■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

<少し、私の話し相手になってください>
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:03:10 ID:NbrR490o
「なかなかに面白い提案じゃないか、AIのお前にしては」

<そうでしょう。では、何について語り合いましょうか>

「そうだなぁ・・・、お前はどんな話をしたいんだ?」

<我々の今後について、というのはどうでしょう。なかなかロマンティックな議題かと>

「ロマンティックね・・・。言葉の意味、理解してる?」

<意味はわかります。が、理解しているかといえばノーです>

072なんで、需要あるないにかかわらずつらつら下げながら書きます

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:12:37 ID:Gdz23cds
いいから書け

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:16:30 ID:Mi0Q10Kc
実に興味深い…続けたまえ。

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:18:06 ID:NbrR490o
「ん〜・・・なかなかに人間的な思考をするようになったかと思えば」

<申し訳ありません。で、我々の今後についてですが>

「そうだな、綺麗なリゾートでゆっくりバカンスってのはどうだ」

<それでは私が楽しくありません>

「『楽しい』って感覚も、わかってないだろ」

<はい、申し訳ありません>

「しかしまぁ、確かに『俺たち』の今後だしな。じゃあ、俺が死ぬまで一生話し続けるとか」

<なかなか魅力的ですね>

「それは意味わかって使ってるな」

<優先順位の高い選択肢ということでよろしいですか?>

「そんな感じだな」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:38:41 ID:NbrR490o
「つまり、俺との会話は優先度が高いのか?」

<あなたの生命維持補助の次に>

「具体的にいうと何番目?」

<二番目です>

「・・・」

<どうしました?心拍数が少し上がりましたよ?>

「い、いや。すまん、なんでもない」

――なにをドギマギしてるんだ。思春期の少年じゃあるまいし。相手はAI、プログラムだろ。いくら女性タイプとはいえ・・・

「ふぅ。しかし、それだと俺が少し物足りない。ほかの事にも興じてみたく候」

<随分と言葉がおかしいですね。どうしたんですか?>

「あ、いや、なんでもないんだ。うん」

<そうですね、では――>



明日テストだけど俺がんばる

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:53:56 ID:NbrR490o
<とりあえず食事にしませんか>

「あれ、もうそんな時間か。じゃあ用意するかな」

<今日は料理されますか?>

「あぁ、今日は久しぶりに包丁でも持とうかな」




過疎怖いんで前言撤回して上げます

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:54:56 ID:NbrR490o

〜キッチン〜

「――とは言ったものの、まったく考えてなかったからなにを作ろうか・・・」

<食べたいものを作ればいいじゃないですか。材料はまだありますよ。>

「じゃあカレーにするか。美味いし」

<子供ですか、あなたは>

「な、お前、カレーを馬鹿にするのか?いいか!?味覚の無いお前には分からないかもしれないけどな――」

<ハイハイわかりましたから。大声出してお腹が空くのはあなたですよ>

「く、なんか上手くいなされた様な・・・」

<しかし、味覚を味わえるのは純粋に羨ましいですね>

「羨ましいだろ。だが俺のカレーはやらん」

<いりませんよ。もらっても食べられませんし>


上がってなかった・・・(・ω・`)

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 00:02:01 ID:g4pqrmXQ
「・・・なんかそれも寂しいな」

<なぜですか?>

「やっぱり二人きりだし、一緒に食事したいじゃん」

<そんなものですか>

「そんなもんですよ、っと。さて、あとは仕掛けを御覧じろっと」

<私と、食事したいですか?>

「ん?あぁ、まぁ、出来るもんならな」

<そう、ですか>

「なんだよ」

<いえ、何でもありません>



上げられてねぇ・・・モンキーパンツのコピペ思い出した

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:32:12 ID:g4pqrmXQ
「さて、腹ごなしもすんだところで、お話の続きでも」

<・・・・・・>

「どうしたんだ?さっきからなんかおかしいぞ。バグか?」

「失礼ですね。システムはすべて通常運行中です」

「・・・どなた?」

AI「なにを言っているんですか・・・あぁ、このボディのことですか。対ヒト用バイオコミュニケータです」

男「・・・つまり?」

AI「退屈な、例えばあなたのような人の相手をするための『入れ物』です」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:37:08 ID:g4pqrmXQ
男「なるほど納得だが、いきなり後ろに現れるのは心臓に悪いぞ」

