■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

一夏「最近山田先生のアタックが激しい」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 01:01:32 ID:L.w24mVQ
山田先生「お、織斑君・・・!織斑君っ!! ン───っ!!」びくびくっ

山田先生「はぁはぁ・・・・織斑君のことを考えると、胸がキュんキュんしてしまいます・・・・。」

山田先生「ふふふ、また明日、私の胸で誘惑してあげましょう♪」


翌日

山田先生「ここまでで分からない生徒はいませんか?」

一夏「あの、先生・・・・」

山田先生「どうしたんですか?織斑君」

一夏「ほとんど分かりません・・・・・。」

山田先生「あらぁ、困りましたねぇ。どのあたりが分からないんですか?」ずいずい むにゅぅ

一夏「せ、先生・・・・胸が当たってます・・・・・。」

山田先生「ふふふ、当ててるんですよぉ♪」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 01:05:44 ID:4YrT8Xdc
誤爆乙

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 01:07:14 ID:L.w24mVQ
>>2
許してくれぇぇ

スーパードライが俺の体を乗っ取ったんだぁ

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 01:07:36 ID:4YrT8Xdc
ドンマイ

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 05:20:46 ID:L.w24mVQ
一夏「えっ、先生何を言って・・・」

山田先生「ふふふふふ、大声を出すと『織斑君に痴漢されました』って、織斑先生に言いますよぉ?」ヒソヒソ

一夏「う、うぅ・・・・分かりました(で、でもこの感触はヤバイだろぉ)」ヒソヒソ

山田先生「ん〜、どうしましょう。私の説明が分かりにくかったんですかねぇ・・・。」

千冬姉「おい一夏、貴様入学前に送付した資料は読んだのか?」

一夏「あぁ、あの分厚い本のことか。あれなら捨てたよ。」

千冬姉「はぁ・・・・・・再発行してやる、一週間で物にしろ。」

一夏「い、一週間であの量を!?」

千冬姉「教師に文句でもあるのか?」ギロリ

一夏「い、いえ・・・・なんでもありません・・・・・。」

山田先生「(これはチャンスかも!)」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 05:30:24 ID:L.w24mVQ
一夏「はぁ・・・・この量を一週間なんて・・・タウンページくらいはあるぞ・・・・。

コンコン

一夏「はーい、開いてますよ」

山田先生「こんばんわ、織斑君♪」ぷるるん

一夏「え、えっと・・・こんな時間にどうされたんですか、山田先生?」

山田先生「ふふふ、その様子だと大分苦戦しているようですねぇ♪」

一夏「まぁ、さすがにこの量を一週間で、となると・・・・モチベーションにも問題がありますし。」

山田先生「よければ教えてあげましょうか?うふふふふ」にこにこ

一夏「い、いいんですか!? でももう午後7時ですけど・・・・。」

山田先生「大丈夫です。私が隣で教えてあげればすぐ終わりますから♪」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 05:35:11 ID:L.w24mVQ
一夏「じゃあ、お言葉に甘えて・・・・この辺りのコアとの同調についてなんですが・・・・。」

山田先生「あぁ、感覚です♪」

一夏「えっ?感覚、ですか・・・・。」


山田先生「はい。そもそも同調というものは感覚で覚えるものです。」

山田先生「それを無理やり文章に起こすとどうしてもこんな長文になるだけなんですよぉ」

一夏「そうだったんですか!?じゃあ読まなくても・・・・」

山田先生「それはいけません!ちゃんと読まないと織斑君の為になりませんから!」

一夏「はぁい・・・・。」

山田先生「大丈夫ですよぉ。私が隣で家庭教師してあげますからねぇ〜♪」ぽすっ

一夏「(山田先生良いにおい・・・・・)」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 17:04:22 ID:lwk5CEKI
支援

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 21:53:00 ID:L.w24mVQ
山田先生「あっ!いいことを思いつきましたよ!」

