■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

鹿目まどか「はぁ……」京乃まどか「……はぁ」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:03:10 ID:/kqYFZvs
鹿目「え?」

京乃「え?」

鹿目「あ、どうも……」

京乃「いやぁ、どもども」

鹿目「ウェヒヒ」

京乃「あはは」

まどか「「……はぁ……」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:06:05 ID:/kqYFZvs
まどか「「あの」」

鹿目「あ、はいっ!な、なんですか!?」

京乃「いやぁあの、そちらからどうぞ!」

鹿目「い、いえいえ!あの、お姉さんからどうぞ!」

京乃「いやいやいや!」

鹿目「いえいえいえっ!」

京乃「……あはは」

鹿目「ウェヒヒ……」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:09:50 ID:/kqYFZvs
京乃「何か悩み事?」

鹿目「お姉さんも、ですか?」

京乃「うんまぁ……て言っても、悩みって言うほどのもんじゃないんだけどね……」

鹿目「でも、なんだかすごく憂鬱そうな溜息でしたよ?」

京乃「それはあなたも同じでしょ?」

鹿目「えっ!?そ、そうでしたか……?」

京乃「うん」

鹿目「うぅ……あ、でも……お姉さんも、でしたよ?」

京乃「ありゃー……参ったなー」

鹿目「ウェヒヒ」

京乃「あはは」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:16:14 ID:/kqYFZvs
鹿目「あの、わたしで良ければ話、聞きますよ?何が出来るかって訳じゃないんですけど……」

京乃「あーありがとう。でもいいよ、それよりも貴方の悩み事、教えてよ。あたしがなんとかしてあげる!」

京乃「なんたってあたしはジャージ部だからね!」

鹿目「(ジャージ部……?)いえ、あの、そんな今すぐどうにかしなきゃいけないってほど大変なことじゃないんです、わたしの事は……
ただちょっと、最近友達との関係が思うようにいかないって言いますか……」

京乃「あちゃー人間関係のトラブル?一番厄介だね……それは……うん、分かるよ、その気持ち」

鹿目「ウェヒヒ。やっぱりそういうのって沢山経験しているんですか?」

京乃「うん……まぁね……というか、現在進行形で経験値獲得中と言いますか……」

鹿目「え?」

京乃「っと、自己紹介が遅れたね。あたし、京乃まどか。まどかって呼んで」

鹿目「えっ!?あ、あの、わたしも、まどか、です……」

京乃「えぇ!?」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:21:53 ID:/kqYFZvs
京乃「いやぁこりゃぁ驚いた!て言っても『まどか』なんてありふれた名前だしねぇ」

鹿目「ウェヒヒ、そうですよね。あの……呼び方、どうしましょうか……」

京乃「あたしはまどかでいいよー。今二人っきりなんだし、まどかはあなただけだからね」

鹿目「じゃぁわたしも、まどかさんって、呼ばせてもらいます」

京乃「まどかさん、か……ちょっと、むず痒いなぁ……」

鹿目「ウェヒヒ」

京乃「あはは……それじゃぁ改めて、よろしくね、まどかちゃん」

鹿目「はいっ!よろしくお願いします、まどかさん!」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:26:45 ID:/kqYFZvs
京乃「んで……どうしたのさ、まどかちゃんは。すっごい良い子だし、誰かに嫌われたりする子には思えないんだけど……」

鹿目「あ、いやあの……嫌われたりって訳じゃないんです……実は、その逆で」

京乃「逆ぅ?」

鹿目「はい……寧ろ、好かれ過ぎているって、いうか、あの、自意識過剰なだけなのかもしれないんですけど……友達が、もしかしたら
わたしに友達以上の関係を求めているのかなーって……思ってしまうことがあるんです」

京乃「それは……」

京乃「……」

京乃「た……たとえば?」

鹿目「……」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:32:50 ID:/kqYFZvs
鹿目「たとえば……」

ほむら『まどか、今日は一緒に帰りましょう』

鹿目『あ、うん良いよ、ほむらちゃん。一緒に帰ろう』

ほむら『じゃぁ』ギュッ

鹿目『え?』ドウシテウデヲ……?

