■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

クーはゲームを作って売るようです 最終章

1 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:12:52 5gTcuZkoO
たいして

長くなかった

ボチボチやろう


2 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:13:37 5gTcuZkoO
1.最終章までのあらすじ


いろいろあってドクオが学校を城に変えて、世界を支配しようとしている。

それを阻止する者、文句を言いにいく者等が入り乱れる絢爛豪華な状況で、クーの出す答えは……


3 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:14:28 5gTcuZkoO
2.ここまでの複雑な物語を整理し、考察するために必要なキャラクター紹介(ゲーム制作編 終了時)


川 ゚ -゚) 素直クーある日、ゲームを作ろうと決意するが、
ダウンロードした制作ソフトが引き起こす
恠恠奇奇に見舞われる。

セントジョーンズの放った奥義を受けてしまい、
ゲーム制作の活力が湧いた。
現在、無限空間にてゲーム制作中。

( ^ω^) 内藤ブーン

刑事。ドクオのペットであるクソゴリラ(ツンデレ)を助けた男。

のーちゃんとクズバカリキャッスルの通行料を払うため銀行に向かう

('A`) ドクオ (ティンダロス伊差坂)

クーのすむマンションの上の階に引っ越してきた青年。
冷静沈着で利発的思考の持ち主。

クルゥを騙し、セントジョーンズと戦い、勝利。
彼を吸収し、クズの国を建国。各国に立国を認めさせ、世界を支配しようと目論む。

J( 'ー`)しカーチャン(オードリーヘップバーン)

ドクオの母親。
現役引退した山口百恵に
似ていると評判。

ドクオの通訳になるため単身、クズバカリキャッスルへと向かった。

ξ゚⊿゚)ξ津出レイ(クソゴリラ)

ドクオに監禁されていた金髪美少女。
内藤ブーンの手によって救出された。

以後、内藤ブーンの股間が住処となっている。


4 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:14:54 5gTcuZkoO
(’e’) セントジョーンズ

クーが孔子の言葉を思い出すときに出てきた人物。

正体は、私立葛秤高校の校長。
潜在的クズ力という特殊な力を
吸い取ることの出来る人間。

校長室にて、ドクオと対峙。
後に現れたモララーと共闘するも、放った奥義が当たらず敗れる。
ドクオに吸収された。


(-@∀@) アサピー

ドクオの友達。
天才大学に合格し、情報番組アサピ屋でメインを務める。


从'ー'从 ナベちゃん

アサピーの友達。
天才大学に合格し、情報番組アサピ屋で占いコーナーを務める。


( ゚д゚ )ミルナ
クーのおばあちゃん。
ファブリーズで消された。

__:.∫._
\@@@∫/
∴∫__∫,.∫
∫∫∫∫∫∫∫

ハムエッグサンド

ドクオが持ってきた食料。
幽霊だから触れないラーメン。しかし、霊体となったドクオに
食べられてしまう。


5 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:15:20 6.Hxyjpo0
最速の支援


6 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:15:39 5gTcuZkoO
( ^^ω) マルタニスムは瀬川コンビニエンスストア

『サーセンファミリーソンK』の従業員であり、
私立葛秤高校の2年A組。あだ名はスピードスターか、マルちゃん。

クラスメイトの素直クーが好き。

転入してきたモララーのことを
良く思っていなかったが、
コンビニでの会話により和解。
以後、良い友達になれそうだと自覚する。

現在、クズバカリキャッスルの門番として
宗男と共にその任を全うしている。


( l v l) フフフーン(宗男)

コンビニエンスストア『サーセンファミリーソンK』の従業員。
年齢37歳。不景気でリストラに遭い、妻と子に逃げられた苦労人。
マルタニスムは瀬川と
同じ時間帯に入っているが、
名前は不明。

後に、マルタニスムは瀬川の
テンションが上がったため、
名前が呼ばれた。

現在、クズバカリキャッスルの門番として
マルタニスムは瀬川と共にその任を全うしている。

(*゚ー゚) しぃ
マルタニスムは瀬川に連絡先を渡した女子高生。
おつりを貰ったときに感動して高橋洋子の魂のルフランを叫びながら退店した。


(*゚∀゚) しぃの付き添いの女子高生

しぃの付き添い。

爆走するしぃを追いかけながら退店した。


7 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:16:25 5gTcuZkoO
(´・ω・`)ショボン先生

私立葛秤高校の先生。
担当は2年A組。
セクハラを越えたイタズラが大好き。
私立葛秤高校の四天王。
クズ力は四天王の中でも最強で、
二つ名は歩く犯罪。

セントジョーンズが敗れた後、ドクオの配下となる。

(*‘ω‘ *)ちんぽっぽ

私立葛秤高校の2年A組。
日直の際の号令はちんぽっぽと叫ぶ。


从´ヮ`从ト 女子高生C
私立葛秤高校の3年生。
ショボンに後ろから乳を揉まれながらうなじをなめられた。

素直クーに、
素直クルゥの呼び出しを伝える。

イ从゚ ー゚ノi、 女子高生D

私立葛秤高校の3年生。
テスト中、ショボンに机の下にもぐりこまれてスカートに顔つっこまれながら深呼吸された。


川 ゚ 々゚) 素直クルゥ

私立葛秤高校の3年生。
素直クーの姉。本人に自覚はないが、伝説のギコ番長を殺害したという噂により、
妹の素直クー以外に誰も近寄らない。しかし転入してきたモララーのみがその事実を知らず、
ようやく後輩ができたことに喜びを隠せなかった。なお、その噂を広めているのは
妹の素直クーである。

ドクオの甘言に乗せられ、
素直クーを殺そうと屋上へと呼び出し、
カッターナイフで肉薄するも、誤解だと気づく。
しかし、クーのある一言で無意識に刺してしまい、
うんこと一緒に泣き崩れた。


8 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:17:03 5gTcuZkoO
(,,゚Д゚)ギコ番長

元・私立葛秤高校の3年生。
通称『伝説のギコ番長』あらゆる犯罪に手を染め、
パー券の売り上げが2000万円程度では満足できない
極悪な不良。ハロー先生の花壇を奪おうとしたが、当時一年生のクルゥに刺され、死亡。


<_プー゚)フ 舎弟(エクスト)
元・私立葛秤高校の2年生。
ギコの側近。
あらゆる犯罪知識に精通し、情報・分析に長ける。

当時一年生のクルゥに刺され、死亡。
後に天界にて犯罪の神となる。

ハハ ロ -ロ)ハ ハロー先生

元・私立葛秤高校の教員。
園芸部顧問。

学校の花壇でケシの花(麻薬)を育てていたが、ギコ番長達にかぎつけられ、気絶させられる。

目が覚めたときに
倒れているギコ達を発見、落ちている園芸ハサミでメッタ刺しにするも
別の教員に見つかり、逮捕された。
後に、刑務所から脱走に成功。

港町のバーで、ある計画を練っている。

その計画は銀行強盗。


(‘_L’) フィレンクト
ハローがギコ達を刺している場面を目撃。
一喝した。

セントジョーンズが敗れた後にドクオの配下となる。

(^ω^神) 創作の神

素直クーがダウンロードした制作ツール『VIP』に封印されていた、創作の神であり、天界の八統神。
ドクオが世界を支配することを防ぐために天界にて天牙を起動しようとする。


9 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:17:46 5gTcuZkoO
▼・ェ・▼ ワンワン

ツンデレが10歳の時に求愛を迫った犬。
内藤ブーンに追い払われた。


(・(エ)・) 犬神

ツンデレが10歳の時に現れた
奉られし神の存在。

ワンワンの求愛を避けたツンデレを憎み、食べようと襲い掛かった。
助けにきた内藤ブーンと
死闘の末に敗北する。

天界の八統神。

ミセ*゚ー゚)リ 号令をした女生徒

私立葛秤高校にて、日直の際には赤ちゃん言葉で号令をする。


(・∀ ・) 斉藤先生

私立葛秤高校の教員。
クーいわく、全国でも指折りの賢い先生。

ガククズテストを受けていないモララーに対して、自らカククズテストを行った。

終了後、モララーから探し人の写真を手渡され、
情報を伝えるも、
教頭のトソンに妨害される。

ζ(゚ー゚*ζ トソンの母親

国内最大の難関大学である
天才大学に娘を入学させるために勉強を重視するお受験ママ。

その執念はかなりのもので、
勉強をしなければ
ニューヨークを全裸で闊歩させると脅迫するほどのもの。

試験に受からなかったトソンを気絶させ、
友達のチャイニーズマフィア三十会に売りつける。

帰路にて、エクストを自分の子供にしようとするが、失敗。
逆上し、銃を突きつけるも、
セントジョーンズに妨害された。


10 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:18:18 5gTcuZkoO
(゚、゚トソン 都村トソン
私立葛秤高校の教頭。

チャイニーズマフィアに
その身を売られたが、
セントジョーンズによって救出。
以後、彼の元で暮らす。

命を助けられ、
人並み以上の生活を
送ることのできたセントジョーンズを
異常なほど敬愛しており、
性的な奉仕をしないと
自害するほどに依存している。

セントジョーンズが敗れた後、ドクオの配下となる。


(;TДT) 試験官

天才大学の試験官。
名前しか書いていないトソンの答案に驚く。

<ヽ`∀´> チャイニーズマフィア三十会のボス

チャイニーズマフィアのボス。
トソンを1000万で購入する。

送りに出したエクストが戻ってきて、
彼の言い分を聞いた後、
銃で殺そうとするが、
セントジョーンズの力によってクズ力が無くなり、
募金に目覚めた。


( `ハ´) チャイニーズマフィアの手下

チャイニーズマフィアの手下。

セントジョーンズを殺そうと囲み、銃を突きつけたが、
彼の力によって無力化。
ボランティアに目覚めた。

(゚A゚* ) のーちゃん

私立葛秤高校の2年C組で生徒会の書記。新聞部部長。
彼女の持つスカウタモサンで相手の表面的クズ力を測定できる。

学校が城に変えられ、文句を言うために潜入を試みるもブーンに止められた。
通行料を払うため、一緒に銀行へ向かう。


11 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:19:04 5gTcuZkoO
( ‘∀‘)ガナー

偉い神。偉い。


( "ゞ)デルタ

通勤の神。通勤と通学の秩序を司る。

(=゚ω゚)イヨウ

ケーキの神。甘い物を司る。辛党で酒飲み。甘いものが嫌い。


o川*゚ー゚)o 乳の神。
乳を司る。

(#゚;;-゚) ゲスの神

ティンダロスに会いたがっている。


12 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:20:08 5gTcuZkoO
〜〜〜

銀行前


( ^ω^)「やっと銀行についたお」


(゚A゚* )「途中、色んな奴から因縁つけられたけど」


(゚A゚* )「ブーンさんの警察手帳でなんとかなったな」


( ^ω^)「おっ。まぁ、たぶん今はまだそこまで大きな事にはなってないけど」


( ^ω^)「これから先、暴動とか起こるかもしれないお」


(゚A゚* )「それを止めるために……か。あんたは警察の鑑やな!」


13 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:21:00 5gTcuZkoO
(* ^ω^)「照れるお!やめてくれお!」


 ∩*^ω^)ウフフ
  |  ⊂
  | _|
  し′∪


 ∩*^ω^)
  |  ⊂
  | {}|ジィーー
  し′∪


 ∩*^ω^)
  |  ⊂
  |ξ゚⊿゚)ξカポン
  し′∪


14 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:21:47 5gTcuZkoO
ξ゚⊿゚)ξ「そうよ!ブーンってば、私を助けるために人を殺し」



 ∩*^ω^)
  |  ‖
  |  ∪
  |ξρ。)ξムギュ
  し′∪


15 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:22:37 5gTcuZkoO
(゚A゚* )「なんか物騒なこと聞こえたけど、なんなん?」


( ^ω^)「なんでもないお!さぁお金を引き出すお!」


ヴイーーン


( ∵)「いらっしゃいませー」


( ^ω^)「えっと、ATM、ATMっと……」


16 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:23:29 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ「ヘイ!!」


( ^ω^)「ん?受付が騒がしいおね」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「金をダシナ!!」


( ^ω^)「なんだお?」


(゚A゚* )「なんやろ、ブロンドの女がカウンターで何か騒いどるで」


( ∵)「きゃぁ!!強盗よ!!」

ハハ ロ -ロ)ハ┏─「私はゴートー!!さぁ、早くこのバッグにビッグマネーをツメルンダ!!」


17 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:24:03 5gTcuZkoO
( ∵)「きゃぁ!!きゃあ!」


( ∵)「キャア!」


(; ^ω^)「ご、強盗だお……!?」


(゚A゚* )「強盗やな……」


18 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:24:52 5gTcuZkoO
≡( `ω´)「やめるんだお!!」


(゚A゚* )「ちょ、ブーンさん!!」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「フワッツ?お前は誰だ!!」


( ^ω^)「僕はブーンだお!そんなバカなことはやめるんだお!!」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「ブーン……どこかで聞いたような……」


19 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:25:45 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ┏─「マァイイ。私は諦めない。ネバーギブアップ、強盗する」


( ^ω^)「どうしてそんなことするんだお!!みんなのお金を奪っちゃダメだお!」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「シャラップ!!」


( ^ω^)「っ!!」


20 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:27:12 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ┏─「私、無実の罪で捕まった。とてもかわいそう」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「だから手に入れるビックマネー」


( ^ω^)「な、なにを!!」


ハハ ロ∀ロ)ハ┏─「カネー!!」


(; ^ω^)「ビックマネー……!?地獄の沙汰も金次第って奴かお!?」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「ナガセと、ウエキの話じゃない!邪魔するなら」

カチャ

ハハ ロ -ロ)ハ┏─「ダァァァイ!!してもらう!」


21 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:27:58 5gTcuZkoO
( ^ω^)「……」


( ^ω^)⊃┏─「悪いけど僕も銃持ってるんだお」


ハハ;ロ -ロ)ハ┏─「フワッツ!?ユーは何者!?」




∩( ^ω^)⊃□「こういうものだお」


22 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:28:40 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ┏─「……ポリスメン」


( ^ω^)┏─「イエス。アイム、ポリスメン」


ハハ#ロ -ロ)ハ┏─「ノォ!!私は、警察が嫌い!!動くと撃つ!」


( ^ω^)┏─「や、やめるお!警官殺しはしんどいんだお!」


23 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:29:27 5gTcuZkoO
ハハ ロ∀ロ)ハ┏─「今更人を殺したってなんとも思わなーい!」


( ^ω^)┏─「……なんて奴だお……」


コソコソ|A゚* )「ほんまや、なんて奴や……スカウタモサンでチェックしてみるか」


|A●* )「……クズ力、70万……やと……!?ウチの知ってるショボン約10人分やないか」


|A゚* )「あかんで、ブーンさん……!あんな奴に勝てるわけが」


24 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:30:11 5gTcuZkoO

―┓ コォォォオオオ…………
( l
 \\ (^ω^ )
  ヽ ̄ ̄ ノ
   フ   /
   |  /
   ( ヽノ
  ノ>ノ
  レレ



|A゚* )「な、なんなんや……あの落ち着き……」


25 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:30:57 5gTcuZkoO
|A゚* )「も、もしかして、ブーンさんもとんでもないクズなんとちゃうんやろか」


|A゚* )「見てみよ……っと、またおめめケガするのもあれやし」


|A★* )カチャ


|A★* )「前にパクった校長のヤツをつけよ。表も裏も見れるらしいから完璧やな」


|A※* )パリィン


26 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:31:56 5gTcuZkoO
|A∩* )「ああああ!!いたいぃ!!なんでやぁ!!」


|A゚* )「はぁはぁ……う、うそやろ」


( ^ω^)┏─「許さないお、強盗犯め。僕が逮捕してやるお」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「キャッチミーイフユーキャァン!!」


|A゚* )「校長専用でも割れるなんて……あいつ人間か?」


27 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:32:49 5gTcuZkoO
〜〜〜

無限空間

川 ゚ -゚)「さて、作るとするか」


川 ゚ -゚)「とはいったものの……今のところ、出来ているのは」


川 ゚ -゚)「ストーリーに」

川 ゚ -゚)「キャラクターと」

川 ゚ -゚)「戦闘システムと」

川 ゚ -゚)「グラフィック」


川 ゚ -゚)「……の基本形だけか」


28 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:33:27 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「とりあえず、順番に完成させていく必要がありそうだな」

川 ゚ -゚)「……まずは、ストーリーだが……とりあえず方針を決めないと。草案を作ろう」

川 ゚ -゚)「さて、ストーリーというのはざっくりと、キャラクター主体か、物語主体か、あるいは両方というものに分かれると思う」

川 ゚ -゚)「キャラクターが好きだからストーリーを進めるというのは非常に多い」

川 ゚ -゚)「とはいえ、キャラ主体でだと感情移入や世界観がなぁ……」

川 ゚ -゚)「物語主体だと、キャラ立ちが……」

川 ゚ -゚)「うーん、そう考えたとき、私の作りたいものはRPGだから」

川 ゚ -゚)「まぁどっちを基軸にしてもいいし、どっちかに偏らせるのも面白いだろう」


29 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:34:06 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「だが、ここでちょっと考えてみる」

川 ゚ -゚)「昨今、RPGに多いのは主観だが、RPGらしくないものが多い気がする」

川 ゚ -゚)「魅力的なキャラクター、懇切丁寧なシステム……私は好きだけど」

川 ゚ -゚)「ユーザーによってはRPGである必要がないと思われると悲しいな」

川 ゚ -゚)「そもそもロールプレイングゲームっていうものはアメリカでは古くにダンジョン&ドラゴンズ、日本で言えばウィザードリィやウルティマとか」

川 ゚ -゚)「どちらかというとTRPGに近いものってイメージが大きいんだよな」


30 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:34:55 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「過去に学ぶのはいいが、どうしても馴染みが薄いから、ここは今っぽく……」

川 ゚ー゚)「有名なドラクエやFFを例にしてみよう」

川 ゚ -゚)「共通項としては」

川 ゚ -゚)「大まかだが、主人公の使命や目的が最初ないし途中に定められて、レールに沿ったプレイをする」

川 ゚ -゚)「その間で、旅の仲間が増え、一緒に冒険や世界を救うっていうのが共通してるし、RPGとしても一般的だ」

川 ゚ -゚)「TRPGっていうのは、主人公=完全なるプレイヤー視点になるわけで」

川 ゚ -゚)「自分で考え行動するってイメージが大きい」

川 ゚ -゚)「そこで私が作るべきRPGはどうするべきか……」

川 ゚ -゚)「例えば、フィールドにある町を例に考えてみよう」


31 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:35:42 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「町……人……家……」

川 ゚ -゚)「ドラクエは、町に人がいる。入り口には町の名前を教えてくれる町人が」

川 ゚ -゚)「それ以外にも、ダンジョンの敵情報や、武器の性能についてだったり、先に進むヒントを出してくれるな」

川 ゚ -゚)「そして、それらに話しかければ、おおよそなんらかのイベントが発生し、物語が進む」

川 ゚ -゚)「これをドラクエ式としようか」


32 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:36:24 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「では、FFは?」

川 ゚ -゚)「確かに町はあるし、そこには豊富なイベントが待っているが」

川 ゚ -゚)「どちらかというと、主人公をサポートするためではなくて」

川 ゚ -゚)「その町で、あるいは国や世界で生活する人々のセリフが多い気がする」

川 ゚ -゚)「それはこれから進むにあたってのヒントというよりは」

川 ゚ -゚)「世界観をより深めるための配置といえるだろう。これがFF式かな?」


33 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:36:55 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「とすると……ドラクエ式は冒険を進行させるための町の作り方」

川 ゚ -゚)「FF式は、冒険をする舞台の世界観を深めるための町の作り方をしているな」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「両方を、いや全部を織り交ぜたら……どうなる?」

川 ゚ -゚)「ストーリーの進行にも、世界観への言及へも触れ、個性と無個性を両立したキャラ設定……」

川 ゚ ー゚)「いわば、究極のストーリー……」


34 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:37:34 5gTcuZkoO
カタカタ

川 ゚ -゚)「いける……!」


35 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:38:56 5gTcuZkoO
〜〜〜

銀行


|A゚* )「なんなんやろ……」


|A゚* )「どんな人間かて、どっかに悪いところはあるやろに……まさか」


|A゚* )「マジに、正義の味方なんか……!?」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─¨「ヒャッハァ!!」パキュンパキュン


36 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:39:42 5gTcuZkoO
¨∴━( ∵)━ターン
 ¨∴━( ∵)━ターン
  ¨∴━( ∵)━ターン
   ¨∴━( ∵)━ターン
    ¨∴━( ∵)━ターン
¨∴━( ∵)━ターン
  ¨∴━( ∵)━ターン
    ¨∴━( ∵)━ターン
      ¨∴━( ∵)━ターン
   ¨∴━( ∵)━ターン
 ¨∴━( ∵)━ターン
¨∴━( ∵)━ターン


37 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:39:45 VBSh9vC20
来た!!!
支援!


38 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:40:57 5gTcuZkoO
(; ^ω^)≡「うわっ!!銀行員さんが!」


ハハ ロ∀ロ)ハ┏─「どうした、ポリスメェン!!」


( ^ω^)┏─「と、トリガーハッピーかお……撃ちすぎだお……」


ハハ ロ∀ロ)ハ┏─カチカチッ「ハッハハハァ!!」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「ハァン?弾切れか」



     |
ハハ ロ∀ロ)ハ┗「リィローーード!!」


39 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:41:40 5gTcuZkoO
≡( ^ω^)「チャンスだお!武装解除するために肉弾戦に持ち込むお!」


≡( ^ω^)ダッ


ハハ ロ -ロ)ハ「フワッツ!?ユーアー、動けるデぇブ!?」


( ^ω^)⊃「くたばれお!ブーンパァンチ!!顔面に直接攻撃!」


40 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:42:16 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ「アマイ!ハローキック!股間へのダイレクトアタック!」



キーーン!!



( ゚ω゚)「おぅっんふっ!」


41 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:43:14 5gTcuZkoO
ハハ ロ -ロ)ハ「レディは、マネーにヨワーイ。でも、メーンは」


ハハ ロ∀ロ)ハ「ペニスがヨワーイ!!」


(  ω )「……」


( ^ω^)「ふっ」


ハハ;ロ -ロ)ハ「なっ!?ゴールドクラッシュが効かない!?ユーはフノウ!?」


42 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:44:33 5gTcuZkoO
( ^ω^)ゴソゴソ


( ^ω^)⊃スッ


⊃ξ;⊿;)ξジィーー「いたいよぉ!」


( ^ω^)⊃ξ;⊿;)ξ「ツンデレガードだお、さぁ大人しく観念し」


ハハ ロ -ロ)ハ┏─「ナマクゥビ!?ノォオオ!!」


パキューン


ウォ アブネッ(^ω^ )≡¨∴━ξ;ρ;)ξ━


43 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:45:13 5gTcuZkoO



( ^ω^)「あ……」



¨∴ξ ρ )ξピクピク


44 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:45:55 5gTcuZkoO
( ゚ω゚)「つ、ツンデレーーー!!」


ハハ ロ∀ロ)ハ┏─「ハッハハハハァ!!誰が銃をひとつしかもっていないといったぁ!」


( ^ω^)┏─「黙れ!」パキューン


ハハ ∀ )ハ「グハァ!」


45 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:47:17 5gTcuZkoO
ハハ ∀ )ハ チーン



( ^ω^)「……」



( ‐ω‐)「……男は確かに――チンコが弱いお。でも女は」



( ^ω^)キリッ「銃に弱いんだお」


46 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:47:24 tFKNKl4U0
もうなんかワロタ


47 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:47:56 5gTcuZkoO
(゚A゚* )≡「ブーンさん!」


( ^ω^)「おっ。のーちゃん」


(゚A゚* )「どうすんねん!銀行が血だらけやで!?」


48 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:48:48 5gTcuZkoO
¨∴( ∵)グ
¨∴( ∵)チャ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ァ
¨∴( ∵)ン
¨∴ξ ρ )ξピクピク
¨∴ハハ ∀ )ハチーン


49 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:49:45 5gTcuZkoO
( ^ω^)σ「まぁまぁ、銀行強盗は殺したからいいんじゃないかお?」


(゚A゚* )「ええわけあるかい!あんたのフィアンセの生首も死んでんねんで!?」


( ゚ω゚)「おっ!?そうだ!ツンデレーーー!!」


ξ ρ )ξピクピク


( ;ω;)「お、おおん……どうして、どうしてこんなことに……」


(゚A゚* )(わりと原因はあんたにもあると思うな、ウチ)


50 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:50:24 5gTcuZkoO
(゚A゚* )「どうすんねん、この死体というか死首」


(* ^ω^)「一応持ってくお」
⊃ξ ρ )ξ⊂


(゚A゚* )(ネクロフィリアの気があるな、このデブ)


51 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:51:00 tFKNKl4U0
銀行員のグチャアアアアアアアンで笑ったけどいいよね支援


52 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:51:19 5gTcuZkoO
(  ω )「……許せんお」


(゚A゚* )「えっ?」


( ^ω^)「今までは平和だったのに許せんお。全部、全部、悪の王様が……あのティンダロスって奴が悪いんだお」


( ^ω^)┏─カチャ「そうだおね、のーちゃん」


(^A^* )「そ、そうやな……」


53 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:52:40 5gTcuZkoO
( ^ω^)「そうと決まれば正義を執行するお。諸悪の根源を殺しにいくお。まずはお金を――」


(゚A゚* )「お、おう」


(゚A゚* )(……あー、あれやな)


(゚A゚* )(こいつ、自分が正義と思いこんどるから)


(゚A゚* )(スカウタモサンも測定できやんだんかな)


(゚A゚* )(タチ悪っ)


54 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:53:31 5gTcuZkoO
ヨイショ⊂( ^ω^)⊃「……」


(゚A゚* )「って、ちょっとブーンさん。なにカウンターよじのぼってるん?」


( ^ω^)「……思い出したんだお……」


(゚A゚* )「は?」


( ^ω^)「ATMじゃ10万円以上の出金ができないんだお……」


55 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:54:01 5gTcuZkoO
(゚A゚* )「……いや、まぁ、何回かにわけたらええんちゃうん?」


( ゚ω゚)┏─「手数料がもったいないお!!!」


(゚A゚* )「ひぃ!」


56 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:54:55 5gTcuZkoO
( ^ω^)「だから、これはしょうがないんだお。ちょっと拝借するだけだお」


(゚A゚* )(こいつが強盗しとるやん……)


( ^ω^)「よし!100万ほど集まったお!さぁいくお、のーちゃん!」


(゚A゚* )「誰かちゃんとした警察呼んでくれやんかな……」


57 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:55:51 5gTcuZkoO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「できた……!総文字数、百万文字!!何百時間、いや何千時間と遊べるストーリーの完成だ!」

川 ゚ -゚)「これはいままでにない出来だぞ……まるでライブアライブのようなドラマティックさと」

川 ゚ -゚)「ロマンシングサガのような自由度、そして」

川 ゚ -゚)「ニーアレプリンカントやドラッグオンドラグーンのような儚さ」

川 ゚ -゚)「ICOやワンダと虚像のような切なさ」

川 ゚ -゚)「ガンパレードマーチのような不思議さ」

川 ゚ -゚)「アトリエシリーズのような可愛らしさ」


58 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:56:11 VBSh9vC20
元からブーンも怪しい線があったけど、もう何が何やら
支援


59 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 19:57:00 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「他にも色々、とにかく、もうすごいストーリーだ。涙が止まらん」


川 ゚ -゚)「……これだけのストーリー、普通では決して出来なかっただろうな」


川 ゚ -゚)「創作の神に感謝しなければ……」


川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「無事だろうか、創作の神……」


続きは二時間後くらいに


60 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 20:12:08 VBSh9vC20

クーの居る空間は精神と時の部屋みたいな感じなのか

続きも待ってるよ


61 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 20:31:49 Zl8TVg1Y0
動けるデブでワロタ


62 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:26:39 5gTcuZkoO
〜〜〜

天界


( ‘∀‘)「皆さん、お集まりいただきましたね」


( ‘∀‘)「今回の召集は……ご存知の通り、世界のバランスを変えようとする輩を」


( ‘∀‘)「滅することです」


63 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:27:18 5gTcuZkoO
o川*゚ー゚)o (・(エ)・) <_プー゚)フ

「……」

(#゚;;-゚) ( "ゞ) (=゚ω゚)


64 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:27:59 5gTcuZkoO
( ‘∀‘)「それでは、詳細について……創作の神、お願いします」


(神^ω^)「うむ」


(神^ω^)「まず対象についてだが、すでに日本は落ち、アメリカ以外にも侵略しようとしている」


(神^ω^)「国名は、クズの国」


65 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:28:50 5gTcuZkoO
(#゚;;-゚)「いいねぇ!最高だよ!人間どももなかなか面白いことするじゃないか!」


(神^ω^)「……そして、国王は」


(神^ω^)「以前に話した通り、ティンダロス伊差坂と名乗っている」


<_プー゚)フ「ティンダロス……そいつが、校長を?」


(神^ω^)「……ああ。たまたま、現場を見た」


(神-ω-)「あれは……ひどい光景だった」


66 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:30:06 5gTcuZkoO
〜〜〜

数時間前


校長室


( ・∀・)「く、クーさん!」


('A`)「帰っちゃった」


( e ;)「……ぐっ」


(゚、゚トソン「校長!」


('A`)「まぁ、なにはともあれ」


('∀`)「これで一つになれますね、セントジョーンズさん」


67 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:31:14 5gTcuZkoO
(’e’;)「ちっ……!」


(; ・∀・)「セント!くそっ、体が」


('A`)「では、吸収します。はぁぁ!!」



('A`) (’e’)「う」



('A`e’)「うわぁ〜〜〜〜」


68 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:32:11 5gTcuZkoO
( ・∀・)「セント!」


(゚、゚トソン「校長!!」


( A )シュウウウウ


('A`)「素晴らしい……!素晴らしいぞ、この力!」


(; ‐∀・)「……トソン先生……」


(゚、゚;トソン「……」


(; ・∀・)「逃げるんだ」


(゚、゚;トソン「えっ?」


69 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:33:05 5gTcuZkoO
( ・∀・)「僕が……時間を稼ぐ」


( ・∀・)「だから、逃げるんだ」


(゚、゚;トソン「で、でも……!」


( ・∀・)「校長先生は、セントは必ず助ける……!」


( ・∀・)「だから、逃げてください」


(゚、゚;トソン「……っ!」


(-、-;トソン≡ダッ


70 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:33:32 fvRfdpxcO
ω・`)支援


71 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:33:53 5gTcuZkoO
('A`)「おっと、どこへいくんですか。これからが楽しい時間なのに」


(; ・∀・)「おいおい、お前こそどこにいくんだよ、ドクオ」


('A`)「……ドクオ?気安く呼ぶんじゃない」


( ・∀・)「な、なにを」


('A`)「僕の名はティンダロスです。愛するクーさんが名づけてくれた、最高の名前」


72 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:34:42 5gTcuZkoO
( ・∀・)「……実の親に向かって、生意気な」


('A`)「トーチャン、膝をついて言っても、なにも怖くないよ」


(; ・∀・)「……」


('A`)「先にクーさんをつまもうとしたトーチャンには、僕の世話係になってもらおうかな」


( ・∀・)「……トーチャンを、なめるな──」


( ・∀ウグッァ!!!


73 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:37:19 5gTcuZkoO
(  ∀ )(み、見えなかった……何をしたのかも、何が起こったのかも……)



(  ∀ )(……トーチャンに暴力ふるうような……こんな子じゃ、なかったのに……な……)


74 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:38:08 5gTcuZkoO



    ('A`)「弱い」



    ('A`)「脆い」



('A`)「くだらないな。この程度で僕の父親?笑わせないでくれよ」


75 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:39:09 5gTcuZkoO
( 'A`)「さて、とりあえずさっきのスーツの女を調教しにいくか」


('A`)「それから……」


('A`)「世界を支配して、クーさんと愛を語らおう」



(神゚ω゚)(な、なんという強さだ……)


(神゚ω゚)(このままでは、小娘が……いや、世界が……ゲーム制作どころでは……)


ピピー


(神;^ω^)(神々通信!?召集か、クソッ!)


(神^ω^)(仕方あるまい、こうなれば定例会議で……!)


(神‖ω^‖シュン


76 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:40:00 5gTcuZkoO
〜〜〜

天界


(神^ω^)「……」


<_プー゚)フ「……そんな……」


( "ゞ)「まぁまぁ、我々八統神が戦えば雑魚ですよ、雑魚」


(神^ω^)「奴はもう人間のそれを遥かに凌駕している」


(神^ω^)「気をつけろ。一見して利発そうな面持ちだが」


(神^ω^)「クズだ。正直、我々でも勝てるかどうか……」


77 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:40:48 5gTcuZkoO
(・(エ)・)「確かに、創作の神が言うとおり、人間にも神に匹敵する奴は存在する」


(・(エ)・)「だが、我が知っているあの男よりも強いとは到底思えん」


o川*゚ー゚)o「したらば、誰のこと?」


(・(エ)・)「フン、貴様には関係ない」


o川*゚ぺ)o「とんでもむっかー!」


78 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:41:58 5gTcuZkoO
(=゚ω゚)「まぁまぁみなさん、落ち着いてよぅ!それで、創作の神は僕達にどうして欲しいんだよぅ?」


(神^ω^)「……天牙を使いたい」


( ‘∀‘)「テンガ……!知恵の天牙ですか」


o川*゚ー゚)o「しかし、あれって人間じゃないと起動できないんじゃないのー?」


(神^ω^)「森羅万象を司る天牙……確かに人でなければ正常に動かせることは出来ない」


(神^ω^)「我々、天界の神が勝手に使ってしまわないようにするためのセキュリティが……こんなところで厄介になるとはな」


79 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:42:43 5gTcuZkoO
<_プー゚)フ「仕方ないですぜ。誰もこんな事態になるなんて考えもしませんでしたでさぁ」


(神-ω-)「そうだ。だから……」


(神^ω^)「私が天牙を動かす」


<_プー゚)フ「は?」


80 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:43:45 5gTcuZkoO
(神^ω^)「確かに、正常には起動できないだろう」


(神^ω^)「だが、全てを修復し、人々の世界を元に戻すことは無理でも」


(神^ω^)「奴を……ティンダロスを消すことくらいならば、あるいは」


(#゚;;-゚)「……根拠は?」


(神^ω^)「……ない」


81 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:44:28 5gTcuZkoO
(#゚;;-゚)「ないんなら、私らがぶっ殺したらいいだけじゃないさ」


(神-ω-)「むろん、そうできるならそれに越したことはないが……」


(#゚;;-゚)「決まりだね。ガナー」


( ‘∀‘)「はい」


(#゚;;-゚)「私が行くよ。そのティンダロスって奴と会ってみたくなった」


82 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:45:08 5gTcuZkoO
(神;^ω^)「よ、よせゲスの神!」


(#゚;;-゚)「お前さぁ……」


(#゚;;-゚)「さっきからなに?私が負けるとでも思ってるわけ?」


(神^ω^)「……!」



(#゚;;-゚)「――神技・開放」


83 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:45:55 5gTcuZkoO


      ∧
    |\ / ∧/|
   _| \_/ |__
  __L|_//\_|_/_
  \ | /  )|  /
   \ノ  \_ノヽ/
   /ヽ/~ヽ  /\
  /  /  |  | \
   ̄ ̄/__ノ/ ̄| ̄ ̄
    | /―\ |
    |/V /:\|
       V :
 (#゚;;-゚) 。゚
 (  つ━・゚
  u-u    ドーン


84 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:47:13 5gTcuZkoO

§⊂(#゚;;-゚)「このでぃ様の神技、ゲスの鉄球……触れれば万物、一瞬で冥界に送る素敵な相棒」


(#゚;;-゚)「試してみるかい?」


(神^ω^)「……ぬぅ……」


( ‘∀‘)「創作の神、ここは彼女に任せましょう」


(神^ω^)「が、ガナー……」


85 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:48:04 5gTcuZkoO
( ‘∀‘)「何をそこまで危惧しているのです」


( ‘∀‘)「確かに、敵は強大。しかし、ゲスの神の力はさらに強大」


( ‘∀‘)「世界で起こる様々な戦争を始めさせ、また終わらせた彼女の」


( ‘∀‘)「でぃの力……信用なりませんか?」


86 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:48:39 5gTcuZkoO
(神^ω^)「……」


(#^;;-^)「まぁ心配しない!さくっと狩りとってくるからさ」


(神-ω-)「……無理はするなよ」


(#゚;;-゚)「へいへい」


‖゚‖;-‖)シュン


87 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:49:28 5gTcuZkoO
( ‘∀‘)「さて……では、当面のところ天牙の使用は保留」


( ‘∀‘)「各神にて対応するということでよろしいですか?」



「「「異議なーし」」」



(神-ω-)「……」


( ‘∀‘)「創作の神」


(神^ω^)「……わかった」


( ‘∀‘)「では、各々持ち場についてください」


88 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:50:29 5gTcuZkoO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「さて、次は……キャラクターだが」


川 ゚ -゚)「これは既にストーリーにあわせて作りきれているから大丈夫だ」


川 ゚ -゚)「問題は、特技や技、つまり」


川 ゚ -゚)「戦闘システムに関連する事柄」


89 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:50:57 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「そもそも戦闘システムというものは」

川 ゚ -゚)「ユーザーが物語を進める上で、敵対あるいは遭遇する困難を」

川 ゚ -゚)「主人公達を操作することで解決するための要因」

川 ゚ -゚)「だからこそ、面白くなければいけない」

川 ゚ -゚)「ビヨンドザビヨンドのような、疲れるゲームになってはいけない」

川 ゚ -゚)「では、どうするべきか……」


90 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:51:34 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「現在のインターフェイスでは、ドラクエ式をとっている」

川 ゚ -゚)「が、昨今、ドラクエだってフロントビューだけというわけではない」

川 ゚ -゚)「最近じゃ無双までしてくる始末」

川 ゚ -゚)「こうなったら、これも色々と組み合わせてみようと思う」

川 ゚ -゚)「とりあえず計算式を作るが……気をつけたいところがあるな」


91 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:52:22 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「例えば、技で一定の消費ポイントを使って、敵に1.5倍のダメージを与えるという計算式」

川 ゚ -゚)「一見、ダメージ量が上がってホクホクだが」

川 ゚ -゚)「これ、実はあんまり意味ないんじゃないだろうか」

川 ゚ -゚)「例えば、敵の体力が1.5倍ダメージを使う必要なく倒せるなら?」

川 ゚ -゚)「例えば、敵の体力が1.5倍ダメージを使ってギリギリ残ったら?」

川 ゚ -゚)「こうなると、通常攻撃で十分じゃないかな」

川 ゚ -゚)「前者で言えば、消費ポイントを使ってプレイヤーが不利になってしまうし」

川 ゚ -゚)「後者なら、ポイントを使っている上に、あと一回行動をしないといけない」

川 ゚ -゚)「もちろん、状況にも応じて必要性はあるのだろうが……潜在的なデメリットが多く思える」


92 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:53:04 5gTcuZkoO
川 ゚ -゚)「こういう、何気ない有利になるはずの行動だって」

川 ゚ -゚)「積み重なると、上手いプレイヤーと下手なプレイヤーで優劣がはっきりしてくる」

川 ゚ -゚)「もちろん、そういう上手い下手は、競争心を煽ったり、挑戦しようというポジティブな面もあるが」

川 ゚ -゚)「場合によっては、飽きられてしまってプレイされなくなる」

川 ゚ -゚)「何回もゲームオーバーを見てネガティブにならないのはヘビーユーザーくらいだ」

川 ゚ -゚)「ライトユーザーでも楽しめて、ヘビーユーザーにも満足いくもの」

カチカチッ

川 ゚ -゚)「そう、面白い戦闘というものを作ってみよう!」


93 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:54:19 5gTcuZkoO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

城門


( l v l)「ねぇマルちゃん」


( ^^ω)「なんすか、宗男さん」


(* l v l)「くぅ!たまらん!そうそう、俺の名前は宗男!」


( ^^ω)「……」


(* l v l)「ねぇねぇ!」


( ^^ω)「なんすか」


σ(* l v l)「むーねおっ!」


( ^^ω)「……」


94 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:55:04 5gTcuZkoO
( l v l)「えへへ。いやぁ、でもコンビニ辞めて良かったよ。この仕事、時給2000円でしょ?」


( ^^ω)「そうっすね」


( l v l)「立っているだけの簡単なお仕事です!これで時給2000円はいいよね!」


( ^^ω)「はいはい」


95 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:55:52 5gTcuZkoO
( l v l)「……どうしたの、マルちゃん。元気ないじゃない」


( ^^ω)「いえ……」


( ^^ω)(モララーのやつ……大丈夫かな?)


( ^^ω)(俺はフィレンクト先生に脅されて仕方なくやってるけど)


( ^^ω)(みんなが心配だ)


( ^^ω)(なにより、クーさん……どこにいるんだろう)


( ゜゜ω)(ま、まさか!ショボンに捕まってあんなことやこんなこと!!)


96 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:56:26 5gTcuZkoO
( l v l)「もしかして、将来の心配?大丈夫だよ」


( l v l)「ほら、俺みたいな嫁さんに逃げられてバイトしてる奴だっているんだからさっ!」


(* ゜゜ω)「うらやましい……」


( l v l)「えっ」


97 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:57:53 5gTcuZkoO
( ^^ω)「いや、なんでもないっす」


(; l v l)「そ、そう?ならいいけど……ん?」


テクテク(#゚;;-゚)


(l v l )「……あれ?なんかこっち来てる人いるよ」


( ^^ω)「あ、ほんとっすね」


(#^;;-^)「こんちは」


98 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:58:30 5gTcuZkoO
( l v l)「いらっしゃいませー」


( ^^ω)「いらっしゃいませー」


(#゚;;-゚)「あれ、ここお店?」


( l v l)「あ、つい癖で……えっと」


99 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:59:12 5gTcuZkoO
( l v l)「クズバカリキャッスルにようこそ。ここを通りたければ通行料10万円を払え」


( l v l)「無理に通る奴は撃ち殺す!」


(#゚;;-゚)⊃[天界の通貨]「はいはい、これ」


( ^^ω)「……すみません、うち他国の紙幣と両替ってできないですよ」


(#゚;;-゚)「は?」


100 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 21:59:55 5gTcuZkoO
( ^^ω)「コピー機使うんだったらいいんすけど」


(#゚;;-゚)「コピー機?」


( l v l)「はい。コピー機を使うための両替なら特別にOKなんですよ!」


(#゚;;-゚)「なにいってんのか全然わかんないんだけどさ」


(#^;;-^)「とりあえず消えとこか」


(#゚;;-゚)「神技・開放」


101 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:00:57 5gTcuZkoO
( ^^ω)「な、なんだあれは!」


     ◇
(#゚;;-゚)⊃§


( l v l)「お客様、暴力はいけません!」


(#゚;;-゚)⊃シュッ!∝∽∝∽◇


(‖‖v‖)ゴツーン


( l v::: ヒュワーン


( ゜゜ω)「む、宗男さーん!?」


102 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:02:08 5gTcuZkoO
(#゚;;-゚)「残念だったね、クズ坊や。あの男はもう消した」


(#゚;;-゚)「さぁ、消えたくなければ大人しく道をゆず」


( ^^ω)「どうぞどうぞ!!美人さん!あんな男の一人や二人どうでもいいっす!」


( ^^ω)「消えたくないんで!俺あいつみたいに消えたくないんで!さぁ!早く通って!」


(#゚;;-゚)「……」


103 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:03:13 5gTcuZkoO
(#゚;;-゚)(話には聞いてたけど)


≡(#゚;;-゚)(クズだなぁ……神もびっくりだわ)


( ^^ω)ノシ「どうもー」


( ^^ω)┏━─「と見せかけて食らえライフル!!」バババッ


(#゚;;-゚)「!!」


キィンキンキンキン


( ゜゜ω)「なっ!?全部はじいた!?」



§⊂(#゚;;-゚)「弾いたんじゃなくて、消したのさ」


104 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:07:38 5gTcuZkoO
( ゜゜ω)「け、消したって……そんな、バカな……」


(#゚;;-゚)「坊や、こんなことしてどうなるか……わかってるわよね」


( ゜゜ω)「ひっ!やめてくれ!命だけは!」


(#^;;-^)「あぁ、いいわ、すごくいい。クズの命乞いはたまらないね」



§⊂(#゚;;-゚)「だけど無意味さ。じゃあ冥界でさっきの男とおままごとしてな」



( ;;ω)「だ、誰かぁ!」


105 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:08:26 5gTcuZkoO



(    )「おーい!」



(#゚;;-゚)「ん?」


( ^^ω)「あ、あれは……」


106 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:09:23 5gTcuZkoO



    __
 /  / ))))
`/ / _⊂ノ┣゙┣゙┣゙
/ / /
 \ \
/ \ \(´^ω^`)
/  \    ⌒\
    |    /> >
    /   /  6三)
_   / /\ \
_  / /_ \ \
  (__ ) > )
⌒ヽ ∴ L/_/ /
  人 ∴ ( イ
Y⌒ヽ⌒ヽ \_)


続きは明日かな


107 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:19:20 VBSh9vC20

最後の最後でクソワロタ
明日も超楽しみにさせて頂くよ


108 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:19:36 fvRfdpxcO
ω・)乙。展開が読めないから面白いw


109 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:22:51 oYtgVUq.0
気になるじゃねえか


110 : 名も無きAAのようです :2014/09/18(木) 22:38:50 LkoAlEyw0
乙 明日が楽しみ


111 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 01:02:28 l0e9QN2M0
最後おれもわらっちまったwwww
フィット感やべえwww


112 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 01:19:21 OYDtp3Kw0



113 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:45:28 9RIeKoooO

(´・ω・`)「ふひっ!嗅ぎなれないメスの匂いがしたと思えば」


(´^ω^`)「なかなか上玉じゃないか、先生嬉しいぞ」


( ^^ω)「しょ、ショボン先生だ……」


( ^^ω)(なんだろう……この絶対に助かったにもかかわらず、拭えない悪寒は……)


114 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:46:19 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「なんだい、こいつ」


( ^^ω)「き、気をつけてください!この先生は危ない!」


(#゚;;-゚)「危ない?そうは見えないがねぇ」


(´・ω・`)「そうだぞ、は瀬川」ボロン


115 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:46:55 9RIeKoooO
 (´・ω・`)
  / ̄ヽ
 / / | 「先生、
((  | とっても安全だぞ」
 \\ | n
  Z_)|ノノ
(( (  )) ))
  | |U
  | |   ペチン  ペチン
  | |  ペチンペチンペチン
  L_つ


116 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:47:35 9RIeKoooO
( ^^ω)「どこが!?」

(#゚;;-゚)(……へぇ……)


(´・ω・`)「ふふふ、先生のエクスカリバーが反応している……喜び、のたうち回る」


(#゚;;-゚)(なるほど、あれがエクスカリバー……私と同じ伸縮可能なソードタイプの武器ね)


117 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:48:21 9RIeKoooO
(´・ω・`)「どうやら、君の事を欲している。欲しているみたいだよ、傷面の君」


(#゚;;-゚)「……」


(´^ω^`)「いいねぇ、その顔!たまんねぇ!その傷を舐め回して、新しい傷を作って消毒液の変わりに俺のコンデンスミルクで殺菌してやりてぇ!さぁ、まずは俺のカリバーをカリカリっと!」


118 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:49:06 9RIeKoooO
 (´^ω^`)
  / ̄ヽ
 / / |
((  |
 \\ | n
  Z_)|ノノ ◇∝∽∝∽≡シュッ
(( (  )) ))
  | |U
  | |   ペチン  ペチン
  | |  ペチンペチンペチン
  L_つ


119 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:49:53 9RIeKoooO
 (´^ω^`)
  / ̄ヽ
 / / |
((  |
 \\ | :::
  Z_)| ヒュワーン  ≡◇∝∽
  (  ))
  | |:::
  | |
  | |
  L_つ


120 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:50:42 9RIeKoooO
 (´^ω^`)
  / ̄ヽ
 / / |
((  |
 \\ |
  Z_)|
  (  )
  | |
  | |
  | |
  L_つ


121 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:51:27 9RIeKoooO
(´^ω^`)「……え」


( ^^ω)「えっ!?」



§⊂(#゚;;-゚)「カリカリっと、刈り取ってやったぞ。感謝しな」


122 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:52:15 9RIeKoooO
(´・ω・`)「え、ちょ、先生の……エクスカリバーはどこに?散歩か?」


(#゚;;-゚)「冥界に送った」


( ゜゜ω)「ショボン先生のチンコが……消えた!?どこへ!?散歩か!?」


(#゚;;-゚)「冥界に送った」


123 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:52:56 9RIeKoooO
( ゜゜ω)「えっ、冥界!?」


(´・ω・`)「……あ、ああ」


(´;ω;`)「俺の……俺のエクスカリバーが……」


(#゚;;-゚)「武器を失ってショックなのは分かるけど、その程度じゃダメさね」


(#゚;;-゚)「さ、覚悟は――」


(´つω;`)「……」


(´つω・`)「先生な……」


124 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:53:44 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「?」


(´・ω・`)「あんまり女の子に手荒なこととかしないんだ。女の子は尊いから」


( ^^ω)(いやいやいや)


(´・ω・`)「そう。いつだって、女には優しくしてきた」


(´・ω・`)「夜道を襲う時だって、なるべく脅かさないように、正面から向かうし」


(´・ω・`)「抵抗する奴には、殴る蹴るとかよりは、どちらかというと撮った写真をネタにして屈服させてきた」


125 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:55:42 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「はぁ……命乞いならもっと良い声で……」



/(((´゚ω゚`)))\「だのに!だのに、だのに!」



(; ^^ω)「な、なんだ……ショボン先生の様子がおかしい」



(:#゚;;-゚)(っ……なるほどね……ただのザコじゃないってか。まさか、限られた人間が使うことのできる覚醒……?)


