■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

アルミン「巨人が軽かった……?」

1 : 1 :2013/07/02(火) 02:16:16 f4QVHKBY
※ちゅうい
・そこはかとないネタバレ
・タイトルと内容はかんけいない?
・キャラ崩


2 : 1 :2013/07/02(火) 02:16:48 f4QVHKBY
ハンジ「そうそう。以前そんなことがあってさ」

アルミン「それは確かに衝撃的な事実ですね……」

ハンジ「だろう? 君ならそう言ってくれると思ってたんだ!」

アルミン「ええ、とても興味深いと思います」

ハンジ「アルミンはどう思う?」

アルミン「僕ですか? 僕は……巨人の体を生成しているものが」

アルミン「人間の肉体を構成するものとは違う物質なんじゃないかと……」

アルミン「今の話を聞いてそう思いました」

ハンジ「あっはぁー!やっぱり私と同じ意見!」ガタタ

アルミン「うわあ近いですハンジさん」ビク


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 02:17:16 3xl2I82Q
続けて続けて!


4 : 1 :2013/07/02(火) 02:17:20 f4QVHKBY
ハンジ「ごめんごめん」

アルミン「ハンジさんって巨人のことになると人が変わりますよね」

ハンジ「そうかな? でもやっぱり興奮しちゃわない?」

アルミン「僕はそこまでですね……あはは」

ハンジ「そっかー。アルミンとは通じ合う部分があると思ったんだけどな……」シュン

アルミン「あ……や、やっぱり多少は興奮しますかね」

ハンジ「やっぱりぃー!?」ガタタ

アルミン「うわあだから近いですって!!!」ビクゥ


5 : 1 :2013/07/02(火) 02:18:07 f4QVHKBY
ハンジ「あはは。アルミン照れてるー」

アルミン「からかわないでくださいよ」

ハンジ「とにかく私は巨人についてもっと知りたいことがあるんだよ」

アルミン「急に真顔だ」

ハンジ「だからエレンを巨人化させてあんな実験やこんな実験を……………うへへ」

アルミン「ハ、ハンジさん!? エレンで変な妄想するのやめてください!」

アルミン「せっかくの綺麗なお顔が台無しです!あとよだれすごい!」

ハンジ「今綺麗って言った!?」ガタタ

アルミン「なんでそこに反応するんですか!!!」ビックゥ


6 : 1 :2013/07/02(火) 02:18:44 f4QVHKBY
ハンジ「そんなこと言われたの初めてだよ」ケラケラ

アルミン「嘘でしょう」

ハンジ「いやいや……だってほら、私ってこんな性格だし?」

アルミン「あぁ、確かに」

ハンジ「そこで納得しちゃうのもアルミンの可愛い所だよねー」

アルミン「へ……あ、すみません!」


7 : 1 :2013/07/02(火) 02:19:27 f4QVHKBY
ハンジ「いいよいいよー。巷では私の性別すら分かってない人もいるみたいだし」

アルミン「そうなんですか」

ハンジ「あれ? アルミンは分かっちゃってる感じ?」

アルミン「え? 女性ですよね?」

ハンジ「何言ってんの?」

アルミン「え?」




アルミン「……………え? えええええ!?」


8 : 1 :2013/07/02(火) 02:20:25 f4QVHKBY
ハンジ「あっはっはっはっは」バンバン

アルミン「だ、男性……だったんですか?」

ハンジ「え?」

アルミン「ん?」

ハンジ「何言ってんの?」

アルミン「え……………って、あぁー!!」


9 : 1 :2013/07/02(火) 02:21:08 f4QVHKBY
アルミン「な、なんだびっくりしたぁー!!!」

アルミン「からかってるだけだったんですね!?」

ハンジ「……くっ……ふぅ……お、お腹痛い……!!」プルプル

アルミン「もうハンジさんからかわないでくださいよ!!」ガシ

ハンジ「あっ……ん……! 乱暴はやめてアルミン……」

アルミン「わぁすみません!!!」パッ


10 : 1 :2013/07/02(火) 02:21:47 f4QVHKBY
アルミン「ほんとすみません!!!」

ハンジ「なぁーんてね」

アルミン「……!! も、もう……疲れましたよ」

ハンジ「あはは、ごめんごめん」

アルミン「本当に勘弁してください……」

ハンジ「だってアルミン可愛いんだもん」

アルミン「僕、男なので可愛いっていうのはちょっと」

ハンジ「え、君男なの?」

アルミン「さっきから僕っていってるでしょ!!!」ガタッ

ハンジ「わぁびっくり」

アルミン「あ、すみません!」


11 : 1 :2013/07/02(火) 02:22:26 f4QVHKBY
アルミン「でも僕はれっきとした男なので!」

アルミン「そこんとこよろしく!」キリッ

ハンジ「おぉ! 今のちょっとかっこよかったかも」

アルミン「よろしく!!」キリッ

ハンジ「かっこいいよ! もう一回!」

アルミン「僕は男なんで! よろしくぅ!!」キリッ

ハンジ「でも僕っ娘っていうジャンルもあるわけで」

アルミン「全否定!?」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 02:24:29 YVCG1GSc
確認するために脱がせよう(提案)


