■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【夢夢嫁嫁】東方キャラとイチャつくスレ14【夢嫁嫁】
1名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:19:33 ID:WtEAoTyc0
文才・設定は二百由旬へぶっ飛ばし、東方キャラへの口説き文句等を思うがままに書いてみてくれ。
シチュエーションごとや告白後のラブラブもラブラブじゃ無いのも、長編、一行、妄想駄々漏れ何でもオーケー。
俺からキャラへ、キャラからお前に、誰からともなく住人へ。
ただしキャラ×キャラは勘弁な!!

このスレの連中は厳しいが公平だ。内容の差別新参古参の区別はしない。
一行告白、妄想、長編を、このスレの連中は見下さん。
すべて―――
平等にGJだ!
――ハートマンZUN曹

前スレ
【尽きぬ愛】東方キャラとイチャつくスレ13【終わらぬ夢】
http://jbbs.livedoor.jp/computer/6306/storage/1203007182.html

プロポスレ@Wiki
http://www15.atwiki.jp/orz1414/

イチャスレ避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/6911/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
age、コテハン、馴れ合い、感想へのレスは自重でお願いします。
書き込む際は、mail欄にsageと書いてから書き込みをして下さい。
隔離スレであることへの自覚を持って書き込みをお願いします。

SS投下する時の注意
・最初の行に< pre>、最後の行に< /pre>と書いているか確認して下さい
・削除キーを設定しているかどうか、確認して下さい
・その他、原稿用紙の使い方などはWikiに説明があります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:21:03 ID:WtEAoTyc0
ごめんタイトルろくなの思いつかなかった!
前回嫁で検索できなくなってたから嫁の文字さえ入れば何でもよかった。
今は反省している。

3名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:21:25 ID:fNYXUxc.O
>>1

いつの間に落ちたんだ

4名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:24:51 ID:/cTVD4NQ0
>>1

俺の嫁もびっくりしてたよ

5名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:46:40 ID:j/fAdx/c0
1000いってないけど新スレなの?

6名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:48:25 ID:X68xerQI0
>>1

一巡後の世界でも妄想力に変わりはないぜ

7名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:56:09 ID:dOIXH8fw0
>>1

8名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 02:59:41 ID:F3zAY5xw0
>>1
頑張ってくれた1のためにこれを捧げるぜ!

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1013.txt

9名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 08:29:32 ID:fNYXUxc.O
半霊とはいえネチョ分禁止!!

10名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 10:01:53 ID:Sa2aUk/M0
>>8
なんとゆーか・・・
和み話なのか憎むべき話なのか、喜劇なのか悲劇なのか判断に苦しむな

11名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 10:02:11 ID:hwvEHjYI0
空気を換えるにも気分で>>1乙!

12名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 14:06:55 ID:6nJ/SwdI0
>>1乙。

前スレは624のそこまでよ!で、スレごとそこまでになっちゃったのか…w

13名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 14:48:32 ID:ZTKsKIGU0
というか全スレ落ちたわけだが
専ブラだからすぐわかったが気づいてない人もいるようで

14名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 15:59:33 ID:dm64jeUE0
>>1乙!!
前の続きとかもこっちにうpした方がいいのかな?

15名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 17:04:28 ID:.F0XpAAo0
>>8
駄目すぎるテラ悪夢wワロタwww

16名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 17:10:42 ID:.F0XpAAo0
>>14
まとめウィキの現行スレはこっちになってるから
こっちでいいと思われ・・・
てか、うpってください

17名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 17:23:04 ID:fNYXUxc.O
久々に告白を叫ぶぜ!
「これから先、僕と一緒に未来という本を読んでいかないか?――朱鷺子」

18名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 19:08:34 ID:fJZt2pL20
>>1乙ー
なんだか最近咲夜さん分が足りないので
頑張って書き起こしてきます

19名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 19:37:10 ID:63wQtlOQ0
スレを盛り上げるために投下するぜー

鈴仙「○○」
○○「鈴仙」

 イチャイチャ

鈴仙「○○♪○○♪」
○○「鈴仙、鈴仙」

 ちゅっちゅっ

鈴仙「○○♪○○♪○○♪」
○○「れーせん♪れーせん♪れーせん♪」

 にゃんにゃん

永琳「あなたたちいい加減にしなさい」
てゐ「私たちがいること完璧に忘れてるね」
輝夜「まったくこれだからバカップルは」

春はバカップルが涌く季節です。

20名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 19:49:36 ID:fNYXUxc.O
くるみさん!僕を貴女の眷属にしてください!!

21名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 20:00:06 ID:WtEAoTyc0
>>8
捧げてくれるのはありがたいけれどギリギリアウトな気がするぜ。
なので妖夢側の描写を加えた上で夜イカ(ry

前スレの枕ネタで思いついた美鈴もの。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1014.txt
ちょっと話がまじめになったとたんに筆が止まる俺はgdgdしか書けないのかもしれん。

22名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 20:05:59 ID:b5/YHl520
リリカ熱が最近高まってきたので!

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1015.txt

リリカとイチャのつもりが姉さんたちの方が目立っているとはこれ如何に
特にルナサ、ごめん・・・

23名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 20:42:13 ID:j.RaJJq60
すーわー、すわすわわ、すわっ?


 ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /

 ⊂( ゚д゚ )
   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J

24名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 20:50:10 ID:bEXoZsYE0
>>23
月並みですけど

こっちみんなwそしてこっちくんなwww

25名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 20:51:06 ID:GGoyut8M0
聖剣のアナグマ語を思い出す

26名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 21:29:06 ID:Ds8pfh/sO
ちょっと諏訪子さまにランプ売ってくる

27名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 22:03:16 ID:j.RaJJq60
>>25,26は俺の嫁。

>>21
じっくりまったりねっとり、けしからん、もっとやれ。特に乳。

28名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 23:25:57 ID:ZTKsKIGU0
>>23の翻訳しようとしたら言葉がおかしくなってできなかったよ

29名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 00:19:18 ID:2F3EDTdU0
妖夢と○○第3話完成〜
ほんとにあと何話で終わるんだろう…
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1016.txt

30名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 01:48:42 ID:UMvro9ycO
最近妖夢が凄く可愛く感じるようになったなぁ。前はそんなでもなかったのに。
でも俺の本命は幽香なんだ!でも付き合う以上エリーさんとくるみさんにも挨拶しないといけないよね!
とゆーわけでちょっと夢幻館探してくる。幻想郷で春の花が沢山咲いていそうなところは何処だろう?

31名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 02:05:45 ID:O9.fyM4E0
ちょっと長めになったけど美鈴書いてみた。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1017.txt

32名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 02:08:30 ID:zQiNzUMk0
明日は金曜日だというのにこのうp祭りっぷりはどうしたことだお前ら大好きだ

33名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 02:22:19 ID:hnd4yvCg0
>>31
いい話だ(ノД`)
やはり美鈴は良い嫁になりそーだ。

34名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 02:55:46 ID:RHRceHws0
慧音(食べちゃった・・・前スレ○○との歴史・・・)
○○「うおっ!?スレがリセットされてる!?」
慧音(うわぁ・・・甘いよう温かいよう美味しいよう・・・♪)
○○「投稿した筈のけーねSSが・・・」
慧音(もう一回食べたいな・・・)
○○「・・・けーね?なんか目が血走って・・・え、角生えて無いだろ!?何でいきなり・・・アッー!」


と言う訳でもう一回リセットするからよろしく。

35名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 04:43:47 ID:CvUbzb9Y0
>>22いいな、すごくいい
やっぱ家族って似るよね

36名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 05:00:26 ID:0896CCN60
>>34
何かその慧音ちょっとカワイイな

37名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 06:33:47 ID:BLGEwruY0
>>31
これは良い美鈴。
文章量は、それで問題ないとおもふ。
最終的には口うつしで来るかと思ったが……そこだけが残念だッ!

んじゃ、俺はゆゆ様に膝枕されてくるので。

38名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 11:14:16 ID:UMvro9ycO
じゃあ俺はゆうかりんに胸枕してもらってくる

39名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 11:40:28 ID:X/w2tEGcO
じゃあ俺はゆかりんに腕枕を(ry

40名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 12:29:55 ID:nw8JBgmsO
じゃあ俺は妹紅と昼寝する

41名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 13:34:52 ID:GslodAEIO
そろそろ仕事の時間か・・・

アリスー、今日もお昼寝用抱き枕が来ましたよー

42名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 20:32:07 ID:UMvro9ycO
ちょwww昼らき込みがないとか皆嫁と寝過ぎ。

43名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 21:00:57 ID:tCFn/AG20
すまんすまん、ウチのお嬢様夜型だからさ
夜食兼抱き枕だからって放してくれなかったんだよ

44名前が無い程度の能力:2008/03/21(金) 23:11:13 ID:UMvro9ycO
レ「○○は私の物よ」
フ「何言ってるのお姉様?○○は私の眷属になるんだから」
く「二人とも勝手なこと言わないで、○○さんは私と一緒居るのがいいんですから」
レ、フ「「あんたは引っ込んでて!!」」
く「うぐ、ううぅぅ〜〜〜〜いつか立派な吸血鬼になって見返してやるんだから!!」


吸血鬼二人までなら何とかなりそうな気がするけど(レミリア様とか少食だし)
流石に三匹は死ぬと思うんだ

まぁそのころ○○はつるぺたな鬼とイチャついてるわけですが

45名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:08:30 ID:DBr2jkiEO
くって誰だ

46名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:11:36 ID:X8A2fxJ6O
「命尽きても、貴女の側にいることを誓います」→幽々子さま

47名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 00:16:56 ID:MDC7prRcO
>>45
旧作に出てくる吸血少女くるみ。確か夢幻館に幽香やエリーと住んでたと思った。うろ覚えだからわからんが

48名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 02:36:02 ID:g1CG/1s20
諏訪子様を膝の上にのっけて、のんびりゲームやってる俺を幻視した。

49名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 08:27:05 ID:ZSHfLMyw0
そんな時に限ってライドウなんかやって諏訪子様を怒らせると

50名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 08:49:44 ID:MDC7prRcO
膝の上に諏訪子様を乗せてときメモをやるんですね
わかります

51名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 09:56:43 ID:64FmnACs0
伝説の神社で告白ですね

52名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 10:03:04 ID:PrvL9BGo0
伝説のオンバシラの下で

53名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 12:39:47 ID:MDC7prRcO
諏「あーうー、○○ったら画面ばっかり見てないでこっちも見てよ」

54名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 13:08:59 ID:WUaCU0ekO
そうしてすねる諏訪子を見てニヤニヤする○○であった

55名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 13:15:19 ID:X8A2fxJ6O
それを柱の陰から恨めしそうにながめる神奈子であった

56名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 13:20:39 ID:MDC7prRcO
そしてその神奈子様の後ろ姿を眺める早苗であった

57名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 14:55:55 ID:ebllglZc0
>>52

「○○、私はお前のことが好きよ」
「神奈子様……」
「ずっと側にいてほしい」
「あの、嬉しいですけど後ろの一際でかいオンバシラは?
 伝説の樹じゃあるまいし」
「伝説ならある。昔これで蛙を吹っ飛ばした」
「いやそうじゃなくて、下で告白すると幸せになれるとか」
「そういうのは、ない」
「ないんですか」
「だがお前は私が幸せにする。私は、○○がいてくれればそれで幸せよ」
「……神奈子様」
「私の気持ちに応えてほしい」

 黙って、神奈子様を抱きしめた。

58名前の無い程度の能力:2008/03/22(土) 15:11:25 ID:GC8x9Sjw0
>>48
その態勢だと俺諏訪子様の頭に顎とかのせちゃいそう。
「あ、あーうー。重いよ○○ー」
「んー、膝に乗ってる諏訪子さんが悪い」
みたいな感じで

59名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 15:17:37 ID:zH36cU0A0
>>53
( ゚д゚ )

60名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 15:52:51 ID:MDC7prRcO
>>59
<●=●>

61名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 17:14:02 ID:vLV5w8ck0
膝に乗せてたら
フジヤマがヴォルケイノするんですね
わかります

62名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 18:33:16 ID:1uH5KWn60
>>34
○○「貴様――― 一体何スレ分の○○との歴史をその腹のために吸い取った!?」
慧音「お前は今まで抱え落ちしたボムの個数を覚えているのか?」

63名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 20:55:05 ID:PY5PNtn.0
>>60
<●=●>
○○「何してんだ映姫?」
映姫「あなたが浮気しないように見張っているだけです」
○○「…俺にばれたら意味ないだろその行動」
映姫「こ、こほん。とりあえずあなたはいつもどうりの行動をしてくれればいいです」
○○「そうか。……………なあ映姫寒くないか?」
映姫「まあ春ですけど油断大敵でしたね。少し寒いです」
○○「ならこっちへ来い。俺も寒い」
映姫「こっちに来て何のようで…きゃあ」
○○「ほらこうやって抱きしめあえば暖かいだろ」
映姫「(赤面)ちょ、ちょっと恥ずかしいのですが…」
○○「…俺は浮気なんてしないから、映姫しかいないから…」
映姫「○○…」

なんてことを凝視した。すまないと思っている

64名前が無い程度の能力:2008/03/22(土) 23:53:31 ID:pwxbA0ac0
エロゲ、ってレベルじゃなしにもうそれ抜きゲーだよ。
みたいな露骨なエロゲを持って
「○○さんこれどういうゲーム何ですか!?諏訪子様がやってたのと同じジャンルですよね!?内容がよくわからないのでれくちゃーして下さい!」
と、顔を真っ赤にしながら確信犯の早苗さんを妄想してしまった。


・・・だが甘い!
その中身はディスクを某弾幕STGに変えてあるのさ!
あれ、俺死亡ふら

65名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:09:46 ID:Uya9O3gM0
○○「なぁ神奈子そのゲーム面白いか?」
神奈子「…ん、ああ面白いぞ。なんといっても最初に男の子が女の子の住む家に居候するあたりからだな…」
〜一時間経過〜
神奈子「…とまあこんな感じでなかなかのものだ。外界のげーむというものもあなどれんな」
○○「そうか…なぁ俺はお前と付き合ってるんだよな?」
神奈子「そうだが…いきなりどうした?びっくりしたぞ」
○○「いや〜神奈子がかまってくれないもんだからさ〜何ていうのかな」
神奈子「…フッ馬鹿だね後でいっぱいかまってやるよ。イヤというほどな」
早苗「二人ともご飯できましたよ〜」
○○「さっげーむも中断してご飯だ」
神奈子「ああじゃあいこうか」

…神奈子がギャルゲーをプレイなんて信じられんような気がしてきた

66名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:22:57 ID:bgNnJJYU0
「俺の体は朽ちるけどさ、お前への想いは永遠だから」→妹紅

何故か幽々子さまと妹紅と諏訪子さまと格ゲーをする俺を幻視した

67名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:38:50 ID:uMKVjaTY0
神奈子とケロちゃんの前で某潜入ゲームやって上機嫌な神奈子と撃たれてる物を見て
「蛙を虐めるなー!」
とか言うケロちゃん幻視した

68名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:45:16 ID:W42snTeE0
ゆゆこ→ピンクの悪魔。
吸い込みした後何か飲み込む訳でもなく口の中でモゴモゴ。

もこたん→狐のおまけ
最終鬼畜ずっとB連打ハメ

すわっ→超能力撲殺魔
某誘導サンダーによる体当たりを失敗し、自滅。


という構図が浮かんだ。
俺64版しか持ってねえけどさ。


おまけ
さっきゅん→中身きめぇ
何故かホームランバットを拾いたくてたまらない。

れみりゃ→電気ネズミ
電光石火→自爆

ふらん→裸ネクタイ
持ち上げ自殺

てるよ→がんもどうふ
空気を読まない強さ

○○「さて、なんか俺の使うキャラが無い気がするが」
霊夢「桃姫ね」
早苗「いえいえ黄色にカラーチェンジしたほうが」

解答:一人だけ二次元

69名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 00:50:55 ID:W42snTeE0
う、安価忘れた・・・
>>68>>66に、ね。


某潜入ゲームを紅魔館でやってみた。

つ 例の台詞

パ「・・・」
○「俺を見るな」
こ「・・・」
○「期待した目で俺を見るな」
咲「・・・」
○「三秒の時点で時を止め返したがズボンを降ろすな」
フ「・・・」
○「四人に分身して四肢を押さえ込むな」
レ「○○はやくつづきやってよ〜?」
○「うん、ごめんねレミィ」


めーりん「あれ、私ハブられてる・・・?」

70名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 01:00:36 ID:Uya9O3gM0
きもくないけーね「ハアアァァァァ、フウウウゥゥゥゥ」
○○「妹紅いったい慧音に何があったんだ?」
妹紅「いやげーむしてたらなんかあんな感じになっちゃって…」
きもいかもしれないけーね「アハハハッハハハッハハハハ」
○○「どんなげーむなんだ?」
妹紅「なんか地面を掘っていくげーむなんだけど…あったあったえ〜と○rド○ラーっていうげーむ」
もうよくわからないけーね「ハアアァァァ、フウウウゥゥゥゥ、二人発見!!今日のツノもいい感じだ!!」
○○&妹紅「イヤーーーーーーーーー!!!!!」

げーむで考えてたらこんなのできた

71名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 02:07:20 ID:wGJ28j0gO
ゲームと言ったらこれだろ
○「雛ー、外界からゲーム流れてきたんだけど一緒にやらない?」
雛「何?私にも出来そうなの?操作は難しくない?」
○つ「くるくるくる○ん」
雛「・・・任せなさい、遅れずにしっかりついてくるのよ」
これ以上ないくらいピッタリだと思ったんだ
嫁の幽香が凄く嬉しそうに影○をやってるのは複雑な心境だが
幽「そっちへ行っても無駄よ、バケツ落とし〜♪あら、何も見えないの?押壁で下に落として準備完了。
行きなさい!人間大砲!!」

72名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 03:32:40 ID:W42snTeE0
文「グレイズの練習をしましょう」
○「はあ・・・?」
文「○出しが大好きです」
○「ぶっ!文・・・それはアウトじゃあ」
文「今日は安○日なのでどんどん行きましょうね」
○「や、ちょっと何処に行くのさ・・・手を引っ張らないでって」

ヒント:香霖堂

解答は万一正解が無ければ

73名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 04:05:18 ID:iq5TlEA60
早苗さんとゲームする妄想してたらこんなのが出来た

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1019.txt

でも別に早苗さんがメインというわけでもない、自分で書いててなんだが霊夢が可哀想になった

ちなみに初めて書いたけど自分の妄想を晒すのってすげー恥ずかしいなw

74名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 07:37:34 ID:wGJ28j0gO
俺の近くの神社は昔二つの神社が合併してできたらしくてだな、何が言いたいかはわかるな?
さぁ続きを書く作業に戻るんだ

75名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 07:46:54 ID:ARL/IYc60
>>72
㊥全、で、いいだろ?
俺ならそうする。むしろそういうことにしておいてください、文さん。うへへへへ。

>>73
初めてにして二股とはやるじゃないか。
ま、微イチャのギャグなら、そんな終わり方でもいいんじゃないかな。
ここはどんな妄想でも受け止めて貰えるところだよ?

今後も書いてくれることに期待して、ちょっとばかしアドバイスをば。
もーすこし読点「、」いれてもいいんじゃないかな、と思った。
一文が長くなるようなら、区切りをつけてくれた方が、読者としても読みやすい。
もいっこ。うpロダにテキストファイルで上げると、メモ帳とかみたいに画面端で改行してくれないから、
適度に改行してくれると嬉しいかな。

76名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 09:41:12 ID:BkDrI2vc0
ELTの「恋文」のサビを歌っていて、それを文にすっぱ抜かれて
追い回される○○が浮んできた。


「恋文」のサビ:僕が見つめる先に君の姿があってほしい

77名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 11:47:16 ID:U5zdn0GI0
少し前の膝枕な流れのときに幻視したので書いてみた。
乗り遅れた感がありまくりだが、とりあえずできあがったので上げてみる。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1020.txt

俺はカリスマをブレイクさせるのが好きなのかもしれない。

78名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 13:55:41 ID:g.3LinO60
耳かきか。いいね。
自分が耳かきされる想像すると、何故か鼓膜が痛くなるよーな図しか浮かんでこないよ…

79名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 14:08:13 ID:4NnRzjCg0
>>77
いいぞ、もっとやれ。

80名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 15:20:55 ID:Z16srs5EO
>>77
当然続きはあるんだよな?な?

81虫憑き:2008/03/23(日) 16:57:46 ID:jetMTltU0
今さらですがうpろだの原稿用紙の使い方は分かるんですが原稿用紙がどこにあるかわかりません;

最初の行にpre、最後の行に/preは把握できたんですが誰か教えてくれると有難いです。
スレ違いだったらすみません><;

82名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 17:03:38 ID:6I5.8NPs0
……メモ帳かワードパッド使え

83虫憑き:2008/03/23(日) 17:27:41 ID:jetMTltU0
>>82さん
ありがとうございます。助かりました!
つまり
pre
本文
/preでまとめる→うpろだにコピペ→削除キー設定&参照で投稿でいいんですよね。
本当にありがとうございました!

84名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 17:29:13 ID:Z16srs5EO
>>73
読み忘れてたがこれいいな
ぜひとも決着がつかないままダラダラと続いてほしいもんだ

85名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 19:25:05 ID:Uya9O3gM0
風呂場にて
チルノ「ひゃっほーい!!」ザブーン!!
番台にて
○○「こらチルノ風呂に飛び込むな!!危ないだろ!!」
大妖精「チルノちゃん、ほらタオル忘れてるよ」
チルノ「大ちゃんありがと!!」
○○「まったく…チルノ湯加減はどうだ?」
チルノ「ちょうどいいくらいだよ〜」
○○「大ちゃんは入らないのか?」
大妖精「私はもう少し経ってからにします」
浴槽にはチルノ、霊夢やルーミア、ミスティア他etc…でいっぱいになっている…さすがにもう人はは入れないだろう
大妖精「そうですね、誰かが上がってから入りますよ。……あの○○さん」
○○「何?大ちゃん」
大妖精「あの…よかったらいっしょに入りませんか……?」
○○「ブフッ!!」
大妖精「○○さん大丈夫ですか!鼻血が出てますよ!」
○○「ああ、っともう大丈夫だ。それにしても一緒に入るって…」
大妖精「…私じゃダメですか…?(上目遣いで)」
○○(…何て破壊力だ…)「んああ、わかった後でな」
大妖精「♪ありがとうございます!」
○○(俺の理性が持てばいいのだが…)

やべぇ書いてて鼻血出てきた

86名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 20:13:08 ID:2E/fZLuw0
おれも読んでて鼻血出てきたぜ

87名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 21:06:12 ID:wGJ28j0gO
鼻血が止まりません。
何で名無し妖怪でも小悪魔や大妖精は需要あるのに朱鷺子はないんだろう。
やはりゲームに出るかこーりん堂に出るかは大きいのか・・・

88名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 21:20:25 ID:.sQN4Nz60
いや、需要の話ではなく・・・
香霖堂は単行本も出てないし、知らない奴が多いだけじゃないか?

89名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 21:26:21 ID:1sSHB8Qc0
ちょっと待て、幻想郷の銭湯は混浴なのか?
おいしすぎるだろ・・・

90名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 21:28:41 ID:aZPQvk1w0
温泉みたいなものだろうて

91名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 22:14:37 ID:DxYkLT4g0
一緒にお風呂か…理性が持つ自信がないぜ……
でもチルノあたりとわいわい言いながら入るのも悪くない。

>>73
前スレの俺と同じこと言ってるな。
心配するな、そのうち慣れてくるぜ!
というわけで続きを所望します。

92名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 22:27:02 ID:bgNnJJYU0
混浴というか、一人でのんびり入っていたらいきなり乱入してきそうなイメージだな

93名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 23:05:02 ID:BkLCPbZsO
マヨヒガには専用温泉があると信じてる
銭湯は幻想入りしかかっているしな

94名前が無い程度の能力:2008/03/23(日) 23:44:55 ID:9Cs9ears0
あれ?俺週一で銭湯行ってるんだが……
もしかして知らないうちに俺ごと幻想入りするかもだな

95名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 00:23:06 ID:k0xVGO7s0
風呂上がりに腰に手を当ててコーヒー牛乳を一気飲みする妹紅
少し頬に赤みがさした顔でイチゴ牛乳を飲む幽々子さま
紙パックの飲むヨーグルトをちゅーちゅー飲む諏訪湖さま

96名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 00:51:12 ID:kkFj0tbY0
その隣でラムネを一気飲みしてげっほっごっほしてるチルノ

97名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 01:38:47 ID:uykUU8tA0
ビー玉を取ろうとして瓶に指を突っ込んだら、指が嵌って抜けなくなるチルノ。

98名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 01:55:41 ID:fLjILT1o0
そのまま着替えもまだなのに「○○〜、とってぇ……」と半泣きでやって来るチルノ

99名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 02:08:58 ID:j4AwfWO.0
「私の年齢で割ったら、まだ赤ん坊みたいなものよ」と、永琳に無理やり女湯に連れて行かれる○○。

100名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 02:21:17 ID:1XaK2DdM0
一応>>73の続き

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1021.txt

正直もう限界が近いです。というか展開が思いつか(ry
誰か適当に続きとか書いてくれねーかな……

101名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 02:38:24 ID:BCCzUL5o0
早苗「大丈夫ですよー私の地元の温泉も混浴ですけど女の子は水着着て入りますんで。
まあそんな訳で水着があるんで着て入りますね」
つ スク水

○○(こ・・・こいつ、誘ってるのか!?)


いや、本当にスク水貸し出す混浴温泉があるらしいね。

102名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 02:43:01 ID:F/TjmJWo0
>>100
霊夢好きの俺としてはこの展開はいただけない

でも続きが気になっちゃう!ふしぎ!

103名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 03:03:43 ID:ho8r4ShE0
>>72
今更だけど
品出し、ないし棚出し・安売日に50ペセタ

「CDRWドライブも52倍速が幻想入りしたか・・・」
「どうした魔理沙、またPCのパワーアップかい」
「いやな○○、今度香霖堂で安売りをやるらしいんだが、
 光学ドライブが安いんだ。私が買ったときはもっと高かったのに」
「昨日の一万円は今日の八千円、今日の八千円は明日の五千円。
 これがPC自作道の掟だぞ」
「わかっちゃいるけど、こうくるとなぁ」
「52倍速もあると動くたびうるさくて大変だよ。それに今のだって
 16倍速で動くんだろう、十分だ。気にするな」

財布の中身とにらめっこしながらうーんうーん唸ってる魔理沙は可愛かったそうな

104名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 05:24:59 ID:dihFPLbI0
「幻想郷での生活も早一ヶ月か……。」
皆はよくしてくれ、自給自足の目処もついた。
ありがたいことに毎日の食事も白米でときたものだ。
だが、一つだけ我侭を言ってもいいのなら――

「ゆかりが恋しいな……。」
あの赤しそふりかけをご飯にかけて、毎日でもはふはふしたいものだ。
でもあれの人気っぷりから、幻想入りは期待できないか。
「前の宴会から二日と経っていないのに、それほどまでに私のことを思っていてくださったの……?」
え紫さん何時から後ろにいやがりますかというか珍しく玄関から入ってきたと思ったらなんか誤解してる!?
いや正確には全てが全て誤解という訳ではないが今回の話の流れからしたらこれ誤解じゃ

「……嬉しい。」
ああちくしょう、そんな顔見ちまうと誤解だとか言うのが無粋じゃないか。
ここで腹を括らなければ、かっこわるいじゃないか。

「紫さん、今から大事な話をしたいので、よければそこの座布団にでも。」

105名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 18:44:23 ID:GYBsppfs0
>>62を微妙に改変

○○「貴様―――  一体何スレ分の○○との歴史をそのお腹の子のために吸い取った!?」
慧音「だってこの子のが欲しがるんだもの」

106名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 19:53:50 ID:pH6HJ6kM0
全一で世界系から消すぞw

107名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 20:15:40 ID:iZimwmKM0
○○「あれ、お酒が切れちゃいましたね」
霊夢「うそ!?結構買いだめておいたのに!?」
魔理沙「えー!?まだまだ飲み足りないぞー!そうだ!○○ひとっぱしり里まで酒買いに行ってきてくれよ!」
紫「はいはい、○○に無茶言わないの。私の秘蔵のお酒を出すからそれでいいでしょ?」



妖夢「攻撃は私の美学です!!」
幽香「防御で愛を感じるわ!!」
○○「元々混沌としてた宴会でしたけど更にカオスになりましたね。で、なにを飲ませたんですか?」
紫「純米秘蔵まさむねと大吟醸九段仕込み」
○○「そのお酒幻想郷入りしてたんですね。でもそれ人に飲ませちゃマズいものじゃないですか?むしろ確信犯ですか?」
紫「えーゆかりんなんのことかわかんなーい」
○○「かわいくトボけても駄目です。年考えてください。しかし永琳はほとんど変わりませんね」
紫「そうね、あれだけ本醸造百六十二代を飲んでるというのに……ところで○○は楽しんでる?」
○○「そうですねぇ……」
霊夢「ねぇそんなスキマ妖怪なんかほっといてもっと私にかまってよぅ」
魔理沙「そうだぜ、ほ〜ら私たち今が食べ頃だぜ」
萃香「えへへ〜、今なら○○がどんなえっちぃことしても許してあ・げ・る♪だからもっとこっち見てぇ〜」
○○「正直天国です。ところで紫さん、霊夢と萃香の晩酌用に大吟醸九段仕込みを樽単位で譲ってくれませんか?」
紫「いいわよ〜。あなたも悪い人ねぇ」

108名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 21:11:47 ID:BYKqdH4IO
居候になっている慧音の家にて。
巷で美味しいと評判のプリンに舌づつみを打っていると、いつの間にかに隣に幽々子さまが。
内心驚きながらも動揺を隠し、「いつからいたんですか」と聞くとふわふわとした笑みではぐらかされた。
まぁいいか、と無理矢理納得して最後の一口を口にした瞬間、思考がフリーズした。

唐突に、幽々子さまがその綺麗な唇を俺の唇に重ねてきたからだ。

停止したままの俺にはお構いなしに、俺の口の中に舌を侵入させて、口の中のプリンを全て奪っていく幽々子さま。
やがて、満足したのか唇を離していく。
「ふふ、美味しかったわ」
呆然として動けない俺をよそに、そう言って微笑むと幽々子さまは帰っていった。



後日、陰でこっそり覗いていた妹紅に全く同じことをされるのはまた別のお話。

109名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 22:55:32 ID:Z8EFB/0cO
夕方、アリスと丘を歩いている○○。
少しだけ前を行く彼女の金髪が、夕日に照らされて輝いている。
「ねぇ、○○?」
アリスは前を向いたまま、○○の名前を呼ぶ。
「何です、アリスさん」
「ふふふ、これ見ててね」
少しイタズラっぽく微笑むと、アリスは手をバッと高く上げた。
人形繰りを始めるようだ。
アリスの素晴らしい動きは、それ自体が美しい舞のようで見惚れそう。
「……たぁっ!」
かわいらしい掛け声と共に、アリスの背後から飛び出す二体の人形。
よく見ると片方はアリスで、もう片方は○○の姿をしている。
アリスはチラッと○○の顔を見ると、恥ずかしそうな目をした。
それが合図だったかのように動き出す人形たち。
二体は見つめ合い、歩みよって抱き合った後にキスを交わした。
「ア、アリスさん。これは一体……?」
○○は動揺を隠しきれないようだ。
この状況に関して説明を求められたアリスは、
「……まったく。○○は女の子にこんな事を言わせるつもりなのかしら」
唇をとがらせ、頬をピンク色に染めながら、再度手を素早く動かした。
先程の二体の人形が分担して○○の足を押さえる。
力はこもってはいないが、○○は固まってしまった。
「あ、あのね、今から言う事は、大切な事だからね」
そう言うと、アリスは一歩ずつ近づいて来た。
「私、」
一歩ずつ。
「アリス・マーガトロイドは、」
ゆっくりと。

「○○の事を、」
最後のフレーズは、穏やかな笑顔と共に。
「愛しています」
○○はポカンとしてしまう。突然の事に驚いているのだ。
「……ちょっと。こんなに恥ずかしいの我慢して言ったのに、反応がないってのはどうなのよ?」
アリスはさらに目で不満を訴えてきたが、答えは確信しているようだ。
「あ…、はい。ボク、○○も、アリス・マーガトロイドさんを愛しています」
何とも気の抜けた返事である。
「ふふ、何よそれ。もっとしっかりしないと怒るわよ?」
そうは言いつつも、アリスは溢れ出す感情を抑えきれず、○○に飛び付いた。
丘の上で倒れこむ二人。草がクッションになっているから痛みはない。
いや、
「○○」
たとえ地面が砂利であっても、
「……大好きよ」
今の二人にはまったく関係のないことだろう。
横では二体の人形が舞い飛び、アリスたちを祝福していた。

終わり

110名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 23:14:22 ID:CkGwzhIU0
『文々。新聞』

 幻想郷に温泉が!? 妖怪・人間、種族を問わず大人気

 妖怪の山に悠然と佇む守矢の神社が、いま、騒然としている。その理由とは、数週間ほど前に神社の
敷地内で、温泉が発見されていたからである。当局の調べによると、泉質はアルカリ性硫黄泉であり、
美肌効果に優れているとのこと。また硫黄には解毒作用があるため、戦闘による怪我の治療の際にも
利用できる。流量も豊富で安定しており、危険な点も見受けられないため、守矢の神社では温泉の商
業利用に踏み切ったとのことだ。
 発見者の洩矢 諏訪子さん(土着神)は、発見からこれまでの経緯を以下のように述べている。
「神社の近くに蛙池を作ろうと思って地面を均してたんだけど、邪魔だった大きな岩(直径三十メー
トル程のようだ)をどけたら、いきなりお湯が噴出してきたのよ。蛙池の変わりに別の池が出来ちゃっ
たわけね。で、いつまで経っても止まらないから、河童の技術屋を呼び出して湯量調節用のポンプを
作ってもらったの。折角の温泉だから、皆で利用しようと言う話になって、簡易的だけど温泉施設と
して開業させてもらったんだな。湯治のついでに神社に参拝してくれれば、こちらとしても一石二鳥
だしね」
 筆者も開業したばかりの混浴露天風呂にお邪魔してきたが、思ったよりもしっかりした造りで、既
にリピーターも着いているという話だ。雲を溶かし込んだような乳白色の湯色、湯けむりと共に流れ
てくる独特の硫黄の香り、妖怪の山の全貌を見渡せる絶景、瀟洒なつくりの露天風呂、どれも非日常
の体験として心を弾ませるに足るものだった。
 入浴料は一律、五百crn円。洗い場と内風呂は男女別。フェイスタオルとバスタオル、浴衣(柄
は蛙)は貸し出し無料とのことだ。また、守矢の神社参拝客には、二百crn円の割引がある。
 これだけの立地条件であるから、今後の展開についても期待が持てそうなので、その旨を質問すると、
「どうせ私は暇を持て余しているから、経営に関しては私が担当を引き受けたのよ。ゆくゆくは施設
を拡張して、幻想郷の一大レジャーランドにまで持っていくつもり」
 と、気勢をあげていた。現代社会のストレスに苦しむ一組織人としては、このような癒しの場が提
供されることには大賛成なので、影ながら応援していきたい所存である。
 最後に、湯治に訪れた客に話を聞くことが出来た。その一部を掲載しておく。

「のんびりお湯に浸かっていると、日ごろの疲れが癒されるわね。ウチの神社の参拝者はさらに減る
かもしれないけど」(博麗 霊夢)
「風呂はいいんだが、この蛙柄の浴衣には勘弁してもらいたいぜ」(霧雨 魔理沙)
「お嬢様、湯船で泳いではいけません」(十六夜 朔夜)
「お嬢様、湯船で泳いではいけません」(魂魄 妖夢)
「お嬢様、以下略」(八意 永琳)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ↑の方で温泉・銭湯が話題になっていたのでやった。
 ちっともイチャじゃない。正直スマン。

111名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 23:24:25 ID:/r7dA50I0
つまり、温泉を舞台にして書けということだな?
相手のキャラは早い者勝ちで!

112名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 23:28:12 ID:JyH715Zo0
ネタを振るのは結構ですが

朔夜…

志村ー、オンドゥルオンドゥルー!ダディァーナザァーン!

113名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 23:35:21 ID:fLjILT1o0
>>111
別にかぶってもいいんだから早いもの勝ちじゃなくてもいいだろうw

114名前が無い程度の能力:2008/03/24(月) 23:38:55 ID:/r7dA50I0
>>113
つい勢いで言っただけだ、気にしないでくれw

115名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 00:25:55 ID:pniHDUII0
>>100
まあ、なんだ、あれだ。ごく普通に続きが気になってしまうんだな。
嫉妬深い霊夢も、少女妄想中の早苗さんも、なかなか良いね。

>「ふん、今回は許してあげるけどこれ以上「好きになった」とかいう女増やしたら今度こそ殺すわよ?」

これはアレですか、次回のハーレムルートへの伏線ですか?
とは言うものの、ここはイチャスレ。
続き書くのが厳しければお蔵入りもいいんじゃないかね。

>>104
誤解から生まれる愛もあるさ。
確かに、ゆかりが恋しくなる日もある。

>>112
うっわ、マジゴメン。かなり素で間違った。
あんまり咲夜さんは書かないからよぅ。
と、言い訳しておいて、アナザーマーダーで針千本になってきます。

116名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 00:39:51 ID:IeChxMdM0
>>110
リグル「いいお風呂だね〜○○」
○○「そうだね〜……リグルはお風呂入って大丈夫なの?」
リグル「ん〜もともときれいな水は大丈夫だから大丈夫だと思うよ〜」
…10分後…
○○「…リグル?」
リグル(ごぼごぼごぼごぼ……)
○○「ちょっ!!リグル!大丈夫か!!」
リグル「うう〜お湯につかりすぎた〜」
○○「ほらつかまって、歩けるか?」
リグル「うん……○○の手って大きいんだね…」
○○「ん、まぁなそこらへんの妖怪に負けないように鍛えてるわけだし…後はリグルにいつも頼ってばかりだからな…」
リグル「○○……」
○○「ほらちゃんとタオル巻け」
リグル「うん、ありがと。……私○○のこと好きだよ…」
○○「…ありがとうリグル…」
リグル「ヘックシ!!」
○○「今度は外に出て寒くなったか。もう一回はいるか?」
リグル「うん!!」

見たいな感じで
……リグルって水大丈夫だっけ?

117名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 00:40:49 ID:8zdVNLC20
>>115
完全な誤解というより、ゆかりも紫も好きだが今回の恋しいはゆかりでしたってことじゃね?
英気を養うで映姫を養うと勘違いされた人の作品みたいな感じかな。

118名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 01:13:42 ID:H4OAE5Sg0
輝夜「ねー○○ー」
○○「な、何だ?」
輝夜「お風呂入らないのー?」
○○「か、身体を洗ってからな」
輝夜「そんな事言ってずっと背中見せたままじゃないのよー。身体も洗い終わってるでしょ?」
○○「か、身体を清潔にするのは良いことだからな」
輝夜「ふーん……じゃあ…(ざばっ」
○○「え?」
輝夜「背中流してあげる♪(ぴとっ」
○○「!?」
輝夜「あれぇー?どーしたのかなー?そんなに緊張しないでもいいでしょうに」
○○「ぅ……ぁ……」
輝夜「どーしたの○○?耳たぶまで真っ赤よ。湯船にも入ってないのに湯あたりしたの…?」
○○「あぅあぅあぅ…」
輝夜「ふふふー(ぱくっ」
○○「ひゃうぅっ!? な、何するんだっ!(ずざざーっ」
輝夜「…ほんのり塩味…♪」
○○「うぅぅぅ〜〜っ」
輝夜「ああもう涙目で耳押さえながらそんな表情されたら我慢できなくなっちゃうわぁ…(じゅるり」
○○「ひぃっ! た、たすけてっ! えーりんさぁん!」
永琳「(ガラッ)あら、呼んだかしら」
○○「え、永琳さッ」
輝夜「あ、えーりんも一緒に入るの?」
永琳「お邪魔でしたか?」
輝夜「ううん、そんな事無いよ……ところで○○、そんな隅っこでなんで蹲ってるの?」
○○「え、えーりんさん! タオル! バスタオル! なんでそんな堂々と!?」
永琳「ここではこれが正常な格好でしょう?」
輝夜「そーだよね。なのに○○ったらずっと腰にタオル巻いて湯船にも入らないし、私の方をはっきり見ようともしないのよ」
永琳「照れているのね、でも大丈夫。すぐに慣れるわ……何事も経験ですよ……そう、実体験……(ごくり」
○○「ひっ…!?(びくん」
輝夜「ちょっと、えーりん。○○は私の恋人なんだからね」
永琳「ええ、わかってます。私は手は出しません。大人しく湯浴みをしていますから」
輝夜「それならいいわ。と、言うことで○○、準備はOKね?」
○○「な…なんの?」
輝夜「分かってるくせに♪(じゅるり」
○○「ひっ……い…いや、いやぁ……」
輝夜「大丈夫よぉ…○○…これも裸の付き合いって奴だから…」
永琳「流石姫様。ですが温泉の長湯は身体に悪いので、程ほどにしておいてくださいね」
輝夜「いいですとも!」
○○「やっ、やぁっ…! だ、だれか! 誰かたすけてぇぇぇっ……!」

こうですか!わかりました!
………あれ?('A`)

119名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 01:16:34 ID:iYTy6hO6O
>>116
水辺に住む蛍もいるから大丈夫じゃね?お湯はわからんが仮にも妖怪だからいいと思うぞ

120名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 01:58:09 ID:pniHDUII0
/

「もう……せっかく貸切なんですから、恥ずかしがってないで来ればいいじゃないですか」
「いや、しかし、だってなぁ。混浴だぞ、混浴?」


 あやや、湯煙慕情の巻。


 今回の取材先は、妖怪の山の奥に佇む守矢の神社。
 しばらく前から噂になっていた温泉をネタに、ひとつ記事を書いてみようということになったのだ。
 ご近所さんなので、気兼ねすることなくインタビューや写真撮影などを終えることができた。
 俺はこれで取材終了だと思っていたのだが、問題はここからだった。

「それじゃあ最後に、良い記事を書くため露天風呂に入らせてもらえますか? もちろん、貸切で」

 ペンは剣より強し。
 あることないこと書かれるのは嫌だったのか、無茶なお願いだったが、神社の側も快く承諾してくれた。
 んで、だ。
 一時間だけですよ、ということで俺と文さんは、混浴露天風呂に二人きりで入ることになったのだった。

「はふぅ〜、生き返りますぅ〜」
「確かにこれは、気持ちいいな」

 隣で「んーっ」と伸びをする文さんは、すでに温泉の魔力に取り付かれているようだ。
 口調も怪しい。

「取材に来て良かったですね、まさか二人っきりで露天風呂に入れるとは思いませんでした」
「あんまり無茶言わないように。ただでさえ煙たがられてるんだから、文さんは」
「構いませんよ。正確な報道のためです。それに――」

 と、そこでちょっと照れたような顔をして、文さんは言葉を続けた。

「――私には、あなたがいますから」
「……」

 あー、やばい。
 考えないようにしてたことが、文さんの台詞でどっと噴出してしまう。
 例えば、バスタオルで前を隠してはいるけど、隠しきれてない肩のラインが綺麗だとか。
 例えば、ちょっと火照った肌のうえを滑る水滴が、やたら色っぽいとか。
 例えば、機嫌が良いときに、ちょこちょこ背中で揺れる翼の動きが可愛らしいとか。
 例えば、というかぶっちゃけ、裸の彼女が隣にいたら考えることなんて一つしかねーだろ常考。
 フジヤマがヴォルケイノしないようにするのに、こっちは必死だってのさ。
 そんな俺の葛藤(?)を知ってか知らずか、文さんは身を乗り出して聞いてきた。

「顔、真っ赤ですけど、大丈夫ですか?」
「い、いや、へいきだぞ――っ!?」

 ざばっという効果音とともに、膝立ちになった文さんが俺の前に回る。
 女の子の身体のラインって、すっげー綺麗だよね、うん。
 いちおう前は隠してるけどさ、こう、胸から腰にかけての、なだらかな曲線があらわになってしまっているわけだ。
 ああもう、我慢できるかこんなもん!
 ぷつん、と俺のなかで何かが切れた音がした。

「あ! 鼻血出ちゃってますよ」

 切れたのは血管だったようだ。頑張れ俺の理性。

「ほーらー、やっぱりのぼせてるんじゃないですか」

 あなたにのぼせてるんです。

「名残惜しいけど、上がりましょう?」

 あの、前かがみにならんといて下さい。
 慎ましいながらも女の子を主張する二つの丘が丸見えです。
 そのさきっちょの桜色のポッチに目がいかないようにするので精一杯です。
 というか、文さん、あなたわかっててやってるでしょう?
 心配してるような表情をしていますが、目が笑っているんです。
 あんまりしないけど、悪戯を仕掛けるときの目です。
 顔が近いです。
 えーと、この距離はもう、キスしてしまえということでしょうか。
 えーと、鼻血出てる俺でも、良いんでしょうか。
 文さんは目を閉じちゃいました。
 そろそろ俺も観念しようかと思っています。
 いただきます。



/



 ごんっという音がして、彼の首が変な方向に曲がりました。
 どこかから飛んできた石ころが直撃したらしいです。
 ちっ、いいところで邪魔が入った。

「い、いくらなんでも、公共の場でそういうことは禁止ですっ!」
「……東風谷さん、彼氏がいないからって野暮なことはしないで下さい」
「そんなことないですっ。そもそも取材のためにって貸切にしたのに、何しようとしてるんですか!」
「何って、ナニですけど」
「あぁもう、とにかく、貸切は終了。終了です」
「仕方ないですね。でも、彼の意識が戻るまではここに居させてもらいますよ」
「……わかりました」
「それじゃあ、浴衣、貸してもらえませんか?」

/

 次回、「あやや、勝負浴衣の巻」

 私自身、突貫してみる罠。
 誰か、早苗さんを救済してあげて下さい。

121名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 15:23:36 ID:OM4bpYKc0
>>118
素晴らしい
私は、こういう姫様を待っていたのだ!

122名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 15:52:11 ID:eaPG.1dkO
早苗さんがゼ○ダをやっている隣で逆○裁判をやっていたら、諏訪子さまと神奈子さまにモンハンやらないかと誘われた。
しばらく一人と二柱で熱中していたが、結構盛り上がったせいか少し汗をかいた。
ならば丁度いいと、昨日出来上がったばかりの温泉に入ろうということになったのだが……

諏訪子「どうして○○は入らないの?」
○○「いやいやイロイロ問題あるでしょう。混浴とか混浴とか混浴とか」
神奈子「どうして?男ならある意味天国にも近いところでしょう」
○○「いや……文字通りそのまま昇天してしまいそうなんですけど…」
諏訪子「あーもう、貴方はうちの神社に来たんだから、私と温泉に入る義務があるわ!」
○○「えー…それはちょっと……て、分かりましたから引っ張らさないでっていうか服脱がさないでうわ早苗さん何をする貴様アレ神奈子さま何でそんなイイ笑顔で−−−」


その後の○○がどうなったかは、神のみぞが知る。

123名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 16:53:24 ID:t9g/DpqM0
>>120
こういった温泉の記事には大抵入浴中の女性の写真が載るものだが…
誰で撮影したのかね?

124名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 17:31:11 ID:qoblfzYcO
勢いでこんなものを作ってしまった。

ttp://imepita.jp/20080325/628900

何をやっているんだ俺は('A`)

125名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 18:14:58 ID:6mYvy.x60
こわっwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

126名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 18:19:46 ID:dOesQZQg0
気をつけろ!奴はどこからでも現れるぞ!www

127名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 18:29:28 ID:cWI4boSA0
ってか名前入れたらわざわざ文字を切り抜いてる意味ないじゃんww
筆跡でバレないために入れるものなんだからさww

128名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 18:32:37 ID:VoyRIIrs0
驚かせたくてやってるんじゃないか?

129名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 18:38:33 ID:ltOTzFPs0
>>124
本当に何をやってるんだお前はww

130名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 19:51:22 ID:OM4bpYKc0
○「ひいぃぃ!」
霊「ん? どうしたのよ、そんな慌てて」
○「ゆゆゆ紫から、こ、こんなものが!」
霊「……たち悪いなぁ」
○「いやいやいや。これはもう異変といっていいだろ。あいつの頭の中が」

131名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 20:03:38 ID:exkUKYooO
これは受け止め方で男が試されるな

132名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 20:21:25 ID:euB1PB2g0
いたずらだと思い、苦笑いしつつゆゆ様に見せたらゆゆ様も笑ってた
でも目が笑ってなかった

133名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 20:56:20 ID:fbDdlp6Q0
とりあえず同じ形式で返事を書いてみるのはどうだろう。

134名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:06:25 ID:P/GRzk7.0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1022.txt
>>91-98あたりの流れ見てチルノとお風呂書いたら丁度よく温泉な流れだったので投下。
正直書いてて理性が大変。

135名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:09:11 ID:/a8ZTRu.0
幻想郷にインターネット普及、
そして嫁に発見されるこのスレ・・・
というネタを考えたがSSまで付けられなかったので先に投下しておく。

性的にも生的にも死亡フラグだね!

