■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

( ^ω^) 旅中怪奇のようです
1名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:04:28 ID:KdmiiC8E0
  .,、
 (i,)
  |_|

2名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:05:14 ID:KdmiiC8E0
あっしまった、百物語参加です
では改めて


  .,、
 (i,)
  |_|

3名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:06:19 ID:KdmiiC8E0

――

――――

――――――――



「おい、ちゃんと付いて来てるか?」

「来てるって」

「子供じゃないお」

「いや、そうなら良いけど。特にブーン、お前調子はどうだ?」

「どうもこうもないお! 『夕飯食べに行く』って言ってた癖に、
 こんな廃墟で肝試しなんてたまったもんじゃないお」

「わりぃわりぃ。ま、いいじゃねーか夏だし。夏だしな!」

「うん、こういう所はいいよね。いかにも何か出そう! って感じ」

「あー、やってらんないお……お?」

4名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:07:43 ID:KdmiiC8E0

「どうした?」

「あそこ……誰か、いや何かいないかお?」

「え?」

「あー……? 誰も居ないじゃねーか、ったく期待させやがって」

「いやいるお! ちょ、ちょ! 来るなお!」

「お前一人で何やってんだよw」

「芸人でも目指してるの?」

「あ、が……げほっ、ふー…………ぐっ!」

「ぁ…………」


「おい、おい?」

「何やってるの? 死んだふりでもしてるの?」

「…………」

5名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:09:33 ID:KdmiiC8E0

「おーい、さっさと起きろ」

「あまりの恐さに失神でもしちゃったとか」

「ったく。ほら起きなかったらこのまま耳にコーラ入っちまうぞー」

「やめなってそんな馬鹿な事」

「おっ! ……何なんだお」

「あー起きたー」

「お前一人で何やってたんだ?」

「いや、変なのが首絞めてきたから苦しんでたんだお」

「ふーん。俺には全く見えなかったけど」

「気のせいじゃないの?」

「ただの幻覚だといいお……」


「あ! そうだ言い忘れてたけど来週の旅行、急用が出来てダメになっちゃった」

「え。そうなん?」

6名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:10:49 ID:KdmiiC8E0

「そう。ちょっと親戚の方でごたごたがあってね……どうしても」

「そうかー……んじゃ、一人……いや」

「え?」

「ブーン! お前も来い! お前、出かけるの好きだろ? もう宿には予約しちまったんだからさ、付いて来てくれ!
 頼む! 金は全部俺が払うから!」

「そうかお。まあ大丈夫だと思うから、遠慮なく付いて行くお」

「何だテンション低いな、ちゃんと『いい宿』に予約してあるから安心しろって」

「まあいいお。じゃあ、待ち合わせは……」



――――――――

――――

――

7名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:13:38 ID:KdmiiC8E0









     ( ^ω^) 旅中怪奇のようです








 落ちてくる。

 上から光が落ちてくる。

8名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:15:15 ID:KdmiiC8E0











(;^ω^)「っと」
  _
( ゚∀゚)「ナイスキャーッチ」

 ブーンは投げられたペットボトルを、なんとか落ちる寸前でキャッチした。
 買った時の冷え冷えとした感触は既に失われ、生温さだけが手のひらに伝わってくる。
  _
( ゚∀゚)「お、ここか」

( ^ω^)「そうだお」

9名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:17:20 ID:KdmiiC8E0

 民宿「新速」。

 かすかに涼しさが感じられる夕焼け時、リュックを背負った二人の眼前にあるのは二階建ての民宿。
 この時間帯という事もあり、白の外壁と黒い瓦屋根は茜色に染め上げられていた。

 民宿の後ろには、剥き出しの岩壁を滑り落ちる細い滝と、なだらかな山稜を描く山々。
 アブラゼミの声は遠くに聞こえ、堤防に打ち寄せるさざ波の音が、すっと耳を通り抜けていく。