13 : 1 :2013/07/02(火) 02:25:22 f4QVHKBY
ハンジ「アルミンはホント可愛いなー」

アルミン「ですから……」

ハンジ「ごめんごめん。可愛いはNGね。りょーかい!」

アルミン「もう……」

ハンジ「私って嘘つけない性格だからさぁ」

アルミン「それならしょうがないですけど……」

アルミン「というか話を元に戻しましょう」

ハンジ「元の話ってなんだっけ?」

アルミン「えぇ!? 忘れちゃったんですか……って……………あれ?」


14 : 1 :2013/07/02(火) 02:26:01 f4QVHKBY
ハンジ「なぁんだ、アルミンも忘れちゃったかぁー」

アルミン「いやいやいや、忘れてないですよ僕は」

ハンジ「でも今一瞬キョトンとしたよね」

アルミン「今ちょっと頭の中整理してますから待っててください」

ハンジ「僕は男ですから!」キリッ

アルミン「……それは僕の真似ですか」

ハンジ「よろしくぅ!!!」キリリッ

アルミン「ごめんなさいゆるしてぇぇぇぇぇぇ!!!」


15 : 1 :2013/07/02(火) 02:26:55 f4QVHKBY
ハンジ「だって暇だったんだもん」

アルミン「だからってそんな」プンスカ

ハンジ「もぉーそんなに怒らないでよアルミンー」

アルミン「だって一向に話が進まないじゃないですか!」

ハンジ「アルミンってば意外と頑固者なのね」

アルミン「いいから黙っててください」

ハンジ「……………………」テクテク

アルミン「え……あ、あのぅ……ハンジさん?」

ハンジ「………………………………………」ストン

アルミン「い、いや……そんな部屋の端っこで体操座りをしろとは言ってな……」

ハンジ「……………………………………………………」シュン

アルミン「すみませんでした僕が悪かったですぅー!!!!!」ゲザー


16 : 1 :2013/07/02(火) 02:27:38 f4QVHKBY
ハンジ「……………許してくれる?」シュン

アルミン「許すも何も僕はハンジさんに対して何も怒ってないですよ!」

ハンジ「……………さっき黙れって言った」シュン

アルミン「そ、それはつい……」

ハンジ「……………本音が出ちゃった?」シュシュン

アルミン「い、いや……そんなつもりでは……」オロオロ

ハンジ「やっぱりそうなんだ……………」シュシュシュン

アルミン「本当に違うんです! 僕が悪かったです! ごめんなさい!」ゲザー


17 : 1 :2013/07/02(火) 02:28:14 f4QVHKBY
ハンジ「………じゃあお願い聞いてくれる?」

アルミン「何でも聞きます! 聞かせて頂きます!!!」

ハンジ「何でも……?」キラリン

アルミン「……………あ」

ハンジ「じゃあ」




ハンジ「キスして?」ウル

アルミン「えええええ!?」


18 : 1 :2013/07/02(火) 02:40:25 f4QVHKBY
ハンジ「早く」

アルミン「ハ、ハンジさん……」

ハンジ「ほら」ズイ

アルミン「からかうのはもう……」オロオロ

ハンジ「……………ちぇ」

アルミン「な……!」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 02:40:39 BvuKQBu.
