■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男「自殺する!」女「すれば?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 09:39:15 BrqSt84Y
構ってちゃんの男が色々奮闘するスレ

グロ描写はそこまでないと思う。

むしろほのぼの系?


男「え…何その反応…」

男「普通『やめて!』とか、『考えなおそ?』とか…」

女「現実はそんなに甘くないのです。」

男「ああ…無情…」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 09:45:10 BrqSt84Y
女「そもそも、そのセリフ100回ぐらい
  聞いたよ?」

男「今回は本当に死ぬ!絶対!」

女「『ダメ!絶対!』みたいに言うな。」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 09:47:14 BrqSt84Y
女「そもそも自殺する人は、
  一人だけのとき自殺するでしょ。」

男「おれ、孤独死は嫌だから。」

女「そーゆー問題?」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 10:00:39 BrqSt84Y
男「今から首吊りする!」

女「はいロープ。」⊃ロープ

男「」

女「どーしたの?ホレ。」⊃ロープダヨ?

男「いや…普通、こーゆー事言ってる人に
  ロープは渡すのは…」

女「はやくしろよ。」⊃ロープダッツッテンダロ!

男「有り難く頂きます。」⊃ロープ⊂


5 : 首吊り編 :2014/08/02(土) 10:25:52 BrqSt84Y
男「…」⊃ロープ⊂

女「どしたの?」

男「ちょっと急用を思い出した。」

女「首を吊るっていう用事でしょ?」

男「」


6 : 首吊り編 :2014/08/02(土) 12:20:12 BrqSt84Y
男「いいじゃねえか!やってやる!」

女「おー。」パチパチ

-10分後-
男「準備はできた…」

女「結び方も微妙だし、引っ掻けてるところ
  外れそうだけど?」

男「あとは…首を入れて…」ガクブル

女「震えてるよ。」

女「それに、足ついてるよ。」


7 : 首吊り編 :2014/08/02(土) 12:56:00 BrqSt84Y
男「首を…通しt」アシガスベッター

男「うげっ!?かっ!ごほっ!」バタバタ

引っ掻けてたところ「重っ。」ガタッ

男「いでっ!!」ドスン!

女「せっかく成功しそうだったのにね?」

男「ぜーぜー …心の準備っていう物が…」


8 : 首吊り編 :2014/08/02(土) 13:00:03 BrqSt84Y
男「首吊りはやめよう。」

女「男には無理だね。」

男「なにが『苦痛を感じず…』だ!!
  めちゃくちゃ首が痛えよ!」

女「他の方法に比べて、って意味なのでは?」

男「なるほど。」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 13:05:28 17Ubit8g
はやく吊れよ


10 : 首吊り編 :2014/08/02(土) 13:11:40 BrqSt84Y
女「ほら、>>9さんもこう言ってる事だし
  もっかい吊る?」

男「ミンナツメタインデスネ…」

女「それは君が構ってちゃんだから!」キラーン☆

男「そんなキメポーズで言われても。」


11 : 切腹編 :2014/08/02(土) 13:14:19 BrqSt84Y
女「お腹刺してみれば?」

男「切腹ですか。」

女「はい。」⊃包丁

男「なぜ持ってるし。」


12 : 切腹編 :2014/08/02(土) 13:57:21 BrqSt84Y
男「よし…突き刺すぞ…」

女「どうぞ。」

男「…」

チクッ
男「いてええぇぇえ!!!」ギャーギャー

女「先っぽに触れただけじゃん。」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 13:57:48 O40DpSdU
男可愛い


14 : 切腹編 :2014/08/02(土) 15:17:50 BrqSt84Y
男「もう無理。怖い。痛いもん。」チーン…

女「女々しいよ。」

男「そ…そこまで言われて、
  黙ってられるかあああ!」

包丁セットオン!

男「う…」

男「うおおおお!!!」

女「包丁が物凄い勢いで、お腹にせまる!」

男「ーーっ!」ピタッ

女「…からのストップ。10cmも前で止めてるし。」

男「さっきのトラウマが…」ガクブル


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 15:42:54 uKr1NWFo
包丁じゃない
ノコギリでギコギコを見たいなあ


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 15:52:33 BrqSt84Y
女「>>15

男「ヒッ…」ガクブルガクブル…


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 16:54:41 qgIOfrlc
いっそ殺してやれよもう


18 : 切腹編 :2014/08/02(土) 17:00:13 BrqSt84Y
女「いっそ私が刺してあげようか?」

男「」

女「大丈夫!貫くから!」キラーン☆


19 : 切腹編 :2014/08/02(土) 18:08:57 BrqSt84Y
男「…あっ、いや…それじゃ自殺じゃないし…」アタフタ

男「そっ…それに女が殺人罪で捕まる!」イギアリッ!

女「んあー、そうか。男を殺したってだけで
  捕まりたくないもんね。」

男「今サラっと酷いことを!?」


20 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 19:52:19 BrqSt84Y
女「やっほー、遊びに来たよ。」

男「」ビクッ

女「なんで驚いてるの?」

男「昨日のトラウマ…」ガクブル…

女「すぐトラウマになるんだね。」


21 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 19:56:58 BrqSt84Y
男「…てゆーか、俺今から買い物いくんだけど…」

女「えー、つまんなーい。」

男「いや…だって冷蔵庫の中、空っぽだし…」

女「餓死すれば?」

男「食欲は我慢できないです。」


22 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 20:01:47 BrqSt84Y
女「まあいいや、私もついてくー。」

男「えー…」ジー…

女「…傷ついた。」

男「だって、絶対なんか奢らせる気だろ。」

女「!?よく分かったね!」

男「せめて否定しませんか。」


23 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 20:56:46 BrqSt84Y
<デパート>
女「ちなみに何をお買いになるのですか?」

男「さきほども言った用に食材です。」

女「料理できるのですか?」

男「あなたよりは出来ます。」

女「なるほど。」


24 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 20:59:58 BrqSt84Y
女「じゃがいも、にんじん、玉ねぎ…」

女「カレーだね。」

男「手軽で美味しい。」

女「レトルトの方が手軽だよ。」

男「それを言っちゃったら…」


25 : ほのぼの編 :2014/08/02(土) 21:04:08 BrqSt84Y
<家>
女「あー、おいしかったー。」

男「」

女「ん?どしたの?」

男(今日買った分、全部食いやがった…)

女「また食べにくるね。」

男「許してください。お願いします。」


26 : 飛び降り編 :2014/08/02(土) 21:10:25 BrqSt84Y
男「こっから飛び降りる!!」

女「ここ1階だけど。」

男「後ろ向きに飛べば、死ぬ…」

女「上級者だね。」

|⊂男⊃| ←窓にこっち向いて腰かけてる

男「い…行くぞ!!」

女「逝ってらっしゃい☆」

男「ほ…ほんとに落ちr」ズルッ

男「あ」

|   | ←男落下

女「♪」パチパチ


27 : 飛び降り編 :2014/08/02(土) 21:13:51 BrqSt84Y
女「さて…」

窓の下を見る。

男「いたいいい…腰…腰うったあああ…」ピクピク…

女「1階からで、そんな傷を負えるなんて
  自殺に向いた体質だねぇ。」

男「し…シップを…持ってきて…」ピクピク…


28 : 飛び降り編 :2014/08/02(土) 21:31:26 BrqSt84Y
男「はあ…やっとおさまってきた…」セナカサスリ

女「背中おもいっきり叩いていい?」バチーン

男「許可とるまえにやっt いてええええ!!!」ジタバタ

女「wwwwww」


29 : 作者 :2014/08/02(土) 21:33:38 BrqSt84Y
なんか自殺方法のネタとか募集してます。
いっぱい貰えると有難いです。


30 : OD編 :2014/08/02(土) 21:45:54 BrqSt84Y
男「今からODする!!」

女「おー、がんばれ。」

男「とりあえず、手元にあるこれで…」⊃パブロン

女「それだとバケツ1杯分ぐらいだね。」

男「?何が…?」

女「致死量。」

男「」

女「下手したらもっと。」

男「」


31 : OD編 :2014/08/02(土) 21:48:43 BrqSt84Y
男「と…とりあえず飲む!」⊃パブロン

男「」ゴクン

女「1錠。」

男「」ゴクン

女「2錠。」

男「…」

女「?」

男「ぅ…吐き気が…」ヨロヨロ…

女「ある意味凄いよ。」


32 : OD編 :2014/08/02(土) 22:08:55 BrqSt84Y
トイレ「」ジャー…

トイレ「」ガチャッ

男「…ぅう…」

女「ゾンビみたいだよ。」

男「…ぅあ…あ…」ヨロヨロ…

女「言い返す気力も無くなってますねー。」


33 : OD編 :2014/08/02(土) 23:11:52 BrqSt84Y
男「もう…二度と…やらない…」ヨロヨロ…

女「心は死んだみたいだね。」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/02(土) 23:14:07 rsDH7gmo
男へ:

焼死:油を頭からかぶってライターを持つだけの簡単なお仕事

線路に見投げ:☆瞬★殺☆

ガス中毒:最も苦しむ自殺方法

薬中毒:一週間でビンの薬を飲みきろう!