126 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:56:30 9RIeKoooO
(´゚ω゚`)「傷面の君……君の、君のせいでこんなことになったんだ」



(´゚ω゚`)「これから……」




§⊂(#゚;;-゚)(……来る!)



(´゚ω゚`)「これから……!」


127 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:57:12 9RIeKoooO
   /⌒/⌒ヽ
   \ヽ_/⌒)
   (・ω・ `)))) ̄
 *。。。  (((。。。*
   て\/))
  /|\/|_*
 ⊂//  。★
  *☆★☆*  パァァァアン
  く/_/
   / /、\
  / / \7
 ∠_/


128 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:57:46 9RIeKoooO
(*´・ω・`)「うふっ!これからは私が優しくされる番よ!」


(*´^ω^`)「私、ショボ子!よろしく!」


(*´^ω^`)「ねぇ、ルナルナの使い方教えて!」


129 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:58:26 9RIeKoooO
(*´^ω^◇∝∽∝∽≡ゴツーン


(*´^ω::::ヒュワーン


(*´:::::::ヒュワーン


( ^^ω)「……」


(#゚;;-゚)「冥界に送った」


( ^^ω)(冥界が不憫だ)


130 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:59:08 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「さて、邪魔者もいなくなったし、次は坊やだね」


( ゜゜ω)「ひぃ、ひぃい!!お助け!!なんでもしますから!!」


(#^;;-^)「じゃあ、面白いことしてよ。そしたら見逃してあ・げ・る」


( ^^ω)「お、面白いこと?」


131 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 06:59:55 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「うん」


(#゚;;-゚)(ま、なにやっても消すけど)


( ^^ω)「……」


(; ^^ω)(ど、どうしろっていうんだよ……ショボン先生よりインパクトねぇよ俺)


132 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:00:39 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「はやく」


( ^^ω)(こうなったら……いつかクーさんに見てもらおうと思っていた一発ネタだ)


(#゚;;-゚)「もしかして逃げようっていうんじゃ――」


( ^^ω)「ホマッ!!」


(#;゚;;-゚)「!?」


133 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:01:16 9RIeKoooO
( ゜゜ω)「ホマッ!!」


ヾ( ^^ω)ノ「ホマホマホーマホーマホマホーマ」


(#゚;;-゚)(な、なんだこの鬼気迫る感じは……)


(#゚;;-゚)(まるで自らのアイデンティティーを体現しているような……)


(#゚;;-゚)(……信じられないね)


134 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:02:19 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)(いつだって、どれだけの英雄や戦犯でも不様に命乞いはするのに)


(#゚;;-゚)(この坊やは……)


 ホマ・ホマ♪

( ^^ω)
(( /つこノ ))
  しーJ


  ホマ・ホマ♪

(( /)   (\ ))
  (( ^^ω))
  ヽ    /
   しーーーJ


みんなたーべるよー♪

( ^^ω)
(( ヽ∩∩ノ ))
  しーJ


 ホマ・ホマ♪

( ^^ω)
((と   ノつ))
  しーJ

 ホマ・ホマ♪

( ^^ω)
(( /つこノ ))
  しーJ


あ・し・たも♪

(( /)   (\ ))
  (( ^^ω))
  ヽ    /
   しーーーJ


135 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:02:57 9RIeKoooO
⊂⌒) _+ ―== /⌒つ
 ∧\ 二_  ̄ //二
 ̄ ∧ \_ + / /  ぐ
+= \ /⌒(⌒ / ― る
  + ヽ   / =― ん
―= へ/  /⌒| +
   /ヽ   _/| |= ぐ
  (ニ_ノ(  ) ( ヽ る
+      ―  ̄  ん

ぐるん ぐるん


136 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:03:40 9RIeKoooO




+    ―――
mO /  ̄ ̄  ―=二 Omは
L丿 /     -- /_ノれ
\\ ( ^^ω)// る
`∧ \  /  ⌒/ / //か
/ V \/  / / / な
  /\ ヽ / /| +ぁ
 | \_災_ノ||  !
+   (_u = u_) +



(#゚;;-゚)(踊ってる……!)


137 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:04:24 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)(ヒトラーやルーデル、スターリンの最後だって、こんなに気迫は無かった……)


( ゜゜ω)「ホマッ!!」


(#゚;;-゚)(消すには惜しい)


(#゚;;-゚)「……」


138 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:05:11 9RIeKoooO
(#゚;;-゚)「わ、わかったよ、坊やは生かしといてあげよう」


( ゜゜ω)「ホンマッ!?」


(#゚;;-゚)「そのかわり、私の邪魔はしないでね」


( ^^ω)「ホマホマッ!!」


139 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:05:51 9RIeKoooO
( #゚;;-)「じゃあねぇ、縁があったらまた会いましょう」



( ^^ω)ノシ「ホーマー!」



( ^^ω)「……」



( ^^ω)「俺は、何を言ってるんだろう……」


140 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:06:31 9RIeKoooO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「……ふむ」

川 ゚ -゚)「これは……難しいな」

川 ゚ -゚)「だが、できた」

川 ゚ -゚)「ドラクエの王道コマンドと、FFのアクティブな戦闘」

川 ゚ -゚)「そしてテイルズもびっくりのリアルタイムバトル」

川 ゚ -゚)「さらにスターオーシャンのようなスタイリッシュさ」

川 ゚ -゚)「しかもレガイア伝説を彷彿とさせる開拓感」

川 ゚ -゚)「これに、既に出来上がっているヴァルキリープロファイルとシャドウハーツのシステムを組み合わせて……」

川 ゚ -゚)「より、戦闘に幅が広がったぞ」


141 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:07:35 9RIeKoooO
川 ゚ -゚)「これでバトル面に関しては問題ないな、最高だ」

川 ゚ -゚)「次は……よし、BGMを作ろう」

川 ゚ -゚)「音楽か……私、音楽の成績1だったんだよなぁ」

川 ゚ -゚)「きっと先生がダメだったんだ」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「歌います」


142 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:08:32 9RIeKoooO
ヽ川 ゚ -゚)ノ「た↓えー↓」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「まー↑」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「なく→」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「そ↑そー↑ぐ↑」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「あーいーのなをー←」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「……」


川 ゚ -゚)



川 ゚ -゚)「ビブラートが弱いな」


続くかな


143 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 07:36:35 qB9OuBVk0

相変わらずあたまおかしいなぁ(褒め言葉)


144 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 08:04:15 aUMyLdDs0
乙乙
ホンマッ!でワロタ


145 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 08:12:22 .FKESjSQ0
落ちわろす


146 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 08:16:31 6eRZXxrA0
乙したー
冥界が不憫ワロタwwwww
←の部分の音程の取り方を教えてくれないか?www


147 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 11:59:38 .eqHUpKk0

宗男とショボンあっさり消えてわろた


148 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 12:29:02 RvzqwNQ.0
>>146 シュシュっとにんじゃじゃーん と同じだしかたじゃないかな


149 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 13:08:37 KweC1yrg0
ショボンを失ったか……


150 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 15:58:37 8bRrLGLo0
冥界編か…


151 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 17:33:37 ijPVJwc20
は瀬川好きだわー


152 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 19:39:07 9s5Sa5LUO
ω・)ショボンが弱いのかでいが強いのかわからないwwwww


153 : 名も無きAAのようです :2014/09/19(金) 21:20:39 uHKTKM620
>>146
吸いガラテルで


154 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 03:23:45 2bfrRnLE0
相変わらずパワーバランスの描写上手いな


155 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:10:41 1GG1/ktsO
〜〜〜

最上階 

王の間


( ・∀・)「ショボンのクズ力が……消えた?」


(゚、゚トソン「どうやらショボンクーズクズがやられたようですね」


(‘_L’)「ククク……奴は四天王の中でも最強……めちゃくちゃ強い」


( ・∀・)「ああ。侵入者がいるようだが、このままいくと僕達が面汚しになるな」


156 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:11:23 1GG1/ktsO
(‘_L’)「……」


(゚、゚トソン「……」


( ・∀・)「……」



 ( ・∀・)


「どうしよう」(゚、゚トソン


  (‘_L’)


157 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:12:02 1GG1/ktsO
(゚、゚;トソン「これは由々しき事態です。侵入者は相当の実力を持っている」


(・∀・ )≡( ・∀・)「どうしよう、どうしよう」


(‘_L’)「焦るな、モララー・トーチャーン。きっと、侵入者だって無傷ではいられないはず」


(‘_L’)「ここは我が戦闘部隊である、フィレンクト隊を使ってネズミを排除する」


158 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:12:46 1GG1/ktsO
( ・∀・)「フィレンクト隊か……確かに、学兵達を率いた人海戦術ならあるいは」


( ・∀・)「しかし、これからなのに兵を死なせるのはどうなんだい?有望な子もいるんだろう」


(‘_L’)「フッ、クズ共が死んでもなんとも思わんよ。むしろたくさん死んだほうがキレイな死体の海ができて眼福だ」


( ・∀・)「……」


159 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:14:33 1GG1/ktsO
(‘_L’)「心配せずとも、足りなくなったら産ませればいい」


(‘_L’)「それに学兵達はショボン隊との連携により、士気が高ぶっている。そろそろ発散させてやらなければいけない」


(^_L^)「良い演習になるだろう」


( ‐∀‐)「……」


160 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:15:17 1GG1/ktsO
(゚、゚トソン「それより王は?」


( ・∀・)「もうすぐテレビ局から戻ってくると思うが……」


(゚、゚トソン「なるほど……じゃあ私達はそれまでにできることをしましょう」


(‘_L’)「では、私は部隊の調整を」


( ・∀・)「僕は5時に夢中を」


(゚、゚トソン「私は歯磨きを」


161 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:15:59 1GG1/ktsO
       サッ≡( ・∀・)


(゚、゚トソン≡サッ



   サッ
   ‖
 (‘_L’)


162 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:17:02 1GG1/ktsO
〜〜〜

廊下改め通路


(#゚;;-゚)「さて、ティンダロスって奴はどこにいるのかねぇ」


(#゚;;-゚)「っていうかどんな顔してるんだったか……むしろ男だっけ、女だっけ?」


(#゚;;-゚)「なんか創作の神が色々言ってたけど思い出せないな……」


(#゚;;-゚)「まぁどうせクズみたいな顔してるんだろ、うん」


163 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:17:37 1GG1/ktsO
(゜3゜)「でよぉ、1年のしぃちゃんがよぉ」


,(・)(・),「おまえも好きだなぁ、でもしぃちゃんって女体ランク『?X』だろ?俺達みたいなクズランク『トゥエルブ』じゃまだまだ遠いぜ」


(#゚;;-゚)「お、第一クズ人発見」


164 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:18:33 1GG1/ktsO
(゜3゜)「ちぇ、わかってるよ。でもたまんねぇよな!いやぁ、俺フィレンクト隊に入れてよかったわ、マジがんばろう」


,(・)(・),「だよなぁ、他国侵略に結果出したり、内政に貢献したらショボンの女体十三私兵団とやりまくれるもんな」


(゜3゜)「ひひっ、いやぁ隊長方はわかってるわ。欲の使い方がうまい」


,(・)(・),「連携も取れてるもんな。俺達フィレンクト隊が昼の戦闘要員として頑張れば」


(゜3゜)「ショボン隊の夜の戦闘要員が頑張ってくれる」


165 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:19:15 1GG1/ktsO
(゜3゜)「どうせ敵なんて来やしないし、勉強もないからいいよなぁ」


,(・)(・),「ま、一回学校内で銃とか乱射したいけどな」


(゜3゜)「お前、テロリストかよー」


,(・)(・),「ばっか、逆だよ。主人公だよ。敵が来たら俺が全部仕留めてやるぜってな」


(゜3゜)「ハハッ、そいつはいいや。女体十三私兵団もマジ惚れするぜ」


166 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:20:11 1GG1/ktsO
,(・)(・),「マジ惚れ、か……なぁ田中」


(゜3゜)「なんだ、松中」



,(‐)(‐),「俺、クズの国が世界制覇したらつーちゃんにプロポーズしようと思うんだ」



(゜3゜)「……え?つーちゃんって、しぃちゃんの友達の?」


,(・)(・),「うん」


167 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:21:05 1GG1/ktsO
(゜3゜)「おいおい、マジかよ。そんなことしなくてもつーちゃんなら女体十三私兵団でもランク『イレブン』だろ?」


(゜3゜)「ちょっと成績上げたらすぐやれるじゃん。それをわざわざ……」


,(・)(・),「違う!」


(゜3゜;)「えっ……」


168 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:21:56 1GG1/ktsO
,(・)(・),「そんなじゃ、ないんだ……俺、本気なんだ」


(゜3゜)「松中……」


,(・)(・),「俺、ずっと前からつーちゃんのこと好きだったんだ」


,(・ )(・ ),「ほら、いっつもさ。クラスで人気のしぃちゃんを陰で支えてて……」


,(‐ )(‐ ),「本人はあんまり主張しないけど、気配り上手で……」


(゜3゜)「……」


169 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:22:44 1GG1/ktsO
,(・)(・),「そういうところがさ、なんていうか……ああ、俺なにいってんだろ!笑いたきゃ笑え!」


(゜3゜)「……ばぁーか。笑えるかよ」


,(・)(・),「──え?」


(‐3‐ )「友達のマジ恋、笑う奴がどこにいんだよ、ばか」


,(・)(・),「田中ぁ……」


170 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:23:32 1GG1/ktsO
(゜3゜)「決めた。俺もしぃちゃんにマジ恋する。それまで他の女には見向きしねぇ」


(^3^ )「だからお前もがんばれよ、な」


,(^)(^),「お、おう!俺も純潔を貫くぜ!」


171 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:24:38 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「ちょっといいかい?」



≡,( ・)(・),「うはっ、良い女だぁぁぁああ!やらせろー!」(゜3゜)≡



,(・)(‖‖(゜3‖‖ゴツゴツーン



,(・)(:::(゜3:::ヒュワーン


172 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:25:25 1GG1/ktsO

§⊂(#゚;;-゚)「……会話もできないのか、ここの住人は」



(#゚;;-゚)「まいったねぇ……これじゃティンダロスがどこにいるのかわかりゃしない」



(゚;;-゚#)「どこかにまともそうな奴はいないのかねぇ……ん?」



('A`)「ふぅ〜疲れた」



≡(#゚;;-゚)「おや、なんだかまともそうな奴が居た、声かけてみるかね」


続きは多分今日中に


173 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 13:29:15 1GG1/ktsO
※業務連絡

朝、気が付いたら枕がノートパソコンになっていた



液晶がちょっと割れた



作業効率が下がった



投下が遅れた



今日中にがんばる


174 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:37:34 1GG1/ktsO
('A`)「テレビ局って初めて行ったけど、あんまり初めてだった気がしないなぁ」


(#゚;;-゚)「ちょっといいかい」


('A`)「はい、どちら様ですか?」


(#^;;-^)(な、なんて礼儀正しいんだろう!この子なら色々聞けるかも)


175 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:38:13 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「いやね、ちょっと人を探してるんだけどね」


('A`)「はぁ」


(#゚;;-゚)「ティンダロスって奴知らないかい?」


('A`)「僕ですけど」



(#゚;;-゚)「……」



('A`)「……」


176 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:41:59 1GG1/ktsO
(#^;;-^)「ぶっははは!あんた、面白いねぇ!そんな冗談が通じるわけないでしょ?」


σ('A`)「いや、僕ですよ。僕、ティンダロス」


(#゚;;-゚)「まっさかー!碇シンジみたいな顔してぇ!」


('A`)「生まれてこの方、サードチルドレンに似ていると言われたことはないのですが」


177 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:42:49 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「あんたみたいな利発そうな子がクズ共を纏められるわけないじゃん」


('A`)「心外だなぁ。それより、あなたは誰ですか?」


(#゚;;-゚)「私?私はでぃ。ゲスの神」


('A`)「ゲスの神?全然、ゲスっぽくないですね」


(#゚;;-゚)「そうかい?私もそんなこと言われたの初めてだよ。みんなこの顔の傷でビビるんだけどね」


('A`)「それはいけませんね。人は内面が大事なのに」


178 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:43:36 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「人じゃないんだけどねぇ、でも嬉しいよ。ありがとう」


('A`)「ゲスの神なのにずいぶんとフレンドリーですね」


(#゚;;-゚)「いやぁ、どいつもこいつもクズばっかでさぁ。あんたみたいなまともな奴に会えてテンション上がっちゃってね」


('A`)「そうですか。僕もちょっと疲れてるんで満足な対応ができず申し訳ない」


179 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:44:31 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「いやいや、いいよ。でさ、ティンダロスって奴のことなんだけど……」


<警告!侵入者発生!侵入者発生!


(;#゚;;-゚)「な、なんだい?」


('A`)「ああ、エマージェンシーですね。どうやら通行料を払わずに進入した不届き者が現れたみたいです」


(#゚;;-゚)(これ私のことかな。さっきのホマホマ言う子が通報したのか?)


180 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:45:15 1GG1/ktsO
<侵入者は一名。女性。繰り返す、侵入者は一名。女性。


<既に敷地内に進入している模様。


(#゚;;-゚)(うー、これ私だわ、うーん、どうしよう)


<総員、迎撃体制を取れ。


('A` )「女性一名……敷地内……ということは」


181 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:46:01 1GG1/ktsO
(#^;;-^)「あ、アハハハ……いやね、うん。その、あんまりあんたは消したくないけどやるってんなら仕方な」


('A`)「恐らくグラウンドか」


(#゚;;-゚)「え?」


('A`)「グラウンドに侵入者が来たみたいです」


(#゚;;-゚)「いやいや、どう考えても私でしょこれ」


182 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:46:41 1GG1/ktsO
('A`)「落ち着いてください、ゲスの神さん。いいですか」


('A`)「先ほどの放送では、敷地内に進入したという情報だった」


('A`)「建物内ではなく、敷地内……ということは、外……」


('A`)「裏口からでも入れますが、そのために乗り越える必要のある外壁をクリアできるほどのやり手なら、敷地内で発見されるようなバカはやらない」


('A`)「つまり、侵入者は城門から堂々と入ってきた……以上、証明終了です」


183 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:47:46 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)(こいつ……今の情報で、そこまで……!)


(#゚;;-゚)「……あんた、何者だい?」


('A` )「だからティンダロスだって──」


<ウワァァァァァァア!


('A`)「!」


(;#゚;;-゚)「な、なんだい、悲鳴かい!?」


184 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:49:06 1GG1/ktsO
('A`)「フィレンクト隊が応戦しているようですが、どうやら敵はやり手のようです」


( 'A`)「さて……じゃあ僕はこれで」


(#゚;;-゚)「ちょ、ちょっと待ちなよ!あんたには聞きたいことが」


(#゚;;-゚)(……いや、待てよ……それだけ戦闘が激化しているなら)


(#゚;;-゚)(王が戦闘を終わらせに来るってこともあるか……)


185 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:49:50 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)「私も行っていいかい?」


('A`)「え、別にいいですけど……どうして」


(#゚;;-゚)「なんか暴れてるみたいじゃん。私で良かったら力貸すよ」


('A`)「はぁ」


(#゚;;-゚)「それに、この機に乗じてティンダロスが来るかもしれないしね」


( 'A`)「はい、今から行きますよ」


(#^;;-^)「よし、決まりだ。さぁて、鬼が出るか、蛇が出るか楽しみだね!」


( 'A`)(そういえばこいつ何者なんだろう)


186 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:50:42 1GG1/ktsO
〜〜〜

グラウンド

建物前


(‘_L’)「目標は城門入り口から徒歩で進行中だ!!」


(‘_L’)「撃てーーー!!撃てーーーー!!」


ババババッバババ!
  バババッバババ!


<ギャァ!


<コッチウツナ!


<ヤメテクレー ウッ!


(‘_L’)「なぜだ、なぜ当たらん!!なぜ味方ばかりに当たる!?」


187 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:51:35 1GG1/ktsO
(・∀ ・)「それはー兵の練度がー足りてないからー」


(‘_L’)「なんだと!?どういうことだ!?」


(・∀ ・)「考えてみろよー、今まで学生だった子供がー、いきなり銃なんてー、使えるわけないだろー」


(・∀ ・)「しかもーこいつらー、よりすぐったクズだからー、当てたい奴に当てるしー」


(‘_L’)「黙っていろ、軍師斉藤!」


(・∀ ・)「お前が聞いたんだろー!?ていうか、やめろよー恥ずかしいよー軍師とかー」


188 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:52:20 1GG1/ktsO
(‘_L’)「うるさい!貴様のような頭だけが良い男を生かしているだけでもありがたく思え!」


(・∀ ・)「そりゃー、俺も死にたくないから従うけどさー」


(・∀ ・)「フィレンクトー、おまえー、そんな奴じゃなかっただろー」


(#‘_L’)≡⊃「黙って従え!またんき!」


(♯∀ ・)「いってぇー」


189 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:53:01 1GG1/ktsO
(‘_L’)「貴様になにが分かる!私の夢の一端も知らん貴様に!」


(∩∀ ・)「ゆめー?」


(‘_L’)「そうだ……!私には夢がある……!」


(^_L^)「リアル戦争ゲームをする夢が!」


(・∀ ・)「うわぁー、ひどい夢だー」


190 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:53:37 1GG1/ktsO
(‘_L’)「見ろ!私の一声で人が動き」


(‘_L’)「私の一声で人が死ぬ!」


(^_L^)「そうだ、私はいわば神!ゴッドだ!」


(・∀ ・)「ただの病気だー」


191 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:54:19 1GG1/ktsO
(‘_L’)「見ろ!この地が赤く染まる様を!」


(・∀ ・)「全部、誤射した味方の血だー」


(‘_L’)「見ろ!倒れていく兵たちの無様な姿を」


(・∀ ・)「全部、味方だー」


(^_L^)「ふははははは!!どうだ!私は凄いだろう!」


(・∀ ・)「お前、三国無双とかやるときもそんな感じなのかー?」


192 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:55:11 1GG1/ktsO
(‘_L’)⊃┏─「……」カチャ


(・∀ ・;)「お、おいー」


(‘_L’)⊃┏─「どうやら貴様にはわからないらしいな。戦争の素晴らしさが」


(・∀ ・)「これが戦争なら歴史上、最低の戦争だぞそれー」


(‘_L’)⊃┏─「もういい。お前には死んでもらう」


(・∀ ・)「や、やめろよー、上官の許可もないんだろー」


(‘_L’)⊃┏─「うっさい!死ぬったら死ぬの!」


(・∀ ・)「駄々っ子だー」


193 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:56:05 1GG1/ktsO



('A`)「やめなさい」



(‘_L’)⊃┏─「!」


(・∀ ・)「!」


(#゚;;-゚)「うわー、いっぱい死んでるね。こりゃすごい」


('A`)「何を仲間割れしているんですか、フィレンクト・フィフィ」


(・∀ ・)「助かったー」


(‘_L’)「……しかし」


194 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:56:42 1GG1/ktsO
('A`)「言い訳はけっこうです。状況は?」


(‘_L’)「はっ!ただいま戦況は」


(・∀ ・)「あ、もう来たー」


ザッ...ザッ

≡=- -=≡≡≡=- ==≡
≡=- -=≡≡≡=- ==≡
≡=- -== (  )==≡
≡=- -=(    )- ==≡
≡=- -=≡≡≡=- ==≡

コォォォオオオ....


195 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:57:20 1GG1/ktsO
(‘_L’;)「ば、馬鹿な!我がフィレンクト隊の迎撃体制を潜り抜けただと!?」


(・∀ ・)「まっすぐ歩いてきただけだと思うけどなぁー」


(‘_L’)「砂塵で見えん……いったい何者なんだ……どこかの特殊部隊か?」


(・∀ ・)「度胸だけは特殊だよなー」


196 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:58:05 1GG1/ktsO
(#゚;;-゚)(あいつが侵入者……私以外にもティンダロスに用がある奴がいるなんてね)


(゚;;-゚#)≡(#゚;;-゚)(にしても、ティンダロスらしき奴はいないなぁ。びびってんのかな)


('A` )「……あれは」


(‘_L’;)「き、気をつけてください!無闇に近づいては……」


197 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:58:46 1GG1/ktsO
ドドドド...

≡=- -=≡≡≡=- ==≡
≡=- -=(  )‐つ- ==≡
-=―三(つ ノ―=三
 (⌒⌒| (⌒):⌒ヾ
(∴(⌒:し;三″∴⌒)==≡
≡=- -=≡≡≡=- ==≡

┣"┣"┣"┣"┣"


(‘_L’)「歩を速めた!?いったい奴は――」


198 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 15:59:52 1GG1/ktsO


┃ ||┃ ||┃ ||┃ ||
┣━ ┣━ ┣━ ┣━
┃  ┃ |┃  ┃
 \   |   /
  ヽ    /
   J( 'ー` )しつ⌒)
三=―(つ ノ―=三
 (⌒⌒| (⌒):⌒ヾ
(∴(⌒:し;三″∴⌒)
 ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄

続くかな

※日曜日は定休日です


199 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 16:07:13 XLS194yY0
カーチャンかいwwww


200 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 16:08:15 r7pLHjG20
衝撃の展開


201 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 16:16:39 7pQmSU0c0
AAの勢いに吹いた


202 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 16:47:41 et2UNpwQ0
カーチャン!カーチャンが来た!


203 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 17:54:54 .4NOnAFc0
カーチャン!!!


204 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 20:27:20 kxNsWTbwO
ω・)ブーンじゃないのかwww


205 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 20:44:57 X6BY8tvM0
第一クズ人発見、とか笑うに決まっとるやん…


206 : 名も無きAAのようです :2014/09/20(土) 21:48:30 vrL9I5cI0
くっそわろたW


207 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:32:15 ULQDNXXYO
〜〜〜

銀行からクズバカリキャッスルまでの道中


(  ゚∀゚ )「ヒャッハァ!女をよこせぇ!」


ベチャ(| ^ω^)┏─パァーン:":゚∀゚ )


<゚Д゚=>「金をだせぇ!!」


ベチャ(||^ω^)┏─パァーン:"゚Д゚=>


(=゚д゚)「ひぃ!助けてくだ」


ベチャ(||.^ω^)┏─パァーン:":゚д゚)


(゚A゚* )(もうこいつ躊躇なく人殺すなぁ、血飛沫かかりまくっとるで)


208 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:33:09 ULQDNXXYO
( ^ω^)「これで10人目……民衆がどんどん狂気に犯されていくお」


(゚A゚* )「せやな。一部の人間からしたら待ち望んどった、治外法権やもんな」


( ^ω^)「はぁ……弾薬が少なくなってきたお。どこかに落ちてないかお?」


209 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:34:01 ULQDNXXYO
(゚A゚* )「バイオハザードじゃないんやで、落ちてるわけないやん」


( ´ω`)「これじゃ悪い奴を始末できないお」


(゚A゚* )「……なぁ、聞いてもええ?」


( ^ω^)「おっ?」


(゚A゚* )「なんでそんなに悪い奴を目の敵にするん?親でも殺されたん?」


(  ω )「……」


210 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:35:10 ULQDNXXYO
(゚A゚* )「あ、ご、ごめんな。言いたくないならええんや」


( ^ω^)「いや、大丈夫だお……ブーンは、子供の頃、こことは違う場所に住んでたんだお」


(゚A゚* )「そうなんか」


( ^ω^)「おん。そこでの生活で、僕の父さんが教えてくれたんだお」


( ^ω^)「弱い者を助けるようにって」


211 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:35:54 ULQDNXXYO
(゚A゚* )「今時珍しい、ええ親父さんやな。元気なん?」


(  ω )「……」


(゚A゚* )(うすうす気付いとったけど、こいつちょっとめんどくさいな……)


( ^ω^)「聞きたいかお」


(゚A゚* )「い、いや別にそんなに……」


( ^ω^)┏─「聞きたいかお」


(^A^* )「めっちゃ聞きたいですぅ」


( ^ω^)「あれは、僕が5歳くらいだったかお」


212 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:36:37 ULQDNXXYO
〜〜〜


( ;ω;)「おーん!おーん!いたい、痛いお!止めてお!」


*(‘‘)*「やーいやーい、お前の唇ギリシャ文字!」


( ;ω;)「おーん!」


(    )「やめんか!」


213 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:37:34 ULQDNXXYO
≡*(;‘‘)*「でたー!唇ギリシャ!キャーにげろー!」


(    )「まったく……ブーン、大丈夫か?」


( つω^)「お、父ちゃん。ありがとオメガ」


(    )「けしからん。よってたかって……ブーンはここで待ってなさい」


( ^ω^)「お?父ちゃん、どこいくんだお?」


(    )「なぁに、息子を泣かした馬鹿女を」


(    )「泣かせにいくだけだ」


214 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:38:27 ULQDNXXYO
〜〜〜


(゚A゚* )「……」


(゚A゚* )(おとなげないな……)


(^A^* )「あーなんや、その……えらい、親バカやったんやな」


( ^ω^)「まぁね。でも背中は語ってたお。あれは僕が弱いから、弱い者を守るために強い者を倒す……そう、語ってたお」


(゚A゚* )(なるほど、こいつの斜め上の正義感は父親を曲解してるんやな)


215 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:39:12 ULQDNXXYO
( ^ω^)「父さんはそれから、いつの間にかいなくなったお」


(゚A゚* )「え、蒸発したんか?」


( ^ω^)「母さんいわく、悪者退治に出かけるとかなんとか……子供の頃だったから納得したけど、今ならわかるお」


(゚A゚* )(きっと他の女とかできたんやろな……言えへんわな、そりゃ)


(* ^ω^)「きっと悪の大魔王と戦ってるんだお!」


(゚A゚* )「あー、そういう」


216 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:40:10 ULQDNXXYO
( ^ω^)┏─「だから僕も父さんの手助けになるように、警察官になったんだお。てっぽう撃つの楽しいお」パァンパァン!


(゚A゚* )「そうなんか……聞いてなんの解決にもならんだけど、腑に落ちたわ」


( ^ω^)「おっ、なら良かったお。ちょうど着いたし」




( ^^ω)「あ、さっきのお兄さん……」


217 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:41:15 ULQDNXXYO



(||.^ω^")ノシ
 ||  ヌチャァ.. 「おいすー」
 ∪
 :
 .ポタ....ポタ....
 
 .



 .


218 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:41:55 ULQDNXXYO
( ゜゜ω)「ひぃぎゃぁぁあ!血まみれじゃないですか!?誰かに襲われたんですか?」


(゚A゚* )「気にすんな、それ返り血や」


( ^^ω)「え、のーちゃん?」


(゚A゚* )「よう、マルちゃん。久しぶり。あれ?隣にいたおっさんは?」


( ^^ω)「冥界に送られた」


(゚A゚* )「は?」


219 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:42:36 ULQDNXXYO
(; ^^ω)「冥界に送られたんだよ!怖かったぁ……!」


( ^ω^)「なにかあったのかお?」


( ^^ω)「それが……顔面傷だらけの女の人がいきなり鉄球を振り回して」


( ^^ω)「宗男さんと先生を消したんです……」


220 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:43:19 ULQDNXXYO
(゚A゚* )「なっ……王の一味やろか?でも先生まで消すとか……」


( ^ω^)「まぁまぁ。ここで議論してもわからんお。ただ、わからんけど……」


( ^ω^)「どっちにせよ殺すお!勝手に人を消すなんて言語道断だお!」


(゚A゚*;)(なんやねん、こいつの黄金方程式は)


221 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:44:20 ULQDNXXYO
( ^^ω)「き、気をつけてください!なんかよくわからないけどさっきも女の人が10万払って入ってったし……!」


(゚A゚* )「女?特徴は?」


( ^^ω)「現役引退した山口百恵みたいな人だったよ」


(゚A゚* )「それだいたいの中年に当てはまらんか?」


222 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:45:11 ULQDNXXYO
( ^^ω)「ともかく、行くなら気をつけて……あと一人10万払ってください」


( ^ω^)「……大丈夫だお、心配しなくても」


( ^^ω)「え?」


( ‐ω‐)ゴソゴソ「僕には彼女がついてるから……見守ってくれるから」


( ^^ω)「彼女?それって、のーちゃん──」


223 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:46:26 ULQDNXXYO
(* ^ω^)スッ
⊃ξ:":ρ:":)ξ⊂「ツンデレだお」
     グチャア...



( ゜゜ω)「ひぃぎゃぁぁあいいいいい!!!」



バタッ


224 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 06:47:19 ULQDNXXYO
(゚A゚* )「おい、気絶したで」


ズルズル...ξ:":ρ:":)ξ⊂( ^ω^)「愛の力だおね。さっ、いくお」


(゚A゚* )「……」


(゚A゚* )(金、はろてへんやん)


続きは今日中かな


225 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 11:24:46 .55ekt8M0
ブーンガチクズ杉www


226 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 11:41:21 Z/.tIjUs0
ブーンはクズっていうよりサイコパスだなw


227 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:41:50 ULQDNXXYO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「BGMか……」

川 ゚ -゚)「その曲を聴くだけで、要所の場面が浮かぶほど、重要な項目」

川 ゚ -゚)「そもそも音楽というものは古今東西、様々な創作物にあって、かつ評価される要素だ」

川 ゚ -゚)「今まで作ってきたものが目で楽しむものならば」

川 ゚ ー゚)「これは耳で楽しむものといえるな」


228 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:42:38 ULQDNXXYO
川 ゚ -゚)「ゲーム音楽に至っては古くはビープ音、昨今ではオーケストラと幅広く進化している」

川 ゚ -゚)「最近では、シヴィライゼーション4がグラミー賞を獲得したりと」

川 ゚ -゚)「それだけで一つの作品としても存在する」

川 ゚ -゚)「さて、ここで考えてみよう」


229 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:43:21 ULQDNXXYO
川 ゚ -゚)「私がもっとも好きなゲームミュージックというわけではないが」

川 ゚ -゚)「印象に残ったものに着目すると」

川 ゚ -゚)「やはりマザー2のラスボス戦だな」

川 ゚ -゚)「イナクナリナサイ……あれを初めて聞いたときは衝撃的だった」

川 ゚ -゚)「テクノかと思えばロックに変わる……まさに世界観にもストーリーの展開にもマッチしている曲だ」

川 ゚ -゚)「そもそもゲーム世界は、没頭するプレイヤーにとって、もう一つの現実空間」

川 ゚ -゚)「そこで流れる音楽というものは、世界を構成しているといってもいいだろう」


230 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:46:23 ULQDNXXYO
川 ゚ -゚)「例えば、木漏れ日の朝に聞こえるすずめの声」

川 ゚ -゚)「これを聞くだけで今がどういう時間で、どういう天気かというのもだいたいわかる」

川 ゚ -゚)「交差点、信号機、排気ガスの匂い、クラクション、壁の落書き、破られたポスター……」

川 ゚ -゚)「狭めれば、環境音だけでも空間や、状況が把握できるんだ」


231 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:48:02 ULQDNXXYO
川 ゚ -゚)「つまり、BGMとは目の前を構成する彩の一つ」


川 ゚ -゚)「私が作るべきなのは、ミスマッチを狙った音楽ではなく」


川 ゚ -゚)「世界を構成するために、より没頭できるように。必要な、自然な、そして耳に残る音楽を作ろう」


232 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:49:06 ULQDNXXYO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


('A`)「カーチャン!」


J( 'ー`)し「ドクオォ!」


(#゚;;-゚)(あ、この子ドクオって名前か。やっぱりティンダロスじゃないじゃん)


(‘_L’)「気をつけてください!何を仕掛けてくるか分かりませ──」


233 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:49:47 ULQDNXXYO

  ∩   ∩
  |J('ー` )し|| ピョーン!
  ヽ   ノ
   (⌒  |
   し ̄ヽ|
     U
      \\
      ((⌒⌒))


(;‘_L’)「なにっ、跳躍!?まさか、空中から攻撃を」


234 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:51:06 ULQDNXXYO
         /
       ///
      ////
ドゲザァ!!  // /
      /
   /|/|/|//
  <      >
 <  /⌒⌒Y)  >
`<  /   Lノ  >
< /J(  )し\  >
< \_つ ⊂ _/  >
<        >
 |/|/|/ヽ/


J( 'ー`)し「おねがいしますだぁ!雇ってくだせぇ!」


235 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:51:50 ULQDNXXYO
(‘_L’)「ジャンピング就活!?」


J( 'ー`)し「カーチャンを通訳で雇って、ドクオォ!週休二日で手取り50の夏冬3.5でいいから!」


('A`)「カーチャン他国語できるの?」


J( 'ー`)し「今から勉強すれば、なんとか」


('A`)「帰って。僕、忙しいんだ」


236 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:52:41 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「ちょちょちょまってまって!!ドクオォ!カーチャン凄く役に立つから!」


(‘_L’)「具体的には?」


J( 'ー`)し+「炊事・洗濯・掃除、お家のことはなんでもお任せください」


(・∀ ・)「ああー、飯を作ってくれるのはー、いいかもなー」


(‘_L’)「ふむ。確かに兵の健康管理には適任かもしれん」


237 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:53:26 ULQDNXXYO
('A`)「二人とも」


(‘_L’)「はい?」(・∀ ・)


('A`)「トイレットペーパーの芯の味、知ってる?」



(‘_L’)「…………」(・∀ ・)



(;‘_L’)「今回はなかったことに……」(・∀ ・;)


238 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:54:24 ULQDNXXYO
J(;'ー`)し「あらあららあらら!!待って!洗濯・掃除も」


('A`)「トーチャンがやるからいいよ」


(・∀ ・)「そういえば雨宮ってー意外と家庭的だもんなー」


(‘_L’)「ああ。昼の情報番組で会得したという四天王最速のアイロン掛けだけは認める」


J( 'ー`)し「……」


('A`)「わかった?カーチャンは家でごろごろしてたらいいんだよ。肥え太って穏やかに死ね」


J( - -)し「……わかったわ」


('A`)「ふぅ」


239 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:55:16 ULQDNXXYO





J( 'ー`)し「脱ぐわ、私」





(゚A゚)「!!!!」


240 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:56:02 ULQDNXXYO
J(*'ー`)し「カーチャン、ドクオの夜伽になるっ!」


('A`;)「や、やめてくれよカーチャン!」


J( 'ー`)し「ドクオォ……スケベしようや……」


('A`)「やだよ!僕、もう夜伽100人くらいいるよ!」


J( 'ー`)し「はぁ!?あんたみたいなブサイクにセフレ100人もいるわけないでしょ!?」


('A`)「いるよ!」


J( 'ー`)し「じゃあ連れてきてみなさいよ!」


241 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:56:48 ULQDNXXYO
('A`)「ちっ……ショボン隊は!」


(‘_L’)「はっ!どうやらショボンがやられてしまったらしく、動けません」


(;'A`)「ショボンが!?誰に!?」


(‘_L’)σ「おそらくそこにいる侵入者かと……」



 J(ー`* )し カモーーン
 (⊃⌒*⌒⊂)
  /_ノ ヽ_)



(゚A゚;)「カーチャンが!?」


242 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:57:47 ULQDNXXYO
(‘_L’)「はい。ですから、捕虜の女も、女体十三私兵団も招集できません。彼女達がいる部屋もショボンしか開けられませんし……」


('A`)「扉のカギは!?」


(‘_L’)「ショボンのチンコです」


('A`)「ふざけるな!」


J( 'ー`)し「あれ?あれあれあれあれ?」


('A`;)「っ!」


243 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 12:59:28 uVlJls3I0
(カーチャンの飯ってゴミじゃなかったっけ)


244 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:00:56 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「あれ、え、今、セフレ100人とか言ってなかった?あれ?っかしーなー?嘘?ねぇ嘘?」


('A`)「……違う!嘘じゃない!」


J( 'ー`)し「ねーねー、いるんでしょ?ん?んん?セフレ100人とかいるんでしょ???連れてきてよ、カーチャンに見せてよぅ!」


J(∩ 'ー`)∩し「はぁーやぁーくぅぅー」


('A`)「……」


J( 'ー`)し「あ、無理?できないの?え、無理なんだ?あらあらうふふ。嘘だったんだぁ!うわっ、ふふ、セフレ100人。嘘って。ふふ」


('A`)「嘘じゃない!」


245 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:01:55 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「じゃあなに?見えないの?カーチャンに見えない???ん??二次元???それとも妄想???」


('A`)「違う!ホントに――」


\J( 'ヮ`)し/「ヘイ!」



♪もしかしてだけどー
  もしかしてだけどー

 ♪セフレ100人いるとか
   いうけど妄想なんじゃ
       ないのぉ!?

 J( 'ヮ`)し
 ( つΘ∩
  ) )|\\
 (_)| (_)
   _|_


246 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:04:53 hObM9S5c0
なんだこれwwwドクオにはやっぱりカーチャンが一番強いのか


247 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:06:22 ULQDNXXYO
(・∀ ・)「歌うまいなー」


(‘_L’)「ああ、まるで全盛期の山口百恵みたいだ」


('A`#)⊂(゚;;-゚#)ガシッ「妄想じゃな──」


( 'A`)(^;;-^#)ギュッ


J( 'ー`)し「え」


(‘_L’)「え」(・∀ ・)


('A`)「は?」


248 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:08:01 ULQDNXXYO
(#゚;;-゚)「もうダーリンったら、私をおいといて100人とイチャイチャ?」


(#^;;-^)「その子たち、消しちゃうぞ☆」


( 'A`)「何をいって……」ボソッ


(#゚;;-゚)「いいから合わせな。ピンチなんだろ?」ボソッ


( 'A`)「……」


249 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:08:50 ULQDNXXYO
(#゚;;-゚)「そのかわりにティンダロスのことを詳しく教えてくれ」ボソッ


('A`)「だから僕がティンダロスだって──」ボソッ


J( ゚ー゚)し「ちょ、ちょちょ!何よ!その子!!なんて名前なのよ!?」


('A` )「……」


('∀`)「い、いやだなぁゲス子!」


J( 'ー`)し「ゲス子!?」


250 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:09:45 ULQDNXXYO
('A`)「王たるもの、100人くらい侍らせて当然じゃないかぁ!」


(#^;;-^)「もう、また王って!でも、ドクオなら100人くらい侍らせるから仕方ないよね!」


('∀`)「アハハハハハ」


J( 'ー`)し「……嘘よ、嘘だわ」


('A`)「……これでわかっただろ、カーチャン。もう帰ってくれ頼むから」


J( - ー)し「……わかった」


('A`)「ふぅ」


251 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:10:49 ULQDNXXYO
J(#゚ー゚)し「あんた、その子を殴って調教したね!!だから顔が傷だらけなんだ!だから適当なこと言うんだ!カーチャンにはわかる!!」


('A`)「えぇぇ」


(#゚;;-゚)「あんたの母親、往生際悪いね」


('A`)「いや、普段からしてるから……調教……」


(#^;;-^)「へぇ、ドクオも顔に似合わずけっこうクズだねぇ。あんた王狙えば?なんなら手伝うよ」


('A`)「だから僕が王だって、そう言ってるじゃないですか……」


252 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:11:39 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「もうカーチャン許しません!クソゴリラといい、ペットばっかり飼って!」



J( 'ヮ`)し「いくわよ!スゥゥウウ!」



(;‘_L’)「大きく息を吸ったぞ!?ブレス攻撃か!?」


253 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:12:42 ULQDNXXYO


♪つばさの生えたカーチャーン



+/)      /)、
/γ ィユ、   ///)
ミ( J('ー`)し lニ//)
ミヽ ||  + / 三_/
ミニヽ || +//ニ_〉
ヾニヽ|ヽ// ニ_ノ +
+ヽニ |   _≡_ノ+ *
+`ーヽ_="__ +
 + * EEiQQー-、ヽ
  + * iEiQ Q +
   + 朋 Q @
    カカ @


254 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:13:45 ULQDNXXYO
(・∀ ・)「腹式呼吸だったー!」


(‘_L’)「おい!?あまりの歌唱力にあの女に羽が生えたぞ!!」


(・∀ ・)「スゲー!まるで全盛期のジュディオングの魅せられてみたいだーーー!」


255 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:14:45 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「さぁ、おしおきするわ。ドクオ」



('A`;)「……」



J( 'ー`)し「許して欲しかったら、私を雇いなさい」



('A`;)「……嫌だと言ったら?」



J( 'ー`)し「堕ちてデザイアよ」


256 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:16:12 ULQDNXXYO
('A`)「……ゲスの神さん」


(#゚;;-゚)「ん?」


('A`)「カーチャン倒すの手伝ってくれませんか?僕一人でも多分大丈夫なんですけど、あの状態だと、ちょっと怖くて」


(#^;;-^)「ゲス子って呼んでくれなきゃ、やだ。気に入ったし」


('A`)「はぁ、ゲス子さん」


(#^;;-^)「ニヒヒ。そうさねぇ、条件がある」


257 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:16:50 esCzf7.20
倒すのかよww


258 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:17:08 ULQDNXXYO
('A`)「はいはい。ティンダロスでしょ。まったく、どうやったら信じてくれるのか──」


(#゚;;-゚)「ううん。あんた天界に持って帰っていい?」


('A`)「えっ?」


(#゚;;-゚)「気に入ったよ、ドクオ。天界で私と一緒にゲスろう」


('A`)「はぁ……まぁいいですけど」


(#^;;-^)「決まりだね!ティンダロスをぶっ殺した後が楽しみだわぁ」


259 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:18:04 ULQDNXXYO
≡J( ゚ー゚)し「なにをごちゃごちゃ話してるの!!ロマンティックを――止めなさぁい!!」



 ('A`) スッ


  「来 る っ !」


       ◇
キッ! (#゚;;-゚)⊃§


260 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:18:42 ULQDNXXYO

+/)      /)、
/γ ィユ、   ///)
ミ( J('ー`)し lニ//)
ミヽ ||  + / 三_/
ミニヽ || .::※※※パァン!─┓⊂
ヾニヽ|ヽ// ニ_ノ +
+ヽニ |   _≡_ノ+ *
+`ーヽ_="__ +
 + * EEiQQー-、ヽ
  + * iEiQ Q +
   + 朋 Q @
    カカ @


261 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:19:29 ULQDNXXYO
('A`)「え」


(#゚;;-゚)「え」


(・∀ ・)「え」


(‘_L’)「え」



♪つばさの折れたカーチャーン

+/)         /)、
/γ ィユ、      ///)
ミ( J('ー`)し    lニ//)
ミヽ ||  +    / 三_/
ミニヽ || +
ヾニヽ|ヽ// ニ_ノ +
+ヽニ |   _≡_ノ+ *
+`ーヽ_="__ +
 + * EEiQQー-、ヽ
  + * iEiQ Q +
   + 朋 Q @
    カカ @


262 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:20:10 ULQDNXXYO
J( 'ー`)し「うっ!羽を傷めた」


('A`)「か、カーチャン!」



ザッ...ザッ

≡=- -=≡≡≡=- ==≡==≡
≡「……見つけたお……」≡
≡=- -=≡≡≡=- ==≡==≡
≡=- -== (  )==≡==≡
≡=- /(    )⊃┏─==≡
≡ξ ρ )ξ=≡≡≡=- ==≡
≡==≡==≡==≡==≡==≡


263 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:21:23 ULQDNXXYO
≡=- -=≡≡≡=- ==≡==≡
≡==≡==≡==≡==≡==≡
≡=- -== (  )==≡==≡
≡=- /(    )⊃┏─==≡
≡ξ ρ )ξ=≡≡≡=- ==≡
≡==≡==≡==≡==≡==≡


コォォォオオオ....


(゚A゚)「……!!」


(#゚;;-゚)(おいおい、普通、視認してすぐ発砲するかね……ん?あいつ……)


(#゚;;-゚)(全身血まみれに、片手には銃……引きずる女の首……狂気の笑顔……)


('A`)「……貴様は、貴様はぁ……!」


264 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:22:41 ULQDNXXYO



(  ω )「僕の……命より大事な彼女を奪った……元凶」



( A )「僕の……何よりも大事な命を奪った……宿敵」


265 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 13:23:23 ULQDNXXYO
(# ゚ω゚)「ティンダロスゥゥウウウウウウウ!!!!」




(゚A゚#)「ナイトウォオオオオオオオオオ!!」




(;#゚;;-゚)(こりゃ間違いなくこいつティンダロス――ってアレ?)



続くかな


266 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 19:09:47 0qlsU.sc0
くっそ読んでしまうW


267 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 19:46:34 p6NB6Xi20
申し訳程度のゲーム製作要素


268 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 21:45:25 /waI.wqA0

ブーンがアメリカのホラー映画みたいになってる


269 : 名も無きAAのようです :2014/09/22(月) 21:51:10 aBAYOjzA0

ゲーム制作が凄く気になる


270 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 00:25:13 dN50siKw0
今んところ有名タイトルの良いところ全部入ってるからな


271 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:34:15 ZDJ9veAgO
〜〜〜


(゚A゚* )「うわぁ、めっちゃ人死んでるし……立ってる奴の半分が先生やし……」


コソコソ|A゚* )「ウチは高みの見物しとこ……」


〜〜〜


( ^ω^)┏─「うおおおおん!!正義の弾丸を食らえお!」


パンパンパン!!


('A`)「霊体……発動ッ!」


シュンシュンシュン!!


