■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

騎士ガンダム「問おう、あなたが私のマスターか?」
1 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 03:03:48 ID:NHpn/ar6
アーチャー「私は妖精ジムスナイパーカスタム」

凛(この絶対、聖杯戦争負けたわ…)

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 04:30:44 ID:BVXE0tX.
俺は応援するよ?

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 08:59:42 ID:MHk9Dn8w
つづけ

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 09:01:15 ID:xGeqOF86
サタンガンダムはでるのか?

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 10:34:11 ID:Cxvd12g6
がんばってくれ

6 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 10:36:04 ID:NHpn/ar6
セイバー「弱いものいじめは、許さん!!」

ランサー「ぐあっ!」

シロウ(なんだこいつ、よろいが動いてるぞ…)

セイバー「サーヴァントセイバーのクラスで参上しました。問おう、あなたが私のマスターか?」

シロウ(マスター?ってか、なんだこの動くよろいは?)

セイバー「これより、私はあなたの剣として忠誠を誓います。さぁご命令を…む?」ズカズカ

シロウ「あっ、どこいくんだよ!

7 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 10:36:33 ID:NHpn/ar6
ランサー「ふんっ!」

セイバー「はぁっ!」

ランサー(なんなんだこいつ!? こんな、英霊いるのかよ?)

セイバー「どこをみている?」

ランサー「くっ」

ランサー(外見に動揺していたぜ…。こいつなかなかやるぞ!? しかたない…ゲイボ…!?)

アーチャー「わたしは妖精ジムスナイパーカスタム!! 加勢します!」

ランサー「ちっ!またなんか着やがった。ここは退くか…」シュバ

セイバー「逃げられたか…」

8 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 10:52:13 ID:NHpn/ar6
セイバー「加勢、ありがとうございます。私は騎士ガンダムと申します。セイバーのクラスではせ参じました」

アーチャー「ガンダム!?あの勇者ガンダムですか?」

シロウ「おーい」

アーチャ「ん?」

シロウ「(またなんか増えてるよ…)はぁはぁ…なぁお前ら一体何なんだ!?」

セイバー「申し遅れました。私は騎士ガンダムと申します」

シロウ「シロウだ」

セイバー「私は名前と聖杯戦争の基本的な知識しか覚えていないのです」

シロウ「名前と…聖杯戦争? なんだそれ?」

凛「それは私が説明するわ」

凛「アーチャー!またあなた自分の真名しゃべったでしょ!」

アーチャー「す、すまない…」

シロウ「お前は…遠坂!?」

凛「こんばんは…衛宮くん」ニコ

9 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 12:30:33 ID:NHpn/ar6
凛「あなたはゲームに巻き込まれたのよ。聖杯戦争っていう7人のマスターの殺し合いにね」

シロウ「殺し合い!?」

凛「そう、聖杯戦争についての概要は…そうね、監督役の教会にきいて頂戴」

シロウ「その教会ってのはなんなんだ?」

凛「私たちに協力するなら案内してあげるわ。あなただって、よくわからないまま殺し合いに巻き込まれたくないでしょう?」

シロウ「…とりあえずのその教会の話を聞いて、考えてもいいか?」

凛「別にかまわないわ。どうせ避けようのないものだもの。ところで…」

凛「あなたは一体なんなの?」

セイバー「む?これは失礼。あなたにはまだ私の名を告げていませんでしたね」

セイバー「私の名は騎士ガンダム。残念ながら…名前と聖杯戦争の基本的な知識しかほかに覚えていないのです」

凛「ガンダム!?」

シロウ「知っているのか?」

10 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 12:40:13 ID:NHpn/ar6
凛「星降るとき、大いなる地の裂け目より、神の板もちて勇者現る。その名はガンダム」

シロウ「そういえば、こいつが召還されたとき、星?がふってきたな…あんぱんまんみたいなやつだ」

ガンダム「ということは、私は勇者…なのですか?」

凛「それは、わからないわ。あんたなにか知ってる?」

アーチャー「え?あ、ああ彼は私と同じMS族ですね(急に出番きてびびったわ)」

シロウ・凛「MS族?」

アーチャー「私の世界で私や騎士ガンダム殿のようなよろいのみで存在している種族です」

凛「あなたはこの世界の英雄ではないの?」

アーチャー「私はスダドアカ・ワールドからやってきた弓使いです」

凛「ま、まあいいわ。とりあえず教会のところへ行きましょうか」

シロウ「あ、ああ頼む」

11 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 12:51:35 ID:NHpn/ar6
〜教会〜
凛「7人目のマスターをつれてきたわよ。一応魔術師だけど…中身はてんで素人だから見ていられなくて…」

