■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男子高校生の日常
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:15:20 ID:jw9pOf/E
「彼女の作り方」

タダクニの部屋

タダクニ「なぁ・・・彼女ってどうやったらできんのかな・・・・・。」

ヒデノリ「お前、まだそんなこと言ってんの?」

ヒデノリ「委員長でシミュレーションしたり、海でナンパしたり、全部失敗だっただろうが。」

タダクニ「ナンパは良いとして、シミュレーションについては俺は納得してねーぞ!」

ヒデノリ「なんだと!この野郎!」

ヨシタケ「おい、止めろ2人とも。」

ヒデノリ「なんだヨシタケ!貴様の委員長設定が甘すぎたからあんなことになったんだろうが!」

タダクニ「いやいや、そういうこと言ってんじゃねーって・・・・」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:18:38 ID:jw9pOf/E
ヨシタケ「ふと思ったんだが・・・・」

ヨシタケ「彼女を作るには、女子の考え方を知る所からはじめるのがいいんじゃないか?」

ヒデノリ・タダクニ「!?」

ヒデノリ「ず、図星だ・・・・・。」ガクッ

タダクニ「た、確かに・・・・疎かにしていた・・・・」ガクッ

ヒデノリ「じゃ、じゃあ聞くが、ヨ、ヨシタケ!」

ヒデノリ「どうすれば女子の思考が分かるようになるんだ!?」

ヨシタケ「そりゃお前・・・・直接聞くしかねーだろ。」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:23:03 ID:jw9pOf/E
ヨシタケ「おい、タダクニ。」

タダクニ「な、なんだよ・・・俺に振る時点で嫌な予感しかしねーんだけど・・・・」

ヨシタケ「妹をここに連れて来い。」

ヒデノリ「その手があったか!」

ヨシタケ・ヒデノリ 握手

タダクニ「ま、待て待て!どうなるか予測が付くから止めてくれ!」

ヒデノリ「なんだ?お前が言い出したんじゃねーか。彼女作りたいって」

ヨシタケ「そうだ。そして俺は最短ルートを示したに過ぎない。」

タダクニ「BAD ENDルートだろ!どう考えても!」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:25:53 ID:jw9pOf/E
タダクニ妹「ただいまー・・・・」

ヒデノリ「おぉ!いつもながらナイスタイミングだ、妹!」

タダクニ「止めろぉおおお!」

ヒデノリ「おい、ヨシタケ。タダクニを押さえつけておいてくれ。俺は妹を呼んでくる。」

ヨシタケ「もうやってる。」

腕ひしぎ十字固め

タダクニ「痛い!痛い!ギブギブ!!」

ヒデノリ「おーい、タダクニ妹ー!」

タダクニ妹「・・・・・何?」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:30:51 ID:jw9pOf/E
ヒデノリ「大事な話があるんだ、ちょっとタダクニの部屋に来てくれないか?」

タダクニ妹「いいけど・・・」すたすたすた・・・

ヒデノリ「妹を連れて来たぞー!」

ヨシタケ「遅かったな。」

 コブラツイスト

タダクニ「痛い痛い!ギブギブゥ!!」

タダクニ妹「で、話って何?」

ヨシタケ「タダクニが、彼女が欲しいと俺達に相談した。」

ヒデノリ「話し合った結果、女子の考え方を知るところから始めようということになった。」

タダクニ「話し合った覚えはねーぞ!勝手に進めてんじゃねーよ!!」

ヒデノリ「そこで、タダクニ妹よ。女子はどういった考え方で男子のことを好きになるんだ?教えてくれ。」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:39:39 ID:jw9pOf/E
タダクニ妹「・・・・・・顔」