136名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:35:21 ID:IeChxMdM0
妹紅と温泉に来た……もちろん混浴である
妹紅「あっ○○いたー」
○○「おっす妹紅」
妹紅「いいよね〜この温泉、露天風呂だし〜混浴だし〜」
○○「そうだが……混浴はどうかと思うがな」
妹紅「ねぇあの大きいお風呂に入ろうよ」
○○「おう、妹紅、走ると危ないぞー!」
妹紅「大丈夫だって!」
ツルーン
妹紅「きゃっ!!」
○○「危ない!!」
妹紅「って私飛べるんだから大丈夫じゃん」
○○「ほっ……もう走るなよ」
妹紅「うん、ほら○○いい湯加減だよ〜」
○○「うん、いい湯加減だ。じゃあ入るか」
数分後
○○「なんか熱くなってきたな……妹紅大丈夫か?」
妹紅「う、うん。大丈夫だよ〜」
○○「そう言っておきながら顔が赤いぞ。ほんとに大丈夫か?」
妹紅「ぅ、○○の顔が近い……」
○○「妹紅?」
妹紅「ちょ、ちょっとのぼせちゃったみたい!先に上がるね!」
○○「う、うん」
ロビーのソファにて
妹紅(はぁ○○の顔が近かった……○○は好きな人いるのかな……)
○○「ほら」
妹紅「んっ冷たい。○○か〜びっくりした。これコーヒー牛乳?」
○○「おう、やっぱ風呂上りはコーヒー牛乳だろ?」
妹紅「……そうだね。でも私一本じゃ多いから○○の半分頂戴?」
って言って俺の手から半分になったコーヒー牛乳を飲み干す
○○「妹紅…それ間接キs」
妹紅「私ね、○○のことが好きなの。だからこれからも一緒にいて?」
○○「俺も妹紅のことが好きだ。これからも一緒にいる。約束する」
妹紅「ありがとう○○……」


決して妹紅が蓬莱人だから〜とかそんなのはナシな!!

137名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:37:30 ID:qoblfzYcO
>>129

138名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:38:03 ID:qoblfzYcO
>>129
キャラから〇〇への手紙ってなかった気がしたのでやってみた。

外の世界へ戻ってしまった〇〇を驚ろかすために手紙を書くゆかりん。
けど、外の世界ではどういう手紙が普通か分からず、参考にするためスキマを使ってかっぱらってきた手紙がたまたま脅迫状だったと。

139名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:45:55 ID:/a8ZTRu.0
>>138
その後恋愛や恋文に関してスキマから引っ張り出した資料が何故か総じてヤンデレ関連なんですね、
わかります。



本人はいたって普通に手紙を送ってるつもりなのに、
えらく怖がった様子で幻想郷に帰ってきた○○、
まあ結果的に懐いてくれたからいっかー、的な展開を妄想しちまった・・・

140名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:48:37 ID:ONciMKtg0
これが愛の力なのね!、と勘違いしているゆかりんに萌える

141名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 21:54:05 ID:/a8ZTRu.0
そして訳が分からないまま「泥棒猫」と霊夢に刺されてnice bort

・・・あれ、こんな夜中に郵便?
変だな・・・

142名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 22:00:51 ID:MdO6w3Kg0
お手紙というと
「お世話になりました ちぇん」

「お世話になりました らん」

「お年を召しました ゆかりん」
の3段落ちAAが好きw



八雲紫という主があることに悩みながら、○○への想いを綴った手紙を書く藍。

顔を真っ赤にしながら書き上げ、渡そうとマヨヒガを出るも
だんだんと落ち着いてきた頭で内容が恥ずかしすぎたことを後悔して
よそう!やっぱりよそう!!と家に戻る

そうだやっぱりやめておこう、私は紫様の式神なのだとそっと棚の引き出しに手紙をしまった

ところをもろにゆかりんが見ていて手紙を取り出して中身読んですごく楽しそうに○○に渡して
手紙が無いことに気づいた時ちょうど○○が訪ねてきてしかもゆかりんが「手紙渡しといたわよ♪」とかなんとかいっちゃって困ってる
らんさまかわいいよらんさま

143名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 23:13:35 ID:V5BD2P/s0
>>135
そのネタ使わせて貰って良いか?
出来は保障しないが、ちょっと書いてみたい

144名前が無い程度の能力:2008/03/25(火) 23:15:55 ID:G/NOgCoU0
前スレ417とか489とかに投下した慧音の奴を修正し、まとめたです
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1023.txt
うpした後に誤字に気付いた場合なかったことにー

145名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 01:09:16 ID:kpdZCGdQO
最近忙しくて中々会えないからこーりん堂で購入した携帯を渡して
使い方も教えたんだが、殆ど使わないないから何故かと聞くと
「だってこれを使うと貴方は私に会いに来なくなるんでしょう?」…だってさ
こりゃ気合いを入れて仕事を終わらせないとな

146名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 02:55:54 ID:BUNIEUyI0
>>143
未完成のネタってのは誰かに引き継いでもらいたくて落とす物なんだぜ?



チルノに持たせてみた。

チルノ「あたいはさいきょーだからぱそこんの使い方くらいわかるのよ!」
○○「本当なら凄いな。じゃあGoogleを開いてみなよ」
チルノ「そんなの簡単よ!えっと・・・じーおーおーじーえるいー・・・」
○○「あ」
チルノ「あれ・・・動かない?」
○○「フリーズしたな」
チルノ「ふりーず?」
○○「チルノが凄すぎてパソコンの中身が凍っちゃったのさ」
チルノ「そ、そーなのか!やっぱりあたいはさいきょーだもんね!」
○○「うんうん」(・・・後で修理しないとな


この程度しか出来ないぜ

147名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 03:04:42 ID:9ezOntJc0
>>124を見た瞬間、幻想郷で使われるのは『文々。新聞』だろうなと思い便乗してみた。
何か問題があったら速攻消すので言ってね。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1024.txt
なんかあややっぽくねーかもorz

148名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 03:08:07 ID:qXjXyNw.0
>>142
ネタ勝手に使いましたなのに出来悪いです短いですテンポ悪いです。
修行し直さにゃいけん……

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1026.txt

149名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 03:12:37 ID:a1LVl8Sk0
>>134
ああもうチルノちゃんはかわいいなあ

150147:2008/03/26(水) 03:23:50 ID:9ezOntJc0
すみません。早速修正です。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1027.txt
異なるテキストをあげていました。赦してください。

151名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 04:13:43 ID:aIrDZ0Dw0
<pre>
温泉ネタに便乗。

「♪〜 ♪〜 愛しのあのコをきゅっとしてドカ〜ン〜♪ 骨すらも残らない〜♪ …ねぇ○○、温泉って最高だね!」
「……なあフラン」
「なぁに?」
「その物騒な歌はおいといてとりあえず吸血鬼が温泉に入っていることには突っ込むべきか?」
「流れてないから大丈夫!」
「あ、そ、そう?……しっかしいきなり温泉に行く!とか言って姉さんぶっ飛ばすなんて思わなかったぞ。いつも外に出る気なんかなーいとか言ってるのに ソレニアトガコワイ…」
「○○と一緒に入りたかったの!姉様は人の恋路を邪魔する奴はアリスに蹴られて地獄に堕ちろって本にもあったし自業自得!……ムー 嬉しくない?」
「いやいやいやそんなことは無いけど 最高だよ?愛しのあのコと温泉旅行」
「エヘヘ。 ……ねえねぇもっとこっちきて、ほらキュッとして?」
「それはやってしまうとドカーンしちゃいますが」
「しちゃえばいいじゃん〜…私は問題、ないんだけどなぁ フフ」
「えーあー……いやほら、今俺たちしかいないけどここ公共施設だし…色々と……」
「ふぅん……そっか……○○を邪魔してる物があるんだね……壊しちゃおっかな…ソウダヨネソレガイイヨネ」
「!?ちょっとフラン何をかはわからんが壊すとかやめ……」
「フォーオブアカインド! 点呼ー! いち!」 「に!」 「惨!」 「死!」
「こんなに月が紅い夜!」「壊すのは!」「○○の!」
「「「「り・せ・い・(はぁと)」」」」 
「トリャー!」
「うわっフラン4人で一気にくっつくな個人的にも公共の福祉的にも色々と大変な事に」
「旅の恥はかき捨てっていうじゃん〜大変な事の10回や20回余裕だよ〜ほらほら今夜はゲームオーバーはさせないからねっ?クスクス」
「オオゥ…」


   早 苗   井
<●>   <●>    貴方たちはこの温泉を特殊浴場にするつもりですか

</pre>

152名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 04:15:09 ID:aIrDZ0Dw0
しまったタグが…orz

153名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 04:30:20 ID:S.W3vq3.0
いわゆる発展場というやつですかね。

154名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 07:35:29 ID:DbGcLgtM0
http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1028.txt
煩悩を三十分で叩きつけたらこうなった。るみゃ

155名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 14:11:03 ID:nFEAcbo20
パチェの魔法でショタ化し、紅魔組に追われる○○
紫の境界操作でショタ化し、妖々組に追われる○○
永琳の薬でショタ化し、永夜組に追われる○○
魔理沙のキノコでショタ化し、主人公組に追われる○○

最近、こんな妄想が止まらない

156名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 14:21:07 ID:a1LVl8Sk0
ショタ化は精神まで幼くなるのはダメだ
見た目はショタ化しても中身は前のまま
だから自分が以前と同じ感覚で何かしようとして、それが引き金で事件が起こる
それが個人的ベストショタシチュだな

あと周りは(分かってて)子どもとして扱おうとするとかな……一緒にお風呂とか

157名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 14:27:44 ID:7zekI2Kw0
だがちょっと待って欲しい。
逆にロリ化というのもアリなのではないだろうか。

158名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 16:01:39 ID:2NFQzl3E0
ゆかりんが本当に幼女になるんですね
わかります

159名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 16:05:53 ID:KP8i9o56O
某フォーセリアに伝わる毒薬
エターナルチャイルドですね、わかります。

160名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 16:19:40 ID:Nhzu62pE0
またこの流れかwww

161名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 17:20:23 ID:CpoNRKGM0
幼女化がありなら大人化もありだろう
無邪気に抱きついてくる大人フランちゃんとか……

162名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 17:30:08 ID:Ne2NW3Lo0
>>161
精神的にも大人になってて欲しいんだぜ

163名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 17:33:01 ID:BUNIEUyI0
○○「幻想郷に来たは良いが自分だけ歳取って行くってのも回りに悪いぜ!」
紫「その心意気や良し!メアリ・スーとか無視してあなたに歳を取らない程度の能力を与えるわ!」
○○「うぉぉ何と言う好都合!流石紫さんだぜ!」
紫「ほほほもっとおだてなさい!それじゃ早速行くわよ?」
○○「よし来た!おぉ・・・なんか若返った気がするぜ!」
紫「かかったなアホめ!その能力の弊害は一定以上体が成長するとショタ時代に体が戻るのってしまうのさ!」
○○「721!?」
紫「さあさあ!ショタらしく存分に私に甘えなさい!」
○○「うぉぉ紫お姉ちゃ〜ん!」
紫「○○〜!」



○○「・・・という訳で養って下さい」
藍「歩いてお帰り」
紫「ちゃんと世話するから・・・」
藍「・・・ペットじゃないんですから、駄目ですよ」
橙「わ〜い!おとうとおとうと〜!」
藍「よし飼おう、いや飼い殺す方向で」



と、何の脈絡もなく妄想した。
本気なのに棒読みしてるイメージなんだよ・・・
というか何このハイテンションゆかりんorz

164名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 19:15:42 ID:kpdZCGdQO
パチェ→○○を膝の上に乗せて読書。時々○○の頭を撫でる

咲夜→鼻血

橙→単純に弟が出来たと喜ぶ

アリス→何だかんだ言っても頬を赤らめつつ匿ってくれる

ゆゆ→ご機嫌な顔で○○を抱きかかえる。あまり力は入っていないのに何故かビクともしない

ゆかりん→抱き枕にする

慧音→caved!!

もこたん→○○が輝夜にひんむかれているところに助けに入る

早苗→「弟が欲しかったんですよー」とかいいながら半ズボン片手に○○に迫る

諏訪子→ニコニコ顔で○○を抱っこして離さない

Suica→匿うと見せかけて拉致




ショタ化○○への対応を予想してみた

165名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 19:36:26 ID:Hhn97Z6U0
リグル→身代わりの術

166名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 19:39:31 ID:4.rIBri20
>>164
そのシチュを文章化するんだ!
さあさあさあ!

167名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 19:53:24 ID:Nhzu62pE0
チルノ「(……なんか○○に似てるな……よし!)あたしの子分にしてやる!」
○○「えぇ!?ほんと!?(おい、早く気づけよ、おい!)」
チルノ「うん!だってあたいってば最強だもんね!」

168名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 20:32:26 ID:JP/3Xbg.0
ゆうかりん→いじめようと何度も思ったけど結局出来なくて洗脳

小町→風呂に乱入してくる

あれ?上は幻想郷的にはすごくいいんじゃない?

169名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 20:40:18 ID:CXeXkeRwO
それで皆○○がショタ化してることに気付かず、
元に戻った後も突如現れ消えていった謎の少年を想い続けるんですね。

170名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 21:02:19 ID:6v2g18Ck0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1029.txt

うん。相変わらずゆかりんの出番が(以下略
山あれば谷あり。
結末にはあと少し。

完結するまでがんばります。

171名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 21:14:15 ID:iq8J1F5w0
○○「(何で誰も気づかないんだよ…あれ?目から変な汁が…)」
早苗「あっ、この子泣いちゃいましたよ……泣いていても可愛いですね(ボソッ」
○○「(おい、聞こえてるぞ)」
神奈子「お腹空いたの?それともどこか痛いの?…あーもうっどうしろっていうのよ!!」
○○「(お願いだからその背中にあるオンバシラを消してください、怖くて下半身から別の汁が出そうです)」
諏訪子「あーうー、そんなに怖がらせちゃ駄目だよ神奈子〜」


正直スマンカッタ
早苗さんが嫌いなわけじゃないよ

172名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 21:43:16 ID:nbtIKfHU0
>>170
すげー続きが気になるぜ
がんばってくれ

173名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 22:25:23 ID:kpdZCGdQO
「あの、幽々子さん…助けてくれたのは嬉しいんですけど、そろそろ離してもらえると……」
「あら駄目よ、もしかしたら目を離した瞬間にまた神隠しにあうかもしれないじゃない」


きっかけは、数日前に俺がたまたま見ていた小学校の頃のアルバムだった。
懐かしい思い出に浸っていたら、いきなり家に突撃してきた魔理沙にアルバムを奪われ、それがさらに皆の間に伝わってしまったようで。
今日の昼に慧音さんの寺子屋を手伝っていたら突如足元にスキマが開き


気がついたらマヨヒガで、体が縮んでいた。


それからが大変だった。
橙は弟だ〜、とか言って頭をくしゃくしゃに撫でてくるし。
藍さんはテンコーしながら追いかけてくるし。
紫さんなんか抱き枕にしようとしてきた。(正直、あの目つきは少し前の発情期騒動を思い出させるものがあった)

間一髪、たまたま遊びに来ていた幽々子さんに助けられたのだが……

「でも流石にこの年で抱っこというのはちょっと…」
「あらあら、その台詞は今の貴方が言ったらおかしいわよ?」

さっきからずっと、こんな感じである。
体がかなり若返ったせいで力も大分下がってしまい、抜けようにも抜けられない。
それに幽々子さんはまったく力を入れているようには見えないのに、何故かビクともしないし…

当然、俺は嬉しいやら恥ずかしいやらで、顔が赤くなるのだが。

「〜♪〜〜♪〜〜〜♪」

対して幽々子さんはかなりご機嫌なようで、歌まで口ずさんでいる。
何だかその心地よいリズムが子守歌みたいで…あー……疲れていたせいか、眠くなって………き…た……



>170
うん、藍さま可愛い

174名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 22:32:59 ID:592Nlc4w0
>>170
やばい気になる気になるやばい
次作を待ちつつ俺も嫁とイチャつくわ

「幽々子さん、今日の夕飯もおいしかったっす」
「そう、じゃあデザートをいただいちゃおうかしら」
「お、デザートもあるんすか。…って何故にこっちに寄r(ry」
「ふふ、決まってるじゃない。妖夢もいないんだし…ね?」

アッー!

幽々子かわいいよ幽々子

175名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 22:34:08 ID:BqotRdMQ0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1030.txt
音速が遅いがれみりゃと温泉
おぜうさまのカリスマの出し方がわかりません!ごめんなさい!

176名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 23:17:27 ID:iDvW5qmI0
>>170
ハッピーENDなら何も言わない
だから頑張って!!

>>173
なんかさ、死に誘われてないか?○○

177名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 23:21:22 ID:a1LVl8Sk0
>>170
お、おいおい今まで楽しく見てたっていうのに何という気になる終わり方を……
とりあえず続きに期待

178名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 23:27:47 ID:DRHI6ceM0
ミスティアで書いてみた
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1031.txt
俺にはショタを生かすことができなかった……

179名前が無い程度の能力:2008/03/26(水) 23:29:17 ID:gRdgBFBQ0
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1205947173/170
続きが激しく気になる

180名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:31:56 ID:CyAUyj2QO
女医の恰好をしているゆかりんを幻視した。

「今日はどうしました?」
「頭が少し痛くて、胸が苦しいんです」
「それは恋の病ですね」
「こ、恋っ!?」
「特効薬はわ・た・し(はぁと)」
「え、ちょ、どうしてベッドの方へ無理矢理連れていくんです!?そりゃ嬉しいし願ったり叶ったりでぜひともよろしくお願いしたいですけどイロイロと順序ってモノがああぁぁぁ!!!」

181名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 00:55:33 ID:ZA1l/kKw0
永琳「つまり、蓬莱の薬を飲んだら若返ったと」
○○「一応人類じゃありませんしねぇ僕」
永琳「そして急にホームシックに掛かって愛に餓えていると」
○○「そんな事は一言も言った気がしないんですが」
永琳「私の胸に飛び込んでらっしゃい?」
○○「普段なら喜んでダイブするところですが満足に抵抗出来ない今は怖くてむりです」
うどんげ「そうですよ師匠物事には順序があるんですから」
○○「あぁ鈴仙、君だけだ普通の感性を持ってるのは」
うどんげ「ありがとうございます。ところで私の目を見てください、こいつをどう思います?」
○○「すごく・・・紅いですってあれ、頭が・・・」
うどんげ「ほら師匠これで抵抗も逃亡も出来ませんよ?簀巻きにしてイナバの群れに放置しますか?それとも女装させて姫様の部屋で監禁しますか?」
永琳「うどんげ・・・あなた一番外道ね」

182名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:16:19 ID:ZA1l/kKw0
某所で見たヤンデレっぽい画像で、
朝っぱらから窓を割って侵入「えへへ、来ちゃった」みたいなシチェを幻想郷っぽくしてみた。


○○「ふぅ・・・さて寝るか」
ぬっ
紫「ふふ・・・来ちゃった」掛け布団と自分の間から
○○「ひぃぃぃ!ホラー映画みたいな登場しないで〜!」
レミリア「○○、遊びに来たよ!」窓ガラス破壊しながら
○○「うわぁ何エイリアン!?」
バリン
レミリア「全く酷いわね・・・」
紫「私達はこれから活動時間だってのに?」
○○「せめて玄関から入って下さい・・・」

ジュ
魔理沙「お〜い○○、家が破壊されたから泊まりに来い!」二発目のマスタースパークを構えながら
○○「絶対に許さないよ」


やる気のない効果音がついたのは許して。
後ゆかりんの元ネタが本当にホラー映画なのも許して。

183名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:20:26 ID:I6FK4sf20
なんか問答無用で窓ガラス割って侵入する時の元絵が思い出せた俺終っとるw

絵板かどっかのゴスっぽい感じのキャラだったかのう…

184名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 01:32:58 ID:iMqgUVQI0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1032.txt
魔理沙でちょっとやってみた。
自分のアレ加減には涙すら出る。

185名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 03:23:02 ID:IyrsZxqI0
酔った勢いで書き始めたら書きあがってしまった
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1033.txt


おやすみなさい

186名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 03:26:52 ID:.XP6WnMoO
つまりドロワースは右ではなく左のポケットに入ってるんですね

187名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 03:58:39 ID:foNBq/LM0
同じ部屋に同棲してて、自分は勉強したりネットしたり、本読んだりしてる。
それで、アリスが人形作ってて。自分がその背後を通りすがる。

○○「ここって、ガラス埋め込んだらいいんでね?」
アリス「んー、気持ちだけ受け取っておくわ」
○○「あーん」

アリス「ねぇ・・・。ちょっと・・・眠れないの。」
○○「その・・・他意なんてないんだからね!あんな事したいなんて思ってなんだからー一緒に寝るか。」

こんな感じで、飯を交代で作ってみたり夜はちょっと言い訳しながらエッチな事して、
相手の手が必要な時は少し手伝ってもらったり、風邪引いたときは看病し合いながら、
こじんまりしたマンションで生活している光景を幻視した。

188名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 04:24:07 ID:foNBq/LM0
紅魔館に住み込みで働く事になって。男メイドとして活躍中。
図書館の掃除をしている時、

○○「あのー・・・ノーレッジ様、少しどいてもらえますか?」
パチュ「メイドが主に指示を出す気?」
○○「いや・・・。すんません・・・。」
少し沈黙。
パチュ、立ち上がる。
パチュ「・・・やりなさい。」
○○「え、あ、はい。」
掃除をしている姿を見ながら。
パチュ「○○」
○○「あー。なんでしょう?」
パチュ「呼び方はパチュでいいわ。」
○○「・・・はい」

紅魔館で働きてぇ。

189名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 09:51:19 ID:AOihubiIO
普段は胡散臭くて余裕たっぷり、何事にもマイペースを崩さないゆかりんが

○○に押し倒されると頬は真っ赤で眼はトロン、口をぱくぱくさせながら胸ドキドキで荒い呼吸で
「あ・・・あぅ・・・」
となるのは実に良い

190名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 09:55:09 ID:czRTYr2Q0
男メイド・・・執事じゃ(ry

咲夜さんに掃除とかその他も手取り足取り教えて欲しいです・・・

191名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:05:35 ID:p88ec1IY0
>>189
その様子を陰でこっそり見ていた藍さまが卒倒するんだな

で、俺は更にその後ろから幽々子さまと一緒にお菓子食べながら眺めている

192名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:11:10 ID:X/8NyP8o0
「・・・・・もぅ、急に押し倒すなんて・・・・強引ね・・・・」
「・・・・いつも俺が押し倒される側だったからな。たまには押し倒させてくれ」
「・・・うふふ。そうねぇ、今日は許してあげる。そのかわり、ちゃぁんと私をリードしてくれなきゃだめよ?」
「わかってるさ」



「・・・・・・・////」
「藍しゃま?そんなところで何やってるんですかー?」
「!!!ちぇ、橙!?」
「何かあるの?」
「お、お、お、お前はダメだ!まだ早い!」


こうですか?わかりません><

193名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 10:34:12 ID:48exN.qw0
橙ももういい歳なんだから実演を兼ねてレクチャーするべき。
藍様と○○はふりだけのつもりだったが、段々と熱が入ってきて、見てただけの橙も興奮してきて一緒にn(ry

194名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 13:30:33 ID:Z78W7e/A0
>>193
ちょっと落ち着こうぜ
にとりと一緒に河童の川流れを実践してみてぇ

195名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 13:53:21 ID:epW.Ck5Q0
直球はNGだからな
あくまでグレイズまで

196名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 19:20:55 ID:JS3124Uw0
ファックルベリーフィン

197名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 20:28:40 ID:e9D1yKocO
今日も無縁塚でサボっていた小町だが、何やらいつもと様子が違うことに気付く。
不思議に思い、辺りを探ってみると何とそこには人間の赤ん坊が。
取りあえず妖怪に襲われては大変だと赤ん坊を保護する小町。
その後、彼女の上司である四季映姫に相談すると、何と彼が外界人であり、更に捨て子であることが判明する。
彼の処遇をどうするかと頭を抱える映姫だが、何と小町が世話をすると申し出た。
彼女に赤ん坊の世話などできる筈がないと難しい顔をする映姫だが、いつになく真剣な小町の様子に思うものがあったのか、いくつかの条件を付けて許可を出すことに。
小町は喜び、赤ん坊の名前を○○と名付ける。
こうして、死神小野塚小町の子育ては始まったのだったーーー



お母さん小町っていうのが唐突に思い浮かんだ

198名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 21:08:32 ID:pJMb2BYA0
>>197
お母さんキャラって意外なやつほどできるかもしれないな
例えば魔理沙とか妹紅とか

199名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 21:39:48 ID:EQYx4/HA0
赤子を背負いながら門番する美鈴の姿が見えたっ

200名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 21:40:07 ID:BVQKrI720
お母さんキャラ、とは違うかもしれないけど幻視。
……癒されたい。


 疲れた。体育座りの状態から動く気がしない。

「……○○さん」

 愛しい文の声にも振り向く力が湧かない。

「長く生きてきた間、ずっと飛び回ってた私じゃ
 包容力とかないかもしれませんけど」

 ―細い腕が背後から肩に回される。
 黒くつややかな翼が俺を包んだ。

「すがって、ください。
 せめて心だけでも、支えてあげられますから」

 卵を温める親鳥のように、文は俺を包み込んでいる。

「……ありがとうな」

 ちょっと涙が出てきたのをごまかすために、
 俺は目を閉じて、そっと文の腕に手を添えた。

201名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:09:26 ID:p88ec1IY0
赤ちゃんに酒を飲ませようとしてぶっ飛ばされる西瓜とか

202名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:16:40 ID:pJMb2BYA0
諏訪子といっしょに「あ〜う〜」言ってる赤ちゃんとか?

203名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:19:13 ID:eQ1Dn9gw0
>>202を見た瞬間心が震えた
家族を持つならこんな家族が良いと思った

204名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:26:34 ID:BuAS2pUw0
はるか昔に主人公が赤ん坊拾っちゃって霊夢と魔理沙が物凄い剣幕で
乱入、そこに紫が現れ収拾がつかなくなる、というお話もありましたね。

205名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:39:02 ID:.XP6WnMoO
ママといったら神綺というのが俺のジャスティス

206名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:52:46 ID:QK9xbkx60
魔理沙が赤ちゃんを拾って○○の家に来た話もあったな。

207名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 22:56:22 ID:LC6lMk6M0
ピノ食ってたら星型のがでてきたぞ
なんだと思ったら願いのピノだと

208名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:00:11 ID:LC6lMk6M0
誤爆すまんかった
ちょっと妖夢と交互にピノをあーんする刑に処されてくる

209名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:09:30 ID:I6FK4sf20
星のピノは初めて聞いたな。ハート形って言うのは昔聞いた覚えがあるけれど。

210名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:13:39 ID:5qNqVSm6O
まとめの紫5にもあったが妖怪が人間を拾ったらいろいろ大変だな
育ての母がいつまでも若いんだぜ?というか俺は幽々子様に拾われたい

211名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:25:02 ID:pJMb2BYA0
>>202
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1034.txt
ちょっとキャラのイメージが変わってるかも……
ID変わる前に書けてよかった…

212名前が無い程度の能力:2008/03/27(木) 23:51:13 ID:1SR.sSg20
そういや外見で騙されがちだが考えてみれば諏訪子様って子供産んだことあるんだよな

213名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 00:25:02 ID:M/xBBdps0
まぁ神様だから
有精生殖で産んだからどうかは知らんがな

214名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 00:26:06 ID:4Y8rJp5M0
肉体から産んだかはわからないけどね、神様だし。
まぁ、それは別として子持ちであることには違いない。

215名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 00:52:08 ID:j/ZP861QO
神綺さまもアリスを「作った」と表現してるしな。ママといっても実際はフリー

216名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:13:07 ID:lYsKFkXg0
アリスをってか魔界の者をな
まさにきんぐおぶまざぁ

217名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:36:28 ID:sYKo2wLE0
ちょっと待って欲しい。
子供を産むことを「子作り」と表現するのではないだろうか。

218名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:42:49 ID:Ay7pzLbc0
作っても産まない人もいるのさ

219名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:46:24 ID:6ygesCnoO
偶然○○の寺子屋の宿題の作文を見つけてしまったえーきさま。



ぼくのお母さん
○○

ぼくのお母さんはしにがみです。
でも、ときどきおしごとをサボって、先生のてらこやにきます。
そんなとき、えーきさまはいつもすぐにとんできて、お母さんをひっぱっていきます。
えーきさまは、「あなたはこうなってはいけません」といっていました。
サボるのは、いけないと思います。



「まったく、育ての親が反面教師になってどうするのですか」



お母さんはとてもやさしいです。
ぼくがこのまえかぜを引いた時も、おしごとを休んで、おくすりをもらってきてくれました。
むかし、ねむれないと言ったら、えほんを読んでくれました。



「だからあの日は急に仕事を休んだのですか…ならばそう言ってくれればいいものを」



ぼくはそんなやさしくて元気なお母さんがだいすきです。
いつもぼくをたすけてくれるお母さん、ほんとうにありがとう。
大人になったら、いっしょにおしごとがんばろうね。



「ふふ…どうやら、しっかりと母親をできているようですね…最初はどうなるかと思いましたが……さて、私も仕事に戻るとしましょうか…」

220名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 01:59:06 ID:nNjfyXRg0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1035.txt
チルノでやってみた。
ガキっぽくなりすぎててムカつくかも……。

221名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 02:07:07 ID:Ay7pzLbc0
>>220
グレート。和んだ

222名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:03:21 ID:ozzGkx8k0
仕事に疲れ、ベッドで安眠をとっていた○○。
場所はマンションの一室。時刻は真夜中。満月が照らしている。そして、○○の安眠は突如として破られた。
○○(金縛りか…キツイから嫌なんだよなー)
○○は、違和感を覚えた、ベッドの上にずしりとした重みを感じたのだ。
○○(ちょ…アレか布団の上におばあさんとか?いやいや、心霊写真集なんて見たからかそういえば
幽障がなんたらかんたら自己責任って…うあ…いや…落ち着け…ありえんから)

必死に体を動かそうとするが、体はうごかなかった。
??「…た…」
??「…所…」
○○「ちょ…は…?誰か…助けて…」
??「…この人間が良いのですか?」
??「後でたっぷり味わう事にするわ。それに…眷属にするのもいいかも。」
○○(何何何?人か?女か?)
??「では自由にしますわ」
○○「お?!…あ?」
自由になった首を回し、布団の上を見ると暗闇の中には背の低い姿ともう一人、背の高い姿が見えた。
○○「あー…。まず、どいてくれる?」
??「私達がついてこいと言ったのが聞こえなかったの?」
??「まだ寝ぼけているのかもしれませんわ」
○○「…はよどけ」
??「…こっちの人間はこんなにも脳がないのね」
○○「あ?」
背の低い姿に向かって手を伸ばした。
○○「って!」
突然の鋭い痛みに手を引っ込めた。その手の平には刺し傷のような物があった。
??「お嬢様。何を言っても無駄そうですし、さっさと連れて行きませんか?」
??「そうね」
少女は腕をつかむと窓へと引っ張っていった。
○○「離せっ…」
いくら力を込めても、母親に駄々をこねる子供のように引きづられるだけだった。
○○「ねぇ…落ちるよ?」
恐怖感がじわりじわりと上ってきた。
??「一体どういう意味なのかしら?」
??「私には検討もつきませんわ。」
ベランダまで来た。そこからは、その街全体を見る事もできた。
○○「まって。ゴメン。止めて。謝るから…!」
??「急いでいくわよ。」
月明かりの下見えたのは。黒い羽を羽ばたかせて空を飛んでいる少女の姿だった。
(飛んでる?羽?どうやってんだ?)
一瞬の浮遊感。
○○「ああ」
視界が暗転した。
風の音がうるさい。
○○「あああああああ」
滅茶苦茶に手を振り回した。
??「お嬢様。普通の人間は飛べないようです。」
襟を掴まれて、子猫のようにぶら下げられていた。
○○「はぁ…はぁ…」

イチャつくまでにどれだけ長いんだよ!と、自分でおもわずツッコンでしまったOTZ
最後あたりめんどくさくなったし。
気が向けば続きでも書きます。
にしても、咲夜やレミィが一般的な男と会話をする時の態度はどうなんだろうな?
シカトが一番ありそうだが。案外やさしい所もありそうだ・・・。

223名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:14:03 ID:TkLwY0mI0
ついに念願の弾幕を張れるようになった○○。
これでやっと雑魚の相手くらいは出来ると一安心。
次はスペカだなといろいろ勉強してる時にポロリとこんな言葉が漏れた。

「この弾幕ゴッコって。つまり勝ったら相手を好きにしていいってことだよな」

あまりにもアバウトかつ適当すぎる発言。
しかし、ソレを聞いていた少女達の目の色が変わった。

それから連日勝負を挑まれる○○。
通常弾幕しか張れない○○は勿論のこと連戦連敗。
時に買い物に。時に食事に。時に布団の(ry

「勝負だ○○ー!」

「ちょ! おま。待て! 時に落ち着……アッー!」

そして今日もまた。一人の青年の悲鳴が幻想郷に響いた。



SSで書きたかったが時間が無くて無理だった。
お詫びとしてちょっとチルノあたりに弾幕ゴッコ挑んでくるよ。

224名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 03:31:39 ID:1neg7TKk0
にとり「某狩猟ゲームを幻想郷向けにアレンジしたよw」


オトモユユコ
肉類他食べる事が出来るアイテムを片っ端から食べていく。
食べる物が内状態で一定時間が経過するとプレイヤーが食べられる。(まれに性的な意味で)
たまに相手を即死させる。

オトモサクヤ
回復アイテムを使う際に時間が停止するので確実に回復出来る。
難易度が大幅に下がるがその事に関して咎めるとしょげ返る。
胸には夢と希望が詰まっている。
たまに相手を即死させる。

オトモユウカ
敵を即死させる。
自分を悶死させる。

オトモレイム
物欲センサーが発動しない。
凄まじい勢いで貫通弾を連射する。

オトモマリサ
グラビモス

オトモユカリ
モニターから出てきて自分をry




オトモテルヨ
どうみても別プレイヤーです本当にありがとうございました。
太刀(特に斬波刀系)ばかり使用する。


チル裏みたいなネタでごめんよ。
オトモサクヤの夢を見たと思ったらオトモマリサ連れてったら・・・

225名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 11:12:59 ID:mPpkmTng0
泣き出した○○をあやそうとするも、どうすれば良いのか分からずにオロオロする妖夢
そんな妖夢にまだまだ未熟ねぇと呟くと、○○を胸に抱いて子守歌を聞かせる幽々子さま
すると、少しずつ静かになっていき、やがて安心したように眠ってしまう○○

お母さんと聞いて、こんなのを幻視した

226名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 11:15:07 ID:NWp1a0AAO
ガンランスでオトモマリサと一緒に砲撃ということですね、わかります。

227222:2008/03/28(金) 16:04:45 ID:ozzGkx8k0
続き。

○○はぶら下げられたまま移動し、
紅魔館へとつれて来られた。そして、牢屋へと入れられた。

○○(どうすれば…。)
ポケットから携帯を取り出した。
○○(AM11:00…圏外か…。糞会社に連絡も入れないと…。でも空を飛ぶ少女に誘拐されました。なんて…言い訳にもならないな…何かのイタズラ?でも空飛んでたし…)
○○「おーい…。」
返事はなかった。

??「こっちの人間。お嬢様がお呼びです」
ここまでつれて来た少女が牢を空けた。
○○「いや…。会社あるし、家に帰してくれん?」
??「そんな事をしたらお嬢様に文句を言われてしまいますわ」
○○「だからこっちにも生活があるんだって!」
??「こっちにも生活があるんです」
○○「…何かのイタズラやろ?ビックリとか」

??「なぜ、さっさと連れて来なかったのかしら?その気になれば一瞬なのに」
○○「…え…?おかしくない?」
突如、周囲の牢屋が消え、月明かりの照らす、屋上が現れた。
目の前には羽の生えた少女がいた。
??「酷いですわ。精一杯がんぱっているのですよ」
○○「いや。話聞こうよ。」
??「私を見ろ」
○○「一体さ…」
○○は少女に顔を向けると動かなくなった。
(あら?何だっけ…?)
??「眼を見ろと言ったほうが…って遅いですわね。」
??「美味しそう…」
(痛…あああああ…気持ちいい…)
○○の意識は落ちていった。

とっととイチャつきたいが。前座という物があるとより美味しくいただける。
と思っているので長いOTZ
だるい。イチャつきたくてリビドーが熱い。
リビドーが冷めれと。

気が向いたとき。続き書きます。

228名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 16:06:30 ID:ozzGkx8k0
誤字脱字すんませんOTZ

229名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 16:13:47 ID:Vyt7BwQwO
君にメモ帳を使う権利をやろう

230名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 16:52:25 ID:syccb1ok0
では私はうpろだを使う権利をやろう

231名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 17:13:32 ID:vIzIdAH6O
じゃあ俺に幻想行きの切符をください

232名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 17:13:52 ID:mPpkmTng0
長くなるならある程度内容まとめてからうpろだ使おうよ

233名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 17:40:11 ID:B9P6/54.0
暫く見ないうちに、大分投下されたネタが増えてたので、一言感想でも。
ショタなネタを『文々。新聞』風に書き起こそうかと思ったけど、流石に旬を過ぎてそうだから自重汁。

>>144
纏め&誤字脱字修正、お疲れ様でした。
新作に期待。楽しみにしてるぜ?

>>154
>彼女の「すりすり攻撃」は、偶然巫女が通りかかるまで丹念に続きましたとさ。
ここんとこもう少し詳しく。丹念ってw

>>163
ナニこの素晴らしきハイテンション。
個人的には寧ろ、橙に可愛がってもらいたいわけで……

>>170
如何にして至ったか、は、ごく普通に良い文章。ファンです。
何人か書いてるけど、続きが気になりすぎて困る。
頑張って下さい。

>>175
お嬢様、ちゃんとカリスマってるじゃないか。すぐにブレイクしてるけどw
このあと○○が咲夜さんに、ナニをどうされたのかが気になるところ。

>>178
みすちーと二人三脚で屋台生活……楽しそうでイイね。
ただ、みすちーの歌は、原作のイメージだとハードロック……

>>180
お前、馬鹿だろ。(いい意味で)

>>184
これは良い魔理沙。さすがに恋色の魔法使いですな。
こういう風にキャラクターを可愛らしく書ける人に嫉妬。

>>211
ほのぼの。諏訪子様は意外と良いお母さんになれるのかなぁ。
まあ、暇そうだし、専業主婦ではあるのか。

>>219
おおおお、いいね。
ちょっと良い話風。ちょっと困ったような顔で笑ってるえーき様を幻視できた。

234名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 18:57:41 ID:e2jeaZ7M0
魔理沙、結婚してくれ!

235名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 19:43:16 ID:qzyA6QEM0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/upload.html
書いててとても楽しかったですよ

236名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 19:45:40 ID:qzyA6QEM0
>>235
ミスった
本当はこっち
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1036.txt

237名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:15:10 ID:1neg7TKk0
咲夜「時間を止めます」
○○「・・・えらく唐突ですね」
咲夜「いえ、新しい止め方を考えたので手伝って下さいな」
○○「そりゃまあ構いませんけど」
チュ
○○「!?」
咲夜「・・・」
○○「ん〜!」
咲夜「・・・」
○○「むぅ〜!」
咲夜「・・・」
○○「ぐ・・・ん・・・」
咲夜「・・・」



咲夜「ふぅ、失礼しました、吸いながら止めてしまいましたわ・・・ってあれ?」
○○「・・・」
咲夜「死んでる・・・」

238名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:24:04 ID:J28QbCLg0
愛が痛いw

239名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:25:47 ID:ozzGkx8k0
天然な所が愛すべき所なんだな。

240名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 22:50:36 ID:8FKHEpiM0
>>233
感想なら避難所に専用スレがあるからそっちを勧めるよ

差し出がましいことしていると思われるかもしれないが

241名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:30:55 ID:1neg7TKk0
レミリア「何とかして○○を眷属にしたいわね・・・そうだ!」


レミリア「ねぇ○○、あなた血液型は何?」
○○「え・・・B型ですよ?」
レミリア「そう・・・えいっ!」
○○「ごふぅ!何でいきなり刺すんですかお嬢様!」
レミリア「大変○○!いますぐ輸血しないと死んじゃうわ!」
○○「ぐ・・・早く咲夜さんを・・・」
レミリア「大丈夫!私B型よ!」



やっぱり幻想郷ヤンデレってこんな感じか?

242名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:34:47 ID:lYsKFkXg0
ヤンデレというよりギャグにしか見えんなw

243名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:37:51 ID:01ZdvpRM0
やはり血の力というからには吸血鬼の血液移植で吸血鬼に近づくものなのか脳

244名前が無い程度の能力:2008/03/28(金) 23:58:48 ID:mPpkmTng0
いつも通り、○○を手に入れる為に本人の知らないところで弾幕を繰り広げる女性陣。
だが今回は偶然近くを○○が通りかかってしまい、しかし女性陣は気付かずどんどんヒートアップしていく。
それを喧嘩だと思い、止めに入ろうとするが、運悪く彼女達の最高クラスのスペルに直撃してしまう○○。
それでやっと○○の存在に気付く女性陣。
三日間、死の淵をさまよった○○だが永琳の必死の治療によって目を覚ます。
安堵する彼女達だが、最初に○○の発した言葉に再び凍り付く。

「すいません…あなたたち、誰ですか?」

何と、○○は記憶を失っていたのだ!
最初はかなりの衝撃を受けた彼女達だったが、やがて気付いた。

「これって、チャンスじゃね?」

こうして女の戦いは第二Rを向かえるのだった。

245名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 00:56:24 ID:5VO8QM5w0
>>244
普段友達以上恋人未満クラスがごろごろしてる中でそれやられるとワクテカするな 
「○○は私の恋人だったのよ」とかデマ吹き込むんだろwwww

246名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 01:04:54 ID:Yz0cTV.cO
「〇〇は私の恋人だったのよ!」
「私との関係は所詮お遊びだったのね!!」
「一生幸せにするって言ってくれたじゃない!!」

247名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 01:19:42 ID:rGeTWTVw0
胃が痛い光景だなおいwww

248名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 02:15:54 ID:ban43I4M0
アリスに酷い事ばかりしてたらヤバい事になった。

いつも通りDVを加えながら「アリスが可愛すぎるからこんな事をしてるんだ」なんて言ってたら、
いつも困った様な笑顔で微笑むはずのアリスが急にニヤついて、
「私も○○を可愛いと思うわ」って聞こえた瞬間、
色んな人形を操ったりする時に使う糸、
あれが四方八方から大量に絡み付いてきて動けなくなった。


体を舐められのは恐い、
いつどこを噛み千切られるから分からないから。
体を撫でられるのは恐い、
いつどの穴をほじくられるか分からないから。

狭くて暗い所で、アリスに愛される毎日。
何でこんな事になったのかも分からない。
もうアリスが居れば良い・・・
アリスしか分からない・・・



アリス「・・・○○、何、見てる、の?」
○○「・・・い、いや何も見てないよ、うん」
アリス「そう・・・よかっ、た・・・」
○○「あ、ごめんね・・・いつも酷い事して・・・」
アリス「良いのよ・・・私、○○が好きだから」
○○「う、あ、うん・・・ありがとう」
アリス「だから・・・他の誰かに会ってたら・・・悲しい・・なぁ」
○○「ま、毎日ここに来るか」
アリス「○○が、私の物になれば、良いの」
○○「いやアリ」
アリス「だから・・・人形に、ね?」
○○「は・・・はは・・・アリス、冗談が上手いね・・・」
アリス「・・・紅茶、入れたの」
○○「も、もう今日は帰るよ」
アリス「飲んで」
○○「いや、遅いし・・・」
アリス「飲め」
○○「は・・・い・・・」


まで妄想したけど、
続きが不安定だから書き留めるよ。
不評だったら・・・

小学生みたいに句読点をたくさん付けるのは勿論仕様ですよ?

249名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 09:50:38 ID:GIH2lOxwO
□月 ○日 吊り曜日

今日は非常に過ごしやすい気温で、春告精が飛び回っていた。
こんな日は縁側で昼寝をするに限ると、お茶とお菓子と座布団を持って縁側に行くと、゛それ゛はあった。
何と、我が家の前で、人が首を吊っているではないか。
慌てて永遠亭へと駆け込み、永琳を連れてこようとしたが、永琳が言うにはそれは「首吊り来訪人間」だとのこと。
どうやら横の人形と一緒にいつもどこかで首を吊っているらしい。
何という迷惑な話か。取りあえず塩を撒いておいた。

△月 △日 氷曜日

今日の紅魔館の図書館に行く途中に、とても珍しいものをみた。
なんと、あの湖の氷精が、大妖精と勉強をしているではないか。
一体何があったのだろうか、後で大妖精にことのあらましを聞くと、どうやら好きな子に勉強を教えたいと言って、氷精がお願いしたのだとか。
その結果がどうなるかは別として、一生懸命に頑張る姿は確かに応援したくなるものがあった。

○月 ×日 人曜日

七色の人形遣いに一生の伴侶となる男が出来たらしい。
聞けば、彼らはいわゆるツンデレというものらしく、二人が一緒になるまではかなり時間がかかったらしい。
付き合い出してからは二人とも態度が一変したようで、今ではバカップル注意報が出る程に甘いオーラを放っているそうだ。
何はともあれ、仲が良いのはいいことだろう……正直、羨ましいと思わなくもない。

×月 △日 七曜日

今日、紅魔館にて結婚式があった。
何でも、新婦の方は一時期精神を病んでいたそうだが、二人の幸せそうな顔を見ると、とてもそうは思えなかった。
俺も友人のお目出たい日ということで、少しばかりの御祝儀を送ったのだが……いくら何でも、御祝儀が綺麗な貝殻というのはないだろう、霊夢。



さて、今日はこれぐらいにしておくかね……あー、何ですかい?
いえ、少し日記をつけていたんですよ。
…いえいえ、流石にそんなことは書きませんよ。
……それに、俺が愛しているのはあなたですよ、幽々子さま。

250名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 12:32:11 ID:Qdne.B8w0
しばらく支払いは砂糖で良いかな…

251名前が無い程度の能力:2008/03/29(土) 16:25:14 ID:zWxF4JLg0
>>248
久しぶりのヤンデレアリスだ!
是非是非続きを希望するぜ

252名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 00:44:53 ID:Nj8UPetc0
久しぶりに一行告白
「文字どおり、死んでもあなたを愛し続けます」→幽々子さま

253名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 01:10:34 ID:u4bYS9iU0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1037.txt
連続でうpしてスマン
でも書きたかったんだ

254名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:10:55 ID:uID7Ymzo0
>>248

恐る恐るカップを手に取る、
アリスは虚ろな目で笑いながらじっと見ている。
きっと紅茶の中には何かが入ってるんだろう・・・
睡眠薬か痺れ薬か、はたまた弛緩剤か。
どうにかして一旦ここから逃げないと・・・
どうにかするとしたら、そうだ、
紫さんを呼んで霊夢に助けて貰おう。
アリスは痛い目に合うかもしれないけど・・・とにかく今は危険過ぎる。
「飲まない、の?」
「え・・・ひっ!」
アリスはいつの間にか、自分の真横に立っていた。
「じゃあ・・・」
そのまま、椅子ごと僕を押し倒す。
転んだ拍子に頭を打ったせいで目の前がチカチカする。
「飲ませて、あげる」
アリスが紅茶を飲んだ、違う、口に含んで、あ、駄目、それは、
「や・・・やめっ・・・」
口の中に、甘い舌と一緒に紅茶が注がれる。
吐き出そうにもアリスの舌がどんどん紅茶を押し込む為吐き出せない、
口の中が液体で満たされているうえにこんな体制だ、息が出来ない。
「・・・ぐ・・・げほっ!」
あ・・・
咳込んだ拍子に、飲んじゃった。
「あはぁ・・・」
「い・・・嫌だ、嫌だ!どけよ!離せよ!早く逃げないと!」
「これで・・・ずっと・・・うふ、うふふふふ・・・」
「助けて・・・ゆ、むぐっ!」
再び口を塞がれた。
アリスの甘い臭いと口の中の心地よさが眠さに拍車をかける。
「・・・!・・・ん!」
「ふふ・・・」
不意にアリスが口を離し、体からどいた。
今の内に・・・!
「今からね」
あ。
「○○にも、糸を通すの」
力が、入らない。
「私から逃げない様に」
舌噛みちぎって・・・痛くしてでも・・・
「誰にも見つからない様に」
らめ、ら、
くひ、ふほは
「ずっとわたしといられるように、ね?」




あれから何日経っただろう。
僕は今、アリスの家に居る。
いや、アリスの家なのかな?
暗い暗い、地下の様な所で見えない沢山の糸に吊されて、
毎日毎日、アリスに抱きしめられて耳元で愛を囁かれる。
他には何も無い。
苦痛を感じる事も無ければ、空腹も眠気も来ない。
たまに意識が遠くなるけど、
気がつけばアリスに抱きしめられている。

ここは恐い、
アリスがいつか居なくなってしまいそうで、
僕にはアリスがすべてなんだ
アリスさえいてくれればいいんだ
ずっといっしょ


ありすが こわい

255名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:14:35 ID:uID7Ymzo0
・・・イチャ足りねぇorz

もっとアリスに、
「愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる」とか
「○○は私の物○○は私の物○○は私の物○○は私の物」とか
そんな壊れた様に台詞を言わせたかったのですが・・・
構成が下手でごめんなさい。

要するにアリスに監禁されたいぜ畜生。

256名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 02:57:17 ID:d00B0wRo0
これはたまらん

ありがとう

257名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 11:28:05 ID:kI78uaT.O
えーっと……取りあえず状況を整理しようか…。
一つしかない布団の中には俺の他に二人の女性がいて(この時点で既に有り得ないことだが)
一人は、食いしん坊な亡霊の姫君こと幽々子さん。俺の右腕をそのふくよかな胸元に抱き寄せるようにして、幸せそうな顔をして眠っている……腕が使えれば、頬をむにむにしたかった。
そしてもう一人は、動かない大図書館ことパチュリーさん。俺の左腕を抱え込むようにしてこれまた幸せそうな顔をして眠っている……普段滅多に見ることが出来ない表情に、不覚にもときめいた。

……何故このようなことになっているのか。
昨日は俺は宴会を欠席した筈だし、二人から酒の匂いはしない……いや、そもそもこの二人が酔っ払うはずないか。

「……っ!?」

そんな風に考えていると、右手の指先に凄まじい感覚が。
……幽々子さん、俺の右手は美味しいですか?

