■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【けいおん!】唯×梓スレ【避難所】
1軽音部員♪:2009/07/19(日) 17:16:40 ID:dVq5d.8M0
すみません、こっちにもアンカによる埋め立てあらしが来ましたので立てさせていただきます

2軽音部員♪:2009/07/19(日) 18:01:26 ID:sc8jqNCM0
うぅ、平和にひっそり楽しんでいたのに…

とりあえず、落ち着くまでこちらに潜みます

前スレ
>>108
盛大に吹いたw

>>110
練乳に練乳をかけて食べたくらいに甘い…!
向こうでも見させていただいてましたが、
待ちに待ったハッピーエンドを見られてすごく満足しました。
おつかれさまでした!
次回もまた楽しみにしてます。

3軽音部員♪:2009/07/19(日) 18:15:36 ID:1r3YUYdk0
>>1

4軽音部員♪:2009/07/19(日) 18:44:23 ID:sc8jqNCM0
いい忘れてました
>>1乙です

5軽音部員♪:2009/07/19(日) 18:52:17 ID:dVq5d.8M0
現行スレ
【けいおん!】唯×梓スレ 2
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1247988782/

6軽音部員♪:2009/07/19(日) 19:19:33 ID:1Ai.tYqY0
>>1

現行スレ、何故頭に半角スペースがw
まぁいっかw

7軽音部員♪:2009/07/19(日) 23:28:04 ID:a0LK0aPM0
>>1乙です

8軽音部員♪:2009/07/20(月) 00:53:15 ID:AUDYyC7U0
うんたんうんたん♪

9軽音部員♪:2009/07/20(月) 02:11:13 ID:yVIASsDw0
分散してる分圧縮に注意な

10軽音部員♪:2009/07/20(月) 08:19:37 ID:yVIASsDw0
唯スレの報告のおかげで>>1埋め立てあらし規制みたい


★090611 複数板 通称「Ctrl+V」による埋め立て荒らし6
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1244704980/

358 名前:名無しの報告[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 01:25:34 ID:KGc5J4X30
eoの板別規制は6回目です

規制履歴 >>338 >>349

359 名前:ろびんそん ★[] 投稿日:2009/07/20(月) 01:36:10 ID:???0
\.eonet.ne.jp 規制

11軽音部員♪:2009/07/20(月) 20:53:37 ID:K7PLRppI0
これから唯梓本でも出してみっかな、なんてお考えの諸兄に一つお願いしたい

何か生やすなら男性器じゃなくてネコミミにしてくれ、と

12軽音部員♪:2009/07/23(木) 00:53:50 ID:x.R3lhFM0
>>11
自分の好みを押し付けるなよ。

両 方 生 や せ ば い い だ ろ ?

13軽音部員♪:2009/07/24(金) 01:24:31 ID:kwrxTXJAC
>>11もイベントに行ってたと予想。
一先ず俺も其処には同意出来る…いや結局フタ物も買ったけど…

1411:2009/07/30(木) 22:26:10 ID:he.Zf4.20
>>12
アレはどうしても馴染めんのだよ
見なきゃいいだけの話ではあるけどさ

>>13
行ったよ、蒲田
多分同じ本だと思うが、とりあえずアレはそれっぽい道具だと思うことにした
唯も「んーとね、わかんない!」とか言ってるし

余談だが、そこの売り子の梓コスがどストライクでな…
それに背中を押されたというのも多少はある

15軽音部員♪:2009/09/19(土) 16:49:36 ID:UKuhI.Ho0
新スレ
【けいおん!】唯×梓スレ 3
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/

16軽音部員♪:2009/11/22(日) 17:47:39 ID:yzwz.Ov60
【けいおん!】唯×梓スレ 4
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1257478775/

17軽音部員♪:2009/12/09(水) 06:37:44 ID:dyvZSlrE0
唯にゃン

18軽音部員♪:2009/12/09(水) 14:11:57 ID:qDgHEEUc0
264 名前:軽音部員♪[sage] 投稿日:2009/12/09(水) 13:16:26 ID:MSQCWKO60
【けいおん!】唯×梓スレ【避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/7708/1247991400/
スレ合流議論スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/7708/1248196458/

私見では、この2スレはもう消してもいいような気がする
使われている感じもしないし


事が起ったらすぐ参照できるのが避難所だと思う
唯梓スレはテンプレにも入れてるので消さないで下さい

19[軽]!けいおん![音]:2010/01/31(日) 20:19:39 ID:G4upgKd60
やったーー!!!!
昨日買ったけいおん!のクリアファイル開けてみたら、あずにゃんだったーーー!!!!!
う、嬉しすぎる(泣)

20[軽]!けいおん![音]:2010/02/03(水) 21:19:42 ID:5BNVdy.M0
土曜日買いに行こう!

21軽音部員♪:2010/02/12(金) 10:51:19 ID:e.MC9BM20
あずにゃん予約する為にホビージャパン予約しようとしたら、結構品薄なんだね。
あずにゃん人気おそるべし・・・。

22軽音部員♪:2010/02/15(月) 01:52:36 ID:0MLevD2A0
バレンタインなのに本スレに書き込めないのがもどかしい

23軽音部員♪:2010/02/15(月) 07:19:06 ID:cK3kr90g0
規制されてると辛いな

24軽音部員♪:2010/02/23(火) 16:22:47 ID:klwOrJwU0
         . ‐:::: ̄ ̄ ̄` ー- 、
    ,. ァ<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  //ヽノ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  l:::::l:::::::::::::::/::::::::::/i:::::::::::::/!:::::|::::、::ハ
  |:::::|::::::::::::::!―‐メ、!:::::::::::/ l::::::!::::|ヽ:|
  |:::::l::::::::::::::|ァ=- 、::|:::::::::/-┤/!‐::|:::l:ト、
  |::::::l:::::::::::::トr'、い:l::::::/  /イ、l:::/|:::リ:::l
  |:::::::!、:::::::::::!ヽ辷' レ'  ん//イ |:::::::::|
  |:::::::l ト、::::::::l'"'"   _ ゞ' /::::l |:::::::::| 
  |:::::::| !∧:::::::ト、 / く ヽ ノ:::::::| |:::::::::|
  |:::::::|   \::l んー-、 ̄〉‐-、::l |:::::::::|
  |:::::::| /ヾーヾ/ ̄ ̄ ){´-‐ =ヽ. |:::::::::|
  |:::::::|' \  >'    / ヽ'´    \::::::::!
  |:::::::|  _,7     /、_/>、     \:::|
  |:::::::|  /     /`ー-‐' \     \
  |::::ノ /      /       ヽ      \
  |:::{   !    /          \      }
  |::::ヽ     /    /        ヽ     /
  |::::::::\  ノ、  /        /ヽー-r'
  l::::::::::::::|゙´   i            /  ヽ:::|
  ヽ:::::::::::|   |             ヽ:|
   \::::|   |              \
     ヽ|    '                   \
         /       _         }
         /  ,. -‐  __二ニ>‐----べ
       { /-‐  ̄____ -―  二リ
          〉, -‐  ̄`丶、: : : : : : : : /  ハ
         l         ヽ. . . . . ./     l
          l         l: ;. :/         l
          |         | ^ i         |
          |         |  |         |

25軽音部員♪:2010/03/01(月) 18:45:20 ID:w.TYI0o20
                 ,. x= '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヽ、    ,.x='": : : : : : /: : : : : : :ヽ : : : : : : : :`丶、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、/: : ,: : /: : :/: : : : | :| : : : : : : : : : : : : : : :\
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::..:.:.ヽ :.::..:.:.:.ヽ,:.:.:.:.i./: :/:/: : :::;:/: : : : : i: :|::: : : : : :ヽ,: : : : : : : : : ヽ
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:::::::::::.:.:ヽ:.:::::.:.:.:.:i.:.:./: :/ /: : : //: : : : : : : :i::::: : : : : : ハ : : : ヽ : : : : :`.
          , へ:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:|.:.:.:::ヘ;:::::::.:.:.ヽ::::::.:.:.|.:///: :ヾ / /: : : : : : :i :i::::::. : : : : : : :',: : : :ハ: : : : : :ハ
           ハ:.:.:|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:::|. ヽ;::::::.:.:.:::::::i.:.:.:}': :/:ヾ: :/,. -=,: i : : : : : |:/:::::::: : : : : : : : i : : : :i: : : : : : :i
         .f.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:!.:.::::|  \:::::.:.:::::|:.:/: :/. : :.〉 '"   l:/| : : : : :l/.l::::::::i : : : :::. : : | : : : | : : : : : : |
        j:.:.:.:.:.i.:.|.:.:.:.:i V :.:.:.:.:.:.::::|_,... -' \::.::: |:::{ : l : : /       |' V: : : :,'ヽ',:::::::| : : : :::::. : | : : : | : : : : : : |
       /:|.:.:i.:.:.:.::|.:.:.:.i   V.:.:|.:.:.:.:::l     V::i:ト::l: :| : /| -ミ;、ヽ`.l   V : ;'  ',::::::|: : : : :::::l :i : : : i::.: : : :i: : :i
       ,':.:.i.:.:|.:.:.:.::|.:.:.:| / V:.|.:.:.:.:::| ..     ',:.::| 〉:'ハ:/ :| :んヾ.      V.:i、   ',:::j : : : :.:::::i.: : : : :i:::: : : ::i: : :l
        i.:.:.:i.:.:i.:.:.:.:::!.:.:.|   V ヘ:.::::|       Vy}:./: | : ;|  V::::l'     .,V.、丶 V: : : : :::::::i.: ; : :.,'::::. :i :::| : i:.l
        |:.:.:.:i.:.:',:.:.:.:::l.:.:|   ..ヽ V::|   ,≦x;='"|:.:.| : : /:j   `-'      `とミ;、 ハ: : : ::::::::|: ハ: /::::::: :.l::::|: :.|:ハ
        |:.:.::::i.:.:.l'.,:.:.:::l.:|     _  V   '"   |: :|: :/: / ''' ,      :{::.゜.:ハヾ/: : : :.:::::::::|/:::レ::::::::::i: :|::i : :.i: :ゝ、  あずにゃん、今なら誰も見てないよ?
        j:.::::::|',:.:|:.:ヽ;.::'.{      ,,.        '''''  |:.:.l/.::::l             `v_rノ〃: : : : :::::::::|-.、:::i::::::::|: :|/.: : :|`‐-`-
      ,':.::::::i. Vi.:.:.:::ヽ. ヘ ィ≡"              |:i:.:|: :::::ヘ       '''    〃x-‐――-...、ソ.::::|::::::::|: :| : : : |    唯先輩…
      ,'.:.:::::::|  |.:.:.:::::::::ヽ.ヘ  ''''  '        |l|.:.| : :::::.ヘ   ` -   ,.x '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、:l::::::::l : |: : : ,'
     ,'.:.::::::::|.  |:.:.::::::::::::::i:| ',        , -     i |.:|/|: :::::,x`=‐--―‐= .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:::::::|:.,'| : :/
     ,'.::::::::::::|.  |.:.:.i::::::::::::|:|. ゝ., _    _,.;⌒l,-.,/ ' '"".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.‐.-:.:.::::;::_:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.',:::::ノ:/.|:./
     ,'.:.:.::::::!::|  |:.:.:i::::::::::::::}_,x-='`>γ`'     V"Y, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|/|:/ レ
.     ,:.:.:.::::::|i::|  |.:.:.|:::::::::::::| ::: ,,..{'          | {;',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::| '
.   ,:.:.:.:::::::||:l   ',:.:.|.:.::::::::::j /  }        i ハ,' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|
   l.:.:.:.:::::::|.||  ,':.Vi:.:.:.:.:/    |           /;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|
   i.:.:.:.:::::::| i!  l:.:.:.:,レ '"      ',    ..:::...   f ' ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:::::.:.:.:.::::/

26軽音部員♪:2010/03/01(月) 23:56:32 ID:O38J7bUYO
唯「あずにゃん、私たちの愛の巣から追い出されちゃったね」

梓「大丈夫です!人がいない方が色々できます!」ガバッ

唯「わ!そ、そんなとこ触ったらダメ…ひゃんっ!」

梓「別荘ならあんなことやこんなことやそんなことまでヤり放題!チュッチュッ!」

唯「ふ…ふにゃぁ…」

27軽音部員♪:2010/03/02(火) 00:22:28 ID:8v.ZdQsk0
本スレが見れない……しにたい

28軽音部員♪:2010/03/02(火) 01:51:49 ID:HbSVmHh20
落ち着くまでここでまったり…

きらら新刊まであと1週間ですか。
次はどんな話になるんでしょうねー

29軽音部員♪:2010/03/02(火) 03:46:24 ID:2ub/A5tcO
「ズズー…はぅー…ズズ…うぅ…」
「どうしたんですか唯先輩?鼻水がすごいことになってますね」
「うん…花粉症みたいでね、朝から大変なの」
「へぇ…」

ここであずにゃんは何かを思い付いたようにニヤリと笑みを浮かべた。
まずい、こういう顔のあずにゃんはたいてい私をいじめるんだ…

「さ、さぁ、ズズ、皆が来るまでギー太の手入れでも…」
「待ってください唯先輩!」ムンズ「ひぇっ」
「そんな状態じゃ歌にも演奏にも集中できませんよねぇ…早く治さないと」
「だ、大丈夫だよ、ズズー…そのうち、ズズ、治るから…」
「放っといたって治りません!だから私が治してあげます」
「治すってどうやって!?」
「こうやって、ですよ…んちゅっ」
「んにゃっ…」

あずにゃんは私の鼻に唇を押し付け、ぺろぺろと舐め始めた。
あずにゃんの唾液と私の鼻水が混ざり合い、唇、首筋を伝って私の制服へと垂れていく。
な、なんかこれって…

「ふふ…唯先輩ごめんなさい、さっきより汚れちゃいましたね」
「はぅ…あ、あずにゃんダメだよ、鼻水なんか舐めたら汚いよ…」
「そんなことないですよ?こんなにおいしいんですから…さぁ、まだまだ治ってませんよ」
「んっ……」

30軽音部員♪:2010/03/02(火) 03:50:30 ID:2ub/A5tcO
「ん、んん…ちゅっ…ぁ……はふっ……」

私の鼻からあずにゃんの舌へと、いやらしく糸を引く鼻水とも唾液ともつかない粘液。
いつの間にかあずにゃんは、それをぬるぬると私の唇へと流し込んでいた。
お互いの舌と舌をぬるりと絡ませ、痺れるような甘い刺激を味わい合う。そのうちに、私の体は熱く疼いていくのだった。

「ん…はぁ…はぁ…」
「ふふ…どうしたんですか?そんなに私のお尻触ったって鼻水は止まりませんよ」
「あ…あの…ね…わ、私…」
「そろそろ落ち着いてきたみたいですし、おしまいにします?」
「そうじゃなくて…わ、私まだぬるぬるなところあるから…あずにゃんに治してほしいなって…」
「へぇ…どこがぬるぬるなんですか?」
「わかってる…でしょ?」
「ふふ…じゃあ失礼して…」

あずにゃんは私の下着に指先を忍ばせた。
少し触れただけなのに、私はあまりの快感に思わずはねるように身をよじってしまう。

「ん…く…ふぁっ…ぁん…♪」
「ホントだ、こんなになってますね…ペロ」
「…だからお願い…私、こんなんじゃ練習できないよ」
「…でも私、治せませんよ?余計ひどくしちゃいます」ゴソゴソ
「いいよ…ちょ、い、いきなり…ひゃん♪」

31軽音部員♪:2010/03/02(火) 03:53:15 ID:2ub/A5tcO
避難所で初投下
いつもよりエロさ10%増量!

32軽音部員♪:2010/03/02(火) 07:55:52 ID:dUJrsn3IO
まさにぺろにゃん

33軽音部員♪:2010/03/02(火) 08:21:46 ID:WkKk0p8Y0
これは流石にえんがちょwww

34軽音部員♪:2010/03/02(火) 08:22:06 ID:WkKk0p8Y0
これは流石にえんがちょwww

35軽音部員♪:2010/03/02(火) 08:22:25 ID:WkKk0p8Y0
これは流石にえんがちょwww

36軽音部員♪:2010/03/02(火) 08:24:57 ID:WkKk0p8Y0
ああっ
連投してしまった私を唯と梓がまるで汚い物を見るかのような目で・・・!



      -‐..: :  ̄ ̄ : : : ...、、                -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
   /: : : /.: : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ、           /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  , '´:/: : ,イ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.\         r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/\/ |: : : : : :ハ: : : :ヽ: : ', : i : : ',        |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l\/ ̄{: : : : : | ̄`、: : : : : |: :| : : :i        !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
 ノ:|:::/ ___レヘ: : ::|  ___\: :'; :l: :| : : :|        ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::::.i
. !:::{从rテ示  \| rテ示ュV: ;: l: : : :l       . !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/:::::::::|
. |: : : リ ヒソ     ヒソ /: : :.!: : : {       /:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|
 l: : :′          /: : 「ノ: : : ハ       |:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::|
 |: :小、    _    /: : /: : : : : : :}      |:::::::小、         /::::::::::r'´ |::::::::::::::|
. |: : |: :> .. _     .イ: : /: : | : :.i:|: |      |∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
  V!:|: 从::;i:;;_!,勹_ ,.フ_/: :./: : 人 :ノ !/      l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
   V ,/:'、:::::/v'yl/;:/:‐‐'- 、             |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│::::::::::|
     /::::r::>:///|| |:::::<:::::::::::::::::ヽ            |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ :::::::::|
     ;'::::/:/::::|// |l/:::::/:::、:::::::::::::::|            l;' /  `⌒´  ( {、     |::::::::::|
.    /::::/:::\:ヽj ||:::::/:::::::}::::::::::::::|            / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |::::::::::|

37軽音部員♪:2010/03/02(火) 16:21:43 ID:dUJrsn3IO
復旧マダー?

38軽音部員♪:2010/03/03(水) 02:07:48 ID:D7gQK53cO
梓「はやく復興してくれないとスレが見れないですー!!唯先輩ー!唯先輩ー!」バンバンッ

憂「梓ちゃんいきなりどうしたの!?」

梓「ユユ゛イィ゛ィッッ・・・」

39軽音部員♪:2010/03/03(水) 03:42:09 ID:TLHWGhN.0
あずにゃんが壊れる前に早くw

40軽音部員♪:2010/03/03(水) 18:24:52 ID:D6e9m5Tw0
本スレの322が言ってたきららの表紙ってあったけ?
今月号の5人集合絵では唯が梓に両手で腕を組んでたし
去年の4月号表紙の5人集合絵では唯が梓に両手で抱きつてた気がするし
それ以外に唯と梓と紬が出てる表紙は思い当たらないんだけど?

41軽音部員♪:2010/04/05(月) 00:59:52 ID:ASrX6BFsO
pcも携帯も規制とかマジ勘弁

42軽音部員♪:2010/04/21(水) 02:43:19 ID:QPYreaKoO
3話神

43軽音部員♪:2010/04/21(水) 03:14:53 ID:XAWe57h60
最強の唯梓回だったな

44軽音部員♪:2010/04/22(木) 21:43:17 ID:3JFbuvxk0
私の目の届く範囲に居て下さいって・・すごいわ。

45軽音部員♪:2010/04/23(金) 08:58:44 ID:DIb8y5rY0
梓「私の目が届く範囲にいてください」

-5年後-
梓「一生私の目が届く範囲にいてください」

46軽音部員♪:2010/04/27(火) 13:58:17 ID:gUIBxWfA0
-6年後-
神父「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
唯「誓います」
梓「誓います」ドキドキ
唯「あずにゃん、次は誓いのキスだね」ボソリ
梓「うぅ、人前でキスなんて恥ずかしいです」
唯「もう、いつも散々してるじゃない」
梓「それはそうですけど……」
唯「大丈夫だよ、これは誓いのキスだから。いつもみたいにその後押し倒したりしないから、安心して」
梓「そ、そんな心配をしてるわけじゃないですっ」
唯「そういうのは今夜、ね」ニコ
梓「……もう」ドキドキ
神父「――それでは、誓いのキスを」
唯「あずにゃん」チュッ
梓「あ……ふふ、やっぱり恥ずかしいです」
唯「でも、嬉しそうな顔してるよ」
梓「はい、それはもう。だって、こんなに幸せなんですから」

47軽音部員♪:2010/04/28(水) 05:32:27 ID:V8ujqw0U0
さてこの場合どっちがスーツでどっちがドレスなのか
あるいは二人ともドレスなのか

48軽音部員♪:2010/04/29(木) 02:24:19 ID:mb2KVcvk0
貧乳&小柄&猫キャラ&敬語なあずにゃんがスーツだと
長靴をはいた猫みたいで可愛いと思う。
唯にスーツはネタっぽくなっちゃうからドレスがいいと思う。

49軽音部員♪:2010/05/11(火) 19:36:39 ID:W2Sv8yX.0
                  <⌒\  ______
                  '⌒>ァ'"´: : : : : : : : : : :`丶、
                    /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`⌒\
             ∠: : / /: : :./ : : : : : /: : : : /: : : :、: :\: :\
                   // /: : :./ : : : : : : :/ : : : / ハ : :}: : : : :ヽ : ヽ
               /〈 ∧: ∨ : : : : : : /: :.// / ハ: :|\ : : : : : : :
                 {: :∨\: :|:/: : : :/.:/:/ /:/ / |: |  : : : : i :│
                 j//゙}: : :. :| : : : /.:/ _ノ|/   ヽ|│  | : : : | 八
             ∠:/ / : : : :| : : : : /    /     | 厂 | : : /i : : \
              | } : : : :|i: : :.|/,ィテ示ミ       ィ示ミ∧: : : i : :厂
              Lハ: : /⌒i i: :.|《 ん):..ハ     ん):..ハ 》/ : i: :,′
                V{ 八i: :.| と)こソっ    と)こソっ: :八/
                   ヽ、〈\| :::::::::    ::::,  ::::::: /|: /    梓ちゃんにお姉ちゃん盗られた・・・
                     ` ーヘ.             ト|/
              ___   ,ノrヘ、    '⌒^    人
           /::.::.::.::.::.::.`了::〈/ 、ノ丶、       イ__
          /::.::.::.::.::.::.::.::.::./|::.:∧ \  >  ._,.、<厂´.::.::.::.`ヽ
          {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |::.::.:∧  \   /,ハ.::.ヽ.::.::.::.::.::.::.::、
          }.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.:: ∧   >vく  |::.::.::\::.::.::.::.::.:}
          /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::∧  / ハ i ハ |::.::.::.::/:.::.::.::.::.:{
         {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.>::.::.::∨ /| 川、∨::.::./::.::.::.::/.::ノ

50軽音部員♪:2010/05/12(水) 01:55:43 ID:Vl5fKdGQO
6話目神すぎ吹いた

51軽音部員♪:2010/05/12(水) 02:05:42 ID:zBH3KZW.0
唯梓無双だな。最高すぎる

52軽音部員♪:2010/05/12(水) 03:00:55 ID:y4pyphCE0
ほらお前らさっさとSS書けよ
恋敵はもちろんあいつな^^

53軽音部員♪:2010/05/12(水) 06:53:07 ID:9KaYzgsAO
律澪派な俺でも6話は萌えた

54破局!:2010/05/16(日) 09:24:40 ID:SS1VEKUkO
唯「あずにゃん!私たち、一度破局してみようよ!」
梓「いつもいつも注意してるじゃないですか。思いつきで喋らないようにって。相手が私だから良かったものの、他の人だったら変な誤解を受けますよ。
悪くするとそこから関係がこじれて本当に破局するかも知れませんし」
唯「だから私は破局を経験してみたいんだって!」
梓「そういう言葉は嘘でもやめてください。ていうか私をハグしながらじゃまるで説得力ありませんけど」
唯「えー…じゃあ一旦離れるよ〜」
梓「離れられるんですか?私から?本当に?」
唯「…ごめんなさい、大きく出過ぎました。あずにゃんを離したら死んじゃいます」
梓「まぁ、唯先輩が気まぐれに離れても私の方から追いかけますけどね。誰が飼い主で誰が飼われてるのか体で教えますから」
唯「ちなみにどっちがどっち?」
梓「逆に聞きますけど私を飼い慣らしたのは誰でしたっけ?」
唯「私でした」
梓「だったら出来もしないことを言わないこと。破局なんかしちゃったらもうこうやって抱き合うことも出来なくなるんですよ?正直、私、泣きますよ?」
唯「うっ…そ、それはダメだよね。あずにゃん泣かせるわけには行かないよ」
梓「私だって唯先輩を泣かせるのはごめんです」
唯「でも、私が泣いてるときは涙を吸い取ってくれるでしょ?」
梓「感動ものの映画とかドラマ見て出る涙と悲しいときに零れる涙は別物です。それに破局したら涙を舐めてあげることもできませんよ」
唯「おぉう、破局も大変なんだね〜」
梓「大変なんてもんじゃありません」
唯「うーん、破局してさやえんどうに戻るまで半月として…やっぱりダメダメ!私には半日だって耐えらんないよー」
梓「それはひょっとして元サヤって言いたかったんですか?」
唯「そうとも言うっ」
梓「しかも半月ってまたリアルな日数ですね。そういう漫画があったんですか?今度は何見て影響されましたか」
唯「漫画じゃないんだけど、でもなんでわかったの?」
梓「あなたのそばに何年いると思うんですか。唯先輩のことならなんだってお見通しです」
唯「えへへ…そっかぁ〜」
梓「半月って言えば、澪先輩が和先輩の家に転がり込んでた期間と一緒…あ、なるほど、わかりましたよ」

55破局!②:2010/05/16(日) 09:27:13 ID:SS1VEKUkO
唯「そーですっ、澪ちゃんと律ちゃんに刺激を受けたのですっ」
梓「そんなので刺激を受けないでくださいとか和先輩との同棲生活をめちゃくちゃにされた憂があのあと大変だったのにとか言いたいことは山ほどですけど、
あのふたりの痴話喧嘩に刺激されて唯先輩は何がしたかったんですか?」
唯「まつぼっくりに火を点けた感じを体験したかったのですっ」
梓「焼け木杭ですね。あらゆる意味で間違えてます。第一、あのふたりのは破局じゃなくてただの喧嘩です。むしろスキンシップです」
唯「でも記者に書かれたじゃん、幼なじみカップル破局でHTT解散って」
梓「あのテの人たちはなんでもかんでもゴシップにこじつけるんですよ。それにその記事書いた人、もうどこにもいないでしょ?」
唯「あのときのムギちゃんはすごかったね。殺意の波動ってあるんだなって思ったよ」
梓「ムギ先輩もそのとき繰り返し言ってましたよ。梓ちゃんは唯ちゃんの嫁だって。平沢梓だって」
唯「確かにムギちゃん、あの場に全然合わないこと言ってたけど、今それを思い出すあずにゃんもおかしいよー。
まぁ、あずにゃんが私のお嫁さんてことは揺るがないけどね」
梓「何回生まれ変わっても私は平沢梓です。前世でも来世でも絶対に絶対です」
唯「あずにゃんが可愛くて生きてるのが楽しい…って、あれ?何の話してたんだっけ」
梓「唯先輩が私を欲しくて仕方ないって話でした」
唯「澪ちゃんと律ちゃんは別に破局してないって話だよね、とりあえず」
梓「私の体当たりの冗談は無視ですか」
唯「いいえ、夜になるまで待とうとしてるだけです」
梓「夜になったらよろしくお願いします」
唯「いえいえこちらこそ」
梓「夜のお楽しみまでの時間潰しに律先輩と澪先輩のことに話を戻します。あれは破局でも焼け木杭でもありません。むしろ反対です」

56破局!③:2010/05/16(日) 09:29:30 ID:SS1VEKUkO
唯「憂と和ちゃんの部屋に転がり込んでも?」
梓「澪先輩は律先輩に構って欲しくて家出したんです。確か喧嘩した理由もそんな感じでしたよね」
唯「うん、律ちゃんが最近ちゃんと相手してくれないって澪ちゃんに相談されたもん。
私とあずにゃんを見習ってスキンシップ取れば良いんだよってアドバイスしたらデコピンされたけど」
梓「唯先輩って時々シャレにならないことやらかしますよね。澪先輩が家出したきっかけ、殆ど唯先輩ですよ」
唯「その後、律ちゃんにめちゃくちゃ叱られたよ…」
梓「でもその家出がきっかけで迎えに来た律先輩と澪先輩、仲直りできたわけですから、怪我の功名と言えばそうなのかな」
唯「功名が辻!」
梓「人のアイデアパクって出世した人の話は置いとくとして…私は家出も愛情表現の一種だって言いたかったんです。
律先輩を愛してなかったら友達のところに転がり込むんじゃなくて、本当に部屋を出ますよ」
唯「それって家出じゃないの?」
梓「迎えに来てくれるのがわかっていて距離を置くのが家出。
もうお互いの体温が届かない距離に離れてしまうのが破局です」
唯「そっか…私、勘違いで大変なことになりそうだったんだね」
梓「澪先輩は律先輩を愛して信じていたから家出しても平気だったんです。
これは焼け木杭とかそんなんじゃありませんよ。れっきとした愛情表現です」
唯「私たちがこうして抱きしめ合うのとやってることは変わらないってこと?」
梓「そうです。あの二人なりのスキンシップなんですよ。…ね?破局と全然違うでしょう?それでも唯先輩は私と破局したいと言いますか?別れたいですか?」
唯「言えませんっ!別れたくありませんっ!」
梓「わかってくれたなら良かったです。じゃあ、次は埋め合わせをして下さい」
唯「埋め合わせ?」
梓「私を不安にさせた埋め合わせです。ほんの一瞬ですけど、心臓が凍るくらい怖かったんですから」
唯「あっ……ごめんね…梓。私、二度とこんなこと言わないよ。梓の不安、責任持って全部門取り除いてあげるからね」
梓「よろしくお願いします、唯」

57軽音部員♪:2010/05/16(日) 09:31:27 ID:SS1VEKUkO
以上です。本スレに書きたかったんですが一向に規制解除にならないのでこちらに投稿しました
お目汚し失礼しました

58軽音部員♪:2010/05/16(日) 11:41:06 ID:FeZ9G61k0
GJ
仮にどっちかが家出したとしてどっちが先に音をあげるんだろうか
唯は愚痴聞いてくれる人が憂、和といるからあずにゃんが先かな



てか家出ってことは同棲前提か
胸が熱くなるな

59軽音部員♪:2010/05/17(月) 01:21:44 ID:SAnfennAO
ゴーマニの唯と梓のギターの絡みを聴いてると胸が熱くなるな…
これがギー太×むったんか

60軽音部員♪:2010/05/17(月) 17:28:04 ID:Gv/wkcDM0
唯が帰ろうとしたとき梓が「またギー太ギー太って・・」って言ったあとりっちゃんがニヤっとするのにやられた
どれほど嫉妬に満ちた表情をしてたんだろうw

61軽音部員♪:2010/05/18(火) 03:41:20 ID:xB00Nsn6O
梓「ギー太ギー太って…私という楽器を奏でればいいじゃないですかその指でっ!」
唯「おぉー!」

62雨宿り:2010/05/20(木) 13:02:06 ID:wl5aJwb20
梅雨の真っ只中の日曜日。お昼に出掛けたときの晴天は、
一時間ともたずに大雨に変わってしまって……
私は一人、潰れた喫茶店の軒先で雨宿りをしていた。

「はぁ……ついてないなぁ……」

そう呟いて、軒先から覗くように空を見上げる。
真っ黒な雲は分厚く、雨の勢いは衰える気配もなくて。
今日はこのままずっと雨が続くのだろう。
久しぶりのお天気に油断せず、折り畳み傘を持つべきだったと後悔する。
いや、そもそもお散歩なんかに出掛けなければ良かったのかもしれない。
ちゃんとした用事があったわけではないのだから。

「はぁ……」

周りに人影はなくて、
喫茶店の閉じたシャッターが開くことももちろんなくて……
一人でいるためか、気分はどんどん落ち込んでいってしまう。
お母さんに迎えに来てくれるよう頼んではいるけれど、
夕飯のお買い物の帰りになるから、
あと一時間は待って欲しいと言われてしまった。

「あと一時間、かぁ……」

暗い梅雨空を睨んで、地面にため息を吐き出して、
早く来てよと胸中で嘆いて……そんなことばかり繰り返していたから、

「あずにゃん?」

そう声をかけられるまで、唯先輩の姿に、私は気づかなかった。

63雨宿り:2010/05/20(木) 13:04:23 ID:wl5aJwb20
「唯先輩?」

声のした方に顔を向けると、ピンクの小さな傘を持った唯先輩の姿が見えた。
軒先から数メートルも離れていない。
胸には大事そうに紙袋を抱えていた。

「やっぱりあずにゃんだぁ!」

嬉しそうに笑いながら、唯先輩が駆け寄ってくる。
途中、水溜りを踏んで跳ねた水に悲鳴をあげて、
でも顔から笑顔を消すことなく……
こんな大雨の中でも、唯先輩は楽しそうに笑っていた。

「えっへへ、偶然だね、あずにゃん!」

「ええ、そうですね……」

笑う唯先輩に対して、でも私の方は、
苦笑めいた笑みを浮かべるのが精一杯だった。
雨のせいですっかり気分が滅入ってしまっていたのだ。
そんな私の気分が唯先輩に伝わってしまったのか、

「なんかあずにゃん、元気ないね……」

ちょっとだけ沈んだ口調で、唯先輩が言った。

「……こんなお天気ですからね」

ため息を吐いて、私は空を見た。
空は変わらず真っ暗で、雨の勢いは増すばかり。
辺りに響くザーザーという雨音が、また私の気分を憂鬱にさせた。

「久しぶりのお天気に出かけてみたら、この雨ですから……」

「お昼頃は良いお天気だったもんね。
私も憂が傘を渡してくれなかったら、
きっと今頃グショグショだったよぉ」

「……やっぱり、憂は気が利きますね」

「うん! さっすが私の妹! 頼りになる!」

言って自慢げに持ち上げる傘を、でも私は恨めしげに見つめてしまった。
唯先輩に似合う、かわいいピンクの傘。
でもそれは小さすぎて、二人で入ることはできそうにない。
唯先輩の肩幅だってギリギリなのだから。

64雨宿り:2010/05/20(木) 13:06:36 ID:wl5aJwb20
(……今なら相合傘だって我慢できるのに……)

ちょっと恥ずかしいけれど、
ここで待ち続けるよりは相合傘のほうがまし……
そう思っても、唯先輩の傘に私の入れる余裕はなくて。
考えるだけ無駄だった。

「あずにゃんはまだ雨宿り?」

またため息を吐いてしまう私に、唯先輩がそう聞いてきた。
私はこくりと頷いて、言った。

「はい、もう少し。
一応お母さんに迎えに来てくれるよう頼んでますけど……
まだ時間がかかりそうで……」

「そうなんだ。じゃあ……」

(ああ、もう行っちゃうんだ……)

唯先輩の言葉の続きを想像して、私はまたため息を吐きかけて、

「一緒におやつ食べよ!」

でも唯先輩が言った言葉は、私の想像とは違うものだった。
驚きに固まる私にも気づかず、唯先輩はさっさと傘を閉じて、
私の隣に来てしまった。
閉じた傘をシャッターに立てかけて、大事に抱えていた紙袋の口を開ける。
途端、甘い匂いが私の鼻先をくすぐった。

「あ、この匂い……ひょっとしてタイヤキですか?」

「さっすがあずにゃん! よくわかったね!」

「さ、さすがって何ですか!」

唯先輩の言葉に恥ずかしくなって、頬が熱くなってしまう。
さすがなんて言われたら、まるで私が食いしん坊みたいではないですか。

「えっへへ、そう、タイヤキだよ!」

いくら反駁してみても、でも甘い良い匂いには逆らえず……
差し出された紙袋の中を、私は覗き込んでしまった。
中には、大きなタイヤキが四つ入っていた。
焼きたてなのか、紙袋の中から漂ってくる空気が温かい。
少し焦げ目のついた小麦色がキレイで、つい唾を飲み込んでしまった。

「なんか急に食べたくなってね、買いに行ってきたところなんだ」

弾んだ口調で唯先輩は言って……中から一つ取り出して、私に渡してくれた。

65雨宿り:2010/05/20(木) 13:09:36 ID:wl5aJwb20
「はい、あずにゃん。一緒に食べよ」

「あ……ありがとう、ございます……」

大きなタイヤキを両手で受け取る。
焼きたてのタイヤキの程よい温かさが、
少し冷たくなっていた手に心地よかった。

「う〜ん、美味しいねぇ……」

声に顔を上げると、唯先輩はもう一つ目を頬張っていた。
膨らんだ頬はまるでリスみたい。
緩んだ表情は本当に幸せそうで、
タイヤキのCMにすぐにでも使えそうだった。
唯先輩から頂いたタイヤキの頭に、私もかぷっと噛り付いた。
パリパリの皮と、微かな弾力のある身。
奥にはたっぷりのあんこが詰まっていて……
頬張ると、口の中一杯に温かさと甘さが広がっていった。
鏡を見なくても、自分の表情が緩んでいってしまうのがわかる。

「美味しいね!」

「はい……美味しいです……」

笑って言う先輩に、私も笑顔を返した。
タイヤキを一口食べ、飲み込むたびに、
その温かさと甘さが全身に広がっていくような気がした。

「一つは憂へのお土産だから……
あと一つ。はんぶんこしようね、あずにゃん」

「……いいんですか?」

「うん、もちろん! 一緒に食べた方が美味しいもんね。
あずにゃんは頭と尻尾、どっちがいい?」

「私はどっちでも……」

「ダメだよ、あずにゃん! ちゃんと考えないと! ここ重要なんだから!」

「……重要なんですか」

「うん、重要だよ、テストに出ちゃうよ」

雨の中、潰れた喫茶店の軒先で。私は唯先輩と一緒にタイヤキを食べた。
一人一個半。唯先輩はすぐに食べ終わってしまったけれど、
でも食べ終わった後も、当たり前のように私の横にいてくれた。
二人で並んで、学校のこととか軽音部のこととか、いろんなお話をする。
暗い梅雨空も、勢いを増す雨も、うるさいザーザー音も、
私はもう気にならなくなっていた。

(あと一時間、かぁ……)

お母さんが迎えに来るまで、あと一時間。
さっきまでは早く来て欲しいと思っていたけど……
今はなんだか、ちょっと遅れてくれないかなと、
私はそう思ってしまっていた。


END


長文失礼。
あずにゃんにタイヤキを食べさせてあげたくなったので、
勢いで書きました。
規制が解除されないのでこちらに。


おまけ


「あ、あずにゃん、ほっぺにあんこついてるよ。とってあげるね!」

「え? いえ、自分でとり……」

「(ペロ)」

「……! ちょ、ゆ、唯先輩! な、なんで舐め……!」

「ん〜、なんかあずにゃんのほっぺのあんこ、美味しそうだったから、つい」

「お、美味しそうって……」

「でもほんとに美味しかったよ、あずにゃん。また食べたくなっちゃった……」

「……!!」

66軽音部員♪:2010/05/21(金) 01:21:01 ID:TnVkAjk60
いいね、実にいい

67軽音部員♪:2010/05/21(金) 03:42:08 ID:jWXom7Ck0
GJ!すばらしいわ!
仲のいい二人、という感じがいいです

68軽音部員♪:2010/05/21(金) 18:32:46 ID:vVvy4LyA0
唯「ここなら誰も見てないよ」
梓「ん…あ、そんな、擦らないでっ」
唯「少しくらい声出しても大丈夫」
梓「そういう問題じゃ…んぁっ///」
唯「あずにゃんエッチな顔だね♪」
梓「誰のせいで…///」

69軽音部員♪:2010/05/21(金) 18:55:53 ID:vVvy4LyA0
>>68はテスト
sage忘れてた
つーか規制がヤバイ


7話見て浮かんだネタ
帰り道

唯「あずにゃん手繋がない?」
梓「なんでですか?」
唯「りっちゃんのアルバム見たら繋ぎたくなっちゃって」
梓「?よくわからないんですが」
唯「初詣の日以来あずにゃんとはこうしてないからね、ぎゅ」
梓「わっちょっと///」
唯「いや?」
梓「いやじゃないですけど…人目が」
唯「憂とだっていつもそうしてるし平気だよ♪」
梓「私が気にするんですっ!」
唯「わかったあずにゃん恥ずかしいんだ〜」ニヤニヤ
梓「わるいですか…///」
唯「でも離してあげないよー♪」ギュ
梓「はいはいもうそれでいいです」ギュ


今更だけど7話の初詣の写真、唯と梓手繋いでるよな
二回目見返して気付いたけどちょっと胸があったまったわ

70軽音部員♪:2010/05/21(金) 18:59:03 ID:vVvy4LyA0
また下げ忘れてたYO

71軽音部員♪:2010/05/22(土) 00:37:06 ID:quI2peZ6O
>>69
GJ!
照れながらも、まんざらでないあずにゃんカワエエ

72ウェディングドレス:2010/05/24(月) 00:02:55 ID:0n4PMjwg0
「やっぱり、似合ってないよね……」

鏡に映った自分の姿を見て、私はそう呟いてしまった。
言葉の中身とは裏腹に、ひどく明るい口調で。
今私が着ているのは、純白のウェディングドレスだった。
アルファベットのAを思わせる、Aラインのドレス。
大きなスカートは上品なフリルで飾られ、
胸元はレースと小さなリボンで彩られている。
手には長いグローブ。
ベールはなく、代わりにサイドポニーにした髪を白い花が飾っていた。
係りの人が一生懸命整えてくれた花嫁姿……
でもまだまだ子供の私には、
この花嫁姿は似合っていないような気がしてしまう。
無理して背伸びしている、そんな印象をどうしても抱いてしまうのだ。

「係りの人は、似合ってるって言ってくれたけど……」

鏡の前でくるりと回ってみる。
鏡の中の私が同じ動作をする。
正面を向いた私の顔、子供の顔が目に映る。

「……やっぱり、なんか似合ってないよね」

そう思ってしまう。そう思ってしまうのに……
でも顔は、しっかり笑顔になってしまっていた。
口調もどこか弾んでいた。
キレイなウェディングドレスを着ることができて、
喜んでしまっている自分がいるのだ。
唯先輩に無理やり連れてこられた、
教会でのウェディングドレス試着体験のイベント。
まだ高校生の私たちは会場ではちょっと浮いていて、
恥ずかしいから早く帰りたいってずっと思っていた。
でも、唯先輩に勧められて、断らずにドレスを着てしまっているあたり……
本心では私も唯先輩と同じように、浮かれていたということなんだろう。
現代でも、ウェディングドレスはやっぱり女の子の夢の一つだ。
ドレスを着られて嬉しくないと言えば嘘になってしまう。

「でもやっぱり……私が着るにはまだ早いよね……
もうっ、唯先輩のせいで……」

ブツブツ呟き、似合ってない似合ってないって繰り返し言いながら……
体は勝手に動いて、鏡の中の私がその度に向きを変えていた。
顔はやっぱり笑顔のままで、頬はうっすらと赤く染まっている。
先輩に勧められたから仕方なく着ました、
なんて言い訳は通じそうになかった。

「そういえば……唯先輩はどんなドレスを選んだのかな……」

私がそう思ったのと同時に、

「あずにゃん、着替え終わった?」

試着室の扉が開いて、唯先輩の声が聞こえてきた。
私はそちらの方に顔を向け、

「……!」

唯先輩の姿を見た瞬間、言葉を失っていた。

73ウェディングドレス:2010/05/24(月) 00:06:05 ID:0n4PMjwg0
部屋に唯先輩が入ってくる。
でも私は何も言えず、ただ唯先輩を見つめていた。
見つめ続けることしかできなかった。

「あずにゃん? どうしたの?」

近づいてきた唯先輩に声をかけられて、ようやく声を取り戻す。
でも言えた言葉は、

「……キレイ」

ただそれだけだった。それだけしか言えなくなってしまうほど、
唯先輩はキレイだった。
唯先輩が着ているウェディングドレスは、
フレア型のスカートが特徴的なプリンセスラインのドレスだった。
スカートのフリルは私のドレスよりずっと多いのに、
決して派手ではなく、軽やかな印象すら受ける。
上半身に余計な飾りはなく、肩はほとんどむき出しになっていた。
袖のないドレスの代わりに、グローブは長く、
二の腕を控えめなレースが彩っている。
髪飾りは小さな銀のティアラ。いつもの髪留めは外されていて、
長い前髪が顔の輪郭と目尻を隠していた。
それが唯先輩をとても大人っぽく見せていて……
私の鼓動は自然と早まってしまっていた。
頬に感じる熱が、顔の赤みが増したことを教えていた。

「キ、キレイです、唯先輩……ほんとに、キレイ……」

私の言葉に、唯先輩が恥ずかしそうに頬を染めた。
その場でドレス姿を私に見せるように、唯先輩は小さく回った。
くるりと回転する動きは、
ウェディングドレスを着ているためかいつもよりも大人しいもので……
静かな振る舞いがまた唯先輩を大人に見せていた。
動きが止まり、唯先輩が正面から私を見つめる。
頬を少し染めたまま、笑顔を浮かべて、

「エヘヘ……あずにゃん、ありがとう……
あずにゃんも似合ってるよ。すごくかわいい」

そう言ってくれた。唯先輩に微笑みかけられて、そう褒められて……
私はもう顔を上げていられず、俯いてしまった。
お礼は小声でしか言えなかった。顔に上った血のせいか、
まるでのぼせてしまったように頭がポーっとしてしまう。

「あのね、係りの人がね、記念の写真撮ってくれるんだって」

そっと私に身を寄せてきた唯先輩が、その手で私の手を握った。
グローブ越しに感じる手の温かさに、また私はポーっとなってしまった。

「行こ、あずにゃん」

「……はい」

唯先輩の言葉に、私は小さく頷いた。

74ウェディングドレス:2010/05/24(月) 00:09:18 ID:0n4PMjwg0
写真撮影の場所は教会の外だった。緑の多い庭で、
教会の建物を背景に、私と唯先輩は並んで立っていた。
本当なら、記念の写真撮影は一人ずつ順番に撮るはずなのだけれど、
唯先輩が一緒に撮って貰いたいって係りの人にお願いして……
今私たちは、こうして二人並んで立っているのだった。

「エヘヘ……なんかドキドキしてきちゃうね」

そう言って、唯先輩が笑った。
手に白バラのブーケを持ち、大人っぽい表情で笑う唯先輩は、
私と違って、本当にウェディングドレスがよく似合っていた。
横に立つのが私ではなくて男の人だったら、
本当の花嫁さんだと思われてもおかしくないほどで……
この花嫁姿が現実になるのは、きっと遠い未来のことではないのだろう。
唯先輩のあまりのキレイさに、大人っぽさに、
私はそんなことを考えてしまっていた。
そう、唯先輩もいつか、誰かと結婚してしまう。
私の知らない、誰か男の人と……

(……唯先輩)

そんなことを想像してしまったからだろうか、
私はどうしようもない寂しさに捕らわれてしまい、

「……あずにゃん?」

気がついたら、ブーケの上から唯先輩の手を握ってしまっていた。
片手に自分のブーケを持ち、あいた片手を唯先輩に伸ばして。

「あ……す、すみません……」

我に返り、慌てて手を離した。
自分のしたことが急に恥ずかしくなって、唯先輩から離れようとする。
でもそれよりも早く、

「そだね……あずにゃん、手、繋ごうね」

ブーケを片手に持ち、あいた手で唯先輩が私の手を握ってくれた。
いつもの私だったら、恥ずかしがって断っていただろう。
でも今の私は、寂しさに捕らわれてしまった私は……
いつもとは逆に、縋りつくように唯先輩の手を握り返してしまっていた。
ギュッと強く、決してその手が離れないように。
そんな私に、唯先輩は一瞬驚いたような顔をしたけれど、
すぐにいつもの笑顔を浮かべて、握る手の力を強めてくれた。
私と同じぐらい、ギュッと強く握ってくれた。

75ウェディングドレス:2010/05/24(月) 00:11:29 ID:0n4PMjwg0
「エヘヘ……なんかこうして二人で待っていると、
まるで私たち、ほんとに結婚しちゃうみたいだね……」

「私たち……私と、唯先輩とが、ですか……?」

「うん、私とあずにゃんの二人が……だよ」

握った手を引き寄せながら、唯先輩はそんなことを言った。
引っ張られて身を寄せながら、私は唯先輩の顔を見つめた。
明るくて、ちょっとおどけたような口調での言葉。
でも、頬を染めて笑っているその表情は、
まるで恋人に笑いかけているかのような甘い表情で、
ただの冗談を言ったようにはとても思えなくて……
大人っぽい唯先輩の笑みに、私の頭はまたポーっとなってしまって……

「そうですね……それも、いいかもしれませんね……」

と、私は応えてしまっていた。
本当にこのまま唯先輩と結婚できたらいいのに……
そんなことまで考えてしまう。
ほんとに結婚できたら、唯先輩を他の誰かにとられることもないのに……
ずっと唯先輩の隣にいることができるのに……

「ほんとに……結婚できたら……」

気持ちを抑えられず、私はそう言ってしまっていた。
私の言葉に、唯先輩がまた驚いたような顔をしたけれど……
それはまた一瞬のことで、すぐに笑顔は戻ってきて……

「うん、そうだね……あずにゃんとだったら……私も、嬉しいかな……」

そう、言ってくれた。
その言葉に、私の中の寂しさが消えていき……
代わりに温かさで心が満たされていった。

(ああ……そうか……)

私、こんなにも唯先輩のことが好きだったんだ……
そのとき私は、多分初めて、自分の気持ちを自覚した。

76ウェディングドレス:2010/05/24(月) 00:14:00 ID:0n4PMjwg0
(私、唯先輩のことが好きなんだ……)

他の誰かにとられたくないと思ってしまうほどに……
ずっと隣にいたいと思ってしまうほどに……
私の気持ちに応えてくれたことを、こんなにも嬉しく思ってしまうほどに。

(私は、唯先輩が好き……)

そのまま私たちは、二人見つめ合っていた。
唯先輩の頬は赤く染まっていて、
私の顔から熱はいつまでもひいてくれなくて……
きっと私たちは、同じことを思っているって、そう今は信じることができた。
それからどれぐらい時間が経ったのか……
係の人に声をかけられて、写真を撮る準備ができたことを教えられた。
私たちは黙って、でも手はギュッと握りあったまま、
体をカメラの方に向けた。
係りの人が合図をした。
そしてシャッターが切られる、まさにその瞬間、

「大好きだよ、あずにゃん……」

「大好きですよ、唯先輩……」

二人の呟きが耳をくすぐり……目映い輝きが、私たちを包み込んでいた。


END


長文失礼します。
アニメのケーキ入刀を見て思いついたネタ。

77軽音部員♪:2010/05/24(月) 14:12:05 ID:ehFF1eXQ0
>>76
あずにゃん幸せそうだな
ふたりの花嫁姿がまぶしいぜ!

78軽音部員♪:2010/05/24(月) 21:16:24 ID:P6PhzgvM0
>>76
これはいいものだ! GJ

79軽音部員♪:2010/05/25(火) 22:45:16 ID:sLNWGi3EO
>>76
おぉぉぉ〜〜、 素晴らし過ぎる……GJ!

80軽音部員♪:2010/05/26(水) 06:56:46 ID:IQfUaHx20
規制ェ・・・!ってことでこっちに
訓練された唯梓厨な俺は、今回の話からも色々妄想を逞しくした!

唯の昔話をwktkしながら聞きつつも
あのメンバーの中で一番、唯と一緒に過ごした時間が短い事に寂しい気持ちを覚えたり
唯までもが進路について考えだした事で、卒業後を意識し始めて切なくなったりで
ちょっと元気のないあずにゃん
帰り道
唯「あずにゃんどしたの?元気ないね」
梓「そ、そんな事ないですよ・・・それより澪先輩達の話、面白かったですね」
唯「だね〜。私達もさあ、あと何年かしたらああやって、昔のあずにゃんはーとか話してるのかな」
梓「!」
唯「初めて出会った時のあずにゃんは、それはそれは猫耳の似合ぅへぶっ」
梓「その回想はどうかと思います」
唯「あう、あずにゃんひどい〜・・・大丈夫、大人になってもきっと、あずにゃんは猫耳似合うよ!」
梓「そこですか」
唯「えへへ・・・でもさ、そうやって考えるとちょっと楽しみだよね!」
梓「・・・はい!」

81未来の進路:2010/05/26(水) 13:07:42 ID:0HlX/bXQ0
「唯先輩?」

放課後、音楽準備室の扉を開けて……
いつもの席に突っ伏している唯先輩を見つけた私は、
驚きの声を上げてしまった。

「あ、あずにゃん、お疲れ様ぁ〜」

顔を少し上向けて、唯先輩が言う。

「お、お疲れ様です……」

挨拶を返し、扉を閉めて。机に向かいながら、

「どうしたんですか、唯先輩? 今日、部活中止、ですよね?」

私はそう聞いた。さっき律先輩から携帯にメールがあって、
部活の中止を知らされたばかりなのだ。
澪先輩は風邪でお休みで、律先輩はそのお見舞。
ムギ先輩はアルバイトで急なヘルプを頼まれてしまったらしい。
三人も部活に出られないため、
今日の部活は中止にしたと知らされたのに……
どうして唯先輩は部室に来ているのだろう? 
同じクラスの唯先輩が、部活の中止を知らないわけはないのに。

「ん〜、ちょっと、ねぇ……あずにゃんはどうしたの?」

返事は曖昧に、逆に聞かれてしまう。
唯先輩らしくない態度に、ちょっと首を傾げながら、

「私は、少し自主練習していこうと思ったので……
あと、その後澪先輩のお見舞に行こうかなって……」

唯先輩は律先輩と一緒にお見舞に行ったと思ってました……
そう付け加えて言うと、唯先輩はまた「ん〜」と曖昧な声を出して、
身を起こした。やっぱり唯先輩らしくない、はっきりとしない態度だ。
唯先輩も具合が悪いのだろうかと、心配になって机に近づくと、

「……あ、進路、ですか」

机の上に置かれている、進路調査の用紙が見えた。
何度も書いては消してを繰り返したのか、記入欄は汚れていた。

82未来の進路:2010/05/26(水) 13:11:12 ID:0HlX/bXQ0
「うん……教室でも家でもずっと考えているんだけどね、
どうしても決まらなくて……部室なら、
少しは思い浮かぶかなって思ったんだけど……」

そう言って、唯先輩がため息をついた。
笑みに力はなく、私が側にいるのに抱きついてくることもない。
視線は用紙に向けられているのに、でもどこか遠くを見ているようで……
いつもの唯先輩からは想像もできないような落ち込み具合に、
私の胸も塞がってしまう。

(他の先輩方がいれば……)

唯先輩もここまで落ち込むことはなかったはずだ。
明るく場を騒がせてくれる律先輩や、
しっかりとした言葉でアドバイスをくれる澪先輩。
ムギ先輩なら優しく励まし、
幼馴染の和先輩ならそれとなく支えて上げられて……
でも私一人だと、どうすれば唯先輩を励まして上げられるのか、
まるでわからなかった。

(せめてお菓子でもあれば……)

そう考えたところで、
カバンの中にお昼の菓子パンの残りがあったことを思い出す。
残り物だけど何もないよりはまし。
そう自分に言い聞かせて、カバンからチョコパンを取り出して、

(ど、どうやって渡そう……)

そこで私はまた悩んでしまった。そのまま渡したのでは、
なんか残り物を押し付けるみたいで申し訳ないし、
でもお皿に並べるほどの量はなくて……

「はぁ……」

唯先輩のため息が聞こえて、
焦ったような気持ちに捕らわれてしまった私は、

「ゆ、唯先輩!」

「ほえ?」

「あ、あ〜んして下さい!」

思わず、そんなことを言ってしまっていた。

83未来の進路:2010/05/26(水) 13:13:02 ID:0HlX/bXQ0
私の言葉に、唯先輩は驚いたような表情を浮かべた。
言った私自身も、自分の言葉に驚いてしまった。
とんでもないことを言ってしまったと思い、
恥ずかしさに顔が熱くなり……
でも、落ち込む唯先輩に何かして上げたいという気持ちは抑えられなくて、

「あ、甘いものでも食べれば……ちょ、ちょっとは考え、
まとまるかもしれませんし……」

半分俯きながら、私は袋の中のチョコパンを一口大に千切って、
唯先輩に差し出した。唯先輩の目が、私の指に挟まったパンに向き、

「……ありがと、あずにゃん」

唯先輩はにっこり笑うと、わざわざ「あ〜ん」なんて声を出して、
私の手のパンを食べた。唯先輩の唇が指に触れて、
頬の熱さが増してしまう。

「ん……美味しぃ……」

もぐもぐと食べる唯先輩の顔に、
いつものほにゃっとした笑みが戻ってくる。
それを見て、ようやく私の気持ちも落ち着いてくれて、

「はい、先輩……あ〜ん……」

「あ〜ん……」

2度目の「あ〜ん」は、自然な動作でできた。
少しの恥ずかしさは消えないけれど、
それよりも唯先輩に元気が戻ってきてくれた方が嬉しくて……
3度目からはもう、まるで当たり前のような振る舞いになっていた。

84未来の進路:2010/05/26(水) 13:15:56 ID:0HlX/bXQ0
「……大丈夫ですよ、唯先輩」

最後の一欠けらを指でつまみながら、私は言った。

「……え?」

「唯先輩なら大丈夫です……進路だって、そんなに心配しなくても」

「あずにゃん……」

唯先輩に見つめられながら、私は言葉を続けた。

「唯先輩はいつもだらしなくて、おっちょこちょいで、
練習もしっかりしませんけど……」

「う……あずにゃん、ひどいよぉ……」

「……それでもいつだって、最後はしっかりやってくれて、
ライブだって格好良く、みんなを夢中にしてくれるんですから……
だからきっと、大丈夫ですよ」

そう言って、私は最後の一欠けらを唯先輩に差し出した。
唯先輩は、しばらくパンを見つめていたかと思うと、

「あ……あずにゃ〜ん!」

「にゃ!」

突然私に抱きついてきた。いつもと変わらない勢いで、
満面の笑みを浮かべながら。

「ちょ、突然抱きつかないで下さい! びっくりするじゃないですか!」

「あずにゃんありがとう! 私頑張るからね! 頑張って進路決めるよ!」

「……進路決めた後も頑張って下さいよ」

唯先輩の言葉にあきれ……
それでもいつもの調子を取り戻してくれたことが嬉しかった。
やっぱり唯先輩は、明るく笑っている顔が一番だと思った。

「……あ、でもね、あずにゃん。一つだけ決まってることがあるんだよ」

「え、そうなんですか?」

「うん……私がどんな学校を選んでも、どんな仕事をしても、ね……」

そう言いながら、唯先輩の手の力が強まった。
ぎゅっと抱きしめられ、全身が密着し……私の耳元で、唯先輩が、

「……私は、あずにゃんの側にいるよ」

そうささやくように、言った。甘い言葉に一瞬、私の体が硬直し、

「……今の言葉、絶対忘れませんからね……守って、下さいよ……」

唯先輩の耳元で、私もそうささやいていた。
机の上の、進路調査の用紙が見えた。
記入欄が空白のままで、まだ決まっていない唯先輩の進路。
でも書かれていなくたって……

「うん、もちろん! 絶対守るよ!」

決まっていることはちゃんとあるんだと、
唯先輩に抱きしめられながら、私は思った。


END


長文失礼します。
アニメ、先週も今週も面白かったけど、
やっぱりあずにゃん分が足りないと思ったので。
唯はもっとあずにゃん分を補給すればいいと思う。

85軽音部員♪:2010/05/26(水) 17:07:26 ID:Ax0OGxNYO
うおおおおGJェェェェ

86軽音部員♪:2010/05/26(水) 17:25:08 ID:nns.Fyo.O
>>84
あずにゃんの不器用な優しさが切ないね

次回はあずにゃん分あるといいねえ

87軽音部員♪:2010/05/28(金) 22:26:24 ID:RRX7c.620
ほのぼの劇場




唯先輩は眠っている。膝の上ですやすやと。



鼻をつついてみる。


起きない。


髪を優しく梳いてみる。


起きない。


『唯先輩』と小さく囁いてみる。


起きない。


『好きです』と消え入りそうな声で言ってみる


起きない。



前髪を掻き分けると、ツルンとした可愛らしいおでこが露わになり。

私は吸いこまれるように、そっと唇を近付けて……。


…………



やっぱり起きない……。




クスッと笑いが漏れた





あ……





やっと起きた







おわり

88軽音部員♪:2010/05/28(金) 22:28:08 ID:RRX7c.620
この二人を見てるとほのぼのして癒されます

89軽音部員♪:2010/05/29(土) 16:28:44 ID:Kpun0.460
「ギ〜太ぁ、むちゅちゅぅ〜…zzz 」
「まったく、私とギー太のどっちが大事なんですか?」


幸せそうにまどろんだ表情で、ギー太を抱きしめながらベッドに横になる唯先輩を見て、
私は思わずそう呟かずにはいられなかった。
これはもう、嫉妬以外の何物でもない。私はギー太に嫉妬している。


「ごめんね梓ちゃん。私なにも知らなくて…」


隣にいる憂が申し訳なさそうに言う。
憂の困った顔を見ると、なぜか自分が悪い側であるように錯覚する不思議。
苦手とは言わないけど、どこか胸がチクリと痛む。


「仕方ないよ、電話で約束してからそのまま寝ちゃったんだし」
「ホントにごめんねぇ」


そもそも、呼び付けたのは唯先輩の方なのだ。
明日は休日で特にやることもないからと言って、朝から遊ぶ約束をしていた。
なのに、この人ときたら……。


「憂、ちょっと耳塞いでてくれる?」
「え?」


私は唯先輩を覆う毛布を力いっぱい引き剥がすとギー太を奪い取り、
ありったけの恨みをこめてベートーベンの『運命』を引っ掻き鳴らしてやった。


ジャジャジャジャーンwwwwww


案の定、唯先輩が泣きついてくるまでものの数秒も要さなかった。

90軽音部員♪:2010/05/29(土) 16:30:26 ID:Kpun0.460
「ごめんなさい……」
「まったくです!何様のつもりですかっ」


唯先輩は朝食のパンを頬張りながら必死に謝罪を繰り返していた。
そうだもっと謝れ。今日の私はいつもより怒り倍増なんです。


「あずにゃんゆるしてぇ〜?」
「ふんだっ、知りません」
「ふえぇ〜ん」


ついに泣き出してしまう唯先輩。
これには流石の私も焦った。
憂も台所からオロオロした顔を覗かせている。
ああもう、なんでいつも私だけこんな損な役回りなんですか!


「ふぇ……あずにゃん…?」
「もう、本当に困った先輩ですね」


私は唯先輩を抱きしめた。
慣れないことをするものではないと思うけど、この時ばかりは仕方ない。
そうでもしないと、きっと唯先輩は泣き続けてしまいそうだったから。


「ほんと、もう次はないですからね?今回だけですよ?」
「うん…うん……」


一応念を押しておくと、唯先輩は何度も頷いて反省していた。
まあよしとしましょう。
ここまで必死に謝られて、それを蹴散らすほど私も鬼ではありませんから。
命拾いしましたね、唯先輩?




後から聞いた話……。
唯先輩は私に嫌われたと勘違いしてしまい、泣いてしまったらしい。
バカですね唯先輩は……
本当に嫌いなら、今まであんなにしつこく抱きつかれて、嫌がらない私じゃないですよ。
私だって、誰にでも抱きつかれて、喜ぶような気まぐれ猫じゃないんです。
唯先輩だから、唯先輩にだけなら、許せるんです。
そんなことにも気づけない唯先輩は、やっぱりダメな先輩です。




そんなダメな唯先輩だから、やっぱり私がついていないとダメなんですっ


……………なんてね




END

91いちゃいちゃあずにゃん:2010/05/30(日) 00:18:35 ID:MEIKjrTI0
ちょい異質なんでこちらに投下します

※キャラ崩壊注意・エロ注意・恋人設定注意


「あずにゃん、おいで」

ベッドの上で両手を広げる唯先輩に、私は迷わずダイブを決め込んだ。
すると、唯先輩はぎゅうっと包み込むように私を抱きしめ返し、おまけに頭をなでなでしてくれるサービスつき。
思わずふにゃんっとだらしなく頬が緩んでしまう。あぁ、この瞬間をどれだけ待ち望んだことだろう。
私はやがて、全身の力が抜けていくのを感じながら、その全てを唯先輩に委ねていった。

「えへへ、部活の時とはまるで別人だね。こんなあずにゃん、きっと世界中で私しか知らないんじゃないかな?」
「きっとじゃなくて、絶対です。親にだって、こんな甘え方はできません。後にも先にも唯先輩だけですよ」
「嬉しいこと言ってくれちゃって。これだからあずにゃんは好きで好きで堪らなくなっちゃうよ♪」

唯先輩は『お礼だよ』と私の首筋にちゅぅっと吸いついてきた。

「んっ…!」

私はビクッと身体を震わせ、その刺激に慣れるためにきゅっと目を瞑った。

「あずにゃんは部活の時もずっとこうされたかったんだよね?ごめんね、我慢させちゃって」
「そ、そういう唯先輩だって、本当は早く抱きつきたくて大変だったくせに…」
「うん、ほんとは放課後あずにゃんに会った時からずっとこうしたかったんだけど、
 あずにゃんも我慢してるってこと知ってるから、私も頑張らなきゃって思って……でも辛かったよ」
「お互い苦労してるんですねぇ……」
「だ・か・ら、もう我慢しなくていいいもんねー♪」
「うにゃっ」

唯先輩は私に勢いよく覆いかぶさると、タガが外れたように容赦なく抱きしめまくる。
身体の使える部分は余すことなく利用し、密着していない身体と身体の、僅かな隙間さえも許さない。
私も負けじと抱きしめる力を強くしていく。唯先輩に負けないぐらいに強く、強く、強く、強く、強く………。

「ふにゃぁ…」
「あれ、あずにゃんもうダウン?」
「くっ……なんの、これしき……」
「ほい♪」
「んにゃぁっ!?」

理性を取り戻しつつある私に、唯先輩は無情にも追い打ちをかけてくる。
正直、理性なんて保てたもんじゃない。私の身体は、唯先輩の攻撃を受けた部位から使い物にならなくなっていく。
そして、とうとうその猛威は、私という人間を構成し、制御している頭のほうにまで進撃してきて、

「ふにゃぁ…」
「あれま」

結局、私はなす術もなく唯先輩に抱き伏せられてしまった。
ベッドの柔らかさと唯先輩の柔らかさに挟まれて、豪華なサンドイッチができあがっている。幸せすぎて死にそう……。

それから、完全に思考回路がマヒしだした私は、本能的にもっともっとと唯先輩を求めはじめていった。

92いちゃいちゃあずにゃん:2010/05/30(日) 00:26:33 ID:MEIKjrTI0
「なに?あずにゃん」
「ん……ん……」

しかし、未だに余裕の色を見せつける唯先輩は、意地悪な笑みを浮かべてこう言う。

「あずにゃん、上目遣いだけじゃわからないよ?ちゃんと口で言ってくれなきゃ」
「やぁ……そんな、意地悪しないでよぉ……」

私はいやいやと首を振って、赤ん坊が母親に抱っこをせがむように、両手を差し出しておねだりしている。
でも、それでも、唯先輩はまだ足りない言う。これ以上、虐めないで……。

「じゃあ言って?そしたら、あずにゃんの願いはなんだって叶えてあげる」
「うぅぅ〜…」

この期に及んで、持ち前のプライドがそれを阻止しようと邪魔をする。
こんなのは不本意だ。本当は早く唯先輩に抱きしめてもらいたくて、うずうずしているのに。
充分に火照ってしまった身体は切ないぐらい唯先輩を求めて鳴いているのに。
もう……ムリ……死んじゃう……。

「ゆい、おねがい……もうムリ、だからぁ……いっぱい、いっぱい抱きしめてぇ……もっと、私を愛してよぉ」

私はポロポロと涙を零しながら懇願した。
もう、自分がどんな言葉を口にし、どんな表情を向けているのかさえわからない。
なにも、考えられない……。

「ごめんね、あずにゃん……ちょっと意地悪し過ぎちゃったみたい。辛かったよね?」
「ぁ………んむっ……」

すると、唯先輩は優しく微笑むと、自分の唇を私のそれに静かに重ね合わせてきた。柔らかい…。

「んんっ!!?」

瞬間、私の身体に、今まで溜めこんできた快感の波が、津波のごとく一気に押し寄せてきた。
頭は痺れ、視界はチカチカと点滅する。

あぁ……蕩けちゃう……

「ん、ぴちゅ……ちゅ、んむぅ……」
「ん……ちゅむ…ちゅ……」

絡みついた舌と舌どうしが、滅茶苦茶に口内を愛撫し、暴れまわる。
私はただ一心不乱に、唯先輩を求めることしかできない生物と化していた。



そこから先のことは……よく覚えていない……。





おわり

93いちゃいちゃあずにゃん:2010/05/30(日) 00:28:30 ID:MEIKjrTI0
ただの自己満です
苦手な方はスルーよろしくです

94軽音部員♪:2010/05/30(日) 01:33:58 ID:BkREUELEO
>>90>>93
どちらもすばらしい

95軽音部員♪:2010/05/30(日) 04:40:19 ID:DgoBDqAU0
 ∧_∧
( ;´∀`) ちんこ勃ってきた。
人 Y /
( ヽ し
(_)_)

96百合カプだからこそ:2010/05/30(日) 12:40:02 ID:ZZY8xUDE0
ここは街の一角にあるとある喫茶店。
知り合いも少ないし、人通りも少ないしということで、
いつのまにやら行きつけのデートスポットのようになっている。

「はい唯先輩、あ〜んです♪」

そして私は、あずにゃんに差し出された生キャラメルソフトと対峙していた。
むむ、こいつできるな、などと意味のわからない敵意を差し出されたソイツに向け、
意を決して口を開ける。あずにゃんは相変わらずご機嫌の様子だ。

「おいしいですか?」
「ん…おいひぃ…」

口の中で広がるあま〜い口溶けに、頬に手を当てて身悶えする。
もう一口お願いします。

「じゃあ交代です、あ〜ん」

しかし、その願いは届かず、あずにゃんは差し出した手を引っ込める代わりに、
先ほど私がそうしたようにあ〜んと控えめに口を開いた。

「はい、あ〜ん♪」
「あむ…」

あずにゃんのお口が可愛く動く。あずにゃんのお口の中では、
私が感じたのと同じような、甘く艶めかしい世界が広がっていることだろう。

あずにゃんが食べ終わるのを確認すると、その口周りにはベッタリとアイスがついていて…。
これはさすがに、早く拭ってあげなければ人目をひいてしまうレベル。
私はすかさず、テーブルに置いてあったおしぼりを取り出すと、あずにゃんの口元に近付け…

「なにするんですか…」

…れなかった。
あずにゃんがぷいっと顔を逸らしたからだ。

「え、だって、あずにゃんのお口についたアイスを……」
「それなら、もっといい方法があるじゃないですか……ん」

いやいやいや待ってあずにゃん?
まさかここでそれをやれと?
まあ確かに私たちの間ではお約束な展開だろうけど、
さすがにこの場所では………あ。

今なら誰も見ていない。というか、お客さん誰もいない。
やれる……いまならやれるっ

私はテーブルから身を乗り出し、唇を差し出したあずにゃんの口元に、
そっと舌を這わせていった。うん……甘い。

あずにゃんは目を閉じて、私がその全てを舐め取るまでじっとしていた。
私の舌が、あずにゃんの口周りをくすぐる度に、くすぐったそうな、
そしてどこか色っぽい声が、耳をくすぐって染みついていく。
あ………ワタシ、ヤバイ………

「んむっ…!?」

ごめんね、あずにゃん……どうやら私がムリでした、いろいろと。

わずか10秒ほどではあったけど、しっかりあずにゃんの唇を堪能すると、
私は満足したように唇を離し、「御馳走さま♪」と悪戯な笑みを送った。

「すみません、わたし……ちょっとお手洗いに…」

あずにゃんは口元を手で押さえながら、
赤く火照った顔でそう言って席を立つと、足早に掛けて行ってしまった。


私の勘が告げている。あずにゃんはしばらく戻ってこないと…。




ちょっと悪いことしちゃったかな……。





おわり





これを普通の男女カプにやられたら……ウゲェ

……という妄想でした

97<削除>:<削除>
<削除>

98軽音部員♪:2010/05/30(日) 15:55:44 ID:DgoBDqAU0
あずにゃんはお手洗いに何しに行ったの

99軽音部員♪:2010/05/30(日) 16:18:42 ID:ZZY8xUDE0
夕暮れの帰り道。
ふと会話を切った唯先輩は思い出したように叫んだ。

「憂に買い物頼まれてたの忘れてた!!」

はぁ、なんというか、さすがは唯先輩クオリティと言ったところでしょうか。
なんでもない一日の風景ですら、唯先輩と一緒にいるだけで、
退屈の二文字はありえないみたいです。

私は「仕方ないですね」と渋々唯先輩に同行することにした。
その旨を伝えると、唯先輩はさっきまでの慌ただしい様子は何処へやら、
途端に元気になったかと思うと「じゃあ行こう!」と言って私の手を引っ張りだした。
ホント…退屈しないです。


それから数分歩いて……。


近くのスーパーに付いた私と唯先輩は、なぜか意味もなく店内を物色する。
そして、唯先輩がプリンやらお菓子やらを大量に取り出しては、
私が籠に入れるのを阻止すると言う奇妙な光景が繰り広げられた。

「え〜〜、あずにゃんのケチんぼ〜〜」
「憂に頼まれた買い物はどうしたんですかっ、私だって好きでこんなことやってません、憂のためです」
「はぁ〜、あずにゃんも憂も、なんで私の周りの人たちはこんなできた娘ばかりなんでしょう……」
「唯先輩はむしろ幸せ者ですよ。憂や私がいなかったら、いったい誰が唯先輩の世話をするんですか」
「じゃあ、あずにゃんがずっと死ぬまで私の面倒見てくれるぅ〜?」
「そこで人生放棄しないでください!唯先輩はまだまだこれから輝くんです、そんな簡単に諦めちゃダメですっ」
「でもでも……言われてみると、確かにあずにゃんや憂の助けがなかったら、なにもできない私だしぃ」
「それでも、唯先輩は頑張ってるじゃないですか、最近はギターの上達も目覚ましいですし、
 そんな唯先輩だから、私も憂も、助けてあげたくなるんですよ?」
「そっかぁ……うんわかった!皆の気持ちを無駄にしないためにも、私は私の今できる精一杯をします!」
「それでこそ唯先輩です。見直しましたよ」
「えへへ〜それほどでもぉ、もっと褒めてぇ〜?」
「こらこら、そこで調子に乗るのも唯先輩の悪い癖ですよ?」
「はっ、はい!あずにゃん隊長!」
「よろしい」

なんだか、わざわざスーパーでするような会話でもないが、
一応一区切りついたところで、私たちは本来の目的に戻った。

100軽音部員♪:2010/05/30(日) 16:22:22 ID:ZZY8xUDE0
本日の平沢家の食卓には、スキヤキがお披露目されるらしい。
そういえば、スキヤキなんて最後に食べたのはいつだっけ…。
最近は親が出張で忙しかったりして、まともに食卓を囲めていない気がする。
ちょっぴり寂しい気持ちになった……。

「あっ、あずにゃんもよかったら一緒に食べて行きなよ!スキヤキ美味しいよ〜♪」

そんな私のちょっと落ち込んだ様子が目に映ってしまったのか、
買い物籠を片手の唯先輩は、いつも通りの、のほほんとした雰囲気でそう提案してきた。

「え?で、でも……なんか悪いですよ。それに、私だって食べるものがないわけでは……ないですし」
「遠慮しないでよあずにゃん。付き合ってくれたお礼だよ♪それに、あずにゃんだって私たちの家族みたいなもんだしね♪」

家族……。私はその言葉にひどく心を揺さぶられた。
唯先輩は私のことを家族と言ってくれた。
私はその言葉に、ポッと胸の奥に明かりが灯ったように暖かくなるのを感じた。

「じゃあ、今回だけ、お言葉に甘えさせてもらいます…」
「べつに今回だけじゃなくても、いつだってあずにゃんなら大歓迎だよ!」

ああ、どうしてこの人はこんなにも、私が望んだ言葉を惜しげもなく言ってしまえるんだろう。
その度に、私がどれだけあなたを意識してしまうのかも知らずに……。

「ずるいです……唯先輩は、ほんとうにずるいですよ。そんなこと言われたら……」
「あずにゃん?」


私は、この日一番の笑顔を

誰よりも見て貰いたい一番の人に

向けた


「…………嬉しすぎて、にやけちゃうじゃないですか」




おわり

101軽音部員♪:2010/05/30(日) 16:25:40 ID:DgoBDqAU0
俺はこういうのを待ってたんだよ

102軽音部員♪:2010/05/30(日) 16:29:10 ID:ZZY8xUDE0
ボキャブラリーが貧困な上に、
本スレではなかなか投下しずらいネタなのでこちらに

唯梓は鉄壁のバカップルです

103管理人さんへ:2010/05/30(日) 17:12:41 ID:ZZY8xUDE0
>>100の作者ですが、

もしこのSSが当サイトに乗せられるのでしたら
『本日の平沢家の食卓には、スキヤキがお披露目されるらしい。』
の部分を↓
『唯先輩のリクエストにより、平沢家の晩ご飯はスキヤキらしい』
に訂正してくれないでしょうか

明らかに『お披露目』の使い方間違ってます。
恥ずかしいので、余力があればでよろしいので…。
お願いします。

失礼しました…

104なんでもない一日:2010/05/30(日) 23:34:37 ID:Lf9.aRNA0
すっかり日が暮れて間もないころ、
私は一人、ベッドの上で横になっていた。


「ケホッ…ケホ…」


喉が痛い……。
加えて、頭が熱を持ったようにくらくらとして、
寝ようにも寝付けない、そんな状態がここ数時間続いている。
つまるところ、風邪である。


当然学校は休んだし、部活にも行っていない。
朝、憂に学校を休むと伝えてからは一日中ベッドとお供だ。
熱はまだ……38℃もある。
体温計を枕元に置き、仰向けになると、薄暗い天井を見上げる。


「唯先輩……」


誰もいない部屋の、なにもない空間に、投げかけるように小さく呟いた。
例え、傍に誰かがいたとしても、気付くか気付かないくらいの、ほんの小さな囁き…。
すると、その呼びかけに呼応するように、部屋の中に光が灯った。


「呼んだ?あずにゃん」


ふと声のした方に視線を向けると、そこにはお湯の入った桶と、
湯気を立てたおしぼりを持った唯先輩が、扉の前に立っていた。


「聞こえたんですか……?」
「ううん、なんとなく、あずにゃんが呼んでた気がして」


その答えに、どこか無性に嬉しくなって、いてもたってもいられなくなった私は、
重い身体をベッドから起こすと、力なく、唯先輩の方へ両腕を広げた。
そんな、いつもより甘さ控えめですらない我儘な私にさえ、
唯先輩はなんの文句も言わずに、優しく、一杯の愛情をこめて抱きしめてくれる。


「寂しくなっちゃった?」
「わたし……唯先輩のこと、呼んでたんです。小さな声で……心の中では何回も」
「大丈夫、ちゃんと聞こえたよ」


唯先輩は、抱擁する力を強めてそれに応えると、「いまはここまで」と言って、
ゆっくりとベッドに寝かせると、毛布をかけ直してくれた。
それでも、いつもより我儘な私は不満そうに頬を膨らませたが、
唯先輩は「早く元気になってくれたら、その分いっぱいしてあげるよ」と言って、
そっとおでこに口づけをひとつ落としてくれた。


「ずるい……」
「ん〜?なにが〜?」


あっけらかんとする唯先輩に、私はただ、毛布で口元を隠して、
にやけきってしまっているのを隠すのに必死だった。
こういう時は、ムリに逆らわずに、言われた通りにするのがいいんだろう。
人一倍負けず嫌いな私がそれに気付くまで、唯先輩と付き合い始めてから、
それはもう、長い月日をかけたものだ……。

105なんでもない一日:2010/05/30(日) 23:38:12 ID:Lf9.aRNA0

唯先輩は学校が終わるなり、部活にも顔を出さず真っ先に私の元へ飛んできてくれた。
当然、嬉しくもあったが、部活を休んでまで、
しかもゼェゼェと息を切らした唯先輩の姿を見れば、やはり申し訳なく思ってしまう。
でも唯先輩は、そんな私の不安を吹き飛ばすかのように、
ピースサインを送ると、こう言ってくれたんだ……。


『あずにゃんが一番大事』


と。


「ふふ、ちゃんとおしぼりの場所わかったんですね…」
「勝手知ったるはなんとやらってね♪」


微笑む唯先輩に私も力ない笑みで返す。


「自分で脱げる?」
「ちょっとムリかも……です」
「じゃあ脱がすね?」
「うん…」


唯先輩は、再び私をベッドから起こすと、
スルスルと手際よく衣服を脱がしていった。
その度に布の擦れる音と、
唯先輩の息づかいが聞こえてちょっぴりエッチな気分になる。


「あずにゃん、きれい……」
「……ダメですよ?」
「わかってるよぉ、信用ないなぁ…」


ブー垂れる唯先輩が可愛い。
こういうところは昔と全く変わってないんだな。


「背中、拭くね?」
「お願いします」


私の了承を得て、唯先輩はお湯に浸かっていたおしぼりで、
丁寧に背中を拭き始める。
まるで、壊れものを扱うような優しい手つき。
そこから伝わる、唯先輩なりの最高の心遣い。
温かくて、気持ちいいな……。


「あずにゃん、気持ちいい?」
「はい、最高な気分です…」
「前は?自分でやる?」
「唯先輩に、してほしい…」
「よしきたっ」


まるで身体の隅々まで唯先輩に洗われる感覚。
身体だけでなく心まで温まる心地に、
やがて私は静かに、瞼を閉じていた。

106なんでもない一日:2010/05/30(日) 23:42:49 ID:Lf9.aRNA0
「あずにゃん終わったよぉ〜…ってアレ?」
「ぅ……ん…」


聞こえてきたのは返事のそれとはまた違う響きだった。
もしかして寝ちゃってる?


「すぅ……すぅ……」
「あずにゃん、裸のまま寝ちゃうと余計身体に悪いよ?」


と言ってもマッパじゃなく上半身だけ。
さすがに下の世話までは、その………元気な時にね?
そんなエッチな思考を振り払うと、私はとりあえずあずにゃんに服を着せていく。
なるべく起こさないように、そぉっと、慎重に……。



「ふぅ、できた」


なんとか服を着せ終えることができた私は、自分も寝る支度をしようと、
部屋の隅に置いてある鞄へ着替えを取りに行こうとした。
でも、


ぎゅ…


いつのまにか、あずにゃんはその小さな手で、服の端っこを小さく握っていたのだ。
強引に離そうと思えばいくらでも手段はあるし、今にも離してしまいそうなほど、
その力は微々たるものだったけど。
それでも、今の私にはそんなことできるわけがないし、したいとも思わない。
私は苦笑して、観念したようにあずにゃんを静かに抱きしめると、
同じベッドの中眠りにつく事にしたのだった。


もしこれが原因で、私があずにゃんから風邪を貰っちゃったなら………
その時は、あずにゃんには思う存分、つきっきりで看病してもらうことにしよう。
あずにゃんも私のように、飛んできてくれれば嬉しいな…。


そんな期待に胸を膨らませると、
なんだか、風邪をひくのも悪い気はしないなと思えてしまう。
そんな自分がなんだか可笑しくて、私はクスリと笑うと、
あずにゃんの小さな唇に触れるだけのキスをしてから、瞳を閉じた。



そんな、なんでもない……幸せな一日だった。





おわり

107軽音部員♪:2010/05/31(月) 02:10:48 ID:veVdgYvo0
ちょっとお姉さんな唯最高だよな
GJ

108軽音部員♪:2010/06/01(火) 07:14:43 ID:CzI10YuEO
>>100 >>106

共にナイスほのぼの唯梓
GJ!

109ナレノハテ:2010/06/01(火) 17:12:37 ID:01xrRblI0
膝に軽い衝撃を感じて、私は目を覚ました。
少し寝惚けた頭で、いつの間に眠ってしまったんだろうと思い……
ぼんやりしたまま視線を下げると、唯先輩の頭が見えた。
唯先輩の頭が、私の太腿の上に乗っていた。

(……膝枕……)

ぼやけた頭にその単語が浮かび……
気がつけば唯先輩の頭を、私は撫でていた。
柔らかい髪の感触が心地よくて、自然と頬が緩んでしまう。
ちょっと前の私だったら、
恥ずかしがって決して出来なかっただろう振る舞い。
でも今ではもう慣れっこで、もし今唯先輩が起きていたとしても、
私は「しょうがないですねぇ、唯先輩は」なんて言いながらも、
普通に頭を撫でることができただろう。
それぐらい、唯先輩に膝枕をするのは当たり前になってしまっていたのだ。
始まりは、私の家で唯先輩とギターの練習をしたとき。
預かっていたあずにゃん2号が、
私の膝の上で丸くなるのを唯先輩が見たのがきっかけだった。
あずにゃん2号を見て、「羨ましい! 私も!」と突然叫んだ唯先輩。
最初は唯先輩もあずにゃん2号を膝の上に乗せたがっているのかと
思ったんだけど……羨ましく思っていたのは膝枕の方で。
あずにゃん2号がどいた後は、
今度は唯先輩の頭を太腿の上に乗せることになってしまった。
もちろん私は、「やめて下さい」って言ったけれど、
唯先輩が私の抗議をきいてくれるわけもなく……
それ以来、膝枕をねだられるのが当たり前になってしまったのだ。

110ナレノハテ:2010/06/01(火) 17:15:03 ID:01xrRblI0
(もうっ……唯先輩のせいですからね……)

こんなことに慣れてしまったのは……
と胸中で責めてみたりもするけれど。
でも本気で怒ることなんてできなくて……
結局私は、唯先輩の温もりに惹かれてしまっているということなんだろう。
思えば最初からそうだった。
軽音部に入部したばかりの頃、
先輩たちがただだらけているように見えてしまった私は、
「こんなんじゃダメですーっ!!」と怒ってしまったけれど……
唯先輩に抱きしめられたら、あっという間に力が抜けてしまって、
その温かさに頭はポーっとなってしまって。
最初から抵抗なんてできなくて……
それからはもう、抱きしめられるのが当たり前になってしまった。
口では「やめて下さい」なんて言うけど、
それだって恥ずかしいからというだけで。
本気で抵抗しようなんて、とても思えなかった。
気がつけばいつだって、唯先輩の温もりに包まれて、
喜んでしまっていたのだ。

「ほんとに……唯先輩のせいで……」

小声で呟き、唯先輩の頭を撫でる。
気持ちよさそうな唯先輩の寝息に、自然と笑みが浮かんでしまい……
ふと前を見た瞬間、私の笑みは凍りついてしまった。
寝起きでぼやけていた思考が一気に目覚め、
そして同時に、絶望する。

(そ、そうだ……わ、私たち……)

どうして今まで思い出さなかったのかと、私は激しく後悔した。
寝惚けていたとはいえ、何ですぐに気がつかなかったのか。
こんな……こんな大事なことを……

(電車に乗ってるんだった!)

絶望の叫びが、私の胸中に響き渡った。

111ナレノハテ:2010/06/01(火) 17:16:58 ID:01xrRblI0
今日は日曜日。都心の楽器店を二人で見に行った帰りの電車の中。
並んで座った私たちは、最初こそいろいろお喋りしていたけれど、
朝起きるのが早かったこともあって、いつの間にか眠ってしまって……
唯先輩が私の膝に倒れこんでしまって、その衝撃で私は目が覚めたんだ。
頭の中で状況が整理されても、現状が改善するわけはなくて……
唯先輩の頭は変わらず私の膝の上にあった。
気持ちよさそうな寝息がよく聞こえていた。
笑みを凍りつかせたまま、視線を動かすと……
向かいの席にいる、気まずそうな乗客たちの姿が見えた。
全力で天井を見上げている中年のサラリーマンに、
頬を染めて俯いている中学生ぐらいの女の子。
男子高校生の二人組みは、こちらをチラチラ見ては何かボソボソ話していて。
携帯電話から視線を外さない中年女性の隣には、
キラキラした瞳でこちらを真っ直ぐ見つめている幼い女の子の姿があった。

(お、起こさないと……)

いくら膝枕に慣れてしまっているとはいえ、
さすがに衆人環視の中で続けるのは無理だった。
恥ずかしさのあまり、これが羞恥プレイというものなんですね、
なんてバカなことまで考えてしまう。

「ゆ、唯先輩……」

小声で呼びかけながら、私は唯先輩の体を揺すった。
これぐらいで起きないのはわかっているけれど、
だからといって大声なんて出せるわけがない。
これ以上注目を集めてしまったら、
それこそほんとに羞恥プレイになってしまう。

112ナレノハテ:2010/06/01(火) 17:19:14 ID:01xrRblI0
「唯先輩、起きて……起きて下さい……っ」

小声で言いながら、何度も体を揺すった。
すると、唯先輩は小さく呻いて、

「……あずにゃん……もうちょっとぉ……」

そんなことを言った。半分以上夢の中で、
ここが電車の中であることにも気がついていないのだろう……
気がついていても、唯先輩だったら膝枕を続行しそうな気もしたけれど。

(もうっ、ほんとに唯先輩は!)

唯先輩の声が聞こえたのか、誰かが小さな声で笑った。
恥ずかしさに顔が真っ赤になり、
私はさっきよりも強く、唯先輩を揺さぶった。

「もうちょっと、じゃないですっ……唯先輩、起きて下さい……っ」

「んぅん……やぁ……あずにゃん……」

「唯先輩……っ」

「……いつもみたいに……ちゅー、してくれないと……やぁだぁ……」

「ちゅーなんてしたことないです!」

寝惚けた唯先輩の言葉に、思わず私は叫んでしまって……
一瞬、車内中の乗客の視線が私たちに向いたのを、確かに感じた。
はっとなって周りを見ると、皆不自然な姿勢で顔を背けていて……
ただ一人、向かいに座った幼い女の子だけが、
私たちのほうを見つめていた、
さっき以上に瞳をキラキラ輝かせて。

「あずにゃぁん……ちゅぅ……」

その言葉を最後に、唯先輩はまた深く寝入ってしまう。
私はもう何も言えず……ただ固まっていることしかできなかった。
静まり返った車内に響くのは、電車の走る音と、唯先輩の寝息だけ。
それらを聞きながら、私は強く決意した。

(明日からは、膝枕禁止です!)


