■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

('A`)ウホッ! いいアラジン…のようです
1名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:09:30 ID:8AQ4EJ0Y0
('A`)「来いよディズニー! 著作権なんか捨ててかかってこい!!」

2名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:17:01 ID:8AQ4EJ0Y0
ここはとある砂漠の王国。

从#゚∀从「おいコラ、またウチの商品(ペ◯ローション)盗みやがったなアラジン!!」

('A`)「フ、フヒ...スンマセン...」

今、市場の女性から正座で説教を受けてるのはアラジン。

从#゚∀从「いいから早くローション返しやがれ!! この『ドブネズミ』がぁ!!」

彼は盗みなどで生計を立てており、人々からは『ドブネズミのアラジン』と呼ばれていました。

(*'A`)「フ、フヒwwシュ、シュミマシェンwwww」

从;゚∀从(うわ、キモッ……)

また、本人もその呼び名に結構まんざらでもないようでした。

3名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:20:34 ID:8AQ4EJ0Y0
('A`)「あー、市場のあの姉ちゃん、おっぱいはあんまなかったけど可愛かったな……」

(*'A`)「…………フヒッwww」











('A`)「ふぅ……何故人は争いを繰り返すのだろうか……」

彼はこんな調子で、王都の裏路地でそれなりに気ままな生活を送っていました。

4名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:29:41 ID:y303Qoo.0
やぁ!ハハッ!佐藤さんに頼んでIPを開示してもら(ry

支援

5名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:30:48 ID:8AQ4EJ0Y0
その頃、王都を眼下に見下ろす王宮の一角では。

(#ФωФ)「ここまでコケにされたのは我輩初めてなのである! 国王陛下、我輩は失礼させていただく!」ズカズカ

(;´∀`)「あぁ、待ってくだされロマネスク王子……!!」


(#´∀`)「……こりゃ、クー! またお見合い相手の王子を怒らせたモナね!」

川 ゚ -゚)「えー、だってアイツなんか目元がムカついたんだもん」

(#´∀`)「でもじゃないモナ! お前はこの国の王女なんだモナ!!」

川 ゚ -゚)「別に王女に産んでくれって頼んだ覚えはないしぃー」

(;´∀`)「……なぁ、ワシもいつまでも生きてはいないのだモナ。早く身を固めてワシを安心させてほしいのだモナ」

川 ゚ -゚)「人間いつかは死ぬんだって、ドンマイドンマイ。上向いて生きてこ」

川 ゚ -゚)「ん? つーか父さんが死んだら遺産は全額私のモノじゃね?」

川*゚ -゚)「これはうめぇwwwww勝ち組ニート生活キタコレwwwwwwww」

(;´∀`)「…………誰に似てしまったんだモナ」

6名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:42:43 ID:8AQ4EJ0Y0
(;´∀`)「……はぁ。まったくクーときたら、美人なのに何故あそこまで内面が壊滅的なんだモナ……」

( ・∀・)「国王陛下」

( ´∀`)「お? おお、モララー大臣じゃないかモナ。どうしたモナ?」

( ・∀・)「ええ、陛下のサインを頂きたい書類がいくつかありまして」

( ´∀`)「えー……面倒くさい、モララー代わりにやっといてくれモナ」

(;・∀・)「そういう訳にもいきませんよ。どうかお願い致します」

(#´∀`)φ「チッ。こういうシチ面倒臭いのは大嫌いなのにモナ……」カリカリ

( ・∀・)「それと陛下。今年度の予算案で少々聞きたいことが」

( ´∀`)「んー、なんだモナ?」

( ・∀・)「この『王家指定産業育成特別補助金』とは何ですか? 見たところ国王陛下の裁可の下で計上されているようなのですが……」

( ´∀`)「あ? あー、それモナ? 多分エロゲー買って国家予算で落とすときに適当な口実付けておいた奴」

( ・∀・)「……左様ですか」

( ´∀`)「用件そんだけモナ? そろそろエロゲーの続きやりたいんだけどモナ」

( ・∀・)「ハッ。失礼します」

( ・∀・)(クー王女があんななのは間違いなくアンタの血だよ)