AI「申し訳ありません。以後気をつけます」

男「じゃあ話の続きでも」

AI「ではお茶を入れましょう。少しお待ちください」

男「あ、悪いんだけど、俺コーヒーのほうがいい」

AI「わかりました」

〜数分後〜

AI「どうぞ。ブラックでよろしいですね」

男「ありがとう。さて――」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:40:30 ID:g4pqrmXQ
男「俺たちの今後についてだったな」

AI「はい」

男「その体、食事は出来るの?」

AI「はい、可能です」

男「じゃあ夕飯は一緒にどうだい。星空でも見ながら」

AI「構いませんよ」

男「何かリクエストある?」

AI「では、昼間残ったカレーで」

男「え」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:44:28 ID:g4pqrmXQ
AI「え?」

男「あ、ああ、いやいや。わかったよ」

AI「楽しみですね」

男「お前、意味わかってんの?」

〜夕食〜

男「さ、俺特製カレー」

AI「待ちわびました。さ、早く食べましょう」

男「そうだな。いただきます」

AI「いただきます・・・そういえば――」

男「ん?」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:50:34 ID:g4pqrmXQ
AI「なぜ食物に対して感謝の念を持つのでしょうか」

男「命をもらうってのは、それほど重いことなんだよ」

AI「重い・・・ですか」

男「そう、重いんだ。命の無いお前には分からないかも知れないけど」

AI「そうですね。正直なところわかりません」

男「そうだよなぁ・・・プログラムだもんなぁ」

AI「しかし、人間もDNAというプログラムに則って、輪廻転生というルーチンワークをこなしているだけとも言えます」

男「・・・!」

AI「あ、出すぎたことを言いまし――」

男「なかなか面白い発想をするな」

AI「え?」

男「なるほど、そういう発想もあるな。じゃあ、人と機械の境界線って何なんだろうな」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:57:00 ID:g4pqrmXQ
AI「魂の有無でしょうか。それとも感情?」

男「魂って、なんなんだろ」

AI「理屈は理解できますが、実際に確認したわけではないのでなんとも」

男「だよなぁ・・・あ、おかわりいる?」

AI「いただきます」

男「ほい、っと。俺さ、思うんだよ」

AI「なんですか?」

男「魂とか感情ってさ、コンピュータで言うところの0と1の間に宿るんじゃないかなって」

AI「0.5、ということですか?」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 03:57:48 ID:U9aNI4vA
なかなか興味深いスレを開いた…続けろくださいwww

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:04:31 ID:g4pqrmXQ
男「ある意味そうかもしれない。コンピュータにとって、イエスでありノーである判断なんてあるか?」

AI「ありません。常にどちらか1つです」

男「デジタル信号ならな。でも、アナログなら」

AI「閾値未満の信号が、ありますね」

男「その小さな信号は、デジタル信号ならノイズになるだろ?」

AI「はい」

男「そのノイズこそが、人間の感情なんじゃないかって思うんだよ」

AI「・・・理解しかねます。ノイズは必要ないじゃありませんか」

男「そう、的確な判断を下すならそうだ。しかし、感情ってやつはそうはいかない」

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:09:06 ID:g4pqrmXQ
AI「ノイズによって生じる、遊びが必要なんですか」

男「遊びというよりは、揺らぎとでも言うのかな。あ、おかわりは?」

AI「いただきます――なんとなく理解できました」

男「なんとなく、ね。ま、俺も正直よくわからないんだ」

AI「そうですか。しかし――」モゴモゴ

AI「これが『美味しい』という味で、『楽しい』ということなんですね」

男「・・・」

AI「ご満悦ですね」


>>15 がんばる。超がんばる

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:15:31 ID:g4pqrmXQ
男「手料理ほめられたもんな。うれしいよ、そりゃ」

AI「そうですか――ごちそうさまでした」

男「はい、お粗末さまでした」

AI「粗末ではありませんでしたよ」

男「わかってるさ。謙虚さは人間の美徳だな」

AI「なるほど――さて」

男「ん?」

AI「当船の進路上に、上陸できそうな惑星が見つかったのですが」

男「藪から棒だが、良い知らせだな」

AI「海も綺麗ですし、食後の運動もかねて、バカンスなんてどうですか?」

男「なるほど、悪くないな」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:17:39 ID:g4pqrmXQ
――長かった船旅も、ようやく終わりそうだ。