( ^ω^)「避けた……いや、これは!?」


('A`)「遅い!」


≡(; ^ω^)「ぐあっ!!」


ズザーーーー


272 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:35:03 ZDJ9veAgO
('A`)「どうしたぁ!!内藤!!その程度で、その程度でこの僕がっ!殺せると思っているのか!?ああぁ!?」


≡( ^ω^)「……黙れお!!うおおおぉ!!!」


(‘_L’)「なんだあいつは……王と戦っているが……」


(・∀ ・)「知らんー」


J( 'ー`)し「あれは……警官よ」


(#゚;;-゚)「警官?いや、絶対あいつがティンダロスだろ。血の臭いしかしないし」


J( 'ー`)し「違うわ、ゲス子ちゃん。私の息子……ドクオが王様よ」


273 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:35:49 ZDJ9veAgO
(#゚;;-゚)「うーん、納得いかんな……あんただって撃たれたのに。だいたい、あんな真面目そうな奴がホントにクズの王?ちゃんちゃらおかしいね」


J( 'ー`)し「ふふ……あなた……名前のわりに良い子ね……カーチャン認めてあげる」


(‘_L’)「喋るな!傷口が!弾は貫通しているが……」


J( 'ー`)し「大丈夫よ……聞いて。あの子は……かわいそうな子なのよ……」


274 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:36:31 ZDJ9veAgO
〜〜〜


J( 'ー`)し「あなた!産まれたわよ!」


( ・∀・)「おっ!マジか!やっちまったなぁ!」


J( 'ー`)し「うふふ!」


( ・∀・)「いやぁ、外で出そうと思ったけど、お前が足技極めてくるからつい中で出した結果がこれか……」


( ・∀・)「ま、失敗は成功の元!こうして自分の子供を持つっていうのもなかなか……」


275 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:37:22 ZDJ9veAgO


('A`)ドーン


(; ・∀・)「うわっ!?なんだこの世界の負を背負ったような顔は!?勇者か!?」


J( 'ー`)し「なんてこというの!とても賢そうな顔じゃない!」


( ∩∀∩)「うるさい!目が腐る!こんな奴俺の子じゃない!捨てて来い!」


J( 'ー`)し「嫌よ!この子は育てます!」


( ・∀・)「いやだぁ!こんな子いやだぁ!」


276 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:38:15 ZDJ9veAgO
〜〜〜

三ヵ月後


( ・∀・)「ほぉらドクオ、パパでちゅよぉ!」


フォォ('A`)オォォ


J( 'ー`)し「あらあらうふふ。すっかり夢中ね」


( ・∀・)「意外とかわいいもんだな、子供っていうのも」


J( 'ー`)し「そうよ。ぶっさいくでも逞しく生きてるの。わかった?」


( ・∀・)「うん。いつか鏡を見て絶望するんだろうが、それでも強く生きて欲しいな」


277 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:39:14 ZDJ9veAgO
('A`)「ウー」


( ・∀・)「……でも笑わないな、この子……」


J( 'ー`)し「そうね……世界の負を背負っているような顔だもん。きっと、そう簡単には笑わないわ」


( ・∀・)「そうか……いつか、笑ってくれるのかな」


J( 'ー`)し「私達が道を間違えなければ大丈夫よ。あなたみたいに捨てるなんて言い出さなければね」


( ‐∀‐)「ああ。ごめん、僕が間違っていたよ。もう捨てるなんて言わない」


J( 'ー`)し「愛してるわ、あなた」


( ・∀・)「僕もだよ」


278 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:40:09 ZDJ9veAgO
ピッピッ⊂('A` )


( ・∀・)「おお、それにしても賢い子だ。もうテレビの操作を覚え始めている」


J( 'ー`)し「ホントね。ビデオの再生までしてるわ」


( ・∀・)「うん。すごいな」


279 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:40:59 ZDJ9veAgO


ピッ⊂('A` )


<アアアンアアハァーン!!ダメェ!!イクゥ!!


J( 'ー`)し「……」


( ・∀・)「……」


('∀`)「キャッキャ」


J( ゚ー゚)し「笑った……!笑ったわ!」


( ・∀・)「ああ!!JK調教物のAV延滞してて良かった!」


280 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:41:39 ZDJ9veAgO
ピッ⊂('A` )


( ・∀・)「あっ!!上書きしやがった!!どうすんだおい!!」


J( 'ー`)し「いいじゃないの、また借りてくれば」


( ・∀・)「ざけんな!こんな子捨てて来い!」


J( 'ー`)し「なんてこというの!」


( ・∀・)「嫌だぁ!こんな子嫌だぁ!!」


281 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:42:38 ZDJ9veAgO
〜〜〜


J( 'ー`)し「それからというもの……映像だけじゃ飽き足らず、本物まで連れ込んで……」


(‘_L’)「……なんというか、英才教育の賜物だな」


J( 'ー`)し「私達が悪いの……もっと健全なAVにしておけば……こんなことには……」


(・∀ ・)「根本的におかしいなー」


J('ー` )し「でも、見て」


282 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:43:14 ZDJ9veAgO


ガンッ!ガンッ! ヽ('∀`)ノ
(  ω┗―≡‐| 
         \



('∀`)「ハッハハハハハ!!どうだ、内藤!お前の正義、僕が足蹴にしているぞ!?」


(  ω )「お、おおん……!」


283 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:44:07 ZDJ9veAgO
('A`)「いつか言ったな、貴様は両方で僕を裁くと」


(゚A゚)「だがどうだぁ!?貴様に僕は裁けない!」


('A`)「暴力でも、権力でも!貴様では僕を裁けない!誰も、裁けないんだぁ!!」


(  ω )「おん……!」


('∀`)「アーーーハッハッハッハッハ!!!!!」


284 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:44:54 ZDJ9veAgO
J( 'ー`)し「ほら、楽しそうに笑ってる……いい友達が出来たのよ。だから許してあげて……悪いのは私たちなの……」


(‘_L’;)「お、恐ろしい……あれが、王たる者の姿か……」


(・∀ ・)「ただのキチガイだぁー」


(#゚;;-゚)「……裁けない、ねぇ」


J( 'ー`)し「わかったでしょ、これで。あの子は自由を掴んだの。私達の元から独り立ちして……」


J( 'ー`)し「自立したのよ、もう誰にも止められないわ」


285 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:45:42 dqFKs1Mc0
支援


286 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:45:59 ZDJ9veAgO
(・∀ ・)「建国が自立ってスペクタクルだなー」


(#゚;;-゚)「……で?」


J( 'ー`)し「えっ?」


(#゚;;-゚)「うーん。もうちょっと面白い奴かと思ってたけど、そろそろ飽きてきたね。冗長すぎるわ」


(・∀ ・)「おー!ぶっちゃけたなー」


(#゚;;-゚)「王って言っても、ただの人間にあそこまで執着しちゃうんじゃ、ガッカリさ」


(#゚;;-゚)「そろそろ消えてもらおっかな、うん」


287 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:46:49 ZDJ9veAgO
―┓(’_L’ )「おい、お前!王に向かって、何様のつもりだ!」


(#^;;-^)「か・み・さ・ま☆」


―┓(’_L’ )「なんだと……!」


(#゚;;-゚)「改めまして、クズの皆さん。私はでぃ。ゲスの神。天界より異分子を排除しに来たえらーい神様さ」


(・∀ ・)「なんの違和感もなかったからー、てっきりあいつの女かと思ってたけどー、あんた侵入者だなー」


(#゚;;-゚)σ「その通り。目的は、そこにいる王の排除」


('∀`)「アハハハハハハハハハハハ」


―┓(‘_L’ )「させるか!王は私が守る!」


288 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:47:34 ZDJ9veAgO
ゴツーン ≡∝∝◇―┓(‘_L’ )


∽∝◇≡ :::(‘_L’ )ヒュワーン



(‘_L’)「……」




§⊂(#゚;;-゚)「――触るもの皆、冥界送り。万物あらゆる物を葬るゲスの鉄球」


(#゚;;-゚)「私と戦うってんなら、地獄の閻魔様よりおっかない冥界の猟犬と戦うってことだけどいいかい?」


289 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:48:26 ZDJ9veAgO
(‘_L’)「……どうする、斉藤」


(・∀ ・)「いや、関わらなければいいんじゃねー」


(‐_L’)「だな。ごめん、降参!」


(#゚;;-゚)「はいはい。さて……」


290 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:49:08 ZDJ9veAgO
〜〜〜


(-∀-)「ハハハハッ、ハッハッ、内藤……さすがに笑いつかれたよ、僕も」


(  ω )「……」


('A`)「どうしたんだ、おい。まだ死ぬなよ、なぁ」


(  ω )「……ぐっ……」


('A`)「良かった、生きてたな。そろそろ肉体にダメージを与えるのはやめておこうか」


(  ω )「……」


291 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:49:49 ZDJ9veAgO
( 'A`)「代わりに」


(  ゚ω )「……!!」


( '∀`)⊃ξ ρ )ξ「クソゴリラで遊ぼっかなぁ!どうしよ、死姦……この場合、オナホ化か?いや、ばらばらにしてお前の口につっこんでやろうか?なぁ」


(  ω )「や……やめ……!」


('A`)「ああぁ?聞こえないなぁ」


(  ω )「やめ……ろ……!」


292 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:50:32 ZDJ9veAgO
('A`)「はぁ?」


(  ω )「ツンデレに……手を出す……な」


('A`)「は?は?なに、まだヒーローのつもりでいるの?」


(  ω )「ぼ……ぼくは……どうなっても……いいお……」


(  ω )「でも……ツンデレは……守らないと……!」


(  ω )「父さんが……弱い者は……守れって……!」


('A`)「……」


293 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:51:16 ZDJ9veAgO
(  ω )「そう背中で……!」



('A`)「うらやましいな、内藤」



(  ω )「……」


('A`)「君のトーチャンはきっと良い人なんだろう。聖人君主か、イエスキリストか」


('A`)「人格者で、素晴らしいんだろうな。フッ、顔が見てみたいよ」


294 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:52:01 ZDJ9veAgO
(  ω )「……」


('A`)「──僕が教わったこととは真逆だ」


(  ω )「……お……」


('A`)「所詮、この世は弱肉強食」


('A`)「強ければ生き、弱ければ死ぬ」


('A`)「僕のトーチャンは顔が良いし、世渡りもうまいから、いままで生きてこれた」


('A`)「だけど僕は違う。顔だって良くない、世渡りも下手だ」


(  ω )「……ティンダロス……」


295 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:52:42 ZDJ9veAgO
('A`)「だが──強い。そう、僕は強い。強くなった」


( 'A`)⊃ξ ρ )ξ「見ろよ、内藤」


(  ゚ω )「っ!や、やめ」


( 'A`)「お前はこの女を助けたつもりだったんだろうな、でも違う」


( 'A`)「僕がこいつをペットにして何年たったと思う?」


('A`)「5年だよ」


(; ゚ω )「っ!!」


296 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:53:26 ZDJ9veAgO
('A`)「そうさ、お前は正義でもなんでもない。この女は5年、僕のおもちゃだった」


('A`)「たまたま、そう、たまたまお前がクーさんの家に来たから一時的に助かっただけで」


('A`)「その過ぎ去った5年間を救えたと、こいつを助けられたと本気で思っているのか?ええ?」


(  ω )「……おん……おおおん……」


(`A')「おんおん泣いてんじゃねぇぞ!!」


(  ω )「おんっ!!」


297 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:54:10 ZDJ9veAgO
('A`)「ああ、思い出したよ。そういえばペットにした当初、うるさかったなぁ」


('A`)「ブーン、ブーンって……頭がいかれたかと思ったが、今思えば」


('∀`)「お前を呼んでたんだよなぁ、ブーン?」


( ;ω;)「おおおおおおん!!!!おんおん!!おおおおっん!!」


('∀`)「クッハハハハハ!そうさ、お前は誰も助けていない」


298 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:54:50 ZDJ9veAgO
('∀`)「そして僕は誰にも止められない。そう、誰にも──」


(#゚;;-゚)「あー、もううるさいねぇ」


('∀`)「……」


(  ω )「……お……?」


('A`)「ああ、ゲス子さん。すみませんね、つい楽しくて……」


(#゚;;-゚)「……」


299 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:55:34 ZDJ9veAgO
('A`)「どうしたんです?ようやく僕がティンダロスだって気づきました?」


(#゚;;-゚)「うーん、まぁね」


('A`)「ハハハ、だから言ってたでしょ。まったく……で、どうするんです?」


( 'A`)⊃ξ ρ )ξ「なんなら、こいつみたいに僕のペットになりま」



( 'A`)⊃ξ ρ:::ヒュワーン≡◇∝∽


( 'A`)⊃「……なんだ、消えたぞ」


300 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:56:31 ZDJ9veAgO

§⊂(#゚;;-゚)「冥界に送った」


(  ω )「ツン……デ……レ……!?」


('A`)「冥界……へぇ……ホントに神様なんだ」


(#゚;;-゚)「言ってるじゃない、ゲスの神だって」


('A`)「そこまでゲスに見えなかったので」


(#^;;-^)「ほう、言うねぇ。私、神様なんだけどなぁ」


(#゚;;-゚)「あんた……何様のつもりだい?」


301 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:57:19 ZDJ9veAgO
('A`)「王様です、僕は……クズの王」


('A`)「この世で最も強い存在。誰も僕を裁くことの出来ない」


('A`)「唯一無二の象徴」


('A`)「例え、軍でも、国でも、そして神でも……ね」


(#゚;;-゚)「……はぁ……ご高説頂いてありがと、クズの王」



§⊂(#゚;;-゚)「期待はずれだったよ。消えな」


302 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:58:09 ZDJ9veAgO
('A`)「無駄ですよ。霊体化状態の僕に、そんな物理攻撃が効くとでも」



('A‖‖◇∝∽∝∽≡ ゴツーン



('A:::  ≡◇∽∝∝∽ ヒュワーン



J( 'ー`)し「……」


(・∀ ・)「……」


(‘_L’)「……」


(  ゚ω )「……」


(#゚;;-゚)「冥界に送った」


303 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:58:50 ZDJ9veAgO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「よし、オッケーだ」

∩川 - -)∩「この幻想的なBGM……最高だ、耳がとろけそうになる。ゴウチもびっくりだ」

川 ゚ -゚)「オープニングは、これから冒険が始まることを予想させるオーケストラ風」

川 ゚ -゚)「戦闘はロック、でも場面によって、メロディやゴシック調……」

川 ゚ -゚)「ボス戦なんてFF7並の迫力だ。たまらん」


304 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 06:59:39 ZDJ9veAgO
川 ゚ -゚)「もちろん、入る前のカットインで挿入されるSEだってこだわる」

川 ゚ -゚)「例えるなら天外魔境ZEROのような、今から戦うぞっ!って感じだな」

川 ゚ -゚)「加えてイベントシーンでは、キャラクター毎に用意されたBGMを主体として」

川 ゚ -゚)「さらに要所でアレンジを加え、飽きにくくさせている」


305 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:00:19 ZDJ9veAgO
川 ゚ -゚)「しかもシリアスだけじゃなく、かといって滑稽にならないBGMも取り入れた」


川 ゚ ー゚)「スーパーマリオRPGのように、ワクワクするな!」


川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「……あれ」


川 ゚ -゚)「……これ」



川 ゚ -゚)「できたんじゃないか、ゲーム」


306 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:01:00 ZDJ9veAgO
〜〜〜


(‘_L’)「……お、王……!?そんな……バカな!」


(・∀ ・)「やったー、世界が平和になるー」


J( 'ー`)し「雇用主がいなくなった……」


(  ゚ω )「お……ツンデレ……!」


307 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:02:03 ZDJ9veAgO
(#゚;;-゚)「あー、騒がしいな。まだ終わってないよ」


(・∀ ・)「?」


(;#゚;;-゚)「腐っても王ってだけあってね……ゲスの鉄球も冥界に送る力を使い果たしちまったみたいだ。こりゃ一回天界に戻らないと」


(;#゚;;-゚)(つっても……さすがに疲れた……こりゃ回復するまで瞬間移動もできないね)


308 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:02:54 ZDJ9veAgO
(・∀ ・)「じゃー、また復活するのかー?」


(#゚;;-゚)「あー、いんや。そんなことはさせないよ。まぁ、あそこに落ちたら最後だけど……念のため、ちょーっと待ってな」


(#゚;;-゚)φカキカキ


309 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:03:30 ZDJ9veAgO

 ┌-─┴──-┐
  -────
  -─┬┬─-
    ||
  ──┘└──
         』


(#゚;;-゚)「ふう。これでよし。じゃ、解散!」


310 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:07:05 2WrEVG720
マジで終わりなのか振りなのか迷う


311 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:09:47 KpyABcp20



312 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:11:25 ZDJ9veAgO
〜〜〜

冥界


(*´・ω・`)「キャアアアアアアア!!やめて!乱暴する気でしょ!!」


( l v l)「うわぁああああ!!殺されるぅ!!」


(∪)ペチンペチン!


▼゚ェ゚▼「グフッ、逃げ足は速いな、人間共……だが、ここまでだ」


(*´゚ω゚`)「ヤメテェエエエエエ!!」


( l v l)「いやだぁあああ!こんなことになるならコンビニでバイトしてたほうがいい!!」


313 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:12:03 ZDJ9veAgO
▼゚ェ゚▼「大人しく、我に喰われるが良い」


(*´・ω・`)「アーーーーン!!」


(  v )「もう一度……娘の顔を……見たかった……」バタッ


▼゚∀゚▼「では──」


314 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:12:37 KpyABcp20
支援


315 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:12:39 ZDJ9veAgO

‖‖‖

( A )ヒューン



('A`)スタッ



▼゚ェ゚▼「……?」


(∪)ペチン?


('A`)「あれ、ここはどこですか?」


316 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:13:26 ZDJ9veAgO
(*´・ω・`)「キャァ!王子様よ!」


('A`)「違いますよ、王様です」


▼゚ェ゚▼「ぬぅ……王?どこの国の王だ、貴様」


('A`)「クズの国ですが」


▼゚ェ゚▼「なんだそれは」


('A`)「知らないんですか?全く……まぁいいや、早く戻りたいので出口を教えてください」


317 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:14:16 ZDJ9veAgO
▼゚ェ゚▼「……ヌッハハハハハハ!!残念だったな、無名の王よ」


▼゚ェ゚▼「ここは冥界。地獄よりさらに深い常闇の深淵」


▼゚ェ゚▼「ここより出る術などないわ!!」


( A )「……」


318 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:15:11 ZDJ9veAgO
▼゚ェ゚▼「さぁ、貴様も我に喰われるがよい」


▼゚ェ゚▼「冥界の猟犬たる、このティンダロス様にな!!」


('A`)「へぇ……奇遇ですね」


('∀`)「僕も、ティンダロスって言うんですよ」


319 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:17:01 ZDJ9veAgO
〜〜〜

≡(;#゚;;-゚)(さて……休まないと……消耗が激しい……残党狩りもしないといけないだろうし……)



 ┌-─┴──-┐
  -────
  -─┬┬─-
    ||
  ──┘└──
         』


≡(;#゚;;-゚)


      (;#゚;;-゚)


         ン? (゚;;-゚#;)


320 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:17:49 ZDJ9veAgO


 ┌-─┴──-┐
  -────
  -─┬┬─-
    ||
  ──┘└──
         』


ゴゴゴゴ


(#゚;;-゚)「……?完結の封印が……?」


321 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:18:30 ZDJ9veAgO

ゴゴゴゴゴゴゴッ


 ┌-─┴──-┐
  -────
  -─{}─-
    ||
  ──┘└──
         』


(;#゚;;-゚)「……う、嘘?もういいでしょ、これ以上続けて面白いと思ってるの……?」


322 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:18:59 ZDJ9veAgO

 ┌-─┴──-┐
  -────
 -─{('A`)}─-ヌッ
    ||
  ──┘└──
         』


323 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:19:51 ZDJ9veAgO



トンデル..
ウチ(・ω・`*)ヘ('A`)ヘ( l v l)
ソラヲ トンデル!  |∧
      (∪) ブルンブルン
      /



ドギャーン!!!!


324 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:19:56 dqFKs1Mc0
支援


325 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:20:29 ZDJ9veAgO
(#゚;д゚)「冥界から……復活した……!?そんなバカな!!」


('A`)スタッ


('A`)「つまらないところでした。ゲス子さん」


(#゚;;-゚)「ありえない……!りょ……猟犬はどうした!?」


('A`)「フルボッコにしてきました。あんなクソ犬が僕と同じ名前なんてそれこそありえない」


(#゚;;-゚)「なっ……」


326 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:21:24 ZDJ9veAgO
(・∀ ・)「あ、ショボンじゃんー」


(‘_L’)「あと雇った門番もいるな、気絶してるが」


J( 'ー`)し「チンコもあるわ、誰のかしら?」


(; ゚ω )「お……!?」


327 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:22:12 ZDJ9veAgO


(・ω・`*)⊂('A`)⊃( l v l)
「よいしょ、と」ドスッ




§⊂(#゚;;-゚)「く、来るなっ!来るなっ!!」


('A` )「ああ、大丈夫ですよ。わかってますから。さっき触れた感じだと、その鉄球もう使えないんでしょ?」


(#゚;;-゚)「!!」


('A` )「あなたは後でたーーーっぷりと楽しませてもらいますから……」


('A` )「とりあえずショボンの治療をしないと」


328 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:23:00 ZDJ9veAgO
(*´・ω・`)「キャァ!好きにしていいよっ!」


('A`)「ほら股開いて」


(*´・ω・`)「もうっ!ダロスったら、ゴウインッ!!」


(∪)⊂≡('A` )「それ、くっつけ!」


(*´゚ω゚`)「ふぐっ!!」


⊂≡('A` )「くっつけよー」


(*´゚ω゚`)「ふがっ!!」


329 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:23:40 ZDJ9veAgO
〜〜〜


(゚A゚* )「ブーンさん、大丈夫か?」


(  ゚ω )「……」


(゚A゚* )「あーあー、こんなにやられて……立てるか?」


(  ゚ω )「……」


(゚A゚* )「何じっと見とんの……ってあんなもん見てどないすんねん、はよ立たな」


(  ゚ω )「……」


330 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:24:26 ZDJ9veAgO
(゚A゚* )「わかるでウチ。そりゃな、プライドってもんもあるやろ。負けたんが悔しいのもわかる」


(゚A゚* )「でも今のうちに体を休めやんと、勝てる戦いも勝てやんくなるで!」


(  ゚ω )「……」


(゚A゚* )「……親父さんの語ったこと、忘れたんか?」


(  ω )「!」


331 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:25:19 ZDJ9veAgO
(゚A゚* )「あんたが見てる、あれ。どう思う」



 〃∩
⊂≡('A` )「なかなかくっつかないなぁ」


(*´゚ω゚`)「あぎぃいいい!!」


(゚A゚* )「弱いもんが強いもんにやられとる。違うか?」


(  ω )「……」


332 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:26:09 ZDJ9veAgO
(゚A゚* )「親父さんやったら、どうするか。よう考えな」


(  ω )「……」


⊂≡('A` )「ふんっ、ふんっ!」


(*´゚ω゚`)「ドゥッフフフフフフ!!」


(゚A゚* )「にしてもくっつくわけないやろ、カニじゃないんやから……」


⊂('A` )「よしっ、くっついた!」


(゚A゚*;)「えっ!?」


333 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:29:07 ZDJ9veAgO
(´ ω `)「……」


(´・ω・`)「……ふぅ……」


(゚A゚* )「あ、ありえん……チンコって取れたらくっつくんか……」


(゚A゚* )「なぁブーンさん、くっつくん?なぁ、とっていい?」


フラァ≡(  ω )


(゚A゚*;)「──ってどこいくねん!その傷じゃ……」


(゚A゚* )「行ってもうた……なんやねん、血相変えて……まさかあの体でムチャするつもりか?」


(゚A゚* )(アホや……せやけど……)


(-A-* )「……ブーンさんの親父さん……あんたの語ったことは……間違いなく、漢のそれや……!」


334 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:29:52 ZDJ9veAgO
〜〜〜


('A`)「気分はどうだい、ショボン」


(´゚ω゚`)「……最高の気分だぜぇぇぇえええ!!ヒャッハァ!!ああーミルクとフラストレーションが溜まる!!誰でもいい!!男でもかまわん!今すぐに突いて」

フラァ(  ω )「……」


335 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:31:16 yPQq8VY20
熱い展開だ…!


336 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:33:14 dqFKs1Mc0
支援


337 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:35:17 ZDJ9veAgO
(´^ω^`)「おっ、こんなところに血の滴る肉つきのよさそうな男子はっけーん!ふひっ、その血を吸いながら俺の白い血を輸血してやるよ!さぁ!このエクスカリバーを」


(  ω )「………もう、黙ってお――」


(´^ω^`)「あ?先生、黙らないよ、たくさん喘ぐよ。むしろ先生を黙らせることが虫の息のお前にできると思ってんの?」


338 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:36:03 ZDJ9veAgO
(  ω )「…………」


(´^ω^`)「かわいいねぇ!なんとか言ったらどうだい?ほらほら!」


(  ω )「……ん……」


(´^ω^`)「聞こえないなぁ!なんなら覚醒でもしてみたら?そしたら黙――」


339 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:36:55 ZDJ9veAgO
―――――――――――





( ゚ω゚)「──父さん──」





―――――――――――


340 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:37:37 ZDJ9veAgO
(´^ω^`)



(´^ω^`)



(´^ω^`)



最終章・前編おわり


次回 最終章・後編


341 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:38:57 dqFKs1Mc0



342 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:40:17 ZDJ9veAgO
見てくれたみんな、センキュッ!


※業務連絡


もうすぐ終わる
具体的には
後600レスくらい


※業務連絡終わり


続きは明日かな。


343 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:46:45 yPQq8VY20
乙!
ギリシャ文字口ってロマネスクだと思ったんだけどそっちかー


344 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 07:48:22 2WrEVG720
乙。もうすぐがなげー!


345 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 09:14:50 AASzCn.c0
のーちゃん三重県民か


346 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 09:59:41 IHM/KEDw0
まだ600レスもあるのか……


347 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 10:47:41 zf0It1jk0
(;#゚;;-゚)「……う、嘘?もういいでしょ、これ以上続けて面白いと思ってるの……?」

唐突なメタ発言に草


348 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 10:48:12 Bv2tUYCc0
おつ


349 : 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 11:14:34 ms376fRE0
熱い展開になって来た
面白過ぎる


350 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:03:23 N/IdeR2YO
ω・)乙。サイコぽいけどブーンに頑張ってほしい


351 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:36:11 qJz5uufY0
つか投下時間が毎度のこと健康的過ぎる


352 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:44:55 jcqW8V8sO
〜〜〜


( ;ω;)「おーん!おーん!いたい、痛いお!止めてお!」


*(‘‘)*「やーいやーい、お前の唇ギリシャ文字!」


( ;ω;)「おーん!」


(´^ω^`)「やめんか!」


≡*(;‘‘)*「でたー!唇ギリシャ!キャーにげろー!」


353 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:45:42 jcqW8V8sO
(´・ω・`)「まったく……ブーン、大丈夫か?」


( つω^)「お、父ちゃん。ありがとオメガ」


(´^ω^`)「けしからん。よってたかって……ブーンはここで待ってなさい」


( ^ω^)「お?父ちゃん、どこいくんだお?」


(´・ω・`)「なぁに、息子を泣かした馬鹿女を」


(´-ω^`)「鳴かせにいくだけだ」


354 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:46:28 jcqW8V8sO
〜〜〜


*(;‘‘)*「はぁはぁ……ここまで来れば……」


(´^ω^`)「はぁい!かわいこちゃーん!」


*(;‘‘)*「く、唇ギリシャパパ……!」


(´^ω^`)「どこにいくんだい?うん?そんなに逃げなくてもいいじゃないか」


*(;‘‘)*「こ、こないでっ!!」


355 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:47:03 jcqW8V8sO
(´^ω^`)「大丈夫だよ、おじさんなぁんにも怖くないよ」


*(;‘‘)*「ひぃっ!」


(´^ω^`)「ただちょっとおしおきするだけだから、ねっ?」


*(;‘‘)*「やめてぇ!!」


356 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:47:59 jcqW8V8sO
〜〜〜


(0゚´・ω・`)「ふぅ……幼稚園児は最高だな!」


*(  )*「……」


(´・ω・`)「たまたま襲った女が孕ましたって聞いた時はちょっと焦ったが……」


(´・ω・`)「こうして自然に園児と接点を持つことができる」


(´^ω^`)「こういう使い方もできるんだよな……女を埋めなくて良かった、ブーンさまさまだぜ!」


357 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:48:57 jcqW8V8sO
( ^ω^)「と、父ちゃん?ヘリカルちゃんは……」


(´・ω・`)「おっ、ブーンか。もう大丈夫だ。おませな彼女はもうお前をいじめないよ」


(´^ω^`)「ほら、ヘリカルちゃん。ごめんなさいしないとね?」


*(  )*「……」


(´^3^`)フゥ=3*(  )*


*( ;;)*「ひぃいい!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」


358 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:49:32 jcqW8V8sO
( ^ω^)(僕が逆らえなかったヘリカルちゃんに、父ちゃんは一言声をかけるだけで謝らせたお……)


(´・ω・`)「さ、帰るぞブーン」


(* ^ω^)(やっぱり父ちゃんはすごいお!!)


( ^ω^)「おっ!」


359 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:50:30 jcqW8V8sO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


( ゚ω゚)「……あんなにかっこよかった父さん……なのにどうして」


( ゚ω゚)「いままで、どこにいってたんだお……?先生って……どういうことだお?」


(´・ω・`)「……お前……ブーンか……久しぶりだな!」


( ゚ω゚)「どういうことか説明してお!」


(´・ω・`)「飽きたんだよ」


( ゚ω゚)「えっ?」


360 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:51:18 jcqW8V8sO
(´・ω・`)「幼稚園児に、飽きたんだ」


( ゚ω゚)「……」


(´・ω・`)「見知らん女を襲って、ブーンが産まれて……しばらくはお前にも利用価値があったんだがな……」


(´・ω・`)「もう意味がなくなった。なぜならJKに目覚めたからだ」


('A`)「やーい、お前の父親犯罪者ー」


(´・ω・`)「だから高校の先生になったんだ。JKは最高だ」


361 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:52:04 jcqW8V8sO
( ゚ω゚)「……じゃあ僕は……父さんの性欲処理のために……」


(´^ω^`)「おう!」


(  ω )「僕が……憧れていた父さんは……愛情を持って……」


(´^ω^`)ノシ「ないない!あるのは性欲だけ!」


362 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:53:00 jcqW8V8sO
( つω )「……」


(´・ω・`)「どうした、ブーン?泣くのか?」


( つω∩)「……うっうっ」


(#゚;;-゚)(そりゃ泣くわ)


(´・ω・`)「泣くぞ、すぐ泣くぞ、絶対泣くぞ、ほら泣くぞ?弱虫なところは変わってないな」


( つω∩)「おおん!!おおん!!」


363 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:53:45 jcqW8V8sO
(´-ω-`)⊃「うるさいガキだな……ほら」


( つω )「おおん!おお……おっ?」


(´・ω・`)⊃「父さんは……変わったんだよ、ブーン。今まで済まなかったな」


( ゚ω゚)「おっ……父さん……!」


(´^ω^`)「ブーン!」


( ^ω^)「父さぁん!!」


364 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:54:28 jcqW8V8sO

ガシッ

(´゚ω゚`)「捕まえた」
⊃(; ^ω^)⊂「お」


365 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:55:27 jcqW8V8sO
(´゚ω゚`)「父さんな、変わったんだよ」ジィー


(; ^ω^)「おっ、どうしたんだお?ズボンを下げて……」


(´゚ω゚`)「今までは女しか抱けなかったんだがな」


(; ^ω^)「ちょ、離してお。痛いお」


(´゚ω゚`)「これからは男にもチャレンジしてみようと思うんだ」


( ^ω^)「おい、やめろ」


(´゚ω゚`)「大丈夫、ただの近親相姦だから、ね?」


366 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:56:19 jcqW8V8sO
(; ゚ω゚)「やめろおおおおおお!!」


(´゚ω゚`)「あぁぁああああああ!!」パンパンパン!


(  °ω°)「おおおおおおん!!!」


(´゚ω゚`)「鳴くぞ!!すぐ鳴くぞ!!絶対泣くぞ、ほら鳴いたぁあああああ!!」


(  °ω°)「おおおおおおおんおんおんおおおぉおお!!」


('A`)「やーい、お前の父親強姦魔ー」


367 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:57:01 jcqW8V8sO
(´゚ω゚`)「逝くぞ、もう逝くぞ!絶対逝くぞ!ほら、逝ったぁあああああ!!」



‖(  °ω°)‖バシュウウウ!!
  //
//



(‘_L’)「すごい!!ピストンで上空に吹っ飛んだ!なんて飛距離だ!?」


(・∀ ・)「でも汁はでていないぞー!?直前で抜いたのかー!?」


J(*'ー`)しポッ「テクニシャンね」


368 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:58:06 jcqW8V8sO
(゚A゚* )(ムチャクチャや……目測やけど学校より高いやん……あの高さから落ちてきたらひとたまりもないで……!)


(´ ω `)ブツブツ...


(#゚;;-゚)「ん……あのショボくれ顔……なにか唱えてる?」


369 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:58:52 jcqW8V8sO
(´ ω `) 暗黒を暗躍する魔弾を装填。(COUNT A NUMBER OF DEATH.)



(´ ω `) 我が身を以って鉛となし(COLLECT A NUMBER OF BODY.)



(´ ω `) 我が血を以って火薬となす。(CURSE A NUMBER OF ALL.)



(´・ω・`) 性獣よ(now)


(´-ω-`) 汝の疾走を――(let’S――)



(´゚ω゚`) ――歓迎する。(――start)



(´^ω^`)ウッ


370 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 06:59:32 jcqW8V8sO
ヒューーン


||‖┃┃‖|┃‖||あ
||‖┃┃‖|┃‖||あ
||‖┃┃‖|┃‖||≪
||‖┃┃‖|┃‖||≪
||‖┃┃‖|┃‖||≪
||‖┃|   |||≪
||‖| 、)ツ  ||っ
| |  || ∩ |・
    || ̄ノ |・
((レ __/-|∠_ |!
ヽ\( ω )ノ L \
 \工二_/ \ ヽ
|       ヽ⊃
|||    |
||‖| | ┃| |
||‖┃|‖|┃‖||
||‖┃┃‖|┃‖||


371 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:00:23 jcqW8V8sO
ブシャアアアア!!!!!!!


      
    || ∩ |
    || ̄ノ |
((レ __/-|∠_ |
ヽ\( ω )ノ L \
 \工二_/ \ ヽ
|       ヽ⊃
 ((  ⌒ ⌒  ))
=- `((   ))ノ-=
≡=ヽヽ| |ノノ==≡
  ノ⌒~|i |~⌒ヽ
嚇( (~⌒|| |⌒~) )=噐
噐ヽ ゙〜⌒〜⌒″ノ=咫
咫=-゙ー〜―〜ー″-=哥
哥-   ||||   -歌A
A咀=- ノ从ヽ  -=F味
FH品=--   --==E唄H
H呈幵Fロ==---==呵且F品


(;#゚;;-゚)「追撃!?」


372 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:01:03 jcqW8V8sO
(゚A゚* )「ブーンさぁああああん!!どこまで飛んでくねん!?」


('A`)「汚ねぇ花火だ」


(*´^ω^`*)「ふぅ!!すっきりした!!」


(‘_L’)「星になったぞ……」


(・∀ ・)「ああー、もう見えないなー、落ちてくる気配もないー」


373 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:01:47 jcqW8V8sO
('A`)「エレクチオン・フィニッシュ……腕は落ちてないようですね、ショボン」


(´・ω・`)「王よ、俺を冥界と性転換から救ってくれて感謝する」


('A`)「ふっ、構いませんよ。では軍師斉藤、そこにいるカーチャンを連れて行きなさい」


J( 'ー`)し「ドクオ!雇ってくれるの!?」


(・∀ ・)「雇うのかー?」


374 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:02:49 jcqW8V8sO
('A`)「なにをしでかすかわからないので閉じ込めておきなさい」


(・∀ ・)「あいよー」


J( 'ー`)し「ひどい!カーチャンを監禁するのね!ご飯は5食くらい頼むわ!」


(‘_L’)「門番はどうします?」


('A`)「放っておいてもいいでしょう。見たところなんの力もないおっさんだ」


375 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:03:35 jcqW8V8sO
('A`)「それよりも……」


(#゚;;-゚)「っ!」


('∀`)「ゲス子さん。色々と聞きたいことがあるので……たっぷりと楽しみましょうか」


(#゚;;-゚)(クズだ……!こいつら、やばい……!)


('A`)「ああ、逃げても無駄ですよ。ショボンに追いかけさせますので」


(´^ω^`)「ふひひ、さっきはよくもやってくれたね。傷面の君。後でおしおきだ」


376 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:04:20 jcqW8V8sO
(#゚;;-゚)(……ここは、援軍を待つしかないね……)


(゚A゚)「連れて行け!」


(‘_L’)「はっ!」


(゚A゚* )≡「うわっ、これやばいなぁ……言うたら全滅やん。ウチだけでも逃げよ」


377 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:04:54 jcqW8V8sO
〜〜〜

天界


<_プー゚)フ「でぃの姐御からの定期連絡が……きやしやせんぜ?」


(=゚ω゚)「ゲスの鉄球が持つ神力も消えたよぅ」


( ‘∀‘)「どうやらゲスの神がやられたか、捕まったかもしれませんね」


378 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:05:27 jcqW8V8sO
( "ゞ)「ククク……奴は八統神の中でも最強……めちゃくちゃ強い」


o川*゚ー゚)o「ゆえに面汚しどころか」


(・(エ)・)「ああ。このままいくと世界が支配されるな」


379 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:06:08 jcqW8V8sO
( ‘∀‘)(=゚ω゚)o川*゚ー゚)o


「どうしよう」



<_プー゚)フ(・(エ)・)( "ゞ)


続くかな


380 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:10:33 YIU2nc5MO
軍師斎藤の文字で笑える


381 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:28:50 9YpR5C9M0

ショボンクズ過ぎワロタ


382 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:35:57 in4Df9FE0

おいどうするんだ
神も勝てなさそうだぞ


383 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 11:06:55 qJz5uufY0
相変わらずパワーバランスの描写神がかってんな


384 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 11:32:09 OmJSxf6E0
ちょいちょい挟まれるジェクトの名台詞


385 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 16:00:01 3Ga/zJoQ0


創作の神からしたら「だから言ったのに」って感じだろうな


386 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 18:33:36 gc7E4REc0
データ消したら全部消えるんじゃねって最初思ったけど、出したうんこは戻らないってことか


387 : 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 22:05:51 SlHW93rY0
本当のクソゴリラがラスボスと予想


388 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 00:30:00 vN.JPx3w0
まぁ夢オチだろ


389 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 01:35:08 j.ed4b4cO
除霊なんてファブリーズで一発よ


390 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:38:37 zcuw.rYQO
〜〜〜

無限空間


川*゚ -゚)「できた……!できたぁ!」


ヽ川 ゚ -゚)ノ「うっほほーい!」


川 ゚ ー゚)「私が作ったんだ!私が!ゲームを!」


川 ゚ー゚)「やったぁ!これで販売できるぞ!」


川 ゚ー゚)「おーい!創作の神ー!」


川 ゚ー゚)「聞こえてるんだろー!ここから出してくれー!」


391 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:39:17 zcuw.rYQO
シーン


川 ゚ -゚)「……無視か」


川 ゚ -゚)プンスカ「ああ、そうですかそうですか。せっかく私が作ったゲームを最初にやらせてやろうと思ったのに」


川 ゚ -゚)「あー、あー、なんかやる気なくなっちゃったなぁ!」


川 ゚ー゚)「一般公開しちゃおっかなぁ!」


川 ゚ ー゚)「でも、今なら特別にプレイさせてあげてもいいのになぁ!」


392 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:40:03 zcuw.rYQO
シーン


川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「……出てきてよ……」


川  - )「会いたいよ……創作の神……」


393 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:40:45 zcuw.rYQO
シーン


川 ゚ -゚)「……いいもん。もう知らない」


川 ゚ ー゚)「テストプレイに入る。私が最初にプレイするもんね」


カチカチッ


川 ゚ -゚)「……あ」


川 ゚ -゚)「タイトル画面作ってないや……オプションとかもデフォルトのまま」


394 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:41:55 zcuw.rYQO
川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「そうか……」


川 ゚ -゚)「タイトル画面はもとより、メニュー画面のインターフェイス」


川 ゚ -゚)「戦闘をして得られるメリットと、ストーリーのバランス、ゲームデザイン」


川 ゚ -゚)「アイテムや、移動速度……各要素から享受できるユーザーの損得」


川 ゚ -゚)「隠し要素やボタン配置、主題歌、動作環境、価格、宣伝方法……」


川 ゚ -゚)「出来てたと思ったけど」


川;゚ -゚)「全然出来てなかった……」


395 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:42:36 zcuw.rYQO
川 ゚ -゚)「だから創作の神も出てこないんだ。ここからも出れないんだ」


川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「……うん、作るよ。私。もっと、もっと極める」


川 - -)「だから……最初にプレイしてね」


川*゚ -゚)「創作の神」


396 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:43:25 zcuw.rYQO
〜〜〜

天界

天界物保管庫


(神-ω-)(ゲスの神が持つゲスの鉄球……その神力が消えたか……)


(神^ω^)(確かに、差はあれど我々神は、一つの国程度ならどうとでもできるほど強い)


(神^ω^)(だが……やはり、敵は別格。こうなる結果も目に見えていた)


397 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:44:08 zcuw.rYQO
セキュリティレベル :AAA
 [二二二二]
 |    ‖
 |O   ‖<天牙保管室ドア
 |    ‖
 [二二二二]



 [二二二二] ウィーン
      三‖ ̄ ̄ ̄|
(神^ω^) 三‖   |
      三‖___|
 [二二二二]



 [二二二二] ウィーン
 |    ‖
 |O   ‖
 |    ‖
 [二二二二]


398 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:46:13 zcuw.rYQO
(神^ω^)「だから……使うしかあるまい」


|TENGA::━◎┥


(神^ω^)「天界が持つ最終演算装置、天牙──」


(神^ω^)「ガナーが持っているアカシックレコードを装着すれば……」


(神^ω^)「神であろうと、人の願いを叶えるコンピューターを使えるはずだ」


(神-ω-)「……たとえ、私が、犠牲になろうとも……」


399 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:48:23 zcuw.rYQO
〜〜〜

天界

天界議事堂


<ダカラァ!


<チガウッ!


(神^ω^)(ふぅ……おっ、皆、集まっているな……うむ、議論が過熱しているようだ)


(神^ω^)(天牙を使うという意見も、今なら通るだろう)


≡(神^ω^)「おい、みんな……」


400 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:49:07 zcuw.rYQO
<_プー゚)フ「だから、一番のヒロインは美幸ちゃんですぜ!」


( "ゞ)「フン、あんなゴキブリ超音波女のどこがいいんだか」


<_プー゚)フ「デルタ兄さん、そいつはいただけねぇ。デートに誘った時の『必ず行くから待っててね』の『必ず』って部分がもう、最高でさぁ!」


( "ゞ)「なんにも分かっていないな、新入り。一番は琴子だろう」


<_プー゚)フ「はぁ!?あんな暴力女やめてくだせぇ!」


401 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:50:00 zcuw.rYQO
( "ゞ)「何を言うんだい!クールな彼女が、冬にはどてらを着るんだぞ!どてら!」


(=゚ω゚)「いよぅ……でも人気が低いよぅ……僕はほむらがいいよぅ」


o川*゚ー゚)o「至極、ロリコンなのぉ?」


(=゚ω゚)「違うよう!強いから好きなんだよぅ!戦闘でも役に立つし!ね、犬神!」


(・(エ)・)「……我は別に」


(神;^ω^)(こいつら……何を話しているんだ?どう考えても世界の危機と全く無関係の議論をしている)


402 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:50:54 zcuw.rYQO
( ‘∀‘)「はいはい、皆さん。落ち着いて!」


(神^ω^)(さすがガナー。馬鹿みたいな議論を終わらせるために皆を静めようとしているな)


(神-ω-)(これで、ようやく私も輪に入ることができ)


( ‘∀‘)「一番は、光ちゃんでしょう!」


( "ゞ)o川*゚ー゚)o<_プー゚)フ
「ボマーか……なるほど」

(=゚ω゚)<_プー゚)フ


(神゚ω゚)「お前らなんの話をしているんだぁ!!」


403 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:51:45 zcuw.rYQO
o川*゚ー゚)o「おっと、創作の神。おかえりなさい!どこいってたの?」


<_プー゚)フ「そうだ、創作の旦那は誰が一番なんです?当てやしょうか?八重さんでしょ?」


(神゚ω゚)「黙れ!世界が混沌としている時に、ときめも2の話をするな!」


404 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:52:10 RwkkvuLYO
ω・)なぜときめも2wwwwwwww


405 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:52:29 zcuw.rYQO
( "ゞ)「だって……ねぇ?」


(=゚ω゚)「いよぅ。ゲスの神がやられたんじゃ、僕達どうしようもないよぅ」


o川*゚ー゚)o「しからば、行く末を待つしかないんだよね!」


<_プー゚)フ「悔しいが、その通りでさぁ。果報は寝て待てって言うざんしょ?」


( ‘∀‘)「というわけで、みんなでどのヒロインが一番か話してたんですよ。あなたも光が一番でしょう?」


406 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:53:21 zcuw.rYQO
(神゚ω゚)「ふざけるな!お前らがゲームの話をしているときにも世界は……でぃは……クーは……!」


(・(エ)・)「創作の神、行くぞ」


(神^ω^)「犬神……?」


(‐(エ)‐)「ひよっている神どもと話していると時間の無駄だ。何か言いたいことがあったんだろう?」


(神^ω^)「あ、ああ」


(・(エ)・)「我の住処にこい。そこで話そう」


(神^ω^)「わかった」


407 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:54:27 zcuw.rYQO
タッタッタッタ≡(神^ω^)( ・(エ)・)



( "ゞ)o川*゚ー゚)o<_プー゚)フ


(……)



( ‘∀‘)(=゚ω゚)


( "ゞ)o川*゚ー゚)o<_プー゚)ブ


(犬神ルートか)


( ‘∀‘)(=゚ω゚)


408 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:55:08 aV9v1dDU0
この時間に起きれば大抵投下に立ち会えるからチョロいもんだ


409 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:55:13 zcuw.rYQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

王の間


('A`)「で……?」チュパチュパ(゚、゚トソン


(#゚;;-゚)「今話したのが全部さ。私は天界の神、あんたを抹殺にしにきた」


('A`)「所属人数は?」


(#゚;;-゚)「私一人」


410 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:55:54 zcuw.rYQO
(‘_L’)「王、こいつ、さっきから同じことしか喋りませんよ。私も尋問しましたが、どうにも」


('A`)「……」


(#゚;;-゚)「当たり前だろう、聞かれたことを正直に話しているんだからね」


(#゚;;-゚)(なまじ、こいつバカじゃないからね……うかつなことは言えないよ)


411 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:57:21 zcuw.rYQO
('A`)「……」


(#゚;;-゚)「さ、もういいだろ。殺すなら殺しな」


('A`)「へぇ……天界の神様は、やろうと思えば殺すことができるんですか」


(#゚;;-゚)「現世にくりゃ、普通の人間よりはずっと強いけど、性質はさほど変わらんよ。攻撃されりゃ痛いし、致命傷なら死ぬ」


(#゚;;-゚)「その時は冥界に行くか、場合によっては存在が消えるがね」


412 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:57:58 zcuw.rYQO
( 'A`)「なら……」



( 'A`)νアゴ クイッ(゚;;^ ゚#)



( '∀`)「欲情したら、どうなりますかね?」


413 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:58:47 zcuw.rYQO
(#゚;;-゚)「……舌入れたら噛み切ってやるよ」


( 'A`)「霊体化すれば大丈夫です」


(#゚;;-゚)「……」


( 'A`)「……」


('A`)「あなたは嘘をついている」


(#゚;;-゚)「なに?」


414 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 06:59:37 zcuw.rYQO
('A`)「仮に、神であるあなたが致命傷を負って死んでしまったら」


('A`)「所属人数が一人という天界が機能しなくなる、違いますか?」


(;#゚;;-゚)「……っ」


('A`)「そもそも、神様が一人だということがおかしい。ましてや、それがゲスの神だなんて馬鹿げてる」


(;#゚;;-゚)「い、言うねぇ!いいじゃないのさ、ゲスの神が一番偉くたって──」


('A`)「僕ね、知ってるんですよ」


415 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 07:00:54 zcuw.rYQO
(#゚;;-゚)「……?」


('A`)「愛するクーさんの家で見たんです。神を」


(;#゚;;-゚)「……は?」


('A`)「名前は確か……創作の神だったかな?」


(;#゚;;-゚)「なっ!お前、まさか創作の神をっ!!」


('∀`)「ああ、やっぱりあれもあなたの仲間でしたか。やっと白状してくれた」


(;#゚;;-゚)(しまった……!)


