■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

王様「僧侶だけのパーティーか。」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 12:17:50 ID:h0VjKJUU
王様「ふむ。」

僧侶A「ふむじゃないですよ!こんなんじゃ魔王どころか街付近の
    モンスターにさえやられかねませんよ!」

側近「静粛に、これは魔王討伐も兼ね4人パーティーの構成を
   パターン化し、どのパーティーが一番効率よく強いのかの検証でも
   あるのですよ。」

僧侶A「それでもです!構成のパターンは十分絞り込めるはずではありませんか!?
    同じ職業オンリーなんてバランスブレイカーで効率なんてあったもんじゃありませんよ!」

王様「いや、案外強いかもしれん、常識にとらわれていてはいつまでたっても魔王には
   勝てないと私は思う」

僧侶A「だとしても僧侶オンリーはふざけています!」

側近「たしかに...、浅はかな考えかもしれないが我が国はそれほどに追い込まれているのじゃ
   もう案がなく、ヤケクソでしか....」

僧侶A「だとしても....」

王様「では、頼んだぞ!」

側近「他の3人は城門でお待ちかねです。それではご武運がありますよう...」

僧侶A「そ、そんな...」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 13:25:13 ID:h0VjKJUU
〜城門前〜

僧侶A「はあ....、大丈夫かな、不安だよ.....」

僧侶A「(パーティーの面子にはまだ会ったことがないし....、おまけにチームワークもない、バランス性もない
      こんないい加減に構成されたパーティーでやっていけるかな...)」

見張り「おい、そこの僧侶」

僧侶A「はい?」

見張り「僧侶×4パーティーの代表者は御前か」

僧侶A「は、はい、そうです」

見張り「プッ」

僧侶A「(い、今笑われた!?)」

僧侶A「(って...無理もないか、こんな変なパーティーじゃ笑われて当然よね・・・)」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 13:35:23 ID:h0VjKJUU
僧侶B「あー、今日は日差しが強くてお肌によくないわー、家でおとなしくしときましょ」

僧侶C「おいふざけんな!お前だけ抜けるなんてずるいぞ!ちゃんとやれよ!」

僧侶D「そもそもふざけてるのってこのパーティー構成だけどね」

僧侶A「(あそこに見える女の子達......,私と同じ白いローブを着てる.....てことは....)」

見張り「他のパーティーはもう皆行ったぞ、出遅れてるのはお前らだけだ」

僧侶A「(やっぱり、あの子たちがあとの3人.....,本当に僧侶だけなんだ....)」

僧侶B「あら、リーダー様のお出ましよ」

僧侶C「へーあれがね.....、なんか貧弱そうだな、もっと筋肉つけろよ!!」

僧侶D「そういう職じゃないからね」

僧侶A「み、みなさんよろしく」

見張り「じゃあ、これで全員だな、よし行っていいぞ、期待している」

僧侶A「(期待も何もさっき笑ってたくせに........)」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 13:46:54 ID:h0VjKJUU
〜草原[街付近]〜

僧侶C「出てきたはいいけど.....」

僧侶B「全員白いローブ姿の僧侶って、どっかのネクラな宗教集団みたいで不気味ね...」

僧侶A「まあまあ」

僧侶C「まあ、その、なんだ....、今日初めて会ったわけだし、自己紹介といこうや」

僧侶B「そうね、いくらなんでも得体のしれない人たちと同行なんてしたくないし」

僧侶C「俺は僧侶C、街の港で荷物運びとかやってたりしてた」

僧侶C[その分腕っぷしじゃこの中で負ける気はしないぜ!!」

僧侶D「そりゃ全員僧侶だからね」

僧侶B「そんなんだったらなんで前衛の職に就かなかったのよ....」

僧侶C「孤児院に住んでてよ、ガキ共がよくケガしたり親父も何かしらケガするもんでよ」

僧侶C「それで薬代がバカにならなかったからよ、俺が僧侶になって薬代を浮かそうと思ったのさ」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 13:47:49 ID:ShsqVzw6
とあるゲームの回復職は杖で殴って敵をスタンさせるから案外いけるかもしれん

6以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 13:49:47 ID:9wyi23XY
僧侶が武術を身につければモンクやテンプルナイトになるし、いけんじゃね?

7以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:08:49 ID:h0VjKJUU
僧侶A「いい話ですねー、感動しちゃいました」

僧侶B「まあ状況的に戦士の道を歩んでくれたほうが助かるんだけど」

僧侶C「次、リーダーの番だよ」

僧侶A「リーダーって....私?」

僧侶C「そうだろ」

僧侶A「いや私は別にリーダーだなんて、ただこのパーティーの代表者として呼ばれただけであって....」

僧侶C「いいからいいから、自己紹介」

僧侶A「....僧侶Aです、このパーティーのリーダーに選ばれた模様です、よろしくお願いします」

僧侶B「模様て...、頼まれたら断れないタイプか、行くことになった訳もわかるわ...」

僧侶C「じゃ、次あんたな」

僧侶B「私の出番ね、手早く済ませましょ」

僧侶B「私は有名会社のリーフ社の社長である父の娘の僧侶Cです、ますリーフ社といいますと
     コーヒー豆・武器やアクセサリー・薬品物など様々な種類のものを....」ベラベラ

僧侶A・C・D「......。」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:16:13 ID:h0VjKJUU
僧侶B「ですからやっぱり今後の方針はこうあるべきだと....」ベラベラ

僧侶C「次どうぞ」

僧侶D「僧侶Dだ、よろしく頼む」

僧侶C「よし、リーダーまとめの方頼むぜ」

僧侶A「え、えっとこんな適当なパーティーですけど、ちゃんと義務は真っ当したいとそう
     思っています」

僧侶C「よっしゃ!行くとするか!打倒魔王!」

僧侶B「ちょっと無視しないでくださる!?」

ーーーーーーーーーーーー・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・

9以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:26:11 ID:h0VjKJUU
〜森〜

僧侶A「く、暗い」

僧侶D「すっかり日が暮れてしまったな.....」

僧侶B「ですからね私は....、って、あらもうこんなとこまでついたの、早いもんね」

僧侶C「そりゃ楽しそうに自慢話やってるほうは早く感じるのかもな...まるで呪文だったぜ」グッタリ

僧侶D「はたから見たら本当に宗教集団だったかもな」

僧侶B「あら、この森の木の葉はわが社の薬品のざいりょ......」

僧侶C「わーーーーーーーーーーーー!!!そうだリーダー!!」

僧侶A「は、はいィ!?」

僧侶B「な、なによいきなり大声なんか出しちゃって....」

僧侶C「いや〜、なんで4人パーティーなんだろうなーって思ってさー」

僧侶A「たしかに、なんでなんでしょうね」

僧侶C「軍隊作って一斉に叩き込めばいいんじゃねえのか?」

僧侶D「光の4戦士伝説.....」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:37:44 ID:h0VjKJUU
僧侶C「なんだそりゃ」

僧侶B「それ、結構耳につくわね最近」

僧侶A「あ、それってもしかして昔ある謎の4人パーティーが魔王から世界滅亡の危機を救ったといわれる
     あの伝説ですか?」

僧侶D「そうだな」

僧侶C「つまりはあれか?お国はそれの真似事をしてるってことか....」

僧侶B「なにそれ、伝説にすがりついて助けを求めてるってこと?情けない....、これはもうリーフ社
     が兵器開発に本腰を....」

僧侶C「あーーーーー!ってことは俺たちが光の4戦士になるかもしれねえってこったな!」

僧侶B「あーもううるさいわねいちいち!」

僧侶D「まあ、そうなったとしても僧侶4人のパーティーなんて伝説じゃなくて笑い話になってしまうがな」

僧侶A「ですよね」フフッ

ガサガサ

僧侶A「ん、草むらが今......」

ゴブリン「ウガーーー!!」

僧侶A「きゃあ!ゴブリン!」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:40:27 ID:u5C/Qq8A
これが後の福井県の五太子町に登場したパナウエーブ研究所の集団である。
スカラー波に注意スルガヨロシ

12以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:49:05 ID:h0VjKJUU
僧侶D「ゴブリンは昼行性のはず.......」

僧侶B「どっかのバカが2回も大声出すからでしょ!!」

僧侶C「バカってなんだよ!だいたいお前が.....」

僧侶D「喧嘩は後だ!来るぞ!」

ゴブリン「ギャオーーー!!」ブンッ

僧侶C「おっとあぶねぇ!」サッ

僧侶B「うわ.......、僧侶とは思えない瞬発力ねこいつ.......」

僧侶C「リーダー!!どうする!?」

僧侶A「ええっと!とりあえず役割を決めましょう!4人パーティーはそれぞれの役割とチームワーク
     が基本らしいですから!」

僧侶C「おっけい!リーダーらしい面構えになってきたな!」

僧侶B「じゃあ私はみなさんの防御力を上げます!」

僧侶A「私は回復役に徹底します!」

僧侶C「俺は4人の攻撃力を上げる!」

僧侶D「私はパーティーの回避率をあげることに専念する!」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:52:45 ID:h0VjKJUU
僧侶A「.........」

僧侶B「..............」

僧侶C「..................」

僧侶D「......................」

僧侶A・B・C・D「攻撃は!!?」

ゴブリン「ギャオォォォォォォォォ!!」バッ

14以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 14:54:06 ID:h0VjKJUU
書き溜め尽きたんで、また

15以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 16:02:17 ID:GjETwfPs
光の四戦士…
クリスタルの戦士か?

