■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男(はやく帰って艦これやりたい…)

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 19:16:40 RYVuR85A
先生「ここできるやついるか〜?」

男(つまんなねぇ…)

男(数学なんてやる気になんねぇ…)

男(家に帰って艦これやりてぇ…)

男(電ちゃんのレベルあげなきゃな…)


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 19:25:10 RYVuR85A
先生「誰もいないか…、じゃあ男!!ここの問題前に出てやってくれ!」

男(ていうか駆逐艦全然レベル上げてないや…)

男(戦艦レシピばっかりやっては重巡ばっかりでるし…)

男(那珂ちゃん出るし…)

女「男く〜ん」ヒソヒソ

男(やっぱり出撃してコツコツ進みながらドロップするのを狙うのがいいのか…?)

女「お〜い、先生に指されてるよ〜」ヒソヒソ


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 19:45:21 RYVuR85A
男(でも今のままじゃ1-4はクリア出来ないだろうなー)

男(それに育ってないまま出撃して轟沈しちゃったら…!!)

先生「おーい、男ー」

男(もう俺は生けていけない!電ちゃんたちがいなくなるなんて考えられない!)

先生「寝てるのかー?」

男(よし、今日は空母の建造レシピを試そう。もし余裕があれば戦艦とレア駆逐も試して…)

先生「男ー!!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 19:51:35 T.zurFwo
やってみたいがスマホじゃないと面倒臭い


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 20:37:13 RYVuR85A
男「…!!」ビクッ

男「はわわっ!びっくりしたので…」

シーン…

先生「…は?」

女「…え?」

男「」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 21:51:47 RYVuR85A
クラスメイト1「あいつ、はわわ!だってよ!!」ケラケラ

クラスメイト2「かわいいこというんだなー!」ケラケラ

<ギャハハハハ
<オモシロイネー!
<デュフフwww

女「男君…」クスクス

男(帰りたい…)


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 22:13:05 RYVuR85A



男(やっと学校おわった。今日は散々だったわ…。さっさと帰るか)

女「男くーん!」

男「あっ、女か。」

女「はわわっ!なんてねっ!」テヘッ

男「」ムカッ

男「じゃあな」スタスタ

女「あっ、待ってよ!ちょっとからかっただけだよ!」

タタタッ

女「なにも走らなくてもいいじゃん…」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 22:19:16 RYVuR85A
男(もうやだ…。帰ったら那珂ちゃん解体しよ…)

DQN「おう!男じゃねぇか!」

男「あっ、なんだDQNか…」

DQN「反応薄っ!てか、お前今日元気ねぇな。どうしたよ?」

男「俺はもう疲れてんだよ…。」

DQN「そうか…、じゃあ今日ボーリング行かねっ!?隣町のJK誘ってくるからよっ!」

男「ごめん、今日バイト先の先輩に飯誘われててさ…。」

DQN「なんだよー、ノリわりーな。じゃあ、また今度なっ!」

男「おう、また今度誘って。」スタスタ


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 22:21:32 QpqDT6LI
いいDQNか


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 23:17:59 xlFDlQaw



男「先輩お疲れ様でした。」

男先輩「あー、お疲れ!今日も忙しかったな!」

男「レジめっちゃ混んで大変でしたよー…。」

女先輩「男君ってほんとよく働くよねぇ。ウチ尊敬するわぁ。」

男「そんなことないですよ。」(あんたは全然動いてねぇだろ…)

男先輩「じゃあ、バイトも終わったことだし、みんなで飯行くかー!」

女先輩「えっ!?まじっ!?もしかしておごり!?」

男先輩「今日は俺がおごってやらぁ!」

男「先輩太っ腹っすねー!」

女先輩「ヒューヒュー!!」

男先輩「まぁな!ハハハッ!」

店長「もしかして私にもおごってくれるのかな?」

男先輩(やっべぇ、忘れてた…)

男、女先輩(ドンマイ)


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 23:29:16 xlFDlQaw
  〜居酒屋に来ました〜

店長「いやぁ、最近クレームつけてくる客多くて大変だなぁ。」

男先輩「ほんとっすねー。」

女先輩「あっ、店長もそう思ってましたか!?うちも同じこと考えてました!!」

男(なんで居酒屋なんだよ…。焼き肉行くはずだったのに…。店長め…。)

店長「男君もそう思わない?」

男「あっ、はい!俺もそう思います!」

店長「そうかそうか!よしっ!じゃあみんなで乾杯するか!」

男先輩「そうっすね!じゃあビール頼みますか…って、男はまだ18歳か…。」

男「俺は水でいいですよ。」

店長「まぁまぁ、この際男君も大人の仲間入りするべきだ!ビール4つ!!」

男「えっ?ちょっ…」

女先輩「大丈夫大丈夫!男君は20歳に見えるから!」

男「」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/30(水) 23:33:22 ECq4L1bY
艦コレしなくていいのか?

そもそも大学生なのか高校生なのか?


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 00:14:49 otNyf9ew
男「うぅ…」

男(あの後俺は男先輩のおかげでビールを飲まなくて済んだ。でも、俺の代わりに男先輩はビールを5杯飲まされた。そう、男先輩は犠牲になったのだ。)

男(そして、店長が帰った後俺と男先輩は女先輩に連れられてカラオケに付き合わされた。5時間も。しかも酒臭い男先輩の面倒をずっと見てたせいで俺も気分が悪くなった。そして今の時間は…)

男「もう2時半か…」ヨロヨロ

男「やっと…家についた…」クラクラ

男「頭…痛い…でもやらなきゃ…カン…コレ…」

男「うぇ…、今日は空母とレア駆逐のレシピ…を、あとは、せんか…ん……」

男「…………………」

男「zzz…」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 00:41:16 otNyf9ew
>>12さん

男、女、DQNは高校三年生 

男先輩、女先輩は20すぎの大学生

店長は40代

っていう設定です。


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 22:36:16 /UxawL8E
続き少しかきます


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 22:43:04 /UxawL8E



男「zzz…」


……………す


男「zzz…」


…………です!


男(………ん?)


…………朝……です!


男(えっ?俺の部屋に誰かいる!?)


し…か…さん朝…です!


男(誰だよマジでやばいよこれまさかかーちゃんか?いやでもかーちゃんかこんな声じゃねーよこえーよやばいよでも誰だか見なきゃ…)チラッ


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 22:52:24 /UxawL8E
????「あっ、司令官さん!おはようなのです!」

男「!!!!!!」ビクッ

男(嘘だろ…なんで俺の部屋に中学生が居るんだよ…)

男(だって昨日は先輩達と居酒屋に行ってカラオケに行ってそれから………)

男(………あれ?それからどうしたんだ?覚えてない…まさか…えっ…うそだろ…)

男(俺は家出していた中学生を部屋へ連れ込んだのか!?)ガタガタ

????「あ、あの…司令官さん?」

男(しかも俺は自分のこと司令官さんって呼ばせてたのか!?最悪だ俺…どうすればいいんだよ…)ブルブル

????「もしかして、具合が悪いのですか…?」

男(どうするどうするどうするどうするどうするどう…いや、考えても仕方がないな…まずは全力で謝ろう…よしっ!)ガバッ!


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 23:07:22 /UxawL8E
男「ごめんなさいっ!ほんとうにごめんなさいっ!」ドゲザ

????「はわわわっ!びっくりしたのです…。い、電はなにもされてないですよ?」

男「いや、なにも言わなくていい!俺が悪いんだ…!ほんとうにごめんなさいっ!ごめんなさいっ!」

????「電は大丈夫なのです!司令官さん頭をあげてほしいのです!」アセアセ

男「ごめんなさいっ!ごめんな……ん?」

男(この子、電って言ったよな…いや待てよ?よく見ると電ちゃんに…そっくりだ…)ジー

????「?」クビカシゲ

男「えっと…、電ちゃん…?」

電「なのです!」

男「あの駆逐艦の電ちゃんなの?」

電「なのです!」

男「………………」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 23:22:22 /UxawL8E
男「えぇぇーーーーーっ!?!!!?マジかぁぁーーーーーーっ!!!!!」

電「お、落ち着くのです!」


   〜説明中〜


男「気がついたらこの部屋にいたってこと?」

電「なのです!電もびっくりしたのです!」

男「そりゃあびっくりするだろうなぁ…」(一番びっくりしたのは俺だよ…漫画とかアニメみたいじゃん…)

男「えっと…とりあえずこれからどうするの?」

電「えっ…?ここに住ませてくれないのですか…?」ウルウル

男(泣きそうになってる電ちゃんかわいい…!!)

男「いえいえ全然かまいませんよ。」キリッ

電「ほんとうですか!?よろしくお願いいたします!」

男「こちらこそ!」


こうして艦娘達との不思議な生活が始まったのだった…


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/31(木) 23:23:25 /UxawL8E
とりあえずここまでです


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/01(金) 00:28:26 81XuVDH.
おつ


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/01(金) 02:13:35 blqXt6I.
艦これやりたいどころの騒ぎじゃなくなったな

おつおつ


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/01(金) 22:43:46 AuoinZCA
続きかきます


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/01(金) 22:54:02 AuoinZCA
電「ところで司令官さん。」

男「ん?」

電「学校はいいのですか?」

男「あー、学校ね!まだそんな時間じゃ…」

現在の時刻…午前8時25分

男「うわぁぁぁ!!!やべぇ、遅刻だっ!30分までに行かないと!」ドタバタ

電「それは大変なのです!急ぐのです司令官さん!!」

男「自転車のカギどこだどこだ…あっ、電ちゃんそこにあるジャージ着ていいから!あと、ここがどんな町なのか散歩とかするといいよ!あっ、カギあった!」

電「わかったのです!いってらっしゃいなのです!」

男「行ってきます!」ダダダッ

ガチャン!

男「やべぇよ!やべぇよ!」タチコギ

電(あっという間に見えなくなったのです…)


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/01(金) 23:02:36 AuoinZCA

キーンコーンカーンコーン

女「ねぇDQN男君は?」

DQN「えっ?しらねっ。まだきてねぇの?」

ガラガラガンッ!!カシャーン

男「はぁ…、はぁ…、はぁ……」

DQN「きたじゃん。」

女「男君おはよー!今日は遅いね…ってか、大丈夫?」

男「はぁ…、なんとか…、ゲッホッ!はぁ……」

DQN「今日は俺のほうが早かったようだな!」

男「あぁ…、はぁ…、まぁ間に合ってよかった…、はぁ…」

先生「誰だ教室のドアのガラス割った奴は!」

女(あっ…)

男「」

DQN「ドンマイドンマーイ!!」ヘラヘラ


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 19:02:21 3r9fI0bg
電(司令官さんは学校にいってしまったのです…)

電(なんもすることないのです…)

電(あっ…!!)ピコーン

電(司令官さんが散歩したらっていってたのです!)

ジャージに着替えました。

電「さて、散歩にいくのです!」ガチャ




男「あっ、アパートのカギ渡すの忘れた。」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 19:14:43 3r9fI0bg

ブーンププー!ガシャーン!
ダァシェリエスッ!!
ピーポーピーポー…


電「いがいと賑やかな町なのです
…」

電「気を抜いたら迷子になってしまうのです…」

不審者「ねぇねぇ君中学生?お昼なのにこんなところでなにしてるの?学校は?」

電「はわわわっ!あ、あなたは誰でなのですか?」

不審者「おじさん?おじさんはね、楽しいところを知っている人だよ。一緒に行かない?」ニヤァ

電「…!!や、やめとくのです!」

不審者「そんなこと言わないでさぁ、行こうよ?ね?」ガシッ

電「きゃっ…!は、離すのです!」


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 19:19:29 3r9fI0bg
不審者「暴れないでよ〜。痛いじゃないか。一緒に楽しいところいこうよ〜。」

電「い、いやなのです!」ジタバタ

不審者「おい、暴れるな!」

電「だ、誰か…!!」




????「てーーーーーっ!!」ドーン

不審者「おわぁぁっ!」ボーン

????「ほらっ!今のうち逃げるわよ!」

電「なのです!」


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 19:25:42 3r9fI0bg
????「ここまで逃げればもう大丈夫ね。」

電「あ…、あの…、ありがとう…って、あなたは…!」





男「やっと学校終わった…。」

女「ねぇ、男君今日このあと遊ばない?」

男「あー…、ごめん。ちょっと用事が…」

女「えっ?もしかして彼女いるの!?」

男「ち、ちげぇよ!とりあえず俺帰るから!じゃあな!」ダダダッ

女「待って…って行っちゃった…。」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 22:50:45 myW8j6tw
男(電ちゃんなにやってんだろうな…。散歩してんのかな?)スタスタ

男「ただいまー!」

電「おかえりなのです!」

男「おっ、ジャージに着替えたんだね。散歩してきたの?」

電「なのです!あと、司令官さんにお話があるのです。」

男「ん?なに?」

電「出てきていいですよー!」

????「じゃーん!!」

男「うぉっ!?」

雷「雷よ!かみなりじゃないわ!そこのとこもよろしく頼むわね!」

男「ふ、増えた…。」

雷「司令官!この狭いアパートが鎮守府なの?」

男「ちんしゅふ…?」

男(あぁ、鎮守府か。ちんちゅふだと思ってた…)

男「まぁ、そんな感じかな。」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/02(土) 22:58:03 myW8j6tw
雷「やっぱりそうなのね…。」

電「ちがうのです!ここはただの狭くて小汚いアパートなのです!」

男(なんかさりげなくひどいこと言われた。)

男「なんで?」

雷「わたしは鎮守府はもっとでかくてきれいなところだとおもってたんだけど、こんな狭くて小汚いアパートが鎮守府だとは思わなかったの。」

電「でもこれは仮と鎮守府なのです!ほんとの鎮守府はきれいなところなのです!」

男(この子なにいってんだ!?)

雷「そうなの司令官!?」

男「えっ!?」

雷「…」ジー

電「…」ジー

男「そう!そうなんだよ!ここは仮の鎮守府なんだよ!今は高校通ってるから卒業したらきれいな鎮守府に住むんだよ!」

雷「本当!?やったー!」

男(やべぇやべぇ)


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/03(日) 00:50:21 S7Yr7SdM
雷「じゃあ私もここでお世話になるわね!」

男(は!?)

電「司令官さんに話したかったことはこのことなのです!」

男「雷も一緒に住んでもいいかって?」

電「なのです!」

男「ちょっと待って!3人でここに住むのは…」

雷「…」ウルウル

男(……………ハッ!?)

電「司令官さん…」ウルウル

男(あっ、これはもうダメですわ)

男「よしっ!雷も一緒に住もう!」

雷電「やったー!!」キャッキャッ

男「そういや、雷はいつこっちに来たの?」 

雷「私もわからないの…。気がついたら町の中に立ってたわ…。」

男「そうなのか…。」(もしかして、他にも艦娘がこっちの世界にいるのか…?)


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/03(日) 00:59:47 S7Yr7SdM
男(まぁ、多いほうがにぎやかだしな。だからといって、戦艦や空母の艦娘が10人いたらたいへんなことになるけど。)

雷「あっ、そういえば町の中で戦艦っぽい艦娘をみたわよ!」

男「ナニィ!?」

電「ほ、ほんとなのですか!?」

雷「嘘じゃないわよ!白っぽい復を着ていたわ!」

男(もしや今話題の金剛型一番艦か…!?)

男「てか、なんで一緒にいなかったの?」

雷「追いかけたんだけど見失っちゃって…ごめんね?」

男「謝らなくていいよ!よしっ!今から探しに行くぞっ!」

雷電「おっー!」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/03(日) 01:01:44 S7Yr7SdM
とりあえず雷が増えましたところで終わりです。

更新時間にバラつきがあってすいません。

次はいよいよ戦艦が登場します!


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/03(日) 08:57:14 CeZN3lB2
おつん


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:22:19 FBYLDCUg
少し続き書きます


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:31:43 bCYjsqZM
待ってたよ!


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:33:53 FBYLDCUg
男「とりあえず町に来たけどどの辺で会ったんだ?」

雷「こっちのほうよ!」

男「あ〜、商店街か。ここにぎやかなところだから探すの大変だな。」

電「戦艦だからすぐ見つかると思うのです!」

男「それもそうか…」


キャーーー!!


男「なんだ!?」

電「ひ、悲鳴が聞こえたのです!」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:37:53 FBYLDCUg
ひったくり「おらおらどけどけー!」

おばさん「私のバッグ返してー!」

男「おいおい、ひったくりかよ!」

雷「司令官、早く追いかけましょ!」ダッ

電「電の走りを見るのです!」ダッ

男(かわいい…)

男「……はっ!?俺も追いかけなきゃ!」ダッ


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:47:15 FBYLDCUg
雷「ま〜て〜!!」

電「待つのです!」

ひったくり「待つわけねーだろ!」

男「みんな速すぎ…」ハァハァ


ドンッ!


???「きゃぁぁ!!」

男「うわっ!」

男「ご、ごめんなさい!大丈夫ですか!?」

???「心配いらないわ…。かすりき男「そうですか!ならよかった!俺いそいでるので!ほんとにごめんなさい!」ダッ


???「行っちゃったわ…って、あら?髪飾りが…。」


俺(さっきの人大丈夫かな?でも今はひったくり追いかけないと!)


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:52:43 FBYLDCUg
雷「…しぶといわね!」ハァハァ

電「つ、疲れたのです…」ハァハァ

ひったくり(けっ!疲れたか!陸上やっててよかったぜ!)

俺「くそ〜…、逃げられるのか…」ハァハァ

ひったくり(男がなさけねぇな!)

ひったくり「ハッハッハッ!…ん?」


???「…………」

ひったくり(なんだこいつ…道の真ん中に立ちやがって…)

雷「そいつひったくりよ!捕まえてー!」

???「…………!」

ひったくり(ふん!よく見たらこいつも女じゃねぇか!)

???「……すみは…」

ひったくり(なんか言ったか?遠くて聞こえなかったな)

男(なんだろうあの人…)


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 01:58:11 FBYLDCUg
???「盗みは…!!」


???「榛名が…!!」

男(榛名!?)

榛名「許しませんっ!!」

ひったくり(なにいってんだこの女…)

ひったくり「邪魔だ!!どきやが…」


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 02:04:59 FBYLDCUg
榛名「主砲…」

ひったくり「はっ?」

男(なんかやばい気がする…)

榛名「砲撃開始っ!」ガチャン

E 35.6㎝連装砲

ひったくり「」

雷電「」

男(やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい!)

男「ストッーーープ!榛名撃つなーーー!」

榛名「…えっ!?」

ひったくり「」チーン

雷「立ったまま気絶してるわ…」

電「なのです…」

男「しかも小便漏らしてる…」


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 02:12:33 FBYLDCUg




おばさん「ほんとお嬢ちゃんありがとねぇ〜」

榛名「榛名は当然のことをしたまでです!特別な評価なんて…榛名には、もったいないです!」

男(もう少しで町ぶっ壊すところだったんだけどね…)

おばさん「ところでそこのお兄さん。」

男「ん?俺ですか?」

おばさん「いい彼女がいるのねぇ!大切にしてあげなさいよ!」

男「…えっ!?彼女!?」

雷電「………っ!!」

榛名「は、榛名はそんな…//か、彼女だなんて…」アセアセ

男(……かわいい)

電(提督は誰にでもかわいいって言うのです…)ジー

雷(私たちだって頑張ったんだから!!)ジー

男(この2人…直接脳内に…!?)


