■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

非公式設定をあれこれ語るスレその13
1名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 09:54:44 ID:8I138iIc0
過去ログ
その12 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1200149770/
その11 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1187097424/
その10 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1177210737/
その9 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1169889468/
その8 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1165714397/
その7 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1155130779/
その6 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1149262879/
その5 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1144915526/
その4 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1137232288/
その3 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1127742997/
その2 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1119447593/
その1 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1072885873

関連URL(外部)

東方wiki
ttp://thwiki.info/
香霖堂・三月精・秘封倶楽部その他のあらすじなどもここにあり

幻想情報局 -イザヨイネット-
ttp://izayoinet.info/

※設定に関わる書き込みをするときはゲームプレイの後
公式のおまけテキストは読んでおきましょう。

2名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 10:00:39 ID:8I138iIc0
書籍文花帖や東方香霖堂 〜 Curiosities of Lotus Asia.、
東方三月精 〜 Eastern and Little Nature Deity 、
東方三月精 〜 Strange and Bright Nature Deity. 、
東方求聞史紀 〜 Perfect Memento in Strict Sense.、
東方儚月抄 〜 Silent Sinner in Blue.、
東方儚月抄 〜 Cage in Lunatic Runagate.等も読んでおくとなお良し。

ループの可能性もあるので過去ログを見てみるのを推奨(多いけど……)

またキャラに関する考察は個別のスレで出ていることもあるので
そちらも参照するのを推奨(特に霖之助、光の三妖精、秘封倶楽部、阿求)。

ちょっとしたことが知りたい時は

誰かがものすごい勢いで東方関連の質問に答えるスレ Part16
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1205946334/l50

3名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 10:04:17 ID:8I138iIc0

リセットされたので建て直しました

4名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 10:19:53 ID:FQggB61o0
>>1
乙です

5名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 23:31:27 ID:.wxLGRcM0
ものすごい勢いで答えるスレに陰陽玉の読み方についてがあって
スレ違いだから自重していたけど
「ギョク」は宝石の事で
「タマ」は丸いもの全般のことだから
(博麗神社にとっては大事なものだろうけど、)
語彙的にはオンミョウギョクよりオンミョウダマだろうと言いたかった

6名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 23:42:28 ID:eMRNn00s0
弾幕馬鹿らしく"たま"と読むとな

7名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 23:46:43 ID:n.R5LT1M0
俺は陰陽魚とのシャレでオンミョウギョクと読んでいるが、
語彙からの追求も納得できるなぁ

8名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 10:08:42 ID:SPg.oxBg0
儚月抄で紫が月に直接向かえない理由をぼんやりと考えてたら意外とまともな考察が出来たから書き殴り

紫の能力、ありとあらゆる境界を操る程度の能力
その名の通り、人妖の境界を操って人や妖怪にすることも可能だし
何かの境界を広げてスキマを作ることが出来る

図にすると

A | B        AとBの境界を
A |スキマ| B   スキマとして拡張

そして、多分スキマは一度に二つ拡張することが出来ない
A | B | C     このような状態の時に同時にスキマを開くことが出来ない
             AとCの関連性がない為境界が発生しない

恐らく千年前は
幻想郷 と 表の月面 の境界だけを発生させて
表の月面と と 月の幻想郷 の境界を発生させることが出来なかったのではないだろうか

表の月面ではいくら妖怪でも酸素無くてあえなく撤退

現在の世界 |   宇宙    |    月               紫の能力では中央の境界を越えてしまい、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−           表の月面に出てしまったのではないだろうか
幻想郷    | 幻想の宇宙 | 月の幻想郷


で、今回月面侵略が成功すると言っている根拠は
恐らく幻想郷製のロケットは、エーテルに満ちた幻想の宇宙を往くのではないだろうか
そうすると、なんとなく紫が上手く行くと言う根拠や月からレイセン二号が降りてこれた理由も納得できる

9名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 14:45:17 ID:jnQ7AAkg0
さらっと言ってる
>人妖の境界を操って人や妖怪にすることも可能
って言うのはどこの情報?
後半の理由もなんで納得できるのか俺には分からん

10名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 17:18:02 ID:z6f1rhh20
そもそも、紫の能力じゃ表の月に行けないっていってるぞ
カラスも月の都にもう少しってところで豊姫に察知されて
裏の月と表の月を繋ぐみたいなのでやられたんだし

11名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 23:47:13 ID:O.su4.gg0
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1206044708/
上のすれ見て疑問に感じたんだが、
巫女の代替わりってどうなってるんだろうか。
世襲なのか、どっかから引っ張ってくるのか。
霊夢はどうだったんだろう。

12名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 23:51:12 ID:Lhjtw4Fc0
手洗いに立ったりとかのちょっと目を放した隙に後継と入れ替わってるとか、
天気のいい日なんかに日向においておくといつの間にか増えてるとか。

13名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 23:58:37 ID:x5t9HQb20
次のクローンはもっとうまくやってくれるでしょう。

14名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:23:39 ID:I5Ya6y.A0
何その全能にして慈悲深いアルファコンプレックス

15名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:37:31 ID:cRQpC1T60
>>11
本当なのかどうかは分からないが、
香霖堂で魔理沙は霊夢のことを捨て子だと言っていた。
親がいる描写もないし世襲ではないと思うが・・・

16名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:53:13 ID:ObNGTPao0
あ、そうなんだ。
たまたまでなるようだと大結界の維持に問題あるから、
巫女の素質がある子が神社にやってくる運命とかだと夢があるな。

17名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:55:44 ID:I5Ya6y.A0
むしろあっきゅんみたいに輪廻転生。
死んだら即転生で巫女就任。

18名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 01:33:11 ID:vukTykoo0
洩矢諏訪子って人はたべるんだろうか?

19名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 08:46:00 ID:fweySP..0
東方って家族に関する情報があまり無いような気がする。
霊夢の家族ってどうなってるのかとか、こーりんの片親ってどういう妖怪なのかとか。
魔理沙は勘当娘、妖夢の祖父は行方不明とかそのぐらいしか分らない。

20名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 09:36:42 ID:D8DLeXhUO
虹川三姉妹と幽々子を忘れちゃダメだぜ
とりあえず、妖怪に関してはそもそも繁殖のメカニズムが人間と違う可能性がある以上、家族っていう概念を当てはめていいのかどうか
妹紅や輝夜に関してはこれから明らかになるかもしれないことだし咲夜さんは家族に限らず謎が多い
消去法で家族関係といったら霊夢や早苗さんが気になるところたけど

21名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 10:43:48 ID:UJ731JGE0
一子相伝オアダイ。継いだ時点で、兄弟姉妹も先代も残っちゃいません。

22名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 12:08:31 ID:fweySP..0
>>20
たしかに早苗さんも気になるねー。
なんか早苗さんって実の親がいなくて、神様が親代わりでしたイメージがある。

23名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 14:18:30 ID:L2wTxAEw0
早苗さんは元ネタからすると一子相伝したとき親は死ぬんじゃなかったか?

24名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 17:19:35 ID:8HiPYpGg0
プリバはレイラが三人の姉をモデルにしただけで本人たちではないから家族の話とはいいがたいんじゃね

25名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 17:22:27 ID:I5Ya6y.A0
少なくともレイラは家族でOK

26名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 19:17:17 ID:LjFdjL2I0
香霖は博麗の先代巫女を知っている、みたいな記述がどっかにあったな。
巫女っていう型に嵌まりすぎて印象薄かったから全然覚えて無いとか言われてたけど、
あの口調から察するに霊夢の母とかでは無いような気はする。

27名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 21:22:28 ID:SCRGzcDwO
博麗ってのは芝村みたいなもんなのかね

28名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 21:25:33 ID:FV6vYDAw0
芝村は皆似たような性格に染まるみたいだけど
霊夢と先代は大分違いそうじゃない

29名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 22:32:59 ID:sjkEQ1xA0
芝村は血で増えるものではなく染まるもの(成るもの)
博麗の巫女は幻想郷の総体としての博麗に選ばれる事によって成るもの

30名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:59:24 ID:5sdccJqU0
>>16
朱鷺子が本返せと怒鳴り込んで来たときに霊夢が服の修繕を香霖に依頼中で
借りてる服のままだと動きづらいから魔理沙に応対させたら
霊夢の代わりに親の私が決闘してやるぜ
霊夢みたいな大きい子が居る年齢じゃないけど捨て子だった霊夢を私が拾ったんだぜ
みたいなことを適当に言っただけだから、魔理沙の戯言を真に受けちゃダメだ

31名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 01:19:32 ID:.vcEFYsE0
>>31
戯言ではあるんだが、意味のないことをここまであからさまに書かれると
本当にまったくの冗談なのかと疑いたくなるのも人のサガ。

32名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 02:51:57 ID:uz6VlFPk0
真面目に聞くのは話半分どころか話25%ぐらいでいいのが幻想郷クオリティ

33名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 06:59:25 ID:SCb3Aw2A0
さあ――博麗を、開始めましょ。

34名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 11:06:25 ID:UtpQISRs0
普通なら小説作品で「完全に意味のないこと」ってのは書かないもんなんだけど、
幻想郷だしなあ。

35名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 11:15:38 ID:KdkzpFdM0
無駄なフリルが大好きだしな

36名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 15:55:29 ID:aKNFu1LM0
地の文には完全に意味のないことは書かないだろうけど、「『完全に意味のないこと』を言うキャラ」はいてもおかしくないしね

37名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 16:16:22 ID:j6ORnky.O
というか魔理沙はその「完全に意味の無い事」をふざけ半分で言う役割な感じがする
原作での言動を見てると

38名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 22:19:50 ID:.vcEFYsE0
しかしシュートザムーンのように本人の自覚なく皮肉るからまた始末に終えない

39名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 00:14:45 ID:aCZdAWOw0
東方に限らないけどそういう部分って作者のアイロニーが漏れ出てる部分なんじゃないかと思ったりする

40名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 02:04:39 ID:97ini7X20
魔理沙は皮肉屋だから特にその煽りを受けるね
色々あることないこと言わせやすいんだろう
次点でこーりん

41名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 11:29:10 ID:gyr3mQlwO
悪意無く、意味も無く嘘つくからな。

42名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 12:07:48 ID:0xYvDSIs0
東方は特に>>39の気が強いような。
頭で考えた会話じゃないように聞こえるんだよな、あれらは。

43名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:29:30 ID:do0rkRto0
儚月抄を読んだぞ
最近言われてた輝夜=咲耶姫は否定されたな
咲耶姫本人が登場したし

兵士を殺したのは誰なんだろうか
咲耶姫なのか、焼け死んだという描写から妹紅?という考察もあるけど

44名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:42:49 ID:5vYiiICM0
咲耶姫が山をブチ砕く恐ろしい神様なのは確かだけど、蓬莱の薬は水の神様なので燃やせなかったのだろうって慧音が言ってた! からなあ。

45名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:47:30 ID:UIpx.bas0
その話聞くと墓場鬼太郎の水神様思い出しちゃってもにょもにょ

46名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:52:22 ID:uie9BRhY0
>>45
「じゃ!」の一言を残して岩笠を蹴り落とすもこたんを幻視してしまった

47名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:02:05 ID:CRcBYc4w0
咲耶姫って博麗神社の新しい神として勧請しようとかいう案が出てたよね確か。

48名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:07:19 ID:ep1DxiEw0
香霖堂の24話だっけか。
お酒の神様ってことでどうかとかそんな感じの。

その話では霊夢と魔理沙が魅魔様のこととおぼしき
悪霊について言及してたのでなんとなく覚えてる。

49名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:17:07 ID:5iDR4KhA0
どうでもいいのだが、霊夢の「ありとあらゆるものから宙に浮き無敵となる能力」ってどのくらいすごいんだぜ?
空を飛ぶ程度の能力はあくまでもおまけらしいし、霊夢の真の実力が未知数すぎる

50名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:18:35 ID:qU0vlHdM0
すげーGがかかってみんな動けなくなっても霊夢超余裕

51名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:25:27 ID:5vYiiICM0
霊夢が戦闘能力的な意味でガチ無敵なら弾幕ルールなんてそもそも要らないと思われ。

52名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:27:24 ID:PYnOZC6A0
>>49
霊夢自身の主観以外に影響を受けない。
物騒な話限定でするなら寝てる間にめった刺しにしたって翌朝何事もなく起きてくるし
時間を止めてどうこうしようとしてもそもそも止まらない(咲夜の世界が通じるのはルールに則ってるから)
という解釈はできるな

53名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:30:07 ID:I6FK4sf20
>>51
戦闘能力的な意味ならマジでガチ無敵だろう
ルールに則って勝敗を決めるという、そのためのスペカルール。
だからこそピチュるしバッドエンドもある

54名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:36:28 ID:yf5UHk8Y0
霊夢がガチ無敵だから妖怪も反撃できるようにスペカルール制定じゃねーの。

55名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:37:46 ID:KAp/qTW.0
ほぼ無敵+間違って殺したら幻想郷崩壊フラグ(即崩壊ではないかもしれないが)だからじゃね?

56名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:38:46 ID:7pI.vRJc0
よく考えたら魔理沙ってイレギュラーな存在だなあ
巫女vs妖怪の幻想郷維持の構図に勝手に乱入してるんだし

57名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:46:24 ID:RmF9BBxI0
そもそもスペルカードルールは吸血鬼異変がきっかけで
普通の人間でも妖怪退治できるようにって意味じゃないの?

58名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:51:58 ID:PYnOZC6A0
いや、吸血鬼異変からスペカルール設定まではかなり年数が離れてる。
吸血鬼のはレミリアが幻想郷に来たての頃に起こしたもので
スペカルールを作ったのは霊夢が博麗の巫女になってから。
しかも>>57とは逆で「あの巫女負ける可能性もねーよ抵抗も無意味だから
何してもただ退治されるだけでつまんねーよー」とすねて引きこもりがちになった妖怪のためらしい

59名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:06:43 ID:I6FK4sf20
「妖怪がより異変を起こしやすく」
「人がよりそれを解決しやすく」
「完全な実力主義を否定し」
「美しきと信念に勝るものはなし」

それらの派生として
・絶対に回避不可能な弾幕は禁止(複数回挑戦が前提とかはOK)
・負けても(普通なら)死なない(当たりどころが悪いと死ぬ…かも)

んで、>>58にあるように上記のスペカルールができたのを受けて?紅魔郷の時の紅の霧事変発生

60名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:14:27 ID:mgq5/XkA0
ここで蓮子=霊夢説を推す俺が華麗に59GET!!!
仏教において、汚泥に染まらず咲く蓮はあらゆる苦しみから離れた悟りの象徴とされる
そう、蓮子もまた「あらゆるものから浮く程度の名前」を持っているのだ!
メリーがどんどん蓮子を幻想郷へ引き込んでいるのは霊夢を連れ戻すためかもしれない
そう考えると夢が広がるよね!

61名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:17:16 ID:mgq5/XkA0
アーーーッ!!!!!

紫様も割合仏教畑の人だよね・・・

62名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:25:17 ID:RmF9BBxI0
あー、なるほど
吸血鬼と旧作の間には時間空いてたのか

63名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:27:48 ID:DXGSSlmc0
でも吸血鬼異変はレミリアが起こしたものじゃないという見解も。
レミリアが館ごと幻想郷に引っ越してきた時にはもう吸血鬼異変終わって
スペルカードルール制定されてたんじゃ。

64名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:32:46 ID:q5/NVyG20
小説版儚月抄の第一話にちゃんと
・吸血鬼異変で暴れたのはレミリア
・でも妖怪にシメられて終了
ってのは書いてあるよ。ついでにスペカルールについては求聞史記で
霊夢が作ったと明記されてる

65名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:36:27 ID:I6FK4sf20
レミリア勢が幻想郷にくる→好き勝手に人間襲う→人妖バランスその他のために幻想郷の妖怪が止めに入る
→「吸血鬼事変」→紅魔勢は里の人間を襲わない代わりに、幻想郷の妖怪が餌を確保する約束→スペカルール作成
→紅の霧事変

だとおもってた

66名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:39:10 ID:wEymbVR20
吸血鬼異変とスペルカードルール設定の間がかなり離れてるって、どこにある情報?
求聞史紀見る限りだと、吸血鬼異変の直後に作ったように見えるんだけど。

67名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:45:42 ID:DXGSSlmc0
小説の方は読んでなかったけど、そうすると求聞史紀とは微妙に矛盾するのか。

68名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 02:47:30 ID:I6FK4sf20
改めて確認してみたが、確かに求聞史紀には
「吸血鬼異変解決直後に妖怪が博麗の巫女に相談してスペカルール作成」とあるように読める。
まあ、その直後にいきなり新ルールに則って騒ぎ起こしたのが紅霧異変って言うのがまた面白いところだ。

69名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 03:13:30 ID:N5yYjAYA0
これも儚月抄だけど
百年位前に〜(吸血鬼異変)とある。
まあさすがに百年前から霊夢が巫女やってないだろう。…たぶん

あとはアレか、スペカ初お披露目が紅霧異変だから
旧作はスペカ作る前の話だな

70名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 04:13:22 ID:LrdIJATY0
作られた決闘ルールはスペルカードルール以外にも何種類もあるけど
レミリアが異変にスペルカードルールを採用して大ブレイクしたせいで
他の決闘ルールはあんまり使われてないと書いてあったな

71名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 04:28:34 ID:uQaRP91U0
スペカに絡んで?だけど
弾幕の難易度で、よく2次元だから避けられる、3次元弾幕は無理って論調があるけど
Z軸移動が加わったら避けやすくなるだろ常考。
そもそも撃つ方からして、同じ密度にしようとすれば
戦闘域の半径×4/3倍分だか一辺倍分ぐらい
弾を増やさなければならないわけだし、結構無茶だと思う。

仮に人妖のスペックが異常で、ゲームと同等のが3次元に展開されたとしても
上下に動かなければ2次元と変わらんわけだし。

というわけで、実は弾幕ごっこはゲームのルナとかの印象ほど難しくないとか言ってみる。

72名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 04:38:05 ID:OgleKNWM0
Z軸移動が加わったらその方向の弾も加わるんじゃないのか
前後左右に加えて上下も入ったら相当避けにくいと思うんだが

ただ弾幕ごっこ中の実際の動きは突っ込んでいくと矛盾でそうで怖い

73名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 04:55:24 ID:azslRMPMO
>>60
楽園だか桃源郷だかのことを
ロータスワールドと言わなかったけ?


弾幕が球形ではなく円柱状状だと考えれば・・・っ

74名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 06:16:23 ID:5cJsu3Mo0
>>73
待て、それだと金閣寺がやばい

75名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 07:16:50 ID:uPeAj.twO
>>60
二色蓮花蝶ですねわかります

76名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 07:17:15 ID:I6FK4sf20
二次元空間で直線を交差させるのは簡単だが(二本の直線が交わらないのは平行の場合のみ)
三次元空間で直線を交差させるのは難しい(二本の直線が交わるのは同一平面状に存在できた場合のみ)

まあ、そんな事考えても例えばサバゲで威嚇射撃に突っ込んでくとたいてい当たるがな

77名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 07:26:25 ID:1qyUyMLU0
直進だけなら兎も角、弾によっては曲射弾道とったり追尾したりもするからな。
まぁ、アレだ。そーなったら3D系シューティングのお約束『視界から外すと当たらない』の発動だw

78名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:09:41 ID:do0rkRto0
>これも儚月抄だけど
>百年位前に〜(吸血鬼異変)とある。

これどこに書いてあるんだ
儚月抄を読み返したが書いてなかった

79名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:24:50 ID:RinBM8iw0
霊夢の強さの話の時、いつも
阿求が幽香を退治したことがあるという話を眉唾といっていたことが無視されてるのはなぜなんだ
昔の話だし、それから霊夢も成長してるだろうからそのままってことはないだろうけど、
外からの視点で眉唾書かれるくらいには実力的に差があるんじゃないのか。
あくまで「実力」はそんなもんで、その上に夢想転生やらの補正かけたらどうかはわかんないけどね。

80名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:43:32 ID:ep1DxiEw0
>>78
求聞の方に「初めて(吸血鬼が)現れてから数百年程度」
ってあるからそっちと混ざったんじゃないか?

>>79
阿求は霊夢の弾幕戦を見たことないから眉唾って言ってるんじゃないかね。
実際の霊夢の弾幕スキルを知れば眉唾とは書かないかもしれん。

81名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:49:40 ID:wEymbVR20
>これも儚月抄だけど
>百年位前に〜(吸血鬼異変)とある。

とりあえず、キャラ☆メルは全部確認してみたけど、書いてないな。
漫画のほう?

82名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:56:07 ID:xzf1CyeU0
阿求的には弾幕ごっこみたいな茶番で勝ったからなんだってんだ
ガチじゃ幽香には勝てないだろと思ってんじゃね

実際に霊夢がガチでどの程度かは知らんけど
少なくとも阿求はそう思ってるんじゃ

83名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 08:56:13 ID:do0rkRto0
>>80
求聞史紀のやつか
それなら知ってるが、混ざったのか
それはレミリアじゃないんじゃねって話あるし(姉妹以外にも旧作にいたりするし)
幻想郷に来たのが数百年前じゃなくて種族そのものの誕生の事(某伯爵)って説も有るし

それから吸血鬼の契約については、レミリアが来る前に成立してたって話はないはず
書いてあるのは咲夜が幻想郷に来た時には契約が成立していたってヤツでしょ
これはレミリアが最初に単独で来て、事件が終わった後に咲夜たちが来たんじゃねってのが
このスレで前に言われていたよ

84名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:11:31 ID:qSjoXTlU0
>>79
旧作設定を活かすなら幽香が霊夢に負けてるのは間違いないわけで、
そこは霊夢が阿求に全然評価されてない、という笑い所なんじゃないか。

二次で言うとおぜうさまカリスマ不足、と同じ傾向のギャグ。

85名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:21:15 ID:8GH1qvfk0
まあ簡単に言うと

あんだけ強い妖怪を、普段はあんなにぐうたらな巫女が一度は倒したということが、にわかに信じがたい

って事なんだろうね
つまり、霊夢のぐうたらしすぎが原因

86名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:49:29 ID:YJYktrmE0
意図的に妖怪を脅威を誇張して書いたそうだから
そのうちの一つでもあるんじゃないのかなーとも思う。

そういや今回のキャラ☆メルで妖怪の山の素性が割れたわけだが、
あのクラスの山が丸々入ってる事を考えると幻想郷ってかなり広いんじゃないか?と思った。

87名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 13:55:10 ID:oYIkhf/60
>>85でFAだな

88名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 14:19:58 ID:zZeFKTN60
俺は幽香が書き加えたと思っている。

89名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 14:25:42 ID:qSjoXTlU0
ゆうかりんいがいとみえっぱりだねウフフ

90名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 18:07:33 ID:RmF9BBxI0
異変解決に関してぼかされてるのと一緒なんじゃない?
霊夢が誇張してるだけの可能性もある、みたいな

91名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 19:45:13 ID:DXGSSlmc0
>>83
だが求聞史紀には、咲夜が幻想郷に来た際には紅魔館ごと、とある。
とすればレミリアと一緒に来たというのが自然。

ただこの項最後に「そんな想像はどうだろうか」で締めくくられてるから
どこまで本当かわかんねってのがあるが。

92名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:09:27 ID:X4jsgtUk0
あっきゅん使えねーなーw
でもホントは実は全てを知っていて、こっちに想像の余地を残してくれてるのかもしれない

93名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:17:08 ID:DZZ2gyE.0
あっきゅんの考察は本来なら信頼できるものだと思う
なにせ、1000年間に渡って妖怪の特徴と出来事を編纂してきたんだ
おぼろげな記憶も関連があれば思い出すという
妖怪研究については第一人者を名乗れるに違いない
少なくともけーねに負けるようなことは無いはず

まぁ、弾幕ごっこに馴染みは薄いんだけどな・・・

94名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:27:20 ID:VCwKHxzs0
幾ら長くても(多分)人里から出れず
伝聞情報しか蓄えていないであろう阿求の情報の信頼性は怪しいと思っている

百聞が一見と同等以上かどうか

95名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:38:06 ID:SGamHF/Y0
永遠亭とかの記事見る限り、直接取材みたいなのはしてるんじゃね?
一見を極めたような能力だし。

96名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:13:48 ID:do0rkRto0
>とすればレミリアと一緒に来たというのが自然。
自然?
貴方が館が後ならレミリアが単独なのはおかしいと思ってるのは個人の解釈でいいけど
自然って何?
俺はそう思わないんだが

97名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 00:07:22 ID:Ud9Vgifk0
あっきゅんの独白よむと求聞史記の信憑性をあまり否定したくないな・・・

と独白よんでて思ったんだが、ゆかりんが月に干渉しようとしてるのは
外の世界の崩壊となんか関係があるのかと邪推してしまう

98名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:17:32 ID:c/5bdJGs0
求聞史紀は、阿求の知らないことに関しては憶測で書かれている場合があったり。
求聞史紀の内容も妖怪たちによる内容への介入があるから、
既に公開されていたゲーム本編の設定と矛盾する。

99名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:21:12 ID:bdeQA4kg0
>>93
しかし満月けーねは幻想郷の全ての知識を持つという

100名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:31:15 ID:01ZdvpRM0
満月のときは歴史作れるだけだろう

101名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:39:34 ID:bdeQA4kg0
>>100
>普段は人間だが、満月の夜には白沢(ハクタク)に変身するワーハク
>タクである。人間時は、歴史を喰う能力。白沢時は、幻想郷の全ての
>知識を持ち、歴史を創る程度の能力を持つ。

というのが永夜のキャラ設定txtにある

102名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:46:32 ID:01ZdvpRM0
なるほど。すまんかった

103名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:46:50 ID:c/5bdJGs0
しかし、幻想郷縁起(求聞史紀)は慧音の力に及ばない所にあるらしいが
慧音の歴史じゃなくて稗田家の歴史だそうな

104名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:50:58 ID:bdeQA4kg0
知識と歴史は違うだろうからなあ
作り変えは出来ないんだろう

105名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:01:56 ID:01ZdvpRM0
歴史は常に勝者によって作られてきたもの。
元々、時代ごとの王に都合のいい歴史を編纂するって言うのがベースにあったんだろうし。
そう考えるとけーねの言う「歴史」は「史実」とは違う可能性もあるな。

ヒエダケのは歴史じゃなくてもはや記録になっている希ガス

106名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:15:57 ID:fFHiI3CI0
カタカナだとどこぞの茸みたいになるな、稗田家

107名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:58:39 ID:FRGVM.Tk0
結局は稗田が見たもの聞いたもの、という意味で稗田家のも歴史でいいんじゃないか

108名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 04:35:14 ID:XTvG8.Fs0
>>65
 幻想郷を結界で閉じる。管理者の一人が人間の巫女→巫女を殺すと楽園崩壊なので妖怪は簡単に人間襲えなくなる
→アイデンティティーの崩壊から幻想郷の妖怪たち無気力に→そこにレミリア出現。妖怪たちをシめて回り手勢とする
(人間を襲ったという記述がない)→幻想郷の最強妖怪がレミリアとバトルし勝利。条約を結んで手打ち
→スペルカードルール作成される→レミリアがスペルカードルールにのっとった異変を初めて起こす。

って流れ。 紅魔館幻想郷転移に先駆けて足場つくりとして一人だけ先に乗り込んでたのかも。
 そして同じように月に行って暴れようとしてるw 
巫女の活躍に関しては文も疑問視しているようだ。それぐらい実力が離れていると思われる連中に勝ってるって事だろうな。
まあ文が個人的に人間ナめてるってだけかも知れんが。

109名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 11:14:31 ID:eQ7cDxoM0
花で一度戦ってるのに風でまだ予想より強かったとか霊夢どんだけなめられてるのかと。

110名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 12:01:10 ID:fyIksa1k0
まぁ花の時は異変は異変でも解決すべき異変じゃなかったからね
黒幕センサーも働いてなかったし霊夢のモチベーションがそんなに高くなかったんだろう

111名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 12:49:51 ID:n37jRM5A0
>>109
あれでも文は手抜いてわざと負けてるからねぇ

112名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 12:52:14 ID:Ay7pzLbc0
あれで手抜きって・・・本気が恐ろしい

113名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 12:52:18 ID:Ny./v4SI0
霊夢の問題と言うより、文が人を舐めまくる性格だということでしょアレは。
手加減するから本気で来いとか、人を小馬鹿にするにも程がある。



・・・だがそれが良い。

114名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 13:24:46 ID:n37jRM5A0
手加減している理由は、風のキャラ紹介のとこにも書いてあるけど

彼女は手加減して戦った振りを見せ、わざと負けた。戦いもしないで
山に入れてしまうと、彼女が人間と繋がっていると疑われる可能性が
あったからである。

115名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 19:33:53 ID:f8fsgznE0
あれは面倒臭がってるんじゃないか? 適当にあしらってやるかーってな具合に。



……あとから椛を脅迫したという電波を受信した。
文「私に都合の悪いことを報告したら色々当てられない状態にしてやるからね」
椛「……ゴクリ」

116名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:12:46 ID:momEnBXw0
もう心身に染み付いちゃってて、死ぬような状況でも本気出せない体質になってる気がする。
どうでもいいが、妖魔夜行だと500歳の烏天狗が600cpだったっけ。文は1000cpちょいかな。

117名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:47:23 ID:R3PhEoyQ0
「文々。新聞」も霊夢の武勇伝に懐疑的だったし求聞史紀の信憑性はそれと同程度
と思っていたけど、「記憶する幻想郷」で霊夢は「私の記事は特に問題ないと思う」
とも言っているわけでよくわからないよな。

118名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:47:57 ID:eyCIHPoE0
公式の言動や設定を見直したらなんか文ってけっこう嫌な奴の気がしてきた…。
というかいい奴なんて東方には居ない気がしてきた。

みんな二次に毒されてるだけで、本当の東方は非常識で自分勝手なキャラばっかで、日常的に接点がないキャラ同士は仲が良いわけでもない。
なんて思ったり。

119名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:54:09 ID:Ay7pzLbc0
俺もそう思ってる。かなりシリアスな印象受けるし・・・
そんなときはぐもんしきの独白見ましょう

120名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:54:09 ID:FRGVM.Tk0
何を今更、と言わざるをえない
文はなかなかイイ性格してるからそれで好きになるのは分かるが、ただただかわいいよ!とか言ってる人たちは未だによくわからん

121名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 21:58:38 ID:Ny./v4SI0
ゲーム文花帖おまけtxtで神主もこんなこと言ってるし。

>最後に、文に限らず天狗はくせ者ですよ? 特に見た目丁寧な性格が。

122名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:00:15 ID:Ud9Vgifk0
そういう自分勝手で非常識なのに来るもの拒まず弾幕はって宴会するようなところが魅力だと思ってる
幻想的でいいじゃないか、外の世界では有り得ないし

123名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:03:10 ID:7cVQ6udc0
傍から見て判りやすく仲が良いのは少ないと思う、当人達は仲が良いつもりでも。
ただ弾幕ごっこつながりっていわば遊び仲間なわけで、そのくらいには仲良くやってるんじゃなかろーかと。

124名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:03:46 ID:QKs5XjVo0
そもそも、人間と普通に会話が出来そうなのがどれだけ居るかw
妖夢、妹紅、慧音あたりは普通に話せそうだけど、
他はかなり厳しいんじゃねぇかと思うぞ。

125名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:10:40 ID:n0uqlDIs0
>>117
いつかの神主発言って「弾幕ごっこでは最強」って意味だったんじゃないかなぁ
つまり、ZUNはゲームにおける最強を答えたんじゃないか
今代の幻想郷を作り上げたのは巫女の方針によるところも大きい
積極的に妖怪と交流してそれを推し進めてもいるようだ
「美しさと信念に勝る物無し」の信念に当たる部分も十分満たしていると思う

というか技術的な面で八雲紫だの風見幽香だのに勝てるとはやはり思えない
浮く程度の能力も・・・雪かきしてたし

126名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:15:42 ID:FRGVM.Tk0
ラストワードのコメントを見る限り、霊夢のあれはその気になれば一切何も効かない反則もいいところな能力だから
相手を倒せないまでも霊夢がやられることは無いから負けないという意味では最強じゃないか

127名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:20:50 ID:momEnBXw0
>124
ルーミアとか、呪術理論とか妖怪の習性とか分かってる里の人間にはギャグだけど、
外の堅気の人間が遭遇したら、捕食モードのピクル並にヤバいと思うんだ。

128名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:52:10 ID:IMouAmfg0
>>126
元ネタの北斗神拳究極奥義「無想転生」は、実体を空(くう)に消し去って
敵の攻撃に当たることはなく、空から繰り出す攻撃に回避は無意味というものだから

ありとあらゆるものから宙に浮いて無敵になる色々と究極奥義な「夢想天生」も
霊夢が本気を出したら時間制限が無いだけじゃなくて、全弾必中とかやらかしそう

129名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:58:30 ID:nUe5o0a20
その元ネタの方の無想転生も完全無敵でも無かったから
相手がそれに匹敵する力量さえあれば破れる気がする

130名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:08:17 ID:fi3pbP5c0
無想転生修得者同士が戦うと最後にはただの殴り合いになるからな

131名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:10:34 ID:XjXWvRn.0
ということは緋想天かその次で・・・なんでもない

132名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:20:22 ID:TUS1PWKA0
>>124
風神録連中はわりかし常識人じゃないかな。人間に友好的なポジションのキャラ多かったし
……あー、でも早苗はジェネレーションギャップの関係で里の人間とはまともに会話できないか?

