■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

カツオ「ある日、お金持ちの夫婦が来た。」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:25:26 mfJZxBYw
どうやら、父さんの知り合いらしかった。

絵に書いたようなお金持ちで、とても大きい屋敷と庭があるらしい。

夫婦はほんとに優しそうで、実際寄付などもしているらしかった。


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:30:41 mfJZxBYw
本当にに立派な夫婦だったんだ。

怒ると怖いお父さん。少し老けた母さん。じゃじゃ馬な姉さんばかり見てきた
僕にとっては、まるで天使のようだった。

そんな二人にあった、たった一つの欠点。

「子供がいない」ことだった。

不妊症らしい。僕はつい、「ええ!?そんな病気あるの?」
と、彼らの前で言ってしまい、雷を落とされた。


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:34:10 17muQrhw
ヵッォ「ゎぃ こゎぃゎ」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:39:28 Z8P9kJGc
マスオ「イクッ!イクよ!カツオの中に出すよっ!!」

カツオ「き、きてっ・・・中にっ、しこたま出して!!マスオ兄さんの…熱いのぉぉぉっ!!」

マスオ「ああああっ…出る!イク…イクゥゥゥゥ―――――ッ!!!」


マスオは雄叫びを上げ、カツオの菊壷の中に大量の白濁を吐き出した。
脈打ち震えるマスオの肉棒。きつく締め付け汁を絞り上げるカツオの菊門。


マスオ「ハァハァ……カツオっ…」

カツオ「んんっ…マスオ、兄さん…」


二人は抱き合い、再び貪るように愛し合った。

いつからだろう、こんな関係になったのは。
ふとマスオは考えた。


マスオ(確か……カツオが、サザエに叱られていた時から、僕の恋は始まっていたんだ………)


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:42:33 mfJZxBYw
僕は、その天使のような夫婦に惹かれていった。

いつでも、そのことばかり考えていた。

・・・・・・・・・・・そして、ある日。


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:44:15 mfJZxBYw
「カツオくんを養子として私たちにくれませんか?」

夫婦はそんなことを言ってきた。

父さんはずっこけた。


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:47:07 17muQrhw
ヮヵx「ゎぃゎ ゎヵぃゎ ιょぅ3ゃ」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:47:13 mfJZxBYw
僕はこの福音に胸をときめかせた。

あんな天使たちの住む家に入れるなんて。

僕以外は全員反対だったけど。(もちろん空気読んだよ。)


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:50:45 mfJZxBYw
あの二人は僕に毎日宅配で贈り物を贈ってくれた。

おもちゃに、綺麗な洋服に、文房具に、漫画や本に・・・。

「お兄ちゃんばっかりずるい。」と言われる始末。

プレゼントの中にはいつも

「あなたを愛してる。」と書いた綺麗なカードが入っていた。

僕は思わず泣いてしまった。なんてロマンチックな夫婦なんだろう。

それにくらべて・・・・ここは。

僕は日記をつけることにした。


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:56:12 mfJZxBYw
「今日は誤ってガラスを割ったタラちゃんの罪をかぶって怒られました。
 後でタラちゃんは自白したけど、父さんはタラちゃんだけ褒め、
 僕には何も言ってくれなかった。」

後に見られるのは分かっていた。だから、手紙にしてあの夫婦に送った。
・・・・「誰にも言わないで」と添えて。

翌日、「贈り物をありがとう。あなたを愛してる。」と、
妖精が書かれた絵本と共に贈り返してくれた。

僕は夢中でよんだ。父さんはこれを気に入らないらしく、
「男の子はそんなの読んでないで野球でもしてこい」と言ってきた。


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 19:58:11 mfJZxBYw
あの二人に褒められようと、僕は必死に勉強した。

テストの点数は上がり、みんなに褒められた。

ご褒美のケーキもいいけど、それよりもあの二人に手紙を送る方が楽しくて。

「頑張ったね。あなたを愛してる。」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 20:03:26 mfJZxBYw
あの二人は毎月やってきた。

父さんは必死に断ったけど、二人も粘り続けた。

奥さんなんかは涙さえ流していた。

・・・・・・・胸がいたんだ。


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 20:05:52 mfJZxBYw
続きは明日書きます。失礼します。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 20:06:16 17muQrhw



15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 20:40:17 S7jfFliE
原作に似たような話があったな
カツオが旅館の養子になる〜ってやつ

楽しみ支援


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 21:01:59 XrRq1v76
>>4
放置スレでもないのにこんな事して楽しいか?


17 : 29604 :2013/07/09(火) 19:08:04 kjZJa/Nw
これからはこの名前で行きます。


僕はなんて無力なんだ。

あの夫婦も、磯野家さえも救えないなんて。

ダメな長男だ。

「・・・・・カツオー。ごはんよー。」

「今そんな気分じゃない。今日はいいよ。」

「・・・・・・?」

食事が喉に通らない日々が続いた。


18 : 29604 :2013/07/09(火) 19:12:24 kjZJa/Nw
遊ぶ気力もなくなって、本を読むか勉強するかの毎日だった。

おかげで点数は上がったけど、ちっとも嬉しくはなかった。

「お兄ちゃん、ケーキ食べないの?」

「ああ。ワカメにあげるよ。」

「お兄ちゃん・・・・・。」

何もする気が起きない。僕は家を飛び出した。


19 : 29604 :2013/07/09(火) 19:20:38 kjZJa/Nw
寒い。そろそろ秋なのだろうか。

空蝉が転がっている。

目の前を川が流れている。

僕は飛び込んだ。

冷たくて気持ちいい。

魚が、遊ぼう、遊ぼうと誘ってくる。


20 : 29604 :2013/07/09(火) 19:29:18 kjZJa/Nw
そうだね、なんか楽しそうだ。今そこに行く。

・・・・・僕があっちに行ったら、みんな悲しむかな?