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 02:13:54 FBYLDCUg
とりあえずここまでです

また夜書きますね

おやすみなさい


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/05(火) 02:33:24 Za7zgZ6E
おつおつ


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 01:53:06 1KV.IEYE
そろそろ書きます


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:07:26 1KV.IEYE
男「とりあえず戦艦の正体は榛名だったし、ひったくりも捕まったからアパートに帰るか。」

雷「あのね、司令官…」

男「おっ?」

雷「町で見かけた戦艦って榛名じゃないの…。」

男「………」

男「……………」

男「…………………え?」

榛名「…?」

電「はわわわっ!じゃあ雷ちゃんが見たのは誰なのですか!?」


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:10:10 1KV.IEYE
雷「う〜ん…」

男「まじかよ…ってことはまだこの辺にもう一人いるのか!?」

電「じゃあ早く見つけてあげなきゃなのです!」

榛名「はるな」


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:14:09 1KV.IEYE
雷「う〜ん…」

男「まじかよ…ってことはまだこの辺にもう一人いるのか!?」

電「じゃあ早く見つけてあげなきゃなのです!」

榛名「榛名も探します!」

男「はぁ…、腹減ったな。そういやポケットにガム入ってたな……ん?」ガサゴソ

榛名「提督どうしたんですか?」

男「なにこれ?」

つ髪飾り

電「大きな髪飾りなのです…。」

雷「あっ!司令官!私がみた戦艦の子がつけてたわ!」

男「おぉ!本当か!でもいつのまにポケットに…」

???「あの〜…」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:15:56 1KV.IEYE
>>49はミスです。
ごめんなさい。


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:27:27 1KV.IEYE
男「…ん?誰ですか?」

雷「私が見たのはこの人よ!」

男「えっ!?」

???「超弩級戦艦の扶桑です…。妹の山城ともどもよろしくお願いしますね。」ペコッ

男(山城いないけどね…)

扶桑「それ…私の髪飾りなんです。」

男「あっ!?これ扶桑さんのだったんだ!でもいつの間に…」

扶桑「……さっきぶつかりましたよね?」

男「……あっ!ごめんなさいあのときは急いでてかすり傷って言って足し……」

扶桑(中破)「………」ボロボロ

男(かすり傷どころか中破してるんだけど…)

雷「司令官!扶桑をこんな姿にして…!」

電「ひどいのです!」

榛名「提督見損ないました。」

男「」グサグサグサ


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:38:10 1KV.IEYE
男「えっと…扶桑さん一緒にアパート帰りましょう!」

扶桑「いいんですか…?」

男「そりゃあ…ね!回復してもらわなきゃ!お風呂入っていいですよ!」

扶桑「まぁ…、ありがとうございます…」

男「よし!帰ろう!うん、帰ろう!みんなでご飯食べよう!」

雷「わーい!」

電「お腹がすいたのです…」

榛名(提督は誰にでも優しいのですね…。)

男(アパートにみんな入るかな…)


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 02:55:22 1KV.IEYE
書いてたら消えちゃったのと充電ないのでここまでにします…


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 07:30:27 gh3yKWDY
乙です。
ところで、響と暁は出ますか?


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 14:00:35 V5qLmHn.
どんなキャラかと試しに始めてみようと思ったらサイトにすらいけなかった




57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 18:23:38 mZ54lpCc

>>56 艦これで検索すりゃ出てくるだろ。

やっと新規参入できるようになった?サーバ増強したみたいだけど


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 19:35:39 96pjPqHc
こんばんは

>>55さん

第六駆逐隊はみんな出る予定です。

ちなみに>>1はパラオ泊地です…

22時頃に投下し始めますね


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 20:30:13 jZWpdJmE
>>57
どこも満員でござる


60 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:15:08 96pjPqHc
男「てかさ、みんなその後ろの装備どうにかならない?とくに、戦艦のお二人さん…」

榛名「あっ、これですか!実はこれ消せるんですよ!」シュン

男「うぇ!?どうやってんの!?」

榛名「消したいと思えば消せますし、装備したいと思えば出せます!」

扶桑「あら…?」シュン

雷「すっごーーい!」シュン

電「なのです!」シュン

男(すごすぎるだろ…)

榛名「さぁ、提督!はやくアパートに帰って夕飯を食べましょう!」タタタッ!

電「あっ!待つのです!」タタタッ

男「榛名アパートどこだかわからないだろ…」

扶桑「あらまぁ…」

雷ちゃん「高速戦艦はせっかちね…」


61 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:16:13 96pjPqHc
雷ちゃんじゃなくて雷です…ごめんなさい


62 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:23:15 96pjPqHc
アパートに着きました。

男「じゃあ、扶桑さんお風呂沸かしたから入っていいですよ!」

扶桑「それじゃあ、お言葉に甘えてお先失礼しますね…」

男「その間に夕飯つくっときますね!」

雷「司令官!私も手伝うわ!」

電「電も手伝うのです!」

榛名「榛名も手伝います!」

男「じゃあ、みんなでカレーつくろうかー!」

オー!

男(こうやって賑やかなのも悪くないな…)

雷「さぁにんじん切るわよー!」

電「はわわわっ!皮をむいてないのです!」

榛名「じゃあじゃがいも入れますね!」

男「ちょっ!榛名じゃがいもそのまま入れちゃダメ!」


63 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:31:48 96pjPqHc
ワー!ゴメンナサイ!
イチゴモイレルワヨー!
ブタニクモイレルノデス!
ナマノママイレチャダメー!

扶桑「なんか楽しそうね…」





電「…zzz」

雷「…zzz」

榛名「榛名は…まだ…寝ませ…zzz」ムニャムニャ

男(みんな疲れて寝ちゃったよ…)

扶桑「………」

男(扶桑さんは窓から空を見てる…。山城が気になるのか?そっとしておこう…)

男(今日はいろいろあって疲れたな…。明日は学校休みだからゆっくりできるし!俺ももう寝よう…)

男「扶桑さん俺先に寝ますね。おやすみなさい…」

扶桑「…zzz」

男(寝てたんかい)


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:46:58 96pjPqHc
男「……zzz」

????「提督朝の5時だよ〜!はやくおきてよ〜!」ユサユサ

男「…zzz」

????「おっ!おっ!」ユサユサ

男「………」

????「早起きは、島風の如し!です!」ユサユサ

男「………」

島風「ほら他のみんなも早く起きて〜!」ユサユサ

榛名「………」

雷「………」

電「………」

扶桑「………」


65 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 22:54:24 96pjPqHc
島風「……ごめんなさい。」

男「もういいよ…。」

榛名「榛名も気にしてないです…。」

扶桑「早起きは大事ですよね…。」

雷「ちょうど起きるところだったわ…。」

電「なのです…。」

男(そりゃあ、みんな休みの日に朝5時に起こされたら…ねぇ…)

島風「本当にごめんなさい…」

連装砲ちゃん「…」ナデナデ

島風「れ、連装砲ちゃん…慰めてくれるの?」

連装砲ちゃん「…」コクン

島風「ありがとう…連装砲ちゃん」

男(連装砲ちゃんかわいい…)


66 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/06(水) 23:21:33 96pjPqHc
男「まぁ、とりあえず島風はこのジャージに着替えて。」

島風「はい…。」

男「ということで電ちゃんと雷と島風にはおつかいに行ってもらいます!」

雷「司令官!任せなさい!」

電「それは遠征なのですか?」

男「そんな感じかな。みんなの服買ってきてあげてほしいんだよ。」

島風「………」

男(島風はまだ落ち込んでるのか…)

雷「それじゃあ行ってくるわね!」

電「なのです!」

島風「………」


67 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 01:17:43 d9Rdxh5Q
雷「ほら島風いくわよ!」

島風「…!」

電「どうしたのですか?」

島風「…怒ってないの?」

電「もう過ぎたことは水に流したのです!」ニコ

雷「そうよ!もう怒ってないわ!」ニコ 

島風「…じゃあ私と友達になってくれる?」

雷「なに言ってるのよ!当たり前じゃない!」

電「電達は友達なのです!」

島風「…本当に?」

扶桑「私達も友達ですよ…!」

榛名「はい!友達です!」

男(なんか話でかくなったような気がするけどいいか…)

雷「ほら!みんなあなたと友達なんだから!」

島風「……うん!」


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 01:24:10 d9Rdxh5Q
男(イイハナシダナー)

島風「改めて島風!おつかい行って来ます!」

雷「じゃあ行ってくるわね!」

電「なのです!」

男「いってらー!」


男「さて…俺たちは掃除するぞ。」

扶桑「掃除…ですか?」

男「うん。これから艦娘達がもっと増えるかもしれないから、少しでも広くしないと…。」

榛名「なるほど…。榛名頑張ります!」

男「じゃあ頑張るぞー!」

オー!


69 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 01:28:10 d9Rdxh5Q
とりあえずここまでです


70 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 01:33:21 yMcfsFT2
おつおつ

参考画像のほしいスレだな


71 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 16:47:57 .P4V9/As
>>70
攻略wikiの画像で良ければコレ
ttp://wikiwiki.jp/kancolle/?%B4%CF%CC%BC%A5%AB%A1%BC%A5%C9%B0%EC%CD%F7


72 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 17:13:30 yMcfsFT2
扶桑たん(^ω^)ペロペロ


73 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 23:28:46 d9Rdxh5Q
そろそろ書こうと思うんですが、雷達のおつかいの話から書いていこうと思います


74 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 23:47:25 d9Rdxh5Q
町に来ました。

島風「にぎやかなところだね〜!」

電「迷子にならないよう気をつけるのです…」

雷「どこで服を買おうかしらね〜…」

………チャンダヨー!

雷(…今何か聞こえたわね…、あそこに飾ってあるテレビから…?)

ウォーー!!

雷(なにやっているの…?)

アナウンサー「今日この××町の駅前広場では最近人気急上昇中のアイドルのライブが行われます!」

雷「………」ジー

ファン達「うぉーー!…ちゃーん!!」ワーワー

雷(うまく聞こえなかったわ…)

??「みんなーー!……のアイド…電「雷ちゃんどうしたのですか?」ヒョイ

雷「きゃっ!電いきなりテレビの前から出てこないでよ!びっくりしたじゃない!」

電「だって、雷ちゃん遅いから…、島風ちゃんはもうお店で服を探してるのです。」


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/07(木) 23:54:34 d9Rdxh5Q
雷「そ、そう…。私も今いくわ…。」

電「こっちなのです!」

雷「わかったわ…!」

雷(さっきテレビで出ていたアイドルって…、まぁいっか…)スタスタ




    
??「じゃあ最初の曲は…アナウンサー「臨時ニュースです。」

アナウンサー「先ほど大平洋沖でタンカーが沈没しました。」

アナウンサー「詳細はまだ不明ですがどうやら船体の真ん中から真っ二つに折れて沈没したようです。生存者はまだ不明です。詳細がわかり次第引き続きお伝えしていきます……」


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/08(金) 00:27:35 6ihPHR9A
島風「いっぱい服があるねー!」

電「どれにするか悩むのです…」

雷「なんでもいいんじゃない?」

?????「えぇと、そこのキミィ…」

雷「ん?どうしたの?」

?????「男って人知らへん?ウチその人のとこ行きたいんやけど…」

雷「…!!」

島風「あなたもしかして…」

電「艦娘なのですか?」

?????「せやで!軽空母、龍驤や!」

雷「軽空母!?」

島風(駆逐艦だと思ってた…)


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/08(金) 00:38:21 6ihPHR9A
龍驤「……?」

電(まな板なのです…)

雷「ま、まぁあ、私たちはその男って人と暮らしてるわ。」

龍驤「なんやてー!?」

島風「だって駆逐艦だもん!」

電「なのです!」

龍驤「なんやそうやったんか!じゃあウチら友達やんね!」

島風「うん!」

電「なのです!」

雷「それじゃあみんなで服を選ぶわよー!」

オー!


78 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/08(金) 00:41:36 6ihPHR9A
今日はRJちゃん出たところで終わります

関西弁難しい…


79 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/12(火) 18:30:46 jeU2j/nM
期待


80 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 00:09:15 0629QAEA
忙しくて更新できなくてごめんなさい

今度は掃除の話書きます


81 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 00:19:35 0629QAEA
男「さてと…始めるか…。」

榛名「榛名はどこを掃除すればいいのでしょうか?」

男「ん〜、榛名は風呂場と洗面所の掃除よろしく!扶桑さんは台所の掃除、あと出来れば食器とかも洗ってほしいかな…。」

扶桑「提督がそう言うのなら…頑張りますね。」

男「じゃあ俺はこの部屋の掃除するから!それぞれよろしくね〜!」 

男「………」


男(よし、2人とも掃除を始めたか…)



男(これより男!極秘任務を行う!)


82 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 00:29:10 0629QAEA
男(極秘任務とは…そう!アダルトなDVD4本の処分だ…)

男(TV台の下に隠しておいたけどまだ誰も気づいてないみたいでよかった…)ホッ

男(さて!これをアパートの外に捨てに行ければこの極秘任務は成功する…)

男(榛名は風呂場掃除だから大丈夫だろう。問題は扶桑さんだ…。この部屋と台所は同じ空間にある…万が一捨てに行くのがバレたら…)

扶桑『提督は最低な方だったんですね…』

榛名『榛名、失望しました…』

島風『提督は早いもんね!』

男(………アカン)


83 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 00:35:50 0629QAEA
男(そうならないために、さっさと捨てに行かなきゃな!)

男「あーゴミがいっぱいだなー。こんなところにもゴミがあるぞー」

扶桑「提督?そっち手伝いましょうか?」

男「だ、大丈夫だよ!ほら扶桑さん!床が汚れてるから雑巾でふいてくれる?」

扶桑「あら、ほんとだわ…」ゴシゴシ

男(よし、今のうちだ!)ガサゴソ

男(よし!全部袋に入った!)

男「俺ちょっとゴミ捨ててくる!」ダッ

扶桑「提督…?そんな急がなくても…」


84 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 01:25:15 0629QAEA
男(これを外にさえだせれば…!俺の勝ちだ!) 

榛名「あっ!提督!どこにいくのですか?」

男「はぅん!?」ビクッ

男(タイミング悪すぎる…!)

榛名「そんなに驚かなくても…」

男「ちょ、ちょっと考え事を…それじゃあ…」

榛名「待ってください!どこに行くんですか?」

男「ちょっとゴミ捨てに…」

榛名「榛名が代わりにいきます!」

男「いや大丈夫これくらい!ハハハ…」

榛名「いえ!榛名が捨てにいきます!」グイ

男「いやいや俺が行くから…」グイ

榛名「提督が行くまでもありません!」グイ!

男「あ、あんまり強く引っ張んないで!」グイ

榛名「じゃあ榛名に行かせてください!」グイ


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 01:39:23 0629QAEA
男(やべぇよやべぇよ…引き下がんないよ…)

榛名「さぁ!はやく榛名にゴミ袋を!」グイ

男「待ってくれ榛名!」

榛名「なんでしょう?渡すきになりましたか?」

男「レディに重い物を持たせる訳にはいかないだろ?」

榛名「………!!て、提督…//」

男「じゃあ捨ててくる!」ダッ

榛名「………//」ポー

扶桑「………」

扶桑(……なにかあるわね…)


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 01:49:36 0629QAEA
男「………ふぅ」ドサッ

男(無事捨てることが出来た…!)

男(もうこの家庭教師とSMシリーズを見ることはないだろう…)

男(とりあえず戻るか…) 

ガチャ

男「あれ?榛名なにしてんの?」

榛名「………はっ!!て、提督…//」

男「ぼーっとしてどうしたの?」

榛名「い、いえ!なんでもありません//」

男「??」

扶桑「提督…、私台所のゴミ捨てて来ますね…」

男「ん?あぁ、よろしく!」

男(まぁ、なにわともあれDVDは捨てたからな!もうおびえることはないか!)

ボーン!!

男「おぁ!?」


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 01:54:38 0629QAEA
男「今外から爆発音が…」

榛名「は、榛名が見て来ます!」ダッ

男「気をつけろよ!」

榛名「は、はい//」

ガチャ

男(なんで少し恥ずかしいそうなんだ?)

ガチャ

扶桑「ただいま戻りました…」

男「あぁ!おかえりです!今外ですごい音したの聞きました?」

扶桑「あぁ、聞きましたよ…」

男「なんの音なんですかね…?」  
扶桑「て い と く…」

肩ポンポン

男「なんでしょう?」


88 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 02:01:10 0629QAEA


扶桑「提督はSMがお好きなんですね…」ボソッ


男「……!?!?」ビクッ


男「な、なんのことですか…?」アセアセ

扶桑「あら?ごみ捨て場のDVDは提督の物では…?」

男「な、なんのことだか…」アセアセ

扶桑「てっきり提督の物だと思って持って帰ってきたのに…」

男「あわわわ!持って帰って来ちゃダメだよ!捨てたんだから…」

男「あっ………」


89 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/13(水) 02:27:46 0629QAEA
扶桑「ふふっ…、やっぱり提督のでしたか…」

男「」

扶桑「私でよければ、お相手しますよ?」ボソッ

男「………!!」

男(扶桑さんと…SMだと?)

男(やばい…今の扶桑さんものすごく色っぽい…)

男「えっと、その…、あー…、俺はそのですね…」

扶桑「提督?冗談ですよ…?」

男(大破)「…」ドサッ

扶桑「て、提督!?」

ガチャ

榛名「榛名!帰ってきました!って、提督!?どうしたのですか!?」


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/16(土) 18:13:33 R6u3UA5.
舞ってる


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:04:55 QbHfnxCM
また遅くなってしまいました…

中途半端で終わってしまってごめんなさい

今から続き少し書きます


92 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:14:53 nVC8muo2
きたー


93 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:15:49 QbHfnxCM
男「なんでもない……少し寝るわ…ハハハ…」

榛名「扶桑さん…あなた提督に何かしたんですか?」ゴゴゴ

扶桑「私はなにもしてないわよ…?」

榛名「嘘!!あなたは提督は誘惑してましたね!?」

扶桑「誘惑だなんて…そんな…」 

榛名「提督を誘惑するなんて!榛名!許しません!」

男(なんかやばいけど寝たふりしておこう…)

扶桑「…なんですか?提督をするのにあなたの許可が必要なんですか?」イラッ

男(あっ、扶桑さん怒ってる…)


94 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:25:48 QbHfnxCM
榛名「抜け駆けするなんて卑怯です!誘惑するなら榛名の目の前でしてください!」

扶桑「あなたの目の前で誘惑するならいいのね?じゃあ…」

ムニュ

男(うぉ!?抱きつかれた!?しかも、自分の胸に俺の顔を……!でも、まぁ悪くないな…)モガモガ

榛名「な、なんてことを!」

扶桑「あなたが目の前でって言ったんじゃない…」

榛名「榛名…怒りました…」ゴゴゴ

男(〜♪)ムニュムニュ

榛名「はやく提督を離しなさい!!」ガシャン

扶桑「あら…?ではその後ろの装備を解除してくださる…?」


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:39:40 QbHfnxCM
榛名「もう榛名は怒りました…。」ウィーン

男「ん?何の音?」チラッ

榛名「提督起きたんですね…。なんでそんなに顔がニヤニヤしているんですか…?」

男「え?そんなことないよ?ってか、何で装備出してるの?」

榛名「提督安心してください!今そのビ○チ戦艦からすくってあげますから!」

ブチッ

男(ブチッて音が聞こえたんですが…)

扶桑「誰がビ○チ戦艦ですって…?」ゴゴゴ

男(やばい部屋が揺れてる…すげー怒ってんじゃん)グラグラ


96 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 00:59:57 QbHfnxCM
榛名「あなたしかいませんよ扶桑さん?」

扶桑「そう…。もういいわ。沈めてあげる…!」ガシャン

榛名「やる気ですか?防御力も速力もないのに?」

榛名
35.6㎝連装砲
15.2㎝単装砲
7.7㎜機銃

男(全部こっちに向けてるですけど)

扶桑「そんなもの…必要ないわ。」

扶桑
35.6㎝連装砲
35.6㎝連装砲
35.6㎝連装砲
35.6㎝連装砲

男(あれ?ゲームとおなじ装備してるぞ?榛名は初期だけど扶桑さん主砲ガン積みだ…)

扶桑「一瞬で楽にしてあげるわ…」ウィーン

榛名「それは榛名のセリフです…」ウィーン

男(あれ?あれあれ?もしかしてかなりやばい?)