「……っ!?」

今度は左腕がギシギシと軋んだ。
パチュリーさん、アンタ貧弱なんじゃなかったのか。至福の表情で頬ずりしながら出せる力じゃねーぞ。

……しかも困ったことに、二人ともまったく起きそうにない。
腕は殆ど動かないし、声をかけても無駄だった。
このまま無理矢理起き上がろうとしたら、まるで狙っていたかのように足を絡めてきた。

「…もう、どうにでもなれ…」

考えても無駄だし。
そう思考を放棄して、俺ももう一度眠ることにした。
……きっとどこぞのスキマがニヤニヤしながら覗いているんだろーなー…。

258名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 12:46:32 ID:uID7Ymzo0
紅魔館に監禁された。
図書館から帰ろうとしたら足にナイフが刺さって転んで、咲夜さんが、
「アキレス腱断裂ですわね、完治するまでここで飼・・・休むと良いですわ」
と言ってベッドの上に急に押し倒された。
お見舞いの名義の元に色々された。

フランは四人に分身してそれぞれが思い思いの場所に抱き着き、・・・主に危険な場所に。

レミリアはここぞとばかりに血を吸って、しかし吸ってる途中で眠くなってそのまま眠ってしまう。

パッチェさんは妙にえっちぃ小説を耳元で囁く、
口でくちゅくちゅ擬音立てながら・・・

こぁは「私のパチュリー様にツバをつけるなんてお仕置きですね」と、
全身をこちょこちょと・・・

美鈴は毎日の様に耳掃除をしてくる。
上下から頭をホールドされて意識を飛ばされる。

咲夜さんは着替えを持ってきたり普通に可愛がってくれる。
でもね咲夜さん、それはゴスロリと言いまして・・・
あ、駄目、自分で脱げますから、アッー!!!!

259名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 19:31:52 ID:vlsTrdPU0
流れ切ってしまうけど、
小林恵っていう歌手の『十六夜』って歌聴いたことある?
側に咲夜さんがいて献身的に愛してくれてるけど
それでもレミリア様が忘れられない○○、
みたいなのを幻視してしまうような詞なんだが。既出か?

260名前が無い程度の能力:2008/03/30(日) 21:52:19 ID:JN7Ivcd60
まとめ更新きてるな

管理人様乙ですー

261名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 01:58:43 ID:VpRyeBWU0
「ずっと貴方を見ているわ、貴方が私と一緒になっても」


僕は走っていた。
あの小高い丘を目指して、
太陽の見えない向日葵の畑の中を。
きっかけは何だったか、
確か家で鉢にて育てていた向日葵が枯れた事か、
一年前は小さな苗から似つかない可愛らしい大きな花を咲かせてくれたと言うのに、
あの小鉢には根が入り切らぬだろうにと思い庭の花壇に植え直した所、一日で枯れてしまった。
その無常さに、私は泣いてしまった。

そして、気がつくとここに居た。
立ち上がった瞬間、無いはずの日光に目が眩み、そのまま再び倒れてしまう。
「あら、外の人間がここに来るなんて珍しいわね」
頭の上から声が聞こえた。
声の主は碧色の髪に赤いチェックのワンピースを羽織り、
どこと無く、怖い印象だった。
「私は風見幽香よ、外の人間、付いておいで、元の世界に帰してあげるわ」
そういって彼女は私に手を貸した、
「あ・・・〇〇と言います」
「え・・・」
名乗った瞬間に、彼女は目の色を変えた。
「貴方・・・が、〇〇、なの?」
「え、まあ・・・」
表情は恍惚に、目はニヤリと孤を描き、
凄まじい力で、僕は押し倒された。
「また・・・会えた・・・寂しかったわ・・・」
「は・・・?え・・・?」
意味が、分からない。
「貴方に捨てられた時、私は死んでしまいそうだったわ・・・」
「・・・知りませんよ、あなたの事なんて!僕は!」
「・・・?
大丈夫、すぐに思い出すわ、時間は無限にあるもの・・・」
彼女が唇を合わせようとした瞬間、僕は全力で押し退けた。
「・・・何で拒むの?」
「ひ・・・」
立ち上がろうとして、腰が砕ける。
・・・何なんだよこの人、おかしいよ・・・

僕は、あの丘に向かって走り出していた。



携帯電話なのでメモ帳が使えないんだ、
そこだけ勘弁してくれ・・・

262名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 02:27:22 ID:VpRyeBWU0
走る事は容易では無かった、
軟らかい土や延び絡まる草花の蔦に足を取られながら、彼女から必死に逃げる。
何よりも怖かったのは、
「何で私から逃げるの?何で私を拒むの?
私はこんなに貴方を愛してるのに、貴方もあれほど私を愛してくれたのに」
彼女はゆっくりと、歩いて近付いているはずなのに、
その声は、まるで耳元で囁かれる様に聞こえた。

坂道は、向日葵の茎を手に取り足場にもし、
土まみれになりながら何とか丘の上に登りきった。
坂の下を見ても彼女は追い付いて無い。
それにしてもあの目、二度と合わせたく無い物だ。
まるで魂をそこに張り付けるかの様な視線、
目を合わせれば、今度は体が動かないだろう。
さて、とにかくこの畑から離れたいので、
丘の天辺から周囲を見渡して見た。

・・・いや、見渡さない方が良かった。
余計に心を打ち砕かれただけだった。
向日葵畑は、東西南北のどの方向にも、
地平線の果てまで広がっていたのだから。
そして何よりも、
その地平線まで存在する数億を越えようかという数の向日葵全てが、
まるで僕を見守るかの様に、こちらを見ていた。

「ねぇ」
後ろから、不意に抱き着かれる。
両手の上から羽交い締めにされている為、身動きが取れない。
「私、気付いたわ」
否、恐怖に身が竦み、動く事が出来ない。
「〇〇は忘れたのね、私の事」
「し、知らない・・・貴方の事なんて・・・」
「嘘」
首筋に、何かが這う。
「だから、早く思い出す様に」
這っていた何かが、耳の中に入り込む。
駄目だ、本能で理解出来る。
逃げなきゃ・・・
「〇〇は、私の事以外考えなくて良いわ」
しゅるりと耳の奥で音が聞こえたのを最後に、
風見幽香は拘束を解いた。
同時に僕は走り出したが、
妙な・・・不快感に捕われた。
「え・・・ん・・・?」
逃げ・・・ちゃ駄目?
なんか・・・戻りたい?幽香の所に?
「〇〇の全ては私の物・・・」
あ・・・?
幽香、は、
僕を、受け入れ、て
「苦痛を感じる事なんて許さない・・・」
あ・・・あぁー・・・
あったかい・・・
「ふふ・・・可愛い。
今度は貴方が私に甘える番よ・・・永遠に・・・」
うー・・・

あの ひまわりは
さみしくて かれたのかな?

ぼくがさみしくないように
ゆうかはずっと いてくれるのかな?

fin?

・・・色々とスマン。

263名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 02:30:17 ID:qGR8cfpU0
ヤンデレゆうかりん……いいよ……実に良い……

……ッ……フゥ、GJだよ

264名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 03:02:38 ID:VpRyeBWU0
落ち着いたから読み直したがやっぱり色々と拙い所があるなぁ・・・
ゆうかりんに植物人間にされたいなぁ・・・


今更だけどヤンデレアリスに影響されて書いた。
次はヤンデ霊夢と予想。


・・・ヤンデレゆゆこさまがみたいよう

265名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 08:33:21 ID:4dR9HHcwO
言い出しっぺの法則というものがあってだな。

俺もヤンデレゆかりん考えるかな。

266名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 09:36:12 ID:7RYstdNIO
やれやれ、死ぬ時も静かに眠れんのかい。俺は。



みんなに見守られる中、そう言って○○は静かに息を引き取った。
魔理沙は必死にいつもの調子を保とうとしているけれど、明らかに無理をしていることが分かる。妖夢や鈴仙は大泣きしているし、あの風見幽香でさえ辛そうな表情をしている。今ここには、幻想郷の重鎮達が○○の為に集まっている。
まだ彼は三十路前だったけど、命を消費させるのは私たちの誰よりも早かった。

病気にかかった○○はどんどん衰弱していって、永琳もこれをどうにかするには蓬莱の薬を使うしかないと言っていた。
けれども彼は悲観することなく、むしろ残された人生を頑張って楽しもうとしていた。
皆もそんな○○に合わせて、出来るだけいつも通りに接していた。
だから彼も死ぬ間際までいつもと同じ、少し困ったような顔をしながら笑っていた。



だけどね、○○。
あなたは鈍感だからこんなこと言ったら有り得ないと言って笑うかもしれないけれど。
ここにいるみんなは、あなたのことを好きだったのよ。
私もそう。
あなたのことを、愛していた。
だから○○。
あなたが見たら有り得ないと言うだろうけど。
私も、泣いていいわよね?





あれ、おかしいな
俺はヤンデレを書いていた筈なのに
こんなんになっちまったぜ

267名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 09:52:14 ID:ggW6Xc5w0
>>266
ヤンデレが苦手な俺としてはこっちの方がイイんだぜ、GJ!

268名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 10:38:34 ID:WDs6XBlMO
むしろヤンデレな○○で

269名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 11:22:24 ID:Fik5BiAs0
それだと女の子を拉致監禁してそこまでよ!な展開になってしまう!
というかそんなのしか幻視できない俺が病んでいる。

270名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 12:24:38 ID:VpRyeBWU0
>>269
〇〇が女で百合ぃ展開にすれば良いんじゃないかな?

271名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 12:38:50 ID:Om6JFREA0
いやいや>>270、問題は対象が女性だとまずいというか監禁されるようなキャラが思いつかないというか

272名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 14:33:49 ID:xmN08Nc.0
ヤンデレもそうだけど、それらは「イチャつく」の範疇なんだろうか。

273名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 14:36:36 ID:4G58cmZUO
○○がヤンデレなんだったらいぢめスレ向きだな

274名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 14:43:10 ID:IytcHUIM0
ヤンデレという単語を知って好きなあの子にデコピン程度にイタズラするショタ○○ということか

275名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 15:18:41 ID:qNErw88A0
それで○○がグレたと勘違いしたゆかりんが慌てるんですね、わかります

276名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 16:34:44 ID:hHq5ffYU0
うっかりゆかふぃんに「あぁん? ばばぁは黙ってろ」とか言ってスキマ送りにされるわけですね

277名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 18:36:25 ID:/MZ9cI5g0
ついでに言うと主人公がヤンデレするとパッチェさんの前に
メアリさんに引っ掛かる可能性もあります。ご注意

278名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 20:49:22 ID:FKl26rpw0
>>277
たとえメアリさんに引っかかっても面白ければ良しが俺の持論
だから俺の脳内は結構メアリさんセンサーに引っかかってるんだなこれが

279名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 21:28:47 ID:VpRyeBWU0
流れはこうか?


〇〇「ゆかりんのばばあ!」
紫「・・・〇〇、その言葉、誰に習ったのかしら?」
〇〇「ゆゆこおねぇちゃん」
紫「そう、〇〇は素直で良い子ね、・・・少し待ってなさい」


幽々子「〇〇、〇ックスって知ってる?」
〇〇「ん〜・・・知らない。どういう意味?」
幽々子「教えてあげるからちょっとお姉ちゃんと一緒にねんねしましょうね?」
〇〇「分かった〜、寝る〜」
幽々子「うんうん、〇〇はいい子・・・ぐべっ!」
紫「私の〇〇になんて事吹き込んでるのよこの万年発情霊!」
幽々子「何だ、紫か・・・〇〇が嬉しさの余り私に抱き着いたのかと思ったわ」
紫「〇〇に抱き着かれる権利があるのは私だけよ、それに貴方なんかに抱き着いたら〇〇が汚れるわ」
幽々子「元々そのつもりなんだから良いじゃない、それにこれは貴方の方が詳しくでしょ?」
紫「そりゃ・・・そうよ、幽々子と私じゃ年期が違うわ、私は若いけど」
幽々子「一言多いのはまあ良いとして、それなら紫も私と一緒に〇〇に〇ックスを教えれば良いじゃない?」
紫「それも・・・そうね、〇〇が大人になって穢れる前に、私たちが教育しないとね・・・」
幽々子「じゃあ〇〇、一緒におねんねしましょうね・・・」
紫「大丈夫・・・優しくしてあげるわ・・・」
〇〇「え・・・紫姉ちゃんも幽々子姉ちゃんも怖いよ・・・」


ヒント:子供って靴下履かない事あるけどあれって水虫になりやすいから止めた方が良いんだよ

280名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 21:35:19 ID:CeFOvwI20
いけない子ね・・・

281名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 22:16:45 ID:VpRyeBWU0
>>280
ごめんなさいゆかりさまもうしませんごめんなさいゆかりさまもうしませんごめんなさいゆかりさまもうしませんごめんなさいゆかりさまもうしませんごめんなさいゆかりさまもうしませんごめんなさいゆかりさまもうしません

282名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 22:47:29 ID:hHq5ffYU0
>>281
紫「私の靴下を五本指の靴下に変えたのは貴方ねっ!?」

283名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 22:51:07 ID:mSOFGahg0
わざと○○をヤンデレにするように仕向けるってのはどうかな?
例えばゆかりんとかえーりんとか
まあ俺には難しくてかけないけど

284名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 22:53:59 ID:7RYstdNIO
「困ったわね…あと少しで満開になるのだけれど」


冥界の一室。
幽冥楼閣の亡霊少女こと西行寺幽々子は、あまり困っていないような口調でそう呟いた。

あと少しで西行妖が満開になり、その下に封印されているものが解放される。しかし満開になる直前のところで集めていた春が底を付いてしまい、それは出来ないでいた。
ならばさてどうするかと考えていたのだが、

「おかーさん!おかーさん!」

愛おしい我が子の呼び声によって、それは中断される。
しかも何やら切羽詰まった感じの声にも聞こえた。仕方がない。取りあえず考えるのは後にしようと○○の方を向き

「あらどうしたの○ま……」

幽々子は凍り付いた。
普段の彼女からすれば有り得ないことだが、それも無理もない。
何故なら○○の服装がいつもの着流しから


フリフリのいわゆるゴスロリというものに変わっていたからだ。
何よりそれがかなり似合っていて、そこら辺の女の子より余程可愛らしい。
二重の意味で幽々子にはショックだった。


が、それも一瞬のことですぐにいつもの調子を取り戻した彼女は落ち着いた笑みを浮かべた。

「あらあら、随分と可愛らしい格好だけど、それはどうしたのかしら?」
「あ、あの変なお姉ちゃんが」「あら貴方、こんなところにいたのね」

と、本来ならこの場にいる筈のない、メイド服姿の女が会話に割り込んできた。

「さぁ、お姉ちゃんと一緒に行きましょう?」

…よく見れば、そのメイド服には鼻血を垂らした様な跡があり、一見冷静に見える顔にも赤みが指している。

「うぅ…」

息子を見れば、酷く怯えた顔で女を見ている。余程怖いのか、幽々子の陰に隠れて震えていた。

それで大体の状況を察した彼女は、怪我をさせないように○○を下がらせて、自身の持つ最高のスペルカードを構える。
対して、メイド服の女こと十六夜咲夜も当初の目的を完全に忘れ去り、○○を手に入れるべく眼前の亡霊を倒そうとする。


「必ずその子を連れて帰るわ、姫の亡骸!」
「やれるものならやってみなさい、悪魔の狗!」




東方幼々夢 完

285名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 22:54:12 ID:sMqVE6xI0
流れを読まずにエイプリルネタを書いてみる

○○「映姫、俺のこと好きか?」
映姫「へっ!?いきなり変な事言わないでください!」
○○「俺は映姫のこと嫌いだ」
映姫「な、何を言っているんですかあなたは……わ、私の何がいけないのですか?」
○○「説教くさいところとかそのロ○コン体系とか他いろいろ」
映姫「……うわーん、○○のバカーーー!!」
映姫はそういってどこかへ飛んでいった
○○「あっれおかしいな、今日はエイプリルフールのはずじゃ……」
小町「あんたさっさと映姫様追いかけた方がいいよ。このままじゃ映姫様が入水自殺しそうだからさ」


○○「映姫……こんなところにいたのか……」
映姫「……あなたなんて知りません。さっさと向こうに行ってください」
○○「すまなかった!!今日はエイプリルフールだからさっきのは全部嘘だ!!本当にごめん!!」
映姫「……ごめんで済ませられるなら閻魔なんていらないんですよぅ〜うっ、うわーん」
○○「ごめんな映姫。俺のせいで余計な心配かけちまって…… 俺は映姫の説教は人のためになると思ってやっているのだと思うし、その体系もどうってことのない俺の愛している映姫の証みたいなものだからな……」
映姫「うぇ、ひっく、ほ、本当ですか……? もう私に嘘をついてませんか?」
○○「ああ、俺は二度と映姫に嘘をつかない」
映姫「な、なら、私は一つだけ嘘をつきます。い、いいですか?」
○○「何だ?」
映姫「あ、あなたのことが大っ嫌いです。こ、これからも一緒にいてあげないです」
○○「ああ、わかってるさ映姫……んっ」



小町「それはそうとエイプリルフールは明日なんですが……」

みたいなことを考えてみた

286名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 23:10:14 ID:VpRyeBWU0
ふと思い付いたんだが、
咲夜さんといいえーりんといい銀髪組は可愛い物好きだよな。
みょんはみょんで境遇的に好きそうだし(弟分、なニュアンスも含めて)、
こーりん、お前もか・・・


な話を書こうと思ったが書く体力が無いからプロットだけ投下しておく。

287名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 23:31:42 ID:IytcHUIM0
ショタ○○による「いちにちでえとけん」を賭けた異変とな?

288名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 23:44:51 ID:e/gR6vZIO
エイプリルフールに向けて悪戯を考える○○
いつもとは違う格好をさも当然のように振る舞うのがいいと吹き込まれてしまったので女装することに

289名前が無い程度の能力:2008/03/31(月) 23:57:12 ID:s/ucMUcs0
え、ショタな○○が境遇に耐え切れず家出をしてみんなを困らせるって?。

290名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 00:06:01 ID:yuQkTCx20
家出ネタは書き途中だがショタじゃねえなあ。
つか流石に子供が一人で無事なところでも無いような気がするんだが、幻想郷は。
まあそこを何とかするのも腕次第なんだろうが。

291名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 00:24:03 ID:miWle9kw0
いやそこは腕よりも愛だよ愛
かわいいと愛着がわいて…くいつく、てなことにはならないか。

292名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 00:34:59 ID:BS6cwt7s0
うどんげのブレザーが男物だということを最近知った。
俺の中でうどんげに対する好感度が急上昇した。

慧音先生、この気持ちは何なんですか?

293名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 01:07:14 ID:LvmRA6J.0
ショタネタの家出は危険だからこそ盛り上がるのでは? 
 
>>292 
愛という名の病気だよってけーねがいってた

294名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 03:37:02 ID:g7lAIqXk0
>>292見て妄想。


最近、鈴仙が怪しい。
自分の目の前でやたら失敗する様になった。
いや・・・それだけならまだ良いのだが、
失敗した後に・・・
「きゃ・・・!」
「っとと・・・大丈夫か?鈴仙」
「う、うん・・・・・・・・・」
「いや、あの、いつまで抱き着いてるつもりだ?」
「あ、うん、ごめん・・・///」
と、こんな感じで目の前で抱き着く様に倒れ掛かり、
俺が言うまでずっと胸元にうずくまるのだ。
そりゃ鈴仙は可愛いし抱き心地も良いけどさ・・・なんか恥ずかしいな。
俺と鈴仙はそんな関係じゃないし、失敗するのも俺の勘違いかもしれない。
だからまあ、仕方ないな。


イナバ達と遊んでいて、自分の部屋からトランプを持ってくる事になった。
閉めたはずの部屋の戸は、少し開いていた。
・・・誰かいる?
「・・・ふふ、〇〇の匂いだぁ・・・///」
鈴仙だった。
俺が幻想郷に来た時に着ていた学ランに抱き着き、
ほお擦りしながら匂いを嗅いでいる。
「れ、鈴仙?」
「な・・・〇〇!?いや、その、これは・・・」
「な、何で俺の学ランを・・・?」
「いや、余りにも〇〇が良い匂いだから・・・じゃなくて、
ごめんね、嫌だよね、こんな変態・・・」
そう言って鈴仙は涙目で視線を落とした。
「いや・・・その、鈴仙なら似合うと思うな、それ」
「・・・私の事嫌いにならない?」
「うん、趣味は人それぞれだし?」
「・・・ありがとう」
鈴仙は顔を上げ、
俺をじっと見つめ・・・
「私、〇〇が好きだから、もっと君を感じたいよ・・・」
「あ、うん・・・
俺だって、鈴仙の事、ずっと好きだよ///」
「嬉しい・・・じゃあ」
鈴仙は喜々として学ランを羽織り、
ってあれ、頭が揺れる?
あ、立ってられない。
「今日はたっぷり、〇〇を感じさせてね・・・///」

こうして師匠に発見されるまで、
俺は鈴仙にマーキングされ続けたのでした。

まだ残り香が甘いよ畜生。

295名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 03:44:26 ID:Z4hDIpZk0
「仕方がないじゃない」
永琳様はそう仰った。
「○○が優曇華のことばっかり見て振り向いてくれないから悪いんじゃない」
天才の眼には涙すら浮かんでいた。
「○○と愛弟子と、二者択一なんて私には無理よ、無理なのよ」
泣き顔はまるで子供のそれのように歪み、
「なんで私に振り向いてくれないのよ、○○!」
ヒステリックに叫んだ。

「それで鈴仙をそんなにしてしまったのですか」
一方で○○の声は、かすかに震えている。
「邪魔者を排除すれば愛が得られるとでも思ったんですか」
わなわなと怒りを露にする○○の拳が握り締められてゆく。

その部屋には永琳と○○と、そして鈴仙がいた。
鈴仙だけが、この会話の外にいた。
ベッドの上で、彼女の眼は中空に向けられたまま焦点が合わず
呼吸で胸が上下しているほかは動きがみられない。
鈴仙は植物状態だった。

そして○○は見てしまった。
愛弟子に毒を処方する永琳を。
神経毒の入った瓶を手に部屋に入っていく永琳を。
鈴仙の頭を乱暴に引っ掴み、握り締めた目分量のカプセルを
鈴仙の口の中に突っ込む永琳の、鬼気迫る姿を。

「そうね、浅はかだったわね」
泣き崩れていた永琳は、ひとしきりそれが終わってから、再び語りだした。
「天才が何よ、感情は知能では制御できないわ」
そして、永琳は、愛弟子に飲ませしめた毒薬を再び手にして、○○に向き直る。
「もう、こうなったら、貴方も優曇華も、一緒にして、一生面倒見てあげる」
永琳から発せられた負のオーラが○○に襲い掛かり、吹き飛ばされそうになるが
○○はとっさにかがんで、危ういところでそれに耐えた。
「もう貴方を離さない、永久に私の傍においておく」
○○は恐れおののいたが、彼も男。
それが自分を超越し、一時は崇拝していた永琳であろうと、愛する者を手にかけた
行為に対して、何もせず屈することなどできはしない。
自らの敗北を予感しながらも、○○は唸るように言った。
「天才も、愛深きゆえに堕ちたか……ならば、倒すことが愛!」

おそまつ

296名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 03:51:16 ID:g7lAIqXk0
>>293
幻想郷でショタが家出した場合を予想。

⑨組、
るみゃ「おとうとー!」
ちるの「あんたは今日からあたいおとうとよー!」


守矢
すわっ「博霊の巫女が来るまで保護してあげるよっ!」
早苗(やはり巫女服がありますし女装させてうふ、うふふふふ・・・)
「そうですね外は危険ですしね」

無縁塚
こまち「〇〇はあたいの抱き枕なんです〜!」
えーき「駄目です駄目です!私だってたまには〇〇を抱っこして寝たいんです!」

白玉楼
ゆゆさま「おかしあげるわ〜♪」
みょん「あ〜っ!駄目ですよ晩御飯の前なんですから!」

マヨイガ
ゆかりん「〇〇は可愛いわねぇ♪」
藍「橙の遊び相手が出来てよかったですよ」

永遠亭
てるよ「ここなら一番外に文化が近いから住みやすいと思うわ?」
師匠(あぁもうとりあえずうどんげからブレザー剥いで〇〇に着せないと・・・ダボダボの制服とか萌え死ぬじゃない)
「そうですね、私も姫に賛成です」
うどんげ「なんか寒気が・・・?」


紅魔館
れみぃ「湖渡って帰れとも言えないしねぇ・・・ま、霊夢が来るまで養ってあげるわ」
咲夜(やはりメイド服を着せてふ〇なり設定ですね、服さえ着せれば口実なんていくらでも作れる訳ですし・・・)
パチェ「咲夜、そこまでよ」


アリス亭
アリス(・・・ま、上海や蓬莱が相手してくれるしいっか)
「魔理沙か霊夢が来るまでよ・・・」

魔理沙亭
魔理沙「身ぐるみよこせ、話はそれからだぜ」

博霊神社
霊夢「・・・はぁ、仕方ないわね。事が収まったらちゃんと帰るのよ?」



・・・あれ、平和じゃね?

297名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 04:02:03 ID:e9ivvpDc0
>>295
てゐ「巨乳堕つか・・・」

298名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 04:12:38 ID:oe.Et2eY0
最後の台詞で途端に脳内描写が原哲夫面に!?
いいぞもっとやれ!

299名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 05:56:48 ID:Ca86yCaY0
今日はエイプリルフール
○○なんてきらいだー!って言ってきたけど
俺はチルノのこと好きだよと返されて
えっ○○はあたいのこと好き?あれでも今日は嘘ついてもいい日だし、あれ?あれ?
って混乱してしまいには泣き出してしまうチルノというネタが
チルノかわいいよチルノ

300名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 09:26:45 ID:67CzLxM2O
白玉楼の庭で剣の鍛練をするみょんのもとに駆け寄るショタ○○。
「妖夢おねーちゃん遊んでー!」
「わあっ! あっ、危ないよ! 今は幽々子さまに遊んでもらってなさい」
「だってゆゆおねーちゃんが妖夢おねーちゃんに遊んでもらいなさいって……」
「もう。○○の世話は任せろって言ってたのに……。もう一度戻って、私は今剣の鍛練で忙しいからと言って――って、あれ?」
みょんの前でぐずりだす○○。
慌てて二刀を鞘に納め、○○をなだめようとしたがもう遅かった。
「ヒッグ…、みょんおねーちゃんはボクの事きらいなんだ……。うわーん!!」
半霊共々飛び回って大ピンチ。
みょんは膝をついて○○を抱き締める。
「ちがうよ、ちがうよ大好きだよ! おねーちゃんは○○が大好きだよ! 今は危なかったから、○○が怪我したらおねーちゃん悲しくなっちゃうからだよ!」
○○を泣き止ませようと、必死に説明するみょん。
「ヒッグ……、ほんと?」
「ほんとにほんと!」
「……じゃあ、だっこして」
みょんから離れ、手を伸ばす○○。
涙を流した為に、頬が上気して○○の顔は桃のようだった。
その愛らしさに心をうたれたみょんは、
「もぅ、仕様がない子ですね。ほら、おいで……」
微笑みながら○○を抱き上げ、頬擦りをして自室に連れていった。

301名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 09:40:26 ID:1bHFfz8c0
片っ端から結婚しよう!
と言って回りたいな、今日は。

302名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 09:55:02 ID:JwB80nUcO
3/31の宴会が深夜0時を回った頃に
「今だから言うけど俺、里に付き合ってる女の子がいるんだ」
と漏らしてみんなのテンションがガタ落ちして急に片付けムードになって、慌てて
「う、嘘!今の嘘だから!」
とネタばらしすると実はみんなの反応も演技で、墓穴を掘った○○はみんなに取り合いされる

そんな光景が

303名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 10:08:30 ID:Skkj5ey.O
あれか
萃香に冗談のつもりで告白したら本気にされて拉致られるんだな

304名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 10:23:18 ID:uy4hg3pcO
輝「靴紐がほどけてるわよ」
妹「えっ?」
バキャア!!
妹「ぐはっ・・・いきなりだな、ん?慧音!来てくれたのか!!」
輝「何っ!?」
くるっ
妹「オラアアァァァ!!」
グシャア!


エイプリルフールってこうですか?

305名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 11:19:20 ID:YjuQHWl20
いやむしろ
輝・妹「「あ、○○!」」
輝・妹「「え!嘘!○○こっち来ちゃだめぇー!」」

チュドーン

306名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 14:11:09 ID:sBKdeWDs0
エイプリルフールということで相手を驚かせる為に結婚してくれと冗談半分に告白する○○。
そんな○○の思惑をつゆとも知らず、本気にしてしまい歓喜して○○を押し倒すゆうかりん。
もはや聞く耳持たずで嘘だと言っても通じないゆうかりんに諦めかける○○。
そこに偶然通りかかった女性陣。
当然の如く修羅場突入、第一次○○争奪大戦勃発。


ここまで幻視した

307名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 16:52:00 ID:80IN19F60
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1038.txt

今回はゆかりんにしてみました
量的にLunaticなのでご注意を……
そして元ネタを投下してくれた>>135氏には本当に感謝です

308名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 17:09:13 ID:RfaWiF2g0
ショタ○○「もこうおねえちゃんいっしょにあそぼ〜」
妹紅「げぇ○○なんて格好してるの!?」
○○「ん〜なんかこうまかんとかのメイド長っていうひとから「あなたはこれを着たほうが可愛くなれるわ!」って言われたときにはこうなってた〜」
妹紅「あのメイド長が……」
○○「そしたら〜空から緑色の巫女さんが飛んできて「○○君にはこっちの方が似合います!!」ってたいそう服って言うのかな?それを持ってきてて〜」
妹紅「……」
○○「そのあとね〜胸の大きいお医者さんが「○○くん、制服って着て見ない?ちょうどここにブレザーがあるから」ってウサギの耳をした人を連れてきてね……あとは〜……」
妹紅「……もういいよ○○」
ガラガラガラガラ
○○「あっ、けーねおねえちゃんお帰り〜」
妹紅「おかえり〜って……慧音何持ってるの?」
慧音「何って○○に着せる衣装だけど」
妹紅「……お前ら○○を着せ替え人形にするなーーーー!!」


幻想郷でショタ○○を見て動じない人って脳内検索したら妹紅がでてきたのはなぜだろう?

309名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 17:42:30 ID:D/2SsLfY0
>>307
素晴らしい
凄いなそのSS
永久保存にしておくわマジで

310名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 18:45:21 ID:g7lAIqXk0
>>307
即効保存した。

妹様がこんな狭い家に四人も来た時はどうしようかと思ったが、
307お前の仕業か。

あ、携帯さわっ

311名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 19:03:02 ID:eBqrO9is0
>>307
いや、ほんとに良かった。
たまにこういうのが来るから、イチャスレは止められん。

312名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 19:05:02 ID:5xvKvPJw0
おーい4月1日だぞー?今日といえばお前がヒロインだろー?
何処行ったー?もう日が暮れたのに顔見せないのかー?
いつもの様に俺を騙してくれないのかー?
俺言っちゃうぞー?
よーし言っちゃうぞー?
お前が心の底から大嫌いだー!ってすいません永遠亭の皆さん許してください!

313名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:11:06 ID:ks15FwpQ0
>>307
素晴らしい。
いやしかし、ホントにこんなことってあるんだなぁと。
ああ、文さん、ちょっとマウスで勝手に遊ばないd

314名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:38:29 ID:YjuQHWl20
たとえ>>307現象が起こっても世の中に広まる事はないと思う
イチャスレ住人は口が硬いからな

315名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 20:58:20 ID:g7lAIqXk0
春なのでリリーを捕まえてみようと思った。
某資料によると里の子供とかが捕まえてるらしいし。

さて、年甲斐もなく虫取り網を持って春がまだ行き届いて無い所を探す。
流石に四月ともなれば桜も咲き始める様な時期であり、
いかにもリリーと弾幕が飛んできそう・・・いや、なんか例えかたが変だな。
「春ですよ〜」
とか言ってると早速リリーの声が聞こえたので声のする方を向いてみると、
「デカっ!?」
「?、そうですか〜?」
いや、普通に10代くらいに見える女の子でした。
里の子どうやって捕獲するんだ、投網でも使うのか。
「いや、里の子とかが捕まえるって・・・」
「ああ、確かに、この里の子供に捕まってご飯をご馳走になったりしますね〜」
・・・いやそれ、お客様じゃん。
・・・まぁ、春を告げる妖精だしな・・・分かる気もする。
「・・・えい」
・・・虫取り網をリリーの頭に被せる。
・・・俺は何をやってるんだ。
「ありゃ・・・捕まっちゃいました〜」
畜生なんかリリーが優しい人で俺が頭が春な人みたいだ。

そのシュールな格好のまま家までリリーを持ち帰る。
「お邪魔しま〜す」
・・・なんかもうお客様で良いや。

とりあえずご飯を何にしようかと思ったら、
リリーの懐から春野菜や七草がドッと出て来た。
リリー・・・恐ろしい子!
仕方が無いのでそれで食事を作る。
ry、出来た。
「ほら、出来たぞ、味は分からんが」
「あ〜んしてください」
「なっ!?///」
「捕まったばっかりのペットの私はご主人様が怖いので〜、あ〜んして懐かせて下さいね〜♪」
なんか・・・どっちがペットか分からん気もしてきた。
「あ、あ〜ん」
「はいあ〜ん・・・むぐむぐ、美味しいです♪」
「そりゃよかったよ・・・あれ?リリー何か服が黒く・・・」
「気のせいですよ〜、次は私の番ですね?」
え?
そういうとリリーは七草粥を口に含んでもごもごした後、
「はい、ご主人様あ〜ん?」
「え、や、ちょっとリリーさん?やめ、あ、アッー!!!!」



だが嫁は妹様!
一家に一匹リリーホワイト!

316名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:25:28 ID:zEy8PBlI0
>>307
ほんと冗談抜きで凄い良かった。

ちょ、鈴仙ディスプレイ越しに眼を合わせようとしないでくr

317名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:34:11 ID:RfaWiF2g0
>>307
GJ!
とても良かったよ〜

って書き込んでる間に萃香がえへへ〜ってやってきたんだけどどうしよう?

318名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:40:43 ID:ojg6jkS20
>>307
よくやった
だが・・・ゆかりんは取られてしまったか・・・

319名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 21:59:19 ID:ZNQk.qCs0
>>307
凄い良かったです。本当にありがとう。

320名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 22:15:55 ID:/KHnrgbk0
>>307
GJだぜ。
こういう設定の作品、好きだわ。

あ゛!ちょっと待て。ブックマーク開かないで永琳!
いや待て。その如何わしいサイトは知り合いから聞いただけで、俺は見てないんだ。
だから座薬はやめt・・・アッー!

321名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 22:19:49 ID:sBKdeWDs0
感想書くだけなら避難所の方のスレ使おうな

と、これだけじゃアレなんで
「幽々子さん。多分俺は、死んでもあなたが好きなんです。
だから、その……恋人になれたらなぁ、と」

322名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:10:52 ID:r5nIbhwI0
「はなせー!!」
「いーや、ダメだ。このウ詐欺。俺の部屋を荒らすわ、あろうことか俺のでっち上げの噂を流すわ、覚悟は出来てるんだろうな」
「うー、だって今日エイプリルフールなんだよ?信じるあいつらが悪い!」
「だからってなぁ、俺が結婚相手募集中なんてどっから出た妄想だよ。来るあいつらもあいつらだけどよ」
「(・・・・・だって、○○モテるんだもん・・・・)」
「なにかいったか?」
「なんでもない!」
「・・・・まぁいい。さーて、どんなお仕置きをしてやろうかなぁ?」
「はーなーせー!!」
「ダメだ。今日の騒動なんかもう二度と起こしたくないようにしてやる」
「・・・・・・・ひどいよ。」
「ん?」
「わたし・・・・・○○のこと・・・・本当は好きなんだよ・・・・?」
「奇遇だな。俺もお前のことが好きだぞ、てゐ」
「・・・・・・・・・・・・・・・え?そ、それって・・・・」
「・・・・・・可愛いところあるな、お前。今日が何の日だか知ってるか?」
「〜〜〜!!」


逆に騙されるてゐ可愛いよてゐ

323名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:28:19 ID:uy4hg3pcO
大「うー、○○の嘘つき・・・」
○「今日はエイプリルフールだからな。けど大妖精ってあまり嘘つかないよな」
大「私だって今日嘘ついたんだよ」
○「へぇ〜どんなこと言ったの?」
大「今の」
○「えっ?」
大「だから嘘ついたっていうのが嘘」
○「解り辛っ!」


大妖精はこういう天然キャラだと思ってる

324名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:36:30 ID:F2htl7MA0
http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1039.txt
風邪ひき○○と年中四月一日の兎

325名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:44:39 ID:iJW1c4B60
>>324
人、それを天邪鬼と言う。GJ。

326名前が無い程度の能力:2008/04/01(火) 23:51:05 ID:9.D5D.VM0
>>324

見えた。
てーちゃん可愛いよ。

327名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 00:41:45 ID:hVieWzRI0
リリーホワイト「春ですよ〜」
○○「春なのか。…………で、おまえはどうするんだ?」
家でゆっくりとくつろいでいるときに入ってきた女の子
うわさに聞く春を伝える妖精というものらしい。名前は知らないが
リリー「え〜と、春です」
○○「うん、わかった、で?」
リリー「う〜、春です」
○○「だから、わかったって」
リリー「むぅ〜春なのです!!」
○○「ぷっ、あははははは!つまり春だからどっか行こうっていいたいのか?」
リリー「うん!うん!」
○○「ん〜じゃあ花見でも行くか!」


道中


リリー「そういえばあなたの名前はなんていうのですか?」
○○「そういえばそうだったな、俺は○○って言うんだ。君は?」
リリー「リリーホワイトなのです〜えへへ〜」
○○「リリーか、よろしくな」
そういって握手のために手を出すと
リリー「に○ー」といった感じで顔を赤くしながら握手してきた
……あれ、顔を赤くしながら?
リリー「春を伝える妖精と握手すると結婚しなくちゃいけないのです〜」
○○「へっ……はぁ!?ま、まさかお前それ知ってて握手したのか!?」
リリー「不束者ですが、よろしくお願いしますです。これで二人とも春なのです〜」

このあと悩んでいる○○と楽しく笑っているリリーを幻視した

328名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 01:46:24 ID:izS1CWuA0
よし・・・言い出しっぺ何だし書いてみるか・・・

ヤンデレゆゆさま


「で?〇〇は誰が好きなのかしら?」
「ゆ、幽々子?君だけだよ!君だけを愛してるから!」
本当かしら、
そう言って幽々子は僕のPCを弄り、あるページを開いた。
・・・東方キャラとイチャつくスレ、通称プロポスレだった。


そもそも、何でこんな事になってしまったのだろう。
あのスレに八雲 紫のコテハンが沸いてから数日、
自分はてっきり荒らしか何かだと思っていたが、回りのレスで「自宅に嫁が来た」とか言ってた辺りに、
急に玄関のベルが鳴り、扉を開くと幽々子が居たのだ。
それは・・・嬉しかったさ、
お互いに初対面だったもののある程度の事は知っていたし、
幽々子も僕を気に入ってくれてたのですぐに仲は進展した。
彼女は「一時も離れたくないから」と言って姿を消していつも僕の側に居た。
・・・それからだ。
急に、周囲で女性が殺されたり自殺したり事故に巻き込まれたり・・・
その人達、見たことある顔だなと思ったら、
例えばコンビニの店員だったり、大学でちょっと話した人だったり、
不本意だけど、何となくその事を幽々子に聞いてみたんだ。
帰ってきた言葉は、完全に僕の予想を上回っていた。
「当然よ、あんな女なんか死んだ方がマシじゃない?」
ご飯を口に運びながら笑顔で答えた幽々子に僕は問い掛けた。
「死んだ方がマシって・・・何があったんだ?」
「私の〇〇に触れたのよ?〇〇が汚れるじゃない」
その眼は虚ろだった、
はたして幽霊の真の眼とでも言うのか、
その日僕は、初めて幽々子に恐怖した。

それから、一週間。
なるべく人との関わりを避けながら幽々子と生活してきた。
八雲 紫が再びスレを見る事を祈って遠回しに幽々子を帰す様にレスもした。
勿論幽々子はそんな事も知らずに、
いつも通り笑顔で僕の側に居た。

幽霊でも寝静まるのは深夜の様で、
僕は幽々子が寝付いたのを確認してPCを起動する。
・・・まだ八雲 紫は来て無いのか。
「ねぇ?」
「なっ!?」
反射的にページを閉じる。
「〇〇は私の事、好き?」
幽々子がそこに居た。
・・・様子がおかしい。
顔を紅潮させ、四つん這いに、
しゃなりしゃなりと、近づいてくる。
「ゆ・・・」「動かないで」
僕の回りには夥しい数の蝶がひらひらと待っていた。

そして、物語は冒頭に戻る。

329名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 02:28:02 ID:izS1CWuA0
「〇〇は、悪い子ね」
白魚の様な指をマウスに乗せ、かちかちと弄る。
全然関係の無い所をクリックしている筈なのに、
どんどん、僕のレスだけが表示されていく。
背筋に嫌な汗が伝った。

「こんなに、紫に、ねぇ?」
「・・・」
「私は帰った方が良いって・・・」
「それは・・・っ」
「あら・・・」
幽々子が目を付けたのは、随分と昔のレス。
まだ僕が紅魔郷しかやった事が無かった頃の・・・レス。
「チルノ可愛いよチルノ、お持ち帰りして嫁に・・・」
唾を飲み込む。
生きた心地がしない、なんて物じゃない。
ただ単に、人の死を目前で見たような恐怖を感じた。
「私が・・・氷精なんかに劣ってるの?」
「ちが・・・!」
「じゃあ、何で私を幻想郷に帰そうとするのかしら?」
「う・・・」
幽々子は表情を変え、屈託の無い笑顔で言った。
「可哀相ね、あの氷精、あなたがそんなだから世界から消えちゃうのよ?」
物理的に死んでも平気な妖精を完全に殺すには?
消してしまうしか無いのだろうか。
「ごめんなさ・・っ!」
初めて触れた幽々子の唇は、氷の様に冷たかった。
逃げようにも後ろ手を回され引き離す事が出来ず、
体が冷えると言うよりは全身の熱を幽々子に奪われる様だった。
「う・・・ぁぅ・・・」
「大丈夫、このくらいじゃ死ねないわ」
死・・・死ぬ?殺される?
「ねぇ?〇〇、私が怖い?私から逃げ出したい?」
動かない体で、必死に首を横に振る。
「嘘、今すぐにでも、一秒でも早く逃げ出したいでしょ?それで良いの」
何だ・・・って?
「もっと私を憎みなさい、私を怖がりなさい、愛しなさい。
あなたが私の事を強く想えば想う程、それは未練になってあなたを亡霊に近づけるわ・・・」
亡霊・・・え・・・?
「亡霊になってしまえば私はあなたと白玉楼で永遠に一緒に居られるもの・・・
だからあなたが過去に誰を好いていて、未来に誰を好くかなんてどうでも良いの」
あれ・・・幽々子・・・歪んで・・・
「あぁ、白玉楼に帰ったら妖夢を殺さないとね、〇〇は可愛いから手を出されないか心配だもの」
嫌だ・・・寒いよ・・・暗いよ・・・
「二人っきりで永遠に過ごすの、そうしたらもう私の事を好きになるしか無いじゃない?
大丈夫、時間なら無限にあるしあなたに私以外は感じさせないわ?」
ぁ・・・
「ふふ、あはははは!
〇〇、死ぬのが怖い?嫌?悔しいかしら私が憎いかしら?
そうよもっと私を想いなさい、二人で添い遂げる為に・・・
あぁもう何て苦しそうな顔なの?全身の血が凍っちゃいそうなのに生きようと必死なの?
あぁ〇〇・・・そんな表情も愛しいわ・・・もうずっと、私だけの物・・・」




あったかい、
じゃあ、しんだんだな。
ゆゆこ、
ゆゆこってだれだっけ?
だいじななまえなのに、
なにもおもいだせない、や

きっと、たいせつなひとなんだ、な

330名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 02:28:35 ID:iLLXN9Q.0
>>328
そして愛故にある日気がついたら幽霊にされていた

っていう某黒魔術士ラノベ思い出した

331名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 05:02:15 ID:l1dxM3hQ0
霊「あんたなんか嫌いよ」
○「……え?」
霊「聞こえなかったの?悪いのは耳?それとも頭?
  私は○○が嫌い、好きじゃないって言ったの」
○「嘘……だろ?」
霊「何回かした程度で調子に乗らないで欲しいわね
  大体あんたとしたのだって紫に言われて跡継ぎが欲しかったから
  別にあんたじゃなくても良かったわのよ」
○「……っ!」
ダッ!!


魔「おい!霊夢!」
霊「あら魔理沙、来てたの」
魔「来てたのじゃねーよ!何だよ今の!」
霊「聞いてたわけ?」
魔「なんで○○にあんなこと言ったんだ!
  あいつは…○○は本当にお前のことが好きなんだぞ」
霊「そんなの知ってるわよ、今日はエイプリルフールでしょ
  ちょっと嘘ついてみたんだけど流石に悪ふざけが過ぎたわね……」
魔「あのな霊夢一つ言ってもいいか?」
霊「何よ」
魔「もうエイプリルフールは過ぎてるぞ」
霊「……じゃあ○○は」
魔「完璧誤解してるな」
霊「!!??○○ーーー!!」
ビュンッ!!
魔「まったく…○○もかわいそうだぜ」


エイプリルフール過ぎたけどエイプリルフールネタ

332名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 12:05:38 ID:L.Wwy9f2O
エイプリルフールを忘れてて昨日嘘つかなかったんだけど、朝起きたら何故か家が酒臭くなってたんだ。
何だろうと思って布団から出ようとするんだけど、見知らぬ幼女が俺にしがみついてて起き上がれなかった。
思わず変な悲鳴を上げちゃったんだけど、それでも幼女は起きないんだ。
仕方がないから引き剥がそうと思ったんだけど見かけによらずもの凄い馬鹿力でさ、まったく動かないんだよ。
なぁ……これどうしよう?

333名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 12:06:02 ID:kXx8ED.EO
○○が外の世界に帰ってしまったこと、その際彼自ら望んで幻想郷で過ごした記憶を抹消したことを紫から聞かされる鬱エンドを幻視した

334名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 12:37:50 ID:izS1CWuA0
>>332
落ち着け、
まずは二度寝の体勢に入り、その幼女の腋をくんかくんかしながらほお擦りするんだ。
その後は頭を動かしてちゅっちゅしろ。



・・・ところで俺は朝起きると部屋が綺麗に片付けられてて、
やたら瀟洒なメイドさんが俺の秘蔵品をゴミ袋に詰め込んでた。
目が合うとめっちゃ笑顔で青筋たてられたんだがどうすれば良い?

335名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 12:59:11 ID:ij/rGgPk0
>>334
○○「さすが咲夜は気が利くな。ちょうど捨てようと思っていた所なんだ」

336名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 13:49:47 ID:JLtWp99Y0
最近の流れは実に俺好みだ
というわけで粗品をば
椛で短編です
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1040.txt

337名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 14:21:10 ID:rKICI3nM0
>>336
「俺……この勝負に勝ったら告白するんだ」的な匂いを感じた

338名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 14:57:10 ID:1ICzSwbwO
イチャスレが幻想郷から見れると仮定するとディスプレイに飛込めば向こうにいけるってことか?

ちょっとやってみる

339名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 15:09:25 ID:RpxrON9w0
>>338
何てことを言ってくれたんだ畜生!お前の所為で思い切り頭をぶつけてしまったじゃないか!!


あぁ…、幻想郷行きたいよ幻想郷…

340名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 15:25:30 ID:kbIbXWy2O
ディスプレイが繋がってるのではなく回線が繋がってるから無理だ。会社に連絡をして回線の繋がってる先を聞き出すんだ!!

341名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 15:36:42 ID:rKICI3nM0
スキマ回線による幻想郷民総ブロードバンド化時代の幕開けである

342名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 15:38:30 ID:PiFQmrkM0
そしてケラモン誕生ですね!わかります!

343名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 17:28:03 ID:.ddZjT/U0
家に帰ったらルナサに閉め出しを喰らった、しかも正座してろと言われた。
どうやらPC内の秘蔵そこまでよ!なものがばれたようだ。
皆も気をつけろ・・・あぁ、足痛いよぉ、部屋に入れさせてくれぇルナサァ。

344名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 17:33:25 ID:IV3jSfRE0
>>343
お前は今どこから書き込んでるんだ

345名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 17:48:34 ID:.ddZjT/U0
外でもPCは出来るんだぜ・・・中のものがかなり消されてるけどな・・・

346名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 18:42:58 ID:DiwVc04I0
みんな落ち着くんだ。そのうちPCに召喚プログラムが送られてくれば
いくらでも嫁を呼び放題だ!
その前にちゃんと話術を上げておかなければな!