133名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:23:56 ID:x1Bjh9dM0
最強議論は…まあいいや

ゆかりんの突然家の中に現れたり等の神出鬼没な行為に
わりと本気っぽい力の誇示の意思を感じるなあ

134名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:26:15 ID:YWgETX0w0
>>132
秋姉妹と雛辺りは確かにまともかも

135名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 02:00:31 ID:R5XtyGxE0
永遠亭は人間とも友好的で頑張ってるよ!

136名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 02:08:06 ID:29i5j/cE0
>>124
永夜抄でも、常識があるかどうかは兎も角話術には長けてて社会勉強中な輝夜さん辺りは
機会があれば積極的に話そうとするだろうしまともに会話できる(例:阿求)気がする

137名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 02:25:50 ID:JmZsR.nA0
紅魔なら求聞史記でも取っ付きがよさそうに書かれてる中国、ちょっとぼけてるが普通の人間的な咲夜、
妖々ならアリスにルナサとリリカ、
永夜なら慧音、妹紅、輝夜、客商売してるみすちー、能力が能力で口も上手く賽銭詐欺しても好かれてるてゐ
風神なら文以外の全員
がまともに付き合ったり話したり出来そう
結構多いな

138名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 03:10:05 ID:YRZiiu6E0
花以前だと、咲夜さんはノーマルな人間にかなり冷たかったような。礼儀は正しかろうが。

139名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 03:13:15 ID:No4t4e/g0
人間から一番遠いのは、ゆうかりんかレミリアか・・・・

140名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 03:22:59 ID:l5T0uX2.0
>>138
紅魔館以外のところでは垢抜けた雰囲気で人間を敵視してるようには見えないらしいよ

レミリアはよく人間呼んでパーティしてるし、幽香は人里に行ってたりするし
人にあまり関わり無さそうなのはパチェとフランとゆゆ様くらいな気がする

141名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 03:39:56 ID:3aCl.x/Q0
>>125
それは逆じゃない?
霊夢が本気を出すと遊びじゃなければ誰も勝てないが(夢想天生コメント)、ゲームなら他のキャラにも勝ち目があると
芋の萃香ストーリーでゲーム上では萃香が霊夢に勝ったけど、鬼を幻想郷に戻すのに失敗したから(霊夢の能力で)実質的には負けだし

142名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 04:29:43 ID:68G3A7.Q0
――――――――――
(>>138で思い出したけど流れそのままどぞー)
なんで咲夜さん魔理沙が勘当されたこと知ってたんだー。
人から聞いたのなら里の人間とそれなりの交わりがあるはずだー。
ってのは既出か。
――――――――――

143名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 09:28:43 ID:EDdTVukM0
香霖とか霊夢に聞いたとか。

144名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 11:48:49 ID:ZfAZknxo0
紅茶に入れる希少品探しで実家の店に行ったとか。
「霧雨って魔理沙と関係あるの?」「あいつとは縁切ったよ」「へー」
みたいな

145名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 11:52:24 ID:5decqGPY0
なんか>>141を見て思った
言っても仕方ないけれど、たかが人間の小娘がなぜそんな能力を持ってるんだろう
撃つ〜何を(ryってスキマ妖怪の能力じゃないか
というか昼の幻想郷における霊夢の立ち位置ってこのひとそのままじゃないか
何かがあるよなぁ・・・

146名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 11:59:12 ID:UkNDhokI0
>>144
あるいは……
「門と図書館の損害賠償を請求するわ」「あいつとは縁切ったよ」「……チッ」
とか。

147名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:02:49 ID:kq3zowy.0
こっちのがリアリティあるなwwww

148名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:08:28 ID:5ZLV8ybQ0
こういう考察の時はやけに人間を過小評価する意見を多々見るが……。
幻想郷の人間なんだし、なんかすごい能力持ってても良いんでないかい?

149名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:23:54 ID:TF74zuJM0
結界=境界=スキマと考えれば結界扱える霊夢が似たようなことできてもそう違和感は無いと思う
何で結界が扱えるのかとかは幻想郷を結界で隔離した術者達の子孫だとか何だとかまぁ適当に

150名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:26:14 ID:l5T0uX2.0
>霊夢だけ特別なんですよ。あれは紛うことなく人間ですから。
って神主が言ってたってけーねが言ってた。

151名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:33:16 ID:uhIPXLEc0
オリジナルヒューマンという厨臭い単語が頭を過ぎった

152名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 13:07:26 ID:f5/NQkF.0
人間は妖怪を倒すものだから、そういう風に出来ている

153名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 13:16:33 ID:iHSUIulY0
文字通り形式が力になるんでないかね。
「そう言う役割・格を持っているから」で定められたルールを覆せたり

154名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 14:22:16 ID:5decqGPY0
>>153の発展でぶっちゃけスキマ様が力与えてんじゃねぇかってのもありか
勝ち台詞その3のみんなに〜(ryなんか霊夢のことだと考えれば違和感ないしな

155名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 14:28:35 ID:EDdTVukM0
紫の力で底上げしてるようなら紫自身にゃ勝てないと思うが。

156名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 15:23:29 ID:f5/NQkF.0
紫は妖怪だからどうあがいても巫女には勝てないだろう
竜神が力をって線ならありえる

157名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:13:30 ID:l2CJmpLM0
まぁ実際どうなってるのかっつったら霊夢も紫も含めて全員勝ったり負けたりだろうなぁ
ガチバトルになるのはまず有りえないと思うし。

158名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:15:05 ID:JklJVPWk0
普通に考えて博麗神社の神様じゃないのか
巫女なんだし

159名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:26:02 ID:YRZiiu6E0
>156
妖怪は人間に退治されるものって構図は、敢えてそうしてある様式美だろ?
基礎スペックが違う妖怪が、真剣に効率的に殺りに来たら、人類は食われるだけだ。
人間との相互関係を理解して弁えてるだけで、あいつら基本的に天敵の捕食者だぜ。

英雄クラスが呪術的に装備固めて騙し討ちすれば、局地的には勝ち目があるけど。

160名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:31:46 ID:68G3A7.Q0
>>143〜ちょっと
霊夢や香霖はそういう余計なことを言わないように思える。
霧雨道具店のことさえ知ってれば、そこの娘(一人娘だっけ?)が森に住んでたら
自主的にしろ捨て子にしろ勘当には違いないよな……。
咲夜さんのことだし、興味本位で探り入れてから適当に推理組み立てただけかもしれん。
ここに理由を求めるのはさすがに二次創作行きか。

161名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:44:20 ID:f5/NQkF.0
>>159

様式美って言っても、あえてそうする意味が無い
妖怪が人間を食って、人間が妖怪を退治するってのは、
妖怪が手加減してるから成り立つって訳じゃ無いと思う
基礎スペックは違うけど、種として真剣にやり合ったら互角か人間が優勢って感じ
表の世界から妖怪が駆逐されつつあり、幻想郷に押し込められてるってのが何よりの証拠
精神攻撃に弱いってのもあるしな

巫女に幻想郷の妖怪が勝てないってのはそれとはまた違った理だと思うけど

162名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:49:44 ID:5decqGPY0
>>159
人間には人間なりの対し方があるんだぜ?
諸神やスキマ様まで妖怪と含めるから一概には言えないが、妖怪と一括りにするのは乱暴だ
一部の連中を除けば妖怪なんぞ森の狼や猛禽の類と変わらん
強力な奴にしても葛城の大蛇を初めとして退治した例がごまんとある
さもなければ外の世界の人間がここまで発展することは無かっただろう
求聞史記にも妖怪たちは外の世界の人間に勝てないと思っていると記述されている

163名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 17:56:11 ID:/OYZHTyQ0
外の世界の人間に勝てないというのは外の人間が妖怪を信じず
恐れなくなっていることによるものであって、スペックの問題ではないのでは。

164名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:00:31 ID:f5/NQkF.0
>>163
それで存在が危うくなるんだから立派な敗北ではあるだろう
妖怪はスペックは高いけど、工夫と研鑽を積み重ねた人間には負けるって感じじゃないかな
丸腰の人間はライオンに勝てないけど、熟練したハンターなら楽に倒せる、みたいな

元々東方での妖怪の存在意義が人間に恐怖を与えることって言う、人間ありきの存在なのが気にかかる
穢れ調整のために月人によって作られた存在って説もあったな

165名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:04:10 ID:josngxZM0
>>160
一人で住んでいるから、勘当というのはちょっと早急かも。
極力創作を排除するとしたら、求聞史紀を(おそらく)読んでいるパチュリーに聞いたとか。

166名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:07:36 ID:f5/NQkF.0
人里のでっかい道具屋の娘でしかも有名な魔法使いだから、
人里に出入りしてるやつなら噂で事情知ってるってくらいには話題になってるとか

167名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:15:07 ID:68G3A7.Q0
魔理沙って魔法使いとして有名なのか?
魔理沙が家を出た時期が分からないけど、だとすると随分息の長い七十五日だなぁ。
パチェが言ったって線はありそうな気がする。嫌がらせ的な意味で。

168名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:20:51 ID:f5/NQkF.0
>>167
求聞史記に英雄として載るくらいは有名なんだろう
というか、求聞史記に「実家とは絶縁関係」って書かれてるじゃないか、これw

169名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 18:41:16 ID:L.7XCX7U0
妖怪には思いつきもしない独創的な魔法を創り出すことで一目置かれる魔法使いです>魔理沙
あとガラクタ屋敷なのは物が捨てられない性格のせいだが、実家だけは簡単に捨てれて不思議と未練もない。とコーリンドーでコメントしてた。
あと人間のくせに妖怪集めて宴会開くぐらいだから、そういう意味でも有名かもね。妖怪を恐れない人間の一人として(警戒心無い馬鹿とも思われてるかも。春巫女とメイド長とで三馬鹿トリオ扱いされてるし)

170名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:13:20 ID:/OYZHTyQ0
>>169
>妖怪には思いつきもしない独創的な魔法
ダウト。
ノンディレ然りマスパ然り。

171名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:16:21 ID:LJ81n.sE0
ところで非公式設定は求聞史記と文花帖以外の設定なんだよな。

172名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:17:55 ID:iHSUIulY0
ZUN氏が書いているテキストが公式設定でないのか?

173名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:20:11 ID:oX4j3vQE0
永三面で
レミリアの咲夜は里に来るの?という問いかけに
ええ、うちのお屋敷の道具は人間製のものも結構有りますわ。と答えている

紅魔館のような大口を仕切っている咲夜さんは
特に道具屋とつながりがある説を唱えてみる

174名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:22:31 ID:PklKE1bs0
何が言いたいのかわからん
あっきゅんとあややの主観で書かれてるから公式設定じゃないとかそういうことか?

175名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:42:04 ID:L.7XCX7U0
 同人とかのオリジナル設定(幽香とリグルが恋仲とか)とかを指して非公式設定ていう趣旨。
とはいえそこらへんの非公式を語るにゃ公式を知らなきゃいけない。 そういうわけで設定にまつわる話題全般を取り扱ってたりする。

176名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:45:14 ID:5decqGPY0
>>170
霧雨魔理沙の水平思考とそこから出る魔法については
日光を避けて暮らす専門家が独白していたりするんだよ・・・

177名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 21:59:29 ID:0C1ZYXjc0
>>175
>同人とかのオリジナル設定
それって非公式ではあるけど界隈的には二次設定というものじゃないか?
このスレ的には、公式設定として出てきてないけど公式から推測されること非公式設定と言うんだと思ってた

178名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 22:01:46 ID:/OYZHTyQ0
>>176
そこの出典を教えて欲しい。
内容を検討してみたい。

179名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 23:59:04 ID:UkNDhokI0
>>170
『魔法を真似る』ってのが妖怪が思いつきもしない独創性なんじゃないだろうか?

180名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:15:08 ID:hg7tROOM0
>>168
/(^0^)\ もうちっと読み込まなくちゃ駄目だな俺。
求聞史紀の読者層はともかく、パチェが読んでるなら知ってるだろうな。
ていうか結構突っ込んだ事書くんだな、あれって……。

181名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:29:01 ID:vEaN3rSk0
咲夜さんが幻想郷縁起を読みに行った話を求聞史紀の特典で神主が書いてたけど
むしろパチュリーのほうが図書館に篭りっぱなしで幻想郷縁起を読んでないかもしれない

182名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:31:15 ID:QBbwlknY0
>>179
そ れ だ
妖怪は自力第一っぽいから他者の真似には走りにくいのかも。

183名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:33:19 ID:bTyyUEd.0
そういえば妖のtxtで「魔法使いの魔法は常にオリジナル」と定義されてたっけ?

184名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:40:49 ID:ZXNqImZAO
芋のはおいといて、マスパって八卦炉から出てるんだよな
ならダブルスパークはどうやって撃ってるんだろう
実は八卦炉二個持ってたとかなのだろうか

185名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:43:32 ID:5WnIL04M0
創意工夫も努力の内だな。
はじめの一歩の青木を思い出した。

186名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:45:59 ID:TZ5jp5TA0
>>184
発射口のまんなかに仕切りをつけると・・・?

187名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:01:00 ID:tYJ9iaUM0
八卦炉使って撃ってるってのは知ってるが
使わないと撃てないとかどっか書いてあったか?

188名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:29:23 ID:W/Yj28m60
使わなくても撃てるなら使う意味が分からんが。
撃ててもそれはマスタースパークではない。かめはめ波だ。

189名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:33:33 ID:FGtlo4iE0
別にあの穴から出てるわけじゃないだろう

190名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:35:17 ID:CFzhR6uw0
八卦炉はプラシーボ。
とまでは言わなくても実はあんまり関係ないとかはありそう。

191名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:49:06 ID:L8iMvuQY0
素手→マスター
素手+八卦炉→ダブル
八卦炉→ファイナル
八卦炉最大出力→ファイナルマスター

なんて勝手に言ってみる

192名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:55:17 ID:QBbwlknY0
〜マスパのオリジナル:ゆうかりん極太レーザーについて〜

傘がないと撃てないと思われてるようだが実は無くても撃てる!

このへん二次創作の影響が強いよね。サッカーとか。

193名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:18:32 ID:XC7RLwCQ0
魔理沙「お前はマスタースパークを放つのに、八卦炉が必要だと思ってるようだが
    …別に無くても何の問題も無い。」
阿Q「な、なんだって!?」
魔理沙「もはや搾乳ネタだけになってしまった魅魔様の出番については、こーりんどーで適当にぼかしておいた。
    後は私の記事を書くだけだな、くっくっく…。」
阿Q「私も貴方がうふふふふと笑っていた気がするけど、そんなことは無かったわ!」
魔理沙「そうか。」
阿Q「いくわよ、喰らえ必殺隙間検閲妄想全開幻想郷縁起!!!!!」
魔理沙「うおおおおおおおおお!」

阿Q先生の次回作にご期待ください。

194名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:21:41 ID:gOqtsLBU0
八卦炉からビームがでるのは、まあ、わからないこともないんだけど
キノコスープはどうやったら魔法になるんだよ。
魔法の森に生えてる物だし普通じゃないってのはわかるけどさ

195名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:26:32 ID:TZ5jp5TA0
火薬とかを創造すればいいんじゃない?
乾かして粉末にして・・・ドカン

196名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:27:48 ID:XC7RLwCQ0
おいおい、世の中には花食べただけで、ファイヤーボール出せる
おじ様だって居るんだぜ…
魔法のきのこなんて食べたらいったいどうなっちまうのか…

ヒュー たまんねぇ!

197名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:41:15 ID:hg7tROOM0
>>183
買ってないからうろ覚えで悪いけど、儚月抄でのパチェの台詞で
「魔法使いは既存の物を尊重しつつオリジナルの要素を加えて新しい物とする」
みたいな意味の発言があった。
その言に則って言えば魔理沙のパクリもあながち外道ではない。
妖怪一般の意識では無いかもしれないけどね。

198名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:49:13 ID:90sQ8yTE0
「八卦炉を使ったほうが威力が出る気がする」
という思い込みの力がスタンドよろしく魔法では重要なのかもしれない

199名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:55:31 ID:Nz3TW7lY0
>>197
まんま技術者だな
魔女と河童って結構話が合うのかもしれない

200名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 03:07:56 ID:gOqtsLBU0
じゃあ、魔理沙の独創的な魔法ってなんなんだろ。
材料がキノコとかが独創的か?

201名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 03:17:45 ID:hg7tROOM0
他にキノコを使う魔法使いがいなければ充分独創的だろ。
つーか普通キノコを魔法の材料にはしないよなw

>>197
探求者って点ではいけるような気もしないでもない。

202名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 03:19:36 ID:TZ5jp5TA0
弾の形も単体で星の形してるのは彼女だけだったよな、確か

203名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 03:21:12 ID:JUljV91Y0
そもそも魔法自体が古代技術のコピーなんだから、むしろパクリこそが正道。

204名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 07:55:32 ID:gLTKoVck0
>>201
アリスも茸を集めてなかったっけ?
蒐集家ってだけだったか

205名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 09:15:48 ID:J182T2II0
妖怪は精神的な面を重視するから
今現在活動している他者の魔法をパクると
精神的にパクリ元に従属するような状態になってしまうのかも知れぬ

206名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 09:39:22 ID:5WnIL04M0
>>205
なるほど、納得した。
妖怪はみんな退かぬ媚びぬ省みぬじゃないと強くなれないんだなぁ

207名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 09:45:49 ID:cjAtXFIg0
>>197
神主の創作の姿勢でもあるな
もっというと、科学の方法論でもある

魔理沙は皆が元知ってるから元ネタがよくわかるが、それに☆加えたり
自分なりの創意工夫を加えてるのでオリジナルでいいんじゃないかねえ
ネタとしてパクリいうのは兎も角として

そも、突き詰めると本当の意味でのオリジナルなんて存在しないか、あっても極少数なわけで

208名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 10:03:11 ID:2eUSr/rQ0
>>204
魔理沙とアリスの違いの一つに、キノコを使うか使わないかってのがあったはず。
アリスはキノコは使ってないんじゃないかな。だから集めてもないと思う。

209名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 12:51:06 ID:HxwATiZg0
>208
魔法の森産の、魔術リソースの需要が被ってるから仲悪いんだっけか。
アリスはキノコ使わないんだから、花とか根とか鉱石とか使って魔法組んでるんだろう。

まあアレだ、アリスは頭身茸とか食うとブッ倒れるからなあ。

210名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 12:56:46 ID:RFRp8cpA0
>>208
永アリスの紹介の所に書いてあるな

ちなみに、魔法の森に生えるきのこを好んで使う、使わない、の違いもある。
もちろんアリスは使わない方。だからという訳では無いが、二人は仲が悪い。

武器は魔法。魔法使いの魔法は常に術者オリジナル。

211名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 16:44:35 ID:dvtI7pKc0
魔法使いに弟子入りしたとしても理論はまねても手法や媒体は途中からオリジナルに行くんだろうな

212名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 16:55:15 ID:pLN7eh8.0
プログラマを思い浮かべれば簡単かね

213名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 17:01:57 ID:MjyLdREo0
PC使って深夜までカタカタと弾道計算や発射のタイミング計算、
これで本当に「避けられる弾幕」になっているか、ルール違反じゃないかを細かいところまで確認している
努力家の魔理沙を想像した

214名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 17:44:23 ID:J182T2II0
独自のアレンジを施し、必死になって色々計算し、
その結果できあがったものがスターライトタイフーンかと思うと
生粋の魔法使いと、人間の格の違いを表しているかのようで
涙が出てくる

215名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 17:58:22 ID:uVgVhNnY0
>>213
つまり魔理沙はZUNだったんだよAA略

216名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 18:29:19 ID:vEaN3rSk0
>>194
キノコの幻覚症状には魔力を高める効果があるって求聞史紀に書いてあった

217名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 19:23:24 ID:5WnIL04M0
I can fly!! を現実にしたのが魔理沙なんですね

218名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 22:43:00 ID:KqjPweAU0
常にラリってるようなものなのか。狂気になれてるとかいうだけあるな。

219名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 22:48:25 ID:lJ6plpr60
ヤク中でアル中の黒魔術少女か
・・・こう書くと全く違う外見が思い浮かぶ(もっとこうゴス的な)

220名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 22:53:23 ID:7dfI/vCU0
出家→異界に常住
これどこの山伏?
時代が違えば天狗になっててもおかしくない
人里の人間からすれば狂気に違いないだろう

221名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 23:02:21 ID:A8RQmYQg0
>>170
香霖堂で魔理沙は妖怪を驚かせるような斬新な魔法を編み出すみたいな記述があった.

222名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 23:34:59 ID:eZHEWJwo0
>>220
出家と書かれてあったもんで「何が不思議なんだ?」と思ってしまったw
家出した手前顔を合わせるのも気まずいため里に来るたびこそこそする魔理沙がありありと浮かんだぜ!

223名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 23:59:06 ID:QBbwlknY0
>>221
まあ自分の技が使われてるのを見たら驚くよな。

224名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 00:28:11 ID:Pzm31bIc0
パクリパクリ言うがオリジナルだってちゃんとあんだろw

225名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 00:30:32 ID:awFtBrXE0
ブレイジングスターとか、「弾幕ごっこ」と考えると斬新そのものだよな。


反則的とも言う。

226名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 00:34:00 ID:2Os8s/sU0
ブレイジングスターは魅魔の突進攻撃を意識してるって誰かが言ってた

227名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 00:46:01 ID:mHyPx6jc0
イベントホライズンの解説で
魔理沙の地平線。魔理沙風の結界。しかし、結界そのものを意識
しすぎている事は根本から間違っている、と霊夢は思う。

228名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 00:46:47 ID:S1uZptrs0
>>221
ノンディレクショナルレーザーを改良しようとした恋風「スターライトタイフーン」はかなり斬新なことになってたな

229名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 03:06:29 ID:sJE9z4bE0
あの隙間の開き方は正直チルノ並だよなーと思う

もしかして「妖怪を驚かせるような斬新な魔法」ってのは
「ヤベぇこいつ頭いってる」的な意味なんじゃないだろうか

230名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 03:17:26 ID:B7yoxOxA0
「弾幕」ごっこで極太レーザーぶっ放す時点で既にそう思ってたが違うのか

231名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 06:28:24 ID:bLmNLJEE0
もう魔理沙ならなんでもありだ
ジャイアント魔理沙とかでてきても驚かないよ

232名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 07:08:05 ID:MaI0GTw20
そして萃香のパクリと言われるのか

233名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 11:47:47 ID:2i65lRlw0
ミニ八卦炉の元ネタの八卦炉から考えるとマスタースパークとかブレイジングスター
とかの大出力魔法には必要だと思う。もとはレーザーじゃなくて火だが。

234名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 19:32:49 ID:bi3wBrZQ0
>ジャイアント魔理沙
ttp://www1.k-rent.net/sergei/1st-2.html
これの503のですね! かんべんです!

235名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 23:48:03 ID:wlGWP5GI0
>大魔理沙
キノコを食って、バタ臭いアダルティー8頭身に成長するわけですね。

236名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 00:47:10 ID:7FhO1boU0
>>202
星弾は輝夜とかも使ってる

魔理沙の魔法の独創性って、既存の属性に囚われず魔法に「恋」の概念を組み込んだことじゃなかったっけ?
見た目はともかく、独創的なのは魔力の大元のことだと思うぜ
きのこと八卦炉だけで魔砲が撃てるわけじゃないんだし


それにしてもFマスタースパークの解説文はいつ見ても良いなあ

237106:2008/04/01(火) 11:36:41 ID:XFQyhI2c0
>>236
輝夜のは自機の弾を真似て発射してるんじゃなかったか?
あと、新しい概念を取り込む為に「恋」を入れたんであって
「恋」を入れたから新しくなったというわけじゃない。
ってどっかでいってた。

238名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 11:37:33 ID:XFQyhI2c0
ぎいやああああHN消すの忘れてたorz
上は無かったことに。

239名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 12:42:30 ID:l/9aV15I0
恋の概念を組み込んだとか自機の弾を真似て発射とかどこから出てきたんだ?
そんな設定無かったと思うが

240名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 13:14:11 ID:a0vavHeY0
コーリンドーにそのまま「独創的発想から妖怪から一目置かれている」的なこと書いてあったから、
上でそのこと書き込んだだけなんだけどね。

241名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 16:21:43 ID:uqvgs5xE0
パクリじゃないよ恋だよ
といった意味かと思ってたw

242名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 17:12:25 ID:FmJAbrvo0
星の魔法についてはこーりん公式認定じゃなかったか?

243名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 18:01:10 ID:d6p0cwhMO
こーりんちで流星群を見てから魔理沙は星にちなんだ魔法をよく使うようになった、ってのは覚えてるが
恋の魔法についてどうこう何てあったか?

