■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

千早「閣下」春香「…えっ?」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/13(日) 02:21:09 ID:HGOJvnpE
春香「おはようございまーす!」

P「ん?おぉ、おはよう春香。今日は早いな」

春香「えへへ、ちょっと早く目が覚めちゃいまして、どうせだから電車が込む前にって」

P「そうか。まぁ、仕事の時間までまだあるから、ゆっくりしてるといい」

春香「はーい。あっ、そうだプロデューサーさん!実はお話したいことが…ってわわっ!」

P「ん?」

ドンガラガッシャーン!

P「…春香?」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/13(日) 02:21:51 ID:HGOJvnpE
春香「いったぁ…うぅ、またやっちゃったぁ…」

「ん?なっ!だ、大丈夫っ!?」

春香「あっ、はい、ちょっと転んだだけで平気です。ごめんなさいプロd…あれ?」

「はぁ、良かった…突然倒れるから、狙撃でもされたかと思ったよ…」

春香「えっ?狙撃?って真、いつの間にに事務所に来たの?それにプロデューサーさんは…?」キョロキョロ

真「事務所?プロデューサー?何を言ってるのさ閣下」

春香「か、閣下?ど、どうしたの真?なんか変だよ…?」

真「それはこっちの台詞だよ…もうすぐ国会演説だって言うのに…」

春香「えぇ?」

「長官、そろそろ」

真「ん、ご苦労。さぁ閣下」

春香「えっ?えっ?なにがどうなってるの!?」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/13(日) 02:22:32 ID:HGOJvnpE
ワアアアアァァァァ! ワアアアアァァァァ!

千早「ーーー!ーーー!」

春香「ち、千早ちゃん…?」

真「うんうん、流石は宣伝大臣。閣下ほどではないけど見事だね」

千早「ーーー諸君!この地球上において、貧乳こそが唯一無二!優等民族である!即ち、劣等民族である巨乳を隔離し、幾ばくなれど我々と同等に近づくよう、強制的にであっても教育を施すことは、我々優等民族である貧乳の正当な権利であり、また義務であるといえよう!」

ワアアアアァァァァ! ワアアアアァァァァ!

春香「なに言ってるの千早ちゃん…」

千早「ふぅ…あら、諸君!我等がフューラー、天海春香総統閣下のお出ましよ!」

ハイル!マインフューラー! ハイル!マインフューラー!

春香「やっぱり私っ!?」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/13(日) 02:22:59 ID:HGOJvnpE
千早「ハイル!はるかっか!」

春香「」

千早「では総統閣下、演説を」

春香「はっ!いやっ、だからコレって…えっ?ドッキリとか、だよね?」

千早「ドッキリ?ふふっ、閣下は冗談が上手いわね」

春香「いや、冗談じゃなくてね?」

ワアアアアァァァァ! ワアアアアァァァァ!

春香(えっ…?どうするればいいの私っ!?)

5以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/13(日) 03:13:50 ID:z.DUdJB6
これは期待せざるを得ないジャマイカ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■