■掲示板に戻る■ ■過去ログ 倉庫一覧■

Fainal Dead Three-dimensional movement(進撃ss)

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:13:00 QSUWTQYQ
グロ注意




アルミン「はぁ………次は立体機動の訓練か……」

エレン「なんだ?嫌なのかアルミン?」

アルミン「うん………僕はあまり運動はできない方だしね……」

ミカサ「アルミン、兵士になるためにはやらなければならない事……」

アルミン「いや、それは分かってるよ」

アルミン「でもあまりうまくいかないんだ……」


"
"
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:13:30 QSUWTQYQ

ジャン「っしゃあ!!俺の得意な立体機動だぜ!!」

コニー「ま、今日もジャンのお世話になるとするかな……」

ジャン「あぁ!!てめぇ舐めてんのか!!」バッ

ジャン「この前の立体機動の訓練も、俺に張り付いて獲物とって行きやがって!!」

ジャン「十二支のネズミみてぇなことしてんじゃねぇ!!」

コニー「力の無い者は去れば良い」

ジャン「くっ…………」

マルコ「ま、ジャンはとにかく、コニーよりも先に斬撃することを考えた方がいいかもね」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:17:40 QSUWTQYQ

サシャ「あのぉ……パァンかけませんか?」ハァハァ

サシャ「コニーvsジャンで、今回はどちらの方が得点が多いか………かけません?」

アニ「興味ない」

ユミル「へぇ〜面白そうだな………」ニヤニヤ

クリスタ(あっ………ユミルのこの顔、何か企んでる顔だ……)


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:18:35 2Gra64Fo
Ich kann nicht English!!

Was bedeutet das?


期待


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:20:16 GE3MX0p.
おまえらひらがなつかえないのかよーびっくりまーくだぶりゅだぶりゅ


"
"
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:25:08 QSUWTQYQ

ーーーー
ーーーーー

キース「それでは!只今より立体機動の訓練に移る!」

キース「これは実戦で最も役立つ訓練であり、各自が各自の判断で行動する!」

キース「制限時間は60分!」

キース「その間に何回、そしてどのくらい深い斬撃かを調べ点数にし、成績をつける!」

キース「以上だ!」

キース「では!始めろ!!」

一同「「はっ!!」」バッ!


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:25:34 2Gra64Fo
>>5

漢字を使えコニー


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:29:07 QSUWTQYQ
>>4
ごめん………英語ダメダメなんだ……

スレタイもあってるか分からんし…


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:33:39 qTADW6YY
>>4は英語じゃなくね


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:38:55 QSUWTQYQ

アルミン(………なんだろう……嫌な感じ………)

エレン「おいどうしたアルミン!さっさと行くぞ!」

アルミン「う、うん……」タッタッタッ

エレン「あらよっと!」バシュゥゥ

ーーー
ーーーー

エレンの替刃ケース「ガタ…ガタガタ……」

ボルト「…………コロン」※緩んでました


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:39:29 QSUWTQYQ
>>9
そうなのか!?


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:41:33 2Gra64Fo
>>9

Es ist an dem♪

ばれちったか。


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:45:44 QSUWTQYQ
コニー「じゃ、行きますか…………軽く?」

ジャン「そうだな……軽くね」

コニー「………」ギロッ

ジャン「………」ギロッ

ーーー
ーーーー

ジャン「…………」バシュゥゥゥ

コニー「…………」バシュゥゥゥ

コニー「お前!!何が軽くだ!!目がギンギンじゃねぇか!!」ゴォォォォ

ジャン「俺は立体機動で一回、お前に勝ちたいんだよ!!」ゴォォォォ

コニー「セコッ!!」ゴォォォォ


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:46:12 qTADW6YY
>>11
何驚いてんだ
アルファベットは全部英語に見えてんのか

>>12
むしろなぜばれないと思った


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:52:43 2Gra64Fo
>>14
このスレには日本人しかいないと思ってた


それより>>1よ続きをはよ


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:52:57 QSUWTQYQ
サシャ「お?始まりましたね〜」

ミーナ「サシャも真面目にやらないと」パシュゥゥ

ユミル「クリスタはちゃんとアンカー刺せるのか?」

クリスタ「ば、バカにしないでよ!!」プンスコ

ライナー(結婚しよ……)

ベルトルト(アニ……今のライナーはライナーであってライナーでない)

アニ(ふ〜ん)パシュゥゥ

ベルトルト(それだけ!?)パシュゥゥ

クリスタ「………わ、私だってできるよ!!」パシュゥゥ

アンカー「ヒュゥゥゥ………」



ベルトルトのボンベ「……カンッ!」

ベルトルトのボンベ「シュゥゥゥゥゥゥゥ」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 00:55:12 QSUWTQYQ
>>14
恥ずかしい話だが………そうだ


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:00:39 QSUWTQYQ
クリスタ「あっ……ベルトルト!!」

ベルトルト「アニ早い………!」パシュゥ

ユミル「……あ〜あ、あいつ気づかないで行きやがった」

ユミル「しかしお前も下手だなぁ……」

クリスタ「どうしよう………ベルトルトのボンベに………」

ユミル「ま、幸いアンカーは刺さらなくて良かったな」

ユミル「刺さってたら、ベルトルさんに振り回されただろうな…」

クリスタ「………」ゾゾゾ…

ーーー
ーーーー

ベルトルトのボンベ「シュゥゥゥゥ……」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:08:57 QSUWTQYQ
ーーー
ーーーー

ハンナ「フランツ、負けないわよ」バシュゥ

フランツ「いやいや、僕が君を守るんだから僕が勝つよ」パシュゥ

ハンナ「んもう///フランツったら〜……………あれ?」

フランツ「誰か後ろから来たみたいだね」

エレン「お前らお熱上げてる場合じゃねえぞ!!」パシュゥ

エレン「ちゃんと訓練しろよ!!」シュィィン

ハンナ「一回転してる!」

エレンの替刃ケース「ガタガタガタ……」

替刃「ズ………ズズズ……」

替刃「スウッ………」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:15:01 QSUWTQYQ

フランツ「エレンはすごいね……」

替刃「ヒュゥゥゥ……」

ハンナ「私たちも頑張らないと」

/
フラ / ンツ「ザクンッ!」 ブシャァァァ
/



ハンナ「キャァァァァァァァァ!!!!!」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:32:12 QSUWTQYQ
ーーキャァァァァァァァ!!!!!

サシャ「!!!」

ユミル「なにかあったのか?」

ミーナ「行ってみよう!!」パシュゥ

コニー「よし!見に行くぞ!!」パシュゥゥ

ジャン「うわ!?」バシュゥ

ジャンのアンカー「カンッ……!」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:35:08 QSUWTQYQ
今日はここまで


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:41:09 XRqT4Kec
最終死 三次元移動


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:49:59 QSUWTQYQ
>>23

映画のタイトルに合わせようとしたらこうなったんだよぉ…


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:53:10 9N0UkIRU
デッドコースター的な感じだろうか 期待


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 01:54:08 QSUWTQYQ
>>25
その通りです


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 04:31:05 ddjXSXzo
無理して英語とか使おうとするからスレタイの最初の単語から間違えるんだよ


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 13:40:09 QSUWTQYQ
>>27
うわぁぁぁぁぁ!!!!!


さ、再開します…(震え声)


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 13:41:02 QSUWTQYQ

ミーナ「え!?なんで!?」シュィィィィン

ミーナ「さっき見た時は、前にワイヤーなんて無かったのに!!」シュィィィィン


ジャン「てめぇコニー!いきなり飛び出してくんじゃねぇ!!」

ジャン「手元が狂ったじゃねえか!!」


ミーナ「ダメ!!このままじゃあのワイヤーが!!!止まって!!!」

ジャンのワイヤー「ピンピンキラキラ」

ミーナ「いやぁぁぁぁぁ!!!」

ジャン「え?」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 13:45:47 QSUWTQYQ


ピクシス「ちゅうもぉぉぉぉぉく!!!!」モーク……モーク…………モーク……

ピクシス「これより、ちょっと分かりにくいので、みんなの位置を説明する」

ピクシス「ミカサやアルミン、エレンは一番前の方」

ピクシス「フランツ、ハンナはその後ろ」

ピクシス「ジャン、コニーはフラハンの左、エレミカミンの左後ろの方向」

ピクシス「サシャ、ユミル、クリスタはそれを観戦中、よって3人はジャンコニと位置は変わらない!」

ピクシス「アニ、ライナー、ベルトルトはそのすぐ近くに位置する!」

ピクシス「他は知らん!」

ピクシス「説明おわり!」




31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 13:51:49 QSUWTQYQ

ジャンのワイヤー「シュッ……」

/// ーナ「プシャァァァァ」

ミーナの顔「………ボト」


ジャン「………ぇ」

コニー「おい……おいおいおい!」

アニ「ミーナ!!!」スタッ

ベルトルト「もうアニ早……い…………?」スタッ

ライナー「……………緊急だ!!」

ベルトルト「……まままずはミミーナを運ぼう!」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:02:17 QSUWTQYQ

サシャ「……………」

ユミル「……………」ギュッ

クリスタ「ちょっとユミル、見えないよ〜」

ユミル「………お前は見なくていい…………」

ベルトルト「僕がミーナを運ぶ!」バシュゥゥ

ベルトルト「うっ…!(く……首が……!)」スタッ

ベルトルト「…………(と、とにかく運ばないと……)」

ミーナの指「グ……」

ベルトルト「……血で滑って持ちにくい!」ヨッコラセ

ベルトルト「よっ……と」

ベルトルト「よし、なんとか持てたな」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:02:29 GE3MX0p.
プシャァァァァおもらしか!ガタッ


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:12:02 QSUWTQYQ

ベルトルト「……医務室で良いのかな……?」

ーナ「ズルッ…」

ベルトルト「おっとっと………血で滑っていく……!」

ーナ「………ズルッ!」

ベルトルト「あ!!」


ミーナの指「グイッ……」

ミーナのトリガー「カチッ……」

ミーナのアンカー「バシュゥゥゥ!」


ベルトルトのボンベ「カンッ!」







ーーボンッ!!!!!


