■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

デフォシナ&オリシナキャラを喋らせて遊ぶスレ2
1名無しさん:2010/06/20(日) 22:04:38 ID:???
t_elf3「このスレはヴァーレンに散らばる様々な百合達について
    語る紳士のためのスレです。竜にのる乙女達はいうに 
    及ばず、ルートガルトの光と闇が合わさった百合、
    ローイスの蒼き百合、アルナスの砂漠の百合は言うに
    及ばず、遥か異世界の百合達…たとえばデレック殿が
    織り成す禁断の地下百合園やアルカ殿の容赦なき
    処刑百合についても語り合いましょう。」

2名無しさん:2010/06/20(日) 22:15:13 ID:???
ヒュンターは消毒だ〜!!

3名無しさん:2010/06/20(日) 22:23:41 ID:???
ヒュンターの言葉通り、>>1乙あってのネタスレである事をお忘れ召されるな・・・

4名無しさん:2010/06/20(日) 22:29:18 ID:???
セ「ラクタイナ!今日こそアルティナ様の仇を取らせてもらう!」
ラ「げえっ!セレン!? ごめんなさい、あれは不可抗力だったんです。
 アルティナタソ蘇生したげるから、ゆるちて☆ミ」
セ「だめだな、全然だめだ! アルティナ様は、私がこうして健気に正義のために戦っている
  姿を天国で見守ってくださるのだ。そして、私の正義の心があれば、いつでもアルティナ様は
  蘇る。いや、むしろ、アルティナ様は、私の中にいる!! アァアアアアルティナさまぁあああああああ!」
オ「狂ってるよセレン」

5名無しさん:2010/06/20(日) 22:55:38 ID:???
「がんばるだわさ。カルラは英雄の血筋なのだわさ。」
「そうですぅ。お母さんは英雄なのですぅ。
 故郷を守るためぇ、イエティをアイスドラゴンに育てたんですぅ。
 でも、カルラには絶対無理ですぅぅ。」
「子育てに失敗してるだわさー!」

6名無しさん:2010/06/20(日) 23:34:08 ID:???
「働きたくないですうぅ」

7名無しさん:2010/06/21(月) 18:28:53 ID:???
ミシ「やはり郷士の血よ。」
ジャン「見事にHENTAIというわけですかな。」

8名無しさん:2010/06/21(月) 18:38:14 ID:???
「ふむ、ここがネルザーン砦(長城)か。ろくに手入れもされていないようだな。
 どれ、わしが見てやろう」
ネルザーン砦が改修されました。ルートガルト国に人材が追加されました。

「ルーゼルさま、ルーゼルさま、魔界からクロウボールがとどきやしたぜ」
「なに、クロウボール? あの殺人兵器か! これで戦いが楽になるな」
魔王軍にクロウボールが届きました。魔王軍にクロウボールが追加されました。

「今日はなぜか、リンゴの日です」「なぜ?」「仕方ないじゃないですか、本隊からきた
兵糧がリンゴしかなかったんですから・・・たべる?」「バカな! いえ・・・いただきます」
リューネ騎士団パーサ方面軍に兵糧が届きました。パーサ方面軍にリンゴが追加されました。

9名無しさん:2010/06/21(月) 19:28:15 ID:???
ドラスティーナ「暇なのだわ。出番がないのだわ」
ルグナナム「そんなこと仰ってないでお仕事でもされては?パルスザン様とか見習って・・・」
ド「わかってないのだわ。悪魔は長寿だからその様な事には飽き飽きなのだわ」
ル「んなこと言ってるから加齢臭とか・・・

「ぎゃーーーーーーーー!!」
フーリン「!!?・・・ああ、いつものか。学習しない奴だなー」
ルーゼル「おまいが言うな。はいチェックメイトな」
フーリン「ぇ!ちょ、・・・待った!や、待って下さい!」
ルーゼル「これで128万とんで52勝、不戦敗の3敗っと」
フーリン「むむむ・・・」

10名無しさん:2010/06/21(月) 19:54:26 ID:???
ルーゼル様はそんなこと言わない

11名無しさん:2010/06/21(月) 20:37:17 ID:???
リジャースド「おお、ルグナナム。いいところにいたな。やる」
(スーフェンをてルグナナムの方に突き飛ばす)

12名無しさん:2010/06/22(火) 19:31:43 ID:???
ルルニーガ「俺より強い奴に会いに行く!」

ビッテトール「呼ばれた気がしまして」

13名無しさん:2010/06/22(火) 19:57:38 ID:???
セレン「ビッテさんの強さは理不尽過ぎる」
オルジン(……あの悪魔強いのか???)

相性が結構デカイゲームだよな

14名無しさん:2010/06/22(火) 20:18:12 ID:???
ガンパレード・リューネ騎士団
パーサの森でビッテトールを見かけたので、セレンは話しかけてみた。
小島ビッテコール「またセレンさんを殺せるなんて最高です」
喧嘩を売られた。
小島「大量殺人も合法だなんて$夢のようです・・・」
菅原セレン「これじゃだめ!$アルティナさまのお役に立てない!」
喧嘩に負けてしまった。全人材からの信頼度を20ポイント失った。

15名無しさん:2010/06/22(火) 20:39:45 ID:???
アルティナ・スベ「アルティマイトさんは強すぎる。」
オルジン(……あの動物強いのか?)

16名無しさん:2010/06/23(水) 06:20:03 ID:???
ラファエル「雑魚だな」

17名無しさん:2010/06/23(水) 15:47:44 ID:???
カルラ「うんこするですぅ」

18名無しさん:2010/06/23(水) 18:51:51 ID:???
ポートニック「各所で尻ネタやりすぎだわさ」

19名無しさん:2010/06/23(水) 19:33:29 ID:???
うんこは下品すぎ。却下。
カルラ「おまんこしたいですぅ」

20名無しさん:2010/06/23(水) 20:00:59 ID:???
おまんこは下品すぎ。却下。
カルラ「ちんこすうですぅ」

21名無しさん:2010/06/23(水) 20:16:30 ID:???
お前らカルラのキャラ壊しすぎ
自重しろですぅ

22名無しさん:2010/06/23(水) 20:27:06 ID:???
カルラ「ちんすこうが食べたいですぅ」

23名無しさん:2010/06/23(水) 20:54:47 ID:???
カルラ「おちんちんらめぇぇっ」

24名無しさん:2010/06/23(水) 21:01:01 ID:???
ポートニック「おしおきだわさ・・・トルネード!!」

25名無しさん:2010/06/23(水) 21:31:58 ID:???
だわさを仲間にする前に魔王軍に速攻占領されたグリーンウルス領内にて。

ぐちゅぐちゅ...
ルーゼル「カルラたんのおまんこに小便するお( ^ω^)」
カルラ「中にどぴゅどぴゅしてぇぇ」

26名無しさん:2010/06/23(水) 22:01:51 ID:???
へんたいセレンの次は肉便器カルラか・・・・。

27名無しさん:2010/06/23(水) 22:10:08 ID:???
胸がボルケーノするな

28名無しさん:2010/06/23(水) 22:59:38 ID:???
水を注してすまんが、この流れはちょっと笑えない。

29名無しさん:2010/06/23(水) 23:27:59 ID:???
まったくです。むしろ
ドラスティーナ「生意気な人間はお尻ぺんぺんなのだわ。」
カルラ「ひんひん、もう許してくださいですぅ!」
という高貴なる百合が雪原の百合を優しくも残酷に蹂躙する様に
胸が躍りましょう。

30名無しさん:2010/06/23(水) 23:37:46 ID:???
カルラ「お前、俺のケツの中にデリュージしろ」

31名無しさん:2010/06/23(水) 23:41:43 ID:???
ルグナナム「隣り合わせのサドとマゾ・・・それが俺たちの人生だ」

32名無しさん:2010/06/23(水) 23:49:31 ID:???
魔軍で雇用出来るようにならんかな、グリーン人材

33名無しさん:2010/06/24(木) 00:07:09 ID:???
あどけない少女達が魔軍に蹂躙させる。

34名無しさん:2010/06/24(木) 00:15:34 ID:???
カルラ「働く位なら魔族の慰み者になるですぅ」
ポートニック「カルラ!?」

35名無しさん:2010/06/24(木) 00:16:36 ID:???
初期はカルラに悪魔雇用があったような気がするんだが…
記憶違いかな?

36名無しさん:2010/06/24(木) 00:22:39 ID:???
海賊たち「死霊だってよ。モンクいないしローイス終わったな。」
ニーナナス「逃げるのですか。ローイス海戦記の原稿を検閲しにこないのですか。」
海「え!?まさか、ルーネン著とかじゃないッスよね。」
ニ「どうなっても知りませんよ。」
海「……。」

こうしてニーナナスは水軍の結束を図った。

37名無しさん:2010/06/24(木) 00:24:25 ID:???
ななあし「カルラは俺の嫁カルラは俺の嫁カルラは俺の嫁
カルラは俺の嫁カルラの俺の嫁カルラの俺の嫁カルラは俺...

38名無しさん:2010/06/24(木) 00:43:39 ID:???
>>30
突然の展開に爆笑した

39名無しさん:2010/06/24(木) 01:30:04 ID:???
ケツデリュージはわしが育てた

40名無しさん:2010/06/24(木) 01:48:39 ID:???
ワットサルト(ケツデリュが流行るならケツウォスマも流行るに違いない・・・!)

41名無しさん:2010/06/24(木) 07:37:06 ID:???
「やあやあ! 我こそはモーゼンなりィ! 敵将、勝負!勝負!!」
「応! 受けて立とう!」
スヴェステェンが勝手に一騎打ちに応じました。
「これ、スヴェステェン! なにを勝手な、ああ、逝ってしまった」
「ふははは!」「ぬぅううん!」「どりゃーー!ぐおおおっ!!」「うごは、これは
かなわん、勝負は預けたぞ」「逃げるとは卑怯なり」「ふはは! こんなひょろいナイフでわしを落とせるものか!」
「ふはははは!」「うぬぅ、逃がしたか」「今度は、このセレンが相手です」「なに? セレンだと?
ええい、スヴェステェンを斬るのはおまえの後じゃー」「やあ」「それ」「この技を見れることを
光栄に思うがいい、青百合・乱心!」「なにっ!」「ふほほほっ、敵将、モーゼン生け捕ったり!」
モーゼンの処遇を決めてください。 >登用 斬首

42名無しさん:2010/06/24(木) 08:34:31 ID:???
>ケツに花を挿して放置

43名無しさん:2010/06/24(木) 14:42:49 ID:???
生け花とな

44名無しさん:2010/06/24(木) 18:17:48 ID:???
さあこの美しい花瓶にいくらの値を付ける!?

45名無しさん:2010/06/24(木) 18:46:12 ID:???
薔薇円で。

46名無しさん:2010/06/24(木) 19:02:55 ID:???
一輪挿しでありながら、大きくやもすると俗ともとられる體厚な扁瓶は重厚な存在感を持つ。
粗暴とも思えるおうとつの有る磁肌に緑の釉薬が映え、、
これは名品ですな。10円といった所でしょう。

47名無しさん:2010/06/24(木) 19:29:34 ID:???
こうしてリューネに花を活ける文化が定着した。セレンは開祖として後の世に名を残した。

48名無しさん:2010/06/24(木) 22:38:35 ID:???
リューネ騎士団「秘密の花園」にて
赤毛の騎士「役立たず」
バン、バンとしたたかにラスタスを叩く赤毛の騎士。そして、三打目で、ラスタスが粉々に砕け散った。
海賊帽の騎士「??!」
海賊帽の騎士が眼にしたのは、起立している主人の姿だった。起立? 確かに、ラスタスに乗っている
姿以外見たことはなかったが、あの主人がこれほどの威圧を与えるとは・・・。
赤毛の騎士「これから、7日の間、あなたに総ての権限を与えましょう。陸、海、空、外交、マスコミ、王室、国民・
        モンスターの一匹に至るまで、私の名を使って構いません」
海賊帽の騎士「・・・なぜ?」
赤毛の騎士「私は、この目線で世界を見るのに疲れました」

49名無しさん:2010/06/25(金) 03:15:15 ID:???
W杯待ちの眠気でおかしくなったテンションに任せて書いた。今は反省している。

モーゼン「またお前か! きちくエルフ・エルアート! いい加減に俺のフランチェスカを返せ!」
エルアート「アヒャヒャ。そう言うと思っての。今日はそちの希望通りにトカゲ娘を連れてきてやったぞえ」

フランチェスカ「……」

モーゼン「フ、フランチェスカ……!」
エルアート「わらわも想い合っておる番同士を引き裂くのは本意ではないからのう。
       故に、両人が望むならこのトカゲ娘をそちらに返してやってよいが……フランチェスカ、どうじゃ?」
モーゼン「き、きちくエルフ……いったい何を」
フランチェスカ「……ぃ」
エルアート「アヒャヒャ。どうしたフランチェスカ。
      あのトカゲ男を好いておるのならば行けば良いのじゃ。わらわは止めぬぞえ」
フランチェスカ「……嫌です! あんな脳みそまで筋肉で出来てるようなトカゲ男の所に帰るなんて!
         私はエルアート様の側にずっといます。こんな男の事は知りません!」
モーゼン「フ、フランチェスカ……?!」
エルアート「アヒャヒャ、隙あり! エルあたたたたたたたーっく!」

ざくー!

モーゼン「ぐおっ……フ、フラン……」

ばたり。

エルアート「アヒャヒャ。よし、グッドじゃ。やっと鬱陶しいのから開放されたぞえ。
       すまなかったの、フランチェスカ。帰ったらうんと可愛がってやるからの」
フランチェスカ「は、はい! ……あの、私はお役に立てたでしょうか?」
エルアート「当然じゃ。まったく、そちはういヤツじゃのう。アヒャヒャ」

50名無しさん:2010/06/25(金) 04:11:07 ID:???
エルアートは鬼畜なのが良く似合うね
故に、エルアートはロクな死に方しないだろうな
パーサ・パクハイトに所属してるし、平穏無事に大戦を終えられるとは思えない

51名無しさん:2010/06/25(金) 08:25:03 ID:???
いや、次代の魔王として猛威を振るうかもしれん

52名無しさん:2010/06/25(金) 10:11:30 ID:???
流石にただの鬼畜に魔王は務まらないだろう
まず、誰も付いて来ないだろうし

にしてもここは相変わらずカオスっているな、そこがいいんだけど

53名無しさん:2010/06/25(金) 11:26:13 ID:???
力があればいけるんじゃないか
力は愛力は正義と魔族の紳士もおっしゃってる事ですし

54名無しさん:2010/06/25(金) 12:46:57 ID:???
ハーレムをどんどん広げていって一大勢力に

55名無しさん:2010/06/25(金) 14:32:20 ID:???
エルアート独立シナリオか・・・色々と熱くなるな

56名無しさん:2010/06/25(金) 14:44:38 ID:???
エルアート「戦略をはじめる前に確認しとくぞえ。わらわ達の目的は、大陸の制覇ではないのだぞえ」
アーシャ「清く、正しい処女たちを集めることによって、私たちの目的は達成されるのです」
フランチェスカ「つっても、過程で、大陸の大部分は占領しちゃうだろうけどね〜」
エルアート「わらわたちの陣営は、勢力ボーナスとして、『献身』が存在するのじゃ。特定の人材の組み合わせ
       で、新ユニットを生み出せる! そーれ」
アーシャ&フランチェスカ「合  体  !」
リザード・プリースト=アーチェスシャ「って、これって献身じゃねー」

57名無しさん:2010/06/25(金) 19:22:42 ID:???
そこは百合魔法で子どもが生まれた方がいいな

58名無しさん:2010/06/25(金) 20:52:03 ID:???
ヨネア「ねえ、ニースルー。銀の夜明け団の旗揚げ前は、デットライトに仕えていたのよね。」
ニースルー「そうよ、エルフに滅ぼされちゃったけど……」
ヨネア「何で仕えたの?」
ニースルー「何でって……なんで?」
ヨネア「いゃ…なんでもないかな。」

59名無しさん:2010/06/25(金) 21:15:47 ID:???
ヨネア「さすが、ラザム神殿本隊ね。長い戦いになりそうだわ。」
ニースルー「ブツブツ」
ヨネア「どうしたの?」
ニースルー「ラグラントゥー……私は抜けなかったのに。」
ヨネア「試したの!!?」
ニースルー「寮長先生の目を盗んで抜け出すのが、どれほど大変だったと…しかも、なんでイオナが知ってるのよ!」
ヨネア(だから、「勇者にでもなるつもりだったのかしら」って挑発されてたのか。)

60名無しさん:2010/06/25(金) 21:45:57 ID:???
そういやイオナとニースルーは知り合いな可能性もあるのか。どっちの方がおばさんなのか気になるな

61名無しさん:2010/06/25(金) 22:00:26 ID:???
ニースルーは少なくとも25より上だと思う。

62名無しさん:2010/06/25(金) 22:14:45 ID:???
モンク人材年齢予想

アーシャ≦ロザイナ<イオナ(沈黙)<(20の壁)<チックニア<エルティア<ニースルー<イオナ(ラザム)≦クレア


クレアさんじゅうななさい説がいつぞや挙がってたが個人的には20代真ん中〜後半を希望

63名無しさん:2010/06/25(金) 22:32:51 ID:???
ロザイナの年齢は低めに見ないと、ポートニックがおばさんに……

64名無しさん:2010/06/25(金) 22:45:12 ID:???
ポートニックは15歳前後かな。少女という表現を流用するならね。

ロリババァでもいいけどね。
『それよりお魚を取りに行くだわさ』
これには同意。既に達観していると思われる発言かもね。

65名無しさん:2010/06/25(金) 22:48:30 ID:???
少女という表現は14歳以下で使われるべきだろ,jk

66名無しさん:2010/06/25(金) 23:16:47 ID:???
ポートニックはハンターハンターのビスケくらいだろ。

67名無しさん:2010/06/25(金) 23:22:05 ID:???
精神年齢57歳、肉体年齢12歳か。

68名無しさん:2010/06/26(土) 01:26:34 ID:???
イオナ「ニースルー様!ニースルー様ではありませんか?」
ニースルー「げぇ、イオナ。」
イオナ「ニースルー様。今こそ魔法術式省の長官を務めた貴女のお力が必要です。私どもの元に戻ってきてください。過去の過ちは問いません、共にこの大陸の為に戦いましょう。」
ニースルー「軍を率い、諸国を制圧しておきながらよく言ったものですね。大陸を救うというのならば、まっすぐに魔王を討伐に向かえば良いではないですか。」
ニースルー「今までの俗世の政への介入に飽き足らず、魔王討伐を傘に直接支配を目論もうというのでしょう!」
イオナ「今のこの混乱した時代に、民は疲弊し苦しんでいます。今この弱き人々を救うためには実力を持ってしても混乱を治めねばなりません。貴女は此の侭ほうって置けとでも言うのですか!」
イオナ「ラザム神殿は戦場跡となった地にも神官を派遣し、難民救済、復興支援に勤めているのですよ。」
ニースルー「難民救済に復興支援ですって、それこそいつもの常套手段では有りませんか。苦しむ人々に神を説く事がその活動の主眼に据えられている!実体は布教活動でしょうに!」
イオナ「肉の苦しみも耐え難いものでしょう。しかし、心の苦しみが最も人を蝕むのです。魂に救いが無くてこの生に何の喜びがありましょうか!マザーテレジア様の例をとってみても、言葉でッどれほどの貧困にあえぐ人々が救われたと思っているのですッ。魂の救済が重視されるのは当然の事でしょう!」
ニースルー「魂の救済など、今のラザム神殿に出来ると言うのですか!俗事にまみれ、貴族というだけの信仰心にもとる司教が跋扈し、あまつさえ王位継承に口を出すなど!」
ニースルー「皇帝シドゥテオスの国教化でとうに信仰は死んだのです!今ラザム神殿に必要なのは俗世間の権力との決別!俗事は俗世に任せておきなさい!」
ニースルーの考えは次ようなものである。
もとよりラザム神殿の信徒達は敬虔であり、また俗世の政や勢力争いからは無縁であった。
約千年前に皇帝シドゥテオスが国教化したのが最大の過ちであった。
国教化により形式上全ての民がラザム神殿の信徒となったために、信仰心の無いものが信徒のほとんどを占めるようになってしまったのである。
ニースルーは此れをもって「信仰の死」と断じた。
イオナ「シドゥテオス様の国教化の何が問題と言うのですか!それまでは、信徒は迫害され蹂躙され殺されていたのですよ。そのような時代が良いと言うのですか!」
ニースルー「それこそ肉の苦しみです!たとえ殺されようとも私の信仰を破ることは出来ません!私の信仰はッ、私の命を超えるのです。信仰が腐り穢されて、それこそ何を守るというのですかッッ」
イオナ「貴女は信仰に出会いました、でも国教化以前は迫害から地下に潜り密かに行われ、ほとんどの人々が信仰に出会うことすら出来ませんでした。貴女も出会うことすら出来なかったかもしれないのです。貴女はあなた自身の存在すら否定しかねない事を言っているのですよ。」
イオナ「信仰は人なのです。人が出会ったときにどう受け止めるかなのです。機会は皆にあるべきです。たとえ腐敗した司教が居たとしても、彼が自ら信仰の道程から外れ滅んでいるだけのことでしょうに!」
ニースルー「く・・・・・・」
ヨネア「ならば聖書だけあれば十分ね。」
ヨネア「ラザムが腐敗しきった組織ならば、賭場に聖書があるのと同じ事だわ。手にとって読む人の受け取り方次第じゃない!ニースルーだまされてはいけない。組織を浄化する話は別だわ。神殿が人々の生活に根付いた今、政教分離を行っても迫害されたりしないの。」
イオナ(小癪ね。でも、政治を握ることによって一部の腐敗はあっても、世の人々をとても広く救えることも事実なのよ。)
ホルス「これ以上の問答は無意味だイオナ!ニースルーと言ったか?私の正義は魔王を貫く。その進路上に立ってはならない。」
ホルス「私は神に選ばれ、使命を帯びたのだ。この使命、人に止めることは叶わぬ!そう、仮に私が貴女の言葉を正しいと認めたとしても、私如き浅はかな者がこの使命を止めてはならない、それが神の使命なのだ!」
ヨネア「面白い。単なる自己陶酔だってこと、思い知られてあげる!」
ホルス「悪魔の子ヨネアか・・・元凶が何をほざくのか!神はお前の罪とて意に介さない、だが立ちはだかるのならばこの剣に聞くが良い。」

69名無しさん:2010/06/26(土) 01:57:40 ID:???
>>68
光の目チックなヴァーレンだね
すごく良いと思う

70名無しさん:2010/06/26(土) 02:21:58 ID:???
イオナが出てくるときは必ず横山節になるんだなw

71名無しさん:2010/06/26(土) 04:45:50 ID:???
         ノ  ̄ `ー-、        戦果に苦しむ民を救済するため
      /⌒       \          戦いを始めた
     /           `ヽ       我々が 悪党のわけがない
.     |   l~~\        ヽ
     |  ハノ   ヽハハ、      |      我々は皆様に
.    | ノ   ー――   \   .|      命の保証という
    | / ____―― __ヽ、 |      未曾有のチャンスを与えているのです
    r-l、 ___`  '´___ |Yヽ
.   に| | `―゚‐'|   |`ー゚―' |.|っ|     財産の6割を収めるぐらい
    |O|.| ――'|   |`――' ||б!     その未曾有のチャンスを考えれば
    ヽ_||  _.ノL__」ヽ_  |l_ソ      安いもの
 , -‐''' ̄| / 下三三三三ヲヽ .| ̄'''‐-
 ::::::::::::::::|l\   ̄ ̄ ̄ ̄  /|:::::::::::::::    6割は非常にリーズナブル
  :::::::::::::::|.\\  ≡  //|::::::::::::::::::    良心的寄付でございます
  ::::::::::::::::|  \  ̄ ̄ ̄ /  |::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|    \  /    |::::::::::::::::::::::
       イオナ

イオナはこんぐらいストレートに黒い方がいい

72名無しさん:2010/06/26(土) 08:06:33 ID:???
エルアート「アヒャヒャヒャヒャヒャ! やはり戦場ではそうそういいおなごに出会えぬのう! ん? あれは……!」
ヒュンター「エルアート!!」
エルアート「アヒャヒャ! 久しいのう『先生』! どうしたのじゃその形相は?」
ヒュンター「知れた事! 森を抜けるだけならいざ知らず、かつての同胞に弓を引き、あまつさえダークエルフに与するなど!
      いったい何を考えているのです、エルアート!」
エルアート「今にも噛み殺しそうな貌じゃのう、ヒュンター。およそ『紳士』らしくもないぞえ。
      わらわはわらわのやりたい様にやっておるだけじゃ。強いて言うなら…おぬしの理想郷作りじゃ!
      そちがいくら夢想しても、ハナから入郷能わざる理想郷をのう!」
ヒュンター「…なるほど確かに私の思い描く理想郷に私自身は踏み入る事を許されません。
      ……しかし! 我が夢見るは百合咲き誇る花の園! あなた一輪のみの下卑た沼地では断じて無い!」
エルアート「言ってくれるのう先生。それで一体何のつもりじゃ? 戦場にて花園の夢を語りに来たわけでもなかろう?」
ヒュンター「摘み取りにきたのですエルアート! 今のあなたは土を腐らせ花さえ散らす毒の百合!
      女人を攫って無理矢理に我が物としようなど、言語道断の鬼畜の所業!
      鬼百合と果てたあなたを間引くはあなたを教えた私の責務! 覚悟しなさい!」
エルアート「アヒャヒャヒャヒャ! 面白い事をほざくのう! 摘み取る? 間引く?
      出来るかヒュンター? その理想の如く貧弱な弓で討てるかわらわを!?
      妄想逞しくおなごの後ろに隠れて精を出していればよかったものを!」

ホーリートーン「その為に私が来たのだ」
エルアート「ムッ!?」
ホーリートーン「私はそこにいるヒュンターやエルフィスのように甘くはないぞ。
        説教もしなければ命乞いも聞かない。逃しはしないし生かしもしない。お前はもうこの森から出られん」
エルアート「ぬうぅ〜、小癪な……ッ」
ホーリートーン「やはり甘すぎたのだ、エルフォード。
        とっとと摘むべきであったよ、このような獅子身中の虫。…いや、百合か」
ヒュンター「本来であれば、このような事態に陥る前に、あなたの思想が歪む前に、更生させるべきでした。
      或いはその歪みも私のせいかもしれないが……あなたにこんな風に育って欲しくなかった。…残念です」

73名無しさん:2010/06/26(土) 09:04:42 ID:???
このヒュンターは許せる!

74名無しさん:2010/06/26(土) 09:35:06 ID:???
まあムクガイヤ一派がこの大陸の最後の希望っぽいのは何となく分かるな…

75名無しさん:2010/06/26(土) 10:31:51 ID:???
ニュー司「わかった。条件を呑むぜ。リュッセルの神官はあんたに引き渡す。兵站面での支援頼むぜ」
エルアート・Me「アヒャヒャヒャ、そうじゃ、お主たちだけでは頼りないゆえ、わらわから寄騎を使わす。
          ほ〜れ、出てきなさい」
Be3号「は、はじめまして、Be3号っていいます」
後日、ニュー司の事務所にて。
ニュー司「Be3号なんて名じゃ呼びづれぇな。なんか、別の名前が欲しくねぇか?」
Be3号「わたし、そんなこと考えたこともありません」
ニュー司「そうだな・・・エルラム。エルラムなんてどうだ? エルラム・Me」
エルラム・Me「命は闇の中にまたたく光・・・ 光は闇の傍らに存在するの・・・」
ニュー司(あ、あれー? なんか、キャラ変わってね?)

76名無しさん:2010/06/26(土) 12:05:31 ID:???
>>72のヒュンターは熱いな
エルアートやホーリートーンの魅せ方・扱い方も心得てるし
このままイベントに採用してもいいんじゃね?

気のせいか光と闇の「ミシディシVSリジャースド」とかに似た印象を受けるんだが
ひょっとしたら同じ人が書いたんだろうか

77名無しさん:2010/06/26(土) 17:54:42 ID:???
>>76
いえ、別の方ですよ

78名無しさん:2010/06/26(土) 18:06:42 ID:???
勝手ながら>>72さんのネタを参考にイベントを作らせていただきました。
素晴らしいネタを投稿いただき、ありがとうございました。

79名無しさん:2010/06/26(土) 18:29:28 ID:???
>>69
どうもです。光の目のテキストは素晴らしい。

80名無しさん:2010/06/26(土) 19:11:00 ID:???
リューネ騎士団で変児が起こっているようです……
「アルティナ様と前任の意志を継ぎ、この大陸の闇を払って見せる(キリッ」

81名無しさん:2010/06/26(土) 19:20:08 ID:???
変児…

82名無しさん:2010/06/26(土) 19:27:07 ID:???
ヨネア1/3

〜魔王召喚より10年前〜
フードを目深に被った男は、溶岩流にできた原生林を進んでいた。
起伏の激しい地形は時に横穴や洞窟が口を開けている。人ひとりならば雨露を凌げそうな溶岩樹形に男は身を預けた。
胸にささる痛みが時を数えるよう周期的に襲う。祝福のナイフが闇の法で強化した肉体を浄化し続けているのだ。
だが、抜けば命は無い。ラザムのイクソシズムの中でも最高峰の技の一つだった。
フードの男「血が止まらぬ。退霊抗魔省のレオナルド枢機卿が自ら出てくるなど通常ならば考えられない、一体何だというのか。」
フードの男「予言がどうとか言っていたな。10年後の厄災とか・・・時読省が関わっているのもその為だろうか。」
コンタクトの魔法は先ほどから試しているが、感応する結社の人間は一人も居なかった。
フードの男「全滅か・・・ラザムの時読に掛かっては隠匿の結界も役に立たぬ。あの目にはな。」
フードの男「この森は良い、アストラルゲートが緩んで魔力に満ちている。それも・・・・・・フフ、木を隠すなら森の中ということだ。」
フードの男「む!」
男は人の近づく気配に身構える。だが、シダと笹を分け姿を現したのは幼い少女であった。年の頃はまだ十にも成らないだろうか、手には籠を持っており木の実や茸を集めているようだ。
少女「おじさん、ここで何をしているの?」
フードの男「死を待っているのさ。」
少女「どうして?」
フードの男「神殿の異端審問官という恐い人たちに追いかけられていてね、森から出られないのだよ。」
少女「いたんしんもんかん?神殿なのに助けてくれないの?」
フードの男「おじさん嫌われているだよ、これ程とは思っていなかったけどね・・・。とっておきのプティングを食べちゃったのがまずかったのかな?」
少女「じゃあ、私が助けてあげる。」
フードの男「フフ、これは心強い。そうだ、お礼に最高の悪戯を教えてあげよう。おじさん魔法とか割と得意だからね。」
フードの男(この幼い子が私の最後の弟子という訳か、闇の賢者は・・・私の代で終わりだな。)

83名無しさん:2010/06/26(土) 19:31:25 ID:???
>>72を読んで初めてヴァーレンのエルフがかっこいいと思えた

84名無しさん:2010/06/26(土) 19:38:30 ID:???
ヨネア2/3

〜魔王召喚より3年前・イオナの庵〜
サーザイト「よくお越し下さった宮廷魔術師どの、今日はどのような御用向きですかな?」
サーザイト「あの悪霊憑きの事件ですと?ふむ、何年前でしたかな。」
サーザイト「さよう、あの事件は心得のある者が聞けば分かります。闇の魔法が使われたと見て間違いないでしょうな。」
サーザイト「驚くべきは、その事件を引き起こした者が年端も行かぬ少女ということ・・・。」

〜2ヵ月後・ガルガンダ山の麓〜
オステアより北、ムレア山地東部の山あいにその村はあった。
農耕地に恵まれない貧しく小さなその村は家畜から作るチーズを収入源としている。
西側の切立った壁面に遮られ、昼を過ぎると日の光は当らない。
村の北部に隣接する樹海が暗い口を開け、村は陰鬱な雰囲気に包まれていた。
村長「これはこれは、ルートガルトの宮廷魔術師様をお迎えできるとは何たる光栄。私はこの村の村長ガトで御座います。」
ムクガイヤ「悪霊を呼んだという少女を探しにきた。」
村長「なんと、悪魔の子ヨネアをですか?」
ムクガイヤ「そうだ、連れて参れ。」
程なくして連れて来られた少女は幼い顔立ちで十歳ほどに見えたが、青く燃える様な瞳の奥には深い見識を思わせた。
ムクガイヤ(見た目の通りの年齢ではないな。それだけでも大した物だ。)
ムクガイヤ「お前が悪魔の子ヨネアか?」
ヨネア「役人様が処刑しにきたっていう訳?叩き潰してやる!」
村長「おい。口の利き方に気を付けろ!」
ムクガイヤ「かまわぬ。村長、お前は下がっておれ。」
ムクガイヤ「処刑しにきた訳ではない。悪霊など馬鹿げている、お前は魔法が使えるのであろう。王都に来て私に仕えるのだ。」
張り詰めた敵意が和らぐ。意外な言葉に戸惑ったような仕草からは、決して北の賢者のような老獪でなはい事が伺えた。
ヨネア「ふーん、ここよりは面白そうね。ついて行ってあげてもいいわよ。」

85名無しさん:2010/06/26(土) 19:39:05 ID:???
ヨネア3/3

〜魔王召喚より7ヶ月前〜
ムクガイヤ「召喚が可能だと。」
ヨネア「ん〜、理論はもう完全ね。後は実際に儀式を行う準備を整えるだけかな。」
ムクガイヤ「ふむ、良くやった。」
ヨネア「ソフィアの協力もあったからね。」
ムクガイヤ「我々だけならばニースルーで構わん。しかし随分仲良くなったものだな、始めはどうなる事かと思ったが・・・。研究に要る物はあるか?」
ヨネア「精度を上げるためには実験が必要ね、回数が多いほどいいわ。材料や設備もそうだけど場所の問題をなんとかして。」
ムクガイヤ「手配しよう。クイニックに向かう途中の廃都は分かるか?あそこはどうだ?」
ヨネア「おあつらえ向きね。お願いするわ。」

〜魔王召喚の時〜
ヨネア「ふふん、この大事業を私の手で成すの。いよいよだわ。」
ムクガイヤ「これが成功すれば私の世になる。このままではレオーム家に反旗が翻えり、戦乱の世となるのは時間の問題。ならば私が速やかに覆し、強権をもって治めようぞ。」
ニースルー「我が君ならば、永きに安定する世を実現できましょう。」
ムクガイヤ「迷っているのか?」
ニースルー「・・・・・・いえ、戦いに身を置く覚悟は決めております。」
ヨネア「かったいんだから。えへへ、それがいい所だけどね。」
ニースルーに思わず笑みがこぼれ、直にそれを恥じた。ムクガイヤは語った。
ムクガイヤ「トライドは名君だ・・・ふ、諸侯どもも聖人君主であればな。だが、そのような事は御伽噺にしかない。まして今の諸侯達の如き魑魅魍魎ども――これを治めるに必要とされるのは確固たる権威と規律なのだ。」
ムクガイヤ「それだけではない。武人の統治ではなく、知識層である魔術師による賢人政治の幕開けでもある。人類にッ、新しい時代が開かれるのだ!知性の有る者が集中的に統治する、先進的で合理的な時代がッ!」
ヨネア「私は乱世になってもいいけどね。そして、ヨネア様にみんなひれ伏すの。楽しくない?」
ムクガイヤ「諸侯どもに多少の抵抗はあろう、その時は頼むぞヨネア。」
ヨネア「まかしといて!みんな吹き飛ばしてあげる!」
ムクガイヤ「よし、はじめるのだ。」

86名無しさん:2010/06/26(土) 20:10:03 ID:???
幼女に悪戯を教えると聞いて

87名無しさん:2010/06/26(土) 20:23:20 ID:???
貧血の時はブラッドサックで予防してるんだろうか

88名無しさん:2010/06/26(土) 20:35:53 ID:???
>>82
レオナール枢機卿……だと?

89名無しさん:2010/06/26(土) 20:46:03 ID:???
>>82-85
もう正式なヨネアOPで良くねこれ?

>>88
同意だがイオナみたいなもんだと思うことにしたw

90名無しさん:2010/06/26(土) 21:46:24 ID:???
アルジュナ「ヨネゥァアアアア!!」
ヨネア「あんた誰よ?」
アルジュナ「オステア国の第二執政、アルジュナだ! 貴様、よくも我がオステアを裏切ってくれたな!」
ヨネア「・・・・・・まったく記憶にないんだけど。ナンクセつけるのやめてくれない?」
アルジュナ「キィイイイイッ! 貴様の気に入らないところは、自分より優れた人間はいないと
      と思ってるところだ。嘗めるな! 私とて、天才と呼ばれた魔術師なのだ! 
      くらえ、スターライト=ルナライト!!」
キュォオオオオッ! ぽんっ!
アルジュナ「なにっ!?」
ヨネア「バッカじゃないの? あんたが天才なら、私は超天才。そんな、派手なだけの未完成魔法なんか
    簡単にディスペルできるのよ。・・・・でも、筋は悪くないわ。また遊んだげる・・・」

91名無しさん:2010/06/26(土) 21:58:56 ID:???
>>76
全然違う人だよ
>>1に「紳士のためのスレ」と書いてあったので
変態という名の紳士が、まずは『紳士』であることを書きたかっただけだよ

>>78
ちなみにどんなイベントにするのか見せてもらってもいいです?

92名無しさん:2010/06/26(土) 22:00:31 ID:???
>>91
小物入れに上げてあります

93名無しさん:2010/06/26(土) 22:02:05 ID:???
だ、だめだ。別に百合とかなんとか抜きで
ヨネアとニースルーの2人がに2828が止まらない

94名無しさん:2010/06/26(土) 22:12:10 ID:???
>>85
俺の記憶では、ハルトが廃都になったのは魔王召喚の後の筈。
重箱の隅だけどさ。

95名無しさん:2010/06/26(土) 22:24:00 ID:???
ルートガルトの発展具合からして廃都になったのはかなり昔のはずだよ

96名無しさん:2010/06/26(土) 22:33:19 ID:???
ハルトが廃墟になったのは現界した魔王軍の攻撃によるもの。
イーサリーがレオーム軍に参加しているのは魔王召喚の首謀者であるムクガイヤを討ち、虐殺された故郷の人々の仇を取るため。

っていう設定だったと思う。

97名無しさん:2010/06/26(土) 22:35:42 ID:???
>>95だけど、ツッコミ受けて見直したら、確かにストーリー紹介では「廃都に現れた魔王軍が〜」ってなってたわ。

俺が魔王に滅ぼされたと思った理由は>>96の通りイーサリーの列伝なんだけど、
この場合は列伝の方が間違ってるんだろうな。

98名無しさん:2010/06/26(土) 22:46:04 ID:???
都ではなくなったけどちらほら人は住んでたとか?

99名無しさん:2010/06/26(土) 22:57:45 ID:???
賢者設定のついたニースルーやサーザイトを配下にしてるような
ムクガイヤが無駄な殺戮をするとは思えないけど

100名無しさん:2010/06/26(土) 23:12:16 ID:???
ムクガイヤ「これは無駄な殺戮ではない、必要な犠牲だ。
       我々が魔王を召喚したという事実は秘匿されねばならぬ。
       丁度良い、王都には『突如現れた魔王が一夜にしてハルトを廃墟にした』とでも報告しておけ。
       あの聖人君子の事だ、すぐにでも自ら軍を起こして魔王を討ちにゆくだろうよ」

部下「……はっ」

101名無しさん:2010/06/26(土) 23:40:33 ID:???
アーシャとセレンとエルアートの妄想。設定間違ってたらごめん。セレン好きな人もごめん。

エルアート「アヒャヒャ。こんな所で会うとは奇遇じゃのう、セレン」
アーシャ「……」
セレン「エルアート……ッ、アーシャ?! 何故あなたがコイツと一緒に……。
    ……はっ! まさか貴様、彼女までその毒牙に掛けたのか!」
エルアート「毒牙とは人聞きが悪いのう。
     このおなごは自らの意思で、そちよりわらわの元に居ることを選んだのじゃぞ」
セレン「馬鹿な。どうせ貴様が無理やり手篭めにしたんだろう!」
アーシャ「いいえ。本当よ、セレン」
セレン「ッ……何故?! アルティナ様の理想を一緒に継ごうって約束したじゃない!
    そのあなたが、どうしてそんな奴の所に!」
エルアート「アヒャヒャ、判らぬじゃろうのう。
     なにしろそちは、同胞よりも正義とやらを優先する、ご立派な英雄様じゃからのう」
セレン「ラクタイナを放っておけば世界が滅びるんだぞ!
   その片棒を担いでいるお前が、何を……!」
アーシャ「アルティナ様が守りたかったのは世界でも、森でもないわ」
アーシャ「あの方は、ただ皆に笑っていて欲しかっただけ。
    私は、故郷の皆を犠牲にして救った世界で笑っている事なんて出来ない。……だから」
セレン「だからって、何で! ……そうだ、ミシディシ達は?」
エルアート「はて、わらわは見ておらぬがのう。
     ま、どちらにしろ時間の問題じゃろうて。後方の押さえが潰走した上に、あの小勢ではの」
セレン「……やる事が出来た、そこを退け。今日の所は見逃してやる」
エルアート「アヒャヒャ、向こうから袂を分かっていった者どもを救いに行くのかえ? 見上げた心がけじゃが……」
エルアート「どうじゃ、煩わしい重荷は全て捨てて、わらわの物にならぬかえ?
      安心せい。わらわはたとえ世界が滅びたとしても、可愛いおなごだけは見捨てたりせぬぞ」
セレン「痴れ言を。……アーシャの言うことは判る。
   けれど、お前についていく事が正しいなんて絶対に思えない」
エルアート「アヒャヒャ、ならばここは通せぬな。
     別段男に立てる義理など無いが、まだダークエルフのおなご達を愛で尽くしておらぬでのう」
セレン「……それなら、押し通らせてもらう」

102名無しさん:2010/06/27(日) 03:35:01 ID:???
なんだかラクタイナより悪役っぽく思えてきたぞwww

103名無しさん:2010/06/27(日) 06:44:06 ID:???
ヨネア1〜3に様々なコメント及び突っ込みありがとうございます。レオナール枢機卿ww
ハルトの件は私自身も疑念がありストーリーを確認していたのですが、何故疑念があったのかハッキリして良かったです。

104名無しさん:2010/06/27(日) 08:18:00 ID:???
s5のニースルーOPで兵に狩られた鹿のたくましさには軽く感動しました

105名無しさん:2010/06/27(日) 11:53:38 ID:???
なぜ鹿

106名無しさん:2010/06/27(日) 13:20:52 ID:???
そ、そこですか。渋い、渋すぎる。自然が平時と変わらないのは意識して何度か使っていますが…。
モーニングの自殺島(だっけ?)とか鹿の生命に感動できますね。

107名無しさん:2010/06/27(日) 18:20:22 ID:???
リュッセル・オーダーに参加するハメになったルグナナムは、慣れない高地での戦いに
苦戦していた。そうだ、高地トレーニングをはじめよう!
ルグナナム「と、いうわけで、高地での戦い方を教えてくれ」
ドラスティーナ「あなたなんかが高地適応しても誰得なのだわ」
ルグナナム「ぐはっ!」

108名無しさん:2010/06/27(日) 23:57:44 ID:???
レグリス「どーこかでー♪だーれかがー♪きーっとー待ってーいてーくれるー♪」

109名無しさん:2010/06/28(月) 08:03:51 ID:???
ゴート「我々の持つ民からの求心力を前スレを用いて調べてみたのだが……じいはどう思う」
ドルス「ムクガイヤよりかは人気があります故、両側の乙女達を生け捕りにすれば安泰でしょう
     それとやはり、竜騎士の宿将は潰さねばなりませんな」

抽出レス数
アルティナ>イオナ>セレン>>ニースルー>ヨネア>>ラクタイナ>>ドラスティーナ>ホルス>ルグナナム=ルーゼル=カルラ>スヴェステェン>ゴート=オーティ>ヒュンター(t_elf3)=エルアート

110名無しさん:2010/06/28(月) 08:32:21 ID:???
イオナ三人(ラザム、レオーム、地名)がかりでもアルティナの方が上なのか
さすがすぎる

111名無しさん:2010/06/28(月) 08:34:59 ID:???
>>109
セレン「さすがは、アルティナ様です! アルティナ様の美しさは世界一です!」
アルティナ「い、いえ、そんな・・・」
イオナ「ホルス様がしっかりなさらないから・・・」
ヨネア「私がニースルーに負けてる!? うるさい、うるさい、うるさーい!」
ニースルー「あらあらうふふ」

112名無しさん:2010/06/28(月) 09:38:20 ID:???
カルラ「おかしいですぅ、このスレにはもっといっぱい出たですぅ」
ピヨン「ボクピヨン。ヨロシクネ。」

113名無しさん:2010/06/28(月) 09:39:44 ID:???
イオナはE:ホルスと国もいるぞ。

114名無しさん:2010/06/28(月) 09:44:10 ID:???
ラクタイナ「人気だけの愚か者と戯れる気はない。ここらで退席させて貰おう」
ドラスティーナ「ふん、この程度の順位で満足する私ではないのだわ」
ルグナナム「いや、この順位おかしいだろjk」
ルーゼル「おい、フーリン。上位の奴らを殺して来い(ムクガイヤはアトデイイ)」
スヴェスヴェ「なんだか、寒気がする・・・後ろから?」
t_elf3「ふふふ、計画どおり」

115名無しさん:2010/06/28(月) 09:46:52 ID:???
ホルス「この世界はイオナに包まれている・・・私も外海に脱出したい」

116名無しさん:2010/06/28(月) 11:45:55 ID:???
竜騎士は4:3で男女比率も悪くないはずなのだが・・・セレン1人でこうxr

117名無しさん:2010/06/28(月) 11:54:29 ID:???
>いや、この順位おかしいだろ

同意すぎる。オマエなぜ入った?

118名無しさん:2010/06/28(月) 13:24:53 ID:???
s7におけるイオナずを妄想。
イオナ(悪)・・・たった一人で死霊軍を壊滅させ、ホルスを傀儡にして大陸の救世主の従者として
         実権を握る。
イオナ(善)・・・外海から連れてきた光の王子(ゴートの子)の軍勢を連れてきて(マスターじゃなくて軍師として)
         イオナ(悪)の独裁政治 に反抗する。
イオナ(土地)・・・イオナ(悪)軍とイオナ(善)軍の決戦の地。だが、両軍が激突したとき、イオナ(土地)
           の地下深くに眠っていた何かが目覚める。サーザイトが恐れていたのは(ry

119名無しさん:2010/06/28(月) 17:32:48 ID:???
地球意思イオナ(悪)「さあ、無にかえりましょう…」

120名無しさん:2010/06/28(月) 17:57:07 ID:???
貴様がイオナの人柱力、レオナールか。

121名無しさん:2010/06/28(月) 19:21:21 ID:???
確かイオナ(善)はゴートの死後はオルジンと出会うんじゃ無かったっけ?
出会ってどうなるかは知らんけど

122名無しさん:2010/06/28(月) 23:30:23 ID:???

