻ワールドカップ優勝には意味がないと理解していた。
負けたとしても恋を諦めなければいけないというルールがなく
そして強制力がないからである。
正妻ワールドカップの記憶が風化した頃にすっとぼけて奪うことだって可能なのだ。
そう考えたマギサが優勝後に最初に着手したのは、古参メンバーの信頼を得ることだった。

「古参メンバー」。
ルリア、カタリナ、ラカム、オイゲン、イオ、ロゼッタたちのことだ。
グランと最も長く一緒にいるだけでなく、旅の最後まで付き合う大事な仲間。
グランは他の仲間達も信頼はしているが、彼らに対する信頼は特に厚く家族並である。
まだ15才と幼いグランの後見役でもあり、彼らもグランを家族のように思っている。
団長が悪い方向に進もうとすればどんな事だろうと諫言を与えるだろう。

彼らが存在している上で正妻ワールドカップに優勝したからといって
好き勝手したらどうなるだろうか?
恐らく彼らは「あの女性はやめておけ」「お前や団のためにならない」とグランを諌めるだろう。
それでも別れずに正妻を名乗り好き勝手し続ければ、
彼らは団長の未来や団を守るためにその女を追い出しにかかるだろう。
団の空気は彼らが左右する一面もある。
彼らが「追い出そう」と言えば大半の団員はそれに従うだろう。
だからパートナーになるためには彼らの信頼を得ることが絶対条件なのだ。


カタリナ「うーむ、今回の依頼のメンバーはどうしたものか…」

マギサ「そうね。私が思うにこの8人をチームにして…」


ラカム「やっと整備も一段落したな…」

マギサ「いつもお疲れ様。夜食を持ってきたわ」


オイゲン「おーい、誰かここに書いてある物資を買ってきてくれねぇか?」

マギサ「それなら既に買っておいたわ。確認してもらえるかしら」


イオ「うーん、大人っぽいレディの服は…」

マギサ「そっちの服がシックで大人っぽいと思うわ。今度町で一緒に服を選んであげましょうか?」


彼らに的確な助言や手伝いを行い、家事適正や気が利く所、しっかりしたところを見せる。
それだけで1月後にはマギサは完璧に信頼を得ていた。
そして彼らが主催する「正妻ワールドカップ優勝祝賀会」が開かれたのだ。
これでもう完全に正妻の座が古参メンバー公認ということになった。
ハリボテだった「正妻ワールドカップ優勝」の称号は完全に正当性を持ってしまったのだ。
その意味に勘付いた何人かの女性たちは青ざめていた。

また、ルリアを取り込んだのも大きかった。
両親が居ないルリアに対し母性で取り込みにかかる。
その結果ルリアはグランを父親として、マギサを母親として甘えるようになった。
ルリアを味方につけた結果もう敵なしとなったのだ。

団長の相手にはふさわしくない場合であれば諌める彼ら。逆もまた然りである。
団長の相手にふさわしいと思えば逆にどんどん応援をする。
悪い虫だらけなのだからさっさと良い相手とくっつけた方が良い。
恋人を作ることに乗り気でなかったグランも彼らからそう言われれば
「カタリナさん達がこう言ってるし、マギサさんも悪くないな…僕にはもったいないくらいの美人だし」
とどんどんその気になっていった。


974 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/23(木) 20:44:48 ll7por1I
その後、古参メンバーの後ろ盾を得たマギサは攻勢を強める。
24時間グランの側に付き従い、4つの顔でグランを支え始めたのだ。

マギサ「おはよう、あなた。朝食が出来たわ。
食堂?行かなくて良いじゃない、部屋まで持ってくるわ。2人だけで食べましょう」

朝は家事をする妻として。

マギサ「団長さん。この依頼は10人を3チームに分けると良いんじゃないかしら?」

昼は団長に助言を与える副官・参謀として。

マギサ「…あら、不安なのね。いいわ、今は誰も見てないから。私を母親だと思って思い切り甘えて?」

不安になりやすい夜は母親として。

マギサ「…さぁ、グラン。今夜も私を好きにしていいのよ?朝になるまで蕩け合いましょう…♪」

そして深夜はベッドの中で恋人として。

常に隣で付き従い、この4つの役割を完璧にこなした。
マギサなしでは僕は生きていけない。マギサ以上の女性は居ない。団員はマギサだけいればいい。
こうした感情をグランの深層心理の中に強く刷り込んでいった。
その結果、グランはもうほかの女に見向きもしなくなった。
4つの顔で100点ずつ、400点。
いくら美人が居たとしても100点か200点にすぎない。
マギサに比べれば色あせて見えるのも仕方がないことだ。


