したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

自己観察スレ4

1 幸せな名無しさん :2019/04/20(土) 05:39:25 ID:fC6PWqNI0
自己観察について語るスレです。
みなさんで語り合いましょう。

前スレ
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1455679954/l50

219 幸せな名無しさん :2019/08/28(水) 22:50:16 ID:aFapexUI0
横ですが
もう少しでわかりそうなのにわからない。

220 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 14:14:37 ID:9EUQxeEk0
>>219
218さんの文章が分かりやすいと思います。
分かりそうで分からない。という思考と同化しないのがいいかと思います。

221 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 16:30:49 ID:gGvMEKe20
自己観察、言葉を重ねるより実践に限るね
なんとなく感覚が掴めてきたけど言語化できない部分だなってのが分かった

敢えて言葉にするなら『脳の力を抜いた』状態が思考に気づいている自分に気づいていると言えるのかなという感じ

どちらかといえば今今メソッドの方かもだけど

222 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 17:07:24 ID:2edgVW1Y0
>>221

私もそうかもです。
今今から思考を観察してる。
リラックスしてる。

外れてたと気づいたら自己観察状態にスッと戻る。
戻るという感じ。
違ってたらごめんなさい。

223 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 20:47:42 ID:V4xDSk0s0
>>220
218さんの書いていることはわかるんです。
何かに没頭している時に「私」がない感覚も、戻った時の重苦しい感覚も体感で納得はできてるんですが、
大空が常にある感覚がイマイチわからないというか。
恐らく大空の立ち位置にいるから、雲である思考や感情を客観的に見つけることができて、
大空にいること自体が当たり前だから、大空そのものが掴めないのかなと思うですが。
観察してる感覚はあっても、その観察してる私も実はエゴで、エゴと思ってる…と掘り下げていくと訳がわからなくなるというか。

うまく言葉にできずすみません。

224 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 22:20:22 ID:4SahFR3.0
>>222
レスありがとう!
正直言葉で伝えることに限界を感じてるので
合ってるか間違ってるか分からないかなって気がするね
今自分が楽なのか、幸せなのか、みたいな所を指標にするのが良いのかなーって思ってる
だから違ってても良いと思うんだ

225 幸せな名無しさん :2019/08/29(木) 23:27:05 ID:ah2LWINw0
>>223
>観察してる感覚はあっても、その観察してる私も実はエゴで、エゴと思ってる…と掘り下げていくと訳がわからなくなるというか。

掘り下げよう、探そうとする思考、これはエゴ視点なのでは?という疑問。
ここに気づけるかどうか。

226 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 07:56:05 ID:rY8jt5HA0
よく現実は幻想だとか皆さん言ってたりするけれど、その真意は目の前にある現実そのものではなくて、その現実に対して沸いてきた感情、思考が幻なのでは?っていう気がしてきた

227 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 15:09:19 ID:xQYRrRXQ0
>>225
それがエゴというのはわかるんです。
というか、思考できることは全てエゴでもありますよね。
となると、いくら考えても別の領域とか本当の私というものには辿りつけないというか気づけないのではと思いまして。

説明する上の表現として使っているだけであって、
本当はそんな場所はないというか。
既に存在はしているのだろうけど探してる限りは見つからない。
でも、気づいてる人達も存在している。
そこの違いというか、どうすれば「これが別の領域か」と体感することができるのか。
あるものを見つける。それが難しいです。

228 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 17:08:29 ID:idLseUzk0
>>227
>となると、いくら考えても別の領域とか本当の私というものには辿りつけないというか気づけないのではと思いまして。

その「考える」の「考え」を観る。
言葉なしに、イメージなしに、ただ観ている気づいている「意識」に気づけるだろうか?

おそらく気づいてはいるが、その直後に起こる言葉「これが別の領域?」「どれだろう?」などの思考に捕らわれてしまっているのだろう。
そうであるから「自己観察中の観察にまつわる思考をも観察する」ことが大事となる。

直後に起こる言葉(思考)をも観ることができれば、それに気づくかもしれない。

229 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 18:48:32 ID:6CueaR2s0
>>227
別の領域はあなたの外に見つけるものじゃないんですよ。
別の領域は観察しているときのあなたそのものです。あなたが別の領域です。

考えてわかることじゃないんですよ。
別の領域は経験そのものです。観察しているあなたという経験そのものです。

あなたが既に別の領域です。だからそれを否定しなければそれであなたの探求は終わりです。

230 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 20:56:18 ID:xQYRrRXQ0
>>228
恐らく気づいた瞬間に思考に捕らわれて意識が掻き消されてるような気もします。

>>229
書いてあることはわかるのですけどね。
言葉で説明するとなるとそうなるのだと思うのですが、それが腑に落ちないというか体感できていないのでわかってないのです。

もう少し自己観察続けてみます。

231 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 21:05:14 ID:6CueaR2s0
>>230
期待している自分に気づけますか?

232 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 22:06:39 ID:xQYRrRXQ0
>>231 
現実や現象にですか?
それなら気づいてます。
あとから気づくことの方が多いとは思います。

233 幸せな名無しさん :2019/08/30(金) 22:26:36 ID:6CueaR2s0
>>232
違います。
「期待している自分」に気づいてくださいといいました。

あなたは>>230
「腑に落ちること」「体感すること」を期待しています。
そういう心があることに気づいて離れることができますか?と問うています。

234 秋山耕一 :2019/08/30(金) 22:57:48 ID:a6W/tnIM0
わたしが福岡市で生活していて思うことがあります。

235 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 10:42:38 ID:7FLtxWyM0
>>233
横ですが、「これをやれば腑に落ちるかも」という心や思考。
自己観察のとっかかりとしては必要かもですね。
で、自己観察してみたらこれら心を横に置いた所というか、これらの心が起こる私を包括した「ここ」?が別の領域だったと。
そう気づいた時、とっかかりとして起こった心はすでに消滅しています。

木の棒を使って薪を燃やしていたら、最後にその木の棒も燃やしまったというラマナの例え話がしっくりきます。

236 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 11:22:27 ID:6yiWkmYQ0
>>233
腑に落ちる事を期待しているというか
腑に落ちることを納得したくて読んだり聞いたり聞いたりしています。
それがなかったら質問する必要はないですよね?
それに気づいて離れられますか?
と言われても、それができていたら最初から質問はしていません。
体感するしかないのはわかっているので、そこに行きつくヒントが欲しかったのですが、
別の領域から言われても、まだそこに行き着いていないどころか模索してるんだから、
現段階では「気づいてはいるけれど離れる方法が体験できていません」としか言いようがありません

237 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 11:44:25 ID:hzJPZiTc0
たぶん気付いた時が離れられた時なんじゃないかな?

