■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【嫁と炬燵と】東方キャラとイチャつくスレ22【蜜柑の日】
1名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:06:01 ID:OZmN3U460
文才・設定は二百由旬へぶっ飛ばし、東方キャラへの口説き文句等を思うがままに書いてみてくれ。
シチュエーションごとや告白後のラブラブもラブラブじゃ無いのも、長編、一行、妄想駄々漏れ何でもオーケー。
俺からキャラへ、キャラからお前に、誰からともなく住人へ。
ただしキャラ×キャラは勘弁な!!



このスレの連中は厳しいが公平だ。内容の差別新参古参の区別はしない。
一行告白、妄想、長編を、このスレの連中は見下さん。
すべて―――
平等にGJだ!
――ハートマンZUN曹

前スレ
【手を繋ぎ】東方キャラとイチャつくスレ21【心も繋ぐ】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1226793833/

プロポスレ@Wiki
ttp://www15.atwiki.jp/orz1414/

イチャスレ避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/6911/

えくすぷローダー(携帯用アップローダー)
ttp://pokoweb.com/pds?_s=h&_mode=hp

緊急用ロダ(Wikiのロダが使えない場合等に利用して下さい)
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スレに書き込む時の注意
・ コテハン、トリップは原則禁止です。
・ 馴れ合いは程々に。
・ ここは全年齢板です。行き過ぎた表現やそれに関連するリンク等は削除されることがあります。
・ 投稿前に内容を見直してヤンデレっぽさが少しでも伺えたら明確に注意書きをしてください。
・ 避難所にヤンデレ専用スレとショタ専用スレ、学園スレがあります。
・ 感想へのレスは避難所の感想、返答スレをお使いください。
・ 避難所にも投稿スレはあります。スレの雰囲気が投稿しにくいと感じた時にどうぞ。
・ 新規スレ立ての際は管理スレに強制sageの依頼を忘れずに。
・ 隔離スレであることへの自覚を持って書き込みをお願いします。

WikiのロダにSSを投下する時の注意
・ 最初の行に< pre>、最後の行に< /pre>と書いているか確認して下さい。
・ 削除キーを設定しているかどうか、確認して下さい。
・ その他、原稿用紙の使い方などはWikiに説明があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:13:41 ID:oHC/SrTc0
>>1
阿求愛してる

3名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:31:59 ID:jP4MRVE60
>>1
めーりん愛してるぞ!結婚してくれ!

4名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:38:12 ID:F.NT84e60
>>1乙!

とりあえず前スレ埋めしとこうぜ。
文! 愛してるぞ!

5名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:48:52 ID:Y42d/Mck0
>>1乙UN
咲夜さん愛してるよー

6名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 14:50:23 ID:7iYVYBi.0
>>1
幻想郷全て愛してる!!

7名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 18:11:12 ID:OQxYpWNk0
>>1
お嬢様ー一生愛していますー!!

8名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 18:13:07 ID:yEdgyQG60
>>1乙か霊夢〜。
というか、仕事の合間にすこしだけ時間が空いたからカキコ。
前スレ>>980です。OZmN3U460さん、ありがとうございました〜!
しかし、連続して自分のスレタイ案が通るというのは……

9名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 18:14:19 ID:W3BHV1jY0
>>1

きっと誰も理解してくれないだろうけど。
依姫様、お慕い申し上げております。

10名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 18:27:23 ID:OZmN3U460
>>8
まあスレタイぐらい別にいいじゃないの
嫁とイチャつけたらそれでいいのさ



鈴仙。俺は何があろうとお前だけを愛してるぞ。

11名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 18:35:37 ID:xUNuNTsY0
>>1新スレ立て乙

新スレ早々ですまないが、作品を投下させてくれ。
人生初続き物なんてのを書いてしまった。
ダブルヒロインだけど一応メイン早苗サブ諏訪子様ということで。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0202.txt

中編と後編は現在最終調整中なので1,2日のうちに投下できると思う。

12名前が無い程度の能力:2008/12/19(金) 23:35:03 ID:r6HhLV7oO
いちおつ
じゅういちぐっじょぶ

13名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 01:07:21 ID:7vm.8B.20
>>1

それと>>2
貴方はどうやら平行世界の俺らしいな
 どうだ   の ま な い か

14名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 03:29:16 ID:u73QaK/IO
外に帰したはいいけど結局未練を棄てきれず、ゆかりんのスキマやパッチェさんの水晶やえーきさまの浄瑠璃で○○の私生活を覗く少女達

15名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 06:34:38 ID:s0h9LKc20
椛の髪が伸びてきたから手入れしてやると言ったら怪訝な顔をされた

○○「任せろ! こう見えて俺はトリマーの資格を持ってる」
椛「とりまあ?」
○○「美容師の事だ。心配しなくても可愛く仕上げてやるよ」
椛「○○がそこまで言うのなら……お願いしてもいい?」
その日は思う存分キャッキャウフフしたんだが、翌日顔を真っ赤にした椛に怒られた

もみじ「ワタシ……ペットじゃありません……」

16名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 06:37:39 ID:bj7KHkLA0
sneg?

17名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 19:12:04 ID:iizZk2aw0
早苗とケロちゃんの話中編を投下させてくれ。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0203.txt

これを書いている途中で某投下作とネタかぶりしてかなり凹んだが、
前スレ646,647,652のおかげで何とか完成させる事が出来た。
感謝したい。

18名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 19:12:44 ID:hl6/O6dk0
>>1

というわけで依姫の肩を揉んでくる

19名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 19:29:47 ID:TRkEFP7Y0
>>1
咲夜さん、愛してます!

20名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 21:11:06 ID:O1ZOg.wU0

 文と二人で障子を開け放った居間の炬燵に居る。
 まだ根雪にならない白いかたまりが、庭のあちこちに溶け残っていた。
 風はない。
 雲ひとつない澄んだ青空を、数羽の烏が仲良さげに飛び交う。
 陽の高さは随分と低くなった。
 もう数日もすれば陽気は去り、冬の厳しい寒さが幻想郷を覆うのだろう。
 小春日和。
 斜めに差し込む日差しが、俺たちを包み込む。
「ん〜、ぬくぬくですね」
「あ〜、ぽかぽかだなぁ」
 猫ではないが、炬燵でまるくなるのは仕方ないと思う。
 あまりの気持ち良さで、大気に溶けてしまいそうだ。
「……蜜柑」
 文がぽつりと呟いた。
「ん?」
「蜜柑が食べたいです」
「ああ、確か台所のほうに買い置きがあったはず」
 買って来たときは、まだ熟しきってなかった蜜柑だが、そろそろ食べごろかもしれない。
 しかし、文は動こうとしない。
「炬燵から出たくないです」
「それは俺に取ってこい、ということか?」
「えへへ」
 にへら、と笑う。
「笑って誤魔化すなよ」
 まあいいか。
 言われてみると、俺も食べたくなってきた。
 大皿に幾つかの蜜柑を。
「ほら、どうぞ」
「○○さん大好きです〜」
「随分と安い『好き』だなぁ」
「ついでに皮も剥いてくれると、もっと好きになりますよ?」
「まったく……今日は我がままだこと」
 つらつらと外皮を剥がしていく。
 その間の文はというと、炬燵にべったりくっついて、顔だけこちらに向けている。
 いつもはシャキっとした感じなのだが――いまは水にふやけた焼き麩みたいだ。
 これも炬燵の魔力だと言うのか。
「ほら、どうぞ」
「むー」
 何が不満なのか、上目使いでこちらを見ている。
 首を捻っていると、文はぱくっと口を開いた。
 ああ、なるほど。食べさせてほしいということらしい。
「どれ、先にお一つ」
 一房、口に放り込んでみる。
 ほどよい酸味とやわらかい甘味が絶妙なバランスを持って、口内を満たす。
「こりゃ美味しいな」
 見ると、文がふくれっ面をしている。
 いいじゃないか、ここまで準備したんだから。
「ほら、どうぞ」
 と、文にも食べさせてやる。
「んー。はむはむ。確かに美味しいですね」
「まだまだたくさんあるから、遠慮せず食べてくれ」
 それじゃあ遠慮せずにもういっこ、とねだる文は、いつもの何倍か甘えているようだ。
 しかし、この光景は親鳥が雛に餌を与えているみたいに見える。
 もと烏だからいいか。
「○○さんって、何だかんだ言っても優しいですよね」
「どうしたんだ、唐突に?」
「これだけ我がままに振舞っても怒らないし」
「別に怒るようなこと、してないじゃないか」
「それなら……今日はずっと甘えていてもいいですか?」
 この娘は、たまにこういう発言をするから困る。
 こんなこと言われて、断る男がいるだろうか。いや、いない。
「構わないよ」
 そう言って、俺はまた蜜柑の皮を剥く作業に戻る。
 嫁と炬燵と蜜柑の日は、まだまだ続きそうだった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 私の住んでいるところは、一度降った雪が溶けて、まだ地面が見えています。
 今年は暖冬なのかな? と、思っているといきなり大雪が降ったりするからわからないもの。
 石油ストーブが幅をきかせ、我が家に炬燵はなくなってしまいました。
 しかし、小さい頃に使っていた炬燵のことを思い返しながら、
 嫁とのイチャイチャを考えている次第であります。でも、あんまイチャってないっていう;;

21名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 21:23:42 ID:hl6/O6dk0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0204.txt

電波を受信したので即興で書いた。
そんな俺は依姫派。
でも豊姫も好きな俺はどうすればいいんだか。

22名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 21:34:08 ID:hHksdGjI0
姉妹丼で何か問題があるだろうか、いやない

23名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 22:25:06 ID:0UXEgpXA0
う〜さみ
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0205.txt

24名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 22:36:22 ID:5I2pySa20
>>23
蓮子かと思って開いた俺にあやまれ!
十分堪能させてもらいましたが!

これはアレか、蓮子と一緒にこたつに入って2人ならんでクリスマスと正月を飲んで過ごせと言う神の啓示か!
よし、頑張るだけ頑張ってみる!

25名前が無い程度の能力:2008/12/20(土) 23:39:24 ID:uizByJII0
>>1

慧音、よければ俺も一緒に授業をやらせてくれないか?

26名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 00:05:51 ID:Q4woOCW20
>>20
お前は俺かw
つかこっちも雪と雨が交互に来るせいでちっとも積もらんからつまらないわ。
今年は文とストーブ焼き芋でほくほくしてることにするぜ。

27名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 00:10:31 ID:3QcV3Iqw0
こっちは雪どころか最近は雨すら降らんぜよ。
まあ鈴仙と炬燵でぬくぬくしてるからどうでもいいけどね。鈴仙さえ居れば欲しいものは何も無い。

28名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 00:13:26 ID:zzi6cugE0
>>17
いい感じだ・・・
やっぱ姉・妹属性持ってるケロちゃんってポイント高いよ

29名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 00:15:02 ID:1zoEb/qoO
>>1
さぁ、胡蝶蘭の髪留めも風見さんの協力で手に入れた事だし、後は早苗に見つからない様に保管しながらクリスマスを待つだけだ。
…因みにアレは処分したよ。あんなの何時までも持っていたら、誰かに見つかった時に間違いなく面倒な事態になりそうだからな。
…早くクリスマスにならないかな…。喜ぶ早苗を早く見てみたいよ。

30名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 00:58:41 ID:wldRjwqs0
>>1
さて、さとりにプレゼントの中身がばれないように
別の事を考えて警戒しつつクリスマスまで待っていたら案の定さとりにその別の事を読まれて、
「なになに、『さとり、好きだ!大好きだ!!愛してる!!!』…まったく、何考えてるのよ……もう////」
とか言われたり言われなかったり、ハグされたりチュッチュされてる今日この頃。

クリスマスまだかなー。
プレゼント渡す前に俺がプレゼント扱いになりそうd(ry

31名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 01:10:58 ID:9UGdHzTw0
>>1おつ!
ゆゆ様愛してるよ

32名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 03:34:13 ID:tyEQ2mPo0
>>1
紫様大好き

33名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 03:40:35 ID:gCmd5RxE0
>>1
早苗さーん! 大好きだー!

34名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 04:28:25 ID:x8cc47Mw0
アリス愛してるぜ

35名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 04:29:39 ID:x8cc47Mw0
おっと忘れてた
>>1おつ

36名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 04:53:10 ID:e./hV42U0
>>1
姫様愛してる。

37名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 07:27:55 ID:9OfheIHo0
「弱い人間じゃあ天の月に触れることはできない、いくら叫んでも声を届かせることもできない。
でも、目の前の月になら触れることができる、声を届かせることができる。好きだ 輝夜」

38名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 08:15:14 ID:qcDhYYFc0
>>23
>う〜さみ
これが「うさみみ」に見えたのは俺だけか。

39名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 08:21:47 ID:w4am5aZo0
>>38
お前は24が見えないのか

40名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 11:43:01 ID:1OKzKOAc0
今なら言える。
アリスゥ!! 愛してるぞー!!

41名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 12:21:13 ID:ULqZUQeo0
>>1
みすちーーー!!!愛好きだああああああああああ!!!!

42名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 12:22:07 ID:ULqZUQeo0
って、>>40のIDがこあじゃないかwww

43名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 13:14:01 ID:btTFBo8U0
>>1
そういえばさ、家の近くにある燕の巣の中に何故か貝があったんだ。
やたらと綺麗な貝だからお守りにするか姫様にあげるかしようと思っているんだけど、
どっちがいいと思う?

44名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 13:40:10 ID:ohexzbNo0
>>43
それは巣の中にあった物を見て取ったりしてないだろうな?
もし見ずに取れたものだったら姫様に石上麻呂の難題を受けさせてくださいと言った上で渡すんだ
しかし見て取った物だったら大人しく自分のお守りにしたほうがいいぞ

そして俺は萃香に求婚しようと思うんだが鬼って銀の指輪に弱いとかはないよな?

45名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 16:10:48 ID:Swah1B/s0
前スレ>>992の続き

幽々子「ふーん、一緒に温泉ね・・後で私たちも入りましょうか・・一緒に」
幽香「あら、いいわねぇ・・・最高の快楽を教えてあげるわ」
ルーミア「そーなのかー」
ミスティア「鰻お待たせしました〜○○さんは大きいのサービスで〜す」
○○「あ・・ありがとう」
鈴仙「○○さん!お酒もどうぞ!」
てゐ「○○〜こっちのお酒はあまいぞー」
輝夜「因幡達が何やってる、ここは私がお酌をするのよ」
天子「ふん!ここは私よ!!」
衣玖「いえ、空気を読んでここは私が」
天子「うそつけー!!!」
○○「け・・喧嘩は駄目だよ・・」
萃香「そうそう、酒は楽しく飲まなきゃな。というわけで○○、軽くいこうか」
てゐ「抜け駆けするなー!!!」
永琳「師匠を差し置いてあなた達は何をしているのかしら?姫様も酒のほうはほどほどに」
輝夜「わ・・わかっている」
妹紅「ふん、こんなやつの酌より私美味いモンを食べよう、イモリの黒焼きなんかどうだ?いい焼き加減だぞ」
慧音「下心が見え見えだな・・・どうせならそこにいる夜雀を焼いたらどうだ?」
ミスティア「た・・食べないでー!!!せめて性的に○○さんに////」
○○「はぁ・・・」
永琳「あら、顔色悪いわよ?一度永遠亭で人間ドック受けない?無期限入院で」
輝夜「ふむ、いい考えね」
○○「え・・遠慮しておきます」
萃香「まったく騒がしいねえ・・まあソレがいいんだが」
勇儀「うんうん、いい男と一緒に飲む酒もまた美味い」
○○「あはは・・」
勇儀「ふーん・・・ねぇ萃香」
萃香「なんだい?」
勇儀「これ(○○)頂戴」
萃香「駄目に決まってるだろう!!」
○○「物扱いですか!!」
勇儀「ケチだねぇ、ならば勝負するかい?」
萃香「おうよー!どちらが酔いつぶれるまで飲むぞー!!」


霊夢「○○って本当にもてるわね」
○○「なんでこうなっちゃったんだろ・・」
霊夢「・・・帰りたくなった?」
○○「今更帰るなんて・・・俺はここで骨を埋めるんだぜ」
霊夢「そうだったわね」
魔理沙「まあ、悪くはないだろ・・こういうのも」
○○「まあね・・こういうことが許される世界なら・・俺は・・・」
霊夢「ほらほら、深く考えない。二人の美少女にお酌をしてもらってるのよ・・しっかり飲まないと有罪よ」
魔理沙「だぜ?」
○○「うん、頂くよ」
映姫「そう!有罪でしゅ!!らのれわたひの酒ものむのらー!!」
○○「え・・映姫様?」
小町「あはは・・ちょっと飲みすぎたらしく・・まぁ私の酒も飲んどくれよ」
映姫「こりゃああ!!きょまちぃぃぃ!!あにゃたはいちゅもいちゅもさぼってばきゃり!そきょににゃおれええ!!」
小町「イタイイタイ!!映姫様叩かないでー」
映姫「きょまち!あにゃたはひゃんせいすべきです!!このおおきにゃおぴゃいもっててにゃんて罪深い!!」
小町「あ・・駄目です・・揉まないで・・」
○○「うぉぉ!!映姫様落ち着いて!!」
映姫「どうしぇわたひのむねはぺたんこですにゃー!!」
小町「あぁん○○見ないで・・でも見てほしい・・でも見ないで・・」
霊夢「どっちなのよ・・」
パルスィ「妬ましい・・胸・・妬ましい」
ヤマメ「揉んでもらったら?」
キスメ「揉むと大きくなるの?」
ヤマメ「それか子作りすれば大きくなるよ」
パルスィ「こ・・子作り・・・」
こいし「待ちなさい、その役目は私のものよ!」
○○「またこういう展開?」
お燐「お兄さんの膝で寝ると気持ちいんだニャ〜」
お空「フュージョン!フュージョン!」
さとり「(じー・・・)」
○○「な・・何?」
さとり「・・・・優しい人」
霊夢「当たり前でしょ」
魔理沙「馬鹿って言うほど優しいんだぜこいつは」
○○「悪かったな」
さとり「○○って・・太陽みたい・・・温かい人・・」

46名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 16:12:09 ID:Swah1B/s0
チルノ「ふっふっふ・・今こあたいたちの力をあわせるときよ!!!」
小悪魔「え?何時からそうなったの?」
ルナサ「チルノだからね」
メルラン「だね」
リリカ「うんうん」
橙「むーお燐めー、お兄さんの膝は私の場所だぞ!!!」
妖夢「何で私が・・」
リグル「もうどうでもいいよ・・」
静葉「今年の秋こそ○○さんと良い実りを!!性的な意味で!!」
穣子「性的な意味で!!!」
チルノ「あーもう!!○○は幻想郷最強のあたいの嫁なんだ!!!」
小悪魔「チルノちゃんはソレ違う・・というわけでご主人様と一緒に幸せになってきますね」
ルナサ「ちょっと待ちなさい!」
メルラン「○○は!!」
リリカ「私の婿よ!!」
ルナ・メル「私「たち」のよ!!」
静葉「私が先よ!!」
穣子「いいえ!!私が先!!」
橙「お燐!!そこから離れろー!!!」
妖夢「幽々子様に逆らうわけには・・でも・・」
○○「向こうには近づかないほうがいいね・・」
霊夢「そうね」
魔理沙「だな」


にとり「やあやあ○○、飲んでる?」
文「今日は取材抜きですから安心してください〜」
○○「本当かよ・・」
文「嘘つきませんよ、その代わりこの書類にサインを」
にとり「こら天狗!こっちが先!!」
○○「ん?「この者を長の名においてにとり・文の婿と・・」・・これって・・」
文「長は貴方を大歓迎だそうで」
にとり「ほう、こっちの長は○○を次期長にと」
霊夢「マテヤコラ」
魔理沙「んなもん偽造だろ偽造!!」
雛「厄い・・厄とってあげるからこっちに来て○○・・」
文・にとり「まてやー!!!」


藍「苦労されてるな○○も」
椛「大丈夫?」
てゐ「マッサージマッサージ」
鈴仙「どこ触ってるのよてゐ!!」
お燐「そこ!領空侵犯にゃ!」
橙「お燐こそ!!」
○○「あはは・・二人とも喧嘩しない」
藍「ふむ・・こうしてると・・なんだ・・・家族だな」
○○「え?」
藍「あ、いや・・・私と○○が夫婦で・・橙が子供・・」
鈴仙「ちょっと!聞き捨てなりませんね!!どう見ても私と○○が夫婦です!!」
てゐ「れーせん!それ無理がある」
椛「わ・・私と○○が夫婦・・///」
橙「らんさまー!!○○とっちゃだめー!!!」
お燐「何ふざけたことをいってるのさこの化け狐!!」
藍「・・・少し頭を冷やそうか・・お燐」
阿求「やれやれ・・・○○さんのお陰でまだまだ書くことが一杯ですね・・」
○○「阿求・・」
阿求「というわけで○○さん、お聞きしたいことがあるのでご協力を・・布団の中で・・」
○○「え?」
霊夢「こらこら」
魔理沙「激しい運動は体に毒だぜ」


○○「疲れた・・・」
霊夢「お疲れ様」
魔理沙「今日はゆっくり休もうぜ」
○○「それはいいけど・・なんで二人とも俺の布団に?」
霊夢「問題ある?」
魔理沙「いつものことだろ・・」
○○「本当に寝るだけだよ?」
霊夢「したかったの?」
○○「いやいやいや・・」
魔理沙「普通に寝るだけだぜ・・・嫌なのか?」
○○「嫌じゃないさ・・・可愛い美少女二人と一緒に寝ないと有罪・・なんだろ?」
霊夢「分かってるじゃない」
魔理沙「早く寝ようぜ」


幻想郷の皆といちゃしたかっただけ。

47名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 16:25:26 ID:k1laY6560
早苗とケロちゃんの話後編を投下させてくれ。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0206.txt

最初は自信家の早苗が負けたら一気に自信喪失になるだろうという
それだけの発想から書き始めたものの、もっと早苗を魅力的に書きたい!
ケロちゃんももっと可愛らしく!ってしてるうちにプロットがどんどん膨らんでいった…
果たしておまいらにそれが伝わるかは不安ではあるが…
ケロちゃんEDルートも書きたいけどプロットが纏まりそうでまとまらんorz

48名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 19:39:59 ID:qcDhYYFc0

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0207.txt

 イチャ無しだから、避難所の方が良かったのかもしれない。
 のんびり書いていこうかと思います。

49名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 20:00:08 ID:qLiPM/ec0
>>47
たのむ・・諏訪子エンド・・・頼むッ・・・!

50名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 21:09:09 ID:ULqZUQeo0
>>47
「神々に恋した」って浮気する気満々ですねwww
そして早苗さん(現人神)を神として数えるかどうかで色々と解釈がまた違ってくるという。


>>48
俺には見える。野暮ったい眼鏡かけたパッチェさんが本屋で「全部買うわ」とか言ってるのが見える……っ!!!

51名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 21:24:51 ID:RRdzUEno0
>>48
wktk

52名前が無い程度の能力:2008/12/21(日) 22:22:36 ID:Hi1YyoJwO
豊姫に腕枕したい
依姫に膝枕されたい

53名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 00:06:07 ID:7K78AlTE0
クリスマスの事を阿求に教えた
どこから持ってきたのか帯を身体に巻く練習を行っているのを目撃
ベタベタだなぁと思いながらも眺める
巻き終えて一息ついたらしく、ふと漏れた独り言
「よし、あとは○○が寝ているうちに巻いておくだけね。
後は申し訳ないけれど、忍び込んで夜中に起こして……うん、完璧」
俺の方が贈り物なのかっ!?

54名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 02:53:10 ID:A7Rh6yZY0
昨日は冬至ということで、守矢神社で小豆粥と南瓜の煮物を振舞っていた(秋の神様協賛らしい)。
文と一緒に、取材ついでにいただいてきたので、来年も健康に過ごせそうだ。
柚子湯?そりゃ、帰ってから二人で。

55名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 09:08:55 ID:VWMJYkd.0
>>48です。
html化したものをwikiのうpロダに置いておきます〜。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/upload.html
zipにしてあるので、解凍お願いします><

たぶん、こっちの方が読みやすいかと……

56名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 10:10:07 ID:lEHNdvOY0
>>47
ヤンデレスレは君を待っている。
いやマジで。

57名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 11:21:08 ID:hZJ6Jb8E0
「おはよう○○、何してるの?」
 おはようアリス、じつは一昨日、誕生日だったんでな。
 紫さんにプレゼントされたゲーム。          オマエハ イキテイテハイケナイニンゲンナンダ!!>
「! ちょっと! 誕生日だったなんて聞いてないわよ!」
 あー、まー、ついに大台だからな……
 あまり言いたくなかったんだよ。           アンタガウラギルカラー!!>
「紫には言えて、私には言えないってこと!?」
 いや、紫さんは勝手に調べてきたらしい。
 プレゼントはリクエストさせてもらったが……     コノバカデシガー!!>
「……んもう! なんにせよ、知ったからには祝わせてもらうわよ!」
 そんなにムキにならんでも              ヤラセハセン ヤラセハセンゾー!!>
「いいの! 私のプライドの問題なんだから!」
 俺の誕生日祝いなのにか……             オマエヲコロス>
「で、何か欲しいものはない? 今からだと時間かかるのは無理だけど……」
 そーだなぁ……                   ゾクブツガ ハジヲシレッ!! ピッ>

 ちゅっ

 ごちそーさま                    ピッ>
「…………認めない! こんなの認めないわ!」
 いいじゃないか
 俺が一番欲しいものは、すでに手に入ってるし……   ダンマクウスイゾ ナニヤッテンノ!!>
「え? ……あ、……それでも認めないわ! 今晩覚悟しておきなさい!!」
 おお、それならシチューがいいな。
 アリスのシチューは何度食ってもほっぺが落ちる。   プルプルプルプルー!!>
「はぐらかすな! ……まあ、作ってあげるけど……」
 おう、楽しみにしてるぜ。              センソウハ ヒーローゴッコジャナイ!!>


サンタさん、神綺様、私にアリスをください

58名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 18:21:42 ID:et0S5Yhg0
前にイチャスレ専用の絵板が欲しいと言ってた人がいたよな?
欲しい人がまだいれば簡単なのを用意するよ。

59名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 18:55:51 ID:yWGvWmlA0
>>58
絵板か……
俺は描けないけれど、もし利用者がいっぱいいたら、
いつかの神ツールが生きてくるかもしれないな。

もうクリスマスだなとか考えてたら、

カリスマに満ちていて、紅魔館当主としての威厳も十二分だけど、
何故かサンタが来ると信じて疑わないレミリア様を幻視した。
小品程度にしか出来なさそうだが、ちょっとイチャ化にとりかかる。

60名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 19:18:40 ID:bM9bE7KU0
ところで妹紅と姫様の二人にクリスマスに誘われた訳なんだが・・・
どうすればいいんだろうか?助けてえーりん

61名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 20:35:48 ID:H36HrpnU0
>>60
いっそえーりん先生を誘うんだ

62名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 20:39:52 ID:TB6n5F96O
>>60
残酷な返事だろうけど、お前がしたい様にするしかない。ただ、選択肢を間違えるとバッドエンド一直線だから気を付けろ。

63名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 20:43:33 ID:kAgdHawc0
年賀状は減少傾向らしいですね。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0208.txt

64名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 21:45:07 ID:k9qa7D8I0
>>58
ちなみにそれを言ったの俺。思い切りスルーされたと思ってたw

65名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 21:51:39 ID:tiXewwMg0
>>58
作るのは大歓迎だが、途中で管理やめたり、いなくなったりしないでね。
最後の一人になるくらいの気持ちでいて。

66名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 22:15:11 ID:v3Om0rIE0
○○「年明けの予定は・・・」

1日
博麗神社で新年会

2日
マヨイガで八雲家一同と過ごす

3日
永遠亭で過ごす。

4日
紅魔館で過ごす。

5日
山の皆さんと過ごす

6日
里で慧音、妹紅と新年会

7日
妖精ズ、騒霊ズと過ごす

8日
博麗神社に戻る。

○○「・・・・体が持つかどうか・・」

全てに予定に「性的に」とついたらsneg

67名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 22:55:58 ID:BAU3ZGAQO
疲れている依姫をマッサージしたい

68名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 23:07:33 ID:cVRyH5Zg0
新年最初に誰が挨拶するかで壮絶な弾幕戦ですね、分かります

69名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 23:09:39 ID:dgK9YBBA0
幽々子様>>66が白玉楼に来ないからって
むくれないでくださいよ

70名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 23:14:51 ID:v3Om0rIE0
>>69
うぉ!素で忘れていた・・・ごめんよゆっこ。
○○「じゃあマヨイガへ行く前に・・・」
紫「あら、マヨイガ優先よ」
幽々子「あら、こっちが先よ・・」

少女?弾幕中

あれ?何かが飛んで(ピチューン

71名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 23:27:35 ID:cXPG4wgI0

「もーいくつ寝るとークーリスーマースー」
「うちは神道だから関係ないわよ」

 炬燵に入りみかんのすじを取りながら霊夢が言う。
 
「えーそんなつれないこと言うなよー」
「そんなこと言ってうちの神社の一番高い木をギンギラギンにさり気なく飾り付けたのは誰よ」
「俺です。にとりの協力でバッテリーに電気を溜めればイルミネーションを光らせることもできます」
「毎日裏で自転車漕いでいたのはそのためだったの……」
「でも珍しがって見物客がやってきてお賽銭増えてたのはいいことでしょ?」
「まぁね……」

 しばらくみかんを食べていると玄関の開く音がしてアリスがやってきた。
 
「お待たせ。外はすごく寒いわよ。防寒はしっかりしておいた方がいいわ」
「了解。じゃダウン着ていこう」
「レミリアも吸血鬼なのによくキリストのお祝いなんてできるわね」
「いいじゃない。神社での宴会もいいけど紅魔館のパーティもまたいいものよ」
「私は片付けをしなくて済むのがありがたいわね」
「それじゃ出発しましょうか」

――少女パーティ中――

「あーちょっと飲み過ぎたわね。日本酒もいいけどたまにはワインもいいものね」
「咲夜さんが作ってるやつだから尚更ね」
「ちょっとズルして作っている気けどね……」
「味は悪くないからいいんじゃない? そういえば霊夢は途中で帰っていっちゃったけどどうしたんだろ?」
「んふふ……まぁ、ちょっと、ね」
「? まぁいいか。おやすみアリス。メリークリスマス」
「ええ、メリークリスマス」

 アリスを見送り部屋に戻ると枕元にでっかいくつ下がおいてあった。
 ……なんだこれ?
 大きさ的には人一人すっぽり入ってしまいそうな位のもの。こんなの神社にあったかな……?
 するともぞもぞと動きだして霊夢がくつ下から顔を出した。
 首だけ出して裾に手をかけているのでまるでキスメかゆっくりみたいだ。
 
「……メリークリスマス」
「何やってるのさ?」
「サンタクロースのプレゼントよ。……いる? いらない?」

 先に帰ったのはこれをするためか……。
 とりあえず巨大くつ下から霊夢を引きずりだしたとき、あやうく鼻血を吹きそうになった。
 霊夢の格好は赤いリボンを身体に巻いて大事な部分を隠しているだけでそれ以外は白く柔らかな肌が見えている。
 しかもあの変わった巫女服の袖だけつけているのでそれが何だか更に妖艶さを醸し出している。いやらしいけどかわいらしいという矛盾。こ、これはいいものだ!
 
「あ、あんまりじっくり見つめないでよ……恥ずかしいんだから……」

 顔を赤らめて横眼でこちらを見つめてくる霊夢はすっごく可愛い。
 さっそくリボンを捲って苺菓子を舌で味わう。
 味なんかないはずなのに舌には甘く蕩けるような濃厚な刺激が伝わってくる。
 霊夢の肩と腰に手をまわして抱きよせながらじっくりなぶる。
 ワインと彼女の汗、声、そして少女特有のミルクのような匂いが混ざりあって頭の中がくらくらする。
 うーん、そろそろ限界かなー。
 
「ところで霊夢、ひとついいかな? この後プレゼントを好きにしても構わないのだろう?」
「ん……遠慮はいらないわ。好きなようにして……でも乱暴にはしないで……」

 それじゃ可愛らしい包装を丁寧に解いてそのままプレゼントを頂くことにした。
 
 ――彼は夜更けすぎに、ケモノへと変わるだろう
    silent night  white night ――
   
   
   
   
   
「ありがとアリス。この本返すわ」

 霊夢がアリスに渡した本には『恋人と過ごす性なる夜』といういがかわしいタイトルが書かれていた。
 
「で、首尾の方は?」
「うまく行き過ぎてちょっと……まだ身体中がだるいのよ……でもよかったわ」
「のろけなら聞かないわよ」
「けち……でも協力してくれてありがと。一人じゃリボン結べなかったし」
「いいわよ別にお礼なんか」
「で? そっちはどうなのよ」
「シャンパンに少し媚薬を混ぜて、あとはムードにまかせて……ね?」
「むー、そっちの方が良かったかも」
「過ぎ去ったことを悔やんでも仕方ないわよ。それより次はどうやって正月に姫始めをさせるか考えるわよ」
「それじゃ……」
「「会議ね」」

 霊夢って素の格好でサンタっぽくない?

72名前が無い程度の能力:2008/12/22(月) 23:28:52 ID:FvRoKQHw0
めちゃくちゃモテモテの●●、幻想郷のみんなも●●に夢中。
そんな中、紅魔館に住む○○はレミリアの事が好きなんだけどレミリアは○○のことを親友としか見てない上に●●が好き。
そのことを知っている○○は自分に振り向かせるために奮闘する・・・
っていうのを幻視した

73名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 00:55:54 ID:g5sCtjKE0
鈴仙にしっぽはあるのかなとまさぐってたところを永琳に見つかった

こっぴどく叱れることを覚悟していた、のだが・・・

「私には、○○は、そういうことしてくれないの?」

潤んだ瞳で見つめられたんだがどうしよう

74名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 01:10:25 ID:UAiqHGag0
絵板の者です。さっそく作ったよ。
ttp://oekaki-depart.my-netlife.jp:10017/lpbbs/f1229961990/index.php

75名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 01:25:52 ID:aipA.96M0
過去に一回だけ絵を描いてくれた人がいたような気がする
確かケロちゃん

76名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 01:56:43 ID:s0GLvKzM0
>>72
私としてはこういう風なのが好みだ。


●●はいい奴、なおかついい男で、○○も知人として、友人として敬意を抱いており、皆が夢中になるのはよく理解している。
だからレミリアも彼のことが好きなんだろうなと思い込んでいる。
けれどもレミリアが実際に異性として意識しているのは○○だったりする。○○はそのことに気づいていない。

○○のことを意識しすぎているせいで、レミリアは彼と相対する時は気恥ずかしさを誤魔化すためにカリスマ全開な対応を演じ、
対する○○は何とかレミリアに振り向いてもらおうと頑張る。無駄な努力だろうなと思いつつ。

やっている行為が無駄であろうと、たとえ想いが届かなかろうと、○○は止めるつもりはなかった。
自分がレミリアが好きだという気持ちには嘘を吐きたくなかったからだ。

レミリアは●●を得がたい友人として気に入っているため、ついつい会話が弾む。
そういう意味合いでは、傍から見れば確かにレミリアは●●との出会いを楽しんでいた。

○○の想いを超然と受け取るレミリア。(王は人の心が分からな(略
内心はもう、天に舞い上がって小躍りして、キスの雨を降らせたいくらいなのだが、表面上は親友と相対する態度を貫く。
だってそんなことするのは恥ずかしすぎるし。
○○の自身に対する想いを受け取っただけで幸せなのに、これ以上幸せになったらどうなるんだろうと思っている。
しかし表面上は全く変化がない。

そうして何度か○○が告白の空回り(と思い込んでいる)をする。
デートをセッティングしてみたり、プレゼントを贈ってみたりと、二人のムードを盛り上げるために頑張った。
それはもう、レミリアフラグをすべてコンプリートするぜ! てな勢いで。
見た目は超然としているが、すでに○○にメロメロなレミリア。

これほど想いを重ねても振り向いてくれないのか、と勘違いしたままの○○。
そんな時、○○はふと噂を耳にする。

●●がレミリアに求婚した、と。(勿論レミリアは断っている)

しまった。負けた。と愕然とする○○。
彼の手の中には指輪が収められた小箱があった。
失意のまま、それを湖に投げ捨ててしまう。

それを遠目に見ていた門番が不審に思ってそれを拾いに行き、さらに回り回ってレミリアの許へ。
自分の態度が○○を誤解させたと気づいた(身内に気づかされた方がいいか?)レミリアは、大慌てで○○の所へ。
○○へかなり憔悴した様子で現れた。彼女の詫びの言葉も耳に入っていない様子。
傷ついた心を隠して彼は言う。

「結婚おめでとう」
「ああ。それで、式はいつにする?」

彼女の手の中には、投げ捨てたはずの指輪があった。



……ううむ。意外と細かいところが思い浮かばんな。

77名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 01:57:34 ID:ZP9QlXOA0
>>73
修羅場への助言は出来ないが、自分の意思の赴くままに行け、ただし言葉は選べよ?
下手すれば地下室から戻ってこれなくなるぜ…

78名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 02:01:35 ID:eS.OqyNU0
>>76
わっふるわっふる

79名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 02:15:53 ID:FhW5HDOsO
ひさびさに言うなこれ

アリスずっといっしょにいような

80名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 02:51:45 ID:2CyDz2jM0
>>76
まあ、なんだ。
それいいな!!かなりイイ!

81名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 07:13:53 ID:0vEQQ7ykO
「・・・・・・」
「〇〇、朝だよ。そろそろ起きて。」
「・・・・・・寒いし眠い。よって、お断りします。」
「私だって寒いの我慢してるんだから起きてよ。」
「やだ・・・・・・」
「もう、仕方ないなあ・・・・・・」
「zzz・・・・・・」
「(ちょっと位なら良いよね・・・・・・)・・・・・・よし。」

バッ

「うわっ、寒っ。」
「それじゃ、おじゃましま〜す。」
「え?ちょっと、何してはるんすか鈴仙さん?」
「だって、〇〇が中々起きてくれないんだもん。おかげて体が冷えちゃったから・・・・・・」
「え、いや、温かいし別にいいけど、恥ずかしいんだが・・・・・・」

ギュッ

「〇〇ってあったかいね。このまま寝ちゃいそう・・・・・・」
「ちょ、鈴仙さん、あたってるあたってる。それにこっちは恥ずかしくて寝るどころじゃないんだけど・・・・・・」
「zzz・・・・・・」
「・・・・・・おやすみ中ですかそうですか。」
「すぅ・・・・・・すぅ・・・・・・」
「まあ、たまにはこういうのも良いかもな。・・・・・・あぁ、ヤバイ。マジ眠い・・・・・・」
「んぅ・・・・・・〇〇・・・・・・」
「zzz・・・・・・」

結局てゐに見つかって一日中からかわれましたとさ。






ちょっくら寝てくる

82名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 09:05:03 ID:6//k77Iw0
>>76
感動した

83名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 11:14:13 ID:xzMmgLyI0
地下室で寒そうにしてるふらんちゃんに抱きついてキャッキャウフフしてそのまま・・・

な夢を見た。ちょっと地下室いってくる

84名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 11:19:38 ID:82E3oBY.0
>>74乙。

でも自分には画力が無いんだナー

85名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 12:39:36 ID:AhwCY3ps0
輝夜とコミケカタログ見ている。

86名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 15:22:23 ID:KElE.Y660
>>71
その設定ちょっと借りるぞ
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0209.txt

初めて三人称視点で書いた。変だったらすまん

87名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 21:21:31 ID:dZj1PwCU0
ケロたんENDまだ?

88名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 22:18:35 ID:AhwCY3ps0
紫さんが思いっきり甘えるというイチャを受信した。

そんな俺はハーレムスキー

89名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 22:41:08 ID:vXTd6jRU0
 クリスマスの夜、咲夜ちゃんは一人自室で物思いに耽る
 振り切ったと決めた家族のことなどを考え、つい目頭が熱くなる
 悪魔に付き従うのだから、誰かとキリストの誕生日を祝ったパーティもしない
 お嬢様の行った盛大な反キリストパーティはしたが、それだけでは物足りないと感じている咲夜ちゃん
 そこに登場し、彼女へ声をかける
「どうしたんですか」
「出て行って。もう時間も遅いし、私はあなたに用なんてない」
「クリスマスの夜、咲夜ちゃんは一人部屋で物思いに耽る
振り切ったと決めた家族のことなどを考え、つい目頭が熱くなる
悪魔に付き従うのだから、誰かとキリストの誕生日を祝ったパーティもしない
お嬢様の行った盛大な反キリストパーティはしたが、それだけでは物足りないと感じている咲夜ちゃん
そこに登場し、彼女へ声をかける
「どうしたんですか?」
「出て行って。もう時間も遅いし、私はあなたに用なんてない」
 クリスマスの夜、咲夜ちゃんは一人部屋で物思いに耽る
 振り切ったと決めた家族のことなどを考え、つい目頭が熱くなる
 悪魔に付き従うのだから、誰かとキリストの誕生日を祝ったパーティもしない
 お嬢様の行った盛大な反キリストパーティはしたが、それだけでは物足りないと感じている咲夜ちゃん
 そこに登場し、彼女へ声をかける
「どうしたんですか?」
「出て行って。もう時間も遅いし、私はあなたに用なんてない」
「寂しそうですね」
「気のせいよ。出て行かないのなら時間を止めてでも……」
「僕で妥協しませんか?」
「……は?」
「僕と今夜を一緒に過ごしませんか? 僕は君を見ていて居た堪れない気持ちで一杯なんだ」
「……何を言っているのかしら。大声出すわよ?」
「どうぞ。もし君にその気があるなら、僕はすでにこの部屋どころか紅魔館から追い出されているはずだ」
「……ぷ」
「どうして笑うんですか」
「ううん、あなたの言う通りだわ。今の私は……あなたを追い出せない」
 そっと彼女の傍へ歩み寄る すると彼女は僕の胸に飛び込んできた
「……胸、貸して。ぎゅって、抱きしめて。私を、一人にしないで」
「咲夜ちゃんが望むなら、いくらでも」

90名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 22:41:33 ID:5q5aHf1Y0
>>74の人乙です
しかし貴方の絵はどこかで拝見したようn(スキマ)

91名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 23:35:27 ID:Xyo64zrU0
>>76の作品化を切に望むぞwww
プロットの段階でニヤニヤさせられたんだからな!

あ、文? 明日はクリスマスイブだから早めに帰るよ。
うん、そっちも明日も取材? 無理しちゃだめだよ?
お休みなさい。……ん?

ああ、俺も今行くよ。



そんな寝る前の会話。

92名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 23:52:34 ID:vOmqFJ.A0
>>74の人掲示板立ち上げありがとうございます。早速利用してみました。

まとめパチュリー7の10スレ目>>107 氏から無断でネタを拝借。でも後悔はしてない。
そして次もきっと他の方からネタを拝借してしまうやも。ターゲットは……貴方かもしれない。

これでイチャ絵も活性化していったらいいなぁ。

Q.初めての絵なのに顔無くていいの?
A.大丈夫。イチャスレフリーダム大丈夫。

Q.パッチェさんの服違くね?
A.きっと夏服。

Q.その割には○○冬服じゃね?
A.気のせいだよ。目の錯覚だよ。

93名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 23:57:58 ID:Ugj1Ww2s0
>>74
乙です
画力のある方が妬ましい
折角だから俺は言葉でパルスィへの愛を綴るぜ

94名前が無い程度の能力:2008/12/23(火) 23:59:57 ID:.N8oQCAA0
ここでは名前付きのオリキャラはダメな感じだよな?

95名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:08:29 ID:uyjpVHA2O
人里の八百屋のおっさんとかならいんじゃね?

96名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:09:20 ID:z7AVHNww0
かなり話しに出張ってくる存在としてかな

97名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:11:04 ID:WQcmsZng0
それなら普通に「おっちゃん」でいいじゃない
名前付きのオリキャラありなら、○○にだって名前がつくだろうぜ。当たり前の摂理だが

98名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:19:46 ID:z7AVHNww0
名前付きのオリキャラが無しなら●●や▲▲もダメじゃね?
○○ってのは「自分」を表してる「名無し」という意味なのに
それと区別する別の記号の奴をキャラと絡ませても名前付きのオリキャラが絡んでるのと変わらないんだが

99名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:20:18 ID:r/8EguQM0
あーダンディな老紳士になって衣玖さんを口説きたい「おじ様」って呼ばれたい

100名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:36:16 ID:jJFRrXaY0
●●や△△の存在なんかも前に議論になったな

101名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:38:40 ID:WQcmsZng0
>>98
あなたの言いたい事は
●●→誠也
△△→泰成
とか名前をつけても問題ないということ?
元々●●や△△は好きじゃないのだが…

○○は霊夢と歩いていると、向こうの方から魔理沙と一緒に歩いてくる泰成を見た
泰成「お!○○!そっちもデート中か!?こっちもだ!」
魔理沙「おい泰成…恥ずかしいから止めろよ…それと、これはデートじゃないって」
泰成「はっはっはそうだっだな!でもまるでデーt」
魔理沙「うるさい!泰成のバカ!」
○○「何やってんだぁ?お前ら、仲睦まじいな」
魔理沙「○○…助けてくれよ、泰成が…」
○○「んな事言われてもなぁ」
霊夢「あ、あれ…」
するとまた向こうから、誠也と咲夜が歩いてきた
誠也「…なんだお前らもデートか」
咲夜「誠也、これはデートじゃないと言ってるでしょう」
誠也「む、そうだったな」
○○「どいつもこいつも同じようなこと言いやがるのな」
霊夢「…そうね」
??「わーみんなー!」
また向こうから、誰かが一人で走ってくる。京子だ
○○「京子、お前どうした」
京子「クリスマスの買い出し。それはそうと皆さんデートですかぁ?」
泰成「まぁな」
誠也「うむ」
魔理沙「だから違う!」
咲夜「違うと言ってるでしょう」
京子「ふーん?ま、頑張ってね!」
そういうと京子は走り去って行った

泰成「それで実の所、お前はどうなんよ」
○○「俺?俺らは…」
そう言って○○は、黙って霊夢と唇を重ねた。霊夢もそれを受け入れる
泰成「なにいいいいいい魔理沙!俺達もやるぞ!」
魔理沙「誰がだバカ!もう泰成なんて知らない!」
誠也「…咲夜」
咲夜「黙りなさい」

そんなクリスマスイヴの光景

102名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:40:45 ID:mi/iuYsE0
まあ細かいことは言いっこなしだ
慣れてしまえば○○だろうが●●だろうがそんなに気にならない
むしろ山田とか左藤とかがいきなり出てくる方が戸惑うだろ?

103名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:40:48 ID:jyvuGgYQ0
個人的にはあんまり名前とか入れるのは好きじゃない・・・かな
まぁ自由だとは思うんだけどね

104名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:47:50 ID:IF/e2Zto0
こんばんわ、妖夢ちゃん もう寝ちゃったかな?
一足早いクリスマスの夜を楽しもうよ!
え? クリスマスが何か知ってるけど……何かしたことが一度もないって?
それは勿体無いよ! 折角だから何かしなくちゃ!
……ってことで、妖夢ちゃんご飯食べようよ!
ミスティーフライドチキンにミノリコサマポテト! もちろんケーキもあるからね!
嬉しそうだね妖夢ちゃん 喜んでもらえて僕も嬉しいよ じゃあ幽々子様呼んできてもらおうかな
え? 幽々子様は一人でマヨヒガに行ってる? う〜ん……仕方ないから二人きりで過ごそうよ
シャンパン開けるね! はしゃいじゃダメだよ妖夢ちゃん、気持ちはわかるけどね!
美味しいねフライドチキンミノリコサマポテトはホクホクだね妖夢ちゃんシャンパンも美味しいね
ケーキが食べたい? じゃあ蝋燭に火を付けて、きよしこの夜を歌おうね!
じゃあ火を消そうか! 消していいよ妖夢ちゃん!
わーパチパチパチ! メリークリスマスっ だよ妖夢ちゃん
うん、可愛いね妖夢ちゃん 楽しい? 僕も楽しいよ!
これからもずっと一緒にいようね妖夢ちゃん!

え? 後片付け? 僕も一緒に手伝ってあげるよ妖夢ちゃん
今夜は僕がぎゅって抱きしめてあげるから、暖かい夜になると思うよ妖夢ちゃん

105名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:50:03 ID:eircy0AIO
>>101
なんか鳥肌が立った
複数+名有りは俺には強烈すぎたようだ

106名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:53:07 ID:ZnQabOCc0
>>101
どっちの要素も嫌いだから恐ろしく鳥肌立った

107名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:56:59 ID:z7AVHNww0
>>102
どっちにしろここは「俺が東方キャラとイチャつくスレ」なんだから佐藤だろうが●●だろうが東方キャラといちゃついてもなぁって気はする
名前だろうが記号だろうが区別されている以上それは「俺」じゃないわけだし

108名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:59:08 ID:efXN/eTw0
>>101※鳥肌注意※

109名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 00:59:44 ID:bVEWKncg0
○○=俺たちなんだから個人的に名前がつくのはちょっとな。
しかも複数ってのも・・・


どちらかといえば俺に複数の嫁が(ピチューン
いやいや○○に複数の嫁がいるほうがいいぜ。

110名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:00:40 ID:z7AVHNww0
まぁハレームがいいとかそういうの以前に
「俺」以外の人物が東方キャラといちゃつくってのは>>101な訳だしなぁ

111名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:02:30 ID:jJFRrXaY0
△△(●●)×キャラとキャラ×キャラは大差ないと思ってる
あと避難所つかおうぜ避難所

112名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:09:36 ID:fV4lDDXk0
カリスマ溢れるゆうかりんやお嬢様等、ボスの方々の足を舐めたいと思うのは東方ファンとして当然だと思うけど。
最近お空さんが好きな俺はふと思った。
お空の足、舐めたらえらいことになるんじゃなかろうか。被爆的な意味で。

うん、流れを止めようとしただけだったんだけど、何言ってるんだろうね、ごめんね。

113名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:13:32 ID:bVEWKncg0
>>112
よし!ファイナルフュージョン承認!!!!

114名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:16:33 ID:afpKhWpIO
>>112
本当に好きなら命が危うくなっても気にならないもんさ

115名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 01:26:15 ID:zyZ8uvWAO
核融合でも放射線って出るものなの?
だとしたら魔理沙と霊夢の命が危ないんだが

116名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 02:11:26 ID:bVEWKncg0
さぁて紫さんネタ完成だぁゐ

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0211.txt

書いててガチでうふふな部分書きたくなったw

117名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 03:24:46 ID:gOgMLveYO
>>116
シコシコシコシコ…ふぅ。このうどんシコシコして美味しいな(^q^)

118名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 04:12:42 ID:UWFfEgJg0
初めて、新ロダを使ってみたり。
多分初めて、Wikiの通りに文頭を並べてみたり。
書いたのは、凄く久しぶりだったり。
アリス。
クリスマス前の状況なのであんまり甘くないです。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0212.txt

119名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 06:15:34 ID:UYaZr0WsO
>>115 出る。中性子線とか。あと放射性物質も。まったくクリーンというわけではない。
イラストSNSにそんな四コマがあったな

120名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 06:27:29 ID:1PDZNkdo0
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=1693797

121名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 07:58:40 ID:L6Fn.Ql20
正月に向けて神社の賽銭を増やす作戦として、「博麗神社に賽銭をいれると恋が実るよ!」と人里と妖怪の山中心に吹聴してみたんだ。
なんでいの一番にいれるのが霊夢なんだ…

122名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 08:07:11 ID:afpKhWpIO
「さむ〜・・・・・・」
「お、やっと起きたか。おはよう、妹紅。」
「おはよう〇〇・・・・・・ああ、もう。寒いなあ・・・・・・」
「まあ黒幕の季節だしな。寒くて当然さね。飯の用意するからちょっと待っててな。」
「う〜・・・・・・ダメ。寒すぎる・・・・・・」

ぎゅっ

「えへへ、あったか〜い。」
「おいおい、動きづらいじゃないか。少し離れてくれ。」
「やだ。あったかくて気持ち良いのに離れるなんてやだもん・・・・・・」
「全く、仕方ないな・・・・・・」
「〇〇、大好き。」
「俺もだよ、妹紅。」






今日こんな夢見るとか俺に対する当て付けかこの野郎('A`)

123名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 08:57:48 ID:CMUM/Kvc0
藍様が嫁なのに橙にお父さんと呼ばれる夢を見た俺はどうすればいいんだ

124名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 09:32:47 ID:OaOpCdGo0
>>123別になにもおかしいことなど何もないじゃないか。
さぁ、それを固定して確かなものにする作業に戻るんだ。

125名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 11:27:25 ID:iag6ydGw0
>>116
○○流されすぎ! だがそこがいい?
ハーレムは羨ましいと思う一方、絶対、身が持たないよな……特に幻想郷ではw
まさにたすけてえーりん!

