したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

掲載済みの懸造りに関する情報はこちらへ

1 twosocks :2012/02/11(土) 22:27:20
管理人のtwosocksです。
当サイトに掲載している懸造りについて、様々な情報を募集しています。
実際に懸造りに行かれた方、最新情報をお持ちの方、
こちらのスレッドへ、どしどし書き込んでください!

2 山衆 :2012/02/11(土) 22:32:06
この程、栃木県栃木市の出流山満願寺」奥ノ院の建替え工事が竣工しリニューアルされました。
鍾乳洞もライトアップされ、神秘的な空間を演出しています。

3 twosocks :2012/02/11(土) 22:49:36
山衆さん、こんにちは。
満願寺奥ノ院、建て替えられたのですね。
私が行ったときは、屋根や床も傾いていて、少々危険でした。
修繕の寄付金も募集してましたね。
http://www.geocities.jp/kakezukuri/kake16.html

4 復興住宅に懸造りの考え方を取り入れられませんか? :2012/03/30(金) 20:15:19
東日本大震災の復興高台移転で、切土盛土で高台を造成する費用が高すぎて、計画が決まらないところが多いと聞いています。
谷底平野が広いところでは谷筋に人が住むようになるのでしょうが、津波が来ない高さに十分な平地が少ない三陸地方では、尾根に道をつけて、懸造りで住宅を作るのも一方法かと思います。
昨年は奈良県の奥吉野方面で水害もあり、見に行きましたが、そこでは、道路から谷底に向かって懸造りの家が多数ありました。
全国各地に懸造りの神社仏閣があるなら、施工できる業者さんも居ないことはないはずです。
現在の建築基準法では認められていないとも聞いていますが、復興に限定して、特区を設けてもらうというのも一手です。
また、懸造りでも、斜面が崩れにくい場所を選定して住宅を建てる必要もあると思います。
http://www.eonet.ne.jp/~river-basin

5 twosocks :2012/04/07(土) 21:17:00
先の震災と懸造りで考えたことは、
以前訪れた寺社が大丈夫かな?ということでした。
例えば、内陸ですが福島県会津の左下観音とか。
かなり年代ものの観音堂でしたが、
もしあの大地震でもびくともしないのなら、
本当に懸造りとは、大した建築法だと思います。
今回の地震だけなく、遥かな昔から幾度となく、
耐えてきたのでしょう。
確かに、復興住宅に懸造りという手はありだと思います。
当サイトでも、近年の懸造り建築を徐々に紹介していきます。

6 山衆 :2012/05/24(木) 16:49:59
懸造りに建築基準法の単体規定の適用はありますが、
その他については各行政庁の判断により異なります。
懸造りができないことはないと思います。

7 <削除> :<削除>
<削除>

12 瀞峡(どろきょう) :2014/09/24(水) 23:04:31
奈良と和歌山と三重の県境にある、瀞峡。その崖に立つ瀞ホテル(奈良)
の別館(本館から吊り橋を渡った向こう。和歌山か三重県に入る)もかけ造ですよ。
別館への吊り橋は渡れません(10年人が入っていない)が、見ることは出来ます。

13 歯牙 :2016/06/14(火) 08:01:44
懸造りなら滋賀県

14 twosocks :2017/09/16(土) 10:46:06
昨年(2016年)、12月に、
解体の危機があるということで、急遽訪問した、
宮城県塩竃市の塩釜神社 勝画楼ですが、
神社から市に譲渡され、保存されることが決まったようです!
今後、改修などもして、文化財登録を目指すとのこと。
内部に入れるようになったら、そこからの眺望も楽しむため、
再度、訪れてみたいものです!

http://www.geocities.jp/kakezukuri/kake94.html

最近、仙台城にあった懸造りを再建するとかしないとかで、注目を集めているので、
伊達家の懸造りブームが来るかもしれません!

15 建築好き :2018/04/06(金) 16:52:04
はじめまして。
建築探訪の際には、このHPを必ずチェックさせて頂いています。
是非、このHPを書籍化してください。
懸造りを網羅した本は、未だにないと思います。

16 twosocks :2018/04/06(金) 21:32:47
建築好きさん、こんにちは!
訪問いただき、ありがとうございます。

確かに、最近、このサイトを本にできたらな〜と思っていたところでした
秘境本や神社本など、いろいろ出ているので、
懸造り本でも売れるといいんですけど...

17 sam :2018/04/09(月) 12:38:51
小倉城庭園内に小笠原会館という懸造建築があります。
http://www.kcjg.jp/about/

18 twosocks :2018/04/09(月) 22:58:26
sam さん、投稿ありがとうございます。

いくつかの城郭には、石垣にせり出した懸造りがあるようですね。
また、現存しませんが、織田信長や伊達政宗が築城したお城にも、
かなりの確率で懸造りがあったようです。
当サイトでもまだまだ調査中です。

19 masuoka :2018/06/14(木) 14:35:55
岩阿弥陀 釈迦堂は2016年の鳥取県中部地震により上部の岩が崩落直撃し大破してしまいました。

20 twosocks :2018/06/14(木) 20:54:16
masuokaさん

貴重な情報、ありがとうございました!
さっそくググってみたところ、
悲惨なまでに倒壊していますね
これは、さすがに復興は厳しそう...

三徳山でも、文殊堂直下のかずら坂が立入禁止になって、
登山ルートが変わったのは知っていたのですが

21 twosocks :2018/07/05(木) 21:35:59
長野市にあるブランド薬師と巌窟観音堂が、
2月に市指定有形文化財に登録されました!

どちらも脚柱のない珍しい造りなのですが、
その構造がわかる図面がアップされていたので、
当サイトからもリンクを貼りました。
これは興味深い!

22 建築好き :2018/09/24(月) 07:49:41
三渓園 臨春閣
彦根城 玄宮園 臨池閣
も懸造りだと思います。

23 twosocks :2018/09/25(火) 20:06:19
建築好き さん、投稿ありがとうございます。

三渓園や彦根城の該当物件は、池に迫り出す構造だと思いますが、
私がよく参考にしている、国の文化財データベース等には、
「懸造り」というキーワードが出てこないので、
当サイトでは保留としています。

ただし、同じ池に迫り出す、小倉城小笠原会館は、
自称、他称を含めて「懸造り」とよく言われているので、
リストに載せています。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板