416 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 07:01:34 zcuw.rYQO
('∀`)「アハハ、安心してください。手を出してはいませんよ。その時はクーさんにしか興味がありませんでしたから」


(#゚;;-゚)「……」


('A`)「でも」


(#゚;;-゚)「!」


(-A-)「神。神かぁ……いいですね、うん」


417 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 07:02:28 zcuw.rYQO
(゚、゚トソン「王、そろそろお時間です」


('A`)「ええ。ちょうどいい前祝となりそうですね」


(#゚;;-゚)「な、なんの話をしているんだい!」


('A`)「いえね、アメリカを支配できたし、日本にも声明を出せたので……息抜きに余興をね」


(#゚;;-゚)「余興……?」


418 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 07:03:25 zcuw.rYQO
('A`)「……いや、それにしても……世界を支配するのと同時に、その天界とやらを支配するのも面白そうだ」


(#゚;;-゚)「ふ、ふざけ!」



(;#゚;;('ε` )「むっ!」チューー



('∀`)「プハァ……続きは後にしましょうか。いくぞ、二人とも」


(‘_L’)「はっ!」(゚、゚トソン


419 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 07:04:40 zcuw.rYQO
(;#-;д゚)、ペッ、 ペッ!



(;#゚;;-゚)「ど、どこにいくんだい!」



('A`)「心配しないでもいいですよ、あなたもついてくるといい」



('∀`)「ちょっとした、パーティー会場にご招待します。楽しい楽しいパーティーにね」



続きは今日中かな


420 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 09:01:50 vZvVWEaY0
乙ー。セントがやられたってのにエクストときたら


421 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 09:32:42 GK9Q58es0
なんだかんだなすがままのでぃちゃん可愛い


422 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 11:12:02 hni9.1JE0

ティンダロス伊差坂がゲスの神を倒したってことはクズの中で一番のクズってことか


423 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 11:39:04 FOY6EeOg0

でぃは人の話聞かなさすぎたし自業自得ですわ


424 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 11:56:39 OelCiac60

冥界は万能じゃないんだな


425 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:18:40 zcuw.rYQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

通路


(・∀ ・)「おらー、きりきり歩けー」


J( =ー=)し「そんなこと言ったって、前が見えないからしょうがないじゃないの」


(・∀ ・)「うるさいー、あんた、なにやらかすかわからないからー」


(・∀ ・)「目隠ししているんだー」


426 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:19:20 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「なるほど!そういうプレイね!滾るわ!」


(・∀ ・)「どうして俺の周りにはまともに話を聞くやつがいないんだー」


J( =ー=)し「ところで、私はどこに監禁されるのかしら?ロイヤルスイート?それなりのブランドのアメニティは置いてあるわよね」


(・∀ ・)「ホテルじゃないんだぞー!贅沢言うなぁー」


J( =ー=)し「私の息子は御社の社長ですが、なにか?」


(・∀ ・)「……」


427 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:20:11 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「ねぇ、お兄さん。わかるわよね、大人なら」


(・∀ ・)「ちっ……」


从´◎`从ト<ムゥー


イ从゚◎゚ノi、<ムゥーーー


J( =ー=)し「あら、なんの鳴き声かしら?ウグイス嬢?」


(・∀ ・)「お前それ人間じゃないかー、まぁ確かに収容しているのは人間だけどなー」


(・∀ ・)「本当ならここにぶち込んで、捕虜にするつもりだったんだけどー」


(・∀ ・)「俺も死にたくないからー、もうちょっといいところにぶち込むー」


428 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:21:03 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「ふふ、賢明ね。出世するわよ、あなた」


(・∀ ・)(民営じゃないんだけどなー)


(・∀ ・)(……)


(・∀ ・)(そういえばー、この組織ってなんなんだろう……NPO法人?)


(・∀ ・)(大雪りばぁねっとがマシに思えるー)


(・∀ ・)「まー、いいやー。ほら、ついたぞー」


J( =ー=)し「ここはなに?カーチャン、見えないから辛い」


(・∀ ・)「特別房みたいなもんだー」


429 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:21:45 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「アメニティは?ねぇ!アメニティは!?」


(・∀ ・)「お前、絶対宿泊先の備品勝手に持ち帰ってるだろー」


J( =ー=)し「もちろんよ。歯ブラシやトイレットペーパーから、備え付けのゴミ箱、テレビのリモコンも余さず」


(・∀ ・)「さすがだなー……あ」


J( =ー=)し「どうしたの?」


(・∀ ・)「カギがなかったー」


430 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:22:50 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「カギ?ああ、施錠されてるのね。どこにあるの?」


(・∀ ・)「ショボンのチンコだー」


J( =ー=)し「まぁ!画期的なセキュリティね!」


(・∀ ・)「反面ー、いちいちショボンを探さないといけないー」


(´・ω・`)「おーれーはショボンー!クーズクズー!」


J( =ー=)し「ガキ大将のメロディを奏でる男ならあっちにいるみたいよ」


431 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:23:39 zcuw.rYQO
(・∀ ・)「ラッキーだー」


(・∀ ・)「おーい、ショボンー!」


(´・ω・`)「おお、軍師斉藤。先ほどはご苦労だったな」


(・∀ ・)(こいつの中でー俺は格下なのかー)


(´・ω・`)「何か用か?」


(・∀ ・)σ「実はー、あそこの扉を開けて欲しいんだー」


(・∀ ・)「この女を閉じ込めないとーいけないー」


(´・ω・`)「なるほど。任せろ」


432 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:24:29 zcuw.rYQO
ヌギッ


(´・ω・`)「……」


(・∀ ・)「おいー、どうしたー?」


(;´・ω・`)「しまった……」


(・∀ ・)「どこかー痛めたのかー?皮をはさんだのかー?」


(´・ω・`)「チンコが勃たないから鍵穴に挿入できない」


J( =ー=)し「あらあらうふふ」


433 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:25:31 zcuw.rYQO
〜〜〜

天界

道中


(神-ω-)「八統神ともあろう者が……いくらコナミの最高傑作とはいえ、ときめも2の話をしている場合じゃないだろうに」


(神^ω^)「とはいえ、感謝するぞ、犬神。これで建設的な話ができる」


(・(エ)・)「気にするな。それより……」


(神^ω^)「うむ。実はな。こういう状況になったんだ、そろそろ天牙の使用許可を……」


(・(エ)・)「あ、ああ。いや、そうではなくて」


(神^ω^)「ぬ?」


434 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:26:21 zcuw.rYQO
(‐(エ)‐)「もっと、大事な話があるだろ」


(神^ω^)「なに……?まさかお前までときめもの話をしたいというのか?」


(・(エ)・)「そうじゃない、それならさっきの場所から離れておらん」


(神^ω^)「そうだな……ということは」


(神^ω^)「なにか、思う所があるのか?秘策とか」


(・(エ)・)「……」


435 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:27:07 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「我はな、創作の神。いままで、人間とは矮小な存在だと思っていた」


(神-ω-)「……むろんだ。奴らは勝手に戦争を始め、勝手に自分達が現世で最も素晴らしい存在だと自負している」


(‐(エ)‐)「ああ。結果、自然は破壊され、動物達の住処も……失われていってしまう」


(神^ω^)「通勤の神や、ケーキの神とは違って……お前は人間と相反しているものな。無理もない」


(・(エ)・)「だが……」


(神^ω^)「ぬ?」


436 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:28:10 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「時に、人間が持つポテンシャルというものはあなどれない」


(神^ω^)「……」


(・(エ)・)「創作の神、お前ならわかるだろう。人の作るもののサムシングである、お前なら……」


(神^ω^)(……クー……)


(神-ω-)「……ああ」


(‐(エ)‐)「そうか。──なら、言ってもいいか」


(神^ω^)「犬神……人と神との確執が一番といっていいお前が」


(神^ω^)「いったい、どんな秘策を思いついたんだ?」


437 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:28:56 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「我は……好きなんだ」


(神;^ω^)(……まさか、あそこまで人を軽視していた犬神が……!)


(神;^ω^)「それは……!」


(‐(エ)‐)「ああ」


(・(エ)・)「我は、ジブリが好きだ」


(神^ω^)「は」


438 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:29:39 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「ときめもなどという媚びたものよりも」


(・(エ)・)「自然体な方が、好きなんだ」


(神^ω^)「は?」


(・(エ)・)「フフッ、ボーイズビーアンビシャス」


(神^ω^)「あ?」


(^(エ)^)「ボーイミーツガール」


(神゚ω゚)「黙れ!!」


439 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:30:36 zcuw.rYQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

通路


(´・ω・`)「さっきのエレクチオン・フィニッシュで全ての精力を使ってしまった」


(´・ω・`)「もう勃たないよぉ」


(・∀ ・)「そんなー、絶倫のお前がー」


J( =ー=)し⊃「……」スッ


(・∀ ・)「お、おいー。なにをー」


J( =ー=)し⊃「カーチャンに任せて。アメニティの分くらいは働くわ」


440 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:31:17 zcuw.rYQO
(´゚ω゚`)「や、やめろ!先生は40歳以上は受け付け……」


J( =ー=)し⊃シュッシュッ「うふ、かわいい子ね。こういうのは初めて?」


(*´・ω・`)「あ、……ああ」


J( =ー=)し⊃シュッシュッ「大丈夫よ、カーチャンに任せなさい」


(・∀ ・)(手こきかーひどい絵面だー)


441 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:32:21 zcuw.rYQO
(*´・ω・`)「や、やめ……ひ、ふひ、なんだ……この高鳴りは……」


J( =ー=)し⊃シュッシュッ「そぉれ、ボッキ、ボッキ!」


(*´・ω・`)「先ほどまでは……現役引退した後の山口百恵にしか見えなかったババアが……」


J( =ー=)し⊃シュッシュッ「がんばれがんばれ!もう少しだ頑張れ!!」


(*´・ω・`)「メスに思える……しかも」


J( =ー=)し⊃シュッシュッ「もっともっと!」


(*´^ω^`)「か、かわいい……そうか、目隠しプレイか……!まるで修学旅行中に行った風俗のM性感サービス並だ……!」


442 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:33:12 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「ふぅ、どうかしら」


(*´・ω・`)「び、ビンビンだ……!なんて技をお持ちで……」


(・∀ ・)(こいつー、うちじゃなくて風俗に行ったらー、化けるぞー)


J( =ー=)し「あらあらうふふ。昔取った杵柄ってやつよ。カーチャンすごいんだから」


(・∀ ・)「とにかくー、発射する前に開錠してくれー」


(´・ω・`)「おう!」


443 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:33:58 zcuw.rYQO
ズボッ!


ガチャ


(´・ω・`)「開いたぞ」


⊂(・∀ ・)「よーし。じゃあ入れー」


J( =ー=)し「あれ、お兄さんは?」


(・∀ ・)「俺はここまでだー、入りたくもないー」


J( =ー=)し「え、それってどういう」


バタン


(´・ω・`)「閉じたぞ」


444 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:35:10 zcuw.rYQO
(・∀ ・)「魑魅魍魎の牢獄なんてなー」


(´・ω・`)ハァハァ「失礼な。俺の女体十三私兵団がいるこの部屋は、魑魅魍魎の牢獄なんかじゃない」


(´-ω・`)ハァハァ「この世の楽園、そう、ユートピアさ」


(・∀ ・)「いいからさっさと抜いて来いー」


≡(´^ω^`)ハァハァ「うん!」


445 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:36:14 zcuw.rYQO
〜〜〜

ユートピア


J( =ー=)し「もう、乱暴なんだから!」


J( =ー=)し「まぁ、いいわ。さて、シャワーでも浴び」


ギロッ


ジロジロッ


ヒソヒソ...


ジィーーッ


J(;=ー=)し「……へぇ……」


446 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:36:55 zcuw.rYQO
J( =ー=)し(なるほどね、この殺気……まるで天然ドジっ子ヒロインが主人公と偶然イチャイチャした後に着替えようと思って女子更衣室に入ったとき特有のそれと似ている)


J( =ー=)し「たけき者も遂には滅びぬ、か。ひとえにドクオの権力も、女子の前の恋に同じ」


J( =ー=)し「ここじゃ偽名を使ったほうが良さそうね、カーチャン負けない」


川 ゚ 々゚)「あの……」


J( =ー=)し「ん、なにかしら、可愛い声のお嬢ちゃん」


447 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:37:54 zcuw.rYQO
川;゚ 々゚)「は、初めまして!わ、私……クルゥって言います!」


J( =ー=)し「あら、ご丁寧にどうも。私は木の実ナナ。ナナって呼んでね」


川*゚ 々゚)(やった!女の子の友達が増えたよ!)


川 ^ 々^)「ナナさんですか、よろしくお願いします!ところで……どうして目を隠しているんですか……?」


J( =ー=)し「ティンコーとローチンチンの基本戦術を使うためよ」


川 ゚ 々゚)「えっ……?え、え?」


448 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:38:59 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「そんなことはいいわ。それより、ここって……」


从 ゚∀从「へぇ、あんたもナナっていうんだ」


川 ゚ 々゚)「!」


J( =ー=)し「誰……?」


从 ゚∀从「あたいはハイン。女体十三私兵団の隊長とは、あたいのことさ」


从 ゚∀从「あんたは新人だね。うちに来たからには、外のやり方は通用しないよ。覚悟しな」


449 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:39:46 zcuw.rYQO
川;゚ 々゚)(女体十三私兵団隊長ハインさんだ……きっと難癖をつけられる。逃げよう)


川 ゚ 々゚)「ナナさん、こっちに──」


J( =ー=)し「え、ハイン?あんたナナって言わないの?あんたナナじゃないの?」


川;゚ 々゚)(ああ、難癖つけちゃったぁ!)


450 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:40:35 zcuw.rYQO
从 ゚∀从「あたいはハイン!ハインったらハイン!」


J( =ー=)し「あたいはNANA!木の実ったら木の実!」


J( =ー=)し ムウウウウウ 从゚∀ 从


川;゚ 々゚)「あわわ……」


451 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:41:17 zcuw.rYQO
从 -∀从「……まぁいいさ、新入り。ようこそ、ユートピアへ」


J( =ー=)し「うっす」


从 ゚∀从「ところで、あんたのランクは?」


J( =ー=)し「ランク?ランクってなに?狩り?」


川 ゚ 々゚)「あれ?ナナさん、知らないでここに来たんですか?」


452 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:42:03 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「うん。アメニティがたくさんあってご飯が5食出るって聞いたから」


从;゚∀从「おい、そんな情報どこで聞いた!?楽天トラベルか!?るるぶか!?」


J( =ー=)し「うるっさいわねぇ、ググりなさいよー」


从 ゚∀从「そうか……言わないつもりか、ならいい。あたいも教えてあげない」


川 ゚ 々゚)(ダメだぁ……私じゃ二人の会話についていけないよぉ……)


453 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:42:59 zcuw.rYQO
从 ゚∀从「ま、大人しくしてたら何もしないよ。あたいは優しいからね」


川 ゚ 々゚)(良かった……これ以上刺激しないようにしよう)


J( =ー=)し「ふん。いいわよ。ねぇ、クルゥちゃん、教えて。いったい──」


川 ゚ 々゚)「あ、はい。えっと、ランクって言うのは……」


454 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:43:41 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「いったい、この自分がかわいくて、女子にも男子にも人気があると思い込んで、それを表に出さない私マジサバサバかっこいいと勘違いしてる口の悪いブタ以下の畜生は何を言ってるの?」


从#゚∀从ピキピキ


川;゚ 々゚)(予想外の刺激!!)


455 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:44:49 zcuw.rYQO
川;゚ 々゚)「だ、ダメですよ!ナナさん!この人はユートピアで一番偉い人!そんなこと言っちゃ!」


从 ゚∀从「もういい。もうわかった」


J( =ー=)し「ぶーぶー?ぶーぶーぶー?」


从#゚∀从「ブタじゃねぇよ!!!なめやがって……!」


川;- 々-)(あわわ……もうだめだぁ……殺されちゃう……)


456 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:46:58 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「そんなに怒るとお肌に悪いわよ?」


从 ゚∀从「黙れ、年増……現役引退した山口百恵みたいな顔しやがって……」


从 ゚∀从ゴソゴソ「こいつを見ても、そう粋がっていられるかな?」


J( =ー=)し「見えないわ」


457 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:47:39 zcuw.rYQO
川 ゚ 々゚)(ハインさん……いつも学校に来なかったスケバン……)


川 ゚ 々゚)(たまたま、先生から没収されてた鈍器を回収するために来たら、学校がこんなになっちゃって、なし崩しに隊長になったって聞いたけど)


从 ゚∀从ゴソゴソ「ふっふっふ……」


川;゚ 々゚)(きっと、武闘派なんだろうなぁ……いきいきしてるもん。怖いよぅ、助けてクーちゃん……)


J( =ー=)し「なに、何を出すの?にぎりっぺ?」


458 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:48:26 zcuw.rYQO
从 ゚∀从「惜しいな……屁は握らないが……鈍器を握るんだぜ」


J( =ー=)し「ドンキー?ああ、あなたゴリラなのね!そういえばウチの息子が飼ってたわねぇ」


川 ゚ 々゚)(ナナさんっていったい……)


从 ゚∀从「……私はな、普段は温厚だが、こいつを握ると性格が変わる」


J( =ー=)し「……」


从 ゚∀从「それに、これから始まるパーティーにはうってつけだ。どうなっても知らねぇぜ、ナナ」


459 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:50:05 zcuw.rYQO
J( =ー=)し「パーティ?ピーチ姫はとっちゃだめよ」


川;゚ 々゚)「マリオパーティじゃないですって!任天堂から離れて!」


J( =ー=)し「クルゥちゃん、マリパじゃなかったらなに?いただきストリート?」


川 ゚ 々゚)「どうしてコアなボードゲームを推してきたんですか……実は、今日、記念すべきクズの国の建国パーティを急遽開催するって、さっき放送があったんでず」


J( =ー=)し「いいわね、どんなパーティなの?」


460 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:51:00 zcuw.rYQO
川 ゚ 々゚)「それは……私みたいなランク『サーティーン』には」


从 ゚∀从「そうだぜ。私のように高ランクじゃないとそういう情報は入らない」


J( =ー=)し「なるほど、ランクは特権ってことね。それで、パーティの内容はなんなの?」


461 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:52:24 zcuw.rYQO
从 ^∀从「ふふふ……会場はコロッセオ。広いぜぇ?もちろん逃げ場はねぇ」


川 ゚ 々゚)「あ、体育館のことですね……」


从 ゚∀从「観客は、飢えた兵士ども。勝てば特別な権利が、負けたら慰み者にされる末路」


川;゚ 々゚)「えっ、それって男子生徒にまわされるってことですよね」


从 ゚∀从「己の力を使ってもいい、もちろん、使用する道具の制限はない。ま、終わる頃には声もでねぇだろうがな」


J( =ー=)し「ルール無用ね……ゴクリ」


462 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:53:13 zcuw.rYQO
川;- 々-)(あううぅ……どうしよ、私じゃなんの力もないよぅ……まわされちゃう……)


从 ゚∀从「そうさ、今から開催されるパーティーは」


川;゚ 々゚)(こんなとき……クーちゃんが、クーちゃんが居てくれたら……!)



从*゚∀从⊃¶←マイク
「カラオケ大会だ!!」



川*゚ 々゚)(クーちゃんいなくてよかったぁ!!)


463 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:54:05 zcuw.rYQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


(゚A゚* )「ふぅ、なんとかやり過ごせたな」


(゚A゚* )「一時はどうなることかと思ったけど……それにしてもどうしよ、このままじゃあかんよな」


(゚A゚* )「学校を卒業できへん。中卒になってしまう。社会の海に放り出されるで」


(゚A゚* )「なんとかしてあいつらをぼこりたいんやけど……ウチ一人じゃなぁ……」


(゚A゚* )「ん?」


464 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:55:08 zcuw.rYQO
(´・ω・`)ハァハァ


|A゚* )「あれは、ショボンやないか……隠れよ」


(´-ω-`)ハァハァ


|A゚* )「なにしてるんやろ……あ、チンコこすり始めた。ナニしてるんやな」


|A゚* )「……待てよ?あいつ、確か詠唱するよな」


|A゚* )「そうや……!どんな強者でも寝てるときと抜いてるときは無防備」


|A゚* )「そこらへんにある石を後頭部にぶつければ、ウチでも勝てる……!」


465 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:56:08 zcuw.rYQO
(´-ω-`)ブツブツ


[石]⊂(゚A゚* )「チャンスや……!!いくで!」



(´・ω・`) 暗黒を暗躍する魔弾を装填。(COUNT A NUMBER OF DEATH.)



(うぉおお!!)[石]⊂(゚A゚* )≡



(´-ω-`) 我が身を以って鉛となし(COLLECT A NUMBER OF BODY.)



(これで──終わりや!!)[石]⊂(゚A゚* )≡


466 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:57:24 zcuw.rYQO


(´゚ω゚`) 我が血を以って火薬と──ウッ!!(CURSE A NUMBER OF ALL.)



ブシャアァァァァ!!!!



(゚A゚* )「え、詠唱破棄やと!?うわっ、くっさ!空に向かって放たれたのに臭い!」


467 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:58:15 zcuw.rYQO
(*´・ω・`*)「ふぅ……すっきりしたなぁ……」


(゚A゚;* )(あかん!はよにげやんと間合いが……!)


(´・ω・`)「さて……すっきりしたところで」


(´^ω^`)「運動でもしようかなぁ?ね、のーちゃぁあん」


(゚A゚;* )「ひぃ!!」


468 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:58:30 xE/WPUu60
支援


469 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 17:59:21 zcuw.rYQO
〜〜〜

上空


ヒューーゥゥウン...


( ´ω`)(お……もう、疲れたお……僕……)


( ´ω`)(頑張ったおね、頑張った……もういいんだおね)


( ´ω`)(ああ、やっと町が見えてきたお……このまま激突すれば、僕は……)


( ´ω`)(ツンデレ……もうすぐ、会いにいくからお)


470 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:00:09 zcuw.rYQO



ξ゚⊿゚)ξあきらめちゃ、ダメッ!



( ´ω`)(おっ……!?)


471 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:00:59 zcuw.rYQO
ξ゚⊿゚)ξブーン!なにやってるのよ!あきらめちゃダメ!


( ´ω`)(幻……走馬灯かお……ふふ、最後にツンデレの顔が見れただけでも嬉しいお)


ξ゚⊿゚)ξブーン、言ったよね。助けてくれるって。


( ´ω`)(おっ、言ったお。でも、ごめんお。口だけだったお)


ξ-⊿-)ξ……


( ´ω`)(僕は、弱かったお。ティンダロスに勝つことができなかったお)


ξ゚⊿゚)ξブーン……


472 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:02:01 zcuw.rYQO
( ´ω`)(だからツンデレも救えなかったお……ごめんお)


ξ-⊿-)ξううん。私は救われたよ。


( ´ω`)(おっ?)


ξ゚⊿゚)ξあなたの勇気、あなたの優しさ……すごく嬉しかった


( ´ω`)(ツンデレ……)


ξ-⊿-)ξあなたの正義に、私は救われたの。だから──


ξ゚ー゚)ξ今度は、自分を救ってあげて。囚われないで、私に。


473 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:02:53 zcuw.rYQO
( ´ω`)(自分を、救う……)


ξ^⊿^)ξそしたらさ、きっと……またもう一度……


( ゚ω゚)(ツンデレ……!消えないでお!僕は……!)


ξ^ー:::シューン


(  ω )(消えた……自分を救う……か)


474 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:03:32 zcuw.rYQO
( ‐ω‐)「ふっ……」


( ^ω^)「こんな状況だけど、勇気が出たお。ありがとうお、ツンデレ」


( ^ω^)「そうだおね。こんな死に方したら、あの世で君に怒られちゃうお。臭いって」


( `ω´)「だから……あがく!」


475 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:04:08 zcuw.rYQO


( `ω´)「たとえ、たとえ絶望的な状況でも!!」



( ‐ω‐)「僕は──」



( ^ω^)「──あきらめないお!!!」


476 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:04:48 zcuw.rYQO

ブシャアアアア!!!!!!!
      
    || ∩ |
    || ̄ノ |
((レ __/-|∠_ |
ヽ\( ω )ノ L \
 \工二_/ \ ヽ
|       ヽ⊃
 ((  ⌒ ⌒  ))
=- `((   ))ノ-=
≡=ヽヽ| |ノノ==≡
  ノ⌒~|i |~⌒ヽ
 ( (~⌒|| |⌒~) )= 
 ヽ ゙〜⌒〜⌒″ノ= 
 =-゙ー〜―〜ー″-= 
 -   ||||   - 
  =- ノ从ヽ  -=  
  =--   --==  
   ==---==


477 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:05:45 zcuw.rYQO
〜〜〜

天界

道中


(神゚ω゚)「いい加減にしろ!!どうしてお前達はそういう!!」


(・(エ)・)「なぜわからん!!なぜジブリの良さがわからん!!」


(神゚ω゚)「うるさい!!ハヤオが好きならそう言えば良かっただろう!!わざわざ私を連れ出していうことじゃない!!」


(・(エ)・)「ときめも2の話をしていていきなりラピュタの話をしてみろ!」


(:・(エ)・)「バルスされる!!」


(神^ω^)「それは、そうだが……」


478 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:06:52 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「だいたいだな!創作の神、お前だって本当はあれだろう!ときめも2の方がいいんだろう!」


(神^ω^)「だからそういう話じゃなくて」


(・(エ)・)「九段下か、九段下がいいのか!?なぁ!!」


(神゚ω゚)「違う!!私は八重さん!!」


(・(エ)・)「きまぐれ本気モードめ!!!」


(神;^ω^)「ああ、しまった!そういう話じゃなくて!!」


479 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:07:33 zcuw.rYQO
(・(エ)・)「主には失望した。我は動かん。空から女の子が降ってくるまで動かん」


(神^ω^)(犬神め……こいつ頑固だからな……)


(神-ω-)「降ってくるわけなかろう、だいたいあれは創作の中の話であって、まして天界には……」


480 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:08:22 zcuw.rYQO

ズボォオオオオッ!


       /⌒ヽ
     (\( ω )
      (\  つ
    | \_ノ |
      ‖‖‖
     \M M M/


481 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:09:10 zcuw.rYQO
|     / ミ  |
| \_ノ   _/ |
| _ノ /⌒ヽ(   |
| )(ヽ  )) _――
|  \  / 三二二ジメンニ
|   /  ヽ  ̄――ベチーン!!
| ⌒)(_ノヽ_)(  |
| /    ⌒\ |


ピクピク::(  ω )::


482 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:13:09 zcuw.rYQO
(  ω )


(・(エ)・)「……」


(神^ω^)「……」


(神^ω^)(イカくせぇ)(・(エ)・)



続くかな


483 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:21:37 AItvZKMc0

カアチャンプロ過ぎる


484 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:26:34 xE/WPUu60



485 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 18:52:52 GrLV5gEA0
詠唱破棄ワロタ


486 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 20:38:40 zLaByZoc0
汚い詠唱破棄だなぁ


487 : 名も無きAAのようです :2014/09/25(木) 22:09:03 s45mo8660
詠唱破棄www
言ってることはカッコ良くてもやってることは最低だからなwww


488 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:28:22 3I1qtlyMO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「細部の詰めが甘いということは」

川 ゚ -゚)「見せ掛けのPVに釣られたユーザーの落胆度に直結する」

川 ゚ -゚)「プロゴルファーみたいに」

川 ゚ -゚)「そうだ、私は最高のゲームを作るんだ。そのためには……」

川 ゚ ー゚)「もう一度、見直していこう」


489 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:29:06 3I1qtlyMO
川 ゚ -゚)「まずはタイトルだ。そもそもこのゲームのタイトル、プロジェクト名自体、まだ決まっていなかったな……」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「タイトルか……プレイする前に最も早く、プレイヤーがソフトの存在を認識する要素」

川 ゚ -゚)「実際、タイトルに惹かれてそのゲームに興味が湧くということも少なくはない」


490 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:29:35 9rZSpNJ20
支援


491 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:30:07 3I1qtlyMO
川 ゚ -゚)「具体的にはキャサリンとか、幻想水滸伝とか……」

川 ゚ -゚)「ぷよぷよ、ザ・コンビニ、ギルティギア……」

川 ゚ -゚)「LSDとかもそうだな。うん」

川 ゚ -゚)「これらに共通しているのは、やはりわかりやすさとわかりにくさのバランスじゃないだろうか」

川 ゚ -゚)「例えば、ザ・コンビニはその名の通り、コンビニを経営するのかなとイメージしやすいし」

川 ゚ -゚)「幻想水滸伝は、有名な水滸伝が関わっていると推測できる」

川 ゚ -゚)「ぷよぷよなんて、なんかぷよぷよして気持ち良さそうだ」


492 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:30:18 lbOWBgkAO
ω・)ときめも2どんだけ好きなんだwwwww


493 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:30:54 3I1qtlyMO
川 ゚ -゚)「反対に、ギルティギアや、キャサリンはユーザーに『どういうゲームなんだろう?』という疑問を与える」

川 ゚ -゚)「そして、疑問に対し考える。ギルティギアは、名前がかっこいい雰囲気だからきっと戦うんだろう」

川 ゚ -゚)「キャサリンは、多分女の子が出てくるんだろうとな」

川 ゚ -゚)「これが長ったらしいタイトルで、バトルロマンファイトギルティギアとか、愛憎と嫉妬のキャサリンとかだったら」

川 ゚ -゚)「確かにどういうゲームなのか想像はつきやすいが、安直過ぎて逆に興味が失せてしまう」

川 ゚ -゚)「LSDは、まぁうん。どうでもいいとして」


494 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:32:06 OuYuy.ig0

ときめも2でメイ様の名前が出てこないとは


495 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:32:12 3I1qtlyMO
川 ゚ -゚)「タイトルって言うのは、そういうバランスで決められているはずだ」

川 ゚ -゚)「というか、だいたいだな、名は体を表すというように」

川 ゚ -゚)「タイトルと物語が一致しないなんて論外だ」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「申し訳程度の本筋、どうでもいいサイドストーリー」

川 ゚ -゚)「せっかくそのタイトルで興味を持った人が」

川 ゚ -゚)「いざ見てみれば全く違うことをしているぞ……?と」

川 ゚ -゚)「そんなもの、見る人に不快感しか与えないじゃないか」


496 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:33:16 3I1qtlyMO
川 ゚ -゚)「だから、私はこうする。タイトルと物語が一致して」


川 ゚ -゚)「かつ、推測できないようで考えればわかるという……」


川 ゚ー゚)「素晴らしいタイトルを!」


497 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:34:03 3I1qtlyMO
〜〜〜

天界


(神^ω^)「おい、地面から飛び出してきたぞ」


(・(エ)・)「地面から男の子が!」


(神-ω-)「そんなことを言っている場合か……ん?」


(神^ω^)「この男……確か、クーの家で……」


(・(エ)・)「創作の神、どうする?血と精液でベトベトだが……」


(・(エ)・)「それに……どこかで……」


498 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:35:06 3I1qtlyMO
(神^ω^)「治療するぞ」


(・(エ)・)「まことか。助けるのか、こやつを」


(神^ω^)「私の記憶が正しければ……この男、一度ティンダロスを退けたことがある」


(;・(エ)・)「な、なんだと……!?……そういえば……思い出したぞ!こやつ、何年か前に我を退けた男だ!」


(神゚ω゚)「な、なんだと……!?」


499 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:35:53 3I1qtlyMO
(・(エ)・)「創作の神、クズの国などという烏合の衆などよりも」


(・(エ)・)「こやつのほうが強い。……勝てるぞ」


(神^ω^)「あ、ああ!だが……」


(神;^ω^)(なんで精液まみれなんだろうか)


500 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:36:37 3I1qtlyMO
(・(エ)・)「しかし……どうやらひどくやられているらしいな……助けるといっても、どうする」


(神゚ω゚)「いいからテーピングだ!」


501 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:37:18 3I1qtlyMO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

ユートピア


川 ゚ 々゚)「カラオケ……大会?」


从*^∀从¶「おうよ!歌うぜ……!」


J(*=ー=)し「わぁい、私カラオケ好きよ」


从 ゚∀从「へっ、伊達に百恵じゃねぇってか。上等だ」


川 ^ 々^)(なんだかわからないけど、楽しそうなパーティーでよかった)


502 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:37:33 lbOWBgkAO
ω・)ブーン覚醒の展開にwktk


503 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:38:04 3I1qtlyMO
J( =ー=)し「それで、いつ始まるの?」


从 ゚∀从「そうだな、もう少ししたら放送が入ると思うから」


从 ゚∀从「それまでゆっくりしてるといいぜ。団らん室に来な、他のメンツを紹介してやる」


J( =ー=)し「えー、ナナめんどくさーい。超おなかすいたしー」


从 ^∀从「雷おこし食べるか?おにぎりせんべいもあるぜ」


J( =ー=)し「──お茶は?」


从 ゚∀从「答えは──綾鷹だ」


J( =ー=)し「重畳」


504 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:38:46 3I1qtlyMO
オテテツナイデ
テクテクテク J( =ー=)し⊃⊂从 ゚∀从


川 ゚ 々゚)「……良かった、相性が良さそうで……」


川 ゚ 々゚)(でもなんか嫌な予感がするんだよね……)


J(=ー= )し「クルゥちゃーん、いくわよー」


≡川 ゚ 々゚)「あ、はーい!」


川*^ 々^)(ま、いっか!えへへ、カラオケ楽しみっ!)


505 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:39:51 3I1qtlyMO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

体育館改めコロッセオ

特別観客席


ザワザワ....ザワザワ


(#゚;;-゚)「すごい熱気だね……観客が大勢……きっと殺し合いが始まるんだね」


('A`)「皆、パーティを待ち焦がれているのですよ」


(‘_L’)「王。開始一時間前ですが、もうほとんどの兵が揃っています」


('A`)「よろしい」


506 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:40:56 3I1qtlyMO
(#゚;;-゚)(なるほどねぇ……だから、私が侵入したときも人に会いにくかったわけか)


(゚、゚トソン「王、優勝者への褒賞、準備ができました」


('A`)「ご苦労、トソン・トットソン。さすが、四天王だけはありますね」


(゚、゚トソン「はっ、至極恐悦に存じ奉ります」


(#゚;;-゚)「四天王……私が一回消した、ショボンだっけ?あの変態も四天王なのかい?」


(‘_L’)「貴様、身の程をわきまえ──」


('A`)「いい。下がっていなさい」


(‘_L’)「はっ」


507 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:42:26 3I1qtlyMO
('A`)「そうですよ。あの男も、ここにいる二人も四天王です」


(#゚;;-゚)「そうかい」


(#゚;;-゚)(ベラベラとまぁ……こいつ、私を捕まえて油断しているね)


(#゚;;-゚)(それに、冥界から脱出するなんて離れ業をやってのけたんだ。多少なりともダメージは負ってる)


(#゚;;-゚)(チャンスだ。隙があるなら掻かないとね)


(#-;; -)(きっと今頃天界では私を助けるための算段をたてているはず)


(#゚;;-゚)(来るべき援軍のために、ちょっとでも情報を集めておかないと……)


508 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:43:22 3I1qtlyMO
(#゚;;-゚)「……ん?四天王っていうんだから、もう一人いるんだろ?どこだい」


('A` )「ああ、彼なら……トソン、どこにいますかね?」


(゚、゚トソン「今は5時に夢中が終わって、そろそろナイターを見る準備をしているかと」


(#゚;;-゚)「な、ナイター?準備って」


(゚、゚トソン「ビールとつまみです」


(;#゚;;-゚)「お、おっさんだね……」


(゚、゚トソン「彼は最年長です」


(#゚;;-゚)「なにげに把握しているあんたも凄いね……監視してたのかい?」


(゚、゚トソン「いえ、歯磨きをしてました」


(;#゚;;-゚)「え、ああ……通りで良い匂いが」


(゚、゚トソン「恐れ入ります」


509 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:44:18 3I1qtlyMO
('A`)「さて……それじゃ、そろそろ女体十三私兵団に入場してもらいましょうか」


(#゚;;-゚)「女体十三私兵団?」


('A`)「ええ。ショボンの部隊です。捕虜の女達の中でも、選りすぐった精鋭部隊ですよ」


('A`)「捕虜になれば、戦場に出る必要はありませんが、その分待遇は劣悪」


('A`)「そこで結成したのが女体十三私兵団。彼女達にはショボンの部隊として活躍してもらいますが、特権として、衣食住の自由およびクッキーの装着義務がありません」


510 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:45:16 3I1qtlyMO
('A`)「そして、今回のパーティの要です。観客の男には癒しと欲情を、主役である彼女達には羨む褒賞を」


('A`)「もちろん、賭博も軍師斉藤が行っていますよ。それが、クズの国の収益としても成り立ちますからね」


(#゚;;-゚)「……」


(;#゚;;-゚)「……あんたって地味に軍事的指揮力高いね」


('A`)「生まれてこの方、人を纏めたことはなかったのですがね。王の苦渋です」


(#゚;;-゚)(生まれる世を間違ってるとしか思えないね、ゲスの神としては)


511 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:46:19 3I1qtlyMO
( 'A`)「では、フィレンクト。頼みましたよ」


(;‘_L’)「……王」


('A`)「何をしているんですか。早く、ユートピアから彼女達を」


(‘_L’)「カギが、ありません」


('A`)「あ」


(#゚;;-゚)「カギって……確か」


('A`)「ショボンのチンコでした……うかつだったな……」


512 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:47:16 3I1qtlyMO
(゚、゚トソン「捜索して参りましょうか?」


('A`)「いえ、トソン・トットソン。僕が行きますよ」


(#^;;-^)「おいおい、ドクオ。あんただって冥界に行って暴れてきたんだろ?さすがに消耗が」


('A`)「消耗?」



('∀`)「──なんですかそれ」



(#゚;;-゚)「えっ……?」


513 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:48:05 3I1qtlyMO
(;#゚;;-゚)(う、嘘でしょ……!?私でも面倒な冥界の猟犬を、こいつ全く消耗せずに……しかも脱出まで……!?)


('A`)「王というものは常に進化するものです。下々の存在と戯れる程度で疲れていては成り立ちません」


(#゚;;-゚)「余力が、あるっていうのかい……」


('A` )「持て余していますよ、では一旦失礼します」


(#゚;;-゚)(やせ我慢でしょ……ありえない……!そうだ、疲れたところを狙って!)


514 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:48:56 3I1qtlyMO
('A` )「ああ、そうそう」


( A )「変な気は、起こさないほうが身のためですよ」


(;# ;;- )ゾクッ!


('A` )「では」


A` )≡スゥ


(# ;;- )(……ああ)


(#゚;;-゚)(こいつ、油断とか、慢心しているんじゃない……)


(#゚;;-゚)(全部、下に見てるんだ……自分以外の存在、全部)


515 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:49:41 3I1qtlyMO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


(゚A゚* )≡「いややぁ!!助けてー!!」


('・ω・`*)≡「待ってよぉ!」


(゚A゚* )≡「ウチあんたなんかと交わりたくない!いやや!」


('^ω^`*)≡「ああ、いいねいいねぇ、その三重弁!中途半端な関西弁!たまらないよ!」


516 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:50:38 3I1qtlyMO
(゚A゚* )≡「うわぁあああん!!誰か……」


(゚д゚* )≡「誰か来てくれーーー!!」



('A` )≡スゥ「ショボン」



( *゚A゚)≡「一番来たらあかん奴きたーーー!!」


517 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:51:41 3I1qtlyMO
('・ω・` )≡「っと、これはこれは王」


('A` )≡「ユートピアを開きたいので、通路に向かってください」


('・ω・` )≡「……」


('A` )≡「ショボン?」


('・ω・` )≡「王、申し訳ないが、今は忙しいのだ。見ればわかるだろう?」


('A` )≡「いえ、命令です。すぐに向かいなさい」


('・ω・` )≡「……こればっかりは聞けないな、王。わかるだろう、今いいところなんだ」


('A` )≡「命令ですよ」


('-ω-` )≡「断る。俺はのーちゃんを犯す。その後なら行ってやってもいい」


('A` )≡「……」


518 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:53:51 3I1qtlyMO


('・ω・` )ガシッ⊂('A` )≡



( 'A`)⊃ブンッ!二≡≡≡('゚ω゚` )


519 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:54:33 3I1qtlyMO


╋┓"〓┃   ●┃┃
┃┃ ━┛ヤ━ ━┛・
┏ゞ━人∧从┯〆━┓
▽\冫。、〃Ν;゙△゚>┃
┃<×   ゙ ∠"∇
┠Σ○('゚ω゚`)○冫┨
゚。< \   ノそ ≧
┃。Σ(⌒ヾ |、゚てく
┠ム─ >_ノ ノ> ァZ┨
○゚。//o Lノ。了x个o
┃。`~ +√▽ヽ◇ ┃
┗〆━┷Z;/┷o\┛


520 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:55:09 3I1qtlyMO
( *゚A゚)「ひぃや!?なんや、ティンダロスの奴、ショボンを吹っ飛ばしたで……?仲間割れか?」



( A )「──四回目です」



('A`)「命令だ、ショボン。早く行け」


521 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:56:00 3I1qtlyMO
ガラガラッ...


モクモク....



⌒)-) (´ ω `)  (⌒
≡::⌒)(   ) (⌒::≡
⌒)⌒)_)   (⌒(⌒

ザッザッ..


(;*゚A゚)(む、無傷や……)


522 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:56:47 3I1qtlyMO
(´・ω・`)「……なぁ、ティンダロスよ。俺はな、何よりも嫌なことがあるんだ」


('A`)「……」


(´・ω・`)「人の恋路を邪魔されることなんだよ」


('A`)「奇遇ですね。僕も、嫌いですよ」


('A`)「言うことを聞かないクズは、ね」


(゚A゚* )≡(なんか知らんけど今のうちに逃げよ!!)


523 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 06:57:33 3I1qtlyMO
(´・ω・`)「ちょうどいい機会だ……セントの時とは違って、お前には吸収する力もない」


(´゚ω゚`)「下克上だぜ。俺が王になって、この世の人間を全部独り占めしてやる」


(-A-)「──はぁ……部下の教育も、王の務め。いいでしょう、来なさい。もっとも……」


('A`)「時間がないので、さっさと終わらせますが」


続くかな


524 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 07:00:26 6o/C1dKE0



525 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 07:01:14 65JVk.0Q0
>川 ゚ -゚)「タイトルと物語が一致しないなんて論外だ」

>川 ゚ -゚)「申し訳程度の本筋、どうでもいいサイドストーリー」

>川 ゚ -゚)「いざ見てみれば全く違うことをしているぞ……?と」

ん?


526 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 07:25:01 sYhVD70Y0
熱過ぎクソワロタ
カオス系セリフ劇でこれだけのボリュームを破綻させないで維持する作品ってかなりレアだな


527 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 08:10:40 EehDuTOk0
クーはゲーム作ってるだろ!クーは!


528 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 09:22:07 2RYRRAdM0
>>525
あかん


529 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 11:21:12 mAh97Lio0
いやここまでの流れ全部クーのゲームの中だったりしたらタイトルと一致するぞ


530 : 名も無きAAのようです :2014/09/26(金) 12:37:54 W/LgSyVI0
ティンダロス廃止されたじゃん!


531 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:30:50 Qp7C0y2.O
〜〜〜

天界

犬神の家


( ^ω^)「ハムッ、ハフハフッ!ハフッ!!」


(・(エ)・)「落ち着け、えー……」


( ^ω^)「ングッ、プハァ……!おっ!すみませんお!僕はブーンだお!いやぁ、助けていただいた上にご飯まで!」


(・(エ)・)「フンッ、礼ならさっき出て行った創作の神に言うがいい。テーピングしたのは奴だ。我は飯を出しただけだからな」


532 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:31:31 Qp7C0y2.O
( ^ω^)「創作の神……確か、クーちゃんの家にいた神様だったおね。で、ここは天界と……」


(‐(エ)‐)「さよう。貴様が地面から出でて来たときはまるでラピュ……ゴホンッ!驚いたぞ」


( ^ω^)「さっき聞きましたけど、まさか生きたまま天国に来るとは思わなかったお」


(; ^ω^)「……あれ、っていうか……よく見たらあんた、どっかで会ったことないかお?」


533 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:32:14 Qp7C0y2.O
(・(エ)・)「うむ。数年前に貴様と戦って敗れた犬神だ」


( ^ω^)「おっ……!思い出したお!」


(; ^ω^)「くそっ、またツンデレを襲うのかお!?ツンデレは僕が守──」


( ^ω^)「……」


(・(エ)・)「……どうした。さっきまでの威勢は」


534 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:32:50 Qp7C0y2.O
( ´ω`)「おっ……ツンデレは……もう、いないんだったお……」


(・(エ)・)「……」


( つω )「おん……僕が弱いから……守れなかったんだお」


( つω∩)「おおおん!!」


(・(エ)・)「泣くな!!」


( ´ω`)「おんっ!?」


535 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:33:45 Qp7C0y2.O
(・(エ)・)「我と対峙したときと比べ、なんだその弱弱しさは」


( ^ω^)「でも……もう僕には、守るべき人が……」


(・(エ)・)「貴様は、誰かを守らないと戦えないのか」


( ^ω^)「お……?」


(・(エ)・)「我は山や動物、自然を守るために戦っている。むろん、誰からも褒められんし、認められん」


(‐(エ)‐)「だが、一つ……たった一つ、内に秘めた思いを胸に、誇りをもってやっているのだ」


( ^ω^)「……」


536 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:34:38 Qp7C0y2.O
(・(エ)・)「それが自分の力となる……神や人などという括りではない」


(・(エ)・)「己が秘めた思い……貴様のそれは、その程度か」


( ^ω^)「己が秘めた……思い……」


( ‐ω‐)


537 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:35:20 Qp7C0y2.O


あなたの正義に、私は救われたの。だから──



今度は、自分を救ってあげて。囚われないで、私に。



そしたらさ、きっと……またもう一度……


538 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:36:15 Qp7C0y2.O
( ‐ω‐)


(・(エ)・)「……話にならんな。それを食ったら現世に戻るが良い。さっさと食──」


( ^ω^)「……あるお」


(・(エ)・)「?」


( ^ω^)「僕は、ツンデレが好きだお。守ってあげたいと思っているお」


(・(エ)・)「……だが、その女子はもういない。貴様の思いはもう」


( ^ω^)「そうだおっ!そうだけど……」


( ‐ω‐)「でも、そんな……大好きな彼女に、教えられたんだお」


(・(エ)・)「教えられた?」


539 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:37:05 Qp7C0y2.O
( ^ω^)「自分を救えって、自分のために、戦えって」


(・(エ)・)「……」


( ^ω^)「僕は、彼女のために、そして自分のために戦うお」


(^ω^ )ヨッコイ ショウイチ


( ^ω^)「ご飯、ごちそうさまでしたお。僕はいくお。たとえ勝てない戦いでも」


(‐ω‐ )「最後まで、あがいてみせるお」


540 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:37:59 Qp7C0y2.O
(‐(エ)‐)「……待て」


( ^ω^)「おっ?」


(・(エ)・)「創作の神から頼まれていたことがあってな……」


(・(エ)・)「だが、ここに来た時の惨状に、先ほどまでの弱弱しさ……とても、申し付けるべきではないと思っていた」


( ^ω^)「なんだお?」


(・(エ)・)「ティンダロスを……クズの国を潰して欲しい」


541 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:39:32 Qp7C0y2.O
(; ‐ω‐)「そ、それは、無理だお……」


(・(エ)・)「……女子を生き返すことを条件では、いかんか」


( ゚ω゚)「なっ……ツンデレを!?」


(‐(エ)‐)「さよう。神の力を使えば、容易い」


( ゚ω゚)「会えるのかお……もう一度、ツンデレに……!」


(‐(エ)‐)(嘘だが)


542 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:40:18 Qp7C0y2.O
(  ω )「ツンデレ……」


(・(エ)・)「さぁ!さぁさぁさぁ!!」


(; ^ω^)「お、おおん、そんな焦らさないでお」


(・(エ)・)「いいのか?我、気が変わってしまうかも知れんぞ?いいのか?」


( ^ω^)「……正直なところを言えば、やりたくないとかじゃなくて、できないんだお。僕は、実の父親にすら勝てなかったんだお」


543 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:40:32 zpr.pDrkO
ω・)嘘かよwww


544 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:41:04 iFixomZE0
犬神もゲスいなwww


545 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:41:14 Qp7C0y2.O
( ^ω^)「今から行くのは勝つためじゃなく、あがくためだお。だから、約束は……」


(・(エ)・)「心配するな」


( ^ω^)「?」


(・(エ)・)「天界の八統神である、この犬神が」


(・(エ)・)「主に力をつけてやろう」


( ^ω^)「えっ……?」


546 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:41:15 1IFIrXc20
やっぱりこの時間なのか
しえん


547 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:42:18 Qp7C0y2.O
(・(エ)・)「主は強くなれる。我や、八統神最強であるゲスの神以上に、強く」


( ^ω^)「犬神さん……わかったお。僕……精一杯やるお!」


(・(エ)・)「その心意気、忘れるでないぞ、ブーン。共に己が秘めた思いのために、戦おうぞ」


(* ^ω^)「おん!お師さん!」


548 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:43:06 Qp7C0y2.O


( ^ω^)(ツンデレを……そして、信じてくれた僕を救うために!)


(^(エ)^)(ハヤオを……そして、スタジオジブリを守るために!)