END


長文失礼します。
今週のお話には唯梓分が多いことを願いつつ。
それにしても……規制解除されない……。

113軽音部員♪:2010/06/01(火) 17:22:36 ID:J3PI3/bE0
いいよいいよぉ
最近は避難所が盛り上がってきていい感じだわ
GJ

114軽音部員♪:2010/06/01(火) 17:40:27 ID:ru4pjIOA0
私は幼女になりたい

115軽音部員♪:2010/06/01(火) 21:06:55 ID:CzI10YuEO
おぉぉぉぉーーーー!!!
俺も電車の乗客になりてぇ〜!!

GJGJGJ!!!!

116軽音部員♪:2010/06/02(水) 09:11:49 ID:xQVbWPzA0
願い届いた。
今週はすごいゆいあずだった。
まだニヤニヤしてますよ。

117百合神の啓示:2010/06/03(木) 22:40:03 ID:QvRj6dWE0
放課後
部室


紬「ロールケーキ作ってみました♪」
律「スゲー!ムギ自作か!?」
紬「ええ♪」
唯「ムギちゃんすごーい!うまそー!」
紬「今回は私一人で作ったから、味の方は自信ないけど…」
梓「そんなことないですっ、絶対美味しいですよ!」
紬「ありがとう、梓ちゃん」
唯「いい子いい子ー♪」ナデナデ
梓「ニャーッ!!///」
澪「早く食べたいな…」
律「おお?澪しゃんがいつになくが珍しい反応をっ!」
澪「う、うるさいっ!美味しそうなんだから仕方ないだろ!!///」
唯「ムギちゃん!私フォーク出すの手伝うよ!」
梓「唯先輩がフォークとか怖いです!私やります!」
澪「同じ先輩として悲しくなるな…」
紬「ふふふ♪」キラキラ
律「ムギが天使だ…」


梓「えっと、バニラにチョコに、こっちはイチゴですか?」
紬「うん、生地には果肉も練り込んであるから、一番手間がかかちゃった」
梓「苺が、生地に……」ウズ
澪「ゴクリ…」
唯「りっちゃんなにぼーっとしてるの!お皿並べるの手伝って!」
律「はいはいわかりまし……ってお前は私の母さんかよ!!」


イタダキマース!


唯「おいひ〜、おいひ〜よムギは〜ん」ホワホワ
梓「唯先輩がっつきすぎです」
澪「しつこくない甘さが絶妙だな」
律「うんめー!ムギ最高ー!」
紬「みんな喜んでくれて嬉しいわ♪」ニヤリ




梓「あっ、唯先輩、ほっぺにクリームが」
唯「ほんと?あずにゃんとってぇー」
梓「いやですよ、いつまで後輩に甘えるつもりですかっ」
律「梓の言う通りだぞー?そろそろ受験シーズンも間近って時に…」
唯「そりゃ!」ベチョ
梓「うわっぷ!?」
律「」
澪「うわー!イチゴロールが梓の顔にぃ!(勿体なっ!!)」
紬(コ・レ・は!)
梓「うぇ…い、いきなりなにするで…ひゃっ!?」
唯「ペロペロ」
梓「あっ、やんっ…なんで、顔…ぺろぺろして…///」
唯「だって勿体ないよ…全部舐め取ってあげるね?ちゅぅ、レロレロ…」
梓「ひゃうぅ///」
澪律「」
紬(キマシタワー!)


唯「ペロペロチュッチュ」
梓「はっ、んん…唯せんぱ、い…もぉ…」
唯「はい、綺麗になったよ?」
梓「うぅ…」ネトー
唯「てことで、あずにゃん拭いてー?」
澪律(そのために!!?)
紬(オー・マイ・リリィィィィィ!!)



『百合神の啓示に従え、されば道は開かれん』

百合の伝道師  琴吹紬







118軽音部員♪:2010/06/04(金) 07:30:45 ID:TZOTJc3I0
>>117
GJ
どこいってもムギちゃんてちょっと変態はいってるよね

119ラブソングラブ:2010/06/04(金) 17:20:57 ID:/asweX7Q0
日曜日の午後。
一人暇を持て余していた私は、近くの公園に散歩に出掛けた。
季節は初夏。梅雨があけて、空はようやく青さを取り戻していた。
浮かぶ雲は梅雨と違い、キレイな白色で空を彩っている。
少しだけ湿り気を残した風も心地よくて、
予定のない休日も悪くないかな、なんて思いながら歩いていると、

「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

……唯先輩の声が聞こえてきた。
声が聞こえてきた方に顔を向けると、
ベンチに座った唯先輩の姿が見えた。
何をするでもなく、ただぼんやりと空を見上げていて、

「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

変わった調子で、
まるで歌を口ずさむように同じ言葉を繰り返していた。
憂鬱な季節が終わり、過ごしやすい気持ちの良いお天気に、
唯先輩も散歩に来たのだろう。
のんびりベンチに座って小休止というのは、悪くない過ごし方だと思う。
ただ……

「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

「………………」

唯先輩の言葉の中身が問題だった。
あまりの内容に、思わずその場に立ち尽くしてしまう。
唯先輩はまだ私に気づいていないのか、空を見つめたまま、

「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

同じ言葉を口にし続けていた。
その声が耳に届き、私は一度目を閉じて、

「唯先輩っ!」

目を開いてそう叫び、唯先輩に駆け寄った。

120ラブソングラブ:2010/06/04(金) 17:23:39 ID:/asweX7Q0
「あっ、あずにゃ〜ん!」

私に気づいた唯先輩がこちらを向き、
ほにゃっとした笑顔を浮かべて両手を振った。
でも私は、手を振り返す余裕なんてなくて……
顔を強張らせたまま、返事の代わりに怒声を上げた。

「何なんですか! あ、あんな大きな声で!
す、す……き……だなんて!」

恥ずかしさに言いよどみながら、それでもしっかり文句を言う。
幸い、公園には他に人影はなかったけれど……
だからといって、外であんなことを言うなんて……
あまりに恥ずかしすぎる。
私は怒って文句を言うけれど、
でも唯先輩は何を言われたのかわからないとばかりに、

「え? あずにゃん、どうしたの?」

首を傾げて、そう言うだけだった。

「どうしたの、じゃないです! 
さっき大きな声で言っていたじゃないですか!
わ、私のことが……そ、その……す、す……き……とかっ
……ぁ……してる……とか!」

私の言葉に、唯先輩は「ん〜」と言いながら空を見上げて、

「……あ、さっきの歌のこと?」

「……う、歌、なんですか?」

「うん、歌だよ。私の作った、あずにゃんに捧げるラブソング!
お天気で気持ちよくて、つい口ずさんじゃったんだよぉ」

笑顔でそう言われ、私は脱力してその場にしゃがみこんでしまった。
確かに声の調子は歌のようだったけれど……
まさか本当に歌だったとは思わなかった。
あの言葉はどう聞いても歌詞とは思えない。

「……あれが、歌なんですか」

「そうだよ。澪ちゃんにアドバイス受けて、頑張って作ったんだよ!」

「……どんなアドバイスを受けたんですか」

「澪ちゃんがね、『自分の中にある素直な気持ちを、
まず言葉にすることが大事なんだ』って言ったからね、
自分の素直な気持ちを言葉にしてみたの……
あずにゃん、嫌だった……?」

笑顔で言葉を続け……最後に曇り顔でそう聞かれては、
嫌なんて強く言うことはできなくて……

「……せめてサビ以外の箇所を歌うようにしてくれませんか」

「サビ以外も同じだよ?」

「……全部あれなんですか」

「あ、曲名は『あずにゃん好き好き大好き、愛してる』、だよ!」

「……曲名もですか」

あまりのことに何も言えず、私はもう力なく笑うことしかできなかった。

121ラブソングラブ:2010/06/04(金) 17:25:58 ID:/asweX7Q0
唯先輩に好きと言われるのが嫌なわけじゃない。
誰だって好意を寄せられて不快になるはずがなかった。
ましてやそれが、自分にとって大切な人からの好意ならば、
嬉しく思うのが当たり前だろう。
でも、いくらなんでも……
やっぱりあの歌は、さすがにきついと思った。
せめて人には聞かせないで欲しいと思ってしまう。
恥ずかしいなんてものじゃなかった。

(よし……やっぱり歌うの、やめてもらおう)

決意をもって、いつの間にか俯けていた顔を上げると、

「ん? あずにゃん、どうしたの?」

唯先輩の笑顔が目の前にあった。
混じり気のない、純粋な笑顔。
私を見つめるその笑顔には、悪意なんて一欠けらも存在していなくて……
さっきの歌も、本当に、
ただ純粋に自分の気持ちを歌にしたということが伝わってきてしまった。

「……唯先輩はズルイです」

「え? えっと……なにが?」

「……なんでもないです」

仏頂面で答えて、私は唯先輩の隣に座った。
ため息をついて、

「……歌」

「え?」

「……さっきの歌……恥ずかしいですから、
もう少し小声で歌って下さい……」

私がそう言うと、一瞬唯先輩はきょとんとした表情を浮かべて……
その表情は、またすぐに笑顔に変わっていた。

「あずにゃんは恥ずかしがり屋さんだねぇ」

「……あんな歌詞じゃ、誰だって恥ずかしがりますっ」

私の文句に、唯先輩は「エヘヘ」と笑い、
そしてまたあの歌を口ずさみ始めた。
さっきよりも、ちょっとだけ小さな声で。

122ラブソングラブ:2010/06/04(金) 17:29:02 ID:/asweX7Q0
「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

歌詞の恥ずかしさに、私の頬は熱くなってしまうけれど……
楽しそうに歌っている唯先輩の笑顔を見ていると、
もう止めようなんて思えなかった。

(まったく……いっつも唯先輩は……)

いつもこうだった。唯先輩の笑顔を見ていると、
いつも本気で怒ることはできなくて、
結局最後は許してしまう。
あずにゃんと呼ばれることも、
ところ構わず抱きつかれることも、
最初は困っていたはずなのに……
笑顔と一緒に向けられる好意に、
本気で怒ることはできず、抵抗もできなくて……
そして気がつけば、いつの間にか受け入れてしまっていた。
受け入れ、喜んでしまっていたのだ。

(……ほんとに、ズルイですよ)

あんな笑顔を向けられたたら……
そんな楽しそうに「好き」って歌われたら……
喜ばずにはいられないじゃないですか。

「あずにゃん好き好き大好き、愛してる〜」

唯先輩の声が私の耳をくすぐる。
恥ずかしい歌詞に、頬は熱くなるばかりだ。
きっと今、私の眉は困ったように斜めになっていて……
でも口元は、きっとまた、ほころんでしまっているんだろうなって、
そう思った。


END


おまけ


翌日月曜日。

「〜〜♪ あ、純、おはよう。今日も良いお天気で気持ちいいね」

「……あ〜、まぁ……ねぇ……」

「……? なに、その微妙な表情?」

「まぁ、お天気で気持ちがいいのはわかるけれど……
登校中にあんな歌を口ずさむのはどうかと……」

「……え? 私、なんか歌っちゃってた?」

「うん……『ゆいにゃん好き好き大好き、愛してる〜』って……」

「…………え?」


長文失礼します。
9話はほんと素晴らしい唯梓でした。
本スレの勢いもすごいですね。

123軽音部員♪:2010/06/04(金) 17:40:53 ID:sSElZUIs0
GJ!!最後のあずにゃん可愛いな

124軽音部員♪:2010/06/04(金) 20:12:23 ID:/adZ/r.wO
ふわぁぁ〜、和むねぇ〜

GJ!!!

125軽音部員♪:2010/06/08(火) 13:03:30 ID:QZdxtmtEO
ニュータイプ
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org947568.jpg

画像では本文読み取れなかった
誰か詳細きぼん

126唯の嫁選手権:2010/06/10(木) 23:06:36 ID:4V/rKTwY0
唯「第一回!平沢唯の嫁選手権〜!」

梓「…何の騒ぎですか、これは?」

唯「私のお嫁さんを決める選手権だよ〜」

梓「へ、へぇ…」

唯「勿論、あずにゃんも立候補してくれるよね?」

梓「し、しませんよそんなの!」

唯「え〜!してくれないの?」

律「いいのか、梓?唯の事、取られちまうぞ?」

紬「そうよ梓ちゃん、遠慮なんてしなくていいのよ」

梓「な、何言ってるんですか!私は絶対立候補なんてしません!」

憂「あれ、梓ちゃんしないの?じゃあ、私が立候補しようかな?」

梓「え?」

純「いや、ここは一発、私が!」

梓「な、何で純まで!?」

唯「あずにゃ〜ん…」

梓「………
  わ、私も出ます!立候補します!」

憂・純「どうぞ、どうぞ!」

梓「んな!?」

127ゆいあずな日常Ⅲ:2010/06/14(月) 22:05:42 ID:QChw4ioE0
唯「このままじゃニートだよぉ」
梓「ネガティブですね…」
唯「たまには沈んでみるのもいいかと」
梓「必要ないと思います」
唯「じゃあやーめた」
梓「初めからそうしてください」


唯「あずにゃんは将来どうするの?」
梓「そんなの聞いてどうするんですか?」
唯「どうもしないけど」
梓「じゃあ教えません」
唯「えーいいじゃん減るもんでもなし」
梓「楽しみが減るんです」
唯「なんの?」
梓「秘密ですよ」
唯「ぶー」


唯「終わったぁ」
梓「お疲れ様です」
唯「いやー肩が凝るねぇ」
梓「そこまで集中してましたっけ?」
唯「あずにゃんひどいよ」
梓「否定しないんですか」
唯「迂闊…」
梓「ダメダメです」

128ゆいあずな日常Ⅲ:2010/06/14(月) 22:07:27 ID:QChw4ioE0
唯「あずにゃん何してるの?」
梓「明日の予習をしてるんです」
唯「すごいねあずにゃん!」
梓「いや普通ですけど…」
唯「私は復習派だから予習とかは全然」
梓「しましょうよ予習」
唯「でもあずにゃんだって復習はしないとダメだよ!」
梓「もちろん復習を終わらせた後です」
唯「oh…」


梓「唯先輩もこれを機会に予習してみたらどうです?」
唯「失礼だね。私だって何度か予習はしたよ」
梓「でも長くは続かなかった」
唯「ご名答♪」
梓「ダメダメじゃないですか」
唯「あずにゃんそんなにダメダメばっか言ってたらダメダメ星人になっちゃうよ?」
梓「なんですかダメダメ星人って」
唯「ダメダメ言われて嫌がる人にしつこくダメダメ言い続けるんだよ」
梓「いいじゃないですか、人間ストレスも大事です」
唯「よくないよ!考えるだけでも恐ろしや…」
梓「でもこのままだと私はダメダメ星人になっちゃいますね」
唯「!?」
梓「怖いですか?私がダメダメ星人になったら」
唯「予習する!!」
梓「ふふ♪」

129ゆいあずな日常Ⅲ:2010/06/14(月) 22:10:50 ID:QChw4ioE0
唯「あずにゃん」
梓「はい?」
唯「あずにゃんは勉強が好きなの?」
梓「なんでそう思うんですか?」
唯「こうやって話してるときだってノートから目を離さないし」
梓「構ってほしいんですか?」
唯「ううん、ただなんとなく寂しかった…」
梓「バカ唯」
唯「ふえ?」
梓「頑張る子にはご褒美があるんですよ?」
梓「それは今も昔も変わらないはずです」
梓「私が言いたいことわかりますか?」
唯「……ううん」
梓「ちゃんと頑張ればハグでもキスでもなんだってしてあげるって言ってるんです」
唯「あ、あずにゃぁん」パァ
梓「だからそれまでの辛抱ぐらいしてください…」
梓「私だってその…早く唯先輩と愛し合いたいんだから…///」
唯「うん!私頑張るよ!あずにゃんと愛し合えるために!」
梓「……バカ梓///」

130ゆいあずな日常Ⅲ:2010/06/14(月) 22:12:44 ID:QChw4ioE0
唯「予習できた!!」
梓「おめでとうございます」パチパチ
唯「あずにゃんのおかげだよ」
梓「私は何もしてませんよ」
唯「いやね、あずにゃんがダメダメ星人になっちゃうかと考えたら」
梓「想像に容易いようで光栄です」
唯「まあそうなったらそうなったで私はうまく対応していくつもりだけど」
梓「それはそれでなにかに目覚めそうですね、唯先輩が」


唯「私頑張りました!」
梓「やりましたね」
唯「ご褒美ください!」
梓「えっと…そのことなんですけど唯先輩…」
唯「ええ!?まさかのお預けときた!?」
梓「いえ違うんです……その」
唯「あずにゃん?」
梓「私の方がもう…限界///」
唯「……」


唯「あずにゃん可愛いね♪」






fin

131軽音部員♪:2010/06/14(月) 22:17:36 ID:QChw4ioE0
規制に呑まれてこちらに投下…
こんなつまらないものでも不快でなければ
続けていきたいと思います

簡単に意味もなく
ただゆいあずが出てくるだけですが

132軽音部員♪:2010/06/14(月) 22:17:49 ID:6qPYtUk20
規制されちゃったのか
だが乙

133軽音部員♪:2010/06/14(月) 22:36:48 ID:QChw4ioE0
そのうちまた投下するかもです
テーマは日常
形式は会話文のみ

文才が欲しいです…

134軽音部員♪:2010/06/14(月) 23:27:41 ID:s4NpXwHM0
いいよいいよー
乙でした

135ゆいあず日和 Vol.1:2010/06/15(火) 12:59:22 ID:ciW2SqAU0
梓「唯先輩、アイスが食べたいです」
唯「珍しいねあずにゃんからおねだりなんて」
梓「たまにはいいじゃないですか」
唯「いいよ♪なに食べたい?」
梓「家にあるんですか?」
唯「コンビニ行って買ってくるよ♪」


梓「なんか悪かったかな…」
(唯『言いだしっぺはあずにゃんだからね♪』)
梓「慣れないことは言うもんじゃないや」


唯「おまたー!」
梓「“せ”まで言ってくださいっ///」
唯「んもーあずにゃんのエッチぃ」
梓「そ、それより早くアイス食べたいです!」
唯「だね♪火照った顔にもちょうどいい熱冷ましになるし♪」
梓「うるっさいです///」


唯「あずにゃんは今抹茶がブームなの?」
梓「なんとなく抹茶が食べたい気分なんです」
唯「しぶいね」
梓「ほっといてください」
唯「憂の分は冷やしとこ♪」
梓「妹想いですね」
唯「憂には世話になってばかりだからね」
梓「自覚はあるんだ」
唯「あるよーそりゃ」


梓「唯先輩のはなんですか?」
唯「チョコチップバニラ」
梓「うまそう…」
唯「食べる?」
梓「ひとくちだけ」
唯「おお!素直だ!」
梓「早くください///」
唯「はいあ〜ん♪」


唯「私も欲しいな」
梓「もちろんあげますよ」
唯「あ〜んってしてくれる?」
梓「い、いいですとも」
唯「じゃあお言葉に甘えて」
梓「あ、あ〜ん///」
唯「あ〜ん♪」

136ゆいあず日和 Vol.1:2010/06/15(火) 13:01:41 ID:ciW2SqAU0
唯「もうひとくちあ〜ん」
梓「唯先輩だけ不公平です」
唯「じゃあかわりばんこ?」
梓「そうなります…ね」
唯「でもあずにゃん恥ずかしがるからなぁ」
梓「恥ずかしがったら悪いんですか」
唯「ううん、初々しくて好きだけど、疲れない?」
梓「そういう体質なんです///」


唯「美味しかったね♪」
梓「そうですね///」
唯「あずにゃん」
梓「はい?」
唯「これからもおねだりしていいよ?」
梓「……」
梓「いえ、やっぱり今までどおりでいいです」
唯「なんで?」
梓「唯先輩はまだ私に甘えたままでいてください」
唯「それってどういうことかな。私って頼りない?」
梓「そうじゃないけど…」
唯「私だってあずにゃんに甘えてほしいよ」
梓「……」
唯「ダメ…かな?」
梓「はぁ…甘えてほしいと甘えられたら答えるしかないじゃないですか」
唯「やったー♪」
梓「こうなったら全身全霊で甘えてやるですっ///」ガバッ
唯「あずにゃんカモーン♪」ダキ


梓「///」
唯「あずにゃんムリしなくていいよ?」
梓「///」ブンブン
唯「まあ可愛いからいいや♪」ギュ
梓「//////」






fin.

137軽音部員♪:2010/06/15(火) 13:07:30 ID:ciW2SqAU0
ゆいあずな日常 → ゆいあず日和
にしてみました

ネーミングセンス…

138お泊り:2010/06/15(火) 17:24:50 ID:oJuZOXHE0
薄暗い部屋の中、真っ暗な天井が見えた。
顔を少し動かすと、壁にかけた時計が視界に入って、
針に塗られた夜光塗料が今の時刻を私に伝えていた。

「……3時」

時間を呟いて、そこで思考が追いついてきて……
夜中に目を覚ましてしまったことを、私は理解した。
あくびを一つ。同時に喉の渇きを覚えた私は、
お水を飲んでこようとベッドから降りようとした。
でも……

「……あれ?」

パジャマを引っ張られるような抵抗を覚えて、自然と体の動きが止まった。
まだ少し寝惚けている頭で、何か引っかかっているんだろうかと
疑問に思いながら首を巡らせば……

「ぅにゃぁ……」

眠っている唯先輩の姿が、そこにはあった。
私のベッドの上で横向きで眠っている。
めくられた掛け布団の下、伸びた右腕を目で追えば、
しっかりと私のパジャマを掴む右手を見つけることができた。

「えっと……」

無意味な呟きを発し、また一つあくびをして……
唯先輩が今日、私の家に泊まったことをようやく思い出していた。
両親のいない土曜日、ギターの練習のため私の家に来た唯先輩。
珍しく練習に熱中して、気がつけば夜も大分遅くなってしまい……
明日は日曜日だからと、泊まっていくことになったのだった。
最初は私の部屋に布団をひいて、
唯先輩がベッドを、私が布団を使うつもりだったのだけど、

「せっかくのお泊りなんだから一緒に寝ようよ!」

という唯先輩の一言で、同じベッドで眠ることになってしまったのだ。

139お泊り:2010/06/15(火) 17:27:21 ID:oJuZOXHE0
「……ふにゃ……ぁずにゃ……ん……」

二つ並べた枕の一つに顔を埋めて、幸せそうな表情で眠っている唯先輩。
寝る直前まで大はしゃぎでお喋りしていたのが嘘みたいに、
今は大人しかった。

「……私を離してくれないところは、起きてるときと変わらないですけど」

パジャマを掴んでいる手を見つめて、私は苦笑を浮かべた。
並んで寝ているときもすぐに抱きついてきた唯先輩は、
寝た後もこうしてパジャマを掴んで、私を離してくれようとしない。
それだけ唯先輩に求められていることに、
私はくすぐったいような嬉しさを感じていた。
外で抱きつかれれば恥ずかしく思ってしまうけれど、
唯先輩の真っ直ぐな好意が嫌なわけではもちろんなかった。

「でもやっぱり……」

時と場所は考えて欲しいとも思う。
こうして寝た後も捕まえられていては、
お水も自由に飲みにいけなくなってしまう。

「もうっ、唯先輩は……」

小声で文句を言って、私は唯先輩を起こさないよう気をつけながら、
その手をパジャマから離そうとした。
そっと指に触れ、布地を抜き取ろうとする。でも……

「……抜けない」

思いの外唯先輩の力は強く、
パジャマの布はしっかり握られてしまっていた。
起こさないよう優しく……そんな考えでは、脱出は不可能みたいだった。
このまま眠ってしまおうかとも思ったけれど、
一度意識してしまうと、喉の渇きはどうにも我慢できないもので……
でも無理に手をはずそうとして、
唯先輩を起こしてしまうのも申し訳なくて……

「どうしよう……」

唯先輩の手の平をなんとなく撫でながら、困ったようにそう呟くと、

「……くすっ」

小さな笑い声が聞こえた。私の声ではもちろんない。ということは、

「……唯先輩?」

140お泊り:2010/06/15(火) 17:29:21 ID:oJuZOXHE0
そう声をかけるけれど、唯先輩は返事をしなかった。
聞き間違いかなと一瞬思ったけれど、
唯先輩の顔を見てみれば、その表情はさっきとは違って、
まるで笑いを堪えているかのように力が入っていて、

「……唯先輩、起きてるんですか?」

そう私が聞くと、

「スースースー」

わざとらしい寝息が返ってきた。明らかに起きていた。

「唯先輩、起きてるんですね?」

「グーグーグー」

「もうっ、唯先輩!」

「……ダメ、寝てるからお返事できない」

重ねた私の言葉に、挙句そんなことを言ってくる唯先輩。
思わずあきれ、私はため息をついてしまった。

「もうっ、唯先輩。起きてるのなら、手を離して下さいよ」

「ダメだよあずにゃん、私眠っちゃってるもん。だから無理なのです」

「……しっかりお話できてるじゃないですか」

唯先輩の態度にあきれ、喉の渇きにちょっとムッとしてしまい……
二つが合わさって、珍しくも悪戯心が私の心に生まれていた。

「そうですか……唯先輩は寝てるんですね?」

「うん、もうぐっすり寝てるよ」

「そうですか、ぐっすり寝てるんですね……」

そう言いながら、私は人差し指を唯先輩の手の甲に近づけ、
肌に触れるか触れないかという位置でそっと動かした。

141お泊り:2010/06/15(火) 17:32:43 ID:oJuZOXHE0
「ひゃっ」

そのくすぐったさに、唯先輩が小さな悲鳴を上げた。その声に私は笑って、

「ダメですよ、唯先輩。眠っているんですから、そんな声出しちゃ」

言って、また指を動かす。それにあわせて悲鳴を上げる唯先輩。

「そんな声出しちゃダメですってば、唯先輩は寝てるんですから」

ちょっといじめるようにそう言って、
私は身を乗り出し、今度は指を首筋に這わせる。

「ひゃうっ、あ、あずにゃん、ダメっ……」

途端、体をびくんと震わせる唯先輩。
ベッドの隅に逃げようとするその体を抑えて、繰り返し首筋を撫で、
更にはパジャマの下にまで手を入れようとしながら、

「逃げちゃダメですよ、唯先輩。だって寝てるんですから」

私がそう言うと、

「降参! あずにゃん、降参!」

慌てて唯先輩が体を起こして、半ば叫ぶようにそう言っていた。
必死なその態度が面白くて、私はつい笑ってしまっていた。

「うぅ……あずにゃんひどい。いじめっ子ぉ」

「最初にふざけたのは唯先輩じゃないですか」

そう言いながら、
私はまだパジャマを掴んでいた唯先輩の手をそっと離して、
ベッドから降りた。

「……だって、あずにゃんが私を置いて、どっか行こうとしてたんだもん」

「ちょっとお水を飲んでこようとしただけですよ」

「ぶー、それでもダメだもん。
せっかくのお泊りなんだから、朝まで二人で寝なきゃダメっ」

拗ねたようにそんなことを言う唯先輩。
いつも以上に子供っぽいのは、ちょっと寝惚けているためだろうか。
私のさっきの悪戯も、まだちゃんと目が覚めていないからできたことだろう。
朝ちゃんと起きたら、思い出して恥ずかしい思いをしそうだった。

「……あずにゃん、早く帰ってきてね?」

部屋を出ようとする私に、唯先輩がそう声をかけてくる。
枕を両腕で抱きしめ、ベッドの上に座っている唯先輩は、
ほんとに甘えんぼの子供みたいだった。

「はい、すぐ戻ってきますね」

くすっと笑って、私は部屋を出た。

142お泊り:2010/06/15(火) 17:34:38 ID:oJuZOXHE0
台所からミネラルウォーターのペットボトルとグラスを二つ持って、
私は部屋に戻った。ベッドに座ったままの唯先輩にグラスを一つ渡し、

「唯先輩も飲みますよね?」

と言う。唯先輩は笑って、

「ありがと、あずにゃん」

グラスを両手で受け取った。
ペットボトルをあけ、唯先輩のグラスに水を注ぎ、
続けて私のグラスにも水を注ぐ。
ペットボトルをテーブルに置いて、
ベッドに腰をかけて、私は水を一口飲んだ。
冷たい水が喉を通り過ぎて、ようやく渇きが癒された。

「お水、美味しいね」

「……そうですね」

唯先輩に返事をして、もう一口水を飲んで、ほっと息を吐いた矢先、

「えいっ!」

「にゃっ!」

首筋に冷たいものを感じて、私は悲鳴を上げていた。
なにが起きたのかは考えるまでもなかった。
唯先輩が水の入ったグラスを、私の首にくっつけたのだ。

「も、もうっ、唯先輩!」

「エヘヘ……さっきの仕返しです!」

笑いながら言って、唯先輩が突然抱きついてきた。

「あ、危ないですよ、唯先輩!」

「だってぇ、あずにゃんが離れていた分、
あずにゃん分足りなくなっちゃったんだもんっ」

「ダメですってば、唯先輩! お水こぼれちゃいます!」

「エヘヘ……あ〜ずにゃんっ」

143お泊り:2010/06/15(火) 17:37:34 ID:oJuZOXHE0
ベッドの端で揉み合って、
並んで腰掛ける形で落ち着くまで、
お水がこぼれなかったのは奇跡だった。

「もう……ほんとに唯先輩はしょうがないんですから……」

私の文句に、唯先輩は「エヘヘ」といつもの笑いを浮かべる。
片手は私の手をしっかりと握っていた。
手の平をあわせる恋人繋ぎ。抱きつく代わりの唯先輩のご希望で……
これなら抱きつかれた方がまだ恥ずかしくなかったかな、と思ってしまう。
昼間だったら、たとえ部屋の中であったとしても断っていただろう。
まったく何をしているんだろうと、そんなことも思ってしまった。
真夜中に、二人でベッドの端に腰掛けて、
恋人繋ぎで手を握って、一緒にお水を飲んでいる。
どこか間が抜けているようにも思えて……
でもなんとなく、私と唯先輩らしいかななんて風にも思ってしまった。

「ねぇあずにゃん、明日はなにしよっか!」

隣に座った唯先輩の言葉に、私は壁の時計を見た。
夜光塗料は3時半の形になっている。
「明日」というよりも、もう既に日曜日は「今日」で……
こんな時間に起きてお喋りをしていたら、
きっと朝早く起きることなんてできないだろう。
昼頃までズルズルと寝てしまい、結局一日部屋で、
なにをするでもなくダラダラ過ごしてしまうことになるかもしれない。
それも悪くないかななんて私は思ってしまって、
そう言ったら唯先輩は笑って喜ぶだろうけれど……
それで喜ばれるのもやっぱりちょっと悔しいから、

「決まってます、もちろん練習です!」

力強く、私はそう言っていた。私の言葉に、
「えぇ〜」という唯先輩のちょっと情けない返事が返ってくる。
部屋に響いたその声に、私は小さく笑って、また一口、お水を飲んだ。
冷たいお水と、手の平のぬくもりが心地よかった。


END


長文失礼します。
規制に巻き込まれたのでこちらに。
「先輩、お水ですよ」ほっぺすりすりが楽しみすぎて。
あずにゃん悪戯っ子、唯甘えんぼ全開なのは、夜の魔力です。

144軽音部員♪:2010/06/15(火) 17:41:48 ID:oJuZOXHE0
>>136
会話劇、面白かったです。
素直なイチャイチャも良いなぁ。

145軽音部員♪:2010/06/15(火) 18:50:36 ID:f8aCBFTg0
>>144
いえいえこちらこそ
ニヤニヤさせていただきました♪

146ゆいあず日和 Vol.2:2010/06/15(火) 19:40:04 ID:f8aCBFTg0
唯「ポカポカ〜♪」
梓「たまには日光浴も悪くないです」
唯「お天とさんのお恵みをお肌いっぱいに感じるよ」
梓「いま絶対言いずらかったでしょ」
唯「言ってみたかっただけ」
梓「おふざけですね」
唯「お目が高い!」
梓「謎です」


梓「唯先輩なら光合成できそうですよね」
唯「葉緑体があればなぁー」
梓「一生こうしてられますしね」
唯「よくわかってる〜♪」
梓「私は嫌ですけど」
唯「じゃあわたしもいいや」
梓「流されすぎです」
唯「たゆたう水のように」
梓「せいぜい小舟ですよ」
唯「しどい…」


梓「いつまでこうしてるんですか?」
唯「んー死ぬまで?」
梓「まあ悪くはないです」
唯「冗談だよぉ」
梓「知ってますよ」
唯「でも…あずにゃんとならいいかな」
梓「……」
梓「もっと思い出作りましょうよ」


唯「あ〜ずにゃ〜ん」
梓「なんですかー」
唯「呼んだだけ〜」
梓「却下です」
唯「ええ〜」

147ゆいあず日和 Vol.2:2010/06/15(火) 19:42:42 ID:f8aCBFTg0

唯「……」
梓「……」
唯「鳥の糞落ちてきたら最悪だね」
梓「ええ最悪ですね」
唯「実は一度だけ」
梓「あったんですか?」
唯「信号待ちしてるところにピャッと」
梓「効果音がキュートですね」
唯「気分は最悪です」
梓「ご愁傷さまでした」


梓「それにしても大きな木ですよね」
唯「この公園で一番大きい木だね多分」
梓「真ん中にぽつんとあるのが余計に目立ちますよね」
唯「でも他の所からじゃ遠くて見えにくいのがポイントだよ」
梓「だからこうやって伸び伸びできるわけですけど」
唯「あずにゃんと初めてピクニックに来たのもここだね」
梓「そうでしたね」
唯「また皆で来ようね♪」
梓「はい♪」


唯「この〜木なんの木気になる木ぃ〜♪」
梓「えっと…」
梓「みんなが集まる木ですからぁ〜♪」
唯「みんながあつ〜まるぅ〜♪」
唯梓「木ぃ〜になるでしょお〜♪」
唯「……」
梓「……」
唯「……ぷっくく」
梓「ふふ…くくっ」
唯「あはっ、あはははっ」
梓「あっはは、ははははっ」
唯梓「あはははははははははっ」ケラケラ
唯「はぁ……」
梓「ふ……ふふ」
唯「ぷくくっ…あ、あずにゃんダメだよぉ…」プルプル
梓「ふふ…唯先輩、だってふふふっ」クスクス

148ゆいあず日和 Vol.2:2010/06/15(火) 19:46:14 ID:f8aCBFTg0

唯「はぁ…幸せ」
梓「特になんもしてないですけど」
唯「新鮮な空気に青い空」
梓「ポカポカ陽気に鳥の囀り」
唯「木陰で寄り添う私達」
梓「それ余計です」
唯「えーいいじゃん恋人チックで」
梓「特に恋人らしいこともしてないでしょ」
唯「じゃあチューする?」
梓「しません」
唯「ケチー」
梓「結局したいだけじゃないですか」


唯「眠い……」
梓「唯先輩はそればっかりです」
唯「寝たいときに寝れるって幸せだと思わない?」
梓「まあ確かに」
唯「寝れるって幸せだよ。人に生まれてきてよかったって思うもん」
梓「いちいちオーバーですねぇ」
唯「あずにゃんだってお布団の中に潜ったら幸せな気持ちにならない?」
梓「そりゃもうサイコーですよ」
唯「でしょ?お布団で眠れるなんてサイコーだよ」
梓「…なんか人間サイコーって気分になってきました」
唯「じゃあ叫ぼうよ!人間サイコーー!!!」
梓「ちょっ!なに大声張り上げてんですか!?」
唯「あずにゃんもほら、せーのっっ」
梓「あ、えっと…」


唯梓「人間サイコーーー!!!」


唯「はースッキリ♪」
梓「もうやりませんから…///」





fin.

149軽音部員♪:2010/06/15(火) 20:03:07 ID:f8aCBFTg0
暇があればVol.3も投下するかもです
ゆいあずのイメージ合ってますかね…

150軽音部員♪:2010/06/15(火) 21:23:27 ID:yKXHOXf.0
GJです
情景が目に浮かぶ……

151ゆいあず日和 Vol.3:2010/06/15(火) 23:26:58 ID:f8aCBFTg0
唯「雨だよぉー」
梓「雨ですね」
唯「なにしよう」
梓「さあ」
唯「迷った時は」
梓「『いいとも』でも見ましょうか」
唯「ぶー」


唯「あずにゃんヒマー」
梓「それが人の家に上がり込んで言う台詞ですか」
唯「だってヒマなんだもーん」ゴロゴロ
梓「平和な脳みそですね」
唯「平和が一番だよぉ」
梓「そうですけど」


唯「う〜」
梓「なんですか犬みたいに」
唯「じゃあ餌頂戴」
梓「クッキーでいいですか?」
唯「お勧めでー」
梓「じゃあドッグフード」
唯「あずにゃん犬飼ってたの?」
梓「冗談ですってば」


唯「あ〜い〜す〜」
梓「さっき餌あげたばっかじゃないですか」
唯「べつに食べたいなんて言ってないよーだ」
梓「そういえば冷凍庫にガリガリ君が」
唯「ガリガリ君あるの!?」パァ
梓「確か一本だけ」
唯「じゃあいいよ。あずにゃん食べなよ…」シュン
梓「……」
梓「二人で食べましょうか」
唯「わーい♪」


唯「これって関節キッス?」
梓「気にしたら負けです」
唯「何に?」
梓「……」
唯「誰に?」
梓「……」
唯「あずにゃーん♪」
梓「うるさい…///」

152ゆいあず日和 Vol.3:2010/06/15(火) 23:35:02 ID:f8aCBFTg0

唯「あずにゃんって本当は優しいよね」
梓「どういう意味です?」
唯「そのまんまの意味だよ」
梓「普段は冷めてるってことですか?」
唯「ツンツンしてるよね」
梓「あれはその…」
唯「ん?」
梓「す、素直になれない…だけです///」
唯「ツンデレじゃ!ツンデレがここにおる!」


唯「私ってなんだろう」
梓「唐突になんですか」
唯「あずにゃんは『ツンデレ』だからいいよ」
梓「決定ですか」
唯「じゃあ私のポジションは?」
梓「『天然ボケ』でいいんじゃないですか?」
唯「ひどっ!」
梓「『癒しボケ』でもいいですね」
唯「もやし食べたい」
梓「『萌やしボケ』ですかそれも捨てがたいです」
唯「もうそれでいいよ…」


梓「外ザーザーですね」
唯「帰りたくないー」
梓「泊まっていきますか?」
唯「じゃあ憂に連絡しよ♪」
梓「決断はや…」
唯「もしもしういー?今日ねーあずにゃん家に


梓「憂はなんて?」
唯「あずにゃんに迷惑かけないようにって」
梓「どっちが姉だか」
唯「私だよ?」
梓「知ってますけど」
唯「憂はできた子だよ♪」
梓「少しは見習ってほしいです」
唯「えへへ〜///」
梓「褒めてませんから」





fin.

153軽音部員♪:2010/06/15(火) 23:49:29 ID:f8aCBFTg0
今日のゆいあずはどうかなぁ

154軽音部員♪:2010/06/16(水) 00:28:23 ID:/r/np50QO
荒らしが酷すぎて泣きそう

155かき氷:2010/06/16(水) 16:39:12 ID:nSass3ts0
日曜日の午後。
突然訪ねてきた唯先輩を出迎えるため、玄関の扉を開けた私は、

「あずにゃん! かき氷機だよっ!」

唯先輩の大きな声と、大きな黒猫に遭遇した。
一瞬思考が止まり、「え?」と間の抜けた声を出してしまう。

「ほらほら! あずにゃんあずにゃん! かき氷機かき氷機!」

黒猫が上下に揺れ、その向こうに唯先輩の顔が見えて……
ようやくその黒猫がかき氷機で、
それを両手で持った唯先輩が目の前に立っていることに気がついた。

「ん? あずにゃん、なんか元気ない?」

「い、いえ……突然のことに驚いただけです」

唯先輩の少し心配そうな声に、私は苦笑を浮かべて答えた。
実際体調が悪いとか、そういったことはなかった。
ただ、玄関の戸を開けた途端、
大きな黒猫型のかき氷機を突きつけられて、
びっくりしてしまっただけだった。

「そうなんだぁ、よかったよぉ」

私の返事に、かき氷機を頭上に持ち上げた唯先輩が、
ほっとした声を出した。

「あずにゃんの具合が悪かったら、一緒にかき氷食べられないもんね!」

「……ひょっとして、かき氷を食べるためだけにうちに来たんですか?」

「ん? そうだよ?」

私の問いに、あっさりと答える唯先輩。その表情は、
「なんでそんな当たり前のことを聞くの?」と言っているようで……
私はあきれ、ため息をついてしまった。
普通、かき氷を食べるためだけに、人のうちを訪ねたりはしないと思う。

「……まったく、しょうがないですねぇ、唯先輩は」

「え? あれ……なんかひょっとして、私あきれられてる?」

「ええ、あきれてます。かき氷を食べるためだけに、
わざわざうちに来るなんて……普通しないですよ」

「えぇ〜、そうかなぁ……」

156かき氷:2010/06/16(水) 16:41:09 ID:nSass3ts0
私の言葉に、唯先輩がちょっと不服そうに唇を尖らせた。
でもその表情も、

「まぁとりあえず、上がって下さい。立ち話もなんですし」

私がそう言った途端、また満面の笑みに変わって、

「エヘヘ……お邪魔しまぁす」

唯先輩は弾んだ声を出しながら、玄関に上がった。
コロコロ変わる唯先輩の表情がおかしくて、
私もつい、笑ってしまっていた。

「でも珍しいですね、黒猫型のかき氷機なんて」

台所のテーブルに置かれたかき氷機を見て、私は言った。
頭の上にハンドルのついた手動式のもの自体は、
家庭用としては定番だろうけれど……
黒猫型というのはほんとに珍しいと思った。
動物を模したかき氷機の定番は、やっぱり白熊型だろう。

「エヘヘ……さっきお散歩してたらね、
玩具屋さんで偶然見かけてね、一目惚れして買っちゃったんだぁ」

「もうっ……また無駄遣いして……」

「えぇ、無駄遣いじゃないよぉ……
こんなかわいい子を無駄なんて、あずにゃんひどいんだぁ」

そう言って、唯先輩はかき氷機の頭、ハンドル部分の脇を撫でた。
まるで本物の猫を撫でるような優しい手つきだった。

「まぁ……かわいいとは、思いますけど……」

招き猫のポーズで、目を細くしている黒猫の形をしたかき氷機。
無駄遣いだとは思いつつも、確かにかわいいデザインで……
目を離せなくて、私は真正面からついじっと見つめてしまった。

「ね? かわいいでしょ?」

「ええ……まぁ……」

「でしょ! それになんか、あずにゃんにも似てると思わない?」

「わ、私にですか?」

「うん、そっくりだよぉ」

157かき氷:2010/06/16(水) 16:43:14 ID:nSass3ts0
そう言って笑う、唯先輩。
その笑顔になにか嫌な予感がして……
私は両手で、自分の頭を触った。案の定、

「もうっ、唯先輩!」

いつの間にか、私の頭にネコミミのカチューシャがのっけられていた。
誰がのせたのかなんて考えるまでもなかった。
この場には私と唯先輩しかいないのだから。

「勝手にネコミミなんてのせないで下さい!」

カチューシャを取って唯先輩につき返す。
途端、残念そうな声を唯先輩は出した。

「えぇ、取っちゃうのぉ」

「当然です!」

「ぶー、かわいいのにぃ……」

怒る私と、不満の声を出す唯先輩。
でも、唯先輩が唇を尖らせていたのは一瞬のことで、

「よし! それじゃかき氷を作ろう!」

カチューシャをテーブルの脇に置くと、
気を持ち直すように鼻息を一つ。
そして唯先輩が大きな声で宣言をした。
そんな唯先輩にちょっとあきれつつ、
でもかき氷を食べられるのはやっぱりちょっと楽しみで、

「そうですね、じゃ、氷を持ってきますから」

と、私は言った。夏だから氷は多めに作ってある。
二人だったら充分おかわりもできるだろう。
そう思って微笑んだ矢先……

「……って、唯先輩?」

冷蔵庫の手前で、唯先輩がかき氷機しか持っていないことを思い出し……
私は振り向いて、唯先輩に尋ねた。

「あの……シロップは……?」

私の問いに、唯先輩は二三度瞬きをして、

「あー!!」

突然大きな声を出した。それが何よりも明確な返事だった。

158かき氷:2010/06/16(水) 16:44:50 ID:nSass3ts0
「……忘れたんですね」

「…………うん」

念のため、唯先輩が持ってきたかき氷機の箱を確かめてみたけれど、
シロップ等は入っていなかった。
このままでは何の味もしないかき氷を食べることになってしまいそうだった。

「ご、ごめんね……あずにゃん……」

私がため息をつくと、唯先輩が心底落ち込んだ声音で、そう言った。

「あ、いえ……」

「この前……ムギちゃんが部室に氷持ってきたとき……
あずにゃんもかき氷すごく食べたそうだったから……
これで一緒にたくさん食べれるって、思ったんだけど……」

俯いて、唯先輩が言う。
その落ち込んだ様子に、私の胸も塞がってしまった。
このかき氷機に一目惚れをしたというのも嘘ではないのだろうけれど……
でもなによりも、唯先輩はあのときのことを覚えていて、
そして私のことを思ってかき氷機を持ってきてくれたことに私は気づいた。
自宅には憂がいるし、律先輩や澪先輩の家だってそう遠くないのに、
それでも私の家を訪ねてきてくれたのは、きっとそういうわけなんだ……。

(どうしよう……)

落ち込む唯先輩を見て、なんとかしなきゃと私は思って……

「……唯先輩! 一緒に実験しましょう!」

私はそんなことを、叫んでいた。

159かき氷:2010/06/16(水) 16:49:09 ID:nSass3ts0
「……やっぱり、砂糖水はあんまし、だねぇ……」

「本当は、ちゃんと砂糖を煮詰めてシロップを作るみたいですよ?」

氷を器に少なめに盛って、砂糖水をかけて作ったかき氷。
「水(すい)」ってよく言われているものだけど、
やっぱりただの砂糖水では味は今一つだった。

「うん! やっぱりアイスのは美味しいね!」

「……でもそれ、トッピングの量、超えてますよ?」

別な器に、アイスをのせて作ったかき氷を、
唯先輩がニコニコ顔で口にした。
アイスの量が多すぎて、もうかき氷とは言えない気もした。

「オレンジジュースのは……
シロップに比べるとやっぱりちょっと薄いかなぁ。
あずにゃん、コーヒーはどうだった?」

「……苦いだけでした」

「……だよね」

「テレビで紹介されていたときは、
もう少し美味しそうだったんですけど……」

並んで座り、少な目のかき氷を二人で食べながら、
私たちはそれぞれの感想を口にした。
かけるのは砂糖水やジュース。
アイスをのせてみたり、フルーツの缶詰を試してみたりもする。
氷の量を少なくして、台所にあるものを利用して……
実験と称して、私たちはいろいろなかき氷を試してみた。
端から見たら、
食材で遊んでしまっている子供ときっと変わらないことだろう。
でも……

「エヘヘ……あずにゃん……ありがとね……」

「……いえ、たまには楽しいですよ、こういうのも」

そう言って、私はかき氷を一口食べた。
唯先輩もアイスをのせたかき氷を口に入れる。
正直、味は今一つのかき氷。
でも二人で笑って食べれば、決して悪くはなかった。

「ほんとに……悪くないです……」

「うん……そだね」

二人でかき氷を口にして、悪戯っ子のような笑みを一緒に浮かべて……
そんな私たちの前で、猫型かき氷機は変わらず目を細くしていた。


END


長文失礼します。
11話の唯梓がかわいすぎて、衝動的に書いてしまいました。
抱きついてほっぺすりすりとか、かき氷楽しみにしていたところとか。
来週は合宿。12話ですし、楽しみ。

160軽音部員♪:2010/06/16(水) 16:52:24 ID:7YdtsvMU0
かき氷食べたくなった
GJ!

161軽音部員♪:2010/06/16(水) 20:52:33 ID:DyrwDOp20
ほっぺすりすりの後「暑い...」って振り向いた時に
唇がくっついてたように見えたのは俺だけ?

162軽音部員♪:2010/06/16(水) 21:17:15 ID:dh/jE/Eo0
>>159
GJ
カキ氷のくだりはこの二人似てきたなぁと微笑ましく思ったw

163軽音部員♪:2010/06/17(木) 07:33:38 ID:CqpEUBR6O
>>159
二人の楽しそうな雰囲気が感じられていいですなぁ〜

GJ!!!!

164軽音部員♪:2010/06/17(木) 14:50:32 ID:u18I8NXI0
唯「あずにゃんじっとしてて」
梓「なにを…」
唯「人差し指を眉間に近付けてぇ」
梓「ん…」
唯「うりうり」
梓「なんかムズムズします…」
唯「不思議だよねー♪」
梓「それだけですか?」
唯「それだけー♪」
澪「なにやってんだ」

唯「じめじめするぅ〜」
律「なんで雨なんか降るんだよぉ〜」
澪「自然現象なんだから愚痴ってても仕方ないだろ」
梓「今日は寝つけなさそうです」
紬「こういう日は皆でのんびり過ごしたいわ」

澪「いつまでぐだぐだしてるんだ?」
律「身体と対話してるんだよ」
澪「意味がわからん」
唯「アイス食べたいなぁ」
梓「またアイスですか」
紬「実は持ってきてるの♪」
唯律「よっしゃー!!」
澪「変わり身早すぎだろ」
梓「あはは…」

唯「あぁ、アイス愛してるよ」
律「洒落か?」
澪「ところでそのクーラーボックス重くなかったのか?」
梓「氷も沢山入ってますしね」
紬「皆の喜ぶ顔が見たくて♪」
唯梓律澪「一生ついていきます」
紬「あらあら♪」キラキラ

唯「ムギちゃんってドラ○もんみたいだよね」
梓「まあなんとなく言おうとしてることは分かります」
律「知ってるか?ドラ○もんの四次元ポケットって
  最初はオレンジ色だったって話だぜ?」
澪「ふぅ〜ん」
律「少しは興味持ってよ!」
梓「というか受け売りですよねそれ」
紬「ドラ○もんってなに?」
唯「今度DVD借りて皆で見ようよ♪」
紬「楽しみ♪」

165軽音部員♪:2010/06/17(木) 14:54:46 ID:u18I8NXI0
ジャーン♪

唯「ふぅ…」
澪「やっぱ暑い」
律「手汗がスティックに張り付いて」
梓「私もピックが滑っちゃいます」
紬「私もぉ」
唯「皆だらしないよ!これぐらいで!」
律「おーい私たちはこっちだぞー」
梓「重症だっ」

唯「うぅ〜」
梓「唯先輩、冷たいおしぼりです」
唯「ありがとぉ、あぁっひんやりぃ〜♪」
梓「ホント世話が焼けるんだから」
澪「梓はいいお嫁さんになるな」
梓「ふえ?」
澪「あっいや、なんでもないっ」

律「んじゃあキリもいいし今日は…」チラ
澪「なんで私を見る?」
律「いやぁ、なんでだろうなっ」
梓「澪先輩の恥ずかしがる癖がなかったら今頃…」
律「怖いこと言うな!考えただけでも鳥肌g」

律「」
澪「さぁ、雨も上がったしさっさと帰ろう♪」
唯「そ、そうだね!澪ちゃんにサンセーっ!」
梓「わ、私もです!四人皆で帰りましょう!」
紬「鍵は置いておくから」
律「うおおおい!?血も涙もねーのかよテメーラ!!」




失礼しました

166軽音部員♪:2010/06/17(木) 17:34:16 ID:R9YgNUVg0
>>165

唯の世話を焼くあずにゃんは良いですよね。

167軽音部員♪:2010/06/18(金) 19:16:26 ID:Pv4fWI1s0
とある放課後の音楽室


唯「りっちゃーん」
律「なんだー?」
唯「なんだっけ??」
律「軽々しく名前を呼ぶなっ」
梓「……」
梓「律せんぱーい」
律「ああ!?」
梓「ひっ!」ビク

律「だいたいお前らっ少しは部長を敬う気持ちを持ったらどうだっ」
澪「部長といっても律だしな」
律「澪しゃんまで…」
唯「まあまあ私が慰めてあげるよぉ」
律「事の発端はお前だ!」
唯「あり?」

唯「りっちゃんに怒られた…」
律「フンッ」
唯「どうしよ…」
紬「謝ったほうがいいかも」
梓「自業自得ですしね」
律「お前も何気に便乗してたけどな!何気に!」
梓「ちょっとした出来心ってやつです♪」
律「ちっとも可愛くない!」
澪「落ち着け」
律「これが落ち着かずにいられっかーい!!」

律「」ポクチーン
梓「落ち着きましたね…」
唯「ちょっと可哀想」
梓「お花でも添えておきましょうか」
唯「いいね〜♪」
澪「お前らも大概にしとけ」
唯梓「スミマセンデシタ」

紬「りっちゃん大丈夫?」
律「……」
律「澪怒ってない…?」
紬「うん♪」
律「じゃあ起こして…」

168軽音部員♪:2010/06/18(金) 19:18:21 ID:Pv4fWI1s0
律「うわぁぁんまた澪にぶたれたぁぁ」
澪「手が出たのは悪かったよ」
律「グスンッ…」
唯「なんかりっちゃんが可愛い」
梓「いつもこれぐらいならいいのに」ボソ
律「お前はアタシに恨みでもあんのか!」
梓「なっ、いつもからかってくるのは律先輩じゃないですか!」
唯「おお!譲れない闘いが今ここに!」
紬「やれやれー♪」
澪「煽るな」

律「唯だっていつも抱きついてくるだろ!」
梓「あれはっ…別です!」
律「差別だ!!」
梓「唯先輩のはその…防ぎようがないというか…だから///」モジモジ
律「ハン!そんなこと言ってどうせ満更でもないんだろ?」
梓「うっ…///」
律「ほーらどうしたー?言い返せないんですかー?」ニヤニヤ
梓「……っ律先輩のバカバカ!!///」ポカポカ
律「理不尽すぎるだろ!?」イテェ!
唯「フレーフレーあ・ず・にゃん♪」
紬「負けるな負けるなりっ・ちゃん♪」
澪「止めろよ…」

数分後

律「チクショー…梓のクセにぃ…グスッ」ギュー
澪「幼稚園児か」ナデナデ
梓「律先輩なんか…律先輩なんかぁ…ヒックッ」ギュー
唯「おーよしよし」ナデナデ

紬「一件落着♪」←(●中)





レベル低すぎ泣きそう

169軽音部員♪:2010/06/18(金) 20:14:46 ID:Pv4fWI1s0
もうひとつだけ投下↓

170軽音部員♪:2010/06/18(金) 20:17:54 ID:Pv4fWI1s0
唯「はーさっぱりだー」ホカホカ
梓「ちゃんとお湯に浸かりましたか?」
唯「うん♪あんまり気持ちよくて『ふわふわ時間』歌っちゃった♪」
梓「まあ全部聞こえてましたけど」
唯「あらやだ恥ずかしぃ///」
梓「バスタオル一枚なのはスルーですか」

梓「じゃあ入ってきますね」
唯「ごゆっくりー」
梓「あ、そうそう、冷凍庫にアイス入ってますから」
唯「おお!あずにゃん気が利くね♪」
梓「一本だけですよ?」
唯「レッツ冷凍庫ー!!」ダッシュ
梓「聞いちゃいねえ…」

梓「ふぅ、さっぱり」ホカホカ
唯「あ〜ずにゃ〜ん♪」
梓「わぷっ」
唯「ホカホカだね〜♪」スリスリ
梓「ちょ、やめてください!髪の毛縮れちゃう!///」

唯「あずにゃんのケチー」
梓「待ち伏せまでして抱きつかないでくださいよ///」
唯「ホカホカなあずにゃんがよかったんだもん」
梓「期間限定のマスコットキャラですか私は…」
唯「ホカホカなあずにゃん…略して『ほかにゃん』…」
梓「私が略されてます!」

梓「せめて髪の毛乾かしてからにしてください」
唯「乾かしてからならいいの?」
梓「……」
梓「まあ、いいんじゃないですか?」ツーン
唯「ウッシッシ」
梓「スタンバイ禁止!!」

唯「ねーあずにゃんまだー?」
梓「もうちょっと待って…」
唯「あずにゃんの髪の毛って面倒臭いよね」
梓「否定はしませんがムカっときます」
唯「切っちゃおっか」
梓「いいんですか?切っても」
唯「……」
唯「やっぱダメっ!」
梓「どっちですか」

171軽音部員♪:2010/06/18(金) 20:22:08 ID:Pv4fWI1s0
梓「はい終わりましたよ」
唯「いいの!?」
梓「どうぞご勝手にっ///」ツーン
唯「あっ、その前にアイス食べよ!」
梓「食べたんじゃなかったんですか?」
唯「やだなー、あずにゃんを差し置いて私だけ食べるなんて卑劣な真似は」
梓「とかなんとかいって、ホントはもう一本食べたいがための口実と」
唯「ひどいよあずにゃん!私が嘘をついてるって言うの!?」
梓「確かめれば分かりますよ」
唯「スミマセンでした…」

梓「唯先輩?」
唯「……」
梓「ゆーいー」ピト
唯「ひゃっ、冷た!?」
梓「アイス持ってきてあげたよ♪」
唯「ふぇ、なんで?」
梓「だって落ち込んだ唯なんて見たくないから」
唯「べつに落ち込んでなんか…」
梓「じゃあいらない?」
唯「いただきます…」

唯「うぅ…すっかりあずにゃんのペースだよ」ペロペロ
梓「あんな態度見せるから悪いんですよ」ペロペロ
唯「だってあずにゃん怒ったら怖いんだもん」シャクシャク
梓「そうですかねー」ハム
唯「まあ憂ほどじゃないけど…」
梓「明日憂に報告しときますね」
唯「やめて!お願いだからやめて!」ブワッ
梓「じょ、冗談です泣きつかないでくださいっ」

唯「さて、アイスも食べたし」
梓「///」ドキドキ
唯「歯磨きしてこよっか」
梓「あぅっ…」コケ
唯「どしたの?」
梓「いえなんでもないですはやくいきましょう」
唯「そう?でもなんだか顔赤くn」
梓「い・い・か・ら///」グイグイ
唯「素直じゃないんだから〜♪」





ネタ切れ終了

172軽音部員♪:2010/06/19(土) 01:20:56 ID:w8omLGXM0
こっちにも
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org972933.png

173軽音部員♪:2010/06/19(土) 03:43:41 ID:yMECXVsw0
>>172
俺が終了した

174軽音部員♪:2010/06/22(火) 00:15:55 ID:NuUubg4U0
現行スレの351です。
巻き添え規制に遭ってしまったので、こちらにSSを投稿させていただきます。

175ずっと一緒だよ:2010/06/22(火) 00:18:11 ID:NuUubg4U0
「はぁ・・・はぁ・・・何で電話に出てくれないの・・・!!」

私は今にも泣きそうな表情で走っていた。目指す場所は私達の家だ。

「お願い・・・電話に出てよ・・・唯!!」

唯の身に何かあったんじゃないか・・・そう思うと、私は胸が張り裂けそうな思いになった。



――――――――――



今年、私は大学生になった。

「私・・・唯先輩の事がずっと好きでした!私、唯先輩から離れたくないです!!・・・ずっと、一緒に居たいです・・・」
「・・・私も大好きだよ。だから、あずにゃんも同じ大学においでよ! 私、待ってるからさ!」

唯先輩と離れるのがどうしても辛くて・・・思い切って告白した。唯先輩はいつものように優しい表情で私にそう言ってくれた。
だから、大学で唯先輩と再開した時は、嬉しくて嬉しくて・・・思わず抱きついてしまった。そう、高校の時に、唯先輩が私にしていたように・・・。
1年振りに見た唯先輩は、とても大人っぽくなっていて、私は惚れ直していた。

「1年前の約束・・・私守りました。唯先輩と一緒に居たいから、この大学にしました!」
「私も待ってたよ・・・。この1年、梓と一緒に居られなくて寂しかったよ」
「梓って・・・/// 今まで、あずにゃんって呼ばれてたから、何だか逆に恥ずかしいですね」
「えへへ、私は逆にあずにゃんって呼ぶのが恥ずかしくなっちゃったよ。呼び出しっぺは私なのにねっ」

唯先輩が恥ずかしがるなんて・・・やっぱり、1年という時間は人を成長させていくみたいだ。
唯先輩と過ごす時間はいつも楽しくて、すぐに過ぎてしまう。これは高校の時から変わらない。

「あ、もうこんな時間ですね・・・」
「ホントだ・・・。そうだ、梓・・・今晩、私の家で夕飯食べない? 一人暮らしを始めたばっかりで、まだ寂しいんだよね〜」
「い、良いんですか?」

唯先輩は、憂が高校を卒業するのと同時に、一人暮らしを始めた。
両親がよく家を空ける事情から、高校生の憂を一人にはさせられないということで、大学1年の時は実家から大学に通っていた。
しかし、唯先輩が大学に通うにつれ、高校の時よりも見違えるくらいに自立した事で、憂も一人暮らしを認めたようだ。
それでも相変わらず、唯先輩よりも憂の方がしっかりしているけれど・・・。ちなみに、憂は私達とは違う大学に通うことになった。

「これは・・・」

私は、唯先輩の部屋で1枚の写真を見つけた。大人っぽくなってはいるけれど・・・見覚えのある顔だ。

「へへっ、澪ちゃん達だよ!私達、大学は違うけれど、外バンを組んで、今でも放課後ティータイムとしてバンドを続けてるの」
「皆さん、元気ですか?」
「も〜、相変わらずだよ!4人で居ると、高校の気分に戻れるんだよね!」
「・・・やっぱり、皆さんと一緒だと楽しそうですね。・・・ギター、1人募集してますか?」
「梓の席は予約済みだよ♪」
「あ、ありがとうございます///」

久しぶりに放課後ティータイム5人でバンドが組める・・・そう考えるだけでワクワクしてきた。

176軽音部員♪:2010/06/22(火) 00:19:59 ID:NuUubg4U0
「唯先輩、ちゃんと自炊もできてるんですね!昔は憂に頼りっぱなしでダメダメだったのに」
「まぁね♪・・・って、酷いなぁ〜。私も成長したんだよっ!」

私は、キッチンで料理を作る唯先輩の後ろ姿を見ていた。正直、初めて見る光景で、新鮮な感じがする。

「1年の月日って、あっという間に過ぎるけど、人も大きく成長しちゃうんですね」
「そうだね〜。・・・梓も、久しぶりに見た時はちょっと大人っぽくなってて、ビックリしちゃったよ♪」
「そ、そんな・・・唯先輩の方が大人っぽくなってて・・・ドキッとしちゃいました・・・///」
「まぁ、梓は可愛さも倍増だけどね♪・・・いや、3倍増かな!?」
「な、何言ってるんですか!/// そんな事ないですよぉ///」
「照れてる姿も可愛いよ?」
「もう・・・/// その辺は、唯先輩は変わってないですね・・・」

高校の時と同じやりとり・・・。だけど、久しぶりに言われるとやっぱり恥ずかしいものだ。
私は照れながらも口元が緩んでしまった。そんな表情を見ながら、唯先輩はニコッと笑っていた。



「今日はご馳走様でした。唯先輩の手料理、美味しかったです♪」
「本当?こんな物で良ければ、いつでも作るよ!」
「・・・そんな事言って、調子に乗らないでくださいよ〜?昔、マシュマロ豆乳鍋とかチョコカレー鍋を作ろうとしてましたし・・・」
「そ、それは・・・若さ故の過ちということで・・・」

唯先輩は、照れた表情で私を見ていた。大人っぽくはなったけど・・・こういう表情は、高校の時と変わらず、やっぱり可愛い。

「時間も遅くなりましたし・・・そろそろ帰らせていただきますね」

時計はもう夜の10時を過ぎていた。
唯先輩の家から私の家までは1時間程かかるが、夕飯はご馳走になったし、帰ってもお風呂に入って寝るだけだ。

「ねぇ、梓・・・」
「何ですか?」

唯先輩から、さっきまでの可愛らしい表情が消えていた。また大人に戻ったような・・・真剣な表情だった。

「私・・・梓から離れたくない・・・」
「えっ・・・///」

その言葉を聞いた時、唯先輩の卒業式を思い出した。
私もその時、唯先輩から離れたくないと・・・今の唯先輩と同じ事を言っていた。
あの時の私は、離れる事が寂しくて、泣きながら想いを伝えていたっけ・・・。
思い出すと恥ずかしいけれど、今の唯先輩みたいに、カッコいい表情ではなかった。

「ギュッ」
「ゆ、唯先輩・・・?///」

私は力強く抱きしめられた。こんな感覚は初めてだった。
高校の時にも、唯先輩からはよく抱きつかれていたけど、あの時は優しく抱いてくれていた。
同じ抱かれるでも、今までとは違う感覚・・・でも、安心できる感覚は同じだった。

「久しぶりに梓に会えて・・・感情を抑えようと思ったんだけど・・・やっぱりダメみたい」
「唯先輩・・・」

唯先輩は、私の耳元でそっと囁いた。私を完全に陥落させる言葉・・・。
私は唯先輩に身を委ね、彼女からの言葉を受け入れていた。



「好きだよ、梓・・・」
「私も・・・好きです・・・」

177ずっと一緒だよ:2010/06/22(火) 00:21:29 ID:NuUubg4U0
それから間もなく、私は彼女の家に住むことになった。友達には先輩とルームシェアをしていると言うが、勿論それだけの関係ではない。

「おはよう、梓♪」
「お、おはよう、唯///」
「その呼び方、慣れてきたね」
「ま、まだ慣れないよぉ///」

恋人同士になった今、何の遠慮もいらないから、私の事は唯って呼んでと言われて数日・・・まだ照れの方が強くて、この呼び方に慣れていない。
だけど、今まであった先輩と後輩という壁を崩せた事に私は幸せを感じていた。

「あ〜ずさっ・・・んー♪」
「もう・・・唯ったら・・・甘えん坊なんだから」

そう言いつつも、私は唯のおねだりに応える。朝の至福の瞬間だ。

「えへへ、ご馳走様♪」
「唯だけずるいよぉ」
「じゃあ・・・私からも・・・」

そう言うと、唯は嬉しそうに私にキスしてくれた。
朝から唯の愛を感じられる・・・何て幸せなんだろう。

私達は毎朝一緒に登校し、一緒に下校する。
さすがに受ける授業は違うけれど、時間が合えば大学でも一緒の時間を過ごしている。

「梓・・・私達、ずっと一緒に居ようね♪」
「勿論だよ!ずっと、一緒・・・だよ///」

178ずっと一緒だよ:2010/06/22(火) 00:23:11 ID:NuUubg4U0
そんな中、私にとって決して忘れられない出来事が起きた。

それは普段と変わらない1日・・・だったが、唯の最後の講義が臨時休講になった。
それだったら、私も休んで一緒に・・・と思ったが、私の方は必修科目だった為に休めなかった。
今日は近所のスーパーの特売日という事で、唯が先に帰って買い物を済ます事になった。

「さてと、私も講義が終わったから帰ろうかな。帰って、唯と夕飯の準備をしなくちゃ・・・」

講義が終わった事を唯にメールする。すると、1分と経たないうちに唯からメールが届いた。

「唯からだ。返事早いなぁ・・・『早く!』?」

メールの題名は『早く!』・・・題名からでは、何があったのかはわからなかった。

「・・・何?どうしたの?」

私は、メールを恐る恐る読む。

『早く!梓、帰ってき』

これが私に届いたメールだった。文章が途中なのに送信されている。何か、切羽詰まったような感じの文章だ。
何が起きているのかわからなかったが、唯の身に何かあったのではないか・・・そう感じた私は居ても立っても居られず、講義室を飛び出していた。

「そうだ、電話してみよう!」

何度も聞こえるコール音・・・しかし、何度かけても、唯の声を聞くことはできなかった。

「お願い・・・電話に出てよ・・・唯!!」

私の必死の思いは届く事なく、唯の声を聞く前に家に着いた。
私がドアノブに手をかけると、すぐにドアが開いた。どうやら、鍵もかかっていなかったようだ。
しかし、今の私にとってそれはどうでも良い事だった。ただ、唯が何事もなければ・・・。

「唯ー!!」

私の叫び声が部屋中に空しく響いた。唯のケータイは、先ほど買ってきたであろう夕飯の材料と共にテーブルに置かれたままだった。
彼女のケータイには、着信が20件以上残っている。気付かないうちに、私はそんなに電話をかけていたんだ・・・。

「唯・・・唯ぃ・・・どこなのぉ・・・」

私は家中を探し回った。ただ、唯会いたくて・・・必死に探した。
『なーんだ、見つかっちゃった。さすが梓だね』そんな子供のようなかくれんぼでも良い・・・。
風呂場、トイレ、クローゼット・・・いたる所を探し回った。しかし、そこに唯の姿はなかった。

「唯ぃ・・・お願い、戻ってきてぇ・・・」

止め処もなく流れてくる涙・・・これだけ泣いたのは何時以来だろう・・・。
愛する人が居ない・・・探しても探しても居ない・・・。愛する人に会えないって、こんなに辛いものなんだ・・・。

「唯・・・唯・・・唯ぃ・・・」

私は何度も何度も、その人の名前を呟いた。この名前を呟いていないと、本当にこのまま会えなくなってしまう気がして・・・。
だけど・・・そんな私の不安を吹き飛ばす声が聞こえてきた。

「・・・だ〜れだ♪」

不意に遮られた視線。急に目の前が真っ暗になったけれど・・・私の目に覆いかぶさる感触はとても温かかった。

「ゆ・・・い・・・?」
「当ったり〜♪」

どうしても聞きたかった、あなたの声・・・。どんなにコール音を鳴らしても出てくれなかった、あなたの声・・・。
今、私の耳元でしっかり聞こえる・・・。

「唯・・・」

私は、もう一度名前を呟いて、唯に体を預けた。泣いている姿を見られたくなくて・・・。

「あ、梓・・・!?泣いてるの?」
「あんなメール送っておいて・・・どれだけ心配したか・・・」
「・・・あ、その・・・ゴメン・・・」
「今は・・・唯から離れたくないの・・・私の事、強く抱きしめてよ・・・」

色々言いたい事はあった。だけど、ひとまずその想いをしまいこんで、唯の温かいぬくもりを感じていたかった。
それに・・・唯に何事も無くて本当に良かった・・・。

179ずっと一緒だよ:2010/06/22(火) 00:24:54 ID:NuUubg4U0
「あのー・・・お取り込み中悪いんだけど・・・」
「たのもぉー・・・」
「あらあら・・・久しぶりに良い物を見させてもらいましたわ♪」

何だろう、この聞き覚えのある声・・・。何だか懐かしい声が聞こえる・・・。
・・・あれ?この部屋、私と唯の二人だけじゃないの・・・?
私はゆっくりと顔を上げた。すると、唯の後ろに女性が3人・・・3人の女性が・・・居る!?

「ふぇ!?・・・あっ・・・み、澪先輩と律先輩、ムギ先輩!?・・・ど、どうしてここに!?」

私は状況が理解できなかった。大人っぽくなった3人と久しぶりに会えた事に、嬉しさよりも驚きの方が大きかった。

「梓を驚かせようと思って、澪ちゃんとりっちゃん、ムギちゃんを呼んでたの。5人での放課後ティータイムの再結成を祝してね♪」
「それなのに、唯・・・家にケータイを忘れて、どこに行ってたんだっけ?」
「近所に美味しいたい焼き屋さんがオープンしてたから、そこに・・・。だって、梓がたい焼き好きだし、どうしても食べさせたくて・・・」
「ほ〜ぉ、私達をほったらかしでかい?私も澪もムギも、何度も電話したのに、なかなか出なくて・・・心配したんだけど〜?」
「うぅ、りっちゃん・・・ゴメンなさいぃ・・・」
「くすっ♪」

唯と律先輩のやりとりを見ていると、ふと昔の軽音部を思い出した。
あんなやり取りが普通だったけど、先輩達が卒業して、もう見られないと思っていた。
だけど大学生になって、再度放課後ティータイムのメンバーになれるかと思うと嬉しかった。
・・・というか、唯のケータイに着信があんなにあったのは、皆も電話してたからなんだ。

「でも梓・・・悪いなと思いつつ、一部始終見ちゃったんだけど、何で泣いてたの?」
「そ、それは・・・唯が、あんなメール送ってくるから・・・心配しちゃって・・・」
「メール?」

私は、澪先輩に問題のメールを見せた。

「うん、確かに梓だけじゃなく、皆心配させる内容だな、これは」
「本当は、澪ちゃん達に送る内容だったけど、間違えて梓に送っちゃった・・・」
「しかも文章の途中だし、私達にはメール届いてないし。まったく・・・高校の時とあまり変わってないんじゃないか?」
「うぅ、澪ちゃん・・・ゴメンなさいぃ・・・」

どうやら、ちゃんとしたメールは澪先輩達に送る物だったらしい。
『早く!梓、帰ってきちゃうよ〜!皆、あとどれくらいで来れそう?』

だけど、メールを打ってる途中、近所に出来たたい焼き屋さんがテレビで紹介されているのを見て、慌てて外に出たみたい。
文章の途中でメール送るし、送る相手は間違えるし、鍵はかけないし、ケータイは忘れるし・・・。
何だか、急に高校生に戻ったような気分だったけど・・・でも、私の為に買ってきてくれたと思うと・・・とっても嬉しかった///

「梓ちゃん、唯ちゃんの事は名前で呼んでるのね♪」
「はい・・・あの、恥ずかしいんですけど・・・私達、恋人になったので・・・///」
「唯ちゃんから、そんな話聞いてなかったから、ビックリしちゃった〜♪」
「だってぇ〜・・・何か恥ずかしくて・・・」
「言ってくれれば、今日はお祝いしたのにな〜♪・・・言ってくれれば良かったのに〜♪」
「うぅ、ムギちゃん・・・ゴメンなさいぃ・・・」
「唯、皆さんに謝ってるね・・・」

近いうちに、ちゃんとした形で再会する事で、今日はお開きになった。
ギー太とむったんの久々の共演も近そうだ。

180ずっと一緒だよ:2010/06/22(火) 00:26:39 ID:NuUubg4U0
「梓、あーん♪」
「あーん・・・///」
「たい焼き、美味しい?」
「うん・・・で、でも、こんなんじゃ許さないんだからぁ!」
「ゴメン〜・・・許して?」
「もう・・・高校生の時みたいに抱きついてきても、そんな簡単には許さないもん///」
「よしよし♪」
「そんな、頭を撫でてきたって・・・///」
「大学の近くに、美味しいケーキ屋さんができたんだって!明日、一緒に食べに行こうよ♪梓の好きなバナナケーキもあるってさっ!」
「もう・・・私の好きな物で釣るなんて・・・ずるいよぉ・・・。それに、私の1番好きな物・・・」

まだ私が喋ってるのに・・・。その唇を奪うなんて・・・。
こんな事、唯だから許せるんだからね・・・? 私の事を全てお見通しの唯だから許せるんだよ?

「1番好きな物が・・・何だって?///」
「・・・唯には敵わないなぁ。でも、今日は本当に心配したんだからね・・・。私を安心させる言葉・・・言ってほしいな///」

―――もう心配させないよ、とか、これからは梓から離れないからね、とか・・・。私はそんな単純な言葉でも良かった。
唯から聞ける言葉なら、何でも良かった。唯の言葉なら、何でも安心できるのに。





「ずっと梓を守っていくよ・・・だから・・・結婚してください・・・」

私に選択肢を一つしか与えてくれないなんて・・・やっぱりずるいよ、唯・・・。

「よろしく・・・お願い・・・します///」



私はまた泣いてしまった。今度は、寂しくて、じゃなくて嬉しくて、だけどね。

「・・・泣いてばっかりだと、可愛い顔が台無しだよ?」
「もう、誰のせいだと思ってるの・・・」

私達はまた口づけをした。いつもよりも、今までよりもずっと深く・・・愛を確かめるように・・・。


私達の未来が見えた日。
ずっと一緒に居ようと誓い合った日。
今日は忘れられない日になった。


終わり

181軽音部員♪:2010/06/22(火) 00:44:09 ID:NuUubg4U0
以上です。
今月号のきららを読んだら、唯を心配して、あずにゃんが駆けつけるネタを
書きたくなったので書いてみました。

長々と失礼しました。

182軽音部員♪:2010/06/22(火) 01:02:42 ID:lVkR4P4E0
GJ! 幸せになってもらいたいね

183軽音部員♪:2010/06/22(火) 01:05:08 ID:v1VhgTJY0
すばらしい

184軽音部員♪:2010/06/22(火) 01:55:38 ID:OpDLi8WsO
初めまして。携帯が規制されてるようなので、携帯から失礼してこちらにSSを投稿させて頂きます。
思いつきなので下手ですが、読んで頂ければ幸いです。

185ヒートダウン!!:2010/06/22(火) 02:15:51 ID:OpDLi8WsO
「こんにちはー。」
私が部室に行くと、いつもの様にお茶会が開かれている机の周りには先輩方が座ってお菓子を食べていた。
「あ…梓ちゃんこんにちは…」
「おーっす、梓。」
「こんにちは、梓。」
私が挨拶をすると、各先輩方から返事が返ってきた。一人を覗いて。
「うー…」
唯先輩が机の上に体を預けたまま、唸っていた。
「唯先輩、どうかしたんですか?」
「実は結のやつ…さっきから具合が悪いんだ。」
「さっきから保健室に行ったらって言ってるんだけど、部活休みたく無いって言いだして聞かないんだよ…」
「えっ…!?」
私は途端に心配になった。1年生の時の文化祭のように。
「唯先輩!駄目じゃないですか!ほら、行きますよ!」
私は何が何でも唯先輩を保健室につれていく事にした。
「えー…でもー…」
「でもじゃありません!人を不安にさせたままにしないで下さい!」
そう言って唯先輩を無理矢理私の肩につかまらせ、私達は保健室に向かった。

186ヒートダウン!!:2010/06/22(火) 02:42:53 ID:OpDLi8WsO

「…熱も高いし…これは今すぐ病院に行った方が良いですね…」
保健室の先生が私達に体温計を見せながら言った。
「うわっ…」
「高っ…」
澪先輩と律先輩が顔をひきつらせた。
38.6℃…ますます私は不安になる。
「じゃあ私が唯先輩を病院に連れて行きます。帰り道も一緒ですし…近くに病院もあるので…。」
「そうか…じゃあ唯を頼むな。梓。」
「しっかり看病してやりなよ?唯のやつに無茶させたら駄目だからな。」
「でも手持ちはあるの?診察代とか薬代とか…」
「あ…」
正直、学生でアルバイトもしてない私には唯先輩の病院代が出せるほどの手持ちは無い。
こんなに心配してるのに…。
「良かったらこれ…使って…?余ったら返してくれればいいから…。」
ムギ先輩が一万円札を差し出してくれた。一瞬戸惑ったが、私はムギ先輩に感謝して唯先輩を病院に送る事にした。


「唯先輩…大丈夫ですか…?」
「うーん…寒いよあずにゃん…」
病院の待合室。私たちは順番が回ってくるのをそこで待っていた。
「仕方ないですね…これで我慢して下さい…」
夏服の私たちには上着は無い。寒がる先輩を見て、私は無意識に唯先輩を抱きしめていた。
正直いつもだったら恥ずかしがってただろう。でも唯先輩の為なら今は何でも出来た。
「えへへ…あずにゃんあったかい…」
「どういたしまして。」

「平沢唯さん。診察室にどうぞ。」
そのまま10分くらいしてからアナウンスが聞こえ、私達は診察室に向かった。

187ヒートダウン!!:2010/06/22(火) 03:15:33 ID:OpDLi8WsO

「…とりあえず解熱剤と痙攣止めを投与しました。後は薬を出しますので、家で様子を見てください。」
「はい、分かりました。」
先生の説明を聞き、私は少し安心した。
とりあえず一旦私の家で休ませよう。
私はぐったりしている唯先輩の代わりに薬を受け取り、代金を払い、そして唯先輩を肩につかまらせ病院を後にした。


「…気分はどうですか?」
「うん、だんだんと大丈夫になって来たよ〜」
「そうですか…それは良かった…。」
ここは私の部屋。唯先輩を私のベッドに寝かせ、私は唯先輩に寄り添っていた。
「すっかりあずにゃんにお世話になっちゃったね〜…」
「いえいえ、先輩が無事で何よりです。」
「まるでお嫁さんに看病してもらってる気分だよ…」
「なっ…何を言い出すんですか!この先輩は!///」
「あれ〜?あずにゃん顔が赤〜い。」
「も〜っ!!///」
良かった。いつもの唯先輩だ。
私はすっかりいつものペースでいじられていた。…たしかに唯先輩のお嫁さんになりたいのは事実だけど…。
「じゃあ…暫くしたら私は帰るね。これ以上あずにゃんの迷惑になっちゃうといけないし…」
「えっ…!?だ…駄目です!!」
起き上がろうとする唯先輩を、気づけば押し倒していた。
「で…でも…」
「遠慮せずに今日は家で泊まっていってください!治るまで看病してあげますからっ!」
「い…いいの…?迷惑じゃない?」
「迷惑じゃありません!だいたい、唯先輩がこんなにも私を不安にさせるのがいけないんですよ…」
「え…?どうしてそこまで…?」
「鈍感ですね…唯先輩は…。ほっとけないんですよ!唯先輩の事…。いつもいつも心配ばっかりかけて…なのにいつも私を可愛がってくれて…。いつの間にかほっとけなくなったんですよ…。」
「あずにゃん…」
「もっと分かりやすく言いましょうか?…好きです…唯先輩…。ただの好きじゃなくて…その…恋人になって欲しいくらいに…」
「え…?」

188ヒートダウン!!:2010/06/22(火) 03:34:05 ID:OpDLi8WsO
私は勢いでそこまで言ってしまった。しかし嘘では無いし、後悔もしなかった。
あくまで噂だが、私の高校は女子高なのでごく稀に同性に告白する生徒もいるそうだ。
それに日本の国会でも先日、同性愛について議論が行われ、結婚まで法律で許可されたばかりだ。
だからこの際、自分に正直になってみただけの事。
唯先輩は驚きの表情で私を見ている。

「駄目…ですか…?」
「ううん…寧ろオッケーだよ…。だってこんなにも可愛いあずにゃんと恋人になれるんだもん。」
「じゃあ…!」
ぱぁっと自然に表情が明るくなったのが自分でも分かる。今、私達は結ばれたのだ。
「これから改めて恋人としてよろしくね…あずにゃん♪」
「はい…こちらこそ宜しくお願いします。唯先輩。」
私達はお互い笑顔で挨拶をかわした。
まだまだぎこちないかもしれないけど、ずっと一緒にいれればなぁ…と…
そしていずれ結婚できればいいなぁ…と思う私でした。
唯先輩…。これからこの気まぐれな黒猫は貴女に一生ついていきます。
だから、早く飼い慣らして下さいね?
とにかく今は幸せでいっぱいです!
by 中野梓

おわり

189軽音部員♪:2010/06/22(火) 03:35:44 ID:OpDLi8WsO
以上にて終了です。貴重なスレとレスを使わせていただき、ありがとうございました。

190軽音部員♪:2010/06/22(火) 04:46:19 ID:C9VAOTLIO
>>180 >>189

どちらもぐっじょ〜!!!

191夢の中のあめちゃん:2010/06/22(火) 11:36:55 ID:1xpWOa2g0
放課後、いつものように音楽準備室の扉を開けた私は、
いつもの席に突っ伏している唯先輩の姿を見つけていた。

「唯先輩?」

声をかけて近づくけれど、唯先輩が顔を上げる様子はなかった。
まさかと思って側に立てば……
案の定、唯先輩はぐっすりと眠っていた。
半開きの口からは寝息が漏れ、
呼吸に合わせて規則正しく背中が上下している。
両腕を枕に眠っているその顔は本当に気持ちよさそうで、
そんな寝顔につい私の顔にも笑みが浮かんでしまった。

「もうっ……しょうがないですねぇ、唯先輩は……」

幸せそうな寝顔に、このまま寝かせておいてあげたい……
なんて少し思ってしまったけれど。
でもそういうわけにもいかなかった。
これから部活があるというのに、
いつまでも寝かせておくわけにはいかないだろう。

「澪先輩たちだって、すぐに来られるでしょうし……」

最初はティータイムなのだから、
練習が始まるまで寝かせておいてもいいかな、とも思うけれど……
でも唯先輩にとってみたら、
ティータイムを寝過ごしてしまう方が大問題だろう。
お菓子を食べ損ねてしまったら、
拗ねて泣いてしまうかもしれない……
私がそう思ったのと、

「ぅにゃ……私の、お菓子……とっちゃ……ダメェ……」

唯先輩が寝言を口にしたのは同時だった。
まるで私の考えを読んだかのような寝言に、
堪えきれず笑ってしまう。

192夢の中のあめちゃん:2010/06/22(火) 11:39:28 ID:1xpWOa2g0
「もうっ……お菓子とられたくなかったら、
起きなきゃダメですよ、唯先輩」

そう言って、私はふざけて唯先輩の頬を突こうと手を伸ばし、

「……はむっ」

「にゃっ!」

私の人差し指は、唯先輩の頬に触れることなく……
口にくわえられてしまっていた。
温かい感触に指を挟まれ、私は悲鳴を上げてしまう。
その声にも唯先輩は目を覚まさず、
目蓋を閉じたまま、不自然な姿勢で頭を浮かしていた。
苦しい姿勢にもかかわらず、しっかり私の指をくわえ続けていた。

「ゆ、唯先輩!」

驚きと恥ずかしさに声を上げ、唯先輩を起こそうとする。
ほとんど耳元で大声を上げているのに、
でも唯先輩は目を覚まさない。
そして、その代わりだとでもいうかのように、

「……ペロ」

「にゃぁっ!!」

指先に、湿った感触を感じた。
指先を唯先輩の舌になめられたのだと、すぐに気がついた。
温かい舌が皮膚の表面を撫で、私の指を濡らしていった。

「ゆ、唯せんぱ……や、やめ……」

「……ぅちゅ……ペロ……ちゅうぅ……」

「ひにゃっ!」

私の制止の声は届かず、唯先輩の口が、舌が動く。
人差し指を吸われ、指先をなめられて……
その度に私は悲鳴を上げてしまった。
温かい感触に力が抜け、こそばゆさに背筋が震えた。

193夢の中のあめちゃん:2010/06/22(火) 11:41:47 ID:1xpWOa2g0
「……あめちゃん……あまひ……」

私の指をくわえたまま、モゴモゴと唯先輩が言う。
その顔はお菓子を食べているときのように笑み崩れていて……
寝言から察するに、きっと夢の中で、
唯先輩は美味しいあめをなめているのだろう。
でも現実に口にしているのは、
あめではなく私の指なわけで……

「わ、私の指はあめじゃないです!」

そう叫んで、私は唯先輩を起こそうとした。
耳元で、繰り返し「唯先輩!」と名前を呼ぶ。
でもやっぱり、唯先輩は目を覚まさず……

「……ちゅっ……ペロ……ペロペロ……んちゅちゅぅ……」

「……にゃっ……ゆ、唯せんぱ……起き……ひにゃぁっ!」

……部室にやってきた澪先輩に、
「……普通に口から指を抜けば、それで済むことだろう……」
と言われて気がつくまで、
私は唯先輩に指を舐められ続けていたのだった……。


END


おまけ


「……もうっ、ひどい目にあいました」

「エヘヘ、ごめんね……
でも、夢の中で食べたあめちゃん、甘くて美味しかったなぁ……」

「……言っておきますけど、私の指はあめじゃないですからね」

「ん〜、そだね」(ペロ)

「にゃっ」

「うん、あめちゃんよりも、甘くて美味しいよ……」

「……も、もうっ」


長文失礼します。
妄想が止まらなくて、つい勢いで……。

194軽音部員♪:2010/06/22(火) 12:17:28 ID:FCKqUyM.0
避難所もSSが充実してきたなw

195軽音部員♪:2010/06/22(火) 12:19:54 ID:T5quEbIQO
良い妄想GJ

196軽音部員♪:2010/06/22(火) 12:33:10 ID:ZLB/Yh0sO
>>188
日本での同性婚が認められたとか一瞬びびった

197189:2010/06/22(火) 15:05:52 ID:OpDLi8WsO
>>196

もちろんフィクションですw

198軽音部員♪:2010/06/22(火) 15:11:54 ID:C9VAOTLIO
>>193妄想GJ!!!

199予想は自信満々のちハズレ:2010/06/23(水) 01:16:14 ID:huUaPJhI0
>>188
そう言えば、オランダが同性婚OKだったなぁと思い出したので、
ワールドカップネタも絡めてSSを作ってみました。

200予想は自信満々のちハズレ:2010/06/23(水) 01:17:51 ID:huUaPJhI0
「あずにゃ〜ん、あずにゃん分補給させてよ〜」
「そ、そんな事言ってもダメです!唯先輩が悪いんですからね?まったく、あんな約束するから・・・」

唯先輩は今、私へ抱きつく事ができません。しかも5日間もです。
正直、私も不本意なんだけど、元はと言えば唯先輩が言いだした事なのです・・・。

1週間程前の出来事です――――――――――



私と唯先輩は帰り道、最近流行りの話題を話していました。

「あずにゃん、今ってWCが盛り上がってるんだって♪クラスの皆が見てるって言ってたよ」
「WC・・・ト、トイレですか?」
「違うよ〜。ワールドカップだよ、あずにゃん。4年に1度やってる、サッカーのお祭りなんだって」
「そうなんですか。すみません、私スポーツには疎くて・・・」
「昨日もね、日本が勝ったんだよ!えーっとね・・・カメ・・・カメルンって国が相手だったのかなぁ」
「ずいぶん可愛い名前の国があるんですね・・・」

後から調べてわかったのですが、正しくはカメルーンという国みたいです。
そういうところをしっかり覚えていない唯先輩・・・。まぁ、唯先輩らしいって言えばそうなんだけど・・・。

「今度の土曜日、夜の8時半からまた日本の試合があるんだよ!今度の相手はね、オランダだって!」
「オランダって強いんですか?」
「・・・さぁ?」
「唯先輩もあんまり詳しくないんですね・・・」
「でもでも、歴史の授業でよく名前の出てくる国だし、日本とも仲良いんじゃないかなぁ。だから、きっと勝たせてくれるよ〜」
「いや、スポーツは真剣勝負しなきゃダメですよ・・・」

話していると、唯先輩もサッカーに関してはあまり詳しくはないようです。
私のクラスでも『○○選手、格好良かった!』という話はたまに聞くし、聞き慣れない言葉もよく聞きます。
PKとか、オフサイドとか、ロスタイムとか・・・これって、サッカー用語なんだよね、きっと。

「あ、そうだ!今度の試合は土曜日だから、あずにゃん、一緒に家で試合見ようよ!」

ポンと手を叩いて、嬉しそうに唯先輩が提案してきました。

「良いんですか?夜にお邪魔しちゃって・・・」
「勿論だよ〜!あずにゃんと一緒に日本応援して、あずにゃん分補給して、一緒にお風呂に入って、一緒に寝て・・・♪」
「試合観戦だけが目的じゃないんですね///」
「だって、あずにゃん大好きなんだもん♪」

そう言うと、ドサクサに紛れて唯先輩が抱きついてきました。

「もう・・・ここ、道のど真ん中ですよ///」

『やめてください』と言っても、唯先輩はやめない人なので、せめてもの抵抗で・・・道の端に誘導しようとしましたが、やっぱり聞いていませんでした。
まぁ、唯先輩から抱きつかれるのは嬉しいし、人の目も気にならなくなってきたので、良いんですけどね・・・。
もう、ドンと来いです!