>>118
いじっぱり好きにはたまらないアリスですね。
アリスのドレス姿、想像しただけでご飯3杯余裕でした。
これを出力する能力がないのが残念だぜ……

>>121 っミ[10000]
>>122 むしろ、もこたんのほうが暖かそう……
>>123 ゆかりんが、居場所がないので家出します、って白玉楼の方へ走っていったぞ

「っと、ふぅ……」
「んぐんぐ……ぷはぁ」
「むぅ、酒くさい……」
「そりゃ、酒飲んでるんだから、当然でしょ〜」
「でも、俺の膝の上で飲む必要はないんじゃないか?」
「い〜の、ここが一番あったかいし」

言うや否や、胡坐をかいた膝の上でだらしなく横になる。
角が結構長いので、かなり危ない……。

「あ〜……んぐんぐ……けふぅ」
「俺、仕事中なんすけど……」
「気にしない気にしない」

仕事が進まないんだが、どうすればいいんだ……
このままではクリスマスが残業でつぶれてしまう……!

126名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 13:09:41 ID:bVEWKncg0
やっばい>>116の完成版(ウフフ)を書いてたら何か変なスイッチはいったwww

127名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 15:39:12 ID:bVEWKncg0
ウフフに>>116の完成版置いてきた!!!

128名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 15:40:56 ID:FaqjEIAQ0
ここと向こうにまたがって書くのは御法度なんだけどな

129名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 15:44:22 ID:bVEWKncg0
>>128
ゴメンナサイ、気をつけます。

130名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 17:19:27 ID:jJFRrXaY0
ID:bVEWKncg0が18歳以上とは思えない

131名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 17:24:38 ID:zuyWKwFg0
ウフフって何だ?

132名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 17:30:11 ID:Lz0620GcO
えーりんの笑い声だ。

133名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 17:36:01 ID:NWxVwlS60
それより嫁とイチャイチャしようぜ
クリスマスなんだしな

134名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 17:56:21 ID:fV4lDDXk0
>>131
あれ、その笑い声どっかで……。
あぁ、そういえば昔魔理沙がそんな笑いかt(ピチューン

135名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:07:25 ID:bVEWKncg0
>>116です
こちらに投下した作品は削除します

ご迷惑をかけて申し訳ありません。

136名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:18:41 ID:prhS0xpA0
1.慧音と妹紅とのパーティー
2.魔理沙、霊夢とのパーティー
3.輝夜・えーりんと永遠亭の仲間達のパーティ

どこに行こうか?

137名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:20:02 ID:QPCZkS/A0
ケロちゃんの短編を投下させてくれ。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0213.txt

母、姉、妹の3つのケロちゃんの魅力を書きたいというのがテーマだったが、
果たして上手くいったことやら…
色々詰め込みすぎて軸がぶれてしまった気がする。

>>87
詳細はまとめ避難所の感想スレを見て欲しいんだが、ケロちゃんEDは
プロットが難航しててまだしばらくは出来そうにない。すまない。

138名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:21:28 ID:QPCZkS/A0
すまん書き忘れた。
上の神恋EX-02がなんで02かというと、01は前スレのすき焼きの話にあたるからです。

139名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:40:22 ID:JolanGVQ0
少し長いから分割して


「あぁ〜そこそこ〜」

ここはご存じ博麗神社。そしているのは二人の人物

「んー……このへんか?」

片方はやはりご存じ博麗霊夢。楽園の素敵な巫女
賽銭箱はこちらです

「うんうん。いい感じだわ〜♪」

もう片方はご存じではない。名を○○
三ヶ月ほど前にここ幻想卿にやってきた

「喜んでもらえてなにより。はい次ーうつ伏せにー」

原因は不明。概ね某隙間妖怪の仕業だろうが、当人に覚えはないらしい

「次は背中?」

幸い季節は春なため、すぐにでも帰れるのだが、本人がそれを拒んだ
曰く「ここのほうが楽しそう」とのこと

「そそ。ハイ、力抜いてリラ〜ックス」

そんなこんなで博麗神社で主夫的なことをやり、今現在は霊夢にマッサージ中で
ある

「お客さぁ〜ん、こってますねぇ〜やりがいがあるよ」
「分かる〜?巫女も大変なのよ〜普段はのんびりしてるようでもね〜」

余程気持ちよいのだろう。スライム並のとろけ具合である

「ご苦労様なこった。労いは現在進行形で」
「あと夕食もねぇ〜」
「あいあい。……よし。終了しましたぜお客さん」

言葉とともに軽く霊夢の背を叩いて終わりを告げた。
快感の余韻に浸りつつ、名残惜しそうに霊夢が立ち上がった

「んん〜ありがとうございました。凄く楽になったわ。うまいのね」
「まぁね。親から教え込まれてしょっちゅうしてたから」

……さて。これから何をするか……夕食の仕込みでもしようか……境内の掃除は
一応やったが……
そんなことを考えていた○○であったが、霊夢を見て若干思考が停止した
何か考えているような真剣な表情。どうしたのだろうかと思ってると、

「ねぇ○○。」
「なんだい霊夢」

口を開いた霊夢から

「私からも普段の労いということで――

こんな言葉が出てきた

――今度は私が○○にマッサージしてあげる」

140名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:44:52 ID:JolanGVQ0
>>139の続き




そう言うと○○は一瞬だけ――本当に僅か一瞬だけではあるが表情が凍った
その刹那が過ぎると、いつもの笑顔で

「いいってことよ。霊夢には食と住を提供してもらってるんだから。その上身の
安全まで保証してもらってるんだし」

とっ、言った
いつもの私なら「そう」の一言で済ませていただろうが、○○のあの表情が気に
なり、

「料理自体の大半は○○が作ってるじゃない。それにここに住みなさいと私から
誘ったのよ?身の安全に関しては自分でどうにかなるくせに。
言ってしまえばギブアンドテイクでしょ?」

ついムキになってしまった

「大半と言っても週三日は霊夢が作ってるじゃんか。つーかギブアンドテイクの
意味が違うような」

やはりおかしい。いつもなら二つ返事で了解するはずだ。
それに過ぎたる遠慮は無礼になるとも言っていたはず。
だというのに……遠回しに断っている感がある。

――よし……こうなったら――

「そこまで気にしなくていいよ。んじゃ、俺は夕飯の下準備してくるよ」

そう言って○○が後ろを向いて台所のほうに行こうとした。
――好都合だわ

シュシュシュ――パンパンパン――
「えっ?」

141名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 18:51:14 ID:JolanGVQ0
>>140の続き

普段の○○ならこと程度なら簡単に避けられただろう。……どうやら余程焦って
いたようだ。
……何故かはゆっくり聞くとしよう。最悪夕飯は簡単なものになるかもしれない
わね

「あー……霊夢さん?このお札はなんでございますか?まったく体が動かんのだ
が」
「札に『動くな』と念じて投げたのよ。成功したようね」

そう言いながら○○に近づき足を払う。動けないなら、転ぶのは当然ね。
転ぶ○○を受けとめ、ゆっくり床に寝転がせる

「あー……霊夢さん?一体何をするつもりで?」
「さっき言ったじゃない。人の話はよく聞くべきよ?」
「えーっと…………まさかマッサージしようなんt「考えてますよ」マジかよ…
…」

○○が抵抗する前に抑えつけてやってしまいましょう。
そう思い肩を揉むと微かに○○がうめき声を上げた。……いや今のは――

「どうしたの?今、変な声上げなかった?」
「あ〜……ぶっちゃけゲロしますとマッサージというものが激しく苦手なんだよ

出来ればやめてもらえるととてもありがたいんだが……どうでしょう?」

顔はよく見えないが……なんとなく○○が赤面してるのではないかと思った。
普段はない○○が見れてると思って、

「却下ね。黙ってた罰と慣れるためにやらせてもらうわ」

悪戯心が芽生えた。それに最初の声も気になる
どうやら○○も腹をくくったらしく、大人しくしている。私自身の練習も含めて
やり始めた
結構な量の仕事を任せているハズなのに、○○の筋肉はまったくこってなかった

むしろかなり柔らかい。まるで子供のような肌である

「どう○○?気持ちいい?」
「………………まぁね」

返ってきたのは蚊の鳴くような声。もう既に耳まで赤い。
そして身体が小刻みに震えている。息も荒く、揉む度に最初のような声が出てき
ている

「霊夢…………」

なんだろう

「頼む…………」

この○○の声は――

「もう…………やめて…………」

とてもそそるものがある――
身体がピクピク震え、息も絶え絶え。声に関しては――

「そうね。これはもう喘ぎ声ね。何故霊夢がそれを知っているかは、また後日と
いうことにいたしますわ」
・ ・ ・ 。OK
夢 想 封 印

ドドドド――ピチューン

「痛いわねぇ……私が一体何をしたというの?」
「いい度胸ね紫。今夢想天生ぶちかましてあげるわ」

そこには胡散臭い隙間妖怪。八雲紫がいた。まったく……

「色々吐かせたいことはあるけど……まず聞くわ。何のよう?」
「いえいえ。男女の営みというものを教えにきただけですわ」

…………営み?相変わらず何が言いたいのかわかりゃしないわね……

「まぁ何はともあれ、○○の顔をちゃんと見てみなさいな」

顔?確かにまったく見てなかったわね……そう思いながら覗き込むと――
私は息を飲んだ。虚ろな瞳。紅く染まった表情に、汗ばんだ肌。
その全てが艶やかな雰囲気を醸し出していた。紫がいなければ――

「襲っていたでしょうね。些か立場というものが逆ではございますが」

そうなっていただろう。そう考える自分は最早頭の片隅にしかなく……

「まぁ、貴女の場合ヤってみたらわかりますわね。それでは……ごゆるりと……


(この文章はスキマ送りになりました)

その後、天狗と白黒魔法使いと人形使いが鼻血を出して倒れていたのと、
○○と霊夢が結ばれたことを伝えておく


〜END〜

誤字脱字が一番心配だな……暇だつたから携帯で書いた物です
これだけ長いとろだ使ったほうがいいんだが、いまいち使い方が分らん

142名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 20:27:12 ID:ulQmioks0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0214.txt
まだ砂糖成分は欠片もないんだが、とりあえず前編ということで許してくれ。
永遠亭もの。

143名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 20:38:09 ID:9xuluQwo0
>>116 
消す前に見させてもらったが良いハーレム物だったさね。 
ハーレム物自体数少ない分書き手が減る事は避けたい、消しちゃったみたいだが次の作品を期待しております。

144名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 20:54:34 ID:.i6etxksO
「クリスマスイブだけど誰かと過ごす予定はないの?」
「ねぇよんなもん」
「――そう、私とは過ごしてくれないの」
「……え?」

145名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 20:56:59 ID:2UHDOFTk0
「っていうのはどうかしら」
「ねーよ」
「よくない? 厄くない?」
「悪いのかいいのかよく分からん」
「でも今日は残念ねー」
「どうしてだ?」
「あなたに厄が全くないわ」
「ああ、そだな」


「まー厄の塊と密着してりゃ厄いも何もないけどな」
「ううう、それ言っちゃだめぇー」

146名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 21:01:06 ID:zRatn34Y0
レティさんの太腿やわらかいです^q^

147名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 22:37:31 ID:89cDz0jYO
藍様の尻尾あったかいです

148名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 22:59:03 ID:F2RTVp/20
今日は楽しいクリスマスのはずが
風邪をひいてしまった。
これは大人しく寝てるしかあるまい!

149名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 23:10:53 ID:0ao8rCe6O
「うぅ、寒い」
時刻はそろそろ次の日になろうとする時間。
俺は守矢神社の廊下を歩いていた。
今日はみんなでクリスマスパーティーをする予定だったのだが、俺は急な仕事が入ってしまい、出席することができなかったのだ。
「諏訪子様に、謝らないとな」
一番楽しみにしていた諏訪子様。
俺の欠席の話を聞いて酷く落ち込んでいた。
せめてプレゼントだけでもと思ったが、早苗さんの話だと諏訪子様はすでに寝てしまったらしい。
「プレゼント……、枕元に置いていくか」
そう決めた俺は諏訪子様が寝ている部屋の前に来ていた。
「失礼します……」
俺はゆっくり障子を開け、忍び足で諏訪子様の枕元まで行き、その場に座った。
諏訪子様は寝息が聞こえる。
「諏訪子様、今日はすみませんでした」
俺は自然と謝っていた。
「せめて、プレゼントをここに置いておきますね」
枕元にプレゼントを置き、俺はそのまま諏訪子様の頭を撫でた。
サラサラとした髪が心地よい。
俺は顔を近づけ、そのまま諏訪子様の頬に口づけをする。
「それじゃあ、行きますね」
立ち上がろうとしたが、服を引っ張られていることに気付く。
「◯◯……」
「やっぱり起きてましたか」
諏訪子様はそのまま起き上がり、俺と向かい合った。
「◯◯のばか」
「うっ、すいませんでした」
諏訪子様はそのまま俺に抱きついてきた。
「でも、来てくれたから許す」
「ありがとうございます。その、代わりなんですが、明日は1日予定を空けてきました。だから、一緒にどこか行きましょう」
「ほんと?」
「はい」
「じゃあさ……」
諏訪子様はもじもじと俯いてしまった。
「なんですか?」
「今日は、一緒に寝よう?」
「え!? その……、わかりました」
俺は上着を脱ぎ、そのまま導かれるように諏訪子様の布団に入る。
「◯◯冷たいね」
「外は寒かったんで」
「なら」
諏訪子様は俺の背中に腕を回し、抱きついてきた。
「ほら、こうすれば暖かいよ」
「諏訪子様暖かいですね」
俺も諏訪子様の背中に腕を回し、そのまま引き寄せる。
「◯◯……」
「諏訪子様……」
俺達はそのままキスをし、ずっと抱き合っていた。

「◯◯」
「なんですか?」
「メリークリスマス」

150名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 23:16:58 ID:jJFRrXaY0
今神社の宴会で呑みながらパルスィとイチャついてるんだが、周囲の独り身勢からの妬みが何時にも増して凄まじいな
ああフランちゃんはあとで抱っこしてあげるからその手閉じるの止めてねウフフ…

151名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 23:20:43 ID:nwI4.4z60
教授とできる限りイチャついてみた
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0215.txt

無理が通ると道理ってひっこむよね!なテンションで書いた。
初ss初投下でハズカシー

152名前が無い程度の能力:2008/12/24(水) 23:49:07 ID:QPtQPhPE0
「しかし、神奈子様がゲーム好きとは思いませんでした」
「あら、そんなに意外だった?」
「まぁ……。」
「一緒よ。宴会でともに酒を飲む仲、コタツでゲームする仲…」
「*あ〜、つまり親交こそ信仰なりと」
「そういうこと。さ、今日は早苗もうるさいカエルもダウン済みだし、もう少し呑みましょ?」
「あはは、そういうことなら…オトモさせていただきますとも」

「しかし、諏訪子のやつ、どこからこんなでかいツリーをこさえてきたのかしらねぇ」
「実はもうひとつあるんですよ。私のお手製で……ほら」
「あら、これは……松ぼっくりをツリーに見立てて星で飾りつけたのね、面白いことするじゃない」
「時期が過ぎてもちょっとした小物になるものをと思ったらこれになりました。
 ほら、私がここに住むようになってはじめてのクリスマスじゃないですか」
「そういえばそうだったね。思えばいろいろあったねぇ……どうした?」
「いえ、これからもその、「いろいろ」を神奈子様と一緒に過ごせたら良いなぁ、と。」
「あぁ、そうしよう。ずっと…ね」

「……神奈子様」
「?」
「メリークリスマス」
「…メリークリスマス」


初挑戦ながら地の文の入れ方がどうしても
定型文というかアレになっちゃうのでいっそ削ってみた。

153名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:00:25 ID:1oN8Q/p60
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0216.txt
コスチュームチェンジはお好き?

154名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:03:11 ID:pIAb7aX.0
ギリギリで投稿。

藍さまとイブ。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0217.txt

まったりし過ぎてクリスマスっぽくならなかったなあ。

155名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:03:50 ID:sAV.SaXAO
パーティーも無事に終わり、珍しく酔い潰れてしまった二柱の神様を早苗が寝室に運んでいる間、
俺は食器を洗っていた。結局、あの場でクリスマスプレゼントを渡すのは気恥ずかしくなってしまって、
プレゼントは未だ俺のポケットの中でその役目を果たせずにいた。

腰に付けたアンティーク物の懐中時計を確認すると、11時50分を過ぎたところだった。

「クリスマスイヴも残り10分か…、あっという間だったな…」
「そうですね」
「…って、いつこっちに?神奈子さまと諏訪子さまは?」
「八坂様達は今頃、仲良くお休みになっていられます。…終わったんですね、ありがとうごさいます」
「体した事無いさ。俺に出来る事は、できる限りやりたいから。早苗ばっかりに負担はかけさせられないよ」
「○○さん…」

流れに乗っかって口に出してしまったが、これが俺の素直な気持ちだった。
この神社の殆どを独りで仕切っている早苗。真面目で努力家な彼女は、滅多な事では弱音を吐く事は無い。
今まで、俺の周りには居ないタイプだった彼女に接して行く内に、俺は彼女に惹かれ、そして心配もした。

「いつの日か、彼女が潰れてしまうのではないか」と。

そこからだ。俺は彼女の力になりたいと、純粋に思う様になった。
外にいた頃は、人に興味が持てなくて、日々のサイクルをただ単調にこなしていた俺にとっては、凄まじい変化だ。

「…よし、これで良いか。……早苗」
「はい?」
「話があるんだ。……外、行かないか?」
「……はい」

156名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:31:28 ID:sAV.SaXAO
>>155続き

山の頂にある守矢神社の屋外は、身を切り裂く様に寒い。俺と早苗は外套を羽織って外に出ていた。

「…月、綺麗だな。」
「…此所は空気が澄んでいますから」
「…俺から連れ出して置いて言うのも、変な話だけど、寒くないか?」
「大丈夫です。…話ってなんですか?」

…来た。…あそこでは俺の決心が何時までも付かないのが、今までの経験で良く解っていたから、
無理矢理、環境からお膳立てをして自分自身に決心を迫る。
さぁ切り出せ。早苗は平気だと言ったが、何時もの巫女服に外套を羽織っただけの格好だ。寒くない訳なんかない。
彼女に風邪を引かせたくなかったら、さっさと言え!臆病者!!

「…さ…っ、早苗。…メリークリスマス」

そう言って、ポケットからラッピングされた袋を取り出し、それを早苗に渡す。

「…ありがとうごさいます。…今、開けても?」
「あ、あぁ。良いよ」
「では。…………これは」
「…髪留め。胡蝶蘭の花なんだ。…ゴメン、こういう人にプレゼントを渡す経験無くて、勝手が分からなかったんだ」
「…本当に、ありがとうごさいます。…ちょっと、向こう向いてて貰って良いですか?」
「…あぁ。良いけど」

そう言って、早苗と反対側…、人里の灯の光が見える方を向く。
…三分ぐらいしただろうか、OKのサインを貰い、再び早苗の方を向く。そこには…

「…あの、似合いますか?」

蛙と蛇の髪飾りのちょうど中間、垂らした髪を留めていた髪留めが、さっき俺が贈った髪留めに替えた早苗がそこに居た。

「…あ、あぁ。似合ってる。綺麗だ」
「……良かった。…本当に、ありがとうごさいます。こんな素敵なプレゼント、初めて貰いました」

157名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:36:49 ID:ycxoBZ9MO
短いと思っても
複数レス使うよりかはロダにあげてほしい
複数レス使うとしても書きためて一気に投下するとか


どうにもぶったぎるのは気が引けてしまうからさ

158名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:48:13 ID:ExohwhAI0
それは君の意見にすぎない

159名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 00:56:38 ID:sAV.SaXAO
>>156続き

「気に入って貰えて、良かったよ。…実のところ、かなり戦々恐々だったんだ。気に入って貰えなかったらどうしよう、って。情けないよな…」
「…そんな事ありません。不安は、誰にだってあるモノです。…とても、嬉しかったです」
「早苗…」
「○○さん…」

早苗は俺に向かって歩いて来ると、胸に顔を埋めて来た。

「…少し、寒くなっちゃいました。抱き締めて貰って、良いですか」
「…あぁ。俺で良ければ、いくらでも。」

そうして、割れ物を扱う様に早苗を抱き締める。柔らかくて、最初は冷たかったが、段々、じんわりと暖かくなって来る。

「…また、いつか、こうして貰って良いですか…?」
「…俺なんかで良ければ、何時でも、幾らでも」
「…私は、○○さん以外はイヤです。○○さんだから、抱き締めて貰いたいんです」
「…早苗」

ちょうどその時、腰の懐中時計が12時になった事を報せるべく、短く鳴り響く。
…早苗が顔をあげる。寒さからか、普段より肌の色が白い。だが、それが早苗の存在を何処か神秘的なモノにする。
不意に、早苗が口を開く。

「…寒くなってきましたね。…戻りましょうか」
「…そうだな」
「…それで、戻ったら、暖まりたいのですが…冷やしたままだと身体に悪いですし」
「…そうだ、な…」

…そうして青年と少女は連立って、屋内に戻って行く。その後、空から白いモノがゆっくりと降り始めた。


翌日、青年と少女は揃って寝坊をした事を、此所に追記して置く。



今日になってパソコンがウンともスンとも言わなくなりやがった為、携帯から直接打ち込みました。
では、メリークリスマス。

160名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 01:08:00 ID:sAV.SaXAO
実際はもっと別なモノがパソコンに書いてあったんですが、一昨日の夜中に書き上げ、寝て起きたらパソコンが死んでいると言う状態、
しかもバックアップを取り忘れるを言うとんでもない大失態までかましてしまい、間に合わせる為に(結果的には間に合っていなかったが)携帯による直接投下という手段になってしまいました。
迷惑をかけた皆さんにはお詫び申し上げます。すみませんでした

161名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 01:14:22 ID:7viPy2aM0
一時間遅れだけどクリスマスイヴに告白した
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0218.txt


ヤバイ。俺ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
まずキモイ。もうキモイなんてもんじゃない。超キモイ。
キモイとかいっても(ry

162名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 01:24:00 ID:08dRASp20
>>160
実に素晴らしい早苗だ。GJ!
俺もこんな綺麗な雰囲気の文章が書きたいわ。

聖夜だからか投下ラッシュで嬉しい限り。

163名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 01:40:46 ID:QhaAbyNA0
クリスマスに衣玖さんがやってきた
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0219.txt

164名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 01:52:32 ID:nXUbuRbM0
避難所に行けないんだが

165名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 02:00:49 ID:H/LRdIvQ0
今頃咲夜さんはクリスマスパーティの撤収作業だろうから手伝ってくる。
その後は月明かりが差し込む紅魔館のホールで二人きりのダンスパーティがしたい。

166名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 03:31:44 ID:Nxa2iF/g0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0220.txt
魔理沙と二人でクリスマスパーティー

読み返したら死にたくなるのは確実なので推敲なんてしてないぜ!

167名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 07:38:58 ID:aS37rzAc0
>>118さん。
相手のことを考えて意地を張って、でも寂しくて……っていう流れが逸品です。
アリスの揺れる乙女心の描写も相まって、心に染み込むものがあります。
最後の部分は絵になる風景ですね。
深々とふりしきる雪のなか、街の雑踏に溶けて行く二人。
BGMは「清しこの夜」でしょうか。
久しぶりの投稿とのことですが、また書いて頂けると読者としては嬉しい限り。

>>148さん。
問題ない。
嫁がクリスマスケーキ持って看病しにきてくれるよ!
ベッドの横に小さなテーブルを置いて、ささやかながらも暖かいクリスマスとなるに違いない。

>>152さん。
んー、まったり感漂う会話ですね。
>「いえ、これからもその、「いろいろ」を神奈子様と一緒に過ごせたら良いなぁ、と。」
この一文に惚れました。
春夏秋冬。季節がどれだけ流れても、嫁と一緒にいる風景を描いていきたいですね。
そして、妄想文章化スキル習得おめでとうございます><b
ここはSSスレじゃないから、どういう風に描いても問題ないと思う。
投下された作品には等しくGJを!
ただまぁ、地の文とか描写というものは、嫁の魅力を描くのには欠かせないかなーとも思う。
ほら、ちょっとした仕草とか表情とか……書けることはいっぱいあるよ!
ま、強制ではないし、人それぞれだと思いますが。また投稿して下さいね。

>>154さん。
みんなで過ごすイブの夜もいいけど、やっぱり二人きりの方がいいですよね。
空気の読める紫様が良い。隙間で覗いてるんでしょうけども。もしくは、自分にも予定があるからだろうか、と深読み。
和気あいあいと、仲良く肩を並べて買い物している光景が想像できて和みました。
まあ、多少の鈍感さは、大目にみてやるべきでしょう。あんまり気が利きすぎるのも可愛げないですし。
雪降る街に、積もる想い。いいですね。しっとりした良作だと思います。

>>161さん。
ああ、そうだな。キモイな。GJだな。
だから続きを書くべきだ。
こんな方法で告白されたら、私、余裕で月まで行けるよ?
しかし現実は空気読めないな……イブの夜に雨とは……夜更け過ぎに雪に変わるはずもなく;;

ちょこちょこと感想をば。やっぱり感想書いて貰えると、やる気が出るよね!
もし、これにレスして頂けるのでしたら、避難所の感想スレを使って頂けると幸いです。

168名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 11:22:12 ID:0tNK.8zc0
>>137 いくら邪念を払ったとはいえ、裸のケロちゃんの肩つかんで、目つぶられたら即復活するっての!jk!
まあ、未遂とはいえ、確実ににとり経由で早苗の耳に入りそうだよね、ここでの事。
続きが来ることを期待して待ってますね!

>>139-141 skmdy! される側が○○ってのは珍しいな。
もう少し霊夢のマッサージの内容をkwsk! とも思ったが、それはそれでやばいか
儚や地の「霊夢に自発的に気づかせようとする」紫っぽさがでてて、いいね!

>>142 姫様の環境うらやまし……いやいや
4つ巴か、というより現状では圧倒的にてゐが優勢な気がする。
これからどう展開していくか、楽しみです。

>>149 >>152 >>155-156 >>159 このスレの守矢神社の人気は異常
ケロちゃんかわいいよ、神奈子様甘えたいよ、早苗さん甘えさせたいよ!
三柱でいろんな属性揃えすぎ、たまらん!

>>151 貴方からさとりスレの香りがする。 いや気のせいか。
旧作の雰囲気が出てて、良かったよー。
出た料理は赤だらけなイメージだな。

>>153 まあ、霊夢の紫服バージョンはまだいいだろうが……
紫の霊夢服バージョンは……歳を、あ、いえいえゆかりさんじゅうななさいですものね、ええ
問題ありません。続きを楽しみにしています。

>>154 藍さまー! 寒い日に藍様とイチャイチャするとさぞあったかそうだなぁ。
でもやっぱりケーキに稲荷寿司は合わないだろw

>>161 まったくなんてキモイやつだ。GJだぜ。
感謝するのは神様じゃなく黒幕でしょ! って向こうでレティさんが怒ってますよ。
髪飾りつながりのお二人は、前スレでプレゼントネタに付き合ってくれた方たちでしょうかね、その節はお世話になりました。

>>163 キャーイクサーン! おかしい、うちには来てくれないのか……
衣玖さんて、押しかけ女房ってイメージがあるよなぁ

>>166 だめだこのバカップル、早くなんとかしないと……
でも、食べさせあうってのは、なんかいいよね。見事に今書いてるのとかぶって、困った事になったがw
推敲してないわりに誤字が見当たらないのはさすがだが、文頭のスペースがあったりなかったりするのはなんだろう。

少しレスが長くなりすぎたな。お邪魔失礼。でも作品数が多いんだもの! GJです。
クリスマスは今日が本番。イチャスレ諸兄のよりいっそうの投下を期待しております。SSも絵も妄想も!

169名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 11:34:30 ID:Aqtct.cU0
長文感想は避難所でやれ

170名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 12:30:07 ID:IM9LYtlo0
レミリアお嬢様やメイド長やパチュリー様はやはり大切な人と一緒に過ごしたのだろうか
まったくうらやましい、俺にもクリスマスを過ごす相手が欲しいぜ…

171名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 14:09:43 ID:dvNqJHsw0
いいねぇ皆嫁と仲良くクリスマスを迎えられたようで。
俺は残念ながら仕事で無理だったが。
しかし珍しく咲夜さんから昼に差し入れ貰ったり
レティから休憩時に珍しくケーキを貰えたり
夜は夜雀のところで珍しくルナサと一緒に飲んだりだったな・・・
妙なクリスマスもあったもんだ。

172名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 15:23:28 ID:U0LYbjsIO
しかしその感想に敬意を評する

173名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 18:55:30 ID:iAre/bXk0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0221.txt

うわーいクリスマス出遅れたーorz

174名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 19:39:24 ID:/7eq9KjkO
赤子になってさとりに育てられる夢を見た
最高のプレゼントを有難うさとりさん

にしてもあれか、これは俺にマザコンになれということか

175名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 19:44:14 ID:WrXeYhac0
クリスマスは今日なんだぜ!

本当に心の底から愛していられるなら
さとりさんの能力は最高だと思うんだよね、うん。

176名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 21:56:40 ID:PielyAPI0
何か文とのソフトな短いの書こうと思ったらちょっと長くなったので
うpろだにあげたら思ったよりも短かった
ソフトで短いのです、どうぞー

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0222.txt

177名前が無い程度の能力:2008/12/25(木) 22:14:23 ID:UwWRfzRk0
>>142の続き。中編。
前・後編(予定)だったはずが
まさかの前中後編(予定)になってしまったorz
ノンプロットで書き始めるとこういう事が起きるから恐ろしい。
相変わらず糖分は控えめ。
糖分を盛り込もうと書いたはずなのにこのざまだよ!
仕上げはきっと日をまたいでしまいそう。ごめんなさい。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0223.txt

178名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 00:20:53 ID:.EY8VAqQ0
クリスマスに遅れること二十分
大体三十分で書き上げた蓮子物
推敲?なにそれ、おいしいのな代物です

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0226.txt

179名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 00:32:14 ID:YZ2U5oFQ0
力作ぞろいだな・・・

結局SSは間に合わなかったが、今日は俺の誕生日なのだ。


さぁ藍しゃまといちゃるぞー

180名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 00:49:26 ID:I2Mqfsjw0
>>179
誕生日おめでとう、と祝福させて頂こう
阿求とお祝い持って賑やかしに行きますよ

その頃俺は一人で年賀状にいそしむのであった

181名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 02:41:47 ID:Gltw6qSw0
結局思いついてから書ききるのに随分時間がかかってしまった・・・
文章おかしかったらすんませんm(__ _)m
時間が少し過ぎてもいいじゃないか!

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0227.txt

それと>>179
誕生日おめでとう、咲夜さんと一緒に祝福させてもらいます。

182名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 11:23:06 ID:mGGLT7ho0
>>171 その言い分だと、出てきた面子は嫁じゃないことになってしまうぞ?
いいじゃないか! 十分幸せじゃないか!
ルナサとお酒飲むと、まったりとできそうでいいなぁ

>>173 やっぱりさとりと付き合うには、素直でやましい心がない人じゃないと、だめなのか!
そう、いろいろな理由をつけ、人気のない丘に連れ込んできゃっきゃうふふ……
とか考えてしまう俺には、無理、だ……
文才とか関係ないぜ! 向上心と探究心と嫁への愛があれば問題ない!

>>176 射命丸フラッシュ! 
普段営業モードが基本な子が、自分の前では砕けた口調になる、ってのは、かなりいいよね。
この量くらいなら、そのままスレに書いちゃってもよかったやね。

>>177 鈴仙なにしてたんだろう…… 個人の部屋にこたつがあるのか、うらやましいな。
姫様、ゲーム漬けか。好きだけど、得意じゃなさそうなイメージよね。
それにしても師匠……なんか黒い、黒いよ! ってこれ、なんらかの作戦中なんだよな、全然展開が読めんな。後半に期待!

>>178 蓮子かわいいなぁ……生意気そうで、うぶなところがイメージばっちり!
しかし、ナチュラルに添い寝を強要する○○……こいつ、できる!
これで30分かぁ、貴方の才能が妬ましい!

>>179 誕生日おめ! 俺は誰も祝ってくれなかったよ、ハハハ……はぁ

>>181 儚月抄の咲夜さんの笑顔が思い出された。あれはかわいかった……
マフラーはどこから取り出したんだろうか……ま、まさか、むなも(ぷす)はい、時止めて取って来たんですね、わかります。
マフラーかぁ、やっぱ寒い時はマフラーだよね、首元あったかいと全身温まるというし。

「ふ〜ん、○○、マフラー欲しいんだ?」
「ん、ああ、今は持ってないからなぁ」
「んじゃ、とう!」
「うおっ! 急に肩に乗っかるな! ……んで、何がしたいんだ萃香」
「こうしてれば、私の足がマフラー代わりになるでしょ?」
「……乗っかりたいだけだろ?」
「き、気のせいだよ○○! ほらほら! あったかいでしょ〜!」
「うぐ、足、足! く、首をし、絞め……る、……な……(きゅ〜」
「え、お、おわあああ!(ばたーん!」

……これはイチャじゃない、ただのじゃれ合いだ……orz

183名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 11:24:00 ID:xdepGrU20
>>182
お前、ちょっと黙れ

184名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 11:58:10 ID:gXV4EFp6O
>>183
お前も>>1読んで黙れ



「〇〇〜、朝だよ〜。」
「zzz・・・・・・」
「ほら、起きてよ。」
「ん〜、あと五分・・・・・・」
「まったく・・・・・・よし、それなら・・・・・・」


ちゅっ


「・・・・・・んあ?何だ今の・・・・・・」
「お、おはよう・・・・・・〇〇・・・・・・」
「あぁ、おはよう鈴仙。・・・・・・どうした?顔赤いぞ?」
「う、うん・・・・・・あの、〇〇を起こす為に・・・・・・その・・・・・・キ、キス・・・・・・したんだけど・・・・・・ダメ、だった・・・・・・?」
「あー・・・・・・ダメだ、眠い・・・・・・もっとキスしてくれたら目ェ覚めるかも・・・・・・」
「わ、分かった・・・・・・それじゃあ・・・・・・」

ガバッ

「ひゃっ!?」
「ああもう、可愛いな鈴仙は!」
「〇、〇〇・・・・・・?んっ・・・・・・あっ・・・・・・ちゅっ・・・・・・くちゅ、ちゅうっ・・・・・・」



――チラ裏――
頭膿みすぎワロタ
――チラ裏――

185名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 12:17:56 ID:DO35So2Q0
^^;

186名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 14:53:33 ID:2L9Y/cjQO
ここまでパルスィの自演
あー引き取るんで勘弁してあげてくださいな

187名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 14:56:11 ID:A5psR/iU0
さて、遅まきながらもメリークリスマス。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0229.txt

ついでに少し感想も。知らないキャラに対する感想は書けないなぁ……

>>173さん
さとりさんの能力は、普通の生活をするのにはとことん向いてないですよね。
○○を一般人だとすると、そこにどうしても葛藤が生じてしまう、と。その点、この○○はなかなか器が大きい。
というか、心を読まれても平気ってだけでも凄いと思います。ネチョいこと考えたらそのまま伝わるとかッ!
はじめに読んだときは、”〜”を使った表現に微妙さを感じました。一人称なんだから、全部、地の文でいいんじゃないか? ってね。だけどこれが漫画だったら、と考えて納得。フキダシを二種類使えば面白い表現になりますよね。
才なんて、ほんとごく一部のひとしか持ってないんだから、書き続けるしかないと思います。もちろん私も精進します。

>>176さん
本当に珍しい感じのあややですね。
砕けた口調で○○に対する彼女を始めて見たかも。しかも恋人未満風味。新鮮です。
しかし……クリスマスの夜に男性の家を訪れるとか……ウフフな想像しかできませんよ旦那。

>>177さん
頑張ってください。完結を楽しみにしている、とだけ。

>>181さん
確かに紅魔館の面々は、イベントの準備くらいは手伝ってくれるだろうけど、片付けはやらないだろうなぁ。
祭りのあとの閑散とした風景も、嫁といっしょなら輝いて見えるよ! あー、当たり前ですかそうですか。

188名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 15:01:04 ID:cU3pFmR60
Q.急に長文レスが増えた?

189名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 15:05:59 ID:L35fwpsI0
>>188
単品へのレスxクリスマスラッシュ=長文レス
避難板感想スレへの書き込みはあくまで
・ここへ書ききれない程の長文
・あるいはそれ(感想)に対する筆者のレス
としか定義されていない。
別に1スレで収まるような長文なら構わないんじゃないのか

190名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 15:16:46 ID:Al1vawyk0
馴れ合いに発展しない程度ならいいんじゃね
やり過ぎるとあれだが

191名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 15:25:09 ID:YntS8Eok0
鼻につくレスがあるのならNGに放り込めばそれでハイおしまい
わざわざ文句書き込む程の事でも無いじゃない

192名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 17:37:23 ID:e1rQpHXw0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0230.txt

もう過ぎてるけどきっとまだ大丈夫なはず。
まだ心の中はクリスマスなんだよ!

193名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 18:08:55 ID:/T75MjKIO
さて、あと数日で今年も終りだがもちろんみんなうちの神社だよな!
なんてったって神さまがちゃんといるしな!

194名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 18:28:38 ID:2L9Y/cjQO
神様がいなきゃいけないなんてことはないだろう?
博麗神社、今年は(お茶が)大盤振る舞いだからみんな来てくれよ!

195名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 18:44:27 ID:fhhlsJow0
お正月に神社は一つしか行ってはいけないなんて決まりはないんだぜ?
どうせ新年の挨拶もあるしな、両方お邪魔させてもらうよ
(どっちの神社でも萃香の飲み勝負に付き合わされるなんてくやしい…ビクビクッ)

196名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 18:55:44 ID:rxkI39aQ0
神綺さま拝んでくる

197名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 18:57:04 ID:.EY8VAqQ0
いいなお前らは
俺は秘封倶楽部の活動で正月から巫女が神隠しに遭った神社に行くことになってるんだぜ
たしか長野の方にあるとか言ってたからスキーとか出来るかもとわくわくしてはいるんだが…

198名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 20:36:18 ID:JCROVeDQO
……ふぅ、やっと今日のノルマが終わった…。
正月までに御守りだけでも各5000か…。他にも絵馬とか破魔矢とか用意しなくちゃならないから、神社営業は疲れるよ。
でも、これまで早苗はずっとこれをやって来たんだよな…。
……よし、もう少し頑張るか。

199名前が無い程度の能力:2008/12/26(金) 23:28:42 ID:YotUYxnc0
ふう、25日の47時30分か……。クリスマスに何とか間に合ったな。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0231.txt

なぜか今、俺の中でルナサフィーバーが巻き起こっている。

200名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 00:09:41 ID:oF95SXdw0
>>199

やられた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ルナサ姉さんで書いてた矢先にこれだ・・・だがgj。
俺のは・・・うん、無かった事にしよう。
ていうかまず俺はレティのあの続き書かないと・・・あぅあぅ

201名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 03:13:04 ID:UHNoSoCo0
>>200
俺もネタかぶりしてお蔵入りにしようかと迷ったが、スレに励まされて完成できたぞ。
さあお前のルナサを俺にも見せてくれ。
もちろんレティも歓迎だぞ。

202名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 09:31:56 ID:oF95SXdw0
>>201
年内に書きあげる努力はしよう・・・!努力だけな!

203名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 10:56:45 ID:dS3m/OKo0
>>59だが、有言不実行もなんなので書いていたものが今になってできあがった。
カリスマがあるのかないのかわからないレミリアお嬢様。クリスマスの話で申し訳ないが。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0232.txt

あと、>>199GJ。
とてもいいルナサ姉さんだ。

204名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 12:08:17 ID:shlRwDBkO
>>203
GJ!フランの為にサンタを信じる良いお姉ちゃんしてると思ったらら、マジで信じていて株価急落w
かと思ったら使用人の為にカリスマ全開って、流石お嬢様ww
カリスマって人を引きつける才覚の事だと思うから、このお嬢様、十分カリスマ放ってる。

205名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 16:59:12 ID:G6NNfyTQ0
注意::病み

阿求の死に対するアプローチ其の1
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0233.txt

猟奇描写は一切無し。言われなければ気付かないレベルを目指した。

206名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 19:45:52 ID:mLobe1p20
>>205
なんかゾッとする程美しい阿求だな。退廃的な雰囲気が全体に漂っているのがとても好み。
これで○○もこれからは一緒に転生することになるのかな? なるほどそうなったら望外な幸福ではなかろうか。
気になるのは映姫様の反応かな。転生の許可が下りるだろうか? よしんば下りたとしても記憶がきちんと残るだろうか?
イチャスレとして好意的解釈をすればその愛は残るのだろうけど。
記憶が残らず記録しか残らなかったとしたらどんなことが起きるんだろうね。
どうにもこの先には破滅の臭いしかしない。でもそんな貴方にGJ。

207名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 21:30:23 ID:la70BZ4s0
最後の一言でゾワッときてしまったごめんねあっきゅん

208名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 22:24:02 ID:lLojpYu20
>>205
ヤンデレスレは君を待ち望んでいるよ

209名前が無い程度の能力:2008/12/27(土) 22:58:35 ID:/GP2LyvMO
「阿求――あなたを、愛している」

210名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 00:08:08 ID:IyreZ39s0
>>177の一応続き。
よかった、まだクリスマスから……なんて言い訳はやめておこう。
遅れに遅れたのはひとえに自分の作文力の無さ故です。申し訳ない。
前・中編に多少の誤字や気になる箇所があったので修正・再うpもしました。

前編
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0235.txt
中編
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0236.txt
後編
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0237.txt

211名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 01:32:42 ID:SFqqTCUU0
正月までのネタには早すぎたと思う
キャーイクサーン
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0238.txt

212名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 03:40:08 ID:bgsDHriI0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0239.txt
このスレでは初投稿、しかもレミリア×ショタ(十二歳くらい)○○だけど、思いついたからしょうがない
投下します

213名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 17:44:02 ID:NFfZBf/E0
>.212
いいねえいいよキミ
そんでそのもうちょっと後の話とやらを詳しく聞かせておくれよ
もっとちゅっちゅさせてな!

214名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 19:18:09 ID:ry1FDP7M0
きた!俺の大好物のショタ○○が久々に来た!!
超GJ!

215名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 22:13:15 ID:RKxfvhW20
>>212
上へ下への大騒ぎじゃなくて上「を」下への大騒ぎだぜ
って突っ込もうとしたが蛇足すぎるのでやめる

でもGJ。続き期待してみる

216名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 22:36:49 ID:OP5PbLs.0
>>212
よかろう、許可する……もっとちゅっちゅするんだ!

217名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 23:14:01 ID:qPyP/UY.0
魔理沙「うーさむ・・レティの奴張り切ってやがるな」
霊夢「こんな寒い日にトラブルを起こす大ばか者めー」
魔理沙「紫が冬眠してて良かったな、おきてたら○○独占されてたぜ」
霊夢「とにかくさっさと解決して戻りましょう」
魔理沙「そういえば○○は?」
霊夢「料理作ってるわよ、今日は猪鍋だって」
魔理沙「そりゃすげーや、早く終わらせて帰ろうぜ」
霊夢「そうね・・・解決して戻ったら・・・3人で食べましょう」
魔理沙「ああ、熱燗つけてな」
霊夢「○○の腕の中でお酒飲んで」
魔理沙「布団の中で思いっきり甘える・・」

霊・魔理「・・・・・・」


霊夢「20秒で片つけましょ」
魔理沙「おう」

218名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 23:40:28 ID:EsQ0Otqw0

「うぅ……一人ならまだしも二人でくるなんて……大体私のせいじゃないわよこの雪は」
「大丈夫かレティ!?」
「へ、平気よ。このぐらいでってちょっと!?何でお姫様抱っこするのよ!?」
「いや、妖怪とはいえあの人外な二人相手にやられたんだ。
 うちでしっかりと休ませてやる、遠慮するなさぁいこう!」
「………………本音は?」
「可愛くて綺麗な冬の妖怪さんと家でまったりしたい」
「……最初からそう言いなさいよね、馬鹿……」(ぎゅっ)

>>217見てついつい書いていた自分がいたりする。
さて、執筆に戻らねば。

219名前が無い程度の能力:2008/12/28(日) 23:58:39 ID:MbqfCsFs0
「うー、霊夢をとられた……」
「そうしょげるなよ萃香。酒飲みくらいならいつでも俺が付き合うぜ?」

「そ、それは伝説の鬼殺し! いやーん○○大好きー」
「わ、ちょ、こら、抱きつくんじゃない!
 角が危ない分銅が痛いやめ……お、おたすけー!」

↑二つを見ていたらこんなのが脳裏を過ぎった。
イチャってないように見える、だと?これが俺なりの愛なんだ

220名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 00:03:26 ID:J6VKCeek0
「うん?寒気が弱まったな…霊夢たちが異変解決でもしたかな」
「あーよかったよかった、このままだと寒さのあまり冬眠しちゃうかと
思ったわ」
「いや諏訪子、あんた変温動物じゃないでしょうが」
「でも雪がたくさん積もっちゃいましたよ、雪掻きしないと」
「今からじゃ遅すぎるよ早苗、こんなに暗くて寒いんじゃ危ない」
「そうそう、彼の言うとおり今日はもう寝よう」
「そう、ですね。お隣、お邪魔してもいいですか?」
「ん、どうぞ」
「私も私もー」
「それじゃ私も…」
「おやすみなさい」×4

221名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 00:45:59 ID:KZcSNyjU0
そんな流れをぶった切らせてもらう。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0240.txt

4日遅れのクリスマスもの。
つづくであろう上にまだ内容が仕上がっていない。
さらに結局誰を攻略するのかも決まってないというだめだめっぷり。
こういうほのぼの〜としたのを書きたかっただけなのです。

222名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 03:36:42 ID:0cOE4pt.0
>>221
こういう雰囲気超好きだぜ!

223名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 11:38:10 ID:woywvEwg0

 幻想郷の太陽の畑に二人の人影。
 風見幽香と○○だ。
 見渡す限りの向日葵に囲まれた道を散歩しているのだろう。
 ふと○○は足を止めた。
 
「……どうしたの?」
「いや、ちょっと母さんのことを思い出してさ」

 照れくさそうにそう口にする○○。
 
「母さんも向日葵が大好きでさ、よく向日葵畑に連れていってもらっていたのを思い出してね」
「そうなの。それでまだご両親は外に?」
「……いや、二人とももう亡くなってる」

 ○○の脳裏に母親の最後の姿が映る。最後まで笑顔で本当に向日葵のような人だった。
 
「○○、涙が……」
「え、あれ……?」

 とめどなく流れる涙をどうしても止めることができない。
 
「ご、ごめ……な、涙が、とまらな、く、て……」

 必至に涙を拭う○○を幽香はそっと胸に抱きしめた。
 
「いいの、無理しなくても。好きなだけ泣いて。私が受け止めてあげるから」
「……う、うぅ……」

 幽香の胸に顔を埋めて○○は声を殺してしゃくりあげながら泣き続けた。
 
 
 


 太陽の畑の少し開けたところで幽香は○○に膝枕をしていた。
 慈しむ表情を浮かべて○○の髪を優しく撫で続ける。
 
「ごめん、変なとこ見せちゃって」
「別にいいわ。むしろ珍しいもの見せてもらったから」
「むぅ……俺マザコンかなぁ」
「男はみんなそうよ」
「そうかなぁ」

 しばらくして○○はうとうとし始めてそのまま眠ってしまった。
 泣きつかれたのだろう。それでも幽香の暖かな手で撫でられているのでとても幸せそうな顔をしている。
 
「……母さん」
「はい」

 ほにゃっと笑った○○を見つめる幽香は優しい母親そのものだった。
 
 
 
 おかん3やって愛のテーマ聞いて思いついた。
 イチャじゃないけど幽香ってこういうのも似合いそうだ
 向日葵好きなところも

224名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 11:44:09 ID:J6VKCeek0
おかん属性ですか…三作目のママンは大変なことになっていましたなぁ。

美鈴、咲夜、幽々子、藍、紫、慧音、永琳、小町、映姫、秋姉妹、
雛、早苗、神奈子、諏訪子、勇儀、さとり、衣玖、神綺

素でおかん属性ありそうなのはこの人妖ですかね。上の幽香も
いいですけど、どちらかと言えば苛めっk「オラァ!!」タコス!!

225名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 13:06:39 ID:FixBz/4A0
俺もゆうかりんなら涙を見て、嗜虐的な笑みを浮かべそうだと思ったよ!w

226名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 13:21:06 ID:htL3evCo0
>>224
実際娘みたいなものがいるのが三人ほどいるな

俺の中では永琳は姉貴キャラ

227名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 13:45:54 ID:XuqswyjM0
大妖精!大妖精をおねがいします!!

228名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 17:38:59 ID:oQCVQFnc0
うちの紫は嫁属性と恋人属性をもってるぞ。
つまり何がいいたいかといえばだな――

ゆかりんが好きで好きでたまらんということだ!

229名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 17:42:16 ID:V6JFrdN2O
奇遇だな。うちの藍もなんだよ

230名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 18:14:28 ID:K1Zvb3I60
なんだかボイン軍団がラマーズ呼吸の練習してたんだが・・

それなりボイン軍団は豊胸マッサージを・・

でつるぺったんようじょズは牛乳を一気飲みしてるんだが・・

231名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 18:22:28 ID:TEaoFQWM0
まったくだなうちの慧音もなんだ

232名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 19:26:05 ID:/wE8LsfMO
ウチの早苗だってかなりのマルチタレントだぜ?

