■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

黒猫「俺は、しなねぇ」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:11:29 ID:CyPYucAQ

ハーフ「黒猫の兄貴!奴です!大鷲の組長がきました!!」

黒猫「・・・まわりについてる兵隊はいくらだ」

ハーフ「大体5.6ひき程度です」

黒猫「そうか・・・、ハーフ、覚悟はできてるか」

ハーフ「と、当然ですよ!!」

黒猫「・・・ハーフ、お前はやめとくか?」

ハーフ「が、ガキ扱いしないでくださいよ!!」

黒猫「はは、随分生意気言うじゃねぇか・・・」

黒猫「いくぞっ!ハーフ!」

「「おらぁあああああっ!!」」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:17:27 ID:CyPYucAQ
モブ猫「な、なんだてめーら!!」

黒猫「答えてやる義理ぁねぇよ!!おらぁっ!!」

モブ猫2「うわっ!!」

大鷲組組長「きさまら!!こんなクズ虫どもになにを手間取っているっ!!」

ハーフ「う、うわぁっ!!」

モブ猫3「おらぁっ!」

ハーフ「うぁっ、やばいっ!!」

黒猫「手間かけさせんじゃねぇぞ!!」

モブ3「ぐぁっ!!」

ハーフ「す、すいません兄貴っ!!」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:20:28 ID:kdYbrNvk
良くなった…

良くなったんだけど…

まだ、何か違う…

黒猫が男じゃダメだったのか…?

ハーフって見るとなにか違和感が…

名前は一目で関係がわかるのがいいと思うの

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:24:17 ID:CyPYucAQ
モブ「がはっ・・・!!」

黒猫「はっ!!」

大鷲組組長「な、そ・・・そんな馬鹿な!?あいつらは精鋭だぞ!?」

大鷲組組長「お、おまえら!このワシにこんなことをしてただですむと思っているのか!!」

黒猫「・・・」

大鷲組組長「うちには他にも兵隊がいるんだぞ!!ワシに手をだせばその兵隊たちがっ・・・「うるせぇ」

大鷲組組長「なっ!?」

黒猫「今更あんたはたすからねぇよ。さっさと隠居しとくんだったな、老害。」

大鷲組組長「や、やめろ、やめてくれっ!!」



大鷲組組長「う、うぁああああああっ!!!!」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:24:22 ID:frNl.x2Y
別にこれでいいと思うよ
むしろ黒猫を男にしちゃったら余計わけわからん

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:25:45 ID:CyPYucAQ
すいません、どうしてとニャンコ物にしたかったので。

それにリアルヤクザ物にしちゃうとまた変なのが湧くんで。

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:27:49 ID:06MVrCj.
こだわりがあったのねすまん

荒らしはどこにも居るからスルーすればいいよ

話自体に興味はあるから

1が書きたいものを書いてくれ

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:31:42 ID:PafGWgdk
うん、かなり読みやすい

でも無理に地の文無くさなくてもいいと思うな

クドくならない程度ならいいと思うの(・∀・)

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:43:37 ID:bvCATCBE
暴力団の構成員は『同和』『在日朝鮮人』『中国人(不法入国、帰化、留学生を含む)』と、わすがな日本人です。

憎むべき特亜は豊かな日本の侵略を狙っています。

我々日本を祖国とする生粋の日本人は犯罪組織、及び中韓北を許さない。
税金を納めず秩序を乱す輩共を一日も早く追放し、平和と国益を取り戻しましょう。

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:46:29 ID:CyPYucAQ
黒猫「・・・血がおちねぇな・・・」