201軽音部員♪:2010/06/23(水) 01:20:55 ID:huUaPJhI0
試合当日、街中では日本のユニフォームと思われる、青い服を着ている人が沢山いました。
雰囲気だけでも味わおうかな・・・という事で、私も青いTシャツを着てテレビ観戦する事にしました。

「あずにゃん、今日は日本勝つよ!」

まだ試合開始まで30分以上あるのに、唯先輩は既に興奮気味でした。

「凄い気合いですね・・・唯先輩の応援があれば、日本は勝てますね!」
「私の応援には、あずにゃんの愛の力も含まれてるもん!あずにゃん分補給〜♪」
「ちょ、まだ早いですよ〜///」

あずにゃん分をしっかり補給した唯先輩はとても満足そうな顔をしています。
唯先輩も満足したところで、いよいよ試合開始です!

「何か、凄い音がする楽器があるね〜」
「はい・・・ブブゼラっていう名前の楽器みたいですね。テレビの実況の人が、凄くうるさいって言ってますね・・・」
「でも、軽音部の5人で吹いてみたいよねぇ」
「もはや、軽音の域を超えてますね・・・」
「ブブゼラちゃん・・・♪」
「ギー太はどうするんですか!?」
「はっ・・・浮気する所だったよ〜・・・ゴメンよぉ、ギー太ぁ」
「ふふっ、唯先輩らしいですね」
「勿論、あずにゃんの事も大切に思ってるよ〜・・・だから、またあずにゃん分補給させて〜♪」
「もう・・・しょうがないですね///」

そうこうするうちに、前半が終了していました。どちらも点は入らず、スコアは0−0のようです。
まぁ、前半45分あったようですが、サッカーの試合を見ていたのは、そのうち25分くらいでした。
残りの20分は、ずっとあずにゃん分を補給されていました・・・。唯先輩はどれだけ抱き締めれば気が済むのでしょうか・・・///

「・・・!? 私、この試合の結果が見えたよ!」

私の隣で急に立ち上がると、唯先輩が自信満々に言いだします。
手にグッと力を入れ・・・相当の自信があるようです。

「まだ半分残ってますよ?」
「3対0で日本が勝つよ、あずにゃん!」
「でも、テレビの解説の人、オランダは凄く強いみたいな事言ってますよ?後半に3点も取れるんでしょうか・・・」
「大丈夫だよ!試合は何が起きるかわからないからね!何なら、賭けてみようか?」
「随分強気ですねぇ・・・」
「まぁ、スコアまでは当たらないと思うけど・・・」
「さっきまでの強気はどこに行ったんですか、唯先輩・・・」
「えへへ・・・あ、そういえばあずにゃん、オランダって同性同士で結婚ができる国って知ってる?」
「い、いきなりどうしたんですか?・・・まぁ、そういう話は初めて聞きましたけど・・・」

相手がオランダだからでしょうか・・・。急に突拍子のない話をしてきました。
まぁ・・・私も唯先輩と恋人になって、結婚までできれば良いなぁとは思いますけど・・・///

「よし、あずにゃん!日本が勝ったら、オランダに引っ越して、一緒に結婚しよう!」
「な、いきなり何言い出すんですかぁ///」
「あずにゃん、好きだよ!愛してるよ!」
「そ、そんな・・・急に言われても・・・///」

嬉しすぎる言葉・・・なんだけど、急すぎてどう答えれば良いのかわかりませんでした。
だって、心の準備がまだ・・・///

「照れてるあずにゃん、可愛い・・・」
「は、恥ずかしいですよぉ/// そ、それに、オランダって・・・言葉は何語になるんですか?」
「日本語じゃなくても、あずにゃんと言葉が通じれば良いよ!愛があれば乗り越えられるよ!」
「うぅ・・・わかりました・・・///」

唯先輩に口説かれて・・・何だか私、落とされてしまいました・・・。
まだ恋人にもなってなかったのに・・・だけど、私達、結婚する事になりました・・・オランダで。

・・・って、あれ?私達、サッカーを見ていただけなのに・・・何でこんな事になったんだろう!?

我に返った私は、落ち着いた口調で唯先輩に話しかけました。

「でも、もし日本が負けちゃったらどうするんですか?」
「そうしたら、次の試合まで、あずにゃん分補給はお預けにして良いよ♪」
「えぇっと・・・良いんですか?・・・私は補給してもらえると・・・嬉しいかなぁって・・・」
「大丈夫、日本勝てるから♪」

どこまでも自信たっぷりな唯先輩・・・。この自信はどこから来るんでしょうか。
でも、いつも自信満々で話す唯先輩は、なんだか格好良いです。

「じゃあ、引き分けだったらどうしますか?」
「うーん・・・じゃあ、間をとってチューするとか?」
「もう全然、間じゃないですけど・・・」

こうして、日本の勝敗の結果によって、私達の運命は大きく変わろうとしていました。

202予想は自信満々のちハズレ:2010/06/23(水) 01:22:33 ID:huUaPJhI0
そして試合は進み、試合が終了しました。

テレビでは、対戦前の予想とは違い、日本は強かったと言っています。
私達が固唾を呑んで見ていた結果は・・・。



「・・・唯先輩・・・?」
「・・・あれぇ?どうしてこうなったのかなぁ?」



日本 vs オランダ
0 − 1



日本、惜敗でした。



こうして・・・

「あずにゃ〜ん」
「そ、そんな泣きついてこられても・・・唯先輩が約束したんじゃないですかぁ〜」
「あずにゃん分補給したい〜、お風呂に入りたい〜、一緒に寝たい〜」
「どれも暫く禁止です!っていうか、オランダで結婚とかあずにゃん分補給禁止とか、何だか極端すぎませんか?」
「そ、そうかなぁ・・・」

結婚しようって言ってくれたのは嬉しかったけど・・・。あの時の唯先輩の表情も真面目だったし・・・。
でも、まだそういう話は早いんじゃないでしょうか・・・///

「もう少し、簡単な事にしましょうよ。たとえば、予想が外れた方が、当たった方の言う事を1日聞くとか・・・」
「おぉ、それが良いかもね!」
「それじゃあ、予想しましょう!唯先輩は次の試合、どっちが勝つと思いますか?」
「勿論、日本だよ〜。次こそは勝ってくれるよ!」
「唯先輩はいつも自信満々ですね・・・。私は引き分けになると思います!」
「もし、負けちゃったらどうしようかぁ?」
「その時は、お互いの言う事を聞くっていうのはどうでしょうか?」
「おぉ、それにしよう!」

果たして、次の試合はどうなるのでしょうか!? 私達もドキドキしながら結果を待ちたいと思います!



「・・・ところで、あずにゃん、次の試合ってどことやるの?」
「聞いてなかったんですかぁ・・・。すみません、私もわからないです・・」

(お姉ちゃんと梓ちゃんの邪魔をしないようにしてたけど・・・次の試合の相手はデンマークだよ〜・・・)


続く・・・?

203軽音部員♪:2010/06/23(水) 01:24:17 ID:0NO8d0K.0
GJ
これは結果次第で続きが変わるのかw

204軽音部員♪:2010/06/23(水) 01:27:47 ID:huUaPJhI0
続きは、デンマーク戦の結果次第で書いていこうと思います。
暫く開いてしまいますが、書き上がった際にはまた宜しくお願いします。

205軽音部員♪:2010/06/23(水) 02:00:08 ID:GHaG/55k0
もう最高

206軽音部員♪:2010/06/23(水) 02:25:28 ID:GHnjHs8I0
ここの人たち的にはどうなのよ

207軽音部員♪:2010/06/23(水) 02:29:21 ID:yVjD/8NQ0
いや、アレでよかったと思ってるが

208軽音部員♪:2010/06/23(水) 23:58:56 ID:0NO8d0K.0
今週も竹達さんの演技が光ってた
9話もそうだったけど「唯先輩」って言う時の声色が素晴らしい

209夏の憂鬱:2010/06/25(金) 00:21:06 ID:SjCRYQIQ0
「唯先輩、ケーキ、半分食べませんか?」

いつもの放課後、いつもの音楽準備室。
そしていつものティータイムに、
いつもムギ先輩がもってきてくれる美味しいお菓子。
でもいつもと同じように、そのお菓子を食べる気にはなれなくて……
私はフォークでフルーツケーキを半分に切り分けた。

「い、いいのぉ?」

お皿の上で二つに分かれたケーキを見て、唯先輩が目を輝かせ……
でもそれは一瞬のことで、唯先輩は眉根を寄せると、
心配そうな声を出した。

「あずにゃん……ひょっとして、具合悪いの?」

「あ、いえ……そんなことはないんですけど……」

唯先輩の問いに、私は目を逸らして答えた。
微妙な気まずさを覚えて、
唯先輩を真っ直ぐに見ることができない。
はっきりと返事をすることもできなかった。

「なんだぁ? 梓、ひょっとしてダイエットかぁ?」

からかいを含んだ声音で律先輩に言われ……
返事ができず、私は言葉を詰まらせてしまった。
ちゃんと答えないとまたからかわれるとわかっているのに、
声が上手く出てくれず、

「おや……ひょっとして当たり?」

案の定、律先輩が口元を手で押さえながら、笑いを含んだ声を出した。

「べ、別にダイエットしているわけじゃ……」

頬が熱くなるのを自覚しながら、モゴモゴと言い返す私。
でも言葉はやっぱり歯切れの悪いもので、
顔はどうしても俯いてしまう。
そんな私の両肩に、同時に誰かの手が置かれ……後ろを振り向くと、

「「ようこそ」」

満面の笑みを浮かべた澪先輩とムギ先輩が立っていた。
私は言葉もなく、項垂れることしかできなかった。

210夏の憂鬱:2010/06/25(金) 00:24:07 ID:SjCRYQIQ0
実際、体重が物凄く増えたかというと……決してそんなことはなかった。
春の身体測定のときと比べてほんのわずか。
キロではなくグラムの単位で、誤差と言ってもいいぐらいで。
だから気にする必要も嘆く必要もなく、
当然ダイエットなんてする必要もないはずだった。
……ないはず、なんだけど……
それでもまったく気にしない、なんてことはやっぱりできなかった。
お風呂上りになんとなく体重計に乗って、
そこで表示された数字が記憶よりも多いことはやっぱりショックだったのだ。
たとえそれがほんのわずかであっても。

「はぁ……」

ため息をつき、帰り道を歩く。

「ため息つくと、幸せ逃げちゃうよ、あずにゃん」

心配そうな声音で、隣を歩く唯先輩が言った。
その表情はいつもより心なしか沈んでいて……
部活のときのことを、まだ心配してくれているのがわかった。

「すみません……でもやっぱり、ちょっと気になってしまってて……」

「う〜ん……別に太っちゃったようには見えないよ? 
気にしすぎだよ、あずにゃん」

「……はい……気にしすぎだって、自分でもわかってはいるんですけど……」

でも理性でわかっていても、感情面でも納得できるかどうかは別だった。
一度気にしてしまったら、そのことはなかなか頭から離れてくれない。
積極的にダイエットをしようとはさすがに思わないけれど、
お菓子を控え、ご飯の量を少し減らそうとは考えてしまうのだ。
今日の朝昼はいつもの半分ぐらいしか食べていない。
ムギ先輩のフルーツケーキも、結局半分を唯先輩にあげた。
多分今日の夜も、あまり食べようとは思えないだろう。

「ご飯ちゃんと食べないと、元気でないよ?」

「はい……」

「……無理しちゃダメだよ?」

「はい、気をつけます」

心配してくれる唯先輩にそう答えて、
いつもの分かれ道で私たちは分かれた。
その夜のおかずは肉じゃがだった。
晩ご飯を前に、帰り際の唯先輩の言葉が脳裏に浮かんだけれど……
いつもの三分の二を食べるのがやっとだった。
買い置きしておいたアイスは、手に取る気にもなれなかった……。

211夏の憂鬱:2010/06/25(金) 00:26:40 ID:SjCRYQIQ0
体がふらつくのは、きっと暑さのせいだけではないだろう。
視界が揺らぐのも、陽射しのせいばかりではないと思った。
ご飯をあまり食べていないせいで、体力が落ちている。
それは充分自覚しているのに……
今朝の朝食も、私はきちんと食べていなかった。
あれから1週間、毎日お腹が空いて、ご飯を食べたいと思うのに……
ご飯を前にすると、食欲がなくなってしまうのだ。

「なにやってるんだろう、私……先輩たちも心配してくれてるのに……」

夏休みに入ってからの軽音部の練習日。
ムギ先輩がもってきてくれるお菓子も、
私はいつも半分ぐらいしか食べていない。
そんな私のことを、先輩たちはみんな心配してくれていた。
ムギ先輩はカロリーの少ないお菓子を用意するようにしてくれて、
澪先輩はいつも私の体調を気にかけてくれていた。
律先輩がいつもより練習時間を増やしてくれているのも、
唯先輩が自分のお菓子やお弁当を分けてくれようとするのも、
きっと私のことを思ってのことだろう。
先輩たちを心配させ、
迷惑をかけてしまっていることが申し訳なくて……
それでも、半ば意固地になってしまっている気持ちを改められない自分に、
ため息が漏れてしまう。
いっそ、本当に太ってしまっていればよかったのかもしれない。
そうすれば、中途半端にご飯を減らしたりせず、
きちんとダイエットをしようと思えただろう。
目標を決めて、体力を落とさないよう気をつけて。

「ほんと、なにやってるんだろう、私……」

ぼやきながら私は正門をくぐった。
運動部が練習を始めている校庭は、
まだ昼前だというのに、もう真夏の陽光で満たされていた。
陽炎が風景を揺らめかせ、つられるように頭が揺れ……
(あ、まずい……)と思ったときにはもう……
私は、地面に倒れてしまっていた。

212夏の憂鬱:2010/06/25(金) 00:30:20 ID:SjCRYQIQ0
目を開くと、白い天井が見えた。運動部の掛け声が聞こえてきて、
顔を横に向けると開いた窓と、その向こうの校庭が見えた。
体の上には薄手のタオルケット。頭の下には柔らかい枕。
一度目を閉じて、そしてまた開いて……
ここが保健室であることを思い出した。
校庭で倒れてしまった私を、運動部の人が保健室まで運んでくれたのだ。
軽い貧血だから休んでいれば大丈夫と言われ、
暑いんだからしっかり食べないとダメよと注意され……
唯先輩に保健室で休んでいることをメールで知らせて、
私はベッドに寝かせてもらったのだ。

「なんか……ダメダメだなぁ、私……」

ちょっとだけ増えた体重を変に気にして、
中途半端にご飯を減らして体力を落として。
先輩たちを心配させた挙げ句倒れてしまうなんて……
本当にダメダメだ。

「……うん、今のあずにゃんはちょっとダメダメだね」

突然話しかけられ、私はびっくりして顔を声の方に向けた。
ベッドの脇にイスを寄せ、そこに座って私を見ている唯先輩がいた。
頬を膨らませ、珍しくも「怒ってます!」って顔をしていた。

「ゆ、唯先輩……」

「もうっ、心配したんだからね……
さっきまで、みんなもいてくれて……
ほんとに、みんな心配したんだからね……」

「……はい、すみません……心配かけて……」

謝る私に、唯先輩が顔をぐっと近づけてきた。
顔が触れ合いそうなほど近くで、唯先輩に見つめられ……
そこで私は、唯先輩の目尻が濡れていることに気がついた。

「……無理しちゃダメって、言ったよ、私」

「……はい」

そう言われて、申し訳ない気持ちで胸が一杯になる。
途端、瞳に涙が浮かび、唯先輩の顔が滲んで見えなくなってしまった。

「もうっ……しょうがないねぇ、あずにゃんは……」

少しおどけた口調で唯先輩が言って、そして頭を撫でてくれた。
まるで子供をあやすように、何度も、何度も……
優しいその動きに、強張っていた気持ちがほぐれていく。
自然と体から力が抜け、口からは長い吐息が漏れた。
肺の空気をすべて吐き出してしまうと、
なぜか体が軽くなった気がした。

「……いつもと、逆ですね」

苦笑を浮かべてそう言うと、唯先輩も笑って「ほんとだね」と言ってくれた。
つられて私もまた笑って、涙が流れて落ちて視界がはっきりとした。
目の前の唯先輩の笑顔が見える。
一緒になって二人で笑って……
こうして笑うのも、随分と久しぶりな気がした。
本当に久しぶりに笑ったと思った。

213夏の憂鬱:2010/06/25(金) 00:32:53 ID:SjCRYQIQ0
「……あずにゃん、元気でた?」

「……はい、もう大丈夫です」

そう言って体を起こすと、唯先輩が手を私の方に伸ばしてきた。
顔に近づけられた指先には、一口サイズのチョコが挟まれていた。
一瞬だけ躊躇いが浮かび……
でもそれはすぐに消え、私はチョコを口に含んだ。
夏の熱気で柔らかくなっていたチョコは、口の中ですぐに溶けてしまう。
甘さがじんわりと広がり、
飲み込むと胃の中に落ちていくのが確かにわかった。

「……うん、もう大丈夫だね、あずにゃん」

溶けて指についたチョコをなめとりながら、唯先輩が言った。

「これで食べてくれなかったら、口移ししちゃうところだったよぉ」

「えっ……ゆ、唯先輩!?」

「エヘヘ……冗談だよっ」

笑いながら言う唯先輩に、私は口を尖らせた。

「唯先輩が言うと、冗談に聞こえませんっ」

私の言葉に、唯先輩が「エヘヘ」と笑いながら、
またチョコを一つ差し出してくれる。
私は「もうっ」と文句を言いながら、
大きく口を開けて、唯先輩の指に挟まれたチョコを食べた。
唯先輩が食べさせてくれる、甘いチョコレート。
一つ食べるたびに、弱っていた体に力が戻ってくる気がした。
そしてそれと同時に、いつもの自分が戻ってくるような気もしてくる。
今日の放課後も、いつもの音楽準備室で、
いつものティータイムはあるだろう。
いつもと同じようにムギ先輩が美味しいお菓子をもってきてくれて……
そして今日の私は、いつもと同じように、
きっと美味しくお菓子を食べられるはずだ。
そう、思った。


END


長文、失礼します。
アニメの「冬の日!」みたいな、ちょっとアンニュイな感じを
目指してみたのですが……やっぱり難しいですね。

214軽音部員♪:2010/06/25(金) 01:37:54 ID:hf7DCHfw0
こういうのがいいんだよ、GJ

215軽音部員♪:2010/06/25(金) 01:46:01 ID:Pd9MoJwUO
あずにゃん!無理したら唯ちゃんの子供生めなくなっちゃうでしょ!

216軽音部員♪:2010/06/25(金) 06:19:33 ID:6jEbsujs0
早起きした甲斐がありました

217軽音部員♪:2010/06/25(金) 07:17:59 ID:08WvMmAIO
良いね〜良いね〜
GJ!!

218軽音部員♪:2010/06/25(金) 18:16:17 ID:XsPeh9P.O
ふとネタが思いついたので、携帯から再び失礼します。
数レスほどお借りします。

219特撮映画!!:2010/06/25(金) 18:49:40 ID:XsPeh9P.O
「あずにゃん!映画見に行こうよ!」
それは夏休みの部活の帰り道に突然言われた。
「映画…ですか…?」
「うん!そう!映画!」
唯先輩とのいつもの帰り道。
唯先輩と雑談していて、丁度話題が途切れた時だった。
「でも…私…お金が…」
「お金ならご心配なく!私が出すよ!」
自身満々に言い張る唯先輩。
でも私は不安になるばかりだった。
(…こういう時の唯先輩って恐いんだよなぁ…。当日にドジふんでお金忘れそう…。)
別に嫌味でそう考えている訳じゃない。なぜかは分からないけど、唯先輩の事は色々と気になってしまうのだ。そう、色々と。唯先輩と出会ってからずっとだ。
「駄目…?」
私が考えていると、不安そうに唯先輩が聞いてきた。その表情を見た瞬間私は焦って返答した。…なぜか。
「いえ…!別に嫌じゃないですっ!」
「なら行こうよ〜」
「…分かりました。で、何の映画ですか?」「えーっとねぇ…仮面ラ〇ダー!」
「…えっ…?」
その回答は私の思考を停止させた。ただでさえ唯先輩は映画を見る姿が想像出来ない上に、仮面ラ〇ダーとは…。
「えっ…?て…あずにゃん知らないの〜?ほら、日曜の朝にやってる仮面ラ〇ダーダ〇ルだよ!」
唯先輩の目はまるで少年の瞳のようです。
「知らないも何も見てないです…。まぁ仮面ラ〇ダーがどんなのかは分かりますけど…作品の内容までは…」
「あのね!二人の主人公が、ガ〇アメモリってアイテムを使って、一人の仮面ライダーに変身するんだよ!でね、ドー〇ントっていう悪い人間が変身した怪人を倒すんだ!ちなみに主人公は、探偵の人とものすっっごい頭のいい人なんだよ!」
作品の説明をする唯先輩を見て、私は自然と笑みとクスクスとした笑いが込み上げてきた。
やはり元気な唯先輩を見てるとなにかが楽しくて、なぜか楽しくなる。
「も〜、人が真剣に説明してるのに笑わないでよ〜。」
「す…すみません。でも唯先輩って何だか男の子みたいですね。」
「え?そうかなぁ。」
「そうですよ。普通仮面ラ〇ダーなんて男の子しか見ませんから。」
「うーん。…私が男の子だったらあずにゃんを彼女に出来るのになぁ。」
「…!?///」
あれ?何で私…今ドキッとしたんだろ…!?

220特撮映画!!:2010/06/25(金) 19:28:46 ID:XsPeh9P.O
「あれ〜?あずにゃんが顔赤くなった〜。」
「なっ…!なってません!!///」
ムキになって言う私。でも自分の体の事は自分が良く知っている。
「えー?なってるよ〜。」
そして丁度良く私の家の前に着いたのだった。
私は逃げるように、
「じゃ…じゃあ唯先輩!また明日の部活で!」
と、話を反らし、家の中に文字通り逃げ込んだ。
「また連絡するね〜。」
唯先輩の言葉を聞きながら。


私は部屋に入り、制服から私服へと着替えながら、顔の赤みを抑えようと考え事をしようとした。しかし考えれば考えるほど、先ほどの唯先輩の発言が頭から離れず、顔の赤みは増すばかりだった。

『私が男の子だったらあずにゃんを彼女に出来るのになぁ…』

あれはどういう意味だろう…。もしかしたら唯先輩は天然だから何気なく言ったのかもしれない。でも天然だからこそ意図して言っている時が分からないのだ。
「全く…私は何を考えてるんだろう…。私たちは女の子同士なんだよ…?」
ついに照れ隠しで独り言まで言ってしまう私。
でも自分の事は本心の自分が良く分かる。
だからこそ素直じゃない私が、色んな事を考えて、言い訳を作って、本当の自分をはぐらかしたりするのだろう。
人間は自分が一番嫌いだとも言われている。
ほら、今もそう。
素直になれ。
でも私は素直になれる性格じゃない。
でも素直にはなりたい。
誰みたいに?
そう、

唯先輩みたいに。

「唯先輩…。」
とうとう私は自分に観念して考えるのを止めた。

〜♪

「メール…?誰からだろう…。」
携帯を開く。
「…あ。」
ドキッとした。
「唯先輩だ。」


何だろうと思い、メールを開く。

From 唯センパイ
件名 映画の事だけど
本文
今度の土日のどっちがいい?

一瞬ほっとした自分。すぐに返信をした。

 To 唯センパイ
件名 Re:映画の事だけど
本文
じゃあ土曜日の9時くらいに私の家に来てもらえますか?

何だか土曜日が待ち遠しく感じた。

221特撮映画!!:2010/06/25(金) 20:06:14 ID:XsPeh9P.O
土曜日。映画に行く当日。
予定時間よりちょっと遅れて唯先輩が家に来た。
「ごめ〜ん、待った〜?」
「もぅ、遅いですっ!」
ちょっと怒ったフリをすると、唯先輩は慌てて私の機嫌を取ろうとした。
「ごめんってば〜、後で美味しいたい焼きとお昼おごってあげるからさ〜?」
「映画代は大丈夫なんですか?」
「そ…それは〜…」
「もういいです。お昼代ぐらいはありますから。」
「うぇ〜、あずにゃん怒んないでよ〜。」
すぐに私に抱きつく唯先輩。
「ちょ…怒って無いです!てか親に見られたら恥ずかしいですよぉ…!」
いつの間にか抱きつかれるのが嬉しくなる自分がいた。
だから拒否はしない。
ここは玄関。私たちはその後近くのショッピングセンター内にある小さな映画館に向かった。


「いよいよだね〜」
「…はい。」
「あ、始まった…。」
映画が始まると、唯先輩は画面に吸い込まれるように、輝いた目で映画を見始めた。
新歓ライブや文化祭の本番で見るあの目。
私も唯先輩に続いて映画を見始めた。


「あ〜、楽しかったし、かっこよかったぁ〜!」
「ふふ…そうですね。」
正直作品自体見るのが始めてな私は、映画の内容は作品中の専門用語も出てきて良く分からなかった。
でも、唯先輩が所々説明を入れてくれたおかげで楽しめた。いや、それ以上に唯先輩が隣に居て、あの笑顔が見れて、そして楽しめたのかも知れない。なぜかは分からないけど、その答えは帰路につく間に見つける事が出来た気がする。そう、たった今。素直になれたのかも知れない。
「唯先輩。」
「なぁに、あずにゃん?」
「今日はありがとうございました。」
「いやいや〜、たまには私も先輩らしい事をしなきゃね〜。」
「あの…何だか唯先輩と映画を見てて、少し唯先輩の気持ちが分かった気がします。」
「でしょ〜?仮面ラ〇ダーも面白いでしょ〜?」
違いますよ唯先輩。そっちじゃないです。

『唯先輩が男の子だったら唯先輩を彼氏に出来るのになぁ…』

始めて素直になれた自分。
前向きになれた自分。

(いや…恋愛の好き嫌いに性別は関係ない…。私は私の道を行くんです!)

「あずにゃん、どうしたの?考え事?」
「えぇ…ちょっとだけ…」

暫くしたら気持ちを伝えてみよう。
そしていつか、あの映画の主人公達みたいに心も身体も空間も唯先輩と二人で共有できればいいな…。
唯先輩に出会えて…本当に良かった。
愛してます。唯先輩。
by 中野梓

222軽音部員♪:2010/06/25(金) 20:10:33 ID:XsPeh9P.O
以上にて終了です。
文章と時間を長々と使いすみませんでした(汗)

唯なら特撮とか見そうだなぁ…と思ったのと、丁度8月に仮面ラ〇ダーダ〇ルの映画も公開するので、唯梓だったらこんな感じになるんだろうなぁと妄想してましたw

また機会と時間があれば書かせて頂きます。
それでは失礼しました。

223軽音部員♪:2010/06/25(金) 20:12:51 ID:08WvMmAIO
まったりほのぼのGJ!!

224軽音部員♪:2010/06/25(金) 21:16:13 ID:TeOYlVRE0
グッジョブ!!

>>202
さてあずにゃんは唯のいうことを何でも聞かなきゃならなくなったわけだg

225軽音部員♪:2010/06/25(金) 23:21:00 ID:5m3sJG7w0
最後の最後になんでダブルなのか納得

226朝チュン:2010/06/27(日) 00:54:52 ID:/4mMKUlc0
*微エロ注意

唯先輩の家にお泊りすることになった金曜の夜。
お風呂から上がった私は、憂に不思議なことを言われた。

「あっ、梓ちゃん、それお酒だよ!」

唯先輩が渡してくれたお水を指差して、憂がそう言ったのだ。
その隣では唯先輩が、口に手を当てて驚いた顔をしている。
唯先輩も憂の言葉にびっくりしているのだろう。

「え!? あ、あれお酒だったの!?」

「そうだよぉ……料理酒が古くなっちゃったから、
下ごしらえに使っちゃおうと思ってコップに移しておいたのに……」

「あわわ……ど、どうしよう……
あ、あずにゃん大丈夫? 具合悪くない?」

憂の不思議な言葉に影響を受けたのか、
唯先輩まで変なことを言い出してしまった。
私はため息をついて、二人に言った。

「なに言ってるんですか、これはお酒じゃないですよ」

「「え?」」

「だって、私は未成年なんですよ。
未成年はお酒を飲んじゃいけないんですから、
私が飲んだこれがお酒なはずないじゃないですか」

そう、未成年の私はお酒を飲んじゃいけないのだから、
私が飲んだ時点で、もうこれはお酒ではなくなっているはずなのだ。
お水にしては変に甘くて熱くて匂いもするけれど、
それでもこれはお酒じゃない。

「「…………」」

私の言葉に、二人は口を閉じた。
少しの間を置いて、憂が口を開いた。

「……う、うん、そうだね、それお酒じゃないねお水だね」

「そうだよ、憂」

憂が理解してくれたことに安心し、
私は半分ほど残っているお水を飲み干そうとした。

227朝チュン:2010/06/27(日) 00:57:56 ID:/4mMKUlc0
「あっ、梓ちゃん、待って!」

私がお水を飲もうとするのを、なぜか憂が止めた。

「あ、梓ちゃん! お風呂上がりだったら、
お水よりもスポーツ飲料とかの方がいいよ!
代わりのもってくるから、それ渡して! ね!」

「うん、わかった」

そう言って、私はコップの中身を飲み干した。
甘みのあるお水が喉を通り過ぎ、心地よい熱さが体に宿る。
空になったコップを憂に渡すと、
なぜか憂は泣きそうな表情を浮かべた。

「あ、あずにゃん……大丈夫……?」

唯先輩が心配そうな表情を浮かべて、そう聞いてきた。
憂も私の側に立ったまま、そこから動こうとしない。
二人が私の様子を窺っているのは明らかで、
いったいなにを心配しているのだろうと疑問に思い、

(あ、そうか……)

体に宿った熱が、その理由を教えてくれた。
「こんなに暑いのに、パジャマなんか着ていて大丈夫なの?」と、
そう心配してくれているのだ。
確かにこの部屋は暑い。
クーラーが苦手な唯先輩のため、扇風機しかつけられていないのだ。
加えて私はお風呂上がりで、体が温まってしまっている。
部屋の中でも熱中症になってしまうことがあるというし、
パジャマは脱いでしまった方がいいだろう。

「大丈夫ですよ、心配しないで下さい」

そう言って、にっこり笑って、私はパジャマの上を脱いだ。
素肌に扇風機の風が当たって、火照った体に心地よい。
これなら熱中症で倒れることはないだろう。

「あ……あずにゃ、ん……」

私の名前を言いながら、唯先輩の顔がみるみるうちに真っ赤になっていった。
今にも頭から湯気が出そうで……その様子を見て、大変だと私は思う。
暑いのが人一倍苦手な唯先輩なのに、私より先にお風呂に入って、
温まった体を未だパジャマで包んでいる。
そして顔を真っ赤にしてしまっているのだ。
このままでは暑さで倒れてしまうだろう。

228朝チュン:2010/06/27(日) 01:00:29 ID:/4mMKUlc0
(私が唯先輩を助けてあげなくちゃ!)

そう思って、私は唯先輩に一歩近づき、

「唯先輩、脱いで下さい」

「え!?」

「梓ちゃん!?」

私の言葉に、なぜか二人が驚いたような声を出した。
そのまま固まって、二人とも動けなくなってしまったようだった。
どうしてしまったのかわからないけれど……唯先輩の顔は赤いままだ。
疑問を解くよりも、パジャマを先に脱がすべきだと思った。

「わかりました……私が脱がしてあげますね」

「え、ちょっ……!?」

「梓ちゃん! 待って! 待って!!」

私が唯先輩のパジャマに手をかけると、
なぜか憂が慌てて私の腕を押さえた。
いったいどうしたのかと、私は憂の顔を見た。
唯先輩の様子に、憂が気がつかないはずはないのに、
なんでパジャマを脱がすのを止めるのだろう?

「あ、梓ちゃん! 落ち着いて、ね! 落ち着いて!!」

涙目でそう言ってくる憂を見て……私は憂の気持ちを察した。
「お姉ちゃんの面倒は私がみるの!」って、そう思っているのだ。
憂の思いを悟り、身勝手なことをしてしまった自分を恥じた。
憂にとって大事なお姉ちゃんである唯先輩、
その面倒を全部みたいと思うのは当然のことだろう。

「ごめんね、憂……」

顔を俯けて、私は憂に謝った。

229朝チュン:2010/06/27(日) 01:02:27 ID:/4mMKUlc0
「でもね……私も唯先輩のことが大事だから……
いい加減な気持ちじゃないの、それは信じて……」

唯先輩の体調が心配だったから、私はパジャマを脱がそうとしたのだ。
決して憂の気持ちを蔑ろにしたわけではないのだと、
私はそう伝えようとした。

「梓ちゃん……」

私の言葉を聞いて……憂がその手を離した。そのまま後ずさり……

「わかったよ、梓ちゃん……梓ちゃんが真剣なんだったら……
梓ちゃんに、お姉ちゃんのこと、お願いするね……」

憂はそう言ってくれた。
私が真剣に唯先輩のことを心配していることを察してくれて、
そして大事なお姉ちゃんの面倒を私に任せてくれようとしている。
憂の気持ちに、私は感動して泣きそうになってしまった。

「ありがとう、憂……私ちゃんと、優しくするから……」

「うん……お願いね……」

そう言って、憂は涙を拭いながら部屋を出ていった。
私は唾を飲み込んで、唯先輩に向き直った。
憂の気持ちに応えるためにも、
唯先輩の面倒をちゃんとみてあげないといけない。そう思った。

「え……あの……あ、あずにゃ……え……」

私のすぐ側で、唯先輩は無意味な呟きを繰り返していた。
ちゃんと呼吸ができていないのか、言葉が不明瞭になってしまっている。
熱にやられてしまったのかもしれない。
こういうときは……そう、人工呼吸だ。

230朝チュン:2010/06/27(日) 01:05:55 ID:/4mMKUlc0
「唯先輩……」

「あ、あずにゃっ……!?」

動けなくなっている唯先輩の口に、私は自分の口を押し当てた。
でも唯先輩は口を閉じてしまっていて、そのため、息は吹き込めなかった。
一旦口を離すと、涙目になっている唯先輩の顔が見えた。
顔は変わらず真っ赤なままで、早くしてあげないといけないと思った。

「唯先輩……」

ちゃんと人工呼吸をしてあげるため、私は唯先輩をその場に押し倒した。
姿勢が変わって、半開きになった唇に自分の唇を押し当てる。
また口が閉じようとして……私は舌を伸ばして、その口をこじ開けた。

「……ちゅ……んぁ……っちゅぅ……」

「……んちゅっ……あ、ずにゃ……ちゅ……ぅぅ……!」

舌を唯先輩の口に入れ、暴れる唯先輩の舌を押さえ込む。
逃げようとする唯先輩の体を手で押さえて、
私は人工呼吸のために唇を押し当て続けた。
息と一緒に唾液が唯先輩の口に流れ込んでいく。
体の震えで、唯先輩がそれを嚥下するのがわかった。

「……ん…はぁ……」

「……んぁ……あずにゃ、ん……」

唇を離すと、ぼーっとした表情の唯先輩の顔が見えた。
ちゃんと私の名前を言えたということは、
人工呼吸は成功したということだろう。
でも顔は真っ赤なままで、瞳は潤んでいた。
熱はこもったままで、完全に逆上せてしまっているみたいだった。
早く服を脱がしてあげないと。

「大丈夫です、唯先輩……心配しないで……私に任せて下さい……」

「あ、あずにゃん……」

私が言うと、唯先輩が全身から力を抜いたのがわかった。
潤んだ瞳を私に向けて、

「……優しく、してね……」

「はい……」

唯先輩に返事をして……
私はそっと、先輩のパジャマを脱がしていった……

231朝チュン:2010/06/27(日) 01:09:18 ID:/4mMKUlc0
(全年齢版のため中略)

小鳥のさえずりが頭の中で響いて、私は目を開けた。
見慣れない天井に、一瞬ここがどこだかわからなくなり……
唯先輩に家にお泊りをしたことを思い出すまで、
ちょっと時間がかかってしまった。

「あれ……」

でも、昨夜のことを思い出そうとしても……
頭が重たくて、よく思い出せなかった。
お風呂から上がって、唯先輩にお水を貰って……
その後いったいどうしたのだろう?
私はいつ眠ってしまったのだろうか?
頭を押さえながら体を起こすと、薄手のタオルケットがずり落ちて……
その下の素肌が目に映って、

「え……?」

そこで初めて、自分が裸であることに気がついた。

「え……えっ……え!?」

驚きで声が詰まり、慌てて周りを見る。
場所は居間で、周りにはパジャマと下着が散らばっていて、
そして私のすぐ隣には、

「……ぅん……あずにゃん……?」

私と同じように、素肌の上にタオルケット一枚の唯先輩が横になっていた。
うっすらと瞳を開け、微かに頬を染めて……
腕を伸ばして、私の手にそっと触れてきた。
唯先輩の温もりを手に感じ、

「あずにゃん……すてき、だったよ……」

唯先輩のその呟きに、忘れていた昨夜のこと……
お水と間違ってお酒を飲んでしまってからのことを、
一気に思い出してしまって……

「にゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

私はただ、そう叫ぶしかなかった。
私の叫びに応えるように、窓の外では小鳥がさえずりを続けていた。


END


お邪魔します。
妄想スイッチ入っちゃって、こんなことに……。

232ゆいあずSS一匹目:2010/06/27(日) 03:53:25 ID:TDgHSESUO
─ 新歓!(後日談) ─


唯「結局今年は新入部員来なかったねー……」

梓「そうですね。
今年はこのままのメンバーでやっていきたいと思ってますが、新しい部員が入ってきて欲しかった気もします」

唯「そだよねー。
もし新入部員が入ってきたら、とっっっっても可愛がってあげたかったのになぁ〜」

梓「……





























やっぱし、今年は来てくれなくて良かったです」

唯「?」

233ゆいあずSS二匹目:2010/06/27(日) 03:56:04 ID:TDgHSESUO

─ 梅雨! ─

唯「よし! 帰ろう! 今の内だ!」

梓「練習するんじゃ……」

唯「ギー太が濡れちゃうよ」

梓「またギー太ギー太って……」

唯「あずにゃんはあずにゃんで、大事に思ってるからね♪」

梓「───っ!?」

唯「あずにゃんも試しに一度、名前で呼んでみるといいよ。今よりももっともっと好きになれるよ〜」

梓「……そんなものですかね」

唯「そんなものだよ〜」



梓「わ、わかりました。
じゃあ一度だけ───












































ゆ、唯っっっ!!」

澪&律&紬『そっち(なの)!?』

梓「た、確かに何だか変な気分に───」

唯「私にじゃなくて、ギターにだよ。あずにゃん」

梓「に゛ゃっっっっ!?」

澪&律&紬「…………」←(必死で笑いを噛み殺している人たち

234ゆいあずSS三匹目:2010/06/27(日) 03:58:05 ID:TDgHSESUO
─ 夏フェス! ─


梓「唯センパイ。こんな所でじっとしてると虫に刺されますよ?」

唯「大丈夫! 虫除けバンド両手にしてるから!」

梓「お〜…」

唯「あずにゃんにも一個あげよう!」

梓「…どうも。
これ、わざわざ持ってきたんですか?」

唯「ううん。あずにゃんが来るほんの少し前に、親切な男の人たちがくれたんだよ」

梓「……へ〜……」

唯「あとあと、美味しい屋台とか、オススメのバンドグループとかも教えてくれたんだ〜」

梓「…………ふ〜ん……」

唯「その場所に行ったら、もしかしたらまた会えるかもしれないね〜♪」

梓「…………まぁ、分かってはいましたが



































この虫除けバンド、そっちの虫には全く効き目が無いですね」

唯「? そっちっでどっち?」

梓「そっちはあっちです」

唯「?」

235軽音部員♪:2010/06/27(日) 06:02:04 ID:mAHXB/3cO
>>231
あずにゃんwww
暴走しすぎwww
GJ!!

>>232ー234
空白であずにゃんの心理状態を上手く表現してますなぁ〜
GJ!

236軽音部員♪:2010/06/27(日) 07:29:27 ID:B3CUvDjk0
今日は朝から唯梓祭りか

237202:2010/06/27(日) 23:54:51 ID:bBjnrSeA0
202です。
お待たせいたしました。日本vsデンマークの結果を受けて、続きを書いてみました。

238あずにゃんの気持ちを聞きたくて:2010/06/28(月) 00:00:37 ID:Zw5VSfGw0
――――――――――――――――――――
Side Yui


「今度こそは、日本が勝つよ!」
「私は引き分けだと思います!・・・予想が外れたら、当たった方の言う事を1日聞くって言うのはどうですか?」
「おぉ、それが良いかもね!」

私は、あずにゃんとそんな約束をしていました。・・・今はワールドカップの真っ最中です。
あずにゃんと予想をした試合は、日本vsデンマークです。大会前は、日本は予選敗退が濃厚だと言われていました。
しかし、初戦のカメルーンに勝利すると、強豪のオランダにも惜敗はしたものの、0−1の善戦でした。
この試合、日本は勝ちか引き分けで決勝トーナメントに進めるのです。
決勝トーナメントに進むとなると、日韓大会以来、2大会ぶりになります。
・・・と、テレビでやっていたと憂が言っていました。

「ん・・・朝だ・・・今何時だろう・・・」

私は手を伸ばし、ケータイを手に取り時間を確認しました。時間はまだ6時です。自分で言うのもなんだけど、私にしてみれば凄い早起きです。
日本vsデンマークの試合は、夜中の3時半に始まるという事で、さすがに学生の私はテレビで観戦する事はできませんでした。
結果が気になったからか、自然と早く目が覚めてしまいました。

「結果は・・・おぉ、日本勝ったんだぁ♪」

ケータイのニュースサイトで確認すると、私は思わずほころんでしまいました。

「えへへ・・・勝ったよ、あずにゃ〜ん♪・・・あずにゃ〜・・・zzz」

結果を知ってホッとすると、私はまた夢の中に戻っていきました・・・。

「お姉ちゃん、ダメー!ちゃんと起きてぇ〜!」



――――――――――――――――――――
Side Azusa


「6時かぁ・・・。今日はいつもより早く目が覚めちゃったなぁ」

目覚まし時計が鳴る前に起きてしまいました。早く目が覚めたのは、やっぱりアレが気になったから・・・。

「日本の結果、どうなったのかな・・・」

私はちょっぴり緊張しながらテレビをつけてみる。すると、画面には『日本快勝』の文字が・・・。

「ホッ・・・日本負けなくて良かったぁ・・・。でも、予想は唯先輩の勝ちかぁ」

私は引き分けだと思っていたので、予想は外れてしまいました。
予想が外れたという事は、すなわち私は唯先輩の言う事を聞かなければいけない事に・・・。

「あずにゃ〜ん、今日は1日ネコミミメイドでご奉仕してね♪」
「よ〜し、一緒にプールに行こう!・・・あずにゃんはセクシーなビキニじゃなきゃダメだからね♪」
「あずにゃん、今日のおやつ、皆の前で食べさせて♪・・・あ〜ん」
「あずにゃん・・・今日は朝まで寝かせないよ?・・・覚悟してね♪」

唯先輩から言われそうな事を想像してみたけど・・・想像しただけでも恥ずかしい・・・///

「うぅ・・・唯先輩、私に何を言ってくるのかなぁ・・・」

唯先輩と会えると思うとドキドキする私だけど・・・今日はいつもとは違うドキドキが私の中にありました。



――――――――――――――――――――
Side Yui


「あ〜ずにゃん!・・・おっはよ〜♪」
「ゆ、唯先輩・・・お、おはようございます」

あずにゃんを見つけて、嬉しくなって声をかけました。
だけど・・・何だろう、今日のあずにゃんはちょっと様子が違うなぁ。
いつもはちょっと微笑んで返事してくれるのに、顔が引きつっているような・・・。
こんなあずにゃん、初めて見たような気がします・・・。

「あずにゃん、夜中のサッカー・・・」
「に、日本勝って良かったですね!ゆ、唯先輩の予想通りでしたね!」
「うん!・・・それでね、予想が外れた方が当たった方の・・・」
「あ、そうだ、私今日日直だったんだ・・・!すみません、唯先輩・・・先に学校に行きますね!」

そう言うと、あずにゃんは走っていきました。・・・あれ、逃げられちゃったのかな?
あずにゃんと、普通にお話しがしたかっただけなんだけどな・・・。
徐々に遠くなるあずにゃんの背中を見ているだけで、私は追いかける事ができませんでした。

「あずにゃん・・・」

239あずにゃんの気持ちを聞きたくて:2010/06/28(月) 00:03:56 ID:Zw5VSfGw0
――――――――――――――――――――
Side Azusa


私は愚か者だ・・・。
せっかく、大好きな唯先輩が話しかけてくれたのに、それを遮って逃げてしまうなんて・・・。
日直は嘘ではないけど、走らなければいけないほど急ぐ物でもないのに・・・。

「はぁ、何やってるんだろう、私・・・」

明らかに、私はあの約束から逃げていました。私から言い出した事なのに。
『予想が外れた方が、当たった方の言う事を聞く』
唯先輩が何を言ってくるのか、何となく予想はできる。
だけど、実際に本人から聞いたわけではありません。
それなのに、いかにもこの予想が絶対だと思っている自分がここに居ます。
そんな自分が、だんだん情けなくなってきました。

「部活で唯先輩に会ったら、ちゃんと謝らなきゃ・・・ゴメンなさい、唯先輩」

私はケータイを開き、そっと呟きます。
待ち受け画面の唯先輩は変わらぬ笑顔で応えてくれました。



――――――――――――――――――――
Side Yui


放課後、私は部室であずにゃんを待っていました。
あずにゃんは日直の為、ここに来るのが遅くなるようです。
机の上にはムギちゃんが持ってきてくれたお菓子も置いてあります。
でも、部室には私しかいません。
・・・と言うのも、りっちゃんが風邪で学校を休み、澪ちゃんはそのお見舞いに行っているからです。
ムギちゃんも、急用ができたとの事で、持ってきたお菓子を置いて帰ってしまいました。

「ムギちゃんが持ってきてくれたクッキー、美味しそう〜♪・・・あずにゃん、まだかなぁ〜」

皆と食べられないのは残念だけど、このクッキーを食べて、美味しいって喜ぶあずにゃんの顔が目に浮かんできました。

「・・・朝は何であずにゃん、先に行っちゃったんだろう・・・。お話しがしたかったのになぁ」

サッカーの事もそうだけど、昨日見つけた美味しいアイスクリーム屋さんの事も教えてあげたかったのにな・・・。
夏服とか水着の安売りをしているお店も見つけたから、今度あずにゃんと一緒に行きたいな〜。
あれこれ考えているうちに、何だかまぶたが重くなってきちゃいました。
だんだん良い気持ちに・・・。

「あずにゃ〜ん・・・早く会いたいよぉ・・・zzz」

240あずにゃんの気持ちを聞きたくて:2010/06/28(月) 00:05:32 ID:Zw5VSfGw0
――――――――――――――――――――
Side Azusa


「遅くなってすみません。これが日誌です・・・それでは、失礼します」

担任の先生に日誌を渡し、私は職員室を出ました。
いつもなら10分くらいで日誌を書き終わるのに、今日は30分もかかってしまいました。
まぁ・・・唯先輩の事ばかり考えていて、ペンが進まなかったからなんだけどね。

「ヤバッ、もうこんな時間だ・・・唯先輩達、練習始めちゃってるかな・・・」

私は、むったんを背負うと部室に急ぎます。

「今朝、あんな態度取って・・・唯先輩、怒ってないかな・・・」

部室に向かう途中でも、やっぱり思い浮かぶのは唯先輩の事ばかり。
そういえば、今日は休憩時間もケータイの待ち受け画面ばっかり見てたっけ。唯先輩の笑顔に癒されたくて・・・。
部室に繋がる階段を上がって行く。だけど、もうすぐ部室だというのに、練習している音どころか、先輩達の会話すら聞こえてきません。

「あれ?今日部活お休みだっけ・・・?」

私はそっと部室を覗き込んでみる・・・すると、机にうつ伏せになっている唯先輩が居ました。
机の上には何故か二人分のクッキーが・・・。

「唯先輩・・・」
「あずにゃん・・・早く会いたいよぉ」

その言葉に、私は思わずドキッとしてしまいます。でも、全く動かないところを見ると寝言のようです。

「まったく、しょうがないですね・・・。私ならここに居ますよ・・・」

本当はすぐにでも起こしたかったけど、この可愛い寝顔を見ると、私の考えを躊躇わせてしまいます。
私はそのまま、20分も唯先輩の寝顔を見て微笑んでいました。

「えへへ〜・・・あずにゃん、ダメだよぉ、そんなとこ触っちゃ・・・」
「んな!?・・・ど、どんな夢見てるんですかぁ・・・」

不意に寝言を口にする唯先輩・・・何か嬉しそうに笑ってるけど、そろそろ起こさないといけないよね・・・。

「唯先輩、起きてください!もうこんな時間ですよ!」
「ふにゃ・・・あ、あずにゃ〜ん♪・・・もう、2人きりだからって、あんな事するなんて大胆なんだから〜♪」
「ちょっ・・・/// 唯先輩、何の夢見てたんですかぁ!?」
「ふふ、ひ・み・つ♪」

唯先輩は、いたずらっぽく笑いました。

「とりあえず、ムギちゃんが持ってきてくれたクッキー、一緒に食べようよ♪」
「はい・・・でも、他の先輩達は・・・」
「りっちゃんは風邪でお休み、澪ちゃんはそのお見舞いに行って、ムギちゃんも急用ができたから今日は帰るって」
「そうなんですか・・・」

唯先輩は説明を終えると、クッキーをほおばりました。
美味しいと言いながら見せる笑顔・・・今の私にはちょっと眩しいです。

「あずにゃんも食べなよ♪」
「はい・・・あ、唯先輩・・・今朝はすみませんでした」
「ほえ?」



――――――――――――――――――――
Side Yui


あずにゃんはクッキーを手に取ると、それを口に入れるわけでもなく、急に謝ってきました。

「どうしたの、あずにゃん?何で謝るの?」
「いや・・・今朝、あんな態度取ってしまったから・・・」
「あんな態度・・・?」
「唯先輩がせっかく話しかけてくれたのに、それを遮って先に学校に行ってしまったから・・・」
「あぁ・・・でも、あずにゃん日直だったんでしょ?それじゃあ仕方ないよ♪」
「それもそうなんですけど・・・サッカーの予想で、外れた方が当たった方の言う事を聞くっていう件で、唯先輩から何を言われるのか想像したんです。
 そうしたら・・・何だか恥ずかしくなっちゃって・・・それで、話を遮って走っちゃったんです・・・」

そう言うと、あずにゃんはだんだん顔が赤くなっていきました。
何を予想していたのかわからないけど、あずにゃん可愛いなぁ。

「あずにゃん、何想像してたの〜?」
「そ、それは・・・言えません///」

顔を赤くして、あずにゃんは俯いちゃいました。

「あずにゃん・・・エッチ〜♪」
「・・・!!/// そ、そんな事言わないで・・・でも、私は覚悟できてますよ!もう、ドンと来いです! さぁ、唯先輩・・・何でも言ってください!」
「えへへ・・・それじゃあねぇ・・・」

私の言う事を、あずにゃんは何でも聞いてくれるって言った・・・だったら、聞いてもらおうじゃないですか♪
私があずにゃんに、今求めている事を・・・!

「あずにゃん・・・」
「は、はい・・・!」
「・・・笑って♪」
「・・・え?」

241あずにゃんの気持ちを聞きたくて:2010/06/28(月) 00:07:14 ID:Zw5VSfGw0
――――――――――――――――――――
Side Azusa


私は、唯先輩の言葉にキョトンとしてしまった。あれこれ考えていた事とは全く違う、唯先輩からの言葉でした。

「笑う・・・ですか?」
「そうだよ〜。だって、あずにゃん、今日私の前で1回も笑ってくれてないでしょ?朝も、部室に来てからも・・・」
「あ・・・」
「私、あずにゃんの笑顔が好きなんだ。笑ってるあずにゃん、可愛いんだもん♪」
「そ、そんな事・・・ないですよぉ///」

私は、唯先輩からの言葉に思わず口元が緩んでしまいます。

「照れてるあずにゃんも、ホント可愛いよね〜♪」
「もう・・・そんな事言われたら・・・恥ずかしくて唯先輩の顔見られないじゃないですかぁ///」
「えへへ・・・あ、あずにゃん、この後、アイス食べに行こうよ〜♪美味しいアイス屋さん見つけたんだ!」
「クッキー食べたばっかりじゃないですか〜」
「あずにゃん、これは私からの命令なのだよ♪」
「・・・もう、唯先輩ったら・・・」

いつもと変わらぬ光景・・・私はクスッと笑ってしまいました。それを見た唯先輩も嬉しそうに笑っていました。





「どう、あずにゃん?」
「はい、ホントに美味しいですね」
「でしょ〜♪いつもと違う帰り道を歩いてたら、たまたま見つけたの!地元でも穴場のアイス屋さんだよ」

嬉しそうに話しながら、唯先輩はアイスを頬張っていました。

「穴場と言えばね、この近くに、凄く良い所があるんだよ!」
「良い所・・・ですか?」

そう言うと、唯先輩は私の手を取り歩き出しました。まだアイス食べ終わってないんだけどな・・・。

「唯先輩、そんなに急いだらアイス落としちゃいますよ?」
「大丈夫だよ〜。さ、早く早く♪」

その瞬間・・・嫌な音が響きました。
『ベチャッ・・・』
だから言ったのになぁ。・・・唯先輩はジッと、変わり果てたアイスの姿を見ています。

「あぅ〜・・・あずにゃ〜ん・・・」
「そ、そんな潤んだ目で私を見ないでください///」
「あずにゃ〜ん・・・!!」

唯先輩は私に泣きついてきました。ギュッと私を強く抱きしめます。
このままだと、私のアイスも落ちてしまいそうです・・・。
でも・・・よく考えたら、唯先輩が抱きついてきたのは凄く久しぶりなんだよね。
あの、サッカーの試合を予想した日以来、抱きつきが禁止になっていましたから・・・。
唯先輩は、言葉には出さないものの、今まで我慢してきた分、思いっきり私を求めていたようでした。

「唯先輩・・・よく我慢しましたね」
「・・・」

私は唯先輩の頭を優しく撫でました。すると、唯先輩はまた私を求めて強く抱きしめます。
私はだんだん力が抜けてきて・・・そして・・・。

「あっ・・・」

・・・見事に私のアイスも唯先輩のアイスの隣に落ちました。
アスファルトの上で、二つ仲良く溶けていきます。

「えへへ・・・1週間分のあずにゃん分補給、完了〜♪」

そこには、満足そうな表情の唯先輩が居ました。
アイスは落ちて溶けちゃったけど・・・唯先輩のこの嬉しそうな表情を見れて、私も満足です。



「はぁ、はぁ・・・ここだよ、あずにゃん!」
「・・・す、凄いですね・・・」

唯先輩が私を連れてきてくれた所・・・そこは、私達が住む町が一望できる高台でした。

「こんな所があるなんて・・・私、初めて知りました!」
「私もね、最近知ったんだ〜♪・・・ここ、夕陽も凄く綺麗なんだよ!」
「本当ですね・・・」

私達の目の前では、ゆっくり、ゆっくりと沈んでいく真っ赤な夕陽が、町をオレンジ色に染めていました。
私が夕陽に見惚れていると、唯先輩がふと口にしました。

「今日、1日ずっと考えてたんだけど・・・『予想が当たったから、あずにゃんにさせたい事』って・・・何も思いつかなかったの」

思わぬ言葉に、私は唯先輩の顔を覗き込んでしまいました。

「私はただ・・・あずにゃんと一緒に居て、楽しければそれで良いかなって」
「唯先輩・・・」
「・・・私って、欲の無い人間なのかな?」
「そ、そんな事・・・ないと思いますよ!」

私が否定すると、唯先輩は黙って夕陽を見ていました。すると、にっこり微笑んで、私に言いました。

「一つ・・・思いついちゃった♪ あずにゃんにやってもらいたい事♪」

242あずにゃんの気持ちを聞きたくて:2010/06/28(月) 00:10:03 ID:Zw5VSfGw0
――――――――――――――――――――
Side Yui


ちょっと意地悪かもしれないけど・・・私はあずにゃんにやってもらいたい事を思いついてしまいました。

「あずにゃん・・・私の事、どう思ってるのかな?」
「えっ・・・ど、どうって・・・///」
「ここから、私に対する気持ちを、大きな声で言ってほしいな〜って♪」
「なっ!?・・・そ、それは無理です〜///」

ふぅ・・・案の定、そうきたかぁ。町中に響くように・・・この高台から、大きな声で言えって言っても無理かな・・・。
まぁ、私だって言えって言われても、すんなり言えるわけないもん。
でも・・・聞きたいんだよなぁ・・・照れながらも大声で言ってくれる、あずにゃんの気持ちを。

「唯先輩・・・!わ、私の気持ち・・・知って・・・///」
「さぁ・・・知りませんなぁ♪」
「そ、そんな酷いですぅ///」

ゴメンね、あずにゃん。勿論・・・あずにゃんの気持ちは知ってるよ/// だけど、ちょっと意地悪したくなっちゃったんだ。

「さぁ、あずにゃん・・・これは命令だよ♪」
「うぅ・・・///」

あずにゃんの顔は真っ赤です。これは、夕陽に照らされているから・・・じゃないよね♪

「唯先輩・・・他には無いんですかぁ・・・」
「うん!私の命令はこれだけだよ♪」
「はわわ・・・///」
「言えないって事は・・・私の事、嫌いなの?」

私はちょっと悲しそうな表情であずにゃんを見ます。勿論演技なんだけど・・・あずにゃんは慌てていました。

「そ、そんな事無いです!!・・・あの、その・・・」
「じゃあ、嫌いじゃないなら、素直な気持ちを大声で♪」
「・・・うぅ〜・・・い、言わなきゃ・・・ダメですかぁ・・・?」
「うん♪」

あれ?・・・あずにゃんがだんだん涙目になってきちゃった。
ちょっと、意地悪すぎたかな。

「ん・・・!?」
「・・・///」

おぉ・・・あずにゃん、そう来たかぁ。私の唇をあずにゃんの唇で重ねてくるとは・・・。

「これで・・・許してもらえませんかぁ///」

涙目で懇願してくるあずにゃん・・・。もう・・・キュンとしちゃいました。

「あずにゃんったら・・・/// どうしようかな〜♪」

すると、あずにゃんは躊躇いもなく、再び私の唇を奪いにきました。
あずにゃん・・・結構大胆なんだね・・・///

「唯先輩・・・好きです・・・これが私の気持ちです・・・」

潤んだ瞳で私をジッと見つめるあずにゃん・・・。ダメだ、完全に私の負けです///

「えへへ・・・ごちそうさま♪」

私は、あずにゃんを思いっきり抱き締めました。私の命令とはちょっと違ったけど・・・あずにゃん、頑張ったもんね。
あ、そうだ・・・あずにゃん、頑張ったからご褒美あげないといけないね。

「あずにゃん、ありがと・・・。私もあずにゃんの事、世界で一番好きだよ♪」
「唯先輩・・・」

私達は、3度目の口づけを交わしました。3回目は深く・・・あずにゃんを堪能しちゃいました///



「あずにゃん・・・明日、デートしよっか♪ 夏服とか水着が安売りしているお店を見つけたの!」
「はい・・・楽しみですね!」
「きっと、あずにゃんにピッタリなセクシービキニもあると思うんだ♪」
「なっ!?/// 何着させようとしてるんですかぁ///」
「冗談だよぉ・・・あずにゃんは何着ても可愛いよ♪」
「もう・・・唯先輩ったらぁ・・・///」

今日は果たせなかったけど・・・いつか、この町に響くように、2人で思いっきり愛を叫んでみたいなぁ。
あ、日本がベスト4になったら、もう1度あずにゃんにお願いしてみようかな♪
そのためにも・・・日本、頑張れっ!!


終わり

243軽音部員♪:2010/06/28(月) 00:19:03 ID:Zw5VSfGw0
唯は進路を決める時みたいに、色々考えたけど、結局
お願い事は決まらなかった・・・という感じで書いてみました。
長文失礼しました。

244軽音部員♪:2010/06/28(月) 01:01:45 ID:UMP/xsSMO
>>243
GJ!最後はニヤニヤしてしまいましたw

245軽音部員♪:2010/06/28(月) 01:09:47 ID:kB.Mm3P20
最高でした!

246軽音部員♪:2010/06/28(月) 05:00:37 ID:ZFbbtlAg0
GJ
日本が勝ったのも唯梓の加護だw

247軽音部員♪:2010/06/28(月) 05:34:19 ID:hRRt7LIwO
朝から良いもの見させておただきましたw
GJ!!

248軽音部員♪:2010/06/28(月) 19:24:32 ID:i/PRzduEO
GJ
特に後半の
照れるあずにゃんと
いじる唯がたまらんw

249軽音部員♪:2010/06/29(火) 17:01:18 ID:jdjBluzk0
小ネタ「餌付け」


唯「あ、あずにゃ〜ん♪」
梓「あ、唯先輩。こんにちは」
唯「エヘヘ、偶然だね。あずにゃんはお使いの帰り?」
梓「はい。唯先輩もですか?」
唯「私はお散歩にいくところだよ♪」
梓「え、でもその袋は……」
唯「あ、これはね、お隣のおばあちゃんから貰ったんだぁ。
お散歩にいったら、休憩するときに食べなさいって」
梓「あ、おいなりさんですね」
唯「おばあちゃんの作るおいなりさん、美味しいんだよっ」
梓「フフ……なんか、ほんとに餌付けされてるネコみたいですね」
唯「エヘヘ……あ、あずにゃんにもお裾分け♪ はい、あ〜ん」
梓「え……あ、頂きます……あ〜ん……」
唯「美味しいでしょ?」
梓「はい、とっても」
唯「もう一つどうぞ♪」
梓「えっと……そ、それじゃ……あ〜ん……」

憂「あ、お姉ちゃんと梓ちゃんだ」
純「ほんとだ……って、梓、なにしてんの……」
憂「お姉ちゃんにあ〜んしてもらってるね♪」
純「いや、見ればわかるけど……こんな道のど真ん中で……」
憂「フフ……なんか梓ちゃん、餌付けされてるネコみたい♪」


小ネタ投稿、失礼しました。

250軽音部員♪:2010/06/29(火) 17:08:43 ID:Ri6Ycjj.0
>>249
もっと、もっと燃料を・・・・!

251軽音部員♪:2010/06/29(火) 17:48:23 ID:jdjBluzk0
小ネタ「腹痛」


唯「う〜ん……」
梓「ゆ、唯先輩!? どうしたんですか、真っ青ですよ!?」
唯「エヘヘ……お弁当食べすぎちゃって……お腹、痛くなっちゃった……」
梓「だ、大丈夫ですか……?」
唯「う、うん……保健室でお薬貰ってきたから……
少し休んでれば、よくなると思う……」
梓「も、もうっ……子供じゃないんですから、気をつけて下さい!」
唯「エヘヘ……うん、ごめんね……」
梓「……………」
唯「……う〜ん……」
梓「あ、あの……失礼しますっ!」
唯「え、あ、あずにゃん……?」
梓「あ、その……子供の頃、お腹痛くなったとき……
お母さんにお腹撫でてもらったら楽になったので……
その、唯先輩も楽になるかなって思って……」
唯「あ、うん……ほんとだ、あずにゃんにお腹撫でてもらってると、
すごい気持ちいいよ……」
梓「そうですか……それなら、良かったです……」
唯「うん……あずにゃん、ありがとね……」
梓「……いえ……あまり心配させないで下さいね……」
唯「……うん」


小ネタをもう一つ、失礼します。
今晩の「けいおん!!」は、時間変更ありそうです。
延長次第では更に遅くなる可能性も。
皆さん気をつけて。

252軽音部員♪:2010/06/29(火) 18:00:47 ID:Ri6Ycjj.0
GJ! 規制が憎い

253軽音部員♪:2010/06/29(火) 20:54:36 ID:wxzQX6NUO
なぜか卒業式ネタが思いついたので、携帯から失礼します。数レス程借ります。

254卒業!!:2010/06/29(火) 21:23:34 ID:wxzQX6NUO
「はぁ…。」
クラスでも部室でもため息は絶えなかった。
特に部室では酷かった。今も朝練で一人で練習しているが、最近3年生の先輩方の姿を見ていない。
なぜなら進路や受験を間近に控えたため3年生は家庭学習期間に入り、学校自体に来なくても良くなったのだ。
澪先輩と律先輩のいつもの掛け合いや、ムギ先輩のお菓子やティーセットも無い。さわ子先生も吹奏楽の顧問も元々担当しているせいか、放課後に軽く顔を出すくらいになり、部室では私一人の時が多かった。
虚しくムスタングの音色が響く。
そして何よりも足りないのが、

唯先輩の温もりだった。

最初は確かに嫌がっていた唯先輩からのスキンシップ。いや…ホントは嫌じゃ無かったのかもしれない。
私に最初にスキンシップをしてきたのも唯先輩。怒った私を落ち着かせてくれたのも唯先輩。それからは部室は愚か、廊下、はたまた私の教室まで抱きつかれるのが当たり前になっていた。
そして、当たり前になったという事は、私も唯先輩の温もりを欲しがっている証拠だった。
最近は学校がつまらない。特に唯先輩が抱きついてきてくれた廊下を歩いていると、抱きつかれていた日々が戻ってきてほしい衝動にかられた。
そして何も無いまま月日は流れ…。
………
……



「はぁ…」
「大丈夫?梓ちゃん…今日は特に元気無いよ?」
「憂…大丈夫だよ…。」
教室でのいつものやりとり。元気が無いのは解りきっていた。でも周りを心配させたくない私は決まって「大丈夫」の一点張り。
「この後は卒業式だぞ〜?まさか倒れたりしないよな?」
「純まで…大丈夫だって…。」
また私は元気の無い大丈夫を繰り返した。
「ほら、そろそろ講堂に行く時間だよ?」
「あ、うん。」
憂に促され、私達は講堂に向かった。

255卒業!!:2010/06/29(火) 21:50:27 ID:wxzQX6NUO
講堂で整列する私達。目の前にはポツンと空いた三年生の座るパイプ椅子。
そしてぼーっとしていると…

「卒業生、入場。」

BGMが流れると同時に卒業生が入場してくる。
一番最初に見つけたのは澪先輩。緊張してるのか顔が強ばっている。
次に見つけたのはムギ先輩。いつものおっとりとした表情で入場している。
次に律先輩。いつもは前が開いているブレザーもきちんと正し、笑顔で入場している。
そして…

「あ…」

平沢唯先輩。何だろうこの懐かしい感じは。でも何だか今日はどこか寂しそうだ。

「これより、第84回、卒業証書授与式を挙行いたします。」

最後の日が始まった。
とうとうこの日が来てしまった。
私は卒業式の間、ずっと過去を振り返っては懐かしんでいた。
思えば私が軽音部に入部した時、律先輩と唯先輩に質問攻めにされたっけ…。
そして私が唯先輩のギターで簡単な演奏をしたら、先輩方は何だかポカーンとしてたよなぁ…
次の日には猫耳をつけられて…そうだ、そこで始めて唯先輩にスキンシップされたんだ。あずにゃんってあだ名もつけられたなぁ…。
そして始めての合宿、文化祭。学年が上がっての新歓ライブ。何もかもが懐かしい。

軽音部の思い出…いや、放課後ティータイムの思い出は語り尽くせないほどだった。
思い出す度に私の胸は苦しくなっていく。
そしてあっという間に…

「卒業生、退場。」

拍手で迎えられる卒業生。泣いてる生徒もいたが、放課後ティータイムのメンバーは誰一人と泣いていなかった。
ただ一人、私を除いて。

256卒業!!:2010/06/29(火) 22:24:24 ID:wxzQX6NUO
「梓…」
「梓ちゃん…」
教室に帰っても私は泣き止まなかった。
それこそバレないように大きな声では泣いていなかったが、それでもいつも一緒にいる憂と純にはバレバレだった。
「部活…行くの?」
「うん…。もう放課後だしね…。」
結局、放課後もしばらく憂と純に慰めてもらっていた。
「ねぇ…どうせなら私も練習に付き合おうか?」
「ううん、大丈夫だよ。一人は慣れっこだし…今日は何だか一人で練習したいんだ…。」
「分かった。無理しないでね?」
純の誘いはありがたかったが、今の私は部室で大泣きしたい気分だった。
そして今日も音楽室に足を運ぶ。
そしていつものように扉を開けると…

「あずにゃん。」

え…?

「唯…先輩…?」

「会いたかったよ〜。」
目の前には唯先輩がいて、今、私は抱きつかれていた。数ヶ月ぶりの感触。そして嬉しさ。
「他の…先輩方は…?」
「あ…最初はいたんだけど…あずにゃんが来ないから帰っちゃった。みんな用事があったみたいだし…」
「そうですか…。」
それはそれで寂しかったが、今の私には唯先輩だけで十分だった。
部室で二人っきり。だからかもしれない。
私は唯先輩に思いっきり甘えて、思いっきり泣いた。

「あ…あずにゃん…」
最初は泣きついた私に唯先輩も戸惑ったが、すぐに頭を撫でてくれた。
「私…寂しかったんですよ…?先輩方…特に唯先輩が居なくて…。」
「ごめんねあずにゃん…。受験で忙しくて…。」
「ホントに…ひどいですよ。いつも私に構ってくるくせに…最近は…最近は…!」
「あずにゃん…もう大丈夫だから…。一人にさせちゃってごめんね?」
「唯先輩…もう二度と私の前から居なくならないでください…。もう私…唯先輩が居ないと生きていけません…。」
「あずにゃん…。」
「好きです…。大好きです…。唯先輩。これからは…私の飼い主として…一生側にいて下さい。」
雰囲気のせいかもしれない、甘えてるせいかもしれない。いつの間にかそんな言葉を口にしていた。普段の私なら絶対に言わない言葉。
「ありがと…あずにゃん。大学に行ったらどうなるか分からないけど…できる限りあずにゃんの側にいるよ。恋人として…飼い主として…。だってこんなにも可愛い子猫ちゃんだもん。放っておけないよ。」
次の瞬間。私達は口づけを交わした。それはもう深くて…甘い…とろけるような時間だった。

257卒業!!:2010/06/29(火) 22:39:40 ID:wxzQX6NUO


口づけを終えても終始私達は抱き合っていた。
「私ね…私もね…あずにゃんの事…大好きだったんだよ…。」
「私もです…。でもいいんですか…?女の子同士なのに…。」
「そんな事いったら…あずにゃんこそどうなの…?」
「それは…私は構いません…。むしろ嬉しいくらいです…///」
「でしょ?それは私も同じ…。そうじゃなかったら私だってあずにゃんにあんな事言わないもん。」
「唯先輩…。」
「これからよろしくね?私の彼女として…。ね?あずにゃん。」
「…はい!こちらこそ宜しくお願いします。唯先輩!」
「よし、あずにゃん!今夜はうちに泊まっていかない?憂の美味しい手料理が待ってるよ〜」
「じゃ…じゃあお言葉に甘えて…。ていうか唯先輩は食べ物の事ばっかですね…。」
「えへへ〜。でもあずにゃんの事もちゃんと考えてるよ!」
「もう…唯先輩ったら…」

数ヶ月ぶりに手に入れた幸せ。もう一生手放しません。
例え貴女が私に飽きたとしても、私は貴女に一生ついていきます!

おわり

258軽音部員♪:2010/06/29(火) 22:42:29 ID:wxzQX6NUO
以上です。きっとあずにゃんは卒業式は泣いちゃうはず!
長文と長い時間に渡りすみませんでした。
また機会とネタがあったら書かしていただきます。

259軽音部員♪:2010/06/29(火) 22:47:13 ID:u4Gada0Y0
あずにゃん、飼い主ってwww
GJ!!

260軽音部員♪:2010/06/29(火) 23:24:56 ID:B9vmrwd60
せっかくいいはなしなのに飼い主云々がちょっと台無しにしてる感が…
ともかくGJ

261軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:17:05 ID:drPDKcPM0
※本スレ807に触発されて書いてみました
「夏フェス」IFです



「?……」

夏フェスの夜。
テントの中で荷物を整理したり、寝る支度をしているうちに、
ふと気がつくと、唯先輩の姿がこつ然と消えていた。

「唯先輩……」

私は心配になってテントから出ると、あたりを探し回った……。
やがて、丘を少しのぼったところに見慣れた姿が……

「見つけた……」

唯先輩は少し高い場所の、人気のない芝に腰をおろして、
なにやら物思いにふけっているようだった。
もう……相変わらず人を振りまわすのだけは得意なんだから……。

「先輩っ」
「あっ、あずにゃん♪」

私に気づいた先輩は、いつもより大人しめに私の名前を呼んでくれた。
名前と言うか、あだ名ですけどね………。

唯先輩にとってそうであるように、私にとってもその愛称は、
何度も呼ばれているうちに、自然と定着してしまっていた……。
最初は、どこかムズ痒いというか、慣れていないというかで、
呼ばれる度に、自分が唯先輩に独占されているような錯覚を覚えて、
「やめてくださいよ」と何度も繰り返していたけど、今では……

「こんなところで、なにしてるんですか?」
「遠くから聞こえる曲、聴いてたの。ホントに一晩じゅうやってるんだねぇ…」
「…………」

私の問いかけに、視線を正面に戻して唯先輩が答える。
その眼差しは、さながら恋をした乙女のようにキラキラと輝いていて。
まるで、今見ている全ての光景が、初めてのことで溢れているようだった。
そんな、子供のような純粋な唯先輩に、
私はしばらく立ち往生したまま、見惚れてしまっていた。

262軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:19:37 ID:drPDKcPM0
「まあ、座りんさい♪」
「あっ……はい……」

ポンポンと、隣の芝を叩く唯先輩に促されるまま返事すると、
私はその隣にゆっくりと腰を下ろした。
唯先輩は、そんな私の様子を見守りように、ニッコリと微笑んで見つめていて。
内心ドキドキするのを隠しながら、私は何か話題を振らなければと口を開いた。

「じっとしていたら、蚊に刺されませんか?」
「だいじょうぶっ、虫よけバンド両手にしてるから!」

本当にそれだけが理由だろうか……。
敢えて心配させないために言わないが、
これまで、トータルで十か所ほどは蚊に喰われた。
当然、バンドやスプレーなどで、虫よけ対策は万全だというのに、だ。

「一個あげよう♪」
「どうも……」

そんな私の不幸な体質を知ってか知らずか、
唯先輩は片方のバンドを外すと、私に手渡してくれた。

(唯先輩とおそろいだ……)

実際そうじゃないのはわかってるけど、
なんとなく雰囲気がっていうのがあるでしょ……
細かいことは気にしない。

「はぁー……今日は楽しかったぁ……」
「背中、汚れちゃわないですか……?」
「気にしない気にしない。あずにゃんもどうぞぉ♪」

ゴロンと芝生に仰向けになる唯先輩に習って、
私も同じようにゴロンとなる。
さっき細かいことは気にしないって決めたばかりなのに、私ってば……。

263軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:24:49 ID:drPDKcPM0
「ねぇ、あずにゃん……」
「……なんですか?」

満点の星空を見上げる唯先輩が、小さな声で私を呼んだ。
私は首を捻って唯先輩の方を見るけど、唯先輩はどこか遠い目をしている。

「私ね?今、とっても幸せ感じてるよ……」
「……私もです」

星空に視線を戻す。
唯先輩の言う幸せと、私の言う幸せは……多分、違う。
でも、その中に詰まっているものは、同じくらい濃密で、
たくさんの幸せな要素で溢れているんだろう。
それはもう、はち切れんばかりに……。

「……ずっと、こうしてられればいいのにね」
「!」

ドクンッ
瞬間、私の心臓が、これ以上ないほど強く跳ねた。
唯先輩が……唯先輩の手が、私の手を握って……

「あずにゃんならきっと、私を探しに来てくれるんじゃないかって思ってた……」
「………ど、どういうことですか?」

私は恐る恐る、唯先輩の言葉の意味を尋ねる。
ひっきりなしにドクドクと太鼓を鳴らす心臓の音は、
いまや全身に鳴り響いているようだった。

「皆から距離を置いたのもね?本当はあずにゃんと二人きりになりたかったからなんだ」
「!?」

うるさいほどに高鳴る心臓が、私の小さな胸に収まりきらない。
今にも、この胸を突き破って飛び出て来てしまいそう……。
それほど、今の私は尋常じゃないくらい動揺していた。

「あずにゃん……私、ずっとあずにゃんのこと、好きだったよ……」
「………………」
「いまも好き……大好きだよ、あずにゃん……」
「………………」

264軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:27:05 ID:drPDKcPM0
私は、初めて、本当の意味で言葉を失った……。
もう、どんな顔をすればいいのか、どんな言葉を発すればいいのかもわからない。
ただ、私のすぐ目の前に、大好きな唯先輩が居て、
私がいつも夢見てきたことを、たったいま、それも大好きな彼女の口から、
実現されてしまったという事実だけが………全てを塗りつぶしていった。

「あずにゃん……どうして泣いてるの?」
「ふえ……?」

唯先輩は、仰向けの状態から起き上がると、
私の目元にそっと指を這わせた。

「ほら……」
「あ……」

眼前に晒された私の雫に、星空が透けて見える。
すると、唯先輩はその指で、私の口をこじ開けてきた……。
抵抗なんて……できなかった。

「んみゅ……」
「ねぇ、あずにゃんの涙……どんな味?」

唯先輩の質問を無視して、猫のようにペロペロと、指を舐めしゃぶる私。
こんなところを、他の誰かに見られたら、警備員に通報されてしまうかもしれない……
けど、そんな冷静な判断など、今の私にはできるはずもなく……

「ん、むちゅ……ちゅぶ」
「あは、そんなに自分の涙が美味しいんだ♪」

やがて、唯先輩が指を引き抜くと、口内で絡みついた私の唾液が、
何本も糸になって、眼前に晒される。
その光景を、まるで神秘的な何かを見るように眺めていた。

265軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:30:05 ID:drPDKcPM0
「あずにゃんの表情、ずごい色っぽい……」
「あ……」

唯先輩の手が、私の髪の毛を優しく撫でる。
目を閉じて、その感触に神経を集中すると、
まるで壊れものを扱うような唯先輩の優しさに触れることができた……。

「……唯先輩、ちょっと」
「ん?どうしたの、あずにゃん」

本当は、いつまでもそうしてもらいたかっけど、
時間や場所を考えるといつまでもこうしているわけにはいかない。
それに、私はまだ……一言も伝えていないのだ。

「唯先輩、そこに座ってください」
「んしょっと……はい!」

二人の位置を最初の場所に戻すと、
私はしばらく俯き気味で黙っていたが、拳を強く握って、
覚悟を決めた……。

「目を……閉じてくれませんか?」
「えっ、うん……いいよ……」

そう言って目を閉じた唯先輩は、どこか緊張しているように見えた。
当たり前か……。ここまできて、目を閉じろって言われたら、
その後なにをされるかぐらい、わかっちゃうよね……。

「私がいいって言うまで、開けちゃダメですから……」
「うん……。ん……」

もう唇なんか突きだしちゃって、せっかちですね唯先輩は。
大丈夫です……私だって、早くその唇に触れたくて、うずうずしてるんですから……。

あなたが……唯先輩が………唯が……………

「……大好き……です…………」

266軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:32:40 ID:drPDKcPM0
唯先輩と私の唇が触れる。

キスって……意外に疲れるんですね……。
でも、それ以上に、気持ちよさの方が勝って、
気づいたら、何度も何度も唇を押し当てて唯先輩を貪る自分がいた。

初めてのキスは、同時に新しい自分に気づかせてくれる。
好きな人が相手だと、こうも積極的になれただなんて……。
この調子なら、白昼堂々、唯先輩と抱きあえるようになるのも、
時間の問題かもしれないな……。

「ふはぁ……」
「はぁ……はぁ……」

唇を離すと、トロンとした目をした唯先輩がいた。
お互い、両手で頬を挟んだままで、鼻と鼻が擦れ合う距離。
息をするのも忘れてキスに没頭したために、呼吸も荒くなっていた。

「初めて……ですよね……」
「当然だよ……あずにゃんのためにとっておいたんだから……」
「そ、それはどうも……」
「キスしてる時のあずにゃんの表情、可愛かったなぁ……」
「えへへ、そうです……………え?」

え?ということはつまり、
キスしている時は、唯先輩、目を開けて……

267軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:34:49 ID:drPDKcPM0
「ウにゃあああああああ!!!」
「うわぁっ!?」
「私がいいっていうまで開けちゃダメって言ったじゃないですかっ!!」
「だってぇ……あずにゃんとのファーストキッスだよ?初めてのキッス顔だよぉ?」
「約束したじゃないですか!私の純情な恋心を返せ〜〜〜!!」
「やーだよー。あずにゃんの恋心は一生の宝物なんだから♪」
「にゃっ!?」

抱きつかれ押し倒されると、唯先輩は私の胸に頬ずりしてきた。

「や、やめてくださいっ……ただでさえ少ないのに、擦り減っちゃったらどうするんですか……」
「私が増やすのでご心配なく!!」
「そういうこと言ってるんじゃないですぅぅぅぅ〜〜〜!!!」

会場から少し離れたスポットの当たらない芝。
そこで、私たちは初めてのキスを交わし、大切に秘めていた心の交換を交わし、
晴れて、新たな一歩を踏み出すことになったのだった……。

その日、私たちは眠りにつく時も、
左腕にはめられた虫よけバンドを外すことはなかった……。




一方、梓と唯がいる場所から数メートル離れた林では……

「痒い!おいムギ!ここの蚊バカみたいに食欲旺盛だぞ!」
「虫よけも歯が立たない……早くテントに戻りたい……痒い……」
「まだよ!まだお互いの服を脱がせ合っていないわ!」

全身ブツブツになりかけた憐れなけいおん部員がいたそうな……
皆さん、出歯亀はやめましょうね。




-fin-

268軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:38:00 ID:drPDKcPM0
以上です。
勢いで書いたので汚い文章ですが、
そこは唯梓へのLOVEでカバーしたつもりです。

長文失礼しました

269軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:38:07 ID:ZnH8zFjo0
リアルタイムで読ませて頂きましたw
いーねーいーねー、ニヤニヤしちゃうねーw
GJ!!!!!

270軽音部員♪:2010/06/30(水) 00:39:02 ID:J/bW2P/s0
おkよくやった

271軽音部員♪:2010/06/30(水) 03:22:25 ID:7fKWam9M0
きました

272軽音部員♪:2010/06/30(水) 03:34:58 ID:CewDpRYIO
>>268
GJ!夏フェスこうなって欲しかった…

273軽音部員♪:2010/06/30(水) 03:36:12 ID:13esEJ2s0
予想外の唯梓分過多でワロスw
心配なんて要らなかったんや・・・この良改変っぷりなら二期も唯梓期待してよさそうだな
しかもこの構成、唯梓に始まり唯梓に終わると言いたいのかw

サッカーのズレがすごかったのでリアルタイムで見てない人達の録画が心配ではある

274軽音部員♪:2010/06/30(水) 11:14:35 ID:UEu5n0/Q0
今の梓はけいおんメンバーの事よりも
唯を中心に気にしているというか、まず最初に唯の事を意識しているよね。
夢にしてもメールにしてもとりあえず唯がどうなのかってのがまず頭に
ある。

唯も梓がお気に入りなんだけど、可愛い後輩とけいおんメンバーを
平等に気にしている。実は両思いのように見えて双方のスタンスに
微妙なずれがある。憂のようにけいおんの唯に依存しつつある梓と
実は卒業という別れを意識しつつ、しっかりと前向きにその時期が来ること
を覚悟している唯。どこか抜けているけど精神は梓よりも上を
いっている唯。

唯は天然ジゴロだと思ったwでもそこがたまらん関係。

275これから:2010/06/30(水) 16:31:41 ID:56CFLwTI0
目を開けると、すぐ目の前に唯先輩の顔が見えて……
私はまた夢を見ているのだろうかと思った。
一つのクッションに二人で頭を乗っけて、横になって……
私は唯先輩に抱きしめられていて……
ぼんやりした頭の中に、昨日からのことが思い浮かんだ。
みんなで夏祭りに行って、唯先輩たちとはぐれてしまって、
憂たちと一緒に帰ってきて……
お風呂から上がった後、唯先輩に電話して……
食べ合わせの話で心配になってしまった私は、
夏祭りの翌日の今日、唯先輩のお家を訪ねたんだった。
幸い唯先輩が体調を崩してしまうようなことはなく、
唯先輩のお部屋でいろいろお話をして……
いつの間にか私たちは、眠ってしまっていたらしい。
昨日からのことを思い返しながら、
それでもまだ頭は霞がかかったようで、どこかはっきりとしないで……
ぼーっと唯先輩の顔を見つめていると……
唯先輩の目蓋がゆっくりと持ち上がった。
二、三度瞬きをして、それでも瞳は潤んだまま。
ぼんやりとした表情で私を見つめて、

「……夢?」

と、そう呟いていた。
私も自分が目を覚ましているという自信が持てなくて、
今も夢の世界にいるような気がしてしまっていた。
だから、唯先輩のその呟きに返事をすることはできなくて……
恐らく唯先輩と同じようにぼんやりとした表情を浮かべたまま、
ただ黙っていることしかできなかった。
顔が触れ合いそうなほど間近で、
潤んだ瞳で唯先輩と見つめあっていると、

「……夢なら、いいのかな……」

唯先輩が小声で言って……そしてその顔が、私に近づいてきた。
その唇が、私の唇にゆっくりと近づいてきていた。

276これから:2010/06/30(水) 16:34:22 ID:56CFLwTI0
唯先輩にキスをされようとしている。初めてのキスを……
それに気づいても、私の体は動かなくて……
近づいてくる唯先輩の顔を、ただぼんやりと見つめ続けていた。

(……やっぱり、夢を見てるのかな)

もしこれが夢なら……今までと同じように、
私が驚いたり騒いだりした途端、私は目を覚ましてしまうことだろう。
はっと目を覚ますと、そこは唯先輩のお部屋で、
今と同じ姿勢で私たちは横になっていて、
そしてふやけた顔で寝ている唯先輩が目の前にいるのだ。
当然私とキスをしようとしているなんてことはなくて……
私は重たくため息をついて、
キスの夢を見てしまった自分を恥ずかしく思うのだろう。

(だったら……)

どうせこれが夢なら、このままキスをしてしまってもいい気がした。
どのみち目覚めて消える夢なら、このままキスしてしまった方が……

(……消える、夢……)

胸中でそう呟いた途端、昨夜のことが脳裏をよぎった。
唯先輩に手を引かれて、走ったあのときのこと。
遠くに見えた花火と、すぐ目の前にあった唯先輩の背中。
夢を見ていると思ったその直後、私は唯先輩とはぐれてしまって……
あのときの寂しさを思い出して、私は震えてしまった。
唯先輩と一緒にいられたのに、
また離れ離れになってしまった、あの寂しさ。
他の夢から覚めたときとは比べものにならない喪失感……
このキスを夢にしてしまったら、
あの寂しさを、喪失感を、また味わうことになってしまうのだろうか……
そう思ったら、私はもう我慢できなかった。
大声で、叫んでしまっていた。

「い、嫌です!」

自分の叫び声が耳朶を打って、頭を覆っていた霞が一気に消えた。
完全に目を覚まし、私はもう一度「嫌です」と呟いた。

277これから:2010/06/30(水) 16:36:17 ID:56CFLwTI0
「あ、あずにゃん……」

唯先輩の声に、私はいつの間にか閉じてしまっていた目蓋を開いた。
私の瞳はまだ潤んでいて、視界はぼやけていて……
それでもすぐ目の前の唯先輩の顔はしっかりと見えた。
唯先輩も目を開けていて、もうちゃんと目を覚ましているようだった。

「い、嫌です、唯先輩……夢じゃ、やです……」

「あ、あずにゃん……?」

「……やだよ……夢じゃ、やだっ……消えちゃやだよぉ……」

泣いて、私は唯先輩に縋りついていた。
両手で唯先輩の服を握り締めて、胸元に顔を押し付けて。
泣いて私は、夢じゃ嫌だと言い続けていた。
このキスを夢にしてしまうのは嫌だと思い、
あんな寂しさを味わうのはもう嫌だと思い……
こんなにも自分は唯先輩のことが好きだったのだと、
自分の気持ちに気づかされていた。

「……ごめんね、あずにゃん」

泣いて震える私の体を、唯先輩がぎゅっと抱きしめてくれた。

「私……ひどいことしようとしたね……
夢ならいいかななんて……ひどいこと……」

「唯先輩……」

「……私も、やだよ……やっぱり夢じゃやだよ……
ちゃんとあずにゃんと、キスしたいよ……」

言って、唯先輩が私を抱く力を強めた。
私も強く、唯先輩の胸元に顔を押し付けた。

278これから:2010/06/30(水) 16:38:42 ID:56CFLwTI0
キスしたいと言ってくれたことが嬉しくて、
本当に私は唯先輩のことが好きなのだと気持ちを自覚させられて……
でもまた昨夜のことを思い出してしまって……
私と唯先輩は、近い将来、
離れ離れになってしまうことも思い出してしまった。
唯先輩は三年生で、私は二年生。
来年の春、唯先輩は卒業してしまって、そして私は学校に残されて……
否応もなく、私たちは離れ離れになってしまう。
来年は、私は軽音部で一人になってしまうのだ。
昨夜お風呂で、私は暗くなっちゃだめだと自分に言い聞かせた。
学園祭を頑張って成功させるんだと気合を入れようとした。
でも、寂しく思わないなんてやっぱり無理だった。
大切な先輩たちと別れ、大好きな唯先輩と離れ離れになって、
そのときのことを想像して、
どうして寂しいと思わないでいられるだろう……いられるわけがなかった。
震えて泣き続ける私を、抱きしめ続ける唯先輩。
と、その力が弱まって……
両肩に置かれた手が、私の体を引き離そうとしていた。

「……や……唯先輩、いや……っ」

「あずにゃん……」

「やだ……唯先輩、やだよぉ……離れちゃ、やだぁっ……」

「あずにゃん……!」

優しく、でも強く唯先輩に名前を呼ばれ……
私の体は一度震えて、そして力を失った。
唯先輩の手が、私の体を引き離す。
しゃくりあげ、俯く私の顔を、唯先輩が覗き込んできた。

「あずにゃん……キス、しよ……?」

小声で言われて、私は顔をそっと上向けた。
優しい笑みを浮かべる唯先輩の顔が見えた。

279これから:2010/06/30(水) 16:41:12 ID:56CFLwTI0
「キスしよ、あずにゃん……夢じゃなくて、ちゃんと起きて、
目を覚まして……ここでちゃんと、キスしようよ」

「唯先輩……」

「私、あずにゃんのこと、好き……ずっと一緒にいたいって思ってる……
学校を卒業しても……軽音部の先輩と後輩じゃなくなっても……
あずにゃんと、ずっとずっと一緒にいたいよ……
だから、キスしよう。キスして……
離れ離れにならないように……恋人に、なろ……」

唯先輩の言葉に、私は一度鼻を啜って……
でも口を開くと、声はどうしようもなく震えてしまっていた。

「告白……だと思って、いいんですか……」

「うん……告白、だよ……」

「わ、私……ほ、本気にしますよ……本気で、
ほんとにずっと一緒に……いようとしますよ……」

「うん、本気にしてよ……ほんとに、ずっと一緒にいようよ……」

そう言いながら、唯先輩の手にまた力がこもった。
さっきと同じように、唯先輩の顔が私に近づいてくる。
でもさっきとは違って、今度は私も唯先輩も、ちゃんと起きていた。
これは夢じゃないって、私も唯先輩もわかっていた。
唯先輩の唇が、私の唇に触れた。
いつの間にか私は目を閉じていて、
唇に触れた柔らかい感触のことで頭がいっぱいになってしまう。
先輩と後輩のスキンシップとは違う、これは恋人と恋人の触れ合い。
これから先も、私と唯先輩がずっと一緒にいるためのキスだった。
どれぐらい、時間がたったのだろうか……
唯先輩の唇が離れ、私は目蓋を開けた。
唯先輩の顔はまだすぐ目の前にあった。
その頬は真っ赤に染まっていて……
それを見て、私も急に恥ずかしくなってしまった。
一気に頬に熱が宿る。
きっと私も、唯先輩と同じように真っ赤になっていることだろう。

280これから:2010/06/30(水) 16:44:02 ID:56CFLwTI0
「キ、キス……しちゃったね……」

「そ、そうですね……」

「告白して、キスして……
えっと、これでもう、私たち……恋人同士……?」

「な、なんで疑問系なんですか! ちゃんと自信もって言って下さい!」

「えっ……あ、うん、そだね!
恋人同士! あずにゃんと私は恋人同士!」

「は、恥ずかしいんですから、そんな大きな声で言わないで下さい!」

「え、え〜、だって、あずにゃんが……」

私の抗議に情けない声を上げる唯先輩を見て、
私は思わず笑ってしまっていた。
私の笑い声に、唯先輩も「エヘヘ」といつもの笑みを見せる。
二人で笑いあうと、いつもの空気が戻ってきてくれた。
いつもの温かくて、心地よいあの空気が。

「エヘヘ……あ〜ずにゃん!」

「にゃっ……もうっ、そんな強く抱きしめないで下さい!」

「ぶー、さっきはあずにゃんの方から抱きついてきたくせにぃ……」

「あ、あれは……」

「エヘヘ……あずにゃんのさびしんぼぅっ」

「ゆ、唯先輩!」

横になったままで、私たちはいつものようにじゃれあった。
恋人同士になったからって、
いきなり劇的に私たちの関係が変わるわけではないだろう。
でも、今までよりももっと強い、
確かな繋がりを得られたようにも思えて……
ちょっと前に感じていたような寂しさに捕らわれることは、
きっともうないだろうと、私は思った。
私たちは恋人同士になったのだから。
唯先輩が学校を卒業しても、私が高校に一人残されても……
この繋がりは、決して切れることはない。

「……唯先輩……これから、なにしましょうか?」

起き上がって、私は唯先輩にそう尋ねた。
夏はまだ終わっていない。
まだこれからだ。
そしてきっと、私たちも……これからなんだ。


END


長文失礼します。
一応、13話後の設定。
唯梓分豊富だったのに、どこか別れを思わせる切なさがあったので、
それを補完したくなってしまって。
気持ちの赴くままに書いたら、こんな展開に……。
いや、良いお話だったんですけどね、13話。

281軽音部員♪:2010/06/30(水) 16:59:54 ID:WkxNp82w0
GJです!
今後どのように梓の心が揺らいでいくのか必見ですね

282軽音部員♪:2010/06/30(水) 17:00:37 ID:mmmvQKN.0
GJ!!
唯梓はずっと一緒にいてほしいね

283軽音部員♪:2010/06/30(水) 18:36:45 ID:RQY3cEcEO
>>280
気持ちの赴くまま……おk!!
大丈夫、あなたはあの空虚感を見事に補完してくれた
GJ!!!!!!