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:14:32 QSUWTQYQ
>>33
分かりにくくてすみません
違います


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:25:36 QSUWTQYQ
エレン「!!」

アルミン「爆発!?」

ミカサ「行こう!!」パシュゥゥ

ーーー
ーーーー

コン…カランカラン……

サシャ「………に、逃げないと……!!」

破片「ヒュゥゥゥ………」

サ/シャ「ザクンッ!」ドシャァァァ

コニー「おいサシ…」グチャッ

_ニー「ブシャァァァァ……」ピク…ピクピク…

アニ「………くっ、何が起こ………」ムクッ

肉塊「……」

サ/シャ「……」

_ニー「……」

アニ「………ぁ………ぁぁ………」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:33:47 QSUWTQYQ

クリスタ「え?え?どうなってんの?」

ユミル「クリスタ!無事か!!」

クリスタ「う、うん……」

ユミル「お前は本部まで戻れ!!教官を連れて来い!」

クリスタ「で、でも……」

ユミル「いいからいけ!!振り返るな!」

ーードォォォン………

ユミル「二回目!?」

ライナー「恐らくベルトルトのボンベが誘爆したんだ」

ライナー「気をつけろ、一回目で出た破片、全部とばしてくるぞ二回目は!」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:40:30 QSUWTQYQ

破片「ヒュゥゥゥゥゥ………」

破片「ドンッ」

_イナー「グチャ…」

クリスタ「い……いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ユミル「クリスタ!見るな!!」

アニ「……もう遅い………」

ユミル「くっ……………!」

アニ「それと、さっきの爆発の火が出口側にまわった」

ユミル「なっ………!」


火「ゴォォォォォォ」


アニ「絶望的だね………」

ユミル「…………」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:47:26 QSUWTQYQ
アルミン「大丈夫!?……はっ!」スタッ

ミカサ「これは………」スタッ

エレン「おい!!何があったんだ!!」スタッ

エレン「え……?」


火「ゴォォォォォ………」


ミカサ「確かそっちは出口………」

マルコ「どうしたんだいさっきか………」スタッ

ダズ「か……火事だぁぁぁ!!!」

トーマス「ダズ!!落ち着け!!」

アルミン「出られない……のか」

木「ギギ………ギシギシ……」

アルミン「まずい!木が倒れる!!」


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 14:48:01 QSUWTQYQ
休憩


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 17:17:29 wRtJa83k
ふええ…地獄絵図だよぉ……


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 17:51:54 WcgLiUV6
実際にこういう事故が起こりやすそうな設定だよね

続き期待


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 22:35:04 QSUWTQYQ
ちょっとだけ再開


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 22:35:44 QSUWTQYQ

ユミル「クリスタ!!逃げろ!!」

木「ギシギシ……ギギギギギ」

クリスタ「え?」

木「ズゥゥゥゥン………」

肉片「ベチャッ」

ユミル「………っ!!」

エレン「…ぁ………」

アルミン「うわぁぁぁぁぁ!!!!」

ミカサ「アルミン!!落ち着いて!!」ガシッ


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 22:43:53 QSUWTQYQ

ジャン「…………とにかく逃げるぞ!」

エレン「あぁ!?こんな状態でどうやって逃げんだよ!!」

マルコ「いや、ジャンの言う通りだ!」

ダズ「無理だ!!もうお終いだぁぁ!!」

ミカサ「………なら、あなただけここで焦げ死ねばいい」

ミカサ「今は生きることを最優先すべき」

ユミル「クリスタ………嘘だ」


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 22:48:30 QSUWTQYQ

ーードォォォォン

エレン「また爆発!?」

アルミン「多分、誰かのボンベが誘爆を繰り返してるんだ!」

ジャン「……お前ら!なんとかして逃げるぞ!」

ジャン「じゃねえと破片に……」

破片「ヒュゥゥゥ……」

レコ「ブチャァァン!」

エレン「なっ………!」

ジャン「マルコ……………嘘だ…………」


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 22:55:09 QSUWTQYQ

ダズ「うわぁぁぁぁ!!もうだめだぁぁぁ!!!」

トーマス「落ち着け!まず逃げよう!!」

アニ「もう火がそこまで迫ってる!!」

エレン「どうすんだよ!!」

ミカサ「出口と反対方向に!!」

ジャン「………いいのか!?」

ジャン「どこに出るか分からねぇんだぞ?」

ミカサ「構わない!」

ミカサ「まずは一秒でも長くその貧弱な命を生きさせることに全思考を!」

ジャン「………わかった!」


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 23:01:32 QSUWTQYQ

ジャン「まず現時点で生きてる奴は?」

ユミル「……エレンとミカサ、アルミン、ジャンにアニ、ダズ、トーマス……そして私だ」

エレン「8人か………」

ジャン「……逃げるぞ!!」タッタッタッ

みんな「「おうっ!!」」タッタッタッ

ダズ「お、俺が先に行く!!」タッタッタッ

トーマス「おい待てダズ!!」

木「ギギギ………」


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 23:08:12 QSUWTQYQ

ダズ「え?ううわぁぁ!!」

木「ズゥゥゥン……」

肉「ビチャッ……!」

アニ「……ッ!」ビクッ

エレン「お、おい……」

ーードゥゥゥン……

ミカサ「!!」

アルミン「また爆発!?」

ユミル「ここにきて爆発が多くなってる……」

トーマス「それより………」

トーマス「ダズを潰した木で、前塞がれちゃったんだけど………」


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 23:18:39 QSUWTQYQ

ジャン「なっ!?」

ミカサ「………みんな!立体機動で上へ!」パシュゥゥ

トーマス「よし、登ろう」パシュゥゥ

ーードゥゥゥン

トーマス「しまった!爆風でアンカーが!!」


トーマスアンカー「ピシュゥゥゥゥ」


ジ /|\ ャン「ガッ………!」ブシュゥゥゥ


ミカサ「ジャン!!くっ………!」

アルミン「……………!!」

トーマス「ぁ……ぅぁ………」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 23:21:48 QSUWTQYQ
今日はここまで

読んでくれてる人いたらありがとう!

今更だけど、スレタイの間違いは気にしないで//

では、おやすみなさーい


p.s.
意外とこの世界、巨人以外で死ぬ確立少ないような………

車とかそういうのもないし……


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 23:49:32 2Gra64Fo
>>51

訓練兵団で訓練中に死ぬやついる


エレンが言ってた


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 02:29:48 HusQuGyc
雑談控えてくれたら嬉しんだけどなぁ


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 16:42:50 KEzdaFSo
>>53
…控えます

再開


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 16:46:38 KEzdaFSo

エレン「何やってんだよトーマス!!」

アルミン「エレン!!仕方の無いことなんだ!!」

エレン「はぁ!?」

アルミン「爆風でアンカーが流されたんだ!どうこうできた問題じゃない!!」

エレン「……悪かった……トーマス」

木「ギギギギィィ………ズゥゥゥン……!」

エレン「え?」

トーマスの頭「ゴロッ……」プシュゥゥゥ

エレン「!!!!」

アルミン「…………エレン!行くよ!」パシュゥ

エレン「お……おう………」パシュゥ


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 16:53:05 KEzdaFSo

ーーー

アニ「……くっ!なんで!?なんで!?アンカー射出されない!!」カチッ…カチッ…

エレン「おい!どうした!?早くしねぇと焼かれるぞ!!」

アニ「エレン!!先に行ってて!!」

エレン「はぁ!?」

アニ「私はもう……無理だから」

エレン「何言ってんだよ!」

ミカサ「エレン!!早く!!」

アニ「早く!!」

エレン「……絶対、帰って来いよ!」パシュゥゥゥ

アニ「分かった…………」


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 17:01:20 KEzdaFSo

アニ「…………行った…………」

火「ボォォォォォォ…!」

アニ「熱い………」

火「ボォォォォォォ…!」

アニ「熱いよぉ………!」

火「ボォォォォォォ……!」

アニ「……体にも引火しちゃったよ………」ボォォォォォォ

アニ「熱い……熱いよぉ………!」ボォォォォォォ

アニ「熱い熱い熱い熱い熱い」ボォォォォォォ

アニ「あ"ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ボォォォォォォ………


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 17:14:51 PbeEd/XI
ーーー
ーーーー

アルミン(……もうエレンとミカサとユミルしか残ってない)パシュゥ

アルミン(僕をいれても4人!)シュィィィン

エレン「でもアニの奴遅せぇな……」

エレン「何してんだろうな」パシュゥゥ

ユミル「お前…………」

エレン「ん?」

ミカサ「ユミル、言わなくていい……」

エレン「え?何を……」


ーードッカァァァァン!!


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 17:22:36 PbeEd/XI

アルミン「!!」

ユミル「……今度のはかなりデカイな……」

ミカサ「エレン、破片に気をつけて」

エレン「お、おう………」


カランカラン……カン……


アルミン「……この距離になると、破片も小粒だね」

ミカサ「アルミン、小粒でも油断できない……」


小破片「ピュゥゥゥ……」

立体機動装置「カラン……!」


60 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 17:28:45 PbeEd/XI

ミカサ「以外と火は早い……」

アルミン「だね……さっきまでかなり後ろだったのに、すぐそこまで来てる……!」パシュゥゥ

ユミル「………?」カチ……カチナチ

ユミル(…………ここにきて立体機動装置が作動しねぇ…………ハッ)


61 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 17:29:17 PbeEd/XI
とりあえずここまで


62 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 19:58:56 zXdN7Mhc
スレタイのfinalで既に笑ってしまった


63 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 21:09:34 nHwToaOU
>>62
もう一度ちゃんとスレタイ見直した方が良いぞ
俺もスレタイでクスッときたけど


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 21:40:01 aeZzdn3w
たしか映画では自殺できないんだっけ…


65 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 00:30:36 Xij9Cpow
>>62>>63
キャァァァァァァァ///////

>>64
ことごとく失敗する……



……再開


66 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 00:36:52 Xij9Cpow

エレン「おいユミル?さっさとしねぇと焼死するぞ?」

ユミル「おいミカサ、このバカさっさと連れて行け………」

ミカサ「?…………!!!」

アルミン「……ユミル?」

エレン「おい!何言ってんだよ!バカはてめぇだろ!」

ミカサ「エレン!!いいから早く!!」

エレン「おい!待てよ!!」

アルミン「エレン!!………ユミルは後で戻ってくるよ……」

エレン「そ、そうなのか?」

ユミル「……あぁ、だからさっさと行け」

エレン「……早く戻って来いよ」パシュゥゥ


67 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 00:43:01 Xij9Cpow

ユミル(………たく)

ユミル(子ども騙してるみてぇだな……)

火「ゴォォォォォ」

木「ギギギ……」

ユミル(……さて、私はどういう死に方するかな?)

ユミル(自殺ってのも手だが………私にはそんな勇気は無い……)

ユミル(破片か?木か?火か?)

木「ギシギシィィ」

ユミル(……木か)

木「ズゥゥゥゥン……!」ブチャ……

ユミルの立体機動装置「グシャァ……バシュゥゥン」

アンカー「ゴォォォォ……!」


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 00:49:05 dKyqOA2A
俺あの映画のシリーズ好きだけどさ。まるでピタゴラスイッチみたいに人が死んでたわ
一番残念な死に方はプールの排水口にケツが挟まって、どんどん吸引の圧力が上がって最後にはケツから中身が吸われるってやつ
それでプール行きたくなくなった


69 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 00:49:27 Xij9Cpow

エレン「………(冷静に考えてみれば、あの状況でアニやユミルが助かるはずが無い……)」

エレン(こいつらは………その事をとっくに知っていて……!)

ユミルのアンカー「ゴォォォォ!」


H /|\ レン「サクンッ!」ビチャァァァ

エレンの頭「ゴロッ……」

ミカサ「……エレン!?エレン!!!!」


ーードォォォン……

替刃「ヒョン……ヒョン…ヒョンヒョンヒョン」


70 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 01:03:05 Xij9Cpow

アルミン「今のは多分、ユミルのだ……!」

ミカサ「だとすると、破片は大き目のものが……!」

替刃「ヒョンヒョンヒョンヒョン!」


ミ \ カサ「プシャァァァァァァァ!」


アルミン「ミ……カサ?ミカサ!!」

ーーガラン……ゴンカン!

アルミン「クソ!!破片が大きい!」

破片「ヒュゥゥゥゥ……」

アルミン「……………!!」

破片「ヒュゥゥゥゥ…………!」

アルミン(に、逃げられない……!!)