35 : 作者 :2014/08/02(土) 23:30:32 BrqSt84Y
>>34
ネタありがとうございます。

では早速、焼死編を…


36 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:34:55 BrqSt84Y
男「体に火をつけるっ!」

女「ほう、それはすごい。」

男「…」⊃ライター

女「油、かぶらないの?」

男「…へ?」

女「よく燃えるよ。」


37 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:37:01 BrqSt84Y
男「いや…油はちょっと…」

女「おりゃっ。」ビシャァッ!

男「ぶはっ!?」ザバーン!

女「おk。」

男「油くさい!」


38 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:41:02 BrqSt84Y
女「さあ、逝っておいで…」

男「」⊃ライター






男「無理だ。」⊃

         ↓
        ライター


39 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:48:30 BrqSt84Y
女「どしたの。」

男「だって、死ぬまで目の前が
  真っ赤に燃えてるんですよ!?」

男「多分喉も焼けて、悲鳴すら出せない…」

女「悲鳴出なければ、静かでいいと思うよ。」

男「」


40 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:52:33 BrqSt84Y
男「ちょ…ちょっと紙で練習…」⊃紙

  紙⊂
⊃ライター

  炎⊂
⊃ライター


男「あっーーーっつうぅぅうう!!!」バタバタ

女「wwwwww」


41 : 焼死編 :2014/08/02(土) 23:56:19 BrqSt84Y
男「ひ…左手が、水ぶくれに…」ジャー…

女「相変わらず凄いね。」

男「炎こわい炎こわい炎こわい…」ジャー

女「豆腐メンタル。」


42 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 06:49:07 9z4Pp9lQ
女「ゲームセンターに行きましょー。」

男「突然ですね。」

女「突然です。」

男「でも行きません。」

女「何故ですか。」

男「全額払わされるからです。」

女「ふむふむ。」






女「さて、行きましょー。」


43 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 06:51:56 9z4Pp9lQ
男「俺の意思、ガン無視?」

女「君の意思は自殺した。」

男「理不尽だー!!」

<ゲームセンター>
男「流れてる音がうるさい…」

女「いろんな機械から、音が出てるからね。」

男「で…何しに来たの?」

女「決めてない。」

男「なるほど。」


44 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 07:08:26 9z4Pp9lQ
女「無計画が私の取り柄だからねっ!」ドヤァ

男「いや、ドヤ顔で言われましても。」

UFOキャッチャー「やってくかい?」

女「…って、あの台が言ってる気がする。」

男「あー、あのぬいぐるみを取ってほしい
  訳ですね。分かります。」


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 07:13:36 3SAdJico
まだ死んでないのかよ


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 07:21:24 9z4Pp9lQ
男「」ビクッ

女「どしたの?」

男「何か怖いこと言われた気がした…」

女「たとえば>>45とか?」

男「ひいぃ…!」ガクガク


47 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 07:27:49 9z4Pp9lQ
<UFOキャッチャー>
男「」←奮闘中。

女「♪」←男放っといて太鼓の達人中。

-10分後-
男「と…とれた…」⊃ひよこのぬいぐるみ

女「おー、まさか取れるとは。」
  ⊃ひよこのぬいぐるみ⊂

男「2000円もかかった…
  てか、お前俺の財布から勝手に1000円
  抜き取ったろ。」

女「さー、帰ろっか。」

男「しらばっくれた!?」


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 09:30:54 oC3Sav3I
>>29
テクノブレイク
照れる女さんに期待!


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 16:48:02 qGsCZ9A.
>>48
男「…俺が恥ずかしいです…」

女「もしやろうとしたら、切断するから。」⊃ハサミ

男「ヒィッ!?」ガクブルガクブル


50 : 身投げ編 :2014/08/03(日) 17:16:57 qGsCZ9A.
男「い…今から電車に飛び込む!」

女「ふむ。」

踏切「」カンカンカンカン…

女「来たね。」

男「…」ドキドキドキドキ

踏切「」カンカンカンカン…

女「そろそろ準備…」

男「」ドキドキド…バタッ

女「緊張して気を失ってますね。」

電車「」ガタンゴトン…

女「行っちゃったし。」


51 : ガス編 :2014/08/03(日) 17:53:46 OZj0u8OA
男「今からこの部屋をガスで満たす!」

女「どんなガス?」

男「…都市ガスとか?」

女「なるへそー。」

男「じゃあ、窓全部にガムテープを貼って…」

女「じゃーねー。」ガチャッ

男「…え?…あっ、えっ!?」

女「だって、私まで被害がくるじゃん。」

男「」


52 : ガス編 :2014/08/03(日) 17:55:21 OZj0u8OA
男「ガスはやめた。」

女「はやいね。」

男「孤独死は嫌だから。」

女「最初に言ってたね。」


53 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:06:24 OZj0u8OA
<コンビニ>
女「やぁ、偶然だねぇ。」

男「いま、バイト中なんですが…
  絶対意図的だろ。」

女「レジ打ちやらせてよー。」

男「だめです。本でも読んでなさい。」

女「うっさい!死ね!」

男「!?」ナンデッ!?


54 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:08:27 OZj0u8OA
男「何だかんだいって立ち読みしてるし…」

女「♪」ペラ…

男「…しかし、何故18禁コーナーに…」

女「♪」ペラ…


55 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:13:01 OZj0u8OA
-10:00-
男「うあー…やっと終わったあ…」

女「女の子を2時間も待たせるなんて、
  死刑確定だね。」ビシィ!

男「待ってて…って言ったっけ…」

女「言ってないよ。」

男「あ、そこは認めるんですね。」


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 18:14:00 OZj0u8OA
↑PM10:00ってことで。


57 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:24:29 OZj0u8OA
男「…」テクテク…

男(18禁コーナーに何故いたのか
  聞くべきだろうか…)

女「どしたの?」テクテク…

男「あ、いや、何でもないです。」テクテク…

女「?」テクテク…


58 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:28:24 OZj0u8OA
女「あ、ミスド。」

男「げっ…」

女「…ドーナツタベタイナー。」

男「…今日はちょっと…」

女「今日、給料日だって知ってるからね。」

男「!?」


59 : ほのぼの編 :2014/08/03(日) 18:30:10 OZj0u8OA
女「あれと、それと…これも下さいっ!」

店員「合計で8400円です。」

男「」


60 : リスカ編 :2014/08/03(日) 20:49:53 OZj0u8OA
女「腕どしたの?」

男「っ!?え、あ、いや…リ…リスカ!」アタフタ

女「まあ、猫にひっかかれた事知ってるん
  だけどね。」

男「恥かいたー!!」ガーン…


61 : リスカ編 :2014/08/03(日) 21:00:59 OZj0u8OA
女「今更だけど、男ってリスカはしないよね。」

男「だってあれ死ねないじゃん。メンヘラじゃん。」

女「構ってちゃんとメンヘラって違うの?」

男「お、俺は構ってちゃんじゃねぇ!」

女「あ、メンヘラって事?」

男「」


62 : リスカ編 :2014/08/03(日) 22:43:31 OZj0u8OA
女「まあ、私はしてるんだけどね…」ションボリ…

男「えっ!?」バッ!

女「ほれwww」⊃←赤ペンで書いた跡

男「」

女「どしたの、鳩が豆鉄砲くらったみたいな顔して。」

男「よ…」

女「よ?」





男「よかったあぁぁあ…」ヘニャリ…

女「?」


63 : 作者 :2014/08/03(日) 22:55:59 OZj0u8OA
ここらで一回まとめ。
首吊り編>>4-10

切腹編>>11-19

飛び降り編>>26-28

OD編>>30-33

焼死編>>36-41

見投げ編>>50

ガス編>>51-52

リスカ編>>60-62

ほのぼの編>>20-25 >>42-47 >>53-59


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 22:57:33 L3D//N7g
後は何が残ってるんだ


65 : 作者 :2014/08/03(日) 23:20:37 OZj0u8OA
>>64
そうなんです。ネタが無くなってきたんです。

募集してます。どしどし応募してね!