言峰「ふむ…。君の名はなんというのかな?」

シロウ「…衛宮士朗」

言峰「衛宮…士朗…?フッ…」

言峰「君はセイバーのクラスのマスターで間違いないか?」

凛「ああ、彼は聖杯戦争の知識がないからその点の説明をしてもらえないかしら?」

言峰「ふっ…これは重症だな。よかろう…聖杯戦争とは…」

12 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:07:19 ID:NHpn/ar6
〜説明終了〜
言峰「…というのが、聖杯戦争の歴史…概要だ…さて、」

言峰「改めて聞こう。衛宮士朗…、選ばれしマスターとして、戦う意思があるか?」

シロウ「…戦う。あの10年前の火事の原因が聖杯戦争っていうなら、あんなできごと二度も起こさせるわけには行かない」

言峰「…喜べ少年。君の願いはようやくかなう」

シロウ「……」

言峰「明確な悪がいなければ…君の望みはかなわない」

言峰「たとえそれが君とって容認しえぬものでも、正義には対立すべき悪が必要だ」

シロウ「……」

言峰「君にとって、最も崇高な願いと最も醜悪な望みは同じ意味を持っている。なに、取り繕う必要はない…」

言峰「君の葛藤は人間としてとても正しい」

シロウ「…ふん」

言峰「よかろう…衛宮士朗をマスターとして歓迎する。登録は完了する」

凛「終わったようね。さぁ、早く帰りましょう」

シロウ「…あぁ」

13 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:11:54 ID:NHpn/ar6
シロウ「待たせたな」

セイバー「登録は完了しましたか?」

凛「ええ。義理は果たしたわ。協力の方は約束どおりしてもらうわよ」

シロウ「ああ、こっちとしても教えてもらいたいこととかあるしな」

凛「決まりね。最後の二人になったら敵同士になるってことで異論はないわね」

シロウ「ああ…遠坂って案外いいやつなんだな」

凛「…おだてたってなにもでないわよ?」

???「フフ…」

セイバー「…笑い声?」

14 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:19:01 ID:NHpn/ar6
イリヤ「こんばんは、お兄ちゃん…こうして会うのは二度目だね」

凛「やばっ、あいつ桁違いだ…」

シロウ「え?」

イリヤ「はじめまして凛。私はイリヤ。イリヤスフィール=フォン・アインツベルン」

凛「アインツベルン…!」

イリヤ「これ以上の挨拶はいいよね。どうせいいよね?やっちゃえ、バーサーカー!!」

バーサーカー「■■■■ーッ!!」ヒュー

セイバー「あのでかいのも…わたしと同じMS族だな」ヒョィ

セイバー「ふん…」シュタタ

15 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:23:17 ID:NHpn/ar6
アーチャー「私は妖精ジムスナイパーカスタム!加勢します!」

イリヤ「なに!?」

アーチャー「かくごぉーー!!!」ビュンビュン

バーサーカー「……」カキンカキン

アーチャー「……」

バーサーカー「■■■ーー!!」バシュ

アーチャー「ごふぅ…!」メメタァ

凛「アーチャー!!」

シロウ「森の妖精ジムスナイパーカスタム!!」

凛「はっ…! 森の妖精ジムスナイパーカスタム!!」

アーチャー「なんの…これしき」ググ

凛「もういいわ、後方支援に徹しなさい!」

アーチャー「面目ない…」

16 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:35:51 ID:NHpn/ar6
セイバー「よくも森の妖精ジムスナイパーカスタムを…」

バーサーカー「■■■ーーーッ!」バシュ

セイバー「ぐふっ」

シロウ「セイバー!」

イリヤ「勝てるわけないじゃない。わたしのバーサーカーわね、スダドアカ・ワールドの伝説の巨人なんだから」

アーチャー「伝説の巨人だと…!?まさか!!」

凛「アーty…、森の妖精ジムスナイパーカスタム、なにかしってるの?」あ

アーチャー「混乱のとき、天使の手のひらより雫落ち、悪魔の光宿る」

アーチャー「暗黒の光地の底を照らし土に眠る巨人よみがえる」

シロウ「土に眠る?」

アーチャー「目覚めてはいけないのだ巨人は。目覚めれば災いが起こる」

アーチャー「かつて、戦がおきたとき、心得違いをしたものが戦いに勝つために巨人をよみがえらせた」

アーチャー「しかし、巨人がもたらしたものは滅亡だった。敵味方ともに巨人によって、滅ぼされ後にはなにも残らなかった」

17 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:46:28 ID:NHpn/ar6
イリヤ「そうよ…そこにいるサイコ・ゴーレムっていう魔物。あなたたち程度では使役できない最強の魔物なんだから」