「「王様万歳!」」

兵士達の雄叫びが轟く中で、ゴートⅢ世は堂々とした歩調で急造の桟橋を渡り、ルートガルト港に上陸した。
周囲には夥しい数のフェリル兵達が上陸し、隊伍を組み始めており、また沖にはそれを護る為の大船団が遊弋していた。
かつて身一つで王都から逃れた事を思い出し、しばし感傷に浸っていたゴートの下に、
第一の忠臣であり、今や新生王国軍の総指揮官を務めるフィーザレスが走り込んでくる。

「前方に敵軍の姿はありません。奴等、尻尾を巻いて王都に逃げ込んだ様ですな。」

城壁で完全に囲まれていた他の主要都市や砦に比べ、首都ルートガルトは規模が余りにも大き過ぎ、城壁の囲みは主要部に留まっていた。
王都ルートガルトと呼ばれる部分がそれであり、首都機能の中核を担う宮殿や軍司令部が三重の城壁と小規模な砦によって守備されている。
一方、都市としてのルートガルトは城壁の外にも広がっており、ルートガルト港を含むそうした各区は連絡用に道路で繋がれていた。

「ご苦労。王都に逃げ込んだ敵兵は少数、問題にはなるまいな。それより我々が警戒すべきなのは敵の他の軍団の動向だろう。」
「いずれにせよ様子を見るべきでしょう。王都を攻める為の攻城塔やマンゴネルの組み立てにも今しばらくかかりますから。」
「しかし、悪魔に魂を売った簒奪者め。哀れにも今や大陸中を敵に回していると見える。非道の報いといえよう。」
「……あと、あの鬨の声を止めさせろ。私が王たりえるのは、王都を我が掌中におさめ、奴を殺して父上の仇をとってからだ。」
「はっ、王子。」

一方、多方面作戦を余儀なくされ、兵力で劣るムクガイヤとしては、王都城壁内にルートガルト中に散在していた守備兵を結集させ死守しつつ
各方面に増援を呼びかけ、ルートガルトの道路を用いて王都攻略に拘泥する敵軍の背後から奇襲を仕掛ける他に勝ち目が無かった。
しかし、まだ連絡のとれるうちに急使を出したものの、いずれの戦線も対面の敵に手いっぱいであり、救援は望み薄であった。
宮殿で一人静かに過ごすムクガイヤに、寡黙なサルステーネが王都が包囲された事を簡潔に報告した。
ムクガイヤは心中の不安を隠しながら頷いたが、サルステーネは、執務室の窓から外を眺める君主の、窓枠を握る手が震えている事に気付いていた。

123名無しさん:2010/06/28(月) 23:30:56 ID:???
ゴートはムクガイヤが大陸の全てから敵視されていたと考えていたが、それは間違いであった。
ルートガルトやロイタス、イオナ等の大陸中央の都市民は、熱心にルートガルト国を支持していたのである。

彼等はレオームの旧王朝の下では、王国の為に大きな税負担を課せられていた一方で、一切の特権が認められていなかった。
騎士や従者等の士族と、ラザムの神権に支配されていた旧王朝は、支配の及ぶ範囲に教会を基盤とした均一な統治を施しており、
国の大多数を占める農村の各コミュニティや、地方の士族や土豪達には熱心に支持されていたものの、
繁栄し王朝の強固な統制下におかれることを嫌う大陸中央の都市部とは常に反目していた。
ムクガイヤ陣営の頭脳は、サーザイトやニースルーに代表されるような、旧王朝下で能力を発揮し得ず、迫害を受けていた改革派の知識人達であり、
彼等はまた多くが唯一高度な教育を可能としていた中央出身であり、そしてその利害の代弁者でもあった。
サーザイトを中心とした行政改革、各都市間の交易の自由化、首都市議会の権限の増加は、露骨なルートガルト地区優遇政策に他ならない。

また、こうした賢者派と呼ばれる一派の他にも、ムクガイヤを熱心に支持する勢力が存在した。軍人派と呼ばれる、成り上がり者の一派である。
かつて旧王朝の貴族の士官達は、多くが魔王との戦いで戦死し、またムクガイヤの軍改革によって家柄だけの無能な人材は一掃された。
その後釜に収まったのが、野心的で出自もはっきりしない上素行も良くないが、有能な事だけは確実な、たたき上げの軍人共である。
彼等は子飼いの傭兵団や非正規兵ごと正規軍に組み込まれた事も多く、リジャーズド、スーフェンやヒューマックがその代表であった。
彼等軍人派は賢者派と事あるごとにいがみ合っていたが、自らを正当に評価しなかった旧王朝を打倒するという点では意見が一致していた。

つまるところ、ムクガイヤ軍の首脳部は、旧王朝の正道から外れ、のけものにされた連中の集まりであった。
しかし彼等は殆どが、唯一自分を正しく評価してくれたムクガイヤを支持しており、また四面楚歌を耐え得る能力もあった。

124名無しさん:2010/06/28(月) 23:31:55 ID:???
これに対するゴートの軍勢は、王に誓う戦士や神官達と、ラザムの教えによって王を絶対視する民衆の幅広い支持を基盤としていた。
ダルカンやテステヌ等のフェリルの土着士族を主力とし、イオナやロザイナ等の神官達、アイアン等の旧王朝の士官達に加え、
大陸中にムクガイヤの非道を訴え、反乱軍を討伐する事を是とする王党派を糾合した他、ラムソンやアルティナ等の支持も獲得していた。
武骨な海賊達ですら、反感を覚えてはいたものの、王を絶対的だと信じるが故の恐怖から忠誠を誓っていた。
これらの軍勢は自らの意思というよりは、正道と信じさせられてきたものの為に戦う者達の集まりであったが、
故に正面に迎える敵も少なく、また軍勢の中での派閥抗争等も無く一丸となって動いていた。
その為、遥かに高度に組織化され、良質な装備や兵種を揃え、有能な士官達を揃えていたムクガイヤ軍に対して圧倒的な優位を獲得できたのである。

王都を囲む包囲網の最前線に出たゴートは、降伏勧告を携えた使者を送り、その返答を待ちわびていた。
すると門が開き、ずたずたにされた王家の家紋を身にくくりつけられた使者がとぼとぼと帰ってくる。
城壁の上からはムクガイヤ側の兵士達が、「フェリルの田舎侍、ルートガルトの文明を汚しに来た野蛮人共め!」と侮辱の言葉を投げつけていた。

その様子を眺めていたゴートは、目を閉じながら一言つぶやく。
「なるほど。」
そして、目を見開き悲しみと哀愁の表情を露わにすると、こめかみに当てていた右手を前に振り、総攻撃を命じた。
「ルートガルトの善良なる臣民は、悪辣なムクガイヤに騙されているようだ。彼等を悪魔の手から救い出さなくてはなるまい。」

背後のマンゴネルや急仕立てのトレビュシェットが轟音をあげ、巨石を次々と城壁に向けて放った。
梯子兵や軽装歩兵が王様万歳を叫びながら堀に殺到し、その後からガラガラと大きな音をたてて攻城塔やバリスタ、そして切り札の重装歩兵が続く。
背後には王室に絶対の忠誠を誓った神官団や聖戦士達が控え、回復魔法で前線の兵達を援護していった。
一瞬にして騒音と興奮に包まれた王軍のただなかで、一人ゴートだけが微動だにせず、憐みから涙を流していた。
一際高い塔からそれを見たムクガイヤは、ゴートが自らの敵であるレオーム王朝の人治そのものの体現であった事を遅まきながらに悟り、恐怖を覚えたのだった。

125名無しさん:2010/06/28(月) 23:32:57 ID:???
王都攻略戦の勝敗を決するとされたムクガイヤの主力、イオナに駐在する北部軍では、幹部が集合し、あてもなく紛糾していた。

「腰ぬけのへたれ学者共め、何故理解しないのだ!」
一際大きな声で叫ぶのは、リュッセルからの亡命者、軍人派の重鎮であるリジャーズドであった。
隣では、一人のリザードマンが眠っているように俯いている。そのスーフェンもまた、穹廬奴からの亡命者である。
「イオナを放棄し、全軍を以て王都に即刻向かうべきであろう!軍事的に見て、勝つ方法はそれしかない!」

「……落ちついて頂きたい。そんな事は分かっておる。」
諭すように反論したのは、北部軍の総指揮官のサーザイトであった。見るからに疲れ果て、今にも倒れそうに見え、
また横に佇むニースルーもまた、心ここにあらずといった態であった。
「イオナをどうするのだ。我らをこれまで支えてきた都市であるイオナを、魔王軍の手に委ねるのか。」
彼の言葉は、ルートガルトの総参謀としての立場よりも、もっと私的な点から発せられたものであった。
「グリーンではショハードやゼオンといった野蛮な悪魔によって虐殺が繰り広げられたと聞く。」
「一時にせよ、人外の野蛮に我らの子らを預け、ルートガルトには入れる事はならぬ。」

すると、スーフェンが俯いたまま呟く。
「……では私が人外ならば、ルートガルトから追放すると?魔王やパルスザンら側近には良識もあると聞くが?」
それを聞いて横合いにいたニースルーがはっとし、慌てて口を挟んだ。
「話を取り違えないで頂きたい。それは不確実な外れ値です。それに、ムクガイヤ様も、かの旧王朝の一員であった事をお忘れなく。」
「馬鹿もの!今はそういう話はどうでもいい!」
リジャーズドが机を叩き、議論はまた最初に戻るのであった。

サーザイトらとて決して無策であった訳ではない。この混乱は魔王軍の出方を完全に読み違えた結果であった。
悪魔の思考に詳しいであろうヨネアは、闇に通じ過ぎたという理由で、慎重主義の賢者派に危険視され、対悪魔戦線から外されていた。
彼等は、法も倫理も理解しない野蛮な悪魔の事、ゴート軍の攻撃に同調してイオナに攻め込むだろうと考え、重厚な防御陣を構えていたのである。
しかし魔王軍は大軍で押し寄せたものの、魔法攻撃の射程の外に留まり陣を組むと、以後数週間に渡り一向に動こうとしなかったのである。
こうして彼等は非情にも、イオナかムクガイヤかの選択を迫られていたのであった。
サーザイトやニースルーのような良識ある人物にとって、イオナの住民を皆殺しにされる恐れがある以上は、軍を動かす事は敵わなかった。
しかも中央出身者で占められていた賢者派にとって、そうした場合に来るべきイオナの悲劇は、決して他人事ではなかった。

サーザイトは北部軍は動けないという結論を出す他無かった。
「ヒューマックがロイタスに駐留している。せめて彼等が動く筈だ。」

126名無しさん:2010/06/28(月) 23:33:19 ID:???
そのヒューマックはその頃、ロイタスで数倍の王軍に完全に包囲されていた。
ヒューマックは軍人派の中でも最も過激な経歴を持つ人物である。すなわち、暗殺を生業にした匪賊の出身であった。
しかし情報将校として非常に優秀な働きを見せ、王党派粛清後の士官の不足により、なりふり構わっていられないムクガイヤによって
遂に領内の治安維持を一任されるに至って、もはや彼の出自をとやかく言う者はいなくなった。

ルートガルトでの戦いに先立ち、彼は従来従えていた工作員や憲兵の他にも、雑多で弱小な後備軍を補助として充てられ、
王都への軍の移動の円滑化の他に、ムクガイヤに不都合なあれこれを人間も含めて綺麗に掃除する仕事を任せられていた。
彼は完璧にそれを成し遂げてしまったが、もしムクガイヤが軍資金確保と急場の官僚制構築の為に、官職を巡る汚職にも力を入れていた事が分かれば
口やかましい都雀は、あるいはムクガイヤを見捨て、そして王都攻略戦は発生しなかったかもしれない。
だがそれらの証拠は、ゴート軍先遣隊を装った工作員の劫掠によってこの時殆どが抹消されてしまった。

彼はその仕事を終えるとロイタスにおいて敵の牽制を命じられ、雑軍を率いて要塞に籠った。
彼の配下はムクガイヤに忠誠を誓い二派に分かれている兵ばかりでなく、旧王朝で軍務についていたばかりに成り行きで連れてこられた老兵までが含まれ、
また匪賊出身の彼とその幕僚に対する侮蔑、当然生じるべき工作員や憲兵への反発等からとても戦闘に耐えうる組織では無かった。
それでも騒動一つ起きなかったのは、彼とその配下の実力を如実に表すものであったが、それでも流石に現状に見切りをつけ、ゴートに書簡を送った。
曰く「武器を差し出す代わりに、自らをロイタスの領主とし、配下の兵達の命を保証してほしい。」との一文であったが、
レオーム王家を象徴し善人たらんとしたゴートは、その3つの目の条件が彼の歓心を買う為だけに付け加えられたものだとは気付けなかった。

何にせよヒューマックはもはや王都に駆け付けるどころではなく、お気に入りのサボテンに水をやる事と、要塞内の治安維持に努めるのが精一杯であった。
彼は自分の仕事の他、自軍の状況すら隠蔽し切ってしまったが故に、後世に長く「裏切りに走った小心で無能な小物」というレッテルを貼られ続けた。
ちなみに、戦後のゴート軍の生き残りの多くは、この時、戦力皆無と言ってもいいロイタスに割かれていた巨大な包囲軍に所属している。

127名無しさん:2010/06/28(月) 23:33:46 ID:???
ネルザーン砦に常時駐留している僅かな守備隊を除くと、ムクガイヤ軍の第二の主力とも言えたのがオステアの西部軍である。
大都市オステアは良港を備え、王都近辺とは別の独自の都市圏を確立していたが故に、ルートガルトの占領下に置かれ苛烈な軍政が行われていた。
西部でルートガルト軍と対面するのは、かつてはファルシス騎士団であり、最大の激戦区でもあった。

しかし今やその主力は殆どが、南下を始めた魔王軍に対抗する為の北部軍と、王軍上陸に備えた中央軍に回され、西部軍は昔日の栄光を失っていた。
というのも、対面するアルナス汗国は旧王朝からの強烈な差別を受け恨みを抱えていた砂漠の民であり、もともとファルシス騎士団と戦っており、
旧王朝を打倒したムクガイヤには恩こそあれど、恨みはなかったのである。加えて彼等は豊かなブレア周囲の占領によって大いに満足していた。
ムクガイヤはいずれはブレアを奪還し中央政府の支配下とする事を考えてはいたが、今は大軍を派遣してこれを討伐する必要性を感じなかったのである。
こうして期せずして利害の一致した両勢力の間では、小競り合いを除くと平和な日々が続いていた。

「という風に聞いていたんだけどね……どういう事なのかしら。」
北部から左遷されたヨネアがそこで見たのは、汗を陣頭に立ててのアルナス軽騎兵達の猛攻であった。
しかし北部軍から抽出した魔術師団がフリーズを放ち、城壁の破れ目から侵入を始めていたマムルークがなぎ倒される。
この日もアルナス軍は二重の城壁の内側に籠ったムクガイヤ軍の魔法攻撃を突破出来ず、潮の引く様に退却していった。

慣れない仕事に疲弊したヨネアの横に、黒ずくめの人物が現れる。ヒューマックの腹心、ヒオットであった。
アルナス本土に向かい、敵が近日急激に活発化した理由を調べ上げてきたのである。

当代のアルナス汗であるナルディアは、閉ざされた砂漠社会の外部から賢者ファルゴットを招き、拡張政策を断行していた。
豊かなブレアを掌中とし、最終的にはアルナス汗国の遷都を断行しようとしたのである。
感性豊かな少女であったナルディアはこの壮大な計画にとりつかれていたが、配下の土豪達は先祖の墓のあるアルナスを離れる事に反対であった。
ブレア占領後、ファルゴットによって徐々にブレアに汗国の機能が移されると、本土ではこうした反ナルディアの機運が一気に高まっていった。
ナルディアはこうした不満を押さえつける為には、華々しい戦場での勝利で自分の権威を高める他無いと決断した。
結果的にはこの無計画な侵略がさらなる軍の疲弊、拡張政策への不満を招き、汗国崩壊の引き金を引くのであるが。

こうしてオステアの駐留軍も、無秩序ではあるが執拗な攻撃に悩まされ、加えて市内の不満を抑え続けなければならず、王都へ援軍を向ける事は出来なかった。

128名無しさん:2010/06/28(月) 23:34:54 ID:???
ゴート率いる王軍は王都の城壁周囲の敵を一掃し、城門を破壊したものの、抵抗は激しかった。
パン屋は不眠不休で糧食を提供し、職人達は破られた城壁の裏に別の城壁を急増し、女性達は自らの髪を断って軍用の綱として提供していた。

しかし各地から我に過剰戦力無しの報告を事前に受け取っていたムクガイヤは、戦いの始まる前に自決の覚悟を決めていた。

しかしここに至っても王政復古に一途なゴートの聖人君子振りを見ると、彼の中に暗い感情が芽生えてきた。
理想、正義、地位、名声……生まれながらに全てを持っていたゴート。
一方でムクガイヤは下級官吏の息子で、今の地位は自らの実力でのしあがったという自負があった。

ゴートが大勢の聖職者や騎士たちの祝福の下で生を受けた時、彼は魔導アカデミーに在学し苦学の最中であった。
王都各地の魔術研究所に顔を出して身を粉にして学費を稼ぎ、あらゆるライバルを蹴落として遂には首席で魔導アカデミーを卒業した時、
ゴートは一人で馬に乗れたという理由で将軍の位を得、その為の祝典が開催された。
ムクガイヤは主席卒業者として金時計を拝領し祝典に参加したが、ゴートの純真な眼差しは、彼に尊敬の念を抱かせると同時に、ある種の怒りを抱かせた。
これはムクガイヤ軍首脳部に広く共通する経験であったが、自らが王となり、今その王権がはく奪されようとしているムクガイヤにとって、
その怒りはとりわけ巨大なものとなっていた。それは怒りや苛立ちというよりは、もはや嫉妬や恐怖の混ざり合ったものですらあった。

駆けこんできた伝令兵が全ての市内の砦の陥落、布陣していた部隊の全滅と、敵が遂に宮殿に踏み込んだ事を告げた。
精神的に不安定な状態にあったムクガイヤは、味方の全滅を聞いて怯え、荘厳な自決の決意等は何処かへ吹き飛んでしまった。

魔王の召喚を実際に行ったのはヨネアであったが、それを考案したのはムクガイヤである。彼もまた、魔術でここまで身を立てた天才魔術師ではあった。
ムクガイヤは資料室に駆け込み、暗黒魔術とはまた異なる最悪の魔法、死霊魔術の資料を床にぶちまけると、この世の全てを呪いながら禁呪を発動する。
黒く光りながら彼の身を蝕む死霊魔術は、レオーム王家に対する怨嗟の表象のようであった。それが引き起こした王都攻略戦はこうして終わった。

129名無しさん:2010/06/29(火) 00:13:14 ID:???
ふぅ、すごい。本物の読み物だ。

130名無しさん:2010/06/29(火) 00:46:53 ID:???
読み応えすげぇ

131名無しさん:2010/06/29(火) 00:59:01 ID:???
大作乙でした!

132名無しさん:2010/06/29(火) 09:22:08 ID:???
ガチがくるとネタがしょっぱくなるのはわかりつつも、投下。

俺の親父は、変な奴だった。俺が初めて野犬を潰したとき、初めて飛ぶ蜥蜴を生け捕ったとき、
おまえはなんとかになるんだ、とかって故郷から俺を放り出しやがった。

一度目の旅は地獄だった。ホウホウ叫ぶ野郎共とか変な氷とか火の球とか投げてくる奴らを殺しながら
ひたすら西へ進む。西の果てだか北の果てだかについたころにはもう、俺ボロボロ。やっとついた――
みてーなこと言って、倒れる俺。次に目ぇ覚めると白服来たねーちゃんたちに俺は囲まれていた。

ここが天国ってヤツか、とか思ったけど、俺のモーソーは数秒で挫かれる。どうやら、俺は、砂漠とか
いうのを横断してラザムとかいうとこにやってきたらしい。どうやら俺は、ここの神官とかいう
ねーちゃんたちに助けられたから、ここで働かされるらしい。なんじゃそりゃ。

日も昇らねー朝っぱらから水の代わりに変な光を被せられて叩き起こされる。どうやら、今日が
お勤めってのの初日らしい。なぜかだだっ広い砂の上に一人立たされる俺。だいぶ後ろでねーちゃんたちが
なんか言ってる。しばらくすると、ホウホウ野郎たちがやってきた。群がるホウホウ共を得物で叩きつぶす。
後ろでねーちゃんたちがなんか言ってる。なんか、体中痒ぃ。気にせずホウホウ共を蹴散らす。

お勤め初日は上々の出来だったらしく、ねーちゃんたちの中の一際偉そうなのが、俺になんか
難しいこと言ってる。テキトーに聞き流す俺に、まとわりつくねーちゃんたち。おっ、って思ったが、
期待裏切られた。なんか、ご大層な鎧をつけられると、ねーちゃんたちは、離れて――どうやら、
祝福してくれてる・・・らしい。すうききょ? なんのことだよ。

133名無しさん:2010/06/29(火) 09:44:45 ID:???
書いてて思った。>>82さんごめんなさい。

晴れて枢機卿とやらに任命された俺は、相変わらず晴れっぱな砂漠に立たされる。身分とやらが
よくなっても待遇かわってネー。昨日は、遅くまで大変だった。いやね、専属でついたねーちゃんがさ、
いろいろ世話焼いてくれるみたいなこと聞いたんだけど、そっちの世話ね。なんだよ、あれ、ガキ共
と机を並べて、読み書きのお勉強とかって。おかげで、年齢不詳、出自不明、身分だけ枢機卿です、
只今読み書き勉強中でっす、になっちまったじゃねーか。

最近は、ふっかけて来た奴らだけじゃなくて、こっちからカチコミに行くことも増えた。身分とやら
が上になると仕事も増えるらしい。今日は、結社とかいう穴蔵にぶっこむことになった。いつも通り、
俺が、最初に突っ込む。続いて、子分が突っ込む・・・とかあったらいいが、突っ込むの俺しかいない
から、一人で進む。手入れだー、とかいいながら、フード被った野郎共が慌てふためく。得物を使う
までもなく、っつーか狭いので素手でぶっ潰す。一人を握り潰して、一人を叩きつけて、そんなこんな
でフード全滅。

穴蔵から、出てくる俺が、なんかねーちゃんずから熱烈な歓迎を受けた。というか、叱られた。
どうやら、一番の大物を逃したらしい。なんか、高そうなナイフをもらって、追うように言われた。
走った、走った、砂漠を、荒地を、山を、野を、町を、障害総てを蹴散らして走った。奴に追いついた
のは、沼だった。さすがに、奴も疲れているらしかった。勝負は一瞬だった。もの凄い力で、
俺は、吹き飛ばされ、意識も飛んだが、薄れゆく意識の中で、放ったナイフが奴の胸に刺さっている
のだけは確認した。

――。朝起きると、そこは、俺の故郷だった。なぁんだ、夢オチか、そうだ、夢オチだ。そう思うことに
した。そんな俺が、また故郷を追い出されるのは、この日からそう遠くない日だった。

134名無しさん:2010/06/29(火) 09:56:14 ID:???
続きはあるのか?なんか気になるぞ。
ストーリーはちゃんとあるからガチに脳内変換も可能だ、ネタとか気にするな。

135名無しさん:2010/06/29(火) 09:58:46 ID:???
書き込んだら続き来てた…

136名無しさん:2010/06/29(火) 10:30:08 ID:???
二度目の旅はあんまし覚えてない。一度目がやたらハーレじゃなくてハードだったのと、三度目が
凄かったせいだ。その三度目の旅ってのは、かの有名な、魔王退治だ。

いやね、魔王退治っつっても俺が退治したわけじゃないよ。二度目の旅を終えて故郷に帰ってくるなり、
故郷の村は、その節でもねーのにお祭り騒ぎだった。なんでも、魔王がやってきたらしい。なんでも、
王様が魔王討伐をするらしい。なんでも、どんな小さな村であれ、全力で協力しなきゃいかんらしい。
ってなわけで、過疎しまくってる村で唯一の戦力ってことで、俺が出仕することになりました。
単なる厄介払いな気もする。

きたねー身なりの俺は、軍ってのに入るなり、やっぱり、一番最初に死ぬトコに回される。魔王ってのも
軍を持ってるらしく、黒い山崩れだろうか、なんかすげぇのが来るところに立たされる。そういや、戦場って
のに立ったことはなかったんだっけな、俺。バタバタ殺される、田舎モンたち。俺も田舎モンだけど、
なんとかなるモンだ。テキトーに自分の得物とか、近くに落ちてる槍とか投げたり振り回してると、
飛んでる血色悪い奴らがバタバタ落ちる。ある程度殺って、見晴らしが良くなると、遠くで、光が見えた。
どうやら、魔王と王様がやり合ってるらしい。近くで見たくて、悪魔共を蹴散らしながら進む。
なんか、でかい生き物がいたので、そいつに乗ってる奴らを殺して、特等席から、見物することにした。

・・・・・・なんだよあれ。二人の戦いが全くの別次元の戦いだってことが俺でもわかった。なんつーか、
どう言っていいかわからんがすごい、とにかくすごい。ラザムの聖堂で見たでかい絵にこういう図が
あった気がしたが、こんなのが、生で見られるたぁな。やたらとテンション上がるぜ。鎧を脱ぎ棄て、
胸を叩きまくって野生に還るぜ! 四つ脚で駆け回って悪魔共を食い散らかすぜ。うぉおおおおおおおお
おおおおおおおおおおーーーーーーっ!!!!

137名無しさん:2010/06/29(火) 10:32:01 ID:???
バッシャーン! 止めようのないと思った俺の暴走を止めた奴がいた。たっぱがすげぇ、褐色の奴。
一瞬睨み合った後、俺は再び奴と激突する。骨が砕け、血肉が飛び散る。離れて、血走った目で
睨み合った後、またぶつかる。何度もぶつかりまくってるうちに、互いに笑えてくる。いつの間にか、
周りに、人だかりができてる。人じゃないのも多分に混じってるけど。そこに、もうひとつ、戦場の
中心ができたみてぇだった。

お互い、ガクガクのガタガタで、何が何だかわからねぇまで、俺たちは殺り合った。もう、何回目かの
激突の直後、遠くで光が見えた。それが当然なように、その場にいた全員がその光の方を向く。
魔王と王様の決闘のところからだ。消えかかってた意識が戻り、頭が冷静になっていく。俺の獣の
勘がヤバイって言ってる。

俺は、その場を脱した。俺を追ってくるのか、ヤバさを感じたのか、褐色の奴も取り巻きもみんな、
俺の逃げる方についてくる。傷だらけで走れない奴、途中で転ぶ奴、そいつらを庇う奴たくさんいた。
庇い合ってないで逃げろ! そんなことを俺は叫んでいた。だが、誰一人逃げ切れず、皆光に呑まれた。

――。どうやら、生きてるみてぇだ。なんか、今回はいろいろすごかったなー。なんかめちゃ腹減った。
帰ろう。故郷(さと)へ帰ろう。

138名無しさん:2010/06/29(火) 12:19:41 ID:???
レオナールさんつえぇ

139名無しさん:2010/06/29(火) 12:54:34 ID:???
ノーアvsゼオンの初戦じゃね?

140名無しさん:2010/06/29(火) 12:58:38 ID:???
ああ>>82とリンクしてるのか
そして晴れてレオナール枢機卿が確定とw

141森崎in幻想郷 ◆WoDqDt9wrk:2010/06/29(火) 14:29:55 ID:yxZS/zfs
ヨネア「ニースルーってさぁ……地味よね」
ニースルー「えっ? い、いきなり何を言い出すのよヨネア」
ヨネア「特殊クラスなのに必殺技無いし、固有技持ったと思ったら死んだ後だしさ。
    というわけで、今回は可哀想なニースルーのために私が必殺技を考えてあげましょう!」
ニースルー「え? いえ、別に要らな……」
ヨネア「遠慮は無用! ……うーん、でもどうしよう。いざ考えるとなると中々難しいかも……」
ニースルー「(ヨネア、頼むから私の話を聞いて……)」
ヨネア「なんというか、中途半端なのよね。
    どれか一属性に特化してればその属性の必殺技をつけられるんだけど。全属性浅く広くって感じだし」
ニースルー「だって、研究していたとはいえ一応元神官だし……本職とは違うわよ」
ヨネア「その光属性にしても……ねぇ?
    大体、ニースルーにノヴァとかレクイエムって似合わない気がする。どっちかというと、もっと黒い感じよね」
ニースルー「……あなた、もしかして私のこと嫌い?」

142名無しさん:2010/06/29(火) 14:30:12 ID:???
死にたい。

143名無しさん:2010/06/29(火) 14:31:54 ID:???
したらばは違う板でも名前と目欄を共有してる
これ豆知識な

144名無しさん:2010/06/29(火) 17:44:38 ID:???
ヨネア「大丈夫!ここの住人はよく訓練されてるから、生暖かく観賞してくれるわよ!」
ニースルー「それじゃルグナナムですわ。ここは私の様に華麗にースルーして・・・」
ヨネア「寒いわ・・・」

145名無しさん:2010/06/29(火) 19:06:20 ID:???
リジャースド「大丈夫大丈夫」
ヒューマック「見なかったことにしてやるよ」
ラクタイナ「クックック」

146名無しさん:2010/06/29(火) 21:04:06 ID:???
145がなんかすげぇ感じ悪いwww

147名無しさん:2010/06/29(火) 21:39:10 ID:???
ホルス「大陸の平和はサッカーで守る!」


ごめんなさい、悪乗りしすぎました

148名無しさん:2010/06/29(火) 22:04:07 ID:???
ポポイロイト「ねーねー、鬼ごっこしましょー」グイグイ
レドザイト「カステラちょーだい」グイグイ
ルグナナム「………」
ドラスティーナ「そんな目で私を見るんじゃないのだわ」

149名無しさん:2010/06/30(水) 02:08:43 ID:???
ひらめいた、ニースルーに全属性必殺技つけたらいいんだよ!

15082:2010/06/30(水) 05:35:48 ID:???
>>133
正直に申すと、いじられて嬉しい。

>>122−128を再読破。
ふう、やはりすごい。で、ゾーマが居ないことに気が付いた…。

>>149
ノヴァヴォルデリュトルネーウォールプロージョンですね、分かります。

151名無しさん:2010/06/30(水) 06:47:33 ID:???
ヨネア「ムクガイヤっ! 新しい研究の成果よ」
ムク 「なんだこの女は、確かに美しい女だが、萌え殺しにでもするのか」
ヨネア「(宇宙語の解説が40行くらい続いたあと)ってなわけで、この子の力で、万の大軍を撃破できるのよ」
ムク 「ふむ、では、今度ゴートにでもぶつけてみよう」
魔人ニースルー「エンジェルダスト・・・(キャンキャンキャンキャン・・・)」
フェリル兵ず「うぎゃー」「タリモアッサーナ」
ムク 「おお、素晴らしい。これ採用」
魔人ニースルーが加入しました。

152名無しさん:2010/06/30(水) 08:34:37 ID:???
ヨネア「なんか面倒くさくなっちゃったなぁ。」
ニースルー「あら、じゃあもう止めましょうよ。無理することないわ。うふふ」
ヨネア「全部の属性S魔法まで付けて、必殺技も全部付けちゃえばいいんだわ。ニースルー、すっごい派手になるわよ。」
ニースルー「やめてーーーー!!!」

153名無しさん:2010/06/30(水) 10:41:10 ID:???
ヨネア「んじゃぁ
    next2 = ms_meteo, ms_brizzard, ms_thunder, ms_earthwall, ms_death, ms_requiem
    mp = 400
    これでどうよ!」
ムクガイア「ほほう・・・全属性のS魔法ランダム発動か・・・ップ」
サルステーネ「すごく・・・強そうですな・・・ップ」

154名無しさん:2010/06/30(水) 10:59:09 ID:???
レオナール「必殺技などに頼ろうとは・・・青いな小娘」

155名無しさん:2010/06/30(水) 11:15:24 ID:???
ニースルー「なんていうこと・・・、戦線が崩壊してしまう・・・」
トカゲトカゲ「ゲルド軍は世界最強ォオオオ」
ニースルー「くっ、ここまでなのね・・・」
???「そうはさせない!」
ニースルー「!? ヨネア!?(また助けにきt」
ファン「我らは、ニースルー様の信奉者。この身を盾にしてニースルー様を
     お守りするっ」
ニースルー「・・・・・・・・・・・・え?」

ってなカンジでファンを召喚すればいいと思うんだ。

156名無しさん:2010/06/30(水) 11:43:32 ID:???
使うとさらに影が薄くなって十秒間無敵とかいう必殺技はどうだろう
前線で無双するニースルー

157名無しさん:2010/06/30(水) 12:36:36 ID:???
>>155
ニースルー「この・・・召喚ファン・・・まとわりついて・・・!あっやめっ・・・」
>>156
ヨネア「必殺技をセクハラに使うとかずるい!ずるい!」

158名無しさん:2010/06/30(水) 13:04:00 ID:???
無敵になれば無双できるわけではないからのぅ。
ちくちくした後に、定められた通りになるだけよ…。

159名無しさん:2010/06/30(水) 13:21:50 ID:???
>>154
ムク「ただの「持たざる者」めが」

160名無しさん:2010/06/30(水) 16:10:54 ID:???
>>150
開発2部を拝んだことがありそうな技名だなw

161名無しさん:2010/06/30(水) 17:32:42 ID:???
セレン「こ、この流れはまずいわ!アルティナ様アルティナ様アルティナ様アルティナ様アルティナ様アルティナ様アルティナ様アルティナ様」

162名無しさん:2010/06/30(水) 17:47:16 ID:???
スヴェステェン「オーティンティン!オーティンティン!!」

163名無しさん:2010/06/30(水) 17:55:46 ID:???
魔王「ドラ子の胸は俺が育てた」(訓練効果5)

164名無しさん:2010/06/30(水) 18:34:43 ID:???
ドラ子ってドラスティーナか
一瞬某所ツクールスレの女体化ドラゴンかと

165名無しさん:2010/06/30(水) 18:52:25 ID:???
ミルフォース「ただいま」
ドラゴン娘「おかえりなさい。お食事にしますか?それとも・・・」

アルティア「おしどり夫婦ですわねー」
スヴェスヴェ「すばらしいですな」
オーティ「平和ですなぁー」
セレン「グギギギ」

ドラ娘いてもいいかも・・・

166名無しさん:2010/06/30(水) 19:44:39 ID:???
ヤヌーク「ただいま」
クウォード「おかえりなさい。お食事にしますか?それとも・・・」

167名無しさん:2010/06/30(水) 19:45:19 ID:???
喪男「オレはティアマト娘も作る事を提案するぞ!」

168名無しさん:2010/06/30(水) 19:52:47 ID:???
ムナード「ただいま」
クロウボール「おかえりなさい。お食事にしますか?それとも・・・」

169名無しさん:2010/06/30(水) 20:10:09 ID:???
セレン「ただいま」
セレン「アルティナ様「おかえりなさい。お食事にします?そ、それっ、それEEEEEEEEEE」」

170名無しさん:2010/06/30(水) 21:36:43 ID:???
ルグナナム「ただいま」
ルグナナム「・・・・・」

171名無しさん:2010/06/30(水) 22:28:06 ID:???
ヨネア「判ったわ。逆転の発想よ、ニースルー」
ニースルー「一応聞いておくけれど、何が判ったの?」
ヨネア「一から必殺技を考えるんじゃなくて、ニースルーが賢者になれば良いのよ。
    そうすれば自動的に必殺技が付いてくるはずだし。光の賢者の地位をあの神官から奪いとるのよ!」
ニースルー「(一応、今でもクラス的には賢者に分類されてるんだけど……)
       えらく簡単に言うわね。貴方なら判る筈だけど、賢者の称号を得るって大変なことよ?」
ヨネア「大丈夫、大丈夫! 要は、あの神官にあってニースルーに無いものを補っていけばいいのよ。
    えっと……まずは、腹黒くなるところからかな」
ニースルー「光の賢者なのに、腹黒くなるの? 闇の賢者になると言うなら判るけれど」
ヨネア「ん、なんか言った?
    それで、次は近寄り難い仏頂面に……あ、これはもう達成してるからいいか」
ニースルー「……」
ヨネア「そして最後に何でも言うことを聞く下僕を手に入れる。これであなたも今日から光の賢者よ!」
ニースルー「……貴方が何を想像しているのかは判らないけれど、多分それは光の賢者じゃないわ」

172名無しさん:2010/06/30(水) 23:39:52 ID:???
英会話のテキストに載ってそうな会話だな。

173名無しさん:2010/06/30(水) 23:55:09 ID:???
ニースルー「という訳で最近ヨネアがしつこくて・・・」
ムクガイア「ふむ・・・そうだな。原点に返って一応マギステルと名乗っているんだからメテオでも降らせればいいんじゃないか?」
ニースルー「や・・・そうではなくて・・・」
サルステーネ「ありきたりだと思われます」
ムクガイア「むぅ・・・星のみんな〜オラに力を〜とでも言うか?」
ニースルー「話を聞け・・・!」

174名無しさん:2010/07/01(木) 00:00:21 ID:???
ニースルー「そうですねえ・・・何でも言う事を聞いてくれる下僕…居るわね、一人。」
ヨネア「どれどれ!?」
ニースルー「それはね…」
チュ
ニースルー「あなたよ、ヨネア。」
ヨネア「ななななななにを
ニースルー「ほうら・・・我侭なヨネアにはおしおきが必要ですね。」
ヨネア「い、いやっ!やめて!」
ニースルー「あら、やめてよろしいのですか?」
ヨネア「う・・・そ、それは・・・」
ニースルー「イヤというなら・・・」
ヨネア「うう・・・つ、つづけてください・・・」
ニースルー「はい、よく言えましたね。まずは....〆t_elf3

175名無しさん:2010/07/01(木) 01:48:18 ID:???
>>155-157の召喚ファンになりたいのですが…

ニースルー「ヨネア!何、あの召喚ファン?身動きが取れやしないわ。satellite=1とかおかしいわよ。」
ヨネア「(それを貴女が言いますか)じゃあ100位にしといてあげる。」
ニースルー「そもそも、
class fun : base
hp = 300
mp = 0
attack = 10
defense = 10
magic = 10
magdef = 10
ってどうしろと?」
ヨネア「たまにclass fun2 : mageが居るからいいじゃない。」
ニースルー「それは…何でたまに混じっているのかしら?」
ヨネア「30超えると化けるみたいよ、あのユニット」

176名無しさん:2010/07/01(木) 02:18:21 ID:???
モナード
ギコック
チックニダ
神剣モララントゥー
秘宝マララヌス

うーん種族がバラバラだ

177名無しさん:2010/07/01(木) 03:21:56 ID:???
>>176
チルク「うわっ、ボク達の秘宝がなんか卑猥なカタチに・・・」

178名無しさん:2010/07/01(木) 09:26:22 ID:???
フェリル連合にて
ニーナナス「ファルシス type B303 デビルフィッシュ・・・、こんなものまで
      引っ張りだす必要があるの・・・?」
ホーニング「あるんだよ、俺にはな・・・」

ってなカンジで光と闇シナのホーニングは無理してるんだとか妄想。

179名無しさん:2010/07/01(木) 13:06:30 ID:???
join = の台詞とは別に、出仕拒否の台詞考えてみたくなった。
キュラサイト 「私はオステアの剣。私の納まる鞘はオステア以外にはない」 対ルートガルト国による雇用時
スーフェン「だから、魔法を侮るなとあれ程・・・」 対ゲルド
ナルディア「今更何のようじゃ! そなたの顔など見とうない!」 対汗国を滅ぼした国
ムクガイヤ「ずいぶん酷い目に遭わせてくれたな・・・」 対レオーム
アーシャ「セレンは変態なんです」 対 セレンを含んだ勢力

180名無しさん:2010/07/01(木) 19:31:36 ID:???
ヨネア「ねえニースルー、次の改造計k」
ニースルー「ふふふーん」
ヨネア「?、随分ご機嫌じゃない。」
ニースルー「私ヒールとキュアオールのLS手に入れたのよ、なんて素敵なの!ありがとう神様。」
ニースルー「という訳で必殺技は要らないわ。」
ヨネア「え、その理論はよく分から…」
ニースルー「ありがとう、ヨネア。」
ヨネア「え、え…」
ニースルー「ふふふーん」
ヨネア「あ、まってよー。魔力UPもあったし、3つもあったし、強化と言えるかどうか微妙でしょーー。」
ニースルー「強化ーー?何それーー?ふふふーーーん。」

181名無しさん:2010/07/01(木) 21:36:28 ID:???
ヨネア「ねぇニースルー、十字ってこーゆー形のことよね」
ニースルー「そうね、英語で言うとcrossね」
ヨネア「じゃあさ、薔薇十二字団の十二字ってどんな形なの?」
ニースルー「えっ」
ヨネア「えっ」
ニースルー「ええと・・・そ、それはね、形じゃなくて字数なの。twelve lettersね。
       本当は薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇団なのだけれど、
       それでは発音しづらいでしょう?だから省略しているのよ」
ヨネア「へぇー、なるほどね」
ニースルー(やった!ごまかせたわ!!)

182名無しさん:2010/07/01(木) 21:41:37 ID:???
ニースルー「マスター・・・もう一杯・・・」
マスター「・・・飲みすぎですよ。どうなされたんです?お仕事に・・・」
ニースルー「もう・・・いいのよ・・・放浪しちゃった・・・
      せめてサルステーネさんがいれば・・・」
マスター「・・・ツケでいいですよ。ルートガルドに再士官出来たら払って下さい」
ニースルー「・・・ありがとう」

BGMピクミン 今日も補助するー戦うー癒すーそしてー突撃されるー

183名無しさん:2010/07/01(木) 21:54:13 ID:???
サルステーネさんはドコへ行ったのか気になる。つかもしかしてサルステーネ+ニースルーはラムソンさん涙目なんじゃ…。

184名無しさん:2010/07/01(木) 22:48:36 ID:???
ニースルー愛?のうた

(ヨネアに)引っこ抜かれて、(サルステーネ)あなただけについて行く
今日も(一般)運ぶ、戦う、(一般雇用)増える、そして(サルがいないと)食べられる

(サルに)ほったかされて、また会って、(移動遅くてサジ)投げられて
でも私たちあなたに従い尽くします 

 そろそろ遊んじゃおうかな
 そっと出かけてみようかなーんて
 嗚呼 嗚呼 あの空に
 恋とか、しながら

いろんな生命が生きているこの星で
今日も運ぶ、戦う、増える、そして食べられる

(主力から私だけ)引っこ抜かれて、(一般加えて)集まって、(僻地に)飛ばされて
でも私たち愛してくれとは言わないよ

 そろそろ遊んじゃおうかな
 そっと出かけてみようかなーんて
 嗚呼 嗚呼 あの空に
 恋とか、しながら

(一般と)力合わせて、戦って、(突撃で)食べられて
でも私たちあなたに従い尽くします

立ち向かってって、黙って、ついてって
でも私たち愛してくれとは言わないよ

185名無しさん:2010/07/02(金) 00:17:37 ID:???
ニースルーファンクラブ「うっひょーい!ニースルー様に回復スキルを授けて貰えるぞ!
            この一体感・・・ビクビクッ」

186名無しさん:2010/07/02(金) 01:21:27 ID:???
ニースルーファン「ニースルー様は美人で優しくて誰からも愛される魅力的なお方。
しかも処女の可能性が限りなく100%だから好感が持てる」

187名無しさん:2010/07/02(金) 06:25:41 ID:???
ヨネア「え、彼いるよ。(知らんけど)」
ニースルーファン「がーん、うあぁぁぁ。」
ヨネア(これは、ちょっと楽しめそうね。)

188名無しさん:2010/07/02(金) 09:55:11 ID:???
阿部海賊団→リューネ華劇団→変態紳士淑女の跋扈→聖・ルートガルド(new

189名無しさん:2010/07/02(金) 12:35:05 ID:???
基本イオナに包まれている。
次のデリュージュは何かな…

190名無しさん:2010/07/02(金) 13:02:46 ID:???
ここまで、この流れを持ってしてもゾーマなし。

191名無しさん:2010/07/02(金) 16:17:43 ID:???
ムクガイヤ→強いから問題なし。
サルステーネ→強いから問題なし。
ヨネア&ニースルー→ルナだと死ぬ事が多いが可愛いから問題なし。

ゾーマ→能力的にも微妙、只のおっさん、イベントやエンディングでも省かれる等・・・

192名無しさん:2010/07/02(金) 17:14:12 ID:???
兵士A「おい、今のゾーマ様を見たか?幽霊みたいだったぞ」
兵士B「ああ、なにやら会議でも気付かれなかったみたいだぜ」
兵士C「それはひどい。まぁあの人の部下も新兵ばっかだし、本人も突撃食らえば消し飛ぶしな」
兵士A「特徴も上位もネタも無いなんてゾーマ様くらいだよね」
兵士B&C「えーまじきもーい。ありえなーい(AA略)」

193名無しさん:2010/07/02(金) 18:49:33 ID:???
ヴァーレンで散っていった魂たちの会話
キオー「ねー、精霊術師さーん。どうして、術師さんはゾーマなんかに負けちゃったのかしらー」
エルフォード「この戦乱最大の謎ですね」
ウォーラック「相手が魔王ならまだしも、ゾーマってw」
ガルダーム「…あのときは、みな必死だったからな。某も、自身を殺した者の顔なぞ覚えておらぬよ」

194名無しさん:2010/07/02(金) 19:36:38 ID:???
ゾーマの魅力
固有技がある
マジシャンなのに物理にも状態異常にもけっこう強い
リーダースキルはソルジャーに最適
足が速い
房好みのヴァンパイア的
なんか難しい事言ってる。
顔グラかっけぇ
国が悪かったのか?牛後と為る無かれ…。

195名無しさん:2010/07/02(金) 19:43:32 ID:???
ゾーマ「少しでも人気を得ようと整形繰り返したのに……」

196名無しさん:2010/07/02(金) 19:49:29 ID:???
お前らゾーマさんを馬鹿にするなよ!うじゃうじゃ魔法飛ばしてくる召喚獣一向を、後続の攻撃に耐えながら
一網打尽に消し飛ばしてくれるんだぞ!おまけに必殺技にだって耐えてくれる!どこぞの火炎斬とは大違いなんだぞ!

197名無しさん:2010/07/02(金) 20:00:09 ID:???
多分全魔力を身体強化と防御に割り振って、ガルダームの魔法を突っ切って接近戦状態に持ち込んだんだろう
と、漫画的に考えてみる。


そこでゾーマがスーフェンと融合することで在りし日の魔王をも凌駕する
スーパーゾーマに

198名無しさん:2010/07/02(金) 20:26:47 ID:???
ゾーマさんはダークサイドキャラゆえに、きれいなムクガイヤ率いるVTのルートガルトでは使いにくいんだと思う。

かといってリュッセルオーダーではどうかというと、まさかのルグナナムにOPの出番を奪われる始末・・・・。


>>197
得意の山地を利用してガルダームを翻弄し、スーフェンの必殺技との連携で倒したと妄想

199名無しさん:2010/07/02(金) 20:51:48 ID:???
ゾーマ「スーフェン、ルグナナム。ガルダームにジェッ○ストリームアタックをかけるぞ」
ルグナナム「いけっ、火炎斬」スーフェン「クリスタルウォール」ゾーマ「ぬぅううううっ(突進)」
ガルダーム「くっ」 ルグナナム「うおっ、俺を踏み台にしたぁっ」
ガルダーム「ブリザード」 スーフェン「むおっ(スーフェン負傷)」
(地面から6メートルくらいの上空で鉢合わせするガルダーム&ゾーマ)
ガルダーム「ぬぅああっ」ゾーマ「むぅうううん」
(互いに魔法を撃ち合うが、決定打にはならず、徐々に距離が狭まっていく)
ゾーマ「(ガシッ)捕らえたぞ、ガルダーム!」 ガルダーム「某一人死にはせぬ、貴様の精神(こころ)も連れて行く…ッ!」

魔導師ゾーマ、ガルダームを討ち取った功で以って上将軍に任ぜられる。だが…
ゾーマ「我の中にありて我は無なり」

200名無しさん:2010/07/02(金) 21:20:59 ID:???
「堂々人生」クイズ編
ここでボクから問題です。大魔王を打ち破る「DK」とは何の略でしょう?
「己の誇りをかけて戦う騎士、ドラゴンナイトでありましょう」
ぶぶー、ちゃんと考えないと
「いかなる苦難にも打ち克つ戦士、デザートナイトにありまする」
ぶぶー、しっかり調べないと
「この世を切る影、即ちダークナイトで御座ろう」
ぶぶー、そこは当てないと
正解は「第一でナイト」!
まだあまり知られてないのだろうか?もっとみんなに広めないと!

201名無しさん:2010/07/02(金) 21:45:30 ID:???
ななあしさんは広告料を頂かないのかな。

202名無しさん:2010/07/02(金) 22:36:51 ID:???
>>199
ガルダームのセリフw
どっちが悪役だよww

203名無しさん:2010/07/03(土) 01:03:11 ID:???
どうしてアルジュナは保険屋になったんだw

204名無しさん:2010/07/03(土) 01:28:32 ID:???
>>198
ゾーマ「ムクガイヤ殿は闇に寛容と聞いたが…」
ゾーマ「美少女がキャッキャしてたり健気に名君ぶりを発揮していたり…」
ゾーマ「何かが違う、居心地が悪い」
ゾーマ「だから自分でも使う気のない禁断呪法を教えてみたお!」
→最終決戦へ

205名無しさん:2010/07/03(土) 01:49:04 ID:???
おいおいゾーマさんがそんな転生術なんてすごいのしってるわけないじゃん

206名無しさん:2010/07/03(土) 02:15:25 ID:???
ムクガイヤは中国製の転生術を使ったがためにあんな・・・

207名無しさん:2010/07/03(土) 02:20:25 ID:???
ゾーマ「DKって多いんだな。」
ゾーマ「…………ダンピールナイト!」
ゾーマ「△」

208名無しさん:2010/07/03(土) 03:36:05 ID:???
>>198
たぶん「きれいなムクガイヤ」の見せたくない汚い部分を一手に引き受けてるんだろう
粛清とか暗殺とか

209名無しさん:2010/07/03(土) 05:49:11 ID:???
ムクガイヤ「なにせ私は伏龍を称するほど清廉な人物であるからな(キリッ)」

なんかゾーマが魏延暗殺の責任をおっ被せられた馬岱に見えてきた。可哀相なゾーマ

210名無しさん:2010/07/03(土) 07:47:36 ID:???
姜維みたいに、孔明(ゴート)の死後にアフォみたいに北伐(王都攻め)を続ける人材が
いてもよかったかも。分裂するローイス水軍、フェリル国をまとめあげて、レオーム軍を
復活さすも、アフォみたいに王都のみを狙うせいで(ry  みたいな

211名無しさん:2010/07/03(土) 08:05:16 ID:???
リジャースド「俺を倒せる奴がいるか!」
ゾーマ「\ここにいるぞ!/・・・だから手を組もう」

212名無しさん:2010/07/03(土) 08:35:57 ID:???
ムクガイアも気に入らないヤツをガンガン殺しそうだが。
理由がつくヤツなら見せしめにサルステーネが、理由のつかないヤツならゾーマとか妄想。
ヨネアはつまらないとかぶーたれて面倒くさいから命令しない。
ニースルーは従うだろうけど、なんか悩みだしたらフォローとか面倒くさいから命令しない。

213名無しさん:2010/07/03(土) 08:40:35 ID:???
って、見せしめパタンは汚い部分じゃないのか、アホな俺
でも厳しい基準で殺しそうだ。

214名無しさん:2010/07/03(土) 09:08:10 ID:???
ゾーマ「人間になりたいと願ったあの日から、少しずつ何かを落としていった…
     教えてくれ、明日はどっちなんだ……」
ルグナナム「明日も落っことしたんだろ、もうねーよおっさん」
ゾーマ「我、無なり…」ルグナナム「ネガるなうっとうしい。かえんざーん」ゾーマ「ぎゃー 燃え尽きたよ…真っ白な灰に

215名無しさん:2010/07/03(土) 10:25:25 ID:???
せめて魔王軍かラストニ・パクハイトに入っていれば少しは目立ったかな?

