したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

ガーヤトリーマントラ(ガヤトリーマントラ)を語るスレ3 <本スレ>

776 幸せな名無しさん :2020/02/14(金) 19:29:29 ID:0MEWDhrU0
ダイアナバスキン著の「サイババの聖なるレッスン」に1972年当時サイババが公開した時の記述がある。



スワミがお唱えになるガーヤトリーマントラを初めて聞いた時、それは私の人生において忘れ難い大切な瞬間だった。私はこの神聖なマントラの重要性を知っていた。
ヒンドゥー教徒たちは、このマントラを非常に神聖なものと見なしていたため、過去の伝統では、バラモン〔僧侶〕階級の特別なカーストの者だけがそれを唱えるに足る純粋さを持っていた。
1970 年代の初期にインドに住んでいたころ、私はそのマントラを教えてくれる人を見つけようと何度も試み続けていた。
しかし、私の願いはいつも退けられた。
ある時、「外国の婦人に対してガーヤトリーマントラを明かすことに同意するパンディト(学僧)など、間違いなく誰一人いないだろう」とさえ言われた!
1972 年、スワミはブリンダーヴァンのアシュラムで、一ヶ月に及ぶインド文化と霊性に関する夏期講習を開催なさった。
夏期講習にあてがわれた会場の裏壁は、スワミが
私たち家族に与えてくださった家に隣接していた。私は自宅で快適に座ったまま、スワミと講演者たちを見ることができ、拡声器〔マイク〕を通してすべての講演を聞くことができた。
不意に、まったく思いがけないことに、スワミは初めて大衆の前でガーヤトリーマントラを唱えるとお告げになった。
私はこの極めて重大な出来事を録音するため、
急いでテープレコーダーを回した。
スワミがあらゆる伝統を打ち破り、この神聖な秘儀のマントラを大衆の面前でお唱えになったのは、確かこの時が初めてだったと思う。
スワミはまた、ガーヤトリーマントラはバラモンだけが独占するものではなく、それを唱え、そこから生じる恩恵を喜んで受け取る権利は万人にある、と言明なさった。スワミがガーヤトリーを一般大衆に公開されたことと、原版を要約なさったことの両方にショックを受けたパンディト(僧侶)たちもいた、と後から聞いた。



ヒンドゥー教ではメジャーでもその他には当時極秘にされていたマントラだった事が分かりますね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板