■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

ダイヤ「ロックですわ!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:27:51 HtA9ZRFo
キャラ崩壊注意


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:45:50 HtA9ZRFo
廃校決定後

ダイヤ(一体何が悪かったのでしょうか)

ダイヤ「はあ……」

ダイヤ(努力が足りなかったのでしょうか?それともわたくしたちに魅力がなかったのでしょうか?

    いえ、みなさんは素晴らしい才能を持っていますし、全力を尽くしましたわ。それなのに……)モンモン

ダイヤ「はあ……」

ダイヤ(でもどうしようもないのですわ。もう決まったこと。でも……、でも……、)モンモン


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:46:36 HtA9ZRFo

ダイヤ「ああああああああああああああああああああああああああ!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:54:17 HtA9ZRFo
ドゴォ!ドゴォ!

ルビィ「おねえちゃあ、どうしたの!?」ガラッ

叫び声と大きな音を聞いて、部屋に駆け付けたルビィが見たのは――

ダイヤ「ふざけるな!ふざけるな!」ドゴォ!ドゴォ!

琴を壁に叩きつける姉の姿だった。


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 00:02:50 7pTJdN..
ルビィ「やめて!おねえちゃあやめて!」

ダイヤ「止めないでくださいまし!こんなもの!」ドゴォ!ドゴォ!

ルビィ「やめて!どうしてこんなことするの!?」

ダイヤ「どうしてですって!?いらないものを壊しているだけですわよ!」ドゴォ!ドゴォ!

ルビィ「なんで!?おねえちゃあ、あんなにお琴のお稽古してたのに!」

ダイヤ「そんなの関係ありません!わたくしがやりたいのは……」ドゴォ!


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 00:05:07 7pTJdN..

ダイヤ「ロックですわああああああああああああああああ!」

ドゴォオオオ!


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 00:10:55 7pTJdN..
鞠莉の家

鞠莉「♪〜♪〜」シャカシャカ

鞠莉(やっぱりハードロックはエクセレントね!)

ガラッ

鞠莉「ん?」

ダイヤ「こんばんは。突然ですが、ロックバンドを組みませんか?」

鞠莉「ワット!?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 00:22:19 7pTJdN..
次の日の朝

ルビィ「結局、おねえちゃあは家を出てったきりで……」

善子「ええ!?それ大丈夫なの!?」

花丸「心配ずら……ってあれ!ダイヤさん!校門のとこ!」ユビサシ

ルビィ「えっ?」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:00:47 7pTJdN..
鞠莉「てめえらの心!」ドラム ダイヤ「ぶっ壊してやりますわ!」ギター

バンバンバンバンバン(ドラムの音)

善子「なにやってるの……こんな人目につくとこで……」

ルビィ「おねえちゃあ……」

花丸(ルビィちゃんもショック受けてるずら)

ルビィ「かっこいい!」

よしまる「そっち!?」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:07:14 7pTJdN..
ダダダダダダ

ルビィ「おねえちゃあ!わたしベースやりたい!」

ダイヤ「大歓迎ですわあ!」ジャカジャカ

善子「ちょ、ちょっとルビィ!ていうかダイヤはなにしてるのよ!」

ダイヤ「善子さんはボーカルがやりたいんですのね!?わかりましたわ!」ジャカジャカ

善子「言ってない!」

花丸「とうとうダイヤさんがおかしくなっちゃったずら」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:17:25 7pTJdN..
先生「こらぁ!あなたたち何をやってるんですか!」

ダイヤ「ロックですが?」キョトン

鞠莉「?」

先生「いやそういうこと言ってるんじゃないし……あの、迷惑になるからやめてもらえる?」

ダイヤ「いやですわ」キッパリ

先生「やめなさい。だいたい黒澤さんは生徒の模範たる生徒会長なのに……」

ダイヤ「だからなんなんですの!」

先生「!?」ビクッ


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:32:41 7pTJdN..
ダイヤ「浦の星はもう終わりなんですわ!学校を、生徒を守れない生徒会長なんか何の意味もありませんわ!くだらない!」

先生「……」

ダイヤ「ああ、もう本当に……くだらない」ポロポロ

鞠莉「ダイヤいくわよ!ネクストミュージックは……」

先生「やめなさい!」

花丸「そうずら!ヤケになっちゃダメずら!」

善子「ヨハネたちにだってまだできることはあるはずよ!」

ダイヤ「わかってますわ!そんなこと!」

ルビィ「じゃあなんでこんなこと……」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:42:43 7pTJdN..
ダイヤ「でもわたくしは『いま』悲しいんですの!何もできなかったわたくし自身に腹が立ちますの!
    
    こうするしかありませんの!ギターを弾かずにはいられませんの!ああ、本当に気が狂いそうですわ!

    もうなにもかもぶっ壊してやりたいんですの!」ポロポロ

花丸「ダイヤさん……」

ダイヤ「ううう……」ポロポロ

善子「……歌ってあげるわ」スッ

ダイヤ「えっ?」ポロポロ

善子「ボーカル、やってあげる」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 01:51:20 7pTJdN..
ルビィ「ルビィはベースね」

花丸「マルは……タンバリンかな?楽器なんてできないけど、協力したいずら」

ダイヤ「みなさん……!」ポロポロ

善子「だから、もう泣かないで」ナデナデ

ダイヤ「ありがとう……」

先生「……今日は見逃してあげます。練習は部室でするように」

ダイ鞠よしまるビィ「はい!」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 02:08:29 7pTJdN..
ダイヤ(それからというもの、わたくしたちは演奏に明け暮れました。ロックは、わたくしの心の底に溜まった「何か」をすこしずつ溶かしてくれました)

ダイヤ(わたくしたちのロックバンド『Z ULA(ツェット・ウーラ)』は、全校生徒の前で最初で最後のライブを開きました)

ダイヤ「最後の曲、聞いてください」

ワーワーワーワーダイヤサマー

ダイヤ(ああ、なんて甘美な痛みなんですの――)


おわり


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 02:10:21 7pTJdN..
お目汚し大変失礼した
勢いで書くもんじゃないな


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 01:32:19 6u..nMyY
勢いありすぎて笑った
あと地の文の使い方うまいな


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 22:31:53 3gwk0RKc



■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■