284軽音部員♪:2010/06/30(水) 19:20:28 ID:vATmF3GY0
GJでした!
13話は本当に色々考えさせられた話でしたね。

私も自分なりに今回の話を補完してしまいました。次から数レスお借りします。

285夏の幻:2010/06/30(水) 19:23:34 ID:vATmF3GY0
気がついた時、私は暗い部屋にいた。

扉も何もない、暗く広いだけの部屋。

何処からともなく私を呼ぶ声が聞こえた気がした。

声が聞こえた方へ目をやると、少し離れた場所に先輩達の姿が見えた。

私は先輩達の居る場所へと歩を進めるが、その距離は縮まるどころか次第に遠ざかって行く。

必死に追いつこうと走り出す、だが無情にもその距離は離れていくばかり。

『私を置いて行かないで下さい…!』

必死の叫びも虚しく、遂に先輩達の姿は見えなくなり私は一人その部屋に取り残される。

『私を一人にしないで下さいよぉ…!』

喩え様のない喪失感に、私はその場に立ち尽くすだけだった。

『あ〜ずにゃん♪』

その時、私を呼ぶ優しい声が聞こえた。

『何してるの?』

それはとても懐かしく温かい声だった。

『ほら、あずにゃんも早くおいでよ♪』

声の主が私に向かって手を伸ばす、私はその手を掴もうと必死に手を伸ばした。

指先に微かな感触。忘れる筈のないその温もり、いつも私を抱いてくれたあの人の温もり。

「唯先輩!」

私は精一杯の声でその名を呼んだ。

286夏の幻:2010/06/30(水) 19:25:51 ID:vATmF3GY0
「あいよ〜♪」

私の耳に届いたのは、そんな気の抜ける様な声だった。

「…」

一瞬、自分の置かれた状況がわからなかった。
だが、意識が覚醒していくにつれ、私は少しづつ状況を把握していく。

「夢…?」

そして茫然とそう呟いた。

「おはよう、あずにゃん♪」
「…唯先輩、ここ何処ですか?」

私の問い掛けに唯先輩は不思議そうな顔をしたが、すぐにいつもの笑顔に戻って答えてくれた。

「ここは二年生の教室、あずにゃんのクラスだよ」
「教室…」
「寝ちゃってたみたいだね、あずにゃん」
「…そうみたいですね」
「怖い夢でも見ちゃった?」
「え?」
「だって、ほら…」

そう言いながら、唯先輩が私の涙を拭ってくれる。

「大丈夫だよ、もう怖くないからね…よしよし♪」

そして、優しく頭を撫でてくれた。

「…」

普段なら恥ずかしさのあまりその手を振り払ってしまう所だけど、今はその手が堪らなく愛おしかった。

「今日は素直だね、あずにゃん♪」
「ち、違います!まだ少しぼ〜っとしてたから…!」
「いいこいいこ♪」
「もう、止めてください!…それより、唯先輩こそ何で二年の教室に居るんですか?」
「えっとね、部室で待ってても中々あずにゃんが来ないから様子を見に来たんだけど…」
「あ、そうだったんですか」
「そしたら、あずにゃんが寝てたからずっと寝顔を見てたんだよ♪」
「すいませんでした…そっか、ずっと寝顔を見て…って、えぇ〜っ!?」
「あずにゃんの寝顔、とっても可愛かったよ♪」
「…」

中野梓、一生の不覚…。
寝顔を見られた上に、寝言まで聞かれてしまった。あまつさえ涙まで…。

「あずにゃん、部活行こ!」

私の後悔を余所に、軽い口調でそう言いながら唯先輩が手を差し出す。

「あ、はい…」

私は差し出されたその手を取ろうとした。

「!」

その瞬間、私は言い表せない程の恐怖感に襲われた。

「あずにゃん?」

唯先輩が首を傾げる。

(あれ、この感じ何処かで…)

既視感?…違う、感じは似てるけどそうじゃない。
先刻の夢?…それも違う、もっと確かで現実にあったような。

「あ…」

ふと、私は思い出した。
残暑厳しい夏の終わり。祭りの最中、雑踏の中で唯先輩の手が離れて行ったあの夜の記憶。

「どうしたの、あずにゃん?」

ほんの数センチ…けれど、私はどうしても差し出されたその手を掴めなかった。

(もしも、この手がまた離れるような事があったら・・・)

あの夜に感じた虚無感。喪失感。その時の記憶が私の身体を麻痺させる。

そして、遂に私はその手を掴む事なく自らの手を引いてしまった。

287夏の幻:2010/06/30(水) 19:27:56 ID:vATmF3GY0
刹那、私の手を柔らかな温もりが覆った。

「唯…先輩?」

それは唯先輩の手だった。

「大丈夫だよ、あずにゃん…今度こそ、私はこの手を離さないから」
「何で、そんな事…?」
「わかるよ、私もそうだったから」
「え?」
「お祭りの夜…あずにゃんと繋いでた手が離れちゃって、ずっと探したんだけど見つからなくて…」

(唯先輩、ずっと私を探してくれてたんだ…)

「その時、何だかわかんないけど急に怖くなって、悲しくなって、涙が止まらなくなったんだよ」
「唯先輩…」
「だから、もう絶対に離さないよ…それでも、あずにゃんが不安だって言うんなら、ほら♪」

そう言って、唯先輩は両方の手でしっかりと私の手を握り締めた。

「…」

温かくて力強い唯先輩の両手。
それでもまだ、私はその手を握り返す事が出来なかった。

「まだ、不安なんだね…でも心配は要らないよ、あずにゃん♪」

次の瞬間、私の全身が大好きな温もりに包まれた。

「あ…」

その温もりに包まれた瞬間、私の中に巣食っていた恐怖の感情が一気に消え失せる。

「こうやって、ずっと抱き締めててあげるから…私は絶対にあずにゃんを離さないから」
「唯せんぱぁい…」

私は縋りつく様に、唯先輩の体をぎゅっと抱き締めた。

「あずにゃんだけを置いて行ったりしないから、一人ぼっちになんてしないからね」
「はい、唯先輩」
「行こう、あずにゃん!ムギちゃん達がお茶とお菓子を用意して待ってるよ♪」
「はい!」

唯先輩が私の手を取って走り出す。
私はその手をしっかりと握り締め、負けじと走り出した。

「ねぇ、唯先輩…」
「なぁに、あずにゃん?」
「私の手…一生、離さないで下さいね?」
「あいよ〜♪」

この先どんな事があろうとも、私はこの手を離さない。

END

288軽音部員♪:2010/06/30(水) 22:13:40 ID:FtO.C982O
>>287
最高!

すごい切ない…

289軽音部員♪:2010/06/30(水) 23:17:48 ID:RQY3cEcEO
>>287
何故だろう……泣けてきた……
良い物語をありがとう!
GJ!!!!!!!!

290軽音部員♪:2010/07/01(木) 22:44:54 ID:eHglDxTw0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org999393.jpg

291軽音部員♪:2010/07/01(木) 22:54:01 ID:zywCFL/k0
なにこれかわいい

292軽音部員♪:2010/07/02(金) 11:09:43 ID:1jX7s2CA0
小ネタ「うんたん!」


梓「すみません、遅れました」
唯「あ、あずにゃ〜ん♪」
梓「あれ、唯先輩だけですか? 他の皆さんは……」
唯「りっちゃんと澪ちゃんは掃除中。
ムギちゃんは図書室に本を返してから来るって」
梓「そうなんですか……あれ? 唯先輩、それ……」
唯「ん? あ、これ? これはカスタネットだよ!」
梓「いえ……カスタネットなのは見ればわかりますけど……」
唯「さっき、倉庫で見つけたんだぁ。懐かしいよねぇ」
梓「そうですね」
唯「エヘヘ……私、昔カスタネットで褒められたことあるんだよぉ」
梓「そうなんですか?」
唯「うん、上手ねぇって、幼稚園の先生に!」
梓「幼稚園ですか……クスッ、なんか想像できます」
唯「そうかな? ……そうだ、久しぶりにやってみよっと」
梓「え?」
唯「よいしょっ……うん、たん♪ うん、たん♪」
梓「……か、かわいぃ」
唯「……え?」
梓「な、なんでもないです!」
唯「そう? ……あ、そだ! あずにゃんも一緒にやろーよ!」
梓「えっ……わ、私はいいですよ……」
唯「まぁまぁそう言わずにぃ、カスタネットももう一つあるしね! はい!」
梓「いえ、でも……」
唯「じゃぁ、いくよ! リズムだよ! はい……うん、たん♪」
梓「う、うん、たん……」
唯「うん、たん♪ うん、たん♪」
梓「うん、たん……うん、たん……」
唯「うん、たん♪ うん、たん♪」
梓「うん、たん……うん、たん……♪」
唯「やっぱり、二人でやると楽しいよね! うん、たん♪ うん、たん♪」
梓「クスッ……そうですね……うん、たん♪ うん、たん♪」
唯「エヘヘ……うん、たん♪ うん、たん♪」
梓「フフ……うん、たん♪ うん、たん♪」
唯梓「うん、たん♪ うん、たん♪」

律「……楽しそーだな、おい」
澪「なんか、入りづらい……」
紬「二人ともかわいい♪」

唯梓「うん、たん♪ うん、たん♪」


ゲーム画像から思いつきで即興小ネタ。
台詞はちょっと変更してしまいましたが。
PSPのゲーム、すごい楽しみになってしまった……。

293軽音部員♪:2010/07/02(金) 20:34:02 ID:QcY36MgIO
もしも第13回が最終回だったらの妄想

梓「そっか…私、もうすぐひとりになっちゃうんだ…」
唯「よさこい!」(風呂に唯が見参)
梓「ゆ、ゆ、唯先輩!?な、なんでこんなところに!?」
唯「あずにゃんが寂しそうだったから駆けつけました!」
梓「えぇっ!?」
唯「直感みたいなものなんだけどね、あずにゃんのことならなんでもわかるつもりだよ」ぎゅっ
梓「唯先輩…」ぎゅっ
唯「あずにゃんをひとりぼっちになんかしないよ。私はいつだってあずにゃんのそばにいるからね」
梓「でも、先輩たちはもうすぐ卒業…」
唯「学校で会えなくなるだけだけど…それがあずにゃんを不安にさせるなら…」むちゅちゅ〜
梓「あっ…」
唯「ずっと一緒にいられるようにすればいいんだよ」にこっ

…それから月日が流れて…

梓「みなさ〜ん」
澪「お、来た来た」
律「よっ、久しぶりだな、梓」
紬「梓ちゃんもきっと同じ大学に入るって信じてたわ」
唯「あずにゃ〜ん」むぎゅ〜
梓「も、も〜、いきなりですか〜?」
唯「だってだって〜、あずにゃん分ずっと我慢してたんだもん」
澪「いや、我慢って…」
律「結婚して一緒に暮らしてるのに我慢も何もないだろ」
唯「え〜、半日も離れてたんだよ?私もう干からびそうだったよ〜」むちゅちゅ〜
梓(夏祭りのあの日…唯先輩は私にプロポーズしてくれた。寂しがりやの私をもう不安にさせたくないからって…
学生結婚はいろんな面で大変だけど、でも、私、平沢梓は今日も幸せいっぱいです!)
唯「あずにゃん、これでまた学校でも一緒だねっ」
梓「はいっ、よろしくお願いします、唯先輩…ううん、あなたっ」

紬「ゆいあず最高ぉー!」※ムギの鼻血ぶーがラストカット

294軽音部員♪:2010/07/02(金) 21:22:41 ID:TPb/B7wA0
何だその急展開はw乙!

295軽音部員♪:2010/07/03(土) 04:08:08 ID:n2eSoc9s0
>>292>>293
乙!!
平沢梓って語呂イイよね

296あなたの傍で:2010/07/03(土) 14:50:56 ID:L.ohsZEo0
「あんまし、おもしろくなかったなぁ」

借りた本を返却するために学校の図書館を訪れた私。
今日の部活は、先輩達の模試が明後日に控えてるためなくなった。

「ん……?」

そろそろ家に帰ろうかと思っていたら、
部屋の隅の方で、なにやら「う〜ん」と
頭を捻るような声が聞こえてきた。

「う〜ん、うぅ〜〜ん……」
「………」

正直………本当に頭を捻っているのかと疑問に思う声だ。
例えば、今夜のご飯はなにかなとか、家に帰って冷たいアイスが食べたいなとか、
そんなどーでもいーことに頭を悩ませているような………。
まあ、そんなどーでもいーことを考える先輩が、私の知り合いにいるわけですけど。

「唯先輩、こんなところでなにしてるんですか?」
「あ、あずにゃ〜ん。なにって、見ての通りだよ」

机の上に散乱した参考書。
一体何から手をつけたのかわからなくなっている。

「順番に片づけていった方がいいと思いますけど……」
「いやぁ〜、放っておくと可哀想だと思ったので、ついつい平等に」
「へ、へぇ〜……」

おさえろ私!つっこみたい気持ちはわかる!
私は拳をぎゅっと握って、顔を引きつらせながらもなんとか堪えることができた。
が、そんな私の様子を不思議に思ったのか、
唯先輩が「もしかして」と声をかけてきた。

「あずにゃん、おしっこ行きたいなら我慢しない方がいいよ……?」
「……………」

とりあえず、手近の参考書で殴った。

297あなたの傍で:2010/07/03(土) 14:53:11 ID:L.ohsZEo0
数分後……

「ここ、代入するんじゃないですか?ほら、この公式を使うと……」
「おおっ、さすがあずにゃん!魔法使いみたいだね!」
「褒めてくれるのは嬉しいですけど、先輩が後輩に教えられるって……」
「いつもギターのテク教えてもらってるじゃん♪」
「少しは自分で努力してください」

いつのまにか唯先輩の隣で勉強を教えている私。
どうせ家に帰っても暇だからと、唯先輩につきあうことにしたのだ。
もちろん、私の意志で……。

「おお、解ける!スラスラ解けるよ!」
「よかったです……って早!もう全部解いたんですか!?」
「うん♪あずにゃん大正解だよ。ホントにありがとね♪」
「ど、どーいたしまして……」

物覚えが人一倍いいという点は、欠点を補って余りある……か。
普段ギターを教えていても思うけど、唯先輩は要点さえ掴めば、
あとは、階段を二段飛ばしで昇って行くように上達する。
そういうところは私にとっても羨ましいと思えてしまう。

「あずにゃんあずにゃん♪勉強ってわかったら楽しいね♪」
「そ、そーですね……ハハ」

まるでゲームをプレイする感覚で問題をクリアしていく唯先輩。
『やるときにはやる』という言葉がまさにピッタリと当てはまる人だ。

「むっ……コレは……」
「……どうしたんですか?」

不意に唯先輩のペンが止まる。
先ほどの楽しげな表情からは一変、
深刻そうな表情で問題と向き合うソレに早変わりしていた。
が……しばらくすると、がっくりと項垂れて、

「わかりましぇん……」
「もうちょっと頑張りましょうよ……」

やっぱり、まだまだ道のりは長いようです……。

298あなたの傍で:2010/07/03(土) 14:55:23 ID:L.ohsZEo0
そんなこんなで、あっという間に時間は過ぎ……。

「唯先輩、そろそろ閉館時間ですけど……」
「ん〜、もうちょい」
「でも、もう10分切ってますし、続きは家に帰ってからのほうが」
「ん〜、わかった」

私は机に散らばった参考書を一緒になって片づけた。
一応やったところがわかりやすいように“しおり”を挟めばと提案すると、
唯先輩も「そうだね♪」と言って賛成してくれた。
ちょっと余計なお世話だったかも……。

「今日はあずにゃんのおかげではかどったよ。ありがとね、あずにゃん♪」
「いえ、私はほとんど隣にいただけですから……」
「そんなことないよ、あずにゃんが指導してくれなかったらここまではかどんないもん」
「大袈裟ですね。私はただ、要点に軽く触れただけで、
問題を解いたのは、ちゃんとした唯先輩の実力ですよ?」
「そうかな………そぉかなぁ〜、えへへぇ♪」
「コラコラ……本番は明後日なんですから、気を緩めるには早いです」

遠くで、数人の生徒が私たちを見てクスクスと笑っていた。
おそらく図書係りの生徒だろうけど、これ以上迷惑をかけたら悪いと思い、
唯先輩を促すと足早にその場を去った。
相変わらず、唯先輩はのほほんとしていたけど……。

299あなたの傍で:2010/07/03(土) 15:00:39 ID:L.ohsZEo0
通い慣れた道を二人で歩く。
本来なら、今日は一人で帰るはずだったこの道。
でもどういうわけか隣には唯先輩が居て、
どういうわけか手なんか繋いで恋人のように歩いている。

「あ、そうだ!あずにゃんに鯛焼きくんを買ってあげよう!」
「ホントですか!?あ、いやでも……悪いですよ……」
「勉強に付き合ってもらったお礼だよ。素直に奢られておきんしゃい」
「 帰り遅くなっちゃいますよ?憂も心配するんじゃ……」
「連絡しておけば大丈夫だよ……あ〜うい〜?いまねーあずにゃんと……」
「…………」

私の意見もむなしく、憂に電話をかける唯先輩。
その最中も、唯先輩の手は私の手をしっかりと握って離してくれない。
電話する時ぐらい、手は離せばいいのに……。
私は内心でそう呟くけれど、
唯先輩は気にするそぶりも見せず、憂と楽しそうにお話ししていた。

「これでよしっと♪」
「じゃあ早く行きましょう。鯛焼き売り切れちゃいます」
「アレレ?ずいぶんと遠慮しないね」
「あまり遠慮しすぎるのも、せっかく奢ってくれるという
唯先輩の好意に失礼な気がしまして……」
「言うねぇ〜、それでこそあずにゃん!」
「あはは、なんですかそれ……」

いつのまにか、繋いだ手の違和感は消えていた。
むしろ、それが当たり前のような気もしてくる。
唯先輩がひっぱり、私がついて行く。
時には私がリードして、唯先輩をサポートすることもある。
そんな関係の私たち……。
どうだろう……お似合いだろうか……。

「唯先輩……模試、頑張ってくださいね?応援してますから」
「ありがと♪当日はあずにゃんパワーで乗り切るつもりだから一杯パワー頂戴ね♪」
「まあ……そういうことなら、仕方ないですね」
「というわけで、あずにゃんぎゅー♪」
「わっ、もぉ……唯先輩ったら……」

それが唯先輩のためになるのなら悪い気はしない。
私が唯先輩の元気となり、支えになるのなら、
唯先輩が卒業するまでは、しっかりとその役目を果たそう……。
でも……叶うことなら……

「もう、いつまでそうしてるんですか!ちゃっちゃと歩いてください!」
「え〜、もうちょっとこのままがいぃ〜」
「駄々こねないでください!その…外じゃなきゃ、いくらでも……」
「ハイ!やめます!」
「心変わり早っ」


叶うことなら……これからもずっと……

あなたの傍で……



END

300軽音部員♪:2010/07/03(土) 15:16:58 ID:L.ohsZEo0
投下失礼しました

毎週ゆいあずには悶えさせられてます

301軽音部員♪:2010/07/03(土) 15:23:38 ID:Qawg96aM0
>>300
すばらしい出来です
テンポの良さが素敵!

302軽音部員♪:2010/07/03(土) 18:17:00 ID:EUStmjVU0
GJ
やはり梓→唯こそ至高

303軽音部員♪:2010/07/03(土) 19:10:13 ID:XKJ/b8460
12話の梓律の気持ち

梓律(ムギ(先輩)ばかりズルイ)

どのシーンかは察してください

304ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:32:13 ID:bL3UVp4c0
初SS
文才無いので会話形式で

律「催眠術?」
唯「そう!この本に書いてあるんだよ!」
梓「またおかしなことを…」
澪「そもそも素人がそんな簡単に催眠術なんて…」
律「そうだぞ、唯。大体こういうのはインチキなんだって」
紬「あら、でも面白そうじゃない?ちょっとやってみましょうよ」
律「ムギ…マジかよ…」
唯「さっすが、むぎちゃん話が分かる!よし、じゃあ手始めにりっちゃん!」
律「なっ、私かよ!」
唯「ふっふっふっ、覚悟は出来てるかね?りっちゃん」
唯「それじゃ、いくよ」
唯「あなたはだんだん眠くなる〜」
澪「これまた古典的な…」
梓「ベタですね〜」
紬「?」(あの五円玉はなんなのかしら?)
唯「眠くなる〜眠くなる〜」
律「な、なんだか意識が朦朧と…」
澪「なっ!そんなバカな!!」
梓「本当ですか!?律先輩!」
唯「すごい!私才能あるのかも!」
律「な〜んてな、ウソウソ、これっぽっちも眠くならねぇよ」
唯「え〜そんな〜りっちゃんヒドイ〜」
律「バ〜カ、そんな簡単にかかるわけないだろ〜」
澪「そうだぞ、唯。そうそううまくいくわけないんだから」
梓「……」
唯「ぶ〜」
紬「まぁまぁ、もしかしたら唯ちゃんとりっちゃんの相性が悪かっただけかもしれないし今度は他の人にかけてみたらどうかしら?」
澪「ムギ、あまり煽ってやるな…」
唯「う〜ん、そうだ!あずにゃん!」
梓「わっ、わたしですか!?」
唯「あずにゃん、このネコミミつけて〜」
梓「なっ、突然何を言っているんですか!」
唯「おねがい、あずにゃん。催眠術かけてる間だけでいいから〜」
梓「ううっ、わかりました。ちょっとだけですよ」
唯「あずにゃん、ありがと〜。よし、じゃあリラックスして〜目をつぶって〜」
律「おいおい、何を始めるつもりだ、唯。」
唯「あずにゃん、あなたは猫です。かわいいかわいい黒猫ちゃんです」
律「本気かよ…」
澪「いきなり高度になったな…」
紬(ワクワク)

305ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:34:38 ID:bL3UVp4c0
唯「私が三つ数えて指を鳴らしたら、あなたは完全に猫です、それではいきますよ」
梓「…………」
唯「いち、に、さん、ハイッ」パチンッ
唯「どう?あずにゃん」
梓「……」
唯「あずにゃん?」
梓「にゃ、にゃ〜」
唯「え?」
律「あ?」
澪「ん?」
紬「ムギュ?」
梓「ニャ?」
律澪紬「え〜〜〜〜〜!!!!!!」
唯「やった、あずにゃん成功だよ!!大成功だよ!!」ダキッ
梓「ニャ〜♪」ペロペロ
唯「あははっ!!あずにゃん、くすぐったい、くすぐったいよ!」
澪「そ、そんなバカな…」
律「おっ、落ち着け!これは梓の悪ふざけだ!そうに違いない!」
紬「でっ、でもあの梓ちゃんがそんなことするかしら?」
律「うっ…」
澪「たっ、確かに…」
唯「あ〜ずにゃ〜ん」スリスリ
梓「ニャ〜♪」
澪「お、おい唯、そろそろ戻してやってもいいんじゃないか?」
唯「え〜やだ〜」
律「また、いつでもできるだろ〜」
唯「ぶ〜わかったよ〜」
唯「あずにゃん、あなたは人間です。いち、に、さん、ハイッ」パチンッ!
梓「ニャ?」
唯「あ、あれ?」
澪「どうした?唯」
律「まだ戻ってないぞ?」
紬「もしかして唯ちゃん…」
唯「お、おかしいな、いち、に、さん、ハイッ」パチンッ!
梓「ニャア」
唯「……」
唯「戻らなくなっちゃった…」

澪律紬「…………」

306ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:37:29 ID:bL3UVp4c0
律「しょうがない、今日はもう帰るか…、そのうち元に戻るだろ…」
澪「お、おい、いいのか?そんなんで」
紬「でも、戻らないものは戻らないんだし…」
澪「だ、だからってこのまま帰すわけにもいかないだろ、家族にどう説明したらいいんだ」
唯「あ、そういえばあずにゃん今日は家に誰もいないって言ってたよね?」
梓「ニャア」
澪「よ、余計だめじゃないか…」
唯「じゃあ、今日はうちにあずにゃん泊めるよ。それでいいでしょ?」
律「まぁ、いいんじゃないか?」
澪「律、お前またそんな適当なこと言って」
律「だって、それしかないだろ。大丈夫だって。一晩寝て目が覚めたら元に戻ってるさ」
澪「そんなもんか?」
律「そんなもんだ」
唯「よし決まり、今夜はよろしくね、あずにゃん」
梓「ニャア♪」
律「っと、そのまえにネコミミぐらいはとってやるか」
梓「ニャア!!」フーッフーッ
律「おわっ!!」
唯「りっちゃん、あずにゃんいじめないでよ〜」
唯「よしよし、怖かったね〜」ナデナデ
梓「ニャア〜♪」
律「別にいじめようとしたわけじゃ…」
澪「というか、あれつけたまま帰るのか?」
律「…マジかよ」

平沢家
唯「ただいま〜」
憂「あ、お姉ちゃん、お帰り〜」
梓「ニャ〜」
憂「え?あ、梓ちゃん?どうしたの、様子が変だよ?」
唯「じつはね〜、かくかくしかじかで…」
憂「へ、へぇ〜そんなことが…」
唯「ということで、今日はご飯三人分作ってくれる?」
憂「うん、分かった。腕によりをかけてつくるからね」
唯「わ〜い、ありがとう、うい〜」ギュウ
憂「お、お姉ちゃん////」
梓「ニャ、ニャ、ニャア〜」
唯「あずにゃんもやってほしいの〜?じゃ、二人まとめてギュウ〜」
憂(ああ、幸せ…)
梓「ニャア〜♪」

唯「いただきま〜す」
梓「ニャア〜」
唯「あっ、ダメだよあずにゃん、ちゃんとお箸使わないと」
梓「ニャ?」
憂「梓ちゃん、本当に猫になりきってるんだね。」
唯「う〜ん、しょうがないな〜私が食べさせてあげるよ。はい、あずにゃん、あ〜ん」
梓「ニャア!」パクッ
唯「フフッ、あずにゃんかわいいな〜」
憂(いいな〜)

307ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:39:50 ID:bL3UVp4c0
唯「ふぅ〜、ご馳走様でした」
梓「ニャア〜」
憂「お粗末さまでした。お姉ちゃん、お風呂沸いたから入ってきなよ」
唯「そうさせてもらうよ。じゃ、あずにゃん一緒に入ろう」
梓「ニャア♪」
憂「え…」

唯「」ヌギヌギ
梓「ハァハァ////」ジィー
唯「あれ?どうしたの、あずにゃん?早く脱ぎなよ」
梓「ニャ、ニャア////」
唯「あっ、そっか、自分じゃ脱げないんだね。分かった、私が脱がしてあげるよ」
梓「ニャ〜////」
唯「やっぱり猫になっても恥ずかしいのかな?大丈夫だよ、女の子同士なんだもん」
梓「ニャア〜……////」

ジャ〜
唯「あずにゃんの髪ってきれいだよね〜」
梓「にゃ、にゃあ」
唯「それにちっちゃくってかわいくってお人形さんみたい」
梓「ハァハァ////」
唯「あぁ、もう、本当に可愛いよぉ!!」ギュウ
梓「!!!!!?????」
ダラー
唯「え?あ、あずにゃん鼻血鼻血!!」

 唯の部屋
唯「あずにゃん、大丈夫〜?」
梓「…………」
唯「のぼせちゃったんだね〜」
梓「……」ギュウ
唯「?あずにゃん…?」
梓「にゃあ〜」ペロペロ
唯「ひゃあ!あずにゃん、くすぐったいよ!」
梓「ハァハァ」ペロペロ
唯「んっ…あっ…やぁっ…あっ、あずにゃん、息荒いよぉ?」
梓「ハァハァ」チュウ
唯「!!!???」
梓「んっ…ちゅう…んちゅっ…んんっ…はあっ」
唯「ん〜〜!!!!ん、んん!!んっ…プハァッ!!」
唯「あ…あずにゃん…?」
梓「にゃあ〜、ハァハァ」
唯「いやっ!ダメ!そんなところに顔うずめちゃダメだよぉ!!」
梓「ハァハァ」ペロペロ
唯「やっ…んっ…ひゃんっ!!あ…あずにゃん…なんかへんだよぉ…おかしいよぉ…」
梓「唯先輩ぃ……好きぃ……」
唯「えっ?」
梓「あっ!!」

308ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:42:21 ID:bL3UVp4c0
唯「あ、あずにゃん、今なんて…」
梓「…………」
唯「催眠術にかかってたんじゃなかったの?」
梓「……嘘ですよ…」
唯「え?」
梓「全部…嘘ですよ…。初めから…催眠術になんてかかってませんでした…」
唯「え?え?」
梓「ごめんなさいっ!!」ダッ
唯「あっ、あずにゃん待って…!」
 ズルッ
唯「うわっ」
 ドテッ
唯「イテテ…」
憂「お姉ちゃん、どうしたの?」
唯「う、憂!あずにゃんがっ、あずにゃんがっ!!」
かくかくしかじか
憂「そ、そんな梓ちゃんが…」
唯「とにかく私探しに言ってくるね!!
憂「あっ、お姉ちゃん!!」

コンビニ
律「え〜っと、聡はコンソメパンチとコーラだっけか?」
律「あいつ、夜中にこんなもん食べてたら太るぞ…」
律「んっ、あれは唯?」
律「お〜い、唯どうした〜、夜の運動か〜」
唯「あっ、りっちゃん!」
律「ん?そういえば梓はどうした?お前の家に泊めてるんだろ?」
唯「それが…」

律「なにぃ、突然でていったぁ?」
唯「うん…私どうしたらいいか分からなくて…」
律「自分の家にでも帰ったんじゃないのか?」
唯「私も一応あずにゃんの家に行ってみたよ。でも明かり点いてないし、呼び鈴押しても反応ないし、鍵もかかってたし…」
律「まっ、そのうち帰ってくるだろ。犬猫だって勝手に帰って来るんだし…」
唯「りっちゃん!!!」
律「じょ、冗談だよ…。そうムキになるなって…」
唯「言っていい冗談と悪い冗談があるよ!」
律「悪かったって。私も探すの手伝うからさ。許してくれよ。」
唯「むう…」
律「っと、そうだ一応澪にも応援たのむか」
 ピ、ポ、パ
prrrrrrrr

309ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:43:57 ID:bL3UVp4c0
河原
澪「うう、ここに来ればなにかいい詩が浮かぶんじゃないかと思ったけどだめだな〜」
澪「ん?あれは…梓?」
澪「お〜い、梓。こんなところでどうしたんだ〜。」
梓「み、澪先輩…」
澪「あれ?催眠術解けたのか?」
梓「そ、それは…」
澪「?」

澪「最初から催眠術になんてかかってなかった?」
梓「はい、あれは全部演技です…。」
澪「なんでまたそんなことを…」
梓「唯先輩に…」
澪「え?」
梓「唯先輩に甘えたくて…」
澪「なっ…」
梓「私…唯先輩のことが好きなんです…。先輩として、とか、友達として、とかじゃなく…
抱きつかれたりするのだって、本当はうれしくって…だけど素直になれなくて…」
澪「梓…」
梓「き、気持ち悪いですよね…女同士でこんなの、グスッ」
澪「そ、そんなことないぞ!!」
梓「澪先輩…?」
澪「大事なのは男とか女とかそんなことじゃなくて、自分の気持ちに正直になることだと思う。唯のこと好きなんだろ?だったらその気持ちをまっすぐぶつければいいじゃないか。
そうすれば、唯はちゃんとその気持ちを受け止めてくれると思う。唯はそういうやつだ。」
梓「澪先輩…」
梓「ありがとうございます…。でも、もうダメです…。私、唯先輩に酷いことしちゃった…。きっと、もう嫌われてる。」
澪「梓…、大丈夫、ちゃんと謝れば分かってくれるさ。あいつは人を許せないような人間じゃない。唯がどういうやつかは梓もよく分かってるだろう?それから自分の気持ちを素直に伝えるんだ。唯がどう返事をするか、こればっかりは保障できないけど、梓の気持ちを踏みにじるようなことだけは絶対にしないはずだ」
梓「澪先輩…分かりました…。私、唯先輩にちゃんと自分の気持ちを伝えます…!」
澪「うん、頑張れ」
梓「澪先輩…ありがとうございます、グスッ」
澪「こらこら、まだ泣くには早いだろ。全部終わるまで涙はとっておけ。」
梓「はいっ…!」
 prrrrrrrprrrrrrr
澪「ん?電話?律からだ」
澪「はい、もしもし」
律『あ、澪?あのぉ、実は梓がさー…』
澪「梓?梓ならここにいるぞ?」
律『な、なにぃ〜!待ってろ、今、唯連れてくから!って、ここってどこだー!!』

310ホントの気持ち:2010/07/03(土) 22:48:24 ID:bL3UVp4c0
唯「はぁはぁ…、あずにゃんやっと見つけた」
澪「ほら、梓、嫌われてたらあんなに必死になって探さないだろ?大丈夫、自分と唯を信じろ」
梓「はっ、はい!」
梓「あっ、あの!唯先輩…さっきは私、どうかしてました。唯先輩の気持ちも考えずに酷い事してしまって本当にごめんなさい!」
唯「…うん、本当にあの時はびっくりしたよ…」
梓「ごっ…ごめんなさいっ」
唯「でもね、あんまり嫌な気持ちはしなかったんだよ…。」ギュ
梓「え…唯先輩…?」
唯「本当はうれしかった。あずにゃんのほうから私を求めてきてくれたんだもん。私ね、実はいつも不安だったんだ。あずにゃんが本気で私のこと拒絶してきたらどうしようって…」
梓「唯先輩っ…!あの、わたしっ…!」
唯「それでね、今日私気づいたんだよ、私、あずにゃんは可愛い後輩って思ってきたけど、そうじゃなかった。あずにゃんは私の特別な人…。ずっと一緒にいたいって…。あずにゃん好きだよ、大好き。愛してる」
梓「ゆ…い…せんぱい…ヒック、ひ、ひどい…ヒック、ですよ…」
唯「あ、あずにゃん?」
梓「わ、わたしが…ヒック、ずっと…ずっと、いいたかったこと…ヒック、さきに…いっちゃうなんて…ヒック」
唯「あずにゃん…」
梓「唯先輩!好き!大好きです!ずっと、ずっと私のそばにいてくださいっ!!」
唯「うん、もう絶対に離さないよ…」ギュウ
梓「…ヒック、唯先輩…!唯先輩…!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」
唯「よしよし」ナデナデ

澪「ふぅ、これで一件落着だな」
律「イッタイナニガオコッテイルンダ」

後日
唯「あ〜ずにゃ〜ん、きょうもかわいいね〜」ギュウ
梓「ゆ、唯先輩も可愛いですよ////」
唯「えへへ〜ありがと〜」
唯「あずにゃ〜ん、ペロペロしていい?」
梓「ダッ、ダメです!そういうことは二人っきりのときだけって言ったじゃないですか!」
唯「ええ〜、いいじゃ〜ん、私たち軽音部公認の仲なんだしさ♪」
梓「それとこれとは関係ありません!」
唯「ペロペロ」
梓「ニャア〜!!」

澪「…………」
律「おい、誰かあいつらなんとかしてくれ…」
紬「うふふふ…」

     おわり


なんか、もういろいろとゴメン…
むしゃくしゃしてやった、後悔はしている

311軽音部員♪:2010/07/03(土) 22:51:52 ID:5VRCqdTE0
後悔の必要なし

GJ!!

312軽音部員♪:2010/07/03(土) 22:54:06 ID:LFOgut3c0
むしろ誇っていいぐらいだぜ
というか避難所SS多いなw

313軽音部員♪:2010/07/03(土) 23:04:38 ID:bL3UVp4c0
>>311>>312
ありがとう
SSなんて書くの本当に初めてだったからドキドキした…

梓は唯と澪どっちが本命なの?って話がたまに出るけど
やっぱり澪はお姉さん的存在の域を出ないんじゃないかなぁと思う。

それにしても紬って案外扱い難しいな…

314軽音部員♪:2010/07/03(土) 23:08:45 ID:LFOgut3c0
唯だけ他の先輩とは明らかに扱いが違うよな

315軽音部員♪:2010/07/04(日) 01:14:09 ID:TJPFxWb2O
ムギの立ち位置の安定さは異常

316軽音部員♪:2010/07/04(日) 09:18:50 ID:ENsf4qEMO
>>310
催眠術ネタは古今東西色々と有るけれど、在り来りにならず上手く纏めてありますね

GJ!!!

317軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:08:03 ID:pNPNohno0
亀レスで悪いが7スレ目で話題に上がっていた誕生日ネタssが完成したので晒してみる
ss投下は初めてでしかもやたら長文なのを先に謝っておく(スマン



誕生日!


11月11日 放課後 音楽準備室

唯「あずにゃん!!」

律・澪・紬「梓(ちゃん)!!」

四人「お誕生日おめでとう!!」(パァーン

梓「にゃあっ!!」(ビクッ

梓「もーびっくりさせないでください!何なんですか一体?」

律「そんなに怒るなよ?折角皆で梓の誕生日を祝ってやろうってんだから」

澪「梓、水臭いぞ。私達にも教えてくれれば良かったじゃないか」

紬「お昼休みに唯ちゃんが今日梓ちゃんのお誕生日だって教えてくれて、このサプライズも唯ちゃんが提案したの」

唯「そうだよっ!今日はあずにゃんの誕生日だから皆でお祝いしようって」

梓「そうだったんですか…ありがとうごさいます。自分でも今日が誕生日だったこと忘れてました」

紬「急だったからちゃんとしたものは用意していなかったけど今日のお菓子はレアチーズケーキよ」

澪「そういえば、この間片付けしていたときにロウソクがあったな」









誕生日!


11月11日 放課後 音楽準備室

唯「あずにゃん!!」

律・澪・紬「梓(ちゃん)!!」

四人「お誕生日おめでとう!!」(パァーン

梓「にゃあっ!!」(ビクッ

梓「もーびっくりさせないでください!何なんですか一体?」

律「そんなに怒るなよ?折角皆で梓の誕生日を祝ってやろうってんだから」

澪「梓、水臭いぞ。私達にも教えてくれれば良かったじゃないか」

紬「お昼休みに唯ちゃんが今日梓ちゃんのお誕生日だって教えてくれて、このサプライズも唯ちゃんが提案したの」

唯「そうだよっ!今日はあずにゃんの誕生日だから皆でお祝いしようって」

梓「そうだったんですか…ありがとうごさいます。自分でも今日が誕生日だったこと忘れてました」

紬「急だったからちゃんとしたものは用意していなかったけど今日のお菓子はレアチーズケーキよ」

澪「そういえば、この間片付けしていたときにロウソクがあったな」






318軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:09:44 ID:pNPNohno0
四人「ハッピーバースデートゥーユー………ハッピーバースデーディアあずにゃ〜ん(梓〜)(梓ちゃ〜ん)ハッピーバースデートゥーユー」

唯「あずにゃんロウソク消して」

梓「はい…ふぅ〜」

四人「おめでと〜」(パチパチ

梓「ありがとうごさいます。最初はびっくりしましたけど凄く嬉しいです」

唯「実は私からあずにゃんへプレゼントがあります!」(ふんすっ

梓「えっ?唯先輩から私に?何ですか?」

唯「はい、あずにゃん」

梓「何だろ?開けてみても良いですか?」(ワクワク

唯「うん。良いよ〜」(ニコッ

梓「えっ!あっ!これって前に私が欲しいって言っていたエフェクター!!あ、ありがとうごさいます」(ペコッ

唯「えへへ〜、あずにゃんに喜んでもらえて嬉しいよ」(ニッコリ

梓「でも、良いんですか?こんな高価なもの…」

唯「あずにゃんに誕生日教えてもらった月から今日のために毎月少しずつお金貯めてたんだぁ。ちょっと足りなくて今月のお小遣前借りしちゃったけど」

律「よっ!唯太っ腹〜!お熱いねぇこのこの〜」(ニヒヒ

唯「いやぁ〜りっちゃん本当のことでも照れるよ〜」(テレテレ

澪「良かったな、梓」

紬「本当に唯ちゃんは梓ちゃんのことが大好きなのねぇ〜」(ニッコリ

唯「そりゃあもちろんだよムギちゃん!」(キリッ

梓「もぅ、唯先輩ったら…(///)」

律「そういや唯の誕生日も今月だよな?」

唯「うん、11月27日だよ」

紬「じゃあその時はもっとちゃんとしたお祝いをしなくちゃね」

律「唯があっと驚くようなパーティーにしてやるからな」(ビシッ

澪「本人の前でソレは無駄にハードルを上げるだけだぞ律」

319軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:11:16 ID:pNPNohno0
律「ん?待てよ…梓の誕生日が今日で唯の誕生日が27日ってことは、二週間ちょっとの間唯と梓は同い年になるわけだ………あっ!そうだっ!!どうせなら唯の誕生日が来るまでの間梓が唯のこと呼び捨てってのはどうだ?」

澪「おい律、何馬鹿なこと言ってるんだよ」(ハァ〜

紬「なんだか面白そうね」

澪「ムギまで!?」

梓「確かに一時的とはいえ同い年にはなりますけど急に先輩のこと呼び捨てなんて出来ませんよ…それに私が良くても唯先輩が何て言うか…」

唯「私なら全然平気だよ〜。あずにゃんから呼び捨てにされるなんて新鮮だしそれに…なんだか恋人同士になったみたいで嬉しいし…(///)」

梓「な、何変なこと言っているんですかっ!」

律「ほれ〜、唯もああ言っていることだし。なっ?」

梓「は、はい…わかりました!………ゆ、ゆぃ(///)」

唯「っ!?」(ドキッ

澪「唯?」

紬「唯ちゃん?」

律「お〜い、唯〜?」

唯「ハッ!?思っていた以上に破壊力抜群だったよ」(ドキドキ

梓「(///)こ、これで満足ですか!」

唯「えぇ〜、もう一回言ってよあずにゃ〜ん」

梓「嫌ですっ!!皆さんの前でなんて恥ずかし過ぎます………二人っきりの時なら…考えなくも…無い…ですけど…(ボソッ」

唯「ん?あずにゃん何て?」

梓「な、何でも無いですっ(///)」(フンッ

紬「もぅ、梓ちゃんたら〜(ボソッ」(ニヤリ






320軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:13:00 ID:pNPNohno0
律「そろそろ時間だし帰るか」

澪「そうだな…それにしても今日はやけに練習に力入ってたな」

律「今日は梓の誕生日だから流石にお小言言わせるわけにもいかないだろうと思ってな」

澪「普段からこれくらい力入れて練習してほしいものだな」

梓「本当その通りです」

律「相変わらず厳しいなぁお前ら」

唯「あずにゃん!あずにゃん!今日の私の演奏どうだった?昨日頑張って練習したんだよっ!」

梓「凄く良かったです!唯先輩の伸び率の凄さには毎回驚かされます!…でも、ちゃんとしたらこれだけ出来るんですから毎日家だけじゃなくて部活でも練習してください。何のための部活だと思っているんですか?」

唯「あはは…それを言われると何も言い返せないや」

梓「早く言い返せるようになってもっと色んな人に自慢出来る先輩になってください。もし来年後輩が出来たときに先輩達のこと聞かれたときに私が困るんですから」

紬「まぁまぁまぁまぁ、それくらいにしてもう帰りましょう」

梓「あ、すみません長々と…帰りましょうか」





紬「私こっちだから、また明日ね」

律・澪「じゃあな、ムギ」

唯「ムギちゃんまた明日〜」

梓「ムギ先輩、お疲れ様です」



律「唯、梓、また明日な」

澪「じゃあ、また明日」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、また明日〜」

梓「澪先輩、律先輩、お疲れ様です」

澪「あぁ」

律「みお〜、早くしないと置いてくぞぉ〜」

澪「待てよ、りつぅ〜」

唯「あずにゃん、私達も帰ろうか」

梓「はい、唯先輩」




321軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:14:58 ID:pNPNohno0
梓「(家に帰ったら料理もケーキも用意してあるけど今日もお父さんとお母さん仕事で遅いって言っていたし唯先輩のこと誘ってみようかな…も、もちろん憂と純も誘って皆で誕生日会するんだけどねっ、折角の誕生日なんだから今日ぐらい突然のワガママ言っても大丈夫だよね…?)ゆ、唯せんp」

唯「あずにゃんっ!!」

梓「は、はいっ!!」

唯「実はもう一つあずにゃんにプレゼントがあるんだ〜」

梓「あんな高価な物貰ったのに更に貰うなんて流石に出来ませんよ」(アセアセ

唯「大丈夫だよぉ、今度のはお金のかからないプレゼントだから」

梓「は、はぁ…(お金のかからないモノって…?)」

唯「今から準備するからちょっと後ろ向いてて〜」

梓「は、はぃ」(クルッ

梓「………」(ドキドキ

唯「あずにゃん、こっち向いて」

梓「もぅ、一体何なんですか?唯せんp」

唯「う…ん(///)」(チュッ

梓「んっ!?」(ドキッ

唯「えへへ…私からのもう一つのプレゼント…お金なんかじゃ買えない…大切な大切なプレゼント…(///)」

梓「唯せんp」

唯「だぁめ!さっき部活で言ってくれたみたいに唯って呼んで…?」(梓の唇を人差し指で押さえながらウインク

梓「うっ………ひっく………うぅ………」(ポロポロ

唯「あ、あずにゃん!?もしかしてキス嫌だった?ご、ゴメンねあずにゃん、あずにゃんの気持ちも考えずに勝手なことして…やっぱり女の子同士なんておかしいよね…ゴメン」

梓「い、いえ……ひっく……ずびまぜん……とづぜん泣いたりなんかじで……でも嫌とかじゃなくで……ひっく……むしろ嬉しすぎてビックリじただけでずがら……」

唯「梓っ!!」(ぎゅう

梓「………」(きゅっ

唯「………」

梓「………」

唯「少しは落ち着いた?梓?」

梓「はい…とっても温かくて…良い匂いで…唯の優しさに全身が包まれて…すごく落ち着く…」

唯「えへへ、そんなこと言われるとちょっと恥ずかしいけど…すごく嬉しいよ梓…こんなダメダメな先輩のこと受け入れてくれて…ありがとう」

梓「こちらこそ…こんな口うるさい後輩のことを好きになってくれて…ありがとう」

唯「あっ!そうだっ!普通と順番逆になっちゃったけど………大好きだよぉ梓…愛してる(///)」

梓「私も唯のことが世界で一番大好きです、愛してます(///)………でも、あと一つだけ文句を言わせて下さい!」

322軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:17:02 ID:pNPNohno0
唯「…へっ?」

梓「前からずっと思っていたんですけど唯はズルイです!本当にズル過ぎます!私がウダウダ悩んで悩み抜いた挙げ句やっと勇気を出して一歩進もうとしたらいつも唯は二歩三歩先に進んでいて突然私の手を引っ張って走り出して…そのお陰で先輩だらけの軽音部でうまくやっていけているのは事実だしそりゃあ感謝もしてますけど…それに今日だって本当は私の方から…とにかくっ!私が言いたいのはっ!」

唯「あ、梓…」

梓「これからは前から私を引っ張るだけじゃなくて…私と一緒に…私の隣に居てください…いつも先を進まれていると時々このまま置いて行かれるんじゃないかって不安になるんです…あの夏祭りの日みたいな気持ちになるのはもう…こりごりです」

唯「わかったよ梓…もう絶対に梓を独りにしないから…ずっと梓の隣にいるから」

梓「はいっ!絶対ですよっ!」


おわり


長文・駄文失礼しました

323軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:34:35 ID:izcD9bBUO
>>322
よくやった!
GJ!

324軽音部員♪:2010/07/04(日) 21:51:12 ID:pNPNohno0
>>323
ありがとう
喜んでもらえて嬉しい

それと>>317コピペミスしているのを今頃気付いたwww

325軽音部員♪:2010/07/05(月) 01:33:29 ID:9XkflzBY0
最近本すれこっちに移動したほうがいいんじゃないかと思う

326軽音部員♪:2010/07/05(月) 01:57:25 ID:ZNzXw5tY0
>>324
GJですよ!
唯梓がイチャイチャしてるんなら
ミスなんてどうってことないです

んで、原作2巻を見て勢いで書いた妄想をばひとつ
ハッキリ言って、おもしろくないです……ort

327軽音部員♪:2010/07/05(月) 02:00:19 ID:ZNzXw5tY0
けいおん!2巻 P103〜P104(改)

澪「よ〜し、冬休みだ〜っ」
紬「今年の冬休みはどんなことしようかしら」
律「また今年もクリスマス会やろうぜっ!」
唯「いいね!またうちでやろうよ!」
梓「あの…私、クリスマスには予定が…」
律「彼女ですよ奥さん…」
唯「若い子はいいわねぇ…」
梓「違いますっ!!家族と過ごすんです!」
唯「ホントにー?」
梓「ウソだと思うんなら親に聞いてみてくださいよ」
律「それにしたって梓ってけっこう可愛いし、
  まわりの男にチヤホヤされてんじゃねーの?」
梓「そもそも男の人に知り合いがませんし」
澪(可愛いってトコロは否定しないのな…)
唯「そっかー安心安心」
澪「なぜお前が安心する?」
唯「だって、誰かが付き合い初めちゃったら、
  皆で音合わせたりお茶できる時間が少なくなっちゃうじゃん?」
紬「そうね、それはそれで寂しいかも」
律「よし決めた!私たちはこの先卒業するまでの間、
  異性間の交流は厳禁とする!これを破ったものは一週間…一週間…」
澪「勢いで喋るのはやめような。見てて痛い」
梓(唯先輩……もうちょっと気にかけてくれると思ったのにな……)
唯「それにしても家族でパーティーなんていいことだね♪」
梓「一応誕生日とかもちゃんと祝ってもらってるんです」
唯「私も私も〜♪」
紬「じゃあ今年のクリスマスは?
  また唯ちゃんのご両親はどこかへ行ってるの?」
唯「そうなんだー、相変わらず私たちは蚊帳の外ですよ」
澪「ラブラブ夫婦か……胸が熱くなるな」
律「頼むからそういうところから詩の発想練るのやめてくれ」
梓「ホントは私だって、皆さんとパーティーしたいですよ?」
唯「それじゃ、年末パーティーなんかは?」
律「それだ!!」
梓「あ、年末なら私も大丈夫です」
唯律「よし、決定!!」パンッ
澪「でも、年末はさすがに、唯の家族に迷惑がかかるんじゃ…」
唯「あ、大丈夫大丈夫」
唯「今年は飛行機の中で初日の出見るんだって!」
澪(ラブラブ夫婦2009!!)
律「お前…いまゼッタイ変な文字浮かんだろ…」



おわり



ほとんど丸映しでスミマセン
おまけに唯梓成分も少ないし……

328軽音部員♪:2010/07/05(月) 02:05:37 ID:ZNzXw5tY0
梓の台詞一文字抜けてたwww
だから勢いで書くと痛い目見るとあれほど

329軽音部員♪:2010/07/05(月) 02:08:50 ID:ZNzXw5tY0
加えて律の台詞が間違ってることにも気づく始末
ダメだ俺……もう死んでくる

330軽音部員♪:2010/07/05(月) 03:35:17 ID:v0/2a.WgO
>>329
いやいや、全くもってGJですw
律と澪のお互いに対する突っ込みに笑わせてもらいましたw

かくいう私もアニメ(第2期)13話の後日談的なSSを考えましたので、携帯からまたまた失礼します。

暇つぶし程度に読んで頂ければ有難いです。

331不安!!:2010/07/05(月) 03:41:20 ID:v0/2a.WgO
『あずにゃん…どうしよう…』
電話口から唯先輩の絶望に満ちた声が返ってきた。
「どうしたんですか?…唯先輩…まさか…!」
『天ぷら…食べちゃった…。さっきの夏祭りでかき氷食べたのに…。』
「えっ!?もう…人が言ってるそばから〜!ちゃんと暑中見舞いに『食べ合わせには注意して下さい』、って書いたじゃないですか!」
『ごめんなさい。机の上にお昼の残りがあったので…つい…』
今、私、中野梓は、唯先輩に電話で暑中見舞いが届いたのか確認していました。
食べ合わせの事を書いたのだけど、手遅れだったみたい…。
折角人が心配してるのに…
「つい…じゃありません!自分の体調くらい自分で管理できなきゃ駄目じゃないですか!」
『はい…。面目無いです…。』
「…はぁ。まぁいいです。今日はこれで切りますね。私ももう寝るんで…。突然電話してすみませんでした。」
『うん。じゃーね〜。おやすみあずにゃん。』
「おやすみなさいです。唯先輩。」
おやすみの挨拶をかわし、私は携帯の終話キーを切って、ベッドに潜った。
とりあえず今日を振り替えると色々あった。
憂や純とプールに行って、その帰りに唯先輩達と会って。
そして全員で夏祭りに行って…。まぁ最後ははぐれちゃった

332軽音部員♪:2010/07/05(月) 03:42:52 ID:v0/2a.WgO
すいません、ミスったのでもう一回投稿しますm(__)m

333不安!!:2010/07/05(月) 03:44:33 ID:v0/2a.WgO
『あずにゃん…どうしよう…』
電話口から唯先輩の絶望に満ちた声が返ってきた。
「どうしたんですか?…唯先輩…まさか…!」
『天ぷら…食べちゃった…。さっきの夏祭りでかき氷食べたのに…。』
「えっ!?もう…人が言ってるそばから〜!ちゃんと暑中見舞いに『食べ合わせには注意して下さい』、って書いたじゃないですか!」
『ごめんなさい。机の上にお昼の残りがあったので…つい…』
今、私、中野梓は、唯先輩に電話で暑中見舞いが届いたのか確認していました。
食べ合わせの事を書いたのだけど、手遅れだったみたい…。
折角人が心配してるのに…
「つい…じゃありません!自分の体調くらい自分で管理できなきゃ駄目じゃないですか!」
『はい…。面目無いです…。』
「…はぁ。まぁいいです。今日はこれで切りますね。私ももう寝るんで…。突然電話してすみませんでした。」
『うん。じゃーね〜。おやすみあずにゃん。』
「おやすみなさいです。唯先輩。」
おやすみの挨拶をかわし、私は携帯の終話キーを切って、ベッドに潜った。
とりあえず今日を振り替えると色々あった。
憂や純とプールに行って、その帰りに唯先輩達と会って。
そして全員で夏祭りに行って…。まぁ最後ははぐれちゃったけど…。
それにしても花火を見に行く時の唯先輩…何だかかっこよくて綺麗だったなぁ…。普段はだらけてるけど…。
でも時折見せる頼りがいのある姿、表情、行動。そう、まるで夢を見てるようにかっこよくて…。でも普段はダメダメで…。
だからかな…?こうやって唯先輩の事が気になって…放っておけなくて…。
これって…恋…なのかな…?
同じ同性相手に…?
この気持ちを唯先輩に伝えたらどうなるだろう…?
きっと…嫌われちゃうのかな…
受け入れてくれるなんて…夢のまた夢だよね…

334不安!!:2010/07/05(月) 03:47:05 ID:v0/2a.WgO

………
……


「あずにゃん…。」
「あれ…?唯先輩…?どうして家に…?」
気づけば目の前には唯先輩がいた。
私はベッドから飛び起きる。
「あのね…あずにゃんにお別れの挨拶をしに来たんだ…。」
「え…?唯先輩…?」
分からない。突然何を言っているの…?
「ごめんね、こんな頼りない先輩で…。最後まで何もしてあげられなくて…。今まで楽しかったよ?あずにゃんにいーっぱい抱きついて…甘えて…」
「え…ちょ…どういう事ですか…?全然話が…」
違う…。唯先輩はいつも私をリードしてくれた。そりゃあ部活の時はアレだけど…頼りなくは無いですよ…。
「本当にごめんね…もう…時間だから行くね…。」
あれ…?唯先輩の体がだんだん消えて…
「嫌…!行かないで…!唯先輩!私を置いて行かないでぇっ!」
私は泣きじゃくりながら、消えていく唯先輩に抱きついた。そして…

「…夢…?」
時間はまだ午前4時を過ぎた所だった。今日は日曜日。顔には大粒の涙が流れ通っていた。
そして携帯の着信音がなっていた。
「唯先輩…?」
何が胸騒ぎがする。さすがにこんな時間に電話をしてくる先輩じゃない。
「もしもし…?」
涙ぐんだ声で私が出ると…。
『あず…にゃん…』
「どうしたんですか!?唯先輩!」
明らかに何かがあったような声で唯先輩が出た。私は一気に目が覚める。本当に今にも消えそうな声だったから…。
『お腹痛いの…助けて…』
「えっ…!?大丈夫ですか!?今すぐ行きますから待っててください!」
私はすぐに私服に着替えた。ちなみに今日は両親はもっと朝早くに仕事に出ている。
きっとあの夢を見なければ私は冷静だっただろう…。でも、今の私は唯先輩が本当に遠くに行ってしまいそうで…怖くて…。
髪をとめてる時間なんてない。寝癖を直す時間も。本当は寝間着のまま飛び出したいくらいだったが、そうは行かない。
無我夢中で家を飛び出し、自転車に乗って唯先輩の家に向かった。まだ空は薄暗かった。

335不安!!:2010/07/05(月) 03:49:02 ID:v0/2a.WgO

唯先輩の家に着くと、私は自転車を庭に停めて、インターホンも押さずにドアを開けようとした。が、開かない。鍵が閉まっていたからだ。
(どうしよう…。唯先輩…!)
するとガチャっと音がして…
「あず…にゃん…?」
まだ寝間着姿の唯先輩がドアを開けた。
私は思わず大声で泣いて、唯先輩に泣きついた。


私はとりあえず唯先輩の部屋に通され、泣き止むまで唯先輩に抱っこしてもらっていた。
「落ち着いた?あずにゃん…。」
「…唯先輩こそ…お腹は落ち着いたんですか…?」
「私…?うん、トイレ行ったら治ったよ!」
「…唯先輩のバカ…!大げさで紛らわしいですよ…!本気で心配したんですからね…!」
と言って、また私は軽く泣いてしまった。私が泣く度に唯先輩は私の背中を軽く叩いたりさすったりしてくれた。
安心感が私を徐々に満たしていく。
「ごめんねあずにゃん…。でも私…こんな気持ち始めてだなぁ…。だってこんなにもあずにゃんが可愛くて…いとおしいんだもん。」
「…ふぇ?」
「特別な感情っていうのかな?…その…ただの好きとか大好きとかじゃなくて…一人の女の子として…好きなんだよ…。あずにゃん。…こんな事言ってごめんね?女の子同士なのに…。」
まただ…またあの表情だ…。優しい笑顔なんだけど…どこか真面目な…かっこいい唯先輩の表情。
「…嫌じゃないです…。…だって私も唯先輩が好きですから…。一人の女性として…。てか先に言うなんてやっぱり先輩はズルいです…。」
「ふふ…ごめんね、あずにゃん。そうだ、あずにゃん朝早くてまだ眠いでしょ?一緒に寝ようよ。」
「じゃあ…お言葉に甘えて…。」
そして、私達は唯先輩のベッドに二人で潜った。
「あの…唯先輩。」
「なぁに?あずにゃん。」
「今度は…私を一人にさせないでくださいね?」
「…?…うん!ずっと一緒だよ!あずにゃん!」
そういって唯先輩は私をがっしりと腕で抱き締めた。そうして眠りに落ちる私達。
唯先輩。今度は夏祭りや夢の中みたく、私を置いていかないでくださいね?
そしてたまには私の先じゃなくて…同じ道を一緒に歩んで下さい…。

終わり。

おまけ

「お姉ちゃーん!朝だよ起きt…え…?梓ちゃん…?どうして…?」
その後困惑する憂の姿があったそうな。私もしつこく憂に質問攻めされちゃいました(笑)

本当の終わり。

336軽音部員♪:2010/07/05(月) 03:52:45 ID:v0/2a.WgO
以上です。そしてミスった上での連投すみませんでした…。
一応唯梓を意識してますがイマイチ上手くいかず…。
お目汚し失礼しましたっ!!

337軽音部員♪:2010/07/05(月) 10:38:03 ID:ZNzXw5tY0
なんのGJ!
唯の体調に気付かないなんて
憂、一生の不覚だなwww

なにはともあれ真っ先に梓に連絡する
唯にGJですよ!アニメでもそんな雰囲気ありますしね

338軽音部員♪:2010/07/05(月) 11:49:26 ID:XgnZfn.Q0
GJです。
抱っこされてるあずにゃんを想像したら、すごく萌えました。
唯に甘えているあずにゃんは良いですよね。

339軽音部員♪:2010/07/05(月) 12:16:53 ID:VW7lf8AE0
12話小ネタ
夜 テントにて

律「暴露大会イエ〜イ!!」
唯紬「イエ〜イ!!」
澪梓「オヤスミナサイ…」
律「寝袋ひっぺがせ!」
唯紬「ラジャー!」
澪梓「ぎゃわー」
さわ子「う〜ん…ウルサイ…」←(遊び疲れた)

律「皆はスキな人とかいないのか?」
澪「いるわけないだろ。そもそも女子高なんだし」
梓「そうですよ…彼氏なんて」
紬「男の人に特定されなくてもいいんじゃないかしら?」
唯「なら私は憂がスキー♪いつもアイスくれるし♪」
律「そりゃチートだ。そもそも一緒に住んでんじゃん」
唯「えーじゃあ、あずにゃん?」
梓「なっななな、なんで私なんですか!?」
澪「いつも抱きつきあってるしな」
紬「眼福ねー♪」
律「なるほどそうだったのか」
梓「皆さんいい加減にしてください!!」
唯「あずにゃんは私のことスキじゃないの…?」ウルウル
梓「うっ……」
澪「まあまあ、これ以上二人をからかうのもホドホドに」
梓「す、好きに決まってるじゃないですか!愛してます!!」

紬キマシタワーその他ポカーン

梓「あ…アレ?」



おわり

夏フェスの夜は盛り上がったと聞いて

340軽音部員♪:2010/07/05(月) 14:08:38 ID:fIId7nSM0
なるほど、これはありだなGJ

341軽音部員♪:2010/07/05(月) 23:27:35 ID:pDDa6rBg0
ニコ動でこんなの見つけた

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm11288082

342夏祭り:2010/07/06(火) 17:20:19 ID:4r6YMDhg0
学校からそう遠くない神社の夏祭り。
私は鳥居の側で、唯先輩が来るのを待っていた。

「へ、変じゃ、ないよね……」

唯先輩を待ちながら、私は何度も自分の体を見下ろしては、
今日の格好をチェックしていた。
今日着ているのは、ピンクに花柄の浴衣だった。
薄い赤色の帯をしめ、浴衣とお揃いのピンクの小さな巾着を手に持って。
履いている下駄の鼻緒もお揃いのピンク。
選ぶのにも着るのにも時間のかかった浴衣姿。
着慣れていないだけに、
どうしてもおかしなところがないかと気になってしまって……
何度もチェックをしてしまっていた。
小さなホコリを見つけては手で払い、
微かなしわに気づいては姿勢を変えたりもして。
チェックが終わって「大丈夫」と呟いて……
でも一分とじっとしていられなくて、
また同じことを繰り返してしまっていた。
そんな風に自分の格好ばかりを気にしていたせいだろう、

「あずにゃん、お待たせ!」

そう唯先輩に声をかけられるまで、
私は先輩が待ち合わせ場所に来たことに気づかなかった。
突然声をかけられて、驚きに心臓が跳ね上がる。
慌てて顔を上げて、先輩に挨拶をしようとして、

「エヘヘ……」

目の前の唯先輩の姿に、私は言葉を失っていた。
唯先輩も浴衣を着ていた。
花柄の白色浴衣に、アクアブルーの帯をしめ、
手にはオフホワイトの小さなバッグを持っていた。
いつものヘアピンはなく、髪の毛は真っ直ぐ整えられている。
浴衣のためか、動きはいつもよりもずっと大人しくて、
私に近づいてくる歩幅も小さなもの。
どこか楚々とした動作が、唯先輩を大人っぽく見せていて……
私は思わず見惚れ、立ち尽くしてしまっていた。

「えっと……待たせちゃったかな?」

「い、いえ……わ、私もついさっき来たところで……」

「そう? ならよかったよぉ。浴衣選ぶのに時間かかっちゃってね。
憂がいなかったら、着るのにも時間かかっちゃうところだったんだぁ」

「そ、そうなんですか……」

「あずにゃんも浴衣なんだね、すっごく似合ってるよ!」

「あ、ありがとうございます……ゆ、唯先輩も……に、似合ってます……」

「エヘヘ、ありがと! 嬉しいよぉ」

343夏祭り:2010/07/06(火) 17:22:56 ID:4r6YMDhg0
明るく笑う唯先輩に、私はどうしても言葉少なになってしまっていた。
緊張のあまり、口がうまく動いてくれなかった。
緊張するのも仕方のないことではあった。
だって今日は……唯先輩と恋人同士になってからの、
初めてのデートなのだから。
今日は他の先輩方も、憂も純もいない。ほんとうに二人きりのデート。
緊張して、ずっと落ち着かない気分でいるのに……
この大人っぽい唯先輩は、あまりに不意打ちすぎた。
心臓の鼓動はどんどん早くなるばかり。
頬の熱さが、自分の顔が真っ赤になっていることを教えていた。

「じゃ、行こ、あずにゃん」

「は、はい……」

笑って手を伸ばしてくれる唯先輩に、
私は俯きながらそう言うのが精一杯だった。

唯先輩と手を繋いで、神社の参道を歩く。
両脇にはたくさんの出店が並んでいた。
やきそばやお好み焼き、かき氷に綿菓子。
食べ物以外だと、金魚すくいや水ヨーヨー、射的や輪投げなんかがあった。
この前みんなで行った夏祭りと大差のない定番の出店で、
珍しいものなんてなにもなくて、

「あ、あずにゃん! あれ食べよ!」

でも唯先輩は、まるで初めてお祭りに来た子供みたいにはしゃいでいた。
浴衣のせいでいつもより動きは大人しくて、髪型も大人っぽいもので……
でも笑顔を浮かべれば、そこにはいつもの唯先輩がいた。

「もうっ、危ないですから走らないで下さい!」

小走りで私の手を引く唯先輩に、小声で文句を言う。
一緒に参道を歩くうちに、ようやく私の緊張もほどけてきてくれていた。
握った手の温かさ、浮かぶ笑みの柔らかさ、
どちらもいつもの、私が大好きな唯先輩のもので……
唯先輩と一緒にお祭りを歩ける嬉しさを、
私は素直に感じることができていた。

344夏祭り:2010/07/06(火) 17:25:28 ID:4r6YMDhg0
「はい、あずにゃん。あ〜ん」

「あ、あ〜ん……」

唯先輩が差し出すフランクフルトを、私は大きく口を開けてかじった。

「あ、あちゅっ……」

「エヘヘ……でも美味しいよね。
こういうところで食べると、なんかいつもより美味しく感じちゃうよねぇ」

私がかじったあとのフランクフルトを、
唯先輩が食べるのを見て、少し頬が熱くなる。
今更ではあるけれど、やっぱりちょっと恥ずかしかった。
手を繋いだまま、お互いずっと食べさせっこしているのだから、
本当に今更だけど。
恥ずかしさを紛らわそうと、
手に持った巾着を無意味に動かしたり、
唯先輩が腕に引っ掛けたバッグに視線を移したりしていると、

「そういえば……あずにゃん……」

唯先輩が、唐突に足を止めた。

「なんですか、唯先輩?」

「もう私たち恋人同士なんだし……
名前、そろそろ呼び捨てにしてくれてもいいんじゃないかなぁ、
なんて思ったりするんだけど……」

「え?」

唐突にそう言われ、私は言葉に詰まってしまった。

「で、でも私たち、学年違いますし……
呼び捨ては、その……やっぱりまだ……」

「えぇ〜、恋人なのにぃ……」

「ゆ、唯先輩だって、私の呼び方変わってないじゃないですか!」

「そ、それは……で、でもあずにゃんはあずにゃんだし……
そ、それに、呼び方は同じでもこもっている愛情は増えてるんだよ!」

「じゃ、じゃぁ私も、
こもっている愛情増えてますからいいじゃないですか!」

345夏祭り:2010/07/06(火) 17:27:24 ID:4r6YMDhg0
私の言葉に言い返せなくなったのか、
唯先輩は唇を突き出して「ぶー」と言った。

「す、拗ねても言いませんからね……」

「え〜、あずにゃ〜ん……」

「だ、だって……その、まだ心の準備ができてませんし……」

「一回だけ! ためしに一回だけ言ってみようよ!」

「う、でも……」

「あずにゃ〜ん……」

「うぅ……い、一回だけですからね……」

いろいろ言い合って、でも結局唯先輩には勝てなくて……
私は顔を俯けて、上目遣いに唯先輩を見た。

「……ゆ……」

「ワクワク……」

「ゆ……ゆ、ゆ……」

「ほらあずにゃん! もうちょっと!」

「ゆ……唯……っ」

言った途端、自分の顔が真っ赤になったのがわかった。
恥ずかしくてたまらなくなり、顔を完全に伏せてしまう。
私に名前を呼び捨てにされ、でも唯先輩はなにも言わなかった。
ずっと黙ったままで、身動き一つせず、

「な、なんか言って下さいよ!」

顔を上げて文句を言うと……
恐らく私以上に真っ赤になった唯先輩の顔が見えた。

346夏祭り:2010/07/06(火) 17:29:28 ID:4r6YMDhg0
「あ、あずにゃ……」

「な、なんで唯先輩まで真っ赤になってるんですか!」

「だ、だって……なんか照れちゃって……」

「唯先輩まで照れてどうするんですか……」

恥ずかしさのあまり、動けなくなってしまい……
私たちはしばらく、その場で立ち尽くしていた。

「……や、やっぱり、呼び捨てはまだ……」

「そ、そだね……ゆっくり、呼び方も変えていけばいいよね……」

ようやくお互い声を出し、そして笑いあう。
花火の音が聞こえてきたのは、丁度そのときだった。

「あ、花火やってるんだね! 行こっ、あずにゃん!」

「え……あ……!」

花火に気づいた唯先輩が、私の手を引いて走り出した。
浴衣のため小走りで、この前のときよりもゆっくりとした動きで……
でも見える唯先輩の背中に、
私はどうしても前のときのことを思い出してしまっていた。
この前の夏祭りの夜、
夢を見ているのだろうかと思ってしまったあのとき、
人込みで唯先輩とはぐれてしまったあのとき……

(唯先輩……!)

あのときの寂しさ、心細さを思い出して、
私は唯先輩の手を強く握り締めた。
そんな私に気づいてくれたかのように、
唯先輩は走りながら後ろを振り向いた。
唯先輩の笑顔が私の目に映った。
まるで「大丈夫だよ」って、
そう私に言ってくれているかのような笑みだった。

347夏祭り:2010/07/06(火) 17:31:55 ID:4r6YMDhg0
手を握り合ったまま、私たちは人込みの中に飛び込んでいた。
人の多さに、どうしてもお互いの姿は見えなくなってしまって……
でもだからこそ、唯先輩の手の温もりを、握る強さを、
いつもよりもはっきりと感じることができた。
私の手を、しっかりと唯先輩の手が握ってくれている。
私の手が、しっかりと唯先輩の手を握っている。
私たちの手は確かに繋がりあっていて、

「あずにゃん!」

呼ばれて気がつけば、私たちは人込みを抜けていた。
神社の裏の、人のあまりいない小さな広場に、私たちは立っていた。
私たちの手はちゃんと握り合ったままで、離れてはいなかった。
その手を、唯先輩が持ち上げた。
二人の手が顔の前に上がり、

「大丈夫だよ……もう、絶対離したりしないから……」

唯先輩は、そう言ってくれた。
同時に上がった花火に笑顔が照らされる。
キレイだと思った。
あのときのようにとてもキレイで、
でもあのときみたいに儚いとは思わない。
唯先輩の笑顔は、ちゃんと現実に、今私の目の前にあった。
しっかりと握り合った手と一緒に、私の目に映っていた。

「……私も、もう絶対離しません」

私も言って、笑顔を浮かべた。
私ももう絶対に、この手を離したりしない。

「あずにゃん……」

唯先輩に握った手を引っ張られ、私の体が傾く。
半ば唯先輩の体に寄りかかるようになって、

「唯先輩……」

そのまま私たちは、花火に照らされながら、キスをした。


END


長文失礼します。
恋人妄想が止まらなくて、つい……。

348軽音部員♪:2010/07/06(火) 17:45:35 ID:hfaHK6Uo0
gj!
今週もゆいあずに期待

349軽音部員♪:2010/07/06(火) 18:20:25 ID:HuKoBQUY0
GJ!
いっそ本編でもくっついてほしい

350軽音部員♪:2010/07/06(火) 19:13:37 ID:BN0ztqiwO
>>347

GJ!!13話の寂しさを消してくれる良いSSでした!

351軽音部員♪:2010/07/06(火) 19:22:36 ID:9y2P23KcO
GJ!
>>349
禿同。もういい加減付き合っちゃえよって感じだよなw

352軽音部員♪:2010/07/06(火) 21:37:21 ID:GXAke5hg0
梓「もうっ、ちゃんと練習するって約束したじゃないですか!」
唯「だってりっちゃんが…」
律「私のせいかよ!」
梓「罰として今日は抱きつき禁止です!」
唯「えーそんなー…」ズーン
澪「そんなに残念か」
紬「鬼ね、梓ちゃん」
梓「当然の報いですよ」
唯「うぅ…罰ゲームはソレダケ?」
澪「オ前ホントニ反省スル気アルノカ」
梓「今のところはそれだけで勘弁してヤルです」
唯「じゃあチューしてやる!」
梓「ぎゃああああああ!?」
律「出たな魔人」
紬「?」
梓「いやあああ!やめてくださいいいい!」
律「ウルサイ女だチョコにしてやれ」
澪「オ前少シ黙レ」
唯「だって抱きつくの“は”ダメなんでしょー?」
梓「ホラ手!抱きついてるじゃないですか!」
唯「これは肩に手を乗せてるだけだもんねー♪」
梓「なにおおおおおおお」
紬「キースしろ♪キースしろ♪」
唯「んちゅちゅぅ〜」
梓「ぐわああああああぎゃああああああ」
澪「とても世間にお披露目できない」

………

梓「き…キスしてしまった…」
唯「厳密に言うとチューだね」
澪「厳密に言うと口内の粘膜同士の絡み合い」
律「ベロチューだな」
紬「接吻とも」
さ「見ーちゃった見ーちゃったーセーンセに言ってヤロー♪」
律「アンタ何者だ」
澪「つーかどこから入ってきた」
紬「腐れ」
さ「聞キ捨テナラネー」
紬「上等」

ドカバキッガガガガガッズァオッギャー

梓「アレ…コレなんの漫画?」
唯「勿論私たちがイチャイチャしながらその陰で仲間たちがワイワイやってる漫画」
紬「私の場合は動・画♪」
梓「ソウダッタンダー」
律「3,2,1…さわちゃんアウトー!!」カンカンカンカン!
さ「
澪「ムギが黄金に…」

ガチャ

和「あのー紙コップの塔崩れちゃったんですけどー」




ヤッチマッタ

353軽音部員♪:2010/07/07(水) 04:37:39 ID:CJWrP/yQ0
何気なく浮かんだネタ


Part1

唯「あずにゃんお膝座ってー」
梓「い、イヤです、なんでそんな…」
唯「どして?」
梓「だって、みんな見てる…」
唯「じゃあぎゅってしてあげなーい」
梓「う…」
唯「ねーねーはやくぅー」
梓「わ、わかりましたっ…」

ちょこん

唯「ピッタリおさまったね♪」
梓「嫌みですか…」
唯「ううん可愛いよ♪」
梓「嫌みなんですね…」

唯「ぎゅ」
梓「んっ…」
唯「どしたの?」
梓「ちょっとビックリしただけ」
唯「こんなに近くにいるのに?」
梓「だっていきなり抱きつくから…」
唯「いつものことじゃん」
梓「そうですけど…」

唯「私分溜まった?」
梓「唯先輩は?」
唯「私はもうちょっと」
梓「じゃあ私も」
唯「ぎゅ」
梓「ん…」

律『おーいそろそろ練習はじめっぞー』

唯「おいーっす」
梓「あ、あと少しだけ…」
唯「ダーメ、帰ってからね」
梓「む…こういう時だけ切り替えが早いのはズルイと思う」
唯「そんなんだからいつまでも私にからかわれるんだよ」
梓「むむむ」
唯「むむ?」
梓「む…」
唯「むむむむ?」
梓「むむ!」

律「なにあの可愛い生き物たち」

354軽音部員♪:2010/07/07(水) 04:39:16 ID:CJWrP/yQ0
Part2

唯「あずにゃんアーン」
梓「あ、アーン」
律「梓アーン♪」
梓「…澪先輩睨んでますよ」
律「!?」
澪「わ、私はなにも…」プイ
律「焦った…」
唯「あずにゃんアーン」
梓「アーン♪」

律「梓のひとくちってデカくね?」
梓「失礼ですね」
律「女の子っつったらもっとこう、チマチマとさ…」
梓「律先輩そういうの嫌いじゃなかったでしたっけ?」
律「ごもっともで」

梓「唯先輩アーン」
唯「私はいいよー」
梓「なんですかそれ」ムス
唯「私は可愛いあずにゃんが見れればそれで」
梓「そんなの不公平じゃないですか!」
律「ブフッ」←(紅茶吹いた)
梓「私だって唯の可愛いトコ見たい!!」
紬「ブフッ」←(鼻血噴いた)
唯「チェー、わかったよぉ…」
澪「……」←(とりあえず拭いた)

律「澪アーン…」
澪「私はやらないからな」
律唯「「なんだよケチー」」
澪「…なんだいまの」
唯「口移しぐらいいじゃん!」
梓「歯止め聞かなくなったらどう責任取るんです!」
唯「そこはその…一生かけて責任…」
梓「ちっがああああう!!///」
澪「……」
律「なのに私らときたら…」
澪「アーンすればいいのか……?」

紬(今の内に…)コソコソ
唯「どこに行くのかなムギちゃん♪」
紬「はぅっ」ドキーン
唯「今後ろに隠したのナーニ?」
紬「な、なにも隠してn」
唯「嘘だ!!!!!!!」
紬「」
律「コエー」ガクブル

唯「今日もあずにゃん動画ゲット♪」
梓「あ〜〜ズルイです〜〜!!」
唯「ふふん、早い者勝ちだもん」
梓「チッ…私を抱き殺しにしたのはそのため…」
唯「今日のオカズはなにかなー♪」
梓「下品です!没収します!」
唯「あずにゃんだって同じことに使うクセに!」

ギャーギャー

澪「もはや夫婦喧嘩の域を超えたな」
律「なのに私らときたら…」
紬「」




おしまい

355軽音部員♪:2010/07/08(木) 10:17:22 ID:VqIEcjT.O
唯梓「合体!」ぎゅ〜っ
唯「聞いて驚け!」
梓「見て笑え(ニヨニヨ的な意味で)!」
唯「我ら放課後ティータイム第二のカップル!」
梓「唯!」
唯「あずにゃん!」
唯梓「ゆいあず!」シャキーン

唯「次のMCの掴みはこれで行こうと思うんだ」
ムギ「合体はハグじゃなくて性的なほうがいいんじゃないかしら」
梓「釣りバカか」

律「りっちゃん、りっちゃん、らりるれりっちゃん♪
おやつ好きドラムが好き♪」
澪「じ、じゃあ私は?」
律「ニヤリ」クチュッ
澪「ひゃん!」ビクッ
律「もっと好き♪」

ムギ「ほら、放課後ティータイム第一のカップルみたいに!」
さわ子「そこまでやったらHTTじゃなくてDMCよ」

356軽音部員♪:2010/07/08(木) 10:50:33 ID:I.hFRNU20
最近はあずにゃんのデレ具合がすごいですね。
アニメも、こっちのSSや小ネタも。

357軽音部員♪:2010/07/08(木) 13:08:35 ID:MphvmRaU0
小ネタ「呼」

梓「唯先輩、なに読んでるんですか?」
唯「ん? DM○だよ!」
梓「ああ、少し前に完結したあのマンガですか……」
唯「私ね、最初、軽音部の人ってみんな、
こういうバンドの人みたいなのかなぁって思ってたんだぁ」
梓「まぁ、そういう人たちもいますよね。先生も割りと近い感じですし」
唯「……よし! 私もチャレンジしてみよ!」
梓「え!?」
唯「あずにゃんあずにゃんあずにゃんあずにゃ……っ!
……ひたひ……ひたかんだぁ……」
梓「……なにしてるんですか?」
唯「……このマンガみたいに、
1秒間に10回あずにゃんって言えるかなぁって……」
梓「マンガの真似して変なことしないで下さい」
唯「ぶー……あ、あずにゃんもやってみてよぉ」
梓「や、やですよ、そんなの!」
唯「え〜、いいじゃん、一度だけ! ね?」
梓「うぅ……い、一度だけですよ?」
唯「やったぁ!」
梓「……唯先輩唯先輩唯せんぱ……ひたっ!
……ひた、かんひゃひまひた……」
唯「あずにゃんもまだまだだね!」
梓「ゆ、唯先輩だって言えなかったじゃないですか!」
唯「でも私の方が言えた回数、多かったもん」
梓「文字数が違うんですから、不公平です!」
唯「あ、そだね……じゃ、呼び捨てでいいよ!」
梓「え!?」
唯「唯って呼び捨てでいいから、あずにゃんもう一回チャレンジ!」
梓「え、でもそれは……」
唯「ねぇ、あずにゃ〜ん……もう一回だけ、ね?」
梓「うぅ……ほんとにもう一回だけですからね?」
唯「うん!」
梓「……唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯! ……やった! 言えました!
……って、なんで先輩、赤くなってるんですか?」
唯「だって……あずにゃんに呼び捨てにされたら……
なんか恋人みたいだなぁって思っちゃって……照れちゃった……」
梓「べ、別にそういう意味は……っ!」
唯「……あずにゃん……もう一回だけ……今度は普通に、名前呼んでみて?」
梓「え……あ……」
唯「ね? もう一回だけ……」
梓「あ……や、やです!」
唯「え〜……」
梓「……ちゃ、ちゃんと恋人同士になるまで……待って下さい……」

358軽音部員♪:2010/07/08(木) 13:27:02 ID:MphvmRaU0
小ネタ「ケーキ」

唯「あずにゃん、一緒にケーキ食べよ!」
梓「あ、はい……って、一個しかないみたいですけど……?」
唯「お小遣いが足りなくて、一つしか買えなかったのです!」
梓「え……じゃあどうするんですか?」
唯「一個しかないから、じゃんけんで勝負だよ、あずにゃん!
勝ったら一口食べてもいいのです!」
梓「買った方から交互、じゃないんですね……でも私、じゃんけんは……」
唯「そう……あずにゃんは逃げるんだね……」
梓「……! い、いいでしょう! 受けてたちます!」
唯「よし、勝負だよ! じゃ〜んけ〜ん〜」
唯梓「ぽん!」
唯「……グー」
梓「パー! 勝ちました!」

唯「……パー」
梓「チョキ! また勝ちました!」

唯「……チョキ」
梓「グーです! またまた勝ちました!」

唯「……チョ、チョキ」
梓「……グー、です……勝っちゃいました……」

唯「グ、グス……グー」
梓「……パーです」

梓「あ、あの……唯先輩……」
唯「い、いいんだよあずにゃん! 勝負の世界は非情なんだから!
……グ、グス……」
梓「で、でも……」
唯「大丈夫だから、勝負! じゃんけん!」
梓「あ……」
唯「ぽん! ……パー」
梓「……チョ、キ……」
唯「グ、グス……」
梓「……ゆ、唯先輩! あ、あ〜んです!」
唯「え……あ〜ん……?」
梓「えい!」
唯「は、はむ……ゴクン……あずにゃん……」
梓「いくら勝負でも……やっぱり一人で食べたら美味しくないですよ……」
唯「あずにゃん……」
梓「あとちょっとしかないですけど……残りは、二人で食べましょうよ」
唯「あずにゃん……うん! ありがと!」

359軽音部員♪:2010/07/08(木) 21:29:57 ID:Ic2ZFRt.0
>>357-358
ニヤニヤしちまったぜ
この二人は一緒にいるだけで幸せなんだろうな

360軽音部員♪:2010/07/08(木) 23:55:02 ID:geQPGL8A0
規制されてるからここに書くけど
誕生日が近い
家が近い
これだけでニヤニヤする

もっとわちゃんみたいに互いの家をナチュラルに行き来してほしい

361軽音部員♪:2010/07/09(金) 01:23:36 ID:12I3q9cUO
梓は夏休み中、憂に会いに来たという口実で平沢家に入り浸り
唯先輩観察という自由研究を行ってると予想。

362軽音部員♪:2010/07/09(金) 05:36:52 ID:P.h7G0Sw0
家が近いのは素敵だよな
原作でもアニメでも、それぞれ相方のピンチに全力で自宅に駆け付けたりするのがもうね
今までも、気付かなかっただけですぐ近くで暮らしてたってのも何か嬉しく感じる

363軽音部員♪:2010/07/09(金) 10:37:54 ID:qLX92QUI0
最近ゆいあずが好きすぎてヤバい
後三カ月でけいおんが終わってしまうって考えるだけでヤバい
あの二人がくっついてくれないと死ねる

364軽音部員♪:2010/07/09(金) 12:23:37 ID:EGlnIC4wO
>>363

来るべきその日の為にも日々妄想力を上げる訓練をするという手があってだな…

365軽音部員♪:2010/07/09(金) 23:58:21 ID:fQ9cRG8I0
規制された〜

本スレが原作の話題で盛り上がってるけど、みんな案外原作好きなんだな
俺は原作はコミックスしか読んでないけど梓の唯への態度がつっけんどん過ぎてどうにも…
アニメはそれでも愛情の裏返しって感じが出てるけど、原作はデレが足りない…
しかも、ツンデレということにしたってあずにゃん節操ないっていうか
アニメと違ってスタンスが確立してないっていうか

366軽音部員♪:2010/07/10(土) 00:09:00 ID:aZ3VZ1Kw0
正直原作梓は正直ふらふらしすぎだよな
唯に憧れて澪に憧れてまた唯と絡み出して紬に惹かれて
それでも唯を見捨てきれなくてでもまた紬に惹かれて…

白身フライ先生は梓をどうしたいんだろう
というか澪に梓を取られるのはまだ納得はできるけど
いきなり紬梓とか推されても唯梓派も澪梓派もポカンだろうし

367軽音部員♪:2010/07/10(土) 00:10:45 ID:aZ3VZ1Kw0
正直が2回も…俺ってなんて正直な奴なんだ…

368軽音部員♪:2010/07/10(土) 00:20:18 ID:jeJiHbpc0
ふらい先生はプレッシャーでテンパッてるんじゃね
だからキャラも右往左往する

369軽音部員♪:2010/07/10(土) 00:21:19 ID:ZD/SVeHI0
別に梓とムギが仲良くしてるのも、それはそれで可愛いけどさ。
ぶっちゃけセンターフライ先生はあんまりお話作るの上手じゃないよね。
もうけいおん!!はアニメスタッフにまかせるべき。

370軽音部員♪:2010/07/10(土) 00:43:23 ID:oPszA9XY0
唯と梓の生みの親にそういうこと言うなよ……
梓の唯、澪、紬との関係性はあくまで質の違いであって
不等号で比べる類のものじゃあないと思う

それにどんな展開になったとしても
唯と梓のはわほわカップルを全力支援することに変わりないし

371軽音部員♪:2010/07/10(土) 01:09:52 ID:ezKIVQG.O
あれ?誰か一人忘れてるような・・・

372軽音部員♪:2010/07/10(土) 01:18:32 ID:5niUPve.0
>>369
なんか中途半端感が否めないよね
唯に惹かれてるんだったら惹かれてるでもうちょっとあずにゃんから唯に対して
好意を示すような言動や積極的なアクションがあってもいいと思う
原作の梓→唯の対応はツンデレというには、あまりにもそっけなさ過ぎると思う
その割には妙に気にかけたりするから本心が読めないというか違和感を覚えるというか
結局どうしたいんだ?という感じ

他のキャラと絡めるんだったらちゃんと立ち位置固めてからやってほしい
なんというか回収しないフラグを乱立してる感じ

百合視点抜きにしても原作の梓→唯はちょっと消化不良

373軽音部員♪:2010/07/10(土) 01:31:22 ID:aZ3VZ1Kw0
アニメ梓はいい感じなのにな…
2人とも凄く仲良くて微笑ましい分
原作の唯梓は残念すぎる

374軽音部員♪:2010/07/10(土) 01:59:43 ID:7GHMWfLs0
マジレスだが誰とでも仲はよく尊敬はしているが惹かれてはないだろ
ちょっとカプを意識しすぎてないですかね

375軽音部員♪:2010/07/10(土) 02:20:29 ID:aZ3VZ1Kw0
百合カプスレの避難所だしな。後惹かれてるはどういう意味で取るかだな
ただ改めてみると何か原作梓を叩いてるような感じのレスになってるな
すまんかった。キャラを叩いてるってつもりはなかったんだけどな

376軽音部員♪:2010/07/10(土) 02:27:49 ID:nHlb6suE0
なんていうか、妄想と原作の区別はつけとこうぜ

377合図:2010/07/10(土) 02:36:22 ID:og46WQng0
*微エロ注意


「まったく、唯先輩はほんとしょうがないんですから!」

アパートの廊下を歩きながら、私は隣を歩く唯先輩に文句を言った。

「うぅ……まったくもって面目ないです……」

私に怒られて、唯先輩がしゅんと肩を落とす。
それを見て、ちょっと言い過ぎちゃったかなと思ったけれど……

(ダメダメ! 甘やかしちゃダメ!)

