■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

エレン「アルミン!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 14:48:05 xFdAltTs
アルミン「くそっ」

不覚だった。雨の中の訓練中に足を踏み外し、土砂にほぼ躰全て取られてしまった。

訓練中に身につけたはずの力が、土に吸い込まれるかのように動かせない。

エレン「まってろ!すぐ…うっ」

ミカサ「私が行く。」

エレンも怪我をしている。
というか、上位者でさえほぼ怪我人だ。天気の変化が読めなかった。視界が遮られるほどの雨が昨日今日と続いた。
初めての土地だった。
他にもあるんだろうけど…今はそれどころじゃない。僕は何を訓練してきたんだ。泥が苦い。

「まかせろ、動くな」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 14:54:11 xFdAltTs
視界に何かが映り、遮られ、上半身が動かせるまで引き抜かれると、力が入った。

アルミン「ありがとう、ジャン」

ジャン「気にすんな。おい、無事だ!」

エレン「よかった…」

ミカサ「ありがとう、ジャン」

このとき僕はまだ自分の身体の変化に、気づいていなかった。


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:07:26 pczLvMVw
期待


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:08:32 xFdAltTs
夜、食堂******

マルコ「今回はひどい目にあったね…」

ジャン「まあな。ここの食事がこれ程うまいと感じることは滅多にないだろうぜ。最後の方飯抜きだったからな」

コニー「まちがいねえな」

アルミン「でも、助かったよジャン。あの時は本当にありがとう」

ジャン「お互い様だ、気にすんな…ってあれ?ミカサとエレンは?珍しいな、お前が単独行動なんて」

アルミン「すぐ来ると思うよ、それにいつも一緒な訳じゃないよ。僕はどんなイメージなのさ」

ジャン「悪い悪い、とりあえず腹に入れよーぜ!」

アルミン「もう…」

マルコ「アルミンとはあまり話す機会なかったから、嬉しいな」

コニー「飯!飯!」

和やかに時間が進んでる、そう思った。この時までは。


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:20:46 xFdAltTs
アルミン「あ、エレンミカサ!こっちだよ」モグモグ

ミカサエレン「…」ジ-ッ

アルミン「?どうしたの?」

エレン「アルミンこそどうしたんだよ。会話中に急に走って行って。なんか急用でもあったのかと思えば飯食ってるし。」

ミカサ「そう。わたし達はとても心配した。そして、探した」

アルミン「え…?」

エレン「アルミン?大丈夫か?何かあったのか?」

アルミン「い、いやなんでもないよ、二人とも探させちゃってごめんね」

ミカサ「…そう。何もないならいい。ただ何か心配事があるなら言って、わたし達は遠慮し合う仲ではない。」

エレン「何かあったら言ってくれよ。」

アルミン「う、うん。二人とも本当にごめんね。」

コニー「…早く飯くおうぜ、サシャに食われちまうぞ」

マルコ「だね、冷めちゃうし」

ジャン「まあ俺らはもう食ったんだけどな、ご馳走さん」パンッ


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:31:41 xFdAltTs
マルコ「ジャンちょっと待って、僕も行くよ。この間の話なんだけど、出来れば早い方がいいと思って。」ガタッ

ジャン「ああ。あれな、じゃあな、アルミン、ミカサ、エレン」

マルコ「コニーはサシャから逃げるように席を移動したね
。アルミンは?この前の課題のことなんだけど」

アルミン「僕は二人と少し話してから行くから、悪いけど先いっててくれるかな」ガタッ

マルコ「う……ん?」

ジャン「は?」

エレンミカサ「え?」

ジャン「…アルミン、なんで俺の後ろについてきてんだ?」

アルミン「え?……えっ、」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:32:18 dYQJyjFM
えっ


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:35:01 CiG7XnJo
刷り込まれたのか


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:35:51 xFdAltTs
ミカサ「行動と言葉が一致していない…アルミン、熱でもあるの?」

エレン「あの雨だしな」

アルミン「い、いや、ぼくは熱もないよ、体調もわるくない」

ジャン「じゃあなんで傍によってきたんだよ。なんか用でもあるのか?」

アルミン「…、」

アルミン「体が勝手に動いてる」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:37:07 xFdAltTs
短いけどここで
レスありがとう


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:41:25 Sdm/sNNs
期待ジャン


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:54:56 l8UPOAEc
ひよこかよ


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 15:56:24 9gW30CYE
カモの子供みたいだ


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 16:10:37 4E76I2sQ
怖いけど可愛い


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 16:32:44 Wzp.2zds
ジャンに引っついて行っちゃうの?
かわいい。


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 17:10:47 Ak1JWbGE
ジャンがエレンに対して爽やかでワロタ


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/23(金) 19:27:44 i2LM21L.
かわいい期待


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/24(土) 02:38:29 ha8WiThM
戸惑うアルミンかわいい


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/24(土) 03:18:10 cVmUlU2Q
0話のやつかな?


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 19:11:43 VHcqTdp.
期待


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 19:30:29 TwtbbB5M
面白いよ
続き待ってる


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 20:42:07 EdQgnyCc
>>1でもないのにageるんじゃない!


