したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

気づき

1 幸せな名無しさん :2016/02/13(土) 01:48:44 ID:3yfOfz520
自分はこの言葉で気づけた、変化できたというのを上げていきましょう

参考になったレス、誰かに言われた言葉 等々...

2 幸せな名無しさん :2016/03/09(水) 08:35:48 ID:KYeMapdM0
やっぱり7章のすべて叶っているかな

3 幸せな名無しさん :2016/03/10(木) 00:10:25 ID:qJWOzfcs0
自分こんなに頑張ってるのに

4 幸せな名無しさん :2016/04/13(水) 12:56:16 ID:mfA0y8aU0
私が気づくのではない。
私は気づかれる方だ。

私が気づかれる…誰に?

私が気づかれる側ならば、もう気づきの他に気づく者はいない。

そう、気づきそのものが「わたし」であり、唯一の存在。

それは認識とも言える。
認識こそが「わたし」。


と言うことに気づきますた。

5 幸せな名無しさん :2016/04/13(水) 13:01:46 ID:mfA0y8aU0
そんなことに気づいてから、別の領域から見ている私もエゴというか、考えであるとわかったのですが、みなさんどうですか?

6 幸せな名無しさん :2016/04/13(水) 13:37:48 ID:mfA0y8aU0
私の視覚
私の聴覚
私の触覚
私の味覚
私の嗅覚
私の思考…。

全部私の感覚であり、認識できる。
しかし肝心の「私」はどこに?
「私の私」とは言えない…。

五感と思考が組合わさって架空の「私」が出来ている。
私とはまるでプラモデルの中の空洞のようだ。

では本当の「わたし」とは?

7 幸せな名無しさん :2016/04/13(水) 20:02:23 ID:p5Y7ocYE0
エゴ最高ー!
ナイスエゴ!
エゴはん、アンタいい仕事してまんな。
って事に気付きました。

8 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 01:06:50 ID:LDLEOYgs0
>>7
自愛ですかね?
エゴ最高とは幸せそうで何よりですね!

9 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 01:23:22 ID:LDLEOYgs0
視覚と私①

視覚という言葉自体に、私の身体の感覚機能という常識的な考えが無意識に作動する。

しかしこの視覚、この目前に映る風景や色形の中に、「私」という視覚の所有者はいるのだろうか?

まず純粋に、視覚には私が映っていないことを観る。

そしてそこに触覚などの他の情報は含まれていないことを確認する。
視覚が伝えることは、色のみなのだ。

そして、私の目もなければ頭もない。
ただただ単純に、色のみが展開していることに気づくだろうか?

手は?
これもただ色、立体的に見えるただの色のツキハギということがわかる。
そこには「私の所有物」としての「手」いう確固たる情報はなんら含まれていない。

しかしそうは言っても、
「こちら側にある私の身体と思えるものは?」
という考えも浮かぶだろう。
しかしこれは思考であり、また身体感覚である。
私とは言いきれない。

やはりそこには「私」という「視覚の所有者」はいないのだ。

ということは、私と対象物との距離もない。

視覚に思考がプラスすることにる絶妙なコンビネーションによって私が作りあげられ、距離もできる。
そこに触覚や聴覚などが加われば、いつも通りの私ができあがる。

もう一度確認してみよう。
視覚の中に、私と呼べる所有者は反映されているだろうか?

10 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 01:26:17 ID:LDLEOYgs0
視覚と私②

視覚がただの色であり、色以外の情報は何ら含んでいないことがわかった。
この私の肉体の映像でさえ、ただの色。

この視覚を私の所有物としてしまいがちだが、

視覚はただの視覚。
そこに私もいなければ所有者もいない。

視覚は所有者なく起こっているだけ。
これは五感すべてに言える。

視覚=私が見ている、私の視覚
という感覚は、観念だ。

観念とは
信じて疑わず、信じていることさえも意識しないほど強烈に刻まれた思考だ。

五感のコンビネーションを解きほぐそう。
特に視覚は思考と連携し、確固たる観念により不動の私を想起させる。

もう一度視覚を検証してみよう。
視覚はただの色であり、こちらもあちらもない。
「私」の視覚というものはなく、
ただ視覚が起こっているのだ。

11 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 01:38:42 ID:rVuxK6RU0
楽しいから笑うのではない

笑うから楽しいのだ

12 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 02:52:05 ID:8jdIGzNk0
頭の中の悪魔

この頭の中で話す声。
流れる音。
閃く映像。
これらは頭の中に住んでいる悪魔、メフィストフェレスが変化(へんげ)しているのだ。

悪魔が手を変え品を変え、まるで私であるかのように振舞っているのだ。

実は言うと、この「私」もメフィストフェレスなのだ。

頭の中で、メフィストフェレスが「私」を作りあげているのだ。

そのモデルは、いつも鏡を見ると必ず映る肉体的な存在だ。

悪魔は瞬時に肉体的な存在に変化し、「いつも鏡の中に映る存在が私であり、私が行動している。」と思い込ませている。

またこれらの頭の中での変化を観察する時、今度は「観察している私」に変化する。
非常に狡猾だ。

「気づいていなさいよ」
お釈迦様の言葉。

よくよくメフィストに気づいていよう。
身体の動きに合わせ、頭の中で瞬間的に鏡の中の肉体的な存在に変化していることがわかる。
この変化は「記憶」とも呼ばれる。

13 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 09:53:34 ID:/JtRDhVY0
>>8
自愛?何それ美味しいの?
だいたい愛なんて曖昧なもんはなぁー
なーんて思ってたけど今まで。今!今の今まで!
8さんのレス読んだら、これが自愛ってやつかーって気付いたよ。クゥゥナイス自愛!ナイス8さん!サンキュー!

14 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 12:02:55 ID:8jdIGzNk0
>>11
!!
なるほどですねー。
と言うことは、
物があるから見る。ではなく、
見るから物がある(出現する)。とも言えますねー。フムフム

15 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 12:06:48 ID:8jdIGzNk0
>>13
図らずも気づきのレスになりましたね笑
こちらこそありがとうございます!

16 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 13:02:40 ID:8jdIGzNk0
意図と鏡と私

意図→こうしよう
である。

意図しても世界が動いてくれないとはよく聞く嘆き。
本当にそうなのだろうか?
意図は届いてないのだろうか?

まず、私とは世界の中にぽつりと存在する個人である。
という思考から抜け出そう。

世界は私の内面の鏡と言われるが、私自身、私の顔が鏡のような存在であることを認めなければならない。
私とは無色透明な、なんでも映す鏡のような「気づき」なのだ。
その証拠に、私自身を見ようとすると何が見えるか?

あるがまま、そのままの状態、記憶等を交えずに素直に私の方を見てみる。

そこには、世界が見えないだろうか?
それは私の部屋かもしれない、もしくは見慣れた駅のホームかもしれない。
いつもの職場かもしれない。

もう一度しっかり私の鏡を見る。
映るのは肉体的な、顔や目というものではなく、やはり景色。
つまり私は鏡であり世界だった。

私が世界であるならば、私の意図は世界にダイレクトに反映する。

私が前へ進もうと意図する。
そうすると世界が前に押し迫ってくる。
逆に後ろに下がろうと意図する。
そうすると世界が後ろに下がる。

それもそのはず、私は世界なのだから。
実はいつも世界は私が意図した通りに動いているのだ。

では「大金持ちになる」と意図してみる。
意図した瞬間、「カァ!」とカラスが鳴いた…。

これは一体?