244名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 18:05:01 ID:WwF54Iz.0
VIVITインスパイアについてはともかく
星の魔法は独創的な回で言われてた気ガス

245名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 18:31:03 ID:7FhO1boU0
こーりん20話で、魔理沙はそれまで第五元素しかなかった魔法にどれにも属さない要素を加えた、とあったが
当時それが恋じゃないかと考察されてたけど
妖怪も驚くような魔法を生む云々はそのくだりで書かれてたと思う

246名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 19:05:43 ID:WUVOL5Bk0
そもそも恋ってなんだよ。相手を惚れさせるのか

247名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 19:18:50 ID:oij1qzxI0
魔理沙に恋心なんて一切ないだろうな
てか恋についてわかってなさそう

248名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 19:21:57 ID:EkNll34w0
初登場時から恋色魔法使いだったのに

249名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:42:30 ID:dZNGvUMM0
自分もその辺疑問
恋符って何が“恋”なんだ?

250名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:50:43 ID:TQzpd6qk0
恋心「ダブルスパーク」で嫌な恋心だなぁ、とか言われているし
魔理沙の恋に対する(勝手な)イメージじゃねーの?

真っ直ぐなレーザーを
真っ直ぐな思い、とかそういうのに仮託してとか

251名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:59:02 ID:xFgA6Big0
言っておくが、語尾が「ざんす」になるのは、おフランス帰りの紳士だ。

252名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:29:48 ID:m3f92PTs0
ざんす魔理沙か・・・それは新しい

253名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:44:28 ID:urvx8OHI0
恋符「シェー・オブ・アイロニー」

254名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:46:08 ID:UcbcM/ZQ0
ミーは魔法の国帰りザンス

255名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:14:43 ID:LEhkPiq.0
>249
恋する少女は無敵って言うだろ? だから無敵の少女は恋なんだ。

256名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:19:08 ID:n9G3AmJA0
弾幕はパワーざんす!

257名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:28:46 ID:ix78XpBo0
恋色ってのが斬新で妖怪を驚かせてるんジャマイカ?
恋属性を魔理沙以外使ってる奴いないとか。

258名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:33:17 ID:ExfFrxTY0
>>257
西方のメカメイドが心のキュンキュンで魔砲を撃つとか

259名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:43:50 ID:gQMks21.0
「魔理沙、この世で一番真っ直ぐなモノはなんだと思うかい?」
「真っ直ぐ……う〜ん、『光』かな」

「ふ……光は反射するし、重力でも曲がっちまう。
 一番真っ直ぐなのはね、乙女の恋心さ。
 『恋』いつだって一直線に想い人に向けられているのさ」


みたいなこっぱずかしい会話が某M様との間にあったというのが
俺の脳内設定でございますよ

いや、嘘だよ?

260名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 00:09:52 ID:NuAzuTgA0
自分で書いた文見て思ったんだけど、恋属性って何だろう。
心のキュンキュンだったとするならあんまり珍しい物ではないってことになるんだろうか。

261名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 00:13:29 ID:o3p01o5g0
魔法って言っても結局は意思の顕現だからな

火とか水とか既存の属性に頼らずに自らの在り様を属性として現したって言うところが特別で
しかも火や水のように転換する必要がない己の心情のままというところで(ry

262名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 00:32:09 ID:65Fm/UWo0
輝夜の永遠の力とかは永遠の魔法とかいわれてるけど魔法なのかな?
あと、勉強して習得可能っぽい豊姫の隙間とか。月人系の魔法っぽいもの

263名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 02:27:18 ID:2J0fW5zQ0
化物クラスの扱う、〜程度の能力は、魔法とはまた別な上位の抽象的なちからなんじゃないのかな

魔法はあくまでも形式的な儀式を解して扱われる、根源的な力に細工をしたもので
この根源的な力に抽象的な意思でアクセスを行うのが、オリジナルの能力なのかもしれないような

まあ魔法でも真似事はできるかもしれないが、プロセスが必ず存在する

264名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 05:42:32 ID:AaIEBX8U0
>>247
>>魔理沙の恋符って?・・っていうか魔理沙には恋とかいうイメージ等はあわない様な(笑)
>神主「あれ?おかしいな。 他のキャラと同じですよ?」

だぜ口調でああいう性格でも、魔理沙もちゃんと少女なんだぜ

>>248
紅魔郷開発中の恋符とかは名前がボム重視型とかだったのを
恋色マジックの「恋色」と「マジック」から恋符と魔符に変えたって経緯だったな
紅毛で「(はぁと」な恋色マジックの頃に比べると随分様変わりしたけど

265名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 09:11:15 ID:u42KH1FY0
こい こひ 【恋】
(1)異性に強く惹(ひ)かれ、会いたい、ひとりじめにしたい、一緒になりたいと思う気持ち。
(2)古くは、異性に限らず、植物・土地・古都・季節・過去の時など、目の前にない対象を慕う心にいう。

266名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 15:20:49 ID:NPdtZIGM0
神々が恋した幻想郷、ってタイトルはいいよな

267名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:56:38 ID:7B32Q1q20
>>260
>魔理沙の魔砲講座。撃つ時は精神を集中させ、優しくミニ八卦炉に
>呪文をかける。にっくきターゲットを狙い、放つは恋の魔砲!
要はツンデレ

ミルキーウェイにおける魔理沙=織姫ということは彦星は敵?
あのパワーごり押しの弾幕勝負も、魔理沙にとっては擬似恋愛なのだろうか
そう思うとちょっと可愛い

268名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 20:24:55 ID:4rQqvZxk0
恋色ってな〜に?
恋色ってなんだ〜YO!
テレレテレレレ

269名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:56:36 ID:MzGMGTXc0
「恋」じゃなくて「亦心」かもしれないぞ

270名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 22:51:21 ID:DtUB0y/Y0
「乙女の恋は一直線☆
 トクントクンと高なる
 この私の気持ち
 あなたにとどけ(はぁと」
       ──────霧雨 魔理沙 恋符「マスタースパーク」

271名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 23:15:27 ID:2J0fW5zQ0
おっけ〜♪魔理沙に任せて♪

うふ、うふふふふふふふふ

変符「ますたぁすぱぁく♪」

272名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:05:45 ID:ilPYCKjQ0
「風にのせた恋心
あなたに届いたかしら。
ア☆イ☆シ☆テ☆ル☆ミ
あの星空の向こうまで
私を連れて行って」
     ──────marisa.k 恋風「スターライトタイフーン」

273名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 02:11:49 ID:wM3wQtKA0
スイーツ(笑)やめてスイーツ(笑)

274名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 02:23:40 ID:uG1jZc1.0
        ラブレター
魔理沙の 恋 符 を手に入れた!!

275名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 09:43:27 ID:QTG6RX1U0
ねうち:10G

276名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 11:39:21 ID:xp.t3czI0
ニア ころしてでもうばいとる
   ゆずってくれたのむ!
   そう、かんけいないね

277名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 02:39:20 ID:AhrUGZT.0
恋のエネルギーいいな、生命エネルギーに溢れている感じがする

278名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 04:02:59 ID:Auv0KKUQ0
あっきゅんの指定してる人間友好度ってどのぐらいの幅があるんだろう。
「高」(虹川とか)が親しみやすく誰とも友人となるレベルで
「極低」(スカ姉妹)がちょっと付き合いにくいツンなレベルと見るがどうか。
「最悪」(ゆうかりん)は神経症の会社員から見たワーカホリックな上司レベルかな。

279名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 04:31:49 ID:93AY4iKQ0
見かけたらウザいと感じて潰しにくる、ぐらいが「最悪」のイメージ。
「極低」は、話かけず騒がず静かに離れれば見逃してもらえるってとこか。
あっきゅんは脅威を高めに書いてるらしいから、微妙だけど。

280279:2008/04/05(土) 04:33:00 ID:93AY4iKQ0
っと、個人的なイメージってことな。

281名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 05:02:17 ID:FaHRgKKU0
だとしたら友好度:高で危険度:極高なゆゆ様とか怖えぇな
あと、友好度:最悪はゆうかりんだけなわけだが俺的には悪・最悪は「襲い掛かる事があれば人間に対して容赦しない」感じかと
容赦無し度が悪<<<<最悪な感じで

人妖問わず相手する屋台開いてるみすちーが友好度:悪なのは公私混同しないって意味かしら

282名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 05:33:00 ID:2ENmB05g0
平気で毒入りの酒やら茶を差し出して殺しにかかるゆゆ様は
確かに友好度:高で危険度:極高だな

283名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 05:33:47 ID:thFEbLEY0
肉屋や焼き鳥屋台の人間に敵対行動を取って問題起こしそうじゃん

あっきゅんも人里に来ないようトリモチで定期的に退治することを推奨してるし

284名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 10:55:14 ID:adMKGzVI0
みすちーは商売はするけど、人間見るなり鳥目にしようとするじゃないか。
ルーミア辺りと違って、妖怪の本分に真面目な所がある。致死度は低いが。
正当に妖怪的なスタンス取ってる奴は、低友好判定なんじゃなかろうか。

ゆあきんは妖怪的生態に極めて忠実(夜行性・奇矯な言動なども含む)だが、
遭遇報告自体が圧倒的に少ないので、あんな感じの判定だと予想。

285名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 11:33:06 ID:po6zTiPY0
そもそもヤツメウナギ屋を始めたのは、人間を鳥目にした後の鳥目回復で
ヤツメウナギを出す、焼き鳥撲滅も兼ねた運動だしな。一石二鳥。

286名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 11:59:31 ID:FC3jEYCw0
獣肉食がタブー視されがちな明治前後の文化において、
鳥肉ってのは実に大衆的な食材だからな。
それを妨害をしようってんだから、当然人間から反感を買ってしまうだろう。

同様にウサギ肉を食すことを妨害しようとする兎角同盟も、
ミスティア並の反感を買いそうなんだがどんなもんだろう?
尤も、こちらは医療関連で同盟幹部の世話になってるから、
心情的に協力してしまいそうだが。
(そうなると、反動でみすちーに対する風当たりが強くなりそーだ)

ちなみに獣肉食OKでリアルで爆発的信仰を得た諏訪明神(守矢組)を参入させると、
この辺りの認識がガラリと変わるかもしれない……。

287名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 14:08:47 ID:alUPjgT20
野菜の妖怪とかもいるんだろうか
・・・どっちかというとそれは豊穣の神様の領域か

288名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 14:25:59 ID:AHkPo5JY0
肉食になった上に触手まで生えたキャベツが幻想郷入りしそうで怖いな

289名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 15:12:56 ID:inz6O04U0
ゆうかりんならデフォルトで使役してるよきっと

290名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 16:01:23 ID:adMKGzVI0
ミッドグラッド産の白菜と申したか。

291名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 16:03:25 ID:UqaL/PsY0
うっせー猫食ってろ

292名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 03:41:21 ID:qB.0lXI60
>野菜の妖怪
「トマトの国のサラダ姫」という単語が頭をよぎった。

293名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 04:30:55 ID:N7RDlOEc0
何年前のゲームだと思ってるんだよw
年がばれるぞ。

294名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 06:53:35 ID:CB6gRljo0
逆だー!

295名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 07:09:19 ID:qB.0lXI60
うわ、ほんとだ。しまったorz

296名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 07:10:57 ID:VGvlI4Qo0
いっそ妖怪はキャベツの中から生まれてくるとかそんな感じで

297名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 07:27:00 ID:U/g.CBqM0
キャベツ畑できゃっきゃうふふと申したか!

298名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 07:49:24 ID:/wjf33Ic0
ちょっとキャベツ畑行って来るわ

299名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 08:17:13 ID:CB6gRljo0
人間っぽい、少女っぽい形態をとらない妖怪も当然居るんかねぇ?
もう、見た瞬間に「うわぁー!!妖怪だぁーー!!!」ってぐらいの。
きっとこんなの ↓ も居るよね。特に>>298の向かったキャベツ畑あたりに

         ,r'-゚->、
     _ ,,_/⌒Y⌒Y^ヽ_
    /r'´ l f。〉  く゚) l `ヽヽ
    l l  'i,   =   l  ヽ'i
  .  l l   L,人__人_,ノ  l l
     ljj   }`ー--‐'7   l l
        `ー '"~´    iiリ

300名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:04:53 ID:H6DnkUdk0
東方香霖堂の、神社が妖怪だらけになってた扉絵は
天狗3人娘以外どれも人外だったな

301名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:18:37 ID:VGvlI4Qo0
まあ待て、猫娘が萌えキャラになり砂かけばばぁのサービスシーンがある時代だ、希望を捨てるな

302よしむら けんいち と同程度の能力:2008/04/06(日) 09:27:16 ID:MaGzc/h20

霊夢の逆になるキャラクターを考えた。


のですが、ここに投稿してもいいものでしょうか?

303よしむら けんいち と同程度の能力:2008/04/06(日) 09:27:52 ID:MaGzc/h20
 


名前「有現在一(ゆうげんありいち)」

304名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:34:45 ID:FKZqB9qs0
>>302-303
こちら↓へどうぞ


渊符「東方シリーズ総合スレッド 4798/4798」
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1207414915/

305名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:41:35 ID:fDZUb8bA0
>>302-303
誘導

オリキャラを創造するスレ
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1205951881/

306名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:52:43 ID:FKZqB9qs0
>>305
やめてくれよ……
こっちは真性なんて要らないんだぜ

307名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:53:21 ID:IUfwWuO20
ていうか霊夢の逆ってズバリ紫じゃないのか

308名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:54:45 ID:9VAPkW8Q0
紫は対ではあるが逆じゃないんじゃ?
霊夢妖怪版みたいな

309名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 10:20:20 ID:XJWAMkhw0
勤勉で頭の硬いクソ真面目な巫女。
なんだ、早苗さんじゃないか。

310名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 12:53:01 ID:hlHIUOdM0
等幅フォントで悪いが。

霊夢の対は紫
霊夢の逆は早苗

霊夢 ー 紫
| X|
早苗 ー ○

○の部分に何が入るかが気になる

311名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 13:13:25 ID:t4nSR/yY0
マエリベリー

312名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 13:29:37 ID:bsUeC0xQ0
早苗とメリーで新結界組結成か。なかなか面白いシチュかも

313名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 13:40:39 ID:FKZqB9qs0
メリーと組めるのは連子か比良乃じゃね?
時代的に……と思ったけれど、そういやVIVITは時代の垣根を越えて幻想郷に入ってきてたりするもんな

314名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 14:37:48 ID:H6DnkUdk0
霊夢=人間
紫=妖怪版霊夢
メリー=外の人間版ゆかりん
綿月姉妹=月人版霊夢&ゆかりん

「あなたと私は友達じゃないけど私の友達とあなたは友達」理論によって
バリエーションは無限大!

315名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 20:49:33 ID:GcKC36hM0
友達の友達はいっぱいいるけど友達はほとんどいません理論って悲しいだけじゃね?

316名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 21:22:06 ID:C0V6qIPc0
友達いないのよりましだろ
って、白黒が言ってた

317名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 22:30:55 ID:rCeFM9/o0
人形でもないよりはマシだよな

318名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 00:34:45 ID:jNegVF4E0
俺には何も無いぞ

319名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:26:30 ID:XQsg.xJU0
ゆかりんの隙間から見えているたくさんの眼って誰の眼何だろうね。

320名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:28:44 ID:dEZmZKOM0
今まで食べてきた人たち

321名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:30:29 ID:CheWRJnI0
隙間で養殖されてる食用人肉?

322名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:34:02 ID:DSHpeosA0
俺だよ俺俺

323名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:34:49 ID:DMCMUiS60
本体だよ

324名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 01:43:01 ID:0wtxeNqc0
上の流れで思い出したけど、橙は初見で偽霊夢的キャラだと思った。
紅白で鳥居で陰陽ネタだし。ぱっと見の雰囲気も似ている。

そういえば旧幻想掲示板でZUN氏が橙と霊夢は同じ匂いを感じる、みたいなこと言っていた。

325名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:05:06 ID:4MNO6Pw20
妖術を扱う程度の能力っていうのもそれっぽいな、広範囲にわたって応用が利きそうな気がする

326名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:34:59 ID:UzpnfeN20
だが紫も藍様も妖術くらいとうの昔に修めてそうなところが……

327名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:36:05 ID:MKVCx4tk0
幻夢の一撃で黒猫召喚ですね

328名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:45:46 ID:jnClt2hU0
>人語を解し、特に式神が憑いている時は妖術を使うなど賢そうに見えるが、
>実際はその辺の人間の子供程度の智謀しか持っていない

どう見ても藍の妖術です、本当にありがとうございました。

329名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 03:02:24 ID:DSHpeosA0
橙だってきっとそのうち尻尾9本に増えたりとかそんな感じに進化してなんかすごいことになるさとか書こうとしててふと真・女神転生Ⅲでネコマタ進化させたときのこと思い出して欝になった

330名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 04:20:35 ID:8QRKAdGs0
幻想郷って食塩やヨウ素の供給はどうしてるんだろう。
日本には岩塩はほとんど無いし・・・。

331名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 04:27:46 ID:n3XFA6fo0
実は三途の川は汽水域……とか

332名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 04:36:11 ID:pB.a2M0M0
その議論は割と良く出るけど
最終的には「妖怪とか神様の持ってる塩が無限に出るツボ」とかそんな感じのつかってるんじゃねーの
みたいな話になるなw

333名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 05:02:36 ID:8QRKAdGs0
なるほど、そんな石臼が昔話にあったなw

334名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 05:05:12 ID:fKoKLrh.0
醤油とかもあるんだろうか
お腹すいたなあ

335名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 05:08:19 ID:7ADsbXNs0
昆布とか煮干無いと和食は出汁取れなくて壊滅状態になりそうな…

336名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 05:08:23 ID:4MNO6Pw20
醤油なら三月精でたらの芽食べてるところに
それよりもすごい調味料とかありそうだよな、既に作り方が絶えたようなものとか
何か今は言い伝えだけしか残っていない料理とかないのだろうか?あれば妄想が広がる

337名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 05:13:38 ID:7ADsbXNs0
忘れ去られたお袋の味とかが幻想入りしています

かあちゃん…

338名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 07:43:03 ID:CheWRJnI0
ナトリウムの摂取だけなら塩である必要はないがな

339名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 11:24:43 ID:/64OyzQA0
幻想郷には幻想となったものがたどり着くわけではあるけど、
幻想になってないものは存在しないって訳じゃないだろw

340名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 11:32:57 ID:ORTTsFto0
鯨肉はどう扱われるんだろう

341名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 11:38:06 ID:snFU17Oc0
>>339
幻想郷には海がない。つまり一番ポピュラーな製塩方法が取れない。
塩がなければ醤油も作れないし昆布や煮干といった海産物も制限される。
そういうものはどうしてるんだろう? と言う話。

342名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 11:50:28 ID:h/f2NyhY0
最近では鬼が集めてくれるらしい

343名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 12:13:52 ID:xXqrcggA0
>>319
実際に眼や腕が存在するんじゃなくて、人妖の感覚は「あの空間」を認識できなくて、
脳(またはそれに相当する部位)が、辛うじて拾える断片的な印象から「腕と眼」に
錯覚して解釈してしまうとか何とか。このスレの仮説だったっけ?

344名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 12:27:17 ID:fS4IjmhQ0
公式で何か言われてた気がする>スキマ
世界の裏側までを見ようとする人間の好奇の目とかだったような…よく覚えてないが

345名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 12:45:34 ID:E54a7cj.O
ナトリウムもそうだが、ヨウ素も大問題なんだよな。
日本人は海藻から日常的に摂取してるが、米中ではわざわざ添加してるらしい。
そうしないと甲状腺が酷いことになる。

346名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 12:54:21 ID:Z/e6EHqs0
半分幻想になったカスピ海が霧の湖とは別にあるとかw
幻想郷はそれほど広くないというけど、何だかんだいって内部の空間はいじってあると思うんだよね

海の妖怪やモンスターは幻想にならないのかなあ
海は人間の力をもってしても9割方謎だから隠れる場所が山ほどあって、幻想入りする必要もないのだろうか

347名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 13:02:33 ID:kLorv6Lc0
閉鎖系なんだからどんな元素もトータルで減ったりはしないだろう。
外の世界じゃ糞尿や死体は雨で流れてやがては海に辿り着いたりするから
海から取り直さなきゃいけないけど
海が無い幻想郷では物質は何らかの力で循環してるんだろうから。

348名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 14:24:53 ID:Ubuz6Bsk0
毎回毎回
塩が噴出す石臼とかスキマが調達とか
そんな話になって終わる

349名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 15:08:00 ID:6bauA8pE0
そもそも物の幻想入りってどんな感じなんだろ。
こーりんはその辺ぶらぶらして拾ってくるみたいな感じだったきがするけど
大量の紙が幻想入りとかって道ばたに紙がどっさり落ちてたりするのか?

350名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 15:11:47 ID:pgGQXYpU0
俺は花で弾とか幽霊が出現する時みたいなのイメージしてるけど実際どんな風に入ってくるんだろうなぁ

351名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 15:13:38 ID:/Attrgpw0
気がついたら存在した、見たいな感じだと想う
忘れられて幻想に消える過程を、逆にした感じで出現する

352名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 15:32:52 ID:UPSUpkPQ0
なんかSFホラーっぽくなりそうな話だな

353名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 16:59:19 ID:u7J5AAwc0
諫早湾でもあるんだろ

354名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 17:05:31 ID:D./DNIfE0
どっかに塩で不毛の地となった土地でもあるんだろうか

355名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 20:23:15 ID:vcRpxTYI0
外界にも幻想郷に詳しくて物を卸したりする業者がいたりして。
妖怪並の能力を持った人間がいる事は早苗の存在ではっきりしたし、
結界を破る能力を持った人物が外界にいてもおかしくない、と思う。

356名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 21:22:52 ID:vZntJX.Q0
信仰が外の世界で廃れてるのなら、供物の塩も流れ着くんじゃね。

357名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 21:28:48 ID:n3XFA6fo0
妖怪の食料は妖怪の食料係から提供される(史紀)のような制度があるくらいだから
外にちょっと出かけて食塩や魚介類を調達する係がいてもおかしくない・・・かも

358名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:06:02 ID:dEZmZKOM0
たしかに。それ考えたら塩なんておやすい御用って感じなのかもな

359名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:13:22 ID:ngBZ8ZFg0
外では稀少になったものを提供して通貨を得てフツーに買っててもいいなあ。
コンビニとかになんでもない振りして紛れてる妖怪とかのシチュが好きなだけだが。

360名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:25:07 ID:yETbsvuk0
>354
郷の一角にソドム跡とゴモラ跡を確保してあるので、塩柱が沢山採れます。

361名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 23:15:06 ID:NJhn86so0
>>355
旧作基準で言うところのエレン(流離商人魔女)みたいなのが居ても不思議じゃないな。

362名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 00:01:34 ID:yvlSzGUM0
紅魔館に供給されてる食料は外の人間だからなあ
外に出ようと思えば何時でも出られるんでしょうな

363名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 00:41:43 ID:HonZNnTg0
海なら、現実では埋め立てられた部分が幻想入りするんじゃないかなーと。
そう考えれば、ある程度の面積の海と、塩と、海草と、魚と、妖怪海坊主が確保できる。

つまり、大阪には幻想郷送りにされた海がだいぶあるって事で隙間探してくる。

364名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:05:14 ID:8Z0pQcHA0
地元の全く無意味に埋め立て地になった湖とかもあるかも知れんなあ……。

365名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:07:55 ID:hA9nFrME0
幻想の海探しなら長い年月干拓を行ってきた佐賀においでませ
佐賀平野にあるかつての堤防の面影を見ると意外とこの海は幻想入りしてるんじゃないかなんて思えてくる

潟に入って溺れた人は死体が上がらないらしいから、もしかしたら何人かそのまま幻想郷に流れ着いているのかもね…

366名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:26:46 ID:Az8UMV2s0
>>349
紙の件は霖之助の勘違いで、あの年は新聞大会が例年以上に盛り上がっただけな気もする

文も初の号外に挑戦したり新聞を月に13回も発行することがあったりと気合が入ってたし

367名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:32:03 ID:lQVa.94Y0
幻想郷は小さな地球みたいな物じゃないのか?

368名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:39:37 ID:rJCLzXhc0
少なくとも登場人物たちの活動範囲内に海はない
ちいさな地球というのがバイオスフィア的な閉鎖空間というなら少し違う
日本の一地域だけ切り出したとしてそこにいくらか国際色豊かにしても
生態系が貧弱すぎていずれ枯れる

外から情報や物資が何らかの形で流入してるのは確か。
何らかの形で出て行っているかという点は不明だが。

369名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 02:58:50 ID:I9uj8Il.0
結局外のもんがないと成り立たないよね、って霖之助が言ってた

370名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 03:20:47 ID:H94s2nZ20
バイオスフィアがバイオケフィアに見えてもう駄目

371名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 04:43:55 ID:4CfHInas0
ケフィアはそのものがバイオだから意味の重複だな

372名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 07:51:32 ID:Waj1BgaUO
>>368
出発点が日本の一地域だったとしても今もそうとは限らない。
幻想郷の気候が外と違うことは既に明らかにされている。
外の世界で幻想になった気候が詰め込まれたごった煮のような環境なのかもしれない。
あとは進化速度を加速させる何らかの仕組みがあるのかも。

373名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 09:28:49 ID:jIZtV7ds0
幻想になった気候っつっても降雪量くらいじゃね。
それにそんなバイオファームのような幻想郷はちと嫌だな。幻想らしくねえ。

374名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 09:34:30 ID:rJCLzXhc0
気候の変動に関しては自然界は驚くほどに柔軟だが脆いぞ
むしろ気候が外と違うんじゃなくて「外の気候が」変化してきたと言うべきだろう

外に居ない自然の顕現たる妖精や、現状の物理法則を無視できる妖怪が居る時点で
既に全く同じ環境とは言えない事は理解しているが。

ちなみに一定空間に気候だけ詰め込んでもやっぱり破綻する
その気候にあった植生その他含めて土地ごと幻想入りさせれば別だが、
そうなると今のところ出ている里竹林森妖怪の山湖x2以上の話と
そこに住む人妖が出ないと判断できんな

進化速度に関しては明らかに外よりは早いだろう
遺伝子よりも「自己の在り方」が存在に影響する妖怪という種属が居て
人との混血も可能なんだし、そういう点では変移の速度は遺伝子のみに頼る外よりは速いはず
しかもある程度は恣意的に制御可能

375よしむら けんいち 字を、文賢:2008/04/08(火) 13:58:30 ID:K9TIQhok0
塩は鬼が人里に取りに来るのだと思う、

376名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 19:04:33 ID:05A7lHiw0
>>375
まずその意味のわからん名前欄取っ払ってから話せ

それに鬼が萃香しかいなくて、しかもその萃香も「久しぶりに」帰ってきたばっかりらしいのにその説は成り立たなくないか
つーかどっから鬼が出てきた

377名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 19:30:29 ID:GdDcrJ060
よく出てそうな話だろうけど、そうやって考えると博麗結界って、認識というか観測の壁みたいなものなんじゃないだろうか
人妖や一部の物体には見ることも触ることも出来ない、それこそ存在自体の観測は出来なくても
実際は物自体はしっかり地続きになってそこにあって、それが壁を越えて認識できるようになるのが博麗神社や妖怪の山の入り口だったり
それ以外にも幻想郷の維持に必要なものとか、ご都合主義的にちょうど良さそうなものに関しては普通に結界を越えて流入したりするんじゃなかろうか、大気とかもそんな感じで
結界って数学的なものらしいし、そういう範囲選択は割と応用が効く気がするんだ

>>376
そういうのはあんまり相手しないほうがいいぞー

378名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 00:58:46 ID:tHquqPXE0
銀河障壁とさまよえる星人みたいだな

379名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 01:44:38 ID:4xfrHcqk0
マップスとはえらい懐かしいw

380名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 02:11:41 ID:MwLzWKGw0
むしろ今が旬

381名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 02:17:36 ID:9AH9/VQo0
続編出たんだっけか

382名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 12:40:11 ID:1pEI6E7c0
神主は発想は伝奇・ファンタジーというかSF的なことも多いので、そういうことは考えてそうな気もする。
そして長谷川裕一は神、設定力と構成力とロリコン力的な意味で。

383名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 13:24:09 ID:cj3N0ow.0
幻想郷の元ネタって帝都物語かなって思ったことがある。
境界物質と呼ばれる物質で明治時代の東京を再現して
由佳理(漢字は自信なし)という少女を召還する、という所が。
既出なのかな。

384名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 18:29:06 ID:TyOo0q/60
その結界が数学的ってところをくわしく。
なぜ紫の能力のうち、計算力が強調されているのか気になってるんだ。

385名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 19:27:15 ID:Ul2CmH4Y0
式神の式は八卦の式
式を構築する力は方程式/計算力

式神とプログラムの違いは、式神と操り人形の違いと同じ
相手の腕をあげさせる時に、腕を上げろと命令し自発的にあげさせるか腕を操る糸を引くか

結界は「物理的には外とつながっているが論理的に分断されている」とは求聞の内容だが。
結界が数学的計算の産物って言うのは東方に限らず言われる事だけれども、
魔法も含めて、数学的というよりは論理的な産物って言う側面と、
紫の式(数式でも式神でも)を構築する能力の高さ
(無限の底の深さや北極星を北斗七星が食べるまでの時間を求める方程式を作り上げ、解く事が出来る)の2つからの
類推かと。

実際のところ、きちんと論理を組んだものは須く計算として処理できる(現代情報社会の暗号化とか良い例)ので
そういう点からも論理構成力と計算力は同じものとしてみる事も出来る。

386名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 20:09:19 ID:k.mFg.x60
つまり藍しゃまは凄いってことですね

387名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 20:26:46 ID:Cc8lZ3LY0
藍さまは凄いよ
妖Extraで、ゆかりんのプログラムをかなりの再現度で模倣して実行してたもん


命令通りやれば術者と同じ出力が出るのに勝手に戦ったりするなと
後でゆかりんに傘で百叩きのお仕置きされてたけど・・・

388名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 21:19:23 ID:7kBvUOro0
ずばずば弾幕撃つこともある妖精が、一般人向けの求聞式とかでもザコ扱いされてるのはおかしくないか……と思ってちょい仮説
ザコ妖精の弾幕は殺傷能力はほとんどなく、当たったらなんかうっとおしくなる程度の物(生ぬるいとかぬるぬるしてるとか)
数回当たってゲームオーバーになるのは、『なんかやる気失せた、帰るぜ』って気分になってしまうから

389名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 21:30:55 ID:T32aGygI0
残機はガッツとの事らしいしなあ。

390名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 21:32:39 ID:PIyTNYLg0
>387
EXのあれは、藍様がオリジナルで組んだ「構築が紫様っぽいスペル」で、
Phの方は自機側への意趣返しに、紫様が即興で組んだ「藍のスペルのアレンジ」
だというのが俺の脳内設定。式の不覚は式の術で雪ぐ的な。

全般に「EXはPhの簡易版」じゃなくて、「PhがEXの強化版」って感じなので。

391名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 21:54:37 ID:TyOo0q/60
 っていうか神主の意図は、まさしく前者じゃなかったっけ?
 だから紫の命令からハズれたせいで、本来Phのスペルカードが発動しなければならないのに
藍仕様のスペルカードを使うことになってしまった と解釈してる。
 そして式の自覚が時々無くなっているかもしれない藍はこのパワーダウンを全然気にしてなくて、
だからこそ紫は折檻したと。 あと妖精の弾はガチバトルなら無視できるレベルでしかないけど、弾幕ごっこ中だから
これらの弾も避ける必要が出てくるとか。ボスとの間だけで行われているように思われるスペルカードルールはちゃんと雑魚妖精にも適用されてるとか。
ゲームでの演出は省略されてるだけで。

392名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:02:30 ID:7q5L/.zs0
携帯電話でも弾幕になるくらいだから、攻撃側に当たってピチュらせれば、つまり撃ち落せればいいだけだから
実質当たり所や彼方が悪かったら死ぬ程度で相手にも因るだろうが一発ずつの威力はそんなに高くは無い気がするな、弾幕自体

393名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:07:38 ID:OvyZdLS60
そうそう、前者が正解
妖ExはPhの簡易版

394名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:18:33 ID:bYY5QhIU0
>>388
黒月精のコミックス書下ろしでは「異変のある所に行くと妖精は強くなる」とある
で、求聞には「たまにいきなり攻撃してくることがあるがそれは警告」とある
ここまで状況が限定されると幻想郷的には「妖精なんかに弾幕ぶち込まれて大怪我する方がバカ」なんではなかろうかと思っている
まあ実際一発一発は小石投げられる程度だと思うけど

395名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 23:20:28 ID:Ba2QvmDI0
Lv1:陰で物音をたてる
Lv5:道に迷わせてくる
Lv10:罠にはめようとする
Lv15:小枝を投げてくる
Lv20:木の実を投げてくる
Lv25:叫び声をあげられる
Lv30:小石をぶつけてくる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Lv50:タライに入った血をぶちまけられる(至近距離で)
Lv55:見事な靴を作る
Lv60叫び声をあげられる(身内が死ぬ)

こんな感じか

396名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 23:25:42 ID:imBboVzI0
晩シーだっけか

397名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 23:27:51 ID:mozmYW.c0
耳元で怒鳴って敵の攻撃を教えてくれるのはLvいくらからですか?

