■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

榊原「赤沢さん…」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 02:28:36 ID:iCv4Fhxc
赤沢「今のうちに謝っておくわ。ごめんなさい」

榊原「え?それってどういう…」

赤沢「…それじゃ」

榊原「…?」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 02:30:42 ID:iCv4Fhxc
〜翌日〜

久保寺「高林くんのことはとても残念でした…」

榊原「……なぁ」トントン

男子生徒「っ……」ビクッ

榊原「……?」

榊原「なぁ…」

女子生徒「……」

榊原「まさか…」

〜授業中〜

久保寺「このように、言葉をあたかも人間のように表す表現を擬人法と…」

榊原「……」ガラッ

榊原「……」スタスタ

榊原「……なるほど」

榊原「やっぱり、そういうことなのか…」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 02:36:31 ID:iCv4Fhxc
榊原「……」スタスタ

赤沢「……」

榊原「僕にも見崎さんのように接するんだね」

榊原「……」シャガミ

赤沢「!?」

榊原「へぇ、今日は淡いブルーなんだね」

クラス「!?」

榊原「あれ?少し毛がはみでてないかい」

赤沢「///」

榊原「こっちは黒色なんだ」

榊原「」ペタペタモサッモサッ

赤沢「」ビクンッ

榊原「案外密林だね赤沢さん」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:09:41 ID:qiIkOsjg
よしはよ

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:10:39 ID:iCv4Fhxc
榊原「前からやってみたかったんだよね」

榊原「透明人間ごっこ」

榊原「このクラスの女の子はレベル高いからな」

榊原「手始めに今日は委員長の赤沢さんだね」

赤沢「!?」

榊原「ん〜赤沢さんはこっちはまだ発育途中なんだね」モミモミサワサワ

赤沢「…っ…///」

榊原「ブラが邪魔だな」サカキバラマジック

赤沢「!!」スルッ

榊原「あれ?上は白い」

赤沢「…///」

榊原「はは〜ん、案外赤沢さんも人の目に映らないところはゆるいんだね」クンカクンカ

榊原「あれ?パンツの色が濃くなってるぞ」

榊原「いったいぜんたいどうしたんだい赤沢さん」

赤沢「っ…///」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:12:58 ID:qiIkOsjg
がんばれー

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:31:01 ID:iCv4Fhxc
榊原「ふ〜ん」

榊原「なるほどなるほど」

榊原「赤沢さん、興奮してるんだ」

赤沢「」ビクッ

クラス「」ドヨッ

榊原「フフッ」ナゾリナゾリ

赤沢「んっ…///」

榊原「声出さない方がいいよ赤沢さん」

榊原「クラスの皆にバレちゃうから」

クラス「」ゴクリッ

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:35:15 ID:pMtOSiAo
榊原「〜♪」ナゾリナゾリ

赤沢「…っ」ビクッビクンッ

榊原「あれ」クチャヌチャ

赤沢「ふぁっ…///」

榊原「なんか濡れてる音がしない」クチャクチャ

赤沢「はっ…ん///」

榊原「卑猥だなぁ、赤沢さんは」クチャクチャ

榊原「エッチじゃなくて卑猥だよ」ヌチャクチャ

榊原「学校で教室で授業中に皆の前でこんなに濡らしてるなんて」クリックリッ

赤沢「んっ…///」

榊原「これじゃぁ、委員長失格だね」クチャクチャクリクリ

榊原「慰淫長の方がいいんじゅないの」チャクリクチャ

赤沢「///」フルフル

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:43:09 ID:iCv4Fhxc
榊原「これじゃぁ下着の意味がないね」ヌガシヌガシ

赤沢「ぃ…ゃぁ…///」スルスル

榊原「うわぁ、ベタベタだね」

榊原「シミみたいのがあるよ」

榊原「さてと、御開帳」クパァ

赤沢「…///」

榊原「すごいよ赤沢さん」

榊原「蜜のようにトロトロ溢れてるよ」

赤沢「///」フルフル

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:56:07 ID:qiIkOsjg
よしよしよしよし





あれ?鳴ちゃん…

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 11:55:17 ID:iCv4Fhxc
榊原「赤沢さん、どうだいノーパンノーブラで授業を受ける気持ちは」

赤沢「…ぃゃ、もうやめて///」

榊原「あれ?僕と話してもいいのかい?」

赤沢「!?」

榊原「ダメだよ赤沢さん」

榊原「ちゃんと無視しなきゃ」

榊原「クラスの皆の前なんだから」

榊原「僕と話しちゃダメなんだよ」

赤沢「ぅっ…」ナミダコラエル

榊原「そんな赤沢さんにはお仕置きしなきゃね」ペチャリ

赤沢「ふぇっ///」ビクンッ

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 12:24:42 ID:iCv4Fhxc
榊原「うわぁっ」ヒトサシユビニュプニュプ

赤沢「んっ」ハクビシンッ

榊原「すっごい、指が吸い込まれるみたいだ」ニュプニュプ

赤沢「んんっ…だめ///」ツクエニウツブセ

榊原「なんの抵抗もなく入っちゃったけど赤沢さんっていつも指入れてするの?」ニュプニュプジュボジュボ

赤沢「///」フルフル

榊原「へぇ、一人ではするんだ」

赤沢「!?」ビクッ

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 12:30:08 ID:iCv4Fhxc
先生「お、おい、赤沢」

赤沢「ふぇ?」ビクッ

先生「た、体調が、悪いようなら、保健室に行くか?」ハァハァ

榊原「」ニヤッ

榊原「」ジュボズボジュボズボ

赤沢「んっ…///」

赤沢「ら、らいじょぶれす、もんだいありまへん///」ハァハァ

先生「そ、そうか」ハァハァ

先生「何かあったらすぐに言うんだぞ」ビンビン

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 19:42:26 ID:qiIkOsjg
先生…

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:24:41 ID:iCv4Fhxc
榊原「さて」スクッ

赤沢「はぁ…はぁ…」

榊原「赤沢さん、立つんだ」

赤沢「」スクッ リョウウデヲツクエニオイテ

先生「赤沢さんどうしたんだい」ハァハァ

先生「やっぱり具合がわるいのかいッ!」

榊原「うわぁ、椅子がべちゃべちゃだよ」

赤沢「うっ…」

榊原「でもダメだよ赤沢さん」
榊原「僕はいないんだから」

榊原「僕の言うことを聞いちゃ」

赤沢「!」ハッ

榊原「悪い子だね」ニヤリ

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:30:01 ID:iCv4Fhxc
榊原「」スチャ アカザワサンノイスニスワル

榊原「」ボロン ボッキーン

赤沢・クラス・先生「「「!?」」」

榊原「いつまで授業を中断させてるんだい」

榊原「早く座らないと先生に怒られちゃうよ」

赤沢「だ…め、それだけは…許して」

榊原「何を独り言を言ってるんだい」

榊原「いない者には関わっちゃダメだよ」

赤沢「ッ…」

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:35:16 ID:iCv4Fhxc
赤沢(だめ…)

赤沢(ここで座らなくちゃ皆に示しがつかない)

赤沢(でも、あんなのはいらないよぉ)

赤沢(無視し続けくちゃいけないのに)

榊原「さぁ、早く座りなよ」ニヤニヤ

赤沢「うっ…」ニュプ

赤沢(ふぁ、あたってる)

赤沢(榊原くんの凄く熱い)

赤沢「くぅぅぅぅ」ニュプニュプ

赤沢「ふぁぁぁぁぁ」ビチビチッ

榊原「赤沢さんの中凄く熱いよ」

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:40:49 ID:iCv4Fhxc
赤沢(はいってる…)ハァハァ

赤沢(榊原くんの熱いのが奥まで)ハァハァ

赤沢(私の中を掻き分けるように)

赤沢(だめッ…そこに当たったら変な気持ちになっちゃう)

赤沢(ダメなのに)

赤沢(皆に見られてるのに)

榊原「」クチャクチャ

赤沢「だめッ、あっ榊原くん!!動かないでっ」ニュプニュプ

榊原「いない者の相手はしちゃダメだよ赤沢さん」クチャクチャ

赤沢「っ…あっ…だめだめだめぇぇぇぇ」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:43:02 ID:qiIkOsjg
ひょおおおおおおおお






鳴たんは…?(泣)