97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 01:06:08 QbHfnxCM
扶桑・榛名「主砲!!」

男(この2人このアパートでドンパチする気だ…!)

男「待て!2人とも落ち着け!な!」

扶桑「副砲!」

榛名「砲撃!」

男「待て!やめろ!やめてくれ!撃ち始めるな!」

扶桑「打てー!!」
榛名「開始!!」

男「うわぁぁぁぁあ!死にたくねーよぉぉお!」


ガチャ

扶桑・榛名・男「!?」


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 01:13:57 QbHfnxCM
島風「おっ!提督ー!ただいまー!」

雷「はーい司令官!帰ってきたわよー!」

電「ただいまなのです!」

男「よかった…ほんとによかだた…助かった…」

扶桑「勝負はおあずけのようね…」ボソッ

榛名「いずれ決着を…」ボソッ

男「2人とも飯抜きだからな」ボソッ

扶桑・榛名「そ、そんな!?」

男「てか駆逐艦のみんなおかえり!」

電「ちゃんと服を買ってきたのです!」

島風「みんなで選んだんだよー!」

雷「あと司令官!新しい子を連れてきたわ!」


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 02:48:20 QbHfnxCM
男「ほんとうか!?誰なんだ!?」

雷「入ってきていいわよー!」


龍驤「軽空母龍驤や〜!」

榛名「駆逐艦ではないのですか?」

龍驤「え…?」

扶桑「駆逐艦の娘達ときたからてっきり駆逐艦かと……」

龍驤「……」

島風「だって、ね…?私達と似てるからね…。」

龍驤「………」

雷「独特なシルエット…」 

龍驤「…………」ウルウル

電(涙目なのです…)


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 02:53:10 QbHfnxCM
男「お前ら!じわじわと龍驤を追い込むのはやめろ!!」

龍驤「……!!」

龍驤「て、提督…」ウルウル

男「貧乳だっていいじゃないかぁ!!それも一種のステータスだろうがぁっ!!」

龍驤「」

榛名「………」

扶桑「………」

島風「………」

電「………」

雷「………」

男(あれ?俺いいこと言ったと思うんだけど…)


101 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:00:23 QbHfnxCM
龍驤「………グスン」

男(やっべ…)

雷「と、とどめをさした…」

島風「うわっ…」

男(みんなからの目線が…)

龍驤「提督…」

男「えっと…その…」

龍驤「ウチ今まで貧乳バカにされてきたけど…」

龍驤「提督が一種のステータスだって言ってくれてウチめっちゃうれしいで〜♪」

男「え?」

榛名「え?」

扶桑「え?」

島風「え?」

電「え?」

雷「え?」


102 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:06:49 QbHfnxCM
龍驤「提督!大好きやで!」ダキッ

男「おぁ!?いきなり抱きつくなよ…」

男(やっぱり胸の感触はないな…)

男(でも、かわいいからいいか。)ナデナデ

龍驤「〜♪」

島風「あ〜、ず〜る〜い〜!私達にもー!」ダキッ

雷「司令官!私達だっておつかい頑張ったんだから!」ダキッ

電「な、なのです!」ダキッ

扶桑「じゃあ、私も…」ダキッ

榛名「…!?また抜け駆けを!榛名だって!」ダキッ

男(やばい苦しい)


103 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:16:03 QbHfnxCM
扶桑「あら…?」

男(白目)

島風「おっ!?」

電「はわわわ!」

榛名「て、提督ー!」





男「…………ん…」

榛名「あっ!提督気がつきましたか!?」

雷「司令官…ごめんね?私達がだ抱きついたから…」

男「ん?あぁ気にすることないよ。俺も嬉しかったしさ…」

扶桑「提督…目覚めてすぐに悪いんですが…」

男「ん?」

龍驤「ウチお腹すいたで…」

電「い、電もお腹がすいたのです…」


104 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:20:10 QbHfnxCM
男「俺も腹が減ったな…、よし!今日は外食するか!」

ヤッター!
ガイショクヤー!
カンゲキデス!

男(財布に少し余裕あるしな…大丈夫だろ!)

男「おっと、出かける前に島風達が買ってきた服に着替えてくれ。」

島風「みんなで一生懸命選んだんだから!」

電「なのです!」

雷「じゃじゃーん!!これが買ってきた服よ!」

男「おっ?どれどれ…」


105 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:24:45 QbHfnxCM
男「………」
E.ジャージ

扶桑「結構いけるわね…」
E.ジャージ

榛名(提督とおそろい…!榛名!感激です!)
E.ジャージ

龍驤「いい感じや〜!」
E.ジャージ

島風「もっと速くなれそう!」
E.ジャージ

電「みんなおそろいの色なのです!」
E.ジャージ

雷「みんな似合ってるわ!」
E.ジャージ

男(この服を着てって言ってジャージを渡した俺が悪かったんだ…)


106 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:28:22 QbHfnxCM
男(みんな同じジャージって部活みたいだわ…)

男(でもみんな喜んでるしいいか!)  

男「じゃあみんな着替えたから夕飯食べにいくぞー!」

オー!

雷「ところで司令官!どこで食べるの?」

男「焼き肉屋だ!」

島風「おっ!にく〜!おっ!にく〜!」

男「みんな好きなだけ食べていいからな〜!」

男(食べ放題ならいくら食べても大丈夫だろう…)

男(大丈夫…だよ…ね?)


107 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 03:30:42 QbHfnxCM
とりあえずここまでです。

次の投稿は木曜日くらいになりそうです…

次からは焼き肉屋の話です

食べ過ぎには注意しましょう…


108 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/19(火) 09:09:44 hTGs6A8c
正規空母の予感


109 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:01:51 KXFmU6Jw
少し投稿します


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:14:11 KXFmU6Jw
    焼き肉屋にきました


店員「イラッシャーセー!!何名様でしょうか?」

男「7人で」

店員「7名様ですね!空いてるお席が禁煙席になりますが…」

男「いいですよ」

店員「わかりました!ではこちらのお席へどうぞ!」

男「みんなこっちだぞー」


111 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:24:18 KXFmU6Jw
男「じゃあとりあえず、飲み放題と食べ放題のやつ7人分お願いしますね」

店員「はい!ドリンクバーはあちらになります!ごゆっくりどうぞ!」

男「よしじゃあみんな好きなの頼んでい…」

扶桑「店員さん…カルビ20皿お願いします…あと、ロース40皿を…」

男(!?)

店員「へっ!?」

榛名「では榛名はライスを30とコーンを50お願いします!」

龍驤「ウチはなに食べようかな〜…」

男(戦艦はいきなり飛ばしすぎだろ…)

男「あれ?島風は?」

雷「ジュース取りに行ったわ!」

男「肉注文してないのに飲み物取りに行ったのか…」


112 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:32:10 KXFmU6Jw
島風「なっに飲もうかな〜♪」

島風「あれ?」

中学生A「おいカルピスとメロンソーダ混ぜたらうまそーじゃね!?」

中学生B「いいじゃん!俺オレンジとグレープ混ぜてみるわ!」

中学生C「じゃあ俺はウーロン茶とカルピスとコーラ混ぜてミルク入れてみるわ!」

中学生B「お前やべーな!早くやってみろよ!」

島風「………」

島風(この人達なにしてるんだろ…)


113 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:38:48 KXFmU6Jw
島風「………」

中学生C「うっえっ!これ超まじー!」

中学生A「ガチで言ってんの!?もっと甘いの入れてみろよ!」

島風「……おっそーい」

中学生C「あ!?お前今何つった?」

島風「だーかーらー!おーそーいーのー!」

中学生A「んだおめぇ?どこ中だよ?」

島風「ど、どこちゅう…?」

中学生B「だからどこ住みか聞いてんだっぺよ!答えろよ!」

島風(どこすみ………?さっきはどこちゅうって…)

中学生A「しかも髪染めて調査乗ってんじゃねーぞ!あぁん!?」

島風「元からなんだけど…」


114 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 00:40:31 KXFmU6Jw
調査乗ってんじゃねーよってなんだよ…

調子乗ってんじゃねーよ!です

すみません


115 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 01:04:57 KXFmU6Jw
中学生A「とりあえず表出ろや!」

島風「わ、私はジュースを…」

中学生B「はぁん!?そんなにボコされてーのか!?」

島風(どうしよう…)

男「島風遅いな…」

扶桑「そうですね…あっ、辛口のタレ取ってもらえますか?」

男「あっ、はい…」

龍驤「提督そのお肉焼けてるで〜!」

榛名「提督食べないのですか?じゃあ榛名がこのお肉いただきますね!」

男「ちょっ…」


116 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 01:20:09 KXFmU6Jw
電「し、司令官さん…」

男「どうしたの?」

電「島風ちゃんの様子見てくるのです!」

男「ほんと!?じゃあちょっと見てきて!」

電「なのです!」

男(あいかわらず電ちゃんはいい子だな…)

雷「司令官!私も見てくるわ!」

男「おっ、ありがとな!」

男(雷も頼りになるなぁ…)

龍驤「あー!それウチが焼いた肉やで!」

榛名「早いモノ勝ちです!さぁどんどん焼きましょう!」ジュー

龍驤「う〜…、こうなったらウチもどんどん焼いたるで〜!ジュー」

扶桑「提督…このスープおいしいですね…」ズズ…

男(………)

男(島風達の分俺が焼いておくか…)


117 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/22(金) 01:25:20 KXFmU6Jw
中学生B「おら!早く表でるぞ!」

ガシッ

島風「ちょっと!掴まないでよ!」

中学生A「うっせーな!さっさと出ろや!」


電「………!!」

電「島風ちゃんが絡まれてるのです!」アセアセ

雷「大変だわ!こーなったらこの雷様が…」

???「おい、なにをしている?」

中学生B「あ?誰だオメーは?」

電(あっ、誰かきたのです…)

雷(私の出番が…)


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:01:25 VBFm1jNM
???「女の子によってたかってなにをしているんだと聞いている」

島風(この人…)

中学生A「あぁん!?てめーもぶっ飛ばすぞ!!」

客B「あらやだ…揉め事かしら?」ザワザワ

客A「あの中学生この辺で有名な子達じゃない?」ヒソヒソ

コワイワネェ
シズカニシテホシイワネ
モメゴトカシラー

???「私をぶっ飛ばすだと…?ふふっ…」

中学生C「なに笑ってんだよ!」

???「殴り合いなら私も得意だが?」ギロッ

中学生A「……!!」ビクッ


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:05:52 gOAYB06Q
中学生逃げて


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:07:00 VBFm1jNM
中学生B「な、なんかやばくね?
」ボソッ

中学生C「目が本気だぜあの女… 」ボソッ

???「……なにひそひそ話してるんだ?」

中学生B「な、なんでもねーよ!1人増えたところで…」

??「あら?私もいるわよ?」

中学生C「え…!?」

島風(………!!)


電「増えたのです…」

雷「増えたわね…」


121 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:14:05 VBFm1jNM
???「陸奥か。私が飲み物をとってくると言っただろう」

陸奥「なに言ってるのよ長門。あなたが遅いから来たんじゃない」

島風(やっぱりこの人達……)

島風(ビッグ7の長門と陸奥だ…!)

中学生A「ふ、増えた…」

中学生B「ど、どどどどうすんだよ…」

中学生C「所詮女だろ!殴り合いって言ったてよ!じゃれあいの喧嘩しかしたことねーに決まってる!」

長門「そうか…、じゃれあいの喧嘩か…」

長門「ではそのじゃれあいの喧嘩に付き合ってもらおうか…」ゴゴゴ

島風(す、すごいオーラが…!)

陸奥「もう…すぐ熱くなっちゃうたんだから…」ヤレヤレ


122 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:21:49 VBFm1jNM
電(はわわわ!もう一触即発なのです!)

雷「こうしちゃいられないわ…!行くわよ!電!」グイッ

電「……!?」


雷「じじゃーん!!」

電「し、島風ちゃんを助けに来たのです!」

中学生C「はぁ?」

中学生B(また増えた…でも、弱そう…あれなら俺でも…)

中学生B「なんだてめーらは!」

雷「うっさいわね!雷様よ!」

中学生B「……!!」ビクッ

島風(この人態度変わりすぎ…)

長門「雷と電か…、まさか島風の他にも駆逐艦娘がいたとはな…」


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/25(月) 00:28:48 VBFm1jNM
長門「しかも夜戦か…。とても頼りになるな」

陸奥「あなた1人でいいじゃない…」

島風「はぁ…かっこいいな…」

電(島風ちゃんの目が輝いてるのです…)

雷(あれ?私の登場はかっこよくなかったの?)

中学生C「少し増えたくらいで…」

中学生C「俺たちに勝てると思ってんのか!!」



男「なんか聞こえたぞ?」

榛名「あっ!このお肉こげてます!」

扶桑「でもまだ食べられますね」

龍驤「じゃあウチがもらうでー!」

男「……見てこよ…」


124 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 00:19:47 ylP35BHI
今から投稿していこうと思います

前から日にち空いてすいません

しばらく週2〜3のペースで更新していきます


125 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 00:32:49 ylP35BHI
中学生C「いくぞオラッ!」

中学生A(Cのやつ少し興奮気味だな…)

長門「どこからでもかかってくるがいい…!!」

島風「長門さーん!!頑張ってー!!」

雷・電「ファイト!ファイト!」

陸奥(駆逐艦達ノリノリね…。ていうか、ここお店の中 なのよ!?)

中学生C「うぉらぁっ!」ブンッ

長門「ふんっ!」ガシッ


126 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 00:38:35 ylP35BHI
島風「すっごーい!パンチを受け止めたー!」

電「か、かっこいいのです…!!」

陸奥「はぁ…」

雷(相当苦労してるみたいね…)

長門「なんだ?その程度か?」ギチギチ

中学生C「うっ…」ミシミシ

中学生B「し、Cー!!」

中学生A(なんだあの女…!Cのパンチ受け止めやがった…!)

中学生A(このままじゃ、Cのやつの手が…)

中学生A(俺が…俺がいくしかないのか…Cを…助けてやるしかないのか…!?)


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 00:42:38 ylP35BHI
長門「今度は私の番だな…」

中学生C「…!!」

中学生A(………!!やばい…)

中学生B(どうしようCが…!!Cが…!!)

長門「歯を食いしばるんだな」

中学生A(く、くそったれが…)

中学生A「くそっタレがぁぁぁぁあ!!」

陸奥「長門!後ろからもう1人くるわよ!」

中学生A「うぉぉおおお!」




男「なにしてるんだ…?」


128 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:03:29 ylP35BHI
中学生A「………!!」

雷「あっ!司令官!」

陸奥(この人がこの子達の司令官…)

島風「提督ー!あのね!長門さんが助けてくれたんだよ!」

男「…え?」

長門(今いいところだったのに…)

長門「そうだ。私が…」

中学生C「誰だてめぇ!邪魔すんじゃねーよ!」

男「………は?」ギロッ

電(………!!)

電(し、司令官さんの目つきが変わったのです…)

中学生B「」ビクビク

中学生C「なんだその目は!てめーもぶっ飛ばされてーのか!」


129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:07:32 ylP35BHI
男「誰を?ぶっ飛ばす?」

雷(い、いつもの司令官じゃない…)

中学生C「だからてめーを…」

中学生A「も、もしかして、男さんですか……?」

男「え?俺のこと知ってるの?」

島風「知り合いなんですかー?提督ー?」

男「いや、知らないけど…」

男「なんで俺の名前知ってるの?」

中学生A「えっと…、その…、」


中学生A「す、すいませんでしたー!!」

男「!?」

中学生C「!?」


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:12:25 ylP35BHI
中学生A「お、お前ら帰るぞ!!」

中学生B「えっ…!?」

男「ちょっ…、急になんだよ…」

中学生A「ほんとにすいませんでした!許してください!」ダッ

中学生B「ま、まってぇ…」ダッ

中学生C「俺はまだ…」

中学生A「うるせー!帰るぞ!」グイッ

中学生C「うげっ!首が…」ズルズル



陸奥「行っちゃった…」

雷「行っちゃったわ…」

長門「殴り合い…」

男「なんだったんだろうな」

電(ほっ…、司令官さんが元に戻ったのです)


131 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:24:26 ylP35BHI
   長門と陸奥が食事してたテーブルに来ました

男「いやー、ほんとウチの島風を助けてくれてありがとうございます!」ペコッ

島風「おっ!長門さんありがとう!あと、陸奥さん!」ペコッ

長門「礼をされると嬉しいものだな…」

陸奥「いいのよ…私なにもしてないわよ?」

男「でも、まさかビッグ7の長門さんとむっちゃんがいるとは…」

陸奥(む、むっちゃん…?)

雷「むっちゃん!」

電「む、むっちゃんさん…!」

陸奥(……むっちゃんも悪くないわね)


132 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:29:03 ylP35BHI
>>1休憩入りまーす!


133 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:29:59 c3OdYiFQ
むっちゃんとながもんやー


134 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:31:06 Qp6EQ9GI
男一体何者なんだ…


135 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 01:53:53 CVclQZNE
流石提督ともなるとただもんじゃないな

お前らも見習え


136 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 02:11:15 ylP35BHI
再開します


137 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 02:19:08 ylP35BHI
長門「しかし驚いたな…。私や陸奥だけでなく他にも提督や艦娘がいたとはな…。まぁ、どうでもいいことか…」モグモグ

男「ほんとそうですよねぇ…」

男「………ん?」

男「今なんて!?」

長門「だから他にも提督や艦娘がいるのに驚いたのだ。」

男(すごい大事なことさらっと言っちゃってるよ…)

島風「おっ!?」

電「す、すでのな!?」

雷「電…驚き過ぎよ…」

男「2人はうちの鎮守府に所属しているんじゃないのか…?」

長門「あぁ…、私達の提督はあなたではない。」

陸奥「そうよ。びっくりよね。」


138 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 02:28:07 ylP35BHI
男「そ、それじゃあ2人の提督はだれなんだ!?」

長門「私達の提督は…」


デデッデッデデン!デデッデッデデン!


男(え?着信?俺じゃないぞ…)

長門「すまないな…どうやら私のようだ。」ピッ

男「」

長門「もしもし?私だ…」

男(つーか、着信音ターミネーターかよ…)

陸奥「この人ターミネーター2を見て泣いてたのよ…。変わってるわよね。」

男「は、はぁ…」

陸奥「やっぱりワイルド・スピードよね。感動するわ!」

男(あんた人のこと言えないよ…)


139 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 02:38:29 ylP35BHI
長門「あぁ、わかった。またあとでな」ピッ

陸奥「提督から?」

長門「あぁそうだ。今すぐ来てほしいそうだ。焼き肉はここまでだな…」

陸奥「えぇ!?私ぜんぜん食べてないわよ!?せめてもう少し焼いて行きましょ?強火で焼けばすぐに…」

長門「爆発するぞ?」

陸奥「………!!」

陸奥「あ、あれ?私なんどかお腹いっぱいだわ…」

男(………爆発怖いんだね)

長門「すまないが私達はこれで失礼する。男達とはまたどこかで会えるだろう。」

陸奥「そうね。今度はみんなでゆっくりしたいわね。」

島風「私…今度2人に会ったら殴り合い教えてほしい!」

電「い、電も教えてほしいのです!」

雷「わ、私も!」


140 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/11/30(土) 02:45:37 ylP35BHI
長門「あぁ!いいぞ!私は殴り合いが得意だからな!みんなに必勝法を教えてあげよう!」

島雷電「やったーー!!」

男「物騒過ぎんだろ…」

陸奥「ただの戦闘の練習するだけよ。気にすることないわ…。それじゃあ私達もう行くわね。」ノシ

長門「そうだな。行くとしよう。」ノシ

島雷電「バイバーイ!!」ノシ

男「それじゃあまたどこかで!」ノシ



男「とりあえずお肉食べようか…」

島風「おっ!」

電「はわわわ!すっかり忘れてたのです!」

雷「はやくしないとなくなっちゃうわ!」

男「大丈夫だよ食べ放題だし、俺がみんなの分のお肉焼いてあげるから。」


141 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:15:09 8d1Pmads
少し投稿します


142 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:18:52 8d1Pmads
男「じゃあ、俺たちの席に戻ろっか!」

電「なのです!」

男(それよりなんであの中坊は俺のこと知ってたんだ…?)