胸中でそう自分に言い聞かせた。
私たち「放課後ティータイム」が中心のお茶の時間が長引いたせいで、
今日もあまり練習できなかったのだ。
たまにはしっかり怒らないといけない。

「ほんとにもうっ……大学生になっても昔と変わらないんですから!」

私たちの入った大学の音楽サークル。
昔は結構練習熱心なサークルとして知られていたのに……
唯先輩たちが入ってからの一年で、
ものの見事にお気楽サークルに変わってしまっていた。
私が今年の春大学に入学した頃には、
もう完全に「放課後ティータイム」色に染まってしまっていて……
そのときほど、自分が年下であることを恨んだことはなかった。
私が一緒にサークルに入っていれば、
あそこまで堕落させることはなかったのに。

「明日はもっとちゃんと練習しますからね!
わかりましたか、唯先輩!」

ドアの鍵を開けながら、怒った声で私は言った。
唯先輩は「はぁ〜い……」なんて情けない声で返事をする。
本当にわかってくれているのだろうかと不安になり、

「もうっ、ほんとに唯先輩はしょうがないんですから……」

明日も今日と同じようにティータイムの時間は長引いてしまうのだろう……
そう悟って、ついため息をついてしまう。

378合図:2010/07/10(土) 02:40:35 ID:og46WQng0
「明日は! 明日はちゃんと頑張るよ、あずにゃん!」

中に入りながら、ガッツポーズをしてそう言う唯先輩。
私はまたため息をついて、

「……もう、いっつも言葉だけは気合入っているんですから、唯先輩は」

そう言いながら、私もドアをくぐった。
私の後を追うようにしまったドアが音をたてて……
その「合図」の音が、私の耳朶を打った。

「お帰り、あずにゃん!」

靴を脱いで、一足先に部屋に上がった彼女が、満面の笑みを浮かべて言う。
私は顔を上げ、彼女を見つめながら、やっぱり笑みを浮かべて言った。

「ただいま、唯」


昨年高校を卒業した唯は、卒業と同時に近くのアパートの部屋を借りて、
一人暮らしを始めていた。
憂に頼りきりの状態を改善するための一人暮らし。
当然憂は大泣きしたけれど、
「お、お姉ちゃんのためだもん! 我慢する!」
と最後にはそう言って、家を出る唯をちゃんと見送った。
本当によく出来た妹だと、一年前の私は思ったものだった。
そんな憂に対して……私の方はあまり良い彼女ではないのかもしれない。
唯が高校を卒業してから一年後の春、
私も学校を卒業して、唯と同じ大学に入学した。
澪先輩たちも同じ女子大で、当然のように軽音サークルにみんな入っていた。
「放課後ティータイム」としての活動は私も含めて、
学外の活動としてずっと続けてきていたけれど、
大学内の施設を使うにはサークルに所属しておくのが一番
ということもあって、大学のサークルにもみんな入っていたのだ。
同じ大学の同じ学部に入り、同じサークルに所属して……
その上、私は春から唯と同棲していた。
唯のためにと憂は我慢しているというのに……
「一緒に暮らそっか、あずにゃん」という恋人の甘いお誘いに、
私は抵抗することができなかったのだ。

「でも恋人に同棲しようって誘われたら、断れるわけないじゃん……」

春からのことを思い返しながら、私は自分にそう言い訳して……
手に持った菜箸をジャガイモに突き刺した。今日の料理当番は私だった。
邪魔にならないよう髪をポニーテールにまとめ、
去年唯から誕生日プレゼントに貰ったピンクのエプロンを身に着けて、
晩ご飯の準備をする。おかずは肉じゃが。
一応見た目は不恰好ではない。
お肉と小さいジャガイモを一つずつ口に放り込んでみる。
味も悪くはなかった。
勉強して、少しはお料理もできるようになり、
肉じゃがぐらいならレシピを見ないでも失敗することはなくなったけど……
でも、憂にはまだまだ敵わない。というか、一生敵わない気がした。

379軽音部員♪:2010/07/10(土) 02:40:42 ID:DftHvGgQO
今月号読んだけど、あれくらいで発狂するかねぇ。
唯はもちろん比較的スキンシップの多い律あたりにならハグされても動じないだろうけど、
普段スキンシップの少ないムギに抱きつかれたらそりゃどぎまぎするだろ。
仮にムギでなくて澪や和が抱きついてたとしても同じ反応だったと思うぞ。

それよりも唯が心配で朝早く家まで押しかけちゃったり、ぬいぐるみ扱いにさめざめする梓に萌えまくったぜよ

憂にもガチ認定されてたしなw

380合図:2010/07/10(土) 02:43:36 ID:og46WQng0
「で、でも! 唯は美味しいって言ってくれるもん!」

私がそう言って自分を励ました直後、

「うん! あずにゃんの作るご飯、私大好きだよ!」

そう言って、唯が私に抱きついてきた。
突然のことに、「にゃっ」という悲鳴が私の口から漏れてしまった。

「ゆ、唯、危ないじゃない! 
火を使っているときは抱きつかないでって言ったでしょ!」

私に抱きつく唯に抗議の声を上げるけれど、唯はまるで気にした風もなく、

「今日のおかずはなっにかなぁ♪」

弾んだ声を出しながら、お鍋の中を覗き込んでいた。
まるで子供のような振る舞いに、直前の抗議も忘れて、
私は口元をほころばしてしまっていた。

「もう、しょうがないなぁ、唯は……」

「だって楽しみなんだもん! 早く食べたいなぁ」

「もう少しだから我慢して。ほらっ、すぐできるから」

「うぅ……ゴクリ……」

「しょうがないなぁ……はい、味見」

外では絶対にしない口調で、唯の名前を呼び捨てにして、
私は菜箸でお肉を一つとって、唯の口元に運んだ。
唯は「わ〜い♪」って無邪気な声を出して、お肉をあむっと食べる。
噛んで飲み込んで……満面の笑みを浮かべて、

「美味い!」

「フフ……ならよかった」

「あずにゃん、もう一口!」

「ダ〜メ。あともうちょっとだから我慢するのっ」

お鍋の前で、外では見せないじゃれあいをする。
そう、私たちが恋人同士であることはみんな知っているけれど、
外ではあからさまにじゃれあうような真似はしないよう、
私は気をつけていた。唯の名前を呼び捨てにしたりもしない。
同じ大学に通う先輩と後輩である以上、外ではちゃんとけじめをつけよう。
外では真面目な後輩になり……
家に入って、合図に決めたドアが閉まる音を聞くまでは、
唯をちゃんと先輩と呼ぶ。
同棲を始めたとき、私はそう決めたのだった。

381合図:2010/07/10(土) 02:45:48 ID:og46WQng0
そうやってけじめをつけているのだけれど……
他の先輩方や憂には、口調が違うだけで、
家の外でも内でも大差なくじゃれあっているって、
そう言われてしまっていた。

「……気をつけてるつもりなんだけどなぁ」

天井を見上げてそうぼやく。
自分のけじめについて話したときの、
みんなのきょとんとした表情が忘れられない。
外では唯とじゃれあっているつもりなんて、
私にはまるでないというのに……。

「隙あり!」

そんな風に考え事をしていた隙をつかれて……
唯の手がさっと鍋の中に伸びた。
味のしみたジャガイモをひょいっと掴み、
そのまま口の中に放り込んでしまう。
その次に出てきた声は、

「あちゅっ!!」

高い悲鳴だった。口の中のジャガイモを出すわけにもいかず、
唯はその場でぴょんぴょんと飛び跳ねていた。

「もうっ、当たり前でしょ!」

ようやくジャガイモを飲み込み、
涙目になっている唯に水を入れたコップを差し出した。
コップを受け取った唯は、中の水を一気に飲み干していた。

382合図:2010/07/10(土) 02:47:52 ID:og46WQng0
「うぅ……熱かったよぉ……」

「もうっ、つまみ食いなんてするからだよ」

「舌がヒリヒリするよぉ……あずにゃん、火傷してない?」

言って、口を開けた唯が舌を出して私に見せる。
火傷をしているようには見えず、私は「大丈夫」と答えた。

「うぅ……でもなんか痛いよ……」

「もう……しょうがないなぁ……」

そう言って、私は苦笑を浮かべると……
唯の頬を両手で押さえ、自分の唇を唯の唇に重ねた。
驚く声を口で封じ、唯の舌の表面を私の舌で撫でる。

「ん……ちゅ……」

「ん……んぅ……っ」

少し長めのキス。充分唯の舌を愛撫してから口を離し、

「どう? まだ痛い?」

「……ん……大丈夫、治った……」

私が聞くと、唯は笑ってそう答えた。

「エヘヘ……あずにゃんにちゅーされちった……」

「あ、改めて言わないでよ! 恥ずかしいでしょ!」

「エッヘヘ……ちゅー! あずにゃんのちゅー!」

「ゆ、唯!」

私が怒った声を出すと、
唯はわざとらしい悲鳴を上げながら自分の部屋に逃げていった。
外でも家でも変わらない唯の振る舞いに、私は深く嘆息した。
そんな私の後ろで、肉じゃがが良い匂いを放っていた。

383合図:2010/07/10(土) 02:50:16 ID:og46WQng0
食後、カーペットの上にごろりと私は寝そべっていた。
料理の当番は私だったので、今日の後片付けは唯の番だった。
台所から、唯の鼻歌と水の音が聞こえてくる。
危なげな様子はまるでなく、私も安心して寝そべっていた。
約一年の一人暮らし。しょっちゅう憂が様子を見にきて、
先輩方もよく遊びにきたりしていたけれど……
それでも一年の一人暮らしは、唯の家事能力を充分に鍛えていた。
唯もしっかり成長していることを嬉しく思い、
でも同時にちょっと寂しくも思ってしまう。
そう思った矢先、

「後片付け終了!」

そんな声を上げながら、唯が居間に戻ってきた。
手にはソーダ味のアイスを持っている。
こういうところは今も昔も変わらなくて……
私はあきれと安心が混じった苦笑を浮かべた。

「もうっ、食後にまたそんなもの食べて……」

「いいじゃん、デザートだよぉ……あむ」

唯には文句を言ったものの、でも冷たいアイスは美味しそうで、
そこから私は視線を逸らせなかった。
夏はもうちょっと先だけれど、今日ぐらい暖かいと、
冷たいアイスはきっと美味しいことだろう。

「エヘヘ……はい、あずにゃんも一口」

私がもの欲しそうに見ていることに気づいたのか、
寝そべる私の横に座って、唯がアイスを差し出してくる。
一瞬躊躇い、でも微かに伝わってくる程良い冷気に逆らえず、

「あ〜ん……」

横になったまま顔を上に向けて、私は口を大きく開けた。
唯の持つアイスが私の口に近づいてきて、

「あ……」

「にゃっ……!」

溶けたアイスの滴が、私の頬に落ちてきた。

「も、もうっ、唯……!」

「ごめんね、あずにゃん……すぐ拭いてあげるから」

文句を言う私に、唯はそう言って、

「ペロ……」

「にゃぁっ……!」

頬のアイスを唯に舐めとられて、私はまた悲鳴を上げていた。

384合図:2010/07/10(土) 02:52:28 ID:og46WQng0
「ゆ、唯!」

「エヘヘ……だって、もったいなかったんだもん」

「で、でも……だからって……」

「ん〜……梓は、嫌だった……?」

突然唯に「梓」と呼ばれて……
途中まで出かかっていた文句が、言葉にならずに消えてしまった。
どくんと心臓が強く鼓動し、
近づいてくる唯の顔から目を離せなくなってしまう。

「え……あ……」

「梓は嫌だったの? 私にアイスを舐めとられるの?」

仰向けに寝そべったままの私に覆いかぶさるような姿勢で、
唯が顔を間近まで近づける。
私は何も言えず、ただ黙って、

「ねぇ、梓?」

唯の「合図」の声を聞いていた。
唯の「梓」という呼び方は、私にとってもう一つの合図だった。
唯からの合図……
恋人同士だけに許されたことをしようという、合図だった。

「梓?」

唯がまた私の名前を呼び……
そしてぽたりと、また一滴、溶けたアイスが私の顔に落ちた。
唇の側に、ソーダ味の滴が落ちていた。

「あ、また落ちちゃった……ねぇ、拭いてあげよっか?」

「う、うん……」

「じゃぁ……どう、拭いて欲しい?」

普段の唯とは違う、艶やかな笑みが目の前にあった。
それに対する私の答えは……一つしかなかった。

「ゆ、唯の……」

「私の……?」

「唯の舌で……拭いて欲しい……」

私がそう言い終わると同時に、唯の舌がアイスの滴を舐めとり……
そのまま私の唇を舐め、口の中にまで侵入してきた。
気がつけば、私は唯と深く口付けを交わしていた。

385合図:2010/07/10(土) 02:55:04 ID:og46WQng0
「ん……ゆ、唯……ちゅ……んぁ……」

「んぅ……梓……ん……ちゅ……ん……」

たっぷり一分は口付けを交わして……
唇を離すと、私たちは荒く息を吐いた。
口付けを交わしている間、溶けたアイスの滴は私の体に落ちて、
服の中にまで流れてきてしまっていた。

「ゆ、唯……」

「ん?」

「あ、アイスが……」

「大丈夫。ちゃんと、全部拭いてあげるから……」

そう言いながら、唯の手が私の服に伸びてきて……
そこから先、私は全てを、唯に委ねていた……


「ふわぁぁ……眠い……」

翌朝、玄関で靴を履きながら、唯が大きなあくびをした。

「ふあぁぁ……お互い様……」

同じように靴を履きながら、私も大きなあくびをした。
寝不足のせいで、まだ頭がボーっとしていた。

「もうっ……あずにゃんが、もっともっとっておねだりするから……」

「わ、私はそんなにおねだりなんかしてないもん!
それに、最初に合図をしたのは唯じゃない!」

「え〜、すっごいおねだりしてたよぉ?
それに、合図に答えたのはあずにゃんだもん」

狭い玄関で言い合い、

「「ふあわぁぁぁ……」」

揃って私たちは大きなあくびをした。
涙目になってお互いを見つめ、堪えきれずに同時に噴き出していた。

「平日はちょっと控えないとダメだね、あずにゃん」

「そだね……って、唯が合図しなければ、私は我慢できるもん」

「あ〜、またすぐそういうこと言うんだからぁっ」

「だってほんとのことだもん」

そう言いながら、私は玄関のドアをあけた。
唯が先に外に出て、すぐに私も追いかける。
ドアを閉め、鍵をかけて……
耳を打った「合図」の音に、私は口調を変えていた。

「それじゃ、行きましょうか、唯先輩」

「うん! 今日も一日がんばろう!」

「今日こそ、ちゃんと練習しますからね!」

「が、がんばろー」

情けない声を出す唯先輩の手を握って、私は廊下を歩き出していた。


END


長文失礼します。
恋人妄想が止まらなくて……ほんとに長くなってしまいました。
笑って許していただければ幸いです。

386軽音部員♪:2010/07/10(土) 02:59:43 ID:XM1YmXtQ0
>>385
良いもの見させてもらいましたw
GJ!

387軽音部員♪:2010/07/10(土) 03:23:55 ID:5niUPve.0
>>385
GJ!!
呼称の使い分けがいいね
ニヤニヤがとまらないww

>>374>>376
別に惹かれるっていうのは恋愛感情的な意味だけでいったわけじゃないんだけどな。
唯の演奏とか人間的魅力とか憧れとかそういうのをひっくるめていったつもり。
なんか原作叩きみたいになっちゃったのは悪いと思うけど唯梓が妄想の産物みたいな言い方はどうかと思うんだが。
ガチはともかくとしてソフトな百合分なら原作、アニメ双方にあるし
唯と梓の絆にはちょっと特別なものがあるというのは公認だと思うんだけどな。
なんかちょくちょく、所詮百合なんて妄想なんだから期待するな、公式と二次をごっちゃにするな、なんて人がいるけど
恋愛要素を抜きにすれば公式で二人の関係の発展を望むのはあながち的外れでも無いんじゃないかと思う。

388軽音部員♪:2010/07/10(土) 04:29:54 ID:QaUTvm260
>>385
GJすぎる

何か馬鹿真面目に言い争いしてるのを見て微笑ましくなってしまった
何だかんだでカプスレってこういう風に口論できる間が華だよな
1年後このスレも本スレもどうなってるかとか想像したくない

389軽音部員♪:2010/07/10(土) 05:46:56 ID:oPszA9XY0
>>385
GJ!!

1スレ目が立ってからもう1年経つんだね
当時からいたわけじゃないけど今の唯梓スレのにぎわいは
1年前じゃ考えられなかったかもね

390軽音部員♪:2010/07/10(土) 08:39:10 ID:6SMJN0HAO
>>385
GJ!
朝から良いもの読ましてもらった
この激甘っぷり最高!!

391軽音部員♪:2010/07/11(日) 01:38:09 ID:WXCKW2mQ0
ttp://uproda11.2ch-library.com/252263617/11252263.jpg
本スレより 転

392軽音部員♪:2010/07/11(日) 14:25:18 ID:7laEO6RI0
あずにゃんがぺロペロ描いてみた
ttp://nagamochi.info/src/up23155.jpg

393軽音部員♪:2010/07/11(日) 15:13:54 ID:8jNJhzdE0
>>392
GJ ペロペロ(^ω^)

394花占いネタ:2010/07/11(日) 15:18:20 ID:ZxsUNDfk0
(梓Ver)

唯「あずにゃんなにしてんの」
梓「花占いです」
唯「お相手は?」
梓「内緒です」
唯「見てていい?」
梓「……」
唯「隣座っていい?」
梓「どうぞ…」

梓「あ…」プチ
唯「最後の一枚」
梓「……」
唯「ムシらないの?」
梓「だって…」
唯「えいっ」プチ
梓「ああっなにすんですか!」
唯「大好き」
梓「え…」
唯「『好き』の次は『大好き』!ね?」
梓「……」
梓「ありがと…」
唯「どういたしましてー♪」

395花占いネタ:2010/07/11(日) 15:21:36 ID:ZxsUNDfk0
(唯Ver)

梓「唯先輩なにしてるんですか」
唯「花占いだよ」
梓「花びらいっぱい」
唯「愛が詰まっているのさ」
梓「大変ですよ」

唯「スキキライスキキライ」プチプチ
梓「日が暮れてきました」
唯「スキキライスキキライエビフライスキスキ」ムシリムシリ
梓「え…」
唯「スキキライスキスキカキフライスキスキスキ」
梓「……」

唯「スキキライスキキライスキ……」プチプチ
唯「キラ…」ピタ
唯「どうしよう」
唯「ねーねーあずにゃんどうし…よ」
梓「すぅ〜」
唯「寝ちゃったんだ…」
唯「てか暗っ」
唯「まーた悪い癖だよコレ」
唯「でも…どうしようかな」
唯「ねーあずにゃん」
唯「あずにゃんは私のことどう思ってるのかな」
唯「私のことスキ?それともキライ?」
唯「スキキライスキキライスキキライ…」
唯「なーんてね、ただのゲームだよ」
唯「あずにゃんは私のことが…」
梓「大好き」プチ
唯「……」
唯「ありがとう…」
梓「どういたしまして」ニコ


おわり

自分で書いててワケワカランw

396軽音部員♪:2010/07/11(日) 15:25:50 ID:ZxsUNDfk0
>>392
GJ!
毛根返せ

397軽音部員♪:2010/07/12(月) 00:39:02 ID:6ESsXB3wO

つ、ついに………買ってしまった……………///

梓「私トモアロウモノガ///」

………………///

梓「でもやっぱりやめようかな……」
何を言っている!梓!!
『今日』という日のために買ったんじゃないか!!

唯と恋人同士になってもう二年になる。しかも今年で卒業。唯はいつだって私を愛してくれる。

なら私の『初めて』を唯に捧げたい、もっともっともっと、私を………私のすべてを知って、愛してもらいたい!!!

無論私も唯に負けないくらい唯を愛してる。
唯のすべてを愛したい。
だから………




すみません、初めてでいきなりこんな訳のわからんものを書いて………

398軽音部員♪:2010/07/12(月) 01:01:13 ID:6ESsXB3wO
>>397

誰よWW

399終わりがもたらした始まり:2010/07/12(月) 04:41:39 ID:Do0P.uiA0
楽しい日々はいつか終わりが来る。
ついに軽音部の先輩たちがこの学校から旅立つ日がやってきた。

先輩たちが桜高軽音部として迎えたいつもより長めの最後のティータイムを終え、私たちは家路についた。
いくら特別な日とはいえ帰る家は変わるわけがなく、最後にはいつもどおり、唯先輩と二人で帰り道を歩く形になった。

「あずにゃん、少し話、いいかな?」
「いいですよ」
「それじゃ、あの河川敷行こっか」

唯先輩の誘いに乗り、私たちはあの、演芸大会の練習をした河川敷へと向かった。
あのときと同じように河原に向かって腰を下ろす。
春が近付いているとはいえ水辺ということもあってか少し肌寒かった。
会話の口火を切ったのは唯先輩だった。

「懐かしいね、演芸大会。あのときはあずにゃんが協力してくれるって言ってくれて、嬉しかったな」
「そんな、私はほとんど何もしてないですよ」
「ううん、あずにゃんが一緒にやってくれたから私も頑張れたんだ。あずにゃんは私の心の支えだよ」

すると唯先輩は不意に顔を伏せ、何か思いつめたような表情を見せた。

「ねえ、あずにゃん。聞いてほしいことがあるんだ」
「何ですか?」
「驚かないで聞いてね」

そう言って顔を上げたかと思うと唯先輩は立ち上がり私と対峙した。

「言わないでおこうとも考えたんだけど、やっぱり言うことにしたんだ。私自身にウソはつきたくなかったから」

唯先輩が少し震えている。
その原因が寒さだけじゃないことは唯先輩から漂う雰囲気から明白だった。
そんないつもとは違う唯先輩が吐露したのは私への偽らざる胸のうちだった。

「私、あずにゃんのことが好き。友達としてでも、後輩としてでもなく、一人の女の子として。私の、恋人に、なってください」

突然の唯先輩の告白。
困惑しながらも、打ち明けられた想いへの正直な気持ちを伝えようと私は口を開いた。

「えと、私も唯先輩のことは大好きです。……ただ、唯先輩のことをそんなふうに考えたことがなくて……、あの……」
「……そっか」

とても短い、あきらめにも似た唯先輩のつぶやきが私の歯切れの悪い回答を遮った。

「私は、この気持ちを伝えられればよかったから。……ふう、スッキリした。ありがと、あずにゃん」

私はこのときの唯先輩の表情を一生忘れない。
今にももろく崩れてしまいそうな、とても悲しい笑顔を。
その痛ましさに耐えきれず、私はつい視線を逸らしてしまった。

「あずにゃん、これは夢、夢だったんだよ。何もなかった。だから、明日からはまた今までどおりの私たちに戻ろ?」
「……わかりました」
「よし、それじゃあ帰ろう。……さすがに今日は一人で帰ろっかな。じゃあね、あずにゃん」

唯先輩の別れの挨拶にも私は黙ったまま、遠ざかっていく唯先輩の足音が聞こえなくなるのをただただ待つことしかできなかった。

あのあと私はどうやって家に帰ったのか、はっきり覚えていない。
気づいたら私は制服を着替えることなく自室のベッドに横たわっていた。

400終わりがもたらした始まり:2010/07/12(月) 04:44:52 ID:Do0P.uiA0
その体勢のまま天井を眺めながら私は自分に言い聞かせた。
これでよかったんだ。
唯先輩は卒業という高揚感に浮かされてしまっていたんだ。
きっと明日になれば私たちはこれまでどおりに戻れるはず。
だらしなくて、でもふとした瞬間カッコよくて、かと思ったらあどけない笑顔を見せてくれて。
唯先輩とはそんな関係で、十分なんだ。
でも、それなら、どうして……

どうして涙が止まらないんだろう?

「ゆいせんぱい……」

今日の自分を肯定しようとすればするほど、涙があふれてくる。
私は馬鹿だ、臆病だ。
唯先輩の覚悟を卒業の高揚感ということにして逃げただけじゃないか。

両目の涙を拭い、携帯電話を手に取る。
電話帳を開いて数回ボタンを押すと画面に表示される『唯センパイ』の文字。
覚悟を決めたはずなのに、たった5文字の言葉が私の指を止める。

ここで止まってちゃダメなんだ!

大きく深呼吸、腹をくくって通話ボタンを押す。
耳元のスピーカーから聞こえてくる接続中をしらせる電子音。
ワンコール、ツーコール……。

お願いです、出てください唯先輩。

『……あずにゃん?』

七回目のコールののち、聞こえてきた唯先輩の声は心なしか震えていたような気がした。

「すみません、今日のことがありながら電話してしまって」
『ううん、いいよ。だって何か用があったから電話してきたんだよね』

そうだ、伝えたいことが、伝えなきゃいけないことがあったから電話したんだ。

「はい、今日のことで伝えたいことがあります」

電話の向こうの唯先輩は何も言わない。
この沈黙を了としたと受け取った私は電話するに至るまでの経緯を話し始めた。

「あのとき私、『唯先輩のことをそんなふうに考えたことなかった』って言いましたよね。あれは本当でした。
 こんなこと言うのは失礼かもしれませんけど、唯先輩は私の近くにいるのが当たり前になってたっていうんでしょうか。
 気づけばいつもすぐそばにいてくれて、手を伸ばせば届くところにいてくれて。
 言葉は悪いですけどそれが私にとって『普通』になってたんです。
 『普通』だったから、そんなふうに考えたことがなかったんです。
 だけど、今日のことがあって、一人になって、改めて私のなかで唯先輩がどんなに大きな存在だったか気づいたんです。
 どんなに大切な存在だったか気づいたんです。
 あんなふうに言っといて、自分勝手だと思います。けなされても文句は言えません。だけど言わせてください。私……」

『待ってあずにゃん!』

それまで黙り込んでいた唯先輩の突然の叫び。
私はその気迫に押され口をつぐんでしまった。
私の沈黙を確認して、唯先輩は言葉を続けた。
それは一転、とても穏やかな口調だった。

401終わりがもたらした始まり:2010/07/12(月) 04:48:36 ID:Do0P.uiA0
『あずにゃんが何を言ってくれようとしてるかは私でもわかるよ。でもあずにゃん、一度冷静になって。きっとあずにゃんは私に対する申し訳なさから……』
「そんなんじゃないです!」

きっと今までで一番声を荒らげたのはこのときだろう。
それぐらい悔しかった、悲しかった
唯先輩にそう言われたことに、唯先輩をそう言わせるような状況にしてしまった自分に。

『……それじゃあ私、またあの場所で待ってるから。もう一度考えて、あずにゃんのその気持ちが本当だったら、来て』
「わかりました」

唯先輩が電話を切るなり、制服のまま部屋を飛び出した。
考えなおす必要なんかなかった。
この気持ちは絶対、間違ってなんかいないから。

月明かりと街灯が照らす道をひたすら走る。
制服は乱れ、息は荒くなり、汗は目に入る。
でもそんなのどうだっていい。
唯先輩への想い、それだけが私の足を動かしていた。

約束の場所に近付くとギターの音色が私の耳をくすぐった。
それは今まで幾度となく耳にしてきた、唯先輩の奏でる音だった。

「あ、あずにゃん」

気配を感じたのか、私から声をかける前に唯先輩は私のほうを振りかえった。
ただ、唯先輩に答えようにも私は呼吸が乱れて声にならなかった。

「走ってきたんだね、息上がっちゃってるよ。おいで、隣座りなよ」

肩で息をする私に唯先輩は優しい声をかけてくれた。
促されるまま私は唯先輩の横に腰を下ろす。
夜の風は夕方よりさらに冷たく、おかげで汗もすぐにひき、息も早々に整った。
落ち着きを取り戻したところで、私から話を始めた。

「唯先輩、今日はすみませんでした。あんな思いさせてしまって」
「ううん、仕方ないよ。私は覚悟を決める時間があったけど、あずにゃんにとってはいきなりのことだったんだもんね」

お互い会話するも見つめる先は月の光がきらめく川の水面。
私は唯先輩と視線を合わせる勇気をまだ振り絞れてはいなかった。

402終わりがもたらした始まり:2010/07/12(月) 04:51:59 ID:Do0P.uiA0
「正直、驚きました。だけど、今日のことがあったから、私自身の気持ちに気づいたんです」

私は隣に座る唯先輩の手を握った。
唯先輩は一瞬戸惑っていたけど、すぐに強く握り返してくれた。
意を決して私は唯先輩へと視線を移動させた。
唯先輩もこちらに振り向き目をそらすことなく私を真正面から受け止めてくれた。
月明かりのおかげでしっかり見てとれたその優しく微笑む表情は、まるで私を勇気づけてくれているようだった。
そんな唯先輩に応えるように私は言葉を続けた。

「ずっと前から好きだったことに気づかせてくれてありがとうございます」

心情を口にすればするほどほど気持ちが高ぶり、そのせいかだんだん視界が潤んできた。

ダメだ、まだ泣いちゃいけない。

涙がこぼれる前に私は唯先輩にありったけの想いをぶつけた。

「これからもずっと私のそばにいてください。私にとって特別な存在でいてください。私を好きで、いてください」

全てをさらけ出すと同時に私の頬を涙が伝う。
唯先輩はその雫を人差し指で拭ってくれた。
自分自身が泣いてるにも関わらず。

「うん。ずっとずっと、好きでいるよ」

数時間前とは全く違う、涙まじりの、でもとても喜びに満ちた笑顔で唯先輩は私の告白を受け入れてくれた。

「やっぱり唯先輩には周りまで明るくするような、そんな笑顔が一番似合います」
「そうだね」

そんな短いやりとりのあと、自然と私たちは唇を重ねた。
初めてのキスの味はレモンの味がするというけど、私のファーストキスはほんの少し、涙の味がした。

「えへへ、これが私のファーストキスだよ」
「私もですよ」

一度、手の届かないところにいきかけた唯先輩と、鼻がくっつきそうな距離で笑いあえている。
そんな近い距離で幸せを分かち合っている私たちの間で、祝福せんと二人を見続けている唯先輩愛用のギー太。
そういえば何で唯先輩はギー太を持ってきてたんだろう?

「ところで、どうしてギー太を持ってきたんですか?」
「あのとき、私がギー太を弾いてるところにあずにゃんが来てくれたよね。こうすればまたここに、あずにゃんが戻って来てくれると思って」
「……戻って来ましたよ、唯先輩」
「おかえり、あずにゃん」

月明かりの下、私たちは二度目の口づけを交わした。


おわり!

唯×梓スレ7、963の書き込みを骨組みにさせてもらいました。

403軽音部員♪:2010/07/12(月) 05:58:30 ID:1GVhA7ZU0
>>402
綺麗な話をありがとう
この2人の関係が変わるとすれば
「普通」の素晴らしさを自覚した時かもね

404軽音部員♪:2010/07/12(月) 06:31:18 ID:EJljx9GMO
>>402

GJ!こういう最終回があってもいいかも…

405軽音部員♪:2010/07/12(月) 12:59:08 ID:vF2XpepcO
ゆいとかあずとか最初に言い出したのは誰なのかしら
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1022821.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1022822.jpg

406軽音部員♪:2010/07/12(月) 23:07:19 ID:dT6pl9XQO
やられやくは唯梓がお好みのようだ

407軽音部員♪:2010/07/12(月) 23:49:29 ID:SmhopCxwO
あいつにとってけいおんはアクセス稼ぐ為の道具でしかないよ
唯は俺の嫁とか唯梓は至高とか言ってるのも全部アクセス数の為だよ
OP複数買いしたとか言っといて、カップリング曲の曲名すら知らないんだよ

408軽音部員♪:2010/07/13(火) 08:14:47 ID:JI8d22NMO
携帯規制されてるからこっちに書くけど

もし日本の法律が改正されて唯梓が結婚して、平沢家で同居したら

1.唯、梓、憂で仲良く暮らす

2.唯を梓と憂で取り合い(じゃれあい程度に)

3.梓を唯と憂で取り合い(じゃれあい程度に)

4.憂を唯と梓で取り扱い(じゃれあい程度に)

のいずれかは起きそうだ。
毎日コロコロと立場が入れ替わりそうなイメージ。
てか俺的には3人で仲良く暮らして欲しい。
もちろん唯梓の2人にはイチャイチャラブラブにゃんにゃんして頂きたい。

409軽音部員♪:2010/07/13(火) 09:04:20 ID:mNGLKKfA0
憂はまちがいなく姑の立ち位置だろ
姑と嫁の仲が悪くなることはなさそうだが

410軽音部員♪:2010/07/13(火) 09:39:46 ID:4s83g9ME0
>>408
こんな感じでしょうか?
イチャイチャまでは無理でしたが……

憂「お姉ちゃん、晩ご飯できたよぉ」
唯「わぁい、憂のご飯、美味しいから大好き!」
梓「きょ、今日は私も作りました! 唯! あ、あ〜んです!」
唯「あずにゃんも作ってくれたんだ! あ〜ん……うん、美味い!」
梓「エヘヘ……」
憂「お、お姉ちゃん! ほら、今日はお姉ちゃんの好きなもの、
たくさん作ったんだよ! あ〜ん!」
唯「ほんとだ、好きなものたくさんだ! あ〜ん……うん、美味い!」
憂「エヘヘ……」
梓「ゆ、唯! 私のおかずも食べて下さい! あ〜ん!」
憂「お、お姉ちゃん! デザートのアイスもあるからね! あ〜ん!」
唯「そ、そんなに一度に食べられないよぉ……」

憂「梓ちゃん、お風呂沸いたから、一緒に入っちゃおうよ」
梓「うん」
唯「え〜……今日は私があずにゃんと一緒に入ろうと思ったのにぃ……」
憂「お姉ちゃんはお仕事の残り、やっちゃわないと」
唯「あうぅ……大人になっても宿題があるなんて、思わなかったよぉ……」
梓「アハハ……頑張って下さいね」
唯「ひどい、あずにゃんは私を捨てるんだね!」
梓「そ、そんなこと言われても……」
憂「もう、お姉ちゃん駄々こねないの! 行こ、梓ちゃん」
梓「うん」
唯「ブー!」

唯「この! この! あ〜、負けちゃったぁ……」
憂「フフ、私の勝ちだね!」
梓「憂〜……って、二人とも、なにしてるんですか?」
唯「りっちゃんとの特訓の成果を、憂に見せてるところなんだけど……
負けちゃった……」
憂「でもお姉ちゃん、昔よりもテレビゲーム強くなったよ。
今私、ちょっと危なかったもん」
梓「もう、ゲームなんてして……
ねぇ憂、卒論のことで、ちょっと相談があるんだけど……」
唯「よし! もう一ゲームだよ、憂! 今度は勝つからね!」
梓「ちょ、ちょっと唯……!」
憂「ご、ごめんね、梓ちゃん、また後でね」
梓「も、もうっ……いいもん! 一人で頑張るもん!」

唯「ふわぁぁ……じゃあ、そろそろ寝よっか」
梓「そうですね」
憂「お布団ひいたよぉ」
唯「エヘヘ……家族三人、川の字だね!」
梓「フフ……そうですね」
憂「エヘ……そうだね」
唯「ずっとこうして……みんなで仲良く暮らせたらいいね……」
梓「暮らせますよ、私たちなら……」
憂「うん、きっと大丈夫だよ」
唯「うん、そうだよね! あずにゃん、憂、ずっと一緒にいようね!」
梓「はい!」
憂「うん!」

411軽音部員♪:2010/07/13(火) 10:43:29 ID:mNGLKKfA0
そこには確かに俺が理想とする世界が広がっていた

412軽音部員♪:2010/07/13(火) 12:30:18 ID:JI8d22NMO
>>410

GJです。まさにこんな感じですね!
ほのぼのしててとても良いです。この三人は。

413軽音部員♪:2010/07/13(火) 12:47:08 ID:Q0h6Nqok0
少女セクト的なエンディングがあってもいいと思うんだ

414愛と戯れ:2010/07/13(火) 15:55:15 ID:NgHAAL8c0
「あずにゃん手繋ごっ」
「仕方ないですね。ちょっとだけですよ」

夕暮れの帰り道。
唯先輩が手を差し出す。
私はそれを掴む。

「ちょっとだけなんて勿体ないこと言わないでよぉ」
「じゃあいいですよ。ちょっとだけじゃなくても」

行き交う人たちが私たちを見ている。
なんてことはない。
女の子同士が手を繋ぐなんてよくある話だ。
男同士ならまだしも女同士なら、
仲の良いスキンシップ程度にしか見えないだろう。

「ほら、あずにゃんもぎゅって」
「はいはい」

注文の多い人だ。特に私には。
唯先輩は最近スキンシップをする際に、
よく私に注文をつけてくる。
初めは私からも手を回してだとか、
ナデナデしてだとか可愛いものだったから良かった。
けど、

「あずにゃんチューしてよ」
「バカ言わないでください」

コレである。
自分からはしない癖に、
人にばかり無茶を言う。

「ここどこだと思ってるんですか」
「外だけど」
「そうですねなに考えてるんですか」

いたって正常な思考だろう私は。
おかしいのはこの人だ。
路上で堂々とキスする?
そんなの、公式男女カップルがやったとしても、
傍から見ればいい迷惑だ。進路妨害だ。

「だってあずにゃんとキスしたいよ」
「冗談もここまでくれば笑えないです」
「ぶー、冗談じゃないのにぃ」

だから笑えないと暗に示しているのに。
この人はどこまで私を振りまわせば気が済むのか。
私だって、キス……したいですよ。

415愛と戯れ:2010/07/13(火) 15:57:35 ID:NgHAAL8c0
「やめてください警察呼びますよ」
「えぇーーー!!」

なんて理不尽なと声を上げる先輩。
それはこっちの台詞ですと言ってやりたい。
言うけど。言ってやったけど。

「あずにゃんの意気地なし」
「そう言うなら唯先輩がしてみろってんですっ」

今なら言える。
こんなことを言うんじゃなかった…。
言葉を選ぶべきだった。
いや、結果は変わらないかもしれないが。

結果から言うと私は唇を塞がれた。
私がその言葉を口にした約2秒後に。

1秒悩み、そしてもう1秒で決断、実行に移す。
トータル2秒。これぞ唯先輩クオリティ。
どういうことかというと唯先輩の行動は早かった。
私が息をつく暇もなく、その距離はゼロになっていた。

「んむ…んっ…」

噛みつかれるようなキス。
身長差があるためか、必然的に、
唯先輩が下を向き、私が上を向く姿勢になる。
それはまるで、唯先輩が私の生き血を啜るようだった。
濃厚なスープを啜るように、私の顔を両手で挟んで、
身動きをとれないようにして、一滴一滴、丁寧に……。

「ごちそうさま、あずにゃん」
「も、もうっ…バカ…」

夕日に照らされた唯先輩が舌なめずりして妖しく笑む。
対して私はその光景があまりに眩しすぎて目を逸らすしかなかった。
そしていつも思うのだ。この人には敵わないと。

「じゃあ次はあずにゃんね♪」
「し、仕方ないですね……場所、変えますよ……」






END

416軽音部員♪:2010/07/13(火) 16:04:37 ID:NgHAAL8c0
この二人はあまり人目とか気にしなさそう
特に梓は唯の影響で

417軽音部員♪:2010/07/13(火) 16:07:33 ID:8X5Bwrgc0
最近は唯に抱きつかれても、
あずにゃん「やめて下さい」って言わなくなってますしね。

418軽音部員♪:2010/07/13(火) 16:10:54 ID:8X5Bwrgc0
で、私も小ネタを。ほんと短いですが。

小ネタ「浪人」

梓「もうっ、唯先輩! 受験近いんですから、
もっとちゃんと勉強しないとダメじゃないですか!」
唯「あう……ごめんなさい……」
澪「なんか……浪人という言葉が本当に洒落にならなくなってきたな……」
唯「うう……あずにゃん、来年の受験、一緒に頑張ろうね!」
梓「あ、諦めないで下さいよ!」
律「でも浪人ってことになったら……
来年一年、梓と一緒に勉強することになるのか……」
紬「梓ちゃんとお泊りでお勉強するのも楽しそうね!」
梓「……一年一緒に勉強……それにお泊り……」
梓「……(唯先輩と、お泊りでお勉強……)」
梓「……って、やっぱり諦めちゃダメです! もっと頑張って下さい!」
唯澪律紬「……(ちょっと考えた)」

419軽音部員♪:2010/07/13(火) 16:12:58 ID:8X5Bwrgc0
小ネタ「ゆいあずお仕事」

唯「あずにゃん、ゆいあずのお仕事、頑張ろうね!」
梓「お仕事って……商店街のお手伝いをするだけじゃないですか。
それにそもそも、私たちデビューしたわけじゃありません」
唯「もうっ、あずにゃん、のり悪いんだからぁ」
梓「そう言われても……」
唯「ぶー……あずにゃんは嬉しくないの?」
梓「それは……もちろん嬉しくないわけではないんですけど……」
唯「だよね! 嬉しいよね!」
梓「でも……演芸大会の漫才が可愛かったからっていうのは……
ちょっと複雑な気分です」
唯「え〜、いいじゃん。私たちの夫婦漫才が褒められたんだよ!」
梓「め、夫婦って……」
唯「夫婦は……嫌?」
梓「……じゃないです」

420軽音部員♪:2010/07/13(火) 16:26:53 ID:NgHAAL8c0
つくづく梓って唯想いだなと思う
GJ!むしろ読みやすい

421軽音部員♪:2010/07/13(火) 17:08:31 ID:nfXNNANk0
みんな忘れてるみたいだけど今日は3の倍数ですよ

422軽音部員♪:2010/07/13(火) 18:03:01 ID:Cr2jKUVUO
>>421
そういやそうだった。
吉田さんだといいな。

423軽音部員♪:2010/07/14(水) 02:29:25 ID:n7ZvaE1Y0
よりにもよって横谷でした

424マラソン大会後:2010/07/14(水) 02:31:33 ID:aGgYFTqc0
「あずにゃぁん……」
「にゃっ! ゆ、唯先輩!?」

マラソン大会が終わって、お汁粉の容器を捨てに行った帰り……
校舎の脇で、私は唯先輩に押し倒されていた。
突然のことにパニックになり、思考が驚きに満たされてしまう。
疲れた体ではもがくことも満足にできず……
私は唯先輩の体の下で、小さく声を上げることしかできなかった。

「ゆ、唯先輩……な、なにを……!?」
「あずにゃん……」

耳元で、唯先輩の掠れた声が聞こえた。
荒い吐息が頬をくすぐり、汗のにおいが鼻孔に忍び込んでくる。

(あ……)

どくんと、心臓が大きく鼓動を打った。
体の動きが止まり、心臓の拍動ばかりが早くなっていく。
いつ他の生徒や先生が通るかわからない場所で、
唯先輩に押し倒されているというのに……
その体を押し退けようという意志がなくなっていってしまった。

425マラソン大会後:2010/07/14(水) 02:34:10 ID:aGgYFTqc0
「あずにゃん……私……」

唯先輩の体がわずかに動いた。
体操着に肌をくすぐられる。
布越しに伝わる体温がひどく熱かった。

「ゆ、唯先輩……わ、私……」

喋ると同時に、汗のにおいのする空気を吸ってしまう。
人の汗のにおいなんて、ほんとは嫌なもののはずなのに……
なんで私の胸は、こんなに高鳴ってしまっているのだろう。
こんな場所で唯先輩に押し倒されているのに……
どうして私は、喜んでしまっているのだろう……。

(ダメ……抵抗、できない……)

思考が麻痺し、体から完全に力が抜けてしまった。
今、唯先輩になにをされても……
私はきっと、抵抗できない。
抵抗しようとすら思えないだろう。

(それでも……いいかな……)

ぼやけた思考でそう思った矢先、唯先輩が口を開いて、

「……疲れて、もう動けない……限界です……」
「…………」

情けない声で、そう言った。
いつもの唯先輩の口調に、私は一気に自分を取り戻して、

「唯先輩!!」

私の怒声が、いつもと同じようにあたりに響き渡った。


END


即興で小ネタ。一応補完のつもり、ということで。
吉田さんの脚本だったら、あずにゃんも唯を探しに行ったと思うのですが。
楽しいお話ではあったんですけどね。

426軽音部員♪:2010/07/14(水) 07:32:01 ID:KRfnzgLI0
>>425
GJ

15話は、ハグはおろか名前を呼び合ったり同じ画面に映ることさえほとんどなかったのは
正直辛かったな
次に期待か

427軽音部員♪:2010/07/14(水) 11:59:56 ID:w7yYT0VQ0
一応、今回もそれなりに楽しめましたが……。

唯、行方不明とか事件を起こさずに、
最後までほのぼのみんなで走って。
ゴール前でリタイア寸前の唯を、
あずにゃんがお汁粉持って、
「先輩! あと少しですよ!」
って励ますような……そんなお話の方がよかった。

428軽音部員♪:2010/07/14(水) 16:17:28 ID:n7ZvaE1Y0
唯梓がどうこうってレベルじゃない。けいおんに見えないレベル
自給自足のために二次創作に励むよ
ttp://nagamochi.info/src/up23568.jpg

429軽音部員♪:2010/07/14(水) 23:08:50 ID:r02NSOXE0
>>428
実は密かにまたゆいあずが見れるんじゃね?
って期待してました…

430軽音部員♪:2010/07/14(水) 23:44:48 ID:2NoHXbhc0
心臓破りの坂の登りはじめの場面で2年生組が頂上に居たから

律「唯、早くしないと梓に置いて行かれるぞ!」

唯「そんなのヤダ〜待って〜あずにゃ〜ん」

ぐらいはやってほしかったね

431軽音部員♪:2010/07/16(金) 07:52:06 ID:lpJLeupQO
梓「丸一日書き込みが無い…唯先輩とイチャイチャするなら今のうち…」

432軽音部員♪:2010/07/16(金) 07:59:13 ID:tn6fg.DI0
誰もいないから存分にイチャイチャしてくれ
なんならお布団の用意も・・・

433軽音部員♪:2010/07/16(金) 11:04:42 ID:ba6BGnMEO
ちょっと質問だけどあずにゃんの家ってどれくらい唯の家に近いの?

434軽音部員♪:2010/07/16(金) 12:24:41 ID:lpJLeupQO
>>433

明確な絵写が無いから分からないけど…
先月号で唯が間違えて送ったメールですぐに来たからな…。自転車を使ったとしても相当距離としては近いんじゃ無いか?

435軽音部員♪:2010/07/16(金) 13:02:58 ID:jmdyrJvo0
唯あずのおすすめSS教えてください

436軽音部員♪:2010/07/16(金) 14:11:18 ID:MaJocq/c0
自宅からじゃないけど、冬の日の「すぐ行くからね!」とかからして
徒歩でも長くて数分程度のご近所なんじゃない?

>>435
細かい事気にせず、まとめWiki片っ端から読めば良いじゃない
VIPに抵抗無いのなら、百合ノートまとめのカプ別から唯梓を読むのもかなりお薦め

437軽音部員♪:2010/07/16(金) 16:19:15 ID:lnyZbVog0
都会なら近所でも別の中学とかは不自然じゃないけど意外と田舎っぽいからな
違う学区の端と端というのは?

438軽音部員♪:2010/07/16(金) 17:12:07 ID:kCKeeSwkO
>>435
http://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/2961.html?guid=on
http://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/868.html?guid=on
http://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/4142.html?guid=on
http://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/309.html?guid=on
http://www40.atwiki.jp/83452/m/pages/388.html?guid=on

あとはここのwikiとまとめwikiの百合短編だが、数が多すぎるから自分で探すんだ

439軽音部員♪:2010/07/16(金) 17:30:20 ID:jmdyrJvo0
>>436
>>438
ありがとうございます!

440軽音部員♪:2010/07/17(土) 21:35:28 ID:e7UajYpk0
まあ自分で探すのが一番だと思うが個人的に好きなのは
>>438と被ってるが
唯「your song」(根強い人気)
梓「さくら舞い散る…」
律「恋がしたい」(複数カプ)
梓「私の眼の届く範囲にいてください」(キャラ暴走注意)
唯「ねぇ、中野」


鬱だったり特殊なので好みが分かれるが見て損は無いと思うのが
唯「あずにゃんムギちゃん、何してるの?」梓紬「!」(キャラ暴走注意)
唯「バタフライ・エフェクト」(個人的に一番好きなSS)
梓「唯先輩、こんなところでやめてください///」
梓「もしかして私唯先輩にいじめられてる……?」(キャラ崩壊注意&複数ENDだがハッピーは絶対最後に見るべし)
澪「唯、今日のエサだよ。」 唯「澪ちゃん・・・これ、ゲロだよね?」(タイトルで嫌悪感が出たならやめるべし。超鬱。ただし唯梓が凄くいい感じ)

唯梓SSというわけではないが作品内での2人の関係が好きなのは
唯「けいおん部へようこそ」
紬「みんなとキョリを感じる・・」 (キャラ崩壊注意)

作者は続き書いてください
唯「ロザリオ?スール?」(凄く続きが気になるが…)


多すぎた…ごめん

441先輩後輩のままでいて:2010/07/18(日) 09:38:08 ID:ReGR56fUO
「やっぱりそんな関係おかしいですよ」
真剣に話し合わなきゃいけないことがある。
そうあずにゃんに強く言われて、私たちは向かい合っている。
いつもなら抱きつかせてくれるのに、今日に限ってはそれも許してくれない。
怖いくらいにあずにゃんの顔は強ばっていた。
「唯先輩、私たちの関係は一体なんですか?」
「えへへ〜、恋人さんだよ〜」
「恋人である前に先輩後輩の間柄だったはずです」
「………」
きっぱりと言い放つあずにゃん。
おちゃらけて空気を和まそうとしたけど、それも不発だったみたいだ。
でもでも、今更先輩後輩ってのを強調されちゃうと悲しいなぁー
「私は唯先輩に憧れて軽音楽部に入部したんです」
「うん、可愛い可愛い後輩だよ」
「そうです。私とあなたは先輩後輩。どう頑張ってもこの関係は変えられません。変えちゃいけないと思うんです」
「…あずにゃん?」
段々不安になってきた。ううん、不安なんてものじゃない。
私たちは先輩後輩だって何度も繰り返すあずにゃんのことが私は怖くなっていた。
信じたくないし、絶対にありえないはずのことだけど、もしかしたらって、最悪のシナリオが頭の中で堂々巡りする。「唯先輩、今日は恋人としてでなく後輩としてお願いします。…いつまでも私の先輩でいてください」
「どうして…どうしてそんなこと言うのっ!?」
あずにゃんの口から出たのが、思いつく限りの中でも最悪のものだったから、私はつい大声を出してしまった。
「確かに私とあずにゃんは先輩後輩だったよ!?でも私はそんなのいやなんだよ。先輩後輩のままなんてヤだ!」
「あなたは私の先輩で、私はあなたの後輩。そうあることがお互いの為なんです。…この先の人生のことを考えたら、今、決断するしかありません」
「決断って何!?」

442先輩後輩のままでいて:2010/07/18(日) 09:39:19 ID:ReGR56fUO
「世間のことだってありますし…」
「世間のことなんて関係ないよ!私はあずにゃんとずっと一緒にいたいんだよ!机も並べてさ、どんなときだって一緒がいい!」
「私だって気持ちは同じです。本音を言えば唯先輩と一秒だって離れたくありません。でも…それじゃダメなんです」
「あずにゃん…」
そう言って、あずにゃんは私の前に一枚の書類を差し出した。
それは、私たちを引き裂く為の、悪魔の契約書みたいなものだ。
「私を…あなたの背中を追いかける後輩でいさせてください」
「うっ…ふぐっ…ううっ…」
あずにゃんのその言葉で私はとうとう泣き出してしまった。
私のわがままをあずにゃんは許してくれなかった。
いつでも一緒にいようねってお願いを拒否されてしまった。
恋人なのに。恋人のはずなのに。私の気持ちはあずにゃんには届かない。
私の気持ちを無視してあずにゃんは書類にサインするよう迫ってくる。
本当にいいの?あずにゃんは私が離れても平気なの?
これにサインしちゃったら、私たちは離れ離れになるかも知れないんだよ?
それなのに…どうして平気な顔していられるの?
私たちはそんな程度の関係だったの!?
答えてよ…答えてよ、あずにゃんっ!!

443軽音部員♪:2010/07/18(日) 09:40:49 ID:ReGR56fUO
「さっきから唯はなにをやってんだ?」
あずにゃんからの仕打ちにショックを受けてる私にりっちゃんが脳天気に話しかけてくる。
こんなときに横入りなんてやめてよ!だからおでこ広いんだよぅ!
「梓が困ってるだろ、早く名前書いてあげなよ」
「そうよ、唯ちゃん。寂しいのはわかるけど、梓ちゃんの言うとおり、唯ちゃんの為なのよ?」
ひどいよ…ひどいよ、みんな…私とあずにゃんを引き裂くつもりなんだね…。
みんなだったら、私の気持ちをわかってくれると信じてたのに……

みんな、みんな裏切り者だぁ!
「いや、いっそ留年して梓と一緒に卒業、梓と同級生になって大学進学とか言われたら誰だって止めるだろ」
何を…何を言ってるのさ、りっちゃん!!
そりゃ、りっちゃんはいいよ!?澪ちゃんは同級生だし、こんな気持ちにならないだろうし。
でも、私は違う。違うんだ。
あずにゃんと一緒にいられるかそうでないかは、私には命より大切な問題なんだよぅ〜!
「そんな別れ話みたいな言い方しなくても…」
「ちょ、ちょっと澪先輩。別れ話なんて縁起でもってないこと言わないでくださいよー。
最初に言ったじゃないですか、恋人である前に先輩後輩なんだって。私と唯先輩のお付き合いはこれとは別問題です」
「と言うよりも無問題よね。唯ちゃんと梓ちゃん、もう半分週末婚みたいなものだし♪」
「からかわないでくださいよぉ、ムギ先輩///」
むー!むーむーむー!みんなやっぱりわかってないよぉ!
愛してるから一秒だって離れたくないんじゃん!いつだって傍にいたいのにぃー!
「特別補講の申請用紙回収しに来たけど、唯、もう書けた?」
おぉう!和ちゃんまで私を追い詰めに来たよ!サドだよ!ドSだよ!
「うぅー…和ちゃんのいじめっ子」
「特別補講はあなたの将来の為でしょ。なんだかんだ言ったって留年しちゃうと世間は冷たいわよ。就職にも響くし。
ここでがんばらなきゃ梓ちゃんや憂と同級生になっちゃうわよ」
「それが狙いです!」
「ばかなこと言ってないで、ほら、早く名前書きなさい。
…全く、梓ちゃんも唯が相手じゃ苦労が多いでしょ?」
「本当ですよ。もっとしっかりしてもらわなきゃ、(ふたりの)将来が心配です」
そう言って私をふたりがかりで追い詰める…。

444軽音部員♪:2010/07/18(日) 09:43:57 ID:ReGR56fUO
あずにゃんもドSだよ…。夜はどっちかって言うとMなのにぃ…。
「うん、書けたみたいね。じゃあ、先生のところに出してくるから。唯、梓ちゃんの為にもがんばりなさい」
とうとう悪魔の契約書を書かされてしまった…。
あずにゃんと引き裂かれちゃうよ!離れ離れになっちゃうよ〜!
そんなのイヤなのに〜!みんな、やっぱりひどいや!
「そんなに落ち込まなくても…」
「あずにゃんは本当に平気なの〜?ふたりでいられる時間が減っちゃうんだよ?私には堪えらんないよ」
「減っちゃうことを嘆くよりもどう増やすかを考えましょうよ。例えば、唯先輩が卒業したらふたりで部屋を借りて一緒に暮らす、とか。
大学生になればそんな自由もできるようになるんですよ?」
「一緒に暮らすってことは結婚ってことよね!?」
「割って入らないでください、ムギ先輩。ま、まぁ、いずれは唯先輩に貰っていただくので予行練習みたいなものですけど///」
成る程、一緒に暮らす、か!
今でも二日に一回はどっちかの家にお泊まりしてるけど、一つ屋根の下に住んでるとは言えないもんね。
あずにゃんより一足先に大学生になったら、その分、結婚に近付くなんて考えてもみなかったよ。
さっすが私のあずにゃん!頭も冴えてるね!
「やる気ちゅう入してあげますから、一緒にがんばりましょう、唯先輩!」
そう言ってキスのサービスまでしてくれたあずにゃんの為にも、私たちのバラ色の未来の為にも
全力でがんばるぞ!お〜っ!!

445軽音部員♪:2010/07/18(日) 11:01:40 ID:eJDxDc.w0
GJ!
何とも唯らしい悩みだ
唯梓は末永く幸せに暮らすべき

446軽音部員♪:2010/07/18(日) 11:10:03 ID:aJF7T0xIO
>>444
唯はどんだけあずにゃんと一緒が良いんだw
面白かったよ。GJ!

447軽音部員♪:2010/07/18(日) 13:48:14 ID:qu1Bu2WEO
>>444
フムフム、梓は夜になるとMになる……と _〆(。。)

GJ!!!!

448軽音部員♪:2010/07/21(水) 03:07:12 ID:GzNm2.GYO
16話は唯梓成分あるか心配してたが、満足でした。

徐々に唯色に染められていくあずにゃん…w

449軽音部員♪:2010/07/21(水) 03:08:21 ID:f22Ap/c20
もう染まりきってるように見えるw

450軽音部員♪:2010/07/21(水) 16:35:27 ID:VLtfeieoO
唯色に染まる梓ってか

451軽音部員♪:2010/07/21(水) 18:08:24 ID:gdR.t9Eg0
唯の大きくおなりって言うセリフには何かこう感じるものがあった
ところでこのセリフ、身長的な意味かはたまた・・・

452軽音部員♪:2010/07/21(水) 18:13:14 ID:pcXuJnQU0
唯「私があずにゃんの○を大きくしてあげるよ!」

453軽音部員♪:2010/07/21(水) 18:32:32 ID:tgFRh6j.0
終盤の唯梓が甘すぎて最高だったのは勿論としても、細かい部分でも唯に染まってたよね
部室に入る時のかけ声に散々悩んだ末、最終的に「ふんす!」って、あずにゃん無意識のうちに……

454軽音部員♪:2010/07/21(水) 20:48:25 ID:VLtfeieoO
>>434>>436>>437
遅くなったがありがとう

455軽音部員♪:2010/07/21(水) 21:06:35 ID:GzNm2.GYO
>>453

「カムバック私!」

「これじゃあ唯先輩っぽいなぁ…」

「今度こそ…カムバック私!」

「っていや、違うし」

「カムバック…!…何か自信無くなってきた…」
 

この流れからして、もう既に無意識のうちに唯に影響を受けてるに違いない。

456軽音部員♪:2010/07/21(水) 22:19:31 ID:2xrb9O0.O
「ギター」と「トンちゃん」は唯梓をつなぐ重要な要素だと改めて実感したよ

457軽音部員♪:2010/07/23(金) 14:41:08 ID:tzIgAo7wO
「あずにゃん…初めはメッゾピアノで……」

「あぁ!唯先輩ィ……フォルテ!フォルテ!」

「うん…あずにゃんもフォルティッシモでお願い」

「…んっ……ピアノ……いやメッゾフォルテ…フォルティッシモォォォ!」

「フォルテ!フォルティッシモォ……フォルティッティッシモォ!」

「やっ!あぁん……」

「ん…あ……」

『フェルマーーーーッタ!』


「ミエナイキコエナイミエナイキコエナイ」
「あいつら……部室を何だと思ってやがる…」
「●REC」


本当にごめん

458軽音部員♪:2010/07/23(金) 16:07:13 ID:kU2E/.bs0
いえ、嫌いじゃないです。

459軽音部員♪:2010/07/24(土) 01:17:10 ID:/DTyb1560
むしろもっとやって下さい

460軽音部員♪:2010/07/26(月) 00:57:28 ID:CgvSFoHI0
投下
http://www.uproda.net/down/uproda118161.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda118162.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda118163.jpg

461軽音部員♪:2010/07/26(月) 01:26:48 ID:Vy2y.EZAO
>>460

つ…続きを…続きを早くぅぅぅぅっ

462軽音部員♪:2010/07/26(月) 01:53:22 ID:us./VrdQ0
さぁPixiv行って唯梓タグに直行するんだ
新作が出ると、つい以前の漫画も読みたくなってしまうね

463軽音部員♪:2010/07/26(月) 06:53:16 ID:Vy2y.EZAO
>>462
全俺が死んだ(百合萌え的な意味で)

464軽音部員♪:2010/07/26(月) 13:35:11 ID:CWzDFC620
>>460
豊崎・竹達ボイスで脳内再生余裕でした
この人の唯梓は素晴らしすぎる
泣いてる唯を梓が慰めるっていいね

465軽音部員♪:2010/07/26(月) 18:37:26 ID:TFTmFXlc0
丑の日ネタ

唯「問題です今日は何の日でしょう!」
梓「丑の日ですけど」
唯「さすがに簡単すぎたか…」
梓「可愛い脳ミソですね」
唯「じゃあなんで丑の日にはウナギを食べるのでしょう!」
梓「縁起がいいからじゃないですか?」
唯「そう言われる由縁だよ」
梓「むむ、あまり考えたことないです」
唯「制限時間は後5秒!」
梓「早いっ!」
唯「3、2、1、ブッブー!」
梓「はぁ、もういいです白旗です」
唯「アッハッハ」
梓「それで、答えは何です?」
唯「ハ…」
梓「まさか出題者がわからないなんてことは」
唯「ありえない!」
梓「えぇー」
唯「え〜丑の日にウナギを食べるのはぁ」
梓「ふむふむ」
唯「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
梓「溜めすぎ誤魔化さないでください」
唯「ち、違うよ!あずにゃんに伝わりやすいように言葉を選んであげてるんだよ!」
梓「みっともない言い訳はかえって名誉を傷つけるんですよ?」
唯「ふみゅぅ…」
梓「可愛い声で落ち込まないでください」
憂「丑の日は皆で鰻を食べて暑い日を乗り越えよう!」
唯「憂!?」
梓「びっ、ビックリしたぁ…」
憂「て、おばあちゃんからの受け売りだけど」
唯「助かったようい〜〜♪」
憂「私はお姉ちゃんのピンチヒッターですから♪」
梓「仲がいいですこと。でもなんで鰻なの?」
憂「ごめんね詳しいことまではちょっと…」
律「丑の日には『う』のつく食べ物を食べると夏負けしないという伝承があってだなー」
唯「そうなの!?りっちゃん物知り!!」
律「あっはっは、そうだろーっあべべべべ!??」
澪「またコイツは人が与えた知識を勝手に売りさばいて」←(頬をつねっている)
律「へふひふっはふもひははいっへ。ひょっほひはんひははっはへほ」
澪「だいたい同じようなものだろ」
律「いいははほっへははへーははひへ」
梓「澪先輩が通訳してるようにしか見えない」

466軽音部員♪:2010/07/26(月) 18:40:31 ID:TFTmFXlc0
紬「鰻って何かしら??」
唯「ウナギって言うのはねーニョロニョロヌメヌメのネチョネチョで」
和「唯みんなちょっといいー?」
純「あずさー…って多!!??」
唯「うわぁ!?鰻の話題が皆を呼びよせたー!!」
梓「なんですかこの状況!」
和「聞いてってば」
純「えっと…はいはい皆さん注目ぅぅぅ!!」
律「誰だ貴様!」
純「!」
梓「私の友達ですぅ!」
純「梓愛してる!!(涙)」
澪「もうなにがなんだか…」
和「泣いてもいいかしら」
紬「みんな!和ちゃんが悩みを聞いてもらいたいって!」
和「なぜそうなる…グスン」
唯「そうなの?なんでも相談に乗るよ!」
梓「いつもお世話になっていますからね!」
律「私の目ェ見て言うな!!」
澪「私たちなんかで処理できればいいが」
純「キマズイ…帰ろうかな」
和「だからそーじゃないって!親戚から大量の鰻が届いちゃったの!!」
紬「ヌメヌメネチョネチョのアイツが!?」
澪「禍々しいな」
唯「で?そいつらを和ちゃんはどうしたいの!」
梓「唯先輩テンションおかしいです」
律「へーほーふーん、ねぇキミ軽音部入んない?」
純「えっと、その…(汗)」
澪「そこ!ドサクサに紛れて勧誘しない!!」
紬「あっはははは(笑)」
和「聞けよバカども」


結局、
ここにいる全メンバーで
今夜は鰻パーティーをすることになりましたとさ

律が出てきたあたりで雲行きが怪しいとは思ったけど
どうしてこうなった…
唯梓分は前半だけですね(反省)

おしまいです

467ひらさわあずさ:2010/07/27(火) 03:28:53 ID:FJz2dvss0
「――ちゃん。お姉ちゃん」

 平沢家に、いつも通りの朝が来る。
 何の変哲もない日常は、普段と変わらない朝から始まるものだ。

「お姉ちゃん、起きて。学校に遅刻しちゃうよ」

 階段を上がる足音と伴に、私を呼び掛けてくれる。愛しの妹は、毎朝のように私のこと
を起こしに来てくれる。いつもありがとう。今日は、起こされる前にちゃんと起きたから、逆に驚かせてみよう。ふふ、我ながら名案だ。
 こんこんと二回ノックをして、私の部屋へと入ってくる。

「おはよう、お姉ちゃん」
「おはよー、う…………うん?」
「うん? お姉ちゃん、どうかしたの?」
「お、おね……お姉ちゃん!?」

 記憶に間違いがなければ、妹は私とよく似た顔をしているはずなのだけど、そこに居た妹はどう見ても違う。きっちりと制服を着こなし、髪の毛を両側に結っていて、猫耳が超絶似合うその姿は、紛れもなく部活の後輩ことあずにゃんで、間違いない。

「あ……あずにゃん、だよね。なんでここにいるの?」
「なんでって……妹だからに決まってるでしょ。もう、ヒドいこと言うなぁ」
「……あずにゃん。起こしに来てもらって悪いけど。私、もう一度寝るね。まだ夢を見ているみたいだよ」
「そ、そんな! それじゃ遅刻しちゃうよ!?」
「えー。だってぇー、なんか変だもんー」

 もう一度蒲団をかぶり、あずにゃんに背を向けるように寝返りを打つ。あずにゃんは両手を使って私の身体を揺さぶるが、敢えて無視を決め込んでみる。

 ――憂じゃなくてあずにゃんが妹って、どうなっちゃってるんだろう? 一夜にして妹が入れ替わって、極自然に接してくるなんて、やっぱり変だよね。そうだよ、きっと夢だよ。……夢に違いないよね。

468ひらさわあずさ:2010/07/27(火) 03:31:04 ID:FJz2dvss0
「お姉ちゃん、こっち向いて」
「うん?」

 あずにゃんに『お姉ちゃん』と呼ばれることが妙に照れくさくて、少しばかり気恥ずかしさを感じながらも、再度寝返りを打ってあずにゃんと対面してあげる。
 あずにゃんは、ベッドの傍で腰を下ろしていた。横たわる私とベッドの高さが相まって、頭の高さは丁度同じぐらいになっている。こうやって、まじまじと顔を見つめるのは、あんまり無かったかも知れない。
 あずにゃんの表情はとっても真面目で、いつになく真剣な眼差しをしている。何事も、直向きに努力をする頑張り屋さんなあずにゃん、私は大好きだ。
 ふと、あずにゃんは目を瞑った。可愛らしい口元を強調させるかのように唇を窄めいてて、思わず目を奪われる。心なしか、少しずつ、少しずつ顔が近づいているような気がするけれど――って、これってまさか!?

「あ、あ、あずにゃん!!」

 後輩――もとい、妹の突然の行動が何を意味するのか、この時ばかりは瞬時に理解出来た。咄嗟の判断で蒲団を退けて、壁に背を預ける形で距離を取る。私の取り乱し振りに、あずにゃんは呆然としていた。

「ど……、どういったおつもりで……」
「うん。また寝ちゃったら困るし、おはようのチューでもすれば、起きてくれるんじゃないかなって思ったんだけどね。起きてくれたのはいいけど、ちゃんと出来なかったのは、ちょっと残念かな」

 くすりと笑みをこぼし、あずにゃんは立ち上がる。その立ち振る舞いに澱みはなかった。

「ほら、お姉ちゃん。下で待ってるから、朝ご飯、一緒に食べよ?」
「……う、うん」

 立ち去るあずにゃんを見送って、のらりくらりとしながら、登校の支度を始める。

 ――朝から一体なんなんだろう? あずにゃんが起こしに来てくれて、妹だと言い張って。私の不貞寝を止めさせる為に、いたずらを……。

 起こったことをそのまんま言葉にしてみて、それから頭の中で考え直そうと思ったけれど、どうやっても整合しない。もやもやとしたまま、制服に腕を通す。

 ――あずにゃんの唇、柔らかそうだったなあ……。

 指先で、唇を軽く触れてみる。

「……はっ」

 慌てふためいた割には、ちゃっかりと意識をしていた自分が、なんだか恥ずかしくなってきた。今まで、正面からだと、あんな距離まで近づいたことなんてなかったから、なおさらドキドキしちゃったり……。
 何だか、身体が熱くなってきた。眠気なんか、とっくに覚めちゃったよ。

「……なんてすごい効果なんだろう」

469ひらさわあずさ:2010/07/27(火) 03:32:58 ID:FJz2dvss0
「というわけで、改めて紹介するよ! 私の妹のあずにゃんだよ!」
「あー、知ってる知ってる」
「今更何を言い出すんだよ……」
「……あ、あれー?」

 私としては重大なニュースだと思ったのに、どうやら軽音部の中では周知の事実だったみたいで、りっちゃんも澪ちゃんも大分しらけた反応だった。

「先輩達、聞いて下さいよ! お姉ちゃん、朝から変なんですよ」
「あら。変って、どういうことなの?」

 この様子だと、ムギちゃんも違和感を覚えてはいなさそう。……知らなかったの、ホントに私だけなのかな?

「今のもそうなんですけど……、今日になって、急に態度が変わっちゃったんですよ。私のこと、本当の妹じゃないみたいに言うんです」
「おい、唯。それはちょっと酷くないか?」
「えっ……だって……」

 昨日までは可愛い後輩。今日からは愛しい実妹。そんな嘘みたいな変貌を鵜呑みにしろっていうのは、いくらなんでも、ちょっと……。
 しかし、この釈明だと、この場では圧倒的に私は部が悪い。敢えなく口を噤んでいる間も、あずにゃんは言葉を続ける。

「起こしに行ってあげたのに、全然起きようとしてくれなかったんです。おはようのチューもしそこなっちゃったし……」

 チューという単語に、ぴくりとして、みんなの動きが固まった。あくまで婉的な表現でありながらも、それがなんの行為を意味するのか。この場にいる人に、理解できない人がいないはずがない。

「ちゅ、ちゅー……」
「ゆ〜い〜? どういうことだ〜?」
「ち、ちがうって! あずにゃんとはまだそこまでしてないよ!?」
「梓ちゃん。その話、もっと詳しく聞かせてくれないかしら?」
「ムギ、お前はおちつこうな」

 あずにゃんのうっかり爆弾発言で場は騒然としたのだが、当の本人はなに喰わぬ顔でにこにこしている……。
 あずにゃん、この状況を楽しんでる!?

「……お前ら、ホントに仲良いよな」
「それほどでもないですよ、律先輩」
「姉妹愛……。美しいわ……」

 ちょっと引き気味のりっちゃんに、にこにこしながら返すあずにゃん。ムギちゃんはほっぺに手を当てて、ぽわぽわした表情を浮かべている。
 ああ、私、完全にアウェーな気がするよ……。

470ひらさわあずさ:2010/07/27(火) 03:34:29 ID:FJz2dvss0
「そうか、わかったぞ!」

 その時、意識を取り戻した澪ちゃんは言いました。

「澪ちゃん、どうしたの?」
「何かがおかしいと思っていたんだ……。そうだな、うん。間違いないよ」
「なんだよー。澪、もったいぶらないで教えてくれよ」
「いいか? 律、ムギ。さっきから、唯は梓のことを『あずにゃん』と呼んでいるんだ」

 りっちゃんとムギちゃんは、驚愕と言わんばかりの表情をしてました。すごく意外なことを言われたみたいな顔をした。
 取り立てて弁論することもないので、さらりと流してケーキを食べ続けることにした。

「え〜? だって、いつも通りじゃない?」
「唯ー、お前、ホントに忘れちゃったのか? 昨日まであんなに『梓』って呼んでたじゃん」
「…………」

 フォークがぽとりと落ちてしまった。
 うんうんと頷きながら、続けてあずにゃんも言う。

「そう言えば、そうですね。お姉ちゃん、今朝から『あずにゃん』って呼ぶばっかりで、今日はまだ一度も『梓』って呼んでくれてないです」
「それは大変だ。よし、唯。言ってやれ」
「え〜……でも……」

 ここまで渋るのも、一応理由はあって……。私の中で『あずにゃん』が定着しすぎていて、改めて『あずさ』と呼ぶことが、すっごく恥ずかしく感じるのだ。
 仲良しの友達同士なら、少し照れくさいと感じるだけで、全然構わないだろうけれど。少なくとも私の中では、あずにゃんの存在は、単なる友達でもないし、可愛い後輩ってだけでもないし、ましてや姉妹ですらもなくて――大事に想う人になってしまったからこそ、余計に口にしづらくて。
 たったそれだけのことだけれど、それだけを越える勇気が、私にはまだ足りないのだけど……。

「ねえ、お姉ちゃん。一回で良いから、呼んでよ。『梓』って」
「……う゛っ」

 あずにゃんは、上目遣いで私の瞳を覗き込む。普段はめったに見られない、おねだりをする時の表情。
 ――そんな顔をされたら、断れるわけがないよ。今日こそ、言わせてもらおう。

「……、あずさ。」

「うん。なーに?」

 とても甘くて、囁きのような声音で、あずにゃんは――梓は、返事をくれる。
 言えてしまったこと、素直に受け入れてくれたこと。
 嬉しさと恥ずかしさが入り交じり、顔の火照りは最高潮に達した。

「あ……、も……も……もう……だめ……」

 急に全身の力が抜けて、その場に倒れ込んでしまった。
 そこで、私の意識は途切れてしまった。



「――あれ」
 気がつくと、自分の部屋に居た。寝間着姿で、布団に潜り込んだままだ。
 ということは……
「お姉ちゃん、起きて。学校に遅刻しちゃうよ」
 階段を上がる足音と伴に、私を呼び掛けてくれる。愛しの妹は、毎朝のように私のこと
を起こしに来てくれる。
 こんこんと二回ノックをして、私の部屋へと入ってくる。
「おはよう、お姉ちゃん。今日は早起きだね」
「……おはよー、憂」
 部屋を訪ねたのは、間違いなく憂だ。だけど、念のために、確認しておこう。
「ねえ、憂は私の妹だよね?」
「えっ?」
 質問の意図が全く読めないらしく、憂はきょとんとした顔をした。
「お姉ちゃん……どういうこと?」

471ひらさわあずさ:2010/07/27(火) 03:36:45 ID:FJz2dvss0
「先輩、聞きましたよ。朝から憂を困らせたそうじゃないですか」
「いやーお恥ずかしい限りで……」

 いつもの交差点でみんなと別れたあとの、二人切りの帰り道。一緒に帰るのはいつものことだけど、昨夜の夢の所為もあって、この状況に少しだけ緊張している。

「私が先輩の妹かあ……。やっぱり、憂みたいになっちゃうのかな。唯先輩のことはきっと放っておけないでしょうし」
「あずにゃんは、夢の中でもあずにゃんだったよ。ただちょっと……」
「ちょっと、なんですか?」
「……いや、なんでもないや」

 夢の中ではドキドキさせられてばっかりだったなぁ。チューとか求められちゃったし……。そんなこと、本人に対して口が裂けても言えるわけがないけれど。
 追及されると苦しいので、話題を変えるべく、話を振ることにする。

「そ、そういえば。あずにゃんは、お姉さんが欲しいって思ったことある?」

 あずにゃんは少し眉を顰めて、考え込むようにしながら答えた。

「うーん……そうですね。頼りがいのあるお姉さんなら、欲しいですね。おとぼけで、だらしなくて、いつも妹に世話をかけてばかりのお姉さんは、ちょっと考えちゃうかもです」
「あずにゃん……しどい」
「自覚はあるんですね……」

 一切の他意はありませんので――と付け加えてくれたけれど、ピンポイントに言葉を並べられてしまうとは、私の姉としての評価はあまり芳しくないようだ。

「……でも」

 でも、とそこで言い掛けてから、あずにゃんは三歩だけ私の前を進み、立ち止まった。私も合わせて、歩みを止める。それまでは並んでいたので顔は見えたけど、この立ち位置で全く見えなくなった。
 そして、あずにゃんは言う。

「でも――そんなだらしない人がお姉さんでも、それが唯先輩だったら、欲しいです。しっかりしたお姉さんでも、そうじゃなくても、唯先輩は唯先輩ですから。す……嫌い、に、なることなんか、ありませんよ」
「……あずにゃん」

 一歩、二歩と近づき、俯いているあずにゃんの体を抱き寄せてあげる。いつもは体重を預けるように抱きつくけど、今日は、違う。

「にゃっ! 唯先輩、いきなり何するんですかっ」
「……ありがとう、あずにゃん。私、そう言ってもらえて、とっても嬉しいよ」
「……先輩」

 ――私の精一杯の気持ちを伝えておこう。

「今度から私のこと、お姉さんだと思ってくれていいからね。私にできることなら、何でも言ってね」

 ――次は私から、ちゃんと言葉にするから。待っていてね、梓。

「……では」

 まるで前々から用意をしていたかのような口ぶりで、あずにゃんは言った。

「もうしばらく、このままで居させてください」
「うん。いいよ」


【おしまい!】

472軽音部員♪:2010/07/27(火) 03:40:25 ID:FJz2dvss0
ゆいあずが好きすぎて、勢いだけで書いてしまいました。
拙文で申し訳ない。
明らかな添削ミスがあるんですけど、目を瞑っていただければ幸いです。。

473軽音部員♪:2010/07/27(火) 04:38:33 ID:.Uq3/zlE0
最高やで・・・!

474軽音部員♪:2010/07/27(火) 07:44:58 ID:/qdyNwXkO
>>472
勢いでこれだけ書くとは……すごいなぁ〜

GJ!!!

475軽音部員♪:2010/07/27(火) 08:45:55 ID:90l2mrogO
>>472
あなたは大変なものを盗んでいきました。それは俺の(ry


GJ!!!

476川べりで:2010/07/27(火) 14:47:19 ID:J6D5oW620
「ふわぁぁぁ……」
「エヘ……あずにゃん、大きなあくびだねっ」
「じ、じろじろ見ないで下さい!」

夏休みのある日の午後。あの演芸大会の練習をした川べりで。
久しぶりに唯先輩と一緒にギターの練習をしていた私は、
寝不足から大きなあくびをしてしまった。
昨夜遅くまでテレビを見てしまったのが寝不足の原因で……

「ふわぁぁぁ……」
「あ、またあくびだぁ♪」
「うぅ……み、見ないで下さい……っ」

堪えきれずあくびをしてしまう恥ずかしさに、頬が熱くなってしまった。
大して面白くもない恋愛ドラマだったのだから、
さっさと消して寝てしまえばよかったのに……と、今更ながら後悔する。

「あずにゃん眠たそうだし、ちょっと休憩しよっか」
「だ、大丈夫です! 練習してれば目、覚めま……ふわぁぁぁ……」
「ほらぁ、無理しないの。あずにゃん、休憩も大事だよ?」
「もうっ……そうやってすぐ休もうとするんですから……」

そう言いながらも眠気には逆らえず……
私はギターを一旦ケースに入れて地面に置き、
それから唯先輩と並んで川べりにすわった。
ペットボトルのスポーツ飲料を一口飲むけれど、
生ぬるい液体は眠気をはらう役には立ってくれなかった。
ペットボトル片手に、あくびを堪えようと頑張っていると、

「エヘヘ……あ〜ずにゃん♪」

隣に座った唯先輩に名前を呼ばれ、私は顔を先輩の方に向けた。

477川べりで:2010/07/27(火) 14:49:52 ID:J6D5oW620
見ると、唯先輩はいつになくきちんとした姿勢で土手の階段に腰を下ろし、
そして両膝をぽんぽんと手で叩いていた。
顔には満面の笑み。私を見ながら「エヘヘ」と声に出して笑って、

「……遠慮します」

その意を悟った私は、視線を川に戻してそう言った。

「え〜、なんでぇ……?」
「なんでもなにも……誰が通るかわからないのに、
そんな恥ずかしいことできるわけないじゃないですか」
「ぶー」
「口尖らせてもダメですっ」

未練がましく両膝を叩く音が聞こえてきたけど、
私は努めてその音を無視しようとした。
私に膝枕をしたがっている唯先輩。
正直、今の私にとってそれは魅力的なお誘いだったけれど……
いくらなんでもそんな恥ずかしいことができるわけがなかった。
でも、唯先輩の側で、私のそんな抵抗が成功するわけもなく……

「えい!」
「にゃっ!」

突然唯先輩に体を引っ張られ……
次の瞬間、私の頭は唯先輩の太ももの上にあった。

「ゆ、唯先輩!」
「まぁまぁ、あずにゃん。おねむなんだから、素直になりんさい」
「で、でも……」
「それに、無理して起きてるより、
ちょっと寝ちゃってから練習した方が、ずっと集中できるよ?」
「それは、そうですけど……」

唯先輩の言葉に、口ではなんとか抵抗を続けようとするけれど……
でも体のほうは、もう完全に屈してしまっていた。
柔らかい太ももの感触が頬に心地いい。
伝わってくるほどよい温もりが、
川から吹く風に冷えた体を少しだけ温めてくれる。
春先のお布団を思い出させる膝枕に、
堪える余裕もなくあくびをしてしまい、

「お休み、あずにゃん……」

その優しい声と、そっと私の頭を撫でる手が、
私を眠りの中に落としていった……。

478川べりで:2010/07/27(火) 14:52:18 ID:J6D5oW620

「ん……」

目を開けると、日の光で輝く川面が見えた。
夏の太陽は高く明るいままで、
どれぐらい自分が寝てしまっていたのか、まるでわからなかった。

「あ、起きたの、あずにゃん?」
「え……はい……」
「もっと寝ててもいいんだよ?」
「いえ……もう大丈夫です……」

そう言って身を起こそうとするけれど……
唯先輩に頭をまた撫でられて……
途端、起きようとする意思はなくなってしまった。
薄く目蓋を開けて、川面を見つめたまま……
少し寝惚けた声音で、私は言葉を紡いだ。

「……すみません、なんか、私ばっかり……」
「謝らなくていいよぉ、私が膝枕をしたかったんだもん」
「……足、大丈夫ですか……」
「うん、大丈夫だよ」
「……退屈じゃ、ないですか……」
「大丈夫だよ……あずにゃんの寝顔、かわいいもん……」
「……鼻にピーナッツ……」
「え? あっ……エヘ、そうだね、入れたいぐらいかわいいよ♪」
「……入れないで下さいよ……」

喋っている間も、唯先輩の手の動きは止まらなかった。
ゆっくりと、優しく、私の頭を撫で続けてくれる。

「ん……」
「わっ……」

479川べりで:2010/07/27(火) 14:54:27 ID:J6D5oW620
気がつくと、私は頬を唯先輩の太ももにこすりつけてしまっていた。
まるで猫が人に甘えるときのような仕種。
そんなことをしてしまったのは、きっと……

「エヘヘ……あずにゃん、甘えん坊さんになっちゃってるね……」
「きっと……寝惚けてるんです……」
「そっか、寝惚けてるんだね……」
「はい……寝惚けてるんです……」

……寝惚けて、
昨夜見た恋愛ドラマと現実がごっちゃになってしまっているのだろう。
そうでなければ、こんな甘えた仕種を、
私が唯先輩に対してできるわけがなかった。

「じゃ、仕方ないね……」
「はい……仕方ないんです……」

言って、また頬を唯先輩の肌に擦り付ける。
唯先輩はくすぐったそうに笑いながら、頭を撫で続けてくれた。

「ふわぁ……」

小さなあくびが口から漏れる。
半開きになった口が閉じるのにあわせるように、
目蓋がまたゆっくりと落ち始めた。
そんな私の気配を察したのか、

「お休み、あずにゃん……」

唯先輩が、小さな声でそう呟いた。
二度目のお休みの言葉に、
やっぱり私は抵抗なんてできなくて……
唯先輩の膝の上で、猫のように丸くなって、
また私は眠りの中に落ちていった……。


END


長文、失礼します。
基本を忘れず、控えめなイチャイチャを目指して。
膝枕ネタは王道すぎですけどね。

480軽音部員♪:2010/07/27(火) 15:05:14 ID:/qdyNwXkO
>>479
蒸し暑い中、移動中に読んだお陰で
なんだか爽やかな気分になれたw

GJ!!!!

481軽音部員♪:2010/07/27(火) 16:00:29 ID:/blSfI2.0
>>472
>>479
GJ!