549 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:44:18 Qp7C0y2.O
〜〜〜

天界

天界議事堂への道中


(神^ω^)(犬神はうまくやってくれているだろうか……)


(神^ω^)(内藤ブーン……かつて、クーの家でティンダロスを退けた逸材)


(神-ω-)(だが、あの傷と体液だらけの体を見るに……)


(神^ω^)「いかんいかん。私が弱気になっては。今から皆に事を伝えなければならんのに」


550 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:45:12 Qp7C0y2.O
<ドウカナァ


<イイカモシレナイヨゥ


(神^ω^)「おーい、皆──」


(神;^ω^)(はっ!このパターンは……どうせまたくだらん話をしているに違いない)


(神^ω^)(いきなり作戦の話をしてしまっては、また輪に入れなくなってしまう)


(神-ω-)(くっ、ここは合わせるしかあるまい……)


551 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:47:19 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「あ、創作の旦那、おかえりなさ──」


(神^ω^)「おー、エクスト!お前の言うとおり、やっぱり、私は八重さんが一番だ!」


(神^ω^)「暗い雰囲気の彼女も魅力的だが、一番は劇中、2000年の4月8日に発生するイベント」


(神゚ω゚)「咲き遅れの桜・決意後だな!」


(神*^ω^)「あそこから立ち絵も変わるし、明るくなっていく彼女の姿に心を打たれることうけあい!」


(神-ω-)「しかもBGMが二種類も用意されている。これは間違いなく心境の変化を表していて」


(神*^ω^)「主人公へ心を開いたと同時に、プレイヤーにも一種のカタルシスを感じさせる瞬間!」


(神^ω^)「服装も地味だったものから可愛らしいものに変化するから、さらにイベントを進めたくなること間違いなしだ!」


(神^ω^)「そうだ、DSVはプレイしたか?彼女のDDRは素晴らしい……」


(神^ω^)「……ぬ?」


552 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:48:01 Qp7C0y2.O
<_;プー゚)フ「うわぁ……」


( ‘∀‘)「創作の神、あなた……我々が真剣に世界を救うための会議をしていたのに」


( ‘∀‘)「なぜ、そんな関係のない熱弁を?」


(神;゚ω゚)「え、だ、だって……」


553 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:49:16 Qp7C0y2.O
o川*゚ー゚)o「いとキモし。オッタクー」


(=゚ω゚)「いよぅ……甘いものより気持ち悪いよぅ……」


( "ゞ)「鉄オタのほうがマシですな、これは」


(神゚ω゚)(な、なん、な……)


<_プー゚)フ「……旦那、気にしないでくだせぇ」


(神;^ω^)「え、エクスト。これは、その、お前達が……」


554 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:50:31 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「旦那が空気よめない上に人のせいにするってことは、よぉくわかりやしたから」


(神 ω )「…………」


<_プー゚)フ「さぁさ、神さん方!会議はどっかのキモオタが一時中断してきたやしたが」


<_プー゚)フ「なんのこたぁ、ありやせん。それぞれの能力を用いて世界を救うための作戦──」


<_プー゚)フ「北欧神話に伝わる終末の日、ラグナロクにあやかって名付けた、あっし達神々の一大プロジェクト!」


555 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 06:51:54 Qp7C0y2.O

<_プヮ゚)フ「オペレーション・ロクデナシの会議をつづけやしょう!」



o川*^ー^)o( ‘∀‘)

「おー!」

( "ゞ)(=゚ω゚)ノ



(神;ω;)(もうこいつらやだ、神辞めたい)


続きは多分今日中かな


556 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 07:00:41 zpr.pDrkO
ω・)乙。更新ペースとまだときめも2をひっぱるのはすごいwww


557 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 07:03:59 S5NcNMVI0
乙乙。創作の神カワイソス
そしてクーの空気感……


558 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 07:04:54 ybJ0aBfYO
クー気


559 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 07:31:55 Iclbx4aQ0



560 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:34:11 j1ZQDwCA0
テーピングで済む辺り、やはり逸材だな


561 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:41:20 Qp7C0y2.O
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「……難しいな……」

川 ゚ -゚)「タイトルというものが、ここまで難しいとは」

川 ゚ー゚)「だが、できた。もう決まったらこれしか考えられない素晴らしいタイトルだ」

川 ゚ -゚)「私は天才じゃないんだろうか。きっと今、私は坂口を越えた」


562 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:42:25 Qp7C0y2.O
川 ゚ -゚)「タイトルから伺える、一見して意味のわからない語感」


川 ゚ -゚)「しかし、ある程度の教養とゲーム勘に優れている者なら」


川 ゚ -゚)「その意味がわかるというアハ体験」


川 ゚ -゚)「しかも、名作につき物な略称まで思いつきやすいものになった」


川 ゚ ー゚)「その名も」


563 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:43:08 Qp7C0y2.O


川 ゚ー゚)「カタストロフィック・ガン・トラベル・アンラベル」


川 ゚ -゚)「通称、カガトア!外国向けにはCGTUだ!」


川 ゚ -゚)「ふふ……意味わからない」


564 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:43:55 Qp7C0y2.O
川 ゚ -゚)「が、なんとなく察せられる。カタストロフィックは災害、つまり何か悪いことが起こること」

川 ゚ -゚)「そこにガン、銃が繋がる。ここでユーザーは何かと戦うのかなと思うわけだ」

川 ゚ -゚)「だが、このゲームはアクションではなくRPG……そう、トラベル、旅の要素がある」

川 ゚ ー゚)「そんな壮大な物語がアンラベル……解かれ、幕を開けるのさ」

川 ゚ ー゚)「ふふ、ふふふ!」

川 ゚ー゚)「さ、次々!巻いていこう!」


565 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:44:54 Qp7C0y2.O
〜〜〜

天界

天界議事堂


(神 ω )「うっ……うう……」


<_プー゚)フ「さて……どこまで話やしたか」


( "ゞ)「君が俺達の能力について聞こうとしているところだったが……それなら先に自分の能力を教えて欲しいな」


o川*゚ー゚)o「新参、エクスト君の神技みたいなぁ」


(=゚ω゚)「気になるよぅ!」


566 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:45:46 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「そうでやした。うん、今出すのもちょうどいいすな。じゃあいきますぜ」


<_プー゚)フ「神技・解放」


ボンッ≡<_プー゚)フ


( "ゞ)「これは……?」


<_プー゚)フ ヤッホー


<_プー゚)フ「あっしの使い魔、プラズマンでさぁ」


<_プー゚)フ ヨロシクー


o川*゚ー゚)o「いとかわいい!」


<_プー゚)フ バイバーイ


<|プー|| ピューン


(=゚ω゚)「あ、いっちゃったよぅ!」


567 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:46:55 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「焦りなさんな、坊ちゃん。あっし、犯罪の神らしく、盗撮盗聴はお手の物」


<_プー゚)フ「今、プラズマンを下界に送りやした。情報を収集するんで、その間に、皆さんの神技をおしえてくだせぇ」


<_プー゚)フ「あっし、入ったばっかでわからないんでさぁ」


( "ゞ)「……なるほど、さすが犯罪の神。収集、分析はお手の物というわけだな」


<_プー゚)フ「納得いただきやしたか」


( "ゞ)「ああ。いいよ。俺から言おう」


<_プー゚)フ「さっそくっすな!じゃあデルタ兄さん、頼んます!」


568 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:47:45 Qp7C0y2.O
( "ゞ)「うん、俺は脱線事故を起こせる」


<_*プー゚)フ「おお!すげぇ!通勤の神らしいっすな!」


( "ゞ)「ふふ、それほどでもないさ」


<_プー゚)フ「それって任意の電車を動かして相手に当てれるんてすかい!?」


( "ゞ)「いや、ランダムだ」


<_プー゚)フ「は?」


569 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:48:43 Qp7C0y2.O
( "ゞ)「運がよければ当たる。悪ければ脱線するだけだ」


o川*゚ー゚)o「それゆえ、JRや私鉄が事故るのってだいたいデルタのせいだもんねー」


( "ゞ)「うん」


<_プー゚)フ「……ぼ、坊ちゃんは?」


(=゚ω゚)「いよぅ!僕はなんでもフォンドュにできるよう!」


<_*プー゚)フ「へぇ!お菓子の神さんも後方からなら援護ができるってわけすな!」


(=^ω^)「てへへ」


570 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:49:32 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「つーこたぁ、遠距離の敵をもフォンドュにできるんですかい!?なら狙撃手に……」


(=゚ω゚)「え、できるわけないよぅ!手が届く範囲しか無理だよぅ!」


<_プー゚)フ「は?」


( "ゞ)「美味しいもんな、いよぅのフォンドュ。あれは誰でも食べたくなる」


o川*^ー^)o「それがし、大好き!甘くて美味しいもんね!」


(=^ω^)「いよぅ、照れるよぅ……」


571 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:50:22 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「……はぁ……じゃあキューちゃんは?」


o川*゚ー゚)o「それがし、おっぱいを飛ばせるよ」


<_プー゚)フ「はいはい、すごいすごい。はぁ……」


( ‘∀‘)「エクスト、どうしたのです。司会のあなたがため息をついて」


<_プー゚)フ「いえね、ガナー大将。ちょっとあっし、このまま続けても不毛な気がして……」


( ‘∀‘)「大丈夫です。我々はきっと勝てる」


<_プー゚)フ「……そこまで言うんだ。大将の技はすげぇんでしょうな」


572 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:51:08 Qp7C0y2.O
( ‘∀‘)「はい。私は偉いです」


<_;プー゚)フ「……え、いや、だから能力は」


( ‘∀‘)「偉いです」


<_プー゚)フ「……」


<_プー゚)フ「そ、そうだ!こういうときこそ、頼りになる旦那にうかがいやしょう!」


<_プー゚)フ「創作の旦那!」


573 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:51:58 Qp7C0y2.O
(神 ω )「……ぬ、私か……なんだ」


<_プー゚)フ「さっきはすまなかったでさぁ。だから教えてくだせぇ!」


(神-ω-)「……私も根に持つつもりはない。先ほどまでの非礼は、この際なしにしてやる」


<_プー゚)フ「すいやせん。で……」


(神^ω^)「うむ。私の能力は実はいくつかあってだな。この状況で使えるものは……」


<_プー゚)フ「犬神の兄貴はどこにいやす?」


(神^ω^)「……え」


574 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:53:16 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「早く教えてくだせぇキモオタ」


(神;ω;)「……う、ううっ!」


<_;プー゚)フ「あ、ちょ、どうしたんですかい!?」


(神;ω;)「もういやだ!もうお前達いやだ!特にエクスト!」


<_プー゚)フ「ワガママな旦那だ。わかりやしたよ、謝りやす」


(神;-ω-)「はぁはぁ……わ、わかればいいんだ……それで、私の能力は……」


<_プー゚)フ「で、頼りになる犬神の兄貴は?」


575 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:54:09 Qp7C0y2.O
(神゚ω゚)σ「あっちでぇ!!」


(神゚ω゚)「ティンダロスを一度倒したぁ!!」


(神゚ω゚)「内藤ブーンをぉ!!」


(神∩ω∩)「鍛えてるぅううううう!!うわーーーーん!!」


<_;プー゚)フ「わっ、そんないきなり大声出さないでくだせぇ……」


576 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:54:58 Qp7C0y2.O
<_プー゚)フ「ん?ティンダロスを一度倒したって」


o川*゚ー゚)o「祝着、やったじゃん!詳しく教えてよ!」


(=゚ω゚)「いよぅ!気になるよぅ!」


( "ゞ)「それならそうと早く言いたまえよ、まったく君は……」


(神∩ω゚)「お、お前達……」


577 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:56:17 Qp7C0y2.O
( ‘∀‘)「どうやら非常に有用な情報のようですね。創作の神、お願いします」


(神゚ω゚)「あ、ああ!いいか、いいんだよな!私、発言していいんだよな!」



(=゚ω゚)( "ゞ)<_プー゚)フ

「早く話せキモオタッ!」

o川*゚ー゚)o( ‘∀‘)



(神*∩ω∩)「うぅううううっ!!」


578 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:57:46 Qp7C0y2.O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

賭博受付窓口


ピューン<_プー゚)フ


フワフワ<_プー゚)フ


カクレル...オッケー<_プー゚)フ


ヒト イッパイ<_プー゚)フ


キロク スル<_プー゚)フ

ピー<_プー゚)フ


579 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:58:30 Qp7C0y2.O
(・∀ ・)「さぁー、はったはったー」


<俺はハインちゃんに1万円!


<僕はしぃちゃんに2万円!


<つーちゃんに4万円!


<ミセリに10万!


<オオオオ!


<ちんぽっぽに……50万!!


<オオオオオオオッ!!


580 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 11:59:25 Qp7C0y2.O
(・∀ ・)「よーし、いいぞいいぞー、どんどん賭けろー」


(・∀ ・)(こいつら馬鹿だー、胴元がいる博打でー、胴元に勝てるわけないのにー)


(・∀ ・)(最近の子供はー、金を持ちすぎだー、社会に還元しろー)


(・∀ ・)「さぁどんどんはれー!」



ピピー<_プー゚)フ


キロク デキタ<_プー゚)フ


オトナ キタナイ<_プー゚)フ


ピューン<|プー||フ


581 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:00:30 Qp7C0y2.O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

四天王 モララートーチャーンの自室


ピューン<_プー゚)フ


ヒト ヒトリ<_プー゚)フ


デモ ツヨソウ<_プー゚)フ


キロク スル<_プー゚)フ


ピー<_プー゚)フ


582 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:01:36 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「ふぅ!いい風呂だったなぁ!」


( ・∀・)「もう全裸でいいや!誰も見てないだろ!」


バサッ


( ・∀・)「とはいえ……ショボンじゃあるまいし、大事なところは手で隠すさ」


( ・∀・)「さぁて、ビールにつまみも用意したし!」


( ・∀・)「ナイターを見ますか!」


キロク デキタ<_プー゚)フ


タイショウハ ヤッパリ ツヨイ<_プー゚)フ


デモ ナニカヲ カクシテル<_プー゚)フ


...ミエナイ<_プー゚)フ


アキラメル...<_プー゚)フ


ピューン<|プー||フ


583 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:02:29 Qp7C0y2.O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

特別観客席


ピューン<_プー゚)フ


キロク スル<_プー゚)フ


ピー<_プー゚)フ


584 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:03:24 Qp7C0y2.O
<ハヤク ハジメロー


<マダカー


(゚、゚トソン「……開始まで45分……王は間に合うのでしょうか」


(‘_L’)「心配いらん。王は必ず時間に間に合わせるだろう」


(゚、゚トソン「……ですが、四天王最強であり、また自我の強いショボンのこと」


(-、-トソン「諍いが起こっていなければ良いのですが」


(‘_L’)「トソン・トットソン。お前は見ていなかったな」


(゚、゚トソン「はい?」


(‘_L’)「王の……残虐さを」


585 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:04:13 Qp7C0y2.O
(゚、゚トソン「残虐さ……」


(‘_L’)「ああ。普段は冷静沈着で利発的な面持ちだが……」


(‘_L’)「ひとたび、タガが外れると、恐ろしい悪魔のような男に変貌する」


(゚、゚;トソン「暴君……ですか?」


(‘_L’)「怒らせなければ良い。少なくとも、王の逆鱗に触れなければな」


(゚、゚トソン「……」


(#゚;;-゚)「ねえ、あんたたち」


(゚、゚トソン「なんでしょう」


(#゚;;-゚)「私、つまんないんだけど」


586 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:05:02 Qp7C0y2.O
(‘_L’)「貴様ぁ!何度言わせればわかるのだ!」


(‘_L’)「捕虜の分際で、調子に乗りおって……!」


(‘_L’)「王がいない今、ここで殺しても──」


(#^;;-^)「いいのかぁい?大事な神質を勝手に殺しちゃって」


(‘_L’)「なっ……!」


(#゚;;-゚)「さっき自分で言ったじゃん。逆鱗に触れたらどうなるか……ってさ」


(;‘_L’)「ぐっ!」


587 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:05:51 Qp7C0y2.O
(#゚;;-゚)「あんたんとこの王様に殺されるよ?それでもいいのかぁい?」


(゚、゚トソン「……何か、用意しましょうか」


(‘_L’)「トソン!しかし……」


(#゚;;-゚)「お、息が綺麗な姉ちゃんはわかってるね」


(゚、゚トソン「フィレンクト・フィフィ。彼女の言うことにも一理ある。ここは下がりましょう」


(‐_L‐)「……覚えておけ。貴様に利用価値がなくなればすぐにあの世に送ってやる、ゲスめが」


(#^;;-^)「ゲス?ふふ、お褒めに頂光栄でございまする」


(‘_L’)「くそっ!トソン!」


588 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:06:54 Qp7C0y2.O
(゚、゚トソン「ええ。では、でぃ様。なにをご希望です?ジュースですか、ハンバーガーですか?」


(#゚;;-゚)「いやいや、食べ物じゃなくてさ」


(#゚;;-゚)「もっと、えげつないものが見たいねぇ……!例えば、今から始まるパーティーとか、さ!」


(゚、゚トソン「それはできかねます。ですが……えげつないもの、ですか」


(#゚;;-゚)「ああ。ま、できないんならできないで別にいいけどねー」


(゚、゚トソン「いいえ。では、ご覧に入れますのでお待ちください」


(#゚;;-゚)「ほう……?」


589 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:07:29 Qp7C0y2.O
キロク デキタ<_プー゚)フ


ナンカ ツヨイノガ フタリ<_プー゚)フ


ソレト ゲスイノガ ヒトリ<_プー゚)フ


ピューン<|プー||フ


590 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:08:13 Qp7C0y2.O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

ユートピア


ピューン<_プー゚)フ


キロク スル<_プー゚)フ


オンナ バカリ<_プー゚)フ


イロイロ イル<_プー゚)フ


ン...ヒトリ バチガイ ガ<_プー゚)フ


アヤシイ キロク スル<_プー゚)フ


ピー<_プー゚)フ


591 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:09:13 Qp7C0y2.O
从 ゚∀从「よし、これで全員紹介し終わったぜ。まぁこんな感じだな」


J( =ー=)し「本当、個性的な子ばかりね!見えないけど」


川 ゚ 々゚)ソワソワ「早く始まらないかなぁ……」


从 ゚∀从「そうだな、そろそろ始まってもいい頃なんだけどな」


J( =ー=)し「あ、なら私にいい考えがあるわ!」


川 ゚ 々゚)「え、なんですかナナさん」


J(*=ー=)し「恋バナよ、こ・い・ば・な!時間潰しましょ」


从 ゚∀从「ほう……」


川 ゚ 々゚)「えっ……」


川*゚ 々゚)ドキドキ(も、モララー君……)


592 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:10:08 Qp7C0y2.O
J( =ー=)し「あれ、あれれぇ?見えないけど伝わってくるこのときめきはなにかしら?」


J( =ー=)し「ねぇ、クルゥちゃん??」


川;゚ 々゚)「あ、え、な、なんでもないですっ!」


J( =ー=)し「うふふ、いいのよ。カーチャンに教えなさい」


从 ゚∀从「ん、あれ?カーチャン?ナナ、あんた結婚してんのか?」


J(;=ー=)し「あ……う、うん。まぁねー」


川 ゚ 々゚)「じ、じゃあ!ナナさんの恋いバナ聞きたいです!」


J( =ー=)し「えー、夫の話?」


从 ^∀从「いいね!馴れ初め聞きたーい!」


593 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:10:55 Qp7C0y2.O
J( =ー=)し「そんなことよりクルゥちゃんのほうが気になるわよー」


从 ゚∀从「教えてくれたら、クルゥが話すってさ!な?」


川;゚ 々゚)「ちょ、ちょっとハインさん!」


从 ^∀从「ナハハー、さ、どうぞどうぞ?」


J( =ー=)し「もう、仕方ないわね!っていっても、つまらないわよ」


J( =ー=)し「私とあの人が初めて会ったのは……もう何年前かな……私が飲食店で働いていたときのことね」


594 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:11:55 Qp7C0y2.O
〜〜〜

お食事処 メシア


川 'ー`)「ふぅ!忙しいわ!今日は久しぶりに予約してくれた人が来るのよね!」


川 'ー`)「確か、二人だったわね。準備準備っと!」


川 'ー`)「えっと、メニューは、トイレットペーパーの芯の胡麻和えと、とれたてうんこ〜コーンを添えて〜と……」


ガラガラッ


( ・∀・)「すみませーん!予約していた阿穂乃中学同窓会ですが!」


川 'ー`)「はい、いらっしゃいませー!」


川 ゚ー゚)「まぁ、イケメン!!」


595 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:13:07 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「え、そうですか!?アハハ、よく言われます。お姉さんも綺麗ですよ!」


(’e’)「おい、バカ。早く入れよ!」


( ・∀・)「なんだよ、セント。いいじゃんか」


(’e’)「お前がモタモタしてると俺が入れねぇんだよ、ボケッ。さっさと入れカス」


( ・∀・)「ちぇ……すみません、席に案内してもらっていいですか?」


川*'ー`)「はい!」


596 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:14:52 Qp7C0y2.O
〜〜〜


( ・∀・)「いやぁ、久しぶりだねセント!」


(’e’)「……はぁ……」


( ・∀・)「どうしたんだよ、せっかく隠れ家っぽいところを見つけて予約したんだ。もっと喜んでよ」


(’e’)「バカか?お前、バカだよな。中学卒業して二日目に同窓会しようって馬鹿の極みだよな?」


( ・∀・)「何言ってるんだい、二日も顔を合わせないんじゃ寂しいじゃないか!」


(’e’)「学生生活における休日はどうなるんだよ。長期休暇なんざ会えなくて震えて自殺するレベルだぞそれ……」


597 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:15:56 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「ははっ!でもなんだかんだ言ってついてきてくれるから嬉しいよ!」


(‐e‐)「バカはほっとくと、何しだすかわからねぇからな……仕方なくだよ」


( ・∀・)「ありがとう、セント」


(’e’)「ちっ、言ってろバカ」


川 'ー`)⊃「お待たせしましたぁ!どうぞ!お通しです」


( ・∀・)「あれ?お通しなんてあるんだ?」


(’e’)「シャレてんじゃねぇか。店員さん、どうもありが──」


598 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:16:36 Qp7C0y2.O

ホカホカ...

    _人
   ( ヽ)
   (  : )
  ( :   )
  (      )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ドーン!


599 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:17:26 Qp7C0y2.O
(; ・∀・)「……」


(’e’;)「……」


川*^ー^)「今日は久しぶりにお客さんが来てくれたから、張り切っちゃった!」


川 'ー`)「とれたてよ。鮮度抜群なんだからねっ!」


( ・∀・)「……」


(’e’)「……」


川 'ー`)「それじゃね!私、洗い物しにトイレに行ってくるから!」


( ・∀・)「……ねぇ」


(’e’)「ああ……」



(’e’)「うんこだよな、これ」


600 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:18:29 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「……」


(’e’)「……」


( ・∀・)「ど、どうする?」


(’e’)「どうするって言ったって、そりゃ、お前……」


(; ・∀・)「え、た、食べるの?」


(’e’;)「バカ!バカバカ!想像させんな、気持ち悪い!」


( ・∀・)「でも、コーンが添えてあるよ。混じってる」


(’e’)「朝、何食べたのか一目瞭然だな」


( ・∀・)「……不思議だね」


(’e’)「え?」


( ・∀・)「臭くない」


(’e’)「あ、そう言われてみれば……」


601 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:19:32 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「普通さ、うんこって臭いじゃん」


(’e’)「あ、ああ」


( ・∀・)「それがさ、これ、臭くないじゃん」


(’e’)「そうだな」


( ・∀・)「さっきの店員さん……きっと、すごく努力したんだと思う」


(’e’)「……」


( ・∀・)「とれたてって言ってたから、朝、水揚げに向かって」


( ・∀・)「新鮮なうちに、加工したんじゃないかな」


(’e’)「……防臭の?」


( ・∀・)「うん。きっと、すごく苦労したと思うんだ」


602 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:20:42 Qp7C0y2.O
(’e’)「……お前……」


( ・∀・)「だからさ、食べてよ。セント」


(’e’)「ふざけんなよ、殺すぞ」


( ・∀・)「だって食えるわけないじゃん!!排泄物なんて!!」


(’e’)≡「当たり前だろ!!もういい!帰るぞ!!」


(・∀・ )「あ、待ってよ、セント──」


(’e’)ピタッ


(・∀・ )「あれ?どうしたの?」


(’e’)「……感じねぇか?」


(・∀・ )「勃ってないよ?」


(’e’;)「違う……殺気だよ……!」


( ・∀・)「え……あ」


603 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:21:32 Qp7C0y2.O


三ヽ  ヾ ____〇
⌒ヾミ=- //イヾミミ|
_   ///レ|||ヘミ|
三ミzノ//ノ ヽヽ\|
_  レイ ニヽ ∠ニ|
三ミ=- ト|<・ヽッノ・>|
   ヒ|  ̄〈  ̄ |
三彡⌒ ヽ  -=っ |
 ̄ _ノ |\ ⌒ |
三彡~  ヽミ) ーイ|
 _ノ / \  へ
彡 ̄  / Y  ̄(二ヽ
  ノ|ミ|  (二ニ|
/ ̄ |ミ|  ヽニノ
 _ノ / ミ\   |
/  / ̄\∧ミ |
   /  / |ミ |


604 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:22:14 Qp7C0y2.O
(; ・∀・)「見てるよぉ、こっち見てるよぉ……!」


(’e’)「あの形相……それに、右手に包丁、左手にスッポンスッポン……間違いねぇ」


(’e’)「食わずに帰ったら殺される」


( ・∀・)「うん……とりあえず、席につこう……」


(’e’)「だな……」


605 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:23:28 Qp7C0y2.O
ガタッ


(’e’)「どうすんだ、おい」


( ・∀・)「どうしようか、セント」


(‐e‐)「……食うしか、ねぇか」


( ・∀・)「えっ……!!」


(’e’)「究極の選択だよ。聞いた話だがな、ある何の罪もない男が閉じ込められ、数年と出られなかったとき」


(’e’)「渇きをしのぐために自分の尿を飲んだらしい……」


(; ・∀・)ゴクリッ……


606 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:24:31 Qp7C0y2.O
(’e’)「それと一緒だ。殺されるか、食べて生き延びるか」


( ・∀・)「……二者択一?」


(’e’)「ハンッ、難しい言葉知ってんじゃねぇか」


( ・∀・)「君が教えてくれたんだよ、セント」


(’e’)「……」


( ・∀・)「セント、──僕が、食べるよ」


(’e’;)「なっ……バカ、お前っ」


( ‐∀‐)「いいんだ。セントは賢いから、これから色んなことを学んで、吸収するんでしょ?」


(’e’)「……それがどうした」


( ・∀・)「うん。これからって時にさ、門出がうんこなんて……嫌じゃない?」


(’e’)「……」


607 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:25:24 Qp7C0y2.O
( ・∀・)「僕はバカだから……多分、高校に行ってもついて行けないと思う。だけど」


( ・∀・)「友達のことを助けることくらいは、できると思うんだ」


(‐e‐)「……バカヤロウ……」


( ‐∀‐)「へへっ、かっこつけちゃったかな?でも、一つだけお願いがあるんだ」


(’e’)「なんだよ」


( ‐∀‐)「……食べさせて欲しい」


(’e’;)「は……?」


608 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:26:14 Qp7C0y2.O
(  ∀ )「怖いんだ……!スプーンを持つ手が震えて……!友達を、君を、セントを助けたいのにっ!!」


(; ‐∀‐)「どうしても……!!動かないんだっ……!!手がっ……!!」


(’e’)「……」


( ・∀・)「だから、さ。お願い……僕に、勇気を頂戴」


( ・∀・)「友達を、助ける勇気を」


(‐e‐)「……わかった」


609 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:27:04 Qp7C0y2.O
スッ ●━⊂(’e’)


●━⊂(’e’)「目ぇ、閉じてろ」


( ・∀・)「えっ?」


●━⊂(^e^ )「楽しいこと考えてろよ、そしたら気分も落ち着くぜ」


( ‐∀‐)「……うんっ」


●━⊂(’e’)「じゃあ、行くぞ……?」


( ‐∀‐)「……」


( ‐∀‐)アーン●━⊂(’e’)


610 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:27:47 Qp7C0y2.O


( ‐∀‐●━≡シュッ⊂(’e’)



( ※∀●━ベチャ!  (’e’)


611 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:28:33 Qp7C0y2.O
( ※∀※)「うわっ!目が!目がぁああああ!!」


(’e’)≡「わりっ、俺、帰るわ!じゃあなバーカ!!」


( ※∀※)「うわああぁぁ、目が!!善玉菌と悪玉菌が僕に襲い掛かるぅ!!」


スゥ 川 'ー`)「食べちゃったの?」


( ※∀※)「えっ!?」


川 ゚ー゚)「うんこ、食べてしまったんですか!!!!????」


( ※∀※)「は、はい!ちょっと口にもはいりましおぇええ」


612 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:29:32 Qp7C0y2.O
川 'ー`)「うちの店は初めてですか?」


( ※∀※)「お、えあ──」


川 'ー`)「何故うんこを食べたんですか?」


川 'ー`)「スカトロプレイをする前に何故うんこを食べたのですか?」


川 ゚ー゚)「ルールがあるじゃないですか。まずプレイをというルールがあるじゃないですか!」


川 'ー`)「これをお出しすることは出来ません。マナーに反する人はお帰りください」


613 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:30:11 Qp7C0y2.O
( ※∀※)「み、水……!!水を!」


川 'ー`)「……水が欲しいの?」


( ※∀※)「はひっはひっ!」


川 ^ー^)「じゃあしよっか!スカトロプレイ!まずは聖水を……」


614 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:31:07 Qp7C0y2.O
〜〜〜


ピー<_プー゚)フ


キロク シタ<_プー゚)フ


クソミタイナ ハナシダッタ<_プー゚)フ


ホカニ イコウ<_プー゚)フ


ピューン<|プー||フ


J( =ー=)し「って感じだったわね。若かったわ、あの頃……」


从;゚д从「……」


615 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:31:57 Qp7C0y2.O
川*゚ 々゚)「……す、素敵……」


从 ゚∀从「えっ」


川*^ 々^)「素敵です。ナナさん!」


J( =ー=)し「あら、クルゥちゃん、若いのに理解があるのね」


J(*=ー=)し「さ・て・は……?クルゥちゃんも好きな男とスカトロプレイ?思春期〜」


从 ゚∀从「おい、マジかよ思春期奔放すぎんだろ……」


川 ゚ 々゚)「えっ!い、いや、私は……」


616 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:32:33 Qp7C0y2.O
───

( ・∀・)「拭かないと!うんこ!!臭くてたまらん!」

川 ゚ 々゚)ハッ

───

( ・∀・)「ふぅ……」

川 ゚ 々゚)「ご、ごめんね……モララー君……その、手伝ってもらって……」

( ・∀・)「いいですよ、先輩。なんだか新しい世界が見えましたし」

川 ゚ 々゚)「そ、そう?でも、お漏らししちゃったし……」

( ・∀・)「なにを言ってるんですか、漏らしてなんぼですよ。僕だってしょっちゅう漏らしますから」

川*゚ 々゚)「……ありがとう、モララー君。気を遣ってくれて……優しいね」

( ・∀・)(ホントなんだけどなぁ)

───


617 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:33:31 Qp7C0y2.O
川*- 々-)「……ふふっ」


J( =ー=)し「おやおや、熱いねぇ」


从;゚∀从(こいつら頭おかしい……!)


川;゚ 々゚)「す、スカトロとか……そういうのじゃないけど……」


川 ゚ 々゚)「彼って、すごく優しくて、かっこよくて……」


川 ゚ 々゚)「学年は下なんですけど、大人びてて……」


从 ゚∀从「なんだよ、いいじゃん。うんこ以外は」


川*゚ 々゚)「う、うんっ。でも……ちょっと諦めてます。とってもお似合いの、かわいい人が、いるから……」


618 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:34:27 Qp7C0y2.O
J( =ー=)し「何言ってるんだい!クルゥちゃんかわいいじゃないか!見えないけど!」


从 ^∀从「そ、そうだぜ!声だけで萌えるぜ!」


川*゚ 々゚)「あ、ありがとっ……嬉しい……」


从 ゚∀从「ヘヘッ、まぁ応援するぜ。アンタ達二人が腹を割って話したから、あたしも話すぜ!」


J( =ー=)し「おっ、待ってました!」


川 ゚ 々゚)「聞きたいですっ!」


从 ゚∀从「あたしはな……」


619 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:35:28 Qp7C0y2.O
ピンポンパンポーン!


J( =ー=)し「な、なんだい?」


从 ゚∀从「おいおい、これからだってのに放送かよ」


川 ゚ 々゚)「開始まで、あと30分くらいあるよね、なんだろう?」


『えー、コロッセオにお集まりの皆さん。ならびにユートピアで待機している皆さん』


『お待たせいたしております。もうまもなく、パーティーが始まります』


『ですが、運営の予想以上に期待が大きく、待ちきれない方がいらっしゃるかと思いますので』


『特別に、ただいまから優勝者への褒賞が何かを発表します!』


620 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:36:39 Qp7C0y2.O
ザワザワ

ザワザワ


J( =ー=)し「あらあら、せっかちね」


川 ゚ 々゚)「な、なにがもらえるんだろう……」


从 ゚∀从「ふっふっ、お前ら絶対驚くぜ」


J( =ー=)し「あれ、ハインちゃんは知ってるの?」


从 ゚∀从「ああ、もちろんだぜ!まぁあたしはどうでもいいが、それ以外の女にゃ、この上ない代物さ」


『設備上、ユートピアの皆さんには音声のみですが、コロッセオにお集まりの皆さんには、スクリーンにてLIVE映像もお届けします』


J(*=ー=)し「な、なにかしら……ローター実演?」


川*゚ 々゚)「お菓子一年分かな?」


从 ゚∀从「ちっちっちっ、甘いな。もっとすげぇよ」


621 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:37:31 Qp7C0y2.O

『さぁ、ご覧ください。お聞きください!優勝者への褒賞は──』

〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

特別観客室


(゚、゚トソン「優勝者への褒賞は──」


(#゚;;-゚)(……自信満々に放送してるけど……)


(#゚;;-゚)(それだけ褒賞がえげつないってことだね)


622 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:38:16 Qp7C0y2.O
(#゚;;-゚)(クククッ……いいねぇ。血の化粧セットかい?臓物のアクセサリーかい?)


(#゚;;-゚)(いや、ライブってんだから、作る過程もみせてくれんのかね?)


(#^;;-^)(なんにせよ、面白そうじゃないか)



\(゚、゚トソン「こちらです!!」


623 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:39:03 Qp7C0y2.O

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・LIVE

♪     ∩
 r(・∀・)ノ ヤッタ ホームランダ!
 └-、  y⌒>
   \ ωノ⌒
    ( (  ♪
     ̄

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ドーン!


624 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:40:42 Qp7C0y2.O
(゚、゚トソン「我らクズの国が誇るイケメン!」


(゚、゚トソン「トーチャーンとの婚姻契約です!!」


(;#゚;;-゚)「うわっ、全裸じゃないかい!映像えげつなっ!!」


〜〜〜


川*//々/)(う、うそっ……!!モララー君と、結婚っっっ!?)


J( =ー=)し「トーチャーン?誰?イケメンなの?みーえーなーいー!!」


続くかな


625 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 12:51:56 /uhbEWa20
創作の神カワイソス


626 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 15:57:57 rhg3qVCU0
スレ半分切ったけど終わりが見えないな


627 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 20:11:32 W/30Do/s0
きがくるっとる


628 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 20:50:00 ZJvqmOjU0
この予想のできなさにいつもびびる


629 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 23:01:41 /44r4OqQ0
これだけきて飽きないのもめずらしい


630 : 名も無きAAのようです :2014/09/27(土) 23:14:58 pCzOBaTo0

お通しってお通じと掛けてんのかな
とにかく乙だわ


631 : 名も無きAAのようです :2014/09/28(日) 00:45:41 2FKheCtMO
作者は元気一杯を知ってるんだな


632 : 名も無きAAのようです :2014/09/28(日) 07:52:13 idMPkQrM0
この日曜の定休日を守り切る感じ


633 : 名も無きAAのようです :2014/09/28(日) 22:31:45 HIxEqAtY0
そうか定休なのか…


634 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 06:20:39 U9QgOzno0
※業務連絡


携帯料金の払い忘れ


止まった世界


ごめんなさい、投下は今日中


※業務連絡おわり


635 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 09:50:37 CuNgsdZE0
俺も払ってないから大丈夫だよ


636 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 11:56:41 VFN9S8MkO
※プライベート連絡

>>635
キュン..(ときめき)

※プライベート連絡終わり

以下本編


637 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:00:55 VFN9S8MkO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「次はインターフェイスだな。特にメニュー画面の見せ方だ」

川 ゚ -゚)「どんなゲームでも、プレイするにあたってメニュー画面というものを一度は開くはず」

川 ゚ -゚)「この画面がわかりにくかったり、こじんまりとしていては面白くない」

川 ゚ -゚)「だが、最も正解がない要素ともいえるな……」

川 ゚ -゚)「例えばドラクエのインターフェイス」

川 ゚ -゚)「統一されたウィンドウ、一律の文体……どれもなじみやすい」

川 ゚ -゚)「さらに、メニュー画面を開いても、暗転して切り替わるのではなく」

川 ゚ -゚)「まるでパソコンのウィンドウのように追加されていくような作りになっている」

川 ゚ ー゚)「これこそがシンプルイズベストなのかもしれないな」


638 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:01:29 VFN9S8MkO
川 ゚ -゚)「反面、FFのインターフェイスは」

川 ゚ -゚)「暗転し、フィールドから画面いっぱいのメニューに広がる」

川 ゚ -゚)「近年のFFでは、そこに顔グラフィックや特殊な機能、プレイ時間など様々な要素が組み込まれているな」

川 ゚ -゚)「これは、やはりプレイヤーを楽しませるための要素」

川 ゚ ー゚)「慣れるまでは、色んな機能を把握する必要があるが、その分、開拓しているようで面白い」

川 ゚ -゚)「うーん……」

川 ゚ー゚)「よしっ!私はあえて別のインターフェイスにするぞ!」


639 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:02:37 VFN9S8MkO
川 ゚ -゚)「移動中でも開ける簡易メニューと」

川 ゚ -゚)「立ち止まってゆっくりと作戦を練るための本メニューとの」

川 ゚ ー゚)「二種類搭載だ!」

川 ゚ -゚)「そう、かのファンタシースターオンラインと似たような感じで……」

川 ゚ -゚)「簡易メニューを開けば、フィールド探索の際に持ち物や技などを使用・確認することができる」

川 ゚ -゚)「これにより、暗転のウェイトによるストレスや物語の緊張感を維持」

川 ゚ -゚)「そして、本メニューではたくさんの機能を選択して有利に進めることを考えさせる」

川 ゚ー゚)「まるで育ててきた主人公達と語り合うようだな!」

カタカタ

川 ゚ -゚)「この調子でアイテムも作るぞ!」


640 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:05:33 VFN9S8MkO
〜〜〜

天界

犬神の家


(  ω )「はぁはぁ……」


(・(エ)・;)「……」


( ^ω^)「で、できたお……!」


(・(エ)・;)(短時間で……ここまでとは……)


( ^ω^)「お師さん?」


(・(エ)・)「あ、ああ。厳しい試練に耐えて、よくぞ会得したなブーン」


(* ^ω^)「はいお!お師さん!おかげさまですお!なんだか体が軽いんですお!」


641 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:07:03 VFN9S8MkO
(・(エ)・)「我の神技は総合的に攻撃型だ。それを会得したことによって」


(・(エ)・)「身体能力も上がったのだろう」


( ^ω^)「お……」


(・(エ)・)「もうお主は我やゲスの神よりも遥かに強い。ティンダロスを滅することも容易い」


( ‐ω‐)「……ティンダロス……」


642 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:11:24 VFN9S8MkO
(・(エ)・)「まだ、心に迷いがあるのか?」


( ^ω^)「あいつに、聞いたんだお。父親の話」


(・(エ)・)「父?」


( ^ω^)「おん。今じゃああやって……自分の欲望に忠実に、無茶苦茶なことをしているみたいだけどお」


( ^ω^)「本当は、愛されてなかったからじゃないのかって、そう思うんだお」


(・(エ)・)「……」


( ^ω^)「僕も、父さんから……本当のことを教えられたんだお。僕に愛情なんかなかったって」


( ^ω^)「使い勝手のいい道具だって」


(・(エ)・)「ブーン……」


643 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:12:43 VFN9S8MkO
( ^ω^)「ティンダロスのことは当然、許せないお。でも、僕達は……似たもの同士なのかもしれないお」


(‐(エ)‐)「同族、か……難儀なことだ」


( ^ω^)「おっ……あ、心配しないでお!約束は守るお!」


(・(エ)・)「私情に流されんほど、心も強くなったか。さすが我の試練に耐えただけはあるな」


( ^ω^)「おん!それに……」


(・(エ)・)「?」


( ^ω^)「ツンデレを生き返してくれるなんて、すごいことをしてくれるんだから、たとえ死んでも約束は絶対守るお!」


(・(エ)・)「え」


( ^ω^)「お」


644 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:13:42 VFN9S8MkO
(・(エ)・)「あ、ああ!そうだったな、うむ。任せろ。女子は生き返す」


( ^ω^)「ありがとうだお……お師さん……」


(・(エ)・)(……)


(  ω )「もし、ツンデレが生き返るなんてウマい話がなかったら……事が終わったら自殺しようかとも思ってたお」


(・(エ)・)(!?)


( ^ω^)「でも、そんな必要はなくなったお!お師さんができないことを言うわけないもんね!」


(・(エ)・)「う、うううむ!」


( ^ω^)「おっおっ!」


645 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:14:46 VFN9S8MkO
ガララララ


<_プー゚)フ「邪魔しやすぜ、兄貴」


(・(エ)・)「お前達……」


(^ω^ )「おっ、他の神様ですかお?」


(=゚ω゚)「いよぅ!甘いものの差し入れだよぅ!」


o川*゚ー゚)o「発見、この子がブーン君?こんにちはー!」


( "ゞ)「犬神、どうだ調子は?」


( ^ω^)「おっおっ……にぎやかですお」


(・(エ)・)「ああ。我の神技をこやつに与えた」


<_プー゚)フ「おおっ、すごいですぜ!どんな能力なんでさぁ!?」


646 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:15:49 VFN9S8MkO
( ^ω^)「おっ、えっと。ビューっとして、シュワーとして、ガーッってしてドンだお」


<_;プー゚)フ「……あ、兄貴、説明を」


(・(エ)・)「いや、合っているぞ」


<_;プー゚)フ「合ってるんですかい!?あっし、もうだめだぁ……」


(・(エ)・)「そういえば、創作の神と偉い神が見えないが……逢引か?」


o川*゚ー゚)o「睦まじく、乳繰り合ってるよー!」


(=゚ω゚)「甘すぎだよぅ!」


( "ゞ)「犬神、デバガメにいこうか」


647 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:17:12 VFN9S8MkO
<_プー゚)フ「ちょっと待ってくだせぇ。創作の旦那も、ガナー大将も密談中」


<_プー゚)フ「キモカップルはほっときやしょ。それよりもオペレーションの説明だ」


( ^ω^)「おっ。なにか作戦かお」


<_プー゚)フ「そうですぜ、ブーンの兄ちゃん。オペレーションロクデナシでさぁ」


( ^ω^)(とてつもなく不安な作戦名だお)


<_プー゚)フ「ま、そろそろ使い魔も戻ってくるはず。あっし達の紹介と作戦の概要だけでも説明しましょうかねぇ」


(* ^ω^)「おんっ!」


648 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:17:56 VFN9S8MkO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


ピューン<_プー゚)フ


ツヨイノガ フタリ イル<_プー゚)フ


タタカッテイル?<_プー゚)フ


キロク スル<_プー゚)フ


ピー<_プー゚)フ


649 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:18:47 VFN9S8MkO

       __
   _-=≡//ミ>、
  < _\-|/ ―< )))
`∠∠z″  ∩ ノ /
(((ヽ(´゚ω゚`))ノ<>″
  ゙ー-ッ  / 彡
   ̄/ _⌒)
  (_/ し′ブルンブルン!



(´゚ω゚`)「ハッハハハァ!!どうした王よ!逃げてばかりで!」


650 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:18:47 qYjRnDZ20
来たか


651 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:19:23 xhw.0H.20
きてた


652 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:20:01 VFN9S8MkO
('A` )≡スッ


≡( 'A`)スッ


(´゚ω゚`)「俺のエクスカリバーによる斬撃がそんなに怖いか!?ハッハハハァ!!」


('A`)「……」


(´゚ω゚`)「どうだ、どうした、その程度か!?王というものは、圧倒的ではないのかぁ!?」



ズサァッ( 'A`)≡




( 'A`)   (´゚ω゚` )


コォォオオオ....


653 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:20:47 VFN9S8MkO
(-A-)「……まだですか?」


(´゚ω゚`)「あぁ!?」


('A`)「早く本気で来てください。時間がないので」


(´・ω・`)「……」


(´-ω-`)


ムクムク


(´・ω・`)「エクスカリバー、フルボッキ」


654 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:21:24 VFN9S8MkO

    /~ヽ
    ( 人)
    | |
    | |
    | |
   \ノ ノ/
  〜(_)_)〜


ジャキーン!!


( 'A`)「……それは」


(´・ω・`)⊃/スリスリ「13インチだ」


655 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:22:21 VFN9S8MkO
( 'A`)「……」


(´・ω・`)「覚えているぞ、ティンダロスよ。貴様が俺を冥界から救おうとしたとき」


(´・ω・`)「決して開かれることのない、深淵から救おうとしたとき」


('A`)「……」


(´・ω・`)「分離していた俺のエクスカリバーをこすって、フルボッキさせたことをな!」


('A`)「……」


(´^ω^`)「あの時確かに見た……空間をも切り裂く一閃……クククッ……仇になったな?」


656 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:23:04 VFN9S8MkO
('A`)「何がです?」


(´・ω・`)「もはやこの状態の俺に斬れぬものなどないということ!」



スリスリ\⊂(・ω・` )≡ダッ



(´^ω^`)「死ぬがいい、ティンダロスゥウウウ!!」


657 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:23:55 VFN9S8MkO


   \
( 'A`)v\ピタッ


(´゚ω゚`)「なっ……!?」


( 'A`)v「やっと、勃ちましたか」


(;´・ω・`)(人差し指と中指で……止めただと!?動かん!まるで二指真空把……!)


( 'A`)v「ユートピアの鍵は勃起していないと開かない……かといって、いちいちこするのも面倒た」


(;´・ω・`)「き、貴様……まさか、開錠のために……!?」


658 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:24:49 VFN9S8MkO
( 'A`)v「そうですよ。まぁ、それだけではありませんがね」


(;´・ω・`)「なんという……!そうか、四天王である俺を痛めつけるのではなく」


(;´-ω-`)「目的を達成させるために無血で戦闘を終わらせるとは……!」


(;´・ω・`)「す、すまなかった王!俺が間違っていた!」


( 'A`)v「わかればいいんですよ、わかれば」


659 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:25:37 VFN9S8MkO
(;´^ω^`)「あ、ああ!さぁ、指を離してくれ!すぐに扉を開けに……」


   \
( 'A`)v:\:グググッ


(;´・ω・`)「……お、おい、ティンダロス?」


( 'A`)v「ただね……どうやらネズミが一匹、入り込んでいるらしく」


(;´・ω・`)「なんだと、わ、わかった!すぐに俺が始末しに──」


( 'A`)v「いえ、その必要はありませんよ」


(;´・ω・`)「えっ……」


660 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:26:25 VFN9S8MkO


    /
( 'A`)v\ボキッ!!!


(´・ω・`)「あ──」


(´ ω `)「あああああああああ!!!」


( 'A`)φキュッキュッ「あまり私を怒らせないでください、ショボン。罰として反省の意を書いておきます、油性で『すみません』とね」


(´ ω `)「あ、ああ……!!ああ!!」


661 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:27:56 VFN9S8MkO
('A`)「王は常に進化しているのです。例えば」


('A`)⊃/スッ


('A`)ヒュワーン‖⊃/‖「五体の一つを、別の空間に移すこともできます」



―――


ユートピア




‖⊃/‖ガチャ


―――


('A`)⊃/ヒュワーン「ふぅ、開錠完了。まだあと20分はありますね」


(´ ω `)「か、返してくれ……!俺の、俺のぉおお!!」


662 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:29:07 VFN9S8MkO
('A`)/「ん、ああ。これですか。うん、長さといい、先細りといい、悪くない」


(´ ω `)「か、返して──」



('∀`)「いいチンコだ、少し借りるぞ」



キロク シタ<_プー゚)フ


トンデモナイ ヤツ<_プー゚)フ


ハヤク キカン──<_プー゚)フ



\⊂('A` )「そこか、ネズミめ」


663 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:30:03 VFN9S8MkO


('A` )



 〃ヒュン
⊂('A` )



シュゥゥゴォォオオオオ!!

━━━━━━━━
―――――――――
(二すみません二{巛三>
―――――――――
━━━━━━━━


664 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:31:03 VFN9S8MkO



‖   ↑  ‖
‖<_プ:|:)フ‖
‖   |  ‖
‖   す  ‖
‖   み ブシャア!!
‖   ま  ‖
‖   せ  ‖
‖   ん  ‖
‖   |  ‖


シュゥゥゴォォオオオオ!!


665 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:31:53 VFN9S8MkO
〜〜〜

天界

犬神の家


<_プー゚)フ「……という感じでさぁ」


( ^ω^)「な、なるほどお。じゃあ使い魔が戻ってきたらさっそくってところかお」


o川*゚ー゚)o「ぜひもなし!そうだよ!」


(=゚ω゚)「それまでなにしよぅかよぅ?」


( "ゞ)「ときめも2しようぜ!」


<_プー゚)フ「そうっすな!犬神の兄貴!プレステ借りやす!」


666 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:32:35 VFN9S8MkO
ワイワイ ガヤガヤ


(^ω^ )「おっ……じゃあ僕もメイちゃんを攻略──」


(・(エ)・)「ブーンよ」


( ^ω^)「おん、なんですかお?」


⊂(・(エ)・ )「お主にこれを渡しておく」


( ^ω^)⊃「これは……」


667 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:33:28 VFN9S8MkO
(・(エ)・)「聞けば、ティンダロスとやらは厄介な能力を持っているそうだが」


(・(エ)・)「現世より伝わりし、雫の加護を纏ったこの武器があれば……」


( ^ω^)「い、いいのかお、大事そうだお?」


(・(エ)・)「かまわん。我々には無用の長物。お守りに持っていけ」


( ^ω^)「おっ、ありがとございますお!それで、これの名前は……?」


(・(エ)・)「うむ、それは──」....