 ゆったりと流れる時間。
 どこか懐かしさを覚える情景。

 ブーンはデジタルカメラを弄りながら、
 晴れ空の下で民宿と海を一緒に写すと良い感じになるだろうな、と思う。


( ^ω^)「やっぱり海辺の道は涼しいお」
  _
( ゚∀゚)「あー、そーだなー……それより腹減った」

( ^ω^)「ジョルジュは本当に燃費が悪いお」
  _
( ゚∀゚)「そうかねー。いやー腹減ったな」

 ブーンの友人、ジョルジュは思い切り背を伸ばし、再度「腹減った」と呟く。

10名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:19:48 ID:KdmiiC8E0

 夏真っ盛りの八月、二人は夏期休暇を利用して、離島のO島へ旅行に来ていた。

 本州からフェリーで約二時間半。
 全国的にはあまり知られていない島なのだが、古くから残る社や豊かな大自然が数多く残る、
 まさに秘境と言ってもいい場所。

 とても二日や三日では全てを回り切る事など出来ない。

 しかし天気予報では明後日から雨が降ると言われていた為、
 昨日から明日までの三日間各所をレンタカーで回り、
 四日目に帰る事にした。

 今は温泉で汗を流した後、予約していた民宿へ入ろうとしている所である。

 だが、ブーンは躊躇していた。


(;^ω^)「うーん……本当にここで良かったのかお?」
  _
( ゚∀゚)「いいじゃんいいじゃん、面白そうだし」

 ジョルジュが「いい宿がある」と言って、この民宿に泊まる事を決めたものの。
 ある噂を聞いた後から、拭い去れない程に不安の種が根付いてしまった。

11名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:21:35 ID:KdmiiC8E0

 ある噂。
 「曰く付きの部屋」の噂だ。


(;^ω^)(本当はそんな所で寝たくは無いんだけど……それに……)

 先週から原因不明の悪夢に毎晩うなされているブーンは、
 きちんと安眠できるような宿に変えようとしていたのだが、
 「どうしても」とジョルジュから懇願された為、仕方なく了承したのだ。

  _
( ゚∀゚)ノ「ここまで来たんだから観念しろって。ほら行くぞ! 腹減った!」

(;^ω^)「はいはい、乗り掛かった船だから……泥船かも知れないけど」

 肩を叩かれ、ブーンは仕方なく引き戸を開けて中へ入った。


(*゚ー゚)「いらっしゃいませ」

( ^ω^)「すみませんお、二泊で予約したブーンとジョルジュですが……」

12名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:22:51 ID:KdmiiC8E0

 下駄箱でスリッパに履き替え、入って右手にあるフロントで手続きを始める。
 屋外とは違い、玄関ホールは涼しさで満ちていた。


(*゚ -゚)「しかし……本当にあのお部屋で宜しいのですか?」

 民宿の受付係が、心配顔で二人に問いかける。
  _
( ゚∀゚)「大丈夫ですよ!」

( ^ω^)「みたいですお」

(*゚ー゚)「そうですか……では、ごゆっくりお過ごしくださいませ」

( ^ω^)「どうもですお」

 ブーンは部屋の鍵を受け取り、ロビーへ足を進めた。
 棚やテーブルに所狭しと並べられている特産品が、思わず目を引く。

13名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:23:58 ID:8kqvdcuQ0
夏らしくていいね。支援!

14名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:24:13 ID:KdmiiC8E0

  _
( ゚∀゚)「へー、さざえカレーなんてあったのかよ……雲丹ほたて……佃煮か。
     藻塩? って何だ?」

( ^ω^)「あーっと、アラメ……海藻と海水を釜で煮詰めて作ったものだお。
      その名の通り海藻成分が豊富らしいお」
  _
( ゚∀゚)つ「夕焼けに鎌を研げってね……ん、このアクセサリーって本物の貝使ってんの?」

( ^ω^)「本物の貝だお」
 _
(;゚∀゚)「え、これ本物? 人工じゃなくて?」

( ^ω^)「本物だお! 親戚に見せてもらった事があるお」

 ジョルジュが手に取ったのは、
 赤や紫、黄色など色彩に富んだ貝殻が付けられたアクセサリー。
 ホタテの貝殻を着色したようにも見えるが、れっきとした「ヒオウギ貝」という二枚貝だ。

 O島で養殖が盛んな魚介類の一つで、刺身、酒蒸し、バター焼きなどにして食される事が多い。
 食べ終えた後の貝殻は、アクセサリーや土産物として再利用されていく。

15名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:26:37 ID:KdmiiC8E0
_
( ゚∀゚)「ふーん、色々あるなー……帰る時に買ってくか」