ヒデノリ「そ、それ以外は・・・・何かないか?(汗」

タダクニ妹「顔は絶対条件。後は、優しい、頭いい、気が利く、たまに男らしい、服のセンスが・・・・」

ヨシタケ「わ、わかった・・・それ以上言われると俺達が立ち直れなくなる・・・・。」

タダクニ妹「友人関係が幅広い、誰にでも公平に接する、クラスで人気者、運動部でエース・・・」

ヒデノリ「や、やめてくれ!妹ぉっ!隅で三角座りして泣いている兄が目に入らないのかぁっ!!(泣」

タダクニ「お、俺達・・・・どうすれば・・・・・・・(泣」

タダクニ妹「とりあえず、こいつらと縁を切る所から始めるのがスタートラインかな。」

ヒデノリ・ヨシタケ「そ、それ言っちゃう!?」

END

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 15:40:32 ID:jw9pOf/E
こんな感じで、ちゃちゃっと短編で終わらせる感じでおねがいしゃす。

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 18:57:13 ID:Cgb8adlE
とりあえずも一つ書こうか

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:12:18 ID:jw9pOf/E
「夏休みの宿題」


タダクニの部屋

ヒデノリ「はぁ・・・夏休みだってのに、読書感想文とか一体なんのためにやらせんのかねぇ〜」

ヨシタケ「それはだな・・・・・・本を読ませることにより、深い知識を生徒に持たせるとともに・・・」

ヨシタケ「今後、大学や社会人になった際に書くことになるであろうレポート等の書類作成スキルを鍛える為です。」

ヒデノリ「ボケて欲しかったんだけどなぁ・・・・・・」

タダクニ「いいから帰れよ!お前ら漫画ばっか読んで、俺の読書邪魔すんなよ!」

ヒデノリ「そう言われても、俺の家にはそんなまともな本は一冊も無い」

ヨシタケ「去年書いたのを丸々書き写すのなんて、どうだ?」

タダクニ「不正だろそれ!バレたらどうすんだよ!!」

ヨシタケ「バレたら『すみません去年の出してしまいました』で逃げればいい」

タダクニ「退路が既に成り立ってねーよ!」

ヒデノリ「そうだぞヨシタケ!せめて親に書かせるくらいじゃねーとなぁ!」

タダクニ「お前、この会話聞いたら親が泣くぞ!」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:17:19 ID:jw9pOf/E
ヒデノリ「しかしなぁ、親に読ませるにしろ自分で読むにしろ、本が無いのは難点だな。」

タダクニ「じゃあ、図書館でも行ってこいよ・・・・ふんっ」

ヨシタケ「確か歩いて15分程の所に市立図書館があったな。」

ヒデノリ「よし、じゃあ行くか!」

ヨシタケ「おう!」

ずるずる

タダクニ「どうして俺も行くんだよ!!」

ヒデノリ「一体どんな本を読めばいいのかさっぱり分からんからだ!」

ヨシタケ「できるだけ読みやすいのがいいからな。一緒に選んでくれ。」

タダクニ「はぁ・・・・仕方ねぇなぁ・・・・・・よいしょっと」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:24:06 ID:jw9pOf/E
市立図書館

タダクニ「初めて来たけど、結構でかいな・・・・」

タダクニ「で、好きなジャンルは?」

ヒデノリ「とりあえず目隠しして選ぶか」

タダクニ「俺が来た意味ねーじゃん!」

ヨシタケ「あっ、すみません。最近出た新刊で人気のってどれですか?」

タダクニ「お前も受付に聞いてんじゃねーよ!」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:27:15 ID:jw9pOf/E
ヒデノリ「むっ!この感触・・・・・!!縦方向は長く、横方向も薄い・・・・これだ!」バッ!

タダクニ「それ、絵本だぞ。」

ヒデノリ「ぬかったぁっ!!」

ヨシタケ「絵本をバカにすんじゃねーぞこらぁっ!!」ガシッ!

ヒデノリ「んだとこの野郎!!」ガシッ

タダクニ「もう早く本決めろよお前ら!ついでに俺の時間も返せよぉおお!!」

受付「すみません・・・・図書館ではお静かにお願いします・・・・・」

タダクニ「って、えっ?2人とも居ない・・・?」

タダクニ「あっ・・・・」

ヒデノリ・ヨシタケ「くくくくく・・・・」ニヤニヤ

タダクニ「えっと、すみませんでした・・・・」

タダクニ「(あいつら、逃げ足だけははえぇなぁ・・・・)」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:36:06 ID:jw9pOf/E
ヨシタケ「俺はこれにしよう・・・・この前映画化した奴だし。映画も見てる。」すたすたすた

ヒデノリ「俺は・・・・・これだ!」バッ!