男「まっ、いっか」

電「…?」


  男達の席に戻ってきました


島風「………」

電「………」

雷「………」

男「なんで………」



男「なんでなんだよっ!!」


143 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:24:10 8d1Pmads
扶桑「提督…、遅かったですね?」モグモグ

榛名「榛名!!提督の分のお肉を焼いておきました!!」

龍驤「ウチが駆逐艦の分のお肉焼いといたで〜!!」




赤城「このタン塩おいひいでふね」バクバクバクバク

加賀「赤城さん、このビビンバもおいしいですよ」バクバクバクバク


男「なんで空母が2人いるんだよ!!」


144 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:35:22 8d1Pmads
男「なんでだ!なんでなんだ!いつ来たんだ!?」

扶桑「さっきお店に入ってきたんです…」

榛名「私達は自分の着任している鎮守府の仲間、そして提督の顔が分かっているのです」

龍驤「昔の同じ学校だった子と久しぶりに再会したようなもんやねっ!」

男「………」

扶桑「だから私達は提督がなにを言っていたか知ってるんですよ?」

男「え?」

榛名「榛名のこと建造したときに、『よっしゃっぁあ!こんg………榛名か……』ってなったのも知ってます」

男「うっ…」


145 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:40:30 8d1Pmads
龍驤「ウチを旗艦にしてるときに、『ホントひらべってーなー』って言ってたのも知ってるで…」

男「いやそれは…」

雷「私と電を編成してニヤニヤしてたのも知ってるわ!」

男「!?」

加賀「私と赤城さんを補給するときに『ボーキが…』」


146 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:42:08 8d1Pmads
龍驤「ウチを旗艦にしてるときに、『ホントひらべってーなー』って言ってたのも知ってるで…」

男「いやそれは…」

雷「私と電を編成してニヤニヤしてたのも知ってるわ!」

男「!?」

加賀「私と赤城さんを補給するときに『ボーキが…喰われていく…!!』って叫んでたのも知ってます」

赤城「失礼ですね、私達そんなにボーキ食べてないのに…」バクバク

男「じゃあその箸を置け!」


147 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:42:46 8d1Pmads
2つ上誤爆しましたすいません


148 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:48:07 8d1Pmads
島風「私のときなんか…」

男「ストップストッープ!!」

島風「なんですかー提督ー!」

男「とりあえずごめん…、だが、それはまた別の問題だ…」

男「さっき長門と陸奥に会ったんだけど見覚えある人はる?」

赤城「いえ…、知らない子ですね…」

榛名「榛名も見たことないです…」 

扶桑「私も知りませんね…」

龍驤「ウチも知らんで…」

加賀「しりません」

男(じゃあ、あの2人はホントに別の提督のところにしょぞくしてるのか…)


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 01:54:18 8d1Pmads
男「そうか…」

榛名「ところで、提督はお肉食べないのですか?」

男「ん?あぁ、食べる食べる」

電「早く食べたいのです!」

雷「雷もたくさん食べてパワーアップするわ!」

島風「私ももっと速くなりたい!そして、強くなりたい…!」

男(みんないい子だなぁ…)

男「じゃあ赤城と加賀さん加わったことだし改めてみんなで乾杯!」

カンパーイ!


男(ん?伝票があるぞ…)

男(えっと食べ放だ…)



男(………)


150 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 02:01:24 8d1Pmads
男(なんで7万もいってるんだ…!?)ガタガタ

雷「司令官?震えてるわよ?寒いの?」

男「い、いや…」

雷「無理しちゃダメよ!雷が温めてあげるわっ!」ギュー

男「…!!」

男(あ〜…これはダメ男になるわ〜)

男「って、そうじゃなくて…」

雷「…?」


赤城「店員さん、タン塩60皿とビビンバ80杯お願いしますね」

店員「!?」


男「ちょっと待て」


151 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 02:06:56 8d1Pmads
赤城「何ですか?今注文してるのに…」

男「お前それ食べ放題のやつか?」

赤城「食べ放題?」

男「そう、食べ放題」

赤城「いえ?知りませんね…」

男「お前食べ放題の枠外のやつ頼んでたのか…?」ガタガタ

赤城「そうなんですか?」モグモグ 

男「………」



店員「お、お待たせしました…冷麺150…です…」

男「はっ!?」

加賀「それ私です」

男「」

男「ちなみに店員さん…これ食べ放題の枠入ってますか…?」

店員「いえ入ってませんよ。これ新しい伝票です!」


152 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 02:12:42 8d1Pmads
男「あっ、ども…」

男「………」

男「…………………」 

榛名「ど、どうしたんですか?」

男「俺ちょっとお金下ろしてくる…」

男「………」スタスタ

榛名(提督どうしたんでしょう?)

榛名(この紙を見て提督の顔色が変わりましたね…これはなんでしょう?)

榛名(……11万6000円って書いてあります)

榛名(なんで驚くのでしょうか?あとで提督に聞いてみようと思います!)

榛名「あっ、そのお肉榛名が焼いていたやつです!」





男「ちくしょぉぉおおおっっ!!」


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/04(水) 02:14:34 8d1Pmads
駆け足になってすいません

焼き肉編はこれで終わりです


ほんと最近忙しいです
次いつになるかわかりません…

なるべく日にちあかないよう頑張ります


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 02:56:50 CrDn.ULI
変な時間に起きたのでおまけみたいなの書きます


155 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:01:16 CrDn.ULI
    とある公園

中学生C「あ〜、マジムカつく〜、マジムカつくわ〜」

中学生B「お、落ち着けよ…」

中学生A「………」

中学生C「おいA!なに黙ってんまだ!俺がイライラしてるのお前のせいだぞ!」

中学生A「………」

中学生C「おい!聞いてんのか!?」

中学生A「………聞いてるよ」


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:05:38 CrDn.ULI
中学生C「じゃあさっきのはなんなんだよ!!あぁ!?」

中学生A「ごめん…」

中学生C「ごめんで済むなら警察はいらねーんだよ!」

中学生B(実際警察いらないけどね…)

中学生B「ねぇA…、焼き肉屋にいた男の人知ってるの?」

中学生C「ほんとあのヤローぶっ飛ばしてー!ぶっ飛ばしてやりてー!」

中学生A「知ってるよ…」


157 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:10:37 CrDn.ULI
中学生C「ん?お前の知り合いか?」

中学生A「いや、知り合いではないけど…」

中学生C「じゃあ、なんなんだよ!!」

中学生B「教えてくれない?」

中学生A「………」



中学生A「お前らDQNさんって知ってるか?」


158 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:25:43 CrDn.ULI
中学生C「当たり前だろ!この辺じゃ知らない奴いないだろ!」

中学生B「確かめちゃくちゃ喧嘩強い人だよね?」

中学生A「そう。俺たちの中学に通ってた人で一番強かった人だ…」

中学生C「でもあの人の噂最近聞かねーな。おとなしくなっちゃったのか?」ハハハ

中学生B「DQNさんとさっきの男の人関係あるの?」

中学生A「………そのDQNさんが喧嘩で勝てなかった相手がいるって聞いたことあるか?」

中学生C「あ〜、確かまったく歯がたたなかったとか」


159 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:30:24 CrDn.ULI
中学生B「えっ?話の流れからするともしかして…」

中学生A「そう…。さっきの焼き肉屋であった男さんがDQNを負かした人なんだよ…」

中学生C「はぁ!?そりゃ嘘だろ!!あの男がDQNさんより強いだって!?」

中学生B「本当なの!?」

中学生A「あぁ…、本当だよ…」 

中学生C「あの男そんな強そうに見えなかったけどなぁ…、もしかしてDQNさんって大したことないんじゃね!?」

中学生B「お、お前なに言ってんだよ…」

中学生C「だってさー、あの男俺より喧嘩弱そうだぜ!?そんな奴に負けるんだからDQNの奴も大したことねーよ!」

中学生B(呼び捨てした…)


160 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:34:52 CrDn.ULI
中学生C「あ〜、今の俺なら負ける気しねーわ!」シュッ!シュッ!

中学生A(シャドウボクシングし始めやがった…)




DQN「なんかおもしろい話してるね。」

中学生A「………!?」

中学生C「おう!この俺がDQNって奴をぶっ飛ばしてやるんだ!」シュッ!シュッ!

中学生B「あ……、あぁ……」

DQN「ふ〜ん………」

中学生C「あ〜はやくぶっ飛ばしてやりてーな!」

DQN「ぶっ飛ばしてみる?」

中学生C「あ!?なんでお前なんかぶっ飛ばさなきゃいけねーんだよ!」


161 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 03:38:24 CrDn.ULI
中学生A「C…、お前………」

中学生C「なんだよ?」

中学生B「その人が…DQNさんだよ………」





中学生C「え?」

DQN「やぁC君」ニコニコ

中学生C「」

中学生A(やべーぞこりゃ…)

中学生C(もうダメだ…おしまいだぁ…)

DQN「さて…さっきの話じっくり聞かせてもらおうかな?」

中学生C「………!!」



ス、スイマセンデシターーーー!!


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:12:10 g6Rhai42
少し更新します


163 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:20:59 g6Rhai42
   次の日

男「はぁ…」

榛名「提督?どうしたんですか?」

雷「元気ないわね?そんなんじゃダメよ!」

赤城「もしかしてお腹すいたんですか?」

男「………」

男「お金がもうないんだよ…」

扶桑「え…?」

男「お金がもうないんですよ…」

加賀「そうですか」

島風「お金なくなるのはやいねっ!」

男「………」

龍驤「提督もお金のやりくり大変やな〜」


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:29:33 g6Rhai42
男「お金がないと…」

男「電気や水が使えなくなっていきます…」

赤城「電気くらい我慢できますよ」

男「ご飯も食べれなくなるよ?」

赤城「なんですって!?」

加賀「………!?」

男(加賀が表情を変えた…)

赤城「何でもっと早く言わなかったんですか!?」

男「電気我慢できるんだから少しくらいご飯も…」

榛名「榛名はご飯が少なくても大丈夫です!」

扶桑「私も少しくらいなら…」

電「あ、あの……!」

男男「ん?」


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:36:24 g6Rhai42
雷「司令官…、私達ご飯たくさん食べたいの…」

男「え!?」

島風「たくさん食べて…長門さんやむっちゃんみたく強くなりたいの!」

男「………!!」

男「そうかぁ………」

龍驤「ウチは我慢できるで?」

雷「なによもう!もっと食べれば胸がでかくなるかもって言ってたのは誰よ!?」

龍驤「うっ………!」

男(やっぱりみんな食べたいんだな……)

男「そうだ!」

加賀「どうしましたか?」

男「みんなにはバイトしてもらいます!」


166 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:46:22 g6Rhai42
赤城「バイトですか?」

男「そう!バイトしてもらうよ!」

加賀「私達がですか?」

男「うん。でも駆逐艦の3人はちょっと難しいからそれ以外の五人にしてもらいます!」

電「それじゃあ赤城さん達に悪いのです…」

男「電ちゃん達は家の掃除とかしてくれればいいよ」

雷「わかったわ!」

島風「おっ!」

龍驤「で、ウチらはどこでバイトすればいいん?」

男「何人か知り合いに頼んでみるよ。」

加賀「わかりました。」

榛名「榛名!頑張ります!」


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 01:53:23 g6Rhai42
男「とりあえず今日は一日ゆっくりしようか」

扶桑「そうですね、ゆっくりしましょうか…」 

赤城「………zzz 」

男「もう寝てるだと!?」

雷「司令官!私達は外で遊んでくるわね!」

電「なのです!」

島風「かけっこしよー!」

男「気をつけてねー!」


男(とは行ったもののなにしようか…)

男「そういや艦これやってなかったな…」

男「少しやるかな…」

男(そういえばまだ2-4クリアしていなかった…)


168 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 02:07:02 g6Rhai42
男「さて…と、やりますか」

榛名「提督、榛名隣から見ていてもいいですか?」

男「あぁ、全然いいよ」

龍驤「じゃあウチはこっち座るで!」

榛名(せっかく提督と2人でお話ができると思ったのに…)

男「とりあえず任務やってくか…」

男「とりあえず開発からやるか…」

龍驤「ウチ天山や流星が欲しいなぁ〜」

榛名「榛名も46㎝3連装砲が…」 

加賀「………」ジー

男(加賀さんもなにか欲しそうにこちらを見つめてくる…)

男「まぁデイリーで四回できるからね…」

男「1回目いくよー」


169 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 02:22:03 g6Rhai42
男「………」

【装備の開発に失敗しました……。】

榛名「まだ3回あるじゃないですか!」

龍驤「そうやで!」

加賀「………」

男「そうだな!とりあえず次は建造を…」


カンタイノアイドルナカチャンダヨー


男「………」

榛名「さ、さぁ次は開発ですよ!」

龍驤「そ、そうやで!次いってみよー!」


170 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 02:36:15 g6Rhai42
男「………」

龍驤「………」

榛名「………」


九九式艦爆
九九式艦爆
零式艦選52型


男「………ごめん」

榛名「なぜ三回とも艦載機レシピを…」

男「ちょっとついムキになっちゃって…」

龍驤「ま、まぁ次建造いってみよー!」

男「他の姉妹出すために戦艦レシピ回すから榛名許して?」

榛名「金剛お姉様が出てきてくれたら許してあげても…」

男「よし!気合い入れて3回いくぞ!」


171 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 02:40:06 g6Rhai42
毎回少しずつしか更新できなくてすいません…

今度安価でもとってみようかなと思ってます


172 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 08:01:49 wKzy5Ky.



173 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:02:58 vSmb7tkQ
少し続き投稿します


174 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:08:55 vSmb7tkQ
男「一回目だ!」カチカチ


センダイサンジョウ!!


男「………」

榛名「………」

龍驤「つ、次!いってみよー!」


男「二回目っと…」カチカチ


ジンツウデス…


男「………」

榛名「………」

龍驤「き、きっと最後に出てくるんやで!!」

男「てか最後ってもう資材が……」


175 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:14:40 vSmb7tkQ
1124 1286
1301 2005

龍驤「な、なんか…手が震えてきたで…」カタカタ

榛名「提督…無理しないでください…。榛名は大丈夫です…」

男「ま、まだあと一回できるから…」

男「こうなったら……」


999 999
999 999


榛名「……提督!?」

龍驤「早まったらあかんで!!」

男「お、男は度胸が必要なんだよ」ガタガタ

加賀(………震えてますよ)

男「いくぞぉっ!!ALL999!!」


カチッ!


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:22:34 vSmb7tkQ

 5:59

男「ふぇっ!?」

榛名「ろ、6時間!?」

龍驤「な、なにができるんや…。」

男「とりあえず、高速建造っと…」カチ   


加賀(………誰でもいいけど)


177 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:29:33 vSmb7tkQ


【 翔鶴型航空母艦2番艦、瑞鶴です! 翔鶴姉と共に…】


男「うおおぉぉぉぉおおっっ!?!?瑞鶴だぁぁぁぁあっ!!」

加賀「………」ピクッ

榛名「お姉様は出てこなかったけど、提督が喜んでいるのなら…榛名!感激です!!」

龍驤「おぉぉぉっ!やったで!!やったで提督!!」

男「正直瑞鶴が出てくるとは思わな…」

加賀「ちょっといいですか…」ドン

男「ぐへぇっ!」ドサ

榛名「提督!?大丈夫ですか!?」

龍驤「い、いきなりなにするんや!?」


178 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:35:28 vSmb7tkQ
加賀「………」カチカチカチカチ

男「な、なにしてるんだ…」


ポワァ


加賀「………やりました。」グッ

男「やりました…って、なに…を?」


【近代化改修に成功しました。】


男「………」

男「………へっ?」

男「ま、まさか………」カチカチ


179 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:41:18 vSmb7tkQ

            入手
     神通
     川内
     那珂
     :
     :


男「うわっ……、…うわぁぁぁぁぁぁぁああっ!!」

男「瑞鶴を近代化改修に使われたぁぁぁあ!!」

榛名「な、なんでこんなことを…!!」

龍驤「あ、あんまりやで!!資材ALL999溶かしたのに…!!」

加賀「………?」クビカシゲ


男「と、とぼけやがって………」(キョトンとしながら首かしげてる加賀さんかわいい…)

榛名(提督はそんなんだからダメなんですよ…)

男(は、榛名が直接脳内に!?)


180 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:50:45 vSmb7tkQ
赤城「zzz………」スーピー

龍驤「赤城はあんなに叫んでるのにまだ寝てるで…」

扶桑「………」

龍驤「扶桑はずっと空をみあげながらまったく動いてないで…」

赤城「ムニャムニャ………一航線のほこり……こんなところで………」スーピー

男「すごい寝言………」

男(そういや、加賀さんも一航線だったっけ……)

男(五航線なんかと一緒にしないでとか言ってるしな……。なんか因縁があるんだろう……)

男「まぁ、いいか…」

榛名「え!?いいのですか!?」

男「まぁ…、五航線の子がいなくてもうちには頼もしい一航線が2人いるしな!」

龍驤「う、ウチにも頼ってやぁ!」

加賀「………」

赤城「zzz………」ニヤ


181 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 01:57:35 vSmb7tkQ
男「だからそんな頼もしい2人には毎日バイト頑張っていただきますので」

加賀「………!?」

赤城「zz……z…」ヒヤアセ

男「大丈夫。ちゃんと時給いいところだから。」

男「まぁ大変な仕事なんだろうねど!でも頼もしい2人ならちゃんとやってくれるよね!2人は一航線だもんね!」

榛名(やっぱり瑞鶴を近代化改修に使われたこと気にしてるのですね…)

龍驤(少しいじけてるで………)

加賀「赤城さんと一緒なら大丈夫です」

赤城「zzz……!?」

男「まぁ俺もバイト頑張るし、扶桑さんや榛名、龍驤にも頑張ってもらうからね!」

榛名「はい!榛名頑張ります!」

龍驤「ウチも頑張るでー!」


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 02:03:09 vSmb7tkQ



????「へくしっ!」

????「瑞鶴…?風邪でもひいたの?」

瑞鶴「うぅ…そうみたい…。翔鶴姉、ティッシュ持ってない?」

翔鶴「提督からもらってくるわね」

瑞鶴「うぅ、翔鶴姉ありがとう…」

瑞鶴(誰よ!私の話してるのは…)


ヘクシッ!