16以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 17:15:48 ID:RXGvfAkU
期待しちゃう

17以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 17:52:52 ID:d5rDNAaQ
つ?

18以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 19:09:54 ID:hSf4Wbq6
これまた新鮮ですね

19以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/07(木) 22:46:16 ID:GU5kXg8Y
確かにこれは面白そうだ、>>5でもあるが最近の回復職は殴って眠らせたり、後続のダメージ上げたりも出来て

僧侶=物理×なんて古い!

20以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 11:42:05 ID:7WWTnkDU
僧侶a「きゃあ!」ザクッ

僧侶c「リーダー!!......くそっ!」

僧侶d「まずい!....」

僧侶b・c・d「ケアル!」

僧侶d「って、全員で1人に集中回復してどうする!」

僧侶c「いやもうケガを見ると反射的に......」

僧侶b「やァ!!他にもモンスターがいっぱい!」

僧侶a「うーん.....」

僧侶c「リーダーも傷は治ったんだが.....、起きる気配がねえな.......」

僧侶b「もうだめ、気持ち悪い........」バタッ

僧侶c「おい!もうお前までもかよ!」

僧侶d「ひとまず退散だ、他のモンスターもさっきので一緒に起きたらしい!」

僧侶c「仕方ねえ!リーダーかついでくれ!」

僧侶d「了解した!」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 11:56:24 ID:qb30Nie.
名前のアルファベットを小文字にしてしまいました

脳内補正で大文字によろしくお願いします。

あと<<7の最後の僧侶Bのセリフが僧侶Cになってました、Bでお願いします

23以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 12:06:54 ID:qb30Nie.
僧侶C「起きろ、起きろ!おい!」ペチペチ

僧侶B「うーん........ムニャムニャ」

僧侶C「ダメだ起きねえ、こりゃ担いで行くしかねえな........、よっと!」ガシッ

僧侶C「くっ......、前まで運んでた荷物よりはるかに重いだと........!?」

僧侶B「ちょっと!聞き捨てならないわね!毎日の美容を怠らない私への宣戦布告でして!?」

僧侶C「わっ!起きた!」

僧侶C「ていうか起きたんなら自分の足で走れよ!」

僧侶B「無理よ!後ろからモンスターがうじゃうじゃ追っかけてきて降りてる暇なんてないわよ!」

モンスター一同「うがァーーーーー!!」

僧侶B「ひィ!もっとスピードアップしてよォーーーー!!」

僧侶C「仕方ねえ!ちょっくら飛ばすとしますか!!」ビューーーーーーン

僧侶B「きゃあ!飛ばし過ぎよ!なんで補助魔法を使わずにこんなにスピード出るのよ〜!」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 12:59:36 ID:gTZv6vA.
~街【宿屋】~

僧侶A「はっ!」バッ

僧侶C「目が覚めたか、どうだ具合は?」

僧侶A「大丈夫です、あの....ここって泊まった覚えが.... .」

僧侶D「最初出た街だからな」

僧侶A「ど、どうりでなじみがあると思いましたよ.......」

僧侶A「すいません、私が油断したばかりに......」

僧侶C「気にすんなって、どうせモンスターが多くて先に進めなかったんだからよ」

僧侶A「はい........、あれ?」

僧侶A「僧侶Bさんはどこに?姿が見えませんけど.....」

僧侶C「.......」

僧侶D「..........」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 13:23:10 ID:2G7aGbZo
僧侶A「ど、どうしたんですかお二人とも、そんな深刻そうな顔して... 」

僧侶C「......、もう思い出したくもねえ.... 」

僧侶D「........」

僧侶A「ま、まさか......」

僧侶C「まあかくかくしかじかであいつを担いで走っていたんだが.....」

僧侶A「」ビクビク

僧侶C「揺れが激しかったせいか、今トイレでもどしてるわ」

僧侶A「えぇ!?って、ぇ!?」

僧侶C「なんで二回驚いたんだ」

僧侶A「変に怖い話し方をするからどんなことがあったんだろって思ったんですよ!」

僧侶A「けど大事がなくてよかったです.....」

僧侶B「あるわよ!」バン

僧侶C「お、ゲロ嬢おかえり」

僧侶B「誰がゲロ嬢ですか!」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 13:51:00 ID:BXwZWI4E
僧侶って神への信仰によって力を得てるわけだから、ちょっとした宗教集団であるのは間違いない

27以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/08(金) 23:57:28 ID:eky7sHwc
なにこれ面白い!

28以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 09:43:54 ID:X9onsEyA
僧侶B「まったく.....、もどすなんてレディとして最大の失態ですわ......」

僧侶B「こんなことになったのも大体、僧侶だけっていうのがそもそもダメなんです!」

僧侶C「そういやゲロ嬢、なんで僧侶になったんだ?」

僧侶B「ええい!その汚ならしい呼び方やめてもらえますか!」

僧侶B「第一、自己紹介のときに話したはずですが?」

僧侶C「あ、すまん聞き流してたわ」

僧侶B「ま、まったくあなたは.....、みなさんも言ってやってください!」

僧侶D「新聞でも、読むとしよう」ペラ

僧侶A「えぇっと!......ヒ、ヒュ~♪」

僧侶B「なんですかその下手なごまかしかたは!あなたたちも同じ口ですか!」

僧侶C「まあまあ、減るもんじゃねーんだし、また話してくれりゃいいじゃねえか」

29以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 09:51:22 ID:ftIHa00I
僧侶B「まったく、仕方ないですわね......」

僧侶B「私は魔法学が得意だったから、それで僧侶になりました」

僧侶B「まあ、ほとんどは勇者一行にくわわり魔王を討伐してリーフ社の名誉をさらに世にしらしめるのが目的だったのですが......」

僧侶C「十分世にしれわたってるんじゃねえのか?」

僧侶B「いいえ!もっと私ががんばって功績を上げないと、父に認め....」

僧侶C「親父さんがどうかしたのか?」

僧侶B「な、なんでもないです」

僧侶B「なぜ私がこのような集団の面子に選ばれたのかはわかりませんがとりあえずがんばらないと!」

僧侶B「まったく、私としたことが本来の目的を見失ってましたわ......」

30以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 09:54:28 ID:xoXb5Dj2
僧侶C「なんか知らねえけどやる気出したみたいだな」

僧侶B「こうなればうかうかしていられませんわ!」

僧侶D「そうだな、うかうかしてられないな」

僧侶B「あなたも新聞なんて読んでないでさっさと出発の準備を!」

僧侶A「ヒ、ヒュ~~~♪」

僧侶B「あなたはいつまで口笛なんか吹いてるんですか!」

僧侶D「その格好で出るのは得策じゃないぞ」

僧侶B「?どうしてです」

僧侶D「今大勢の僧侶が虐殺されているからだ」

31以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 14:33:27 ID:XeHTVxIk
僧侶B「な、何ですって!?」

僧侶D「この記事を見てみろ」

僧侶B「なになに......」

僧侶C「この4コマ漫画は.....、今まで見てきたなかで一番秀逸なオチだ........」

僧侶A「あはは!これ傑作ですね!」

僧侶B「あなた達はどこを見てますの!?その横の記事でしょうに!」

僧侶A「どれどれ.......、これは!」

僧侶B「本当だ、僧侶がたくさん殺されてるのか......ひでえな」

僧侶D「さらにはどの地でも生息していないような見たことのないモンスターのしわざらしい」

僧侶D「魔王の手下と考えるのが妥当なところか」

僧侶D「ここに来て本格的に動きはじめたな.....」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 15:09:59 ID:feawkN3Y
僧侶C「回復手段を潰そうって魂胆か?」

僧侶D「違うと思うぞ。もしそうならそんな回りくどいことはしないだろう」

僧侶D「今はアイテムも栄えている時代だから、回復アイテムも誰でも使えるし市場も標的になるはず」

僧侶B「これもリーフ社のーーー」

僧侶C「なるほどな!!じゃあなんでなんだろうな!」

僧侶B「あー、もういちいち大声ださないでくださる!?」

僧侶A「.....もしかして、昔に何かあったのかな.....」

僧侶D「ふむ.....」

僧侶B「ゾンビ系統のモンスターは回復魔法が弱点ときいたことはあるけどもそれかしら」

僧侶B「とはいえ魔王がゾンビだなんていう確証があるわけでもないし....」

僧侶D「何にしろ、いろいろ調べなければなるまい」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 15:13:19 ID:feawkN3Y
僧侶B「ちょうど街に戻ってきてるわけですし、王様に聞いてみては?魔王の弱みなどを知っているかも.....」

僧侶A「けど弱点を王様が知ってるのならそれに似合った軍をつくるのでは?」

僧侶B「たしかにそうですけど......」

僧侶C「いいじゃねえか、どうせなんだしよっていこうぜ」

僧侶D「そうだな、城にもしかしたら何かヒントがあるかもしれない」

僧侶C「じゃあそうと決まれば早速......」

僧侶D「待て。まずこの見た目を変えてからだ」

僧侶B「そうですわね、何が起こるかわかりませんし、街の中で襲われて全滅なんてごめんですしね」

僧侶B「では私が直々にあなたたちのカモフラージュに適し、かつ華麗なコーディネートをしてあげますわ」

僧侶A「じゃあまず服屋まで迅速に向かいましょう!」

僧侶C「おっけいリーダー、にしてもゲロ嬢のコーディネートか......」

僧侶D「そう聞くと華麗じゃなくて汚らわしいな」

僧侶B「勝手に下品なイメージをしないでくださる!?」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 16:23:21 ID:HnUHAoac
まさかの安定メディックPTか

ヘヴィストライク!