233名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 20:44:18 ID:Nt/1vSYs0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0241.txt
出遅れすぎた。
おねえ咲夜さん。

234名前が無い程度の能力:2008/12/29(月) 21:54:42 ID:k9x66u3g0
確かにちょっとおねいさんな咲夜さん。
イチャモードになって瀟洒ブレイクした後が楽しみだ。

235名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 00:29:18 ID:EziW3mOU0
>おゆはん
咲夜さんといえばこれなのはわかっていたのに
わかっていたのに俺の中の何かが決壊した

なにこの咲夜さん、かわいい

236名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 01:40:29 ID:BjKR4StQ0
頼りがいのあるキャラ像を書いていたら
ちょっと電波がやってきた。




「○○、御飯はまだー?」
「そう急かすなルーミア。作り始めてから、その問いはかれこれ十回目だ」
「?」
「覚えて……いや、まあいい。どの道そろそろ出来上がる」
「そーなのかー……えい」
「こら、抱きつくんじゃない。零れても知らんぞ」
「○○はいい匂いがするね」
「お前の言う"いい匂い"だとメシの匂いなんだろうがな」
「えへへー」
「まったく……そら、出来たぞ」
「いただきまーす」
「私の指をしゃぶるな。御飯はあっちだ」

237名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 02:12:03 ID:oTKkRRd20
「そろそろ今年も終わりか……あっという間だったな」
「シャンハーイ」
「あれ、上海じゃないか。お前のご主人様の家はここじゃないぞ」
「シャンハーイ、シャンハーイ」
「間違えてついて来ちゃったのか。送って行ってやるか、って言っても流石に夜遅いしなぁ……明日でいいか」
「シャンハーイ!」
「そういえば、俺の肩に乗るのも当たり前になったな。寝ようと思ってたけど、少しだけ一緒に月でも見るか」
「……シャンハーイ」
頭を撫でてやると、嬉しそうな表情が見えた――気がした。

238名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 02:25:50 ID:RSnh6NeI0
>>237
ああもう、上海は本当に可愛いな

239名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 14:00:58 ID:e9llG3XA0
>>238
その裏で蓬莱は俺の嫁。

240名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 14:22:56 ID:hVzmwUp.0
そうか

241名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 19:37:33 ID:.SfnsqNYO
ナンブさん自重

242名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 19:38:11 ID:Joq7rW7U0
>>241
輝夜「呼んだかしら?」

243名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 20:06:14 ID:RSnh6NeI0
>>242
一瞬「なんで姫様?」と思ったが

あっちのナンブか…

244名前が無い程度の能力:2008/12/30(火) 23:48:50 ID:4EbwCSuIO
地霊殿に居候している体が不自由で根暗な○○を
あの手この手で喜ばせようとするお燐を妄想した。
ヘタレな○○だからなかなか上手く行かないんだが、
さとりやお空のサポートで奮闘。
そして神無月の外界イベントで久しぶりに故郷の空気を吸って感動して涙ぐむ○○に
悲しいことがあったと勘違いして慌てるお空とお燐、みたいな感じで。

245名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 00:39:59 ID:qVjHOfac0
>>244
さあ今すぐに筆を手に取るんだ……

246名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 11:34:38 ID:lI2oKcj60
うちのお燐はな、この時期になると布団に潜り込んでくるんだぜ、猫形態で。
それを見た橙が対抗して負けじと布団に潜り込んでくるんだ。

247名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:21:00 ID:Yq/BmpcA0
>>192さん
ああ、もう。さとりさん可愛すぎる。
はじめはあまり気にしてないキャラだったはずなのに、このスレの影響で好きになっちまった。恐るべし。
>「だってここには、貴方がいるもの」
○○の思考を読みつつ、素直に自分の心を告げるお姉さん的さとりさん。
かなり振り回されてる○○だけど幸せそうで何よりですな。
寄り添う二人に幸あれ!

>>199さん
まず文章の良さがありますね。巧いと思います。パルスィパルスィ。
ここはSSスレじゃないから、そこらへんは重要視してません。ネタ重視。
が、やはり描写が上手いと、きっちり読む気になりますね。普通のSSを読むのと同じ感覚でしょうか。
そういえばクリスマスネタにしては、雪が降ってなかったなぁ。
印象としては満天の星空に爪みたいな細い月。ルナサの黒を照らすのは、ゆっくりと降りてくる銀色の光。
陰に籠りがちなルナサと、ちょっと暑苦しいくらいの○○の陽と、二人いることでバランスが取れるのかな。
しかし、ルナサの歌声とかすごく聞いてみたいですねー。

>>203さん
>「サンタクロースって幻想入りしてたんですか」
>「そんなわけないでしょう」
ごめん、ここで腹筋崩壊した。ですよねーw おぜうさま可愛すぎる。
咲夜さんを始めとする他のメンバーがいい味出してます。主に対する気遣いが良いですね。
こんな紅魔館、好きです。
人間辞めるってのは、やっぱり重たいですよね。永遠を生きて行くってのは想像するだけでも怖い。
この○○の場合は、というか幻想郷の場合は、似たようなのが結構いるからまだマシでしょうし、
何よりれみりゃが居るからいいのかなーと思ったり思わなかったり。
しかし、カリスマは何処に置いてきたのかと思ったら、ベッドの下にあったんですね。

すまん。病んでるのはあまり……。ただ、その独占欲を否定することは誰にもできないかなぁ、と。

>>210さん
まずは完結おめでとう、と言っていいのか。
なんともフラグ建てまくりな○○ですな……まだ決着ついてないじゃないかー!
後日談の投稿を待つ。

>>211さん
キャーイクサーン
ほのぼの、そしてまったり。
正月の喧噪まえの静けさでしょうか。こんなのんびりした風景も良いですな。
衣玖さんは、どっちかというと○○を引っ張ってくタイプだと思っていたので、なかなか新鮮でした。

>>212さん
巧いなー。これは巧い。パルスィパルスィ。久々に三人称で書きたくなるなぁ。
れみりゃと少年との関係の変化がいいですね。
仰ぎ見る存在から、隣に立つ存在……になるまではもう少しか。そこまで見てみたいと思う私は欲張りなのかな。
>もっとちゅっちゅさせたかった。
文章化されてないところで、十分にちゅっちゅしてるみたいじゃないか! shit!!!!
「職業:魔法使い」になる前にデキちゃったら、私の怒りが有頂天変。

>>217>>220
お前ら仲いいなw

さて、1レスに収まるかなw

248名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:26:34 ID:JY252b2.0
>>247感想は避難所で

249名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:27:24 ID:B2zBf/eY0
正月だなぁ

250名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:29:10 ID:3V/EyUi.0
はいはい。その議論も避難所でな。

大ちゃんに遊ばれるというシチュを浮かべたがどう見てもそこまでよ

251名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:29:16 ID:Khw5a2J20
まだ大晦日だぜ

252名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 12:45:12 ID:9wO6sdxo0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0242.txt

霊夢と大晦日
ちょっとえっちぃかも?

253名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 15:28:55 ID:lI2oKcj60
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0243.txt


スレのネタをちょっち拝借
結果、お燐の出番が少なくなってしまったが――
それでも、お燐は俺の嫁だ

254名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:18:57 ID:PxWl0zXo0
さて新年会の準備だ。

さっきまで霊夢と魔理沙に引っ付かれてたからな。
これから忙しくなるぞ〜

255名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:31:24 ID:kY0phOWg0
おぉう忙しい忙しい
あぁ、咲夜さんどうもそちらの方頼みます。
え?レティーお酒そっちにあったっけー?
おっ、ルナサ姉さんおかえりなさいませ。

あー忙しい忙しい、新年会は忙しいのう

256名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:36:12 ID:Dv1zHxTY0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0244.txt
年越し蕎麦食いつつ書いた代物
クリスマスと違って間に合って良かった

257名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:39:18 ID:Pq9e34k20
永遠亭の縁側、○○に抱きしめられるてゐ。
お互いの体温が背に、腹に伝わる。

「てゐさん」
「ん・・・なに?」
「てゐさんを労わりたいです」
「へ?」
「拒否権はなしです」
「・・・具体的には?」
「・・・失礼します♪」

なでなで

頭を撫ではじめる○○

「ふぇ!?ま、○○?」
「し。少し、じっとしててください」

なでなで

「ふぁ・・・」

なでなで

「・・・てゐさん」
「な、なぁ、に・・・」
「今年も一年、お疲れ様でした」
「・・・・・・ぁ」

それは思いもがけない一言。
でも、言って欲しかった一言。

さすがのてゐも○○の腕に顔を埋めてしまう。

「来年も、頑張りましょうね」
「・・・ん」


「・・・ね、○○」
「はい?」
「来年も、よろしくね・・・」
「はい♪」

-------------------------------------------
突然だが、某同人誌の後書きを見たらてゐ様を労わりたくなった。
てゐかわいいよかわいいよてゐ。

258名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:51:47 ID:PxWl0zXo0
誰か助けてくれー!!

紫さんと幽々子さんと幽香さんが追いかけてくるー!!
みんな口そろえて「姫初め!!姫初め!!」ってさけんでるー!!!

259名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:53:49 ID:B2zBf/eY0
しきえーきやまざなどぅ

260名前が無い程度の能力:2008/12/31(水) 23:56:19 ID:rA0Hhcjw0
「椛……。はしゃぎすぎじゃないか?」
「そうですか?きっとそう見えるのは○○さんと一緒に年を越せるからですよ、きっと」
「そう、面と向かっていわれると恥ずかしいんだが……」
「私はそうでもないですよ?あなたと一緒なら何だって言えちゃいます」
「……」
「すごく顔が真っ赤ですよ?」
「誰のせいだと思ってるんだ……」
「じゃあ、これで許してください――チュ。来年もよろしくね、○○」

261名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:00:34 ID:KIDgy5TIO
紫様、今年もあなたを愛します

262名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:01:41 ID:1FfJy2MYO
只今、文と二年参り中です!

263名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:02:46 ID:PIoHvXXsO
萃香、新年初酒呑もうぜ!

264名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:03:50 ID:x1.JTDlA0
明けましておめでとう
幻想郷と出会えてよかったです。

今年もよろしく。


ウワナニヲスルレミリアー!!ダキツカナイデイタイイタイ!!チカラハイリスギー!!

265名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:04:09 ID:7kTV.QnIO
妖夢、今年もよろしくな

266名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:04:52 ID:SFT7oKY60
文、今年もよろしくな

267名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:04:57 ID:zaaBc1VE0
あけましておめでとう。
今年もよろしくおねがいしますね、諏訪子さま

268名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:05:37 ID:XIZ/IgLM0
鈴仙、今年もよろしく。
さ、初詣に行こうか。

269名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:06:01 ID:KOaPd.Uo0
早苗、今年もよろしくな。さあ、今年最初の大仕事だ。がんばるか

270名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:06:17 ID:GSPXJVMAO
あけおめだリトル!
お雑煮は冬コミで買ったお前のマグカップでたべるぜ

271名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:08:35 ID:JoE/q.cQO
鈴仙、今までありがとう。
そして、今年もよろしくな。

272名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:09:14 ID:SFT7oKY60
文、今年もよろしくな

273名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:09:15 ID:dMt8SDlo0
八意先生、あけましておめでとうございます。
さ、そろそろ餅を喉につめる老人が出る頃です。
準備を始めましょうか。

274名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:09:51 ID:5wyKwWMM0
あぁ、新年会準備中に新年に!
今年もよろしくお3方。

275名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:11:21 ID:0wL9AX6MO
明けましておめでとうございます咲夜さん、お嬢様。

今年もよろしくお願いします。
えっ?初詣に博霊に行く?
はい、喜んでお供しますよ。

276名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:11:24 ID:0wL9AX6MO
明けましておめでとうございます咲夜さん、お嬢様。

今年もよろしくお願いします。
えっ?初詣に博霊に行く?
はい、喜んでお供しますよ。

277名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:11:49 ID:oC8rMQX.0
さとり、去年はありがとうな。
そしてあけましておめでとう。
(今年と言わずずっとよろしくな。)

278名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:15:26 ID:/f8D.OJw0
藍様おめでとうございます 今年もふかふかもふもふして逝きましょうぞ

279名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:21:59 ID:uu9l8aaQ0
お前らおけおめ
え?幽香りん初詣行くの?
いいよ行ってらっしゃい俺はテレビ見てるか引きずらないで足持たないで分かった行きます行きますから

280名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:25:15 ID:rLoKNUIMO
「ん…年が明けたか」
「そのようだな」
 並んで座りながら茶を啜る。
「今年も宜しく頼むぞ、○○」
「こちらこそ、と言いたいところだが」
「何だ?」
「これからも、この先も宜しく頼む、慧音」
「! ……ああ!」
「そろそろ行くか、初詣」

281名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:26:31 ID:0wL9AX6MO
>>275 >>276、間違って同じのをかきこんでしまった………すみませんm(_ _)m

282名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:29:28 ID:6jtjEBbg0
映姫様、あけましておめでとうございます
俺はじゃあ外で待ってますんで、仕事が終わったら呼んで下さい
一緒に初詣行きましょう

283名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:33:59 ID:7V9Hx7Io0
リリカが年越しライブでいないんだが・・・泣きそう

284名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:33:59 ID:NaKiqJOw0
アリス邸にて

「明けましておめでと〜」

「おめでとう、アリス」

「まさか大好きな人と一緒に新年を迎えられるなんて思いもしなかったわ」

「そう面と向かって言われると照れるな・・・。
 そういえばアリス、今年の目標とかってあるのか?」

「そうねえ・・・。○○と楽しい一年を過ごすことかな。
 ○○はどうなの?」

「俺は大切な人を守ることかな。俺みたいな普通の人間には限度があるけどね。
 でも、アリスは誰にも渡したりはしない。
 絶対俺がアリスを幸せにする!」

「○○・・・。新年になってますますかっこよくなったわね」

「お?そうか?
 ならもっとかっこよくなってやるよ」

「ふふっ・・・、期待してるわ」

「さ、アリス、そろそろ初詣の準備しておけよ」

「えぇ、わかったわ」

―――――――――――――――――――――――――――――――――
久しぶりに書いた
アリス、今年もよろしくね

285名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:34:41 ID:byzNPFIg0
ゆゆ様、明けましておめでとうございます。

今年も、欲を言うなら未来永劫よろしくお願いいたします。
一生愛しますよ。これからも。

・・・こんな僕の言葉でそんなにお喜びにならないでください。

でも、ゆゆ様が笑顔になっていただけて、僕も幸せです

初詣ですか?寒いですよ?

…そんなに抱きついたら熱いですよ。

さぁ、上着を着て行きましょうか。



・・・大晦日っぽいネタを書いてたら時間切れ\(^o^)/

また後で上げるよorz

286名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:46:38 ID:Da/VOSaU0
皆あけおめ
初詣の期間中は白狼天狗の方たちが目を光らせてくれるらしいけど、それでも山上る時は気をつけてな?
幸い神社は2つあるし、危ないと思ったらあっちでも……と、これは俺が言うことでもないか

……さて早苗さん、今日からしばらく戦争だ!


忙しさにかまけてたらクリスマスネタも書き終わらんうちに年が明けたよ!
orz

287名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:48:58 ID:5gALjfT.0
皆あけましておめでとう。
そして霊夢愛してる。

288名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:50:58 ID:mfBmd87U0
美鈴!あけましておめでとう!
今年も愛しているぞ!

289名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 00:53:39 ID:W1kMPbXc0
あけましておめでとう。
さてと、魔界の皆が初詣に行くって呼んでるから行って来る。
ん、何ですか?
・・・心配しなくても後でちゃんと二人きりで行きましょうね。
いい年にしましょうね、神綺様。

290名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 01:12:51 ID:x1.JTDlA0
なぁ・・・霊夢と魔理沙が両手に絡んでいて動けないんだ。

周りの視線がキッツい・・鈴仙なんか「目を合わせろ」的な視線でこっち睨んでるんだ。
紫さんなんか「まるで殿様ね」って・・俺の膝の上で甘えてるし・・

ってレミリア、「いいえ、紅魔館の主人よ」って言わないで
諏訪子さんも「うちの神社の神主だよー!」とか
永琳さん「私の旦那よ」とか・・・輝夜が「私の旦那様よ」とか落ち着け。

天子ちゃん・・・「衣玖!アイツに絡んでる奴らを始末して」って言わない・・・衣玖さんは華麗にスルーして俺にお酌してるし・・

ああ、妹紅・・・レバ刺し?チョットマテ、そのレバー何?なんか怖くて食べられないんですがー!!
あ、凍った・・・珍しくチルノが善行を・・あ、妹紅怒ってチルノ追いかけはじめた・・。

291名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 01:33:51 ID:qKp495J.0
新年明けましておめでとうございます。
今年もより一層仲睦まじく暮らして参りましょう、みすちー。

292名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 02:11:25 ID:Vxvn8kx6O
新年明けましておめでとうございます。今年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

え?なんだ永琳?今年と言わず永遠に?そんな笑顔で取り出すな……
だからもうちょい身長伸びt……あぁ、それも薬で?いきなり伸びたら比重が合わないだろ

そのうち飲むって。俺も同じ気持ちだっての

293名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 04:41:20 ID:gmDQsiFY0
「結局届けられなくて、気付いたら年越しちゃってたな」
「…………」
「何だかんだで、結構お世話になったしな。一番お世話になった気がする」
「…………」

 棚の上にいる、恐らく魔力が切れて動かなくなった上海に向かって言う。
 端から見ると完全に痛い人だが、独り身なのでこれくらいは許して欲しい。

「去年は本当にありがとう。来年もよろしくな、上海」

 ――シャンハーイ。

 上海が、ゆっくりと片手を上げて応えてくれた。




そんな訳で気がついたら年越してた。
あけおめ!
お前ら嫁と仲良くな!

294名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 06:39:04 ID:6jtjEBbg0
衣玖さんと日の出を一緒に見たかった
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0245.txt

295名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 11:16:59 ID:pCuwftvk0
明けましておめでとう。
今年もよろしくな、パチュリー

296名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 14:20:46 ID:fa3CGAEA0
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします、紫様。愛してますよ

なんて、面と向かって言う勇気が欲しいよ…

297名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 14:26:10 ID:cHpUNSfM0
普段から年上年下関係なくタメ口で話す俺は
幻想郷で生きていく自信が無い
それでも紫が大好きだ!!

298名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 15:41:06 ID:aE62brAM0
>>297
駄目だ、生き残れ。

299名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 17:02:58 ID:/pXG2O7k0
早苗と大晦日の話を投下させてくれ。
年が変わるまでに間に合わなかったorz

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0246.txt

あと…某作者様…すみません;;
ファンなので続きを期待して待っています。

300名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 19:50:36 ID:gmDQsiFY0
>>297
口の利き方なんて関係ない。
愛があれば態度で示せ!

301名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 20:06:36 ID:byzNPFIg0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0247.txt

遅れたorz
なんというか、今回はあふれ出るイチャよりは、甘甘な空気を楽しみたかった。
ゆゆ様と甘甘時間を過ごすことが幸せ。

周りの方々のイチャを見てると、自分の実力の無さにビックリするぜ・・・

302名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 23:06:38 ID:.mmLn9Ro0
何とか正月の内に投下できたぜ。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0248.txt

しかし俺が書くと大抵阿求が股の間に座ってる気がする。

303名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 23:10:13 ID:7sF1HWuc0
>>297
愛が無ければ生き残れない by某ガン○ムの次回予告のもじり
つまり、愛さえあれば生き残れるということだ。

304名前が無い程度の能力:2009/01/01(木) 23:48:30 ID:X.9yFzOAO
お燐とちゅっちゅしてたら橙に腕を引っ張られた
そしたらお燐も負けじと足を引っ張ってきた

305名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 01:32:36 ID:deH1gik20
元日終わっちまったZE!
2時間じゃこれが限界だったorz

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



元日。永遠亭では宴会が行われていた。いつも通りの騒がしい宴会である。
○○は兎達にお年玉を渡したり、姫の遊び相手にされたりと相変わらず忙しかった。
宴会は夜まで続いたがそれも終わり、後片付けを済ませて一息ついたときには既に日付が変わっていた。


そして、○○はいつもの如く縁側で風に当たっている。彼は疲れた時や酔った時は縁側で風に当たろうとする癖がある。
といっても今は冬。相変わらず刺すような寒さである。
そんなことも気にせず、彼は庭を眺めていた。
「だからその姿で居ると風邪引くって言ってるじゃない。」
どうやらまた鈴仙が上着を持ってきてくれたようである。
流石に正月をいう事もあってか、今日はいつものブレザーにミニスカートと目に毒な格好では無く、薄紫色の綺麗な着物を着ていた。
だが、クリスマスの時に○○がプレゼントした兎の髪飾りは付けたままである。プレゼントして以来、鈴仙はずっとその髪飾りを愛用している。
「すまんな、鈴仙。でもここに居ると落ち着くんだ。」
「ふーん。まあでも風邪だけは引かないでね?」
「ああ、分かってる。あ、そうだ。鈴仙にお年玉があるんだ。」
「へ?私にお年玉?」
「そう。ただ、お金じゃないけどね。ちょっと特別なお年玉。」
「え?お金じゃないの?じゃあ何なの?」
「それは開けてからのお楽しみ〜。はい、お年玉。」
と言いつつ小さめの封筒を渡した。
「さ、開けてみてくれ。中身落とさないように気を付けてな。」
「うん。何だろ……」
中身が鈴仙の掌に出てくる。
「え……これって指輪……?」
鈴仙の掌に出てきたのは美しく輝く銀の指輪。
「うん。あのさ。付き合い始めてまだそんなに経ってないけどさ。その……結婚……してくれないか?俺と……」
「……」
「……鈴仙?」
「本当に……私なんかでいいの……?月から逃げてきた……こんな、意気地無しの兎で……」
「何を言ってるんだ。鈴仙でいいんじゃない。鈴仙じゃないと嫌なんだ。」
「○○……ありがとう。あの、それじゃあ……これからもよろしくお願いしますね。あなた。」
「ああ、こっちこそ礼を言いたいよ。ありがとう、鈴仙。そして、これからもよろしくな。」
どうやらまだまだ忙しくなりそうだ。と、○○は鈴仙を抱きしめながら思った。

306名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 14:59:03 ID:6lwHbSgs0
元旦ラッシュで読みきれなくて嬉しい悲鳴だぜ。
294のいくさんも301のゆゆさまも305の鈴仙もいいねえ。
302の阿求も斬新でいいな。
こういう雰囲気は今まであまりなかった気がする。

307名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 15:54:45 ID:GROndOFMO
お燐の恋人で伴侶をやっていたが
死後は未練が足りずに怨霊になれず、
来世で猫に転生して生を送り、紫のお蔭で記憶を取り戻して
お燐に再び会いに行く、というのはありなんだろうか

308名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 16:01:18 ID:xDW1BXXk0
イチャスレであってSSスレでないことを念頭に置けばなんでもおk

309名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 16:06:58 ID:GROndOFMO
>>308
わかった、ちょっと書いてみる

310名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 21:24:33 ID:PKnrJx0oO
恥ずかしながら俺は今まで恋人なんてものはいたこともなく、正月を共に過ごす人もいるはずもない。ここ、幻想郷に来ても変わらず、さぁ今年も一人で寂しく初詣にでも行こうか…、と思っていたのだが、
「おはよー、○○〜」
「おわぁ!?びっくりしたー。こいしじゃないか、どうした?」
「えっとね、あけましておでめとう!」
「あぁ、あけましておm…何だって?」
「あけましておでめとう!!」
・・・・・・・・
「えっとだな…こいし。」
「ん?なぁに?」
「あけましておめでとう」
「あけましておでめとう!!」
「おめでとう!」
「おでめとう!!」
「お・め・で・と・う」
「お・め・で・と・う」
「あけましておめでとう」
「あけましておでめとう!!!」
・・・・・・・・・
「あぁ…、もうわかった…、で何の用だ?」
「今夜にね、地霊殿で新年会をするの!○○も参加しよ?」
「………」
「嫌…?」
「え?いや、そんなわけないよ!俺も参加させてもらうよ!!」
「本当?やったやった!!」
本当に嬉しそうだ。両手と片足を上げて飛び跳ねている。何やらどこかで見たようなポーズだが…。チラチラと見える白くて可愛らしい太ももが眩しい。
「そうだ!なぁこいし、夜まで時間もあるし、一緒に初詣にでも行かないか?」
「う〜ん…妖怪が初詣に行くなんてのもおかしいと思うけど、いいよ!○○となら何処に行っても楽しいし!」
キターーー!!こんな可愛い子と初詣に行けるとは…良い時代になったものだな!!てか最後何と?俺となら何処でも楽しいだって!?グッと来た!!
「それじゃあ○○、今すぐ行こ?ほらはやくはやく〜!」
「ははは、わかったわかった。って手を繋ぐのか!?」
「えへへ〜。」







あぁこいしちゃんかわいいよこいしちゃん

311名前が無い程度の能力:2009/01/02(金) 22:14:04 ID:QeKukYqY0
幽々子のお使いで博麗神社まで行って、用件を済ませて帰宅する妖夢。
そして神社の階段の下に、これから参拝しようとする○○の姿を見る。
仕事を終えた帰り道、想い人の姿を見つけて自然と駆け足になり○○の下へ。
しかし○○まで後数メートルというところ、バランスを崩して石段から落下。
一瞬後に予想される衝撃に思わず目を瞑る妖夢、しかし感じたのは冷たい地面ではなく優しく暖かい感触。
おそるおそる目を開くと、なんと○○が寸でのところで抱き止めていた。
間近に感じる想い人の体温と息遣いに妖夢気が気でなく、混乱。
そして○○も突然調子がおかしくなった妖夢に困惑、暫しの間密着状態。
数分後、文のシャッターを切る音で我に帰る妖夢。
天狗もかくやという勢いで帰宅。
その晩の白玉楼では顔を真っ赤にして枕に埋めて足をバタバタさせる妖夢の姿とそれを見てニヤニヤする幽々子の姿が見れましたとさ。


一方その頃、文は現像した写真を見て妖夢に嫉妬の炎を燃やしていた。


みたいなベタな光景が見えた

312名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 01:16:31 ID:fEYYemQQ0
「もし、小町さんや」

「何だい、○○」

「周りはめでたそうにしてるが、俺達は新年の祝いとやらをやらないでいいのか?」

「何を言うかと思えば……今は仕事中だよ?」

小町がへへっ、と軽く笑いながらつきなれた嘘をついた。
聞きなれた嘘ではあったが、こちらもついおかしくて笑ってしまう。
周りがいかに慌ただしくなろうとも、小町だけはいつも通りだな……いや、俺も。
結局いつものように河岸で寝転がりながら談笑したり、まどろんだりして元日を過ごした。

「他の死神はえらい忙しそうだったが、手づたわなくていいのか?」

「周りが忙しそうな時は休む! 周りが暇そうな時は働く!」

「働く時でさえ仕事量が少ない時期を選ぶのかよ……」

「いいのいいの。 あたいのおかげで死神の仕事量のバランスは保たれてるんだからね」

また適当なことを言う。この時期にこんなこと言ってたら映姫様が飛んでくるだろう。
その光景がもう絵に浮かぶようだ。

「それに、その……いくら忙しくったって年初めくらいは恋人と一緒にいたいじゃないか」

「……そうだな」

唐突に小町がデレて、空気を変える。
俺も照れ隠しに適当な相槌を打つ。 ……うん、いつも通りだ。
小町の背後にそびえ立つ閻魔さんを除けば――



「――小町」

先程まで赤かった小町の顔が急速に血を失っていく。

「し、四季様!? すいません!すいません!」
「今日という今日は真剣なお説教が必要ね……」

はぁ、と眉間に皺を寄せながらため息をついて、映姫さんがこっちを見た。
あなたにも責任はあるんですよ、と言いたげであったが、
怠惰な部下の説教に集中するためか、すぐに視線を戻した。
俺も申し訳ないと思いつつ、足早にこの場を去ることにした。



「ちょっ、○○! ひきょ――きゃん!」

鈍い音の後に聞こえる悲鳴もまた、ああ――いつも通りだ。

313名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 10:44:59 ID:g09m8PvcO
>>310ー312
たまらん

314名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 15:40:26 ID:aSSXZqmI0
>>312
ちょっと借ります。
糖分?何それ。



「まったくもう、小町はいつもいつも油を売ってばかりで……」
 数時間に渡る説教の末。
 言いたいことはまだまだあったけれど、
 涙目になり始めた小町と、様子を見に来た男を視界に捉えて解放。
 普段ならとぼとぼと去っていくはずのところを
 彼の姿を見るなり顔を輝かせて駆け寄って行く様は、
 仲睦まじさを見せ付けられているようで。

「いいなぁ……」
 思わず口から漏れでてしまった。
 私にだって想い人はいる。いるのだけど――

「遅かったな、映姫」
 事務室に戻ると、当人は黙々と書類整理をしていた。
 今の声も書類から目も離さずに発せられたものである。
「すいません○○、席を空けてしまって」
「これくらいなら問題はない」
 確認し終えたのか、手に持っていた書類を隣の山に積み上げ、
 反対側に同じようにうず高く積まれた山から書類を一つ手に取る。

 先ほどの光景が脳裏をふとよぎり、
 人物が私と彼に置き換えられたあたりで
 全力で首を振って打ち消した。
 あんな甘々としたのは私達には似合わない。

 椅子を引いて机に座る。
「?」
 置いてあったはずの書類が脇へと退けられ、お茶と茶菓子が代わりに置かれていた。
「これは……?」
 小町がお詫び……に来るにしては早すぎる。
 一体誰が? と疑問を頭に浮かべたあたりで彼が口を開いた。

「甘い物は疲労に効くとかいうから」

 ぽつり、と隣から聞こえたのは○○の声。
 驚き見上げると、普段無表情な彼にしてはとても珍しく
 優しげな目で私を見つめていた。
 そのまま手を伸ばし、頭を撫でられる。

「こら、やめな……んぅ」
 想像以上に心地の良さに、制止の声も途切れてしまう。

「今日くらいは仕事を休んでどこかへ行かないか」
「で、でも仕事が」
「それくらい、少し頑張れば取り返しが利く。私も手伝う」
 いつになく積極的な○○に、思わずたじろいでしまう。

 残っている今日の分の書類を見る。
 頑張ればなんとかなりそうな気がした。

「……今日だけ、ですからね?」
「承知した。では行こうか」

 差し伸べられた手を、私は迷うことなく掴むことにした。

315名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 17:19:32 ID:z0u0YIBI0
>>314
副官の人か。
この大人の雰囲気いいなあ。
俺もこんな文章が書きたいぜ。

316名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 19:00:52 ID:cjRD6i3o0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0251.txt

もっとちゅっちゅさせたかったので、とてもたくさんちゅっちゅさせた。
ただしあっきゅんで。

317名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 19:51:39 ID:finvVmwU0
<<316
とってもきゅんきゅんした。

318名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 20:43:36 ID:9ZJ4HUkc0
美鈴・・・・美鈴美鈴美鈴美鈴美鈴めーりんめいりn美鈴めりnめいりんめいりんりんりんりめりいん
メリにん美鈴美鈴美鈴美鈴美鈴大好きだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

319名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 21:32:20 ID:zNF5uJH20

「年の初めのたちつ〜てと〜」
「何よその変な歌は」
「ん〜正式な歌詞が分からないから勝手に歌詞付けて歌ってる。
 ところでお賽銭の入り方はどうだった?」
「分かってて聞いてるでしょ。○○が入れた分しか入ってないわよ。
 まったく正月飲みにくるだけでお賽銭入れていかない奴らばっかで嫌になるわ。早苗のところはそれなりに入ってるんでしょうね……」
「ん〜聞いたところによればお賽銭じゃなくて食べ物の奉納が多いらしいよ」
「それでも羨ましいわよ。それだけ信仰されているってことじゃない」
「まぁまぁ、そう膨れっ面しないの。可愛い顔が台無しだよ」

――ぷにぷに

「む〜、まぁいいわ。こっちにはあいつらには無いものがあるから」

――もぞもぞ

「……ぷはっ。とうちゃく〜」
「……こたつの中潜ってこないでよ?」
「ふふ〜ん○○の意見なんか聞かないわよ〜。もう3日も我慢したから待ちきれないの」
「えっと……おゆはんはもう食べたはずだけど?」
「そんな逸らし方で逃げられると思う? ちゅっ」

――むぐぅ……んっ、んむふ……ちゅぷ、んっんっ、ちゅ……

「……ぷはっ、どう? 止めてもいいなら止めるけど?」
「ずるいよ、誘っておいてその言い方は」
「じゃ今年もよろしくね♪」

――あむっ、んっんん、ちゅっちゅ、むぅっ……んく……こくっ、こくっ……


年の初めの姫始め〜
今年もよろしくっ!

320名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 21:46:32 ID:7rcSy2H.0
フェ○ラチオ

321名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 22:04:52 ID:QZs0UTjYO
おいィ?

322名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 22:08:27 ID:6c7SK5yA0
アウアウ自重しろとけーね先生も申しているぞ

323名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 22:13:28 ID:QowBN3lQO
フェイ・ラティオ
新手の勇者王に違いない

それはともかく俺ともこたんはいい子だからけーねにお年玉せびってもよろしいですね?

324名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 22:24:13 ID:07c8G5HMO
「……祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…っと。…やはり野菜が多いな。まあ、人間の貨幣なんか妖怪には縁が無いから、あたりまえなのかな」
「○○さん、そちらの集計は終わりましたか?」
「あぁ、川魚の類が結構に、動物肉がそれなり。そして野菜類が沢山だ。米も俵単位で幾つかあったよ。そっちは?」
「こちらも似た様な感じです。後、人里で使える貨幣が幾らかありましたよ」
「そうか。じゃあ、暫くは食べ物の心配はしなくて良さそうだな。…早苗、ご苦労様。疲れて無いか?」
「いえ、大丈夫ですよ。それに未だやらなくちゃならない事ありますし、それに…」
「…あぁ、そうでした。この娘、こういう娘だったよ。あのな早苗、俺が言いたいのは…」
「え?○○さ…きゃあ?!」
「よっ…、と」
「ま、○○さん!急に引っ張らないで…って、この体勢は…!」
「早苗、このところ正面に寝てないだろ。…言っておくが、寝るっていうのは連続して七時間横になった事じゃないと俺は認めんぞ」
「で、ですけど八坂様達のご飯の仕込みが未だ……」
「そんなの俺が代わりにやる。…今はゆっくり寝ろよ。寝付くまで一緒に居るし、堅くて悪いが膝くらいは貸すからさ」
「…○○さん…、ですg「早苗の今の仕事は十分な睡眠を取る事だ。それ以外は認めるつもりは無い」……解りました。それじゃ、おやすみなさい…○…○……さ…」
「…即寝ちまう位に疲れているのに、働こうとするな、バカ真面目。……おやすみ、早苗」

早苗の労をねぎらいたくなった。後悔はして無い。

325名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 22:52:47 ID:z0u0YIBI0
これはいい早苗。
最近早苗の人気が高くて喜ばしいばかりだ。

326名前が無い程度の能力:2009/01/03(土) 23:59:37 ID:s3wU47GM0
「いい夜だな……」

夜道を散歩していて思った。と、いうよりいい夜だから散歩に出た
月は下弦の三日月。それはまる−−

「空が笑ってるみたいかしら?」

突然後ろから声が聞こえる。俺は後ろを向くことなく返事をする

「あぁ。だとすると空ってのは小顔の可愛い娘だと思うのは俺だけだろうな」
「そうね。ちなみに私とどちらが上?」
「お前に決まってんだろ。紫」



こんな感じの妄想がバイト帰りに浮かんだ

327名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 06:03:06 ID:pm81gReY0
年明け魔理沙!
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0252.txt

眠いときに書いちゃダメだ、やっぱり……

328名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 09:40:25 ID:WnNhw0qA0
シェイクスピアの『空騒ぎ』ってこんなんだと聞いて、妄想した産物。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0253.txt
ほんとにこんな俗っぽいのか?

329名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 10:13:01 ID:tthEoa5Q0
>>327
>>328
仕事逝く前にすさまじい勢いで俺の気力がチャージされたぜ。
ニヤニヤがとまらねえ。

330名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 12:27:15 ID:zgxj3xH6O
>>327>>328
ムオッ!ムオッ!ちにゃっ!!

331名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 18:49:26 ID:xR820ipk0
ふと、思い浮かんだネタを。
ttp://pokoweb.com/pds/oyatu/kd.txt
何故か慧音先生になってしまった!

神様とのハーフって、それぞれ違う風になるのか…?
それとも早苗さんみたいになるのでしょうか。

332名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 19:49:41 ID:z1NngRTw0
>>331
良いテンションだ。努その在り方を損なうな。

お燐との子供は半獣ということになるのだろうか。
そして出産は人形態でするのか、猫形態でするのか。
うむ、ちょっと聞いてくるか。

333名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 20:39:15 ID:ucL1ac0E0
>>327
はいはい、魔理沙は大変なものをn(ry
だが、GJと言わないこともない

>>328
こんなコテコテのラブコメも書いていたのか、さすが世界有数の戯作家

>>331
旧作関連は慧音先生が全部食べちゃったんですね、分かります
歴史は夜作られるんですね、わかります

334名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 21:41:38 ID:vkK5dwn20
>>328
ガチでニヤニヤが止まらんのは始めてだ
咲夜さんも○○も可愛いよ

335名前が無い程度の能力:2009/01/04(日) 23:55:16 ID:xlFKrePwO
少女はとある青年に恋をした。
少女は吸血鬼だった。
少女は図書館で一生懸命勉強した。
いっぱいいっぱい勉強して、どうすれば彼に振り向いてもらえるかを学んだ。
本を読み知識を付け、迷わずにそれを実行した。
そうすれば必ず彼と結ばれると信じたから。
周囲の制止の声も振り切って、少女は青年の下へ駆け出した。


――結論から言えば、彼女の目論見は失敗した。


理由は単純明快。少女は加減を知らなかった。
外界の漫画を読んで付けた知識も、少女の頭脳では活かしようが無かった。
漫画に書かれたことをただその通りに実行し、失敗した。
そして彼は重傷を負い、里に運ばれ治療を受け、竹林の奥に住む薬師の下で療養生活を送ることになった。
少女は後悔した。彼の見舞いにも行かず、地下室に引きこもった。
どすればいいのか思い詰めた。
最初は彼がこんなことになってしまったのは脆い人間だからだ、と考えた。
だから彼を自分と同じ吸血鬼にしてしまえばいい、そうすれば全て上手く行くと考えて実行して――止めた。 そんなことをすれば自分の知っている彼が何処かへ行ってしまうと、何となくそう思ったのだ。

少女は一人で館を抜け出し、青年の見舞いに行った。
青年は笑って許してくれたが、少女は納得がいかない。
少女は単純だが、それ故に心境は複雑だった。

――その日から、少女は一生懸命練習した。
吸血鬼の怪力を制御し、あらゆるものを破壊する程度の力を完全に抑える為に。
次は全て上手く行くと信じたのだ。
加減を覚える為にひたすら妖精相手に練習を繰り返し、弾幕を飛ばし続ける日々。
そんな様子を姉や周囲の妖怪は酒の肴に眺めていた。
ただ、紫の魔女だけは五月蠅くて研究がはかどらないと愚痴をこぼしいたが。


それから3ヶ月が経った。
青年の怪我も完治し、仕事も満足に行えるようになった頃。
青年は帰宅途中、背中に軽い衝撃を受けて転んでしまった。
何があったのかと混乱して振り向けば――そこには食パンを口に加えた、赤白金の吸血鬼少女。
目が合うと、少女は花が咲いたような笑顔を見せてこう言った。

「ラブコメってこういうことを言うんだよね?!」


――――東方紅魔郷、完――――



うは俺テラキモス

336名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 00:07:56 ID:gn0AGims0
帰宅途中というのがフランの
一生懸命ゆえの盲目さが現れててグーッドだ

こいつら、きっと楽しいカップルになるぜ……!

337名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 00:14:57 ID:EzFXpcck0
途中まで完全にレミリアだと思っててうはwwキタコレお嬢様状態!だったのに騙された気分だ

338名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 00:31:41 ID:PRzjtD2k0
何このフラグ

339名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 00:47:36 ID:GS/IMdeEO
やばい砂糖が決壊した

340名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 01:07:24 ID:PcY61q3g0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0254.txt

正月騒ぎに参加できなかったうっぷん晴らします。グレイズかも

341名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 01:31:16 ID:9uNcOd820
年の明け、雪に覆われた地底にも正月がやってきた。
○○(あ〜元旦かあ……お年玉……って歳でもないか)
「お〜い○○〜さとりさまが呼んでるよ〜」
「おーう……ってどうしたお燐、顔がにやついてんぞ」
「いーからいーからあ」

殿の主の部屋のドアをノックする。
中からはいつも通りの調子で「どうぞ」という声が聴こえた。
「失礼しますよーい……おろ、お空もいたのか」(くそう、二人っきりだと思ったのに)
「なんだか不服みたいだね。ほら、いいからここに座りな」
お空が指を指したのは普通の椅子……同じような椅子が4脚、正方形の卓を囲んでいた。
「あ……もしかしてこれ……」(まーj)
思考のめぐりよりも先に、さとりが口を開いた。
「ここに来たときから麻雀やりたいやりたいって思ってたでしょ?
その……『お年玉』っていうのかしら。お金じゃないけど……」
「う……うっげぼああああ!ありがとう!もう一生やれないと思ってたのに……!」
「実はさとりさまと一緒にルール覚えてたんだよ〜」
「そうそう。あたしらに感謝してほしいね!」
「お空が一番遅かったけどね。覚えるの」
「うるさーい!」
「はいはい。じゃあ始めてみましょ。○○もほら……座って」



その後脱衣麻雀が始まったとさ!
落ち無しなのは勘弁な!正直麻雀ネタで続けるのは受けが心配で……

342名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 01:44:04 ID:x3xqiCeg0
電波を受信して書き始めた。
最初は10行程度に収まると思っていたらこのザマだよ!

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0256.txt

343名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 04:58:47 ID:k840oL0wO
さとり様が麻雀ですか
チートw

344名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 18:04:09 ID:5hEUwjD.0
>>341
構わん、つづけたまえ

345名前が無い程度の能力:2009/01/05(月) 21:40:21 ID:/SGVJ1iQ0
>>342
幻想郷では良くある事。

346名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 03:02:54 ID:dd/aC6Jo0
>>341続きだぜ!

賽はまわり、卓がまわり、そして酒もまわる。
地底の雀戦は酒色を帯びて盛り上がっていた。
「ひっく。おにーさんそれロン!」
「んな!?こんの酔っ払いが……」
(くっそお……敵はさとりさんだけだと思ってたが……)
「あ!ツモった!」
「む……馬鹿は運がいいのかな……」
「ふふん!負け惜しみね!」
(嫌な流れだな……ん?これは……大三元に……)
さとりが○○の方をちらと見る。
「心は読めてもツモは変えられませんよ」
「引いてこれるといいわね」

「うにゅ?いらないなあ……」
「その【白】生牌だぜ。ポンだ」
(よし、これで大三元テンパイっ……!)
その次順、牌を引いたさとりの表情がちらついた。
(?……)
「……通るかしら」
「…………え?……あ、ロ、ロン。
えーと、大三元……」
「ええ〜!?ちょっとおくう!役満だよ!」
「う、うにゅ〜〜?」
「あら、通らなかったの……点数がなくなっちゃったわ」
「よっしゃ。これで俺が一位だな!」
(なんだ……読んでなかったのか……?)
「あらあら……ひっく、じゃあ服脱がなくちゃね……」
「ははは…………イマナント?」
「あなたの頭の中に……ひっく、あるでしょ。脱衣麻雀っていったかしら」
「「さとりさまお休みなさ〜い」」
バタン!
「ちょっお前ら!後片付け……じゃなくて!待ってくれ!」
「いいペットを持ったものだわ……」
そう言いながらさとりは着々と服のボタンをはずしてゆく。
「だぁー!さとりさんストップストップ!」
「何言ってるのよ……あなたがいつまでも来てくれないから……
ひっく、こうしてるんじゃないの……」
「いやその、俺は〜えーと……」


ここから先はそこまでよされました。
続きはみんなの心の中に。

347名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 05:27:31 ID:rXbKex4I0
正月とはまったく関係がないんですが投稿します。
 「わし…は君…を」
声が思ったようにでてくれない
 「幸せに…できたかの」
必死に声をだそうともがいてようやく一文言い終えることができた
もうすでに目に写るものはなく、耳もほとんど機能していない
それでもこの赤い髪をした美しい少女の声をはっきりと捕らえることができた
 「はいっ…とても幸せでした」
彼女は泣いているのだろう
その声は嗚咽のため聞き取りがたくとても震えていた
目が見えなくなった今でも簡単に彼女の泣顔を思い浮かべることができる
 「私はっ…貴方にあえてとてもっ…よかった」
彼女は泣いている
彼女は俺のせいで泣いている
それがとても悔しかった
何もできないのが悔しかった
どうにもならないのが悔しかった
 「○○さん!!○○さん!!」
必死に俺を呼ぶ声が聞こえるでも俺にはどうすることもできない
だから…だから少しでも抗おうと口をあける
 「め……い…りん…好き…だよ」
最後の言葉を残して俺という人間の一生は終わった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これは彼女と初めて出会ったときの記憶、とても大切な尊い記憶
 「いってぇ、なんだよ急に」
俺は急に景色が変わったことに驚いていた
だがそんな感情は彼女を見た瞬間吹き飛んでしまっていた
 「大丈夫ですか!?急に空から降ってきましたが!?」

一目惚れだった…ここが自分がいた世界とは違うことなんて問題じゃなかった
彼女に会うにはどうすればいいのかそっちの方が問題だった
俺は彼女と少しでも長い間一緒にいたいがために紅魔館で働いた
初めのうちは会う暇なんてなかった
そこから段々となれていって彼女と会う時間を作ることができるようになった
しばらくして彼女のファンを名乗るものたちに陰湿なイジメを受けるようになった
時には暴力を振られることもあった
それでも彼女に会いに行くときはいつでも笑顔を心がけた
彼女は優しい、俺が虐められてると知ったら助けようとするだろう
それが俺じゃなくても一緒だ彼女は誰にでも優しくできる
人間の俺にも優しくしてくれたほどだ
そんなとこに俺は惚れたし、みんなも惹かれている
だからこそ虐められている事実は隠さなければならない
彼女はその優しさが故に色々なものを溜め込んでしまう
メイドが一人で掃除をしていれば手伝い、皿を割って泣いていれば一緒に頭を下げに行く
一つ一つが対したことがなくてもそれは蓄積し、いつか彼女を滅ぼす
だから俺は彼女を手伝いたい
彼女がメイドの手伝いで掃除をしているのならば俺も一緒に手伝いたい
彼女が頭を下げに行くならば俺も一緒に下げに行く
少しでも彼女を手伝いたい、彼女を支えたい
だから俺が彼女の負担になるようなことはあってはならない
だから笑おう少しでも彼女の負担を軽くするために

348名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 05:30:46 ID:rXbKex4I0
>>347つづき
始まりが唐突ならば終わりも唐突だなとそのとき俺は思った
夕方、俺は仕事が終わってから先輩のメイドに呼び出された
俺は指定されていたとこに着いて早々に後悔した
そこには埋め尽くさんばかりの
妖、妖、妖、妖、妖、妖、妖、妖、妖、妖、メイド、妖、妖、妖、妖、妖、
いつも俺を虐めているやつもいれば見たこともないやつもいた
俺はここまでかと小さく呟いて彼女のことを考えた
俺の話に笑ってくれる彼女
俺のちょっとキザなセリフに赤くなる彼女
俺に悩みを話してくれるときにみせる悲しい顔の彼女
それが走馬灯のように俺の頭の中を駆け巡る
一人の妖が口をあける
 「神様へのお祈りは済んだ?
         済んでなくても待たないけど」
その妖はワラッテイタ
なにが可笑しいんだろう俺は場違いながらそんなことを考えていた
だがこの状況はまずい俺はこの状況を打開できる策を少しでも考える時間を稼ぐために質問を一つした
 「なぜ…こんなことをする」
声が震えなかったのは奇跡だ今は少しでも考える時間がほしい
そのためにも向こうにはこちらが平静を保ってるようにみせなければならない
後はこの話題に食いついてくれれば…
 「何故かってそれは…」
食いついた!
 「言おうと思ったけどやっぱや〜めた
         あなたこの話題に食いついたとたん嬉しそうな顔するんですもの」
なんて間抜け!今は自分の正直な顔を恨めしく思う
 「それじゃ私たちのために美鈴さまのために死んでください」
おそらくリーダーなどだろう妖が手を上に掲げ俺に向けて勢いよく下げる
それが合図になって妖共は俺を囲み暴力を振るった
殴る、蹴る、殴る、蹴る、殴る、蹴る
俺には体を丸めて亀のように耐えるしかなかった
 「っっ」
左腕に骨が折れたような鈍い痛みがジクジクとする
ようなではなく実際、折れているのだろう左腕は完全に明後日のほうを向いていた
 「づっっぐあぁっ」
次は右足、左足の順番で骨が折れた
 「ああああぁぁぁああぁああぁ」
最後に右腕が折れて俺は擬似達磨になった
 「あらあらまるで達磨みたいよフフフッ」
妖は哂う自分が上だと、貴様は所詮人間、下等な人間なのだと
だから俺は哂う自分を奮い立たせるために、少しでも長く生きるために
 「ちっちぇいなぁ」
俺にできる唯一の抵抗、下等な人間が妖にできる唯一の抵抗
できるだけ哀れむように、慰めるように
 「っっっ!殺しなさい!!早く、速く、一瞬で確実に息の根を止めなさい!!!!」
妖共がこの声を合図に一斉に動き出す
俺はここまでか結局彼女には何も残せなかったし、してやれなかった
残念だと思いながら目を瞑る・・・・・・・
衝撃は来ない何故だ?衝撃がこないほどの速さで殺されたのか?
ゆっくりと目をあける
 「っ!」
そこには赤い紅い髪をはためかせ七色の弾を従えた彼女がいた

349名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 05:31:44 ID:rXbKex4I0
>>348つづき
 「……」
絶句声がでないそれは妖共も同じだろうここにいる全員が動けない
例外はこの場をこのようにした彼女だけ
ジャリッ
一歩彼女は妖共に向かって足をだす
 「…何をしている」
普段の彼女らしくない怒気を孕んだ声をだして問う
ジャリッ
また一歩彼女は妖共に向かって足をだす
 「…もう一度聞く、何をしている」
次の言葉にはさらに怒りが上乗せされていた
ジャリ
三歩これで彼女とリーダーの妖との距離はゼロに等しくなった
 「何をしているのかといっている!!!!答えろ!!!!!」
紅魔館中に響きわたるような大声で彼女は叫んだ
 「ひっ」
リーダーの妖はその声に恐れあとずさる
しかし、それは許さないとばかりに彼女は腕を伸ばし妖の胸倉を掴み再度問うた
 「答えろ!」
それで漸く現状を理解したのだろう妖はしどろもどろになりながらも必死に答えた
自分は悪くないと悪いのはすべてアイツだとこちらが感心するような言い訳を並べていく
 「だから私達はなにも悪くありまs痛い痛いイタイイタイイタイイタイッ」
無様にも鼻水を垂らしながら妖は泣き叫ぶ
 「私の目を見ろ」
妖はそれにしたがって彼女の目を見る
一秒
二秒
三秒
 「ッ」
そこで妖は目を逸らしてしまった決して逸らしてしまってはいけないところで逸らしてしまった
今ここで逸らしてしまうというのは嘘をついていたということだ
自分に自身があるのならば逸らさない
ましてや妖怪、人間の何倍も精神力は強い
 「嘘か?」
彼女は静かに穏やかに問う
今までのは嘘なのかと言い訳だったのかと
 「……」
返答は無言
 「くっ」
それだけで彼女には十分だった
彼女は震える右手を握り締めて
 強く
  速く
   正確に
妖の頬を打ち抜いた
 「失せろ」
彼女のその一言でその場にいた妖共は蜘蛛の子を散らすように
逃げていった
 「ヴ…ぁ」
うまく喋れない彼女に伝えたい言葉があるのに
 「大丈夫ですか!?痛くないですか!?いや、こんなに折れてるんですから痛いにきまってますよね
   ああ、どうしようどうしよう私治癒魔法なんて使えないんですよぉ」
そこには、いままでのシリアスをぶち壊すような狼狽ぶりを見せる彼女がいた
腕が痛い、足が痛い、でも、それでも今はこのあわてている彼女を見てていたい
 「すん…どうせ私なんかいらない子なんですよ
   毎回黒白の魔法使いには抜かれるし、みんな私の名前覚えてくれないし、どうせ、どうせ私なんか」
少し考えてる間に彼女は何故か拗ねていた
こんな状況で言いたくなかったが言うしかないだろう漢として!
何故か俺もテンションが上がっていた
 「ヴッ…君ひゃひらない娘なんかひゃない
   しゅくなひゅとみょほれにひゃ君ぎゃひつひょうだ美鈴」
なにを言ってるか自分でもわからないほど酷い発音になってしまった
 「ほ、本当ですか!」
それでも彼女には伝わっていたようだ
涙目で顔を赤くしながら聞いてくる…これは反則だろ
 「ひょんひょうら
  ひょれ…俺には君が必要だ
  俺は弱い人間だ現に今もこんな状態だ
  それでも俺は君に伝えたい言葉がある
  好きです、大好きです、初めて会ったその日から貴方のことが好きです
  新しいあなたを発見する度にさらに好きになっていきました
        笑っている貴方が好きだ
        照れている貴方が好きだ
        泣いている貴方が好きだ
        優しい貴方が好きだ
        貴方のすべてを好いています
  俺は人間です、いずれ貴方を置いて死んでしまう身です
  それでも死ぬその瞬間まで貴方を手伝いたい、支えたい!
  俺と一緒になってください!」
最後らへんなにを言っているのか自分でもわからなかった
それでも俺は後悔してないこれで振られてしまっても俺はかまわない
伝えたいことは伝え切れてないそれでもこれが俺の今の限界だから後悔はしていない
 「あ…う、そ、その////」
彼女は赤くなって俯いてしまった
その一つ一つの挙動が可愛く見えてしまう
これが恋…か…
今俺ものすごい恥ずかしいこと考えなかったか///?
 「ゎ…私も!貴方のことが…す、好きです
  さりげなく気をつかってくれる貴方が好きです
  私の愚痴や悩みを親身になって聞いてくれる貴方が好きです
  大好きなんです!!!」
その言葉は俺の心に長い間響いた
俺にはこれしかいえなかった
 「一緒になろう美鈴…」
一拍の間を置いて彼女は答えた
 「…はい」

初投稿でしたお目汚しにんらなければ幸いです。

350名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 12:24:18 ID:VM1sDnEgO
あまり長く続くようなら
うpろだを使うことを勧める

351名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 12:54:40 ID:Aw0UG.jYO
だが良かった…。
普段温厚なめーりんだけに、キレたら怖かっこいい。

352名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 13:01:20 ID:rXbKex4I0
>>350
ご指摘ありがとうございます
今度からはそうします
>>351
気に入ってくれてよかったです

353名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 13:01:46 ID:66psuDf60
最近本気を出しためーりんは幻想郷の誰よりも強いんじゃないかと思い始めてる

354名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 13:03:48 ID:K5mylV4k0
だがしかし肉弾戦でも吸血鬼の方が強いのは確定的に明らか
美鈴は何だかんだで門番って位置がしっくり来てると思うわ

355名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 13:24:33 ID:tpVBKAgM0
突出した性能はないけどオールラウンダーって感じ

356名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 14:09:42 ID:43PHzU120
めーりんの話題になると、どうしても幻想郷のヌシである龍との関係が気になる。
人民帽の龍の字といい、虹色の弾幕といい、出所不明の一種一人の妖怪であることといい、何か関係あるんじゃないかなーと。
まあ、スレ違いですが。

357名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 14:44:17 ID:UII2xDuU0
美鈴は幻想郷最高の門番だよ!

