したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

Subconsciousness Notepad

24 幸せな名無しさん :2018/10/08(月) 16:53:38 ID:QeHwqTeM0
140 幸せな名無しさん sage 2017/03/08(水) 07:53:14 ID:cwVuQm.I0
>>139
>>58です。あなたは「隣の騒音に完璧認定してもイライラしてできない人」という在り方を選んでるので、まず、「できないだの、わからないだのと言うのをやめることです。
私は「常に完璧認定が完璧にできる私」という在り方を選んでいます。

完璧認定は状況をそのまま「これでいいのだ」と受容するものなので、状況に抵抗して、受け入れられないなら変わらない(変わらなくても完璧)です。イライラは状況に抵抗しているマインドの摩擦です。私なら「うるさい」→「でも完璧」で、後は他のことをして放っておきます。つまり、問題から離れる、問題を忘れる。

あなたの場合、騒音が消えないと完璧とは思っていないから、結局完璧認定していないということです。
私の所は共産党がうるさくて、毎日のように街宣車が来る度に不愉快な気分になるのですが、その度に完璧認定すると、なぜか聞こえなくなります。遠くに行ったのではなく、途中で音が消える。でも、あなたのように変えたいという気持ちが強い時は変わらないです。そういう時は「これでいいのだ」で終わりです。いつまでも完璧、完璧ってやるのは「変えたい、変えたい」と抵抗しているからです。完璧なら一回で充分。

コツは真剣に深刻にならないこと。「はい。完璧。以上!」みたいな感じです。それとまず「これは現実ではないから簡単に変化する」ということを知っているとうまくいきやすいです。実際に現実というのはホログラムのように曖昧なものなので簡単に変化します。

バシャールは「現実が問題ではない。私の在り方が問題だ。私はここでどんな在り方を選ぶのか?」と言っていますが、私にとっての完璧認定は自分の在り方の再選択です。

『政宗くんのリベンジ』のエンディングの歌詞「Everything inside of me and everything is up to me」はまさに真理です。すべては自分の内側の投影なので、すべては自分次第ということです。完璧と見るなら、それは完璧な姿を見せてくれます。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板