66 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:35:19 OZj0u8OA
<風呂場>
男「…」ジャー…

男「…」テクテク…

男「…ジュースは…っと。」⊃冷蔵庫

男「よし、あった。」⊃オレンジジュース

男「ついでにおやつも…」⊃チョコビスケット


67 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:37:42 OZj0u8OA
男「…」⊃コップ×2

男「…」コポコポ…

玄関「」ピンポーン

男「完璧なタイミング。」


68 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:39:13 OZj0u8OA
玄関「」ガチャガチャ…

男「今あk」
玄関「」バキッ

女「やほー。」

男「おい。」


69 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:44:53 OZj0u8OA
男「何回目だ。」

女「12回目。」

男「なるほど、あくまで反省はしていないと。」

女「手が痛くなっちゃった、って反省してる。」

男「それはそうでしょうね。」




男「…って、そうじゃなくて…」


70 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:48:49 OZj0u8OA
女「ジュース貰ってるよー。」ゴクゴク

男「はやっ…いつの間に…」

女「でも、どっちみち用意しててくれたんでしょ?」ゴクゴク…

男「まあ、あなたが来るタイミングは大体
  分かりますから。」

女「2L飲み終わっちゃった。まだあるー?」プハー…

男「」


71 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:51:25 OZj0u8OA
男「もうやだ、死にたい。」

女「ヤメテーシナナイデー。」

男「めっちゃ棒読みなんですが!?」

女「ソンナコトナイヨー。」

男「くそ…溺死してやる!」ダッ…

女「もぐもぐ…」⊃チョコビスケット


72 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:53:19 OZj0u8OA
女「♪」⊃チョコビスケット







女「…?」⊃チョコビスケット


73 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:55:08 OZj0u8OA
女「…」テクテク…

<風呂場>
女「男ー?」テクテク…

男「」プカプカ…

女「男…?」


74 : 溺死編 :2014/08/03(日) 23:57:07 OZj0u8OA
女「ねえねえ。」

男「」ユサユサ…

女「ねえ、男?」ツンツン

男「」

女「うん…しょ…」オトコヲ、ヒキズリアゲル

男「」


75 : 溺死編 :2014/08/04(月) 00:00:09 0w6aPNQE
女「ねえ…生きてるんだよね?」

女「構って欲しくて死んだフリしてるんでしょ?」

女「そんな事しても私は、構ってあげないよ?」

男「」

女「そんなこと…しても…」


76 : 溺死編 :2014/08/04(月) 00:05:52 chTvZ2J.
女「…」ヒッパリ…

女「…ぁ…」ズルッ

男を引き上げていた手が滑り、
風呂から男が滑り落ちる。

男「」ガンッ!!









男「いってええええええ!!!」ジタバタ


77 : 溺死編 :2014/08/04(月) 00:14:03 chTvZ2J.
男「あ…頭がああぁ…
  おもいっきりぶつけたああぁ…あ?」

女「…」

男「お…女さん…?」

女「…ぅ…ひぐ…」ポロポロ…

男(泣かせてしまった!?)


78 : 溺死編 :2014/08/04(月) 00:18:59 chTvZ2J.
女「…そうやって…私の反応見て…
  楽しんでたんだね…」ポロポロ…

男「ご…ごめんっ!いや、ごめんなさいっ!
  なんでもします!だから泣き止んで…」

女「…本当に死んじゃえ…」ダッ!

男「あっ…待っ…」

男(何故こんな展開に…?)


79 : 溺死編 :2014/08/04(月) 00:26:12 chTvZ2J.
男「は…はは…」ユラユラ…

男「俺…最低だな…女まで泣かせて…」

男「もう…いいや…」ユラユラ…

男「痛いとか…そんなのどうでもいい…」チャプン…

男「俺…女を泣かせた罪…償うよ…」ブクブク…








女「なんで泣いてんの?」


80 : 溺死編 :2014/08/04(月) 15:17:47 0woVQox6
男「…」

男「………」

男「……へ…?」ポカーン…

女「もう夕方だよ。」

男「…うん……え?」

女「昨日のバイトで疲れてたのかな?」

男「え?あれ?出てって…溺れて…」

女「どしたの?」


81 : 溺死編 :2014/08/04(月) 15:21:12 0woVQox6
男(夢…?)

女「あ、お腹空いたからお菓子もらうね。」

男(…!いや…服が濡れてる…)

男(ジュースのペットボトルも空…)

男「もしかして…」ダッ…

玄関のドア「」グシャッ

男「壊れてる…」

男「夢じゃない…」


82 : 溺死編 :2014/08/04(月) 15:27:31 0woVQox6
男「女、ごめん!!」ドゲザー!

女「ふえ?」モグモグ

男「俺…女のことからかって…泣かして…」

男「嫌われて当然の事したのに…」

男「こうやって…普通に接してくれて…」





女「……熱でもあるの?」

男「……え?」


83 : 溺死編 :2014/08/04(月) 15:31:43 0woVQox6
女「この日から男が少し変わりました。」

女「色々奢ってくれるようになりました。」

女「多少のムチャブリも聞いてくれます。」

女「でも、なんでこんな風になったのか
  わかんなーい。」


84 : 溺死編 :2014/08/04(月) 17:07:28 l0PNG8cs
〜溺死編のネタバラシ〜

>>66-79は男の夢。

ドアが壊れていたのと、ジュースが無くなっていたのは
たまたま夢と重なっただけ。
(女がドア壊して、ジュースを飲みほすのは日常茶飯事。)

男の体が濡れていたのは、女が男を起こそうとして
水ぶっかけたから。


85 : 作者 :2014/08/04(月) 17:11:37 l0PNG8cs
作者「ネタが…ネタがああぁ…」

女「うるさい。」


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/04(月) 17:19:05 Hd.D6m2I
毒を盛ってみよう(提案)


87 : 作者 :2014/08/04(月) 18:01:50 l0PNG8cs
>>86
感謝感激です。ありがとうございます。
話思いついたら書きます。


88 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:18:06 l0PNG8cs
女「さて、死にたがりの男君に…」

女「毒を飲ませてあげようと思います!」

女「今日は男を家に呼んであるのです。」

女「さて、準備を始めましょう。」


89 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:20:40 l0PNG8cs
女「毒は料理に盛ります。」

女「でも、私は料理が出来ません。」

女「なので、これを使います。」⊃カップラーメン

女「完璧です。」ドヤァ


90 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:25:28 l0PNG8cs
女「男君が来る3分前にお湯をいれます。」コポコポ…

女「毒を入れときます。」⊃毒

女「準備は整いました。」キラーン☆


91 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:29:01 l0PNG8cs
玄関「」ピンポーン

女「来ました。」

女「時間ぴったりだねー。」ガチャ

男「俺、時間だけは何があっても守るので。」

女「口約束は守らないよね。」

男「」


92 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:31:40 l0PNG8cs
女「ささ、ラーメン食べましょー。」

男「ラーメン?…って、カップ麺じゃん…」

女「頭からかけるぞ。」⊃カップラーメン

男「スイマセンデシタ」


93 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:48:43 l0PNG8cs
女「♪」ズルズル…

男「そういえば、今日って何の用でよん…」ズルズ…

男「うぶばぇあっ!!」ブバーー!

女「ワー、キタナーイ。」

男「おえっ!ごほっ…げほっ…」

男「お…女?これ…何が入って…」

女「シュネッケンを溶かした液体。」

男「まじハンパないです。」


94 : 毒盛編 :2014/08/04(月) 18:52:46 l0PNG8cs
女「あー、面白かったー。」

男「まさか…これを食わせるためだけに
  俺を読んだのか…」

女「まあまあ、そんながっかりしないで…」







女「固体も食べてみてよ。」⊃シュネッケン

男「同じじゃねえか!!」


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/04(月) 19:59:22 Hd.D6m2I
シュネッケンってタイヤ味のアレかwww


96 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 20:15:26 l0PNG8cs
女「遊園地いこうよ!」

男「良いけど…どこの?」

女「ふじきゅー。」

男「お許しを。」


97 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 20:18:22 l0PNG8cs
男「絶叫系も怖いのも無理です。」

女「普通は立場逆じゃない?」

男「最近の男子は、みんなこんなもんだから。」

女「ふむふむ。」







女「じゃ、行こー。」

男「」


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/04(月) 20:20:28 THQSzoK6
>>34だよ

こんなのも…:

冷死:氷を入れた寒〜いお風呂にダイブ

電死:スタンガン五つぐらい密着させてスイッチON。五時間あったらいつの間にか死んでるよ

銃自殺:これはかなり痛かった、でも☆瞬★殺☆できるよ!


99 : 作者 :2014/08/04(月) 20:31:01 l0PNG8cs
>>98
多くのネタ提供Thanksです!
思い付いた時に書いていきます。


100 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 21:13:24 l0PNG8cs
<富士Qハイランド>
男「あぁ…来てしまった…」

女「あれ乗ろ!あれ!」ユビサシッ

男「…え?どれ…」

→高飛車


101 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/04(月) 21:14:57 WEJl0U4.
スレ建てた日が被ってたから
ずっと読んでるけど好きだわ
男きゅんペロペロ


102 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 21:20:27 l0PNG8cs
<高飛車>
男「うわああぁg#ぬbぇwゞz!!」ヒューン!