ヒデノリ「・・・・・・あっ」

文学少女「・・・・・はわわわわぁ!」

ヒデノリ「(例の川原で会った妄想文学少女じゃないか!)」

ヒデノリ「(あの2人に助けを呼ぼうにも・・・・遠すぎる。それにこちらに背を向けて本を読み始めている)」

ヒデノリ「(っとなると・・・・どうする、やはりアレをやるしか無いのか・・・・・?)」チラッ

文学少女「・・・・もじもじ」ちらちらっ

ヒデノリ「(し、仕方あるまい・・・・・『この本、お好きなんですか?』いやいや、却下却下!これじゃただのナンパだ!)」

ヒデノリ「(ならっ!!)」

ヒデノリ「本の匂いって・・・・何か・・・・懐かしいものを感じる」キリッ

ヒデノリ「(どうだ!?俺の一言はぁ!)」ちらっ

文学少女「・・・・・・」

ヒデノリ「(的外れだったあああああ!!)」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:46:06 ID:jw9pOf/E
文学少女「・・・・本には命が宿っていますから。」

ヒデノリ「(こいつ何言ってんだよ、俺を笑い殺す気かよ、あははははは)」

ヒデノリ「(し、しかし・・・これは返答に困る・・・・どう返すべきか・・・・・。)」

ヒデノリ「(えぇい、当たって砕けろだ!)」

ヒデノリ「この本に残った命の灯火、君に預けるよ。」ポンッ スタスタスタスタ・・・・

ヒデノリ「(あぁぁぁ死にたいよぉぉぉおおお!もう本に埋もれて死にたい・・・)」

文学少女「んふっんふふふふふふふ・・・・」もじもじもじもじ

ヒデノリ「(どうやら効いたようだぁ!)」

ヨシタケ 仁王立ち

ヒデノリ「(よ、ヨシタケ!!助けに来てくれたのか!?)」

ヨシタケ「早く行くぞ、命が・・・・風に運ばれてしまう前に・・・・・」

ヒデノリ「(意味わかんねーよ、糞ったれが!)」

文学少女「んふふふふふふふ」もじもじもじもじ

ヒデノリ「(もう暴走寸前じゃねーかよぉ!!)」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 19:54:11 ID:jw9pOf/E
ヒデノリ「(しかもなんだそのしたり顔はぁ!この前は『カァーッ!』とか言って恥かしがってたろうが!)」

ヒデノリ「(あんときのお前は一体どこへ行っちまったんだよ!!)」

タダクニ 仁王立ち

ヒデノリ「(ま、まずい・・・・これは良くない展開が待っているぞ・・・・)」チラッ

文学少女「・・・・・・・・・」

ヒデノリ「(タダクニを一瞥しただけでテンションが寝る寸前状態じゃねーか!前の恨みを覚えていたのか!!)」

タダクニ「俺達が本を選ぶんじゃない、本が俺達を選んでくれるんだ・・・・さぁ、探しに行こう。俺達のための命を。)」

ヒデノリ「(タダクニお前一体どうなっちまってんだぁぁあああああ!!)」

文学少女「んふふふふふふ・・・・」ぶるぶるぶるぶるぶるぶる!

ヒデノリ「(前とのギャップもあってか、タダクニ株がストップ高じゃねーかぁ!)」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 20:01:00 ID:jw9pOf/E
ヒデノリ「(しかし、この流れに乗るしかない・・・・)」

ヒデノリ「そうだな・・・・命の灯火が・・・・・消える前に」すたすたすた

文学少女「んふふふふふふ・・・」ぶるぶるぶるぶる

ヒデノリ「(相当嬉しそうだな、じゃあこのまま退散させてもら・・・・)」

『ピンポンパンポーン 落し物のご案内です。 』
『○×県立真田北高校のタダクニ様 学生証の落し物が届いております。受付までお越し下さい』


タダクニ「あっ、やっべー!学生証おとしちまった!!」

文学少女「・・・・・・・!」ダダダダダダダ・・・・!!