347名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:20:33 ID:kXx8ED.EO
どうも、紅魔館情報システム部の部長をしております。お世話になっております。

348名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:30:49 ID:2qANwSYAO
良作が投下されたのはわかるが
この流れはイチャスレ的にはあれだから
そろそろ軌道修正しような



と、不安になりつつ提案

349名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:36:19 ID:NvP8sl/60
念レス成功
落ち着けお前ら流石に気持ち悪い

350名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:52:28 ID:JcNQlFus0
流れが悪くなったら一行告白すればいいじゃない

一生の司書にしてくれません?→パチュ

351名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 19:53:28 ID:.OP63.Xw0
すまん、嫁来たネタで書いてたけど自重するわ。

352名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 20:06:37 ID:QCbbDaTI0
避難所に投下すればいいじゃないか。

353名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 20:06:38 ID:rKICI3nM0
>>351
おまいはなにをいってるんだ

354名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:20:03 ID:abXyMf4s0
>>351
何を書こうが投下するのは書いた本人の自由だ
グダグダ言う奴はNGに放り込めばいい
ということでうp

355名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:21:11 ID:2rA6it7c0
よかった、ようやく気持ち悪い流れが収まった

エイプリル 間に合わなかた ちくしょうめ   ○○

356名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:37:12 ID:DiwVc04I0
お腹が空いていたのでやった
みょんっておいしそうだよね
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1043.txt

357名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:38:12 ID:yL6l2ZwY0
なんか電波を受信したのでゆゆ様で書いてみた。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1042.txt

ちょっと病んでいるかもしれない(俺の心が

358名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 21:57:03 ID:l1dxM3hQ0
>>356-357
妖夢の後にゆゆさまってすごいできすぎてんなww
しかも丁度一分後だし

359名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 22:43:27 ID:OKOnz6qI0
>>356
半霊の天ぷら・・・想像したらなんかコミカルだけど
天ぷらにした後、「幽明求聞持聡明の法」で人化させたら凄惨な光景なんだろうな

360名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 22:49:39 ID:JcNQlFus0
>>349
「衣」がサクサク「崩れる」のですね

361名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 23:11:03 ID:izS1CWuA0
おい皆、悪魔召喚プログラムを何とか完成させ

あ、ちょい待て。
うぷする前に誰か来たから玄関まで行ってくる
・・・ボーダー商事?

362名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 23:17:08 ID:2PRHQffA0
一連の流れで、小梅○いとのニー○の大○険が浮かんだ

363名前が無い程度の能力:2008/04/02(水) 23:23:34 ID:wc6GQFxc0
>>357
幽霊同士だと子供ができないのでちょっと残念

364名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 00:07:32 ID:33vDo.HIO
>>357
で、例の彼は俺ってことでいいんだな?

365名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 00:13:14 ID:LcSXoyi60
>>356
の話し見てたらお腹すいてきた
ちょっと早苗さんに夜食作ってもらおっと

366名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 00:37:42 ID:87Xf2dag0
>>365
早苗「夜食は蛇さんがいいですか?それとも蛙さんですか?(ニコニコ)」

367名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:03:34 ID:qgDnQ1NY0
>>366
『あー、早苗…確かにどちらも食べられるものではあるんだけど、
できたらちゃんとしたものが食べたいな…ほら、あそこで御二人が
脅えてるよ』
二神「「ガクガクブルブルチルチル⑨」」
早苗「あ」

鮭茶漬けをご馳走になることにしますた。

368名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:11:56 ID:E9cFkhUQ0
>>366

○○「神奈子さん聞いてくれよ、早苗ちゃんに夜食作ってくれって言ったらさぁ」
神奈子「うん?」
○○「『蛇がいいですか?蛙がいいですか?』って聞くんだよ」
神奈子「へ、へぇ・・・」

がしっ

○○「で、とりあえず蛇って言ったら『ごゆっくりどうぞ』ってこの部屋に案内されたんだけど」
神奈子「あぁ、そ、そうかい」

グイッ

○○「食べても、いいかな?」

神奈子「あっ・・・えっと、ちょ、○○っ、冗談・・・よね?」



照れる神奈子様超可愛い抱き寄せてほっぺたつついていじわるしたい

369名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:57:35 ID:LcSXoyi60
>>307に触発され、>>361をみて思いつき、>>351を勝手に応援したいと思う気持ちで
できた作品
http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1044.txt
こんな作品でスマンがこれが俺の全力だ……

370名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:58:51 ID:6lfIfyes0
「俺のペットになってください」

紫「はい、喜んで」

371名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 01:59:48 ID:vYJjog4g0
じゃあ俺は蛙を注文してみるぜ!

372名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 02:25:00 ID:2W6ni7Ks0
今更ながら >>307 読んできたぜ!

……しかし、この○○は迂闊にG行為すらできないなwww

373名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 02:33:13 ID:UZzN2sB.0
>>366を見て書いてみた
嫉妬早苗さん


○「さ、早苗さん?何をそんなに怒ってるんですか?」
早「別に怒ってなんかいませんよ、ただ私というものがありながら昨日は随分とお楽しみのようでしたね」

○「何その第三者が聞いたら勘違いしそうなセリフ、俺何もしてないよ!無実だ!冤罪だ!弁護士を呼べ!」
早「昨日諏訪子様と神奈子様と一緒に寝てたじゃないですか……」

○「いや、あれは二人が勝手に寝床に入ってきて」
早「○○さんも抵抗するなりすればいいじゃないですか!」

○「目の前にミシャクジ様出されて「一緒に寝よ?」って言われてるんだよ!?
  断ったら何されるか分かったもんじゃないよ!」
早「それでも○○さんは私の恋人なんですから
  恋人が知ってる人といっても他の女の人と一晩一緒に寝るということはあまりいい気分ではないんですよ」

○「ごめんごめん、でも俺が本当に好きで大切にしたいのは早苗さんだけだよ」
早「……信じてもいいですか?」

○「ああ勿論、もしも裏切ったら腹切るよ俺」
早「切らなくてもいいですから一緒にいてください」

○「分かったよ……んっ」
早「あっ……ん、ふぁ」

○「それじゃあ今晩は早苗さんと一緒に寝ようかな」
早「ま、○○さん!?///」

374名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 02:52:36 ID:yTnmE/0U0
早苗「〇〇さん、オンバシラスネークをキャプチャーしましたね」
〇〇「・・・旨過ぎるっ!」
早苗「あ、食べちゃったんですか、責任は取ってあげて下さいね」


早苗「モリヤオオガエルをキャプチャーしましたね」
〇〇「・・・まずいっ!」
早苗「年齢的に若く見られますしね」


という脳内

375名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 03:42:55 ID:yTnmE/0U0
ヤンデレシリーズを考えようと思ったらレミリアで挫折した。
ゆっくりした結果がこれだよ・・・


ヤンデレミリア?1

困った。
〇〇が私になびかない。
幻想郷に来たのをたまたま咲夜が拾ってきて、
それを私が見て一目惚れしたわけだが・・・
駄目だ、私ってばカリスマを出しすぎた。
〇〇は咲夜を見習い良い執事にはなったものの・・・
好意を抱いている私に全く劣情を持ってくれないのも私としては少々困ったものだ。
そんな訳で、図書館に行ってパチェに〇〇の好きなタイプを聞こうとした訳だ。
「で、パチェ?〇〇のタイプは?」
「・・・〇〇はヤンデレに興味を持ってるようね、
ここ数ヶ月前くらいに外界で持て囃されたらしいわ」
「やんでれ・・・?」
「相手を愛するあまりに精神的に病んでしまった女の子・・・って書いてあるわ」
精神的に・・・病んでる・・・女の子・・・フランっぽい事かしら?

あ、〇〇だ。
・・・折角だし試してみようかしら。
「・・・〇〇」
「おやお嬢様、どうかなさいましたか?」
「えへー♪」
ぎゅっと・・・とはいえ全力でやったらサバ折りに成り兼ねないので適度に力を抜きながら〇〇に抱き着く。
「・・・お嬢様、大丈夫ですか?」
〇〇が心配そうな様子で私を見つめる。
あぁ何て綺麗な瞳・・・じゃなくてカリスマ失墜の危機。
だが折角だから私はこっちの〇〇を選ぶわ。
そのままほお擦りをする。
「お嬢様・・・」
「う、うー・・・♪」
こんな感じだろうか?
「ま、〇〇・・・大好き・・・?」
私としては結構フランっぽく演じてるつもりなのだが。
「お嬢様、今日はお休みになりましょう?」
「え・・・何で?」
「私何かではお嬢様は勿体ないですよ。
今日はゆっくり休んで、明日落ち着いてからもう一度話し合いましょう?」
〇〇は笑顔でそう言って、私を寝室まで連れてった。

・・・失敗してるじゃないか・・・
何やってるんだ私・・・
〇〇は私のカリスマを保とうとしてくれたんだし・・・
はぁ、何をやってるんだ私は・・・




・・・ところで携帯でうぷろだ使う方法無いかな?
例によってメモ帳とか使えないんだ。

376名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 09:00:40 ID:xeauCE12O
これはいいレミリア

…しかし何故急に俺んとこのパソコンが使えなくなっちまったんだろう…

377名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 09:26:42 ID:r0R/zN2.0
天プレよめ

378名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 09:54:22 ID:QuTwef6cO
赤基調の着物をプレゼントされて真っ赤になる妹紅。
そして妹紅の恥じらいによって生じた熱で真っ赤になる○○。
真っ赤になる○○を見て更に真っ赤になる妹紅。
余計真っ赤にな(以下略

379名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 10:19:54 ID:v9ei/lGs0
>>378
そのうち熱くなり過ぎて倒れる○○。
一気に真っ青になって酷く慌てる妹紅。
急いで永遠亭に運び込まれる○○。
チャンスだということで治療の後に○○を押し倒す永琳。
ここぞとばかりに便乗する輝夜。
そこに○○を助けに入る妹紅。
一緒に○○を助けに来た慧音。


ここまで幻視した

380名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 17:03:54 ID:rcqmgqqE0
>>336の続きを書いてみた
ネタ提供者の>>337に感謝

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1045.txt

381名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 17:45:57 ID:cIt519B20
>>380
なんという初々しさ間違いなくこれは青春真っ盛り

382名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 18:51:03 ID:pm2nlUHsO
突風が吹き、○○は前へ押され、椛は後へ押され、二人の立ち位置は変わらずというのを幻視した

383名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 20:05:45 ID:9nbg5fQ60
>>336
椛に勝てないまま一生を終える○○を幻視した俺はきっと病んでる

384名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 20:40:53 ID:dhYv1.52O
>>380
霧になって覗き見してる萃香が見えた


お前らのせいで小学生くらいの男の子とおてて繋いで歩いている笑顔の幽香が頭から離れないじゃないか
どうしてくれる

385名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 20:48:44 ID:I/IrP/QQ0
おじぎ草一緒に触って遊んでたりするのか。

386名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 21:15:12 ID:.iSS395I0
>>380
ごちそうさま。
IDがSSサンキューだったから、うん。

387名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 21:15:53 ID:itcE6SWsO
まったく邪気のない笑顔を○○だけに見せているゆうかりんか

388名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 23:03:00 ID:pub0Z9Fg0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1047.txt

一度思いっきりはっちゃけたかった。
後悔はしていない、反省は……ちょっとするかも

389名前が無い程度の能力:2008/04/03(木) 23:06:02 ID:2JKg16tc0
疲れてやった後悔はしていn(ry

幽「え・・・私が好きなのは誰って?」
幽「それは・・・」
〜〜〜〜〜

それは白玉楼に来ていた魔理沙の一言から始まった
魔「妖夢に好きな人はいるのか?」
妖「!?!? いっ!!いるわけ無いじゃないですか!!」
魔「そんなにあわてて否定しなくても・・」

そこにふよふよと幽々子が漂って?きた
幽「なにを焦っているの?妖夢」
妖「!? 幽々子様! いえ・・別にたいした事では・・」
魔「あぁ、妖夢は誰が好きなのかを聞いただけだぜ」
幽「それはそれは〜」
ニヤニヤとしている幽々子を見て妖夢は拗ねてしまい、自室に行ってしまった。
魔「どうしたんだ?」
幽「乙女の心は詮索するもんじゃないのよ?」
魔「・・・そうゆもんかね、ところでお前は誰が好きなんだ?」
幽「・・?私?」
魔「そう、お前だよ」
幽「え・・・私が好きなのは誰って?」
幽「それは・・・」
幽々子を自分の後ろにある木の方を向きながら一言
幽「○○よ?」

そこで自分の存在を知られていた事に気づいた○○は影から現れる。
○「バレてました?」
幽「それはもちろん、好きな相手のことなんて何でもお見通しよ」
○「そんなストレートに言われても・・・」
幽「いいのよ好きなものは好きなんだから!」
幽「○○は私のこと好きじゃないの?」
柄?にもなく目をうるうるさせながら問う幽々子を見て慌てて
○「まっ!!まさか、そんなことをあるわけ無いですよ!!」
○「僕も幽々子さまのことが大好きですよ」
○「愛してます!!」
幽「私もよ!!」
そして二人は恋人同士特有のラブラブ空間を作り出していた。


魔「私の立場は?」



・・・・・・・何が書きたかったのか激しく後悔中

390名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 00:07:25 ID:XuWUT7L20
>>388
薬の管理はどうなってんだwwww

391名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 01:26:23 ID:m2Z0WAWk0
優曇華「○○さん……できちゃいました」
○○「ぶっ!な、何だってうどんげ!?」
うどんげ「だから……うどんが出来ましたって言ってるんです!」
○○「ほっ、そうかそれならいいんだ……」
うどんげ(本当はあなたの子供も欲しいんですよ……でもまだこれからがありますもんね♪)
○○「ほ、ほら早くうどん食べよ!」
うどんげ「あれ〜○○さん顔が赤いですよ〜」
○○「う、うるさい!ほらいいから行くぞ!」

見たいな事を幻視した

392名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 01:58:09 ID:GEvz/.1U0
流れを変えてヤンデレっぽい映姫。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1048.txt

393名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 02:01:03 ID:DqsDE7WM0
 1903年12月17日。人類が初めて空を飛んだ日。

 そしてそれに遅れること約100年。俺は今、箒にまたがり空を飛んでいる。
「○○、気分はどうだ?」
「最高だよ! 俺、こんな感覚初めて」
 そりゃ良かったと、黒白の彼女――霧雨魔理沙――は屈託のない笑顔を見せた。
「魔理沙、もっと加速できない?」
「出来るけど……振り落とされるなよ?」
「大丈夫だって。魔理沙につかまってれば平気だから」
「へっ、よく言うぜ」
 魔理沙は満更でもないような顔をしたが、ごまかすように加速を始めた。
「○○、一気に加速するからしっかりつかまってろよ!」
 魔理沙の言葉を合図に箒が一気に加速した。それにあわせて俺の体がグイと後ろに引っ張られる。
「っ!」
 激しい風の音が聞こえ、景色が猛烈な勢いで流れていく。魔理沙は風で帽子が飛ばされないように手で押さえている。
「どうだ、○○!」
「凄い! 凄いよ!」
 かろうじて聞き取れた魔理沙の声に答える。
「魔理沙!」
「どうした!?」
「大好きだ!!」
 一瞬の間。聞こえて返答にこまっているのか、聞こえなかったのか。
「なんて!? 聞こえなかった!」
 魔理沙の顔が一瞬ほころんだように見えたのは気のせいだろうか。
「もう一度言うぞ! 大好きだあああぁぁぁぁ!!!」


妄想を文章にするのって意外と難しいんだな。

394名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 02:59:59 ID:NcS28m.E0
紫さまが急に後ろから抱き着いてきて離してくれません。
逃げようとしたらスキマから上半身だけ出してくっついたたまま付いて来ました。
しかもむやみに色んな所ですりすりしてくるので背中がくすぐったくてたまりません。
困ったので一体なにをしているのか聞いてみると。
「〇〇が皆に取られないようマーキングよ♪」
紫さまそんな事しなくても僕は紫さまの事が大好きだから大丈夫なのです、
と、言ったらよけいにひどくすりすりしてきました。
なぜでしょう?

395名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 04:36:04 ID:RFEUD0EU0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1050.txt

咲夜さんに飼われたい。

396名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 06:39:16 ID:QAiK/9WYO
咲「貴様の糞を吐く頭とケツにマムを付けろ!」
○「マム、イエス、マム!!」

ごめんなんでもない

397名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 07:41:14 ID:v0pzdMN.0
時間を止めて休憩中にうとうとしてしまって、その状態で能力解除
あどけない寝顔を○○に見られて慌てる咲夜さんを幻視

398名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 09:55:29 ID:fKYj.T1MO
仮眠のつもりで2時間ほど時を止めたところ爆睡してしまい3時間オーバーラン
慌ててキッチンに駆け込むとそこには○○と一緒にカレーを作る姉妹の姿が!
やってしまったという思いよりも「出遅れたッ!」という悔しさが勝る咲夜さんでしたとさ


こんなの幻視したがイチャついてねぇ

399名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 10:40:46 ID:2r5wAFcQO
咲夜さんがいくら瀟洒で綺麗なお姉さんメイドだったとしても、
人間だもの、たまには風邪で寝込むはず。
そこでパジャマに身を包む咲夜さんを手厚く看護する訳だ。

額に汗で張り付いた前髪とか、上気した頬とか、細めた目とか、
はだけたシャツとか、端にかけてあるメイド長セットとか……。
部屋に漂う咲夜臭……!
甘いんだけど、さっぱりとした匂いに違いない。

400名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 11:58:18 ID:MA2H3Im.0
年の離れた友情ってのもいいと思うんだ
というわけで、妖忌で短編

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1051.txt

401名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 12:05:25 ID:WIoyrhrc0
>>388
その流れじゃ、○○が首ちょんぱになる図しか思い浮かばないがなw

402名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 17:53:19 ID:QAiK/9WYO
>>398
時が止まってるんだから料理できるわけないじゃん

403名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 18:13:37 ID:gUiaQASk0
>>402
二時間時を止めようとしてたのに延長できるわけ無いじゃん

ってことでいいの?

404名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 18:33:33 ID:fKYj.T1MO
寝ながら時を止めるのはしんどいだろ

寝る前にどのくらい止めるか決めて止めてから寝るんじゃね?

2時間止めて5時間寝たら超過した3時間は時間進んでるんじゃね?

さくやおなかすいたよー


のつもりだったけど、そもそも「止めてから寝て、起きてから動かす」だったら寝過ごしても余裕だった

405名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 18:37:02 ID:0V7OoXdU0
紅魔館
○○は食料として紅魔館に連れて来られた。
血を吸われた○○。しかし、吸血鬼としての素質があったらしく、
吸血鬼の眷属として紅魔館に住む事になった。

幻想卿入りおめでとうございます。
吸血鬼としての力をつけ、幻想卿での吸血鬼としての地位を揺ぎ無いものにしましょう。

○○とレミィ死合
レミィ「力はあるはず。弱いのは貴方が弱いからかしら?」
○○「手加減してくれてもいいじゃんか」
ボコられた○○。
レミィ「戦いになった時には自分の身くらい守れるようにならないとね」
○○は胡坐をかいて座り込んだ。
○○「んな事いったって力なんてさー意味わからんって。」
レミィ「煩いわね。殺されたいの?」
○○「へーへー。おぜうさまごめんなさい。」
弾幕が降り注いだ。
○○「痛い痛いゴメンゴメン」

レミィ「んー…両手貸してもらえるかしら?」
○○「やだよ」
○○は睨まれた。
○○「はいはいどーぞ。」
幽霊のような形に手を伸ばした。
レミィ「そういう風にじゃなくて」
レミィは○○の背後に回った。
そして腕を伸ばして○○の腕を掴んだ。
レミィ「こう」
○○に少し覆いかぶさるような姿勢になった。
○○(う…髪が…いい匂いだ…息が…体が…ちょ背中背中背中ウアハハアアアアアアアアアア!!!!)
レミィ「どんな感じ?」
レミィ「…聞いてる?」
○○「いや、ゴメン。もう一回おねがいします;」
レミィ「だからこう」


エンドレス



こう。レミィの伸ばした腕とサラっと頬をなでる髪と頬に吹きかかる息と
背中に当たる字に描けない感触と、
短い腕を少しがんばって伸ばして俺の腕を掴んでくれる姿を妄想して汁が出そうだ。
体育の時間に柔軟体操やったことある奴はおおいはず。あんな感じ。

すこし。妄想の世界から帰ってきました。
現実ってタノシクナイ

406名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 19:16:26 ID:KezFowKI0
>>405
幻想卿ぢゃない
幻想郷だ

最近幽香と幽々子さまが可愛くてしかたがないです
どうすればいいですか

407名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 19:29:08 ID:/Yi6c5FE0
>現実ってタノシクナイ

貴様!!!


お大事に

408名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 19:56:25 ID:SyizV05Y0
俺は部屋の扉を開けるときはいつも細心の注意をするんだ
何故って空けた瞬間その向こうは幻想郷かもしれないだろ?

409名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 21:06:03 ID:xTeJ8AUI0
別にぼやぼやしてたら後ろからバッサリだってわけじゃないんだから

410名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 21:56:55 ID:lfnVqSvsO
もし開いた先が風呂だったりしたら紳士的にふるまうしかないだろ

いいもの拝ましてもらったお礼に

411名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 22:33:48 ID:2I0Kk0FEO
紫が何かしてスキマが〜とか
山中歩いていたらいつのまに〜とか


欲を言えば里に定住して東方キャラとイチャつき、死んだら冥界行って東方キャラとイチャつきたい
つまりは東方キャラとイチャつきたい
ああイチャつきたい

412名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 23:05:53 ID:0W0f32qg0
さっきゅんが突然ベッドに押し倒してきて、胸を揉んでほしいのと言ってきたから何故かと尋ねると、胸が大きくしたいとのこと。
美鈴にやってもらったら駄目なのかと尋ねたら、異性じゃないと効果が無いんですよ。と言われたとのこと。
胸が大きくなくても好きだよ。と言ったら、p「そこまでよ!」
思わぬ来訪に驚いたけれど、言いたい事を言ったらさっさと帰ってしまったので良しとしよう。
さっきゅんは美味しく頂きました。

電波を受信したが国語力の無さに泣いた。

413名前が無い程度の能力:2008/04/04(金) 23:42:17 ID:gUiaQASk0
「ハァー……」
「どうしましたメイド長?」
「今はプライベートだからさく……いやそれどころじゃないわ……」
(どうしたんだろう……)「具合でも?」
「いや、大丈夫」
「じゃあ………ってうおぁ!!いきなり押し倒されてる!?というかいつの間にベッドに?」
「今日も、あの門番に、馬鹿にされたーっ!!!」
(また胸の話か……)「ま、まぁまぁ、逆を考えれば、彼女には胸しか無いということn」
「私の気がすまないわよ!!!」
「そ、そうですか……」
「……コホン。というわけで、メイド長として○○に命令を下すわ」
(嫌な予感が……)
(私の出番ね……)
「私の胸を……その………揉んで大きく「そこまでよッ!!!!」

414名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 01:03:12 ID:abmZfaA20
>>400
なんか良いなぁ、こういうの。
GJ。

415名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 01:48:07 ID:1dpvR1pU0
○○「はぁ……最近おもしろいことないかな〜」
???「そこまでよ!」
○○「な、何!?」

パチュリー「エ○いネタが出てくれば「そこまでよ!!」パープルパチュリー!」

チルノ「あたいったらさいしょうね!!チルノレッド!」

アリス「あ、あんたのことなんてどうも思ってないんだから!レインボーアリス!」

リリーホワイト&ブラック「二人合わせて「春ですよ〜」ホワイトリリー&ブラックリリー!」

リグル「ぼ、僕は女の子だって言ってるでしょー!グリーンリグル!」

一同「「「「「「六人合わせて!!」」」」」」



「「「「「「イチャレンジャー!!」」」」」」


○○(アボーン……)


「「「「「「さぁこの中から嫁を選びなさい!!」」」」」」


○○「え〜とあんたら何してるんですか?」
イチャレ(ry「だから好きな人を選びなさいって言ってる(ですよ〜)のよ!!」
○○「はぁ……えと、好きな人を選べばいいんですね?
イチャ(ry「ドキドキ……わくわく……」
○○「俺が好きなのは…………」


……ごめんイチャついてないし、ネタみたいになってしまった。反省しています

416名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 02:30:22 ID:3iq2q2Hs0
最小のチルノ…南くんの恋人状態か。
是非ボクのポケットに入っていただきたい。
フリフリの服とまぶしく光るティアラを君に飾るよー

417名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 03:13:07 ID:For9L0CgO
自室にノックの音が響く
「○○ー、いるー?」

紅魔館に居候しはじめて一ヵ月

「いませーん」
「じゃあ、誰が答えてるのよ」

日用大工担当と自称しているが

「はいはい、いるよ、いますよ」
「○○ー、遊ぼー」

ほぼ妹様担当になっている

「今日は如何なる遊戯を?」
「弾m「弾幕ごっこはいやですよ」」

正直、命がいくつあっても足りないが

「えー」
「大体、弾幕なんざだせまs「役たたず」」

それなりに楽しい毎日を送っている

「まあ、何か他のこと考えましょう。図書館辺りで」
「仕方ないわね」

それに、それなりに楽しみもあるしな

「ひゃ!!いきなり抱っこしないで!!」
(フランちゃんの香り、フランちゃんの香り)





ホント現実って楽しめない

418名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 03:21:25 ID:tvmyoAzM0
現実が詰まらんってお前ら。

嫁がモニターの後ろから悲しみと憤怒の視線を送っているが気付かないのか?


・・・あれ?
なんか耳がくすぐったい?
誰かい

419名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 06:37:27 ID:wMiwY6ZQ0
>>417
いいな。
紅魔EXクリア後のフランちゃんのボロ絵にエロを感じたのは俺だけでないはず。
フランちゃん出演回数すくなすぎ

420名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 11:04:55 ID:qVsuMKu20
「恋をするということも、信仰をするということになるのでしょうか」→諏訪子さま

421名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 12:51:10 ID:gxJGrC7M0
あーうーすることが一番の信仰です

422名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 17:04:10 ID:g8a7GtjM0
A−U−

423名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 18:42:41 ID:d4/UFzNg0
あんまり見ないけど、にとり書いてみた。
光学迷彩ネタだけど、光学迷彩にはしないでください。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1052.txt

424名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 19:44:07 ID:Z7P70TnI0
「あああああああああああうううううううううううううううううう!!!」
「・・・・・・何?」
「あーうーすることが一番の信仰だと思って」
「・・・・・・バカ」
「あたいはバカじゃないよ!」
「あんたに言ってないよバカ」
「またバカって言ったー!」

気づいたらチルノもいる設定になってしまった。

425名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 20:07:00 ID:tvmyoAzM0
ショタ〇〇なら何やっても許されると聞いて


〇〇「さくやさんでっけえ!!」
咲夜「あら、〇〇君はよく分かってるのね、いい子いい子」
〇〇「せが!」
咲夜「・・・、可愛いから許すわ」

426名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 20:10:09 ID:fH/bdt9.0
SEGA!

427名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 20:20:44 ID:GcdSB8ho0
>>423
こんな光学迷彩ならいつでも歓迎だぜ

428名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 22:13:41 ID:Bda7suKs0
>>425
三点リーダーに果てしない恐怖を感じた。表情が一瞬で消えうせる様がありありと想像できる。

429名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 22:44:54 ID:For9L0CgO
その日はなぜか目が覚めるのが早かった
まだ日が昇っていないので暗い

そもそも昇っていても窓が少ないので暗いのだが

このままでは満足に動けぬので
こんなこともあろうかと用意しておいた燭台に火をつけ
廊下に出てみることにした

それでも明るいとは言えない廊下を
とりあえず厨房目指して歩いていると
不意に羽音が聞こえ

「あれ?○○?」
「フラン……か?……だな、まだ寝ないのか?朝が近いぞ」
「……ねぇ……今から寝るところだけど……
その……今まで起きてたのなら一緒に寝ない……?」

そもそも今起きたところだが……望むところだフヒヒウフフ
おっと、素が出た
こくりとうなずくと彼女は抱きつき燭台の火を吹き消した

「暗くて見えんのだが」
「大丈夫、ふふふ……エスコートしてあげる」


その後妹様の寝室へドキドキエスコート
着替えおわった妹様とベッドに入った
完全に寝たのを見計らいクンカクンカしたあと
妹様の抱き癖で危うく昇天しかけるのはまた別の話




こんな妄想がとまらない
あと、フランちゃん肩か背中辺りクンカクンカしたい

430名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 23:13:54 ID:5gHKlyVk0
クンカクンカはまずいだろ……
せめて髪に頬ずりくらいにしとけ

431名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 23:17:43 ID:kFytWDVkO
妹様にはぜひ後ろからから抱きつかれて前から顔に覆い被されて左右から腕にぶら下がられたい

432名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 23:24:59 ID:qVsuMKu20
幽香にはぜひダブルで押し倒されたい

433名前が無い程度の能力:2008/04/05(土) 23:52:07 ID:zuySjEKoO
真っ暗な部屋の中。
「咲夜は今ね、外出中で居ないのよ……」
○○はレミリアと二人きり。
「は…はぁ……」
レミリアは○○を壁際に追い詰め、
「だ・か・ら……。ねぇ、良いでしょ……?」
どこか妖しげな微笑みを浮かべる。
「あっ……。お、お嬢様ァ…そんなところは……」
自身の唇を舐めつつ、扇情的に○○の目を見つめてから、
「……はむっ」
口に含んだ。
「――ジュルッ、ジュルルッ!」
「クッ! お、お嬢様ァッ……!」


あぁ……。
抜かれ過ぎた。
いくら咲夜さんが居ないからって……。


今日はレバニラでも食べて、お嬢様に献上した血液を補充しなければいけないな。

434名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 00:35:05 ID:YM6uNoHI0
グレイズスレでやれ

435名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 02:03:40 ID:uRHAxYwY0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1053.txt
ルーミアと。
何か書ければそれで良かった。 後悔はしていない。

436名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 02:40:28 ID:0nrgOnnU0
ショタ〇〇なら何をしても許されると聞いて


〇〇「さくやさんはパッドなのか!?」
咲夜「・・・」ニヤリ
〇〇「さくやさーん?」
咲夜「私にも分からないわ、さあさ〇〇、私の部屋で一緒に確かめてみましょう?直に」

437名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 03:12:31 ID:0nrgOnnU0
ショタry


〇〇「すげー!てるよすげー!」
輝夜「ふふん、そりゃ私は姫なんだから当然よ」
永琳「こんな昼間っから何やってるんですか姫様・・・」
輝夜「あ、えーりん。〇〇に私のカリスマを叩き込んであげてるのよ」
永琳「・・・いや、カードゲームじゃなくてもっとこう能力とか逸話とか・・・ボソボソ」
〇〇「でもえーりんてるよすごいよー!(某社長の嫁)さんまいもってるんだよ!」
輝夜「いやぁそれほどでもあるわねw」
永琳「そうですか流石は姫様ですね」(話題にはついていけないけど〇〇が可愛いからどうでも良いわ)



輝夜「・・・とまあ、こんな感じで私のカリスマを宣伝するのよ。
ほら、このカードはあげるわ」
〇〇「うおー!てるよありがとー!」
輝夜「ふふ、良いわよこの位・・・」(そんな物で〇〇に此処まで慕って貰えるなら安い物よ)


連投ごめ、
・・・カードとゲーム位しか〇〇を釣るネタが思い付かなかったorz

438名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 04:06:16 ID:ga2GstAU0
>>435
ば………うわ………か……かわい……るみゃたん…あ…あああ…あああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

可愛いなぁもう!!るみゃたん可愛いよかわいいよ萌え!!萌え!!!萌ええええええええ!!

「いってらっしゃいませー!」にやられた。あぁ、やられたとも。
最高だった、最高のるみゃタンだった。おめでとう俺、ありがとう>>435

何か俺もう人生に勝ったねっ!!

439名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:44:44 ID:ptcl99MM0
>(某社長の嫁)さんまいもってるんだよ!

どこで仕入れてきたんだよw

440名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:49:58 ID:jyf1yQRw0
○○と親密になりたくて友人と恋人の境界をいじってみたら
誰にでも求愛する変態○○ができてゆかりんショック、みたいな話は無いものか

441名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:52:47 ID:1PXM4bZE0
>>440
ここには言いだしっぺの法則が(ry

442名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 09:54:43 ID:quQewzHg0
>>440
ここには言い出した奴が自分で書かなきゃならないという法則がな?

443名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 10:08:47 ID:jyf1yQRw0
>>441-442
くそっ、なんて時代だ!
SSなんかここ数年書いた事無いんだがなぁ

444名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 10:24:10 ID:CQpJMTmMO
パカッ
「おいっす!もこたんインしたお!」
「すげー!もこ姉ちゃんカッコいい!ね、もう一回やってもう一回!」
「えへへ…仕方ないなぁ」
パカッ


「○○…そんなものより私のオンバシラの方が」
「私もお揃いの帽子でもあげようかな」

「いけない子ね○○は…しっかりと花の魅力を教えてあげないと」

「ギリッ…もこぉぉぉ…私の○○にぃぃぁ」
「姫様、落ち着いて下さい。○○が見たら怖がります」

「今度私もスキマからやってみようかしら…」
「止めて下さい。子どもにアレはちょっとしたホラーです」
「…明日にでも白玉楼でお菓子を一緒に食べることにしましょう」
「○○が可愛いからってあげすぎちゃ駄目ですよ」

「そうよね、これは一刻も早く○○にメイド服を着せる必要があるわよね」
「まずは落ち着きなさい。あと鼻血拭きなさい」


幻想郷の重鎮から目をつけられているショタ○○ということで

445名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 12:18:12 ID:lnDaTym2O
その○○には出会った娘全員に「だいすきー」といって墜とす天性のジゴロ癖があると見た

446名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 13:10:22 ID:y5COAX2s0
飯の最中に思い出した元ネタを懐かしんでいたら
オチを思いついたんでパッと書き殴ってみた。
おバカな内容なんで軽い感じに読み下してくださいませ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1055.txt

447名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 14:00:39 ID:0lyvFGNw0
>>446
おいwww後半からカオスすぎるだろwwwww
吹いたカフェオレ返せwww

448名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 15:29:38 ID:Uxi5tueI0
>>446
ウサギが素敵に外道すぎるww

449名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 16:27:44 ID:NvBCYLTw0
>>446
貴様は愛用者の俺を怒らせた。しばらく何も食わずに過ごしてしまえ。

450名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 16:53:24 ID:Xwy3Cd9s0
ショタとは違うが、幼い○○と幽香
甘さは控えめかもしれん

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1056.txt

451名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 16:57:23 ID:.LfuMXj60
もう興味もなくなってきたな・・・さようなら東方

452名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 17:28:58 ID:atjsnIZw0
誘い受けが許されるのは俺らの嫁だけだぜよ。

453名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 21:15:36 ID:Lw337vRs0
http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1057.txt
イチャスレ初投稿。こんなんでいいのかな

454名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 21:45:50 ID:cANbmRgA0
いいよいいよ〜藍様への愛が溢れてるぜ
で、こっちはアリナ○ンのCM見てて思いついたネタ
あの洋館の仕事一人で受け持ってるんだからいつかはこんなことが起こりそうだよな
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1058.txt

455名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 22:27:08 ID:CQpJMTmMO
○月 ×日
夜、大食い亡霊とスキマ妖怪、小さな鬼と麻雀をやった。
スキマの奴、やたらとついていやがったがきっといかさまにちがいねェ。
俺たちをばかにしやがって。


○月 △日
太陽の畑の大妖怪から新しい花の世話を頼まれた。
馬鹿でかい向日葵だ。
愛情を注ぐといいってんで丹念に水と肥料をやったらこいつら、ぐんぐん大きくなってすぐに花壇からはみ出しやがる。


○月 □日
今朝五時頃、高校のブレザーみてぇな服着たウサギに突然たたき起こされて俺に変な薬を渡していった。なんでも、近くの森で変な病気が流行っているらしい。
森の連中ときたら、夜も寝ないで実験ばかりやってるからそんなことになるんだ。

○月 ●日
俺は病気でもないのに薬を飲まされたせいで、口の中が妙に苦い。
いらいらするんで腹いせにあの向日葵達に水を上げなかった。
一日ぐらい大丈夫だろう。

○月 ◇日
朝起きたら、やけに周りが静まり返ってるんで何だろうと思っていたら、向日葵が全て枯れていた。
一日世話をサボったくらいで枯れやがって。
フラワーマスターに見つかったら大変だ。



あれ、声が聞こえる。

なら、貴方が私の花になりなさい。

花の大妖怪。笑顔。何か言ってる。よく分からない。
怖くなったから 家に入る どの部屋も向日葵だらけ。
逃げられない。
いったい おれ どうな て


幽香 口移 しで何 を
かゆい かゆい
ゆうか近づいてきて
とてもかわいいんで キスし
あまかっ です


かゆ
あま

456名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 22:57:15 ID:qUyN2zzE0
これは・・・

アリだな

457名前が無い程度の能力:2008/04/06(日) 22:59:15 ID:vH6adnHs0
甘い蜜に釣られる的な意味でか

458名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:39:38 ID:EKxMxRk60
うどんげに病的に愛されたいけどなんか内容が思い付かない。

目が閉じれないし視線を反らせない程度に固定されて気が狂わない程度に延々と狂気の瞳を見させられて、
「もう私以外の人物は誰も見えませんよ?もう私とくっつくしか無いですね」
みたいなのを考えたけど、
幻想郷内じゃ人物って定義しても見えちゃいそうな誰かが色々いるのでどうかなと思ったり、


何とか逃げ切ったと思ったらそう見えていただけで実際には狂気の瞳で紅い眼可愛いよ。



・・・すまん、落ち着いた。
何かこう、絶望させられたい。
生死を云々じゃなくて、
「あぁ、もうこいつと一緒に生きるしか無いのか・・・」みたいな。

459名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 02:56:03 ID:EKxMxRk60
妹紅「〇〇、こっちの肉はどうだ?」
〇〇「ああ、頂こう・・・なんか噛み応えが変だな?」
妹紅「と、鳥肉なんだ、ウチ鍋には牛じゃなくて鳥を使うんだ、」
〇〇「成る程・・・ところで妹紅」
妹紅「何さ?」
〇〇「不死鳥の肝って、生じゃないと駄目って話知ってるか?」
妹紅「・・・〇〇、レバ刺し作ってくるから食べてくれ」
〇〇「待てお前確信犯か」





永遠亭で姫様SIRENプレイ中・・・
〇〇「輝夜何やってるのー?」
輝夜「ん・・・サイレン」
〇〇「また怖いゲームを・・・」
輝夜「ずっとやってたらトイレ行きたくなったわ」
〇〇「てらー」


輝夜「・・・〇〇、お土産あげるわ」
〇〇「輝夜どしたのげっそりして・・・」
輝夜「はいこれケチャップ、出来立てよ」
〇〇「いやこれ輝夜の血・・・」
輝夜「ケチャップよ」
〇〇「いやサラサラすぎ・・・」
輝夜「ケチャップって言ってるでしょ」
〇〇「・・・じゃあ持って帰るよ」(絶対使わないが)
輝夜「あ、それ血管に直接注射すると吸収が早いよ〜」
〇〇「あ、あはは・・・」(何を吸収させるつもりだよ・・・)

解説、
要約すると化け物の血を沢山摂取すると不老不死になる設定がありまして。

460名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 09:34:00 ID:U7t2pvtU0
>>458
よし、とりあえずタイトルは「時計仕掛けのウドンゲ」でいこう

461名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 13:12:16 ID:zPyuzDX.0
てす

462名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 13:21:26 ID:KjqKsOA20
>>459
ぬ〜べ〜の金魚思い出した

463名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 13:44:46 ID:QruaFnPoO
>>455
バイオハザードww

464名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 13:50:52 ID:xFm4Bb520
>>455
きれいに咲きやがって……

465名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 16:39:30 ID:huzN0LZcO
「多分、どんな花よりもアンタが一番綺麗なんじゃないかな…今更か。…俺、そんなアンタのことが好きだ」→幽香


>>463
あれはトラウマだw

466名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 18:04:00 ID:F8PmkZyI0
皆、まずは落ち着いてsageるんだ

467名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 20:58:34 ID:kob4Nzsc0
霊夢「んっ、んん、くちゅっ、ちゅぱっ」
○○「――ぷはっ、れ、霊夢もう勘弁して……」
霊夢「だ〜め、もっとするの〜。ん〜、くちゅっ、んっんん、ちゅっ、ぴちゅっ」

魔理沙「おお、始まったな。あいつ悪酔いするとキス魔になるんだよな」
紫「そうねぇ、前は誰彼構わず襲い掛かっていたけれど○○が来てからは彼にしかキスしなくなって助かったわね。
  これも愛のなせるものなのかしら?」
魔理沙「案外正解かもな。しかもベアでがっちり拘束して
    手を緩めたら二度と○○を捕まえられないわと言わんばかりの気迫だしな。
    あ、舌入れ始めた。」
○○「――ぷはっ、ふ、二人とも見てないで助けtぐきっ)あいたぁっ!?」
霊夢「む〜○○どこ見てるのよぅ。い〜い? ○○はぁ、私だけを見てくれればいいのぉ。
   そうしたらぁ、唇もぉ、胸もぉ、あそこもぉみ〜んな○○の好きにしていいんだよぉ?
   あれぇ? そういえばもう○○には全部好きにさせちゃったんだっけ?」
○○「あう……」
霊夢「えへ〜隙あり〜。ちゅっ、ん〜、くちゅくちゅっ、ちゅるるっ、ふあっ、ねぇ、もっとぉ……」
紫「あらあら、せっかく逃げられるチャンスだったのに笑顔に見とれて動けなくなるなんてだめねぇ」
魔理沙「惚れた弱みってやつだろうな。っておいおい、ついに馬乗りになって押し倒しちまったぞ」
紫「あらやだ、はしたない。それにしてもうまい腰使いねぇ。夜の方もお盛んなのかしら?」
魔理沙「毎晩こんなだったら○○はすでに枯れ果てていると思うぞ」
紫「大丈夫でしょ。3日毎に永遠亭から何かの薬を持って出てきている霊夢を見かけているから」
魔理沙「なるほど、それなら安心だ。あはははははは」
紫「うふふふふふふふ」
魔理沙「あはははははは……はぁ、なぁ紫、見ていて何か悲しくならないか?」
紫「たしかにねぇ、あれだけイチャつかれると呆れを通り越して虚しくなるわ」
魔理沙「ああ、私とイチャついてくれる男はいないかなー」
紫「私を受け止めてくれる殿方はいずこー?」
魔理沙・紫「はぁ…………」

468名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 21:09:11 ID:XZr1nmqw0
そこまでよ!

469名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 21:52:56 ID:EKxMxRk60
紫よ!お前とイチャつく相手は此処に居るぞ!

紫「げえっ!〇〇!」
ジャーンジャーン

470名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:14:42 ID:BVSpc8s.0
ゆかりんに食われるのもアリかな、と思って来た。

471名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:39:45 ID:HG3MW23.0
>>467
うん、それ位誰てめえ現象起こしても良いよね。悪良いしてるしね。
永久凍土で誰にも平等にドライコミュニケーションな彼女が愛を知ったら
それ位その相手限定でデレ甘特農になってくれても良いよね!

472名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 22:56:31 ID:VIkyl9H.0
流れをぶった切るどころの話じゃなくてすまん。
>>79の言葉に触発されて耳かきの続きを書いてたのがようやく書き上がったんだ。
音速が遅いどころの話じゃない、わかってるんだ、でも妄想は止まらなかったんだ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1061.txt

もうカリスマブレイクどころの話じゃない。

473名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 23:05:07 ID:KjqKsOA20
耳の開発をしてる内に耳を触られるだけで逝っちゃう体になるんですね!
わかります!

474名前が無い程度の能力:2008/04/07(月) 23:24:37 ID:MKVCx4tk0
耳をはむっとされて「んあぁぁ・・・っ」ってなるお嬢様を幻視した

475名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 00:02:47 ID:/YFbGi06O
>>450
いいね
幸せそうな光景が目に浮かぶわ

>>472
おぜうさまかわいいよおぜうさま



「貴方は少し可愛いらし過ぎる」とかショタ○○に言ってるえーきさまが頭から離れないから
ふと思ったがえーきさまに子育てはできるのだろうか?

476名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 00:15:23 ID:FqKGLb8E0
当然できるさ
だって俺の……いや、何でもないぜ

477名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:11:07 ID:VV4d6LMo0
紫「ねぇ〇〇、何で他の所からもオファーが来てるのにマヨイガに来てくれたの?
・・・まさか、マヨイガに誰か好きな人がいるとかー?」
〇〇「あ、自分匂いフェチなんで」
紫「・・・においふぇち?」
〇〇「いろんな匂いが好きな人の事です〜」
紫「好いてくれるのは嬉しいけど何か褒められてる気がしないわ・・・」
藍「じゃあ例えば〇〇は紫様のどこが好きなんだ?」
〇〇「足と靴下です」
藍「ちぇーん、ちょっと永遠亭に行って・・・ごふぅ!」
紫「まぁ〇〇はいい子ね、うちの式にも見習わせたいわ」
〇〇「紫様の為なら靴だって嘗められます!」
紫「本当に〇〇は良い子ね・・・ちょっと一緒に寝室まで行きましょう?」



咲夜「レミリ悪臭という言葉がありまして」
〇〇「短い間お世話になりました」
紫「ちょっと待てこの変態」

478名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:29:58 ID:VV4d6LMo0
〇〇「さて、今日も咲夜さんのネタSSでも書くか・・・えーとパッ・・・」
咲夜「私の胸がどうかしたって?」
〇〇「いぃ!?いえ、何でも無いです!」
咲夜「嘘おっしゃい、〇〇も私の胸を疑ってるんでしょう?」
〇〇「そんな事は!?」
咲夜「・・・ほら〇〇、手を貸しなさい」
〇〇「あ・・・はい、って咲夜さん!」
咲夜「ふふ・・・どう?私の胸の触り心地は?」
〇〇「あ・・・暖かいです・・・それに・・・なんか///」
咲夜「柔らかい?」
〇〇「はい・・・///」
咲夜「〇〇・・・私の心臓が高鳴ってるの、分かるかしら?」
〇〇「は・・・い・・・///」
咲夜「これで証明出来たわね?後で私の部屋で待ってなさい、・・・疑ったおしおきをたっぷりしてあげるからね?」


図鑑読んでるうちに書きたくなった。
でも連投ごめ

479名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 01:45:59 ID:0WW.Xi5A0
咲夜「なんとお礼を言ったらいいやら」
紫「貧乳と巨乳の境界を操るくらい何ともないわ
  まあお礼は今度の宴会ででも」
咲夜「了解ですわ」

480名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 03:39:06 ID:bQ.dV4QA0
やっと…やっと投下できました!くぅ…長かった!
初歩的なミスだったみたいです;

自分のスペカが大暴れしてそうですが;
アドバイスくれた皆さんに感謝です!

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/upload.html

481名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 07:35:05 ID:0BIz6iTEO
あまりメリーにならないようにな

482名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 07:41:58 ID:LuBszvAQO
>>480
すごいSSだ
まさに神

483名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 07:45:02 ID:gfpid2hw0
>>481
蓮子乙
じゃなかった。それを言うならメアリだろ。

484名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 09:56:25 ID:0MUCfM420
四神と麒麟って…

485名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 13:29:48 ID:a.boR6LU0
四神なら黄龍じゃなかったっけ?