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:46:22 ID:iCv4Fhxc
榊原「まさか赤沢さん、感じてるの」ズプッズプッ

赤沢「かっ、感じてにゃんか」フルフル

榊原「学校で」ズプッズプッ

榊原「教室で」ズプッズプッ

榊原「皆の前で」ズプッズプッ

榊原「授業中に」ズプッズプッ

赤沢「あんっ、い、いわないでッ」ニュプニュプ

榊原「赤沢さん、とんだ淫乱女だね」ズプッズプッ

赤沢「あっ…ちがうのぉっ、いんらぁっ、んじゃぁっ、ぁっ……ないのぉっ」ニュプニュプ

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:46:49 ID:1AiNz3zo
|∧∧
|・ω・`) そ〜〜・・・
|o④o
|―u'

| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ
|―u' ④ <コトッ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

| ミ  ピャッ!
|    ④

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:52:44 ID:iCv4Fhxc
榊原「そっか」ピタッ

赤沢「ふぇっ」

榊原「そうだよね、こんなの嫌だよね」

赤沢「ぇっ…」ツクエニカラダヲアズケテタッテイルジョウタイ

榊原「ごめんね赤沢さん」スポッ

赤沢「…んで」

榊原「透明人間ごっこ楽しかったよ」

ヤメチャウノ

アカザワサンノカオイロッペー

サカキバラノデカクネ

サスガトウキョウジン

アカザワサンウラヤマシイナ

赤沢「なんで、やめないでよ」オシリフリフリ

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 21:58:53 ID:iCv4Fhxc
榊原「これ以上、授業を中断させるわけにもいかないからさ」

榊原「僕は見崎鳴に話を聞きにいくよ」

榊原「僕はいない者だからね」

クラス「」ハッ


赤沢「お願い榊原くん、最後までしてぇ」

榊原「赤沢さん、僕はいないんだよ」

赤沢「私だって、こんなに榊原くんと…いない者と話してるんだから一緒だよ」

榊原「?」

赤沢「いない者と関わった者は同じ扱いをクラスの皆から受けるの」

赤沢「だからお願い榊原くん」

赤沢「続きを、最後まで、私をクラスの子とは別に特別に扱って」

榊原「!!」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:06:24 ID:qiIkOsjg
堕ちたか…

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:08:24 ID:iCv4Fhxc
榊原「そっか、僕達はいないんだね」

赤沢「だから、ね」

赤沢「きて、榊原くん」

榊原「赤沢さん」ニュプププー

赤沢「はぁん、いっいきなりおくまでぇっっ」ズボズボ

榊原「ははっ、スゴいや赤沢さん」パンパンッ

赤沢「すごぉいのぉぉぉ、榊原くんのっ熱くてっ、固くてっ」パンパンッ

榊原「赤沢さんも凄く締まってて気持ちいいよ」パンパンッ

赤沢「らめ、らめらめ、そぉんなにしたらあっ」パンパンッ

赤沢「こわれちゃうのぉ、はりめてらのにぃぃぃ」パンパンッ

榊原「はぁはぁ、赤沢さんもう」カソクソォチパンパンパンパンッ

赤沢「きて、なかにいっぱいだしてぇぇぇぇ」パパパパパパパパパパパパンッ

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:09:47 ID:iCv4Fhxc







27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:12:05 ID:iCv4Fhxc
赤沢「ふぁっっっ」

ぴゅるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるろるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる3るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:19:28 ID:iCv4Fhxc

その後、榊原と赤沢は帰って行った

教室にちりばめられたスペルマをそのまま残し

先生は悔しいぞ赤沢

お前を信じていたのに

事件を穏便に済まそうと見崎と榊原を無視するって決めたのに

赤沢、お前がうらやましい

榊原のおちんぽみるくをあんなに受け止めたお前が妬ましい

おまじないだかなんだか知らんがお前を殺したいほどだ

お前だけいい思いをしよって

はっ!?

まさか謀ったのか!?

皆を榊原から遠ざけるために

なんて酷い女だ

これだから女は…

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:20:24 ID:UuIQ8lPM
先生ホモかよwwwwww

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:34:08 ID:iCv4Fhxc
人形屋さん

見崎「来たね」

榊原「こうして話すのは、久しぶりかな?」

………
……


見崎「でね…10年ほど前に、有効な手段が見つかったの」

榊原「まさか、それが…」

見崎「そう。誰か一人をいないことにして人数を正す」

榊原「…」

見崎「そんな、おまじない」

見崎「それで、あなたと私がいない者なの」

榊原「あっ、赤沢さんもだよ」
見崎「えっ」キョトン

榊原「ちょっと事情があってね」

見崎「…そう…なんだ」ショボン見崎(榊原くんと二人だけだと思ったのに…)ウー

榊原「見崎さん?」

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:42:00 ID:iCv4Fhxc
見崎(榊原くんと一緒に授業サボって屋上でのんびりしたかったのに)

榊原「見崎さん?」

見崎(学校サボって制服デートとか)

榊原「見崎さんってば」

見崎(赤沢さんまで…)

榊原「…」

見崎(たぶん赤沢さんはイレギュラーな榊原くんにくっついているでしょうね)

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:45:06 ID:qiIkOsjg
ヤンデレクルー?

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 22:51:13 ID:iCv4Fhxc
榊原「見崎さんってば!」

見崎(でもどうして彼女が)

榊原「」サカキバラマジックハツドウ

見崎(彼女はクラスのトップだからいない者になんて…)スルスル

見崎(やっぱり榊原くんが…)スースー

見崎「!?」

見崎「はわっ!?」カラダペタペタ

見崎「あれれっ?下着が///」

榊原「まったく、さっきから呼んでたのに」クンカクンカモフモフ

見崎「なっなななななんで、さささ榊原くんが私の下着を!?」

榊原「僕を無視するからだよ」モシャモシャ

榊原「見崎さんにいない者にされたら流石に堪えるよ」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 23:29:46 ID:iCv4Fhxc
今さらだけどアナザーはアニメの元委員長と一番最近のしか見てないからキャラ崩壊すると思うから悪しからず

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 23:32:25 ID:qiIkOsjg
気にしない

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 23:39:46 ID:iCv4Fhxc
見崎「か、か返してー」バサッ

榊原「おっと」フヨンペタペタ

見崎「っ!!」バッ ムネヲカクスヨウニウデヲクム

見崎「榊原くんのえっち」ムム

榊原「今のは不可抗力だよ!」

見崎「もう、お嫁に行けない…」

榊原(まだあるかないかわからないのに)

見崎「今、失礼なこと考えた」キッ

榊原「気のせいだよきっと」アセアセ

見崎「…」ジトメジッー

榊原「ハハハ」アタフタ

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 23:40:47 ID:X3GnLi.Q
うい

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/14(火) 19:38:33 ID:Djc/6vFY


39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 23:34:42 ID:lADfdd6.
ほしほし

40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:51:11 ID:3l7yGna6
作者消えたみたいだから乗っ取る


〜翌日〜

榊原「赤沢さん、おはよう」

赤沢「………………」

榊原「(また、いないものに元通り、か)」

榊原「じゃあ、今日も僕は『いないもの』なんだね」

赤沢「」ビクッ

41以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:51:44 ID:3l7yGna6
榊原「さて、今日のパンツは……おや」ピラッ

赤沢「………………」

榊原「ふーん。黒……しかも昨日の下着より随分と高級そうだね。もしかして、期待してた?」

赤沢「……………」

榊原「期待。し、て、た?」サスサス

赤沢「…っ///」ビクン

久保寺「あ、赤沢、どうした? 急に突っ伏して」

赤沢「い、いえ……ちょっとめまいが……///」

久保寺「そ、そうか。気分が悪くなったらすぐに保健室に行くんだぞ」

赤沢「は、はい……」ビクッ

42以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:52:11 ID:3l7yGna6
榊原「本当に濡れやすいね、赤沢さんは。もうシミだらけじゃん」コリコリ

赤沢「――っ!!!」ビクンッ!!!