( ^ω^)「勿論だお」

 長期休暇でもなければ、この離島を思うがままに観光するのは難しい。
 だからお土産はしっかり吟味して買うと、ブーンは決めていた。

  _
( ゚∀゚)「あー俺ちょっとトイレに行ってくから、先に部屋に入っててくれ」

(;^ω^)「いやそれはちょっと」
 _
(;゚∀゚)ノ「さあ早く! あー漏れそう! じゃあな!」

<(;^ω^)>「ああ、マジかお……」

 一目散にトイレへ駆け込むジョルジュの背を、
 ブーンは文字通り頭を抱えながら見送るしかない。


 足元から鳥が立った訳でもないだろうに。

16名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:28:05 ID:KdmiiC8E0

(;^ω^)(部屋に入ってしまうかお……?)

 二階に上がり、部屋の前で立ち尽くす。
 元来ブーンは「そういったもの」が苦手だ。

 実際に見た事がある訳ではないが、怪談話を聞くと恐怖で竦み上がってしまう。

 本当はいるのではないかと思うと、鳥肌が止まらなくなる。

 ジョルジュだって怖いから僕に任せたんじゃないか?
 そう思わずにはいられなかった。


(;^ω^)「あー、もう!」

 覚悟を決め、鍵を開ける。

 霊なんて知った事か、僕はこの部屋で寝るんだ。
 睡眠の邪魔なんてさせてたまるか。

 言い聞かせ、ドアを開き、部屋に入ったブーンだったが。


( ^ω^)

17名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:30:06 ID:KdmiiC8E0

 部屋の中を見て、戦慄。


 ブーンが入った、十畳の畳部屋。
 中央にはテーブルと椅子があり、壁際にはテレビと押入れ、
 開けられた障子の向こう側には広縁が見える。

 その、前。
 部屋と広縁を仕切る障子の前に。







 赤い着物を着た子供が佇んでいた。
 無表情で、長い髪をして、瞬き一つせずに。

18名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:32:54 ID:KdmiiC8E0

 まるで座敷童子のようだ。
 小学生程度の女の子だろうか、 知り合いにでもいれば頭を撫でていただろう。


 だが、この異様な状況ではそんな事を思える筈もなく、ただ唖然とするばかり。
 頭の中は一瞬にして真っ白へ様変わりしてしまった。


( ゚ω゚)「……」

川 ・ ・)「……」


 目の前の光景を受け入れられず、棒立ちしたままのブーンをよそに、
 子供は歩み寄って来る。

 そして目の前で立ち止まり、あるものを差し出した。


( ゚ω゚)「……」

( ^ω^)(はっ)

(;^ω^)「!」

19名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:34:14 ID:KdmiiC8E0

( ゚ω゚)「……」

( ^ω^)(はっ)

(;^ω^)「!」

 額から冷や汗が垂れ、肌が粟立つ。
 夏だというのに、感じるのは暑さではなく凍りつきそうな程の寒さ。

(;^ω^)(大丈夫だお、普通に接していれば、普通に接していれば……)

 得体の知れない、人ならざる者との接し方など分かる筈もないが、
 相手を怒らせないように細心の注意を払いながら、差し出されたものに手を伸ばす。

(;^ω^)「……貰ってもいいのかお?」

川 ・ ・)っ「……」

 子供はこくりと頷く。


(;^ω^)「ありがとうだお」

20名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:36:24 ID:KdmiiC8E0

川 ・ ・)「……」

川川・)

 受け取ると、女の子は背を向けて走り去っていく。
 その様を眺め、しばしの間呆然。


( ^ω^)「えーっと?」
  _
( ゚∀゚)「おっす! 小便終わったと思ったら便意を催してな……
     ってなにぼーっとしてんだ」

( ^ω^)「あ、いや。ところで、女の子を見なかったかお? 着物を着た……」
  _
( ゚∀゚)「見てねーな。ところで、その手に持ってるのは何だ? 黒い何か……」

