■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

勇者「やっと目を覚ましたかい」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 00:11:03 UV7HXyN.
勇者「姫様よぉ?」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 00:13:48 UV7HXyN.
姫「え、勇者様…?ここは…わたくしは王宮の自室で寝ていた筈…」

勇者「ところがぎっちょん、俺がさらったのよぉ!」

姫「勇者様が…わたくしをさらった…?」

勇者「おぉよ、てめーの父…つまり国王があんまりにムカついたからよ、一番大切なモンを奪ってやったのよぉ!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 00:18:06 UV7HXyN.
勇者「国王は魔王を倒した俺の力を恐れ、俺を王宮で軟禁し飼い殺そうとしていたんだ。ほら、俺って自由を愛するからさ、軟禁とはいえ何かに束縛されるの嫌だったのよ」

姫「そ、それでわたくしをさらったのですか…」

勇者「おぉよ。魔王を倒した俺様に酷い仕打ちをするような国王だ…ちぃっと痛い目にあわなきゃあ、な…」

ジュルリ

姫「ゆ、勇者様…?」

勇者「しっかし、いつ見てもいい女だぁ…姫様よぉ!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 01:55:24 FW3rrVWc
ぜんぜんぜんせから


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 12:41:03 UV7HXyN.
姫「えっ…」

勇者「あぁ、むしゃ…むしゃぶりつきてェなぁ、姫様よぉ!」

ガバッ
ビリビリビリ

姫「きゃあ、服を引き裂かれるわたくし!」

勇者「どぉら、裸の姫様よぉ…ん、んんん?」

マジマジ

勇者「おいおい…なンだよそいつぁ…そいつぁよォォォ!なンで姫様の股間に、ンなモンがぶらさがってンだよォォォ!?」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 12:50:04 UV7HXyN.
ブラッ…
ズモォォォン

姫「見たですわね…わたくしの秘密を…!」

ガバァ

姫「そう、わたくしは…わたくしは世界最高峰の巨根の持ち主!この巨根に世界のあらゆる災厄を封じているんだゾ」

勇者(なぜ急にくれシン口調…)


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 12:56:20 UV7HXyN.
姫「この国がこんなに平和なのは…わたくしのおかげ。だって、おかしいとは思いませんでしたの?たかが魔王ひとり倒したところで、世界は平和になりはしない…紛争、疫病、貧困…人を苦しめるものはそこらじゅうに溢れかえっている…」

姫「なのにこの国は平和で豊か…」

フフッ
姫は口元を歪ませ小さく笑った。

姫「その筈ですわ。ありとあらゆる災厄は…わたくしのチンポに封じられているのですから…だから…人々は生きていける…わたくしのチンポがなければ、今頃…ふふっ、そうですわ…人はわたくしに生かされているのですわ」

ニマァ

姫「勇者様…貴方でさえも、ですわ…」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 13:01:34 UV7HXyN.
勇者「なっ…マジかよ…」

姫「マジマジ」

ガクッ

勇者「常に一途であるべきは…」

姫「ふん、急に何を歌い出すかと思えば…」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 13:10:33 UV7HXyN.
ブツブツ

勇者「ここが勝負…勝負の時なのだ…」

姫「っ、やめるざます!そんな時代遅れな歌を口ずさむのはやめるざます!」

勇者「愛で斬るなら…」

ダダッ

姫「なっ、急に間合いを…!?」

勇者「痛くな〜い!」

ブンッ


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 13:14:38 UV7HXyN.
姫「…」

ぼとり。
鈍く
耳に心地よくない音が、した。
そしてそれは地面に落ちた。

それとは即ち
チンポ。

だが
それはチンポというにはあまりにも大きすぎた。
大きく、太く、黒く
そしてペットボトル過ぎた。
それは正にチンポだった。

勇者「結局チンポなんかい!」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 13:17:49 UV7HXyN.
姫「あ…あぁ…あぁ〜〜〜」

ブルブル

姫「なんて…なんて事をしたざますか…災厄を封じしチンポを…切り落としては…それは、やってはいけない事…もはや…押さえきれない…災厄は…再び世界を覆う…覆うざますゥゥゥゥゥ!」