358名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 17:28:34 ID:V6SqRjDc0
中国だから龍は関係アルよ

359名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 17:42:38 ID:obewvVkk0
HDの中をキレイキレイしてたらこんなのがでてきた 文才なさすぎorz 糖分もなさすぎ

同じような毎日の繰り返しに飽きてきたころ、○○は思う。

何の刺激もないような時を浪費するぐらいなら、妖怪やら怪物やら幽霊やらに殺された方が一瞬でも「非日常」を垣間見ることができただけましだ、と。

しかし、いくらそう考え、思おうが現実はなかなか易しくはない。

けれど○○は待ち続けた。 いつか訪れるかもしれない僅かな可能性を。

待つ間に○○は、考えるのをやめ、思うのをやめ、感じる事をやめた。

ただ空虚な時が流れていく中で待ち続けるのに感情は邪魔だった。 何時しか○○の心も空虚なものになっていた。

10年が過ぎ、50年が過ぎ、100年が過ぎたころ、ようやく○○は出会うことができた。

しかし何にも感じなかった。 

非日常に染めてもらうはずの心は、何にも染まる事のできない、悲しいほどの黒になっていた。

○○は絶望する事すらできなかった。 絶望の仕方が分からなかった、無念の感じ方が分からなかった。

ただ途方にくれていると、非日常は言った。

今では貴方も立派な非日常よ、と。

だから時間はたくさんあるわ。 何か感じられるようになるまで待ち続ければいいじゃない、と。

私、暇だから貴方に付き合ってあげる。感謝しなさいよね、と。

そのとき久しぶりに何かを感じた気がする。

どんな感情なのかは分からない。 けれどそれでも良かった。 何か暖かくなるものだったから・・・。


相手はお好きに脳内補完 ちなみに俺はゆかりんを幻視したぜっ

360名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 18:44:45 ID:5Bp06iro0
>>356
美鈴は鯉の妖怪じゃねーの
虹+登竜門の番的な意味で

361名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 19:23:05 ID:E4TP5FeI0
お前らは何を言っているんだ。
美鈴は俺の嫁だよ

362名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 20:20:28 ID:mviSgY9M0
美鈴は蓮の花の妖怪だと言いながら流れを未来永劫斬。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0257.txt
小町はツンデレが似合う気がしたんだ。そしていろいろとごめんなさい。

363名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 21:25:32 ID:UII2xDuU0
「鈴仙と見つめ合えないのは心苦しい。なので鈴仙、是非俺に協力してほしい」
「協力って……何するつもり?」
「取り敢えず俺と見つめ合ってくれ」
「……いやいや、そしたら君が狂気の瞳に中てられちゃうじゃない」
「それでいいんだ。何度も繰り返せばきっと俺自身がその瞳に慣れて、鈴仙の目を見ても平気になる」
「なんだか間違ってる気がするんだけれど」
「最初は辛いかも知れない。だけど、鈴仙と話すときに目を逸らさなくてはならないほうが俺にとっては万倍辛い」
「あぅ……君も結構言うのね、悪い気はしないけれど」
「うむ、つまりは習うより慣れろだ! さぁ俺の眼を見てくれ!」
「使い方間違ってる間違ってる。……うん、わかった。じゃあ見るわよ?」

「へぁぁぁぁぁぁ目がぁぁぁぁぁぁめがぁぁぁぁぁぁ」
「あああ大丈夫!? 誰か、誰か担架をー!?」
「くぅ……最初だから仕方ないか。まだまだ先は長そうだ、もう一度頼む!」
「は、はーい」

「へぁぁぁぁぁぁ目がぁぁぁぁぁぁめがぁぁぁぁぁぁ」
「……ですよねー」

「黒だよ……真っ黒ッッ!!」
「サングラスをつけても変わらないと思うんだけどなぁ」
「何事もチャレンジだよ鈴仙。さぁ頼む!」
「う、うん、頑張って!」

「……無理だと思うんだけどなぁ」
「てか、グラサンかけたら見つめ合えてもわからないんじゃないかしらねぇ」
「輝夜もてゐも二人のこと覗いてないで行くわよー」ガシッ
『あぁー』ズルズルズル

その後結局、当然ながら慣れるということはなく、ひとまずは
「鈴仙のおでこ辺りを見る」ということで妥協することとなったとか

「……でもやっぱり、彼とはちゃんと見つめ合ってお話したいなぁ」

364名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 22:00:52 ID:h6lQFaXAO
正月といえば双六
というわけで、ちょっと霊夢と魔理沙と紫とお空とお燐と双六やってくる

365名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 22:09:56 ID:obewvVkk0
俺は藍さまのしっぽに埋まってくる

366名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 22:25:24 ID:GEiBKWxI0
紅魔館の前の湖で釣りをしていたら
早苗に背後から「せーんぱい♪」とか言われて抱きつかれた件

367名前が無い程度の能力:2009/01/06(火) 22:39:43 ID:eTnFWyv60
>>362
ツンデレ小町来た!これで勝つる!
緋想天シナリオのおかげで最近はだいぶ大人っぽい印象を抱いてはいたけれど、
これはこれでいいもんだなあ
GJ

368名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 00:36:30 ID:NsskzANAO
初書き




「あぁ、眠れねぇ」
布団の中で呟く。今はもう深夜だ。本来ならもう寝ている時間なのだが眠れない。
「……散歩でもしようか」
夜は妖怪が出るというが、人里の中だし、大丈夫だろう。


「わぉ。外の世界と違ってすげぇ星だことで」
空には、大小さまざまな光輝くものが散りばめられている。
「確かに、星がキレイだねぇ」
屋根の上から、声が聞こえた。
そこには、鬼の女の子が、ちょこんと座っていた。

「ほら、○○も一緒にお酒呑まない?とっても美味しいよ!今なら……わ、私がお酌してあげるよ!ね?一緒に呑もうよ」
なんだかすごい必死になって誘っているな。
「ん。じゃ呑ませてもらおうかな」



萃香に引っ張りあげてもらって屋根の上で二人きりの宴会。
深夜なので、静かな、宴会。喋る話は、尽きなかった。

369名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 00:40:33 ID:NsskzANAO
>>368続き



しばらくたって、そろそろお開きにしようという話になった。そこで俺は、まだ、コイツと一緒に居たいと思った。なぜかって?それは、俺はコイツのことを……。

「なぁ、萃香」
「ん〜?何〜?」
「俺は、お前が好きだ」
「……」
ぴたっ。
ふらふらしていた頭が、止まる。萃香は今、後ろを向いている。表情は見えない。
「一緒に酒を呑んで。馬鹿話をして。笑いあって。自分の気持ちに気付いた」

萃香は、黙っている。

「俺はお前が好きなんだ。宴会の時の楽しい気持ち、終わる時の寂しい気持ち、お前と話す時の楽しい気持ち、お前と別れる時の寂しい気持ち。……全部、恋だったんだ」

「俺は、お前が好きだ」

心の中を全部、吐き出した。
沈黙が続き、やがて萃香は呟いた。

「私の気持ちも……恋だったんだ」

そう呟いて、ちょと赤くなった顔で、振り向いた。

「私も、○○が好き」

俺は、萃香を抱き締めた。角が邪魔と言ったら、頬を膨らませて、空気を読めと言われた。
だから俺は、萃香の顔を見つめた。彼女はゆっくりと目を閉じた。俺は顔を近づけて行き……



キスを、した。





あとがそ
パソコンほしい
あとがそおわり

370名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 01:37:06 ID:fmC1/Cm.0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0258.txt
趣味丸出し

371名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 08:05:48 ID:ylmO4aW.0
すばらしい趣味じゃないか

372名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 10:19:43 ID:kOxHFLC.0
「クリームビュリュレ」に超にやにや

373名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 10:27:30 ID:Ljdty3TI0
良い趣味をお持ちで
自分で甘いと思ってても満足してるアリスかわいいよアリス
でも右投げ左打ちはひどいwww

374名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 10:54:00 ID:lcqV1yYAO
>>368
ょぅゃく すいかちゃんきた。すいかちゃん…

375名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 13:25:38 ID:dzVukAB6O
すいかちゃんかわいいよ

376名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 23:22:26 ID:0A6gHGP2O
おお良かった、イチャスレは無事だったか

377名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 23:29:49 ID:6IRlE/ac0
なんかあったん?

378名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 23:31:58 ID:oBXwT6.6O
>>376のせいで
火事に襲われた人里で
阿求を火から身を挺して守り、安全なところまで連れ出して力尽きる○○が見えた
というかところどころを煤で黒くした阿求に涙目で膝枕されたい。本気で心配されたい
そんな泣き顔を笑顔にしてやりたい

379名前が無い程度の能力:2009/01/07(水) 23:34:46 ID:CYow6IcQ0
>>370
ゆかりんwww

380名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 00:02:56 ID:nNTg3Ik.0
いまさらながら>>210の続き。
とりあえず完結。
結局誰にも手を出さない○○でしたが生暖かく見守ってあげてください。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0259.txt

381名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 00:33:56 ID:tR/DH7X2O
流れとか関係なしに、イチャイチャするぜ



「ねぇ○○、私今とっても暇なの」

天子が突然そう切り出した。さっきまで要石の上に仰向けに乗り、楽しそうに背中ボキボキなるぅとか言ってたんだが……飽きてしまったようだ。

「あぁ、そう。俺は読書で忙しい」

めんどいから聞き流そうとした。

「私が暇なのー!ねぇねぇ、○○〜。なんかしてよう。私を楽しませてよう」

畳の上にころころ転がりながら俺の名を呼ぶ。しょうがない。付き合ってやるか。

「わかったよ。遊んでやろう」

途端に笑顔になる。

「やったぁ! で、何するの?」

うーん。たのしいこと、か。うん。これなら良いかな。

「じゃあ俺がお尻ペンペンしてやるよ。ルールは簡単だ。俺がリズムにノってお尻を叩く。お前は叩かれろ。どうだ、解ったか?」

「う、うん……スッゴい愉しそう……って違う!!」

「あ?何が。愉しそうだろ?」

「うん、スッゴい魅力的……じゃなくて! もっと健全なものよ! 何でこんな変態ちっくな事しなきゃいけないのよ!」

「だって、お前変態じゃん。自覚あるだろ?」

「はい……私は変態です……って違う!」

あ。ちょっといじめ過ぎた。天子が泣き出してしまった。

「うぅ……わ、私はただ○○と遊びたいだけなのよ……○○と一緒に居たいだけなのよぅ……ひっく……意地悪、しないでよぅ……」

そう言って、両手で顔を覆った。俺は、天子に歩み寄り、抱き締めた。

「ごめん。ふざけ過ぎた。反省してる」

帽子を取り、頭を撫でる。

「ごめんな。ごめん」

「ホントに、反省してる?」

「あぁ、してる」

「じゃあ……キス、して」

潤んだ瞳で、真っ直ぐに見つめられる。やがて、目を閉じた。
俺は、天子と唇を重ねた。

「ぷぁ……もっと……強く、抱いて?」

俺は、華奢な天子の体を強く、強く抱き締めた。


天子が、幸せー、と呟いた。

382名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 00:38:37 ID:NDv6.jTo0
あ、あますぎる
胸焼けしちまうぜ

383名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 00:59:25 ID:6vq4S5go0
>>375 >>382
よぅわかったからsageなはれや

384名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 06:50:55 ID:tracHCZI0
ここは強制sageじゃなかったか…?

385名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 07:53:29 ID:eCQHp.vY0
>>370
オルレアンwww
あやや可愛いよあやや

386名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 09:37:21 ID:dZvzRPX6O
お、おるれあーん

387名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 10:41:24 ID:56ZJLu1w0
るみゃ。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1490.txt

388名前が無い程度の能力:2009/01/08(木) 15:47:55 ID:Qf.gnXl60
>>387
適当なところで改行して欲しいかも。読みづらくて仕方ない。

389名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 01:22:29 ID:/Tb0ihOw0
復活したのかどうか確認も兼ねて書き
スレ消失が云々とか掲示板トップにあったものですから

森近「君達のいう彼、ってどんな人なんだい?聞かせて欲しい」

紅白「マイペースだけどここぞと言うときは異常に打たれ強いわね」
黒白「何を言ってるんだお前は、あいつは無愛想だぞ…時々優しいけどな」
従者「いいえ、いつでも誠実で真面目な人よ。お嬢様もお気に召しているわ」
庭番「幽々子様も認めるお料理の天才ですよ、その際は厨房に入れませんが」
月兎「いい人だとは思うんだけど、い、いきなり胸触ったりするのよ…」
天狗「つつけばつつくほどスクープのネタが出る弄り甲斐のある人ですよー」
蒼白「いい人ですよ。八坂様と洩矢様だけでなく、私にもよくしてくれます」
隙間「皆出鱈目ばかり言うのねぇ。食べ頃の若いいい男、これ以外の何だと」

森近「…どんな人なんだ、その人って」

時間が足りないので今日はここでおしまい

390名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 01:54:01 ID:SfMRNh.k0
ここのスレタイが異常に表示されるんだが
まだ完全に治ってないみたいね…

391名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 01:59:02 ID:VnboBcIs0
>>390
俺もだ
避難所に移る準備しといた方がいいかな

392名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 10:30:28 ID:x6LOqCYo0
でも名前は変でも書き込めるのね

393名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 17:20:24 ID:6T3z7xOE0
このスレヤバイと思ったらモールススレだった

394名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 22:34:47 ID:x6LOqCYo0
あ、いつの間にかスレタイ直ってる

395名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 23:15:42 ID:88zU9VZEO
取り敢えずお燐の耳をはむはむしてくる

396名前が無い程度の能力:2009/01/09(金) 23:59:18 ID:szzyMgQw0
じゃあ俺はお空の羽を撫でてきますね。

397名前が無い程度の能力:2009/01/10(土) 00:00:11 ID:z7rjR6gE0
衣玖さんの日とどこかで聞いたので
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0260.txt

398名前が無い程度の能力:2009/01/10(土) 00:25:06 ID:clMGXwZ2O
0.08秒早かったな

399名前が無い程度の能力:2009/01/10(土) 01:32:41 ID:q5ngUng60
シンプルイズベストでスキマ様にお出まし願うとしよう。
ぼーげっしょー絡みになりますが、公式ではない点に注意

「はぁ〜…」
「どうしたんですか紫さん?大きなため息ついちゃって」
「最近ついてないわ。やな気分になってきたから膝貸して」
「はぁ、どうぞ。それで、何があったんですか?」
「月侵略は失敗するし、天人は生意気だし、地霊はやってくるし、
最近の厄介事続きで管理不徹底を理由に閻魔様に叱られるし…」
「確かにそれは踏んだり蹴ったりですね」
「でもね」
「え?」
「このぬくもりに触れることで少しずつだけど、失ったはずの元気と
勇気が戻ってくるの」
「そうなんですか?」
「そうよ。それもあなたでないと絶対手に入らないわ。自信を持ちなさい、
これはあなただけにしかできない最大の仕事。この大妖八雲紫にぬくもりを
与え、元気と勇気を与えることが出来る程度の能力の持ち主」
「えぇっ」
「そういうわけでもっとちょうだい♪」
「いきなり表情がくだけた!?」

ガバッ

おーのー

400名前が無い程度の能力:2009/01/10(土) 02:18:19 ID:3B0r6qdM0
実にシンプルイズベストでいいスキマ様。

401名前が無い程度の能力:2009/01/10(土) 23:54:23 ID:PivwLIB.0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0261.txt
アリスとちゅっちゅしたかった

402名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 00:19:38 ID:t/XpGxjEO
>>401
はやく続きをかくんだ

403名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 01:04:37 ID:24pqSLpQ0
>>401 赤ん坊の○○が青年になったって、魔理沙はまだともかく霊夢の歳ゲフンゲフン

404名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 01:54:55 ID:bMidP8TI0
>>401
ぜひ続きを書いて欲しいです!

405名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:18:24 ID:CQrPsDDg0
>>401
むしろゲームとして作ってください

406名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:23:33 ID:NJ/DTSXE0
ゆかりんに続きアリスもカーチャンに・・・

407名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:32:36 ID:bMidP8TI0
すまんsageにするの忘れてしまったorz

408名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:46:21 ID:T7IIBJmc0
とりあえず誰か早く絵に起こすんだ
そしてゲームも作るんだ

409名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:55:23 ID:aN/76EPY0
後半のサンプルボイスにくそわらた。

410名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:58:02 ID:fh4sA68.0
上海ねぇの声が某所のせいで固定した。
ゲームとして作ってくれたら買う!
5本くらい買う!

411名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 02:59:19 ID:sbAmi8Uo0
>>401
続きを早く書くんだ!
それはそうと、りんをつけろよ、デコ娘とか……金田さん自重w

412名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 03:36:44 ID:35h67HB20
デコ属性なアリス・・・ゴクリ

413名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 09:57:33 ID:cUYiZEC.0
ゆうかりんその呼称お気に入りだったんですかwww
上海蓬莱のサンプルがどストライクすぎる……というかサンプルの神綺様ちょっと黒くないかw

414名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 10:54:21 ID:K3Y/DomA0
紫、小町、諏訪子、幽香、天子ときてアリスか
母子ネタって以外と結構あるんだなぁ

415名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 11:13:00 ID:njV7Lo7s0
りんワロタww

416名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 11:20:21 ID:KAhs1Pcg0
>>401
ゆうかりんwwww

417名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 13:51:00 ID:xOpG0PGQ0
外から来た外来人。ここに来てもう二年になる
そこまで活発ではないため彼の情報は烏天狗ぐらいからしか得られない

曰く−−博麗の巫女が惚れた男
曰く−−隙間妖怪が認めた男
曰く−−自称最強と渡り合った男

様々な噂が飛び交い、どれが事実なのかわからない

やがて誰かがこう言った。『もう一度同じ異変を起こし、あの男を試してみよう』
噂が嘘か真か……試される男の物語


続かない

418名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 14:25:37 ID:1X1I9ZJQO
上海ねぇと蓬莱ねぇだけでおなかいっぱい

419名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 16:09:54 ID:Xz68Cs6E0
素材が揃ってたらプログラム組んでみたいと思う
ただ、絵・音楽・小説部分と多いからな

俺は俺で電波投下。ヤンデレくさいので注意

運命「ミゼラブルフェイト」



重い金属音で目を覚ます、なぜか体が動かせない
すぐ近くには嫁(……はちょっと早いか)の姿を見つける

「お早う、○○」
「お早う、レミリア。ところで」
「なに?」
「なんで目覚めたら鎖で縛りつけられているのですか?」
「ん〜、愛の形?」

ああ参った、こんな趣味を持っていたとは
しかしレミリアの見せる無邪気な顔ですべて許せてしまう
動けないとなればそれはそれで話は別だが

「う〜ん、縛られてる○○もいいわね」
「この状態を脱する方法があれば御教え頂きたいものだ」
「脱したとして逃がさないけどね」
「ああ、可能ならばこの鎖をもって、あなたと二人結ばれたい」
「あ、それもいいかも!」
「でしたら……」
「でも解いてあげない」

そんなorz

420名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 16:14:46 ID:RDzVv7RY0
>>419
君、是非ともそれのヤンデレルートの続きをヤンデレスレでおねがいしたい!

421名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 16:39:31 ID:Xz68Cs6E0
ごめん、実際俺ヤンデレって何やればいいか分からねえんだorz

422名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 17:16:01 ID:vneeTMSA0
ヤンデレと書かずにお嬢様の突飛な思いつきとしておけばいいものを……w

423名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 17:21:31 ID:cdehqNNgO
お嬢様なら大抵の事は『突飛な思い付き』で説明できるから困るw



ここまで書いて、何もお嬢様に限った事じゃないことに気付いた

424名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 17:27:58 ID:NJ/DTSXE0
突飛な思いつきで春を集めたり地震起こしたり、
偉い人の考える事がよく分からんのは外の世界も幻想郷も同じだね

425名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 18:35:56 ID:5vW6eol60
「なぁ幽々子、桜って綺麗だよな。あの綺麗さを冬にも見れたらいいのにな」
「……そうね」

〜○○が帰宅〜

「妖夢! 春を集めてきなさい!」
「えぇ……。幽々子様、もう少しで春になりますからお待ちになってくださいませんか」
「駄目よ、妖夢。待っていたら冬が終わってしまうわ」
「はぁ……。」

そして異変失敗後○○に泣きついて慰められる幽々子様まで幻視した。

426名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:02:20 ID:InPxtrfIO
こんな電波を受信した


ある日、外の世界から迷い込んだ○○を保護した椛

数日共に過ごすうちにお互い惹かれ合うが、○○は椛の組織での立場を思って、椛は○○が人里で生きる方が彼の為だと思って、想いを口に出す事なく別れる

その後○○は人里で一人の女性の好意で生活を始めるが、椛の事が忘れられず、椛も椛で○○が女性と暮らし始めたと聞いて○○の事を忘れようとするものの、気が付けば千里眼で○○を見詰める日々が続く

そんなある日、女性が病に倒れ、余命いくばくも無くと知らさた○○は必死に看病するが女性は痩衰えるばかり、遂に命の火が燃え尽きる日がくる

頭を垂れる○○に、女性は「もっと自分に素直になりなさい」と遺言を残して息を引き取る

そして女性の葬儀の後、墓前で○○と椛は相対する……



ところで俺は、このプロットをSSにしろという人間が怖くてしかたないんだ、いいか、絶対に言うなよ、絶対だからな(ダチョウ倶楽部の竜ちゃんの瞳で

427名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:09:09 ID:T7IIBJmc0
嫌なら無理にSSにしろとは言えないよな

428名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:11:20 ID:9VxbPEV60
書きたくないものを無理して書くなよ

429名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:11:20 ID:K3Y/DomA0
有りがちな話だが、イチャスレでオリキャラの第三者を出すと難易度が上がる気がするのは何故?

430名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:18:08 ID:LfwtnvYU0
>>426
まんじゅう怖いですね、分かります

そこまで言うんじゃ仕方ないな(ニヤニヤ

431名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 19:30:14 ID:KAhs1Pcg0
>>426
怖いなら仕方ないよね

432名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 20:58:30 ID:cdehqNNgO
じゃあ俺が書くよ

433名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:00:37 ID:1I61OsRwO
>>432
いや、俺が書く

434名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:20:12 ID:CxIS4CYY0
>>432
いやいや俺が書くよ

435名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:21:46 ID:.oA3ueVI0
いやいや、ここは俺が

436名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:22:46 ID:4T3zAg0M0
>>432
皆には任せておけない
俺が書く

437名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:41:13 ID:0ZpT56VA0
>>436
どうぞどうぞ。

438名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:43:43 ID:W96jyJDY0
つまりイチャコンペというわけですか。

439名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:44:03 ID:4Id9XdTw0
>>429
マジレスしてやろうか?
必要ないからだよ

440名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:44:21 ID:oIgmE0/s0
よーしそこまで、パッチェさんがskmdyと怒鳴る前に
収拾つけましょう

現に今私は二柱にとっとと愛娘の作品一本上げろ!と
しばかれ、これまで幾度となく「作品あげたかごくつぶし」
と迫られてます…助けて

441名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 21:51:53 ID:SYsB4PJcO
こっちも「早く弟子がメインの作品を上げろ。さもなくば実験台だ。」と脅されてます。
俺はこんな所で死ぬ訳にはいかないんだ……!

442名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 22:08:22 ID:aN/76EPY0
この流れの中で一人だけ空気の読めない439
俺の嫁のいくさんに弟子入りおすすめ。

443名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 22:26:59 ID:tVFG3jtI0
海外旅行に行ったら大仏に欲情する自分に気がついて
多分仏教つながりで多分いいやん多分(なにがだろう……?)



花の異変のときに知り合った閻魔に会いたくて、会いたくてたまらない
ただ、彼女は精神的な意味で遠くで働いていて……
思い立った方法が、今では何考えてるのかと思うことだが

自殺だった

さてと、死ぬのなら是非すばやくはこんでもらえるだろうと三途の川原にレッツゴー
目に映った桜の木にロープ引っ掛けいざ行かんと首を吊った瞬間
何者かにロープが断ち切られ無様に落下してしまった

顔を上げると目の前には額に青筋を立てた死神の姿が
そして始まる死神による戒告と愚痴となにやら暇つぶしの香りのする説教タイム
むしろあの閻魔様にやってもらいたかったと思っていたら祈りが通じたか彼女の姿が
嬉しさのあまり手を振ると死神はすたこらさっさ

その後延々と説教をされる私なのでした



ってのが浮かんだ

444名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 23:32:02 ID:kdqVBpoo0
一体何処で覚えてきたのか…大妖精が突然「自転車で二人乗りがしたい」と言いはじめた
なんでも、朝の静かな湖畔を二人っきりで走りたいらしい
快諾したは良いが、残念ながら俺にそんな体力は無いだろう…ついでに自転車も無い
にとりに自転車製作を頼み、勇儀姐さん指導のもと肉体改造に挑む俺であった…

「耳をすませば」「車輪の唄」でこんな妄想しちまったい

445名前が無い程度の能力:2009/01/11(日) 23:55:38 ID:rn13lxjgO
猫形態のお燐を膝に乗せてパチュリーの大図書館で読者したい

446名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 01:00:36 ID:W7i6WQfA0
暇潰しに博麗神社に行くと霊夢と魔理沙がいて、羊羹を食べていた。
ついでだから自分にもくれよ、と言うと霊夢はため息を付きながらもお茶付きで用意してくれる。
羊羹を一口食べてからお茶を飲むと、お茶の美味しさが増した。
いきなり、霊夢に気持ち悪いと言われた。
お茶と羊羹の美味さに、無意識のうちに頬が緩んでしまったらしい。

他愛も無い談笑をしつつも、羊羹を食べようとすると、羊羹が無くなっていた。
魔理沙にお前食ったな、と食って掛かると魔理沙は首を横に振った。
嘘を付くと分かりやすい魔理沙に、普通に返されると言う事はきっと嘘ではない。
じゃあ、一体誰が食ったのか。萃香の名前を挙げると、先ほど紫に連れて行かれたという。
霊夢は取るくらいならそもそも出さない。

案外に近くにいるんじゃないの、と霊夢はお茶を飲みながら呟いた。
近くにいるかもしれない人物。魔理沙も違う。霊夢も違う。萃香も違うから紫も違う。
あ、そうか。

――こいしか。

その名前を呟く。
すると突然、耳元からふふっと笑い声が聞こえた。
あまりにも近い所から聞こえた声に驚いて振り向くと、こいしの笑顔が待っていた。
やっぱり君か、と言う間もなく押し倒され口を塞がれた。
霊夢と魔理沙に別の所でやってくれ、と言われ恥ずかしくなる。
それに気付いたこいしが名残惜しそうに離れようとする。
流石に人前では恥ずかしいと思っていたのだが。
気付けばこいしの頭を抑えて、再び接吻していた。
だから別の所でやれ、と二人に怒られてしまった。

447名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 04:19:01 ID:9c.YbE2IO
ここは芸人殺しの多いインターネッツですね


椛と恋人同士になった時の椛父の反応を考えてみた


A案
椛「父様、実は恋人が出来ました」
椛父「な、何だと!?何処の誰だそいつは」
椛「あのですね」
椛父「駄目だ、何処の馬の骨ともしれない輩に椛は渡せん!」


B案
椛「父様、実は恋人が略」
椛父「本当か!?」
椛「は、はぁ」
椛父「あぁ……訓練と仕事に明け暮れ早(規制)年、化粧もしなければ浮いた話の一つも無かった椛にやっと……」
椛「と、父様?」
椛父「いいか、絶対に離すんじゃないぞ!次は何時になるかわからないんだからな」


C案
椛「父様、実は略」
椛父「そうか」
椛「……それだけ、ですか?」
椛父「お前が惚れたのだろう?ならいい男に決まっている」


Aが王道だけど、個人的にはBが好きだし、Cも格好よいなぁ

あー椛とイチャイチャしたい
あー椛とイチャイチャしたい

448名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 08:35:17 ID:KAf7YHwo0
>>447
Cの親父がダンディすぎる


永琳とコーヒー飲んでたら砂糖とミルクとガムシロップたっぷり入れてた
「ブラック飲めないのか?」って聞いたら、目をそらして「頭使ってるから糖分が必要なのよ」
って言われた

衣玖とコーヒー飲もうとしたら「私コーヒー苦手なんです」ってはにかみながら言われた
つー訳で一緒に酒飲んだ

449名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 08:39:34 ID:Ppolv9Tg0
眠いけど寝たくない
寝たくないけど眠い
そんなことをのたまいながらゆかりんの太ももに頭載せたら
珍しく顔真っ赤にして慌てふためくゆかりんが見れてとても満足です

450名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 10:25:25 ID:CafHtt7Q0
>>448
それ何てやごころえーりんさんじゅうななs「オラァ!!」タコス!!

451名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 11:56:04 ID:9c.YbE2IO
あー椛とイチャイチャしたい


椛「あの○○さん、私の事好きですか?」

○「好きだよ」

椛「本当ですか!?……じゃあ、あの、文様は?」

○「ん?好きだよ」

椛「にとりは?」

○「もちろん好き」

椛「……厄神様は」

○「当然好き」

椛「…………くすん」

○「でも、まぁ」

椛「?」

○「『愛してる』のは椛だけ、だけどねぇ」

椛「……わふん」



あー椛とイチャイチャしたい

452名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 14:29:56 ID:l/6OTXnw0
>>451
ベタなのに何故こんなにもニヤニヤしちゃうんだろう

453名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 15:59:02 ID:L5kzFe.I0

 朝霧にけぶる博麗神社。その寝室に二人の男女がひとつの布団にくるまっている。
 互いをしっかりと抱きしめ、二人の顔には幸せの微笑みが浮かんでいる。
 最初は暖房費を節約するためという言い訳からひとつの布団に寝るようになったが
 今ではそれも何の意味も持たなかった。
 朝日が障子に映り込み部屋をほんのり照らし出し小鳥の朝のさえずりが始まる。
 
 先に目を覚ましたのは○○だ。しょぼしょぼと目を瞬かせ、腕の中の安らかに眠る少女を見て笑顔を浮かべる。
 愛しき人の身体にそっと手を触れる。まだ未熟な少女の線をやさしく、指でなぞる。
 くすぐったそうに体をよじり、身を寄せてくる少女に○○は胸に暖かなものが溢れ出る。
 どんなにお互いを求めてもこと足りることはなくいつまでも求めていたくなる。
 何もかも忘れ、相手だけを己の瞳に映して――
 
 しかし、時間は有限だ。○○は少女から手を離し、暖かな布団の中から寒い部屋の中へと起きようとする。
 でもその行動は腕を掴む少女によって止められた。
 
「……いっちゃやだ」
「それじゃあ朝ごはんの支度できないよ」
「……それでもいっちゃやだ」

 まるで駄々っ娘のような彼女の仕草に思わず笑みがこぼれる。
 自分にだけしか見せてくれない甘えた姿。
 
「じゃ、僕はどうしたらいいんだい?」
「……ごはんはまだでいい、いっしょにいて」

 やれやれといった表情で布団の中に戻る。
 甘くとろけるようなキスを交わし、少女の身体を包み込む。
 とくんとくんと互いの鼓動のリズムに誘われて二人はまた眠りにつくため瞳を閉じる……

454名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 18:48:52 ID:OKCEmY1E0
>>453
ほほう!それでそれで!?

455名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 19:15:58 ID:Q6YGEHEo0
久々に貼り。
咲夜さんと美鈴と天子が嫁の方。ゴメンナサイorz
しかも量が薄いんだ…

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0263.txt

456名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 21:05:10 ID:JNlcRvPUO
雪が降り積もり、少しずつ白銀に塗り替えられていく景色。
外来人の青年から見れば美しいそれも、寒そうに炬燵に足を突っ込んでいる少女――――博麗霊夢からすれば、陰鬱の対象でしかなかった。

「あーあ、こんなに降っちゃって。参拝客が減っちゃうじゃないの」

全く、やってられないわ。
乱暴に蜜柑の皮を剥き、実を口に放り込む。
如何にも彼女らしい言い分に、彼女の真向かいで胡座をかいていた青年は苦笑した。
空になった湯飲みに茶を注ぎ、口を湿らせる。
薄い苦味が、静かに青年の口内に広がった。


「果たして減る程にいるものかねぇ。賽銭も数えるほどあるまいに」
「うるさい、私の見立てではこれから増えるところだったんだから」
「だといいがね」
「私の勘は当たるのよ」
「異変限定でな」


そうだけど、と霊夢が不満気に口を尖らせる。
ただでさえ機嫌の悪い彼女をこれ以上苛つかせる必要もなく、青年は再び苦笑し緑茶を啜ると閉口した。


「……そういえば」
「あん?」


それから、互いに何も語らないまま数十分が過ぎて。
屋根の上に降り積もった雪の量が限界を迎え、塊となって傾斜を滑り落ちた音を合図に。
霊夢が、億劫に口を開いた。

「そろそろ頃合じゃない?」
「あー、そうだなぁ」
「そうよ、早くしないと彼岸が干からびるわよ」
「言うねぇ」
「だってあんた、へたれじゃない」


そうだねえ、と青年は否定することなく炬燵から足を抜き、姿勢を正す。
合わせて霊夢も足を整え、背筋を伸ばして正座をする。


「霊夢」
「はい」
「俺も、安定した職に就けたし」
「うん」
「給料も、3ヶ月分貯まったし」
「うん」
「俺と、結婚してくれ」


青年の告白を受け、霊夢は一旦間を置き。
先程青年が口を付けた湯飲みから一口茶を啜り、返答した。


「喜んでお受けするわ。一つ条件があるけど」
「なんだよ?」
「私よりも早死にするのは駄目よ。私よりも一日でも長生きして」


なんだそりゃ。
青年が脱力して、胡座をかくと、霊夢もそれに合わせて姿勢を崩し炬燵に足を突っ込んだ。


「だって、恋人に先立たれたりすると辛そうじゃない」
「幻想郷じゃ死後の生活もあるけどな」
「それじゃ意味ないのよ」
「?」
「わからないならいいわ」
「あそかい……ま、とにかく」
「これから宜しく、旦那様」
「あいあい」



霊夢ならこのぐらいあっさりしてても?
にしても三人称は難しいな

457名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 22:01:20 ID:03QOj0t60
>>456
いいなぁ、雰囲気が個人的に好き
射命丸のssを見て思ったんだが、射命丸って取材以外はタメ口じゃなかったっけ?

458名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 22:39:26 ID:xJy/kTK.0
>>457
取材を受けてくれる人と、実力とか立場が上の人に対しては敬語。
それ以外はタメ口。
文ー! 俺ダー! 罵ってくれー!

459名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 23:20:47 ID:af0d9qBA0
紫はカリスマ!
弱点などない!力も、知識も、全てに置いて完璧ダァーッ!
という症状のある方は、閲覧をお勧め出来ません。
ttp://pokoweb.com/pds/oyatu/konnna.txt
こんな紫になった。
紫は綺麗より可愛いのが似合うよ派なので。

460名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 23:26:06 ID:CKrIQxVo0
>>459
ゆかりんマジ可愛いよゆかりん

これは少女どころか乙女のレベル

461名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 23:30:14 ID:JNlcRvPUO
文は取材モードの時は丁寧口調、それ以外はタメ口

>>549
最早別人
だがそれだけデレデレにしてみたいかもしれない


デレデ霊夢は俺が書くとだれてめえになるから書けないんだよなぁ……

462名前が無い程度の能力:2009/01/12(月) 23:33:49 ID:JNlcRvPUO
安価ミス

×>>549
>>459

463名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 00:12:45 ID:PVQdftUoO
突然だが書いていく



「神綺様? 入りますよ〜?」

俺はそう言いながら大きな扉を開ける。

「あ、いらっしゃい○○」

そう言いながら、神綺様は体に似合わない大きな机から立ち上がる。
どうやら仕事中だったようだ。

「あ、すんません。仕事中だったみたいですね。すぐ帰ります」


神綺様はちっちゃい体でも魔界の神様。何かしら仕事があるハズだ。邪魔をしてはいけないだろう。そう思っていたら、神綺様が慌てた様子でこっちに走って来た。

「あ、ま、待って! 帰らないd」
ぽて。
可愛らしい音を立て神綺様が転んだ。あぁん、超ぷりちー!
なんて場合じゃなくて

「だ、大丈夫ですか?」

神綺様の前まで駆け寄り、抱き起こす。

「うー、大丈夫……」

「何でそんなに慌てて走って来るんですか。怪我したら大変ですよ」

「だって、君がすぐ帰ろうとするんだもん」

なぜか俺の腕の中でぷーっと頬を膨らます。あぁん、超ぷりちー!
じゃなくて

「それは、仕事の邪魔しちゃ悪いと思ったからですね」

「……やっぱり優しいね。私はね、君のそういう所が好きなの」

ぎゅう、俺に抱きついてくる神綺様。背はちっちゃくても体は女の子。出るとこ出てます。あぁん、超柔らかい!

「でもね、○○」

「何ですか?」

極力平静を保つ。落ち着け。

「恋人が遠い所から訪ねて来たのに、すぐ帰っちゃうなんて……私は、やだな」

「神綺様……」

神綺様は、優しい笑みを浮かべ、俺の事を見つめている。

「そうですね。確かに、寂しいかもです」

「うん。寂しいの。……だから、いっぱいぎゅう、ってして……?」

俺は神綺様を、優しく力を込めて抱き締めた。


しばらくして、小さな声が聞こえた。



「……ベッドは……あっちの部屋、だから……」





あとがそ
俺のアタマは限界突破した。
あとがそ終り

464名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 00:17:42 ID:aqhJVmkA0
あややが敬語だろうがタメ口だろうが、そこに愛があればなんだっていいぜ俺は。

>>459
このゆかりん、男性未経験……!

465名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 00:28:16 ID:gHlcunBwO
>>459
どうしよう。このゆかりん、うさんくささが皆無だ。可愛いを通り越してる。

466名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 01:04:13 ID:EllxVtwA0
>>459
俺の中の何かが弾けた。

467名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 14:09:36 ID:IN1ZDhn.0
>>459
えー!?ゆかりん……?えーーー!!!!?
どんだけ純情なんだwww

468名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 14:25:36 ID:5QNbZNBs0
処女とか乙女とか純情とか初心とか
そういうレベルじゃねーなw

ゆかりんを一人前の女性に育て上げる使命が○○にはあるw

469名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 14:31:05 ID:iSkqeWrs0
神綺様カワユスなぁ

470名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 23:51:49 ID:3IR/Ls7UO
あー、椛とイチャイチャしたい

特撮ヒーロー好きな椛の前に、悪の大ボスと刺し違えて幻想郷に飛ばされた変身ヒーローの○○が現れて……

という電波を受信したんだが、誰か俺と怪奇大作戦について語り合える奴がいたら、文章にしたいんだがどう思う

あー、椛とイチャイチャしたい

471名前が無い程度の能力:2009/01/13(火) 23:58:34 ID:hwDCaI/MO
このスレ向きの話じゃあないな


それはそうと
霊夢のところで居候してたらいつの間にかに恋人になっていつの間にかに結婚していたんだが
これはいかに

472名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 00:12:04 ID:ZMhXLtI.0
文書いてみた。何となく年末っぽくなったけれど気にしないことにする。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0265.txt

473名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 00:47:10 ID:93semw9EO
ひたすら鈴仙の耳をいじって遊ぶ〇〇
終わった後に隙を見てお返しとばかりに〇〇の耳を甘噛みし出す鈴仙
という電波を受信したがイチャもクソも無いことに今気付いた

474名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 01:07:50 ID:vClmZPlkO
書いてみた



「アリスー、紅茶いれてー」
「アリスー、コウチャイレテシャンハーイ」

「はいはい、分かったわよ。……って上海? 何で貴女まで」

「そんなの紅茶が飲みたいからに決まってるだろ」

「アンタは黙ってなさい」「(´・ω・`)」

「シャンハイガコウチャイレテモ、アンマリオイシクナイシャンハーイ」
「アリスガイレタホウガ、オイシイシャンハーイ……ソノホウガ、○○ガヨロコブシャンハーイ」

「上海、貴女……」

「なぁ上海。俺は味なんか気にしないぞ」

「バカ!このにぶちん! 乙女心が何も分かってないわね! 最低!」
「(´;ω;`)」

「上海。今から練習しましょう。○○をびっくりさせるのよ!」
「ガ、ガンバルシャンハーイ!」


〜一時間後〜

「ど、どうかしら」
「オ、オイシイシャンハーイ?」

「あぁ……すごく美味しいよ」

「やったわね、上海!」
「ウン!アリス、アリガトー!」

「おいで、上海」
「シャンハーイ?」
ナデナデ。
「よく頑張ったな。偉いぞ」
「シャ、シャンハーイ///」

「……。(私には……ないのかしら……)」

「アリス」
「はひっ!?」
「ありがとうな」
「あ、うん……い、いや……しゃ、上海の為にやったんだからね!別にアンタの事なんて糸屑ほども思ってないんだからね!礼言われるほどの事なんてしてないんだから!このバカ!」
「(´;ω;`)」



「アリステレテルシャンハーイ」
「アリス、カオマッカホラーイ」
「ホライ、イママデドコイッテタシャンハーイ?」
「カクレテアリスヲカンサツシテタホラーイ」
「アリスハ、○○ノコト……」
「シャンハーイ?」
「……ナンデモナイホラーイ」
「シャンハーイ!」
「ホラーイ!」





アトガキ
シャンハイとラブラブになるハズだったのに……アルェ?
アトガキオワリ

475名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 03:19:20 ID:vnB/T4gkO
リバースに考えるんだ、アリスとイチャついてるように見えて将を欲すならば馬を射よ作戦なんだって……

476名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 04:34:57 ID:QtzSYmAI0
実の親父に咲夜さんを寝取られた夢を見た…


 ∧||∧
(  ⌒ ヽ母さん俺はもう駄目です
 ∪  ノ
  ∪∪

477名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 05:25:12 ID:0x8T3AA.0
>>473
そんなことしてるやつらは傍から見て、充分にイチャついてるだろ……

>>476
おまいさんは親父さんにコンプレックスがあるのか?
少し心配だ。

478名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 08:04:52 ID:HaBTdIhQO
なんかアリスの父親になった夢をみた

んで知らない男から「義父さん、嬢さんを僕にください」とか言われてんの
いくら神綺さまが好きだからとはいえ何見てんだ俺

479名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 10:39:04 ID:e89LX.tU0
>>478
お義父さん、お嬢さんを俺にください……!

480名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 12:36:51 ID:UCPr8LxcO
何となく妖々夢をやたら藍様が急に可愛く見えてきた
何なんだろう、この感覚

481名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 14:50:16 ID:oZv.Z4WM0
up1472.txtの続きです
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1493.txt

忘れた頃に7回めです。2周目咲夜さんのお当番
気がついたら前回から2か月も経っていたという
ちゅっちゅするために書いてるのにちゅっちゅしてないとかどういうことなの…

482名前が無い程度の能力:2009/01/14(水) 23:28:06 ID:LDvG7VwU0
美鈴をイジる話と美鈴にイジられる話。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0266.txt

483名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 00:12:11 ID:L2CDwIEw0
どういうことだ…普段仏頂面で有名な俺の頬が
だらしなく緩んでいるだと…

484名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 09:31:56 ID:A5EREdZQ0
俺はMじゃないはずなんだ・・・
だが、女王様姿のえーりんが頭にうかんでからはどうだ・・・?
生まれて初めて本気でいじめてほしいと思った
ああああえーーーーりいいいいいいん
 
                                電波受信中…

485名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 11:40:48 ID:/8mJgT3MO
>>482
ヤバい、今まで見た美鈴の中でこれが一番いいわ

486名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 15:05:41 ID:T4uRwUS20
○○は今どこにいるのかしら    
       \___  ______________
         `ヽ、.__ノ´
           O
            o
             。


                ,,へ.
                    ,:'/  ':,
      /i`ヽ、         /./    ',
      ,' ',   ヽ、.,_   ___,,..:' _,' ,.ヘ.   !
     ,'  !    ''"´ ̄      `ヾ''.フ _ |
     i   ゝ'            `ヽ.,__>
     | rァ'     ,'   ',   ':,  、   `ヽ.     
    Σ/  /  / i    ! -i─!- ; ヽ.    ',
     Y   ,' _」-ハ   /! ハ_」_ ハ  ':,.   ', .∧    _,,.. -‐ァ
     ,'  ! '´/_」、 ! ./ !ァ'i´ ,ハ`Yi   ',   i/  ', ,:'´    ,'
     i   ! 7´;´ハ. レ'    '; _ノ ,ハ!   i   !へ,/Vヽヘ、_,.ヘ_i
     !. ,' レ'! '、_ノ      `´ ,.,.,.ノ  ,'.  ,'   /      !
.     '、!  ,ハ`          ∠,  ,ハ. ,:'  /      |
      ト.、.,,ゝ'"     _     ,ィレ'   ,イ ,.:'         !
        '、,/ i>.、._     _,.イラ  |  ,ヘ|'          !  _,,.. -‐ァ
     ノノ_ノi /  `ィT "´  /i`'ァ、!_ン /          ,'/ ヽ.,_/
    ト、 '´i レヘ ,.ィ'! |、___/ /:::::// `ヽ.           /     ,'
ァ- 、., |__ヽ.ノ  ,.イi´ヽ、二ニイ::::::::;'.,'    ヽ.        ,:'     i
`ヽ_,r'`ヽ,'  7 !7::::::::!::/ン:::::::::::Y!     ',       ,.イ      ,'
  ':,   i   ,' ,ハ:::::::r、v_::::::::::::::;ハ!__     iー‐--=<       /
  ',   '、  ! ,. -`ーァ-t‐ァ'" ̄ ̄ `ヽ.   !     `ヽ.    /
   !    ,ゝ! ´   i:.:.l|:.:.!         ノ        ヽ.,イ
   ':,_/  '、    |:.:.:!:.:.|       ,.イ          _>ー-‐ァ
    /    `''ァr-'::: ̄::::`''::ー-rァ'"´ト、!           >  /
   ノヘ    //|:::::::__:::人 ・∀|/   ハ ヽ.,_          `ン

487名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 16:41:53 ID:SPaV3qRI0
>>486
一番下の
人 ・∀|/
が気になりすぎるwww

488名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 16:47:03 ID:J1Og3jjM0
○○が隠れてるんじゃね?w

489名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 19:00:33 ID:V.XDTQ1UO
いきなり夜が来たと思ったらスカートの中だったでござるの巻

490名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 20:49:30 ID:mnctZf6E0
話を叩き斬りますが

霖之助が偶然拾った、または主人公が外界から持ち込んだ漫画の
中に「エ○ア8○」が入っていてそれを偶然見てしまった魔理沙が
「これはいい暇潰しになるぜ!」と思って妖怪退治に賞金制を導入。
すると幻想郷中から数多くの人妖が名乗りを上げた。その目的は
ある者は賽銭稼ぎ、ある者は館の経費稼ぎ、ある者は食費稼ぎ、
ある者は信仰集め、しかしその真の目的は『愛しの彼(しかも全員
狙いは一人)にプレゼントしてハートをがっちりゲットしよう!』
であった…

ここまで幻視しました

491名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 21:00:59 ID:WRJ1Z2RUO
>>490
それだと遠くない未来に、幻想郷から妖怪がいなくなるww
ってか、どっから賞金は出て来るんだろう

492名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 21:22:57 ID:QvNi5G5o0
行列の出来るお菓子屋に咲夜と並ぶレミリア。
残るケーキは30個。
余裕で購入できるかと思われたが、前に並んでいたのは珍しく洋服を着ていた幽々子だった。
全て買われたうえに、目の前で全て平らげられてれみりゃの怒りが有頂天。
気晴らしに何か面白い物でも、と香霖堂へれみりゃを連れて行く咲夜。
そこで見つけたのは、○リ○○8全巻セットだった…

とか考えてみたが、これもうイチャ向けじゃない。
さらに途中でカリスマブレイクしてるおぜうさまを想像したらなでなでしたくてたまらなくなった。

493名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 21:30:34 ID:T.zrSl/E0
ロリの○○が登場する漫画と思ったぜ

494名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 21:52:50 ID:qODnNcvw0
>>482の誤表記と一部の表現を修正。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0268.txt

495名前が無い程度の能力:2009/01/15(木) 23:16:58 ID:/8mJgT3MO
何というか、子供の頃に戻って藍様に思いっ切り抱きつきたい。ふかふかしたい

496名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 02:03:28 ID:AbnEFzME0
>>495
橙に
「藍さまの尻尾にもふもふしよっ!」
と誘われて応じるショタ○○。
藍さまを見つけると先に飛びついた橙によって尻尾が占領されてしまう。
涙目になる○○を見て藍さまが困り顔で
「ごめんよ、一人分しかないんだ。今はこれで我慢しておくれ」
と言いいながら○○を前から抱きしめる。それを見た橙が何だか悔しくなり後ろから○○をぎゅっ――

という所まで幻視した。

497名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 06:19:22 ID:GZdwfMYA0
>>494
何という素晴らしい中国。
ニヤニヤが止まらないぜ。

498名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 10:59:59 ID:CqVBDjYw0
>>486 あれか、結局想いを告げられずに外界へ帰ってしまった彼に
     「私はなぜこの恋慕を伝えなかったのだろうか」としょげてる藍さんか

     それとも去って初めて気づいた「これは、そうか。私は彼に惚れていたんだ」
     的な藍さんか

499名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 11:02:10 ID:5hlcfkyk0
俺はただ別の場所(外じゃなくて人里とか)にいる○○を想ってるだけかと思った
これだけでも人によっては取り方がたくさんあるからステキよね

500名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 16:24:31 ID:HULRzYgI0
>>499
その「人によっての取り方」の一つが
「いきなり夜が来たと思ったらスカートの中だったでござるの巻 」だってのは悲惨だなw

501名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 18:33:04 ID:Z2rnHBZg0
>>496
なんかものすごくわんだ

502名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 19:56:36 ID:J1GGMkUs0
橙とかくれんぼをする子供の○○(ショタではない)
うまく隠れたため最後まで見つからず、
橙は飽きて帰ってしまい、○○は道に迷って迷子に

その翌日、いつも可愛がっていた○○が見当たらず大慌てする藍
○○がさらわれたと勘違い、人里をも巻き込む大騒動に
なんてのが見えた

503名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 22:05:01 ID:xHeVizwA0

「………」
『…不安かしら?』
「あたりまえさ。今まで忽然と姿痕跡が消えていた人間が、これまた忽然と現れ試験を受けるなんて…。
 前例がなさ過ぎて、不安で押しつぶされてしまいそうだよ」
『それはそうでしょう、だってあなたが初めてだもの。
 わざわざ試験だけ受けるために外界に帰りたい、なんて言い出す人なんて○○ぐらいよ』
「まあ、そうだろうけどさ。……それでも、僕は受けなくちゃいけない」
『いい成績をとっていい大学に行くため?』
「違うよ。過去の自分へのけじめと、ささやかな親への復讐のためさ」
『けじめ?』
「……うん、きっとけじめって言う表現が一番しっくりくると思うんだ。
 偏差値と塾内平均と順位と参考書だけが全てだった過去の自分への、壮大な裏切り行為、
 そしてそんな過去の自分になるよう強制させ僕を煽り続けた親へのいやがらせと決別。
 ………なんか格好よくまとまったけど、要するに何か親を悔しがらせたりしたい、っていうのが本命かな。不孝行息子だね、僕は」
『どうしてそんなことをするのかしら?』
「なんでだろう、学歴でしか息子を見れない親への反発、それしか知らない親への軽蔑、
 そして無条件でその価値観を押し続け続けた親へ俺の人生のの賠償請求、いろいろあるんじゃないかな」
『親が憎い?』
「嫌いだけど、憎くはないかな。憎んだところでどうにかなる訳でも無し、そもそもその親がいなければ僕は生れてこなかった」
『………』
「あと、何か周りを引っかき回したいっていうのがあるね。……僕、ここに来るまでは歯車みたいな感じだったから………」
『…そうね。確かにここに来た時のあなたは、とてもじゃないけど人間とは言えないような状態だったわ。
 暇のつぶし方を知らない、そもそも勉強以外の行動が自発的にできない、
 腹が減っても主張の仕方を知らないし、まさか笑顔の作り方すら忘れてるとは思わなかったわ』
「………」
『でも、今は違うのでしょう?』
「……違う…のかな、紫がそう言ってくれるんなら、きっと違うんだろうね」
『ふふ、もっと自分に自信をもちなさい? 此処で得たものはたけさなるのでしょう?』
「うん。間違いなくいっぱいあるよ。皆には感謝してもしきれない」


「…そろそろ、行くよ。折を見て、スキマで落としてくれるかい?」
『勿論ですとも。私以外にも、あなたの事を好いてくれている子はいっぱいいるんだから。恋する少女は恐ろしいのよ?』
「じゃあ、行ってきます」
『がんばってらっしゃい。あなたの師達に恥をかかせない程度に』
「わかってるよ。 それじゃ」





センター試験前日記念。俺を含む東方板の受験生たちに幸あれ。

504名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 22:52:26 ID:RUwWzJlsO
俺、9割越したら藍様にプロポーズするんだ………

505名前が無い程度の能力:2009/01/16(金) 23:33:03 ID:cY2fMYM6O
猫形態の丸まったお燐抱き締めて寝たら
いつの間にかにお燐に抱き締められていた

506名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 01:14:29 ID:heG4M3vY0
衣玖さんって東方学園だと「幼馴染の優しいお姉さん」って立ち位置が似合う気がする。
きっと○○(受験生)と同じ学校に通えるようにと勉強を教えてくれたり願掛けしたり夜食を作ったりしてくれるんだよ。

‥‥って東方学園ってエスカレータ式だっけ?