そして恋のライバル対策も行った。
まずは古参メンバーを介し団の中に祝福ムードを作った。
団を挙げて祝福モードにしてしまえば、たとえ誰かがグランを横取りしようとしても
「空気が読めない悪者」扱いで団員全員から糾弾されるだけだ。
そして無理な行動を起こせば「船を降りろ」と皆から言われることだろう。

またライバル封じのためにもう一つの策を講じた。
最高の信頼を得た副官として団をほぼ掌握した今、
任務に行かせる人選もある程度自由になる。
恋のライバルたちをそれぞれ相性の良さそうな男性団員と積極的に同じ任務に行かせたのだ。
恋に勝ち目がないと絶望させておいて別の幸せを差し伸べる。
これは実に効果的だった。
数年後、何十組ものカップルが生まれ前よりも平和になった。
ほとんどのライバルを潰すと同時に団内を平和にしてしまったのだ。
もちろんそんな別の男に食いつかない女性もいたが、
彼女たちもいつしか諦めて団を去っていった。



グランを巡る恋のライバルの一人はこう語る。
正妻ワールドカップで優勝させてはいけなかったのはヴィーラではなくマギサだった、と。



後にグランは伝説の騎空士となり、全空に広く名を轟かせることとなった。
しかしその隣には常にマギサがおり、自らは表に出ることなく
ずっと夫と団を支え続けたという。


【おわり】


975 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/23(木) 20:47:18 ll7por1I
モニモニとかマギサとかプロメティアのような年上性癖が自分にあることを発見できたのでこのスレには感謝してます

まだいっぱいエンディング案がありますが残りのレス数的に「ルリアEND」ともう1個ENDを書いて終わろうかと思ってます


976 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/24(金) 00:32:55 l.6IGhGo
マギサさんの圧倒的初期参入正妻感しゅごい・・・
あと残りレス数的に下手に感想入れるとマズいかな


977 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/24(金) 02:49:31 KSzzev0U
感想のないssスレなんてインポになったグラン君みたいなものでしょ


978 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 01:37:19 l/il0IDY
嘘)次回予告

(STEINS GATEのテーマ)

正妻戦争を受け止め切れないトーナメント不参加者達、彼女達は密かにタイムリープマシンの開発を続ける

そして、来るべきある日、グランに初めての子供が生まれる日

リーダーのクラリスを始めとする一行は最後の実験に着手していた……


979 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:34:27 63aublc.
【ルリアEND】

ルリア「やりました!ジータに勝って正妻ワールドカップで優勝しました!」

ルリア「でも優勝したのは良いですけど、私はまだ結婚できる年じゃないですし…
皆さんも諦めてないみたいですからこのままずっとグランの隣にいられるか不安です…」

???「あなたがそんなんじゃダメでしょ、ルリア?」

ルリア「その声は…ジータ!?」


980 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:37:23 63aublc.
ジータ「正妻ワールドカップ準優勝のジータよ」

ジータ「ルリアが正妻ワールドカップで優勝したとはいえ、まだライバルたちは全然諦めてない。
マギサさんやヴィーラさんみたいな強敵もいるし、少しでも油断をしてたらあっという間に奪われるわ」

ジータ「それに色気を使ってくるような子も多い。
女としての魅力は未成長なルリアじゃグランを寝取られるようなこともありうる」

ジータ「いくらでも恋のライバルがいるんだから、そんなことじゃ明日にもグランは奪われてるわよ?」

ルリア「そんなはっきり言わないでください、傷つきます…」


981 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:42:48 63aublc.
ジータ「…聞いて、ルリア。」