「私は世界だというのに、大金持ちにならずに、ただカラスが鳴いただけ…?」
といつものように落胆する。

しかしだ、
私が世界であるならば、“カラスの鳴き声”、そしてその後の、“落胆の思考”さえも、大金持ちになるための「世界の動き」なのだ。

そう、すべては完璧だった。
思考さえも世界を動かす歯車だったのだ。

完璧に私、世界は動いている。

17 幸せな名無しさん :2016/04/14(木) 14:17:06 ID:VeU1QMwY0
何でも祈り求める事は、すでに叶えられたと信じなさい
そうすれば、そのとおりになるであろう
               新約聖書

18 幸せな名無しさん :2016/04/15(金) 10:35:20 ID:hUaxJ5iw0
大前提への疑問

私は様々な物質がひしめく宇宙の中の地球という星に住んでおり、そこでは重力引力があり、朝に日が上り、夜は星が煌めく。
ここでは様々な動物が暮らしており、その中の私は人間である。
私は身体を持っており、頭は体の上部にあり、そこには目や鼻、口がある。
目は色を感じ、耳は音を感じる。
そして私は毎日この地球であれこれと活動し、そしていずれ死が訪れる。

これら当たり前のことをいつの間にか大前提として受けとめているが、なぜこのような世界なのだろうか?

目は見るもの、足は歩くもの、世界や私はこのようなもの…という当たり前すぎて普段意識もしていなかったが、この当たり前すぎるルール、設定、法則。
これらは本当に真実なのだろうか?

普段意識もしなかったこのルールを適応、縛りを設けてるのは、実は私自身なのではなかろうか。

私は自身で釈迦の掌を創り、創ったことを忘れ、いつの間にかその中の事象が全てになっているのではなかろうか。

空が青いとは私が決めたのではないか?
そもそも空などあるのだろうか?
私と空には距離があるのだろうか?
距離って何だ?
そして私という存在さえもいるのだろうか?

19 幸せな名無しさん :2016/04/16(土) 13:09:48 ID:LQRS5RKc0


行為がすべて自動的に起きているとしたら、
「見る」という行為も勝手に起こっているということになる。

また、行為は大よそ「見る」ことによって確認できている(感じるもある)となれば、通常の行為以上に「見る」ということは根元的だ。

「見る」とは何なんだろうか?

この世界を「見る」という行為は、視覚に絞って突き詰めると、
「色を感じる」ということだ。

形は色と色の境界にすぎない。
その境界に対して名前を付け、個別に分離させている。

しかし実際はどうかというと、この世界は色のツギハギだらけしかないのだ。

しかも奥行などなく、すべて平面であることがわかる。
色の濃淡で、手前、奥など名前を付けているにすぎない。
世界と私には境界はなく、私=色だ。

色は形と違ってどんなに離れていても赤は赤、青は青と捉えることができる。
私と色はぴったりくっついているのだ。
色=世界であり、色=私なのだ。

「見る」が起こるとは、
色が起こると言い換えられる。

色こそ「気づき」。

20 幸せな名無しさん :2016/04/16(土) 17:33:54 ID:ZX8CG6Qw0
すごく単純な話

虚空に
なぜか色が生まれ
なぜか音が生まれ。
なぜか香りが生まれ。
なぜか味が生まれ
なぜか感触が生まれ。

「気づき」とはこれらのベースであり、これらそのもの。

それらが相まって思考が生まれ、私個人という錯覚が出来上がった。


感覚とは、これ即ち気づきであり。
気づきとは、これ即ち感覚である。


なぜ生まれたのか?
それはなぜ宇宙が生まれたのか?と同じ。

21 幸せな名無しさん :2016/04/17(日) 13:09:44 ID:y6gm0SCo0
丸裸になる

「今ここ」において私は何とも言葉では表現できない存在なのだ(あえて言うなら「気づき」や「これ」)。

しかし記憶という思考、ラベルが何層も貼ってあるためそのような存在であることがわからない。

これを一枚一枚、ゆっくりじっくり剥がしていくとどうなるか。

・私は󾀕󾀕(自分の姓名)である→バリッ!!
・私は男(女)である→バリッ!!
・私は人間である→バリッ!!
・私は哺乳類である→バリッ!!
・私は動物である→バリッ!!
・私は生物である→バリッ!!
・私は物体である→バリッ!!
・私は思考である→バリッ!!
・私は感覚である→バリッ!!
・私は意識である→バリッ!!
・私は観ている者である→バリッ!!
・私は気づきである→バリッ!!
・私は「存在」である→バリッ!!
・私は「これ」である→バリッ!!
・私は「 」である→バリッ!!
・私は…。


22 幸せな名無しさん :2016/04/18(月) 13:33:03 ID:P.DeThVU0
熟睡

熟睡とは何なんだろうか?
すべては意識(あえて言うと)なら、熟睡中は一体どんな状態なのだろう?

私という自我は、見られるものがあるからこそ存在する。
他者という対象がなければ、私を認識することは不可能だ。

つまり他者があるからこそ私があり、私があるからこそ他者がある。

熟睡中はこの他者、もしくは私、このどちらかが完全に消えてしまっているのだ。
片方が完全に消えれば、ただひとつの存在となり、世界を認識することができなくなる。
主客が完全に統一してしまい、ただひとつの存在になってる。

どちらにせよ、意識が消滅したのではなく、分離が無くなったために分別がつかず、完全な無になってしまうと感じる。

朝起きたと同時に意識内で分離が起こり、私と他者が生まれる。
そうやって意識内で私と他者に分離し、自分で様々な縛りを設けて繰り広げるストーリーを楽しんでるのだ。
分離を楽しんでるのだ。

願いが叶わない云々は、人生を楽しむため、私という自我が存在するためには必要な縛りであるのかもしれない。

23 幸せな名無しさん :2016/04/19(火) 21:05:02 ID:rfsQRY3Y0
朝の目覚め

私は瞑想はしないけれども熟睡はする。
今日は熟睡から目覚めへの過程が観察できた、というか思い出せるので書いてみる。

熟睡中は完全な無。
分別なんかない。
ここはまったく覚えていない。

無の彼方から、何か閃きのような、何とも言えない種のようなものが徐々に芽生え始める。

閃きのようなものがだんだんと大きくはっきりしていくにつれ、これは目覚ましの音だと分別した。

この瞬間、「目覚ましの音」を聞く「私」ができた。




しかしなぜ「目覚ましの音」と分別したのだろうか?

これがもし「小鳥の鳴き声」や「最愛の人の声」と自我が分別した場合、目覚めたそこには何があるのだろうか?

この分別、フィルターとも呼ばれる。

「既にある」の疑問が晴れるヒントになるかもしれない。

24 幸せな名無しさん :2016/04/20(水) 12:04:19 ID:rf0rnk5o0
そういうの日記に書けば?

25 幸せな名無しさん :2016/04/20(水) 22:45:12 ID:HKSPBmys0
自分は面白いなと思って見てるよ。

26 幸せな名無しさん :2016/04/21(木) 12:19:38 ID:muBDbtsg0
自分も見てるだけだけど面白い

27 幸せな名無しさん :2016/04/22(金) 10:26:45 ID:PREIrvU20
私はいたのか?


過去の記憶のシーンを思い返してみる。

最愛の人との楽しかった思い出…。
仕事で悔しくて泣いた思い出…。

頭に浮かぶのはそれら思い出のワンシーン。

楽しかった思い出も、辛かった思い出も、今の私に続くための美しい経験として心に残っている。

しかし冷静に思い返すと、思い出のワンシーン…そこには「場面だけがある」ということに気づかないだろうか。

最愛の人の笑顔や、憎たらしい上司の嫌みな声が場面に映っていても、そのシーンに私というものが映っているだろうか。

何度思い返しても、私の姿はどの記憶にも映っていない。
あるのは私のいない「場面」だけだ。

その時の私の手や足、また声なども思い出されるが、肝心の私そのものが映っていない。

ということは、それらひとつひとつの記憶、経験のワンシーンの束が、私という経験者をつくり錯覚させ、「“私の”経験である」としているのではないか。
そうしていつの間にか私個人という幻想が生まれたのではないか。

「私が経験をした」
のではなく、私とは、

「経験そのもの」

なのだ。
シーンそのもの。
経験者はいないのだ。

今、まさに今目の前に起こっているそのシーン、場面そのものが「私」なのだ。

意識はひとつである。
その中ですべてが起きている。
物事が起こることと、それを認識すること。
これらは常にワンセット。
つまり見られるものと見るものは同じもの。

今ここで現れた全ての事象が唯一の存在なのだ。

ではもう確認してみよう。
私はいたのか?

28 幸せな名無しさん :2016/05/01(日) 11:48:29 ID:Gi.52on60
はっ!