榊原「これ以上濡れたらパンツが駄目になっちゃうね」スルスル

榊原「……あれぇ」

赤沢「」ドキッ

榊原「はは、なんだい、密林って言ったの気にしてた?」

赤沢「///」

榊原「にしても極端すぎないかい? 全部剃っちゃうなんて」

クラス「」ザワッ

43以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:52:42 ID:3l7yGna6
榊原「まあ、良いけどね。嫌いじゃないから。こういうの」

榊原「さて、ひとまず……」スタスタ

榊原「邪魔だからかぶっててくれよ、望月」スポッ

望月「……っ!?」

赤沢「や……っ!」

榊原「凄い匂いだろ? 赤沢さんの――雌の匂い」

望月「………………」

榊原「ま、お前もそうだよな。いないものと話はできないもんな」

望月「………………」

榊原「ま、チンチンでっかくして、無視もないもんだけどな。ははっ」

望月「っ///」

44以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:53:00 ID:3l7yGna6
榊原「さて、と」クルッ

赤沢「」ビクン

榊原「今日はどうしてあげようかなぁ」

赤沢「ぅぅ……」

ガラッ

見崎「!? さ、榊原君、何してるの!?」

榊原「(やばっ)」

45以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 05:53:29 ID:3l7yGna6
榊原「い、いや、これはその――」

見崎「何をしてるの、って聞いてるんだけど」

榊原「あ、あの、その、えっと……」

見崎「こんな――楽しそうなこと、一人で勝手にするなんてひどいじゃない」

榊原「えっ」

46以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:30:32 ID:3l7yGna6
見崎「ねえ、望月君もそう思わない? 何故かパンツをかぶってる望月君」

望月「………………」

見崎「知ってるわよ。それ、赤沢さんのパンツでしょ」フフ

赤沢「っ///」

見崎「望月君がそれをかぶってるってことは……もしかして今、赤沢さん、履いてないの?」

赤沢「」カァッ

榊原「それだけじゃないぜ。ほら、見てみろよ」ピラッ

見崎「へぇ……剃ってるんだぁ。こんな丁寧に」

榊原「ああ、でも、剃り慣れてないんだろうな。こんなところにカミソリ負けが」ペロッ

赤沢「」ピクン

47以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:31:13 ID:3l7yGna6
見崎「ふふ、榊原君って案外意地悪なのね。ね、望月君。そう思わない?」

望月「………………」

見崎「ねぇってば。三神先生が大好きなのに、赤沢さんのパンツをかぶって勃起しちゃってる望月君」

望月「――っ!?」

見崎「こんなに硬くして……。制服の上からでも丸分かりじゃない」サスサス

望月「……っ!!!」ビクン

久保寺「も、望月までどうしたー? 保健室行くか?」

望月「は、はい、ちょっと気分がわるんぐむっ!?」

見崎「……ぷはっ。ふふ、もしかして、ファーストキスだった?」

望月「ぅ……///」

見崎「ごめんね? 三神先生に捧げられなくて」

望月「………………」

見崎「あれ、返事が無いわね。聞こえなかったのかしら。耳が遠い訳じゃないわよね? この耳が」フッ

望月「」ビクン

48以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:31:37 ID:3l7yGna6
見崎「へぇ、耳、敏感なのね。じゃあ、ふふ。舐めてあげる」ツツツツ

望月「」ビクンビクン

榊原「はは、面白いなあ。耳を触られて射精するんじゃないか?」

見崎「あら、それは駄目よ。出す時はちゃんと……シテあげるから我慢して、ね」フッ

望月「///」ビクン

榊原「あっちはあっちで楽しそうだね。さて、僕らは僕らで楽しもうか。赤沢さん」クチュクチュ

赤沢「!?」ビクッ

49以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:32:09 ID:3l7yGna6
見崎「さて、望月君のおチンチンはどんな形かしら」カチャカチャ

見崎「ふぅん、意外とトランクスなんだ。私、望月君はブリーフ派かと思ってた」

見崎「結構大きいもんね。ブリーフじゃキツいんでしょ」サスサス

望月「――っ!!!」ガクガク

見崎「凄いパンツに染みてる……これって我慢汁でしょ? ね?」クチュリ

望月「」ビクッ

見崎「ん……しょっはい」ペロッ

見崎「それに……生臭い」クンクン

見崎「でも……嫌いじゃないわ、味も匂いも」フフ

見崎「直接舐めたら……もっと濃いかしらね?」

望月「せ、先生! やっぱり保けんぐっ」

見崎「」クチュ……レロ……

見崎「ぷはっ。ふふ、舌、入れちゃった」

望月「」ドキドキ

50以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:32:39 ID:3l7yGna6
見崎「どうだったかしら。初めてのディープキス」

望月「………………」

見崎「さっき舐めてあげた望月君の我慢汁の味、したかしら?」

望月「……っ!」

見崎「なぁんて……分からないわよね。ほんのちょっとだったし。良かったらほら。直接舐めてみる?」サスサスクチュリ

望月「」ビクン

榊原「おいおい、自分の我慢汁を舐めさせるなんて、ひどいことするなよ。見崎」

見崎「あら、ごめんなさい、そうよね。やっぱり気持ち悪いわよね」

榊原「そうそう。だから、舐めさせるならこっちに、だろ」

望月「!?」
赤沢「!?」

51以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:33:32 ID:3l7yGna6
榊原「ほら、望月。かわりにこっちを味わわせてやるよ。赤沢さんの愛液」クチュリ

赤沢「」ビクン

榊原「さっきまで舐めてたから少し僕の唾液も混じってるけど、大丈夫だろ。凄い溢れてきて、匂いも濃いからな」

赤沢「///」カアッ

見崎「じゃ、ちょっと待ってて、榊原君。我慢汁じゃ赤沢さんに申し訳ないわ」スル

望月「っ!」

榊原「どうした見崎。望月のパンツ脱がせて」

見崎「分かってるでしょ。こうふるのよ」ガポッ

望月「あぅぁっ」ビクンビクン

見崎「」ジュッポジュッポ

望月「」ビクンビクン

見崎「」ジュッポジュッポ

望月「」ビクンビクン

52以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:34:24 ID:3l7yGna6
見崎「」ジュルルル

望月「ぅ――っ!!!」ドピュルルル

見崎「」ジュポン

見崎「ふぅ。ひゅごい量らわ、ほら、見ぇう? ひゃかきばらうん」ベェ

榊原「望月の奴、よっぽど溜まってたんだな。で、見崎、どうするつもりなんだ?」

見崎「ふふ、分はっへるふへに」スタスタ

見崎「あひゃ沢さん、きひゅ……ひよっは」

赤沢「!?」
望月「!?」

53以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:35:21 ID:3l7yGna6
榊原「あはは、何言ってるか分かんないな。ね、赤沢さん。見崎が『キスしよっか?』ってさ」

赤沢「」フルフル

榊原「遠慮するなよ。な、見崎」

見崎「」コクン

赤沢「」フルフル

榊原「逃げちゃだめだよ。ほら」ガシッ

見崎「」チュ

赤沢「んーっ!!!!!」

見崎「」レロ……ジュル……クチュリ……ヌリュ……

赤沢「」ビクンビクン

54以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:37:15 ID:3l7yGna6
とりあえずここまで。
反応にもよるが、また今日の夜中か日曜にでも続き書くつもり。

希望の相手やシチュがあれば書いておいてくれたら参考にする。

55以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:40:44 ID:1I5Kodes
のっとられた…

が、むしろ良いね

56以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/18(土) 06:47:36 ID:1I5Kodes
でも、先生の設定を生かしてくれよな!!