216名無しさん:2010/07/03(土) 10:28:53 ID:???
ルーゼル「おい、ムナード。なんだこの粗大ごみは」
ムナード「こやつは、ゾーマと言って、吸血魔道をk」
ルーゼル「捨ててこい」
ゾーマ「……」

ラクタイナ「天王、また、変なものを拾ってこられたようだな」
ニューマック「こいつはゾーm」
ラクタイナ「捨ててきてもらおう」
ゾーマ「……(泣」

217名無しさん:2010/07/03(土) 12:42:22 ID:???
>>212
ヒューマック「いや、それは俺らがやるから。アイツの仕事なんか無いよ」

218名無しさん:2010/07/03(土) 14:05:20 ID:???
魔王軍に入ってたら、悪魔系以外へ雇用を持つ唯一の人材じゃないか
考えようではパルスザンやフーリン以上の超重要人物

219名無しさん:2010/07/03(土) 14:41:10 ID:???
FTではヨネアが元素系特化、ニースルーがオールヒール係、ゾーマは闇特化+おまけの近接って具合でそれぞれ存在感があった。
こっちでは、ヨネアに闇を全部取られたおかげでゾーマにはおまけの近接しか個性が残ってないのが辛い。
耐久力が上がったとはいえ、全体としては平均レベルなためあまり目立たない・・・。

220名無しさん:2010/07/03(土) 14:49:15 ID:???
ゾーマ「ゴートよ、何故もがき生きるのか
     滅びこそ我が喜び、死にゆく者こそ美しい
     さあ我が腕の中で息絶えるが良い!」
ニースルー(お芝居の練習かしら?)
ヨネア(見なかったことにしましょ・・・)

221名無しさん:2010/07/03(土) 15:22:29 ID:???
リチムクを操っていたのはゾーマであった・・(ry

222名無しさん:2010/07/03(土) 16:28:29 ID:???
いっそゾーマさんは魔法剣士になってしまえばよくね?
ムクガイヤ陣営には近接が不足してるし

223名無しさん:2010/07/03(土) 16:31:45 ID:???
元素系はサーザイトだなぁ。オマケだけとは哀れな…。
あと、セリフ扱いにくい。普段どう話すんだよコイツ。220とか良く頑張ってる。

224名無しさん:2010/07/03(土) 16:42:11 ID:???
いやいや思いきりドラクエじゃないか。

かと言って何かネタはあるかといえば無い。

225名無しさん:2010/07/03(土) 17:40:54 ID:???
強いけど激強ではない。強さより立ち位置が厳しいよな。
ムクガイヤと忠臣サルステーネ
ヨネア×ニースルーがベタベタ美少女
会話にはいれねぇ。
拾ったばかりの放浪人材って感じ、列伝もその通り。

226名無しさん:2010/07/03(土) 17:43:54 ID:???
まるで俺らだな…

227名無しさん:2010/07/03(土) 17:54:33 ID:???
ヨネアにははっきり好きになれないって言われてるからな。
筆頭に疎まれてる幹部って普通に居づらいだろうな。

228名無しさん:2010/07/03(土) 18:31:51 ID:???
元死刑囚って設定はオウガのバルバスを彷彿とさせる。
危険な奴だけど非常時だからいいやって感じだったんだろうね。
エンディングで失踪してるのも納得。

229名無しさん:2010/07/03(土) 18:46:26 ID:???
ゾーマさんはimageを専用のimage作ってもらえたほど愛されてるキャラじゃなかったっけ?
ムクとかヨネアは、VTが作られる前からあったimage使い回しっぽいけど。

230名無しさん:2010/07/03(土) 18:54:07 ID:???
ムク闇堕ちフラグを持ってるのはゾーマさんだけ!

231名無しさん:2010/07/03(土) 19:08:56 ID:???
>>229
悪役キャラには一部に熱狂的ファンがいるからね。
初期から改造スクリプトがうpされ続けてたラクタイナとか。

232名無しさん:2010/07/03(土) 19:48:54 ID:???
ゾーマさんのimageってファンネル打ちそう

233名無しさん:2010/07/03(土) 19:52:30 ID:???
ゾーマ「なんだ、あのクソ生意気なガキは。」
ニースルー(ヨネアのデレを知らないのね、おかわいそう。)

234名無しさん:2010/07/03(土) 20:17:54 ID:???
t_elf3「呼びました?」

235名無しさん:2010/07/03(土) 22:18:51 ID:???
ゾーマ「今日も相手してやるか(実際のニースルーはババロン崇拝者のガバガバプッシー。)」

236名無しさん:2010/07/03(土) 23:35:50 ID:???
イオナ「ホルスさま 後でおしおきですわね」

237名無しさん:2010/07/03(土) 23:40:46 ID:???
ゾーマ「私は吸血術の大家でございます」
ムク「ほう、吸血というと悪魔がフツーに使えるあれか?」
ゾーマ「専用スk」
ムク「うむ、専用クラスか!メイガスのような」
ゾーマ「スキル…」
ムク「部下に付与できるのか?煙玉のような」
ゾーマ「いや…」
ムク「おっと、ヨネアとニースルーから定例報告を受ける時間だ、続きは明日だな」
ゾーマ「…」

238名無しさん:2010/07/04(日) 00:02:01 ID:???
ゾ「部下に吸血させようとヤヌークで実験をしたが人選に失敗した」
ヤ「かっかっかーー」
ゾ「黙れ歯抜け」

239Regersd ,the dark knights:2010/07/04(日) 04:08:28 ID:???
Regersd < Hey fucking maggots! It's our theme song!

Horus & Iona were Laing in bed
Iona rolled over and this is what's she said
Oh, Give me some Oh, Give me some
Lagrantoo! Lagrantoo!
Good for you
Good for me
Mmm good

Up in the morning to the rising sun
Gotta fly all day.till the flying's done
Goth III is a son of a bitch
Got the blueballs, crabs and seven-year itch

I love working for Uncle Muc
Let me know just who I am
1,2,3,4, Rootgalt Dragon Knights !
1,2,3,4, I love the Dragon Knights !
my knights!
your knights!
our knights!
The Dragon Knights!

I don't know, but I've been told
Neasloo Pussy is mighty large
Mmm good
feels good
is good
real good
tastes good
mighty good
good for you
good for me

I don't want no lolita magus
I just want my dark dragons
If I die in the combat zone
Box me up and ship me home
Pin my medals upon my chest
Tell my Mom I've done my best

http://www.youtube.com/results?search_type=search_videos&search_query=Full+metal+jacket&search_sort=relevance&search_category=0&page=

240名無しさん:2010/07/04(日) 08:24:49 ID:???
ナーム「このコーナーではコインゲームを愉しむことができる。ちょっとした小遣い稼ぎ
     にどうかな? ふふふ、小遣いで済めばいいがね」
ゾーマ「…(シャカシャカシャカシャカ」(ゾーマはただ客の愚痴を聞いている
みたいなカンジでナーム爺バーテンとゾーマオヤジバーテンで吸血酒場経営してると面白そう。

241名無しさん:2010/07/04(日) 08:46:18 ID:???
BAR「日陰者」w

242名無しさん:2010/07/04(日) 15:51:36 ID:???
ムナード「クソッ、どいつもコイツもあの顔だけの優男をチヤホヤしやがって……おい、聞いてるのか?!」
ゾーマ「……ああ」(シャカシャカシャカシャカ
ムナード「さらにムカつくのがキオスドールとラングドスだ。
     俺が旗揚げした瞬間、しれっと穏健派名乗りやがって。あれが穏健派って面かよ。なぁ?」
ゾーマ「……そうだな」(シャカシャカシャカシャカ
ムナード「ゼオンとムーアは知性の欠片も感じられんし、ナームは何言ってるのか判らん、
     ダレスタラムに到っては言葉すら通じん。おかげで戦略を説明するのにも一苦労だ」
ムナード「何故だ、何故この魔界一の切れ者の俺の所にはあんなクソどもばかりが集まり、奴の所には……!」
ゾーマ「さあな……」(シャカシャカシャカシャカ

243名無しさん:2010/07/04(日) 16:01:55 ID:???
このゾーマはアリだと思う
戦場じゃなく、夜の街が舞台なら主役張れたのにw

244名無しさん:2010/07/04(日) 17:15:28 ID:???
飲み代払わないと強制吸血で払わされるんですね、吸血酒場

245名無しさん:2010/07/04(日) 17:27:25 ID:???
カランカラン

ナーム教授「やあ、ゾーマ。いつもの」
ゾーマ「かしこまりました」

Rootgalt Saturday Wating Bar Bloody

246名無しさん:2010/07/04(日) 18:40:07 ID:???
>>242のゾーマさんかっけぇ
惚れた

247名無しさん:2010/07/04(日) 18:41:43 ID:???
魔界一のしれもの。

248名無しさん:2010/07/04(日) 18:51:57 ID:???
カランカラン
サルステーネ「バーボンだ」
ムクガイヤ「ホットミルクを貰おう」
ザコA「ミルクだって?ガキはママのおっぱいでもしゃぶってな!」
ザコB、C「はははっ」
ゾーマ(やれやれ、今日は後片付けが大変だな。)

249名無しさん:2010/07/04(日) 18:53:21 ID:???
「・・・ーマ様・・・ゾーマ様!」
ゾーマ「・・・む?」
部下「本隊から出陣の合図ですよ」
ゾーマ「そうか」
部下「気になる事でも?」
ゾーマ「いや・・・この戦乱が終わったらでも気の合う仲間とバーでも開こうかと・・・な」
部下「ルナプレイでそのセリフはフラグであります・・・」

250名無しさん:2010/07/04(日) 19:03:45 ID:???
アバンティのバーテンってずいぶん前からジェイクじゃなくなってたんだな

251名無しさん:2010/07/04(日) 19:10:11 ID:???
>>249
切ねぇw

252名無しさん:2010/07/04(日) 20:11:46 ID:???
ゾーマ重臣ENDの構想

戦乱終結

ゾーマ失踪

100年後・・・・

吸血鬼がやっているという噂のレストランを探す青年

禿頭の紳士「ひょっとしてあなたはブラッディをお探し(ry」

>>245へ続く

253名無しさん:2010/07/04(日) 22:40:28 ID:???
Bar Bloodyでつまんないギャグ言って頃される役はコーネリー
あたりが適任かも

254名無しさん:2010/07/05(月) 01:44:41 ID:???
レオナール「また更新きそうだべ・・・」
チューニッヒ「地形の3Dぐらふぃっくが導入されてからというもの、いつ高低差補正が入るかと夜も眠れない・・・」
レオナール「剣が届かなくなったらどうすべか」
ダルカン「安心しろ。取って置きの新兵器があるぞ!」
ルグナナム「見よ!外来より取り寄せた「TAKEYARI」だ!空を飛ぶ鉄の鳥をこれで落とせたらしいぞ!」
チューニッヒ「なんと!百人力だな!それにしても素晴らしいフォルム・・・!」
イオナ(善)「それでどうやって使うんです?ニコニコ」
一同「・・・」

255名無しさん:2010/07/05(月) 04:35:11 ID:???
今更だがヒュンターvsエルアートがマジで採用されとるw

256名無しさん:2010/07/05(月) 06:14:29 ID:???
まさかそんなはずは・・・本当だった

257名無しさん:2010/07/05(月) 07:11:30 ID:???
そら、真面目な投稿だもの、小物入れ1にうpしたら採用されるよ。

258名無しさん:2010/07/05(月) 11:55:31 ID:???
あのひゅんたーは許せる、もといあれこそが正しきひゅんたーの姿であろう

259名無しさん:2010/07/05(月) 14:14:24 ID:s9yvXaBI
シャルロット「あ、あの・・・下がりすぎかな、って思います。ごめんなさい」

260名無しさん:2010/07/05(月) 19:41:12 ID:???
t_elf3「我が弟子が救われるには厳しいおしおきが必要と想います。
    つまるところ、セレン殿にたっぷりお尻ペンペンされた後
    『いい子になりますにじゃー!お姉様たちのペットになるのじゃー!』
    と屈服するまで丹念におしおきするべきです。
    頼みましたよ、セレンさん、エルフィスさん!」

261名無しさん:2010/07/05(月) 20:46:57 ID:???
エルフィス(ヒュンターさん、暴力は感心できかねますわ)
       「こいつは相変わらずだな。頭沸いてんじゃねえのか?」
セレン「とびきりの笑顔でこのせりふ!こわっ!」

262名無しさん:2010/07/05(月) 21:12:11 ID:???
アーシャ(本音と建前が逆になったら、あんたの方が恐いわ。)

263名無しさん:2010/07/05(月) 21:19:52 ID:???
セレン「確かにこやつは外道ですが、だからと言って彼女の持つ文化まで貶めるのは如何なものでしょう?」
アーシャ「その文化が外道だと言っているのです!」

264名無しさん:2010/07/05(月) 22:20:54 ID:???
ルオンナル「まあまあ、それよりセレン、汗かいたから一緒にお風呂入ろう。」
セレン「そうね…」


アーシャ「…あれ?」

265名無しさん:2010/07/06(火) 11:21:36 ID:???
次の日、セレンの元に残された置き手紙が一通。

「リュッセル・オーダーに入ろうと思います。
 お世話になりました。
 
 腐れ百合共も変態紳士も……焼き払われろ!!

          清く正しく美しい アーシャ」

266名無しさん:2010/07/06(火) 12:32:32 ID:???
その手紙がセレンの元に届いてから数日後、瀕死のリジャースドをライムで踏みつけながら、
セレン「アルティナ様の正義がわからない女性(ひと)には、きついおしおきが必要ですね(超笑顔」

267名無しさん:2010/07/06(火) 12:50:17 ID:???
聖職者達は清廉なキャラばかりなのにこちらの神官は……

268名無しさん:2010/07/06(火) 14:29:54 ID:???
性職者じゃあ、仕方ないな( ´∀`)

269名無しさん:2010/07/06(火) 20:32:23 ID:???
エルフィス「ほんっとこいつら相変わらずだなwww」

270名無しさん:2010/07/06(火) 21:16:41 ID:???
やはりネルザーン砦より東の変態達は隔離されるべきw

271名無しさん:2010/07/06(火) 21:46:18 ID:???
エルアート「つまりアーシャの頑なな心を開かせたわらわは素晴らしいということじゃ素晴らしい。」

272名無しさん:2010/07/06(火) 22:02:28 ID:???
エルフィスの突っ込みは実に的を得てるな

273名無しさん:2010/07/06(火) 23:26:07 ID:???
ノスラクイベントの黒エルフィスがここまで流行るとは思わなかった。

274名無しさん:2010/07/07(水) 06:12:06 ID:???
ネルザーンは常識人が変態から身を守る為の砦。
砦の外の沼地にはワニが放し飼いになっているという徹底ぶり。
ゲルニート「ん?」

275名無しさん:2010/07/07(水) 07:34:47 ID:???
実は、ネルザーンを守ってるのはトカゲたちだったりする
南北たまに王都に捨て身で侵攻しまくって、変態どもを押さえつける

276名無しさん:2010/07/07(水) 08:53:10 ID:???
ブレッド「王都に変態の蓋をするだと?」←上半身裸
ナシュカ「まるで我々が変態だと言わんばかりだな・・・」←下半身裸
ババラッカス「けしからん!実にけしからんぞ!」←ふんどし
ニーナナス「その前に服を着なさい変態共」
一同「すまない、男以外は帰ってくれないか!」
ルーネン「アニキ軍団・・・私の・・・マイガッ」

277名無しさん:2010/07/07(水) 09:44:12 ID:???
アルティマイト「ダルカンさん勘弁してくださいすいません自分ら調子乗ってました」

278名無しさん:2010/07/07(水) 10:09:43 ID:???
t_elf2「そろそろ変態どもはバラバラに切り裂かれるべきだと思うんだ」

279名無しさん:2010/07/07(水) 11:31:08 ID:???
ナーム、ジャンク、スネア、ザエソート、オワン「光魔法は使えないが、これなら使える」
ハゲ共「太陽拳!!!!!」

280名無しさん:2010/07/07(水) 13:01:42 ID:???
セレン「はじめまして、アルティナ様。私は、セレン。貴女を崇拝する者です(ザクッ」
アルティナ「ザクッ) フフ、素敵な相手に恵まれて、なんて幸運なのでしょう。あなたをカテゴリーA
   のドラゴンナイトと認識します」
セレン「ススス 後退)そんな、剣を避けようともしない。いや、相手の方がダメージは多いはず。
    勝てるわ、あのアルティナに勝てる」
アルティナ「状況A、クロムウェル発動による承認認識・・・」
セレン「っ――!! ・・・・・・」
一晩明けて
アルティナ「皆さんに新しい仲間を紹介します」
セレン「アルティナさまに少しでも近づきたいの・・・」←調教済

281名無しさん:2010/07/08(木) 10:42:44 ID:???
ガルダーム「スーフェンのせいだ! 某が死んだのも、リューネがだめになったのも全部スーフェンのせいだ!!」

282名無しさん:2010/07/08(木) 19:31:16 ID:???
テステヌ「おい、聞いたか?今回の会議で海の軍師や将官を取り入れるだとか」
マクセン「ああ、東を元敵軍ごと政策まで併呑し民衆の支持を得る気みたいだな。我が殿は」
ネアトン「占領地の治安の為とは言え反乱の火種は残る訳か・・・大丈夫なのかね?」
テステヌ「さぁな・・・どんな奴か蓋を開いてみればわかるさ」
(会議室)ガチャリ
ババラッカス「俺が欲しいってのか?安くないぜ」
ナシュカ「肉欲と妄想の均衡・・・それが変態に求められる資質」
テステヌ&マクセン「・・・」
ネアトン「・・・体調が優れませんので失礼させて頂きたくぞんじあげまする」

その後ネアトンは左遷。最前線送りとなり戦死する。

283名無しさん:2010/07/08(木) 20:02:06 ID:???
ニーナナス「それはそうとそこの2人。もっと近づいて。」
ルーネン「親友シチュは王道…」

284名無しさん:2010/07/09(金) 00:02:43 ID:???
ニーナナスはノーマルなんじゃないのか?

285名無しさん:2010/07/09(金) 00:42:32 ID:???
というか作品内ではルーネン以外は全員ノーマル

286名無しさん:2010/07/09(金) 01:40:51 ID:???
>>285
t_elf3乙

287名無しさん:2010/07/09(金) 07:53:30 ID:???
テステヌ「いい加減、お互い見飽きた面々であるな。チルクよ」
チルク「わんわん! わんわん!」
テステヌ「そうかね、だが、こちらとて退くわけにはいかん。ブレッドは、
     ああ見えて、気持ちのいい男であった」
チルク「がるるる〜」
テステヌ「いいだろう! 人間とゴブリン、どちらがフェリルの主たるか、
     決着をつけようではないか。三軍、我の元に鋭く尖った陣を築け!」
チルク「うががががーー!」

288名無しさん:2010/07/09(金) 09:41:21 ID:???
ひでぇ。
そしてマクセンのブリーダっぷりに惚れる。

289名無しさん:2010/07/09(金) 09:51:59 ID:???
テヌテヌ「惚れるなよ・・・ってあれ?」
アクセソ「ははは、良いではないか我が友よ。誰にでも間違いはあるさ
     ましてや影の薄い我らではな。わはははははははhhhh」

ルーネン「友情の亀裂、深まる憎悪、漢の仲はどう展開するのでせう。ドキドキ」

290名無しさん:2010/07/09(金) 09:53:55 ID:???
テステヌ、ブレッド、チルクの関係が分からんw
うほっ、てこと?

291名無しさん:2010/07/09(金) 12:09:06 ID:???
フェリル島北西部。時は今まさに戦乱の口火が切られようとしている時
数戸の家族が集まり、痩せた土地を駆け回って獲物を求めるゴブリンの集落の一つは
洞主バルバッタ率いるフェリル党の拠点から、山歩きの得意なゴブリンでも半日はかかる場所にあった
月は冷ややかに夜を染め、心地よい夜風が崖際に形作られた洞窟に入り込む……

「……また行くの?ムッテンベル」
「当たり前だぞ!何度だって行くぞ!」
「私はこのままでも良いと思うけどな……戦争なんかするより、ご飯食べてお昼寝するほうが楽しいよ」
「それじゃ駄目なんだ!そうでもしないと……」
「認めてもらえないから?」
「違う!……わからずやのルルニーガ様に、わかってもらいたいんだ!
 ムッテンベルはこんなに強いんだ、一人前なんだって!」
「……無理だと思う。ルルニーガ様は多分、そんなふうに思ってないと思うよ」
「だいじょうぶだ!次はとっておきの秘策もあるんだぞ!」
「そっか……
 もう寝よ、あんまり喋ってると怒られちゃうから」
「わかった!寝るぞ!」

彼女達は気づかれていないと思っていたが、澄んだ空気には高い声が良く響く
遠く見張りに立つルルニーガは、仕方なく首を横に振った

292<あぼーん>:<あぼーん>
<あぼーん>

293名無しさん:2010/07/10(土) 01:39:05 ID:???
ヨネア「チヌチヌとマワセンってなんか違うの?」

294名無しさん:2010/07/10(土) 18:30:17 ID:???
テステヌ「ぐはっ! おのれ、ゴブリン共め。このままでは済まさんぞ」
マクセン「でも、今の俺達じゃあ、何度挑んでも同じことの繰り返しだぜ」
テステヌ「港町でモジモジしながら、逆ナンすれば戦力を増強できるかもしれない」
ロザイナ「なぜこっちを見るんですか」
テステヌ「不審に思われたところは天使が乗り移った(人格が入れ替わった)せいにすればいい」
マクセン「そこまでしなきゃならないのかぁっorz」
ロザイナ「なぜこっちを見るんでですか!?」
こうして、ロザイナは港町に逆ナンしにいくハメになるのでした。

295名無しさん:2010/07/10(土) 19:38:16 ID:???
それでイーサリーとかアイアンが…

296名無しさん:2010/07/10(土) 19:55:28 ID:???
イケメンはともかくアイアンはだめだろww

297名無しさん:2010/07/10(土) 20:47:19 ID:???
数分後、ハイトロームや失踪したユネーファ、死んだはずのラオウや他騎士団面々を引き連れた
ロザイナ天馬騎兵団がフェリル連合にパーティインッッ!

298名無しさん:2010/07/10(土) 21:48:30 ID:???
ちょっと見ない間に南の変態っぷりも東に勝るとも劣らぬことに…

299名無しさん:2010/07/10(土) 22:20:09 ID:???
t_elf3「計画通り」

300名無しさん:2010/07/11(日) 00:18:24 ID:???
t_elf3「次は北だな。美少女がいるとか、ふふふ…」
ピヨン「ヨロシクネ。」
t_elf3「新ジャンルか…?」

301名無しさん:2010/07/11(日) 01:06:55 ID:???
t_elf3がある日拾ったノートにはタイトルにこうあった
「デフォシナ&オリシナキャラを喋らせて遊ぶスレ2」
これに書かれた人材は全て変態になる。

302名無しさん:2010/07/11(日) 02:00:23 ID:???
こら!誰だ、落とした悪魔は!

303名無しさん:2010/07/11(日) 02:37:49 ID:???
キオスドール「ほんとう、だれでしょうね〜♪」

304名無しさん:2010/07/11(日) 11:31:04 ID:63pV2wC2
t_elf3「北に行く前に一週間精子溜めておく」

305名無しさん:2010/07/11(日) 12:29:19 ID:???
でも真面目な話、『ヒュンター、北へ行く』はありかもしんない。
ポートニックにエルフ雇用あるし、ヒュンターの豊富な知識(補助魔法)で
グリーン・ウルスの屋台骨を支えてくれそう。
ポートニック「カルラ、新しい人材を連れてきただわさ」
t_elf3「この世に百合の愛ほど美しきものがありましょうか(よし、うまく潜り込めた」
カルラ「カルラを守ってくださいですぅ」
t_elf3(ふむ、データにあったものより大分美しい娘たちではないか)

306名無しさん:2010/07/11(日) 12:51:17 ID:???
あどけない少女の可憐な花園に紳士の毒牙が・・・・・

307名無しさん:2010/07/11(日) 13:37:44 ID:???
そしてラザム連合へと吸収され、神官達と共にアルナス汗国へと派遣される事に

308名無しさん:2010/07/11(日) 15:13:16 ID:???
魔王軍だけは安全かと思いきやキオスドール辺りが面白がって加担しそうで怖い

309名無しさん:2010/07/11(日) 15:23:26 ID:???
>>307
そして、乱戦の最中、放浪→アルナス・ウルスに登用される紳士
t_elf3「女性率0・・・だと・・・ まるで砂漠だ・・・orz」

310名無しさん:2010/07/11(日) 15:27:15 ID:???
ヒュンターを迎えたアルナスウルスは・・・
スネア「ふふふ、ついに追い詰めたぞナルディア」
ナルディア「おのれー…この裏切り者めが!」
スネア「なんとでも言うがいい。助かりたくば服を脱ぎ…」
ナルディア「慰み者にする気か!そんなものになるぐらいならb
スネア「グリンジャとカリンとの砂漠の百合をみせるのだ!」
ナルディア「へ・・・」
スネア「はやくwはやくwはやくw」

311名無しさん:2010/07/11(日) 17:01:53 ID:???
レグリス「裸になれば姫様を解放するんだな・・・・?」
スネア「おぅ、考えてやるよ。早くしろよ」

312名無しさん:2010/07/11(日) 17:10:45 ID:???
>>311
こwれwはwww

313名無しさん:2010/07/11(日) 17:11:18 ID:???

フォルゴット「レグリス殿だけに恥をかかせるわけには・・・!!」

314名無しさん:2010/07/11(日) 17:48:36 ID:???
t_elf3「さ、砂漠すぎる…だ、誰か…水を…」

315名無しさん:2010/07/11(日) 18:15:47 ID:???
>>311
懐かしいな。そういえば昔は総合スレでもこのスレみたいな事もしてたもんだ

  '(''--'                     ヽ
   ヽ,                       ヽ
 .<'',,,           ,-,  /', , ,         |
  ゝ    /  /   (( /-''/ ./ , , ;: ,,   |  い  姫  全
  ヽ; :   (  (''--'''''\,''-'  ''''''''~'''~ ヽ ;;   .|
   .\ ,...,--'二二二二> .丶ヽ二二二二-;:/''ヽ|   う  様  裸
    ..|| |, 'ァ'イo;;-ヽ丶   ,~~-''''{;o';> |' |:..''| |/
    || (';ヽ -,,.....- ァノ::|  .|ヽ ---...-'. .|:::::| .|   ん  を  に
    .l:.| l::| ,.-'''''''' ,/::|     ~ ~''-z |::l/ /
    ヽヽ::|;      |;:::|         .l::/ /    だ  解  な
     .ヽ;:::|      ,l;:'''' ,        l /./|
      \:|      (:::, ρ)      l// ノ    .な  放  れ
      |;:::;l               /;:::::/
      ;:::::ト、   ==ニニニニ==    /.| .|      ?  す  ば
     .lシ',;::::|\            / .| .l,,.)
     ゞ) .| ヽ    ''=''''''   /  | ,,,/        .る
      )  .|  ;;\        アl   .| ,<
   ,,...-( (  |  'l;;;l.\     / / ./  l  )=-,,_      と
,,..-'''’   '\l  .;;  ’''---'''~  ; ;  l;ノ,;;/   ’''- ,_
        |   ;;        ;  ;           ’'-
                レグリス
             
スネア<おう考えてやるよ。早くしろよ。

316名無しさん:2010/07/11(日) 19:18:46 ID:???
ドルナード&ルールーニ「Rose de sable♪ Rose de sable♪」

317名無しさん:2010/07/11(日) 21:28:34 ID:???
変態の風が東南西ときたか…

318名無しさん:2010/07/11(日) 21:59:31 ID:???
死神&冥王&魔王「駄目だ、この大陸。早くなんとかしないと」

319名無しさん:2010/07/11(日) 22:31:26 ID:???
ラクタイナ「絶望した!変態だらけのこの世界に絶望した!」

ラクタイナがスェレマを抜け出す三日前のことである。

320名無しさん:2010/07/11(日) 22:51:59 ID:???
ルーネン「びゅーてぃふるがい…すばらしきばらのせかい…」
ニーナナス「男たちを連結させて連環の計…仕掛けるわよ・・・」

321名無しさん:2010/07/12(月) 13:38:53 ID:???
野獣と化した部下

SRN「お待たせ、アイスティーしかなかったけどいいかな?」

322名無しさん:2010/07/12(月) 18:56:40 ID:???
変態が跋扈する中、一人王道を貫く男がいた!

ゴート「王者の暴力とはね、見せるだけなんだよ」
ムク「くっ、黙れ。 私はまだ負けてない」

ゴート「王者の暴力とはね、見せるだけなんだよ」
イオナ「・・・・・・、また一から教育し直しですね」

ゴート「王者の暴力とはね、見せるだけなんだよ」
ナルディア「なんだあいつは、射殺していいぞ」

ゴート「王者の暴力とはね、見せるだけなんだよ」
ルーゼル 「やはり、あの男の息子だな」

ゴート「王者の暴力とはね、見せるだけなんだよ」
ホルス「大陸の平和は私が守る!」
イオナ「何を対抗してらっしゃるのですかホルス様」

323名無しさん:2010/07/12(月) 20:08:57 ID:???
>>322
すこしわからなかったが、10秒後理解した

   ___l___   /、`二//-‐''"´::l|::l       l! ';!u ';/:::l ', ';::::::l ';:::::i:::::
   ノ l Jヽ   レ/::/ /:イ:\/l:l l::l   u   !. l / ';:::l ', ';:::::l. ';::::l:::::
    ノヌ     レ  /:l l:::::lヽ|l l:l し      !/  ';:l,、-‐、::::l ';::::l::::
    / ヽ、_      /::l l:::::l  l\l イオナ(善)'  / ';!-ー 、';::ト、';::::l:::
   ム ヒ       /::::l/l::::lニ‐-、``        / /;;;;;;;;;;;;;ヽ!   i::::l:::
   月 ヒ      /i::/  l::l;;;;;ヽ \             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l::l:::
   ノ l ヽヽノ    /:::l/:l /;;l:!;;;;;;;;;',               ';;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l:l::
      ̄ ̄    /::::;ィ::l. l;;;;!;;;;;;;;;;;l            `‐--‐'´.....:::::::::!l
   __|_ ヽヽ   /イ//l::l ヽ、;;;;;;;ノ....      し   :::::::::::::::::::::ヽ /!リ l
    | ー      /::::l';!::::::::::::::::::::  u               ', i ノ l
    | ヽー     /イ';::l          ’         し u.  i l  l
     |       /';:';:!,.イ   し    入               l l U
     |      /,、-'´/ し      /  ヽ、   u    し ,' ,'  l
     |        /l し     _,.ノ     `フ"       ,' ,'  ,ィ::/:
     |       /::::::ヽ       ヽ    /     し ,' ,' / l::
     |      /::::::::::::`‐、 し      ',  /    u   ,、-'´  l,、-
     |      ``‐-、._::::::::::` ‐ 、     ',/       , -'´`'´ ,-'´
     |      _,、-‐'"´';:::::::::イ:l';:::` ‐ 、._____,、-‐'"´  u /
   | | | |    \ l::/ l::::::/リ ';:::::lリ:::::l';:::l l:l:::::l\  u /
   | | | |

324名無しさん:2010/07/13(火) 11:50:04 ID:???
あぁ・・・つまり、俺の下がスタンドなんですね

325バルバッタ妄想その1:2010/07/13(火) 16:00:28 ID:???
バルバッタ死亡辺り妄想。
注意、クソ長いです。妄想だだ漏れです。

フェリル城。元はフェリル領主の城であったが今はゴブリンの勢力が接収し、使っている。山間にある事もあり、かつては難航不落の城塞とも言われたこの城も今では度重なる戦闘により、見るも無残な姿をさらしていた。
チルク「ふー…おっそろしかったけど、なんとか凌いだね。王室育ちのボンボンだって聞いてたけど、頭の回る側近がいるらしいね。僕等の脅威である魔法を上手く使ってくる。」
最早何度目かわからない戦闘を、辛うじて生き延び防衛したチルクは、傷の手当をしながら、傍らに腰を下ろしたゴブリンの洞主、バルバッタに笑い掛ける。しかしいつもと違い、バルバッタは何か深刻な表情のままでいた。
バル「チルク、生き残ったのはどれくらいだ?」
チルク「…戦士が40、魔術師が50かな?」
チルクの言葉にバルバッタは小さくため息をついた。戦闘の際には先陣きって進み、大きな勝鬨の声をあげ続けるバルバッタであったが、チルクの前では時折この様な悲しい表情をする。
バル「減っちまったなぁ…。皆、気のいい奴だったってのに…」
チルク「……。」
今日の戦闘で知り合いが大分減った。幼い頃から共に山を駆け巡り、人里の食料を奪う時にも一緒に行い、バルバッタが先頭に立って挙兵した時からの仲間も、今では両手で数える程しかいない。
バル「なぁ、チルク。義弟よ。」
チルク「なんだい、義兄さん。」
バル「俺はアッタマ悪いからよく分からねぇが…今、人間が抑えてるフェリルの地を取れれば、本当にガキンチョ達が飢え死ぬ事はねぇんだな?」
チルク「…確実に、とは言えない。でも農耕さえ始めて文化が根付けば、今までみたいな狩猟や強奪だけの暮らしと比べて、飢え死ぬゴブリンは格段に減るはずだ。それに食料の確実な確保が出来る様になれば文化を育てる余裕も出て来る。医学だって、育てられるはずだよ。」
食料の乏しいフェリルの山間では、飢えた子ゴブリンで溢れ、簡単な病気でさえ、治療出来ずに命を落とす事が多い。
ふざけた言動をよく取り、有権者達からは疎まれ続けているバルバッタだが、チルクだけは彼がいつもそれらに心を痛め、真剣に悩んでいた事を知っている。

チルク「でも、少なく僕達はバルバッタを支持してるよ。バルバッタがやらなきゃこのフェリル城を奪取する事はできなかった。それにこのフェリル城にあった食料と薬で沢山のゴブリンが助かったんだからさ。」
バル「…だと、いいんだがよ。」
空元気ながらも二人で笑い合っていた時、部屋の扉が勢い良く開き、ゴブリンが転がり込んで来た。

326その2:2010/07/13(火) 16:02:29 ID:???
ケニ「バルバッタ兄貴、大変だ!」
自称、バルバッタ一番弟子の二刀流剣士ケニタルだ。後ろにはバルバッタを信奉するツヌモも居る。
バル「どうした?」
ツヌモ「ゴートの軍が、何時の間にか近い所に!それも大分人数が多い!」
バル「なんだと!?」
チルク「なんだって!?」
がたりと立ち上がるバルバッタとチルク。
バル「馬鹿な。さっき撃退したばかりじゃねーか!皆まだ怪我の治療も終えてねぇってのに!」
チルク「それに城壁の補修だって終わってないよ!?攻撃に耐えられない!第一、一体何処にそれだけの戦力が…」
フー「どうやらゴート軍はシャルパイラ遺跡に軍を隠していた様ですね。」
更に後ろから部屋に入って来たゴブリンの少女がフーリエンが、冷静に淡々と報告する。
フー「敵軍の中にゴート本人が見えます。恐らく先程のは攻撃特化の先発部隊。本隊は今来ている方でしょう。」
これから来るのが本隊。その言葉を聞いて一同の顔色がさっと青くなった。今の戦力と準備では先程と同レベルの部隊でも勝てそうにないというのは誰にも分かりきっている事であった。
チルク「バ…バルバッタ。どうしよう。このままじゃ全滅しちゃうよ…逃げた方が…」
ケニ「ケッ!この臆病モンチルクが!こうなったら一人でも多くぶっ殺してやらぁ!」
ツヌモ「そーだ!折角手に入れたモンを奪われてたまるかってんだ!」
フー「私はチルクの案に賛成です。人間が書く物語じゃあるまいし、玉砕なんて愚かの極みだと思いますよ。」
焦りもあってぐちゃぐちゃになりつつある四人を見つつ、一人だけ騒がず思案していたバルバッタが、思い詰めた表情のまま立ち上がる
バル「おい、チルク。お前ぇ、仲間連れて逃げろ。」ケニ「兄貴!?」
ツヌモ「何言ってんですか!」
驚愕する二人の方を向いて、バルバッタは彼らの肩を掴む。
バル「どーせこんまま行ったって文字通り犬死にじゃねーか。それよか一体退いて相手が勝って油断した所を奇襲してみろ、奴等、なんにも出来ずに逃げるだろうよ!」
ケニ「おぉ、流石兄貴!」
ツヌモ「確かに!そっちのが良さそうだ!」
ケニタルとツヌモはバルバッタの意見に深く感動して騒ぎ出す。
フー「そんなの、上手くいくはずな…」
相手がその程度の事に対策を立て無いはずが無いと分かっているフーリエンが否定しようした所、バルバッタが手で口を塞いでじっと見つめる。
フーリエンはハッとする。バルバッタは、明らかに分かっている目をしていた。その上でこう言っているのだ。好戦的な二人を退かせる為に。
チルク「で、でも…幾ら逃げたって追い付かれるよ。こっちは怪我人だって居るんだ。」
バル「なぁに、心配ねぇって!この俺様が囮になって奴ら引き付けとくからよ!」
チルク「でも、それじゃ義兄さんが!」
思わぬ提案に思わず普段二人の時にしか言わない義兄さんと口走るチルク。それだけ混乱してしまっているのだ。そんなチルクの様子を見て、バルバッタはニヤリと笑った。
バル「ヒャッハッハ!こちとら秘宝!マクラヌスを持ってんだぜ?王子なんてボンボン程度にゃ捕まらねぇよ!いっそ数人沈めておちょくってやらぁ。」
嘘だ。フーリエンは気づいた。マクラヌスがあると言っても多勢に無勢が過ぎる。確かにバルバッタは同世代のゴブリン内では一番強いが、単体で人間相手に勝てる程特出した力がある訳じゃない。そんな事ゴブリンの賢者アスターゼか竜王ルルニーガ位しか出来ないだろう。
しかし、バルバッタを信頼仕切っているチルクは気付かない。納得した表情で引き下がった。
バル「そーと決まればお前等!さっさと撤退準備を始めやがれ!」

327その3:2010/07/13(火) 16:05:46 ID:???
ゴート軍到着が刻一刻と迫る中、ゴブリン達は撤退の準備を急いでいた。ある者は怪我した仲間を背負い、ある者は今後の為に食料と薬を担ぐ。
チルクが率先して指示を飛ばし、ケニタルとツヌモが尻を蹴っ飛ばして急がせる中、フーリエンはバルバッタの居る部屋へと足を運んだ。
部屋ではバルバッタがいつもの簡素な鎧を着込み、剣に欠けや不備が無いかをチェックしている所であった。
フー「何を考えているんですか?バルバッタ。」
バルバッタは声を掛けられて初めてフーリエンに気付き、にっこりと笑う。
バル「おお、フーリエンか。お前はもう準備終わったのか?したらちょっと鎧見てくんねーか?肩口がきつくってよ。」
フー「ごまかさないで下さい。」
口ではそう言いつつバルバッタの後ろに回り、フーリエンはショルダー部分を締める紐を少しだけ緩める。
フー「ゴート軍は一人で相手出来る物じゃありませんし、一人で突っ込んできた相手をおめおめと逃がす程間抜けじゃないって事は貴方は良く知っているでしょう?魔法に弱い私達ゴブリンを守る為に一人突っ込んでマクラヌスをぶっ放して敵の魔力を削り続けた貴方なら…」
バルバッタは答えない。答えないからこそ、それが答えになっていた。
フー「物語の、悲劇の主人公にでもなったつもりですか。私達ゴブリンがそんなものになれない事、分かりきっているでしょう。第一、貴方が居なくなって誰がフェリル党を率いるんですか?」
バル「チルクがいる。」
バルバッタのその答えにフーリエンはため息をつく。
フー「確かにチルクは多少頭が回る様ですが、基本的に臆病です。為政者ならとにかく、戦時に上に立つ器では」
バルバッタはフーリエンに全てを言わさず、両肩を掴みぐっと力を込める。
バル「あいつを、この俺様の義弟を侮るなよ。確かにあいつは弱気だ。オーク5匹相手に逃げ出す位だ。」
フー「…」
バル「でもな、俺がオーク5匹倒す間にあいつは頭を廻らせて策を練る。そして俺がもう5匹を倒す間に20匹倒すんだ。チルクは、肝さえ据われば強くなる。それこそ、ルルニーガやアスターゼに迫る程にな。」
フーリエンは答えない。いや、今まで見た事も無いバルバッタの気迫に圧されて、口を動かす事が出来なかった。そこにケニタル達と馬鹿やったりヒャッハーと叫んで突っ込んでは慌てて逃げてくる様な普段の姿は無く、一人の戦士がそこに居た。

328その4:2010/07/13(火) 16:07:33 ID:???
両者は共に沈黙し、静寂だけが部屋を支配する。
静寂は部屋の扉が開く音で破られた。
チルク「バルバッタ、大体準備が…」
チルクは部屋に入るなり、驚愕の表情で二人を見る。
バル「ん?どうしたチルク。」
バルバッタの質問にチルクは顔を赤らめて目を逸らす。
チルク「あー…えと、邪魔だったかな?」
バル「あん?」
バルバッタは首を傾げて自分の様子を鑑みた。
フーリエンの肩を真っ正面から力一杯掴んでいた自分がいた。まるで、告白の現場の様でもある。
バルバッタは慌てて手を離した。
バル「バ…馬鹿!そんなんじゃねぇよ!くだらない勘違いすんな!」
フー「あら、力一杯私の肩を掴んでおいてそういう事言うんですか?さっきの言葉は嘘なんですか?」
バル「んなっ!?」
フーリエンは気圧されたお返しとばかりにニヤリと笑って言う。
バル「違うだろ!いや、さっき言ったのは嘘じゃ無いけど違うだろ!」
チルク「いや、慌てなくていいよバルバッタ。僕が君の秘密を喋るハズも無いんだから。」
バル「そうじゃ無くて!あー…そうだ!準備が終わったんだって?」
フー「わざとらしいですねぇ。」
横でクスクスとフーリエンが笑う。バルバッタはギロリと一睨みした。
バル「準備が終わったんだったらちょうどいい。俺からチルクに渡しときたいモンがあったんだ。」
チルク「渡したいもの?」
バルバッタは部屋の隅に置いてあった袋をチルクの方に放る。おっと、と声をあげてチルクはその袋を抱き取った。
チルク「これは?」
バル「俺の荷物に決まってんだろ。お前は俺に荷物持ったまま戦えってのか?大事なモンとかも入ってっから丁重に扱ってくれよ?それと念の為、追い付かれた時の為の秘策も入れといた。ある程度逃げた後に開けて確認しとけ。」
チルク「分かった、預かっとくよ。でも秘策って別に今見ても…」
袋を開け様としたチルクの頭をバルバッタはパカンと殴った。
バル「んな、時間あったらとっとと撤退しやがれ。なぁにこちとら秘宝持ちなんだ。心配いらねぇよ!ほらさっさと行った行った!」
二人の背中を押して、部屋から追い出す。
バル「おいフーリエン!チルクはちょいとおっちょこちょいだからよ、しっかりサポートしてやってくれや。」
フー「…えぇ、分かりました。」
チルク「酷いよバルバッタ!僕はそんなに頼りないかい!?」
バル「言われたくなけりゃ仕事をキッチリこなせ!いい加減俺を頼らずとも仕事の一つや二つ出来る様になりやがれ。」
チルク「言ったね!?見てなよ?一人の脱落者も無しに脱出してやるからね!そして帰って来たら認めさせてやるからね!」
バル「ヒャハッ!言うねぇ。しかし、でなきゃゴブリンの理想郷なんざ作れねぇからな!」
チルク「だね。んじゃ、行ってくるよ!バルバッタも頑張って!」
バル「おう、任せとけ!しっかり足止めしてやんよ!」
二人は笑い合いハイタッチをして、チルクは城を後にした。



チルクがバルバッタから受けとった秘策が「秘宝マクラヌス」である事に気付くのは、城を出て暫く後の事だった。

329名無しさん:2010/07/13(火) 16:08:20 ID:???
格好いいバルバッタが見たかった。反省はしている。

330名無しさん:2010/07/13(火) 18:21:17 ID:???
ケニタルとツヌモ逆じゃね?
ツヌモが二刀流だろ。

331名無しさん:2010/07/13(火) 19:02:32 ID:???
ルルニーガ「おきろぉ!(CV若本)」
バルバッタ「たわらばっ!?」
ルルニーガ「いーつまで寝てんだぁ!」
バルバッタ「ヒャッハー・・・夢オチ・・・」

332名無しさん:2010/07/13(火) 19:54:50 ID:???
>>328 つづきみたいなの妄想したんで投下します。
「老師、この通りです!」
もう何度目であろうか。チルクはアスターゼの庵を訪ねては、その門前に
座り込んでいた。
「………」
大賢人はただそれを黙殺する。既に破門した身とはいえ、かつての弟子が
しでかしたことで、もはや人間とゴブリンとの関係は修復不可能にまでなっていた。
戦を避け、逃げ延びるフェリル党の残党たちを匿うことも限界になりつつある。
 ふと、外を見やると、雨が降り出した。その後、どれほどであろうか、
両者は沈黙のまま門を隔てて対峙した。そろそろ、根を上げて帰るころだろう。
いつもがそうだ。チルクとて、自由な身ではない。一党を食わせていくために、
いつまでもここで油を売っているわけにもいかないのだ。だが――
――轟音、そして一瞬の後、一匹のゴブリンが庵の中へと侵入する。
アスターゼと目が合う。他でもない、チルクだ。

「なぜ、バルバッタは死なねばならなかったのか」
大賢人の庵の門は、並大抵のことで破れはしない。魔力負荷限界をいくらか超えたのだろう、
チルクは魔力を集中させたであろう利き腕を裂傷させつつ、血と雨を滴らせたままの姿だ。
だが、そこには、若さに任せ、血に走る者の浅ましさはなく、むしろ凍てつく寒空のような
冷徹さを窺わせる。
「秘宝を持ってしまったことが彼奴の最期。己の分を弁えず、限界を超えてひた走った
結果がこれじゃ。結果、多くの同胞を巻き添えにし、今、また、次代を担う子らをも狂わせる」
「確かに、貴方に取っては、狂った妄想に過ぎないでしょう、ボクらの理想は。
そう、人間たちに敗北することしかできなかった貴方にとっては!」
大賢人の表情は、微塵も変わりはしないが、内心では、わずかばかりの怒りと、感心が
芽生えていた。
「貴方や竜王は確かに大した方々だ。だが、貴方がたは、自身に陶酔するあまり、
次代の可能性を奪ってしまっている」
バルバッタのフェリル党結成より数十年ほど前であったか、ルルニーガとアスターゼを
中心とするゴブリンたちが、少数ながら、人間に対し独立戦争をしかけたことがあった。
「貴方たちの代の頃は、良かったでしょう。おかげで、貴方は人間たちから
ありったけの知識を、ルルニーガ殿は、ありったけの武術と勇名を得ることができたの
ですから。それに対して、ボクたちの挙兵はなんだったのでしょう? ただ、ゴブリンが
劣等種であるとを知らしめただけではいないですか!」
「………」

333名無しさん:2010/07/13(火) 20:04:05 ID:???
書きながらの投下は慎めとかエロパロみたいな事を言う気は無いがwktkすぎてF5の刻印が

334名無しさん:2010/07/13(火) 20:16:37 ID:???
すいません、一気に投下します。

「忘れてはいないぞ。魔王召喚が実現したのは、貴方にも責任がある! 貴方の
あの論文だ。そして、魔王召喚、人間たちの王朝の崩壊、それらは、ゴート軍がこの地に
流れ着くことを予期させる。貴方ならば、戦って勝てないことを知っていた筈だ。そう、
バルバッタは、ボクの義兄は、貴方が殺したんだ!」
無言のままアスターゼは腰を上げる、動作らしい動作もなく、ティアマトが4体、チルク
の四方に召喚される。――――――――――――。