ほむら『え?』クマナイノ……?

鹿目「いきなり、ちょっと、女の子同士でどうかなっていうようなスキンシップを取ったり……」

京乃「……」

ラン『まどか』

京乃『ん?ラン、どうしたの?』

ラン『……』ギュウ

京乃『……ん?』ナゼダキツク……?

京乃「あるある」

鹿目「えぇ!?あるんですかぁ!?」

京乃「うん。うちもねー……」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:39:22 ID:/kqYFZvs
京乃「どこに行くにもついてきたり」

鹿目「はいはい!」

京乃「びったり隣に付いてきたり」

鹿目「はいはいはい!」

京乃「別に嫌ってわけじゃないんだけど……でもねーって」

鹿目「ありますあります!」

京乃「それで、ちょこっとだけ、離れていてもらおうかなーってお願いしようとしたら」

鹿目「すごく、悲しそうな目で見るんですよね……」

京乃「捨てられた子犬みたいにね……」

鹿目「……」

京乃「……」

鹿目「でもトイレやお風呂に入って来ようとしたらついガツンと言っちゃいます」

京乃「それは言わなきゃだめだよ!あたしだって流石にそれは言ってるもん!まぁ……律儀に戸の前で待たれたりしたらすんごく褒めちゃうんだけどさ……」

鹿目「そしたらすごく嬉しそうな顔するんですよね……」

京乃「そうそう」

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:49:43 ID:/kqYFZvs
京乃「いやぁ……あるもんだね……」

鹿目「そうなんですね……」

京乃「もしかしてそれが普通なのかな……?」

鹿目「寧ろわたしたちがおかしいかもしないのかな……」

京乃「あたしよく変な奴だーって言われるからなー」

鹿目「わたしも……ちょっと周りとずれちゃうときがあります」

京乃「……」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:50:25 ID:D7LpnOlM
ここで鮎川さんも

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:52:41 ID:/kqYFZvs
ムギナミ『はい、まどかさんアーン♪』

京乃『え?』

ムギナミ『アーン♪』

京乃『あ、アーン……』ムシャムシャ

ムギナミ『美味しいですか?』

京乃『あ、うん』

ムギナミ『良かった。実はわたしの手作りなんです♪ 結構自身はあったんですけど、まどかさんに美味しいって言って貰えなかったらどうしようって
思ってました。たくさんまどかさんの好きなものもおじ様に教わって、わたし頑張って作ったんです。あー良かったなぁ、まどかさんに美味しいって言って貰えて!』

京乃『そ、そっか(ちょっとメガコワイ……』

ムギナミ『はい、どうぞ』

京乃『え?』

ムギナミ『食後の膝枕です♪』

京乃『え、いや』

ムギナミ『……迷惑、ですか?わたしなんかの膝では寝れませんか?それじゃぁわたしはどんな膝を』

京乃『お、おやすみなさい!ぐかー!』

京乃「案外、ふつうなのかなぁ……?アーンくらい、ミチともするしなぁ……」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 17:58:43 ID:/kqYFZvs
鹿目「……」

マミ『鹿目さん、今日もケーキを用意したのだけどどうかしら?』

鹿目『え?昨日もお邪魔しちゃったし、迷惑じゃないですか?』

マミ『わたしが鹿目さんを迷惑に思うわけないでしょ?ねぇ、どう?それとも何か用事でもある?
それが終わってからでも構わないけれど』

鹿目『あ、いえ。特別何もないですけど……』

マミ『それじゃぁいらっしゃい!そうだ!明日休日だし、どうせならお泊りしていかない?それで明日はショッピングとかどうかしら?』

鹿目『え?あ、明日は』

マミ『……もしかして、何か用事とかあるの?』

鹿目『い……いえ……特に何も』

マミ『そう!それじゃぁ今日は一緒にご飯を食べて、一緒にお風呂に入って、一緒に寝ましょうね♪』

鹿目『え』

マミ『ね♪』

鹿目『……はい』

鹿目「普通……なのかな……お泊りくらい、さやかちゃんともするしなぁ……」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 18:08:56 ID:s9FmGAFo