57以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:51:40 ID:qxJhisic
見崎「」ヌリュ……レロ……

赤沢「」ジタバタ

見崎「ん……ぷはっ」

赤沢「っ! げほっ! うぇ……げほっ」ボタボタ

見崎「あら、もったいないじゃない」

赤沢「うう……」エグエグ

榊原「はは、ちょっといじめすぎちゃったみたいだね」

見崎「ふふ、そうね。これ以上いじめるのはかわいそうだわ」

赤沢「(た、助かった……)」

榊原「じゃあ、頑張って耐えた赤沢さんにご褒美を上げなきゃね」ポロン

赤沢「!?」

見崎「まあ、榊原君たら、優しいのね」

58以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:52:17 ID:qxJhisic
榊原「でも、前の穴は昨日堪能したからなぁ。今日は後ろの穴を使ってみようか」

赤沢「!?」

榊原「はい、溢れる愛液を後ろの穴に塗りたくってー」スリスリ

赤沢「ん……っ!」ビクゥ

榊原「表面だけじゃあ駄目だから、奥の方まで念入りに指を入れてー」ズプン

赤沢「く……ぅっ」ガクガク

榊原「ほらほら、力抜いて、赤沢さん」グリグリ

赤沢「あ……うっ! くぅっ!」ビクビク

見崎「あらあら、いないものに反応しちゃうとまずいんじゃないの?」

榊原「穴ももうちょっとほぐさないとね〜。というわけで指を二本に増やしてー」グリュン

赤沢「ひぎ……ぃっ!」プシャッ

見崎「きゃっ。赤沢さんたらはしたない。おしっこもらしちゃうなんて」

赤沢「あ……うぅ……」チョロチョロ

榊原「ま、こんなもんかな」ヌプン

赤沢「」ビクン

59以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:52:46 ID:qxJhisic
榊原「さて、それじゃあいよいよ本番」ズブッ

赤沢「が……ぁ……ぁ……」

見崎「ちょっとちょっと、榊原君。いきなりそんな奥まで入れちゃって大丈夫なの?」

榊原「なぁに、大丈夫さ。何せいないものだからね。僕らが何をしたって、赤沢さんは何も感じないよ」スパンスパン

赤沢「――――――――っ」ガクガク

見崎「ああ、それもそっか。ふふ。じゃあ私も」

赤沢「!?」

見崎「前の穴が寂しいでしょ? 舐めてあげる」レロン

赤沢「や、今……だめっ!」ビクンビクン

見崎「さっき漏らしたおしっこの味……。おいし」レロレロ

赤沢「んんーっ!」ビクビク

60以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:53:07 ID:qxJhisic
榊原「くっ……! 見崎が舐めるのに合わせて、後ろの穴がすごい締まって……! もうイクっ」ズンッ

赤沢「ぎぃ……っ!?」

榊原「――っ!」ドプッウ

赤沢「そんな……そんな奥に……熱いのを……」

榊原「ふぅ……。気持ち良かったよ。赤沢さん」ズルン

見崎「榊原君だけ、ずるいなぁ。私も感じたいのに」

榊原「はは、ごめんごめん。しかし大丈夫かな、これ」

見崎「あら、何が?」

61以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:53:28 ID:qxJhisic
榊原「だって、赤沢さん、いないものを相手にこんなに感じちゃってさ。もう僕たちのことすっかりいるもの扱いしちゃってるもの」

見崎「ああ、それなら大丈夫よ」

榊原「どうして?」

見崎「だって、赤沢さんは『授業中に突然パンツを脱いで、一人遊びを始めただけ』なんだから」

クラス「」!?

榊原「ああ、なるほどな。それなら仕方ないな」

赤沢「……っ」

久保寺「あ、赤沢さん!」ガタッ

赤沢「せ、先生……?」

62以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:53:57 ID:qxJhisic
久保寺「き、君という人は……! と、突然授業中にこんな破廉恥なことをして、一体何を考えているんですか!」

赤沢「!?」

久保寺「そ、そんな、挑発をされては、とても……とても自分を抑えきれないじゃないですか!」ガバッ

赤沢「きゃああああああ!」

久保寺「こんな……こんな尻の穴をだらしなくヒクヒクさせて!」グィィ

赤沢「やっ! せ、先生! そんなところ広げないでください!」

久保寺「誘っているんでしょう! そうなんでしょう!?(こ、この穴に榊原君のチンポが……!)」レロン

赤沢「やっ、まだ敏感だから……っ!」ビクン

見崎「そう。こうして赤沢さんの暴走だったことにしてしまえば」

榊原「なるほど。最初から俺たちはいなかったことになるってわけか」

63以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:54:15 ID:qxJhisic
久保寺「黙りなさい! これは先生からの罰です!(おお! 素晴らしい! 舌でほじると榊原君の出した精液が逆流してくるじゃないですか!)」グリュグリュ

赤沢「やっ! うぁ! あっ!(せ、先生の舌……凄い蠢いて……!)」

見崎「赤沢さんも、今度は遠慮なく声が出せて、気持ちよさそうね」

榊原「ああ、全くだな」

久保寺「ぷはっ! 舐めるのはこれくらいにしておきましょうか(もう精液が出てこなくなりましたからね)」

赤沢「はぁ……はぁ……や、やっと終わった……」

久保寺「何を言うんですか。まだこれからでしょうが!(榊原君との間接接触をしないわけにはいきません)」ポロン

赤沢「え、そ、そんなっ!?」

久保寺「さあ! 遠慮なく味わって下さい!」ズブゥ

赤沢「ひぎぃ!」

久保寺「(おおっ。尻穴のヒダヒダがっ。素晴らしい! こ、このヒダヒダにさっきまで榊原君のチンポが密着していたのですね)」ズップズップ

赤沢「や……ぁ……おっきすぎる……」

64以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:54:35 ID:qxJhisic
久保寺「(この尻穴が榊原君のだと想像すると……ああ、なんてエルドラドなんでしょう……)」ズップズップ

榊原「(なんかさっきから悪寒がするなぁ……)」

久保寺「くっ! もう駄目だ! イクっ! 赤沢さん! しっかり受け止めなさい!」ビュクンビュクン

赤沢「――っ!!!?」ビクンビクン

久保寺「……っふう。赤沢さん、どうですか? 満足できましたか?」

赤沢「ぁ……ぅ……」ピクッ……ピクッ

65以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:55:03 ID:qxJhisic
久保寺「ふむ。返事が無いということは……まだ物足りないのでしょうか」

赤沢「ぇ……?」

久保寺「皆さん。先生は少し体力を使いすぎました。先生の代わりに、赤沢さんを皆で慰めてあげて下さい」

クラス「」ザワッ

赤沢「!?」

勅使河原「あ、赤沢!」ガタッ

風間「赤沢さん!」ガタッ

赤沢「ぃ……ゃ……」ズリ…ズリ…

望月「赤沢さん……」

赤沢「あ……もちづき君……助……けて……」

望月「僕の精液を吐きだしたりして……ひどいじゃないか。そんなにまずかったのかい?」

赤沢「ぇ……?」

66以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:55:31 ID:qxJhisic
望月「もう一回、今度は直接飲ませてあげるから……。次はちゃんと飲み込んでよね」ズボッ

赤沢「んぐっ!?」

勅使河原「ちっ。口は望月に先を越されたか。それなら俺はマ○コをもらうぞ」ズブッ

赤沢「んんーっ!」

風間「これじゃあ、お尻の穴しか残ってないじゃないか……。先生の後じゃユルユルだよ……」ヌプッ

赤沢「」ガクガクガクガク

67以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 04:56:03 ID:qxJhisic
見崎「あらあら」

榊原「赤沢さん、大人気だね」

見崎「そうね。……ね、榊原君」

榊原「ん?」

見崎「私……さっき、全然気持ち良くなってないのよね。ね、良かったら……いないもの同士仲良くしない?」チラッ

榊原「はは、良いね。それじゃあ、さっそく……」

見崎「あ……ね、ここじゃなくて、ね、屋上にでも行かない?」

榊原「そうだね。ここは少し……賑やかすぎるから」

赤沢「んぐっ! んぐぅっ! げぐっぅ!」

望月「ほら! おいしい!? おいしいでしょ!?」

勅使河原「なんだよこんなに濡らして! 滑りが良すぎてちっとも気持ち良くねぇ! アナルの方が辺りだったか!?」

風間「こっちも似たようなもんだよ。先生に穴を広げられちゃってさ」


こうしてこの日、入れ替わり立ち替わり、赤沢さんはクラス中の男子に犯されたとかなんとか。

68以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 05:02:13 ID:qxJhisic
ひとまず一区切り。
とりあえず先生の設定も活かせた……か?