文学少女「ふんっ!!」バシッ!ドスドスッ!ガシガシッ!


ヒデノリ・ヨシタケ「(相変わらず貧乏くじだな、こいつは・・・)」

END

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 20:49:29 ID:jw9pOf/E
>>8
とりあえず一つ書いたぞ・・・・疲れた

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 22:07:25 ID:Cgb8adlE
俺はおもしろいと思う 書かないけど
もっと読みたいと思う かけないけど

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/25(水) 23:20:23 ID:DvddUAuY
おもしろい

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:17:13 ID:5Vvubnwk
「男の娘」

タダクニの部屋

ヒデノリ「なぁ、ヨシタケ・・・・ふと思ったんだが。女装ってどうなんだ?」

ヨシタケ「そりゃお前、一目で分からなけりゃ別にありだと思うぜ。」

ヒデノリ「それもそうだな。とりあえずタダクニ妹の物を拝借して3人で女装大会と行こうか。」

タダクニ「さらっと話を進めてんじゃねーよ!しかも俺まで頭数に入ってるじゃねーかよ!」

ヒデノリ「何言ってんだ。この3人の中じゃ、お前が一番女装に向いてるだろうが。」

ヨシタケ「この前実証済みだからな。」

タダクニ「い、いや・・・そりゃまぁ・・・そうだけど・・・・って!俺がメインって前提で話進めようとしてんじゃねーよ!」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:21:21 ID:5Vvubnwk
ヒデノリ「っというわけで、目立ちにくい制服を拝借してきたわけだが・・・・。」

タダクニ「どうして下着まで持ってきてんだよ!」

ヨシタケ「何事も形から、と言うだろう。古来から。」

タダクニ「微妙に良いこと言った、みたいなそのドヤ顔止めろ!」

ヒデノリ「さぁさぁ、とりあえず着てみようかぁ、タダクニくぅ〜ん?」

タダクニ「や、やめろぉおおおお!うわぁぁあああああ!!」

ヨシタケ「おい、ブラジャーつけたのはいいが、膨らみが足りないぞ・・・・」

タダクニ「うっ・・・・うっ・・・・しくしく・・・・・」

ヒデノリ「パッド・・・・なんか無いな。新聞紙を丸めて突っ込むってのはどうだ?」

ヨシタケ「それで行くか。」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:26:49 ID:5Vvubnwk
ヨシタケ「突っ込んでは見たものの・・・・左右のバランスが違うな。」

ヒデノリ「確かに・・・・もう少し微調整の必要性がある・・・しかし問題はそれだけじゃぁない!」

ヒデノリ「そもそも、体形が女子とは似ても似つかないじゃないか!てめぇのせいだぞ、タダクニ!」

タダクニ「俺が悪いのかよ!お前らが言い出したんだろうが!」

ヨシタケ「まぁ、胸はなんとかなるとして・・・・体のラインが問題だな。」

ヒデノリ「よし、下着の下に新聞紙を巻きつけて、女子の体形作りを始めるぞ。」

ヨシタケ「よし、タダクニ。全裸になれ。」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:30:24 ID:5Vvubnwk
タダクニ「えっ、下着も脱ぐの・・・・?」

ヒデノリ「何今更恥らってんだよ!誰のためにやってやってると思ってるんだ!」

タダクニ「もう方向性見失ってるお前に言われたくねーよ!!」

ヨシタケ「よし、こんな感じでどうだ。S字ラインを作って、若干安産型。後は歩き方と話し方だな。」

タダクニ「い、いつの間に!?」

ヒデノリ「ナイスだ、ヨシタケぇ!反論の余地も与えないとはこのことかぁっ!」

ヒデノリ・ヨシタケ 握手

タダクニ「っで、どうなんだよ・・・・。」

ヒデノリ「まぁ・・・女子に見えないことも無いが・・・・・何か足りないな。」

ヨシタケ「何か・・・・何か・・・・・あっ、カツラ。」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:41:13 ID:5Vvubnwk
ヒデノリ「確か、学園祭で使ったのがあったろ、タダクニ!」