35以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 20:53:32 ID:H.CPrqMk
〜服屋〜

僧侶A「こ、これは」

僧侶B「あらあらおもった通りこれは似合っています!」

僧侶B「ライトな赤のフリル付きミニスカート、赤い蝶ネクタイに白い清楚なYシャツ.....、ちょべりぐ!」

僧侶C「ちょべりぐて......」

僧侶D「いくらなんでも派手だろうそれは」

僧侶B「だけど、僧侶とは思えないですしいいんではなくて?」

僧侶D「まあ.....、これなら危険は少なくなるかもしれんが」

僧侶D「私はこれでいい」

僧侶B「なにその地味なコート、もっといいのあるのに.....」

僧侶D「お前のチョイスが派手すぎるだけだと思うけどね」

僧侶C「なあなあ、俺はどうしたらいいと思う?」

僧侶B「柔道着なんてどうかしら、とても似合ってると思いますわ」

僧侶D「ここに来て一気に華麗さがなくなったな」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 21:05:12 ID:S1wCCDMw
僧侶C「なるほどたしかに動きやすいしいいな、すいません柔道着ってどこにありますか?」

僧侶B「本気で着る気ですのこの人.....」

僧侶D「完全に僧侶であることを忘れてるな」

僧侶B「私もこのワンピースに決まりました」

僧侶C「着替え終わったぞー」

僧侶B「はやっ!」

僧侶D「では行くとしよう」

僧侶A「お城はあっちですよ」

店員「またのご来店をお待ちしています」

37以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/09(土) 23:29:06 ID:igON1blA
>>31の最後から4行目僧侶Cのセリフです

38以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 06:32:09 ID:Y5nlh33k
〜城〜

僧侶B「つきましたわね」

門番「まて!何者だ貴様ら」

僧侶C「僧侶だ!」

僧侶D「その格好で言っても全然説得力ないぞ」

僧侶A「あ、あの」

門番「あなたは.....、たしか魔王討伐パーティーの.....」

僧侶A「はい、僧侶×4のパーティーの代表者である僧侶Aです」

門番「も、申し訳ありません!......ですが何故そのような格好を?」

僧侶D「最近多くの僧侶が殺されてるのでな、危険を少なくするためのカモフラージュだ」

門番「なるほど、そういうことでしたか、では中へは入られるのですか?」

僧侶D「ああ」

39以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 06:43:18 ID:.FfZHOb.
〜拝見の間〜

王様「だ、誰だ貴様らは!」

僧侶A「僧侶×4パーティーの面々です!」

王様「おお僧侶A、帰ってきたのか!魔王の討伐には成功したのか?」

僧侶A「いえ、まだ......」

王様「そうか......」

側近「まずいことになりましたね.....」

僧侶C「まずいこと?」

側近「実は.....、他の全部のパーティーが全滅したのです.......」

僧侶A「えぇ!?」

僧侶B「そ、そんな.....、あれだけの数のパーティーが......」

王様「もう、我が国はおしまいだ.....」

僧侶B「他の国の力を借りては?」

王様「いや、それは頼んだのは頼んだのだが、皆恐れているようでのう......」

40以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 06:46:26 ID:.FfZHOb.
僧侶A「そんな.....」

僧侶C「あれだけ猛者がいっばい出ていったのに.....」

王様「.....そういえば何故そのような格好なのだ?」

僧侶D「カモフラージュです」

側近「最近多くの僧侶が虐殺されているからですか.....」

僧侶D「はい」

王様「なるほど.....、たしかにいい考えではあるが」

僧侶D「王様、なにかお聞きしたいことがあってここまで戻ってきたのですが」

王様「なんだ?」

僧侶D「光の4戦士伝説について、聞きたいのです」

僧侶B「伝説の事なんて聞いてどうするのですか」

41以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 06:49:22 ID:.FfZHOb.
僧侶D「僧侶がよく殺されてるのは、なにか僧侶にいてもらってはまずいように思われるのです」

王様「まずい.....?僧侶を恐れる部分など特にないと思うのだか......」

側近「魔王がゾンビ系統ならわかりますが、ですけれどその系統のモンスターは大体下級のモンスターですし.....」

僧侶D「僧侶という職業にはなにかあるような気がするんです」

僧侶D「光の4戦士伝説にはそのヒントがあると思うのです」

王様「だからと言ってな.....、光の4戦士伝説は我が国が発祥の地ではなくてな、詳しいことはわからないのじゃ」

僧侶A「そうなんですか!?」

側近「ある昔に栄えていた国があったらしく、そこが発祥の地のらしいのだが、今はないのだ.....」

42以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 06:53:18 ID:.FfZHOb.
僧侶D「資料などは.....?」

王様「ここにはないのだが.....、そういえば大都市の中央図書館ならいろいろな本があったような」

側近「ですが、あそこはでたらめな事を書いてるものも多くですね......」

僧侶D「いえ、そこにいきます、なにか有力な情報がてにはいるかもしれないですから」

僧侶C「だな、このまま待ってても仕方ねえし」

デーモン「おっとそうはさせねえぜ」

王様「誰だ!」

側近「デーモン.....、上級モンスターの中でも群を抜く強さの... なぜここに!」

デーモン「見物に来たのさ、で、来てみたらこっちの王さんは女の子と楽しくおしゃべりか」

僧侶C「俺たちは勇者一行の僧侶だ!」

僧侶D「つっこまんぞ」

デーモン「くくっ、なるほどその格好、僧侶がたくさん虐殺されてるからカモフラージュってわけ?」

デーモン「ちょうどいいや、僧侶も始末しに来たってのもあるしいっちょあばれますか」

王様「な.....」

僧侶A「王様、安全なところへ!」

43以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 07:04:06 ID:TOzFUZNE
側近「戦う気か!?よせ、相手はデーモンだぞ!」

僧侶C「黙ってやられるわけにもいかねーだろ!」

側近「しかし.....」

王様「行くぞ!」ダッ

僧侶C「早く!」

側近「.....彼女らに幸あれ」ダッ

デーモン「おらおらいくぜ.....」シャキン

僧侶D「剣を使うのか.....」

デーモン「おらぁ!」バッ

僧侶D「(は、早い.....!後ろの羽を使って飛んできたか)」

デーモン「もらった!」ザシュ

僧侶D「くっ.....」

僧侶A「僧侶Dさん!」

デーモン「急所ははずしたようだが、あいにくこの剣猛毒が塗ってあってね」

44以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 07:06:50 ID:TWK810j2
僧侶D「がぁ.....!くっ」ズキズキ

僧侶A「急いで回復しないと!」

デーモン「回復させる暇なんてやらねえよ!」

僧侶A「きゃあ!」

僧侶B「ちょっと!あいつを食い止めなさいよ!」

僧侶C「ん?誰にいってんだ!」

僧侶B「そりゃあなた....、ってこの人僧侶だったわ!」

僧侶C「もうこんなときになにいってんだよ!」

僧侶C「あ、帯がゆるんでる」

僧侶B「なんでそんな服きてるのよまぎらわしいわね!」

僧侶C「いやお前が勧めたんだろ!」

デーモン「おいおい!喧嘩してる場合かい?」

僧侶B「あいつこっちに来るわよ!」

デーモン「この俊敏な打突で風穴開けてやるわ!」バッ

僧侶B「回避率をあげないと、ダメ....、間に合わない!」

45以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 07:08:17 ID:TWK810j2
僧侶C「.......」スッ

デーモン「なんだ、その構えは?」

デーモン「そりゃあ!」シュッ

デーモン「(あれ.....、消えた.....)」

僧侶C「おせぇよ!」

デーモン「(な、あの一瞬で俺の真横に避けたってのか!?)」

僧侶C「でりゃあ!!」バキィ

デーモン「ぐはっ!!」

僧侶B「(杖で殴り飛ばした!?)」

デーモン「がはっ!」ヒューーーー

デーモン「ぐああああああ!!」
ズガガガガ

僧侶B「一番奥の壁を突き抜くほど吹っ飛んでます!?」

僧侶C「孤児院のガキが投げるボールの速度のほうがまだ速いな」

46以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 07:09:12 ID:TWK810j2
僧侶B「どんな子供よそれ!!」

僧侶A「すごい、倒しちゃいました......」

僧侶D「う....」

僧侶A「あ、僧侶Dさん!今すぐ手当てしますからね!」

47以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 07:28:46 ID:8MkV0J5U
僧侶C 強ぇぇぇぇぇぇぇ!!!