668 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:34:03 VFN9S8MkO
..シュゥゥゴォォオオオオ!!



( ^ω^)「おっ?何か聞こえ――」


669 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:34:58 VFN9S8MkO


    ↑
 (・(エ|):::
 <_プ:|:)フ
‖   |  ‖
‖   す  ‖
‖   み ブシャア!!
‖   ま  ‖
‖   せ  ‖
‖   ん  ‖
‖   |  ‖
   \/ 
  ドンッ!


( ^ω^)「お……」


( ゚ω゚)「お師さぁああんっ!!」



続くかな


670 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:52:16 DAEw8KHU0
すみません


671 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 12:56:24 9DpG5N0g0
お師さあああああん!!!
ダメだすみませんで笑う


672 : 名も無きAAのようです :2014/09/29(月) 18:09:29 s6zFxFF.O
ω・)乙。作者にハッピーエンドで終わらせる気はあるのだろうか・・・


673 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:31:44 7mQ4JMD2O
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「お次はアイテムだ!」

川 ゚ -゚)「アイテム……それは、物によっては有利にも不利にも、また何の意味もなさない」

川 ゚ -゚)「言ってみれば、もう一つのキャラクターといっても過言ではないだろう」

川 ゚ -゚)「様々な工夫を凝らしたアイテムが、世にあるゲームには存在している」

川 ゚ -゚)「それは、このリアルの世界でも通用していて」

川 ゚ -゚)「例えばファッション」

川 ゚ -゚)「カジュアルスタイルに不可欠なハットや、ストール」

川 ゚ -゚)「シザーバッグにピンキーリング」

川 ゚ -゚)「もっと突き詰めると眼鏡だって、アイテムとなりえるだろう」


674 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:33:00 7mQ4JMD2O
川 ゚ -゚)「トップスは定番の紺と白のボーター、あるいは紺の無地ハイネック」

川 ゚ -゚)「ここに、夏でも活躍したトレンドアイテム」

川 ゚ ー゚)「ミモレ丈ロングスカートをハイウエストでを履く」

川 ゚ -゚)「色は、白が定番だがここは……」

川 ゚ー゚)「そろそろ秋に近づいているから暖色の無地にしよう」

川 ゚ -゚)「靴はロングブーツでもいいが、ここはショートブーツで気軽さをアピールしてハズすか」

川 ゚ -゚)「エンジニアブーツでエッジをきかせて、攻めてみるのも面白いかもしれない」


675 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:33:40 7mQ4JMD2O
川 ゚ ー゚)「もし、トップスがシャツならチェックだな。少し派手めでもいい。これをインする」

川 ゚ -゚)「夏の感じを残したいなら、カーディガンを肩掛け」

川 ゚ -゚)「こうすることで、目線が上に行くからスタイルもよく見えるし」

川 ゚ー゚)「少し袖をまくれば、まだ暑さが残るこの季節にもぴったりだ」

川 ゚ -゚)「逆にトップスがシンプルで控えめなら、スカートの二枚目はカモ柄を使うのも面白いな」


676 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:34:08 7mQ4JMD2O
川 ゚ -゚)「さて……」

川 ゚ -゚)「ここに加えるアイテム……うーん、悩む……」

川 ゚ -゚)「ハットを被るのも面白いが、ちょっと型にはまりすぎるし……」

川 ゚ -゚)「かといって、キャップじゃ靴とのバランスが取りづらい」

川 ゚ -゚)「……そうか!」

川 ゚ー゚)「ニットだ!」


677 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:36:05 7mQ4JMD2O
〜〜〜

天界

天界議事堂


(神^ω^)「行ってしまったな、皆」


( ‘∀‘)「はい」


(神^ω^)「ガナーは行かないのか、気になるだろうに」


( ‘∀‘)「犬神に任せておけば大丈夫でしょう。それより」


( ‘∀‘)「創作の神、あなたにお願いがあるように私もお願いがあります」


(神^ω^)「……」


( ‘∀‘)「あなたの願いは、天牙の強制起動条件、アカシックレコードの持ち出し」


(神^ω^)「!」


( ‘∀‘)「図星のようですね」


(神-ω-)「……ああ」


678 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:36:56 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「最後の神技を……使ったのでしょう」


(神^ω^)「……」


( ‘∀‘)「あなたには三つの神技がある。一つ目は話を纏める能力『マトメール』」


( ‘∀‘)「二つ目は、己の肉体を変化させる『伸縮自在』」


( ‘∀‘)「そして、三つ目は私しか知らない秘技──」


( ‘∀‘)「『セレスチャルビーイング』」


(神^ω^)「……」


679 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:37:40 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「人間と創作の契約を結ぶことで使用できる、現世の劇中劇化」


( ‘∀‘)「使えばその存在を創作物に封印され、復活することが困難な諸刃の剣」


( ‘∀‘)「今回、復活させた人間と契約を結び……使いましたか」


(神-ω-)「……」


680 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:38:21 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「でなければ、おかしいことだらけです。たった一人の人間に、国はおろか神すら敗れる」


( ‘∀‘)「現実ではない、ありえない。夢か幻としか考えられない」


( ‘∀‘)「お願いです。こんな話はもう終わりにしてください、創作の神」


( ‘∀‘)「天牙をあなたの勝手な物語に使うなどバカなことはせず、元に戻して──」


(神^ω^)「勘違いするな」


( ‘∀‘)「えっ……」


681 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:39:16 7mQ4JMD2O
(神^ω^)「私はセレスチャルビーイングを使っていない」


(神^ω^)「今、起こっていることはリアルだ。現実だ」


(神^ω^)「ティンダロスが暴れているのも、お前達がときめも2に熱中しているのも」


(神-ω-)「クーが……ゲームを作っているのも」


(神^ω^)「それぞれの意思だ。私の力ではない……!」


( ‘∀‘)「何をそんなに怒っているのです。あなたらしくもない」


682 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:40:19 7mQ4JMD2O
(神^ω^)「私を復活させたあの娘はな、クーはな……!」


(神゚ω゚)「自分の力で創作しようとしているのだ!私の能力を使ってではない!」


(神^ω^)「勝手な推測で、その決意を踏みにじるな!」


( ‘∀‘)「……」


(神-ω-)「だから……だから必要なのだ。あいつが、ちゃんとゲームを作って売れるように」


(神-ω-)「世界を平和にして……創作物を蔑ろにされないように」


(神^ω^)「天牙を使って、ティンダロスを倒す必要があるのだ」


( ‘∀‘)「……創作の神……」


683 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:41:10 7mQ4JMD2O
(神^ω^)「私は確かに、今までたくさんのクリエイター達と苦楽を共にした」


(神^ω^)「その度に、未完の作品を見てきた。その度に、天上の遊び、劇中劇としてオチをつけてきた」


(神-ω-)「だが、今回は違う」


(神^ω^)「あの娘は本気だ。必ずやり遂げてくれる。それを我々の戯れにすることは」


(神^ω^)「創作の神である私が断じて許さん」


( ‘∀‘)「……」


(神^ω^)「頼む、ガナー。アカシックレコードを……!」


684 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:42:10 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「……事情はわかりました。敵いませんね、あなたには」


(神^ω^)「が、ガナー」


( ‘∀‘)「アカシックレコードを神が使い、天牙を強制的に起動させる意味……承知しているのでしょうね」


(神^ω^)「ああ」


( ‘∀‘)「そこまで決意していると」


(神^ω^)「ああ」


( ‘∀‘)「あなた、ぶっちゃけ惚れてるんですか?」


(神;^ω^)「ああ……あああああ!?」


685 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:42:49 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「その娘……クーでしたか。好きなんですか」


(神;゚ω゚)「ば、馬鹿者!私は神だぞ!人間の娘などにうつつを抜かすか!創作物でもあるまいし……!」


( ‘∀‘)「きんもー」


(神∩ω∩)


686 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:43:42 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)⊃(ア)「フフッ、どうぞ」


(神∩ω゚)「えっ……」


( ‘∀‘)「あなたの決意はわかりました。偉い神であるガナーが全ての責任を負います」


(神^ω^)「が、ガナー……」


( ‘∀‘)「森羅万象を司る、知恵の天牙。あなたに行く末を委ねましょう」


(神^ω^)「い、いいのか」


( ‘∀‘)「あなたが創作物に宿るサムシングなら」


( ‘∀‘)「私は偉いことの象徴。私の決定はすべて偉い。偉いから間違いない」


( ‘∀‘)「行きなさい。これが天界の決定です」


687 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:44:30 7mQ4JMD2O
(神^ω^)⊃(ア)「……ありがとう」


タッタッタ≡(神^ω^)


( ‘∀‘)「……キモオタ、あなたは」


( ‘∀‘)「神としての存在をかけてまで、創作人を守るのですか……」


688 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:45:21 7mQ4JMD2O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

城門


(゚A゚*;)「はぁはぁ……よっしゃ、なんとか逃げ切ったで!」


( ^^ω)「あ、のーちゃん!」


(゚A゚* )「おっ、マルちゃん!あー、まともな人間やぁ!」


( ^^ω)「どうしたの、そんなに息を切らして」


(゚A゚* )「ショボンに襲われとったんや」


( ^^ω)「えっ!?あ、ああ……あの先生なら消しても消えないだろうな」


689 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:46:13 7mQ4JMD2O
(゚A゚* )「なんとか逃げきれて良かったわ」


( ^^ω)「そっか。あ、俺の隣にいたおっさん知らない?」


(゚A゚* )「おっさん?ああ、なんかグラウンドの真ん中で倒れとったけど」


(゚A゚* )「存在感なかったから無視してきたわ」


( ^^ω)「そう。意外だな、あの人なら消したら消えたままと思ったけど……」


(゚A゚* )「それよりマルちゃん。ここは危険っぽいで。またいつ襲われるか、わからん」


(゚A゚* )「あんたも逃げたら?」

( ^^ω)「いや、俺はバイト中だから」


690 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:47:00 7mQ4JMD2O
(゚A゚* )「マジメやなぁ……じゃあウチは行くわ」


( ^^ω)「うん、気をつけてね。なんか街中も殺気立ってるみたいだし」


(゚A゚* )「おう、暴徒がおるからな……山にでも逃げるか」


(; ^^ω)「な、なんで山?」


(゚A゚* )「暴徒は欲求のままにうごいとる。山に欲求のある人間なんて、そうおらんやろ」


( ^^ω)「妙な説得力があるから反論できない」


691 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:47:35 7mQ4JMD2O
(゚A゚* )≡「じゃあなマルちゃん!バイバイ!」


( ^^ω)「あ、ああ」


( ^^ω)「……大丈夫かな、のーちゃん」


692 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:48:30 7mQ4JMD2O
〜〜〜

天界

犬神の家


( ゚ω゚)「お師さぁああああああん!!」


(・(エ)・)「ブーン……」


( ^ω^)「し、しっかりするんだお!今、テーピングを……」


(‐(エ)‐)「いい……我は、しばらく眠りにつくだけだ……」


(; ^ω^)「お師さん……くそっ!このチンコは父さんのだお!ぶっ殺してやるお!」


693 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:49:19 7mQ4JMD2O
(‐(エ)‐)「やめ……ろ」


(; ^ω^)「おっ……!?」


(‐(エ)‐)「お前に……託した、神技を……思い出せ……」


( ^ω^)「おっ……」


( ‐ω‐)シュワー


( ^ω^)「ごめんなさいですお。逸りを敵に攻められてはいけないお」


(‐(エ)‐)「そうだ……ブーン……」


( ^ω^)「お、お師さんっ!」


(‐(エ)‐)「強く……なったな……」


(‐(エ)‐)


( ;ω;)「お、お師さぁああん!!」


694 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:49:59 7mQ4JMD2O
<_プ―゚)フ「……うう、ちくしょう」


(=゚ω゚)「いよぅ……」


o川*゚―゚)o「暗闇……」


( "ゞ)「こんな、ところで……」


( ∩ω∩)「うっ、うう!なんで……なんでこんなひどいことを……!」


695 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:50:51 7mQ4JMD2O
<_プ―゚)フ「くそっ!こんな!!」


(='ω`)「いよぅ……こんなところで……辛いよぅ」


o川*゚ぺ)o「ありえん、おこだよ」


( "ゞ)「これは文句を言いに行かないといけないな」


(  ω )「……」


696 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:51:29 7mQ4JMD2O


        /~`ヽ
        ( 人)
        |す|
        |み|
        |ま|
        |せ|
(  ω )⊃|ん|

 ズボッ!


697 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:52:05 7mQ4JMD2O
( "ゞ)「ブーン?」


\⊂( ω  )「皆さん、ちょっと失礼するお」


( "ゞ)「チンコを持ってどこにいくんだい?」


ガララッ


698 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:52:48 7mQ4JMD2O
〜〜〜

天界

犬神の家




\⊂( ω  )「……」



 \
 ∩
( ω  )



 〃
⊂( ω  )
ブンッ!


699 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:53:47 7mQ4JMD2O
(; "ゞ)「なっ!?天界から下界に投げただと!?なんという力だ……」


(  ω )「宣戦布告返しだお。なにがすみませんだお。これだけの仕打ちじゃ済まない?



( ‐ω‐)「ふざけるなお……僕の大事な……!!」


<_プー゚)フ「確かに大事なものを奪われた気持ちはわかりやす……こりゃ、やるしかないっすな、オペレーション」


(=゚ω゚)「ロクデナシだよぅ!」


( "ゞ)「きっかけにはちょうどいい。俺も腹が立っていたところだ」


700 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:54:38 7mQ4JMD2O
o川*゚д゚)o「ここが鍔際だ!我ら八統神は誇りある牙を携え己に傅くを望んだ神!


その己が曲学阿世に堕した連中であったとしても、


そんな己であればこそ、我々は一層に牙を磨く必要があった!


だが、この牙を抜こうとする程愚かな己であれば話は別!


我々は全霊をもって自らの誇りを守らねばならぬ!


たとえ己の手足を食いちぎる事になろうともだ!」


701 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:55:20 7mQ4JMD2O
( ^ω^)「みんな……そうだお、弔いだお。でも、間違っちゃいけないお。殴りにいくだけ、だお」


( ^ω^)「相手がどれほど憎くても、殺してしまっては連鎖は止まらない」


( ^ω^)「殺すんじゃないお。こらしめるんだお。天界と、クズの国との」


( `ω´)「一世一代の大喧嘩だお!!」


<_プー゚)フo川*゚ー゚)o

「おー!!」

( "ゞ)(=゚ω゚)


702 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:56:11 7mQ4JMD2O
( ^ω^)(お師さんと……ツンデレのため、そしてみんなの思いを背負った、自分のために!)


<_プー゚)フo川*゚ー゚)o

(告白イベント中にデータが消えた報いは受けてもらう!!)

( "ゞ)(=゚ω゚)



続くかな


703 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 06:58:46 z8XwDVeY0
今さらだけど神連中も相当アレだな


704 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 07:11:33 GNexKLIc0
いつ終わるんだこの話は


705 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 07:19:30 HoBEmC3g0



706 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 07:50:18 omilK93Q0
わろたデータの恨みかよw


707 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 10:28:35 sFnDe64o0
あれ、犬神死んじゃったなら
ブーンはツンデレを誰に生き返してもらうつもりなんだ


708 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 12:00:59 Rhik4pJw0
しかし微塵の冗長さも感じさせないな

そして相変わらずテーピングが手術と同じくらいの意味を持ってるな


709 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:19:21 7mQ4JMD2O
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「できた!」


川*゚ -゚)「いっぱいアイテムができた!」


川 ゚ -゚)「主に装備品が多くなってしまったが」


川 ゚ -゚)「あるにこしたことはない。まぁいいだろう、ディスガイアや、フリーでも市販並あるいは、それ以上の道具についてこだわった、らんだむダンジョン並のアイテム数だ」


川 ゚ー゚)「よしっ、次は移動速度を設定するぞ!」


710 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:20:10 7mQ4JMD2O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

特別観客室


(#゚;;-゚)「なんだい!?あのえげつない映像は!?」


(゚、゚トソン「我らが四天王が一人、モララー・トーチャーンです」


(‘_L’)「顔だけなら王を余裕で越えるほどに強い」


(#゚;;-゚)「いや、まぁ美形なのはわかるけどさ」


(#゚;;-゚)「なんで全裸で踊ってるんだい?」


711 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:21:00 7mQ4JMD2O
(゚、゚トソン「景品の準備を整えるため、自室を盗撮しているのですが、どうやらナイターを見ながらビールを飲んでいたら」


(゚、゚トソン「打者がホームランを打って、酔った勢いで踊りだしたのかと」


(#゚;;-゚)「まるで道頓堀にでも飛び込みそうな勢いの熱狂ファンだね……」


(‘_L’)「なんでや!阪神関係ないやろ!」


(゚、゚#トソン「え?」


(#゚;;-゚)「は?」


(‘_L’)「……失礼」


712 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:21:50 7mQ4JMD2O
(#゚;;-゚)「全く……で、なかなか聞きそびれてたけど、これ何の大会?」


(゚、゚トソン「カラオケです」


(#゚;;-゚)「あー……もう驚かないわ、さすがに」


(‘_L’)「フン、それはどうかな」


(#゚;;-゚)「なに……?」


(‘_L’)「このカラオケ大会……先ほど王からも説明のあったとおり」


(‘_L’)「賭博を催している」


(#゚;;-゚)「ああ、そうだったね。っていっても、ここって元々学校だろ?」


(#゚;;-゚)「兵は所詮、学生のガキ共、金なんて集まるのかね」


713 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:22:52 7mQ4JMD2O
(‘_L’)「今回のカラオケ賭博では、現物取引と、信用取引を採用している」


(#゚;;-゚)「……はぁ?それって、あれだろ。株とかFXのやつだろ」


(‘_L’)「そうだ。現物取引は文字通り、手持ちの金をかけての勝負」


(‘_L’)「もう一つの信用取引は、賭ける人間の信用度に応じてこちらから金を差し出す」


(#゚;;-゚)「……ちょっと待ちな、信用度?ここらにいる人間に対して最も不適切な言葉が聞こえたが……」


(‘_L’)「もちろん、通常の信用──例えば、内申や学力というわけではない」


(#゚;;-゚)「じゃあ──」


('A` )スゥ「クズ力ですよ」


714 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:23:44 7mQ4JMD2O
(‘_L’)「王!」(゚、゚トソン


(#゚;;-゚)(ちっ……こいつら相手なら、もう少し会話して油断させればと思ったのに)


('A`)「お待たせしました、二人とも。ユートピアの鍵は開けましたので、後は軍師斉藤が主役達をこちらに連れてきますよ」


(゚、゚トソン「はっ!あの、ショボンは……?」


('A`)「さぁ?フラフラと亡骸でも探しているのではないでしょうか」


(゚、゚;トソン「は、はぁ」


(#゚;;-゚)「……なぁ、ドクオ。クズ力ってなんだい?」


('A`)「この学校独自の採点方式のようです。詳しくは……フィレンクト」


(‘_L’)「はい」


715 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:24:38 7mQ4JMD2O
(‘_L’)「その人間の持ちうるクズさを、数値化したものだ。先ほどの信用取引には、この数値を当てはめて金を貸す」


(#゚;;-゚)「……矛盾してないかい?普通、信用できる人間にこそ、たくさん金を貸すんだろう。クズに貸したら返ってこないんじゃないかい」


('A`)「そう、本来ならね」


(#゚;;-゚)「?」


('A`)「クズ力が高い人間は、その分、能力を持っている。そして、間違いなく金を借りる。限度額一杯まで」


(#゚;;-゚)「だから返済の見込みは──」


('∀`)「クズって、借金を背負うとね、やるんですよ。なんでも」


(#゚;;-゚)「あ……」


716 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:26:29 7mQ4JMD2O
('A`)「チャラにするかわりに、報酬と難易度の高いミッションを与える」


('A`)「成功すれば本人の借金はチャラ、さらにミッション成功により、クズの国の有益も確保できる」


('A`)「失敗すれば死、そして断っても僕が殺す。出来の悪い兵を粛正する名目なら、反感も買わない」


(;#゚;;-゚)「……」


(-A-)「もちろん、それでもこちらが損をするリスクがある。その時は、一族路頭に迷わせるまで追い込めばいい」


(;#゚;;-゚)「……」


('A`)「つまり。金を借りて、返せなければ一家もろとも死ぬ。ただそれだけのことなんですよ」


(;#゚;;-゚)「あんた、人をなんだと思って……」


('A`)「ペットです。家畜と変わらない」


717 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:27:47 7mQ4JMD2O
(#゚;;-゚)(……圧倒的暴力による、有無を言わさぬ絶対回収)


(#゚;;-゚)(ほんと……たち悪っ……)


('A`)「とはいえ……一人だけは違いますがね」


(#゚;;-゚)「ん……?」


('∀`)「僕の愛するあの人だけは……彼女だけは、対等……ふふ」


(#゚;;-゚)「なんだい、全部奪うんじゃないのかい」


718 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:29:04 7mQ4JMD2O
('A`)「いやだなぁ、ゲス子さん。そんなことしませんよ」


('A`)「彼女は……クーさんは、ガラス細工のように繊細で美しい」


(-A-)「ちょっとでも触れてしまえば、コナゴナに砕けてしまう」


('A`)「もっと、頭を使って自然と永遠の愛を誓うんです。その後ペットにします」


(;#゚;;-゚)「よ、よくわかんないけど……具体的には?」


('A`)「そうですねぇ……例えば」


('∀`)「この大会の本当の目的、とかね」


719 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:30:16 7mQ4JMD2O
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオまでの通路


(・∀ ・)「おらー、きびきびーあるけー」


「「「はーい」」」


(・∀ ・)「ったくー、めんどくせーなー。まぁー引率はーなれてるからーいいけどー」


J( =ー=)し「うふふ、なんだか遠足みたいで楽しいわね」


从 ゚∀从「そうかぁ?ま、あたしは歌えりゃなんでもいいけどさっ」


川  々 )「……」


从 ゚∀从「おい、どうしたクルウ。腹でも痛いのか?」


川;゚ 々゚)「え、う、ううん!だ、大丈夫」


720 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:31:04 7mQ4JMD2O
从 ゚∀从「……もしかして、お前の好きな男って」


J( =ー=)し「トーチャーンだったりするの!?わお、シンデレラ!」


川*//々/)カァァァァ「……」


从 ゚∀从「うわ、顔、真赤じゃねぇか!」


J( =ー=)し「きっと優勝したときのことを奥ゆかしく考えているのよ。うぶだもんね、クルゥちゃん」


721 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:31:37 7mQ4JMD2O
川*//々/)(モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚モララー君と結婚)


川 ゚ 々゚)「ハッ、い、いや!そんな私……」


722 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:32:57 7mQ4JMD2O
J( =ー=)し「もう、見えなくても伝わってくるんだぞ☆」


J( =ー=)し「でもそんなにいい男なのね!見てみたいわ、トーチャーンって人。見えないけど」


J( =ー=)し「えっと、クルゥちゃんの下の学年だから……あら、もしかしたら、私の旦那と同学年じゃないかしら!」


川 ゚ 々゚)「えっ、ナナさんの旦那さん、この学校に……?」


从;゚∀从「マジかよウンコマンここにいんのかよ」


J( =ー=)し「そうよ。こりゃ、後で聞いてみる必要があるわね。どこにいるか知らないけど」


(・∀ ・)「こらー、一番後ろのそこー!だらだらあるくなー」


723 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:34:27 7mQ4JMD2O
从 ゚∀从「へいへい。にしても、変わった褒賞だよな。そりゃイケメンなのは認めるが」


从 ゚∀从「にしたって、婚姻契約って」


川*゚ 々゚)ハァハァ(モララー君モララー君モララー君)


J( =ー=)し「きっとお嫁さん探しているのよ。私みたいな完璧な女性をね!」


从゚∀ 从「なぁ大丈夫か、クルゥ」


J( =ー=)し「ごめんね、カーチャンのこと無視しないでごめんね」


川*//々/)ハァハァハァハァ「う、うん……平気……」


从;゚∀从「息が荒いぞ、おい。もしかしてマジモンの風邪か?」


J( =ー=)し「大変ね、恋の病。妄想が止まらないのよ、きっと」


(・∀ ・)「おーいー、だからー、だらだら歩くなってー」


724 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:35:18 7mQ4JMD2O
从 ゚∀从「恋の病ってそんな……そんなにトーチャーンにあこがれてるのか?」


川*- 々-)「……うんっ……」


从 -∀从「……ハッ、くだらね。ま、気持ちはわかるけどよ」


川 - 々-)シュン..


J( =ー=)し「ちょっと、ハインちゃんそんな言い方──」


从 ゚∀从∩「先生!」


J( =ー=)し(ハインちゃん?)


(・∀ ・)「なんだー」


从 ゚∀从σ「クルゥちゃんがお腹痛いらしいんでトイレいいすか?うんこみたいっす」


川 ゚ 々゚)「えっ……?」


725 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:36:12 7mQ4JMD2O
J( =ー=)し(ははぁ、なるほど)


(・∀ ・)「はぁ?我慢しろー」


J( =ー=)し「せんせいー!私も産気づいちゃった!出してきていい?」


(・∀ ・#)「だーかーらー!やーめーろーよー!そういうのはー!!」


J( =ー=)し「あら、あららら?いいのかしら?ねぇ、いいの?私、御社の社長の母ですけど」


(・∀ ・;)「うっ……またこのパターンかー」


J( =ー=)し「いいの?ねぇ、いいの?あなた死ぬわよ?」


(・∀ ・)「……すぐもどれよー」


J( =ー=)し「やったっ!」从 ^∀从


726 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:38:12 7mQ4JMD2O
川 ゚ 々゚)「ふ、二人とも……」


从 ゚∀从「勘違いすんなよ。優勝はあたしが貰うけど、婚姻なんて願い下げなだけだ」


从 -∀从「言っただろ、気持ちは分かるって。……もしこれが、あたしが惚れてるあの人だったら、こんなことしないぜ」



J( =ー=)し「ヒューヒュー、さすがハインちゃん、無駄なツンデレする私カッコいい!さぁ、クルゥちゃん、さっそく探しにいきましょ!」


从#゚∀从「うっせぇ!とっとと失せろ!」


川 ゚ 々゚)「で、でも……」


从 ゚∀从「あたしはさっさと歌いたいだけ。正直お前らがいると邪魔なんだよ」


从 ^∀从「だから気にすんな。お前は大会が始まる前に、自分の好きな男んとこ行ってこいよ」


727 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:39:23 7mQ4JMD2O
J( =ー=)し「カーチャンもイケメンの匂いを嗅ぎにいくわ!」


川*゚ 々゚)「あ、ありがとう……ホント言うとね、すごく彼に会いたかったの」


从 ゚∀从「おおおっ!で、会ったらどうすんだよ?抱きつくのかぁ?」


川*- 々-)「う、うん……できるなら……」


J( =ー=)し「できるならぁ?」


川*゚ 々゚)「会って見つめ合って抱きしめあって×××して△△△△するの」


川*^ 々^)「そのあとに●●●をしてそこから□□□をしたあとに──」


从; Д从「……」


J(;=ー=)し「クルゥちゃん、カーチャンそれはさすがにどうかと思う。スカトロまでは、良かったんだけど……」


川 ゚ 々゚)ハッ


≡川*∩々∩)「私ったら、恥ずかしいっ!」


≡J( =ー=)し「あ、待ってよド変態痴女!」


从;゚Д从(ホントに行かせて良いのかな、こいつら……)


728 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:41:24 7mQ4JMD2O
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「よし、移動速度は10段階に設定したぞ」

川 ゚ ー゚)「これで、ゆっくり歩きたいときと走りたいときのメリハリがついた」

川 ゚ -゚)「壁にひっかかったり、長いダンジョンの探索とかも面倒だから意外とストレスたまるもんな」

川 ゚ー゚)「これだけフレンドリーな設定なら文句はあるまい」


729 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:42:27 7mQ4JMD2O
川 ゚ -゚)「さて……少々急ぎ足になってしまったが、仕方があるまい」

川 ゚ -゚)「なんといっても、次の工程が最も難儀と言っても過言ではないからな」

川 ゚ -゚)「できるなら早く作って創作の神に見せたい。本腰を入れるか……そう」

川;゚ -゚)「バランス調整……これは技術的にかなり難しい要素だ」

川 ゚ -゚)「今までと比べて、時間がかかるが……あと少し、あと少しでゲームができるんだ」


川 ゚ー゚)「がんばるぞ!!」


730 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:43:37 7mQ4JMD2O
〜〜〜

天界

天界議事堂


(’∀’ )(創作の神……)


<_プー゚)フ「大将!」


( ‘∀‘)「おや、皆さん。それに……」


( ^ω^)「おっ!ブーンだお!」


( ‘∀‘)「ええ。話は創作の神から聞いております。私は偉い神、ガナーと申します」


( ^ω^)「よろしくだお!」


( ‘∀‘)「はい。ブーン君は、犬神に鍛えてもらっているそうで。どうですか?」


( ^ω^)「……」


731 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:44:38 7mQ4JMD2O
( ‘∀‘)「……どうかされましたか?」


<_プー゚)フ「ガナーの大将、実は……犬神の兄貴がやられやした」


(; ‘∀‘)「なっ……!敵は彼の肉体を破壊するほどの武器を用いていると!?いったい、それは──」


(=゚ω゚)「チンコだよぅ」


(; ‘∀‘)「チンコ!?」


o川*゚ー゚)o「刹那、家の床から飛び出てきたチンコが犬神を貫いたの」


( ^ω^)「あれは僕の父さんの……ティンダロスの部下のチンコだったお」


( "ゞ)「おかげで琴子のエンディングが見られなかったので、今から抗議に行ってきます」


732 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:45:46 7mQ4JMD2O
(; ‘∀‘)「……そうですか……それは……よもや天界にも影響を及ぼすほどとは……」


( ^ω^)「おっ!悲しい顔しちゃダメだお!」


( ‘∀‘)「はい?」


( ‐ω‐)「お師さんが死んじゃったすぐは、僕も辛かったお。悲しかったお」


( ^ω^)「でも、もう大丈夫になったんだお。お師さんの神技を使って」


(; ‘∀‘)「まさか、あなた犬神の神技を授かって……!?」


(* ^ω^)「おん!」


733 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:46:43 7mQ4JMD2O
(; ‘∀‘)(信じられない……犬神の神技は尋常ならざる強い心を持っていなければ扱えない特殊な力)


( ‘∀‘)(それを極短時間で、人間が……いや、それだけこの子が優秀という……違う、優秀どころではなく)


( ‘∀‘)(規格外の心の持ち主……)


(; ^ω^)「ど、どうしたんですかお?」


( ‘∀‘)「い、いえ。失礼しました。神技の一部を使ったのですね」


( ^ω^)「おっ。そうだお。荒れていた心が安らいでいくのを感じたお」


( ‘∀‘)「……」


734 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:47:39 7mQ4JMD2O
( ^ω^)「今は、憎しみや悲しみよりも、前向きな気持ちなんだお。だから悲しい顔しちゃダメだお!」


( ‘∀‘)「ブーン君……ということは、あなたが今、思うことは」


( ^ω^)「ティンダロスをこらしめて、世界を平和にすることだお!」


(* ‘∀‘)(なんと心強い……!犬神、あなたの教えは素晴らしいもののようですね!)


( ^ω^)「あと、死んでしまった彼女を生き返してもらうことだお!」


(* ‘∀‘)「ええ、世界を平和にし、死んでしまった彼女を生き──」


( ‘∀‘)「えっ、生き返す?死んだ人間を?」


735 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:49:33 7mQ4JMD2O
( ^ω^)「お師さんが言ってたお!神の力をもってすれば容易いって!」


(* ^ω^)「それだけでも僕が進む力になるってもんだお!」


<_プー゚)フ(は?)


o川*゚ー゚)o(パドゥン?)


(=゚ω゚)(よぅ?)


(  ∀ )(な…………)


( ‘∀‘)(何を教えたぁ!犬神ィィイイ!!)



( "ゞ)(琴子ぉ……どてら着てビンタしてくれぇ……)

続くかな


736 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 13:52:13 7mQ4JMD2O
※業務連絡

もうすぐ終わる
具体的にはあと260レスくらい
なんとかする

※業務連絡終わり


737 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 14:03:20 oj5Ne5IE0
はよ終わらせてくれ


738 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 14:25:02 TNF.x30o0
それは全然終わらないというのでは
乙乙


739 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 14:35:44 EKqaazs60
wktkして待ってる


740 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 16:12:45 qTpRqcNg0
ギリギリこのスレで終わりそうにないな


741 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 17:03:31 taM8ZDcs0
ここから先俺以外のレスがなけりゃイケる


742 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 17:21:24 LJqT44pg0
マジかよレスしないようにするわ


743 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 17:23:25 mz0Sgp9w0
俺も黙っとくぜ


744 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 17:40:27 o8ZWbR3c0

完走してくれ!


745 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 18:24:56 gNBZG5720
じゃあ俺もだまっとくわ


746 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 19:41:38 Rhik4pJw0
いやカットすれば良いだけじゃね
俺らは好きなだけ雑談続ければ良いっしょ


747 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 20:31:11 b1Cm.Al60
カットされるのは困る


748 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 20:38:02 Si5zdhSUO
次スレ立てれば問題無い


749 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 21:12:08 taM8ZDcs0
雑談をカットしろよwww


750 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 21:34:14 GLZQJIYc0
楽しみ


751 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 21:44:27 GgJ7SYa.0
最終章とは書いてあるが、最終スレとは書いてない
つまり次もあると信じてる


752 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 21:45:39 y2l7GY3o0
いい加減終われ感はあるけどな


753 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 22:17:47 Rhik4pJw0
いや冗長な感じは全然しないので急いで畳む必要はない


754 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 22:24:05 gVATZAokC
もう今の時点で足りないだろ


755 : 名も無きAAのようです :2014/09/30(火) 23:11:16 uD6MXFP60
だいたい佐藤が悪いよな


756 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:52:16 XcBYTS/wO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「バランス……それは良いほうにも悪いほうにも転がるという究極の醍醐味」

川 ゚ -゚)「どれだけ他の要素が素晴らしくても」

川 ゚ -゚)「バランスが崩壊していては面白くない」

川 ゚ -゚)「……とはいってもだ」

川 ゚ -゚)「杓子定規にバランスが取れている、というのも正直つまらない」

川 ゚ -゚)「どうするべきか……」


757 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:53:05 XcBYTS/wO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

通路


J( =ー=)し「クンクン、クンクンニ」


川 ゚ 々゚)「ナナさん、何してるの……?」


J( =ー=)し「クルゥちゃんこそ、闇雲に動いてもイケメンにはたどり着けないわよ」


川 ゚ 々゚)「あっ……」


J( =ー=)し「行くあてもないんでしょ?だからこうやって匂いを探しているの」


川 ゚ 々゚)「匂い?」


J( =ー=)し「イケメンの持つ特殊な良い匂いよ。クンクン、クンクンニ」


川 ゚ 々゚)(わんこみたい……)


758 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:54:03 XcBYTS/wO
J( =ー=)し「……この匂いは!」


川 ゚ 々゚)「どこにいるのか、わかったんですか?」


J( =ー=)し「あっちよ!」


川 ゚ 々゚)「えっ、ちょっと待って──」


J( =ー=)し「この渇く暇のないリビドーの匂い……間違いないこれは」


759 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:54:53 XcBYTS/wO

⊂_ヽ、
  \\    
   \(´・ω・`)「おーい」
    > ⌒ヽ
   /   へ\
   /  / \\
   レ ノ  ヽ_つ
  / /
  / /|
 ( (ヽ
 | |、 \
 | / \ ⌒l
 | |  ) /
`ノ )  し"
(_/


760 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:55:55 XcBYTS/wO
川;゚ 々゚)「ショボン先生だ!!」


J( =ー=)し「なんだ、イケメンじゃないのね。カーチャンがっかり」


(´・ω・`)「なぁ、この辺りで先生のチンコ見なかったか?」


川 ゚ 々゚)「えっ、み、見てませんけど……」


(´・ω・`)「そうか……折れたチンコを探しているんだが、どこにもないな……」


J( =ー=)し「聞き込みなら人が多いところに行ったらいいじゃない」


(´^ω^`)「そうだな!ありがとう!!」


タッタッタ≡(´・ω・`)


川 ゚ 々゚)「なんだか素直でしたね。妙に内股だったし」


≡J( =ー=)し「きっとパイプカットして更生したのよ。さぁ、こっちよ!上の方から匂うわ!」


≡川 ゚ 々゚)「あ、待ってくださーいっ!」


761 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:56:51 XcBYTS/wO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

特別観客室


(#゚;;-゚)「……本当の、目的だって?」


('A`)「ええ、そうです。今まで説明したメリットは、せいぜい雀の涙」


('A`)「僕の、王の崇高たる目的は──」


('A`)「八百長です」


(#゚;;-゚)「はっ?」


(゚、゚トソン「王、どうやら軍師斉藤が到着した模様」


(゚、゚トソン「いかがなさいますか」


('A`)「では、開会式を。女体十三私兵団が隊長、ハインに音頭を取らせなさい」


(゚、゚トソン「はっ」


(#゚;;-゚)「おいおい、どういうことだい、八百長って……」


('A`)「簡単なことです。例えば……」


762 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 06:59:35 XcBYTS/wO
从 ゚∀从¶『選手宣誓!』


('A` )「今、代表して演説をしている彼女、あれが今回の優勝候補筆頭なのですが」


('A`)「彼女は優勝させません。別な子を優勝させます」


从 ゚∀从¶『我々、女体十三私兵団は!』


(#゚;;-゚)「なんだって?じゃあ、クーって子を優勝させるのかい?」


('A`)「残念ながら、クーさんはおそらく今、自宅にいます」


(#゚;;-゚)「わ、わけがわからん……誰を優勝させるんだよ!?」


从 ゚∀从¶『カラオケマンシップに則り、マナーを守って歌うことをここに誓います!』


('A`)「ランク、トゥエルブ。今大会で人気は最下位」


(#゚;;-゚)「十三のうちの、十二番目?それは──誰なんだい?」


763 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:00:30 XcBYTS/wO
从 ゚∀从¶『というわけで景気づけにあたしの歌を聞きやがれ、野郎ども!!』


('A`)「素直クーさんの妹……」


('∀`)「素直クルゥさんですよ」


从 ゚∀从¶『曲はモーニング娘で、ハッピーサマーウエディングだ!』


(#゚;;-゚)「妹?また、なんでそんな」


('A`)「簡単なことです。クルゥさんは素直家の人間、彼女が僕の父親であるモララー・トーチャーンと結婚したら……」


从 ゚∀从¶『ミュージックゥゥゥウウ──』


(;#゚;;-゚)「えっ!?トーチャーンってあんたの父ちゃんかい!?重婚!?」


('A`)「クーさんは叔母となり、より密接な関係になるでしょう?」


从 ^∀从¶『スタートォオオオ!!』


764 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:01:22 XcBYTS/wO
ジュワァアアアン♪


(#゚;;-゚)「あんた……奥手だね……」


('A`)「慎重なんですよ、こればかりは……彼女を思うたびに胸が締め付けられます」


('A`)「ですが……家族という括りなら、きっと大丈夫。行く行くは、叔姪婚だ」


(#゚;;-゚)「……」


('∀`)「そう、誰にも止められませんよ!世界を、天界を、愛すべき人を手に入れる僕を誰にもね!!」


シュゥゥゴォォオオオオ!!


从 ゚∀从¶『ガングローのねえちゃーん♪』


765 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:02:30 XcBYTS/wO

ドガァァアアアアン!!    /\
          / | \
   从 ゚∀从¶   ん
   /つ¥  つ   せ
  |*/;≡|@\    ま
    ̄(/ U ̄    み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ す
           ↓ 
pala...pala...

<ウワァ!!!!チンコダァ!!!!!

<チンコガフッテキタァ!!!!


766 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:03:44 XcBYTS/wO
(‘_L’;)「な、なんだ!?なにが起こって……」


(゚、゚;トソン「チンコが空から降ってきました!」


('A`;)「……」


(#゚;;-゚)(これは……微かに天界の気を感じる)


(#゚;;-゚)(ついに来たか、援軍……!)


('A`)「トソン、マイクを」


¶⊂(゚、゚トソン「……は、はっ!」


ナンダー!!


ナニガオコッター!?


('A`)『えー、お集まりの皆さん。緊急事態です。パーティーは中止します』


('A`)『どうやら敵襲を受けたようです』


767 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:04:52 XcBYTS/wO
ナンダッテー!?


('A`)『慌てずに。今から各部隊の隊長に指示を出しますので、迅速に、的確に動いてください』


('A`)『以上、解散ッ!』


ザワザワザワザワ....


('A` )「フィレンクト」


(‘_L’)「はっ!」


('A`)「あなたの部隊はグラウンド及び城の各配置場所で待機。敵を発見次第殺しなさい」


(‘_L’)「サー、イエッサー!」


( 'A`)「トソン」


(゚、゚トソン「はっ!」


('A`)「ショボンに伝令、チンコはコロッセオにあると伝えなさい」


('A`)「それと、軍師斉藤を連れてくること。いいですね?」


(゚、゚トソン「サー、イエッサー!」


768 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:06:15 XcBYTS/wO
(#^;;-^)「……クククッ」


('A`)「ゲス子さんのにやけ面を見るに、天界の刺客なのは間違いなさそうですね」


(#゚;;-゚)「そうさ、私を助けにきたんだ。もうドクオも終わりだよ、私が回復さえすればもう一度冥界に……」


(#゚;;##)⊂≡('A` )バゴォッ


(#゚;;∩)「ぐあっ!」


≡( 'A`)「黙りなさい。……そこで見ているといい。神々が蹂躙されるのをね」


(‘_L’)「王、どちらへ……」


( 'A`)「私は王の間に戻ります。あとは任せましたよ」


(‘_L’)「はっ!」(゚、゚トソン


769 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:07:05 XcBYTS/wO
〜〜〜

天界

天界議事堂


<_プー゚)フ(なんすか、死んだ人を生き返すって)


o川*゚ー゚)o(青天の霹靂、知らないよ)


(=゚ω゚)(犬神から聞いたって言ってるよぅ?)


( "ゞ)(あいつ、たまにわかりにくい嘘つくからな)


( ^ω^)「おっ!できるんだおね?」


( ‘∀‘)「え、あ、ああ、アハハハハハハ」


( ^ω^)「できるんだおね?クズの国の人達みたいに」


( ^ω^)「嘘……ついてるわけじゃないおね?」


770 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:08:14 XcBYTS/wO
( ‘∀‘)「……」


( ‘∀‘)「もちろんです」


<_プー゚)フ(言い切った!!)


( ‘∀‘)「我々、天界の神の力を持ちいれば、造作もないこと」


( ‘∀‘)「なぜなら、私は偉いのですから。ハッハッハ!」


( ^ω^)「おっ!安心だお!もう完全に生き返る前提で決意してるから」


( ^ω^)「これが嘘八百だったら天界を潰していたところだったお!」


( ‘∀‘)「はっはっは」


( ^ω^)「おっおっお」


771 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:09:10 XcBYTS/wO
<_プー゚)フ「ぶ、ブーンの兄さん、さっさと行きやしょう!作戦が遅延するんですぜ?」


( ^ω^)「ん、わかったお!」


o川*゚ー゚)o「貴兄は単独、そうだったよね!」


(=゚ω゚)「僕達は三人チーム、エクストは裏方だよぅ!」


( "ゞ)「あと実は人を生き返すなんてできるわけムゴムゴムゴ」


( ^ω^)「おっ、そうだおね。じゃあ……行って来るお!」


( ‘∀‘)「はい。私も準備ができましたら援護に参ります」


( ^ω‖‖ノシ
<_プー‖‖フ
o川*゚ー‖‖o ピュワーン
(=゚ω‖‖
( "‖‖


( ‘∀‘)「健闘を……祈ります」


772 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:10:16 XcBYTS/wO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

モララーの自室


( ・∀・)「よっしゃぁ!盗塁成功!」


ガチャ


( ・∀・)「うわっ!?誰だ!?」


J( =ー=)し「ここからイケメンの匂いがする!!そこにいるの!?」


( ・∀・)「……母さん?」


J( =ー=)し「……え?あなた?」


川;゚ 々゚)「はぁはぁ、ナナさん速いですって……あ」


773 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:11:52 XcBYTS/wO
( ・∀・)「あ……やぁ!クルゥさん!久しぶり──」


J( =ー=)し「あなた、トーチャーンはどこにいるの!?イケメンは!?」


(; ・∀・)「え、あ、うーん……」


川 ^ 々^)σ「ナナさん、この人がトーチャーンですよ」


J( =ー=)し「はぁ!?」


川 ゚ 々゚)「モララー・トーチャーン。妹と同じクラスだったんですけど、今は四天王の一人なんです。あと……」


川*- 々-)「私が……好きな人、ですっ……キャッ、言っちゃった……!」


J( =ー=)し「……」


( ・∀・)「……」


続くかな


774 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 07:59:04 17O3D0k.0
あかん


775 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 08:03:31 flS8b3lc0


良い所で止めるぜ


776 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 15:00:19 /Xbb9BYg0
(あかゆ)


777 : 名も無きAAのようです :2014/10/01(水) 15:47:56 ZBefx4.c0
これ終わんねぇだろ


778 : 名も無きAAのようです :2014/10/02(木) 06:02:45 909r2bhgO
※業務連絡

こんや12じ
つづきを
とうか

※業務連絡終わり


780 : 名も無きAAのようです :2014/10/02(木) 12:34:33 hYtlp9xk0
そういうのは某内だけで完結しろよ、注意喚起と称して作者の印象悪くしようとしてるようにしか見えねえよボケ

以降>>779へのレスは禁止な、荒れるから
専ブラ使ってる人は透明あぼんしとけ


781 : <^ω^;削除> :<^ω^;削除>
<^ω^;削除>


782 : 名も無きAAのようです :2014/10/02(木) 17:45:03 S5W2YvmI0
某での話題をよりにもよって連載中の作品スレに貼り付けんなよ


783 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:26:51 glSEESpUO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「これで、どうだっ!」


カタカタ

川 ゚ -゚)「ふぅ!できた!」

川 ゚ -゚)「バランス……その語感から、比率の取れた塩梅という意味合いに思えてくるが」

川 ゚ -゚)「あえて、私はこう考えた」

川 ゚ -゚)「ユーザーへの新要素提供」

川 ゚ -゚)「これは、例えばゲームを進行するにあたって、どうしても不可欠なデメリットの緩和を意味する」

川 ゚ -゚)「デメリット、それは……マンネリ」

川 ゚ -゚)「レベルを上げて、物理で殴るように、ほとんどのゲームというものは」

川 ゚ -゚)「中盤に至ってはマンネリ化してしまうのが辛いところだ」

川 ゚ -゚)「同じことの繰り返し、冗長……それらはプレイヤーのやる気を削いでしまう」

川 ゚ -゚)「これを解決するべく取ったのが、私のバランス」

川 ゚ -゚)「シバムラティックバランスならぬ」

川 ゚ー゚)「スナオクーバランスといったところかな」


784 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:27:31 glSEESpUO
川 ゚ -゚)「そう、プレイヤーが倦怠をおぼえてくるところに、新しい要素をふんだんに取り入れることによって」

川 ゚ -゚)「次に進むための意欲を湧かせるということが」

川 ゚ -゚)「私が考える完全なるバランスだと思うんだ」

川 ゚ -゚)「飛躍している見解だが、あながち間違いでもあるまい」

川 ゚ -゚)「バランスの崩壊と、バランスのとりすぎは」

川 ゚ -゚)「いわば、マゾゲーかヌルゲーのどちらかになりえるからな」

川 ゚ -゚)「新規要素があれば、緩和することもできるだろう」

川 ゚ -゚)「よし、後は細かいところをつめるか」


785 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:28:52 glSEESpUO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

ザワザワザワザワ


从 ゚∀从「な、なんだよぉ!なんでカラオケなくなっちゃったんだよ!」


从 ゚∀从「なんでチンコが降ってきたんだよ!」


从 ゚∀从「くそっ!歌いたかったのに!」


从 ゚∀从「つーか、誰のチンコだよこれ!」


(´・ω・`)「俺のだ」


从;゚∀从「うわっ!びっくりした!ショボンかよ!」


(´・ω・`)「やっと見つけた……エクスカリバー……」


(´・ω・`)「あとはこれを装着するだけで……」


ジャキーーンッ!
(´゚ω゚`)「復活!」


786 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:30:34 glSEESpUO
从 ゚∀从(チンコって取れたらくっつくのかよ……ん?)


(´・ω・`)ハァハァハァハァ


从;゚∀从(やべっ、やられる……!逃げねぇと!)


(´・ω・`)「ハイン」


从 ゚∀从「ひっ!」


(´・ω・`)「トソンから話は聞いている。敵襲らしい。お前は部隊をユートピアに戻して」


(´・ω・`)「調整をしなさい」


从 ゚∀从(あれ……?あのショボンが襲い掛かってこないだと?)


