■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

「ここは天国……なのか?」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:03:56 ID:69PTaA4w
目覚めると辺りは見知らぬ土地である。

建物もなければ人もいない、大変見通しのよい風景である。

それに土地と云っていいものか、足元は綿のようにふわふわとしていて手応えがない。

視界は鬱陶しいほど明るい。

なるほどこれは雲の上なのだな、と私は合点がいった。

すると此処は天国であろうか。天国にしてはやけに地味なものだ。

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:08:05 ID:OvyBchOE


3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:33:55 ID:69PTaA4w
私はしばらく真っ白な景色をぼうっと眺めていたが不意に或るひらめきが頭をよぎった。

自分が何者か皆目見当がつかないのである。

此処が天国ならば生前の記憶があっても良かろうに、まさか死んだ衝撃ですべて忘れてしまったのではあるまいか。

これは困ったと私は自分の顔や体を触ってみる。

ところが手はスカスカと空を切るばかりで一向触れる気配がない。

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:40:32 ID:L/q28b06
これは大作の予感

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:49:03 ID:69PTaA4w
これは一体どうした事かと良く良く見てみると、なんと手も足も体も無い。

私はぎょっとして叫ぼうとしたが声も出ない。

感覚はあるのに実体が無いとは不気味千万、私は恐ろしさの余り震えあがったが震える体も無い。

私は幽霊になってしまったのであろうか?

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 19:50:46 ID:Aw6/9zno
のんびりでもいいので完結させてくれ

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 20:11:21 ID:69PTaA4w
しばらくそうして怯えていたがあんまり一人で怖がっていても寂しいものがある。

私は怯えるのに飽きてくると退屈を感じ始めた。

此の際私が何者かはどうでもよい。

幽霊ならば幽霊で兎角都合の良いこともあろう。


問題は何もすることがないという事である。

これでは天国も何もあったものじゃない。生きていた方が幾分ましである。

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 20:25:37 ID:69PTaA4w
そもそも此処が天国かどうかも疑わしい。

キョロキョロと辺りを見渡しても一面雲である。

空を見上げると何やら灰色がかっていて縁起が悪い。

もし天国ならばそろそろ神の使いがおわしましてもいい頃だ。

何より私一人きりというのが解せない。

こんな場所が天国であっていいはずがない。

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 20:43:12 ID:L/q28b06
支援

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 20:52:01 ID:69PTaA4w
いつまで突っ立っていても埒が明かないので私は歩くことにした。

足が無いのに歩くというのは可笑しな話だが、とにかく歩いているのである。

景色が平坦なのでどこを目指しているかも分からない。 時間の感覚もない。

私は延々と歩き続けた。

途中いろいろと考えを巡らせて退屈をしのいでいたが妄想にも限度があろう、それもすぐに飽きてしまった。


私はただ歩いた。

もはや生きてるんだか死んでるんだか分からない。

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 20:53:29 ID:L/q28b06
こういう雰囲気のSSも好き

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 21:21:56 ID:Z/YP6Z1Y
雰囲気がある
そういやvipではほとんどお目にかかれないよな地の文オンリー

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 23:53:12 ID:69PTaA4w
ふと気が付いてみると遥か遠くから音が聞える。

俄かに私は面を上げ(顔が何処にあるかも分からないが)目をぱちぱちさせて(果して私の目はちゃんと此処にあるのだろうか)

耳をそばだてた(便宜上こう記述する他ない)。

音は段々こちらへ近づいているようである。

私はドンチャン、ドンチャンと聞える方を懸命に探すのであるが音の正体はどこにも見当たらない。

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 23:53:51 ID:69PTaA4w
音は次第に大きくなり人の声も聞えてくる。

楽しげな笑い声から怒鳴り声などすこぶる賑やかな様子である。

しかしどうにもやかましい。

声のする方へ来たはいいが一遍正体が分からぬ。

だのに私の周りはわんわんと五月蠅い音が響いている。

おい、誰かいるのかと試しに云ってみるけれども今更声が出せるなら苦労はしないのである。

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 23:54:47 ID:69PTaA4w
見ると近くの雲に小さな切れ目がある。

はて落とし穴でもあるのかしらんと覗いてみると穴は案外深いようである。

私は這いつくばってその穴に顔を突っ込み目を凝らした。

底を見て仰天した。

私の居る雲の遥か下に、おびただしい数の人間どもがうじゃうじゃと蠢いているのである。

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/11(水) 23:56:19 ID:69PTaA4w
私と違ってちゃんと肉体を持っている。ということはあすこが所謂現世かも知らん。