48以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 23:07:34 ID:wgz87N2A
僧侶D「私のことはいい、あいつを追え!」

僧侶A「でも......」

僧侶C「あいつを捕まえりゃいいのか」

僧侶D「いろいろ聞きたいことがあるんだ、早く.......うぅ!」ズキッ

僧侶B「あ、あいつ逃げようとしてますわ!」

デーモン「じ、冗談じゃねえ!早く逃げねえと!」

僧侶C「これでもくらえ!」ビュン

デーモン「ん、なんかとんで......、がはっ!!」バキィ

僧侶B「杖投げるって....、完全に用途間違ってますわね」

僧侶C「よし、縛り上げるぞ!」

49以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 23:08:54 ID:wgz87N2A
デーモン「ん........」

僧侶B「あ、目を覚ましましたわ」

デーモン「頭が割れそうに痛ェ.....」

僧侶D「実際割れてるぞ」

デーモン「うわ、ガチで割れてやがる!」

僧侶A「頭が割れても生きてるなんてさすが上級モンスターです.....」

僧侶B「それより信じられないのはそれをかち割る僧侶Cさんですわよ!」

僧侶B「杖で打撃を与えて敵をスタンさせるのは聞いたことはありますが、頭を一撃でかち割るなんて聞いたことありませんわ!」

僧侶C「ところでまたもどしたのか」

僧侶B「グロすぎますわよそんなの!」

僧侶C「おいおい、僧侶がこんなもんでおじけついてたらこの先ケガなんて治せねえぜ?」

僧侶C「お前それでも僧侶か!?」

僧侶B「あなたに一番言われたくありませんわその言葉!!」

50以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/11(月) 23:16:57 ID:3l6RzIDM
ホイミじゃなくて、ケアルなのか

51以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:36:43 ID:/cH7mTxI
僧侶C「それで、傷は大丈夫なのか?僧侶Dさんよ」

僧侶D「ああ、僧侶Aが手当てしてくれたからもう大丈夫だ」

僧侶C「さっすがリーダー!頼りになるぜ」

僧侶A「そうかな....、えへへ」

デーモン「ずいぶん余裕そうだなおい、まだ勝負は終わってねーぜ!」

デーモン「こんなロープすぐにほどいて.....」

僧侶D「やれ」クイッ

僧侶C「てい」バキィ

デーモン「だおぉぉぉぉぉ!!」

デーモン「ちぃ、わかった......、俺の負けだ。ったくつええ戦士に出くわしちまったな」

僧侶D「僧侶だぞこいつ」

デーモン「そうか、僧侶か........え、僧侶!?」

僧侶C「言ってなかったっけ」

デーモン「僧侶ってそんな職だっけ....魔王様が負けてから何年もたってるからいろいろ変わってるのかね」

僧侶D「いやこいつは特別だ、それより魔王のことだが」

52以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:38:43 ID:/cH7mTxI
僧侶D「弱点はなんだ」

僧侶C「ずいぶん近道したな」

デーモン「さあな、俺が知るわけ」

僧侶D「」クイッ

僧侶C「あ、杖折れそうだな、リーダーの杖貸して」

デーモン「いやマジで知らないんですマジで勘弁してくださいお願いします!!」

僧侶D「じゃあなんで僧侶がたくさん殺されてるんだ」

デーモン「さあな、僧侶の攻撃魔法が怖いからじゃねえのかとか聞いたことはあるが」

デーモン「でも僧侶ってのはそういう職じゃねえらしいし」

僧侶D「攻撃魔法だと.....?昔の魔王の戦いで何があったんだ」

デーモン「さあな、俺は昔のことはよく知らねえわ」

僧侶A「魔法使いの間違いなんでは?」

デーモン「違うね、指令してるのは前からの魔王様だ、間違いはねえだろうな」

僧侶D「僧侶の攻撃魔法.....、そんなものがあるなんて考えたこともなかった」

53以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:40:29 ID:/cH7mTxI
僧侶D「よし、こいつ連れて旅の支度するぞ、無論大都市に向けてだ」

僧侶B「なんでこんなやつつれていくんですの!?」

僧侶D「人質としてもあるし、なにか役立つかもしれん」

僧侶B「だからって危険でしょうに!」

僧侶C「なるほどな、まあ俺が見張ってりゃ下手に動けねーし、なあ悪魔くん」

デーモン「けっ、誰がお前らなんかと」

僧侶D「とどめをさせ」

デーモン「すいませんお供させてください!」

僧侶C「はっはっは、仲良くやろうぜ」

王様「おお、やったのか!」

僧侶A「あ、王様」

側近「信じられん、本当に倒してしまうとは」

側近「僧侶だけでどうやって倒したのだ」

僧侶C「そりゃですね、バッといてズガンとやってパパッとやったんですよ」

側近「なるほどわからん」

54以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:41:58 ID:/cH7mTxI
僧侶D「私達はもう行きます」

王様「そ、そうかもう行ってしまうのか」

僧侶D「ところで聞きたいのですが、大都市にはどうやっていけばいいのでしょうか」

側近「東の砂漠を抜けてその先にある平地を少し歩けばあります」

僧侶D「砂漠.....」

側近「肌がやけますのでローブを着るのが最適かと思われます」

側近「我が国の僧侶のローブはそういう環境に強いようにできておりますが....」

僧侶D「仕方ない、着るとしよう、まあこっちにはかなりの手練れと思われる人質がいる」

僧侶D「うかつに手は出せんだろ」

僧侶B「え、またローブですの.....」

僧侶C「これ気にいってたのにな」

僧侶B「まぎらわしいんであなたは変えなさい」

僧侶B「というか前衛の職に転職したらどうですの」

55以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:43:15 ID:/cH7mTxI
僧侶C「いやいや転職手続きとかいっぱいごちゃごちゃしたのめんどくせーし」

僧侶D「.....まあそのまんまのほうが相手は油断するかもしれんな」

僧侶B「.....まあいいですけど」

僧侶A「結構この格好気に入ってたのにな......」

僧侶C「え、今なんてリーダー」

僧侶A「いえ、街に戻って旅の支度をしましょうって!」

僧侶C「そうだな杖も血みどろになった上に折れちまったし」

僧侶B「普通はありえませんけどねそれ.....」

王様「頼んだぞ、期待しておる」

王様「このデーモンを倒したのだ、きっと大丈夫だ」

王様「国のことなら私にまかせてくれたまえ」

56以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 18:44:02 ID:/cH7mTxI
僧侶A「はい、がんばります!」

デーモン「へへ、そんなうまく行くかね」
ボソ

側近「では、ご武運をお祈りしています」

57以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 19:09:24 ID:QUY9p3Ck
もう僧侶C ひのきとか銀じゃなくステンレスの杖でも持たしときゃいいよ

58以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 23:10:52 ID:UuOSYd2Q
僧侶D「さてと、分担して買い出しに散ったわけだが」

僧侶D「各自ちゃんと必要なもの買ってきたか」

僧侶A「はい、水分補給は大事ですからおしるこ買ってきました」

僧侶C「おい!リーダーがボケだしたぞ、誰かツッコめ!」

僧侶A「ボケじゃないですよ!真面目に選びました!」

僧侶D「なんで普通の水を買わなかったんだ」

僧侶A「水より安かったんですよ、しかも小豆の大きさも増大したんですよ!お得です」

僧侶C「なんていうか喉つまらして犠牲者出しそうだな」

僧侶D「よし、水買ってくるから待ってろ」ダッ

僧侶A「あ!ことごとく却下されてしまいました....」

僧侶C「まあまあ、おやつとして飲もうぜ」

僧侶C「そういやゲロ孃はどこだ?」

59以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 23:12:35 ID:UuOSYd2Q
僧侶B「おまたせしましたわ」

僧侶B「砂漠は移動が困難ですので、こんなものを」

僧侶B「じゃん!ローラープレートですわ」

僧侶D「またせたな、これが水だ」

僧侶A「おかえりなさい」

僧侶B「全員揃ったようだし、はいてみてくださる?」

僧侶C「どれどれ」ハキハキ

僧侶C「おー、すげえぞこの靴、すげえ滑れる」

僧侶B「でしょう、リーフ社の最新作でローラーを使うことでよりスムーズに移動ができるのですよ」

僧侶D「そりゃ普通の平地ではいいかもしれんが、ただでさえ足をとられやすい砂漠だぞ」

僧侶D「ひっかかって進まんだろ」

僧侶B「あ.....」

僧侶D「移動用のラクダのレンタルをしてこいっていったのに」

60以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 23:14:04 ID:UuOSYd2Q
僧侶C「なんだお前までボケか」

僧侶B「違いますわよ!宣伝です」

僧侶B「あ、四足買っていただきましたのでお値段4800Gになります」

僧侶C「金取んのかよ!余計タチ悪いじゃねえか」

僧侶D「ったく、レンタルの手続きしてくるわ」ダッ

僧侶B「じゃああなたはなにを買いましたの?」

僧侶C「マップだ、ほれ」サッ

僧侶B「へー、ちょっと拝見.....」

僧侶B「なんです、このミミズみたいな線の汚いマップ」

僧侶C「なんだと!俺が店のマップ必死に写したんだぞ!」

61以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 23:15:53 ID:UuOSYd2Q
僧侶B「買えよ!」