タダクニ「ま、まぁ・・・あるにはあるけど・・・・・。」

ヒデノリ「ちょっとそれ持ってこい!後、めがねとかカチューシャとか思いつくもの全部だ!」

タダクニ「・・・・わかったよ、ちょっと待っててくれ。」

タダクニ「(なんだってこんなことを・・・・・)」ごそごそ

タダクニ「(とりあえずカツラと伊達めがねでいいか。)」

タダクニ「持ってきたぞ。」

ヒデノリ「カツラと伊達めがねか・・・まぁ無難だな。」

ヨシタケ「とりあえず付けるか。」ごそごそ

ヒデノリ・ヨシタケ「!?」

ヒデノリ「こ、これは・・・・・」

ヨシタケ「な、なぁ・・・ヒデノリ?こいつは確かタダクニだったよなぁ・・・?」

ヒデノリ「あっ、あぁ・・・・・し、しかしどうみても女子にしか見えんぞ・・・・。」

タダクニ「そ、そうかな・・・・?(照)」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:46:17 ID:5Vvubnwk
ヒデノリ「よーし、早速街に繰り出すぞ!」

タダクニ「ちょ、ちょっと待て!これを人前に晒すのか!?」

ヨシタケ「喋るな、タダクニ。男声だと俺の妄想が崩壊する。もじもじしていろ。」

タダクニ「(遂にこいつら、本当の変態になりさがっちまったのか・・・・。)」

ヒデノリ「良い考えがある!映画館へ行く!ちょうど今日は水曜日。女性割引デーだ!」

ヨシタケ「それで、目の肥えた受付嬢に判断してもらう、ということか。」

タダクニ「ただの羞恥プレイだから、止めて!お願いだからっ!!」

ヨシタケ「行くぞ。」
ヒデノリ「おう。」

ずるずる

タダクニ「俺の主張はなんで黙認されるんだよぉぉおおお!!」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 08:53:42 ID:5Vvubnwk
タダクニ「あっ、あのさ・・・・周りの視線が気になるんだけど・・・・」

ヨシタケ「気にしすぎだ。お前はかわいい女子高生。視線も集まる。」

ヒデノリ「そうだぞ、タダクニ。気にすることは無い。自信を持て!」

映画館

ヒデノリ「付いたぞ!ここからが本番だ!」

タダクニ「もう、どこから突っ込めばいいのか分からない所に突っ込みたい・・・・。」

ヨシタケ「男子2人と女子1人で、サルマゲドン2をお願いします。」

受付「男性2人名、女性1名ですね。申し訳御座いませんが学生証の提示をお願いします。」

ヒデノリ・ヨシタケ・タダクニ「(ぬ、ぬかったぁぁぁああ!!)」

ヨシタケ「す、すみません・・・・今日全員忘れちゃって・・・・・・割引とかは良いんで、問題ないです。」

ヒデノリ「(ナイスフォローだぞ、ヨシタケ!既に受付嬢の関門は突破したがおもしろいから続けたい!)」

タダクニ「(どうなっちまうんだ、、これ・・・・。)」

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 09:00:44 ID:5Vvubnwk
ヒデノリ「さぁ、始まるぞ・・・・早く席に着け。」

タダクニ「あっ、ヤバイ・・・・トイレ。」

ヨシタケ「さっさと済ませて・・・・・トイレ!?」

ヒデノリ「ひ、非常事態宣言だぞこれは!」

タダクニ「た、確かに・・・・女子トイレに入るべきか、男子トイレに入るべきか・・・」

ヨシタケ「煩悩・・・おっと、本能的に考えれば女子トイレだな。だが理性的に考えると男子トイレだ。」

タダクニ「煩悩ってなんだよ!お前の頭のねじ2〜3個吹っ飛んでんじゃねーか!?」

ヒデノリ「まぁまぁ、落ち着け。とりあえず外見は女なんだから、女子トイレが妥当だろ?」

タダクニ「た、確かに・・・・。」

ヨシタケ「女性割引だって使っちまった。もう後には戻れない。俺達も付いて行ってやる。」

タダクニ「・・・・わかった。」すたすたすたすた

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 09:04:47 ID:5Vvubnwk
女子トイレ前

