■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

関羽「だ、出すぞ!」劉備「ビ、ビームでちゃいましゅぅうう!」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/13(金) 18:15:46 ID:HBJBG9ns
甘え

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/13(金) 18:17:32 ID:BgF9CL.E
ビーム

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/13(金) 19:13:53 ID:BgF9CL.E
二人とも出すのか

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/14(土) 11:49:49 ID:b4x33zjA
横山

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 19:16:04 ID:ijalFrbA
孔明「ほほう。私を差し置いて貴女がビームですか」

劉備、関羽「!!?」

孔明「劉備殿、私は貴女がする事には幾らかは目を瞑ってきたつもりで御座いましたが…」

劉備「ち、違うの!関羽とはまだその…」

孔明「だまらっしゃい!」

劉備「!」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 19:22:45 ID:ijalFrbA
孔明「関羽殿も関羽殿ですぞ」

関羽「…」

孔明「何とか言ったらいかがです!ビームですぞビーム!」

劉備「私から関羽を誘ったから…」

孔明「から?だから何だと言うのです」

劉備「…」

孔明「いいですか?」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 19:31:33 ID:ijalFrbA
孔明「ビームは私の専売特許なのですよ?それを軽々しく扱うなど言語道断!」

劉備「だって…孔明にはレーザーもあるからビームくらい…」

孔明「だまらっしゃい!」バンッ

劉備「ひっ!」

孔明「ビームくらいとは何事です!そもそも貴女に扱える代物でないくらいわかっていますよね?」

劉備「…うん」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 19:39:44 ID:ijalFrbA
孔明「なら何故に私のビームなのですか。他にもありますでしょうに」

劉備「…今日は調子良くて…あの…ビーム出そうな気が」

関羽「…」

孔明「…」

劉備「だからね?関羽誘ってビーム出そうかなって」

関羽「…」

孔明「…」プルプル

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 19:50:06 ID:ijalFrbA
劉備「本当にごめんね?もうビーム出そう何て思わないから…」

孔明「…出なさい」

劉備「えっ!」

孔明「表に出なさい」

劉備「い、いやっ!許して!」

孔明「どうやら貴女は自分がしようとしていた事がどんなに重い物かわかっていないようなので」

関羽「…」

孔明「今一度再度なる教育をほどこさいといけないようなのでね」

劉備「…」ガタガタ

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 20:02:09 ID:ijalFrbA
孔明「関羽殿、劉備殿を外へ御願い出来ますか」

関羽「…」ガタッ

劉備「!関羽離して!」

孔明「フフ…羽扇子を新調したばかりなのでね手加減出来なかった時は申し訳ありませんフフン」

劉備「い、いやっ!関羽だって同罪じゃない!」

孔明「いい質問ですね。では質問に質問で返して申し訳ありませんが関羽殿は本当にビームを出そうとしていたと思ってるのですか?」

劉備「えっ…」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 20:14:32 ID:ijalFrbA
関羽「…」

孔明「流石は美髭公…と言ったところでしょうかフフ」

関羽「…」

孔明「危うく私まで騙されるところでしたよ。怖いお人で御座います」

劉備「どういう事…?」

孔明「まだ知るには早いとでも言っておきましょうかね」

孔明「関羽殿御願いしますよ」

劉備「いや…」ガク

孔明「フフンフフン」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 21:24:18 ID:S9G4dq9c
歴史ゲーム板の劉備の1日みたいなノリだな

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 21:48:04 ID:ijalFrbA


劉備「…うぅ。ここは?」

孔明「いい眺めでごさいましょう?かの神のように張り付けにして逃げられないようにしておきましたから。」

劉備「やめて…孔明。関羽お願い助けて!」

関羽「…」フサフサ

孔明「フフ教育なのですから怖がる事何て無いのですよ?」

関羽「…」フサフサニヤニヤ

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 21:58:11 ID:ijalFrbA
孔明「では、軽く肩慣らし程度にいきましょうか」

劉備「…」ガタガタ

孔明「天よ!地よ!我が主に七難八苦を与えたまえ!」

関羽「…」フサフサ

孔明「さぁ!我が羽扇子に麒麟の魂いざ宿らん!」

孔明「必殺!諸葛亮ビイィームゥッ!」ゴワッ!!