僧侶D「ふう、戻ってきたぞ」

僧侶A「おかえりなさい」

僧侶D「僧侶Cはマップ買うよう言ったよな、どうだ?」

僧侶B「この通りですわ」

僧侶D「なんだこれ、もっときれいなのなかったのか」

僧侶B「この人が書いたらしいんです」

僧侶C「まあな」

僧侶D「えーい、こんなの汚くて見れるか、私が買って....」

僧侶D「つーか全部私が買いにいってるやないかい!!!」ビシッ

僧侶C「おお、キレた」

デーモン「大丈夫かよこいつら」

62以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/12(火) 23:50:56 ID:tEPi1eMA
デーモン「で、俺はどうやって移動すりゃいいんだ?」

デーモン「手足羽も縛られて身動きとれねえんだが」

僧侶D「寝返り」

デーモン「砂漠でそれはキツイわ!」

僧侶D「冗談だ、私の前に乗せる」

デーモン「え」

僧侶C「おい、見たか今のいやらしい顔」

僧侶B「きもちわる」

僧侶D「やっぱり僧侶A頼む」

僧侶A「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

僧侶C「うおっ!リーダーがこれ以上にないくらい嫌がってるぞ!!」

デーモン「お前らひでえな!」

63以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 00:23:25 ID:MD/LKVQ6
〜砂漠〜

僧侶B「あつい.....」

僧侶D「だな....、灼熱だわ」

デーモン「姉ちゃんのおっぱい最高だぜ....」

僧侶D「今までごくろうだった、お前のことは忘れない」ドサッ

デーモン「ちょっ、落とすなし!!あつっ、あつぅぅぅ!!」

スカルドラゴン「ギャオ!」

僧侶C「モンスターだ!」

僧侶A「スカルドラゴンですね、竜の怨念が原動力で動いてるっていう.....」

僧侶C「よっし、どうするよリーダー」

僧侶A「僧侶Cさんは前衛に立ってください」

僧侶C「よし、まかせろ!」

僧侶B「なんのためらいもなく前衛に出る僧侶って .....」

僧侶A「ほかのみなさんは私と一緒に後衛で援護です!!」

64以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 00:25:32 ID:MD/LKVQ6
僧侶C「そい!」バキッ

スカルドラゴン「ギャーーー!!」

僧侶B「あぁ、倒してしまいましたわね」

僧侶C「ふう.....、殴るのって楽しい....!」

僧侶B「あれが......僧侶だなんて」

僧侶A「あぁ!崩れた骨が戻りますよ!」

僧侶D「たしか、希に2回生き返るとか.....」

僧侶C「なるほどな、でやぁ!!」

スカルドラゴン「」ガッ

僧侶C「なに、強度かあがってる!」

デーモン「スカルドラゴンはぁ!あつっ!2回目に生き返ったとき体の強度が上がるんだあちぃっ!!」ピョンピョン

僧侶D「なにはねてるんだ」

デーモン「あちぃんだよ!さっさと拾ってラクダに乗せろ!!」

65以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 10:43:31 ID:1SqXssF.
僧侶D「しかたないな、ほら」パシッ

デーモン「ふう......」

僧侶C「どうすりゃいいんだ」

僧侶A「あの」

僧侶B「どうしました?」

僧侶A「回復魔法効くんじゃないですかね?」

僧侶D「ああ、そうか、一応死んでるし効くかもな」

僧侶A「ケアルガ!」シュイン

スカルドラゴン「ギャオオォォォォ!」ドサドサ

僧侶C「おお!つええな!」

僧侶D「砂漠ではこの系統のモンスターが多いと聞く」

僧侶B「ふふっ、じゃあ私達にとっては楽勝ですわねこの砂漠は」

66以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 10:47:11 ID:1SqXssF.
〜30分後〜

モンスターワーム「ギャオワアッ!」

僧侶B「ねえ、これは」

僧侶A「よし、回復呪文です!!」

僧侶C「いやこいつ肌とかツヤツヤしてるしそれはまずいんじゃないかリーダー!」

モンスターワーム「ギャオ!」バッ

僧侶C「おっとあぶね!」サッ

僧侶B「いや、気持ち悪い.....」フラッ

僧侶B「うう....」ドサッ

僧侶B「あっつ!」

僧侶D「この熱い砂漠じゃうかつに倒れられないぞ、気を付けろ」

デーモン「あんたはなんのためらいもなく俺を落としたけどな」

僧侶B「ぐぬぬ、虫モンスターごときが私が虫が嫌いなのをいいことにそのショックで気絶させて熱い砂漠に落とす作戦にでたか...」

僧侶B「こいつできますわね.....」

僧侶C「いやこいつにそんな深い意図ないと思うぞ」

67以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 10:49:16 ID:1SqXssF.
僧侶D「モンスターワームは普段おとなしいんだと思うんだかな.....」

僧侶C「せいや!」バキッ

モンスターワーム「ギャア!」

僧侶C「よっしゃ麻痺ったぜ!」

僧侶A「エスナ!」シュイン

僧侶C「え!リーダー麻痺状態治してどうするんだよ.....」

モンスターワーム「....」

僧侶B「あ、なにかに噛まれたような跡がありますわ」

モンスターワーム「」ズモモモ

僧侶C「あ、砂の中に戻っていったぞ」

僧侶D「多分バジリスクに噛まれたのか、それで猛毒に蝕まれ気性が荒い状態に.......」

僧侶C「さっすがリーダー!そこに気付くとはさすがたぜ!」

68以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 10:54:10 ID:5.BSRIwY
僧侶A「えへへ、誰も傷つかなくてよかったです」

僧侶D「なんというか、僧侶らしい倒しかただったな」

僧侶B「倒した、というより助けたですけどね」

僧侶C「よし、このまま砂漠を早いとこ横断しようぜ!」

僧侶D「僧侶C、ローブがちょっとちぎれてるぞ」

僧侶C「ああ、多分よけたときにモンスターワームにちょっとかすったせいかな」

僧侶A「では行きましょう!」

デーモン「とんだあまちゃんだな」

69以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 11:34:27 ID:grcCQHMs
今日がんばって終わらせる

真昼に本気出す

70以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 12:31:38 ID:0UYV2o8I
少し休めよ

71以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 15:08:31 ID:YXClkPd6
〜平地〜

僧侶B「やっと砂漠を抜けましたわ」

レンタル屋「おお、ラクダは回収させてもらうよ」

僧侶D「どうも」

僧侶C「へー、こんなとこにレンタル屋が」

僧侶A「わー、ラクダがいっぱいです、あはは草食べてる」

デーモン「あーあ、移動中はおっぱいにもたれながらいっぱいだったのに」

僧侶D「よし、こいつをラクダの餌にしよう」

僧侶A「残念ですけどラクダは草食系ですよ」

デーモン「残念じゃねえよ、やめて!!」

72以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 15:09:47 ID:YXClkPd6
僧侶C「ふー、やっぱ地上に足をつきながら歩くのはいいもんだな」

僧侶A「そうですね、なんか久しぶりに歩くみたいで新鮮です」

僧侶D「ふふ」

デーモン「なあ!」ズザザザザザ

僧侶D「どうした」

デーモン「ローブで足つながれて引きずっていくとかマジいてえんだけど!!」

僧侶D「首につなぐほうがよかったか」

デーモン「窒息するわ!!」

僧侶B「あ、見えてきましたわよ」

僧侶C「ひょー、でけえな!」

僧侶A「すごいです!」

73以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 15:39:29 ID:JcVwYckc
〜大都市〜

僧侶C「おお!見たことねえ店がいっぱいあるぜ!」

僧侶A「すごいすごい!」

僧侶B「あら、リーフの本社がここに移転したと聞いていたけれと、結構立派なものね」

僧侶B「ふふ、どうしても見学したいというのならこの私の特権で特別に.....」

僧侶C「うおぉ!あれなんだ、魔法でショーやってるぞ」

僧侶A「きゃーーー!きれい!」

僧侶B「話を聞きなさい!!」

僧侶D「図書館はどこだ」

僧侶B「あっちじゃないですか?」

僧侶D「おーい、お前ら」

僧侶A・C「きゃーーーーーーーーー!」

僧侶D「いや、あいつらの場合図書館で公害になりそうだな」

僧侶B「置いていきますか、後で回収しましょう」

74以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 16:41:11 ID:OD0M/o5Y
同じ職業でも性格が勇者パーティ的だよな
女子高生勇者パーティーみたいだ

75以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 17:56:21 ID:eJq9t6AI
デーモンの命はどこまでもつかなぁ

76以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 18:23:32 ID:PLgJfXbU
〜大都市中央区図書館〜