398名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 23:28:34 ID:gsBpLx560
Lv70あたりだと1年後の殺害予告だなw

399名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 00:00:25 ID:.0ZGBIrY0
Lv50って呪殺属性じゃなかったっけか。
確か食らうと回避不能で衰弱死するぜ、その技。

400名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 00:05:15 ID:cDm/9NoA0
デュラハンかよ!! ってこいつも妖精の類だったな。

401名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 00:46:10 ID:pP1WwJsQ0
神主ならきっとデュラハンも「ねぇよwwwwww」っていうような萌えキャラにしてくれると信じている
とりあえず生首はZUN帽で表現されるだろうが、馬どうすんだろうな。凡人の俺にはあの酔っ払いの思考が本気でわからん

402名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 00:55:41 ID:FaP1DwKg0
馬は弾幕で表現します

403名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 02:39:01 ID:TWEhOus60
>>401
デュラハンって死を囁く妖精じゃないっけ?
…って、そーいや首無し騎士もデュラハンって言うんだっけか。

404名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 07:34:46 ID:qrO5kb560
逆にバンシーに世話された幼子は一生を健康に過ごすという話もあってな

405名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 10:48:46 ID:ZsC3Xvec0
まぁ最近のデュラハンはバイクに乗ってるらしいけどな

406名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 11:16:49 ID:f1ySrR2o0
それじゃ首無しライダーじゃないか

407名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 12:55:13 ID:pP1WwJsQ0
首無しライダーもすっかり寂れた都市伝説になっちまったよな。幻想郷入りしていてもおかしくないさ
リリカのキーボードにはあの「ぱらりらぱらりらぶおおーーん」っつー騒音も入っていることでしょう

408名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 18:27:24 ID:qrO5kb560
バイクが幻想入りはなさそうだがデュラハンの乗る首なし馬は入っていても良さそうだな。
意外と忘れられてるし

409名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 19:20:50 ID:Mo5gi00g0
純粋なケルト族が居なくなってるのでバンシーは明らかに幻想入り
・真っ黒な髪
・赤い目
・緑色の服
いいものだ

410名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 19:32:12 ID:PjZrXRGA0
ポケベルとかもう幻想入りしていいだろ

411名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 19:52:14 ID:U16YTovs0
スーファミ付TVくらいでないと幻想入りは無理

412名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 21:49:55 ID:QmJG4xpA0
>>410
病院では使われてたりするのよねそれが

413名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 22:01:08 ID:pP1WwJsQ0
まあポケベルくらいならこーりん堂に行けばありそうだな

414名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 22:29:19 ID:hwH0WW0k0
きぃかぁぴぃ くぴゃぁ〜♪

どでかい携帯電話に車電話は幻想入りかな?シティハンターやGSで出てきて懐かしい感じがしたぜ。

415名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:34:31 ID:Xj2WOpG.0
幻想入りって普通に言ってるけどその概念ってよく分からないね。

ただ忘れ去られたってだけじゃなくて、
結界を物理的に越えてるからなんらかの外的要因があるはずなんだけど。
人間の幻想入りは紫のスキマ能力で説明がつくけど香霖堂で出てくる物はどうやって来るんだ。

416名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:44:08 ID:3MlBAXZU0
忘れられたことで結界を越えられるようになったとか?
でもそうすると 外の動物が減る→結界内で数が増える の理屈がわかんないな

417名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 00:02:50 ID:wHlDzprg0
時間を飛び越えて入ってきてるとか?

418名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 00:19:59 ID:4nEMQjxk0
こーりん堂の物は、こーりんが紫から仕入れてるもんだと思った。>幻想入り

419名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 00:34:56 ID:Irl23AEE0
元々白玉楼近辺と三途の川近辺と幻想郷近辺の3カ所が接している無縁塚近辺なら現実からも流れ着きそうだな

420名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 07:05:46 ID:akd6MwtM0
ポケベルやスーファミTVはまだ覚えられたり未だ機能しているから、
そう簡単に幻想入りしてそうにないが、コレなら自信を持って幻想入りしてると言える!

つ「米穀通帳」

421名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 08:14:43 ID:LVF./DeM0
無縁塚に……
・流れ着くもの
・犠牲者の所持品
・スキマ経由

ぐらいじゃね。

422名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 12:10:36 ID:80jmoJYg0
幻想入りした後幻想郷でも忘れ去られたものはどうなるんだろう…
リヴァイバルブーム化?

423名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 12:17:54 ID:Y6nArLAs0
>>418
逆だぜ。ipodとか良い物があると紫が勝手にもってっちゃう

424名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 13:08:00 ID:0m3kS3X60
ipod持って行ったのはストーブの燃料代と引き替えだからじゃないの?

425名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 16:31:47 ID:wjRenYNs0
薪ストーブとかないんかね、幻想郷。幻想入りとこどうこう以前に作れそうだ

426名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:05:00 ID:rKQxZzys0
>>422
確か鬼の倒し方は幻想郷でも忘れ去られたとかいう設定あったっけ

427名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:16:28 ID:UTccD7G.0
>>426
うろ覚えで書くな

428名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:21:44 ID:3cd1AGeI0
あった

429名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:25:29 ID:oDVu50IY0
豆に弱いのは偽の弱点なんよな?
致命的ではないにせよ本当に弱いのか弱いフリしてるだけのブラフなのかどっちだっけ

430名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:39:39 ID:8PupiT/A0
>>429
それはあくまでパチュリーの考えた仮説。
だから炒った豆とかの鬼退治グッズだけで萃香やレミリアが倒せるかはわからない。

とりあえず嫌がるのだけは確実

431名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:56:30 ID:OUm3huO.0
やっぱ、神便鬼毒酒が一番の弱点じゃないかなあ
あれだけはガチで人間にやられてるし

432名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 21:18:46 ID:wjRenYNs0
書かれていたのはレミリアの項だがヘタに弱点を突いて刺激して倒せなかった場合
とんでもない報復を受けるのでやめておいた方がいいだろう
それに神便鬼毒酒でやられた酒呑も首刎ねたら兜噛み砕いたんだ。アレ実は痺れさせるだけでトドメ刺すの自分だからなぁ

433名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:06:55 ID:yxR.2PHM0
ガチムチの対妖怪訓練をつんだ鍛え上げた血筋のいい武士に弱いとかそういう身も蓋もない設定

434名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:53:48 ID:omYzIdtQ0
鋼の意志に弱いとかいうのは有りかもだ。
決死且つ信念ある人間の戦士の前では、弱体化して勝率ガタ落ちという仕様。

435名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:01:57 ID:6vLXuzh.0
モモタロウの故事から考えて一人と3匹以上で囲んでフルボッコされるのに弱いというのは

436名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:06:50 ID:OUm3huO.0
桃太郎って桃から生まれてるし人間じゃないんじゃない?
神様相手なら鬼もフルボッコだろう

437名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:09:05 ID:Irl23AEE0
マジレスして桃の木とかどうよ

438名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:09:24 ID:6vLXuzh.0
あれ原典まで遡ると桃の力で精力回復したじいさまとばあさまがギシアンして出来た子どもらしいぞ

439名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:11:20 ID:TTgRChIU0
桃ってのはじじいが娶ったガイジンさんの妾の暗喩で、混血パワーで超強力な子供が生まれた・・・みたいな超解釈してる人もいたな

440名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:16:19 ID:GsHWnEsc0
眉唾だけれど、暴れまわってた異民族を皇子が討伐する話だって説も(ry

441名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:21:10 ID:aA5RRAuU0
王子は知らんが鬼が島の鬼=異人というのはたまに聞く説だな

442名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:55:54 ID:1kG.XBYQ0
たまに聞くも何も、鬼=異民族に対する蔑称
というのはよくある話

443名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:07:44 ID:GsHWnEsc0
ドラえもんにすらそういう話あったもんな

444名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:07:46 ID:GtniXUN.0
まあそれ言い出すと大抵の討伐系の伝説はそれに分類されることになるだろうけど

445名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:11:01 ID:p0ly1YKk0
>>430
つまりパチュリーの仮説に則ると
もし鬼や吸血鬼にわかりやすい弱点がなかったら
みんな別の弱点を探そうとして真に致命的な弱点をいつか見つけられることになるし
もし弾幕が普通の避け方で攻略できないように作ってあったら
みんな別の攻略法を見つけようとして大回転でもなんでも見つけてくるってことだな

446名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:33:21 ID:8E7JHtlk0
>>442
蝦夷や土蜘蛛は違ったベクトルの異民族だと思うぞ
一応、注釈しとけ

萃香の言う鬼って一体なんなんだろう
どうも異民族の流れじゃなさそうだ
土着云々と言ってるから地方に伝わる朝廷が絡んでない鬼なのか?(鬼の石段を築いたりする)
鞍馬山の鬼女や前鬼坊なんかに代表される霊山に出る鬼が
土着の先住妖怪という点でピッタリはまる
特に前者のタイプは人間を試しているような風がある
鬼が人を攫うと言うのは各地に残っているようだしな

447名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:34:54 ID:R4htJnKE0
872 名前:凜  ◆Wpuzura65A[] 投稿日:2008/04/12(土) 01:02:16 ID:vnbT/JnI0
流石に、自分で取っておいて、管理は他の人に丸投げとか非道過ぎるでしょう。
てなわけで、腰を上げてくれた人には申し訳ないけれど、板の移動以外は今まで通りで。
管理人も続けさせて頂きます。

まあ、こちらとあちらで 少しばかり差は有るんですが、
その辺はこう……板が違うって事で。

新板http://jbbs.livedoor.jp/game/42679/
あと向こうに立てるのは話し合って適切な時期で。隙間落ちする可能性があるので。

448名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 12:00:13 ID:JR8tulEY0
妖精って腐ったものとか食べたらおぇええってなるのかな

449名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 13:20:03 ID:3WamS4rI0
そもそも腐ったもの自体食うことは稀だろうが
まあ三月精のネタとして傷んだもの食って体調崩したというくらいの話なら普通に出てきそうだからアリじゃね?

450名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 20:07:49 ID:4Wpya3bYO
今月のREXで師匠がパチュリーに背後から矢を突き立ててたけど、あれは単純に返答次第では殺すと捉えていいのだろうか?

個人的にはあの矢は殺傷目的の矢というより刺した相手の口を割らす自白剤的な効果のある矢と考えてるが…

451名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 20:34:52 ID:xfR0S.7M0
キューピッドの矢です

452名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 22:21:28 ID:KClO7zHw0
脅してるよ というポーズ。
冗談抜きでマジメに答えて欲しい というメッセージ。
お互い弾が入っていないと分かっている拳銃を向けるようなモノ。
なぜなら本気で刺すなら矢より針だし、本気で脅すなら手で刺すより弓につがえるから。

ところで結界と数式の関係が分からないって言ってた者なんだけど、結界をポリゴンに見立ててみたら
一発で理解できた。

453名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 19:48:04 ID:Z6wPyF5k0
あれは輝夜に見られないように隠してるからああやってるんだろ
針と矢も変わらんじゃろ

454名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 21:21:12 ID:J57jdUS.0
まあ本気で殺す気があるなら矢とかより壊せない使い魔とか分身さんとか天網蜘網捕蝶の法とか
姫に気付かれない程度に展開させた方が早いだろうし。

455名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:02:50 ID:bTnXd1JU0
スペカと弾幕じゃ人は殺せんだろう
逆に矢なら鏃に塗る物次第で相当酷い事になる

456名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:08:06 ID:oN/ptE7k0
神主もマジで殺すつもりなら弾幕とかねーよwって言ってるしな
あの距離まで接近できたのなら鏃に劇物はかなり効果的かつ効率的ではある

457名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:11:29 ID:CCxcb4Bw0
あれは『殺す気なら避けられる余地は作らない』って意味で
弾幕が当たったら死ぬこともあるとも言ってる

458名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:13:51 ID:MErPI5RE0
妹紅のリザレクションを見るに死んでるような気もするが
でも霊夢やら魔理沙やら早苗やらが死ぬ気配もないよな

459名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:17:35 ID:oN/ptE7k0
>>457
それは知ってるが、そもそも弾幕やスペカルールは殺すためのもんじゃないだろう
うっかり死ぬこともあるよ、というだけの話で

だから逆にスペカも弾幕も使わずああいう真似をしたところ&輝夜から見えないように
してるところに永琳の本気というか殺る気が見えるわけで
それもポーズかもしれんけどね

460名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:31:14 ID:6lBXD20A0
もこたんはがんばりすぎてスペル一枚ごとに燃え尽きて自滅してるに一票

461名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:35:05 ID:CCxcb4Bw0
ああ、そういう意味か

462名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:40:49 ID:3ewFfdL.0
>>460
俺はてっきり虚弱体質で弾幕喰らってすぐぴちゅーん、なのを根性リザレクションで補ってるのかと
いやだってえーりんもてるよもリザレクション連打なんて真似しなかったし

463名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:48:06 ID:azeDzUYk0
この前、妹紅スレが出した結論は「メガンテ」の一言だった
状況から見て一番妥当なんじゃないかと思う

464名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:51:19 ID:3ewFfdL.0
あのスペカ全部メガンテ仕様かよw

465名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:59:04 ID:/a4WqSPQ0
ゲームなんかであるだろう、コストが〜を生け贄に捧げるとかのやつ。
山とか森とかもこたんとか生け贄にしても不思議はあるまい。

466名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:00:21 ID:cxJt6Dz60
ノーショットでもリザレクションするんだから
ほぼ間違いなくメガンテな弾幕だろうな

467名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:00:52 ID:d7Pnm4520
そりゃね。
なんつったって、弾撃たなくても、「何度も死んでる」言われるからなw
煙も出ません、とかなら魔力切れとか補完できるけど。

468名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:00:59 ID:llq.19v60
つーかただの演出じゃねーの
別に大したダメージじゃなくてもカッコいいからって感じでw

469名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:02:18 ID:lNVF/Nbs0
男塾の飛燕とかの死ぬけどそれまでパワーアップ系のツボ突くのも同じような系列かな

470名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:08:53 ID:MPmAwv5g0
心霊台を突くつもりが間違って激振孔を突いてしまうもこたん

471名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 01:17:05 ID:9y124Hrw0
>>468
演出でメガンテしてるってのもアリだな
弾幕は綺麗さを重視する訳だからな

472名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 01:20:37 ID:aE8KQeXY0
デフレーションワールドで、
後ろにまでナイフがあるのも演出とか言われてたな。
俺もそれは賛同するけど。

473名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 04:26:15 ID:kIWCrshc0
まぁ戦闘前から「蘇るほど強くなる〜」とか言って死ぬ気満々だからな
そもそもからもこたんの使う技がそういう(>メガンテ)仕様なんだろう

474名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 04:58:43 ID:Ayh/3Sa.0
もしかしたらもこたんは日常的に死んでるのかもな
コウモリのフンに当たって死亡とか

475名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 07:29:28 ID:3c1SVBLY0
テラスペランカーwwwww

476名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 12:18:06 ID:Kj2LeQZQ0
霊夢は「何度も死にかけて・・・」だしな。死んでリザレクションじゃなくて死にかけてリザレクションなのかも。

477名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 18:03:03 ID:bRKasQ660
リザレクションするのやたら早いしなぁ
霊夢はともかく普通の魔法使いの魔理沙でももうちょっと耐えるし

478名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:04:21 ID:KF/iMpRc0
生まれつき特殊な能力があるわけでもなし(多分)
魔法を志したわけでもなし
普通のお嬢様だったのに
あんな技が繰り出せるようになったんだ、
そりゃ命を代償にしないとだせないよな

479名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:21:33 ID:dmAKzATs0
『命』ってよく『炎・火』に例えられるが、もこがパンピーのはずなのに炎が使えるのはそういう理由なのか?
俺はてっきりフェニックスに絡めただけかと思ってたZE

480名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:26:38 ID:hrFbQL0A0
命=炎・火とフェニックスと不老不死は一般的に関係あるだろ・・・

481名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:29:51 ID:bRKasQ660
こーぶしーにーやどぉーったーいのちのほーのーおーがー

482名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:30:02 ID:/yVSaaC20
人間の時間感覚で、最低300年はみっちり呪術戦闘の経験積んでんだぞ。
京都の阿部さんみたいな化物出力は無いが(そっち方面の補強として選んだのが
自滅呪文なわけかね)、技術的には人間の極限に近いトコにいるだろう。

まあ相手が悪かった。ラスボス級が2人掛かりなんだから。
蓬莱組は兎も角、1〜5ボスは本当に良く頑張りましたよね。

483名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:31:02 ID:llq.19v60
つーか不尽の火を読む限りもこたんに元々素質があって富士山で覚醒した様にも見えるんだよな

484名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:31:09 ID:dmAKzATs0
うん、そういうことを言いたかったんだがどうみても俺の日本語がおかしかったみたいだ
不快にさせた、すまんかった

485名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:33:33 ID:t5ysoyp.0
結界組・・・全作通しての主人公+Phボス+Exボス
詠唱組・・・旧作からの自機レギュラー+Exボス
紅魔組・・・時間と空間を操る5ボス+運命を操る6ボス
冥界組・・・抱え落ちの名所+死に誘う6ボス

とんでもないな

486名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:34:02 ID:KEmMMMuo0
>>482
禁呪の詠唱チームは…と思ったがよく考えたらラスボスの側近兼主人公とEXBOSSなのか

487名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:36:21 ID:OxNsuIIA0
>>485
ひょっとして永で咲夜さんは弱体化したんじゃなくて紅Easyラスボスにして正直ラスボスより難しいと評判な上妖で最も使いやすい主人公とまで言われた咲夜さんがゴミクズのように見えるこの面子すげーとなるべきなんだろうか

488名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:36:58 ID:llq.19v60
>>485
でも人間3.5人なんだよな
その辺とHPで差が付く要素ってのも無いと思うんだが

489名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 20:56:06 ID:Y3xyad1c0
紅魔郷のさくよさんはえらく脆いね
もやしがやたら硬いだけに余計際立って見える

490名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 21:01:00 ID:7ofLuJyM0
咲夜さんだって人間なんだぜ、忘れられがちだが。
アンデッド弱点の火を使っても半霊の方が妖夢本体より堅いようなことパッチェさんが言ってたし。

491名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:03:40 ID:bbbUGR960
質問スレが見当たらないので、ここで聞かせてください。

幽々子の大食いキャラってどこが発祥なんですか?

492名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:07:49 ID:elbvxCvc0
>>491
そこ。お気に入りの上から4番目

493名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:11:35 ID:/yVSaaC20
永自機道中でごはんの事しか言ってなかった故事に由来。

>487
紅魔チームは、キャパシティ膨大に余らしてる妖怪側じゃなくて、人間側の
咲夜さんが永夜の術を使ってたと思われるのも、忘れないであげてください。
人の身で、異変級の大魔法を維持しながら片手間に戦ってるんだぞ。
肝試し? 実は内心1人だけ盛大にビビってたとか。

494名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:51:16 ID:CWpZSfT.0
>>491
永夜抄でミスティアを食ったのと「次はどんな料理が〜」みたいな事言ってたからじゃないか?
1面→お姉さんが味見してあげる
2面→小骨が多い
3面→牛タンの味見
4面→?
5面→兎は皮を剥くと鳥の味がする
6面→薬膳

495名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 23:35:31 ID:W/uFYZDY0
永夜抄道中の会話や各本編のEDや文花帖、儚月抄等で食べているシーンが
出てくるので、端から見たら食いキャラみたいな感じに。

496名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 23:38:55 ID:A.iajWOA0
>>482
一応、人間でも仙人ほかになれる
朝起きると共に真言を10万遍唱えてたりするらしい
付け狙う妖怪をもろともしない程度には強い
ただ、もこたんは蓬莱人なので仙人にはなれない
そこで選んだのがあれなんだろうと思う

ちなみに冥界のお姫様も人間時代からあの能力なんだよな
どうも西行妖が深く関わっているらしい
姫様も綿月姉妹も種族は人間
とすればあの能力も何とすれば身につけられそうだ
もこたんにも神仏の加護とかがあるんだろうか

497名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:22:03 ID:/bDiyuJ.0
月人は人間・・・か?月に移住することを選んだ神様一族って感じがする。
天照が普通にいるあたり

498名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:24:50 ID:IEcXVPAQ0
>>496
ある可能性はある
藤原は元は中臣で天児屋命を祖とする神祇の家系だからな

499名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:31:18 ID:BgPAtVMM0
>>497
綿月さんとかネタ元はモロに神様だしな
月人第一世代のツクヨミとその親族やらえーりんも

500名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:37:25 ID:SVnfRtbw0
ここでSFチックに月人は神そのものではなく、もとは神と称されるほどの超技術を持つ古代人で
日本神話は彼らをモデルに作られたというトンデモ説を主張する俺登場

……は、まあ半分冗談にしても神奈子とかと生態が違いすぎるんだよなあ>月人
ここらへんは儚月抄でおいおい明らかになるのかもしれんけど

501名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:49:57 ID:/bDiyuJ.0
>>500
それはそれで神様なんじゃね?
浦島なんて昔のことをしってるじいさんってだけで神様になれたんだしw

502名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 00:56:42 ID:SVnfRtbw0
ああ、俺が引っかかってるのは神奈子とかの「種族:神」と月人の違いね
輝夜の扱いとかも気になるし

単純に神でくくってもいいんだけど(秋姉妹も神だし)、えーりんを神って言うときは
大抵そういうニュアンスじゃなくて神奈子とかと同類ってイメージなわけで
まあ、モデルにせよ本人にせよオモイカネなわけだからそうなるのは当然だけど

そういう意味では人間から神になった浦島に近い気はする

503名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:00:37 ID:mXLwIgkI0
元種が人間だろうと月人だろうと妖怪だろうと、信仰されてて分霊を遣れれば神様なんじゃない?