29 幸せな名無しさん :2016/05/01(日) 18:24:43 ID:iHQ/ee3.0
>>28
気づいちゃった?

30 幸せな名無しさん :2016/05/30(月) 23:53:58 ID:QEQSf7rg0
はぁ〜ぁっ!!

31 幸せな名無しさん :2016/05/30(月) 23:54:39 ID:QEQSf7rg0
このスレいいですね!気づける!

32 幸せな名無しさん :2016/05/31(火) 00:20:43 ID:HjO8fd/o0
とても興味深い。

33 幸せな名無しさん :2016/05/31(火) 00:29:45 ID:HjO8fd/o0
>>12

すげー面白い。

ブッダはマーラ(悪魔)の囁きに負けずに悟ったけども
マーラは自分から湧いて出た、自分と同化したモノだったんだね。

ってか「私という認識」がマーラなんだね。面白い。

34 幸せな名無しさん :2016/05/31(火) 04:51:30 ID:hyRgEMyM0
>私が気づくのではない。私は気づかれる方だ。

>「私」の視覚というものはなく、ただ視覚が起こっているのだ。

>思考さえも世界を動かす歯車だったのだ。完璧に私、世界は動いている。

>そもそも空などあるのだろうか?

>感覚とは、これ即ち気づきであり。気づきとは、これ即ち感覚である。

>今、まさに今目の前に起こっているそのシーン、場面そのものが「私」なのだ。

ありがとうございます。ハッとします。
あと少しで認識変更できそうなのに、
突き抜けられそうで突き抜けられないのがもどかしい。。。

35 wild :2016/06/20(月) 17:01:46 ID:yIHJFHKU0
意識の焦点

私とは、意識の焦点によって様々に変化するものである。

普段は、肉体と思考が私であるという観念に縛られているため、何か物を見る時、見る私と見られる対象という分離が起きている。

しかし実は、見る対象に焦点を当てている時は、私個人はいないのだ。

「え?ここに私いるけど?」と肉体に焦点を当てる。
その時私は肉体になっている。
「やっぱり私はこの肉体だよ」と考えに焦点を当てている時、私は思考になっている。
「でも…」と胸の不安な感情に焦点を当てている時、私は感情となっているのだ。

そうやって瞬間的に焦点を外側、内側と移動させているのだ。

一枚のスクリーンの中で様々な現れが創造される。
創造されたと同時に気づいており、焦点が大なり小なり当てられている。

私とはこの気づきであり、焦点なのである。

36 wild :2016/06/20(月) 17:04:39 ID:yIHJFHKU0
てなことに最近改めて気づきますた!
ご意見、新たな気づきありましたら投稿お願いします!

37 幸せな名無しさん :2016/08/19(金) 23:25:49 ID:caDhVDoE0
願望


願望はすでに実現されている。

迷えば迷うが現れる。
探せば探すが現れる。

迷うも探すも、すべて自分の創った不足の「状態」だ。
無意識でもそのような「状態」を選択すれば、その状態がすぐに達成される。
既に現れている。
今も目の前に現れていないだろうか?

では、叶えば叶うが現れる?

叶えば叶うが現れる…
とは言わない。
「叶えば」「叶う」はあくまで結果、外側の現象のこと。

叶うの私の状態は
充足すれば充足が現れるだ。

自分の創った外側に原因を求めてはいけない。
自分がこの世界の主人であり創った張本人だ。
創ってしまったものを嘆いても遅い。
創ってしまったものを変えようと方法をまた探せば、
探すが延々と外側に現れてしまう。
不足がループする。

私たちにできることは外側をコントロールしようとすることではなく、
自身の在り方だけ。
自身の「状態」の選択だけ。

自分の創った外側の結果を基にあれこれするのではなく、「理由なく」ただ充足すればいい。
そうすれば充足が現れる。
不足がないのだから、既に「叶っている」が現れている。

では充足とはなんだ?
喜び、楽しみ、愛?
それもそうだが、
ただ単に不足がない、不足を考えていない状態も充足ではないか?
静寂も充足とは言えないだろうか。

もし不足が起きた時、
充足にしよう、変えようとすることは不足だ。
それが現れるだけ。
そんな努力はいらない。

不足が起きたら、その言葉、感情をただ眺めていればいい。
どうにかしようとせず、ただ
気づいていればいい。
委ねていればいい。
静寂に在ればいい。

「元々静寂(充足)の私が、不足という雑音を創り出しているんだな」と気づけばいい。

不足に気づく、
不足を分離する=統合=充足だ。
「気づくこと」。

願望とは不足に覆われた意図。
まとわりつく不足が無くなれば、それはただの意図となる。
普段意図してることは難なく現れていないか?
例えば水を飲みたいと意図すれば蛇口を〜云々の話だ。
ここで「どうすれば?」「難しいのでは?」など記憶を参照してしまうと、不足に覆われた「願望」を創り出してしまう。
そしてそれが実現する。

元々私たち源泉は完璧がデフォルトなのだ。
何でも持っていて何でも創り出せる。
今不足を感じているなら、充足というベースがある上で不足という雑音を創り出しているだけ。
「ある」があるからこそ「ない」を創っているってやつだ。
そのことに気づけばいい。

38 幸せな名無しさん :2016/12/18(日) 14:56:52 ID:sZ5/firI0
言葉にすると真実は遠のく


真実が無いのが真実。
絶対がないという絶対。

つまり元々、
何も無い。

そこに私が真実に対する考え、認識、気づきを掴んだ(ラベルを貼った)とたん、
それが私にとって真実となる。
それは本当の真実ではなく私が創ったもの。
そのため言葉、認識すると本当の真実から遠のくのだ。
そのため本当の真実は、
「 」と表現される。

例えば自由意思のあるなしも、実のところ私の考えなのだ。

しかし、引き寄せに関して言えば本当の真実から遠のいても構わない。
真実の「 」は何も無いのだし、近づいてもやっぱり何も無い。
「 」に、
考え、認識、気づきで世界を自分で創る。

言葉ありき。
言葉で創造するのだ。

そしてこれも考え。

39 幸せな名無しさん :2016/12/23(金) 18:53:22 ID:57DhMy/c0
創造主を目撃する


「水を飲むのは簡単だけど、願望を達成するのは難しい。」

願望を達成するのは難しい…。

この考えを創造主の私は創造している。


󾀕󾀕を食べようと思えば食べられるし、󾀕󾀕に行こうと思えば行ける。
今もしようと思うことは大体達成しているはずだ。

しかし過去の経験上難しいと思ったものはなかなか創造できない。
それは今ここで「難しい」を創造してしまっているから。

と、今ここでの自分の創造に気づいてみる。

自分が創造主として「水を飲もう」や「動こう」など考えを創っており、
その直後には考え通りの世界が展開していることを自分で目撃する。

そして心の奥で「この願望は難しいよな」と、壁になる考えを創造していることにも気づいてみる。
また壁のない考えはすぐに実現していることを自分で目撃する。

また例えば
拳をグーからパーにしようと思ってみる。
そして実際にグーからパーにしてみる。
その時の、グーからパーになる創造の微細な瞬間を目撃してみる。
私の内面をよく見つつ、「パーにしよう」という意図が起きてから実際にパーに実現するまでの流れ、感覚をじっくり観察してみる。
(これは様々な気づきがあるかもしれない)

そうしているうちに全部自分の創造物であったことに気づくだろう。


「私こそがこの世界の創造主であり、すべて私から生まれている」
「私こそが絶対的な存在であり、この世界は私の認識次第である」
この気づき。
これを無理矢理思い込むのではなく、目撃してみる。

自分は元々創造主であったことを目撃してみよう。
「自分が創造主である」という考えを、創造主として創ってみよう。

40 幸せな名無しさん :2016/12/24(土) 18:27:47 ID:r.SoN8gA0
いらない創造物を手放す


普段生活していると、創造主である私は無意識に様々な創造をしている。

「仕事が辛い」
「お金がない」
「󾀕󾀕さんとうまくいかない」
「󾀕󾀕がムカつく」
「󾀕󾀕で悲しい」
「どうしたらいいのだろう」
「どうすれば幸せになるのだろう」等々。