从 ゚∀从「あの……先生はどうするんで?」


(´-ω-`)「先生か?先生はな──」


(´^ω^`)「一度、狙った獲物は……逃がさないんだよ」


787 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:31:49 glSEESpUO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

特別観客室

ワーワー!

キャーキャー!!


(#゚;;-゚)「……」


(#゚;;-゚)「ドクオも、四天王のやつらもいない」


(#゚;;-゚)「これ、逃げるチャンスだね」


(#゚;;-゚)「とはいっても、今の状態で面倒な敵に会うとやられるだろうし」


(#゚;;-゚)「ここは……様子を見るべきかね」


788 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:32:41 glSEESpUO
(#゚;;-゚)(おそらく主要な陣営はここに集まってくるはず)


(#゚;;-゚)(敵味方、問わずに)


(#゚;;-゚)(かといって、むやみに外に出てしまうというのも危険……)


(#゚;;-゚)(暴徒に襲われる可能性も考慮しないといけない)


(#゚;;-゚)(なるべく人に合わず、援軍と接触できる可能性のある場所)


(#゚;;-゚)「……」


(#゚;;-゚)「山、だね」


タッタッタ≡(#゚;;-゚)


789 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:33:49 glSEESpUO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

モララーの自室


J( =ー=)し「……」


J( =ー=)し(これは……)


川*゚ 々゚)ドキドキ「モララー君……私、あなたのことが……」


J( =ー=)し(チャンスだわ)


( ・∀・)「アハハ!う、嬉しいな!こんな状況じゃなかったらすぐにでも抱いてるんだけど!」


J( =ー=)し「あなた……こんな可愛い子まで牙にかけたの?」


( ・∀・)「え、いや、そんな僕はただうんこを拭いただけで……」


川 ゚ 々゚)「あなたが拭いてくれたうんこ……私、忘れないっ」


川 - 々-)「あの時、思ったのっ……!私、この人のこと……好きだってっ!」


J( =ー=)し「へぇ……そう。クルゥちゃん、そんなにこの人のこと好きなの」


川*゚ 々゚)「……うんっ」


790 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:34:41 glSEESpUO
J( =ー=)し「……」


J( =ー=)し「クルゥちゃん……私はね、こう思うの」


川 ゚ 々゚)「えっ?」


J( =ー=)し「例えばの話よ。旦那が浮気して、不倫して、他の女と寝ても」


J( =ー=)し「たった一言、気の利いたセリフで黙らせてくれるなら」


J( =ー=)し「それでもいいのよね。だから許してきたわ、いままで」


( ・∀・)「……」


791 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:39:05 glSEESpUO
J( =ー=)し「別に誰と交わろうが、最終的には私の元に帰ってくるから」


J( =ー=)し「でもね。その気の利いたセリフが言えないなら」


J( =ー=)し「死んだほうがマシだと思うの。どうかしら?」


( ・∀・)「おいおい、何を言ってるんだい。なぁ、クルゥさ」


川*゚ 々゚)「ナナさん……やっぱり、素敵ですっ!」


( ・∀・)(えー……)


川 ゚ 々゚)「その程度の男なら殺してもいいと思います!」


J( =ー=)し「そうよね。じゃあ、もしあなたの好きな人……そう、目の前にいる彼が」


J( =ー=)し「既に結婚しているにも関わらず女子高生を誑かすような男だったら、どうする?」


川 ゚ 々゚)ニニフ「──殺します!カッターでめった刺しにしますっ!」キリリ


( ・∀・)(えーーー……)


792 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:39:54 glSEESpUO
J( =ー=)し「あらあら、うふふ。素晴らしいわ、クルゥちゃん」


J( =ー=)し「ついでに、そのカッターでこの目隠し切ってくれるかしら」


川 ゚ 々゚)ニニフ「あ、切って良かったんですか?」


J( =ー=)し「ええ。ティンコーとローチンチンの基本的戦法はもう終わり」


川 ゚ 々゚)ニニフJ( =ー=)し「ここからは……」


ブチッ


J( 'ー`)し「大人の駆け引きよ」


793 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:40:39 glSEESpUO
J( 'ー`)し(よっしゃ、うまくいったわ!)


J( 'ー`)し(これで旦那が下手なことを言えば、クルゥちゃんが愛想つかせて刺すはず)


J( 'ー`)し(四天王のこいつが死んだら枠ができるからドクオに雇ってもらえる!)


( ・∀・)「……」


J( 'ー`)し(さぁ、言いなさい。謝罪?開き直り?なにがこようと、痴情のもつれには敵わないわ!)


794 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:42:05 glSEESpUO
( ・∀・)(母さん……あの表情はおそらく、邪魔者を排除しようとしている面持ち)


( ・∀・)(きっと、僕を殺して四天王の座に居座るつもりなんだろう)


( ・∀・)(ふざけるな……せっかく誰にも邪魔されず、ナイター観てビールを飲んでたのに……)


( ‐∀‐)(いや……怒るのは大いにけっこう)


( ・∀・)(だが焦るな)


( ・∀・)(焦りは余計な緊張を生み)


( ・∀・)(状況を悪化させる)


J( 'ー`)し「うふふふふ、昂ぶっているわね」


J( 'ー`)し「私にはわかるのよ、長年やってきた主婦の勘で」


J( 'ー`)し「あなたの考えていることがね!」


( ‐∀‐)「……」


795 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:43:25 glSEESpUO
( ・∀・)「ご高説、わざわざどうもありがとう。その礼代わりに僕の考えを聞かせてあげよう」


( ・∀・)「僕の考えは、君が考えているような謝罪や、開き直りじゃない」


J( 'ー`)し「……」


( ・∀・)「数多の修羅場を潜り抜けた良い男だけが持つ、考え」


( ・∀・)「一言で言うなら、甲斐性だ」


川*//々/)ニニフ(モララーくぅん……かっこいいよぉ……したいよぅ……)


J( 'ー`)し「ほう……して、その甲斐性でなんと答える?」


796 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:44:00 glSEESpUO


( ・∀・)「ずばり!」




( ・∀・)「3Pしようぜ!!」


797 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:44:58 glSEESpUO
J( 'ー`)し「……」


川 ゚ 々゚)ニニフ「……」


( ・∀・)「どうだ……?気の利いたセリフ、当たらずも遠からずといったところだろう?」


J( 'ー`)し「フッ……」


J( 'ー`)し「フフフハハハ」


( ・∀・)「フフフハハハ」


J( 'ー`)し「ハーッハハハハハハハハ」


( ・∀・)「ハーッハハハハハハハハ」


798 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:46:17 glSEESpUO
J( ゚ー゚)し「何が可笑しい!!」


( ・∀・)「……」


J( 'ー`)し「クルゥちゃん、聞いた?ねぇ、聞いた?」


川 ゚ 々゚)ニニフ「……」


J( 'ー`)し「この男……もう気ついているかもしれないけど、実は私の旦那なのよ」


川 ゚ 々゚)ニニフ「……」


J( 'ー`)し「さっき言ったわよね、結婚しているのに女を誑かすなら殺すって」


川 ゚ 々゚)ニニニフ「……」キリリリ


(; ・∀・)「え、ちょ、マジで?」


799 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:47:56 glSEESpUO
J( 'ー`)し「ふふ、そうよ。さぁ、やっちゃいなさい!クルゥちゃ」


川 ゚ 々゚)≡⊃ニニフサクッJ( 'ー`)し


( ・∀・)「あっ」


フラフラ...J( ー )し「……な、んで……」


川 ゚ 々゚)ニニフ「……確かに、言いました。結婚している誑かす男がいたら──」


J( ー )し「なら……どうして……」


川 ^ 々^)ニニフ「刺すって……女の方ですよっ」


J( ー )し「あ……」


バタッ


( ・∀・)「やったぁ!さすがクルゥさん!」


川*^ 々^)ニニフ「も、モララー君!えへ、えへへ……」


800 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:51:37 glSEESpUO
( ・∀・)「いやぁ、一時はどうなるかと思ったけど、言ってみるもんだ!」


J( ー )し「あ、あなた……助け……」


( ・∀・)≡⊃「お前とは潜った修羅場の数が違うんだ、阿呆が!」


J( ー#し⊂≡「あうっ!」


( ・∀・)「さぁ、クルゥさん!止めを……」


川 ゚ 々゚)ニニフ「……」


( ・∀・)「あれ?どうしたの?なんでこっちに向けてるの、カッター」


川 ^ 々^)ニニフ「モララー君、3Pするんでしょ……?」


( ・∀・)「うん。そのつもりだったんだけど、一人死にそうだから君と……」


川 ^ 々^)ニニフ「3Pするなら……みんな一緒の状態じゃないと……フェアじゃないよね?」


(; ・∀・)「はっ?」


801 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 00:52:24 glSEESpUO
川 ゚ 々゚)ニニフ「ねぇ、私……あの時から、ずっと考えてたの……」


(; ・∀・)「な、なにを?」


川 - 々-)ニニフ「……うんこや、おしっことか……汚いものにまみれて、いちゃいちゃするのって……」


川*゚ 々゚)ニニフ「素敵じゃない……?」


( ・∀・)(きがくるっとる)


川 //々/)ニニフ「ねぇ、しよぅ……三人で糞尿と臓物にまみれて気持ちよくなろうよぅ……」


( ・∀・)「く……」


≡( ・∀・)「くるなぁあああああ!!」


≡川 ゚ 々゚)ニニフ「ま、待ってよぅ!」


802 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:08:06 sYpouOpQ0
久々にくるうらしいくるうを見た気がする


803 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:35:16 glSEESpUO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


(‘_L’)「状況は」


( ´W`)「はっ。全兵、配置につきました」


(‘_L’)「よろしい。おそらく敵は神だ。つまり、上から来る可能性が高い」


(‘_L’)「全員、上を向いていろ」


( ´W`)「はっ!」


(‘_L’)「ふふふ、何がこようとも私の部隊はやぶれん」


(‘_L’)「なぜなら、世界一腕の立つ殺し屋を見つけたからな」


804 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:36:17 glSEESpUO
(‘_L’)「頼むぞ、平成のシモヘイヘ、フォックス」


爪'ー`)「任せな。タイムクライシスやバーチャコップノーミスクリアの実力」


爪'ー`)「舐めてもらっちゃ困るぜ」


(‘_L’)「頼もしいじゃないか……ん」


(‘_L’)「来たぞ!全軍、構えろ!」



(=゚ω゚)o川*゚ー゚)o( "ゞ)スタッ



(=゚ω゚)「おー、ここがクズの国の中枢かよぅ」


o川*゚ー゚)o「存外、大きな建物ね」


( "ゞ)「それじゃ二人とも、前衛よろしく。俺、ためるから」


(‘_L’)「敵は三人……!?ずいぶんと侮られたものだ」


(‘_L’)「総員、撃て!!」


805 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:37:10 glSEESpUO
ババババッバババ!
バババッバババ!


<ギャァ!


<コッチウツナ!


<ヤメテクレー ウッ!


(;‘_L’)「だからなぜ当たらんのだ!!」


(‘_L’)「まぁ、いい。近接攻撃部隊、出動!!」


( `ー´)「へへ、ガキと女と優男かよ」


(  ゚¥゚)「こいつはいい。やっちまおうぜ」


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「ああ!」


(=゚ω゚)「くるよぅ!神技・解放!」


o川*゚ー゚)o「合点、神技・解放」


806 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:38:08 glSEESpUO
o川*゚ー゚)o
(。人。)ボインッ


o川*゚ー゚)o⊃(。)
(。人)ブチィ


o川*゚ー゚)o≡⊃≡≡≡(。)シュッ
(。人)



ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「うおっ!おっぱいが飛んできた!!」


(。)<滅せよ!


   . 、 ′
  、′・.; 、 、'.・゙
  、(ノ・、(・゙;
 ′・( (;^⌒)゙;、'・
、、・、⌒y⌒((;;ノ、゙ヽ 
(⌒;;从( ;):)ヽ
  (;ヾ⌒)从⌒))⌒.・
`。;゚+゚、:: 、⌒))ノ
  `:、:_):ノソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バゴーン!!!


807 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:39:17 glSEESpUO
(; `ー´)「うわっ!?爆発したぞ!?」


(;  ゚¥゚)「しかもなんかしゃべった!?」


o川*゚ー゚)o「どうどう!?キューちゃんのおっぱい爆弾!」


(=゚ω゚)「いよぅ、なんて破壊力だよぅ……あれひとつひとつに人格が宿ってるんだよぅ?」


o川*゚ー゚)o「そだよ!普段、慣れない口調でしんどかったけど、やっと一杯喋れるね!」


o川*゚ー゚)o
(。人。)ボインッ


( `ー´)「やべぇぞ!あのおっぱい爆発する!」


(;  ゚¥゚)「しかも二つだけじゃねぇ!復乳だ、あいつ!!」


( ´W`)「大丈夫だ!頑張って欲望を抑えて回避するんだ!」


808 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:40:20 glSEESpUO
(=゚ω゚)⊃「おっと、そうはさせないよぅ!」


       o(゚ー゚*川o
(=゚ω゚)⊃ヌリヌリ(。人 。)


o川*゚ー゚)o「あぁん……」


(=゚ω゚)「変な声だすなよぅ!」


o川*゚ー゚)o「ご、ごめっ……んっ!」


(=゚ω゚)「よし、できたよぅ!」


o川*゚ー゚)o≡⊃≡≡(。)「はぁはぁ……よし、いけぇ!」


(;  ゚¥゚)「来たぞ!避けろ……ん!?」


( `ー´)「な、なんだ……この甘い匂いは……」


≡(  ゚¥゚)「う、うまそうな匂い……いただきまーす!!」


   . 、 ′
  、′・.; 、 、'.・゙
  、(ノ・、(・゙;
 ′・( (;^⌒)゙;、'・
、、・、⌒y⌒((;;ノ、゙ヽ 
(⌒;;从( ;):)ヽ
  (;ヾ⌒)从⌒))⌒.・
`。;゚+゚、:: 、⌒))ノ
  `:、:_):ノソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バゴーン!!


809 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:41:11 glSEESpUO
(=゚ω゚)「僕のフォンドュ……お味はいかがかよぅ?」


( "ゞ)(性欲と食欲……切り離せない、最強のコンボ……か)


o川*゚ー゚)o「っていうかー!デルタ、まだかかんの!?」


( "ゞ)「すまん、もう少し待ってくれ。なんか路線掌握がうまぐいかん」


(=゚ω゚)⊃「しょうがないよぅ、ほら」ヌリヌリ


o川*゚ー゚)o「あああぁん!!」


810 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:42:44 glSEESpUO
(;‘_L’)「う、うろたえるな!!全軍突撃だ!!」


爪'ー`)「まぁ、待てって」


(‘_L’)「へ、平成のシモヘイヘ」


爪'ー┏┰┯―カチャッ「俺に任せときな」


(‘_L’)「平成のシモ!この距離から撃てるのか!?」


爪'ー┏┰┯―「ああ。だが、浮遊しているおっぱいが邪魔で撃てねえ」


(‘_L’)「狙撃手なんだろ!?縫って撃てよ!」


爪'ー┏┰┯―「焦るな、いいか。邪魔なら」


―(。)―・パキューン


   . 、 ′
  、′・.; 、 、'.・゙
  、(ノ・、(・゙;
 ′・( (;^⌒)゙;、'・
、、・、⌒y⌒((;;ノ、゙ヽ 
(⌒;;从( ;):)ヽ
  (;ヾ⌒)从⌒))⌒.・
`。;゚+゚、:: 、⌒))ノ
  `:、:_):ノソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バゴーン!!


811 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:44:16 glSEESpUO
(‘_L’)「!?」


爪'ー┏┰┯―「撃って消せばいいんだよ」


(‘_L’)「お、おお……さすが平成、やるな」


(;=゚ω゚)「いよぅ……敵さん、狙撃する人がいるみたいだよぅ……」


o川*゚ー゚)o「もう!私のおっぱいを撃って!もう怒った!」


o川*゚ー゚)oσ「あの辺にいるんだよね」


(=゚ω゚)「うん、そうみたいだよぅ」


o川*゚ー゚)o⊃≡(。)「よっしっ!いっけぇ!!」


(。)ポーーーイッ


〜〜〜(。)フワフワフワ


(;‘_L’)「おい、こっちに向かってくるぞ!?」


812 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:45:10 glSEESpUO
爪'ー┏┰┯―「フン、あんなゆっくりなおっぱいが神の力だと?神を乳で選ぶ国なのか?天界も大したことねえな」


爪'ー┏┰┯―「俺は頼まれた仕事をやるだけだ。ちょろいもんだぜ」


爪゚ー┏┰┯―「そのキレイな乳をフッ飛ばしてやる!!」



o川* ー )o「その乳房、消えるよ」



(。::シュッワーーッン


爪;'ー(。)スッ...┏┰┯―「なっ!?スライス回転のアンダーサーブだと!?急激な変化でどこにいったかわからな」


   . 、 ′
  、′・.; 、 、'.・゙
  、(ノ・、(・゙;
 ′・( (;^⌒)゙;、'・
、、・、⌒y⌒((;;ノ、゙ヽ 
(⌒;;从( ;):)ヽ
  (;ヾ⌒)从⌒))⌒.・
`。;゚+゚、:: 、⌒))ノ
  `:、:_):ノソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バゴーン!!!


813 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:46:23 glSEESpUO
o川*゚ー゚)o「やったね!キューちゃん大勝利!」


(=゚ω゚)「いよぅ!」


( `ー´)「ちくしょう!フィレンクト隊長が……!」


( ´W`)「……いや、まだだ!」


(‘_L’)「……」


( `ー´)「まだ生きてる!でも……!」


( ´W`)「腕が、ない!?」


(‐_L‐)「……片腕など、安いものだ……」


( ´W`)「隊長!」


(‘_L’)「聞け!皆のもの!敵は強い!だが、我々はクズの国の精鋭部隊!」


(‘_L’)「たとえ、弾が当たらずとも!」


(‘_L’)「たとえ、その身を焦がされようとも!」


(‘_L’)「私は戦うぞ!たとえこの体、五体満足でなくてもな!!」


( ´W`)「……」( `ー´)


( `ー´)「うぉおおおお!!!」( ´W`)


814 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:47:29 glSEESpUO
(;=゚ω゚)「いよっ!?みんなつっこんでくるよぅ!」


o川:゚ー゚)o「あわわわっ、いっぱいいるから、この火力のおっぱいだけじゃ殺せないよ!!」


( "ゞ)「二人とも」


(=゚ω゚)「えっ?」o川*゚ー゚)o


( "ゞ)「待たせた──神技・解放」


815 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:48:41 glSEESpUO
〜〜〜

大阪

電車内


ガタンゴトン ガタンゴトン

 ‖      ‖‖
‖○∩_∩   /‖○
‖((´∀`)(゚Д゚‖))
○∧_∧∧_∧ ‖
((´∀`(-@∀@)/‖
ヽ   (   つ‖(゚*
`| | | | | ‖/ /
(_(_(_)_) ‖


(-@∀@)「ふぅ……全く、酷い目にあった……」


(-@∀@)「スタジオは占拠されるし、ナベちゃんはギャグボールはめて連れて行かれるし」


(-@∀@)「僕も明日からどうなることやら」


⌒*リ´・-・リ「……」


(-@∀@)(……ふひっ、上玉……こういうときは)


(-@∀@)⊃サワサワ⌒*リ´・-・リ


816 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:49:42 glSEESpUO
⌒*リ´・-・リ「……!?」


(-@∀@)⊃(あー、たまんねぇ、こうやって痴漢してるときが一番心休まるわぁ)


(-@∀@)⊃サワサワ⌒*リ´- -リ


⌒*リ;´- -リ「……っ」


(⊃-@∀@)⊃(あ、この子おとなしい。よし、もっと大胆に攻めて……)


ガタンッ


(-@∀@)⊃⌒*リ;´- -リ(ん?)


ナンダナンダ


ザワザワ


(⊃-@∀@)⊃(なんだろう、まぁいいや。どれ、そろそろ──)


ガターーーン!!!


(-@∀@)⊃サワサワ(うわぁああああ!?電車が飛んでる!?)


817 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:50:54 glSEESpUO
〜〜〜

‖‖|‖‖|‖‖|‖|‖

[新大阪] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
‖ ̄ ̄|| ̄|ロロロ| ̄|ロロロ|
‖   || |ロロロ| |ロロロ|
‖   || | 電|車  |
|O二二O|_|ニニニ|_|  |
[∈口∋]r=ュ___r=ュ]
ヽニノ ̄ヽニノヽニノヽニノ ヒューン....


         mmmmm
         (((|)))
         L|||J
   ドガーーーー|||||ーーーーン!   ,,   |||||
   ;  ,. :'' |||||. ', ";. ,
    .' " : (     ); ,' ;'". ,
  : ::., ; ( <    > ) ), ;',,
   : .':( ( (  (__) ) : .,'".,;
________(___(__((⌒):Ξ) )  ) )_____


シューーーー……


818 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:54:49 glSEESpUO
シューーーー……


グチャァァ....

  ⊂(   〃⊂⌒⊃

    ⊂(   〃⊂⌒⊃

     ⊂(   〃⊂⌒⊃

  ⊂(   〃⊂⌒⊃



( _L )「……」


( "ゞ)「よしよし。ちゃんと来たな、電車」


o川*゚ー゚)o「……相変わらず」


(=゚ω゚)「……とんでもないよぅ……うわっ、血まみれでどれが乗客でどれが兵かわからないよぅ」


819 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:55:39 glSEESpUO
( "ゞ)「さて、ティンダロスの居場所……教えてもらおうか?」


( _L )「!」


(=゚ω゚)「大人しくしていればテーピングフォンドュしてあげるよぅ」


o川*゚ー゚)o「でも、抵抗するならおっぱいで挟んじゃうよ?」


( _L )「……くっ、王は……」


ドドドド...


( "ゞ)「ん?」


o川*゚ー゚)o「なにかな?」


(=゚ω゚)「なんかすごい勢いでこっちにく──」


820 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:56:23 glSEESpUO


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
( "ゞ)ウワッ≡  グハッ≡( ω =)

⊂(´゚ω゚`)「どけぇえ!!」
  ヽ ⊂ )
  (⌒) | ダッ
  三`J

  ‖‖
o川* ー )oグエッ

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


821 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 01:57:38 glSEESpUO
≡≡≡≡≡≡≡≡≡(´゚ω゚`)

バタバタバタッ

( ゝ )「……」

o川 ー )o「……」

(= ω )「……」

( _L )「……」


822 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:10:47 gCnlDJGw0
のーちゃん逃げて!


823 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:21:32 glSEESpUO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

コロッセオ

賭博受付窓口


(゚、゚トソン「と、言うわけですので王の間に来てください」


(・∀ ・)「そうかー、中止かー……わかったー、すぐいくー」


(゚、゚トソン「私は一足先に向かいますので。頼みましたよ」


(゚、゚トソン≡タッタッタ


(・∀ ・)「……なんだー、せっかくおもしろそうだったのになー」


<_プー゚)フ「そいつぁ、難儀ですぜ」


(・∀ ・;)「だ、だれだー!?」


<_プー゚)フ「いやぁ、すっかり内装もかわっちまって、迷った迷った」


<_プー゚)フ「でもまぁ、話ができそうな人と会えただけでもよしとしやしょう」


<_プー゚)フ「旦那、聞きてぇことがあるんですがね」


824 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:22:19 glSEESpUO
(・∀ ・)「すまんー、俺ー、王の間にいかないといけねぇーんだー」


<_プー゚)フ「ちょうどいい、あっしも連れってくだせぇ」


(・∀ ・)「それはだめだー、得体の知れない男を連れてったらー、俺が殺されるー」


<_プー゚)フ「そういわずに頼みまさぁ。なんなら情報だけでも欲しいんですがねー」


<_プー゚)フ「痛い目見たくなかったら、ねぇ?」


(・∀ ・)(こいつー、どっかでみたことあるようなー、ないようなー、でもこんな生徒いたっけなー)


(・∀ ・)(でもー、不良っぽいからきっとー不登校のヤツかなぁー)


(・∀ ・)「……じゃあー、こうしよー」


<_プー゚)フ「ん?」


825 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:23:38 glSEESpUO
(・∀ ・)「俺と賭け事で勝負だー、俺が負けたらー、なんでも教えてやるー」


<_プー゚)フ「あっしが負けたら?」


⊂(・∀ ・)「この金……ざっと1000万あるんだけどー」


(・∀ ・)「俺が持ち逃げしてー、お前のせいってことにするー!だから罰うけるのお前ー」


<_プー゚)フ「はぁ、金に困ってるんですかい?」


(・∀ ・)「高飛びするんだー、ニュージーランド辺りにー」


<_プー゚)フ「そうですかい。なるほど、面白そうだ」


<_プー゚)フ「乗りやすぜ。それで、なんの賭け事をしやすかい?」


(・∀ ・)「それはー、お前が決めていいぞー」


<_プー゚)フ「あれ、いいんですかい、あっしが決めて」


(・∀ ・)「かまわんぞー、俺はー、こう見えて頭いいからなー」


826 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:24:24 glSEESpUO
<_プー゚)フ「そうっすねぇ……そういえば、ここ、ちょっと暑くないですかい?」


(・∀ ・)「んー、そうかー?言われてみればちょっと暑いなー、さっきまでの人口密度が関係してるのかなー」


<_プー゚)フ「多分、あっしもあんたも、ジャケット着てるからだと思いますぜ」


(・∀ ・)「おうー、そうだぞー、俺は先生だからなー、スーツだぞー」


<_プー゚)フ「いい着こなしだ、フォーマルっすよ」


(・∀ ・)「前ボタンもちゃんとしめてるぞー、マナー違反だからなー、それがどうしたー?」


827 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:25:20 glSEESpUO
<_プー゚)フ「……シャツ一枚になりやせんか」


(・∀ ・;)「な、なんだー?先生ー、そんな趣味はないぞー?」


<_プー゚)フ「いやいや。それがあっしの出す賭け事でさぁ」


(・∀ ・)「へー……」


<_プー゚)フ「あっしは、あんたが一人でシャツ一枚になるためにジャケットを脱ぐことができないってほうに賭けやす」


(・∀ ・)「はぁー?そんなバカなー、俺がー脱いだらしまいだろー?」


<_プー゚)フ「まぁまぁ、それでどうしやす?乗りやすか?」


(・∀ ・)「そんなバカな話でー、俺に勝てるとおもってんのかー?」


(・∀ ・)「いいよー、じゃあ俺はそれができるーってほうに賭けるー」


<_プー゚)フ「よしきた、それじゃあ脱いで見てくだせぇ」


(・∀ ・)「うんー」


828 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:26:08 glSEESpUO
ヌギッ<_プー゚)フ ヌギッ(・∀ ・)


<_プー゚)フ「ほら、一人でシャツ一枚になれなかった!あっしも脱ぎやしたからね!二人だ!」


(・∀ ・)「……」


<_プー゚)フ「残念、賭けはあっしの勝ち──」


<_;プー゚)フ「!?」


(・∀ ・)「残念なのはー、そっちだー」


(・∀ ・)
(||||||)←腹巻き
 しーJ


<_プー゚)フ「しゃ、シャツの上から……は、腹巻だって……!?」


829 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:27:07 glSEESpUO
(・∀ ・)「先生ー、腹巻してないとー、落ち着かないんだー」


<_プー゚)フ「そ、んな……唐突な」


(・∀ ・)「っていうかー、それバー・ベットだろー」


<_プー゚)フ「し、知ってたんで……」


(・∀ ・)「古典的なバーの小話じゃないかー、そんなもんに騙されると思ってたのかー」


<_プー゚)フ「……」


(・∀ ・)「まぁーいいやー、お前が金をー、盗んだことにしてー、俺は逃げ」


<_プー゚)フ≡⊃#∀ ・)「ぐはっ!!」


バタッ( ∀  )「……」


ゴソゴソ


<_プー゚)フ「ふぅ、腹巻も取れたし……」


<_プー゚)フ「これであっしの勝ちでさぁ。一人じゃ、シャツ一枚になれなかったでしょ?」


830 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:27:51 glSEESpUO
(・∀ ・)「はんー、そくー、だぁ……」


<_プー゚)フ「あっしは犯罪の神、エクスト。イカサマも反則もありゃしやせん」


( ∀  )「この……不良めー……」


( ∀  )ガクッ


<_プー )フ「不良、か。いつだったかはそうでしたが、ね」


<_プー )フ「……」


<_;プー゚)フ「しまった、何も情報が聞けやせんでした!」


831 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:28:36 glSEESpUO
〜〜〜




(゚A゚* )「はぁ……はぁ……ここまで来れば……」


(゚A゚* )「なんなんや、もう……山にまで暴徒がおるとは……」


(゚A゚* )「あいつら自分を山賊か何かと勘違いしとるんか?」


(゚A゚* )「くそぅ、のーちゃんまけへん。処女は二十歳になるまで捨てへん!」


(゚A゚* )「……でも、心細いわ……誰か守ってくれやんかなぁ……」


ガサガサ


(゚A゚* )「ひぃ!だ、誰や!」


832 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:29:48 glSEESpUO
(;;・∀・;;)「ひひっひひっ!女を見つけたぜ!」


(゚A゚* )「うわっ、山賊や!」


(;;・∀・;;)「ひひひひひっ、ここなら邪魔も入らねぇぜ……たっぷり楽しもうや」


(゚A゚* )「や、やめて!ウチ、あれやで!病気もちなんやで!」


(;;・∀・;;)「あぁ?二十歳になるまで守るんだろ!?」


(゚A゚* )「聞かれとった!無性に恥ずかしいっ!」


(;;・∀・;;)「へへっ、大丈夫だよ。俺も初めてだから……」


( *゚A゚)「そ、そうなんか。じゃあこれで」


(;;・∀・;;)「待てよぉ!!」


(゚A゚* )「わっ!流れで解散とちゃうんか!きゃあああ」


バゴッ!≡⊃≡≡≡≡#∀・;;)


(;; ∀ ;;)バタッ


833 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:30:50 glSEESpUO
(゚A゚* )「……あれ?」


(  ω  )「……」


(゚A゚* )「あ……そのキンタマみたいな口……あんたは……!」


(´^ω^`)「みーつけたぁ!」


(゚A゚* )「最悪や!!しかもチンコくっついとる!やっぱりとれるんか!」


(´・ω・`)「ぬふふふふ!いいね、いいね!生娘の叫び声!」


(゚A゚* )「しょ、ショボン!なんでここがわかったんや!!」


(´・ω・`)「先生な、狙った獲物は逃がさない主義なんだ、だから匂いを辿って追い掛けてきた」


(゚A゚* )「なっ……なんちゅう説得力のある説明や……」


834 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:31:51 glSEESpUO
(´・ω・`)「だから、他の子を放っておいて君のところに来たんだよ、のーちゃん」


(゚A゚* )「ええやん!他の子で済ましたらええやん!」


(´・ω・`)「ダメだ。俺のポリシーに関わる」


(゚A゚* )「あんたのポリシーなんて一発抜いたら消えるやろ!?」


(´^ω^`)「ふふ、怯える君もかわいいね。さぁ、御託はいい。はじめようか」


(゚A゚* )「いややぁあああ!!誰か助けて!!!」


∝∽∝∽◇(´^ω^`)ゴツーン


(´^ω:::シュワーン


835 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:33:04 glSEESpUO
(゚A゚* )「……って、あれ?」


(#゚;;-゚)「はぁはぁ……良かった……まだこいつ程度なら消せるか……」


(゚A゚* )「あ、あんた……確か、グラウンドにおった……ゲス子さん?」


(#゚;;-゚)「叫び声が……聞こえたから何かと思えば……うっ」


(゚A゚* )「ちょ、だ、大丈夫か!?」


(#゚;;-゚)「はぁはぁ……さすがに……無理しすぎたみたいだね……」


(゚A゚* )「えらい疲れとんな……でも助かったわ!おおきんな!」


(#゚;;-゚)「あんたの……ためじゃ、ないさ……見つけたなら、一人でも……減らしておきたかった……から」


(゚A゚* )「そんなことどうでもええわ!おかげで尊い操が守られました!」


(#-;;-゚)「ハッ……ゲスの、神が……感謝されるとは……ね……ううっ!」


836 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:34:03 glSEESpUO
(゚A゚*;)「だ、大丈夫なんか!?」


(#゚;;-゚)「ああ……しばらく、休めば大丈──」


ズヴァァァァ{≪=≫}≡⊂(´・ω・`)⊃


(;#゚;;-゚)「!?」


(゚A゚* )「なっ!?」


(´・ω・`)「……残念だったな、傷面の君」


(#゚;;-゚)「め、冥界から……」


(´・ω・`)「一度食らった技を、二度も食らうと思うか?」


(゚A゚* )「うわぁ、これ、もうだめや」


837 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:34:57 glSEESpUO
(´・ω・`)「ティンダロス……ああ、うちの王の方な。あいつが一度、俺のエクスカリバーを使って」


(´・ω・`)「出口を開いたことを思い出してね。すぐに戻ってこれたさ」


(´・ω・`)「それに、冥界の猟犬とやらもいなかったし……楽勝だよ」


(#゚;;-゚)「くっ……!力さえ、回復すれば……こんな……ヤツ……!」


(゚A゚* )「おかん、おとん。ウチ、傷物になるわ」


(´・ω・`)「何をそんなに苦しそうな顔をしているんだい?」


(´^ω^`)「そうだ、天国に連れて行ってあげよう。野外プレイだから、自然を感じられるよ」


(# ;;- )「く……そ……」


838 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:35:48 glSEESpUO
(´^ω^`)「さぁ!飲み込んで俺のエクスカリ──」


コツンッ⌒°(´^ω^`)


(´・ω・`)「バー……ん?なんだ、小石?」


(#゚;;-゚)「え……」


(゚A゚* )「あ、あれは……」


ザッザッザッザッ(    )ザッザッザッザッ


(゚A゚* )「キンタマの口に……」


(#゚;;-゚)「神もびっくりのにやけっ面」


(´・ω・`)「まさか、お前が来るとは……」


839 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:36:23 glSEESpUO


( ^^ω)ザッ!



(´゚ω゚`)「マルタニスムは瀬川!!」


840 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:45:05 jbFbJUp.0
お前かーい


841 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:46:28 /dvn.l9M0
なんだと


842 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 02:59:44 glSEESpUO
〜〜〜

無限空間


川 ゚ -゚)「できた……!」

川 ゚ -゚)「ボタン配置は従来のそれと一緒、しかしもちろんオプションで変更可能にしている」

川 ゚ -゚)「そして、アーケードのコントローラーや、ダンレボのコントローラー」

川 ゚ -゚)「また、釣りコン、レースゲームのコントローラー、果てはガンコンにも対応済みだ」

川 ゚ -゚)「さらに、これだけの機能を加えて動作環境は快適」

川 ゚ -゚)「具体的には、メモリが256MBあれば余裕で動く」

川 ゚ー゚)「現行のPCならどれでもいけるぞ」

川 ゚ -゚)「そして気になるお値段は……」

川 ゚ ー゚)「5万!そう、たった5万でこんな素晴らしいゲームができるんだ!!」

川 ゚ -゚)「世の中にはぼったくりのゲームも多いが、これは違う」

川 ゚ -゚)「価格と内容に見合った仕上がりだと自負している」


843 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:00:30 glSEESpUO
川 ゚ -゚)「あとは、宣伝方法だが……当初の予定通り、足で稼ぐぞ」

川 ゚ -゚)「だが、それだけではない。主題歌を搭載して動画サイトで流すんだ」

川 ゚ -゚)「これでより多くの人が興味を持ってくれる。あとは行商すればいい」

川 ゚ー゚)「パスポート作らないとな」

川 ゚ -゚)「あとは……主題歌は姉ちゃんにでも歌ってもらうとして」

川 ゚ -゚)「いよいよ最後の要素、そう、お待ちかね」

川 ゚ー゚)「隠し要素だ!」


844 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:01:49 glSEESpUO
〜〜〜




( ^^ω)「二人とも!逃げてください!!」


(゚A゚* )「マルちゃん!なんでこんなとこに!?」


( ^^ω)「のーちゃんを追ってきたんだ……途中、銃も奪われたけど……心配で」


(゚A゚* )(なんや、銃もってないんかい……でも、心配か……ちょっと嬉しいわ)


(#゚;;-゚)「ホマホマくん……!無理だ……こいつを倒すのは……!」


( ^^ω)「美人さんまで……くそっ、ショボン!」


(´・ω・`)「は瀬川ぁ……先生に小石ぶつけて呼び捨てとは、どういうつもりだ、ん?」


(; ^^ω)「や……やめろよ、先生!」


(´・ω・`)「ん?聞こえんな、もう一回言ってみろ」


( ^^ω)「やめろよ!嫌がってるだろ!!」


845 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:02:40 glSEESpUO
バゴォッ(´・ω・`)≡⊃)゜゜ω)


(#゜゜ω)「うわあっ!!」


(゚A゚* )「ま、マルちゃん!」


(;#゚;;-゚)「ホマホマくん!」


(∩^^ω)「っ痛……」


(´・ω・`)「先生な、聞こえなかったよ」


(´・ω・`)「もう一度言ってくれるか?俺も混ざりたいんですって、な」


( ^^ω)「ふ、ふざけ……」


(´・ω・`)「今なら許してやるどころか、本当に混ぜてやる」


( ^^ω)「っ……!」


846 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:03:43 glSEESpUO
(´^ω^`)「気持ちいいぞぉ?大自然に囲まれて、JKと大人の女を犯すのは」


(´^ω^`)「きっと、いい高校生活の思い出になる。どうだ、は瀬川。先生と満喫しないか?」


(   ω)「……る」


(´^ω^`)「ん?」


( ゜゜ω)「断る!!彼女達を離すんだ!」


(゚A゚* )(うわ、めっちゃかっこええ)


(#゚;;-゚)(さすがホマホマくん。伊達に私が認めた男じゃないねぇ……)


(´・ω・`)「……なんなの、お前こいつら好きなの?あるいはどっちか」


(-A-* )ドキドキ(え、マジか……まぁ……マルちゃんなら……悪くは、ないかな)


(#^;;-^)ドキドキ(私を選んでくれたら天界に持ち帰って踊らせよう)


847 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:04:41 glSEESpUO
( ゜゜ω)「違う!!俺は二人のこと別に好きじゃないしどうとも思っていない!!」


(゚A゚* )(えっ)


(#゚;;-゚)(えっ)


( ^^ω)「俺には……好きな人がいる……」


( ^^ω)「でも、その人は……ずっと高いところにいて」


( ‐‐ω)「俺なんかじゃ、手が届かなくて……」


(   ω)「だからって……他の女の人を見捨てちゃ……」


( ゜゜ω)「あの人に合わせる顔がない!」


(゚A゚* )(マルちゃん……)


(#゚;;-゚)(ホマホマくん……)


848 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:06:00 glSEESpUO
(´・ω・`)「よく言った」


( ^^ω)「えっ……」


(´・ω・`)「先生な、前からお前のこと嫌いだったんだ。なんか知らんがモテるし」


(´・ω・`)「でも理由もなしに体罰っていうのは、あのクソ校長が許さなかったからな」


( ^^ω)「……っ!」


(´^ω^`)「ちょうどいい、メインディッシュの前の前菜に」


スリスリ( ´゚ω゚`)⊃/「お前の体をいただくとするかぁ!!」


(゚A゚*;)「マルちゃぁああん!!」


(;#゚;;-゚)「ホマホマくーん!!」


( ‐‐ω)(さよなら……俺の、初めて……クーさんに……捧げたかった……後ろの穴だけど……)


849 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:06:47 glSEESpUO



   /
パシッ/∩(  ω )( ‐‐ω)



⊂≡ドンッ(  ω )( ^^ω)アレ?



(;´゚ω゚`)≡≡ズサァ!



(  ω )「よく言ったお」


850 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:08:04 glSEESpUO
( ゜゜ω)「……えっ」


(#゚;;-゚)「あ、あんたは……」


(^A^* )(正義の味方や……正義の味方がきたんやぁ!)


(;´゚ω゚`)「なっ……俺のエクスカリバーを弾いた……いや、それよりお前は!!」


(  ω )「こんなところでくたばってちゃ、好きな女にあわせる顔がないおね」


(; ゜゜ω)「ち、血まみれだった兄さん……」


(  ω )「そう、僕もこんなところで立ち止まっているわけにはいかないんだお」


(  ω )「でも、困ってる人を見捨てて先に行っちゃったら」


( ^ω^)「ツンデレに怒られちゃうお」


851 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:09:41 glSEESpUO
(;´゚ω゚`)「き、き、貴様……!生きて──」


(‐ω‐ )「黙れお、クソ親父。もうあんたの顔なんか――見たくないんだお」


(´゚ω゚`)「父親に向かって、その口はなんだぁ!ブゥゥウーン!!もう一度犯して、犯して、犯しまくってから、吹っ飛ばして──」



(^ω^ )「神技・解放」



次の投下で終わりかな


852 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:11:46 ImjKGg4k0
おつ
終わりそうにない


853 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:24:21 sYpouOpQ0
乙!
複乳キューちゃん懐かし過ぎわろた
深夜の投下お疲れさま


854 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 03:56:08 2AGXy5Q20
乙いいところやー


855 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 04:24:02 F5ghujZ60
乙乙


856 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 07:53:17 ltZ/nMdg0
5万ってどんな判断だ


857 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 08:03:54 nhubPs120

ダンレボコントローラーとはまた懐かしいものをww


858 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 08:34:33 la1haWFQ0
ポップン、太鼓、マウス、果てはハイパーオリンピックにも対応してそうで怖いwww


859 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 08:37:16 I.vgK6Jo0
フィレンクト無理やり隻腕にしやがった


860 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 08:45:57 PdS5FNGU0
やっときたか内藤
熱いな


861 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 09:57:07 gCnlDJGw0

は瀬川漢だなあ
PCゲーやったこと無いから分からんのだけど5万って割りと普通だったりするのか?


862 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 10:30:52 .yUDPqH.0
相変わらず無駄に熱いな


863 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 10:32:12 uBtWXOhY0
>>861
個人の作ったゲームなら0円から1500円くらいとピンキリ。
5万は企業でもない。


864 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 10:37:46 5efNAIFM0
フィレンクトってよく片腕飛ぶな


865 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 11:56:45 Czz4lbeE0
お約束って奴だ


866 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 12:20:52 /wMp5ILkO
クーのゲームが詰め込み過ぎのクソゲー臭しかしない


867 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 13:07:51 xUT9YRcA0
むしろここまで一応マトモに作ってたのに何故5万


868 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 13:24:18 XRzcbDFM0
五万(円とは言ってない)


869 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 14:06:13 /dvn.l9M0
できることが多いだけでやらなきゃいけないのはストーリーイベントくらいにも思える


870 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 14:52:30 xqpAzpr.0



871 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 17:41:56 c51HU52cO
乙。ときめも2からここまで熱い展開になるなんてwwww


872 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 18:19:05 n7t6wuQY0
ハードから作ってるに決まってんだろ


873 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 18:32:30 DZq/0IrA0
ハード込みで五万なら納得……か?


874 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 19:44:30 n/spcLvI0
しかしまたんきから頭いい感じがしない
知識はあるけど知恵がないみたいなやつ


875 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 19:50:26 W3lcbYi.0
間延びしたしゃべり方のせいじゃね?


876 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 21:47:53 VAfsT6t.0
>>874
実際無いんじゃない?
顔もアホっぽいしあいつダメダメだな
極め付けにクズ力5の癖してそんな良いやつじゃない


877 : 名も無きAAのようです :2014/10/03(金) 23:07:23 ku/iXGlEO
乙です!終わってほしくないなー‥でもラスト楽しみにしてます!!


878 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 09:59:02 2388qF.60
>>876
クズ力の低さ=優しい奴とは限らんだろ
またんきは頭は良いけど賢くないってだけ


880 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 16:41:32 lYr9zNUgO
※業務連絡

明日投下予定
次スレ行くかもしれん
なんとかするって言ってごめんなさい

※業務連絡終わり


881 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 16:41:37 uL8BaDow0
そうだよ(便乗)


882 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 17:54:25 0GuxZmUk0
はぁ!? 明日は日曜の定休日だぞ!!?


883 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 18:15:30 rb0fc8JM0
>>879
そんなの聞いたってどうにもなるわけじゃないし、第一、某のネガティブな話題を現行に貼り付けるんじゃねえよ


884 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 18:31:51 0GuxZmUk0
定休日に投下ってお前……死ぬ気か?


885 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 18:32:37 aX49noVg0
神技・解放か?


886 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 19:27:32 ujqOwNc.O
ω・)前回は定休日じゃなくて携帯止められてたwwwww


887 : 名も無きAAのようです :2014/10/04(土) 19:55:24 5POdbMao0
>>886
その半コテ止めてほしいんだけど


888 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:02:30 zqeC4.oAO
※業務連絡

前半戦
臨時営業
だいたい3分の1くらい

※業務連絡終わり


889 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:03:10 zqeC4.oAO
ビュワーーーーッ


( ^ω{{{


(´゚ω゚`)「き、消えた……どこだ!?」


(#゚;;-゚)(あ、あれは……)


( ^ω^)「ここだお」


(´゚ω゚`)「な、上だと!」


890 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:04:29 zqeC4.oAO
 ノ⌒⌒ヽ 
ノ ^ω^)
ヽ   ノ ビシッビシッビシッ
 ゙〜〜″ 
  \\\\
   \\\\
    \\\\
     (#´゚ω゚`):
     :ノづ と):
    :ん人__〉:
     :し(_):
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


(´゚ω゚`)「ぐあっ!」


(゚A゚* )「な、なんやあの速さ……見えへん……まるで雲から風が吹いてるようや」


891 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:05:25 zqeC4.oAO
(#゚;;-゚)(速きこと風立ちぬが如し……)


(;´・ω・`)/〃「くっ!!くそっ!」ブンブンッ


( ^ω^)「遅いお」


シュン


(;´・ω・`)(なんだ……こいつ!!以前よりもスピードが増している……!)


(´・ω・`)(だが!)


(´^ω^`)「なぁブーン!父さんな!お前に謝ろうと思うんだ!!」


( ^ω^)「……!」


(´・ω・`)「すまなかったぁ!!この通りだぁ!」


(´・ω・`)(何をしたのか知らんが、メンタルまでは鍛えられていないはず!)


( ^ω^)「……」


(´・ω・`)(油断したところを一撃で貫いて──)


(´゚ω゚`)(!!)


892 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:06:09 zqeC4.oAO

   彡ミミ
   彡ミ彡ミ ウオオオ
  彡ミ彡ミミ
  彡ミ彡ミ彡ミ
   |-ω-||シュワー
  /|ハ|ハ|ハ|ミ、
  ミソ||ハ|ハ|| ミ、
 巛〈ハハtoハ〉u》
   |√ヽ/
   ミミ ミミ
   爪 爪


(;´゚ω゚`)(な、なんて落ち着きだ……!!まったく動揺をしていない!)


(#゚;;-゚)(静かなること照葉樹林文化論や縄文中期農耕起源説の如し……)


(´・ω・`)(歴史を感じる……いったい何を──)


893 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:06:20 rcDf42XE0
絵面www


894 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:07:00 zqeC4.oAO
(´゚ω゚`)ハッ

        /⌒ヽ
   r(^ω^) 人 |ボゥ...
  _/| | ̄i⌒i 炎
  (_| |、_| |彡ミ彡
___c炎っ(_)___
  彡ミ彡


ガーッ


(´゚ω゚`)「あれは……炎?」


(゚A゚* )「すごい、なんか知らんけどブーンさんの両手に火ぃついとる!」


( ^^ω)(か、かっけぇ……!)


895 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:07:41 zqeC4.oAO

(´゚ω゚`)「フン、そんな子供騙しで俺のエクスカリバーに勝てると思って──」


( ^ω^)「うるさいお」



ガーーーッ!!   \ | / /
 ( ^ω^)ゞ⌒ヾ∠
  (_ ̄つ⊃ ( 炎 =-
 / />" >  //_く ̄
(_ノ (__)  /∨N\
━━━━━━━━━━


896 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:08:35 zqeC4.oAO
ガァァァァーーーーッ!!