セイバー「そんなものが…」

イリヤ「そろそろ終わりにしてあげるわ。バーサーカー終わりにしちゃって」

バーサーカ「■■■■ーーーッ!!!!」ヒュン

セイバー「ここまでか…」

シロウ「くそ…セイバー!! ひぎぃ!」ゴッスン

セイバー「士朗殿…!!」

18 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 13:46:38 ID:NHpn/ar6
イリヤ「な、なによ…これ、こんなのつまんない!バーサーカー帰るわよ」

バーサーカー「■■…」シュウウウ

イリヤ「凛、次にあったら殺すから」スタスタ

凛「……」

アーチャン「凛、士朗殿の手当てを!!」

凛「はっ…!あ、あんたなにやってんのよ!もう助けるなんてできないっていうのにぃー!!」

シロウ「……」

………
……


19 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:26:18 ID:NHpn/ar6
シロウ「…ん」

シロウ「ここは…俺の部屋?」

シロウ「夕べは…どうしたんだっけ?記憶が混乱してるな…」

凛「あら、おきたのね?」

シロウ「遠坂?なんでここに…昨日はたしか…」

凛「待った…まずはここまで運んであげたお礼が先でしょ?」ニコ

シロウ「運んで…?あ、そういえば…!!俺あの化物に…。あれ、俺なんでいきているんだ…」

凛「あの後、勝手に回復し始めたのよ。まったく、サーヴァントを守るマスターなんて前代未聞よ」

凛「あなたが死んだら、セイバーだって死んでしまうのよ?」

シロウ「……」

凛「衛宮くん、これからどうするつもり?」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 17:27:54 ID:yMM0gD0c


21 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:34:15 ID:NHpn/ar6
シロウ「俺は…聖杯なんて興味ない。ただ10年前のような事件が回避できれば…」

凛「あんた…それ聞いたらセイバーおこるわよ?」

シロウ「え?」

凛「サーヴァントだって、無償で従ってくれるわけじゃないのよ?彼らが聖杯のために戦うのは、サーヴァントである自身もその恩恵を与えられるためよ。それぞれがかなえたい願望があるの」

凛「ま、あのセイバーは欲がなさそうだけど…」

シロウ「だからって殺し合いは…!」

凛「このままほうっておけば、罪のない人たちが殺されるのよ?」

シロウ「どういうことだ?」

凛「サーヴァントの燃料は魔力よ。魔力があればあるほど生前持っていた力を遺憾なく発揮できるわ」

シロウ「?なにがいいたい…」

凛「サーヴァントは霊体よ…魂を食べてしまえば魔力は回復できる。つまり…魔力を補給するためにサーヴァントを人間に襲わせるマスターもいるのよ?」

22 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:40:01 ID:NHpn/ar6
凛「で…どうするの?他のマスターが何をしようと傍観してるわけ?」

シロウ「そうなったら…とめるだけだ…」

凛「あきれた…自分からマスターを倒さないけど、他のマスターが悪事を働いたら倒すんだ?」

凛「自分が矛盾しているってことわかる?」

シロウ「都合がいいのはわかってる…でもそれ以外の方針は思いつかない…」

凛「ふーん。ひとつだけ問題点があるけど…いっていいかしら?」

シロウ「なんだよ?」

凛「夕べのマスター、また私たちのこと殺しに来るわよ」

シロウ「……」

23 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:42:33 ID:NHpn/ar6
凛「じゃあ私は帰るから…」

シロウ「そうか…ありがとな」

凛「あと、あまり私のことを人間扱いしないほうが…楽かも」

シロウ「え?」

凛「じゃ」

シロウ「…あ」

24 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:47:43 ID:NHpn/ar6
シロウ「はぁ…とりあえずセイバーを探すか」



シロウ「屋敷はあらかた探したあとは、道場だけか…」ガラガラ

セイバー「……」

シロウ(いた)

