■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男「戦争が・・・終わった。」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 21:47:32 ID:XB1oBeCk
怪歴132年6月13日付

最近は平和だ。怪物も町村をおそう事が無くなった。今は人も怪物も互いの領域を守り、俺たちが怪物等の喜怒哀楽を感じることはもちろん、やつらも俺たちの感情を多少感じることが出来る様になったようだ。俺たちの言葉も怪物の言葉も話せる新種も発見された様だ。
このまま平和が続けばいいなぁ・・・。

一般兵士による日誌

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:00:40 ID:XB1oBeCk
怪歴132年8月24日付

今日は鉱山資源を集めに火山へとおもむいた。今は夏で今日は近年まれに見る猛暑日だ。近年はそんなに暑くなかったのにどうかしてるぜ。
さらにそんな日に火山へと行くのだから、まさに地獄。氷を持っていかなかったら死んでたぜ。
発掘場所にはすでに数人掘ってたが、皆汗がひどかった。早く涼しくなんねぇかな。

帰り、何か上等の服を着たお偉いさんがたとすれちがった。「資源」だの「水」だのいっていたが、何のことやら。

ある鍛冶師の日誌

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:08:10 ID:XB1oBeCk
怪歴132年9月6日 

朝からひどい音がした。山がうめいていた。
噴火。

それも記録にない大噴火。今この目でみている光景が信じられない。
かなりあの山から離れている。ここからじゃそこいらの犬小屋よりも小さく見える。
なのに、しっかりと火が吹いているのがこの目で見て取れる。

あれが、こないだ資源をとりに行った山なのか?

時間がたっても外は煙ってて外は灰色に染まっていた。

今日は一日中そうだった。

ある鍛冶師の日誌

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:12:26 ID:StL/3Qbs
ふむ、支援

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:13:52 ID:b1XW.v.E
なんか濃そうなのが始まってた

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:52:54 ID:XB1oBeCk
怪歴132年9月27日付

今日はある村へ向かった。
この大陸で一番火山に近く、今は特一級危険区域に指定されている村だ。
火山活動自体は十日前後で収まったらしいが大陸全体に傷跡を残した。この村のように火山近辺の町村はもちろん、火山からかなり距離が離れている所まで影響を受けた。
3、2日前、各地より噴火の霧により育っていた農作物が全滅という報告が入っている。稲も小麦も野菜もすべて。それに重なり今年の猛暑により水の蒸発、霧も未だに空を覆っている。その霧を吸うと生物は死に絶えるという噂も広がっている。事実、この霧が広まってから人や牛、豚に羊にうさぎなど様々な生物の死亡報告が絶えない。
食うものが段々と減ってきてる俺たちはどう冬を過ごせば良い?

村までまだつかない。

ある帝国軍救助部隊隊員の日誌

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 22:54:19 ID:H6HmMJW6
ほほう

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 23:10:27 ID:XB1oBeCk
ある隊員の最期

「なんだこれは・・・。」

俺は思わず呟いてしまった。意識を持たず、自然と
この目の先に広がっていたのは、もはや村の原型も持たない地獄。
溶岩は冷え固まっていたが、冷えていても熱は帯びているのか、暑い。とてもじゃないが暑い。
それにその固まっている溶岩と同化している人骨、肉と人骨が混ざりし物体、岩に押しつぶされ骨は砕け、肉は潰れている人間だった何かなど今すぐにでも逃げたいほどのえぐい光景がそこにある。

これが人なのか・・・?

そう思った矢先、意識が不安定になった。今噂になっている「殺人霧」。ここは特にその霧が濃い。もう致死量のきりはとっくにすっているだろう。
それのせいかな?まるでからだがいうことをきかなくなってきた。
みんなのこえがきこえる。なんていっているのだろう。
からだがたおれたかんしょくがした。じめんにぬめっとしたなにかにふれ、からだのはんぶんがそのなにかにぬれた。
これはなんだろう?
てつくさいにおいをかいで、それがなにかをりかいして

意識を永遠に手放した

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/04(日) 23:32:36 ID:XB1oBeCk
怪歴13?年?月?日

今年の異常とも言える夏の暑さに重なる火山の噴火。そしてそこから生み出された霧による生物、食物の低下。

この数々の問題を解決する案を私は考えた。なぜ皆気がつかないのだろう。
人はもはやどうにもならん。死ぬ奴は死ぬだけだ。だが生き残りし我らが生きていくに必要な肉、野菜。
武器を作る鉄、銀。
それらは近年関わりを持たなかった隣の大陸から、怪物共から奪えばよいのだ。

古来より我ら人と怪物は互いの領域を守り、隣合わせに生きた。稀に怪物がこちらを襲う事があったが、大した被害は出なかった。向こうが食料不足になったら我々は食料を送り、救援したという歴史を持つ。そのような例はいくつもある。
だが奴等は我々人を一度も助けなかった。昔もこれからも、今も。既に一月は経つ。向こうも今回の異変は知っているはずだ。なのに今回も救援は来ない。このままでは絶滅はせずとも確実に多くの者が無駄に死に、その隙をついて怪物は攻めてくるだろう。もしかしたら怪物はこの時を待っていたのかもしれない。

ならば我々は戦おう。そして勝利を得て、新たな土地をこの手に掴もう。そうする事だけが、我々の生き残るただ一つの道だ。

不明

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 00:00:01 ID:JhMPYWzI
怪歴133年1月12日