238 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 11:54:04 ID:/p/nhugo0
>>236
>そこに行きつくヒントが欲しかったのですが、
ないんですよ。そんなもの。
なぜならすでに行き着いているからです。

>まだそこに行き着いていないどころか模索してるんだから、
これ自体が錯覚だからです。だってあなたは行き着いているから。

>「気づいてはいるけれど離れる方法が体験できていません」
気づいていたら離れているんですよ。


「納得する」ことができるから「別の領域」ではないでしょ?
7章には「自分がどうあろうが〜〜」って書いてあるじゃないですか。
納得していようがいまいがいいんですよ。
納得することと別の領域は別です。


「観察しているとき」のあなたはそれで別の領域なんですよ。どんな感覚であろうが。
「納得を求めている自分」を観察しているとき、あなたは別の領域です。あなたの感覚がどうであろうが。

自己観察というのは、特定の体感、納得感、感覚、を与えてくれるものではありません。
なぜなら別の領域は全であり、分離がないから。個別のものではないから。

239 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 12:54:06 ID:ki/ZGMx.0
>>238
自己観察さんは別の領域を納得されたうえでたくさん説明してくれていたとおもうのですが、
納得できてなくても観察さえできれてばそれが別の領域の領域ですとかいわれてしまうとわけがわかりません。
あなたの書かれていることは至極もっともですが、別の領域がわかっている立ち位置からいくら言われても、
言われて、はいわかりましたと切り替えられるものでもないです。
少なくとも今の私は、その立ち位置にいないので。
いなくてもそうなんですとか言われそうなので、自己観察さんのまとめを読み直します。

240 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 14:48:18 ID:7FLtxWyM0
>>239
横ですが、「既にあなたはそれです」と言われても「はぁ?」となる気持ちはわかります。
自己観察もしばらく実践をやって気づいてくるもので、それまでは思考に飲まれがちで投げ出してしまうことが多いと思います。
なので過疎りやすいのかなと…。

もうひとつの突破口というか、きっかけとしてダグラスハーディングの「頭のないところを見る実験」などやってみるのはいかがでしょう?
実験は自己観察よりもとっつきやすく、また別の領域に気づくことに特化しています。
サイトの日本語訳に少々難ありですが、この板ですとwildスレのwildさんが噛み砕いて説明してくれていました。

ttp://www.headless.org/japanese/pointing%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%95%E3%81%99.htm

既に知っていたらすみません。
ご参考までに。

241 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 15:57:11 ID:ki/ZGMx.0
>>240
ありがとうございます。
まだ読んだことがなかったので、読んでみたいと思います。

242 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 16:20:15 ID:/p/nhugo0
>>235
すいません、今気づきました。
そうですね、とっかかりとしてはそうでしょうね、ありかもしれません。
けれどもいずれ捨てなければならないものですし、とっかかり時点以外ではもう必要のないものだと思います。

ラマナ・マハルシですか。面白いですよね。
昔、理解できなくてめっちゃ苦しんだ思い出があります。

>>239
ご期待に沿えず申し訳ありません。
ぜひ自己観察さんの言葉を読み直してください。
貴方の求める納得もいずれ訪れるでしょう。

243 幸せな名無しさん :2019/08/31(土) 19:12:39 ID:YsnOtTIY0
わかってもわからなくてもいいというのが真理であったとしてもわかってない人からすると苦悩に囚われ続けるから納得しないだろうな

わかってきたつもりだがまだ落ち着かないところがある
落ち着かなければいけないとか
現状落ち着いていないという判断をしてるとか
今より良い状態への期待があるとか
そういうものに気付けはするし、気付けた時には「そこ」に居る

そこに居られてる時にはこっちが主体だってよくわかる
思考が雲のようにちぎれて流れていく
でもまだ雲に飲まれて我を忘れてることがあるな
以前に比べてだいぶ減ったけど

244 幸せな名無しさん :2019/09/02(月) 12:08:38 ID:ceUkKskU0
>>243
わかろうとしてわからなくて当たり前、ということに行き着くためだけにわかろうとする努力の意味があるんだと思う
頭の中で起こっていることは真実ではなく、ただ単に架空のストーリーだったって気づいたら、わかってもわからなくても、どうでもよくなった

245 幸せな名無しさん :2019/09/09(月) 13:41:33 ID:NwoXhXC60
>>217を書いた者ですが、
一時気分も軽く過ごせていましたが先週なにをするのも億劫になってしまい
未来が不安になって投げやりになって、もろにエゴに飲み込まれて過ごしていました
現実に振り回されがちで、自分にとって嫌なことが続いたりすると
自己観察もどうでもよくなってしまい投げやりになってしまいがちで
その度に疲れて病んでしまいます。。

他の自己観察をされている皆様もこのような事はあるのでしょうか?
良くなったと思ったらまた戻っての繰り返しになってしまうのをどうにかしたくなってしまいます。

246 幸せな名無しさん :2019/09/09(月) 15:33:57 ID:hwSB7qok0
>>245
そういうのはよくあることですよ。
自分が1人の人間ではなく、別の領域や意識だと気づいたとしても、人生は続きます。
夢の中で夢と気づいたとしても夢は続く。

夢の中でその都度、夢であることに気づいていくことが、人生という夢の世界、エゴと同一化しない手順となります。
それにはやはり気づこうとする意志が必要かもしれません。
気づいてすぐ戻れる「型」のようなものが自分に定着すれば、戻るのに苦労はいらなくなります。

「型」ですが、トリガーみたいなものですね。
私の場合、自分に注意の矢印を向けた時、「私がここにいる」という感覚があることに気づきました。
ではその感覚とは何かを細かく観察したところ、それは顔や目などの肉体感覚と思考であると気づきました。
肉体感覚と思考は私でしょうか?
寝ている時や意識しなければ肉体感覚も思考も無い時があります。
なのに自分に注意を向けると、この感覚を自分としてしまう。
その原因は記憶という思考(厳密に言うなら一瞬のイメージ)でした。