その数日後、フェリルの北部の山間部に、鋭気に満ちた目をしたゴブリンたちが集う。
「ほう、わしが呼びに行くまでもなく、老師自ら動くとはな」
「ほっほ、お互い、若い者には勝てぬと見る」
大賢人の見やる先には、若い男の戦士ゴブリンたちと軽い喧嘩のようなものをしている
半人半獣の娘がいた。
「負けられては困る。我らの理想、あやつらに預けるためにも、できうる限りの道は拓く」
「死ぬるのなら、御主一人にしてもらおうかの」
「ぬかせ」
「チルク、逸るゴブリンたちをよく今日まで鎮めてくれました。いよいよですね」
フーリエン。普段冷静な彼女も、新たな英雄の誕生、そして自分たち種族の
日の出に心を躍らせていた。
「やるぞ! あたしとルルニーガさまと、それとそれとみんなでおおあばれだ!」
ムッテンベル。バルバッタの代には、前線に出れなかった彼女も、牙を研いでこの日を待っていた。
「ああ、みんな。よく集まってくれた。人間たちは、今、内輪揉めでボクたちだけに戦力を
集中できない。皆の中には、亡きバルバッタの仇を討ちたいという者も多いだろう。ボクもその一人だ。
だが、王都に全力を傾けるゴート軍をこちらに向き直らせる必要はない。まずは、フェリルに残った奴らを
侮らせたままに、追い込む。奴らは、最期に後悔するだろう、ゴブリンを侮ったことを!」
「オォオオオオオーーーーーー!!!」

335名無しさん:2010/07/13(火) 20:17:32 ID:???
新生フェリル党の初動は、ゴブリンらしからぬ少数によって行われた。
少数というのは、フェリル党のメンバーのみのことを指し、実際に戦場に居合わせたゴブリンの数は
相当数のものであった。
「不始末だな、代官殿」
「マクセンか。その呼び方はよせ、私には合わん」
「ファルシス騎士団が、砂漠の民に追われて、南下してきてやがる。あの匹夫共と正面からぶつかるのは
気が引ける。ある程度、暴れさせて山地に誘い込んで撃つがいいか?」
「ああ、今回の襲撃も以前と変わらぬ散発的なものだ。野犬どもは餌を欲しがって里へ降りてきたに過ぎん。
おまえも、ラムソンの番犬どもに食い殺されぬよう気をつけろよ」
フェリルの代官=テステヌは此度のゴブリンの襲撃もまた、取るに足らぬ些事。モンスターの襲撃と同等のものと
思っていた。彼の手腕により、見事に罠に嵌り、死傷したゴブリンの数はかなりの数となった。
それに対し、フェリル党の精鋭たちは、数えるほどの脱落者もなく、生還してみせ、また、多くの同胞を救出した。
これにより、知なく、統率なきゴブリンの脆さを痛感したゴブリンたちにフェリル党は英雄視されていく。

その10日ほど後、これもまだ、公的に戦争とは呼ばれず、所謂事変と呼ばれる戦いがあった。
戦いの場は、彼らの始まりの地、フェリル城……。
王都攻略戦において、本軍は連戦連勝。その報を受け、また、フェリル特有の風習における精霊節であったため、
城内はお祭り騒ぎとなっていた。祭りの目玉は何と言っても、ゴート軍と前フェリル党の戦いを描いた演劇であろう。
邪悪な魔法を使う悪の獣鬼が正義の王子によって成敗されるという、子供向けのものであった。
それは、今まさに、時代の英雄にして、大陸の覇者となりつつあるゴート三世その人を取り上げたものである。
演劇は物語の佳境に入り、悪の獣鬼に王子がとどめを刺そうとしたその瞬間、
「そして、王子は、力尽きるのでした」
どこからか放たれた魔法が王子役の役者を射抜く。役者は、口を目から炎を噴き、倒れることもできず、その場で
火柱にされる。瞬間――、フードを被ることで耳を隠していた女ゴブリンたちが降り立ち、大衆の前でゴート軍役の
男たちを惨殺しはじめる。剣が一振りされると、フードがめくりあがり、獣の耳が露になる。
また一振りされると、血飛沫が悲鳴なくあがる。騒ぎを聞きつけた兵士たちがやってくるが、丸い何かが投げつけるられると煙が立ち込め、
視界が奪われる。聴覚・嗅覚の鋭い彼女たちには、悪視界も障害にはならない。たじろぐ屈強な兵士たちの胸倉に飛び掛り、
喉元に刃を突き立てる。
祭りの喧騒は一瞬にして、悲鳴と混乱の色へと変わってしまった。
「派手な催しになったな」
見張り台をひとつ潰した後、竜王は城内で暴れまわる兵たちを督戦していた。
演劇を見ていた、または、祭りに来ていた人間の子供たちは、この日以降、ゴブリンを善と見ることはないだろう。
代官=テステヌはこの事変を持ってもゴブリンたちを野犬と蔑視するのをやめたかったが、
「我らは、フェリル党! 亡きゴブリンの英雄、バルバッタの意思を継ぐ者たちなり。
我らは、フェリル国人たちがゴブリンへの弾圧をやめ、ゴブリンの自治・独立を認めることをここに要求する。
此度の無作法な襲撃は、先の戦乱の後に、不当に殺傷された我が一族への追悼の意を込めたものである。
この要求に対する返答が10日以内にない場合、我々は宣戦の布告も辞さない覚悟である」
「野犬が、生意気に人間の真似をするか。おまえたちに、権利などない。害悪は除かれてしかるべきだ」
事後処理をしてテステヌは唖然とした。非戦闘員以外の死傷者の少なさにである。暗い考えが頭をもたげるが、
頭を振ってそれを否定する。まさかな―――と。

今のところ以上が書いた分です。

336名無しさん:2010/07/13(火) 21:09:38 ID:???
その10日の間に周辺の事情は大きく変わった。整然と撤退するはずのマクセン軍であったが、
陥陣営の異名をとるロイタールと土の賢者ワットサルトの前に、無様に追撃される形となる。
「卿の同胞はうまく動いているようだな」
土の賢者は傍らに立つゴブリンに問う。
「まだ、本格的は動きもないのにわかるのですか」
土のマタナ。彼は、表情のない表情のまま、問い返す。
「ふっ、私の眼は節穴ではないぞ。10日間の猶予の間に、ずいぶんと見えない攻撃をしている
ようではないか。しかし、大賢人が軍師についたとはいえ、見事の一言であるな。あれでは、
フェリル城陥落は時間の問題だろうて」
改めて、土の賢者の聡明さを知ることとなるマタナは、表情のない表情のまま、視線をそらした。
一方、フェリル城では。
「確かにベヒーモスなのだな」「はっ、間違いありません」
予想外に思い切った南下政策。これでは誘い込むのではなく、追い込まれている。マクセンは無事か、
それも心配であった。フェリル城東部の山間部は騎士団に制圧されるのも時間の問題。
さらには、王子の本軍との連絡は途絶して3日が経つ。兵たちの間に不安が広がっている。
そして、ゴブリン。奴らは途方もない、本当に途方もない数をこの城の付近へと集結させている。
どうしてこうなった。―――そうだ、この頭痛は、ゴブリンどものせいだ。あの厄介な獣共は、
騎士団にぶつけてやればいい。犬同士、仲良く食い合えばいい。今は、戦力集結と、状況把握が
肝要だ。一人で全てしょいこむこともない。
そう決心すると、テステヌは、兵たちに号令する。多少の動揺も、持ち前のカリスマで静めると、
テステヌ軍は、独自の退路を用いてどの勢力とも交戦せずにフェリル城、フェリル東から脱出する。
「さて、今後の方針だけど」
チルクは、幕僚たちを集めて軍議を開いていた。フェリル党の新たな本陣、フェリル城本丸にて。
マタナをファルシス騎士団に客将として派遣したのは、アスターゼの策であった。
フェリル島上陸以後、ファルシス騎士団とは共闘する密約をかわしていたが……。

337名無しさん:2010/07/13(火) 21:10:05 ID:???
フェリル党の動きは早かった。チルクをはじめとする有力者たちは、武装解除を理由に、
ファルシス騎士団の駐屯地へとやって来た。
「ふん、人間の真似事か? 軍師よ、本当に使えるのだろうな」
白い甲冑に身を包む巨漢。ロイタール都尉はいぶかしむ。
「私が教育したマタナの例もあります。ゴブリンの可能性は未知数です。それに、
敵を油断させるのにも最適でしょう」
「騎士よりもさらに前線を任せられる狗か……いっそ哀れだな」
やや細身の騎士、ホーニングはそう言い放つ。

「やっぱり、追い返そう。彼らは、今ボクらも敵に回せば、三方に敵を持つことになる。
それに対して、こっちは……。今生かしておく必要はないよ。討てるときに討っておこう」
―――。
「しかし、それでは、我が軍は信用を失います」
「そう、でもそうしなきゃいけない程の相手なんだ。騙まし討ちの形にはなるけど、
レオームがやったのとそうは変わりない。なに、彼らには、負け犬になってもらうよ」

「ええ、哀れですね騎士とは」
その声と共に、無数の召喚獣らが騎士団本営内部に召喚される。
それと連動して、煙玉が投げ込まれ、特務隊が突入する。
「やはり、そう来たか。だが、想定内だ。ベヒーモスたちは敵だ、そう、召喚獣は全て敵」
混乱らしい混乱もなしに、召喚獣たちは討ち倒され、特務隊のゴブリンガールたちも撤退していく。
「ゴブリンたちが約束を破ったぞ! 全軍、戦闘用意!!」
小賢しい浅知恵を看破し、圧倒的な武威で叩きのめす。そういうシナリオが彼らの中にはできていたの
であろう。だが、
「どけどけぇっ! 陥陣営、ロイタールのお通りだーーーっ! うぉっ!?」
最前衛のゴブリンらを蹴散らすロイタールの無敵の突撃を止める者がいた。彼の白馬が、片手で
頭を抑えられ、止められている。
「もらったぁーーーっ!」
さらに、ホーニングが側面から突撃するも、これも片手で止められる。
「なんだ!?」「両都尉が止められるだと」「おい、あの面は」「ああ、聞いたことがある」
「しかと見よ、人の子らよ。我こそは、ルルニーガ!」
二頭の駿馬を地面に叩きつけ、二騎の騎士を落馬させる。
「フェリル党が洞主、チルクの先槍である!」
遠心力をつけて振るわれた豪腕が、防御に出した槍をひしゃげつつ、ロイタールの首を
もぎとる。騎士の誇りはどこへやら、ホーニングは脱兎のごとく逃げ去る。
その一瞬のできごとに、その場の人間たちは唖然としていた。土の賢者さえも。
そして、土の賢者の最後の時が近づいてきた。
「なに、貴様、どこから!?」
チルク。ベヒーモスの腹のしたに掴まって騎士団本陣奥深く侵入していた。
小高い岡の上で、高らかにその名を呼ぶとともに、溢れ出す魔力がその場にいる全ての
目を釘付けにした。


            「マクラヌス!」


その日、ゴブリンは人間に勝利した。

338名無しさん:2010/07/13(火) 21:14:13 ID:???
おお、よい。

339名無しさん:2010/07/13(火) 21:41:23 ID:???
>>332-335
最も時間がかかったと見ても、4時間やそこらで此れが書けるだと…。

340名無しさん:2010/07/13(火) 21:56:27 ID:???
熱い、熱すぎるぞおい!乙!

ゴート「え?僕たち悪役?」

341名無しさん:2010/07/13(火) 22:02:28 ID:???
細かいがロイタールはアルナス・ウルスのヒオットに殺されている。
そしてクックリーの省かれっぷりに泣いた。

342名無しさん:2010/07/13(火) 22:30:07 ID:???
あっさりやられすぎな気もするけど、ルルニーガの襲撃により戦死のほうが展開としては自然でいいね。

343325-の人:2010/07/14(水) 01:12:30 ID:???
お風呂入ってスレ見たら素晴らしいの書いてもらってたでゴザル。
うれしすぎるからスレチな気がするのも気にせずにさらなる妄想を書いたでござる。

厨二過ぎる嫌いはあるけどね。

344その1:2010/07/14(水) 01:13:38 ID:???
チルクあったその後。ゴート軍の進軍辺り。


「殿下、フェリル城が見えてまいりました。」
先行していた部隊が戻り、進軍部隊の中心部にいる青年へと報告する。
目的地であるフェリルの城は、夕暮れの中で悠然と佇んでいる。
しかし、よくよく見てみればその壁は所々崩れているのが見て取れる。
「ああ、そのようだな。」
レオーム家ルートガルト王嫡子、ゴ−トⅢ世である。
「道中に敵の姿は無し。罠らしきものも見当たりません。」
「よし、このまま進もう。疲れているだろうが、皆に伝えてくれ。」
「はっ!」
兵士達はそれぞれ分かれ他の部隊へと出発の号令を飛ばしてゆく。
「ゴブリン共、流石に怖がって穴蔵へと逃げ帰りましたか。」
ゴートの後ろに控えていた元フェリル総督府武官、テステヌが発言する。
彼はゴブリン達の突然の襲撃で城を守れなかった事をいまだ悔やみ、
同時に彼をそうさせたゴブリンに憎しみにも近い感情を持っていた。
「テステヌ、それはわからんぞ。もしかしたら何か考えがあるのかもしれない。」
テステヌを諌めたのは彼の友人、マクセン。ホアタに住む狩人達のまとめ役である。
「フン、奴らにそんな知能があるものか。所詮ただの獣ではないか。」
テステヌとしては恥をかかされたゴブリンを認めたくないようである。
押し問答を続けていると、力を抑えた風の魔法が飛んできた。
「うわっ」
「うおっ」
「おふた方とも。言い争いなら外でしてくだされ。殿下の目前でございますよ。」
カツカツと杖をつきながら現れたのはドルス。ゴートの側近にして教育係でもある。
今回の作戦を出したのは他でもない、このドルスである。
一度ホアタの南にある平原への侵攻を止め、全軍を二つに分けての2重攻撃を出した。
先発は将軍フィーザレスが行い、戦闘よりも壁の破壊を重点に置いている。
補修が完了する前に、夕暮れにかかる山の影に紛れてゴート率いる部隊を進軍させて
占拠する目的だ。
「何より、皆もうすでに出発の準備が出来ている様子ですぞ。
おふた方も配置についてはいかがか。」
ドルスの言葉を聞いて、二人は慌てて己が指揮する部隊へと戻っていった。
「さて殿下。号令をお願いいたします。」
「うむ。」
ゴートは言葉を受け、進軍準備を終えた兵士達の前に立った。
「皆よく聞け。我々はこれよりゴブリン達に奪われたフェリル城を奪還する。ゴブリン達も、
城を奪われないために激しい抵抗をするだろう。しかし恐れるな!長く我々を退けていた
城壁はすでに先発の部隊によって崩れている!奴らは碌に守る事も出来ないだろう。
勝利は我等が手の内にある!」
兵士達から大きく声が上がる。今まで辛酸を舐めさせられてきたゴブリンの血を待ちわびているのだ。
「それでは行くぞ!総員進軍開始!」
ゴートの号令を受け、それぞれが動き出す。
目指すはフェリル城。フェリル掌握の要である。

345その1:2010/07/14(水) 01:14:38 ID:???
「へ、来やがった。」
夕日差し込むフェリル城の一室。バルバッタはゆっくりと登ってくる大軍を見て笑った。
城の中には彼一人。他の皆が既に裏側から脱出してからそれなりの時間がたっている。
ここで少しだけでも足止めすれば戦闘に巻き込まれる心配はなくなるだろう。
今まで彼を支えていたマクラヌスは手元にはない。彼が信じた持つべき男へと既に託してある。
現在、マクラヌスを入れていた袋には昔ポイトライトに貰った煙玉が幾つか入っているのみである。
目を凝らして進み来る脅威を見ると、中に見知った顔が幾つかある。
フェリル党結成前、人里に強奪に下りる度に邪魔をしてきたタフな男
――たしかダルカンと言ったか――、それに城を奪ったときに居た武官と思わしき男もいる。
バルバッタは倉庫に一つだけ残っていた酒瓶を震える手で飲み干し、階段を下りた。
「上に立つならば下の者を守れ。それが上に立つものの勤めと知れ。」
口から出たのは、反発しながらも尊敬してやまない賢者の言葉。
「上に立つものは率先して逃げてはならぬ。仲間の無事を確保するために出来うる最善の手を考えよ。」
いたずらをしては何度も殴られた、フェリルの竜王の言葉。
小さな時から聞いていた、二人の偉大なるゴブリンの話。反発し、反抗してはいたものの
バルバッタは彼らが好きだった。
「ヒャハッ!二人の授業、ろくに聞いていなかったはずだが…なんだ覚えてるもんじゃねぇか。」
剣を抜き放ち、鞘を捨てる。もう鞘を使うことはないだろうとの判断からだ。
「さて、フェリル党洞主バルバッタ。ゴブリン1の大うつけと呼ばれたこの俺様の、
一世一代の晴れ舞台だ!」
そう叫び、バルバッタは城門を開け放った。

346その3:2010/07/14(水) 01:15:07 ID:???
「あれは…?」
城まであと少しという所で、フェリル城の門が開いた。
ゴートが目を凝らすと一匹のゴブリンが突っ込んでくるところだった。
「ヒィィィィイイイイイイヤッハァァアアアーーー!」
たった一匹、凄い速度で突っ込んでくる。しかし幾ら辺りを見回しても仲間と思わしき者はいない。
兵士達も驚愕して周りを見回している。何しろ群れで行動するはずのゴブリンが単騎で突っ込んで
くるのだ。周りのどこかにいると考えてもおかしくはないだろう。
軽い混乱を起こしているうちに、バルバッタが投げた岩が二人の兵士の頭を打ち据えた。
一人は当たり所が悪かったらしく、即死している。
「あ、あのクソゴブリン!ぶっ殺してやる!」
兵士達はいきり立ち、バルバッタへと向かって行く。バルバッタはそれを見て、岩を投げつつ走り回る。
しかし、山地荒野で生活してきたゴブリンに、鎧を着込んだ兵士では到底追いつけるものではない。
「弓兵隊!足を止めろ!」」
兵士達が追いつけないのを見て、ゴートはすぐさま弓兵達へと指示を飛ばす。
「委細承知!総員構え!」
マクセンの指示で弓兵が矢をつがえ、引き絞る。
「目標…って、あいつしかいないわな。よおく狙えよ狩人共。…射て!」
多くの矢が鋭い音を立て、バルバッタ目掛け飛んでゆく。
しかしバルバッタは岩場を使って迫る矢から身を隠す。
「第一射、はずれました!」
「慌てなさんな。第二射、構え!……射て!」
「駄目です!当たりません!ぐわ!?」
前に進んでいた弓兵を、飛んできた岩が打ち据える。バルバッタが高所から投げた岩だ。
実際、バルバッタにはまだ一発も矢は当たっていない。
追い詰めるどころか、いきり立って追って来た先行しすぎた兵士を一人一人確実に倒してさえいる。
「なにしている!敵はたかがゴブリン一匹だぞ!」
テステヌが大きな声を上げる。しかし、それでも兵士は追いつく事さえ適わない。
バルバッタ自身の剣の腕は、実はそこまで高くない。では何故ここまでうまく戦っているのか。
答えは今まで使ってきたマクラヌスにあった。マクラヌスにはドレインの能力が備わっていた。
これを浴びた兵士達の力を今までバルバッタは吸収しつづけていた。その為、普通では考えられない程の
レベルにまで短期間でバルバッタは到達している。
「ヒィヤァッハッハァ!おらおら俺様はここだぞ汚物ども!しっかり追っかけてきやがれ!
ちんたら歩いてブタより遅ぇんだよこのトンマ!ケツにウンコでも詰まったのか?ああ!?」
バルバッタの挑発に兵士達はますますいきり立ち、追いつけない鬼ごっこを続けるのだった。

347その4:2010/07/14(水) 01:15:37 ID:???
「あのゴブリン、手ごわいな。」
先行したテステヌ達の後方で、ゴートとドルスはじっと戦況を見ていた。
「地形を把握しきっているようですな。なにより山場で走りなれておりまする。あれでは一般兵どこ
ろか弓も当たらんでしょう。あの小汚い挑発も勿論意図してのものでしょうな。」
ドルスも感心した様子でバルバッタを見ている。しかし、焦燥感もなく、余裕の表情である。
「何かいい策はないか?ドルス。」
「枝をへし折るより簡単な事でございますよ。あのゴブリンの進む方向に先んじて兵士達を配置して
ゆけばよいのです。
しかし、気をつけなければ成らないのはあのゴブリンが持っていたあの宝玉の力ですな。」
宝玉、という言葉にゴートは顔を顰めた。
今までの戦いで魔法を使おうとしたときに放たれた宝玉の力でゴートの魔力を根こそぎ奪われた事を
思い出したのだ。麻痺して行動不能になった兵士も多数出た。おかげで何度も退く事になったのだ。
「あれをつかわれる前に決着をつけねばなりませぬな。城の整備の時間もありますゆえ。」
「そうだな…ダルカン!」
「はっ。」
呼ばれてきたのは大柄な男。担いだ巨斧をものともせずに、素早い速度でやってくる。
「兵士を20預ける。あのゴブリンの退路をふさいでくれ。」
「承知いたしました。すぐに止めてみせましょう。」
ダルカンはそういうと、兵士達を置いて山を駆け上っていった。
「…困ったお人ですな。」
「…そうだね。」
ゴートとドルスがそんなやり取りをしている時、バルバッタは山の中腹で岩に腰掛けて兵士を見下ろし、
肩で大きく息をしながらヒャッハハハと笑っていた。
勝つは無理でも疲弊を誘う。
これがバルバッタの作戦だった。全力疾走を繰り返した為に、バルバッタの足も大分ガタ付いてきている。
「大分、兵士が疲れてきてやがるな。この調子なら追撃部隊を出す事もネェだろうな。」
そろそろ頃合かと退こうとした矢先、目の前に大きな斧が振り下ろされた。
「ヒャヒッ!?」
かろうじてかわすバルバッタ。大きく跳んで距離を取る。
「よーバルバッタ、ただのコソドロだったくせに今のをかわすたぁ随分と元気がいいじゃねぇか。」
地面にめり込んだ大きな斧を片手で担ぐ男。フェリルの兵士、ダルカンだ。
先ほどまで腰掛けていた岩が冗談かと思うほどに粉砕されている。
「王子様からの命令でね、しばし足止めさせてもらうぜ?」
そういって突っ込んできたダルカンの攻撃を、バルバッタは剣でなんとかいなしてゆく。
「ハァッハァアア!随分とまぁ上達してんじゃねぇか。面白ぇ、どこまでやれるか試してやるよ!」
勢いを増すのダルカンの猛攻に、バルバッタは逃げる余裕さえ失っていた。

348その5:2010/07/14(水) 01:16:25 ID:???
バルバッタにとって永劫とも思えるほど長い時間が過ぎ、互いの武器がはじき飛んだときには
すでにバルバッタは包囲され、剣を突きつけられていた。
肩で大きく息をしながらダルカンはにやりと笑う。
「楽しかったぜ、バルバッタ。しかしもう仕舞いだ。投降しな。なぁに、殿下は優しい方だ。
投降すれば殺しはしないだろうよ。」
ダルカンの言葉に追いついたテステヌが怒りだした。
「投降すれば許すだと!?こんな獣を生かす理由など無い!一体どれだけの兵がコイツに殺されたと
思ってる!第一、コイツがいたからフェリルの平和は崩れたんだぞ!?」
テステヌの怒声に、笑い声が起きた。バルバッタが傷だらけの身体のままに笑っていた。
「ヒャハッハッハ…何がフェリルの平和は崩された、だ。んじゃあゴブリンの平和は何処にある?
人間が来る前のフェリルは平和で無かったとでも言うのか?ゴブリンの平穏を奪った人間が平和とは
笑わせんなよ。」
「こいつ…!」
「止さぬか!」
テステヌが切りかかろうとした瞬間。鋭い静止の声が飛んだ。
「で…殿下!」
現れたゴートに周りの兵士達が姿勢を正す。
ゴートはまず足止めに成功したダルカンを褒め、バルバッタの方を向いた。
「単騎でありながら、凄い戦いぶりだった。戦略的にはこちらの完敗だ。君は誰何だい?」
「…ヒャハッ!人に尋ねる前に名乗れって習わなかったのかい、坊や?」
バルバッタの言葉に兵士達が剣で突こうとするが、ゴートは片手でそれを制す。
「失礼した。私はレオーム朝ルートガルド王トライトⅤ世が嫡子、ゴート三世だ。」
ゴブリン相手にも礼儀を正して、挨拶をするゴートに兵士達が信じられないといった表情をする。
「ヒャハッ。そうかあんたがルートガルトが落ち延びたっていうボンボンか。
俺ぁフェリル党の洞主、バルバッタだ。」
バルバッタの言葉に兵士達は驚愕した。てっきり捨て駒として使われた一般兵だと思っていた相手が
相手の対象とは誰も思っていなかったのである。
「そうか、君が…。他の仲間はどうしたんだ?」
「とっくの昔に逃げ出して体勢を整えてるだろうよ!お前らはまんまとおちょくられて時間を稼がれたって
訳さ、ヒャッハッハ!」
「…なるほど、まんまとしてやられたって訳だ。しかしわからないな。どうして洞主が囮なんてしたんだ?
部下に任せられなかったのか?」
「ハッ!上に立つものは下の者達を守る義務がある!率先して逃げる奴ぁ上に立つ資格なんざねぇんだよ。」
いきり立つ兵士達を制したまま、ゴートは真剣な表情でバルバッタを見つめていた。
かつてムクガイヤが反旗を翻した際、ゴートはドルスとフィーザレスに連れてかれ、ルーニック島まで脱出した。
その為、バルバッタの言葉はゴートの心に深く突き刺さったのだ。

349その6:2010/07/14(水) 01:17:56 ID:???
ゴートが何か悟ったような表情をし、兵士達がそちらに気を取られた瞬間を逃さず、
バルバッタは隠し持っていた煙玉を地面へとたたきつけた。
辺りは煙で充満し、視界全て遮られた。混乱した兵士達が何事かと慌てている。
「ヒィャッハァー!」
バルバッタは自分に向けられた剣が突き刺さるのもお構い無しにゴートに向かって突進する。
ゴートの後ろからエアカッターが飛びバルバッタの腕が切り飛ばされ、ゴートの剣が胴体深く突き刺さった。
それでも前に進もうとするが、テステヌが足を切り飛ばして倒れた。
「…どうして、こんな事を?」
「お前が死ねば…リオームの軍勢は維持出来ないだろ。そうすりゃ俺達の悲願が…大フェリルが作れるからな…」
「大フェリル?」
「人間に脅かされる事も無く…ガキ共が餓えて死ぬ事も無く…寒さに凍える事も無く……農耕をして…
少ない食料を仲間内で奪い合う事も無く……皆が笑って過ごせる……そんな楽園を…」
もはやバルバッタの目は虚ろで、何も見えていなかった。
「約束を……チルクが、指導できる……平和好きな…あいつを…王に…」
呼吸は次第に荒くなり、鼻先も乾いてゆく。
バルバッタは残った腕を掲げ、最後に叫ぶ。
「俺は、バルバッタ…フェリル党の洞主。…仲間が平和に暮らせる世界を…任せた…自慢の義弟よ…!」
力を失った腕は地面に落ち、見開かれた目から光が消えた。
死んだバルバッタの身体を怒りのままに切り刻もうとする兵士達をゴートは止め、丁重に弔うように告げた。
「ゴブリンといえども、彼はまさしく王だった。王たるものを、侮辱するな。」
そう言って、ゴートは剣を引き抜きダルカンを護衛に連れて立ち去った。

「やれやれ、殿下はまだ優しすぎますな。」
ゴートが去って、ドルスはテステヌにため息ついでに話しかけた。
煙が充満する中で的確にエアカッターを飛ばしたのは他ならぬドルスである。
「あぁその死骸ですが、切り刻むなり何なりお好きにしなされ。そうでもせんと兵士達の気も収まらんでしょう。
何。殿下には丁重に葬ったと伝えるゆえ安心なされ。」
その言葉を聞いて、兵士達がわっと群がりバルバッタを死体を切り刻み、踏み潰してゆく。
ある者は笑いながら、ある者は泣きながら、怒りながらのその光景の中に、テステヌの姿もあった。
ドルスはその光景にちらりと目を向けただけでゴートが去ったほうへ歩いてゆく。
「人間も悪魔もゴブリンも、一皮むけば地獄の鬼が住んでおる。しかし殿下がそれを知るのはもっと先の方がいいの。」
こうしてバルバッタの戦いは終わった。奇しくもまだ体力のあった兵達も死体潰しに体力と時間を割いていた為、
追撃部隊が編成される事は完全に避けられた。計らずもバルバッタは自分の全身を以って仲間を助けた事となったのだった。

350名無しさん:2010/07/14(水) 02:36:50 ID:???
テステヌは・・マクセンの話と比べると性格が違いすぎる。
ドルスも現実主義とはいえファンタジーにしてはやりすぎなのは残念。ゴートは素晴らしい表現が出来ている。

素晴らしい文章GJ!批判言ってしまってすまなかった。

351350:2010/07/14(水) 02:46:30 ID:???
後、長文すぎる長文はまとめて小物入れ1辺りに投稿した方が良いと思う。
もしくはSSスレでも建てるか。

352名無しさん:2010/07/14(水) 04:32:41 ID:???
>>350
ドルスに関しては綺麗事に走るタイプの為政者の腹心として正当な黒さだと思うけどねぇ

353名無しさん:2010/07/14(水) 06:01:26 ID:???
テステヌ「なぜだっ!!最近の流れで、どんどん私のキャラがバカで悪人な男に
      なってしまってるではないか!」
マクセン「俺はそのクールななだめ役・・・っと、プッ」
テステヌ「『プッ』じゃねぇええええ!! おのれぇ、ゴブリンなぞこの前キュラサイトから
      習ったファイアで焼きちゅくしてくれるぅううう!!!!」
しかし、テステヌのMPは0であった。ざんねん! テステヌはゴブリンに負けてしまった。

354書いた馬鹿:2010/07/14(水) 09:37:16 ID:???
>>350
テス「私に関しては書き手もどうしてこうなったと頭を抱えていたようだ。」

ドルス「私に関しては最近書き手の好物な腹黒キャラ性質が立っていたから完全に趣味に走ったようですな。」

批判上等むしろプリーズ。書いてて思ったのはやっぱバルバッタが頭良すぎた。馬鹿なのに性格がイケメンにしたかったのに…
イメージ的には初代ペルソナの上杉みたいなノリ。


>>351
チルク「最初は『僕の話をする時だけ真面目な顔になるバルバッタに不覚にもうっかりときめいちゃったフーリエン』とかいう頭の悪い短い話を書こうとしてたみたい。長文癖という悪い癖が出たみたいだけどね。あと追加書いてもらって嬉しくて暴走してたみたい。」
バル「酒とレポート締め切りからの現実逃避もあるみたいだがな!ヒャッハー!」

>>352
ドルス「世界を光で満たさんとすればするほど、闇は限りなく深く暗く淀む物ですからな。ほっほ。」

>>353
テス「信じられるか?最初私はクールなキャラで書こうとしてたらしいぞ。」
マク「むしろ俺の方が蓮っ葉な性格だったんだぜ?」

そして使えもしないファイアを連打してるテステヌ想像して萌えた。

355名無しさん:2010/07/14(水) 12:01:18 ID:???
実はムクガイヤ、ラクタイナを裏で操っていたのはドルス。
で、最終的には
レオームvsドルス・パクハイトの決戦。で345氏のセリフ。
「世界を光で満たさんとすればするほど、闇は限りなく深く暗く淀む物ですからな。ほっほ。」
まんまラスボス(ry

356名無しさん:2010/07/14(水) 12:26:10 ID:???
ラクタイナは秘宝マクラヌスをゲットするためにフェリル島へやってきた。
だが、ゴート軍にいる老魔導師の姿を見たその瞬間、それを断念した。
ラクタイナ「そうだ。オルジンのせいにしよう。そうしよう」
仕方なく、ラクタイナはナース島へ向かったのであった。

357名無しさん:2010/07/14(水) 18:27:20 ID:???
>>355
ドルスがスターウォーズのパルパティーン議長に見えてきたw

358名無しさん:2010/07/14(水) 19:06:28 ID:???
チルクはバルバッタにレイプにされている。かわいそす(´・ω:;.:...

359名無しさん:2010/07/14(水) 19:21:17 ID:???
ゴート=アナキン、イオナ(善)=パドメ、フィーザレス=クワイガンとか
でも出産シーンは勘弁願いたい。やっぱり俺は、萌えキャラと戯れていたい

「今年もオステア魔術火力演習、すごかったな・・・」
「 私もいつかあーんな魔法を・・・えへへ」
(ゾロゾロ・・・)
「そんな、ここにゴブリンがくることなんかないのに・・・
 ファ、ファイヤ!ファイアー!」
「ひっ、やだよ・・・いやあああ!」
(ヒュンヒュン・・・シュタシュタタタ)
「かはっ・・・何だろう・・・これ・・」
(ドサッ)テステヌは死んでしまった!

360名無しさん:2010/07/14(水) 19:33:24 ID:???
テステヌかよ。

361名無しさん:2010/07/14(水) 21:11:59 ID:???
リッチードルスとか滅茶苦茶強そうだな。

362名無しさん:2010/07/14(水) 21:39:43 ID:???
暗黒ドルス伝説

363名無しさん:2010/07/14(水) 21:46:55 ID:???
超魔王ドルスが現れた

ルーゼル「バカな!レベル4000だと!?」

364名無しさん:2010/07/14(水) 22:54:37 ID:???
ドルスがあんまり黒くなり過ぎるのも嫌だな
あくまで臣下として、主君の甘さをフォローする程度であってほしい

365名無しさん:2010/07/14(水) 23:52:22 ID:???
デフォで真っ黒だけどなあのジジイ

・・・あ。ダルカンさんで生きてやがったのかジジイ!的なロールプレイでもやるかな

366名無しさん:2010/07/15(木) 00:51:36 ID:???
デフォルトのFTなら凄く良い人だったじゃん
そういう意味じゃないか

367名無しさん:2010/07/15(木) 06:57:37 ID:???
ところで、メルトアって自分のOPではフツーにしゃべってるけど、
雇用時、戦闘時は無口キャラだよね? 手裏剣に惚れてから
ニンジャっぽく無口に努めようとしてるんだったらかわいいかも

368名無しさん:2010/07/15(木) 11:38:34 ID:???
そういえばローグ連中はまともだよな

369名無しさん:2010/07/15(木) 12:20:28 ID:???
というよりは影が薄い。ローグ中心のロイタス・ブリガードはプレイする気もおきない面子・・。

370名無しさん:2010/07/15(木) 12:34:20 ID:???
老人ホーム的な何かだなあれは

371名無しさん:2010/07/15(木) 13:21:56 ID:???
ぼちぼち性転換の時期か

372名無しさん:2010/07/15(木) 13:23:45 ID:???
ドルスさんが性転換だと・・・

373名無しさん:2010/07/15(木) 13:28:55 ID:???
銀様!

374名無しさん:2010/07/15(木) 16:04:41 ID:???
ヒューマック「問題は誰が人柱になるかだ」
シャイトック「順当に行けば頭でしょう」
シェンテ「そうそう、わしらでは元のイメージが悪すぎます」
ヒオット「ある程度イケメンでないとギャップがありすぎるからのう」
ヒュ「元は関係ないだろ。ガンターとかの例もある」
シャ「そんなキャラが固まる前の話をされても」
ヒュ「俺はやらんぞ。今更女になったって批判されるのは目に見えてるからな」
シェ「そんなこと言ったら皆同じですぜ」
ヒュ「うーむ。……元からネタっぽい奴だったら許される気もする」
ヒオ「ネタっぽい奴……」

ヒュ「おい、ヤヌーク。ちょっと髭を剃ってみろ」
ヤヌーク「カッカー?」
シャ「差し歯も入れてみましょう」
ヤヌ「カッ……もごっ」
シェ「笑い方はカッカッカじゃなくてオホホだと言っただろう!」
ヤヌ「カッ……ホッ……」
ヒオ「あとは帽子を深くかぶればごまかせるかのう?」

デオフォーム「……不憫な」

375名無しさん:2010/07/15(木) 19:52:40 ID:???
ヤヌーク「遠゛慮゛しなくていいのよ」
ロイタス一同「これはひどい」
ヤヌーク「美゛しいって罪だわ」
一同「お前の嫁だろ!なんとかしろ!」

376名無しさん:2010/07/15(木) 20:26:02 ID:???
性転換してみた
アルティナ♂「ふん…レオームの青臭い小僧が…貴様には俺の性処理便器がお似合いだ。」
ゴート「あおおーーー!」
セレン「あ、アルティナさまーーー!」

377名無しさん:2010/07/15(木) 22:25:05 ID:???
性格まで転換してる件

378名無しさん:2010/07/15(木) 23:00:14 ID:???
ナルディア「レグリス!」←殿
レグリス「なんです?お殿様?飯中なんですが」←ぐらまー
ナルディア「(相変わらず色気もへったくれもないのう)・・・戦じゃ!準備せい!」
レグリス「おっさんものんびりしてないで行こうぜ」
カリン「暇だし、しょうがない・・・」←おっさん
クルトーム「殿を待たせるでないぞ・・・」←姑
フォルゴット「あたいもいく!」←ばんそうこう

うむ、性転換してみてもいつも通り

379名無しさん:2010/07/15(木) 23:14:43 ID:???
一番下の人は属性が転換しているな。

380名無しさん:2010/07/16(金) 05:04:25 ID:???
ムク「今のレオーム朝ではいずれ国は沈む…革命よ!」
サル「流石ムクガイヤ様!私もお供させて頂きます!邪魔する奴はこの黒龍剣で吹っ飛ばしますよ!」
ヨネ「国家改革か…面白い。どうせやるなら派手に行こうぜ!闇の賢者たる俺様が魔王を召喚してやらぁ!」
ニー「ヨネア、余り派手過ぎるのどうかと思うけどなぁ…ほどほどに、な?」


…以上!以上ったら以上!

381名無しさん:2010/07/16(金) 05:52:09 ID:???
じゃあ、性転換はさせずに、

「腐敗したレオームは倒れるべくして倒れた。これより後、我が剣は世を斬る影となろう!」
「フッ、サルステーネ。王はおまえだ。知恵が必要になったら、私に言うがいい。フッ」
「ラザム抜けただけでなぜ闇の賢者呼ばわり!?まあ、いいですけど」
「えっへん、マギステルテムプリは逆創造世界の十一人の魔王を喚起するのよ!」
「この国敵大杉だろJK、ま、俺の火炎弓×3でイチコロだがな、かっかっかー」
「この国でロイタスの暗黒騎士道を完成させよう、かっかっかー」

382名無しさん:2010/07/16(金) 09:17:08 ID:???
じゃぁ色々転換SC6ヨネア
1「べっ別に貴方の理想に興味は無いんだから!私は・・・何処でも・・・いいんだからね!」
2「貴方達の理想に興味は無いわ。私は貴方さえいればいいの・・・」
3「貴方の理想に興味は無いわ。私を捨てたら殺すだけ」
4「貴方の理性に興味は無いわ。私は何時でもいいのよ♡」
5「おにいちゃんといっしょがいい!」

383名無しさん:2010/07/16(金) 14:08:18 ID:???
ゾー…いゃ、なんでもない。

ムク「後は私を倒すだけだな。」
ニースルー「俺も、死んで友人の力になる気がしたけど(ry

384名無しさん:2010/07/16(金) 15:04:40 ID:???
S5OPの出番を奪われたルグナナムの更なる強化にお怒りのゾーマ。

ゾーマ「対抗して凍てつく波動でも覚えようか・・。」

385名無しさん:2010/07/16(金) 19:07:56 ID:???
>>384
もし可能であるなら、面白そうな発想なんだけどな

386名無しさん:2010/07/16(金) 19:29:57 ID:???
じゃあ、ヒールでダメージ受けないとな。

387名無しさん:2010/07/16(金) 20:04:31 ID:???
自分でも厨っぽいとは思うけど、異界をさ迷うムクガイヤの魂をヨネアあたりが再召喚して、
後半シナifできれいなルートガルド国が再登場したら面白いんじゃないかとか思ってる。

388名無しさん:2010/07/16(金) 20:15:40 ID:???
凍てつく波動は、movetype = drop で雪の結晶を周囲に降らせて
広範囲魔吸&相殺する技だとか妄想。ちょっと便利すぎかな?

389名無しさん:2010/07/16(金) 20:25:24 ID:???
ムクガイヤ「戦争の勝ち負けで思想の正しさが証明できるほど、この世界は単純ではない。分かってはいるのだが、な。
……だが、始めた以上は、自分の手でケリはつける」

なんでこんなセリフ言わせたくなったんだろう俺

390名無しさん:2010/07/16(金) 20:26:22 ID:???
星幽ムクガイヤ「頭にかかっていたモヤが晴れたようだ。私の罪は贖えないが、この大陸のために、そして人々の為に戦おう。」
星幽サルステーネ「私は殿に付いて行くのみ…」
ヨネア「また、みんな揃ったね。」
星幽ニースルー「我が君、素晴らしい事ですわ。」

その頃リュッセルオーダーは悪魔たちとラクタイナとムクガイヤの抜け殻に挟まれていた。闇の勢力に吸血魔道では活躍の場はなかった。

391名無しさん:2010/07/16(金) 20:50:22 ID:???
>>389
バルバッタ「圧倒的な軍事力を発動する!」

392名無しさん:2010/07/16(金) 21:02:38 ID:???
>>389
>>391
ロザイナ「もしも私が本当に翼を得たというのなら、それは人材プレイで天馬騎士団を作るためだけにあるものじゃない。
降りしきる雨から、雛鳥を守るために広げる事だってできるはずなんです。例え、それがもう飛べなくなった翼であっても!」

393名無しさん:2010/07/16(金) 21:02:55 ID:???
フライヤーとムクガイヤ(ー)雰囲気は似ているな。
トリティン=t_elf3
ガーディアン教皇=ドルス的なものか。

394名無しさん:2010/07/16(金) 21:05:48 ID:???
リューネ騎士団 = イザナミ皇国
つまり
セレン = ドレイク

・・・何か違うな

395名無しさん:2010/07/16(金) 21:59:36 ID:???
セレンの顔絵って本来は海賊人材用だからあながち間違ってるともいえないだろう

>>393
ユリティンか……
ロリティンよりマシかもしれないな

396名無しさん:2010/07/16(金) 22:07:22 ID:???
>>393
むしろドルスはルードヴィヒ・ライプニッツかテオーデリヒ・ライプニッツのどっちかになるんじゃないのか 腹黒的な意味で

397名無しさん:2010/07/16(金) 22:56:42 ID:???
リューネ騎士団が大陸を統一しました!

ドルス「なんたる不協和音。これが歓声だと言うのなら、王家を讃える声が聞こえぬのはなぜじゃ」
ゴート「民は新たな英雄を求め、アルティナ殿はそれに応えたのだ」
ドルス「両雄並び立たず。だからあの時服属勧告を出しておくべきだと……」
ゴート「言うな爺。もはやリューネとの戦力差は覆し難い」
ドルス「ならばこれをお使いなされ」
ゴート「これは……アルティマイト!」
ドルス「王都攻略のため秘密裏にラクタイナと通じたのはお忘れでありますまい。
    これはその際に同盟の証に譲渡されたもの。
    ほっほっほ。切り札は最後までとっておくのが王者の嗜みですじゃ」

レオーム王家はアルティマイトを手に入れた!
レオーム王家はリューネ騎士団との同盟を破棄した!

398名無しさん:2010/07/17(土) 00:12:21 ID:???
almagestネタとは胸が熱くなる…
でもやってない人達が置いてけぼりになるから、この辺にしとこうぜ

399名無しさん:2010/07/17(土) 00:36:47 ID:???
ドルスが暗黒魔法を使えないのは何故か。

少なくともアサシン召集能力とか持ってそうだ。

400名無しさん:2010/07/17(土) 01:11:23 ID:???
>>390
もっとこじんまりとしたものを想像してたわ。
ムク・ヨネア(ニースルー憑き?)・ハイトローム・サーザイトくらいのメンバーで、
自分の不始末(リチムク)を排除するために戦う、みたいな。

401名無しさん:2010/07/17(土) 02:44:08 ID:???
魔王の消滅後・・・
カルラがアイスマンを製造していると雪原を彷徨う黒い魂がそのアイスマンに吸い込まれていった。
黒いアイスマン「ボクルーゼル。ヨロシクネ」
カルラ「このアイスマン怖いですぅ・・・」
ポートニック「黒いアイスマンなんて初めて見るだわさ。希少種だから仲間にするだわさ」

ルーゼルはアイスマンとしてよみがえった!!!

402名無しさん:2010/07/17(土) 03:33:53 ID:???
殺人鬼が雪ダルマになって蘇るっていうB級ホラーを思い出したw

403名無しさん:2010/07/17(土) 07:57:08 ID:???
>>325-349

すばらしい小説です!

404名無しさん:2010/07/17(土) 08:58:22 ID:???
「マーイマザキルミー、マイブラザイーティンミー」
「ぴっきがっぱボーン、アンベリデリデーム、アンダーダコー」
「できたですぅ。これで、カルラのお友達が一万人突破ですぅ」「カルラの作るアイスマンは最高だわさ」
「ボクルーゼル。ヨロシクネ」
その数週間後、
「あいつですぅ! あいつがカルラの国を乗っ取ったですぅ!!」
「大陸平和は私が守る!」「あれは、魔王ルーゼル……と同じ波動の雪だるまですか?」
「ボクルーゼル。ヨロシクネ」   ...To be continued to "light and dark”

405名無しさん:2010/07/17(土) 14:51:02 ID:???
だわさ「雪だるまが動き出すのは、雪の精霊が死んでしまった子供の魂を助ける為にせめて冬の間だけでも遊ばせようとするから、と昔からいうのだわさ。
深く静かに降り続ける雪は、さながら子供の死を悼む世界の涙と言えるのだわさ…。」
ピヨン「ボクピヨン、ヨロシクネ。」
カルラ「…とてもそうは見えないですぅ。」

アイスマン「ボクバルバッタ、ヨロシクネ。…ヒャッハー(ボソッ)」

だわさ
カルラ 「「「!!?」」」
ピヨン

406名無しさん:2010/07/17(土) 15:28:21 ID:???
耐性がアイスマンだからなまじ魔王だった時より強かったりして

407名無しさん:2010/07/17(土) 15:29:59 ID:???
ラクタイナ「アイスマンたちはわしが育てた」

408名無しさん:2010/07/17(土) 17:41:05 ID:???
光闇にて、ホルスとミシディシが相互同盟を画策するも、
リューネ騎士団のエルフ達がローニトークとの共闘を嫌がったり
アルティマイトの復活を止められなかったオルジンを、イオナが無能呼ばわりしたり
挙げ句ヒュンターがここの百合は若さが足りないとか言い出して、結局駄目になるイベント見たい。

409名無しさん:2010/07/17(土) 18:32:15 ID:???
俺の中でのヒュンターはいい意味でも悪い意味でもどこまでも紳士なんだが…
お前らの中ではどうなんだ?