ブロロロロ〜

扶桑「………なにかしら?」


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 02:12:06 vSmb7tkQ
扶桑「提督…あれはなんでしょう?」

男「……!?あ、あれはね…」

龍驤(ずっと動かなかった扶桑が話しかけたから提督驚いてるで…)

男「あれは、引っ越しのトラックかな?」

男「もしかしてこのアパートに引っ越してくるの!?」

榛名「そんなに驚くことなのでしょうか?」

男「だってこのアパート俺1人しか住んでないもん」

榛名「えっ!?」

扶桑「!?」

加賀「………!」

龍驤「他に住んでる人見ないなと思っていたら…」

赤城「提督以外だれも住んでいなかったんですね」


184 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 02:15:21 vSmb7tkQ
龍驤「赤城が起きてるで!」

赤城「あ、みなさんおはようございます!」

加賀「赤城さんは相変わらず呑気ですね…」

提督「どんな人が引っ越してくるんだろうな!」ワクワク

榛名「提督少し落ち着きましょう」

提督「あ、あぁそうだな…」ソワソワ


ピンポーーン


男「おっしゃ!もう挨拶にきたぞ!」

扶桑「提督うれしそうね…」

榛名「えぇ…」


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 02:16:01 vSmb7tkQ
とりあえずここまでです


186 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/18(水) 02:17:33 H.mm2Lp6

男は泣いてもいいよ


187 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/23(月) 01:39:14 Oi7jFafc
少し投下します


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/23(月) 01:43:37 Oi7jFafc

男(どんな人かな…かわいい子だといいな…!)

男「フフフ…」

島風「なんか笑い声が聞こえたような…」


男「いま開けまーす!」

男(さぁ!ご対面だっ!)


男「はーいこんにち…」


ガチャ





???「パンパカパ〜ン!!」 


男「」


189 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/23(月) 01:52:51 Oi7jFafc

愛宕「私は隣りに引っ越してきた愛宕よ。覚えてくださいねっ。」

男「えっ………、あっ、こちらこそ……」

男(どどどどどうしててて???なんで引っ越してんの????)

男(でも、もし愛宕がうちの鎮守府だったとしても1人増えるだけだし…)

夕立「夕立よ。愛宕と一緒に隣りに引っ越してきたっぽい?これからよろしくお願いするっぽい?」

男(!?!!!????!?)

霧島「マイク音量大丈夫…?チェック、1…2…、よし!隣りに引っ越してきた霧島です!」

男「うぇっっ!?」


190 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/23(月) 01:57:34 Oi7jFafc
男「よ、よよ、よよよよろしくお願いしましゅ……」

男(やばいやばいやばいやばいやばいやばい!!)

男(隣りに3人もの艦娘が引っ越してきただと!?)

男(待て!落ち着け俺!落ち着くんだ!この3人がうちの鎮守府の子とは限らないはず…)

愛宕「私達、男って人を探してるんですけど、知りませんか?」

男(ぎゃぁぁぁぁあああああ!!!)

男「ち、ちょっとわからないです…はい………」

霧島「………」


191 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/29(日) 01:11:02 wZmD7DdY
>>1です
いろいろあって途中で投稿できなくなってました。すいません。

明日からは少し余裕あるので続き書きます。

もし登場させてほしい艦娘がいたら書いてください。


192 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/29(日) 03:11:41 XDCIA3tU
お疲れさまです

ぜひかわいい木曾ちゃんをお願いします
かっこいい木曾ちゃんでもいい


193 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/29(日) 15:58:25 veF1V9aE
おつおつ
摩耶様に期待したい


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/30(月) 23:45:53 AdOEHEz.
はよ


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:02:05 u14eg8FQ
遅くなってすいません

木曾と摩耶はいずれ出てきます!

続き投稿します


196 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:06:28 u14eg8FQ
男「と、とりあえず、その男って人早く見つかるといいですね…あはは…」

愛宕「そうね…」

霧島「……あなた本当に男さんじゃないんですね?」

男「ち、違いますってば!!」

霧島「…そうですか」ジー

男(やばい霧島がかなり厄介だぞ…)

男「今俺忙しいんでまたなにかあったらどうぞ!」バタン

夕立「あっ…」

愛宕「閉められちゃったわ…」

霧島「とりあえず私達の部屋に入りましょうか…」


197 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:10:45 u14eg8FQ
男「………」

男「………引っ越したい」

島風「おっ?」

赤城「隣りに引っ越してきた人はどんな人だったんですか?」モグモグ

男「えっ…、それは…」

扶桑「私達も挨拶したほうがいいでしょうか…?」

榛名「榛名もそう思います!」

男「ダメ!!絶対ダメ!!」

電「はわわわっ!びっくりしたのです…」

雷「司令官?大声出しちゃってどうしたの?」

男(てかなんか食ってるし…)


198 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:18:42 .YU8sRY6
男「あ、赤城は何食べてるの?」

雷(話そらされた…!?)

赤城「これですか?最中ですよ。」モグモグ

龍驤「そんなことより隣りに引っ越してきた人どんな人なん?」

男「ふ、普通の女の人だよ…」

扶桑「だったら別に挨拶しに行っても…」

男「それだけはダメ!マジでダメ!」

島風「なんでですかー!提督ー!」

雷「そうよ!挨拶くらいいいじゃない!」

男「みんなは挨拶しに行ったらダメなんだよ!」

男(これ以上増えたらお金がかかるんだよ!3人も増えたら大変だよ!)


199 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:24:37 .YU8sRY6
    隣りの部屋

霧島「………」

愛宕「隣りの部屋の様子はどうかしら?」

霧島「やはりさっきの男の人以外に女の人の声が聞こえますね…」

夕立「壁に耳当てて隣りの部屋の様子探るなんてなんだか探偵さんっぽい?」


ハルナ!!アイサツニイッテキマス!!


霧島「………!!」

霧島「今のは榛名の声……」

霧島「ていうことはやっぱり……」

愛宕「さっきの人が私達の探してる男さん…」

夕立「てーとくさんっぽい?」

霧島「ほぼ間違いないわ…」


200 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:28:59 oMEOd/M.
男「ちょ、榛名あまり大きい声出さないで!」

加賀「私も挨拶に行ってきます」スタスタ

男「あ、待って加賀さん行かないで!」

赤城「私もこれが食べ終わったら行きますね」モグモグ

男「ずっと食べていてください」

島風「島風!!出撃しまーす!」

男「あっ、待てっ!」

島風「島風を捕まえるなんて100年はっやーい!」


201 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:34:44 oMEOd/M.
男(やばいぞ…、このままじゃみんな挨拶に行っちゃう…)


シュホウ!!


男「ん?榛名なんか言ったか?」

榛名「いえ…榛名はなんも…」


カベヲネラッテ…


扶桑「私も今聞こえました…」

男「誰だ?………はっ!」

男(隣りの部屋からか!?)

男「やばい!みんな逃げ…」

龍驤「え?」



霧島「撃てっ!!」


ドガーーーーーン!!


202 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:40:54 oMEOd/M.
男「うおぉっ!?」ゴロゴロ

島風「おっ!?」ゴロゴロ

赤城「か、壁が…!!」ゴロゴロ

扶桑(中破)「ふ、吹き飛んだ…!?」ゴロゴロ

ドン

男「いててて………」

男(今ので部屋の反対側に飛ばされた…)

男「みんな大丈夫!?」

雷「だ、大丈夫よ…」

電「少しびっくりしたけど大丈夫なのです…」

加賀(小破)「………」

龍驤「ウチは大丈夫やで!」


203 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:47:46 oMEOd/M.
榛名「榛名も大丈夫です!でも、今の声ってもしかして…」

霧島「榛名!久しぶりね…」

榛名「き、霧島!?あなたもこっちに来たのね!」

霧島「えぇ…、提督を探しにこのアパートに引っ越してきたんだけど…」

愛宕「提督ったら自分は男じゃないって言ったのよ〜!」

榛名「そ、そうなんですか提督!?」

男「だってだって…!」

夕立改二「夕立…、てーとくさんが嘘ついたことにすごく怒ってるっぽい………」

男(んん!?改二になってるじゃないですかーー!!)

男「3人ともごめん!嘘ついてほんとにごめんなさい!!」


204 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:48:42 oMEOd/M.
夕立………」


205 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:49:14 oMEOd/M.
ミスです。ごめんなさい


206 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 01:55:57 oMEOd/M.
夕立「てーとくさんがそう言うなら許してあげるっぽい…」

男(あれ?改二じゃなくなった?)

愛宕「ん〜…、どうしましょう…」

加賀「提督を許してあげてください」

男(加賀さん…!!)

赤城「そうですよ。提督も悪気があったわけじゃないですし…」モグモグ

男(………)

霧島「なるほど…、そういうことね…」

霧島(私達に嘘をついた理由がなんとなくわかったわ…)

榛名「ていうより霧島!なんで壁を壊したの!?」

霧島「それは隣りの部屋が提督の部屋ってわかったから…」

榛名「だとしても壁を壊すことはないでしょ!」

男(おっ?榛名が霧島に説教してる)


207 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:02:10 oMEOd/M.
霧島「で、でも部屋にいるあなた達に被害が出ないように計算して砲撃したわ!」

扶桑(中破)「………」

加賀(小破)「………」

壁(轟沈)「」


霧島「………」

霧島「………ごめんなさい」

男「まぁ、お互い様ってことで………」

島風「でも壁はどうするの?」

男「………」

男「弁償するようなの?」

男「お、お金もうないよ………」

愛宕「赤字鎮守府をさらに悪化させちゃったみたいね…」

扶桑「壁ないほうがいいんじゃないですか…?」


208 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:07:57 oMEOd/M.
男「それもそうか…」

赤城「壁を壊したおかげで部屋が広くなってもっと住みやすくなるかもしれませんね!」

霧島「………」ホッ

雷「これでまた鎮守府がにぎやかになるわね!」

電「なのです!」

夕立「それじゃあみんなで素敵なパーティーしましょ!」

加賀「………私は修復に入らせていただきますね」

扶桑「私も………」

男「ゆっくりしておいで〜」

霧島「さて、私もゆっくりマイクチェックを…」

男「とりあえず、霧島にはバイトしてもらうからね」

霧島「えぇ!?」

男「嫌ならいいんだよ?ただちゃんと壁の弁償してね?」

霧島「………」

男「」


209 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:08:29 oMEOd/M.
最後のもミスです。ごめんなさい


210 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:12:50 oMEOd/M.
愛宕(私はしなくて済みそうね…)

龍驤「愛宕もバイトするんやで?」

愛宕「えっ!?」

男「嫌ならいいんだよ?ただ1人で放浪してもらうことになるよ?」

愛宕「………」


男(この数日でいろんなことが起きすぎてる………)ハァ

榛名「…?」

男(これからどうなっていくんだろうな………)

男(俺ももっとバイト頑張らないとな!)






男(うわ、明日学校だ………)


211 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:16:58 Lqtqh3qw
    次の日

男「とりあえずみんな部屋に居てね?騒ぎとか起こさないでね?」 

雷「はーい司令官!!」

島風「おっ!」

男「じゃあ、学校行ってくるわ」

加賀「気をつけていってくださいね」

男「はーい」ガチャ



男(加賀さんから話かけてくるなんて…以外だな…)

男(とりあえずチャリこぐか………)シャー


212 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:23:33 Lqtqh3qw
     学校

男「今日は時間に余裕もってこれたな…」スタスタ


ガラガラ


男「………」

男(あれ?誰も挨拶してくれないだと!?)

女「………」

男(女来てるじゃん。いつも挨拶してくるのに静かだな…)

ざわ…

        ざわ…

男(ん?なんかざわついてるぞ?)


DQN「お?男じゃん、おはよー」

男「なんだDQNか、おはよー。なんか今日クラスの様子変じゃないか?」

DQN「なんだよお前、ニュースみてないのか?」

男「え?」


213 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 02:24:48 Lqtqh3qw
とりあえずここまでです

次くらいに木曾か摩耶が出てくる予定です。


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/31(火) 14:06:30 39lbjVUQ
できれば金剛さんを出してくださいとお願いしてみたり


215 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/01(水) 10:22:05 xQKoUGXw
あけおめ
武蔵みたいです


216 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:32:27 OuSxAnII
こんばんは

新年一発目の投稿していきますね


217 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:38:11 OuSxAnII
男「ニュースってなんのこと?」

DQN「ニュースくらい見ようぜ…」

男「お、おう…」

DQN「お前って女の親父さんがなんの仕事しているか知ってるか?」

男「確か…、タンカーの船長じゃなかったか?」

DQN「なんだ。知ってるじゃん。」

男「そりゃ、幼なじみだからな…。それで?」





DQN「女の親父さんが乗ってたタンカーが沈没したんだよ。」


218 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:39:27 OuSxAnII
あと今更なんですが、男、女、DQNの3人は幼なじみっていう設定です。


219 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:48:15 OuSxAnII
男「は、はぁ!?」


シーン…


DQN「バカッ!大声出すんじゃねーよ!」ヒソヒソ

男「それでどうなったんだ?」ヒソヒソ

DQN「タンカーの真ん中から真っ二つになってな、そのまま沈んでいったらしい」

男「乗ってた人達は?」

DQN「まだ行方不明らしい………」

男「まじかよ………」

DQN「その事故から2日以上たってるぜ…船員はもう…」

男「おい!やめろ…!」


女「………」ガタッ

男「あっ…」


220 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:55:09 OuSxAnII
女「お父さんは生きてる!!」

DQN「お、おい…」

女「死ぬわけないじゃない!みんな無事に決まってるわ!」

男「お、女…、少し落ち着けよ…」

女「アンタは黙ってて!」

男「はい」

女「タンカーが沈んだくらいで…お父さん達が死ぬはずないじゃない…」

DQN「でもな…、人が水中で息は出来ないんだよ…。それくらい分かってるだろ?」

女「違う!!分かってないのはDQNよ!アンタは昔からそうやって勝手に決めつける!」

DQN「決めつけるもなにも…、みんな口に出さないだけでもうなんとなく分かってんだよ!」

DQN「タンカーと一緒に海の底に…」

男「おい!DQN!もうやめろ!」


221 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 01:58:38 OuSxAnII
DQN「………わりぃ、つい………」

女「………」



 
女「………私だって分かってるのよ…」

男「女………」

女「………でも、私は………」ガタガタ



女「お父さん達が生きてるって信じてる…!」ダッ

男「お、女!」

ガラガラ

男「帰っちゃった………」

DQN「………」


222 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:01:29 OuSxAnII

キーンコーンカーンコーン

男「………」


DQN「少し言い過ぎちまったな………」

男「お前は言い出すと止まらないからな………」


ガラガラ


先生「今女が廊下走っていったがなにかあったのか?」

男「体調が悪くて返ったみたいです」

先生「そうか…。それじゃあ今日は………」



DQN(………)


223 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:05:42 OuSxAnII
     校庭


女「はぁ……、はぁ………」


女「私だって絶望的な状況だってことくらいわかってる………」


女「でも………」


女「まだ望みはある…!諦めるわけにはいかないのよ…!」


女「よっぽとの事がない限り、あのタンカーは真っ二つになんかならない………」


女「誰かに攻撃されたはずよ………」


女「………」


女「私が………私達が仇をうたなきゃ………」


224 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:09:06 OuSxAnII
     放課後

男「………」スタスタ

DQN「………」スタスタ



DQN「俺…、女に謝ってくるわ………」

男「俺も一緒に行こうか?」

DQN「いや…、1人で行く………」

男「そうか………」

DQN「………」

男「………」




DQN「なぁ、男…、お前はタンカーが何で沈んだと思う?」

男「え?」


225 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:15:20 OuSxAnII
男「そりゃあ、エンジンかなんかが爆発したんじゃないのか?」

DQN「そうか…、普通そう思うよな………」

男「な、なんだよいきなり………」

DQN「いや、なんでもない。俺は女ん家寄ってくから!じゃあな!」

男「お、おう…、また明日な!」


DQN「あっ、言い忘れたけどお前中学生にからまれただろ?」

男「!?な、なんで知ってんだよ!?」

DQN「まぁ、いろいろとな…、そのうちの1人の兄貴が暴走族らしいから気をつけろよなー!」タッタッタッ


男「お、おい…!ちょっと待っ…」

男「行っちゃった………」


226 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:19:25 OuSxAnII
男「………」

男(まさか女の父ちゃんが乗ってるタンカーが沈むなんてな…)

男(そのせいでクラスがあんなに静かだったんだな…)

男(………)

男(それにしてもなんで沈んだんだ?)

男(大きな爆発が原因じゃないのか?)

男(DQNの奴は変な質問してきたし…)

男(とりあえず、家に帰ってニュースみるか)


227 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:25:26 OuSxAnII
      アパート

男「ただいまー」ガチャ

電「お帰りなさい!なのです!」

雷「司令官お疲れ様!」

男「あれ?他のみんなは?」

雷「みんなお散歩に行ったり、お昼寝しているわ…」

男「そうか…」



榛名「あっ!提督!おかえりなさい!」

男「ただいまー…、あっ、榛名聞きたいことがあるんだけど」

榛名「はい!なんでしょう?」

男「タンカーの事故のニュース知ってるか?」

榛名「えぇ!もちろんです!お昼のニュースでもやっていました!提督は知らなかったのですか?」

男「え…」

電「電も知ってるのです」


228 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:29:54 OuSxAnII
霧島「私も知っていますよ」

男(あ、いたのか)

愛宕「提督はもしかして知らなかったんですか?」

男「は、はぁ?し、知ってるに決まってるだろ!」

加賀「今テレビでニュースやってますよ」 

男「なに!?チャンネル変えるなよ!」

夕立(やっぱり知らなかったっぽい?)


テレビ「………以上夕方のニュースでした。」

扶桑「あら、提督…、ニュースなら終わりましたよ?」

男「………」

男(くそぉぉぉぉ…、まだ見れてない…)


229 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 02:31:14 OuSxAnII
ちょっと休憩するっぽい?


230 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 03:28:07 OuSxAnII
すいませんやっぱり寝ます


231 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 13:08:47 rOs7vRiY



232 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/07(火) 20:23:04 MLvLSk/Y
女もか


233 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/14(火) 07:16:18 2vkFVAr2
保守。


234 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 01:28:44 zKyDcBvM
続き投稿します。


235 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 01:35:16 zKyDcBvM
男(そのあともテレビを見続けたけどニュース番組を見れることはなかった………)

夕立(っぽい?)

男(!?)


      夕食後

男「ふわぁ〜………」

電「司令官さん?眠いのです?」

男「まぁね………、そろそろ寝ようか…」


赤城「提督!!大変です!!お風呂まで来てください!!」

男「!?」ビクッ

霧島「なにやらただ事ではないような感じです………」

男「………」

男(眠気が………)


236 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 01:43:18 zKyDcBvM
赤城「提督ー!!」

男「なんだー!?ドア越しからでも聞こえるかー!?」

赤城「はい!聞こえます!」

男「それでどうしたんだ!?」

赤城「シャンプーがなくなってしまいました!!」

男「え?」

赤城「だからシャンプーが!!」

男「新品のがあったはずだけど?」

赤城「それがもうないんです!詰め替え用も全部ありません!」

男「嘘だろ………」

男(この前安売りしていたのを買い溜めしたはず………)

島風「見てみてー!新しいシャンプーを使ったら髪の毛さらさらになったよー!」

雷「私の髪の毛をさらさらになったわ!」

キャッキャッ!!