ルリア「え?」

ジータ「私は小さい頃からグランを見てきた。
グランは昔は背なんて私より低くて、
私の後をびくびくついてくるような泣き虫だったの」

ルリア「あのグランが…」

ジータ「でも今はもう背も私より伸びて、心も体も一人前。私が居なくてもいいくらいに。
そして多くの団員から好かれている立派な団長で、
女の子からも大勢好意を寄せられてる…」

ジータ「グランがそれだけ立派になって好かれてるのは私も嬉しいけど、
だからこそグランと一緒になる子は私が見極めたかったの。
それが私がこの大会に参加した理由。
どうせならグランを一番幸せにしてくれる子と一緒になってほしい。
もしグランを幸せに出来るような子がいなかったら私がグランと一緒になろうと思ってた。
私ならグランを誰よりも幸せにできるから」

ルリア「ジータ…」

ジータ「でも、そんな心配もいらなかったわ。
ルリアなら私よりも…グランを一番幸せにしてくれる。
だからルリアがグランを笑顔でいさせてくれるなら、私はずっと2人の味方をするから。
他の女たちなんて2人には絶対に近付かせない」

ルリア「ありがとうございますジータ!」

ジータ「ただし!少しでもグランを不幸にするなら私が絶対に許さない。
その時は容赦なくあなたからグランを奪うからね!」

ルリア「…はい!私、絶対にグランと2人で幸せになります!
この先私達2人の行く末を絶対に幸せにしてみせます!」



???「よう言うた!それでこそ正妻ワールドカップ優勝者や!」


982 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:54:35 63aublc.
      ,,-―――――-、
    ,r´          `\
    | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
    |./           ',   ',
    /-      -     i   .|
    /⌒ヽ    /⌒     .|   |
   ,'  _ `  ´  _     |  .|
   |.ノ-・、.〉 ,  ./-・ヽ    |/,⌒i
   |  ̄./     ̄        .>ノ.|
    .',  .|   -、        .、_ノ
    ヽ  `¨i⌒´      / / .|
    .|ヽ,ヽlエlエlアヽ /   /  |    阪神タイガース、監督の金本や
    .ヽ、 .ヾ二ノ    /   .|
      i\  ‐    ./ /  |
      |. ヽ___/  ,'   .|
       |ヽ_______,,-''"|
    ''"´ヽ           ノ`"''



        _,, -―――‐- 、
    .,,-''´           `''-、
   ./                   \
  /      ノノ)ノ ̄ ̄リノ\    .'、
.  |      ,ノリ'´ '´  ―'´  \  |
  .|    .,'  .'´ ̄`      ⌒ヽ, リ
. │   / (  ,二、ヽ  /,二、ノ゙
  i⌒'リ .|  `'く . ) , 〈 .く. .)ヽ
  |(.ヽ|ノ.    `二.ノ   '、ヽ二  〉
  . \_,イ \       (c、,ィ)    /
  (J ||          ,へへ. /
 .ヽフ |.\    ⌒ヽ _ノ_ノく_ノ./   にぃに!どうしてファータ・グランデに!?
  `ーァ.|  \    ノヽ⌒´ノ/
   ´/.\  `''-、.     ̄/
 _,, -く   \   .\__,イ、
     \  `"''ー―一'' ノ`"''-






  (  ノ,'     ,,-―――――-、
  ヽ( .i    ,r´          `\
    .)ノ     | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
  .('´    |./           ',   ',
   `:,    ./-      -     i   .|
     .',   ./⌒ヽ    /⌒     .|   |
     i  .,'  _ `  ´  _     |  .|
    ,'   |.ノ-・、.〉 ,  ./-・ヽ    |/,⌒i   2ヶ月続いた正妻ワールドカップの閉会セレモニーに来たんや
       |  ̄./     ̄       .>ノ.|     お前こそそれで来たんやろ
    .;    .',  .|   -、       .、_ノ    
    .i    ヽr-|`iY⌒´     / ./ .|     
     '.    ト'.|´ |、     ./   /  |    
     .())二二二|、.|_ン´     ./  .|     
         .{` {  レ―、   / /  .|
          .| .| / / ̄|/  ,'   |
        .ノ .〈 r ' .、/」___,,-''"|
      '"´|      |ソ      .ノ`"''
          | i ,    |



