■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男「二次元へ行ける方法わかった」友「何!?」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:16:03 ID:FhUQYA82
【Class room】

友「ほほ、本当だよな!今まで嘘を付いた事ないお前が…」

男「ちょーマジ」キリッ

友2「うっはー!受験もやめるわ!」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:18:32 ID:FhUQYA82
男「まああなた方には後日教えようと思う」

友「マジかー!有難いぜー!」

友2「コイツと友達で良かったー!」

女「うわ・・・キモッ」

ブ女「二次元とか・・現実見なさいよ」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:22:18 ID:FhUQYA82
男「それでは一限目の準備をしようか。移動教室だし」

友「おおww久しぶりに受けるかww」

友2「まあww学校来たの自体久しぶりだけどなww」

ガラッ

友「……!!」ビクッ(DQNだ・・)

DQN「……チッ…」ドスドス

男「?……何か用かい?」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:25:56 ID:FhUQYA82
DQN「あ?」グッ

男「胸ぐらを掴むという事は僕を脅迫してるんだね?」

DQN「いや……違うぜ」

友「ナアトモニ…ニゲヨウカ…」ヒソヒソ

友2「エッ…ソレスゲエヒドクネ?」ヒソヒソ

DQN「うるせえテメえら!!」

友・友2「……!!!!!」ビクウッ!!

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:29:21 ID:FhUQYA82
DQN「二次元へ行けると聞いてDQN辞めた」

友(やめてねえええええええ!!)

ブ女「へぇ〜ああいう奴も二次元好きなのねぇ」

DQN「うるせえ!殺すぞブス!」

ブ女「ブ・・ブスって!!」カッ!!

男「わかった。君にも後日教えよう。待っててくれ」

ブ女「ゆ、、許さない、、」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:31:43 ID:tfYNsr2w
正直



面白味が感じられない

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:33:14 ID:FhUQYA82
女「やめなよwブ女。DQNキレたらマジ面倒だしw」

ブ女「で、でも!ブスって酷くない?ねえブスって…」

女(鏡見ろよwwドブスww)「まあまあ落ち着いて」

DQN「必ず教えろよ……ってお前なら心配ねえなw」スッ

男「ああ。嘘をつくなんてバカバカしい真似はしない」

友(えぇ〜DQN来んなよ〜)

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:36:44 ID:FhUQYA82
【放課後】

友「ハァ・・・どうしよう・・・DQNとか・・・」

友2「まあなぁ……あいつさえいなければなぁ…」

友「なあ・・俺ら・・ここの世界から消えるんだよな?」

友2「え?…ああ。そういう事だろうね」

友「なら、ここの世界で犯罪してもいくね?」

男「ん?何か良からぬ声が・・」

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 09:33:34 ID:yNpey7WY
はよ

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 12:03:50 ID:FhUQYA82
男「なあ、友よ」タッタッタッ

友「……!!」ビクッ

男「君いつも驚き過ぎだな…」

友「……何だよ…」

男「率直に言うとDQNを殺す気かい?」

友2「なあ男よ」

男「?」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 12:07:17 ID:FhUQYA82
友2「俺にはやらなきゃならねえ事があるんだよ」

男「ほぅ。それが犯罪とはね。君らも墜ちたものだ」

友「DQNだって犯罪紛いの事してきてただろ…」

天才「確かにそれは一理ありますかね」キリッ

友「…」

友2「……」

男「天才君。君は一体何を考えているんだい?」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 12:10:18 ID:FhUQYA82
天才「ふふっ。突然現れてすみません。私、男さんの
噂を聞き付けてやって来ました。あの噂をね……」

友(こいつ……いつまでこんなしゃべり方をするんだ…)

友2(kimouzeeeeeeeeeeee)

男「あの噂?……あぁ。あれね」

天才「そうですよ」

男「俺が宇宙旅行と時間歩行をしてきたって噂ね?」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 12:12:38 ID:FhUQYA82
友「ふぇ?」

天才「ふふ。流石は男さん。話が早いですね」

友2「え……そんな事が……」

男「んで、それを教えて欲しいと」

天才「ご名答」

男「なら、後日ね。」

天才「了解しました。それでは失礼」スッ

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/07(日) 20:07:00 ID:mIDBnMbs
はやく

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 00:36:04 ID:wFvJFj3U
何がしたいんだ?

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 13:55:22 ID:wOof./1I
(CV 銀○万丈)

交わされる愛の言葉
通いあう熱き想い
二人の逢瀬を阻むのは、ただ一枚の透明な壁…
しかし、その壁を越えた者は、まだ一人もいない


次回「虹元」

愛は、不可能の壁に挑む



なんか、ぴったりのスレタイがあったから、コピペってみたwwww

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:43:53 ID:Gf9R3BOE
【後日】

男「やあみんな」

友「2日も待たせるとはね……。」

友2「軽く地獄だったよ…」

天才「さあ早く教えてくださいよ」

DQN「二次元への」

担任「行き方を」

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:47:04 ID:Gf9R3BOE
校長「あぁ……早く…あっかりーん!…に会いたい」

ブ女「あれ?顔面補正が10倍になるって話は?」

女「確かすぐに彼氏が作れるって噂を聞いてたんだけど」

禿「髪が……生えるって……」

男「まあまあ皆さん落ち着いて…」ドオドオ

天才「時間歩行について早くお願い致します。」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:51:44 ID:Gf9R3BOE
男「皆さんは様々な噂を聞いて私の元に来たのでしょう」