ハンジさんかわいい


20 : 1 :2013/07/02(火) 02:41:04 f4QVHKBY
ハンジ「せっかくこんな美人とキスができるっていうのにさー」

アルミン「やっぱりからかってたんですね」

ハンジ「いやぁ……つい」テヘ

アルミン「てへ、じゃないですよ! というか無駄に演技うますぎです!」

ハンジ「そう? 照れるなぁー」エヘヘ

アルミン「褒めてねえ!!!」


21 : 1 :2013/07/02(火) 02:42:01 f4QVHKBY
アルミン「……ハァッ……ハァッ……」ゼェゼェ


ハンジ「あはは、息切れてる」

アルミン「誰のせいだと思ってるんですか!?」

ハンジ「ごめんごめん」

アルミン「モブリットさんの苦労が今分かった気がします」

ハンジ「彼はとても優秀だよ……本当に良くしてくれた……」

アルミン「ハンジさん……」

ハンジ「本当に……いい奴だったよ……」





モブリット「いや俺まだ生きてますよ分隊長!?」バターン

アルミン「!?」ビクビクッ


22 : 1 :2013/07/02(火) 02:42:58 f4QVHKBY
モブリット「洒落にならないのでやめてくださいよもう」バタン



アルミン「……びっくりしたあ」

ハンジ「そういえば本部召集から帰って来る時間って今頃だったね」ケラケラ

アルミン「モブリットさんも苦労人だなあ」

ハンジ「楽しそうにやってくれてるみたいだし大丈夫だよ」

アルミン「ハンジさんが一番楽しそうですけどね」

ハンジ「うまいことを言う」

アルミン「何もうまくなかったですけどね」

ハンジ「そんなことはいいから本題に入ろうよ」

アルミン「僕が悪い流れ!?」ガーン


23 : 1 :2013/07/02(火) 02:43:31 f4QVHKBY
アルミン「いや、もうこの際僕が悪いってことでいいです」

ハンジ「お?」

アルミン「本題に入りましょう」

ハンジ「うん」

アルミン「それで僕がハンジさんに進言したかったことはですね……」

ハンジ「うんうん」

アルミン「エレンの体を使ってあまりひどい実験はしないでほしいということです」

ハンジ「やだ」

アルミン「即答ぅぅぅ!?」ガタタ


24 : 1 :2013/07/02(火) 02:44:16 f4QVHKBY
アルミン「いやいやいや……」チラ

ハンジ「?」ニコニコ

アルミン「さすがに僕の聞き間違いですよね」ホッ

ハンジ「うん?」

アルミン「ですから、エレンの体であまりひどい実験は」

ハンジ「やーだ」プイッ

アルミン「言い終える前にぃぃぃ!?」ガタタ


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 02:52:40 zRr9L96k
ハンジさんかわいい


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 03:08:14 7CZMH87Y
アルハンか


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 03:20:15 y8ChPYxs
バルハンッ!