女「いえー!!」ヒューン!






-終了-
男「…も…ぅ……無理…です…」ヨロヨロ…

女「もう一回乗ろ?」

男「」


103 : 作者 :2014/08/04(月) 21:51:11 l0PNG8cs
>>101
ありがとうございます。
これからもペロペロしたくなる男君を書いていきます。





男「俺って一体…」

女「www」


104 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 22:01:07 l0PNG8cs
男「結局3回も乗らされた…」フラフラ…

女「次はあれ行こ!」ユビサシッ

男「その指の先を見たくない…」チラッ

→最恐戦慄迷宮

男「」バタッ

女「入る前から気絶しちゃった。」


105 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 22:42:03 l0PNG8cs
<最恐戦慄迷宮>
男「お…押さないで…」ガクブルガクブル

女「男の子は女の子を
  引っ張っていくものなのです。」グイグイ

男「そんなの差別じゃn」

お化け「アアアアアアア!!!」

男「ぎゃああああああああ!!!」ダッシュ!

女「男の声のが怖いよー。」テクテク…


106 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 22:52:49 l0PNG8cs
男「あ…非常口だ…!」バッ!

女「だめー、最後までいくよ。」

男「あぁ…救済措置が意味を成してない…」トボトボ…

女「出たらもう構ってあげないよ。」

男「弱みにつけこまれた。」


107 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 23:26:37 l0PNG8cs
男「部屋多すぎだろ…」

女「こことか開けてみる?」ガチャッ

男「あ、そんな軽い気持ちd」

お化け「オオオオオオオオ!!!」

男「うわああああぁぁあ!!」ダッ!!

女「www」


108 : ほのぼの編 :2014/08/04(月) 23:30:22 l0PNG8cs
男「しまった…完全に孤立してしまった…」

男「普通こーゆー時は女の方を、
  心配するものなのだろうが…」

男「自分の事で精一杯です…」

男「もうこれ無理じゃね…?見つけるの…」

非常口「出ちゃおうぜ。」

男「くそ…誘惑が…」


109 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 13:51:11 NYebz.Ag
男「おーい…女ー、どこd」テクテク…

お化け「キィエエエエエエエ!!」

男「ぎゃぁあああぁぁーー!!!」ダッ!


男「ハア…ハア…お、女ー…」フラフラ…

客の声「うわあああああ!!」

男「いぎゃあああぁぁああ!!」ダッ!!



男「お…おん…な…」ヨロヨロ…

こんにゃく「お背中お流ししますぜ。」ピトッ

男「」 ←気絶。


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 14:12:27 eFLAubLg
残ってるのって感電死と拳銃自殺くらいしか思い浮かばんのだが


111 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 14:34:51 NYebz.Ag
『女編』
女「もー…男がどっか行っちゃったよ。」

女「…」テクテク…

お化け「キエエエエエ!!」

女「…」チラッ…テクテク…

お化け「」


お化け2「ウオオオオオ!!」

女「…」テクテク…

お化け2「」


お化け「ウアアアアアアア!!」

女「うるさい、邪魔。私は男を探してるの。」イラッ

お化け「」


112 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 14:38:05 NYebz.Ag
女「うーん、どこだろ?」

客の声「うあああgばvZだbjぐy!!!」

女「あの声は…」テクテク…

男「うあああああ!!!」ダッ

女「やっぱりー。」


113 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 14:45:14 NYebz.Ag
男「あぁ……だれか…助け……?」ヨロヨロ…

女「やあやあ。」

男「お…女っ!大丈夫だったか?」

女「私は大丈夫だけど
  男が大丈夫じゃないよ。」

男「うぐっ。」


114 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 14:47:17 NYebz.Ag
-2時間後-
男「や…やった……ゴールだ…」

女「ふー、疲れたねぇ。」

男「もう二度と入らない…」

女「え?もう一回入りたい?」

男「いってねえよ!!」


115 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 14:52:06 NYebz.Ag
女「すっかり遅くなっちゃったね。」

男「主にあのお化け屋敷だな…」

女「かえりましょーか。」

男「そーだな。」

女「…男?」

男「ん?なに?」

女「あのね…言いたい事があるんだけどね…」モジモジ

男「え?いや…え?」アタフタ

女「わたし……」






女「おなかすいた。」グー…

男「デスヨネー。」


116 : 作者 :2014/08/05(火) 14:53:43 NYebz.Ag
今回のほのぼのは、ちょっと長めになってしまった…

最近、短いレス数でまとめられない…


117 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 15:57:33 jQBHLJYA
笑死:笑いながら死ねるから辛くなく痛くない死に方だと思う


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 16:05:59 wGuevrE2
女の手料理を食べるってのが未だ出てないだと?
自殺でネタ切れならスペランカー並みの生存率で事故死くらいしか浮かばないな・・・


119 : 感電編 :2014/08/05(火) 16:17:42 NYebz.Ag
男「感電死する!」

女「うへぇ…」

男「え?何そのリアクション…」

女「ケーキ食べ過ぎて気持ちわるい…」

男「おぅ……って知るか!!」


120 : 感電編 :2014/08/05(火) 16:23:14 NYebz.Ag
女「ところで…どうやって感電するの?」

男「延長コードを使う!」

女「ふむ。」

男「プラグじゃ無いほうの
  針金をむき出しにして…」グイグイ…

男「この針金部分を持ったまま、
  プラグをコンセントにさしこめば…」

女「電気が流れてくると。」


121 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 16:24:02 eFLAubLg
>>117
表情筋


122 : 感電編 :2014/08/05(火) 16:31:08 NYebz.Ag
男「…」ガクブル…

女「さしこまないの?」

男「い、いや、物事には準備g」

女「えい。」ギュ

男「!?」
針金をもっている方の手を包まれる。
手が開けない。

男「あ…あの……女さん…?」
女がいつの間にかプラグを持っている…

女「えへへ…男、死ぬときは一緒だよ?」カチッ!


123 : 感電編 :2014/08/05(火) 16:44:42 NYebz.Ag
男「」バタッ

女「」バタッ

二人は床に倒れこむ……







女「…よいしょ。」ムクッ


124 : 感電編 :2014/08/05(火) 16:47:03 NYebz.Ag
女「いつかこーゆー日がくると思って…」

女「ダミーのコンセントを
  買っておきました。」⊃コンセント

男「」チーン

女「ほんとにショック死してそうだね。」


125 : 笑死編 :2014/08/05(火) 16:52:56 NYebz.Ag
男「…」ポチポチ…

女「…」

男「…あ、くそ…」ポチポチ…

女「…」

男「やり直しか…」ポチポチ…







女「こちょこちょこちょっ!」コチョコチョ

男「いぎっ!?」


126 : 笑死編 :2014/08/05(火) 17:00:08 NYebz.Ag
女「面白ーい!」コチョコチョ

男「お…女!?いつかr あひゃひゃひゃ!!」ジタバタ

女「君が気づかないのが悪いのです。」コチョコチョ

男「いひひひひ……や…やめt…」

女「そーれっ♪」コチョコチョコチョッ!!

男「ぃひゃあははやめbやjZにゃ〆$が!!」ジタバタ!!


127 : 笑死編 :2014/08/05(火) 17:03:02 NYebz.Ag
男「」ピクピク…

女「…」







女「また今度もっかいやろ。」


128 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 18:20:56 NYebz.Ag
女「今日は私が手料理を振る舞ってあげます。」ドン!

男「あ、俺に死亡フラグが。」

女「失礼な。」


129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 18:23:08 jQBHLJYA
やっぱ大事なのは出血死かな。あ、鼻血の方のね。女の水着姿見れば大量出血で死ぬんじゃね?