DQN「はやくしろ」

男「私が言いたいのは…その噂の全てが叶う
“夢の次元”へとお連れするという意味だったのです」

担任「おお!男君!!素晴らしい世界だなぁ!」

校長「我が校の英雄であり誇りだ」

友(おい……コイツらwww)

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:58:25 ID:Gf9R3BOE
男「それでは……その“夢の次元”へと行ける呪文を教える」

友「え?呪文だと言うのか…」

校長「パンツ脱いだ」チョロン

女「ギャアア汚い汚いィィィィ!!」

ブ女「ブフェェェェ!!汚ネェェ!」

担任「早くしたまえ!男君!!」

天才「“夢の次元”…呪文とф(∀・)」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:05:04 ID:.Zwvb31E
支援

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 18:10:58 ID:nnQC/8xg
校長とブ女は死ぬ

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 18:43:34 ID:jjxNaKQk
>>22
容姿端麗でないと排除か…韓国かよ…

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 19:50:46 ID:Gf9R3BOE
男「それでは、あそこに虹が見えるだろう」

DQN「え・・あぁ」

校長「シコシコシコ…あぁ。見えますぜぃ!」シコシコシコ 女「」

ブ女「いつでも準備OKよ」

天才「さあ早くした前」

担任「ゆいたん!みおたん!りっちゃん!あずにゃん!」

友「ムギ入れてないとか死ね」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 19:54:12 ID:Gf9R3BOE
男「さて…あそこの虹に向かって……おっと……忘れてた」

一同「何を?」

男「全裸になってもらおう」スッポンポン

校長「俺はとっくに全裸だ」

【近くの公園】

幼児「でえママ。あの人ちゃち何をちちぇるのお?」

ママ「ママも昔はやったわね…って見ちゃいけません!」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 19:57:18 ID:Gf9R3BOE
女「ハ、、恥ずかしい……」ポインッ

ブ女「さあなったから早く」ボテーン

DQN「おら。もう逸物が銀義ら銀だ。早くしろ」

友(あぁ……ホーケーナノニー)

友2(あぁ……ズルムケナノニー)

校長「全裸最高〜!!」

担任「マミパイにちんこ挟みてええええええ!!!」

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 20:00:53 ID:Gf9R3BOE
男「さて、お待ちかねの呪文だが。とりあえず言おうか」

DQN「あぁ。早くしてくれ」

男「では言おうか……」

一同「……」ゴクリ

男「フーッ……

SANJIGEN-AKITA-!!!
NIZIGENHA-SAIKO!!!
DAKARA-NIZIGENNI--!!!!!!
行きたい」

DQN「……はい。ストーーップ」

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 20:04:48 ID:Gf9R3BOE
男「それじゃあ…お先に…」ヒュンッ

DQN「!!!……!?」

友「き、、消えた、、、!!!」

天才「全裸で虹に向かって二次元へ行きたい事を熱意を持って
伝える。これこそが二次元へ行ける唯一の方法!!ф(A°\)」カキカキ

担任「ウオオオオオ!!!」

校長「ワシは今、、人生最高の気分だあああああ!!」

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 20:08:24 ID:Gf9R3BOE
【近くの公園】

ママ「くっ・・・まさか私以外に別次元を行き来出来る
者がいるとは思わなかったわね……」

幼児「に威厳?」

ママ「……何でもないわ。行きましょ……」クッ…

校長「SANJIGEN-AKITA(ry」ヒュンッ

友「おぉ・・・これは本物かよ・・」

DQN「あいつが嘘言う訳ねぇだろ。SAN(ry」ヒュンッ

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 20:39:37 ID:71eUxSQs
初めて職務質問されちまったじゃねえかふざけんな

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 20:52:33 ID:nnQC/8xg
>>30
なにやってたんだよ

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 21:07:07 ID:Gf9R3BOE
【二次元】

男「えっと。みんないます?」

校長「なんだぁ?真っ白な世界だなぁ……」

担任「あぁ!!これから会うんですね!!緊張するぅ」

友「うわぁ・・久しぶりにwkwkしてきた……」

友2「落ち着け!ここは二次元なんだよ俺…」

ブ女「ねえ?私の顔変わってる?」

女「ブスのまんまだよ」ニカッ

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 21:11:03 ID:Gf9R3BOE
天才「ふむ。二次元の中は辺り真っ白であると。
平面体かと思われたが意外にも立体である。
さらに我々にも真っ白な衣服が着せられていたと。ф(∀・)…
おっと…そういえば紙とペンも移動していましたね」カキカキ

男「え〜とですね。まあ、皆さんの想像通り、ここが
二次元への入り口となる場所です。今現在もう二次元には
来てるんですけどね〜」

DQN「はぁ……すげえよお前」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 21:22:26 ID:Gf9R3BOE
男「ここから、三次元に存在する者が空想した世界へと
移動する事が可能です。また、皆さんの想像する世界への
移動も可能となります」

校長「うおおおおっしゃああああああいあい!!」

担任「うっひよょるょううふおおおお!!てて!!」

友「俺、今まで……こんなカスに教えられてたのか…」

友2「虚しくなるなwww」

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■