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 03:33:06 fGs6GvII
アルハン待ってた


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 07:11:26 BNI0aX5g
銀魂っぽいノリだな。


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 09:04:41 VlcrUGuI
なんかアルハンってマルハンみたいだよな


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/02(火) 09:13:43 KP4fTlN6
いいねぇ


32 : 1 :2013/07/02(火) 10:54:18 f4QVHKBY
アルミン「しかもそんな駄々っ子みたいに……」

ハンジ「いいかい? エレンの体を利用するっていうことは」

アルミン「は、はあ」

ハンジ「これまで不可能だった巨人の生態を解明するのに役立つっていうことなんだよ?」

アルミン「ええ、分かってます」

ハンジ「なら、賢い君は理性的になるべきだよ」

アルミン「……! しかし……しかし、目玉をくり抜くとか舌を引っこ抜くなんてことはあまりにも……!!」グッ

ハンジ「ん? そんなの嘘に決まってんジャン」

アルミン「嘘かいぃぃぃ!!」ズコー


33 : 1 :2013/07/02(火) 10:55:19 f4QVHKBY
<font color="#000000">
ジャン「呼んだ?」ガチャ

アルミン「呼んでねえぇぇぇぇぇ!!!」バタン</font>


34 : 1 :2013/07/02(火) 10:56:05 f4QVHKBY
ハンジ「あははは! そこまでひどいことするわけないじゃん!」ゲラゲラ

アルミン「なんだ……ハンジさんの事だからてっきり本気かと……」

ハンジ「エレンだって大切な仲間だからね」

アルミン「ハンジさん……」

ハンジ「それに……ほら、あんまりやりすぎると彼女が黙ってないでしょ?」

アルミン「ああ……ミカサ」

ハンジ「そうそう。だから、巨人化状態で少しだけ踏み込んだ実験をやりたいと思ってさ」

アルミン「良かったです」


35 : 1 :2013/07/02(火) 10:56:36 f4QVHKBY
ハンジ「アルミンは友達思いなんだね」

アルミン「大切な親友で家族ですから」

ハンジ「おお、今日一番かっこいい顔をしてるよ」

アルミン「そんな……」カァ

ハンジ「嘘だけどね」

アルミン「嘘かいぃぃぃ!!!」ズコー


36 : 1 :2013/07/02(火) 15:37:52 f4QVHKBY
ハンジ「ごめんごめん。今のは本音だよ。かっこよかった」

アルミン「もう……」

ハンジ「アルミンがこんなにリアクション芸に秀でているなんて思いもしなかったよ」

アルミン「そんなことないです」

ハンジ「謙遜しちゃって」

アルミン「……それじゃあ、要件も伝えさせて頂きましたし、これで失礼しますね」スクッ

ハンジ「え、だめでしょ」グイッ

アルミン「えっ」ストン


37 : 1 :2013/07/02(火) 15:38:23 f4QVHKBY
アルミン「なんで無理やり座らせたんですか」スクッ