黒猫「・・・行く川の流れは百代のかかくにして、いきかう人もまた旅人なり・・・か」

黒猫「・・・水はつめてぇなぁ・・・」

ハーフ「兄貴っ、兄貴っ!!」

黒猫「・・・おいハーフ。言っとくが俺はお前を弟分として迎えた覚えはねぇぞ。」

ハーフ「またまたぁ!いいじゃないすか!!」

黒猫「ハァ・・・やれやれ。」

現在、この町の野良猫界には組と言うものがある。
それの発足は三年前だった。

この町には、多くの野良猫がいた。
そのころそいつらを縛るルールはなかった。
野良猫たちは好きかって、モラルの欠片もなしにやっていた。

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:53:53 ID:CyPYucAQ
商店街の魚屋を襲い、魚をパクって逃げたり。
飼い猫に怪我をおわせたりなんでもゴザレ状態。

そして、ついに「保健所」が動きだしてしまった。

町の野良は捕まって行く。
そのさなか、発足されたのが「組によるシマの管理」だった。

野良猫たちが組と言うものを組織し、縄張りをシマとして管理下に置く。

それによりルールを作り保健所をひきあげさせるという狙いだったらしい。

が、それがいまとなっては・・・

ハーフ「兄貴。」

黒猫「!?」

ハーフ「痛っ!!」

黒猫「急に顔をちかづけんじゃねぇよ!!キメェな!!」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 22:58:49 ID:CyPYucAQ
ハーフ「殴らなくてもいいじゃないですかぁ・・・」

黒猫「うるせぇ」

ハーフ「って、それより・・・兄貴のこと叔父貴が呼んでましたよ。」

黒猫「・・・叔父貴が?」

ハーフ「はい、なんか内のシマの野良が虎竹組ってところの奴と問題起こしたらしくて」

黒猫「っなんでそんな大事なことさっさといわねぇんだよ!!」

ハーフ「痛っ!!兄貴がなんか考えこんでたんじゃないすか!!」

黒猫「屁理屈垂れんじゃねぇこの野郎!!」

ハーフ「いてっ!!」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 23:09:27 ID:CyPYucAQ
双竜組事務所の空き地

黒猫「叔父貴、黒猫です」

双竜組組長「おお、来てくれたか、黒猫」

黒猫「すいません、遅れてしまって・・・それで、ナシの発端はなんなんですか?」

双竜組組長「ああ、お前、喧嘩屋の灰猫って知ってるか?」

黒猫「灰猫・・・聞いた名前ですね・・・たしかここいらに最近あらわれた奴ですよね」

双竜組組長「ああ、そうだ 今まで負けナシって噂だ」

黒猫「そいつがどうかしたんですか?」

双竜組組長「そいつが虎竹組んとこの小チンピラとやっちまったらしくてな」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 23:16:48 ID:CyPYucAQ
黒猫「・・・それは、商売としてですか」

双竜組組長「そういう事じゃねぇんだ」

黒猫「・・・じゃあなんなんですか」

双竜組組長「虎竹の小チンピラが商売の邪魔したらしくてな、それでカッとなった灰猫が手をだしちまったらしいんだわ」

黒猫「なっ・・・それだったら悪いのは向こうじゃねぇですか!!」

双竜組組長「そうだ、あいつらは組どうしの規約を破りやがったからな」

ハーフ「・・・すいません、兄貴 組どうしの規約ってなんなんですか?」

黒猫「・・・そんなこともしらねぇのかお前は」

ハーフ「す、すいません」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 23:25:12 ID:CyPYucAQ
双竜組組長「まぁいいじゃないか、ハーフはまだ新人なんだぞ」

黒猫「ハァ・・・甘やかさないで下さいよ組長・・・」

黒猫「いいか、まずお前でも組がなんで組織されたかぐらいはしってるよな?」

ハーフ「それしらなかったらここにいませんよ・・・」

黒猫「組が縄張りをシマとして管理したとき、その管理下から離れて別の組のシマに行った時、好きかってされちゃあ困るだろ」

黒猫「だから、組どうしで他の組のシマに行った時の礼儀作法を定めたんだ」

ハーフ「へぇ、・・・え?てことは今回のって悪いのは向こうじゃないっすか!」

黒猫「だからそう言ってるだろうが」

ハーフ「いてっ!」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 23:39:27 ID:CyPYucAQ
双竜組組長「多分、やつらはこれを抗争に繋げようとしているんだろうよ」