一夏「いいこと、ですか?」

山田先生「はい、い・い・こ・と です。」

一夏「それはどういうことですか?」

山田先生「同調というのは、ISと搭乗者・・・織斑君とISの感覚、とでもいいましょうか」
山田先生「それを同じにしてしまえば、ISを乗りこなせるということです♪」

一夏「山田先生、さらっとハードなこと言いますね・・・・。」

山田先生「ですから、そのことをもっと分かりやすく、織斑君に教えてあげるんですよぉ」

一夏「それが、山田先生が言う『いいこと』ですか?」

山田先生「はい!生徒のためなら、私がんばっちゃいますよぉ♪」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 21:55:53 ID:L.w24mVQ
山田先生「とりあえず、織斑君?ベッドに座ってリラックスしてください。」
山田先生「リラックスはとても大事なことです。集中力を高めるためにも。」

一夏「わかりました。こうですか?」ぽすっ

山田先生「そうです。そのまま目を閉じて・・・・・肩の力を抜いて・・・・・」

一夏「はい・・・・・大分リラックスしてきました。」

山田先生「では、少し待って下さいね。目を開けてはいけませんよ?」

一夏「はい、わかりました・・・・・」


しゅるしゅる・・・・ぬぎぬぎ

山田先生「えいっ♪」ぽいっ

一夏「あ、あの先生?何してるんですか?さっきから布が擦れる音がするんですが」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 21:59:15 ID:L.w24mVQ
山田先生「目を開けてはいけませんよぉ?これは同調のための練習なんですから」
山田先生「そのまま目を閉じてリラックスしてください。」

一夏「はい、わかり・・・・あの、山田先生?」

山田先生「どうしました?」

一夏「どうして俺の首筋を指でなぞるんですか?」

山田先生「あらあら、織斑君。この程度で集中力を乱してはいけませんよぉ?」

一夏「わ、わかり・・・・ました・・・・。」

山田先生「(ふふふ、織斑君かわいい・・・・私が全裸だってことに気付いてないなんて)」
山田先生「(すごく・・・興奮しちゃいます・・・・アソコもジンジンしてきましたぁ・・・・・・)」

一夏「(つ、次は・・・・耳を舐めてる!?」

一夏「」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 22:03:25 ID:L.w24mVQ
一夏「山田先生、止めて下さいって、なんで全裸なんですか!

山田先生「気付かれちゃいましたかぁ?」

山田先生「でもぉ、織斑君のここはもう硬くなり始めてますよぉ?」すりすり

一夏「はぅっ!・・・だ、だめですよ・・・・・僕らは先生と生徒の関係じゃありませんか!」

山田先生「先ほども言いましたが、これは同調テストなんですよぉ?」
山田先生「細かいことを言う生徒には押しおきが必要ですねぇ。ふふふふふ。えいっ♪」

一夏「ちょ、ちょっと・・・・どうして手足を縛るんですか!?」

山田先生「悪い子には押しおき、って先ほど言いましたよぉ?」

一夏「それはそうですけど・・・・・これじゃあ逆レイプじゃないですか・・・・・・」

山田先生「違います。これは、指導です♪先生の言うことを聞かずに目を開けた罰です。」」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 22:08:07 ID:L.w24mVQ
山田先生「ふふふ、横になってくださぁい♪今から同調の練習を始めますからねぇ」

山田先生「同調は、相手と同じ感覚にならないといけません。やはりセックスが一番なんですよぉ♪」

一夏「せ、セックスって、先生何をいって・・・・ン───!!」

山田先生「ぷはぁ・・・・邪魔なお口にはチャックですよぉ」

山田先生「あれあれ?織斑君、どうしたんですか?ココがすごいことになってますよ?」すりすり」

一夏「そ、それは・・・先生がそんな姿で迫ってくるからで・・・・・」

山田先生「同調の練習準備は整ったようですねぇ♪」

山田先生「脱がせちゃいましょうかぁ♪えいっ!」ずるっ」

一夏「せ、先生・・・・恥かしいです・・・・・・。」」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/16(月) 22:13:50 ID:L.w24mVQ
山田先生「恥かしがってる折村君、かわいいですよぉ♪いろんなことしてあげますねぇ」