504名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:03:37 ID:LSOGd2xE0
秋姉妹や雛を見ても神の枠は相当適当だと思う
スタンダードを神奈子に求めるのも微妙だ

505名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:05:17 ID:oWLCCtow0
種族・神なんて提示された事はないけどな。
香霖堂では信仰で強大な力を得たただの妖怪って言われてるし。

506名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:09:01 ID:D5zrBX6A0
信仰された妖怪が神で、
信仰されなかった神が妖怪
ってのをどっかで見たな
ここだったかな

507名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:11:19 ID:FeRKCYz60
超常の力を有した人智の及ばないナニか=神 でいいんじゃね?
べらぼーに強大な星間生命体とか、知識を有した超自然エネルギーとか、チート設定な異次元生命体とかetc…。
便宜上『神』と称されてるだけで、正体は多岐に渡ってるつーことで。
※注意:某暗黒神話体系の神々っぽいのより考察。

508名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:11:29 ID:SVnfRtbw0
大きな枠で神っていうのが適当なのは俺も承知してるつもりではあるんだが

そもそも永琳は(あるいは綿月姉妹は)分霊やれるのか?という疑問もあるけどね
これは個人的に引っかかりどころのひとつなんだが、信仰関係なさそうな雰囲気だし
でも、ぐもんしきの神霊のページを見てたら色々と解決しそうな気もしてきた

>>505
風神録だと種族:神様ってあるから、そういうものかと思ってたよ

509名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:17:30 ID:W5qHkITI0
>>505
風神録のキャラ設定テキストで種族:神が腐るほど出てるぞ

510名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:20:25 ID:oWLCCtow0
種族:神については失念だった。

菅原道真は神になった事で生前より遥かに強大な力を持っているとも言っているな。
神と言っても文みたいに山の神云々抜きにしても強大なものもいれば、浦嶋みたいに信仰なければ一介の漁師な神もいるのだし、
神奈子は単に後者だっただけじゃないの。

511名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:28:01 ID:wjQMl04I0
古代の王族で、庶民などからの崇拝で神格化されていった、なんていうのはありうるね神奈子。

512名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:30:34 ID:iqj81T/g0
>>507
菅公ができるんだからゆゆ様も出来るはず
そうなれば他の方々が出来たっておかしくない
浦島さんも分霊してるしな

紫様ですら「神に近い」とされるだけだから
神と種族:妖怪を同程度に語るのが間違いじゃないか?
諏訪のお二方も全盛期に比べればってだけと思う

513名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 01:30:45 ID:/bDiyuJ.0
神奈子は信仰なしでもそれなりに強大なパワーじゃね?
一応、風神録で戦ったときは山の信仰を得る前でほぼ信仰0だったんだし
そこから信仰パワーをプラスって感じだと思う。

信仰ないと消えるみたいな話があるけど、あれってどうなんだろうな。
神じゃなくなる程度だったりして。

514名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 05:47:18 ID:oWLCCtow0
風のテキストによれば幻想郷に来る時に信仰が一度ゼロになってるはずだから、信仰がないと消えるってことはないよ。

515名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 06:10:18 ID:CZs1bApQ0
博麗神社の神様なんて・・・

516名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 08:17:28 ID:jwK8RPls0
普段は普通の妖怪と大差ないが信仰を集めることで無限にパワーアップってことでいいのかな、神

517名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 08:26:01 ID:4VqzZPbc0
よくない

518名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 08:27:21 ID:Hoqx4zuQ0
「普通の妖怪」の基準がわからん

519名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 08:48:38 ID:lhXmK.2s0
信仰パワーの蓄えがあったんじゃね?
だから消えもしないしそれなりのパワーもあった

520名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:24:45 ID:D5zrBX6A0
消えるのではなくて力が無くなって
神らしいことができなくなると俺は考えてる

521名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:26:09 ID:H0oQ9N3.0
つまり神からニートへ華麗なる変身ですねわかります

522名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:29:02 ID:523999X.0
早苗がいるからゼロにはならないんじゃね、信仰。

523名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:54:54 ID:8ypssamoO
>>522
それより賽銭スレに急ぐんだ

524名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:55:00 ID:8ypssamoO
>>522
それより賽銭スレに急ぐんだ

525名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:55:31 ID:H0oQ9N3.0
>>522
ごじゅーにまん…

526名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:55:52 ID:8ypssamoO
うわ、反映されてた
二重すまない

527名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 10:17:47 ID:0mc8eBIU0
>>506
それは小松和彦の見方だね。
もとは同じ存在だけど祀られてるかどうかで神か妖怪かに分かれるっていう。

遠野物語で有名な柳田國男は、妖怪は神が落ちこぼれるとなる存在と見ている。
つまり妖怪もみんな過去神様だったと。

しかしこういうの見てると日本人って怪力乱神を語るのが大好きなんだなw

528名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 10:38:51 ID:MYRpin1o0
博麗神社に別の神様を勧請したら、博麗神社の元の神様はいずれ忘れ去られて
自然と消えるだろうねってあったな。

529528:2008/04/16(水) 10:47:31 ID:MYRpin1o0
失敬。香霖堂で、ってのが抜けてた。

530名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 10:57:24 ID:D5zrBX6A0
今の時点でも相当やばそうだけどな

531名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 12:56:05 ID:FpJUojg60
現代に即して一言主の大神とか選んだらこっちのネット上に出現しそうだな

532名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 13:20:52 ID:R7ULvCOU0
>>527
民俗学的見方だな
日本のアニミズム的神はそれ系統だ
ただ、それらは神奈子様が所属してる種族:神、
つまりアマテラスやオオクニヌシ等の神とはちょっと毛色が違う感じ

533名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 14:07:29 ID:523999X.0
悪霊→神の道真とか人→神の関羽とか神格化はいろいろケースがあるし、信仰を集めて
それまでの枠組を超えたものを神、それ以外はどれだけ強大な力を持とうがその種族の
ままというのはどうか。

534名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 14:15:36 ID:R7ULvCOU0
>>533
それは生まれながらにして神というのが居るから否定されるんじゃないかな
色々神にも分類があって、ごっちゃにしちゃう場合と厳密に分ける場合がある
求聞史記をみると、東方では厳密に分けている感じ

535名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 14:59:51 ID:WhUBsLXg0
なんとなく、実体をともなって姿を現した時点で
不可侵領域的な絶対的意味合いでの神では足りえなくなるって気がするな

例えば、龍が最高神でいられるのは実効力だけ見せて
姿を現していないことが最大の要因だって気がするし

あるいは、その肉体と神秘的な力の間には
実は直接的な関連はまったくない、くらいに言い切ってしまってもいいのかも知れない


概念存在を倒すことなんて不可能だから、まずそれに肉体を与えなくてはならない
とかやると某RPGのストーリーになる、うん

536名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 15:06:57 ID:i1b/Wcv.0
姿を現すことはほとんどないけど、幻想郷に結界張ったときは出てきたらしいぞ、龍

537名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 15:29:04 ID:523999X.0
>>534
あ、神はどういうものかじゃなくてどこまでが妖怪でどこからが神かの話な。
書き方悪かったな。
信仰を数なり質なりあるレベルまで集めれば元が何であれ種族:神になれるんじゃね。
けど神だから強いってわけじゃないし逆もまた然りなんじゃねってこと。

種族:神になった特典は毎年10〜12月に出雲旅行ご招待。

538名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 16:03:33 ID:xBBVL0po0
参勤交代みたいなもんで、自腹で行くんじゃないの出雲旅行はw

539名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 16:58:23 ID:Z6NrHSrY0
音速遅いが>>522のIDにフイタwww

(´・ω・`)ウラヤマシス

540名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 17:51:03 ID:9NfQ/VXM0
出雲に行くのは大国主の子供達の国津神だけじゃないけ?

早苗さんは信仰されてたけど神というか現人神で、そこに一線置いてる感じ

541名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 20:38:50 ID:237.xXqo0
>>537
信仰されるほどなんだから、神の時点で相当の強さは保障されると思う
神道の神の基本が強さ=祟りだから

542名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 20:59:04 ID:CZs1bApQ0
浦嶋の素の実力なんてただの漁師だぞ

543名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 21:05:02 ID:237.xXqo0
>>542
今は違うかもしれないw
東方での種族:神ってのはそういった後天的な神じゃなくて、
生まれながらの神、親も神みたいなのだと思う
アマテラスやオオクニヌシや神奈子みたいな
八百万の神や神霊とは根本的に違うと言うか

544名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 21:37:27 ID:7Bq72/6A0
神奈子が生まれながら神って言われてないよね?
元ネタって言うなら月人や月夜見の姉もそういう事になるし

545名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 21:47:30 ID:znHonFZE0
>>543
秋姉妹のような「概念が神になったもの」は八百万の神。
雛のような「古道具のような品物に神が宿ったもの」も八百万の神。
浦島や道真、早良親王のようなのは神霊。
神奈子や諏訪子みたいなのは天津神や国津神の類。

全部合わせて信仰の対象たる「神様」

……でよかったと思う

546名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 21:56:11 ID:xN6MK4Lk0
解りやすいな

547名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:33:02 ID:hFIYp9GU0
映姫様は?

548名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:34:22 ID:D5zrBX6A0
閻魔は神の眷属ってけーねがいってた

549名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:57:53 ID:V8aNe6cI0
ルーミアの親玉か

550名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:24:59 ID:tGtx1UQEO
映姫様も神ってはっきり書かれてるけど仏教方面だからなあ
どこに分類されるんだろう

551名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:29:01 ID:D5zrBX6A0
死の神らしいけど 死神はこまっちゃんだもんなぁ

552名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:32:37 ID:T2eJlMY60
だけど閻魔様は神で死神は妖怪なんだよな

553名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:52:25 ID:237.xXqo0
>>545
でも求聞史記だと、八百万の神は姿が見えないし声も聞こえないらしいんだよな
秋姉妹は思いっきり姿も声も聞こえるから、謎は深まるばかり

554名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:01:18 ID:WIDqXxIQ0
東方世界で矛盾が出たバヤイ
新しい方が優先されるので「八百万の神でも姿が見える奴が居る」
これでおk

555名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:03:28 ID:No1F4tyI0
金目鯛とか石鯛とか鯛じゃないのに鯛ってついてるのと同じで、力ある存在恐れられる存在は、
神じゃなくても神って呼ばれてるだけ とか。

556名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:03:47 ID:Q64d31a.0
>>554
矛盾が出た場合、
矛盾がないように理屈を考えるのがこのスレの役割じゃないのか?

557名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:06:03 ID:JeAF4is60
妖怪の山付近は霊気とか妖気とかそういった類のものが濃いもんだから
普段見えないようなものもフィルターがかかって見えるようになるとか
本当に濃いかどうかは分からない

558名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:08:33 ID:2KNbeQOU0
なんていうか、あれだ。

あっきゅんにも知らないことはある。

559名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:20:24 ID:No1F4tyI0
 八百万に属さない神なのだろう。あるいは、
   八百万の神はなんというか精霊みたいなものではないだろうか?

560名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:33:43 ID:eSTNXdq60
八百万の秋の神なんてテロップ出てるのに別物だったら詐欺もいいとこだなw

561名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 00:47:20 ID:FgGZvdx.0
古人形に八百万の神たる鍵山雛が宿っている
って解釈なんじゃないか

秋姉妹には「里の豊作祭に招かれる」って記述があったよな
このとき、里の神職以外には見えてないんじゃないか?
山は神霊の闊歩する異界だ
里とは全く違う法則が支配している
彼女達が最初に出てくるのは神霊の世界に入り込んでしまったことを表してるんだろう
信仰ポイントを集めなきゃいけないのは擬似的に神職になっているからだと考えられる
信心が無ければ神霊の世界を離れてしまうんだ
よって、山からも排斥される

風神録って入峰して山駆けして奥宮へ参ってくる話だったんだな

562名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 10:36:28 ID:dNBZv91M0
霊力が無い普通の人間には見えないんじゃない?

563名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 10:38:41 ID:BxJD.N/s0
つまり風の面々はスタンド

564名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 10:55:40 ID:VdpsBI5k0
単に見える神と見えない神がいる、でいいのでは。
力の強さとか知名度≒信仰とか性質とかの問題で。
大蝦蟇がチルノより強い妖怪なのに人型じゃないみたいに。

565名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 11:39:40 ID:4T75uB/Q0
そういえば神や人を神として祀るのはともかく、
妖怪を神として祀るってあったっけ?

566名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 12:07:30 ID:VdpsBI5k0
斉天大聖とかそんな感じじゃないか?

567名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 12:11:39 ID:8.Ih7i1IO
>>565
天狗様は、幻想郷では山の神様として畏れられているって三月精の上海アリス通信に
あったり、書籍求聞史紀では天狗は神格化された妖怪ってあった。

568名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 15:47:39 ID:90KVNj5U0
>>561
神職でもなんでもない魔理沙に見えてるという罠がw
てか、姿は見えないけど神職が声を聞けるってのは求聞史記だと神霊だけなんだよな
求聞史記的八百万の神は神職にも確認できないみたいな記述
神主はたぶん覚えていないw

569名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 15:53:19 ID:4PKuB3Xk0
>>568
あれは山に近づいた魔理沙を警告するために秋姉妹の方から見えるようにしたんじゃないか?

570名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 16:16:04 ID:2KNbeQOU0
単純に、儚月抄でいうところの「実体のある神様」ってことじゃないの?

571名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 20:50:26 ID:5hIgQnb.0
風ボス連は、神の中でもたまたま物理デバイス持ってる連中だった的な。
ものっそい地味な霊体系の神様も、凄くいっぱいいるけど目立たない。

572名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:55:13 ID:TjhiWBnI0
実際の神話の八雷神あたりは神だけど妖怪でもあるだろ

573名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:03:38 ID:cE9iOwCs0
八雷神ってなんていう妖怪と呼ばれてるんだ?
あまり聞いたことのない説だな

574名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:13:27 ID:eSTNXdq60
イザナミから派生した由緒正しすぎる神を妖怪扱いしたら祟られるぞw

575名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:14:01 ID:5hIgQnb.0
固有名は一体ごと別にあるんだから、八雷が種族名だべ? 八体しかいない種族だが。

576名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:16:28 ID:TjhiWBnI0
鬼だと思ってたぜw

577名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:22:51 ID:PtLP.ObI0
神=妖怪のなら結構皆言ってるけど、
河童とか狐とか天狗とかその辺が多いな。


まあそれはともかく、見える神と見えない神が居るでいいんじゃないかねえ。
それこそ八百万と言えるほど居るんだ、
全部が全部見えないってのもねえ。

578名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:29:27 ID:uQA.h3yg0
見出し:八百万の神
項中:付喪神

あんまり多いから多数派について述べてただけなんじゃないか、あれ

579名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:45:49 ID:cE9iOwCs0
>>578
求聞史記のツクモガミは八百万の神が変化した悪い神様って感じだから
龍や神霊も別個の項目で述べられてることからも考えると多数派とかじゃなく、
八百万の神は八百万の神って種族って感じだと思う

580名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:55:47 ID:uQA.h3yg0
>>579
しかし、項中に違いない
そもそも八百万の神は日本における大小神祇の総称として用いられる
神の中には国津神、天津神などの特殊な名称を持たない神のほうがむしろ多い
種族:妖怪と同じように、あっきゅんが神のその他を指すなら八百万の神を使うだろう
と、こんな推測だった

581名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 01:01:51 ID:t9Mm55O.0
>>580
項目中だからこそ八百万の神が付喪神になる様な特殊なカテゴリーの神ってことなんだろうと思う
映姫様や龍や神霊は付喪神にはならない訳だから
一般的な日本的な八百万の神ってのとはちょっと違うな

582名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 11:43:33 ID:1QGM5zeE0
藍様が登場キャラの中で一番巨乳と聞いて飛んできたのですが
これって非公式だよね?ググってもエロサイトしか出てこないし

583名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 11:58:30 ID:BJ6NbuDo0
大妖精とチルノの絡み、レティとチルノの絡みっていうのはいずれも根拠・出典ゼロの二次設定?

584名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 12:05:13 ID:B.zoSVzAO
>>583
大妖精とチルノは同一ステージの中ボスとボスの関係以外に何もな・・・かったが、こないだ三月精で
チルノがかくれんぼ云々の回で博麗神社で誰かを探しに大妖精が登場したから明確ではないが知り合いの可能性が高い
チルノとレティはやっぱり同一ステージの中ボスとボスだってだけだったが求聞史紀で
レティのチルノらしき妖精についての言及があったからこれも確定ではないがレティ→チルノの面識はある可能性が高い

585名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 12:10:57 ID:dpgLAig60
あれ、レティがチルノについて言ってたのは書籍の方の文華帖じゃなかった?

586名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 12:13:13 ID:B.zoSVzAO
>>585
うあーそうだったーゴメン

587名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 15:10:46 ID:2/2ySX5A0
フランの力で概念って破壊できるのかね?概念に目ってなさそうだけど

588名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 15:40:29 ID:Px.SaUxM0
ttp://coolier.sytes.net:8080/th_up2/src/th2_9888.png
幻想郷の地理を勝手に予想

求聞史紀を主に参考にしたけど、ドンパチやってる割には結構狭いらしいな

589名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 15:42:56 ID:kT2qm27g0
幻想郷ってもともとは山奥の一部だったんだよな?
そのなかに富士山よりでかい山があるんだから幻想郷の8割くらいが妖怪の山だったりするかも

590名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 16:55:17 ID:kOhWrtEY0
妖怪の山が完全に独立したコミュニティっぽい事と、
その他に魔法の森、霧の湖、人里その他色々で生活圏が
ある事を考えると8割って事は無いんじゃないかな?

591名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:06:35 ID:zDQffkz20
砕かれた上の方の部分だけ来たんじゃないの多分

592名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:09:45 ID:dwChrbro0
人里って一つしかないんだっけ?

593名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:23:12 ID:5LXsnYP20
>>588
戦国幻想郷とだいたい同じだな。

594名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 22:14:51 ID:mL7JuCLc0
>>588
再思の道や無縁塚が小町と映姫のステージだし
三途の川(中有の道)と同じ方向にあるんじゃないかな?

595名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 01:32:21 ID:bUovj17s0
三途の川がある方向ってんなら、西にありそうな気がするな。

596名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 04:35:53 ID:SwC/wI8k0
ttp://coolier.sytes.net:8080/th_up2/src/th2_9898.png
>>594を考慮して無縁塚と中有の道を近づけてみた
ただし無縁塚自体は行き止まりで、紫の桜が散るとそれに宿っていた死者が中有の道へ飛ばされる、らしい。

三途の川って西にあるもんなの?妖怪の山が北〜東らしく、その裏に三途の川となると・・・分からん

597名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 05:08:24 ID:bUovj17s0
いや、求聞史紀読んでないからどんな設定があるとか知らん部分があるんだけど
三途の川=死=西っていうイメージ(仏教的な、ではあるけど)で言った。

598名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 07:30:46 ID:3z5L85AI0
そういえば妖怪の山の頂上かそこから俯瞰できる場所には
それなりのでかさの湖があるな、と思った。風神録で増えた奴が。

599名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 08:03:32 ID:SwC/wI8k0
妖怪の山 
 大蝦蟇の池 妖怪の山の入口付近、中腹にある小さな池
 未踏の渓谷 風神録3面
 妖怪の樹海 風神録2面
 九天の滝  風神録4面
 守屋神社  風神録5・EX面
 風神の湖  風神録6面
 空洞    存在の是非は不明? 山の妖怪達の技術で未来世界が展開されているらしい 
       空洞内部から外界に繋がっている可能性も?山の妖怪が排他的なのはこれを隠すためか(阿求談)

>>598のは「風神の湖」だね。諏訪湖の一部なんだろうけど
個人的には「空洞」が気になる

600名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 08:11:29 ID:WZjNGcKk0
しかし活火山らしいのでそれは難しそうな

601名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 08:32:52 ID:WzHa79hQ0
儚月抄で設定がどんどん明らかになり嬉しい一方で、
空想の余地が少しずつ減るのがちょっと残念な気持ちがなんとも。

602名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 10:04:15 ID:KrUHbgr20
そうそう、忘れてた

三月で出てきた玄武の沢
儚月で解説されてたけど

真・八ヶ岳. 魔法の森のそば
妖怪の山→玄武の沢→?

となってるから

|    ←    妖怪の山    →    |          魔法の森
真・八ヶ岳→風神録4面→風神録3面→風神録2面→玄武の沢→?

かも

603名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 13:10:49 ID:Yd6Xe5Lo0
>>599
妖怪というか天狗の仕業な
八ヶ岳にそんな伝承あったかな?
天狗様の大空洞なんて鞍馬にしか無いんじゃないか

604名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:00:25 ID:jumn.0jQ0
>>601
おれは逆に空想の余地が増えてると思うけどな
いままでは漠然としすぎてた

605名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:01:08 ID:7nvyE0BA0
八ヶ岳は兎も角、妖怪の山にはあるって、稗田の九代目が言ってた。

606名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:09:18 ID:ntbPdrUo0
そういや結界ってぶつかるとどうなるのかな?
音速超えてそうなあややとかたまに端まで行っちゃうと思うんだ。
ループ型(無間方処みたいな)すれば西方浄土の位置もどうとでもなるけど、描写はあったかな?

607名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:35:30 ID:5VOojGVM0
ミニ四駆じゃあるまいし目的地前に減速するだろうw
普段からそんなに速く飛んでるかもわからんし。

608名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:42:09 ID:2CzbzfV.0
ミニ四駆ワラタ

609名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 15:42:49 ID:J3UliuDQ0
そもそも霊夢や紫、藍以外は結界を認識できてるのかも怪しいんだが。
物理的に接触できるものかどうかもわからん

610名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 01:50:42 ID:.w5q72R.0
霊夢と魔理沙のあれこれは公式なの?

611名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 02:01:59 ID:nTF00Oik0
>>610
あれこれって?

>>609
結界の端にたどり着いたときってどうなるんだろうな、
閉鎖空間ばりに見えない壁で遮られるのか、
知らない内に方向転換させられ端にはたどり着けないのか
後者のほうがありそうな気がする

612名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 02:30:30 ID:al7RYT3A0
対照線上のもう片方の境界に繋がっているとかね
RPGの平面地図みたいな感じで

613名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 03:54:51 ID:6VBWzhD60
ちょっと便利な移動手段として結界が使われてしまうなw

614名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 05:43:55 ID:nTF00Oik0
博麗神社の立地条件が凄い事になる件について

615名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 09:40:28 ID:zZ63JR7M0
結界を抜けようとする者の前に、獣社の如く木製多装車輪で自走する
博麗神社がボスとして立ち塞がる光景を幻視。

616名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 12:32:09 ID:M9Xd9vqk0
幻想郷は結界によって、ある程度の範囲がまとめて位相がずらされた並行世界であって、
並行世界に来た住民は「結界越え」をしないと現世には来られない。

結界の「境界」と呼ばれている場所は、その結界越えがしやすい場所なので、
どの方向に飛んでっても、同じ次元ならいくらでも行ける。もちろん、博麗神社からも。
ただ、ある程度の距離を行くと位相がズレやすいのかもしれない。

みたいな。

617名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 12:43:17 ID:5whXh7Gk0
ドラクエの無限ループみたいなもんじゃないかと思うな
私的には一番しっくり来る

618名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 12:46:51 ID:TbF2isNs0
つまりマリオUSAってことか?

619名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 13:01:06 ID:XW.P8esg0
野菜をひっこぬいてゆかりんの口にねじり込むと申したか

620名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 15:24:54 ID:dxk2As120
結界越えようとしても気がつけば元の場所に戻っていた、みたいなものかと考えていた
物理的にこっからここまでみたいなのはなさげな感じで

621名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 16:27:58 ID:MgclXhqs0
幻想郷が球状かドーナツ型になっていればOKってことか

622名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 17:33:54 ID:5f26yz.Y0
なんとなく結界の側には近寄る気がなくなってしまう力
それを不思議に思わない力が結界には働いている、とか考えてみた

1箇所近寄らせない、というのならそういう設定は多いが
線レベルだと厳しいか

623名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 19:16:18 ID:.TYwGeFU0
視界ゼロの霧に包まれる。どれだけ進んでも霧の中。
でも引き返すとすぐ霧から出られる。方向よりは意思の問題。
『この霧から出よう』と思って動けばすぐ出られる。
もちろん再び霧の中に入ることも可能。

624名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 19:26:24 ID:6VBWzhD60
すげー普通に壁があるだけとか。

「とうちゃ、あの壁はなんじゃろなぁ」
「さぁなぁ。わしの爺様の頃からあったちゅうことじゃが」

625名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 20:22:05 ID:XW.P8esg0
ベルリンかよw

626名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 21:50:23 ID:79PJNGsY0
幻想郷の端を目指してまっすぐすすむといつのまにかもといた場所に。
ただし構成が光学異性体

627名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 23:41:47 ID:gk0pm5Vs0
実は幻想郷は球状につなぎ直されている

628名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 23:46:19 ID:/baaKD260
ストレートとカーブの夢郷的に考えて
まっすぐ進んでたのにいつの間にか逆に動いててもとの場所に戻る。

629名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 23:47:23 ID:Aj./1oXk0
東は西につながってて北は南につながってるというRPG的マップ。
つまりドーナツ状

630名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 23:53:51 ID:TbF2isNs0
結界から出そうになってる人がいたら咲夜さんが時を止めて向い端に運ぶ

631名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 00:30:38 ID:yMRFppKE0
階段を昇ったはずなのに降りていた要領ですね

632名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:03:30 ID:yHjhoAqM0
結界が移動なんていう物理的手段で超えれるなら、ゆかりんの靴下盗んで現世に帰還するなんて容易い事だろう

633名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:06:49 ID:yHjhoAqM0
私見を述べるなら、GEレクイエム的な特異点が存在するとか
永遠に到達出来ない線と点が結界

634名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:12:53 ID:E1.ulDT20
どうしてもそこから先に行けないような暗示がかかっているだけで実際は普通にこっちと地続きとか

635名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:18:25 ID:ODYOoM5o0
そうだったら外と気候や環境まで違ったりはしないでしょ

636名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:21:36 ID:jhaGcFw20
違ってるのは確定?
三月精の暖冬の話は微妙。

そしてあの話で霊夢曰く壁一枚向こうとか言ってるんだよな。

637名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:22:39 ID:yHjhoAqM0
惨月精じゃ、外は暖冬で中は寒い冬だったな

と、ゆかりんが言ってた

638名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:24:26 ID:yHjhoAqM0
ごめんなさい…>_<

639名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:25:19 ID:E1.ulDT20
>>635
生き物だけじゃなく物や概念にも通じる暗示・催眠とか駄目だろうか

640名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:29:59 ID:ODYOoM5o0
>>636
後は、これも微妙だけど
永夜抄1面結界組会話とかもかな?

641名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:30:32 ID:9K/KogZE0
紫の証言以外情報がないからなあ

俺の中じゃ紫はハンタで言うところの『意味のない嘘もつくタイプ』なんだが、まあこれは個人の印象に過ぎんか

642名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:38:26 ID:jhaGcFw20
ていうか今読み直したら、
暖冬とは言ってるけど、別に幻想郷が暖冬じゃないとは言ってないし、
外の雪が人工になったとかそんな話で、人工雪は暖冬関係ねえ。

紫の戯言っぽい気がしてきた。

643名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:45:35 ID:jhaGcFw20
しかもよく考えたら、
外の世界のタラの芽なんて、自然物じゃなくて栽培されてるんだから、
多少季節外れでも大量に持ってこれてやっぱ暖冬関係ない。

まあそれはともかく、
空気も太陽も全部遮断して、別物用意しないと、気候まで外と別物にはできないと思う。
実際に今の世界も、自然が多い所でちょっと北に行けば雪もつもるし、十分寒い。

644名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:57:46 ID:34ylj5v60
そういや永夜抄の永琳ラスボスルートEDで
神社の敷地を境に月の見え方が違うってのは
博麗結界の外の月は元のままだが
中から見たときだけ永琳の偽月に繋がってるってことなのか?

でもそしたら魔理沙たちが普通に歩いて
結界出入りしてることになるんだよな

645名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 01:59:54 ID:xREcI.JE0
そんな描写有ったっけ?ちょっと思い出せないんだが

646名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:00:35 ID:GhZJ9.k.0
>>644
外の人間も神社へ行けば帰してもらえるという点からして、
神社辺りは結界の通過が用意なんじゃない?

霊夢も結界を開いたりする能力あるだろうし。

647名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:01:44 ID:HYPJR8860
多分詠唱組のAエンドで
月が半分ずつ違う色で見えてる場面のことかと

648名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:07:01 ID:qCqDhwcY0
>>644
結界のファイナルAに地上から月に行く人間も今頃迷ってるって感じの台詞があるから
外でも効果は発揮してると思うぞ
あの時点だと幻想郷で月に行く奴なんて居ないんだし
 
つーかあの術月人向けに偽の地上も作ってるのな

649名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:22:50 ID:AfxqtK.I0
>>644
神社の中は他の結界が無効になるっていうからそれでは?
どこの設定だか忘れたが

650名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:49:03 ID:GhZJ9.k.0
>>648
当時の永琳は、幻想郷に結界があり外の世界と分断されてることを知らなかった。
だからこそあの発言が出たんだと思うんだけども。

幻想郷内にしか術の効果は現れてないと思う。

651名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 04:14:34 ID:yliYu0h60
>>650
いやいや妖夢
おもっきり「月も結界を張ってひっそりと暮らしてる。ここと同じように」って台詞をえーりんが喋ってるやん

652名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 04:16:41 ID:E1.ulDT20
つまり知らなかったのは月がそう簡単に幻想郷にはせめて来れないってことだったって訳なの?

653名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 06:44:31 ID:cG5uGrsY0
普通に玉兎が二匹も来てるとこ見るとそれも怪しい。
少なくとも永琳は儚月抄でも信用してないようだし、EDは用が済んだから話し合わせてるだけのような気がする。

永琳の術は月の使者を遮断するのと、もう一つ地上人が月に辿り着けなくするという目的があった。
この両方が問題なくなったから術を解いたんだろう。
ということは地上人との戦争はそれで終結したんじゃないだろうか。
そう考えると月は戦場になるとか言いながら殆ど被害もなさそうだったのも頷ける。

654名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 07:14:52 ID:uL7TYbsM0
>>653
儚月抄見る限り月vs外の世界の人との戦争は、兎の間で戦争になるかもって噂が流れたってだけだと思う。
外の世界のロケットじゃ表の月にしか行けないし、表の月は月人からみたら不毛の地だし

655名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 07:44:48 ID:cG5uGrsY0
>>654
儚月抄では、先の戦争で戦闘兎の数が減ったと言ってたはず。
うどんげが実戦前に逃げ出したというのも実際に実戦があったことを意味してる。

656名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 07:53:08 ID:uL7TYbsM0
>>655
ホントだ。戦争前にレイセンが逃げたって書いてあるな。
戦闘兎が減ったってのは規則が厳しくて逃げる兎が多いって評判らしいからそれでだと思ってたわ。
表の月には無関心かと思ってた

657名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:01:04 ID:Nqg7OH6o0
兎死んでんのか・・・

658名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:13:21 ID:BRf3PBvM0
戦闘って・・・月に軍隊送り込むなら核でも撃って終わりだろうに。

659名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:15:01 ID:kXsQ4XHs0
>>658
たまにこういう人いるけど、後で自分が住む(あるいは資源を取る)場所を汚染してどうすんだ?