14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 18:13:19 ID:/kqYFZvs
京乃「うーん……変なのはあたしたちだったってことぉ?」

鹿目「考えすぎ……だったのかな……」

京乃「最近の女子高生のスキンシップってそんなものなのかな」

鹿目「あ、高校生さんなんですか?」

京乃「うん!鴨川女子高等学校ジャージ部部長二年京乃まどか!困ったことがあったらなんでも言ってね!ジャージ部魂、見せてやんよ!」

鹿目「ウェヒヒ!えっと、見滝原中学校二年、鹿目まどかです。えっと、手芸部です!あの、困ったことがあったらなんでも行ってくださいね!わたしに
何ができるかわからないけど、でも、頑張りますから!」

京乃「あは!まどかちゃんそれすっごいジャージ部魂じゃん!」

鹿目「じゃ、ジャージ部魂……?」

京乃「そう!いやぁこりゃぁ将来有望な子を見つけちゃったなー!高校は是非、鴨川女子高等学校へ!あたしの推薦で部長の席、取っておくからさ!」

鹿目「えぇ!?そ、そんな、わたしなんかとんでもないです……」

京乃「そんなこと言わずにさ!ね!……!あ、ほら、あたし困ってるよぉ〜?まどかちゃんがうちの高校に
入ってジャージ部の部長になってくれたらあたしは憂いなく鴨女を去ることができるんだけどなぁ〜?あーあ、
まどかちゃんが鴨女に来てジャージ部の部長になってくれたら助かるんだけどな〜」

鹿目「うぅ……それじゃぁ、考えておきます……」

京乃「へへっ!まるっ!」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 18:21:13 ID:/kqYFZvs
ほむら「まどか」

鹿目「あ、ほむらちゃん!」

ラン「まどか」

京乃「あ、ラン!」

ほむら「……」ジロッ

ラン「……」ジロッ

ほむら「……(まどかは渡さない。絶対に私が護る)」ホムゥゥ

ラン「……(まどかは渡さない。絶対に私が護る)」ラフィンティィィ

京乃「あ、あの、二人とも?」

鹿目「ほ、ほむらちゃん!喧嘩は駄目だよ!」

ほむら「まどか……」

ラン「……まどか」

ほ・ラ「「……」」バチバチ

京乃「あーはいはい帰りますよーまたね、まどかちゃん!」

鹿目「あ、はいまどかさん!ほらほむらちゃん、もう行こうねー」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 18:24:34 ID:/kqYFZvs
マミ「鹿目さん!!!」

ほむら「巴マミ……!」

ムギナミ「まどかさん!!!」

ラン「ムギナミ……!」

マミ「心配だったのよ!携帯電話はつながらないし御家にはいらっしゃらないし!わたし、鹿目さんに何かあったんじゃないかって思ったらもう気が気でなくて!」

ムギナミ「まどかさん。お願いです、此処ではない何処かに行くときはわたしも連れて行ってください!わたし、まどかさんが居ないとわたし……!」

ほむら「巴マミ。貴方は危険すぎるわ、まどかから離れて」

ラン「ムギナミ。まどかは貴方に迷惑していることに気が付くべき」

ほ・マ「「……」」ホムニコ

ラ・ム「「……」」ランニコ

まどか「「……はぁ」」

まる

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 18:25:24 ID:/kqYFZvs
ラグランジェの最新話を見たらなんとなく思いついた
終わり
誰か好きに使って

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/02(木) 19:34:15 ID:KgjDhNq.
乙乙

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/03(金) 00:14:42 ID:oYBlf9Wo

まどかズ禿げるぞ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■