今ここで、そのような想いを自分で創造している。
そしてその想いを燃料に、締め付けられるような、どんより重いような「胸の苦しみ」を創造している。

これらすべての想いは、
『自分で創造している』。
そのことに改めて気づこう。

私は自分の創造物に苦しめられていることに気づくだろうか。
創造主が自分の創造物に苦しめられているという滑稽さに気づくだろうか。

胸の苦しみを感じたら、それは何かしらの想いを自分で無自覚に創っている。
その創造物に気づいてみる。

そして、
「これは私が創ったんだよね」
と、創造主目線でその想いを見下ろしてみよう。
創造主として主導権を取り戻し、想いを自分の創造物として意識して気づいてみよう。

それが無意識に創ったいらない創造物ならば、スッと消えてなくなる。

そのままフラットな状態にいると、「楽になったなー」「スッキリした」などの想いが自動的に創造されるはず。
その後で、自分の希望する考えを創っても良いし、フラットなままでいても良い。


私がこの世界の創造主であり、主導権は私にある。
そのことを思い出そう。

41 幸せな名無しさん :2016/12/25(日) 03:05:06 ID:lvBmRjd.0
>>40
『自分で創造している』がわからないけど、何かハッとした。
ありがとう。

42 幸せな名無しさん :2016/12/25(日) 12:55:22 ID:nz.EH7cg0
>>41
どういたしまして。


もし私がいなければ、
物事を想うことも、喜びや悲しみを感じることができません。
同様に私がいなければ、周りの世界を見ることも触ることもできません。

私がここにいるからこそ、
想いや感情、そして周りの世界がある。
私がいなければそれらも無い。

それはつまり、それらを私が創ったのです。


そんな見方で物事捉えると、世界がひっくり返るかもしれませんね。

43 41 :2016/12/25(日) 22:52:23 ID:lvBmRjd.0
>>42
ちょっと前に、外側が内側とかなんだろ?って思っていたら、ふっと
「私が見てるから」
って返事が内側から返ってきたんですよね。
めーったに帰ってこないんですけど(笑)
あなたのレスでその意味がわかった気がします。
重ねてありがとう!

44 幸せな名無しさん :2016/12/29(木) 17:17:21 ID:5x2TGMaM0
ラベル


今、たった今、
思い込みや常識、記憶を脇に置いて今をよく見てみる。

どうだろう?

願望は叶っている?
叶っていない?

もし「叶っていない」と思ったならば、何を見てそう思ったのだろうか?

過去の記憶を見たから叶っていないと判断したのではないか?
もしくは「このような状態では叶ったとは言えない」という思考を見たから?

もう一度、「今」だけを見てみる。

よく「今」だけを見た時、そこは
叶っていないとも言えるし、
叶っているとも言える、
フラットでニュートラルな場所ではなかろうか。
これからどうとでもラベルを貼れる無限の可能性を持った創造の分岐点ではなかろうか。
「いや、󾀕󾀕がないよ」と思ったならば、それはまた思考を見ている。


さらに掘り下げるならば、
今見たその「叶っていない」という思考も、今ここで何のラベルも貼らなければ、
「今」と同じフラットなものなのではないか?

そのフラットなものに「これは叶っていない記憶である」というラベルを今自分で貼ったのではないか?

今がフラットな場所なら、頭に浮かんだその場面もフラットなのではなかろうか?

わざわざそれに「不足の思考」というラベルを自分で貼り、それを剥がそうと頑張っているのではなかろうか?


そのように気づくと、どんな記憶も思考も恐れることはないのだ。
それは実のところ記憶でも思考でもなく、あえて言うなら「現れ」なのだ。
「現れ」に「これは記憶、これは思考である」と自分でラベルを貼っていた。


「記憶思考」もラベル。
「過去」もラベル。
「時間」もラベル。
「叶う叶わない」もラベル。
「願望」もラベル。
「神も仏も」ラベル。
「私」もラベル。
「今」もラベルなのかもしれない。
「 」しかない。

全部自分で貼った。
貼ってストーリーを創っていたのだ。

45 幸せな名無しさん :2016/12/30(金) 23:09:49 ID:PBCbmMLI0
異形の粘土


普段感じている「私」とは何なのだろう?
五感と思考が「私」?

では五感、思考とは何なのだろう?
視覚は目に色が映ること?
聴覚は耳で音を聞くこと?
思考は頭にモヤモヤと感じる声?

では目とは何なのだろう?
色とは何なのだろう?
頭とは何なのだろう?
声は?思考は?

と、このようにどんどんと「私」に関するあらゆる事柄に疑問で追求すると、最後には「私」とは何とも形容しがたい「何か」だけとなる。


実は普段感じている「私」は、
何の境界もないこの「何か」に、五感や思考というラベルを貼りバラバラに分離させている。
それをまた存在の中で個としてひとつに再構築したものを「私」としている。

「私」とはラベル、概念の塊だった。
まるで粘土でヘンテコな物体を作り、それに「この子は私と言いまして〜、この二つの穴は目と言いまして〜、外の風景を見る役割をしてまーす!
そしてここは鼻と言いまして〜、匂いを嗅いだりほじったり〜…」など役割付けを細かくしてるかのように。
常にこれらを瞬時に成し遂げている。

「私」が概念なら、「私」が見て感じている「周りの世界」も概念。
外も概念、風景も概念、他者も概念。
外が概念なら時間や距離も概念。
そして概念も概念。
これも存在をラベリングで分離させ、外と内に切り離した。

全部自分で「そういうものである」と決めてるから、それを基にした世界が成り立っていたのだ。
自分は神だった。

もし第三者の神的な存在がいるとしたら、その神から見たこちらの世界は「異形の土塊」の何物でもないだろう。
「隣の神は粘土で気持ち悪いヘンテコなもの創って、名前とかいうものまでつけて遊んでるよ…」と第三者の神は思うに違いない。

しかしこの自分からしたら立派に意味のある粘土。
「私」を含めたこの世界は、概念に概念を塗り重ねて自分の中で成り立たせている異形の粘土だらけの箱庭みたいなものと言える。

そうなると「叶う」も概念。

願望が叶うって何なのだろう?
「頑張って欲しいものを手に入れること」だろうか。
単純に「欲しいものが手に入る」だろうか。
それとも「メソッドによって私の内面が変わり、棚ボタ式に手に入ること」だろうか。
自分でどのように「叶う」という言葉にラベリングしてるだろうか。

これらの言葉すべてがラベルであり、自分で粘土をこねてそれにストーリー性を持たせた粘土細工だ。
「叶う」の言葉自体がそもそも自分でラベリングした概念であり、「渇望するものが悲願の末にようやく手に入ることが叶うである」とさらに細かくラベリングしている。
またそれは、
「願望を叶えるとは非常に難しく、もしかしたら叶わない。死ぬほどの努力が必要ストーリー」も勝手に成立していることにもなる。

ラベルがなければ叶うも叶わないもなく、そこにはただの粘土しかない。


逆に言えば、ラベリング次第なのだ。
現に今も様々なラベリングを粘土に貼っている。
今、目の前の粘土を「画面」とラベリングし「画面とは󾀕󾀕である」とさらに細かくラベリングしているのも自分だ。
そうして今この瞬間にも自分の箱庭を成立させているはず。


粘土は目前に「既にある」。
そこからどう粘土を形創るかは自分次第なのだ。

46 幸せな名無しさん :2016/12/31(土) 15:35:52 ID:gSOl/dss0
>>40
わかりやすい書き込みありがとうございます。
自分が創造している事を忘れなければドツボにはまる事もなくなっていくと思います。
自分が創造主だという事、忘れたくない大事な事ですね。

47 幸せな名無しさん :2016/12/31(土) 17:21:40 ID:uD.QzAJg0
>>46

ありがとうございます。

おっしゃる通りで、不足も自分の創造物だと気づくともう不足に駆られて何かをすることが消えてなくなりますね。

「わからない」
「どうすれば」
これも私が創ったもの。

そう気づくだけで、その後の「探し求めるストーリー」が起きなくなりますね。

48 幸せな名無しさん :2017/01/01(日) 04:50:01 ID:6qzlpW6Y0
>>44
ありがとう
何のラベルも貼らずにものを見たら…と言う言葉にハッとしました。