しかしどうにも様子がおかしい。

人間どもは隙間なくびっしりとひっついてお互い押し合いへし合いしている。

楽しげな様子も無いこともないが殆どが喧嘩腰である。

中には血を吹きだして倒れている者もいる。

それらが全体の流れに沿ってあちらへ行ったりこちらへ行ったりしている。

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:02:40 ID:ENuu7/Jk
わくわくするな

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:04:32 ID:ZiMEglJg
あれに比べればこちらの世界の方が余程天国であろう。

私は気分が悪くなった。しかし今のところ他にやる事もない。

仕方ないのでこのまま下界を眺めていることにしよう。

少なくとも退屈は免れそうである。

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:10:43 ID:ZiMEglJg
さてじっくりと観察してみると色々な発見がある。

まずあの連中は一人ひとりがてんでバラバラに動いている訳ではない。

何か大きなカタマリの流れに従って移動しているようである。

そのカタマリにも楽しそうなカタマリや殺気立ったカタマリ、或いは物静かだが結束したカタマリなどがある。

カタマリ毎に指向性があり、中の人間どもはその間を自由に行ったり来たりしてその度に態度もコロコロと変えているようである。

成程見ていて飽きない。

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:11:43 ID:ENuu7/Jk
考えさせられるSSだな

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:20:35 ID:ZiMEglJg
また彼らの足元を注意して見ると、どうやら死んだ人間どもを下に敷いているらしい。

想像するもおぞましい、まるで地獄である。

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:34:18 ID:ZiMEglJg
私はずいぶん永いあいだ下界を眺めつづけた。

最初は殺伐としていた下界であるが此の頃は笑い声や和気藹藹としたカタマリも多く見える。

時々ワッとカタマリが大きく膨らんだり急激にしぼんだりするのを見るのは愉快である。

ただ最近気付いたことは、あすこは或る時刻を過ぎると一斉に人間どもが消えるのである。

そして次の瞬間には再び新たな人間どもで溢れかえる。

一体どういった仕組みなのかさっぱり分からない。

どのみち分かったところで大した益にはならんだろう。

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:44:33 ID:ZiMEglJg
さて私が飽きもせず眺めていると或る時下界に大きな変化が起きた。

カタマリたちが一斉に或る方向へ怒涛の如く流れ始めたのである。

おやと思い連中の目指す方を見ると、なんと人間どもが折り重なって巨大な山となっているではないか。

連中は我先にと他人を踏んづけて山の頂へと上ってゆく。

醜いことこの上ない。

だが見ている分には愉快千万である。

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:46:11 ID:ENuu7/Jk
良い
支援

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:51:56 ID:RgsjRim2
見てる「私」は(元)人間ではないんだろうか
いずれ明かされるか

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 00:57:55 ID:ZiMEglJg
いったい何が連中をそこまで駆り立てるのか私は興味が湧いた。

そこで目を凝らして山のてっぺんを見てみると、何やらキラリと光る筋が見える。

糸である。

天から糸が垂れ下がり、下界の人間どもはその糸を伝って雲の上へ行こうとしているのである。

芥川の「蜘蛛の糸」じゃあるまいし、大体あれはお釈迦様が慈悲でもって糸を垂らすから有難いお話なのであって

これじゃまるで運動会のごっこ遊びではないか。

そもそも連中を助けるより前に私を助けるのが道理ではないか。 お釈迦様の目も節穴と見える。

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:07:13 ID:ZiMEglJg
人間どもは必死になって糸を辿りぐんぐんと上ってくる。

このまま行けばいずれ雲の下からひょっこり顔を出すかも知れん。

それはそれで面白いので特に構わないが、問題は誰が何のためにということである。

もしや雲の上にお釈迦様がいて、私のために下界から話相手を連れてこようとしたのではあるまいか。

蓋し話相手は渇望していたけれどもあんなに大勢はいらぬ。

だったらお釈迦様が直々に私の話相手になってくれれば済むことである。

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:13:37 ID:ZiMEglJg
そのうち雲がぐらぐらと揺れ出した。

次に耳の割れるような轟音が辺りいっぱいに響き、あれよあれよと云う間に遠くの方に黒々とした山が生えてきた。

私は唖然としてそれを見た。 まるで巨大なたけのこである。

下界の人間どもは雲を突き破ってさらに天上へ上ってゆく。

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:21:30 ID:ZiMEglJg
するとお釈迦様は私よりもさらに上の雲から糸を垂らしたのであろうか。

考えてみれば頭上を覆っている灰色の空は此処と同じような広大な雲なのであろう。

もしかすると此の上が本当の天国なのかも知らん。

黒山の人だかりはとうとう上の雲をも突き破り、天国と思しき天上世界へなだれ込んで行った。

あとに続けよとばかりに下の連中はどんどん上へせり上がってゆく。

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:27:59 ID:ZiMEglJg
下界の半分ほどがそうやって上へ行ってしまった。