( ^ω^)「これかお」

 子供から受け取ったものをまじまじと見つめる。
 いくつかの小さな黒い石が、一本の紐で繋げられていた。

 腕輪なのか。数珠のようにも見える。
 手首に付けるには丁度良い大きさだ。

21名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:39:04 ID:KdmiiC8E0

( ^ω^)「いやさっき、かくかくしかじかで」

 ブーンは経緯を手短に、感情を交えながらジョルジュに話す。

  _
( ゚∀゚)「ほー。ってことは、今回は当たりか! 俺が見れなかったのが残念だ」

 ジョルジュはよく「そういった噂」をどこかで聞き集めては、旅行で訪れている。
 それも彼女と二人で、だ。

 今回も本来ならば彼女と旅行をする予定であったが、
 急用が出来てしまったが為に、ブーンを勧誘したのだ。


(;^ω^)「こういう事はこりごりだお……ってか、腹が減ったんじゃないのかお。
      さっさと下のレストランに行かないかお?」
  _
( ゚∀゚)「そうだったそうだった。んじゃ行くか!」

 ブーンも僅かながら空腹を感じていた。
 腕輪を鞄にしまい、畳へ置く。

 それから一つ欠伸をすると、一階にある和風レストランへ進んだ。

22名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:41:36 ID:KdmiiC8E0

 * * *




 景色の中を歩き、温泉で疲れを癒した後、料理に舌鼓を打つ。
 旅の醍醐味だ。

 普通に過ごしていれば食べられないものを、旅行では存分に味わえる。


 和風レストラン「新速・びっぷ」は、離島らしく魚介類の料理が専門だ。

 新鮮で種類豊富なネタを使った握り寿司。
 サクサクとした衣の中にぎっしりと身が詰まった、車海老の天ぷら。

 熱くぷりぷりになった岩牡蠣からはいっぱいに旨味が溢れ出し、
 深い味わいと歯ごたえがあるサザエのつぼ焼きは、口に入れると磯の香りが広がってくる。


 次から次へと、自然に箸が動いていく。


 滅多に味わえない贅沢な海の幸をとことん堪能した二人は、
 カウンターで店主との話に花を咲かせていた。

23名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:43:15 ID:KdmiiC8E0
 _
(*゚∀゚)「いやー良かったっすよーK海岸は!
     まさかS県でこんな凄い景色が見られるとは思いませんでしたもん! 本当に来て良かった!」

( ゚д゚ )「そう言って頂ければ、O島人としても喜ばしい限りですよ。
     そうだ、灯火島は見られましたか?」

 灯火島は、O島を代表する景勝地。
 松明のような形をした細長い奇岩で、日が沈む時に先端に重なると、
 火を灯したように見える事から「灯火島」と名付けられている。

 自然の力が生み出した、神秘的で奇跡的な光景を目に焼き付けて旅を終えられれば、
 これ以上の事は無い、とブーンは思っていた。

(*^ω^)「まだですお。明日見に行く予定ですお!」

( ゚д゚ )「天気が良ければ良いんですがねぇ……明日は午後から雲が出てくるそうですよ。
     雨は降らないようですが」

24名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:47:15 ID:KdmiiC8E0
 _
(*゚∀゚)「大丈夫っす大丈夫っす! 俺は晴れ男ですから!」

( ^ω^)「こいつの言う事はアテにしなくていいですお」

( ゚д゚ )「ははは。私も晴れるように祈っておきましょうかね」

( ^ω^)「ありがとうございますお。ごちそうさまでしたお!」


 皆で談笑し、幸福なひと時が終わる。
 店を出た二人は、ロビーの椅子に座って余韻に浸った。

  _
( ゚∀゚)「あー……旨かったー……」

( ^ω^)「良かったお……牡蠣が……じゅーしー……」

 一息。

( ^ω^)「あ、ちょっと聞きたいんだけど……あの部屋に泊まった人は呪われたりするのかお?」

25名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:50:32 ID:KdmiiC8E0
  _
( ゚∀゚)「そんな話は聞かなかったなー、『子供の霊が出る』って事しか知らん。
     ってか、お前はもう呪われてるんじゃね?」