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 18:25:35 RSNPLycA
感電編いいなぁ


131 : 作者 :2014/08/05(火) 19:00:33 NYebz.Ag
>>117,>>118
ネタ提供感謝感激です!
遅くなって申し訳ありませぬ。

>>129
おー…くだりが難しそうですが、思い付いたら
やってみようと思います。

>>130
いいですよねぇ…


132 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 19:06:36 NYebz.Ag
>>128の続き
女「まずは作る物を決めます。」

男「そこから!?」

女「なにつくろっかなー♪」ウキウキ…

男「不安で仕方ない…」

女「みんなは何がいいと思う?」

男「誰に話してんの?」

女「みんな。」

男「だから誰!?」


133 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 19:49:11 NYebz.Ag
女「シチューを作ろう!」

男「シチューですか。」

女「楽しみにしていなさい。」ドヤァ

男「ああ…神様、お慈悲を…」


134 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 19:58:06 NYebz.Ag
女「男はあっちで待っててね。」

男「ここにいても結果は変わらないしな…」トボトボ…

女「まずは下準備。」
   ⊃鍋⊂

女「鍋には油を入れて…」

女「水いれて…」

女「シチューの色をだすために、小麦粉と砂糖を入れて…」

女「とりあえず沸騰させます。」


135 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:07:44 NYebz.Ag
女「この間に具材を切ります。」

女「…何がはいってたっけ?」

女「適当でいいかな。」

女「トマト、さつま芋、かぶ…」トントントン…

女「スイカ、バナナ、めんたいこ…」トントントン…

女「うまく切れたよ。」

鍋「沸騰しましたぜ。」プシュー!

女「グッドタイミングだね。」


136 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:13:14 NYebz.Ag
女「鍋にこれらの具材を投入します。」ドボドボ

女「よく煮込みます。」

-30分後-
男「UNO。」⊃青1

女「こっちもUNO。」⊃黄1

男「き…黄色……だと…?」
   ⊃青4⊂

女「残念だったねー。」⊃黄4

鍋「いい頃合いですぜ。」プシュー!

女「お、出来たかな。」


137 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:17:19 NYebz.Ag
鍋「封印、解かれたり。」パカー

女「…うーん、なんか違う…」

女「あ、とろみだ!多分。」ヒラメキッ

女「麻婆豆腐のとろみ粉いれよ。」ドボドボ

女「あとは隠し味を…」ボトボト…

女「……よし。」


138 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:26:17 NYebz.Ag
女「できましたぜ。」⊃シチュー

男「おっふ……これは…」

目の前に出てきたのは白い液体。

確かにシチューは白いよ!?
…でも、そーゆー話をしているんじゃないんだ…

白いんだ……それに所々赤いんだ…

女「さあ……」

女「め・し・あ・が・れ♪」ニコッ

男「ぅあ……あああ……」
  ⊃シチュー⊂

そもそも具材が特定出来ない。
なんだコレ…


俺は覚悟を決めてスプーンを口に運んだ。


139 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:31:20 NYebz.Ag
女「男君もひどいよね。」

女「折角作ったのに、1口食べてすぐに
  寝ちゃったんだよ?」

女「スプーンくわえたまま
  寝てるけど…相当眠かったのかな?」

シチュー「」コポコポ…

女「そういえば味見してなかったなー。」⊃シチュー

女「あむ。」パクッ

女「」ドテッ


140 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:32:47 NYebz.Ag
-2時間後-
男「」

男「」

男「」






男「…ハッ!?…」ガバッ!!


141 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:38:50 NYebz.Ag
男「……とんでもない悪夢をみ…」

シチュー「」コポコポ…

男「現実でしたか。」

男「…てか、女が口にスプーンくわえたまま
  倒れてる…」

女「」

男「……自滅か…」


男「…ん?シチューの中に、なんか黒いのが…」

シュネッケン「やあ、また会ったね。」つ

男「コレ入れてたの!?」


142 : ほのぼの編 :2014/08/05(火) 20:44:58 NYebz.Ag
男「これ以上食わされる訳にはいかないから
  今のうちに帰ろう…」ゴソゴソ…

女「……どこ行くの…?」ムクッ…

男「ひゃあああああ!!!」ビクッ!

女「ねえ……最後まで食べてよ…♪」ユラリ…

男「あの…何か変なスイッチ入ってませんか…?」

女「折角…隠し味もいれたんだから…♪」

男「それってシュネッk」

女「全部食べるまで帰さない♪」ガシッ…

男「」






その後、男の体重は15kg減少したという。


143 : 凍死編 :2014/08/05(火) 21:07:11 NYebz.Ag
男「雪山で凍死する!」

女「行ってらっしゃい。」

男「えっ。」

女「へ?」


144 : 凍死編 :2014/08/05(火) 21:10:30 NYebz.Ag
女「私は行かないよ。」

男「」

女「引き留めもしないよ。」

男「」

女「頑張ってね。」

男「」


145 : 凍死編 :2014/08/05(火) 21:13:15 NYebz.Ag
男「…」ズーン…
↑隅っこで体育座り。

女「すごいショックを受けてますね。」

男「…もう嫌だ……何もかも…」

女「家でできる凍死すれば?」

男「その手があった!」パッ!


146 : 凍死編 :2014/08/05(火) 21:20:44 NYebz.Ag
男「まず『風呂場』に水をためてー…」

男「氷を……」

男「…『風呂場』……」

男の頭に嫌な記憶がよみがえる…
『…本当に死んじゃえ…』

男「うわあああぁぁああ……」ズーン…

女「うわぁ…すごい負のオーラだ。」

男「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

女「誰に謝ってるのかなー?」


男の記憶については溺死編をご覧ください。


147 : 呪い編 :2014/08/05(火) 22:54:16 NYebz.Ag
女「みてコレ!」←サダコみたいな服装

男「…何を伝えたい…」

女「君を呪い殺してあげよう!」ドヤァ

男「」


148 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 22:55:38 jQBHLJYA
溺死編 >>66->>84


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 22:57:19 jQBHLJYA
miss >>66-84


150 : 呪い編 :2014/08/05(火) 22:57:44 NYebz.Ag
女「こちらを使います。」⊃藁人形

女「男の写真を貼り付けます。」ペタッ

男「え…ちょっと待って……」

女「釘を打ち付けます。」ドスッ

男「いづっ…」ヨロヨロ…

女「え?」

男「いてえ……」


151 : 作者 :2014/08/05(火) 22:59:08 NYebz.Ag
>>149
わざわざありがとうございます。


152 : 呪い編 :2014/08/05(火) 23:05:06 NYebz.Ag
女「ほんとに効くんだ。」

男「まじで痛いです助けてください。」ズキズキ

女「わかりました!
  呪いを取り払ってあげましょー!」キラーン☆

男「なんか今日やけにテンション高くない?」

女「気のせいだよ。」

男「なるほd」ズキズキ

男「いてぇ……」ズキズキ


153 : 呪い編 :2014/08/05(火) 23:16:31 NYebz.Ag
女「では、早速呪いを取り去る儀式を…」

男「は…早く…」ズキズキ

女「すー…はー…すー…はー…」

女「すーーー…」

女「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらkjvZ……」

男「…」

女「…」

女「まあ、本当はこの釘を抜けばいいだけ☆」⊃釘

男「最初っからやってくれ!!」


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 23:57:07 zk5hsi4s
あれれ?まだ死んでいらっしゃらないんですか?


155 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 09:34:32 c33C/ndY
空き地や河原、山に行って、たくさん火を放つといいよ。
社会的に死ねるから。


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 10:13:43 rdUNezuQ
死んで欲しいのに死んで欲しくない…
あれ何を言ってるんだ俺は


157 : 作者 :2014/08/06(水) 14:45:40 0c1UiWHo
>>154
女「男はヘタレなので。」
男「ちょっと心の準備が整わないだけですし。」
女「…」
男「…」

>>155
男「そ…それは捕まる…」
女「死刑判決が下るといいね!」
男「」

>>156
女「大丈夫!
  男はあなたの心の中で生きています!」
男「まだ死んでねえよ!」


158 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 15:10:08 0c1UiWHo
女「ダウンロードゲームを買いました!」

男「それは良かったですね。」

女「これを男君にやってもらおうと思います。」

男「俺に?」


159 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 15:12:19 0c1UiWHo
女「はい、どーぞ。」⊃3DS

男「どんなゲームなんだ?」

女「スクウェア・エニックスのDSiウェア。」

男「ふーん。」


160 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 17:50:54 TnbLmw9.
男「なになに…ノロイノゲーム?ジャンルは
  何なんだ?」

女「簡単なアクションだよ。」

男「俺、アクションは結構得意だぞ?」

女「ほうほう…」ニヤァ…


161 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 17:58:00 TnbLmw9.
ネタバレしてるかも知れないので、
嫌な人はとばして下さい。


男「昔のゲームみたいだな…」カチカチ

女「音楽もね。」

男「…?モード?」

女「ジゴクモードがちょうどいいよ!」ポチッ

男「あ、勝手に。」


162 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 18:00:32 TnbLmw9.
男「井戸に触ればいいのか?」カチカチ

女「全部で5つ!」

男「とりあえずここでいーや。」ポチッ

女「♪」ニヤニヤ…


163 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 18:09:07 TnbLmw9.
  斧




男「見え透いた罠だな。
  こんなのダッシュで楽しy」カチカチッ!