破片「ヒュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……!!」


71 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 01:03:50 Xij9Cpow
今日はここまで


72 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 01:14:05 efsz/V0Y
よく考えたら人類的にはラッキーな事故なのか?いやそんなことないか


73 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 09:09:51 Kx4UkpuY
>>72 ワロタw
ちょっと、ん?そうなのかもとか思ってしまったww


74 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 17:17:26 Xij9Cpow
再開します


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 17:20:53 Xij9Cpow

ーーー
ーーーー

アルミン「……………はぁはっ!!」


ジャン「っしゃあ!!俺の得意な立体機動だぜ!!」

コニー「ま、今日もジャンのお世話になるとするかな……」

ジャン「あぁ!!てめぇ舐めてんのか!!」バッ


アルミン「…………!!」


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 17:30:44 Xij9Cpow


ジャン「この前の立体機動の訓練も、俺に張り付いて獲物とって行きやがって!!」

ジャン「十二支のネズミみてぇなことしてんじゃねぇ!!」

コニー「力の無い者は去れば良い」

ジャン「くっ…………」

アルミン「……次にマルコだ……」

エレン「え?」


マルコ「ま、ジャンはとにかく、コニーよりも先に斬撃することを考えた方がいいかもね」


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 17:53:27 Xij9Cpow

アルミン「どうしよう……すぐ訓練始まっちゃう……」

エレン「まぁ、苦手かもしれねぇけど、頑張るしかねぇだろ」

アルミン「そうじゃない………」

アルミン「そうじゃないんだ!!!!」










一同「「………」」シーン……


78 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 18:06:05 Xij9Cpow

アルミン「この後、訓練で大事故が起こるんだ!」

アルミン「みんな!!訓練を中止して!!」

キース「おい貴様……何を言っている……?」

アルミン「本当なんです!!この後、一番にフランツが……!」

フランツ「おいおい、やめてくれよ縁起でもない……」

キース「誰か、アルレルトを医療所へ」

エレン「俺が行きます!」

ミカサ「私も行きます!」

キース「二名もいらんが……まぁいい」

キース「すぐに戻って来い……」


79 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 18:17:30 Xij9Cpow

ユミル(あいつ………確か座学トップだったはず……)

ユミル(そんな奴がいきなりあんな事言うとは考えにくい………)

ユミル「…………教官、レンズ訓練兵が"アレ"なのですが……」

クリスタ「ええ!?//」ビクッ

キース「ふむ……貴様が医療所まで連れて行け」

キース「それと、これからは早めに言え」

クリスタ「え!?あ、はあ…」

ユミル「行くぞ……」スタスタ

クリスタ(なんなの!?なにこれ!?)スタスタ


80 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 18:37:06 Xij9Cpow

ジャン「なんだよあいついきなり………」

コニー「…………」

ジャン「なあコニー!」

コニー「俺は…………あいつが正しいような気がする……」

ジャン「はぁ!?怖じ気付いたか?」

コニー「あいつ、天才なんだぜ……そんな奴がいきなりあんなこと言うとは思えないんだ……」

ジャン「チッ………」

ジャン「……サボりたいならそう言えよ」

ジャン「教官!!スプリンガー訓練兵負傷!!医療所へ行ってもいいですか!?」

キース「今日はやけに欠席が多いな………」

キース「まぁいい……行け」

ジャン「はっ!!ほら行くぞ!」

コニー「あ、あぁ……」


81 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/27(火) 19:45:39 aPoaCAzk
映画の流れだと全員助かるよな

1度は


82 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 06:47:35 nqN6MG0M
再開します


83 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 06:48:27 nqN6MG0M

ライナー「………ただごとじゃないな……」

ベルトルト「……僕らはここで死ぬ訳にはいかない……」

ベルトルト「と言う事でアニ、アニも生理…ぐはっ!」

アニ「あんた……最低だね」

ライナー「……俺からも頼むアニ」

アニ「………仕方無いね……」

ベルトルト「」

ライナー「教官!フーバー訓練兵負傷、レオンハート訓練兵が生理です!」

キース「……分かった、連れて行け」

キース「他には訓練を辞退したい奴はいるか!?」

サシャ「は、はい……」


84 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 06:54:46 nqN6MG0M

ーー医療所ーー

ユミル「なんだお前ら?揃いに揃って………」

エレン「そりゃこっちのセリフだ!」

エレン「何してんだよ訓練サボって!」

アルミン「いや、サボった方がいい」

エレン「お前……まだ言ってんのか……」

ユミル「待てよエレン、こいつは座学トップの天才だ」

ユミル「そんな奴がいきなりあんな事言うのはおかしいと思わないか?」

ライナー「俺もそう思う」


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:05:09 nqN6MG0M

エレン「だからここに連れてきたんだろ?」

ユミル「いや……お前の言う"おかしい"と違うおかしさだ……」

エレン「え?いやおかしいだろ」

ベルトルト「エレン、一回話を聞いて」

ユミル「私らが言ってるのは、"アルミンがああいう事を言った事"をおかしいと言ってるんだ」

エレン「??だからそれ、俺と同じじゃねーか」

ライナー「すまん、俺から訂正しよう」

ライナー「言った事っていうのは内容じゃない、言ったという行為を指すんだ」

コニー「??分からねぇ……」

ユミル「つまりだ、正常なこいつがあんな事言うわけが無い…………」

ユミル「こいつが言ったのは、事実なんじゃねえかってことさ……」


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:12:08 nqN6MG0M

エレン「はあ!?何言ってんだよみんなして!」

クリスタ「ってことはこの後大事故が起きて、みんな死んじゃうってこと!?」

アニ「多分ね」

ミカサ「………そういえば、サシャはなぜここに?」

サシャ「勘です………」

ミカサ「勘?」

サシャ「アルミンの話を聞いて、なぜか逃げた方がいい気がしたんです……」

ジャン「…………ハッ!お前らバカじゃねぇの!?」

ジャン「勘だの予知だの、んなことあるわけねぇだろ!」

ジャン「んなもんあったらシガンシナが崩壊した時、避難が遅れて死者が出た……なんて事も無いはずだ」

ジャン「そんな都合のいいものが、今になって開花するとも思えねぇしな…」


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:12:59 nqN6MG0M

エレン「……俺も、今回ばっかりはジャンと同意見だ」

エレン「そんな事があるなんて、俺は信じれない…」

ユミル「……ま、確かにそう思う方が正常かもな……」

ジャン「だろ?」

ユミル「だが……異常な状況において、正常が通用するのか……?」

ジャン「は?」




ーードォォォン………


88 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:21:05 nqN6MG0M

みんな「「!!」」



ショウカハンイソゲー!
カジダ!!ヤマカジタ!
モリノナカニハクンレンヘイガ!!
ハヤクシロォ!





みんな「「…………」」


89 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:26:43 nqN6MG0M
ーーーー
ーーーーー
ーー翌日ーー

エレン「………葬式は?」

ライナー「明日だ…………」

クリスタ「み……みんな……」グスッ

コニー「……まさか本当だったとは……」

ジャン「アルミン、礼を言う……」

アルミン「いや僕は………」

ユミル「………お前、何を見たんだ……?」

アルミン「……………」

ベルトルト「ユミル、その質問は今のアルミンには……」

ユミル「ベルトルさん、私はこいつが怪しいと思うんだが…」


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:33:51 nqN6MG0M

ミカサ「!!アルミンは何もしてない!!」

ユミル「それを確かめる為に質問するのさ」

ユミル「普通に考えて、死を予知出来るなんてありえない……」

ユミル「だが、こいつはできた………なぜか?」

ユミル「こいつが死を計画したからさ……」

エレン「はぁ!?アルミンがみんなを殺そうとした!?」

ユミル「早とちりするな……まだ仮説の段階だ……」

ユミル「それがどうなのかを調べる為に、質問したんだ……」

アニ「………で?あんたには何がどう見えたわけ?」

アルミン「……………」


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:41:06 nqN6MG0M

アルミン「………みんなが死ぬのを見たんだ……」

ジャン「それは幻覚か?夢か?」

アルミン「分からない……とにかく見えたんだ……」

アルミン「みんな……焼かれたり、潰れたり、切れたりした………」

コニー「マジかよ……」ゾゾゾッ

ベルトルト「それで?」

アルミン「見えたのはそれだけだ……」

アルミン「いや、本当はもっと詳しく見えたけど……」

アルミン「……とにかく、それが見えて、それで……」

ミカサ「現実と共通点があって、現実になると予知できた……と?」

アルミン「うん………」

ミカサ(…………アルミンの予知に、サシャの勘……)

ミカサ(それも、すべて悪い方向だ………気味が悪い)


92 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 07:41:44 nqN6MG0M
ちょっと切れます


93 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 17:56:16 7mb2i.kI
いいよいいよ


94 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 06:48:07 MwnYdEzU
再開


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 06:48:38 MwnYdEzU

ジャン「……まあいい、とにかく今日は戻ろう……」スクッ

ライナー「……だな」

ライナー「よしお前ら、この後食料庫忍び込んで、パーティしねぇか?」

アニ「………あんた、今の私たちに冗談は通じないよ」ガチャ

アニ「みんなの気を紛らわそうとしてくれたのは、感謝するけどね」コツコツ

ミカサ「……サシャ、戻ろう……」コツコツ

サシャ「はい………」コツコツ

エレン「アルミン、俺たちももう戻るぞ」コツコツ

アルミン「………うん」コツコツ

ジャン「おいライナー、変な気遣いするな」コツコツ

ライナー「………すまん」コツコツ


ーーバタン


96 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 06:58:14 MwnYdEzU
ーー夜、女子寮ーー

クリスタ「……一気に人数減っちゃったね………」

ユミル「言うなクリスタ…」

アニ「………明日、火葬だね………」

ミカサ「…………」

ミカサ「……少し外を歩いてくる」

クリスタ「え?でももう消灯時間だよ?」

ユミル「……行かせてやれ」

ミカサ「ありがとう………」ガチャ……バタン


97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:06:18 MwnYdEzU

ーー外ーー

ミカサ「………」ザッザッ

ミカサ(………みんな死んでしまった………)ザッザッ

ミカサ(……それより、なぜアルミンは死を予測できた?)ザッザッ

ミカサ(……いやよそう、私が考えても絶対分からない……)ザッザッ

ミカサ(……でも、もしアルミンを医療所まで連れて行ってなかったら、私は死んでいただろう……)ザッザッ

ミカサ「………!」ゾゾゾッ

ミカサ(………ダメだ、考えが悪い方にいってる………)

ミカサ(…………)

ミカサ(怖い………)


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:13:25 MwnYdEzU

ミカサ(………ダメ)

ミカサ(私が怖気付いてどうするの?)

ミカサ(ここは維持でも怖がらないようにしないと……)ザッザッ


風「ヒョォォォォ………!」

梯子「ガタガタ……」


ミカサ「今日はやけに風が強い……」ザッザッ……ズルッ!

ミカサ「!!」スッテーン!