黒猫「つまり、これを火種に抗争を起こそうとしてるって訳ですか」

双竜組組長「そうだ、今後恐らくだがこう言うことを続け、組どうしの摩擦をおこさせて抗争に繋げる・・・やつらがよくやる手さ」

双竜組組長「勿論、ワシは抗争なんぞ起こす気は微塵もない」

黒猫「はい、それはわかってます。叔父貴はシマの猫に影響がでることを嫌ってますから」

双竜組組長「だが、こんな事が続けばむこうから抗争をふっかけてくる事もあるだろう」

黒猫「つまり、俺にどうせよと・・・?」

双竜組組長「・・・喧嘩屋グレに警告をしてきて欲しいんだ、頼めるか」

黒猫「・・・うまくいくかどうか分かりませんが・・・勿論です」

黒猫「ハーフ!」

ハーフ「は、はいっ!」

黒猫「二丁目の駐車場にいくぞ!!」

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/28(水) 23:42:51 ID:CyPYucAQ
とりあえずこんなんなりました

地文を削れるだけ削り、固有名詞を無くして台本形式にしてみました。

他にここ直した方がいいよ〜とかあったらレスして頂けたら幸いです

眠いので落ち

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 04:18:22 ID:zrIccWJU
ハーフ「そういえば、兄貴」

黒猫「・・・なんだ」

ハーフ「なんで大鷲のとこの組長、殺ったんですか」

黒猫「はぁ・・・お前、そんなこともしらねぇのな」

ハーフ「す、すいません・・・」

黒猫「ありゃな、大鷲のシマの猫の頼みだったんだよ」

ハーフ「え?」

黒猫「お前、組弊害って知ってるか」

ハーフ「は、はい、しってます!」

ハーフ「たしか、組を発足したことで発生した問題ですよね。シマを納めてる組の奴らがそのシマの猫たちに横暴な態度を取ったりする」

黒猫「そうだ、それを組弊害と呼んでる。大鷲のとこは、それの塊だったんだよ」

ハーフ「どういう事っすか?」

黒猫「やつらはシマの中で随分デカイ顔して好きかってしてたんだ。それこそ、エサの取り立てやちょっとしたことでの殺猫なんてしょっちゅうだったらしい」

ハーフ「それはヒドイ話ですね・・・。」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 04:28:18 ID:zrIccWJU
黒猫「その日は大鷲のとこの組長はシマを散歩していたらしい。そこへたまたま、泥遊びをしていた子猫がいて大鷲のとぶつかっちまったんだ」

黒猫「自分の毛を泥で汚された事に激怒した大鷲のはその子猫を踏み殺したんだとよ」

ハーフ「えっ・・・」

黒猫「そんで、その子猫の母親が叔父貴んとこに泣きすがってきたらしい」

ハーフ「・・・」

黒猫「・・・」

ハーフ「叔父貴は、叔父貴はなんでその件、引き受けたんでしょう」

黒猫「・・・さぁな、だが、叔父貴はそんな猫なんだ」

黒猫「あの空き地の土管、デッカく【任侠】って書いてあるだろ。あの言葉の意味、わかるか」

ハーフ「任侠・・・」

黒猫「叔父貴はまさに、その言葉どうりの猫だよ。よわきをたすけ、強きを挫く」

黒猫「そういう猫なんだ」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 04:44:27 ID:zrIccWJU
二丁目駐車場

灰猫「なんだ、あんたら」

黒猫「俺たちは双竜組の黒猫とハーフだ、お前が喧嘩屋の灰猫か?」

灰猫「はっ、だったらどうだって言うんだ?」

黒猫「お前、今日虎竹組の小チンピラに手ぇだしたらしいな」

灰猫「何が悪いってんだ、先に商売の邪魔したのは向こうだろ」

黒猫「そんなのはわかってる、その上で頼みがあるんだ」

灰猫「頼みだぁ?」

黒猫「今後、こんな事があったとしても、相手に手を出さないでほしいんだ」

灰猫「かっ!!なめたことをぬかすんじゃねぇよ大将!!こちとら商売なんだぜ商売!」

ハーフ「てめっ!大人しく兄貴の言う事をきけ!!」

黒猫「!!よせっ!!ハーフっ!!」

灰猫「んなへっぴりごしで相手になるかよっ!!」

ハーフ「がっ・・・!!」

黒猫「ハーフ!!」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 04:48:48 ID:zrIccWJU
ハーフ「い、いてぇえ・・・」