482今日の内容を大胆予想:2010/07/28(水) 01:40:35 ID:JXpqgSRYO
軽音部員に扮した唯らが部室を使えなくなる
 ↓
「ネコ耳になれ」 「なれば部室を返していただけるんですね」などの会話を経て唯と梓がふたりきりに。
 ↓
指で頭を撫でられ、「可愛いあずにゃんだなぁ」などとほめちぎられる
 ↓
あずにゃんのペロペロで「あずにゃ…梓!」と感激に身悶える
 ↓
唯にちゅっちゅしながら三人の部員にいちゃラブっぷりを見せつける。
「やってやるです!」とペロペロしながらネコ耳を垂れさせる。このあと、ムギが鼻血を吹き、澪に背後から噴射。
「キマシタワー」とムギは昇天しながら拳を振りあげる。

憂も加わりふたりがかりで唯といちゃつく。攻められるばかりだった唯が一転、かっこ唯に出て、
梓を下にして可愛がり始める。めちゃくちゃにハグしながら、「あずにゃん、あずにゃん、梓!」
と叫んで、唯も梓の膝に勢い良くダイブ。
あと膝を枕にして3回くらい「愛してるよ、梓」と寝言したらしい。

483軽音部員♪:2010/07/28(水) 02:03:30 ID:wRweQe/IO
今回は唯梓成分は特に無かったが…憂が風邪引いた所はイイハナシダナーってなった。
というか中の人の声も相まって憂の破壊力がヤバかったな。
唯梓で仲良く憂を看病…ってのもいいかもしれない。

何が言いたいかというと、唯梓憂、唯梓、憂梓、唯憂が好きな俺に抜かりは無かった。

484軽音部員♪:2010/07/28(水) 03:29:57 ID:QOkdPd3.O
PCもケータイも規制だなー;;

今回目立った唯梓なかったけど、唯があずにゃんあずにゃん言い過ぎでワロタ

485軽音部員♪:2010/07/28(水) 09:03:11 ID:e4uaof2o0
>>484
確かに言いまくってたなww

梓も憂の看病のために泊まったら、と思ったけど
「こんな時まで唯梓プッシュか!」って唯憂好きのひんしゅく買いそうだからこれでよかったかな

486軽音部員♪:2010/07/28(水) 11:43:30 ID:vvcIB4is0
並んでピック見てるとこ可愛かった

487軽音部員♪:2010/07/28(水) 12:36:04 ID:wxZCFWx.O
唯「あずにゃん!私とトンちゃんどっちが大事なの!?」

梓「唯先輩の方こそ!私とトンちゃんの可愛さは同じ位なんでしょ!?この優柔不断!」


紬「まぁまぁまぁまぁ」
律「お熱いねぇ」
澪「スッポンモドキは恋人モドキ……よし!」
トンちゃん(唯梓ハアハア)


梓はトンちゃんを愛し過ぎだと思います

488軽音部員♪:2010/07/28(水) 14:36:34 ID:CKcDzevMO
唯「振袖に戻ってしまいました!」
梓「・・ふりだしですか?」
唯「あっそれ、ふりだし!」
梓「わかりにくいところで間違わないでくださいよ」
このやりとりが何故かツボった
めちゃくちゃ可愛かった。

489軽音部員♪:2010/07/28(水) 15:19:41 ID:QOkdPd3.O
>>485
それ一瞬でも期待してしまったよ

>>488
前はトラウマで今回は振り出しか…
胸が熱くなるな…
あんなん分かるのあずにゃんだけだわ

490軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:17:18 ID:.hsnZo7k0
誰でも書けるような短編を三つほど置いていきます
ちょっと涼しくなって嬉しい

491軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:20:23 ID:.hsnZo7k0
いつもの部活風景

唯「はぁ〜、癒されるぅ〜」
梓「ちょっ離れてください!」
律「まーまー梓。模試も終わったことだしたまにはいいだろ?」
梓「そうですけど…でもそれとこれとは別です!」
澪「唯、結構我慢してたみたいなんだ」
梓「へ?」
澪「模試が終わるまで梓には抱きつかないって自分で決めて」
梓「それで最近は…」
律「おやや〜ん?さては寂しかったのか〜?」
梓「そ、そんなわけないですっっ!」
唯「あずにゃん揺らさないでぇー」
梓「あっ、ごめんなさい!」
紬「それでもしっかり唯ちゃんを気遣う梓ちゃん可愛いわぁ♪」
律「つーか私唯に成績負けたしなー」
澪「私も、あと一歩のところで追い抜かれるところだった」
紬「澪ちゃん無言で張り合ってたものね」
唯「あずにゃんトンちゃんのところへゴー!」
梓「私は唯先輩の乗り物じゃないですよ」
唯「は〜や〜く〜」
梓「はいはい、よいしょっと」
律「癒されるな〜」
澪「だな」
紬「いつもの部活風景ね。ふふ♪」

492軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:22:08 ID:.hsnZo7k0
なにげないこと

梓「唯先輩、髪の毛伸びました?」
唯「そお?」
梓「はい。ほら」←(手鏡差し出す)
唯「わっ…てよくわかんないよ」
梓「もう、自分のことじゃないですか」
唯「自分のことだから盲点なんだよ」
梓「そうなんでしょうけど」
唯「それに切らなきゃいけないほどでもないでしょ?」
梓「まあ…」
唯「そっかー、でもなんだか嬉しいなー」
梓「髪が伸びたことがですか?」
唯「ううん、あずにゃんが私のことで敏感になってくれて」
梓「なっ、そんなことないです!」
唯「なんで否定するの」
梓「それはその…別に唯先輩をそういう目で見てるとかじゃなくて」
唯「そういう目って?」
梓「なんでもないです…」
唯「でもね、あずにゃんにならそういう目で見られてもいいよ」
梓「見ませんよ!!」
唯「そこまで全力で否定しなくてもいいじゃん!?」
梓「唯先輩が変なこと言うからです!」
唯「髪の毛伸びたって言ってきたのはあずにゃんなのに!」
梓「それは…てそれぐらいいいじゃないですか!」
唯「それぐらいってなにさ!」
梓「唯先輩の髪の毛!」

律「まーたギャーギャーと騒ぎだしたなー」
澪「なんにせよ仲がいいことはいいことだよな」
紬「じゃあ私お茶の準備するわね♪」

493軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:24:39 ID:.hsnZo7k0
どうでもいいこと

唯「空ってどうして青いのかな」
梓「青いものは青いんです」
唯「またそーやって夢のないことを」
梓「唯先輩は私にどんなキャラを期待してるんですか」
唯「べっつにー?」
梓「む、なんですかその言い方」
唯「だってあずにゃんつまんないんだもん」
梓「悪かったですね。どーせ私はつまんない人間ですよ」
唯「そこまで言ってないじゃん」
梓「凹んでるだけなのでお気になさらずにっ」
唯「私に言われて?」
梓「そーですよ」
唯「ふぅん」
梓「いや、ふぅんって…」
唯「凹んだ?」
梓「私を凹ませてそんなに楽しいんですか」
唯「うん♪」
梓「ひどっ…」
唯「大丈夫!その分ちゃんと慰めてあげるから!」
梓「楽しむための慰めなんていらないです!」
唯「じゃあ私を慰めて」
梓「なんで唯先輩なんですか!?」
唯「あずにゃんが夢のないこと言うから」
梓「まだ引きずってるんですか…」
唯「はやく〜」
梓「はぁ…なにやってんだろ、私」ギュゥ
唯「そう言いながらも抱きしめてくれるあずにゃん大好きー♪」



end

494軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:27:35 ID:.hsnZo7k0
恋人設定も好きだけど
女友達として接してる二人も好きだな
SSが書きたい

495軽音部員♪:2010/07/28(水) 16:45:26 ID:alp0we6c0
>>494
柔らかい感じがしてすごく好き
SS頑張って書いて!

496軽音部員♪:2010/07/28(水) 21:48:10 ID:.xN.Yyoc0
原作未読だからわからないが、文化祭での唯梓は期待できるのかな?

497軽音部員♪:2010/07/29(木) 07:43:20 ID:jYUj6GmgO
>>496
今回の文化祭は澪律でロミジュリがメインだからアニメオリジナルの部分に期待するしかない

498軽音部員♪:2010/07/29(木) 10:33:47 ID:B2OBNU.2O
律澪スレはすでに祭り状態でうらやましい
唯梓って毎回不意打ちでだったよね。
次回予告見てwktkしながら来週待つ
そんな楽しみ方もしてみたいな

499先輩後輩:2010/07/29(木) 13:27:33 ID:sudf6L9A0
*ケンカネタ注意
*先輩後輩ネタ


いつもなら、先輩方と部室で練習やお茶をしている夕方に……
私は一人、公園にいた。
ふらつく足取りで力なく歩き……
ベンチを見つけると、力を使い果たしたようにそこに座り込んだ。
地面に落ちたカバンが大きな音をたてたけれど、
拾うつもりになんてなれない。
それでもギターだけは、無意識のうちに丁寧にベンチの上に置いていた。
自分のギターはちゃんと守ろうとするその態度が、
まるで自分の身勝手さを表しているように思えて、

「……私、最低だ……」

……私はそう、呟いていた。
その言葉がきっかけになって、ついさっき、
自分がしてしまったことを思い出してしまい、

「う……ひっく……うぅ、う……うぇぇ……」

堪えようもなく、涙が両目からこぼれだしていた。

『怠け者の唯先輩なんかに教わりたくないです!』

自分が言ってしまった言葉が、頭の中に響き渡った。
いくら後悔しても、もうなかったことにはできない、
唯先輩を傷つけてしまった言葉……それはただの八つ当たりだった。
新曲の練習がうまくいかない日が続いて、焦って、イライラして……
私が悩んでいる箇所を、唯先輩が先に弾けるようになって……
励ましてくれて、「一緒に練習しよ!」と言ってくれた唯先輩に、
私はひどい言葉をぶつけてしまったのだ。
八つ当たりで怒鳴り、ひどいことを言い、
挙句の果てに私は部室から逃げ出したのだった。

「う……うぁぁ……ゆ、唯先輩……ひっ……ひっぐ……」

傷ついた唯先輩の顔が頭の中に浮かんだ。
私の言葉に顔を歪め、今にも泣き出しそうになって、
それでも泣くのを我慢して、笑顔を浮かべようと必死になっていた唯先輩。
唯先輩のあんな悲しそうな顔を見るのは初めてだった。
あんな悲しそうな表情を、私が浮かばせてしまったのだ……
そう思うと、後悔のあまり泣くことしかできなかった。

「唯先輩……えっぐ……唯先輩、唯先輩……ひっく……唯先輩……」

ただただ泣いて、唯先輩の名前を呟き続けていると、

「あずにゃん……」

優しい言葉が聞こえ……そして誰かに、私は後ろから抱きしめられていた。

500先輩後輩:2010/07/29(木) 13:30:56 ID:sudf6L9A0
「え……ゆ、い先輩……?」

聞き間違えるはずのない声音と、勘違いするはずのない温もり……
それでも私は信じられなくて……震える声で、その名前を口にしていた。
そんな私の声に、

「うん、私だよ、あずにゃん……」

返事をしてくれたのは、確かに唯先輩だった。
私を抱きしめる腕の力が強まり、唯先輩の温もりが私に伝わってくる。
いつも私を安心させてくれるその温もりに……
でも今の私は、体を強張らせることしかできなかった。
唯先輩に抱きしめられていることが嬉しくて、
それに甘えようとしている自分に自己嫌悪して、
傷つけてしまったことが悲しくて、謝らなくちゃと思って、
でもどう謝ればいいのかわからなくて、
謝って許してもらおうとしている自分にまた自己嫌悪して……
いろんな感情と考えが頭の中でごちゃごちゃになって、
どうすればいいのかもうわからなくて……
私は何も言えず、身を小さくしていることしかできなかった。
小さくなって、嗚咽を漏らすだけの私に、唯先輩は何も言わなかった。
ただ黙って、ぎゅっと抱きしめていてくれて……
その手がふっと、緩んで離れた。
そのまま、小さな足音が私から遠ざかっていく。
その音を聞いて、「ああ、嫌われちゃったんだ……」と、私は思った。

「当たり前、だよね……」

自嘲気味にそう呟く。嫌われるのも当然だった。
八つ当たりでひどいことを言って、傷つけて……
それでも追いかけてきてくれて、抱きしめてくれたのに、
私は謝りもしないで泣いているだけだったのだから。
そんな子は嫌われて当然だった。
いくら唯先輩だって、許してくれるわけがなかった。
きっともう、唯先輩は私に抱きついてくることはないだろう。
あずにゃんなんて、そう呼んでくれることもきっとなくなって、
仲良くなんてもうできなくて……
大切な人を傷つけた結果、自業自得なんだ……

「あっずにゃん!」

……と、うな垂れる私の首に、声と一緒に突然重たいものが引っ掛けられた。
馴染みのある感覚に、反射的に腕が動いて……
体の前に降ってきたギターを、私は両手で持っていた。
首に触れる感触はギターのストラップ。
見下ろせば、そこには唯先輩のギターがあった。
唯先輩のギー太を、私は抱えていた。

501先輩後輩:2010/07/29(木) 13:35:46 ID:sudf6L9A0
驚きのあまり立ち上がって、後ろを向く。
そこには笑顔の唯先輩が立っていた。
少し離れた地面に、唯先輩のカバンとギターケースが見えた。
さっき離れたのは、きっとギー太を持ってくるためだったのだろう。
でも、何のために? そしてどうして、私にギー太を持たせたのだろう?
驚きと混乱で何も言えず、その場に立ち尽くしていることしかできない私に、
唯先輩は変わらない笑顔で、

「あずにゃん! 一緒にギター弾こ!」

そう言っていた。
突然の、そして予想外の言葉に私はやっぱり何も言えなくて、
動くこともできなくて……
そんな私の戸惑いを気にすることもなく、唯先輩は私に駆け寄ってきた。
私の後ろに回り、また抱きついてきて、

「あずにゃんはどっちがいい?」
「え……?」

突然、そんなことを聞いてきた。
いったいなにを聞かれたのかわからず、
私はつい間の抜けた声を漏らしてしまった。

「あずにゃんは弦とピック、どっちがいい?」
「え……どっちって……え……」
「ん〜、じゃっ、あずにゃん弦の方ね! 私ピックやるよ!」
「え……唯先輩、いったい……」
「曲は、ふわふわね! じゃ、いくよ、あずにゃん!」

私の質問にちゃんと答えてくれないまま……
唯先輩は後ろから私にぎゅっとくっついて、
そして左手を動かしていた。
ピックが、私の抱えているギー太の弦に触れる。
私がネックの弦を押さえていないため、
曲になっていない音だけが辺りに響き渡った。

「ほらっ、あずにゃん! コード!」

唯先輩が言って、またピックを動かす。
そこで初めて、唯先輩が何をしようとしているのかを理解した。
私が抱えているギー太を、二人で一緒に弾こうとしているのだ。
私がコードを押さえて、唯先輩がピックを動かして。
唯先輩がやろうとしていることはわかったけれど……
でもいったい何のために、
そんなことをしようとしているのかはわからないままで、

「ほらほら! あずにゃんあずにゃん!」
「えっ……え……ちょ、ちょっと待って下さい、唯先輩!」

502先輩後輩:2010/07/29(木) 13:39:05 ID:sudf6L9A0
でも疑問を口にする暇を、唯先輩は与えてくれなかった。
動かされるピックを追いかけるように、慌てて私はコードを押さえ始めた。
それはもう、条件反射みたいなものだった。
ギタリストの習性と言った方がいいかもしれない。
曲が始まってしまえば、体は勝手に動き出してしまう。
それが自分の体に馴染んだ曲なら尚更だった。
迷わず指が動いて、コードを押さえだす。
でも窮屈な姿勢でくっついて、二人で一緒に一つのギターを弾いて……
それですぐうまく曲を弾けるわけがなかった。
ピックの動きとコードがあわず、ずれた音が辺りに響いてしまった。

「あ、あずにゃん早いよ! そこはもっとゆっくりだよぉ!」
「ゆ、唯先輩が遅いんです!」

二人でくっついて、言い合いながらギー太を弾いた。
公園の中に響くのは、滅茶苦茶な「ふわふわ時間」だった。
どうしようもなくずれてて、音が飛んで、テンポは乱れて、
メロディーになっていなくて、まともな演奏には程遠い、
もう滅茶苦茶な「ふわふわ時間」で……
でもそれなのに、すごく楽しい演奏だった。

「あ、あずにゃん今度は遅すぎ! もうっ、またずれたぁっ!」
「唯先輩のテンポがずれてるんです! ちゃんとあわせて下さい!」

気がつけば私は……私たちは笑って演奏していた。
二人で一つのギターを弾いて、
滅茶苦茶で楽しい「ふわふわ時間」を奏で続けた。
そして最後の一瞬……

「わっ……」
「あっ……」

キレイに最後のフレーズが響き渡る。
私と唯先輩、二人の手が同時に止まって……
余韻がゆっくりと流れ、宙に溶けていった。

「……最後……ぴったりあったよね?」
「……はい……ぴったりあいました」

言って、一瞬の沈黙を挟んで、

「やったね、あずにゃん!」
「はい!」

503先輩後輩:2010/07/29(木) 13:42:46 ID:sudf6L9A0
笑って唯先輩が、私をぎゅっと強く抱きしめた。
その腕に触れて、私も笑った。笑って笑って……
笑いすぎて息が続かなくなって、笑い声を抑えて息を吸った瞬間、

「あずにゃん、やっと笑ってくれた……」

私の耳元で、小さな声で、唯先輩がそう言った。
そう言われて、自分が今笑っていることを自覚した。
二人一緒に、滅茶苦茶な「ふわふわ時間」を一生懸命弾いて……
それが私の気持ちを解きほぐしてくれていた。
そのために、私のために、
唯先輩が「ふわふわ時間」を一緒に弾こうと言ってくれたことを、
ようやく私は理解していた。

「唯先輩……」
「……なんか、あずにゃん今日ずっとつらそうだったから……
元気になって欲しかったんだけど、でもどうしたらいいか分かんなくて……
今日は私うまく弾けたから、これであずにゃんに教えてあげられる!
なんて思ったりもしたけど……でもごめんね、
あずにゃん、逆に怒らせちゃったよね……」
「ち、違います! あれは私が……!」

震える声で、まるで泣き出しそうな口調で言う唯先輩の言葉を、
私は慌てて遮った。
あんなにひどいことを言って、傷つけて、逃げ出して……
それなのに唯先輩は私を追いかけてきてくれて、
私を元気づけようとしてくれて……
唯先輩が謝らなきゃいけないことなんて何もない。
謝らなきゃいけないのは、私のほうだ……。

「わ、私が悪いんです……新曲がうまく弾けなくて、
それでイライラして……唯先輩に八つ当たりして、
き、傷つけて……私が、ひっぐ……わ、悪いのに……
唯先輩を……ぐすっ……き、傷つけちゃって……」
「あずにゃん……」
「ご、ごめんなさい……唯先輩……えぐっ……ごめんなさい……!」

泣きながら、私は唯先輩に謝った。
ちゃんと謝らなきゃいけないと思うのに、
堪えようもなく漏れてしまう嗚咽がそれを邪魔して……
それがまた悲しくて、申し訳なくて……
必死に言葉を紡いで、私は謝り続けた。
そんな私を、唯先輩はずっとぎゅっと抱きしめ続けてくれた。
それからどれぐらい時間がたったのか……
ようやく私が泣き止むと、唯先輩は腕を緩めて、
その手で私の涙を拭ってくれた。

「ごめんなさい、唯先輩……ほんとに、今日は……」
「もう謝らなくていいよ、あずにゃん……もういいからね……」

指先が頬の上を滑り、涙を拭って……
頬が乾くと、今度は頭を優しく撫でてくれた。
唯先輩の優しさに、私の目がまた潤んでしまった。

504先輩後輩:2010/07/29(木) 13:45:22 ID:sudf6L9A0
「もう、ダメだよ、あずにゃん……
せっかく元気になってきたんだから、もう泣いちゃダメっ」
「ご、ごめんなさい……で、えぐ……でも……」
「もうっ……うん……いいよ、あずにゃん……
我慢できないなら、泣いちゃっていいから……
私がずっと側にいるから、だから泣いちゃっていいよ……」
「唯……先輩……う、ぅわぁぁぁぁ……」

唯先輩に抱きしめられて、唯先輩の胸に顔を埋めて……
私は大きな声で泣いた。
何の言葉もなく、ただただ泣き続けた。

「今度こそ……大丈夫です……」

ようやく私が泣き止んだ頃には、あたりは真っ暗になってしまっていた。

「すみません……こんなに遅くまで……」
「エヘヘ……いいよ、あずにゃんが元気になってくれたんだから……
あ、でも、りっちゃんたちには明日ちゃんと謝らなきゃダメだよ。
みんなも心配してたんだから」
「はい……」

唯先輩に言われて、
改めて今日自分が先輩方に迷惑をかけてしまったことを自覚し……
私はため息を吐いた。
学園祭が近いというのに、
私のせいで今日はまともな練習ができなかったのだ。
先輩たちにとっては高校最後の学園祭だというのに。
なんてことをしてしまったのだろうと、
後悔で胸がいっぱいになってしまう。

「本当に、今日はすみませんでした……私のせいで……」
「いいよぉ、あずにゃん……」
「自分が……自分が情けないです……皆さんに迷惑かけて、心配させて……」
「あずにゃんっ」

私の呟きを、ちょっと怒った口調の唯先輩が遮った。
唯先輩の声音に驚いて顔を上げると……
口調とは裏腹に、笑みを浮かべた唯先輩の顔があった。

505先輩後輩:2010/07/29(木) 13:47:55 ID:sudf6L9A0
「……先輩なんだよ」
「え……」
「ちょっと頼りないし、怠けてばかりだけど……
でもね、あずにゃん、私たちはあずにゃんの先輩なんだから……
だからもっと甘えていいし、迷惑かけていいし、心配させてもいいんだよ?」
「唯先輩……」
「大丈夫、ちゃんと受け止めてあげるから」

言って、唯先輩が私の頭を撫でてくれた。
その優しい手つきに、
自分がずっと唯先輩に支えられてきたことを思い出していた。
不安なとき、寂しいとき、いつも唯先輩は側にいて、私を抱きしめてくれた。
困ったときには、家に駆けつけてくれたこともあった。
人との間に壁を作ってしまいがちな私の心を
解きほぐしてくれたのも唯先輩だ。
いつか憂が言っていた、「お姉ちゃんあったかい」という言葉……
本当にその通りだと、私は思った。
唯先輩の温かさに、私はずっと助けられてきたのだ。
唯先輩に頭を撫でられて、自然と私の顔にも笑みが浮かんでしまう。
もし唯先輩と出会わなければ、
こんな表情を浮かべられる日もこなかったかもしれない。

「まぁそれに……どちらかといえば
普段は私たちの方がご迷惑をおかけしているわけですし……」

ちょっとふざけた口調で唯先輩が言った。
その言葉に、私は声を出して笑った。
こんな風に笑えるのも、唯先輩がいてくれるからだと思った。

「フフ……そうですね。特に唯先輩はナマケモノですから」
「ぶー、あずにゃんひどい!」

私の言葉に、唯先輩がふざけて口を突き出して……
それから私たちは、二人で体を震わして笑った。
ひとしきり笑った後で、私は思い切り、唯先輩に頭を下げていた。

「唯先輩、これからもよろしくお願いします!」
「うん、よろしくされました!」


END


長文失礼します。
たまには先輩後輩ネタで。
17話での唯の梓に対する細かい気遣い、
イスを勧めたりするところなんかを見ると、
やっぱり唯は先輩でお姉ちゃんなんだなぁと思いますね。

506軽音部員♪:2010/07/29(木) 17:20:05 ID:FsfhlLf60
最近恋人ネタとかそんなんばっかだったからこういうのがいいわ
GJ

507軽音部員♪:2010/07/29(木) 21:47:04 ID:uBDhmAj20
>>505
GJ!
本編でもケンカネタを見てみたいけど、さすがにないかな
今のところ1期11話の律澪以外ケンカはないし

508軽音部員♪:2010/07/29(木) 23:15:46 ID:pD40RNnI0
ある意味、入部直後は喧嘩状態みたいなものだったような
今となっては、唯の駄目な所も良いところも分かって世話焼いてる感じだからなかなか難しそうだ

509軽音部員♪:2010/07/29(木) 23:43:25 ID:201dCgGA0
>>505
いい唯梓だ……
GJ!!!

510軽音部員♪:2010/07/29(木) 23:52:32 ID:R2siWoDo0
梓が唯に怒るのならまだ想像できるが唯が梓に怒るのは想像できないな
というかそんな展開を本編でやられたら(ありえないけど)マジで鬱になりそう

511軽音部員♪:2010/07/30(金) 02:31:48 ID:msv3WmSUO
>>510
仲直りしないわけがないから逆に燃える

512軽音部員♪:2010/07/30(金) 04:06:05 ID:SNg4K7lE0
そもそも唯が怒ることが…

513軽音部員♪:2010/07/30(金) 18:23:17 ID:msv3WmSUO
普段ほにゃっとしてて何も考えて無さそうな印象だけど間違ってたりしてはいけない事とかはキチンと弁えていそう
だからもしあずにゃんが何かしてしまったら間違いを正す意味で叱ったり怒ったりするそんな唯先輩であってほしいです。

514軽音部員♪:2010/07/30(金) 20:14:12 ID:dI2QgpSA0
唯「ん〜 あずにゃん かわいい〜☆」すりすり
唯「鼻の穴にドーナッツ詰めたくなる可愛さだよ〜」
紬「フォンデリングもあるの♪」
唯「よさこい!」ズブズブ
梓「やめてください!・・っミギャアアア!」

515軽音部員♪:2010/07/31(土) 02:46:56 ID:DjJ8ubwwO
唯が留年しそうになるエピとかほしいよね
来年からもよろしくねって力無く笑う唯を見て、
一緒に授業受けたりお弁当食べたりできるんだとか、軽音部も一人じゃなくなるんだとか、いろんな想像するんだけど、
でもやっぱり唯先輩は唯先輩でいてほしくて、私が卒業させてあげますって唯の勉強を付きっきりでみてあげて、
卒業式では一年だけ待っててくださいねって寂しくも晴れやかな気持ちで唯を送り出す梓とか見たいよね

516軽音部員♪:2010/07/31(土) 02:51:24 ID:2OxYDSKo0
>>515
お前……天才か!

517軽音部員♪:2010/07/31(土) 22:04:49 ID:8Yzihqt.0
本スレに書き込めないと思ったら鯖移転か

518軽音部員♪:2010/07/31(土) 22:22:53 ID:H8tHmw4g0
なんか運営がミスって月曜まで復活しないとか聞いたけど

519軽音部員♪:2010/07/31(土) 22:28:27 ID:8Yzihqt.0
アニキャラスレの鯖移転は問題ないらしい

22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 22:12:24 ID:yI6VsyeZ0 [6/6]
運営がヘマこいたtiger3555鯖に入るのがacademy7、love7、science7、society7鯖なので
アニメ系のchangi鯖→yuzuru鯖への移転には影響は無い模様

tiger3555鯖には月曜以降に鯖移転可能に

520軽音部員♪:2010/07/31(土) 23:43:47 ID:8Yzihqt.0
復活したな

521軽音部員♪:2010/08/01(日) 17:14:31 ID:gh2Bobxg0
復活しても規制で書き込めないから辛い
SSにGJの一言も言えない

522軽音部員♪:2010/08/01(日) 21:06:32 ID:RS4v5Pco0
ここで言えばいいさ

523軽音部員♪:2010/08/02(月) 03:24:27 ID:U222Um8c0
笑顔の行方



部室を訪れた唯は、いつもと様子が違う梓に首をかしげていた。
どことなく暗いというか、いつものハキハキとした感じがない。

唯「あずにゃんぎゅぅ〜♪」
梓「またですか、相変わらず懲りないですね唯先輩は」
唯「………」

やはり違う、と唯は思う。
いつもなら顔を真っ赤にして振りほどく素振りぐらいは見せるというのに。
今日に限っては全くの無抵抗。
これは本格的に重症だと思い始めた。

唯「あずにゃん、もしかして、なんかあった?」
梓「なんでですか?べつにいつも通りですけど」
唯「だって、いつもなら嫌がったりするのに」
梓「なんとなく気分じゃないだけです。でもやりすぎたら怒りますよ?」
唯「ホントに、ホントになんでもないんだね?」
梓「何度も言わせないでください、しつこい人は嫌いですよ」
唯「あぅ…ごめんね」

結局、梓の違和感はわからないまま、
何も聞けずじまいでその身を離すことになった。
そしていつもの部活が始まり、一通りの流れが過ぎていく。

唯(そっか……あずにゃん、笑ってないんだ……)

その最中、唯はギターに集中しつつも、
演奏を重ねていくうちに梓の違和感の正体に気がつく。
が、それがわかったところでどうしようもなかった。
どうして梓が笑わないのかを聞きだすことができなければ。

唯(帰りに、二人きりになったら、それとなく聞いてみよう)

524軽音部員♪:2010/08/02(月) 03:28:21 ID:U222Um8c0
帰り道。
他のメンバーと別れた後、唯と梓はしばらく無言のまま歩いていた。
気まずい空気が流れる。しかし、それは唯にとってだ。
梓の違和感には、結局他のメンバーは気がつかなかった。
笑わないこと以外はいつも通りなのだ。
普通に会話に乗ったり軽い冗談を飛ばしたりもする。
それゆえに、唯にとっては奇妙に見えてしまった。

梓「唯先輩、今日は帰ったら宿題とかあるんですか?」
唯「へ、あ〜どうだったっけ」
梓「自分のことでしょう?しっかりしてくださいよ」
唯「……ねえ、あずにゃん」
梓「はい?」
唯「なんで今日のあずにゃん、笑わないのかな」
梓「っ…」

梓は唯の言葉に驚いたように目を丸くさせた。
その表情は、自分の知らない部分を指摘された時のものだ。

梓「そ、そうなんです、か?」
唯「うん、部室に来た時から、なんとなく様子がおかしいと思ってたんだけどね」
梓「………」
唯「どうして?なにか笑えない理由でもあるの?ダイエット?」
梓「違いますよ。ここ最近、ちょっと考えごとが多くなっちゃったからだと、思います」
唯「考えごと?」
梓「最近の私、ちょっとおかしいんですよ。なんていうか、ネガティブになっちゃって」
唯「……」

唯は無言で「続けて」と促す。
梓も一呼吸置いてから話し出した。

梓「最近、よく悪い夢を見るんです」
唯「悪い夢?」
梓「その夢では、私は一人ぼっちになるんです」
唯「っ……」
梓「誰もいない部室で私だけ、一人でいるんです。ただ、それだけなんです」
唯「……」
梓「多分、私がここ最近、そういうことを考えてるから夢にも出てきたんですね、きっと」

525軽音部員♪:2010/08/02(月) 03:31:45 ID:U222Um8c0
梓はそう言って小さく笑った。
ただ、唯にはそれが、精一杯の強がりにしか見えなかった。
笑うことで、必死に弱い部分を隠そうとするかのように。
それが、今日初めて、唯が見た梓の笑った表情だった。
痛々しいぐらいに、今にも砕けてしまいそうなほど、脆い笑み。

梓「でも、所詮夢だなんて思えなくて、先輩達が卒業したら、
  そんな日常が来てしまうのだと考えたら、笑えなくなっちゃって……」

震える体を抑えるように、自分の体を抱く梓。
唯はそんな梓が痛々しくて仕方がなくなり、無意識に、
その背中を優しく包み込むように抱き寄せていた。

唯「……」
梓「……」

しばらくの沈黙。
途中、自転車が一台横をすり抜けていったが、
どちらも、少しも離れようとはしなかった。
時間としては1分かそれよりも短い。
が、梓にとってはそれが永遠のようにも感じられた。

梓「もう大丈夫です、ありがとうございます……」
唯「あずにゃんがそう言うなら」

渋々と身体を離す唯。
その表情はどこか物足りなさそうに見えた。

梓「まさか、唯先輩これがしたくて……」
唯「ち、違うよ!私は本気であずにゃんのことっ」
梓「なーんてっ、冗談ですよ♪」
唯「あ……」

梓は笑っていた。
それは、さきほどの不安を称える笑みではない。
心の底から、安堵しきっている癒しの笑みだった。



唯「やっぱり、あずにゃんには笑った顔が一番だよ」




end.

526軽音部員♪:2010/08/02(月) 03:34:19 ID:U222Um8c0
なんか中途半端感が否めないですが
キリがよかったもので

527軽音部員♪:2010/08/02(月) 07:19:44 ID:pSvasdvIO
>>526
上手く余韻を残している感じが有って良いですね〜
GJ!!!

528軽音部員♪:2010/08/02(月) 12:47:57 ID:U222Um8c0
お泊りの夜に


梓「あ〜もう暑苦しいんですよっ」
唯「よいではないかよいではないか〜♪」
梓「もうちょっとだけ、離れてくれませんかね」
唯「No,Thank You!」
梓「いや、困りますよ…」

唯はベッドの上で背を向ける梓にしがみついている。
その表情は幸せそのもの。
一度手に入れた宝物は二度と手放さないとばかりに、
強く、強く、抱きしめてくる。

梓(唯先輩……相変わらず、フワフワだなぁ……)

言葉では嫌がる梓も、実は同じ幸せを共有する一人。
唯に抱かれることで、文字通り、フワフワとした気分を満喫している。

唯「あずにゃん、そろそろこっち向いてほしいんだけどぉ」
梓「……もう寝ましょうよ」
唯「えぇーおやすみのチューはー?」
梓「しませんよバカ」
唯「バカッてひどくない!?」
梓「べつに」
唯「そんなぁ〜」

梓(今そっちを向いたら、全部見られちゃうじゃないですか…)

熱く火照った顔も、潤んだ瞳も、全部。

唯「あずにゃん?」
梓「なんですか」
唯「こっち向いてよ」
梓「だから…」
唯「お願い」
梓「……」
梓「もうっ…」

529軽音部員♪:2010/08/02(月) 12:50:14 ID:U222Um8c0
結局、唯の懇願に折れる梓。
もぞもぞと唯の腕の中で身を捩り、唯の方へ向き合う。

梓「これで、いいんですか…///」
唯「あずにゃーん可愛い♪」
梓「んにゃぁっ」

恥ずかしそうに伏し目気味の梓に、
とうとう我慢の限界とばかりに唯は抱きつき、
渾身の頬ずり攻撃を始める。
「だから嫌だったんですよ」と渋る梓の声も、
今の唯には聞こえなかった。

唯「えへへ〜あずにゃん大好きだよ♪」
梓「//////」

屈託のない笑顔で、耳元でそう囁く唯に、
梓は耳まで真っ赤にして唯の胸に顔を埋める。
それが、唯のボルテージを底上げさせるなどとは知らずに。

唯「あぁんもう、どうしてあずにゃんはそんなに可愛いのっ」
梓「うにゃぁ〜〜っ」

それから、唯は梓を胸に抱きしめながら、
気が済むまでベッドの上を転がり続けたのだった。
梓は抵抗することもできずに、
唯の胸に収まったまま、あっちへゴロゴロ、
こっちへゴロゴロと身を任せるしかなかった。

唯「あ〜ずにゃんのた〜めな〜らえんやこ〜ら〜♪」
梓「変な歌うたわないでくださいよ、もう///」




end.

530軽音部員♪:2010/08/02(月) 12:54:49 ID:U222Um8c0
短いですが限界です

531軽音部員♪:2010/08/02(月) 13:01:14 ID:usXSPS8Y0
>>530
GJです
唯梓は切ない話も温かい話も合うね
ずっと一緒にいてもらいたい二人だよ

532軽音部員♪:2010/08/02(月) 14:53:23 ID:U222Um8c0
穏やかに過ぎゆく時


梓「唯先輩、そっちに行ってもいいですか」
唯「うん?どうしたの?」
梓「これといって理由はないんですけど、変ですか?」
唯「ううん、何も変じゃないよ。おいで♪」
梓「!」

優しい声をかけられ、パァッと表情が明るくなる梓。
ソファーに座っていた唯は、「ここ、ここ」と、
自分の膝を叩いて誘導した。

梓「し、失礼します///」
唯「そんなに畏まらなくてもいいよぉ」

そっと唯の膝に腰を落とす梓。
唯は梓が座りやすいように、かつお尻が痛くならない程度に
膝の間隔を調整して、梓が落ち着くのを待った。

唯「お尻痛くない?」
梓「はい。平気です」
唯「ぎゅってしてもいい?」
梓「いつもならそんなこと聞かないじゃないですか」
唯「そーいうムードなの」
梓「唯先輩がムードを語るなんて」

話しながら、唯は梓のお腹に手を回す。
梓はそれに応じるように唯の手に自分の手を置いた。
しばらく、そのまま、無言の時間が過ぎていく。

梓「あとで、ギターの練習しましょうね」
唯「そうだね、学園祭も近いし」
梓「意外ですね。いつもなら嫌がるのに」
唯「そーいうムードなの」
梓「後で心変わりしてもダメですからね」
唯「あ、ちょっと待って」
梓「待ちません」
唯「あぅ…」

533軽音部員♪:2010/08/02(月) 14:55:59 ID:U222Um8c0
唯はうなだれるように梓の肩に顎を乗せる。

梓「なんですか」
唯「やっぱ取り消しぃ〜」
梓「受け付けません」
唯「むぅ〜」
梓「顎ゴリゴリしないでください。普通に痛いです」

しばらくして、唯は梓のお腹に回した腕を解くと、
首に腕を回すようにして「あ〜ずにゃん♪」と寄りかかった。

梓「今度はなんですか…」
唯「学園祭、絶対に成功させるからね」
梓「っ…」

耳にかかるような唯の声に、思わずドキッとする梓。
その言葉からは、唯なりの「学園祭を成功させる」
という信念が見えたような気がした。

梓「当たり前なこと、言わないでください…」
唯「あはは、だよねー」
梓「そう言うからには、体調管理はしっかりしてくださいね」
唯「あずにゃんもね。当日は何事もなければいいなぁ〜」
梓「平和すぎるのもどうかと思いますけど」
唯「へ?どして?」
梓「何も起きないのも、かえって私たちらしくないかもって」
唯「あずにゃんも毒されてきましたなー」
梓「……」

梓は一瞬黙り込むと、目を閉じて、
やがてフッと息を吐くと、小さく笑ってこう言った。

梓「今更ですよ…」

後ろから抱き締める唯の腕を、
しっかりとその手に握りしめながら……。




end.

534軽音部員♪:2010/08/02(月) 14:59:07 ID:U222Um8c0
連投すみません。
投下する予定のなかった作品なので
空いた時間にちょこっと修正して投下してます

535軽音部員♪:2010/08/02(月) 15:28:35 ID:eyw56/Z60
ぐっじょぶ

536軽音部員♪:2010/08/02(月) 17:12:01 ID:pSvasdvIO
>>530 >>534
短いけど良い感じですね
GJ!!!

537軽音部員♪:2010/08/02(月) 23:03:04 ID:xivq1S160
>>530>>534
グッジョブ!
こんな唯と梓の関係も素晴らしい。

538軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:13:48 ID:x48dYgKs0
とある平沢家の来客騒動

唯「純ちゃんらっしゃい!お初にお目にかかれて光栄ですタイ!」
純「え、以前に知り合ってませんでしたっけ(タイ?)」
唯「この家で会うのは今日が初めてって意味だよ♪」
純(こっ…これが噂の、唯先輩クオリティっ!)
梓「純、なにハアハァしてんの」
憂「初っ端から飛ばすなぁ、お姉ちゃん」

リビング

唯「さあかけてかけて!うい〜アイスぅ〜」
純「す、すごい!なんかわかんないけど色々凄い!!」
梓「まあそれが唯先輩たる由縁だからね」
憂「ハイ、ちゃんと二人分のアイスもあるよぉ〜♪」
純「そして当然のようなこの対応!」
梓「姉妹揃ってハイレベルなんだよ、この家は」

数分後

唯「純ちゃんってアレだよねー」
梓「伝わってませんから面倒臭がらないでください」
憂「うんうん、なんとなくオーラがね」
純「以心伝心!?」
唯「あ、憂もそう思う?えへへ〜♪」
憂「えへへ〜♪」
梓「私も姉妹に生まれてこれば…」
純「漏れてる漏れてる」

話を戻して

唯「つまり、純ちゃんはりっちゃんにどことなく似たオーラを醸し出している!!」
梓「つまりもなにも脈絡グチャグチャですって」
唯「褒めてくれるな梓君」
純「梓も何気に凄い!ちゃんとついていけてる!」
憂「純ちゃんも慣れれば楽しいよ」
純「私、今まで唯先輩も、アンタ達のことも甘く見てたわ」

539軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:15:34 ID:x48dYgKs0
更に話を戻して

梓「で、純のどこが律先輩に似てるって言うんですか」
純「わ、私も気になります!(澪先輩が好意を寄せる律先輩に近づくため!)」
唯「どこがって、オーラ?」
梓「他に言い方ないんですか。戦闘力とか」
純「スカウターかい」
憂「雰囲気かな、他の言い方で言うと」
唯「んまい!純ちゃん憂に座布団3枚!」
純「あ、はい!梓っ、座布団どこ!」
梓「多分あっち…」
純「おっしゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ダダダ
唯「ね?りっちゃんぽいでしょ」
梓「バカっぽいところなんか特に」
憂「梓ちゃんそれは…」

純の帰還

純「座布団、リビングのやつで全部じゃん」
梓「純があまりに必死だったからつい」
憂「リビングのやつ使えばよかったのに…」ボソ
純「身体動かしたい気分だったからいいの!」
唯「だって。いいことしたねあずにゃん♪」
梓「ですよねゆいにゃん♪」
純「あーその…これいいの?」
憂「うんいつものことだよ」
純「……」

唯寝る

唯「zzz」
梓「寝ちゃいましたねゆいにゃん」
憂「梓ちゃん口調」
梓「寝ちゃいましたね唯先輩」
純「綺麗に言い直すんじゃないよ」
梓「いつのまにか寝ちゃったよ、唯」
純「深いよ…」

540軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:18:00 ID:x48dYgKs0
憂も寝る

唯憂「zzz」
純「フリーダムすなぁ」
梓「唯先輩の寝顔は眠気を誘うからね、あふぅ…」
純「梓まで寝る気!?」
梓「さすがに純一人残すわけにいかないでしょ」
純「一応感謝しとく…」

……

純「今日は凄まじい一日だった、もうマジと書いて本気で」
梓「逆でしょ」
純「つーか梓もよくうまくやってるよね」
梓「大したことじゃないよ。自然と慣れただけ」
純「でも凄いって、あの唯先輩相手にさ」
梓「純も軽音部に入ってたらわかるよ」
純「ま、そうなんだろうけどねー。でもやっぱり…」
梓「なに?」
純「私のいる部活にはこんな個性的な人いないもんさ」
梓「大丈夫。それは多分、純が浮きすぎてるだけだから」
純「よーし、アンタの私に対するイメージについて議論しようか」

……

梓「ぷにぷに、ぷにぷに」
唯「うにゃぁ…zzz」
梓「ふふ♪ゆいにゃんかーわいい♪」
純「飽きられる女ほど寂しい動物はいないよね」
梓「じゃあ憂のほっぺでもツンツンする?」
純「遠慮しとく、なんか殺されそう」
梓「憂はそんなことしないよぉ」
純「一応さ、保険として」
憂「うぅ〜ん、あとは10分コトコト煮込むだけぇ〜♪むにゃ…」
梓「……」
純「……」
梓「ね、大丈夫だから…」
純「お前が一番怖い!!」

541軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:21:00 ID:x48dYgKs0
……

純「なんだかんだで一時間」
梓「こんな調子でいいのかな」
純「ダメでしょーが、唯×梓スレなんだから」
梓「でもビミョーなところだよね。私さっきから唯先輩にベッタリだし」
純「説明文ないからわかりづらいけどね」
梓「いいもん、見られてない方が好きなだけベタベタできるもん」
純「私はむしろ直視することを拒む」
梓「ゆ〜いせんぱい♪」スリスリ
純「大声で叫びたい」

……

梓「唯先輩好きです…大好きです」
唯「zzz」
純「本人が起きてる時にやれ」
梓「だって恥ずかしい」
純「案外憂は聴き耳立ててそうだけどね」
憂「…」
梓「あはは、ないない♪」
純(ん…?視界にノイズが…)

……

純「つーか告白する相手が違うでしょうに梓は」
梓「だって、このモヤモヤを誰かに打ち明けないと死んじゃってたもん!」
純「だからって私が被害者かい。不幸だ…」
梓「絶対の信頼を置いてるんだよ。純には」
純「他の先輩達でもよかったじゃん」
梓「部内は不味いんだよ。律先輩とかいるから」
純「でも唯先輩の言うとおり私が律先輩に似てるってんならさ…」
梓「純さん♪」
純「はい、決して漏らさないとここに誓います」

542軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:23:31 ID:x48dYgKs0
……

純「もういいよ疲れたよ寝るぞゴラァァァァ」
梓「そうだね、そろそろ潮時かもね」
純「あーあ、結局収拾付かなくなったじゃん」
梓「唯先輩と憂が寝ちゃったばっかりにね」
純「作者は何を考えてるんだ」
梓「多分今頃ムギ先輩の手で天に召されてる頃だと思う」
純「天使と死神は紙一重…ってね」
梓「じゃあ私は最後にやらなきゃいけないことがあるから」
純「あーはいはい、じゃあ私はあっち向いてるからさっさと済ませてよね」
梓「うん」
唯「すぅーすぅー」
梓「唯先輩……」

梓「愛してますよ…ん…」チュ
唯「んむぅ…zzz」
憂「……」

純(アレ、また視界にノイズが…)





GAME OVER

543軽音部員♪:2010/08/03(火) 17:25:21 ID:x48dYgKs0
やってしまった反省はしてる
これを載せるかどうかは管理人さんの判断に任せます

544軽音部員♪:2010/08/03(火) 20:32:40 ID:IFCQieaA0
>>543
GJ。この4人の絡みは本編でも見てみたい

ところで今さらだけど、はわほわって唯梓にぴったりの形容詞だよね
はわわってのが初々しさを、ほわほわってのが和やかさを表しているようで

545軽音部員♪:2010/08/03(火) 21:51:02 ID:QytgFYcU0
いっそのこと唯は留年しちゃえば(ry
とはいえちょっと前のレスにあったけど
そんなことになりそうなら梓が全力でサポートするか
唯梓が一緒に勉強とかギターの練習とかするところはもっと見たい

546軽音部員♪:2010/08/03(火) 21:53:37 ID:QRB0jXfsO
>>543

GJ!純の反応が一々面白かった!

ところで放送前だというのに本スレに全然書き込みが無いんだが…何かあったの?携帯だから良くわからん。au規制されて書き込めないし…

547軽音部員♪:2010/08/03(火) 22:00:11 ID:QytgFYcU0
俺はPCも携帯も規制でここ一週間くらい本スレに書き込めないよorz
ちくしょう規制ちくしょう

548軽音部員♪:2010/08/03(火) 22:19:24 ID:lTY9R8qQ0
規制溶けたと思って喜んだのも束の間の規制
俺がなにしたって言うんだ

549軽音部員♪:2010/08/03(火) 22:51:22 ID:YME6UsjI0
今日新OP・EDフラゲして聴いたんだが
Utauyo!!MIRACLEのコーラスパートで梓の声が聴こえるような気がする
OP映像でも梓が口ずさんでいるカットがあるから
2人でギター弾きながら歌っている姿が想像できてニヤニヤする

550軽音部員♪:2010/08/04(水) 00:49:27 ID:u4wYzW7MO
さて…今日はどうなるのか…。律澪だから期待はしない方がいいな。

551軽音部員♪:2010/08/04(水) 01:55:26 ID:Metj1Sx.0
律澪回だったね〜次回のほうが楽しみですw

552軽音部員♪:2010/08/04(水) 02:01:02 ID:u4wYzW7MO
ここでバイト回を持ってくるとは意外だった…。
細かい唯梓はあったような無かったような…微妙な所…。
来週に期待だな!

唯「今夜は寝かさないよ。子猫ちゃん。」
梓「好きにして下さい。(もちろん性的な意味で)」

553軽音部員♪:2010/08/04(水) 03:26:39 ID:mJBlPfaY0
来週も律澪かーって次回予告見てたら、最後の最後に破壊力のある唯のセリフと表情でやられた

554軽音部員♪:2010/08/04(水) 03:59:00 ID:Y5HU14RQ0
ウィンク失敗して顔の筋肉が引きつってるのが実に唯クオリティ
台詞のささやき方もウィンクもキレイにこなすかっこ唯も見てみたいけど

555軽音部員♪:2010/08/04(水) 08:38:09 ID:4YvkUnck0
バイトする城に訪れたとき、唯と梓が手をつないでるように見える

556軽音部員♪:2010/08/04(水) 09:33:57 ID:HdfNAkLs0
部室で二人きりで何をやっていたのかな?

557軽音部員♪:2010/08/04(水) 13:40:08 ID:ntRn293c0
ナニをしてたに決まってるさ

558軽音部員♪:2010/08/04(水) 13:51:58 ID:.32K9jI6O
唯は梓が寂しがることのないように負担の少ない役を選んだに違いない

と脳内補完している

559軽音部員♪:2010/08/04(水) 14:30:45 ID:HO8GONoMO
今回の話に絡んでいるSS読めば、唯梓分補給できんじゃね

560軽音部員♪:2010/08/04(水) 16:46:46 ID:ZG5FMot60
そういえば最近唯が梓に抱きついていない気がする
14話のムギのスキンシップのイメージを除くと13話を最後に抱きついていない?

561軽音部員♪:2010/08/04(水) 17:34:28 ID:XAihOtZ20
2chのほうにも書かれてたがOPの歌詞、唯梓だな

562軽音部員♪:2010/08/04(水) 18:54:05 ID:ntRn293c0
もっといちゃいちゃすべき

563軽音部員♪:2010/08/04(水) 20:23:47 ID:mJBlPfaY0
>>560
唯に何か心境の変化があったのかな
徐々に寂しさを覚え始める梓が、自分から唯に抱きつく展開への伏線だと思いたい

564軽音部員♪:2010/08/04(水) 21:00:46 ID:u4wYzW7MO
唯とあずにゃんの3Dマウスパッド買ってきた

ボールマウス推奨だったけど後悔はしていない

565<削除>:<削除>
<削除>

566軽音部員♪:2010/08/05(木) 18:13:44 ID:nHkIHL1Y0
>>563
梓から唯への抱きつきはあるとしても唯卒業までとっておきそうだけどね

次回予告は期待してよいのだろうか
今までは予告がそれほどでもない回の方が唯梓分多かったから
予告で期待させられると逆に怖い

567軽音部員♪:2010/08/05(木) 19:20:21 ID:TEH8K3as0
来週が待ちどおしいんだけど何してればいい?

568軽音部員♪:2010/08/05(木) 19:24:35 ID:R13kbrxkO
>>567

唯梓のSSを練って投下しとけばいいと思うよ

569軽音部員♪:2010/08/05(木) 19:44:54 ID:WIdXXRhMO
予告でイチャイチャしてるって何気にはじめてだよな。
9話ですらあんな神展開を予想できるような予告じゃなかったし。
期待と不安でドキドキしてきた…。

570軽音部員♪:2010/08/05(木) 21:27:49 ID:AsDRqlyU0
このタイミングで規制かよ…
俺がなにしたって言うんだorz

571軽音部員♪:2010/08/05(木) 22:21:24 ID:R13kbrxkO
>>570

ゆいにゃんかあずにゃんをペロペロ(^ω^)しすぎたんじゃないか?

572軽音部員♪:2010/08/05(木) 23:07:43 ID:64UdEIG.0
梓だとペロペロ…
じゃあ唯梓だと何だ?レロレロ?

573軽音部員♪:2010/08/05(木) 23:08:56 ID:nHkIHL1Y0
はわほわ

574軽音部員♪:2010/08/05(木) 23:51:16 ID:AsDRqlyU0
なるほど唯梓はわほわ(^ω^)しすぎたせいか…
それで規制喰らうなら本望だ

575軽音部員♪:2010/08/06(金) 00:06:24 ID:qZG.KAfw0
なるほど。ペロペロと違ってキャラには手を出さず
唯梓がはわほわしてその光景に俺らもはわほわする
完璧だな唯梓はわほわ(^ω^)

576軽音部員♪:2010/08/06(金) 08:21:44 ID:5FbYtvooO
唯梓はわほわ(^ω^)

577軽音部員♪:2010/08/06(金) 09:05:51 ID:qU/cp6wU0
新しい何かが誕生した歴史的瞬間に立ち会った気分だ

578軽音部員♪:2010/08/06(金) 17:32:49 ID:5FbYtvooO
ん?待てよ?
あずにゃんをペロペロする者達を俗にペロリストと言うが、
唯梓はわほわ(^ω^)する人達は何て呼べば良いんだ?

579軽音部員♪:2010/08/06(金) 17:38:59 ID:/oGzSWYIO
はわほわん(^ω^)

……イマイチだなぁ

580軽音部員♪:2010/08/06(金) 18:17:44 ID:/75alapA0
                                               _____
                ___                          /         `丶、
             '"´       `丶、                    イ(  ><⌒)く⌒)く⌒ヽ}}
            〃           \                  ( >'´ : : : : / : : : : `'ー<⌒)
          (⌒{{し'⌒)⌒)⌒)しくし ⌒)〉               ∨ : :/==/ | : : : : : :ヽ: : : :∨
            〉/´::::::::::::::::::::::::::::::: `'〜く⌒)                 /: / '==/ ⌒| : : : |∧: : : : : : ',
            7::::/:::::: /::{::::::::::::::::}:::::::::::Vく               i: : :{: :/  │:|: : |  ': :l: : :l : |
             / ::::i::::::⌒:∧::::::::::::∧::|:::::::|::::::.                   |: |: :∨  _  l八: :|_  V : : | : |
         /:::|::::|:::::/∨ |八/|/ V| ::::j|::::::::.               ': :|: : :i xニミ   ∨ニミ |: : :八 |
            ′:ハ八Vx=ミ    x=ミ |::::小:::::::::.             │: |: : :} 、、   .  、、 厶イ| : {
         /:::::八|:::::{ 、、     、、 :::::::| ::::::::l.            │: | : 八    r:::┐   /| : : | : : ,
         .::::::/  |::::::.    r:::‐   /|::::::| l:::::::|.              V八 : : l丶、  -'  イ :| : : | : : |
       l:::::::|   :::::::ト,、 Vノ  イ|´|::::::| |:::::::|           厂)'⌒ ∨八〈|>‐ ´Ⅳ : | : /|人ノ
       |:::::/⌒^V\|レノ>‐ ´ト{ Ⅳ::::/⌒} :::|           _∨〉 __,|〈   >く  〉厂l/ /マ
       |:::/⌒〉 ヽ-〈 `\/´〉-厶ィ{⌒V::::::|         (_/ V⌒}  〉|\/  ヽ/| |_ノてノ  ',
       |::l  〈∧ー{ |\_,∧/| }=-、〉  }:::::|           /   _,ノ _/│ ‐=彡 |〈  〈_   }
       |::{    ∨}│ ー=彡 | {. _/   l|:::::|.         〃    \  〉_|   /  」_,〉  / ー=ヘ
       lノ     ノ {. ∨___/ }  ) -ヘ|:::::|           {{       ∨ノ  ̄ ̄ ̄{_〈_,/    ノ
       〈    ( 二}      {/⌒     〉::::|        \_  ー=ミ}   ∨  く     /
       |\_  ⌒∨        ∨    _/| ::::|          〈_    )   /   / ー=ミ〉
       |:::::|(ニ=ー  〉   | l  〈  ー=彡〉 │::::|            ∨  ∧        /    /´
       |:::::| ∨   ∧   リ  /    /  │::::|            ∨  ∧_____,/    /
       |:::::| ∨   マニニニニ7     /     :::::|             _,∨   ∧=ー=ニ7     /
       |:::::| ∧    ∨‐=ニ/   /     :|::::::|            <ハ    マニニ7    ,/>ヘ
          ':::::∨〔ム     Vヽ/   /〉`ヽ  ノ::::/         〈 / 〈_,   ∨ /   / \  〉
          /⌒{⌒l∧    } {   /⌒}⌒∨ ::/              ∨  ∧    } {   ∧  ∨

581軽音部員♪:2010/08/06(金) 20:46:08 ID:/EVkq3FQO
>>580
はわほわぁぁぁぁぁぁあああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

582軽音部員♪:2010/08/06(金) 22:54:37 ID:BZAS9cqA0
>>580
はわほわぁぁぁん

583軽音部員♪:2010/08/06(金) 22:58:55 ID:5FbYtvooO
>>580
唯梓はわほわ(^ω^)

584軽音部員♪:2010/08/07(土) 00:32:51 ID:.UO57T6E0
唯梓スレの創始者は偉大だな
はわほわは唯梓スレの合言葉

585軽音部員♪:2010/08/07(土) 00:37:54 ID:gmuYFjxU0
さっそく元のほうで使われてるw

586軽音部員♪:2010/08/07(土) 01:00:29 ID:GD/rZp1I0
はわほわに無限の可能性を見た

587軽音部員♪:2010/08/07(土) 19:09:51 ID:nIxkLMiI0
きらら来月号の予告、けいおん最終回が唯と梓のカットばかりなのは
最終回が唯梓回なのか、主人公交代を暗示してるのかそれとも単に今月のおまけに合わせただけなのか

588軽音部員♪:2010/08/07(土) 19:14:18 ID:.UO57T6E0
唯梓ENDってことさ

589軽音部員♪:2010/08/08(日) 01:32:16 ID:IYdnXm6E0
>本スレのバレ
梓にとっての澪はアスカにとっての加持さんみたいなものだし
このくらいは普通だな

590軽音部員♪:2010/08/08(日) 01:34:34 ID:6Dpgf1N60
所詮かきふらいだからなw

591軽音部員♪:2010/08/08(日) 01:38:44 ID:8LsVrcsE0
原作梓は本当に何を考えてるのか分からない
まぁ4コマ漫画に緻密な心理描写なんて求めてはいないが

592軽音部員♪:2010/08/08(日) 01:52:08 ID:IYdnXm6E0
ぶっちゃけ律いるしガチで梓→澪でもあんまり問題ないんだよね
そんなことより唯梓がどれくらい絡むかのほうが重要
最終回手間で唯梓無しとか泣くしかなくなる

593軽音部員♪:2010/08/08(日) 02:36:49 ID:L.Zng.4E0
本スレいわくその次のコマが重要・・・らしい

594軽音部員♪:2010/08/08(日) 14:00:01 ID:Q8Mij.z60
どっちの意味で重要なのか

595軽音部員♪:2010/08/08(日) 15:42:38 ID:ebJOUBm.0
あずにゃんを虜にする3つの方法


其の一:『頭を撫でる』

唯「あずにゃんナデナデさせて〜」
梓「イヤです!子供じゃあるまいし」
唯「私より子供だもーん」
梓「たった一年の差っ…てちょま、やめっ」
唯「ナデナデ〜♪」
梓「うぅ…///」
唯「ふふ、こういう時は先輩っていいよね♪」
梓「///」モジモジ


其の二:『抱きしめる』

唯「あずにゃんぎゅぅ〜ってさせて〜」
梓「少しは休ませてくださいよ」
唯「いいじゃーんさーせてーよー」
梓「はぁもう、少し、ほんの少しですからね」
唯「やったーぎゅぅ〜♪」
梓「ん…///」
唯「あずにゃん私の腕にすっぽりだね」
梓「なんか、いつもより近くないですか…//」
唯「そう?いつもどうりだよきっと♪」
梓「ならいいんですけど…」
唯「あずにゃんってマシュマロでできてるのかな」
梓「唐突になんですか」
唯「ふわふわするし気持ちいいし…」
梓「それはきっと…唯先輩が柔らかすぎるせいです」
唯「あずにゃんは気持ちいのー?」
梓「割と…///」


其の三:『耳元で囁く』

唯「あずにゃんあずにゃん」チョイチョイ
梓「なんですか?」
唯「ちょっと耳」
梓「はい…」
唯「あのね…わたしね…」ボソボソ
梓「?」
唯「…」ボソリ
梓「〜〜っ!?///」ボン
唯「ふふ、ビックリした?」
梓「〜〜っも、もうバカバカバカ!!!//////」
律「ビクゥッ!?心臓に悪いわなにごとじゃ!!」



おわり

ミッション形式で唯が梓をどれだけ悶えさせられるかみたいな
ゲーム始めたら冗談抜きで梓死ぬだろう

596軽音部員♪:2010/08/08(日) 15:49:10 ID:ebJOUBm.0
空気読めないネタだった…orz

597軽音部員♪:2010/08/08(日) 15:51:30 ID:Gy8sa/CcO
>>595
>2010/08/08(日) 15:42:38

598軽音部員♪:2010/08/08(日) 15:51:50 ID:Gy8sa/CcO
>>595

唯梓はわほわした

599軽音部員♪:2010/08/08(日) 15:57:30 ID:Q8Mij.z60
>>595
唯梓はわほわ(^ω^)

600軽音部員♪:2010/08/08(日) 16:06:46 ID:8LsVrcsE0
>>595
はわほわ

半ばSSスレと化していたこのスレで最近雑談が増えたのはやはり規制の影響かな
本スレの書き込みも9スレ目になってからちょっと寂しいし
雑談でも何でもいいからがんばって本スレ盛り上げてほしいぜ
人任せで悪いが

601軽音部員♪:2010/08/08(日) 16:22:19 ID:L.Zng.4E0
しかし唯梓はわほわの風習が終了間際のこの時期にやっと生まれるってのも寂しいな

602軽音部員♪:2010/08/08(日) 16:45:45 ID:Q8Mij.z60
むしろ終了前にはわほわの素晴らしさに気付くことができたことを喜ぶんだ

603軽音部員♪:2010/08/08(日) 18:11:21 ID:Oi9VegCUO
今度の放送後、ここがはわほわで埋めつくされるだろうな。

604軽音部員♪:2010/08/08(日) 18:41:10 ID:CqtDK6JU0
SSの構想を練っているんだが、
ひたすらゆいあずはわほわ(^ω^)する内容のほうがいいかね?

けいおん部全メンバーを絡ませつつのゆいあずはわほわ(^ω^)……というのを書き出してたらめちゃくちゃ長くなりそうだし、
投下していいものかちょっと考えちゃうんだよね。

605軽音部員♪:2010/08/08(日) 19:45:41 ID:jBh15IB60
テキスト投下という方法もある

606軽音部員♪:2010/08/08(日) 19:46:41 ID:EeXFKNEY0
>>604
長くなりそうなら、とりあえず書き上げて分割投稿するのも良いかと

607軽音部員♪:2010/08/08(日) 19:47:40 ID:unqWy/4M0
個人的にシリアスの方が好きだが
流石にカプスレには受け入れられないよな

608軽音部員♪:2010/08/08(日) 20:42:50 ID:jWhxzGV60
唯梓的にハッピーエンドだったらおk

609軽音部員♪:2010/08/08(日) 22:42:58 ID:KIuPq9Ww0
>>604
まとめには律唯澪梓を絡ませつつも唯梓で締めたのもあったし
最後が唯梓でHAPPYENDなら、むしろ障害がある分燃えるぜ的に楽しめそう
二人がお互いの幸せのために別れを選ぶBADENDや
愛するあまり唯を殺してしまい憂に報復されるDEADENDモノもあったりしたし
唯梓ファクターがあれば比較的寛容に受け入れられている気もする
個人的にはやはり好きなように描くのが、一番面白くかけると思うけど
とにかく期待して待ってる!

これはどうかな、と思ったら冒頭に注意書きでも書いておくとか
あれなら、まとめWikiに直接アップしてURL載せるとかでも

610軽音部員♪:2010/08/08(日) 22:45:40 ID:EeXFKNEY0
まとめに直接アップって有りなのか?

611軽音部員♪:2010/08/09(月) 00:20:39 ID:w8NxSp7s0
まえやった人がいたような。まぁありじゃね?

612軽音部員♪:2010/08/09(月) 00:26:26 ID:pNMkroa20
空気読まずに本スレで話題に上がってたSS数について

スレごとのSS数を数えてみたら
①4②68③70④56⑤58⑥43⑦38⑧31⑨6
の合計374だった

これはすごいな
まとめwikiの管理人さんにもご苦労様と言いたい

613軽音部員♪:2010/08/09(月) 00:27:35 ID:Mm7HPhds0
以前はカウントしてたのにカウントしなくなったのか
乙!

614軽音部員♪:2010/08/09(月) 00:31:15 ID:GLuVPCRA0
>>612
カウント乙!そんなにあるのか!

……まだまだ俺は貢献度が足りないな……

615軽音部員♪:2010/08/09(月) 00:45:09 ID:wpFADaSI0
色々ご意見をありがとう。参考にさせてもらうよ。

>>607
シリアスも挑戦したいけど難しいんだよなあ。発想力の欠如とでも言うのかしら。

616軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:16:49 ID:w8NxSp7s0
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1080229.jpg.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1080225.jpg.html
最終回こうだったらいいのになー

617軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:29:32 ID:ntSCoqJUO
>>616

凄くはわほわした。
それでそのまま耐えられなくなったあずにゃんが唯にキスしちゃうんですね。分かります。

618軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:37:07 ID:03R9VGUQ0
>>616
なにこれkwsk

はわほわ はわほわ(^ω^)

619軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:41:11 ID:PMzxSkf.0
>>616
直接見に行った
すばらしかった

その前のページのギー太も気になったけどw

620軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:42:42 ID:w8NxSp7s0
>>618
ピクシブに上がってたけいおん本のサンプルの一部
これの前後もちょっとだけあるから見たかったらそっちで

621軽音部員♪:2010/08/09(月) 01:47:54 ID:03R9VGUQ0
>>620
素早い対応に感謝
さっそく行って来ましたw

622軽音部員♪:2010/08/09(月) 02:53:07 ID:pra.QB5I0
ちょっとした唯梓の考察(アニメ準拠)

<唯にとっての梓>
・小さくて可愛くてギターが上手くて猫耳が似合う女の子。あずにゃん。
・自分から最もスキンシップをすることが多い相手。あずにゃん分の源。
・スキンシップをすると必ず何らかのリアクションが返ってくるので面白い。
・初めてできた大切な後輩。でもいろいろ気にかけてくれて先輩みたい。
・気がつくと真っ先にメールや電話をしている。
・帰り道が最後まで同じため一緒にいることが圧倒的に多い。
・「あずにゃんは本当にトンちゃんが好きだねえ」と無意識に嫉妬。
・会わない期間が長くなるほど会ったときの喜びが大きくなる。

<梓にとっての唯>
・第一印象とは裏腹にだらしなくて子どもっぽくて世話の焼ける先輩。
・最初はスキンシップを拒んでいたが最近はまんざらでもない。
・あずにゃんというあだ名もシールの一件以来は気に入っている。
・普段はだらしないけどなんだかんだやる時はやる人。
・軽音部の先輩の中で最も先輩後輩の関係を感じさせない先輩。
・一緒にいるうちにかっこ良かったり気が利いていたりと意外な一面を知る。
・無意識のうちにギー太に嫉妬。指摘されるも否定はしない。
・一つのことに集中するあまりたまに無茶をするのでほっとけない。
・一緒にいることが圧倒的に多いので最近のツッコミは呆れた反応を返すだけ。
・会わない期間が長くなるほど会ったときの安心感が大きくなる。

<結論>
無意識のうちに互いに依存し合っている夫婦のような関係。

唯と梓って長く会えない時間が続くほどお互いのことを恋しく思うようになるんだよな。
13話で久しぶりに会ったときの二人の様子を見るとよく分かる。
最近の反応が冷めているのは一緒にいる時間が多すぎるからだろうな。

623軽音部員♪:2010/08/09(月) 06:12:46 ID:ntSCoqJUO
>>622

もう結婚しちゃえばいいのにこの二人…。
はぁ…なぜ日本は同性愛が駄目なんだろうか…

624軽音部員♪:2010/08/09(月) 07:58:47 ID:pNMkroa20
>>622
無意識、っていうのがいいよね
どうやって次の段階に行くのか楽しみだ
梓は自分の本当の気持ちに気付いてもなかなか言い出せないだろうし
唯はそもそも自分の気持ちに気付かなそう
学園祭や卒業に際して何かが変わるといいな

>>623
日本は同性婚が認められてないだけで諸外国よりは同性愛に寛容だと思う
それでも嫌悪している人は多いだろうけど
しかしけいおん!世界なら琴吹家が何とかしてくれるはず

625軽音部員♪:2010/08/09(月) 08:23:44 ID:ntSCoqJUO
>>624

ムギ「実は私の父が、総理大臣の知り合いなの〜」

こうですか分かりません><

626軽音部員♪:2010/08/09(月) 12:16:51 ID:7NfpRC2UO
本スレのきららのバレ
※以下ネタバレ





唯「えへへー合格したよN女子大」→梓抱きつく
なん…だと…
ちょっと本屋行ってくるわ

627軽音部員♪:2010/08/09(月) 12:32:38 ID:ntSCoqJUO
>>626
仕事終わったら速攻で本屋行ってくる

628軽音部員♪:2010/08/09(月) 13:28:27 ID:w8NxSp7s0
買ってきた。例のチョコの件もあって不安だったがすごくはわほわできたわ。
憂和もあってすごく満足できた

629軽音部員♪:2010/08/09(月) 13:31:47 ID:eD24V4l.0
4軒まわって一冊もおいてなかった
田舎だからしょうがない

630軽音部員♪:2010/08/09(月) 17:16:51 ID:PGEnEZDI0
結局、チョコの件は二人して憂をからかう為の前振りって感じだったね

631軽音部員♪:2010/08/09(月) 17:30:11 ID:xCIkg2OE0
ヤフートップww

…来月で終わりか(´;ω;`)ウッ

632軽音部員♪:2010/08/09(月) 22:17:04 ID:STpsmJ6UO
やったーついに念願叶ったり(梓→唯)
表紙もうめぇ
なんかホッとした

633軽音部員♪:2010/08/09(月) 22:19:21 ID:ntSCoqJUO
きらら買ってきた。
唯梓成分満載じゃないか。
唯梓はわほわ(^ω^)

634軽音部員♪:2010/08/10(火) 02:01:14 ID:iijrBKuo0
今月号の感想は唯梓はわほわ(^ω^)で充分だな

635軽音部員♪:2010/08/10(火) 02:11:46 ID:DOSeFOcM0
本スレの流れひでぇな

636軽音部員♪:2010/08/10(火) 06:10:09 ID:YpQMZNO2O
>>635

いや、寧ろ普通だろ。

637軽音部員♪:2010/08/11(水) 01:55:42 ID:crRIJQLg0
荒らしに乗っかって他CP否定に走る人が増えてるからなあ
そういう意味では酷い流れだ
というか、最近実はそういうレスも荒しの自演なんじゃないかとすら思う
平和にやろうぜ
というか気になるなら、他CPの単語例えば澪梓とかNGに入れればすっきりするのにね

638軽音部員♪:2010/08/11(水) 02:02:45 ID:ckuUfft2O
なんだ今週は。ただの神回じゃないか。
唯はあずにゃんにゾッコンだし、あずにゃんも満更でもなさそうだったし…
特に二人で寄り添って寝てるのはヤバかった。
唯梓はわほわ(^ω^)

639軽音部員♪:2010/08/11(水) 02:17:59 ID:1XHdFDGc0

しっかり見てるのよね
ttp://pa.dip.jp/jlab/ani0/s/pa1281460064688.jpg

640軽音部員♪:2010/08/11(水) 03:44:16 ID:aVMri0.s0
「隙あり!」ってくっつく唯に「はいはい。」って梓が言うやり取りが夫婦みたいでとても良かった

641軽音部員♪:2010/08/11(水) 03:49:00 ID:N4Z7HinA0
俺は一日中唯梓のこと考えてるんだからggっぐうえr

642軽音部員♪:2010/08/11(水) 11:59:37 ID:50iCPmUM0
小ネタ「合宿の夜」


梓「……あれ……目、覚めちゃった……」
唯「くかー」
梓「ん〜……今、何時だろ……?」
唯「くかー」
梓「……唯先輩? 寝惚けて転がってきちゃってる……
もうっ、しょうがないなぁ……」
唯「くかー」
梓「……よだれまでたらして……ほんと、しょうがないんだから……」
唯「くかー」
梓「……拭いて、あげないと……」
唯「くかー」
梓「……あれ? 手、出ない……」
唯「くかー」
梓「……でも、拭いて、あげないと……」
唯「くかー」
梓「……拭いて……」
唯「くかー」
梓「(ペロペロ)」
唯「くかー」
梓「……拭け、た……」


みたいな妄想。
同ネタ思いついた人は多いでしょう、きっと。

643軽音部員♪:2010/08/11(水) 12:56:51 ID:PopS8aoo0
ああまったくGJ
原作アニメともにこんなに唯梓まみれとは

644軽音部員♪:2010/08/11(水) 13:50:02 ID:UhHyCLrM0
横谷はやればできる子
やはり唯梓は脚本家関係ないな

645軽音部員♪:2010/08/11(水) 15:05:32 ID:ckuUfft2O
>>644

書く人の状態によっては話が良くも悪くもなるCPという事が…ある意味で…いや、色んな意味で恐ろしいな。

646軽音部員♪:2010/08/12(木) 00:06:51 ID:iNAtIXuc0
>>644
唯単独だとダメ(つかいじめレベル)だが、「唯梓」というカップリングなら十分良かったw

647軽音部員♪:2010/08/12(木) 00:22:03 ID:ghw8L.ms0
確かに横谷の唯に対する扱いは酷いよなw
逆に澪と梓には優しいというかお気に入り?
とりあえずゆいあずはわほわ(^ω^)

648軽音部員♪:2010/08/12(木) 03:22:46 ID:HWpsj5zc0
マラソンのはばあさん出した結果だし横谷だけのせいじゃないはず

649軽音部員♪:2010/08/12(木) 13:43:19 ID:rLLU5tZQ0
横谷は唯ディスるから嫌いだ

650軽音部員♪:2010/08/12(木) 13:47:48 ID:1veb578s0
今回律澪だけにしなかったのは褒めてもいいだろ
Aは唯、Bは唯梓にしか目がいかなかったぜ

651水着:2010/08/12(木) 15:49:34 ID:xY.IeHUg0
「似合ってない……」

鏡に映った自分の水着姿を見て、私は絶望のあまりそう呟いてしまっていた。
明らかに私の体には合っていない黒のビキニ。
澪先輩が着たら、きっと誰もが振り向かずにはいられないような
水着姿になっていたことだろう。
唯先輩が着たってそこまで悪いものにはならず、
憂ならいっそ似合ってしまっていたかもしれない。
でも私はダメだった。あまりに不似合い。
背伸びどころの話ではなく、
思わず「夢見すぎましたごめんなさい」と
鏡に向かって頭を下げたくなってしまうほどだ。

「梓、もう高二なんだからさぁ、いくらなんでもその水着はないだろ?」
「律、押し付けはよくないぞっ……でも、
たまには違う水着を着てみるのもいいんじゃないか?」
「梓ちゃん、ここ水着のレンタルあるみたいよ?」

夏休みのある日。勉強の息抜きにと先輩方に誘われて、
遊びに来たプールで……先輩方にそう言われて、
気がつけば水着のレンタルコーナーに押し込められていた私。
仕方なく、でもちょっとワクワクしながら水着を探し始めたものの……
どれも大人っぽいものばかりに見えてしまって、
私に似合うものがあるとは思えなかった。
思い切って着てみた黒ビキニの結果は惨憺たるもの。
他の水着はそれよりはましかもしれないけれど……
でもやっぱり、自分に似合うようなものがあるとは思えなかった。

「……もう、自分の水着着て戻ればいいや……」

ため息をついて諦めて、
いつものピンクの水着に着替えようとしたところで、

「あっずにゃんの水着! まっだかなぁ〜♪」

唯先輩の能天気な歌声が聞こえてきた。
レンタルコーナーにまでついてきた唯先輩は、
すぐ外で私が出てくるのを待っていた。
人の気も知らないでとちょっとムッとして、
でも楽しげな歌声に自然と笑みが浮かんでしまって……
やっぱりもう少し探してみようと、私は水着の群れと格闘を始めた。
そして……

「おおぉ! あずにゃんかわいいよぉ!」
「ど、どうも……」

652水着:2010/08/12(木) 15:52:29 ID:xY.IeHUg0
私が選んだのは、スカート付の水玉ビキニだった。
レンタルコーナーにあったものの中では、かなり大人しめのデザイン。
でもいつも着ているピンクの水着と比べると、
やっぱり肌が露出してしまっていて……
お腹が見えてしまっていることが恥ずかしくて、
私はもじもじと体を動かしていた。

「あずにゃん、かっわいい!!」
「にゃっ……抱きつかないで下さい!」

はしゃぐ唯先輩に抱きしめられると、
自然と周りの視線を集めてしまって……
人に見られていることがまた恥ずかしくて、
私は文句を言ってしまっていた。もちろんそれで、
唯先輩が抱きしめる腕を緩めてくれることはないのだけれど。

「じゃ、みんなのところ行こ!」
「は、はい……」

唯先輩と並んで、プールサイドを歩いていく。
馴れないビキニが恥ずかしくて、気分は落ち着かなかった。
みんなが自分を見ているような気がしてしまう。
自分でも自意識過剰だとは思うけれど、それでも、
いやらしい目で見られているんじゃないか、
似合っていないと嗤われているんじゃないか……
そんな考えが頭から離れてくれなかった。
自然と、手で体を隠すようにしてしまっていた。

「ん? あずにゃん、どしたの?」
「い、いえ……その……恥ずかしくて……」
「なんで? すっごく似合ってるのに」
「だって……その、やっぱり……」

唯先輩に聞かれ、モゴモゴと口を動かす私。
はっきりしない私の答えに、唯先輩は首を傾げていた。
私が何を恥ずかしがっているのか、本気でわかっていないみたいだった。

(私が変に恥ずかしがってるだけなのかな……)

考えてみれば、私の周りは、
みんなビキニタイプの水着を着ている人ばかりだった。
純や憂だってそうで……
よく平気でお腹を出せるなぁと、私は思っていたのだけれど……
私が極端に恥ずかしがっているだけなのかもしれない。
でもそう思ったところで、今感じている恥ずかしさを消せるわけがなくて、

「うぅ……」

私はもじもじと体を動かすばかりで、
そこから歩けなくなってしまっていた。

653水着:2010/08/12(木) 15:56:30 ID:xY.IeHUg0
「……あずにゃん……戻ろっか?」

そんな私を気遣って、唯先輩が優しくそう言ってくれた。

「で、でも……」
「無理することないよ、あずにゃん。いつもの水着だってかわいいんだし!」

そう言って、唯先輩が手を差し出してくれる。
私は頷いて、その手を取ろうとして、

「きゃっ……!」
「あっ……!」

近くを歩いていた人にぶつかられて……
そのまま私は、プールに落ちていた。
一瞬の浮遊感の後、全身を衝撃が襲った。
体が水の中に沈み、息が出来なくなる。
慌てて私は水をかいて、
半ば飛び出るように、水面に上半身を出して、

「あ、あずにゃん!」

そう叫んでプールに飛び込んできた唯先輩に、私は抱きしめられていた。

「ゆ、唯先輩!? どうしたんで……」

言葉の途中で、私は胸に感じる違和感に気づいた。
胸元の窮屈さがいつのまにかなくなっている。
布の感触も消えていた。
そして、胸もお腹も、同じようにプールの水に撫でられていて……

「……っ!」

水着の上が取れてしまったことに気づき、私は真っ赤になった。
恥ずかしさのあまり、全身を硬直させる私を、

「大丈夫……あずにゃん、大丈夫だからね……っ」

唯先輩がぎゅっと強く抱きしめてくれた。
私を守ろうとするように、全身で私を包み込んでくれる。
水の中でも温かい唯先輩の手が、私の裸の背中を優しく撫でてくれた。
唯先輩に抱きしめられ、落ち着きを取り戻した私は、
唯先輩の背中に腕を回し、自分からぎゅっと抱きついた。
胸を唯先輩の体に押し付け、周りの目から隠そうとした。

「ごめんね、あずにゃん……すぐ水着、見つけてあげるからねっ」
「は、はい……」

私を抱きしめたまま、唯先輩がプールの中を歩き出した。
唯先輩に抱きしめられ、加えて肩まで水に浸かっているため、
幸いまだ周りの人には気づかれていないみたいだった。
それでも、いつか誰かに気づかれてしまうかもしれないし、
いやらしい目を向けてくる人が出てくるかもしれない。
そう思っても……でもなぜか、不安はあまり感じなかった。
唯先輩に抱きしめられ、唯先輩の温もりに包まれているからだろうか。
恥ずかしいと思う気持ちはあっても、
不安も恐怖もほとんと感じなくて……

654水着:2010/08/12(木) 16:02:29 ID:xY.IeHUg0
「ごめんね、あずにゃん……もうちょっとだけ我慢してね……っ」
「……はい」

ただ唯先輩の温もりをもっと感じたくて、
私は抱きつく腕の力を強めていた……。

「すいません、唯先輩……迷惑かけてしまって……」
「ううん、そんなことないよぉ。
私たちが無理に水着を勧めたのが悪かったんだもん」

唯先輩が水着を見つけてくれて、それをプールの中でつけて……
プールサイドに腰掛けた私たちは、足を水に浸して、体を休めていた。
澪先輩たちのところに戻るのは、
もう少し気分を落ち着けてからにしようということになったのだ。

「ほんとにごめんね、あずにゃん……」
「もうっ、謝らないで下さい、唯先輩。
先輩が悪いわけじゃないんですから」
「でも……」
「それに……普段と違う水着を着てみるのも悪くないかなって、
今は思えますから……」

言って、私は笑みを浮かべた。
水着の上が取れてしまうなんていうハプニングがあったせいだろうか、
今では私はすごく落ち着いていて、
ビキニの水着も恥ずかしいとは思わなくなっていた。
すぐに日焼けしてしまう私は、
むしろビキニの方がむらなく焼けていいかもしれない、
そう思えるようにもなっていた。

「……無理、してない?」
「はい、してません」

少し不安げに聞いてくる唯先輩に、笑顔で私は答えた。
それでようやく安心してくれたのか、唯先輩も笑顔を浮かべてくれた。

「でも……また取れちゃったらどうしようって……
そこは少し不安ですね、ビキニって……」

私はそう言って、苦笑を浮かべながら……唯先輩を見つめた。
私に見られて、唯先輩は満面の笑みを浮かべて……そして、私に言ってくれた。

「大丈夫! そしたらまた、私が守ってあげるから!」


END


長文失礼します。
アニメはもう二学期ですが、現実は夏真っ盛り。
ということで、水着ネタ。

655軽音部員♪:2010/08/12(木) 16:08:53 ID:1veb578s0
GJ
唯梓はわほわ(^ω^)

656軽音部員♪:2010/08/12(木) 17:24:53 ID:8XEzT3/kO
>>654
はわほわ(^ω^)すぐる
GJ!!!

657軽音部員♪:2010/08/12(木) 19:44:26 ID:IQtQdqyw0
>>654
唯梓はわほわ

かっこ唯な…

658軽音部員♪:2010/08/13(金) 00:21:53 ID:fkccG9dE0
>>654
はわほわ(^ω^)グッジョブ!

659軽音部員♪:2010/08/13(金) 08:32:58 ID:dZfvnjLE0
>>654
GJ!!
はわほわした。

660軽音部員♪:2010/08/14(土) 13:31:37 ID:G58M7Pnc0
あずにゃんが唯にデレたあと二人はどうなってしまうのか妄想してたらこんな時間でござる

661軽音部員♪:2010/08/14(土) 15:15:38 ID:IpAvcVP20
原作では梓が好きでアニメでは唯が好きな俺は気がついたら唯梓好きになってた

662軽音部員♪:2010/08/14(土) 20:18:02 ID:I/MWoM1g0
>>661
原作とアニメの融合か…素晴らしいな…

663軽音部員♪:2010/08/14(土) 22:53:18 ID:lkhJ5VSQ0
唯が真顔でキス迫ったらあずにゃん凄く焦りそうだな

664軽音部員♪:2010/08/15(日) 00:15:25 ID:q3AGOWsA0
>>663

唯「あずにゃん…」キリッ
梓「え…?」
そーっと近づく唯
唯「…」
梓「え…!?え…!?ちょっ…唯先輩!!?」
唯「…」チュッ
梓「〜〜〜〜〜//////」

ごめん

665軽音部員♪:2010/08/15(日) 02:05:35 ID:yljRZEpg0
もっとだ

666軽音部員♪:2010/08/15(日) 02:05:38 ID:xPF4fDOk0
そうだ!
どうせ聞こえるなら、聞かせてやります!
唯先輩!
好きです! 唯先輩! 愛してるんです! 唯せんぱーい!
あずにゃん分補給とかされる前から
好きだったんです!
好きなんてもんじゃありません!
唯先輩の事はもっと知りたいんです!
唯先輩の事はみんな、ぜーんぶ知っておきたいんです!
唯先輩に抱き締められたいんです!
潰れちゃうくらい抱き締められたーい!
心の声は
心の叫びでかき消してやります! 唯先輩ッ! 好きです!
ゆいせんぱーーーいっ! 愛してるんですよ!
私のこの心のうちの叫びを
きいてくださーい! ゆいせんぱーい!
唯先輩を見てから、唯先輩の演奏を聞いてから、唯先輩の歌を聞いてから、私は唯先輩の虜になってしまったんです!
愛してるってこと! 好きだってこと! 私に振り向いてください!
唯先輩が私に振り向いてくれれば、私はこんなに苦しまなくってすむんです。
優しい先輩なら、私の心のうちを知ってくれて、私に応えてくれるでしょう
私は先輩を私のものにしたいんです! その美しい心と美しいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせます!
恋敵がいるなら、今すぐ出てきてください! 相手になってやるです!
でも唯先輩が私の愛に応えてくれれば戦いません
私は唯先輩を抱きしめるだけです! 先輩の心の奥底にまでキスをします!
力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!
キスだけじゃありません! 心から先輩に尽くします! それが私の喜びなんだから
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!
唯先輩! あなたがステージの上にネコミミスク水ニーソであがれというのなら、やってもみせます!



正直、卒業ライブでこんぐらいの告白をやってくれないかな、と密かに期待している……

667軽音部員♪:2010/08/15(日) 02:07:27 ID:pVJQ84Hk0
そんなことされたら唯梓スレで死亡者が出るな…俺とか

668軽音部員♪:2010/08/15(日) 06:09:53 ID:1Av73Qxk0
唯梓はいろんな型が出来るからいいよな

669軽音部員♪:2010/08/15(日) 06:20:54 ID:W2gEUok.0
>>668
たまに梓が壊れてるけどなw

670軽音部員♪:2010/08/15(日) 10:16:33 ID:4xjswX7s0
本スレで規制されて書き込めないからこっちに書き込む


普段はだらしないしっかりしろと小言を言う
でも本気になったときとのギャップにやられてついつい世話焼き女房をしてしまう梓
3年生の総称は唯先輩達か先輩達
しかも留守番中の唯先輩連呼っぷり

普段から可愛い大好き連呼して冗談か本気かわからないと思われがち
でも唯が困ったときには大概あずにゃんに連絡
しかも梓が辛いときや迷っているときに1番に手を差し伸べたり優しく抱きしめるのは唯
あと梓が誰かと仲良く話していると大概くだらない事で割って入る独占欲の強さ

唯は全身全霊で愛を伝えて大事な人を護る欧米的な旦那
その代わり周りの人みんなを大切にするから勘違いされやすい

梓は他の人に取られないように人前では敢えてあまり褒めずに二人きりのときに身を委ねる
元祖ツンデレな嫁
その代わり周りの人のことは素直に褒めるから勘違いされやすい


長々とスマン m(-_-)m

671軽音部員♪:2010/08/15(日) 10:40:35 ID:wnHPRqFs0
>>666
ここれは熱い!

672軽音部員♪:2010/08/15(日) 14:14:11 ID:V4xvrGoY0
>>670
限りなく完全に近い形で同意
あの割り込み唯はいいよね

673軽音部員♪:2010/08/15(日) 22:37:02 ID:yzIwJO2.0
エロssってここに投下していいもんなのかね
まだ書いてないんだけどね

674軽音部員♪:2010/08/15(日) 22:50:27 ID:tbGvKtcU0
>>673
微エロ程度なら良いけど、ガチエロならエロパロスレか百合スレに投下してくれ
あそこなら規制はまずかからないから

675合コン:2010/08/16(月) 01:13:06 ID:1AQbIsRw0
唯「ねぇねぇ、あずにゃん」

梓「どうかしたんですか唯先輩?」

唯「実は相談があってさ…」

梓「相談? どうしたんですか?」

唯「なんかクラスの女の子から合コンに誘われちゃってさ…」

梓「え…?」

唯「人数が足りないとかで誘ってくれたみたいなんだけど…」

梓「………」

唯「私そういうの行ったことないし、全然分からないしどうしよ──」

梓「だっ、駄目です! 絶対行っちゃ駄目ですっ!」

唯「え、あ、あずにゃん? いきなりどうしたの…?」

梓「駄目です! 危険です!野蛮です! 行っちゃ駄目なんですっ!」

唯「でもでも、せっかく誘ってくれたんだし、その子にも悪いし──」

梓「駄目なものは駄目なんです! 唯先輩は私だけのものなんですっ!」ハァ…ハァ…

唯「…………へ?」

梓「…………へ?」

唯「…………」

梓「…………」

唯「……」ニヤニヤ

梓「……あ」

676合コン:2010/08/16(月) 01:15:25 ID:1AQbIsRw0
唯「ねぇねぇ、あずにゃん♪」ニヤニヤ

梓「あ、えーと…その…」

唯「今なんて言ったのかなぁ?」ニヤニヤ

梓「べ、別に何も言ってません!」

唯「もう一回言ってくれないと合コン行っちゃおうかな〜」

梓「う、そ、それは…」

唯「あずにゃんもう一回言ってよ〜」

梓「うぅ…」

唯「はぁ〜やぁ〜くぅ〜♪」ニヤニヤ

梓「ぐ…。だ、だから! 唯先輩はずっと私と一緒にいればいいんですっ///」

唯「んふふ…あっずにゃーん!」ダキッ!

梓「ち、ちょっと唯先輩! いきなり抱き付かないで下さいっ!」

唯「あずにゃん大好き〜♪」スリスリ

梓「わ、私のほうが好きですよ…」ボソッ





パッと思いつきで書いてしまった…
S唯ちゃんがちょっと見たかったんだすまない

677軽音部員♪:2010/08/16(月) 01:29:48 ID:y99jmXIs0
合コンに誘われたって話も唯の罠だったりしてな・・

678軽音部員♪:2010/08/16(月) 01:34:24 ID:CxpiCNL20
>>677
憂「お姉ちゃん、上手くやれたかな? ふふふ♪」

679軽音部員♪:2010/08/16(月) 04:41:43 ID:GuG0Ckrw0
>>678
憂ちゃん...(´・ω・` )

680軽音部員♪:2010/08/16(月) 10:05:34 ID:NuPUS5bk0
友達=憂

681軽音部員♪:2010/08/16(月) 12:52:41 ID:Kayc2aAMO
梓「勝手に行けば良いじゃないですか」
と言いつつ大きめの帽子に黒いサングラス、ぶかぶかなコートというベタな格好で尾行するあずにゃん

682軽音部員♪:2010/08/16(月) 14:00:37 ID:m8gD/S5o0
唯が無理に迫られて困っているところに
梓「私の女に手を出さないで下さい」
唯「あずにゃん……!」
とかいう風に登場するんですね

683軽音部員♪:2010/08/17(火) 23:45:49 ID:qcKJcvN60
今夜は唯梓成分あるかな?
なくても卒業までに一回は唯梓回期待してもいいよな

684軽音部員♪:2010/08/17(火) 23:56:08 ID:6I.XLpmc0
どうだろなー
残り話数的に原作の話をやり続ければちょうど終わる感じだし、オリ回は後一回あればいいぐらいだから一話丸々ゆいあず回はさすがに……
合間合間のゆいあずに期待しとこう
まぁ、九話があれば戦える!