(;^ω^)「あーそうかも知れないお、帰ったらお祓い受けようかと思ってるお。
      ってかジョルジュのせいじゃないかお、アレは!」

 先週ジョルジュとその彼女に、
 S県の海岸・日ノ崎付近の廃墟へ半ば強制的に肝試しに連れて行かれてしまい、
 身の毛もよだつ体験をするはめになってしまった。

 それからというもののブーンは毎晩、起床するまで「首を絞められる」悪夢を見るようになり、
 どうするべきか苦慮していたのだ。

 _
(;゚∀゚)「あー、あれは本当にすまんかった。お祓いにでも連れてけば良かったかも知れんが、
     いかんせんこっちも忙しくてな……」

( ´ω`)「まあいいお、帰ったら自分で行くお。部屋に戻るかお」

 ブーンはおぼつかない足取りで、ジョルジュと共に部屋へ戻る。

  _
( ゚∀゚)「食べ過ぎて眠くなってきたなー……もう俺寝るわ……っと!」

26名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:52:12 ID:KdmiiC8E0

 ジョルジュは部屋へ入ると、押入れから布団を出し、ゆっくりと敷いていく。
 欠伸をして枕を置くと、寝転がって寝息を立て始めた。


( ^ω^)「寝るのが早いお、まだ九時にもなってないお。小学生でもまだ起きてるお」

 呟きは誰の耳にも届かず、木霊する事もなく。
 暮れ残る空に漂う綿雲を見つめながら、明日は晴れますように、と願った。

27名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:52:37 ID:d4A5EeNM0
お腹が減った……

28名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:53:20 ID:KdmiiC8E0




 * * *




 時が過ぎ。
 夜の帳に覆われた民宿は一点の明かりも灯さず、ただ暗闇の静けさに溶け込んでいた。


 そして、ある一室。


 冷房のタイマーが消え。

( -ω-)「zzz……」

 扇風機も羽を止め。
  _
( -∀-)「zzz……」

 二人の寝息だけが支配する部屋。

29名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:54:42 ID:KdmiiC8E0



 いや。


(;-ω-)「……!」


 二人の寝息だけが支配していた部屋。



(;-ω-)「ぅ……あ……」


 ブーンが発するものは、寝息から、いつの間にか苦痛に満ちたうめきへと変わっていった。
 顔は苦悶に歪み、体中に汗が滲んでいる。


(;-ω-)「うぁー……」

(;-ω-)「ぉ……」

(;^ω^)「おっ……!! げほっ!」

 たまらず飛び起き、息を吐き出す。

30名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:57:51 ID:KdmiiC8E0

(;^ω^)「はー……はー……ったく、またかお……」

 肝試しの夜から続く悪夢。
 例に洩れず、今晩も容赦なく襲いかかってきた。

 連れて来られたとはいえ、せっかく気分転換に旅行を楽しんでいるというのに、
 やはりここでも邪魔をするのか。

 もう勘弁してくれお、と口にした瞬間。


( ^ω^)「!」

 がさごそと、何かを探る音。


(;^ω^)「……」

 今、この部屋には二人だけしかいない。
 まさかと思いつつ荷物の方に目をやると、夕方に貰った黒い腕輪が転がっていた。

31名も無きAAのようです:2012/08/10(金) 23:58:36 ID:KdmiiC8E0

(;^ω^)(鞄に仕舞った筈なのに……)

 内ポケットに入れた事は、今でも鮮明に思い出せる。
 どう考えても、おかしい光景。

 自然に出てきた訳ではない。
 ジョルジュは寝ているから違う。

 明らかに、第三者が取り出している。




(;^ω^)「……」


(;^ω^)(気休めだお、気休め)

32名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:00:50 ID:E.U.cefw0

 こんな物に効能など無いに決まっていると決め込んでいたが、
 ブーンは藁にも縋りたい気分だった。

 湿った手で腕輪を掴み取り、手首にはめる。


(;^ω^)(ちょっと暑いおね)

 つい先程の緊張感からか、鼓動はまだ緩んではくれず、
 体もほんのり火照っていた。

 手探りでリモコンを探し、エアコンを動かす。


(;^ω^)(寝るかお)