7名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:47:44 ID:8AQ4EJ0Y0
川 ゚ -゚)「あー、なんかすごいマック食べたい。あの安っぽくて体に悪そうなジャンクフード思いっきり頬張りたい」

川 ゚ -゚)「召使いに買いに行かせてもいいんだけど、持ってくるまでに確実に冷めてしまうしなぁ……」

川 ゚ -゚)「しょうがない、ちょろっと変装して宮殿抜けだして街まで行ってくるか」

川 ゚ -゚)「さーて庶民ども。麗しのお姫様お忍びの城下視察タイムだぞー」

8名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 00:53:01 ID:8AQ4EJ0Y0

('A`) グゥゥゥ

('A`)「あー、腹減った……。でも食い物なんて無いしなぁ……」

('A`)「あーあ、空から突然弁当が降り注いでこないかなー」

('A`)「あ、そういやこの前ペットにしてたあの猿を肉屋に売っぱらった金があったじゃん」

('A`)「まぁあんな質の悪いチビ猿一匹じゃ二束三文にしかならなかったが」

('A`)「まーいいや。二束三文でも金はあるんだしとりあえずマック行こーっと」スタスタ

9名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:01:20 ID:8AQ4EJ0Y0

川 ゚ -゚)「すんませーん、てりやきマックバーガーにポテトLコーラLのセットに、ビッグマックとチキンクリスプふたつ」

川 ゚ -゚)「あ、あとシャカシャカチキンも全部の味持ってきて」

ハハ ロ -ロ)ハ「かしこまりまシタ」

川 ゚ -゚)「あ、あと領収書ください。予算で落とすんで」



('A`) モグモグ

川 ゚ -゚) ...スッ

('A`)「!」

川 ゚ -゚)「!」


('A`)(うわ、隣に座った姉ちゃんすげー美人。小汚いジャージ来てるのが大減点だけどこりゃこの席大当たりだわ)

川 ゚ -゚)(うわ、隣の席のコイツ気持ち悪い顔してんな。よくその面で生きて外出歩けるもんだな。私なら自殺してるわ)


ハハ ロ -ロ)ハ「大変お待たせしまシター」

川 ゚ -゚)「あ、ども」

川 ゚ -゚) モグモグ

('A`) モグモグ

10名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:06:29 ID:.gEAdxO2O
何てダメな二人だ
支援

11名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:08:57 ID:8AQ4EJ0Y0

川 ゚ -゚)「うぃーっす。たっだいまー」

(;・∀・)「あ! 姫様、また勝手に王宮を抜けだして!」

川 ゚ -゚)「いーじゃんモララー。若い時に若い時しかできないことやんなくてどうするよ」

(;・∀・)「そういう問題ではありません! クー王女、貴女にはもっと王女としての自覚をですね」

川 ゚ -゚)「はいはい分かった反省してまーす」スタスタ

(;・∀・)「あ! 姫様お待ちに……!」

(;・∀・)「……行ってしまった」

( ・∀・)「……まったく。本当に王女はあんなだから結婚出来ないんだよ」

川 ゚ -゚)「何か言ったか」スッ...

(;・∀・)「のぅわぁあああああ!! い、いえ! ななな何も!?」

川 ゚ -゚)「そうか」スタスタ

(;・∀・)「…………」

( ´∀`)「あ、居た居た。おーいモララー、このゲームのプロダクトキー書かれたハガキ知らなーい?」


( ・∀・)(…………もう駄目だなこの国)