        ,, -''"´ ̄ ̄`"''- 、ノ   l
      >           \   i、__,,.../
     /   ノ(( ̄ ̄ ̄ ̄\ u\    γ´
    /   .| `).   J    .\  i      ゝ..,,__
    ,' u ,'  ⌒ヽ     '⌒ヽ, ..         γ´レ)
    |   / (  , =、   , ., =、 .ノ'゙       ゝ、
    |  ,'  `.く_ . _ ). ,〈 .く_ __ )ヽ           `  
    i'^ヽ|     --ノ   '、ヽ--  〉     
    ',( {|\      (c、,ィ)    /  
    ((_>:r|  \u    ,.へへ、 .イ   
  、_> / \  | 、_∠ィ'lエlュ.レ ,|/      
   .`Z/!、i \   ヽ\ェェン/ /           あれっ!?
  _,, -く  \   \. u`ー‐'´/
     .\. `"''ー\_____/''- ,,_


983 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:57:30 63aublc.
  (  ノ,'     ,,-―――――-、
  ヽ( .i    ,r´          `\
    .)ノ     | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
  .('´    |./           ',   ',
   `:,    ./-      -     i   .|   
     .',   ./⌒ヽ    /⌒     .|   |    
     i  .,'  _ `  ´  _     |  .|   恋愛か、恋愛は結ばれるのがゴールやない
    ,'   |.ノ-・、.〉 ,  ./-・ヽ    |/,⌒i   
       |  ̄./     ̄       .>ノ.|     結ばれるのはスタートラインでしか無いんや
    .;    .',  .|   -、       .、_ノ  
    .i    ヽr-|`iY⌒´     / ./ .|  
     '.    ト'.|´ |、     ./   /  |    
     .())二二二|、.|_ン´     ./  .|    
         .{` {  レ―、   / /  .|     
          .| .| / / ̄|/  ,'   |
        .ノ .〈 r ' .、/」___,,-''"|
      '"´|      |ソ      .ノ`"''


          ,,-―――――-、
        ,r´          `\
        | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
        |./           ',   ',
        /-      -     i   .|   
        /⌒ヽ    /⌒     .|   |    
       ,' - `  ´  -      |  .|  この先は困難も待ってるやろ、悲しみも待ってるはずや
       |.ノニ・、〉 ,  ./・ニヽ     |/,⌒i
       |  ̄./     ̄       .>ノ.|   でも喜びや幸せももちろん待ってるやろな
        .',  .|   -、       .、_ノ  
.;:'"_ヽ     . ヽ  `フj⌒´     / ./ .|   
| .;' '; .i _   .|ヽ ( r、ヽ,   ./   /  |
.',ヽノ.,'   ̄ ̄ ヽ、(`´シ      ./  .|
. `'ー' ノノ     |\ ̄      / /  |
     フーッ  |. ヽ___/  ,'   .|
           |ヽ_______,,-''"|
        ''"´ヽ           ノ`"''





               ,,-―――――-、
              ,r´          `\
               | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"「 ̄\ヘ/´ `i
              |./         〉   ソ、___」
               /          ヽ__/ |
              / _,ノ ' \__       |   |        でもどんな困難も愛し合う二人なら。
             ,'  -      -      |  .|       
             |.ノニ・、〉 ,  ./・ニヽ     |/,⌒i       (チームが)離れ離れになっても。心は通じ合っているわね。
             | i ̄/     ̄ o      >ノ.|    
            ( |, 'J .|  へ   i       、_ノ
           人 Yヽ  `コi⌒´ヽ. 'J  / / .|Y  人     
           ( ヽ ノ .|ヽ ,イlエlエh、  /   /  | ヽ ノ )
           人 Y ..ヽi {irェrェェシノ }  /   .|  Y  人
          ヽ ノ   .iヾー'二'ー'゙   / /  |   ヽ ノ )
          .Y     .,| \___/  ,'   .|、    Y_人
          フ      |ヽ_______,,-''" |    「.`X´ ̄7
           ┘  .''"´ヽ            ノ`"''  レ' ト--┘