無駄なラベルを貼らずに見たら私の願いは完璧に叶ってる。
人と比べて不足してると思うより
自分が持ってるものを大切に見つめれば不足なんて何もなかった。

49 幸せな名無しさん :2017/01/01(日) 15:13:44 ID:UAst1SoQ0
>>48
気づきが起きたようで何よりです。
その気づきがさらなる気づきを呼びます。
今年は人生180℃変わる年となるかもしれませんね。

50 幸せな名無しさん :2017/01/05(木) 00:54:51 ID:mF8ewWxE0
何度も行ったり来たりを繰り返してワケが解らなくなっていた。このスレが目に止まって、あぁそうだったと思い出させてくれる事ばかり書いてあった。とても感謝しています。ありがとう

51 幸せな名無しさん :2017/01/05(木) 12:56:04 ID:QC4L7W7M0
>>50
お役に立てて良かったです。
行ったりきたりは私もよくありますが、混乱自体を私は創ったのだなと自覚するとちゃぶ台がひっくり返りますね。
レスありがとうございます。

52 幸せな名無しさん :2017/01/05(木) 14:26:37 ID:V3SZRRmw0
なんのラベルも貼らなかったら、すでに現象化してると捉えてもいいんですよね?

53 幸せな名無しさん :2017/01/05(木) 23:46:43 ID:HE1A.x6A0
>>52
申し訳ないのですが、そのような質問にはお答えできません。

なぜなら52さんの主観の世界では、52さんが創造主であり、神であり、すべての考えの主導権を握る唯一の存在だからです。
ご自分の創造物である他者の言動に左右されては今までと変わりません。
私に同意を求めるのではなく、創造主としてどの考えを採用するか、ご自身で決めることが肝要かと思いますね。

「ラベルを貼らない」を実際にやってみた時、その直後にどのような考えが起こるでしょうか。
その考えが52さんにとっての真実となります。

主導権は52さんにあります。

54 幸せな名無しさん :2017/01/06(金) 00:45:06 ID:PSoqC/w20
>>53
52です。
ご丁寧かつ、あたたかいお言葉ありがとうございます。
創造主ってなんかかっこいいですね。
決めていいんだなって思いました。

多分答えがわかってての疑問?なんだろうなと思いました。

ありがとうございます。

55 幸せな名無しさん :2017/01/06(金) 23:16:26 ID:kLhicgBg0
>>54
いえいえとんでもないです。

そうですね。
自分の世界の全てを司るかっこいい創造主でいてください。
ご自身の過去の創造物に左右されるのではなく、
「主導権はいつでも創造主であるこの私にある!」
この決意と自覚です。
意を決する=「この私が意図を決める」ですね。
フラフラと思考に惑わされることも少なり、意図した通りに事を運ぶ自信に溢れた創造主となりますよ。

56 幸せな名無しさん :2017/01/09(月) 00:13:44 ID:diSCkDT20
パラレル遊び


どこかを静かに見つめる。
意識をどこか一点に軽く集中するか、もしくは逆に全体に拡げてみる。
これはどちらでもいい。
しかし視線は動かさないようにする。
そのまま思考が収まるのを待つ。

思考が静かになったら、自分に聞いてみる。

「今、願望は叶ってる?」

ここで思考が起こる。
󾀕󾀕がないから
󾀕󾀕だったから
󾀕󾀕とは思えないから
「叶っていない」と。
この思考をしっかりと捉える。

なぜ私は普段、その声を「真実」としてしまうのだろう?
今ここでは、実際叶っていない証拠など何もないではないか。
あるのは見つめていた壁の一点だけだ。
しかしなぜか私は「叶っていない」という幻想を真実として採用してしまいがち。

そして、それを採用すると今いるこの部屋も「叶っていない私がいる世界」になっていることに気づく。
感覚的なところだが。


もう一度、一点を見つめる。

「今、願望は叶っている?」

また不足の思考が湧き出すが、それはいらない幻想であるから今は流してしまおう。

そして、
叶った後に湧くであろう思考を想像する。
それを今ここで湧き立たせてみる。

湧き立った時点で、本当に今叶っているのだ。
そして周りを見渡すと、今いる部屋も「叶った後の私がいる世界」になんとなくだがなっているはず。

「いやいや、だって…」
が湧きだしたら元の世界に戻っている。
そんな思考は採用せず流したり、自分の好きなように解釈して採用しなければいい。

これらを遊びのつもりで、
しかしじっくり内面を観察しつつやってみる。

もしこれらが面倒なら、
「どんな不足思考が湧こうが何を思おうがしようがしまいが叶っている世界」にいきなりパラレルしてもいい。
そしたらもう何も必要なことなどない。そのままでOK。
しかし遊びとしては少しつまらないかもしれない。


そんなことをして暇を過ごすのも悪くない。

57 幸せな名無しさん :2017/01/12(木) 07:57:41 ID:ifegM5noO
まわりの人の思考って影響して似てくるからどんな友達と付き合うか大事だと思った。自虐ネタばかりの友達と付き合ってた時は自分も自虐ネタ言わなきゃとか思ってた。でもそういう人は誰かにいい事あっても妬むし。もう既に幸せな友達と仲良くした方がいいんだとわかった。幸せな友達は妬みとかないから付き合いやすい。

58 幸せな名無しさん :2017/01/19(木) 12:58:58 ID:hESWkSwc0
私は…


「I am that I am」

神が神自身を表した言葉。

Iam…
私は…


目を瞑り、静かに
「私は…」と思ってみる。

言葉だけだと意味不明である。
それは、言葉を超えた場所を指差している言葉だから。


「…」には何もラベルを貼らない。

「私は…󾀕󾀕だ!」とラベルを貼らない。

何かを思うわけでもない。

どこかに集中するわけでもない。

どこかに注意を着地させるわけでもない。

どこにも意識を当てない。

思考のさざ波を起こさない。

起きてもさざ波を掴まない。

ただ静かに「…」に在ってみる。

しかし「在ってみよう」とも思わない。

思わないとも思わない。

何かを期待もしない。

探しもしない。

何もしない。

しかし「しない」とも思わない。

「…」の中で死んでみるのだ。



ふと我に返り思い出すと、
「何か」だけが在った。

思考はないが、気づいている「 」だけが確かにそこには在った。

喜びも不安もなく、
何も貼られていない何か…。

私もあなたもなく、
外側も内側もなく、
それを認識するものもなく、
ただひとつになった「 」。


追い求めることに疲れたら、
今苦しく辛いなら、
「 」の中に死んでみよう。

ふと気づくと、
静かな安らぎに包まれているかもしれない。

59 幸せな名無しさん :2017/01/19(木) 15:48:56 ID:YONxAFzY0
ついに気付いたぜ……
『自分』が、『世界』だとな……ッ!!

60 幸せな名無しさん :2017/01/19(木) 19:57:43 ID:Mzq2Nr9c0
↑どどどどどうやって?

61 幸せな名無しさん :2017/01/19(木) 22:35:02 ID:zZOOM6.I0
未来も過去もない。あるのは今だけって意味がよくわからないのでどなたか教えてください。
過去などないのに、私の意識は、エゴはアラサー二児の母と設定した、いきなりポンとアラサー子持ち。生まれたときから今までの生い立ちの記憶は思い込み?そして数時間後には朝がきて、いつもと同じ生活が始まる。あれ、今日子供と遊んだりスーパー行った記憶も思い込み??