12名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:21:26 ID:8AQ4EJ0Y0

('A`)「ぷふぃー、食った食った。久しぶりにまともな食い物にありついたぜ」

('A`)「でも金はもう底ついちゃったしなー、次にまともなメシにありつけるのはいつになるかね」

('A`)「そろそろ夜は寒い季節になるし、ちょっと安定してメシが食える方法を考えないとな」

('A`)「働く? いやいや、あり得ないな。労働か死かなら確実に死を選ぶわ」

('A`)「働かずにメシが食える方法……。うーん……」

('A`)「あ、そういや刑務所って確か毎日三食メシが出てくるんじゃないっけ?」

('A`)「あそっか、なんでこんな簡単なことに気が付かなかったんだか。なーんだ、楽勝じゃないか」

('A`)「流石は俺。発想がボー◯ド使ってるんじゃないかってくらい柔軟」

('A`)「んじゃーサクッと王宮にでも忍び込んで不法侵入でとっ捕まろっと」スタスタ

13名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:30:07 ID:8AQ4EJ0Y0

川 ゚ -゚)「見ーせてあげーるー。まーほおーのじゅうーたんー、っと」

コンコン

川 ゚ -゚)「んー? 誰ー? 鍵なら開いてるけど私の部屋に入る時はピリッときいたアメリカンジョークのひとつでも話してね」

( ・∀・)「失礼します。それと姫様、自室はきちんと施錠してください」

川 ゚ -゚)「まーまー堅いこと言いっこナシで。どったのモララー? 大臣自ら私の部屋に来るなんて珍しいじゃん」

( ・∀・)「お話があります王女。この国の法律で、王女は18歳の誕生日までに結婚相手を決めないといけないことは御存知ですね」

川 ゚ -゚)「あー、そういやそんなのもあったような無かったような」

( ・∀・)「あるのです。そして王女の誕生日は既に三日後に迫っております」

川 ゚ -゚)「あ、そうだっけ。やっべ、プレゼント何にするかまだ決めてない」

( ・∀・)「王女、誰か結婚相手に心当たりはおありで?」

川 ゚ -゚)「ないないあるわきゃなーい。つーかその法律の存在さっき知ったー」

( ・∀・)(やっぱりな)

川 ゚ -゚)「あー、プレゼントなんにしよー。やっぱアレかな、空飛ぶ絨毯寄越せとか無茶ブリするのが鉄板かなー」

( -∀-)「…………」


( ・∀・)「……そこで、ここからが本題です」


( ・∀・)「クー王女、私と結婚していただきたい」


川 ゚ -゚)「…………は?」

14名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:40:03 ID:8AQ4EJ0Y0

川 ゚ -゚)「……あ、ああ。分かった、さっきのジョークかこれ? はは、面白いじゃないか見直したぞモララー」

( ・∀・)「ジョークではありません。クー王女、私と結婚していただきたいのです」

川 ゚ -゚)「いやいやいやいや、なに言ってんの? 正気? 耳の穴から脳ミソに直接柔軟剤でもぶち込まれた?」

( ・∀・)「どうかご承知ください。最早この国を救うにはそれしかないのです」

川 ゚ -゚)「ごめん、意味分かんない。産業で」

( ・∀・)「・国王バカ過ぎワロエナイ
      ・駄目だこいつ……早くなんとかしないと……
      ・私と王女が結婚すれば私が国王」

川 ゚ -゚)「把握」

( ・∀・)「そういう訳です。本来ならば王女と結婚できるのは王族の出自の者だけですが、
      期限を過ぎても候補者が居ない場合は国民から国王が結婚相手を選び出すことになっています」

川 ゚ -゚)「で、お前が、と」

( ・∀・)「そうです。私もこの王国の国民ですからね」

15名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:42:00 ID:8AQ4EJ0Y0
なんか飽きたし眠いからこの辺で
誰か続き書いてクレ

16名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 01:51:11 ID:8AQ4EJ0Y0
あ、しばらく経っても誰も書かなかったら俺が書くか過去ログ送り申請出しやす

  _____________
 |  (^o^)ノ | < おやすみー
 |\⌒⌒⌒ \
  \|⌒⌒⌒⌒|

17名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 02:09:33 ID:oorgQHZIO
( ^ω^)/おやすみ 
'俺が書く'ほう一択しかないだろ 


18名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 07:30:03 ID:orzpUO7I0
三日天下日記の人か
続き待ってるぞー

19名も無きAAのようです:2013/05/02(木) 15:06:17 ID:UUCpbwLw0
とりあえずディズニーに謝れ

20名も無きAAのようです:2013/05/03(金) 08:16:31 ID:GhNcruOo0
小説2の名物男か

21名も無きAAのようです:2013/05/03(金) 21:50:28 ID:NbIEiPRo0
ハガケンジがやらかしてから極端に流さなくなったな

22名も無きAAのようです:2013/05/05(日) 17:11:24 ID:L1uiWZTw0
ディズニーにやられたか…

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■