___-ニ ̄ヽ(゚ω゚`)ア...
    炎 ) (  )
 ̄ ̄--=_ノ | | |
       (_)_)
━━━━━━━━━━


ノミ彡)
(´゚ω゚`)アツアツィィィ!!!
)⌒ミ彡)
)彡ノ彡
ヾ人ヽノ
 し(_)


897 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:09:33 zqeC4.oAO
:::´ ω `)「ぐあぁっ!!バカな、炎を飛ばしただと!?なんという熱さだ……体が……溶ける……!!」


(#゚;;-゚)(攻めること、火が垂れる蛍の如し……)


∩´゚ω゚`)「ふ、ふざけるなよぉお!!ブーン!!」


≡(´゚ω゚`)⊃/「俺のエクスカリバー、フルボッキをくらええぇぇええ!!」


( ゜゜ω)「あ、危ない!!」


(゚A゚* )「ブーンさん、はよ避けやな!!」


(#゚;;-゚)(いや……あれは)


898 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:10:23 zqeC4.oAO




 \ポキッ
 /〃 /山ヽ
/  / ^ω^ヽ
 _ノ ヽ ノ \_
`/ `/ ⌒Y⌒ Y ヽ
(  (三ヽ人  /  |
| ノ⌒\  ̄ ̄ヽ  ノ ドンッ!!
ヽ___>、___/
   |( 山 ノ〈
   /ミ`ー―彡ヽ
  / ヽ_/  |
  |  /  ノノ


899 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:11:30 zqeC4.oAO
(´;ω;`)「ぐああぁっ!!かたすぎぃいいい!!折れたぁああ」


( ^^ω)「す、すごい!ショボンのチンコを弾くどころか!」


(゚A゚* )「折ったで!?肥満とは思えん、鉄壁の筋肉や!?」


(#゚;;-゚)(動かざること、武士(もののふ)の山が如し……)


( ‐ω‐)「どうだお、父さん、いやショボン……これが、これがあんたのチンコに犠牲になった僕の師匠がくれた技……」



(#゚;;-゚)(あのジブリ大好きな犬神の持つ、四つの攻防一体神技──)



( ^ω^)「風林火山──だお」


900 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:12:33 zqeC4.oAO
(´ ω `)「ぐふっ……ふ、ふふふっ……」


(゚A゚* )「ま、まだ息があるんか!?」


( ^ω^)「おっ……」


(´・ω・`)「強く……なったな……ブーン……」


( ^ω^)「……」


(´・ω・`)「父さんな……いや、もう父とも呼べないだろうが……最後に……聞いてくれるか」


( ^ω^)「……」


(´-ω-`)「俺はな……本当はこんなことしたくなかったんだよ……ただ、ただ息子であるお前のために……やったんだ……」


( ^ω^)「おっ……?」


901 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:13:40 zqeC4.oAO
(´・ω・`)「女を襲うのも、こうして変態のフリをするのも……すべては……学校での地位をあげて……お前に見せられる背中として……大人として頑張るためさ……」


( ^ω^)「……」


(´;ω;`)「本当に、本当にすまなかったな……ブーン……最後のお願いだ……もっと、近くに来てくれ」


( ^ω^)「……」


ザッザッ( ^ω^)


(゚A゚* )「ブーンさん!危ないで!うそかもしれん!」


( ^^ω)「そうですよ!危険です!」


ザッザッ( ^ω^)


(´・ω・`)「ああ、ありがとう……ブーン……これで……安らかに……」


(´゚ω゚`)「死ねっ!!!」


902 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:14:29 zqeC4.oAO

    /⌒ヽ
   ( 人)
    |す|
(´゚ω゚|み|
./  `|ま|
( )゚ ゚|⊂川
.\ヽ川つ⊂川
  \川つせ|
 (  |ん|、
  | ○ ○ \

ビューンッ!!


903 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:15:32 zqeC4.oAO


ガチィン!!


( ゜゜ω)「あっ!?」


(゚A゚* )「ショボンのチンコが急激に伸びた!?」


(;#゚;;-゚)「突きか……!!」


(´゚ω゚`)「ふははははは!!残念だったな、ブーン!!最後の最後で油断して!!」


(´゚ω゚`)「もう一押しで俺を倒せたのに、バカな奴だ!!はっ!心臓を一突きにしてやった!!」


(´・ω・`)「ははは!!……ん、ガチィン?」


( ^ω^)「……」


(゚A゚* )(あ、余裕やった)


( ^^ω)(つえぇ!)


(#゚;;-゚)(……ん、あれは……?)


904 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:16:31 zqeC4.oAO
(´・ω・`)「あれ、なんで?なんでお前大丈夫なの?ねぇ、なんで、コインでも胸ポケに入ってたの?」


( ^ω^)っq カポッ「違うお、これは師匠から受け取った──」


(゚A゚* )「ブーンさん!」


( ^^ω)「血まみれの兄さん!」


(#゚;;-゚)(あのグローブ……確か、犬神の……)


(´・ω・`)「あ、なに?グローブなんかはめちゃって。あ、それで防げたの。へぇ、映画みたいだね」


p( ^ω^)q「お守りだお」


905 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:17:46 zqeC4.oAO
(^A^* )「いっけぇ!!」


( ^^ω)「ぶん殴れぇ!!」


(#゚;;-゚)(そうか……あいつなら……ドクオも……)


(´^ω^`)「あ、振りかぶっちゃう?その拳、ゆっくりと下ろさない?」



(´^ω^`)「かたーくにぎりしめたこぶしをー、振り下ろさずに♪ってポルノグラフィティも言って――ねぇ、ちょっとま」



      .゚:。。:.
    :゚  _∩゚:・
   . ゚:⊂/  ノ )
     /  γ
  .・  し⌒J
   ゚。:
     
 (‐ω∩
 ο  ノ
O_  ノ
  '(ノ

バゴォオオオオオオオ!!


906 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:19:00 zqeC4.oAO
(´。ω。`)「顔を──狙えば……良かった……」


(´。ω。`)ピクピクッ


≡( *゚A゚)「ブーンさん!!」


≡( ^^ω)「血まみれの兄さん!!」


≡(#゚;;-゚)「ぽっちゃりくん!!」


( ^ω^)「はなっから信用してないお。どうせ急所を狙ってくると思ったから、お守りで胸ポケットに入れといたんだお」


( ^ω^)(顔狙われてたらやばかったけどね!)


(^A^* )「無事やったんかぁ!!よかったぁ!」


907 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:19:58 zqeC4.oAO
( ^ω^)「お、のーちゃん。心配かけたおね、悪かったお」


( ^^ω)「助かりました!えっと……ブーンさんでしたよね!」


( ^ω^)「おっ、門番の少年。僕はブーン、内藤ブーンだお。さっきの啖呵、かっこよかったお」


(; ^^ω)「え、あ、いやぁ……俺はブーンさんみたいに強くないっすから、かっこ悪かったっすよ」


(#^;;-^)「そんなことないさね……あんたはよく頑張ったよ」


(* ^^ω)「そ、そうかなぁ……」


( ^ω^)「そうだお!っとこうしちゃ居られないお。僕は行くお、あいつの元に」


(゚A゚* )「行くって……ティンダロスのところにか?」


( ^^ω)「ブーンさん……」


908 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:20:58 zqeC4.oAO
( ^ω^)「そうだお。正直、これだけ強くなっても……まだ確実に勝てるか、わからないお、でも」


(#゚;;-゚)「ちょっと待ちなよ、あんたは勝てるさ」


( ^ω^)「おっ?そういえば、グラウンドに居た……」


(#゚;;-゚)「私はでぃ、ゲスの神さ。よろしくね」


(゚A゚* )(あ、ほんまに神様やったんか。自傷癖のあるメンヘラと違ったんや)


( ^^ω)(あー、通りで人を消すわけだ)


p( ^ω^)q「お!あんた神様かお!じゃあこれのことも知ってるお!?」


(#゚;;-゚)「ああ、そいつは犬神の持ってる神具だね」


( ^ω^)「神具?お守りじゃないのかお?」


(#゚;;-゚)「そうさね、そのグローブは天界物で保管されている神具。名は──」


909 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:21:58 zqeC4.oAO
〜〜〜

天界

天界物保管庫


カタカタカタカタ


|TENGA━◎┥「セキュリティレベル6解除」


(神^ω^)「ふぅ……ようやくか。あと四つ……これでアカシックレコードを使えば天牙も満たせるはず」


(神-ω-)「……今頃、皆、犬神の家で和気藹々しているのだろうな……」


(神^ω^)「いや、奴らのことだ。どうせときめも2をしているに違いない」


(神^ω^)「ブーンもやるんだろうか……あいつは誰を攻略するんだろう」


(神^ω^)「麻生先生か?いや、意外と茜っぽいかもしれんが……」


(神-ω-)「……はぁ、世界が平和なら、私も混ざりたいのだがな……」


910 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:22:55 zqeC4.oAO
ウィーン


( ‘∀‘)「創作の神」


(神;^ω^)「ガナー!?どうしてこんなところに!?」


(神*^ω^)「ま、まさか私もときめも2パーティーに招待してくれ──」


( ‘∀‘)「はっ?なにを言っているのです。やはりキモオタですね」


(神゚ω゚)「うるさい!!早く皆のところに連れて行け!!八重さんを攻略するんだ!!」


( ‘∀‘)「皆、下界に降りましたよ」


(神^ω^)「ぬっ?まさか、ファンディスクを買いに」


( ‘∀‘)「ティンダロスを倒すために」


(神^ω^)「……」


911 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:23:54 zqeC4.oAO
( ‘∀‘)「犬神も、でぃも……その力を失った今、彼らは一つになっています」


( ‘∀‘)「クズの国と……平和を守るために、戦っています」


(神^ω^)「い、犬神までもが……くっ!急がなければ!」


カタカタカタカタッ!


( ‘∀‘)「創作の神、私も現世に赴きます。それを伝えにここまで来ました」


(神^ω^)「なっ、お前までも……!」


( ’∀’)「私は偉い神。偉いのだから、えらいことをしないといけない」


( ‘∀‘)「ただ、もし……万が一にも、我々が全滅してしまったら」


( ‘∀‘)「その時は……創作の神。天牙を捨て、あなただけでも逃げ──」


(神^ω^)「ガナー。今は、そんなことを考えるな」


912 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:25:52 zqeC4.oAO
( ‘∀‘)「……」


(神-ω-)「確かに、不十分な起動で天牙を使ってしまえば、使用者の存在は消える」


(神^ω^)「だが、元より承知の上。何度も言わせるな、私の存在は」


(神^ω^)「創作物の、ひいてはクリエイターのためにある」


( ‘∀‘)「創作の神……」


(神^ω^)「必ず、間に合わせる。だから」


(神^ω^)「帰ってきたら、皆でときめも2をしよう」


( ‘∀‘)「……わかりました、キモオタ」


(神∩ω∩)「グスッ……フン、さっさと行ってくるがいい」


( ‘∀‘)「はい。それでは……」


タッタッタ≡( ‘∀‘)


913 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:26:34 zqeC4.oAO
|TENGA━◎┥「――セキリュティレベル7解除」


(神∩ω^)「……」


(神^ω^)「やらねばな」


カタカタカタカタッ


ターンッ!


914 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:28:34 zqeC4.oAO
〜〜〜




(#゚;;-゚)「……というわけさ」


( ^ω^)「おっ!なるほど……確かにそれなら勝てるかもしれないお」


(゚A゚* )「まさかそんな武器とは思えへんなぁ、ただのグローブやのに」


( ^^ω)「でも、でぃさんの話が本当ならいけますよ」


( ^ω^)「おん!神様は嘘つかないお!さっきだって、ガナーさんと約束したし!」


(#゚;;-゚)「約束?なんだい、それ」


( ^ω^)「元々はお師さんの犬神さんに聞いたんだけどお。死んだ人を生き返らせるんだお!」


(#゚;;-゚)「……は?」


915 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:29:38 zqeC4.oAO
(* ^ω^)「生首だったツンデレは消えちゃったから、生き返してもらうんだお!みんなできるって言ってたお!」


(#゚;;-゚)「はぁ?できるわけないじゃん」


(* ^ω^)


( ^ω^)


(#゚;;-゚)「死んだ人間なんて生き返るわけないでしょ、馬鹿なの?」


( ^ω^)「……じ、じゃあお師さんが言った、言葉は……」


(#^;;-^)「嘘も嘘、でたらめさね。あいつまぎらわしい嘘つくから」


( ^ω^)


( ^ω^)


(#゚;;-゚)(あ、これまずったか……?)



( ^ω^)「神技・解⊂(;#゚;;-゚)「まてまてまて」


916 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:30:46 zqeC4.oAO
( `ω´)「決めたお、天界潰すお。手始めにあんたから──」


(#゚;;-゚)「まぁ待ちんしゃい。あんたの言ってる、その生首ならなんとかなるよ」


( ^ω^)「えっ……ほ、ホントかお!?嘘じゃないおね!?」


(#゚;;-゚)「ああ。消えたってことは多分、冥界にいるんだろ。ならさっきのショボンみたいに連れ出せばいい」


(#^;;-^)「私はゲスの神。冥界とも繋がりがあるからさ。安心しなよ」


(#^;;-^)(もともと消したの私だろうしなぁ、あんまり覚えてないけど)


917 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:31:39 zqeC4.oAO
( ^ω^)「おおっ!!なんか説得力あるお!今度こそ嘘じゃないおね!!」


(#゚;;-゚)「しつこいね。大丈夫さ、必ず生き返すよ」


(#゚;;-゚)(嘘だけど)


(* ^ω^)「やったお!ありがとお、でぃさん!」


(#゚;;-゚)「さて……あんたたちのおかげで多少、体力も回復した。おそらく今、天界から援軍が来てるはずだから私は戻るけど……どうする?」


(゚A゚* )「ウチはブーンさんについてくわ。一番安全やと思う」


( ^^ω)「俺は門番のバイトに戻ります。途中だから」


( ^ω^)「おっ、それじゃあみんなクズバカリキャッスルに戻るのかお」


918 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:32:23 zqeC4.oAO
(#゚;;-゚)「ああ。ドクオ……ティンダロスの最後ってのも見届けたいしね」


(゚A゚* )「いくでいくで!文句言うたる!」


( ^ω^)「よし、じゃあみんな行くお!」


( ^^ω)「おー!」(゚A゚* )


919 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:33:28 zqeC4.oAO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

王の間


('A`)(……)


('A`)(何をてこずっている……凡庸な)


(゚、゚トソン「王、報告します。フィレンクト隊は全滅、対峙した神と思わしき三名は気絶中」


(゚、゚トソン「軍師斉藤は何者かにより、気絶。ショボンは山に向かったようです」


('A`)「トーチャンは?」


(゚、゚トソン「女体十三私兵団ランクトゥエルブの素直クルゥに追走され、現在城内を逃げ回っています」


('A`)「その女体十三私兵団は何をしているのです」


(゚、゚トソン「ショボン不在のため、ハインを筆頭に準備を進めておりますが……コイバナしながらお菓子を食べているため、進捗はよろしくないかと」


('A`)「スイーツが……」


920 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:34:37 zqeC4.oAO
(゚、゚トソン「つまり……四天王のうち、すぐに行動できるものは私だけとなりました。各隊の指揮をとる隊長もいません」


('A`)「……」


(゚、゚トソン「戦況は逼迫、もしこのままの状況が続けば我が国は壊滅……いかがなさいましょう、王」


('A`)「構いませんよ、捨て置きなさい」


(゚、゚トソン「は?」


('A`)「所詮、どの兵も僕にとっては駒でしかない。やられるならそれまで」


(゚、゚トソン「……」


('A`)「最終的には僕だけ生き残ればいいのです。違いますか?」


(-、-トソン「……はい」


('A`)「よろしい。では、しゃぶってください」


(゚、゚トソン「はっ……」


921 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:36:10 zqeC4.oAO
<_プー゚)フ「その必要はないですぜ、トソン」


('A`)「ん?」


(゚、゚;トソン「えっ……その声は……!?」


<_プー゚)フ「久しぶりでさぁ、元気にしてやしたか」


(゚、゚;トソン「エクスト……!?ど、どうして……!!」


<_プー゚)フ「死んでから神になりやしてね。こうして馳せ参じやしたわけです」


('A`)「お知り合いですか?」


(゚、゚;トソン「……」


<_プー゚)フ「トソン、あんたがしゃぶるチンコは、そんなクズの粗チンじゃねぇだろう」


(゚、゚トソン「!」


<_プー゚)フ「あんたを助けてくれた、短小包茎のクズな校長のじゃないですかい?」


(-、-;トソン「……」


922 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:37:25 zqeC4.oAO
('A`)「無駄ですよ」


<_プ―゚)フ「ちっ……」


('A`)「彼女には洗脳を施してある。絶対服従の洗脳をね」


<_プー゚)フ「あんたがティンダロスでさぁ?」


('A`)「いかにも。クズの王とは僕のことです。して、用件は?」


<_プー゚)フ「簡単だ。いますぐ投降してくだせぇ、そうすれば命までは」


('∀`)「投降?ふ、フハハハハハ!!」


<_プー゚)フ「な、なにがおかしいんでぇ!」


923 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:38:41 zqeC4.oAO
('A`)「一人で来てその発言……笑うしかないでしょう?」


<_プー゚)フ「……」


('A`)「僕の力を知らないで来たとしか思えませんね……いいでしょう、なら直々にその身に──」


<_フー )フ「誰が、一人で来たなんていいやした?」


('A`)「なに?」


<_プー゚)フ「あっし、戦闘能力は皆無だが、戦局は読める男。一人であんたに勝とうなんて思ってもねぇ」


('A`)「……」


<_プー゚)フ「デコボコトリオで奇襲、混乱に乗じて王が孤立している所を討つ……」


<_プー゚)フ「オペレーション、ロクデナシ。その最後を飾るのはこの方でさぁ」


('A`)「ほう……面白い作戦名ですね」


<_プー゚)フ「そいつぁ、どうも。さぁ、出番でさぁ。天界の最高顧問──」


924 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:43:08 zqeC4.oAO
<_プヮ゚)フ「偉い神!ガナー大将!」


‖‖‘∀‖)シュン!


( 'A`)「っ!」


( ‘∀‘)「お初に、お目にかかりますね。クズの王」


('A`)「大将……ということは、あなたが天界で最も権力を持つ神ですか?」


( ‘∀‘)「はい。私は偉い神、ガナー。天界で最も権力を持つ神です」


('A`)「なるほど……つまりは、王対王……というわけですか」


( ‘∀‘)「ええ」


<_プー゚)フ(ここに来る前に、神々通信で受信した……現世に来るという大将の連絡)


<_プー゚)フ(加えて、さっき見た、グラウンドでの戦い……普段ふざけてる先輩方の、能力……)


<_;プー゚)フ(ジャストタイミング。おそらく、大将も先輩方以上に、とんでもない力を持っているはず!)


<_プー゚)フ(……たのんますぜ)


925 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:43:49 zqeC4.oAO
('A`)「どうしました?こないのですか」



( ‘∀‘)「降伏するつもりは毛頭ない、と……仕方ありませんね」



( ‘∀‘)「神技・解放」


926 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:44:33 zqeC4.oAO

\||||||||/
   oooooooo
   8888888888
  88  б  88
 (⌒ ⌒  ⌒ ⌒)
  ∪  ̄ ⊥  ̄ ∪
  ゞ  ー  ノ
  (‖‘∀’‖)
  / ゞ⊆⊇ノ \
 (_∪-=皿=-∪_)
    ̄ し`J ̄
/||||||||\

  パアアアアアアァァァァァ


927 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:45:43 zqeC4.oAO
('A`)「!」


(゚、゚;トソン「キャッ!な、なんなの……!」


<_フー‐)フ「つっ!なんてぇ、後光だ……!!前が見えない!!」


‖‘∀’‖「私は偉い神。偉いです。そう、人間が本来、神に逆らえないという普遍の理」


‖‘∀’‖「全ての宗教も、全ての思想も、私の前には無力」


('A`)「……」


‖‘∀’‖「泣いて崇めなさい。私はえら──」


( 'A`)≡⊃バゴォッ


‖≡⊃)∀’‖「ぐえぇっ!!」


928 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:47:21 zqeC4.oAO
(゚、゚トソン「えっ」


<_プー゚)フ「あっ」


( 'A`)「だから、なんですか?」


‖#∀’‖「い、痛い……な、なにをするのです!私は偉いんですよ!?偉いから、強い──」


アシ ガンガン―┛≡―┛)∀’‖「ぐあぁっ!!」


('A`)「偉いから強い?ハッ、バカなことを言う」


ガンガン≡―┛)∀’‖「あうっあうぅ!!」


('A`)「光を出すだけの存在を崇める?虫じゃないんですよ、馬鹿にしないでください」


ガンガン≡―┛)∀’‖「ひぎぃ!」


('A`)「そんなこと懐中電灯を持った子供でもできますよ、なんならハゲだってできる」


ガンガン≡―┛)∀’‖「や、やめて……」


(-A-)「はぁ……誤解しているようですから……ひとつ、教えておきましょう」


#)∀’‖「えっ……」


929 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:48:22 zqeC4.oAO


('A`)「偉い奴が強いんじゃねぇ、強い奴が偉いんだ」


#)∀(⊂≡‖「ぐはっ!!」


#)∀(# バタン


<_プー゚)フ「た、大将!!」


('A`)「つまらない……この程度で天界の長?聞いて呆れる」


<_プー゚)フ「く、くそっ!どうすれば……」


('A`)「どうすればいいのか、ですか。簡単ですよ」


('∀`)「死ね」


930 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:49:20 zqeC4.oAO
バンッ


≡( ・∀・)「助けてー!」


≡川 ゚ 々゚)ニニフ「待ってよー」


('A`)「あ、トーチャン」


<_プー゚)フ「ちゃ、チャンスでさぁ!誰か知らないが助け……ってあんたは生前あっしを刺した──」


川 ゚ 々゚)ニニフ「どいて!!」


川 ゚ 々゚)≡ニニフサクッ<_プー゚)フ


<_フー )フ「そりゃ……ねぇ……よ」


バタッ


(゚、゚;トソン「え、エクスト!」


931 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:50:24 zqeC4.oAO
( ・∀・)「ひぃいいい!!ドクオ!たちけて!!」


コワイヨー(;;・∀('A`)「何をしているのですか、あなた達は」


川 ゚ 々゚)ニニフ「伊差坂くんどいて!そいつ殺せない!」


( ・∀・)「ひぃいいい!!」


(-A-)「……はぁ」


スッ..( 'A`)川 ゚ 々゚)ニニフ


   ∩〃
クビ トンッ ⊃川 ゚ 々゚)ニニフ


〃ニニフ カラン カラン


川  々 )「あ……」


932 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:51:40 zqeC4.oAO
('A`)「全く……クーさんの妹じゃなかったら殺してますよ、ホント」


( ・∀・)「へ、へへへ!ざまあみろ!ブス、ブース!!ウンコウーメーン!」


川* 々 )「も、モララー君……そうやって、罵倒する声もす、き……」


バタッ


('A`)「さて……天界の長も始末しましたし、あとは残党処理か」


( ・∀・)「さすがドクオ!俺の息子だ!」


('A` )「とはいえその前に」


(゚、゚トソン「エクスト!しっかりして!」


<_フー )フ「ト、ソン……ハハ、あっしはもう、ダメでさぁ……」


<_フー )フ「最後に……せっかく、現世に来たんだから……」


(゚、゚;トソン「エクスト!」


<_フー )フ「あの……クズ校長に、中指でも……立てたか……」


バタッ


(;、;トソン「エクストォオオオオ!!!」


933 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:52:41 zqeC4.oAO
('A`)「洗脳をかけなおしますか」


(;、;トソン「うっ、ううう……!」


('A`)「トソン・トットソン」


(゚、;トソン「っ!」


('A`)「しゃぶりなさい」


( ・∀・)(いいなぁ)


( 、 トソン「……いや……」


('A`)「……いいでしょう。四天王もまた増やさなければいけない。伴って、現四天王である、あなたの待遇をもっと良くしてあげます」


('∀`)「命をとることはおろか、高級な服に、豪勢な食事。カリスマ美容師だって呼んであげますよ」


('∀`)「さぁ、しゃぶりなさい」


934 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:53:36 zqeC4.oAO
( 、 トソン「いや!私は……!私は……」


(-、-トソン「しまむらの服を着せてくれて、まずいご飯を一杯食べさせてくれて、専属の美容師とかいうけど実際は自分がやりたいだけだった──」


(゚、゚トソン「セントジョーンズ校長のじゃなきゃ、いや!!」


(゚A゚)「しゃぶれ!!!」


(゚、゚;トソン「きゃぁぁぁっ!!」


935 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:54:59 zqeC4.oAO
バンッ


( ^ω^)ザッ


('A`)「……」


( ^ω^)「相変わらず、クズだおね」


(゚、゚トソン「だ、誰……?」


( A )「フッ……フハハハハ……」


( ・∀・)「あれは、警察の人!ドクオ、どうするんだ」


('A`)「心配無用。一度負けて性懲りもなくまた来るとは……」


( ^ω^)「おっ、また来たお。ちょっと用事があって」


('A`)「用事ですか?なんの用です、負け犬」


(∩・∀・)∩「やーいやーい、負け犬ぅ!」


936 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:57:12 zqeC4.oAO
( ^ω^)「おん。なんのことはないんだお」


('A`)「もしかして、僕の手下になりたいんですか。ふふっ、今ならちょうど四天王の座も空いています。まぁ、お前なら……靴磨き程度には役に立ちますかね」


( ^ω^)「ああ、違うお。そういうのじゃなくて」


('A`)「……まさかとは思いますが、僕を殺しにきたんですか」


( ^ω^)「それとも違うお」


(∩・∀・)∩「ばーか!ばーか!ドクオに物理が効くとおもってんのかデブ!」


( 'A`)「黙ってろ」


( ・∀・)「はい」


937 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:57:53 zqeC4.oAO
( ^ω^)「……」


('A`)「じゃあなんだ。お前も知っているだろう。トーチャンが言ったとおり、物理攻撃は僕には効かない」


 _/|/(_/(_
 >  >>1  <
/  / ̄ ̄二二ヾ=-
7  |ヽ/ ヽ\三_
/ ヘ/ ミ人_/ ̄
レ (6  )_/ ノ
| 人_  )_Lノ)\ __
レ| \ ノヽ__ソ_/=-
 Vレ个ー――イ
   /\___/\_
  /\__/ \/ \

バゴオオオオオオオオオオオン!!!!


938 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 13:59:11 zqeC4.oAO
( ・∀・)「えっ、効いた」

(-、゚;トソン「キャッ!……ぶっ飛んだ……!?あの、ティンダロスが……!?」

(; A゚)≡≡≡(な──)


ズザァァァッッ!!!!


( ^ω^)「ケンカしに来たんだお、クズ野郎」


(゚A゚* )「ウチは文句言いに来たで!クズ!学校元に、もどさんかぁい!」


(;゚A`)「はぁ……はぁ……な、なぜだ……!霊体化状態の僕に……なぜっ!?」


(#゚;;-゚)「簡単なことさね」


(;'A`)「げ、ゲス子……!!」


(#゚;;-゚)「現世より伝わりし、雫の加護を纏ったこの武器があれば」


(#゚;;-゚)「霊体化なんざ、あってないようなもんさ」


(;'A`)「な、なんだと……!そんな、ふざけた武器が……!?」


( ‐ω‐)「お師さんがくれた、僕のお守り──」



p( ^ω^)q「聖拳・ファブリーズだお」



前半戦おわり


939 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 14:00:45 zqeC4.oAO
※業務連絡

>>937の額は消し忘れ
なぜ私が殴られなければならない

続きは夜かな

※業務連絡終わり


940 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 14:07:37 qaP/4MjE0
乙!続きが楽しみです


941 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 14:09:44 Hg7nzXMo0
おつ
ファブリーズは心強いな


942 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 14:32:27 PL7czlxg0
幽霊にファブリーズが効くなんて超序盤に出て皆忘れてるような設定が今ここに


943 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 15:22:08 rcDf42XE0
ファブリーズかけたらどうなるんだろうって思っててモヤモヤしてたんだがここでかよww


944 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 15:59:47 bZldGeqM0

ファブリーズは伏線だったのか


945 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 16:21:30 .fMjO4RUO
乙。盛り上がってきたな!


947 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 16:51:29 RKVN5V6A0
定休日以外はいつも神技・解放! >>1先生の作品が読めるのは創作板だけ!! ってか……!


948 : 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 19:07:33 2anfnjV60
ファブリーズなら勝てるな


949 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 00:20:12 gMB/CUxU0
乙!
>>1が殴られてて笑った


950 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 01:49:30 fATr8PiM0
>>949
ドクオの魔法の筒(マジックシリンダー)か


951 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 13:52:11 hZ3SYm9c0
ファブリーズがまた出てくるとは誰が予想したか



952 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 14:12:27 hqYQswO20
一見カオスに見えてキチンと伏線撒いてるのが堪らない


953 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 14:53:56 mSHb30ps0
字面だけ見ればファフニールみたいなファブリーズ


954 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:44:53 7hV0UvFQO
〜〜〜

無限空間


川 ^ヮ^)「たのしぃいい!!隠し要素つくるの楽しいぃいい!!!」

川 ゚ -゚)「まず二週目における隠しボスやアイテムはもちろんのこと!」

川 ゚ -゚)「強くてニューゲームももちろん搭載!」

川 ゚ -゚)「さらに、コナミコマンドならぬクーコマンドも実装!」

川 ゚ー゚)「至る所でコマンドを入力すれば反応するぞ!」

川 ゚ -゚)「しかも隠しイベントだって充実した!」

川 ゚ -゚)「ライブアライブやゼノギアスを超えるボリュームだ!」


955 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:45:39 7hV0UvFQO
川 ゚ -゚)「それに隠しキャラだってたくさんいるぞ!」

川 ゚ -゚)「もちろん裏技も一杯!」

川 ゚ ー゚)「しかも、データ解析しないとわからない丸秘情報まで入れてしまった!」

川 ゚ー゚)「えりかさとるのように、ちょっとブラックなネタを仕込んだんだ!」

川 ゚ -゚)「さらにさらに!二週目を終えると今度はパロディストーリーが始まる!」

川 ゚ -゚)「あの.hackを彷彿とさせるカオスなストーリーだ!」


956 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:46:31 7hV0UvFQO
川 ゚ -゚)「私も葛秤高校なんていうふざけた学校に通っているが」

川 ゚ -゚)「このパロディはそれ以上にふざけてる!」

川 ゚ー゚)「それと同等、あるいはそれ以上のパロディ要素にプレイヤーは爆笑するに違いない!!」


川 ゚ヮ゚)「ブハハハハ!!楽しい!!私天才!!」


川 ゚ -゚)「はぁはぁ」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「ついに……完成、か」

川 ゚ -゚)「後は……テストプレイだ。デバッグしないとな」

カタカタカタカタ


957 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:47:24 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

王の間


(;゚A`)「ふ、ふざけるな……!ふざけるなよ!内藤!」


(;゚A゚)「僕が……僕がお前なんかに負けるわけが──」


( ^ω^)「神技・解放」


ビューッ


(゚A゚)「なっ……速」


(#゚A゚#)「ぐあああああ!!」


958 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:48:22 7hV0UvFQO
(# A #)「くそっ!くそっ!!」


シュワー


( A )(こんな……こんなバカなことがあるか!)


ドドン


( A )(クズの王である僕が……!こんなちっぽけな正義感を振りかざす偽善者に)


ガーッ


('A`)(負けて)


ドンッ


(゚A゚)(たまるか!)


959 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:49:23 7hV0UvFQO
ドゴォオオ!


( ^ω^)「終わりだお」


(メメ A )「あ……ぐ……!」


( ^ω^)「もうやめるんだお、ティンダロス。お前の負けだお」


(メメ A゚)「ま、まだだ……!トーチャン!」


( ・∀・)「……ん?」


(メメ A )「僕は一旦逃げる!体勢を立て直すから、時間稼ぎを」


(メメ゚A(#⊂≡(・∀・ )「ぐあっ!?」


( ・∀・)「黙れ!バカ息子!ブーン君になんてことを言うんだ!」


960 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:50:26 7hV0UvFQO
(メメ A )「そ、そんな……!トーチャン……!?」


(#゚;;-゚)「あれ、あんたティンダロスの味方じゃ……」


( ・∀・)「ドクオ、黙ってて悪かったな。俺は秘密警察。ブーン君の仲間なのさ」


(゚A゚* )(こいつ、ただ単に強い方につきたいだけやろ)


( ^ω^)「あ、そういえばICPOだかFBIだったおね!お疲れ様ですお!」


( ・∀・)「ああ。よくやった、ブーン君。まぁ、まだまだ詰めが甘いところもあるが、及第点だ」


( ^ω^)ゞケイレイ「おっ!精進しますお!」


( ・∀・)「ハハハハハ」


961 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:51:26 7hV0UvFQO
(メメ A )「……く、くそっ!くそくそくそ!こうなったら、僕だけでも逃げ」


―――(メメ A )―――ドクン


(メメ  )「うっ……」


    ぅ゙ぉぇぇぇ
     
〃 (|i´r`)
 / つ ィ;゚;δ゚,
⊂こ_)_);:゚(’e’);:゚。
    ,;;。:;゚。o,
ビチョビチョ

__:.∫._
\@@@∫/
∴∫__∫,.∫
∫∫∫∫∫∫∫

グチャァァ


962 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:52:10 7hV0UvFQO
( ・∀・)「うわっ!嘔吐しやがった!」


(゚A゚* )「なんや!?ラーメンが出てきたで!?」


( ^ω^)「汚いお!」


(゚、゚トソン「あ、校長!?ゲロまみれです!」


(’e’)「よう、トソン。久しぶりだな」


963 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:52:59 fATr8PiM0
モララー下衆過ぎワロタ


964 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:53:15 7hV0UvFQO
(゚、゚トソン「ど、どうして彼の口から……」


(’e’)「ん、多分そこの兄ちゃんが攻撃を当てまくったから、消化し切れなかったもんが吐き出された」


(’e’)「だから俺も戻ってこれたんだろうよ」


(゚、゚*トソン「校長……!」


(’e’)「ふっ……しゃぶってくれるか」


(゚、゚トソン「はいっ!」


チュパチュビュッ


965 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:54:19 7hV0UvFQO
(メメ Д )「はぁ……はぁ……」


( ^ω^)「もう終わりだおね。感じるお。お前に残っている力はもう無いって。全部吐いたって」


(メメ A )「……」


( ・∀・)「おい、ブーン君がおっしゃってるぞ。なんとか言ったらどうなんだ、ええ?」


(メメ A )「……」


(’e’)「よせ、モララー」


( ・∀・)「セント……しかし」


(’e’)「今のあいつには何を言っても聞かんだろうよ。殻に閉じこもりやがった」


( ・∀・)「殻?」


966 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:55:16 7hV0UvFQO
(’e’)「ああ。あいつに吸収されて、わかったんだがな」


(’e’)「ティンダロスは筋金入りのコミュ症だ。自分が優位なら調子に乗るが、不利なら黙って固まる」


(’e’)「言葉や行動で何も示さない。それこそが、あいつの本能的意思表示みたいだ」


(#゚;;-゚)「なんだい。結局、ただの無能かい」


(゚A゚* )「なんや、なんか文句言うの、かわいそうかなぁ」


( ^ω^)「……」


( ・∀・)「じゃあ、もう害は……」


(‐e‐)「ねぇだろうよ」


967 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:56:26 7hV0UvFQO
(メメ A )(動け)


(メメ A )(動け、動け、動け!動け、動いてよ!今動かなきゃ、何にもならないんだ!)


(メメ A )(動け、動け、動け!動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動いてよ!)


(メメ A )(今動かなきゃ、今やらなきゃ、死んじゃうんだ!クーさんに会わずに死ぬのは嫌なんだよ!)


(メメ A )(だから、動いてよ!)


( ・∀・)「やった!これで世界は──」


  (゜ A゜ )アオオオオオオオオオオオン


968 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:57:16 7hV0UvFQO
(゚A゚* )「ティンダロス、再起動……!?」


(#゚;;-゚)「すごい……」


★⌒★⊂(’e’)「まさか……」スチャ


(★e★)「信じられん、ティンダロスのクズ力が測定でき──」パリィン


(※e※)「うわぁ〜〜〜目がぁ」


‖ ∀ ‖(゜ A゜ )≡サッ


(;#゚;;-゚)「あっ、ガナーが!?」


( ‘∀:::(゜ A゜ )ハムッ ガツガツ ハフッ


(;#゚;;-゚)「神を……食ってる……」


969 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:58:22 7hV0UvFQO
(゚A゚* )「神の力を自ら取り込んどるっていうんか?クズの王が……!?」


( _ トソン「ううっ!」オロロロロロン


(※e※)「キレたか……!」


( ・∀・)「キレた?」


(∩e∩)ゴシゴシ「そうだ。普段、利発的に振舞っているのはコミュ症を隠す仮の姿。ティンダロス本来の力を押え込むための心の一線」


(’e’)「その一線が今、自らの意思で破られた……俺たちには、もうティンダロスを止めることはできない……」


(゜ A゜ )グガァアアアアアアア


(゜ A゜ )≡≡パリーンッ


(゚A゚* )「窓割って逃げたで!この位置やとグラウンドや!」


(#゚;;-゚)「ど、どうする!?」


( ・∀・)「どうするっていったって……!」


970 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 19:59:28 7hV0UvFQO
( ^ω^)「……」スッ


( ^ω^)「僕が行くお」


(゚A゚* )「ブーンさん……」


(’e’)「兄ちゃん、そいつは危険だぞ。なんなら、俺も……」


( ^ω^)「神の力を吸収して、心の一線を越えて……それでも、誰かが止めなきゃいけないんだお」


( ‐ω‐)「なら、僕が行くお。止められるのは僕しかいないお」


( ・∀・)「……君の好きな――ツンデレちゃんのために、かい?」


( ^ω^)「いや……自分のためだお」


≡( ^ω^)サッ


971 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:00:31 7hV0UvFQO
〜〜〜

天界

天界保管庫


|TENGA━◎┥「セキュリティレベル、オールグリーン」


(神^ω^)「はぁ……やっとか……面倒な演算装置だった……」


|TENGA━◎┥「アクセス権限……『ヒト』オンリー」


(神^ω^)「ふっ……この時点ではまだ私に権限はないということか」


(神^ω^)⊃(ア)「つくづく手間をかけさせる。だが、このアカシックレコードを入れれば……」


|TENGA━◎┥「ピーッ、アクセス権限『ヒト』『カミ』」


(神^ω^)「よし……天牙よ、私は神だ。願いを叶えて欲しい」


|TENGA━◎┥「処理中……把握。制限されるオーダーをどうぞ」


972 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:01:14 7hV0UvFQO
(神^ω^)「む。やはりアカシックレコードでは制限が……だが、いけるはず。私の願いは一つだけだ」


(神-ω-)「ティンダロスを……消滅させて欲しい」


|TENGA━◎┥「オーダー受理。処理中」


(神;^ω^)「……頼む……通ってくれ!」


|TENGA━◎┥「……」


973 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:02:13 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


パクッ ガツガツ ハムッ ( A ) ガツガツ ペロペロ バグバグ


( ^ω^)スタッ


( ´ω`)「おうぅ……グロテスク」


('A`)「……ふぅ」


('A`)「ああ、おいしい。途中だけど、いいか」


( ^ω^)「……」


('∀`)「やぁ、内藤。見てくれ、すごく今、気分がいいんだ」


974 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:03:16 7hV0UvFQO
( ^ω^)「……」


('A`)「安心してお前を殺すことができそうだよ。そのために──」


('A`)⊃ピンッ――√―‐


( ^ω^)「な、なにを……」


('A`)「結界を張った。人はおろか、神共ですら入れない結界さ」


(; ^ω^)「食って得た力かお……とんでもないおね」


('A`)「ふふ、これで誰にも邪魔されない。存分に戦えるよ」


( ^ω^)「……なぁ、ティンダロス」


('A`)「……なんだ、内藤」


( ^ω^)「出会い方がもう少し違えば……友達になれたのかおね」


975 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:04:08 7hV0UvFQO
('A`)「……無理だよ。僕はクズの王。この世を支配する」


( ^ω^)「……」


('A`)「友も、親も、なにもいらない。必要なのは民、ペットさ」


('A`)「あとクーさん」


( ‐ω‐)「……そうかお」


('A`)「うん」


( ^ω^)「じゃあ遠慮なく」


「決着をつけよう」('A` )



コォォオオオ.....

( ^ω^)     ('A` )


976 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:06:49 7hV0UvFQO
〜〜〜

天界

天界保管庫


|TENGA━◎┥「……処理完了」


(神^ω^)「……!」


|TENGA━◎┥「オーダー」


(神゚ω゚)「頼む!」


|TENGA━◎┥「不受理」


977 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:08:06 7hV0UvFQO
(神;^ω^)「なっ……!」


|TENGA━◎┥「指定されたオーダーは対象を捕捉してからの入力または」


|TENGA━◎┥「アクセス権限『ヒト』のみ可能です」


|TENGA━◎┥「再度、オーダーをどうぞ」


(神^ω^)「くそっ!無理だったか……」


(神^ω^)「だが……捕捉?つまり、ティンダロスに直接向けての起動であれば可能ということか?」


|TENGA━◎┥「イエス。対象を捕捉していればアクセス権限『カミ』でも実行可能ですよ。頑張って」


(神;^ω^)「おっ、わりかし流暢にしゃべった……」



(神^ω^)「……」


(神^ω^)(こいつ、意外と饒舌だな……)


978 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:08:56 7hV0UvFQO
(神-ω-)「方法は二種類……か。一つは人間に頼んでティンダロスを消してもらう方法」


(神^ω^)「安全かつ確実だが……正直、事情を説明して100パーセント、ティンダロスを消してくれるとは限らない」


(神^ω^)「誰にでもある自身の欲望……それを叶えてくれる道具を世界のために使うなどどいう輩がどこに……」


(神^ω^)「いや、待てよ」


(神^ω^)「ティンダロスと戦っている連中なら、あるいは……」


(神^ω^)「どちらにせよ、ティンダロスの元に行く必要があるのは間違いないな」


(神-ω-)「よし、奴らの居るところに瞬間移動を──」


(神-ω-)――√―‐ピンッ


979 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:09:38 7hV0UvFQO
(神;゚ω゚)「ぬ!?移動できん……まさか、結界か!?神しか使えん技を……なにがあった……?」


(神^ω^)「仕方あるまい。途中からは徒歩で行くしかないか……」


|TENGA━◎┥⊂(神^ω^)ヨイショ



(神^ω^)「……賭けてみる……だが、それでも無理なら」


(神 ω )「私が、この存在を賭けてでも──」


タッタッタ≡(神^ω^)


980 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:12:22 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


(  ω )「ぐあっ!!」


('A`)「……」


(; ゚ω゚)「く、そっ!ファブリーズでも……攻撃が……通じない……!?」


('A`)「神の力を得た僕に、ファブリーズが効くと思っているのか?」


━━━━━

川 ゚ -゚)「……」

          /⌒ヽ
川 ゚ -゚)Г<プシュー(>ω∩)感謝するウワァアアアアアアシミルゥ

川 ゚ -゚)「あれ、ファブリーズが効かない」

/⌒ヽ
(゚ω゚ )なにをする!

川 ゚ -゚)「幽霊かなと思って、つい」

/⌒ヽ
(゚ω゚ )私は神だぞ!?ファブリーズが効いてたまるか!

━━━━━


('A`)(そう、クーさんの家に現れた、創作の神……あの時、クーさんは奴にファブリーズをかけていたが、無意味だった……)


981 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:13:26 7hV0UvFQO
≡( `ω´)「くっ!おおお!!」


('A`)「甘い」


(  ω )≡「グアアアアアッ!!」


ズザァァァッッ


('A`)「残念だ、内藤。正直、僕が強すぎるっていうのも原因なんだろうけど」


('A`)「その程度で、僕を倒せると思っている……その浅はかさが、実に残念だ」


(  ω )「おっ……おっ……」


('A`)「どうした、また泣くのか?」


(  ω )「……」


982 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:14:14 7hV0UvFQO
('A`)「いいよな、泣けば済むと思っている。うらやましいよ」


('A`)「お前は、泣けば周りが助けてくれる。大丈夫かって声をかけてくれる」


('A`)「僕は、泣いたら叩かれる。気持ち悪い顔がさらに気持ち悪いって怒られる」


('A`)「なんなんだろうな……無性に腹が立つよ」


(  ω )「……」


('∀`)「どうした、泣けよ。泣いて助けでも呼んでみろよ」


983 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:14:56 7hV0UvFQO
(  ω )「……」



('A`)「泣けよ」



(  ω )「……」


(゚A゚)「泣けぇえええええ!!」


( `ω´)「泣かないお!!」


('A`)「っ!」


984 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:15:41 7hV0UvFQO
( ^ω^)「もう、泣かないんだお。僕は……もう、泣くとか、しないお!」


('A`)「……」


( ^ω^)「泣いてたら、笑われるお。ツンデレに笑われる」


( ^ω^)「僕は泣かないお!たとえ──たとえ、この体がダメになっても!」


( `ω´)「お前を倒すお!」


  ヽ/\
 |\ヾ  //|
、ヾ     //
\       /"
ヾ       /
\       /"
ヽ(^ω^ )  /
\ d   つ /"
ヽ | | | /
`\_(_(__)_/"

キュイイイイン!!!!!


('A`;)「ん……!?なんだ、この光は……!」


985 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:16:45 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

王の間


(゚、゚;トソン「校長、なにをしているんですか!危険です、下がって!」


⊂(’e’)「うるせぇ!黙ってみてられるか!」


( ・∀・)「セント、お前……」


⊂(‘e‘)「お前ら、あの兄ちゃんに力を与えてやってくれ!」


⊂(’e’)「俺のクズ力を奪う力を応用して、あいつに注ぐ!」


(゚A゚* )「それやったらブーンさんがよりクズになるってことか!?」


(#゚;;-゚)「神技も使えるし、もうゲスの神、あいつでよくないかね」


⊂(’e’)「そうだ!だが、もうそれしか方法はない!手がつけられないクズになったら吸収すればいいだろ!たぶん!」


986 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:18:23 7hV0UvFQO
( ・∀・)「……」


( ・∀・)「やるしか、ないか」


⊂(‘e‘)「モララー……」


( ・∀・)「彼はね、きっと自分とも戦ってるんだと思う」


( ・∀・)「まだどこかに、ティンダロスを……ドクオを助けようとする甘えが残っているんだ」


( ・∀・)「そんな必要はないって、教えてあげないとね」


(#゚;;-゚)「あんた、自分の息子が殺されてなんとも思わないのかい?」


( ・∀・)「だって僕、死にたくないもん。ドクオが死んでも僕は痛くないし、子どもはまた産ませればいいし」


987 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:18:40 YD9j3lak0
川 ゚ ヮ゚)←かわいい


988 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:19:26 7hV0UvFQO
(#゚;;-゚)「ああ、そう……まったく、あんたらすごいよ」


(#゚;;-゚)「このままだと、私のプライドがズタズタだ。しょうがないから手伝ってやるよ」


(゚A゚* )「でぃ姉さんまでか……しゃあないな、ウチもやったろ。文句はブーンさんに任せるわ」


(゚、゚トソン「……」


⊂(’e’)「トソン」


(゚、゚トソン「私は、あの男のことは知りません」


⊂(‐e‐)「だろうな、ま、無理にとはいわねぇけど」


(゚、゚トソン「でも、手伝います」


⊂(’e’)「おいおい、どっちだよ」


989 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:20:18 7hV0UvFQO
(/、//トソン「か、勘違いしないでよね!あの男のためじゃなくて、あなたのためなんだからっ!」


⊂(’e’)「……今度、ちゃんとしたツンツンデレデレを教えるわ」


(゚ー゚トソン「はい!」


シュワアアアアアアア


⊂(’e’)「さて、これだけのメンバーが託すんだ、頼むぜ、兄ちゃん……」


⊂(’e’)「ティンダロスみたいな哀れなクズよりも」


⊂(’e’)「自分を信じ込むクズの意地ってもん、見せてくれよ……!!」


990 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:21:38 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

グラウンド


シュー....


('A`)「なんだ……?お前のその力は……その、自信に満ちた不敵な出で立ちは……」


991 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:22:24 7hV0UvFQO

   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
   |   |
   \ / ̄|/
   γ\_ノ
   ヽ_ノ ドンッ!


992 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:23:16 7hV0UvFQO
   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「うるせぇお……僕は、自分を信じるお」


('A`)「この期に及んで、精神論とはのんきだな……だが」


('A`)「油断はしないぞ」


993 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:24:06 7hV0UvFQO
   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ―  ― |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「ああ、全力でぶつけてやるお。それが終わったらツンデレとデートだお」


('A`)「ツンデレツンデレツンデレツンデレ……本当にうるさいな……いいや、僕も本気を出す」


   *゚゚・*+。
      ゚*。
  。∩  *
  + ('A` ) *+゚
  *。ヽ  つ*゚*
  ゙・+。*・゚⊃ +゚
   ☆ ∪  。*゚
   ゙・+。*・゚ ヒュワワワーン


994 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:24:43 7hV0UvFQO

   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | /  \ |
  ヽ  A  |
   \   /
    `ー-´ドンッ


995 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:25:35 7hV0UvFQO

   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | /  \ |
  ヽ  A  |
   \   /
    `ー-´
「王の一撃……この一撃でお前を消してやろう」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「ならこっちも本気だお」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
〇 | ⌒  ⌒ | 〇
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
シュワワワァァァ


996 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:26:24 7hV0UvFQO

   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「溢れてくる怒り、憎しみ、悲しみ……そして、僕の気持ち」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「それを全部、受け止めて拳に注ぎ込み」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「地平線の彼方に放出する」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「さしずめ──聖拳・ホライゾンってところかお」


997 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:26:52 quNINv7Y0
笑ってしまうんだが


998 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:27:05 7hV0UvFQO
   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | /  \ |
  ヽ  A  |
   \   /
    `ー-´
「だっせぇ」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「うっせぇ」


999 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:27:50 7hV0UvFQO

   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | /  \ |
  ヽ  A  |
   \   /
    `ー-´
「これで──……」


   / ̄ ̄ ̄\
  /     ヽ
  | ⌒  ⌒ |
( ̄ヽ (_人_) 厂)
 \ \   //
  \ `ー-</
「終わりだお!」


ドゴオオオオオオオオオンッ!!!!!!


1000 : 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 20:30:33 7hV0UvFQO
〜〜〜

クズバカリキャッスル

王の間


(’e’;)「つっううう!!なんつー力の爆発だ!?」


( ・∀・)「セントの真似、うわぁ〜〜〜」


(-、-;トソン「キャァッ!」


(;#゚;;-゚)「くっ……!」


(-A-* )「かんにんしてー!!」

コォォオオオ....

(  ω ) ( A )


(’e’)「お、おい、見ろ!」


(゚、゚トソン「二人とも……倒れて」


( ・∀・)「あ、起き上がった」



(゚A゚* )「どっちや!?」




(’e’;)「……ティンダロスだ」


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■