486名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 13:31:51 ID:xygvscrY0
どちらでも正解

487名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 13:34:56 ID:Sp6Ft2OQ0
月華

488名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 15:35:26 ID:6bUrDYhM0
「どうしたんだ鈴仙!そんなに血塗れになって!」
「○○さ、私の恋人なのに、昨日てゐと楽しそうに話してたよね…。」
「いや、アレは少し世間話してただけで…。ハッ、まさかお前…!」
「大丈夫だよ。二度と近づきたくなくなるくらい痛めつけてあげただけだから。
 だからもう二度とあんな子と話しちゃ駄目だよ?貴方は私だけのものなんだから…。」
「……鈴仙。最近お前の師匠とか見かけないよな?」
「ん?ああ、そういえば自分の部屋にずっと篭ってるわよね。」
「表向きはな…。なぁ鈴仙、液体人間って知ってるか?」
「知識としてはね……。……まさか○○!」
「お前の一番は俺じゃなきゃ駄目なんだよ。お前に想われるのは俺だけでいいんだよ。
 ……他に想う人が居なければ、お前は俺しか思えないよな?」
「……。」
「……。」
「…クックック。」
「…アハハ。なーんだ、私達って似たもの同士だったんだ。」
「ハハッ、そうだな。鈴仙、俺以外の奴と喋ったりなんかしたら駄目だからな?」
「そっちこそ、他の女を見たりしちゃ駄目なんだからね?」

489名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 17:23:34 ID:RB3Y6.Mc0
「外の世界ではペットに首輪をつけるのよね?」

姫の気まぐれで○○が首輪をつけられて半日、
真紅のレザーがまだ眩しい新品の首輪をつけたまま
○○は夕餉に向かわされた。
その様子に、永琳は目を丸くした後
変わった趣向ですね、とニヤニヤしながら
短く言っただけだった。
遅れてやってきたてゐは、○○にそっちのケが
あったなんて・・・と、クスクス笑いながら
いやらしい視線をこっちに向けてくるのであった。

そして最後にやってきた鈴仙が
「・・・○○、それ、何?」
襖を開けるやいなや、硬直し、口をぱくぱくさせてから
乾いた声でたどたどしく述べるのである。
○○にはなんとなくわかった。ああ、ここに居る面子で
自分に首輪をかけると予め知っていないのは
鈴仙だけなのだな、と。
「何って、姫が、ペットには首輪をつけるものだからって」
何かと『地上人の』自分を見下してくる鈴仙には、あまり
弱みを見せたくなかったので、ぶっきらぼうに答える
つもりだったが、やっぱり恥ずかしくて、視線をそらして
うわずった声で答えるのが精一杯だった。
顔が熱っているのが嫌でも解る。真っ赤なのだろう。
「首輪・・・ち、地上人はよくわかんないことするのね・・・」

夕餉の間、自分と鈴仙の顔は真っ赤なままだった。
自分と鈴仙だけがちらちらと互いの顔を気にしていた。
両者とも食事がまともに口に入っていないのが明瞭だった。
そしてそれ以外の面子は、その他の因幡たちも皆が
それを見て憎らしい笑みを浮かべ、押し殺した笑い声すら
発し、われわれ二人の様子を楽しんでいるようであった。

夕餉が終わり、デザートの人参シェイク白腐乳風味を
どうにか半分ほど食べ終えたところで、何の前触れもなく
姫がこう切り出した。
「ねぇ、因幡。○○の首輪、どう思う?」
俯いていた鈴仙はその言葉にビクッと身体を痙攣させ、
その真っ赤な瞳を見開いてひきつった声でこう述べた。
「ぇ・・・ええ!姫が付けられたんですよね、センス
 いいです、○○によく似合ってますよ!」
姫は間髪入れずに切り返す。
「外の世界ではこうするらしいの。素敵よね」
鈴仙のぎくしゃくした愛想笑いから勢いが削がれていく。
「外の世界にも素敵な文化があるものよね」
そ、そうですね!鈴仙はそのように答えた。
○○は鈴仙の受け答えがなにやら罠に嵌められていく
兎のそれに近く思ったが、どうにも、この状況から
話を切り替えるうまい思いつきが出ず、ただ傍観
するに任せていた。それがいけなかった。

「あら、月兎の貴女にもコレの良さが解るの?なら
 話が早いわ。実はもうひとつ用意してあるんだけど」

姫が取り出したるはもう一セットの赤い首輪。
鈴仙の血の気が見る見る引いていくのがありありと
見て取れる。○○は、他の兎たちのニヤつきの意味を
理解し、そしてこれからどうなるのかもある程度
想像して、今しがた食べたものを戻さないように
するのが精一杯であった。

490名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 17:49:14 ID:/YFbGi06O

旬はとっくのとうに過ぎてるが

「○○、貴方にはとても大きな罪があります。このままでは地獄行きでしょう」
「え……、イヤだよえーきさま!ぼく、悪いことしてないもん!」
「落ち着きなさい……そう、貴方は少し可愛いらし過ぎる。たとえ貴方が無自覚でも、その魅力は多くの女性を虜にし、やがては幻想郷に大きな混乱を招くでしょう」
「うぅ…よく分からないけど、ぼく、どうすればいいの?」
「そうね…私が責任を持って貴方を監視します。まずは私のことをお姉ちゃんと呼ぶこと、それが今の貴方に積める善行よ」
「うん……わかった! がんばるよお姉ちゃん!」


(何やってるんですか映姫様……)
(…どうやら思わぬところに敵がいたようね)
(どうしようスーさん。このままじゃ○○が閻魔の毒牙に…)
(これはスクープです!…が、複雑です…)

491名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 17:58:34 ID:0WW.Xi5A0
>>489
もっと酷くして苛めスレ行こうぜ

492名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 19:26:02 ID:8OszFyKg0

吸血鬼として生きる事になった○○。
力をつけるための訓練としてレミィに指導。もといボコられている。

○○「痛…」
○○は座り込んだ。
レミィ「まだまだ弱いわね。いつになったら強くなるのかしら?」
○○「手加減くらいしてよ」
○○「ぉ」
○○は鼻血が出ている事に気がつくと、上を向いた。
○○「ごめん。ディッシュってごごない?」
○○(げー。鉄の味が…気持ちわる…)
レミィ「そういえば最近、血、吸ってないわね」
○○「ごんな事で思い出ざないでって。」
レミィ「そのまま動いちゃダメよ」
○○(んー?。動くなて…ちょ!!!!!!)
レミィは○○の上向きの口に口を合わせると。そのままの形で前を向かせた。
○○(………)
レミィ「ふぅ。吸血鬼の血も飲めるモノね。」
○○は抱きついた。
レミィ「!」
○○は弾幕によってふっとばされ、壁に激突した。
レミィ「いきなり触るなんて、やめてってば!」
○○の意識は落ちた。

○○の眼が覚めた。
レミィはもういない。
○○「おい。俺が悪いのか?」
○○は横になった
○○(にしても…。柔らかかったな…。舌の感触が…。あのペッタンがなんとも…。細くて細すぎなくて柔らかすぎず硬すぎない体に、翼のフサフサががなんとも…。それにあのふわっといい匂いは…。)
○○は悶々としていた。




今日。朝起きてからずっとこんな妄想が止まらなかった。カキコできてスッキリだ。
お嬢様モフモフしたいぜ。

493名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 21:34:31 ID:8OszFyKg0
>>489
一緒に首輪つけられたが・・・。
一つだけ許せない許せない所がある。
憎しみで胸が焦げてしまいそうになるようなブラックな発言だが。

・・・は…にしようや。
酔っ払いの発言だ。大して気にしてほしい。

494名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 21:40:27 ID:BFf0QhVg0
>>493
( ゚д゚)
>一緒に首輪つけられたが「・・・」。
( ゚д゚ )

495名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 21:44:00 ID:sZ.r.4Tk0
俺は三点リーダは2つ以上つなげると不恰好だから
全角中黒を使うな

496名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 22:00:58 ID:l58WgP2o0
>>493
どっちでもいいだろ

497名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 22:01:20 ID:u14ljX1w0
3点リーダは二個一セットと聞いたことが亜りゅ

498名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 22:12:59 ID:pKGVH.8s0
文法なんてきにすんなって
とりあえず嫁と飲まないか?

499名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 22:18:03 ID:sZ.r.4Tk0
というわけだ紫、隠した酒を・・・え?飲んじゃった?なんてこったい

500493:2008/04/08(火) 22:23:59 ID:8OszFyKg0
少し酔いが醒めて後悔しました。

501名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 22:41:20 ID:0WW.Xi5A0
大丈夫だ
俺はいつでもチルノに酔ってる

502名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 23:09:01 ID:ivPwASps0
ま、三点リーダは「……」か「…………」みたいに二個一組で使うのが正解。
ここでんなこと気にするのは野暮かもしれんが、
知っておいて損の無い知識ではあると思う。
イチャスレで妄想吐き出してるうちに、文章書きに興味持つ人も……いるかもしれないしw

503名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 23:23:30 ID:P6M/HbDQ0
皆さん戦闘力の高い方だらけなだけに
病んデレ化したら恐ろしいことになりそうな人ばかりで困る

病んでも魅力的なのがなお困る

504名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 23:41:07 ID:BFf0QhVg0
>>502
実は根拠無いんだよね、二つ続けて使うってルール。
あと、wikipediaの三点リーダのページから飛べる文化庁の資料だと、無言を三点リーダ三つで表現してたりもする。

505名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 23:44:00 ID:sZ.r.4Tk0
ただの点だし、無音とか間が表現できれば半角中黒でも全角中黒でも二点リーダでも三点リーダでもなんでもいいよ
でも句点の連続だけは勘弁な。。。

506名前が無い程度の能力:2008/04/08(火) 23:44:10 ID:E7sZ79G20
とりあえず"・・・"は明らかに変。"・"は中黒だから。
使うなら"…"。"…"の数はどうでもいい。そしてこのレスもどうでもいい。

それより妙な位置で文章ぶった切れてるほうが気になった。
イチャ成分もいまいち見当たらないし。

507名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 00:19:33 ID:pavkKvi.0
イチャつこうっ…!
イチャつこうぜっ…!

508名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 00:21:36 ID:V0bqSIiQ0
では、これまでの文章作法的な物は、
パチェさんに個人授業でしっぽり教わっていたという事でどうだろう。どうだろう。

509名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 00:21:45 ID:6pEb6IT60
ここでその指摘をしているのがあっきゅんだと脳内変換すれば……っ!?

510名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 00:26:41 ID:TdxHQACg0
じゃあ俺は慧音に習ってくるわ。

511名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 01:18:46 ID:T9UMpN2Y0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

512名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 01:37:24 ID:m2Hk7HEA0
アリスと。
妄想を文章にするのは難しいぜ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1064.txt

513名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 03:07:19 ID:IHi98N/A0
>>493
知ってるけど面倒だからそのまま投稿した。
真面目にやるときは俺も"……"にするよ。

あと実は7スレ目874と8スレ目70からの続き

514名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 06:23:29 ID:tqIAm2qI0
>>512
永琳が肩こる姿は想像できるんだけど
美鈴が肩こったーって首ゴキゴキやる姿は想像できないんだよな
ハッ!そうか、俺たちはとんでもない間違いをしていたのかもしれない!
美鈴のおっぱいは脂肪じゃなくて筋肉だったんd(ピチューン

515名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 06:47:14 ID:rcvX5WXk0
>>480
これは素晴らしい厨二病ですね
清清しくていいぞもっとやれwwwww

516名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 06:50:43 ID:LqCu0s9I0
三点リーダを使う理由?
やっぱ文字数削減できて見栄えも良いからだろう。多分。
案外、そんな理由なのだと思うよ。

蓮子「文字数でズル出来ないしねー」

うちの嫁は、論文に三点リーダを多用するそうです。
世迷い事も大概ですなHAHAHAhげふッ(蹴

517名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 06:50:50 ID:MUUUi9q60
>>480
これは素晴らしい厨二病ですね
しかしここは厨二患者もニコ中患者も暖かく受け止めるぞもっとやれwwwww

518名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 07:15:52 ID:t7H0fW3k0
>>512
アリスは人形作りという細かい作業が必要だから肩こりのイメージありますよね
それはそうと、最後の行「○○はアリスの唇に自分のものを重ねた」に卑猥さを感じるのは仕様ですよね?

519名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 09:48:22 ID:Dc5xFSQs0
リアルに輝夜が居たらもうヒーロー、いや、ヒロインだなという妄想。


〇〇「あー・・・くそ、学校面倒くせー・・・」
輝夜「フッ・・・〇〇、私に任せなさい!」
一瞬で夜に。
〇〇「うおお!流石てるよ、すげえ!」
輝夜「ふふふもっと崇めなさいそして私と一緒にゲームの続きしましょう」


〇〇「もう夜明けか・・・そろそろ眠いのに」
輝夜「甘いわね〇〇!私に任せなさい!」
一瞬で夜に。
〇〇「てるよすげえ!愛してるよ!」
輝夜「ふふんもっと讃えなさいそして永琳が布団敷いてくれてるから一緒に寝ましょうハァハァ」


とな。

520名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 10:22:30 ID:k.MriSGE0
なんという闇のランプ、実は日付も進んでるんじゃないかと
言わざるを得ない

521名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 11:56:17 ID:7a3BN91c0
そして単位が足りず、二人仲良く留年か

522名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 15:36:57 ID:6pEb6IT60
むしろ朝のまま時間を永遠に伸ばせばいいんじゃね

523名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 16:12:10 ID:bYvzYQvcO
小町なら学校までの距離を短くしてくれるのか…それとも○○と一緒にサボりたいから距離を長くして○○を行かさないのか

524名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 16:50:04 ID:XFy3.zjE0
○○「俺達さ。その…何があっても、ずっと一緒だよね?」
レミィ「何言ってるの?」
○○「え?」
レミィ「何当たり前の事言ってるのかって言ってるの!」
○○「そうだったね…変な事言ってごめん。」



思いつくままに書くと脈絡ないな…。

525名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 17:53:22 ID:IQ6MFBbE0
少年「ほらほら、こっちこっちー」
少女「もー! 待ってよー!」

夢美「夢幻伝説! 死ねえっ!!!!」
子供達「うぎゃあああああああああ!!」

夢美「なーんてね……フフ」
○○「……夢美?」



書いて思ったがコレ分かる人どんだけいるんだwww

526名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 18:08:20 ID:jRJwEFqA0
B.B.Joker好きだぞ

527名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 18:13:58 ID:zp5elRww0
なんというペケ…この夢美教授に付き合う○○は間違いなく胃に穴が空く

528名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 18:14:16 ID:jRJwEFqA0
あれ、ペケだったか
混乱したごめん

529名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 19:53:06 ID:IpcBxf5w0
>>525
僕の保健室へようこそ、のエロ医者を永琳に置き換えたらとんでもない事になった

530名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 20:41:25 ID:XFy3.zjE0
懐かしい漫画きた。
因幡一家はいい感じにキャスティング揃ってる気がする。

531名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:15:38 ID:TMMVFJ/20
夢の中で輝夜とバイト先の青果売り場でエアーホッケーをやってる夢を見た
やってるときの輝夜の笑顔がずっと頭から離れない
だれか文章化してくれ

ちなみに輝夜めちゃくちゃ強かった
ハンデで俺のゴール前に箱みたいなのを置いてやってたけど
普通に入れられてた

532名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:24:42 ID:OwEmKWYkO
七つのスタードロワーズを集めて幻想郷に行く旅を続けるイチャスレの民が笑いと爆笑の旅日記みたいなのが頭に浮かんできた

オチは全員が嫁主張して自滅

533名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:40:19 ID:KwIOPRIoO
>>531
言い出しっぺの(略)

なに?文才がない?
愛と妄想でカバーできる

534名前が無い程度の能力:2008/04/09(水) 22:43:38 ID:l19GjMEE0
>>531
「野菜くっさい場所ね……着物に臭いが染みつきそうだわ」
「お前な、俺の立場が悪くなるからせめて小声で言ってくれ」
「あら? 真実とは声高に言うべきものよ。そうね、例えば――」
「――ストップ! 何を言うかは気になるが、これ以上肩身の狭い思いをさせんでくれ……」
「度量の小さいこと。私の従者ならもっとしゃんとなさい」
「へいへい、申し訳ございません……って、なんで俺が謝らんきゃならんのだ! 第一俺が何時お前の従者にッ」
「あれは、なあに?」
「ちょ、人の話を聞けよ!」
「気の短い殿方は嫌われるわよ? そんなことはどうでもいいの。あれあれ、あの四角い奴よ」
「……はぁ、ほんとにこの姫様は」
「んー、あれはエアホッケーだな」
「えあほっけ? 魚でも並べるのかしら」
「いやいや、遊具だよ。円盤を打ち合って、相手のゴールに沢山入れたほうが勝ちっていうゲームだ」
「ふぅん、面白そうね……」
「やってみるか?」
「ふふん、いいわ! 勝負よ! 負けた方は勝った方の言うことを聞く。どうかしら?」
「随分と大きく出たな。吐いた唾飲まんどけよ?」

――難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」
「ちょ、ちょっとまて! スペルカードは反則だろ! 不公平だ、横暴だぞ姫様!」
「何を甘いことを、これは勝負なのよ? 全力を尽くすことこそ相手への礼儀というもの、貴方も知恵を絞りなさい」
「――ああ、はいはい判りましたよ! それじゃ俺はこのダンボール箱でゴールを塞ぐが良いんだな?」
「別に構わないわ。さあ、貴方の番よ……私を楽しませなさい!」

「……はぁ、負けた負けた。流石に鉄板までぶち抜かれちゃ防ぎようがないぜ」
「あらあらあらあら、情けないわね。修行が足りないわ、修行が」
「まー、勝負は勝負……何でも言うこと聞いてやるから言ってみな」
「聞くだけで終わり。は無しよ?」
「馬鹿言うな、俺はてゐじゃねっつの!」
「あはは、冗談よ? そうね、こんなのはどうかしら……」
「何だか怖いな、もったいぶらずにさっさと言えよ」
「……わ、私が朽ち果てるその時まで、傍に居なさい!」
「わはは、なんだそれプロポーズか? いっちょまえに照れちゃって可愛いでやんの」
「なによー、人が折角勇気を振り絞ったのに、デリカシーの無い男ね!」
「悪い悪い、だってさ……そんなもん、頼まれなくたってそのつもりだっての」
「……うつけ」

---
手抜きすまんwwwww

535名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 01:46:03 ID:6kHZT9Ho0
ブーツを履いたアリスに踏みつけられる○○を幻視した。
しかし、書いてみたら別物になってしまった。


ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1065.txt

536名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 02:20:21 ID:mRUzD7q60
幻想と現実の境界があやふやになったらしく、
学校に行くと周りの人間が幻想郷の人々になっていた。


話ているとやたら話題をグレイズな方向に持っていこうとする紫校長、
訪れるとやたらグレイズな診察をしたがる養護教諭の永琳、
授業内容をやたらグレイズしたがる生物科教科担の幽香、
学校の幽霊とか存在そのものがグレイズな幽々子、
お腹を壊すとグレイズな事をしてくる慧音。

とまあ教師陣がそんな感じになってて男子が最高にハイな気分になってる。

・・・と思ったら男が俺しかいないのは何故?
紫「ハクタクと一緒に歴史を改竄して〜、元は女子校だけど共学化の一環として男子を一人だけ入学させたという設定に〜」
あ、あのウサミミ何かと思ったらうどんげか、
というか駄目だろそんな厨な設定。

・・・や、ちょっと皆こっち見ないで、
霊夢、君くらいはまともな感性だよね?
え、早苗から聞いてこういうのに・・・憧れてた?
や、まて、皆もって・・・ひぃ・・・



という厨設定を晒して幻想入りさせてもらう壮大な計画なんだが。

537名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 02:38:48 ID:UJsmeGsk0
>>536
はやくその設定でギャルゲを作る作業に戻るんだ。

538名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 03:09:28 ID:bE/zv9DY0
このスレ見てたらなんかえらいことになってきたので初挑戦してみた。

―――

4月某日。白玉楼。

○○「幽々子様、朝ですよ。そろそろ起きてください」
ゆゆ「ん〜、あと10分〜。亡霊の活動時間は夜だから〜」
○○「ダメです!今日こそはキチンと起きてもらいます!」
○○「それに昨日は「亡霊は夜更かしするものじゃないわ〜」とか仰って9時には寝てたんじゃありませんか?」
ゆゆ「そうよ〜、亡霊は朝にも夜にも弱いものなのよ〜。だから……ZZZ」
○○「っていってるそばから寝ないでください〜!今日はお花見をするんじゃなかったんですか〜?」
ゆさゆさ(肩をゆさぶる)
ゆゆ「んん〜……」
○○(ダメだ、全然起きねぇ。こうなったら……)
必殺の台詞を耳元で囁いてみる。
○○「作ったお弁当が無駄になってしまいますよ?それでもいいんですか?」
ゆゆ「お弁当〜」
○○(おっ、反応があった!もう一押し!)
○○「せっかく幽々子様の好きなものをたくさん入れたのになぁ〜。もったいないなぁ〜」
ゆゆ「卵焼き〜」
○○「甘いのをたくさん入れましたよ」
ゆゆ「唐揚げ〜」
○○「これでもかというほどたくさん揚げたので大丈夫ですよ」
ゆゆ「デザート〜」
○○「はいはい、お団子にカステラ、その他いろいろ用意しましたからね〜」
ゆゆ「ん〜、じゃあ起きる〜」
○○「それはよかった。じゃあ俺は朝食の準備してますね」
ゆゆ「けど起きられない〜」
○○「???」
ゆゆ「手ぇ引っ張って起こして〜」
○○「あ〜はいはい」
ぐいっと手を引っ張る。
○○「これで大丈夫ですか?」
ゆゆ「うん。ありがとぉ〜」
○○「着替えたら来てくださいね。あと、くれぐれも二度寝だけはしないでくださいね」
ゆゆ「大丈夫よ〜、紫じゃないんだから〜」
○○(本当に大丈夫かよ……?)


その後案の定二度寝した幽々子様を起こすのに酷く時間がかかったのは言うまでもない。

ちなみに作ったお弁当は全然足りなかった。重箱十段分はあったと思うのだが……。
駄々をこねる幽々子様を見て、次は倍の量作ったほうがいいのかなと思う○○だった。

―――

わかっちゃいたがやはり物書きってのは難しい。お前らを尊敬するぜorz。


ああ、幽々子様にこき使われたい。

539名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 07:05:25 ID:8eOR3jsIO
>>536
よう、言い出しっぺ。

540名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 08:00:16 ID:Y74TWXvU0
>>535
アリスに踏まれるのを期待してたら良い意味で裏切られた。クソッ!!

541名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 16:36:03 ID:4Wzd.nlU0
>>536
ヨーコ…じゃなかった。
妖夢は二刀流で剪定をするマジカル少女なんですね、分かります

542名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 16:38:39 ID:rODR4ozM0
>>538
基本は押さえてるな

543名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 17:11:38 ID:BR8uuOP60
>>538
文法とか誤字とかならアレだが。
それ以外の楽しい楽しくないは個人の問題さ。

544543:2008/04/10(木) 17:28:28 ID:BR8uuOP60
ってなワケで駄文を。。。

―――

レミィは玉座に座っていた。

○○「レミィ!お前にプレゼントを持ってきた!」
レミィ「騒々しいわね、何?」
○○は叫んだ。
○○「今日のためにな。食生活は化学調味料など一切とらずに、自然着色料にもこだわった!」
○○は一息吸って。想起に浸りながら語った。
○○「レーバーを主食として適切な運動を交えて、適度な睡眠をとって最高のコンディションにした!」
○○は涙を流した。
○○「納豆だって大嫌いだったが、毎朝納豆を食ってきた!」
○○は緑色の欠片の詰まった歯をチラしながら言う。
○○「鉄分にもこだわったさ!毎日ほうれんそう料理!ポパイだってびっくだ!」
○○はレミィの足元にひざまづいた。
○○「さぁ!俺の血を吸え!そして眷属にしてくれ!俺にはお前といる時間が必要なんだ!」
レミィ「面白いわね…いらっしゃい。」
レミィは玉座から立ち上がる。
二人は抱き合った。。
レミィ「…眷属になれるかどうかは。あとは貴方の運しだいね。」
○○「ううううぅぅああああああぁぁぁぁぁ。」
○○の意識は快楽の波の中に沈んでいった。

レミィ「おはよう。…良い夜ね。歓迎するわ。」

545名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 17:51:54 ID:VvxlHZo60
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1066.txt
射命丸はサドくてもマゾくても可愛いな!

546名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 19:47:35 ID:nds0zhbwO
「あの、○○さん」
「あん、どうした文」
「ちょっと外の世界についてお伺いしたいことがあるのですが…」
「あー、今日はレミリアと二人きりでお茶会する約束があるから無理だわ。またな」
「……分かりました」


「あの、○○さん」
「ああ、どうした文」
「ちょっと外の世界の出来事についてお伺いしたいことがあるのですが…」
「あー、今日は幽々子と二人きりで飯食う約束してるから無理だわ。またな。」
「………分かりました」


「あの、○○さん」
「うん、どうした文」
「ちょっと外の世界の事情についてお伺いしたいことがあるのですが…」
「あー、今日は萃香と二人きりで飲む約束してるから無理だわ。またな」
「…………分かりました」


「あの、○○さん」
「おう、どうした文」
「ちょっと外の世界の恋愛についてお伺いしたいことがあるのですが…」
「あー、今日は幽香と二人きりで花見をする約束があるから無理だわ。またな」
「……………分かりました」

547名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 19:59:40 ID:KNAjSM5I0
こ、怖い
このあと○○がどうなるのかが想像できてこわい(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

548名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 20:33:13 ID:4IhxFwXs0
文「構って欲しくてさあ……どんなに些細なことでもいい、外の世界の話が聞きたくてさあ……」

ガリガリガリガリ

549名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 20:33:29 ID:DHJOYUd2O
強引に迫られてグレイズチチチ

550名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 21:47:33 ID:Kauh2KtMO
それまであまり考えなかったが
廊下でうっかり正面衝突してしまってから鈴仙を異性として見てしまう○○
態度もついよそよそしくなる

よそよそしくなったことを不審に思われ
鈴仙に問い詰められる○○
思わず逃げ出すが身体能力、さらにはその鍛え方によってあっけなく捕まる

瞳も駆使してよそよそしくなった理由を聞き出す鈴仙
理由を聞き出したはいいが同じく○○を異性として意識してしまうことに



ここまで考えた
何が言いたいかというと
エロスを抜きにして鈴仙の体は引き締まった筋肉やらなんやらで美しいと思う

551名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 21:54:57 ID:4IhxFwXs0
その裏で覗き見をするてゐ、媚薬を撒いたえーりん、
そして始まる「そこまでよ!」まで幻視した

552名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 22:33:25 ID:MA3nv3mE0
てるよがいないのはやっぱり引きこもってるのか?

553名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 22:41:03 ID:Kauh2KtMO
ぐや→みんなのお母さん
師匠→頼れる(?)姉
てゐ→(実年齢はほっといて)かわいい妹
鈴仙→やはり気になる異性


○○視点
こんなイメージあるわ

554名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 22:45:42 ID:4IhxFwXs0
>>553
みんなの(ヘタレ)お母さん
だろ常識的に考えて

555名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:11:21 ID:KuUv/5z.0
馬鹿だな
優しすぎて因幡達を甘やかしちゃうお母さんに決まってるだろうが

556名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:27:19 ID:S6lIL0wE0
えーりんはキャリアウーマンのお母さんで輝夜はだらしないお姉さんでもいいと思う

557名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:27:58 ID:smFAsvLA0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1067.txt
C&Cを聴いてたらグラグラきた。 後悔はしていない。

うどんげってどうも苛めたくなる 困らせて恥ずかしがらせて顔を真っ赤にさせたい
で、慰めてあげたい。 「苛められた相手に慰められて、狂ってるの?」でフィニッシュ。

558名前が無い程度の能力:2008/04/10(木) 23:53:31 ID:U5w1zCaU0
やっぱ某えーりん2の永遠亭が好きだな

559名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 00:09:59 ID:JdqF19ns0
>>557
いいオチだw

560名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 00:13:55 ID:zohEkZIs0
>>557
恒星うまいなあ

561名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 01:19:26 ID:RG4G1Kdk0
>>557
キャラ×キャラが無ければ言うこと無かったんだが
それだけが惜しまれる

562名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 02:10:58 ID:wQqeVc.Y0
月のお姫様がホームステイするギャルゲとかあったよな、
と言う事でてるよが家に来た。


「〇〇、早速だけどげーせんに行きましょ?私あそこに行くのが夢だったのよ」
「いいよ・・・何かゲームのハイスコア総ナメしそうな気がするよ・・・」
「あら、その手のゲームは向こうでも出来るわよ、
私がやりたいのは・・・ぷりくらとか、ゆーふぉーきゃっちゃーとか、そっちの方ね」

「あ・・・また落ちた」
「そうそう取れる物じゃないからね」
「うん、でも新鮮な感じ。
向こうは欲しい物なんてすぐに永琳が用意しちゃうから・・・思い通りにならなくて歯痒いのも新鮮ね」
「よし、ちょっと待っててね・・・ほい!」
「む・・・〇〇に出来て私に出来ないのは腹立たしいわね、取れるまでやるわ、〇〇、コイン」
「う・・・出費が・・・」


「このカードを版面で動かすと、ゲームの中のキャラも動くんだよ」
「ふーん、スペルカードは使えないの?」
「当然」
「つまんないわね」
「筐体が壊れるだろw」


「最後はぷりくらね」
「ここ、男一人じゃ入っちゃいけないんですよ」
「どうして?別に写真を撮るだけでしょ?」
「うーん、盗難とか色々あったそうです」

「ほら〇〇、もっとくっついて?」
「で、でも・・・」
「駄目じゃない、フレームに入りきらないわよ?」
「でも顔近いです・・・」
「仕方ないわね・・・」chu


「余計な落書きは・・・要らないわね」
「輝夜・・・さっきのは?」
「良いじゃない、私達恋人なんだし?」
「そりゃ嬉しいけど・・・そんなアバウトで良いのかな」
「いや・・・深く考えると逆にこっちが恥ずかしくなるわよ///」
「でも」
「こら、女の子をあんまり困らせないの!いい加減にしないとこれブン屋に捌くわよ?」


まで妄想したがオチが上手く作れなかったので半端。


てるよの服とか、
最初えーりんが選ぶんだけどセンス的に流石にうどんげに怒られて、
えーりんが泣く泣くうどんげの選んだ服をてるよに着せるという風景を妄想したが、
それをSSにry

563名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 02:20:51 ID:wQqeVc.Y0
幽香「そういえば私って夢魔みたいな物だから〇〇の夢に介入出来るのよね」
〇〇「唐突だな・・・夢でも俺に逢いたいとか言ってくれるのかい?」
幽香「そうね、折角だからエロい夢で」
〇〇「そういう夢は大歓迎だが幽香に見られるとなると恥ずかしいからな・・・」
幽香「大丈夫よ、それなら」
〇〇「?」
幽香「夢と現実の区別が付かなくなれば問題無いわ」
〇〇「・・・え?いや待て幽香それって・・・」
幽香「永遠、ね」
アッー!!!!


な夢を見たい。

564名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 03:22:03 ID:EYtGOXYY0
こんな深夜にゆゆ様投下です。

寒想桜聴きながら書いてました。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1068.txt

565名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 03:39:21 ID:mL1tdOmg0
>>545
やっべ。ピンポイントでツボすぎだわ
○○と椛と文の近すぎず遠すぎずな関係がいいねぇ・・・
作者さん、よかったら続編かシリーズ物で書いてくれないか?まじで

566名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 08:03:36 ID:Irl23AEE0
なぜ心臓病で血を吐く…肺の方がよくね?とは思った

567名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 09:33:18 ID:f45fBi5cO
俺もそう思った。
吐血は消化器系か呼吸器系の損傷や潰瘍が中心だよな。

568名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 12:10:19 ID:Y6ADpCq2O
呼吸器系は喀血じゃなかったっけか

569名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 12:26:27 ID:Irl23AEE0
吐血は消化器系
喀血は呼吸器系

時代によっては喀血したら肺結核として隔離か…

570名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 16:24:03 ID:2DoX4kHY0
どういう経路で心臓から食道に行くのか解らん

571名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 16:27:57 ID:ZJtIp2KY0
なんか生暖かいスレになっているぞ

572名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 16:41:20 ID:2YSvUFQQO
足が不自由で車椅子を使っている○○の世話をする小町や幽香を幻視したが
幻想郷に車椅子はあるのだろうか

573名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 17:04:54 ID:1VR7PP9kO
世の中にはスキマ、こーりん堂という便利な言葉があってだな。

574名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 17:36:41 ID:0XkSv3xE0
ふと境界を越える事ができるようになった○○。
時刻は黄昏。
霊夢は境内で掃除をしていた。
○○「霊夢ー。久しぶり。飲もう。」
一升瓶をぶらさげて言った。
霊夢「○○。いいお茶はいったよ。さ。上がって。」


こたつでまったりとお茶を飲み飲み。並んで座っている二人。
霊夢「お茶。おいしい?」
○○「うまいね。」
霊夢「新しいお茶、奮発した甲斐あったわ。」
○○「所でさ。映画見にいかん?」
霊夢「行きたいけど。あんまりお金もってないし…。」
○○「奢るよそのくらい。」
霊夢「いいの?」
○○「小さい事言わないって。」
霊夢「嬉しい!」
がばっと抱きついた。
○○「やめてって。」
霊夢「…うふふ。」

夜の闇。空気を切り裂く音がした。
○○「…?」
霊夢「どうしたの?」
音はだんだんと近づいてきた。
○○「逃げよう。」
霊夢「何…」

障子が破られた。
現れたのは、涙をいっぱいに浮かべたレミィだった。

神槍 「スピア・ザ・グングニル」

レミィ「死ねー!!」
○○「!」
霊夢「!!!」
投げられた光の槍は○○の顔をグレイズして壁に大穴を開けて。消えた。
レミィ「月明かりの下を散歩しようって約束したじゃない!」
○○「ごめん!許して!この通り!」
土下座して謝る○○。
レミィ「うー。」
○○「じゃあさ。今から行こう。」
レミィ「…。」
○○「徹夜で付き合う!」
レミィ「…許したと思ったら大間違いよ。」
○○「霊夢。」
霊夢「…。」
○○「ごめん…。」
霊夢「…!」


霊夢「人の生き血を啜る吸血鬼め…。払ってやる!」

ってな感じで微妙に修羅場且つ。あんまりイチャついてないけど。
こういう風に振り回されてもいいかなぁと。
そう思うのは俺くらいなモンなのかなぁ…。
賛同者いませんかー?

575名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 17:39:43 ID:jaoItA6U0
リアリティ追求しても仕方ないと思うが、
そもそもアスファルト舗装されてないだろう幻想郷で
車椅子使うのは困難だと思う。
紅魔館とか永遠亭とか、広い建物内部限定かねぇ。
大図書館で司書的な仕事とかなら出来そう。

576名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 17:41:47 ID:gj6jX7Dc0
パチュリーや諏訪子さまを膝の上に乗せる○○が見えた

577名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 17:47:36 ID:Hstc/Rg20
文に抱えて飛んでもらう情景を想像した
足へし折ってくるわ

578名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 18:03:22 ID:0XkSv3xE0
コウリンとかマリサとか紫とか持っててもおかしくない。

579名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 18:51:13 ID:wQqeVc.Y0
美鈴に圧死させられたい。
運動した後の汗かいた腋&胸を顔面に押し付けられて呼吸困難で。
逃げようとしたら寝技とかで固められると尚更良い。

アリスに介護されたい。
こう操り糸とかを全身に絡めて吊って、動けない所を一方的に介護されたい。

離せとか止めろとかは完全にスルーされると尚更良い。

580名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 18:52:11 ID:ZJtIp2KY0
平地でしか車椅子が使えないから外出するときはいろいろな助けがいるな
知識豊富な初老の○○が若いころを思い出しつつ思い人と笑い合う日常とか

581名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:20:11 ID:gU3bcyys0
河童に頼み込めば空飛ぶ車椅子ぐらい作ってくれそうだ

582名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 19:45:10 ID:jaoItA6U0
>>581
お前、頭いいな。

583名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 20:04:04 ID:gj6jX7Dc0
>>381
にとりが作った空飛ぶ車椅子を大絶賛する○○
得意気にうんうんと頷くにとり
後日、空飛ぶ車椅子を自慢して「これでお前にも負担をかけずに済む」と言う○○
それを見て「もう私は必要ないのね…」とショックを受ける嫁
慌てて「そんなことはない、俺にはお前が必要だ」とフォローする○○
急に元気になり「今のはプロポーズよね?」と笑顔で迫る嫁
真っ赤になりながらも否定できない○○
それを隠れて見てるにとり

ここまで幻視した

584名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 20:21:03 ID:gU3bcyys0
>>583
ヤンデレにとりに嫁が殺されるまで視えた

585名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 20:35:32 ID:3hcbo/YY0
>>584
俺には

「幸せに暮らしてね、おふたりさん」
 頬を伝う熱い物を拭い、にとりは山へと帰っていった。
 その涙が如何なる意味を持つかは分からない。
 だが、○○の幸せを思う気持ちだけは間違いの無いものだった。

で、○○を思いつつも笑顔に涙のにとりが見えた。

586名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 20:44:13 ID:IpycDVN.0
>>581
いっそ全身をサイボーグ化してもらうとか。
ヒロシゲ36号に乗ってやって来た○○に機械の身体をくれるにとり。
……あれ、イチャついてないな。ネジにされそうだ。

○○ 「にとり、お前に改造してもらったこの身体だけど……」
にとり「どう?大好きな○○のために作った自信作だよ?」
○○ 「……まあ、歩けなかった頃から比べれば見違えるほど動けるし、
    空まで飛べるようになったし。
    でもな……」
にとり「?」
○○ 「このドリルとか、ロケットパンチとか付ける必要あったのか?」
にとり「え、なんで?かっこいいじゃない」
○○ 「……危ないような気もするんだが」
にとり「心配しなくても、寝る時とかはちゃんと外せるよ?」
○○ 「じゃあ、急ににとりを抱きしめて、キスしたくなったら?」
にとり「……検討しようかな。とりあえず、今は気をつけて……んっ」

587名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 21:31:51 ID:eQV6ZBVM0
いやいや、脚が動かないから必死に飛ぶ練習をするんだろ?なんというか、幻想郷的に。

魔理沙とかパチェとかアリスとかの魔法使いさん辺り教えてくれそうだわ。○○はちょっと暗めで笑顔を全く見せないようなの男だと良い。
教えている最中は特に意識はしていなかったけど、必死に練習する○○に次第に惹かれていき、○○が初めて飛べた時に余りの嬉しさから満面の笑顔で相手を抱き上げるだね。
その初めて見せてくれた笑顔と、抱き上げてくれた時に感じる上半身の意外な逞しさ(下半身駄目だから鍛えられてるんじゃないかと)に、○○を意識し出してしまうんだな!!!

あぁ…、相手は一人に絞っても三人が同時に教えてくれるようにしても良い…。修羅場も望むところだな!
そうか…マリアリパチェで弾幕ごっこでも実験でも良い、何かをしていたら事故が起こり、○○を巻き込んでしまうんだな。
そして下半身不随…、もしくはそれに近い症状に。
必死に謝る彼女らに○○は生来の暗く流されやすい性格から、彼女らを許そうとするんだ。
だがその言葉は拒絶にも聞こえ、彼女らの心を更に深くえぐることになる。
そして提案する。「歩けないようなら、飛べるようになればいい。私が教えるから!!」

三人にするとハッピーエンドで収集がつかんような気もするけど続編の修羅場っぽいのも見たいようなきもする。
うーむ、妄想が止まらんな。



だが私は書く気力が無い。オワタ。

588名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:19:48 ID:y0sphRWs0
ヤンデレ化したえーりんあたりなら改造も喜んでやりそうな気がするから困る。

589名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:20:28 ID:au5gllgM0
>>587
言いだしっぺの法則があるのにそんなこと言って
本当は自分が書きたいんだろ?

590名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:23:47 ID:gmj8pxUEO
なにかしら体に不自由がある○○っていうのもありかも
盲目だが凄まじく勘のいい執事とか

591名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:31:37 ID:2DoX4kHY0
メアリーさんのお通りだぜ

592名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:33:57 ID:3hcbo/YY0
俺は絶対に書けない。
自分の不自由に嫁を付き合わせるとか、自殺するほうがマシだわ…

そんなわけで、元気な霊体でゆゆ様のとこで奉公します(・∀・)

593名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:39:15 ID:i6N4mYeg0
「動けないんだよね、浩平〜」
「ぐあっ…なんだ、その金ノコや木槌はぁっ!」
ウィーーーーーン…!! ギ…ギギギギギギギギギィーーーッ!!

○○「ぎゃ、ぎゃあああーーーーーーーーーーーっ!!」

ガチン! ガチィン! キュイキュイキュイーーーーーーーンッ!!
ガガゴゴゴゴゴゴゴ…!! チュイイィィィィィィ…

にとり「よっし、完成〜」
○○「ど、どうなってしまったんだ、オレの体は…」
にとり「長時間立ってても疲れないように、膝がロックできるようになったんだよ」
○○「地味すぎぃぃぃーーーっっ!!」

真っ先にこのネタが浮かぶ俺はもうダメだな
折原浩平はいい主人公だった

594名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:39:28 ID:Irl23AEE0
勝手な自殺とか人生最大の我が侭を押し付けるなんてひどい奴だな

595名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:39:45 ID:i6N4mYeg0
ミスってたがもういいや('A`)

596名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:44:23 ID:gj6jX7Dc0
いやむしろ
自殺しかけているところを東方キャラに諭されるんだろう

597名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:47:09 ID:zohEkZIs0
quake4を思い出した

598名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:50:22 ID:HKVDnqEY0
永琳にほのかな想いを寄せる青年○○。
そんな○○の思いに気付きながらも、○○の成長を見守りながら彼を待ちつづける永琳。
そんなもどかしい毎日を送る二人の前に大異変が起こる。

永琳の作った薬をてゐが悪戯で混ぜてしまった結果、新種のウイルスが発生してしまったのだ。
それは、感染した人間を、想う異性とイチャイチャさせるイチャゾンビへと化してしまう『イチャイチャウイルス』だった。
次々とイチャウイルスに感染する幻想郷の住人たち。

立てこもった永琳をはじめとする永遠亭の面々+○○。
しかし、生き残った永遠亭の面々も次第にウイルスに感染してしまう。

必死に抗体を作る○○と、彼女を支えようと奮闘する○○。
果たして、永琳と○○は、ウイルスに操られない――――
偽りでない愛を築きあげることができるのか?

唐突にそんなの幻視した。

599名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:54:16 ID:HKVDnqEY0
>>598
みすった、『必死に抗体を作る永琳』だ
スマヌ

600名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 22:57:48 ID:qziEC.nE0
>>599
もう○○も薬師の設定でよくね?

601名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:08:09 ID:y0sphRWs0
そしてその一部始終をヲチりながらニヤニヤするスキマ妖怪であった。

602名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:08:38 ID:y0sphRWs0
ミスったごめんorz

603名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:46:17 ID:2WyIyBls0
板終了のお知らせなんだが

604名前が無い程度の能力:2008/04/11(金) 23:47:08 ID:zohEkZIs0
それでも愛は終わらない!

605名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:00:29 ID:OsZMitdY0
いい事を言ったと見せかけて何も解決になってない
代表的な詭弁だぜ

606名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:21:38 ID:FE5VIbNI0
俺は流れに身を任せるよ
消えるのなら共に消えよう
生まれ変わるのならそこに行こう
だけどこれはあきらめじゃない、例え消えてもいつかまた皆に会えると祈ってる 信じてる
だから霊夢、約束するよ。来年のこの日この時間に、また同じ言葉を君に言う

霊夢、ずっとずっと愛しているよ

607名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:50:15 ID:om7kaQzo0
このスレも消えてしまうのかもしれないけど、俺はここでみんなのssが
見れたことを誇りに思っている。もちろん投稿したりしてとても楽しかったぜ
マジスレごめん

妹紅、これからも一緒に俺と生きよう……

608名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:50:45 ID:JR8tulEY0
マジスレとな

609名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:52:04 ID:jdeBb4HE0
最後かも知れないから言うわ
エリー! ゆうかりん! 文! 小悪魔! 諏訪子! 好きだぁー!

610名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 00:52:15 ID:lU3uFB.Y0
自分のマジな想いを叫ぶスレということさ。

611名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:05:33 ID:keB96c4U0
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1205944276/872
というわけで洩矢さん家みたいに俺等も移動らしいぜ兄弟。

612名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:07:37 ID:Ex1cKkco0
とりあえず、うちらも一安心な訳か。
管理人さん万歳!イチャスレ万歳!お前ら兄弟万歳!

613名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:14:12 ID:om7kaQzo0
>>607なんだが早とちりしてすまん
でも思ってることは本当だから
さてと……妹紅?引越しの準備をするぞ〜

614名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:31:10 ID:pLVCf2OQ0
移動とか引越しとか言ってるが向こうに立てるのはこのスレが終わってからにしような。
勘違いする人が出る前に一応釘刺しとく。

615名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:33:45 ID:582yUJRc0
〜〜〜〜〜掲示板移転のお知らせ〜〜〜〜〜
現在進行中の東方シリーズ板ですが、この掲示板の過去ログ上限の2000スレに近づいています。
上限に達するとスレ立てが出来なくなるため、この板は凍結となります。
つきましては、掲示板の移動をお願いします。

ttp://jbbs.livedoor.jp/game/42679/

616名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:35:41 ID:3JVswlqA0
移転みたいだね
ここは別にチル裏とかみたく移転に関して何かまとめる必要はないよな?

617名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:38:40 ID:tei3sePw0
>>614
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/6306/1205944276/974

隙間落ちが起こる可能性もあるし、早い方がいいんじゃね?

618名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:51:30 ID:pLVCf2OQ0
>>617
そうなん?まだ使えるからそのままで良いと思ってたが。
避難所の方で相談してみるか……

619名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 01:55:26 ID:cGjTiGSw0
適当に霧の良い数字というと650踏んだ人が移転700までに住民移転完了…と思ったが
>>618が相談してくれるならその結果で良いかな

620名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 08:56:26 ID:4uVGcvTg0
これ過去ログとかは保存しなくてもいいのか?

621名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 10:07:04 ID:6hRr71mE0
スレが無くなる前に文に愛を叫ぶぜ!
文、俺はどんな取材でも付き合ってやる。徹夜で編集作業だってお前のためならいくらでもやってやる。
俺はお前の事が好きなんだ 俺と付き合ってくれ!

あと突き合ってくれ!

622名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 10:42:50 ID:qiTlOQpk0
こらこら突き合うなら文じゃなくて霊夢だろう
というわけで霊夢、ここに針打ち込んでくれ
最近肩こりがひどくてさ〜

623名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 12:27:10 ID:1tM7BrhUO
この板ともお別れか

なら板最後の告白だ
スレ住人のみんな愛してるぜ! 次の板でもよろしく愛を叫ぼうぜ!

624名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 12:56:15 ID:A.FD3HLs0
まだ600台だ、気が早いよ!

625名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 13:23:52 ID:tpUmOvlE0
【夢の嫁】東方キャラとイチャつくスレ15【嫁の夢】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/42679/1207972013/

なんかあった。
「無かったようなので立てました。」じゃねえよクソ

626名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 14:02:48 ID:nuhsmQ9k0
まあ、たっちゃったんならしょうがない。しばらくは同時進行?

627名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 14:07:32 ID:DsTeB9XkO
ここが終わるまでと上の方で言っとる人が居るのに。
しかも驚くべきほどスレ違いなヤツを残していったな>新スレ

628名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 14:38:17 ID:BM1uQdwE0
けーねに無かった事にしてもらいたいところだな。
立てた経緯も>>2も酷すぎるし。
一発目がスレ内容にそぐわないってのは、いくらなんでもまずいだろ…

629名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 14:45:07 ID:pMO2zQ1w0
何事もなかったように普通に使うしかないんじゃね

630名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 14:56:25 ID:9UqTHMtY0
というわけで引越しの準備をしましょう、パチュリー。
この膨大な量の本を全部移すんです、準備はいくら早くても大丈夫でしょう?

え?スキマに手伝ってもらう?私は良いからあなたの私物をまとめなさい?

だいじょうぶです。箱にまとめたら咲夜さんと妖精メイド達が運んでくれるそうです。
もともと私物もあまりないですし…。
最後にあなたを抱き上げて持っていくぐらいですよ。

ああもう本で顔隠さないでくださいよ。かわいいなぁもう。

631名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 15:05:26 ID:WgDTFUFYO
板の終わりか…
――次の週末に幻想郷は滅亡だ。

で、嫁(何故か眼鏡)と一緒に最期を迎えるのを幻視した。
エロゲネタでスマン。

632名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 17:31:44 ID:APUe7WSY0
 目の前に霊夢の生首がある。
 一瞬死んでいるのかと思ったが僅かに動いていることから何故か生首の状態で

生きているのだと理解した。
 生きているのだと分かったら落ち着いて観察する余裕もできた。
 大きさは普通の人間の首よりも大きい、よく育ったスイカくらいの大きさはある。
 表情は……微妙にウザイような、かわいいような、不思議な顔をしている。
 しばらく眺めていたらこちらに気がついたようだ。

「ゆっくりしていってね!」

 まるでホバーのように移動して奥の部屋に消える、戻ってきた時は頭の上にお

盆と湯飲みが乗っていた。

「ゆっくりしていってね!」

 どうやら飲めと言っているらしい、入れたばかりのお茶はいつも霊夢がいれるお茶

と同じ味がする。
 そこで気がついた、この生首霊夢には手足がない、ならばどうやってお茶を入れ

たのだろうか?

「なぁ、どうやってお茶を……」
「ゆっくりした結果がこれだよ!」
「いや、お茶」
「ゆっくりした結果がこれだよ!」

 どうやら聞いてはいけないことらしい、怒ったような表情をしている。
 機嫌を直した方がいいのだろうか?
 もってきたせんべいを一枚差し出すと喜んで食いついた。

「お前いったい何なんだ?妖怪か?妖精か?」
「ゆっくりしていってね!」
「どっちでもいいか、よっと、意外と重いな」
「ゆっくりした結果がこれだよ!」
「悪い悪い、女の子に重いは言っちゃいけないな」

 生首霊夢を膝の上に乗せて空を見上げる、今日もいい天気、絶好の昼寝日

和だ。

「ゆっくりしていってね!」
「そうだな、ゆっくりするか、お休み」
「ゆっくりしていってね!」


「仕事があるのはいいけどお賽銭はないのよねぇ、あら? 〇〇来てたんだ。 昼

寝中……ちょっとくらい寄り添ってもいいよね、この抱き枕をどけて――」
「ゆっくりしね!」
「妖怪! よくも〇〇と添い寝を、なんてうらやましい! 退治してやる!」

633名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 17:33:56 ID:APUe7WSY0
改行直すの忘れちまった、読みにくいなこりゃ

634名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 19:18:30 ID:nYtYrRf60
逆立ちをしている○○

咲夜さん「○○、何をしているの?」
○○「地球を持ち上げてるんだよ」
○○(我ながらなんと夢のある発想! 咲夜さんもこれで俺にゾッコンに!)
咲夜さん「支配欲が強いのね……怖いわ」
○○「……(´;ω;`)」


咲夜さんの瞳は10000ボルト!!!

635名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 20:38:23 ID:A.FD3HLs0
凄いかわいそうな目で見られたい

636名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 21:17:07 ID:GMDzEZMk0
ゆっくり霊夢も霊夢も咲夜さんも可愛いよ!

637名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 21:27:56 ID:81PY2G9E0
>>634
天然なのかわかってて○○をいじってるのかw

638名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 21:32:05 ID:7Uv98PmM0
>>637
元ネタから察するに、殆ど素で言ってると思う

639名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 21:51:39 ID:ibw/IsIoO
俺の嫁の幽香は季節ごとに住む場所を変える引越しのプロだ。板移転なんてなんでもないぜ!