ハンジ「もっとお話しようよ」グイッ

アルミン「えふんっ」ストン

ハンジ「ね?」

アルミン「……………」

ハンジ「お願い〜」

アルミン「……しかし」

ハンジ「じゃないとエレンの目玉くり抜いちゃうぞ〜」

アルミン「それはずるい!!!」


38 : 1 :2013/07/02(火) 15:39:56 f4QVHKBY
ハンジ「アルミンの家族思いな所を利用させてもらったよ……」キリッ

アルミン「いやかっこよくないですからそれ」

ハンジ「そうかなー」ケラケラ

アルミン「脅しには屈しませんよ」

ハンジ「じゃあエレンを襲っちゃっていいのかな?」

アルミン「それに、エレンが怯えてるというよりはミカサが怖すぎるという感じですし……」

アルミン「あと第三者が聞いたら勘違いしそうな表現やめてください」

ハンジ「ん? つまりそれって……」


39 : 1 :2013/07/02(火) 15:40:54 f4QVHKBY
アルミン「なんですか?」

ハンジ「私のことを心配してきてくれたっていうこと?」

アルミン「……!」

ハンジ「ね? そうなんでしょ?」

アルミン「……っち、ちがいまふ! ってああ! 噛んじゃった!!!」


40 : 1 :2013/07/02(火) 15:42:07 f4QVHKBY
ハンジ「へぇー、そうなんだ。ふーん……。アルミンが私のために、ねぇ」

アルミン「ち、違いますよ! 僕はエレンとミカサのためを思ってですね……!」

ハンジ「じゃあそういうことにしておこうか」ケラケラ

アルミン「なんだか腑に落ちない……」

ハンジ「とりあえずお話しようよ」

アルミン「しかし僕にもやらなければいけないことが……」

ハンジ「上官のお願いだよ?」

アルミン「しかし命令ではないですし……」

ハンジ「じゃあ命令っ♪」

アルミン「やられたぁ!!!」


41 : 1 :2013/07/02(火) 15:42:52 f4QVHKBY
ハンジ「アルミンとしたことが迂闊だったねえ」

アルミン「ホントに今日は災難ですよ……」トホホ

ハンジ「まあまあそうがっかりせずにさ。君の先輩たちにはちゃんと説明しておくから」

アルミン「分隊長のお手伝いをしてました、とかですか」

ハンジ「私と……むふふ」ニヤリ

アルミン「それだと変な誤解されるからやめてぇ!」

ハンジ「じゃあ……私と秘密のレッスン、とか」

アルミン「よく分からないけどなにか卑猥な感じ!?!?」


42 : 1 :2013/07/02(火) 15:45:12 f4QVHKBY
アルミン「というか巨人の実験なら捕獲した巨人でやればいいじゃないですか」

ハンジ「おや? アルミンとしたことが少し考えが甘いんじゃないかい?」

アルミン「まあ、エレンと天秤にかけたら巨人捕獲の困難さなんて……っていうのが前提ですけど」

ハンジ「なるほどね。それでもやっぱり、命が懸かってるしさ」

アルミン「それはそうですけど……」

ハンジ「それに、いつまた捕獲した巨人を殺されるか分からないしさ」

アルミン「……………」

ハンジ「加えて……ああ、ここからは私の推論でしかないんだけど」

アルミン「あ、真面目な顔」


43 : 1 :2013/07/02(火) 15:45:44 f4QVHKBY
ハンジ「うん。真面目な話だよ。……たとえエレンを利用した実験が“非人道的”だと言われても」