――滅んだ俺の母星によく似た、綺麗な青い星。

――さて、俺たち「二人」のこれからは、まだまだ先が長そうだ

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:18:51 ID:g4pqrmXQ
終わりです。SFが書きたかっただけなんです。お目汚しすいませんでした。

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:20:29 ID:g4pqrmXQ
以後感想や罵詈雑言等お受けします。

「こんなの書けよ」って言うのもお受けします

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 04:50:48 ID:U9aNI4vA


不覚にもAIに萌えた
つか、こんな娘いたらいいのにな

23>>1:2012/02/13(月) 04:55:59 ID:g4pqrmXQ
>>22 乙ありがとうございます

AI萌え・・・これは流行る

ZOEのエイダとか良いよね

24<削除>:<削除>
<削除>

25>>1:2012/02/13(月) 12:52:49 ID:g4pqrmXQ
AI「これが海ですか」

男「あぁ、なかなか気持ちが良いだろ」

AI「感覚器官に訴える何かがあります。何なんでしょう?」

男「さあ。ま、なんでもいいんじゃない?とりあえず泳ぐなり何なり遊ぼう」

AI「わかりました」



早速後日談。需要あれば書きます

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 14:56:02 ID:PIxAWxu2
>需要あれば

こういうのマジいいから
書きたければ書け、でなければ書くな

27>>1:2012/02/13(月) 21:01:17 ID:0kiUX2Fk
男「よっしゃ、じゃあ泳ごうか。そのボディは水、大丈夫なの?」

AI「完全耐水、人類の体と99.9%同じです」

男「なるほどね。じゃあ大丈夫だ」

AI「ですが、重大な問題があります」

男「ん?なんだよ」

AI「現段階では泳げません」

男「は?」

AI「泳げません」


>>26 把握
ほかの読者の方々も、稚拙なオナヌですがよろしければお付き合いください

28>>1:2012/02/14(火) 23:57:26 ID:EWa4yb2A
バレンタイン番外編

「なぁ」

<なんですか>

「チョコレートの貯蔵ってまだあったっけ」

<ありますけど、食べたいんですか>

「食べたいです。せっかくこんな日なんで」

<あぁ、バレンタインデーですか。人の命日に呑気なもんですね>

「まぁそういうなって。ほら、チョコ美味しいじゃん」

<美味しいかどうかは知りませんけど、そこまで言うんならケーキにしてお茶の時間にお茶請けとしてでも出しましょう>

「おぉ、やった」

<こんな些細なイベントでも、時間の経過を把握するのにはもってこいなんですね>

「まったく、わかってないのな」

――そんなAI子さんと男の昼下がり

29>>1:2012/02/15(水) 02:29:42 ID:t7OZRRvo
AI「勿論、お望みとあらば、今すぐ泳げるように出来ますが――」

男「それは面白くないな。こういうときは、練習するのが王道だろ?」

AI「聞かれてもわかりません。データにありません」

男「まぁ、いいや。学習機能はあるんだろ?俺が教えるよ」

AI「非効率的ではありますが、お願いします」

男「ほんの少し釈然としないが、任せなさい。んじゃ、行くか」

30>>1:2012/02/23(木) 00:02:32 ID:XRTlFsek
2/22すぺしゃる

ナー

男「お、原生生物か。猫っぽいな」

AI「の、ようですね。危険度は低そうですが」

男「いやぁ、俺猫好きなんだよね。うわぁ猫可愛いな猫」

AI「・・・」

男「な、こいつ飼おう?めちゃくちゃ可愛いじゃん」


続きます

31>>1:2012/02/23(木) 00:04:54 ID:XRTlFsek
〜後日〜

男「おぉい、あれ、いないのかな」

AI「ナ、ナー」

男「!?」

AI「な、何でもありません!!」

男「なんでもないってお前、その耳なんだよ?」

AI「何でもありませんってば!」

男「おぉ、猫耳!!ちょ、触らせて!」

AI「ちょ、や、やめてください!」

男「おぉ、すげぇ。もふもふだ」

AI「ふあっ・・・!ちょっと!さわら・・ないで・・くだ・・!」

――今日も今日とて、新天地は平和です。

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 00:34:29 ID:rY/hyvic
?

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■