ミカサ(……私としたことが………)


梯子「プラーン」


ミカサ(………緊急脱出用の梯子か………)


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:17:39 MwnYdEzU
ミカサ(……今日は嫌な事ばかりだ……)


梯子「ガタッ!……ヒュゥゥ……!」



ミカサ「!!!!」ビクッ



梯子「ヒュゥゥ……ピタッ」


ミカサ「ぁ……ぁぁ……」

ミカサ「……今日は厄日だ……」


梯子「ガタンッ…ズゥゥゥン……」


ミ|ミカサ「ザクンッ!」ブシャァァァァ


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:22:03 MwnYdEzU

ーーー
ーーーー
ーー朝ーー

キース「……と言うわけだ」

ジャン「ぁ……ぁぁ……ぁぁぁあ………!」

エレン「あいつが………死んだ………?」

アルミン「…………う、嘘だ……」

クリスタ「うっ………そ…んな……!」

ユミル「…………」

ライナー「梯子なんかで………」

アニ「妙だね……」

ベルトルト「僕もそう思う……」

サシャ「……………」

コニー「………あいつ、主席卒業ほぼ確定だったのに……」


101 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:26:30 MwnYdEzU

サシャ「……………」ガタガタ…

コニー「どうしたサシャ?震えてるぞ?」

サシャ「そ、そうですか………わ、私は……大丈夫です……」

コニー「嘘つけ、お前それは絶対大丈夫じゃねーだろ」

サシャ「………ちょっと、悪寒が走ってるだけです……」

アルミン「…………」

エレン「……アルミン?」

アルミン「…………」

エレン「なんだよみんなして、そりゃ確かにミカサが死んだのは………」

エレン「………いや、すまん」

アルミン「……いいよ、これはミカサが死んだ事で受けたショックじゃないから……」

アニ「……?」

エレン「はぁ?何だそれ?」

アルミン「さぁ………」


102 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:37:34 MwnYdEzU

アルミン「……………」

アルミン「……エレン、今日僕ちょっと調べなきゃならないことがあるから、火葬式は欠席するよ」

エレン「はぁ!?何言ってんだよ!」

アルミン「お願い!………どうしてもやらなくちゃならないことがあるんだ!」

エレン「………何の用事だ?」

アルミン「………今は言えない……」

エレン「……分かったよ、お前がそこまで言うのも珍しいしな」

アルミン「ありがとう………」


103 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 07:38:13 MwnYdEzU
今日はここまで

多分らこれからも、朝だけの投下になりそうです


104 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 08:34:22 cl7x7maY
2だっけ?


105 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 10:07:54 pv0Vb1GA
あの映画の人間の強度って粘土レベルだよな


106 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 11:36:38 R.X6iKe6
この死にっぷりと豆腐っぷりはHTFを思い出す


107 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 06:33:56 WmN4rI8Y
再開します


108 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 06:40:14 WmN4rI8Y

ーーー
ーーーーー
ーー火葬式ーー


ーーゴォォォ……パチバチ……

メガネ教官「………キース教官…」

メガネ教官「……かなり減りましたね……」

教官補佐「……104期は、もう数える程しか残ってませんね……」

キース「……あぁ、皆優秀だった………」

キース「入隊したてのころは、かなりのヒヨッコだったんだがな………」

キース「………知ってるか?」

メガネ教官「……?」

キース「立体機動装置やブレードを作るのに時間はそうかからない……」

キース「他の武器弾薬もそうだ……内地の武器工場で一週間くらいで作られる……」

キース「……だがな」


109 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 06:45:27 WmN4rI8Y

キース「兵士を作り上げるのには、3年かかる……」

キース「これだけはどうしようもない………」

キース「そんな3年かかって立派になった兵士も、半数以上は一年も保たない…」

キース「……しかしだ、人類のために巨人と戦い、死んでいったのならまだいい………」

キース「………今回はどうなると思う?」

キース「やっと3年間を乗り越え、兵士になろうとしていた者ばかりだ……」

キース「……3年間が水の泡だ………」

キース「……私は、訓練兵たちには厳しくしているが……」

キース「彼らには、生き延びてもらいたい……そう思ってる」

キース「だから、誰かの戦死通告を聞くたび、涙を流しそうになる……」

キース「………だか戦死でもなく、事故死として扱われる彼らは……!」

キース「彼らは…………!!」ポロ……

メガネ教官「………」


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 06:54:28 WmN4rI8Y

ジャン「………強くなるための訓練で死んでたんじゃ、世話ねーや」

ライナー「……おいジャン、やめろ」

エレン「……はぁ?世話ねぇってどう言うことだよ!?」

ジャン「だってそうだろ?」

ジャン「……確かに、俺たちは巨人と戦わなくちゃならねぇ……」

ジャン「巨人は時速30mで……奇行種なら時速70mの早さで突っ込んでくる……」

ジャン「死んだら戦えねぇ、生き抜くために戦うんだ……そのための訓練だ」

ジャン「その訓練で死んでたんじゃ、本末転倒だって言ってんだ」

エレン「んだとこのクズ野郎が!!」バッ

ジャン「誰もがてめぇみたいに死に急いでるわけじゃねぇんだよこの死に急ぎ野郎が!!」ガッ


111 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 06:59:49 WmN4rI8Y

クリスタ「やめて二人とも!!」

クリスタ「今はみんなを送り出そうっていう場なんだよ!?」

クリスタ「そんな場で何してるの!?」

ジャン「……ケッ!」バッ

エレン「……チッ!」

アニ「……そういえばアルミンは?」

ベルトルト「さぁ……」

ユミル「さぁって、お前男子寮だろ……」

ベルトルト「そんな事言っても、僕は部屋違うし……あまり話さないし……」

エレン「アルミンなら、やらなきゃならない事があるって言って、どっか行ったぞ」

アニ「そう……」

コニー「何の用事だろ……?」

サシャ「…………」


112 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 07:12:24 WmN4rI8Y

ーー資料室ーー

アルミン(予知、予知………ヤ行あった!)

アルミン(ん〜……これとかかな?)

アルミン(事例とか載っていればいいんだけどなぁ………)ペラペラ…

アルミン(……無いね)

アルミン(これとかかな?)バサッ…

アルミン(………)ペラペラ…

アルミン(……ん?)ピタッ

アルミン「………!!」


113 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 07:17:28 WmN4rI8Y

ーー
ーーーー
ーー食堂ーー

エレン「お?アルミン先に戻ってたのか……」

アルミン「うん、意外に早く用事が終わっちゃってね……」

コニー「何なんだその用事って?」

アルミン「もう少し人が集まったら説明するよ」

エレン「……食堂の椅子も余っちまうな………」

ジャン「あぁ……人数が少ないからな……」

エレン「…………」

アルミン「…………」

ミカサ「…………」

エレン「…………えっ!?」ガタッ

アルミン「ん?エレンどうかした?」

椅子「…………」

エレン「…………いや、何でもねぇ………」


114 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 07:33:05 dfrTU9e2
他所のスレで自分のスレを宣伝するのは自重した方が良いよ。


115 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 07:44:11 WmN4rI8Y
>>114
すみません…………




アニ「なんだい騒がしいね……」ガチャ…

ライナー「遅くなってすまん」

ベルトルト「あ、アルミン帰ってたんだね……」

アルミン「………これで全員揃ったね…………」

コニー「なにしてたんだ?」

アルミン「うん、ある事を調べてたんだ……」

エレン「なんだ?ある事って……」

アルミン「"予知"とか"死"とか……かな」

アニ「………あんた、悪趣味過ぎやしないかい?」

サシャ「いくらなんでもこんな時にそんな事………!」

アルミン「僕もそう思う……けど、知らなきゃならない事があるんだ……」

ベルトルト「知らなきゃならない事?」


116 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 07:44:46 WmN4rI8Y
今日もここまで


117 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 11:59:12 kb7.pZm.

みんな あの映画は〜 みたいなこと言ってるけどなんていう映画?


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 15:31:24 Dn2dRlsI
>>117
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
↑wikipedhia
このシリーズ好きだわ


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 16:33:09 kb7.pZm.
>>118
ありがとう!
今度借りて観てみよう


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 18:21:06 oAAnHZ1Q
気が向いたらメイキングの様子をつべで見るといい
ハリウッドの役者がいかに凄いか分かる


121 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 21:40:56 kb7.pZm.
>>120
おぉ…!
今度見てみます!


122 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 13:29:57 bvntFFq6
再開します