黒猫「血が出てやがる・・・ハーフ、大丈夫か」

ハーフ「は、はい、なんとか・・・」

灰猫「けっ、わかったら散れ散れ!!商売上がったりだよ!!」

黒猫「・・・一旦ひくぞ、ハーフ」

ハーフ「で、でも兄貴っ・・・」

黒猫「いいからひくぞ!!」

ハーフ「は、はい・・・」

灰猫「ははっ!二度とくんじゃねぇぞ!!」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 04:54:06 ID:zrIccWJU
医者猫「これは、爪が深くはいってるね・・・二、三日安静にしておきな」

ハーフ「え、そ、そんな・・・」

黒猫「いいからハーフ、医者の言う事は聞いとけ」

ハーフ「でも兄貴・・・」

黒猫「くよくよすんじゃねぇよ。男なら、前みて生きろ」

黒猫「今はその傷を治せ、話はそれからだ馬鹿ヤロー」

ハーフ「す、すいません・・・」

黒猫「それじゃ、先生、こいつの事頼みます」

医者猫「ええ、なんせあんたのたのみだからね」

黒猫「・・・ありがとうございます」

医者猫「ああ、あんたも怪我にゃ気をつけろよ」

黒猫「はい」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:04:27 ID:zrIccWJU

黒猫「・・・」

白猫「あらあら、今日はいつにも無くセンチメンタルじゃない」

黒猫「!!・・・お前か・・・」

白猫「何その言い草、失礼な奴ね。あいもかわらず」

黒猫「おめぇにゃ言われたかねぇよ」

白猫「で、どうなの?最近は」

黒猫「・・・何がだ」

白猫「決まってるじゃない、くらしよ、くらし」

黒猫「なにがいいてぇ」

白猫「・・・安定した生活を投げ捨てて、野良として極道気取ってる生活には慣れたのかしら?」

黒猫「っ!!」

白猫「あらあら、女に殴りかかろうとするなんてあんたも腐ったものね?」

黒猫「・・・うるせぇ」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:06:10 ID:zrIccWJU
白猫「・・・あのチビ、今では中学生よ。背もとても高くなったわ」

黒猫「・・・もう俺にゃ関係のねぇ話だ」

白猫「でもね、まだあんたを待ってるわ。他のペットでも飼えばいいのにね」

黒猫「うるさい・・・うるさいうるさいうるさい!!俺はもうもどらねぇと決めたんだ!!」

白猫「ちょっと!どこ行くのよ!!」

黒猫「うるせぇ!!ついてくるじゃねぇよ!!」

白猫「・・・」

白猫「あいつの強情にも苦労したものね・・・はぁ」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:07:54 ID:zrIccWJU
黒猫「うるせぇ!!ついてくるじゃねぇよ!!」

を修正して

黒猫「うるせぇ!!ついてくんじゃねぇ!!」

に変更。

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:14:32 ID:zrIccWJU
黒猫「あの野郎、思い出したくもねぇ事を思い出させやがって・・・」

黒猫「くそったれ!!」

チンピラ猫1「いてっ!!なんだこれ、小石じゃねぇか!!」

チンピラ猫2「てめぇか!!この小石蹴ったやつは!!」

黒猫「・・・だったらなんだってんだよ」

チンピラ猫1「ふざけんじゃねぇぞ!!いたかったじゃねぇか!!」

チンピラ猫2「どう落とし前つけんだよおらぁっ!!」

黒猫「・・・」

チンピラ猫1「なんか言えよこのヤロー!!」

黒猫「うるせぇっ!!」

チンピラ猫1「な、なんだとてめー!!」

チンピラ猫2「こうなったらトコトンやってやろうじゃねぇか!!」

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:25:08 ID:zrIccWJU
黒猫「トコトンやってやるだと?・・・小チンピラがゴロ弾くんじゃねぇよ!!」