僧侶B「あら、図書館もでかいですわね」

デーモン「にしてもよ、ここまでガヤガヤ音が聞こえやがるせ」

デーモン「余裕だな、ここは....」

僧侶C「まあ、落ち着きがないのは確かだがな」

僧侶B「けど、私達のことを見て肝を冷やしてた方もいましたわね」

僧侶D「そりゃ、僧侶は狙われてるからな.....、災厄が来たようなものだし」

僧侶B「まあ、それだけじゃないと思いますけど」チラッ

デーモン「なんだ?」

僧侶D「ふむ、こいつをどうにかしないと図書館がお祭り騒ぎになってさまうな」

僧侶B「ペットじゃ、無理ですかね」

僧侶D「よせ、そんなこと言ったら私の趣味が悪いと思われるではないか」

デーモン「おい」

僧侶D「仕方ない、私のローブを貸すか、これで姿を隠す」

デーモン「おお!」

77以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/13(水) 21:05:50 ID:Zxo4ITV.
スレタイ見た瞬間、大僧正(メガテン・ペルソナシリーズ)四体が魔王相手にフォーメーション組んで回転説法をかます光景が浮かんだ

78以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 21:38:24 ID:golPk982
僧侶B「うわっ、欲望丸出しの顔......」

僧侶D「よし、湖に捨ててしまおうこんなもの」

デーモン「ちょっ、やめろよあねさん!」

僧侶D「あねさんだと......」

僧侶B「なーに敵のくせに仲間ぶってあだ名でよんでるんですか?ねえ僧侶Dさん


僧侶D「普通は姉様だろう!!」

僧侶B「そういう問題ですか」

79以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 21:40:11 ID:golPk982
〜大都市のとある路地裏〜

子供A「おらおらぁ!未来の社長さんよぉ!パパにスケボーの値段下げるように言ってくれねーか!」

??「うう.....」

子供B「つーかよぉ、こいつに直接金借りればいいじゃんよ、社長の息子なんだからたんまり持ってるぜきっと」

子供A「そりゃいいや、おらだせよ」

??「もうやだ....やだよ」

男「こらやめろ!その子がかわいそうだろ」

子供A「なんだよぉ」

男「ほら、もっとこっぴどくおこられる前にやめときなさい」

子供B「うるせーなおっさん!」

男「なんやとこらワイはまだ若いぞこらこの前かて店のおばちゃんに若く見えるねー少年みたいやと言われたんやぞ、何?それおせじやと?生意気いうとるといてこますぞこらぁ!!」バッ

子供A「さ、最後らへん知らねえよ!」ダッ

子供B「覚えてろよ!」ダッ

80以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 21:42:01 ID:golPk982
男「大丈夫かい?」

??「.....おじさん誰?」

男「お兄さんじゃわれ」

??「す、すいません.....」

男「おっと、ごめんごめん」

男「ねえ、どうしていじめらてたのかな、お兄さんに教えてくれる?」

??「......」

??「僕がお金持ちだから.....」

男「それだけでいじめられてるの?」

??「あいつらの家貧乏だから僕に何かと寄ってたかるんだ.....」

男「こら、人んちのこと貧乏とか言っちゃだめだ」

??「す、すいません」

81以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 21:44:34 ID:golPk982
男「よろしい、けどあの子達もあの子達だねまったく」

??「僕が、将来社長になるからって商品の値段安くしろっていうんだ、知らないよそんなこと!」

??「それに僕、社長なんかになりたくないんだよ」

男「他になりたいものでもあるの?」

??「うん、剣士になりたいんだ、ただの剣士じゃないよ?二刀流でモンスターを蹴散らすんだ!」

男「ひゅー、かっこいいね!」

??「けど、無理だよ....お父さんが絶対許してくれない....」

男「実は、お兄さん剣術うまいんだよねー」

??「え!おじさん剣術できるの?」

男「おじ.....、まあいいよかったら教えてあげてもいいよ」

82以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 21:48:06 ID:s4HrJPqo
??「やったあ!」

男「じゃあそこの広場で、早速教えてあげる」

??「やったやった!剣をふれるんだ!」

男「おいおい、剣はまだ早いぜ、木刀から始めような」

??「そ、そんな」

男「大丈夫、うまくなったら持たせてあげるから」

??「ほんと?」

男「ああ、約束だ」

男「しかも、お兄さん特性のすごい剣だ」

??「うっひゃー!早くうまくなりたい」

男「ふふふ」

83以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 22:31:25 ID:9sc6H9k.
急に標準語になってもたで工藤!

84以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/14(木) 22:50:03 ID:iVFXI8BE
きれたら関西弁になるっちゅー設定やさかい了承してくれや!

85以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/15(金) 00:06:01 ID:keBU19qY
〜広場〜

僧侶C「ちぇー、あいつらおいていきやがって」

僧侶A「あそこでじっとしておいたほうがよかったんじゃないですか?」

僧侶C「けっ、もうショーも終わっちまったし暇であんなところにいられっかよ」

僧侶A「キレイでしたよねー」

僧侶C「そうだなー、次はなんか超おもしろいところいこうぜ」

僧侶A「あはは、そうですねー」

僧侶A「ところで私達何しに来たんでしたっけ」

僧侶C「お!あそこで剣振ってる子がいる」

86以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/15(金) 00:07:19 ID:keBU19qY
男「おうおう、上達はやいね」

??「えへへ、そうかな」

男「じゃあ次は間合いの大切さから行くぞ」

僧侶C「ふえー、二刀流とは珍しいもんだな」

??「お姉ちゃんたちだれ?」

僧侶A「きゃー、この子かわいい」

男「おやおや、きれいなお嬢さん方、何かご用で?」

僧侶A「やだ、きれいだなんて」

??「おじさん嫌がってるよやめたげなよ」

男「うん、このやだは嫌がってるんじゃなくて照れてるんだよ、あとお兄さんな」

87以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/15(金) 00:09:13 ID:keBU19qY
??「せい!やー!とー!」ブンブン

僧侶C「ダメだって、ちゃんと振りを絞らねえと、それにフラフラだし」

僧侶A「詳しいですね」

僧侶C「親父に教わってちょっとかじってるんだよ、なつかしいな」

男「はは、剣を知ってる僧侶とはこれまた珍しいな」

男「最近僧侶ってよく狙われてるみたいだし、いいのかもね」

??「お姉ちゃんもやる?たいけつしよー!」

男「こらこら!対人戦なんてまだはやいぞ」

僧侶A「あ!そうだ図書館に行くためにここに来たんだった」

僧侶C「あ、そーいやそーだな」

88以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/15(金) 00:11:17 ID:keBU19qY
男「おっと、姉ちゃん達もう行くみたいだから」

??「今度あったらたいけつね!」

僧侶C「そうだな、早く強くなれよ!」

僧侶A「またねー」

??「ばいばい」ノシ

男「......」

僧侶C「なんかさ、デーモンと似たような匂いしなかったか?」

僧侶A「さあ?」

僧侶A「早いとこ行きましょうよ、お二人だけに調べさせるのはさすがに失礼です」

僧侶C「そういや図書館どこだっけ」

僧侶A「あ、そーいえばどこでしょう?」

僧侶A・C「すみませーん、おじさーん」

男「誰がおじさんじゃおのれら!」

89以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/16(土) 18:47:49 ID:bLZAlVcQ
〜図書館の中〜

僧侶B「結構人がいるわね」

僧侶D「そーね」

デーモン「すーはーすーはー」

僧侶D「息が荒いぞ」

デーモン「姉様のローブすーはーすーはー」

僧侶D「鼻の穴増やすぞこら」

僧侶B「にしても広いですわねー、探すのがまず大変ですわ」

僧侶D「そうだな....、やっぱりあいつらも一緒につれてきたほうがよかったか」

司書「なにか本をお探しでしょうか?」

僧侶D「ああ、光の4戦士伝説に関する本はどこにあるんだ?」

90以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/16(土) 18:55:42 ID:qiwsYOtw
僧侶D「僧侶Bは僧侶の魔法について調べてくれ」

僧侶B「わかりましたわ」

僧侶B「あと、僧侶の魔法に関する本を」

司書「かしこまりました、では私の後に続いてください」

91以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/16(土) 19:02:03 ID:qiwsYOtw
司書「こちらが、光の4戦士に関する本の集まりとなっております」

僧侶D「ありがとう」

司書「では、続きまして僧侶の魔法に関する本が置いてある場所へご案内させていただきます」

僧侶B「じゃあここはまかせますわ」

デーモン「姉様と二人っきりか.....ふっ」

僧侶D「おい、忘れ物だぞ」

僧侶B「知りませんわよそんな生ゴミ」

デーモン「あいかわらずひでえなお前ら!」

92以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/16(土) 19:03:02 ID:YTqu847w
デーモン キャラ変わってきたなwww

93以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:34:00 ID:GgK80cwk
僧侶D「カテゴリーは絞れたといえ.....、同じような本が多いな」

デーモン「ロープをほどいてくれたら手伝いますぜ」

僧侶D「黙ってろ」

デーモン「おお、光の4戦士の中で魔法使いが戦士と恋のライバル関係、僧侶が選んだのはどっちだ、だってよ」

僧侶D「なんだその低俗な本は.....、こんなところに置かないでほしいところだ」

僧侶D「まったく、ほんとにくだらん都市伝説が多いなここは」

僧侶D「仕方ない、根をつめてまともなのを探すとしよう」

94以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:38:17 ID:.CYBLiAs
僧侶B「僧侶の事だけでこんなにあるのですね」

