■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

シンジ「アスカの独り言がひどい」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 02:37:53 ID:36Fy/GZk
アスカ「使徒がいないとあたしの才能が少し欠けるじゃない」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 02:42:56 ID:36Fy/GZk
アスカ「まああたしは?なにやっても?さいこうだど?」

シンジ「アスカ?大丈夫?」

アスカ「ばかシンジにも見下されるかもあの根暗に」ブツブツ

シンジ「」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 02:49:52 ID:36Fy/GZk
アスカ「それにもしかしたらミサトにも・・・」

ミサト「たっだいま〜しんちゃ〜ん?ビー―

アスカ「いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

シンジ・ミサト「!?」

アスカ「何としてもエヴァに乗らないと・・・」ブツブツ

ミサト「アスカ?ど、どうしたの?何か悩みがあるの」オロオロ

シンジ「無駄ですよ。この状態のアスカに何を言っても。」
    ギャーギャー!ワーワー
シンジ「最初は声も小さめだったんですけど。」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 02:54:28 ID:bsws0xEA
あ、これアカンやつや

5以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 02:58:21 ID:36Fy/GZk
ミサト「いったい何があったの?」

シンジ「エヴァに乗れなくなったせいでアスカが発狂しました」

アスカ「エヴァに乗るにはどうすればいいのかな」ブツブツ

シ「一日2〜4時間程度この状態です。」

ミ「エバーに乗れないだけでこんなになるの?」

ア「はっ!!」

シ「あ、たぶん治りますよ」

ア「ミサト帰ってたのね。挨拶位しなさいよ」

ミ「アスカ最近悩みとかないの?」

シ「そうだよ何かないの?」

ア「いきなり何よ2人そろって気持ち悪い」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:05:30 ID:36Fy/GZk
ミ「いや、だってしんちゃんが―シ「ミサトさん!ビール開けますか?」

ア「?シンジが何って?」

そこでミサトは察した。アスカにこのことを尋ねると大変な事になることを。

シ「いやいや。深い意味はないと思うよ」ニコアセ

ミ「そ、そうよ!深い意味はないの!」

ア「???」

シ「あ、お風呂が沸いたみたいだよ?入っちゃえば?」ニコアセ

ミ「そうね!入っちゃいなさいよ!」

ア「じゃ、入らせてもらうわ〜」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:08:43 ID:36Fy/GZk
風呂の中で

ア「(なんか今日は二人とも変ね・・・)」

ア「(何かあったのかしら・・・)」

ア「(まぁ、あたしのは関係ないわね)」

ア「あ〜あ、疲れた」

ア「上がったらこのまま寝ちゃお〜と♪」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:15:05 ID:36Fy/GZk
同時刻

ミ「何か大変なことになったわね」プシュ

シ「ほんとですよ…」

シ「ものすごく批判されるんですよ?」

シ「根暗とか馬鹿とか。」

シ「聞いてるだけで疲れますよ・・・」

ミ「これは重大な問題ね」

ミ「使徒はいなくなってもネルフはあるからテストだけさせる?」グビッ

シ「そうしてくださいよ〜少しは良くなると思いますよ?」

ミ「明日リツコに掛け合って見るわ〜」

シ「お願いします。夕飯作っておきましたから」

9以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:21:46 ID:36Fy/GZk
ア「出たわよ〜今日はもう寝るわ〜」

シ「あれ?夕飯は食べないの?」

ア「今日はいらないわ〜」

シ「え、アスカが好きなハンバーグなのに」

ア「うっさいわね!」

シ・ミ「ビクッ」

ア「あたしがいらないって言ったらいらないの!」

ア「この家の持ち主はあたしなのよ!?」

ア「だからこの家では私がルールなの!わかった?いい!?

シ「ハイスイマセンデシタコレカラキヲツケマス」

ア「ふん!わかればいいのよ」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:35:09 ID:36Fy/GZk
アスカの部屋のドアバタコン!
ドア「(畜生!いつも力任せに閉めやがって!)」
ミ「ここあたしの家なのに・・・」シクシク
シ「この性格も元からなんですけど・・・」
シ「何か最近。。。」
ミ「独り言騒動があってからひどくなったと。」
シ「ハイ。その通りですよ」
ミ「まぁしょうがないわね。もう少しのがまんよ♪」
シ「何を根拠に言ってるんですか・・・」
ミ「女の勘よ!」
シ「綾波風に。勝算は」
ミ「神のみぞ知るね!」
シ「どこかであったやり取りですね」
ミ「そうね〜」ムニャムニャ
シ「学校も春休みでない」
シ「アスカは変になるし」
シ「ゲームはつまんないし」
シ「いやになりますよねぇミサトさん?」
ミ「ぐがぁーごぉーぐがが」
シ「寝てるし・・・」
シ「今日は疲れたな。」
シ「風呂は明日でいいや」
シ「ミサトさんは放置して、寝ますかぁ」

11イヤホンジャック:2013/03/30(土) 03:35:36 ID:5lNLWdWo
綾波は幸せにしてあげてね、シンちゃん!

