したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

世界陸上2007大阪

11 nakano-shima★ :2007/08/18(土) 18:32:19
--------------------------------------------------------------------------------
堺出身の車いすランナー、世界陸上大阪大会に出場(2007年08月18日)
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200708180067.html
--------------------------------------------------------------------------------
 25日開幕の世界陸上大阪大会に、堺市出身の車いすランナー廣道(ひろみち)純さん(33)が出場する。種目は公開競技の1500メートル車いす走。18年前にバイク事故で下半身不随となったが、常に前向きに生きていた。「車いすで走る楽しさを伝えたい」。廣道さんは、9月1日のレースに向けて目を輝かせる。
 高校1年だった89年11月、バイクを運転中に転倒し、脊椎(せきつい)を損傷した。好きだった自転車のペダルをこぐ両足が動かなくなっていた。90年夏、医師に勧められ、長居陸上競技場(大阪市東住吉区)の外周コースに車いす走を見に行った。
 目の前に時速30キロほどで走る車いすの市民ランナーがいた。「車いすでも風を切って走ることができる」。長居に通い詰めて練習し、91年から本格的にレースに参加。大分県内の企業に移った1年後の00年、シドニーパラリンピック800メートル走で銀メダルを取った。
 01年に出場した世界陸上エドモントン大会(カナダ)。車いす走の優勝者と、女子200メートル走金メダリストのマリオン・ジョーンズ(米)の写真が地元紙に並んで掲載された。車いす陸上の認知度が低い日本との違いを実感した。
 廣道さんはプロ活動の傍ら、車いす陸上の普及にも力を込める。06、07年には、全国の車いすランナーを大分に集めた大会の運営に携わった。世界のスター選手が出場する世界陸上は車いす陸上をアピールする絶好の舞台だ。
 出場する1500メートル走は1分間に車輪を120回転させ、インコースでは車輪がぶつかり合うこともある。
 「障害者スポーツとしてとらえず、車いす陸上の迫力を見てほしい」。廣道さんは18日午後、大阪・心斎橋の「世界陸上プラザ」で開かれるトークイベントで、地元ファンに思いを伝える。

【写真】「地元の大阪大会でメジャーになる」。世界陸上1500メートル車いす走に出場する廣道純さん=大阪市中央区の世界陸上プラザで
--------------------------------------------------------------------------------


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
大大阪モダン建築 / 青幻舎

これらの建築を知らずに、大阪の街を語ることはできません。 橋爪伸也監修、高岡伸一・三木学編著。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板