640名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 22:07:47 ID:BM1uQdwE0
>>639
既に引越し完了してるしな。

○○「あれ、幽香どこに行くんだ?」
幽香「あら○○、まだ居たの?今日は引越しの日じゃない」
○○「え、そんなの聞いてないぜ!?幽香引っ越しちゃうのかよ…」
幽香「何言ってるの?貴方も一緒に住むのよ」
○○「Σ(゚Д゚;)エーッ!!」
幽香「早く荷物まとめてきなさいよ。
    …来ないって言ったら、貴方の家に押しかけちゃうわよ?」

なんだこれ(゚∀゚)

641名前が無い程度の能力:2008/04/12(土) 23:24:43 ID:N69AJlsg0
けーね先生が牛とかぬかす奴がいるので実験してみた。

けーね「ん、〇〇か、どうしたこんな夜中に?」
よーしよしよしよしよし、
けーね「ふわぁ・・・うぅ・・・くぅ♪」
どーうどうどうどうどう、
けーね「ん・・・ん・・・くぅん♪」
よーしよしよしよしよし、
けーね「あぅ・・・あ・・・って何をする!///」

牛っぽかったです。
こんな私ですが外では魔王をやってましてね。

642名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 00:02:23 ID:GNTkxlQY0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1069.txt

練習も兼ねて投稿してみました。

643名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 00:19:25 ID:Q7ATDQVc0
こっちでもゆっくりしていってね!って霊夢と魔理沙がやるのかと思ったら全員まともだ。

644名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 00:42:11 ID:ARWdPm.U0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1070.txt

頂いたレスが嬉しかったので、板にサヨナラするまえに>>545の続き。
文の脚の魅力は異常。

645名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 01:09:00 ID:2bvJhF3A0
東方学園の屋上で
上目遣いしつつ頬を赤らめて○○に告白する後輩な文が頭から離れない

646名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 01:14:43 ID:of9jUIYs0
>>644
GJ
すごくよかった

647名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 05:04:20 ID:HRFrogdU0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1071.txt

ここの思い出に。紅魔の傭兵その後です。

ちょっと気が早いかもですが次の板でもよろしくです!

648名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 10:25:36 ID:Ck5qLHTk0
>>645
そこは先輩だろ常識的に考えて

649名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 10:51:52 ID:i2LcuCNc0
ヤンデレアリス。
ヤンデレって結構難しいね。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1072.txt

650名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 13:21:42 ID:2B9rjbM.0
ヤり逃げしようとしてたのか○○。
そりゃアリスも病んじゃうよ。

651名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 14:39:01 ID:QFIJfi/A0
移転の話題などなかったことのように、妖夢書いてみた。
まあのんびりいこうか。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1073.txt

652名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 16:06:12 ID:HWIJV6ZQ0
>>651
心があたたかくなった

653名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 17:21:54 ID:HjBy2Eqk0
もう義兄弟たちは忘れてると思いますが
まとめ神奈子1の、神奈子とショタ○○の続きです。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1074.txt

654名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 17:51:39 ID:P0J9BYEw0
>>653
待ってたぜ、あんたのことを
とにかくGJ

655名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 18:02:45 ID:09x7O96oO
>>650
一緒にいたいがために〇〇を人形にしようとしたら逃げられた、だと俺は思った。
どっちにしろヤンデレだから満足ではあるが。

656名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 18:06:25 ID:5F0z.QEY0
>>653
細かいようだが早苗→神奈子は公式では「八坂様」だ
それはともかくGJ

657名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 19:24:51 ID:2bvJhF3A0
>>653
GJ

揺り椅子に座ってメディを膝の上に乗せたおじいちゃん○○を幻視した

658名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 19:31:43 ID:BWU1hD/c0
霊夢「えーと、こうかしら?(にこっ)いらっしゃい! ゆっくりしていってね!!」
○○「……誰てめぇ」
霊夢「わきゃあっ!? まままま○○っいつからそこにっ!?」
○○「さっきからずっと。ところで何やってるの? ニコニコ愛想よくしたりして」
霊夢「賽銭があまりにも入らないからもうちょっと人当たりよくしてみたらどうかと考えたのよ」
○○「ああ、それでか。で、その格好もそうなの?」
霊夢「だ、だって紫が今はスカート短い方が萌えるのよ〜
   参拝客からお賽銭をがっぽがっぽ貰えるわよ〜っていうから……」
 びゅう〜 バサッ
霊夢「きゃっ!?」
○○「!!」
霊夢「……見た?」
○○(ブンブン)
霊夢「……じゃあ今私が履いているドロワーズの色は?」
○○「えっ、ドロワーズじゃなくて純白のおふぁんt(スコーンぐふぇあっ」
霊夢「いうなー!! もぉ○○のえっち……見物料とるわよ」
○○「お……おいくらですか……?」
霊夢「ざっと一万」
○○「高っ!! というか見られたくないならドロワーズにしておけばいいじゃないか」
霊夢「だってこんなに裾が短いとはみ出しちゃうんだもん。そ、それにこの格好だって本当は○○にしか見せたくないし……」
○○「え?」
霊夢「!! わー! 今のナシ! 忘れて! 忘れてよー!!」

賽銭集めるために猫かぶり&スカートの丈短くして萌え化しようとする霊夢
しかしその格好は○○の前でしかしたくないとポロリと口にしてしまう霊夢を幻視
かわいい、かわいすぎる!

659名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 19:37:22 ID:Ck5qLHTk0
どこら辺が霊夢か教えてくれ
こんな性格はリグルくらいしか思いつかん

660名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 19:57:05 ID:5F0z.QEY0
そんなに違和感ない気がするが

661名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 20:01:36 ID:aRxomLMc0
今日聞いたとある実話をもとにパチュリー書いてみた
俺も図書館でパチェと本を読みたい・・・

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1075.txt

662名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 20:25:24 ID:DBVBRVeo0
 いつもの神社のいつもの場所で茶を啜る。
 それが日常となっていた日の、他愛のない会話。

「ねぇ○○、こっちに来てもう二年経つけど、まだ彼女も出来ないの?
 こっちの世界の適齢期、とっくに過ぎてるわよ?」
「ああ、どうにも気が合わない女性ばかりでな」
「ふーん」
「そういう霊夢も、もう適齢期だろうに。
 相手は居ないのか?」
「居ないわね」
「そうか」

 再び二人で茶を啜る。

「なら、相手が居ない物同士、結婚するか?」
「そうね。二年前からそう思ってたのよ」
「なら二年前に言っておけば良かったな」
「いいんじゃない?私達らしくて」






なんだこれ(ノ∀`)

663名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:16:22 ID:Hzcp5yOg0
るみゃで
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1076.txt

初挑戦だが文章書くってすげー難しい…。
あぁあんまり叩かないで…。

664名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:23:19 ID:Ck5qLHTk0
弾幕風乙

665名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:33:38 ID:wiAHvKkQ0
>>662
 いつもの神社のいつもの場所で茶を啜る。
 それが日常となっていた日の、他愛のない会話。

「ねぇ○○、こっちに来てもう二年経つけど、まだ彼女も出来ないの?
 こっちの世界の適齢期、とっくに過ぎてるわよ?」
「ああ、どうにも気が合わない女性ばかりでな」
「ふーん」
「そういう霊夢も、もう適齢期だろうに。
 相手は居ないのか?」
「居ないわね」
「そうか」

 再び二人で茶を啜る。

「なら、相手が居ない物同士、結婚するか?」
「そうね。二年前からそう思ってたのよ」
「なら二年前に言っておけば良かったな」
「いいんじゃない?私達らしくて」

 いつもの神社のいつもの場所
 でも、そこから見える風景は、昨日までとは違って見えた


最後までまとめれば完璧だったんじゃないか?

666名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:41:02 ID:Ck5qLHTk0
>>665
そのまとめかたは作者の意図と違ってる気がするぜ
俺なら
「いつもの神社のいつもの場所
 これからもいつまでも同じ時を刻んでいくだろう。」
とかにするね

667名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:41:18 ID:XCACMk.A0
最近妙な○○が増えたな
厨二も邪気眼もいいけどお前は実際そんな戦闘力があるのか問いたい。小一時間問い詰めたい

ギアッチョ風に言うならば

自分の妄想を形にする為に『SSを書く』ってのはわかる……。
スゲーよくわかる。俺もここの住人だからな……。
だが『○○が強い』って部分はどういう事だああ〜〜っ!? 
妖怪を狩れるくらいの戦闘力があるっつーのかよーーーッ!
ナメやがって! この流れは超イラつくぜぇ〜〜ッ!!
お前は実際刀振り回したり人外を倒したり出来るのかよ!
メアリースーやったり過去ログ穴が開くほど見やがれってんだ! チクショーッ。
どういう事だ! どういう事だよッ! クソッ! ○○が強いってどういう事だッ! ナメやがって、クソッ!クソッ!

って感じ

668名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:43:22 ID:Ck5qLHTk0
まぁ、○○の能力については人それぞれでいいんじゃないの?
問題は、感情移入できるかどうかってことだ
お前の、そしてスレ住民の分身だということを忘れてる奴が多すぎる

669名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:43:42 ID:DBVBRVeo0
あー、脳内妄想展開時間約5秒の文章だから、お好みの方向でまとめてください(ノ∀`)イトナンテナイノヨ

670名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:48:14 ID:JmF0wkvU0
別に○○が外から流れてきたってのも言っちまえばオリなんだし、
いちいち過剰反応するのもどうかと思うけどね

671名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:50:15 ID:k4EP01HE0
オリキャラっちゃオリキャラだけどお話を書くのが主題じゃないんだってことを心に留めておかないとな

672名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 21:53:33 ID:Hzcp5yOg0
これ『○○』は自分ってことなの!?
あくまで第三者的な目で書いていたものだから……趣旨を勘違いしていたようだ…。


>>667
不快にさせてすまんかった…忘れてくれ。

673名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:06:06 ID:GNTkxlQY0
正確には自分であり、他者に当て変えてもまったく違和感が無い程度
かと思われますが。
文章の中に「どうだ、いかにもかっこいいだろ」みたいなものがあれば
すぐ悟られちゃうでしょうし、そういうものは見向きもされないでしょう。

ここは飽くまで幻想郷のメンツとイチャつくことをコンセプトに妄想を
ぶちまける場所です。お忘れなきよう。

674名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:12:38 ID:Ck5qLHTk0
まあ>>672は謝れるだけまだマシさ
開き直って粘着とかしだすアホもいるからな世の中には

675名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:14:02 ID:mD0VRRZYO
犯罪に走りかけた気持ちを押さえるために妄想
と、誕生日ネタで妄想しようとしたら蝟状のケーキが幻視されたのでパス



フランちゃんと遊んだら足の骨を折って
完治するまで車椅子生活
怪我の原因だからとか何だかんだで毎日車椅子生活のサポートをしてくれるフランちゃん
何だかんだで前より親密に

そして怪我は完治し、車椅子ともおさらば
「フラン、しばらくの間助けてくれてありがとな」
その夜、○○部屋に忍び込みの足をもう一度……


ヤンデレってこうですかわかりません

676名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:18:21 ID:k4EP01HE0
恋するフランは切なくて○○を思うとすぐ骨折っちゃうのとな

677名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:25:53 ID:Ck5qLHTk0
>>675
素晴らしい

678名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:30:07 ID:DBVBRVeo0
そこからハッピーエンドにする方法は…

 忍び込んできたフランに○○が気付いた。
「フラン、丁度良かった。
 このところ一緒に寝てたせいか、一人じゃ眠れなくてね…
 これからも、一緒に寝てくれないか?」



これでいいですか?わかりません!><

679名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:31:04 ID:KRxnpss.0
程度は書く人次第なんだよなぁ
能力があることが話の前提or話の中で能力を得るってこともあるし
てるもこえーりん+不死、ゆゆみょん+幽霊、レミフラン+吸血鬼等

680名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:36:04 ID:TjfTKe1kO
「ねぇ、魔理沙」
「なんだ」
「デコポン食べる?」
「デコポン? そらまた渋いな」
「渋いって……。一応糖度は高いはずだけど」
「○○。わざとらしいボケは鼻につくぜ」
「あはは、ごめんごめん」
「まったく……。で、その甘いデコポンは?」
「あぁ、今剥いてきてあげるから待ってて」
「お、皮剥きサービス付か。悪いな」
「良いってことさ。じゃあ台所借りるね」


「ふむ……。酸っぱくて旨いな」
「そりゃ良かった。じゃあ俺もいただこうかなっと――」
「あぁ、待て、○○。皮剥いてくれたお礼に私が食べさせてやる」
「え? い、良いよそんな」
「遠慮すんなって。ほら、あ〜ん♪」
「もう……。(ぱくりっ)」
「どうだ? 旨いだろ?」
「本当だ、美味しいねこれ」
「じゃあ、今度は私の番だ。あ〜ん」
「仕様がないな……。ほら、あーん」
「(ぱくりっ)」
「お、おい魔理沙! 俺の指まで口に含むなよ!」
「ぬふふー。ほんはほほひっへ、ふへひひんはろ……?」
「ひゃぁ! ゆっ、指舐め禁止!」



デコポン旨いよね。

681名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:38:19 ID:we0ZDBRI0
戦闘目的じゃない能力でイチャつくならいいんじゃね?
フランちゃんについていく為に不死身になりましたみたいな バラバラになっても大丈夫

682名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 22:55:00 ID:BgHUKsWk0


 夜も更けて、一人の男が座する家に筆の舞う音が静寂に溶け込む。
 闇夜に一つ、闇を照らす行灯が一つ。
 夜目のきかない人間の為にと、家主が用意してくれたそれに火を灯して、男は筆に墨を吸わせる。
 部屋の中には男以外に誰もいない。
 故に、不意に耳に届いた女性の囁きも、あってはならないものだった。

「今回はまた、奇抜な物語を書き起こしているのね」
「……紫様」

 虚空の亀裂から白く繊細な指先が伸びて、男の顎をくすぐる。
 紫と呼ばれた女性は、更に亀裂から美しい肢体を引き出して、宙空ふわりと腰掛けた。
 まるで夢の中にいるような不条理も、女性が妖怪であることを思えば納得できる。
 そして、ただの惨めな人間である男は、それを見上げることしかできない。

「また、夢を綴っているのね」

 紫の視線が示す先には、男が筆を滑らせていた紙が置かれている。
 紙面に書き起こしたのは、涙を滲ませる物語でも、頭を捻らせる哲学でもない。
 そこには男の夢。妄想と呼ばれるものが、永延と書き綴られている。

「今回は刀を振るい、妖怪を断つことのできる人間の話。前回は巫女のような鋭さに、百を生きた魔女のような聡明さを併せ持つ人間の話」
「……紫様の言うとおり、ここには私の夢が綴ってあります」
「何故? こうしている今も、力の無いあなたを私は愛している」

 振り向いた先、白い指が男の唇に添えられた。
 その先にある、紫の柔らかな唇が微笑みを崩す。
 何度も交わったその唇は、もう一度男に何故、と問いかけた。

「確かに、それは私の夢でありました」

 男は答える。
 こうしている今も、かつて自分の見ていた夢なのだと。
 そして――。

「欲は、満たされた今も私の中に沸いて出るのです。貴女の力が強大であるほどに、貴女の頭脳が明晰であるほどに。……貴女が魅力的であるほどに」

 だから私は、貴女の隣に立っていられるほどの力が欲しいと、夢を綴るのです。
 言って、男は筆を置いた。
 まだ墨の乾いていない紙面には、平凡な人間ではありえない活躍が、夢のような展開と共に書き綴られている。
 平凡故に、夢の中でだけ望む自分の理想の姿。
 夢の中だけで許されるその不条理。
 男はそれを異端な夢と知りながら、想うことを止めない。

「それなら、再び夢を叶えてみる?」

 深い笑みに彩られた唇が、囁くように男の鼓膜を揺らした。
 愛する女性は境界を操る妖。その指を僅かに振れば、男の夢は容易く叶えられるのかもしれない。

「いいえ」

 それでも、男は首を縦には振らなかった。

「全ては夢の話。今の私にはありえない形。私はただ、人間として紫様の隣に居たい」
「……そう、残念」
「でも、せめて願うことだけは止めないでくださいね」

 儚い人間の命、夢の中だけでは永遠を共に生きていたいから。
 男は微笑みに唇をゆがめながら、夢を綴った紙を行灯の火にかける。
 揺らめく火は間をおかずに燃え移り、音も立てずに男の妄想を食いつぶす。
 それでいいと、男は思った。

「愛しています、紫様」
「ありがとう、○○」

 互いに浮かべた微笑と共に、火が吹き消される。
 暗闇の満ちた部屋の中、そっと唇を合わせて、男は舌の上に涙の味を感じた。
 人として、愛する人よりも先に死に行くことは、自然なことだと思う。
 それでも、目の前に居る人を悲しませたくはない。
 それを願い、夢を見ることは、果たして罪なことなのだろうか。
 思いながら、瞳を閉じた男は一つだけ涙をこぼした。

 恐らくは、男は最後の時まで夢を見続ける。



>672
勘違いはよくあること。少しだけ確認が足りなかっただけだ。
謝って反省することができた兄弟よ次の嫁との妄想を期待しているぜ。

穏やかに、注意するときも柔らかな物腰であれば、きっと人間は素直なまま分かり合えるって寺小屋の美人な牛が言ってた。

683名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 23:26:22 ID:fV0qRVjwO
>>682
とても大人な雰囲気のSSに綺麗なまとめがついて完璧だったのに最後の牛で台無しであります軍曹

684名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 23:31:17 ID:Jk8au3060
最後の行を見るまでは>>682とは分かり合えると信じていた

だがどうやら彼とは闘う運命にあるようだ

685名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 23:32:40 ID:Ck5qLHTk0
半人半獣であることに彼女がどれほど悲しんだと思ってるんだ!!!!

686名前が無い程度の能力:2008/04/13(日) 23:36:31 ID:n2hhFbhA0
>>682も悪気があったわけじゃないんだ 一種の愛情表現なんだよ
ということでてめぇ前後左右に気をつけとけよダラズ


ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1077.txt
ということでみすちー分。 同じ鳥仲間でも文との扱いの差に全俺が泣いた

687名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 00:07:18 ID:HZ1jEbHYO
>>666
俺も書き込んでから気付いた
ろくすっぽ考えずに書いたものでね、許してくれ

688名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 00:35:34 ID:mYL/EFEM0
>>661
まぁなんだ、すごく好みのパッチェさんでおれはもううふふうふふふふふ

689名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 01:10:50 ID:yG07YMtE0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1078.txt
急いで作ったらこんなのなってしまった
ヤンデレって難しいね!

690名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 01:55:26 ID:YShHiYCg0
アリス病ませたいがどうしたもんか

691名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 02:05:01 ID:6pmmIWh.0
ラノベや漫画で「主人公男、とりあえずヘタレ」みたいなのもよく見る気がするが、
〇〇に能力がつくと逆にしっくりこないのさ。
ゆかりん辺りが逆手に取って完膚無きまでに叩きのめす(性的な意味で)とかは好きだが。
だがルナシューターで弾幕を避ける程度の変態〇〇は好きとかごめん矛盾。


〇〇「咲夜さんハァハァ」
咲夜「はい残念殺人ドール、少なくとも女性をエスコートする手段を学習してからいらっしゃい・・・」
カカッ
咲夜「あれ・・・?」
〇〇「そんなにグレイズが好きなら今すぐやりましょうぜ」
レミリア「不夜城レッド!!」
カカッ
〇〇「お嬢様もグレイズ好きなんですか?」
レミリア「嫌ぁ〜!」

みたいに泣かせたい。
勿論触るとピチューンだからギリギリ触らないタッチで追い回したい。
・・・あ、微妙にいぢめスレ向きだな、すまん。

692名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 03:24:29 ID:O/8S925A0
とりあえず○○に一番似合ってるのは
「必死で弾幕を避ける程度の能力」だと思う
「必死で」←ここ重要ポイント

693名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 03:25:26 ID:DrJtXIKc0
>>689
GJだ。
でもヤンデレは確かにムズイよな。書き方間違えるとただのキ○ガイになっちまうし

694名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 03:28:19 ID:epwZuuxU0
>>691
お嬢様はいぢめてなんぼですよね。わかります。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1079.txt

引越しネタで紅魔郷。

695名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 11:06:37 ID:7GxJF/6kO
東方といえば弾幕だが
個人的には〇〇はあえて弾幕からは離れてた方がいいかなぁ
弾幕ごっこは乙女の遊戯ってことでw
能力でいえば弾幕ごっこで疲れた少女を癒す程度の能力があればいい…

696名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 12:09:39 ID:3CcFfYxk0
戦うとしても、弱いやつなりに知恵と勇気をふり絞って、ってのがいいなぁ
何ていうか、逆境に立ち向かうのが好きなんだ
まぁ、○○が強いと反感買いやすいし、程ほどにね

697名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 13:04:29 ID:IVpLH/Ow0
そして弾幕ごっこの代わりに褌踊りという美しさを競う遊びが考案されるのであった。

698名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 13:59:04 ID:XHtqK7QQ0
>>697
それはいろいろと危険だ(ポロリ的な意味で

699名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 14:19:55 ID:/UkvAbSoO
お互いの褌のヒラヒラした部分を結んで引っ張り合うんですね。わかります

700名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 15:45:05 ID:5d8IfxBQO
幻想郷の女の子たちが褌姿になると聞いて

701名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 15:56:01 ID:u7xobIEo0
アリス

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1080.txt

こーりんが褌の履き方(巻き方?)を教えるというわけか。

702名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 17:05:12 ID:VZLH5epY0
ヤンデレは好きだけど自分が書くとグロくなっちゃうんだよー

703名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 18:01:02 ID:YShHiYCg0
やっぱいつ見てもアリスの匂いネタは最高だな。
特化したSS途中まで書いてみたはいいが夜伽向けくさい

704名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 19:19:38 ID:tUL06ZLA0
雛が最近俺の嫁になったのでひとつ書いてみた

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1081.txt

たぶん雛より精神的優位にいる○○。

705名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 20:21:50 ID:6pmmIWh.0
フラン「肉布団という言葉があるのね」
〇〇「ブッ!・・・フラン、誰からそんな言葉を習った?」
フラン「さくやー」
〇〇「あのメイド長・・・ちょっとグレイズしてくるから待ってなさいフラン」
ぎゅ
フラン「行っちゃ駄目ー」
〇〇「こらフラン」
フラン「肉布団やるのー」
つ フォーオブアカインド
〇〇「うわぁ何か展開が予想出来たが引越し完了してもここは全年齢板なんだから自粛しなさい」
フラン「押し倒すねー」
むぎゅ
〇〇「・・・で?」
フラン「?・・・このままお昼寝するんでしょ?」
〇〇「そう来たか」
フラン「〇〇の体暖かいよ・・・」
〇〇「うわぁフラン柔らかいから動かないで・・・」

zzz

レミリア「あら〇〇・・・とフラン、なんて羨ましい真似を!私も一緒に寝てやるんだから!」

zzz

咲夜「あらお嬢様妹様・・・と〇〇、こんな所で寝てたら風邪を引いてしまいますから添い寝いたしますね」

美鈴「昼寝と聞いてやってきました!」

パチェ「消極的に永眠したいわね」

こぁ「〇〇さんの夢ハァハァ」



〇〇「・・・あれ、俺いつの間に拘束されてんだ?」

706名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 20:49:20 ID:DWxrHrXY0
>>705
レミィとさっきゅんの中での優先順位分かり易すぎワロタww

707名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 20:56:28 ID:9qj.sR860
>>233
軽四は女性が乗るものっていうのは偏見だと思うぞ。
カスタム系統(ムーヴとかタントとかね)なんかはシルエットが角ばってて男向けにデザインされているしね。

車なんてそれぞれ一長一短だから、自分の目的に合った形状のものを、まず選択したい。
(一例だが、積載重視ならワゴンやミニバン、速度重視ならセダンやクーペ、燃費重視なら軽四やコンパクト)
                     ↓
形状が決まったら、車のランクを自分の予算等と相談して決めてみる。
(一例だが、ホンダセダンならフィットアリア、シビック、シビックハイブリ、アコード、インスパイア、レジェンドの順に高級車に)
              
買うことは決定済みだが車種とか何も決まってないというなら、まずそこからじゃない?


車は通勤(通学?)からドライブから彼女とのデートまで末永くお付き合いする相棒。
自分で買う車なら、尚更じっくり選んで大切にしてあげてよ。

708名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 21:00:04 ID:9qj.sR860
ちょw何でよ

とんでもない誤爆すまんかった・・・・。

709名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 21:05:41 ID:R703Dqr.0
>>707
車ネタで一つ書いていきなさい

710名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 21:54:23 ID:bssc97Mk0
咲夜さん運転うまそう

711名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 22:03:40 ID:ZtHd1ouQ0
お前らのせいで諏訪子さまを乗せたリヤカーを引く俺を幻視したじゃないか

712名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 22:25:55 ID:lE6wivd20
>>708
おいおいこの板で車ネタとかハードル高すぎだろwww
とんでもない注文する客だぜ……

>まんまパクリですが・・・>
 ○ 「何? 今は車にこってるんだ?」
 紫 「ええ○○。今の外の世界はおもしろいわ〜
    ところで、ABSってエアバック機能のことかしら?」
 ○ 「あ〜、それよくまちがえるよね。ABSってのは……」
 橙 「あ、私知ってます! 暴れん棒将軍だよねっ?」

紫+○「(こいつ……役者が違う……!)」

 ○ 「しょうがない奴だ……。橙、今すぐ俺の部屋へ行くぞ。たっぷり教えてやろう……」
 紫 「ちょっっっ○○! 私との予定は!?」

713名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 22:31:12 ID:lE6wivd20
間違えた。>>708じゃなくって>>709だった

714名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:39:56 ID:OSL1K.lE0
もし幻想郷に車があるなら紫はシルビア乗ってそうなイメージがあるな
ついでに幽々子はプジョーでレミリアはランボルギーニ

715名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:42:41 ID:cPumFR1Y0
チルノはミニクーパーですかね。Mr.ビーン的に考えて

716名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:48:25 ID:R703Dqr.0
神奈子様は何かなって考えたら、装甲車が真っ先に出てきた。

717名前が無い程度の能力:2008/04/14(月) 23:49:38 ID:bssc97Mk0
早苗さんはオープンカーに乗ったグラサンの男の人に誘われたらホイホイついてっちゃうタイプ

718名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:04:07 ID:uUYCgi9o0
文を想像したら真っ先に戦闘機が出てきた

719名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:05:48 ID:IHw2HQZg0
キックボードで飛ばしている魔理沙をふと幻視した
俺が自転車使って余裕で追い抜いてあははははってやるのも見えたぜ!

720名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:25:58 ID:Usk9RrPM0
>>644
変わらずいいなぁ…この文と○○の微妙な関係
文の「好意を自覚してるけど、意識的か無意識にかそれを拒絶してる」ような姿勢とか俺殺しよ?
てか、最後のテンポの良い情緒的でシリアスな流れにもだえまくった。なんつーか青春だわw

もし叶うなら、次はぜひ椛に焦点を合わせてほしいっす
○○に好意を持ってるものの、それを異性への好意だと認識できてない(精神的に幼い)椛の変化、みたいなw

721名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:51:21 ID:nVPcJu5oO
あえてこう・・・VMAXにまたがる魔理沙とかどうよ。

722名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 00:58:07 ID:tlaTcEAA0
そ こ ま で よ !!

いつの間にか幻想郷の少女が車に乗るスレッドになりかけとりますがな。
彼女と一緒に乗る、などの方向に持っていかないとイチャつけませんぜぇ。

と、いうわけで霊夢とフィアットでドライブしてきまーす。ノシ

723名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 01:03:33 ID:1Ze91jHYO
永遠亭一行は大勢だから日野トラックもってくる

724名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 01:06:05 ID:ectMUhtI0
>>717
次の007のボンドガールは早苗さんで決定か

725名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 01:20:41 ID:Q0duqV9E0
じゃあ俺は小町と霊柩車でドライブに行ってくるぜ

726名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 02:21:49 ID:h1Amsg8.0
えーき「イチャつきながら車の話題を作れとはまた相当な無茶振りですね・・・」
〇〇「幻想郷はわざわざ車に乗る必要無いしなぁ・・・」
えーき「仕方ないですね、地獄直伝の車をやりましょう」
〇〇「やるって言った時点でオチがあるんだろうがとりあえずイチャつけるのか?」
えーき「むぅ・・・まぁ体が密着するので次第点としましょう」
〇〇「あ、まさかエロい体操とかってオチじゃないですよね」
えーき「まさか、こうやって・・・地獄車ぁぁぁぁぁ!」
〇〇「あぎゃぁぁぁぁ!」


えーき「と、まあ結果的に私が看病する事になったので良いのでは?」
〇〇「愛が痛いです・・・」

727名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 02:41:57 ID:h1Amsg8.0
実際紅魔館に侵入してもこうなりそうな妄想が止まらない。

※寝ている門番に抱き着かれて呼吸困難に陥りながらも侵入
「ん・・・人間、て男!?」
(げ、雑魚メイドがこんなに沢山・・・弾幕も張れないしどこかの部屋に・・・)

ガチャ
「あらあら可愛い男の・・・」
ガチャ
「みぃつけた!」
ガチャ
「こっちに居たわよ!」
ガチャ
「れみ・りあ・うー!」

ガチャ
「向こうに行ったわよ!」


ちょ、無理。
ここ雑魚が何人居るんだ。
「ふふ・・・まずは剥いて・・・」
「メイド長に見つからない様に・・・」
気がつくと廊下の左右から大量のメイドが押し寄せ、
どう考えても逃げられない状況だ。
・・・もういっそメイド長とかが瞬殺してくれると嬉しいんだが。

でも、押し寄せる妖精メイドの波の中、
このまま飼い殺されるのも良いかなとちょっと思ったのは内緒だ。


そもそもあんなメイドさんだらけの場所にほうり込まれて正気で居られる自信がない。

728名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 09:28:41 ID:mLmPQoFU0
>>704
変てこな会話と雛の描写がもろにストライクだった
こいつぁ厄いぜ

729名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 16:27:41 ID:1Ze91jHYO
こんなにも桜が満開だから
魔理沙とグデグデになるまで飲み明かしたい

730名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 16:40:07 ID:1SYCfLgA0
『文々。新聞』取材ノート

 桜が咲き誇る博麗神社にて、花見の準備が進む(仮題)

 四月某日、幻想郷で最も桜の綺麗な場所、博麗神社において人妖問わず来訪自由の花見が開催される。神社へと
続く石段の両脇、境内を囲む並木。そこかしこに植えられているのは、様々な種類の桜たちだ。咽返るほどに悠艶
な色を湛える桜は、言葉では表現しつくせないほどの美しさで佇んでいる。一説に博麗神社の桜は、既に現界に無
く、幻想となったものではないかと言われているが……さて、毎年恒例となっている博麗神社の花見、今年はいつ
にも増して大規模になるようである。巫女が何やら動き回っているようだ。もちろん取材に赴かねばなるまい。私
の記者魂が刺激される。
 幻想郷最速を謳う足を生かして、すぐさま神社へと向かった。敷地へと入る前に速度を落とすことを忘れないよ
うにする。折角の桜を風で吹き散らせてしまっては、台無し以前に空気が読めてなさすぎるから。
 開催を明日に控え、まだ昼前にも関わらず準備は既に進んでいるようだった。境内いっぱいに茣蓙(ござ)が敷
かれ、プリズムリバー楽団の演奏などに使われる舞台も中央に据えられている。そのプリズムリバー三姉妹である
が、夜雀との合同演奏も予定されていて、裏庭の方で音合わせに余念が無い。聞けば、泊り込みで練習に励んでい
るようだ。期待が持てそうである。夜雀に至っては、演奏終了後はそのまま八目鰻の屋台へと変貌するらしい。な
かなかに商売上手ではなかろうか。舞台は特にイベントが無い時は一般開放され、適当に使用して良いとのこと。
そういえば、誰かが「夜桜の花見に弾幕花火大会!」などとのたまっていたように思う。このことだったのだろう
か。いや、趣向としてはとても興味深いが。昼に始まり夜を徹し、朝までぶっ続けで飲み明かす予定のため、酔い
潰れときや英気を養うための仮眠室も設けられている。同時に、博麗神社の広い裏庭も開放されているため、飲み
疲れたら散歩してみるのも良いだろう。裏庭は純和風の日本庭園であるが、よく手入れされている。
 人間、妖怪、妖精、その他大勢種族を問わずに参加可能である。人間の里からの一般客も歓迎するそうだ。幻想
郷の重鎮たちが勢ぞろいしている光景など、滅多に見られるものではない。よほど失礼なこと(セクハラ含む)を
しなければ、危険はないので参加を促すのも(イチャスレ的に)良いかと思う。外せない仕事がなければ、足を運
んでみてはいかがだろうか。という文句が浮かんできた。記事にするとき採用しよう。ただし参加するためには、
三つの選択肢のうちどれかを選ばねばならないそうだ。

①酒を持ってくる
②料理もしくはつまみをつくる
③後片付けの手伝いをする

 これらの中からどれか一つでも条件を満たしていれば、問題なく参加して良い。特に③を選んだ場合は、いろい
ろな面で優遇してくれるとのこと。詳細は不明。なお、万が一、飲み逃げ食い逃げが発覚した場合は、空を飛ぶ不
思議な巫女による「夢想天生」時間無制限一本勝負の儀が、しめやかに執り行われる。注意されたし。
 準備が一段落して、休憩に入るようだ。主催者である博麗の巫女に簡単なインタビューを申し込む。

731名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 16:41:00 ID:1SYCfLgA0


――このような形式にしたのは何故?

「いつもは適当に集まって、適当に飲んで、いつの間にかみんな帰ってるって感じだったから、準備と片付けが大
変で仕方なかったんだけど、今年はやり方を変えようと思って。準備はともかく、片付けその他で楽できるなら、
その分の労力で手の込んだことができるんじゃないかなって、ね」

――どんな企画があるのか?

「プリズムリバー三姉妹と夜雀のリサイタル以外にも、いろいろと趣向を凝らした酒肴を考えてあるつもり。私だ
けじゃなくて、何人かに頼んで話を進めてるから、偏りも出づらいと思うけど……ま、楽しんだもの勝ちよね。内
容は秘密」

――一般人の参加が可能だが、危険ではないのか?

「まさか宴会やってるときに、そんな空気読めないことする輩がいるとは思えないけど。あれだけの面子が参加す
るんだから、誰か彼か気付いてしばき倒してくれるでしょ。私が見つけたら「夢想封印」するわよ。あんたは?」

――「無双風神」ですかね。それではお答えありがとうございました。

「はいはい。さて、お茶も飲み終えたことだし、再開するわ。何? あんたも手伝ってくれるの?」

 本来であれば第三者的な立場である私だが、「明日ハレの日、昨日のケ」ということもあり、何もしないという
選択肢はない。お茶もご馳走になったことだし、博麗の巫女には普段からお世話になっているので(いちおう)、
多少なりとも手伝うのも良いだろう。夕方までに『文々。新聞』号外として記事に出来れば問題ない。

 ……と、ここまでの内容を、裏庭に面した神社の縁側にて整理している次第である。たまには誰かのために汗水
流して働く、というのも精神的に面白いと思う。まあ、一回っきりであるが。ほんの一端であれ関わってしまった
以上、この祭の成功を心から祈る。


 追記

 それにしても、博麗の巫女は幻想郷で最も暇人だ、などとは良く言った物だ。こうして忙しそうに作業をこなし
ている合間にも、何度か博麗大結界の見回りやら、人里まで降りて妖怪退治の依頼がないか確認したり、と、常に
動き回っているようである。まったくもって忙しない。自身が言っているように、のんびりが身の上とはとても思
えない。あるいは、そういった噂そのものが彼女によって作られたものなのかもしれない――と、理由も無くそう
思った。
 機会があれば「密着、博麗の巫女の一日」などと記事を書いてもいいだろう。まあ、本人には嫌がられるだろう
が、気にすることは無い。『文々。新聞』は真実しか取り扱わないのだから。

732名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 16:46:13 ID:1SYCfLgA0
>>729に応えたわけじゃないが、ネタ投下。
内地の方ではもう桜が咲いてるんだろうけど、
未だ花見のネタがなかったから書いてみた。
ネタとして使ってもらえると嬉しい。
誰も使ってくれなくても、俺が涙目になるだけだから気にすることは無い。

733名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 17:12:18 ID:SwlBShcUO
みょんと花見ネタは書いてたんだけど、○○がムカつくから滅した。

734名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 18:25:40 ID:u51sOS.k0
宴会に来てみれば、その一切は私の予想を良い意味でも悪い意味でも裏切るものでした。
博麗の巫女は一般の参加が可能だとは言ったが、なるほど。各人の恋人自慢も兼ねているのだから、当然といえば当然ですね。
確かにこれなら万が一の危険が起ろうはずもない。自分にとって一番大事な相手を連れているのだ、これではお互いにおいそれと手を出すにもいかないでしょう。
普段では見られぬ、力ある人妖たちの意外な様子は、私の記者魂を揺さぶるに足る光景です。が、不満があるとすれば、私が何も知らずに一人寂しく来てしまった事です。
千年を生きた天狗だろうが、私だって、女なんです。恋のひとつぐらいはしたい。ましてや目の前の、口にするのも憚られるような甘い情景は、いささか毒気が過ぎます。
とはいえ、相手が居ないのでは仕様が無いですね。八つ当たりしたい情動を必死に抑えながら、適当に写真だけ撮って帰ろうかしら。
「おおい、お嬢さん。聞きたいことがあるんだが、ちょっと良いか?」
「――はっ、なんでしょう?」
「いやな、ここ……どこだ?」
「あやややや、あなたはもしかして外来人!?」
「外来……人? お嬢さんの風采もなんだか見慣れないが、ここは外国かどっかなのかい?」
「ええとですね、ここは幻想郷の博麗神社です」
「幻想郷? 聞いたこともない地名だな。なあ××へはどう帰れば良いんだい?」
「いえあの、普通に歩いたのでは帰ることは出来ませんよ。外界との境に結界がありますから……そうだ、取材に応じてくれたら帰る方法を教えてあげますよ?」
「んー、ん……? なんだか良くわからんが、まあ急ぎじゃない。取材位なら構わないが」
「有難うございます。それでは早速ですが、これをどうぞ」
「――っはーうめえなおい……って、これ酒じゃねえか! 取材と酒となんの関係が」
「いえいえ、今ここは宴会の真っ最中。ですから、駆けつけ三杯は礼儀です。どうぞ、もう一献」
「あっはっは、そうかそうか、それなら仕方ないよな! お言葉に甘えて頂戴するよ」
「いやー、天狗顔負けの良い呑みっぷりだわ! ささ、向こうへ行きましょう」
「――っと、名前を訊いてませんでしたね。私は射命丸文、幻想郷一速い烏天狗の新聞屋です」
「ほおう、天狗とな。道理で人外じみた別嬪さんな訳か! 俺は○○ってんだ、宜しくな」
「信じてませんね? まあ、向こうの皆さんを見れば信じざるを得ないでしょうけど。とりあえず、宜しくお願いします○○さん」
「おっとっと、そんなに引っ張らないでくれよ。世界がハッピーになってんだから、今」
「しまった、それ天狗用の度が強いのでした……○○さん、大丈夫ですか?」
「おう、むしろ絶好調だぜ? ところで取材って、何を話せばいんだい?」
「うーん、そうですね……まずはあなたの恋愛遍歴でも語ってもらいましょうか」
「そりゃいい! なんたって、今夜もまた一つ、増えたんだからな。語るにも一晩掛かりそうだ!」
「私を口説くつもりですか? 良いでしょう、私と飲み比べで勝ったら考えなくもありませんよ? その代わり、私が勝ったら持ってるネタを洗いざらい吐き出して貰います」
「いいとも! それじゃ……勝負だ――あ……」
「あ。って、勝負の前から潰れてどうするんですか!」
まったくもって、明日から取材のネタに困らなそうだわ。
----
イチャってないな……

735名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 19:17:11 ID:ZBekW/6I0
>各人の恋人自慢
非常に興味深いな

736名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 19:52:10 ID:uUYCgi9o0
紫とか幽香とか神奈子とか、好きになったら自分から告白しそうな気がする

737名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:18:59 ID:iHP7POU2O
「ああ……困ったな」
行く手には向日葵の壁がそびえ立っていた
おそらくこの向日葵の壁を越えればこの丘からは出られるのだろうが
あいにく
「花を傷つけたら、一本につき1ポキンね」
とフラワーマスターに言われてる
ポキンがいったいなんなのかは詮索しないことにして
なんにせよ傷つけずに向日葵の壁など越えられそうにない
なので、仕方ないが引き返すしかない

太陽が西の空に沈みかけたとき
「あらあら、まだ迷っているのかしら」
向日葵が道を開け四季のフラワーマスターが姿を現す
「いまから里に帰るのは危ないわ、私の家でよければ泊まっていきなさい」
「いえ、でも……」
「いいわね?」
「……はい……」

丘を脱出できず四日目
養われているようで居心地が悪い
せめて目が覚めたら向日葵畑のなかというのでもなければ……




ヤンデレってこうですかわかりません

738名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 22:45:24 ID:elbvxCvc0
>>731
ケの昨日

739名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 23:36:20 ID:rB/MyZxUO
妹紅の境遇を想いながらイチャを書こうとすると涙と鼻血が止まらねぇ…
妹紅は○○に永遠を生きる苦しみを与えたくないが為に肝を食わせないが
○○は妹紅と一緒にいたいがために死後も亡霊になって永遠に添い遂げる
というのを幻視した

740名前が無い程度の能力:2008/04/15(火) 23:56:55 ID:4YUiaG8.0
>>739
涙ながらに死別した次の日に、冥界で二人で花見してるんですね。

「なぁ妹紅」
「なんだ、○○」
「俺、昨日お前と文字通り今生の別れをしたと思うんだが…」
「ああ、そうだね」
「お前、ものすごい勢いで泣いてたよな?この世の終わりみたいな顔して」
「うん、あの時はね。気付かなかったから」
「あーなんだお前、冥界がオープン状態なの忘れてたのか?」
「うるさいなぁ、そっちだって冥界のこと忘れてたんだろ?」
「まあな、思い出してたら先に言ってる」
「ほらみろ」
「まあ、おかげで全力泣き顔の妹紅を見れたからよしとするか」
「馬鹿、そっちは忘れてよ」
「絶対に忘れない。誰が忘れるもんか、あそこまで俺を想ってくれる女を」
「…その言い方、卑怯」
「悪いな、俺は卑怯者なんだ。
 死んでも、生まれ変わっても再び会える女と連れ添うぐらいにな」
「うん、生まれ変わっても、また会いに行くよ…」
「ああ、生まれ変わっても、きっとまた会える…」

これでいいかどうかは知らんが俺の脳内展開はこうだった。

741名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 02:55:51 ID:Sxg4m2Uo0
深夜番組を見ているうちに妄想。


新聞を盛り上げる為と言い、
〇〇の全財産ギャンブル一点賭けや私物盗んでオークションなど、無茶振りをする文。
捏造セクハラ写真を盾に言う事聞かされる〇〇。

気がつくともはや家には家具も家財道具も貯金も無く生きていけない状況。
見兼ねた文が「責任は私にありますし・・・」と同居を求めてくる。
快く了承した〇〇だったが、


文の真意は〇〇を経済的に自立不可能な状況に陥れ、自分に依存させる事でしたー、

次第に飼い殺しにされていく中、真意に気付いた〇〇は文に反抗するが、
文は抵抗せず、ただニヤニヤ笑いながら、
「あなたは私の物です、だって私なしじゃ生きていけないでしょう?」
と言われて返答に困りたい。

742名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 05:35:41 ID:S8wtQiOs0
>>741
そのネタで詳細を書く権利をやろう。さあ作業に戻れ。終わったら・・・あとは分かるな?

743名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 06:53:20 ID:tY/DQz7U0
ニヤニヤ笑う文に対して、諦観の笑みを浮かべてその場を後にする○○
後日まともに暮らす事も侭ならない○○は文への想いを綴った遺書残して自殺
それ読んだ文が途方に暮れたり激しく後悔したりする


こんなのが好きな俺
歪んでますかそうですかそうですね俺もそう思います

744名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 09:39:23 ID:ckEwTHOcO
先にいぢめスレ行って待ってるから

745名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 12:04:06 ID:SJwbp9qE0
実は狂言自殺で、泣き崩れる文を後ろからそっと抱きしめる○○を幻視した。

746名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 17:04:56 ID:u5yR3itkO
それよりも、裁判長に文の真意を聞かされ、「あなたにできる善行は彼女の側に居る事です」との判決を受け
幽霊になって戻って来る方が良いな

747名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 17:30:01 ID:2WDbSbvc0
文はそのあと地獄式の調教ですね、わかります
ハァハァ

748名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 18:04:47 ID:fEXqroiM0
小町がヤンデレ化したら、自分と○○の距離を操って絶対逃がさないんだろうな
映姫様いるからあり得ないだろうけど
まで書いたところで
じゃあ二人ともヤンデレにして小町と映姫様に愛されればいいと気づいた

749名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 18:37:27 ID:AQcHtYH20
「何と言うか……」
「ああ……」
「こいつら、かなりまずいよな? お宅の次女さんばりに」
「どっこいどっこいだ」
「俺らは傍観してればいいよな」
「まぁ、危なくなったら私が止める」
「頼りにしてるぜ? ローテンションなヴァイオリニストさん」
「前の余計だ」
「悪い悪い」

「……なぁ」
「ん?」
「その……何と言うか。
 もっと密着しないと……力が出ない」
「変態」
「だ、誰が変態だ!」
「はいはい。 これでいいか?」
 彼女の体をそっと抱きしめてあげる。
「あ、ああ……」
「やっぱお前が一番むっつり変態だな、ルナサ」
「…………うぅ……」

てな感じでルナサは一番イジりがいがあると思うんだ
反論できなくて赤面しちゃうルナサかわいいよルナサ

750名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 19:26:56 ID:Sxg4m2Uo0
もし〇〇がヒモになったら、
なんて考えたがロクな結果が思い付かなかった。


霊夢
ヤンデ霊夢化

魔理沙
いじめスレにお帰り

アリス
最終的に〇〇を独占すべく殺し兼ねない

紅魔館
盲目的に「〇〇は夢を探すお仕事をしてるんだよね!」とレミリアとフランが信じてくれるが、
二人の好意に甘えるし唾付けられてるから告白出来ない〇〇を咲夜さんが裏方で調教。

白玉楼
頑張って家から出ようとしたら白玉楼の外だけ真っ暗でした、
何かと思ったら一面に黒死蝶が張り詰めてました。
というかみょんの気苦労が増えるので有り得ない。

三途
家の外から5m以上離れられなくなりました。

太陽の畑
上にある通り向日葵畑に隔離されて逃亡不可能。

永遠亭
てるよと共にゲーム、寝かしてくれない。

守矢神社
信じてくれる早苗さんだが二柱が〇〇を独占するのとヒモって事には気付いているので・・・

あやややや
「無理矢理貴方を引き倒して作った写真ですが隠してほしければここから出ないで下さい」

みすちー
どこかに張り付けにされ常に鳥目状態にされ、
口移しで物を与えられる。

チルノ
そもそもチルノに生活能力が無いので逆に自分が働くハメに。

リグル
ランゴスタという物がございましてry

マヨイガ
スキマに隠され、出られない様に浸食。
頭がゆかりんの事しか考えられない。


途中で「〇〇を監禁するとしたら」みたいな内容になったのは許せ。

この中から一つ選ぶんだ、
嫁が無ければ付け足すんだ。
そうすればきっと・・・
いやなんでもないごm

751名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 20:18:22 ID:taa9/rtI0
○○「お嬢様、ここではきものを脱いでください」

752名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 21:02:56 ID:KnnNMqww0
>>751
フラン「わかったーぬぐー」

その後履き物でふっとんだ○○がみつかったそうな

753名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:15:32 ID:zq2pUWwEO
こまっちゃんとのイチャイチャとなると、
どうしてもこまっちゃんを見上げる視点での妄想が広がる。
年上イメージというか、引っ張ってもらいたいというか……。

抱き締めるんじゃなくて、抱き締めてもらう感じ。
もう自分でも何言ってるか分からんね。

754名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:36:06 ID:xqvaH6bIO
>>753
ですよねー
面倒見良さそうにみえるし
小町にはお姉さんとかお母さんとか、とにかく年上属性があると思う

755名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:37:54 ID:IXNgFBf20
基本少女なんだしそれは無いと自分は思う

756名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:37:57 ID:gXAiBGrQO
>>753
予想外だろうが実によくわかる
ぼーっとつっ立ってたら
後ろから抱かれて頭に顎乗せられる感じ
ってわかりにくいか

757名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:45:16 ID:wwtKgUYcO
小町の年上属性には激しく同意

快活な笑顔で手を引っ張ってもらいたいというか「ばかだねー」といいながら頭ガシガシ撫でられたいというか

758名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:51:38 ID:MF6wohaQ0
正直、「あっはっはっは馬鹿だねー」って言いそうなのは
魅魔様だと思うんだ…。所で魅魔様が何処に言ったか知らないか?

759名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 22:52:39 ID:D5zrBX6A0
俺の横にいるよ

760名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:02:53 ID:UGUCSDOU0
>>753
逆に映姫を見上げてみたいと思っているのは俺だけか?
ちょっと永琳に体の縮む薬もらってくるわ

761名前が無い程度の能力:2008/04/16(水) 23:53:11 ID:fOSYQcnU0
映姫さまはけっこう身長高いよ、原作では

それは置いといて、三月精で
ほのぼのがいつのまにかハーレムに……

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1082.txt

762名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 01:31:55 ID:yyu6FSFc0
アリスを傷つけずに罵ってもらうにはどうしたらいいか。
そんなことを考えていたらこんなモノが出来た。
何か違う気もするけどまあいいや。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1084.txt

763名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 02:19:08 ID:Z95HGzyQ0
「オリキャラが原作キャラと密接な関係を持っているとしょっぱい」ですが、
あえて幻想郷内で誰かと兄弟姉妹になるとしたら誰よ?