410名無しさん:2010/07/17(土) 18:38:55 ID:???
普段はアレだけど、何か最後の最後に真面目なこと言って死んでいくっぽいキャラ。

411名無しさん:2010/07/17(土) 18:47:53 ID:???
森をぶっ潰されてほとんどのエルフが殺されている状況でまでローニトークごときのことで
共闘を渋るようではエルフは滅んだ方がいいなw 助けようとしたリューネ騎士団までそれで苦境に
陥っているというのに。イオナに罵られるオルジンは見たいけど

412名無しさん:2010/07/17(土) 19:26:34 ID:???
オルジンなら普通に耐えてくれそうだから困る

413名無しさん:2010/07/17(土) 19:42:55 ID:???
ラザムとリューネの共闘交渉、だが>>408な理由で遅々として進まない。
対死霊に対してはホルスのラグラントゥー、イオナのレクイエムが圧倒的に有効である以上
イニシアチブはラザム側に…そんな折、イオナ(悪)の提案
イオナ「セレンさま、あなたが私に身体を一晩預けるというのならば、おうけいたしましょう。」
ルオンナル「そ、そんな条件!!!」
セレン「わかった・・・それでいいのなら・・・」
ルオンナル「セレン!!」
セレン「いいんだ、ルオンナル。わたしの身体ひとつでラザムが手を組んでくれるというのなら・・・
    アルティナ様だって、きっとこうするはずだ・・・」
イオナ「そう、それでいいのですよ・・・」


ヒュンター「と、いう展開はさすがに無理が・・・」
ホルス「いいや、無理はない!奴ならこうする!きっとこうするはずだ!さあ、もっと筆を進めるんだ!」

414名無しさん:2010/07/17(土) 19:50:33 ID:???
イオナ「ホ〜〜〜ル〜〜〜ス〜〜〜〜〜。」
ホルス「げぇ、イオナ!」
ヒュンター逃走

415名無しさん:2010/07/17(土) 19:59:54 ID:???
ルートガルトのコミケ

・鬼畜王モノ
・ルグナナム「夜の火竜剣」
・アンデッドの傀儡と化した竜騎士たちに陵辱されるセレン
・ヨネア×ニースルー(ニースルー×ヨネア派と血みどろの抗争中)
・魔王軍に蹂躙されるグリーン
・真説ラファエルの死因
・セレン×アルティナ
・一般ナイト「さっすがロイタール様、話が分かるぅ」
・スネア×メーヤ
・性転換モノ(主にオーティ)
・悪イオナに陵辱されるローニトーク
・ホルスと悪イオナとローニトークの3P
・レグリス「裸になれば姫様を・・・・」
・ローイスの男たちの夏
・ムク×サル「お主とがっぷり4つに・・・・」
・ファルシス騎士団「夜の連続突撃」

416名無しさん:2010/07/17(土) 20:18:22 ID:???
「夜の」ってつければなんでもいかがわしくなるだろw

>真説ラファエルの死因
本当にあるらしいな。大部分の変態物品に混じってるニッチすぎる研究本

417名無しさん:2010/07/17(土) 20:20:22 ID:???
ラザムとリューネの共闘交渉、だが>>408な理由で遅々として進まない。
特に敵前逃亡という重罪をしでかしたローニトークへの糾弾は高く
ホーリートーン「こんな臆病者と弓を並べることなどできぬ!」
エルフィス「ホーリートーン…彼女とてなにも逃げたくて…!」
ローニトーク「あ、あの・・・その・・・わ、わたしのしたことはとても許されることじゃないのは
        わかってるの・・・だから・・・」
エルフィスの方に向け背中を向け、四つんばいになり
ローニトーク「いけない私のお尻を・・・叩いてください・・・!」
エルフィス「ローニトークさん・・・」


ヒュンター「かくて隔たれた百合は紅い紅葉の絆となりて、再びその華を・・・」

418名無しさん:2010/07/17(土) 20:50:17 ID:???
>>415
ルグナナム「おいちょっと待て!何で俺をネタにした本が出ているんだ!」
ドラスティーナ「ちんけな貴方にピッタリの話だったのだわ。本の内容が本当かどうか確かめさせなさい」

みたいな感じになりませんか、いやなりませんねごめんなさいごめんなさいああドラゴン召還しないでやめて

419名無しさん:2010/07/17(土) 20:57:08 ID:???
オーティ「セレン!この竜に乗り生きろ!」
オーティ「ヒュンターの紳士は、一つだけ良いことを言った!」
オーティ「貴様は百合だ、セレン!美しく○○を貫けい!」

セレン「オ゛ーティ゛!」

良く考えても良いこといってないわ

420名無しさん:2010/07/17(土) 21:45:37 ID:???
>>415
ラムソン「今宵はムクガイアの閨(*1)に突撃だ!続け!皆の者!」
騎士男員79人「おーっ!」
騎士男員79人「ナアッース水軍なんぞに先を越されるな!」
騎士男員79人「我こそ一番マグナムだ!」

*1閨は主に婦人の寝室を指して使われます。つまり受k

421名無しさん:2010/07/18(日) 10:24:14 ID:???
「ムクガイヤ、いるか。む?」
集会場にやや乱暴に入ってくる少年がいた。この少年にしてはこの様子は珍しい。
その正体が知れると、周囲にて論争していた者たちは一斉に向き直り、畏まった
様になる。ムクガイヤの元にこれほどの識者、将官らが集まるのか? この場に
初めて踏み入った者は必ずそう思う。この少年もそうであった。
「なんだ、皇太子殿」
大理石のチェス盤を挟んで銀髪の老人と対局する男は粗野にこう答えた。
多少戸惑いながらも、ゴート皇太子はムクガイヤの元へと詰め寄る。
「こんなところで油を売っていたのか」
「先王の崩御に伴い、西殿八賢士の役職は消えた。俺にこの都を去れというそうだ」
相変わらず、理解し難いことを言うこの人物に軽くめまいを覚える。
だが、かまわず、皇太子は用件を告げた。
「レオームの威光を取り戻すために、この王都で、馬揃えをする。大陸中の
 勇士らが、このゴートの一声で集うのだ。その中心に立つ私の威光の前に、
 各地で叛乱を企てた諸侯もひれ伏す。貴様、この天下の一大機運にこの地を去ると申すか!」
カンッ、チェスの駒を進める音が両者の沈黙の中に響く。熱弁を振るうゴートを一瞥
すらしないムクガイヤの態度に、周囲の者たちは不安を隠せない。
「ゴート。その中には、北のルーゼルもいるのか?」
「もちろんだ。ハルト侯だからな」
一瞬の沈黙の後、静かな佇まいのムクガイヤからオーラのようなものが発せられた。
「この混乱の中心より離れている地の利、まだ我らが対峙したこともない勇猛で鳴る
 魔族軍団の人の利。そして……」
ここに来て、ムクガイヤはゴートの方へ振り向き、なぜか嬉しそうに、
「天の利まで与えた者がここにいる!」
その言葉と迫力に気おされて、短い悲鳴のようなものを上げながら、ゴートは後ずさる。
「ゴート。二歩下がれば名が泣くぞ」
ゴート三世、一歩下がって身動きとれず。

422名無しさん:2010/07/18(日) 10:51:23 ID:???
ゼグス「おなごを戦場にだすとは!」
ウォーラック「不甲斐無き男どもよ。見下げ果てたやつばらではある」

一般ドワーフ(カルラたんとちゅっちゅしたいよー)

423名無しさん:2010/07/18(日) 11:36:07 ID:???
>>421
三国志の曹操とえんしょうか
懐かしい

424名無しさん:2010/07/18(日) 19:13:52 ID:???
むしろムクガイヤは純粋すぎるゴートが好きで、
王としてでなく普通の生活をして貰いたかったから…とか妄想。

そしてドルスにまんまと担ぎ出されるゴート。

425名無しさん:2010/07/18(日) 19:42:40 ID:???
ムク「ドルス様、ネルザーンの防衛についてご相談があるのですが……
   お留守か。また来ると……む、この本は」
『転生秘術之書』
ムク「…………(クーデターを)やるしかねえ」

426名無しさん:2010/07/18(日) 20:35:10 ID:???
ルーネン「宿敵ながらも愛し続けるゴート×ムクガイヤ・・良いかも。」

427名無しさん:2010/07/18(日) 21:05:23 ID:???
ヒュンター「ルーネンさんはそればっかですねえ。」

428名無しさん:2010/07/18(日) 21:12:23 ID:???
エルアート「(こやつはあいかわらずじゃのう)」

429名無しさん:2010/07/18(日) 21:58:37 ID:???
マタナ「あばよ!」

430名無しさん:2010/07/18(日) 22:05:11 ID:???
喪男「グリーン蹂躙、胸が熱くなるな・・・!」

431名無しさん:2010/07/18(日) 22:06:14 ID:???
OPにて

サル「サルスーテネ、只今戻りました。」
ムク「うむ。して首尾は?(はぁ〜ここがゴートの坊やが座ってた玉座…ハァハァ)」
サル「申し訳ありません。肝心のゴートを取り逃してしまいました。
   彼奴らはオステア港からルーニック島に逃れたようです。」
ムク「そうか…。まあよい。(というか俺のゴート殺すとか許さん。)
   レオーム家はすでに求心力を失っていた。
   あの小わっぱに国内の豪族達を集結させることはできまい。
   (出来たら捕まえて従僕にしたい。
    もしくは娘作って結婚させて義父さんって呼ばせたい。)」

ただの変態だコレ。

432名無しさん:2010/07/18(日) 23:06:05 ID:???
反乱を起こしたはいいものの、人材不足でなかなかハルト国を攻めきれないムナード党
南ではリチムクやダークエルフが着々と勢力を拡大していた
現状を打破するためムナード自ら人材探索に乗り出し、リッチーの二人組を発見、スカウトを試みる

ム「(彼女らは確か・・・片方はどうぶつしょうぎとかいうのが好きで、もう片方はベビーカステラが好きだったな)やあお譲ちゃんたち。我々に協力してくれたなら、お兄さんがどうぶつしょうぎで遊んであげるぞ。それとベビーカステラも好きなだけ食べさせてあげよう。」
ポポイロイト「えーマジどうぶつしょうぎぃ?」
レドザイト「どうぶつしょうぎが許されるのは小学生までだよねー」
ポポイロイト「ポポーイ」
レドザイト「キャハハハハ!」
ム「?!」

433名無しさん:2010/07/18(日) 23:14:37 ID:???
ムナード「マスター、居るか」
ゾーマ「……飽きもせず来たか。まぁ座れ」シャカシャカシャカシャカ

434名無しさん:2010/07/18(日) 23:27:07 ID:???
ムナード「む・・・あれはパルスザン!それにあの時のロリども!」
パルスザン「どうぶつしょうぎは好きかな?ああ、ベビーカステラも用意してあるぞ。」
ムナード「プー!あいつもキャハ(ryって馬鹿にされるに違いない!ざまぁwww」
レドサイド「いいよー!あそぼー!」
ポポイロイト「おいしー!」
喪ナード「え?」

435名無しさん:2010/07/18(日) 23:41:26 ID:???
ムナード「マスター、居るか」
ゾーマ「……あぁ、居るさ。いつでもな。」シャカシャカシャカシャカ

436名無しさん:2010/07/19(月) 00:25:50 ID:???
ゾーマもイオナかオステア、ネタ的にロイタス辺りに仕官してれば良かったのに。

437名無しさん:2010/07/19(月) 00:29:39 ID:???
ムナード「ええい、他に優秀な人材がいないのかぁ!!」

レオナール「俺が。」
ゾーマ「私も。」

438名無しさん:2010/07/19(月) 00:54:12 ID:???
真面目にムナード陣営にとっては2人ともキラー人材だな。
まぁ人間ならみんなそうだが…。

439名無しさん:2010/07/19(月) 01:08:45 ID:???
ハルト国にヨネアで、ムナード党にゾーマか・・・格差を感じる。

440名無しさん:2010/07/19(月) 01:15:06 ID:???
喪ナード、ゾーマ、レオナール
「我ら三人、姓は違えども兄弟の契りを結びしからは、心を同じくして助け合い、
困窮する男たちを救わん。」

441名無しさん:2010/07/19(月) 01:44:36 ID:???
悪魔達に包囲され陥落寸前のグリーン。少女達の運命やいかに。

魔王軍
 魔王「小娘、殺されたくなかったらさっさと投降しろ」
 カルラ「虐めないで下さいですぅ・・(暴力的な人、もっと虐めて下さいですぅ)」

ハルト国
 パルス「貴女達に危害は加える意図はありません」
 ポトニ「カルラ、この男なら信用できそうだわさ」

ムナード党
 ムナード「ヒャッハー、FUCKしまくってやるぞ!!」
 カルラは自害しました。ポートニックも自害しました。
 ムナード「(´;ω;`)ブワッ」

442名無しさん:2010/07/19(月) 01:50:55 ID:???
ムナードはFUCKしようとするも情が移って結局できなさそう。

443名無しさん:2010/07/19(月) 08:34:59 ID:???
ターン。キュンッ〜!
ク「(クルクルクルクル)よくかわしたな! 流石はボスのお気に入りだ。
 (クルクルクルクル)俺はリボルバー・クルトーム。
 (クルクルクルクル)この弓はアルナスSAA、世界で最も高貴な弓だ!」

フォ「ひ、一人? 君も、オタクかい? な、仲間は僕のことをフォタコンと呼ぶよ(チビリチビリ)

「君が、神官長の姪か。男に成り済ますには無理があるな」
チッ「どうして私がわかったの?」
「君のおしりに惹かれたんだ」
「最初は目で、次はおしり、次はどこかしら?」
「この弓は女には大きすぎる。俺の煙玉を使え」
「この弓なら、6歳の時から使ってるわ。ブラジャーより付き合いが長いわ」

「スネーーーア!」
「リキッド!!」
「スネア! わらわのサングラス姿もイカスじゃろう!?」

「スネア、忘れるな。俺たちは、民族や宗教の道具じゃねぇ。
 戦うことでしか自分を表現できなかったが、いつも俺たちは
 自分自身の意思で戦ってきた!」
「レックス!」
「これが、ディープストライダーからの最後のプレゼントだ!!」

444名無しさん:2010/07/19(月) 09:26:21 ID:???
>>433
ポポーイで不覚にも

445名無しさん:2010/07/19(月) 10:03:20 ID:???
俺もポポーイ>>429でやられたぜ

446名無しさん:2010/07/19(月) 14:14:09 ID:???
お絵かきBBSのイラストを基準にするなら、スネア×メーヤも悪くない気がしてきた。

447名無しさん:2010/07/19(月) 14:27:30 ID:???
というか、だいたい誰と組み合わせても合ってしまう

448名無しさん:2010/07/19(月) 16:43:38 ID:???
ムクガイヤとゴート
ムクガイヤとドルス
フィーザレスとサルスーテネ
この3組辺りはイベントあってもいいと思ったのは俺だけだろうか。

449名無しさん:2010/07/19(月) 17:45:50 ID:???
たぶん作ったら導入してもらえると思う

450名無しさん:2010/07/19(月) 22:08:17 ID:???
真ルーゼルや目の開いてるグスタフとかIF展開みたいなのが欲しい

まぁ欠損してもあの強さ!ってのが魅力ではあるんだが

451名無しさん:2010/07/19(月) 22:39:23 ID:???
賢者など魔力の強い人材を倒した際に魔力を吸収して、
徐々に本来の力を取り戻してゆくとか。

452名無しさん:2010/07/19(月) 22:59:07 ID:???
ナチガリアのあれみたいにか
良いなそれ

453名無しさん:2010/07/19(月) 22:59:26 ID:???
ルーゼル「ハドよ。ヌイトの顕現・・・だわさ」

ムナードが反乱を決意したのはその時であったという。

454名無しさん:2010/07/19(月) 23:02:54 ID:???
>>449
作りたくても作り方がちんぷんかんぷんという阿呆です…
wikiの説明も最早何がなんだか…

455名無しさん:2010/07/19(月) 23:14:37 ID:???
>>452
選択制にして選んだ結果で派生イベントがあっても熱い・・・かも

魔力を取り戻したり、ウォーラック殺害したり非道な事をする
→魔王強化、人類同盟結成、パルス離反、勇者強化

人間寄りの選択をする
→人材獲得の機会、ムナード離反、邪神強化

456名無しさん:2010/07/19(月) 23:19:41 ID:???
>>453
ピッコロさん!?

457名無しさん:2010/07/19(月) 23:26:43 ID:???
>>453
ニューマックとフーリンが悪魔合体してデビルマン、
ムナードとレオナールが悪魔合体して最強の喪男が!

458名無しさん:2010/07/19(月) 23:52:31 ID:???
ホルスとムームーが合体してホルスタインが誕生するのはわかった

459名無しさん:2010/07/19(月) 23:56:20 ID:???
pushLevel関数が出来るらしい。個人の覚醒イベントとかに便利だね。
とりあえずクオード完全体となるイベントが作られないかな。

460名無しさん:2010/07/20(火) 00:17:14 ID:???
ていうかランシナにリチムクとか出るんだし完全体がいてもいいと思う

461名無しさん:2010/07/20(火) 09:50:41 ID:???
クォード完全体ってどんなしゃべり方するんだろうな?

クォード完全体「アハハハ! 遂に、完全体になったぞ! これでもう私を」
ヤヌーク「かっかっかー」
ク「かっかっかー? かっかっかー……かっくっかー……クォード!?
  なんなりお命じくださいませ。偉大なる主様」
ヤヌークがツァトゥグァ完全体を配下にした!

462名無しさん:2010/07/20(火) 10:41:01 ID:???
毎回思うんだが何故ヤヌークはクォードと叫んだんだろう。

誰かに蹴っ飛ばされでもして変な悲鳴を上げでもしたんだろうか。
顔面殴られて
「ぶくぉーどうぁ!?」
みたいな謎な悲鳴とか。

463名無しさん:2010/07/20(火) 11:02:39 ID:???
デュアルコアの次って何だっけ?
ク・・クオード?

464名無しさん:2010/07/21(水) 07:14:33 ID:???
「セレン、やるしかないんだよ。彼女は敵だ!」
「敵!? 10年、共に戦った、ザ・リューネが敵……」

「ようやく捉えたぞ! (ブンッ)我らは、ザ・リューネの子供たち、(ブンッ)
 俺は、ザ・テェン! (ブンッ)お前に(ブンッ)最高の幼馴染をやろう、(ブンッ)いくぞぉ!!」
「オティーーー!! フホハホ! よく来たな、俺は、ザ・オーティ。お前に未だ味ったことのない、
 本当ぉぉぉうの恐怖を見せてやろう、 俺のティンの中でなぁ、ほっ!」
「悲しい……不人気は悲しい…俺は、ザ・ディシ。おまえの人気の
 踏み台になった者達の悲しみを知るがいい……」
「怒りだ。 私は、ザ・ジャースド。怒りの業火で貴様を焼き尽くしてやろう。
 ひゃっほぉおーーぅ! ネルガル最高ぉおおおおおおう!!!」
「(ガバッ)百合よ〜! 聞こえるかぁ〜っ!? わしは、ジ・エンダーム。貴様に、
 本当の終焉を見せてやろう……(キィィィイイイイン!)」

465名無しさん:2010/07/21(水) 14:36:43 ID:???
一番下の人はセーブしてから何日放置すれば勝手に死ぬんですか?

466名無しさん:2010/07/22(木) 18:26:22 ID:???
スベ「私がお館様の剣となり盾となりましょう。」
アルティナ「頼みますよ、スべェステェン。」

セレン「・・・・。」

後にスベは騎士団総攻撃の前に暗殺されるが真相は闇に葬られた。

467名無しさん:2010/07/22(木) 22:33:25 ID:???
スケベェステェン「私がお舘様の剣になりましょう。お舘様は私の鞘になってくださいませ。さあ、さあ!」

468名無しさん:2010/07/23(金) 00:49:15 ID:???
unit sukevesuten : suvesuten
{
name = スケヴェステェン
image = Char205a
face = Face96ff_sve.bmp
yabo = 100
kosen = 70

dead = 無念だ。$お館さまで勃たぬ・・・
join = 竜騎士の誇りに懸けて貴殿へ性を尽くす所存です。
}

469名無しさん:2010/07/23(金) 16:46:38 ID:???
スケベェステェン「私がお舘様の盾…いや鎧になりましょう。お舘様は早く服を脱いでくださいませ。さあ、さあ!」

470名無しさん:2010/07/23(金) 18:25:37 ID:???
セレン「なんて下劣な・・・アルティナ様、わたくしはアルティナ様の靴となりましょう!
    さあ、存分に踏みつけてください!」

471名無しさん:2010/07/23(金) 19:47:01 ID:???
総長アルティナ「では、試験問題を口頭で伝えようぞぉおおう。一番、従軍した人材への恩賞撤ぱぁ〜ああい。
        二番、鼻にファーランドウィスキーつめて百メートル飛ばすぅうう。三番、野生の竜と指相撲ぉおおおう。
        四番街中の一般から10金ずつ罰金んんんん」
セレン「うう・・・難問ぞくしゅつ・・・」
総長「999番、止め処なく溢れる。1000番、股間に火竜剣挟んで満塁ホームラン、さぁ、どれにするぅうううういい?」
セレン「じゃあ、412番でお願いしまーす!」
総長「ほほぉぅ、412ぃいいばぁああん、そう来たかいやぁああ」
ルオンナル「で、412番ってなんなのよ?」
セレン「じゃーん。女直参騎士って人たちの下着を集めてくる、です!」

472名無しさん:2010/07/23(金) 22:56:49 ID:???
スケヴェステェン「セレンは縞パン」

473名無しさん:2010/07/23(金) 23:23:38 ID:???
スケベェステェン「アーシャは白パンだと思うだろ?違うんだよ、あぁ見えて動物のプリント入りをはいているんだよ」

474名無しさん:2010/07/24(土) 00:29:48 ID:???
オーティ「むしろ動物のプリント入りはルヴェンダーだろJK。」
ガルダーム「そしてルヴェンダーは俺の嫁ハアハア。」

475名無しさん:2010/07/24(土) 00:46:11 ID:???
ヨネア「ニースルーは紐パン」

476名無しさん:2010/07/24(土) 01:14:45 ID:???
俺「ヨネアはお子様パンツと見せかけて精巧な黒レースの大胆な下着」

477名無しさん:2010/07/24(土) 01:14:50 ID:???
百合たちの間で流行るちょっと背伸びした遊び、それは互いの下着を交換し合うことにあります

478名無しさん:2010/07/24(土) 01:24:37 ID:???
つまり

ルオンナル=縞パン、セレン=はいてない
アーシャ=白パン、ルヴェンダー=動物プリント
ヨネア=紐パン、ニースルー=黒レース

ということだな、t_elf3

479名無しさん:2010/07/24(土) 02:13:50 ID:???
海賊って実際不衛生であろう海の上でパンツ履いてたのかな
いや決してルーネンとニーナナスのパンツが気になる訳じゃないですよ

480名無しさん:2010/07/24(土) 02:48:36 ID:???
喪男「 パンツの流れを見ていたらムラムラしてきた。
    魔王様、ニンゲンどもをレイープしに行くことを提案するぞ! 」
ガチャ

魔王「 ・・・こそばゆい 」
カルラ「 じっとするですぅ。動くと危ないですよ(カリカリ) 」
魔王「 ニンゲンの女子は妙なことをするのだな 」
カルラ「 耳かきって言うですよ 」
魔王「 悪魔にはない習慣だ、・・・眠くなってきた 」
カルラ「 そのまま眠っていいですよ 」

バタン
ムナードが出奔しました

481名無しさん:2010/07/24(土) 02:53:32 ID:???
ムナード「マスター、どうなんだよこれ」
ゾーマ「……自分という男を磨け」シャカシャカシャカシャカ

482名無しさん:2010/07/24(土) 06:36:27 ID:???
急に伸びすぎだ

483名無しさん:2010/07/24(土) 07:33:37 ID:???
致し方ない

484名無しさん:2010/07/24(土) 08:24:47 ID:???
ムナード「パルスザンはダークエルフを雇えるようだが、俺はモンスターを雇えるぞ!」

485名無しさん:2010/07/24(土) 08:51:47 ID:???
理想
マーメイド「ご主人様♪」

現実
イエティ「ウッホウッホ」





ムナード「ちくしょおおおおおおおおお」

486名無しさん:2010/07/24(土) 09:25:57 ID:???
ショバード「兄貴・・。」
ムナード「おお、愛する弟よーー!!」


ルーネン「美しき兄弟愛・・少し無理が・・。」
パルスザン「ムナード党のイメージを落とすのに使えるからやっていただきたい。」
ナシュカ「うほっ。」

487名無しさん:2010/07/24(土) 13:30:54 ID:???
数日後、パルスザンの思惑と裏腹にムナード党には
種族を問わずムナードを兄貴と慕うガチムチ達が殺到。

戦力と共に男臭さが大幅にアップした。

ムナード「おのれ、パルスザン!」
パルスザン「これはこれで」

488名無しさん:2010/07/24(土) 16:10:42 ID:???
ドラ「暑いのだわ・・・温暖化なのだわ・・・」
パル「海いくか?」
シャル「いいですね!海!」
ラング「サマーツアーIN海!」
キオス「とっておきのビキニを見せてあげますわよ」
ルグナ「うほ」

ムナー「おのれ、パルスザン!」
ショハ「・・・(激しく後悔している)」

489名無しさん:2010/07/24(土) 17:06:21 ID:???
キュレンソー「お頭、じゃねぇ、王! リュッセル近海で悪魔どもが海水浴をするそうだぞ」
リジャースド「なに、悪魔が?! 急いで、軍を西へ向けろ」
スーフェン「王、待たれよ。それでは、南へn」
デオフォーム「だまれカメック! 王は西へ進撃なさると仰せだ。俺が先導を勤めよう」
ダイナイム「ルグナナム、なぜ裏切った・・・」
かくして、リュッセル王国がハルト国の海水浴に乱入することになった。

490名無しさん:2010/07/24(土) 17:18:53 ID:???
>>488
すいませんすぐ片付けます…
しらない間にそっちに混じっちゃって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧_∧
   (´Д`)。リジャースド
―=≡/   ヽ゚。
   /| | | |ショボーン
  / \ヽ/、∧_∧
-=/  (⌒)(´・ω・)ルグナナム
  | /⌒`‖(つ旦○
-=| /  ‖と__))
`//   |二二二二|
し"    (_)) ̄(_))

491名無しさん:2010/07/24(土) 17:22:33 ID:???
                      /
           _,、 -───- 、-、. |  す  ホ |
        f(ノ´          ぐ|  ご  │ |
        >        ,、ィッ    〉 い   │ 〈
        ア;、(fノノ,、从( ビ,    .|  ボ    .|
        そニi  マ,ニ、''.「 ,-、 |  イ     |
         ;!'_fリ     f2_` | _)ト | |  ン    /
         l| /      ノ,レ' ノ  \_   _/
         ゙! 'ー_、_`   ツィ'゙   (  )ノ´
         ゙、 'ー'''"   ノ!ゞ、   ゙、
          ゙、 ``  / ;' Jノィ ノ
           `ーォ''"  ;' _,、-'"\
           ,イ L_,、-‐''"    / `''- 、,_
        _,、-''´ | / ̄:〉、   ./   ,:'  , 、-`''ー
      /,     l/ 〉::イ ゙、 / ン  / /  _
     ./ .; i     /:::::::!    ,'  /'´_,、-''"_、-
     | ,l |   j   |:::::::::|   __,r−v' キt'"´ _
      ,レ゙ ',l , {:   |:::::::::|  ,L_  ヽ、`i  〉 }二_
    〔.   リ    .|:::::::::| ,⊥.._ ヽ '; |_ノ

            キュレンソー

492名無しさん:2010/07/25(日) 05:18:40 ID:???
ドラ「幾らアンタが優秀なスキルを得たからといって、このスレ内では私の下僕であるという事実は覆らないのだわ!」
ルグナ「でも単体国立ち上げ始めても問題無い位だし?」
ドラ「何よ、私の下僕であるという事が嫌だとでもいうの?私の傍にいるのが嫌だと言うの?生意気なのだわ!お仕置きするからそこに立つのだわ!」
ルグナ「ぐっ…だが昔の俺じゃないんだ。隣に立つ事も出来ずただ従うだけの人間でありたくなど!」



リジャ「アレってさりげに告白しあってるな。傍に居てほしい、隣に立ちたいって。」
パルス「付き合えばいいのに。」
リジャ「じゃあルグナナムやるからヨネアちゃんくれよ。暗黒竜と闇の賢者でお似合いだろ?」
パルス「嫁は渡さん。」
ヨネア「誰と誰がお似合いで誰の嫁と?エクスプロージョン!」


ヨネア「私にはニースルーがいるもの。」

493名無しさん:2010/07/25(日) 05:39:51 ID:???
星幽ニースルー「マスター…。最近私の友達が変な方向に走ってる気がするの…」
ゾーマ「…安心しろ。私程では無いはずだ。」
紳士「闇の百合に寄り添う光輝く幻の百合、美しいではありませんか。」
ゾーマ「貴様は帰れ。」


BER「Zo-Ma」
素敵なマスターが静かにグラスを磨くこの店には、種族の差別なく珍妙な客が集まると言う。

494名無しさん:2010/07/25(日) 06:20:42 ID:???
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       ∧_∧   |  あー、また抜け出しやがって
       (;´Д`) <  お前、悪魔と接点ねーんだから帰れよ
  -=≡  /    ヽ   \__________________
.      /| |   |. |
 -=≡ /. \ヽ/\\_
    /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
-=   / /⌒\.\ ||  ||  (´・ω・`) ルグナナム      ______
  / /    > ) ||   || ( つ旦O               |  リュッセル |
 / /     / /_||_ || と_)_) _.              |.    →    |
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))           ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄

495名無しさん:2010/07/25(日) 07:27:12 ID:???
>>492
シャ「あ、あの……すみません…」
シャ(……BER「Zo-Ma」に行こうかしら。)

496名無しさん:2010/07/25(日) 10:17:36 ID:???
ルグナ「巨乳ハァハァ・・・!」
リジャ「ヨネアタソのスク水・・・!」
ショハ「食い込むビキニ・・・!」
キュレ「色白シャルちゃん・・・!」
一同「まさに天国・・・!」
ドラ「・・・そこだわ!スイカ割斬!」
一同「ギャー!」

(漢としてやらねばならない事がある。ショハード)
ムナー「おのれ、パルスザン!」

497名無しさん:2010/07/25(日) 11:13:05 ID:???
リザードマン族は人間の女には欲情しなさそうな気がする。
でも、カメックだけは人間の女にむっつりした下心持ってそう。
そういう理由でゲルドを追い出されたのだとか妄想。

498名無しさん:2010/07/25(日) 12:36:17 ID:???
カメック(ヨネア、ニースルー、クレアは水浴びか…ククク私は潜水が得意でね。)

499名無しさん:2010/07/25(日) 21:50:02 ID:???
ババラッカス「おっと、潜水が得意なのがお前だけだと思ったら大間違いだぜ……さぁ、こっちにこいよ」

500名無しさん:2010/07/26(月) 00:13:11 ID:???
ついに両刀が現れたか・・・ますますカオスになるな

501名無しさん:2010/07/26(月) 00:57:10 ID:???
ババラッカス「ちょっとまて!俺はノーマルだ!ルーネンのアホが変な本撒いてるだけで
         俺はいたってノーマルだ!」
ニーナナス「えっ」

502名無しさん:2010/07/26(月) 01:05:15 ID:???
スレ住人「えっ」

503名無しさん:2010/07/26(月) 02:34:42 ID:???
ブレッド「なん」
ナシュカ「だと...?」

504名無しさん:2010/07/26(月) 04:56:16 ID:???
ver3.20新規更新内容
キュラサイト ランシナで性別選択可
ババラッカス 男と蜥蜴の両刀選択可

505名無しさん:2010/07/26(月) 08:28:29 ID:???
ババラッカス「しかし少しは海賊に女も加えたらどうだ?男ばかりじゃ蒸し暑いぜ。」
ブレッド「まてまて、早速知り合いに連絡してみる。」


セレン「やあやあ、セレン様のお通りだーー!!」

ババラッカス「おいおい、海賊っぽいけどなんか違うだろ。」
ブレッド「ちょっと手違いで(ry」

かくして歴史は動いた。

506名無しさん:2010/07/26(月) 11:40:26 ID:???
sc6のあたりで
ガルダーム「よく来た。若き魔道師よ」
メルトア「……」
ガルダーム「見てのとおり、某はもう戦えぬ。だが、これも何かの縁。
      貴殿に、我が最後の魔法を伝授しよう」
メルトア(なんか勝手に話が進んでるの)
ガル「これができるか?(左手に氷、右手に火の魔力を一度に集中させる)
   火と水は、熱を増減させる意味では同じもの。では、この二つを合わせれば
   どうなるか! むんっ!」
バチバチバチバチ! ガルダームの両手に光の弓が形成される。それは、エルフの
光の弓とは全く別次元のものであった。
ガル「この魔法は、一度放たれれば触れるもの全てを消滅させる。
   だが、その威力こそが弱点ともなりうる。心して使うがよい」
メルトア「(こくこく)」
メルトアが最終必滅魔法・メルトーアを習得した!

507名無しさん:2010/07/26(月) 13:00:02 ID:???
体の半分が炎で出来たアイスマンとか出てくるのかw

508名無しさん:2010/07/26(月) 13:20:28 ID:???
ヴァーレンにはマホカンタはないから安心だな。シャイニング一発で消えるがな。
混乱は勘弁。

509名無しさん:2010/07/26(月) 13:25:21 ID:???
フォルゴット(ここは・・?私は死んだはず。)


カルラ「また新しいアイスマンが出来たですぅ。」
ポートニック「なんか燃えてるだわさ。名付けてゴットマンだわさ。」

510名無しさん:2010/07/26(月) 13:37:03 ID:???
 殺伐としたフェリル島に鋼の救世主が!
      __
    ヽ|・∀・|ノ ゴート3世はアイスマンとして蘇った!
    |__|
     | |

511名無しさん:2010/07/26(月) 15:13:47 ID:???
>>509
死人がアイスマンに転生するなら、
終盤のグリーンは確実に列強の仲間入りw

512名無しさん:2010/07/26(月) 15:28:55 ID:???
ルーゼル「あいつもハドラー程の漢気があれば・・・」
パルス「顔はハドラー系なんですけどね」

ムナード「ふぇっくしょい!」

513名無しさん:2010/07/26(月) 15:49:10 ID:???
>>512
魔軍司令時代と比較する分には共通点があると思う
例えば戦闘よりもコミュニケーションで頑張ってるイメージとか
プライドの高さから一方的に対抗意識を燃やしたりとか

514名無しさん:2010/07/26(月) 16:07:37 ID:???
あぁ、あの部下のヒュンケル、ミストバーン、バランより弱い人か、そんな所も似てるな。

515名無しさん:2010/07/26(月) 16:39:55 ID:???
ムナード「グォオオオ! おのれ、セレン!」
セレン「思った以上に脆かったわねムナード」
ムナード「ギラッ!)フハハハ、かかったな。俺の心臓は左右にひとつずつあってだな」
セレン「あっそ、ならもうひとつも破壊してあげる」
ムナード「え? ちょっと、ギャアアアアア!」

516名無しさん:2010/07/26(月) 20:07:30 ID:???
青竜剣で両方とも即座に消し飛ばされるだろw

517名無しさん:2010/07/27(火) 06:53:11 ID:???
ゲルニード「真空の斧ほしー。獣王痛恨撃ほしー。テイマー能力はイラネ」

518名無しさん:2010/07/27(火) 22:18:48 ID:???
斧だったら泉に投げ込めば女噛みがくれると思うよ

519名無しさん:2010/07/27(火) 22:57:10 ID:???
おいムームーかよ。

520名無しさん:2010/07/28(水) 00:23:49 ID:???
イーサソー「私には幸運の女噛みがついているようです。」

521名無しさん:2010/07/28(水) 00:39:22 ID:???
うらやまけしからん

522名無しさん:2010/07/28(水) 07:21:44 ID:???
わたしはそうりょエルティア
たたかいはできませんがちりょうのまほうがつかえます
よろしければごいっしょさせてください

523名無しさん:2010/07/28(水) 07:47:25 ID:???
エルティア「どこかの異世界では僧侶は痛みに耐えることでレベルアップするのだとか」
クレア「うふふ、試してみましたがなかなか効率が良いようですね」
エルティア「は?」
クレア「『部下の訓練』がありますのでこれで失礼致しますわ、うふふ」

524名無しさん:2010/07/28(水) 09:56:53 ID:???
エルティアはキレると、オーバーヒールを使ってくるとか妄想。
この魔法で受けたダメージは回復しないという恐ろしい魔法です。

525名無しさん:2010/07/28(水) 15:08:28 ID:???
エル「うふふ、凄いわ・・・こんなに・・・」←強化
部下「も、もう・・・」
エル「休ませませんわよ?」←回復
部下「ひぃぃ」

ピコ「・・・!!!???!!!???」
ノーア「うほっ」
ラファエル「我が生涯に一片の悔い無し・・・!」
t_elf3「素晴らしぃ・・・!」
アルジュナ(駄目だこいつら・・・はやく何とかしないと!)

526名無しさん:2010/07/28(水) 21:54:38 ID:???
イオナ「ホルスに試してみましょう。」

527名無しさん:2010/07/28(水) 23:25:27 ID:???
ムーア「はいはいはい!俺の身体なら強化魔法2倍!つまり耐久性も2倍!満足度も2倍!」

528名無しさん:2010/07/28(水) 23:29:18 ID:???
ムナード「……」(ポン、と肩に手を置く)

529名無しさん:2010/07/28(水) 23:35:11 ID:???
キオスドール「速さも2倍じゃ、お話になりませんわね」

530名無しさん:2010/07/28(水) 23:37:19 ID:???
エルアート「強化魔法1.5倍のエルアート様ならぁ、一度に五人までなら同時にオッケェ!」
ダークエルフ女「やーん!」
エルフ女「ひんひん」
女竜騎士「ああん!」
僧侶女「ひぎぃっ!」
女リザード「は、はげしいよぉ・・・」

ムナード「2ばーい…2ばーい…」

531名無しさん:2010/07/28(水) 23:58:48 ID:???
後世の歴史家「イオナ(善)は予約済といえど、処女の可能性が限りなく100%に近いので好感が持てる。しかし、イオナ(悪)はその可能性が限りなくグレーなのであまり好感が持てない」

532名無しさん:2010/07/29(木) 00:04:08 ID:???
カランカラン……

ゾーマ「ふむ。最近は客が多いな……」(シャカシャカシャカシャカ)

533名無しさん:2010/07/29(木) 00:29:39 ID:???
ムナード「そうだ、敵(ハルト国)の敵(ラザム)は味方ではないか、ラザムに仕官すればいいのだ!」


ゾーマ「ではこれからは私がムナードに代わってゾーマ党を・・・。」(シャカシャカシャカシャカ)

534名無しさん:2010/07/29(木) 00:42:38 ID:???
ショハード「ちょ兄貴、人間嫌いだったんじゃなかったのかよ」
ムナード「うるせー、俺は女は好きなんだよ!!」

ホルス「ラザムの底辺の地位は誰にも渡さん!ラグラントゥー!!」

ムナードはお星様になりました

535名無しさん:2010/07/29(木) 17:02:31 ID:???
イオナ(悪)は人間じゃないので大丈夫です

536名無しさん:2010/07/29(木) 17:33:50 ID:???
大陸を脅かす悪四天王。

大魔王ルーゼル
ルートガルトの亡霊リッチームクガイヤ
死霊術師ラクタイナ
凶悪無比堕天使イオナ(悪)

ホルス「としておけば安心だな。」

537名無しさん:2010/07/29(木) 17:40:45 ID:???
つまりイオナはラザムのゴーレムと。
…ハッ!きっと名称「イオナ」とはイオナ産のゴーレムの総称なんだよ!
大陸を守る為に生産される女性型兵器!
つまり二人のイオナはメカ娘!

ちょっとイオナ征服してくる!

538名無しさん:2010/07/29(木) 18:30:04 ID:???
ガーディアンは量産型イオナだったのか

539名無しさん:2010/07/29(木) 18:34:26 ID:???
あの中に、幼女と仏頂面女とその他様々な聖女さんたちが詰まってると
思うと、ワクワクがとまりませんな!

540名無しさん:2010/07/29(木) 19:12:27 ID:???
聖女と描いて性女と読む、そんなエロネタはありがちだが
聖女と描いて性悪女と読む
ホルス「これがラザム式だ、試験に出てくるから覚えておくように!」

541名無しさん:2010/07/29(木) 22:24:36 ID:???
イオナ(悪)「あら、ラザムにそんな独特の変換があるとは思いませんでしたわ。…所でホルス様、最近神殿周りに雑草が増えたと思いません?」

ホルスと書いて奴隷と読む。
嗚呼ラザム式…

542名無しさん:2010/07/29(木) 23:24:59 ID:???
ホルス「奴隷でも周りに可愛い娘がいるんならやりがいがあるんだが…ババアばっかだからな…」

543名無しさん:2010/07/30(金) 02:11:27 ID:???
ローニトークもエルフだから年齢的にはババアなのか

544名無しさん:2010/07/30(金) 02:11:29 ID:???
そして若い女に飢えたホルスは平和の為と称してアルナスに侵攻するのであった。

ホルス「神を信じないアルナスの奴らは私の(下の)聖剣で貫く!」

545名無しさん:2010/07/30(金) 02:35:57 ID:???
グリンジャ「す、すでに最終防衛ラインも突破されました!ここも時間の問題かと…」

ナルディア「ラザムめ!一体どこにそれほどの軍勢を備えておったのじゃ!」

チックニア「それが…相手は一人のようなのです…」
ナルディア「なんだとっ!?はっ!」

ズドーン!!

ホルス「ここで奴隷にして下さいッ!!」

546名無しさん:2010/07/30(金) 12:36:58 ID:???
ホルス「大陸の平和は私が守る!」

敵全員「だったらアンタんとこの神官長どうにかしろ!」

547名無しさん:2010/07/30(金) 12:53:37 ID:???
ホルス(幼少時)「ぼくは、おおきくなったら、しんけんのゆーしゃになって、おねーちゃんと大陸の平和を守るんだっ!」
ホルス(少年時)「わ、私は、いつか神剣の勇者になって(ry (なんか、イオナが加齢してない気が…」
ホルス(現在) 「大陸の平和は私が守る!(もういいもん! みんな神剣でぶち殺しちゃるぅうううう!!)」

548名無しさん:2010/07/30(金) 13:01:17 ID:???
ネタバレ
真のラスボスはイオナ

549名無しさん:2010/07/30(金) 15:56:37 ID:???
                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \     _|__  ゝ
              /  ./  v\     ヽ     |, -‐ 、
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  .<|   _,ノ ラストニッ……!
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ  _|__  ゝパクハイトッ……!
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´   |, -‐ 、
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ   .<|   _,ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'          ニドルステッ……!
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      _|__  ゝ
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’        .|, -‐ 、 ラストニッ
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       <|   _,ノ パクハイトッ……!
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W       _|__  ゝ
  /        |.  |)// ./    |          .|, -‐ 、ニドルステッ……!
、/          |  |/ / /     l        <|   _,ノ
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"       ラストニッ……!
   \       |  l /'  l     l         -─-、
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      o パクハイトッっ……!
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }     o
.  ` (         、_ \       r'_,ノノ.ノ/
.   \  、 \ \、 ヽ       `         「|
      ヽ. !`、 .) } { |                    |!
       }_ノ .{_/.Lノ `'                 o

           死霊術師 ラクタイナ

550名無しさん:2010/07/30(金) 15:57:43 ID:???
 |主 | 、ノ | --|- ヽ/// ,フ_   |ニ|ヽヽ.ノ ┌┼┐ノ十ノヶ┐斤_.斤           「!
. llll亅|/ヽ l, 丿 フヾ.ヽ c_,ノ ノ 亅|.メ | | ,人亅.ー|‐ノノ亅 |三| つ ・・・・・・・・・ o
      ̄       ’ ̄ ̄           ̄            ´ `
                     ,. -─- 、
                   /./ ̄\  ヽ._ -‐ 、
                  ノ./ー- 、  \_,. -‐- 、  i
                 /./' 、  `ヽ:、\__,. -‐ u ! ! アルティマイト
                / /  | \   !}  v v ,. -=キ十      ……!
   ゾンビ……!     ,. - .ヽ.  !  ヽ、 |! u  /'´_v| |
                   | ,.‐、| |uヾ:ヽ. o }|`ll ;∠-‐'' ̄,ラ | L_
              | |‐、| | /|ヾミ三シ/ ハ o  ./;; | /ヽ.}
. プロトンフラッシュ! | !._,| | |∧ \_ノ } }u゙ミ三彡'  |./V./
               ,ノ`ー|/ |∨ヽ、l  / .ノ   =' ノ| |l‐//
             ,∠.-┐〈   N\/`\| {__ノ__,/l/! /'ー ' |
        __ ,r(ノ  / |  |  U∨ /ヽ/ゝ-1__|_」/l/〈 ,イ\|  マミー…!
.  /r'⌒`ー-'   ヽ. ,' |  |   U`ー、/ 7~゙|__.|_」/J'/ | |  \
. /  ) キキキ    )   |   ヽ、u   _ ̄ ̄  v' / )、|
/  (    ……!( l  |    | `ヽ、  ̄ ̄ ,. ‐i´  ,ノ  ` 〜〜〜 、
     ` ー-''⌒ ー- 'l.   ||    ト、  \__,. ‐'´  |   {  ククク…  )
  竜牙兵     │   ||   |ヽ\     r‐;'ニ|   `i ー-〜ー--‐'
   ヴァンパイア |.    |   |ノ' \ヽ._ ノ.ノ| | ト   |  |
     プロトンビーム…!   |ゝ'  `Y-‐'´フノ|ノ |  |.  |   勝ったっ……!

551名無しさん:2010/07/30(金) 15:58:12 ID:???
  ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ラ.  た :
    ヽ/:::::::::::::::-─ '      ::::::::::<  ク.   か :
     ゝー==============ヽ:::::::::::l. タ   :  :
.      ヽ` -=ニニニニエニニニニニニニン::::::::/;l  :    :
.       ヽ           ...::::::::::/;; ! :    :
.        ヽ::::::::::====:::::::::::::::/;;  | !   ?




              , -──‐- 、     r
             //⌒`ー'⌒ヽ'、     (   ・ え
          |.l─-、 ,, ,.-─|.|    ヽ、 ・  っ
           |.|j二。>, <。二:〉|    < ・
         (r||r一 、||, ー、||6)     (. ?
      _,. -‐'| || (田田田)|| |`''‐- 、 ` ー---
     /|    | |\. == /!. |    |ヽ
.    / |,_-;_ /ヽ.|:\` ー'´/:|.∧    ._|. ヽ
   / ///7、 |\``Y´ン/|'  ヽ r<ヽ.\ヽ
   ,' |  ' ' /  ! (ノ`゙|'´、)ー| < (\ヽ` |ヽ
.   ! /ヽ.___,.ィ|  | 彡''|゙ ミ  |  | \  / ̄ ̄ ̄
.  |./     / |  |〃  |  ヾ|  |   /     .聞
 │      /  |   |  《|》  __|   |   .l.      こ
  ヽ.___/|.  |  <⌒ヽr''∠-z_ |   .|   ラ   え
       |   <.⌒ ll  lll  lll  .>  .|  ク   な
  ___|_∠,´ lll  ll  lll   ll `ゝ_|  タ  か
         /.イ ll   lll  lll   ll 亅  |.   イ   っ
        ´ 1  lll  ll  ll ll |   |  ナ   た
          ヽ  ll   lll   lll /  <  !  か
           \, -──- 、/    |      :
        _,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``'''‐ 、. |      :
                             ?

552名無しさん:2010/07/30(金) 15:58:38 ID:???
オルジン&ホーリートーン&セレン      .r'´   o   {〔.].レ'))
   レベル35                {    r'⌒ヽ    ==、、
   フルブースト侵攻中です…!      ヽ、  ` r''’    =' ’
                           )  .o
                           ヽ、    ___
                               ̄ ̄
   ウインドワルツ直撃…!
      )、._人_人__,.イ.__,
   <´           (__
     )  な…         (´
   <    なにいっ    >
     )    ……!?  (
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r' ⌒
              `'


         /./                   | |
      _/ /-─'''"~~ ,.二.フ->      ! ,'
    / ./, '-─‐ '" ̄  / '´\\    ,' /
.  / // ニ二u__,/ // u,__ヽ 〉- 、//
  {//-===:、     |.! /  / { | r‐ノ/         /
  /,.イ u   __\、;;;||/ @ 〃,.-;=´イ,ヽ        //
. //ヾ.\ /   @ フ''| |: ミ≡彡' / _\ヽ |       ,' ,'
/ i´r\ヽu`≡==彡v{ .{._,.ノ/u,ノ u_ \!\     / /
  ヽ.ヽrヽ.} r,ラ',ニニ二´-‐''´、 ̄ ./ヽ/ヽ.ヽ ` ー-/ ./
    \`、レ',.イー' ( __ } | - ’,. ‐ヘ /  ,| |  _//
.     `//_| rーrー┬ゝィ‐''1´ ,レ'´  /ン ! /、'´ ̄
     //  ! l‐┴‐┴‐┴‐ '"´  /ヽ/ u |、//  `丶
  ,r‐' /   \ヽ.r‐┬‐┬ ''1´.工 -‐'´u  |//\
 / /  /|   \` ┴‐''' ´ ̄ ==''___/// ヽ
/ /  ̄ ̄|   |    `ー、'''"~~´ ̄ ̄   //
./    |   |      \-───‐- 、//

553名無しさん:2010/07/30(金) 16:18:38 ID:???
S6ヨネアイベント投稿者です。
前スレ574さんの書き込みをS6ヨネアイベントに使ってしまいました。
何か問題がある場合は、ここで連絡いただければと思います。
っと書いておきながら、これから数日家を開けるので即の対応が出来ません。申し訳ない……

554名無しさん:2010/07/30(金) 19:12:35 ID:???
セレン「大の男が奴隷にしてくれだなどと・・・男の誇りはないのかしら?
     その点、アルティナ様は男以上に気高く美しく、私もアルティナ様の足元に
     跪いてぺろぺろと足指の間まで舐めしゃぶり、続いて・・・

555名無しさん:2010/07/31(土) 10:49:13 ID:???
VTの2年後を描いた作品が出て、それがアルティナ生存or復活ルートだったら
アルティナはスカート右半分ぶった斬った露出ルックになって、
二丁拳銃撃ちまくりながら、公衆の面前で着替え始めて、歌って踊って相手をくらやみにして、
なんだかんだで世界の危機を救ったりする人に変貌するっす。

556名無しさん:2010/08/01(日) 22:36:15 ID:???
モーゼン「北でムナード党というもてない奴らが必死こいてるらしい、だらしない奴らだ。
      その点俺は、この逞しい身体と男の武器でモテモテだぞ!公式で2人の女からモテモテだ!」

557名無しさん:2010/08/01(日) 23:02:15 ID:???
ムナード「ちくしょー、羨ましい!」
ショバード「兄貴、この際あのロリ二人組というのは・・。」

ムナード「あいつらだと(命が)危ないだろうが!」
ショバード「やっぱり(法律上)危ないよなぁ。」

558名無しさん:2010/08/01(日) 23:13:01 ID:???
ダレスタラム「WRYYYYYY!!!(反乱してる時点で法律なんて関係ないだろう…JK)」

559名無しさん:2010/08/01(日) 23:21:29 ID:???
外交ネタ
ムクガイヤ「やっぱ同盟で戦争終了はよくないよ。どっちが上かはっきりさせないと後に禍根を残すよ
      だから、大陸の中心で覇権を叫んで見ました!」
ルートガルト国が全勢力に対して宣戦布告をしています。
ヨネア「たいへんよ! さっきのあんたの声明に対して、緊急大陸会議が開かれて、
    最上級の非難決議が採択されたわよ」
ブレッド「正直、あんたのことを見損なってようだ、ここまでする奴とは」
イオナ(悪)「大陸の平和を乱す罪悪の使徒とはあなたのことだったようですね」
エルフォード「渡りの群れからはぐれた鳥は、遠い空の下で独りなにを思うのでしょうか」
ゴート「ま、待て、なぜ私はその大陸会議とやらに呼ばれん!? 会議のやり直しを要求するっ!」
アルティナ「まぁ、全部ゴートのせいだし」

560名無しさん:2010/08/01(日) 23:22:42 ID:???
ムナード「ったく、大体ロリなんて・・・」

レドサイト「パルスザンー、カステラ焼いてー」足に抱きつき
パルスザン「わかったわかった。ほら、今やけるぞ。」
ポポイロイト「動物しょうぎしよー、しょうぎー」ほっぺにちゅう
パルスザン「わかったわかった。一手ご指南願おうかな。」

561名無しさん:2010/08/01(日) 23:45:42 ID:???
イケメンロイタール率いるファルシス騎士団が大陸を統一しました!