もう少し続く予定だけど、ラストシチュの前に、
も一つ似たようなシチュを書くか榊原×見崎を書くか悩む。
ま、その辺りは気分やアドバイス、提案次第ということで。

あと、ラストシチュに関しては、諸々の都合上、次の放送後に張る形になる。

というわけでひとまず今夜はここまで。

69以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 05:09:34 ID:2KwY44Rs
パンツならいないものになった。早く鳴ちゃんを書くんだ。

70以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 09:52:59 ID:SRsp9FQM
>68
一区切り、次は放送後。だけでいい

71以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:27:41 ID:SondkvGg
〜屋上〜

榊原「お待たせ、見崎」

見崎「遅かったわね、榊原君。何してたの?」

榊原「こいつを使ってみたいなと思ってさ」スッ

見崎「これは……アイマスク?」

榊原「着けてくれないか? 相手が見えないってのも興奮するだろ?」

見崎「榊原君ってそういう趣味、あるんだ。ふうん」

榊原「嫌かい?」

見崎「良いわよ。着けてあげる。貸してちょうだい」スチャ

72以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:28:03 ID:SondkvGg
榊原「どう?」

見崎「何も見えないわ」

榊原「そりゃ分かってるよ。気分はどう? って聞いてるんだよ」

見崎「別に、何も変わらないわ。目を閉じてるのと何も変わらないもの」

榊原「ふうん、そっか」

見崎「あら、残念そう。つまらない?」

榊原「いいや、そんなことないよ。始めてみれば、その感想もきっと変わるだろうからね」

見崎「ふふ、楽しみにしてるわ」

73以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:28:32 ID:SondkvGg
榊原「ああ、ところで見崎。ちょっと後ろを向いてくれないかな」

見崎「? 良いわよ。はい」クルッ

榊原「ありがとう。そのままこっちに両手を伸ばして」

見崎「これでいい?」スッ

榊原「ああ、ありがとう」カシャン

見崎「!? ちょっと、何したの!?」

榊原「おもちゃの手錠だよ。途中で勝手に目隠しを取れないようにね」

見崎「……もう、驚かさないでよ。別にこんなのしなくても外さないわよ」

榊原「念のため、さ」サスサス

74以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:28:53 ID:SondkvGg
見崎「ん……っ。もう、いきなり胸に触ったりして……」

榊原「せっかく見えてないんだから、いちいち説明したら意味ないだろ? 何されるか分からないってのが醍醐味なんじゃないか」

見崎「まあ、ね。でもちょっとびっくりしたわ」

榊原「良いことだよ。ほら」クリクリ

見崎「あ……駄目……乳首弱いから……」

榊原「服の上から触ってるのに、固くなってるのが分かる。気持ちいいんだね」クリクリ

見崎「ん……。まあ……ね……」

榊原「さて、と」

見崎「あん……。もうやめちゃうの?」

榊原「………………」

見崎「……榊原君?」

75以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:29:12 ID:SondkvGg
榊原「………………」

見崎「榊原君ってば」

榊原「………………」

見崎「ねえ、どうしたの?」オロオロ

榊原「………………」

見崎「ねぇ、いるんでしょ?」オロオロ

榊原「………………」

見崎「ねぇってば……っ」オロオロ

76以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:30:57 ID:SondkvGg
榊原「(良いですよ。出てきてください)」ヒソヒソ

千曳「(ふふふ、待ちわびていたよ)」ソロソロヒソヒソ

見崎「榊原君……お願いだから返事してよ……」オロオロ

榊原「(見崎にこれから『色々』するのは、『僕』ですからね)」ヒソヒソ

千曳「(ああ、分かっている。分かっているとも)」ヒソヒソ

見崎「やだ……本当に行っちゃったの? ねぇ、見えないから一歩も歩けないのよ?」オロオロ

千曳「(見崎君の……これが見崎君の体……)」タッチ

見崎「きゃっ! ……んもう、驚かさないでよ。どこかに行っちゃったのかと思って本気で怖かったんだから」

榊原「ははは、ごめんごめん。でも、これぞ目隠しの醍醐味って感じだったろ?」

77以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:31:26 ID:SondkvGg
千曳「(おお、なんと張りのあるおっぱいなんだ……。服の上からでも良く分かる)」モミモミ

見崎「ん……っ。そうかもしれないけど……でも、怖くて興奮どころじゃなかったわよ」ピクッ

榊原「けど、結構可愛かったよ。戸惑う見崎って」

見崎「んもう、他人事みたいに……」

千曳「(ええい、もうはだけさせてしまおう)」スルン

見崎「あん、もう……。焦らないでよ」

榊原「ごめんごめん。早く見崎の体が見たくてさ」

千曳「(おお、見崎君の生おっぱい……素晴らしい……)」モミモミ

見崎「あ……そこ、気持ちいいよ、榊原君……」

78以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:31:46 ID:SondkvGg
榊原「そうかい? じゃあもっと触ってあげるよ」

千曳「」モミモミ

見崎「ん……あ……っ」

榊原「ところで見崎。千曳先生ってどう思う?」

千曳「!?」

見崎「ん……どうしたの、こんな時にそんな?」

榊原「いや、ちょっと気になってさ。良かったら教えてよ」

千曳「(さ、榊原君、何を考えているんだ!?)」

見崎「ん……正直言うと……ちょっと苦手かな」

千曳「!?」ガーン

79以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:32:18 ID:SondkvGg
見崎「あ、止めないで……お願い」

榊原「(ほら、千曳先生。止めちゃだめですよ)」ヒソヒソ

千曳「(あ、ああ、すまん)」ヒソヒソモミモミ

榊原「(揉むばっかりじゃなくて、もっと乳首とかも責めて)」ヒソヒソ

千曳「(わ、分かっているよ)」ヒソヒソクリクリ

見崎「ん……っ。ほ、ほら。なんていうのかな。確かに三組の件では感謝してるけど……どうしても生理的に無理っていうか……」

千曳「」ガーンクリクリ

80以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:32:41 ID:SondkvGg
榊原「さて、そろそろ下を見せてもらおうかな」

千曳「(脱がせ、ってことだね)」ピラリ スルスル

見崎「あ、駄目……今、恥ずかし……」ヌチャッ

千曳「(おお……こ、これは……!)」

榊原「パンツとアソコの間で糸引いちゃってるじゃん。凄い感じ方だね、見崎」

見崎「やっ、言わないで」カアッ

千曳「(蒸れて……匂いも凄い……)」ヌルン

見崎「あ……っ」ピクン

榊原「簡単に指が入ってくね。胸だけでこんなに濡らしちゃったんだ」

千曳「(こんなあっさり根元まで指が……指を曲げ伸ばしするとまた凄い音が……)」グプッグプッ

81以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:32:59 ID:SondkvGg
見崎「あ、さ、榊原君がっ、妙なこと、い、言うからっあ……っ」ビクッビクッ

榊原「妙なことって?」

見崎「んっ。この手が……っ、千曳せん……せの……っ」ビクビク

榊原「あれぇ? 気持ち悪いんじゃなかったの?」

千曳「」ムカッ グリグリ

見崎「そりゃ気持ちわ……けど……ん……っ」ビクン

榊原「けど?」

見崎「け、けど……なんか嫌な相手に無理矢理されてるみたいな……手錠もしてるから……それで逆に……」

82以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:33:21 ID:SondkvGg
榊原「逆にそれで興奮しちゃったんだ。見崎も結構変態かもね」

見崎「や……あ……っ言わないでっ」ビクン

榊原「(先生、一回このままイカせちゃいましょうよ)」ヒソヒソ

千曳「(ああ、そうだね。そうしよう)」グップグップ

見崎「あ……っ! やっ! 急に激し……っ」ガクガク

榊原「ほら、イっちゃいなよ。気持ち悪い、千曳先生の手で」

見崎「あ、や……言わないで……っ! あ、あぁ……っ!」ビクンビクン

榊原「あらら、座り込んじゃって。立ってられなかった?」

見崎「無理だよ……だって、上手過ぎて……」ハァハァ

榊原「じゃ、次は僕の方を気持ちよくさせてよ」

千曳「(む、そういうことか。了解だ)」カチャカチャ ポロン

榊原「ほら、咥えて」

見崎「これで、良い?」アーン

83以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:33:38 ID:SondkvGg
榊原「おっけおっけ。ほら、これだよ」

千曳「」ピタピタ

見崎「ん……。んもぅ……咥える前からカチカチじゃない……」カポッ

千曳「(おお……す、素晴らしい……!)」

榊原「だって、見崎の感じてる姿が可愛かったからさ。僕も興奮しちゃって」

見崎「んもぅ……ひゃかきはらふんたら……」ジュポジュポ

千曳「(おお、く、こ、これは……)」ビクビク

見崎「」チュポン

榊原「ん? どうしたんだい?」

見崎「ね、これも千曳先生の、なんて言わないでよね。もうそんな意地悪はおしまい。ね?」

榊原「ああ、分かってるよ。安心して」

見崎「ふふ、良かった」カポッ

千曳「」ビクッ

84以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:33:57 ID:SondkvGg
見崎「」ジュポジュポ

