■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

這いよれミカサさん

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 21:47:22 g7VBmXZ.
キャラ崩壊
パクリ

個人趣味


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 21:49:29 8OySRvkY
期待


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 21:49:36 g7VBmXZ.

第1話「巨人に遭遇」
エレン・イェーガー。彼は普通の高校生だ。しかし、今の現状が普通ではない。
 
体長15mくらいの。「それ」は、にまにま笑いながら。ちかづいてくる。それが何なのか、言葉に出来ない。

ついにエレンは街角の袋小路に追い詰められた。人型のその巨人は、大きな口を開き顔をエレンに向ける。そのまま、エレンを丸呑みするつもりだろう。


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 21:56:38 vs2CZ2jM
特に理由のない期待が>>1を襲う!


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:02:59 g7VBmXZ.
絶体絶命のこの状況で、エレンは大きな声で助けを呼んだ。誰か、誰か来てほしい。

ミカサ「はーい。」


何ものかが巨人のうなじを切り裂き、そのまま巨人は倒れた。一体何が起こったのか、エレンは目を凝らし、何ものかを見てみた。薄暗い闇の中でもわかる。その手は細い、少女の物だった。その少女は、にこりと笑う。一見、黒髪の少女だ。彼女は口を開いた。

ミカサ「こんばんは。いつもニコニコあなたの後ろに這いよる混沌、ミカサ・アッカーマンですっ。」

エレン「(後ろに*)」

少女はびしっとポーズを決めた。夢でも見ているのだろうか。

・這いよる混沌(ミカサ・アッカーマン)は、とりあえず自宅までついてきた
イェーガー宅。ミカサ・アッカーマンはエレンが用意した朝食を食べていた。昨日までは普通の高校生活を送っていたエレン。なぜ急に見たこともないような巨人に追われ、巨人を一撃で倒すような少女にたすけられたのか。そしてなぜ、その少女が家までついてきて、こちらをやたらちらちら見て、図々しく朝食を食べているのか。

とりあえず、この這いよる混沌とやらに話を聞く必要がありそうだ。


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:11:24 jQ/VvtlA
はいよれ知らないけどアルミンがハスタだということだけはわかる


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:19:14 RqmbdtUM
一回だけみた事あるな。にゃるこを好きな女がいたな


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:43:26 g7VBmXZ.
何故夕べ、俺が化物に追われる事になったのか。そう質問を問いかけてみた!
エレン「おい*這い寄る混沌*」
ミカサ「ミカサって呼んで( ゚д゚)」
エレン「えっ?!」
ミカサ「ミカサ*」ゴォォォ
エレン「わかったょ(゚o゚;;んで、ミカサ*」
ミカサ「なぁに?エレン//∇//)テレテレ」
エレン「何で、俺は夕べ俺は襲われたんだ??」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:46:01 6CoXN4Tc
改行


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/01(木) 22:45:51 g7VBmXZ.
>8
×化物→○巨人


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/02(金) 07:21:05 ensQFdmI

・改めてミカサに聞いた。昨日の巨人が何なのか。そして、お前は何者なのだと。

彼女の名前はミカサ・アッカーマン、調査団で兵士をやっているそうだ。
別の世界から来たそうだ。


とりあえず、その後続いた彼女の長い話を要約するとこうだ。
 
①彼女は別の世界の住人で、名前はミカサ・アッカーマン
②別の世界の調査団の兵士
③ミカサの世界で死んでしまった。幼馴染に似た!俺を保護するために、イェーガーの家まで来た。アルミンの作ったマシーンで

④以前から追っていた巨人の生き残りが、この時空に逃げ込んだという情報を得た。主犯格は、ライナー、アニ、ベルベルト


12 : 進撃の転校生 :2013/08/03(土) 23:55:08 vS4VKU9M


個人趣味

パクリ

適当
文章間違えだらけだが
頑張って最後まで書く

登場人物
主人公 エレン


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/03(土) 23:55:39 DAHsyhcI
期待
頑張って下さい


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■