おぜうさまとフランちゃんにお兄様って呼ばれたいようふふ。
「坊ちゃま、悪戯が過ぎますね」って咲夜さんの部屋に連れ込まれたいようふふ。

764名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 02:55:44 ID:q.cuMad20
>>761
やばい、これはいい

ハーレム化するのはサニーのせい。
ルナ茶は今すぐ俺にサニーを貸すべきだ。

765名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 04:10:52 ID:TJXxF5ho0
>>763
(・∀・)イイ!
実は兄がいた!普段外界にいるけど、何年ぶりか幻想郷に帰ってきて
おかえりなさいませとスカーレット姉妹に抱きつかれるの想像した

766名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 08:35:48 ID:XLiV0APwO
スカーレット姉妹の兄設定は確かに魅力的だが一応500年ほど生きてる姉妹以上の兄となると大変なことにならないか?
昔偉い人に封じられて数百年に一度しか活動できないとか制限がないとU-1になるとおもう

767名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 08:53:28 ID:Z95HGzyQ0
>>766
そこまで考えてなかったな。
こうおぜうさまがまたなんか小説やマンガに影響されて、
えらく目をキラキラさせながらお兄様とか言うのを妄想したんだ。

つまり何が言いたいかと言うと血縁とか無い方が良いじゃんw

768名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 10:30:13 ID:837hvRH.0
>>766
かっこよくしようとするからU-1になる。
500年以上引篭もっていた駄目ヒキニート兄鬼なら何も問題は無い。
働かないから、小姑咲夜さんにいじめられたりするんだぜ。

769名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 10:56:56 ID:b3K6GydY0
>>762
まだまだだね。踏み足りない。もっと踏んでくれ。

770名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 11:06:30 ID:QY2d6b8w0
俺もアリスに踏まれたい

771名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 15:00:29 ID:Ua64pu.U0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1085.txt

>>644の続きで椛に鈴をつけてみる話。
謀らずもそれぞれの視点で話が書けたので、とりあえずこれで完結です。
>>720
最後の一文よくわかるんだよ……しかし俺にはこれが精一杯でした!クソッ!クソッ!
ちょっと滝行って椛もふもふしてくる。

772名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 19:20:44 ID:P/9SC2Xs0
むしろアリスを踏みたい

773名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 19:45:01 ID:FmdoIsGo0
お前ら、そろそろイジメスレに行って来い(汗

774名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 19:53:59 ID:3lyUrIEE0
じゃあアリスに抱きつかれてノの字かかれたい

775名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 20:07:43 ID:3pjmQeYM0
ちょっと妹紅と一緒に梨でも育ててくる

776名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:29:54 ID:P/9SC2Xs0
育ったらちゃんと報告しに来いよ

777名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:40:47 ID:XLiV0APwO
○○とお揃いの作業着きて麦わら帽子かぶってる妹紅か
くるものがあるな

778名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:42:10 ID:bn1tEBiU0
某所の、トマト栽培してたり、それを丸かじりしてたりする、
ゆうかりんを思い出すな。そういうカッコ。

779名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:49:55 ID:B/MBgI320
椛に犬と呼ばれたい

780名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 22:56:52 ID:iNJ77s4w0
>>777
オーバーオール妹紅…
いかん、それ以外何も着てないのが頭をよぎった。



ちょっと映姫様に「めっ!」って言われて勺でぺちんって叩かれてくる。

781名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:12:21 ID:bh8MKAA.O
ゆうかりんに虐げられたい。
でもたまにゆうかりんを虐げたい。

ドS、ドMの両方イケそうなゆうかりんが大好きだ。

782名前が無い程度の能力:2008/04/17(木) 23:36:13 ID:kNnHOIps0
いつもいつも流れを断ち切る上にネタが遅くて申し訳ない。
ネタが出てから完成するまでが長すぎる自分が恨めしいぜ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1086.txt

少し前に出てた花見ネタで咲夜さん。
夜桜は綺麗だと思うのさ。

783名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 00:05:18 ID:/Oibc8Vs0
>>782
いいねぇ、この雰囲気大好きだわ

と、紫で長編書き始めてみた
楽しんでくれたら幸いです
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1087.txt

784名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 00:34:54 ID:X8HTGoRMO
最初は、ただのイタズラ電話だと思っていた。


『もしもし、私スキマさん。今、××公園にいるの』


どこか胡散臭さを持った声音で、何か聞いたことのあるようなフレーズだった。
思わずドキリときたが、スキマさんなどと俺は聞いたことがない。
だからチープなイタズラだと考え、笑い飛ばすことにした。
しかしそれが二回、三回、四回と続けばいい加減気味が悪くなり、一旦外に出掛けることにした。

気晴らしにコンビニで立ち読みを終え、帰路につこうとしたところだった。


もしもし私スキマさん。今、△▽図書館にいるの。


コンビニのガラスに書かれた赤い文字。
それは、自宅の近くの図書館の名前だった。
ふと、視線を感じたような気がして振り向いたがそこには誰もいない。
怖くなり、バイクを走らせる。

若干制限速度をオーバーしたがそんな事を気にするほど余裕はなく。
とにかく一人でいてはいけないと思い、急いで友人の住むアパートへ向かう。
駐車場に乱暴にバイクを停め、友人の部屋の前まで駆け出す。

ここまでくればもう大丈夫だろう。
ドアのインターホンを押し、一息ついた瞬間



「もしもし私スキマさん。今、貴方の後ろにいるの」



耳元で囁かれるように聞こえたあの声。
逃げられない。
一瞬にして甘いような匂いが俺の体を包み込み。
段々と薄れ行く意識の中で最後に俺が見たものは、独特の日傘をさした金髪の女性だった。

785名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 02:15:07 ID:gD59Eksw0
>>784
羨まし・・・ゲフンゲフン
素晴らしすぎる。

自分も一つゆかりんで。


いつも通りの日常、
境内の掃除を終えてお茶を飲んでいた所、
スキマが開き、目の前に紫が現れた。
視線は定まらず妙にそわそわしていたが、
その表情は、やけに嬉しそうだった。

ねえ霊夢聞いて頂戴、〇〇ったら酷いのよ。
こないだ「常に付き纏うのは止めてくれ」なんて言われたの。
仕方ないわよね?付き合ってるんだから。
私だって〇〇に変な虫が付かない様に毎日気を配ってるって言うのに・・・

おかしいわよね、変よね、
二人はこんなに愛し合っているのに〇〇は私を拒むのよ。
つんでれって奴かしら、〇〇は?
まあもっとも私は〇〇の事なら全て受け入れられるけどね、
今もこうして一緒な訳だし。

・・・え、どういう意味かって?
そのままの意味よ、〇〇の魂は私とずっと一緒なの。
肉体から解放して、私の体の中に保護してあげてるのよ?
だからお互いに考える事も感じる事も共有してるの。
・・・もっとも、〇〇は私以外の事を考える必要が無いからそうしてるけど。
そしたら〇〇、やっと素直になってくれてね、
こないだからずっと私の事を考えていてくれてるのよ。

・・・そしたら今度は、〇〇を狙っていた虫どもが動き始めてね。
初めに気付いたのは藍だったわ、
私が事の次第を説明したら〇〇をすぐに出せって怒ってきてね・・・
私に逆らう事なんかどうでも良いけど、
愛し合う二人の中を引き裂くのは罪よね?だから殺したわ。
橙は・・・どこかに逃げたわね。
家事をする式が居なくなって困ってるのよ・・・

あら霊夢、スペルカードなんか出してどうしたの?
・・・私を討伐する?
残念ね・・・貴女も、私から、〇〇を、奪おうとするの、ね。
だから、私は、そんな物使わず、に。

〇〇の手で、ころすわ。

そう言うと紫の手は私のくびに



ゆかりんやゆゆさまに浸食されたいよ。
こう深層心理とか妄想の域とかのぞき見されて逆なでされて精神汚染させられたいよ。

・・・いや、もうしてるか。

786名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 02:45:39 ID:2PeMqKA.0
おっかないがこれくらい好かれるんならそれはそれで本望な気もしてくるな。

皆さんヤンデレ化してもちゃんと監禁というか○○独占手段を持ってる人が多いな。

787名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 07:04:35 ID:q5PUmkpwO
ヤンデレとは「病んデレ」だったよな。つまりこ
れは看病ネタを表す言葉ではないだろうか?
監禁するのも
○「あっ、洗剤切れてたから買わなきゃ・・・」
嫁「駄目よ、熱があるんだから出歩くのは禁止!」
という風に考えられないだろうか?

788名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 07:47:20 ID:dugRfjysO
口移しで食事や薬を与えてもらう〇〇を幻視した。

789名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 08:18:09 ID:J4i5BbN20
ヤンデレがダメな俺としてはもすこし普通のイチャが見たい

いや、ヤンデレはヤンデレで立派な1ジャンルだと思うんだけどね?
鬱とかバッドエンドとかダメなハッピーエンド大好きっ漢なもので

790名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 09:42:22 ID:G1w25fIw0
「愛し合う二人はいつも一緒、それが何よりだ」
ってやつか

791名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 09:48:51 ID:J4i5BbN20
>>790
そこにラヴラヴとかあまあまとかまうまうが加わればモアベター

792名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 10:54:11 ID:pSgqvuis0
書くたびにネチョネチョが入るんですが、どうしたらいいですか

793名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 10:59:40 ID:Pf0E8JjI0
ネチョスレに行ってきなさい、此処は貴方には純粋すぎる。

しかし、近頃ヤンデレ多いなぁ周期ごとに来るけど。
イチャスレとは別に立てた方がいいんじゃないかい?

794名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 11:04:30 ID:2ZU2REEU0
うpロダに上げるようにして、ヤンデレですって注意書きを添えればいいんじゃね?
わざわざスレを立てるほどでもないと思う。

795名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 12:05:26 ID:kgI/oc0s0
わざわざ別スレ立てるほどここは人いないしな

796名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 12:42:36 ID:pSgqvuis0
「あなたはいつもいやらしことばかりじゃないですか! これでは体目当てで言い寄って来たようにしか感じませんよ!」
「……ごめん」
「――謝ればいいってもんじゃないわよ! いつもいつも、したいしたいしたいしたいしたい、そればかり! 本当に私のこと大事に思ってくれてるんですか!」
「嫌だと言うわけではないですよ? ですが、私だって一緒に買い物に行ったり将棋をしたりしたいんですよ。それなのに○○は……」
「不安なんだよ文、どうしようもなく。俺から山へ会いに行くなんて出来っこないし、文だって取材が忙しくて余り会えないじゃないか」
「そんなことありませんよ、私だって足繁くあなたの元へ通っているつもりです。○○の事は大事ですが、組織の事も新聞の事も疎かにするわけにはいかないんですよ」
「この間来たのは三か月前、その前は半年。年に数回しか会えずに、そして文はいつまでも変わらない」
「それがなんだっていうんですか! 最初にあなたは言いましたよね? 私は天狗、それでも良いですか、と。それなのに、そんな事を言いはじめて一体どういうつもりなんですか」
「違うんだ、そうじゃない!」
「何が違うって言うんですか! 変なことだったら承知しませんよ?」
「だから不安なんだよ……文に何も残せずに老いて死んでいくのが! 余り会えないのは確かに寂しいけど、それに不満はないよ。けどさ……人と天狗とじゃ、時間の進み方が致命的に違うんだ。俺たちが出会ってから、どれだけ経ったと思う? もう二十年だよ! そろそろ体の自由も利かなくなってくるし、段々と老いて醜くなっていくだろう。それでも、文が良いというなら俺も良い! けど、あと二十年もしたら死んじまうんだよ、人間だからな」
「……」
「なあ、人間にとっては三か月会えないだけで物凄く辛いんだ。ましてや文は千年を生きる天狗だろう? 俺が死んで、千年を孤独に過ごさせるなんて嫌なんだ……だから、子でも残せればと思ったんだよ」
「○○は傲慢です。私は天狗、今のこの時だって気まぐれかもしれないじゃないですか」
「仕方無いだろう、愛してるんだから」
「わけわからないですよ、もうッ! はあ、判りました……お別れします」
「なっ、お別れってお前――ッ!」
「やれやれ、人間ってのはせっかちで困ります。なにもあなたとだなんて言ってませんよ? 私がお別れするのは御山の生活ですよ」
「え? あ? それってどういう……」
「せっかちな上に頭も悪いんじゃ、誰も相手にしてくれないですよ。仕方ないから、私が残りの人生面倒みてあげます! 覚悟してくださいね」
「組織の方は良いのか?」
「良いんですよ、天狗にとって二十年や三十年なんて瞬きと変わりませんし」
「貧乏だから、あんまり良い生活させてやれないぞ?」
「仕方ないじゃないですか、愛しているんですから」
「……ああ、それなら仕方ないな」
「ところで文、ずっと聞きたかったことがあるんだが良いか?」
「ええ、良いですよ?」
「烏天狗ってさ――――卵、産むのか?」
「本当にお別れしようかしら」

797名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 17:21:53 ID:8/xVlPLs0
ちょっと文と一緒に柿の種チョコレート食べてくる

798名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 17:45:46 ID:mV2/mo3k0
>>787
ちょっと違うけどアリスで看病ネタ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1088.txt

キャラを看病してあげるのもいいかもね。

>>796
俺もこういうのが書けたらいいな、と思っていたのにこのオチかよw

799名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:30:22 ID:x/OucPMc0
食パン咥えた文と激突して死ぬのが本望な人も多いはず。

800名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:34:05 ID:VKSx.pBs0
死ぬのかよw

801名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:46:26 ID:X82HlNQ60
>>796
烏天狗のあややは卵を産む→ぶっかけます→細胞分裂開始→おぎゃぁ
→なんとゆーあっさりとした夫婦生活!→○○絶望→○○浮気→発覚
→刃傷沙汰→なんとか和解→以前より濃厚な夫婦生活→でもやっぱり卵→絶望→(ry

802名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 19:47:39 ID:8/xVlPLs0
あの絵を見て
絶対来るな、と言われてもこっそりと授業参観に来ちゃう幽々子さまを幻視した

803名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 20:40:36 ID:EMRO0wlg0
>>798
ヤンデレアリスの話を読んだ後だと
素直になごめねぇ…

804名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 21:55:59 ID:TiXyeoh60
>>803
この後瘴気で弱っていく○○とずっと一緒にいるために人形にしてあげようとするんだな。

805名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 22:38:44 ID:mV2/mo3k0
>>803-804
確かに話をつなげることが出来る……。
盲点だった。

806名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 22:55:37 ID:qXzLhY4Y0
流れが読めなくてすまん

http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1089.txt
>>799
文じゃなくて早苗さんがぶつかるのが見えた

807名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 23:08:57 ID:/Oibc8Vs0
俺は魔理沙の箒に敷き殺されるのを幻視した

紫長編その2です
イチャまで遠いぜ……
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1090.txt

808名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 23:10:54 ID:/UwvWlKo0
斜面を滑ってきたオンバシラに激突し死亡

809名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 23:22:01 ID:y39HStEc0
書いている途中だが、シチュエーションにこだわってたらどんどん話が伸びていく……
いきなりの告白とかそういうのが書けない性格なんだと自覚した。
まずこういう出会いがあって、こんなエピソードがあって、それに続く話があって――
クライマックスの構図は考えていている。
けど、そこに持っていくまでに話を積み重ねてちょっとづつテンションが上げていかないと書けない。
そうして完成するのは、イチャが少しのドシリアス話になりそうな予感しかない。

810名前が無い程度の能力:2008/04/18(金) 23:38:55 ID:pSgqvuis0
「あいたたた、って大丈夫ですか!?」
「むきゅう」
「あやややや、どうしよう……全力でぶつかってしまいました」
「――う、うう……なんとか、生きてる……ぜ。けど……乳、乳の死神が見える……ああここは……天国か?」
「どどど、どうしよう? 脳に異常が出てしまってるみたい、永遠亭に連れて行った方がいいのかしら。でも、動かすと危なそうだし……」
「その声――烏天狗の射命丸さん……か?」
「正気に戻りましたか、そうです! 射命丸ですよ! ○○、大丈夫ですか!?」
「……あ、ああ……そんなに焦らなくても……いい、よ。もう……間に合わない……自分の事だから、わかるんだ」
「馬鹿なこと言わないで! 私の速さなら十分間に合います」
「良い、良いん……だ。お前にやられるなら……それは本望……」
「私は天狗ですが、人間を殺すのなんて趣味じゃありません! それに、こんなうっかりで殺したとあったら末代までの恥じゃないですか! ほら、つかまって下さい、すぐに医者まで連れて行ってあげますから」
「……ああ、柔らかくて……良い匂いだ」
「ちょ、ちょっと! 変なところ触らないで! 飛びにくいじゃないですか!」
「ご、後生だ……最期ぐらい……役得……うぅ」
「ああもう、生きていたらちょっとぐらい触っても良いですから、今は我慢してください! ほら、もうちょっとしっかり掴まってくれないと落ちちゃいますよ!」
「吐いたツバ……飲まんとけよ?」
「はぁ……やっぱり落としちゃおうかしら」
----
文にぶつかったら間違いなく致命傷だと思うんだ。いろいろな意味で
死に際でもいいから撫でまわしたいぜ

811名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 00:25:13 ID:AmYEe3oo0
スクープの情報を追い求めて幻想郷を飛び回る文。
しかし今日もネタがなく、つい前方不注意になってしまう文。
そこに運悪く、文の想い人である○○が通りかかり。
気付かなかった文は○○を跳ね飛ばしてしまう。
唯の一般人である○○が幻想郷最速のタックルに無事でいられる筈もなく。
すぐさま永遠亭に運ばれ、治療を受ける○○。
最高の医者の看護もあり、すぐに目を覚ます○○。
だがしかし、○○は文に関する記憶だけを失っていたーーー


さて、寝るか

812名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 00:52:56 ID:Pk8ekioo0
生殺しっすか?勘弁してくださいよwww

813名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 01:13:46 ID:YisXgi2s0
寝る前に。

幽々子が俺の隣で寝たいーって駄々こねてて参った。
はいはい、すぐ俺も寝るからな ちょっと待っててくれよ
嬉しそうな幽々子の顔が大好きだー

814名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 02:59:29 ID:NbRZ0rHU0
方向性を間違えたアリス。


ヤンデレアリスSSの原稿を発見して、
アリス(う・・・何これまるで私が気違いじゃない・・・いや、でも〇〇はこんな性格が好きって事!?私に何を求めてるのよ・・・)

アリス(ん・・・ども最近お互いにドライだし、試してみる価値はあるかもね・・・)


〇〇「神社まで行ってくるー」
アリス「ま、〇〇!」ガシッ
〇〇「え・・・アリス!?」
アリス「いぃ行っちゃ駄目!」(悪い虫が付くから)
〇〇「へ?・・・あ、うん、わかったけど・・・なんで?」
アリス「何でって・・・いや、その、〇〇は私の物だし・・・一緒にいたいなって・・・」(う・・・緊張して顔が真っ赤だわ・・・)
〇〇「まあ・・・わかった、行かないよ」(何だ今日は・・・やけに積極的だな)
アリス「〇〇・・・///」(逃げない様に拘束・・・抱き着けば良いのね!)

ぎゅ

〇〇「・・・」(な、何だ、何が起こった、何故アリスが自分からこんなry)
アリス「・・・」(間が持たない・・・?確かこう言う時は笑えば良いんだっけ?狂気じみた感じで?)

アリス「えへへ・・・///」
〇〇「・・・ぅ」(畜生何このデレデレアリス可愛すぎるよ畜生!)

アリス(〇〇が怖がってる!いや、でも怖い位にやればちょうど良いんだっけ?)
ぎゅ
アリス(・・・〇〇、何か気絶してない?)
〇〇(かゆ うま)

アリス「〇〇・・・?ま、〇〇!〇〇!何で気絶してるのよ〜!?」


ごめ、上手く纏まらなかった。
デレデレも良いよね。

815名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 08:26:41 ID:FbGYvmro0
>>771
最後の一文で椛の心境変化が明示されたことで、最後の掛け合いとそれまでの掛け合いが違ったものになるのか。
異性的な好意の萌芽が最後の最後だから、イチャSSとしちゃ淡白な印象だけど・・・そういうのもいいわ。アリです。
つーか、精一杯とか言って良い仕事やっちゃってくれてるじゃない。このっ。 シリーズ通してモロ好みでした。

あと、椛に贈った物が髪飾りなのに鈴付きとは・・・そのチョイス、素晴らしい! 
やっぱもみっちには鈴だよねっ! 首輪もいいけど首輪より婉曲的なところが良いよねw

816名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 16:03:31 ID:E.IRfldI0
文の腕の中で息絶えたい。

817名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 18:10:17 ID:NbRZ0rHU0
絞め落とされたいのか、
圧死したいのか窒息したいのかはっきりするんだ。

818名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 18:17:00 ID:2keTQ.0.0
太ももで絞め落とされたらさぞ気持ちよかろうに

819名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 18:25:23 ID:2ktWcLIEO
早苗さんと友達で孤児な○○(でも学校は別)
諏訪子さまと神奈子さまとも友達
そして明日は○○の授業参観の日
こっそりと授業参観に来ちゃう神奈子さまと諏訪子さまと早苗さん
嬉しいけど素直になれないツンデレな○○
そんな○○の頭を優しく撫でる神奈子さま

820名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 21:24:58 ID:XwZoG.5E0
>>819
それは誰が攻略対象なんだ!?
節操なしルートにも程があるw

821名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 21:36:58 ID:hIQmk1fE0
>>820
八坂一家の日常としてみるとほのぼのするぜ

822名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 23:35:42 ID:FmGH9H1M0
 外と幻想郷の間にある博麗神社。その境内を掃除している一人の男がいた。
 どうやら二人の子供にせがまれて困っているようだ。

「ねぇお父さん、遊んでよー」
「こらこら、まだ掃除の途中なんだから邪魔しないの。お母さんのところに行ってなさい」
「お母さんは大姉ちゃんにおんみょーじゅつの勉強教えているからダメだって」
「小姉ちゃんと二人だけじゃつまらないよー」
「やれやれ、困ったなぁ」

 何かいい案が浮かばないかと○○が空を見上げるとちょうど誰かがこちらへ向かって飛んできているのが見えた。
「よぅ、○○元気か?」
「あー! だぜだー!!」
「ほんとだー! だぜだー!」
 二人がそう言うと彼女の後ろから二人の子供が顔を出して反論する。
「ちがうよー! だぜじゃないー!」
「そうだよー! お母さんはちゃんとまりさって名前があるんだからー!」
 4人はぎゃーぎゃーわーわーと口論を始める。それを見て○○は微笑みながらやんわりと宥める。
「ほらほらちょうど友達が来たんだ。あっちで遊んできなさい」
「「「「はーい」」」」
 子供たちは楽しそうに神社の奥に走っていった。

「久しぶりだね魔理沙。元気にしてるかい?」
「おぅ、有り余ってるくらいだ。霊夢はいるか?」
「今上の子に博麗陰陽術を教えているところだよ。飲み込みが早いしおしとやかな所が昔の私そっくりだって言ってたな」
「紫当たりに聞かせたら腹かかえて大笑いしそうだな」
「だね。そろそろ生まれそうなのかい?」
 ○○が視線を下に向けると誰が見てもわかるくらいかなり大きなお腹が目につく。新しい命が宿っている証拠だ。
「そろそろ予定日が近いからな。まったく大丈夫だって言ってるのに●●の奴いっつも付きまとって世話焼きたがるんだからな」
「それだけ二人のことが心配なんだよ。いいじゃないか、愛されてて」
「ベットの中でもそれ位優しくしてほしいもんだぜ」
「あはは、お盛んだねぇ」
「そっちだって。この間永遠亭でバッタリ会ったんだが、今度は4人目だって? 私たちより頑張ってるじゃないか」
「いやはや、恥ずかしいなぁ。さて妊婦さんにいつまでも立ち話をさせてたら●●に叱られるな。
 上がって待ってて。霊夢を呼んでくるから」
「おじゃまするぜ」

イチャイチャしてしばらく後のこうしたほのぼの空気もいいよね!

823名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 23:44:19 ID:zC4YxAlc0
>>822
魔理沙と霊夢はいったい何人生むつもりだ……

824名前が無い程度の能力:2008/04/19(土) 23:54:22 ID:cGpAVJ4A0
>>822
全くだな!俺も負けずにほのぼのするぜ!

 なぁ萃香よ。お前、金棒とかは持ってないのか?
「へ? 何よ突然」
 いや、何となく気になっただけだ。鬼と言えば金棒のイメージだし。
「まぁそうかもね。えーっ……と金棒、ねぇ」
 別に無いなら無いでいいんだぞ。
「そ、そんなことないんじゃないカナ? ないk」
 萃香 、古すぎる。
「……ちゃんとあるよ」
 ほう、どこだ。

 ぎゅっ

 ……。
「……」
 霊夢ー。お茶のお代わりが欲しいんだが。
「うわーん! 何か言えよ!」


私にとっての金棒は貴方よって意味であって、ギュッとしたのは服の裾であって断じてまたぐらの「そこまでよ!」

825名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 00:14:10 ID:63JFuE0kO
「…ありがとうなぁ、幽香」

「何よいきなり。悪いものでも食べたのかしら?」

「いや、唐突にそんな気分になって」

「本当にいきなりね…分からなくもないけど」

「うん?」

「私も貴方に感謝しているかもしれない、てことよ」

「かもってなんだよ」

「あら、不服なのかしら」

「まさか。俺にはそれで十分だよ」

「十分どころか、貴方には最上級でしょう…ところで今日の夕飯は何?」

「ハイハイ…今日はミートスパゲッティですよっと」


うん、唐突にお礼がいいたくなったんだ

826名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 01:22:09 ID:Renia5520
妹紅と暮らすとこんな感じなのかな

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1091.txt

827名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 01:50:20 ID:ABMA0qCA0
アリスに3人くらい産ませたいが妖怪と人間だとそもそも妊娠するのかどうか

828名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 01:55:24 ID:PQZh2.yA0
香霖やら妖夢の存在どうするんだよ。
生むに決まってるだろ、俺の子を。

829名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 02:20:46 ID:LSDABYZU0
なあ、霊夢。俺が死んだらどうする?

なによ、突然。詩的なことなんて言わないわよ、恥ずかしいし。
大体、あんたはまだ死んでないじゃない。

じゃあ、死んだら言ってくれるのか?

あんたの墓の前であるコト無いコト言いまくってあげる、
どうせ聴こえないのは分かってるけどね。

楽しかった、とか、寂しい、とか?

ん、まあ……そうね、今までありがとう、って。
実際色々なんて、目の当たりにしたら言う暇も無さそうだもの、きっと。

…………切なくなってきた。

話切り出したのはあんたでしょうに。

830名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 02:21:53 ID:LSDABYZU0
じゃあ、そうだな……例えば、魔理沙が死んだら何か言うのか?

変わらないわ。今までありがとう、って。

俺の時と変わらないじゃないか。

そりゃそうよ。博麗は、人の死だって平等に接するものだから。

それは、俺に対しても変わらないのか?

そうよ。流す涙の量も、並べる言葉の数も、忘れるまでにかかる時間も。
でも私も人間だから、そこまで器用な真似は出来ないと思うけどね。

……だけど、そうだなぁ。あるとしたらひとつだけ、違うことがあるかも。

違うこと?

あんたが死ぬ時、私は泣かないってコト。

……泣いてくれないのか?

ええ。絶対にあんたより先に死んで、涙なんか流してやらないから。
死ぬ前に見るのがあんたの辛そうな顔なんて、死んでも死に切れないもの。

…………霊夢は、卑怯だな。
死ぬ時まで弾道が曲がってやがるのかね、博麗の巫女さんは。

ホーミングって言って頂戴。それに、私は曲げてるつもりなんか無いわ、これが私。
あんたが好きになった、博麗の巫女である前に、博麗霊夢の、私。

……だから、今までありがとう。そして、これからもよろしくね、○○。



何となく浮かんだ。

831名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 05:39:33 ID:hWwmVk5s0
ちょいと小ネタを投下。

ここは竹林の奥深くにある屋敷、永遠亭。その中の一部屋にて、何やら怪しい会話が行われていた。

「て、てゐ……もうダメぇ……」
「えー、なんでー?」
「だって、私、私っ、もう……」
「あら、あなたに拒否する権限はないのよ、ウドンゲ?」
「し、ししょおぉ……」
「あんたらもノリノリだな、おい。……大丈夫だ、鈴仙。いざとなったら助けてやる」
「○、○……?」
「あら、あなただけ偽善者ぶったってそうは行かないわ?そんな事を言うんなら、あなたも……」
「だ、ダメです!○○にそんな真似させるなら私一人で……」
「いや、俺も一緒でお願いします。鈴仙がボロボロになるのをただ指をくわえて見たくない」
「……いい覚悟ね。なら……」

「そーれ、いってこーい」

てゐの操るキャラのハンマーにより、鈴仙と○○のキャラが吹っ飛んで落ちる。
「のあぁ!?おまっ、何しやがる!?」
「いっしょがいいっていったのは○○じゃん。だからふたりなかよくおとしてあげたんだよ?」
「……後で絶対ケツひっぱたいてやる」
非道な真似をしてくれたてゐを睨む○○。
「そんなこと言ってる場合じゃないわ。奴が、老山龍が来るわ!」
「あいよっ、いっちょしばきますか!」
鈴仙のキャラが双剣を、○○のキャラが太刀を構える。
鈴仙、てゐ、永琳、○○の四人は今、MHP2Gで協力プレイ中だった。

      *** MH妖々夢、2(ドス)も発売中! ***

832名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 05:40:06 ID:hWwmVk5s0
老山龍を撃退し、それぞれのキャラが集会所に戻ってきた。
「あー、乙るかと思った」
「○○の防具じゃあラオの攻撃の前では紙も同然だもの。それだけ悪運が強いって事ね」
ふう、と安堵のため息をつく○○に、褒めてるのか貶してるのかわからない言葉を投げる永琳。
「にしても、てゐ?」
「なにかな?」
「さっきのハンマーふっとばし……アレはどういう事だ?アレのせいで危うく踏まれるところだったんだが……」
背中にゴゴゴゴゴゴゴ……という擬音を背負っているかのような気迫で、○○がてゐに問いかける。
「だって、ふつうにとびおりるよりらくじゃん」
「……おk、ケツを貸せ」
「やだよーだ」
部屋の外に逃げ出したてゐを○○が追いかける。……数分後、荒い息をつきながら○○が戻ってきた。
「ふーっ、ふーっ、あんの餓鬼兎詐欺……」
「お帰りなさい、○○」
「お邪魔してるわ」
怒り心頭の○○を迎えたのはてゐを除いた先ほどのメンバーに加え、もう一人。
「……あれ、輝夜姫じゃないですか」
「ちょうど通りかかったらみんなでMHやってたから。ちょっと私も参加させてもらおうかと思って」
蓬莱山輝夜。ここの主にしてかつて都一の美女として名を馳せた女性。……いや、少女。
「歓迎ですよ。姫は結構やり込んでるらしいですからね?」
早速○○が輪に入る。と、鈴仙がここで一言。
「すいません、ちょっと回復薬とか取ってきます」
「どうぞ」
という事で鈴仙は一旦集会所から離脱。その間、鈴仙が○○に話しかけた。
「ねえ、前々から気になってたんだけど……○○のキャラ、どうして女の子なの?」
その質問に、○○はとうとう来たかというような顔をし、こう返した。
「女キャラの方が防具も多いし、何よりやってる自分が楽しいから。一応サードで男キャラがいるけど……プレイしててあんまり盛り上がらない」
「そ、そう……」

833名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 05:41:14 ID:hWwmVk5s0
「まあ、この複雑な心境がわからんのも仕方がない。確かに男専用装備もあるさ。ファンゴフェイクとか」
もっともファンゴフェイクは男の方がかっこいいだけだが、と付け足す○○。
「じゃ、じゃあ……○○のキャラの名前はなんでこういう名前にしたの?」
「昔から使ってる。ただ、ゲームとかのキャラでかぶってるのを見たときには死にたくなったけど」
本当にあの法則ってあるんだな……と訳のわからない言葉を呟く。
「最近……といっても向こう側、俺のいた場所の最近な。とある月の姫さんに同じ名前が付いた」
月の姫の辺りで思わず輝夜を見てしまう○○。
「私と同じ名前かしら?」
「いやいや、そんな恐れ多い事出来ませんって。それに、月の姫と言ってもあなたの美しさには敵いませんよ、輝夜姫」
そんな事を言ってると永琳のキャラがこちらに近づいてきた。何をするのかと思いきや……
「あ、ちょ、何するんですか永琳さんっ?」
至近距離でアクションの挑発を始めた。……説明しておくと、MHP2、MHP2Gの挑発は拳を突き出すモーションだ。実は、このモーションには当たり判定がある。
「姫をたぶらかすのはあなたかしら、このこのっ」
「やめてください。そんなちょっと壊れた発言しないでくださいよ……」
「落ち着いてくださいよ、師匠。……ただいま戻りました」
集会場に入ってきた鈴仙のキャラが、永琳のキャラに近づく。
「なによウドンゲ、あなたもこの女たらしの味方するの?」
「そうじゃなくて。……次、どこのクエスト行きます?」

この後、○○のキャラはクエスト中に永琳のキャラに弓で何度も狙撃されていた。
そのせいもあってクエストに失敗した事を付け加えておく。

   ***

畜生、フィーの法則め……

834名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 06:35:06 ID:U0LrcPBw0
「椛……お前に言いたいことがあるんだけど良いか?」
「ななな、なんですか○○。そんなに改まって」
「俺、お前に“の”の字なんだよね」
「…………は?」
「――ちょ、ちょっとなんですかそれは! そこは“の”ではなく“ほ”でしょうが! 折角椛の色々とおいしい姿が見れると思ったのに……」
「あのー、文さん? なんでこんなとこ居るんですか……ここ俺の部屋ですよ」
「いえいえ、私のことはお気になさらずがばっとやっちゃってくださいがばっと!」
「カメラを構えながら言わないで頂こうか」
「文様」
「どうしたんですか椛。そんな怖い顔をして」
「邪魔です」
「ごめんなさい」
「まあそれはさすがに駄目だが文さんよ、こういうのはどうだ……?」
――妖怪の山に春が来た。犬走椛の発情……
「ゲフッ! ぶった、椛がぶった!」
「馬鹿言わないでください! 文様よりひどいです!」
「そ、それに……そういうのは二人きりの時で……」
「え、ごめんなんだって?」
「もういいです!」
「はは〜ん、なるほどなるほど。それじゃ私は失礼しますね!(今夜あたりにまた覗いてみようかしら。わくわく)」

「ところで○○、“の”って何ですか?」
「ああ、それはな――“乗っかりたい”って事だよ」
「……(なんでこんなやつに惚れたんだろう)」

835名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 09:28:14 ID:80yejpQA0
まとめお疲れ様です
今日誕生日だから幽々子様に祝ってもらうんだ……

836名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 14:13:47 ID:hOTGYVS60
そのまま連れて行かれるなよ?

837名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 15:10:47 ID:EHFFRBtU0
いやむしろそれが本望であるべきだろ

838名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 16:41:15 ID:FQZHxK4E0
紫長編その3
今回はちょっと短め

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1092.txt

839名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 18:50:03 ID:U0LrcPBw0
長編書きたいのにロダに上げるのがめんどくさいパラドックス
イチャりたい相手が多すぎて困るが、そういうときはどうすればいいんだ

840名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 19:09:44 ID:BV9yl7ic0
>>835のおかげで俺も今日、誕生日だったことを思い出した
普通に自分の誕生日忘れてたよ……

アリスに「自分の誕生日を忘れるなんて……バカじゃないの?」とか言われたいなぁ……

841名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 20:03:51 ID:U0LrcPBw0
「へぇ、人間って生まれた日を祝ってもらえるのね……私が生まれたのって何時だったかな」
「やあ、河童ちゃん。浮かない顔してどうしたんだ?」
「――げげ、人間!?」
「げげって酷いなあ。盟友としちゃ、ちょっとセンチになっちゃいそうだぜ」
「わ、悪い。ちょっとびっくりして……ねぇ○○、貴方は自分がいつ生まれたか覚えてる?」
「おお当然、そりゃ毎年祝ってもらっちゃ忘れようもないな」
「そそそ、そっか! ごめん、変なこと訊いた」
「あー、あれか? なんか誕生パーティっぽいな」
「……うん、ああいうのって河童はやらないから」
「ははあ……よしっ! さて河童ちゃん、今日は何の日だと思う?」
「なんだ藪から棒に。そうだな、うーん……わかんない」
「ほら、これやるよ。今朝とれたての新鮮きゅうり一週間分だ」
「ありがと……でも、これと今日と何の関係があるの?」
「んーとな、河童ちゃんの誕生日ってことで」
「えっ?」
「だってほら、誕生日判んないけど、誕生日祝ってほしかったんだろ?」
「別にそんな事――っ」
「まあまあ、細かいことは気にすんなって! 損するわけじゃなし、ありがたく受け取っとけ」
「ま、まあそこまで言うなら……って、あれ……あれれ?」
「あらあらあらあら、じーんときちゃったわけ? 愛い奴だなあ」
「違う! これはーこれはー。そう、これは乾いたの! 乾いてちょっと涙が出ただけ!」
「ほほお。ま、そういうことならしょうがない! どうだい河童ちゃん。喉と心を潤す一杯、ご相伴いかが?」
「うーん、ちょっとだけなら……でも○○、どうしてこんな事してくれるの?」
「そりゃあお前……」
「そりゃあ?」
「――やっぱ、盟友だからな」
「そっか……うん、盟友だもんね」
「まーそれだけじゃ、ないんだけどな。それじゃーいきますか! 夜雀んトコでいいよな? 近いし」
「え? えっ……え? あ、うん」

842名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 21:37:12 ID:msZtbzIU0
妹紅には赤子をしょってる姿が似合うと思う

843名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 21:39:51 ID:0INt8mP6O
>>839
賽振って決める
ハーレム
人気投票の一押しキャラ、参加してないなら参加してたらの場合


決める方法はいくらでも

844名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 21:44:57 ID:Heljj1lsO
○「幽香は俺の嫁だ!」
●「ふざけたこと言ってるなよ、俺の嫁に決まってるだろうが!!」
幽「やめて、二人とも私のために争わないで!」

こんなん妄想したが絶対に幽香は確信犯だと思うんだ

845名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 21:48:52 ID:79ifsZxI0
いっそダブルスパークしてもらえば幸せになれると思った幽香スレ住人であった。

846名前が無い程度の能力:2008/04/20(日) 22:00:09 ID:JRotgpf.0
妹紅はひざに乗せて頭をなでてやるに限ると思うんだ

847名前の無い程度の能力:2008/04/20(日) 23:07:59 ID:8xQVmmXU0
守矢神社の皆でやってみた。
初投稿なので不備があったら言っておくれ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1093.txt

グダグダすぎるけど、ごめんね。

848名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 00:13:09 ID:TOH3/jZc0
この早苗さんいいな。

849名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:06:08 ID:pxCoC/xw0
病んでるかもしれないゆうかりん。

あら、〇〇。
里に住んでるあなたがここまで来るなんて珍しいじゃない。
・・・ふーん、里の老人に向日葵を、ねぇ。
青年団ってのも大変ね。
ま、育っているのを適当に見繕ってあげるわ、
私と仲が良かった事に感謝なさい?

そうだ、〇〇・・・
ね、こっちにいらっしゃい?

・・・ふふ、えいっ!
どうかしら?新しい香水を作ってみたのよ。
ちょっと特殊な香水をね。
あん・・・もう、暴れないの。
え、何で胸に香水を付けるのかって?
それは・・・元々汗をかきやすい所に付ける物なのよ、
ほら、この谷間とか・・・
は〜い、逃げられないわよ。
たっぷり私の胸を堪能していきなさい?

ん、というかちゃんと香水の感想を聞かないといけないんだからちゃんと吸いなさい?
ほら、すー、はー、すー、はー・・・
どうかしら、良い香り?
そう、良かった・・・


あら〇〇・・・もうお眠なの?
そうよね、あれだけいっぱいに吸ったんだから眠くて当然かしら・・・
ふふふ、無駄よ、
あなたの力で私を降り解ける訳無いじゃない。
大丈夫、何もしないわよ。
ただず〜っと、あなたをこの胸に抱きしめるだけ。
・・・あなたが、私の物になるまでね。



可愛いわ・・・〇〇・・・
まだ体の感覚はある?
もう全身がふやけて何が何だか分からないんじゃないかしら?
もう私の胸が気持ちいい事しか考えられないでしょう?
ねぇ・・・〇〇・・・あなたは今、幸せかしら?

・・・そう、良かった。




あら、おはよう〇〇。
びっくりしたわよ、急に向日葵畑で倒れるんだもの。
日差しが強くてふらついたのかしら?
・・・まあ失礼ね、あなたが「寝ている間に」は何もしてないわよ。
ところで〇〇、この部屋、何か良い香りがしないかしら?
・・・ふふ、そう、素敵な香りがするわね。
ねぇ〇〇、今あなたは幸せ?
私の事が好き?

・・・私もよ。



完全に病んでるうどんげで一本考えたが二本も書く気力が無い。
反響と気分で書きますぜ。

850名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 02:54:08 ID:pxCoC/xw0
「そういえば諏訪子様は何で口癖があ〜う〜なのですか?」
「ふふん!よく聞いてくれたわね〇〇!実はあのあ〜う〜は阿吽の呼吸から来ていてあの発音をする事によって集中力を」「嘘ですね」

「う〜・・・」
「大丈夫ですよ、口癖なんて自然と口に出す物です」
「うん・・・あ〜う〜?」
「あ〜う〜」



あ〜う〜レディ
というフレーズがry

851名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 03:05:36 ID:1a9KIyLwO
>>849
是非ともゆうかりんに、汗をかきやすい場所って
他にどんなトコがあるのか教えてもらいたい。

852名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:14:18 ID:klvNBJKEO
風邪ひいた○○を看病する映姫さまを幻視
○○の汗拭いたり、着替えさせたりを澄ました顔でやりそうな気がする

853名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 08:27:56 ID:DasgDYuQO
>>849
ゆうかりんの胸に押し付けられたら香水なんか無くても堕ちます

854名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 14:20:36 ID:5/AVTLIQ0
むしろ香水が邪魔。ゆうかりんそのものの香りが楽しめジャマイカ。
あとゆうかりん、流石に胸元に香水は自分にも他人にもヤバイと思います。

855名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 15:31:44 ID:8BgCKsJQO
なんかゆうかりんという単語自体にエロスを感じるようになったんだが

856名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 16:34:37 ID:tzFMjUDU0
ぐりんぐりん!!!!!

857名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:29:17 ID:klvNBJKEO
映姫様で一つ
gdgdにつき注意


「あ゛ー……う゛ー…」

頭が痛い。喉が痛い。腹が痛い。腰が痛い。体の節々か痛い。
体温は平熱より3度も上の38度。汗がべっとりとしていて気持ちが悪い。
つまるところ、俺は風邪を引いて寝込んでいた。

「健康には気をつけていたんだけどなぁ…」

同僚の死神がサボり魔のため、特に忙しいこの時期には休んでなどいられないのだが。
しかしこの状態ではとてもじゃないが仕事にならないだろうし、余計に体調を崩したら元も子もない。
残念だが、今はゆっくり休んで早く風邪を治すしかない。
…考えていたら、熱も上がってきた気がする。

「一人暮らしで風邪はキツいなぁ…」

最後にそんな情けないことを言って、俺は意識を手放した。



どれくらい眠っていたのだろう。
外を見ればもう日が落ちているようで、真っ暗だった。
朝からずっと眠り込んでいたのだろうか。
永遠亭の薬の効果もあって、熱は大分下がっているようだ。
この分なら、明日には復帰できるハズだ。
……いや、そんなことよりも大事なのは。

「誰か…いる?」

明らかに誰かが家に入ってきている。
氷嚢は新しいものに変わっているし、台所の方からは何かを作っている音が聞こえてくる。
誰だろうと思い布団を押しのけて起き上がろうとしたとき、

「おや、起きたのですね」

と、そんな声が聞こえてきた。
まさか、今の声は…

「ええ…、え映姫様! 何故こんなところに!?」

「まずは落ち着きなさい…普段は真面目な貴方が2日も無断欠席したら、誰だって不思議に思います。そこで私が来てみれば、貴方がこうして寝込んでいたというわけです……しかしこの分なら、明日は大丈夫そうですね」

「はい…お陰様で」


しかしわざわざ、映姫様自ら来ていただけるとは思わなんだ。

「では…汗を拭きますから、脱いで下さい。」

「はい……てええ!?」

「何を驚くことがあるのです。さあ、早くなさい」

「ぬげ、て服をですか!?」

「当たり前でしょう。他に何があると言うのですか」

本日2回目の仰天。
こちらの驚きにはお構いなしに、映姫様の目は、

どうしたのです、早く脱ぎなさい

と冷静に告げていた。

858名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:31:38 ID:tzFMjUDU0
わっふるわっふる

859名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:32:43 ID:klvNBJKEO
……抗うだけ時間の無断だろう。
この手の目を持つヤツは、大抵折れにくい。
相手が映姫様となれば、尚更だ。

「分かりましたよ…」

渋々着流しの上だけを脱ぎ、映姫様の方を向く。
風邪に合わせて、気恥ずかしさに顔が少しだけ赤くなる。

「女性でもないのに、そう恥ずかしがることもないでしょうに」

「誰だって、自分の好きな人に貧弱な裸を見せるのは恥ずかしいものですよ」

「!!」

どうせなら、恋人として家に呼びたかったなぁ。
秘蔵の写真集も見付からないようにきちんと処分して。
部屋だってもっと片付けて、おしゃれに小物なんかも置いちゃったりして。

「い、今貴方…」

「へ?」

見れば映姫様の顔は妙に赤い。
いつも纏っている威厳は跡形もなく、カチンカチンに固まっている。
今の発言を思い返す。
…てちょっとまて。 いきなり何言ってやがりますか俺。

「わ、私はこれで…!」

立ち上がり、逃げ出そうとする映姫様の手を反射的に掴んで止める。
…ええい、こうなりゃヤケクソだ。

「いつもの厳しい映姫様も、いつもの優しい映姫様も、俺は大好きです…愛しています映姫様」

「…そ、その言葉に嘘はありませんね…?」

「閻魔様の前で嘘をつくほど、俺は図太いヤツじゃあないですよ」

「…なら」

そこで一旦、映姫様は目を閉じて。

「私を今すぐ抱きしめること、これが貴方に積める善行よ」

見とれるくらい、綺麗に微笑んだ。

860名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:41:42 ID:zK/Qnq2M0
ゆうかりんの魅力に気付きました

861名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 19:58:52 ID:lM3TQuXY0
つまり、これからは恋人なんだから、汗も拭かずに抱き締め合っても何とも無いぜと。
むしろバッチコイというわけですね。

862名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 20:34:05 ID:RdIcCwvs0
あややにストーカーされたい
もこたんにストーカーされたい
ゆうかりんにストーカーされたい

863名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:31:50 ID:FeNOrMmw0
アリスにストーカーされたいが潜在病み度高そうだから怖いわ

864名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:41:48 ID:oGWDXd/c0
ストーカーの時点で多少なりとも病み入ってるだろw

865名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:45:05 ID:TeBPWEPs0
小町に憑かれたい
主に四六時中

866名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:48:01 ID:vAILVSN20
文に四六時中パパラッチされたい

867名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:50:21 ID:bFWpGYPw0
魔理沙と四六時中魔法の実験したい
にとりと四六時中機械を弄り回したい

868名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 21:51:28 ID:Nqg7OH6o0
霊夢と四六時中お茶を飲みたい
おせんべいの取り合いをしたい
最終的には譲りたい

869名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 22:34:25 ID:vAILVSN20
「はいチーズっと」
「お? お? ピースピース」
「――じゃなくて、いきなり写真撮るなよ。肖像権の侵害だぞ? 謝罪と賠償を要求するッ!」
「まあまあいいじゃないですか写真ぐらい。それより、今日も時間良いです?」
「あー、うーん。まあ別に構わんが……」
「なんだか歯切れが悪いですねえ。仕事もしてないのに」
「仕事をしてないんじゃない、仕事が出来ないんだって何度いわせりゃ気が済むんだ!」
「おー怖い怖い、怒鳴らないで下さいよ。お土産持って帰っちゃおうかしら」
「まちたまえ射命丸殿。どうやら誤解があったようだね、ほんの小さな。どうかね、今からでも我々は解り合えると思うんだが」
「まったく現金な人間ですね……まあ、貴方らしいですけど。ええと今日は魚を見繕ってきました」
「かたじけのうござる……三日ぶりの食べ物、人情が身にしみるぜ」
「だから私は天狗ですって。それよりも、そろそろ食糧ぐらい自分で採れるようにならないと飢え死にますよ?」
「いやー、動物はすばしっこくて捕まえれないし、山菜やなんかはどれが食べれるのかさっぱり。それに俺、インテリなインドア派だし?」
「取材させて頂けるならお裾分け位はしますが、ネタが無くなったらあげませんからね?」
「エー」
「えーじゃないです! 私だって慈善事業で食べ物を持って来てるわけじゃないんですから! ネタですよネ・タ! 貴方にはそれしか取り柄がないんですから」
「酷い言いようだが反論できない自分が憎い……」
「ま、貴方の記事は存外評判が良いですからね。――そうだ、いっそ連載なんかしてみませんか? ほら、この間教えてくれたじゃないですか。天声人語? こらむー、でしたっけ」
「ああ、そういえばそんな話もしたなあ――と、ということは……それは仕事を回してくれると言うことですか!」
「ちょ、ちょっと……暑苦しい顔近づけないで下さい! 鼻息かかってます鼻息! くすぐったいですよ!」
「おっと失礼」
「ええまあ、そんな所です。大した代価は用意出来ませんが、食事ぐらいはどうにかしてあげます。勿論、評判落ちたら打ち切りですよ?」
「うう……射命丸殿は天使じゃあ……後光がさしておられる」
「でーすーかーらー、私は天狗だって言ってるじゃないですか、もうっ! あとその口調気持ち悪いので勘弁して下さい」
「そ、そうか……イケてると思ったんだが」
「はぁ……こんな様子で大丈夫かしら」
「ときに、文さんよ。どうして俺にそこまでしてくれるんだ?」
「――えっ?」
「あれあれ、意外な反応……もしかしてフラグですか? ラヴですか?」
「ばっ――取材の為に決まってるじゃないですか! なんですかフラグって、ラブって、意味わかりませんよ! ほ、ほんとに貴方は馬鹿なんですから! そそそ、それじゃ私はこれで失礼しますからね! ああ、ああ……あと、そう! 明後日ぐらいまでに原稿仕上げておいて下さいね!」

文に、雛鳥のように養われたい

870名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:46:19 ID:mPdEd98A0
魔理沙だって元々はただの人間なんだから
外の人間が幻想入りしても修行すれば弾幕の一つぐらいできるようになってもおかしくないと思うんだ

871名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:48:48 ID:vnGdB25g0
生まれた環境が違いすぎ。

872名前が無い程度の能力:2008/04/21(月) 23:49:41 ID:oGWDXd/c0
セロリが好きだったりするのーね〜。

873名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:22:52 ID:Y5.gc5SI0
>>870
あれは魔法の森の影響だ
仮に弾幕が出来るようになったとしても、東方キャラには絶対に勝てん


最近、妙な視線を感じるんだ
でも振り返っても誰もいない
あるとすれば、何もなかったところに必ず大きな花が咲いているんだ
それだけじゃなくて、朝起きてポストを覗くと必ず胡蝶蘭で溢れ返ってるんだ
怖くなってさ、近くの寺に行って見てもらっても異常はありません、て
友人に相談して、暫く匿ってもらうことになったんだけど
友 の家  日葵 で埋 くされ い
怖  げら  い  緑の   綺麗だ ど何処と   い 
 愛い 幽  言っ  好  だ
そ て  香は俺 キス た

874名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:31:10 ID:LmmBqQE60
○○「俺は弾幕を張れるぞーッ!!」

数時間後、そこには毛玉に負けた○○の姿があった

875名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:39:36 ID:T9e.fWJQ0
まぁ、張れるだけじゃそうなるわなw

876名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:46:46 ID:K99DpO0g0
鱗弾を1個だせるようになった○○が、妖精相手に弾幕挑んで傷一つ負わせられない。
だが、影からこっそり睨みつける幽香に気圧されて死んだふりする妖精。
倒したと勘違いして大喜びの○○と、それを幸せそうに見つめる幽香。

ってのを書いたら、全然イチャじゃなかった……

877名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:52:31 ID:q4Ujlgrc0
諏訪子「私は洩矢諏訪子だ。勇気だけでは幻想郷では生きれんよォー」

どうしても諏訪子様で書こうとすると○○が波紋使いになってしまう\(^o^)/

878名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 00:59:57 ID:2XxmU33c0
目的の為に手段を選ぶ事をやめた幽々子さま。

〇〇「あ〜・・・今日も学校疲れたぜ・・・」
ゆゆ「死ねば学校に行かなくてすむわよ!?」

〇〇「げ、今日は先生に当てられるな・・・ツいて無いな」
ゆゆ「大丈夫!私が憑いてるわ!」

〇〇「もう将来の事とか考えるの面倒臭いぜ・・・」
ゆゆ「死ねばOKよ!」

〇〇「日常にはスリルが足りないぜ」
ゆゆ「今すぐ肝試し行きましょ!私化けて出るから!」

〇〇「たまにはゆっくりしてみるか」
ゆゆ「ゆっくりしね!」

さて、本当に死にたくなるお誘いなんだが。
あれ、おかしいな部屋に蝶がいるぞ?
窓は閉めたはずなのに・・・

879名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 01:07:59 ID:EjjLHa2Y0
>>877
配役おかしいだろwwww

880名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 02:03:59 ID:1lJhv1ao0
慧音先生なら弾幕を教えたりできそうだ。
まあ寺子屋のお手伝いとかもしなきゃならんだろうけれど。
○○「慧音、教材の準備できたぞー」
慧音「なっ、まっ、○○!子供たちの前ではちゃんと先生と呼ぶようにと」
子供たち「ひゅーひゅーだね!ひゅーひゅー!」
慧音「お、おまえら、オトナをからかうものじゃない!そこに直れ!」
○○「落ち着け慧音先生、そんなことで頭突き落としてどうする」
慧音「だ、誰のせいだと思っているんだー!!(がつーん)」
○○「あ痛ーーー!!??」

○○「むむむ…模倣『ファーストピラミッド』!!」
慧音「まだまだだな、これではイージーモードもクリアできないぞ」
○○「むう、ダメか……これでも毎日頑張っているんだけどな」
慧音「努力するのは当たり前、だが形にするのは何よりも難しいということだ、さあもう一回」
○○「げ〜〜〜〜〜」
妹紅「おおい○○、そんなのより私の符術を教えてやろうかー?」
○○「おお、火系のスペルか、見た目的にもカッコいい…」
慧音「だ、だめだ!○○は私の恋b、じゃなくてい、一番弟子……なんだからな。
 ちゃんと責任を取って一人前に弾幕をはれるようにするのは私の役目であり責任がある立場なわけであるからしてほら、
 簡単に妹紅に教育をパスしてしまうというのははなはだ無責任なのではないかと愚考する次第なのであって」
○○「……わかりましたよ先生、それじゃしっかりご鞭撻のほどお願いいたしますよ(ニヤニヤ)」
妹紅「ふう〜〜〜ん(ニヤニヤ)」
慧音「な、何だ二人ともその目は。私はただ……(おたおた)」

まあ要するに照れる慧音先生かわいいよかわいいよ慧音先生!