千曳「(さ、榊原君、まずい。激しすぎてもう……)」ヒソヒソ

榊原「(了解ですよ。そのままイっちゃってください)」ヒソヒソ

千曳「(え、良いのかい?)」ヒソヒソ

榊原「見崎、そろそろ一度……イクぞ……!」

見崎「良ひわよ。ヒかへへあげる」ジュポッジュポッ

千曳「(き、急に激しく……! くぅ……っ!)」

榊原「(あの表情、限界だな)イクぞ、見崎……っ!」

千曳「――っ!」ビュルッビュルッ

85以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:34:17 ID:SondkvGg
見崎「ん……ん……っ」ゴクッゴクッ

千曳「(おお、し、搾り取られる……!)」ビクビク

見崎「ん……ぷはっ」チュルン

榊原「気持ち良かったぜ、見崎」

見崎「ふふ、私も楽しかったわよ」

千曳「(全く最高だった……。しかもあまりの素晴らしさに、全くチンチンが萎えない)」ビンビン

榊原「さ、まだ出し足りないよ。そろそろ本番と行こうか。」

86以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:34:47 ID:SondkvGg
榊原「(先生。服を脱いで、地面にあおむけに寝てくれますか?)」ヒソヒソ

千曳「(ああ、良いとも。これで良いかい?)」ヒソヒソ ゴロン

榊原「さ、見崎、その場で立ち上がって、足を開いてくれるかい」

見崎「ん……これで、良い?」スッ

榊原「ああ、オッケーだ。そのまま少し待ってて」

榊原「(先生。見崎の下に入り込んで下さい)」ヒソヒソ

千曳「(分かっている。こうだね)」ヒソヒソ ズリズリ

榊原「お待たせ。そのままゆっくりしゃがんでみて」

見崎「ん……こう……?」ススス

榊原「そう。ゆっくり、ゆっくりね」

87以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:35:04 ID:SondkvGg
千曳「(少しずつ位置を調整しながら……。こうだ……)」

見崎「あ……。先端が……当たってる……」ピトッ

榊原「ほら、そのまま。もう少し腰をおろして」

見崎「これ以上おろしたら……入っちゃうよ……」

榊原「入れるために、してるんだよ。ほら、早く」

見崎「でも……どうしよう。ドキドキするかも……」

千曳「(ええい、じれったい!)」グイッ

見崎「え!?」ズボッ

榊原「(千曳先生、ナイス!)」

88以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:35:38 ID:SondkvGg
見崎「――――――っ」ビクンビクン

榊原「ほら、どうだい。下から突き上げられる感想は?」

見崎「あっ、すっ、すご……っ!」ビクンビクン

千曳「(私も凄く気持ちが良いよ、見崎君。このまま一気に……!)」ズブッズブッ

見崎「激し……っ! だめ……っ! 榊原……君っ! おかし……く……っ!」ガクガク

千曳「(いや、まだだ……! もう少し! 限界まで我慢しなくては……!)」

見崎「イク……! ああ! またイッちゃう……っ! 榊原君! イッちゃうよぉ! あああ!」ガクガクガクガク

千曳「(く……うぅ……っ!)」ドビュルルルル

見崎「熱……っ! ぅ……凄い……子宮に届いてる……」

榊原「……ふぅ。凄く気持ち良かったぜ、見崎」

見崎「私も……榊原君」チュッ

千曳「(おお……見崎君の……口づけ……!)」レロン

89以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:35:59 ID:SondkvGg
見崎「だめ、まだ……抜かないで……」レロ…チュプ…

榊原「ああ、分かったよ……」

千曳「(柔らかい……唇と舌の感触が……)」レロ…ヌル…

見崎「ちょっとずつ……中で小さくなってくのが分かるわ……あ、だめ、抜けちゃう……!」ヌルン

千曳「(さすがにこの歳だと二回が限界か……)」

見崎「このままもう一回と思ってたのに……残念……」

榊原「はは、ごめんよ。さ、見崎、おりてくれ」

見崎「うん、分かった。ね、もう目隠し、取ってくれる?」ンショ

榊原「ああ、分かったよ。まずは手錠からだ。さ、後ろを向いて」

見崎「はい、お願い」クルン

90以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:36:24 ID:SondkvGg
榊原「(千曳先生。そいうわけですから)」ヒソヒソ

千曳「(ああ、分かっているよ。ありがとう、榊原君)」ヒソヒソ

榊原「ええーっと、鍵はどこにやったかなーぁ、と」ガサゴソ

見崎「んもう、早くしてよ。榊原君の顔が見たいの……」

榊原「待って待って(ああ、僕も裸になっておかないとまずいな)」ヌギヌギ

榊原「(よし、千曳先生は行ったな)ああ、あったあった! お待たせ」カチャカチャ

見崎「ふう、やっと楽になれたわ」

榊原「目隠しも取って、と。どうだった? 目隠しプレイは」

見崎「悪くなかったわよ。でも、次は普通にしたいかな」

榊原「はは、了解、次はちゃんと普通に、ね」

見崎「そうよ。次は、ちゃんと普通に、榊原君と、ね」

榊原「え」ドキッ

91以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:37:09 ID:SondkvGg
見崎「気付くに決まってるでしょ。指も節くれ立ってるし、さっきあんなに赤沢さんとエッチしてたのに、全然その味がしないんだもの。んもう」ジト

榊原「あ、はは、はははは」

見崎「相手は……まあ、予想が付くわ。どうせ千曳先生、でしょ」ジトー

榊原「いや、あ、ははは……はい……」

見崎「もう、なんでこんなことしたのよ。バカ」ジトォー

榊原「いやぁ、ほら。三年三組の話を教えてもらってるから、さ。そのお礼に、と思って。こうして恩を売っておけば、また色々教えてもらえるだろうし」

見崎「はぁ……ま、良いけどね。私も分かった上で意地悪したわけだし」ジットォー

92以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:37:27 ID:SondkvGg
榊原「え?」

見崎「千曳先生のこと『気持ち悪い』って」

榊原「ええ? あれ、嘘?」

見崎「決まってるでしょ。いないものの私にあんなに優しくしてくれて。感謝こそすれ、気持ち悪いなんて思ってないわよ」

榊原「はは、そ、そっか」

見崎「でも、だからこそ、あんなやり方してくるのがちょっとムカっとしちゃったから、意地悪しちゃった」

榊原「あはは……ごめん……」

見崎「許さない」

榊原「うう……」

93以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:37:52 ID:SondkvGg
見崎「……けど」

榊原「ん?」

見崎「次は、ちゃんとシテくれる?」

榊原「あ……ああ、約束するよ」

見崎「じゃ、指きり」コユビ

榊原「……うん」

見崎「うん、じゃあ、今日は特別に、許します」

榊原「はは、ありがと、見崎」

見崎「本当に、特別、だからね」ジト

榊原「ああ、分かってるよ」

見崎「ん、よろしい」

94以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 05:39:04 ID:SondkvGg
今日はここまで。
次は次回放送から二日以内に更新する。

95以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 06:54:37 ID:3VceMgJE
続きが気になって寝れないじゃないか

96以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/20(月) 20:47:10 ID:zkT86/Fc
それでいいのか鳴ちゃんwwwww

97以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:30:43 ID:OKRNR4gM
〜三年三組〜

赤沢「さて、これからホームルームを始めます。議題は――言わなくても分かっているわね」

榊原「」
見崎「」

赤沢「いないものを増やす、という対策には残念ながら意味がありませんでした」

榊原「」オロオロオロオロ

赤沢「そのため、これ以上続ける意味も無いだろう、という結論に至り、二人は元通り、いるものに戻りました」

見崎「」ガクガクブルブル

赤沢「と、いうわけで。弁明があれば聞きます。二人とも、どうぞ」

榊原「し、仕方なかったんだ。僕にはどうしようもなかったことで。凄く自分を責めて落ち込んでもみたけれど、今さらどうにもならなくて。な、なぁ、見崎」オロオロ

見崎「そ、そ、そうなの。本当に仕方がなくて。他にもうどうしようもなくて。ね、ねぇ。榊原君」キョドキョド

98以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:31:02 ID:OKRNR4gM
赤沢「よし。判決。有罪」ビシッ