セイバー「ん?おお、士朗殿目が覚めましたか」

シロウ「あ、ああ…おかげさまで」

セイバー「昨晩は申し訳ありませんでした。主の騎士が主に守られるとは…立つ瀬がありません」

シロウ「いや、いいんだ…このとおりからだも回復したし…」

セイバー「それを聞いて安心しました。ですが、私は主の剣。今後あのような無茶はしないでいただきたい」

シロウ「わかったよ…」

25 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:51:19 ID:NHpn/ar6
シロウ「……」

セイバー「ん?どうしたのです?士朗殿?」

シロウ「なぁ、セイバー。お前が聖杯を使ってかなえたい望みってなんなんだ?」

セイバー「聖杯…ですか。どんな願いでもかなえることのできる奇跡の願望器」

セイバー「実のところ…、私にはまだ願いがありません。私には記憶がありませんので」

シロウ「あ、ああそうだったな。悪い、へんなこと聞いてしまって」

セイバー「いえ、かまいません。ただ、これからの戦いでそれを見出せればな…と思っています」

シロウ「そうか…」

セイバー「ええ」ニコ

26 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 17:59:13 ID:NHpn/ar6
シロウ「なぁセイバー、人を襲って魔力を得ようとするマスターもいるそうだが…」

セイバー「騎士として、剣をもたぬものをあやめてしまうのは騎士の道をはずしてしまう。士朗殿はそんなことしないと思うが」

シロウ「そんなことするわけないだろ!?」

セイバー「そうですね…。無礼なことをいって申し訳ありませんでした」

シロウ「いやいんだ…」グゥー

セイバー「ふふ…さきに食事をしましょうか」

シロウ「あ、ああそうだな。そういえばおまえものは食べられるのか?」

セイバー「ええ。おかしなことを聞きますね?」

シロウ(どうやって食うんだろう)

27 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 18:06:06 ID:NHpn/ar6
シロウ(さすがに藤ねえや桜に見せられないので…別室に食事をもってくことに)

シロウ「セイバー、食事だぞ」コト

セイバー「これはかたじけない。ありがとうございます」

シロウ「いいって、しばらく同居することになるんだし…」ジィー

セイバー「世話になります。ではいただきます…」モグモグ

シロウ「……」ジィー

セイバー「……」モグモグ

シロウ「……」ジィー

セイバー「ごくん。こほん…士朗殿。じっと見られては食べににくいのですが…」

シロウ「あ、ああ、すまん。な、なぁセイバー、MS族ってどうやって飯を食っているんだ?」

セイバー「ん?なにかいいましたか?」

シロウ「いやどうやって飯を…セイバー「なにか…いいましたか?」

シロウ「…なんでもない」

28 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 18:16:04 ID:NHpn/ar6
夜、ビルー

凛「なに?このにおい」

少年「うう…」

凛「命に別状はないわ。この分だと…朝になって発見されても問題はないわね」

凛「アーチy…こほん、森の妖精ジムスナイパーカスタム!窓を開けて!長居は無用よ」



屋上

凛「ふん」バンバン

骨の魔物「…」ガシャガシャ

凛「ふぅ…全滅ね。これでもう生気を奪うことはできないはずよ」

凛「で、これを仕掛けたやつの気配は?」

アーチャー「残念ながらもう気配はないですね」

凛「そう、それにしても第三者の生気を奪って、高みの見物とはね」

アーちゃー「ふぅ…倒しやすい敵を放置して、倒しにくい敵を追うとは」

凛「衛宮くんのこと?」

29 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 18:17:16 ID:NHpn/ar6
アーチャー「もし、士朗殿が自覚のないままマスターの前に現れたらどうするんです?」

凛「そのときは…」

凛「殺すまでよ」

30 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 18:21:18 ID:NHpn/ar6
区切りいいので飯食うまで休みます

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/11(日) 18:26:54 ID:omixI1gc
俺も飯食うかな

32 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 19:43:42 ID:NHpn/ar6
そういや原作と違って、すぐ同盟結んだからまだ戦わなくてもいいじゃん!

33 ◆.c.yXP2vFk:2012/03/11(日) 19:54:37 ID:NHpn/ar6
次の日、学校

凛「話ってなに?」

わかめ「遠坂、僕と組まないか?」

凛「悪いけど、私はもう衛宮くんとくんでいるの。ほかをあたって頂戴」

わかめ「あいつとだと!?馬鹿な!僕があいつより劣っているとでも?」

凛「半端なマスターとは組みたくないし、衛宮君の方がずっと信頼できるもの」

凛「じゃあね」

わかめ「くそ…くそ!」

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■