逆に、喜ぶかな?どっちかな?

ふふふ。

生まれ変わるとしたら、一番星がいいな。

みんなを見守っていられるから。

さよなら。

そしてごめん。

みんな、だいすきでした。

(完)


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 20:01:15 SYWIaoLM
いみがわからないよ


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 20:05:02 z4gdPHOs
え?


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 21:05:25 mfWUEy66
わけワカメちゃん


24 : 29604 :2013/07/09(火) 22:11:01 kjZJa/Nw
ありがとうございます。

明日には「もうひとつの終わり」を書きたいと思います。m(_ _)m


25 : 29604 :2013/07/09(火) 22:22:17 kjZJa/Nw
えっと・・・・いろいろ失望させて申し訳ありませんでした。

SSも二次創作も初めてなもので・・・・゜・(ノД`)・゜・

これからここでいろいろオリジナル、二次創作問わず投稿しようと思います。


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 00:42:07 TKQBflM6
言い訳見苦しい
まずは3点リーダー使う事を覚えよう


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 15:51:27 hzljl1OE
まぁもう一つのほうに期待してるからがんばれ


28 : 29604 :2013/07/10(水) 20:11:09 bn8FT90A
〜もうひとつの終わり〜
ある日、父さんが。
「カツオ、ちょっと来なさい。」
と、僕をいつもの説教部屋に連れて行った。
途中で姉さんとすれ違った。
「まーた何かしたんでしょ。」と言われるのかと思ったけど。
そんなことはなく、後ろを向いて肩を震わせていた。


29 : 29604 :2013/07/10(水) 20:11:50 bn8FT90A
そして、僕はいつものように膝まづいた。
僕はどんな雷が落ちるのか心配だった。
けれど。
「カツオ、毎月お前を養子にとりたいと言ってくる夫婦がいるだろう。」
「うん。」
「お願いだ、あっちの子になってくれんか?」
・・・・・・・え?
「あの夫婦は、奥さんが不妊症で、旦那さんも同じらしい。
 旦那さんは稼ぎはいいものの、仕事が忙しく、滅多にあえないそうだ。」
「・・・・うん。それは知ってる。」
「だから、カツオのような明るい男の子が欲しいといつも言ってきたんだ。」
「・・・・・・。」
「それに・・・・・わしらはダメな家族だろ。」
「!?」


30 : 29604 :2013/07/10(水) 20:12:22 bn8FT90A
「いつもいつも、近所迷惑な大声を出したり。」
「時々かつおに濡れ衣を着せたり。」
「サザエはじゃじゃ馬で、時々お前の日記を覗いたり。」
「こんなわしらでゴメンな。だから、わしらにできることは・・・。」
「・・・・・・父さん。」
「・・・・・お前には、幸せになってもらいたい・・・・・ぐすっ・・・。」


31 : 29604 :2013/07/10(水) 20:12:59 bn8FT90A
父さんの涙を、初めて見た。
襖の向こうでは、母さんと姉さんも泣いている。
「ママ、おばあちゃん。どうしたですか?けがしましたか?」
タラちゃんが必死に二人を笑わせようとしている。
「・・・・・・父さん、わかったよ・・・・でも!」
僕は叫んだ。この街中に響くように。


32 : 29604 :2013/07/10(水) 20:13:44 bn8FT90A
続きは明日書きます。頑張ります。


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 20:43:18 eYniSt0Q
29604…に、くろおし…肉老師?

………まさか肉老師?


34 : 29604 :2013/07/10(水) 21:39:10 bn8FT90A
2(ぶ)9(く)6(ろ)0(ま)4(し)

ブクロマシと呼びます。

現在ニートの18歳女子です。


35 : ◆L4zvPJY2uw :2013/07/10(水) 21:42:20 G1GUZKdI
>>19
カツオ死んだって事でおk?


36 : 29604 :2013/07/10(水) 21:49:23 bn8FT90A
はい。最初に書いたエンドがそんな感じです。

もうひとつの終わりは、ハッピーエンドかどうかはあなた様方でご判断を。


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 22:12:10 CEQ6xGCE
とりあえず、肉老師は静かに書いた方がいい


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 22:25:27 5xMQD2fI
よくわからない話書いてる自分に酔ってるな、肉老師


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 22:41:34 KemJzwgU
まぁ肉老師の好きに書いたら良いよ…


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 07:23:00 bR.dPXxM
ゎぃ「ぉっ」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 07:37:01 X6IUKfHk
カツオ「肉老師が僕を叫ばせようと必死だよ姉さん」


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 15:40:05 9qUibSfQ
もう完全に肉老師になっちゃったな


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■