12以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:36:34 ID:36Fy/GZk
すまん。ちとトイレいく。暇なら話を進めといてくれるとありがたい

13以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:43:04 ID:36Fy/GZk
もどったぉ。すすんでないな。まぁいいや。
綾波も少し入れることにする

14以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:47:40 ID:36Fy/GZk
〜翌日〜
シ「ふぁ〜あ。よく寝たよく寝た」

ア「相変わらず腑抜けた声ね」

シ「うわ!あ、アスカ!?なんでここにいるんだよ!」

シ「ここは僕のへやだよ!イチオウ」

ア「あんたばかぁ?どこ見てんのよ」

シ「え?何言ってるの?」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:52:02 ID:36Fy/GZk
ア「あたしの後ろよく見なさいよ」

シ「え?どれどれ」

綾波「碇君気づいてくれなかった。ぽかぽかしない。」

カヲル「今度こそ君を・・・」

マリ「こんなにいるのに気付かなかったのかにゃ」

冬月「全くだ。恥をさらしおってからに。。。」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 03:55:08 ID:36Fy/GZk
シ「」

シ「え。なんで?」

ア「だから今から>>17に行くの!」

ア「これだから七光りは困るわ。」

皆さんすいませんちょっと付き合って下さい

17以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:03:12 ID:v.oj6lCI
腐界

18以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:03:33 ID:36Fy/GZk
もう・・・この先は任せます・・・どなたかこのスレを継いでください。
それでは・・・

19以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:04:06 ID:36Fy/GZk
18取り消し

20以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:07:44 ID:36Fy/GZk
ア「腐界はいいところよ〜」

ア「何もかもがくさってて。」

ア「ねぇみんな行きたいよね?」ユビパキ

綾「言ってもいいわ。碇君が行くなら。」

カ「シンジ君を幸せにできるなら」

マ「姫の仰せのままに。」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:11:25 ID:36Fy/GZk
冬「何をいっているのだ!」

冬「下手したらみんな死ぬかもしれないんだぞ!!」

ア「あん?ンだと?このじじぃ。しばくぞ?ああ?」

ア「一回黙らせるか。」バキ!

この時、冬月のあばら骨は、3本持って行かれた。

22以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:11:57 ID:36Fy/GZk
冬「何をいっているのだ!」

冬「下手したらみんな死ぬかもしれないんだぞ!!」

ア「あん?ンだと?このじじぃ。しばくぞ?ああ?」

ア「一回黙らせるか。」バキ!

この時、冬月のあばら骨は、3本持って行かれた。

23以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:16:47 ID:36Fy/GZk
冬「カハッ!!」ドサッ

ア「副指令?一緒に来てくれますよね?」ニコ

冬「」

シ「待ってよ!そもそも腐界にはどうやって行くんだよ!」

ア「何言ってんの?太平洋にN2爆雷を5〜6発ぶちこむのよ!!」

シ「じゃあどうやってN2兵器を手に入れるんだよ!」

カ「それは僕に任せてくれ」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:22:27 ID:36Fy/GZk
カ「はあぁぁぁぁ!」

シ「何してるの?」

綾「碇君。抱きしめて。」

マ「何言ってるのかにゃ?この子は」

ア「そーよ何言ってるのよ!」

マ「わんこ君に抱きしめられるのは私だにゃ〜」

綾&ア「何だって?」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:26:18 ID:36Fy/GZk
ア「」ドクン

カヲル以外の人「?」

シ「まさか!これは!」

ア「何よ・・・シンジはあたしのものなのに・・・」ブツブツ

綾。マ「え」

マ「姫が壊れた!?」

綾「どうしたの。セカンド」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:29:11 ID:36Fy/GZk
皆さん。これは続けてもいいでしょうか。
ダメでしょうか。35分までに回答がなければ放置します

27以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:33:43 ID:v.oj6lCI
とりあえず続けて

28以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:37:34 ID:36Fy/GZk
続けさせていただきます

29以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:42:11 ID:36Fy/GZk
ア「シンジはあたしと結婚してあんなことこんなこと・・・」ブツブツ

マ「ヒ、姫?」

ア「何よ何よ・・・あたしのほうが上なのに・・・」ブツブツ

シ「あちゃー・・・」

綾「これはどういうこと?碇君」

冬「」ピクピク

マ「説明して欲しいにゃ〜」

30以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:47:08 ID:36Fy/GZk
シ「OK。説明するね」


色んな人「そーゆーことか」

シ「ほんとは今日エヴァに乗せるつもりだったけど。」

カ「皆、N2できたよ!!」

カ「あれ?お〜いN2できたけど?」

ア「もういや!!シンジとられたくないー!」ウエーン

31以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 04:53:45 ID:36Fy/GZk
シ「とりあえず放置しとけば収まるから、おいておこウ」

皆「それがいいね!」

ア「ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ」

              〜3時間後〜

ア「はっ!」

マ「もう終わりかにゃ?」グッタリ

綾「あ、ああ、あ」気絶寸前

冬「」ピクピク

シ「ん?終わりかな?」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 05:01:45 ID:36Fy/GZk
ア「もう、皆どうしたのよぐったりして」

ア」だらしないわね〜」

ア「しょうがない。腐界ツアーは延期ね」

カ「(ATフィールドが破壊寸前だった)」

シ「そうだね、延期だね。カヲル君ごめんね」

カ「ああ、気にしなくていいよ」カヲルスマイル

シ「今日はもう皆いえに帰ったほうがいいよ」

マ「そうさせてもらうにゃ・・・」

綾「バイバイ。碇君」

冬「」

カ「また会おうね!」

シ「今度ピクニックに行こうねー!」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 05:04:57 ID:36Fy/GZk
ア「シンジ・・・」

シ「ん?何?」

ア「実はあたしあんたのことが!!」


END   

続きはかくかも。今日は書かない。
SS初心者に付き合ってくれてありがとうございました。
雑な終わり方でサーセン

34イヤホンジャック:2013/03/30(土) 07:21:01 ID:5lNLWdWo


35以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 14:20:38 ID:WTq2N6f.
実に構ってちゃんな書き手でした

36以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 22:03:59 ID:RM.mRPS.
クッソつまらん
かまってちゃん
文章がガキくさい
三冠王だな

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■