881名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 02:16:20 ID:ZNBN73Mc0
○○の能力は嫁といちゃつく程度の能力でいいよ!


「……強くなりたいなー」
「藪から棒に何よ」

「いや、俺って幻想郷内の強さを数えたらぶっちゃけ下から数えた方が早いだろ?」
「そうね」

「即答っすか……」
「だってそうじゃない、同じ普通の人間でも外にいた○○とここの人たちじゃどう考えても○○の方が下だし」

「ぐおぉぉぉ……」
「大体そんなに強さにこだわらなくていいじゃない
 ○○の作るご飯はおいしいし掃除に洗濯だって上手だし」

「男が炊事洗濯が上手って言われても素直に喜べねーよ、俺は主婦かっつーの」
「もういっそ主夫でいいじゃない?
 うちに婿入りして博麗○○って名乗ればいいわよ」

「……もしかしなくても俺って求婚されてる?」
「ええ、そうよ私、博麗霊夢は○○を将来の伴侶としたいの
 それで返事は貰えるかしら?」

「求婚するならするでもう少し場の雰囲気とか考えてくれ
 いや、まあ断らないんだけどさ」
「そ、じゃあ決まりね不束者ですけどこれからもよろしくね、あ な た」

882名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 03:43:27 ID:rOolW/860
>>877
諏訪子様メメタァされる側じゃねえかwww

883名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 07:11:35 ID:bSD0xH2QO
>>873
つまり魔理沙に弟子入りすればいいんだな?
弾幕修行をしながら魔理沙とイチャイチャできて一石二鳥じゃないか

884名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 08:56:45 ID:yViArsYAO
雛か藍さまに弟子入りして回転を会得
爪弾が撃てるように!?

885名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 09:53:12 ID:J8fm4hxgO
幽香「春ねぇ……」
○○「春だなぁ……」

幽香「……落ち着かないわ」
○○「……何でよ。花の季節じゃないのか?」
幽香「うん……お花ってね、」
○○「うん」
幽香「種をつくるために咲くの」
○○「あ、あぁ、ちょ、何押し倒し……らめぇぇ」




幽香「で、でねっ」
○○「うん」
幽香「枯れるまで咲いてから、やっと、種ができるの」
○○「腰が抜けて立てないなら素直にそう言え」
幽香「はっ、激しすぎるのよ、ばか……全然リードさせてくれないし……////」
○○「おーよしよし」
幽香「うぅ、悔しいわね……」

はるですよー

886名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 12:39:45 ID:GX.a.K62O
>>885
リ「春で・・・/////すよ〜」
幽霊「!!」

887名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 12:41:18 ID:GX.a.K62O
幽の字が一発変換できないから単語でやったら霊の字を消しわすれた

888名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 18:10:44 ID:WYN6A90o0
>>884
○○「ちょっとあんた! その式神は何なんだ? もう一回見せてくれッ!」
紫「触らないで! まだ回転している!」
ズギュゥゥ〜

この『物語』はぼくが歩き出す物語だ
肉体が……という意味ではなく青春から大人という意味で……
ぼくの名前は『○○』
最初から最後まで本当に謎が多い永遠の17歳『八雲紫』と出会ったことで………

889名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 19:27:57 ID:.BPNwUHU0
弾幕が張れないのなら最強の盾を作ればいいじゃない!

○○「見てくれ魔理沙! 俺と魔理沙の遺伝子を使い永琳の月の科学とパチュリーの魔術を組み合わせて作った
   俺専用のオプション、マリサ○ォースが完成したんだ!」
魔理沙「この間血を分けて欲しいって言ってきたのはこの怪しげなものを作るためだったのか……
    しかし、何で鎖で繋いでるんだ?」
○○「いや、作ってみたら思いのほかマリサ係数が高くて繋ぎとめておかないと暴走しちゃうんだ。あ、ほらまた」

霊夢「私のおせんべ返せー!」
パチュリー「そんなにもってかないでー!」
椛「とっておきの缶詰かえしてー!」

○○「こらっ! 人のものを勝手に持ってくるんじゃありません! 返してきなさい!!」
魔理沙「私はそこまで手癖悪くないぜ……」

こりゃ○ォースっていうよりワ○ワンだな

890名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 19:55:23 ID:3TjZeHyQ0
○ォースて何?

891名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 20:24:58 ID:g76Vb3.U0
それを聞くのは野暮ってもんだぜ

892名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 20:58:06 ID:hiWJXD760
紫長編その4
前回短めだったぶん、今回はちょっと長め

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1094.txt

893名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 21:28:41 ID:6uc5ysTQ0
最近短いのが書けなくなってきた……
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1095.txt
けーねものです

894名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 21:40:37 ID:sSC38niQO
仕事も休みで特にすることもなく、早朝から里の周りをぶらぶらと散歩していた日のこと。
近くの神社の賽銭箱に銭を投げ入れ、知人の巫女と一緒にお茶を飲みながら世間話をしていた。
途中で手癖の悪い魔法使いとどこぞの亡霊も会話に加わり、思ったより会話が弾んでしまい気付けば時刻は午後の五時。
当然ながら俺には弾幕など張れるはずもないので、日が落ちる前に早く帰ることにした。
思えば、それがいけなかったのかもしれない。

護身の為に巫女から貸してもらった符を胸元で握りしめ、全力疾走で自宅まで向かう。
いつもならもっとゆっくり走っても間に合うのだが、そうしないのは何だか背筋に怖気がするからだ。
考えすぎと言えばそうかもしれないが、経験上ここ幻想郷においてではその直感が生死の境を分ける。


いよいよ自宅も見え始め、若干走る速度を緩めた時。
何だか甘い匂いがしたような気がして思わず立ち止まってしまってしまった。
それを見計らったかのように、一瞬にして無数の向日葵が地面から突き出して俺の周りを包み込み。
全身に激痛が走ったのを最後に、俺は意識を失った。


「づ……く、…」
呻き声と共に、ベッドから起き上がる。
「あら、気がついたのね」
誰かの声がする。
その声の方に振り向いた瞬間、俺の顔は真っ赤になった。
緑色の髪に、赤いチェックのワンピース。
別段目を引く格好というわけではないが、どこか心惹かれるものがある。
…まさか、これが一目惚れというやつなのだろうか。
「あなたが道端に倒れていたから拾ってきたのだけど…そうね、その怪我が治るまではうちにいなさい」
何にも言えず、こくんと頷く。
その女性は満足気に頷くと、後でまた来るわと言い残して部屋から出て行った。
その後ろ姿を見送った後、ガラにもなく、運命ってヤツかもしれない、なんて思った。



「計画通り、ね…」

895名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 22:07:44 ID:LGwZEqtUO
病んでる幽香ちゃんも可愛いようふふ

896名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 22:32:21 ID:6uc5ysTQ0
神奈子「最近早苗の様子がおかしくないかい?諏訪子」
諏訪子「う〜ん、最近里に来た○○って男の子に夢中なのかな」
神奈子「変な方向に行かなければいいんだけど……」

早苗「アハハハハ、○○さんは私のことだけ見ていればいいんですよ」
○○「いったいどうしたんだ早苗!?今までの早苗に戻ってくれよ!」
早苗「他の女なんかと一緒にいたら許さないんですからね、そうだ、こうすれば二度と○○さんに変な虫がつかないね」
ドスッ
○○「ゴフッ!」
早苗「○○さんひどい怪我ですね。早くどこかで手当てしないと死んでしまいますよ?そうだ私が看病してあげますよ、ずっと」
○○「早苗……早苗……」
早苗「ウフフフフフフ、これで○○さんは私のものです。他の女のことなんて気にせず、永遠に一緒ですよ。うれしいですよね?」
○○「クッ……」
早苗「逃げ出そうとしても無駄ですよ、助ける人たちはみんな私が殺していきますから。あなたは私だけを見ていればいいんですよ
アハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

早苗とヤンデレって相反するものだよね?

897名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 22:35:01 ID:q25Ox5GU0
世の中にはロリ巨乳というものがあってだな……

898名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 22:47:47 ID:ZMLXOs.EO
顔真っ赤にしながらもじもじするゆうかりんを受信した俺はもうダメかもわからんね

899名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 23:02:30 ID:ZNBN73Mc0
>>896
早苗さんは一番ヤンデレを想像しにくい

900名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 23:17:43 ID:Rpr0iSlg0
ヤンデレというか静かな狂気というか。
代理ミュンヒハウゼン症候群じゃないが、故意に体の具合を悪くさせて依存させるとかはしそう。

901名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 23:23:47 ID:yFEWyy5o0
それはえーりんのほうが似合いそうな気がする>故意に体の具合を悪くさせる

○○の体からあの女の匂いがする、という台詞が浮かんだが
誰がいったら合うだろうか

902名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 23:36:23 ID:Y5.gc5SI0
>>901
パチュリー
フラン

アリス

幽香

完全偏見
異論は認める

903名前が無い程度の能力:2008/04/22(火) 23:43:46 ID:q25Ox5GU0
チルノ「あの妖怪やろー(レティ)の匂いがするよッ!!!!」

904名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 00:15:08 ID:m28HI9jw0
>>902
椛が入ってないぞ……
ちょっとモフってくる

905名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 02:10:55 ID:2b/nIz060
「魔理沙、俺スペルカード使えるようになったぜ!」
「はあ? ○○がスペルカード? なんだ。霊夢にでも稽古をつけてもらったのか?」
「うん。まあ、そんな感じ」
「頼めば霧雨流弾幕術を教えてあげたのに……」
「まあいいから。とにかく、俺は魔理沙に見てもらいたいんだ。うけてくれるよな?」
「ok! いいぜ!」
「それじゃあいくぞ! 恋符「ラブレター」!!」
「なッ!? ラブレター!?」
「恋という名のスペルがつづってある。魔理沙、受け取ってくれ!!」

906名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 07:55:14 ID:kaKXUfJo0
そういうの好きだ!

907名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 15:41:06 ID:UWAYT2Hk0
>>901
「あの男の匂いがする…!」
から始まる肉欲倒錯系ネオ純愛バトル系アドベンチャーを
二秒で考え一秒で捨てた

男のヤンデレはゴメンこうむる

908名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 16:20:12 ID:oSHqaU8E0
〇〇女設定ならあの男(こーりん)の匂いがするでいける!

909名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 16:38:28 ID:0roZoFWkO
犬並に鼻が効く○○が愛しの香りに誘われて見つけたのは干してあった純白の下着だった!
「ああ、あの臭いがする」

910名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 18:07:36 ID:cVg6KMWAO
フラン「○○、お花の匂いがする〜」

Q.○○の残りの人生量を答えよ


しかし二股かけると確実に死者が出るだろうな
たぶん

911名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 18:33:52 ID:37bYXiu.O
○○に羽ですりすりする文を幻視した

912名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 20:15:32 ID:xU14h8ZE0
>>910
逆に考えるんだ。
デフォで二股かけてる東方キャラなら○○が二股しても許してくれると考えるんだ。

というわけでレミリアお嬢様にお仕えしつつ咲夜さんにも手を出してくるよ。

913名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 20:38:25 ID:rhO21ZR60
車椅子を使う○○の膝の上に乗って


「パチュリー様…さすがに仕事がやりづらいのですが……」
「あなたから、あの女の匂いがするわ」
「は?」
「花の匂い…それも相当強く」
「えぇ…先ほど、珍しく幽香さんが訪ねてきたもので」
「幽香さん、ね…」
「パチュリー様?」
「…パチェ、て呼んで」
「…はい?」
「……」
「あの、パチュリー様」
「パチェ」
「…分かりましたよ……パチェ。これでいいですか?」
「そうね……あなた、後で私の部屋に来なさい。いいわね」
「…?…分かりました」

こんなん幻視した

914名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 20:47:44 ID:7gcCZwME0
続きを聞かせてもらおうか・・

915名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 21:03:22 ID:zrlYv13cO
何で浮気相手が幽香な流れにw

916名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 21:24:24 ID:hCobBWxw0
情報としてわかりやすいからじゃないかね
例を挙げるなら「お兄ちゃんの体中からあの女の匂いがするよ!」的な
口紅とか部屋に髪の毛とかそういう情報から浮気が発覚するにはシチュ的に難しいキャラもいるし

917名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 21:42:32 ID:37bYXiu.O
萃香が相手なら、あなたから酒の匂いがします、となるわけか
浮気なんかしないし、萃香はそういうこと嫌いそうだから有り得ないけど

918名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 21:45:05 ID:JoE2rQZI0
パチェ「・・・あなた、何だか乳臭いわ」
○○「だから乳臭いってのは実際のニオイのことじゃなくて雰囲気っていうか身に纏うオーラっていうか醸し出す幼女臭っていうか!ああっ!!わっかんないかなあ?!」

919名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 21:46:57 ID:OBBgd6WYO
幽々子「○○からあの女の匂いがする・・・」
○「えっ?」
幽「芋とか果物とか甘い匂い」
○「ああ、さっき珍しく秋の神様が来たんですよ」
幽「じゅるっ・・・」

920名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:04:31 ID:5DZ2lxUQ0
いろいろあって○○と付き合うことになった輝夜
だが、夜の方も一時期はかなり激しかったのに最近はなぜか淡白に
○○にそのことを問い詰めると動揺してその晩は使い物にならなくなる
かと思うと次の晩はかつてないほど求められる
久々の充実した情交に大満足の輝夜
でも、○○の体に染みついたハーブの匂いは何なのだろう
その後も二人の関係は続くが輝夜の○○の体から漂う香りに対する違和感は強まっていく
と、同時に永琳の○○への態度が日に日に馴れ馴れしくなっていくことにも気が付く
そして、ある日自分の部屋で絡み合う二人を発見した輝夜は

921名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:09:29 ID:MElZd0.I0
折角なので二人とも美味しくいただきました、と。

922名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:18:42 ID:STKuy/rY0
猟奇的な意味で。

923名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:19:55 ID:oSHqaU8E0
          ':,    ',   !                     \
   \      ':,      _,,.. -‐''"´ ̄`"'' ト、.,_.       ,,--,┐  \    ヽ /
 \  \\     r-、 ァ'´      _ト、.,__ノ ノ `ヽ,ヘ,   //: /::::!   <    ∠______
           ノヾ、rァ'  __,ゝ‐i"`y'__]`''ー、'    / `>t,// :/:::::::!  /     /
    \\    `'(__!r-‐i__」-‐'"´,i  `''ー、」ー-ヘ、イ'"´.!:|||||:::::::/   \     (___
       \   r‐ァ'´]-‐' '/  !  ハ /!ィ' i `''ー'、/ゝ  |:|||||:::;t'、  ミ  >  _______
 `' 、        ヽ7´ !   !/!メ、!」 レ-rァ''iT7   iヽ」`i´!:!!!」:ノ ! i   /     '´
     i´ヽ.      | .! !   !-rァ'T    '、,_,ノ !__トr┘i>'r'、`'´   ;'    \   、,_____
   (`ヽ;、 `ヽr、. └‐'`ゞ、ハ. '、_ノ     ⊂⊃ ! ';./ ;'ゝ.,二二7i   <
   ,.-`ヽ  >  i_,!`ヽ、 /|   !⊃   r‐-、    /! ! ヽ._」 /      !  /    ー┼-
   `ー‐ァ (´__,ノ! |   `7!  .i'>,、.,__'--‐',..イ!   i ̄´ノ!       | /      ー┼-
     'ーri´ヽ_/7   〈    V7「ヽ7i ̄´'ノ ! '.、  ':、 '、       ;' \      r-iー、
 --─  ! |::::://   r-、,ゝ、!__j ';  トー'i i  ',    `ヽ.、'     /     \    `ー' '
      '、ゝ'ン___,,...->ア`ー-'、 ,' i | i i |   ヽ.   ヽソ`''ー--‐'      /   --─ァ ヽヽ
        ̄      く ./___」_';/ ! | ! ! ! i   ,ゝ-‐''ンヽ.       く       /
          rソ´`ヽ、`'ァー-‐' ,.イ/ ,' ,' ! ', く_」`7´ハ  〉        >     '、___
         _r'ー--‐''"´   / ;'  i i ,ハ ヽ !_/ヽ!__L/       く      i
        //      -イ  /! ;'/ ム       \          \.    ├‐
       rン_,,.. -      /  / ;' !レ'´ i         `ヽ.        <    r-iー、
       `ト、        !  〈 i ;' / ,ハ      ヽ.     'r、      /   `ー' '
        ノ.ノ __     ノ   i V / / /!       '.,    _r'ヘ    /       l 7 l 7
       i_|  V   /    ハ./ ;' i i '、 }><{  ン´/!/     \     |/ .|/
       ヽヽ ∧      / ;'  i  ', ヽ、 i     r'"ン:::::/     /    o  o

924名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:20:18 ID:mz.0e3d.0
「ねえ、居るー?」
「おや霊夢、どうした」
「ん、ちょっと会いたくなって……すごいお酒臭い」
「ああ今……」
「普段は全然呑まないのに」
「いや、だから」
「さては萃香ね! 萃香が居るんでしょ!」
「落ち着けって霊夢」
「ンフフ、どうしたんです?」

925名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:27:13 ID:EIhIMAmk0
その発想は無かったわ

926名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:36:34 ID:VoejLhxw0
そっちかよwwwwwwwww

927名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:47:18 ID:8238l9H60
数分後、そこには隠しておいた秘蔵の酒を取られて泣く○○の姿が!

928名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 22:49:58 ID:KOmW5Pgk0
俺の・・・・・黒馬が・・・・・

929名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 23:20:17 ID:37bYXiu.O
目の前には、いくつもの証拠写真を並べて相当お冠の文が。
いつもの丁寧な口調は崩れないものの、叩きつけるような殺気が俺の背筋を凍らせる。
下手な答えをしたら殺されるであろう状況下で俺は


1.とにかく謝る
2.しらばっくれる
3.誤解をとく

930名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 23:25:19 ID:VoejLhxw0


931名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 23:36:25 ID:.T4EoVt.0
ヤンデレ祭り(?)なのにフランがいないから書いてみた


ねぇ○○、どうして逃げるの?

どうして私以外の女の人と仲良くするの?

○○は私のこと嫌いなんだ

そんな事ない?

嘘、さっきだってお姉さまと楽しそうに喋ってたじゃない

どうしてお姉さまなの?どうして私じゃないの?

あいつは一杯持ってるのに私には○○しかいないのに

どうして?ねぇどうして?

…………渡さないあいつになんか○○は渡さない

○○は○○はずっと私の!!

安心して、そんなに怖がらなくても大丈夫だよ

○○を壊したりはしないよ

○○がどこにも行かないようにちょっと足を取るだけ、手を取っちゃったら抱きしめてくれないもんね

一緒、これで私は○○とずぅっと一緒……

932名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 23:55:50 ID:v/7HMq2kO
4 開き直る

933名前が無い程度の能力:2008/04/23(水) 23:59:42 ID:zrlYv13cO
足が無くなっちゃったらもうフランを膝の上に座らせてあげられないよ
足が無くなっちゃったらもう一緒にお散歩に行けないよ
それでも良いの?嫌でしょ?


逃げ口上をどれだけ用意できるかが生死の分かれ目だな

934名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:13:45 ID:lIncc.bk0
○○「ん、ルーミアか」
ルーミア「こんばんわなのだー」
○○「ルーミアよ、来てくれるのは嬉しいんだが……せめてその……口に血がついてるのを拭いてきてから来てくれ」
ルーミア「ん〜取って、取って〜」
○○「おし、じっとしてろよ」
ふきふき
ルーミア「きれいさっぱりなのだー」
○○「うん、きれいきれい」
ルーミア「ルーミアも綺麗なのかー?」
○○「ん〜ルーミアは綺麗だけど可愛いの方があってるかな」
ルーミア「か、可愛いって……///」
○○「どしたルーミア」
ルーミア「うれしいのだー」
ガバッ
○○「おっとと、いきなり抱きつくなよルーミア」
ルーミア「えへへ〜○○好きなのだ〜」
○○「俺も好きだぞルーミア」

ヤンデレも好きだけどたまにはこういうのもいいね

935名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:37:20 ID:0vDp40d20
誤解が解けて正気に戻ったフランが泣きながら○○に謝る絵と
それを優しく慰める○○が浮かんだから困る。

936名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:40:55 ID:RwIvfRR20
>>935
SS化されたら全俺がボロ泣きする自信がある

937名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:43:02 ID:/Zd2/qcg0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1096.txt

一応、断っときます。
○○の死亡エンドではありません。

すべての愛はゆかりんのために!
出番が相変わらず(略

938名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 00:46:40 ID:RpSELFu.0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1097.txt

騒霊たちに対する愛をぶちまけた結果がこれだよ!
登場人物全員にアホっぽさがにじみ出る書き物1つ

939名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 02:02:34 ID:aMcFg7Cw0
ここ何日かSS書こうとして途中で消しちゃってたから、
そんなネタで書いてみる。


霊夢「〇〇〜、私ね、もう面倒臭いからヤンデレやめるわ」
〇〇「ええっ!?いや、ていうかやめれる物なの?」
霊夢「だってアレだよ、ストーカーしようにも〇〇うちに住んでるし、
近づく女を廃除・・・しようにも皆私達をニヨニヨ見るばかりで手を出さないのよね・・・」
〇〇「うわぁ今明かされる驚愕の真実」
霊夢「まあそういう訳でやめるわ、はい終了今から普通の霊夢でーす」
〇〇「まあそりゃこっちだって常時デレデレよりコミュニケーションはとりやすいがそんな誰かみたいに黒歴史を作る様な真似をしなくても・・・」
霊夢「大体毎日ネタ考えるのも大変なのよ、今とかね・・・そうね、
パス針でツボ刺して行動不能にして監禁するとか?」
〇〇「何その略し方、というか何そのコント張りのネタは」
霊夢「はいはいもう分かった分かった、〇〇大好き愛してる一生離さないずっと一緒よ・・・これで良いでしょ」
〇〇「そんなデレの安売りみたいに言葉を並べられても逆に愛を感じられないな・・・」
霊夢「あ〜もう知らない、全ては〇〇が可愛いのが罪って事で次は夜伽に紫でも呼ぶわ」
〇〇「おま、殺す気か。もとい彼女が浮気を奨めるってどうなんだ」
霊夢「彼女?違うでしょ、所有物と所有者よ」
〇〇「紫さ〜んたった今あなたが好きになったのでスキマに落として下さ〜い」


・・・明日から真面目に書くからorz

940名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 02:03:46 ID:aMcFg7Cw0
ごめんsage忘れた・・・

941名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 06:59:25 ID:PERtkWqM0
>>937
待ってました!続きがかなり気になります
GJ!

942名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 13:45:48 ID:YMcm4u1o0
そろそろ次スレに関して話しておきたいんだが、義兄弟。
あのまま勝手に作られた15スレを使うか、新たに作り直すか
今、避難所で討論をしている。故に少し決まるまで減速をお願いしたい。
我こそはと言う義兄弟、意見がある義兄弟は避難所に来て戴きたい。
最後に3行以上の長いレス、自治っぽい言葉。切に申し訳ない。。

943名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 17:27:29 ID:.VWTEiV60
今までのゆかり長編がどこにあるのか分からない…

944名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 18:02:59 ID:8tQDbPXc0
>>943 うpろだ見に行けばすぐわかるじゃん
http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/2.html?1208965413

945名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 19:28:26 ID:C2NNVon20
向こうはID出ないからあんまり当てにならんぞ。
最悪自演してる可能性もある。

我関せずで新スレ使い続けるに1票。

946名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:12:04 ID:YezP7hZU0
建て直しに一票入れておく。
テンプレ見直すときにアレが目に入ったりするのは勘弁してほしい…

947名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:19:40 ID:zZf.UkHY0
946に一票で。

948名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:30:39 ID:FLyQHWec0
同じく建て直しに一票
2以外にもひどいの結構ある

949名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:32:44 ID:NQtbeTFg0
どうせなら立て直してもらいたいなぁ

950名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:37:29 ID:.bjwuyBc0
正直気にしないで使った方がいいと思う
2だけ消すとかできないっけ?

951名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 20:42:54 ID:YezP7hZU0
>>950
建った直後ならそれだけで良かったかもしれないけど、25まで誰も投下無しに無駄レス続きになっている現状があるしなぁ。
やってもらうなら、レス単位で消すよりスレを消してもらう方が早いと思う。

952名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 21:27:46 ID:qUw5xyjs0
てすてす

953名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 21:28:36 ID:C2NNVon20
「ちょっと突付けばすぐに反応して新スレ立て直す荒らし甲斐のあるスレ」ってレッテルが貼られると思うんだがどうなの?
いつかのルーミアSSの様な勘違いさんには一言忠告、それで収まらなきゃスルー。
荒らしなんかは言うに及ばず。
それが一番無難だと思うんだが。

954名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 21:38:27 ID:cZN.FhUo0
普通に使えばそのまま今みたいに機能してくれると思うなぁ
あるものを使うに1票

955名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 21:59:17 ID:KvlVNeqI0
過去ログにも入っちゃうし、立て直すべきかと。

956名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 21:59:51 ID:DvGEErnQO
魅魔さまと幽々子さまに取り憑かれる○○を幻視

957名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 22:53:28 ID:QbYOafXw0
お前ら全員専ブラ導入するのに一票

958名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 23:04:46 ID:6PYW3L.60
新しい板だし、心機一転改めて立てられるならそれがいいかなと
思ったので、一応立て直しに一票。
まあどうなっても、イチャつき続けるだけだが。
せっかくなので東方学園でミスティア書いたのを投下。
まとめ東方学園1の屋上ミスティアを見てたら書きたくなったので。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1098.txt

959名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 23:08:42 ID:YezP7hZU0
通常の継続スレを建てて、あっちは週代わりでお題のキャラとのイチャのみを投下して、毎週ベストオブ○○を選ぶスレに。
などと考えたが乱立もいいところだった。


○○「慧音、これ食っといてくれ…」
慧音「モグモグ」
霊夢「ほんとあんたは考え無しに口走るわね…」
○○「気にするな、実害は無いだろ?」
妖夢「○○さん、頭悪く見えますよ」
○○「ぐ、可愛い顔してきついことを…」
幽々子「ねぇねぇ、もし本当にやるんなら、○○は誰との話を念入りに書くのかしらね〜」

瞬間、場の空気が変わった。

魔理沙「そんなの決まってるだろ?…なぁ○○、やっぱり私だよな?」
紫「あら、こんなちびっ子よりも私よね〜?」
萃香「まさか、私を差し置いてその辺の人間や妖怪なんて選ばないよね?」
レミリア「○○は私との愛を書き綴る、そういう運命よ」
フラン「ねぇねぇ○○!ぎゅってしてあげるから、私を書いて!」
咲夜「お嬢様、妹様、○○は所詮人間です。ここは同じ人間である私が…」
慧音「わ、私では駄目だろうか、○○…」
妹紅「○○、竹林でのこと、忘れてないよね?」
輝夜「あれは事故でしょ、事故。転んでおでこぶつけてただけじゃない。○○は私の物よ」
リグル「○○は虫、嫌い…?」
映姫「私との幸せな日々を記すこと。それが○○に出来る善行よ」
小町「あたいと○○の心の距離、縮めてしまおうかな…」
チルノ「○○は誰のものでもない、あたいの子分よ!ね、○○!」
ミスティア「夜の屋台で〜♪二人語り明かし〜♪」
鈴仙「○○、ちょっとこっち見てくれる?主に私の目を」
てゐ「私とのことを書けば、四十葉のクローバー、毎日あげるよ?」
文「たまには新聞記者じゃない私とのことを書いてもいいと思うんですが…!」
早苗「○○さん!やっぱり同じ世界の女の子の方がいいですよね!」
諏訪子「同じ世界の神様なんてどうよ?」
神奈子「お子様よりも大人の方がいいんじゃないかい?ねぇ○○?」
穣子「○○さん、秋の豊穣の代わりに心の豊穣を貰えないかしら?」

もはや収集はつかない。書ききれない。逃げられない。
さあ、○○諸氏よ、君は誰を選ぶ?

「「「「「「「「「「「「「「「「もちろん、私よね?」」」」」」」」」」」」」」」」」



○○「なんてのを考えたんだけど」
慧音「モグモグ」
○○「orz」

ぎゅっ
背中に慧音が抱きついてくる感触。
心なしか、震えているように感じる…

○○「慧音?」
慧音「…私との毎日は不満なのか?他に誰か…その…」
○○「馬鹿だな、慧音。俺が書くとしても、それは慧音さ。
    それ以外考えられないよ」
慧音「○○…」

震えは止まり、少し抱きしめてくる力が強くなった。

○○「好きだよ、妹紅」
慧音「ああ…って、今何て言った?」
○○「あ゛」

そして世界は反転する。

ゴスッ

フィニッシュ:ヘソで投げるバックドロップ

960名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 23:09:55 ID:58EE9Q0c0
なんと 褌姿のこーりんが 混ぜて欲しそうにこっちを見つめている

961名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 23:12:03 ID:Dj00DeW.0
ンフフ

962名前が無い程度の能力:2008/04/24(木) 23:14:44 ID:.bjwuyBc0
>>959
もう全員分書けばいいじゃない

963名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 00:04:57 ID:xSY548W60
紅魔館の大図書館の司書である○○
ある日、過労が原因で体調を崩し、寝込んでしまう
これを好機とみたパチェは、誰にも内緒で○○の食事に惚れ薬を混ぜる
だがしかし、その薬は失敗作で、○○を見た女性全てが○○に惚れることに
翌日、仕事に復帰するが出会う女性全てに熱っぽい視線を送られて首を傾げる○○
そしていつも通りに仕事をしていた○○はスキマからいきなり現れた紫に押し倒されて…

964名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 00:11:52 ID:yY2AECcs0
>>963
どこの『惚れ薬弄ったらそれが強力な観た者全てを惚れさせる薬に
なってしまった』女神様ですかw

965名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 08:46:19 ID:sF3RKgec0
>>963
ありきたりだがすごく読んでみたい
オチとしては異性限定じゃなかったり

966名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 11:03:49 ID:wajh.5Gk0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1099.txt
この世は老いも若きも、男も女も、心の貧しい方ばかり

ごめん、やってみたかっただけなんだ
解らない人にはただ耳掻きしてるだけのないように見えると思う。ごめん。
ただ一つだけ言わしてもらうと、文は俺の専属記者

967名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 12:33:28 ID:s6E4AGBA0
せぇるすまんですか

968名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 19:38:54 ID:VomTqmH20
文と同棲し始めて2ヶ月の○○
とある日、紫と幽々子と○○の三人で花見に出かける。文は取材で来れない。
朝、文が家に帰っても○○がいないので、文が花見場所に行ってみる
すると服がはだけた紫とか幽々子とかパンツしかはいてない○○とかどう見ても事後です本当に(ry
その上おつまみのせいでイカ臭いと言う最悪のパターンに
昼頃、○○が目を覚ますと文が家の中の自分の荷物を持って「実家に帰らせてもらいます」
○○は俺が何をした?と聞いてみるも、「とぼけないでください!私というものがありながら・・・」
ビンタされて呆然とする○○

俺の妄想力はここまでのようだ

969名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 19:45:15 ID:lhO11Gno0
>>965
かまいたちですね?わかります

970名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 20:37:39 ID:Ip4VGyJU0
原チャリ買って、何故か妄想したので文章にしてみた。
多分続きます?

http://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1102.txt

971名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 20:49:45 ID:.yGJdiac0
……

972名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 20:59:07 ID:RHRH1qkw0
専ブラを導入してsageることを覚えるんだ

973名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 21:13:50 ID:F3g1lyMo0
っていうか、おまいら普通にイチャついてるが次スレ問題は解決したのか?

974名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 21:14:12 ID:gLmP/HuM0
霊夢「大丈夫? 疲れてない?」
○○「ああ、平気だよ」
霊夢「それにしてもまさか○○が私と同じ能力を持っていたとわね」
○○「飛ぶって言っても風が吹いてないと浮き上がることもできないけどね
   正確には風に乗る能力なのかもしれない」
霊夢「でもまさか○○と一緒に空の散歩ができるとは思わなかったわ。結構気持ちいいでしょ?」
○○「そうだね。このままふたりきりでどこまでも飛んでいけそうだよ」
霊夢「私は○○がずっと側にいてくれるならどんなものでも越えていけそうよ。だからこの手を離さないで」
○○「わかった。ずっと一緒だ」

いつか 君と 二人
夜を 朝を 昼を 幻想を
夏を 冬を 時を 風を
水を 土を 空を
we go further in the destiniy……

某きのこ映画の主題歌聞いてたらこんなネタが
彼女もある意味飛ぶ能力持ちだし

975名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 21:18:30 ID:DVEepV2o0
>>973
他のスレは二つの板で被っても機能してるのに、イチャスレの場合は向こうへの投稿0。
あれを使う気なんて、元々誰にもないんでしょ。
>>980あたりが普通にスレ立ててくればいいと思うよ。

976名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 21:29:32 ID:TxVejBj6O
「大変だ! お前の従者と俺の同僚が一つのベッドで(そこまでよ!)」
「あらあら、それは大変ね では同じことをして思い知らせてあげましょう!」



「さあ、もっと思い知らせてあげましょう!」



「まだまだよ、もっと思い知らせてあげないと!」



「じゃあもう一度−―」
「もう止め……正直…もう………どうでもいいから…」

977名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 22:20:05 ID:sfvoThD60
なんか夢の中で紫が俺の住んでる大地に妖怪ひきつれて喧嘩を売ってきた
無事撃退したけどどうも収まりがつかない、腹が立った
だから向こう側の力を介して幻想郷で大暴れしてきた、何もかも殴り、壊して灰燼となった

夢を、見てました・・・

978名前が無い程度の能力:2008/04/25(金) 22:38:21 ID:QH.oY.JI0
ああ夢スレあるぞ?

979名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 00:49:13 ID:hKiHC4.A0
さて、次が避難所で話されてた>>980な訳だが。

980名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 00:59:46 ID:zHUrkXC.0
華麗に980で文とイチャイチャするか

981名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 01:08:21 ID:zHUrkXC.0
【嫁と夢って】東方キャラとイチャつくスレ15【音が似てね?】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/42679/1209139646/

新しいの立てちゃったぜ

982名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 01:11:25 ID:0W5R9Oag0
おk
じゃあ削除依頼出してくる。

983名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 01:13:38 ID:zHUrkXC.0
サンクス任せた

俺は文とイチャイチャする文章を書く作業……もとい、営みに戻るぜ

984名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 01:35:16 ID:vTSRdCyM0
お疲れ、頑張って土日のうちに書き終わって新スレに投下するぜ!

985名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 02:46:23 ID:vTSRdCyM0
埋めってことで小ネタ投下しまくろう

「あら妖夢、半霊は?」
「最近勝手にどこかへ行くんです」
「どうしたのかしら? あら?」
「あんなところに、まったく」
「邪魔しちゃダメよ、どうやら春が来たみたい」
「傍から見たら人魂が二つくっ付いてるようにしか……

986名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 02:52:58 ID:zHUrkXC.0
「よし、うめ!」
「はい、わかりまし――って、ええええええええええ! なななな、なにをいうんですかいきなり! そんな急にうめだなんて……」
「いや、どうせなら早い方がいいだろ? 今後の為にもさ」
「それは、ええそうかもしれませんが……でも、でもですよ? 私にも心の準備というものが……」
「文……一体全体なんでそんなに慌ててるんだ?」
「だって、貴方が卵産めっていうから!」
「ああ違う違う……これ見てみ? 埋めるのはスレだよ、次スレ建ったからさ」
「――馬鹿! もう知りません! せっかく私だって……」
「あーその、なんだ……そっちの意味でも悪くないかなーなんて、思うんだが……その」
「えっ? あ、あのっ! ふつつかものですが、宜しくお願い、します」

987名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 04:37:54 ID:cxxk89BoO
「覚悟しとけよ。死んでもお前に憑きまとってやるからな」

988名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 10:51:44 ID:9l7RePOU0
「雨にも負けず、荒らしにも負けず。そんな人間になりたい」
「今はまだ未熟かも知れませんが、貴方とならがんばっていけそうですよ」

989名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 14:23:37 ID:ErC64aHQ0
>>963>>965でやってみた。
長いし後半gdgdだぜ。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1105.txt

990名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 14:29:48 ID:qBT4EYG20
チルノかわいいよふひひ

991名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 14:33:59 ID:qBT4EYG20
「なんだろう……この気持ち……」

この台詞がもっとも似合うのはチルノでしか有り得ない

992名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 14:38:40 ID:fqhZW26c0
>>989
GJ!3人とも思考回路が一緒だw

○○を人形にしようとするアリス、ただしヤンデレにあらず、
というイチャを目指して書いてみた。うまくいったかどうかはわからないが。

ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1106.txt

993名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 16:15:05 ID:GPFzD5Uk0
>>992
GJ!人間とほぼ同じ人形を作るのは人間以上の人形を作るより難しいって
どこかの封印指定が言ってたけどそれをこなしたアリスはスゴいな
まさに愛の力だ

994名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:18:10 ID:5RKifgaY0
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1108.txt

ルナサと本を読む話。でも殆ど読んでません。
投下してから>>992の話とテーマが少し似ている事に気付きました。
最後二人が幸せそうでホッと一安心です。
やっぱり東方キャラと絡むとなると寿命の辺が気になりますよね。

995名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:24:58 ID:zHUrkXC.0
1000用に何か書くか……

996名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:31:47 ID:nMaCYC1s0
○○「さてお前ら引っ越すぞー」
ルナサ「準備完了よ」
リリカ「ばっちりだよ〜」
メルラン「も、もうちょっと待って〜」
○○「なんだメルランまだ荷物詰め終わってないのか」
メルラン「き、昨日遅くまでトランペット吹いてたから〜」
○○「……しょうがないな手伝ってやるよ」
メルラン「あっダメ!」

ひょいっ

リリカ「メルラン姉さんこれ何?」
ルナサ「……メルランの下着だな」
メルラン「○○は見ちゃダメーーーーーー!」
○○「ごふっ!」
メルラン「はぁはぁはぁ……」
リリカ「うふふふふ姉さんたら面白い」
ルナサ「……早く片付けるぞ」
○○「むきゅー」
メルラン「見られた!○○に私の下着見られた!」
リリカ「もう○○にお嫁にもらってもらえばいいじゃない」
ルナサ「……それは許さないぞメルラン」
メルラン「なんでルナ姉まで怒ってるの!?」
ルナサ「○○は……渡さない」

こんな感じで結局片付かないのを幻視した

997名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:50:49 ID:g3c7cNK20
ついに引越しか 発つ鳥跡を濁さずというがいろいろ思い出があって未練タラタラなんだよ

998名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:54:32 ID:vaf23Tr60
だがまあ、家族が増えて新居に引っ越すと思えばいいことではないか。

999名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 17:59:59 ID:yqWz7DKo0
「……人里を発つのが、こんなにも悲しいとはな……」
「なぁに、心配するな」
「……慧音……」
「どこにいても、何をしてても、歩んだ歴史は変わらない。
 私はそうだと信じてるぞ。

 だから……だから……グズッ」
「……ありがと。 ほら泣くな」
「……本当は……すっごく寂しいんだぞ……」
「大丈夫だって。 どこにいても、お前を愛し続けるぞ、慧音」

1000名前が無い程度の能力:2008/04/26(土) 18:03:29 ID:zHUrkXC.0
「ねぇ、○○。これってさ……種子島だよね?」
「うん? ああ、昔はそう言ったんだっけ。外じゃライフルっていうんだがな」
「らいふる……? らいふる、なんかカッコイイ名前だね! 解体してもいい?」
「え゛ッ!?」
「ちゃんと元通りにするからさ! ね? 駄目?」
「あー、うん。まあ、それなら良いけど……それ無くなったら明日から生活出来ないから気をつけてくれよ?」
「うん! うわあ、これすごい機構だね……外の世界にもすごい河童がいるもんだ」
「いいや、それは全部鋳型で作られてるんだよ。工場生産のな」
「ええええええ!? これ、機械がつくってるの? 嘘でしょ?」
「いいや、本当さ。外じゃ、何だって機械が作るもんさ。人が増えすぎちまって、手作業じゃ間に合わないからな」
「……ほへー、すごいね。でも……、あのさ○○? これ、動物撃つには物騒過ぎない? 連射力も高そうだし、ひき肉になっちゃうよ」
「まあ、なんつか……それ戦争の道具なんだよな。ほら、横のツマミあるだろ? ここを捻ると、単発連発安全装置って切り替えられるんだよ。ア・タ・レってな?」
「うわぁ……人間の冗句って面白くないよ! うーん、でも……なんか嫌だな。これって、どうみても殺すための道具でしょ? なんで○○はこんなの持ってるの?」
「んー、まあ、軍人だったからな。本当は国のモンだけど、返すに返せないしそのまま持ってるってわけだ。お陰様で食糧調達に困らないし、重宝してるけどな」
「ふうん。ってことは、○○は人殺しなんだ?」
「いんや、だーれも殺せなかった。撃ったら撃ち返される、そう思うと怖くてな……だから、逃げてきた。そうしたら何故かここに居たわけだ」
「意気地無しなんだね○○は。そんなんじゃ、幻想郷で生きていけないよ? 妖怪に襲われたとき、躊躇ったら死ぬよ」
「あはは、まあそうだな。けど、妖怪だって悪いやつばかりじゃあないだろ? 現にお前に銃口を向ける必要なかったからな」
「――私が○○を食べる為に近寄った、って言ったらどうする?」
「ばーか」
「あいた。おでこつっ突かないでよ! 痕できたら恥ずかしいじゃん」
「それならばらす必要はないし、今だって俺は何もされてないどころか守られてるんだろ? 気づいてんだからな、いつも見てるの」
「そそそ、それは……それは近くだから偶々で!」
「へぇ、河童って森ン中住んでるのか?」
「ああいや違った、散歩順路なんだよ、うん! そう!」
「散歩って一か所に立ち止まってジッとしてることを言うんだな、河童の世界じゃ」
「うう……」
「ありがとな、にとり。ここって、天狗の土地なんだろ? それでお前が話着けてくれたって、射命丸から聞いたよ。その上妖怪だらけで、それこそ妖怪の庇護でもなけりゃ一日と生きられないとかなんとか」
「天狗様は嘘吐きだから、そんなのでたらめだよ! 私知らない、そんなこと知らない!」
「ははは、そうかそうか。まあでも、ここが危なくて、誰かが守ってくれてるんだろ? ちょっとそれじゃ申し訳なくてな。里に下ろうかと思って呼んだんだよ。お礼もしたかったしな」
「――え、里に……って、○○ここ出てっちゃうの?」
「ああ、もう決めたんだ。四六時中見てくれてたんだろ? それじゃお前が大変だ。別にここじゃないと生きれないって訳じゃないしな」
「ま……待って、行かないでよ……せっかく人間と仲良くなれたのに……」
「悪い、時々遊びにくるからさ」
「馬鹿! ここまで一人で来たら死んじゃうよ! そんなのやだよ……やだ、やだ!」
「はは、困ったな……どうしたもんか」
「わ、私の家に来たらいいよ! ちょっと奥だけど、他の河童もいるし言っておけば安全だよ」
「いいよ、無理しなくても。お前にこれ以上迷惑掛けたくないんだ」
「違う、違うよ! 別に迷惑なんかじゃ……私が一緒に居たいの! お願い……行かないでよぉ」
「はあ……まったく、どうしてそんなに行かせたくないんだ?」
「――だって、○○の事好きなんだもの……どうしようもないの」

よし1000だ!にとりもかわゆいなあ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■