したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

世界陸上2007大阪

27 nakano-shima★ :2007/08/25(土) 17:41:43
--------------------------------------------------------------------------------
世界陸上開幕、大阪9日間の熱闘──男子マラソン炎天下号砲、沿道から「頑張れ」
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/41796.html
--------------------------------------------------------------------------------
 陸上の世界選手権大阪大会が25日、男子マラソンの号砲で幕を開けた。長居陸上競技場や沿道には早朝から多くの市民や陸上ファンが詰め掛け、選手たちには大きな声援が送られた。午前中には砲丸投げなども始まり、なにわの街は熱気に包まれた。
 大阪管区気象台によると、マラソンの選手がゴールする前の午前9時には気温が30度を超え、帽子をかぶり、タオルで汗をぬぐう観客の姿が多くみられた。
 マラソンコース沿いにある大阪市立育和小学校(東住吉区)では児童や保護者ら約100人が沿道で応援。スペイン語やハングルなど4カ国語で「頑張れ」という意味の言葉を書いた横断幕を広げ、声援を送った。5年生の山内京介君(10)は目の前を駆け抜けていく選手の姿に「あれだけ速く走れたら気持ちええやろな」とうっとり。
 5位入賞した尾方剛選手の職場の同僚らも広島などからバスで駆け付けた。尾方選手と同じ部署で働いたことがあるという兼永幸徳さん(48)は「私たちの見えないところで努力を積み重ねてきたからだと思うが、走る姿は普段よりも大きく見えた。頼もしい」と誇らしげに話した。
 トラックやフィールド競技も次々と始まった。学生時代に砲丸投げの選手だったという三重県津市の無職、高橋政義さん(67)は、「体つきがすごい」と男子砲丸投げ選手のたくましさにほれぼれした様子。「マラソンでの日本選手の健闘もあり、大会は盛り上がるのでは。明日からも競技場で観戦したい」とすっかりとりこになった様子だった。
 選手の活躍を支えるためにボランティアも汗を流した。期間中、総勢約6200人で観客誘導や救護などにたずさわる予定で、採用時に学歴を低く偽り、8月に停職1カ月の処分を受けた大阪市の職員176人らも加わる。

【写真】世界陸上が開幕。尾形(中央)ら男子マラソンの選手が沿道の人たちの声援を背に力走した(25日午前、大阪市中央区)
--------------------------------------------------------------------------------


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
大大阪モダン建築 / 青幻舎

これらの建築を知らずに、大阪の街を語ることはできません。 橋爪伸也監修、高岡伸一・三木学編著。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板