劉備「…」ジュワ

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 22:06:30 ID:ijalFrbA
孔明「おっと失礼。何分新調したばかりなのでね力加減が難しいものですな」

劉備「…(髪の毛かすった!」

孔明「当てはしませんよ。教育なのですから安心してください」

関羽「…」フサフサ

孔明「多分ねフフン」

劉備「(怖い怖い怖い怖い!)」

孔明「次行きますよ!」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 22:16:42 ID:ijalFrbA
劉備「やめてお願い!もうしないから!許して!」

孔明「劉備殿とあろうお方が根を上げるにはまだ早いと思いますが?」

劉備「うぅ…グスッ。本当に怖いからやめてください…」

関羽「…」フサフサフサフサ

孔明「困りましたねぇ」

劉備「…」

孔明「では、終了としましょう」

劉備「えっ!本当に!?」

孔明「ええ。後、二発ほどで」

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 22:30:20 ID:AtnETMtw


18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 22:31:09 ID:ijalFrbA
劉備「そ、そんな」

関羽「…」フサフサフサフサフサフサフサフサ

孔明「劉備殿、良い顔つきで御座いますねクク」

劉備「怖い事言わな

孔明「いきなり滅殺!孔明レイィーザァァワー!」ドゴワッ

劉備「…」ガク

孔明「気を失ってしまいましたか。フフン。仕方がありません。終りにして差し上げましょう」

関羽「…」フサフサ

孔明「関羽殿、後はよろしくお願いいたしますね。それとアチラの方もフフ」

関羽「…」フサフサニヤニヤ

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 22:48:24 ID:ijalFrbA
関羽「…」ナデナデ

劉備「…」

関羽「…」フサフサナデナデ

劉備「…ここは?」

関羽「…」ナデナデ

劉備「そっか。私気を失って…」

関羽「…」

劉備「関羽は何故私を庇ってくれなかったの?」

関羽「…」

劉備「え?そんな事ないよ?」

関羽「…」

劉備「そうなんだ…」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 18:43:17 ID:Cjd/Thbo
劉備「でも関羽の事わかんなくなっちゃった私…」

関羽「…」

劉備「違うけど…」

関羽「…」

劉備「本当に?じゃあ今度七星剣持ってみたいなぁなんて」

関羽「…」

劉備「嬉しいなぁ。楽しみにしてるね関羽。おやすみなさい」

関羽「…」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:47:29 ID:Cjd/Thbo
関羽「…」

孔明「おやこれはこれは関羽殿。そんなところではなんですので此方へどうぞ」

関羽「…」フサフサ

孔明「いやはや感服いたしましたぞ。この孔明をも欺くとはね」

関羽「…」フサフサニヤニヤ

孔明「関羽殿がいらっしゃればこの国…いや、この乱世も面白いものになりましょうぞ」

関羽「…」

孔明「お誉め頂き有りがたき所存…と互いに敬服を深めるのはこの辺にいたしましょう」

関羽「…」フサフサ

孔明「フフン…御約束の件そろそろ」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 23:58:36 ID:Cjd/Thbo
関羽「…」ガサガサ

孔明「ほほうこれはこれは!何と申しましょうかフフ…」

関羽「…」ニヤニヤ

孔明「関羽殿が味方あり誠にうれしゅう御座いますぞ。もし…敵方であったなら…いや、止めておきましょう」

関羽「…」ニヤニヤフサフサ

孔明「そうで御座いますね。もしは無いのですから」

関羽「…」フサフサ

孔明「おや?関羽殿行ってしまわれるのですか?」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 00:12:54 ID:iC4Di3bY
孔明「そうで御座いますな。あまり引き留めるのも酷と言うもの」

関羽「…」

孔明「ほほう?違うと申されますか?私はてっきり劉備殿を…」

関羽「…」ギロリ

孔明「失礼いたしました…この孔明少しばかり口が過ぎましたな」

関羽「…」

孔明「では関羽殿良き夢をフフ」

関羽「…」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/13(月) 00:30:46 ID:iC4Di3bY
関羽…月の光に照らされた庭で一人思いにふける。

その月光にて妖しく輝く髭を微風に靡かせて。

見上げて思うは我が君主の事なりか。

はたまた戦場に散った数多の燃え盛る焔のごとき命の事なりか。

関羽の心…明鏡止水の如く。

ただ一点を除いては。

関羽…微風にも書き消されるであろう言葉を吐く。


関羽「劉備たんのエロ画像キボンヌ」

と。



おわり

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■