もし、本気で朝になれば20代イケメンエリート美人の彼女とラブラブと設定すれば、そのような現実が展開されるのでしょうか。イケメン君の輝かしい記憶つきで。
夫と子供が大切なのでしませんが、例えばの話です。

62 幸せな名無しさん :2017/01/19(木) 22:41:04 ID:J0gTerAU0
>>57
相手のせいにしてるけど自分(の中)に問題あるって思えない?
幸せな相手も僻み満載の相手も全部自分だよ
そこから本当の「気づき」を得なきゃずっと変わらないよ

63 幸せな名無しさん :2017/01/20(金) 18:05:00 ID:gA6PMMXU0
>>61
どうでしょうね。
もしかしたら毎瞬毎瞬、全く別の主観を移動しているかもしれない。
でもその記憶がないからわかりませんよね。

ただ今この瞬間には、過去に起こったことの証拠はどこにもありません。
ただ記憶だけがそれを主張している。
その主張が人生の苦しみになり、また自分自身を、
自分の決めた枠に縛りつけています。
だからなかなか変われない。

その過去の記憶、自分で創った制限を取っ払って生きて行ければ、こんなに素晴らしいことはありませんよね。
少し話がズレましたが、そのように思っています。

64 幸せな名無しさん :2017/01/21(土) 01:46:54 ID:S5zmtj5M0
モヤモヤ


「お金が無くて支払ができない!」

しかしよく観て欲しい。

「お金」
「無くて」
「支払」
「できない」

と、ひとつひとつの言葉に意味を持たせラベリングし、それを繋げてさらに意味を持たせているのは私の「思考」であることがわかるだろうか。

つまり「お金が無くて支払ができないストーリー」を私が創ったのだ。

私は普段、思考でどんどんとラベリングし、ストーリーを決め、現実というものを次から次へと創っている。
そんな私をよく観察してみよう。


そして、
この思考に「思考」とラベリングしているのも思考である。

この「思考」というラベルを外して見た時、残るのは何なのだろう?
この頭の中のモヤモヤしたような、音のような、映像のようなものは一体何なのだろう?

何でもない。
あえて言うなら、
ただのモヤモヤ、エネルギーのようなものである。
これ以上は追求できない。

このモヤモヤに「思考」というラベルを貼っているだけだった。
本当は元々何も起きてない。
恐怖も心配事も同じ、
ただのモヤモヤ。

「なんだ、この世界はただのモヤモヤか…」

「私がモヤモヤに意味付けしてたんだ」

「私が全部創っていたのか!」

そのように気づくことが、現実という思考、ラベルに力を持たせないということ。
執着した想いを手放すということ。

そしてさらに言うなら、
この「私」も思考である。
実は私もモヤモヤだったのだ。

この世界は私や他者、外側内側など境界はなく、ただただモヤモヤしたものが満遍なく漂っているだけのひとつの意識。
「苦しい私」もいない。

だからもう何も、
心配することはないのだ。
「安心」というラベルが貼られれば、
安心ストーリーが始まる。

65 幸せな名無しさん :2017/01/22(日) 19:40:26 ID:g0wsrpFU0
既にある


さて目の前にリンゴがある。

これは本当はリンゴではない。
モヤモヤ、粘土のようなものだ。
これに思考で「リンゴ」とラベリングした。
そしてこの思考も、モヤモヤに「思考」とラベリングしたものだ。

そしてリンゴの手前に私がいる。
この私もラベリングされたモヤモヤである。

リンゴと私は別々の存在と思い込んでいたが、実はどちらもモヤモヤ、粘土だった。
認識できるものは全部モヤモヤだ。

あるものは全部モヤモヤ…。
私も私以外も、全部モヤモヤだった。
すべてモヤモヤ同士、繋がっていたのだ。
元々分離などしていなかったのだ。


そしてこのモヤモヤの起こる場所、この空間、主観、この意識…、
これこそが、「本当のわたし」だった。


普段「私には足りないものがある」という認識、不足感があったのは、私という一部のモヤモヤを自分としていたからだった。
本当はどちらも「わたし」なのだ。
「全体から分離している」とはこのことである。

この全体視点で観ると、足りないものなど何もないではないか。
元々全部「ある」ではないか。

全体であり創造主であるこの「わたし」が、創造物と一体化してしまい「分離している」「不足している」と思い込んでいるからそのようなストーリーを創ってしまうのだ。

元々既にあり、すべて揃っていた。
足りないものなどなく、「足りない」を創造していた。
そのことに気づこう。

66 幸せな名無しさん :2017/01/29(日) 19:20:58 ID:we5hbMQc0
スピリチュアルにはまってから早6年。
実際は子供の時から。
潜在意識を知ってからは4年はたってる。
状況は良くはならない。むしろ悪化していく。
子供の頃からを考えると、叶った願望も沢山ある。叶わない願望も沢山ある。
潜在意識なんてないとさえ思った。理想郷なんて無理だとも思ってる。

自信のなさから必死に何かを得るために行動してた。結果、毎日に怯え不平不満、愚痴を言い。得たものを失っては悲しみにくれて、怯える毎日へと。
だけど、そのお陰で人並みには充実した生活をギリギリのラインでしてた。
でも、そのメッキが全て剥がれた。偽物の充実をごまかしながら繋ぎ止めてたから、気づいたらメッキは跡形もなく消えていた。

でも、気づいたよ。繋ぎ止めなくても勝手に残ってるものがあることに。確実に生きやすくなってることに。不安や恐怖に怯えなくなってる。自信も昔に比べると格段に違う。
今あるものは全て本物だ。苦労しててにいれてないことに気づいたよ。自然と寄ってきてくれたものばかりだ。数は少ないが全く努力も苦労もしていない。
気づいたから思うんだけど、理想郷はあると思うんだ。理想郷は自分が見せてくれる。
気づかせてくれたのは自分の人生だ。
そして、全ての達人の言葉だ。

67 幸せな名無しさん :2017/01/30(月) 00:10:39 ID:LPVnG3v.0
潜在意識を意識して使わなくても願い事が不思議と叶う人が居る1方、意識しても返って逆効果になる人も居る。

その違いは生まれ持った運じゃないかな?
運が良ければ自分にいいことが舞い込んできて嫌なものは離れていく。
誕生日、名前とかの親の七光りのようなものは変えられないし、個人差って言うのはそこで出るんじゃないかと思う。
じゃあ自分がどんな人に良いことがあって欲しいと人に対して思えるかと言うと人助けをしたり親切だったり…そんな存在になれるように努力する事は大事だと思う。実際にそういう人は生き生きしている。
日頃から悪い事をしている人は人の不幸を望んだりもする。そんな人の望みが叶ったら世の中ガタガタになってしまうから、運が悪くなって願いが叶わなくなる。
宇宙ってそういうシステムなんじゃないかな?

68 幸せな名無しさん :2017/01/30(月) 00:12:42 ID:LPVnG3v.0
>>67
文章くちゃくちゃだな。

69 幸せな名無しさん :2017/01/30(月) 02:00:05 ID:qP7ZGRfE0
「自分」が見知りするのは過去だけ、今ここに触れることは出来ない。
願いがどうこうとか拘る意味あんの?
見てる映画のストーリーは弄れないよ。

70 幸せな名無しさん :2017/01/30(月) 10:20:37 ID:qb3339kU0
>>69
あなたの気づきも詳しく書いて下さい。

71 幸せな名無しさん :2017/01/30(月) 17:47:53 ID:lGoa.sIo0
>>64
おもろい。もっと書いて。

72 幸せな名無しさん :2017/02/02(木) 13:02:23 ID:0qPte18c0
障害物レース


結局叶えるために、
何が私に必要なのだろうか?
何が私に足りないのだろうか?
と、つい考えてしまう。

しかしこの「わたし」という主観世界の中で、
必要なことや足りないものなど何もないではないか。
世界は「このわたしそのもの」であり、元々すべて揃っている。

「私」と「あなた」
「こちら」と「あちら」、
そのような垣根を取っ払って見てみれば、目の前の高級住宅も、好きな人も、
すべてこのひとつの意識、
この主観に顕れているではないか。
元々「既にある」のだ。

そうは思えない?
「そうは思えない」という思考を、わたしそのものであるこの世界に今創り出しているではないか。
そして「そうは思えない」を基にした現実を創り出そうとしているではないか。



「世界=わたしそのもの」は、なぜか
わたしの顕れの一部である五感と思考を、世界とは別物として切り離した。
そしてその別物である思考と五感の中心と思える所に「私」の足場を創った。
そのうち
「肉体を纏った私」という個の存在が出来上がり、
「こちらが私で、あちらが世界」という分離の幻が出来上がった。

