■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

女子高生「私、記憶がないの」友達「ふうん」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:38:18 24zy78Ko

女子高生「いや、もっと深刻な反応してよ。こっちは真面目なんだよ。それでも友達っ」

友達「じゃぁ聞くけどさ、私が友達だってことは覚えてんでしょ?」

女子高生「ううん」

友達「じゃ何で友達なのさ」

女子高生「人は、みんな友達だよっ」

友達「あほくさ」

女子高生「臭くないよ!」

友達「何それボケてるつもり?」

女子高生「とにかく、私は何にも覚えてないの! 自分の名前もすっからかんなの!」

友達「おーい、ここに変な奴がいるぞー」

女子高生「やめてよ恥ずかしいじゃん!」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:39:13 24zy78Ko

友達「で? あんたは何がしたいわけ?」

女子高生「自分の記憶を取り戻したい!」

友達「必要ない必要ない。あんたはそのままで十分きまってるよ」

女子高生「嫌だよこんな宙ぶらりんなの!」

友達「探したってしょうがないって。元々そんなものは無いの。あんたの妄想」

女子高生「友達なのに意地悪!」

友達「はいはい、私は意地悪ですよっと……。あ、先生じゃん。おはよー」

女子高生「」ブツッ

友達「……お、おい、大丈夫か?」

女子高生「せ、せせせ先生、おはよー!」パッ

先生「ありゃありゃ。よく落ちるね、君は。重すぎるのかなもしかして」

女子高生「し、失礼な! そのコメントはひどすぎます!」

友達「先生ー。こいつ、自分の記憶がないんだってさ」

女子高生「やっ、やだ、言わないでよっ」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:41:22 24zy78Ko

先生「えー、また? メモリーって、そんなにすぐに飛ぶようなものじゃないんだけどなぁ」

友達「元々入ってなかったんじゃないのか? 入れ忘れたとか」

先生「あー、そうかもしれないねぇ」

女子高生「そんな筆箱の消しゴムみたいな言い方しないでよぉ」

友達「消しゴム貸してくれる友達作れば、持ってくる必要なんてないだろ」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:42:27 24zy78Ko

女子高生「友達は便利使いじゃないよ!?」

友達「便利使いは私さ。いっつも貸してた」

女子高生「え、マジで!?」

先生「えーっと、女子高生くんは、どこまで覚えてるのかな?」

女子高生「先生が、先生だってこと」

先生「他には?」

女子高生「ん〜と」

先生「トイレの使い方とか覚えてる?」

友達「いきなり何て質問しやがる!?」

女子高生「ちょっと待ってください! 行って確かめてきますっ」

友達「せんでいいそんなこと!!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:43:29 24zy78Ko

先生「まいったねぇ。もうすぐ発表会なのに、記憶喪失とか言われてもねぇ。どやされるの僕なんだよねぇ」

友達「別に、記憶が無くたって大丈夫だろ。歌って喋ってりゃ良いんだ」

先生「いや、だって、これじゃグダグダじゃない。先生お給料カットされちゃうよ」

友達「会話できればOKだよ。ごまかせるって。せいぜい、がんば」

先生「がんば。とか他人事みたいに言ってるけど困るの君もだからね。わかってるよね、ちゃんと?」

友達「別に。こいつなんか居ても居なくても変わんないし」

女子高生「ひどいよっ! 親友なのにぃ」

友達「いつのまにか友達からグレードアップしてる」

先生「先生から見たら、明るくなったと思うけどなぁ、君は」

女子高生「そうだよ! ほらほら、私に感謝してもいいんだよ!」

友達「はぁ?」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:44:22 24zy78Ko

先生「あんなに人と話すの苦手だったのに、女子高生のおかげでツッコミまでマスターしたじゃないの」

友達「人、ねぇ。今だって苦手だよ、同級生と話すのはさ」

女子高生「私も同級生だよ! 設定上は!」

友達「設定とか言うな。うるさい」

女子高生「うるさい。はひどいよー! もっとオブラートに包ん」プチンッ――


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:45:03 24zy78Ko

先生「……んー。何が不満なんだい?」

友達「これじゃ前と変わらない。結局は、画面の中の友達だ。嘘っぱちだ。すぐ記憶喪失になるし」

先生「――確かに、しょっちゅうメモリーが飛んでしまうことは問題だ。それは改善しよう。だが、友達作りの苦手な子が、友達を作る第一歩を踏み出すためにプログラムされた人工知能、それがこの子だ。この子は今の社会に必要だよ。最初から人を相手にコミュニケーション能力を鍛えるのはキツイだろう?」

友達「でも、実際と違う。普通はこんな風に優しくない」

先生「僕は?」

友達「あんたは給料もらって患者治療してんだろ。いや、研究者でもあるから、私はモルモットか。どっちにしろ論外」

先生「別にご機嫌取ってるつもりはないけどねぇ」

友達「……嘘つきだ。みんな」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:45:49 24zy78Ko

先生「この子はね、相手の年齢に合わせて、その子たちの会話やルール、流行り、表情をインプットして、できるだけ相性のいい人格を登場させるように作られている。話が噛み合わないこともあるかもしれないけど、優しさとか、思いやりとかいった点では実際の人間と大差ないはずだ。この子とあれだけ話せるのなら、人とも話せる」

友達「…………」

先生「君はね、悪くないよ。悪いのは、確かに周りのみんなだった。でもね、世界中の人がみんなそうって訳じゃないんだ。女子高生みたいな優しい子の方が、むしろ多いんだよ」

友達「んなこと言われたって……」

先生「そんなに、怖がらなくていいし、疑わなくていいんだよ」

友達「…………」

先生「じゃ、先生メモリー入れてくるから」

友達「あ、先生」

先生「なに?」

友達「……間に合いそう? 研究発表会」

先生「間に合わせるさ」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:47:00 24zy78Ko

-----------

友達「……女子高生の人格は、誰か、モデルが居たのかな……」

友達「……ってことは、いつか会えるのかな、似た奴に」


おわり


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/02(水) 02:23:38 VH8znqxg
なるほど


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/06(日) 14:54:10 1OAFRRrs
面白かった


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/11(金) 22:21:17 Zj3jMOVE
1だ。読んでくれた人居たのか。驚いた。ありがとう!


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/07(水) 14:48:43 wJuEp6ik
うん。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/28(水) 01:56:55 IfvIWg3U
おつ


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/14(土) 03:07:53 Ev.aR81w
おつ


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■