肉体感覚、思考、記憶(イメージ)。
これらが浮かんでは消え、浮かんでは消えとしているけども、では肝心の私はどこに??と観察したところ、どこにも確固たる私などいないと気づきました。
肉体感覚と思考を、記憶によって1つの個である私を作っていたと気づいたのです。

その気づきがあってからは、未来への不安に苛まれても、自分と思える方向に注意を向けそこを見ると「あれ?悩みの発信者の自分はないじゃん。あるのは肉体感覚と思考かー」と気づき人生への深刻さが無くなるのです。
つまりエゴから脱し、別の領域に入るというか、別の領域そのものになります。

この「自分と思える方向に注意を向ける」が私にとっての戻るためのトリガーとなります。
これはダグラスハーディングの実験とほぼ同じ方法になります。

長くなりましたが、そのような「型」、トリガーみたいなきっかけを見つけるまで探してみるのも良いと思います。

247 幸せな名無しさん :2019/09/09(月) 16:24:56 ID:NwoXhXC60
>>246さん
ご返信頂きありがとうございます。
このような事はよくある事なのですね。少し安心しました!
気付こうとする意志ってやはり必要なんですね…
投げやりになっていた日々を経て実感しました。。
「億劫」に乗っ取られて気付こうとすることすら避けていたので…笑

気付いてすぐに戻れる「型」、トリガーを自分の中で確立させられるよう今日から意識してみたいと思います。
感覚を掴めば悩みが自分のものではないとすぐに気付けますもんね。

ふとした時につい将来への不安が押し寄せてきてしまって同一化してしまうので
不安が押し寄せてきても気付いて戻れるようにしたいです!

248 幸せな名無しさん :2019/09/09(月) 17:14:09 ID:mQ8bV7WA0
戻りの型、ありますね
私の場合は

>>205の自己観察さんの言葉を思い出し、感情や感覚を「ありのまま」味わうことにする
・対象化できるものは全て自分ではないことを思い出す
・認識しているものは全て過去であり、まだ何も創造されていない「今」に在ることを意識する

最近このへんが定着してきていい感じです

249 幸せな名無しさん :2019/09/09(月) 18:31:52 ID:hwSB7qok0
>>247
少し安心したようで良かったです。

あと自己観察が捗る?観察の仕方や見方があるとすれば…もし思考を客体として見ることができるのでしたら、思考をひとつの現象として捉えてみるのがおすすめです。

普段生活をしていると、周りから様々な音が耳に入ってきます。
鳥の鳴く音や、誰かの話す音、車の音…等々たくさん音がありますけども、なぜか頭の中の音(思考)は自分のものとしていますよね?
思考も周りの音と同じ、起こっては消える現象のひとつのではないでしょうか?
厳密には音と思考は違いますが、勝手に起こって消えていくという点では同じ現象です。

そのように思考を見ていきますと、例えば目の前に車が横切って消えていくのと同じように、思考が湧いて消えてゆくただの現象であると捉えられてきます。

同じように、肉体感覚や感情、私という存在そのもの(個としての私です)も全部そのように見ていきますと、この世界全部が勝手に目の前で勝手に上映されている映画のような感覚となっていきます。

このように見るにはまずは思考を客体として見れるようになること、またその思考が湧くことのできる背景、まっさらなキャンバス、大空、が在ることに気づいていることが前提ですが、もし見れるのなら、これがトリガーとなり戻るのが楽になるかと思います。
参考までに。

250 幸せな名無しさん :2019/09/10(火) 13:11:08 ID:QQ0QwX1.0
わたしの場合

眼の前に自分を出します。
以前は、頭から文字がどかどか流れ出てるイメージでした
今はハッキリわたしがいるんです。
で、あーでもないこーでもない、なんじゃかんじゃ暴れてたり
泣いてたり、怒ってたり、喜んでたりいろいろですが
スーッと眺めているうちに消えていきます

目の前に自分(と思っているもの)の映像を出して眺めてる
そんな感じ
感想とかも沸き起こったら、またその感想を述べる自分が出てきて
それを言いも悪いもなく、無のまま眺めてる
ぼーっとテレビ見てるみたい

251 幸せな名無しさん :2019/09/10(火) 17:01:54 ID:KE8JWCS60
>>249さん
とても分かりやすく、腑に落ちました!
ブックマークしたいぐらいです笑
悩んだ時や戻り方が分からなくなった時に繰り返し読みたいです笑

>勝手に上映されている映画のような感覚
というのが>>250さんがおっしゃっている事とも重なりますね。
>>248さんがおっしゃっている「対象化できるものは全て自分ではない」ともリンク!

みなさんのお言葉、私にとってすごくヒントになりました!
ありがとうございます。

252 幸せな名無しさん :2019/09/10(火) 22:26:19 ID:FqsciGeU0
スレちょっと前の話だと
本当の自分ってのは認識できないものなんだよね?
思考とかに気づいたときのハッとした感じとかぼんやり感じる安心感は本当の自分ではないってことなのかな

253 幸せな名無しさん :2019/09/10(火) 23:34:41 ID:V7ru4F3I0
>>251
良かったです!
皆さん表現は違えどやっぱり共通する所があるんですよね。
大体自己観察で気づくことは「主体的な行為者(自分、エゴ)がいると感じているのは錯覚」ということです。

「主体的にやらないとダメだ!」
「なんとかしないと!」
本当は世界は既に完璧で、今のままで調和が取れているのですが、個(自分)がいると錯覚し調和から分離しているという勘違いの心から苦しみが起きてきます。
そこに気づくと楽になります。

しかしこの苦しみが起こる分離さえも、実は調和のひとつだった。
苦しみがあったからこそここに至ることができた。
そもそも初めから何も間違いはなかった。
そんな気づきがあった時、深い感謝と何事も受け入れられる世界に生きるようになります。

254 幸せな名無しさん :2019/09/10(火) 23:45:54 ID:V7ru4F3I0
>>252
本当の自分を離れた位置で見ることはできないですね。
でも本当の自分の特徴?特性?を知ることはできます。