それは不完全な存在であると私は自分で決めつけている。
私はその不完全を補おうとあれこれと探し回り、何かをせずにはいられない。
本当はすべて揃った完璧なわたしなのに、私はわざわざ「足りないこと」を創っている。
わざわざ高いハードルを自分で設けているのだ。

例えるなら、
自分で障害物レースを主催し、自分一人だけ出場し、自分でわざわざ置いた高いハードルを一生懸命飛び越えようとしているのと似ている。

ゴールはそのまま通り抜ければ良いのだ。
もっと言うなら、
もう既にゴールしているし、そもそもレースやゴールもない。
わざわざ自分で障害物レースを主催しコースまで創らなくても良かったわけだ。

一人レースが無意味であるという話ではない。
レース形式の方がゴールしたという達成感、歓びが生まれるのは確か。
しかしハードルを何度も跳び越え、レースを完走する努力や苦しみが起こるかもしれないということ。
それはそれで人生を感じるし、ドラマとしては完璧で美しい。
何をやってはいけないというわけではない。



このレスもハードルになるかもしれない。
「これを理解すれば叶うのか?どうすれば気づけるのか?」
「どういう意味だろう?体感しないとわからないのかな?」
などレースの準備をし、今ハードルをどんどん置いてはいないだろうか?
それに気づくだろうか?


わからないならわからないままでもいい。
「わたしは今、この世界にわからないを創ったんだな〜」とただ自覚するだけ。
それだけでハードルが撤去されることを感じるかもしれない。
余計なハードルやコースを創らなければ、「ここ」「この今」がゴールだったことに気づくかもしれない。

しつこいようだが、
「いやいや何にも見えないし」と思ったなら、その思考を今創ったのだ。
「見えるまで頑張ろう」と思ったなら、ハードルを置き始めた。
「よし、見えるようにまとめ読もう」と読み始めたなら、ハードルを跳び始めた。
と、いうこと。
そのように創造主のわたしは現実を創っているということ。
それでも別に構わないし、
跳ぶのを止めてそのままコースに座り込んでもいい。
そこがゴールだ。

叶えるために必要なことは特にない。
元々「ここ」「この今」に全部ある。

73 幸せな名無しさん :2017/02/04(土) 09:57:12 ID:6SRjiwDY0
自分があるから世界がある
その世界は自分が認識した通りの顔を見せる
確かに既にあるだよな
では、どうしたら自分の都合のいいように世界を
認識できるのか?という疑問が壁になってしまう
まぁこの疑問という壁も自分が創ってるんだけど

74 幸せな名無しさん :2017/02/04(土) 13:23:14 ID:tixk08KQ0
>>73
そこに気づいているのなら大丈夫ですよ。
全部ある中でわざわざ壁を創ってた。
気づけば壁は崩れます。
その感覚、わかりますかね。

75 幸せな名無しさん :2017/02/04(土) 18:42:01 ID:6SRjiwDY0
>>74
ありがとうございます
最近、頭の中で繋がってきて少しわかるようになってきました
頭では何となく分かるんですよね
「世界は自分がつくってるのかも そう考えてもいいな」
「この行動の背後にはこういう観念があるな」
「あ、その観念通りの世界になってるわ」
「自分の望むように認識すれば良いだけじゃん」
という風に
先日そのバカバカしさに笑いが止まらなかったんですが
いざ現実に直面するとエゴに翻弄されて同じような行動ばかり
変わらぬ現実を見続けてます

解決策として自己観察とか自愛でエゴに飲まれないようにする
でも、これも
「自己観察、自愛を上手くやらないと」
「エゴにのまれないようにしないと」
という新たなハードル、物語を
創造してるような気がするんですよね

おっしゃるように壁を崩したいんですよね
それで楽になりたい・・・・

どうしたらいいのか?
あ、「どうしたらいいのか」という物語を創造してますね・・・

76 幸せな名無しさん :2017/02/04(土) 23:59:41 ID:WaAGYfB20
この掲示板にもwildさんのように掲示板内でそれなりに有名な方もいれば、質問者があるレベルに達していると思われる質問をした時だけ現れては消えるマスターがいる。
ただ言えるのは、この掲示板でマスター面している人の多さが自分でも気づきを得てから分かってきた。

逆にマスターでもなんでもない人がまとめサイトでは成功者や達人に祭り上げられている。まとめサイトに載っている人の半分以上はそうだと思う。

一般的な広告と同じで番人受けしやすいキャッチフレーズを言うものは神と祭り上げられて、まともなことを言ってる人間が相手にされないのはどの分野でも同じなようだ。
そもそも判断する側に判断できるだけの力がないのにマスターかどうか見分けるのは難しい。

77 幸せな名無しさん :2017/02/05(日) 00:01:02 ID:A5Q38bwg0
>>76
wildさんはマスターだと認めている。念のために書いていく。

78 幸せな名無しさん :2017/02/05(日) 04:14:47 ID:u7cOBdLI0
達人である事と、成功者であることは別物だしね
分かりやすい成功報告者の方がまとめられるのは分かる

この板でも、達人と達人に相談してる人の構図があるけど、
実際リアルで会ってみたら生活スペック等が相談者の方が上って場合もかなりありそう

79 幸せな名無しさん :2017/02/05(日) 08:43:22 ID:JmheG6Dg0
>>78
達人と成功者は違いますね。そうでした。

経済的成功も、悟りも恩寵ですから、
そう言う意味では成功者もどっちが偉いもないし
ただそう言うことがその人に起きた。と言うことですね。

80 wild :2017/02/05(日) 17:40:01 ID:v5YbWTl20
>>75
観察と自覚ができているじゃないですか。
それでいいんですよ。

そもそも実社会で揉まれて生きていれば、ハードルを創ってしまうのは当然であり仕方のないことです。
それが人生みたいなもんですからね。
ただそこに気づけてるかどうかですね。

苦しいのは多分、自分の思考や感情に気づいたそばから「これでいいのだろうか?」と思考に飲まれているのかもしれません。
そこも気づいてやるという強い意思を持ってやるしかないですね。
やり続けてある日ガツンと来る。
そこでようやく「体感」として腑に落ち、身体で達人さん方が言っていることがわかります。

ですから私は、理解そこそこにまずはやり続けることをおすすめしてます。
やることに矛盾を感じますけどそうなんです。
苦しいでしょうが、試行錯誤しながらもそのまま続けてみて下さい。

81 wild :2017/02/05(日) 17:41:17 ID:v5YbWTl20
>>77
マスターだなんて持ち上げすぎです。
上には上がいますよ。
でも、ありがとうございます。

82 幸せな名無しさん :2017/02/05(日) 23:56:44 ID:84YrjnhA0
>>80
自分の意思と無関係に沸いてくる思考に
現実創造の主導権を渡していた、と気づくことは
大きな進歩なのかもしれませんね それだけでは
ダメだと言ってるのも、また思考なわけだし

ありがとうございました

83 幸せな名無しさん :2017/02/06(月) 00:17:04 ID:CZ9SijII0
手段と目的が入れ替わってるんですよ。
そもそも、何で潜在意識を知ろうと思ったのかということですよ。

84 幸せな名無しさん :2017/02/06(月) 00:18:38 ID:EaTS01ls0
観念のゲーム、浮き世狂言

85 幸せな名無しさん :2017/02/06(月) 06:47:14 ID:eBN4FuT60
願望が湧いたとき、すでに実現してる状態があって、こうしたいああしたいって出て来てるって気付いた。
その実現してる状態?場所?なのが、本来の自分(別の領域と言われるところ?)てことかなーと思い始めてきました。
誰かの世界に合わせるんじゃなくて、自分の世界を見る、創る。
願望はただの生命表現と読んでから楽になったような気もしてます。

そこで方法とか過程とかの思考に主導権を渡さずにその実現してるところに意識を向ければいいんじゃないかなと思いました。
なんだかよく分からない文になってしまった。
あと口に出したり紙に書いたりすると自然とイメージみたいなのが湧いてきますね。
イメージとか苦手だけど、視覚化は大事かなと思いました。