ハンジ「それは他の知性を持たない巨人で行っても同じだと思ってるんだ」

アルミン「そ、それってつまり……」

ハンジ「わああ! 待って待って!」バッ

アルミン「もがッ!?」ベチ

ハンジ「ごめんね! でもその先は私に言わせて!」

アルミン「ふぁ、ふぁい」モガモガ

ハンジ「……私は……巨人の発生源は人間じゃないかと、そういった推測を立てているんだ」パッ


44 : 1 :2013/07/02(火) 22:44:22 f4QVHKBY
アルミン「ぷはっ……………ぼ、僕もそう思います」

ハンジ「それはどうしてだい?」

アルミン「エレンやアニが巨人になった時に、彼らがいるのは……うなじ部分です」

ハンジ「なるほど」

アルミン「これはおそらく……巨人の本質的な謎と無関係ではないと思います」

ハンジ「私もそう思うよ」


45 : 1 :2013/07/02(火) 22:45:07 f4QVHKBY
アルミン「そしてあの時、穴のないウォール・ローゼ内に現れた巨人……」

アルミン「死体はないが荒らされた痕跡があるラガコ村……」

アルミン「今の所このことから推測できることは……“人間”が巨人の……その……“材料”となるのでは……」

ハンジ「さすがだね、アルミン」

アルミン「もちろん他にもいろいろと根拠は考えているんですけど、それが主な理由かなと」

ハンジ「ああ、私もそう考えていたところだよ」

アルミン「ハンジさんも……」

ハンジ「……だけど」

アルミン「?」

ハンジ「私一人で考えられるのはここまでが限界だった」


46 : 1 :2013/07/02(火) 22:49:33 f4QVHKBY
アルミン「限界……ですか?」

ハンジ「うん、限界が来ちゃったんだ」

アルミン「どういうことですか?」

ハンジ「これから彼ら──巨人とうまくやりあっていくには、発想をもう何段階か飛躍させる必要があると思うんだ」

アルミン「確かに……」

ハンジ「でしょう? だけどさ、私が思いつくことっていうのは、どれも恐ろしくて……」

アルミン「恐ろしい?」

ハンジ「そう、恐ろしくて……怖いんだ。一人で考えるのは」


47 : 1 :2013/07/02(火) 22:51:52 f4QVHKBY
アルミン「ハンジさん……」

ハンジ「分かって……くれるかい?」

アルミン「ハンジさんにも怖いものってあったんですね」

ハンジ「そこぉ!?」ゴーン


48 : 1 :2013/07/02(火) 22:53:20 f4QVHKBY
アルミン「あはは、すみません」

ハンジ「もー、せっかくのシリアスな雰囲気が台無しだよー」

アルミン「さっきのお返しですよ」

ハンジ「アルミンもやるときはやるんだね……はは……」

アルミン「少しは見直しましたか?」

ハンジ「ううん、またからかってやりたくなった」

アルミン「勘弁してください……」


49 : 1 :2013/07/03(水) 01:26:24 Httm7OJ2
ハンジ「あはは」

ハンジ「……でも、少し元気になれたかなぁ」

アルミン「大丈夫です」

ハンジ「え?」

アルミン「僕がいますから」

ハンジ「アルミン……」

アルミン「僕が一緒にいて、一緒に考えますよ分隊長」


50 : 1 :2013/07/03(水) 01:27:17 Httm7OJ2
ハンジ「……………」

アルミン「今日みたいに世間話なんかしながら考えましょう」

ハンジ「うん………」ニコ

アルミン「そうしたら、少しは怖さも和らぐでしょう?」

ハンジ「うん……うん……!」ウル

アルミン「あれ……分隊長?」

ハンジ「アルミン……こっち、来て」

アルミン「……え? あ、はい」テクテク

ハンジ「ここ、座って」

アルミン「はい……ってえええええ!? 膝の上ですか!?」


51 : 1 :2013/07/03(水) 01:28:02 Httm7OJ2