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 21:19:21 Jcd00uhM
定期的に上げないと落ちるんだよ
休みだから流れ早いし
専ブラ使いなされ


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 23:24:07 oLVahCK6
きたい


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 23:49:36 6Nmfs/Rw
期待


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/26(月) 23:57:29 74OcBK/w
口も体の一部やろ


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 23:38:19 G9IDYu/g
エレンミカサジャンマルコ「……」


ジャン「…」スタスタ

アルミン「」スタスタピトッ

ジャン「」スタスタ

アルミン「」スタスタピタリ


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 23:43:06 b3gbdXYA
かわいいジャン
ベッドに連れて帰るジャン


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/28(水) 23:47:02 OtDIWCmE
エレン「アルミン…ふざけてる、わけじゃねえよな?」

ミカサ「…アルミンは無意味にそんなことをしない。ので、新しい遊びか何かの可能性が。アルミン、やり方を教えて欲しい」

マルコ「二人とも、特にミカサ落ち着いて」

アルミン「なんなんだ、これは…」

ジャン「俺が一番聞きてぇよ」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:10:00 6Flr29js
マルコ「とりあえず、各々色々思ってると思うんだけど、もう消灯時間だ。ミカサは女子寮に帰らなきゃいけない。
部屋で、さしあたっての対処法を考えよう。原因追求、処置はそのあとがいいんじゃないかな。」

エレン「…まあ、そうだな。」

ミカサ「私は、まだ…」

ジャン「無理すんじゃねえよ。明日も休みじゃねえんだ、それに教官がきたら面倒な事になる。
方針が決まってない以上、問題を起こさないことがアルミンの為でもあるだろ。」

マルコ「幸い同部屋だからね。作戦はゆっくり練れる。まず訓練のことについてだけど、――アルミン?」

アルミン「…」グッパグッパ

アルミン「…別に違和感はないんだよね」ウ-ン


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:20:47 6Flr29js
アルミン「……」ジ-ッ

ジャン「なんだ?」

アルミン「」ガシッ

ジャン「あぁあ!?なんだよ急に!声くらいかけろよ!」ビクッ

アルミン「ジャン…これから、色々大変だと思うけどよろしくね!」

ジャン「お、おう!」

マルコ「…当事者が気丈みたいでよかったよ」フフッ

アルミン「まずは色々実験に付き合って貰いたいんだけど」

ジャン「…いや、寝かせてくれ」

ミカサ「アルミンは強い。ので、大丈夫。私は安心して今日は帰る。」

エレン「おう、じゃあなミカサ」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:22:14 6Flr29js
途中だけど保守ありがとう
落ちてるかなーと思ってたから、嬉しい


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:36:22 6Flr29js
アルミン「心配かけてごめんね、ミカサ。ありがとう」ニコッ

ミカサ「…うん、アルミンは大丈夫だと思うけど、気をつけて欲しい」

アルミン「わかった。何があるかわからないからね」コクッ

ミカサ「…皆、アルミンの事をくれぐれもよろしく」ペコッ

ジャン「お、おう!俺がついてるから安心しろミカサ!」ドキ-ッ

マルコ「任せて、ミカサ」ニコッ

エレン「大丈夫だっての。そんなやわじゃねえよ、アルミンは」ハ-ッ

ジャン「お前!ミカサが心配してる気持ちを少しは――!」


キース「今しがた」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:40:10 6Flr29js
キース「大きな音がしたが…「すいません!寮に帰ります!」」ダダ-ッガラッ

キース「……」

キース「…」スタスタ

キース「」ガラッピシャッ


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 00:47:32 6Flr29js
更に短いのですがここまでです。
0話のではありません。
あとジャンはところどころ空気を読みます。


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 03:54:54 euu1oXK6
乙乙

待ってた!


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/29(木) 21:32:51 /STIOw3Q
期待


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 04:06:48 bZc1/q/w
男子寮
アルミン達の部屋前****

ジャン「危なかったな…」ハァハァ

アルミン「ま、まさか背後にいきなりいるなんて…気配全くしなかったよ」ゼイゼイ

エレン「びびったな。流石教官、まぁ怒られなかったし大丈夫だろ」フゥ

マルコ「怒られる前に逃げただけだけどね。明日大丈夫かな…」アセヌグイ

バタン!

エレアルジャマルコ「」ビクゥ!!


コニー「……何やってんだお前ら」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 06:25:08 yo4CQH1w
エレン「驚かせんなよ!」

コニー「は?訳わかんねぇ」

アルミン「ごめんコニー、色々あったんだよ、後で話すね」

アルミン「…ところで、コニーこそ何やってるの?それ、種かな?」ジ-ッ


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/31(土) 06:37:53 yo4CQH1w
コニー「ああ。サシャからさっき貰ったんだ」パッ

ジャン「サシャがあ?珍しいな」

マルコ「彼女なら食べちゃいそうだよね」ウ-ン

エレン「まあな」コクリ

アルミン「確かに想像しにくいかも。プレゼント?」

コニー「つーか、なんていうか。育てろとよ。」


マルコ「……サシャ」

ジャン「いやもう…お前それでいいのかよ」

コニー「ああ、村でよく野菜や果物育ててたからな、育てるのは得意なんだ。」

ジャン「いや……なんでもねえ、頑張れよ」

コニー「おう!」ニコッ


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/03(火) 01:07:11 DftGP7Gw
保守


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 10:59:15 R0fIURCU
書かんのか?


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■