  ↓
  ↓
 人だったもの ←首チョンパ
  ↓
  斧

男「」

女「いひひっ!」←笑いをこらえきれない。


164 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 18:15:40 TnbLmw9.
男「あの速度は反則だろ…」

女「力押しはできないよー。」

男「どうしろっていうんだ……」


165 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 18:22:43 TnbLmw9.
男「ギリギリまで近寄り…」

  斧

  人


男「通過させる!」

  ↓
  ↓
  人
  斧


女「おー。」パチパチ

男「よし!ここさえ突破すれb」カチカチ

     ↑
     ↑
  人だったもの
     ↑
  画面外からの斧


男「」

女「~~~~~!」←笑い過ぎて悶絶。


166 : 作者 :2014/08/06(水) 18:29:50 TnbLmw9.
キリが良いところで、まとめ。

前回のまとめ>>63(首吊り等)

溺死編>>66-84

毒盛編>>88-94

感電編>>119-124

笑死編>>125-127

凍死編>>143-146

呪い編>>147-153

ほのぼの編>>96-115(富士Q)

     >>128-142(手料理)

     >>158-165(ゲーム)


結構やったなぁ……


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 19:10:21 Ex6mHtHw
乙男はよ自殺しろ

ほのぼの編ゲームもうちっと広げてみてけれ


168 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 19:33:00 TnbLmw9.
>>167了解です。


(ゲーム続き)
男「もう嫌だ…ステージを変えよう…」カチカチ

女「どう足掻いても結果は同じさ。」ドヤァ

男「運命を変えてみせる!」ポチッ


169 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 19:44:29 TnbLmw9.
男「あれ?床が続いてない…」

        斧


人       斧
床床床     床 床


男「とりあえず進むか…」


        斧


       人斧 ←斧に触れて死亡
床床→ → →床床 床


男「」

女「初見殺しだね。」


170 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 19:47:00 TnbLmw9.
男「さっきの斧もそうだけど、
  床の動く速度はやすぎだろ!!」

女「そーゆーゲームですから。」

男「もうやりたくないんですが。」

女「なさけないなぁ。」

男「自分がやれよ!!」


171 : ほのぼの編 :2014/08/06(水) 19:50:06 TnbLmw9.
〜後日談〜

女はこのゲームを3分やったあと、
イラついて3DSを真っ二つにしたとかしてないとか。

女「……してないよ♪」


172 : 事故死編 :2014/08/06(水) 21:13:18 TnbLmw9.
男「はぁ〜、バイト疲れた…」

女「お疲れですな。」ヒョイッ

男「っ!?いつの間に!?」ビクッ

女「男がバイト終わってから
  ずっと、後ろをつけてました。」ピース

男「いやピースされても。」


173 : 事故死編 :2014/08/06(水) 21:20:30 TnbLmw9.
女「今日は昼上がりなんだね。」

男「休日だからな。」

女「どっかつれてってー。」

男「もう金ないっす。」

女「私はあります。」

男「払うの俺じゃん。」

女「まあ、そうなりますね。」

男(逃げる事は出来ないようだ…)


174 : 事故死編 :2014/08/06(水) 21:24:57 TnbLmw9.
<公園>
男「ほい。」

女「…」

男「金無いんでここで。」

女「…」テクテク…

男「あれ…怒ったかな…」

女「」ヒソヒソ
子供「?」

女「」ヒソヒソ
子供「!」

男「…子供と何喋ってんだ?」

子供「わーい!」チャリンチャリン

男「え、ちょ、自転車…」

子供「てやーー!」ドーン

男「」バキッ


175 : 事故死編 :2014/08/06(水) 21:29:24 TnbLmw9.
女「よく出来ました!
  はい、約束のアメだよ。」⊃アメ

子供「ありがとー!バイバーイ!」フリフリ

女「それにしても…」

男「」チーン…

女「5,6歳の子の三輪車に引かれて、
  気絶できるなんて相変わらずすごいねー。」


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 23:19:30 4K2v4OaI
5〜6歳で三輪車ってとこも凄い気がw
うちの姪はタイヤ2個も取って一輪車に乗ってたな・・・


177 : 作者 :2014/08/06(水) 23:33:44 TnbLmw9.
>>176
子供「」ガーン
女「大丈夫だよ、男は三輪車も乗れないから!」
男「俺を引き合いに出すな!乗れるわ!」
女「大人で三輪車ってきもちわるーい。」
男「理不尽だ…」


178 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 02:31:10 wMoVQhw2
液体窒素に浸かる
溶鉱炉に入る


179 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 03:37:59 gY5v4C1k
そろそろ男も人間離れするべきだな


180 : ◆JOQh7hK1z. :2014/08/07(木) 08:04:49 U/auN6mE
>>178
女「瞬殺だね!」
男「」

>>179
女「鉄の玉を飲んだりね。」
男「そっちの人間離れ!?」


181 : 作者 :2014/08/07(木) 08:06:21 U/auN6mE
↑コテは誤爆です。気にしないでくだされ。


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 08:25:02 RBLHo08w
あうあうあー(^q^)


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 08:25:06 afKRe1q2
・・・見なかったことにしよう(´・ω・`)


184 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 10:17:12 ON1lekY6
ライオンの群れに突っ込むとか


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/07(木) 10:50:46 Qm/UOSws
アマゾン川に飛び込むとかどうだ?


186 : 作者 :2014/08/07(木) 23:27:12 nAB/xJc6
>>182
女「久しぶり!ひろしくん!」
男「…誰?」
女「わかんにゃい。」

>>183
あうあうあー(^q^)あうあうあー(^q^)

>>184,>>185
女「なるほど…」メモメモ…


187 : 銃殺編 :2014/08/07(木) 23:54:13 nAB/xJc6
女「ネットでこんなものを買いました。」⊃銃

男「いや、『買いました』って…」

女「はい。」⊃銃ダヨー

男「…はい?」

女「ほれ。」⊃銃ダヨ!!

男「…まさか…」

女「今回はこれね。」

男「」


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 00:13:45 I/bvST2g
きたか


189 : 銃殺編 :2014/08/08(金) 07:20:09 g2OD0xdE
女「ロシアンルーレットをやってもらいます。」

男「まじですか。」

女「5/6で死にます。」

男「高っ!?」


190 : 銃殺編 :2014/08/08(金) 07:23:02 g2OD0xdE
男「そ…そんなのできるか!!」

女「え……?」

男「5/6って…死刑宣告だろそれ!」

女「……せっかく……買ったのに…」

男「あれ?…女さん?」


191 : 銃殺編 :2014/08/08(金) 07:25:26 g2OD0xdE
女「言うことを聞かない男は〜…」カチャッ

男「お…落ち着きませんか?」アタフタ

女「嫌いだよ?…死んで♪」バンッ!!

男「」


192 : 銃殺編 :2014/08/08(金) 07:27:52 g2OD0xdE
女「…」

男「」







女「音だけでも気絶するんだね。」


193 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 08:35:14 AYeM.orc
男はよ死ねや


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 08:43:16 K5w76C8U
社会的に死ぬのもうやったっけ?
女がヤンデレ化して男を刺そうとするとかやってほしいなぁ


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 11:17:28 ePllNVQI
プレス機
シュレッダー
鉄球
磁石で挟む
竜巻

火山灰・火山弾
真空空間
気圧操作
太陽炉
爆弾
レーザー
隕石
ストレンジレット
ブラックホール
超新星爆発
ガンマ線バースト
反物質

・・・下にいくほどありえなくなってる


196 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 11:19:49 8SCakFFE
なに図々しく生き残ってんだよ



支援


197 : 作者 :2014/08/08(金) 11:28:30 JbUzDDsk
>>193
男「ひいっ!?」

>>194
女「前刺そうとしたら、自殺じゃないって
  屁理屈いわれたんだよねー。」
男「俺の目的は自殺だから。」
女「ちなみに社会的のは、まだダヨー。」

>>195
女「下に行けば行くほど贅沢な自殺だね!」
男「これはさすがに…」
女「他殺がおkなら出来るのにね…」
男「」

>>196
男「し…支援なのか…?」
女「きっと私に対するものだよ!」
男「」


198 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 12:03:25 JbUzDDsk
男「プールの券が親から送られてきた。」⊃券×2

女「私と行きたいの?しょうがないな〜
  そんなに頼むなら一緒に行ってあげましょう!」

男「いや、前からお前が連れてけって…」

女「ナンノコトカナ。」


199 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 12:05:06 /nwKyj8w
自殺だけだとネタ切れっぽいとはいえ
平然と事故死まで自殺として提案するのはどうかと思うけどな

>>197
銃殺編もオチはしっかり他殺になりかけじゃないかw


200 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 12:05:29 JbUzDDsk
<プール>
男「プールとか、久しぶりだなー…」

女「おりゃー。」ゲシッ

男「あだっ!?」ボチャーン!