ハンジ「ここ」チョイ

アルミン「じ、じゃあ……失礼、します」ストン

ハンジ「軽いね、アルミンは」

アルミン「でも男ですからね」

ハンジ「うん。あったかいよ」ギュゥ

アルミン「!?」ドキ


52 : 1 :2013/07/03(水) 01:31:22 Httm7OJ2
ハンジ「んー」ギュ

アルミン「ハ、ハンジ……分……隊長?」

ハンジ「私さ、アルミン」

アルミン「は、はい」ドキドキ

ハンジ「壁の中に巨人がいたとき、久しぶりに恐怖を感じた」

アルミン「ああ、あの時……」

ハンジ「感じた、というよりは……思い出した、に近いかな」

アルミン「………」

ハンジ「君たちも辛かったと思うけど、やっぱりあの出来事は私にも堪えたよ」

アルミン「はい……」


53 : 1 :2013/07/03(水) 01:32:09 Httm7OJ2
ハンジ「ねえアルミン?」

アルミン「なんですか?」

ハンジ「君は私が重傷を負った時、何か思ったことはあるかい?」

アルミン「あの時はエレンも連れ去られちゃってて……おまけにブレインのハンジさんもかなりの重傷で……」

アルミン「もう……本当に気がどうかなりそうでしたよ」

ハンジ「そうか。今となってはだけど、少し気恥ずかしいね」

アルミン「あの時はお互い満身創痍でしたから、とりあえず現状にしか目が向かなかったですけどね」

ハンジ「なんだか私のせいで話がどんどんずれてるけど……」

アルミン「?」

ハンジ「つまり、私が言いたいのはね……その……」モジモジ


54 : 1 :2013/07/03(水) 01:32:44 Httm7OJ2
アルミン「……ああ」

ハンジ「……?」

アルミン「ハンジさん」

ハンジ「なに?」

アルミン「……ですから、僕がいますよ。一緒に現状を打開していきましょう」

ハンジ「それってプロポーズ?」

アルミン「ぶふぅぅぅ!?」


55 : 1 :2013/07/03(水) 01:33:38 Httm7OJ2
ハンジ「わあ、どうしたのさ突然」

アルミン「ハ、ハンジさんが突然そんなことを言うからですよ!!!」

ハンジ「ふっふっふ……やっぱりまだまだアルミンは初心だねえ」

アルミン「そういう大人の余裕感はハンジさんには似合わないです」

ハンジ「おー、言うねえ。でもこの私が取り乱すには十年早いね」

アルミン「へえ……じゃあこんなのは……」クルッ

ハンジ「ん?どうしたの急にこっち向いて」

アルミン「どうです──かっ!」ズイッ

ハンジ「へ……!?」チュ

アルミン「……………」チュゥ


56 : 1 :2013/07/03(水) 01:34:51 Httm7OJ2
ハンジ「……!!!」カァァ

アルミン「……………」カァ

ハンジ「……ぷはっ! な、何をするのさ突然!!」カァ

アルミン「あれれ? 取り乱してますよ?」

ハンジ「く、くっそー! お返しだっ!」ズイッ

アルミン「えぇ!? うわ、むぐっ!?」チュゥ

ハンジ「……………」チュー


57 : 1 :2013/07/03(水) 01:35:51 Httm7OJ2
<font color="#000000">
<jbbs fontcolor=#000000>
<jbbs fontcolor=#000000>
エレン「失礼しますアルミンいません……か──え?」





アルミン「」チュウ

ハンジ「」チュー





エレン「???」</font>


58 : 1 :2013/07/03(水) 01:37:02 Httm7OJ2
寝ぼけてなんだか変なことになってしまった……
あとsage忘れてた……
訂正↓


59 : 1 :2013/07/03(水) 01:37:44 Httm7OJ2
<font color="#000000">
エレン「失礼しますアルミンいません……か──え?」