660名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:58:47 ID:49HLf0YM0
レイセンが逃げた戦争と兎が死にまくった戦争が同一でない可能性。
減らした犯人がゆかりんの可能性も十分ある。

661名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 09:05:25 ID:Rx3y/Hyg0
>>659
きっと、ソ連の人なんだよ。

662名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 09:31:00 ID:p24o/m8w0
>>660
文脈と状況から考えて地上人との戦争のことだろう
紫は惨敗、地上人に対しては月が若干不利だったらしいので苦戦の度合いからいっても後者だと思う

663名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 09:53:00 ID:7PRneHR.0
しかし月とゆかりん(少女)よりはいい勝負するなんて地上人もなかなかやるじゃないか

664名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 09:54:27 ID:xREcI.JE0
数で圧倒しただけだったりして

665名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 09:58:15 ID:7PRneHR.0
それはそれで評価したい
戦争は数だよ兄貴

666名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 10:15:29 ID:klMH8lbU0
いや、地上人との戦闘ってガチバトルはやってない、
ていうかやりようがないだろ?
地上人は、月の都がある月には行けない。

といってもあの文面だしなあ、

667名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 11:01:51 ID:h.dMlSo.0
やっぱり概念戦争じゃねえかねえ

見立てが力を持つ幻想の人たちにおいては、月に人がきて
「何もないんだ」ということが確定するとまずいのでは
最近は「月へ行ってなかった」説が流布してニュートンのバックナンバーが
幻想になっちゃうくらいだから「たいしたことなかった」とか

この説だと戦死したっぽい戦闘用玉兎の解釈をひねらにゃならんが…

668名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 11:20:42 ID:JlJhvhAE0
死んだとは限らない
鈴仙のように地球に逃げ出したか、薬撞きに逃げたか

669名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 11:22:53 ID:qCqDhwcY0
>>666
ただし表の月には行ける
争いの元は人類が月に旗を立てたって所から始まってるんだから
都とか結界とかはこの際考えないでいいと思う

670名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 11:46:08 ID:vXTSDg/o0
そもそも月人達は幻想の存在じゃないんじゃね?
永夜抄のtxtによると地上人の近代兵器が脅威だったらしい
そして対する月人も近代兵器持ち
ガンダムさながらのガチ宇宙戦争だったのかも

671名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 14:26:46 ID:X3djmUnc0
儚月抄で紫の式つけたカラスが死んだところでやたらガラクタが落ちてたけどあれ地上軍の残骸じゃねーのか?
基地施設の跡っぽいんだが

672名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 15:23:33 ID:gJw/qRGo0
フタを空けたら、基地の作りかけぐらいしか出来ずに退散した とあるね。
月への侵入者は必殺「真空放り出し」で抹殺してきたのに、地球人が最初からその真空耐性スーツ着てきたから
「これじゃ追い返せれないし退治もできねぇ。地球人やべぇ」になったのかも。
それじゃ兎が減る理由が説明できないんだけどね。

673名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 17:23:47 ID:BRf3PBvM0
>>659
月なんてムリに住むような場所でも資源を取るような場所でも無いじゃん。
出来るなら住みたい、出来るなら資源を取りたい場所。
んで、何か調査隊を派遣したら住んでるやつが居て攻撃を仕掛けてきたっていう。
それで、仮に殲滅しようってなったら、送り込むのが困難な軍隊より核の方がよくね?

674名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 17:37:23 ID:q8MoT8Rg0
>>670
そもそも幻想の存在ってのがいまいちわからない。
妖怪なんかは人間の恐怖心みたいなのが具現化したみたいに思われてたけど
月人が地上の穢れ調整のために作り出したってことになってるし
まあ2種類いるのかもしれないけど、具現化したのと調整用と

675名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 17:47:19 ID:AfxqtK.I0
>>673
何で殲滅が最初に来るんだ
未知の知的生命体との遭遇なんて恐ろしく貴重な物をいきなり叩き潰す奴はおらん
地球本体が危険に晒されてるわけでもないのに

676名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 17:53:39 ID:cinsjnhI0
>>672
地球人やべぇ→今までまったり生きてきた兎に激しいストレス→兎ストレス死

こうだな

677名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:00:16 ID:BRf3PBvM0
>>675
その理屈だとそもそも戦闘もしないじゃないか。

678名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:08:05 ID:JlJhvhAE0
そもそも人間側から見ると表の何も無い月しかないのにどこに核落とすんだ
てか真空中だと放射能が出るくらいか?

679名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:11:31 ID:BRf3PBvM0
>>678
真空中でも爆発するに決まってるだろう・・・。

680名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:18:38 ID:BYycJwWY0
核なんぞ使ったら世間にばれるだろ、あくまで秘密裏の月侵攻なんだから

681名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:19:14 ID:JlJhvhAE0
爆発っても月に埋めるかしないと意味無いでしょ 衝撃波も無いし
おそらく地球の軍隊付近にピンポイントで戦闘しに来る相手に使えない

682名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:20:10 ID:AfxqtK.I0
>>677
事後に問題がありすぎる核なんか使えんよ
大体勝手に月で核炸裂なんかやった日には間違いなく他の国から大非難喰らうぞ
戦争ってのは目の前の戦いに勝つのが目的じゃなくその後を有利にするための政治の一部なんだってことを忘れちゃ駄目だ

683名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:23:11 ID:cinsjnhI0
最初は秘密裏かつ平和的に新たな隣人として地球人が住みだすんだけどだんだん無茶な利権を主張しだしたり因縁つけたりしだすという作戦はどうか

684名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:24:55 ID:BYycJwWY0
>>683
まるで日本の隣国の様な戦法だな

685名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:26:48 ID:BRf3PBvM0
>>682
何で一国の侵攻が前提になってるのか分からん。
戦争という認識も怪しいしな。

686名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:33:08 ID:OylymKGM0
>>674
あれは吸血鬼だの人狼だのくらいなんじゃないのか?
徹底して懐かしいもの呼ばわりされる土着の鬼に月が関わってるとは思えない
まず、詠唱組に対して「まだ人間が地上に居なかった頃の〜」と言ってる
それではこの力を使っていたのは誰だろう
えーりんの元ネタが八意さんだったとこから見て、同等たる土着の神・仏などである可能性が高い
ならば神と密接に関わる日本の妖怪たちは別の月人以外から出たと考えるのが妥当だろう

687名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:41:56 ID:T9vRdYBE0
というか、戦闘なんてなかったという結論にしか辿り着けないと思うんだ
それこそ議論するまでもなく

戦闘があったという前提は、さながら変な状況産出装置よね
まあそれなりに創作の楽しさは味わえそうな立ち位置だけど

688名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:43:17 ID:BRf3PBvM0
>>687
そうそう、俺が言いたいのはそれなんだよ。
もう凄く遠回りしすぎたけど。

689名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:46:09 ID:qCqDhwcY0
>>687
戦ったという史実があってその結果として人員を失ったという事実があるのにか?
この要素だけでも戦闘したとしか言い様が無いと思うが

690名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:49:04 ID:7lnNhqGo0
え、俺は逆に戦闘があったという結論にしか辿り着けないぞ…
むしろ戦闘がなかったとする根拠を教えて欲しい。

691名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:50:14 ID:EbK.Y9vw0
今このスレでは、馬鹿な戦いの所為でスレ住人を失いつつあるという事実があるのだが

692名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:51:46 ID:jDXTE2HY0
>>887
やっぱ今知れる範囲のことではその結論になるか。
紫のほうもそうなのかね。負けた負けたとは言うけど具体的に誰がどうなったとか全くないんだよな。

>>888
儚月抄のどこにそんなこと書いてあるよ。
「戦闘が起こらなかった」のなら小説1話にあるが「あった」はないぞ。
あと兎が減ってるってだけでそれが戦死とは一言もない

693名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:52:02 ID:qCqDhwcY0
元々火種があった時だけ傭兵がやってくる戦場なので問題なし

694名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:53:16 ID:VpxYjTIM0
小説1話も戦闘がなかったなんて書いてないぞ

695名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:57:27 ID:BYycJwWY0
戦闘って言っても派手にドンパチするんじゃなくて
交渉決裂後の逃走劇とか…

696名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 18:58:43 ID:qCqDhwcY0
>>692
漫画八話
>先の戦いで戦闘要員の兎たちも減ってしまいましたから
とあるだろう
戦死かどうかは置くにせよ戦闘があって兵力が失われたのは否定できないと思うが
 
つか焦りすぎだ
アンカー暴発じゃねーかw

697名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:00:10 ID:cinsjnhI0
意外と弾幕対決並に形式的な出来レースやっただけだったりして
餅つき対決とか

698名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:00:18 ID:oWWIwxVI0
永琳は月の都の情報は鈴仙経由でしか知っていないだろう。
綿月姉妹が使者のリーダーである事さえ把握していなかったし。

だから小説1話で科学力の差で勝利したという漠然とした予想しかできてないわけで。

699名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:00:44 ID:jDXTE2HY0
それ多分相手は地上じゃないと思う

700名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:07:04 ID:JWvv6AJI0
>>644
亀レスだが、博麗神社がある場所は厳密には幻想郷じゃない、と求聞史紀に

701名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:13:39 ID:oWWIwxVI0
ていうか、なかったとする情報の方がなくね?
小説1話は技術力の差で地上人の惨敗。
小説3話では今度は兎に頼らない方がいいと、前回の主力が兎だったことを示唆。
漫画8話では先の戦闘で兎が減ったとある。

702名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:24:19 ID:T9vRdYBE0
>>701
東方からの情報だけだとそうだけどね

まああまりに現実側とリンクし過ぎるって話だわ
こと核なんて持ち出しちゃうとね

現実側に月での戦闘記録なんてないわけだし

703名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:28:09 ID:qCqDhwcY0
でも公開非公開入り混じり幾度も乗り込んで足場を作ろうとしては敗退
しかも敗れた時は報道しないとかどこの大本営だと言わんばかりの報道姿勢だしなあw
単なる偶発的トラブルと認識してるならそういう無茶な隠蔽もしないだろうし、
○国(仮名)側も妨害者を意識してたって事になるかな

704名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:51:00 ID:7lnNhqGo0
ところで永txtによると地上人は月の魔力を搾取するのが目的だったらしいが、
そうするとNASAあたりは既に魔法の実用化に成功してるという設定なのだろうか。

705名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 20:41:58 ID:ig35w7XA0
将棋とかチェスみたいにさ、なんか決まったルールで駒の取り合いしてたんだよきっと。
それで玉兎達がいっぱい連れていかれちゃったと。
おれも一匹ほすぃ。

706名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 20:43:57 ID:cinsjnhI0
地球人が負けた場合は何持ってかれるんだろう…

707名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 20:45:18 ID:1mxd6g4M0
月の鉱物資源搾取が幻想側から見ると
月の魔力搾取に見えたのかもしれない

708名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 20:47:16 ID:cinsjnhI0
ああ貴重な鉱物には昔から魔力が宿るとかそんな逸話あるしね、銀とか

709名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:52:15 ID:ePUXweB.0
>>683
インディアンやアイヌ支配みたいだ

710名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 22:05:41 ID:OylymKGM0
アポロ時点で大規模な兵員輸送は出来ないと思うんだ
ロケット一つ作るだけでも莫大な金がかかる
兵員一人一人に無重力下に対する訓練を施すためにまたかかる
特殊な環境で連携をとるためにもっとかかる
更に通信設備、水、レーションなどの設備投資etc...
例えアメリカ・ソ連でも総力戦の構えになる
しかも、前者は得意の空爆が使えないから不利この上ないし
後者は物量戦が資金難で出来ないから乙る

月が戦争と呼んでる以上、大規模な戦闘行為はあったと思われる
ただ、何かしらの形で妖怪が絡んでるんじゃないだろうか

711名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:07:49 ID:yMRFppKE0
先の戦争とはアポロではなく第一次月面戦争のことであったのだ

712名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:08:34 ID:OylymKGM0
>>711
ちょうど冷戦時代だろ?
あれ以後しばらくして凍結されたはず

713712:2008/04/21(月) 23:19:04 ID:OylymKGM0
すまん、色々と勘違いしたんでもう寝る

714名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:24:10 ID:q8MoT8Rg0
第一次月面戦争ってまだ藍が式になる前っぽいし、先の戦争=月面戦争はないよ。
式持つ前の紫っていうと、なんか普通に惨敗でも納得できるような気がしてきたw

715名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:45:18 ID:T.XlWYf20
というか地上の人間が「近代兵器」を月に持っていけて、
戦闘行為ができるほどの科学力があったら、
もう地上に幻想郷なんか残る余地はないと思う。

まあ結界のおかげで残ってたとしたって、
それならもっと幻想入りしてる物が多くて、
俺たちが「幻想郷」と聞いて納得できるような、
あんな感じではすでにないだろう。

ていうかそんなんに勝てる月相手じゃ紫達勝負にもならんぞ。

716名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 01:27:36 ID:KX1BNsDw0
703みたいな裏事情がある時点で現実の情勢と同一に見るのは難しいと思うが
宇宙開発にリアルのそれを大幅に超える国力をつぎ込んでるって事だし
それによって生じる事態も全く予測が付かない

717名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 06:31:31 ID:xFzHeSYs0
そういや、かぐやは今も定期的に発表あるけど、ジョウガは音沙汰無くなったな。

718名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:13:16 ID:vH/QCnL.0
一日ぶりにスレみたらすげえ伸びててびっくりだ

>>716
現実の出来事を月人がそう解釈してるって見方も可能じゃない?

>>671
あれ、NASAの月面探索車まんま
基地というよりアポロ計画の残骸だな

719名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:32:50 ID:KX1BNsDw0
>>718
不可能だろ
月面到達回数が増えてるってのはどう解釈しても現実の出来事に当てはまらない

720名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:34:01 ID:aLmxn1KA0
そういう解釈もできなくはないけど
肝心の作中の情報が>>701だからこじつけになっちゃうんだよな。

721名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:41:07 ID:5UW1QhKQ0
月着陸が成功したときだけ報道してるって様なことを永琳が言ってたような。

722名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:46:43 ID:oMOfFdDs0
物語で完結してる設定を現実とそぐわないからという理由で否定されても困る

723718:2008/04/22(火) 08:49:50 ID:PQxrlW/I0
ああそれがあったね
帰ったら資料調べて考え直してみるわ

……また議論に参加できない予感

724名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 12:29:32 ID:xhZWCPS.0
>>714
この前の戦争が応仁の乱になる人がいることを考えると、
先の戦争が第一次月面戦争になってもいいんじゃないだろうか?w

725名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 13:28:25 ID:OagZzzZg0
>>722
そこを無視したかったら現実基準の考察を捨てるしかないって話ね

大前提として、俺らは東方における地上人の情報をほとんど持たない、はずだ


となれば考察上の大分岐違うかなあ、と
少ない情報から幻想郷外の地上像を一から構築するか
実在の情報を当て嵌める代償にひたすらの辻褄合わせに奔走するか
二つに一つみたいな

726名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 13:40:14 ID:rBsqbonk0
>>716
国力がどうのこうのってレベルじゃないんだ
アポロ計画があり、かつ月面探査車があった
技術力は1970〜1980のものと見ていい
少なくとも月で旅行が出来る時代じゃない
かつ初めの月面着陸はわざわざ国民に報道された
それぐらいには意外な事件だったんだろう
ならばこの計画は最先端のものと見るのが妥当だ
最先端の技術には相応の金がかかる
国家規模の最先端技術なら、大抵は一年ぐらい戦争が出来る規模の金がかけられる
一度でこれなら、相手が島クラスとはいえ国民を総動員しないと月で戦争は出来ない
総力戦において国民に相手を隠し切ることは不可能だ
民主主義のアメリカは言うまでもなく、共産主義のソ連ですら無理
封建時代の日本やロシア、中国でも出来ない
有史以来、時代の最先端を開発する国力を保有して隠し切ることが可能だった国家は存在しないだろう

アメリカが世界を統一していたとしても不可能なんじゃないか

727名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 14:01:10 ID:XNqzOHDo0
俺達の持ってる知識で判断したら、名前と人間関係の時点で月人は天津神だよね。
でも、それで確定とならないのは、「実際の神話と東方の設定が同一とは限らない」っていう前提があるから。
今まで公開された情報だけを元に手探りをしている状態じゃない。

それと同じで、現実の地上を東方の地上に無理やり当てはめたら粗が出るのは必然じゃないかと。
出てきた設定は設定として受け止めて、その上に考察を積み上げないと無理が出てくる。

728名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 14:04:27 ID:j2.JFVuw0
外の世界は現実とそう変わらないという設定だから、
足りない情報を現実の基準で補完しようとするのは立派な考察だと思うが、
この場合は東方内の情報だけで特に疑う余地もないし補完する必要もない。

仮にはっきり現実と矛盾していたとしても東方内の情報が優先されるのは自明なわけで。
二つに一つなんて言わず、
少ない情報から幻想郷外を構築しつつ、足りない所を実在の情報で考察していくべきかと。

729名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 14:21:12 ID:y8EcHTcM0
まず、俺は東方設定より現実準拠のほうに固執するつもりはまったく無いが、
この件については現実よりで解釈するのが好みだと立場を明らかにしておいて、だ

現状出てる情報と現実をすり合わせて解釈しようとするのも立派な考察じゃないのか?
特に神主はキャラの主観でものを言わせるときにそのキャラの限られた認識内で言わせる
ようだし、現実にすり合わせる形での解釈を「設定否定だ」って排斥するほど外れてない
と思うんだが

もちろん現実と違うところもあるだろうし、(今参照できないけど)地の文でいろいろ
書かれてたことはいったん受け入れる必要があると思うけど

>>728
俺も含めて現実とすり合わせ主義の人は神主が現実と同じ時間ですよって言ったのに拘ってるんだと思う
作中でもアポロ計画とか現実に引っ掛けた描写おおいし、最小限の解釈で両立できるならさせたい、
そのほうが(俺の主観で)スマートだという欲望が俺にはある

まあ、引っ張る話題じゃないかもだが

730名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 14:48:12 ID:7xvvVAyE0
わかった、聖書とかイエスがメチャクチャ強いんだ、あいつ信仰値マキシマムどころかGENKAITOPPA級だし
こと幻想的な戦力に関しては聖書持った神父ソンがいるだけで博麗の巫女3人分くらいの戦力になるんだよ
もうアポロに神父一人乗せるだけで月の都大ピンチなんだよ
ムスリムとコーランでも可

731名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 15:08:10 ID:7dYFgw0o0
「他者の信仰(あるいは幻想)を否定する力」にかけては、確かに強そうではあるねw

732名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 15:08:32 ID:zdNCFCr60
>>724
京の都市伝説乙w

…恥をかいたのは自信満々にそれを人に語った俺なんだからね!

733名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 15:18:32 ID:iW1hLTco0
幻想郷の戦力を過大評価してる人が居るんじゃないか?
設定から考えると、そんなに大したもんじゃないだろw

734名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 15:25:39 ID:CDozzzPk0
<<724
うちの小学校の頃の担任は縄文時代をこの前なんて言ってました、何も問題はないと思います

735名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 16:33:56 ID:rBsqbonk0
>>728
この問題の焦点は「月が言う地上人は果たして本当に人間だったのか」
そして「物理的手段をもっての戦闘は行われたのか、そうだとしたら規模はどれほどだったのか」
この2つだろう

地上から月への戦争は上陸戦の一言に尽きる
しかも全く初めての環境で行う作戦である
対する相手はエキスパート、しかもこちら以上の技術力を保有している
外の人間も上陸戦がどれほどの犠牲を伴うかは知ってるだろう
しかもハンデが付いている
調査隊を派遣するくらいはしても、大規模な軍事行動を起こすだろうか?
それぐらいなら>>683を選ぶだろう

アポロが帰還時に障害を起こしたのを月の仕業とした考察があった
こんな具合に、ロケットを飛ばして調査基地建設→失敗を何度も繰り返したのが真相なんじゃないか
機械の故障を意図的に起こす兵器という解釈はありだろう
月兎については
・調査隊と遭遇した奴が居た
・事故
・向こうを加護してるものと戦った
と一応は説明できる

どちらにせよこの件は他と比べて矛盾が多すぎる
意図的にやってるんだろう
言葉の定義によるギミックが含まれてるってあたい信じてる

736名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 19:26:31 ID:8PIRwHiE0
ひとつやふたつ、ミスディレクションはそんなに少ないと思って?

737名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 19:27:28 ID:d6GCoL5w0
>>724
いやいや、レイセンは先の戦争が始まる前に逃げた兎って言ってるし

738名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 21:31:23 ID:j2.JFVuw0
>>735
>「月が言う地上人は果たして本当に人間だったのか」
旗立てた&基地作ろうとしたのが地上人なのはほぼ間違いない。
ならばそれをきっかけとした戦闘も同じ相手でなければおかしい。

>「物理的手段をもっての戦闘は行われたのか、そうだとしたら規模はどれほどだったのか」
物理的な戦闘が行われなかったのなら、玉兎に銃剣を使った物理的な戦闘訓練を施すのは不自然だと思う。
また兎が戦死したのではなくレイセンと同じく逃げたとするなら、姉妹がレイセンについてだけ言及しすぎていて違和感がある。

というかそこが焦点なのか?
俺が主張したいのは「地上と月との戦争があったことは確からしい」ということだけなんだが。
規模とかそういうのは確たる情報がないのでなんとも。

739名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 01:40:15 ID:mYZYJflo0
旗を立てる程度の技術力から数十年で、
月で物理的手段での戦闘ができる技術力は発達できないと思う。

しかし、ふと思ったんだが、そもそも、月の民は、永琳曰く、旗を抜く事すらできないはずなんだよな?
戦闘しようがなくない?

で、思ったんだが、誰か地球人騙って、月の民と戦ってないか?

740名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 04:39:10 ID:b5x8P1PE0
>>738
両者の間に戦争との共通見解が無かった可能性を言いたかったんだろう
それが戦闘の形式、規模によって明らかになると考えたと思われる
>>739があるから旗と後の経緯は結ばれて無い可能性もある
地上側のコメントが無く、月が一方的に戦争は有ったと言ってるだけなんだから
むしろ>>739がもっとも妥当に思えるんだが・・・

741740:2008/04/23(水) 04:41:54 ID:b5x8P1PE0
旗と後の経緯は→旗を立てた勢力と後の経緯に登場する勢力は

742名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 07:24:56 ID:aXY/0JhQ0
月の新勢力とかいうのが謎だから、ひょっとしたらそうかもな。
ただ地上側の>>703のような事情があるので可能性は低いと思う。
旗を抜けない→戦闘しようがないなら、誰が地球人騙っても戦闘しようがない。
まあ一応地上製の鴉をぶっ殺してるので、地上人とも戦闘は可能なんじゃないか。

いずれにせよその辺は情報が少ないからやろうと思えばいくらでも疑える。
辻褄合わせるだけなら色んな説が可能だろうし、新情報が出たら信憑性も変わってくる。
だから今の所は「ひょっとしたらそうかもしれない」という疑いのレベルでしか言えない。

743名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 09:49:17 ID:5HQlPy/g0
月の兎たちは大げさで嘘吐き。
嘘、噂、ゴシップの様なものが大好き。
純粋で噂を信じる。

Rさんの証言
「月に敵が攻め込んで来てもう生活出来なくなった、
そいつらは月に自分達の旗を立て、自分達の物だと言って好き勝手やっている。
月の民が戦っている中、仲間を見捨てて命からがら逃げてきた。」
(少なくともRさんが逃げた時点で、戦いなんて始まってなかったらしい)

月の兎からRさんへのメッセージ
「今の状況では、戦力は我々の方が若干不利に見える。
敵の近代兵器は我々の想像をはるかに越えていたのだ。
レイセン、もうすぐ月は戦場となる。誇り高き我々と一緒に戦ってくれないだろうか。
次の満月の夜にレイセンを迎えに行く。抵抗しても無駄だ。」
(Rさんから聞いたこの話を真に受けた天才Eさんは、月も地上も完全封鎖することを即断)
(後に噂の収集と分析を続けた天才Eさんによると、地上人は大したことなかったらしい)

アポロの旗が無くなったときの兎たちの噂話
「旗を抜いた新しい勢力が月を支配しようとしている」
(この噂をRさんから聞いて、天才EさんとKさんは月人同士の月面戦争が始まると思ったらしい)
(月の内部分裂だと思い込んだ天才Eさんは、確実に月の使者と罪人が来るとまで断言)

「地上から誰かが攻めてくる」
「地上からの侵略者の痕跡が見つかった」
「月の都に地上からの侵入者があった」
「侵入者が目論んでいたのは月の都を乗っ取ること」
(今度は天才Eさん、また外の人間の仕業なのかと思ったらしい)

「月の都に反逆者が居る」
「侵略者側に協力している月の兎がいる」
「スパイ筆頭は鈴仙」
「兎が次々と不当な裁判にかけられている」
「その地上からの侵略者ってのがどうも……」
(ここまで情報が集まれば天才Eさんには、噂にある侵略者が永琳と輝夜のことだとお見通し)

(月の都で地上担当部署に務めるW姉妹によると、どれも他愛のない噂に過ぎないらしい)
(でも月の都に居る反逆者に当てはめるのにピッタリなのは自分達なので、こういう噂は困るらしい)

結論
嘘を嘘と見抜くのは(天才Eさんでも)難しい

744名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 10:07:50 ID:mz7Vgb.AO
なんか月の兎ってワイドショーを真に受けて大騒ぎするおばさんみたいだな

745名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 11:29:16 ID:mYZYJflo0
まあ結局
>いずれにせよその辺は情報が少ないからやろうと思えばいくらでも疑える。
>辻褄合わせるだけなら色んな説が可能だろうし、新情報が出たら信憑性も変わってくる。
>だから今の所は「ひょっとしたらそうかもしれない」という疑いのレベルでしか言えない。
その通りなんだけど、一応まあ自分の意見の補足だけしとくと、
>旗を抜けない→戦闘しようがないなら、誰が地球人騙っても戦闘しようがない。
実際に抜かれちゃったわけで、その抜いた謎の勢力かなあとか思った。
実は紫だったりして。根拠はないが。

「実は紫」ってのはあてずっぽうだから置いとくとして、
月のもう一つの勢力ってのが気になるんだよな。
この辺に何かありそうな気はする。

746名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:36:34 ID:XJJ83/Cc0
しかし、そろそろ月のもう一つの勢力とやらの影でも形でも出てこないと
上、中、下巻で21話構成としてもページが足りなくなるような・・・

実はそんなもの無かった、でFAだったらFAでいいけど

747名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 01:16:15 ID:WsRs3HNI0
帰りのロケットの分が儚月抄FINAL・上中下として連載されるんだよ

748名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 03:45:34 ID:lhni4ygQ0
最終的には儚月抄ピリオド・上中下まで行ってから連載終了後しばらくしてアニメ化ですね、わかります

749名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 00:47:21 ID:fMC9.RJg0
まっかなぁああああああああああああああああああああお嬢ォおおううううううウうううううううううううううううううう!!!!!

750名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 02:04:39 ID:FVxrxVLQ0
新板物質スレでスペカ関連の話が有ったので返答を書こうとしたがなにか回答の軸がぶれたのでこっちに

スペカ(カード形状)自体がスペカ(弾幕)の具現だと思ってた
発動には(おおむね)作成者依存の(妖力、魔力、神通力的な)発動シーケンスが有るというだけで。

だから、極端な話、他者のカード本体を入手した上で
発動シーケンス(要は使い方)さえ判って再現できれば他人のスペカも発動は可能
威力は発動者の能力とカード状態で込められていた力の量に依存するだろうけれど。
ただ、「美しきと信念に勝る物は無し」という観点で見た際に、
アレンジすら入らない丸パクリは既に負けている気がするし同等の理由で作中でも行われていない、と。

751名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 02:20:13 ID:aO4.vhDA0
>>750
魔理沙がいっぱいいっぱいなのはよくわかった

752名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 09:13:06 ID:BxI2iVz20
スペカのアプローチは2種類だな。

・スペカを発動することでその弾幕が出せる特殊な札
・ただの特徴的な弾幕に名前を付けて書いただけの札

プロレス的には後者だと思う。

753名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 09:16:08 ID:7sXYEsF.0
ぐもんの記述見る限り後者だな
スペルカード自体には特別な力はなくて、誓約書的な意味合いっぽい

754名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 09:22:52 ID:pDf14xlw0
文のスペカはあまった新聞にマジックで書いたもの

755名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 09:31:26 ID:Xj55jEPo0
ボムの数が制限されるのは攻撃側と防御側での分担の違いが理由?