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 13:31:49 bvntFFq6

アルミン「うん、とても大事な事だから、ちゃんと聞いて欲しい……」

エレン「なんだよかしこまって……」

アルミン「……ここにいるのは、あの事故から免れた10人だ……」

アルミン「ミカサも事故から免れたけど………あの通りだ……」

アルミン「まぁ、とにかく僕らは一命を取り留めた……」

アルミン「………知ってる人もいるかもしれないけど……僕はあの事故を予知したんだ……」

ユミル「……ま、あれがなけりゃここにいる人数は減ってたかもな……」

アルミン「だろうね……いや、誰一人残らないだろう……」

クリスタ「………なんで決めつけれるの?」

アルミン「ここにいるみんなが死ぬ光景を、僕が見たからさ………」


124 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 13:39:41 bvntFFq6

アニ「………で?」

アニ「あんたは、自分の妄想を予知だとでも言うの?」

アルミン「僕だってただの妄想であることを願ってるよ!」

アルミン「でも、予知通りに事故は起きた………」

コニー「……偶然だろ」

アルミン「そうだったらいいけど、そうじゃなかった時のために今こうしてるのさ」

みんな「「???」」

アルミン「……これを見て」バサッ……

エレン「なんだこれ?」

アルミン「……180便事故を覚えてる?」

コニー「なんだそれ?」

ユミル「6年前、ストヘス区からカラネス区経由の東向き貨客船、180便がマリア内で爆沈した事故だ……」


125 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 13:49:44 9IUKtDpc

クリスタ「……詳しいね」

ユミル「……まあな」

アルミン「で、その180便が爆沈した時、カラネス区で船を降りた人達がいたんだ……」

アルミン「その人達は計7人いたんだけど、そのうちの一人が、180便爆沈を予知してたんだ……」

エレン「ま、マジかよ……」

アルミン「これがその時の記事だよ……」

サシャ「今の私達の状況に似てますね……」

アルミン「話にはまだ続きがあるんだ……」

ライナー「続き?」

アルミン「うん、この爆沈を逃れた7人だけど……ほとんどがその後死亡してる……」


みんな「「!!!」」


126 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 14:11:55 9IUKtDpc

アルミン「大抵、ありえないような死に方しているけどね……」

ベルトルト「ありえない死に方って……どんな……?」

アルミン「上から何か落ちてきてそれにやられたり……とかね」

アニ「いい加減にしな、あんた…私らをからかって面白いかい?」

アルミン「面白くは無いけど……とにかく、そうやってほぼ全員が死亡してる」

エレン「でも何人か生きてるんだろ?」

アルミン「……一人は精神病院行きで、もう一人は消息不明なだけだよ」

アルミン「で、なぜこの7人、いや5人が殺されたか……」

アルミン「元々、一人の予知が無ければ7人は180便に乗っていたはずだった……」

アルミン「しかし、一人が爆沈を予知したために、7人は船を降りた………」

アルミン「そして、その7人も乗っているはずだった180便は爆沈した……」

アルミン「………つまり、死ぬはずだった人間が、生き残ってしまったんだ」


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 14:23:39 9IUKtDpc

アルミン「おそらく、死ぬべき人間が生きている、その帳尻を合わせるために死んだんじゃないかな……」

ジャン「ふざけんなよ!!!そんな馬鹿げた話がどこにある!?」

ジャン「ミカサが死んだのもそれだってことか!?ええ!?」

ライナー「ジャン、落ち着け」

ジャン「これが落ち着いてられっか!!!!」

ライナー「……今は状況を完全に把握することを優先すべきだ……」

ジャン「チッ……」

エレン「………もし俺たちがそうだとしたら………俺たちも死ぬって事か」

アルミン「多分ね………」


みんな「「………」」


128 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 14:34:04 9IUKtDpc

アニ「……で?死なないようにするにはどうするの?」

アルミン「………とにかく、注意すること」

アルミン「いつどんな死に方するか分からないからね………」

コニー「……なんかいきなり生きてる実感が湧いてきたな……」

ライナー「あぁ……それもいつまで保つか分からんがな……」ガタッ

クリスタ「どこいくの?」

ライナー「人生最後を楽しみに行くのさ……」ガチャ……バタン

ベルトルト「……ちょっとライナーの様子を見に行ってくるよ」スクッ


ーーバタン


ユミル「…………あれはあれで正しいのかもな」


129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 14:41:44 9IUKtDpc

ーー外ーー

ベルトルト「……………」

ライナー「……………」

ベルトルト「………どう思う?」

ライナー「さあな………だが、俺たちを試そうとしてるわけでもなさそうだ……」

ベルトルト「ということは……」

ライナー「…………おそらく、アルミンの言ってることは本当だろう」

ベルトルト「………僕らも死ぬ?」

ライナー「さあな……」

ベルトルト「…………き、巨人だから、大丈夫だよね?」

ライナー「…………分からん」

ライナー「もし俺たちが死という運命に逆らっているなら、運命は全力で俺たちを殺しにくる……」

ライナー「じゃねぇと運命じゃなくなるからな………」

ライナー「………すまん、自分でも何言ってるか分からん………」


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 14:56:45 9IUKtDpc

ライナー「………何すっかな………」

ベルトルト「………君は、残りの人生を延ばそうとは思わないの?」

ライナー「まあな、元々今にあるはずのない命なんだろ?今こうしてるだけで充分だろ……」

ベルトルト「随分プラス思考だね………」

ライナー「お前は悲観的すぎるんだよ……」

ベルトルト「……………」

ベルトルト「……死ぬのに、順番はあるのかな?」

ライナー「さぁ…………」

ライナー「俺にはその辺は分からん………」

オーイ!ホウダンモッテコイ!
イソゲ!タマハオトスナヨ!
ワーワー!!

ライナー「……105期か?」

ベルトルト「だろうね………」

ベルトルト「ああいうのも、死の予兆?」

ライナー「怖いこと言うなよ」


131 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:10:34 9IUKtDpc

ベルトルト「…………」

ライナー「……なぁ、ベルトルト」

ライナー「残りの少ない人生なら…人類側につかないか?」

ベルトルト「何言ってるのライナー!!」

ライナー「アルミンの言う事が真実なら、俺たちは生きて故郷には帰れねぇ…」

ライナー「なら、人類側についてもいいじゃねぇか……」

ベルトルト「……僕が言えることじゃないけど、君は大勢殺したんだよ」

ベルトルト「今更許してもらえると思う?」

ライナー「………無理だ」

ライナー「だから、隠したまま人類につく」

ベルトルト「…………」

ライナー「だがまだアルミンが真実を言ってるとも限らない……」

ライナー「ベルトルト、二人目の死人が出たら、俺は人類につく」


132 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:20:23 9IUKtDpc


ライナー「ベルトルト、お前はどうする?」

ベルトルト「…………」

ライナー「…………ま、別に今すぐ決めろってわけじゃねぇ」スクッ

ライナー「だかさっきも言ったように、二人目が出たら俺は人類につく」

ライナー「その時までに、決めておいてくれ……」

ベルトルト「……………分かった」

ライナー「あと、二人目が出た時にアニにも伝えておく」

ベルトルト「……分かった」


アンゼンソウチヲハズセ!
ホウダンジュンビ!
ミギ60ド!コウカク40ド!


ライナー「………砲撃訓練も大変だな……」


133 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:28:05 USSg8hSI
ファイナル・デスティネーションのパロか…期待

2が一番面白かった。3以降はただのスプラッタだったし


134 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:34:44 9IUKtDpc

ーー第105期、砲撃訓練ーー

教官「いいか!!砲弾で巨人は殲滅できん!!」

教官「足止めで充分だ!殺そうと考え余計に行動するのはよせ!」

総員「「はっ!!」」

教官「模擬戦闘開始!!!」

砲撃指揮「右60度!!高角30度!!」

訓練兵「はっ!!」クイクイクイ

砲「キュリキュリキュリ」

教官「たわけ!!、それが30度なものか!!もっと下げろ!!」

訓練兵「すみません!!」

訓練兵「弾をくれー!弾をくれー!」

訓練兵「運べ!!落とすな!!」

訓練兵「うっ………重い……」グググ……


135 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:36:11 HFvGd7yw
嫌なフラグがビンビンだな・・・


136 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:50:15 9IUKtDpc

訓練兵「あっ……!」ゴトンッ!

砲弾「ゴロゴロ……」

教官「貴様!!!弾を落とすとはどういう精神しとるんじゃぁ!!」

教官「戦場では一人の失敗は皆の命を落とすことになる!!!」

教官「もし弾を落として爆発したら、どうするつもりじゃぁボケェ!!!」

訓練兵「す、すみません……」

教官「ちょっとこい貴様!!!」グイッ

訓練兵「ぁぁ………」ズルズル

砲弾「ゴロゴロゴロ……」


137 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 15:51:53 NF4mUSH.
この教官はダメな教官


138 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 16:02:05 USSg8hSI
死んだ時の逆順だったらアルミン飛ばされてね?


139 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 16:12:35 zp.4xw4Q
落とした砲弾をそのまま放置するとはどういう神経しとるんじゃぁ!!


140 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 16:15:09 9IUKtDpc
砲弾「ゴロゴロゴロ……」

移動砲「ガツン!」

安全装置「カチッ………!」

移動砲「スススゥ………」


訓練兵「あ、おい………」

訓練兵「え?」


移動砲「ゴロゴロゴロゴロゴロ……!」


訓練兵「なんで!!動いてる!!」

訓練兵「バカか!!!言うてる間に追いかけろよ!!」ダッダッダッ

訓練兵「くそ!!地面傾斜してるから早い!!」ダッダッダッ


移動砲「ゴォォォォォ!!」

訓練兵「確かあの移動砲には弾が入ってるはず!!」ダッダッダッ

訓練兵「まじかよ!!なんとしても止めるぞ!!」


141 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 16:47:49 9IUKtDpc

ーーー
ーーーー

ライナー「………ん?向こうが騒がしいな……」

ベルトルト「……なにかあったのかな?」

ライナー「…….こんな状況じゃ、騒動の一つで命の危険を感じちまうな……」

ベルトルト「僕らが二人目になったりしてね」

ライナー「おいおい、やめろよ縁起でもn……」


移動砲「ゴォォォォ……グチャッ!」


ベルトルト「!!!!ライナー!?ライナー!!!!」


木「………」

移動砲「ゴォォォォ……!」

ベルトルト「……!!!!」



ーーボウゥゥゥゥゥン……………


142 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 16:55:03 9IUKtDpc

ーー数日後ーー


ゴォォォ………パチパチ……

アニ「…………」

エレン「…………」

ジャン「…………」

コニー「…………」

ユミル「…………」

クリスタ「…………」

アルミン「…………」

サシャ「…………」


メガネ教官「……キース教官は?」

教官補佐「ずっと部屋に篭ったままです…………」

メガネ教官「………これだけの人数が訓練期間中に死んだからな、当然と言えば当然……か」

メガネ教官「こう何回も火葬式してたのでは、身が保たん……」


143 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 17:02:51 9IUKtDpc

アルミン「………みんな、話がある」

アルミン「あとで食堂に来て………」

ユミル「………また何か見えたのか?」

ユミル「………いや、そうじゃないけど………」

ジャン「何か分かったのか……」

アルミン「うん、そしてうまくいけば運命に逆らって死を防げるかもしれない……」

みんな「「本当(か)!?」」

アルミン「うん、だから必ず来て………」


144 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 17:12:17 9IUKtDpc

ーー食堂ーー

エレン「で!?何がわかったんだ!?」

アルミン「うん、死ぬ順番が分かったかもしれないんだ……」

ジャン「……別に聞きたくねぇな……」

ジャン「そんな縁起でもねぇこと知ってどうする?」

アルミン「……順番を狂わせれば、死を防げるかもしれない……」

コニー「……何だそれ」

アルミン「いいかい……」


145 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 17:25:48 9IUKtDpc

アルミン「あの事故から助かった………つまり運命に逆らった人達はじきに死ぬ……」

アルミン「そう仮定する……」

アルミン「ただ、一度に五人十人が死ぬとは考えにくい……」

アルミン「つまり、一人ずつ順に死んで行くはずだ……」

アルミン「そして、一人ずつということは順番があるということ……」

アルミン「そして、その順番を狂わせれば死の連鎖は止まるかもしれない………」

ジャン「…………かもしれない?」

ジャン「まだ確証はねぇってことか……」

アルミン「僕らはもういつ死んでもおかしくないんだ」

アルミン「いちいち確証なんか持ってたら実行する前に死んじゃうよ」

ユミル「………まぁ、なんとなくアルミンの話は分かった」

ユミル「だが、順番が分からないんじゃ狂わせようも無い」

アルミン「順番ならもう分かったよ……確証は無いけどね」


146 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 18:38:57 9IUKtDpc

アルミン「あの事故の生き残りは、エレンにミカサ、ジャンとコニー、アニ、ベルトルト、ライナー、ユミルにクリスタ、サシャ」

アルミン「…………そして僕の11人だ」

アルミン「そしてその中で一番に死んだのはミカサ……」

アルミン「次にライナー、ベルトルト」

アルミン「………この順だ」

エレン「待ってくれ!ライナーとベルトルトは同じくらいの時間で死んだって聞いたぞ」

アルミン「当時砲撃訓練をしていた兵によると、ライナーが先でベルトルトが後だったそうだよ…」

クリスタ「………この順番って!!」

アルミン「気づいたかいクリスタ?」

アルミン「…………これは暫定の成績順だ……!」

みんな「「!!!」」


147 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 18:52:11 9IUKtDpc

エレン「でもなんでそんな………」

アルミン「これは僕の憶測だけど、もしこの11人を殺すとなれば能力の高い人を先に潰しておけばやりやすいんじゃないかなと」

アニ「…………」

エレン「てことは次は………」

アルミン「うん、たぶんアニ……君だよ」

アニ「…………」

ユミル「じゃ、こいつが死ななければ私たちも安心……てことか」

アルミン「たぶんね」

コニー「たぶん多いな」

クリスタ「…………アニを守ればいいんだね」

サシャ「なるほど……」

アルミン「確証はない………けど、他に方法も無い」

アルミン「やるしかない………とにかくアニを死守する」

エレン「分かった」


148 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 19:46:25 9IUKtDpc

アニ(………なんだいこの状況)

アニ(なんで人類の敵である私が守られてるの……)

アニ(…………もしかしたら今は、そういうこと言ってる場合じゃ無いってこと?)