アルミン「」チュウ

ハンジ「」チュー





エレン「???」</font>


60 : 1 :2013/07/03(水) 01:38:31 Httm7OJ2
ミカサ「どうしたのエレ──ン!?」





アルミン「──ぷはっ! 急に何するんですか!!!」

ハンジ「──ぷはぁ。だからお返しだって」ニコ

アルミン「お、お返しって……! もっとほかにやり方が……」チラ





エレン「!?!?!?」

ミカサ「」キョトン


61 : 1 :2013/07/03(水) 01:39:08 Httm7OJ2
アルミン「あ」





ミカサ「……エレン、見てはいけない。私達は速やかに立ち去るべき」

エレン「……ん? あ、ああ、そうだな。行こう」

ミカサ「そう、行こう。そして私たちもあれをやろう」

エレン「は? 何言ってんだお前……」バタン



アルミン「エ、エレンこのことは内密にっ……!! ってあぁ……」


62 : 1 :2013/07/03(水) 01:39:47 Httm7OJ2
ハンジ「見られちゃったね」アハハ

アルミン「……ミカサはともかく、エレンは嘘が苦手だからこのこと周りにばれちゃいますよ!?」

ハンジ「んー……いいんじゃない?」

アルミン「いいんじゃないってあんた……」

ハンジ「だって悪いことしてないしさ」

アルミン「……とりあえずそろそろ離れましょう」パッ


63 : 1 :2013/07/03(水) 01:41:10 Httm7OJ2
ハンジ「えー、もう? 名残惜しいなあ」

アルミン「いや、いつまでもこんなことしてるわけにもいきませんし」

ハンジ「アルミンは嫌なの?」

アルミン「い、いやでは……ないですけど」ボソ

ハンジ「んー? 聞こえなーい」

アルミン「……!! い、いやではないですよ!」

ハンジ「よしよし。さすが私のアルミン」

アルミン「ハンジさんのではないです」


64 : 1 :2013/07/03(水) 01:41:45 Httm7OJ2
ハンジ「またまた照れちゃって……」

アルミン「照れてないですっ!」





ドタドタドタ





アルミン「ん?」


65 : 1 :2013/07/03(水) 01:42:18 Httm7OJ2
ハンジ「この走り方は……」





ガチャッ





モブリット「分隊長ォォォ!!! あんた新兵相手に何やってんですかァァァ!!!」クワッ


66 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/03(水) 05:47:21 xgeUigMc
ビビってるハンジさんかわいいよね


67 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/03(水) 10:33:43 IKXpt1vo
安定のモブリットさんwww


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/03(水) 13:53:17 Y6sqAWag
ハンジさん何歳くらいだっけ(すっとぼけ)


69 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/03(水) 16:20:32 JiJGLoPA
モブリットさんはほんと苦労人やで・・・


70 : 1 :2013/07/04(木) 00:03:46 vA0mUVRw
ハンジ「べっつにぃー?」

モブリット「イェーガーから聞きましたよ! アルレルトとそ、その……淫らな行為に及んでいたと!!」

アルミン「エレン……もう言っちゃったのか」ガク

ハンジ「ただキスしてただけだよ?」

モブリット「ただキスしてただけ? ……だけじゃないですよそれは!」

ハンジ「あれ? もしかしてモブリットってキスしたことない?」

モブリット「そんくらいあるわ!!! アホかあんたは!!!」


71 : 1 :2013/07/04(木) 00:04:24 vA0mUVRw
ハンジ「じゃあなんでそんなに怒ってるの?」

アルミン「モブリットさん、まさか……」

モブリット「ああそのまさかだよ!!! 自分は……自分は分隊長のことが……!!!」

ハンジ「ごっめーん。もうアルミンに決めたから」テヘ

モブリット「ちくしょおおおおおおおおおお!!!」バタン ダダダダダ


72 : 1 :2013/07/04(木) 00:17:37 vA0mUVRw
アルミン「……………」ハァ

ハンジ「あらあら? その顔は何か言いたげな顔かな」

アルミン「もう少し断り方ってものがあるでしょハンジさん……」

ハンジ「えー、じゃあなになに? アルミンは私がモブリットに取られてもいいの?」

アルミン「それはダメです」

ハンジ「お、おお……即答とは思わなかった」テレ


73 : 1 :2013/07/04(木) 00:18:09 vA0mUVRw
アルミン「それはそうと……ハンジさん」

ハンジ「なに?」

アルミン「やっぱりやりましょう。エレンの実験」ゴゴゴ

ハンジ「うわあ……アルミンが黒いぞ」

アルミン「悪い子にはお仕置きしなきゃですよね」

ハンジ「でもそんなアルミンも好きだぞ!」ダキッ

アルミン「うわあ! 突然抱き着くのやめてくださいってば!」


74 : 1 :2013/07/04(木) 00:18:43 vA0mUVRw
エレン「うっ……」ブル

ミカサ「大丈夫? エレン」

エレン「……寒気がする」ブルル




おわり


75 : 1 :2013/07/04(木) 00:19:43 vA0mUVRw
呼んでくれた方ありがとうございました。
ちなみに
アルミンの性別=アルミン
ハンジの性別=ハンジ
という体で。


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/04(木) 00:56:41 Jqyat1wo
性別ってなんだっけ…
乙!


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/04(木) 01:18:26 PeJbN.5Q
面白かった!乙
アルハンはもっと増えてもいい


78 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/04(木) 09:47:29 g.S6lDXU
ハンジさんは女だと思ってる
乙ー


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■