756名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 10:45:45 ID:abgwNjdY0
基本的にボス側は抱え落ち多発説。
スペカルールに則ってるのに、使わず倒れる大妖精、小悪魔などが代表。

ゲージ一本が残機1、被弾前なら3ボムの権利があるんだが、ボスはヤバい場面で
1ボムだけ使って、そのまま落ちる事が多い。
一部のボスは落ちる前にちゃんと2,3ボム使って来たり(最後の一本:残0機時に多い)、
復帰直後にいきなり決めボム撃って来たり(耐久スペルに多い)してるし。

ゲーム中の表現だとああなるが、実際は互角の条件で戦ってると思うんだぜ。
ボス側も、実は自機側のショットを避けている。
耐久値は「大体これくらいの量を打ち込まれると、見切り損ねて被弾する」という
期待値を表現したもの。当たった弾が消えてるのはゲーム上の演出です。

757名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 10:49:02 ID:Xj55jEPo0
おおーそういう解釈かあああ
目から鱗弾だわ

758名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 10:59:31 ID:ly1PUMWk0
俺もそういうつもりで見てた。
「ゲームの上では演出上こうなってるけど、向こうから見たらこっちが弾幕張ってて向こうはショット打ち続けてんだろうな」と。
ボスの耐久値も>>756の解釈と同じように考えてて、
スペカ使ってきたら「お、もう避けきれなくなったのか」なんて思ってニヤニヤしてた。まぁ余裕がある時だけど。

759名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 11:17:08 ID:3WlcA9uE0
「勝訴」みたいに頭の上に掲げるのか

760名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 11:21:11 ID:7sXYEsF.0
俺は逆だなあ
メタな見方すぎるかもしれんが、基本STGのお約束を神主が設定に落とし込んだのが
スペカルール+弾幕ルールなわけだから、逆に本編STGのルール=弾幕ごっこ+スペカルールなはず、
という感じ

異変解決側とそうで無い側でレギュレーションが違っててもおかしくないし、
弾幕ルール以外のルール+スペカルールも存在するってほのめかされてるから
萃夢想のアレは(比較的マイナーな)格闘弾幕ルール+スペカルールだと思ってる

761名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 12:10:45 ID:4vPIMxAY0
>設定ではスペルカードはボスが使うボムなので、ボスが緊急回避をしている事にしています。
>(永夜抄より、ボスも喰らいボム=ラストスペルを使用)

という神主発言がある。ちなみに残機はガッツらしい。
萃夢想や花映塚も表現を変えただけでやってることは一緒なんじゃないだろうか。

762名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 12:17:01 ID:7sXYEsF.0
その発言は知ってるが、俺の見方とは矛盾しないと捉えてる
耐久0とかでボム使用(=スペカ発動)でもいいわけだし

まあ、最終的にはどうなのかってのは結論でないとは思うし、
俺の見方がちょっとメタ過ぎるかもって自覚はある

763名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 12:56:35 ID:ojZkii360
全体としてはむしろメタ的な見方が欠如しすぎていると思うけどね。霊夢最強発言を額面
通り受け取るとか。

まあでもこのスレ内では、メタ的な視点をあえて封印して、シャーロキアン的な楽しみ方を
するのが良いかもしれんが。

764名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 13:04:20 ID:3WlcA9uE0
夢想封印!と叫びながらお札でビンタする霊夢

765名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 13:09:29 ID:Liw0/6W.0
>格闘では、実は1対1というスペルカードルールを表現するのに、STGより向いている。
>でも、弾幕の様に抽象的に能力の表現をする事が出来ない。

この抽象的表現を取っ払うとリグルの弾幕なんか
♪ミミズだって、オケラだって、アメンボだって〜
  みんなみんな生きているんだ 友だちなんだ〜
なアレやソレが飛び交う大量地獄かもしれないんだぜ・・・

766名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:04:00 ID:K7S/T6k60
被弾したって判定にも色々あるんだろう。
ガッツすなわちやる気がごっそり減ることが被弾であろうというわけで。
つまり防御結界か何かの発動による消耗であったり、すれすれで避けすぎて肝が冷えたり、虫がべっとりであったりするかも知れない。

767名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:06:56 ID:Xj55jEPo0
俺は着てる服が破けたらそれだけでやる気なくなると思うなあ

768名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:10:46 ID:0WgAM/jU0
むしろ「私のお気に入りに何すんのよ!」とか「誰がこのシャツ縫うんだい!?」
的にガッツが上昇するかもしれない

769名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:11:12 ID:aO4.vhDA0
だから普段から腋露出してる霊夢は最強なんですねわかります

770名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:30:42 ID:BxI2iVz20
>>765
てか、実際虫が飛びまくってるってコメントなかったっけ?

771名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 14:53:02 ID:abgwNjdY0
余談だが。エスプレイドで、人間ボスだけ耐久バーが均等に区切られてるのは
自機の残機表示とリンクした演出(枠が同じ質感で描かれてる)。
本質的に自機とボスは同じもので、ボスも形態変化ごとに一機落としてるという。

最近(多分、それをシステム表現に転用した式神2以降)は、単に形態移行の
目印になっちゃったが。均等に分けられてないし。

772名前が無い程度の能力:2008/04/27(日) 15:07:07 ID:ly1PUMWk0
ミスティアのスペカで「蛾が落とした鱗粉が弾になってる」とかいうのなかったっけ?
そういうイメージってだけだったっけ。

773名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 04:20:02 ID:k0838Bjs0
>>756
アリスの和蘭人形や露西亜人形の決めボムっぷりはクリアラーとして正しいなw

774名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 08:39:17 ID:GhFkaIpQ0
アリス第二通常は、まさに「次の弾幕の先端が届いたらボム」っつう安全策そのものだわな。

775名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 09:02:13 ID:mYQL2ZHA0
あの1回だけの通常弾はそういう意味か。アリスっぽいな。


チキンボムかも知らんが。

776名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 22:07:06 ID:aPxoE2y20
チキンじゃないわ。クレバーと言って。

777名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 22:21:04 ID:cSzt1JcY0
俺は、スペルカード=魔力(妖力)の入れ物って考えだったな
先ずカードに魔力を込める、その際のイメージや波長で弾膜の形が変わる
よって魔力が高い者ほど沢山カードを所持できる

魔力はカード発動から時間経過及び、相手からのダメージで減少(本体へのダメージはカードが代わりに受ける)
手持ちカードが無くなったら負けみたいな、カードが身代わりになって戦ってくれる感じ

778名前が無い程度の能力:2008/04/28(月) 22:23:46 ID:xqjUpd6E0
もしかしたらそういうプリペイド型スペカを何かのために持ってるのもいるかも知れないな

779名前が無い程度の能力:2008/04/29(火) 13:44:03 ID:rho00Hkg0
魔法使いのことかー

780名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 13:49:55 ID:r3Fobss2O
過疎なのでネタ

禁薬「蓬莱の薬」と「永夜返し」の最中に自機ショットがボスまで届かず目の前で消えるのは輝夜の永遠の魔法の効果だよな多分?
共通点として輝夜がいる時のみの現象だし他の通常弾・スペカ・ラスペ・ラスワじゃ起こらないし

つまり自機ショットが画面奥まで届く時間を永遠にした、とかなんだろうか

781名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 14:01:40 ID:q60p3n2s0
二次設定を再構築スレに人を持ってかれてるからな
……と思ったが向うも止まってた

>ショットが届く時間を永遠
状況証拠的にそう考えても差し支えなさそうな気もする
よく気づいたなw

782名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 19:42:49 ID:LJC7.4ac0
もしかして、弾幕ごっこの範囲内でなら、
輝夜の能力は最強の能力なのか?

783名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 19:45:10 ID:GKe5RbzU0
いやごっこの範囲内だと時間制限つけなきゃいけないだろう

784名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 20:20:06 ID:pf7Q370Y0
弾幕ごっこで最強なんてもの目指したら誰もそいつを相手にしなくなるだけだろうな。

785名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 20:24:12 ID:zqW8lleE0
>>784
まぁそんな訳だから、かどうかは知らないが輝夜「夜を止めてるのが目の前の人妖だ」と知るまでは
そんな力も使わず普通に弾幕ごっこのルール内で遊んでたんだがな

正直弾幕ごっこ外の方が輝夜の能力は怖いと思う

786名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 21:27:08 ID:3TgbLmi60
無限大の観察時間+無限小の思考単位時間のせいで、回避力No1説も。俺内で。
状況判断が完璧、理論上可能なら100%抜けて来るという。ルナ花映以上。

787名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 22:28:10 ID:Okz4SFNA0
とはいえ6ボス以上はみんなヤバゲだからなー
まあスペルが難題・神宝の道具系ばっかだからか、
設定詳しくない人には他の6ボスと比べて過小評価されてる感はあるけど

788名前が無い程度の能力:2008/05/02(金) 22:33:21 ID:nw2btDpU0
まあ強さのイメージなんてインパクト8割だし

789名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 00:00:24 ID:xlF71.hw0
まあ6ボス連中は基本お遊びだよな

790名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 00:03:00 ID:/h.y15AY0
5ボスもヤバイぜ?…妖夢だけ仲間はずれな気もするが

791名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 00:09:06 ID:0xE6MF7.0
妖夢たんは伸びシロが他より大きいんです><

792名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 00:35:14 ID:zHuyQwIg0
>>791
実際、幽々子が一人前って認めるようになるころには幽々子や紫の会話についていける
カリスマっぽい人になってるだろうしなw
幽々子的には藍もダメダメらしいし、半人前扱いでも悲観することはないと思う

793名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 00:38:57 ID:0xE6MF7.0
何時の日か妖夢も一人一霊前になると思うと感慨深いものが

794名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 01:04:40 ID:kbCdaWTM0
能力的にはアレだがSTGとしてのヤバさは妖夢が断トツだと思う
通常もスペカもきついっ

795名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 01:06:50 ID:DVmjMolQ0
「一人というには余計な物がついている。二人といったら幻想郷人口の辻褄が合わない」

というほどに成長するんですね、わかります。

796名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 01:12:27 ID:FEMQHpQg0
>>794
同意
5ボスの中で妖夢はダントツにヤバイ
あいつは手加減を知らん

797名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 01:45:10 ID:wKqj4f8U0
妖の妖夢もやばいが、文妖夢にわけもわからず斬られた人も多いだろうw

798名前が無い程度の能力:2008/05/03(土) 08:46:28 ID:0h3mCB7I0
芋妖夢もな
ルナだと二重の苦輪の分身が2人になって、一方的なレイプ状態に・・

799名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 07:10:17 ID:QZXjqyP60
仮にスペカを使ってこないで通常弾幕しか撃たない咲夜さんがいたら
咲夜さん5ボスの中でダントツ最強

800名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 09:21:45 ID:9YMG9AJM0
それは弾を消さないウドンゲがいたら全ボス中ダントツで最強ってのと同じだwww

801名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 10:41:41 ID:Tsa5.S6o0
5ボス仲間はずれ

妖夢:一人だけ外から来てない
うどんげ:一人だけ人間じゃない
早苗:一人だけ弾幕に特殊演出がない

咲夜:一人だけ仲間はずれの要素がない

802名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 11:50:29 ID:fge0vYIo0
純?人間で出所不明で本名不明で4スペルしか撃ってこないじゃないか

803名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 12:03:30 ID:Dk6z.xjs0
二次キャラか?

804名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 20:10:57 ID:zzjhU9nY0
>>798
しかも妖夢走り回ってるから、パチュリーだと本気で手も足も出なくなる

805名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 20:58:04 ID:e/Scnvd60
>>801
咲夜は東方なのに西洋系の神話寄りっていう最強の仲間外れ
神主曰く出落ちだったらしいが

806名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 22:14:44 ID:GPH7ztAg0
花だと小町が5ボス相当だろうけど小町はかなり苦手
ストーリーでゆうかりんルートだったらガッツポーズするくらい苦手
文でもかなり泣かされたし相当強そう

807名前が無い程度の能力:2008/05/04(日) 22:50:41 ID:mFWEx9ug0
>>801
妖夢も人間ではないし、正確には冥界って幻想郷ではないはずからある意味外の住人

808名前が無い程度の能力:2008/05/06(火) 18:49:47 ID:kOHWXUkY0
幻想郷ってどんな動物がいるのかな

809名前が無い程度の能力:2008/05/06(火) 20:22:16 ID:ua8fWfIw0
人間

小さな里に僅かしか居ないから、乱獲に注意

810名前が無い程度の能力:2008/05/06(火) 21:01:30 ID:MH5nryIc0
絶滅しないように強固な保護政策を敷いたら
生態系が狂って夜雀や虫が大きく減少するし
自然保護って難しいわよね    紫

811名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 01:27:36 ID:L14xChtI0
虫、鳥、ヤツメウナギ、カラス、兎・・・こんなもんか?

812名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 01:52:51 ID:P4sPIdPo0
狐猫河童

そういえば狸は見ないな

813名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 02:04:35 ID:L14xChtI0
蛙もいたな

814名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 02:39:06 ID:FSBWKZYM0
朱鷺はかなりいるみたいだ。
多分ニホンオオカミとかもいるだろう。

815名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 02:46:40 ID:LJfUk/3I0
天狗とか河童の個体数はどのくらいなんだろうか。
50くらいか?100だと多い気がするし、30以下とかだと種の存続が危うい。

816名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 03:26:08 ID:/B74/gM60
江戸時代の平田篤胤という学者は
岩間山に13天狗、筑波山に36天狗、加波山に48天狗って書いてるな

天狗は大天狗、鼻高天狗、鴉天狗、山伏天狗、白狼天狗と種類が多いし
妖怪の山は富士山よりデカイから数百くらい居ても不思議じゃない

817名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 06:51:47 ID:9DiRIibw0
種の存続がって言うが、やたら長命であることは確定してて
しかも有性生殖かどうかも分からない(また近親相姦による遺伝的リスク等も存在するのか分からない)
ような連中にそういう概念を当てはめてよいものなのか。

818名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 10:18:11 ID:A4vl1OeU0
>>816
山の大きさと天狗の数って関係無くね?
二行目の通りだと筑波よりも小さい加波の方が多いぞ

819名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 12:00:49 ID:YP.CX72U0
そもそも紫とか単一の妖怪って書いてなかったっけ。
そういうのがいる時点で普通の生物の枠組みじゃ考えられんだろう。

820名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 12:09:40 ID:P4sPIdPo0
単一というか、一個体一種族と言った方がいいかと。

821名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 14:46:52 ID:qeSdx39c0
>千年ほど前から住み着く天狗。元は鴉。

あややたち鴉天狗は長寿なうえ、ありふれた鳥から化生してるんだぜ
しかも卵を産むんだぜ
三月精が割ろうとしてた卵の正体よりも
鴉天狗の卵から生まれるのはカラスなのか天狗なのかが気になるんだぜ

822名前が無い程度の能力:2008/05/07(水) 20:32:26 ID:GUsvaM7Q0
>>816
平田は信用しないほうがいいぞ
廃仏毀釈を巻き起こした一派のマルクスで、言ってしまえば神道系新興宗教の教祖だ
天狗に関する研究は多いが、どれも初めに神道を仏教より上位に持ってくる目的がある
かなり恣意的で歴史を研究するための資料として以外は役に立たない
天狗に関する本は色々あるので興味があるなら漁ってみることをオススメする

823名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 15:52:43 ID:t5vPgULg0
歴史を研究するんでなくて妖怪の生態を考える参考だから一資料としては充分じゃね。

824名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 15:59:37 ID:t5vPgULg0
おぅ読み違えた。>>823はなかったことに。

825名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 18:49:06 ID:DJ/qaltM0
>>822
マルクスに失礼

それん「共産主義体制できたよー」
まるくす「これは私の提唱した共産主義ではない!」

水戸納豆「廃仏毀釈できたよー」
ひらた「でかしたぁ!」

奴ならきっとこう言う

826名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 19:16:05 ID:bYK97Wp20
ていうかマルクスは社会主義であって共産主義じゃねーよ

827名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 23:12:36 ID:.TcWSXI.0
ソ連が成立した時は既にマルクスこの世にいないぞ。
まあ、あの世で似たようなことを言ってるかもしれんが。

828名前が無い程度の能力:2008/05/08(木) 23:37:22 ID:UNOtm5hY0
死後の世界
「すいません、この共産主義者用の天国というのに行きたいのですが」
「あなたの生前の出自は?」
「父は弁護士で、母は貴族をしていました」
「ああダメダメ、両親に貴族がいるような人はここには行けないんだよ」
「そうですか…」
「ええと、あなたお名前は?」
「カール・マルクスと言います」

というのを思い出した。


そういえば香霖は思想書なんかは読むんだろうか?
と、無理矢理幻想郷に繋げてみたが香霖スレ向けかな。

829名前が無い程度の能力:2008/05/09(金) 06:22:32 ID:e1WegRBA0
魔理沙は「赤はコミュニストの色」って事は知ってるみたいだな。
赤味噌にこだわる霊夢にそんなつっこみ入れてたw

830名前が無い程度の能力:2008/05/10(土) 09:04:53 ID:ivCEFWeg0
イビルアイΣでタンクデサントだ!

831名前が無い程度の能力:2008/05/10(土) 14:53:03 ID:Zq1k2Nso0
セキュリティクリアランス:RED か…

832名前が無い程度の能力:2008/05/10(土) 16:19:24 ID:ML4UnoGk0
今度の巫女はもっとうまくやってくれるでしょう

833名前が無い程度の能力:2008/05/10(土) 16:41:48 ID:3a8mRJ/M0
霊夢は六機設定とな?
紫がいろんなことを知ってる理由がいまわかった気がする

834名前が無い程度の能力:2008/05/11(日) 13:12:54 ID:WAKHj3AE0
妖のテキストとか見ると人里の人間は強い力を持ったものたちの末裔ばかりで強いのかと思ったけど
ぐもんしきみるtそうでもないのかな

835名前が無い程度の能力:2008/05/11(日) 17:16:20 ID:Un5CzrbI0
半分妖怪のこーりんでも弾幕ごっこする力はないみたいだし
ほとんどの人間は常人と変わらないのかな

魔理沙以外に魔法使いと呼ばれる人間はどれだけいるんだろうか

836名前が無い程度の能力:2008/05/11(日) 19:23:40 ID:rhxYxJrU0
でも里の小ゼル、リリー捕獲するぜ? 咲夜さんでも捕らえられなかったリリーを。

837名前が無い程度の能力:2008/05/11(日) 19:55:09 ID:rP6tMUbA0
>>834
外とは別方向の技術が発達してるだけだろ
風土記的に考えて

838名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 18:22:25 ID:Fv9od17g0
結局レミリアはいつ幻想郷にきたのか

839名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 19:32:59 ID:lFs0sMXU0
結界で幻想郷を閉じた後 ってのは確定してる。
あとは不明。 スペルカードルールを最初に使った異変ってのを起こしてるから霊夢の代の時に来た
と考えることもできるが、このルール自体が妖怪同士で話し合われていた節があるから、霊夢の前の代
からこのルールのアイデアがあって、霊夢の代のときにやっと考えがまとまって巫女に提案 っていう形
になったとも考えられるから、霊夢が生まれる前に来ててもおかしくない。

840名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 20:12:37 ID:ReopQ1Lk0
紅の吸血鬼事変で
里の人間をおそわないのと引き換えに変わりに食材提供します
だからなあ

東方wikiの幻想郷年表だとどうなってたっけな…

841名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 20:22:14 ID:lFs0sMXU0
逆に10数年間もおとなしくしてるタマか? っていう突っ込みもありだな。
紅魔郷以後も何かと動きを見せてる紅魔館だしな。紅魔郷までおとなしくしてたと考えるのも無理があるかも。

842名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 20:35:10 ID:Z/KvOK3w0
初めて現れてから数百年程度っていうのが幻想郷に、って事なら
初めて幻想郷来て暴れたのはレミリアだし、数百年程度昔から居るって事なのかね
吸血鬼っていう種族が生まれたのが数百年って意味ならもっと短くなるかもしれないけど
とりあえず妖怪拡張計画(五百年位前)以降、ルナサの記事以前は確実だけど

843名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 20:57:41 ID:hqci.bMI0
咲夜は何処でレミリアと出会ったのか
仮にレミリアが10年以上も前から幻想郷にいるなら
咲夜はその後に単独で幻想入りして幻想郷の中でレミリアに出会ったことになるな

個人的には吸血鬼異変もスペカルール制定もわりと最近だと思ってるけど

844名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 21:04:47 ID:7G5.H5vE0
WW2以後な気がするけどな
西洋で滅びたから幻想郷に来たって散々言われてる
吸血鬼の権威が衰え始めたのは電灯が行き渡り、近代合理主義が成熟して
人が夜をまったく恐れなくなってから
ガス灯と蒸気の時代〜WW2ぐらいまでは普通に怪異が信じられてたし
連続殺人犯は例外なく悪魔の犬呼ばわりだった

咲夜さん&お嬢様で「近代の悪魔コンビ」なんじゃないかと思ってる
どうも西洋史を見る限り悪魔は二度幻想になってるようだ
一回目は産業革命ぐらい、そのあと悪魔の幻想は常軌を逸した人間に託されていくんだが(殺人鬼や吸血鬼など)
これも近代に至って駆逐されていく(分けてもテレビや映画などでキャラクター化された吸血鬼の凋落は著しい)
西洋で滅びたってのがこのことなんじゃないかと思う

よって、吸血鬼が幻想郷に定住したのはアメリカ一人勝ち〜戦後復興の後なんじゃないかと

845844:2008/05/13(火) 21:13:25 ID:7G5.H5vE0
すまん、「近代に至って」を「近現代に至って」にしといてくれ

846名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 21:42:02 ID:GFfybPEw0
何の根拠も無いが、個人的には1999年7月じゃないかと思ってる
ノストラダムスのアレが幻想入りしちゃった感じで

847名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 22:06:31 ID:WESTn2io0
>>844
面白い説だな、人間も幻想になるってこと?

個人的には紅魔組は1900年当たりから時間を飛んできたと考えてる
咲夜とレミリアは外で出会った説を推したいし
これだとまともな人間だけどロケットとか知らない理由になるかなと

848名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 22:26:19 ID:ReopQ1Lk0
そういえばメリーのメモが今から数百年くらい前とか時間ずれてるっぽい事を考えると
幻想郷入りする時に時間軸でずれが起きてもかまわんのか。

849名前が無い程度の能力:2008/05/13(火) 22:36:03 ID:7G5.H5vE0
>>847
幻想になった事物を蒐集する結界だから問題はないと思われる
朱鷺が絶滅危惧種なら悪魔の犬も絶滅危惧種だ
うん、まったく問題ないな

850名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 00:56:53 ID:FXZftxfoO
宙から落ちて来るものは、時間を越えてたり外の世界のでは
無かったりすもするって、三月精の上海アリス通信であったね。

851名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 03:51:57 ID:mTP1g4Ak0
咲夜はジャックなのかねぇ……

852名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 03:58:20 ID:cJPfEY960
バイオレンスだよー

853名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 06:45:08 ID:K4ime0uU0
>>852
それじゃ咲夜が未来人だ

854名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 18:17:56 ID:6XAFCkW60
そういや未来人が幻想入りするのも可能なんだよな。メリーに限らず。

855名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 18:20:32 ID:pZeLpXDs0
メリーは幻想入りしたんじゃなくて境界超えただけだろう。

856名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 22:57:34 ID:fiD7MvXI0
萃香はいつから幻想郷にいるんだろう

857名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 22:57:41 ID:la8m2/y.0
浦島の例もあるから、普通の人がなにかのはずみで境界超えすることもあるかもしれないし
未来人が幻想郷へ、みたいなのもありといえば、ありじゃない?

858名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 23:11:43 ID:URKDFhvM0
未来人が幻想郷へ来てもそれは未来での出来事だろう
なんで過去へ飛ぶんだ

859名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 23:15:55 ID:t1cWHItc0
つ マエリベリー

860名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 23:24:34 ID:URKDFhvM0
そんな例外を持ち出されても

861名前が無い程度の能力:2008/05/14(水) 23:50:06 ID:909tVXL60
そういえば咲夜さんたまに外出てるっぽいこといってるよね
花のときも森と湖と外は平気って言ってたし

862名前が無い程度の能力:2008/05/15(木) 00:01:24 ID:GdC805G60
未来といえば、香霖堂の右腕はこのスレだとどういう結論に一旦落ちついたんだ?

863名前が無い程度の能力:2008/05/15(木) 02:36:41 ID:m.Faj0C20
そういえばスペカルールって霊夢が作ったんだろうか
求聞史紀をよく読んでみると
紅霧異変〜60周年の異変の項までは「彼女」と書かれているのに対して
吸血鬼異変の項では「博麗の巫女」になってるんだよな
もしかして霊夢ではない昔の巫女なんじゃないだろうか

864名前が無い程度の能力:2008/05/15(木) 13:19:21 ID:HibDIJuE0
ハクレイノミコですね
わかります

865名前が無い程度の能力:2008/05/15(木) 17:48:20 ID:0cho8bKk0
>>858
神隠しに遭って未来から過去に行っちゃうこともあるって綿月様が言ってた

866名前が無い程度の能力:2008/05/15(木) 22:12:16 ID:H9ZQFanw0
>>826
全然わからぬ、みたいな感じだったような気がする

867名前が無い程度の能力:2008/05/16(金) 03:32:26 ID:Goj3wePU0
>>862
2004年夏にヒトクローン胚の医療使用を認める方針が承認されて
新聞やニュースで騒がれてたときに書かれた時事ネタだったわけだし
珍しく香霖の想像がほぼ正解だったんじゃない?

腕クローン生産なんてまだまだ幻想だけど

868名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 00:07:56 ID:JrwDeGo.0
>>847
魔理沙がわかりやすいと思う
彼女は魔法を使う程度の人間だが幻想の存在とされる
同じくらい非常識な殺人鬼も引っかかるだろう

869名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 00:14:27 ID:zrwVf8wc0
それだと魔理沙は外から来た人間ということになるんだが
幻想になったものが流れ着くのであって、元から内にいるor内で発生したものならそれが幻想である必要はないんじゃないか

870名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 00:15:05 ID:MFfcVCT60
魔理沙は幻想になったというよりは幻想郷で生まれただけじゃないの?

871名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 10:50:56 ID:FccoielE0
外で魔法使いという概念が幻想になって
幻想郷内で普通に生まれるようになったんだろ

872名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 11:24:18 ID:vIEUDifE0
生まれついての魔法使いならともかく
魔理沙はそうじゃないぜ

873名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 14:11:43 ID:dE3AtoFU0
こーりんから幻想認定されてなかったか

874名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 17:05:45 ID:FccoielE0
魔法使いがというより魔法が、と言うべきだったか。
幻想である魔法は普遍…とまではいかないが普通に習得
できる技術として幻想郷内に存在してるんだろ。
単に魔理沙はそれを習得したにすぎない。

875名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 19:30:24 ID:DT9H46Tg0
結局早苗さんは幻想になっちゃったってことなの?

876名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 19:42:08 ID:FccoielE0
幻想入りってのはそういうことだと思うが。

ちなみに儚月のインタビューで神主も言ってた記憶があるが
現人神という存在は60数年前に幻想入りした。
ということは早苗さんは幻想郷で本物の現人神になれるのかもしれない。

877名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 20:29:36 ID:vIEUDifE0
外の世界での早苗さんの知名度ってどんなもんなんだろう
奇跡を起こす程度の能力を知る人間はどれだけいたのか

あれほど有名な神社が消えるって大事件だと思うんだが外ではどうなってんだろ

878名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 20:43:50 ID:8qfXFIxE0
>>874
「道具屋の一人娘」の段階なら外の常識に反するところはないが
「魔法使いの少女」になったらとんでもなく非常識じゃないか
博麗大結界の別名は常識結界という
外の世界で非常識(存在しない)とされるものが流れ着くのはこれのせい
もし外に「魔法使いの少女」が居たら流れ着いてもおかしくない
ならばこれは「幻想の存在」だろう

森近さんは今の魔理沙が非常識かそうでないかを判定しただけじゃないか?
生まれも種族もまったく関係なく、ただ非常識なものを蒐集する
外の世界の常識が今の幻想郷と等しくなれば伴って科学的なものを蒐集しだす
あれはそんなものだと思うんだ

879名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 20:53:36 ID:FccoielE0
>>878
言ってることは分かるし同意できるんだが
俺は魔理沙は幻想郷生まれであるという前提で>>874を書いたんだ…

880名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 20:58:00 ID:eehKUXdg0
魔法使いという概念が幻想化してるって事でしょ?

こっちの世界に産まれた道具屋の娘が「魔法使いになりたい」と思ってもなれないし。

881名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 20:59:35 ID:Tf4frFBc0
魔理沙は幻想郷にしか居ないから幻想の生き物
ってこーりんは言ってた

882名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 21:03:55 ID:mXbqqYt20
>>875
別にそんな事は無いんじゃね?
元々自力で入ってきたクチだしね
つーか入ってきた物が全て幻想である(と化す)って訳でも無いしな
一般人なんかはシャバに戻ってく奴も居るんだし

883名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 21:20:04 ID:FccoielE0
しかしその戻っていく連中と早苗さんとでは違いがあるな。
幻想郷の住人となる意志が前者にはなくて後者にはある。
これは考慮すべきかと。

884名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 21:35:44 ID:zrwVf8wc0
知ってるだけで入れるわけじゃないだろうし
幻想となった神社に、そこの巫女として一緒についてきたか
もしくは幻想となってる現人神という存在として入ってきたんじゃね

885名前が無い程度の能力:2008/05/17(土) 22:11:31 ID:Tf4frFBc0
>>883
神隠しと神奈子の力で引越しでは、幻想として取り込まれたわけじゃないのは一緒だけど
早苗は幻想郷側の博麗神社に来れてる非常識人だもんな

886名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 01:51:42 ID:d5NraBtA0
現世の信仰を全て失ったってことは幻想化して入ってきたんじゃないかな
神社は幻想化したわけだし『神社ごと』って書いてあるから付属物みたいな感じだと思う

887名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 02:10:07 ID:8CDmvIL20
全て失ったのか?
元ネタの神社からして参拝客が全く来ないなんてこともなさそうだが

現実と幻想卿の外の世界じゃまた事情が違うんだろうか
月戦争してる世の中だしありえなくはないが

888名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 02:10:44 ID:KRHsQgag0
秘封倶楽部に対する個人的な印象なんだが、メリーが蓮子を導いているように見える
メリーと出会ったから蓮子は幻想郷に関わった
展開を進める役目はメリーが担っている

蓮子の名前に対する考察は行われてなかったよな?
蓮は仏教において無垢染の象徴とされる
これは世俗の苦しみ一切に染まらないことを指す
また、観世音菩薩の象徴でもあり彼の菩薩は施無為者と呼ばれる
この花は博麗霊夢の在り方を象徴していると思う
仏教(修験道)に対する造詣も結構あると思われる神主が何の意味もなくこの名前をつけるとは思えない
あの話は結界組の話なんだろうと思う

889名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 14:48:04 ID:.Ed3r4BE0
>>887
>現在残された信仰が全て失われ一時的に力を失うが
とキャラテキストに書いてある

890名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 14:54:36 ID:QGQfyRgs0
かなこたまのキャラテキストのそれは
「信仰を失う事で幻想入りできるようになる」ってことじゃなく
「幻想郷に引っ越した結果、信仰がゼロになった」だと思うんだがどうなんだ

891名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 16:21:52 ID:8riLfSMM0
>>888
月にはウサギが居る+月を見て場所が分かる能力+宇佐神宮は蓮の名所=宇佐見蓮子

こんな考察ならどこかで見た

892名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 16:32:08 ID:mVCeggKY0
「幻想入りすると信仰を失ってしまう」だと思う

893名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 19:19:39 ID:a6WIdDTA0
幻想になる=今の時代には無いことになる
だからな

894名前が無い程度の能力:2008/05/18(日) 19:40:59 ID:8CDmvIL20
外の世界の神社はそっくり消滅してしまうのか
それとも外の博霊神社みたく存在するけど廃れてしまうのか

895名前が無い程度の能力:2008/05/20(火) 00:51:51 ID:GTe1WL/U0
>>894
早苗さんのキャラ設定に「幻想郷に神社ごと移動」とあるから前者だろう

信仰がマイナスにならないのは
憎まれると祟り神みたいな方向で力を得られるから、か?