685軽音部員♪:2010/08/18(水) 00:03:48 ID:QWh0n.jg0
アニメの唯梓はシリーズ通して関係を深めてきたわけだし
何らかの「ゴール」はあるはずだと信じてる
ガチ百合エンドとかではないにしてもね(ガチ百合でも一向に構わないが)

686軽音部員♪:2010/08/18(水) 00:13:27 ID:7ks8Tm6U0
青い花的な最終回きて欲しい

687軽音部員♪:2010/08/18(水) 02:51:00 ID:gMA1ea1E0
本スレが葬式ムードな件

688軽音部員♪:2010/08/18(水) 04:12:38 ID:VrYeXb.M0
今回は五人みんなの回ってことでゆいあずロミジュリみたいな二人を軸に描く回じゃないからあからさまな唯梓描写は無くて正解だと思う
その分卒業式に期待ってことで

まあ唯梓ファンとしてはさりげない描写の一個くらいはほしかったのが本音だけどね

689軽音部員♪:2010/08/18(水) 05:58:04 ID:dGEqcfYI0
しかし並び方が変わってたのはちょっとがっかり
原作だと唯と梓は寄り添って寝ていたんだけどね
コンテの関係上動かさざるを得なかったのかな

690軽音部員♪:2010/08/18(水) 09:26:08 ID:gMA1ea1E0
正直改悪だけはして欲しくなかった
同じ学園祭ライブ回でも1期12話は素晴らしかったのに…

花田と村元、なぜ差がついたのか…慢心、環境の違い

691軽音部員♪:2010/08/18(水) 10:15:57 ID:d.2ARN5w0
直截的な描写がないとハズレみたいな流れはどうかと思うけどな。
ゆいあずの絡みなら、毎回の些細な動きやセリフに着眼してれば想像の余地はあるだろう。
変に後ろ向きにならないで視野をもっと広げてほしいよ。

692軽音部員♪:2010/08/18(水) 10:38:45 ID:/.JlKWFM0
原作の改悪で一番ひどいのは二年組のプール回じゃね?
なんで梓が唯のこと褒めるとこ変えたんだろ

693軽音部員♪:2010/08/18(水) 11:02:29 ID:qJMfMCeM0
座る位置が変わってたのは、まああれだけど
三年生のムギちゃんを隅っこに座らせるわけにいかないしね。
今回梓が泣かなかったのは卒業式で号泣フラグだと思うし
誰の胸で涙を流すかは…分かるよな。

694軽音部員♪:2010/08/18(水) 11:13:57 ID:Wivs99MM0
唯以外考えられないな

695軽音部員♪:2010/08/18(水) 12:21:10 ID:bVvjB7Uc0
>>692
アニメの梓の性格に合わせているんじゃない?
8話で和が唯のそういうところがいいみたいなこと言ったとき
澪とムギも「わかる」って言ってたのに対して梓は「そういうもんですかね」だった

他の人が唯を褒めるのは嫌で、自分も他人の前で唯を褒めたくないっていう梓独特の独占欲が働いているんだと思う
この辺の梓の性格付けは一貫したもののように思えるね
今回の「頼れる先輩です!」は最後の学際ライブのご褒美かと

696軽音部員♪:2010/08/18(水) 12:31:00 ID:Wivs99MM0
俺も>>692の指摘してるところは納得いかないな
あそこは百合抜きで改変しちゃいけないところだろ
あれだと梓は唯の歌を下手だと感じてるように捉えられてしまう
せめて同意ぐらいはすべきだったかと

697軽音部員♪:2010/08/18(水) 12:31:42 ID:kfpWazQs0
夏フェスラストの全員ENDは残念だった

698軽音部員♪:2010/08/18(水) 12:44:55 ID:kif7GzYk0
贅沢だなお前ら

699軽音部員♪:2010/08/18(水) 12:54:47 ID:Wivs99MM0
贅沢とは違うだろ。まあ>>697は流石に贅沢だと思うが

700軽音部員♪:2010/08/18(水) 13:06:13 ID:iSovARWA0

律澪はロミジュリみたいなメイン回じゃなくても
いつもちょっとした小ネタがあるけど
唯梓は小ネタが少ない上に改変が多すぎる
ここが律澪と唯梓の優遇され具合の違いなんだよな…

卒業式に大いに期待する。

701軽音部員♪:2010/08/18(水) 13:25:06 ID:drtWWg020
「とっても頼れる先輩です」発言はよかったなー
「ダメなところもあるけど、実はいい先輩」みたいな譲歩ではなく
もはや100%ラブ、全肯定

702軽音部員♪:2010/08/18(水) 18:54:31 ID:w3C5K2agO
>>700
唯梓で小ネタが少ないとかどんだけ贅沢なんだよw
2期だけでも1、2、3、5、6、9、11、12、13、14、16、17、19話と
こんだけの数で大なり小なりあるじゃないか。

703軽音部員♪:2010/08/18(水) 19:30:13 ID:kfpWazQs0
原作改変ということであげただけなんで贅沢と言われても

704軽音部員♪:2010/08/18(水) 19:48:44 ID:gMA1ea1E0
原作改変ということであげただけなんで変に後ろ向きと言われても

705軽音部員♪:2010/08/18(水) 20:59:45 ID:O3xmMniI0
原作で唯梓が濃い部分は薄められて、何もないところに唯梓要素を追加してる感じはする

706軽音部員♪:2010/08/18(水) 23:25:45 ID:DVnWac.Y0
けいおんあってこその唯梓じゃん
ただの唯梓百合ストーリーなら見てなかったかもしれん

707軽音部員♪:2010/08/19(木) 09:51:52 ID:Q2GLW55U0
夏コミが一段落したせいか、
またSSが増えてきましたね。
いろいろ読めて楽しいです。

708軽音部員♪:2010/08/19(木) 10:54:00 ID:EeKFsGK.0
『ホラーの後に』


律先輩から借りたDVDを見終わって、最初に思い浮かんだ言葉は、

(……見るんじゃなかった)

その一言だった。
律先輩が、澪先輩をからかおうと思って買ったホラー映画のDVD。
貸す前に試しに見てみて……律先輩自身が怖すぎると思ったために、
澪先輩に貸すのをやめたというホラー映画。

「澪に貸すと、ちょっと洒落じゃ済みそうにないからなぁ……」

バッグに入っていたDVDを私が偶然見つけてしまったとき、
律先輩はそんなことを言っていた。
で、そんなホラーDVDを家に置いておくのも嫌なので、
部活帰りに中古ショップで処分してしまおうと思って、
バッグに入れてきたのだそうだけど、

「私、見てみたい!」

話を聞いた唯先輩がそんなことを言って、律先輩からDVDを借りて……
そして私は、唯先輩に付き合わされて、
一緒にホラー映画を見ることになってしまったのだった。

(……ほんと、見るんじゃなかった)

スタッフロールを眺めながら、私は胸中でため息混じりに呟いた。
澪先輩ほど怖がりではないけれど、
だからといってホラー映画が得意なわけでもない。
呪われた館に迷い込んだ若者が幽霊に襲われるという
オーソドックスな内容の映画だって、
しっかり怖がれてしまうわけで……

「あ、あずにゃ〜ん……」

涙声で私の手を握る唯先輩に、今日の私は、
むしろ自分から身を寄せていた。
怖さが不安を呼び、人肌が恋しくなってしまう。
誰かに触れていないと気持ちが落ち着かなかった。

「こ、怖かったよぉ……み、見なければよかった……」
「み、見たいって言ったの唯先輩じゃないですかっ……
その唯先輩が怖がってどうするんですか!」
「そ、そんなこと言われてもぉ……」
「だ、だから、途中で見るのやめちゃえばよかったんですよ……」
「で、でもでも……なんか最後まで見ないと、
それはそれで不安っていうか、逆に怖くなっちゃうっていうか……」
「そ、それは、まぁ……その通りかもしれませんけど……」

709軽音部員♪:2010/08/19(木) 10:55:50 ID:EeKFsGK.0
それは確かに唯先輩の言う通りかもしれない。
結末を見届けないと、まるで自分たちも物語の中に取り込まれたまま
抜け出せなくなってしまったみたいな気がして……
最後まで見ないと、却って不安が消えず、
いつまでも落ち着かない気分のままになってしまうのだ。
ホラー映画には、確かにそんな魔力があった。
だからやっぱり、ホラー映画は最初から見ないというのが正解なわけで、

「もうっ……唯先輩が見たいなんて言わなければ……」
「うぅ……ごめんね、あずにゃん……」

半ば抱き合うような格好で、小声で言い合う私たち。
視線の先では、ようやくスタッフロールが終わって、
画面はメニューに戻っていた。
メニュー画面の館の画像が映画の内容を思い出させて……
私は慌てて、リモコンでテレビを消した。
途端、シーンと静まり返る室内。
その静かさに、私は嫌な事実を思い出していた。

「あ、あの、唯先輩……」
「な、なに、あずにゃん……」
「実は今日……両親が仕事で出掛けていて……
明日まで、帰ってこないんですよ……」
「そ、そうなんだ……」
「はい……」
「……あ、あのねあずにゃん……実は憂もね、
お父さんに仕事の都合で呼ばれてて……今晩、私一人なんだ……」
「そ、そうなんですか……」
「うん……」

一瞬の沈黙。それから、唯先輩が口を開いて、

「……今日、泊まってくれる、あずにゃん?」
「……はい」

唯先輩の言葉に、私は迷わず頷いていた。

710軽音部員♪:2010/08/19(木) 10:58:50 ID:EeKFsGK.0
そんなわけで、唯先輩のお家にお泊りすることになった私。
まずは晩ご飯をどうにかしないと、と思って、

「……うっ」

視線を向けた先、台所の方が真っ暗なことに気づいて、
思わず息を呑んでいた。
唯先輩の家に着いたのが6時。
それから約2時間の映画を見て8時。
季節は秋で、当然外は真っ暗で……
電気が消され、窓から日も差していないキッチンは
闇の底に沈んでいるかのようだった。

「あ、あずにゃ〜ん……」
「な、情けない声出さないで下さいよ!
キッチンはすぐそこじゃないですか!
リビングは明るいんですし、
怖いことなんてなにもないですよ!」

そう言って、私は立ち上がった……唯先輩に握られた手をそのままに。

「あ、あずにゃん……?」
「……こ、怖いことなんてなにもないですけど……
一緒に行きましょう……」

視線を明後日の方向に向けながらそう言うと、
唯先輩の小さな笑い声が聞こえた。

「エヘヘ……あずにゃんもやっぱり怖いんじゃん♪」
「わ、私は別に怖くなんて……!」
「エヘヘ……」
「ゆ、唯先輩!」

笑う唯先輩に、私は怒声を上げ、

 ガタン!
「きゃ!」
「わっ!」

突然響いた大きな音に、私たちは悲鳴を上げていた。
飛び上がった唯先輩がそのまま私に抱きついてきて、
私も唯先輩に身を寄せる。二人一緒に、
恐る恐るキッチンの方に顔を向けて……

「い、今の音……なんだろね……?」
「な、なんかの拍子に、物が倒れただけですよ、きっと……
そうに決まってます……っ」

711軽音部員♪:2010/08/19(木) 11:00:31 ID:EeKFsGK.0
唯先輩に答えるというよりも、むしろ自分に言い聞かせるように言う私。
それに対しての返答はどこからも返ってくることはなく……
沈黙が、部屋の中を覆っていた。
ぎゅっと抱きしめあったまま、キッチンの方を見続けるけれど……
闇の中に、何かの気配を感じることもなかった。
そのまま、1分、2分と時が過ぎ……

「ご飯、食べないと、ね……あずにゃん……」
「え、ええ……」
「い、一緒に、行こ……」
「はい……」

二人抱き合ったままの不自然な格好で、私たちはキッチンへと向かった……。


当然のことではあるけれど、キッチンには何の異常もなかった。
当たり前だけれど、幽霊だってもちろんいなかった。
明かりをつければそこはいつものキッチンで、冷蔵庫の中には、
憂が唯先輩のために作ったご飯が温められるのを待っていた。

「ご飯、美味しいねぇ♪」
「そうですね」
「うまうま♪」
「ああ、もうっ、唯先輩、こぼしてますよ!」

憂の作ったご飯と、それだと一人分で足りないので、
非常用の冷凍食品を2品。それらを温めて、
二人で分けて食べているうちに……気分はすっかり落ち着いていた。
なにをあんなに怖がっていたのだろうと、少し前の自分にあきれてしまう。
いくらよくできていたって、結局は作り物の映画。
見終えた直後は怖さが抜けなくても、
少したてば簡単に立ち直ることができた。

「それにしても……憂ってほんとに料理が上手ですよね」
「エヘヘ……でしょう? 憂、昔からお料理上手でねぇ」
「唯先輩がダメな分、きっと頑張ったんですね」
「ブー! あずにゃんひどい!」

712軽音部員♪:2010/08/19(木) 11:02:04 ID:EeKFsGK.0
ご飯を食べているうちに、いつもの調子も取り戻した。
普通に遊びに来たときのように、私は唯先輩と笑いあった。
そして時刻は9時近く。私たちはご飯を食べ終えて、

「ごちそうさまでした♪ あ、あずにゃん、
私が片付けておくから、お風呂、入っちゃっていいよ」
「え、でも……大丈夫ですか?」
「お皿洗うのぐらい、一人でも大丈夫だよぉ……多分」
「……多分、ですか」
「だ、大丈夫! 頑張るから!」

ふんすと気合を入れる唯先輩を見て、私は苦笑を浮かべて、

「……それじゃ、すみませんけど、お風呂頂いちゃいますね」
「うん、ゆっくり温まってね!」
「はい。唯先輩、気をつけて下さいね」
「うん!」

笑顔の唯先輩に送り出されて、リビングを出て……
階段の暗がりに気づいて、私の顔は引きつっていた。
消えたと思っていた怖さがぶり返してきて、思い出したくもないのに、
映画の映像が頭の中に勝手に浮かんできてしまう。
一人でシャワーを浴びていてた女性の末路が脳裏に浮かび、

「……唯先輩、やっぱり手伝います」
「え? でも……」
「手伝います」
「そ、そう……?」

きょとんとする唯先輩をそのままに、
私はテーブルの上のお皿をキッチンへと運び始めた。
別に怖いわけじゃないですと、空しい言い訳を胸中で繰り返しながら……。

713軽音部員♪:2010/08/19(木) 11:03:48 ID:EeKFsGK.0
食器の片づけが終わって、私たちは一緒にお風呂に入ることになった。
唯先輩はもう立ち直っているみたいだけれど、
私はぶり返した恐怖が消えてくれず、
どうしても一人でお風呂に入ることが出来なかったのだ。

「ふんふふーん♪」
「う、うぅ……」

そんなわけで、二人一緒に脱衣所に入ったわけだけれど……
恐怖が薄れてくれた代わりに、
どうしようもない羞恥心が大きくなってしまっていた。
脱衣所は狭く、唯先輩とは肩が触れ合うほどに近い。
唯先輩はまるで気にせず服を脱いでいくけれど、
私は恥ずかしさに捕らわれ、なかなか服を脱ぐことができずにいた。
下着になることすら恥ずかしかった。
合宿のときは全然平気だったけれど……
お家のお風呂場の狭さや生活感が、
否応もなく側にいる人のことを意識させるのだ。

「ん? どしたの、あずにゃん?」
「い、いえ、なんでもありま……っ!?」

唯先輩に聞かれ、視線をそちらに向けて……
すぐ目の前の唯先輩の胸に、私は絶句していた。
大きかった。ほんとに。
この前喫茶店のお手伝いをしたとき、
胸の部分が苦しいと言っていたけれど……
いつの間にか、ほんとに大きくなっていて……
その迫力に、私は視線を逸らせなくて……、

「あ、あずにゃんの……えっち……」

私の視線に気づいた唯先輩が、頬を染めて、胸を両腕で隠した。
ほんとに恥ずかしいと思ったのか、いつもみたいにふざけることなく、
その態度はどこまでも大人しかった。
いつにない唯先輩の態度に、私の頬も真っ赤になってしまって、

「す、すみません!」

大声で謝って、私は視線を逸らした。
その後、いつになく静かに、私たちはお風呂に入った。
その間、私たちの顔は真っ赤なままで……
それは確実に、お風呂で温まったためではなかった……。

714軽音部員♪:2010/08/19(木) 11:05:48 ID:EeKFsGK.0
ご飯を食べて、お風呂に入って……
そして夜、私は唯先輩と一緒にベッドに入っていた。
電気が消され、真っ暗になった部屋の中、
ホラー映画を見た後の恐怖がまたぶりかえしている。
すぐ隣には唯先輩がいて、パジャマ越しに感じる唯先輩の温もりに、
お風呂に入ったときの恥ずかしさも甦ってきた。
それらの感情がない交ぜになって……
よくわからない変な気持ちのまま、私はベッドに横になっていた。
本当におかしな気分で、うまく眠れず、
かといって唯先輩に話しかけることもできなくて……
ただぼんやりと暗い天井を見つめていると、

「……プッ……クスクス……」

突然、唯先輩の笑い声が聞こえてきた。
驚きのあまり、私は思わず声を上げていた。

「ゆ、唯先輩っ?」
「クス……あ、あずにゃ……ププッ……」
「ど、どうしたんですかっ?」
「クスクス……あ、あのね……わ、わかんない!」

私が聞くと、唯先輩は半ば叫ぶようにそう言って……
そして体を震わして、笑い出していた。

「わ、わかんないって……じゃあなんで、そんなに大笑いしてるんですか」
「ほ、ほんとにね……ププッ……わかんないのっ……
自分でもなにが面白いのか……っ」
「だ、だって……でも……」
「あ、あのね……ほんとになんでなのか、わかんないんだけど……
ただね……映画見て怖かったこととか、
あずにゃんとご飯食べれて楽しかったこととか、
お風呂で裸見られて恥ずかしかったこととか……
そんな気持ちがね、混ざちゃってね……今、すごい変な気持ちで……
そしたらね、なんか笑っちゃってたの!」

話しながらも唯先輩は笑い続けていた。
お布団の下で体が震え、ベッドが揺れる。
あわせて私の体も揺れていて、

「も、もうっ……クス……そ、そんな笑うようなこと、
なにもないじゃないですか……アハハ……っ」
「あ、あずにゃんだって……笑ってるじゃん……っ」
「わ、私は、唯先輩につられてるだけです……っ」

715軽音部員♪:2010/08/19(木) 11:08:05 ID:EeKFsGK.0
気がつけば私も、唯先輩と一緒になって笑っていた。
唯先輩の言うように、唯先輩と同じ気持ちで……
怖さも楽しさも恥ずかしさもみんなごちゃ混ぜになってて、
もう気持ちの整理なんてできなくて……
変な気分のまま、ただただ笑い続けていた。

「クス……アハハ……あ〜ずにゃん!」
「アハハ……ゆ、唯先輩、やめ……アハハ……っ」

唯先輩が笑いながら抱きついてきて、
私は笑いながら抗議の声を上げて……
やがて、笑い疲れた唯先輩は、私を抱きしめたまま眠っていた。
笑い疲れた私も、唯先輩の胸の中で眠ろうとしていた。
今眠ったら……私はきっと、すごく変な夢を見てしまうことだろう。
今の気分のまま、怖いような楽しいような恥ずかしいような……
そんな気持ちがごちゃ混ぜの変な夢を見てしまうだろうと思った。
そしてきっと、明日の朝……私と同じように変な夢を見た唯先輩と、
一緒になってまた笑うのだろう。
そんな明日の朝を楽しみに思いながら……
私は眠気に身を任せていた……。


END


長文失礼します。
お泊り話。ちょっとまとまり悪かったですね……。
「名前」を書き込むとエラーになるので、
変な形の投稿になってしまいました。すみません。

716軽音部員♪:2010/08/19(木) 12:42:46 ID:WbNz2k.cO
>>715
これは中々に良いゆいあずですなぁ〜
怖がる梓と支える唯って構図がグッドでした
はわほわ(^ω^)GJ!!!

717軽音部員♪:2010/08/19(木) 15:18:04 ID:pHYdGs3Q0
>>715
はわほわ(^ω^)GJ!

718軽音部員♪:2010/08/19(木) 20:01:03 ID:3XmWpJXU0
>>715
夏といえばホラーと唯梓だね!
GJ!!

719軽音部員♪:2010/08/20(金) 22:11:32 ID:ZWhsdXK.0
DVDじゃなくて映画館でホラー映画を見たとしたら・・・

唯「どうしよ・・・もう外真っ暗・・・怖いよー・・・」
梓「う・・・ホラー映画を見たのは失敗でしたね・・・」
唯「あ!あずにゃんあれ見て!ホテルだよ!」
梓(ちょ、唯先輩それ普通のホテルじゃなくてラブホテルです・・・!)
唯「ねえ、今から帰るの怖いし、あそこに泊まろうよ」
梓「えっ!でもあそこは・・・!」
唯「いいからいいからっ♪」

こうなってたのかな・・・

720軽音部員♪:2010/08/20(金) 22:18:12 ID:CcnhLH8g0
>>719
>唯「いいからいいからっ♪」

完全に唯ちゃん故意犯だなこれw

721軽音部員♪:2010/08/21(土) 02:42:04 ID:yO.exjrQ0
本スレ書き込もうと思っても常に規制に引っかかるorz

とりあえず唯梓好きなら今週のらじおん!!は絶対に聴いておくべき!
あずにゃんが唯の事大好きなのはキャスト陣の共通見解!

722軽音部員♪:2010/08/21(土) 08:35:48 ID:xvcVzgUs0
>>721
kwsk

723軽音部員♪:2010/08/21(土) 11:43:17 ID:yO.exjrQ0
>>722
梓の「ふんすっ!」について

梓って確実に唯に感化されているよね〜
あずにゃんは唯の事大好きだから〜

てな感じ

悪い事は言わん
自分で聴いて確かめてみ?

724軽音部員♪:2010/08/21(土) 12:33:50 ID:yO.exjrQ0
>>723の追記
聴き直したからより正確に

豊崎「なんかさ〜あずにゃんはさ〜唯にかなり感化されてきているよね〜」

日笠「唯っぽくなった、大好きだもんね〜唯の事」

佐藤「なんか二人がすごく微笑ましい感じがする」

何回も同じ部分聴きながらニヤニヤし続ける俺キモッ
唯梓と律澪は安心の公式カップル

725軽音部員♪:2010/08/21(土) 13:40:34 ID:QF/x6zl6O
>>724
なにそれ胸熱。
「梓は唯のことが大好き」なんて言っちゃうのは竹達さんだけかと思ってたw
いつの間にか声優陣全員から公認だったのか。

726軽音部員♪:2010/08/21(土) 13:56:31 ID:Kupojk/EO
>>724
聴いてきたぜ
作中でも周りのみんなは唯梓の関係を「微笑ましい」と思ってそうだな

ところで13話関連の話で突然「あずにゃんかわいかったなー」って言ったのは豊崎さんかな?

727軽音部員♪:2010/08/21(土) 15:25:13 ID:DL77k6kU0
野崎さんだと思う。唯と梓はけいおん部のマスコットだからな
その2人がイチャイチャしてたらそりゃー癒されるさ

728軽音部員♪:2010/08/21(土) 20:41:50 ID:G99.IfWQO
携帯からでID違うけど>>721-723-724を書き込んだ者です

「あずにゃんかわいかったな〜」て言ったのは愛生ちゃん

愛生ちゃんはちょくちょくあずにゃんかわいい発言をラジオや雑誌でしている

729軽音部員♪:2010/08/22(日) 19:13:01 ID:O5/g.VaQ0
俺も今、らじおんきいてきた、、、やっぱり声優陣公認だったんだな
ttp://www.tbs.co.jp/anime/k-on/radio/radio.html#radio_img

730軽音部員♪:2010/08/22(日) 23:25:36 ID:AKLiFkCQ0
けいおんだけでなく今期のメインカップルみたいなもんじゃないか
ストパンもあるけど

731軽音部員♪:2010/08/23(月) 02:53:45 ID:NtVgGgE20
『そのままがいいよ』

「梓ちゃんってホントに軽音部の事好きだよね!いつも話してくれるよ」
「えへへー照れますなぁ」
夕食を取りながら憂と他愛もない話をする。う〜ん、ごはんもおいしいし幸せな時間だなあ。
今日の会話にもあずにゃんが登場。二人の共通の友人だし、よく話題に上るんだよね。
可愛くてちっちゃくてちょっぴり頑固でそんでもって可愛くて…私の初めての後輩。
なんだか最近、あずにゃんの事を考えてばかりいる気がする。文化祭が近づいてきて会える時間も減って、あずにゃん分が足りなくなったのかな。
「この前は紬さんが可愛らしい話だったけど、律さんがご飯作ってくれた話とか―」
「そうそう、りっちゃんのご飯美味しかったんだよ〜」
「梓ちゃんの先輩自慢に純ちゃんもたじたじになっちゃってさ。皆さん本当にいい先輩なんだね」
「うんうんそうだよね。澪ちゃんはかっこいいし、ムギちゃんは優しいし、りっちゃんは頼りになるし…ハッ」
「どうしたのお姉ちゃん?」
ここまで話を聞いて私はあることに気付いた。
「私、先輩らしい事してない!」
「えっ、そうかな」
そう、後輩のあずにゃんは私にギター教えてくれたりするけど、先輩である私は抱きついたり怒られたり呆れられたり…。
わ、私ってあずにゃんにどう思われてるのかな。さっきの憂の話にも私の自慢話ってなかったような。
「これはまずいよ!」ガタッ
「ひゃあ!びっくりした」
「決めたよ憂。私、先輩らしくなるよ!」フンスッ
「そっか、頑張ってねお姉ちゃん」
先輩らしくなれば、あずにゃんも私の事褒めてくれるかな。私の事好きになってくれるかな…。
私、あずにゃんにもっともっと好かれたい。なんでだかよく分からないけど…まいっか。先輩のお手本は私の周りにいるもんね。
「よーし、やーるぞー!」
「ふふっ頑張るお姉ちゃんも可愛い」
「ごちそうさま。まずはお皿洗いするよ!」
「えっ!?いいのに」
「任せて任せて〜」カチャカチャ
「ああっ危なっかしいよ〜」
(ふふっお姉ちゃん、梓ちゃんのこと本当に好きなんだろうな。でもそんなことしなくてもいいと思うけどな)
(梓ちゃん、凄い分かりやすいんだもん。お姉ちゃんのこと褒めたりはあまりしないけど、1番お姉ちゃんの事…)
「って、私が言うのも野暮だよね」
「ういーなんか言ったー?」
「ううん、何でもないよっ。私も手伝うねお姉ちゃん!」


放課後部室!

今日は文化祭の練習で私以外遅くなっちゃうみたい。だからこれは私が先輩らしく振る舞うチャンスだよ!
あずにゃんが来たら先輩らしさを発揮しなきゃ。それまでは木の練習してよう。時間を無駄にはしないよ。

ガチャッ
「こんにちはー。あれ、唯先輩だけ。やっぱり他の先輩たちは劇の練習ですか」
「…」
「唯先輩?…あ、木の練習か。イスにでも座ってよ」
「…はっ!」
しまった。いつの間にかあずにゃんが来ていた!
「や、やっほーあずにゃん」
「ふふっいいんですか、木の練習してなくて」
あうう笑われてるよ。これは不覚だよマイナスポイントだよ…。
「ううん大丈夫。それより練習する?お茶にする?そ・れ・と・も…」
「えっ唯先輩練習するんですか?」
「舐めてもらっては困るよ。私だってやる時はやるのです!」フンスッ
「そうですか。それじゃあ練習しましょう。今用意しますね!」
うーんあずにゃん嬉しそう。やっぱり練習が好きなんだなぁ。
「それじゃごはんはおかずのイントロから行きましょうか」
澪ちゃんみたいに真面目だったら、もっと尊敬されてたかなぁ。
「って唯先輩、聞いてます?」
「あ、うん。よーしじゃんじゃん行くよ!」
「は、はい!」
そう、今日の私は今までとは違うよ!先輩らしくどんどんあずにゃんを引っ張って行っちゃうんだから!


「…でここがこうなるわけです」
「ほほう」
「でサビの所はこうしたほうが」
「ふむふむ」
あずにゃんのほうが上手だからこれはしょうがないんだよ!


ジャカジャカジャン
「フンッ…よっ…」
「…」
ジャカジャ …ジャ…
「あ、あれっ?」
「大丈夫ですか?」
「う、うん」
ジャカ…ジャ
「うう…力が入らなくなってきた…」プシュー
「けっこう頑張りましたし、休憩しましょうか」
「そーだn…」
ってまずいまずい。先輩が先に音を上げるわけにはいかないよ。
「まだいけるよっ!先輩だからね」
「は、はぁ」
「えいやー!」

732軽音部員♪:2010/08/23(月) 02:55:25 ID:NtVgGgE20

「…そんなに無理しなくても」
「すいません…」シュン
だけど私の体力はもう底をついていて、無理に頑張ろうとしてめちゃくちゃな演奏になってしまった。
合わせてくれたあずにゃんに悪いことしちゃったな。はぁ。
「とりあえず休憩にしましょう。私もちょっと疲れちゃいました」
「…そうだ!」
そうだった。練習頑張るだけが先輩じゃないよ!今度はムギちゃんの代わりをしよう。
「私がお茶入れるよ!ムギちゃんからお菓子も預かってるし、先に食べてていいって!」
「ええっ唯先輩が!?大丈夫なんですか」
「ここは先輩にまかせてまかせて〜。あずにゃんは先に座ってるがいいさ」
「はぁ。いきなり元気になっちゃって…まあ唯先輩らしいか」クスッ
「えっと、紅茶はこれを使えばいいんだよね。でもって…」カチャカチャ
「うーん、でも心配だなぁ」ソワソワ
なかなかいい調子。えっとお湯沸かしたから、あとは熱湯を注いで三分待つ。あれこれってカップラーメンだっけ?えーと
「うわっ!?」ガシャン
「!!だ、大丈夫ですか!?」
「あっつーい!」
「唯先輩!!」


「…」
「もう、軽い火傷でよかったです」
「…うん…」
「じゃあちょっと待っててくださいね」
やかんを倒して指を火傷してしまった私は、保健室で手当てをしてもらい、いまは部室で座らされている。
あずにゃんは代わりにお茶の用意をしてくれている。私がやると危ないって。あずにゃんが。
私って駄目な先輩だな。改めて思い知ったよ。頑張るって言って迷惑ばかり。
澪ちゃんやムギちゃんのようになんてとても出来なかったし。りっちゃんみたいに頼りにならないし。
あずにゃんに、嫌われちゃうよ…。
「用意できましたよ。唯先輩?」
「…うぅ…ぐすっ…」ポロポロ
「どうしたんですか!?まだ、火傷痛いですか!?」
「ふぇ…うぇぇん…ごめんね…あずにゃん…ぐすっ」
「えっちょ、唯先輩?」
「私…全然先輩らしくないし…えぐっ…迷惑掛けるし…ひっく…」
「…なに言ってるんですか。ちょっと落ち着いてください。ほら鼻でてますよ」
「…うん」チーン
そういってあずにゃんは落ち着くまで背中をなでてくれた。

「先輩らしい所を?なんですかそれ」
「先輩らしくなれば、あずにゃんが、もっと…」
「もっと?」
「す…好きになってくれるかなって」
「な///」
「だって!だって私普段からあずにゃんに呆れられてるし、ほかのみんなと違って憂達に自慢されないし…」
「…」
「だから先輩らしくなればって思って。だけど全然ダメで…」
「…もう。今日はなんか変だなって思ったら、そんなことでしたか」
「そんなことって…」
「そんなことしなくても、唯先輩は唯先輩のままでいいですよ」
「ふぇ?」
「だから、唯先輩らしくしてください」
「私らしく…」
「そうですよ。そうじゃないと嫌です。先輩の唯先輩じゃなくて、唯先輩って人が私はすk…」
「す?」
「す、推奨します!」
「…あずにゃん!」ギューッ
あずにゃんはくるっと後ろを向いちゃったけど、私は背中から思いっきり抱きついた。
「もう…今日やっと抱きついてくれましたね」ボソッ
「ほぇ?」
「なんでもないです。それに私には、唯先輩もいい先輩なんですからね」

733軽音部員♪:2010/08/23(月) 02:57:13 ID:NtVgGgE20
ほっぺたがくっつくくらいの距離で、私はあずにゃんの話を聞く。
囁くくらいの小さな声が、二人だけの部室に響く。
「例えば…皆さんと行く合宿、とっても楽しかったです」
「うん、そうだね」
「だけど私にとってみれば、他の皆さんは年上なわけで」
「もちろん皆さん優しいし、全然構わないんですが、やっぱりどこか気を遣っちゃいそうで」
「でも唯先輩は、私と同じ目線でいてくれました」
「唯先輩がいてくれたから、私は何も気にせず楽しめたんです」
「…そっか。全然気が付かなかったよ」
「それに、唯先輩は無意識にちゃんと先輩をしてくれていますよ」
「無意識に?」
「はい。ちょっとした気遣いや私を思ってくれての事が、数え切れないほどあります」
そう言うとあずにゃんは、あずにゃんを抱きしめる私の腕をそっと握った。
「その度に私は嬉しくて、心が温まって、そんな唯先輩の事をもっともっとすk…」
「す?」
「…」
あずにゃんが俯き、静かになった教室。気が付けば日はだいぶ傾いていて、窓から夕日が差し込んでいた。
すると急にあずにゃんが体をくるっと回し、私と向き合う形になった。
腕はまだあずにゃんの体に巻き付けたままなので、距離が凄く近い。そしてじっと見つめあう。
いつものあずにゃんなら恥ずかしがる所なのに、なんだかおかし―
「好きです」
………へ?今、なんと?
「好きです。私、唯先輩の事好きです。大好きです」
最初はちょっと信じられなかった。でも確かにそう言った。
私の目の前の、可愛くてちっちゃくてちょっぴり頑固でそんでもって可愛くて…私の大好きな人が。
なんだろう。心が満たされていくってこういうことなのかな。ただ私は、目の前の女の子が、愛しくて愛しくてしょうがなかった。
こんな気持ち初めてで、だけどすぐに分かった。私は、この娘のことが…。
「…私もね。私も、大好きだよ。あずにゃんの事、大好き」
言葉にした瞬間、自然と涙が零れ落ちる。あずにゃんの目にも、同じものが光っていた。
私はあずにゃんを思いっきり抱きしめた。私の好きを全部伝えるため。
あずにゃんも負けじと抱きしめてくれた。ただただ抱きしめあった。

暫くして、あずにゃんが体を離しながら言う。
「…前にも言いましたけど、私、唯先輩とだけは先輩後輩の関係を強調して欲しくはありませんでした」
「前って、もしかして川原で?」
「そうです。唯先輩がへんなユニット名言い出すから」
「ごめんごめん。でも、なんで?」
「だって先輩と…先輩後輩なんかよりもっと特別な関係になりたかったから…」
「あずにゃん…結構恥ずかしい事言うね」
「だ、だって唯先輩が///」
「えへへ、でもなれたね、特別な関係」
「…はい」
「あずにゃーん好きーっ」ギューッ
「もう、唯先輩。それじゃあ今までと変わらないじゃないですか」
「だって好きなんだもん」
「…そういえば特別な人同士は、愛を伝えるとっておきの手段があるみたいですけど、ゆ、唯先輩は分かります!?」
「え、それって…」
「せ、先輩ですから、分かりますよね。先輩ですもん///」
顔を真っ赤にして、眼は合わせないようにキョロキョロさせて、なんていうか可愛い。
それに、そのくらい私解っちゃうよ。だって私
「…先輩だもん。今日1番先輩らしい所見せてあげる」
「あ…」
そういって私はあずにゃんの頬に手を添える。
あずにゃんと顔を見つめると、彼女はそっと目を閉じた。
「好きだよ、梓」
「はい…」
次の瞬間、私たちの距離はゼロになった。




「カットー!」
「ふいー疲れた」
「うう本番まであと少しか…」
「りっちゃんに澪ちゃんも凄く良くなってきたわ!」
「ありがとさん!ところでムギ」
「なあに?」
「髪の毛が一か所ピーンってなってるけど、それ寝癖か?」
「あ、これはね。乙女電波アンテナなの」
「…ふ、ふーん」


おしまい!

734軽音部員♪:2010/08/23(月) 03:01:17 ID:NtVgGgE20
規制されてたのでこっちに投下させてもらいました。

735軽音部員♪:2010/08/23(月) 03:46:00 ID:iRoCX8Bg0
GJ。こういうタイプの話が好きだ

でも唯ってそこまでどんくさいキャラかなぁという疑問はある
あずにゃんの前で緊張していたorはりきりすぎて失敗したと考えればいいかw

736軽音部員♪:2010/08/23(月) 07:22:24 ID:.Dtzht0gO
>>734
唯の『梓に気に入られたくて頑張る姿』ってのは、いつ見てもいいですなぁ〜
GJ!!!!

737軽音部員♪:2010/08/23(月) 08:14:31 ID:MYNj29fYO
>>734
ただただGJとしか言えない
唯梓だからこそ光るネタだよね

738軽音部員♪:2010/08/23(月) 08:26:16 ID:x3ShaHbkO
GJ!朝から良いもの見た
何かすんなり映像と声が脳内再生されてニヤニヤした

王道でもこういう流れって良いよね!

739軽音部員♪:2010/08/23(月) 09:28:33 ID:PpEnjp0.O
>>734
GJ!!さすがムギさんww

>>735
17話の憂の看病のところとかを見ると、最低限のことはできるけど危なっかしい、ってところかな?

740軽音部員♪:2010/08/23(月) 14:47:48 ID:w0OlZj/A0
>>733
実によかった!!GJ!

741軽音部員♪:2010/08/23(月) 15:46:25 ID:YOGIhWA6O
唯はやれば出来る子
普段はゴロゴロふわふわあいすーだけど大切な人の為に行動したりピンチの時には何でも成し遂げそうな気がする

742軽音部員♪:2010/08/23(月) 22:23:04 ID:jerZpX1s0
http://www.kyotoanimation.co.jp/shop/figure/k-on/top_yui.html

何個買うのかなあずにゃんさん

743軽音部員♪:2010/08/24(火) 01:29:18 ID:mQiVYuak0
100体くらいじゃね?

744軽音部員♪:2010/08/24(火) 02:33:58 ID:m0tyrE.IO
梓の涙は卒業式までおあずけって予想が大方の意見だけどさ
唯にだけ涙見せるシチュエーション思いついた
卒業式前日の帰り道に唯と並んであるいててこうやって唯先輩と一緒に帰るのも最後なんだと思うと家に帰るのが辛くて
自然と足が歩みを止めるのね
そこで梓が考えてる事をなんとなく感じ取った唯がいつもやってるみたいにハグするわけよ
すると安心しきった梓は今までこらえていた涙をおんおん流しながら
明日は必ず笑顔で送り出してやりますからって唯と約束するのね
そして卒業式前日、そこには唯を最高の笑顔で送り出す梓がいましたってな感じで一本書いてくれる人いないかなあ!

745軽音部員♪:2010/08/24(火) 16:01:54 ID:cN.LYF5Q0
卒業式前日って自由登校じゃなかったか?
つまり、あずにゃんと一緒に帰るためだけに
唯ちゃんは登校するってことだな

746軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:23:04 ID:vfSnhP4IO
コミケで♂唯×♀梓本を見つけてしまった
一瞬だけアリだなと思ってしまった自分が悔しかった・・・

747軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:40:07 ID:wbZaa5j20
『卒業式の前に』


「明日はいよいよ卒業式かぁ……ほんとあっという間だったなぁ……」
「ほんと、そうですね……」

唯先輩たちの卒業式を明日に控えたその日、
私たちにとって本当に最後の部活動を終えて……
私と唯先輩は、いつもの帰り道を二人並んで歩いていた。
ほんとだったら、三年生は二学期の終わりには部活動を引退しているはずで、
三学期は完全に自由登校なのだけれど……
先輩方も名残惜しいのか、受験の報告が終わった後も、
毎日のように部室に顔を出してくれていたのだ。
でも、それもさすがに今日で終わりだった。
明日は卒業式。
その後は、唯先輩たちはもう桜高の生徒ではなくなってしまう。
大学入学の手続きもあるし、
もう気軽に高校に顔を出すことはできなくなってしまうのだ。
だからほんとに、今日の部活が、私たちにとっての最後の部活で……
唯先輩と並んで帰るのも、今日で最後だった。

「4月からは、唯先輩も女子大生なんですね」
「そうだねぇ……でもなんか想像できないよぉ」
「私も想像できません」
「ブー、あずにゃんひどい!」

私の冗談に、唯先輩が頬を膨らませる。
でもその顔は、角のアイス屋さんが目に入るなり、
すぐに満面の笑みへと変わっていた。

「あ、あずにゃん、一緒にアイス食べてこうよ!」
「え、外で食べるにはまだ寒いですよ……」
「大丈夫だよぉ! 寒くなったら、私が暖めてあげるから!」
「な、なに言ってるんですか!」

748軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:43:15 ID:wbZaa5j20
文句を言いつつも、いつもと同じように唯先輩に押し切られ、
結局アイス屋に寄ることになった私たち。
唯先輩はストロベリー、私はバナナアイスを買って。
春先のちょっと冷たい風に吹かれながら、身を縮めてアイスを舐めた。

「うぅ……やっぱり、外で食べるとちょっと寒いね……」
「だから言ったじゃないですか……」
「でも大丈夫! こうすれば二人ともあったかいよ!」
「にゃっ!」

そう言うなり、私に抱きついてくる唯先輩。
後ろから私の首に腕を回し、その格好のまま、
私の耳元でアイスを舐め始める。

「ん〜、
あずにゃんカイロであったまりながら食べるアイスは美味しいねぇ……」
「なに言ってるんですか、もうっ……」

文句を言いながらも、私もアイスを舐めた。
風は冷たいままだけれど、唯先輩の温もりが私を暖めてくれて……
じんわりと口の中で溶けるアイスは、確かに美味しかった。

「あ、あずにゃん、ストロベリーも美味しいよ。はい、一口!」
「あ……ど、どうも……」

口元に差し出されたアイスを、私は一舐めした。
バナナと比べると、ちょっと甘酸っぱい感じのストロベリーも美味しくて……
そう言えば、私はこうやって唯先輩に差し出されたものを
よく食べていたなぁなんて、楽しかったこの二年間のことを思い出して、

(でも、もう……)

それも、今日で終わりなんだ……
そう思った途端、私の足はその場で止まってしまっていた。
私に抱きついたままの唯先輩が驚いた声を出すけれど、
それに謝ることもできず……
私はそこから、一歩も歩くことができなくなってしまっていた。
唯先輩が明日卒業してしまう、
もうこんな風に一緒に帰れることもない、
もう今日で終わりなんだ……
その事実が、今更ながら私の胸をいっぱいにしていた。

749軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:45:29 ID:wbZaa5j20
「あずにゃん、どうしたの?」

唯先輩に聞かれても、私は答えることができなかった。
今口を開いたら、
きっと私はひどいわがままを言ってしまうと思ったから……
だから、口を開くこともできなかった。
ただ口を閉ざし、俯いて、じっと立ち尽くしていることしかできなくて……
溶けたバナナアイスが地面にポタポタと落ちていくのを、
黙って見ていることしかできなかった。

「あずにゃん……」

と……そんな私を、唯先輩が強く、抱きしめてくれた。

「あずにゃん……わがまま言っても、いいよ……」
「え……」
「ごめんね……きっと、あずにゃんのわがままに
答えてあげることはできないけど……でも、
聞いてあげることだけはできるから……
だから、一人で我慢したりしないで……
私に、わがまま言って……」
「ゆ、唯先輩……」
「ね、あずにゃん……」
「あ……あぁ……う、うわぁぁぁぁん……っ!」

唯先輩の優しい声に、胸をいっぱいにしていた気持ちが、
あふれかえってしまった。
一度あふれると、もう抑えることなんてできなくて……
唯先輩の腕の中で、私は体の向きを変え、
唯先輩の胸に顔を押し付けながら、大声で泣き叫んだ。
泣き叫びながら、
行っちゃ嫌ですと、
卒業したら嫌ですと、
私を置いていかないでと……
そんなどうにもならないわがままを言い続けていた。

750軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:47:50 ID:wbZaa5j20
泣き叫び、わがままを言う私を、
唯先輩はぎゅっと強く抱きしめ続けてくれた。
うんと頷きながら、優しい声音でごめんねと言いながら、
私を強く抱きしめ、頭を撫で続けてくれていた……。

「すみません、唯先輩……」

私がようやく泣き止んだのは、それから10分以上はたってからだった。
唯先輩を泣いて困らせ、アイスもダメにしてしまった私に、

「ううん、謝ることなんてないんだよ、あずにゃん」

唯先輩はいつもの笑顔で、そう言ってくれた。

「むしろ、お礼言わなきゃ、だよね……
あずにゃん、ずっと我慢してくれてたもん。
私たちを困らせないようにって、きっと寂しかったのに、ずっと笑顔で……
受験だって応援してくれて……私たち、それに甘えちゃってたよね……
ごめんね、あずにゃん……」
「いえ、そんな……唯先輩が謝らなきゃいけないことなんてないです。
軽音部に入ってから甘えてたのはずっと私の方で……
だから最後ぐらい、ちゃんと送り出そうって、そう決めてて……
でも結局、私、泣いちゃいました……」

言って、私は鼻を啜った。
卒業式が終わるまで、絶対に泣かないと私は決めていた。
先輩たちが安心して卒業できるように、
軽音部を私に任せても大丈夫だと思えるように、
立派な後輩として振る舞おうと決めていたのに……
結局私は、唯先輩の前で泣いてしまっていた。甘えてしまっていた。
それが悔しくて、また泣きそうになる私に、

「あずにゃん……泣きたかったら、泣いちゃっていいんだよ?」

私の涙を拭いながら、唯先輩がそう言った。

「卒業式だもん、泣くの当たり前だもん。
だから我慢なんてすることないんだよ?」
「で、でも……」
「きっと私も、みんなも泣いちゃうと思うから……
だから、明日はみんなでたくさん泣こ? 
泣いて、泣いて、たくさん泣いて……
それで涙がなくなってから、みんなで笑うの!
そしたらきっと、すごくいい卒業式になるよ!!」

751軽音部員♪:2010/08/24(火) 23:50:36 ID:wbZaa5j20
そう言って笑う唯先輩の目尻にも、涙が一滴あることに、私は気づいた。
唯先輩が浮かべてくれた涙、夕日に照らされたその滴は、
とてもキレイなものに見えて……
今私が流した涙も、
こんな風にキレイに唯先輩の目には映ってくれているだろうか、と思った。
キレイに映ってくれていればいいなと、そう思った。
そして、明日私が流してしまう涙も……。

「唯先輩!」

両手で乱暴に目を擦って、それから私は言った。

「きっと……きっと私、明日も泣いちゃうと思います……」
「うん……」
「でも……でも! 最後には絶対、笑って唯先輩たちを送り出しますから!
最高の笑顔で、卒業おめでとうございますって、絶対にそう言いますから!」
「うん!」

私の言葉に、笑顔で唯先輩は頷いてくれた。
その拍子に、一滴残っていた涙が流れ落ちて……
満面の笑みを浮かべた唯先輩を前に、私も笑顔を浮かべていた。
明日は卒業式。
私はきっと、やっぱり我慢できなくて泣いちゃうだろうけれど……
それでも最後には、今みたいな笑顔を浮かべられるだろう……そう思った。


END


長文失礼します。
>>744さんの書き込みを見て思いついたネタ。
即興で書いたら、大分違うものになってしまいました……。

752軽音部員♪:2010/08/25(水) 00:13:52 ID:XJVLBP1oO
>>751
GJ!
梓が思う存分泣ける場所は唯の腕の中だけだね
しかし実際唯が卒業したらこの二人はどうなってしまうんだろうか……

753軽音部員♪:2010/08/25(水) 01:46:34 ID:REO0WhCE0
ぐっじょぶ

754軽音部員♪:2010/08/25(水) 02:30:46 ID:nSjBmgMc0
http://aug.2chan.net/dec/18/src/1282667496520.jpg
憂「あーずにゃーん」
梓(うっ抑えろ…これは唯先輩じゃない…!)
って感じの顔してたねw

755軽音部員♪:2010/08/25(水) 02:56:20 ID:hyEax6Nk0
>>754
こうしてみると平沢姉妹は本当に見分けがつかないな
ゆいあずでイチャイチャしてるって言っても誰も疑わないと思うw

756軽音部員♪:2010/08/25(水) 03:24:21 ID:WbzCyUW.0
先日、本スレの731で、テキスト形式でSS(交わる気持ち【唯→梓】)を投稿した者です。
予定より遅くなってしまいましたが、梓視点のSSも出来たので、投稿しようと思ったのですが、
規制に引っ掛かってしまったので、こちらに投稿させていただきます。


タイトル:交わる気持ち【梓→唯】
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1110296.txt.html

タイトル:交わる気持ち【唯→梓】(流れてしまったようなので、再アップします)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1110294.txt.html

757軽音部員♪:2010/08/25(水) 05:12:59 ID:oJEsmgKg0
>>756
GJです!!
純の優しさに感動しました。
唯と梓は本当に周りから愛されていますよね。

758軽音部員♪:2010/08/25(水) 15:17:19 ID:4c9VNW9c0
本スレに書き込めないのでこちらに

本スレ>>915-916
あの場面はヤバかったな
他の3人のときはもっと大雑把な視聴者視点な感じだったけど
唯の写真を撮るときだけは急にあずにゃん視点に切り替ったり
普段のあずにゃんならりっちゃんの真面目顔の時点で笑っていそうなところを
>>916も言っているように唯のときだけ笑っていたり

あの唯の寂しそうな表情は唯が実際にしていたんじゃなくて
あずにゃんの寂しい気持ちからそう見えてしまったんだと俺は思う

759本スレ915:2010/08/25(水) 15:45:03 ID:XDapWrXs0
>>758
>あずにゃんの寂しい気持ちからそう見えてしまったんだと俺は思う

そう考えると確かにしっくりくるな
唯のところでああなってしまうあたり
梓にとって唯はけいおん部の先輩達の中でも特別な存在なんだな
と改めて思った

760軽音部員♪:2010/08/25(水) 16:08:29 ID:zTGCkwps0
>あの唯の寂しそうな表情は唯が実際にしていたんじゃなくて
>あずにゃんの寂しい気持ちからそう見えてしまったんだと俺は思う

梓視点で梓がデジカメ越しにみたとき唯の表情がこれだったもんな
このときの唯の表情が一番憂いを帯びているような気がするから、
梓にとってそう見えてしまっても、確かにしっくりくるかもしれないね
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1110940.jpg

761軽音部員♪:2010/08/25(水) 16:33:39 ID:1f3Uy84k0
>>760
この視界がぼやけてるのも
あずにゃんが涙目だったから…とか…?

762軽音部員♪:2010/08/25(水) 19:05:02 ID:vFouKKgEO
あずにゃん……
。゜(゜´Д`゜)゜。

763軽音部員♪:2010/08/25(水) 19:26:07 ID:6UCJs9IIO
梓「えーんえーん」

唯「あずにゃん泣かないでー」

その時、唯は離れ離れになる悲しみから梓を救う為にある秘策を思い付いた

唯「そうだ結婚すれば良いんだ」

梓「にゃ」

ってな事になるから泣くことないわよ梓ちゃん

764軽音部員♪:2010/08/25(水) 19:42:02 ID:vFouKKgEO
なにその超展開

765軽音部員♪:2010/08/25(水) 21:43:41 ID:9C6Y8hiYO
しかし来週受験か…もうすぐけいおん終わるのか。
終わるのは寂しい、寂しいが卒業なんてイベントは唯梓的にものすごく美味しそう。
寂しさ半分、楽しみ半分。どうすりゃいいんだorz

766軽音部員♪:2010/08/25(水) 21:51:11 ID:xSAO2Q3E0
>>765
卒業は唯梓の本気が見れそうだよなw

規制とか考えるとそろそろしたらばに移動した方が良い気がする

767軽音部員♪:2010/08/26(木) 02:20:55 ID:kqWee6K6o
ほっぺにちゅー位はたのむ
一生分の唯梓分補充しないと死んでしまう

768軽音部員♪:2010/08/26(木) 10:11:55 ID:.v44BZhMO
pixivで唯梓漫画の新作きてた、萌え死ぬかと思った。

769軽音部員♪:2010/08/27(金) 00:08:49 ID:4fiYC2DYO
けいおん終わったら自分が唯梓やけいおんに飽きるんじゃないかとか思ってそれが嫌だな

770軽音部員♪:2010/08/27(金) 01:17:51 ID:Kaq8jKuM0
>>769
原作もアニメも終わっちゃうからな。二次創作もほとんど出なくなるだろうし
しかしけいおんが終わっても、唯梓は我々の心の中で永遠に「はわほわカップル」であり続けるさ

771軽音部員♪:2010/08/27(金) 01:28:25 ID:LNNYQR.oO
そういえばはわほわしたとか使われなくなったなw

772軽音部員♪:2010/08/27(金) 01:32:36 ID:dfIcgv5wO
原作やアニメが終わってもずっと好きでいるのが真のファンというものさ
唯梓は、いつまでも…いつまでも……はわほわです!

773軽音部員♪:2010/08/27(金) 01:38:41 ID:RNHVOj0c0
本スレより
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0142225-1282837664.gif

774軽音部員♪:2010/08/27(金) 03:09:17 ID:KXBPbOOM0
>>773
誰が作ったか知らんがいい仕事してるぜ

775軽音部員♪:2010/08/27(金) 07:56:56 ID:b.BoGb6IO
>>766
まあ規制されてる俺らからすれば移動してくれた方がいいけど
あくまでここは避難所だしな。最近は本スレも荒らされてないし。
今は向こうは向こうでこっちはこっちで盛り上がっていきましょう。

776軽音部員♪:2010/08/27(金) 19:40:09 ID:FDQGWwu20
>>769
1年後が怖いよな
今みたいな活気はもうないだろうし。まあ俺は出来る限り居つづけるつもりだが

777軽音部員♪:2010/08/27(金) 21:13:52 ID:UcD9GYss0
本スレに貼ってあるメガミマガジンの表紙がヤバイ
やべぇよ…マジ最高だよメガミマガジン!!

778軽音部員♪:2010/08/27(金) 21:34:42 ID:dfIcgv5wO
>>777
あんなの見せられたら残りの展開に期待せざるを得ない
山田監督のインタビューというのも気になるところだ

779軽音部員♪:2010/08/28(土) 08:30:53 ID:RTt35xVY0
燦然と輝く「大好きをありがとう」
レイアウトがいい仕事してる

780軽音部員♪:2010/08/29(日) 03:03:47 ID:GgCykNZkO
唯「世界にふたりだけって感じだね、あずにゃん」
梓「星がすごいですね。満天の星空ってきっとこういうのを言うんですね」
唯「喜んでもらえてよかった。あずにゃんにこの星空を見てほしかったんだぁ」
梓「連れてきてくれてありがとうございました、唯先輩」
唯「私が連れてきたかったんだもん、付き合ってくれて、ありがとね、あずにゃん」
梓「…先輩、私をここに誘ってくれたのは…」
唯「うん…あずにゃんが…梓が私にとって特別な人、だからだよ。ここはね、特別な人にしか教えない、とっておきの場所だもん」
梓「唯…」(ここで伝説的な恋人つなぎ)
唯「えへへ…うれしいな、梓からなんて」
梓「感謝の…気持ちです」
唯「梓…」
梓「大好きを…ありがとう、唯」
唯「私もだよ。大好きをありがとう、梓」

・おまけ
澪「ムギー?どうして律の膝の上に頭乗せてんだ〜?」ビキビキ
ムギ「りっちゃんに膝枕して貰うのが夢だったの〜」ニヤニヤ
澪「律、それ重いだろ?邪魔だったらどかしてもいいんじゃないか?」ビキビキ
ムギ「りっちゃんがいつ私を重いなんて言ったの?重いのは澪ちゃんじゃないかな?」ビキビキ
澪「ムギのたくあんよりはマシだよ」ビキビキ
ムギ「私と違って澪ちゃんは軽いものね。不特定多数に下着を見せても平気でいられるなんてさすがだわ」ビキビキ
澪「やるのか、ゴルァ」ビキビキ
ムギ「クソビッチ、上等だよ」ビキビキ
律「(誰か助けて…)」

781軽音部員♪:2010/08/29(日) 03:37:09 ID:fBsBmZ/.O
良い感じの唯梓だなーと思ったらおまけがカオスw

782軽音部員♪:2010/08/29(日) 03:47:14 ID:1EJoWApEO
メガミの澪律ムギピンナップかww
確かに修羅場の予感がするが

唯梓の方は今にもゴールインしそうだな

783軽音部員♪:2010/08/29(日) 07:23:52 ID:E6yaCZps0
メガミはピンナップもさることながら、監督インタビューが気になってしょうがない
梓の気持ちにおいて唯関連の事が何かしら良い感じに語られてたら
それ次第で今後にも期待できるんだけど、
逆に一切そういうのが無かったら卒業関連での良い唯梓は厳しそう……

784軽音部員♪:2010/08/29(日) 13:27:52 ID:1EJoWApEO
>>573で「はわほわ」ってレスした者だけど、本スレの様子を見ると好ましく思ってない人が多いみたいだね
「ペロペロ」みたいにキャラに手を出すんじゃなくてファンとして見守る立場を取ろうという意図だったんだけど、
唯梓の関係を安い記号になぞらえるのはよくないというのはごもっともだな
不快にさせた方と初代>>1に深くお詫びします

785軽音部員♪:2010/08/29(日) 14:12:30 ID:fBsBmZ/.O
わざわざ謝ることでもないと思うぞ
唯梓を好きなことに変わりはないんだから

786軽音部員♪:2010/08/29(日) 14:23:48 ID:qeLCEGlg0
神経質な奴の方が問題な気もするがね
この程度で不快って…

787軽音部員♪:2010/08/29(日) 17:04:18 ID:E6yaCZps0
特に発展性のある言葉でもないから、嫌だと思っても我慢してた方が話題もすぐ終わるしね
変に押しつけがましいのが沸いたりしたら話は別だけど、今回はそういうのでもないし

788軽音部員♪:2010/08/29(日) 20:25:39 ID:cxuob3F.0
しかし前から言われてるが今回の同人は本当に唯梓分豊作だな
その分お金が飛んだが…

789軽音部員♪:2010/08/29(日) 22:28:53 ID:8W/WayMs0
俺が初コミケで何となく手に取って買った(全年齢向け)同人誌も、ゆいあず余裕だったぜヒャッハー!!

790軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:20:27 ID:MAaTcOno0
『未来のお家』


いつもの放課後。いつも通り扉を開けて部室に入った私は、
いつもとは違う机の様子に、目を丸くしてしまっていた。
遠目にもわかる、机いっぱいに広げられたチラシ。
そして、そのチラシに熱心に何かを書き込んでいる唯先輩。
他の先輩方の姿は見えず、唯先輩は一人黙々とペンを動かしていた。

「お疲れ様です。あの、えっと……なにしてるんですか、唯先輩?」
「あ、あずにゃ〜ん!」

側に行ってそう声をかけると、唯先輩は顔を上げて、
いつものほにゃっとした笑顔を見せてくれた。
つられて私も笑みを浮かべ、

「……これ、マンションのチラシ、ですか?」

視界に入ったチラシの内容に気付いて、また私は首を傾げていた。
机の上に広げられていたチラシは、マンションのチラシだったのだ。
駅から何分築何年というお決まりの見出しに、大きく描かれた間取り図。
一瞬、来年から唯先輩は一人暮らしでも始めるのだろうかと思ったけれど……
チラシのマンションは、どう見ても女子大生が
一人暮らしをするためのものではなかった。
部屋数の多いファミリー向けの大きなもの。
ほとんどが賃貸ですらなく、
中には中古一戸建てのチラシや新築モデルハウスの広告もあった。
先輩が春から暮らす部屋を探しているようには、どう見ても思えなかった。

「エヘヘ……さっきね、
物置に隠しておいたぬいぐるみを探してたんだけどね」
「……まだ私物隠してたんですか」
「あ……あぅ、そこは突っ込まない方向で……」
「今度、ちゃんとチェックしますからね、唯先輩」
「あ、あうぅぅ……」

厳しく私が言うと、涙目になって両人差し指を突っつき合わせる唯先輩。
そんな唯先輩に苦笑を浮かべながら、私は話の先を促した。

791軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:23:07 ID:MAaTcOno0
「それで、どうしたんですか?」
「あ、それでね、ぬいぐるみの側にね、
新聞とか雑誌とか積んであってね、そこで見つけたの」
「はぁ……」
「でね、チラシ見てたら、もし自分がこんなお家に住むとしたら、
どんな部屋割りにするかなぁって、想像しちゃってねぇ」
「それで、チラシに落書きですか?」
「むっ、落書きじゃないよ、将来のためのぷらんだよ!」

唇を尖らせてそう言う唯先輩に、私はあきれてため息をついた。
チラシに落書きをする暇があったら、
ちゃんと受験勉強をして欲しいと思う。
卒業アルバムの髪型のときといい、
余計なことばかり時間を使うんですから……
そう思いながら、私は机の上に広げられたチラシを
何枚か手に取ってみた。
間取り図には、鉛筆で唯先輩による書き込みがされていた。
唯先輩が言うところの、将来の「ぷらん」だ。

……私の部屋……あずにゃんのお部屋……ごはんごはん♪……
……私の部屋……あずにゃんのお部屋……ここで演奏!……ペット飼いたい……
……私とあずにゃんの部屋、ずっと一緒!!……

(……え?)

何枚かチラシを見ているうちに……
私はどのチラシにも、不思議な書き込みがされていることに気がついた。

「……あの、唯先輩?」
「ん? なぁに、あずにゃん?」
「……これって、唯先輩が将来もし住むとしたら、
っていう『ぷらん』なんですよね?」
「そだよ?」
「……じゃ、なんで、どのチラシにも私の名前が書かれてるんですか?」

792軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:27:00 ID:MAaTcOno0
そう、どの部屋の間取りにも、必ず私の名前が書き込まれていたのだ。
唯先輩の未来の「ぷらん」なのに、
なんで私の名前が書かれているのだろう?
疑問に思って聞くけれど……
唯先輩はなにを聞かれたのかわからないとばかりに、首を傾げていた。

「なんかおかしかった?」
「いえ……なんかって……」
「だって私の未来のお家だよ?」

まるで当たり前のことのように言う唯先輩。
それは要するに、唯先輩の中では、
将来私が一緒に住むことは決定事項ということで……。

「ねっ、ねっ! あずにゃんはどのお家に住みたいっ?」

まるで一緒に住むお部屋を探そうとでも言うように、
唯先輩が笑顔で聞いてきた。
机の上に広がったたくさんのチラシ。
マンションや中古一戸建て、新築のモデルハウス。
そこに書き込まれた唯先輩と私の名前を見て、

「……もうっ、そんなことしてないで、ちゃんと受験勉強して下さい!」

私は強い口調でそう言って、自分の席へと向かった。
背を向ける私に、

「えぇ〜……あずにゃんのいけずぅ……」

という唯先輩の声が追いかけてきたけれど、
私は無視して振り向かなかった。
振り向いてしまったら、
ちょっと緩んでしまった口元を見られてしまうから。
だから振り向かず席に向かい、胸の中で文句を言った。

(もうっ……ほんとに唯先輩は……)

……唯先輩に聞かれたとき、
つい目をとめてしまったチラシのことは……
やっぱり恥ずかしいから、私だけの秘密にしようと思った。

……私とあずにゃんの部屋、ずっと一緒!!……


END


長文失礼します。
メガミ購入。
ピンナップの破壊力がほんとすごい……。

793軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:28:33 ID:PFZH./tY0
いいねぇ〜いいねぇ〜
ニヤニヤしてしまうよ〜
GJ!!!!

794軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:50:42 ID:uLuvLBes0
>>792
GJ!!
どの物件が良いかな〜って探す唯が可愛いですなぁ。
あずにゃんも「唯先輩だけには任せられません!」って言って一緒に探し始めそうw
良い物見させてもらいました。


自分も後ほど、SSを1本投下させていただきます〜。

795軽音部員♪:2010/08/29(日) 23:52:58 ID:1EJoWApEO
>>792
GJ!この二人らしいやりとりだ

796軽音部員♪:2010/08/30(月) 00:15:29 ID:x0yqHgH60
>>792
本当、唯と梓にはいつまでも一緒に居て欲しいよね

797軽音部員♪:2010/08/30(月) 00:51:28 ID:E.StYRq20
>>792
GJ! 同棲が当然みたく言ってのける唯がらしくていいね

798軽音部員♪:2010/08/30(月) 02:09:50 ID:d.q51aU20
>>792
GJです

>>756が見れない

799軽音部員♪:2010/08/30(月) 02:29:59 ID:mA/e/M1g0
『唯先輩のふり・・・』


先輩達が卒業し、軽音部は私1人だけになった。
先輩達と5人で楽しく過ごしていた部室も・・・今ではとても広く感じてしまう。
軽音部存続の為には、部員を少なくとも、あと3人獲得しなければならない。
でも、私には焦りは無かった。以前から、憂と純が軽音部に入ってくれると言ってくれていたから。
だから、あとは新歓ライブやビラ配りの勧誘で、何とかしようと考えていた。

部員の数は何とかなるだろう・・・だけど、どうしても埋める事ができない物がある・・・。
先輩達の存在が大きくて・・・いや、大きすぎたんだろうな。
先輩達の卒業後、私の心はポッカリと穴が開いてしまったような感じだった。

「梓ちゃん・・・大丈夫?」

1人になった私を気にかけてくれた憂は、先輩達が卒業後、毎日のように部室に来てくれるようになった。
憂は4月から軽音部に入部してくれる事になっていて、今はまだ正式な部員ではない。

「うん、何とか・・・」

気の抜けたような声しか出せない私・・・。そんな私に、憂は決まって『ある事』をするようになった。

「もう、しょうがないなぁ・・・」

そう言うと、憂は結っていた髪を解き、前髪にヘアピンを留め、私に抱きついてきた。

「あーずにゃーん♪」
「ゆ、唯先輩・・・!?」

・・・なわけないよね。憂が髪を解くと、唯先輩と見分けがつかない程そっくりだ。
憂だとわかっていても、その容姿を見るとドキッとしてしまう。

「・・・どう、元気出た?」
「う、うん・・・///」
「寂しかったら・・・私を、お姉ちゃんの代わりだと思って良いからね」

私が唯先輩を好きだという事を、憂は知っている。
私は卒業式の日、唯先輩に想いを伝えようとしたけれど、泣いてばかりで伝える事ができなかった。
唯先輩に会えなくなって寂しい・・・その気持ちを知ってか知らずか、憂は唯先輩の変装をするようになった。
もしかしたら、憂自身も唯先輩になりきる事を楽しんでいたのかもしれないけど・・・。

「唯先輩・・・寂しいです」
「あーずにゃーん♪」
「唯先輩!?・・・じゃなくて、憂・・・」

こんなやりとりを毎日のようにしていた。憂がノリノリだったから、私もそれに乗せられていたんだと思う。
憂は次第に、抱きつくだけではなく、唯先輩として話をするようにもなった。だけど・・・私は心が満たされなかった。
だって・・・見た目は唯先輩そっくりでも、憂≠唯先輩ではないから。
抱きついてきた時のぬくもり、私の名前を呼ぶ声、息遣い、・・・全てにおいて唯先輩のものではないから。
その全てが当てはまって、初めて『唯先輩から抱きつかれてる』という感覚に陥れる事ができる。
だからね、憂・・・気持ちは嬉しいけど、憂を唯先輩の代わりだなんて思う事はできないんだ・・・。

800軽音部員♪:2010/08/30(月) 02:32:13 ID:mA/e/M1g0
3月も最終日を迎え、今日も私は1人で音楽室で練習をしている。
そこに、憂がやってきた。ここまではいつもと同じ光景だ。

「ヤッホー・・・あ、梓ちゃん・・・練習はかどってる?」
「うん。もう先輩達が居ないからって、クヨクヨしてられないからね。明日からは4月だし、私達も3年生になるんだから頑張らないと!」
「そ、そうだね・・・」
「だけど今日までは・・・いつものように、唯先輩の格好で抱きついてきてほしいな・・・」
「えっ・・・良いの?」
「今日までは一応2年生だし・・・3年生になったらこんな事お願いできないから・・・」

明日からは3年生・・・もう誰にも甘える事はできない。だから、今日が最後・・・というつもりだった。
憂に唯先輩のふりをして、とお願いするなんて・・・我ながら少し呆れてしまうな・・・。
憂は、いつものように結っていた髪を解き、前髪にヘアピンを留めた。

「あーずにゃん♪」
「・・・」

憂を唯先輩の代わりなんて思う事はできない・・・なんて偉そうな事を言っておきながらなんだけど・・・人間って不思議なものだな。
2週間も繰り返していると、だんだん感覚がマヒしてきちゃったみたい。
後ろから抱きつかれた時のぬくもり、私の事を呼ぶ声、耳元にかかる息遣い・・・全てが唯先輩そのもののようだった。

「私達が卒業して、寂しかった?」
「寂しかったです。何度も何度も泣いちゃいました」
「そっか・・・」
「でも、もう大丈夫です。寂しくても、いつまでも泣いていられません。私がこの軽音部を・・・先輩達の作り上げた、この大切な部活を守っていきます」
「あずにゃんならできるよ・・・私達もあずにゃんの事を応援してるからね」

そう言うと、私の事を優しく撫でてくれた。頭の撫で方も唯先輩そのものだった。
凄いな憂・・・今日は言動全てが唯先輩そのものだよ・・・。私が唯先輩を求めすぎちゃって、錯覚を起こしてるんだろうな・・・。

「卒業式の時には言えなくて、凄い後悔しているんですけど・・・私、唯先輩の事が好きでした」
「え・・・わ、私も・・・あずにゃんの事好きだよ・・・!」

憂は私の気持ちをわかってくれている。だから、この返事は至極当然だった。・・・だけど、それでも凄く嬉しかった。
私はいつも以上にリアルなやりとりをできた事に満足していた。本物の唯先輩と話しているようで、ほんわか幸せな気分になれた。

「唯先輩の事、大好きだから・・・キス、して良いですか?」
「えっ・・・え・・・!?そんな・・・あずにゃん、急に・・・」

わかってる・・・相手は憂だ。さすがにそこまではできないよね。
でも・・・私も凄くドキドキした。・・・こうやって迫ってみたら、唯先輩もこんな感じでオドオドしちゃったりして。

「えへへ・・・冗談だよ。ありがとう、憂・・・唯先輩本人と話しているようで楽しかったよ」
「う、うん・・・最後、ドキドキしちゃったよ///」
「私も・・・ちょっとやりすぎちゃったかな。・・・まぁ、軽音部の部長としてはしっかりとみんなをリードしていくから、明日からも宜しくね!」
「う、うん・・・頑張ってね!」
「それと・・・私の気持ちも・・・いずれは唯先輩本人にも伝えるつもりだから!」
「ほぇ!?・・・う、うん・・・!」

憂は、唯先輩の変装を解く為に髪を結い始めた。だけど、いつもに比べてその手際が悪かった。
まるで、普段は髪を結っていないかのような・・・。

「私達、みんな同じ大学だから・・・もし良かったら遊びに来てね、あずにゃん!」

振り向きざまにそう告げると、憂は部室を出て行った。その時の横顔は、ちょっぴり頬を染めて・・・なんだか嬉しそうな感じだった。
最後に感じた憂への違和感・・・憂に戻ってからは『あずにゃん』って呼んだ事無かったのに・・・。



「梓ちゃん、こんにちはー!今日は遅くなってゴメンね!」
「あれっ、どうしたの?さっき帰ったと思ったのに・・・」
「えっ?・・・私、今来たところだよ?」
「ふぇ・・・!?」
「私の前に、誰か来てた?」
「えっ・・・えっ・・・あっ・・・!?」
「誰が来てたのかな〜?私の前に誰が来てたのかな〜♪」
「にゃ・・・にゃぁぁぁぁぁー!!!///」


END

801軽音部員♪:2010/08/30(月) 02:37:50 ID:mA/e/M1g0
本スレで、憂が唯の変装をして〜って話が出てたので、SSを作ってみました。

>>798
>>756の内容をもう1度アップしてみました。宜しければ、ご覧くださいませ。

タイトル:交わる気持ち【唯→梓】
http://www.kent-web.com/pubc/book/test/uploader/uploader.cgi?mode=downld&no=3279

タイトル:交わる気持ち【梓→唯】
http://www.kent-web.com/pubc/book/test/uploader/uploader.cgi?mode=downld&no=3280


以上です。長々と失礼しましたm(_ _)m

802軽音部員♪:2010/08/30(月) 02:52:56 ID:ZuIVrivYO
>>801
GJ!
VIPのSSでこういうことを続けて結果的に梓憂になる話を読んだせいでちょっぴりビクビクしてたよww

ところで>>799の「憂≠唯先輩ではないから」は「憂≠唯先輩だから」あるいは「憂=唯先輩ではないから」の間違いじゃないかな?

803軽音部員♪:2010/08/30(月) 05:55:18 ID:E.StYRq20
>>801
GJ!! 読んでてずっとハラハラさせられたたわ。
憂ちゃん策士だなw

804軽音部員♪:2010/08/30(月) 07:09:12 ID:QyqPI5u20
801です。読んでいただきありがとうございます。

>>802
すみません、ご指摘のとおりです。

だって・・・見た目は唯先輩そっくりでも、憂≠唯先輩ではないから。

だって・・・見た目は唯先輩そっくりでも、憂=唯先輩ではないから。

このように訂正します。失礼しました。

805軽音部員♪:2010/08/30(月) 07:30:36 ID:heOi8Fw2O
>>801
ラストの梓と唯が甘々でよいですなぁ〜

GJ!!!

806軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:23:41 ID:0r.JNlZo0
長文投下します。ややシリアス? 卒業後の話。

807軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:25:44 ID:0r.JNlZo0
・互い違いのすれ違い

 卒業式。彼女は、思い切り泣いた。
 泣きはらして、泣きはらして、笑顔になって。
 別れを惜しみながら、それでも強く笑って。
 そして、中野梓は、高校三年生になった。

 
「…やっぱり、似合ってないなぁ」
 携帯を眺めながら、改めて梓は苦笑した。
 先日執り行われた、先輩たちの入学式の画像が添付されていた。慣れないスーツ姿で、4人は思い思いに写っている。
 澪は、緊張のあまり固すぎる顔。紬はさらりと着こなしている。律は……窮屈そうだ。 そしてもう一人は、致命的に似合ってない。ミスマッチにも程がある。
 これが卒業アルバムの予行練習のような済ました顔だったら、まだ格好もついただろうに、いつもどおりの奔放な表情で写っていて、それがおかしくてたまらない。
「ぷっ、くく…」
 抑えた笑いが、がらんとした部室に響く。
 と、きぃ、という音がして、音楽室のドアが開かれた。
「…あの、中野先輩、どうかしたんですか?」
「ううん、なんでもないよ。入って入って」
 はぁ、と怪訝そうな声を漏らしつつ、彼女は後ろ手にドアを閉めた。今年から軽音部に入部した、正真正銘の後輩である。まだ整っている皺の少ないブレザーが初々しい。胸元にアクセントとして彩られたリボンの色は、青色だ。梓にとってそれは先輩の色だけれど、むしろ彼女たちからすれば、赤こそが先輩の色なんだろう。そんなところで、時がめぐったことを実感してしまう。
「すいません、HRが長引いちゃって」
「大丈夫。それじゃ、練習はじめよっか」
 幸いにも、新歓ライブでの梓の演奏は新入生の心を捉え、4人の新入部員を迎えることで今年も軽音部は継続されている。放課後ティータイムではないけれど、学園祭でもまた演奏することになるだろう。順風満帆と言ってもよかった。今ではジャズ研を引っ張るメンバーである純に、「あー残念、あたしが入れば百人力だったろうに」だなんて茶化されたけど。
 その後輩の一人は、梓と同じギターの担当だ。どこかの先輩とは違って、入学前から音楽に触れていたようで、教えるにしてもやりやすい。フェルマータやフォルテッシモといって、そうですね、と素直に相槌が返ってくるのはなかなか新鮮だった。
 まぁ、流石に腕前はまだまだだけれど。きっと上手になるだろう。
 しばらく練習をして、少しの間長椅子に座って休憩をする。言葉少なだ。
 そりゃ、センパイたちとのようにとは言わないまでも、もう少し賑やかでもいいんじゃないかなとは思うのだけれど、2年の年齢差は高校生にとってそこそこ大きい。互いになかなかきっかけがつかめないで休憩時間が終わってしまうのが常だ。それが梓の目下の悩みである。
 けれど、今日は珍しく彼女のほうから話しかけてきた。
「あ、あの」
「……どうしたの?」
 嬉しそうに返す梓に安心したのか、彼女は微笑んで言った。
「中野先輩って、ギター教えるの上手ですよね」
「そうかな。だったらいいんだけど」
「こう、すーって入ってくるんです。音と指とが離れてなくて」
「ありがと。…昔ね、」
 手のかかる先輩がいたんだよ。先輩なのに、私に教えてって頼んできて、
 ――そう言おうとして、やめた。
 いきなり黙りこくってしまった梓を彼女は不思議そうに伺っている。私もそこでよく躓いたから、と梓はごまかした。結局その後会話はあまり弾まなかったけれど、いつもより少しだけ和やかな雰囲気になった休憩の後、再びギターをかき鳴らして、その日の部活は終わった。
 校門で、彼女に向かって手を振る。いずれの後輩とも梓は別方面だ。部活の後、たいてい彼女は一人で帰路につく。
 先輩らしく振舞えているだろうか。もしやめるなんて言われたらどうしよう。不安は常に付きまとっている。特に、今日は来ていない3人の後輩たち。塾や都合などで、毎日部室に来るというわけにはいかないようなので、尚更がんばらないと。
 後輩と別れた帰り道、梓はいつもそう考える。
 だけど今回ばかりは、少し余計なことまで浮かんでしまった。

808軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:29:32 ID:0r.JNlZo0

 意外なことに、卒業してから一番メールを送ってきたのは律だった。澪や紬との写真を
添えて、律らしい冗談と絵文字が踊る明るい文面に隠された後輩への気配りを、梓は十分
に感じ取っていた。次いで澪、紬である。どれもこれも、自分への思いやりがこもってい
て、それだけで梓は胸が一杯になる。
 部室に寄っていいか、なんて提案も度々あったけれど、せっかくの練習を邪魔しないで
ください、なんて断ってしまった。律や澪や紬だって、新たな環境で忙しいはずだ。ただ
でさえこれだけ気にかけてもらっているのだから、これ以上煩わせてしまっては申し訳な
い。……あの人はまじめすぎると笑うだろうか。梓は苦笑する。
 ……あの人。
 あの人からの、最初は頻繁だったメールが稀になったのはいつからだろう。唐突にかか
ってきた電話が来なくなったのはいつからだろう。寂しいと思う心とは別に、どこかで納
得している梓がいた。
 新しい場で、これまでの親友と、これからの親友と、精一杯楽しむことに忙しいのだろ
う。きっと、4人のうちで、一番。彼女はそういう人だから、と、すとんと飲み込めた。意
外なことに。
 それは、梓が3年生になってから、理解したものだった。梓にとって、学校とは軽音部で
あり、放課後ティータイムのことだった。そのことでいっぱいいっぱいだった。
 けれど、それだけではない。受験もある。毎日は、放課後だけではないのだ。時間が、
生活が迫ってくる。それを身をもって実感したから、梓はあの人のことを責めようとは思
わなかった。むしろ感謝すら覚えた。こんな日々の中で、去年の先輩達は、あの人、あれ
だけ時間を割いてくれたのだと。
 別に、二度と会えないわけじゃない。憂に訊けば、喜んで近況を話してくれるだろう。
だけど、いやだからこそ、梓はあえてその話をしないことに決めた。
 もう、いっぱいもらったのだ。抱きしめてもらって、名前を呼んでもらって。卒業式で
は、泣きじゃくった自分を受け止めてもらって。
 もう十分だ、と。そう思えてしまうことも含めて、満足していたから。
 だから、今日の後輩からの話題は、不意打ちだった。
 
                    ○

 翌日。運悪く、後輩は全員来れないとのことだった。こういう日もある、どうしようか
と悩み始めたときには、すでに梓の足は鍵を借りに向かっていた。一度習慣になってしま
うとなかなか抜けないものだ。たとえ一人であっても。
 きぃ。ドアを開けるときの音がいつもより遠くまで音が響いた気がした。閉めるときの
音も。がらんとした部室。ホワイトボードでは、…まだ隅っこのほうに残っている独創的
なセンスの落書きが消えかかっていた。本当にあのセンスはわからない。書きなおそうに
も再現しようがない。
 一息ついて、長椅子に座る。いざ来てみたはいいものの、やはり一人だけとなると何を
する気も起きない。黒板に引かれた五線譜を眺めながら、ただ座っている。
 ――広い。この部屋は、こんなに広かっただろうか。
 かつて感じたその感覚を、しばらくぶりに梓は味わっていた。このごろは後輩がいたお
かげで心の底に沈んでいたそれは、やっぱり痛切で、今すぐにでも誰かにすがりたくなる
ものだった。
 頭を振る。自分で決めたことだ。頼ってばかりもいられない、もう最上級生で部長なの
だから。頼られる立場なのだから。繰り返し繰り返し唱えてきたその言葉を、寂寥感を押
し流すように梓は繰り返す。ブレザーの袖を握り締めながら。ごくり、と飲み込んで、梓
はようやく顔を上げた。
 トンちゃんの水槽の掃除でもしようか。ようやく意識に上ってきたことに梓は申し訳な
くなった。「でも」ってなんだ、でもって。ごめんね、と小声でつぶやきながら、慣れた
手つきでバケツに水を注ぐ。洗面台。鏡。隅に貼ってある剥がれかけのハートのシール。
反射的に目を逸らした。遅かった。
 『中野先輩って、ギター教えるの上手ですよね』
 『あずにゃん、ギター教えて!』
 ……ほら。
 『かわいいでしょー、最近はまってるんだー』
 『いっぱい食べて大きくおなり』
 ……ほら。
 『あずにゃんは難しいことを考えるんだねー』
 『だって、あずにゃんはあずにゃんだもん』
 ……ほら。
 『私はいっつもあずにゃんのことばっかり考えてるよ』
 ……うそつき。

 いつの間にかバケツから水が溢れていた。慌てて蛇口を閉める。水浸しだ。拭かないといけない。

809軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:32:20 ID:0r.JNlZo0
                    ○

 どうしてここまで弱いんだろう。
 どうしてここまで脆いんだろう。
 部長なのに。三年生なのに。もう、後輩じゃないのに。
 最近、「梓」と同じくらい、「中野先輩」と呼ばれるのに。
 もう、「あずにゃん」なんて、呼ばれないのに。
                  
                    ○
 家に帰ると、梓は自室に逃げ込んだ。
 制服のまま天井を眺める。
 
 どうして、と問いかけても、答えは一向に出てこない。どうすればいいのかわからない。
 自分の中で、整理をつけたつもりだった。割り切って、しっかりと固めていたはずだった
のに。些細なきっかけで決壊してしまった、この気持ちはなんなのだろう。
 一通り泣きはらして、表面上は落ち着いてはいる。しかし疲れ果てていた。
 手元にある携帯電話を操作する。受信メール。先輩達の、似合わないスーツ姿。もう笑え
ない。呆けながら、ただその画像を見つめている。
 ……わがままな子、なんだろうな。
 なにも、無視されたわけじゃない。忘れられたわけじゃない。ただ、近頃連絡が減ってき
ただけ、なのに。それだけで勝手に遠く感じて、自分で納得したふうを装って。挙句の果て
に、ちょっとしたきっかけですぐ決壊してしまった。
 ……そんなの、卒業式のときと、何も変わらないじゃない。
 あの時の絶望とは、違うのだ。まるで広い世界に自分ひとりだけが取り残されてしまうよ
うな、切羽詰った状態ではない。繋がっている。だから、余計にわからない。
 無機質な画面に映る、不恰好なあの人の姿を見て、こんなにも弱ってしまう。文字じゃな
くて、画像じゃなくて、声を聞いて、抱きしめて欲しくて。
 ……会いたくて。
 会いたい。心の中で言葉にして、それは明確なものとなった。会いたい。会いたい。あの
人に会いたい。名前を呼んで欲しい。梓でもなくて、中野先輩でもなくて、あずにゃんと呼
んで欲しい。あの人がつけてくれた名前で、あの人の声で、……唯センパイの声で。 唯セ
ンパイ。
 受信ボックスを遡る。まだログに残っているかどうか不安だったけれど、過去になるにつ
れ、名前欄は「唯センパイ」で埋まっていった。あの人らしい、どこからもってくるのかわ
からないのにしっかり刺さってくることば。並ぶ「あずにゃん」の文字。
 ……思えば、いつも、センパイとは、こうだった。
 合宿のときも。学祭のときも。修学旅行のおみやげも。園芸大会のときも。夏祭りのとき
も。シールのときも。最後のライブのときも。卒業式のときも。
 こうやって、自分で考え込んで、袋小路に陥って、取り乱して。そんな時、いつも手を引
いてくれたのは、あの人だった。
 手のひらの感触を思い出す。少し自分より大きくて、暖かくて、こっちのことなんかお構
いなしの、あの手。引いてもらってばっかり。
……思い出すにつれ段々癪になってきた。どうしてこうも毎回毎回振り回されてばかりなの
か。茫漠とした悲しみの水面に、会いたいという石が投げ込まれて、波紋を形作っていく。
 置き捨てたスクールバッグに目をやる。まだしっかり繋がっている、「ぶ」のキーホルダー。
裏に張ってある、「なかのあずにゃん」のシール。
 今回ばかりは。
 
 梓は体を起こす。ふう、と一息。先ほどとは違った、意思の篭った一息。
 
 もう三年生になったのだから、いつまでも手を引かれているわけにも、いかない。
 だけどそれは、手をつないではいけないということではなくて。
 手を引っ張っていってもいいんじゃないかと。
 携帯電話のボタンを3回押した。

810軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:34:08 ID:0r.JNlZo0
                   ○
「……」
『あ、もしもし?あずにゃん?』
「――っ、私以外の、誰だと思ったんですか」
『あー、あずにゃんだぁ!』
「……そうです。あずにゃんです。唯センパイ、最近どうしてメールも電話もしてくれないんで
すか。私、寂しくて、」
『わたしもさみしかったよ!』
「じゃ、じゃあ、どうして、」
『あずにゃんがメールも電話もくれないんだもん』
「……それは唯センパイが、」
『だって、あずにゃんもう三年生だから、部長だから』
「……っ」
『迷惑になっちゃいけないかなって、それでね、我慢してみたら、』
「……」
『全然メールも電話も来ないんだもん……』
「そ、その……」
『だから!すっごくさみしかったよ、あずにゃん!』
「わ、私もすっごく寂しかったんですよっ、なのになんですか、そんな理由、」
『あずにゃんずーるーいー、お互い様だよーこれはー』
「うっ……それは」
『ごめんなさい』
「……ごめんなさい、です」
『じゃあ、いまからあずにゃんの家に行っていい?』
「……いいですよ」
『わーい!待ってて、すぐ行くから!』
「はいっ」
 
                   ○
 
 結局事が終わってみれば、互い違いのすれ違いで。
 やっぱり、唯センパイは唯センパイだった。
                   
                   ○

 
「中野先輩、ギター教えるのやっぱり上手ですよ。秘訣とかあるんですか?」
「えへへ。昔ね、先輩のクセに私よりギターが…あ、電話」
『もしもしー、あずにゃん?』
「今、部活真っ最中なんですけど」
『えー、だって電話しないとあずにゃん怒るじゃーん』
「だからあれは唯センパイが、……っ」
 なるほどね、という視線を感じて恥ずかしいけれど。
「……あと五分だけですよ」
 このくらいは、いいじゃない?

811軽音部員♪:2010/08/30(月) 08:35:56 ID:0r.JNlZo0
以上です。最初改行ができていなくて申し訳ありません。
やっぱりシリアスはむつかしいね。

812軽音部員♪:2010/08/30(月) 09:05:46 ID:anywLHv60
GJです!
後輩について色々なことを唯に相談してそうだね
唯にはこれからも梓を支えていってあげて欲しい

813軽音部員♪:2010/08/30(月) 13:40:11 ID:6TSKcqko0
朝起きたらSSがいっぱい投稿されてた
皆GJ

814軽音部員♪:2010/08/31(火) 09:06:21 ID:BgPkwANg0
久しぶりに投下させてもらいます。
少し長くなってしまったのでアップローダーに上げました。
パスは「yuiazu」です。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1121660.txt.html
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1121663.txt.html

下のやつは、唯の性格がちょっと卑屈になってます。イメージとの乖離にはご注意下さいませ。

815軽音部員♪:2010/08/31(火) 18:12:37 ID:HjgOycto0


816軽音部員♪:2010/08/31(火) 18:14:16 ID:HjgOycto0
>>814
GJ
へこたれる唯を引っ張る梓はいいね

817軽音部員♪:2010/08/31(火) 23:27:30 ID:fJurrjOo0
GJ

818軽音部員♪:2010/09/01(水) 00:02:37 ID:LgDOT6rc0
GJ
その2〜4も見たいです!

819軽音部員♪:2010/09/01(水) 00:41:24 ID:cQIHTs9o0
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=12942611

820軽音部員♪:2010/09/01(水) 01:08:35 ID:dFuB6VUI0
>>819
鬱展開だな…

821軽音部員♪:2010/09/01(水) 02:10:31 ID:V83nLTrA0
転載の転載
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/k/s/dat1283273276540.jpg
ttp://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan141849.jpg
もう言う事なしです

822軽音部員♪:2010/09/01(水) 03:29:10 ID:CbdeDAfo0
>>819
これ続きあるの?
先が気になる・・・

823軽音部員♪:2010/09/01(水) 07:32:29 ID:CvCnYBcoO
唯梓の未来予想図考えてたらものすごい長文になってしまった
たぶんそれまともにSSにしたら700レス近くになりそうだ…
でも音楽活動を通して同性愛への偏見を変えていく唯梓ストーリーはいつか書きたい

824軽音部員♪:2010/09/01(水) 08:15:47 ID:gO.UvHKU0
>>823
それは期待大だな
でもその長さだとどうやって発表するの?
テキスト形式かまとめに直接アップかそれともVIPにスレを立てるか
いずれにせよぜひ読んでみたい

825軽音部員♪:2010/09/01(水) 11:39:47 ID:CvCnYBcoO
>>824
律澪もあるからたぶんまたVIPになるかな
そしたらまた読んでくれるとうれしいです
ありがと、10月までにはがんばる

826軽音部員♪:2010/09/01(水) 12:05:49 ID:5hk/9O4wO
>>823
それはすごい大作だな
楽しみにして待っている

自分も今卒業を題材にしたSS書いてるんだけど、唯梓SSってSSの中でも圧倒的に数多いんだよね。
公式プッシュによるネタの多さ(特に梓の心理描写)も影響しているだろうけど、それだけ唯梓がファンから愛されているってことだと思う。
唯梓を好きな人には彼女たちと同じように心が温かい人が多いんだろうな。唯も梓も幸せ者だよ、本当に。

827軽音部員♪:2010/09/01(水) 13:20:31 ID:BPj6s5U6O
>>825
スレが立った時のためにタイトルだけ教えてくれ

828軽音部員♪:2010/09/01(水) 13:25:25 ID:rQrDwtpU0
>>825
また、ってことは前にスレで取り上げられた人?