タダクニ「つ、付いたけど・・・」

ヒデノリ「さっさと済ましちまえよ。ここで見張ってるから。」

タダクニ「あっ、あぁ・・・・・」すたすたすた

タダクニ「あっ・・・・」

タダクニ妹「あっ・・・・」ピキッ

タダクニ妹「女子トイレで何やっとんじゃああああ!!」ドスドスドスドスッ!!

タダクニ「誤解だ!誤解!やめろ!止めてくれぇぇええええ!!」

ヒデノリ「トイレ、済ませようか。」すたすたすた
ヨシタケ「そうだな。」すたすたすた

END

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/26(木) 14:25:30 ID:tjB6jDe.
安心の妹落ち

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 23:30:09 ID:0AM4qP7U
「心霊スポット」

タダクニ「なぁ・・・・幽霊っていると思う?」

ヒデノリ「いるに決まってんじゃん。」

ヨシタケ「いや、いないな。」

ヒデノリ「いるに決まってるって!だってあんなけ心霊特集やってんだぞ!?」

ヨシタケ「じゃあここに連れてこいよ!そしたら認めてやるよ!」

ヒデノリ「なんだとこの野郎

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 23:33:11 ID:0AM4qP7U
ヨシタケ「うるせー!いねぇもんはいねーんだよ!」

ヒデノリ「いる!絶対いる!お、俺見たことあるから・・・・!」

ヨシタケ「嘘つけ、お前がまともなこと言った試しがねーじゃねーか!」

ヒデノリ「なんだとぉ!」

ヨシタケ「やんのかぁ?!」

タダクニ「いいから、2人とも落ち着けって!な?な?」

ヒデノリ・ヨシタケ「ぜぇ・・・ぜぇ・・・・・」

ヒデノリ「じゃ、じゃあ・・・・心霊スポット行くぞ!」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 23:38:58 ID:0AM4qP7U
タダクニ「話が飛躍しすぎて突っ込みが追いつかねーよ!」

ヨシタケ「あぁいいぜ?どこにあるんだよ。その心霊スポットは。」

ヒデノリ「ここから自転車で20分くらいのところに、廃病院がある・・・・そこに行く。」

ヨシタケ「あぁいいぜ?じゃあ午後7時にここに自転車で集合だ!

タダクニ「(や、やばい・・・・こいつら勝手に暴走始めてる・・・・・・・)」

タダクニ「な、なぁ・・・・やっぱりやめようぜ?な?」

ヒデノリ「お前が言い出したんじゃねーか!」

ヨシタケ「そうだそうだ!お前の為にやってるようなもんだぞ!」

タダクニ「お前ら絶対途中から目的履き違えてただろ!」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 23:50:49 ID:0AM4qP7U
ヒデノリ「つ、着いたぞ・・・・」

タダクニ「な、なぁ・・・・これ、マジでやばくない?」

ヨシタケ「ゆ、ゆ、ゆ、幽霊なんかいねーって、いねーいねー・・・・」

ヒデノリ「噂では、手術室の台の上に横になると、1時間以内に死ぬらしい・・・・。」

ヨシタケ・タダクニ「・・・・・・ごくり」

ヒデノリ「ほれ、ヨシタケ。さっさと行けよ。幽霊なんかいねーんだろ?」

ヒデノリ「さっさと、行け!」蹴り

ヨシタケ「う、うお!な、何しやがる!」

ヒデノリ「ライト持ってさっさと行けと言っている。」

ヨシタケ「わかったよ・・・・・。」てくてくてく・・・

ヒデノリ・タダクニ「・・・・・・・」てくてくてく・・・

ヒデノリ「ナースステーションか。カルテが散らばってるな・・・・昭和52年・・・・かなり古いぞ。」

タダクニ「な、なんかすごく寒いんだけど・・・・・。」

ヒデノリ「そりゃそうだろ。お前の後ろに幽霊いるもん。」

タダクニ・ヨシタケ「!?」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 23:57:19 ID:0AM4qP7U
ヒデノリ「冗談だよ、じょうだ・・・ごふっ!」