僧侶B「どれから手をつけたらいいのかまるで....」

僧侶B「とりあえずこれにしま....」コツ

ロボット「」ウイーン

僧侶B「......」

僧侶B「きゃあ!!」

ロボット「ナンダキサマハ」

僧侶B「え、えっと....その本私も見たいのですけれど....」

ロボット「」ウイーン

僧侶B「(ロボットですわよねこれ....、リーフ社でも開発中といいますのに、こんな完璧な....)」

ロボット「」ピピッ

僧侶B「?」

95以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:40:08 ID:.CYBLiAs
ロボット「ゴシュジンサマノケンキュウノジャマスルモノトハンダン」

ロボット「ハイジョ、ソウビA」

僧侶B「え、ちょ」

ロボット「」ジャキン

僧侶B「いやあ!!」

ロボット「」ブンブン

僧侶B「だれか助けて!!きゃーー!」

司書「お静かに....ってきゃあ!!」

僧侶B「殺される殺される!!」

ロボット「スミヤカニオナワニツキナサイ」

司書「博士!またあなたのロボット暴れていますよ!」

博士「むー?」

96以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:42:07 ID:.CYBLiAs
僧侶B「きゃーーー!」

博士「たしかに耳障りだわこの声、はやめにあの娘を殺しましょ」

博士「すぴーどあっ....」

司書「止めればいい話でしょう!!」

博士「むー、うるさいなわかったわよ」

博士「とまれ」ピッ

ロボット「」シュイーン

僧侶B「と、とまった.....」

博士「まったくめんどくさいわねー」ボリボリ

司書「博士、ここは飲食禁止って前々から注意してるでしょう!?」

司書「床にいっぱいお菓子がこぼれています!」

博士「むー、うるさいなー」

97以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:44:09 ID:.CYBLiAs
博士「こぼさなきゃいいんでしょう、わかったわ」

博士「今からこぼさせないで食べさせてくれるロボットつくるから待ってて」

司書「まったくもう、次なにかあったら.....」

博士「わかったわかった、もうないとおもうからだいじょぶ」

司書「何回目ですかもう.....」

司書「ちゃんとあやまっとくのですよ!わかりましたか!?」

博士「ふぁーい」

司書「では」コツコツ

僧侶B「あの!」

98以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 00:46:13 ID:.CYBLiAs
博士「むー、研究の邪魔なんだけど」

僧侶B「あのロボット!あなたのものでしょう!?」

博士「うん」

僧侶B「私、危うく殺されるところでしたのよ!?」

博士「はあ」

僧侶B「あやまってください!」

博士「わかったわ、謝るロボットつくるからちょっと待ってて」

僧侶B「なんですかそれは!あなたが謝らなければ意味がないでしょう!」

司書「」ギロ

博士「うえ....」

博士「すいませんでした!!」

99以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 12:24:48 ID:Rzur9r06
僧侶B「まあいいですけど....」

僧侶B「それにしても.... 、あなたの後ろのロボット....」

博士「むー?」

僧侶B「それ全部あなたがつくりましたの?」

博士「他に誰がいるのかなー」

僧侶B「すごいですね!是非リーフに来てほしいものです!」

博士「葉っぱ?」

僧侶B「ちがいます!」

博士「じゃあ企業のほうかな」

僧侶B「今の話からしてそれしかないでしょう」

100以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 12:26:23 ID:Rzur9r06
博士「悪いんだけどー、あんた達のつくってるロボットと私のロボット全然ちがうのよ」

僧侶B「?」

博士「私は魔法でロボットを動かしてるの」

博士「いわば限りなくロボットに近い傀儡ってとこね」

僧侶B「そのリモコンは?」

博士「しゃべんのめんどくさいときあるから魔法で作用するリモコンつくったのよ」

僧侶B「へー」

僧侶B「つまり....」

博士「ロボットの知識はあまりないわ、ほとんど人形を魔法で動かしてるだけ」

僧侶B「そうですの.....」

僧侶B「(だから魔法の本を.....ロボットに)」

101以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 12:27:30 ID:Rzur9r06
博士「勧誘が終わったんなら消えてくれない?研究の邪魔なんだけど」

僧侶B「なんの研究です?またロボットですか?」

博士「ちがうわよ....」コト

博士「あ、コーヒーなくなってる!」

博士「うわ、司書のやつ私が置いてたコーヒーメーカーあそこに移動させやがって....」

博士「もう、めんどくさいな!よし、一声でコーヒーつくってくれるロボットつくるか....」

僧侶B「そっちのほうが限りなくめんどくさいと思うのですが」

102以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:21:36 ID:cyRxEH/Q
僧侶B「話を戻しますけど何の研究をしているんです?」

博士「魔王討伐魔法」

僧侶B「え!?」

博士「まあいうなれば白魔法の研究ね」

僧侶B「白魔法....?」

博士「え、知らないの?その格好からしてあなた僧侶よね」

僧侶B「そうですけど....」

博士「無知ねー、じゃあ教えてあげるわ」

博士「白魔法っていうのは最初は大天使のちからを借りたとされるような魔法のことをいっていたんだけどね」

103以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:23:05 ID:cyRxEH/Q
博士「けど実際天使なんていないわけ、これがびっくり白魔法も一応魔族の力に分類されるわけで、それでーーーー」

僧侶B「ちょっとちょっと、もうちょっと簡潔に言ってくださる?」

博士「まとめると僧侶の使う魔法の昔の名称よ」

僧侶B「(絶対それだけでよかったですわよね.....)」

僧侶B「にしても、なんで僧侶の魔法を.....はっ!」

僧侶B「僧侶の攻撃魔法!」

博士「あら、よくわかったわね」

博士「伝説の究極魔法、アルティメットバーストブレイクデストロイ火炎破!」

僧侶B「ださっ!!」

博士「むー」

僧侶B「い、いや昔の人がこんな幼稚な名前をって....オホホホ」

博士「私がつけたんだよ!!」

僧侶B「(お前かい!!)」

104以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:24:46 ID:cyRxEH/Q
僧侶B「実際の名前は....何です?」

博士「ないよ、だって私がつくったんだもん」

僧侶B「え、自分でつくったんですか!?」

博士「そうだよ」

僧侶B「魔王に効くという保証はあるんです?」

博士「まだわからんけど」

僧侶B「わからないんですか!?」

博士「実験もなしに断言するのはにわかの所業だよ!!」

僧侶B「は、はあ.....」

博士「私はこの魔法で魔王を服従させ、その手下どもを自由に使い、そしてこの世界を支配するんだぁ!!」

僧侶B「ま、魔王だこの人!」

105以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:25:41 ID:cyRxEH/Q
ガシャーン

司書「きゃー!」

黒騎士「ふん!!」

僧侶B「なに!?」

黒騎士「この図書館を焼き払え!」

黒騎手「火の準備を!」

博士「むー、この頃魔王は大胆なことするねー」

僧侶B「やばいですわ!魔王の手下ですきっと!」

博士「未来の手下に手荒な真似はしたくないのだが.....」

博士「いけ!わが支配のあるロボットたちよ!」

ロボット「.....」

博士「おっと、エリクサー補給しないと動かないやこれ」

博士「ちょっと買ってくる」

僧侶B「そんな暇ないですわよ!」

106以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:27:19 ID:cyRxEH/Q
僧侶B「これは僧侶Dさん達を呼ぶしか...」

僧侶B「僧侶Dさーん!」タッタッタ

僧侶D「くっ....」

デーモン「姉様.....、過ぎたことはしょうがねえよ」

僧侶B「あ、いたいた....、ってどうしたんですか?」

デーモン「今そっとしといてやってくれや....」

僧侶B「???」

僧侶D「戦士.....、お前がナンバーワンだよ......」

僧侶B「だ、誰のことをいってるんです?」

デーモン「こいつらは惜しいやつをなくしちまったな.....」

僧侶B「誰か死んだんです!?まさかもう犠牲者が」

デーモン「お前もこの本を読んで一緒に戦士のために泣いてやってくれ.....」

僧侶B「え、本?」

デーモン「うっ....うっ....、戦士ぃーーー!、!」

107以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 16:28:15 ID:cyRxEH/Q
僧侶B「んだらわっしょいぃ!!」バキイ

デーモン「ぐはあ!!」

僧侶B「なにのんきにこんなデマ話の本なんか読んでるんですか!」

僧侶B「今魔王の手下に襲われて大変なことになってるんですよ!」

黒騎士「ふん!」

デーモン「こ、この声は黒騎士じゃねえか!」

僧侶B「ほら!僧侶Dさんなにやってるんですか!」

僧侶D「今戦士の墓をつくってるんだ、邪魔をするな!」

僧侶B「そんな場合じゃないですよ!ぐずぐずしてたらあなたまで墓穴入りになりますよ!」

108以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 20:37:55 ID:pZdYwc5.
デーモン「ちぃ、こんなとこまで
攻めてきやがったのか」