見崎「ま、待って! 話を聞いて! これにはちゃんとしたわけが!」

赤沢「……聞きましょう」

見崎「ほ、ほら。なんていうかその、いないものにすることに効果が無かったわけだから。だからいっそ逆に考えてみたら良いかな、なんて思って」

赤沢「……つまり?」

榊原「そ、そう! だ、だから、つまり、逆に一人増やしたら良いんじゃないか、みたいな? そういう深い思慮があっての中出しで」

赤沢「判決。極刑。上告は棄却します」

榊原・見崎「ノォォォォォォォォ!!!」

99以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:32:04 ID:OKRNR4gM
赤沢「というわけで、今回は一番の被害者である私と望月君が。他の皆は恒一君と見崎さんが動けないよう、地面に寝かせた上で手足を押さえて頂戴」

勅使河原「はい、了解」ガシッ

風間「了解」ガシッ

その他大勢「了解」ガシッ

榊原「ま、待って! ゴメン! 本当にごめんなさい! あれはちょっと魔が差しただけで、他意はなかったんです!」ジタバタ

赤沢「おのれは魔が差したからって中出しレイプを敢行するんかい」

榊原「はい」

赤沢「そんな素敵な恒一君には、このアナルバイブをプレゼント」ヌッ

榊原「ちょ!? そんないきなりハードな!」

赤沢「大丈夫。ちゃんとローションで濡らしてあげるから」ヌリヌリ

榊原「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」ガクガクブルブル

赤沢「はい、風間君。恒一君の服を脱がせて」

風間「了解」スルリン

榊原「ヒィィィィィ!」

100以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:32:24 ID:OKRNR4gM
赤沢「はい、じゃ、恒一君、力を抜いてー」ヌプププ…

榊原「うぁぁぁぁ……っ!」ビクビク

赤沢「こうして根元まで入れてー。で、こうして前立腺に押しつけるとー」グリン

榊原「ひぐっ!?」ビクッ

赤沢「はい、いとも簡単に勃ちました〜。立派ですねー」ニコッ

見崎「」ガクガク

赤沢「望月君、見崎さんの方もよろしくね」クルッ

見崎「ひぃぃ!」ガクガク

101以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:32:43 ID:OKRNR4gM
望月「ふふ……見崎さん。この間はひどかったじゃないか……あんなからかい方して……僕のファーストキスまで奪って……」

見崎「い、いや、ごめんなさい。本当に。ね、あの時はなんて言うかつい調子に乗っちゃって……」ブルブル

望月「どうしようかなあ……」

見崎「そ、そうだ! 榊原君に三神先生のパンツを盗ってきてもらうよう頼んであげるから! ね!」

榊原「なんで僕が!?」

赤沢「はい、君は黙る」グリン

榊原「ひぎぃ!」ビクン

望月「大丈夫。僕は赤沢さんほど意地悪じゃないから」

見崎「そ、そう?」ブルブル

望月「うん。というわけで、ご用意いたしました、ローター七個」ニコ

見崎「」

102以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:33:02 ID:OKRNR4gM
望月「見崎さんのパンツを脱がせましてー」スルスル

見崎「ストップ! ごめんなさい! 望月君!」ジタバタ

望月「脱がせたパンツを丸めます」クルクル

見崎「あれはなんていうか榊原君に乗せられたところもあって、だからその私は全面的に悪くないというか」

榊原「み、見崎!?」ガーン

赤沢「だから君は黙りなさい」グリュン

榊原「ひぎっ!」

見崎「だからつまりその、望月君があまりに可愛いからそのもごっ!?」

望月「丸めたパンツを見崎さんの口に押し込みます」グイグイ

見崎「もがっ! もがっ!」

望月「そして、吐き出せないよう、このガムテープで口を止めます」ピタッ

見崎「んぐーっ!」

103以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:33:19 ID:OKRNR4gM
望月「というわけで準備おっけー。さて、見崎さん、このローター、どうしてほしい?」

見崎「もがっ! もがっ!(やめて! やめて!)」

望月「ふむふむ。とりあえず入れて欲しいんだね」

見崎「んんー!?(違うー!!!)」フルフル

望月「唾液で濡らして、と。まずは一個目ー」グリグリ

見崎「んぐっ! んぐっ!(お願い! 本当に許して!)」ジタバタ

望月「いしょっと」ヌプン

見崎「んんんぐーっ!(いやぁー!)」ビクン

104以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:33:37 ID:OKRNR4gM
望月「そして二個目〜。……は、前の穴はふさがってるから、お尻の穴に」グリグリ

見崎「むぐぐぐー!? んぐっ! んぐっ!(お、お尻!? 駄目! そこは本当に駄目!)」ジタバタ

望月「ほらほら、力を抜いて。ふんっ」ズブッ

見崎「んむぐっ!(ひぎい……っ!)」ビグン

望月「そして三個目と四個目は〜……。はい、見崎さん、上も脱いでね」スルスル

見崎「」ピクピク

望月「はい。乳首に当てて〜。も一度登場ガムテープ。はいこれで固定、と」ピタッ

105以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:33:57 ID:OKRNR4gM
望月「ん〜。ローターが三個余っちゃったな。仕方ない。無理矢理前の穴に入れよう」

見崎「!?」

望月「はい。ひとーつ」ヌプッ

見崎「んぐぅ!(無理ぃ!)」ビクッ

望月「ふたーつ」ヌプッ

見崎「むぐぐぐっ!!(無理だって! もう入らないから!!)」

望月「みー……む、固いな」グリグリ

見崎「んぐっ! んぐっ!(もう一杯なの! 本当に隙間も無いくらい!)」

望月「えい、みっつ!」ズブン

見崎「―――――――!(――――――!)」ガクガクガクガク

106以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:34:23 ID:OKRNR4gM
望月「ふう……。見崎さん、お疲れ様」ニコッ

見崎「」

望月「じゃ、もうさっさと始めるね。はい、全部まとめてスイッチオン」カチッ×7

見崎「んぐぃー!?(ひぎぃぃぃぃぃ!)」ビクンビクン

勅使河原「うぉ! 凄い力だ!」

望月「勅使河原君、しばらく押さえておいてくれる?」

勅使河原「え? ああ、良いけど……どうすんだ?」

望月「ちょっと赤沢さんとサカキ君の方を見てくるよ。しばらく放置して」ニコッ

見崎「!?」ビクンビクン

勅使河原「り、了解(こいつ、鬼だ……)」

望月「じゃ、見崎さん、しばらく楽しんでてね」

見崎「んぐー! んぐー!(待ってー! 止めてー!)」ビクンビクン

望月「パワーは最弱だから、大丈夫だよ。たぶん

107以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:34:46 ID:OKRNR4gM
榊原「ひぃぃぃぃぃ」ガクガク

赤沢「(望月君は怒らせないようにしましょう……)さて、恒一君」

榊原「は、はひぃ!」

赤沢「……こんな状況で、こんなに固く勃起させちゃって。何考えてるの?」サスサス

榊原「そ、それは、赤沢さんが刺激するから」ピクン

赤沢「そうよねー。この間の私と同じよね。刺激されちゃうから勝手に感じちゃうのよね」トローリ

榊原「な、何してるの、赤沢さん」ビクビク

赤沢「だから、同じように感じさせてあげようと思って。こう、ローションをたっぷり塗りたくってー」グッチュグッチュ

榊原「んおっぉ!?」ビクン

赤沢「まずは小手調べ。手でイかせてあげる」グチュグチュ

榊原「そ、そんな強く握らないで……っ!」ビクビク

赤沢「えー? 大丈夫でしょ。ローションで滑るんだから」グッチュグッチュ

榊原「いいいぃっ!」ビクンビクン

108以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:35:05 ID:OKRNR4gM
赤沢「あ、お尻のバイブもたまには触ってあげないとね」グリン

榊原「おがっ!?」ドピュッ

赤沢「あれ? あらら、お尻の刺激でイっちゃった?」

榊原「うう……」

赤沢「まあ、でも安心して。ほら、さっきと同じようにこうして前立腺を刺激すれば」グリグリ

榊原「!?」ビクン

赤沢「はい。元通り大きくなりましたー。というわけで二回戦。改めて手でスタート」グッチュグッチュ

榊原「ひいいぃー!?」ビクビクン

赤沢「大丈夫よー。十回でも二十回でも、イくたびに勃たせてあげるからねー」グップグップ

望月「(赤沢さんも大概だと思う)」

109以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:35:25 ID:OKRNR4gM
〜三十分後〜
榊原「」ドピュッドピュッ