ラムソン「あれ?」

562名無しさん:2010/08/02(月) 11:55:00 ID:???
巨大なクロウボール「このロリコンどもめ!!」
ムナード「ひぇぇ、おたすけー」

563名無しさん:2010/08/02(月) 16:27:23 ID:???
ムナードは悲しみと怒りを背負った戦士になる資格がある。

564名無しさん:2010/08/02(月) 16:59:21 ID:???
しっとマスク的な?

仮面ムナード「アベックは撲滅じゃあ!
死ね、そこのアベックども!!」
パルス「ぐはっ」
シャル「きゃー、パルスザン様!」

その後、ムナードは返り討ちにされました。

565名無しさん:2010/08/02(月) 17:00:20 ID:???
なんだかんだで無想転生を習得するんですね
フラグはショハードあたりか 兄弟だし

566名無しさん:2010/08/02(月) 18:16:29 ID:???
ムナード「ヒャッハー!無想転生は無理そうだが、
     魔法使いには転生できそうだぜ!」
(悪魔・299歳童貞)

567名無しさん:2010/08/02(月) 18:47:14 ID:???
ムナード「まてよ?魔法使い転生すればクラスがマジシャン!そしてマジシャン雇用が加わる!
      つまりあの生意気なポートニックやヨネアを部下にして、ヒィヒィいわせられる!!!」

568名無しさん:2010/08/02(月) 19:21:00 ID:???
悪魔族でマジシャンなのはムナードだけ。つまり誰もムナードを雇用できない。さらに、
ムナードは人間を雇用できないので、ポートニックとかは見向きもしない。ざんねん!

569名無しさん:2010/08/02(月) 20:21:48 ID:???
ムナード「早く人間になりたーい!」

570名無しさん:2010/08/02(月) 22:28:31 ID:???
いっそのことムナードとショハードをくっつけちまえよ
アシュラマンみたいに

571名無しさん:2010/08/02(月) 23:04:12 ID:???
いやアシュラ男爵だな。

572名無しさん:2010/08/02(月) 23:31:59 ID:???
ムナード「合体すれば弓も使えるしモンスターも雇える!」
ショハード「凄いぜ兄貴!


パルスザン「それはマジシャンというよりはビーストテイマーのような気がするのだが。」

573名無しさん:2010/08/02(月) 23:55:42 ID:???
ムナード「・・・そうだ!モンスターティマーやめてヒューマンティマーになればいいんだ!
      これなら人間どもを調教して・・・グフフ!夢のエロゲー生活ktkr!!!
      雇用関係チェーンジ!!!」

574名無しさん:2010/08/03(火) 00:11:26 ID:???
レオナール「雇ってくれると」
ヤヌーク「聞いて」
ヒューマック「歩いて来ました」

575名無しさん:2010/08/03(火) 00:18:05 ID:???
ヒューマックはどこだって就職できるだろw

576名無しさん:2010/08/03(火) 00:53:18 ID:???
>>574
ムナード「あれ?おかしくね?最後の人は勘違いとしても、前2人のメンツならこの後
      ダメエルフとダメティマーくるだろ?そうだろ?」

577名無しさん:2010/08/03(火) 02:40:07 ID:???
実際VTで童貞or処女はどれくらいの割合なんだろう
モンクは一人除いて清廉そうだしパイレーツ、テイマーの悪人面連中は経験済みっぽいし……
喪ナードが叫びたくなる気持ちも少し分かる

578名無しさん:2010/08/03(火) 02:40:57 ID:???
魔王様、パルスあたりがヒューマンテイマーだったらギャルゲの主人公

ルーゼル「人間なんかと馴れ合うつもりはないのだが・・」
パルスザン「私は元々人間寄りなので歓迎ですよ」

カルラ「悪魔と人間、もっと平和的に共存できたらいいのに・・」
ポートニック「そこらの人間なんかよりイケメンだわさ」

ヨネア「アンタに一生付いてくわ、光栄に思いなさい」


ムナード「ああ、妬ましい妬ましい」

579名無しさん:2010/08/03(火) 11:19:50 ID:???
>>577
逆に人妻とか妻子持ちキャラの妄想も膨らむ。

スネアとかオサーンは妻子がいてもおかしくない。
ムナードはどの流れでも残念☆

580名無しさん:2010/08/03(火) 16:16:52 ID:???
スネア×デッドライトでいいじゃないか。

ムナード?ナシュカとかババラッカスとか。

581名無しさん:2010/08/03(火) 16:42:02 ID:???
ムナードは誰にも顧みられずに孤独死するENDが一番似合う

582名無しさん:2010/08/03(火) 16:54:10 ID:???
兄貴にすら見捨てられるのかw

583名無しさん:2010/08/03(火) 18:06:44 ID:???
>ムナード
開発初期のグラフィックが女の子だった頃は
まさかこんな悲惨な運命が待ち受けてるとは想像していなかったろう

584名無しさん:2010/08/03(火) 19:21:43 ID:???
ムナード「失礼な事を・・・私の妻を紹介しよう。東方の出身でネネという。
      あとおいショハード、日テレの馬鹿w(ry」

585名無しさん:2010/08/03(火) 20:43:11 ID:???
キオスドール「うふふ、傘の本当の使い方を教えてあげますわよ・・・
       うふふ、少し濡れてしまいましたわ」

586名無しさん:2010/08/03(火) 20:53:04 ID:???
ムナードといえば、原作の「表立った活躍はしていないが、影ながら活躍していたと思われる」という、なんだかよくわからない列伝が印象的だった。

587名無しさん:2010/08/03(火) 22:29:34 ID:???
FT知らんけど、なんだその投げやりな列伝
芸術の域だな

588名無しさん:2010/08/03(火) 22:45:19 ID:???
「ドリュアス族の一人で青色であった。」に比べればまだ普通に見える

589名無しさん:2010/08/03(火) 22:51:48 ID:???
正史ではまるで活躍してないが、このスレではいじられ放題。
あとあと氏は予言者だったんだな。

590名無しさん:2010/08/03(火) 23:17:53 ID:???
予言といえば、アルナスウルス軍師になる更新直前に
スネア・デッドライトさんの絵を連続でうpし、しかも元々1枚絵だったというのが
もう予言なのか、それとも絵を見ての発想なのか…キーニなる…

591名無しさん:2010/08/03(火) 23:25:05 ID:???
キーニしない!
しかしもし予言だとするならば、そのうち可愛いメーヤさんも実現するのではないか。

592名無しさん:2010/08/03(火) 23:30:18 ID:???
そりゃたぶん後者だろ。
たちさんの絵だし影響力は抜群。

593名無しさん:2010/08/03(火) 23:34:05 ID:???
メーヤの正妻の座のほうがキーニなる

594名無しさん:2010/08/04(水) 11:01:03 ID:???
絵板の可愛いメーヤだったらスネアなんぞにはやらん

595名無しさん:2010/08/04(水) 12:01:05 ID:???
嫁の流れで、トライトやルーゼルには正妃っているんだろうか?

596名無しさん:2010/08/04(水) 12:06:51 ID:???
ルーゼルは魔界に正妃残してそう。でもってその正妃にバカにされるイスマール宰相
トライトの正妃はトライトの死後、外海に出て行っていて(ゴートのことは信頼できる臣下に任せてる)
あとでイオナ(善)と会うと

597名無しさん:2010/08/04(水) 14:14:24 ID:???
信頼できる家臣が腹黒ドルスなのは誤算なのか、計算のうえなのか。

598名無しさん:2010/08/04(水) 14:42:12 ID:???
どっちかというとフィーザレスじゃないか。あいつは頼りになる

599名無しさん:2010/08/04(水) 18:22:12 ID:???
ドラスティーナの魔王と対等の待遇で招聘=婚約と解釈すると、
決戦前の死亡フラグ説が浮上する。

ルーゼル「俺、リチムク倒したらおっぱいと結婚するんだ」
→ちゅどーん

ムナード「ルーゼル様、ざまぁwwwwww」

600名無しさん:2010/08/05(木) 01:33:13 ID:???
3ヵ月後―――
そこにはせっせとルートガルトの復興に勤しむルーゼルの姿が!!
ルーゼル「もう一度人間界に召喚してくれたヨネアさんには感謝しています。
     今後は思いつきで自爆したりなんかしませんよ
     ……愛する妻を悲しませたくはありませんからw」
ドラスティーナ「ホントに、一時はどうなることかと冷や冷やさせられました。
        ヨネアさんが居なかったらなんて、想像したくもありませんわ」






ル「……という夢を見たから結婚してくれ」
ド「断るのだわ」

601名無しさん:2010/08/05(木) 01:47:39 ID:???
ムナード「魔王様、ご愁傷様です(笑)」

ムナード「よかったら、飲みに行きませんか?(笑)
      良い店があるんですよ、BARゾーマっていうんですけどね(笑)」
ルーゼル「・・・・・(ワナワナ)」

602名無しさん:2010/08/05(木) 08:56:11 ID:???
アルティナ「うーん、息巻いて進軍開始したのはいいものの、どうにも我が騎士団はインパクトにかけますね」
スヴェス「そうでしょうか?」
アルティナ「スヴェス=肉体派 オーティ=魔法も ルオンナル=逃げ撃ち 確かに有能な騎士たちですが、もっとこう…
       クイニックやネルザーンの敵軍を一撃で半壊させるような」
ルオンナル「それでしたら、このルオンナルにお任せください! 一人心当たりがございます!」
セレン「(青竜剣で敵軍を葬って見せた後にこう言う)
     戦いってのは命のやりとり以前に魂を見せ合う場なんだ、卑怯な真似はできん(キリッ」
ルオンナル「(ばっか! 頭下げろ!)この者、セレンと申します。腕は立ちますので、どうk」
アルティナ「まぁ、なんてかわいらしい。この子採用!」
オーティ「えー」

603名無しさん:2010/08/05(木) 12:25:40 ID:???
光闇にて、ラザム同盟により大陸統一
元々、宗教家は政治に関わるべきじゃないといって
ラザムに帰るイオナ、引きずられていくホルス、それについていくローニトーク
全国のラザム教徒の情報操作により、一晩で英雄にされたカルラが、
涙目で統治に当たり、ポートニックやオステア国の人材のお陰で善政を施す。
そんなEDできないかなぁ。

604名無しさん:2010/08/05(木) 18:43:30 ID:???
ホルス「そんないいEDなわけあるか!奴のことだ、ムクガイアの術を奪い取り
     完全リッチーゴーストとして蘇るに違いない!
     だが安心したまえ、そうなればこの私のラグラントゥーが、イオナ(悪)を
     悲しみと共に貫いて見せよう!」

605名無しさん:2010/08/05(木) 19:04:58 ID:???
不完全な術でもリチムクのような強さだから完全な術となると・・。

ホルス「勝てない!これ勝てないから!!」

606名無しさん:2010/08/05(木) 19:27:13 ID:???
安心しろ、生身でも戦闘能力以外の要素で負けてる

607名無しさん:2010/08/05(木) 20:10:31 ID:???
混乱したふりを装って、イオナを襲うんだ! ま、そんな甲斐性あるわけもないんだが

608名無しさん:2010/08/05(木) 20:48:08 ID:???
キュアオールを使えるからバレバレ

609名無しさん:2010/08/05(木) 21:43:16 ID:???
>>604
ラザムの死徒になるんだな

610名無しさん:2010/08/05(木) 22:02:05 ID:???
ふと思ったんだがオワンで旗揚げした後オワンはどうやって外交での交渉とかするんだろう
「ボクオワン、ヨロシクネ」だけじゃ意思の疎通にすら事欠く始末だろうに

611名無しさん:2010/08/05(木) 22:17:21 ID:???
「ボクオワン、ヨロシクネ(愚かなる人間どもに最後通告に来た)」
「ボクオワン、ヨロシクネ(直ちに我が国の属国となることを誓い、朝貢せよ)」
「ボクオワン、ヨロシクネ(こちらには血に飢えた数万のアイスマン精鋭がいる)」
「ボクオワン、ヨロシクネ(歯向かうというなら貴国の領土は永遠の凍土と化すだろう!)」
「ボクオワン、ヨロシクネ(貴国に残された選択肢は二つ。従属か、しからずんば死か、だ!)」

スヴェ「オワン殿はなんと……?」
アルティナ「よくわかりませんが、にこやかに自己紹介をされていました」
オーティ「では友好の証に金子を送っておきましょう」

612名無しさん:2010/08/05(木) 22:19:33 ID:???
green storyかよwww

613名無しさん:2010/08/05(木) 22:44:20 ID:???
ダレスタラムを従える兄貴なら意思疎通できるに違いない

614名無しさん:2010/08/06(金) 00:22:18 ID:???
ダレスタラム「WRYYYYYY!!!」
ムナード「まるで分からない」

615名無しさん:2010/08/06(金) 00:52:14 ID:???
ムナード「そういえばダレスタラムの素顔って見たことないよな…実は可愛い娘で、あの奇怪さはキャラづくりだったり…ゴクリ」

616名無しさん:2010/08/06(金) 01:26:16 ID:???
パルスザン「性別不明だからもしかしたら両性具有の可能性もあるが。」
フーリン「いや、もしかしたら機械なのかもしれないぜ。」

ダレスタラム「Wiiiiiiiiiーー!」

617名無しさん:2010/08/06(金) 01:54:40 ID:???
ゼオン「ウィー!」

618名無しさん:2010/08/06(金) 01:57:09 ID:???
パルスザン「とうとう我が軍は人工悪魔の製造に成功した」

ムーアMe「ギギ・・ガガガ・・・」
ヨネア「何かもの凄く不安定そうな悪魔ね」

ムーアMe「システムに致命的なエラーが発生しました。強制終了します。」

パルスザン「・・・次のバージョンの開発に取りかかるか」

619名無しさん:2010/08/06(金) 02:23:42 ID:???
ドーピングしまくった結果、初期のVISTAに…
ビスタムーアェ…

620名無しさん:2010/08/06(金) 03:00:58 ID:???
人材雇用
→ニューMac
 ムーアXPがいる為、出仕を拒否しました。

621名無しさん:2010/08/06(金) 03:44:09 ID:???
ダレスタラムのことは今までダレタスラムだと思ってた。ごめんよダレスタラム

622名無しさん:2010/08/06(金) 08:13:53 ID:???
ジョジョつながりの2人が融合して、ダレスタナームになればいいかも!
スキル被りまくってるけど

623名無しさん:2010/08/06(金) 16:07:17 ID:???
ムナード「吸血鬼に美少女がいないなんて間違ってる!」

624名無しさん:2010/08/06(金) 16:43:26 ID:???
戦火を逃れてひたすらに逃げ惑うローニトーク。たが無情にも喪男の魔手に捕らえられてしまった
悪魔の女に相手にされないムナード党員は狂喜乱舞。旗印を彼女のものに変え、神聖モエモエ帝国となりハルト国を圧倒する!



喪男「この作戦さえ成功すればすまし顔のパルスザンなどひと捻りよ!」
ショハード「兄貴、西にも東にも人間の娘はいるし同族の女だって」
喪男「時代はエルフ萌えに近づいているのだ!無垢で可憐な儚き存在が俺の絶妙な父性をくすぐるのだッッッッ!!!!!!
   進路をグリーンに!そしてラザムの坊主連中を粉砕するのだ!いけええええええっ!」
ポートニック「お仕置きだわさ……トルネード!」

625名無しさん:2010/08/06(金) 18:28:46 ID:???
戦火を逃れてひたすらに逃げ惑うローニトーク。たが無情にもハルト国の先鋒部隊に捕らえられてしまった!

パルスザン「ふむ、エルフの客人というのは初めてだ、丁重におもてなししよう。」
グウェン「エルフというのは可愛いですな、よしよし。」
カルラ「エルフだけいいですぅ、やっぱり降伏するのですぅ。」

ムナード「どこで道誤ったんだろう・・。」

626名無しさん:2010/08/06(金) 19:04:18 ID:???
ルグナナム「ゴートとホルスにはイオナ、セレンにはルオンナル、ヨネアにはニースルー
      ムナードさんにも、自分を引き立ててくれる仲間がきっといる筈ですよ」

627名無しさん:2010/08/06(金) 19:36:02 ID:???
ショハード「兄貴の引き立て役が務まるのはオレ以外に居ない!」
ムナード「!!
     よく言ってくれた、それでこそ我が弟だ……ッ」ウルウル
『やがて二人の影は重なり合い、見事な一輪の薔薇が......』



ルーネン「これは……。
     流石に無いな……うん。締切前だから疲れてるのかな…………?」ケシケシ

628名無しさん:2010/08/06(金) 19:38:14 ID:???
戦火を逃れてひたすらに逃げ惑うローニトーク。たが無情にも冥王の軍団に捕らえられてしまった!
空気空気言われてるリチムクは狂気乱舞。旗印を彼女のものに変え、氏に性モエモエ帝国となり大陸全土を震撼させる!
リチムク「ガガ・・・ピー、グガガガグゴゴ(ロニタソモエモエ)」
ナイアラ「ぬらぬらぬらぬらぬら(ロニタソモエモエ)」
ロニトク「はわわわわわ」
ホルス「ローニトーク、なんて変わり果てた姿に、せめて、私のラグラントゥーで(ry」

629名無しさん:2010/08/06(金) 20:23:55 ID:???
サルステーネ「なぜハイトロームはブラックナイトではないか。それは彼が必殺技を持っていないからだ。必殺技は暗黒騎士のアイデンティティ」

630名無しさん:2010/08/06(金) 20:38:44 ID:???
ハイトローム「よし、特訓して必殺技を覚え、暗黒道を究めよう。」

・・・・・・・
ハイトローム「暗黒奥義、光龍剣!・・あれ?」

631名無しさん:2010/08/06(金) 21:35:42 ID:???
そして2人は溶け合う闇色の薔薇となり…



ルーネン「ふう…」

632名無しさん:2010/08/06(金) 23:13:21 ID:???
妄想スレでシナリオ作ったら面白そうだが、R−18指定は必須だな

633名無しさん:2010/08/06(金) 23:21:06 ID:???
妄想スレでシナリオ作ったら面白そうだが、R−18指定は必須だな

634名無しさん:2010/08/07(土) 00:21:42 ID:???
セレン「な、何を言っているんですか!私とアルティナ様の愛のメモリーはそんなやらしいものではありません!」
ルオンナル「セレン…その手に持ってるアルティナ様の下着はなんなの?」

635名無しさん:2010/08/07(土) 00:32:15 ID:???
セレン「パンツまでは少年誌でもありだからおっけーなんです!」

636名無しさん:2010/08/07(土) 00:46:49 ID:???
ハルト国…そこは国とは名ばかりの悪魔の国。

ヨネア「パルスザンー、アレ頂戴〜」
パルスザン「君も好きだな。ほどほどにしたまえよ。」つ勧誘時のお菓子セット
レドサイト「パルスザンー、ベビーカステラ焼いてー!」
パルスザン「ほうら、アツアツだぞ。」
ドラスティーナ「パルスザン、お茶請けはないのかしら?」
パルスザン「クッキーがもうすく焼きあがります、すこしお待ちを。
        ああ、シャルロットいつもご苦労。机の上にある魔力を補充するゼリーを食べたまえ。」

637名無しさん:2010/08/07(土) 01:22:22 ID:???
御婦人には忠実だが嫁には厳しいパルスザンw

638名無しさん:2010/08/07(土) 01:52:24 ID:???
や・・・普通に嫁を労う良夫じゃね?

639名無しさん:2010/08/07(土) 02:09:22 ID:???
ムナード党…そこは野郎ばかりの喪男の国。

ヨネア(と名づけたクロウボール)
 「じーっ」
ムナード
 「君も好きだな。ほどほどにしたまえよ。」つエサ
レドサイト(と名づけたイエティ)
 「うっほ、うっほ」
ムナード
 「ほうら、アツアツだぞ。」
ドラスティーナ(と名づけたスカイドラゴン)
 「ぎゃお!ぎゃお!」
ムナード
 「クッキーがもうすく焼きあがります、すこしお待ちを。
  ああ、ショハードいつもご苦労。机の上にある魔力を補充するゼリーを食べたまえ。」

640名無しさん:2010/08/07(土) 08:29:58 ID:???
>ヨネア(と名づけたクロウボール)
かわいい、売ってくれ

641名無しさん:2010/08/07(土) 09:07:08 ID:???
アーシャ「オールヒール」
ルウェンダー「あーいやされるー」
シャルロ「オールネクロヒール」
ドラステ「かゆっ!? かゆいっ!!」
シャルロ「しくしく」

642名無しさん:2010/08/07(土) 12:28:04 ID:???
ラクタイナ「オールネクロヒール オールネクロキュア」

ニューマック「おい、エルラム…身体に異常はないか?」
エルラム「・・・体力を吸われたような気がする…」
ビッテドール「回復魔法で殺人…そういうのもあるのか!」
エルアート「いいからおなごに回復させろ。気持ち悪い。」

643名無しさん:2010/08/07(土) 14:16:06 ID:???
キオスドール「オールネクロヒール、オールネクロキュア」
一同「ビクンビクン」

644名無しさん:2010/08/07(土) 14:31:29 ID:???
ニースルー「オールヒール!」
ヨネア「ハァハァ…な、なんなのこの気持ち…あんた、ファッシネイションか何かを混ぜたんじゃ   
    ないでしょーね?!」
t_elf3「素晴らしい効果だ、素晴らしい。」

645名無しさん:2010/08/07(土) 14:48:26 ID:???
ラクタイナ「オールネクロヒール」

スケルトン「しゅごいのっ,しゅごいのぉぉぉっ――!」
竜牙兵「あ゛み゛ゃあ〜〜〜っ」
マミー「ちんぽッ!ちんぽイクッ!!ちんぽイクぅッ!!」

ラクタイナ「…道を違えたか」

646名無しさん:2010/08/07(土) 16:16:23 ID:???
ルーネン「ひきこもり健康法・・・そういうのもあるのか」

647名無しさん:2010/08/07(土) 19:57:14 ID:???
>>645
アンデッドの原材料がこの大陸の死体である事を考えれば何もおかしい所は無い。

竜牙兵
「アルティナ×セレン…ハァハァ」
ヴァンパイア
「ばっか野郎リューネならオーティとアルティナによるスヴェ争奪の泥沼三角関係だろ!」
ゾンビ
「『この泥棒猫…』って昼ドラかよ。ミシディシ×リジャースドの屈辱攻めだろ。」
マミー
「お前腐るのは身体だけにしろよ。俺は性的な事には興味無いけどな。」
スケルトン
「お前は乾く以前に涸れてんのな。」



ラクタイナ
「…セレン×ルオンナルだろJK…」

648名無しさん:2010/08/07(土) 20:38:03 ID:???
t_elf3が固有技ファッシネイションを習得しました。
世界は百合に包まれました。BADEND

649名無しさん:2010/08/07(土) 23:12:33 ID:???
t_elf3「気高き百合男・・・それが私なのだわ」

650名無しさん:2010/08/07(土) 23:32:38 ID:???
t_elf3「ラクタイナの傀儡となったセレンと、虜にされたルオンナルとの百合の愛・・・・少しダークすぎますかね」

651名無しさん:2010/08/08(日) 01:55:38 ID:???
t_elf3「いやいや、私がファッシネイション身につけてどうするのですか?
    やはりアルティナ殿が身につけることで、強大なリューネ・ハーレムが!!!
    やがてアルティナ殿という花芯の周りをセレン殿、ルオンナル殿、アーシャ殿、
    ルヴェンダー殿ら花びらが囲むように、生まれたままの姿で集いあい…」

652名無しさん:2010/08/08(日) 05:17:22 ID:???
ルーネン「隣で薔薇も咲きました、と。」

653名無しさん:2010/08/08(日) 10:05:02 ID:???
スキル:ファッシネイション
状態異常回復魔法
属性:魅了
回復量:魔力*-100(つまり悪化します)

状態異常:魅了(女性限定)
効果:近しい女性に対して百合属性の好意を追加・増幅する。

注)回復魔法なので味方でないとターゲットに出来ません。

654名無しさん:2010/08/08(日) 11:09:14 ID:???
ドルス「戦乱の勝者は貴様じゃミシディシ。じゃが、リューネ騎士団なぞに大陸の覇権を譲るわけにはいかぬ。
    貴様らリューネはペテン師集団じゃ。絵空事の理想で大衆を扇動し、事あるごとに我々の邪魔をする」
ミシディシ「天網恢恢(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず・・・」
ドルス「ん? ぶわっはっはっは!」
伝令「報告! 宝物庫が破られました。リューネ騎士団の竜たちが、金庫ごと!」
ドルス「なにぃ!? ・・・ぬぅ・・・撃てぇい!」
その命令と共にミシディシに向かって数十発の魔法が放たれるが、マントを翻すのみで、彼はそれらを
捌いてみせる。その直後、天から火球が降り注いだかと思えば、ドルスが次に目を開けたとき、
ミシディシは白竜に片手をかけ、月夜の空の中にあった。
ドルス「おのれ! ミシディシ!!」

655名無しさん:2010/08/08(日) 23:05:28 ID:tA3nHEYU
レオナール「たまねぎage」

656名無しさん:2010/08/09(月) 01:10:30 ID:???
ムナード「そうだ、君主になろうとするからいけないんだ!女だらけの国に仕官すればいいんだ!
      そうと決まれば…」つ入隊願書 リューネ騎士団(アルティナ)

657名無しさん:2010/08/09(月) 02:56:11 ID:???
このスレにはニースルーファンやルグナナム好きがたむろしていると思うが、お絵かき掲示板にお宝があるぞ。

658名無しさん:2010/08/09(月) 03:24:28 ID:wi2eXwPo
>>656
ルヴェンダー「テイマーは間に合ってるんだ!テイマーは間に合ってるんだ!テイマーは間に合ってるんだ!!」
ムナード「痛い痛い痛い痛いやめて鞭で叩かないで!」
ミルフォース(実際窓際だからな……いっそ交換すれば)

659名無しさん:2010/08/09(月) 08:40:00 ID:???
喪男の恐ろしい所は、例え女子校や女性ばかりの職場でも
彼女ができない点にある

660名無しさん:2010/08/09(月) 09:52:35 ID:???
ムナードはたとえ女性に相手にされなくても、雌がいるから大丈夫。ウッホウッホ

661名無しさん:2010/08/09(月) 12:19:35 ID:???
ミシディシ&ミルフォース「中途半端な我らの実力が合わされば怖い物は無い!」

ミシディシ ジャンクシャンより使えない。
ミルフォース 本人が弱い。

662名無しさん:2010/08/09(月) 12:41:55 ID:???
ジャンクシャン「本人が弱くてもスカイドラゴン雇える人少ないですしいいじゃないですかw
        うちの副軍死(笑)ときたらwwww」

663名無しさん:2010/08/09(月) 13:16:23 ID:???
もういっそルヴェンダーはグリーン軍に入れてもらえ

664名無しさん:2010/08/09(月) 13:28:18 ID:???
魔王軍
ムナード「ぎしぎし」
クロウボール「あんあん」
ムナード党
ムナード「ぎしぎし」
イエティ「あんあん」

リューネ騎士団
ムナード「ぎしぎし(泣)」
スカイドラゴン「あんあん」

665名無しさん:2010/08/09(月) 13:29:07 ID:???
リュッセル城はリジャースドの大軍に包囲された。
守る兵は僅か。一支えも覚束ないと判断した副軍師は一計を案じた。
四門を開け放ち自らは楼上でうららかに琴を弾いてみせた。
即ち空城の計である。
リジャースド、スーフェンは「敵になんらかの奇計やある」と容易に手が出せない。

一方ルグナナムは「がら空きじゃん、ラッキー!一番乗り!」と突撃を開始。城はすぐに落ちた。

666名無しさん:2010/08/09(月) 15:06:07 ID:???
ルヴェンダー「えーんえーん、もふもふわんこー、皆がいじめるよー!使えない娘っていうよー!」
チルク(マクラヌス所持)「そ、その・・・が、がんばって・・・」

667名無しさん:2010/08/09(月) 15:07:37 ID:???
>>665
ルグナナムが内藤wwwに見えた
「うはwwwTP10000000%!これがおれのかりゅ〜けん〜」

668名無しさん:2010/08/09(月) 15:33:40 ID:???
>>666
どっちも萌える

669名無しさん:2010/08/09(月) 17:07:03 ID:???
そういえば、VTにふたなりっていないよな
百合薔薇あんのに
それっぽいキャラいない?

670名無しさん:2010/08/09(月) 17:08:08 ID:???
アルj(ry

671名無しさん:2010/08/09(月) 17:10:16 ID:???
確かめてくる

672名無しさん:2010/08/09(月) 18:28:48 ID:???
>>666
場所が悪いと旗揚げしても一般すら雇えない娘はちょっと……
人材プレイする時はLSも決して悪くはないんだけどね、ルヴェンダーさん

673名無しさん:2010/08/09(月) 19:42:40 ID:???
グリフォン維持できれば結構強いんだけどねルウェンダー
自分で使うと混乱させ度合いとかが結構良い

674名無しさん:2010/08/09(月) 20:45:27 ID:???
ムナード「ふはは、グリフォンなら俺も雇用できるぞ」
パルスザン「可愛いは正義。お前に勝目は無い」

675名無しさん:2010/08/09(月) 20:55:36 ID:???
>>665
スーフェンはともかく、リジャーズドは勘付いて行きそうなイメージ。
リジャーズド=朱元璋、スーフェン=劉伯温で

スーフェン「流石だな」
リジャーズド「いや、お前の言う通り敵に策があったら危なかった」

676名無しさん:2010/08/09(月) 21:29:08 ID:???
スーフェン&リジャースド「「流石だなオレら」」
かと思った

677名無しさん:2010/08/09(月) 21:36:34 ID:???
>>670
確かめようと思ったが証拠はつかめなかった。
だがあんなかわいいこが女の子のはずがないと思われる

678名無しさん:2010/08/09(月) 21:50:46 ID:???
ジャンクシャン「ミシディシさんデクストかけてください」
ミシディシ「はい・・・」

679名無しさん:2010/08/10(火) 02:59:14 ID:???
>>677
お絵かき掲示板に逝ってこい

680名無しさん:2010/08/10(火) 03:32:12 ID:???
チルクってゴブリン人材の中で唯一性別不明なんだな
・・・ということはつまり

681名無しさん:2010/08/10(火) 03:43:06 ID:???
t_elf3「――――――――――――!」

682名無しさん:2010/08/10(火) 04:09:27 ID:???
>>679
投下したのはわたしだ。さすがにお絵かき掲示板で弾痕は自重した。
オステアは神の国。
キュラサイトって男なんだか女なんだかわからないしつまり・・・・・・

683名無しさん:2010/08/10(火) 06:07:17 ID:???
奇数月は男、偶数月は女とかそういうあれだよ

684名無しさん:2010/08/10(火) 08:52:14 ID:???
ミシディシ「なんということだ! あのラクタイナには隙がない!!」
ルウェンダー「では、この副軍師にお任せを、相手に隙がなければこちらから作ってやれb」
ラクタイナ「なんということだ! あの無能娘には隙しかない! ぎゃああ、吸い込まれるぅううう!」
ルウェ&ラク「  合  体  !!!」
ルウェラクのルウェ部分「 なに、これ気持ちいい! 魔力が全身に漲ってくr」
ルウェラクのラクの部分「 酷く迷惑です! ああああ力が吸われていくぅうううう!!」
ミシディシ「こんな使い方があったとは!」

685名無しさん:2010/08/10(火) 19:40:45 ID:???
ガルダーム「ルウェンダーはわしが育てた^^」

686名無しさん:2010/08/10(火) 20:03:00 ID:???
チルクになってルウェンダーにもふもふされたい。
抱かれるときに微かに感じる胸の感触にドキドキしたい。

687名無しさん:2010/08/10(火) 20:13:32 ID:???
>>685
なら、なにかスキル教えてあげてください

688名無しさん:2010/08/10(火) 21:30:56 ID:???
うむ、ではこのとっておきのエレメンタルフレイムを伝授しよう

689名無しさん:2010/08/10(火) 21:37:54 ID:???
昔はマジでエレメンタルフレイム使えてたんだよなルウェンダー

690名無しさん:2010/08/10(火) 22:22:18 ID:???
>>680
一人称は『ボク』。つまりこの符号の指す意味は――
ごめんどっちでもいい

691名無しさん:2010/08/10(火) 22:57:15 ID:???
昔はドランゴンナイトを雇用できてたのに今は皆からそっぽ向かれたルウェンダー・・・

692名無しさん:2010/08/11(水) 00:50:45 ID:???
スレに触発されてヴァーレンキャラでエロシナ作り始めたのはいいんだが
これは小物入れとかに出していいものなんだろうか

693名無しさん:2010/08/11(水) 01:19:32 ID:???
>>692
早くアップするんだ
話はそれからだ

694名無しさん:2010/08/11(水) 02:22:41 ID:???
偽装神官ホルズ
http://moepic3.moe-ren.net/gazo/dogaura/files/dogaura19291.swf

695名無しさん:2010/08/11(水) 10:58:55 ID:???
>>692
流石にやめたほうがいいぞ……

696名無しさん:2010/08/11(水) 11:09:41 ID:???
気休めだけどとりあいずパス付けとけばいいんでね

697名無しさん:2010/08/11(水) 12:10:34 ID:???
フーリン「ルーゼル様、ルーゼル様、ムクガイヤが王になったそうですよ」

ルーゼル「気にするな!」

698名無しさん:2010/08/11(水) 13:57:39 ID:???
ナルディア「これぐるぐる、わらわ達はいったい何時になったらネタになるのじゃ。
       風車に魔剣おばさん、怪力女そしてわらわがおるのじゃぞ、おかしいじゃろ」
レグリス「(スタスタスタ…)」
レグリス「(…スタスタスタ) そうだなぁ。」
レグリス「でた! 俺の無視してそのまま通りすぎたと見せかけーの戻りーのの気まぐれ受けごt」
ナルディア「グリンジャにも何かキャラ付けが必要じゃろうか?」
レグリス「う〜む… そうだ、VTには隻眼キャラがいない。眼帯つけて(´・ω●)ナルディア、見テテネ なんて言わせてみては」
ナルディア「ほお、良さそうじゃの。ちと連れてまいれ」

(◎●) 「……」
レグリス「目がでかすぎだったなこの子」

699名無しさん:2010/08/11(水) 14:07:26 ID:???
>>667
ムク「ちょ、話終わらせんなw」

700名無しさん:2010/08/11(水) 14:47:50 ID:???
砂漠に咲く百合は無い
そんなふうに考えていた時期が私にもありました

701名無しさん:2010/08/11(水) 15:12:32 ID:???
グリンジャちゃんはアルナス1可愛いからなんでもおk

702名無しさん:2010/08/11(水) 16:04:19 ID:???
ムナード「よし! ネタの数的な意味で、アルナスが手薄だ。全軍、西へ向けて進撃!」
アルナス汗国とグリーン・ウルスが同盟を締結しました
アルナス汗国とグリーン・ウルスがムナード党に対し共闘を決定しました
戦力値 ムナ党 2万 グリーン 2000 汗 6000
ムナード「ふははは、勝ったなこのしょうぶぅうううぇええあああ!」
汗・グリーン連合軍の勝利です
グリンジャ「あの技欲しいなー」
こうして、また一人の英雄がトルネード殺人事件の餌食となった・・・

703名無しさん:2010/08/11(水) 16:32:02 ID:???
グリンジャ「みんな!敵国のマスターを捕まえたよ!私の陪臣になって!」

ムナード「な、何をするつもりだ……」
ナルディア「すまんのう。じゃがこれが砂漠の掟というもの」
カリン「別に貴方に恨みはないのだけれどね」
チックニア「ああ神様、罪深き私をお許しください」
グリンジャ「それじゃ行くよ!せーのっ!」

ムナードはMナードにクラスチェンジしました

704名無しさん:2010/08/11(水) 16:48:49 ID:???
ショハード「兄貴だけずりぃ!!!」

705名無しさん:2010/08/11(水) 21:24:10 ID:???
Mハードは字面的にヤバい

706名無しさん:2010/08/11(水) 21:28:08 ID:???
列伝の内容は間違いなくSなのにこの兄弟・・w

707名無しさん:2010/08/11(水) 22:44:04 ID:???
ラクタイナ「
ゆうて いみや おうきむ
こうほ りいゆ うじとり
やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ


アルティマイト「じゅもんがちがいます」
ラクタイナ「えっ」

708名無しさん:2010/08/12(木) 01:22:29 ID:???
こんな夢魔召喚は嫌だ

夢魔
スキル:パネルマジック(敵を「幻覚」「混乱」にする、♂のみ有効)

Mナード「騙された。俺の部屋に召喚されてきたのはイエティだった。」

709名無しさん:2010/08/12(木) 01:41:33 ID:???
イエティ「シャチョサン、イマナラ1時間1万円ポッキリネー」

710名無しさん:2010/08/12(木) 04:25:20 ID:???
MナードになるならSハードにだって…!

S「ふふふ…どうだい兄さん…俺の[ユミヤ]は?」
M「な、何をするんだショハード!そ、そんなもの!?…っうぁ!」
S「ほら、我慢しなくてもさ…もうこんなに[ビグンビグン]してるじゃないか。」
M「お…弟にこんなにされて…悔しい…でも…!」



ポトニ「…ってな本を売り出せばきっと海軍辺りで売れるのだわさ!」
カルラ「で、でもこんな本書くなんてはしたないですぅ…!」

喪男「お前らなぁぁあああ!」
S「…ありかも(ボソッ)」
ポカ喪「「「えっ!?」」」

711名無しさん:2010/08/12(木) 08:46:55 ID:???
セレン「アルティナさま!どうか私を徹底的にいぢめてください!」
アルティナ「中々の心意気ねセレン。久しぶりに私も本気を出すわ!」



スヴェステェン「最近の親方様とセレン殿は気合いが入っておられる」
ガルダーム「極限まで肉体を虐め抜く事により何かが見えるのでしょうな」

712名無しさん:2010/08/12(木) 10:00:22 ID:???
ミシディシ「騙されてる騙されてるよ騎士団上層部・・・あれは違うって絶対・・・なんとかしなきゃこの騎士団・・・」
ルオンナル「ミシディシ殿は主君と同輩を疑うのですね」
ミシディシ「え、ええっ?俺が間違ってるの?!」

後にミシディシは騎士団を二つに割る事になる

713名無しさん:2010/08/12(木) 10:30:33 ID:???
ジャンクシャン「ミシディシ、そんなことよりキャバクラ行こうぜ」
ミシディシ「そうするか…。なんか今日は仕事したくない」

714名無しさん:2010/08/12(木) 10:38:52 ID:???
ゾーマ「・・・いらっしゃい」シャカシャカシャカシャカ
ミシディシ「キャバ・・・クラ?」
ジャンクシャン(やっべ店間違えたー!)

715名無しさん:2010/08/12(木) 10:49:25 ID:???
ニースルー「最近ヨネアも私に、虐めてほしい!って闇魔術の道具持って詰め寄ってくるし……」
ゾーマ「……オーダーはミルクでよろしいかな」

716名無しさん:2010/08/12(木) 12:00:13 ID:???
つまり蝋燭プレイか……ゴクリ

717名無しさん:2010/08/12(木) 12:29:53 ID:???
ニースルー「この前なんか、『シャイニングで嬲って』って・・・光魔法をそんな使い方させたり
        イリュージョンかけられた〜かけてないのにかかったふりして私の目の前で・・・」
ミシディシ「おいジャンクシャン、こういうキャバクラか?」
ジャンクシャン(やべ・・・おっきしてきた・・・)
ムナード「俺、明日からルートガルトいくわ」

718名無しさん:2010/08/12(木) 12:43:36 ID:???
ムナードがいるのはデフォか……。

ゾーマ「経験から忠告するが、止めておいたほうがいい。」

719名無しさん:2010/08/12(木) 12:51:13 ID:???
ルオンナル「主従の関係と割り切ってはいるつもりのですが、
     どうしてもセレンとお館様の間柄に嫉妬してしまうのです・・・」
ゾーマ「今日は強めのにしておきますかな」
ミシディン「お前もいたのか」

720名無しさん:2010/08/12(木) 16:50:53 ID:???
ヨネア「マスター…、最近ニースルーが冷たいの。…色々と道具も試したりシチュエーションに凝ってみたりしても、余り相手にしてくれなくて…。私なんて、もう魅力もなんも無いのかしら…」
ゾーマ「……(スッ)」
ヨネア「このカクテルは?」
ゾーマ「ブラックベルベット。」
ヨネア「ん…結構飲みやすい。」
ゾーマ「飲みやすいという事は沢山飲めて、沢山飲むという事は酔いやすい。いかに黒く美しい天鵞絨であろうとも、触れ過ぎれば邪魔になる。…何事にも適度、という事は必要なものだ。」
ヨネア「…ありがとう、マスター…」
ゾーマ「……」(シャカシャカシャカ)


ムナード(なんか蘊蓄で説得してるぞ…あれやれば俺も女にモテるんじゃないか?)
ムナード「おい!マスター!手っ取り早く女落とせる様なカクテルを教えろ!」ゾーマ「……」


数日後
ショハード「うわ、兄さんどうしたんだ?凄い手形残ってんけど…」
ムナード「…バーでドラスティーナにカクテル出したらひっぱたかれた。」
ショハード「何を出したってのさ。」
ムナード「マルガリータってカクテル。」
ショハード「あー…」

721名無しさん:2010/08/12(木) 19:09:21 ID:???
むしろよく誘えたな

722名無しさん:2010/08/12(木) 19:38:41 ID:???
ムナード「奴に思い寄せてるシャルロットを無理やり(ピー)してやれば!」
ショハード「素直に人間の一般人襲えば良いのにブツブツ。」

723名無しさん:2010/08/12(木) 19:56:57 ID:???
>>721
「あちらの喪男からです。」

724名無しさん:2010/08/12(木) 20:22:24 ID:???
ムナード「最近の人間の牝は魔族系男子に引かれるという。まさに俺のことだな!」

725名無しさん:2010/08/12(木) 20:56:58 ID:???
ニースルー「あの悪魔、喪族系がなんとかってブツブツ言ってる」
ヨネア「ほおっておきましょう、残念な子なの。それよりも…ねっ。」

726名無しさん:2010/08/12(木) 21:57:35 ID:???
ニースルー「ちょっと!周りの人が見てるでしょう!」
ヨネア「いいじゃないニースルーかわいいもん。だから……」
ゾーマ「お酒の周りがお早いようですな。お帰り願おう」

ヨネア ボッシュート
ニースルー ボッシュート

727名無しさん:2010/08/12(木) 22:49:04 ID:???
ニースルーとばっちりw

しかしゾーマさんはゲーム内でも戦士率いてそれなりに戦える様になったし。ムームー陪臣強化出来るし、頼れるね。
相変わらずストーリーに出てこないけど。

728名無しさん:2010/08/12(木) 23:01:58 ID:???
リュッセルでは上将軍になってるし、スーフェンの信頼も厚いあたりかなり有能な将なんだろうけど、なぜかストーリーでは影が薄いという。

729名無しさん:2010/08/13(金) 00:51:36 ID:???
ゾーマ「……能ある鷹は爪を隠す、なんて諺もある。」シャカシャカ

730名無しさん:2010/08/13(金) 01:14:41 ID:???
>>723
ドラ美もbarゾーマの常連だったのか

731名無しさん:2010/08/13(金) 02:42:54 ID:???
そこ『美』にしたらまんまになっちまう。

732名無しさん:2010/08/13(金) 02:49:23 ID:???
>>726は元々ニースルーのファッシネイション>>644が悪い。だからt_elf3が悪い。

733名無しさん:2010/08/13(金) 03:29:47 ID:???
>>727
ヨネア隠居ENDで名前だけ出てくるよ

734名無しさん:2010/08/13(金) 06:41:55 ID:???
 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   ||'  ~~;;   ;~''
 l ..: .:.: .:.: ...: .|   || :: || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'l|..::____
 i___________,i   ||:;  ||        l| |゚ BAR ゚|
              || :: ||        l| |。 ZOMA 。|   '~~;;;~''
              ||  ||        l|  ̄ ̄ ̄ ̄;;
              || .. ||        l| ::;''~~;;;~'';:::
              || ̄''||        l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;:;__.;;:;:_;:;__.;;:;;;:;:_;:;__;||.._||_____,l|_ __ _ _____
 ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄    /        \

735名無しさん:2010/08/13(金) 07:38:15 ID:???
誰かゾーマにOP作ってやれよ。

736名無しさん:2010/08/13(金) 12:04:58 ID:???
ムナードとムナード党のOPが先だな

737名無しさん:2010/08/13(金) 14:19:10 ID:???
>>734
通り名が夜の火竜剣な彼は入れますかね

738名無しさん:2010/08/13(金) 15:00:41 ID:???
>>736
故ルーゼル「それ以前に本家にOPが無い件について」
故フーリン「戦闘で死亡しなくなって出番が・・・」

739名無しさん:2010/08/13(金) 15:12:09 ID:???
ラクタイナ「ランダムシナリオでも暴れてくれよう・・。出でよ、我が下僕たちよ!」

ピヨン「ボクピヨン。ヨロシクネ」
オワン「ボクオワン。ヨロシクネ」
バルバッタ「ヒャッハー!」

ラクタイナ「・・・・・あれ?」

740名無しさん:2010/08/13(金) 15:22:01 ID:???
>>739
レオナール「安心しろ、俺もいるぞ」

741名無しさん:2010/08/13(金) 15:25:47 ID:???
充分優秀な配下じゃないか

742名無しさん:2010/08/13(金) 15:41:44 ID:???
必要経験値下がってからレオナールはそこそこ厄介になった

743名無しさん:2010/08/13(金) 16:00:01 ID:???
素直にガルザダスにしとけばよかったか

744名無しさん:2010/08/13(金) 16:21:13 ID:???
部下がロードになるってLSで評価するならどれほどの事だろうか、CPU限定だが。

745名無しさん:2010/08/13(金) 21:34:31 ID:???
リザードロードの方が怖い

746名無しさん:2010/08/13(金) 22:03:15 ID:???
初期シナで敵ユニットがロードになる=オワタ\(^o^)/

747名無しさん:2010/08/13(金) 22:47:15 ID:???
攻撃力が強い敵より耐久力と生存率が高い敵が恐ろしい。

なんの間違いか知らんが生き残りまくった結果のレベル30野菜ェ…

748名無しさん:2010/08/13(金) 23:12:05 ID:???
ルグナナム「ドラスティーナさんには俺という火竜剣の鞘になって欲しい!」

749名無しさん:2010/08/13(金) 23:22:10 ID:???
パルスザン「呼ばれましたか?」
ドラスティーナ「ちょっとそこの炭、片付けておいて。あとなにかおつまみ作ってきて。」

750名無しさん:2010/08/13(金) 23:23:30 ID:???
キオスドール「あらあら、随分と貧相な火竜剣ですね うふふふふ」

751名無しさん:2010/08/14(土) 00:01:15 ID:???
>>748
もうお前氏んでいいぞw

752名無しさん:2010/08/14(土) 00:21:39 ID:???
ドラスティーナ「粗末なマッチ棒ね・・・ティッシュでも被せときなさい」

753名無しさん:2010/08/14(土) 00:23:41 ID:???
ムナード「わはははは!ざまぁないな、人間!その点、俺の魔界の炎で鍛えられた剛槍は
      あらゆる女を満足させるぞ!」
ショハード「俺の剛弓も忘れるなよ!」