アニ(………今までハッタリだと思ってた……)

アニ(…………でも現にライナーとベルトルトは死んでる)

アニ(…………………)

アニ(………死にたくない!)

アルミン「だからアニ、これからは充分気を付けてほしい」

アルミン「何が原因で死ぬか分からないからね」

アニ「………分かった」

アルミン「よし、じゃあ交代でアニにつこう」

アルミン「常にアニを視界に入れておく」

アルミン「そうすれば何かあっても助け出せる」

みんな「「分かった」」


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 20:35:09 9IUKtDpc

アルミン「じゃあこの辺りで解散ってことで……」

コニー「おう、お疲れさん」

ユミル「しかしまぁ、104期卒業生が何人になることやら……」

エレン「………?」

ユミル「たぶん、卒業したところでなんの価値にもならないだろうな……」

コニー「はぁ!?」

ユミル「分からないかコニー……」

ユミル「私たちは訓練兵になった時、死への恐怖を取り除かれ兵士として歩んできた………」

ユミル「だが今この状況になった事で、死に対する恐怖がまた湧いてきてるのさ」

ユミル「そんなんで卒業したところで、劣等生集団になるだけさ」

ユミル「実戦じゃなんの役にも立たない兵士になるだろうな……」

コニー「……!!」

ジャン「だが、俺たちは人類に身を捧げ巨人と戦い戦死することには恐怖はない」

ジャン「勝手に一人で犬死することに恐怖を感じてるだけだ」

ユミル「そんなこと言っているのもお前くらいだ……」


150 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 20:52:25 9IUKtDpc

ユミル「周りをよく見ろジャン」

ジャン「!?」


サシャ「……………」

アニ「……………」

エレン「……………」

クリスタ「……………」


ユミル「………戦死だろうと犬死だろうと死に変わりはない」

ユミル「こいつらはもう、死に対して恐怖を抱いてる……」

ジャン「なっ…………!」

ユミル「…………そういうことだ」


151 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 20:58:58 9IUKtDpc

ジャン「お前ら……………」

アルミン「…………とにかく、生き残ろう!」

アルミン「兵士だとか卒業だとかそんなのは生き残ってからの話だ」

アルミン「………いい?みんな生き残ることだけに全思考を使うんだ!」

アルミン「それ以外のことは考えちゃダメだ!」

ユミル「………逃避にしか聞こえねぇな」

クリスタ「ユミル!」

ユミル「はいはい、悪かったよ……」


152 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 21:10:19 9IUKtDpc
ーー女子寮ーー

アニ「あのさ…………」

クリスタ「うん?」

アニ「……………呉越同舟って知ってる?」

クリスタ「ごえつどうしゅう?」

ユミル「例え敵同士であっても、利害が一致する時は協力し合うことだよ」

アニ「………もし、もしあんたらに絶対に許せない相手がいて、そいつと一緒に危機的状況になった時」

アニ「それでもあんたらは呉越同舟だと割り切れる?」

クリスタ「もちろんだよ!」

サシャ「まぁ………でも協力しなければ自分も生き残れないんでは……」

ユミル「……まぁ、自分が助かるなら」

アニ「でも許せない相手なんだよ?そいつが死ぬチャンスでもあるのに?」

ユミル「許す許せないも、生きてなきゃできねぇだろ……」

ユミル「そいつをどうこうするのは生還をしてからいいと思うぞ?」

アニ「…………」


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 21:17:27 9IUKtDpc

アニ「………じゃあ、そいつが人類の敵でも?」

サシャ「人類の敵……ですか」

クリスタ「さっきから何言ってるのアニ?」

アニ「………別に、たいした事じゃないよ」

ユミル「…………………」

サシャ「…………」

クリスタ「…………」

アニ「………何この空気」

ユミル「……さあな」

サシャ「何でしょうね」

クリスタ「たぶん緊張が続いてるんだよ」

ユミル「まあ、私らがピリピリしてるのは確かだな」

クリスタ「まあアニさえ守れたら何とかなるはずだしね」

ユミル「ここで食い止めないとな」


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 21:34:02 9IUKtDpc


ーー翌朝、食堂ーー

アルミン「アニは無事?」

ユミル「あぁ、ほらこの通り」

アニ「…………」

アルミン「……大丈夫そうだね」

エレン「アニに死なれちゃ困るからな」

サシャ「とにかくご飯……食べましょう」

コニー「だな、腹が減っては戦いはできねぇって言うしな」


シロアリ「カリカリカリカリ」

柱「ギギギ……ギシギシ……」


ジャン「………無理なんじゃねえか」

エレン「は?」


155 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 21:48:33 9IUKtDpc

ジャン「元々、俺たちは死ぬはずの人間だ……」

ジャン「それが運良く生き残って……さらに今俺たちは生きようとしてる……」

ジャン「運命とかを信じるつもりはねぇが、俺たちはあまりにもわがまますぎやしねぇか?」

エレン「は?何言ってんだお前」

エレン「生きるのにわがままもクソもあるか」

エレン「巨人だってわがままじゃねぇか、人を勝手に喰ってさ」

ジャン「そういう話じゃねぇ!!巨人なんかどうでもいいんだよ!!!」バッ

エレン「離せよ!!服が破けちゃうだろーが!!」ガッ

ジャン「だいたいお前は火葬式の時から気にいらねぇんだよ!!」

エレン「あ!?お前が世話ないとか言い出すからだろーが!!」


シロアリ「カリカリカリカリ」

柱「ギギギ……ギシギシ……」


エレン(…………今のこいつは頭に血が昇って冷静じゃない!)

エレン(………技術を行使してこの場を収める!)


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 22:04:31 9IUKtDpc

柱「ギギギ……ギシギシ……」


エレン「ふっ!」ガシッ

ジャン「うおっ!?」クルッ

ジャン「いっ……!」ドッシーン


柱「バキッ!」


アニ「……!!!」









ーードンガラガッシャーン!


157 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 22:07:51 9IUKtDpc
今日はここまでです


158 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 22:39:15 zp.4xw4Q
う、嘘だろ…


159 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 16:51:56 JUemlv2g
再開します


160 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 16:53:44 JUemlv2g

みんな「「!!!」」

クリスタ「や…屋根の一部が……!」

サシャ「……………」

アルミン「………!!!」

アルミン「まずい……あの場所はアニが座ってた場所だ!!」ダッ

エレン「アニ……!アニ!!」


161 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 17:03:55 JUemlv2g

ーーーー
ーーーーー
ーー数日後ーー

エレン「………………」

ジャン「………………」

ユミル「…………はぁ」

ユミル「まぁ、何が原因になるか分からないってことだな………」

アルミン「よそう、ここで責めあってもしょうがないよ」

アルミン「アニが成績4位だったから………」

エレン「次は俺か……」

ジャン「ハッ、死に急ぎならすぐに死にそうだな」

エレン「………気をつける」

アルミン「とにかく、作戦通りに誰かと一緒に行動する事!」

エレン「お、おう……」

コニー「お前が死んだら俺たちまで死ぬ事になるんだからな!」


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 17:10:28 JUemlv2g

ユミル「そういえば、アニの火葬式はいつだ?」

アルミン「分からない………」

アルミン「教官方も訓練だけでポロポロ死んでるから、なんか………」

エレン「ノイローゼってやつか?」

アルミン「……っぽいね」

クリスタ「仕方ないよ……私たちだって自分の命が危険じゃなかったらそりゃ………」

ジャン「お?なんだ女神も結局自分の命が惜しいのか?」

クリスタ「!!!!」

ユミル「おい………」

ジャン「………冗談だよ」

サシャ「でもまあ、この状況で自分の命が惜しくない人の方が凄いですけどね」

コニー「だな」


163 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 17:20:44 JUemlv2g

エレン「…………」スクッ

アルミン「エレンどこいくの?」

エレン「……ちょっとな」

アルミン「ダメだよ、変に行動しちゃ」

エレン「ちょっとだけだよ……」

ジャン「………チッ」スクッ

クリスタ「………ジャン!」

ジャン「………勘違いすんな、こいつの次は俺だ」

ジャン「こいつが死ねば俺の命が危ないだけだ………」スタスタ

クリスタ「……………」


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 17:36:21 JUemlv2g

ーー外ーー

ジャン「おいエレン、お前本当死に急ぐんだな」スタスタ

エレン「そんなんじゃねーよ」スタスタ

ジャン「そうだろうが、わざわざ危険な外出やがって……」

エレン「アニを見たろ?………」

エレン「別に室内だろうと外だろうと大して変わらねぇ……」

ジャン「……………」

エレン「………お?これとか綺麗だな」プチッ

ジャン「………何してんだ?」

エレン「見りゃ分かるだろ、花摘んでるんだよ」

ジャン「なんだ?ショックでおかしくなったか?」

エレン「ちげーよ」

エレン「アニのところに持って行くんだ……」


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 17:46:38 JUemlv2g

ジャン「はぁ?なんで」

エレン「この調子だと、火葬式も遅くなっちまうだろ……」

エレン「だから俺だけでも花渡しとかないとさ……」

ジャン「……………」

ジャン「……………」プチッ

エレン「なんだよ、お前も摘むのか」

ジャン「俺が摘まねえって言った?」

エレン「いや……」

ジャン「おい行くぞ、さっさと渡しちまおうぜ」

エレン「あぁ……」


166 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 18:05:28 JUemlv2g

ーー元食堂ーー

オーイ、アゲテクレ!
クギクレ!カナヅチハ?
カンカンカン!



エレン「もう工事してんのか……」

ジャン「早いな………」

エレン「……ん?」

ジャン「なんだ?どうした?」

エレン「ここって一階建てだよな?」

ジャン「それがどうした……」

エレン「こんな高い足場組む必要があるのか……?」

ジャン「まぁ、一階建てといっても、屋根を直すんだからそれなりに必要なんじゃねぇの?」

エレン「へぇ〜……」


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 18:19:50 JUemlv2g


作業員「ふんふふ〜♪ふふんふ………イテッ!」スタスタ……ガンッ

ネジ「コロン……」

足場「グラ……」



ジャン「ここでいいだろ」

エレン「ん?そうだな……」パサッ……

ジャン「……………」パサッ……

エレン「…………」

ジャン「…………エレン、お前………死ぬなよ」

ジャン「お前の次は俺なんだからな」

エレン「あぁ………」


168 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 18:25:47 JUemlv2g

足場「ククク………」

鉄パイプ「ゴロ……ゴロゴロゴロ」

鉄パイプ「ヒュゥゥゥゥゥ……!」






H レン「ザシュゥァァ……!!」

ジャン「!!!!」


169 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 18:33:44 JUemlv2g

ジャン「おい……マジかよエレン!!」

ジャン「エレン!!エレ……」

ジャン(………はっ!)

ジャン(次は俺か……!)



鉄骨「カーン……カランガランゴロン!」

ジャン「……!!!」

ジャン「うおっ!?」バッ








ーードンガラガッシャーン!


170 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 18:34:15 JUemlv2g
いったん休憩します


171 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 21:27:12 JUemlv2g
再開


172 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 21:31:58 JUemlv2g

ジャン「くっ…………」ズザァァァァ

ジャン(…………こんなところで死んでたまるか!!)

ジャン(俺はエレン達みたいにはならねぇ………)

ジャン(俺が順番狂わせねぇと………あいつらまで死んじまう!)