女「www」


201 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 12:11:17 JbUzDDsk
男「ハァ…ハァ…急に突き飛ばしやがって…」ビッショリ

女「私が後ろに来ても、気づかない君が
  悪いのだ。」

女「それより、どう?この水着!」ジャジャーン

男「似合ってんじゃね?」

女「えっち!変態!」

男「なんで!?」ガーン


女がどんな水着を着てるかは、皆様の
創造力におまかせします。


202 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 12:17:27 H4VBmghU
絶食をまだしてないんじゃないか?

あと俺には、テクノブレイクで女さんといちゃラブ展開、腹上死でハッピーエンドが見えた。


203 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 12:21:20 ePllNVQI
>>202

>>21
女「餓死すれば?」

男「食欲は我慢できないです。」


ってやり取りがある


204 : 作者 :2014/08/08(金) 13:39:15 JbUzDDsk
>>202
餓死の件
女「男は餓死できないんだって。」
男「我慢できないっす。」
女「この構ってちゃん。」
男「」

ハッピーエンドの件
作者「あ!それ良い!」
女「♪」⊃ハサミ
作者「冗談デス。スイマセン。」ガクブル

>>203
わざわざ感謝です。
ありがとー(^q^)


205 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 13:59:20 JbUzDDsk
男「さて、泳ぎますかー。」

女「男は泳げるの?」

男「ん?普通に泳げるけど?…なんで?」

女「…面白くないな…」ボソッ

男「何かいった?」

女「早く泳ぎたいなー、って。」


206 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 15:50:00 8SCakFFE
【社会】自殺しようとビルから飛び降りた無職男性(46)下にいた野次馬にぶつかり女性死亡、男性は奇跡的に助かる
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/news7/1322813280/


207 : 作者 :2014/08/08(金) 16:34:47 JbUzDDsk
>>206
男「うわぁ……女性も辛いけど、
  その男性の絶望は味わいたくない…」
女「死ねなかった上に、他人を殺して
  しまうという最悪のバッドエンドですな。」


208 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 16:46:24 JbUzDDsk
女「25m対決しよう!」ドーン!

男「ええ…めんd」

女「…」ギロッ

男「ハイ。ヤラシテイタダキマス。」

女「よろしい。」


209 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 16:55:01 JbUzDDsk
男「じゃあいくぞ?」

女「おk。」

男「よーい……ドン!」バッ

女「それっ!」グイッ

男「え、なにすnぶぁばがあばばぶあ!」バシャバシャ!!

女「溺れろー♪」グイグイ

男「まっtあぶぁばば…で、
  溺死にはトラウマgばばばば」バシャバシャ!!

女「えへへ♪」グイグイ


210 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 17:29:15 JbUzDDsk
女「水上バレーやろう!」

男「プールの中でバレーをやれと?」

女「一人2回まで触っていい。」

男「どっちみち俺と女だけだしな。」

女「じゃあスタートです!」


211 : ほのぼの編 :2014/08/08(金) 17:34:00 JbUzDDsk
男「じゃあ、いくぞー。」

女「ばっちこい。」

男(手加減して、軽く打つか。)

男「ほいっ。」ポヨーン

女「おりゃあっ!」バチーン!!

男「え、ちょ、ま…」

男「ぐはっ…」バキィッ!!
顔面に物凄い勢いでボールが直撃した。

男「」ブクブク…

女「だいしょーり!」


212 : 出血死編 :2014/08/08(金) 19:37:14 JbUzDDsk
男「今日は出血死をする!!」ドン!

女「ほうほう。」

男「…どうしようかな…。」

女「ノコギリで腕切り落とせば?」⊃ノコギリ

男「ひいっ!?…てか、どっから取り出した!?」

女「いつもの事じゃないですか。」

男「確かにそうでした。」


213 : 出血死編 :2014/08/08(金) 19:40:58 JbUzDDsk
女「でも大抵の場合、
  出血死の前にショック死するけどね。」

男「あ、確かに。」

女「じゃあ…殴ろっか?」

男「なんで!?」

女「鼻血で出血死できるかも?」

男「撲殺だろそれ…」


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 19:49:33 8SCakFFE
死んでくれれば何でも構わないよ(歓喜)


215 : 出血死編 :2014/08/08(金) 19:50:36 JbUzDDsk
女「…どーせなら献血いけば?うん、それがいーよ。」

男「え…それじゃ自殺じゃなi」

女「どこかのSSに献血の大切さが書いてあったでしょ?
  それに今までのも自殺じゃない!って叩かれてるから
  大丈夫だよ!」

男「…それ大丈夫なのか?」


216 : 出血死編 :2014/08/08(金) 19:55:09 JbUzDDsk
女「さ、出血死のシミュレーションに行きましょー。」

男「…」

<献血所>
男「うー…なんか緊張するんですが…」ドキドキ

女「順番くるまで、まだ10分ぐらいあるよ?」

男「緊張死しそうだ…」

女「いっそ、その死に方で逝けば?」

男「」


217 : 出血死編 :2014/08/08(金) 19:58:28 JbUzDDsk
-10分後-
「男さーん。こちらです。」

男「!」ビクッ

女「いってらっしゃーい。」


「はい、腕をまくってくださいねー。」

「じゃあ、血をとりますね…」

「…え?あら?男さん?」

「男さーん。大丈夫ですか?男さん。」


女「あれは気絶してますね。」


218 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:35:30 JbUzDDsk
男「…」

もう限界だな…

女は構ってくれてるけど…本当は迷惑なんだろうな。

自分は何でこんな風になってしまったんだろう。

…最初は構ってほしかったからだ。

そこにいないように扱われる毎日…

それを変える為に、俺は構ってちゃんになった。


219 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:39:30 JbUzDDsk
構ってちゃん…って言われてもいいから
構ってほしかったんだよな。

最初の内はみんな心配してくれたけど…

慣れてくると、また同じ日々が始まった。

そんなまま中学生になって、女と出会った。

『ねーねー、なんでいつも下向いてるの?』

初めてだった。相手から話しかけてもらったのは。


220 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:42:06 JbUzDDsk
「自殺しよう…」

『おもしろーい!どうやるの?』

「…変わってるな…」

『…?お互いさまじゃないかな?』

「それもそうか。」アハハ


221 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:44:09 JbUzDDsk
何で死にたいのか…なんて分からない。

そもそも自分は本当に死のうとしてるのかすら
分からない。

構って欲しくて言っていたのか。

本当に死のうとして言っていたのか。






…でも、今となってはどっちでもいいや。


222 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:51:33 JbUzDDsk
今この瞬間も、何で自分が死のうとしているのか
分からない。

多分。大きな理由はない。

小さな理由が大量に積み重なって、
訳が分からなくなってるんだ。

男「…ハハハ……不思議だな…」

男「孤独死は嫌だ。痛いのは嫌だ。」

男「そんな事言ってたのに……」コポ…

お腹から血があふれでる。

男「一人で…しかもこんなに痛い方法選んでる
  自分がいるんだからな…」ブシャァッ

包丁を抜くと大量に血が吹き出す。


223 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:52:21 JbUzDDsk






女「」ピンポーン


224 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:55:16 JbUzDDsk
女「あれ?いないのかな?」

女「まあいいや。」バキッ

女「男ー。遊びにきたよー。」

女「おと……こ…?」

男「」

女「……」







女「」ダッ


225 : 自殺編 :2014/08/08(金) 20:57:13 JbUzDDsk




ドガッ……





『おい!誰か!救急車をーー!』


226 : 自殺編 :2014/08/08(金) 21:02:42 JbUzDDsk
『速報です。今日午前、○○市にお住まいの男さんの
 死体が発見されました。自殺だと考えられている模様です…』

『…また新たな速報です。今お伝えした男さんの家の前で、
 車にひかれた人がいるようです。詳しいことはー』






自殺END


227 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:06:48 JbUzDDsk
女「…」チャキッ…

私が男に会ったのは中学生のとき。

暗ーい男子だったから、面白がって話してみたんだ。

「顔暗いよー?」

『…余計なお世話だ…』

ひどいよねー。折角話しかけたのに。

まあ、その反応が面白くて今も一緒にいるんだけどね。


228 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:12:06 JbUzDDsk
そう、私が男といたのは自分に無い
なにかを持ってたからなんだよね。

どんな時もヘラヘラしてて…人間味がない、って
よく言われてたんだ。私。

だから、あんなことまでして構ってもらおうとする
男君の人間味に惹かれたんだよねー。

…そう…最初は面白がってただけだった。


229 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:15:45 JbUzDDsk
そうだね…例えば深海生物に興味が沸くようなもの。