754名無しさん:2010/08/14(土) 00:46:54 ID:???
キオスドール「あら、立派だわ。それで大切にしまっているのね。うふふふふ」

755名無しさん:2010/08/14(土) 00:57:03 ID:???
Mナード「S女が多くてたまらない流れだな」

756名無しさん:2010/08/14(土) 01:15:18 ID:???
ニースルー「ヨネア、話があるの。」
ヨネア「どうしちゃったの?青ざめて。」
ニースルー「ちょっとショックな事が・・・いいえ、分かっていたの、自分でも違和感あったのよ。必殺技も使えない私ですものね。」
ヨネア「どうしたって言うのよ。そんなに自分を貶める事無いわ、自信を持って賢者様!」
ニースルー「私、賢者系じゃなくなったわ。」
ヨネア「・・・・・・」
ニースルー「その他系・・・『その他』って何?」
ヨネア「・・・・・・で、でも、『その他』って強いキャラばかりよ。悪く無いわ。」
ニースルー「あと、最初に光魔法がC魔法しかないの。」
ニースルー「私、自分が普通のモンクと違うと思っていたわ。取り立てて魔法が得意だと。」
ヨネア「それはそうでしょうよ、6属性なんて他に居ないわ。それにすぐに覚えるじゃない、だってLV10なんてS1でも私達ならすぐだわ。」
ニースルー「ラザムの魔法研究の最高責任者だったの・・・・・・ゲームが始まってからすぐ覚えるのと、最初から覚えているのとじゃ設定の幅が違うのよーー。肝心の光魔法が並なのに最高責任者だったことがとうとうバレたのーーーーー。」

イオナ「くすくす。」

757名無しさん:2010/08/14(土) 01:31:37 ID:???
ラングドス「そもそも女が欲しけりゃ犯すなり何なりすりゃいいのにあいつら何悩んでんだってヴぁ?」
マビドレ「愛されたい系の恥ずかしい悪魔なんだろ察してやれよ」

ムナード「なんか生々しい会話が聞こえたぞ」
ショハード「気のせいじゃねーかな」

パルスザン「まあまあ。いくらあの二人とてよもやそのような下らないことしか考えていないわけではありますまい」
ドラスティーナ「あの二人にはその余裕さの代わりに必死のオーラしか感じられないのだわ」

ムナード「ちくしょうパルスザンめ!!」
ショハード「うわビックリしたな。急に大声出すなよ兄貴」

758名無しさん:2010/08/14(土) 03:10:00 ID:???
ドラスティーナ「まったく、ロクな男がいないのだわ。
         それはそうとパルスザン、紅茶のおかわり頂戴。」

759名無しさん:2010/08/14(土) 09:42:01 ID:???
ドラスティーナ「どいつもこいつも下心丸出しの下衆ばかりなのだわ
          私は私なりの時間を楽しみたいだけだというのに」
パルスザン「やはり貴人という者は、種族問わずに人を惹きつけるものがあるのですな」
ドラスティーナ「その点あなたと居ると気楽なものだわ。下心が無さそうで気負いする心配もないし
          気品もあって居心地も良い。何より紅茶を淹れるのが上手なのだわ」
パルスザン「お褒めの言葉、ご光栄に預かりましょう」

ムナード「気品だと…俺だって気品くらいあるわ!なのに何故パルスザンばかり!
      そうか!まずは紅茶の淹れ方からマスターすれば良いのだな!」
ルグナナム「品の無さなどペナルティにもならん!俺にはこの火竜剣がある!
        いつか認めさせるその日まで!うおおおおおおおおお!」

760名無しさん:2010/08/14(土) 12:46:59 ID:???
ムナード「魔界の神々は俺を見捨てた・・・もはやこれまでだ」
そして、ムナードは大陸で最も高い山から身を投げた。100年に及ぶ苦難、100年に及ぶ悪夢。
死こそが、悪夢から逃れる術であったのだ。
だが、これが彼の運命であったのか? 彼はかつて、魔界の神の戦士であった。
10 weeks ago...
ムナード「化け物どもめ! 俺がもいちど躾直してやる!」
(ザシュザシュ!)
ムナードの行く手を阻むものは何一つなかった。だが、忌まわしい悪夢もまた、消えることはなかった。
彼を慰めるのは海のみであった。港から港へ果てしない航海を続けることのみが彼の苦しみを紛らわせてくれる。
どれだけワインを飲もうと、どれだけ女を口説こうと、その悪夢が消えることはなかった。
ムナード「アルティナァアアア!! 100年だ。100年私はおまえの戦士として戦って来た。いつになったらこの悪夢から
      開放してくれる!?」
アルティナ「では、最後の試練を与えましょうムナード」
ムナード「最後って、その台詞もう何回目?」
アルティナ「リュッセルの都では、私の兄、ゴートが街を包囲しています。ゴートを殺しなさい。さすれば、罪は赦されるでしょう」
(ザクッ! ゴァアアア!)
アルティナ「よくぞゴートを倒してくれました。神はあなたの罪を赦しましょう。ですが、あなたの悪夢=もてないこと は
        いくら神でもどうすることもできないのです。では次の試練ですが」
ムナード「もういやだああああああ!!」
そしてムナードは、大陸でもっとm(以下無限ループ

761名無しさん:2010/08/14(土) 17:24:05 ID:???
ムナード「クソックソッ! 何処だ、一体俺の何処がパルスザンに劣っているというのだ!」

ショハード「言いにくいんだけどさ。……兄貴、自分のステータスとスキル確認してみろよ」

762名無しさん:2010/08/14(土) 18:07:31 ID:???
ルーゼル「リーダースキルの差を見れば違いは歴然・・・これが格の違いという奴だ」

763名無しさん:2010/08/14(土) 18:23:58 ID:???
ヴァーレン世界に2chにあったら

【魔の巣】 BAR ZOMA part3 【日陰者】(108)
【ボクピヨン】アイスマン語を極める【ヨロシクネ】(612)
ファルシス騎士団に勤めてるんだが、もう私は限界かもしれない part7 (739)
【サーザイト】爺萌えスレ【ラファエル】(472)
【保険屋】アルジュナだけど、何か質問あるかい? part2【性別詐称疑惑】(903)
【戦死率】前衛の理不尽さを愚痴るスレ part11【80%】(214)
かっかっかー (1001)
女海賊だけどローイス海がイカ臭い。死にたい。 (148)

764名無しさん:2010/08/14(土) 18:43:27 ID:???
>>762
ムナード「つまり訓練スキルがあり、方々に顔が利く俺はモテモテ!
      訓練スキルのテクニシャンっぷりでどんな女もメロメロにするぜ!」

ショハード「そうそう…もっと力を抜いて。」
ドラスティーナ「ふん…こうかしら?」長弓指導中
ショハード「おっと、それじゃあ胸をすっちまいやすぜ。もうすこしこう…失礼。」
ドラスティーナ「ふん…狩りの時だけは許すわ。手伝いなさい。」

765名無しさん:2010/08/14(土) 18:46:54 ID:???
鬼畜エルフマジうぜぇ!(1)
アルティナ様の美しさは世界一でしょう(822)
どうせモテないしムナード党にでも入ろうぜPart1392(349)
【至高】素晴らしき百合の世界【究極】(811)
ローイス海戦記【腐】(322)
鬼畜女王エルアート攻略スレ Part21(222)

766名無しさん:2010/08/14(土) 19:56:32 ID:???
ドラスティーナ「ルグナナム!ルグナナムは居ないの!」
ルグナナム「おわっ!?何だよそんなに血相変えて!」
ドラスティーナ「あんたの剣を私に教えるのだわ!ネヴァンの子女たるこの私が
          あんなしわくちゃの騎士なんかに負けるなんて許されないのだわ!早く来なさい!」
ルグナナム「あんた散々俺の火竜剣を馬鹿にして……ま、待った魔の波動だけは勘弁してくれ!」

ラファエル「へっくし、悪魔相手はいつも疲れるわい。おおアーサー、飼い葉は美味いか?」
アーサー(馬)「ぶるるん!ぶるるん!」
ラファエル「ようしようし」

767名無しさん:2010/08/14(土) 20:02:18 ID:???
なんかムクガイヤ凄い事になってないか?(722)
【速報】ゴート死んだwwwww Part3(348)
魔王軍で軍死やってる者だけど…(1)
戦わなければ生き残れないフェリル党スレ(631)
【速報】俺のレベルが上がらない(27)
滅亡すれすれのロイタス・ブリガードスレスレ(444)

768名無しさん:2010/08/14(土) 20:04:54 ID:???
グヴェン「はいやー!」突撃3 攻・移UP
ドラスティーナ「とおもったけどやめよやめ。ちょっとグヴェン、こっち来なさい。」

769名無しさん:2010/08/14(土) 20:51:37 ID:???
ファルシス騎士団は友好国です
友好国を攻撃すると家臣の忠誠度が低下します

ミルフォース「やはり龍は良い。何でも言う事を聞いてくれる」

770名無しさん:2010/08/14(土) 21:12:45 ID:???
定期的にCWプレイヤーが出没するなw

771名無しさん:2010/08/14(土) 22:54:05 ID:???

.       ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (;´Д`) <  下流剣の手入れなら一人でシコシコやってろw
  -=≡  /    ヽ   \_____________________
.      /| |   |. |
 -=≡ /. \ヽ/\\_
    /    ヽ⌒)==ヽ_)= ∧_∧
-=   / /⌒\.\ ||  ||  (´・ω・`) ルグナナム      ______
  / /    > ) ||   || ( つ旦O               |  リュッセル |
 / /     / /_||_ || と_)_) _.              |.    →    |
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))           ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄

772<あぼーん>:<あぼーん>
<あぼーん>

773名無しさん:2010/08/15(日) 20:18:14 ID:???
ミルフォース「ラクタイナがノスフェラトゥになれるのなら、私だってマムクートになれるんじゃないか?」

774名無しさん:2010/08/15(日) 22:49:29 ID:???
マムクートになるにはまずロリ幼女にならなければ

775名無しさん:2010/08/15(日) 23:33:29 ID:???
ハゲジジイでもなれるさ

776名無しさん:2010/08/16(月) 00:12:14 ID:???
もしムナードが魔王軍の軍師だったら。

地盤を確保せずルートガルト侵攻→滅亡
リュッセル侵攻→ガルダームを突破出来ず滅亡
ガルガンダ侵攻→銀の斧でルーゼルが真っ二つにされ滅亡

ムナード「何故こうなった・・。」

777名無しさん:2010/08/16(月) 01:25:51 ID:???
ルウェンダー「祝!dk雇用復活ッ!!
       使えないだとか副軍師(笑)だとかはもう言わせないわ!」

778名無しさん:2010/08/16(月) 01:47:28 ID:???
スーフェン「副軍師(笑)」

779名無しさん:2010/08/16(月) 02:50:24 ID:???
>ムナード軍師

完全体ルーゼルがトライドV世に負ける
  ↓
トライドV世の兵力を予想外に削げなかった為、ムクガイヤの反乱が失敗する
  ↓
大陸は今日も平和でした

ルゼムク「何故こうなった・・。」
ムナード「ある意味、俺はキーパーソン」

780名無しさん:2010/08/16(月) 07:35:55 ID:???
>>779
一般dk「お久しぶりです軍師殿!早速我々を『訓練』してください!」

781名無しさん:2010/08/16(月) 09:10:00 ID:???
dkってなんぞ
ドンキーコング?

782名無しさん:2010/08/16(月) 09:11:35 ID:???
DragonKnight

783名無しさん:2010/08/16(月) 11:06:27 ID:???
DarkKnight

784名無しさん:2010/08/16(月) 11:19:24 ID:???
ルウェンダーに『訓練』されるサルステーネ。
そういうのもあるのか!

785名無しさん:2010/08/16(月) 16:26:50 ID:???
DaiichideKnight

786名無しさん:2010/08/16(月) 16:43:04 ID:???
ルウェンダー「ふっふっふ・・・あーっはっはっは!遂にあの鶏頭からドラゴンナイト雇用が消え、
     この私の手に戻ってきた!!ドラゴンナイトの価値を考えれば私の重要度は鰻上り!!
     もはや副軍師(笑)などと言われることはない!さあ各国の首脳は私の元に日参しなさい!
     土下座して『美しく強いルウェンダー様、どうか私の国に来てください』と言えば雇われてあげなくもないわよ!?」

787名無しさん:2010/08/16(月) 16:50:39 ID:???
ヒューマック「すまん!私はヒューマックでもなんでもないんだ。暗殺集団の首領を名乗ってみたかっただけなんだ。裏稼業もやめる。ロイタスブリガードも解散する。だから頼む、許してくれ!」

→許す
→許さない

788名無しさん:2010/08/16(月) 17:03:42 ID:???
ヒューマック「すまん!俺はヒューマックでもなんでもなくてニューマッ(ギャァァァァ

ラクタイナはこうして副軍師(笑)属するリューネに降伏した。

789名無しさん:2010/08/16(月) 21:02:35 ID:???
ジャンクシャン「なあ、ミシディシ。また吹く軍師(笑)殿の仲介で他勢力からの誘いが来たんだが」
ミシディシ「またか。今回はまともなところなんだろうな?」

790名無しさん:2010/08/16(月) 21:07:46 ID:???
ミシディシ「ドラゴン返してください」
ムナード「やだよ、おう」
ミシディシ「オナシャス」
ムナード「じゃあとりあえず、犬のまねしてみろ」
ミシディシ「え?」

791名無しさん:2010/08/16(月) 21:10:09 ID:???
副軍師様の訓練はよしよしよしよしよしよし〜って、なでなでしてくれるんだろうか?

792名無しさん:2010/08/16(月) 21:16:08 ID:???
巨乳を使って奉仕してくれるんだろう。

793名無しさん:2010/08/16(月) 21:34:34 ID:???
ルヴェンダーはドラゴンナイト雇用を得た。しかしその前途はあまり明るいものではなかった

一般A「いやー、ミシディシ様やジャンクシャン様ならやる気が出るけどさ」
一般B「仮にも我々ドラゴンナイトがテイマー如きに指揮されるっていうのもねぇ」
一般C「もし俺達があんたについていかなかったらどうするよ?」
一般D「戦争に連れていってもらえず訓練ばかり、こっちへの俸禄も碌に払えないようじゃあねえ」
一般E「……まあ、セレンなんかよりはましだけどな」
一般F「さて副軍師殿。後はわかりますな?」
某人材「俺達の火竜剣を満足させてもらわない限り」
一般G「お前どっから入ってきた」

794名無しさん:2010/08/16(月) 22:16:17 ID:???
>>792
副軍師って巨乳なのかな?
セレンはサイズ云々以前にまだ成長期 ルオンナルは残念なことになってそうだが

795名無しさん:2010/08/16(月) 22:35:50 ID:???
まて、副軍師は魔力うpの上、チルク雇用も健在だから
強力マクラヌスはもとより、オーティやスヴェほどではないが青竜剣の威力や後半ナイアラ相手には
フリーズが有効なセレンを部下にすると強いぞ・・・・・・

ルヴェンダー「あなたがすぐに北上してくれれば・・・」
セレン「ゆ、許して・・・ほしい・・・」
ルヴェンダー「だめです。そんなあなたには鞭をさしあげ......〆t_elf3

796名無しさん:2010/08/16(月) 22:39:14 ID:???
巨乳ランク
シャルロット>副軍師>ドラス>メーヤ>>>キオス>ニースルー>キュラ>カルラ(がっかりop)>ルオンナル
>>>ルーネン>セレン>ニーナナス>カリン>レドサイト>アルティナ>ヨネア>アルジュナ

797名無しさん:2010/08/16(月) 22:44:27 ID:???
悪イオナとかメーヤとかデッドライトとかエルラムとかウェントルとかが欠けてるぞ

798名無しさん:2010/08/16(月) 22:51:53 ID:???
>>796
レドザイト>アルティナ
いや流石にそれはないだろうw

799名無しさん:2010/08/16(月) 23:11:08 ID:???
アルジュナ……か

800名無しさん:2010/08/16(月) 23:13:43 ID:???
アルジュナに有るわけ無いだろうjk…
だっておt

801名無しさん:2010/08/16(月) 23:14:03 ID:???
ヨネアあぶねぇ。つかラスはセレンじゃないのか

802名無しさん:2010/08/16(月) 23:16:03 ID:???
最貧はアルジュナさん
これだけは譲れない

803名無しさん:2010/08/16(月) 23:17:07 ID:tEXigEPo
悪イオナを挙げておいて…

804名無しさん:2010/08/16(月) 23:18:45 ID:???
あげちまった……いや、シャレのつもりじゃなかったんだ。

805名無しさん:2010/08/16(月) 23:28:39 ID:???
個人的には
メーヤ>ドラス>シャル>正常時キオス>副軍師>デッドライト>クレア>エルフィス=エルラム ここまで巨乳
>ガンター>悪イオナ≧ニースルー>エルティア≧ラングドス>グリンジャ>善イオナ
>マヒドレ>アーシャ≧ムームー>キュラサイト>カリン≧エルカ ここまで普乳
>ナオーン>ムッテンベル>ウェントル≧ロザイナ>ルーネン≧ニーナナス>チェックニア>ナルディア ここまで貧乳
>ルオンナル≧アルティナ>セレン≧メルトア>カルラ≧ポートニック>ヨネア ここまで無乳
>キスナート≧フーリエン≧ポイトライト≧キオー≧キニー≧ローニトーク≧キオス≧ポポイロイト≧レドザイト ここまでょぅι゛ょ
>>>>ついている壁>>>>>>アルジュナ ここからおt(ry

ファウ抜いて考えるとこんな感じ て夜遅くに何やってるんだか俺・・・

806名無しさん:2010/08/16(月) 23:52:17 ID:???
ルーネンと善イオナは意外とロリ巨乳なんじゃないだろうか。
んで、悪イオナとニーナナスは貧乳もしくはまな板。

ヨネアはお風呂でニースルーの巨乳見てコンプレックス感じてそう。

807名無しさん:2010/08/16(月) 23:56:21 ID:???
チョルチョさん忘れるとかマジありえない

808名無しさん:2010/08/17(火) 00:09:39 ID:???
貧乳以下が多すぐる

809名無しさん:2010/08/17(火) 00:10:07 ID:???
>>805
悪イオナさんはそこそこある気がしますね 大きくも無く小さくも無く
そしてそのようなバストをうらやましそうに見つめるローニトークに気付き
「こうすれば大きくなりますよ」と言ってまだあどけない少女の胸に手を伸ばし......〆t_elf3

810名無しさん:2010/08/17(火) 00:10:51 ID:???
安価ミスった >>809>>806あて

811名無しさん:2010/08/17(火) 00:59:30 ID:???
数少ない常識人のアルティナはバストサイズも常識的なはず

812名無しさん:2010/08/17(火) 01:29:02 ID:???
>>805
鬼畜王も抜けてね?

813名無しさん:2010/08/17(火) 01:58:00 ID:???
キュラサイトとクウォードも無いな

814名無しさん:2010/08/17(火) 02:34:04 ID:???
パンテヒyヂアイウイコイの時とダゴンの時は巨乳っぽいな

815名無しさん:2010/08/17(火) 03:19:57 ID:???
ローニトークが実は隠れ巨乳で、こけてホルスに抱き着いたりした際に、
ホルスの{ラグラントゥー}が{ガルガンダ}になった所を普通乳の悪イオナが見てダークホーリーに目覚める。


という事を夢想した。

816名無しさん:2010/08/17(火) 03:22:36 ID:???
ローニトークは美尻という某所設定があってだな・・・

817名無しさん:2010/08/17(火) 03:39:25 ID:???
尻に突っ込むというわけか

818名無しさん:2010/08/17(火) 15:08:08 ID:???
突っ込み所が多過ぎて何処から突っ込めばいいのかわからんな。

819名無しさん:2010/08/17(火) 16:38:10 ID:???
じゃあ尻からだな。

820名無しさん:2010/08/17(火) 18:00:37 ID:???
おくちで妊娠出来る訳か

821名無しさん:2010/08/17(火) 18:41:04 ID:???
ゴート「ついに、ついにレオーム家再興の悲願が成就したのだ。この地は再びレオーム家の威光によって繁栄するであろう」
ドルス「若、おめでとうございます。この命あるうちに再びレオーム家の御旗が王都に翻るとは・・・。いやはや、長生きはするものですな」
ゴート「ははは。そちならあと10年は長生きしそうだな。これからもよろしく頼むぞ」
ドルス「ほっほっほ。10年などとケチくさいことは仰りますな。・・・それと、残念ですが若にはご退場いただきましょうか」
ゴート「?!・・・ドルス・・・まさか・・!」
ドルス「魂は光を投げかけ、死はその影となる。光がかすれていくとき、生と死は一つとなる。冥府の王よ、災いの力と深い慈悲の心を我に与えたまえ」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・
リッチードルス「ほっほっほ・・・素晴らしい力ですな。では、さらばですじゃ。ブリザード」
ゴート「ぐあああああああああああああああ!!」
リッチードルス「直にイオナとフィーザレスもあの世に送ってあげましょうかのう。ほっほっほ」

この後、大陸はリッチードルスによる暗黒の支配が未来永劫続いた。

822名無しさん:2010/08/17(火) 20:22:00 ID:???
>>821
ゴート「やるなぁ、ドルス。だが、その程度で私は死なん!」
リチドル「な、なんと!?」
ゴート「貴様がいま放ったのはブリザードじゃない、ブリザードだ。いまの貴様にはブリザードを放つ魔力は残ってない」
リチドル「え?」
ゴート「同じ条件なら、私が勝つ! 食らえ、ブリザード!」
リチドル「ぐはっ!」
この後、大陸はこのイミフな戦いにより???の渦に落とされることとなる。

823名無しさん:2010/08/18(水) 01:49:51 ID:???
イオナ「老いぼれ如きが・・・このホルスマスターイオナに勝とうとは1000年早い!
    食らえ!神剣ラグラントゥー(ホルス)!」
ドルス「ぐわあああああ」

こうして世界はイオナによって統一され、唯一神イオナを崇める神権国家となった

ホルス「ボクホルス。ヨロシクネ」

824名無しさん:2010/08/18(水) 03:27:00 ID:???
ホルス「最近さー、イオナが俺を見る目とかヤバいんだよな…」
ピヨン「ボクピヨン、ヨロシクネ」
ホルス「そう、なんつーか物を見る様な目でさー。この間なんか『ホルス様、貴方は人の前では―大陸の平和は私が守る―とだけおっしゃる様お願いします。』とか言って来てさー…お願いとか言ってるけどアレ命令だって。」
オワン「ボクオワン、ヨロシクネ」
ホルス「わかってくれるかー…優しいなぁお前等。身体は冷たいけど心が暖かいんだなぁ…」




イオナ「…あれは本当に共感しているんですか?」
カルラ「え、えーとですぅ…ね?」
だわさ「『こいつ何言ってんの?』『ただの肉壁の分際で高貴なるこの私に馴れ馴れしく触れるな、魂ごと凍らせくれようか?』と言ってるのだわさ。」




ロニト「ホルス様〜、こんな所(冷蔵庫)で何をしてっ…(ツルッ)わきゃっ!?」
ホルス「うわっと…大丈夫か、ローニトーク?」
ロニト「えへへ…助かりました。やっぱりホルス様は頼りに成りますね。」
ホルス「いや、そんな事は…(うわー軽くて柔っこい…それになんか道の辺の花みたいな優しい香りが///)」
ロニト「いや、やっぱり頼りになります!ホルス様はカッコイイです!物語の勇者の様です!」
ホルス「そ…そうか?」




だわさ「ラブコメってるのだわさ」
カルラ「見てる方が照れるですぅ…ん?(ゾクッ)」
イオナ「…冷蔵庫の扉が開けっ放しなのは宜しくありませんよね。泥棒も入るかも知れませんし、閉めて鍵掛けましょう。」

だわさ&カルラ
「「…嫉妬怖い(のだわさ)(ですぅ)…」」

825名無しさん:2010/08/18(水) 06:21:46 ID:???
ピヨン「ボクピヨン、ヨロシクネ。(アルナス騎兵ヨワスw)」
フリンク「やめてくれー」
オワン「ボクオワン、ヨロシクネ。(射程外から雪の結晶おいしいですw)」
スネア「おねがいだ やめてくれー」

826名無しさん:2010/08/18(水) 06:30:57 ID:???
ロニト「ホ、ホルスさま、寒いです……」
ピヨン「ボクピヨン。ヨロシクネ」
ホルス「大丈夫だ、すぐに助けが来てくれる。誰かが勘違いしたのだろう
    さあ、私のマントの中で暖まるんだ」
オワン「ボクオワン。ヨロシクネ」
ロニト「ありがとうございます……(わっ、ホルスさまの身体がこんなにも近くに……)」
ピヨン「ボクピヨン。ヨロシクネ」
ホルス「……大丈夫だ、ローニトーク。お前だけはどんな事があっても私が守る
    (いよいよという時はこの小さな勇者の為に神剣の力を振るう事、どうか許してほしい……)」
オワン「ボクオワン。ヨロシクネ」

827名無しさん:2010/08/18(水) 08:49:36 ID:???
つまり雪だるまの立会人がいる中で二人の結婚式がはじまるんですねわかります

828名無しさん:2010/08/18(水) 09:36:11 ID:???
>>826-827
〜前略〜
ロニト「ありがとうございます……(わっ、ホルスさまの身体がこんなにも近くに……)」
ピヨン「ボクピヨン。ヨロシクネ(結婚式で演奏される音楽は景気よく勇壮で、戦場の行進曲に似ているね)」
ホルス「……大丈夫だ、ローニトーク。お前だけはどんな事があっても私が守る
    (いよいよという時はこの小さな勇者の為に神剣の力を振るう事、どうか許してほしい……)」
オワン「ボクオワン。ヨロシクネ(やがて二人は傷つき倒れるであろう)」

829名無しさん:2010/08/18(水) 10:23:02 ID:???
ちょうど二アイスがなんて言ってるのか知りたかったんだ

830名無しさん:2010/08/18(水) 12:21:01 ID:???
>>828
イチャってるとこ申し訳ないが、顔絵見る限りローニトークは相当幼子に見えるんだが・・・
はっ、もしやホルスってロリコ(ry

831名無しさん:2010/08/18(水) 12:37:19 ID:???
エルフの寿命は2倍以上だと思うから10歳に見えても20歳。
何も問題は無い!

それにロニトはロリ顔小さめの身体の割に色々育ってるんだよ。お尻とか。

832名無しさん:2010/08/18(水) 12:53:28 ID:???
とある神官達は大陸の反対側へと人材を探しに行った

エルフィス「わかりました。私は進んで貴方がたの道標となりましょう」
ローニトーク「はわわ!私にそのような大役を任せてくださりありがとうございます!」
エルアート「アヒャヒャ。おなごの扱いはわらわに任せるのじゃ」
ホーリートーン「森を守るのが我が使命。残念ながらご期待には応えられません」
ヒュンター「神官達の百合は禁断の神域。私は竜騎士達の姿を見守りたい」
エルフォード「戦争はキライです」

イオナ(悪)「……」
ホーリートーン「……わかりました。私がラザムを守る剣となりましょう」
ヒュンター「この際竜騎士など捨て、あなた達の営みを見守らせてもらいます」
エルフォード「早く平和になってほしいものです……」

833名無しさん:2010/08/18(水) 13:34:04 ID:???
バイセクシャルな鬼畜王なら地味に女顔なホルスも襲うはず。


ホルス「な…何をしているんだ!女性がそんな男の前で服を脱いでは!」
鬼畜「ふほほ…おなごの裸を見ただけで顔を真っ赤にするとは愛い奴じゃの。この調子じゃあの恐い神官の女やヘタレ小娘ともヤっとらん様じゃな?」
ホルス「ヤるって……。……っ!」
鬼畜「本当分かりやすいのお。さて、おぬしの貧相な性剣でも見させて貰おうかの?」
ホルス「や…止め…」
鬼畜「そんな事言って…ほれ、おぬしの貧相な剣もこんなに硬く…」

オトコノ{ラグラントゥー}ヲナメルナー

鬼畜「わ…わしのも超えるウルトラ兵器…じゃと?」

834名無しさん:2010/08/18(水) 15:04:29 ID:???
一番の女顔はアルジュナ

835名無しさん:2010/08/18(水) 19:06:30 ID:???
もうやだこいつら

836名無しさん:2010/08/18(水) 19:29:24 ID:???
ムナード「そうか…世は今、ヘタレ受けということか!よし!」

ムナード「ドラスティーナおねえちゃん、シャルロットおねえちゃん、
      キオスドールおねえちゃん、ぼく、戦うのこわいよお…」

837t_elf3:2010/08/18(水) 19:40:31 ID:???
ムナードいい加減自重しろ。>>1をみなおせ。

838名無しさん:2010/08/18(水) 21:23:29 ID:???
ムナード「俺が百合だと…その手があったか!」
ショハード「兄貴、パルス……カラーン(弓を落とした音)」

839名無しさん:2010/08/18(水) 22:07:25 ID:???
ショハードが兄を訪ねた時、兄であるムナードは倒れていた。

血の池に沈むその顔は凄まじいまでの決意に溢れ、がっしりと握った手には全力で引きちぎったのであろう多少潰れた己の睾丸がおさまっていた。

後の世では、最早勝てぬ事を悟ったムナードが己の軍の仲間への謝罪の為、敢えて男として恥じる死に様を選んだという説、或いは何か逆転の為の召喚魔術を行い、失敗したとの説がある。
一部の研究者には「モテないならばせめて女になりたい」と考えたからと言う者も居るが、そんな馬鹿な事は無いだろうというのが大方の見解である。

840名無しさん:2010/08/18(水) 22:33:50 ID:???
>>837をうけて>>1を見直したんだがふとデレックの監禁百合はとにかくアルカの処刑百合ってなんだよと思った
緑虫処刑イベントからさすがに百合は……

841名無しさん:2010/08/18(水) 22:40:40 ID:???
当時、アルカがセディエルクをエロ処刑するイベントが一時的に組まれていて・・・

842名無しさん:2010/08/18(水) 23:31:32 ID:???
>>841
あれはやばかったな。
せでぃにとってだいじなところがいっぱいさらされた。

843名無しさん:2010/08/18(水) 23:45:15 ID:???
ムナード「俺達も昔は女だったのにな」
ショハード「貴重な女が男になった例だぞ兄貴」

ところでキュラサイト×アルジュナって百合?薔薇?

844名無しさん:2010/08/18(水) 23:47:58 ID:???
デレックがわからない…
どのシナリオ?光の目?

845名無しさん:2010/08/18(水) 23:48:49 ID:???
>>844
ナチガリア

846名無しさん:2010/08/19(木) 00:08:48 ID:???
>>843
ヤヌーク「かっかっかー」

847名無しさん:2010/08/19(木) 00:49:33 ID:???
>>842
そうそう、エロい上にR−18Gなとこがあって
「小学生がやるかもしれんのにエロとグロはやめろよ」と方々から指摘を受けて
修正されちゃったんだよな。

848名無しさん:2010/08/19(木) 01:01:56 ID:???
>>845
サンクス!

849名無しさん:2010/08/19(木) 04:23:09 ID:???
個人的にS1モーゼン、レオナールのオープニングを作って遊んでいたのですが、
以前投稿したものが無難に受け入れられたようなので需要があるか謎ですがこれらも投稿してみようか迷っています。
そこでこの場を借りて意見いただければと思います。
以下本文内容になります。

モーゼン

msg(単于ゲルニードにより、穹廬奴へ開戦の意志が宣戦される。@
一族は猛り、その磨きぬいた剣で大地を赤く染め上げる日を待ちわびていた。)
msg(部族の将モーゼンには、その中でも一際興奮を抑えきれない理由があった。)

msg(〜コリカ沼〜)
エキストラ、はぐれエルフ「ひっ!!#も、もも、#モーゼン!!」
モーゼン「殺す、殺す、殺すっ!エルフは殺す!!#皆殺す!」
はぐれ「に、にげっ」
はぐれ「がはっ」
モーゼン「ぐおおおおおおおお
     足りぬ、この程度では、#おさまらぬっ!」
     憎い、憎い、憎い、憎い、エルフなど・・・」
ゲルニード「荒れているな、モーゼンよ。」
モーゼン「・・・・・・#単于。」
ゲ「いつになく猛るか、@しかし我らは穹廬奴。蛮勇の徒に非ず。@開戦は間近だが、心しておけ。」
モ「はい・・・#承知しております。」
ゲ「お前の武がこの沼という器におさまる代物でないことは知っている。
  しかしその猛り、穹廬奴の血がさせるだけではあるまい。@何か思うところでもあるのか?モーゼン。」
モ「いえ・・・#少し・・・急いただけです。@気にしないで頂きたい。」
ゲ「・・・#そうか。
  俺は眠る。お前も戻るといい。」
モ「御意・・・」

モ「#言えぬ・・・
  言えぬ、#「エルフが俺の女を奪ったから」などと!!@言えぬっ!!
  俺は穹廬奴だ、武に生き、武に死ぬ穹廬奴だ!@その俺が女々しいことなど、許せぬ、許せぬ!!
  フランチェスカ!お前のことを忘れぬ俺は、弱いとでもいうのか。
  弱い穹廬奴の男には興味がないと、そういうことなのか。」

モ「うぐぅ・・・
ならばこの怒り、#この屈辱をもってして、@殺してやる。憎きエルフを、あの女を・・・!
   それが俺の暴力だ。穹廬奴の誇りだ!」
(夜空を見上げて叫ぶ)ぐおおおおおおおおおおおおおおお。」

ジェイク「悲しみの獣は血で乾きを癒す・・・#か。」
msg(開戦は間近である)

850名無しさん:2010/08/19(木) 04:23:59 ID:???
レオナール

msg(大陸全土に及んだ戦乱の中で戦い抜いた戦士達、@その中には平凡な民の出の者も少なくはない。@
後に「空腹の戦士」と呼ばれたレオナールもその内の一人だった。)

msg(〜ロイタス地方レオナール家〜)
レオナル息子「父ちゃん、出かけるの?。」
レオナール「あぁ、行ってくるよ。」
レオナル妻「あなたまで戦争に行くなんて・・・。」
レオナール「仕方ないだろう、@家は貧しいし、作物も近頃はあまりとれないしな。
   それに・・・@俺は、ほら、沢山食べるからな。#ははっ。」
息子「父ちゃん、帰ってくるよね?」
レオ「あぁ、父ちゃんはお金を一杯稼いで帰ってくるぞ。#必ずだ。@そうしたら美味いもの沢山食べような。」
息子「うん、オレ、待ってるね。」
レオ「そうだ、男なんだからな。@母さんを頼んだぞ。」
じゃ、行ってくるよ。@どれだけになるか分からないが、できたら仕送りもする。」
妻「えぇ・・・@行ってらっしゃい、気をつけてね。」

レオ(ふぅ、今送った金が最後か。)
  (当分は空腹だろうなぁ@早く次の戦場を探さなければ。))
  「あー、腹へった。」
通りすがりの男「失礼。@その格好、貴方も兵士か。」
レオ「・・・・・・?
あぁ、まだどこにも仕えてはないが、そうするつもりだ。」
男「そうでしたか、@いえ、私はついこの間ハルトから出てきた身でして。@私も仕えるところを探していたもので。」
レオ「ハルト・・・#というと。」
男「えぇ・・・@憎き魔王に滅ぼされた・・・#我が故郷です。」
レオ「それは、お気のどくに・・・」
男「なに、仇は必ず討ってみせます。@私には幸運の女神もついていますしね。
  その為にもまずはどこかに仕えねばならぬのですが。
  っと、呼びとめてしまい失礼しました。@私はこれにて。#貴方にもご武運を。」
レオ「兵士なぁ・・・#ついこの前までクワ持ってた俺が、兵士なぁ。」
   (故郷の為に・・・#か、@父ちゃん頑張るぞ。)
レオ「しかしそれにしても・・・#腹へったなぁ。」

〜〜〜〜
以上になります、少しイメージを固定して書いた分がありますので賛否両論あるかと思いますが。
ちなみに文中の#@は構文のコピペなので気にしないで頂ければ。

長文&駄文連投失礼いたしました。

851名無しさん:2010/08/19(木) 04:54:16 ID:???
あの穹廬奴から離反ばっかりしてるモーゼンがここまで武人らしくなるとは……
折角の力作なので、細かい言い回しだけど気になった所を。

「開戦の意志が宣戦される」って部分は馬から落ちて落馬するみたいな感じを受けるかな。
変更点を「宣戦される」の部分のみに限定するなら「示される」「通達される」とか?
もうちょっと全体的に言い回しを弄るならその限りじゃないね。

852名無しさん:2010/08/19(木) 06:38:50 ID:???
そこは
「開戦の意思を宣言」
みたいな表現でいいんじゃない?


しかしモーゼンニートには礼儀正しいのか…ニートより強いのに…
カリスマニート?

853名無しさん:2010/08/19(木) 07:37:54 ID:???
イーサリーを出すならS1ストーリーと列伝との矛盾が気になるところ。

イ→ハルト近郊の村出身
レ→ハルト・・・
イ→ええ私の村は魔王に滅ぼされました

とかどうだろう。列伝のハルトを拡大解釈ってことで

854名無しさん:2010/08/19(木) 09:05:46 ID:???
真面目にイベント追加するとしたら、対決イベントで
ロザイナVSだわさ レオナールVSリチムク? イーサリーVS魔王 手裏剣VS暗殺さん
とか見てみたい

855名無しさん:2010/08/19(木) 09:42:50 ID:???
>>849-850
GJ!なんだけど細かいところで一つ

レオナールの列伝は“口減らしと称して自ら家を出、”ってなってるんだけど、“口減らし”ってのは、養われる人(主に子供)に対しての言葉
このOP案だと“口減らし”ではなく“出稼ぎ”と言えるから、列伝と噛み合わない
列伝との整合性を考慮するなら、結婚はしてない方がいいと思う
会話は親兄弟のものと差し替えたらいいし
↑建前
↓本音
ノーア「レオナールは魔法使いになるものだと信じてたのに……」

ノーア「べっ、べつに嫉妬したからって指摘したわけじゃないお!」

856名無しさん:2010/08/19(木) 10:19:52 ID:???
「村の口減らし」と見るなら問題は無いね。
村が扶養者としての見方。
姥捨山とかそんなのとか。

覚醒すればS6の死の意思に目覚めるレオなら
奥さん位居てもおかしくない。
「気は優しくて力持ち」
「ご飯を美味しく食べてくれる。」

…お節介な幼なじみと結婚してそうだな。

857名無しさん:2010/08/19(木) 14:13:03 ID:???
なるほど・・・言い回し文ありがたく参考にさせて頂きます!
最初はモーゼンさんタメ語つかってたのですが、
ゲルドという部族でみると上下関係はハッキリさせるべきなのかなぁと思って修正した次第です。

口減らしに関してはたしかにおかしいところがある気がしますね。
一番の労働力が外でちゃうってどうなのよ・・・と思う部分もありますし。
ただ、列伝末文あたりのことを考えると親兄弟の家族より妻子としての会話が事前にあると、よりドラマ性がでるかなぁと思って妻子にしたのですが。
なにか上手い表現を考えてみることにします。

858名無しさん:2010/08/20(金) 19:10:54 ID:Vekj.EKc
オープニングとか色々イベント増えるのは嬉しいなぁ

859名無しさん:2010/08/20(金) 23:17:55 ID:???
OP案というわけじゃないが、このスレのセレンがあんまりにも変態+ルオンナルの出番が少ないので
綺麗なセレンとルオンナルの友情が見たくなり少し前完成したんからちまちま書いてたSSがで投下してみる
断っておくが決してどこぞのt_elf3が脳内で書け書けとうるさく言ってきたわけではない


リュッセル城北部、リュッセル地方を囲む山の上をドラゴンナイトの大編隊が通過していく。
ルーガルトで起きた謀反の終結、ならびに魔王軍討伐のためリュッセル城から出陣したリューネ騎士団の軍勢である。
その軍勢を山地の斜面に寝そべり、見上げている少女がいた。傍らには青い色をしたドラゴンが一匹。
「ねぇライム、見える?あれがアルティナ様の率いるリューネ騎士団よ。」
ライムと呼ばれた青竜は返事をするかのように「グルル・・・」と喉を鳴らした。
「そしてあの中央に見える赤竜、あれがラスタスね。きっとあの上にアルティナ様が乗っているんだわ。」
憧れの人が載る竜を見つけ瞳を輝かせながらその少女・・・セレンが言った。
竜騎士セレン――後にリューネ騎士団を率いることになる大陸最強の竜騎士である。
だがこのときの彼女はまだ、リューネ騎士団総長アルティナに憧れる若干14歳の少女であった。

860名無しさん:2010/08/20(金) 23:18:39 ID:???
「あれがオーティ様の乗る竜であっちがスベェステェン様の竜ね。二匹ともすばらしい竜だわ。」
一般の者にはとても見分けがつかないだろうが、セレンの目は上空を飛ぶ竜達の姿をはっきりと捉えていた。
彼女の才能は群を抜いていた。まだ少女ながら扱いの難しいといわれる青竜を乗りこなし大空を駆け巡った。
剣技でも誰にも負けなかった。そのことは同年代の子供だけでない。大人ですら太刀打ちできなかったのである。
「神童」・・・周りの者達は彼女のことをそういって褒め称えた。もっとも、それだけの実力は彼女の生い立ちにも関することがあるのだが・・・
「私はあの中には加われないんだよね・・・」
誰に語りかけるわけでもなく、ポツリとつぶやく。彼女の上を通り越した騎士団は西へ西へと去っていく。
戦乱が始まり、郷土の兵も騎士として迎え入れられていたがどうにも志願する気にはならなかった。
やっぱり自分の生い立ちを気にしてるのかな・・・セレンは思った。
彼女の一族はかつて騎士団から追放を受けた家柄だった。幼少の頃から行く当てもなくリュッセルの地を彷徨い歩いた。
安泰な土地で暮らしたことなど一度もなかった。住むところは常に他の「なにか」がいた。
その多くはモンスターであり、彼女は生きるために剣を振るった。そうして気が付いたら、周囲に自分に敵うものはいなくなっていた。
・・・そんな落ちぶれ騎士を神童だなんて・・・郷士もよっぽど話題がないのね・・・
空を見上げながら、自嘲気味に笑う。騎士団はもうはるか彼方へと飛び去っていた。

と、急に自分の頭上に影が現れた。同時に聞きなれた声が耳に響く。
「どうしたの、こんなところで。」
「ルオンナル・・・」
セレンの親友、ルオンナルであった。
「ん・・なんでもない。」
「どうせ出撃していく騎士団でも見てたんでしょ?全く、素直じゃないんだから・・・」
セレンの隣に座りながら、ルオンナルはクスクスと笑った。
「ふーんだ。ルオンナルこそ何してるのよ。騎士団についていかなくてよかったの?」
上体を起こしながらセレンが聞く。
「今回は、ね。城の守備隊として残ることになったわ。土産話が聞けなくて残念?それとも、心配してくれたの?」
「べ、べつにそういうわけじゃ・・・」
顔を赤くして拗ねるように顔を背けるセレン。そんな彼女の態度を見て、ルオンナルは満足そうに微笑んだ。

861名無しさん:2010/08/20(金) 23:18:57 ID:???
「でもいいなー、ルオンナルは・・・私もアルティナ様の下で戦いたいな・・・」
思わず親友にやきもちを妬く。ルオンナルは譜代の出身であり、若いながらもすでに騎士団の一員となっていた。
「ならいい加減、志願したらどうなのよ?あなたの腕なら都尉だってすぐよ。」
「でもわたしは・・・」
「アルティナ様は家柄なんか気にするお方じゃないわよ。それは前にも話したでしょう?」
「そうだけど・・・でも・・・」
セレンは寂しそうに俯く。ルオンナルはため息をつくとセレンをたしなめた。
「やれやれ、そんなんじゃ神童セレンの名が泣くわよ」
「やめてよ。その呼ばれ方好きじゃないんだから・・・それにそんな呼び名、わたしのまわりだけだよ」
それは事実であった。確かに神童と呼ばれてはいるが、それはあくまで郷士の騎士達の間だけである。
セレンの名など、噂話程度にはなっていたものの、譜代の騎士は彼女のことなど気にも留めなかった。
「ルオンナルくらいだよ。わたしのこと知ってる譜代なんて・・・」
セレンの言葉にルオンナルは少し悲しそうな目をすると、それを隠すかのように彼女の後ろに回り、背後からセレンを抱きしめた。
「る・・・ルオンナル?!」
突然のことにセレンは驚き慌てふためくが、頭を完全に抱きかかえられてしまい、どうしようもない。
「まーたそうやって捻くれるんだから。」
セレンの頭に自分の顎を乗せ、髪をなでながらルオンナルは言った。
「ねぇセレン。今回の戦はきっと大きなものになるわ。戦力も不足すると思う。だからこそあなたには騎士団に来て欲しいの。
あなたは大陸一の竜騎士じゃない。きっとアルティナ様もあなたのことを気に入るわ。それに、あなたの実力は私が一番知ってるもの。」
ルオンナルはセレンに初めてあったときのことを思い出していた。
まだ幼かった時、道に迷いモンスターに襲われそうになった自分を助けてくれた、自分よりも幼い女の子。
あの頃のセレンはまだ心を開いてはくれていなかったけど、今では自分のことを姉のように慕ってくれている。
そんな彼女が、自分の所属する騎士団に入隊を希望するなら、なんとしてでも入れてあげたいとルオンナルは思っていた。
―――危ないことなのかもしれない。でも、セレンならきっと大丈夫。それにアルティナ様に仕えるのが、この子の夢なのだし・・・
ルオンナルがそんなことを考えていると、セレンがルオンナルに呼びかけた。
「ルオンナル・・・その・・・そろそろ腕、ほどいてくれないかな・・・?」
「あ・・・ああ、ごめんなさい。」
そういって、少し名残惜しそうにルオンナルはセレンを開放した。

862名無しさん:2010/08/20(金) 23:19:19 ID:???
「あの・・・ありがとう、ルオンナル・・・」
セレンが照れくさそうに言った。
「うれしかった・・・ルオンナルの言葉。」
「なに水臭いこと言ってるのよ。友達でしょ、私たち。」
その言葉にセレンは頬を赤らめると、くすぐったそうに笑った。その笑顔はまだあどけなさの残る、可愛らしい少女の笑みだった。
「でもセレン、あんまり無茶はしないでね。なにかあったら言うのよ?」
「ルオンナルこそ、私が騎士団に入隊するまでしっかりしててね。」
「それ、どういう意味よ。」
そういうと二人は顔を見合わせて再び笑った。世は戦乱に突き進んでいたが、二人の周りではまだ穏やかな空気が流れていた。
「じゃあまたね。」
セレンが言った。ライムが翼を翻し、勢いよく北へと飛び去っていく。
親友が去るのを見送ると、ルオンナルもリュッセル城へ向け飛び去っていった。


このときの二人は、後に襲い来る残酷な運命など、知るよしもなかった。

863名無しさん:2010/08/20(金) 23:22:51 ID:???
以上です
設定上の矛盾とかあるかもしれないけどその辺は素人が書いたんだし仕方ないと生暖かい目で見守ってもらえるとコレ幸い
罵倒ダメだし大歓迎 というかむしろしてください

繰り返すけど決して最近百合不足に悩むt_elf3にしつこく書けと言われたわけではない

864名無しさん:2010/08/20(金) 23:28:45 ID:???
t_elf3乙

865名無しさん:2010/08/20(金) 23:52:11 ID:???
レベル高いと思う。
言葉もしっかり練れていると思うし、読んでてすんなり入ってくるのは、さらに文字数というか…読むときの流れを気にしているのだと思う。
セリフの合間の文章量と内容が絶妙なので、読み物を読むような満足感がありながら、msgが主張し過ぎずイベントとして取り込みも十分可能だと思う。

t_elf3が邪悪な波動を流している気がする。

866名無しさん:2010/08/21(土) 01:03:28 ID:???
GJ 久しぶりにきれいなセレンを見た
これならmonk_1も納得するんじゃね?w
とりあえずt_elf3よくやった

867名無しさん:2010/08/21(土) 01:06:46 ID:???
間違いた monk_1じゃなくてt_monkだ

868名無しさん:2010/08/21(土) 05:47:49 ID:???
上手いなぁ…t_elf3さん

そーいやOPと言えばドワーフ無いんだよね。
という訳で俺もそれっぽいの作ってみた。携帯からだから文が見づらいかも。


「風が変わったか。」
ガルガンダに聳える堅牢な城の上、遥か遠くルートガルトの方を見据える一人のドワーフが居た。
彼の名はウォーラック、斧の紋章を掲げるドワーフの王である。
「ウォーラック、どうした?こんな所で。」
「ゼクスか。いい所に来た。兵達に準備をする様通達してくれ。」
階段を上がってきたゼクスと呼ばれたドワーフに、ウォーラックは視線も向けずに言った。
「準備…始めるのか、戦いを。」
ゼクスは渋い顔をして、風を受けるウォーラックを見つめる。
彼はウォーラックが兼ねてより戦いを求めていた事を、より厳密に言えば戦いの中で得る栄誉を、英雄としての名を渇望している事を知っている。
トライトの治世の下、砂漠の民等の小さな火種を残しつつも平穏なまま続いていた今までの世界はウォーラックにとって耐え難い苦痛であった。
それ故にゼクスは心配していた。ウォーラックの戦いへの願望を。減りつづける鉱石を口実に、大陸そのものを飲み込む戦いを始めるのではないかと。
しかし返答は、彼の思いも寄らないものだった。
「我が始めずとも始まる。…否、始まったと言えるだろう。」
「どういう事だ?」
「今に分かる。」
怪訝な顔をするゼクスを尻目に、ウォーラックは階段を降りてゆく。
ちらりと見えたウォーラックの顔は狂気的なまでの笑みに満たされていた。


ゼクスがトライトの死と王都でのムクガイヤ謀叛の報告を受けるのはその翌日の事であった。

869名無しさん:2010/08/21(土) 08:44:34 ID:???
自分がOPを投稿した時は既存のイベントが本当に会話主体で、油断すると会話以上に増殖するmsgを頑張って押さえつけてた(いっぱい使ったけどね…)。
でも、こういうの読むと、くだらないこと気にしてたのかな〜とも思う。
何と言うか…つまりかっけーから、OPにしてほしい。もちろんt_elf3の作品も。

870名無しさん:2010/08/21(土) 09:11:09 ID:W/LkDjlo
とてもこんな文章は真似できん・・・かっけー
t_elf3もいい
両方オープニングにしてもいいと思うなー
未だにドワーフの勢力プレイも人材プレイもやってないけどやりたくなってきたぜ

871名無しさん:2010/08/21(土) 09:54:24 ID:???
ドワーフはexpmulを128ぐらいにしてドワーフ縛りにしたほうがいい
普通にやるとテイマー待ちで面白くない

872名無しさん:2010/08/21(土) 10:33:35 ID:???
ヤヌーク「おい、ルーゼル。あの悪魔を雇って来い」

873名無しさん:2010/08/21(土) 13:10:32 ID:???
大陸のどこかにある、霧深き森の奥にひっそりと佇む館があった。その館の本来の主はとうの昔に姿を消し、
そこに人の姿はない。そう、人の姿は・・・・・・。蝋燭の火も月明かりもない暗闇の中で、なにかを磨くような音がする。
そして時折、風に掻き消えるほど小さな笑い声のようなものも聞こえてくる。腐り落ちた扉を乱雑に開けて、一人の男が
その声の主の下へやってくる。
「こんなところにいたのか? 緑の茶坊主と赤の太鼓持ちがもう魔王のところに着いたようだぞ」
返答はない。元からいた影は未だなにかを磨いている。だが、男は顔色ひとつ変えずに
その場でただ待つ。――どれくらいの時が経っただろう。空が白みはじめ、辺りの様子が鮮明になってくる。
突然、なにかを思い出したように影が動いた。外からの明かりが僅かに差す場に来て、近くに転がっていた
頭蓋を拾いあげる。
「ショハード。やはり、人界にあるものはモノが違うな。今の暮らしに俺は満足している。だが、やはり
 この輝きを知ってしまっては衝動を抑えられぬ」
「ククク・・・・・・」
影であった者の眼光は薄暗がりの中でも怪しく光り、もうひとりの男は下卑た――だが人界のいずこでも見られぬような
おぞましい笑みを浮かべる。
ふっ・・・と影が霞むとその場からは両者の気配は消えていた。後に、最も残虐と呼ばれた二人の悪魔が
行動を開始した。

874名無しさん:2010/08/21(土) 19:19:21 ID:Z3UdiWTY
            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\
   皇太子様がヤヌークに興味を持たれたようです。

875名無しさん:2010/08/21(土) 19:22:45 ID:W/LkDjlo
兄弟の喋り方や残虐っていう設定に違和感を感じたのはこのスレの酷い扱いを見てきたせいかw
よく考えればフーリン殺してパルスザン裏切ったわけだし、全然おかしくないな

876名無しさん:2010/08/21(土) 19:28:24 ID:???
スレの毒気に当てられすぎだw

877名無しさん:2010/08/21(土) 19:47:32 ID:???
その調子でムナード党のOPもヨロシクネ

878名無しさん:2010/08/21(土) 20:06:20 ID:???
パルスザンのほうが頭は切れるけど、ムナードのほうが手段を選ばない分怖いイメージ。

879名無しさん:2010/08/21(土) 20:52:06 ID:???
殿下が興味を持たれた様なのならば、作らねばなりますまい。


天が呆れ悪魔も同情する馬鹿男。
ヤヌークの評価は概ねこんなものである。
ただでさえ少ない収入を酒に費やしては道端で爆睡し、独特な笑い声を村に響き渡らせる歯抜けの不細工。
ある種迷惑極まり無い男だが、不思議と周りから嫌われる事はなかった。
正確には人から嫌われている事さえ気付かない様な男なので
嫌っている事が馬鹿らしくなるのだろう。
根っからの馬鹿なせいかよく村の子供達と山で遊んでいる姿も見られる。


そんな男がどうしてマンティコアを手なずけ様と考えたのか、一部始終を見て見よう。

山にて
少年「ヤヌークって確かムチ持ってたよなー。」
ヤヌーク「かっかっか。これの事かぁ?」
少女「わっ、凄ーい。なんか黒光りしてるし思ったより太ーい」
ヤヌーク「昔親父から貰ったのさ!かっかっかー!」
少年「なんかモンスターテイマーみたいだよなー。マンティコアとか手なずけんのー。」
ヤヌーク「かっかっか!そーか!よし、行って来るぞー!」
少女「え、あっ!ちょっと!?」


三日後

男「もう帰って来なくて三日か…」
少女「ヤヌーク、死んじゃったのかなぁ…。あんたが変な事言うから!」
少年「俺のせいかよ!」
少女「そうじゃない!」
男「止さないか!」

女「あ、アンタ!大変だよ!ヤヌークが!ヤヌークが!」
皆「「「え!?」」」



ヤヌーク「かっかっかー!マンティコアの群れを従えられたぞー。」



こうして、ヤヌークはテイマーとして
戦乱の地へと飛び出す事になったのでした。


あとムナード党?

