したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

東葉高速鉄道

6 hinoe :2006/02/19(日) 10:09:09
あとは少子化も問題。
少子化に歯止めがかからない原因は、女性の晩婚化や未婚化や仕事や転職、趣味を邪魔されたくない人が多いからです。
結婚は男女が揃わないと駄目なのに女性の状況ばかりが数値化され、女性だけに産め、産めと迫っています。
少子化は女性だけでなく男性にも問題。数値化すれば男性にも真剣に考えるきっかけになると思います。
日本の育児支援費は主要国で下位。取り組みが遅れすぎで、まだまだ対策が不十分で何も変わらないし、改善の余地が有りすぎです。
児童手当制度は欧州主要国に及ばないし、至急に制限があります。育児休業制度を充実させ、両親保険や上乗せ給付をする企業が増えないと駄目だし、どこも保証すらないのです。少子化を促進している張本人は企業で、企業はちっとも育児に優しくないのです。
少子化対策関連の予算拡大や新育児機構創設に厚労省や財務省が消極的で、「大綱がどこ迄具体化されるか不透明」と思っています。今後は婚外子の相続分を嫡出子の半分にしないことや国をあげて無職撲滅運動や人工妊娠中絶禁止、気軽に出会える場の増加、若い夫婦が安心して出産し、軽い負担で子育て出来ることの保証、交際や見合いの奨励、危機感を煽る為に男性が一生に持つ子供の数も公表、男性にも子を持ち、育てたいと思わせるような環境作り、少子化問題については男女それぞれの数値を並べて論ずること、
結婚できる環境作り、強制力ある行動計画に転換、働き続けられる雇用の整備、非正社員の正社員化や短時間正社員化、時間外労働削減、正社員との格差の是正、企業訓練生受入、児童手当制度等のPR、不妊対策の強化、不妊治療の負担軽減、政府による児童手当増額や保育所増設、女性の再就職希望や家庭が望む経済的支援の要望等は最大限把握、トライアル雇用の年齢制限撤廃、税制では子供が多ければ多いほど税金を少なくすること、トライアル婚制度の制定、人にとにかく仕事も育児も怠けさせぬようにすること、就業体験で適職発見、高齢者に雇用機会を増やすこと、今迄どうすべきだったか、今からどうすべきかを専門家に指導、悔しさは将来にぶつけること等が要ります。まだまだ対策が不十分で何も変わらないし、改善の余地が有りすぎです。本気で改善していないし、努力が足らないので百倍以上努力がいるし、育児も昔より金がかかり、他にも生活の中で金がかかるようになった事が多いと思うので生活様式見直しも要ります。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板