一夏「い、いろんなことって・・・・何か主旨が変わってきるような・・・・・。」

山田先生「そんなことありませんよぉ♪」にぎにぎしこしこ

一夏「あぁっ!先生、そんなにされたら・・・・」

山田先生「織斑君のチンポすごく熱いですねぇ、もっと味わいたくなってきましたぁ♪」

一夏「味わうって・・・・」

山田先生「ふふふ・・・・」ぱくっ れろれろちろちろ

一夏「せ、先生!き、気持ちいいです!」

山田先生「悦んでもらえてるようですねぇ、こんなのどうでしょうかぁ?」じゅるるるるるるる

一夏「う、うわぁぁぁああっ!す、すごい吸い付き・・・・ですっ!!」びくびく

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 00:24:57 ID:YdLY0Pjc
良い

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 19:56:38 ID:i5RLFJ3w
山田「まだだめですよぉ♪出すのはもう少し後ですからねぇ。我慢してくださぁい。」

一夏「はぁはぁ・・・・・そんなにされたら・・・・っ!」

山田「あらぁ、仕方ありませんねぇ、我慢しなくていいんですよぉ?」じゅっぷじゅっぷれろれろ

一夏「で、でるっ・・・くぅっ!!」どぴゅっ

山田「すごい量・・・・顔にかかってしまいましたぁ・・・ぺろっ・・・。でも全然収まりませんねぇ。ふふふ。」

一夏「すみません・・・・」ギンギン

山田「いいんですよぉ、その方が教えがいがありますからねぇ。じゃあぱいずりなんてどうでしょうかぁ」

ふにゅふにゅぎゅぅーふにゅふにゅふにゅふにゅぎゅぅ

一夏「はぁはぁ・・・・チンポがとろけてしまいそうです・・・・・。」

山田「大きいですねぇ、一夏君のおちんぽは。私の胸でも収まりませんよぉ?」
山田「カリの部分が口の近くに・・・・ふふふ・・・・・・」ちろちろちろちろ ツー

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 19:57:33 ID:i5RLFJ3w
一夏「だ、だめです・・・・・先生!!」

山田「何もダメじゃありませんよぉ・・・?ほぉーら」パクッ じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ

一夏「あぁっ!!そ、そんなぁ・・・・!」

山田「(そんなによがって・・・・こっちまで興奮しちゃいますねぇ)」ジュルルルルルル

一夏「そ、そんなに吸われたら・・・・で、出るぅっ!くっ!!」ぶるぶる

山田「・・・・ごくり。ふぅ・・・・2回目なのにすごい量ですねぇ。3回目はどうしましょうかぁ」ずいっ

一夏「先生の膣中に・・・・挿れさせて下さい・・・・・。」

山田「よくわかりませんねぇ」シコシコシコシコ

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 19:58:36 ID:i5RLFJ3w
一夏「はぅっ!・・・・せ、先生のおまんこに俺のちんぽを挿れさせて下さい・・・。」

山田「仕方ありませんねぇ。一応病人の織斑君は寝てて下さいねぇ。先生に任せ・・・て・・・・・くはぁっ!」ずぶぶ

山田「お、大きい・・・こんな・・・・・全部入らないかもしれませんよぉ・・・・」ミチミチミチミチ

一夏「う、くぅぅうう・・・・先生の中すごく締まりが良くて、気持ちいいですよ・・・・・!」

山田「はぁはぁはぁはぁ・・・・んっ!はぅっ!!・・・・・はぁはぁ・・・・全部、入りましたぁ♪」

一夏「そ、そうですね・・・・。すごく暖かいですよ。」

山田「織斑君の・・・・脈打って・・・その度に・・・はぅっ!・・・感じちゃいます・・・・まだ動かないでくださいねぇ・・・。」

山田「少しずつ慣れさせてください。こんなに大きなの初めてで・・・・はうぅっ!!」ズブズブ

一夏「む、無理です!腰が勝手に動いて!!」

山田「だ、だめです!織斑君!! あぁっ!あっ!あっ!あっ!・・・くはぁっ!!」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 20:00:29 ID:i5RLFJ3w
山田「だめだってぇっ・・・ひぐっ!言ってるじゃないぃですかぁっ!ひぐぅっ!あはぁ・・・・」