ヨシタケ「てめぇっ!付いていい嘘と付いちゃいけねぇ嘘ってもんがあるだろうが!」

ヒデノリ「ご、ごめんなさい・・・・・」

タダクニ「は、早く行こうぜ・・・・その手術室にさ・・・・・・。」

ヒデノリ「そ、そうだな・・・・・」


クスクスクスクス・・・・・・

ヨシタケ「えっ・・・・・女の笑い声!?」

タダクニ「やばいって絶対やばいってぇ!!」

ヒデノリ「で、ヨシタケ。幽霊はいるってことでいいのか?」ニヤニヤ

ヨシタケ「い、いるわけねーだろ!さっさと手術室に行くぞ!」

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 00:01:22 ID:D6CNL02w
タダクニ「ここか・・・・・・」

ヨシタケ「あっ、開けるぞ・・・・・」

キィ・・・・・

タダクニ「至って普通だな・・・・。」

ヒデノリ「で、あそこの手術台に寝転べば1時間後に死ぬ。」

ヒデノリ「さぁ、どうする?ちなみに俺は嫌だぞ?」

ヨシタケ「し、仕方無いな・・・・・・」ガシッ!


タダクニ「どうして俺になるんだよ!!」

ヒデノリ「ばっきゃろー!お前が言い出したんだろうが!」

ヨシタケ「そうだ!ほら、さっさと寝転んで死ね!」

タダクニ「てめぇら、友達を裏切るつもりか!」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 00:07:46 ID:D6CNL02w
ヒデノリ「生死をかけた戦いなんだよこれは!」

ヨシタケ「そうだぞ!俺はお前を見捨ててなどいない!ただ実験体にしたいだけだ!」

タダクニ「み、見損なったぞ・・・・くそっ!」

コツン・・・コツン・・・・コツン・・・・・・

ヒデノリ・ヨシタケ・タダクニ「(だ、誰か来る!?)」

ヒデノリ「(静かにしろ!)」

タダクニ「・・・・・・」こくこく

ピタッ

ヨシタケ「(と、止った!すぐそこで止ったぁ!!)」

キィ・・・・・・

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 00:12:43 ID:D6CNL02w
タダクニ妹「あんたたち、何やってるの?」

ヒデノリ・ヨシタケ・タダクニ「タ、タダクニ妹ぉぉおお!?」

ヒデノリ「な、何やってんだ、こんなところで!?」

タダクニ妹「ひとり肝試し。」

ヒデノリ・ヨシタケ「(お、恐るべし・・・・タダクニ妹)」

ヨシタケ「じゃ、じゃあさっきの笑い声は・・・・・」

タダクニ妹「あんた達があまりにも怖がって大声出してたから遂笑っただけ。」

ヒデノリ・ヨシタケ・タダクニ「紛らわしいわぁっ!!」

END

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 19:00:39 ID:PcsVZw/w
おかわり

39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 19:52:51 ID:D6CNL02w
「殺し屋とヒデノリ」

タダクニの部屋

ヒデノリ「なぁ・・・ヨシタケ・・・・・・」

ヨシタケ「どうしたんだよ。」

ヒデノリ「最近、俺ある小説にハマってるんだ。」

ヒデノリ「主人公は殺し屋で、依頼を受けてばったばったと人を殺す・・・・。」

ヨシタケ「で、それがどうしたんだよ。」

ヒデノリ「俺も殺し屋になりてぇえんだよぉおお!」

ヨシタケ「はぁ?」

40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 19:55:52 ID:D6CNL02w
ヨシタケ「お前何言ってんのか分かってんのか?」