829軽音部員♪:2010/09/01(水) 15:01:41 ID:CvCnYBcoO
>>827
澪「曲作ってみたんだけど」
句読点とか微妙に変わるかも
LGBTとUStreamにまつわる唯たちの未来のお話

830軽音部員♪:2010/09/01(水) 15:30:44 ID:BPj6s5U6O
>>829
期待してまってる

831軽音部員♪:2010/09/01(水) 16:42:14 ID:O6vHilAk0
>>829
出来ればここにリンク貼って誘導してくれると有難い

832軽音部員♪:2010/09/02(木) 03:08:17 ID:XqH/b6o.O
「あったかあったかだよ、あずにゃん。」の「あずにゃん。」の部分に愛生の本気を感じる
あのシーン何度再生しても良いわあ…

833軽音部員♪:2010/09/02(木) 10:21:09 ID:3a7B73c20
本気の愛を感じるにみえた
いや間違ってない

834軽音部員♪:2010/09/02(木) 10:45:51 ID:nq2USDeMO
>>832
すごいわかる。その後の梓の反応も珍しくデレっぽくていい。

835軽音部員♪:2010/09/03(金) 10:45:16 ID:VDUy5x6c0
小ネタ「木蔭」


梓「もう9月なのに、まだまだ暑いですね……」
唯「ほんとだねぇ……こう暑いとやる気出てこなくて、
つい怠けちゃうよねぇ……」
梓「唯先輩が怠けるのはいつもじゃないですか」
唯「ブー! あずにゃんひどい!」
梓「フフ……すみません、冗談ですよ……でもほんと、今日は暑いですよね。
やる気出ないっていう唯先輩の気持ちもわかります」
唯「だよねだよね!」
梓「木蔭に座ってるのにあまり涼しくないですしね……」
唯「そだねぇ……あ、あずにゃん、
もうちょっとこっち寄らないと、腕に日が当たっちゃってるよ?」
梓「あ、すみません……よいしょ……
あ、唯先輩も、手が木蔭から出ちゃってますよ?」
唯「あ、ほんとだね……んしょっと……」
梓「フフ……」
唯「エヘヘ……それにしても、今日はほんと暑いねぇ……」
梓「ほんとですねぇ……」

律「いくら木蔭でも、んなべったりしてたら涼しくなるわけないだろ……」
澪「突っ込むだけ野暮だぞ、律……」
紬「フフ……いい絵が撮れたわぁ♪」

836軽音部員♪:2010/09/03(金) 12:39:37 ID:d/U9avTUO
>>835
なるほど、今年こんなに暑いのは唯梓のせいか。GJ!
てか何で唯梓の避難所はこんなに人少ないんだ…

837軽音部員♪:2010/09/03(金) 16:17:48 ID:YqAmQbmk0
律が二人につっこむ
澪が律につっこむ
ムギが締める

の安定感

838軽音部員♪:2010/09/03(金) 16:34:55 ID:IAbz/xas0
暑い時期ほど抱きつきたがる二人であった

839軽音部員♪:2010/09/03(金) 16:59:06 ID:.W78dMSUO
11話で汗滲ませながら抱き合う二人には萌え死ぬかと思った

ところで本スレの携帯規制はいつになったら解除されるの…
人少なくて唯梓好きとしては寂しい限りだよ

840軽音部員♪:2010/09/03(金) 18:11:06 ID:ExXbu.Fk0
二週間ぐらい前から人が減ったように感じる
皆飽きてしまったのか書き込んでないだけなのか

841軽音部員♪:2010/09/03(金) 18:23:37 ID:NaWAt9uk0
書き込んでないだけで見てるよ

842軽音部員♪:2010/09/03(金) 18:34:43 ID:K7ZCeQmU0
同じく
書き込まないだけで毎日SSのタネを妄想しております

843軽音部員♪:2010/09/03(金) 19:02:22 ID:13biZXzsO
書き込んではいるけど、SS自重中

844軽音部員♪:2010/09/03(金) 20:05:27 ID:dIhsiaBI0
規制うぜー

845軽音部員♪:2010/09/03(金) 20:10:41 ID:smnormaM0
ちゃんと見てるよ

846軽音部員♪:2010/09/03(金) 21:03:17 ID:lCZSrHf2O
SS分が足りねえええうええあああ

847軽音部員♪:2010/09/03(金) 21:03:57 ID:HfkrsQkQ0
>>846
自分で書くといいさ

848軽音部員♪:2010/09/03(金) 21:19:56 ID:4PKaVqDw0
>>846
がんがれ

849軽音部員♪:2010/09/03(金) 22:52:24 ID:dEyqDTrU0
というか避難所にしては書き込み多い方だろ

850軽音部員♪:2010/09/03(金) 22:58:22 ID:smnormaM0
ssは避難所のが多いな

851軽音部員♪:2010/09/03(金) 23:04:07 ID:MYKyYSKA0
というか以前はSS専用スレみたいになってた時期もあったな
雑談が増えたのは規制の影響じゃね?

852軽音部員♪:2010/09/03(金) 23:14:13 ID:4PKaVqDw0
本スレだと、SS書いても流れにそぐわないとうるさいヤシがいるからな……

853<削除>:<削除>
<削除>

854軽音部員♪:2010/09/04(土) 01:10:24 ID:jJXhwJdk0
開き直って避難所で何かSSのイベントっぽいことするか?
お題を何個か決めてそれを題材にした唯梓SS投下祭とか。当然作品の優劣はつけない方向で
まあそれだとレスが重なるとまずいからtxt投下になるだろうしまとめwikiの管理人が過労死しそうだが
…流石に無理があるか。書き手が集まるかもわからないし

855軽音部員♪:2010/09/04(土) 03:48:33 ID:5btkP9hE0
やるなら参戦するぜ
最後に…ってわけじゃないけど、一区切りってことで一花咲かせたいもんだ

書き込み前に確認とって、書き溜め投下なら重ならないんじゃない?
重なってもID抽出すりゃいいし

856軽音部員♪:2010/09/04(土) 05:18:30 ID:MqhYAGf.O
俺が好きな別作品のカプスレは同人誌までだしたことがあったがさすがにそこまでは無理か
でもなんかイベント的なことはやってみたいね

857軽音部員♪:2010/09/04(土) 06:15:52 ID:47lajFic0
どっかのスレで合同誌企画やってるし
結局は立ち上がる人間がいるかどうかかと

858軽音部員♪:2010/09/04(土) 07:09:35 ID:QScN2v7oO
いずれにせよ現在SS不足気味であることは否めないな
自分も空き時間に書いてはいるけど、唯梓に関しては特にネタが出尽くした感があって思うように文章が進まん
早く投下したいけど中途半端な作品で不完全燃焼というのも申し訳ないし…
多少の被りネタなら許されるものなんだろうか。まあ最終的には書き手の力量次第なんだろうけどさ

859軽音部員♪:2010/09/04(土) 08:03:26 ID:wDND.meQO
唯梓の『今』を描いた作品が好まれるからな……
『これから』ってのは……やっぱアニメが終わってからの方がいいのかなぁ〜?

860軽音部員♪:2010/09/04(土) 09:48:50 ID:DotSP57w0
イベントやるならぜひ参加するよ!ドントコイデース
合同誌はやれると面白そうだなあって密かに夢見てたなぁ。

861軽音部員♪:2010/09/04(土) 12:18:28 ID:PEXEUKxg0
合同誌とかwkt
SSネタはあっても書く時間ががが

862軽音部員♪:2010/09/04(土) 12:49:38 ID:iuxkT9fUO
なんだなんだ盛り上がってきたな

863軽音部員♪:2010/09/04(土) 13:27:04 ID:f9DXjJhU0
お題決めのSS投下ならやってもいいんじゃないか
ちょっと書いてみたい

864軽音部員♪:2010/09/04(土) 13:37:51 ID:z4hV.tJU0
コンペってやつだな、参加希望するぞ

でもあれだな、コンペやるなら一時的にでもコテをつけた方が良いのかな?

865軽音部員♪:2010/09/04(土) 14:50:40 ID:ZUdoRWFA0
>>819
7P目
一瞬唯がクスリやってんのかと思って焦ったぜ…

866軽音部員♪:2010/09/04(土) 16:04:21 ID:8nWDnqM20
意外と参加希望多いな。俺も日程が合えば参加したいな
SS書いてみたかったからちょうどいい

>>864
まあ捨てコテというか酉はつけたほうがいいかもな

867軽音部員♪:2010/09/05(日) 10:53:37 ID:Qcs5Efh20
受験生だから誕生日イベントいけないぜorz
みんな俺の分も二人を祝っておいてくれ・・・

868軽音部員♪:2010/09/05(日) 14:25:08 ID:RxuI.i.A0
11/11 あずにゃんの誕生日
11/16 俺の誕生日
11/27 唯の誕生日

俺、このスレ的に勝ち組じゃね?

869軽音部員♪:2010/09/05(日) 14:48:55 ID:YCyJEE/M0
>>868
あらやだ羨ましい

870軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:23:24 ID:7DKfC9Wo0
最近唯の抱きつきが減ったのをうけてSSを書いてみました。
途中からシリアスです。5レスお借りします。

871軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:25:30 ID:7DKfC9Wo0
『青春モラトリアムズ』


最近、唯先輩に抱きつかれていないな、と思う。

完全になくなったわけじゃない。それでも、
以前に比べて格段にその頻度は落ちていた。

それでも別に、だからどうってわけでもない。
もちろん、どうしたのかなとか、そんなことはちょっとは思う。
だけどそれは、日常化していたものが突然なくなったわけだから、
そういう意味では当然の感情なわけで。

だから私は特に唯先輩に理由を聞くこともなく、
ただ、唯先輩も大人になったんだな、とか、
漠然とそんな風に考えていた。


「さむいねえ、あずにゃん」

いつもの分かれ道を越えて、唯先輩と二人で歩く。

「冬ですからね」

コートもマフラーも手放せない、そんな季節。
雪が降っていないのがせめてもの救いだ。

「朝だってなかなかおふとんから出られないよね」
「わあ、その光景、すごく想像できます。結局憂におこしてもらうとこまで」
「えっへへー」
「なに赤くなってるんですか」

褒めてないですから。

「いやいや、あずにゃんってば私のことよく分かってるなあって」
「いえ、たぶん、唯先輩を知ってる方なら誰でも想像つくと思います」
「えーそーかなー?」
「そーです」

たぶん、トンちゃんだって分かることです。

「そういえば、唯先輩のおうちっておコタありますよね」
「おコタ! 言い方がかわいいね、あずにゃん!」
「いや、そこはスルーしましょうよ」

どこに反応してるんですか。

「うん、あるけど、どしたの?」
「きっと唯先輩のことだから、冬場はいりびたってるんだろうなあと思いまして」
「自慢じゃないけど、家ではコタツムリです!」

ほんとに自慢じゃないです!

872軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:27:21 ID:7DKfC9Wo0
「もうその光景も、ありありと想像できるんですよね。
テレビ見ながら、いつのまにか寝ちゃったりとか」
「えー、でもそれはあずにゃんだってやるでしょー」
「う、たしかにそうですけど……」
「コタツに入りながら食べるアイスもまたいいんだよねー」
「あ、それは分かる気がします。なんでしょうね、冬でもアイス食べたくなるの」
「アイスはゴイス!」
「新曲のタイトルですか?」
「そう! あ、私はMOWも好きだよー」
「何のはなしですか、もう」
「あずにゃんもMOW派だね!」

あ、掛けたのに気づいてくれた。ちょっと嬉しい。

「んでも、一回コタツがなくなっちゃう危機があったんだー」
「へえ、壊れちゃったとかですか?」
「んーん、あれあんまりにも気持ちよくっていりびたっちゃうからさあ、
いったん入っちゃうとなんにもできなくなっちゃって。
それでコタツ禁止令が出たんだよー」
「うわあ」

なんか理由が駄目すぎる。

「しかも、たぶん禁止令を出したのは憂ですよね。唯先輩がそんなことできるわけないですから」
「いやいやあずにゃん。まあ、それは間違ってないんだけどさ」

やっぱりですか。

「でも、憂だってよくいりびたってたんだよ。
いっしょにいつの間にか寝ちゃってたことも何度もあったし」
「へえ、何だか意外ですね」
「実は似たもの同士なのが平沢姉妹なのです!」

いや、そんなどやって顔されても!
あとごめん憂、駄目とか言って。

「でも、そこで自分から禁止令を出せるのがさすが憂ですね」
「そだね、私はさんざんぐずったけどね、『おコタ』禁止するの」
「すみません、さっきの似たもの同士発言を撤回して下さい」

しかも『おコタ』って言ったこの人。今更。
スルーするけど。

「一時間くらいかけて説得したかなあ。そしたら憂、許してくれて」
「説得っていうか、たぶん、だだこねてたたけですよね。憂もとことん唯先輩に甘いなあ」
「でもそれがあって、今のおコ太がいるのです!」
「おコ太!?」
「今名づけました!」

そんな、たわいもない会話を続けていく。
唯先輩といると、いつのまにか先輩のペースに巻き込まれる。
それがいつからか私は、とても楽しい。

873軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:28:53 ID:7DKfC9Wo0
「あったかいといえばね、この前憂が取ってきたおっきいくまちゃん」
「あー、あのゲームセンターのやつですね。
純が二千円くらいかけて取れなかったやつを、憂が一回で取っちゃった、あれ」

あのときばかりはちょっと純がかわいそうだったなあ。
憂も純にゆずってあげようとしたんだけど、「くやしくないもん!!」とか言って、
結局憂が持ち帰ることになったんだっけ。

「そうそう、あれも、ぎゅって抱きつくと、あったかいんだあ」

――あ、チャンスかも。

私はこの流れで、最近スキンシップが少ないことについて
話題が振れるなと思い立つ。
そこまで気になっていたわけではなかったけれど、
この機会に聞いておくのもいいなと思ったのだ。

「そういえば、最近、あれですよね」

でも、いざ振ろうとすると、ちょっと恥ずかしい。
だってなんだか、スキンシップを楽しみにしていたみたいな、
そんな風に思われてしまうことを聞こうとしているからだ。

「なあに?」

うう。えーい、もう聞いてやる!

「あの、最近、抱きつきが少なくなったかなーって……」

わーわー! はずい、恥ずかしい!
あー、絶対からかわれる。にやにやしながら、いじられる!!

……そう思っていたのに。

唯先輩は黙ったまま、すこしだけ寂しそうな表情を浮かべている。
足取りは止まり、私たちは小さな路地に、二人きりで立ち尽くす。

「えへへ……、うん、ちょっと少なくしないとなって思って」

そう言う声は、さっきまでの、いつもの明るい唯先輩のものじゃない。
まるで、気づかれたくなかったことに気づかれたみたいな、そんなばつの悪そうな声。

がらっと、空気が変わってしまったのを感じた。
数秒前の緩やかなそれは、冬の冷たい風にさらわれて、どこかに行ってしまった。

怖い。その先の唯先輩の声を聞くことが。
抱きつかなくなった理由を知ることが怖い。
でも、聞かなくてはいけない。そんな奇妙な感覚に突き動かされ、
私は声を振り絞る。

「……どうして、ですか」

唯先輩の視線が動く。中空をさまよい、こちらを見ることを迷っている。
私はそんな唯先輩の目元から、目を離せない。
途端に、全身に寒気が走る。体が震える。
不安でたまらない。
言ってほしい。けれど、言ってほしくない。
もどかしい思いが交錯する。
きっと、唯先輩がいうことは、これからの私たちを決定的に変える何かだと、
私はそんな予感を巡らせていた。

874軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:30:25 ID:7DKfC9Wo0
時間にして数秒、感覚にして数分にも思える時間が過ぎ、
ついに唯先輩から、その言葉が紡がれる。

「もう、私たちは卒業だからさ。そしたら、あずにゃんとも会えなくなっちゃうから、
ちょっとずつ、離れていかないといけないから……」

ぐさり、とガラスの破片で心臓を貫かれたような痛みが走る。
身動きが取れなくなるほどの力で胸が締め付けられる。
苦しくてたまらない。呼吸がうまく出来ない。
世界が作り物になったかのような感覚に陥る。

なんで。

なんでそんなに悲しそうな顔をして言うんですか。
なんでそんなに震えた声で言うんですか。

私は何よりもそれが悔しくて、許せなくて、わめき散らす。

「そんなの……理由になりません!! 卒業したっていつでも会えます!!
なんでそんなこと言うんですか……なんで、は、はなれるなんでっ……」

声が揺らぐ。涙が溢れてくるのが分かる。
私は抑えきれない感情をぶつけるように、唯先輩の後ろに手を回し、コートに顔を押し付ける。

「ほんとは、そんなこと思ってないくせにっ!! ひとりだけ、大人になったつ、つもりですか、
だっだら、うっく、もっと、もっと安心させてぐだざいよ!! そんな声や、顔されて、
な、納得できるわげっ、ひぐっ、ないです!!」

激情が飛散する。堪えられない。
体が凍える。
いつもなら私を包んでくれるはずの手が、今はない。

「あずにゃん……」

先輩は頼りない声で私の名を呼び、それはすぐに寒空に消えて行く。
ちがうよ唯先輩。今私がほしいもの、分かってるくせに。

「わあああああっ……!! もう、やだよっ……えぐっ、」

どうしてこんな気持ちにならないといけないんだろう。
時間はあまりにも残酷で、私たちの間に、決して超えることの出来ない、
絶望的な溝を作り出す。

あと一年私が生まれてくるのが早かったら。
あと一年唯先輩が生まれてくるのが遅かったら。
こんなに張り裂けそうな胸の痛みはなかったのだろうか。

けれどそのときはきっと、私たちはこんな関係になれない。
私の望む、私の経験した幸福は、絶対に手に入らない。

「ごめんね」
「……あやまらないでくださいよ」
「……ごめん」
「ひどいです……」

875軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:31:58 ID:7DKfC9Wo0
私たちは、大人になる準備をしなくてはならない。
唯先輩はそれを理解して、大人になろうとしている。
けれど子供の私には、それが分からない。
自分に嘘をついてまで、大人になることが大事なのかが。

「……抱きしめてください」

唯先輩は何も言わない。
何もしてくれない。
ここで私の言うとおりにしてしまったら、
今までが無駄になってしまうとか、
きっと、そんなことを考えている。
私はそんな唯先輩に失望して、落胆して、幻滅して、
悲しくって、やりきれなくて、痛くって、
また、涙を溢れさせる。

「おね、がいですっ、ゆいぜんばいっ……」

いつもみたいにしてください。
あずにゃんって、あなただけしかしない私の呼び名で呼んで、
私をあたためてください。

ふわり、と私の背に優しい感触がする。
少しだけ抱き寄せられる。
以前とはまったく違う温もり。
それを感じて、私は悟る。
私たちは、変わらなくてはならない。

唯先輩は、大人になってはいなかった。
けれど、大人になろうとしていた。

離れるとか、離れないとか。
会えるとか、会えないとか。
その言葉は、今に縛られている。

私たちは、今に甘えてはいけない。
きっと私たちは春が来たって何度も会う。
いっしょにどこかへ行くことだってあるだろう。
けれど、そうじゃない。
また会えるから。
その理由だけで、今と同じ時間を延長させてはならない。
時間はあまりにも残酷な提案を私たちに押し付ける。
私たちはそれを受け入れ、飲み込んで、前に進んでいく。

震える手をほどくと、唯先輩も同じようにする。
顔を見る。涙の跡はない。
私は顔をぬぐい、先輩の頬へ手の伸ばす。引き寄せる。
口元に、柔らかな感覚が伝わる。
心の奥底でくすぶっていたものが晴れていき、
代わりに、私の一番好きな感情が沸き上がる。

口を離す。私は何かを言おうとして、ためらい、視線をそらす。
今はまだ、言えそうにない。

「……また明日っ」

唯先輩がどんな顔をしていたかも分からないまま、私は駆け出していく。
沸き上がる感情の任せるままに。

それが導く先も知らないままに。




----
この後唯への気持ちに気づいたあずにゃんは悩んで悩んで悩みぬいた末に告白して、
大団円のハッピーエンドを迎えるんだと思います。
以上、お読みくださった方ありがとうございました。

876軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:34:49 ID:K.b1F6rE0
>>875
すごくいいな!GJ!

877軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:39:53 ID:MuUCRmDU0
>>875
GJ!
こういう葛藤もいいね

878軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:51:06 ID:L6Ad2/0YO
>>875
情景が浮かんでくるねぇ……(;ω;)
GJ!!!

879軽音部員♪:2010/09/05(日) 17:54:10 ID:WltxNuCU0
口に出して初めて自分でも気づくことってあるよね
ぜひ大団円エンドまでも書いてくれろ

880軽音部員♪:2010/09/05(日) 18:19:53 ID:uSBIkMTc0
>>875
GJ!!

881軽音部員♪:2010/09/05(日) 18:45:37 ID:q4XLtlIs0
>>875
GJ!
大団円のハッピーエンドまで書いてくだせぇ

882軽音部員♪:2010/09/05(日) 20:26:34 ID:PRFM3IG2O
泣いてるあずにゃんが可愛いすぎる
だから早く続きをお願いします

883軽音部員♪:2010/09/06(月) 01:01:10 ID:wpIJ.4Nc0
>>875の方のSSに触発されて告白ネタをひとつ、数レス使わせて頂きますね。

『告白』

「梓〜、一緒に帰ろう」
「あ、ごめん…今日は用事があって一緒に帰れないんだ」
「用事?軽音部関係?」
「ううん、別件」
「そうなんだ…まぁ、用事があるなら仕方ないね」
「うん、ごめんね」
「気にしなくていいよ、それじゃあね」
「うん、また明日ね」

純と挨拶を交わして私は席を立つ。

「…さて、と」

呟きながら鞄から取り出したそれを眺める。

「まさか、こんなものを貰っちゃうなんて…」

私の手には一通の手紙があった。所謂、恋文と言うやつだ。

「噂には聞いてたけど、本当にあるんだこういうのって」

私は教室を出て屋上へと向かう。手紙には今日の放課後、屋上に来てくださいとだけ書いていた。
宛名は中野梓。差出人の名前は書いてなかった。

「どう言って断ろうかな…」

今朝、この手紙を見てから私はずっとその事を考えていた。相手が誰かもわからない内からこんな事を考える私は酷い人間かもしれない。

「女同士の恋愛なんて…」

そう言いながら、ふと頭に浮かんだ一人の女性。

「私ったら何を考えてるんだろ…あの人のはそう言うんじゃないんだから」

女同士の恋愛なんてありえない。第一、そんなの周りが認めない。親も学校も友達も世間も。

「はぁ、今はそんな事を考えても仕方ないか…」

頭に過ぎったそんな考えを振り払うように、私は屋上へと急いだ。

884軽音部員♪:2010/09/06(月) 01:04:39 ID:wpIJ.4Nc0
屋上への扉を開くと、少し離れた場所に女生徒の姿があった。

「よし…!」

私は意を決し、女生徒の方へと歩みよる。

「あの…手紙をくれたのは貴女ですか?」

フェンスに寄り掛かり、物憂げに校庭を眺めていたその女生徒に声をかけた。

「あ…」

女生徒は小さく呟いてこちらを振り向く。

「え…」

私は自分の目を疑った。だって、振り向いたその女生徒は私の良く知る人だったから。

「来てくれてありがとう、あずにゃん♪」
「唯…先輩?」
「うん」
「なんで…唯先輩がここに?」
「なんでって、その手紙を出したのは私だからだよ」
「一体、どう言うつもりですか?」
「あずにゃんに大切なお話があったから、部室じゃ二人きりには中々なれないし…それに」
「それに…?」
「部室だといつもみたいに、冗談だと思われちゃうかもしれないでしょ?」
「まるで、いつもが冗談じゃないみたいな言い方ですね」
「冗談じゃないもん」

そう言った唯先輩の顔は今までに見たことも無いくらい真剣なもので。

「そ、それで…話って何ですか?」

普段と違うその姿に気圧され、私は目を逸らしながらそう言った。

「あずにゃん…ううん、梓ちゃん…今だけはこう呼んだほうが良いかな」
「…好きにしてください」
「ありがとう、梓ちゃん…そんな難しい話じゃないんだ、伝えたいのは一つだけ」
「…」
「好き」
「!」

予想はしていた…と、言うよりもそれ以外には考えられなかった。

「私は梓ちゃんの事が好き」
「唯先輩…」
「急に告白なんかしちゃってごめんね」
「本当ですよ…急にそんな事を言われて、私はどう答えればいいんですか?」
「梓ちゃんの正直な気持ちを言ってくれたらいいよ」
「正直な気持ち…」
「そう…もし、梓ちゃんの答えが私の望まない答えだったとしても大丈夫だから」
「え?」
「明日からはまた、ただの先輩後輩としてちゃんと仲良くやっていけるから」
「…」

何気ないその言葉に胸がちくりと痛んだ。

『ただの先輩後輩として』

その一言が私の胸に突き刺さる。何故、こんなにも胸が痛むのだろう。
私達は先輩と後輩、それ以上でもそれ以下でもない。そうだった筈じゃないか、何もおかしい事は無い。

885軽音部員♪:2010/09/06(月) 01:09:58 ID:wpIJ.4Nc0
「だから、ね…聞かせて、梓ちゃんの気持ち」
「私の気持ちは…」
「うん」
「ごめんなさい」
「…そっか、ありがとう」
「…」
「ごめんね、辛い思いさせちゃったね」
「それは、唯先輩の方でしょ?」
「私は大丈夫、全然へっちゃらだよ?」

そう言って優しく微笑む。全然どうって事ないよって、そんな顔で笑ってる。
だけどそれは嘘だ。私にはわかる、わかっちゃうんだ。唯先輩のことは何だって。そう、何だってわかってしまう自分がいる。

「嘘、つかないでください」
「…」

わかってる。駄目だって。こんな事が許される筈はない。親も。学校も。友達も。世間も。許す筈がない。だけど…。
これ以上、唯先輩の悲しい顔は見たくない。

「好きです」
「え…」
「私も唯先輩が好きです」
「嘘…」
「嘘じゃないです」
「だって、ごめんなさいって…」
「はい」
「え、え?」

私の返事に、唯先輩は混乱した様子で戸惑っている。

「私は唯先輩が好きです、ただの先輩としてだけじゃない、一人の人間、一人の女性として貴女が好きです」
「梓ちゃん…」
「だけど、そんな気持ちが世間で許される筈なんてないって事は唯先輩にもわかりますよね?」
「そうだね…」
「最初に言ったごめんなさいは、そう言うことです」
「好きな気持ちは私と同じだけど、それは許されない気持ちだからごめんなさい…って事だよね」

唯先輩が悲痛な表情でそう呟く。その瞳は悲哀に満ちている。お願い、そんな顔しないで。私は貴女の悲しむ顔は見たくないんだから。

「違います」

だから私は決心した。

「違う…の?」
「ごめんなさいの対象が違います」
「ごめんなさいの対象?」
「私は唯先輩が好きです、この気持ちは世間体なんてもので縛られる様なやわな物じゃないです」
「…」
「私は自分の気持ちを隠したり、その事に負い目を感じたりするのは嫌ですから」
「…梓ちゃん」

そう、だからごめんなさい。両親にごめんなさい。友達にごめんなさい。学校にごめんなさい。世間にごめんなさい。そして…。

「だから、そんな私の我侭に巻き込んでしまう唯先輩にごめんなさい」

私はこの謝罪を以って、後ろめたい気持ち全てに決別する。私は何も恥じない。何にも囚われない。自分の信じる道を行く。

「つまり、先に謝って置きたかったって事…なのかな?」
「そう言うことです」
「ありがとう、梓ちゃん…でもね」

唯先輩は笑って、けれど少しだけ怒った様子で私に言った。

「それは謝る事じゃないよ、むしろ一緒に頑張ろうって励まし合う事じゃないかな?」
「はい、唯先輩ならきっとそう言ってくれると思ってました」
「マジで!?」
「当たり前じゃないですか、貴女は私が好きになった人なんですよ?」
「ん…そうだね、ありがとうあずにゃん♪」
「呼び方、戻ってますよ」
「だって、こっちの方が呼びやすいんだもん」
「ふふ、私もそう呼ばれた方が嬉しいです…唯先輩が付けてくれた呼び名ですから」
「うん…大好きだよ、あずにゃん♪」

そう言って、唯先輩が私を抱きしめてくれた。私の大好きな飛び切りの笑顔を浮かべながら。

「私も…大好きです、唯先輩」

この笑顔の為なら茨の道でも歩いて行ける。そう、貴女と一緒ならきっと…。



女の子同士の恋愛って事で、こう言う葛藤もあるのかな〜って感じで書いてみました。長文失礼しました。

886軽音部員♪:2010/09/06(月) 01:15:11 ID:A1dXewpY0
>>885
これまた素晴らしい
GJ!
唯梓は一時的な葛藤を乗り越えたらその後は前向きにやっていけそうな明るさがあるね

887軽音部員♪:2010/09/06(月) 01:22:50 ID:7CmAhMgIO
GJ!!
やっぱ唯の梓に対する呼称はあずにゃんが一番しっくりくるなw

888軽音部員♪:2010/09/06(月) 06:09:59 ID:dRa33NM20
>>802
梓「なでなでしてください」だっけ?
あれはめちゃくちゃよかった。

そして>>801もかなりGJ

889軽音部員♪:2010/09/06(月) 07:31:30 ID:KKfN2mXkO
>>885
いいねぇ〜、こういった感じ。特に梓の「ごめんなさい」の辺りなんか……
GJ!!!!

890軽音部員♪:2010/09/07(火) 17:02:22 ID:s4sS9syY0
梓「うう…暑くてちょっとクラクラします…」フラッ
唯「ああっあずにゃん!!大丈夫!?」ダキッ
紬「大変!お水持ってくる」
澪「熱中症かもしれないな。保健室に行こう」
梓「あはは、だいじょうぶです…」
唯「ううん無理しちゃだめ。熱中症だよ」
梓(ねっちゅうしょう…ね、ちゅーしょ…)
梓「しょうがないですね…」ちゅ〜
唯「」
律「おおう…」

本スレみてて思ったw

891軽音部員♪:2010/09/07(火) 17:04:59 ID:s5q3NOCw0
お前ジーニアスか

892軽音部員♪:2010/09/07(火) 17:53:07 ID:F56nj7kwO
>>890
お前凄いな〜
よし、飴ちゃんをあげよう

893軽音部員♪:2010/09/07(火) 19:23:50 ID:QQZvot6M0
>>890
あずにゃんある意味重症www

894軽音部員♪:2010/09/07(火) 19:59:54 ID:b1JIZYwcO
ちょw
http://imepita.jp/20100907/667020

895軽音部員♪:2010/09/07(火) 20:37:08 ID:.2S3jF760
>>894
見れないです><

896軽音部員♪:2010/09/07(火) 20:39:49 ID:ubnAA5M60
多分今回の原作の一場面だろうから
バレ回避したい人は見ないほうがいいかもな

897軽音部員♪:2010/09/07(火) 20:48:14 ID:.2S3jF760
>>896
構わないですお願いします><

898軽音部員♪:2010/09/07(火) 20:57:37 ID:ubnAA5M60
俺も>>894見られなかったから分からんが
避難所に貼られてたこれじゃないか
ねたバレ注意

ttp://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan144116.jpg

899軽音部員♪:2010/09/07(火) 21:01:08 ID:.2S3jF760
>>898
あ、ああこれか…
貼ってくれてありがとう…

900軽音部員♪:2010/09/08(水) 16:01:49 ID:HkyktsbE0
唯たちの卒業後


純「ちわーっす!」
梓「ちわー」
純「元気がない!」
梓「うるさいよ」
純「え、ひどくね?」
梓「今唯先輩とメールしてるから」
純「あーなるほど、つまり邪魔すんなとそういうこと?」
梓「そういうこと」
純「最近の梓いっっつもそれバッカじゃん!!」
梓「仕方ないじゃん、唯先輩がメールよこすんだもん」
純「少しは私との交流も深めてよ!」
梓「撫でてあげるからオイデ」
純「撫でて撫でてー♪」ピョンピョン
梓「……」ナデナデカチカチ
純「アレレ?梓ってこんなに顔文字使うんだー」
梓「た、たまたまだよっ」
純「ふーん、妬けちゃうなー」
梓「う、うるさいなぁ」
純「『大好きです』って送らないの?」
梓「!?」
純「もしかしてこれから送るつもりだったー?」ニヤニヤ
梓「ごめんね純、ちょっとお手洗いに」
純「怪しいわ!せめてタイミングってもん考えようよ!」
梓「だって早く返さないと時間がもったいない」
純「そこまでして唯先輩とイチャイチャしたいのか!?」
憂「どうしたの純ちゃん」
純「憂ぃ…梓が唯先輩とばっかりぃ」
憂「あ、お姉ちゃんからだ。なになに?今日の晩ご飯はなにかって?」
純「………」
純「私もいっそ唯先輩の虜になっちゃおっかなー」



オワリ
卒業後も唯と梓はずっと連絡取りあってそう

901軽音部員♪:2010/09/08(水) 16:24:37 ID:Ehtp2Gz20
GJ!
連絡どころか暇さえあれば会いに行ってるかも

902軽音部員♪:2010/09/08(水) 17:38:12 ID:heY6Ib4.O
純梓に目覚めた

903軽音部員♪:2010/09/08(水) 19:22:57 ID:e1FLlLcA0
澪派の純ちゃんにはアウェーだなw

904軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:22:20 ID:FgJLhmgYO
梓「唯先輩!」
純「いーや澪先輩!」
憂「どうしたの2人とも?」
純「憂は澪先輩と唯先輩、どっちが先輩らしいと思う?」
憂「えっ?」
梓「違うよ純、どっちが可愛いかって話でしょ!」
純「そうだっけ?あれっどっちが格好いいかでもなかったっけ?」
梓「あっあれ?どっちをペロペロしたいかだったような・・・」
純「いやそれはねーよ」
憂「私はもうお姉ちゃんにしたkいや何でもない」
純「憂さん?」
憂「おっお茶入れてくるねっ」
梓「畜生今度泊まりに行こう・・・」

三人が集まったら先輩の話ばかりしてそうです、でも純ちゃんが澪派なのは揺るぎないのかなぁ

905軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:25:17 ID:HkyktsbE0
純(どうしてこうなった…)

唯「プイ…」

梓「プイ…」

純「あ、あの…」

唯「なにかな純ちゃん」

純「大変居心地が悪いんですが帰っても?」

梓「ダメ…何のために呼んだと思ってるの」

純「ですよね…」
純「……」
純「ってぃうか何故呼んだ!?」

唯梓「うるさい」

純「うわぁ〜スミマセンスミマセン!」

唯「ツーン…」

梓「ツーン…」

純(本当にどうして……ヤバ、泣きそ)
純「あ、あの〜まずは話あうところから始めないと、」

唯「話しあうことなんてないよ、ねーあずにゃん♪」

梓「ねー唯先輩♪」

純(じゃあ帰してよ…夜中だよ今)

906軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:27:33 ID:HkyktsbE0
唯「そもそも事の発端はあずにゃんなんだよ」

梓「じゃあなんですか!?唯先輩には非がないとでも?」

唯「ないね!全面的にあずにゃんが悪い」

梓「なにをー」

純「まあまあ落ち着いてここは冷静に!」

唯「私は冷静だよ」

梓「私も冷静…」

純(コワッ…梓コワッ)

梓「純、これ見てよ」

純「な、なに…って唯先輩の携帯…の着信履歴?」

梓「もっとちゃんと見て!」

純「ぎゃああハイハイ見ますよーっと…」オソルオソル

唯「……」

梓「何かわかったことは?」

純「え、えぇと…知らない女の人の名前が、チラチラと…」

梓「そうだよ…唯先輩は私に隠れてこんなにっ、私を差し置いて!」

純(原因はソレ!?男じゃなくて!?)

907軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:30:51 ID:HkyktsbE0
唯「だぁから仕方ないんだってば!あずにゃんだって大学に入ればわかるよ!」

梓「そんなのわかりたくないです!唯先輩は私一筋だって信じてたのにぃ!!」ボロボロ

純(うわっ、これが修羅場?てか梓マジ泣きかい…)

唯「私はあずにゃん一筋だもん!なんでわかってくれないのさ!!」グシッ

純(え、唯先輩も目尻に涙なんか溜めて…)
純(………)
純(うんうん、二人の情熱が伝わってくるよホント)

梓「唯先輩のわからず屋!もう帰るうわああああああん!!!」ダッ

純「え?えぇ!?」

唯「っ……」

梓「本当に帰っちゃいますからね!サヨナラ唯先輩!!」ポロポロ

唯「かっ…勝手にすれば!!」

梓「ひっく……うぅうううぅ」ボロボロ

純(畜生どうしてこうなった……いやもう泣きたいのはこっちだって)
純(とはいえこれ以上二人の泣き顔は見たくないし…よしっ)
純「もうやめようよ!」

唯「!?」ピク

梓「ふぐっ!?」ピタ

純(うわっ、反応した!ええいこうなりゃ行き着くところまでイッてやらああ)

908軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:34:12 ID:HkyktsbE0
純「だっておかしいよこんなのっ」
純「こんなにお互いのことを想い合って涙まで流せるのにさ」
純「そんな簡単にサヨナラしちゃうなんて」
純「勝手すぎるよ!」

唯「……」

梓「グスン…」

純(え、なにこの気まずい雰囲気…マズったかなぁ…orz)
純「え、偉そうなこと言ってるってのはわかってるよ」
純「でもっ」
純「私は、貴方達には、ずっと笑っていてほしいから!」
純「それが、私の願いだから!」
純「だから……私のお願い、聞いてくれないかな」

唯「純、ちゃん…」

梓「純…」

純「ほら、ちょっと頭冷やせばわかることじゃない」
純(梓と唯先輩の額をムリヤリくっつけさせるちょっぴり策士なワタシ…)ジコケンオ
純「こんなにも近くにいて、分かりあえない方がおかしいんだからさ」

唯「あずにゃん……なにも、フグッ…教えなくて…ヒック…不安にさせてごめんねぇぇ」ボロボロ

梓「わ、わらひのほうこそ…グシュッ…唯先輩のこと、疑って……ヒック、ううぅううぅ」ボロボロ

純(そうして二人は引き寄せ合うように抱きあい)
純(前よりも一層、絆を深めることができたらしいのでした、っと…)
純(めでたしめでたし…)

唯「あずにゃん、ちゅっ…むちゅぅ〜」チュッチュ

梓「あんぅ…ゆい、んぁ…そこ、吸っちゃ…あん」ハァハァ

純「」

唯「あずにゃん涙と鼻水でぐちゃぐちゃぁ…♪」

梓「唯先輩だって…舐めてあげますねぇ…♪」

純「だああもう結局こんなオチだろうなとは思ってたよ!!」
純「コラ待て!涙はいいが鼻水は拭け!!」
純「私の前でこれ以上不幸を見せびらかすなぁぁああああ!!!!」



happy? end
純ちゃんドンマイ

909軽音部員♪:2010/09/08(水) 20:40:24 ID:HkyktsbE0
>>903
オチは
純「いいもん、私は澪先輩一筋だもん」
にしておけばよかったと反省

>>904
想い人の魅力について話しあってるうちに
つい火がついちゃうとか…普通にありそうですね

910軽音部員♪:2010/09/08(水) 22:20:05 ID:6RG7WgHIO
>>909
良いぞwもっとやれw
GJ!!

911軽音部員♪:2010/09/09(木) 00:34:25 ID:2myLN4d20
いいね!

912軽音部員♪:2010/09/09(木) 23:47:32 ID:hJEmM2ZU0
梓「今日から三年生。憂も純も軽音部に入ってくれたし……
気持ち切り替えて、頑張らないと!」

着替えながら。
梓「そういえば、唯先輩も大学今日からだって言ってたけど……
ちゃんと起きれたのかな……」

梓「……あれ、電話? ……って、唯先輩から!?」

唯『あずにゃ〜ん……急行に乗ったら、大学の駅通り過ぎちゃった……』
梓「だから電車はちゃんと確認して下さいって言ったじゃないですか!」


……って感じで、梓三年生、唯達大学生の「けいおん!!!」は
いつ始まるのでしょうか?
……わかってます、夢だって……。

913軽音部員♪:2010/09/10(金) 02:22:24 ID:./PqI7CY0
唯と梓のこれからは俺達が妄想していけばいいだろ!
俺はとりあえず同棲までは妄想したぞ

914軽音部員♪:2010/09/10(金) 05:32:45 ID:ybP5TEIUO
スマン
ケコーンさせちった





SSでw

915軽音部員♪:2010/09/10(金) 11:49:32 ID:2vNf.n9o0
すでに老後の先行きまで見通してる俺マジ千里眼

あずにゃんは唯とずっと日向ぼっこしててほしいです

916軽音部員♪:2010/09/10(金) 14:09:26 ID:QUgckCq6O
あずにゃんや
ここお日さまでぽかぽかしてるから座るといいさ

917軽音部員♪:2010/09/10(金) 14:38:49 ID:3Ped4lYU0
…老後ティータイム…って何処かで聞いたが何だったかな…
確か唯の「あずにゃんとずっと一緒に居ようね」発言も有ったような…?

918軽音部員♪:2010/09/10(金) 14:56:49 ID:kugosh1Q0
レッツゴーライブのボイスドラマかな?
そんな感じの掛け合いがあった気が
しかし、唯と梓
何だかんだ言いつついくつになってもずっとセットで過ごしていきそうな二人だよね

919軽音部員♪:2010/09/10(金) 15:59:58 ID:thx/Gim2O
http://douga-kan.com?ad=usercode598177

920軽音部員♪:2010/09/10(金) 19:17:49 ID:bhTQ4FlEO
おまえら、いいから早くきらら表紙の唯とあずにゃんの間見てみ?

921軽音部員♪:2010/09/10(金) 19:32:46 ID:1EnPWh1.0
>>920
見事なハートマークですな
赤の絵は一人一つなのにこの二人だけ共有ということは・・・

922軽音部員♪:2010/09/10(金) 20:08:22 ID:n/a5e81E0
チョーラブラブっすね

923軽音部員♪:2010/09/10(金) 21:31:02 ID:zGWgP6moo
>>920
黒板てことであまりにさりげなすぎて気づかなかった、最強の公式カップルだな

公式は正義

924軽音部員♪:2010/09/10(金) 23:44:06 ID:5fW.Xv920
適当に一人暮らしネタ

「唯先輩起きてください。朝ですよ」
「んぅ……? あ、あずにゃんおはよ…」
朝。私はあずにゃんの声で起きた。
「……あれ?」
まだ眠い目をこすりながらぼやけた視界を見ると、そこは見慣れない部屋だった。
しかもどうしてあずにゃんがいるんだろ。
「どうしたんですか? ぼーっとして」
「あぁ、そっか……」
「?」
昨日から一人暮らしの為に引っ越したんだっけ、私。
あれ?でもそれでもあずにゃんがいる理由が無いよ?
「ねぇ、あずにゃんはなんでいるの?」
「えっ……う、憂に頼まれたんですよっ! 心配だから行ってあげてって!」
だったら憂が来ればいいんじゃないかな…?
まぁいいや。あずにゃんに会えたし。
「ふーん。まぁいいや。とりあえず…あずにゃ〜ん♪」
「っ!? せ、せめて着替えてからにして下さいっ!」
あずにゃんは抱きつこうとした私を腕で押し返した。
もうーあずにゃんのいけずー。
あれ、でも着替えたらいいのかな?
じゃぁ早く着替えてあずにゃん分を補給しないと。
まだ時間には結構時間があるみたいだけど早くしないとあずにゃんも学校だもんね。
「よいしょっと」
「っ!//」
私が勢い良く上を脱ぐとあずにゃんは顔を赤くして後ろを向いてしまった。
別に女の子同士なんだし気にすること無いのに。
でもこういうところもあずにゃん可愛いんだよね。
あ、そうだ♪
「あーずにゃん♪」
「き、着替え終わりましたか?――――って!?//」
「えへへ〜♪」
そう、私は下着姿のままであずにゃんに抱きついたのです!
あずにゃんの顔はまっかっか。耳まで赤くなっちゃってます。
あれ?
「あずにゃん?」
返事が無い。ただのあずにゃんのようだ。
「あっあずにゃんっ!? 大丈夫!?」
あずにゃんは顔を赤くしたまま気絶してしまいました。
その後しばらくあずにゃんはなかなか目を覚まさなくて遅刻しそうになりましたとさ!

おわり


一人暮らしで思いついた適当ネタ。何か既出感があるけど書いてみた。

925軽音部員♪:2010/09/11(土) 01:16:23 ID:DeKE0Xw.O
一人暮らしネタ待ってた だが2人暮らしでも私は一向に構わんッッ

926軽音部員♪:2010/09/11(土) 03:03:54 ID:Q0aKdjmU0
むしろ同棲推奨

927軽音部員♪:2010/09/11(土) 03:14:25 ID:N24BTkrI0
通ってるうちにあずにゃんの私物が増えていって
気づいたら同棲状態とかね

928軽音部員♪:2010/09/11(土) 03:14:55 ID:C9GMH7TY0
この二人普通に同棲しそうだよね
梓がおなじ大学来たら

929軽音部員♪:2010/09/11(土) 20:38:29 ID:te4YVqPw0
唯梓の大学編がみたいなぁ…

930軽音部員♪:2010/09/12(日) 14:08:46 ID:C7JVm2A20
来週取ってくる
http://sakuraweb.homeip.net/uploader/src/up135715.jpg

931sage:2010/09/12(日) 17:21:34 ID:ZMKWPhJM0
初めて投下させていただきます。
少し長くなったので、あぷろだ投下です。(5500文字くらい)
パスは「1111」で。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1142880.txt.html

原作と、少し異なる部分があるのは勘弁。
それにしても、百合初めて書いたけど、超ハズいね!

932軽音部員♪:2010/09/12(日) 17:23:16 ID:ZMKWPhJM0
アホなミスを……。
ちょっと吊ってくる。

933軽音部員♪:2010/09/12(日) 18:24:09 ID:46jWOY.s0
>>931
GJ。
ニヤニヤしたけど澪のチョコパクってきちゃマズイだろw

934軽音部員♪:2010/09/12(日) 19:34:46 ID:cuBCHm3E0
>>931
うん、初めてにしちゃ良いんじゃないかな
GJ!!

935軽音部員♪:2010/09/12(日) 19:44:17 ID:mUZofHZoO
>>931
GJ!
唯がパクってきたチョコ、実は律からの物だったりしてw

936軽音部員♪:2010/09/12(日) 20:49:29 ID:hEhx49FI0
>>931
GJ、また書いてくれ

937下呂光政:2010/09/12(日) 21:54:41 ID:QHG6kaeY0
今日も十字架には哀れな男が磔にされている………一糸まとわぬ姿で………
けいおん厨「ぐへえ!!」ク゛チャッ
大西「他のけいおん厨は全員始末しました!」
和月「体毛全て抜き終わりました!この汚らしく垂れ下がっているふたつのボールどうします?」
ドクター下呂「切れ!もはやこいつに●液を出す資格はない!」
けいおん厨代表「ククク!そんなことをしてタダで済むと思っているのかね貴様達!」
ドクター下呂「貴様等のこれまでの悪行に比べれば軽いだろ!」
けいおん厨代表「そうだ!俺様のけいおんグッズを全て貴様等に譲ろう!それで許してくれるな?」
大西「こいつ!この期に及んでまだこんな事を!」
和月「こんな奴の言う事、信じたところで犠牲が増えるだけですよ!」
ドクター下呂「そうだな、もう始めるか!もらうぞ 貴様のキ●タマ」
チョキ チョキ(ハサミの音)
けいおん厨代表「ぎいやああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
ドクター下呂「以上で手術を終了する!」
けいおん厨代表「モゴモゴ!!」バタッ グチャリ
ドクター下呂「ふう、くたばったか………これでけいおんというコンテンツは衰退するであろう!ああ疲れた!」

938軽音部員♪:2010/09/13(月) 12:13:41 ID:w7bkjVagO
桜高と唯が通う大学って遠いの?もしそうならめったに会えないからあずにゃん干からびるんじゃね

939軽音部員♪:2010/09/13(月) 12:25:30 ID:1f2O3sWIO
>>938
そこは、ほら
高校は土日休みだから……

940軽音部員♪:2010/09/13(月) 17:38:08 ID:lhUOp5U.0
>>938
電車で受験しに行ってたから同じ街じゃなさそう
土日に会わないと間違いなく干からびるねw

941軽音部員♪:2010/09/13(月) 19:36:10 ID:9TY5DkyY0
土日に目一杯あずにゃん分を補給する唯

942軽音部員♪:2010/09/14(火) 01:43:41 ID:/.D4knVM0
大学は、授業の取り方によって平日も休みっていう人も居るからね。

大学の授業が無い日の前日に実家に帰る唯

翌日、憂に変装して高校に登校、あずにゃんとイチャイチャ

憂は自宅でじっくり受験勉強

・・・なんていうのもアリかも。

943軽音部員♪:2010/09/15(水) 03:25:55 ID:ktUfp.X.O
終わりがないのが終わり・・・

944軽音部員♪:2010/09/15(水) 19:30:28 ID:CBOf2swgO
本スレのSSラッシュっぷりが凄いねぇ〜

945軽音部員♪:2010/09/15(水) 20:44:49 ID:7tlU7ZLg0
最終回の感極まりっぷりからすると
唯がなぐさめのキスでもしようとしたら応じちゃったかもな

946軽音部員♪:2010/09/15(水) 23:40:28 ID:iSFfe4lsO
むしろ梓の方から求めてもおかしくない

947軽音部員♪:2010/09/15(水) 23:58:47 ID:cRkykXfY0
原作、アニメが終わっても唯梓に終わりはないのです。
唯梓への愛さえあれば一年後だって容易に妄想できるんです。

『一年後』

梓「よし、と…こんな所かな」

唯「あずにゃ〜ん、終わった?」

梓「あ、はい!終わりましたよ」

唯「じゃあ、こっち来てお茶にしよ〜?」

梓「ありがとうございます…って」

唯「どしたの、あずにゃん?」

梓「このお茶、唯先輩が淹れたんですか?」

唯「もう、あずにゃんってば…私以外に誰が居るの」

梓「いえ、憂が隠れて淹れたんじゃないかな〜とか…ちょっと思ったり」

唯「ぶ〜、私だってこの位は出来る様になったんだからね」

梓「そうですよね、すいません頂きますね」

唯「どぉ、あずにゃん?」

梓「美味しいです…これ、本当に唯先輩が?」

唯「疑り深いなぁ、あずにゃんは」

梓「すいません」

唯「私もこの一年、色々頑張ったんだよ」

梓「へぇ、例えばどんな?」

唯「お料理も少しは出来るようになったし」

梓「おぉ!」

唯「部屋の蛍光灯も取り替えれるようになったし」

梓「おぉ?」

唯「朝寝坊もしなくなったんだよ!二日に一度は」

梓「…それって駄目じゃないんですか?」

唯「とにかく!私は成長しているのだよ、あずにゃん君!」

梓「君付けしないでください」

唯「良いではないか…それより、あずにゃん」

梓「何ですか改まって?」

唯「不束者ですが、今日からよろしくお願いします」

梓「唯先輩、私の台詞をとらないで下さいよ」

唯「え?」

梓「え?」

唯「あずにゃんったら大胆///」

梓「ち、違っ…今のは違います!取らないでって言ったのは後ろの方の台詞で…!」

唯「今夜は寝かさないぜ、子猫ちゃん♪」

梓「全然、成長してないじゃないですか!」

唯「え〜、そんな事ないもん」

梓「とりあえず、今日から宜しくお願いしますね」

唯「任せなさい!」

梓(はぁ、初日からどっと疲れちゃった…これから先が思いやられるなぁ)

唯「あずにゃん、今日からはお風呂も一緒に入ろうね♪」

梓(唯先輩があんな事を言うから変に意識しちゃうし…ぶつぶつ)

唯「あずにゃん?」

梓「はいはい、わかりましたよ」

唯「え?」

梓「え?」

俺達の唯梓はこれからだ!

948軽音部員♪:2010/09/16(木) 05:54:51 ID:ljfRsGyY0
>>947
むしろこれから始まるべきでしょう。ルームシェアと言う名の同棲を。

949軽音部員♪:2010/09/18(土) 10:48:33 ID:V3WfzziUO
過疎ってるねぇ……

950軽音部員♪:2010/09/18(土) 10:58:48 ID:stGre6A.O
本スレは原作、アニメのW最終話効果なのかかなり盛り上がっているけどね

951軽音部員♪:2010/09/18(土) 12:20:55 ID:5LNCbmRA0
規制がゆるいから本スレが盛り上がってこっちが過疎る。悪いことはないんじゃないか

952軽音部員♪:2010/09/18(土) 14:47:37 ID:3JQm8YZUO
唯先輩が寝てる・・・
部室には私と唯先輩以外誰もいない・・・スレも過疎っている・・・
×××するならいまのうち・・・!

953軽音部員♪:2010/09/18(土) 20:47:26 ID:v4ze9jRo0
唯「あずにゃーん、この洋楽の歌詞の
トゥギャザー アズニャンってどういう意味?」
梓「それを言うならTOGETHER AS ONEですよ。意味は・・・
自分で考えて下さい」

954軽音部員♪:2010/09/19(日) 23:22:26 ID:nFKu5KmI0
梓に迫る危機
「シャワー浴びたら足だけ魚になっちゃった…
ピチピチッ
こんな姿唯先輩に見られたくない!
ズリズリ」

955軽音部員♪:2010/09/20(月) 00:55:41 ID:5m7TXSC60
>>954
本スレにそれを題材にしたSSが投下されたが続きがいっこうに投下される気配が無い…

956軽音部員♪:2010/09/21(火) 00:17:19 ID:dGlHZx8UO
>>953
唯「わかった!あずにゃんが…んんんー!?(って、なんで口押さえるの)」
梓「やっぱり恥ずかしいから言わないでください////」
唯「…もごもご(どうせなら唇で塞いで欲しかったよー)」
梓「え?い、今なんて…」
唯「…!(いいこと思いついた!)」

れろれろ←塞いでる手を嘗めてる

梓「きゃあっ!?////」ばっ
唯「やっと離してくれたねー」
梓「ば、ばかあ…///」

梓(…気持ちよかった…///)

957墓荒らし:2010/09/23(木) 15:18:47 ID:tshm3hjk0
今日も十字架には哀れな男が磔にされている………一糸まとわぬ姿で………
あああい・あああう「ぐへえ!!」ク゛チャッ
家荒らし「この家の人間は全員始末しましたァァァ!」
店荒らし「体毛1本も残らずに抜き終わりましたァァァ!この汚らしく垂れ下がっているふたつのボールどうしますゥゥゥ?」
墓荒らし「切れェェェ!もはやこいつに●液を出す資格はないィィィ!」
ああああ「ククク!そんなことをしてタダで済むと思っているのかね!貴様達!」
墓荒らし「あの掲示板が使えなくなった今ァァァ、この2chで止めを刺してやろうゥゥゥ!」
ああああ「そうだ!この2chに俺は二度と来ない!それで許してくれるな?」
家荒らし「こいつゥゥゥ!この期に及んでまだこんな事をォォォ!」
店荒らし「こんな奴の言う事ォォォ、信じたところで犠牲が増えるだけですよォォォ!」
墓荒らし「そうだなァァァ、もう始めるかァァァ!もらうぞ 貴様のキ●タマ………なんてなァァァ♪」
チョキ チョキ(ハサミの音)
ああああ「ぎいやああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
墓荒らし「以上で手術を終了するゥゥゥ!」
ああああ「モゴモゴ!!」バタッ グチャリ
墓荒らし「ふうゥゥゥ、くたばったかァァァ………長きにわたる戦いもついに終止符かァァァ!ああ疲れたァァァ!」

958墓荒らし:2010/09/23(木) 22:04:50 ID:tshm3hjk0
                  / ̄ ̄ ̄ ̄\,,
                 /_____  ヽ あっ…
                 | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |
                 |  ・|・  |─ |___/
:::::::::::::::::::::::::::::    ,.-ヽ    |` - c`─ ′  6 l
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i.   ヽ (____  ,-′   レロレロ  _, -、_ ,- 、
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;     ヽ ___ /ヽ        /  /: : : V: : :ヽ
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;       ( ̄て""´  ヽ \.   /\  | : : : : lj : : :|
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i      \   .)    、 ~ヽ . |   i  ヽ:_:ノヽ:_:ノ
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;      ヽ_人      l   j   |        !
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"        /     __/⊂|   |   __  ノ
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i;      l   -‐ ̄ ヽ . ヽ、 / ̄   ̄\
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"        \   ヽ      /        ヽ
::::::: |.    i'"   ";                        _/        -@
::::::: |;    `-、.,;''"                       ( __ ) ´\      丿
::::::::  i;     `'-----j                         (_(⌒ヽ(⌒ヽ

959軽音部員♪:2010/09/24(金) 09:31:26 ID:lD7mLFnwO
過疎ってる…唯先輩をペロペロするなら今のうち

960軽音部員♪:2010/09/24(金) 18:07:51 ID:o94F/Tdo0
                       / : : : / / /: : : :/:/: : : : : :/ :} :lヽ:i: ヽ: :\: ヽ
                      ´ー ァ' / / /ヽ : : l/ :/ : : : / :/: ;| lト : : ,: : :ヽ l
                        /: : {   { ヽ \l: :/: : : :〃/ l/ |  l ヽ :}、 : }|
..l\.                     : :/ハ  } : ヾ:、| / : : ://:/メ/ |  j , ヘハ :/: l
.l  \                    V/: : :7八 : ヽ|:{ : i ://イミヽ ノ   ィアミ}/ :ノ
l    \.                   }ヘ: : l」ヘ.:`7¨|ハ: :|/イ ・ j      {・}ハ/
l     \                     ヽ:{  ヽ{ | V|| ヽ__ノ     、  {/
l       l:\                      \   |            }
.!.     ,ハ:::::`:..、.                    `ヤi、       -ー   ′
.l     〃 ',:::::::::::`:..、                     {⌒ヽ丶 、    / まさか貴様がサーバー侵入型のウイルス
. l    //.  ',::::::::::::::::`:..、                 ノ } }ー┬≧=r ´   を開発していたとはな      
 l   / /   ',:::::::::::::::::::::::`:..、             /二ミヾ、_}    }-、
  ! / /    ',:::::::::::::::::::::::::::::`:...、         /´    \\`ヽ、{、ヽ
  ∨ /      ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::....._      -‐=―-、  V \  ト、 l
.  `、/       ' ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-v<ゝ冂l>ヽ '、  ヽ   ヾ.、ヽ
.   `、        ' ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'  ヘ`,ヽ  }    \\
.    `、       `‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リヽハ l !.ノ- 、       \l
.     \         ̄    ─------   ::::::::l l l l l__ハ〈〉       ヽ

961軽音部員♪:2010/09/27(月) 13:02:25 ID:rON1TzW6O
何で急に過疎ったんだ…
本スレが盛り上がってるときもコンスタントにレスあったのに…

962軽音部員♪:2010/09/27(月) 13:29:36 ID:NYranMTM0
なにもここだけじゃなくてだな…

963軽音部員♪:2010/09/27(月) 18:44:36 ID:g/BzJ.wgO
避難所で上がっていただろう話題も含めて本スレが盛り上がっていると考えれば問題無いさ

964軽音部員♪:2010/09/28(火) 15:08:43 ID:55VQNBec0
あくまでも別荘地だからな、メインが盛り上がればそれでよし。

次スレ幾つぐらいだっけ?

965軽音部員♪:2010/09/28(火) 20:05:05 ID:w4p39YJcO
立てるレス番の事か?
980でいいんじゃまいか?

966軽音部員♪:2010/09/28(火) 23:38:02 ID:aDWdyTSUO
本スレに久々に凄い燃料が投下されたな
まだコラの可能性もあるが

967軽音部員♪:2010/09/29(水) 01:05:04 ID:OjZTDUMg0
あれ編集したやつも間違いなく唯梓スキーだよね

968軽音部員♪:2010/09/29(水) 09:06:40 ID:lLxAmekE0
スキーだとしても一般雑誌だから本家に掲載前の確認とる必要あるし
公式設定てことです

969軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:14:55 ID:po3HxYMY0
投下しまーす。

970軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:21:25 ID:po3HxYMY0
・あまおとハミング 

「さむっ」
 鈍く広がる曇天の下、梓は歩き出した。昨日までのうだるような残暑とは一転して、冬かと錯覚しそう
なほどの冷たい空気に、ついつい声を漏らしてしまう。手袋かマフラーを持ってくればよかった、とも思
ったけれど、今から取りに帰るとぎりぎりで遅刻してしまうかもしれない。なんとなく、あの人のことが
脳裏をよぎる。思わず口が緩んだ。寒さは我慢しようと決めて、いつもどおりの通学路を梓は進んでいく。
 視界が開けてきた。ここまで来ると、ちらほらと他の桜高生の姿も見えてくる。同じ赤いリボンの顔見
知りに会釈しながら、さてあの人はと梓は辺りを見渡した。いつもの道の、いつもの場所。のんびりほわ
ほわふわふわの、あの軽音部の先輩は、今日もここを通るだろう。毎日と言うわけではないけれど、だい
たいにおいて梓と彼女はここで合流していっしょに登校している。……合流というより、あの人が一方的
に抱きついてくるのだけど。
 素肌のままの手のひらに息を吹きかけ、まだかな、としばらく立ち尽くす。そろそろ行かないと間に合
わないかも、という時間になって、ようやくその人は姿を現した。
「唯センパ……」
 近づきかけて、梓は立ち止まった。
 唯の隣に、憂がいた。ピンクのマフラーを二人で分かち合って。
 よくある光景だ。あの姉妹はとにかく人にくっつきたがるし、それを差し引いても仲がいいし、これま
でだって何度もああいった場面には遭遇した。ういー、なんて声が聞こえてきそうだ。それに応える、お
ねえちゃん、なんて声も。
 特別じゃない、平沢唯と平沢憂の朝のひとこま。
 なのに。
 だけど。
 だから。
 不思議と、近づけなかった。

 踵を返して、梓は学校へと一直線に向かう。呼びかけた名前はとうに冷たい空気に霧散してしまってい
た。最後の一文字を飲み込んで、梓は歩いていく。
 その顔はどこか浮かない。
 唐突にやってきた秋は、むしろ冬に近くて――。

971軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:23:26 ID:po3HxYMY0



「あー、おなかすいたーっ!」
「純、だらしない」
「こういう日って、なんか疲れちゃうよね」
 昼休み。 午前の授業の終わりを告げるチャイムと同時に、純の机に梓と憂が集まった窓の外には相
変わらず灰色の雲が広がり続けている。かといって雨を降らすわけでもなく、ただ薄暗さが校舎には漂
っていた。どことなくしけった空気に、つけられた明かりは少し強すぎて、ちぐはぐな空気が教室には
漂っている。
 うー、とうなり声を上げながら、純がパンを開封してほおばった。
「んー、コンビニの味ですなぁ」
「そりゃそうでしょ、コンビニのパンなんだから」
「わかってるけどさ。あー、カロリー大丈夫かな。こういうの絶対高いし」
「気にするならしっかり計算すれば?」
「言ったでしょあたしそういうの苦手だって」
「威張るとこじゃないでしょ、そこ」
 軽口を叩きながら梓もパンに口をつける。なんとなく憂とは話しづらくて、ついつい純にばかり話し
かけてしまう。傍からすると普段どおりかもしれないが、憂は気づくだろうか。そんな自分の思考を自
覚して梓はひどく嫌な気持ちになった。どうしてこんなことを考えてしまうのだろうか。朝の景色が頭
をよぎる。胸が少し、軋んだ。
「でもさー、憂はすごいよね」
「え?なにが?」
「お弁当。毎日二人分でしょ? お姉さんと」
「う、うん。別にそんな、すごいって言われちゃうと……なんか、恥ずかしいな」
 はにかむ憂を、梓は素直に見ることができなかった。きっと、唯においしいよ、と言われたときもこ
んな表情をするだろう。そして笑顔が返ってくる。それがなにより憂は嬉しくて、だから毎朝張り切っ
て。そんな毎日だったらきっと誰だって楽しい。あの人の笑顔には、そういう力があるのは梓もよくわ
かっている。
 そこで、ひとつの言葉が思い当たる。
 ……ああ。私、憂のことがうらやましいんだ。
「……梓ちゃん?」
「う。なに?」
「なに、じゃないよ。ボーっとしてさ」
「ああ、うん。憂ってすごいなーって」
「もう、梓ちゃんまで……」
 けなげな奴めー、とからかう純と、やめてよー、と照れる憂に、梓は少しだけ距離を感じた。手元の
パンはすっかり冷めてしまっている。はむ、とほおばる。繊維の味が消えていく。
 苦かった。

 午後の授業の間、梓はずっと上の空だった。うらやましいという気持ちだけがぽん、と心においてい
かれてしまっていて、どうすればいいのかわからない。確かに憂のことがうらやましい。それはわかっ
た。そして、朝に感じたのもきっとそれだ。だけど、どうしてうらやましいのか、そしてこの気持ちを
どうすればいいのか。ということについて、まったく当てがない。
 頬杖をついてくるくるとシャーペンを弄びながら、窓の外を流れる雲を見るふりをして、窓側の憂を
見たりもする。まじめに授業を聞いているその顔は、改めてあの人と瓜二つで、もしあの人がポニーテ
ールにしたらきっと憂と見分けがつかないだろう。もしかすると二人で髪型を変えてみたりなんて事も
したのかもしれない。そっくりだねー、なんて言いあってたのかもしれない。自分の髪型を思う。長め
のツインテール。どうやっても、あの人には近づけなさそうだ。ため息がこぼれる。
 ノートを取る憂に、いつの間にかあの人の姿を重ねていた。まずは授業を聞いて……さっそく怪しく
なってきた。額に皺が寄っている。はぁー、と大きく息をついて、机に突っ伏した。は、はやい。もう
眠ってる。 ……なんて。そもそも、あの人と同じ教室で、同じ授業を受けたことすらないのに、なん
となくそんな姿が目に浮かぶ。そのくらい、あの人のことばかり梓は追っていた。
 「…?」
 あまりに長く見すぎていたからだろう、視線に気づいた憂が梓を見返してきた。途端に恥ずかしくな
って、なんでもないとかぶりを振って黒板のほうを向く。相変わらず授業は右の耳から左の耳へとすり
抜けて、早く部室に行きたいなあ、とだけ梓は思う。
 曇天は、窓の外に悠々と広がっている。

972軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:26:09 ID:po3HxYMY0



「梓、なんかあった?」
 授業を終えて憂と別れ、部室へと向かう梓に純が尋ねてきた。
「授業中、ずっとぼーっとしてたでしょ」
「うん、大丈夫」
「どう大丈夫なのよ…」
 あきれてつつも心配してくれるくれる友人を、心底ありがたいと思うけれど、今回ばかりは言い出せ
ない。だいたい誰に言おうにも、自分の中で整理がついていないのだし。
「いいの。うん」
「そっか」
 深く追求せずに、何かあったらいいなよ、とだけ残して純はジャズ研へと向かった。照れくさくてい
えなかったけれど、後できちんとお礼を言っておこう。
 音楽室へと続く階段を昇る。あいかわらず楽器の音は聞こえないので、今日もまたお茶会をしている
のだろう。そんなことが、今ではちょっとだけ嬉しい。一番奥の席から、先輩達の顔を見ながら紅茶を
飲むのは、この部室でしか出来ないことなのだから。面と向かって口になんてしないけれど。
 音楽室のドアの前、一息ついてからノブに手をかける。
 あの人がいるといい。
「どうも…」
「あー、あずにゃんだ!」
「遅いぞー」
「ん、来たな」
「お茶出来てるわよー」
 当然のごとく唯が飛びつき、それに続いて声がかけられる。いつもならすぐに離れるのだけれるのだ
けれど、きょうは少しだけ甘えたくなった。やっぱりここに来ると、落ち着く。それだけこの日々が梓
の中に息づいている。そして、この、抱きついてくる先輩も。
「すっごく寒いんだもん、あずにゃんはやく来ないかなーってずっとまってたよぅ」
「私は暖房かなにかですか…」
「んー、あったかあったか」
 頬を擦り付けてきて、ついつい口元が緩みかける。実際、寒々しい一日の中で、はじめてあったかい、
と感じられた。教室にかかっている暖房とは違う、人のあたたかさ。平沢唯という、たいせつなひとの
温かさ。それをもう少しだけ留めておきたくて、恐る恐る、背中へと手を伸ばそうとする。恥ずかしい
けれど、今日は、そうしたかった。今朝感じたあの気持ちが、そうさせた。唯の体に触れるまであと少
しといったところで、ふと、梓は首元に当たる柔らかな感触に気がついた。
 ピンク色の、マフラー。
 二人で一緒に巻いていた。
 途端、心の中に少しだけ染みが生まれる。何もいえないで、伸ばしかけた手はそのままで、立ち尽く
した。
「……あずにゃん?」
「え、ああ、なんでもないです」
後ろに下がって、そそくさと自分の席へと急ぐ。不思議そうな顔をしながら、唯もそれに続いた。紬が
入れてくれたお茶に、ふぅ、と息を吹きかけて冷ましてからひとくち。おいしい。だけど、その水面
に写った自分の顔は、ひどく暗い。純や唯から声をかけられるのも無理はない。
 ……せっかく部室に来たのに。
 朝から続くよくない一日が、この部屋にまで入り込んできてしまった。それを持ち込んだのは自分
なのだ。朝から些細なことで、ずっと嫌な気持ちを引きずっている自分。また、うらやましいと思っ
てしまっている自分。打ち消すようにもう一口紅茶を飲む。暖かい。暖かいけれど、その暖かさは梓
の奥深くまでは届かなくなっていた。いけない。このままだと、ずっと引きずってしまう。なんとか
しないと、と考えて、
「み、みなさん、練習しましょう、練習」
「えー、お菓子食べてからにしようよー」
「じゃあ今すぐ食べてくださいっ」
 まったく、とため息をついたところで、ぽつぽつと窓が鳴り始めた。次第にその音は数を増していき、
雨音で部室が満たされていく。
 全員で窓から外を見ると、そこそこ激しい雨が降り始めていた。突然の降雨に慌てて鞄を掲げる生徒
たちが目に入る。
「あっちゃー、降ってきたかぁ」
 どうやら律は傘を忘れたらしい。同じく梓も傘を持ってきていない。天気予報だと今日までは曇り
で、明日から雨のはずだったのに。
「うーん、早めに帰ったほうがいいかも」
「そうだな。このまま止まなかったらみんな濡れちゃうだろうし」
「みおしゃん!」
 鞄から折り畳み傘を取り出した澪に律がすがる。他に傘を持っているのは、と梓が唯と紬を見つめ
ると、
「ぶいっ!」
 赤い傘を唯が掲げていた。わー、と手を叩く紬。
「唯センパイのことだから、どうせ憂に言われて持ってきたんですよね?」
「そのとおりです!」
「やっぱり……」
「えへへ」
 照れくさそうに笑う唯に、うまく笑い返せなかった。
「ほら、いくぞー」
 どうやら今日はこのまま解散のようだ。
 浮かない顔のまま、梓は部室を後にした。なんだかすっきりしない。

973軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:29:39 ID:po3HxYMY0
 ○

 いつもの分かれ道で、律と澪、紬と別れ、唯と梓は二人で帰路につく。
 ひとつの傘に二人で入っている。俗に言う相合傘で、嬉しいことのはずなのに、梓は逆に戸惑ってい
る。隣に近寄りがたくて、でも、離れるわけにもいかなくて。
「あずにゃんの家まで一緒にいこ?」
「い、いいですよそんな。いつものとこまでで」
「でも、風邪引いちゃうよ?」
「……じゃあ、お言葉に甘えて」
 微妙な距離を保ちながら、二人は雨の中を歩いている。
 なぜだか言葉がうまく出てこなくて、梓はだまったきりだ。そんな梓を気遣ってか、唯も無理に話し
かけようとはしてこない。二人の間に漂うぎこちない沈黙は、行き場のないままそこによどんでいた。
 ただ、梓は、俯いている。
 ……どうしよう。このまま、家についてしまったら、なんだか、とても嫌だ。嫌なのに、それをどう
したらいいのか、梓にはわからない。嫌な一日が、嫌な一日のまま過ぎてしまって、唯にも憂にもよそ
よそしいままで、そんな日が続くのが、怖い。
 水溜りが跳ねる音。車が通り過ぎる音。アスファルトを叩く雨の音。傘に降り募る雨雫。そのおかげ
で保たれているこの時間。
 何か言わなくちゃ。でも、何を言えばいいんだろう。
 憂と一緒に登校しないでください、なんて言えるわけがない。そんなことを言ってしまえば、一番惨
めになるのは自分だ。不必要に唯と憂を悲しませるだけになってしまう。うらやましい。どうして憂が
うらやましいんだろう。二人きりなのは今朝の憂と一緒なのに、唯も梓も笑っていない。ほ、とため息
をつく。鞄を握る手のひらに、すこしばかり力がこめられた。耳元には雨音だけ。
 そんなときだった。
 雫の音の中に、かすかにはなうたが混じる。透明な声。聞きなじんだその声。顔を上げて振り向くと、
唯が目を瞑りながら、ハミングを奏でていた。
 ……あめふり。
 ずいぶん昔に聞いたきりの、懐かしい童謡。リズムに合わせて、唯が揺れる。ハミングは続いている。
 その顔に、見蕩れていた。雨音と、足音と、ハミングが合わさって、ひとつの大きな音楽に聞こえて
くる。自然と体が揺れてきて、
 ――ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっぷ、らん、らん、らん。
「おー、あずにゃんうまいねー」
「……あ」
 耳を澄ませていたら、いつの間にか口ずさんでしまっていた。だって。あんまり楽しそうにうたうも
のだから。あんまりに、嬉しそうな顔をするものだから。一緒に奏でたくなってしまって。
 なんだか、解きほぐされてしまった。
 この人といると、いつもそう。
「雨の日にね、こうやって歌うとおとがいっぱいになるからオススメだよ」
「……そう、ですね」
「憂とね、あーめあーめふーれふーれ、って」
「ふふ。楽しそうですね、それ」
 今日になって初めて、梓は心から笑った。やっと笑えた。今、この人の隣にいて、一緒の傘のなかで、
一緒に音を奏でられて。
 ……そういった時間は、私と、唯センパイの時間でもあるんだし。
 うらやんでしまう気持ちはあるけれど。それでも、一緒にいられる間は、一緒に笑っていたい。いや、
そんな理屈ですら、きっとこの気持ちを受け入れるためのもの。
 ただ嬉しかった。隣でハミングを奏でるこの人がが、隣にいてくれることが、うれしくて。きっと、
自分はこの人のことが、とてもとても、大切なんだと、好きなんだと、じんわりと心に沁みてきて。
 考え込んでいたのが、馬鹿らしくなってしまって。
「そっち、いいですか」
「苦しゅうない、ちこうよれ」
「では、遠慮なく」
 肩と肩がくっつくくらいに、梓は唯に近づいた。
 ためらいがちに、唯の手のひらにその手を重ねる。指が応え、小さな手のひらがきゅっと握り締めら
れた。


「センパイ、次は何にします?」
「うーん……次……つぎ……」
 ぽつぽつとなる雨音と。
 ちゃぷちゃぷ跳ねる水溜り。
 しとしと響く傘の中。
 唯のハミングが、また、奏でられた。
 梓の声が混じっていく。
 二人きりの帰り道を、その声と声は柔らかく彩って。
 
 ――ふっでぺーん、ふっふー。

974軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:32:11 ID:po3HxYMY0



 翌朝、空を覆っていた灰色の雲はすっかり姿を潜め、晴れやかな青空が広まっていた。
 手に持った傘をどうしようかと思案して、置いていった。もし雨が降ったら、また同じ傘に入れても
らおう、なんて考えたから。
 いつもの時間、いつもの場所。唯と憂の姿が見えてくる。
「唯センパイ、おはようございます」
 そして、しっかり憂に向き合って。
「おはよ、憂」
「あ、あずにゃんおはよー」
「梓ちゃん、おはよう」
 …言えた。 
 ほっと安堵して、唯の隣に並ぶ。ちょうど、憂と梓で唯をはさむように。
 唯が笑った。憂も笑う。そして梓も、照れ笑い。
 ……今日は、三人で、歩こう。

975軽音部員♪:2010/09/29(水) 23:33:44 ID:po3HxYMY0
以上です。
劇場版、どうなるか不安半分期待半分ですが、せっかくやってくれるのですから、楽しんでいきたいものですね。
失礼しました。

976軽音部員♪:2010/09/30(木) 00:07:45 ID:H.wfV2IwO
>>975
素晴らしすぎる…GJ!

977軽音部員♪:2010/09/30(木) 00:19:12 ID:a.6eRApk0
>>975
梓の心情表現が良いね〜
思わず引き込まれてしまったよ
GJ!!!!

978軽音部員♪:2010/09/30(木) 00:40:19 ID:K3Tzniqw0
>>975
GJ!趣があって大変すばらしい。
梓なりのジェラシーってのもいいねぇ。

979軽音部員♪:2010/09/30(木) 13:53:19 ID:22wuJqaQ0
踏み台

980軽音部員♪:2010/09/30(木) 14:46:16 ID:D8NxwSC60
立てろと

981軽音部員♪:2010/09/30(木) 14:58:19 ID:D8NxwSC60
     _                                                    _
  '´, 、 ヽ                                               ,:'´   ヽ
  l (itノヽヽl                                              ,イj从ノハl iミト、
 ノリ(l|゚ ヮ゚ノi                                             j ハ|、゚ヮ ゚|,l)ノi l
   (|_)芥i_|)   【けいおん!!】唯×梓スレ2【避難所】                  {{. (|,i芥(_|). l |
    く/_i_>   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/7708/1285825919/     )' 〈l_|_i_> ,ソ
    (_ノJ                                                  .し{_}

982軽音部員♪:2010/09/30(木) 15:12:03 ID:ZZJY9gR.O
>>981
おっつ!

983軽音部員♪:2010/09/30(木) 23:39:53 ID:1JKsKkJIO
>>981


ついにこっちも2スレ目突入か…
胸が熱くなるな

984軽音部員♪:2010/10/01(金) 02:40:47 ID:8ztcerK6O
あんまりこういうこと言いたくないんだけど
最近ちょっとアレな奴が本スレに住み着いちゃったね…
出来ればROMっててくれると嬉しいんだけど…

985軽音部員♪:2010/10/01(金) 03:10:42 ID:0b2Y6PkQ0
確かにここ最近流れおかしいね
暫くは流れ変わらないだろうから
NG入れるなりで自分で処理するしかなさそうだ

986軽音部員♪:2010/10/01(金) 03:17:28 ID:VQN9unmI0
漢は黙ってNG登録

987軽音部員♪:2010/10/01(金) 03:24:12 ID:8ztcerK6O
了解
まぁこういうこと思ってる俺が少数派かもしらんし個別に対応します

988軽音部員♪:2010/10/01(金) 22:15:42 ID:7xC8ZyVs0
放課後ライブに夢中な俺には隙は無かった
キャラソンだと結構ツインギターっぽいシーンが多くて俺得

989埋めネタ:2010/10/01(金) 22:27:34 ID:cHPFwHCwO
さて、次も立った事だし
あ「埋めますか」
ゆ「……花の種?」
あ「……それでも良いですけど……てゆーかそれは『埋める』じゃなくて『撒く』です」
ゆ「んじゃぁ……苗木?」
あ「ちょっと惜しいですね……『埋める』じゃなくて『植える』です」
ゆ「うーん……あ!じゃぁこれ!タイムカプセル!!」
あ「……まぁ、これなら確かに『埋める』ですね……。ところで、これの中身は一体何なんですか?」
ゆ「……知りたい?」
あ「……何なんですか、その『絶対に教えないぞ』的なオーラは?」
ゆ「いやぁ……やっぱりプライベートな事ですし……」
あ(プライベート!?ってことは、あの中には私の知らない唯先輩が一杯詰まっているの!?)
ゆ「あれ、あずにゃん?」
あ(唯先輩の秘密……絶対に覗いてやるです!!)
ゆ「おーい!あーずにゃーん!」
あ「はっ!!あ、す、すみません、ボーッとしちゃって……何ですか?」
ゆ「はい!あずにゃんに任せた!」
あ「……ほぇっ!!!?」
ゆ「あずにゃん『埋める』って言ってたでしょ。私はどこに埋めるか知らないから……」
あ「あ、あの……『埋める』って言うのは……」
ゆ「あ!たーいへーん!!今日は憂に『家に荷物取りに来て』って言われてたんだ!あずにゃん!じゃぁ後はお願い!!」
あ「あ、あの!……行っちゃった……これ……どうしよう……」
あ(やっぱり勝手に中を見るのはいけないよね……。でも……、ちょっとだけなら……)
む「良いんじゃな〜い?ちょっとだけなら」
あ「む、ムギ先輩!?」
ム「ねぇ、見てみましょうよ。大丈夫、ちゃんとばれないようにするから。……斉藤、例の物を」
さ「は!こちらになります!」
ム「ありがとう。……じゃぁ、開けるわよ……。おぉっ!!」


あ「……こんな……ものまで……」
ゆ「あずさ〜!」
あ「……ふふっ……もぉ……唯ったら……」
ゆ「あずさ!!」
あ「ふぇっ!?……あ、あれ……今のって……」
ゆ「なんかいっぱい寝言言ってたけど……大丈夫?疲れてない?」
あ「うん……大丈夫……。てか今の全部夢!?」
ゆ「……多分。どんな夢かはわからないけど」
あ(そっか……まぁ、そうだよね。あんな物が入ってたりするなんて、ありえないもんね。てかタイムカプセルって……随分と陳腐なイメージを……)
あ「あれ?唯……それ、一体、何?」
ゆ「ん?タイムカプセルだよ〜」
あ「なに……ゆえに?」
ゆ「え?だって梓が寝言で『タイムカプセル』って言ってたから……で、どこに『埋める』の?」
あ「え、あ、えと……」
ゆ「そうそう、中身は……コソコソ(私と、梓の愛のメモリーにしておいたからね)」
あ「へっ!?どうして?」
ゆ「えぇ〜、……いちおう〜、タイムカプセルですし〜、何年か先に掘り起こして見るんだったら〜、やっぱりこれかなぁ〜、と……」
あ「だ、ダメだよ!!」
ゆ「ほぇっ!?なぜに?」
あ「『タイムカプセル』ってのは『昔を懐かしむ』物なんだから……、だから!そんな物を入れちゃダメ!!」
ゆ「……そっか……ゴメン、私、勘違いしてたよ……」
あ「ところでさ……何を入れたの?」
ゆ「……見る?」
あ「……変なのじゃなければ」
ゆ「大丈夫だよ〜。多分問題無いから〜」
あ「……って!何これ!?」
ゆ「えー、んじゃぁ解説しまーす。先ずは……梓の寝顔写真!お次は……梓と私が料理している所の写真!そして……私達のお風呂写真(修正済み)!最後に……私達がベッドで」
あ「ストーップ!!!!それ以上は発言きんしぃー!!!!」
ゆ「えぇ〜!!……これからがいいところなのに……」
あ「ダメったらダメー!!!……第一、そんなのを将来見てどうするの!?」
ゆ「えっとですね……、あぁ、あの頃は若かったなぁ〜って感じで〜」
あ「それじゃぁ別れちゃうじゃん」
ゆ「今じゃあんなに激しい事は出来ないなぁ〜。……ってな感じに昔を懐かしむって事で……」
あ「……やめてよ……恥ずかしすぎるよ……」
ゆ「なーんてね……掘り起こしたりなんかしないよ……」
あ「へっ!?どうして?」
ゆ「だって……今までの思い出をここに埋めて行くんでしょ……」
あ「あ……そう、だね……」


ゆ「今までの私達の思い出はここに埋めていくけど」
あ「これからまた、いっぱいいっぱい思い出をつくるから」

ゆ・あ「みんな!よろしくね〜!!」


おしまい!!

990軽音部員♪:2010/10/02(土) 16:12:50 ID:zgRkpSro0
乙!というか名前省略しすぎだろwわかるけども

991軽音部員♪:2010/10/02(土) 21:36:14 ID:kNnZNNqY0
うーん……名前無しで会話のみのSS……というか小ネタもあるから良いかなとおもったんだが……

ま、それは置いといて……埋めますか

992軽音部員♪:2010/10/02(土) 21:37:40 ID:RHW1xVDw0
確かにそろそろ埋めないとな

993軽音部員♪:2010/10/02(土) 21:49:15 ID:kNnZNNqY0
では言い出しっぺがまず次スレへの踏み台その1

てか俺のID何なのさwww
Nばっかwww

994軽音部員♪:2010/10/02(土) 22:08:48 ID:RHW1xVDw0
某育成ゲームの敵キャラ思いだすな
それにしてもホントここも一気に過疎ったな。まあ避難所が沸いてる方がおかしいんだが

995軽音部員♪:2010/10/02(土) 22:37:34 ID:kNnZNNqY0
まぁ、本スレがそろそろ終わるから
こっちを見に来る人もいるんじゃないかなぁ……


と勝手に期待

996軽音部員♪:2010/10/02(土) 22:38:16 ID:7YEImZ8UO


997軽音部員♪:2010/10/02(土) 22:41:27 ID:2AbcUAzoO
最近の本スレはなんか嫌だからこっちに期待してる

998軽音部員♪:2010/10/02(土) 23:00:05 ID:0TZvD.gA0
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1178444.jpg
先輩の落書きわろた

999軽音部員♪:2010/10/02(土) 23:53:06 ID:RHW1xVDw0
本スレ埋まったしこっちも本気で埋めないとな
記念すべき1000誰が踏む!

1000軽音部員♪:2010/10/02(土) 23:55:16 ID:kNnZNNqY0
                 ,. x= '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヽ、    ,.x='": : : : : : /: : : : : : :ヽ : : : : : : : :`丶、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、/: : ,: : /: : :/: : : : | :| : : : : : : : : : : : : : : :\
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::..:.:.ヽ :.::..:.:.:.ヽ,:.:.:.:.i./: :/:/: : :::;:/: : : : : i: :|::: : : : : :ヽ,: : : : : : : : : ヽ
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:::::::::::.:.:ヽ:.:::::.:.:.:.:i.:.:./: :/ /: : : //: : : : : : : :i::::: : : : : : ハ : : : ヽ : : : : :`.
          , へ:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i.:.:.:|.:.:.:::ヘ;:::::::.:.:.ヽ::::::.:.:.|.:///: :ヾ / /: : : : : : :i :i::::::. : : : : : : :',: : : :ハ: : : : : :ハ
           ハ:.:.:|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:::|. ヽ;::::::.:.:.:::::::i.:.:.:}': :/:ヾ: :/,. -=,: i : : : : : |:/:::::::: : : : : : : : i : : : :i: : : : : : :i
         .f.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:!.:.::::|__\:::::.:.::::::|:.:/: :/. : :.〉 '"   i:/l : : : : :l/.l::::::::i : : : :::. : : | : : : | : : : : : : |
        j:.:.:.:.:.i.:.|.:.:.:.:i V :.:.:.:.:.:.::::|    \::.:::|:|::{ : l : : /       |' V: : : :,'ヽ',:::::::| : : : :::::. : | : : : | : : : : : : |
        /:|.:.:i.:.:.:.::|.:.:.:.i_,,...V.:.:|.:.:.:.:::l  ..   V::i:|::l: :| : /l -ミ;、ヽ`.i   V : ;'  ',::::::|: : : : :::::l :i : : : i::.: : : :i: : :i
       ,':.:.i.:.:|.:.:.:.::|.:.:.:|   V:.|.:.:.:.:::|  /,.≦,'Vミ|::〉ハ:/ :| :んヾ.      V.:i、   ',:::j : : : :.:::::i.: : : : :i:::: : : ::i: : :l
        i.:.:.:i.:.:i.:.:.:.:::!.:.:.|   V ヘ:.::::|   .ん.゜::ヽ y}:/: | : ;|  V::::l'     .,V.、丶 V: : : : :::::::i.: ; : :.,'::::. :i :::| : i:.l
        |:.:.:.:i.:.:',:.:.:.:::l.:.:| ,...,,_ヽ  V:|    :V::::oソ/ j:| : : /:j   `-'      `とミ;、 ハ: : : ::::::::|: ハ: /::::::: :.l::::|: :.|:ハ
        |:.:.::::i.:.:.l'.,:.:.:::l.:| イiて.::.:ハ V      ̄   l: |: :/: / ''' ,      :{::.゜.:ハヾ/: : : :.:::::::::|/:::レ::::::::::i: :|::i : :.i: :ゝ、  
        j:.::::::|',:.:|:.:ヽ;.::'.{`ヽヽ:::,ソ      '''''  |:.:.l/.::::l             `v_rノ〃: : : : :::::::::|-.、:::i::::::::|: :|/.: : :|`‐-`-  
      ,':.::::::i. Vi.:.:.:::ヽ. ヘ  ,,,,   '       |:i:.:|: :::::ヘ       '''    〃x-‐――-...、ソ.::::|::::::::|: :| : : : |     
      ,'.:.:::::::|  |.:.:.:::::::::ヽ.ヘ               |l|.:.| : :::::.ヘ   ` -   ,.x '".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、:l::::::::l : |: : : ,'     
     ,'.:.::::::::|.  |:.:.::::::::::::::i:| ',        ' `     i |.:|/|: :::::,x`=‐--―‐= .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:::::::|:.,'| : :/
     ,'.::::::::::::|.  |.:.:.i::::::::::::|:|. ゝ., _    ,_,.x-='`<r‐' '"".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.‐.-:.:.::::;::_:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.',::::: ノ:/ |:./     
     ,'.:.:.::::::!::|  |:.:.:i::::::::::::::}_,x-='`z,Zr¨       `,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|/|/  .レ
.     ,:.:.:.::::::|i::|  |.:.:.|:::::::::::::| ::: ,/ ;'      ..  ...:;',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|. '
.   ,:.:.:.:::::::||:l   ',:.:.|.:.::::::::::j /   ';;:...       ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::|


「ねぇ、あずにゃん……」
「なんですか?」
「次スレでも、ラブラブだよ……」
「は、恥ずかしい台詞は、禁止ですぅ……」

では、次スレで

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■