       ,, -''"´ ̄ ̄`"''- 、
     /           \
    /   /レリ(( ̄ ̄ ̄\  \
    /   .|     ―   .\  ミ、
   ,'   ,'  ⌒ヽ     '⌒ヽ/         もう!にぃにったら!
   |   / (       ,     ノ  
   |  ,'   '"⌒` . , 〈 '"⌒`'ヽ  ( こ   僕らは離れてても体も心も一心同体だよ!
   i'^ヽ|     _ノ   '、ヽ_  〉     
   ',( {|\      (c、,ィ)    /   ┼'っ   
   .`r‐|        ,.へへ、 .イ    l
    'リl\   、_∠┼┼.レ  /
     |  \   ヽ\ェェン/ /      l |
     |   \.  `ー‐'´/       ノ
     .|\ '、 . \____/|
  _,, -く  `"''ー――――''|- ,,_
     \          ,ノ


984 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 18:59:26 Vfm6aPvA
墜ちろ!


985 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:00:47 lzsq4oZI
おいサンダルフォン仕事だぞ


986 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:03:28 63aublc.
        ,, -''"´ ̄ ̄`"''- 、 
      /           \ 
     /   ノ(( ̄ ̄ ̄ ̄\  \ 
     /   .| `).   ―   .\  i 
    ,'   ,'  ⌒ヽ     '⌒ヽ, .レ)   
    |   / ( yr=ミ:、  , ./行ミノ'゙  
    |  ,'  ` {_ヒri}゙. , 〈 .゙ ヒrリ.》ヽ   
    i'^ヽ|     _ノ   '、ヽ_  〉    正妻ワールドカップ閉会だいじっこ!!
    ',( {|\      (c、,ィ)    /  
    ((_>:r|       {ニニニィ .イ 
  、_> / \   、_ ∨    } /   
   .`Z/!、i \   ヽ ゙こ三/ /     
  _,, -く  \   \.  `ー‐'´/ 
     .\. `"''ー\____/''- ,,_


                      ,,-―――――-、 
                     ,r´          `\ 
                     | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ 
      だいじっこ!!       |./           ',   ', 
                     /-      -     i   .| 
                     /⌒ヽ    /⌒     .|   | 
                    ,'yr=ミ:、`  /行ミt    |  .|   
                    |{_ヒri}゙、.〉 , ゙ヒrリ.》    |/,⌒i   
                    |  ̄./     ̄        .>ノ.|  
                     .',  .|   -、        .、_ノ   
                     ヽ  `¨i⌒´      / / .|    
                     .|ヽヽ{ニニニィヽ /   /  |   
                     .ヽ、 ∨    }   /   .|    
                       i\゙こ三/  ./ /  | 
                       |. ヽ___/  ,'   .| 
                        |ヽ_______,,-''"| 
                     ''"´ヽ           ノ`"'' 




   ,'  /            \|   ,.'.    /(,リ ̄ ̄(,(!、(,      ゙i
    |.   |     -       - '、  |  /  `'―  `' `'リ(,,      |
   |  |    ⌒\    /⌒ '、ヽ i ,⌒'     ,r'⌒   `,.    |
  .,⊥、.|     ,ニ、      ,ニ、 ',  ゙(, ,.二,\  ノ ,.二,  ) ゙i   │  ちゅ……ん……んちゅ………
  |⌒.ヽ|    ノ-.・ゝ  、〈.ノ・-ヽ.| , r''`⌒゛' 〉 , .  `⌒゛''`  |. リ'⌒i
  | ヽ<       . ̄       '、 ̄ .   〈  _,r' ,'   !、_´    i |,r'.)|
  .\_.         ,.-   |  .,'   ゙i    (ィ,、c)       / ト,_ /
    |. '、  \    `⌒iエ´ , イ    \  へへ,          || J)
    |. '、   .',     ノ_,ィ ノ / /     ゙i (_ンヽ i _r'⌒    /.| フノ
    |  `''-、     ヽ二ノ \_ _ノU ̄(`⌒ ,r'!、    /  | ーイ
  _,,-〈.\  '、 \   '⌒ /   U    \ ̄    .、-''´  /.゙i`


987 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:03:50 c3EcP1hk
落ちろ!