 このまま起きていてもどうしようもない。

 寝ずの番で体調を狂わせるより、悪夢を見たとしても多少は睡眠できる方がマシだ。
 そう思ったブーンは、覚悟を決めて布団の上に寝転がった。

33名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:01:31 ID:E.U.cefw0




 * * *




 まばらに響く海鳥の声。
 薄日にきらめき、彼方へと広がる大海原。

 朝凪によって風が止み、夜とは違う爽やかな静けさが辺りを包み込む朝。

 二人は目を擦りながら、浴衣を着たまま一階への階段を降りていく。
 朝食をとる為だ。


( ^ω^)ノ「おはようございまーす」
  _
( ゚∀゚)ノ「おはようございまーす」

( ゚д゚ )「おはようございます。ぐっすり寝られましたか?」

34名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:03:30 ID:E.U.cefw0

 和風レストラン「びっぷ」へ入ると、テーブルの上に朝食が用意されていた。
  _
( ゚∀゚)「ぐっすり寝られましたよー、なんともありませんでした」

( ^ω^)「僕達、あの曰く付きの部屋に泊まったんですお」

( ゚д゚ )「なんと、あの部屋に! ご無事でしたか?」

 カウンターの向こうにいる店主が、手を止めて驚く。
 部屋の噂は知っていたようだ。


( ^ω^)「全く問題ありませんでしたお。『ぐっすり』寝られましたお」
  _
( ゚∀゚)σ「こいつだけは妙な体験をしたみたいですよ。昨日でしたけど」

( ^ω^)「部屋にいた……何かに、これを貰ったんですお」

 ブーンは右手に付けた腕輪を軽く掲げ、店主に見せる。


( ゚д゚ )「それは……黒曜石では?」

( ^ω^)「黒曜石? この石がですかお?」

( ゚д゚ )「だと思いますよ」

35名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:06:11 ID:E.U.cefw0

 紐が通された、丸く、黒い石。

 黒曜石は切れ味の良さから、古来よりナイフや矢じりとして世界に流通し、
 時には装飾品として加工される事もある。

 現在でも、手術用のメスとして使っている国があるようだ。


( ゚д゚ )「黒曜石は、魔よけの石とも言われているんですよ。邪気を遠ざけるようです。
     O島の特産品でもありますね」

 魔よけ。


(;^ω^)「まさか、これが……」
  _
( ゚∀゚)「すまんが、そんなことより食べようぜ。腹減った」

(;^ω^)「分かったお」

36名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:08:47 ID:E.U.cefw0

 二人はテーブルに座り、そそくさと朝食をとり始める。


 ふっくらとした熱々のご飯に、脂の乗った焼き魚、
 あさりが入った味噌汁など、和で統一されたメニューだ。

 味付けは濃すぎず薄すぎず、誰もが食べやすいように、
 丁寧に作られていると感じられる。


 腹をすかせた二人は瞬く間に食べ終ると、「びっぷ」を後にして部屋へ。
 浴衣を着替えると、出発の準備を始めた。

  _
( ゚∀゚)=3「ふー。さっさと行くかね」

( ^ω^)「そうするお」
  _
( ゚∀゚)「お、そうだ。お前、やっぱり昨日も?」

(;^ω^)「お、話してなかったお。実は……夜に起きてから悪夢を見てないんだお」

37名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:10:09 ID:E.U.cefw0

 手足を動かしながら、昨夜の状況と黒曜石の関係を説明。
 ブーン自身もたまげた出来事だっただけに、ジョルジュも相応の驚きを見せた。
 _
(;゚∀゚)「マジかい。んじゃ、あの霊は悪い奴じゃなかったって事か?」

( ^ω^)「だと思う……お。それと、お祓いには行かなくてもいいかも知れないお」
  _
( ゚∀゚)「そいつは良かったな。んじゃ行くか!」

 ジョルジュは自分の太ももを景気よく叩き、フロントへ歩き出す。


 窓から差し込む陽光はまだ柔らかく、若干、涼しさも残っている。
 これからぐんぐんと日差しが強くなるだろう。

 日焼け止めクリームを塗った方が良かったかなと思いながら、
 ブーンも一階へ降り、民宿を出ようとする。

 すると、ロビーの土産物売り場でうずくまっている人影が目に付いた。

38名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:12:11 ID:E.U.cefw0

( ^ω^)「お? 何やってるんだお?」
  _
( ゚∀゚)「さーな……すいませーん。おはようございまーす!」

(,,゚Д゚)「ああ……おはようございます! 
    オーナーのギコです、この度はこちらの宿に宿泊して頂きありがとうございました。寝心地の方はいかがでしたか?」
  _
( ゚∀゚)「良かったですよー。あの部屋でしたが、ゆっくり寝られました」