まさか俺がこんなコソ泥みたいな真似をしなくちゃいけなくなるとはよ・・・。
まったく、帝国め。いくら金ははずむっても怪物共から見つかるように食料をとってこいとは、無茶な事を。
ま、俺の逃げ足にかかれば捕まる事なんて万が一もねぇ。
まってろ、母ちゃん。今度こそ良いモンかってやるからな。

ある盗賊専門漁師の日記

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 00:14:17 ID:JhMPYWzI
怪歴133年1月?日

くっくっく。上手く事が運びそうだ。いくら大陸を手に入れる為に戦うと言っても、我々は人だ。正義の為に戦争をせねば、名に傷がつく。
[食料が足りぬから戦争]などそんな野蛮な名目はだめだ。我々は[食料の足りぬ我が大陸の為に怪物に救援物資を求め無惨にも殺された兵士の為、そしてそのような横暴な行為を粛正するが為、戦う]という素晴らしい名目のもと戦わなければならんのだ。 
悪く思うな、漁師。貴殿の死は役に立つ。その為に死んでもらおう。そして、義の為に依頼した[怪物の食料を盗む]という闇は、消させてもらおう。 

義の為に己が身を散らし、更にこの国の礎となれる事を誇りに思うがいい。

ある帝国大臣の日記

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 00:16:30 ID:JhMPYWzI
今日は寝ます。また明日あったらかくのでよろしくおねがいします。
では

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 00:17:34 ID:3hOlUd36
戦争終わったらベビーブームだからエロssかと思ったwww

長編ssは好きよ?

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 00:26:14 ID:ImwZlgtw
これは期待

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/05(月) 13:47:46 ID:ll/Sl6o2
深夜なので落ちません

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/06(火) 22:46:27 ID:kuOmzxSs
怪歴13?年?月?日
中央刻(午前12時頃)

大臣がついに帝王に侵略する為の計画書を提出した。帝王はこれも国の為だとそれを受理してしまった。こうなるといよいよ争いが始まる。


帝王から使いがやってきた。そこには「銃や弓・刀剣類の物では獣に致命傷与える事叶わず。そこで、汝に怪物に致命傷を与える程の大きさの銃と刀剣を作る事を命ぜり。また、それと同時にそれを装備する怪物級の大きさの人を作れ。尚、弓については作るべからず」と書いてあった。
おいおい、最近になってやっと連射撃型一銃の開発、量産に成功し兵に装備させるという命を果たしたというのに、また命を奪う兵器を作れと。無茶な事を。
取りあえず、命には背けない。また仲間集めて、貯めておいた鉱山資源で開発するといたしますか。

ある帝国管轄第一等級鍛冶屋長の日誌より。

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/06(火) 23:08:00 ID:rfAsMKzU
支援

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/07(水) 23:35:43 ID:DU/egzAc
ある漁師の最期。

「ハァ・・・!ハァ!」
足が言うことを聞かない。こんな所で死ねないというのに俺は、もう駄目になりかけている。

ギャヴヴォォォォォ・・・。

怪物の勇ましく怖い雄叫びが聞こえてくる。無意識に足が止まる。動いてくれ!そう思っていても足は動かない。

母さん。ゴメン。もう会えないや。最後に飯たらふくくわせたかったなぁ。

一人の男の願いは、飛竜の口から放たれた赤い熱にかき消された。

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/07(水) 23:44:24 ID:DU/egzAc
大陸渡日記
怪歴133年1月16日

何やら怪物達が騒がしい。
私は今怪物達の本拠地ともいえる寂れた塔にいる。ここには怪物と人間の言語を語れるという怪物がいる。その怪物は小さく我々の約半分の背丈で、二足歩行で歩く。
その怪物によると人間側からの侵入者を見つけ殺したという事が昨日あり、今日はその事について詳しく話し合うそうだ。
何を詳しく話すかは解らぬが、とにかく重要な事らしい。おかげで今日一日は見張りの怪物に見張られ、何もできなかった。

大陸渡師

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/08(木) 01:41:15 ID:8A2YvF.o
支援

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/09(金) 23:33:26 ID:VqI2/f1w
この世界には石がある。
古来よりその石は神の特異な力がこもっている石として存在している。
例えば単体で炎を出す石。
例えば雷を呼び起こし、地形を変化させるほどの災害を創る石。
たとえば神と意思を通ずる事が出来る石。
様々な石が存在し、時には人を助け、時には人を殺めてきた。
その石にも意思をもつ物や歴史を動かす程の大きな石。時には諸刃となりし石もある。
だが、そのような石は稀にしか見つからずしかも並大抵の者には到底扱えぬ。石は石にしか力を持たず、使用者に影響を与える事があっても使用者がその石の力を持つ事はあり得ない。故にこの世界で特異の力を持つ石、つまり「異石岩」は絶対なる存在なのである。

資料「異石岩」より

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/10(土) 00:06:09 ID:yNxyze72
支援

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/10(土) 00:57:44 ID:ShQlcLbg
すみませんが今、全体の構成が決まり、もう眠いので今日は寝させてください。

支援してくださる皆様方、ありがとうございます。ここまではだいたいの世界観や特別な存在の説明だったので、明日からいよいよ戦争が始まります。
地道にかいていくので、どうか応援よろしくお願いします。

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/10(土) 10:56:24 ID:oW.tDkhg
のんびり待ってる

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■