男(そりゃ消費がはやくなるわ………)


237 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 01:51:46 zKyDcBvM
男「とりあえずたくさん詰め替え用買ってこなきゃな………」

男「はぁ………」

男「この中でまだ風呂に入ってない人ー?」

島風「私は入ったけど連装砲ちゃん達が…」

男「いや、入れちゃダメでしょ」  
電「電はもう入ったのです」
 
雷「私も入っちゃったわ」

龍驤「うちも入ったで〜」

愛宕「私もさっき入っちゃいました〜」

扶桑「私もです…」

夕立「夕立ももう入っちゃったっぽい」

霧島「私も入らせていただきました」

加賀「入りました」


238 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:00:56 zKyDcBvM
男「みんな入ってるんだな…。榛名は?」

榛名「榛名ももう入ってしまいました…」

男「そうか………。しかたないや、とりあえず今からシャンプー買ってくるからみんな待ってて」

榛名「提督!榛名なら大丈夫です!一緒に行きます!」

男「え?いや、いいよ…、悪いし…」

榛名「提督は榛名にも気をつかってくれる優しい方です…。でも、榛名は大丈夫です!」

男「そうか…、じゃあついてきてもらおうかな!」

榛名「はい!」

男「それじゃあ行くかぁ………」

扶桑「提督…、温かいお茶用意してまってますね…」

霧島「じゃあ私は寝る用意をして待ってますね」

雷「私達はおもしろいテレビ番組探しておくわ!」


239 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:06:00 zKyDcBvM
男「みんなありがとう…!それじゃあ行ってきます」

イッテラッシャイー!



男(おぉう…、以外と外は冷えてるんだな………)

男「榛名大丈夫か?」

榛名「えぇ!榛名は大丈夫です!」

男「そうか…、スーパーまで結構遠いな………」

榛名「そうですね………」

男「………」スタスタ

榛名「………」スタスタ


男「………」スタスタ 

榛名「………」スタスタ




男(なんだこの沈黙の時間は!?)


240 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:19:26 zKyDcBvM

榛名「………」スタスタ

榛名(なんで提督は話しかけてくれないんでしょうか………)

男「………」スタスタ

榛名「スタスタ」スタスタ

男「!?」

男「ど、どうした?」

榛名「え?榛名は大丈夫ですよ?」

男(大丈夫じゃないだろ…)

男(もしかして寒いのか?)

男「榛名、ほらっ!」バサッ

榛名「え?」


241 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:27:07 zKyDcBvM
男「寒いんだろ?無理すんな」   
榛名「いえ、榛名は…」

男「まぁいいんだよ。俺は大丈夫だから!」

榛名「え、えぇ…、ありがとうございます!!」

榛名(提督はほんとに優しい人です…。榛名は……きっと、提督のことが………)


ブォン!ブォン!パラリラパラリラ!


榛名「な、なんですか!?このうるさい音は!?」

男「暴走族だな…、今時まだいるんだな………って、あ………」

男(嫌な予感がする)


242 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:40:14 zKyDcBvM
暴走族A「おう兄ちゃん!かわいい彼女とデートでもしてんのかー!?」

暴走族B「ヒューヒュー!」

男「榛名…、無視していくぞ」

榛名「…?は、はい…」


総長「ちょっと待てやコラァ!」コラァ

男(コラァ2回言ったぞ………)

榛名「な、なんでしょうか?」

総長「そこの男、お前俺の弟に手を出しただろ?」

男「は?」

中学生B「アニキあいつだよ!俺たちをいじめた奴は!」

男(げっ!あのときの………!DQNが言ってたのはこれか…)

男「いじめたってそっちが先に………」

総長「つべこべ言ってんじゃねーぞコラァ!」コラァ

榛名「コラァコラァって………」プルプル

男「た、耐えるんだ榛名…、笑っちゃダメだ……」プルプル


243 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:49:30 zKyDcBvM
総長「なにしゃべってんだコラァ!」コラァ

男「ぶふっ!コラァコラァってまた言った…!!」ギャハハ

総長「て、てめー笑ってんじゃねーぞゴラァ!」ゴラァ

榛名「今度はゴラァゴラァって……!提督!この人変な人ですね!」

男「それいったらやばい」

榛名「え?」

総長「て、てめーら許さねーからな!お前ら!武器持ってやっちまえや!」

暴走族N「ウッス!」
 
暴走族T「オッス!」

男「何人いるんだよ………、逃げるぞ榛名!」ダッ

榛名「は、はい…!」ダッ


暴走族X「ぐへへ、残念だな!お前らはもう囲まれてんだよ!」

暴走族G「大人しくボコされるんだな!」

お前(多すぎぃ………)


244 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:50:17 zKyDcBvM
総長「なにしゃべってんだコラァ!」コラァ

男「ぶふっ!コラァコラァってまた言った…!!」ギャハハ

総長「て、てめー笑ってんじゃねーぞゴラァ!」ゴラァ

榛名「今度はゴラァゴラァって……!提督!この人変な人ですね!」

男「それいったらやばい」

榛名「え?」

総長「て、てめーら許さねーからな!お前ら!武器持ってやっちまえや!」

暴走族N「ウッス!」
 
暴走族T「オッス!」

男「何人いるんだよ………、逃げるぞ榛名!」ダッ

榛名「は、はい…!」ダッ


暴走族X「ぐへへ、残念だな!お前らはもう囲まれてんだよ!」

暴走族G「大人しくボコされるんだな!」

男(多すぎぃ………)


245 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 02:51:01 zKyDcBvM
>>243はミスです。すいません。


246 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 03:02:18 zKyDcBvM
男「どうする………」

榛名「提督!榛名に任せてください!いま装備を…」

男「いや、こんなところで砲撃したら大変なことになるから!」

榛名「それもそうですね………」

男「とりあえず隙をつくるから榛名は逃げろ」

榛名「え!?でも、提督が…」

男「俺のことは心配しなくていいから…、榛名さえ無事で居てくれれば………」

榛名「て、提督………」

総長「なにごちゃごちゃ言ってんだコラァ!」コラァ

暴走族C「やっちまうぞ!」

男「今だっ!」ドガッ

暴走族C「ぐへっ…」ドサッ

男「榛名!!逃げろー!!」

榛名「は、はい…!」ダッ


247 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 03:11:27 zKyDcBvM
総長「ちっ…、女には逃げられたか…」  

総長「まぁ、いいか…、てめーはこの俺がぶっ飛ばしてやっからよ」

男「はいはいそうですか…」

総長「いくぞコラァ!」コラァ

男(………)

男(榛名は逃げれたかな…?)

男(これでいいんだ…。俺は今まで悪いことやってきたからな。バチが当たったんだな………)

男(さて、覚悟を決めますか…!)

総長「オラァ!」

男(………くる!)
   






????「なにあれ?もしかして夜戦!?」


248 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 03:15:09 zKyDcBvM
今日はここまでです。

更新が遅くて申し訳ないです。

少しずつだけどちゃんと完結させます。

あと、出してほしい艦娘達で名前が出てきたのはちゃんと出して行きます。

ただ今考えてる内容だとかなり後になるかもしれません。

次は金曜日くらいには投稿します。


249 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 13:33:42 ECXVrra2
お疲れさまです
ゆっくり待ちます


250 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/15(水) 17:18:08 Aajamhcc
乙!


251 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/17(金) 21:01:11 wJzVUYKs
金曜日なのです!
カレーの日なのです!


252 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:14:32 E39xUKjA
土曜日になってしまったので那珂ちゃんのファン辞めます…

では投稿していきます


253 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:18:04 E39xUKjA
総長「オラァ!気合いいれろやコラァ!」コラァ

男「………」

総長「そろそろ行くぞコラァ!」コラァ 

男「………」

男(こいついつまで経っても殴ってこないぞ………)

総長「なにこっちみて…」

男「お前実はいい奴だろ」






バキッ



暴走族F「ぐぁぉぁあっ!!」ドサッ

総長「!?」

男「!?」


254 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:22:46 E39xUKjA


ドガッ!バギッ!


暴走族O「ぎゃぁぁあ!」

暴走族V「ぐっへぇぇぇ!」

総長「なんだ!?お前らどうしたんだ!?」

????「夜戦だよー!楽しいなー!」





255 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:24:42 E39xUKjA


ドガッ!バギッ!


暴走族O「ぎゃぁぁあ!」

暴走族V「ぐっへぇぇぇ!」

総長「なんだ!?お前らどうしたんだ!?」

????「夜戦だよー!楽しいなー!」


ドガッ!バギッ!

暴走族A「ひぃぃぃい!」

暴走族R「いててててて!」

男「暴走族がどんどん壊滅していく…」

男(周りにいっぱいいてまだ声しか聞こえないけど誰なんだ………)


256 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:25:30 E39xUKjA
>>254ミスです。すいません


257 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:30:50 E39xUKjA


ドガッドガッドガッ!


男(だんだん近づいてきたな…)

総長「て、てめーよくも……!」

総長「てめーは一体なにもんだコラァ!」コラァ







川内「夜戦大好き川内参上!!さぁ、あなたも私と夜戦しよ?」

男「!?!?!!?」


258 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/18(土) 02:38:31 E39xUKjA
総長「仙台だぁ?宮城の族のやつかゴラァ!」ゴラァ

川内「??」

男(まぁ、そうなるな…)

総長「とりあえず部下の仇は俺がとらせてもらうぜ…」パキポキ

川内「どこからでもかかってきなさい!」

総長「おらぁ!」


スカッ


男「空ぶった!」

総長「!?」

川内「次は私の番ね!」

川内「くらえーーー!」ドガバキドガドガドン!

総長「ぐうぇぇぇえっ!」

ドサッ

総長(白目)「………」


259 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/20(月) 22:46:16 fmXmituk
主砲で攻撃されて死なない総長wwwwwww


260 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/20(月) 22:58:36 NKbVimtI
夕張メロンおっぱいちゃんはどこだ


261 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/23(木) 07:29:47 sSDyMdg6
私たちが、仇を、ねぇ……


262 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/24(金) 02:08:57 L3vEIS0I
マダカナー


263 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/26(日) 00:21:33 xIVC6kh6
マダミタイダヨー


264 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/26(日) 21:43:26 vw1TWbws
那珂ちゃんダヨー


265 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:00:29 MRUfbuqY
さて投稿していきます。

前回から一週間くらいたってしまってすいません。


266 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:06:33 MRUfbuqY
榛名「提督ー!大丈夫ですかー!?」タタタッ

男「あっ、榛名…。俺は大丈夫だけど………」

総長(白目)「」

榛名「この人は………、もしかして提督がやっつけたんですか!?」

川内「私よ!!」

榛名「あっ!あなたは川内!!こっちに来ていたのね!」 

男(え?)

川内「少し前にね…、もしかしてあなたが提督の男なの?」

男「そ、そうなるのかな…」

男(川内うちの鎮守府なのか………)


267 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:13:01 MRUfbuqY
川内「ところで2人はどこにいくの?………あっ」

榛名「??」

男「なんだよ………」

川内「ううん!なんでもないわ!提督も男だもんね!」

男(こいつなんか勘違いしてるぞ……)

男「俺と榛名は買い物に行くところなんだよ?」

榛名「えぇ、シャンプーがなくなってしまったので………」

川内「え!?買い物!?あっ、なんだ!買い物だったのね…、てっきり私は2人でや…」

男「はっくしょん!あー、夜は冷えるなーー!!」

榛名(いきなり大声を出すなんて提督どうしたのでしょうか………) 

川内(提督今のわざとだ………)


268 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:18:35 MRUfbuqY
川内「とりあえず私は夜戦して疲れたし帰るねー!」スタスタ

男「そうか………、って俺の住んでるアパートはそっちじゃないぞ?」
 
川内「あ、いいのいいの!神通が駅前で待ってるから!」

男「神通もいるのか?じゃあ早く連れてきてあげないと…」

川内「大丈夫!私たちこれから仕事だし…」

男「仕事って……?」

川内「私と神通はね………」








川内「那珂のマネージャーやってるの」


269 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:26:14 MRUfbuqY
男「………」

男「はっ!?どういうことマネージャーって!?」

榛名「あの子のマネージャーってことは………」

川内「知らないの?今じゃ那珂は超人気アイドルだよ?」

男「!?!!?」

榛名「ど、どういうことなんでしょうか………」

川内「私たち3人はね、一緒にこっちの世界に来たの…」

川内「どこにいけば分からなくて途方にくれていたら那珂が…」

那珂『こんなときは歌うのが一番!アイドルは歌でみんなを元気づけてあげなくちゃ!!』

川内「って言って歌いだしたの。そしたらだんだん人が集まってきてその中に音楽プロデューサーがいて…」

男「一気に売れていったのか…」

川内「そういうこと!一緒にいた私と神通は那珂のマネージャーになったの!今はもの凄く忙しいの。だから私は空いてる時間に夜戦してるってわけ!」

男(その暇つぶしの時間で暴走族一つ壊滅させてるんですけど…)


270 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:30:46 MRUfbuqY
榛名「そう…、那珂ちゃんはアイドルになれたのね…、榛名…感激です……」グスッ

男(なんか泣いてるし!)

川内「そういうことで私はもう戻るわ!時間があったら3人で会いに来るね!」タタタッ



男「あっ、ちょっと………」

男「行っちゃった……」

男「まさか那珂ちゃんが超人気アイドルになってるとは…」

総長「うぅ………」

男「やべっ!榛名!さっさとシャンプー買いに行くぞ!」

榛名「は、はい!!」


271 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:38:22 MRUfbuqY
   

男「とりあえずいろいろあったけどスーパーの近くまで来たな…」

榛名「そうですね…、シャンプーを買って早く帰りましょう!」

男「だな……、ってか榛名はなんで川内がうちの鎮守府の子だって分かったんだ?」

榛名「それはですね、あっちで面識があったからです。同じ艦隊の子は一目見たら分かるんです」

男「なるほどなぁ………」



子供「ねぇママ!あそこに海賊の格好した人がいるよ!!」

ママ「もう!人の事を指さしちゃダメよ!」

男「海賊の格好?」


木曾「………」

男「」


272 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:45:06 MRUfbuqY
男(なんであそこにスーパーの前に木曾が居るんだよ…!)

男「榛名…、あそこに居る木曾はうちの艦隊にいた子か?」

榛名「いえ……、違いますね……」

男「おいおい………、もしかしてこの前にあった長門と陸奥のところと一緒の……」

榛名「そうかもしれませんね…、まさか他にも提督がいるなんて………」

男(どうなってんだよ……)

子供「ねぇ、ママ!僕あの海賊の格好したお兄ちゃんと海賊ごっこしたい!!」

木曾「………!!」

男(お兄ちゃんって言われてどうようしてるし……)

ママ「ダメよ!帰りますよ!」


273 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/27(月) 01:51:42 MRUfbuqY
子供「えぇー!じゃあまた今度ねー!海賊のお兄ちゃーん!」

木曾「お、俺は男ではない!」

ママ「自分のこと俺って言って男じゃないなんて…、関わったらまずいわ、早く帰りましょ……」スタスタ

子供「うわー!ママ引っ張らないでー!」ズルズル


男(親子は帰ったみたいだな……)


木曾「………」イライラ

男(なんかイライラし始めてるぞ………)

榛名(いつまで電柱に隠れてるんでしょうか……)

????「あっ、キソーまったー?」

木曾「お、遅いぞ!!」

男(あ、あの艦娘は………!)


274 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/03(月) 16:50:21 gheOHVKo
マダー


275 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 22:56:02 fBSiUFp2
最近週に一回更新のペースになってきました…

今日も寝るまで更新していきます


276 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:01:55 YonRR6vY
まってましたー!


277 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:02:30 fBSiUFp2
木曾「おい、北上!遅いぞ!なにやってたんだ!!」

北上「何って提督に頼まれたの買ってきたんだよ?」

木曾「遅い!!遅すぎる!!」イライラ

北上「キソーはなんでイライラしてるんですかねー………」

木曾「う、うるさい!それにそのキソーって呼び方やめろ!」

北上「別にいいじゃんキソー、そんな怒るなキソー」

木曾「お、お前な…!!許さん!!」

北上「うわー!キソーが怒ったー!!………逃げなくちゃ」ダダダッ

木曾「待てっ!!」ダダダッ


278 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:06:24 fBSiUFp2
男(どっか行っちゃった………)

榛名「な、なんだったんでしょうか………」

男「さぁな………」

ガリガリガリガリガリ

男「ん?」

ガリガリガリガリガリ

男「榛名今なんか音がしなかったか?」

榛名「??……いえ、榛名には何も聞こえ……」ガリガリガリガリガリ

榛名「聞こえました………」

ガリガリガリガリガリ

男「な、なんだこの音は………」

ガリガリガリガリガリ



大井「………」ガリガリガリガリガリ

男(あかん)


279 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:10:35 fBSiUFp2
榛名「コンクリートの壁を手でガリガリしてますよ…」ヒソヒソ

男「さっきのやり取り見てたんだろうな…」ヒソヒソ


大井「なによあいつ……」ガリガリガリガリガリ

大井「最近雷巡になったからって……」ガリガリガリガリガリ

大井「北上さんと一緒に買い物なんて……」ガリガリガリガリガリ

大井「私なんて最近は駆逐艦の子の面倒ばかり見ているのに……」ガリガリガリガリガリ

大井「許せない……、許せないわ………」ガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリ


男「やばい」

榛名「は、早くスーパーに入りましょう!」


280 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:19:35 fBSiUFp2
大井「許せない……許せ……!!」
ガリガリガ

男「げっ!?こっちに気づいた……」

大井「なによあんたたち!!私に何かようなの!?」

男「あっ、いえ……なんでもないで……」

大井「魚雷撃ちますよ?」ニコォ

男「ちょっ……、酸素魚雷は勘弁………」

榛名「て、提督逃げましょう!!」ダダッ

男「か、かんにんしてつかぁあさぁい〜!!」ダダッ

大井「待ちなさい!!……って、スーパーに逃げられちゃったわ…」チッ


281 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:23:06 fBSiUFp2
大井「次会ったら酸素魚雷20発喰らわせてやるわ………」

大井「………私もそろそろ帰りましょうかね…、提督や北上さんも待ってるだろうし………」

大井(そういえばさっきの男と一緒に居たのは金剛型の榛名だったわよね?っことは………)




大井「ふふふ…、おもしろいことになりそうね…」スタスタ


282 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/04(火) 23:29:19 fBSiUFp2
男「はぁはぁ…、とりあえず逃げられた…」

榛名「提督も人間観察はほどほどにしてくださいね?」

男「お、おう…」

男「とりあえずシャンプーとそのたもろもろたくさん買っていくか………」





男「買いすぎて重い…」ヨロヨロ

榛名「提督?榛名がお持ちしましょうか?」

男「いや、これくらい持って帰れる…!!」ヨロヨロ

榛名「そんなよろよろ歩かれても説得力ありません!!榛名が持ちます
!!」グイッ

男「お、おい!こんな重い荷物持てるのか!?」

榛名「えぇ!榛名は大丈夫です!!」スタスタ

男「うわっ、すげー軽そう………」

男(そりゃ、主砲やらなんやら重い装備いつも装備してんだよな…。今は他の娘もジャージだけど…)


283 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/09(日) 00:19:58 hu4VUTfQ
乙。荒らしのない静かなssだ、このままひっそりいきたいね。


284 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/11(火) 17:10:14 7F8PoAak
面白い。艦これSS増えて欲しい。


285 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 01:33:15 NFJQNncI
>>1です。
全然更新できなくてすいません…

2月は忙しくて家に帰ってきてからはすぐ寝ちゃってるので続きを書いてる暇がないです…

落ち着くまで不定期で更新していきます。少し落ち着いたらガンガン書いていきたいです。

読んでくれている人へ、ほんと申し訳ないです…

今日は更新せずもう寝ます

おやすみなさい…


286 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 01:36:28 D4nLhxV.
ゆっくり待ちますとも!