バシュゥゥゥゥゥ

勇者「黒い霧が…チンポから…」

姫「災厄ですわ…災厄が吹き出しているのですわ!」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 13:23:54 UV7HXyN.
バシュゥゥゥゥゥ

姫「お終いですわ…勇者様、貴方は取り返しのつかない事をしてしまいましたわ…あのチンポは世界中に災厄をばらまき…やがてしぼんで縮む…縮んだチンポは、もはやチンポにあらず…言うなればそれはおちんちん…チンポにあらず!おちんちん!」

勇者「おちんちん、か…フッ、可愛い言い方もあったもンだな…」

姫「笑っている場合ですか…貴方のせいで!世界は!」

勇者「それがどうした!!!」

姫「!」

勇者「それがどうした!!!」

姫(二回言った!)


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 14:00:29 UZO2z81Q
大事なことだからとでも言うつもりかぁ!


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 23:45:38 V690Z5PY
ところがぎっちょんって何?


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/30(金) 21:53:31 ti3Z4YsE
>>14ガンダムネタ


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:05:24 kmq2EKdI
姫「そ、それがどうした…」

勇者「ドンドンウォーーリーー!」

姫「ひゃっほう!」

フク ビリビリビリ

姫「生まれたままの姿がこんなに気持ちいいという!」

勇者「だから僕達は言葉なんかより体と体で…」

「「ぶつかり合うのさ」」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:07:12 kmq2EKdI
姫「ほらみてガバガバアナル」

ムドッ

勇者「ンナハハハ!ならば俺も…」

ムドッ

勇者「ブラックホール=ホール!」

ズモモモモ


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:08:46 kmq2EKdI
姫「す、吸い込まれ…だ、ダイソン…」

ズモモモモ

勇者「さぁ、ひとつになろう…現世も来世も、まとめてさぁ…」

ピクッ

姫「…なら、前世は?」

勇者「ぜん、せ…?」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:13:08 kmq2EKdI
姫「人は…人は過去があるから生きていける…共に歩み、悲しみ、喜びを分かち合った、その記憶があるから!生きていける!」

姫「忘れようとしても…忘れる事ができない…脳の端っこにこびり付いて…落としても落としても落ちない頑固な!きったなくてきったなくて…でも最高の記憶があるから!」

姫「そしてそれは前世から紡がれ…繋がってきた…」

姫「あらゆる名で…それは…うたわれてきた…」

姫「人はそれを!」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:15:36 kmq2EKdI
     
      
『心、か』




勇者「…」

サラサラサラ…

姫「勇者様が同質量の塩に…」

ヒョイ ペロ

姫「違う…これはミョウバン!」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:18:00 kmq2EKdI
ズキッ

姫「頭痛!」

グワン グワン

姫「ミョウバン…これをわたくしは…知っている…かつて同じように…ミョウバンとなり消えた者を…わたくしは!」

ブワァ

姫「前世!違う!もっともっと前…この、わたくしの記憶は!」

ゼンゼンゼンセカラ…

姫「そう…やっと、わたくし…」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 00:20:05 kmq2EKdI
シュッ

姫「…行かなくては…やっと…わたくしは…追いつきましてよ…勇者様…わたくしの…わたくし、だけの…勇者様…」

ザッザッザ

姫「今度は…きっと…ねぇ…」






ファサー

【完】


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 01:41:46 EAAsjJFQ



24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 02:17:01 X.xVhfv6
ミョウバン……なんだっけ、小学だか中学だかの理科で触れた記憶はあるんだが……?


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 11:11:58 ueXGU4sI
溶かすと制汗剤として使えるとか使途はいろいろみたいな
地味に生活洗剤系ぶっこむよね、あとJポップ



26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/03(月) 11:23:20 E1nraVwo
スレタイで前前前世かと思ったらマジキチで読み進めたらやっぱり前前前世だった。マジキチ。おつ。


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/05(水) 03:16:25 GShK7dTI
脱糞先生のSS前世とか多次元とかの設定結構好きなんだけど
深夜来たの久し振りだから前スレ?がわかんなくてくやピー


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■