私は本当の自分とは「気づき」そのものだと思っています。
背景や大空と言われるものの別の表現は「気づき」。

この世界は「気づくこと」が無ければ何も存在できないと思います。
肉体感覚、思考、自分と思えるもの全部。
また自分と思えるものを取り囲むこの世界全部。
全部が全部「気づき」がないと存在できません。
言い方を変えれば、自分を含めた世界全部が「気づき」でもあります。
私=気づき=世界だと感じています。

255 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 03:50:39 ID:SGzuSaHE0
本当の自分=気付き ですか
2つ疑問が湧きますね

気付きも認識することが出来ます
気付きもやはり背景に浮かぶ現象のひとつであって、根源的な「本当の自分」ではないんじゃないでしょうか。

夢を見ない眠りの間は「気付き」すら起こりませんが、その間「本当の自分」は存在しないんでしょうか。

表現は人それぞれなのだとは思いますが
同様の疑問から迷いが生じる方もいるかもしれませんのであえて書いておきます。

256 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 08:51:10 ID:F8Dmpo.Q0
>>254
返信ありがとうございます。気付き自体は本当の自分(気付いた時の感覚はそのものではなく付属品?)てことでいいんですね。
訊いといてなんなんですが、ここらへんは言語で説明するのは限界がある部分なんですかね。理屈だと255さんのご指摘ももっとものように感じられます。

257 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 10:38:45 ID:ib5NQZGU0
>>255
寝ている間も、瞑想で認識すらも消えてしまった状態でも、そこに常にある意識ってありませんかね?
睡眠や瞑想で認識が消えてるのにそれを認識する意識がある?という疑問が起こりますけども、そうとしか言い様のない常に在る意識をある時知りました。
ハッと気づかなくとも満遍なく常にここにある気づいている意識。
それがあえていうなら形を変えて現象として顕れている。
ですから肉体、思考、周りの世界は私ではないですが、私でもある。
と、私は捉えてます。
しかしちょっと話が飛躍したかもしれませんね…。混乱してしまった方がおられるようでしたらすみません。忘れて下さい。

258 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 11:06:37 ID:p.Jvhq3s0
宇宙全体が「私」で、宇宙が身体を使って現れてるんだなって感じ
だから余計な事を考えなくても良く、宇宙の流れに任せていいんだなと

259 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 14:10:24 ID:SGzuSaHE0
>>257
> 寝ている間も、瞑想で認識すらも消えてしまった状態でも、そこに常にある意識ってありませんかね?
> ハッと気づかなくとも満遍なく常にここにある気づいている意識。

瞑想を追求していくとそのように感じられるようにもなるという話を聞いたことはありますが、今の私にはまだわからないですね。

説明して頂いた範囲ではやはりまだ「気付き」は主体ではなく客体なのでは? 「気付いている何者か」や「気付きが生じている背景」が主体なのでは? と思えます
ただ私も認識が更に変わればあなたの言うことに疑問を抱かなくなるのかも知れませんね。

260 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 16:21:10 ID:s1s8hz9E0
>>259
以前、188で
!となったときが気づきで、その後にああそうか、と思考がやってくる、と書いたものです。

気づいている、そのこと自体、その瞬間には
何もない空白で、
その後理屈をつける思考が、気づきを認識させるのだと思います。

気づきはそれ自体は認知されるものではなく、認知している側というか…

蛇足ですが、
だから、
気づいているときに、「これも認識されているではないか」
という思考に気づいていることが、その先へと深めるヒントになるのでは、と思います。

261 幸せな名無しさん :2019/09/11(水) 19:24:49 ID:SGzuSaHE0
>>260
あ、なるほど、それだとわかりやすいですね
いいきっかけになりそうな気がします。ありがとうございます。

262 幸せな名無しさん :2019/09/12(木) 02:41:49 ID:1/WbruPU0
改めて「!」の瞬間を感じてみました。
その瞬間には主体も客体もありませんでした
これが自己観察さんか詭弁さんか、誰かの言ってた「二元論を超える」ってことだったのかな
完全なひとつのもの、しかないように感じました。

263 幸せな名無しさん :2019/09/13(金) 16:25:44 ID:4tokNzLs0
>>262
つまり、思考が主客に分離させていたということですね。
主体である存在と、客体である現象。
しかし実はどちらも同じ。
般若心経でも空即是色、色即是空と「イコール」を強調しています。

その手がかりとして現象全てを否定するアプローチがありますが、否定しきった先にあるのは、翻ってすべて自分だったという気づきですね。

264 幸せな名無しさん :2019/09/18(水) 16:38:28 ID:Q4vEaYig0
自己観察をしていると肉体も本当の自分ではないと気付くと思うのですが、
その時に「あ、これ自分じゃないから別に大事にしなくてもいいんだ」と思ってしまいます。
これもエゴが思っていることなのでしょうか?

自愛は「自分を大切に扱う」というスタンスですよね…
長年そのスタンスでいたのですが心から大切に思うことができずに
自己観察に移行しました。頭で色々考えすぎなのでしょうか…

265 幸せな名無しさん :2019/09/18(水) 22:36:50 ID:jBLSGQJQ0
>>264
それもエゴです。
あなたが思うことは全部エゴですよ。
今のその悩みもエゴです。

そのようにああでもないこうでもないと思考するあなたがエゴです。
ですからその悩みの思考を観察して、さらに思考していると思っている自分自身を観察する。
といういつもの話になりますね。

自分や私は思考によって起こってます。
それを観察できますでしょうか?
そんな難しくはありません。
自分に意識を向けた時、自分のイメージが湧きませんか?
それって思考ではありませんか?

自分や私が思考なら、本当の私と言える存在はどれでしょうか?

266 幸せな名無しさん :2019/09/19(木) 16:48:13 ID:omjLr9DE0
>>265
全部エゴだと思うと虚しくなってきてしまいました…
それもエゴなんですよねきっと。
観察していってもキリがなくなってしまって余計に頭が混乱してしまう事があります
じゃあどれが私?となってしまって、迷宮入りしてしまうといいますか…

>自分や私が思考なら、本当の私と言える存在はどれでしょうか?
どれでもないという事なのでしょうか?
本当の私なんていない?それとも気付けていないだけなのか。。

267 幸せな名無しさん :2019/09/19(木) 18:13:35 ID:e87vcyMs0
>>266

本当のわたし…は
そういうエゴの、あれやこれや

喜んだりがっかりしたり、わかった!と思ったりわからなくなってみたり…

そんなあれこれを全部載っけたお盆みたいなものです。

いまがっかりしている、なんだかわからなくなっている…

そんな「自分」の背景、
そこには何があるでしょうか。
考えるのではなく、感じてみてください。


「そんなこと言っても何も感じられない」

そう思ったとしたら、またその背景も感じてみます。

その思いが生まれる直前を観る、というか。

考えるんじゃなくて(頭のト書きを追うのではなくて)

その思いが生まれる、その直前の隙間みたいなところ。

268 幸せな名無しさん :2019/09/19(木) 23:10:10 ID:87t.3Gvo0
>>266

>本当の私なんていない?それとも気付けていないだけなのか。。

言い得て妙ですね。

今どこかの部屋にいますでしょうか?いるとしたら、部屋って何でしょう?