チンピラ猫2「がっ・・・!?いてぇっ!!いてえぇっ!!」

黒猫「おら!やってみろよ!!やれるもんならやってみろよ!!」

チンピラ猫1「な、なめんじゃねぇぞおらぁっ!!」

黒猫「極道舐めんじゃねぇ!!」

チンピラ猫1「うぐっ・・・!!はっ!!」

チンピラ猫2「な、なにもんだよこいつっ!!ありえねーだろ!!」

黒猫「教えてやろうか・・・俺はな、双竜組の黒猫ってもんだ。てめーらの脳髄に叩き込んでおけ馬鹿ヤロー!!」

チンピラ猫1「く、組員だからってでけーつらすんじゃねぇよ!!」

黒猫「・・・死ね、死ね死ね死ね死ね死ね!!死にさらせ!!」

チンピラ猫1「がっは・・・!!や、やめてっくださっ!!ゆるしっ!!すいませ!!」

黒猫「すいませんだと?・・・すいませんだとこの野郎!!だったらはじめからゴロ巻くんじゃねぇよ馬鹿ヤロー!!」

チンピラ猫2「や、やべぇよ!!こいつやべぇよ!!」

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:30:44 ID:zrIccWJU

双竜組組長「・・・黒猫」

黒猫「・・・はい」

双竜組組長「なんでこんな事をしたんだ」

黒猫「・・・」

双竜組組長「わしたちはチンピラじゃあないんだぞ」

黒猫「・・・すいません」

双竜組組長「今回の件は、特別に不問にしてやる。だが、次こうなったらわしにはどうもできんぞ」

黒猫「・・・すいません」

双竜組組長「肝に銘じておくんだぞ、黒猫」

黒猫「はい、すいません・・・」

双竜組組長「わかったならもう下がってよい」

黒猫「は、い」

黒猫「・・・」

黒猫「・・・何やってんだ俺は・・・」

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 05:40:03 ID:zrIccWJU
二度寝する。

落ち。

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 17:12:30 ID:8ql6dvEM
組の名前は固有名詞ではないのかね

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:10:50 ID:G3FvjPmw
>>30

あ、たしかにそうですね。
まぁそこは西の組とか東の組とかにしてもしかたないのでこうしてみました。

と、今考えつきました。

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:19:17 ID:G3FvjPmw
双竜組組長「そう言えば、黒猫。灰猫の件はどうだった」

黒猫「・・・それが、奴、俺達の言葉なんか聞きやしねぇんです」

双竜組組長「そうか・・・だったら元を正すしかないな」

黒猫「元・・・?」

双竜組組長「組員たち総員で町を巡視するんだよ」

黒猫「・・・それで小チンピラ共を見張るってんですか」

双竜組組長「そうだ。そうすれば問題を元から正す事ができる」

???「はっ!!組長!!あんたなにあめぇこと言ってんだよ!」

黒猫「!!」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:26:10 ID:G3FvjPmw
黒猫「茶猫・・・」

茶猫「元を正すってんなら虎竹組とやっちまうのが一番はええじゃねぇか!!」

双竜組組長「・・・つまり抗争をおこせと申すか」

茶猫「そう聞こえなかったんなら医者に言ったほうがいいぜ」

黒猫「茶猫・・・勝手なことをいうなよ。叔父貴がなんでこんな回りくどいことしてるかわかってるだろ!」

茶猫「古いんだよ」

双竜組組長「!」
黒猫「!」

茶猫「仁義だの猫情だの任侠なんざ時代遅れなんだよ。見てみろよ、世間をよ!」

茶猫「今じゃ組どうしがシマを取り合ってドンパチ抗争やってんだろうが!」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:33:56 ID:G3FvjPmw
茶猫「今じゃシマがでけー組が一番上になれんだよ!!」