507名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 09:43:34 ID:TNSjHLic0
衣玖さんとメリーと蓮子と同じ大学なんか入ったら仲良くなれなくてもリア充だな

508名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 09:45:21 ID:1EPcanNQ0
東方学園は幼小中高大院すべてがそろっている超マンモス学校
理事長の方針でどなたも例外なく受け入れますわ、をモットーに入学試験ゆるめのエスカレーター式

ただし学生及び教員の大半が人外ばかりで卒業はおろか学園生活を送るのがもはやサバイバル
入学願書を手に入れるのにも一苦労で毎年の入学者は他の学校よりも少ない

しかし美しい少女達目当てにこのサバイバルに挑戦する者は少なくない


なんかこんな電波受信した

509名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 09:46:30 ID:pFfIjKK.0
東方大学スレみたいな感じだろうか

510名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 10:05:19 ID:bXNZWAgQ0
イチャスレ内の東方学園に正式な設定はないぜ
まとめウィキに載ってるように、それぞれが自由に妄想すればいいわけだ

そんなわけで俺は高2のお燐のアルバイト先の店長やりますね

511名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 10:22:41 ID:98b9tkQ60
ちょっとした理由で家をうろついてたら文が窓ブチ破ってやって来たと思ったら鼻血吹いて倒れやがった
唖然としていると霊夢と魔理沙が玄関ブチ破って入ってきたと思ったらやっぱり鼻血吹きやがった
掃除大変だろうなと思ってたら隙間が開いて紫が来たがやはりというかなんというか鼻血を……
壊れた玄関が気になったのか衣玖がやってきたと思ったら顔真っ赤にして鼻押えながら
「服ぐらい着てください!!!」って怒られた。風呂上がりなんだから仕方ないだろ……
「だったら下着くらい脱衣所に持っていきなさい」っていつの間にか後ろに立ってた永琳に言われた
顔は真っ赤だがこちらをジロジロ見てる。野郎の裸なんて見てなんになるのやら
もっていったが盛大に濡らしてしまったんだよ……露出狂じゃないから安心してくれ

その後は二人に掃除手伝ってもらって、倒れた奴らは永琳がなんとかしてくれた

512名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 11:24:07 ID:/0niqbCY0
[男性の行方不明事件で巫女ら6人逮捕「ムラムラしてやった」]

○月○日午前、○日より連絡が取れず安否が気遣われていた>>511氏が、自宅で発見された。
>>511氏は干からびる寸前の重症であり、現在永遠亭で治療を受けている。
同氏は「ああ、見えるよラ○ァ、見えるよ皆が…」と意味不明な言葉を繰り返しているという。
警察はA氏の自宅内に付着していた血痕から博麗 霊夢容疑者ら6人の人妖を逮捕した。
博麗容疑者らは容疑を認め、「(>>551氏の裸を見て)ムラムラしてやった。味見のつもりだった。今は反省している」
と話しているという。

513名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 11:53:55 ID:k3p2z7vc0
センター試験という事で電波を書いてみる。駄文注意
思いの外長くなったのでろだ使わせてもらいました。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0269.txt

514名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 12:35:17 ID:GsI03E/I0
>>512
その面子を逮捕できる警官って
只者じゃなさすぎるな・・・
スーパーサ○ヤ人か何かか?

515名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 12:51:33 ID:YcNbR5lg0
>>514
借金踏み倒し、ツケ踏み倒しなど当たり前すぎな面子がゴロゴロ…
閻魔様にやってもらったほうがまだよかったんじゃあないですか

もしくはこの人とか「ンフフ、おイタが過ぎますよ?」
げぇっ 神主さん!なノリで

516名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 13:10:22 ID:.V3cx0Cc0
幻想郷の警官といえば、夢時空のあの人か。
強さ的にはどんな感じなんだろう。
自機として使えるから、弱くは無いんだろうけど。

517名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 14:40:00 ID:lF2OJWwM0
寿司の童貞打開講座始まるよ〜

518名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 14:40:31 ID:lF2OJWwM0
>>517
誤爆

519名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 15:49:58 ID:JcfHetgs0
わぁい!

520名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 21:22:11 ID:AaoqY9dIO
外の世界で猫とか動物に好かれていた○○は
幻想郷でも好かれたりするのだろうか

521名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 21:28:51 ID:YcNbR5lg0
古来より猫や犬といった獣の類は人間に比べて霊感が鋭いと
聞いたことがあります。つまり可能性はある!

522名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 21:57:18 ID:MC60vDW2O
世の中には手からマタタビの臭いをだす性質を持つやつがいるかもしれん

523名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 22:15:59 ID:/0niqbCY0
[また異変?妖獣が次々と「堕とされる」事件が相次ぐ]

気高きはずの妖獣が、たった一人の人間の男性に次々と「堕とされる」という事件が
頻発している。

男性は外の世界よりやってきたA氏(仮名)。幻想郷に迷い込んで間もない頃に
大妖怪八雲 紫(年齢不詳)さんの式、八雲 藍さんと知り合い、ある種の男性にとっては
喉から手が出るほど欲しいと思われるこの「能力」が自分に備わっていることを知ったという。
現在この異変は藍さんのみならず、その式である猫又、地霊殿の火車や地獄鴉、果ては
寺子屋の半獣にまで及んでいる。
A氏は「向こうに居た頃は猫とか犬とかに懐かれてましたけどね。汗臭いんですかね?
それとも体臭きついんですかね。だとしたらショックだなあ」と困惑の表情であった。

異変解決の第一人者である博麗の巫女も、この「異変」は解決できるのだろうか。

──文文。新聞、○月○日朝刊

524名前が無い程度の能力:2009/01/17(土) 23:18:41 ID:pFfIjKK.0
諏訪子様とか鴉、白狼天狗の皆さんも
メロメロになったりするんだろうかw

525名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 00:17:10 ID:8Rq40dSc0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0271.txt

カオスにも程がある

526名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 00:28:30 ID:Bxiq1M3.0
>>525
おまけに盛大に吹いたw

527名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 03:44:57 ID:4fwAsaY20
あー、椛とイチャイチャしたい

その結果がこれだよ
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0272.txt


後悔はしてない、あー、椛とイチャイチャしたい

528名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 10:12:00 ID:S/8URT2gO
このところ忙しかったため手入れしていなかった銃と刀を本格的に手入れすることにした
メンテ用の道具も無くなったり、古くなってたりしていたため買い出しに出かけた


この幻想郷で我が身を守るため、敵を倒すため、
スペルカード発動のため等、最早手の延長とも言える相棒
手入れを怠ることは死に繋がる。ゆえに普段はのんびりした性分はなりを潜める
その真剣さと集中ゆえか……いつの間にか衣玖がいた。なんか顔真っ赤だし……
○○「何時から……」
衣玖「えっと……その二丁の銃を解体してる辺りからです」
○○「声くらいかけてくれよ」
衣玖「あまりにも真剣だったため空気を読んだんです。
それにあんな顔した○○さんは初めてで見ほr、ってなに言わせるんですか!」
なんか勝手に自爆してキレられた……まぁ、あとは仕上げだけだからいいけどね……


その後はまったり衣玖と茶を飲みながら過ごした

529名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 14:18:27 ID:WpZV7kNA0
>>528
ダンテを想像してしまった
だとしたらスペカ名はデビルトリガーか

530名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 14:22:41 ID:rsD0BrQg0
なんという厨二

531名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 14:31:55 ID:Hk.DFYy.0
>>529
もろにソレ。DMCの小説見てて思いついたネタです

532名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 15:34:26 ID:pwMhACO20
スペルカードは宣言する物だと何度(ry

533名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 18:16:18 ID:h7c4GBRE0
ガチンコ勝負ものの同人なのにスペカ宣言しているのに突っ込むようなものです

534名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 18:22:36 ID:Uvhw/q8Y0
やっぱり「ハッスルタイム」の方がかっこいいよな

535名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 19:29:23 ID:R37F9uoYO
>>534
知ってる人いるのかそれ
ライジングザン懐かしいな

536名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 21:14:45 ID:RbFAfWmUO
今日が慧音の誕生日だということを知る○○
だが突然知らされた為に用意できたものがなく、大慌て
そんな中、目に付いたのは露店で売られているリボン
その日以来満月の晩の慧音の角には赤いリボンが付けられるようになったそうな

537名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 21:50:45 ID:UCe1L9vg0
 美鈴は門番をしてないと落ち着かない子。

 そのつもりだったけど、書いてたらこんなになった。

 ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0273.txt

538名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 21:58:08 ID:/Nyw9ZYE0
PAd・・・グワァー

539名前が無い程度の能力:2009/01/18(日) 22:09:19 ID:UCe1L9vg0
 誤字を見つけたので修正。ご迷惑おかけします。

 ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0274.txt

540名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 00:03:34 ID:OOmUJfkY0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0275.txt

短くてシンプル…だが、我に一片の悔いなし!!

541名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 00:14:21 ID:RgjKY4TgO
>>540
序を見てナチュラルに
「百人で〇〇を奪い合って殺し合うだけじゃ」
って台詞の画・柴田亜美の東方キャラが……

542名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 01:25:06 ID:QyNVk17k0
>>539
ちくしょう。可愛いなぁ、美鈴。
ところで、○○の持ってるスペカは合計48枚あるんだろうか、とアホなことを考えてしまったぜ。

543名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 04:20:16 ID:RgjKY4TgO
それは取り立てて何もない、普段通りの穏やかな夜の事。
深夜、人の気配で〇〇は目を覚ました。
そちらに顔を向けるとこの家の主である少女がいた。
「ん……あれ、アリス……どうしたの?」
「………起こして悪いわね。その、一緒に寝てもいい?」
「うん、いいよ」
「そう、ありがとう」
〇〇がアリス邸に居候するようになってから、同じような事を何回かしている。
今では頼む方も了解する方も慣れたものであった。
少し場所をずらして彼女の入るスペースを作る。
「それじゃあ、おやすみなさい〇〇」
「おやすみ、アリス……愛してる」
「……バカ、私も愛してるわ」
〇〇は隣の少女を赤子を抱くように、優しく腕を回す。
暖かな想いを抱えて〇〇は眼を閉じる。
少し沈んでいた睡魔は、すぐに浮かんできた。
けれど、眠気でぼやけていく思考の中、彼女が寝床に来た理由を、少しだけ気にしていた。


悪夢を見た。それもとびきりの。
〇〇が私の前から消える夢、〇〇が私を置いて死ぬ夢、
〇〇が私以外の誰かを抱きしめる夢、〇〇が。

総じて、私と〇〇が離れる夢。
私と、〇〇が、離れる……夢。

―――〇〇!〇〇!〇〇ッ!!
―――ダメ!返して……〇〇を返して!
――――いや、止めて、〇〇、〇〇は、私、私の……私のッ―――
―――〇〇、助けて〇〇、嫌、こんなの……助けて〇〇!

気付けば、涙を流しながらベッドの上で、悲鳴を押し殺しながら泣いていた。
確かめずにはいられなかった。勢いよく起き上がり枕元の上海を抱えて小走りで〇〇の部屋に向かう。

扉を開いて……いつものように眠っている〇〇を見て、思わず安堵の息を吐いていた。
寄り添って、一緒に寝かせて貰う。起こしてしまったけれど彼は全く気にした様子がない。
事実、気にしていないのだろう。当たり前に受け入れてくれる事が嬉しかった。
横になり、〇〇に抱きしめられる。
瞬く内に不安が消え失せていく、どころか心地良くさえなっている。
トロトロと眠気が忍び寄ってきた。

〇〇との良い夢を見る事を望みながら、アリスは〇〇自身の事を思う。
不器用でどこか抜けてて凄い弱気で魔法弾一つ撃てなくて、でも優しくて面倒見が良くて一生懸命で、誰より私を愛してくれる。
〇〇、大好き。
明日も、よろしくお願いね。

――――
こんな時間に何書いてるんだろう俺
いいや、これで眠れそうだし

544名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 04:28:02 ID:oyxrw4CE0
このスレのアリスは総じて破壊力ありすぎ

545名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 04:49:19 ID:k1.kUfco0
アリス可愛すぎだろ…

じゃあ、俺もそろそろ寝るわ。
パチュリーと一緒に。

546名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 19:08:12 ID:OOmUJfkY0
ならば義兄弟ッ!君の意見を聞こうッ!

彼氏を抱き枕にする側

霊夢、魔理沙、ルーミア、チルノ、パチェ、咲夜、レミリア、
フラン、橙、アリス、ルナサ、メルラン、リリカ、妖夢、紫、
リグル、ミスティア、てゐ、鈴仙、輝夜、妹紅、メディ、幽香、
映姫、萃香、穣子、静葉、にとり、文、諏訪子、天子、キスメ、
ヤマメ、パルスィ、さとり、お燐、空、こいし、三月精、依姫、
阿求

彼氏から抱き枕にされる、または自分からなる側

大妖精、美鈴、小悪魔、レティ、幽々子、藍、慧音、永琳、小町、
雛、椛、早苗、神奈子、衣玖、勇儀、豊姫

異議は許可するッ!

547名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 20:09:47 ID:HmFRAcfI0
>>546
何故「抱き枕にする」か「抱き枕にされる」しかないんだッ!
お互いに抱き合えばいいではないかッ!

548名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 20:15:35 ID:XkAbu4fI0
>>546
どこかの誰かのおかげで勇儀さんは抱き枕にする側しか想像できな・・・
いや、抱き枕にしてもらうのをうずうずして待つ勇儀さんもありかっ!

549名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 20:39:56 ID:AdpVbeDM0
逆にこっちが抱き枕に・・・いやなんでもない

550名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 20:43:16 ID:QY4EuX9E0
抱き枕が少し変化するもの。
冬場:妖夢
夏場:妖夢の半身

551名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 21:00:34 ID:d5RE7m/o0
>>546
依姫と豊姫が逆じゃないかぁ

と、弾幕で疲れて歩くのがだるくなった霊夢をおんぶして連れ帰りつつ申し上げてみるぜ

552名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 21:06:55 ID:kU8MNJGs0
鈴仙は仰向けで寝てる俺のうえにうつ伏せで乗っかって来るんだが、これはどっちになるんだ?

553名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 21:24:22 ID:p23mJMtg0
おっきいのは抱き枕にされて
ちいさいのは抱き枕にすればいいじゃない

何が、とは言わんが

554名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 22:35:49 ID:8gfBo25k0
このスレで振られるネタはアウト?

555名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 22:59:41 ID:xyoGGhlUO
>>553
まとめウィキの魔理沙3を最後まで読むといいよ



霊夢とまったり暮らしてたらいつの間にかに恋人同士になってて、いつの間にかに結婚してて、いつの間にかに子供が出来てて、みたいなあっさりとしたイチャ生活を送りたい

556名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 23:00:30 ID:xyoGGhlUO
安価ミス
×>>553
>>554

557名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 23:02:45 ID:hGBA4RaQ0
>>554
かまわないと思う。魔理沙の話でそういうのがあった。
でもそういうのが嫌いな人が居るかも知れんから注意書きは一応つけとくといい。
俺としては読みたい!ぜひ書いてくれ!

558名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 23:09:20 ID:8gfBo25k0
さすがに注意書きは必須か 把握した

559名前が無い程度の能力:2009/01/19(月) 23:24:42 ID:6saHYs5I0
元々は俺たちの熱い思いをぶつける場だから問題はない
骨は拾ってやろう、行ってくるがよい

560名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 00:13:39 ID:hqOSflBIO
とりあえず鈴仙とお互いを抱き枕にして寝るわ
おやすみ

561名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 00:17:24 ID:m6Q.XX.YO
期待してるぜ。
このスレの未来を守る為、俺達はイチャイチャするしか道は……って何ですか神綺様。今良いところなんですよ。えっ?トイレ?そのぐらい一人で……まぁ、呪いのビデオ見せたの俺ですけど。あれ?足震えてますよ。そんなに怖かったんですか……分かりました、一緒に行ってあげますから。はいはい、一緒に寝ましょうね。
というわけでトイレ行って来るわ

562名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 01:25:33 ID:4flPedt20
傭兵家業で生計を立てていた○○。
ある日、砲弾をうけ遂に悪運尽きたかと思うも目が覚めたら永遠亭。
運んでくれ命を救ってくれた人里の為に何か出来ないかと考え、自分の得意分野を生かそうと里から出かける人間の護衛を始める。
河童と渡りをつけられ、仕事も軌道に乗った頃事件が起きる。

銃口の先には護衛対象を襲うミスティア。
屋台で逢う度に向けられる彼女の笑顔が脳裏に過ぎり――――

まで電波受信した。
厨ニ過ぎる。

563名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 01:52:45 ID:BjD2edLQ0
厨二って書いてると死ねるけど読むのは好きです

つまりちょっと続きを書いてみなさい

564名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 02:08:04 ID:3mIn9dfQO
厨と言うよりは王道のような……

えぇ、厨と言うのはスペカ持ちの化け物妖怪どもにトリックと話術で渡り合おうとする奇術師〇〇みたいなのを言うのですよ

逃げたように見せ掛けてその場にとどまるのは頭脳戦の馬鹿一展開ィィッ!!

565名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 02:12:39 ID:6PqMG/Ow0
さっき寝る前にまず読まないような本読んで精神的にギリギリだったんだがこのスレのおかげで無事に眠れそうだ

じゃ、霊夢が待ってるんで寝てくるわw

566名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 13:00:58 ID:NnkcBt1c0
>>564
異変を弾幕じゃなくて交渉術で解決するわけですね。
香霖堂の古びた相性診断機からネゴシエーターを選択すると○○に連絡が取れたり。
もちろん毎回必要があるかないか分からない拷問シーンもあるでよ!

567名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 13:48:03 ID:fktQJOWY0
>>566
すまん、ネゴシエイターと聞いて、
香霖堂の地下から巨大ロボットがだな……
とかいう想像になってしまった。

複座はロマンだよね。
……ちょっとアリスに頼んでくる。

568名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 14:16:06 ID:ARYilsv.0
アリス「あんたちの服の趣味、最低だわ」

ですね

569名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 15:14:30 ID:TuhsjzUE0
レミリア「晴れた中、傘を差さずに踊る者が居てもいい。自由とはそういうことよ」

570名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 15:16:57 ID:h9dE..vU0
>>569

おぜうさま、それじゃ灰になりますがな……

571名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 15:22:16 ID:oU5o2Bok0
>>570
レミリア「私にとって日の光は大敵ではない 大嫌いなだけだ」

572名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 16:02:12 ID:5icjTMTI0
さすがお嬢様香ばしい。勿論物理的な意味で。
具体的には羽の辺りとか。
「あぢゃあー!」

573名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 16:31:27 ID:ZqMzHMxM0
咲夜さーん早く傘持ってきてー!!
お嬢様の羽がミディアム寸前ー!!

574名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 17:22:22 ID:BO0An5WI0
>481の続きです
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1494.txt

イチャイチャって言っていいのか、これは

575名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 17:53:10 ID:LzF4m0mY0
レミリアたんの匂いハァハァ

576名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 23:36:22 ID:7pt63h4AO
介護をするのが似合いそうなキャラは誰だろう
お燐に車椅子押してもらいたい

577名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 23:39:03 ID:/bkZaqm60
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0276.txt
生物的有害物質漏洩 グロ注意
なんで、俺は、暗い話しか、書けないんだ!

578名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 23:53:59 ID:7MsCLT4E0
グロくもないし暗くもない
何より砂糖が足りない

579名前が無い程度の能力:2009/01/20(火) 23:57:38 ID:62wUdrAM0
>>576
永琳……だと治してくれちゃいそうなので、鈴仙とか、後はアリスとかかな。
でも、似合わなそうな勇儀姐さんやレミリアお嬢様が一生懸命介護してくれたら嬉しいかも。
病状は致命的に悪化しそうだけど。

短めだけど、文とのイチャ(文の一人称視点)書いてみた。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0277.txt

580名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 00:16:46 ID:jMiGDwjs0
やだ何この文
凄い可愛い

581名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 00:39:46 ID:/kYxN8Bs0
ついこの間までは恋愛のれの字にも興味がないような娘が
自分が選ばれたとたんにオシャレに気を遣いだしたり、時々
自分のことをじろじろ見ては『どうして私(あたい)なのかなー、
アレとかアレとかと全然違って…』とか聞いてきたり。

幻想郷の恋愛事情は複雑ですね。今日はもう霊夢と早苗の
巫女サンドイッチにされて寝ることにします

582名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 00:40:25 ID:a602C6o60
文可愛いよ文

>562だけど、好意的な意見を頂いたのでちょっと書いてみようと思う。
大学の試験終わってからになるけど。

そこで質問なのだけど、原作メンバーが死んでしまうのはあり?
どの道三人のうち誰かは死んでしまうけど…。

583名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 00:49:45 ID:kVSZv4fo0
>>582
それ以上は此処ではなく避難所で聞くべきなのでは?
雑談スレとかもあるし、U-1チェックスレとかも活用するといいかも知れん
此処でいえるのはそんだけかな。まぁ、試験共々頑張ってくれ、義兄弟

584名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 00:54:29 ID:7fEVKaqI0
俺今の職場になれたらハーレムで日常書くんだ・・・

585名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 01:05:30 ID:wtrwa6Ds0
初めてここで投下するから緊張する…

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0278.txt

書いていたらけーねとかも書きたくなってしまった

586名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 01:19:15 ID:gTZXQ5BE0
いい妹紅をありがとう。
あんまり妹紅物は多くないから嬉しいな

587名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 01:19:58 ID:wtrwa6Ds0
すみません、ちょっとミスがあったのでもう一回

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0279.txt

588名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 02:06:11 ID:jz3vPRDc0
今まで見てるだけでしたが書いてみます。



12/4 木 晴

紅魔館に勤めて一年が過ぎた。総務の仕事も身に付いてきたが、フラン様は、結局私の気持ちに気づいてくれることは無かった。
いいのさ。フラン様には●●がいる。
二人は幸せそうだし、お似合いだろう。


12/16 火 曇

●●はまだフラン様に告白しない。
遅い…
…そういえば、もうすぐクリスマスだ。よし、●●に入れ知恵を…


12/25 金 雪

巧くいった。
隠れてこっそり見ていたが、キスまで進展した。
嬉しいが、切なくなった。
空気を読んで部屋に帰った。さっきから涙が止まらない。


1/1 木 晴

フラン様と●●が博麗神社へ初詣に行った。
隠れて見ていたが、フラン様は本当に幸せそうだ。
二人が行った後おみくじを引いた。
はずれが出た。凹んだ。


1/20 火 曇

●●が風邪を引いた。
フラン様が看病していたが、●●の横で寝てしまっている。
二人の幸せそうな寝顔をみて、目に涙が溜まった。
御幸せに、フラン様。



このスレを読んでて思い浮かんだ事を書いてみました。
フランを見守る○○みたいな…
でもこれイチャじゃない気が…
では。

589名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 02:08:47 ID:jz3vPRDc0
そしていきなりsage忘れすみませんorz

590名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 02:16:10 ID:hFESK8ms0
>>587
いいにはいいが・・・
肝をなんとかかんとかってところ、微グロ注意とか注意書きしておいて欲しかったな

591名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 03:06:45 ID:1yWxoA9o0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0280.txt
ピピっと電波を受信したので書いてみました。
受信→出力その間十分未満につき、出来はご容赦。

592名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 05:48:05 ID:wtrwa6Ds0
何度も何度もすみませんorz
微グロに関しては完全に配慮が足りませんでした。
今後はこのような事がないように気をつけます。
そして誤字脱字を修正し、ちょっと加筆しました。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0282.txt

593名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 22:30:28 ID:y.zalzq60
 >>453に影響を受けて

 幻想郷の冬は寒い。
 冬の妖怪たちが頑張っているからだろうがこちらとしてはいい迷惑である。
 仕事を終えて博麗神社へと戻る頃にはあたりは夜闇に包まれていた。
 寒さに身をふるわせつつ玄関で靴を脱いでいると、部屋の奥から霊夢が出てきた。
「お帰りなさい」
「おう、ただいま」
「お風呂わいてるわよ、入ってきたら?」
「それもそうだな」
 ○○としてはとにかく体を温めたかったため、そのまま風呂へ入ることにした。
「……ひょ?」
 風呂場へとたどり着いた○○は素っ頓狂な声を上げた。
 とりあえず浴槽の水量が少ない。
 いくら人が入れば水位が増すからといってもこれでは腰から少し上程度までしか浸かれない。
「おーい、霊夢……」
 湯量を足してもらうために霊夢を呼ぼうとして後ろを振り向いたところ――。
 霊夢が、いた。
 しかもタオル一枚で。
「――っ!」
 鼻血をぶちまけそうになるのを必死に堪える。
 霊夢は視線をそらしつつ、顔を紅潮させて言った。
「そ……その、あれよ、水道代とかの節約よ。それに…一緒に入れば水位も上がるじゃない」
 わーお。


 スキマ送りにされました続きが読みたい場合は隙間の奥に向かってスキマババうわなにをするやめ(ry

594名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 22:50:44 ID:Kg0dl0Vs0
美鈴が大好きで大好きで、どうしようもなくなったのでカッとなって一気に書いた。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0283.txt
お嫁な美鈴とちゅっちゅ…のつもりで書いたんだけど、妙に糖分薄めにorz

595名前が無い程度の能力:2009/01/21(水) 23:49:06 ID:WXDH0Hs2O
妖々夢の冬が長引いた異変により、○○が風邪を引いたので本気を出す霊夢でした

596名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 00:15:45 ID:EgcSuwSU0
そして奇しくも○○と同時期に△△が風を引いてしまったので焦って異変を終わらせるゆゆ様でした

597名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 10:01:46 ID:O6j5V2y6O
むしろ冬に風邪ひいた○○が「あー、桜みてーなー」とぼそっと言ったことが原因で異変おこしちゃうゆゆさま可愛い

598名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 19:18:57 ID:Wy4xtBIs0
今月のうどんげっしょう読了後…

「輝夜って本当にイナバ達を湯たんぽ代わりにしてるの?」
「ええ、そうよ。ストライキなんか起こされたら使えなくなって
困るわ」
「確かにそうだなぁ…でもそんなに温かいの?イナバって」
「最高よ!あれ以上のモノ、どこにもないわ」
「へぇ…」

うずうず(じゃあ鈴仙を湯たんぽ代わりにしたいって言ってくれるかなぁ…)
ウサウサ(じゃあてゐを湯たんぽ代わりにしたいって言ってくれるかなぁ…)
えーりん!えーりん!(ほら、私を湯たんぽ代わりにしたいと言いなさい)

「じゃあ今夜から私が湯たんぽ代わりになってあげる♪」
「えっ?」
「か、輝夜さま駄目ぇー!!」
「輝夜さまずるいよ、何やってんの!!」
「姫!いけません!」
「じゃあみんなで彼の湯たんぽ代わりになればいいじゃない♪」
「そんな問題かなぁ…?」

げっしょーシリーズでは、というか公式では永琳師匠は輝夜に対して
素でタメ口ですが、ここでは敢えて上下関係つけて書きましたマル

599名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 21:09:40 ID:alg0yY4k0
妹紅と炬燵でとりとめもない話をしながら鍋をつつきたい

600名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 23:18:55 ID:V9UwrA1wO
鈴仙を湯たんぽ代わりにして寝たい

601名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 23:41:54 ID:oLo3oVkkO
妹紅と慧音と鍋をすることになったので取りあえず具を仕入れてくる

602名前が無い程度の能力:2009/01/22(木) 23:45:47 ID:grFZWj6A0
 寒い冬に羽根布団はいかがですか、と文が言ってきたのが昨日の夕食後のこと。
 仰向けに寝た俺の上で、両腕両脚両翼でしがみついた文が眠っていたのが昨夜のこと。

 胸の上に重みがかかっていると悪夢を見る、なんていうけど、気持ちよく眠れた。
 でもしっかりしがみつかれて動けなかったので、ちょっと身体が痛い、と感想を伝えると、

「じゃあ、羽根抱き枕なんかどうですか?」
 
 と、笑顔で勧められた。とりあえず、今晩も暖かく過ごせそうだ。

603名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 01:30:23 ID:UB0CwbCo0
地霊殿に泊まるとお燐とお空がやってきて湯たんぽ代わりをやろうと
するんだが、さとりとこいしまで混ざって何が何やら…な状態になります

紅魔館に泊まるとレミリアお嬢と妹様が湯たんぽ代わりを巡って大喧嘩に
なりかけ、気がついたら美鈴と小悪魔とパチェと咲夜に抱き枕にされます。
時折黒白と七色もついてきます

白玉楼に泊まると妖夢とゆゆ様に湯たんぽ代わりになってと頼まれ、
天国と地獄を両方体感できます

守矢神社に泊まると二柱と一人に湯たんぽ代わりにされ、みんな
仲良しな温かい雰囲気に包まれます

三月精の家に泊まると予定通りに抱き枕兼湯たんぽ代わりにされます

博麗神社に泊まると博麗の巫女に湯たんぽ代わりにされ、時折
鬼娘と隙間妖怪+αがついてきます

後他に何かあったらあとはよろしく義兄弟

604名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 08:38:33 ID:gXZMxlHsO
永遠亭に泊まると兎掛け布団と兎抱き枕が出るわけか
たまに薬師抱き枕と姫抱き枕も出てくると

605名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 15:07:30 ID:aAjqMY4A0
すいかさんすいかさん、手加減して抱き付いてくれるのは良いんですが。

角が、凄く、邪魔です……。

606名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 15:43:25 ID:CJv9ycxE0
ゆうぎさんゆうぎさん・・略

607名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 16:23:42 ID:Rw3/X4CQ0

 うあーやっぱり日本人ならこたつだなー。
 そんなことを考えながらこたつにあたっていると藍さんが障子を開けて部屋の中に入ってきた。
 
「おや、○○一人か。橙はどうした?」
「橙なら前に遊びに行きましたよ。何か用事でも?」
「いや、いつもならお前の膝の上に乗っかって喉を鳴らしているからな。姿が見えなくて意外なだけだ」
「いつも膝の上が橙の定位置な訳じゃないですよ」
「そうか。じゃ私もあたらせてもらうか」

 そう言うと藍さんは俺の膝の上にまたがってきた。
 ……あれ? 何かおかしい。
 
「って何しているんですか!?」
「だってここは橙の定位置ではないのだろう? それに私は尻尾が多いからな。後ろ向きでは座れない」
「そういうことを言っているわけじゃないんですよー!」

 橙だって人型の時はこう、柔らかなおしりが乗ってくるから変に意識しないようしているけど
 藍さんは俺の方を向いて抱きつく姿勢になっているのでたわわな胸とかむっちりした太ももとかが、ああもう!
 
「ふふふ……○○をこんな近くで見るのは初めてだな……む、いかん、忘れていた女狐としての感覚が目覚めてしまいそうだ……」

 あうあうあう、そ、そんな流し目で首筋を撫でないでくださーい。妖艶な笑みを浮かべた藍さんが顔を寄せてきて、唇と唇が触れそうに……
 
「ただいまー」

 橙の元気な声が聞こえてきた途端、さっきまでのエッチな雰囲気はどこへやら。藍さんはスッと立ち上がり俺から離れた。
 
「ふふ、悪かった。私も悪ふざけが過ぎたな」

 いつもの優しい笑みを浮かべた藍さんは橙を出迎えに部屋から出て行ってしまった。
 ……どうしよう、この高ぶった気持ちを息子を?
 
 
 
「はぁ……」

 あれから風呂に入ってもあの何とも言えない藍さんの笑みが頭から離れない。仕方がないので部屋にある秘蔵本で慰めるとしようか。
 そうして俺は部屋に戻ると、何故か布団の用意がしてありその上にちょこんと藍さんが座っていらした。
 
「遅かったじゃないか」
「……いや、何故ここに藍さんが?」

 俺の問いかけに照れくさそうにする藍さん。ヤバい、この表情、すっげぇレアだ。
 
「あ、あの時は橙が帰ってきてとっさに取り繕ったが、そ、その、どうしても、ほ、火照りが身体からとれなくてな……。あ、○○が嫌ならいいんだぞ?自分で処理するだけだから……」

 そっか。藍さんも同じだったんだ。ちょっと嬉しい。いつもの寝間着じゃなくて俺のYシャツを着て、男ものなのに上はボタンが閉じられていなくてもぱっつんぱっつん。
 糊の効いたシャツのちょっと透けて見える薄桃色の突起に気づいて指先で突いてみる。
 
「ひゃんっ!?」

 ああ、かわいい。普段の凛々しさからは想像できない女の子の喘ぎ声をあげる藍さん。俺の理性が限界です。
 
「藍さん、俺もう我慢できないよ」
「ああ、冬の夜は長い。ゆっくり楽しもう……」

 それじゃファイナル・フュージョン承認!
 
 
 
 ○月×日
 今日の藍さまと○○は妙に機嫌がいい。二人とも何故かつやつやしてる。
 訳を聞いても「橙にはまだ早いかなー」ってはぐらかしてきます。
 私だってもう子供じゃないのに。
 大ちゃんに聞いたら何か分かるのかもしれないのでこれから湖に遊びに行ってきます。
                                 
                                 ――橙の日記より抜粋――

608名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 16:50:52 ID:FB6zeVGg0
                         _,,.. -‐''"´ ̄`"'' ト、.,_.
                    r-、 ァ'´      _ト、.,__ノ ノ `ヽ,ヘ,
                  ノヾ、rァ'  __,ゝ‐i"`y'__]`''ー、'    / `>t    そ
                  `'(__!r-‐i__」-‐'"´  `''ー、」ー-ヘ、イ'"´
                   r‐ァ'´]-‐'、、、;;;;ij,//~ 彡,,、--`''ー'、/ゝ      こ
                  ヽ7´"::、、、  '""ヽツ"     ,,、 ヽ」`i´
           .       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡          ま
                  リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"
                //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,          で
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i          で
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、  す
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、      
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ー< ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::
,,,、-"-ー''"   i;;  ヽ,     リヽ      ~~~ """""                   リ:::リ:::::
、    /::   t;;;  `'   ノ  t                              /:::/ :::::
.リ  r":::::::   'ー、;;;;;;;;;;;;/   t.                            /:::/:::
" ,,、" ::::''"      ~"      i|                            /::::/:::::::::
~~        〃

609名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 18:22:43 ID:UB0CwbCo0
>>608
ハート様出張乙

三月精二巻が発売が二月に延期されたらしいので。

「まぁ珈琲でも飲んでまったりと待ちましょう」
「何言ってるのよルナ、甘いミルクでしょ」
「二人ともまだまだねー、紅茶じゃない」
「じゃあ全部頂くよ。せっかく作ってくれたのに飲まないのも悪いし」

(…次からは珈琲だけじゃなくてドーナッツをつけようかしら?)
(ミルクだけじゃ足りなかったのかな、マドレーヌでも足してみようかな)
(今度からは何かケーキでもつけ足ししようっと)

何とか彼の気を惹こうと必死な三月精でしたとさ。

どこか甘ったるいような、そうでないような昼下がりをどうぞ
って、今は夜だよ!

610名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 19:17:49 ID:4k0vA1Lg0
幻想郷には掘りゴタツが良く似合う。
利点は普通のコタツとは違い、成人ぐらいの体格でも余裕ですっぽり中に隠れられるのだっ…

そんなわけで、家に帰ってコタツに足を入れた途端に引きずり込んで欲しい、うん。
でも酸欠に注意な。

611名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 19:40:37 ID:VJzWg2Hs0
>>610
あれ掘って火起こすの結構疲れるんだぜ。
実家じゃばあちゃんが掘るの疲れたからって
掘りごたつ埋めて豆炭コタツにしてたわw

612名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 19:44:55 ID:MbPrpEGw0
勇儀姉さんに
「あたし…
 初めてだから…
 面倒くさいよきっと…」

とか三吐必殺されたい。いやアレだよ。大富豪のローカルルールの話。

613名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 20:34:54 ID:XsPRTky.0
炭の掘りごたつに潜ると一酸化炭素中毒で白玉楼行きになるからマジ注意な

614名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 21:12:39 ID:ZKm2Y.wM0
                      ド                      ,.'   `ヽ
                        キ      ド               ,'  失
             __,,.. ---─- 、__,. - 、,  「`ヽ,_ キ       ,. '"´ ̄ ̄ `ヽi   礼
         _,,. ''"´         ´`ヽ. ヽrノ   /ー-、  ド    .,'        |   だ
      ,.. '"´           ト、  ノ   ! ヽ/  /; キ     !.  お  こ  !   け
 ,   ,.'"          ノヽ、 ノ´ ̄`ヽ、ノ_,. -!、-イ」      i  あ  う  |.   ど
ノヽ, / ,.へ、_rー--、_r'"  _]ア'"´`ヽ、___「`ヽ.  `ゝ┐ ド.     |  り.  い   ',
ト、/!`ヽ! _,.:'" `ヽ.    ,ゝ'"´           `ヽ/ _,! キ    |  か   う    ト、.,_____ノ
:::';:::7_r'"ヽ_,. イ´`'ー‐'´    ;   ,    !  ;!   `ヾ! `ヽ.      !  し  の   .|
:::::!/ヽ,r'"´./  ,   /  __ !  ハ -/!‐-/、!  ',.   ',__ノ っ   ノ  ら   に   |
\!  /  /    /  ./ '7´  /! / |_,/_」='、, |   .!   i  っ <,        ご   |
´ r イ  ,'    .,'   ,' ._」;-='t、レ'    'iノ i ! !   ハ   !      `i.      興   |
ノ  !  i     !  !i´ !ノ  !      '、ノ ノ ト、/i レ'´    /`> |     味   !
、 _,i   ! !  |   ,ゝ  '、__,ノ   ..::;:.  ´,.,.,i.  V   .ト、/ /  ',      が   ,'
.i  !  レ'!___,レi'´i  `'ー      ,.-、.,______ハ   ヽ、 |  く    ヽ、      ノ
`ヽ、.',.  ';  |   ':, '"'"'"    /  ',     "'' ー 、 ̄ ̄      `'' ー-‐ '"
    ',  !.  i  ', `ヽ., _,,... -'"    ',恋愛百景',
     ':,  ',  ',  ',i´ ̄   、 _,,..,-‐   ',  ,  __........_ `ヽ'、
     ヽ. !ン',  ', /')  ヽ ___!_,,,   ', ソ_i´_ill ノハ_iハ(ヽ. ヽ.
       '/  ',. -/ //.)/ _  z   ', | i、|.゚ -.゚ノiノ、\)、
     /´  /´i::/ / / ソ.         ',,!_,'リ_ノii、|,リ ヽ、ヽ,ノ:!|
     ,'  /i  '、 ´/ /) ヽ/ ハ    /:ヽ .,     `'!::/|
    ノ、 / ヽ、 \   ' / .  ̄     _,. 彡i^`,ミ三ニ;=r‐''"i/ ,'
   rく  7     \_`'ヽイ`ー--‐=;ニ´' _i   ',  _r_ンiヽヽ;:::;' /!
   ヽヘ.,'       `"'7`ヽ.   riン´ ',   `i´  | ヽ,_ン /

615名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 21:48:33 ID:fzfSCafY0
ない。と答えたら…

616名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 22:32:19 ID:IotLZph20
>>615
嘘吐きは映姫さんに舌を抜かれます


舌で

617名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 22:44:50 ID:9b0zILck0
本の向こう側の女の子の方に興味があるなぁ

って答えたときの反応が見たい。

618名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 23:02:24 ID:KubTk9iUO
寝ている○○の頬に口付けしようとして、直前で目覚められて慌てるパチュリーが見えたが何も問題はあるまい

619名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 23:30:40 ID:fQ7oejXw0
>>614
やだなにこのAA

始めて見たけど可愛いな

620名前が無い程度の能力:2009/01/23(金) 23:46:12 ID:5yj9OcL60
>>594の続きっぽいもの。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1498.txt
相変わらずこういう文体になってしまうんだよなぁ…

今思ったが、「おまじない」させてねぇやorz

621名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 00:13:12 ID:8cf5toLw0
>>603
彼岸の閻魔様の私室のベッドで待機していると、
疲労困憊のえーき様がふらふらと帰ってきて着の身着のまま抱きついて、
そのまま寝入ってしまわれます。時々こまっちゃんが後ろから抱き付いて胸を当ててきます

天界の寝室で入り口に背を向けて寝転んでいると、
てんこたんがもじもじと恥ずかしそうに入ってきて、後ろからぎゅっと抱き付いてきます
こんなとき、いくさんはちゃんと空気を読んで、寂しがり屋で照れ屋のてんこちゃんを
包み込むように後ろから抱きしめます

暖かい夜に草原で寝転んでいると、
朝起きたとき、チルノとリグルとルーミアとミスティア全部くっついて団子になって寝ていて
正直動けません。しかもチルノの腕が何気に首にキマってます。助けてください

622名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 00:49:00 ID:T9TivyMI0
「地上人よ、私達のはないのかしら?」
「穢れそのものの地上人の考えることはよくわからないわね」
「豊姫と依姫は住んでるところが住んでるところだからなぁ…」

↑えーりん師匠の特例で会えていると思いねぇ

月の都の綿月邸に泊まるとまず豊姫が布団に入り込んできて
正面からハグられて抱き枕にされます。更に後から依姫が
レイセン二代目を連れて現れ、一緒に後ろからハグってきて
湯たんぽ代わりにされたりします

しかし綿月姉妹の扱いは単純に難しい。そのぶん永遠亭の
メンバーが気軽に使えるようになるのですけど…

623名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 19:22:21 ID:skndyDjU0
さとり「ふふふ・・あなたの心の中のぞいちゃいますよ」

霊夢「○○と(ピー)したり(そこまでよっ!!)したり・・・」
魔理沙「今日は攻めてやるぜ・・性的に。でもいつの間にか逆転してるんだよな・・」
アリス「○魔理丼ウマー」
パチュリー「ウマー」
紫「うふふ・・・霊○丼もいいけど・・藍○丼も・・・」
にとり「外界のおもちゃ使ってみようかな・・この電動キューカンバ」
文「○○さんとの愛の営みを余すことなくこのデジカメに・・・」
萃香「今日は○○にワカメ酒を・・・」
上海「シャンハーイ」

さとり「・・・・地上ってこんな奴ばかりなの?・・・ええい!こうなったら○○の心を・・」

○ンッ! シンッ!


意味分からん電波だ・・既にハーレム設定だからいちゃ?

624名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 19:50:18 ID:LcHp0YPY0
そして数ヵ月後

さとり「ふふ…昨日は激しかったわね。園児服が大変なことになっちゃったわ。洗濯しても落ちるかしら?」
さとり「今日は…セーラー服にしましょう」

お燐「さとり様…洋服抱いてニヤニヤしてる…」
お空「フュージョンか。今日もフュージョンなのか」
パルスィ「妬ましい。妬ましいわ」


朱に交われば紅くなる。昔の人は良いこといったものです。

625名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 20:01:54 ID:rpe9hrDA0
なんというそこまでよ展開。

まあ実際、さとりさんは一度惚れると恋愛に嵌っちゃいそうなイメージはある。

626名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 21:56:25 ID:y1kf/vUw0
園児服wwww

627名前が無い程度の能力:2009/01/24(土) 22:50:50 ID:AnifFyGcO
○○にアプローチするお燐に対抗意識を燃やす橙が見えた

628名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 01:13:46 ID:t.J/HdeQ0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0284.txt

ずっと読んでいて自分で考えたものをうpしたくなりました。
まだイチャじゃないですが序章という形でこれからイチャついていこうかと
思います、お目汚し失礼します

629名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 01:21:56 ID:YW1emLH60
オーケー、連載ものみたいなので期待は出来そうですが

1.もうちょっと長くてもいいかも
2.基本sageです

630名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 01:29:22 ID:Ir7WfOCw0
>>625
中毒しやすい持ちだしな。

631名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 01:32:40 ID:hEbaghEY0
だっ、だっ、黙れ小僧!

632名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 01:36:02 ID:YW1emLH60
今回の人気投票を見て…

「霊夢が連続一位なんだってね、おめでとう」
「あら、そうなの?ありがと」
「咲夜も二位だったね、前回よりも上がっているってのはいいよね」
「光栄ですわ、お嬢様が下がってしまったのが残念なのですが」
「早苗が大躍進だったね、今回四位だって言うじゃない」
「あ、ありがとうございます…でもコメント欄を見ると…うぅっ」
「今日は奮って祝賀会しようよ、準備はこっちでするから」
「「「わぁい」」」

「…私は三位なのに話題にならないのは何故なんだぜ?」
「なにィ!!謝れ!!魔理沙好きの俺達に謝れ!!」

イヤ、ホント、すいません…

633名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 07:10:16 ID:0oPky6gEO
俺の中での人気投票は藍様がぶっちぎりだったがな

634名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 07:59:52 ID:c8NhX7sg0
永遠亭組に投票したのに妹紅以外が・・・orz

635名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 13:54:28 ID:SDUbQx.s0
今書いてるSSのネタが思いつかない……
しょーがない。気分転換に衣玖とコーhってお前さんは飲めないんだったな。紅茶でいいよな

636名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 14:56:26 ID:oK6X9VMcO
他人がどのキャラに投票したかなんてどうでもいいさ
俺ランキングでは常に一位だから気にすんなよ鈴仙
お茶でも飲んで一息つこうぜ

637名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 16:09:12 ID:svOsElws0
読んでばかりだったので初書 少ない気がしたパルスィで

----------------------------
なぁパルスィ
私の話を聞いてくれ
その緑の瞳を私に向けてくれ
君の口癖は「妬ましい」
君は嫉妬を操る者なんだろう
だから気づいてくれ、私の嫉妬に
君の嫉妬は誰にも向けないで欲しい
私の為だけに嫉妬して欲しい
私は君の嫉妬を全て受け止めよう
愛という名の嫉妬を以って全て受け止めよう
---------------------------------------
イチャですらねぇ。お目穢しでした

638名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 17:45:36 ID:KPfY8t0o0
「お嬢様、5位キープおめでとうございます」
「ふ、ふん。当たり前じゃない!次は霊夢にだって負けないわよ!!」

「咲夜さんも2位に昇格おめでとうございます」
「あら、ありがとう。お嬢様より上になってしまったけど、素直に嬉しいわ」

「妹様もパチュリー様も10位以内は惜しかったですが、いい順位ですよ」
「ありがとう!私も今度はお姉さまや咲夜みたいな順位とってみせるからね!!」
「ありがとう・・・。えぇっと消極的に人気を得る方法は・・・」

「美鈴とこあは・・・ちょっと残念だったね」
「よよよ〜」
「あうあう〜」

「ところで○○」
「はい、なんでしょうかお嬢様?」
「あなたはこの中の誰を1位に投票したのかしら?」
「へっ?」
「あなたにとって私達の誰が1位なのかってことよ。もちろん私のはずだけど」
「そ、それは・・・」
「「「「「「じぃ〜・・・」」」」」」
「いや、あの、その・・・」

「主である私でしょう?」
「お姉さまより私だよね?」
「同じ人間、それに館で一番一緒にいる私、そうでしょ?」
「魔法の師匠である私・・・よね?」
「いつも門番で頑張っている私ですよね!?」
「ううう〜、目立たなくても健気な私ですよね〜?」

「ちょw皆落ち着いて!!」
「「「「「「さぁ!誰なの!!」」」」」」

こんな感じで紅魔メンバーに迫られたい・・・いちゃなのかは疑問だけど

639名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 20:47:50 ID:V43BgQRM0
たまにやって来るアリスに一票入れたとは口が裂けても言えそうにない○○であった

640名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 21:04:41 ID:c8Qfq.aw0
「また下がった…」
「気にするな」
「でも、ここで一番なのに二十六位って…」
「俺にとってはいつでも一位だ」
「……私も、○○があったら一押しだったんだけどなー…」
「…ああもう可愛いなぁこの兎さんは!」
「きゃっ、急に抱きつかないでよ、もう…」

鈴仙が一番可愛い。
異論は聞くが認めない。

641名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 22:44:57 ID:ru4ePowQ0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0286.txt

どこに投げるか迷ったけれど、ここが一番適切っぽいので。
風邪を引いてる時にどこかから飛んできた電波です。
久々に文章書いたので変なところがあっても気にしないで貰えると助かります。
私にはこのぐらいの糖分が限界だ……!