テーブル、椅子、棚、パソコン、壁、天井、床…。
それらひとつひとつは「部屋」でしょうか?
当然ですが、部屋はそれらが集まったものを指しています。

次に、それら家財道具や壁、天井、床をひとつひとつ捨てていくと想像してみて下さい。

どこまで捨てたら部屋ではなくなるでしょう?

捨てないとしても、もし四方上下の壁と天井と床がそれぞれ10m離れており、大きな隙間があったら、それは屋内(部屋)でしょうか?
屋外でしょうか?

屋内屋外の区別は、実はとても曖昧であり、密閉されていても、隙間だらけでも、実際に本当にあるのは部屋ではなく壁や天井等が存在できるただの「空間」なはずです。
それを部屋と外と区別しているのは自分の思考となります。

「私」も部屋と同じではありませんか?
視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚という壁と床があり、思考という天井で囲ったものが「私(エゴ)」ではないでしょうか?

ひとつひとつの感覚が消えてしまったとしたら、そこに残るものは何でしょう?
部屋と同じように何も残らないけれども、五感と思考が起こることの可能な、外でも内でもない空間とも「場」とも言えるものが常にここにあります。

空間は何も無いところを空間と言いますが、便宜上「空間がある」と表現します。
本当の私とは、それに近いものです。

269 幸せな名無しさん :2019/09/20(金) 21:51:56 ID:c/SQ.Crk0
空間が家具に成りきって家具目線であれこれと思考しているのが普段の私達です。

「ああーもうずっとこの場所に置かれっぱなしだよー。部屋の模様替えで移動させてくれないかなー」

自分は本来、家具をも生み出す空間であるのに、家具目線になってしまっているため自分で制限しているのです。
これを分離とよく言います。

「部屋の模様替えしてくれないかなー」=自分では模様替えは無理!
という制限、分離。
自分は家具であるという認識。
その認識から家具目線での思考しかできないため、制限通りの現実を創ってしまいます。

もし制限された現実を創ってしまったとしても、それは自身で創った創造物として受け入れることです。
自己観察で言えば、それに対して起こった思考を観察し、流れて行くのを観察する。
自愛で言えば、その思考を認める、完璧とする。

意としない創造物をなぜか創ってしまうこともありますが、それに対して起こる考えも受け入れます。
嫌だと思ったならば、その思考を観察する、認める、完璧とする。
ここで否定し続けてしまうと、さらに否定の現実を創造してしまいがちです。

家具が空間自身の創造物であると気づくには、家具目線から離れることにより気づくようになっていきます。
それには家具目線の思考をしていることに沢山気づくこと、また自分は空間の方であることに気づくことが大事となります。

「空間などわからない!」

これも家具として言っている言葉です。
自分をよく観察してみて下さい。
あなたは肉体や思考という家具を包みこんでいる「意識(空間)」ではありませんか?
家具目線をやめて、「意識(空間)」としてただそこに在れば、自然と欲しいものを創ることができるのです。

あなたは既に宇宙の全てを所有している無限の存在なのです。

270 幸せな名無しさん :2019/09/20(金) 23:35:22 ID:26OfeB660
>>269
横から失礼します
今の私にとても必要な言葉でした
意図していない(と錯覚していた)創造物を受け入れられず、それ(意図していない創造物)は私ではない(←これは分離ですよね?)と創造物に対して湧き上がる思考や感情を消そう消そうとしていました
思考を受け入れ観察します
横から失礼しました

271 幸せな名無しさん :2019/09/21(土) 00:20:44 ID:0kxPcViw0
>>270
「それは私ではない」は本当の私を探求する際の否定の言葉です。
全ての家具や壁、天井を否定し、消し去った先には空間が残ることを知る方法です。
ですから、本当に嫌だなと思う事柄に使うものではありません。

なぜ嫌なのか?
それは家具としてみると嫌なんですよね。
本当のあなたは全てを包み込む空間であるのに、それを忘れひとつの家具に成りきってしまい、家具目線で良い悪いの判断をしてしまっています。
全てから分離して、分離した者として物事を考えています。

真のあなたは空間なのですから、すべて受け入れることが大事です。
上にも書いたように家具目線で嫌だ嫌だと否定することは、結局嫌だと思う現実を創り続けることに繋がります。
すぐにではないですけど、「またこれかー」という現実を創りがちになります。

272 幸せな名無しさん :2019/09/21(土) 00:47:58 ID:4Ty8p9qg0
>>271
レスありがとうございます
はい。完全に家具目線になっていました
家具の視野で「私は空間である」と唱えているような状態になっていました(時々この状態から抜け出せなくなって、混乱することがあります)
家具目線から解放されたとき、あれほど煩わしく思えた創造物は完璧でした
意図していないと思っていた創造物は、完全に私が創造したものでした
あなたの言葉のお陰で気付けました
ありがとうございました

273 幸せな名無しさん :2019/09/21(土) 09:45:04 ID:0kxPcViw0
>>272
長文でしたが、気づきに繋がったようで良かったです。
こちらこそ読んで下さりありがとうございました。

274 幸せな名無しさん :2019/09/24(火) 17:17:39 ID:omP0/wCM0
>>266です
>>267さん、>>268さん、ご返答いただきありがとうございます。
お盆と部屋(空間)のお話、大変参考になりました!
思考・エゴを、置いてあるものに置き換えるだけでだいぶ想像しやすくなりました
この表現が合っているのか自信はありませんが、自分的に解釈したところ、本当の自分というのは
土台というか、海や空のような大きな位置にあるというような認識におさまっています。