双竜組組長「・・・たしかにそうじゃ、もともと猫を守るためだった組もシマもいまや権力の象徴になった」

双竜組組長「だが、だからこそ、この合戦を【終】に繋げなければならない。そうだろう、茶猫」

茶猫「カッ!綺麗事はいいんだよ!結局は組長だってシマをデカくしたいと画策してんだろ!」

黒猫「!!テメェ!!」

双竜組組長「やめろ、黒猫」

黒猫「っ・・・しかしっ!」

双竜組組長「やめろと言っている」

黒猫「・・・はい・・・」

茶猫「は、腰抜け共が・・・」

双竜組組長「・・・」

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:40:17 ID:G3FvjPmw
双竜組組長「黒猫・・・容易く暴れるなと肝に銘じておけと言っただろう」

黒猫「し、しかし叔父貴!」

双竜組組長「・・・少し休め」

黒猫「・・・えっ」

双竜組組長「ここのところ、お前は頭に血がのぼりやすすぎる。一週間休暇をやるから・・・頭を冷やしておけ」

黒猫「お、叔父貴!!」

双竜組組長「・・・いいから休め、もし逆らうってんならお前とは手打ちしてもいいんだ」

黒猫「そ、それは・・・」

双竜組組長「わかったんなら休め。体を休めるのも、仕事のうちだ」

黒猫「・・・はい・・・」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:49:37 ID:G3FvjPmw

黒猫「・・・ハーフ、俺だ」

ハーフ「あ、兄貴ですか!ど、どうぞ!どうぞここに座ってください!」

黒猫「ああ」

ハーフ「今日は一体どうしたんですか?」

黒猫「・・・今日、組長から休み貰ってきた」

ハーフ「え・・・?それってどう言うことっすか・・・!?」

ハーフ「もしかして、昨日の俺の失敗で兄貴に!?」

黒猫「いや、そうじゃねぇ、そうじゃねぇんだ」

ハーフ「じゃ、じゃあなんで!!」

黒猫「・・・頭に血がのぼりすぎだとよ、休暇やるから、冷やしてこいってよ・・・」

ハーフ「えぇ!?」

黒猫「俺ぁよ、俺ぁ・・・こんなに自分が矮小な野郎だと思ったのは初めてだ・・・」

ハーフ「・・・」

黒猫「俺は、とんだ馬鹿ヤローだよ。ははっ・・・」

ハーフ「兄貴・・・」

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 18:57:22 ID:G3FvjPmw
ハーフ「・・・ちがいますよ」

黒猫「?」

ハーフ「違いますって!兄貴は、兄貴はいつでもカッケーですよ!」

黒猫「・・・」

ハーフ「俺が、町で小チンピラの鼻垂れやってたときに喧嘩ばっかしてたとき」

ハーフ「他の猫たちが俺をゴミみてーな目でみてる中で、兄貴が、兄貴が拾ってくれた時から兄貴はカッケーですよ!!」

黒猫「・・・」

ハーフ「弱い癖にいきがってチンピラ相手に喧嘩売ってた俺を助けてくれた時から、兄貴がカッコ悪いことなんか一度も無いですよ!!」

黒猫「・・・ちっと、風にあたってくるわ・・・」

ハーフ「あ、兄貴・・・!」

黒猫「は、気にすんな、すぐ戻ってくるよ」

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/29(木) 19:03:07 ID:G3FvjPmw
黒猫「・・・」

黒猫「はは、ハーフの奴。ナマいいやがって・・・」

黒猫「・・・」

黒猫「・・・弟分に勇気づけられるなんざ、兄貴分として失格だよなぁ・・・」

黒猫「くくっ・・・笑えてくるぜ」

黒猫「笑いすぎて・・・涙まで出て来やがるぜ馬鹿ヤロー・・・」

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■