■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

勇者「セックスしよ?」エルフ「せっくす?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:49:14 l1BhRPyM
ーーー宿屋ーーー

勇者「そう、セックスだよセックス」

エルフ「せっくすとはなんだ?」

勇者「なんと、セックスを知らないのか?」

エルフ「浅学ですまない。せっくすとはなんなのだ?」

勇者「とっても気持ちいい事だよ。試しにやってみない?」

エルフ「そんなに気持ちいいのか。それは気になるな」

勇者「うむ。やってみようやってみよう。じゃあ服と下着を脱いでくれないか?」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:49:51 l1BhRPyM
エルフ「服と下着を脱ぐのか?何故だ?」

勇者「そっちのがヤりやすいからだよ。まあ着たままでも出来なくはないが」

エルフ「なら脱ぐか。あまりじろじろ見てくれるなよ?」

勇者「おう。任せろ」ジ-

エルフ「」ヌギヌギ

勇者「わくわく」

エルフ「ほら、脱いだぞ?ではセックスを教えてくれ」裸

勇者「ちょっと待て」

エルフ「?」

勇者「乳首は?マ◯コはどうした!?」

エルフ「なんだそれは?」

勇者「ちょっとそこのベッドに座って股を広げてくれないか?」

エルフ「…?こうか?」パカ-

勇者「oh…ツルツルや…パイパン的な意味じゃなくて」

エルフ「ぱいぱん?」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:50:26 l1BhRPyM
勇者「ちょっと待ってくれ…魔法使い、これどう思う?」

魔法使い「いきなり僕に振らないでくれるかな?」

勇者「お前の知識を生かしてこの状況をなんとかしてくれないか?」

魔法使い「いやいや、流石の僕も知らないよ。というか昨日あれだけ僕とヤったのにエルフとヤりたいなんてどういうことさ」

エルフ「どうした?セックスしないのか?」

勇者「エルフ、ちょっと待っててくれ」

エルフ「わかった」

勇者「いやいや、お前のアナルには大変お世話になってる。お前のアナルは最高だ魔法使い」

魔法使い「……で?」

勇者「だけど俺だってたまにはマ◯コに入れたいんだよ」

魔法使い「知らないよ…なら風俗に行けばいいじゃないか」

勇者「いやいや、せっかくエルフの女の子がいるのに人間の女の子を抱きに行く馬鹿がいるか?」

魔法使い「仲間を大切しなよ…僕たちは君の性欲処理機じゃないんだよ?」

エルフ「まだかー?」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:51:03 l1BhRPyM
勇者「ばっかお前。俺はお前とエルフ二人を愛してるからこそセックスをしたいんだよ」

魔法使い「…はぁ。相変わらず軽い軟派野郎だね勇者は」

勇者「よせやい。でも俺の童貞はお前に捧げたんだぜ?」

魔法使い「はいはい。小さな頃はあんなにかっこよかったのにどうしてこんな変態になっちゃったんだろ…」

勇者「そんや事より魔法使い。俺はどうしたらいいんだ?エルフとセックスしたいのに穴がないんだ」

魔法使い「だから僕に聞かれても…諦め…ないよね、うん。…わかったよ。じゃあエルフに聞いてみよう」

勇者「おお、流石魔法使い!頼りになるなー!」

エルフ「ん?どうしたのだ?」

魔法使い「ちょっと聞いてもいいかな?エルフはセックス…いや、性交渉はしないのかい?」

エルフ「聖交渉?いや、した事ないな…」

魔法使い「性交渉だよ。…性交渉しないのか…なら、排泄は?」

エルフ「拝説?なんだそれ?」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:51:46 l1BhRPyM
魔法使い「…お腹見せて?」

エルフ「んん?裸だからもう見えているではないか」

魔法使い「…なるほどね、ありがとうエルフ」

エルフ「なに、気にしなくていいぞ?しかしセックスはまだなのか?」

魔法使い「勇者、残念なお知らせだ」

勇者「やだ」

魔法使い「エルフとはセックス出来ない。いや、エルフ族とセックスは出来ないが正しいか」

勇者「やだぁぁぁぁ!!」ジタバタ

魔法使い「諦めてくれ。女性器も無ければ排泄腔もないんだ。というか乳首もへそもないとか爬虫類みたいだよ」

勇者「やだやだやだ!オマ◯コ出来ないならアナルでもいいのにアナルすらないとかどういうことー!?」

魔法使い「フェラや手コキ、素股なら出来ると思うけど」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:52:19 l1BhRPyM
勇者「そんなんセックス違う!ただの前戯や!!」

魔法使い「こればっかりはね…」

エルフ「なんだ、私とはセックス出来ないのか?」

魔法使い「残念ながらそうみたいだね」

エルフ「それは残念だ…楽しみだったのだが…」

勇者「うぅ…エルフと子作りしたかったのに…」

エルフ「ん?子作りしたいのか?」

勇者「うん…」

エルフ「それならそうと言ってくれれば良いではないか。よし、では今から子作りしにいこう」

魔法使い「え」

勇者「え!?子作り出来るの!?」

エルフ「うむ。もちろんだ。では転移魔法で子作りする場所に行こうか」

勇者「わーい、いくいくー!」

魔法使い「ちょ、勇者まっ」

エルフ「転移魔法!!」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:52:53 l1BhRPyM
ーーー神樹前ーーー

勇者「ここなら子作り出来るの?」

エルフ「うむ!私の村の神樹様だ。挨拶するように」

勇者「挨拶?えっと神樹様、私は勇者で今からエルフと子作りします」

エルフ「うむうむ!神樹様も祝福してくれているようだ!では早速子作りを…勇者、手を貸してくれ」

勇者「手?わかった」スッ

エルフ「よし、手を握って…んっ」ピカッ

勇者「うおっ、いきなりエルフが光った!」

エルフ「おお!異種間だから上手くいくかわからなかったがどうやら上手くいったようだ!喜べ勇者、我らの子供が出来たようだ!」

勇者「…は?え?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:53:33 l1BhRPyM
エルフ「ほれ、今神樹様の枝に大きな実が出来ただろう?あの中に我らの子供が入っておる」

勇者「は!?え、まじ!?」

エルフ「2日ほど待っていれば元気な赤ちゃんが生まれてくる。楽しみだな!」

魔法使い「やっと追いついた!」

勇者「…魔法使い…俺、子持ちになっちゃったみたい…」

魔法使い「え」

エルフ「勇者勇者、名前はなんにする?」

魔法使い「…まあ、年貢の納め時だよ。僕は愛人枠でいいからさ」

勇者「ははは…元気な赤ちゃんが生まれてくるといいなぁ…」


おわり


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:54:46 FttqF53Y
なんぞこれ


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/26(月) 22:54:52 l1BhRPyM
深夜テンションで書きました。

ちなみに魔法使いは勇者の幼馴染で男の娘です。
エルフはまあ…女剣士枠で


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 00:40:47 .0q2Qv.s

この世界線のエルフはオークに陵辱されないんだな・・・


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 00:47:44 LRhEXqIo
性器が無くても凌辱する方法なんて山のようにある


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 00:58:16 K.RB6yXs
性器ないのはいいが排泄どうしてるんだよ


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 00:59:10 .0q2Qv.s
女の子が排泄するわけないだろいい加減にしろ


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/27(火) 01:47:32 dnuGmsiY
エルフっていうかドリアードとかの類いなんじゃこれは…



16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/29(木) 14:04:25 UZO2z81Q
それなりにハッピーエンドじゃないかな



17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/10/01(土) 08:14:03 Bkqi0EOI
ワロタwww


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■