880名無しさん:2010/08/21(土) 21:11:45 ID:???
いたいけな少女になんちゅうセリフをw

881名無しさん:2010/08/21(土) 21:33:55 ID:???
決着は着いた。膨大な魔力と生命力が紅い火柱となり、王都ルートガルトを廃墟にしていく。
だが、その後に瓦礫の中から這い出てきたのは冥王を中心にした死霊の群れであった。
唖然とする悪魔たち、恐怖し逃げ惑う人間達、そしてそれを尻目にほくそ笑む男がいた。
「荘厳だ、滑稽だ、悲劇だ、喜劇だ。ショハード、ゼオン。ここの陣地を引き払うぞ。
 俺たちが次の舞台にあがる時が来たようだ」
総司令官にして精神的支柱が失われたこのときの魔軍は少なからず混乱していた。だが、
悪意の一矢がこの混乱をさらに大きくする。
「フーリン様がやられたぞ! こいつは人間どもの放った矢だ。人間どもを殺せ!」
最速の悪魔、フーリンが死んだ。何者かの放った矢に射抜かれて。その矢は、確かに人間製の
物であった。この騒ぎ立てる三下の悪魔が人魔・死霊を泥沼の乱戦へと導く。
その乱戦の現場近くに居合わせたにも関わらず、ムナードとその配下たちはほとんど無傷のまま
ハルトへと帰還した。魔軍の重鎮たちの疑念の視線を涼しい顔で受け流すムナード。
「ルーゼル様亡き今、人界に留まる理由もない。むしろ、主なき世となった魔界が気がかりだ。
 私は魔軍の総撤退を提案するが、どうか?」
「パルスザン殿の言は理に適っている。某も賛同いたす」
その場は、撤退の方針で意見がまとまりつつあった。だが、円卓を強かに叩き、立ち上がる男があった。
「納得いかん。こんな惨めなことがあろうか。我らは魔族。あまねく世界に並ぶ者なき
 破壊と暴虐の徒ぞ! それが脆弱な人間の作った神の紛い物に敗れた挙句逃げ帰ると申すか!」
「主の仇敵を討たんとする気持ちはわかる、だが、ここは全体を見て」
「全体だと!? 貴殿がそんな消極姿勢で人界征服を遅滞させたのが今日の事態を招いたのだ!
 ただ食らい、征服し尽くす対象に過ぎぬはずの人間を領内で飼い、人間どもの文化などという
 軟弱なものに現を抜かす」
「ムナード殿、お言葉が過ぎますよ。パルスザン様、・・・いえ軍師殿は・・・」
軽く首を振ると、ムナードはその議場を出て行った。その後日、数十体の人間の死体に埋もれて、悪魔の死体が見つかる。
これはムナードなりのパルスザンへの揶揄と宣戦布告であった。
ほんのわずかばかりの間に、グリーン以西の領土とゼオン、ナーム、ムーアなどの過激派を組み入れ、ムナード党を名乗る
彼の軍が名乗りをあげる。

882名無しさん:2010/08/21(土) 21:55:33 ID:???
>>880
ナンノコトカナ?
腰にぶら下げた黒光りして意外と太くて割と長くて結構硬い、
テイマーの必需品を見せただけデスヨ?

883名無しさん:2010/08/21(土) 22:12:14 ID:???
毎日使ってりゃ黒光りもするわな

884名無しさん:2010/08/21(土) 22:22:06 ID:???
ヤヌーク
クォードルートとEND風


クォード「ふふふふふ…遂に、遂に!究極の力を手に入れたわ!
悪魔も!人間も!まるでただのゴミカスのよう!」
ヤヌーク「かっかっかー、ゴミカスなのか!」
クォード「アァッハッハッハ!もう私を止められる者は居ないわ!
私を馬鹿にした全てを殺して壊して潰してみせる!
今の私はあらゆる意味で完璧だわ!」
ヤヌーク「かっかっかー、完璧なのか!」
クォード「…さっきからなんなの、アンタ。」
ヤヌーク「ビーストテイマーのヤヌークだ!かっかっか!」
クォード「…まぁ虫けらの事なんかどうでもいいわ、アッチいってなさい。」

ズドォッ!(デコピン)

ヤヌーク「くぉー…ど、どつかれたのか…(痛みの余りに搾り出す様な声)」
クォード「!!!」
クォード「………」
ヤヌーク「な、なんなのだ?ひざまづいて、何処か痛いのか?」
クォード「貴方様に、従います。(こんな…男に!)」
ヤヌーク「…?なんか知らんが、まぁ良いか!かっかっかー!」

クォードを雇いました。



戦後。
クォード「ヤヌーク!もう朝よ!」
ヤヌーク「朝か!いい天気だ!かっかっかー!」
クォード「あぁもう寝巻のまんま外に出て!
ご飯冷めるからさっさと食べなさい!」
ヤヌーク「かっかっかー!今日も美味そうなのだ!」
クォード「寝巻のまま食べない!
ホンっと手間の掛かる主人ね(主従的な意味で)!」

男「主人(旦那的な意味で)…かぁ……
まさかヤヌークがあんな美人の嫁さん連れて帰ってくるとはなぁ…」
少年「馬鹿な所に引っ掛かったんじゃないの?
ほっとけない的な感じで。」
少女「ヤヌークはねー?黒光りする意外と太い物を持ってるから
きっとそれで従えちゃったんだよ!マンティコアみたいに!」
男「あらゆる意味でなん…だと…?」
女「いつも持ってるムチの事でしょ。
エロい事ばかり考えて…変態。」

885名無しさん:2010/08/21(土) 22:32:05 ID:???
おい待てよ、ってことはマンティコアも黒光りするナニで従えたのか

886名無しさん:2010/08/21(土) 22:33:20 ID:Z3UdiWTY
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

887名無しさん:2010/08/21(土) 22:36:23 ID:???
鬼畜王ヤヌーク、誕生の瞬間である。

888名無しさん:2010/08/22(日) 00:03:08 ID:???
いつも思うがクォードじゃなくてク『ウ』ォードだからな!

889名無しさん:2010/08/22(日) 00:49:19 ID:???
書いててなんか足らないとおもったらそれか!

890名無しさん:2010/08/22(日) 01:16:52 ID:???
クウォード→クォード→クォート
と間違えてって最終的に洞窟物語の主人公になるんですね

891名無しさん:2010/08/22(日) 02:42:30 ID:???
大貝獣物語思い出したじゃねーか。
バイオベースェ…


クウォードで思うのは最初の姿がゴースト(透明状態)ならば
あのマントの下は実は裸なのかと…

892名無しさん:2010/08/22(日) 07:47:04 ID:???
……ゴクリ
ということはヴァヴァスヴァットのマントの下も一糸纏わぬ姿であるということに……

893名無しさん:2010/08/22(日) 11:21:53 ID:???
あいつは大体裸だろw
スカルドラゴンなんて骨まで見せてる。

894名無しさん:2010/08/22(日) 12:44:57 ID:???
クウォード
「見せなかったら負けかなと思ってる」
ヤヌーク
「そうなのか?かっかっかー!」



…まずい。俺の頭がヤヌークとクウォードをセットと考える様になってきた…

895名無しさん:2010/08/22(日) 15:55:15 ID:???
ムナードのOP案が採用されてるのは感動したけど
なんか、s1人材プレイとムナード党のOPが一緒なのはちょっと違和感

896名無しさん:2010/08/22(日) 19:48:11 ID:???
たまにはこの子たちのことも思い出してあげてください。

「―――ッ!」
少女は困惑した。発動させれば、眼下の全てが消し飛ぶ流星の魔法をくぐりぬけ、今まさに目前に迫り来る者がいる。
キィイイイン・・・! 護身用のナイフを軽々と弾かれ、一瞬で地面に組み敷かれる。
(殺される・・・。でも、これで・・・)
少女は今までいつ死んでも構わないと思ってきた。だが、実際に死を前にするとどうしようもない恐怖が全身を支配する。
――沈黙。死を告げる刃は彼女の頭上に振り下ろされることはなかった。おそるおそる眼を開けると、そこには空しかない。
慌てて周りを見回すと、一人の男が近くに腰を下ろして遠くを見ていた。先ほどまで戦っていた男のようだが。
「どうしてトドメを刺さないの?」
「残り少ない同族同士、殺し合うのもおもしろくない」
「どう・・・ぞく・・・?」
兜をはずすと、男の素顔が露になる。銀色の髪と真紅の双眸。そして、その闇の気配とどこか不安定な雰囲気はダークエルフ
独特のものであった。雲が流れていく。稀有な出会いを果たした二人のダークエルフは長くお互いを見詰め合っていた。
「おう、片付いたか!」
そこへ、下卑た人間の中年男がやってくる。ダークエルフの男は、そっけなく中年男に対応する。
どうやら、彼らは雇い主と雇われの間柄らしい。他の人間の傭兵たちも集まり、エルラムを包囲する。
ダークエルフの男は興味なさそうにその輪の外にいた。
「エルフか?」「いや、これは亜種だろう」「なかなかの上物だな」
口々に、好き勝手な言葉を吐きつつ、エルラムに詰め寄る男たち。エルラムは、内心では萎縮しつつも表情だけは
気丈に彼らを見つめ、残った魔力で最後の抵抗を試みようとする。
――刹那。傭兵たちの雇い主の男の首が飛んでいた。周囲の男たちが事態を把握できないうちに、やや小柄な影が
その間を疾駆する。ある者は腕を斬り飛ばされつつ体を焼かれ、またある者は喉をかき斬られつつ氷漬けにされる。
影が近くに来ると、細く、だが力強い腕が自身の体を抱えあげるのをエルラムは感じた。
「・・・・・・どうしてなの?」
「俺は人間は嫌いだ。だから、あんたを助けたわけじゃない」
それだけ言うと、ダークエルフの男は去っていった。

897名無しさん:2010/08/23(月) 07:32:29 ID:???
ヒューマックかっこいいな。やはり厨二心をくすぐらないとな。
注)誉めてます。ほんとです。

898名無しさん:2010/08/23(月) 08:19:47 ID:???
ニューがダークエルフ、ヒューは盗賊

899名無しさん:2010/08/23(月) 10:06:44 ID:???
マックってなんだ?

900名無しさん:2010/08/23(月) 10:35:24 ID:???
マクドだろjk

901名無しさん:2010/08/23(月) 10:41:59 ID:???
ゾーマさんはバーテン、ニューヒューマック両名はファストフード店店員に転職ですね

902名無しさん:2010/08/23(月) 11:39:57 ID:???
エルラムはもっと達観してる、というか諦めが入った感じの悟り開いてる娘だと思ってたわ
そんなおにゃのこさだしたらビクンビクンするからやめろよなっ・・・ふぅ

903名無しさん:2010/08/23(月) 11:43:40 ID:???
俺は周りに人間が居たらむしろ喜んで殺す様な娘かと思ってた。
姉大好きヤンデレみたいな。
男ざくざく刻みながら
「あぁいつかお姉様もこんな感じに…」
みたいな。

904名無しさん:2010/08/23(月) 11:49:38 ID:???
今更気付いた。
自分が書いたドワーフOPが採用されてる…だと…
ナニコレ作って投降してくれた人激感謝。
嬉しすぎるw

905名無しさん:2010/08/23(月) 12:50:00 ID:???
あのアヘ顔でか弱い少女を演じるのか・・・

906名無しさん:2010/08/23(月) 12:59:44 ID:???
昔のロンパリに比べりゃ可愛いもんさ

907名無しさん:2010/08/23(月) 13:41:38 ID:???
エルラムはガチで病気だよね。

908名無しさん:2010/08/23(月) 14:54:26 ID:???
メルトア「・・・」
エルラム「・・・」
メルトア「私を見下ろすな、なの」
エルラム「手裏剣を押し付けるな、なの」
メルトア「なのなのなのなの」
エルラム「なのなのなのなの」

ニューマック「仲がいいな、あの二人」
ナルディア「うむ」

909t_elf3:2010/08/23(月) 16:01:29 ID:???
光の百合と闇の百合……互いに依存しあう、脆くて儚い二輪の花……

910名無しさん:2010/08/23(月) 16:03:17 ID:???
ウォーラック「とうとう我らにも勢力OPが実装された。だが、相変わらず男世帯で地味なのは変わらん。
        よって、今のうちに次の手を打つことにする。折角のOPも選択して貰わんことには意味が無いからな」
ジャンク「ほう……というと、何か考えがあるのじゃな」
ウォーラック「うむ。やはり人気の秘訣はおなごだ。憎き魔族を見習うのは癪だが、アイツらを見てみろ。
        S6では闇の賢者達の居るハルト国ばかり選択され、ムナード党など見向きもされないではないか」
デデンデ「つまり、ドワーフのおなごをどこかから連れてくるという事か?」
ウォーラック「それも考えたが、少々難しい。ここはやはり、我らの中の誰かがおなごになるしかあるまい。
        なに、あのトカゲ共に出来たことだ。山の民たる我らにできぬという事はないだろう」
ゼグス「まあ、我らの技術なら不可能ではないが……問題は誰が、という事だろう」
ウォーラック「性転換というのはそれだけで強烈なインパクトだからな……現状で何の特徴もない奴が適任だろう」
ジオム「となると、俺は……」
ベガレス「真っ先に除外だろうな。そもそも誰も得しなさそうだし……俺とオートムもセーフだよな?」
ウォーラック「我らの中で遠距離攻撃持ちは目立つからな。唯一の必殺持ちのゼグスも、まぁ良いだろう」
ガルサダス「ならば山一番の剛腕の俺や、LSが特殊なジャンクも問題は無いな」
ドルステン「……そんな所まで持ち出していては決まらんのじゃなかろうかの?
      いくら地味な我らでも、LSをほぼ持たずに、かつステータスになんの特徴も無いなんて奴は……」
ゼグス「……」
デデンデ「……」
ジャンク「……」

ウォーラック「……あれっ?」

911名無しさん:2010/08/23(月) 17:04:55 ID:bTKGUO..
        メ _|\ _ ヾ、
       メ / u 。 `ー、___ ヽ
      / // ゚ 。 ⌒ 。 ゚ u  / つ
     / //u ゚ (●) u ゚`ヽ。i l わ
     l | | 。 ゚,r -(、_, )(●) / ! ぁぁ
     ヾ ! //「エェェ、 ) ゚ u/ ノ あぁ
     // rヽ ir- r 、//。゚/ く  ああ
   ノ メ/  ヽ`ニ' ィ―' ヽヽヾ  ぁあ
   _/((┃))_____i |_ ガリガリガリガリッ
  / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           _|\ _
         / u 。 `ー、___ ヽ
        / ゚ 。 ⌒ 。 ゚ u  / つ
       /u ゚ (●) u ゚`ヽ。i  わ
       | 。 ゚,r -(、_, )(●) /  ぁぁ
     il  ! //「エェェ、 ) ゚ u/  あぁ
 ・ 。  || i rヽ ir- r 、//。゚/ i   ああ
  \. || l   ヽ`ニ' ィ―'  il | i  ぁあ
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ダンッ
。 ゚ _(,,) ZIPでくれ!!  (,,)_ / ゚
 ・/ヽ|             |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。

912名無しさん:2010/08/23(月) 17:37:13 ID:???
ついにN331.pngが…?

913名無しさん:2010/08/23(月) 19:02:40 ID:???
>>912
あれってドワーフかなぁ?
337もそうだが悪魔にしか見えん ドラスやガンターの親戚というか

てかドワーフって女性にも髭が生えるはずだったと思う





・・・そういやゼオンみたいなおばちゃんっているよね
いや、深い意味はないけどさ

914名無しさん:2010/08/23(月) 19:09:18 ID:???
いるいる

915名無しさん:2010/08/23(月) 19:16:22 ID:???
たしかにドワ♀作るなら顔絵は探してきたほうがいいと思うな
ただドワといえばチビジジイなんだがドワ♀となるとガチロリなんだな・・・

916名無しさん:2010/08/23(月) 19:22:28 ID:???
ドワーフ♀というとPS3のWizardryに出てくる幼女のイメージが強いなぁ

917名無しさん:2010/08/23(月) 19:23:43 ID:???
ロリドワーフには鉄砲とか使って欲しい。
Wesnothで出てくるようなやつ。

918名無しさん:2010/08/23(月) 19:25:12 ID:???
>>915
いや、それこそゼオンをちっこくしたようなチビババァの可能性もあるぞw

まぁ真面目に考えても港とかで定食屋やってる名物女将か気のいい牧場のおばちゃんって感じだな
メーヤさんをもっとたくましくして色黒にしたような・・・そんな感じ

919名無しさん:2010/08/23(月) 19:37:27 ID:???
メーヤさんなら絵板のかわいいメーヤさんがいい。

920名無しさん:2010/08/23(月) 20:00:27 ID:???
どこ対どこの戦いとか、登場人物や時期とかは結構妄想入ってます。

土王・ウォーラックは城を包囲する無数の篝火が一望できる座から敵の模様を見ていた。いや、見てはいない。
彼は遠くからも、それこそ城壁の外からも聞こえるほど大きないびきをかいて
眠っていたのである。このことを聞かされたガルガンタ攻城戦の現場指揮官・ホーニングは苛立っていた。
そのホーニングを、補佐として使わされたワットサルトがなだめる。
あるとき、土王が立ち上がった。カァン・・・、金属のかち合う音がすると、土王がなにかを掴み取る。
矢だ。自身の眉間めがけて放たれた矢を彼は立ち上がることで、胸当てで弾いてみせたのだ。
「来るか・・・」
その一矢を皮切りに、騎士団の総攻撃がはじまった。無数の火矢、そして土砂がガルガンタ城に向けて放たれる。
それは並みの城塞ではひとたまりもないほどの猛攻であった。だが、ガルガンタの城壁は小揺るぎもしない。
守備兵たちも持ち場を離れずに動かず、声ひとつ上げない。運悪く、巨岩の直撃を受け、城楼ごと下敷きになる者も
いたが、その者は何事もなかったかのように岩をどけて、破壊された城楼を補修しはじめる。ドワーフの「岩作り」の字の如く
みるみる城楼は修復され、それが元の姿になるころ彼の傷も癒えていた。長く続く騎士団の攻撃をドワーフたちはただ耐え続ける。
「なぜだ、なぜこんな・・・」
攻城20日目、ホーニングの苛立ちは焦りに変わっていた。敵の数倍の兵力を持ち、一方的攻勢を続けているにも関わらず。
こちらの人的被害は皆無と言っていいにも関わらず、攻めているはずのこちらが追い詰められている。そう、彼らとてこの城ひとつに
釘付けにされるわけにはいかないのだ。ガルガンタの民とアルナス、グリーンなどの地方少数部族との間に共闘の密約があった
という話も聞く。この城に釘付けにされている間に、自軍が補給・連絡路を経たれてこの山中に取り残されればどうなるか?
敵を前にして退くことなど彼の誇りが許さなかった。だが、刻一刻とその時は迫っている。
彼の元に総長戦死の急報が飛び込んできたのはその時であった。
「おお、兵が退いていく」
ここにきて安堵するガルガンタ兵たち。軽く舌打ちする土王、ため息を漏らす宿老。
動かざること山の如し。ドワーフの守りは鉄壁である。

921名無しさん:2010/08/23(月) 20:26:21 ID:???
これ見るとカッコいいんだが、実際には耐えるだけじゃ経験値献上するばかりなのが残念だw

922名無しさん:2010/08/23(月) 20:49:30 ID:???
レオナールのOPみてたら無性に作りたくなったんで投下
OP作った人とは別人です。OP作った人気分害したらごめんなさい
速攻で作り上げたから矛盾や至らぬ点が多々あると思いますが
そこは暖かく指摘してくれるとありがたい

てか書き手が言うのもなんだけど少し悲惨にしすぎた気が・・・・

923名無しさん:2010/08/23(月) 20:50:42 ID:???
大陸全土に及んだ戦乱が、ようやく終わった。多くの者が故郷に帰ることを喜び、生き残びたことに感謝した。
だが、帰ってこない者も多くいた。故郷の待ち人の元に、屍となってすら帰れぬ者もいた。そしてその逆もまた然り……
レオ「はぁはぁ……もうすぐだ。もうすぐ俺の村だ。」
大陸全土に及んだ戦乱の中で戦い抜いた戦士達、その中には平凡な民の出の者も少なくはない。
後に「空腹の戦士」と呼ばれたレオナールもその内の一人だった。
レオ「長かったなぁ……。せがれは大きくなったのだろうか。
こちらから仕送りはしてたけど、向こうからの手紙はもらえなかったからなぁ。
まぁあれだけ各地を転々としたんだ。それも当然か。」
彼の手にはしっかりと今までの報酬が握られていた。
彼の功績を考えるとお世辞にも多いとはいえなかったが、それでも家族で食べていくには充分な額であった。
レオ「家に帰ったらせがれもあいつも喜んでくれるかなぁ。これでもうあいつに苦労かけなくてすむぞ。
帰ったら久しぶりにあいつの作った飯を腹いっぱい食いたいなぁ。」
レオナールはすっかり有頂天であった。彼の目には自分の帰りを喜ぶ息子と妻の姿しか映っていなかった。

・・・・・・それゆえに彼は気付かなかった。気付けなかった。
彼のへと続く道に、人の気配がないことを。ここ数ヶ月全く人が通った形跡がないくらい、道が荒れていたことを…

レオ「あそこの茂みを抜ければもう村だ。せがれよ、父ちゃんは帰ってきたぞ!」
レオナールがそう言いながら村の入り口に立った。だが何一つとして返事はなかった。
いや、返事がないだけではなかった。そこには人の姿らしきものはなく、無残に朽ちた家々が残るだけだった。
レオ「な…なんなんだこれは……」
レオナールは唖然とした。それまでしっかりと握り締めていた、報酬の入った袋をも投げ捨て、駆け出した。
レオ「おい!だれか!だれかいないのか!せがれ!おまえ!どこだ!!」
彼の顔には、今までの笑顔はなかった。ただ全てを拒絶するような顔で何より大切なものを探した。
レオ「俺の家族はどうなった!!なんでだれもいないんだ!!おい!!だれか!おしえてくれ!!」
レオナールは絶叫ともいえるような声で家族を探し続けた。が、それに応える者は誰一人としていなかった。

ロイタール地方。その地はルーガルトから程近く、僻地の村は住人が避難する前に死霊の軍団に襲われた。
その圧倒的な影の前に、住人達はなす術も無く全滅したのである。
それは無論、レオナールの村も例外ではなかった。

レオ「だれか返事をしてくれ!おまえ!俺の妻よ!!せがれ!俺の息子よ!!俺の大切な家族達よおおぉぉぉぉ…!!」

大陸全土に及んだ戦乱の中で戦い抜いた戦士達、その中には残酷な末路を辿った者も少なくはない。
後に「空腹の戦士」と呼ばれたレオナールもその内の一人だった・・・・・・。


レオ「うおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ……!」

924名無しさん:2010/08/23(月) 21:27:55 ID:???
分岐でグッドとバッドがあればいいんじゃないかと思った。

925名無しさん:2010/08/23(月) 21:36:39 ID:???
なんかエロゲじみてきたな。

926名無しさん:2010/08/23(月) 21:37:23 ID:???
良いんじゃなかろうか

927名無しさん:2010/08/23(月) 21:42:14 ID:???
ロイタールじゃなくてロイタスな
名誉ある突撃なんかしないぞ

928名無しさん:2010/08/23(月) 21:55:40 ID:???
空腹ある(飯への)突撃ならあるかもな。

929名無しさん:2010/08/23(月) 21:57:31 ID:???
レオナールグッドエンド条件
・50ターン以内に死霊・悪魔他排人系勢力以外でクリア
               か
・旗揚げ勢力で20ターン以内にロイタス?(レオナールの故郷)を制圧

930名無しさん:2010/08/23(月) 22:00:58 ID:???
wikiにきてるローイス水軍のOPがけっこういいね
ニーナナスはフェリル連合結成時の言葉づかいとかで丁寧なイメージだったけど
海賊同士だからか砕けた口調になってるみたいなのも可愛い

931名無しさん:2010/08/23(月) 22:37:59 ID:???
>>927
うわ・・・ひっでーミスしてた ご指摘ありがとうございます

932名無しさん:2010/08/24(火) 03:07:12 ID:???
今んトコOP無いのって残りどんくらいだろ?

933名無しさん:2010/08/24(火) 03:40:14 ID:???
全編無いのは以下の通り

ラストニパクハイト
パーサパクハイト
ロイタスブリガード
オステア国
ハルト国
ムナード党
フェリル党
大フェリル
リチムク

934名無しさん:2010/08/24(火) 03:48:05 ID:???
一応ラストニはラクタイナのOPあるよ。まあ勢力としてのラストニOPじゃないかもだけど。ムナードもそうだな

935名無しさん:2010/08/24(火) 04:40:48 ID:???
ロイタスとリチムクは誰も作る気にならないんじゃないかw
てか自分のちんけな妄想じゃリチムクのOP案なんて思いつかん

リチムク「GUOOOOO!」
ナイアラ「GYAOOOOOOO!」
ディプワン「GOOO!GOOO!」

こんなになってしまう気が……

936名無しさん:2010/08/24(火) 05:16:23 ID:???
GOOOがGOODに見えて爆笑した

937名無しさん:2010/08/24(火) 07:21:40 ID:???
違うだろw
ムクガイヤが追い詰められて転生(失敗)するまでのシーンと
ゴート他の死亡シーンが描かれるんだろ

938名無しさん:2010/08/24(火) 07:50:44 ID:???
採用されそうにないリチムクOP案

「これまでか・・・」
ルートガルト1区での会戦に、レオーム軍は勝利した。
ルートガルト国の戦力を分散させたとは言え、戦略レベルでレオーム軍に負けるとは思えない戦いではあった。
「勝敗を決めたのは私と彼奴の格の差か」
卑しい身分の出から己の才幹と情熱のみを頼みにここまでのし上がったムクガイヤ。だが、人生最後の戦いで
彼は、終生戦い続けてきた身分の差、とりわけその中でも最も大きな、王というものとの戦いに負けたのだ。
自嘲気味に笑うと彼は自決用の毒杯を用意する。
「思えば波乱の人生であった。最後くらいは楽にいこう」
「・・・そうはいきませんわ」
いつからそこに居たのか、長身の人ならざる雰囲気を持った一人の美女がムグガイヤの目の前に立っていた。
ムクガイヤは瞬時にその者の正体を把握した。長い歴史の中で度々目撃され、暗躍を続けてきた
不滅の美貌を持つ女――屍姫。そして、彼女の狙いも。
「死霊術を狙いに来たか? 生憎と、あれは私ですらこの世にあってはならぬと考える代物だ。私の命とともに
 永久にこの世から封印する」
「そう・・・。貴方の頭の中にあるのですね、私には見える・・・」
瞬間――屍姫は両者の距離を詰めるとムクガイヤの頭を鷲づかみにして呪文を唱えはじめる。
それは、冥府の王をこの世に顕現する呪法・・・。
「さ・・・せぬ!」
「むだ・・・」
最後の魔力を振り絞っての抵抗も何の意味も成さない。無数も骸と悲痛な嘆き、そして巨大な鎌が脳内を抉る
感覚を感じたのを最後に、ムクガイヤの魂は現世から消えうせた。
・・・・・・その日、世界の終焉がはじまった。

939名無しさん:2010/08/24(火) 08:31:28 ID:???
屍姫は大陸の破滅が目的か

940名無しさん:2010/08/24(火) 09:07:17 ID:???
流れに乗ってフェリル党OP妄想投下。
ヒャッハー!



「チルク!チィィィィルク!」
フェリルの裾野に若いゴブリンの声が響く
「なんだどうしたんだいバルバッタ?
何かあったのかい?」
洞窟の中からチルクと呼ばれたゴブリンがひょっこりと顔を出した。
他の若いゴブリンに共通なある種の陽気さを持たない、
どこと無く自信なさげな風体のゴブリンだ。
「喜べチルク!フェリル城が墜ちた!」
「えぇ!?本当かい?」
「嘘な物かよ!ヒャハッ、これもお前の策のおかげだぜ!」
「い、いや…
バルバッタの指揮がよかっただけだよ。」
「策がよかったんだがなぁ…
まぁいい。このまま行けば計画通りなんだろ?」
バルバッタの言葉にチルクが力強く頷いた。
「うん。このままフェリルを統一すれば、
ゴブリンが食うに困る事は無いよ。」
滅多に見られないチルクの自信に満ちた顔を見て、
バルバッタはにやりと笑う。
「農耕と畜産を始め、狩りに頼らぬ安定した食料を得る。
そうすりゃガキんちょ共が飢え死ぬ事も無い。
…ただの夢物語だった〈大フェリル〉が手が届く所にある。」
「誰も信じてくれなかったボクの話を信じてくれた、
バルバッタのお陰だよ。」
「まぁなんにせよ、統一まであと一息。頼むぜ兄弟。」
「ボクに出来る事ならば!」

二人のゴブリンは落としたばかりの城へ向かって歩きだす。
明るい未来があると信じ笑いあったまま。

王都陥落より落ち延びたレオームの軍勢が
近くルーニック島に居る事を

二人は未だ知らない。

941名無しさん:2010/08/24(火) 09:50:23 ID:???
絶対採用されないリチムクOP案

禁呪は成功した。ムクガイヤは絶大な魔力と強靭な肉体を手に入れた。
ただし、少しだけ性格が変わってしまったのである……
ルートガルト兵「く、来るな!化け物ぉ!」
リチムク「……(私が化け物ですって?失礼しちゃうわ!死んじゃいなさい)」
ルートガルト兵「ぎょえ〜」
リチムク「……(あ、サルちゃんだ!おーい)」
サルステーネ「なんという禍々しさよ。元凶め、死ねい」
リチムク「……(サルちゃん、お前もか!)」
サルステーネ「ぬわ〜〜〜〜〜」
リチムク「……(私に従いなさい!従わない奴はみんな死刑よ!)」
ムクガイヤの声は人間には聞こえない。周波数が可聴領域にないからだ。
それに気づかぬ彼は、人を見るたびに「我に従え」と大声でさけぶのだが
彼の姿とその『声』は恐怖と戦慄を呼び起こすだけだった。
ちなみにこの肌に感じる不快な『声』のことを、人は瘴気などと呼ぶらしい。
今日も『従う奴』を求め、死刑を執行し続ける彼なのだった。

942名無しさん:2010/08/24(火) 10:54:59 ID:???
リチムクはカマかよw
肌も無いのに肌荒れ気にしたりとかか?w

943名無しさん:2010/08/24(火) 11:12:36 ID:???
デッドライトがラクタイナ並に黒くなってきたな
リチムクvsホルス
ノスラクvsオルジンと来たから
真の力を見せたデッドライトvs家族を失って覚醒したレオナールとかありそうだw

944名無しさん:2010/08/24(火) 12:26:24 ID:???
デッドライトさんは古代人の生き残りなんだろうけど、ラクタイナと違って何らかの儀式のために動いてるんじゃないだろうか。
最後のパズルの1ピースがこの大戦なのかも。

945名無しさん:2010/08/24(火) 15:57:04 ID:???
S6のデッドライト、レオナール、キオスドールあたりを主軸にした物語があったら
ベルセルクになりそうだ
一人死霊を狩り続ける、全てを奪われた男レオナール
ある日レオナール前に1匹の淫魔が現れ、家族を奪った元凶がアルナス・ウルスに居ると告げられる
信用出来る内容ではなかったが、他にアテも無かったので半信半疑だがアルナス・ウルスに乗り込む事を決意する・・・

みたいな

946名無しさん:2010/08/24(火) 16:00:37 ID:???
リリックさんの考える、『戦争を通した死の試練』ってのはこの大戦なのか?
キオスドールも旧支配者関係のようだし、
暗躍している奴が以外に多そうだな

947名無しさん:2010/08/24(火) 16:28:58 ID:???
レオナール愛されすぎワロタwww

948名無しさん:2010/08/24(火) 16:32:44 ID:???
古き神に出会ったクウォードもきっとなんかあるはず

949名無しさん:2010/08/24(火) 16:37:10 ID:???
クウォードはs1時点でリッチーs6の時点でシューティングスターだから、
きっとs20くらいで完全体になってレオナールさんと戦い、
s26あたりで古き神VSクウォード(完全体)&レオナールのタッグが見られる!

950名無しさん:2010/08/24(火) 19:53:25 ID:???
>>949
「きっとs20くらいで完全体になったレオナールさんと戦い、」に見えた

951名無しさん:2010/08/24(火) 20:26:38 ID:???
s6の時点で大陸オワタ状態なのに
s20・・だと・・

952名無しさん:2010/08/24(火) 20:51:15 ID:???
そこまでいったら、デフォ人材は皆戦死してるだろwww

953名無しさん:2010/08/24(火) 20:58:03 ID:???
つまり、息子、娘、弟、妹他様々な後継者たちが登場するわけですね
うはw夢が広がりま(ry

954名無しさん:2010/08/24(火) 21:02:29 ID:???
デッドライトの軌跡

古代世界で大戦を引き起こすが、大いなる力などの兵器の乱用により文明崩壊。

復権を狙って禁術を行使。「統制者の力」と完全な不老不死の肉体を得る。

しかし、力の制御は困難であり、行動は100年周期で1年間のみに制限される。

ハンデを取り除くには更なる儀式が必要。

不穏な時代に出現して戦乱を煽動し、儀式に必要な「血」を集めることに。

その過程で屍姫伝説が出来上がる。

デッドライトの壮大なパズルの最後の1ピースはラグラントゥーとルートガルトに開いた異界への扉。

なんて妄想してみた。

955名無しさん:2010/08/24(火) 21:49:12 ID:???
中二の見本だな

956名無しさん:2010/08/24(火) 21:50:19 ID:???
いきなり主人公かラスボスのデッドライト

957名無しさん:2010/08/24(火) 21:55:53 ID:???
妄想するだけならタダだ
実際そうなってもらってもあれだが

958名無しさん:2010/08/24(火) 23:05:58 ID:???
レオナール、故郷壊滅+家族行方不明だけじゃ覚醒するには足りなくね?

 安否確認&手がかりを探すために自宅の跡地を調べる
→妻と子供の遺体発見
→出発前に自分が家族に告げた『留守を頼んだぞ』発言が頭をよぎる
→逃げなかったのは俺の所為?
→うぉぉぉぉぉぉ

どうせならこの位徹底的に追い詰めるべきかと。
んで、実は死霊軍団来襲前にロイタス・ブリガードの兵士らに妻や子供が
(禁則事項)されてた、とかだと蝕並みの破壊力が……って流石に無理かw

959名無しさん:2010/08/24(火) 23:34:00 ID:???
それはそうと悲しみのレオナールの能力はどんなもんだろ?
光闇のオーメン\付与?

960名無しさん:2010/08/25(水) 00:01:07 ID:???
>>958

ヒューマック「ロイタスブリガード心得!」
兵士「エ、エンジョイ&エキサイティング!」
ヒューマック「そういうこと。忘れちゃだめだよ」

961名無しさん:2010/08/25(水) 00:09:41 ID:???
方向性とか違うけどラムソンはE&Eなキャラだと思う
部下の話聞かないしやたらノリノリで突っ込むし

962名無しさん:2010/08/25(水) 00:17:43 ID:???
ただレオナールが覚醒する光と闇はあくまでオリシナであってデフォシナじゃないからなぁ
というか列伝みる限りだと死霊がいなくなってからロイタス帰ってるみたいだし
そうすると光と闇での強化は家族とは別物なんじゃないかなとも思ってしまう
もしかしたら原作じゃ全く強化されないまま終わる可能性も・・・

963名無しさん:2010/08/25(水) 00:59:02 ID:Ft6A3T1Y
デフォ改はオリシナじゃないんだから
光と闇もオリシナじゃないだろう

964名無しさん:2010/08/25(水) 06:08:12 ID:???
いつの間にかオーティが性別不詳に
なんというフラグ

965名無しさん:2010/08/25(水) 06:47:30 ID:???
さすがななあしさんやでぇ・・

966名無しさん:2010/08/25(水) 09:05:46 ID:???
でもオーティンティンのおーてぃんてぃんが無くなるのは問題だ・・・
いや性別不詳ならおーてぃんてぃんも同時に存在できるか?

967名無しさん:2010/08/25(水) 09:41:35 ID:???
つまりアルジュナとオーティには期待できるということですか?

968名無しさん:2010/08/25(水) 10:32:04 ID:???
アルジュナ「ボクがレオナールさんのオドをクリフォトから呼び戻さないと!」
ノーアの息子「ちくしょーなんで俺は親父みてーにできねーお! 鬼はそとー」
ウェントル「炎の壁・・・あ、あれがピコック殿!? でかっ、つーか若っ!」
レオナール「グルルルルルル・・・」
キュラサイト「う゛ー」

969名無しさん:2010/08/25(水) 12:00:32 ID:???
オーティは多分アレだ。愛した相手によって性別を変化できる特殊な種族なんだろ。

>>968

髑髏のおっさんは死後のラファエル、スランはキオスかな。

970名無しさん:2010/08/25(水) 12:31:29 ID:???
もしこの調子でアルジュナも性別かわったらS6のオステア国はそれなんてエロゲ状態になるな

971名無しさん:2010/08/25(水) 12:45:54 ID:???
アルジュナが女→男になってもどうかと思うが。BYピコック

オーティはあれだ、両性具有って奴(ry

972名無しさん:2010/08/25(水) 13:06:40 ID:???
ベルセルクの25巻を読んだあと、大フェリルを相手にするとめちゃくちゃ
ゴブリンの群れが恐ろしいですね 津波で押し流してください新アルジュナさん!

973名無しさん:2010/08/25(水) 13:37:56 ID:???
ベルセルクのゴブとはだいぶ容姿が違うけどねw
コボルト的なゴブリンはファーレンからの伝統だよねえ

まあスキルからいくと残念ながら…
ナシュコ
「我は水の眷属この地を流るる谷川の精霊なり」「古の盟約に順いこの地を汚せし悪霊を洗い清めん」

974名無しさん:2010/08/25(水) 14:40:31 ID:???
マクセン「人間同士で争ってる場合じゃあない。そうは思わないか?」
ナルディア「負け犬の集まりがなにを偉そうに、髭の次はお主らじゃ覚悟しておけい」
セレン「貴方に大義の心あらばアルティナ様の御旗に集いなさい。今なら支度金オール0で迎えてあげます」
ホルス「むむっ、ローイスの娘(こ)たちならば私がまもっ(ボカッ!)」
イオナ「対等の同盟など厚顔極まりありませんね。オール前衛の壁としてなら傘下に加えてあげます」
ニーナナス「誰も応じなかったわね」
マクセン「しくしく」

975名無しさん:2010/08/25(水) 16:16:28 ID:???
アルジュナの性別変わったら流石の俺も怒る

976名無しさん:2010/08/25(水) 16:20:29 ID:???
>>971>>975ではアルジュナの性別について異なる認識があるような……そんな気がする
そもそもアルジュナはおとこのk

977名無しさん:2010/08/25(水) 16:49:15 ID:???
普通のファンタジーでは
「村の近くの洞窟にゴブリンが住み着いた。退治してくれ。報酬は銀貨で600枚出す」
みたいなザコ敵としての存在価値しかないゴブリンがここまで(しかも主に魔法方面で)活躍するのは珍しい

978名無しさん:2010/08/25(水) 16:57:06 ID:???
とあるFTのオリシナではチルク顔のゴブリンが
「世界を救ったけどやっぱこんな世界滅ぼしたくなったでござる」な
オルジン・ラクタイナ級のチート狂人十人くらいとほぼたった一人で対極してるからVTの方はまだかわいいもんだ

979名無しさん:2010/08/25(水) 16:58:09 ID:???
それだけマクラヌスはすごい秘宝だったんだろう

980名無しさん:2010/08/25(水) 16:59:57 ID:???
>>976
ボクっ娘とちん娘じゃジャンルが違いすぎるだろ
そのぐらいは理解してからレスしたほうがいい

981名無しさん:2010/08/25(水) 17:09:09 ID:bFafCesI
>>980
みさくら派ではなく上連雀派なんでサーセン
「わい、男のアルジュナちゃんが好きなんや!」

982名無しさん:2010/08/25(水) 17:12:56 ID:???
>>981
こんなスレ見てななあし氏が意思を曲げなければ俺はそれでいい訳だが
そんなに好きなら光の目やれば?としか言いようが無い

983名無しさん:2010/08/25(水) 17:15:07 ID:???
うわぁ・・・

984名無しさん:2010/08/25(水) 17:31:40 ID:???
またナチガリアでシェロンの時に文句言ってたヤツが沸いてるのか
もういいよ

985名無しさん:2010/08/25(水) 17:48:43 ID:???
>>982
スレタイ見ようぜ。
VTについて語るとかでこんな会話だったら他でやれば?
で通じるが、ここはフリーダムにやるとこだぞ?

986名無しさん:2010/08/25(水) 18:16:43 ID:???
男の子でも女の子でもおちんちんが付いてると嬉しい!でも無くても文句は言わん!

987名無しさん:2010/08/25(水) 18:36:43 ID:???
知らんだろうが川島さんは諸背景から実際に一人称ボクだぞ

988名無しさん:2010/08/25(水) 19:35:42 ID:???
アルジュナをシールケに近づけたら・・・・・

無属性の射撃スキル(5連射)使用可
各種闇魔法使用可
HP回復はできなくなるがヒール持ちのシルフを召喚可能
デリュージ、レクイエム、アースウォール使用可
前進型のエクスプロージョンみたいな究極魔法(即死付加100%)を使用可
パトローナス化可能
燃えるピコック(全裸)召喚可
ただし、スキル使用時減速100%

989名無しさん:2010/08/25(水) 19:59:56 ID:???
だが、MP再生0なのでその全てのうち限られたものしか使えない
自身の強化限界、回復限界が低い  とか?

990名無しさん:2010/08/25(水) 20:38:45 ID:???
モズグズ様はリリックあたりなんだろうか?

二児は二ロリで

991名無しさん:2010/08/25(水) 21:03:01 ID:???
リリック「神の与えしこの試練、ぜひとも乗り越えていただきたあい!!!」

992名無しさん:2010/08/25(水) 22:36:59 ID:???
スラン=キオス
モズグズ=リリック

このハルト国、間違いなく良識派じゃないw
ムナード党より邪悪だ

993名無しさん:2010/08/25(水) 23:31:00 ID:???
VARESERKな1コマ

オーティ「私の○×△がぁ!」ムキィィ

994名無しさん:2010/08/26(木) 00:29:30 ID:???
グウェンの配下にボルコフみたいな戦魔兵が欲しい

995名無しさん:2010/08/26(木) 03:31:00 ID:EN9yMzeg
>>978で言ってたFTオリシナって何だ?

996名無しさん:2010/08/26(木) 05:52:31 ID:???
そろそろ新スレ立てた方がいいかな?

997名無しさん:2010/08/26(木) 05:56:44 ID:???
>>996
頼んだぞ

998名無しさん:2010/08/26(木) 06:57:19 ID:???
>>995
策謀渦巻く〜じゃねーの?
ちゃんとプレイしてないけどクソ強いゴブリンが居た気がする

999名無しさん:2010/08/26(木) 08:37:50 ID:???
ウェントル「そのとき、私を勇気付けてくれたのがあなたがくれた魔法のナイフだったのです!」
アルジュナ「正直、あのナイフでこんなに(LSソードラッシュ)暴れるとはオモワンカッタ」

1000t_elf3:2010/08/26(木) 11:22:38 ID:???
>>1000ならピコック殿戦死でS7のオステア国は百合の園(アルジュナは特別)

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■