 うずくまっている人影は、オーナーだった。
 礼儀正しそうな男だ。声が大きく、言葉の発音も良い。


(,,゚Д゚)「あのお部屋に、ですか……。申し訳ございません、妙な噂が絶えないようで……
    近々、お祓いをしてもらおうと思っています」

( ^ω^)「すみませんが、その必要は無いと思いますお」
  _
( ゚∀゚)「いや、お前の話じゃねーって」

(;^ω^)「それは分かってるお、部屋の話だお」
  _,
( ゚∀゚)「んー? 何で、部屋のお祓いが必要無いって分かるんだよ」

 ジョルジュが腕を組んで顔をしかめる。

39名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:14:06 ID:E.U.cefw0

( ^ω^)「あの子供は……僕を助けてくれましたお。
      だから、出来れば追い払わずにそのままにしてあげて欲しいんですお」

 自分が悪夢にうなされていた事、子供から貰った黒曜石が悪夢を追い払ってくれたかも知れない事。
 それを包み隠さず話した上で、ブーンは再度、「お願いしますお」と頼み込んだ。


(,,゚Д゚)「しかし……」

( ^ω^)「確かに、見方によっては怖い存在ですお。でもそこにいるのだから、
      受け入れてあげるのも大切だと思うんですお」

 無暗に恐れおののき、邪険に扱うのではなく、あるがままを受け入れる。
 そうやって、世界は広がっていくものだ。

 だがそれは誰もができる事ではなく、とても難しい事でもある。

 
(,,゚Д゚)「そうですか……部屋に宿泊して下さったあたながそう言われるのであれば、私もそうしましょう。
    それに」
  _
( ゚∀゚)「?」

40名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:17:43 ID:E.U.cefw0

(,,゚Д゚)「『そういう部屋がある』という噂を広めて、その手の方々に宿泊していただくのも良いかもしれないですしね」

 オーナーはそう言ってくすりと笑う。



 ――この人の商売根性には脱帽するな。
 そう思わずにはいられない二人だった。


( ^ω^)「じゃあ、僕達は」

(,,゚Д゚)「ああ申し訳ございません、その腕輪を見せて頂いても宜しいですか?」

( ^ω^)つ「はいですお」

 手首から腕輪を外し、渡す。
 店主はしげしげと腕輪を見て、面食らったように声を上げた。

41名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:19:39 ID:E.U.cefw0

(,,゚Д゚)「ああ、これです! 先程、土産物の中になくなっているものがありまして」

(;^ω^)「そうなんですかお? お返ししますお」

(,,゚Д゚)つ「いえいえ、差し上げます。それにしても悪戯好きなようですね、少しだけ愛着が湧きました」
  _
( ゚∀゚)つ「ではお言葉に甘えて」

( ^ω^)つ「受け取ろうとするなお。すみませんお、ありがとうございますお」

 好意を無駄にする訳にもいかず、ブーンは快く腕輪を受け取った。


(,,゚Д゚)「お二人はこれからどちらに?」

( ^ω^)「えーと、S島海岸やJ浦に行って、島内を巡って……夕方は灯火島の遊覧船に乗りますお」

(,,゚Д゚)「灯火島ですか、あれは本当に素晴らしいですよ。写真でも十分美しいですが、実物は更に感動的です」

( ^ω^)「分かりましたお、ありがとうございますお。行ってきますお!」

(,,゚Д゚)「お気を付けて!」

42名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:21:24 ID:E.U.cefw0

 店主に見送られながら、二人は民宿を出て車に乗り込む。
 車内は暑かったが、ハンドルを握るのは容易い。


( ^ω^)「さーて、まずは」
  _
( ゚∀゚)「あー、S島海岸の遊覧船に乗ってみようぜ。あそこも出てるだろ」

( ^ω^)「え、でもそれは要予約じゃなかったかお?」
  _
( ゚∀゚)「……そうなのか?」

( ^ω^)「その筈だお」
  _
( ゚∀゚)「……なのか?」

( ^ω^)「だお」
  _
( ゚∀゚)「……」

( ^ω^)「……」

43名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:22:55 ID:E.U.cefw0
  _
( ゚∀゚)「ま、まあ行くか! 灯火島の遊覧船は予約してあるから、それでいいだろ!
     晴れる事を祈ろうぜ!」

(;^ω^)「晴れ男じゃなかったのかお!?」
 _
(;゚∀゚)「自分でアテにしない方がいいって言ってた癖に、何だそりゃ! ほら車出せ!」

 促されたブーンは地図を閉じ、エンジンをかけて車を発進させる。
 心地よい駆動音に、思わず頬が緩んだ。

 車窓から見える海は今日も穏やかで。
 透き通った瑠璃色を、どこまでもたたえている。



 旅は何が起こるか分からない。
 楽しい事があれば、苦しい事もある。
 期待外れが続いたり、小さな不運に見舞われるかも知れない。

 ただ、それら全てを受け入れて楽しめるようになれば、
 自分の中にある世界と心はどこまでも広がってゆくだろう。

44名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:25:31 ID:E.U.cefw0
  _
( ゚∀゚)「さーかっ飛ばせ! 海岸線を思いっきり走るぞ!」