デーモン「おい、ロープをほどけ!俺があいつらを追い出す」

僧侶B「裏切るつもりですわね」

デーモン「しねえよ!!」

黒騎士「ほう、デーモンよ、楽しそうだな」

デーモン「うわ....」

黒騎士「なんだ、ロープで縛られているじゃないか」

黒騎士「上級モンスターが失態とはな」

デーモン「ちげえし!こいつらを奴隷にして縛りプレイをするよう命令しただけだし!」

僧侶B「してませんわよ!」

黒騎士「貴様がどうなろうと知ったことではない、代わりなど売れるほどいるからな」

黒騎士「このクズが」

デーモン「てめえ姉様に向かってなにいってやがる!」

僧侶B「あなたに言ってるんだと思いますわ」

109以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 20:39:33 ID:pZdYwc5.
黒騎士「では、この建物ごと消えてもらおうか!」

僧侶D「ん、なにごとだ」

僧侶B「だから攻めてきたんですよ敵が!」

僧侶D「なに!こいつか!」

僧侶D「見たことはないが....強そうなモンスターだな....」

黒騎士「モンスター!?そんな下等なくくりに我を入れるでないこの人間風情がぁ!!」

デーモン「やっべ!黒騎士の逆鱗にふれちまったぁ!」

デーモン「自分がモンスターであることに重くコンプレックスをいだいてるんだあいつは...」

デーモン「だから黒い鎧を見にまとって姿を隠してきた.....」

僧侶B「中身は....?」

デーモン「馬と竜と猿を足して2で割ったような外見だ」

僧侶D「まったく答えは見えてこないが不細工ということはわかった」

黒騎士「ぬあーーー!いうな!」

110以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 20:41:34 ID:pZdYwc5.
黒騎士「ふん!」ブン

僧侶B「きゃあ!」

僧侶D「くっ、ひとまず応援を呼ぼう!」

デーモン「応援.....?」

僧侶D「誰もが来る公共の場だ!戦闘職の者がいるかもしれん!」

デーモン「なるほど」

僧侶D「誰かいないかーー!」

僧侶D「お前も声を出せ!」

デーモン「わ、わかった」

デーモン「おーーーーーい!誰か!」

手下A「ん、この声はデーモン様なのでは!」

手下B「図書館にきていたのか!苦戦してるのかもしれん助けにいくぞ!」

手下ども「大丈夫ですか!?」

僧侶D「敵呼んでどうするんだバカ!!!」バキイ

デーモン「いでっ!」

111以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 20:43:41 ID:pZdYwc5.
手下B「おのれ人間め.....」

手下A「デーモン様を人質にとったのか、許せん!」

手下B「まて、相手はデーモン様を捕らえるほどのうでたぞ!お前が敵うはずがない....」

黒騎士「ぬぅん!」

僧侶B「きゃあ!たすけて!」

博士「お、無知僧侶」

僧侶B「あ!助けてくださいよ!」

黒騎士「ん、きさまも敵か.....?」

博士「敵だって....?とんでもない」

博士「白いローブの悪魔め!覚悟せい、旦那おともしやす!」

僧侶B「えーーーーーーー!?」

112以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 21:55:37 ID:LtOus72k
3つ要素足しといて2で割るとな

113以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 00:39:38 ID:l9NsLi8k
3÷2=1.5

元よりなにか半分くらい増えたんだろ…多分

114以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 01:12:46 ID:c7EshRZU
俺が悪かったww
3で割ったに訂正頼む

115以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 02:18:46 ID:9QnuvdRM
黒騎士「人間の力など借りるものか!」

博士「おわ、怖いですぜ旦那」

黒騎士「ええい!うるさい!死ね人間!!」ブンブン

博士「うわ危な!」

博士「どうする....?僧侶」

僧侶B「なに最初から仲間だったみたいな面してますの」

博士「自分にとって有利なほうにつくのが賢いものの選択でしょ!」

僧侶B「威張んな!!」パシン

黒騎士「いつまで茶番をつづけるつもりだ」

黒騎士「騎士の名がすたる前に貴様らも斬り倒してくれる」

116以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 19:51:29 ID:9QnuvdRM
僧侶D「僧侶B!」

僧侶B「はい!?」

僧侶B「そっちの人は誰だ!?」

僧侶B「気にしないでください、役立たずなので」

博士「役立たずとはなんだね」

黒騎士「神に背きし剣の極意、その目で見るがいい.....闇の剣!!」

僧侶B「これって....暗黒剣ですわよ!」

僧侶D「はなれろ!」

デーモン「ちょっ、姉様うごけないっすよ!」

僧侶D「仕方ないわね!キックオフ!」ガッ

デーモン「ぶほっ!」

ギュオワーン

117以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 19:53:07 ID:9QnuvdRM
手下A「かはっ.....」

手下B「」

僧侶D「仲間を串刺しにするとは.....」

博士「うっへー、闇の剣は見たことあるけど、はっきり剣を具現化させてるのは始めてみたわ」

デーモン「ちょっと姉様!蹴るなんてひどいっす!やさしくかついでくださいよ!」

僧侶D「えーいうるさい!今はそんな場合じゃないだろ!」

デーモン「な....、手下が」

デーモン「ちっ、相当キレてやがるぜ......、あいつ」

黒騎士「今度は外さんぞ」

博士「こりゃ相当な腕前ですね」

僧侶B「見たらわかりますわよ.....」

118以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 19:54:12 ID:9QnuvdRM
僧侶B「どうします!?」

僧侶D「仕方ない.....、外まで逃げるぞ!」

黒騎士「次のは....効くぞ?」

僧侶B「迷ってる暇はありませんわ!行きましょう!」

デーモン「ちょっ、ほっていくなよ!」

僧侶D「えーいじれったい!」

デーモン「まて!姉様!」

僧侶D「なんだ!?」

デーモン「だっこかおんぶどっちしてもらうか迷いまして....」

僧侶D「真顔でなにいってるんだこのクソ悪魔は!」バキイ

僧侶D「さっさと逃げるぞ!」

119以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 19:56:06 ID:9QnuvdRM
黒騎士「騎士に背を向けるとは....、ますます許せん!!」

僧侶B「追ってきますわよ!」

僧侶D「あともうちょいで出口だ!」

黒騎手「ここは通さんぞ」

デーモン「ちっ、黒騎手まで来てやがったのか」

博士「裏口あると思うよ」

僧侶D「よし!それだ!」

博士「場所わからないけど」

僧侶B「えぇ!!?」

博士「だって本とかロボットに探させるから私図書館の構造あんまり知らないんだよね」

僧侶B「本当に役立たずですわ!!」

黒騎手「はっ!」ピシュッ

僧侶D「くっ.....仕方ない!手当たり次第他の出口をさがすぞ!」

120以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 20:16:48 ID:fHzY4xwk
足手まといが増えただけだなwww

121以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 03:51:11 ID:FDwuooOg
まさかのFFT

122以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 01:45:59 ID:8A/ZdMQc
黒騎手「ちょこまかとやっかいな的だ」

僧侶B「あそこの廊下に扉がいっぱいありますわ!」

僧侶D「どこかに隠れよう!」

僧侶D「よし、ここだみんな急げ!」

バタン!

僧侶D「ふう」

僧侶D「どうやらうまく撒けたか」

博士「あーあ、やっぱ自分で動くもんじゃないわ....どっとつかれた」

博士「よし、今から寝転びながらでも移動できる椅子をつくろう」

僧侶B「ダメ人間の極みですわね」

博士「けどエリクサーがないんじゃつくってもうごかないし....」

123以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 17:58:10 ID:KNxorrTw
僧侶D「あの、ちょっとすいません」

デーモン「ん?」

僧侶D「違う、お前になんか敬語を使うわけないだろう」

デーモン「ひでえ」

博士「私?」

僧侶D「話を聞いてるとなにか作ってるんいるんですか?」

博士「まあねー、魔法で作用するロボットとか」

僧侶D「へえ、おもしろそうなものをつくってるんですね」

僧侶B「怠け者グッズの間違いでしょう」

博士「むー、失礼な」

博士「それはサブだよ、私が本腰いれてるのは究極魔法さ」

124以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/22(金) 10:04:50 ID:EeVbAbT6
僧侶D「究極魔法とは?」

僧侶B「あ、それですよ!」

僧侶B「この人性格こそゲスいですが、魔法については結構博識な方なんですよ」

博士「うんうん、後者の言葉だけだと気持ちいいもんだ」

僧侶B「この人なら調べたかったことも知ってるかもしれません!」

僧侶D「でかしたぞ、僧侶B!」

僧侶B「やりましたよ!」

博士「なんか知らんがおめでとう!」

125以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/23(土) 22:31:32 ID:Jhon/4Uk
〜一方魔王の城では〜

魔王「よし、世界を滅ぼせるぐらいの爆発魔法ができたぞ!人間どもめしにさらすがよい!」

魔王「ふははは!あと10秒で魔法が発動するぞ!消えろ!」

魔王「きれいに掃除された世界を新たに構築させるのだ!

魔王「(まてよ?世界が滅ぼせるくらいの魔法なら俺もまきこまれんじゃね?)」

魔王「しまった!!ぎゃあ!!」

チュドーン

〜おしまい〜

126以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/23(土) 22:42:45 ID:Vpo0Q4t2
とりあえずNGに突っ込んどいた

>>1はよ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■