ヒデノリ「分かってるさ、分かってるとも!そこで、だ・・・」

ヒデノリ「シュミレーションをしたいと思って・・・・・・」

タダクニ「・・・・外でやってくんない?」

ヒデノリ「タダクニ!お前も協力するんだよ!立て!スタンダアップッ!!」

タダクニ「なんで俺まで協力するんだよ!」

ヒデノリ「この前、彼女の作り方で協力してやったろうが!」

タダクニ「わかったよ・・・・庭に行くぞ・・・・・・」

41以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:00:47 ID:D6CNL02w
ヒデノリ「じゃ、じゃあ行くぞ・・・?」

ヨシタケ「ところでヒデノリ、なぜ木の棒を持っているんだ?」

タダクニ「普通、銃とかナイフじゃねーのか?」

ヒデノリ「ばっきゃろー!誰が今時の殺し屋と言った!設定は江戸時代だ!!」

タダクニ「・・・・・・アホだ。」

ヨシタケ「バカもここまで来ると、いさぎ良いな・・・・」

ヒデノり「んだとこの野郎!!かかって来い!!」

ヨシタケ「いや・・・なんで・・・・・?」

42以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:05:58 ID:D6CNL02w
ヒデノリ「理由が必要か・・・そうかそうか・・・・俺が勝ったらお前の姉にお前の秘密を1つばらす」

ヒデノリ「例の心霊スポットでのびびり用を・・・」

ヨシタケ「うぉおおおお!食らいやがれぇぇえええ!!」

ズバァッ!

ヨシタケ「な、なんだ・・・・・と・・・・・・・・。」ばたん

ヒデノリ「ふっ・・・安心しろ、峰打ちだ・・・・。」

タダクニ「・・・・ごくり」

ヒデノリ「さて、次は貴様の番だな、タダクニ・・・・。」

43以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:10:10 ID:D6CNL02w
タダクニ「た、戦う理由がねぇな・・・・」ちらっ

ヒデノリ「ほぉ、そういう態度か・・・・。ならば、この前の映画館での一件」

ヒデノリ「貴様の親に話してもいいんだぞ?ん?」

タダクニ「ひ、卑怯なっ!」

ヒデノリ「あーっはっはっはっはっは!」

ヨシタケ「どっちが悪役だよ・・・・・。」

タダクニ「く、くそっ!これでも食らえ!!」

カンッ!カンッ!カンッ!

ヒデノリ「やるな、タダクニ!」

タダクニ「そっちこそっ!」

44以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:12:28 ID:AL5ggeys
この漫画、読もうと思いつつ読んでない

45以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:13:52 ID:D6CNL02w
ヒデノリ「しかし・・・甘い、甘いぞタダクニぃっ!」

ヒデノリ「食らえ!貴様のテスト結果だぁ!全て赤点!」バサッ!

タダクニ「ひ、卑怯な!」

ヒデノリ「なんとでも言うがいい!勝つためならば手段は選ばぬわぁっ!」

ヒデノリ「覚悟ぉっ!」

タダクニ「ふっ・・・・甘いのはどっちかな?」

ヒデノリ「何!?」

タダクニ「これまで・・・・散々怖い話をしてきたが・・・・・・」

ヒデノリ「(戻した物に虫が入っていたという話とかのことか!?)」

46以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:15:38 ID:D6CNL02w
ヒデノリ「ありゃ全部・・・・嘘だ!!」

ヒデノリ・ヨシタケ「な、なにぃいいい!?」


バッ!!

タダクニ「えっ?」

ドスドスドスドス

タダクニ妹「死ね!死ね!死ね!!」

ヒデノリ・ヨシタケ「(う、うわぁ・・・・・・)」


END

47以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/30(月) 20:17:32 ID:D6CNL02w
>>46
ミス

× ヒデノリ「ありゃ全部・・・・嘘だ!!」
○ タダクニ「ありゃ全部・・・・嘘だ!!」

>>44
今、アニメやってるからみるといいと思うよ。

48arein:2012/02/01(水) 03:40:50 ID:71JX3uw.
俺入れる高校男子校しかなくてなけた
受験がんばってくる

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■