896名前が無い程度の能力:2008/05/20(火) 02:36:14 ID:HZMNhB820
>>888
東方幻想郷の副題がLotus Land Story
Loutusの意味は蓮

あとはわかるな?

897名前が無い程度の能力:2008/05/20(火) 08:50:40 ID:YHI4A.820
グリーンボーダー進行時の6ボスですね。分かります。

898名前が無い程度の能力:2008/05/20(火) 13:26:12 ID:cXRRzc6w0
896に補足
ttp://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=LOT&dtype=1&stype=0&dname=1na&pagenum=11&index=04290100

899名前が無い程度の能力:2008/05/21(水) 02:09:41 ID:hSauHw3A0
>>894
妖怪の山が幻想入りした八ヶ岳なことを考えると、湖と神社もその「神性=信仰」が幻想入りして、幻想郷で実体化したものなんじゃないか?
つまり外では湖と神社から神性が失われて、ただの湖と建物に成り果てたと

900名前が無い程度の能力:2008/05/21(水) 22:26:40 ID:MB93tbNU0
「グランギニョル座の怪人」って
生きた人間を人形として扱って攻撃してるって解釈でOK?

901名前が無い程度の能力:2008/05/24(土) 17:46:57 ID:kBYg5PYI0
その根拠は?

902名前が無い程度の能力:2008/05/25(日) 19:29:49 ID:hFeE5bJ.0
さて。緋想天であそこ出身の娘さんが出たわけだが・・・
霊夢or博麗神社or幻想郷にはあそこからでも連れてこない限り干渉できないってとれないかね?
話の流れからすれば他化自在天からでもいいわけだろう
ここも欲界の最上で出来ないことはほとんど無い
正直、あそこは神主ですら手に余るだろう(本職の学識ある人くらいしか扱いきれないだろう)
持ってくる必要が全く無いように思える

903名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 09:17:23 ID:UOoUkSVg0
そういやメランコって憑喪神じゃないんだよな。毒の妖怪。

904名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 14:22:03 ID:hrKwyg8A0
>>902
無色の存在であるはずのあの娘さんが現にあんなんなんだから、
その辺の事はあまり気にしなくてもいいんじゃない?

905名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 17:29:48 ID:kXGkVlqQ0
絶対に手出しできないはずの博麗の巫女・博麗神社に真正面からケンカふっかけたのがいるらしいぞ?
なんて噂になって(その正体が天人だとは広まらず)巫女・神社の求心力が落ちて
妖怪共が調子に乗り始める異変…なんてことにはならないのが東方だったか。

906名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 18:31:12 ID:peL4PEYg0
幻想郷専門の閻魔がいるんだし別に原典そのまま適用する必要はないっしょ。
白玉楼も違うし。

907名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 19:08:59 ID:Ep3jP/e60
>>906
地域ごとに特色ある閻魔信仰→幻想郷担当の閻魔
文人が逝く白玉楼→歌人の亡霊が住む冥界
みたいに今まで元ネタを残してきたのになんで有頂天・・・?
な感じはあるよな

天人って言うから兜率天あたりかと思ってたらいきなり有頂天で吹いた
でも緋想天って言ってるから色究竟天かもしれないな

908名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 21:52:56 ID:f9daQORE0
>>899
俺も、土地そのものの幻想入りはそういう認識だな。
高草郡もこっちの世界ではただの竹林に成り果てて
下手したら開発されてマンションでも建ってるかもしれない。

909名前が無い程度の能力:2008/05/27(火) 22:06:20 ID:gX0sWb060
ああ、緋想天って非想非非想天だったのか。言われてみればまんまじゃないか
でもだったら博麗神社に対する異変の犯人には丁度相応しいんじゃないのか?
>持ってくる必要が全く無いように思える

と、持ってない奴の戯言。(全く違ってたら恥ずかしいなあ)

910名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 00:01:14 ID:f7tT6eJA0
>>904
虹=7色=無色の象徴かも知れんな
持ち物だけがあそこ産で自身は仙人が住むっぽいどこかに住んでるのかも

911名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 00:33:29 ID:64SsUrgw0
>>904
親の上司の威光が凄まじかっただけで、本人は
天人に仕える神官の従者の娘だっただけで何もせずに天人になった俗物だもんな

親はたぶん真面目に仕事してると思うけど、
それでも上司の威光で天人になっただけの天人くずれだから微妙

親の上司や、親の上司の上司なら、ちゃんと天人らしい無色の存在だと思う

912名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 00:38:16 ID:WRblA.9k0
ゆゆ様のおとーさんはあの世界にいるのかな?緋ラスボスと面識はあるんだろうか。

913名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 01:56:40 ID:ZMCBU9ls0
えーと、天界が空に昇ったのが「永琳が見たこともないくらい大昔」ってことらしいんだが、
永琳が年齢詐称したのでなければこれは何億年前の話なんだろうか。

914名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 02:11:03 ID:dXwmM1WQ0
宇宙にはビッグバンというものがあってな

915名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 02:47:46 ID:yCVW5ISk0
>>913
ttp://www.youtube.com/watch?v=8oOiRvIYEtI
> 2億5千万年前、95%の生物が大絶滅した。
> 原因は地球中心部からわき上がった
> 直径千キロの火の玉・スーパープルーム
> による巨大噴火。

916904:2008/05/28(水) 08:04:50 ID:3RcgA1Es0
>>911
娘さんが俗っぽいからというのもあるけど、無色天という世界がそもそも元ネタでは凄い処らしいのよ。
だから尚更、元ネタを基準にする必要は無いと思う。

アビダンマッタサンガハ刊行会「アビダンマッタサンガハ 南方仏教哲学教義概説」5.5節解説から
> 色界天の上には更に無色界天の四地がある。空無辺処異熟心によって結生し、
> その後に続く心相続は基を伴わない名蘊だけのものである。
> この名蘊の生滅する空間を地というのであって、他の天(地)のように空中にあって
> 物質的なものが存在しているわけではないから、空間だけの世界といえよう。
(手元にあるのが南伝仏教の本だけなのでそれを見ているけど、本来の元ネタであろう
北伝の書物や日本での解釈ともあまり違わないのではないかと思う)
(もしかしたら違うかも)

917名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 11:24:01 ID:ouVPWu6E0
白玉楼=冥界と同様、有頂天=天界くらいの認識でいい気がするな。

918名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 16:14:49 ID:uA56ko9U0
天人のところに死神は来てるようだが
蓬莱人のところにはやっぱり来てないのかね?

919名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 16:32:27 ID:rwU89Jfo0
寿命があるから迎えに来るんだしな
寿命なさそうな連中のとこには来ないだろう

920名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 16:48:38 ID:uKS0PMn.0
>>916
そもそも元ネタじゃ色界に入った時点で寿命が無くなってたような
色界・無色界に入った時点で六道輪廻からは外れてたはず
あの子はお迎えの死神を追い払ってるだけっぽいので何だか怪しい
モデルの一つと思われる中国の神仙も大半は欲界の天部と習合していたはずで
いきなり有頂天に飛ぶ理由が無い

中世の密教の僧侶は
死後、弥勒菩薩の居る兜率天に生まれ変れるよう願っていたらしい
歌聖が天界に居るって話の元ネタがこの辺りじゃないかと思う
要はあの子は大梵天出身じゃないのではないかと

921920:2008/05/28(水) 16:53:16 ID:uKS0PMn.0
人間→天界→天人くずれの流れは把握してるので悪しからず

922名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 17:15:31 ID:v/SiBRpc0
>六道輪廻からは外れてたはず
外れてねーよ。輪廻から外れてるのは浄土だ
六道の最上位が天道で十界に分けたときの最上位が非想非非想天=有頂天だろ(正確には違うらしいが)

浄土ですら菩薩が悟りを開いた時に凡夫が共に往生できるんだから
無色界に俗物がくっついて来てても良いよね、っていうアレンジ
有頂天(天界)から、有頂天になってる=思い上がってる奴、という洒落
何も不思議はないだろうが

923名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 17:37:26 ID:uKS0PMn.0
>>922
勘違いしてたわ
寿命がなくなるのは縁覚からだわな

だけど色究境天越えたら各国の創造神レベルなんだよなぁ
名居神、もし武甕槌神でもここまでとは思えん
言うとおり洒落なんだろうけどさ

往生浄土=天界で
密厳国土=ゆかりんなのかね
そりゃ仲も悪いだろうな

924名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 18:13:57 ID:ZMCBU9ls0
昼間から気になりだしたんだが、結局天界はどこにあったの?
妖怪の山登った先には八ヶ岳の頂上があって石長姫がいる筈なのにいきなり天界に出てるし。
空飛んで妖怪の山「上空」に行ったって解釈でいいのかね。

925名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 18:41:55 ID:v/SiBRpc0
上空から結界抜けた別世界、でいいんじゃね
無縁塚で結界が緩んでたり風上に向かって飛んでたら冥界に辿り着いたり
月に向かって飛んでいったりみたいな感じで
多分、物理的にそこにあるわけではないんではないかと

>>922
十界じゃなくて三界だろ。俺は莫迦か

926名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 18:46:44 ID:WI/6vH920
求聞史紀では、天界は冥界のはるか上空に存在するとある

927名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 19:09:01 ID:uKS0PMn.0
俺が馬鹿すぎて糞吹いた
声聞を境地として捉えるってどこで聞いたんだか

928名前が無い程度の能力:2008/05/28(水) 21:28:15 ID:nkzUD2YI0
>>920
あいつだけじゃなくて天人・仙人の殆どは死神追い払ってるみたいだけど

929名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 01:30:40 ID:.y6NCmKs0
「天界といっても、いくつもの世界に別れています」 by ゆゆ様

1個の要石に複数の世界があるのか
複数の要石が浮いてるのかどっちなんだろうな

930名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 02:19:13 ID:qc4//8fA0
それよりもちょっと気になった点。

「地上にいればいずれ死ぬ。あなたはそれを理解しているのかしら?」(紫)

「お前さんは、死んだらどこに行くつもりだい?」
「そんな物騒な……普通にあの世に行って成仏したいです」
「ふうん……ま、夢を見るのは自由さね」(小町とうどんげ)

こんな感じの会話やセリフがあったのだが、うどんげってもしかして死んだら幻想郷の冥府には行けないのかしら。
月の冥府に落ちるのか?

931名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 02:34:47 ID:D3kV0v9k0
>>930
夢を見るのは自由って、成仏のことじゃない?
成仏は制限中らしい

932名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 02:48:19 ID:Wb9mgFcw0
あっきゅん内部告発だったのかあれ

933名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 02:52:34 ID:zzbPLILc0
>>930
「普通に三途の川を渡ってのんびりしたい」が正解
意味が全く違ってくるぞ

934名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 07:13:02 ID:u0tVkPRM0
にしても、ウドンゲに対して死んだらどーすんの?っていう問いが二人から発せられたのは事実
花の時に思ったが、うどんげが一番映姫との会話が重かった気がする
死後に何かあるのかもしれない

935名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 10:52:58 ID:GT.hEK2w0
映姫様にも罪が云々言われてるから罪が重すぎて死んでも
三途の川を渡れないとかそんなんじゃね

936名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 11:37:17 ID:AZd0D6kM0
三途の川幅を決定するのは、財産だけでしょ。
罪の重さ云々をされるのは裁きを受ける時。「夢を見るのは〜」ってのは「のびにり」の部分にかかってるんじゃないか。

937名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 11:39:52 ID:fqsqv/x60
ん?でも花映塚で
あまりにも罪が重いと三途の川を渡りきれずに沈むーみたいなこと言ってなかったっけ?

938名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 11:49:24 ID:jqpCw8Ds0
駄賃が足りないと途中で落とされるな

罪をちゃんと直視して清算すれば地獄に落ちなくても済むみたいだけど
鈴仙は直視できてないのかねぇ

939名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 12:03:08 ID:KXefmotQ0
花の小町EDで金額以外にも魂の質が重要みたいなこと言ってなかった?
確認したいけどもうEXクリアする自信ないわ
クリアしても花落ちるんだよなあ…

940名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 13:42:06 ID:GT.hEK2w0
この場合の財産ってのは生前の善行だったっけか
どっちにしろ小町の台詞から今のままだとまずいってことじゃまいか
今のあんたが川を渡りきれるとでも?みたいな

941名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 14:31:03 ID:dnrLpblE0
>死神が善人、悪人を判断する基準は罪の量などではなくお金である。
>お金と言っても、故人の財産ではなく、故人の事を心から慕っていた人の財産の合計である。
うどんげは地上の人妖とあまりつるまないらしいからそのせいじゃないかな。

神主は永遠亭の連中は重くて出し辛いみたいな事言ってたけど、
比較的出し安いかったっぽいうどんげでさえこれだけ重いのか・・・

942名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 15:59:29 ID:GT.hEK2w0
なるほど、確かにそれだと色々難しいだろうな
それでも繰り返しこの問題が提示されてるってことは
徐々に地上の生活に馴染んで…みたいな展開になるんだろう

こうなると重くないのはてゐくらいか

943名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 16:23:01 ID:tyV7/fXc0
>>941
やっぱ上司たちじゃダメなんだろうかね>慕ってる相手
てゐならいけそうだが

944名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 16:33:38 ID:YzS1VmEk0
蓬莱人どもは自分が死ぬことが無い(彼岸に接点がない)からそういう時も対象にならんのかもね。

945名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 16:49:19 ID:TAWnCNuk0
罪が重過ぎてたりないんじゃない?
あと輝夜、てゐはともかく永琳は慕ってるレベルまで行くか怪しい

どうでもいい、という程では無いようだけど

946名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 18:48:32 ID:.jdTOgtk0
地上になじむとかそういう話は
緋のセミファイナルボスとラスボスのvs鈴仙勝利コメントがそのまま回答になってる気がするな
今はある種、隔離空間の永遠亭の居心地のよさに甘んじてて、その他の他人を拒んでる状態なんじゃないか

>>945
あれもなあ
そればっかり強調されてるが
永琳がスパイだったら即殺すと思ってたとしても輝夜と自分の地上での安全と比べたら誰が相手でも始末にかかりそうだし…

947名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 19:02:47 ID:GT.hEK2w0
>>946
別にうどんげに特別冷たいってことじゃないからいいんでないの?
永琳は輝夜以外の誰に対しても内心はあんなんだろ、現状は

地上の民として生きてく以上はやっぱり他の全てから超然としては
いられないってことである程度はかわって行くんだろうけど
ちょっとは兎にやさしくなったらしいし

948名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 21:24:50 ID:dfizFM8A0
永琳がうどんげを警戒してたのも昔の話だろう
花と緋のEDではほのぼのと仲よくしてるぞ

949名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 21:32:30 ID:CVtFQgMM0
それもみんなの前でだけさ

950名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 22:01:10 ID:my0qHYZg0
生薬「国士無双の薬」
 永琳印の強壮薬を使用。
 一定時間身体能力が向上し、攻撃力、防御力が上昇する。
 なお使い過ぎるとアレな物だが本人には知らされていない。

やさ…しく…?

951名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 22:15:45 ID:0r2UjAY60
警戒はもうしちゃいないだろうが輝夜いわく「冷たい」のは確かだな

>>950
それでも前より優しくなってるらしいよ

952名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 22:48:00 ID:8nlspv660
「冷たいのね」もかかってるのは警戒したたころの話のような気がするが

953名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 23:07:53 ID:sTdXFRxQ0
あれは何年も一緒に暮らしてるのにもかかわらず(輝夜主観では完全に味方)
過去に「やばければ殺します」って思ってた事をしれっと悪びれもせずに言うことに
「冷たいのね」だから現在の永琳評だろう

過去の対象に「冷たいのね」はちょっと文脈的に意味が通らない
輝夜としては「あの時はそう思ってましたが、今は信頼してます」くらいを期待してたろうけど

同じ話の冒頭あたりを読んでも基本道具として便利って感じだしな
玉兎に対しては永琳は標準的月人っぽい価値観な気はする

954名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 00:14:02 ID://fl4Dz60
ところで緋でゆかりんなんであんなに天子にたいして怒ったんだ?
神社倒壊しても機能は生きてたみたいだし異変はいつもと大してかわらないし
神社乗っ取りだって風でやってたしな

天人嫌いなだけ?

955名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 00:36:53 ID:EbVV5OaU0
天人も嫌いなようだが
遊び半分なのや、要石埋め込みは将来の大地震が約束されること
他の面子も遊んでるように見えたとかその辺?

956名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 01:04:30 ID:YLzj7ff60
てんこは実際に幻想郷壊滅させる気でいたから。ってちょっと前まで力説してたが、
今日やっとてんこストーリークリアしたら、てんこは実はわざと負けてたことを知
った。 てんこが要石を刺して地震が起きないようにするのは最初から紫にも分か
っていたようだから純粋に神社壊されたことに怒っていたんだろうな。
「お前のさぼりで被害がでかくなった」って小町責めてたけど、被害らしい被害
って言ったら神社倒壊しかないしね。神社再建に何か仕込むのは文も勘付いていた
ようだ。ぶち壊したのはその仕込みのせいだろうね。何の仕込か知らんがw

957名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 01:29:01 ID:r0WvNBq20
神社に住むとかなんとか、まるで神のようじゃないか天人は。

958名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 01:29:49 ID:RF.KE05M0
幽霊が消失してたやん>被害

959名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 09:15:30 ID:3kTPPESs0
>>954
やや紫びいきだけど、東方幻想板の八雲一家総合(紫スレ)は考察の嵐。
興味があるなら見ておくといいと思うよ。割と間違ってないと思うし。

960名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 09:22:31 ID:DS0xuF560
それに加えて、前から天界の(余ってる)土地を地上側で使わせてくれよって要請は
蹴り続けてるくせに神社を別荘に改造までしやがってどこまで傲慢なんだこのビッチ!
つーのが怒った理由なのかな。
まあ天界の土地については期せずして萃香が一晩でやってくれましたが。
地震の避難所にする気なんじゃ?

961名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 10:01:54 ID:3kTPPESs0
折角なんでざっと探して、個人的に判りやすそうなのを一つ引用してみた。

 190 :名前が無い程度の能力:2008/05/29(木) 07:08:24 ID:n.3m2Et20
 紫が切れた理由というか要因は、うどんげEDからも伺える。
 元々名居は地震をを操って地上を支配。要石もその一環。
 つまり要石を幻想郷に挿すことは、幻想郷支配に等しい。
 だけどてんこちゃんは暇を持て余して今回の異変をやらかした。
 当然、出来心だろうがなんだろうが紫的には切れて当たり前。ゆゆ様も有頂天のお馬鹿さんと罵る。
 また悪意を持ってやらなかったことが、VS戦での対戦時の台詞か。

俺の理解としては、退屈だからなんて理由で地震を盾に幻想郷を人質にして、ほら遊べと上から目線で強要。
好き勝手した挙句に神社、ひいては幻想郷を支配下に置こうとするあーぱーにはマジ切れして当然、という流れ。
場合によっては退屈凌ぎで幻想郷を潰されてた訳で、誰より幻想郷を愛するゆかりんが怒るのも仕方ないよね。

962名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 14:51:09 ID:2/YYaFyM0
>>953
土方と近藤に直してみると非常にしっくりいった

「やばければ殺すよ」
「おいおい、冷てぇなあ歳は」

963名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 14:56:52 ID:bTUfdrQM0
天子はまだ親というか上に要石の件報告して無いらしいけど
報告したらどんな対応されるんだろうな
衣玖さんのセリフを見るによくやったとは言われそうに無いけど

964名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 18:04:51 ID:mXtm0hMkO
要石自体に細工はされてなかったけど、要石自由に動かせるのが比那名居一族なのには変わりないからなぁ

幻想郷が人質に取られたままなのは緋想天全ストーリー終了後でも変わらない
自作自演で爆弾しかけてそれを解除したように見せかけといて、ちゃっかり遠隔爆破スイッチ付け足しようなもんだよな

965名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 18:10:14 ID:ILusWSSw0
要石に結界なり封印なりで手を出せないようにできるんじゃね?
どっちにしろ爆弾が生まれたのには変わりないけど。

966名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 19:03:22 ID:2/YYaFyM0
>>964
でもいくさん曰く60年に一度くらい大地震は起こるみたいなんだよな

967名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 19:58:20 ID:TP9iXY9g0
60年に一度か。幻想郷壊滅レベルって言ってる人もいるけど、そこまでの被害はならないのかもね。
要石を抜いた地震は60年レベルじゃないのかもしれないけど。

968名前が無い程度の能力:2008/05/30(金) 20:25:41 ID:mXtm0hMkO
60年規模のやつはいいんだと思う
ただ今回は幽霊使って余計なエネルギー蓄えてそれを要石でとりあえず凌いだだけだからマズいんじゃないかな
普通なら自然に発散される力を余剰して無理やり抑えこんでいる状態だから
そんでそのせき止めてる楔を差し込んだり抜けるのは決まった一族だけで、みんなが現実把握やら被害予想やら回避計画やら考えているすぐ横で、話も聞かず勝手に抜いちゃいそうな娘さんだからなおマズいと

969名前が無い程度の能力:2008/05/31(土) 11:23:12 ID:Pt6rBMLY0
>>963
おまけtxt見るに知れちゃってる気がするぜ!
「名居守は今も静かに幻想郷を見守っている」
ええ、あれだけの騒ぎ起こして勘づかない筈ないですよね
60年の地震も近いことですしね準備も大変ですよねハハ!ハハハ!

970名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 00:00:51 ID:aNo20K1s0
結論。テンコはゆかりんにボコられて帰って、その上更に親に尻を叩かれた。

971名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 02:07:00 ID:JYfBDFTg0
ここら辺は地震の被害云々より、幻想卿の主導権争いにあると見た方がいいかもね。
風神で神が分社を置き、天人が地震を納めどんどん権力が持っていかれてる。

972名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 02:33:28 ID:caE0RTXU0
界隈の主導権と人員バランスが各所に奪われたり分裂したりしてるのとかぶるな

973名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 03:03:53 ID:5JZ/aqcE0
すいむそーやってないからいわゆる正史扱いされてるすいかシナリオがわかんなくて
ひそーてんでの立ち位置もよく分からん

974名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 03:14:34 ID:3SK0SEDg0
>>973
妙に宴会多いなーと思ったら鬼が萃めてたせいでした
しばいたら収まりました
ついでに幻想郷に居着きました

975名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 03:29:45 ID:dThaudU.0
しばかれてはないな
霊夢さえしばいたキャラ

976名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 03:30:49 ID:a4mVC9d2O
>>971
今のところ出てる情報だと博麗神社に分社建てられるのは問題ない

緋想天は風神録より一年近くあとの話=一年近く問題なく放置されてる
+儚月抄で問題にしている描写なし
+風神録はそもそも異変じゃないってのが公式設定

977名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 04:45:57 ID:.szxV35I0
>>975
それは萃香シナリオが正史であると仮定した場合じゃないのか。

978名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 05:40:50 ID:ic.7xFbQ0
そうは言うがな大佐。
萃香のEDはED No.1と番号がふってあるし萃夢想endingって書いてあるんだぞ。

979名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 06:02:34 ID:E5GTW86c0
萃香シナリオは紫が呼び出したキャラの考えや性質を語るシナリオ。それと鬼強えぇ!
大体こんな感じ

私はあんたの事良く知ってるよ。
VS咲夜
宴会の手伝いご苦労さん。でも、あんたはもうその手伝いには飽きてきてるんでしょう?

VSアリス
人間とばかり話すけど人間が好きなの? それとも強い者が怖いの? あと、あんたがいなくても宴会には関係ないよ。

VS妖夢
私の存在に気がついてた? でも感はいいけど鈍いわね。それといじられキャラ乙。

VSパチェ
あんたが宴会を一番楽しみにしてるんでしょ? 寂しいの?

VS魔理沙
一人の時は結構静かよね。 あと、宴会開いてるのは私の力だから勘違いしないように。

VSレミリア
人間に異変解決させたかったけど、相手が強そうに見えたから人間が危ないと思って動いたんでしょう?

VS霊夢
あんたの考えてる事わからないけど、正直物ね。正直物は好きよ。

ED
巫女倒したけど鬼の仲間は霊夢の能力で呼べませんでした。

980名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 06:22:33 ID:s9whAl3c0
でも、萃香ルートって霊夢に負けてもエンディングなんじゃなかったっけ?

981名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 12:08:36 ID:Te0dgZKw0
ってことは黄昏系ではいつも負けてるんだな霊夢

982名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 15:12:01 ID:ic.7xFbQ0
必ずしも勝たなくても解決できるシナリオを用意してるのかもしれん。

983名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 15:46:44 ID:PwIcRi9o0
>>981
黄昏に限った話でもない
花映塚だって最終的には負けてるから対戦系での宿命かな

984名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 16:02:15 ID:CAc5YuhA0
確か萃夢想の最終戦が酒呑童子鬼退治だっけか
どちらが勝ってもシナリオが終了だってことなら、どちらが酒呑童子かも明言されてないってことか

…なーんてのは乱暴すぎるわなw

985名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 16:30:02 ID:3SK0SEDg0
萃香「鬼は決して嘘をつかない」 の後に
霊夢:嘘つかない
萃香:たまにつく
だからどっちが鬼か分からない、って話は前にあったな

986名前が無い程度の能力:2008/06/01(日) 19:05:19 ID:K8UL70OA0
>>982
「鬼は幻想郷の人間には退治できない」があるからなぁ
ぶっちゃけ負けても勝っても問題ない
弾幕ごっこでいくらやっつけてもやる気がなくなることは無いんだろう

987名前が無い程度の能力:2008/06/02(月) 13:16:46 ID:qA6lTRZ60
>>679見ると萃香の台詞、文字通り鬼だよな。
アリスのやつとかまじやめて。

988名前が無い程度の能力:2008/06/02(月) 13:43:53 ID:f3bewkFE0
>鬼は一般的に陽気で酒好き、勿論宴も大好き、人間との真剣勝負が大
>好きで、勝負事なら格闘だろうが呑み比べだろうが何でもする。気に入
>った人間を見つけると人間が用意したルールで戦おうとする。そして、
>勝負に勝つとその人間を攫って行くのである。

霊夢は自分でも気付いてない能力のおかげで
鬼が人攫いしないようにできるみたいだから負けても大丈夫だけどさ
魔理沙が鬼に「気に入った!」と言われるのって実は危機的状況なんじゃ…

989名前が無い程度の能力:2008/06/02(月) 17:34:07 ID:U9pqU.Gg0
なるほど、萃EDで魔理沙が萃香をさらったように見えるが実は…

990名前が無い程度の能力:2008/06/03(火) 06:13:31 ID:OP.tWRfU0
芋の萃香ED

萃香は、仲間を幻想郷に戻すチャンスだったのに、失敗してしまったのだ。
萃香は人を萃めるだけではなく、人を攫う必要があったのだ。
失敗したのは、自らの未熟さが原因か?
それとも、陽気さか? ほんのちょっとの不誠実さか?
――本当の理由は、霊夢の能力だった事は誰も気が付かなかった。

991名前が無い程度の能力:2008/06/03(火) 06:58:07 ID:UprnhD6M0
地霊殿の3ボスも、いまさら人攫いする気はなさそうか

ところで、もう新スレの時期じゃないか

992名前が無い程度の能力:2008/06/03(火) 08:10:39 ID:lNWYMsbE0
非公式設定をあれこれ語るスレその14
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1212448046/l50

新スレ建てた

993名前が無い程度の能力:2008/06/03(火) 20:29:07 ID:.c5V0eCE0
乙梅

994名前が無い程度の能力:2008/06/04(水) 02:38:43 ID:ulNbWYRQ0
うめ

995名前が無い程度の能力:2008/06/04(水) 02:47:09 ID:.1DmWxuI0
埋め

996名前が無い程度の能力:2008/06/05(木) 01:30:08 ID:HLxvPLLM0
うめ

997名前が無い程度の能力:2008/06/05(木) 02:43:07 ID:7WUEp/0s0
1000ならにとり参戦・・・あれ?

998名前が無い程度の能力:2008/06/05(木) 03:18:40 ID:HLxvPLLM0
998ならみんな幸せになーれ

999名前が無い程度の能力:2008/06/05(木) 05:14:53 ID:iJzv/x2M0
1000踏み台

1000名前が無い程度の能力:2008/06/05(木) 07:57:05 ID:3m/ChQB.0
1000なら公式と非公式の境界が曖昧になる

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■