287 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 01:47:12 92vPoKFI
まってる


288 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/15(土) 08:44:28 YPTS.9yc
待ちますとも


289 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/18(火) 00:27:56 J//gDK7I
待つぜ


290 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 21:24:04 HrkVEuO6
まってるよ


291 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/23(日) 13:55:25 Ne4flPkA
保守


292 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/28(金) 15:58:23 hIK.ylv2
保ー


293 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 16:27:51 aRKT5G8A
Hoshu


294 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:42:06 9ybLXdvM
>>1です 。
少し時間あるときに書きためたのがあるのでそれを少し投稿しつつ、続き書いていきます。


295 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:43:37 9ybLXdvM
男(結局アパートまで榛名に荷物持ってもらってしまった…)

男「榛名…荷物持ってくれてありがとな」

榛名「……!!い、いえ!!榛名は当然の事をしたまでで…」

男「………はっっくしょん!!あぁ〜」ズズー

榛名「て、提督!?大丈夫ですか!?」

男「うん…、今日少し寒いからな…」

榛名「そうですね、今日は少し冷えてますね……って」

榛名(榛名が提督の上着を借りて着ているから提督が薄着になってそれで…)


296 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:44:20 9ybLXdvM
榛名「提督!!この上着返します!!なので早く着てください!!」

男「え?大丈夫だよ?アパートすぐそこだし…」

榛名「いやでも……」

男「男は大丈夫です!!」

榛名「………」

男「………」

榛名「………………」

男「ごめん」

榛名「えーっと、急すぎて反応ができませんでした…」

男「いやいいんだ………」

キーヅイテルワー ミンナガーワタシーヲ

榛名「………?今何か聞こえませんでしたか?」


297 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:45:17 9ybLXdvM
男「え?」

ハートノシセンデー ミツメテルノー

男「ホントだ。なんか聞こえるぞ…」

アイドルダカラー ナレッコダケドー

榛名「私たちの部屋から聞こえますね…」

アナタノヒトミニキヅイテー ドキットシチャッター

男「なんなんだ……?」

ガチャ…キイィィ

男「いいか榛名、音をたてるなよ…」ヒソヒソ

榛名「はい!榛名は大丈夫です」ヒソヒソ

男(リビングからか……?)


298 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:49:28 9ybLXdvM
雷「ほかのひととはちーがうー!」

赤城(」゚д゚)」<ちーがうー

男(!?)

榛名(!?)

雷「トークベツをかんじーたのー!」

雷「そのときからわーたしのー」

島風(」゚д゚)」<わーたしのー

雷「むーねは…」

雷「かいたーいーさーれちゃいそうよー!!」

夕立 (」゚д゚)」<L.O.V.E ラブリー雷!


299 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:50:21 9ybLXdvM
雷「こいのとぅーふぉーいれーぶん!!」

龍驤・扶桑( ゚д゚)ノノパパァン

雷「ハートがーたかなるのー!」

霧島・愛宕(」゚д゚)」フワ↑フワ↑

雷「にゅうきょしてもおさまらなーい!どーしたらいいの!」

雷「こいのとぅーふぉーいれーぶん!!」

電 ( ゚д゚)ノノパパァン

雷「もうごまーかさないー!」

雷「しずかにでもだいたんにー!あなたのこころにしゅつげきしちゃうかーらーー!」


男(ああ^〜)


300 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:51:25 9ybLXdvM
雷「ふぅ!一番が歌い終わったわ!」

島風「次は私がうーたーうー!」

雷「ちょっと!雷が全部歌うって言ったじゃない!」

島風「やっぱり私も歌いたいの!」

電「ふ、2人とも落ち着くのです!」

赤城「じゃあ加賀さんに歌ってもらいま…」加賀「歌いません」

龍驤「そうやで!ここで一航戦の実力みせて…」加賀「歌いません」

扶桑「べ…」加賀「歌いません」

扶桑(まだ何も言ってないのに…、不幸だわ…)

男「俺も加賀さんが歌っているところ見たいです」

加賀「歌いま………、っ!?」


301 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:52:14 9ybLXdvM
電「あっ、司令官さん!お帰りなのです!」

霧島「帰ってきてたなら早く出てきてもよかったのに…」

男「いや〜、なんか歌ってたから邪魔しちゃ悪いかなって。ていうか今の歌はなに?」

赤城「あれ?提督知らないんですか?那珂ちゃんのデビュー曲ですよ」

男「え!?」

愛宕「提督ったらほんとなんにも知らないんですね…」

男「うっ…」

加賀「彼女は私たちの艦隊にいたころからよく歌っていました」

龍驤「うちらは川内と神内に連れられて無理矢理歌聞かされてたようなもんやったのに…」

榛名(どうしましょう…、完全に榛名空気になってます…)


302 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:53:03 9ybLXdvM
榛名「そういえば川内さんに会いました!」

扶桑「あら?川内に会ったの?」

男「そうなんだよ。なんか神通と一緒にマネージャーやってるんだって」

夕立「なんだか大変っぽい」

電「でもいつも那珂ちゃんの応援していた2人にとって那珂ちゃんがアイドルとして引っ張りだこになっているのはとっても嬉しいと思うのです…」

島風「私も那珂ちゃんがアイドルとして活躍できてて嬉しい!」

男(イイハナシダナー…)

雷「それより司令官!なんだか寒そうね、早くお風呂に入ったほうがいいわよ?」

男「それもそうだな。榛名、先に風呂入ってもいい?」

榛名「全然いいですよ。ゆっくりして疲れをとってくださいね」


303 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/03(月) 23:53:51 9ybLXdvM
男「………ふぅ」バシャン

男(解体のアイドルとか喋る資材とかいろいろ言われていたあの那珂ちゃんが今や超人気アイドルか〜)

男(うちの艦隊に居たって言われても遠征ばっかり行ってたな)

男(こっちじゃほんとに各地方のコンサート会場に遠征するんだろうか…)





男(待てよ?那珂ちゃんはうちの艦隊に居たんだよな?ってことは俺が本物のプロデューサーになるはず…)

男(………!)

男「フフ…、俺は天才か…!こんなことが思いついてしまうなんて…!自分が怖いぜ!フハハハ…」

加賀「提督。お風呂で1人で笑うなんて気持ち悪いです。静かにしてください。」

男「」


304 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/04(火) 02:18:32 Cf.Yr6lE
喋る資材ひどすぎワロタ


305 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/15(土) 21:14:45 Eqd/aAJY
つ、続きはまだなのか...響が見たいのだ....


306 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/15(土) 21:19:28 ZL5PRRek
海外艦実装で話の幅が増えるよ!


307 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:48:45 MTJlfDRU
こんばんは。

少し書きためたので投稿していきます。


308 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:50:55 MTJlfDRU
    次の日

島風「てーとくー!朝だよっ!」

男「んん……、もう少しだけ寝かせて……」

島風「………連装砲ちゃん、提督をおこしてあげて!」

バコン!!

男「〜〜〜〜〜!!」ジタバタ

島風「やっと起きたね!」

男「連装砲ちゃんに殴らせるなんて……」血ダラダラ

島風「提督が早く起きないのが悪いんでしょ!それに早く起こしてって言ったの提督だよ!」

男「あれ?そうだっけ?」

島風「連装砲ちゃん…」

男「思い出した!!俺が起こしてって頼んだんだ!!だから連装砲ちゃんはやめて!!」

島風「まったくもぉ〜」

男「それより島風、駆逐艦以外のみんなを起こしてくれ」

島風「おっ!!」


309 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:53:14 MTJlfDRU

男「みんなおはよう!!」

霧島「司令、おはようございます」

加賀「おはようございます」

赤城「………zzz」

榛名「はい!榛名はだいじょぶでムニャムニャ………」

愛宕「ぱんぱかぱ〜ん!」

龍驤「なんやこんな朝早くに……」

扶桑「提督…、何か話でもあるんですか?」

男「そう…、前にバイトをしてもらうって言ったの覚えてる?」

赤城「バイト?いえ、知らない子ですね…」

男「バイトしないとみんな食べていけないって言ったと思うんだけど…」

赤城「うっ…、頭の片隅にそんなことを言っていた記憶が…」

男(なに言ってんだ?)


310 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:54:05 MTJlfDRU
男「とりあえず履歴書渡すからみんな書いてそれぞれ指定の場所に行ってくれ。場所も書いてあるメモも渡しとく」

霧島「分かりました」

男「じゃあ俺は学校に行くから。みんながバイト受かること願ってるなら!」

榛名「榛名!頑張ります!」

加賀「赤城さん、一航戦の本当の力を見せるときが来ましたね」

扶桑「ふふ…、西村艦隊の本当の力も見せてあげるわ…」

龍驤「ウチも頑張るで〜!」

愛宕「私も頑張っちゃいましょうかしら〜?」




島風「大丈夫かな?」ヒソヒソ

男「みんな気合い入ってるから大丈夫でしょ」ヒソヒソ


311 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:54:56 MTJlfDRU
男「んじゃあ俺は学校行くからみんな頑張ってね〜」

愛宕「行ってらっしゃ〜い」

龍驤「学校頑張ってや〜!」


ガチャ  バン!


男(まぁみんなしっかりしてるから面接も大丈夫だろう…)

男(さて…、学校行きますか!)





????「…………」ジー


312 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:56:00 MTJlfDRU
学校

男「今日は早く着いたな」

女「ねぇ、男くん…」

男「あっ…、えっと…」

女「昨日はごめんね…、私…」

男「いや女は悪くないだろ…」 

女「でも………、それにDQNにも言い過ぎたから後で謝らないと」

男「あぁ、あいつのことだから謝らなくてもいいと思うよ」

DQN「俺の扱いひどくね!?」ゲッソリ

男「いたのかよ!!」

女「いたんだ…」

DQN「ひどい」

男「てかお前すごい顔色悪いぞ?どうしたんだ?」


313 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:56:42 MTJlfDRU
DQN「俺バイト掛け持ちし始めたんだ…。夜はコンビニで朝は早くに新聞配達だし…」

男「大変だな…」

女「ねぇDQN…、昨日は…」

DQN「女が謝る事はねーよ。俺が言い過ぎたのが悪いんだ。ごめん…」

男「まぁ、今まで通り幼なじみ3人で仲良くやっていこうぜ!!」

DQN「そうだな!!」

女「………ホントはもう1人…」

男「あっ…、そうだったな…」

DQN「………また3人であいつん家行ってるみるか」

女「そうね…」

キーンコーンカーンコーン

男「そろそろ教室に入るか…」


314 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:58:48 MTJlfDRU
ガラガラ

キリーツ!
オハヨウゴザイマース!
チャクセーキ!

先生「おはよう。今日はみんな遅刻しないでよく来たな。特に男」

先生「まぁ、そんなことはどうでもいいんだ。今日はみんなにお知らせがある」

ナンダナンダ??

先生「なんと今日は転校生がやってくるぞ」

男「!!」

テンコウセイダッテ!?
オンナカ!?オトコカ!?

先生「喜べ男子諸君!女子生徒だ!」

ウオーーーーーー!!
キターーーーーー!!

DQN「やったな男!女が増えるぞ!」

男「おう!学校生活でこんなに嬉しいことは初めてだ!!」  

女「全く、男子は転校生1人にはしゃぐんだから…」


315 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 00:59:57 MTJlfDRU
先生「しかもイギリスから来たそうだ!」

ガイジン!?
スゲーー!!

DQN「俺もっと英語の勉強頑張ればよかった…」

男「お前が英語話してる姿は想像できない」

DQN「はぁ?」

女「私もそう思う」

DQN「なんか朝から俺に対してひどくね!?」

ハハハハハ!!

先生「じゃあそろそろ教室に入ってもらうぞ。どうぞー」

男(いよいよか…、どんな子なんだろうな〜)ニヤニヤ

女「ニヤニヤしててキモい」

男「」

ガラッ

????「みなさーん!!goodmorning!!」

男「!?!!?」


316 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 01:00:46 MTJlfDRU
先生「それじゃあ自己紹介よろしく」

金剛「私は英国で生まれた帰国子女の金剛デース!ヨロシクオネガイシマース!」

先生「ということで今日からみんなと一緒に勉強する金剛さんです。みんな仲良くしてくださいね」

ウォォォォオ!!
カワイイナーー!!



男(待て待て!おかしいだろ!なんで金剛がいるんだ!?なんでだ!なんでだ!)

女「男?」

男「あん!?」

女「どうしたの?」

男「え?いや、なんでもない…、大丈夫デース…」

女「そう、ならいいけど…」

先生「それじゃ金剛さんの席は………」

先生「ちょうど男の隣が空いてるな。じゃあ金剛さんは今日からそこで授業受けてください」

金剛「OKデース!」

男(うわぁぁぁぁあ!!)


317 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 01:01:39 MTJlfDRU
DQN「よかったな男!!」

男「お、おう…」


金剛「youが男さんですネ?今日からよろしくデース!」

男「あっ、こ、こちらこそよろしくね…」

金剛「………」ジー

男(え………?)

金剛「………」ジー

男「な、なにかな?」

金剛「いえ…、なんでもないデース」

男「そ、そっか…、あはは…」




金剛「生で見る提督はかっこいぃデース」ボソッ

男(!?)


318 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 01:06:07 MTJlfDRU
書きためはここまでです。

ちなみに今考えるssの内容は結構長いです。
そういえば今まで大きなイベントは3回ありましたね…


あとなるべくたくさんの艦娘出していく予定です。


319 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 08:02:46 OfRTSjM.
キテタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
もうDQNと女に何があったのか忘れちまったぜ...


320 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/25(火) 01:16:56 LAcjgMw2
+(0゚・∀・)+ワクワクテカテカ


321 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/01(火) 15:05:18 Vi7Skw6k
ツヅキマダ-?


322 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/07(月) 00:01:31 1UuehKDk
待ってる


323 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/10(木) 07:36:46 snKoDU8Q
まだかなー


324 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/10(木) 14:29:46 oAu6oxlM
まだだね


325 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/17(木) 15:49:26 evDPqfGM
まだかね


326 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/20(日) 22:45:44 JEVyVDg6
おっそーい!


327 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/26(土) 23:06:34 FiFBoGgA
>>1です

本当にすいません。
5月まで待ってください。


328 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/26(土) 23:28:17 8jqwlWf.
了解 待ってる


329 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/26(土) 23:59:26 Do5ZaFoU
待ってる


330 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/04/27(日) 11:55:56 sDYVdD2A
待ってるぜ


331 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:31:43 j12F6XUc
午前中

男「………」カキカキ

金剛「………」ジー

男「………」チラッ

金剛「………」ニヤニヤ

男(やべっ!!目があった…)

男「………」カキカキカキカキ

金剛「〜♪」

男「………」

男(帰り絶対ついて来るだろうな………)


332 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:33:11 j12F6XUc
昼休み

キーンコーンカーンコーン

DQN「やっと飯の時間かー!!」

男「俺用事思い出したから帰るわ…」

DQN「はっ!?お前帰っちゃうの!?」

女「どうしたの男君?」

男「ははは…、ちょっと…、まぁ…」

男「それじゃあ!!」ガラガラ

DQN「あっ…!!って、もう行っちまったよ…」

女「あんなに慌ててそんなに大事な用事があるのかな?」

金剛「………」

DQN「さぁな……、それじゃあ金剛さん一緒に…」

金剛「Sorry!!私も用事を思いだしました!!早退シマース!!」ガラガラ

女「かわいそうなDQN」

DQN「うるせっ!!」


333 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:33:50 j12F6XUc
男「はぁ…、はぁ………!!」シャー

男(とりあえず早退して全力で自転車こげば金剛にアパートばれずに住むだろう……)

男「これ以上増えたらまずいからな………」

金剛「何がまずいんデスカ?」ダダダダダ

男「何がって…そりゃあ正規空母や戦艦クラスの艦娘が増えたら生活費が大変になるに決まってんだろ…」シャー 

金剛「なるほどネー」ダダダダダ

男「………」

男「………………」

金剛「私からは逃げられないデース!!」ダダダダダ

男「ぎゃぁぁぁぁあ!?」シャー


334 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:34:31 j12F6XUc
金剛「全く高速戦艦の脚力を甘く見てもらっちゃ困りマース!!」

男「てかなんで!?何でいるの!?」

金剛「何でって………、決まってるじゃないデスカ!!」

金剛「提督は私のものデース!!逃がすわけにはいきませんからネー…」

男(なんかやばいぞこの金剛…)

金剛「私ずっと提督のこと追いかけてたから疲れたネー…」

金剛「自転車の後ろに載せて欲しいデース…」

男「え!?嫌に決まって…」

金剛「決まって?」ニコニコ

男「………!!」ゾクッ

男「ほら…、後ろ乗れよ…」

金剛「さすが提督ゥー!!嬉しいデース!!」

男(なんかさっきの金剛の目やばかったけど気のせいか…?)


335 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:35:11 j12F6XUc
男「はぁ…、はぁ…」

男「やっと…着いた………」

金剛「ここが私と提督が一緒に暮らす鎮守府デスネー!!でも…小汚いっていうか…」

男「それは気にするな………ってあれ?」

金剛「これから提督と2人で暮らす部屋がどんなものか楽しみデース!!」ガチャ

男「うわっ、もう玄関に行ってるし…」

男(今2人って言ってたよな………気のせいか)



雷「司令官おかえりなさい!!………って、あれ!?金剛!?」

金剛「これは………一体どういう事デース………」


336 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:35:58 j12F6XUc
男「ただいま〜………」

男(あれ…誰も出迎えてくれない………)

ゴゴゴゴゴゴ…


男(な、なんだ!?奥の部屋から嫌な空気が………)

赤城「あっ、提督おかえりなさい」ヒソヒソ

男「ただいま……ってなんでそんな小声なんだ?」

赤城「提督も小声で喋ってください。さっき金剛さんが来て一気にやばいことに………」ヒソヒソ

男(え………?)

赤城「なんでも金剛さんは自分以外の艦娘が来てるとは思ってなかったみたいで…」ヒソヒソ

赤城「ほら…、金剛さんって提督の事が大好きじゃないですか…、だから他のみんなが邪魔らしくて……その………」ヒソヒソ

男「その………?」ヒソヒソ


337 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/09(金) 20:37:19 j12F6XUc










赤城「みんなを轟沈させようと思ってるみたいなんです………」ヒソヒソ

男(!?!!?)

男「なんでそんなやばい事考えてるんだよ金剛は…」ヒソヒソ

赤城「そんな事私に聞かれても………」ヒソヒソ


338 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/10(土) 03:44:01 .hpvNOxU
お、更新してる。なんか金剛がヤンデレっぽいね。


339 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/12(月) 18:18:31 9MshZPqo
待ってたよ
金剛ちゃん(´・ω・`)...


340 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/17(土) 08:20:10 7gXUspL2
ツヅキマダー?


341 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/19(月) 10:25:46 mq3jFdzI
マダー(T ^ T)


342 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/19(月) 11:59:13 YHamcTG2
おっそーい!(裏声


343 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/20(火) 01:05:50 SMN.JZHI
わたしまーつーわ、いつまでもまーつーわ


344 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/21(水) 20:41:21 yptIPZpw
続きお願いします(´;ω;`)


345 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/22(木) 00:45:49 .yuqQ.SQ
はやく (´;ω;`)


346 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/22(木) 22:42:37 0dKUgScc
更新はよ(´;ω;`)


347 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/23(金) 12:04:20 sEcGcdt2
更新はやく〜・・・(´;ω;`)


348 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/23(金) 23:56:44 vjvIPPhA
続きが気になって仕方ないお(´;ω;`)


349 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/24(土) 10:23:29 LvtBV8rE
どうして(´;ω;`)← これが語尾に付く流れになったの・・・ 続き気になるよ〜・・・(´;ω;`)


350 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/24(土) 22:05:25 vKhyxXIo
なにこれすごい面白いんだけど (´;ω;`)
更新まだ?(´;ω;`)


351 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/24(土) 22:49:34 LvtBV8rE
もしかして失踪しちゃった可能性が微レ存?
失踪しちゃ嫌だよ・・・(´;ω;`)


352 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 18:09:18 zoUev5NU
全部同じやつだろつかsageろ


353 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/25(日) 21:24:54 HXtKrR1w
>>352
おこなの?