988 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:04:04 63aublc.
ジータ「すごいわねあれ」

ルリア「あ、あの…グラン、私達も…」

グラン「うん…じゃあ目を閉じて」

ルリア「はい…//」

グラン「じゃあ、いくよ…」

んちゅ…

(物陰から)
コルワ「ふふ…後ろに汚いのがいるのがマイナスポイントだけど最高のハッピーエンドね!」


【おわり】


989 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:04:52 63aublc.
綺麗に終わった所でこれで終わろう(提案)


立てた時はここまで続くとは思ってませんでした
SSを書くのは初めてだったんですがすごく楽しかったですね
書いて行く度に自分の文章の成長も感じられました
これからも単発でSSスレとか書きたいです
モニカ大好き、闇モニカもっとすき、マギサやプロメティアなど年上が好き、バッドエンドが死ぬほど好きという自分の性癖も発見できたので今後何かに生かして行こうと思います
特に闇モニカを流行らせていきたいです



【スレが残り少なくて投下できなかったED】
・サッカーでヴィーラ派が勝利しヴィーラが優勝し、
ヴィーラの命令でルリアが泣いて謝りながらグランを犯して最後にはセックス狂いになって
それをヴィーラが歪んだ笑みで見つめつつグランのハーレム帝国建国計画を思い浮かべて終わるハッピーエンド
・レフィーエとのイチャラブ擬似新婚旅行エンド
・モニカ、アリシア、プロメティア、ポピー、フォリアとグランの6Pエンド
・クラリスちゃん(本人)が幸運に恵まれ優勝するエンド
・モニモニが病んで大会を破壊してグランをアマルティア地下に死ぬまで幽閉して犯すハッピーエンド
・殺し合いを始めた参加者たちを止めるためにグランくんがゾーイと融合して人間やめちゃうゾーイエンド

この辺は文章から正妻ワールドカップ成分を抜いて単発SSスレでも立てたりして再利用しようと思います


990 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 19:07:19 lzsq4oZI
長期間お疲れ様でした
あ、やっと…夏が終わったんやな…


991 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 20:22:23 Evr4fSug
スレ開始から2ヶ月ようやったわ


992 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 21:25:07 3AB/1BGI
未熟ながら文を書かせてもらって楽しかったです。
もっと成長して他の皆さんのようなすばらしい文を書けるようになりたいですね。

あと闇モニカさんにとても惹かれてしまったので是非幽閉ハッピーエンドを読ませてください!


993 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 21:29:08 1eQBkHX2
あーっ!おぅううっす!おーっ!うーっす!

ほんへでのモニカさんの実装が楽しみになりました


994 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 22:33:04 hzZLq3LM
ヴィーラ予選他書いてたけども変なキャラ付けしてすまなかったな


995 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 22:53:06 blCnVSII
ああ…スレが終わっちゃう…
自分も拙文を投稿させていただきました。
読み返してみたら推敲不足で間違いばかりでしたが、暖かく迎えていただいて、ありがとうございました。


996 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 23:24:25 jWEyFETU
>>1000なら秩序の勝利


997 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 23:27:11 6xFtbd5.
>>1000ならクラリスちゃん大勝利☆


998 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 23:29:27 63aublc.
結構多くの方が書いてくださってたんですね
本当にありがとうございました
楽しませていただいて勉強にもなりました
4年後NaNじぇいとグラブルが続いてたらまた第2回正妻ワールドカップスレを立てたいですね


999 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 23:30:07 MNdXfrdw
>>1000ならグラブル始めます


1000 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/08/25(土) 23:30:29 mcDyDczg
>>1000なら4年後も開催決定


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■