一夏「先生の中が良すぎて・・・・すみません」

山田「仕方ありませんねぇ、織斑君は。物分りの悪い生徒は、先生嫌いじゃありませんよぉ?ふふふふ♪」

山田「じゃあ次は私が動きますねぇ・・・・はぁ・・・はぁ・・・・んはぁ・・・」くねくね

一夏「せ、先生・・・・気持ちいいです・・・・・・」がしっ

山田「だ、だめですよぉ・・・・腰を持っちゃぁ・・・う、動けませんよぉ・・・ひぐっ!」ずちゅっ

一夏「物分りの悪い生徒ですみません。でも、我慢できなくて!」ずちゅずちゅずちゅずちゅ

山田「ひ、ひぐううっ!!はっ!はっ!はっ!あっ!あっ!くううう!!イっちゃいますぅ・・・・!」

一夏「お、俺もイキそうです・・・・も、もう・・・・」ずっちゅずっちゅ

山田「いいですよ・・・・私もぉおおお!!イ、イクぅぅぅううう!ン───!!」ビクビクビクッ

一夏「はぁはぁ・・・・・くぅっ!!」びゅくっ・・・どぷゅ・・・どぷゅ・・・・

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 20:01:14 ID:i5RLFJ3w
山田「はぁはぁ・・・もう3回目ですよぉ・・・?なんて量なんでしょうねぇ・・・。」


一夏「すみません・・・・」

山田「謝る必要はありませんよぉ・・・・まだまだ終わりませんからねぇ・・・・」ガシッ

一夏「えっ?」

山田「正常位というものですねぇ。ふふふ、保健体育の授業になってきましたねぇ・・・あっ!」

山田「そう、このまま・・・・そうですぅ!はぁはぁ・・・・ま、まだこんなにぃ・・・大きいぃなんてぇ・・・。」

一夏「せ、先生のなか・・・・もうぐちょぐちょですよ・・・・・」じゅぷじゅぷじゅっぷじゅっぷ

山田「あらあらぁ・・・・そ、そんなこと言われるとぉ・・・あっあっ・・・恥かしいですねぇ・・・はっはっ!」

山田「でもこんなにされたのは始めてで嬉しいので、ご褒美です♪」ぎゅううぅ

一夏「あぁっ!す、すごい締め付けです・・・・先生・・・・・・」じゅぷっじゅぷっじゅぷっ

山田「あぁぁぁぁあん♪すごい大きいですぅ・・・おまんこの中めちゃくちゃになってぇ・・・すごいですぅ」じゅっぽじゅっぽ

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 20:03:41 ID:i5RLFJ3w
山田「膣中が全部おちんぽで満たされてるみたいでぇ・・・・全部こしゅれてぇぇぇ・・・・ますぅ・・・。」じゅぷじゅぷ

一夏「せ、先生・・・・イ、イキそうです・・・・・。」

山田「し、しかたぁありませんねぇ・・・・・織斑君はよっぽどぉわたしのおまんこが好きなんですねぇ」じゅぷじゅっぽ

一夏「はい、俺先生のおまんこ大好きです!膣中に出していいですか?」

山田「いいですよぉ・・・そのまま、いっぱい突いて膣中にぃぃ・・・・出してくださぁぃぃ・・・・。」ぎゅうぅ

一夏「い、いきます・・・・・・・くうぅぅっ!」どぴゅどぴゅ

山田「んはぁっ!・・・・・織斑君、もう4回目ですよぉ・・・?」

一夏「す、すみません・・・・でも、同調の方は・・・・。」

山田「コツがつかめてきたんじゃないですか?ふふふふふ♪」

一夏「い、いえ!まったく分かりません!」

山田「あらぁ、仕方ありませんねぇ・・・じゃあ続きを・・・・・」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 20:08:20 ID:i5RLFJ3w
ガチャッ!ドンッ!

千冬姉「貴様ら何をやっている!!寮の廊下中にあえぎ声が響き渡っているぞ!!」

女子A「お、織斑君・・・・なにしてるの・・・・・」
女子B「せ、先手を採られるなんてぇ・・・・・」

箒「貴様という奴わぁぁああああ!!」
シャル「一夏のバカぁ!」
鈴「あんた、酢豚の具材にするわよ?」
セシリア「い、一夏さん・・・・信じていましたのにぃ〜!」


ラウラ「なんだその寝技は。私にも教えろ。」

一夏「こ、これは・・・・違うんだぁ!」
山田「千冬お義姉さん、今後ともよろしくお願いします♪」
一夏「山田先生何言ってるんですか・・・・。」

E N D

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 20:30:54 ID:YCoCp7Rk


24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/17(火) 23:44:57 ID:YdLY0Pjc


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■