( ^ω^)「はいはい」


 旅はまだまだ終わらない。

 未知の景色に心を躍らせ、胸を高鳴らせ。
 怪奇に見舞われながらも、彼らはまだまだ走り続ける。

45名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:27:01 ID:E.U.cefw0









     ( ^ω^) 旅中怪奇のようです

             おわり

46名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:31:29 ID:E.U.cefw0
  (
   )
  i  フッ
  |_|


おそまつさまでした。

アルファベットで隠している地名は、全て現実世界に存在するものです。
もし時間があったら探してみるのも楽しいかも知れないです。

47名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 00:32:34 ID:OnQjrSKg0

黒と腕輪の単語だけを見て髪か!と思った自分を叩きたい

48名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 02:12:27 ID:XAov/HEI0
面白かった。

すっきりした終わりかたで好き



49名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 02:12:50 ID:sbxlESZI0
おつおつー

50名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 05:01:58 ID:jjTyTJMI0
いいね、おつ
始まりにふさわしい作品だ

51名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 08:31:31 ID:E.U.cefw0
ミスってた、修正する

修正①
>>15
  _
( ゚∀゚)「ふーん、色々あるなー……帰る時に買ってくか」

( ^ω^)「勿論だお」

 長期休暇でもなければ、この離島を思うがままに観光するのは難しい。
 だからお土産はしっかり吟味して買うと、ブーンは決めていた。

  _
( ゚∀゚)「あー俺ちょっとトイレに行ってくから、先に部屋に入っててくれ」

(;^ω^)「いやそれはちょっと」
 _
(;゚∀゚)ノ「さあ早く! あー漏れそう! じゃあな!」

<(;^ω^)>「ああ、マジかお……」

 一目散にトイレへ駆け込むジョルジュの背を、
 ブーンは文字通り頭を抱えながら見送るしかない。


 足元から鳥が立った訳でもないだろうに。

52名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 08:32:49 ID:E.U.cefw0
修正②、始めのブーン消去

>>19

 額から冷や汗が垂れ、肌が粟立つ。
 夏だというのに、感じるのは暑さではなく凍りつきそうな程の寒さ。

(;^ω^)(大丈夫だお、普通に接していれば、普通に接していれば……)

 得体の知れない、人ならざる者との接し方など分かる筈もないが、
 相手を怒らせないように細心の注意を払いながら、差し出されたものに手を伸ばす。

(;^ω^)「……貰ってもいいのかお?」

川 ・ ・)っ「……」

 子供はこくりと頷く。


(;^ω^)「ありがとうだお」


すまない……

53名も無きAAのようです:2012/08/11(土) 10:44:39 ID:X6w5tvKM0
乙!
料理が美味しそうだったジュルリ

54名も無きAAのようです:2012/08/12(日) 21:59:36 ID:eOebms.Y0
今読んだ 
竹島が所属している所ですねわかります

55名も無きAAのようです:2012/08/12(日) 23:45:16 ID:oZZ3zE1M0
灯火島でピンときたわ

乙!

56名も無きAAのようです:2012/08/19(日) 17:46:09 ID:USnqYIBQ0
百物語も終わりに近いので地名のネタバレを















O島→「隠岐の島」。
民宿「新速」→実際には存在しない。
剥き出しの岩壁を滑り落ちる細い滝→隠岐郡・隠岐の島の「福浦の滝」。
和風レストラン「新速・びっぷ」→実際には存在しない。
K海岸→隠岐郡・西ノ島の「国賀海岸」。
S県→「島根県」。
灯火島→隠岐郡・隠岐の島の「ローソク島」。
日ノ崎→出雲市の「日御碕」。
日ノ崎付近の廃墟→日御碕海岸にある廃墟、「かもめ荘」。
S島海岸→隠岐郡・隠岐の島の「白島海岸」。
J浦→隠岐郡・隠岐の島の「浄土ヶ浦」。

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■