またよく分からなくなってしまったらお2人が教えてくださった
例え方を思い出して一つずつやってみたいと思います。

275 幸せな名無しさん :2019/09/24(火) 18:30:52 ID:LXp9y1AQ0
>>274

そうですね、海や空のようなもの、だと思います。

先日はお盆と例えましたが
よく言われるのは、
自分という個人は波だと思っているけれど、
本当は海そのものなのだ、と。

なのに海ではなく波という小さな存在、
なんなら、その波から飛ばされた小さな一滴だと思ってしまうが故に、自分は力のない何も選択できない存在だと勘違いしてしまうのだ、と。

これはとっても分かりやすい例えだなと思います。

波は波でありながら同時に海そのものでもあります。

ひとつひとつ観察しながら、時に海の立場として観察してみるのもありかなと思います。

一個人として自分を観察した時に、あれ、この観察しているのは誰?→自分だと思っている以外の自分があった
というのが自己観察さんの始まりだと思いますが、
それでうまくいかない人は、結論(本当は海)の立場に敢えて立って実践してみるのもありかなと。

276 幸せな名無しさん :2019/09/25(水) 16:42:38 ID:9KJSCPQo0
>>275
海と波の例え、とても分かりやすいですね!
また一つコツを教えて頂き、ありがとうございます。
先に結論に立って実践するのも新たな感覚がひらめきそうな気がします!
色々な角度から自己観察を実践してみます。
色々とご親切に教えて頂き、本当にありがとうございます。

277 幸せな名無しさん :2019/10/02(水) 11:49:04 ID:LdFfb7Kg0
色んなメソッドとかアファとか試したけど、やっぱり自己観察だなと思う。
自己観察は欲望を叶える為のメソッドなんかじゃなく、制限のある、だからこそ美しい物質世界を楽む事ができる「全て」だったのね。

278 幸せな名無しさん :2019/10/03(木) 10:31:31 ID:wUDvul1.0
フランクキンズロー博士のQEという手法がある。
QEスレもあるみたいだけど廃れてるのでこっちで紹介。
QEシリーズの本は何冊か出てるんだけど、その中で「クオンタムリビングの秘密」は自己観察挑戦している人にはマジでおすすめ。
観察の仕方、別の領域、そこで感じられる多幸感を感じるコツ、またQEは願望実現にも絡めているからこの板の人にはちょうど良いのではないかと思う。
ステマじゃないんだけど、自己観察についての情報過多で混乱している人はこれ1冊ですっきりまとまるんじゃないかな。

279 幸せな名無しさん :2019/10/03(木) 12:40:56 ID:HdVN3PUs0
>>278
ありがとう��!さっそく読んでみます

280 幸せな名無しさん :2019/10/03(木) 13:45:34 ID:r8WVd2..0
>>278
あ、そうそう QEはまさに自己観察だよね。
当時QEのスレにそんなこと書いたよ。

実はセミナーも行ったけど、行ってよかった。

『クォンタムリヴィングの秘密』持ってるけど読んでなかった。読んでみます。ありがとう。

281 幸せな名無しさん :2019/10/03(木) 19:02:29 ID:wUDvul1.0
レスありがとう!

通常の自己観察をやってもちっとも心が楽にならない。そんな人は読んでみて。

QEでは思考と思考の隙間に気づき、現象の背景に常に在る純粋な気づきに触れる方法が書いてある。
そこに触れると楽や静寂、喜びが湧いてくる。
いわゆる別の領域と、そこから湧き起こる快を感じることに特化していて面白い。
あと博士がくだらないアメリカンジョークをたまに挟むのがクセになる笑

282 幸せな名無しさん :2019/10/03(木) 19:05:45 ID:wUDvul1.0
>>280
私はセミナーには行ってないんだけど、本は何冊か持っていて、最近読見直したらけっこうQEって大事なこと書いてあるなと改めて思って紹介してみたよ。
QEスレ廃れちゃったね〜、残念…。

283 幸せな名無しさん :2019/10/05(土) 16:16:48 ID:OfuXHbxc0
ある気づき共有。
自己観察の「自己」って自我、エゴのことだと認識していた。エゴ、自我を観察すること。
もちろんそうなんだけど、自我、エゴを観察すると、それを観察しているというか、ただただ現象に気づいているだけの「自己」が在る。

ここに気づこうと自己観察さんも言っていたね。
ダブルミーニングでもあったんだなー。

284 幸せな名無しさん :2019/10/06(日) 02:04:34 ID:HFDcX43w0
今やっとようやく分かったんだけど
思考してない時間ってまさに別の領域だよね?
なんでこんなことが分かんなかったんだ?

いつもいつも毎度思考しているわけじゃないのは当たり前なのに
この瞬間は寝ている時とか生まれる前に感じている?ものと同じってことなのかな

285 幸せな名無しさん :2019/10/06(日) 03:47:52 ID:PNeLmgn60
>>281
アメリカ人特有の必ずぶっこんでくるシニカルなアメリカンジョークを
笑える余裕があって羨ましい

自分は創作物なら普通にアメリカ人の著書読めるし楽しめるんだけど
気づきを学びたくて読んでる本に頻繁にジョークや
シニカルな言い回しがあるとイライラする

神との対話や思考が現実化するもダメだった
(特にシラミシャンプーだの橋から飛びおりるだのの例えが許せなかった)

「1ページに一文はジョークを入れないと死ぬ病にかかってんのか!?」とキレて
本を投げつけてしまった事もw


もっと余裕もてるように自己観察がんばる…

286 幸せな名無しさん :2019/10/06(日) 04:51:12 ID:.b9MXvuU0
>>285
www
すごくわかる。
でも、自己観察できてんじゃん。
そのうち、聖典を求めてる自分があほくさくなって、探求も終わるよ。

287 幸せな名無しさん :2019/10/06(日) 10:10:23 ID:53g.8lFw0
>>284
エゴ=普段の自分のこと。
なので普段の自分についてのあらゆる思考から離れた所、エゴとは別の領域が「別の領域」。
だから無思考は別の領域だね。
またそれら思考を観察している立ち位置も別の領域だね。

288 幸せな名無しさん :2019/10/06(日) 10:17:22 ID:53g.8lFw0
>>285
>神との対話や思考が現実化するもダメだった

これら読んだことなかったんだけど、やっぱりアメリカンジョーク挟んでるの?
国民性かねw
合う合わないあるかもねー。

話は変わるけど、確か神との対話の著者がテレビで本書いておきながら実践できていない自分はどうすれば良いかエックハルトトールに相談しててウケた。本気かわからないけどねw

289 幸せな名無しさん :2019/10/07(月) 15:53:25 ID:/Y1NQViI0
大半の人が自己観察ではなく自愛の方を選ぶのはどうしてなんだろう?
というか、どうして自愛が主流なんだろう?