赤沢「んー。もうすっかり透明なのしか出てこなくなったわねぇ」グッチュグッチュ

榊原「あ、赤ざ……さ……も、もうやめ……」グッタリ

赤沢「え? なーに? 聞こえない」グリン

榊原「いぎぃ……っ」

赤沢「もうお尻の穴も結構ゆるくなったねー。バイブが簡単に出入りするわ」ズブズブ

榊原「あうぅ……っ」ビクンビクン

赤沢「ホームルームはあと十五分だから。ほら、頑張ろうねー」グッチュグッチュ

榊原「」グッタリ

110以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:35:42 ID:OKRNR4gM
望月「さて、と。そろそろこっちはどうなったかな? 見崎さーん?」

見崎「」シロメ

望月「見崎さーん?」

見崎「」シロメ

勅使河原「駄目だよ。十分くらい前からもう反応なくてさ」

望月「うーん。流石にやりすぎたかな」

見崎「」シロメ

望月「じゃあ、ローターのパワーをマックスにしよう」ポチッ

見崎「んぎぎぎぎぎぎぐ!?」ビクンビクン

望月「気付いた気付いた」ニコッ

勅使河原「(鬼だ)」

111以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:35:59 ID:OKRNR4gM
望月「さて、見崎さん。今からガムテープ、外してあげるね」

見崎「んぐっ! んぐっ!」コクコク

望月「はいはい、せーの」ベリッ

見崎「ぷはっ! ぜひっ! ぜひっ! お、お願っ! と、止めっ!」ビクンビクン

望月「止めてあげるよー。僕を満足させてくれたらね」カチャカチャ

見崎「!?」ビクビク

112以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:36:15 ID:OKRNR4gM
望月「こないだみたいに、口でしてくれる? それでイかせてくれたら止めてあげる」ポロン

見崎「する! します!」ビクンビクン

望月「『させてください』でしょ?」ニコッ

見崎「は、はひ! させて下さい!」ビクビク

望月「……『お願いします』は?」

見崎「お願いします! させて下さい! だから早く咥えさせてぇ!」ビクンビクン

望月「えー。どうしようかなぁ」ニコッ

勅使河原「(鬼だ)」
風間「(鬼だね)」
赤沢「(鬼ね)」グッチュグッチュ
榊原「」シロメ

113以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:36:35 ID:OKRNR4gM
望月「じゃ、見崎さんを起こしてあげて。あ、手は離さないでね」

勅使河原「お、おう」グイッ

望月「はい、じゃ見崎さん。あーんして」

見崎「」アーン

望月「はい、どうぞ」ズボッ

見崎「ん……っ」グップグップ

望月「あはは。そんなにがっついちゃって。よほど舐めたかったんだね」

見崎「(全身がしびれてぼぅっとする……早くイかせないと……もう限界……)」レロンレロン

望月「んー……。もっと根元まで、頼むよ」グイッ

見崎「んぐっ!?」ジタバタ

望月「そうそう。そうやって喉の奥まで使ってね」グリグリ

見崎「(息がっ! 息ができない!)」ジタバタ

勅使河原「お、おい。望月。大丈夫か?」

望月「大丈夫。僕はこれくらいでイったりしないよ」

勅使河原「(そういうことでなくてさ)」

114以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:36:55 ID:OKRNR4gM
望月「……あれ」

勅使河原「ど、どした?」

望月「見崎さんの動きが止まっちゃった」

勅使河原「」

見崎「」シロメ

勅使河原「抜け! 抜いてやれ!」

望月「えー?」

見崎「」シロメ

勅使河原「早く!」

望月「仕方ないなぁ……よっと」ズルン

見崎「げほっ! げほっ!」

勅使河原「だ、大丈夫か?」

見崎「ひ、ひぬかと思っは……」グッタリ

勅使河原「こんなんで今月の死者が発生したらシャレにならんぞ……」

115以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:37:11 ID:OKRNR4gM
赤沢「……なんかあっちはあっちでシャレにならないことになってるけど」グッチュグッチュ

風間「……あんま人のこと言えないと思うよ……。あ、十七回目」

榊原「」ビクンビクン

赤沢「あれ、もう何も出て来なくなっちゃったじゃない」グッチュグッチュ

風間「三回くらい前からそんな感じだよ」

赤沢「そうだっけ? 夢中になってて忘れちゃった」グリン

榊原「」シロメ

116以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:37:39 ID:OKRNR4gM
望月「じゃ、見崎さん。イかせられなかったから罰ゲームね」

見崎「ひぃ!?」ビクッ

望月「と言っても、普通にエッチさせてくれたら良いだけだよ。簡単でしょ?」ニコッ

見崎「(そ、それならなんとか……)は、はひ。お願いします。是非私のアソコに入れて下さい……」

望月「うんうん、ちゃんと学習してくれたみたいで嬉しい限り。じゃあさっそく……あれぇ?」

見崎「ど、どうしたの?」

望月「いやぁ。なんだか、ローターが入ってるからさ。これじゃあ入れられないなぁ」

見崎「そ、そう! そうでしょ! だから抜いて! ……下さい! お願いします!(それが抜いてもらえればだいぶ楽になるわ!)」

望月「そうだね、じゃあ、まず一個目―」グィッ ヌポン

見崎「ひぎっ!」ビクン

117以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:37:57 ID:OKRNR4gM
望月「抜けたー。けど、どうしよっかな……。えい、お尻の穴に」グリッ

見崎「え!? らめぇ!」ビクン

望月「二個目〜」グィッ ヌポン

見崎「――っ!」ビクン

望月「これもお尻の穴に」グリッ

見崎「ぐぎぃっ!」ビクンビクン

望月「三個目〜……は抜かなくてもいっか。もう入るでしょ」ズブッ

見崎「ひぎぃぃぃぃ!?」ビクッビクッ

望月「ああ、ローターの振動が響いてきて気持ちいいよ、見崎さん」パンパン

見崎「」ガクンガクン

118以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:38:15 ID:OKRNR4gM
赤沢「さて、そろそろ時間もないし、そろそろ始めましょっか」

風間「始めるって? 何を?」

赤沢「恒一君、手だけじゃかわいそうでしょ? 入れさせてあげなきゃ」スルスル

榊原「」グッタリ

赤沢「はい。最後の一勃ち、ちゃんとしてね」グリン

榊原「」ビクンッ

赤沢「じゃ、そのまま仰向けに寝ててね。入れてあ・げ・る」ヌプッ

119以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:38:41 ID:OKRNR4gM
望月「良いよ! 見崎さんの中、凄く気持ちいい!」パンパン

見崎「らめ! 本当にらめっ!」ビクンビクン

赤沢「良いわぁ。恒一君の、とっても気持ちいいわよぉ」ヌプッヌプッ

榊原「し、死ぬ……マジで……」グッタリ

望月「出すよ! このまま中に出すよ!」パンパン

赤沢「イっちゃいなさい! このまま私の中で!」ヌプッヌプッ

望月「く……うううっ!」ドピュッドピュッ
赤沢「イ……くぅ……っ!」ビクッビクッ

キーンコーンカーンコーン

120以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 03:39:10 ID:OKRNR4gM
こうして、この日のホームルームは終わりを遂げた。
僕も見崎も、色々なんかこう、とてつもなく危なかったが、ギリギリのところで死者にならずに済んだ。

だが、悪夢が終わったわけではない。
まだ何も解決してはいないのだ。

たまたま今回の僕らは幸運だったというだけで、いつ、誰が死者になってもおかしくないのだから。

今年は「ある年」で。
これまでの対策は叶わず、死者は、止まっていないのだから。
そう。このままでは、これからも間違いなく死者は出続けるのだ。

三神先生「なんとなく良い感じふうに締めたいんでしょうけど、今さら手遅れだからね?」

榊原「はい……」

見崎「申し訳ございませんでした……」

三神先生「(って、私の出番これだけ……)」ガーン




おしまい。

121以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 04:22:50 ID:7y2l2gyI
ぉっ

122以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 13:03:38 ID:fvED3pvE
乙!

123以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/24(金) 11:06:50 ID:RZtZbH1E
まだまだ見たかった!


124以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/26(日) 23:36:21 ID:7ER3iTsI


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■