642名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 23:02:26 ID:/y1po38EO
じんわりとした甘さがいいなぁ
GJ!

643名前が無い程度の能力:2009/01/25(日) 23:44:40 ID:AFx7wVeAO
順位なんて気にせず猫と一緒に寝ている俺に隙は無かった
別にやましいことはありませんよ?

644名前が無い程度の能力:2009/01/26(月) 00:04:08 ID:6Ur/w/NgO
「用意は良いかい。諏訪子、早苗、○○!!」
「あーうー、いつでもオッケー!!」
「は、はいッ!!」
「何時でも良いですよ、神奈子さま」
「よし。それじゃ、早苗の人気投票、四位入賞を祝って…」

「「「「かんぱーーい!!!!」」」」

「うぅ、やっぱり恥ずかしいです…」
「あーうー、何言ってるの早苗。13位から4位、今回は天界や地底からのエントリーもあったのに大躍進だよ!!それに比べてわたしは…あーうー……」
「あぁ、洩矢様?!」
「落ち込まないでください、諏訪子さま。目に見える順位は下がってしまいましたが、エントリー数を考慮すると順位はプラマイゼロどころか、上昇傾向に有るんですよ。根強い人気もありますし、大丈夫です」
「……あーうー…○○、ほんと?」
「本当です。それに、今日は早苗の昇格を祝う宴会ですよ?発案者の諏訪子さまが落ち込んでしまっては、しょうがないじゃないですか。さぁ、折角の宴会なんですからパーッと、ね?」
「あーうー、○○ありがとー。大好きー(抱き」
「あはは…。神奈子さまもお変わりない順位、お疲れ様です」
「あぁ、ありがとう○○。…私には諏訪子の様に諭さないのね?」
「神奈子さまは、俺が言わなくても解っていらっしゃるみたいなので。前回と同じ順位と言えど、上位に新規エントリーが四人居る点を考えると相対的な順位は上昇してます。大丈夫です」
「ありがとう○○。ほら、早苗のところに行ってあげなさい。諏訪子は私が預かってあげるわ。…ほら、諏訪子。アンタは私と呑み比べだよ」

「四位昇格、おめでとう、早苗」
「ありがとうございます、○○さん。…八坂様達は?」
「あっちで呑み比べだってさ。…気を使ってくれたのかな?」
「多分、そうでしょうね。……○○さん」
「ん?」
「その…、四位昇格のご褒美が欲しいな。って思いまして…駄目ですか?」
「駄目なもんか。何が良いんだ?」
「…その…き、き、きっ!!」
「…き?」
「キスして下さい!!」
「……キス?」
「………はぃ…。…駄目ですか……?」
「それこそまさか。……おめでとう、早苗」
「…ん…。…○○さん…大好きです…」



ほんのチョットにするつもりだったのに、気が付きゃちょっとしたモノになってた。反省してる

645名前が無い程度の能力:2009/01/26(月) 00:51:05 ID:bvSMaERQ0
>>494の後日談のちょっと前、というよく分からない位置付けの話。
>>537, >>594>>620 そんな風に普通に美鈴と甘い話を書いてみたい……。

美鈴を愛でて、ちょっとだけイジる話。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0287.txt

646名前が無い程度の能力:2009/01/26(月) 01:00:38 ID:bapIQR9c0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0288.txt

人気投票連続首位の霊夢を労うお話です。

647名前が無い程度の能力:2009/01/26(月) 08:00:49 ID:Y8utwIEYO
そして早苗さんは汚れ役なお話ですか。

648名前が無い程度の能力:2009/01/26(月) 23:59:38 ID:Q2uidogEO
「そういやさぁ」
「ん?」
「もうすぐ節分だねぇって」

煎餅をぽりぽりとかじりながら、炬燵から頭だけを出した萃香が呟く。
そんなに寒いのならもう少し厚着すればいいのに、とは霊夢談。

「なんだ、以外と落ち着いてるのな」
「だってさぁ、みんなで面白がって鬼は外鬼は外ってやるもんだから。
だったらこっちも面白がって出て行くべきじゃないか。」
「へえ」
「結局は楽しんだ奴の勝ちだよ」

まぁ、こいつは酒さえ呑めればいいんだろうなぁ。
茶を啜りそう結論付けた青年の膝の上で、二つの尻尾を持つ黒猫がにゃあんと鳴いた。

「あんたはやらないの?」
「うちは小さい頃から面白がって鬼は内鬼は内言っとったからなぁ」
「あはは、そりゃいいや」

いつだって押し掛けてやろ。
ぽつりと最後に一言零し、萃香は炬燵の奥深くに潜る。
程なくして寝息が聞こえ、昼寝を始めたのだろう。

「困ったなぁ」

誰に聞かせるでもなく、青年はぽつりと呟いた。

「さとりさんに怒られちまう」

青年の膝元で、黒猫がにゃあんと鳴いた。

649名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 19:06:48 ID:vJSpWRAA0
小町が好きだ!小町が好きだ!
おっぱいとかそういうのじゃなくてあの人格が好きだ!
だけど何故…
何故小町の一挙一動一言を文章にできないいいいいいい
頭の中では小町は動いて、話してくれるのに
何故文章にはできないんだああああ
他のキャラなら書けるのになぁ…

650名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 19:14:25 ID:gZ1O9RkA0
それが愛さ

651名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 20:13:35 ID:DVHQ6tuI0
何を今更、このスレッドに足を踏み入れたからには誰もが一度は
通る道ですよ

動けないのであればまず舞台から考えてみては?例えばミスティアの
屋台で小町と一杯引っかけるとか

652名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 20:32:31 ID:RIM5I5XI0
>>649
まずは一言から文章化するんだ
そしてそれに地の文を加えていく感じで地の文を書く

まずは台詞だけの文章から始めようぜ、な!

653名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 21:03:51 ID:kBkYhKRM0
セリフのみ
キャラ崩壊注意(半ばイメジでやった)
-----------------------
『妹紅ぅー!俺だー!!結婚してくれー!!!』
「・・・え・・・・ぇええ?!」
『妹紅!俺はお前のことが好きだ!!結婚してくれぇ!!』
「なななななな、何を言っているかお前わかっているのか!?」
『あたぼうよぅ!!俺は妹紅…藤原妹紅のお前に求婚を申し込んでいるんだ!!』
「え・・・・あ・・・その・・・・だな・・・・///」
『俺のことは嫌いか?ウザイか?気持ち悪いか?答えをくれ!!』
「ええと・・・その・・・お前のことは嫌いじゃないけどな・・・・」
『嫌いじゃないけど好きでもないのか?妹紅!?』
「いや・・・す、好きだけどな、あのな・・・・私は」
『うん?妹紅は?』
「私は人間じゃないんだぞ?
見た目はお前ぐらいでもお前より何十倍も生きていて、これからも生き続ける」
『ん?だから何だ?』
「だから・・・私は人間じゃないから、お前と一緒にずっと時を過ごすことができない。
お前が死んでも私は生き続ける。
そこらへんの妖怪と同じように人間とは種族も寿命も違うんだ」
『・・・・』
「だからな・・・私は・・・結婚できない…」
『・・・なぁ一つ聞いていいか?』
「何だ…?」
『妹紅・・・お前は寿命だとか、種族が違うから結婚できないって言うのか?』
「え・・あ・・う、ん・・・」
『一つ言っておく。俺は種族だとか寿命だとか、そんなくだらない理由で差別や偏見はしない。
俺がそういうことをするのは俺にとって絶対にしてはいけないようなことをするやつだけだ。
それにな…寿命の違いだからって俺は諦めるつもりは無い
・・・第一お前は[永遠]を生きるんだろう!?』
「・・・ああ」
『だったら死なない、何時までも一緒にいることの出来る相手がいたらいいだろう。輝代や永林以外にも・・・』
「・・・?お前・・・まさか・・・!?」
『フハハハハハハハハハ!!!そのまさかだ!!俺は人間をやめるぞ!!妹紅ぅぅぅぅぅ!!!』
「ちょ、まて、その薬は・・・!!」
『見ての通り蓬莱の薬だぁ!!俺は人間を捨ててでもお前と永遠にいき続けよう!!!!!愛するお前のために!!』

少年暴走暴飲中・・・
少女放心凝視中・・・

『これでもう後戻りは出来ない!これで俺とお前は同じ種族で同じ寿命だ!もう一度言う!!俺と結婚してくれ!!妹紅!!!』
「・・・お前はホンッッットバカだよな…」
『それはYESと思っていいのだな!?!?』
「・・・・・・・・・・・・・ああ///」
『ヨッシャァァァァ!!!妹紅!!結婚祝いに永遠亭に襲撃しに行こうではないか!?俺とお前の仲を見せ付けるために!!』
「え?ちょっ・・・待って・・!!」
『フハハハハハハハ、待っていろ月人間どもめ月兎どもめ!!フハハハハハハハハ!!!』
「だから・・・話を・・・聴けぇぇぇぇぇぇえぇ!」
『何だ!?妹紅。襲撃は嫌いか?』
「そうじゃない・・・お前は何処でその薬を手に入れた?」
『・・・?決まっているだろう。永遠亭から強奪してきた』
「ご、強奪ゥ!?」
『愛の力の前に勝てる者は無し・・・能力を使って強奪しただけだ』
「能力!?お前使えたのか!?」
『そうだ!!妹紅に対する情熱と愛の、お前と同じ炎の能力だ!』
「・・・うそだよな・・・?」
『情熱があれば、愛があれば何だって出来る!!さぁ妹紅!!!
一緒に行こうではないか!!2人で初めてで、忘れることも出来ないような共同作業をしに!』
「・・・・・お前はホンッッットバカだよな…」
『そうだな。だがな俺をバカにしたのはお前だぜ!?妹紅!!』
「・・・バカッ///」


その後、炎を操る二人組の永遠者によって蓬莱人は消し炭なってしまったとか

愛の力があれば不可能も可能にする男がでてくるってけーねがいってた


--------------------------------
寝る1時間前の異様なハイテンションで殴り書きです
てかよくある典型的(?)なシチュでした。
たしか似たような(全然似てない)輝代verの文をwikiでよんだ記憶あったので
それを参考・魔改造してやってみました
お目穢しでした

654名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 21:26:02 ID:tD57PUBQ0
>>653
心意気やよし。
だがな、俺の姫様の名前は輝「夜」だ、輝「代」じゃねえ。
というわけで、ちょっと屋上へこい、五体投地を完全に教えてやる!

655名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 22:32:56 ID:sn1uItr60
>>537
で美鈴は門番以下略を書いてたものだけど、また性懲りもなく美鈴モノ書いてる。

今回は紅魔館のお母さん門番、紅美鈴。需要あるかしらんけど頑張って書くよ!

美鈴可愛すぎて書いても書いても書き足らない。どうすればいいの……。

656653:2009/01/27(火) 22:33:53 ID:kBkYhKRM0
WAGYAAAAAAAAAAAAAAA!!
一番やってはいけない変換ミス!
教えられるまでも無く自分から五体投地きます。


(一回飛び降りたことはありますけど、五体投地は失敗しました)

657名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 22:40:12 ID:b0qpD2Vo0
東方辞書超☆オヌヌメ
後、旦那から迸る情熱十二分にOKだぜ!!

658名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 23:19:20 ID:InCemq920
俺も美鈴好きで書いてるんだけど、どうしてもからかいたくなってイカン。
素直に嫁を愛せないあたり、根本的にこのスレに向いていないのかも知れんなあ。
みんなの甘々な文章を読んでは歯噛みするばかりだぜ。

659名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 23:49:01 ID:U0R.V71kO
今日と言う日も、残すところ後僅か。
人間の灯りが消え、妖怪たちが幻想郷に跋扈する時間。
とある人里の、ワーハクタクが教鞭を振るう寺子屋にて。

「終わったなぁ」
「そうだねぇ」

ズズ、と六畳半の部屋に茶を啜る音が響く。
溜まったテストの採点でもしていたのだろう、机の上の紙の山には、その一つ一つに赤筆による○×が付けられている。

「それにしても、今日は有難う」
「いんやぁ、気にすんなって。働かざるものなんとやらって先人様に従いますよ」
「それじゃあ、また頼むかもしれないけど」
「お安いご用ってやつでさあ」

いつでも任してくれよ、と袖捲りをする青年。
しかしやはり寒いのか、隙間風にぶるりと大きく震えると、すぐに袖を伸ばして自分を抱きかかえる。
その様子に、上白沢慧音は思わず苦笑した。

「ほらほら、里では風邪が流行ってるんだから。明日は折角の休日なのに風邪をひいたら元も子もない」
「へいへい」

ちらりと壁に掛けられた時計に目をやる慧音。
三本の針が指し示す時刻を確認すると、大きな欠伸を一つして。
背筋を伸ばし、強張った肩の筋肉をほぐした。

「……今日はもう遅いから、早く帰って寝よう」
「教師が寝坊なんてしたら元も子もないしな」
「違いない」

二人揃って苦笑する。
同時に立ち上がって灯りを消し、一緒に肩を並べて寺子屋から出る。
そうして自然と繋がれた慧音の左手の薬指には、銀色に光る指輪があった。



四十分じゃあ文章に限界があった
しかもイチャってねえや

660名前が無い程度の能力:2009/01/27(火) 23:49:12 ID:Dh2z00eEO
>>658
書けば書くほどキャラ爆砕する俺よりはマシさ。



ところで誰か助けてくれ。
お燐は俺の足の上で寛いでるし、お空は背中に抱きついてくる。
橙は俺の足を枕にして寝てるし、藍様とうどんげは俺の肩にもたれ掛かってくる。
てゐも足の空いてるスペースを枕にして寝てるせいで全く動けない。

661名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 00:12:48 ID:48B43I4M0
シュールな光景ですなw

ところでついさっき紫様と幽々子様と永琳師匠に挟まれて
悶絶していたすごい漢がいたんですが、どこのどなた?

662名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 00:14:24 ID:CLebyEGc0

「なぁ、アリス」
「なに?○○」
「俺の生きる意味はアリスだよ」
「……恥ずかしい台詞ね」
「言った俺も恥ずかしい」
「…まぁ、嬉しくもなくはないけど」


今の気持ちを書いてみたw
アリスかわいいよアリス

663名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 02:24:35 ID:AP6kMXz60
>>661
あ、それ俺だわ。
色々と気持ちよかったけどぶっちゃけおmいやそんなお三方を悪く言うつもりはくぁwせdrftgyふじこlp;@:「

664名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 03:34:10 ID:fnOI0ecA0
>>662
これは恥ずかしいwww
画面を通して俺にも恥ずかしさが伝わってきたよw
アリスかわいいよなあ

665名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 11:10:49 ID:OwvQZTTg0

「にしてもよく降るなぁ」
「冬なんだから当たり前でしょ」

 定期的にしんしんと降り続く雪を見て○○はそうこぼす。
 縁側から見える庭は全て真っ白で時折屋根から雪が滑り落ちる音だけがし、それ以外には何の音もしない。
 互いの呼吸の音さえ聞こえるような。
 
「そろそろまた雪下ろししないといけないかな」
「せっかく建て直したのに雪で潰れたなんてシャレにならないわよ」

 白い息を吐きながら明るく照らされた廊下を二人は並んで歩く。
 霊夢の部屋の前で二人は立ち止まり、おやすみの挨拶を交わす。
 
「それじゃおやすみ」

 霊夢が部屋に入ったのを確認すると○○は自分の部屋へと向かう。
 が、途中で霊夢の叫び声で慌てて部屋に飛び込んだ。
 
「どうしたっ!?」
「……布団が」

 見ると天井から水が滴り落ち、押入れの布団をぐっしょりと濡らしていた。
 しかもこの寒さで若干凍りついているようで触ってみるとパキリと音をたてた。
 
「……新築なのになんで雨漏りなんてするのよ」
「ここ、担当したの誰?」
「天子……」
「やっぱり……」

 手抜き工事もいいところである。
 
「で、この布団はもう使えないし、打ち直しにでも出すとして……どうする?」
「そんなの決まっているじゃない」


  ◇  ◇  ◇  


「なぜこうなるんだろう?」
「いいじゃない。一人で寝ると寒いのよ」

 まぁ、こういう時のお決まりのパターン。霊夢と○○は一緒の布団にくるまっていた。
 こたつで寝るという選択肢もあったがこの寒さの中でこたつで寝ようものなら翌日確実に風邪をひくだろう。
 
「ちょっと、寒いんだからもっと抱きつきなさいよ」
「れいむー、ちょっとは恥じらいを持ってください」
「何よ、こんなおうとつのない身体で喜びやしな……するんだ」

 霊夢が下から顔を覗き込むようにすると○○はバツが悪そうな顔をしていた。
 
「……霊夢がどう思ってるかは知らないけど十分かわいい女の子なんだよ。グラマーなだけかいい訳じゃないし」
「ぐらまー?」
「……おっぱい大きかったり、腰のくびれがあったり、おしりが大きい人のことだよ」
「紫や幽々子みたいなことね」

 うむむ……と唸る霊夢はやはり何か思うところがあるのだろう。
 しかし、それを遮るように○○は口を開く。
 
「でも霊夢だってかわいらしいし、育てる楽しみがあるっていうか……」
「育てるって、あんた……」
「あわわ……今のナシ! 聞かないことにして!」

 ジト目で○○を見つめていたが霊夢は彼の手を取り、自分の胸にやさしく触れさせる。
 
「れ、霊夢!?」
「おっぱい、おっきくなったら○○のせいにしておくからね」

 ○○の手の上から自分の手を重ね、ゆっくりとまだ未熟な果実を揉みほぐす。
 霊夢のやわらかな手とふにふにと伝わるお餅のような桃の感触に○○の頭は沸騰寸前だ。
 
「ん……や、あ――」
「え、えーと最後の確認してもいいかな? 俺もう我慢できないですがよろしいですか?」
「布団捲らなければいいわよ。寒いし。あんまり激しいのもダメ。それ以外なら良し」
「それじゃいただきます」

 二人だけの静かな部屋で艶のある少女の声が響く。
 甘く濃厚な時間はいつの間にか雪が止み、月が真上にくるまで続けられた……
 
えっちぃ巫女さんは大好物です!

666名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 11:56:23 ID:fnOI0ecA0
                         _,,.. -‐''"´ ̄`"'' ト、.,_.
                    r-、 ァ'´      _ト、.,__ノ ノ `ヽ,ヘ,

667名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 12:07:49 ID:KbuR.a/2O
なぜウフフで最後までやらなかった

668名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 17:59:02 ID:j2.V91hs0
           ノヾ、rァ'  __,ゝ‐i"`y'__]`''ー、'    / `>t,// :/:::::::!  /     /
    \\    `'(__!r-‐i__」-‐'"´,i  `''ー、」ー-ヘ、イ'"´.!:|||||:::::::/   \     (___
       \   r‐ァ'´]-‐' '/  !  ハ /!ィ' i `''ー'、/ゝ  |:|||||:::;t'、  ミ  >  _______
 `' 、        ヽ7´ !   !/!メ、!」 レ-テテテT7   iヽ」`i´!:!!!」:ノ ! i   /     '´
     i´ヽ.      | .! !   !-テテテ    '、,_,ノ !__トr┘i>'r'、`'´   ;'    \   、,_____

669名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 18:00:15 ID:4kd72Ljc0
ついでに言うとウフフとこっちをまたぐような投下は
なぜか厳禁となっているのでそのつもりで。

670名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 18:28:30 ID:48B43I4M0
>>665
GJ、そして数日後に『ナマケモノ』と書かれたでかい札を
貼り付けられた天子が神社の鳥居に吊るされる様を幻視

「あら、○○様と霊夢様の今晩のお食事はお赤飯ですか?」
「「えぇ!?」」
「うふふ、冗談です」

と縁側でお茶している時に衣玖さんにからかわれたらもっとよし

671名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 18:57:39 ID:BjJ0KRlU0
原鉱用紙ってなんでも言い訳じやないんだな……投稿しようと思ったら出来んかった……

腹立ってきたから嫁使って色々とぼこってくる

672名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 20:41:14 ID:zp3Qxs0A0
>>670
間違えて『ナマモノ』と読んだ。
ナマモノなのでお早めにお召し上がりくだs

673名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 21:32:54 ID:1J6u5MPw0
>>669
向こうの1冊目を立てた者だけど。
向こうとこっちは無関係なことになっているし、
前に、(続きはちょっと大人の幻想郷スレッドで〜)ってやった人がいて、
多少揉めたことがあったような気がしたから。

674名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 22:01:15 ID:/ljrEZHs0
>>673
とりあえずsageような。な?

675名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 22:33:30 ID:1J6u5MPw0
>>674
申し訳ない。
PC変えて初書きなの忘れていた。
お詫びします。

676名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 22:54:13 ID:BjJ0KRlU0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0290.txt

※注意※
・ある意味痛み
・内容が糞
・やっつけ全開

評価次第では消します。遠慮なく言ってくれ

677名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:02:00 ID:iVxXyJwcO
スレチだから死ねばいいと思うよ

678名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:02:23 ID:YVqF3yc20
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1500.txt
よめーりんな短編。
書いてる間にいい感じに眠くなってきたw

679名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:02:34 ID:OwvQZTTg0
>>667
「ハッハッハ。あえて見せないのがいいんじゃないか。
 川上氏の作品を見ればその良さが諸君らにも分かにぇぽぉ!?」
「だからって胸ばっか弄り過ぎよ!おかげでサラシが擦れるだけで変な声あげるくらい敏感になっちゃったじゃない!
 それで紫や魔理沙にからかわれるし、衣玖にも今日はお赤飯ですねって言われるし、って聞いてるの!」
「おーい、○○が口からエクトプラズム吐いてるぞー」
「あたいの出番だね。分かります」
「なっ!?まだ○○は渡さないわよ!帰れ!帰れ!」

こんな後日談

680名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:10:58 ID:AP6kMXz60
>>676
これは酷い

681名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:35:38 ID:kzfW8x5YO
川で溺れた○○を助ける為に人口呼吸をしようとするにとり、しかし口付ける直前にファーストキスであることに気付いて躊躇ってしまう、というのを幻視した

682名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:36:20 ID:BjJ0KRlU0
>>677>>680
ですよねー……消すか

683名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:53:48 ID:48B43I4M0
某月某日、人里のとある場所で…
「ふんふーん、あともうちょっとしたらこーりんのところへ…」
『あっ!?』
「ん?この声はパチュリーか…?」
『うくっ!』
「さっきから艶かしい声出して何をしてるんだ…」
『ぅあんっ!そこは、っ!』



「お、お前ら何やってるだァーッ!?」
「ちょ、ちょっと魔理沙静かにしなさい。鼓膜が破れちゃ…やんっ!」
「もうちょっと我慢しててね。ごめん、パチェの足の具合も考えずに
引っ張りまわしちゃって」
「謝らないで…っ!私がしたくてしたことなんだから…っ!」
「声だけ聞くとやっぱりアレだな…お前ら紛らわしいぞ」

デートだからと柄にもなく張り切り、慣れない外出をして靴擦れ
してしまうパチェをマッサージする光景…うむ、ゑろゐ那

684名前が無い程度の能力:2009/01/28(水) 23:57:34 ID:lgYNS6.EO
SS書いたはいいが、嫁が登場しないってdって衣玖!?アアッゴメンナサーイユルs(ピチューン)

685名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 00:24:48 ID:jcqHJtYw0
>>682
消えると思って保存した俺勝ち組ww

686名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 01:14:36 ID:ef3D3HGY0
いたずら氷精チルノの様子がおかしい。

チルノ「うー!またしっぱいだー!」
○○「あはは・・ご飯なら僕が作るから」
チルノ「だめなの!!!」
○○「でも・・」
チルノ「あたいはげんそーきょーさいきょーなんだから!!」

チルノが料理を始めたのだ

チルノ「むー難しい・・さいきょーのあたいでも出来ないことが・・あってたまるかー!!」
○○「頼むから食料使い切らないでくれよ」
チルノ「あぁー!!そうだった・・よーし今度こそ・・」

何のために?

チルノ「あたい・・・げんそーきょーさいきょうの「よめ」になるの!!!」

いちゃ度がたりない・・・

687名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 02:27:41 ID:WkpwDVhs0
あんまりイチャれてないけど、こういう関係も四季様ならいいよね!
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0291.txt

688名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 02:31:09 ID:LdWMvxoM0
>>686
盛大に和んだ。

あーけーね先生に膝枕されたい。

689名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 15:01:35 ID:uc82fjV60
主人公○○
鍛えると◎◎、何か卑猥。
最強だったら∞なのかな。

690名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 18:27:26 ID:/tJ1/qTg0
そういや明後日は「愛妻の日」だそうな。
みんなはどうするね?

691名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 19:49:19 ID:x6l3QRtkO
俺のとこは早苗がなんかやってるみたいなんだけど、諏訪子さまと神奈子さまが狙いすました様に早苗との接触を妨害して来るんだorz
……まあ、楽しみに待ってるつもりだよ。

692名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 20:21:41 ID:/tJ1/qTg0
ウチは美鈴と一緒にゆっくりしようかなぁとも思ってる。
仕事がなければね。orz
帰りにチューリップを買って行くか。

693名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 21:36:49 ID:5dzT8bP6O
こっちは多分買い出し行けだの薬売りに行けだの言われるから鈴仙と一緒に仕事さ。
まあ美味い茶菓子屋見つけたからそこで一服したりとかかな。

694名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 22:13:22 ID:mXQldnmg0
俺は文と一日中取材に出てるだろうな
まあ近くにいられるからそれでいいんだけど
たまには花でもプレゼントしてあげようかな

695名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 22:18:29 ID:EEfvQQGQ0
こっちは紫と一緒に寝てるかな
多分起きたら何かしてくれるんだろうけど今のところは寝る以外の予定は無いし

696名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 23:02:24 ID:328HKQsw0
うーん、こっちは今の所はいつも通り
ゆゆ様とのんびりお茶を飲んだりして過ごす予定かな
ああ、でもゆゆ様は何か企んでそうな感じだったなぁ
そういえばこの前に扇子で良いの見つけたからそれをプレゼントしようかな

697名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 23:34:39 ID:oCpsqKOU0
いつもと変わらん。まったり衣玖とお茶飲みながらとりとめのない話をしとくのさ
まぁ、迷惑かけてる分なんか買っておくかね

698名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 23:37:58 ID:sBM8Fb6E0
幽香の移動速度にイライラしてやった。
嘘です。

幼馴染的小さな幽香さんとか妄想する子はしまっちゃうからね。
的な方には閲覧をお勧め出来ません。
ttp://pokoweb.com/pds/oyatu/yuosa.txt
しまっちゃうゆうかさん……いや、何でもないです。
しまわれたいn……だから、キノセイですってば。

699名前が無い程度の能力:2009/01/29(木) 23:40:35 ID:45THTqUcO
もう少し早く知ってれば色々準備できたんだがなあ……
そういえばこの前、地霊殿行った時にケープ駄目にしちゃったと嘆いてたから
魔理沙に新しいのを買ってあげることにしよう

700名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 00:06:57 ID:Qi8yfD2k0
いいねぇ皆は嫁とゆっくりできて…
俺は相変わらず慧音と寺子屋ごもりだ。
学期制なんて零したせいで期末試験の準備だとw

701名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 00:32:48 ID:Hxg9iumY0
>>700、そっちも大変だな・・・
まぁ俺も、いつもどおり咲夜さんと紅魔館での仕事に従事しなきゃいけないし
この前妹様がお嬢様と喧嘩した時、壊した備品の修理がまだ終わってないから
どこにも出かけてる余裕なんかないなぁ・・・

702名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 00:48:51 ID:AgfiSlBo0
>>701
OK、お嬢様と妹様の世話は俺に任せろ。

703名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 12:38:08 ID:ATpDViEUO
土曜なら午前まったり午後ミュージカル的なものがあるからそっち行くか
衣玖は見たことないだろうから楽しみになってきた


寝たら叩き起こされそうだが……

704名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 13:42:59 ID:UPdA5bxo0
明日の夜人里で嫁とライブやんよー。
皆さんお誘い合わせの上是非ご来場を。

705名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 15:07:02 ID:rLxKMT6U0
じゃあ俺はサニー達と一緒にこのご時勢に平和ボケした連中に
程よい刺激を与える素敵な手品について話し合うとするかな

706名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 17:59:38 ID:Ere3fLPU0
嫁がこのスレの誰かと被った俺
妄想書いていい?

707名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 18:49:53 ID:LEdrhK8Q0
>>706
早くしろー!間に合わなくなっても知らんぞー!

708名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 18:56:04 ID:Ere3fLPU0
ごめんスレよく読まなかった。ごめんなさい。


ある日の朝
今日は紅魔館の手伝い(執事役)に行った。そしたら咲夜とお嬢様が何かしゃべっていた。もめてるようだった。
そしてお嬢様がこちらの存在に気づいた。
「あら、ちょうどいいタイミングね。彼ならどう思うかしら。」
「ちょ、お嬢様!さすがに○○さんに言うのは・・・」
「?」
「ねぇ○○。咲夜太ったと思う?」
「え?」
「ちょっと待ってください!私太ってませんから!」
「さあ、どう思うの?」
「いやぁ・・・俺は別に太ってても見た目が変わってなきゃいいと思うんだけど・・・」
「本当に太ってません!私のほっぺ触って確かめてみてください!」
咲夜の顔が近づいてくる。頬が赤くなっていた。
「・・・わかった。」
咲夜のほっぺを触ってみた。
柔らかかった。ずっと触っていたかったくらい
「って何考えてんだ俺!」
「・・・え?」
「あ、いや、嫌なこと思い出しただけ。」
「とにかく、太ってませんよね!」
「ま、まぁ。そうなんじゃない?」
「本当、優しすぎる人ね。」
小声でつぶやいてお嬢様は去って行った。
「は!こんな無駄話してないで、掃除しましょう!」
「あ、ああ。」

709名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 19:10:17 ID:Ere3fLPU0
>>708の続き
掃除が終わり、休憩に入った。
「本当は太ったの?」
咲夜が紅茶を吹いた
「またその話ですか・・・」
「いやぁ、人の体重とか身長とか気にならない?」
「・・・誰にも言わないでくださいよ・・・」
耳元で増えた体重の量を言われた
「ははははは!」
俺は笑った
「な、笑わないでください!別に増やしたくて増やしてる訳じゃ・・・」
「いや、それぐらいたいしたことないって。それがふつうだよ。」
「そ、そうですか・・・?」
少し嬉しがっていた
「そんなに体重を気にすることはない。少なくとも俺は体重なんて気にしない!」
途端、咲夜が抱きついてきた。
「・・・本当・・・ですか?」
「ああ。本当だ。」
「本当に○○さんって、優しいんですね。」
「優しくなろうとしてるだけだよ。じゃあ、そろそろ帰るわ。」
「じゃあ、また。」
自分の頬が暖かいのを感じた

710名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 23:10:11 ID:AOKoS5IM0
流れを読まずに思い付きだけで書き込み

こぁここぁ
 朱鷺子大ちゃん
  ザコ軍団
愛さえあれば
 名など要らない

711名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 23:25:58 ID:tNRenStw0
雛さんは永遠のダークホース級な私

雛さん雛さんどこ行くの くるくる回ってどこ行くの?
人を厄から護るため 今日もお勤め厄集め

雛さん雛さん何してる 博麗神社で何してる?
巫女の居ないお社が 心配だからお留守番

雛さん雛さんどうしたの そんなに急いでどこ行くの?
ごめんね今は話せない 兎に角早く帰らなきゃ

雛さん雛さん…おや?

雛さん雛さん大好きです 幻想郷一大好きです
嬉しい嬉しい嬉しいわ 私も貴方を愛してる

どうやらお邪魔のようですね ここはおいとまいたしましょう
彼の前では雛さんも 一人の恋する女の子

712名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 23:38:54 ID:AgfiSlBo0
神社で寝ていると霊夢と魔理沙が「好きにしていいのよ(ぜ)」と甘えてきて
紅魔館で仕事しているとレミリアとフランが「ごほうびよ」と美鈴と咲夜と一緒に迫ってきて
図書館で本を読んでいるとパチュリーが「紅茶とお菓子いかが?」とクリームのかかった小悪魔と一緒に迫ってくる。
湖で釣りをしていると三月精とチルノが「さいきょーのよめはあたいだ(私達よ!!)」と弾幕ごっこ
山へお使いに行くと秋姉妹から姉妹丼が振舞われ
にとりには電動マッサージ器の実験をして欲しいとなぜかキューカンバの形のおもちゃを頬を染めながら手渡しして服を脱ぐ。
文と椛には取材協力して欲しいとおねだりされ小屋で一泊
守矢神社では生贄キターと神奈子さんと諏訪子さんと早苗さんに食べられ
帰り道に雛さんが厄を取るって押し倒してきた。

このあと永遠亭にいくんだが嫌な予感が・・・

713名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 23:44:29 ID:5Ou00Bbs0
>>712
行ってらっしゃい

こっちはやっと紫が起きたんだが起きた直後に
「知ってるか?今日は愛妻の日らしいぜ?」って言ったら
今までに無いくらい焦って飛び起きて
今紫が愛妻料理作ってくれてる

個人的には一日中紫の寝顔を見れてかつずっと傍に居られたからそれでいいんだけどな?

714名前が無い程度の能力:2009/01/30(金) 23:53:28 ID:6nkT9J0.O
パチュリーは萃夢想やら緋想天やらで外出しまくってるからあまり病状な印象ないけど
○○がデートの途中で貧血とかになったら、どうするんだろ
大怪我してパチュリーに介護されたい

715名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 00:12:14 ID:L8pln0C.0
うちの鈴仙が、愛妻の日までに夫婦になれなかったことに不満たらたらだったので、ジューンブライドの話をしたら機嫌が直りました。
でも次の休みは式場探しに決まってしまいました。幸せ。

716名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 00:19:05 ID:OpoiE4..0
>>714
貧血起こして倒れたのを見てあたふた慌てるパチュリーを幻視したw

とりあえず日付も変わって愛妻の日だそうなのでアリスといっしょに寝てきます
自作の人形もあるのだが喜んでもらえると嬉しいな

717名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 01:13:23 ID:WY5Ven5sO
突然師匠から休みを貰っちまった。強制的にだけどさ。
どうやら鈴仙も休みを貰ったようで、今日一日は自由に過ごしていいんだと。
で、結局一緒に里にある店を色々と見て廻ることになった。

鈴仙を飽きさせないように頑張らねえとな。

718名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 07:17:25 ID:Yz/.VRXg0
あー眠い。
なんか朝っぱらから天子が俺ん家来た
というわけで今日は紅魔館じゃなくて天子と散歩行ってくる。

719名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 10:06:01 ID:Yz/.VRXg0
散歩から帰ってきました。

散歩なのにいろんな所に付き合わされた俺
歩いていると、天子が急に座り込んだ。
「比那名居?」
「疲れた!」
「散歩呼び出したのお前だろ?」
「とにかく歩けないの!」
「やれやれ。じゃあしばらく休憩な。」
「え・・・」
なにか不満そうだった
「何?」
「こういう時にする事といえば?」
「え?」
「よくいろんな人とやってたじゃない!」
「・・・ごめん。わかんない。」
「もう!鈍いわね!お姫様だっこよ!」
「・・・わかった。」
天子を抱きかかえた。別に重くはなかった。
「・・・ねぇ。」
「何?」
「比那名居って呼ぶの、○○君だけよ?」
「まぁ、いわれてみればそうかも。」
「別に○○君なら・・・てんこでも・・・いいよ・・・。」
「んー。比那名居はしっくりくるけど、てんこでもいいかもね。」
「てんこで・・・いいよ。」
「じゃあてんこにするよ。」
「・・・」
うれしそうな顔をしていた
そのまま帰宅したが、気づいたら天子は寝ていた。仕方無く今俺のベッドで寝かしている。
襲う気ないからな?

720名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 10:13:36 ID:kXlSyn7I0
「なあ、霊夢って異変解決が仕事みたいなものなんだろ?」
「まぁそうね。で、急にそんなこと言い出して何を考えてるの?」
「ふーん、なんだかある帝都の守護者を思い出してね」
「誰よそれ」
「まぁざっと説明するとこんな感じかな……」

――青年説明中――

「……まぁ私のやっていることとちょっと変わっていることくらいね」
「……? 同じじゃないの?」
「……昔はね。ただ漠然と異変を解決するためだけに動き回っていたころはそうかもしれないけど今は違うわよ」
「どこが?」
「○○に危害を及ぼすものを放っておけないじゃない。貴方が傷つくのを見るのが嫌だから異変解決にむかうのよ」
「…………」
「なっ、何よ! あんたが言い出したんじゃない! 恥ずかしいこと言わさないでよっ!」
「いや、嬉しさと恥ずかしさが混じってつい赤面しちゃって」
「う、うう……」
 ぎゅっ
「まぁ俺には弾幕もスペルカードも撃てないけど霊夢の帰ってくるところを守ることくらいはできるから無事に帰ってきてよ」
「うん、ありがと……」

ひゃーあまーい

721名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 10:14:30 ID:L6LfSFqc0
そろそろ文と新聞のネタ探しに行く時間だ・・・
愛妻の日なんだから一日くらい二人でゆっくりしたかったんだけどなぁ
足引っ張らんように頑張ろう

722名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 10:23:20 ID:Yz/.VRXg0

今日は愛妻の日か!
俺・・・誰が妻になるんだろう・・・
天子まだ寝てるし

723名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 15:15:17 ID:c.21vgHoO
朝起きたら、神奈子さまに「早苗といっしょに休め」って言われて、
今、ピクニック中。山の中の開けた場所での早苗のお弁当、美味しかったです。

…マズい。早苗が眠そうだったから膝枕してあげてたんだが、早苗の寝顔見てたら何か我慢出来なくなって来た。
……どうするよ、俺。ここ、屋外なんだけど…。

724名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 15:24:00 ID:4NYePKPg0
>>723
椛がさっきから何か気にしてたんだが>>723を見ていたのか
まぁ、頑張れ、色々と。

725名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 18:41:38 ID:BmU0x.Y20
いつものように慧音が教材作っているかと思ったら、
いきなり俺の前にフリップを突き立てた。
お題は「クイズ 如何にお互いを理解しているか」
……顔も真っ赤なのでちょっと真面目に挑んでくるわノシ

726名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 18:53:54 ID:WY5Ven5sO
せっかく愛妻の日だからって休み貰ったのに結局鈴仙と昼寝しただけだった……
申し訳無さすぎるぜ……

727名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 18:57:44 ID:6OE/vdSs0
愛妻の日だとぉ・・・だから俺の部屋の外では壮絶な弾幕戦が・・・
みんなが「私が正妻だ!!!」って・・・正妻?

728名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 20:03:36 ID:HGzGNhkg0
>>726さんや、あなたと鈴仙の額に『にく』と書かれていますよ

729名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 20:18:03 ID:c.21vgHoO
ピクニックから帰って来てから、早苗と一緒に夕飯の支度。
その後、神奈子さまと諏訪子さまに今日の休みを感謝しつつ食事終了、現在は後片付けも比較的終わったところ。
ピクニックは楽しかったよ。膝枕をしながら早苗の寝顔を見て、頭を撫でてあげると物凄い穏やかな気持ちになれたよ。
……我慢出来なくなった後?…こちらを覗き見してた人達に聞いた方が早いと思うよ、ウン。

730名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 20:20:01 ID:8UhriwsU0
俺とアリスも>>729のことを一緒に見てたが・・・淫らな・・・
そのせい・・・おかげで俺とアリスも・・・うわああああああああああ

731名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 21:02:40 ID:8lUwhuasO
酔いつぶれた妹紅を背負って家に連れて帰ってます
酒臭いけど、惚れたものの弱みといいますか

732名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 21:49:26 ID:xJc/qHLw0
というわけで愛妻の日ネタで一本。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1501.txt
微糖程度でほとんどイチャってません。
勢い。

733名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 22:13:39 ID:6OE/vdSs0
>>712から続いて永遠亭なんだが・・・
鈴仙の瞳を覗いちゃって記憶が吹っ飛んだ。
気がついたらてゐが「もっと叩いて///」を赤くなってるし
鈴仙が「お仕置きして///」と頬を染めてるし
永琳が「昨日は凄かったわ」とニヤニヤ
輝夜は「お嫁にいけない///」って・・・

白玉楼にいったら「夜伽の特訓を」と妖夢にお願いされたり、幽々子さんに食べられたり(性的に)

そのあとマヨイガにいったら発情期の橙に押し倒され同じく発情期の藍さんに絡まれ
で、紫さんに和装メイドで奉仕された・・。

里によって慧音と妹紅が教材作りに手伝って欲しいといってきたので協力したら
保健体育の教材と名目の実践(性的)

神社に戻る途中で天子と衣玖に拉致られなぜか「イジメテー」と迫られる。

ようやく帰れると思ったらアリスと出会い、一緒にお茶と思いきや等身大人形作るからと採寸とりがなら色々されて
気がついたら「きて・・」と誘われた。

神社に戻る前に温泉で一息ついてたら勇儀と萃香が酒を勧めてきてなぜかワカメ酒&泡風呂

これで神社でゆっくりと思いきやヤマメに拉致られ地霊殿へ
無意識の能力のせいとこいしちゃんに性的に遊ばれ、その様子をさとりがウォッチングしてて巻き添えになり
ヤマメが「縛って〜」と迫られ、キスメに「一緒に入ろう」となぜか一緒に布団の中へ
お燐ちゃんと空ちゃんが「遊ぼう〜」と布団の中に・・


俺、神社に戻ったら布団でゆっくり寝るんだ・・

734名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 22:17:28 ID:p7c0klqU0
慧音が酔って膝枕をしてくれと
それでその後慧音に毛布をかけて知らない間に俺も慧音を膝に寝かせたまま寝てたんだ
そして起きたら風邪引いてたorz
だが後悔なんてしてない

735名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 23:02:32 ID:OpoiE4..0
ふぅ、愛妻の日つーことで今日一日アリスに人形になれって言われたからどうなるかと思ったけど
うん、>>729に負けねぇよw

736名前が無い程度の能力:2009/01/31(土) 23:26:11 ID:4yTpKfn60
愛妻の日だからこそ、別にひねりも何も無く過ごしたいですね。
ttp://pokoweb.com/pds/oyatu/aisai.txt

737名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 00:40:05 ID:1bez49pE0
何だか春度が高いなあ。さすが愛妻の日……なのか?

愛妻の日とは関係ないけど、さとりさん書いてみた。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0292.txt

738名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 11:47:43 ID:DFmdrjDEO
良いなあ、まったりしてるけどグダグタじゃない話を書けるってのは。GJ

739名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 11:51:19 ID:5sBU4/.IO
>>734
慧音は飲むと甘えてくるんだよなぁ…///まったくこまっ(た)ちゃんだよ

740名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 16:18:56 ID:/HwQ2BDU0
主人公と大事な娘(もしくはそれ相当の存在)付き合い始めると保護者面する人妖…

霊夢→紫が「あら、愛娘に悪い虫がつかないかどうか見張ってるだけよ?」
魔理沙→「あたしゃここにい」アリスが「いい?魔理沙を泣かせたら容赦しないわよ!」
美鈴、パチェ、咲夜→レミリアが「あら、この者達の主としては当然のことじゃなくて?」
レミリア→美鈴、咲夜が「主人の身を案じるのは当然のことですから」
フラン→紅魔館一家総出で「妹様(フラン)に何かあったら…!」
橙→藍が「ちぇ、橙はまだ幼い身だから主としては、いや、だから、その…」
アリス→神綺さま「娘に悪い虫がつかないよう魔界から歩いてきました」
妖夢→幽々子が「頼りない妖夢が襲われやしないかと、心配で心配で眠れないわ〜」
幽々子→妖夢が「幽々子様に悪い虫が憑かないようにしているだけです」
藍→紫が「私の可愛い式にいつ何時水をかける輩が現れるかわからないじゃない?」
紫→藍が「紫様は私の主、紫様に何かあったら私は…ッ!」
慧音→妹紅が「け、慧音はほら、背負い込みやすい性格だからさ、不安で…」
てゐ→鈴仙が「別に…この子が嘘つかないかどうか見張ってるだけだから」
鈴仙→永琳が「ウドンゲがポカをやらかさないかどうか心配なのよ」
輝夜→永琳が「姫様(輝夜)がお転婆だから怪我でもしないかと不安だわ」
妹紅→慧音が「妹紅はああ見えて傷つきやすいから、気になるんだ…」

とりあえず永夜抄まで。私の脳は現在ニュークリアフュージョン

741名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 17:49:09 ID:QYZ45hrE0
1月31日が愛妻の日だと知った時にはもう2月になっていた。
まあそういうわけで、愛妻の日と聞けば早苗さんの話を書かざるを得なかった。

Side A
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0294.txt

Side B
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0295.txt

二つあわせて一つの話ということでよろしく頼む。
愛される早苗、っていうのを書きたかった。

しかし…ケロちゃんとてんこが1ヶ月たっても完成しないのに
早苗は1日で書けてしまったのはどういうことだ…?
ケロちゃんとてんこが完成するまでは早苗断ちをすると神奈子様に誓ったというのに…

742名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 18:09:32 ID:/HwQ2BDU0
>>741の人GJ、しかしSide Aを読んでいた時に飲んだ珈琲噴いて
しまったので謝罪と賠しょ(そこまでよ!)

743名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 20:03:07 ID:w2QKxfM.0
>>741
GJだが、SideAで肉屋さんが八百屋さんのことを「肉屋!」と呼んでるぞw

744名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 20:29:21 ID:JQfMfhJ60
いつからだったろう。私の中で、彼が特別な存在になったのは。
咲夜とも、小悪魔とも、魔理沙とも違う、とても迷惑で、それ以上に大切な存在。

「…パチュリー?」

彼が不意に話し掛ける。きっと、彼の事を考えて頬を染めていた私を不審に思ったのだろう。
しかし原因が彼なだけに、私を案じて話し掛けられても、その、余計に頬が赤くなるだけなのだが。

「顔赤いぞ。冬の真っ只中だからな…小悪魔呼ぶか?」
「大丈夫よ。貴方が何処かへ行けば熱も止まるから」
「あのな…」

呆れ顔をして、それでもそばを離れずに座り続ける彼。
────そう。これが私の一番の悩み。いつだって心では彼にこの気持ちを伝えたくてたまらないのに、口を突いて出る言葉がいつもこんなふうなのだ。

「…実際、心配してやってんだがな」
「ただの人間に心配されるほど堕ちちゃいないわ。あなたには特に、ね」

喘息よりやっかいな私の病気。医学書の何処を紐解いても見つからない、私の病気。
それは好意を持つ異性の前では素直な口が聞けなくなるという、いわゆる心の病だった。

「…まーいいさ。んじゃま、小悪魔に「家庭の医学」の場所でも聞いときますか…と?」

「小悪魔と会う」───彼も人である以上、当然自分以外の生物と接触する事もあるだろう。しかし、私の心の中の感情がそれを激しく拒んだ。
私以外の女の子と、彼を会わせたくない。そんな理不尽で強い感情が私の心を満たす。しかし私の病は、それを口に出すことを許そうとしなかった。
口に出すわけでもなく、かといって何もしないわけでもない。私は思わず───

席を立とうとした彼の服の裾を掴んでいた。

「……どうした?」
「…別に、熱なんかないんだから、わざわざ歩く必要も無いわよ」

少し強引に彼を椅子に座らせた私。
自分のした行為があまりに幼稚で、思わず本に顔を埋めて黙りこくってしまった。

「…ま、いいか。ゆっくり進む恋もあるさね」

本の厚いページ越しに、彼の呟きがぼそぼそと聞こえた。
何かとても大事な言葉が混じっていたような気もしたが、私は真っ赤になった頬を隠すのに精一杯で、そこまで気を回してる余裕がなかったのだった。

745名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 21:44:27 ID:x8F7bFlk0
>>741
GJ、魚屋のセリフ回しが格好良かったぜw

746741:2009/02/01(日) 22:04:50 ID:QYZ45hrE0
>>743
>>GJだが、SideAで肉屋さんが八百屋さんのことを「肉屋!」と呼んでるぞw

し、しまったァァァァ!!
3回は読み返したはずだったのに…
ま、まああまり揚げ直すのもアレだからとりあえずは脳内補完をよろしくorz
もう一度読み直して間違いが一杯出てきたら治すよ…
指摘ありがとう。

747名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:06:09 ID:rxD2VKNI0
お燐の喉元をうりうり

748名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:14:37 ID:6FeA8QpY0
鈴仙の耳をはむはむ

749名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:32:57 ID:NQjm/2Xk0
雛様とごろごろ

750名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:38:14 ID:p5lPNgA.0
>>741、生き生きした守矢一家だな。早苗さんへの愛情が伝わってきた。GJ。

さとりさんって、結構冷え性なんじゃないかなという妄想

 冷え込みの厳しい夜。風呂から上がった俺に、お燐が声をかけてくる。

「いやあ、おにーさんが引き継いでくれて助かったよ。
 あたいじゃ猫形態で足元に入るくらいしかできないから」

 お空は少し残念そうな様子だ。

「核融合パワーであっためようと思ったら、
 それは遠慮するわって言われちゃった。いい考えだと思ったのに」

 さとりの部屋の前で、こいしちゃんと出くわした。

「あ、○○さん。お姉ちゃんもう布団に入ってるって」

 ……そして、今晩も。

「おやすみなさい、○○……また明日、ね?」

 さとりの冷えた手足に自分の体温を与えつつ、細い身体を抱きしめながら、俺は眠りについた。

751名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:45:21 ID:Or0CCttk0
>>698
いいねえこのシチュ。
ゆうかりんかわいいよゆうかりん

752名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 22:45:32 ID:Oeago/wM0
阿求と甘いもの食べに行きたいけど寒いから部屋でぬくぬくしていたい。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0296.txt

β<こんなことを言うのもなんだが
  漉し餡の汁粉は食べたことがありません

753名前が無い程度の能力:2009/02/01(日) 23:57:30 ID:7AwcNjrUO
もうすぐ節分だな
年の数豆を食べる風習を阻止しなければうちのお嬢が大変なことに

754名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 00:00:23 ID:GeSxAsTE0
>>740の続き。こんなのどうでしょう

小町→映姫が「勘違いしないでください。小町がさぼったりしないか監視中です」
映姫→小町が「お前さんがいればあたいが四季様に叱られることもな…きゃん!」
静葉→穣子が「姉さんを散らそうとしたら、許さないわよ」
穣子→静葉が「穣子を穢すようなことがあったら、容赦しないわよ」
椛→文が「そりゃあ当然じゃないですか、元上司としては気になりますもん」
文→椛が「わ、私は文様に何かあったらと考えて来ただけです!」
早苗→二柱が「早苗を泣かせたら御柱よ」「泣かせたら祟ッチャウヨ」
神奈子→早苗と諏訪子が「八坂様を御守りする為です」「神奈子はああ見えて純情だからねぇ」
諏訪子→早苗と神奈子が「洩矢様を御守りする為です」「諏訪子はああ見えて脆いからね」
天子→衣玖が「お二人の関係は波乱万丈、ならば私が間を埋めるのが筋かと」
勇儀→萃香が「ゆーぎはああ見えて真面目だよ?!何かあったら許さないからね!!」
萃香→勇儀が「萃香を泣かせたりしてないかと思うと旧都で飲んでられないんだよ…」
さとり→こいしが「お姉ちゃんを悲しませたりしないか見張ってるの!」
お燐→空が「お燐が耳とか尻尾とか引っ張られたりしないか不安じゃない!」
空→お燐が「あたいはお空の友達だもん、心配になっておかしいかねぇ?」
こいし→さとりが「さとりに悪い虫がついたら…いえ、もうついてるか」

依姫→豊姫が「下の身分でありながらうちの妹を篭絡しようとするなんていい度胸ね」
豊姫→依姫が「穢れを持ちながら姉様を篭絡しようとするなんていい度胸ね」

阿求→紫が「御阿礼の娘としての役割が果たせなくなったら困るじゃないの」

755名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 00:06:57 ID:GeSxAsTE0
>>754
間違えた!訂正

こいし→さとりが「こいしに悪い虫がついたら…いえ、もうついてるか」

756名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 00:11:48 ID:hG3Y3NT60
>>754
乙、楽しませてもらいました

------------------チラシの裏---------------------
同時攻略するか保護者の好感度も高くしておいた場合は
どうなるの、っと
-------------------------------------------------

757名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 00:45:56 ID:6OTIzC3M0
>>756
「心配だから私も付き合うわ」が全てのセリフの後に付くんじゃね?