354 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/27(火) 07:05:30 GIGTYuwg
更新待ちます


355 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/27(火) 14:28:48 5deQKow6
更新はよ


356 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/27(火) 19:01:30 zRaaRZLE
ラン豚モドキが湧いてる…


357 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/28(水) 18:48:53 3yrtiaG6
まだかね


358 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/05/31(土) 17:53:32 ZE/wuEvc
まさか、失踪したのか…………


359 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/02(月) 23:59:38 jVh8uA6U
金剛「ハローみなさん…お久しぶりデース…」

榛名「こ、金剛お姉様………」

霧島「お姉様もこっちにこられたのね」

扶桑「久しぶりね………」

愛宕「………」

加賀「金剛さんお久しぶりです」

電「はわわわ………」

龍驤(あかん!!あかんでこの空気…!!)

雷「………」ガタガタ

島風「………?」

夕立「修羅場が始まるっぽい!?」


360 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 00:00:36 68dQEEB.
榛名「金剛お姉様…どうしてそんな顔しているのですか………?」

金剛「ワタシの顔がどうかしましたカ?」

榛名「だってお姉様久しぶりの再会だと言うのに…」

金剛「久しぶりに榛名や霧島に会えて嬉しいに決まってますヨ?」

榛名「そんなわけないですよね…だって目が笑ってませんよ………それに…」

金剛「それに?」




霧島「なぜ主砲をすべてこっちに向けているのですかお姉様」

榛名「………お姉様」


361 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 00:01:27 68dQEEB.
金剛「Oh!!sorry!!ワタシとしたことが!!実の姉妹に向けてなんてことを!!」

霧島「私たちを沈める気ですね?」

金剛「………」

榛名「なんで…そんなことを………」

金剛「そうデスネー…理由を言うとすれば………」

金剛「ワタシと提督がここで住むのにあなた達が邪魔ナノネ。それが姉妹だろうとワタシと提督の邪魔するならユルサナイネ」

霧島・榛名「………!!」

加賀「その言い方だと提督がまるであなたのモノのように聞こえるんですが…」

金剛「提督はワタシのモノデース。加賀、赤城、扶桑、龍驤、愛宕、夕立、電、雷、島風…そして霧島に榛名………みんな邪魔者ネ」


362 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 00:02:17 68dQEEB.
加賀「………そうですか」

加賀「金剛さん、あなたが私達を本気で沈めるなら私もやるしかありませんね」

金剛「??」

加賀「あなたを轟沈させます」

金剛「それは新しいジョークかなんかデスカ?」

加賀「いいえ本気です。ここにいるみんなと力を合わせたらあなたに勝ち目はありませんよ?」

龍驤「そ、そうや!!加賀の言う通りやで!!」

雷「あなたなんかに提督は渡さないわ!!」
 
夕立(これはパーティが始まるっぽい!?)


363 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 00:03:15 68dQEEB.
夕立「夕立も提督さんのために……
!!」

ピカッ!!

夕立改二「さぁ金剛!!素敵なパーティしましょ?」

島風「おっ!?」





提督(あっ、夕立が改二になったぞ…)


金剛「Great!!改二になるなんて夕立すごいデース!!」

金剛「でも改二になれるのはあなただけではないデスヨ?」

夕立改二「え!?」


ピカッ!!


364 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 00:09:37 68dQEEB.
>>1です
投稿が遅くなってしまって本当にすいません。

4月から他県の学校に進学して1人暮らしを始めて毎日が忙しくて書き溜めも全然できませんでした。

パソコンもなく艦これも出来てないんですが土日に少しでも多く続きを投稿していきたいと思っています。

読んでくれているみなさん本当にすいません。


365 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 10:18:20 c0kkKxTE
更新キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


366 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 11:11:26 am.yhPqM
>>1
大変すなぁ 体には気ぃ付けろよ


367 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 21:43:42 UYTNPxj2
>>1がんばれー


368 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/03(火) 22:46:39 zF2x/QIQ
頑張れ!続き待ってるぜ!!


369 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/08(日) 23:59:27 xiZJlx8c
応援してるよー


370 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/19(木) 21:14:17 SKnXMSqk
続き待ち遠しいお………


371 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/06/26(木) 22:03:46 svu25pA6
気長に待つよー


372 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/13(日) 23:15:04 /j3k5OCU
失踪してないか心配だお…………………


373 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/15(火) 12:35:37 cxY3mNqA
他県の学校に進学したって言うし忙しいんだろ。
続き見たくないって言えば嘘になるけどさ。


374 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/16(水) 17:16:22 oit.oX0M
そうだな、無理しない程度で続き書いていただかないとな


375 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/23(水) 03:40:00 .4LCVsCs
暁にオムライスあげながらのんびり待ってる。


376 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/23(水) 23:39:18 ItvBTgZo
じゃあ俺は比叡とカレー食べながら待ってる。


377 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/24(木) 01:18:31 U85L/.tY
じゃあ俺は比叡とカレー食べながら待ってる。


378 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/24(木) 01:19:10 U85L/.tY
連投スマソ


379 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/25(金) 12:02:48 8C86SPZ6
もう夏休みな時期だし、もうすぐ来るんじゃねぇかな


380 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/07/25(金) 22:18:18 dRSfMUN2
このスレ立った時に同時に見始めた艦これssがもう次々スレまで行っちゃったし
来ると良いね。


381 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:46:01 R/YUmYYQ
こんにちは

スマホを新品に交換してもらうので少し溜めてたやつを投稿していきますね


382 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:46:45 R/YUmYYQ
金剛改二「ワタシも強くなりましたヨ?」

夕立改二「ぽい!?」

霧島「お、お姉さまいつのまに!?」




男(あれ………俺金剛のレベルそんなにあげてたかな…)

赤城「金剛さんみんなに隠れて裏で鍛えてたみたいですよ」ヒソヒソ

男「まじかよ」ヒソヒソ

赤城「他の姉妹より後から来ましたからね。提督は最初に来た榛名ばかり育ててましたし………」ヒソヒソ

赤城「提督は金剛さんには鍵付けてませんでしたからね。結構なショックだったそうで………」ヒソヒソ

男(金剛があんなんなっちゃったのは俺が悪いのか…)


383 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:47:20 R/YUmYYQ
金剛改二「ワタシは皆が羨ましかったデース…」

金剛改二「皆は提督に触れられて、お気に入りにされて、可愛がってもらって………」

金剛改二「ワタシは一度も触れられたことがない!お気に入りにされたこともない!可愛がってもらったこともないネ!」

金剛改二「加賀、アナタにワタシの気持ちがわかりますカ?」

加賀「………」

金剛改二「榛名、霧島………他の皆はワタシの気持ちが分かりますカ?」

榛名「そ、それは………」


384 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:47:51 R/YUmYYQ
金剛改二「分からないきまってマス…。アナタたちは提督に可愛がられていた………愛されていたんデスからネ」

金剛改二「ワタシはずっと考えてマシタ。ワタシの何がいけないのか………そんなとき一つの答えが出マシタ」

扶桑「一つの答え……?」

金剛改二「そうワタシはワルクナイ………悪いのはアナタたちなんだ……ってネ」ギリッ

雷・電「………!!」

金剛改二「アナタたちさえ居なければ提督に愛されたのはこのワタシなのデース………アナタたちさえ…アナタタチサエイナケレバネ」


赤城「いやー歪んでますねー誰のせいですかねー」ボソッ

男「うっ………」


385 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:48:49 R/YUmYYQ
男「赤城、俺はどうすればいいんだ」ヒソヒソ

赤城「そんなこと私に聞かれても………」ヒソヒソ





愛宕「私思ったのだけれど、悪いのは提督じゃないかしら?」

男「!?」

金剛改二「それはどういうことデスカ?」



赤城「流れが変わりそう………」


386 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:49:22 R/YUmYYQ
愛宕「だって提督が艦娘たらしなのが行けないんじゃない」

霧島「それも一理ありますね…」  
男(!?!!?)

加賀「確かに提督は艦娘たらしてます。誰か1人だけを選んでいればあなたも納得したのではないですか?」

金剛改二「た、確かにそうデスね………」


男(段々話がおかしくなってきてるんだけど!?)

雷「そうよ!司令官が悪いのよ!たらしなのがいけないのよ!」

電「こうなったら何としてでも司令官さんに聞くしかないのです」

榛名「誰が一番好きか………をですか?」


387 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 12:49:55 R/YUmYYQ
愛宕「そうね。だって金剛ちゃんは提督はみんなを可愛がってるのが気にくわないんでしょ?だったら提督に誰か1人だけを可愛がるように言うべきなのよ」







  
金剛改二「はっ!!確かにそうネ!」

男(何納得してんだよ!違うだろ!)

赤城(なんかおもしろくなってきましたね)


388 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 21:52:19 xuGzZQtg
おお、ひさびさに来たな


389 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 08:53:41 vpoqcgdM
続きktkr


390 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 17:06:58 M/lrDo1o
待ってた!


391 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/06(水) 19:19:42 FxRlbRPI
更新キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! がただ無理はすんなよ?


392 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/08(金) 01:54:11 9nW3sp8I
更新!ありがたい!


393 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/22(金) 01:17:05 8kd4/hSY
待ってたよ!!!!


394 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/06(土) 10:00:48 t5WYvAr.
続きまだかな?
(´・ω・`)


395 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/06(土) 11:15:29 Ih8s3Ids
気長に待とうぜ


396 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/13(土) 07:57:23 i.T0pjt.
>>395
了解(`・ω・´)ゞ


397 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/14(日) 22:43:12 VgLf60o6
そういえばここはsage進行なの?良くわからないからsageておくけど・・・


398 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/27(土) 16:56:14 FXWLLStM
頼むから完走してくれ


399 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/09/30(火) 09:54:27 TjAerIJ2
更新まだ〜?
(´;ω;`)


400 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/11(土) 12:54:02 CmZQ/GZ2
更新するまで全裸で待機するぜ!


401 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 08:01:16 3TMOnwKk
更新してくださいお願いします(´;ω;`)


402 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/11(火) 07:18:32 ZEA1GbVc
更新まだかな〜
(´;ω;`)


403 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/30(日) 00:49:43 hwMiBEXg
わくわくがとまらない!


404 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/12/09(火) 00:33:17 Gr5aImxA
楽しみにしてるでござるよ


405 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/01/16(金) 00:44:55 49lMNZJM
更新こないな〜


406 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/02/15(日) 09:27:12 fkJeLm0k
( ´∀`)<ぬるぽ


407 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/02/20(金) 21:22:35 nJGZE3c.
( ・∀・)   | | ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/ ←>>1
  (_フ彡        /


408 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/02/20(金) 21:23:34 nJGZE3c.
安価ミスった・・・


409 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/02/21(土) 19:48:24 6ElamNO.
先生「ここできるやついるか〜?」

男(つまんなねぇ…)

男(数学なんてやる気になんねぇ…)

男(家に帰って艦これやりてぇ…)

男(電ちゃんのレベルあげなきゃな…)


410 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/02(月) 20:27:35 brPQfLT.
これは…面白すぎる


411 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/03(火) 09:52:47 lpsYAdms
 ☆ チン マチクタビレタ〜
     マチクタビレタ〜
☆ チン  〃 ∧_∧
 ヽ___\(\・∀・)
  \_/ ⊂ ⊂_)
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
 | 青森リンゴ |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


412 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/03(火) 09:54:40 ZyQjlEYU
アニメ始まったら戻ってくるかと思ったが来ないな
そろそろ誰か乗っ取った方がいいのかな?


413 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/07(土) 19:29:32 XBLWk3Gk
>>412
となると>>387までの展開は無視してもいいかな?

それアリだったら書けそうな希ガスる
(´・ω・`)>>1が戻ってきても外伝って事なら大丈夫かな?


414 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/07(土) 19:43:38 xQfC4/Iw
>>413
最後に>>1が来たのが8月だから続きは無理そうだしいいんじゃないか?


415 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/03/07(土) 19:44:47 l5AAi9No
>>413
もう書いても大丈夫だろ


416 : 413 :2015/04/26(日) 12:55:34 HODY0JvM
男(やばい、マジやばいぞこの状況・・・・・)

男(さて、どうするか?)


以下、安価

[選択肢]
・とりあえず謝る

・部屋から逃走をはかってみる


<<460
まで

(なお、別の選択肢を書くのもあり)



どうもです
2カ月くらいどうやってストーリーを展開させるか悩みましたが
結局安価でやるのが良いと思いましたのでそうしてみます。
(´・ω・`)


417 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/04/27(月) 09:33:20 RiJVJySM
部屋から逃走をはかってみる


418 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/04/27(月) 20:44:33 S7puHqZY
逃走する


419 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/04/28(火) 11:13:21 fk4T5RIw
部屋から逃走をはかってみる


420 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/04/30(木) 20:44:29 A5d3ekws
逃げる


421 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/04(月) 09:15:22 0hU.Tf02
run awayする


422 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/04(月) 10:12:55 Xm8ymTpk
 ☆ チン マチクタビレタ〜
     マチクタビレタ〜
☆ チン  〃 ∧_∧
 ヽ___\(\・∀・)
  \_/ ⊂ ⊂_)
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
 | 青森リンゴ |/


423 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/05(火) 23:39:11 t6E1e5DY
逃走したか


424 : 413 :2015/05/07(木) 12:54:13 Urn3W5A6
460は長すぎですかな?
だったら
>>430
までにします
(´・ω・`)/


425 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/09(土) 19:10:04 JV6lp1Ls
長すぎ書く気無いなら無いとはっきり言え


426 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/10(日) 16:28:07 OOlUVA9E
逃げる


427 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/13(水) 08:36:27 Ckwu9tLU
逃走


428 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/14(木) 07:05:54 ft/DzldE
謝る


429 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/15(金) 19:26:12 XWgm7sUc
逃げる


430 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/15(金) 19:36:56 9bB.K27M
リストカット


431 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/15(金) 19:41:03 LdXC0q5I
逃げる


432 : 413 :2015/05/16(土) 11:14:54 YE1BjA5k
男『不味いマジ不味いぞこれ!』ダラダラ

男『こうなったら!』

男「」スッ



赤城「アレ?提督どちらへ」

男「ちょっとトイレに行ってくる・・・・」


金剛改二「マダ、話は終わって無いネー!」

雷「ひょっとして逃げる気なんじゃないでしょうね?」

ダンッ!

榛名「勝手は榛名が許しません」ゴゴゴゴ!

男「うぉぉぉぉ!」
ダッ!

アイキャンフラーイ!!

加賀「まさかベランダから逃げるなんて・・・・。」

島風「はっやーい」


433 : 413 :2015/05/16(土) 20:03:14 9EFlxqDo
俺は足はサンダル、上は学生服という妙な格好でしばらく走り続けた。

そして、気が付いたら海岸に俺は居た。


男「はぁはぁ、流石にここまで追っては来ないか?」
後ろを振り返りおもむろに呟いた。


男「はぁ〜しばらくは家には戻れそうに無いか・・・・」

しばらく海岸の浜辺を歩いた。

月明かりによって照らされた海岸には、自分一人



ふと、
愛宕と加賀の台詞が脳裏をよぎった

男「誰か一人か・・・・」


434 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/17(日) 13:18:03 JvwNgrr.
続きマダー?


435 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/18(月) 10:12:48 SnU8bkm2
お?男逃げ足スゲーなwwww


436 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/20(水) 14:19:53 3VweDZ3c
続きあくしろよ


437 : 413 :2015/05/20(水) 20:49:02 w01YhBCY
大変申し訳ありませんが仕事多忙につき、
週末まで待って下さい
(´・ω・`)/


438 : 413 :2015/05/23(土) 22:53:19 0lSPeNms
チュン…チュン……
外から鳥の囀ずりが聞こえ目が覚めた。
男「ふ、ふぁ〜あ・・・・・・
もう朝か・・・・・・。」
男(あれ?俺何時の間に家に帰って来たっけ!?
・・・・・何か重いなんだこれ??)

俺は、そっと顔を動かし周囲を見回した。


!!!!

右足には電、左足には雷
そして腹には榛名に金剛
その他みんなは、俺の近くで普段着(ジャージ)で雑魚寝していたが皆共通している事があった・・・・。
半裸なのだ
一応ジャージを着ているが下着が丸見えの半裸なのだ!

男(思い出せ!思い出せ俺!
昨日あの海岸に行った後何があった!?
・・・・たしか海岸行ってしばらくぶらぶらした後、後・・・・


439 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/24(日) 12:54:10 RNvN0U4U
413の気遣い、誠、痛みいる


440 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/24(日) 16:03:44 RuHglF1k
続きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


441 : 413 :2015/05/31(日) 15:55:37 nLecZGSU
男(・・・・・・・。
あれ?思い出せ・・・ない!?!?!?何で?)
ー時間を遡ること六時間前 男の家ー

電「さて、まずどうすればよろしいでしょうか」
・ワ・

っと言い電が振り返った先に居たのは大破状態となったジャージを着た金剛であった

金剛「改二になったというのに何でこんな事になったのデスカー」


赤城(一体、何が起きたって言うのでしょうか?
さっき電ちゃんの雰囲気が変わったと思ったらいつの間にか金剛さんが大破状態になってる・・・。)

天龍(フフッ怖いゼ)
ヒアアセダラダラ

電「・・・・・・。」
・ワ・


442 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/08(月) 01:04:06 9CIx0LpU
えっ?何があったwww


443 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/08(月) 23:30:58 MGiGkBvw
続きはよ


444 : 413 :2015/06/10(水) 17:44:53 LmM/97KA
体調崩した
暫し御待ち下さい


445 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/10(水) 21:36:38 g0LVHoBM
待ってるよー


446 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/13(土) 23:55:10 rNuyaG/g
お大事に(´・ω・`)


447 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/09(木) 09:26:13 hvTIrHKc
あくしろよ


448 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/26(日) 18:49:48 ZLhX88SA
あくしろよ


449 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/07/31(金) 23:02:24 j0Tc6Vzk
あくしろよ


450 : 通りすがりのロリコン :2015/08/01(土) 00:32:09 CrIyIZ5k
響待ってるぜ


451 : 413 :2015/08/01(土) 09:10:49 VX1OTZuM
すいません、現実の方で忙しくて…

落としはしません。
落ちそうになったら自分で上げます。


452 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/02(日) 17:29:11 47ae3Rsg
保守


453 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/02(日) 17:32:52 2uPN9r2.
>>452
保守する時間あるなら少しでも書いてくれよ


454 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/05(水) 04:13:42 txudgCo6
お前ら書いちゃえよもう


455 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/14(金) 12:47:54 qB5ILwwE
早くしろー


456 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/09/04(金) 14:53:41 rHy8F/3U
続きはよ(´・ω・`)


457 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/10/07(水) 16:10:43 KXk9w1Fk



458 : 414 :2015/10/26(月) 17:50:54 mt4S0MOg
電「これ以上攻撃するのなら轟沈、まではできませんが残り1までは攻撃をあてつづけますよ」・ワ・

金剛「」ヒヤアセダラー


459 : 414 :2015/10/26(月) 17:51:44 mt4S0MOg
リアルが片付いたから始めたけれどここから先が続かない……
誰か助言をくだしあ


460 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/10/28(水) 22:00:42 NsNTAR.s
どの子か好きな艦娘と、ひたっすらいちゃこらするとかでもういいんじゃね?


461 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/10/29(木) 13:46:59 f7qtR.MU
ハーレムエンドでいいんじゃね?


462 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/12/11(金) 02:53:53 cmorfwcw
(´・ω・`)


463 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/12/25(金) 12:17:03 7mZZ1ySQ
逆に考えるんだ、夢オチエンドでもいいんだと


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■