鉄板「スゥ………」


ジャン「またか!!」


鉄板「ヒュゥゥゥ……!!」

ジャン「チイッ!!」ダッ



ーーバギャァァァン!!!!

ジャン(…………くそ!この場で殺す気か!?)


173 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 21:32:42 Iz3wDjAM
ジャン頑張れ


174 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 21:40:53 JUemlv2g

ジャン(だがここから離れれば俺の勝ちだ!)

ジャン(現場から離れさえすれば!)


足場「………ガクンッ!」


ジャン「!!!」

ジャン「早くここから動かねぇと……!!」

ジャン「……………」

ジャン「!?」

ジャン「なんで足うごかねぇんだ!」

ジャンの足「ドクドク……」

ジャン「しまった!いつの間に!?」

ジャン「破片が刺さってやがる!!」


175 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 21:51:24 JUemlv2g


足場「ギシギシ……」


ジャン「くそ!!ついてねぇ!!」


足場「ギシギシギギギギギィィィィ!!!」


ジャン「………!!!!」












ーーガッシャァァァン!!!!


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 22:02:08 JUemlv2g

ーー食堂ーー


クリスタ「!!!!!」

サシャ「い、今の音………」

アルミン「エレン………!!」

コニー「………いこう!!」ガタッ

ユミル「くそ!あいつ死んだんじゃねぇだろうな!」ダッ




ーーダッダッダッ………


177 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 22:11:23 JUemlv2g

ーーー
ーーーー
ーー外ーー

メガネ教官「大きな音がしたので来たのだが……」

アルミン「……………」

サシャ「これは………」

コニー「………………」

クリスタ「もういや…………!」

ユミル「クリスタ…………」ギュッ

クリスタ「…………」



納体袋「」

納体袋「」


178 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 22:20:42 qymWF2NM
そしてここらでタイトルのFinalを見て一言


179 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 22:24:03 JUemlv2g

教官補佐「教官、まだレオンハート訓練兵の処理もまだですが………これは………」

メガネ教官「……焼き屋のミケさんに頼むか………」

アルミン(ミケ………?どこかで聞いたことがあるような………)

教官補佐「式はどうするんです?」

メガネ教官「こんな時に式もなにもないだろう……」

クリスタ「………式無しですか」

メガネ教官「え?」

クリスタ「これだけ死んでるのに式は無いんですか!!」

教官補佐「……………」

クリスタ「人が死んでるんですよ!?」

クリスタ「ちゃんと弔ってあげないと!!」

ユミル「おい……やめておけ……」

クリスタ「事故すら未然に防げなかったくせに………!!」

アルミン「クリスタ落ち着いて!」


180 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 22:26:45 JUemlv2g
>>178
ほんと……英語できないくせに英語使ってすみません…………


……………風呂入って来ます


181 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:16:46 JUemlv2g
再開


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:20:18 JUemlv2g

メガネ教官「………まぁそっちの言いたい事も分かる」

メガネ教官「だがな、経済的に式はできないんだよ……」

クリスタ「お金ですか!!人の命よりお金なんですか!!」

メガネ教官「……………」

クリスタ「いつもそう………」

クリスタ「みんな本当は他人の命なんてどうでもいい……」

クリスタ「自分の周りの状況を変えるくらいなら、他人の命で阻止しようとする……!」

ユミル「クリスタ!お前何言って……」

クリスタ「自分勝手な行動で捨てられた人の気持ちなんて全く分かってない!!」

サシャ「クリスタ!!気を確かに!!」

コニー「クリスタ!やめとけって!」

コニー「すみません!こいつちょっと気があれなんです!!」


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:23:56 JUemlv2g

メガネ教官「……………」

コニー「本当すみません!行こうクリスタ!」ガシッ

クリスタ「ちょ…ちょっと!」

ユミル「ほらほら帰るぞ」

サシャ「そうですよ戻りましょう」

クリスタ「私はまだ……!」

アルミン「ほら、いったん落ち着かないと……」


184 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:26:08 uGY2KPSw
クリスタって原作でもこういうとこあるよな


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:29:37 JUemlv2g

ーー食堂ーー

クリスタ「……………」

ユミル「まぁ、仕方ない……」

クリスタ「……仕方ないで済ますの!?」

コニー「クリスタ………まずは俺たちが生き残ることことを優先しようって……」

コニー「そういう話になっただろ……」

クリスタ「…………!!!」

サシャ「そうですよ、生き残ることに全思考を使えって……」

クリスタ「……………」

ユミル「まぁ、お前の気持ちも分かるが………」

ユミル「ここはいったん引いておけ」

クリスタ「…………分かった」

ユミル「そういえばアルミンは?」

サシャ「そういえば見ませんね……」

コニー「あ!?あいつどこ行ったんだ!」


186 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:30:56 6Q6rVAKA
次はマルコ…か…


187 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:38:51 JUemlv2g

ーー資料室ーー

アルミン(………やっぱり!!)

アルミン(元調査兵団分隊長、ミケ・ザガリアス…………)

アルミン(………180便事故と死の連鎖の生き残り………)

アルミン(………行方不明になってた人だ!)

アルミン(6年前………東にいる団長と会うため180便に乗り……なぜか事故を免れた人だ)

アルミン(カラネス区で降りて、憲兵に尋問されてからは行方不明になっている……)

アルミン(知らない間に除隊もしてるし……)

アルミン(まさか裏の焼き屋さんになってたとはね……)

アルミン(……会って話す価値は充分ある!)

アルミン「……知らせなきゃ!」


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:46:42 JUemlv2g

ーー食堂ーー

コニー「………そういえば次はサシャか」

サシャ「あれ?確か7位がマルコで8位はコニーじゃありませんでしたっけ?」

クリスタ「……マルコは事故で死んだから………」

コニー「え?そうだっけ?」

ユミル「何言ってるんだバカ………」

ユミル「上位十名であいつだけが事故に巻き込まれただろうが……ここにもいないしな」

クリスタ「……で?8位は誰?」

サシャ「私もよくは知りませんが……」


189 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/01(日) 23:51:20 JUemlv2g

コニー「でも対人格闘で何かとサシャに負けてるしな……」

サシャ「………てことはやっぱり私ですか……」

ユミル「安心しな、何とか守ってやるよ」

ユミル「じゃねぇと私らの命が危ない」

クリスタ「ユミル!ちゃんとサシャの命を心配すべきだよ!」

アルミン「みんな!揃ってる!?」バンッ

コニー「うお!?アルミンか……」


190 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 00:01:10 O0zymqP2

ユミル「どこ行ってたんだ?」

アルミン「ちょっと気になることがあって、調べてたんだ!」

アルミン「そして、重要な手がかりを掴んだ!」

サシャ「手掛かり……」

アルミン「この前、180便の事故と死の連鎖の事……話したよね?」

コニー「あぁ……生き残った奴が死んでいくってやつだろ?」

ユミル「そして、現に私たちは死んでいってる……」

アルミン「その死の連鎖から生き残ったのは二人いたよね?」

アルミン「精神病院と行方不明の二人……」

サシャ「そういえば、そんな事言ってましたね」

アルミン「行方不明の人の行方が分かった!」


191 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 00:02:16 O0zymqP2
今日はここまでです

見てくれた人ありがとうございます!


192 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 06:57:02 O0zymqP2
再開


193 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 07:00:40 O0zymqP2

コニー「行方不明の行方が分かる………それ行方不明じゃないんじゃ……」

ユミル「おいバカ……黙っててくれ……」

クリスタ「一連の生き残りがいて、その人の居場所も分かったって事?」

アルミン「うん、それでその人に会いに行こうと思うんだ……」

クリスタ「そっか!一連の生き残りなら何か知ってるかもしれない!」

アルミン「そう、でも会いに行くにはちゃんとした方法が必要だ」

コニー「方法?」

アルミン「うん、彼は今裏の焼き屋さんでね……」

アルミン「基本的に誰とも会わないんだ」

コニー「裏の焼き屋?焼き鳥?」

アルミン「ちがうよ」


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 07:09:04 O0zymqP2

アルミン「法律で、遺体は必ず火葬か土葬しなければならないのは知ってるよね?」

アルミン「でも火葬や土葬はお金がかかるんだ」

アルミン「そこで、安く遺体処理をしてくれる人たちがいるんだ……」

アルミン「ただ、安くするために違法な遺体処理ではあるけどね」

アルミン「もちろん違法だからあまり表にはでない……だから人と会わないんだ」

コニー「へぇ……そんなのあったのか」

アルミン「彼はその違法な遺体処理をする人だ」

ユミル「……ま、その生き残りがどんな人物かってのは分かった」

ユミル「だがどうやって会うんだ?」

アルミン「………潜入する」

みんな「「!?」」


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 07:13:36 O0zymqP2

アルミン「たぶんアニやエレン、ジャンの遺体は、お金の関係で焼き屋さんに持って行くはずだ」

アルミン「それを尾ける!」

ユミル「大胆な作戦だな……」

アルミン「それしかない………」

アルミン「そして会って、助かる方法を聞くしかない!!」

アルミン「遺体が運ばれるのは明日だ!これは教官室から聞いたから間違いない!」

アルミン「だから今日しっかり休んで、明日に備えて!」


196 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 07:24:36 O0zymqP2


アルミン「それと、次の人って誰?」

コニー「……多分サシャだよな」

サシャ「はい…」

アルミン「じゃあ、みんなサシャから目を離さないで!」

アルミン「もう人数も少ないし、全員で見張るよ!」

サシャ「え……全員で……」

サシャ「なんか……恥ずかしいですね」

ユミル「おい芋女!!真面目にやれ!」

ユミル「お前に死なれちゃこっちが危ないんだよ!」

サシャ「ごめん……なさい」

アルミン「……とにかく、サシャに注意しながら行動する事!!」

みんな「「分かった!」」

アルミン「じゃあ今日はみんな部屋に戻ろう……」


197 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 07:31:52 O0zymqP2
ここまで


198 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 14:54:55 e4dMk1yg
乙乙
そういえばマルコはもう死んでたのか


199 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/02(月) 16:23:23 KD.ynNOc
宣伝


200 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 06:50:59 VBXWCWEI
再開


201 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 06:56:47 VBXWCWEI

ーー翌日ーー

アルミン「………みんな揃ってるね」

ユミル「あぁ………これだけ人数が少ないと、確認しやすいな」

サシャ「次は私………」

クリスタ「安心して、サシャは守る!」

コニー「あぁ……クリスタの言う通りだぜ」

アルミン「ん?出てきた!」

みんな「「!!」」


202 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:08:53 VBXWCWEI

兵「さぁて………行くか」

兵「でも中身ってなんだろな?」

兵「俺が知るかよ!」

兵「まぁいいや……俺たちは言われた通りに運べばいい」

馬「ヒヒーン」パカラッ…パカラッ…



アルミン「……僕らも後を追うよ」

クリスタ「うん……!」

ユミル「兵が二人と馬一頭……」

コニー「見つからねぇようにしねぇとな……」


203 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:13:33 VBXWCWEI

ーーー
ーーーー
ーー昼過ぎーー

兵「そろそろ飯にすっか」

兵「おう!こちとらこれだけが楽しみで……」

兵「お前はおとなしくしてろよ〜」ガチャカチャ

馬「ブルルル……」

兵「どこ行く?」

兵「ちゃんとした食べ物の出る店なら、どこでもいいよ」



アルミン「………少し休むみたいだね」

サシャ「わ…私たちも、休みましょう」

クリスタ「つ…つかれた……」

アルミン「分かった、なにか買って来るよ」


204 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:22:11 VBXWCWEI

風見鶏「キィィ……キィィ……」

ネジ「クル……クル……」



サシャ「これは陰入っとないと熱いですね」ドサッ

コニー「おいおい、地べた座るなよ」

サシャ「いいじゃないですか」

ユミル「……アルミンのやつ、遅いな……」


風見鶏「キィィィ……キィィ」

ネジ「クル……クル…クル…」


205 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:28:33 VBXWCWEI

サシャ「………お腹空いたなぁ」

クリスタ「もう少しでアルミンが持って来てくれるよ」


ネジ「クルクル……コロン」


サシャ「あれ?………なんでネジが上から……」

コニー(上……?)