758名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 01:03:57 ID:XddzeAro0
>>757
お前頭いいなw

759名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 13:43:42 ID:LOXTRF7sO
>>752
乙ー
こういう淡々としたのも好きだわ

760名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 21:49:21 ID:nph3exTE0
橙と一緒に昼寝したい
藍さんと一緒に家事をしたい
紫さんと一緒に酒を飲みたい

761名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 22:05:20 ID:FFEPHyGoO
酔いつぶれたにとりを背負って連れ帰ったはいいものの、
降ろそうとするとガッチリとホールド、ならばさてどうするか。


「起きろい、にとり」
「んやぁ……もう少しこれで…」


ぎゅっと、首に回された腕に力がこもる。
体を左右に揺らしても、呻きはするもののまるで離す気配が無い。

――やれやれ、この酔いどれエロ河童め。

青年は一つ溜め息を吐き、呆れたように苦笑する。
しかし、そんな自分はこの河童のこんなところに惚れたのだから。
まったく、惚れたら適わないねぇ。

空を見上げれば満点のお星様。
にとりは見飽きただろうけど、自分には余り馴染みの無い景色。
東京の夜景とはまた違った美しさをもつそれに心を奪われながらも、首筋に生暖かく湿っぽい酒気混じりの寝息を感じて。
愛しい河童を背負った青年は、河辺の散歩を始めた。


「……んー…○○ー……」
「あん?」
「呼んでみただけー……」
「はいはい」


時には、そんな取り留めもない会話をしながら。
近くにネタに飢えた天狗が潜んでいることも知らずに、二人のデートは続いた。



テンションに任せて書いた
ひゃあ、にとり可愛いよちゅっちゅしたい

762名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 22:19:36 ID:BSm7B0lQ0
>>761

そういえばにとりのってあんまないよね

763名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 22:29:14 ID:wFtvN.OE0
魔理沙が家の壁に穴を開けたといって押し掛けてきた。
とりあえず何も考えず抱きしめてむにむにした。

「私の心の八卦路はレッドゾーンぶっちぎりなんだぜ!!!」

ナンダコレ

764名前が無い程度の能力:2009/02/02(月) 23:27:06 ID:9PCBXl660
なんてことはない、ただの気まぐれだった。
どこぞの賽銭が入らない神社に行った時にただ目の前で腹をすかせた子供に同情して、持ってた弁当をやっただけだ。
それだけだったんだ、それがどうしてこんなことに……



「○○ー、あれ何あれ何?」
「あれか? あれはかつて妖精たちと過ごした自由と孤独、音楽を愛する旅人が持っていた楽器だよ」
「じゃあ、アレ、アレは」
「アレか? アレはな――」

俺の蒐集品に目をきらきらさせて、質問をしてくる鴉の娘っこに苦笑を浮かべつつ答えてやった。
これが究極の力を得たラスボスさまね、ただの好奇心旺盛な子供にしか見えんな。

「別に逃げやしないから、おちつけ、折角入れてやったお茶がこぼれるだろ」
「うにゅ、ごめん」

お茶を粗末に扱うと幻想郷で生きてはいけないぞ、巫女に狙われる意味で。

「ねえねえ、○○ー」
「はいはい、今度は何だ?」
「○○は私のこと好きー? 私は○○のこと好きだよ」
「はいはい、そいつはあり……な……ん……だと!?」

思わずお茶吹きかけたわ!
くそ、なんだその期待に満ちた目は!
くそ、なんだその純真さをたたえた目は!
こっちみんな!

―数分後―

「分かった、分かったから、泣きそうな目でこっちみんな」

しかし、今更改めて言葉にするのは照れるな。
だが、言わないと泣かれてしまうのは目に見えている。
覚悟をきめろ、俺。

「よし、答えるから目を瞑ってくれ」

そういわれて、素直に目を瞑る空。
可愛いな、こんちくしょう。
そんなことを思いながら、空の唇を奪う。
長くもなく、短くもなく、少々といった時間だ。

「○、○○、今!?」
「お前さんは言葉だと忘れてしまうかもしれんからな、行動で示してやった、どうだ、納得したか?」
「……うん、○○大好き!」

感極まったのか、そのまま空が抱きついてきて押し倒された。
優しく受け止めてやるにはいきなりすぎた。
しかたがないので、押し倒されたまま、優しく抱きしめてやった。
そっからさき?

(そこまでよ!)

後日、なぜかどこぞの清く正しくない新聞の一面を飾っていたのはいうまでもない。


暇つぶしにやった東方キャラ相性診断で、俺の嫁との相性が100%だった。
だから、そのテンションに任せて書いた。

765名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 00:45:07 ID:LsIR7sJs0
「あ、ちょうどいいとこにいた〜」

「ん?フランじゃないか、どうした?遊んで欲しいのか?」

「ちょっと違うの。今から私の技の練習に付き合って!」

「え?どうして俺が?」

「嫌なの?」

「そうじゃないんだ、俺ってさ、美鈴のように打たれ強いわけでも
ないし、かと言って咲夜のように技術で弾幕を避けたりできるわけ
でもないだろ?お嬢やパチュリーのように強力なスペルカードとか
持っているわけでもないし…俺は打たれ弱くて脆い只の人間だから、
フランの練習に付き合えるとは思えないよ」

「違うの!これはあなたじゃないとできないことなんだから!」

「む…じゃあ、具体的にどうすればいいんだ?」

「黙ってそこに立っててくれればいいの!」

「…分かったよ。ここでいいか?」

「そう、じゃあそこから動かないでね!それっ!」

 ギュウン

「速いッ!?」

 ぎゅう

「フランドールブリーカァァー!!死ねぇっ!!」

「げへぇっ!!痛…くない?」

「えへへー、やっぱりあったかーい」

「フランドールさん、これは一体…」

「パチェが偶然手に入れた外界の本に書いてたのよ。愛を体で語る
イカシた方法なんだって!」

つ【鋼鉄でこの世でもっともハニワが憎い磁石の力なあの人】

「…フラン、何もこんな大げさな方法取らなくたってやりたいなら
やりたいって言ってくれればいつだってやらせてあげるからさ…」

「ホント!?」

「あー、でも仕事がないときにな」

「やったー!嬉しいな!」

【物陰】

「フラン…私を置き去りにして!」

 ギリギリ

自分でも何があったのか分からないが、とにかくそんな電波を受信…

766名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 13:03:56 ID:fCtn54BU0
そいうえば今日は節分じゃないか。
とりあえずから揚げ、寿司に恵方巻、酒を用意して自宅で日が暮れるのを待つ。
夜の帳が降りてきたころトントンと戸口を叩く音がする。
つっかえ棒を外すとそこには萃香、勇儀の鬼コンビ、フランとレミリアの吸血鬼姉妹がいた。

「おーす、来たよー」
「お邪魔するわね」
「わーい○○のうちに来るの久しぶりー」
「酒はたんまり用意してきたからな」

毎年節分の日には俺の家で鬼たちが騒ぐことになっている
みんな豆まきで鬼を追い払うので唯一豆まきしていない俺の家が避難所になっている

「でもレミリアは何で自分の屋敷から俺の家まで来ているんだ? 嫌なら止めさせればいいじゃないか」
「たまには妖精メイドたちもはしゃぎたいことがあるのよ」
「おねーさま、素直に○○に会いに行きたいって言えばいいのに」
「ぶっ!? フ、フラン!」

おー顔が真っ赤。そうかー、そうだったのかー。

「そこ! ニヤニヤするな!」
「まぁまぁ、そう怒らない。ささ、もう一献」

萃香と勇儀は気にもしないで酒を勧める。つまみもいい感じに減ってきて酔いもたけなわだ。

「うぃー。いい酒だなー。酔っ払っても気持ち悪くない」
「お、そろそろ○○が鬼になるぞ」
「なんだよそれはー。俺は普通の人間だぞー」
「いやいや、○○は気づいていないが酔いが回ると鬼になるのさ。その名前はき・ち・く?」
「さぁ、まずは誰から押し倒されるかしら?」
「わーい! ○○とえっちしたーい!」
「それじゃまずはフランから頂いちゃおうかなー!」
「きゃー!おーかーさーれーる?」

――――――
――――
――

目が覚めると布団の中でみんな裸で幸せそうに俺に抱きついて眠っている。
身体中に桜模様がいたるところについていて何があったかは想像がつくが残念なことに脳が記憶していない。
みんなで朝ごはんを食べて今年の節分は終わりを告げる。

「いやー私は今年が参加初めてだけど、その、すごいんだな……」
「ふふー、そうだよ。今まで節分なんて嫌いだってけど今じゃ来年が来るのが楽しみでしょうがないよ」
「また来年も一緒に楽しみましょうね。今度は負けないから」
「○○、暇なとき紅魔館に遊びにきてよ。私はいつでも暇だから待ってるねー」

騒がしく去っていく鬼の一団。さて昨日の宴会の片付けをしますか。
部屋の掃除をしながら気さくな鬼たちのことを思い出し、頬が緩むのを感じていた。

767名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 16:00:57 ID:o99rJnz.0




をオーバー気味よ!

768名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 17:15:53 ID:NYZKecYw0
さぁ、一緒に向こうに行こうかウフフ

769名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 17:34:37 ID:/Cim0pP6O
ざんねん! >>766のぼうけんは ここでおわってしまった!

770名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 18:41:54 ID:0itzRBz.0
>>537で門番以下略。

美鈴がお母さんの奴書いてたはずだが、気がつけばなんか皆お母さんっぽい。
でも美鈴以外は皆姉みたいなものだよ!!

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload.html

もしかしたら続くかもしれない。

771名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 18:42:44 ID:0itzRBz.0
貼り間違えたorz ごめん……。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0297.txt

772名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 19:35:37 ID:TRWRXUjw0
upload.html(笑)

773名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 21:13:28 ID:YUK2G4Xs0
そういえば美鈴の母子ネタってありそうでなかった
子育て天子みたく、これから「お母さんと結婚する!」な展開になるのだろうか

774名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 21:33:12 ID:y0iV04Po0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0299.txt

今回は真面目に書いた。コレはグレイズなんだろうか……

775名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 21:34:25 ID:.8QaldKA0
勢いで鈴仙と豆まきして恵方巻き食べてきた。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0300.txt

776名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 22:36:30 ID:NYZKecYw0
>>771
おまけのラスト予想してたが吹いたw

777名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 22:44:21 ID:h1EX1xAc0
勇儀はいい女。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0301.txt

書いてる途中で「星熊勇儀」で検索していったら、とある動画を見つけてイメージが吹っ飛びそうになったw
オニオンリングうめぇ。

778名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 22:45:17 ID:LsIR7sJs0
>>771
おや、こんなところにフルボッコにあったような状態のチルノが
眼を回して倒れていますよ?

779名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 22:48:28 ID:A8S73Wog0
>>773
なんだか判らんが、本編より昔設定で
赤子○○、美鈴に拾われる→幼〜少年期、レミリアが咲夜(○○より多少年下)を拾ってくる
んで咲夜の教育係に美鈴抜擢→○○と咲夜相対、緩やかなれど確実で良好な関係構築開始、などという
妹属性追加の咲夜さん という考えがすぐさま思い浮かんだ

780名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 22:52:20 ID:deD.kmNY0
>>779
書け!今すぐ書くんだ!

781名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 23:15:18 ID:RHgr.yecO
にとりは自慢したがりの照れ屋がマイジャスティス
体が不自由な○○に拙い義足を作製して得意気にプレゼント
感動して泣きながら抱き付くと、顔を真っ赤にした笑顔のにとりが見られます

782名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 23:27:26 ID:DoBOT2tcO
ただし、義足は爆発する。

783名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 23:35:37 ID:TBZZ8osk0
だから内蔵火器はやめろと・・・・・・

784名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 23:51:57 ID:w76xXj0s0
蹴符『サウザーバースト』or『メテオショット』と申したか。

785名前が無い程度の能力:2009/02/03(火) 23:56:45 ID:tkK7YL5s0
>>777
姐さんもラストも最高だわ
いいSSを有難う

786名前が無い程度の能力:2009/02/04(水) 03:44:02 ID:GEYv61gw0
2月14日 某所
俺は小鬼に呼び出されてそこにいた。

「ねぇ、バレンタインって知ってる?」
「ん、何を突然に」
「紫に聞いたのさ、外の世界でやっている行事だってね」
萃香が八雲紫からの受け売りを得意げに語りだす。
曰く、バレンタインデーとは昔の聖人の命日で、それを記念して恋人達がチョコを贈り合う日だと言うのだ。
「それでね、今日は私も萃めてつくって持ってきたんだ、あげるよ」
「そうか…ありがとう」
俺は素直に礼を言った、チョコレートなんてここらじゃそう滅多に食べられるものじゃあない。
萃香が特別に材料を萃めてつくって持って来てくれたんだ、感謝しなくては罰も当たる。
梱包された箱を丁寧に開けて、中を見るとそこには、

猪口が、入っていた。
ちょこんと。

「…お猪口?」
「そう、猪口、大変だったんだよー、ここいらの地層から粘土やら石英やら色々集めて、私の鬼火で焼いて…」
「…ああー、とにかくありがとう」
想像していたチョコではなかったことに少しだけ落胆したが、しかしこれはこれで嬉しいものだった。
猪口には小さく、俺と萃香の似顔絵が描かれていた、まったく器用なものだ。
「さーてそうやって猪口持って突っ立てたってしょうがないでしょ、今から飲もうよ」
「なんだかんだ言って、結局いつもと同じじゃないか」
「いいからいいから、ほら猪口出して、私直々に酌してあげるから」
まったく…と苦笑しつつも俺はその酒を心良く受け取る。
こうもいつもどおりだと逆に調子が狂ってしまうものだ
萃香の笑顔がこうやってみれるのが、何よりもの贈り物だ、なんて臭いセリフは到底吐けなくなってしまったから。


気が早いといわれれば早いけど、ねたは新鮮なものに限ります

787名前が無い程度の能力:2009/02/04(水) 23:50:33 ID:ogdMjcqI0
すてうどんを見た後、ふっと思ったこと…
義兄弟ッ!もう一度君の意見を聞こうッ!

すてる子
霊夢 魔理沙 レミリア 幽々子 紫 永琳 映姫 神奈子 さとり 衣玖

すてられる子
萃香 アリス 美鈴 咲夜 妖夢 藍 鈴仙 輝夜 小町 早苗 諏訪子
お燐 空 天子

ひろう子
ぶっちゃけ○○

788名前が無い程度の能力:2009/02/04(水) 23:58:25 ID:lSS.XKaE0
>>787
貴様見ているなッ!

すてられる子に小悪魔を追加で

789名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 00:04:52 ID:X/xdEDbI0
>>788
ふむ、ならばすてる子にパチェを追加せねば…って、あ、しまった。
もう二組忘れていました。反省

・追加分

すてる子
パチェ、慧音、文

すてられる子
小悪魔、妹紅、椛

余談・雛様は何遍となく捨てられても発見次第速攻でお持ち帰りされます。

790名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 11:05:01 ID:hGJunVF60
「……にゃ〜ん」
「……ダンボールに入って何してんだ? アリス」

「見れば解るでしょ! すてられたの!」
「……だれに?」

「……………………………いいから拾いなさい!!」
「いて! いて! わかった拾う! 拾うから!!」


……なにがなんだかわからない……

791名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 11:24:01 ID:N23yjNpk0
>>790
萌えた

792名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 12:39:42 ID:zlbNWG1U0
>>790
だがあえて言おう、GJと

793名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 18:02:21 ID:ODyxz9rAO
『すてられた』『天子』
というフレーズから雨の中ダンボールの中で体を震わせている姿を想像。
いつもの尊大な姿はそこにはなく、酷くショックを受けている様子。
○○は慌てて拾って家に連れて帰り、風呂に入らせ着替えを貸して、
一部在庫のない衣服についてどうするか思案していると、
サイズの合わない自分の服を着た天子が風呂から出てくるなり抱き付いてきて困惑。
○○は一旦はうろたえるも、温まっているはずの天子の体に震えが残っているのを感じた。
仕方ないのでしばらく自由にさせておき、一方で濡れた髪からタオルで水滴を取ると同時に時折頭を撫でてやる。
そのうち大人しくなったと思ったら天子は静かに寝息を立てていた。
○○は、とりあえず布団を敷いて寝かせてやろうとするが、天子は○○の服を掴んで放さない。
結局、たまたま近くにあった毛布を二人で被り、天子が目覚めるのを待つことにした。


ここまで想像した。
元ネタしらないから言葉通りの解釈。
天子が別人・・・?

794名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 18:09:06 ID:QACpu5/g0
捨て猫とか思わず拾っちゃう○○がある日道を歩いていると段ボールに入った尻尾が二本の猫が!
次の日また同じ道を歩いていると今度は人魂付猫が!ついでにカラスまで!
また同じ道を歩いていると今度は(ry

気づいたら大変なことに

795名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 18:14:13 ID:X/xdEDbI0
>>793
天子なら「うぇぇ〜、ぐず、ひぐっ、ひぐっ、いぐ、びどいよぉ〜」とか
鼻水が出るくらいに号泣しているくらいがちょうどいいですかね?

ボクの中ではすてる>てんこ>どこかを平然とやっちゃうくらいが
ちょうどよいくらいの衣玖さんなのです。新うpろだにあった師匠は
すてる>れいせん>どこかを実行していましたぜ

796名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 18:37:01 ID:QgTLWcCAO
節分で追い出されたから中にいれてー
と涙目で懇願する姐さんを夢みちった俺はしんだほうがいい

797名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 19:10:16 ID:hW0TubnY0
そんなこと言うなら夢の中で日本地図広げながら
あややと『挙式と新婚旅行は何処がいいですかね〜。エヘヘ///』などという
会話を繰り広げた俺の立場はどうなんだと

798名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 20:54:32 ID:he1MtlcQ0
美鈴と
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1504.txt
勇儀と
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0303.txt

どっちも色んな意味で注意です

799名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 21:30:40 ID:1c0Oc0l.0
>>796
>>797
なら初夢で蓮子が街角で雨に濡れながら三角座りをして落ち込んでるところに
「家に来い」とか言って無理矢理連れてきた挙げ句に着替えを用意して寝かせた俺は何なんだ

800名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 21:36:46 ID:yCOadDRU0
>>796
>>797
>>799
お前ら皆立派な旦那だよ
俺は未だに嫁の夢を見たことが無いぜ……

801名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 22:22:43 ID:Nm2zS6xw0
>>800
鈴仙に心臓ブチ抜かれた夢を見たことある。
その後鈴仙が泣きながらゆっくり近づいてきて抱きしめてキスしてくれた。
デッドエンドっぽかったけど幸せ。

802名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 22:52:02 ID:yfMyPM86O
>>801
夢の中で何があったんだww


俺は鈴仙に起こされる夢を見たことがある。
おはようのちゅー付きで。その後は鈴仙の手作りの朝食を食べて仕事へ。
行ってらっしゃいのちゅーをして家を出るところで目が覚めた。

803名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 23:04:28 ID:zokhSsoE0
>>801

 俺は文とすんごい甘酸っぱい関係を築いてたはずが、
気がつけば包丁で刺し殺された夢なら見たことあるぞ。

 ……一体何があったんだ、夢の中の俺。

804名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 23:11:24 ID:U4CsxqRg0
「レミリアァァアアア!チェックメイトだ!」
 自然と口に笑みが浮かんだ。
 そう、あのレミリア・スカーレットに対して息の根を止める寸前なのだ。
 だがレミリアの目にはなんの感情も浮かんではいない。
 否。
 どこか面白そうなモノを見る様な悦楽が浮かんでいる。
「そう…素晴らしいわ…人間でありながらこの私に、吸血鬼の王である、このレミリア・スカーレットに」
 主語がない、だが何を言いたいのかは理解できる。
 つまり。
 俺の勝ちは揺るがない!
「しかし、まだまだね」
 そう言い放ち、この永遠に紅い幼き月は、その手を動かした。
「…馬鹿な…そんな…」
「そう。本当に追い詰められていたのは貴方。見事に罠にかかった哀れな子羊」
 とても楽しそうに、それでいて凄惨な笑みを浮かべるレミリア。
「酷い…勝てると思わせておきながら…この仕打ち…汚い流石吸血鬼きたないっ!」
 ボロボロと涙が俺の頬つたって零れ落ちる。

 そばで見ていた完全で瀟洒な従者、十六夜咲夜さんが見かねたのか口を開いた。
「…あのお嬢様に○○さん。なんでチェスしていて、そこまで大げさにできるんですか?」

イチャってないねコレ。

805名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 23:14:18 ID:txiyijq6O
嫁が天寿を全うして葬式も済んだ頃に、自分も嫁の後を追うように逝きたい
こう、縁側あたりで 茶でも啜りつつ空を眺めながら




「平和だねぇ……霊夢」


ぽつりと呟き、老人は目を瞑る。
もう傍らにはいない、最愛の妻の名前を口にして。


「まったく、あの頃が嘘みたいだ」


思わず、口角がつり上がり目元が緩む。
まるで昨日のことのように、彼は過去を振り返る。
呼吸をする度、彼の脳裏に、次々と彼女との思い出が浮かんでは消え、浮かんでは消えて――


「……なあんだ、まだそこにいたのかい」


最後には、老人の意識も底へ底へと沈んでいった。
その表情はとても穏やかで、彼の人生の中で一番幸せに満ちていたという。

――冥界が暢気な夫婦によって砂糖塗れになるのも、そう遠くない話であった。

806名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 23:15:45 ID:4nI5hueg0
俺も霊夢とイチャつく夢が見てー

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0305.txt
ちょっと時季が違うかもしれんがたまにはいいかな

807名前が無い程度の能力:2009/02/05(木) 23:18:48 ID:Jpupb//gO
>>804の咲夜さんの問いに
「大丈夫、ジャンケンでビルより高く飛ばない分まだ地味ですよ」
とナチュラルに答える俺がいる

808名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 00:25:07 ID:YCCcrRTE0
○○が死に、幻想郷にひと時の静けさが・・・・戻らなかった

○○「どうも何の因果か神様になりました」

雛「一緒に厄集めよう?」
静葉「夫婦神になって作物を豊作にしない?」
穣子「その役目は私が」
諏訪子「うちの神社においで〜」
神奈子「こいやー」

レミリア「ふふふ・・神になろうと・・私と貴方は結ばれる運命・・」
フラン「わーい!弾幕ごっこできるね〜」
パチュリー「ところで何の神様なの?」

○○「あー・・・縁結びの神様だそうで」

裏設定では幻想郷には「○○の子供」がたくさんいると・・・


なんかしょっぺぇ・・・

809名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 00:53:52 ID:.hzfxZNM0
>805
ちょっとホロリときちまったじゃないかw

夢といえば前に咲夜さんといちゃつく夢を見たような・・・

810名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 00:56:38 ID:9d.903b60
>>808
つまり霊夢と早苗がどっちの神社で祭るかで争うわけか

811名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 03:50:36 ID:MZHDcuhUO
話を変えてすまんが、ケータイだとこのページに広告が有るんだが、脱出ゲーム系の。
んでさ、そのゲームのタイトルが「すきま」なんだが……

……これはあれか?ゆかりんが俺を逃がしませんよってそーゆーことなのっあぁっ!
窓に!窓に!スキマが!

812名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 03:53:59 ID:4J4/NU/A0
逆だな

脱出したらゆかりんがご褒美くれるんだよ、きっと

813名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 04:01:49 ID:zvWTye8A0
>>801
幻想入りした新種の寄生虫が、何故か永遠亭に迷い込んでしまう。
遊びに来ていた○○が、何かの影を見つけたところ、
鈴仙に飛び掛ろうとしたので、それを庇い寄生されてしまった。
師匠共々手を尽くすも、逆効果となり寄生虫は心臓へと逃げ込んでしまう。
更に悪い報告として、寄生虫は○○の体内で卵を産み付けようとしていた。
……これを止めるには、寄生虫を一刻も早くどうにかしなければならない。
そこで鈴仙は――

以下、好感度分岐

1:非情に徹し、○○ごと寄生虫を撃つ。
  が、我に返った鈴仙が泣きながら抱きしめる様にキスを(略)
2:躊躇いながらも、○○を撃つ。
  泣き崩れる鈴仙だったが、永琳がとっておきの治療薬を手渡す。
  涙ながらに、鈴仙は口移しで薬を○○に……
3:2の分岐。鈴仙は蓬莱の薬を拝借しており、それを……

とか出ましたけど、いかがなものか。

>>803

以下好感度分k(ry

1:そうだ、○○さんを殺せばとっておきの特ダネに……
2:誰なんですか?あのクソガラス。うつほ?名前なんて聞いてませんよ。
3:○○さんが先に死ぬ前に私の手で……!
4:今夜は、あなたを食べていい?……ダメ、ですか?
5:そうだ、新婚旅行は彼岸にしましょう♪先に行ってて下さいね!

とか出m(r

814名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 14:54:53 ID:cSbG2QwY0
「……んぅ?」
 たまの休日、豪快に昼寝と洒落込んでいたら、ふと両腕に重さを感じた。
「くーーーーかーーーーー」
 右腕にはサニーが……
「すー……すー……ふふ……」
 左腕にはスターが、俺の腕を枕にして寝ていた。
 まったくこいつらは俺が油断すると、すぐ忍び込んできやがる。
 ……ん? そういえばルナがいないな?

 なんとなく薄目であたりを探してみる。
 ……いた。俺の足元を行ったり来たりしてる。
 どうも両腕を二人に取られて入る場所がないみたいだな……
「…………」
 ん、こっち来た……っておいおい、俺の胸の上で寝るつもりか!?
「……お、起きない、よね?」
 起きてるけどな……
 恐る恐る、寝ている二人に触れないように、俺の身体に乗ろうとしてくる
「……っと、っしょ……あ、わわわ!」


  ゴッチーン!!


 サニーパンチがあごにヒットした時のような衝撃が、俺の脳みそを突き抜けた。
 どうやら、ルナがこけて俺のアゴに頭突きをしたらしい……。
 ……声を出さなかった自分を表彰したい。幻想栄誉賞物だ。
「……うぅ、いててて……あ、○○起きて……ない? ふぅ、よかった……」
 んなわきゃない。
「……ん……○○、あったかい……」
 俺の胸に顔を埋め、ぎゅっとしがみついてくる。
 なんとなくうれしそうだ、我慢したかいがあるってもんだ。
 ……程なく、ルナからも静かな寝息が聞こえてきた。

 これで俺もみんなの暖かさで眠ったりすれば、話として纏まりそうなもんだが……
 くそう、アゴがいたくて眠れねぇ……とほほ

815名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 17:36:25 ID:LO8iHA0o0
今年は逆チョコ。美鈴に伝えたいこの気持ち

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0306.txt

ちょっと早いバレンタインの話。

816名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 19:49:17 ID:nRwIdjuo0
今日も風が冷たいので、短いけれど文と。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0307.txt

817名前が無い程度の能力:2009/02/06(金) 21:10:16 ID:PTNgoUzM0
>>814
あえて言おう
サニーパンチでうおーっ!くっあー!ざけんなー!を思い出した。
いいぞもっとやれ。

818名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 04:13:10 ID:TLCfJSqc0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0308.txt

あっきゅんと。
後悔はしていない。

819名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 12:30:18 ID:hkP9lezY0
夜勤明けでいらいらしたから
「だれか抱き枕の替わりやれー!」って馬鹿みたいに叫んだら地響きが・・・

ウワナニヲスルー

820名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 16:47:58 ID:9G2JLd/o0
>>818
何を後悔する必要があるのかね!
むしろ良いぞもっと公開したまえ!

821名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 19:04:22 ID:bsxMLDoM0
ああっ大変だ、幻想郷の人妖達にもみくちゃにされている>>819の姿が
(棒読み)

…ん?どしたの霊夢?え?私の抱き枕になりなさい?わかってますよ
お姫様

822名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 19:34:30 ID:o51Tca6Y0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0310.txt

皆の文章にあてられて書いてみた。続くかどうかはわからないが後悔はしていない。

823名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 20:42:58 ID:FWbbEBMk0
とりあえずsageようか

824名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 21:05:48 ID:cOV/OD5k0
sageとか基本的すぎる事忘れるやつ多すぎ

825名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 21:09:41 ID:37iYoyHQ0
強制sageだから関係無いんじゃなかったか、このスレ。

826名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 21:48:26 ID:FWbbEBMk0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0311.txt


女性に自分の体臭嗅がれるのって若干恥ずかしいよな
衣玖投下

827名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 22:06:04 ID:oCz9MR9c0
強制sageだし、そんなに多いか?
2%くらいだぞ。
実害も強制sageで出ていないし、少しくらい多めに見てもいいんじゃない。

828名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 22:46:46 ID:wcHpmmfg0
強制sageって機能してなかった気がする

829名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 23:25:19 ID:PzWktacQ0
スレ一覧見ろよ

830名前が無い程度の能力:2009/02/07(土) 23:41:48 ID:37iYoyHQ0
そもそもスレッドシャッフルがあるから勝手に上に行ったりしたような気も。
今、一つ上にある らしいよスレとか今日一度もageてないし。

ちなみに鈴仙は43番目に居た。

831名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 00:43:40 ID:hFH7acQQ0
お前らが嫁のこと話さないからみんなうちに来て宴会始めちゃったじゃないか
早く引き取ってくれ!!

832名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 00:47:48 ID:8Lnxqx6o0
すまんすまん。うちの鈴仙が迷惑かけちまったな。

833名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 00:49:19 ID:R0MsWNQ20
さとりさんをヒョイッとお姫様抱っこして
「帰りますよ、お姫様」
って言うと顔を真っ赤にして押し黙っちゃうよの巻

834名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 00:53:35 ID:M1FslPWw0
妹紅の目付け役として来たのはいいが、お前が先に潰れてどうするんだ慧音……
(背負いながら)悪ぃ、こいつと先帰るわ

835名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:11:10 ID:JDl7i4oo0
霊夢「新しいメニューを考えたわ!」
○○「へぇ〜どんなメニューを考えたんだ?」
魔理沙「それは・・・これだぜ!」

どれもおいしく頂けます(性的に)
主人公丼→霊夢、魔理沙

親子丼→神綺、アリス

バカ丼とカキ氷と妖精人形→バカルテット、レティ、大妖精

中華丼とメイドストラップ付き→美鈴、咲夜

吸血鬼姉妹丼→レミリア、フラン

小悪魔女丼→パチュリー、小悪魔

亡霊丼と半霊ジュース→幽々子、妖夢

大妖怪一家丼→橙、藍、紫

合唱丼→プリズムリバー3姉妹

牛丼と鳥の肝スープ→慧音、妹紅

うさぎ鍋→てゐ、鈴仙

豪華海鮮丼と栄養ドリンク付き→輝夜、永琳

836名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:12:06 ID:JDl7i4oo0
秋姉妹丼→静葉、穣子ルート

かっぱ巻きと厄神ちゃんストラップ→にとり、雛

鳥の唐揚げ定食とドックフード→文、椛

神々一家丼→早苗、神奈子、諏訪子ルート

地獄丼→映姫、小町

ペット定食→お燐、お空

旧姉妹丼→さとり、こいし

ドリンク

鬼殺し→勇儀、萃香

桃ジュースと空気ジュース→天子、衣玖

おつまみ

ひまわりの種→幽香

霊夢「さあ!どれを食べる?」
○○「いや、どれも食べたくないんだが・・・」
魔理「主人公丼?分かったぜ!」
○○「いや、食べたくないって言っているだろ・・・なぜに服を脱ぐ!やめ・・・アッ--------!!」




裏メニュー
漢丼→こーりん

837名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:21:50 ID:8Lnxqx6o0
ねこまんま→橙、お燐
きつねうどん→藍、鈴仙
鳥鍋→お空、ミスティア、文
無名丼→大妖精、小悪魔、ひまわり妖精、毛玉


俺にはこれが限界だった

838名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:45:31 ID:CkBOhCaw0
ドンジャラの役みたいだな。
さて、俺はサニーと幽香、空を注文しておくか。

…太陽丼もどき。

839名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:53:35 ID:rX9/b6As0
冷やし鳥ささみ丼→文、チルノ

840名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 01:54:38 ID:hFH7acQQ0
幻想郷フルコースをお願いします。

841名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 02:06:26 ID:X30doaMMO
お前らチョコだれからもらえそう?

842名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 04:54:54 ID:PxqUsj0U0
神社のどこ見てもいないから、早苗さんが作ってくれているらしい
諏訪子様と香奈子様が台所前に陣取って入れてくれないから正直探すも何もなかったんだが

というか奥からの匂いでまるわかりなんだけど……そういう問題じゃないんだろうな、きっと
……しかし早苗さんや、ちょっと早くないかい?

843名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 04:56:41 ID:PxqUsj0U0
うん、神奈子様の字間違えたよね
ちょっとオンバシラで殴られてくる

844名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 05:44:53 ID:7bjv9CQ6O
あぁ…>>843を大地に縫い付けるオンバシラがなんともモニュメントチックに……

ククク……チョコなぞ望めない俺はカレーを作って過ごす予定
辛い夜には辛い食事が似合うのさ……字ぃ同じだしね!

って涙目でヤケクソ言ったら魔女三人組が「じゃあカレーパーティーだな」とか勝手に決めてました。
誘い受け美味しいです(^p^)

まぁおかげで四人分作る事になったけどね!材料費俺持ちで!
悔しいから某カレーの妖精を見習ってちょこっとチョコレートを入れてやる予定。

845名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 11:02:05 ID:k4lRu5Jk0
>>385-836
巫女丼は無いのですか!?

「妹紅も元々はお嬢様なんだよな」
「まぁね。1000年以上も昔のことだからな。忘れてたな」
「ふっ、今じゃどこかのイモ娘にしか見えないけどね」
「なんだとっ!?」
「まぁまぁ」

とりあえず慧音と俺で二人を宥める。
いがみ合い殺し合う二人だが何故か俺が間に入ると嫌々ながらも普通に付き合うんだよな。

「元がいいからか綺麗な衣装を着たら映える気がするんだが」
「なっ!? ばばば、馬鹿! 私にはそんな衣装なんか……似合わないよ」
「そうよ、気品溢れる私が着てこそ衣装は映えるのよ」
「よし、幸いなことに今日は満月だ。慧音、いっちょ頼む」
「ああ、まかされよう」

あっという間に妹紅の姿が変わる。
あまり飾り気のない純白のドレスで大きく背中が開かれていて
清純さと美しさの両立に何ともいえない。
俺はひざまづき妹紅の手をとり甲にキスをする。

「踊っていただけませんか?おじょうさん」
「な、何を言って、わ、わたしは踊りなんか知らないし、その似合わないよ……」
「俺だってマイムマイムくらいしか踊ったことないけど妹紅と踊りたいんだ」
「……○○のばか、そう言われたら断れないの知ってて言ってるだろ」

そうして俺達はぎこちなく月光の下でダンスを踊った。

「きー!竹取の姫を放っておいて妹紅となんか踊るなんて妬ましいわ!」
「それはキャラが違うだろう。洋風のドレスは妹紅のような銀色の髪の方が似合うからな。
 別の分野で挽回すればいいじゃないか。しかし似合っているな。まるで本物の姫君と貴族の御曹司のようだ」
「姫は私だって言ってるでしょうがー!」

もこたんかわいいよもこたん

846845:2009/02/08(日) 11:03:53 ID:k4lRu5Jk0
ぎゃー範囲間違えたー
>>835-836
だった

847名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 13:56:04 ID:LIzMh3o60
甘いぞ>>845、ないなら作ればいいじゃないか!

・巫女丼
「さぁ、お好きなほうからどうぞ♪ってこれ、私の台詞じゃないけど」
「あ、あの、や、優しくしてくださいね…」

848名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 14:26:31 ID:Q6xRx9N.0
>>835-836のマスター
紅の主従丼は裏メニューかい?

「で、咲夜さん。そのドレスはなんですか?」
「えぇっと・・・その・・・」

あの咲夜さんがいつものメイド服とは全く違う白いドレスに身を包んでいる。
ぶっちゃけ似合い過ぎる。

「実はね。〜でwwだからーーって事でお嬢様が」
「はぁ・・・なるほど」

早い話、竹林で踊る>>845と純白のドレスを着た妹紅さんを見かけたお嬢様が
同じように似合いそうな咲夜さんに一晩ドレス着用を命じたらしい。
ちなみにこのドレスはパチュリーさん謹製だとか。

「もう・・・これじゃあ仕事ができないわ」

口では文句を言ってもどことなく嬉しそうな顔をする咲夜さん。

「でも・・・ホントに似合っていて綺麗ですよ」
「えっ・・・?」
「いや・・・だから綺麗だなぁって」
「あぅ・・・そ、その・・・ありがとう」

顔を紅くしてうつむいたまま、小さな声でいわれた。

「じゃあせっかくのドレスですし、残りの仕事は俺がやっておきます」

実際、もうそれほど仕事はない。
でもこんな綺麗な姿、汚れたらもったいないどころではない。

「・・・っ!!ちょっと待って!!」

ふいに呼び止められた。

「あ、はい。何かありました?俺が知ってる他にも仕事が残ってるとかですか?」
「違うの・・・せっかくだから・・・その・・・1曲・・・私と」
「咲夜さんと?」
「私と1曲踊ってくれない・・・?」

心臓が撥ねる音が聞こえたような気がした。

「やっぱりダメかしら・・・」
「いえ、そんなことは。でもいいんですか?俺で」

ダンスなんかまともに踊った事ないし。

「私は、あなたと、踊りたいの」

その眼が真っすぐに俺を見る。
迷う事はない、俺の答えは1つだけ。

「こんな素人でよければ、喜んで、マドモアゼル。1曲とは言わず何曲でも」
「じゃあ今夜はずっと付き合ってくれる?」
「はい。ずっと」

そういって俺たちは踊り始める。
作法もない。楽団もいない。観客もいない。
ただ2人だけの舞踏会を。

>>845に刺激されて書いた。後悔はしていない。
ただ、これ書いてたらバイトに遅刻しそうな時間に・・・

849<裁かれました>:<裁かれました>
<裁かれました>

850<裁かれました>:<裁かれました>
<裁かれました>

851<裁かれました>:<裁かれました>
<裁かれました>

852名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 19:35:17 ID:06O5GiPI0
お前の居場所とかどこにもねーから
さっさと消えろよゴミ沢

853名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 19:36:39 ID:LovNClZg0
これが芹沢ってやつなのか?

こんな隔離スレまでご苦労なこった

854<裁かれました>:<裁かれました>
<裁かれました>

855名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 19:54:20 ID:R0MsWNQ20
定期的に行われる、専ブラ導入率調査です

856名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 20:02:39 ID:cAHhTpoA0
>>845 >>848 GJ
銀髪や金髪はドレスとダンスがよく映えるよな
…ところでこのスレの紳士は一番ドレスの似合う人妖って誰だと思う?

857<裁かれました>:<裁かれました>
<裁かれました>

858名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 20:24:13 ID:06O5GiPI0
必死だな
まぁ消されるまで頑張れゴミ沢

859名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 20:51:34 ID:PMiVlIp6O
>>856

雛にはドレスとか似合う気がする。
あと雛は俺の女神様

860名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 21:40:33 ID:bfi5UtpI0
>>858
最近スルースキル高い人がもてるって
俺のご主人様が言ってた。

861名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 21:42:17 ID:LIzMh3o60
>>859
雛様は意中の人にしかドレス姿を披露してくれないともっぱらの評判
彼女の一番になることこそ近道だってスキマ様がお話しています

862名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 21:48:45 ID:.aCWyZp.0
ドレスか……………………ふぅ

863名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 21:55:05 ID:usJfOyD20
ドレスの流れで思い浮かんだネタを。

久しぶりに藍さま。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0312.txt

864名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 21:58:52 ID:4uWPa8BY0
>>863
藍さま『卒業』でも見たんですか。
なんというか、お姉さんだけど乙女な藍さまで、もう、すごくGJ。

865名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 22:17:59 ID:4eCA4Dps0
>>863
ちょっと意地悪で茶目っ気のある藍さまいいなぁw

さて、ウチもそろそろSS書かないと。

866名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 22:24:40 ID:XcPvLr1U0
>>856
バッカお前どんな服でも蓮子が一番可愛いに決まってるだろ!


でもこの前白無垢を乙女な瞳で見てる紫さんを見てときめいたってのは秘密な!

867名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 23:32:38 ID:.WXTO5MsO
未だに春が訪れず、白銀一色に埋もれる幻想郷。
それは勿論、博麗神社も例外ではなく、境内は降り積もった雪に覆われていた。

「……きついなぁ」

――その降り止まない雪の中、ひたすらに雪掻きを続ける青年が一人。
数年前に幻想郷に迷い込み、そのまま神社に居候、果てにはそこの巫女と恋人にまでなってしまった男。
今日も今日とて来るはずの無い参拝者の為、世話になっている巫女の為、作業の手を休めることなく除雪を続けていたのだが――

「もぉ駄目だ」

スコップを放り出し、雪の上に倒れ込む。
かなり冷たい筈だが、彼の息は荒く、頬は朱に染まっている。
元より貧弱な外来人、連日の雪掻きが余程こらえたのだろう。
倒れた勢いのまま、疲労に任せて目を閉じようとして、

「――なにしてるのよ、馬鹿」

上からの恋人の声で、目を覚ました。


「馬鹿とはなんだ馬鹿とは」
「そのまんまの意味よ。
……ところで馬鹿は風邪をひかないと言うけど、馬鹿なことをするから風邪をひくんじゃないかしら」
「……先人に聞いてくれ」

そんなどうでもいい会話を交わし、青年は立ち上がる。
体にまとわりついた雪を彼女に払ってもらいながら、彼は本題を切り出した。


「で、原因はわかったのか?」
「これね。どうやら幻想郷から春を持ってったやつがいるみたい」

そう言って、手の平から差し出したのは一枚の桜の花弁。
彼女の話によると、それが空から降ってきて異変に気付いたのだと言う。

青年にはあまり想像の付かない話だが、外界の常識が此処では通じないことはとうの昔に理解していた。


「分かった、行くんだろ?」
「ええ、炬燵を仕舞っちゃうのは残念だけど、そろそろ花見がしたいし」


今更だが、二人の身長差は大きい。


「それじゃ、気を付けて」
「うん、頑張るから」

よって二人が口付けをするには、彼が身を屈めて、彼女が背伸びをする必要があるのだが。

「――必ず春を取り返してくるわ」

今回に限ってそれはなく。
彼女は能力でふわりと宙に浮かび、彼に唇に口付けると、そのまま冬の空へ飛び出して行った。

「……鍋でも作るかねぇ」


――その後、返り討ちに合い、引き返した霊夢の見たものは。
風邪に呻き苦しむ、恋人の姿だった。
これが彼女を本気にさせたのは言うまでないが、それはまた別のお話である。



酷い文章だが、霊夢愛してるぜよ
妖々夢の時にこんなのあったらいいなぁ

868名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 23:37:11 ID:k4lRu5Jk0
>>847
メニューに無いなら作ってみろと言われ作ってみた

「……分かったわ。じゃどうぞ」
「よろしくお願いしますね」
「えーと、うん、頼んだのは俺だからいいんだけど、何をするんだ?」
「だから私たちが丼を食べさせてあげるのよ。はい、あーん」
「あーん」
むぅ、どっちを先に食べたらいいんだろう?何かどちらを選んでも怨恨が残りそうだ
ちなみに霊夢はいくら丼、早苗さんは豚にら温玉丼だ。
とにかくさっさと食べてしまうに限るな

「ごちそうさま」
「「おそまつさまでした」」
「でもこれで終わりじゃないですよー。まだ甘味が残ってます」
そう言って二人は口に紅白饅頭と草大福を咥えて目を閉じた。
さっきよりハードルが高くなってる気が……

とりあえず食後の甘味も食べ終わった。二人ともわざわざ口の中まで舌を差し込んでくるから味なんて分からなかった。
いや、餡子よりも甘かったかな……
「それじゃ帰るわね」
「おじゃましました」

はぁ……今日はどっと疲れた。早めに寝るとしようか。
俺の部屋の襖を開けると布団が一つ、まくらは三つ、そして巫女さんが二人ちょこんと正座していた。
ちなみに勝手に床の間に掛けられている掛け軸には『絶倫』と書かれ諏訪子さまの落款が押されていた。
「さ、締めは小女子の甘露よ」
「お残しはいけないって先生に言われませんでしたか?」
「帰ったんじゃないの?」
「一旦帰ってお風呂入ってきたのよ」
「身も心も綺麗にしてきました」
「……逃げてもいいかな?」
「逃がすと思う?」
「ですよねー。分かりました、俺も男だ。最後まで残さずいただきます」
「さすが○○。さっぱりしていて気持ちが良いわ」
「惚れ直しますよ」
「それじゃ……」
「はい」
「「こっちにきて……○○」」
「よろこんで」

お残しは許しまへんでー

869名前が無い程度の能力:2009/02/08(日) 23:39:40 ID:ToSpCfEo0
食堂のおばちゃん乙
糖尿病にご注意だな、こりゃw

870名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 00:06:01 ID:ndl.C8nU0
>>868ッ!お前のその行動ッ!僕は敬意を表するッ!!
そして残さずイタダキマスッ!

871名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 00:53:43 ID:TBFchkTw0
>>867
うんうん。世の中には本気にさせたらマズい人っているよなぁ。
いつもはやる気のない紅白とか。
向日葵畑にいる風見どんとか。

872名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 02:15:56 ID:hHPq6gps0
>>867
過去スレにあるBADENDの夜みたいでいいね
このシーンだけでキャラセレ霊夢が思い浮かぶわ

873名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 11:57:29 ID:gKshoADYO
何だか疲れがとれないから衣玖さん抱きしめて癒されてくる

874名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 13:18:14 ID:rnAuyf9AO
なんかウェディングドレスにスリット入れたもこたんにお姫様だっこされた夢をみた

俺どんな願望もってんの

875名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 13:22:37 ID:9qrxtH6g0
愛するより愛されたい的な

876名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 17:00:20 ID:oS5XHUsA0
>>874を想像してくそわらた。
夢を見れるだけ幸せだろww

877名前が無い程度の能力:2009/02/09(月) 18:46:54 ID:ndl.C8nU0
文が何か面白い話題はないかなぁと考え、思い切って主人公と彼女に
ついてを探る秘密の取材を敢行、何か起こりそうで何も起こらない
のどかな風景が続いて焦れた果てに『さっさとしてくださいよ!!』
と逆切れしながら登場、彼女にテーレッテーされてしまう光景を想像
してしまった…

「人の素敵な昼下がりを邪魔するとはいい度胸ねぇ、ブン屋?」
「そんなにして欲しいならお望みどおりにシテやるぜ?」
「近頃の鴉は人様の領地に無断で上がりこむのかしら?」

とか。

878名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 00:00:58 ID:lw4QkjJQ0
「○○、ちょっといいかしら?」
「はい、なんでしょうっ!? ……か」
ちょうど階段の掃除をしていたところ上から降りてきた咲夜さんを覗き込むようになってしまい
白のガーターベルトとレースのショーツが見えてしまった。ああ、今日も綺麗だ……じゃない!
なんとか平静を装い話しをする
「そこの掃除が終わったらここを掃除してもらいたいんだけど」
「はい、分かりました」
俺の答えを聞いてスタスタと階段を上っていく咲夜さん。またチラチラとスカートの中が見えてしまう
……わざとじゃないよ?
うーん、一度話してみるか。

「咲夜さん、もう少しスカート長くしませんか?」
「だめよ。あんまり長いと纏わりついて動きにくくなるもの。それじゃ侵入者を撃退できないわ」
「じゃあせめてドロワ穿くとかしてください。目のやり場に困ります」
「丈の短いドロワだと格好悪いのしかなくなっちゃうの。そんなの穿くなんて嫌よ」
「うーん難しいですね」
「まぁ考えてみるわ」

数日後咲夜さんに呼ばれて部屋にお邪魔した。
「香霖堂でいいものが手に入ったから見せてあげるわ」
いきなりスカートを捲りあげたのでびっくりしたがいつもの下着ではなく
黒のピッタリとしたスパッツを穿いていた。腰のあたりからボディラインをあらわにして何だかいつもよりエッチっぽい
「外の世界だとこれをスカートの下に穿いて下着を見えなくさせるものみたいね」
「まぁそうですがわざわざ見せなくても……。あれ、それを穿いてるなら下着の線が見えるはずなんだけど……?」
「あぁ、線が浮き出て恥ずかしいからはいてないわ」
な、なんですとー!?じゃあさっきの真ん中の線はまさか!?ってそんなこと考えている場合ではない!
「さ、咲夜さん!そんな恥ずかしいことしちゃダメです!うどんげのアイデンティティ取っちゃらめぇ!」
「ふふふ、そんなにムキにならなくてもいいじゃない。元々スカートの下の下着が見えてしまって困っているのは○○だけだし
普段とそう変わりはしないわ」
必死になる俺を見てクスクス笑う咲夜さん。あー、この人分かって俺をからかっているな。
「分かりました!それじゃ本当に穿いてないか脱がして確かめてしまいますがかまいませんねっ!」
「きゃー!変態がいるわー!」
しばらく俺らはパチュリーとレミリアにドタバタうるさいと怒られるまで追いかけっこをしていた。

ちょっとお茶目な咲夜さん。メイドさんにすぱっちゅっていいよね

879名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 01:14:30 ID:MlUqeLvY0
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0313.txt
○○が霊夢に振られて殺される まずかったら消す

880名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 01:17:14 ID:foTbecXA0
>>878
判ってるとは思うが、元々スパッツは下着だから素肌の上に着けるものなんだぜ?

881名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 01:23:41 ID:rw5OLZ6s0
>>879
どこがいちゃなんだよいじめスレでもいけ

882名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 01:25:42 ID:X8pSYtE60
>>879
その中にイチャ要素があると思うのなら、医者に行くことを勧めるよ。

883名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 01:34:51 ID:txxg/bgk0
>>879
いまいちほんわかしないなぁ。
つか、霊夢が○○を殺すことを決意するまで追い詰められた理由が分からん。
逆に○○を叩き出しそうな気もする。

文面が一方的に捲くし立てられているように見えて、読んでてキツいなぁ、とも思う。

884名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 02:14:08 ID:I/nW76gc0
一体どんな文面だったんだ…?