そんな軽い気分で男を観察してた。

馬鹿だなー。とか、面倒くさいなー。とか…

まあ、見てて飽きなかったよ。うん。


230 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:18:35 JbUzDDsk
…でもね、最近気づいちゃった。

わたし、男の事…昔とは違う視点で見てるんだ。

何か…別の感情が芽生えちゃったみたいなんだよね。


231 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:22:15 JbUzDDsk
男の事『構ってちゃん』とか言っておきながら、
本当に構って欲しいのは私だったのかもしれない。

真剣にわたしの事を人間として
見てくれたのは、男ぐらいしかいなかった。

小学生の頃はロボットとか言われて…ひどいよね。

でも、男だけはわたしをちゃんと見てくれる。


232 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:25:03 JbUzDDsk
女「だから…怖かったんだ…」

女「男が……私を捨てたらどうしようって…」

女「いつも、わたし冷たい態度とってたから…」

女「愛想つかされるんじゃないかって…」

女「…でも、もう大丈夫だよね…?」


233 : 殺害編 :2014/08/08(金) 21:28:51 JbUzDDsk
男「お…女……なん…で…」ポタポタ…

女「安心して?わたしは男以外のところにはいかないし…」

女「男の死体を捨てたりもしないよ。」

女「えへへ…これで男は…どこにもいかない…」

女「ずっと…一緒だよ…♪」ニヘラ…







殺害END


234 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:32:46 JbUzDDsk
男「女…俺今回こそ自殺するよ。」

女「うん……え?」

男「もう決めたんだ。絶対死ぬ。」

女「……」


235 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:37:16 JbUzDDsk
女「なんで?」

男「え?」

女「ねえ、いつもは構って欲しくていってたんでしょ?」

男「う"…まあ、そうだが…」

女「なんで本当に死ぬ…なんて言い出したの?」

男「あー…それはつまり」

女「嫌だよ。置いてかないでよ。」

男「え?」

女「わたしに愛想が尽きたの?嫌な事言ったなら謝るよ?」

男「え?…え?き、急にどしたの…?」アタフタ


236 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:40:56 JbUzDDsk
女「バイトで嫌なことでもあったの?」

女「自殺なんか駄目だよ?男が辛いじゃん。」

女「でも…本当に死にたいなら…」







女「私が楽に死ねるように殺してあげる。」チャキッ…

男「!…ちょ、まじでまって下さい……」オロオロ


237 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:43:50 JbUzDDsk
女「…?」

男「わ…わるい。自殺するって言ったのは…
  ええと…違う意味で言ったんだ。」

女「…?違う意味…?」

男「そう…うん。包丁しまって…」


238 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:50:44 JbUzDDsk
男「…つまり、今までの情けない自分を殺す!」

男「…って意味で自殺するって言ったんだ。」

女「…え?」

男「ほら…俺構ってちゃんだろ?
  自分で言うのは何かアレだけど…」

男「そんな情けない自分とおさらばしたくて…」


男「でさ、ずっと悩んでた事があったんだ。」

男「それで、その悩みについて中々踏ん切りが
  つかなかったんだよ。」

男「俺はクズ野郎だ…って自分で分かってるから…」

男「そんなクズがこんな感情を抱いちゃ駄目だって
  思ってたんだ。」

女「…」


239 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 21:51:06 5fo1iLfE
いいね


240 : 心中編 :2014/08/08(金) 21:54:18 JbUzDDsk
男「でも…恥なら今までに死ぬ程かいてるからな。」

男「このまま、だらだらとつまらなく
  生き続けるぐらいならここで恥かきまくってやる!」

男「…って思って……ええと…」

女「……?」

男「スー…ハー…スー…ハー…」

男「……」フゥ…


241 : 心中編 :2014/08/08(金) 22:02:45 JbUzDDsk
男『ーーーー。』

女『!!」』


その日を境に、二人は死んだ。

情けない構ってちゃんだった男と、
人間味のないロボットのような女は
もういない。


242 : 心中編 :2014/08/08(金) 22:06:04 JbUzDDsk
「ただいまー。」

『お帰りー。あ、お風呂沸いてないよー。』

「沸いてないのかよ!」

『今沸かすから、カレーよそっといてねー。』

「今日もカレー…?」

『…?好物じゃなかったっけ?』

「8日連続は…」

『…』

「有りがたき幸せです。」


243 : 心中編 :2014/08/08(金) 22:11:49 JbUzDDsk
『それにしても…』

『あの時の男の言葉…おもしろかったなぁ。』

「ぐあっ…まだ覚えてたのか…」ズーン…

『未だに恥は継続されるのでした。』アハハ

「忘れてくれ…」

『嫌だよ。今の男には絶対言えないような
 セリフじゃん。ギャグかと思ったもん。』

「…てやる…」

『?』

「言ってやるよ!何回でも…お前が喜ぶなら!」

『えへ…ちょっと待って。
 笑い堪えられなさそうだから先に水飲んどくね。』

「ひどくない!?」


244 : 心中編 :2014/08/08(金) 22:21:13 JbUzDDsk
『…うん。いいよー。』

「…女、俺はクズでどうしようもない野郎だけど…」

「絶対にお前を幸せにしてみせる!」

「だから…俺と……」






「一緒に寿命っていう心中をして下さいっ!!」

『wwwwww』バンバン!!

「〜〜っ!め…めっちゃ恥ずい!!」カ~…

『今、冷静に聞くと凄い面白いね!
 何寿命っていう心中ってwww』アハハ

「もうやめてくれ…」


245 : 心中編 :2014/08/08(金) 22:26:02 JbUzDDsk
『…あはは…ねえ、男?』

「…ん?何だ?」

『寿命までちゃんと生きてね。自殺しちゃ駄目だよ?』

「そっちも俺を殺すなよ?」

『えへへ♪』

「誉めてないからね!?」







心中END


246 : 作者 :2014/08/08(金) 22:32:01 JbUzDDsk
これで終わります。

ちょっと急展開でしたが…
男が自殺するENDもちゃんと作ったので、
読者様の好きなENDで終わらせて下さい。

他の自殺方など書いてくれた方、実行できなくて
すいませんでした…。

たくさんのレス、支援ありがとうございました!

またどこかのスレでみかけたら宜しくお願いしまする。


247 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 23:15:53 UT4dUhgc

男は俺のもの


248 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/09(土) 00:15:18 cL2dmf3U
え、マジで死んじゃった?乙


249 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/09(土) 09:34:25 kCkOTPMk
おつ


250 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/09(土) 13:41:18 JVEYgaPI
乙!
ところで窒息死が出ていないようだが?


251 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/09(土) 19:32:39 D0G9tXNw
乙!
ちなみに感電は家庭用100V程度では心臓直通でも案外死なないから男が寝てる間にやらせたったら良いと思うよ


252 : おまけ 過去編 :2014/08/11(月) 22:54:47 914A4C6.
-小学生時代-
(なんでみんな無視するの?)

(僕は生きてないのかな。)

(生きてなかったら…死ねないはず…)

(死ねたら僕は生きてるってことだ。)



「僕…自殺する…」


253 : おまけ 過去編 :2014/08/11(月) 22:56:53 914A4C6.
(みんな何が楽しくて笑ってるのかなあ?)

(みんなわたしの事を
不思議そうな顔して見つめてくる。)

(あー、そっか。)

(みんなと同じ顔すればいいんだね?)



『…えへ♪』ニヘラ…


254 : おまけ 過去編 :2014/08/11(月) 22:59:58 914A4C6.
-中学生時代-
「俺…自殺する…」

マタアイツカ…コリネエナ…

(こんな世界…生きてても死んでても一緒だな…)

(もういっそのこと…)



『なんでいっつも下向いてるの?』

「…!」

(初めて…相手から話しかけてくれた…)

「…余計なお世話だ…」


255 : おまけ 過去編 :2014/08/11(月) 23:02:56 914A4C6.
(中学にあがってもいっしょかー…)

(みんながなんで笑ってるのかわからないや。)

(……?)

(あの人…何だろう…)

「自殺してやる!」

(表情が…今まで見たことない…)

(……)

(…面白そう…)ニヘラ…

『ねえ…』

『なんでいっつも下向いてるの?』


256 : 作者 :2014/08/11(月) 23:04:58 914A4C6.
蛇足でしたが、ちょっと書きたくなったので…


これで本当に終わりです。
それではまたー!ノシ


257 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/11(月) 23:32:44 xLE9elD2
おつん
〆にIDスレ忘れちゃ駄目だぞ?


258 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/12(火) 00:15:38 806OEioM
早く用水路行って流されろよ


259 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/08(月) 10:02:08 F4IQYZWE
ツンデレの多いスレ


260 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/22(月) 03:25:08 v5sJRMa6



261 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/08(水) 02:49:01 Ok166jBc



■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■