風見鶏「………」


コニー「……!!サシャどけ!!!」ダッ

サシャ「きゃぁぁ!!」ドンッ


風見鶏「グラッ……」


コ\|/ニー「ドスッ……」ドクドク…


206 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:37:27 VBXWCWEI

ーーザワザワ
ケ、ケンペイヨベ!
オイ、ジコカ?ワカラン
ザワザワ



サシャ「コニぃぃぃぃぃぃ!!!!!」

クリスタ「ど……どうして?」

クリスタ「まだサシャは死んでないのに……!!」

ユミル「………いや違う!」

ユミル「これが……本当の順番だ」

クリスタ「サシャが9位だったってこと!?」

ユミル「…………あぁ」

アルミン「みんな!!何事!?」タッタッタッ

アルミン「……!!」


コ\|/ニー「」


207 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:47:22 VBXWCWEI

憲兵「はいはいどいてどいてー!」

憲兵「憲兵だ!道を開けろ!」ドンッ!

馬「!?」

馬「ヒヒーン!!」ダッダッ……ガッ!

鎖「ガクンッ!」


アルミン「!!憲兵が来た!」

ユミル「とにかく、状況を説明しねぇと」


馬「ブルルル…!!」ガッガッ!

鎖「ガクンッ!ガクンッ!」


208 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 07:47:56 VBXWCWEI
今日はここまで


209 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 19:26:16 vicPUlso
馬…!
頼む…落ち着け…!
落ち着けと言ってる……馬…頼む…頼むから…!


210 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 06:44:56 Gsvd9zXM
再開します


211 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 06:49:01 Gsvd9zXM


馬「ブルル……!」ガッガッ!!

鎖「ガクン!バキィィ!!」

馬「ヒヒーン!!」ドドッドドッドドッ!

ーーー
ーーーー

兵「いや〜美味かったな」

兵「あ!?俺たちの馬がいない!!」

兵「うわ!?まじかよ!!」


212 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 06:57:02 Gsvd9zXM


ーードドッドドッドドッ……


アルミン「………ん?なんの音?」

ユミル「…………!!!」


馬「ヒヒーン!!」ドドッドドッドドッ!

サシャ「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ズルズル……!!

クリスタ「サシャ!!!」

アルミン「縄が引っかかって、引きずり回されてるんだ!」ダッ

アルミン「追わないと!!」ダッダッダッ


213 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:04:56 Gsvd9zXM


ーードドッドドッドドッ……


アルミン「………ん?なんの音?」

ユミル「…………!!!」


馬「ヒヒーン!!」ドドッドドッドドッ!

サシャ「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ズルズル……!!

クリスタ「サシャ!!!」

アルミン「縄が引っかかって、引きずり回されてるんだ!」ダッ

アルミン「追わないと!!」ダッダッダッ


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:06:18 Gsvd9zXM
連投してしまった………


215 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:11:50 Gsvd9zXM


馬「フシュゥゥブルル!」ドドッドドッドドッ

サシャ「い…いたい!!……跳ねる!!!」ズルズル……

馬「ブルル……!」ズザッ…ドドッドドッ

サシャ「うわぁぁぁぁぁ!!」ブンッ!

サシャ(こ、こんなスピードで曲がられたら振り回される!!)

サシャ(立体起動つけてくればよかった!!いっ……たい!)ドンッ!ズルズル…

サシャ(助けて………!!!)ズルズル


216 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:17:52 Gsvd9zXM


馬「ブルルル……!」ドドッドドッ


サシャ(………!!!!!)ズルズル

サシャ(T字路!!)ズルズル

サシャ(お願い………減速して!!)ズルズル


馬「フシュゥゥ」ドドッドドッ


サシャ(お願い……!!!!!)ズルズル


馬「ヒヒーン!」ドドッドドッ


サシャ(もう………あかん……!)


217 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:23:17 Gsvd9zXM


馬「ヒヒーン!」ズザッ…ドドッドドッ

サシャ「ひゃぁぁぁぁぁ!!」ブンッ!

サシャ(……!!!)


壁「……」


サシャ(〜〜!!!)


壁「…………ブチャァン!!!」




馬「………」ドドッドドッ……

肉塊「」ズルズル……


218 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:27:46 Gsvd9zXM

ーーー
ーーーー
ーーーーー

アルミン「サシャ!サシャ!!」ダッダッダッ

アルミン「……!!!」



血付き壁「……」



アルミン「……………」

アルミン「……はっ」

アルミン「……クリスタ!クリスタ!!!」ダッダッダッ


219 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:36:44 Gsvd9zXM

ーーーー

ユミル(芋女………無事でいてくれ………!)

クリスタ(サシャが生きていれば残り4人……)


アルミン「クリスタ!無事か!!」ダッ!

クリスタ「アルミン!!」

クリスタ「サシャは……サシャは!?」

アルミン「……………」

ユミル「………こいつが真っ先にお前の心配をしたんだ………」

ユミル「あいつは多分………そうだろ?」

アルミン「……………」

クリスタ「そ………んな………」


220 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:47:30 Gsvd9zXM

アルミン「……!!」

アルミン「い…遺体は!?」

ユミル「………見失った」

アルミン「……………」

アルミン「最後の賭けも、失敗したのか……」

クリスタ「………………」

アルミン「終わった…………何もかも…………」

ユミル「………………どうする?」

アルミン「どうもできないね………」

クリスタ「………直接、上官に聞いてみるのは?」

アルミン「無理だね……機密事項だよ」


221 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/04(水) 07:48:01 Gsvd9zXM
今日はここまで


222 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 00:06:03 Ew/5/9LU
そしてここらでスレタイのFinalをぢっと見つめる


223 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 01:43:54 a1f0WQ3A
やめたげてよお!


224 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 06:46:02 6EDRK/iw
さ……さ、再開します!


225 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 06:52:52 6EDRK/iw

アルミン「それに………ここから訓練場まで生きて帰れるかもわからない……」

クリスタ「そんな不吉な事言わないでよ!!」

アルミン「…………僕らは全滅だ」

クリスタ「な…………!」

クリスタ「アルミン、あなた……」

クリスタ「生き残ることに全思考を使えって…………」

クリスタ「言ってたのは誰!?」

クリスタ「紛れもないあなたでしょ!?」

ユミル「………クリスタ、今はギャーギャー喚いてる場合じゃない」

ユミル「じきに人も集まってくるだろうし、めんどくせぇ事になる前に身を隠すぞ!」

アルミン「…………まぁ、そうだね……」


226 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:01:28 6EDRK/iw

ーー裏路地ーー


ユミル「………とりあえず、ここで休もう」

クリスタ「………………」


サケモッテコーイ!ガハハ!!
ゲツゲツカスイモクキンキン!!ワハハハ!!
チュウトンヘイナンテ、クソクラエ〜!ギャハハ!
ワイノワイノ


クリスタ「これは………!」

アルミン「壁を破られても、大して変わってないね…………」

ユミル「まぁ、世界の裏側だな……」


227 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:05:58 6EDRK/iw

駐屯兵「ヒック………うい〜」

駐屯兵「この仕事も…ヒック楽だな〜」

駐屯兵「おい〜もっと酒くれよぉ」

配達員「あの〜」

駐屯兵「うわ!?……だぁれだてめぇ!」

配達員「いや……納品予定の小麦粉………持ってきたんですが……」

駐屯兵「あぁ……あ〜その辺でいいや、おいといて〜」

配達員「は、はい……」

駐屯兵「あ〜あと、俺たちが酒呑んでるのチクるなよ」

駐屯兵「ばれたらめんどいから」

配達員「は、はい……」

駐屯兵「用が終わったんなら早く行け!」ドカッ

配達員「は!し、失礼しました!!」ピュー


228 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:17:42 6EDRK/iw

駐屯兵「……ったくよぉ……」

駐屯兵「小麦か……運ぶのめんどいな」

駐屯兵「んなこたぁどーでもいいんだよ!!酒持ってこい!」

駐屯兵「ん〜?これか?」

駐屯兵「あ……」パリンッ!

酒「トクトク……」

駐屯兵「バーロー!何落としてやがんでぇ!!」

駐屯兵「まぁそう苛立つなよ……」

駐屯兵「くそ……おい、酒取りに行くぞ!」ヨロッ

駐屯兵「へいへい」フラフラ

駐屯兵「へーい」ヨロッ





ーーシーン………


229 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:24:22 6EDRK/iw

クリスタ「……全く仕事してないね……」

ユミル「……焚き火の火もそのまま……か」


焚き火「パチ………パチパチ……」


アルミン「やつら………全く反省がないんだ……!」

アルミン「シガンシナ区の反省が……!」

ユミル「……いこうぜ、ここにいても無駄だ」


230 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:36:22 6EDRK/iw

アルミン「……………」



酒「………」

焚き火「パチ……パチ………」

小麦袋「………」




アルミン「……………!!!!」

クリスタ「……どうしたのアルミン?」

アルミン「…………まずい」

アルミン「逃げろぉ!!」

ユミル「え?」


231 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:43:57 6EDRK/iw


小麦袋「ズズ……」

アルミン「落ちる………!」

小麦袋「………ドンッ!ボフッ!!」


ユミル「!!げほっ…げほっ!!」

クリスタ「こほっ…こほっ!」

アルミン(まずい………小麦が撒き散らされた!)


焚き火「パチ……パチ………」

火花「パチ………」


232 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:48:19 6EDRK/iw

アルミン「あ………!!」



火花「………」

酒「…………」



酒「ボゥッ………!」

ユミル「酒に火が!!」

アルミン(小麦………火……)

アルミン(………!!!)





ーードオオォォォン……!








233 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 07:50:39 6EDRK/iw
はい、終わりました
変な終わり方ですみません


これ書いてると、なんで映画の最後の方、死神さんの仕事が雑なのか分かりますわ……

人殺すのめっちゃ難しいです………

読んでくれた人、ありがとうございました!


234 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 16:57:49 OBl111RM
ん?


235 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 19:03:58 Ew/5/9LU
それじゃあスレタイのFinalを見ようか


236 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 22:13:27 XgjvzfWo
うん、じっと見つめているとこれで綴りが合っているような気がして来るよ


237 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 22:57:53 DUrpyOPA
>>235 スレタイにそんなのない


238 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/05(木) 23:38:00 a1f0WQ3A
乙 この世界はなんて残酷なんだ…


"
"

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■