290 幸せな名無しさん :2019/10/07(月) 18:18:32 ID:EL8lAm.c0
自愛から自己観察に発展したんだよね

291 幸せな名無しさん :2019/10/08(火) 00:26:11 ID:NOUNQXoE0
>>289
自己観察よりとっつきやすいからだね。

292 幸せな名無しさん :2019/10/08(火) 13:46:41 ID:XbASwYj20
>>291たしかに。

自愛と自己観察を併用している人いらっしゃいますか??

293 幸せな名無しさん :2019/10/10(木) 16:32:43 ID:PnwDrwXE0
久々に自己観察もどきをしたところ、頭頂部に何かが溜まっているような感覚になりました
嫌な感じはまったくしません
これって何なんですか? 分かる方いますか?

294 幸せな名無しさん :2019/10/13(日) 14:20:22 ID:d5yICQ3M0
>>293
自己観察がうまくいくと普段は経験しない感覚がおとずれることもあります。
293さんがただしく実践しているということだと思います。
その一方でそういう感覚は単なる現象に過ぎないわけで、そこにこだわることは何の意味もないともいえます。
その感覚があろうとなかろうと、自己観察状態が大事だ、ということですね。

295 幸せな名無しさん :2019/10/13(日) 18:29:17 ID:jMbm0/RQ0
子どもの頃の、自分を見ているもうひとりの自分の意識を
思い出すことが出来たんだけど、普段生活をしていて頭を使う場面とか
人に嫌な事されるとまた元のエゴ視点に戻っちゃうな。損した!と思うと嫌だしむかつくし。
「自分」を手放すことのむずかしさを今感じてる

296 幸せな名無しさん :2019/10/14(月) 09:32:55 ID:3gJGFnd60
思考にいつの間にか巻き込まれる前に、思考の発生の段階から気づくと別の立ち位置に居続けられるんだけど、これが行動していると忘れがち。

なんか気分が重いので10分間集中して行動中も観察し続けたら気分が軽くなってきた。
この時、意識は今に在ることがわかる。
気分の重さの原因もいろんな思考によるものなんだね。

297 幸せな名無しさん :2019/10/14(月) 13:33:37 ID:Z.V4HA8o0
>>295
このレスではっとできたよ、ありがとう
子供の頃の「白い世界から、物理世界を見てる大きな目線」を
自分も思い出すことができた

オカ板の体験談でも
「生まれてから5歳くらいまでの間に「絶対に忘れないぞ」「絶対に忘れないぞ」と
言い続けてるもう1人の自分がいたけど、何を忘れないか忘れたw」
とかいうレス読んだことあるけど、たぶんこれも真我の事で
子供の頃って本来の自分をちゃんと意識できてるんだよね…

だから7歳までは神の子って言われるのかね

298 幸せな名無しさん :2019/10/14(月) 14:58:00 ID:esaQPZdo0
>>294
どのメソッドでも毎回そうでした
単なる現象にこだわるせいでエゴがでしゃばってきて効果が出なくなる
ついつい忘れていました、ありがとうございます

299 幸せな名無しさん :2019/10/17(木) 09:45:19 ID:.GmFdvI20
自己観察の視点ができるのって人によってはすごく難しいと思います。私もそうでした。

そこで、ババジのクリアハタヨーガのDVDをお勧めします。
やってたら中の人が出てきた。

また、最初に解説もついてて、ここで分かった人が言われている内容が分かりやすく解説されてます。

300 299 :2019/10/17(木) 11:10:14 ID:.GmFdvI20
それと「六根清浄大祓」という祝詞のがいいので現代語訳を載せておきます。

天照さまが言いました。
人は天の下にいる神さまです。
穏やかな平安を願う心こそ天照大御神さまと人のもとの主人です。
自分の無意識(魂)を傷つけないようにしましょう。
だから、眼にネガティブな映像が写っても、無意識には持ち込まないこと。
耳にネガティブな言葉を聞いても、無意識には持ち込まないこと。
鼻にネガティブな匂いを嗅いでも、無意識には持ち込まないこと。
口でネガティブなことを言っても、無意識には持ち込まないこと。
身体にネガティブなものが触れても、無意識には持ち込まないこと。
意識にネガティブな思いが起こっても、無意識には持ち込まないこと。
こうすると意識(理性)と無意識(魂)が清く澄んできます。
色々な現象(法)は 影や映像のようで実体はないのです。
清いのだから穢れなんかないのです。
論理的(理性的)に考えるとこの実感は湧きません。
この身は(神という)花のように美しいものから生まれたのです。
わが身は六根清浄なのです。
六根清浄だから、心の中にいる神様が具合良く内臓を動かしてくれています。
人の心の中にいる神様が穏やかだから、天地をつかさどっている神様も穏やかです。
天・人・地の神様が一体だから、万物のスピリット(霊魂)はひとつです。
思いはすべてかなっています。
そうでないと思うのは勘違いです。本当のあなたは無意識(魂)のあなた。
無意識の思いが実現しているので、意識(理性)の思いが実現しているのではないのです。
あなたの無意識が清いことがわかれば現象(法)あなたの思い通りに動きます。
これをシンクロニシティ(共時性)と言います。

このまとめも気づきを与えてくれたので
ttp://geminikanon.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

301 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 09:42:26 ID:hBV4MXMk0
本当に色々遠回りした。自己観察さんも探求初期で触れたけど真意をまだ理解
できていなかった。なぜあの時これ一本に絞らなかったんだろうと悔やまれるけど
それもまた必然だった。本当に長い旅だった…(泣)

302 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 09:56:06 ID:gxxjhpp.0
>>301
自己観察でどんな気づきがあったのですか?