残りの半分は上へ行った連中に向って悪態をつき、屍の大地でぶすぶすとくすぶっている。

おかげで此処から覗く下界の風景は大変寂しいものになってしまった。

此処からでは天国の様子は分からないし、下界も以前ほど活発ではなくなった。

そろそろ潮時であろう。

私も思いきって下界に降りるか、或いは糸を伝って天国に行ってみることにする。

少なくとも此処よりは楽しめるであろう。

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:32:21 ID:ZiMEglJg
ボスン、と何かが落ちる音が聞えた。

さらにボンボンボンと立て続けに音がする。

私が驚いて振り返るとそこには数人の人間どもが雲に埋まってもがいているのが見えた。

突然のことで何が何やら頭が上手く廻らない。


遠くで誰かが叫んでいる。

私に向かって云っているようである。

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:38:16 ID:ZiMEglJg
埋もれていた人間どもは自力で脱出すると、私にその生々しい顔を向けてきた。

「あれ、もしかして此の世界の住人さん?」

「先客でしょうか」

「一人で居てもつまらないでしょう」

口々に意味不明なことを云う。

私は思わず、



「何……?」



と口走った。

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:45:34 ID:ZiMEglJg
私は私自身の声に非常に驚いた。

口を手で覆うと、暖かい肌と吐息が感じられた。

私はその手をまじまじと見つめた。

手があり、足もあった。 体も、顔もある。

「おうい、そこの人たち」

別の方向からさらに数人の人間が歩いてきた。

空から落ちてきた人間が気さくに返事した。 

「やあやあ」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:51:47 ID:ZiMEglJg
歩いて来た人曰く、

「キミたちは上から来たのかい?」

すると落ちてきた人曰く、

「そうだ。キミたちは下から上って来たのだろう?」

両者とも晴れ晴れとした笑顔で流暢に会話するので、あいだに挟まれた私のみじめさと云ったらない。

「下はもう駄目だよ。 訳の分からん奴らが勝手に暴れ始めて始末に負えない」

「上も似たようなものさ。 結局新しい居場所を見つけたからって中身が変わんないんじゃどうしようもない」


私を放って話を進める。 人間の不徳ここに極まれり。

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 01:57:04 ID:ZiMEglJg
「アナタは?」

「あ、え?」

突然声をかけられるのはひどく心臓に悪い。

そもそも私の事について聞かれても自分自身知らないのだから答えようがない。

私はしどろもどろにこう云った。

「き、キミらは一体どうして此処に?」

彼らは顔を見合わせてこう云った。

「僕らだけの場所を此処に作るんだよ」 「ひっそりとね」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:02:52 ID:ZiMEglJg
なかなか話が呑み込めない。 私は落ち着いてゆっくりしゃべった。

「だってキミらは下界と天国があるじゃないか。 わざわざこんな何もない所に……」

「下はもう手遅れ」 「上はきっとそのうち崩壊するだろうし」 「新しい土壌が必要なんだよ」

「下とか上とか、この世界はいったい何なんだ? 私にも分かるように説明してくれ」

両者は不思議そうに顔を見合わせたあと私に云った。

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:20:53 ID:ZiMEglJg
「上は天国」 そう云って上を指差す。

「それはまあ、なんとなく分かるが……すると下は?」

「下に名前はない。 敢て云うなら……」 「肥え溜め?」 「便所の落書き?」

まったく要領がつかめない。

「……まあいい。 すると此処は、上と下に挟まれた此処は……なんだ?」

「なんだろう?」 「新しい場所だから新しい名前をつけないと」 「何がいいかな?」

「……」


彼らの無邪気なやりとりには閉口する。

だいたい私がこの雲の上で先輩なのだから、この私を差し置いて勝手に名前を決めるというのも不愉快である。

彼らに任せていてはぐだぐだと話が進まないのでここは一発私が扇動してやる他あるまい。

「名前くらい私がサクッと決めてやる。 この場所の名前は――――」

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:21:22 ID:ZiMEglJg
おわり

39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:22:19 ID:xdcLDBug
乙乙
素晴らしい文章力でした

40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 03:44:54 ID:6lzA0nTU
皮肉がきいてて素晴らしい

41以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 08:38:42 ID:ENuu7/Jk

すばらしかった

42以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 08:42:54 ID:D77D98Bw
乙ー

43以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 12:23:10 ID:oZG8v.ag
これってそーいうことかwww

文章上手いから、普通の話も読んでみたい
会話文SSでもいいので
なんとなくだが、地の文がそれなりに書ける人は会話文SSでもわりと上手なイメージ

44以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 14:47:17 ID:QWVnNPS6
乙そういうことか
してやられたわ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■