885名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 16:39:19 ID:9estOn1U0
妖精はトイレなんかいかないよなー
とか思って用を足しに行ったら

ドア開けた瞬間中にいた大ちゃんの目が点に

なんてラブコメでよくありそうな電波が届いたんですが。どうすれば

886名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 16:58:38 ID:TposPKzQ0
>>878
ちょっと設定借りさせてもらいました。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0314.txt
肩車っていいよね。

887名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 19:51:15 ID:3tp2lYqQ0
こーりんどーで霊夢と魔理沙が朱鷺を美味しく頂こうとする話と
(残念ながらリアルタイム世代にあらず)、初期の三月精で霊夢が
白いエプロンをして料理をする光景があった…(これは確認済み)

目の前で料理している光景を想像しただけで鼻血がでました
どうしよう

888名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 23:20:04 ID:vWLLNsq20
>>887
そのほどばしる熱いパトスを文章にするんだ
早く早く早く(ハリーハリーハリー!)!

889名前が無い程度の能力:2009/02/10(火) 23:44:16 ID:nC5Ylny.0
衣玖と一緒に酒飲んでたら萃香や紫とかがやって来てプチ宴会みたいな感じになっちまった……
何人か酔いつぶれてるからおまいらなんとかしてくれ……頼む!なんか吐きそうなのが!

890名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 00:32:29 ID:9ZxnsGmU0
「盛んねえ」
「もうすぐ春だしねぇ」

博麗神社の縁側に、のんびりと茶を啜る男女が二人。
女は男へ体を傾け、男はそれを肩で受け止める。
博麗の巫女と外来人の男、二人はいわゆる恋人同士だった。
二人は特に何をするでもなく、ただ春の陽光に微睡むばかりである。


「……入れないわねぇ」

……八雲紫が暇潰しに神社に訪れた頃には、二人は既に夢の中へと落ちていた。
最近霊夢が構ってくれない、と彼女が愚痴をこぼすのもそう遠くない話である。




砂糖? ありませんよそんなの
霊夢とあっさりした恋人になりたいです

891名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 08:56:35 ID:GtUhZKJYO
>>885
"大"ちゃんとな…

\くせえ!/

892名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 11:11:15 ID:pyhc1A/kO
大ちゃんをくさいだとぉ!?
お前のせいで泣きはじめちゃったじゃないか!
首の骨の折れる音を聞きながら死んでゆけぇ!

893名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 13:46:23 ID:mLXVCh86O
>>891-892
そこまでだ、お二方!
大ちゃん戸惑っているぞ

894名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 15:55:56 ID:wlSyTSRw0
ところで大ちゃんの「大」ってどこが大きいのかな大ちゃん?(胸元を見ながら)

895名前が無い程度の能力:2009/02/11(水) 22:10:00 ID:G6xZGmws0
>>894
心の器が大きいのさ。
って言いたかったんだよな、代わりに言っとくよ。
そんなに胸を見なくても、きっと大ちゃんのハートには届いたぜ。

え、何で二人してそんな顔してるんだ?

896名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 00:59:28 ID:WBnetR6cO
「萃香ちゃん、萃香ちゃん」
「んー? なんだい○○」
「美味しいお酒が手に入ったんだけど」
「えぇっ!? 呑みたい!」
「うむ。そこで、だ。一つ条件がある」
「分かった! 脱げばいいんだね!」
ぬぎっ
「……って、違う!」
「な〜んだ、つまんないの」
「条件ってのは二人で呑もうってだけだ」
「うん? そのくらい別にいいよ……あ、分かった。私を押し倒すんだね?」
「ちげぇよ!」
「……つまんない」
「…本当に襲っちまうぞ」
「本当!?」
「じょ、冗談です…」
「なんだよー。意気地無しー」
「…とりあえず、夜にまた会おうな」
「おっけ〜おっけ〜。……今夜は寝かせないゾ☆」
「何だか身の危険を感じる」
「多分当たってるよ、その勘」
「何する気だ、お前」
「美味しいお酒とやらを呑んだ後に……ちゅー、とか」
「……今、するか」
「え? あ、んんぅっ…」
「…ん……っ、じゃ、じゃあなっ」
「うん……」



end

897名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 06:56:46 ID:Fv1ZbteY0
「阿求ー! 好きだー!」
「わ、私も好きだー!」
「ヌハハハ! もっと叫べ! もっと! もっとだ!」
「好きでーす! 大好きでーす!」
「好きだー! 阿求がすきだー!」
「好きでーす! 私もあなたがすきでーす!」

阿求と叫びたくなった。 イチャイチャしたくなったからやった。 今は一緒の布団でぬくぬくしている。

898名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 09:51:22 ID:j.vIuFSM0
某ういんどみる作品やってたらメディにパパーって懐かれる妄想が止まらない

899名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 12:28:03 ID:Qh/8rHlMO
さて、もうすぐバレンタインだがはたして妹紅はチョコくれんのかな

900名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 13:08:39 ID:dQlu7REY0
カカオマスがないよ!ないよ!

901名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 13:10:50 ID:S5Ya2QQ2O
モンペ服のポッケに忍ばせてたら溶けちゃうんですねわかります。

902名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 13:13:04 ID:eykMY//UO
>>899
この前チョコばっかり3kg分買ってたのはその為か





「鈴仙ー!俺はお前が大好きだぁー!」
「……何してんの?急に叫んだりして。」
「……いやぁ、唐突に鈴仙への愛を叫ばないといけない気がしたんだ。うん。」
「そんなことしなくても私はずっと〇〇の傍に居るよ。」
「うん、ありがとな。」

そんな昼下がりの縁側での一時。
今は鈴仙に膝枕してもらってる。

903名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 13:16:41 ID:NQR6.szw0
カレー粉があるくらいだ、カカオマス程度あるに違いない。
そいや最近、紅魔館中がこげたチョコの香りにつつまれてるんだが……
パッチュさんがなんかしてんのかな……?

904名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 15:51:29 ID:YHE18D2U0
なんだ>>903、お嬢様から聞いてないのか?
今度紅魔館ではバレンタインゲームというのを行うらしくてな。
誰が一番おいしいチョコを意中の相手に渡せるか勝負するらしい。

905名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 19:38:07 ID:v0aqE1k20
>>904
その割には皆、イモリの黒焼きとか明らかに怪しいものを搬入しているんだが……。
あと、さっき魔理沙が搬入した材料を持っていったみたいだが何かに使うのか?

906名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 20:25:36 ID:QHDfEWI60
>>905
霧雨なら、さっきすれ違ったぞ。なんか、
「こいつでアイツへの分は完璧だぜ。後は…ククク……」
って、なんかヤバそうな笑い方してたが……放っておいて大丈夫だったか?
そっか、なんか忘れていると思ってたら、バレンタインだったか。
寺小屋の教材作ったり、宿題の採点したりしててすっかり忘れていたよ。
……あれ?じゃあ、最近、慧音先生の様子が変だったのはそのせいか?
なんか妙に挙動不審だったし、話しかけても上の空だし。

907名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 20:26:47 ID:LN1QyCmI0
精力をつけろという事ですねわかります

908名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 20:37:03 ID:p9xKGlNs0
バレンタインの前に風邪を引いている俺はやばいな
俺はこのまま風邪を悪化させて蓮子に看病させてもいいし
風邪を治して逆チョコとやらを試してもいい

909名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 22:07:53 ID:M89vnsRw0
「ただいまー。 …あれ?」
「あっ、お帰りなさい♪」
「チョコレート?」
「はい、門番隊の子たちに」
「ふぅん…」
「… (はむっ) んー♪」

ここまで書いて赤面してる俺うぎぎっ、うぎぎっ!
明日休みだから頑張ってみるか。

910名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 22:23:46 ID:AcYJq4TUO
猪口……そんなでかいのすでに猪口じゃねぇ。盃だっ!
なんだ?プレゼント?飲み友達にでもやるのか
友達とは仲良くな……え、俺に?こんなに飲めないって。使う奴にあげなよ

……ひっぱたかれた……なぜだっ!

911名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 22:26:17 ID:kCUEhAnsO
フライングしてみる
甘くなくてごめんね、俺には無理だ。でも霊夢愛してる


――2月14日、バレンタインデー。
外界では若者達が一喜一憂する日であり、緑の目をした見えない怪物が跋扈する日でもある。
しかし此処は幻想郷、そのような行事とは無縁なものだと、青年は思っていた――その当日が来るまでは。

「……なんなんだぜ」


縁側に腰掛け、日光浴をしながら茶を啜るのは彼の日課である。
いつもと違う点があるとすれば、その傍らに積み重ねてある数々の洋菓子の存在。
それらはこの日に必要不可欠なものであり、恋に燃える少女たちが誇りを賭けて挑むもの。
所謂、チョコレートと呼ばれるものだった。


「なんだってこんなに」

恐らく、半分以上は見返りを期待した義理だとは思うが。
それにしても、この量は対処に困る。
甘いものはむしろ好きな部類なのだが、何事にも限度があるのだ。

「鼻血が出るのは嘘らしいけど、胸焼けはするんだよなぁ……」

取り敢えずは数を減らそうと、山の中から一つ摘む。
綺麗な紙に包装されたそれは、アリスから贈られたもの。
ならば外れではないだろう、彼はそう決め付けると早速包み紙を剥がしに取り掛かった。



「あら、まだ食べちゃ駄目よ」
「霊夢……?」

無駄に凝った形のチョコレートが姿を現したところで、御盆を抱えた霊夢が廊下から歩いてきた。
心無しか、少し怒っているようにも見える。
御盆の上にあるものは煎餅と饅頭、バレンタインとは無縁に見えるお菓子。



「ほら、私から」

そのまま霊夢は彼の隣に腰を下ろし、饅頭と煎餅を御盆ごと押し付けた。
彼は少し呆気に取られたようで、じっと霊夢を見詰める。
彼女は少し不機嫌な様子で、眉間に皺を寄せていた。


「仕方ないじゃない、チョコレートの作り方なんてわからないんだもの。
棚にはそんなものしか無かったし、それにほら、私は和食派だし……」

こんな様子の霊夢は普段は見られない。
頬を僅かにだが赤く染める彼女に、彼はつい頬が緩む。

「……なによ」
「いや、霊夢が可愛いなと」
「ばか」

ニヤケる顔を引き締めようともせず、彼は饅頭を頬張った。




「そういえばさ」
「ん?」
「なんで今日はチョコ食べちゃ駄目なん?」
「だって今日はチョコで好意を伝える日でしょ」
「そうだねえ」
「私のはチョコじゃないけど、私以外からのを食べたら浮気になるじゃないの」
「……確かに」

912名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 23:09:44 ID:B4jlnrLE0
お前ら気が早すぎ……衣玖も即発されて台所占領してんだよ……勘弁して……
飯どうすりゃいいんだ……

913名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 23:32:06 ID:Y4Fm2eBsO
バレンタインに最高のチョコを贈るべく、夢中でチョコ作りに励む嫁
しかしふと気付くと、そこには台所を占領され独り寂しく店屋物を食べる○○の姿が!
いかに自分の行動が本末転倒であるかを悟り、泣いて許しを乞う嫁
そんな嫁をそっと抱き締めて、気にしてないよと言う○○。重なる唇
名残惜しげに離れた後、俺も謝らなければならない事があると言い出す○○
何のことかわからず戸惑う嫁
すると不意に○○が嫁の唇の端をぺろっと舐めて
「ごめんね。まだバレンタイン前なのにこんな最高級のチョコを貰っちゃって」





こんな妄想がバーストしたのは、全て>>912が悪い

914名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 23:36:16 ID:eykMY//UO
>>913
だが放出したお前も同罪だ
罰としてお前と嫁のラブラブっぷりを俺達に見せるんだ

915名前が無い程度の能力:2009/02/12(木) 23:58:13 ID:8HxVL2r20
さっき厨房の近く通りかかったら、フランちゃんがチョコまみれで泣きながら走っていったんだ。
で、厨房見たら壁一面吹き飛んじゃってるの。
どうやらチョコがうまく作れなかったらしい。
誰にあげるのか知らないけど可愛そうだったから、ちょっとチョコの作り方教えてくる。
ああ、まず掃除しなきゃ。

916名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 00:32:13 ID:top.K08U0
ヴァレンタイン・ディ前日の四季映姫からの忠告
「いいですか、ここは寛大なイチャスレであるということは皆さんが
よくご存知のことかと思います。ですが何事にもやりすぎはよくない、
このこともよくわかるでしょう!まかり間違っても、じじじ、自分の
かか、か、体にチョ、チョ、チョk…」

紅白「あらら、閻魔様ったら豪快に鼻血を噴いて倒れちゃったわ」
分身『霊夢ー、氷嚢と枕持ってきてー』

蒼白「ボディチョコレートコーティング…ああっ、駄目、駄目ですっ」
御柱「…教育間違ったかしら…」

 こんなことを平気で考えちゃったボクは末期症状

917名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 02:44:58 ID:CPkLWbysO
>>916

だが俺は一足早くチョコでデコレートされた雛さんをおいしく頂いた。


ん?どうした雛さん、え?お返しはあなたのホワイトチョコって…それ冗談じゃry

918名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 07:53:11 ID:MuHxHt0U0
ここまでパッチェさんがこないということは本人もチョコ作りにいそしんでいるのか…

919名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 08:49:46 ID:.jVm8hHc0
一週間前位……かな。
朝起きたら、庭に木を植えてる幽香さんが居てさ。
邪魔したらどんな目に合わされるかなんて、考えたくもないし、
そのまま放って置いたんだけど。

今朝見たら、俺より数倍大きなカカオが生ってたんだよ。
そしたら、世話をしていた幽香さんと目が合っちゃって
「あら。ばれちゃったわね♪
 明日にはとっておきのを食べさせてあげるから」
……なんて笑顔で言うんだよ。
あんな大きな木の実投擲されたら、俺、生きていられる気がしない。
当然逃げても無駄だろうし……
かといって今からアレをキャッチする練習しても無理だろうからなぁ。

で、誰か頼りになりそうな人の家に避難しようと考えてたら、
台所に上がりこんで、こっちを何度も見てくるんだ。
監視されてるって事かな……
考えも筒抜けらしい。

俺、どうしたらいいんだろう。

920名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 09:51:14 ID:m.k1.LrYO
プレゼントとか抜きにして、二人で仲良くケーキ作ったりするのもなかなかいいもんだぞ
冷蔵庫の隅にある見慣れない箱には気付かないフリだぜ

921名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 11:43:36 ID:MXVJ1arg0
ちょっと困ったことになってな……
実は今日の朝、手紙が届いたんだ。真っ白な封筒に、赤い血のような封蝋で……。
中には「明日14日の午後7時、紅魔館の花畑の前で待ってます。」って書いてあったんだ。
まあ、たしかに、これ自体は喜ばしいことなんだが、問題は……

全く同じ内容の手紙が、もう一通来ている事なんだ……。

どう考えても死亡フラグが立ちまくる展開しか思い浮かばない……どうすればいいんだー!!

922名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 13:20:05 ID:4oml0wUk0
迷わずレミィ選択しろよ。道は開ける

923名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 13:27:20 ID:TPGTqf2s0
アリスが台所に篭ってなんか作ってたな
甘い匂いがする
俺の名前を言いながら必死になってるぜ
甘いもの嫌いなんだがどうすればいいものか

924名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 16:43:36 ID:aDMssbNQO
ところで、鈴仙が台所で何か作ってるんだけどさ。
甘い匂いに混じって根菜の皮を剥く音が聞こえるんだが何を作ってるんだ?
なんか俺にくれるみたいなんだけど、何作ってるのか想像できんから若干怖い。

925名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 19:55:51 ID:top.K08U0
>>924
真面目に考えればキャロットケーキなんじゃないんですか
ニンジンいらないよ属性でもない限り期待して待つが吉

926名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 20:55:12 ID:xuiPmS5Y0
皆物騒だなぁ。
うちはおくうがバレンタインを知ってなかったんだが、お燐が教えてやったみたいでもらえることになったぜ。
なんでも「イエローケーキ」というものをつくってくれるそうなんで、楽しみすぎる。

927名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 21:34:27 ID:XurlBzRQ0
>>626、あぁ楽しみだな。後で是非感想聞かせてくれ。
でも皆前日から盛り上がってるなぁ。
俺なんか咲夜さんからもらえるかもとわくわくしてたのに
「あら、明日がどうかしたの?」って言われたよ。
しかも、最近館の裏にナイフで彫られたたらしい俺の顔に似た歪な木彫り人形がいくつも・・・
俺なんか咲夜さんに悪いことしたのかな?

928名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 22:34:24 ID:aDMssbNQO
>>925
そうかキャロットケーキか。
しばらく悩んだ末に出した結論がキャロットチョコだった俺の鈍さに腹が立つ。

929名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 22:35:53 ID:HSVKVfjo0
いや、俺が鈴仙から貰ったのはワインに漬けた人参の入ったキャロットボンボンだったけど…

930名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 23:20:51 ID:ecr2p00Q0
>>926
逃げてーそれ多分食べ物じゃないから逃げてー
たしかルーンボトルかけると値段が上がったはず……昔の話だから忘れちまったが

931名前が無い程度の能力:2009/02/13(金) 23:53:55 ID:top.K08U0
待っちゃりぃ、>>926。あんさんにお空がプレゼントしようと
している物はウランそのものじゃけん、手にしたら危険ぜよ。
大人しくやめさせて「俺はお空がいれば十分だよ」とでも
聞かせちゃりぃ!

>>927
そうさな、しばらく待ってみな。きっとアンタそっくりの
素敵な木彫り人形が出来上がるさ

932名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 00:09:34 ID:99GXeOhI0
今日の夕方幽々様が結構居間から離れることが多く、
時間を気にしていたようなので妖夢に理由を聞いてみたら
「察してあげて下さいね♪」
を少し苦笑混じりの笑顔で言われた。
明日が楽しみです。

933名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 00:44:51 ID:4wVlWUUU0
 バレンタイン・・・・・・イギリスの歩兵戦車の事だな。
 ヴァン・アレン帯・・・・・・地球を取り巻く放射線帯の事だな。
 ヴァン・ヘイレン・・・・・・アメリカのハードロックバンドの事だな。
 ヴァン=ダイン・・・・・・アメリカの推理小説家の事だな。
 バテレン追放令・・・・・・豊臣秀吉が発令した禁制文書の事だな。
 バビンスキー反射・・・・・・脊髄を反射弓とする脊髄反射の事だな。
 ヴァッシュ・ザ・スタンピード・・・・・・人間台風の事だな。
 バッシュ・ザ・ブラックナイト・・・・・・ルミラン・クロスビン作のMHの事だな。
「おーい○○君。そろそろ現実に帰ってきたらどうだい? 」
 家主の霖之助さんの声が響く。
 目の前にはチョコと題されるぶったいがいっぱい。
 俺、いっぱいいっぱい。
 数少ないがまっとうなチョコも有る。
 和菓子や茶葉など別の品を送ってくれた者も居る。
 上記に含まれないカテゴリーF・・・・・・それが問題だ。
 青い蛍光色を放つ物体や明らかに動いている包み・・・・・・その他etc
 生きて帰れるだろうか?
『りんりん・・・・・・こんなに嬉しいのに逃げ出したいのは何故なんだろうな? 』
 目の前には少女及びお姉さんたち。
 食するのを今か今かと見守っている。
 俺は・・・・・・

934名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 00:48:23 ID:99GXeOhI0
一応いっておくけど>>932は寝た後というかんじです。
>>933
くっ・・・!妬ましいっ・・・!

935名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 02:06:39 ID:1WozUWKM0
神綺様と魅魔様の事を考えてたら 謎の物体XYZなB・dayに。
私は何を言ってるんだ。
ttp://pokoweb.com/pds/oyatu/syuryou.txt

936名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 03:21:32 ID:oel.TNJY0
>>933
下の2個wwww

937名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 04:09:43 ID:H19CnN/c0
>>935
アリスがマジで可哀想だw

938名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 05:01:17 ID:/FEtDv7U0
「と、いうわけでバレンタインですレティ」
「そうね、皆ところ構わずイチャイチャ状態ね、
 冬なのにアツアツでこっちは参りそうだわ・・・それで、それが何かしら?」
「このとーりですので卑しき私めにチョコをくださいませ!
 もう>>933とか見てると俺のパルスィ心がMAXハートでしっと団結成してしまう!
 と、いうわけでチョコなら何でもいいのでくださいお願いします・・・」
「・・・はぁっ仕方ない人、はい、チョコよ。
 一応手作りだからちゃんと味わって食べなさい」
「わーい、義理でも嬉しいぞ」
「・・・・・・・・・・・義理って誰も言ってないんだけど」(ぼそっと)
「はえ?何か言ったか?」
「何でもないわよ朴念仁」

939名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 09:08:52 ID:GefHqgsU0
「文、バレンタインだからチョコくれ」
「はい、どうぞ。ハッピーバレンタイン」
「…そう簡単に渡されるとつまらないな」
「一応聞いてあげます。どう渡されたいの?」
「もっとツンデレ風味とか抱きつくとかそういうのが俺は好みだ 
 一年に一度のイベントだからね」
「なんだ、そんな事ですか。予想はしてたけど」
「そんな事とは何だ、男の夢だぞ?ロマンだ、ロマン」
「どんな渡し方だって、貴方が好きという気持ちは変わりません」
「…驚いた。文がこんな愛情表現をするとは」
「…これもバレンタインプレゼントよ。愛してる」

940名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 15:33:27 ID:TPP40hfY0
「れーむー。今日はバレンタインですよー」
「はい、これあげる」
「……大判焼きですか」
「なによ、いらないならあげないわよ」
「いえ、貰えるだけでもうれしいです」
――むしゃむしゃ
「あーもう、大口開けて噛みつくからあんこが端についてるじゃない」
――ちゅっ
「はい、とれた」
俺は食べかけの大判焼きからあんこを指ですくい取ると霊夢の唇に塗った。
「霊夢もあんこついてるよ。とってあげる」
「あ、ちょっと勝手にあんこ塗って、あん、もう……あむ……はぁ、む……
 んっ、ちゅ、ちゅく……んふぅ……ちゅぷっ、あむ……」
不思議だな、チョコより甘くてとろけそうだぜ

941名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 16:48:08 ID:CDYp9hhA0
「〇〇さーん!」
「おお、鈴仙じゃないか。」
――――ずべしゃぁぁ
「あちゃー……。」
「痛たたた……。」
「おいおい、慌て過ぎだろ……。なんで何もない所で転けてるんだよ……。」
「だって……〇〇さんに渡したい物が……あ!」
――――ガサゴソ
「ああ……せっかく作ったのに……グスッ……うう……。」
「ん?何だそれ?なんか凄いことになってるけど。」
「あの……今日はバレンタインデーじゃないですか……グスッ……それで、ひっく……。」
「ああ、そういえばそうだな。」
「それで……チョコレートじゃないけど、手作りのキャロットケーキを渡そうと……グスッ……作ったのに……転けちゃってグチャグチャに……。」
「……。」
「ひっく……いらないですよね……こんなの……。」
「いや、貰うよ。」
「え?……〇〇さん?」
「俺は見た目よりも中身で勝負するタイプなんでね。味が良けりゃそれでいいさ。」
「〇〇さん……。」
「それに、鈴仙の手作りなんだろ?それ。俺個人としては、他に貰った男が居れば叩きのめして奪いたいくらい欲しいもんだ。だから貰うよ。」
「……はい!ありがとうございます!」
「ああ、そうだ。お返しするには早いけど。」
――――ちゅっ
「こんなものでしかお返しできなくてごめんな。」
「十分すぎますよ、〇〇さん……。最高のお返しをありがとうございます……。」

942名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 18:12:33 ID:5z8.5SQE0
「なぁ、おくう。イエローケーキは粉状だった気がするんだが…」
「うにゅ?食べれればいいんじゃない?」
「お前は粉を喰えというか。鶏じゃあるまいし」
「え?そうなの?じゃぁフュージョンさせてかためt」
「待てぇい!!!危ないからそんなことすんな!第一食べ物ですらない!」
「うにゅぅ〜。でも○○にあげる物ない」
「あー、そうだ。ほれ、これやる」
「うにゅ?」
「今年は逆チョコというものらしくてな。男から女にチョコを渡すらしい。
お前の想いだけでいいからさ。それに俺はお空がいれば十分だしな」
「うにゅぅ〜♩ありがとう」
「気にすんな//」


>>926>>930>>931の流れを受けてやってみた
お目穢し失礼。

イエローケーキはウラン鉱石を精製したもの(たしか)
どうでもいいけど核融合はトリチウム、ジューテリウムが主でウランは…

943名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 18:14:53 ID:oxFgo1Dw0
 いつも通りサークルの部屋で弁当を食う。
 いつもは俺以外にも二人がいるんだが、こういう時に限ってこの部屋は一人なん

だよなぁ。友人でも誘って食えば良かったと後悔している。

 さて、普通に弁当を食い終わった。鞄に弁当箱をしまってとっととキャンパスを

ぶらつくか。
 と思ってたら、部屋の扉が開いた。
「あ、○○、すれ違いかな?」
「蓮子か。メリーが一緒で居ないとは珍しいな。」
「うん。ちょっとね・・・。」
 これ以上話す事も無いだろうし、弁当箱を仕舞う。蓮子がそれに近づいて隣に座

ってくる。
「お弁当食べてたの?」
「ああ、そんな所だ。一緒に食べれたら良かったな。」
「ふぅん。」
 蓮子は何か考えてる様だった。考えながら、俺の方をじろじろと見てる。
 ・・・何か引っかかるな。
「何か様か?」 
「え?そ、そういえばさ・・・あんたポリフェノール取ってる?」
「はい?」
 いきなりポリフェノールって、どうよ?
「そんな意識して取ってる気は無いなぁ。」
「結構重要よ?活性酸素の除去効果で生活習慣病を予防するし。」
 そういえばこいつって頭良かったよなぁ。ポリフェノールにどんな作用があるか

なんて知らん。
「で、そんな訳で、これ。これでも食べて、ポリフェノールを摂取しなさい。じゃ

あね。」
「あ・・・おい。」
 急に話してきて、机に何かを置いて、蓮子は部屋を出て行った。何か逃げるよう

な感じがしたなぁ。俺ってそんなに嫌われていたのか・・・。
 と、机の上に置かれていたのは。
「チョコレートか?」
 チ○ルチョコとか、そんな感じじゃなく、なんか高級品っぽい箱に包まれてた。
 何しに来たんだ。あいつ。まさかこれを俺に渡す為に来たとか?そんな特別な日

だっけ。今日。
「ん?特別な日。あぁー。」
 一人納得した。
 そういえば、今日が二月十四日か。

944名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 18:34:30 ID:sS3xMUVE0
「ひぃひぃ……」
「○○君ー」
「ああ、咲夜さん。お疲れ様です」
「○○君ほどじゃないわよ。私と違って時を止めれないんだから、
 あんまり無理しちゃだめよ」
「分かってはいるんですけどね……
 あんまりお嬢様に好かれてないから、その分働かないと」
「お嬢様が? まさか、起きたら一番に○○君の様子を聞いてくるのよ?」
(そりゃあ、僕が咲夜さんに手を出さないか、不安で仕方ないんでしょうよ……
 咲夜さんを幸せにするって大見得切ったはいいけど、
 あの様子じゃあ、いつお嬢様に殺されてもおかしくない……)
「さて、と。ホットチョコレートができたわ。
 希少品だから一人分の量は少ないけど、妖精全員分は確保できたわ」
「チョコ……そういえば、今日はバレンタインでしたっけ」
「あら、忙しくってそんなことも忘れてた?
 で、お嬢様方にはこれ」
「ボンボン、ですっけ。本当、なんでもできるんですね、咲夜さんて」
「そ、ウイスキーボンボン。○○君の分もあるわ。……目、閉じて」
「え?」
「時を止めるだけじゃムードが出ないでしょ」
「え――」
 次の瞬間には。咲夜さんの柔らかな唇と、舌を伝って、チョコレートの甘みが……
「な、な、な」
「……本命、よ? 義理にいちいち口移しするほど、軽くないもの、私」
「――咲夜さん!」
 ――――ちゅっ……
「……口に、合わなかった?」
「まさか。……お酒、弱いんですよ。
 今ウイスキーの部分まで食べちゃうと、酒の勢いで押し倒しちゃいそうで……」
「……そうね。じゃあ、仕事が終わったら私の部屋に来て。
 ウイスキー抜きで、特製のチョコ、用意しておくわ」

うひゃあ!ちょっと咲夜さんに捌かれてくる!

945名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 20:45:40 ID:FgEACcDY0
>>933
アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインがいないぞ

946名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 21:28:26 ID:jWwgbe5MO
2月14日、妖怪の山。
バレンタインデイとは無縁に、静かに水の流れる川辺。
人里の甘ったるい空気に嫌気がさしたのか、顔をしかめて魚釣りをする里人が一人。


「……ボウズだねぇ」


基本的に部外者には厳しい妖怪の山だが、
彼には顔馴染みがあり、監視は付くものの深入りしなければ天狗や河童が彼を追い返しに来ることは無かった。
そして此処ならば周囲にチョコレートを渡し合う男女もいないし、趣味の釣りにも没頭出来る。
今日限りにおいて、此処は彼にとっての天国となった、筈なのだが――


「なぁ、にとりさんや」
「……」
「俺ぁさとりさんじゃねぇから、言ってもらわなわからんよ」


――いつの間にか、にとりと呼ばれた少女が彼の背中にぴたりと張り付いていた。
もじもじと水色の髪を弄くり、名前を呼ばれると、耳まで真っ赤になって俯いてしまう。
いつもの彼女からは全く想像出来ない様子に、彼はただ困惑するばかり。


「はぁー……」
「……ぅう」


何やら、大事そうに小包を抱えていることは解るのだが。
ちらりと覗き見ようとすると、体を縮こめて隠してしまうのだから困りもの。
そのお陰で彼もにとりも、その場から少しも動けないでいた。


「あー、とられた」
「……あ、あのさ!」
「うん?」


そうして、一匹の魚が釣り針の餌を食い破っていった頃。
にとりが振り向き、彼も釣りを中断してにとりと向き合った。
目が合うと、また顔を真っ赤にして俯いてしまったが。


「今日ってさ、こういう日じゃん!」
「うん、バレンタインデイだねぇ」
「そ、そうそう、チョコを渡して食べる日!」
「確かにそうだけどさぁ」
「だ、だからさ……ほら!」


勢いよく押し付けられる小包。
話の流れからして、中身は恐らくチョコレートか。

「ぅうう……」
「……はい?」

緊張のあまり、にとりは差し出した腕を震わせている。
男の方はまさか自分が貰えるとは思っていなかったらしく、面食らったまま固まっていた。


「……どうすればいいのさ……?」

そんな様子を、陰でこっそりと見つめている白狼天狗が約一名。
機会を失い、同僚に先を越されたまま何をするでも無く。
ただただ、胸にチョコレートを抱き締めるばかりであった。


霊夢もお燐も好きです、でもにとりはもっと好きです
もっと文章力が欲しいです

947名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 22:56:44 ID:SYd5sDoY0
2月14日なので、文とのイチャを。
○○の思考がかっ飛んでいるのは、多分バレンタインデーの熱気のせい。

ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0315.txt

948名前が無い程度の能力:2009/02/14(土) 23:58:46 ID:ZYNgUqpo0
間に合った…
美鈴に看病してもらう話(バレンタイン風味)。
ttp://www.crystal.rm.st/proposal/pro/src/up1506.txt

つーか、最初はホントにバレンタインネタにするつもりだったのに、なぜかこうなった。

疲れてるのよ、モルダー。
な、なんだってー(棒)

949名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 00:13:14 ID:SPD5t6hk0
レミリアと咲夜さんとパチュリーがチョコをくれたんだよ。
義理だってさ。今から本命渡してくるんだってさ。
もうすぐお前等のうち誰かのところに三人が行くだろうから、来た奴は報告頼む。
俺はフランちゃんとチョコ食べて待ってるからさ。

950名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 00:32:02 ID:w4dIr.QI0
いつも保護者でお姉さんキャラな慧音を見ているので
反動で書きなぐってしまった。
猪口ネタは>>786氏より拝借。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0317.txt

951名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 01:08:01 ID:0tzdphzI0
昨日と言う日は女子からもらうことがほとんどじゃがのぉ、
逆にプレゼントしたりはしなかったのかい義兄弟と質問します

952名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 01:10:27 ID:bVd43d0k0
キスはプレゼントにカウントされませんか?

953名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 01:11:20 ID:eICSi.o60
>>949の義兄弟、レミリアならうちに来たぜ

そしてその経過を書いてみたんだが、どうだろうか
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0319.txt

954名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 01:24:49 ID:SgLXBWNI0
半霊とイチャイチャするSSを探してます。
情報によると「プロポスレのうpろだのup1009.txtかup1013.txtだったよーな・・・」
という事なのですが、うpろだには1300番台前半より前の物が見つかりません。
これはどこかで再入手可能でしょうか。
不可能であれば、よろしければ再UPしていただけませんでしょうか。

955名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 02:03:56 ID:0tzdphzI0
妖夢7でup1009らしきものはありましたよ、up1013は未掲載なのか
掲載不可能なのか見ていませんけど

キャラ別まとめもきちんと探しましょうね

956名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 03:11:02 ID:SUQ3CyFY0
すっかりバレンタインも過ぎてしまったな。
皆はもう嫁からチョコはもらったか?
俺か?
まだだ


「○○?いる?」
「アリス…?」
「夜遅くにごめんなさい…でもどうしても渡したい物があったから」


ああ…たった今貰えたよ。
うんうん、幸せだ。

957名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 03:20:43 ID:JBfdbxEc0
まにあった! このままフェードアウトしたら 未完まま ログにのこっちまうからな

仕立て屋番外間に合わずorz
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0320.txt

958名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 04:43:20 ID:6dhmYZm60
天子が絶壁の所為で胸にチョコを挟めないから持ってこなかったらしい

まったく、俺はその板チョコがたべた「そこまでよ」

959名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 08:17:14 ID:2QgkFRT.O
>>950
うおお うおお

960名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 16:06:05 ID:NMFbMvuc0
「♪〜♪♪〜♪〜」
霊夢が鼻歌歌いながら料理をしている。
「何作ってるの?」
「肉じゃがよ。○○好きだったでしょ?」
鍋を覗き込むとぐつぐつと醤油とみりんのいい匂いがする。
こりゃ確かにおいしそうだ。しかしそれ以前に霊夢の白いうなじが目に焼きつく。
つるつるの腋に小ぶりでも形のいい胸。ほのかに香る髪。たまらなくなって霊夢のほそい腰を抱きしめる。
「きゃっ!?ちょっと、だめぇ……」
それでも強く振りほどこうとはしてこない霊夢を抱きしめて彼女の柔らかさを堪能する。
「……味見」
菜箸でじゃがいもを差し出してきたので口に放り込む。アツアツでじっくりと味が染みている。
俺好みの若干甘めの味付けがうれしい。霊夢は鍋つかみをはめて竈から鍋を下ろして火を消した。
「……料理、終わったわよ」
霊夢を抱きしめたまま上り框に移動すると霊夢を押し倒した。
エプロンで隠された身体の曲線や膨らみが何とも言えない。霊夢は頬を赤らめてそっぽを向いているのもまた可愛い。
「んむ……ふ、ちゅぅ…ふぁっ、くちゅ、ん、はぁ……」
頬に手を添えてこちらを向かせて口づけを交わす。
股の間に膝を入れて足を閉じられないようにして脛から腿を撫でるようにして、そのまま――
「や、……あ!」
と声を上げた霊夢はぎゅっと俺に抱きついてくる。――ここまでハッスルして魔理沙が居ることに気がついた。
「あ、その、なんだ……お、お邪魔したんだぜ!」
あっという間に逃げて行ってしまった魔理沙。次の瞬間俺は宙を舞っていた。ふ、いい巴投げだ。
「っこのばかっ!すぐ本能通りに行動するんじゃないわよ!」
ふふふ……甘いぜ霊夢、ここで俺が倒れても第二第三の俺が霊夢をキャッキャウフフするぜ……
薄れゆく意識の中で最後に映ったのは霊夢のドロワだった……

エプロン霊夢は俺の中のケルベロスが雄叫びして堪りません

961名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 17:28:05 ID:2QWI0VoIO
霊夢は割烹着姿の方が想像出来る俺がいる


「――というわけでうどん食べてます」

冷凍食品も中々に侮れない。
外界から持ち込んだガスコンロがこんなところで役に立つとは。

「なにがだよ」
「やぁねえ、割烹着と言えばうどんじゃない」

ずるずると、味噌煮込みうどんをすする霊夢。
白い割烹着がよく似合う、と思う。

「それすら知らないとは、お姉さんもまだまだだねぇ」

こっちはカレーうどんをすするお燐。
汁が飛んでも大丈夫なように前掛けをしている辺り立派だと思う。


「はぁ……もういいや」
「というかお前はなんでここにいる?」
「追い出されたんだよ」
「帰れ」
「どうせまた実験とかしてあいつを吹き飛ばしたんでしょ」
「あのお兄さんも碌な目に合わないねぇ」


集中放火、いじめにも見えるだろうが、これくらい言わないと後が大変なのだ。
何故ならば――

「酷い言われようだな、わたしにも言い分は」
「魔理沙!」

と、魔理沙が反論しかけたところで体中煤だらけ男が神社に飛び込んできたではないか。
なにを隠そうこの男、先程の会話にも出て来た魔理沙の恋人である。
何やら魔理沙と言い争いをしているようだが――


「な、なんだよ。今更謝ったって」
「すまん、俺が悪かった。俺がお前への愛情が足りなかったからあんなことに――」


するとどうしたことだろう、突然男が魔理沙に抱き付いてキスをしたではないか!
魔理沙もいきなりの事に驚いているようだが、やがて目を閉じると顔を真っ赤にして男を抱き返した……。


「ここら辺でネタ晴らし。実はこのバカップル、最近は喧嘩をするといつも神社に来るのであった」

三人の目があるにも関わらず境内でイチャつき始める二人。
ありゃかなわねえわなぁ。
「もうあんな実験はしないぜ」とか言ってるけど、同じようなことしてまた来るんだろうなぁ。

「この流れも定型よねぇ、いい加減飽きてきちゃったわ」
「そうだねぇ……ごちそうさまでした」
「ごちそうさまでした」
「ごちそうさまでした」

空になった容器に橋を置き、手を合わせてお百姓さんに感謝。
いっぱいになった腹を抱えていると、くいくいと袖を引っ張られた。
何だろうと振り向くと、そこには期待に目を輝かせるお燐が。


「ねぇお兄さんもさ、あたいと……ね?」
「歯を磨いて落ち着いてからな」
「せめて後片付けはしていきなさいよ」


どこもバカップルばかりである。

962名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 18:52:00 ID:w4dIr.QI0
そういやそろそろ次スレってか>>950踏み抜いたの私か。
スレ立ててくるからスレタイ案と新テンプレあったら頼む

963名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:13:18 ID:Pky8hutc0
絵板のリンクを足したテンプレ



文才・設定は二百由旬へぶっ飛ばし、東方キャラへの口説き文句等を思うがままに書いてみてくれ。
シチュエーションごとや告白後のラブラブもラブラブじゃ無いのも、長編、一行、妄想駄々漏れ何でもオーケー。
俺からキャラへ、キャラからお前に、誰からともなく住人へ。
ただしキャラ×キャラは勘弁な!!


このスレの連中は厳しいが公平だ。内容の差別新参古参の区別はしない。
一行告白、妄想、長編を、このスレの連中は見下さん。
すべて―――
平等にGJだ!
――ハートマンZUN曹

前スレ
【嫁と炬燵と】東方キャラとイチャつくスレ22【蜜柑の日】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1229663161/

プロポスレ@Wiki
ttp://www15.atwiki.jp/orz1414/

イチャスレ避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/6911/

イチャ絵板
ttp://oekaki-depart.my-netlife.jp:10017/lpbbs/f1229961990/index.php

えくすぷローダー(携帯用アップローダー)
ttp://pokoweb.com/pds?_s=h&_mode=hp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スレに書き込む時の注意
・ コテハン、トリップは原則禁止です。
・ 馴れ合いは程々に。
・ ここは全年齢板です。行き過ぎた表現やそれに関連するリンク等は削除されることがあります。
・ 投稿前に内容を見直してヤンデレっぽさが少しでも伺えたら明確に注意書きをしてください。
・ 避難所にヤンデレ専用スレとショタ専用スレ、学園スレがあります。
・ 感想へのレスは避難所の感想、返答スレをお使いください。
・ 避難所にも投稿スレはあります。スレの雰囲気が投稿しにくいと感じた時にどうぞ。
・ 新規スレ立ての際は管理スレに強制sageの依頼を忘れずに。
・ 隔離スレであることへの自覚を持って書き込みをお願いします。

WikiのロダにSSを投下する時の注意
・ 最初の行に< pre>、最後の行に< /pre>と書いているか確認して下さい。
・ 削除キーを設定しているかどうか、確認して下さい。
・ その他、原稿用紙の使い方などはWikiに説明があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

964名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:15:50 ID:6gQdqFeE0
【花を愛で】【嫁を愛でる】

965名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:22:13 ID:FjkpnIZ2O
【春風に舞う】 【嫁の髪】

春風にそよぐ でも良いかも

966名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:29:19 ID:zAtjqSjY0
【桜の咲く頃】【僕らも咲く頃】

何かの歌で聞いたフレーズ・・・でもなんの歌だっけ・・・

967名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:33:22 ID:QnFkLI0o0
【嫁の隣で】東方キャラとイチャつくスレ23【春待つ日】

968名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:39:29 ID:srN1gmAcO
【春が来て】【綻ぶ笑顔】

969名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:43:47 ID:2QWI0VoIO
【嫁との春度は】【狂い咲き】

970名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 19:46:42 ID:Pky8hutc0
【嫁来たりなば】【春遠からじ】

971名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 21:01:11 ID:QzYdIhRs0
【春一番】【嫁が一番】

972名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 21:02:59 ID:w4dIr.QI0
>>963
そっか、絵板入ってたね。修正thx
>>968
ティンときたので頂きました
大体1スレ消化に2〜3ヶ月かかること考えても丁度よさげ

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1234699306/
ということで。

973名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 21:17:27 ID:sSwTtB5AO
>>972


974名前が無い程度の能力:2009/02/15(日) 21:30:44 ID:R8ffXEaw0
>>972
乙!
ではゆっくり引越しの準備でもはじめますかね、咲夜さん

975名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 00:01:24 ID:ju8yCaeM0
>>972
乙。

976名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 00:18:31 ID:8FgjLjYM0
まあ待て魔理沙。落ち着け
真っ先に新スレに行きたい気持ちはわかる。幻想郷最速を目指すお前ならなおさらだろう
でも、少し回りを見回してみろ。ほら、みんな新スレの方を向いているからこっちを向いている人なんて誰もいない
だから――

ちゅっ

――こんなことだってできる
な? 最後ってのもなかなか悪くはないだろ?

977名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 00:50:17 ID:NPLQqNfw0
>>976
GJ

978名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 01:36:07 ID:prviXF.20
ふぅ、引っ越しの準備が遅れちまったな、アリス
ま、おかげで面白いもん(>>976)も見れたけどな

え?俺たちも
仕方ないな、んー

chu!

979名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 03:46:07 ID:KK.HnKJs0
締めだからかテンション高いなぁ
冬の夜半なのに熱いねぇ早苗さん……早苗さん? なんで羨ましそうに眺めてますかー?

みんなやってるからってよくないよくない! 公衆の面前でってのは色々まずいだろう常識的に考えて!
常識に囚われることをやめましたってそれはちょっと違むぐぅ

こんな私は嫌いですかってそんなわけないでしょうに
惚れた人といちゃついて嫌な男がいるかって。積極的な早苗さんなんていいものも見れたし
……え? いやだからってこれ以上続けるのはさすがに恥ずかしいというかそこから先はアッー!

980名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 07:07:41 ID:Fx5mTWbYO
……とりあえずお前ら安定剤やるから引越しの準備しろ。

ん?どうした鈴仙。何だか顔が赤いが大丈夫か?
しんどいなら無理せずに休mんむぅっ……。
お前もか、鈴仙……。いや、別に嫌だって訳じゃなくてだな。むしろ嬉しいけどさ……。
もうちょい人目に付きにくい所でやらんkうおわっ!
ちょっ!お前流石に朝からはヤバいって!だ、誰か助けtアッー

981名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 07:50:00 ID:2Kxcrh8.0
おいおい、お前ら準備は大丈夫なのか…?
ちょっと頭と熱くなってるところを湖の水で冷やしとけ。
ん? 顔が赤いけど…って、君もか、大ちゃん……?
ああああ泣かないで別に嫌な訳じゃない頼むからその目で見上げないで俺の我慢が効かなくなるから!
ふぅ…OK、あそこの茂みまで我慢できる? うん、いい娘だ。
大丈夫、チルノとの待ち合わせにはまだ時間はあるさ。

982名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 07:56:10 ID:SZC.ukT20
>>963,>>972
絵板は見てくれる人が増えると嬉しいね。私は描けんけど。
ティンと来て頂いたようでthx しかしthxって使うひとを見るとネトゲーマーなのかなぁと思う。
二度あることは三度ある。
またスレタイをお題にSS書こうかと思ったが、ネタが抽象的で難しいな……

983名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 14:48:53 ID:PYkQogdw0
レティの帽子がソフトクリームに見えてきた私は

1:黒幕
2:レティさんは甘いと思った
3:太い
4:末期

984名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 14:51:57 ID:PYkQogdw0
>>983すまない、sage損ねた

985名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 16:11:45 ID:E.694wmAO
芥川龍之介の河童を聞いているとにとりとのイチャと、そこに至るまでの話を妄想してしまう俺は間違いなく工二病

986名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 17:01:21 ID:pqlO6U4k0
そろそろこのスレも埋まるな、みんな先に新スレにいってくれ
俺はまだ雛が準備に手間取っているからここで待つさ
なに、埋まりきるまえには間に合うだろ。さあ俺にかまわずいってくれ

987名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 17:16:37 ID:Fx5mTWbYO
あー……腰痛てえ……
え?いや、引越しの荷物運ぶときに痛めただけですよ?
別に某舘のPさんが来るような事やって無いですって。
……ヘタレ扱いされたけどな。


よし。そろそろ行くか、鈴仙。
向こうでも宜しくな。

988名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 17:38:44 ID:qZ9ijDgY0
「よいしょっと」
「荷物は揃ったか?」
「ええ、後は移動するだけね」
「それじゃ行くか、春の花が咲くとこに」
「急かさないでよ」
「だってお前歩くの遅いじゃん」
「失礼ね、景色を楽しんでいるのよ……今年も花粉でヒーヒー泣くあなたが見れるのかしら」
「永遠亭の薬があるから多分大丈夫」
「えー……」
「ほらほら、行くぞ」
「はいはい……ねぇ、あなた」
「あん?」

ちゅ、と頬に柔らかい感覚。

「……いい性格してるよ」
「ふふ、当たり前じゃない。ほら、行くわよ」
「へいへい」


幽香は一年中季節の花が咲くところに移動しているそうです
こんな妄想してる俺マジきめぇ

989名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 19:58:57 ID:Q7q./QLo0
にとり、このスレは終わるけど、俺たちの愛は永遠に終わらない
愛してるぜ

990名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 20:09:48 ID:dsg5cXnY0
あー、文?
文に運んでもらって一気に次へ飛んで行くのもいいけど、たまにはゆっくり行かないか。
ほら、手つないで……おんぶ?

991名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 20:46:19 ID:ku0Kly.20
はいはい衣玖さんお引っ越しですよ、お引っ越し
準備終わりました? え、もう済ませた? ならよかった
じゃあ埋め終わったら行きましょか、……なんですかその目は

はいはい衣玖さんお姫様だっこして欲しいなら物欲しげな目じゃなくて口で訴えてくださいよ
じゃないと僕は鈍感だから、唇がさびしいのかと勘違いして、さっきみたいに塞いじゃいますよ?

ああもうかわいいなぁ、実に可愛い。
……僕の独り言ですよ? いたっ、ちょっ衣玖さん胸ばしばししないでくださいよ

はいはい、向こうに着いたらもっとやらしいことをしましょうねぇ

……ぎゃー! 感電しないで! 抱っこしたたまま雷雲棘魚しないでっ!
ぎゃああああぁぁぁぁぁ………

992名前が無い程度の能力:2009/02/16(月) 23:23:49 ID:crogDk5Q0
>>950のちょっとした続き。
ttp://tohoproposal.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0325.txt
皆が引越しネタを使うもんだから…

993名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 13:42:19 ID:8Qs5QhzU0
「し、しきえーきや、やまばばやまだまどーまどぅ!?」
「死刑」

今では私のワイフです

994名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 13:58:37 ID:MgKZNcnc0
おーいルナチャー、まだかー? もう二人とも行っちゃったぞ?
昨日調子にのって夜更かしなんかするからだぞ。
しょうがない、荷物は俺が持ってってやるよ。
……ついでに今にも眠りそうなお姫様も運んでやるよ。よいしょっと。
ん? ああ、気にせず寝てていいぞ。きっと起きたら新居だ。

……ま、俺が夜更かしさせたようなものだしな。

995名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 16:19:18 ID:6BCVAPbY0
さーってと、こんなもんかな。
こうして見ると荷物って案外少ないもんなんだなぁ。

おっと、もうこんな時間か。
そろそろ俺たちも行こうかね。

まぁ、のんびりでいいさ。
逃げやしないんだし、ゆっくり、ゆっくり行こう。

そして向こうでもさ… その、なんだ。
仲良くやっていこうな。

============================================

ほら、もう少しで見えてくるぞ。
俺たちの新しい住処だ。

最初はちょっと慣れないかもしれないけどな。
なぁに、住めば都さ。

ゆっくり、ゆっくり過ごして行こう。

なぁ、美鈴?

996名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 17:02:01 ID:Qji9pnZ.O
「如何した映姫、溜息などついて」
「……○○ですか。何でも、ありません」
「その様な顔で言われても、信憑性に欠けるのだが。
 それとも、私には明かせない様な事か」
「い、いえ、断じてそんなことは!
 ……その、あの」
「話せるようになったらでいい。落ち着いてな。
 大きい荷物は運んでおくから、
 細かいものは君に任せ――」

 ぎゅ

「――映姫?」
「い、今なら誰もいませんし。
 ……少しだけ、このままでいさせて下さい」
「了解した」

997名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 20:20:15 ID:Fpy6Q05wO
俺とアリスとの愛は永遠だ

998名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 20:27:14 ID:qGfyTcBQ0
どうした、鈴仙。
早くしないと置いてかれるぞ。
え、スレの引越しよりも、二人の新居への引越しがしたい?
あ、あはは…。
早くしないと浮気するぞって?
参ったな…完成まであと一月かかるんだ、ごめんなってうぉっ!急に抱きつくなって!

999名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 21:05:19 ID:AwPdAv1U0
さて、もうここも終わりですよ咲夜さん。
もうやり残した事はありませんか?
えっと、まだある?
なんですか、急がないと皆においていかれちゃいますよ?
ちょwなんでそんなに顔近づけるんですか!!
い、嫌とかじゃないんですが、いきなりっtんんんっ!
ふぅ・・・だからいきなりは驚くじゃないですか〜
っておいてかないでくださいよ!!
おいていかれたくないならちゃんと手を握ってなさい?
わかってますよ。
誰が何をしようとこの手だけはずっと離しません。

1000名前が無い程度の能力:2009/02/17(火) 21:06:21 ID:Rr8Eepoc0
1000なら積年のアリスれいぽぅ計画が成功する

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■