303 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 11:31:54 ID:hBV4MXMk0
>>302
もうこのスレでも色んなスレでも色々言われてて、またかと言われるだろうけど…
単刀直入に言うと、「気付きに気付くこと」。はいQEでも前書きで書いてるレベルですね。
でも本当にそれだけなんです!
気づき=別の領域です。

304 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 12:24:49 ID:qs/tyd0g0
>>303
横ですが、
気づきっていうのは例えば「ある思考に気づいた」←この「気づき」でいいんですかね?

305 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 12:52:53 ID:hBV4MXMk0
>>304
そう。それです!それだけなんです。
それを常日頃維持するようにするだけです!
ただ自分も探求初期に陥りがちだったのが、最初から思考を観察しようとすると絶対思考に飲まれますw
今ここの現実に気付くとやりやすいです。つまりマインドフルネスです。
「私は今、レスを書いている(事に気づいている)」
「私は今、窓の外を見ている(事に気づいている)」
今ここの現実を定点に定めておくと、感情が発生したときにハッと気づきやすいです。
瞑想と同じですよね。呼吸を定点に定めて呼吸から意識がそれたらそれに気づいて戻す。

306 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 13:13:38 ID:qs/tyd0g0
>>305
ありがとうございます。
現実に気づいていくってのはわかりやすいですね。
あまりあっけなさ過ぎますが、
気づき=別の領域とわかったこととそれによって起こった変化とかはありますか?

307 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 16:17:02 ID:ll7I5LMc0
>>306
現実面での変化は起きていません。
(※はぁそうなんだよなぁ。現実はまだなんんだよなぁって私は悲しんでいる。)
↑気づきのラベリングです。
でも死ぬほど望んでいた幸福感がこんこんと湧き出ています!あれだけエゴに振り回されていたのに!
ちなみに自己観察は淡々と気づくだけで実は自愛になってるんです。

308 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 16:26:44 ID:ll7I5LMc0
>>306
おまけで、日中マインドフルに行動してると、それだけで無駄な思考のループが断ち切られます。そう、108式の自分を責めない1日メソッドが簡単に達成できるんですね〜。
306さんは今していることに気づいていますか?気づきを保っていますか?

309 幸せな名無しさん :2019/10/18(金) 19:03:58 ID:gxxjhpp.0
>>303
気づくことに気づき続けることが今に留まらせるということなんでしょうね。
QEのトライアンギュレーションもそうですよね。
触れている指に気づき続ける。
そうすると多幸感や安心感が湧いてくるんですよね。
ポイントは、気づきに気づく=「今」に在り続ける、なのかなと思います。

310 幸せな名無しさん :2019/10/26(土) 10:27:48 ID:mZxov1s.0
QEスレが廃れてるからこちらに書くけど、セドナメソッドの作動原理がやっとわかった。
セドナ本ではなぜそうなるのか考えるなとは書いてるけど、分かりたい気持ちはしつこく
湧いてくるわな。
自己観察にも関係あるんだけど需要あるかな?

311 幸せな名無しさん :2019/10/26(土) 14:31:14 ID:Ai0Kd8ac0
>>310
同じ手放し系だし良いんじゃない?
どうぞどうぞ。

312 幸せな名無しさん :2019/10/26(土) 16:01:14 ID:thcT3au.0
ありがとう。
セドナのあの質問形式。なぜ、あんなに冗長なんだろうと思ってたのよね。
それがQEやマインドフルネスを知るようになってその疑問が氷解したのよ。
すべては「自覚」を促すためだった。
つまりマインドレスネス(自動操縦)からマインドフルネス(気づき)への移行。
QEでは気づくだけで変容が起こるよね。

313 幸せな名無しさん :2019/10/26(土) 16:07:16 ID:thcT3au.0
だからセドナは質問して自分が何を考えているのか気づくだけでよかったんだ。
セドナ本でも、質問の答えが「いいえ」でも解放できることがありますって言うのは、「気づき」のおかげだった。
むしろ、自分の思いに反して形式的にハイハイと答えるのは意味がないんだなと。
手放そうとせず、ただ自分の思いに気づくだけでよかったんだと気づいたよ。
駄文失礼しました!

314 幸せな名無しさん :2019/10/26(土) 18:42:49 ID:Ai0Kd8ac0
>>313
つまり、普段無自覚に考えていることをしっかり自覚するため冗長な一連の流れがあるってことね。
これは自己観察はもちろん、自愛もそうだね。

思ったのが、どれもとりあえず実践はするものの、「あまり楽にならないな…どうすれば」という考えに無自覚にハマってしまい途中で止まってしまうという所だね。
「あまり楽にならないな…どうすれば」にも自覚して手放して行くのが必要だなと。

315 幸せな名無しさん :2019/11/05(火) 18:16:59 ID:7OxDoH2A0
>>307
その後認識変わってどうですか?

316 幸せな名無しさん :2019/11/17(日) 16:20:19 ID:euXXi38k0
ここでおすすめされてたクォンタム〜の本よかった!
ありがとう。今まで自分が潜在意識活用について抱いていた疑問も前半部分で上手に説明してくれてた。
でも自分の場合、いきなりこの本ではQE理解出来なかったかも。
数年前、潜在意識ちゃんねるを初めて知った頃、インサイトを聴きながら瞑想の真似事をしてたのね。
すると、本当にたまにだけど思考が途切れて空白の状態になることがあって。体験としては興味深かったんだけど、智慧が得られるとか現実が動くといったこともなかったんでふーん、で終わってしまったんだけどクォンタムを読んであの状態が気付きだったのかと理解したよ。
あとはたまたま数ヶ月前にkindleで「嫌いなヤツを消す方法」って本に書いてある方法を実践してたんで、下地が出来てた感じかな。
この本も自己観察だと思う。

317 幸せな名無しさん :2019/11/27(水) 00:39:08 ID:8aOjXvWY0
イライラしたとき、イライラしてるなーって自己観察するけど、は?イライラしてるなーって思わんでもイライラしてんの分かってんだろボケ。て余計にイライラするんだけどどうしたら....

318 幸せな名無しさん :2019/11/27(水) 10:35:59 ID:eKvuSUjY0
>>317
そういう時はたいてい感情に対する感情がセットになっているからそれに気づく。
自己嫌悪が多いかな。今回はボケっておもってるんだなあって気づく。
とはいえ強い感情の時ほど自己同一化しているから客観視は難しい。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板