スレチだったらごめんなさい。

86 幸せな名無しさん :2017/02/08(水) 19:14:19 ID:HdmGEEFU0
認識が変われば世界が変わる
現実って幻想、映像みたいなもんなんだろうか
辛い現実も幻想、映像と考えると少しは楽になる

87 幸せな名無しさん :2017/02/21(火) 15:57:12 ID:SIGMYyO60
>>76
あなたがマスターだと思われる達人さんを教えてください

88 幸せな名無しさん :2017/02/22(水) 21:17:30 ID:ROqEKsLM0
ケチな人とは付き合わないようにしてます。
ケチとは節約家のことではなくて、お金に関して
自分の利益を最優先する人たちのことです。
それはお前がお金に観念を持っているからだと言われそうですが、
私はケチとは付き合わないようにしています。
人間関係は何の損得もなく与えるときもありますが、
基本的には持ちつもたれずだし、もらったらお返しをするという感じで基本的には
成り立っていると思うし、私もそうありたいと思っています。
だから、自分は散々もらう癖に、周りに対してはなるべく最小限度の出費で抑えようと
する人たちと一緒にいても楽しくないですし、気分が悪く思います。
友達なら関係を関係を切るだろうし、親戚の場合なら、相手がするのと相応の対応しか
しません。
私は私で私の大切にする価値観常識を優先させたいと思います。
その上で瞑想などをし、ありのままの世界を見れるような取り組みもしていきたいと
思いました。

89 幸せな名無しさん :2017/02/27(月) 13:29:45 ID:rHL4xWwU0
機能は

90 幸せな名無しさん :2017/03/05(日) 10:32:15 ID:Q1PVBhiY0
いつも、今死んでもいい、という風に生きることだったのか

91 幸せな名無しさん :2017/05/29(月) 01:22:03 ID:Hr1vI2tM0
わかりたいことが網羅されている…なんだこのスレ…

92 幸せな名無しさん :2017/06/07(水) 00:59:54 ID:NKzNg3BI0
自分が世界って事が理屈ではわかってるつもりだけど、腑に落ちるって感覚が待てど暮らせどやってこない。
と言って、納得する事を待ってる自分も自分で作ってんのかなぁ

93 幸せな名無しさん :2017/06/07(水) 03:54:26 ID:TR2LTn2A0
>>92
いい線行ってますよ。
その通りです。

何も起きないと認識しているのもあなた。
あなたがその認識を創った。

「これは私の認識である」

という目線で物事すべてを見続けていれば、願望実現のからくりがわかります。
それがわかれば、もう何もすることはない。

94 幸せな名無しさん :2017/06/07(水) 15:41:45 ID:NKzNg3BI0
>>93
レスありがとうございます
今の視点で居続けてみます。
何か気付きがあったら書き込むかも知れません。

95 幸せな名無しさん :2017/06/11(日) 20:10:56 ID:Sl5xWZEo0


96 絶対的幸福者 :2017/06/11(日) 22:31:57 ID:S2i1P2jA0
100%自分原因説のコミック版にあった言葉

「悩みはいらない。いつも幸せでいる」

これ見た時に、自分という人間はいつも悩みがあって当たり前だ
と当然のように思い込んでいたことに気付かされて、ハッとした。

97 幸せな名無しさん :2017/06/12(月) 00:18:41 ID:ezeDrfm.0
最近、気付いたこと。
起きていることって無なんじゃないかなーと思ってる。
「自分」てなんもしてないなーと思いました。
なので、実現にも自分て関係ないんだろうなーと。
湧いてきたものに気付くだけで、なんもしてないしどこにも行けなくて、ただここに在るだけな感じがしてる。
時間という概念で説明するなら、未来からこっちに勝手に、自然に向かってくるという感じ。

こういうのも気付きかなー?

98 幸せな名無しさん :2017/06/12(月) 14:50:18 ID:x23OjEoc0
自分自身が 腑に落ちれば気付きなのでは

99 幸せな名無しさん :2017/06/30(金) 11:58:11 ID:9lb2fVWM0
潜在意識にポジティブもネガティブもない。あるのはエネルギーの高い低いだけ。
私は外面は穏やかだけど内面は豊田議員並に怒りっぽいし、すぐにイライラしていた。引き寄せ系の教えだと怒りは手放さないと悪いことを引き寄せる、だけど、この高いエネルギーを生かさない手はないと思った。

まず誰かにムカついたらその怒りを維持したまま、脳内で「また私を幸せにしやがって」とか「お前のせいで、こっちはご機嫌なんだよ」 とか言ってみる。怒り口調もしくはツンデレ的にアファする感じ。

なんだよそれっ、て 感じだけど、ワタシ的には快適な日々を過ごせるようになった。不思議とトラブルがなくなったし。 怒りは消すんじゃなくて変換する。何か上手くいかなくてメソメソ泣くくらいなら、メラメラ怒れ。

100 幸せな名無しさん :2017/11/16(木) 00:23:16 ID:zfwmzMc60
全部自分が勝手に設定?認識?してるだけやんけ!と思った
自分自身だと思っているもの、思考、願望、状況その他色々。
何でもないモノがただそこにあるだけなのにゴテゴテと設定山盛りにしてた
それで?とか何をすればいいの?とか出てくるけど、そんなんそのままで別にエエ
何か騒いだように感じてもそれをそのままにしとけばエエんじゃないの
と言う考えに至りました。

101 幸せな名無しさん :2018/09/04(火) 21:08:17 ID:0eB/PB0o0
気づきには二種類あることに気づきました。

ひとつは新しい発見としての気づき。洞察。智慧と呼ばれるもの。
よく言われる「気づきがあった」の気づきです。


もうひとつは、認識としての「気づき」。
「気づき」があるから世界を認識しています。
「気づき」がなければ、そこには何もありません。

外側の出来事。
内側の出来事である思考と感情、感覚。
それら両方に「気づいて」います。

今も視覚に気づいているからモニターがあります。
今も思考に気づいているから考えています。
ただ、意識的に気づいていないだけです。

気づき自体は見ることも感じることもできません。
見ることができるもの、感じられるもの、これらすべては「気づき」に起こったものです。

私達は全て同じ「気づき」で起きていることを、「外側」と「内側」で分けています。
その「内側」が一塊になったものが私(エゴ)です。

外側の世界。
内側の私。
どちらも同じひとつの「気づき」です。

102 幸せな名無しさん :2018/09/04(火) 21:32:24 ID:0eB/PB0o0
どなたかの気づきになれば。

103 幸せな名無しさん :2018/09/05(水) 16:03:43 ID:50gYerAs0
このスレかなり効果あるよ
個人的に>>40>>44は効果的だった

知識として理解していた「記憶を疑う」ということが、感覚で分かった感じ
ありがたいな

104 幸せな名無しさん :2018/09/05(水) 22:54:03 ID:6EsJcB3g0
>>103
どちらもwild氏のポエムだろうね

105 幸せな名無しさん :2018/09/06(木) 02:18:29 ID:cwLjG5Fk0
wildさんってことは願望実現というより悟りの教え?
原理的にはセドナっぽいけど、これ続けたら願望まで消えちゃうのかな〜

106 幸せな名無しさん :2018/09/06(木) 08:22:03 ID:2sP8.wAA0
>>105
これって願望実現の邪魔をしてる自分の観念とかブロックの気づき方?だと思うよ。

107 幸せな名無しさん :2018/09/07(金) 04:54:25 ID:F1JnuIQs0
目を瞑って…別に瞑らなくてもいいけど、最初はその方が集中しやすい
何に気付くか、暑いとか少し肌寒いとか、外のもの音は?、どっかから漂ってくる
コーヒーの香り、どっかが痒い…五感をチェック、次に身体(内側)の感覚は?
(マインドフルネスのボディ・スキャン)頭が少し重い、肩が張ってる、
喉に違和感、胃の辺りがモヤモヤする、身体内部の微細な波動に気付くw
慣れると微妙な感覚の違いがわかってくる、次に何を感じているか?
ムカついている(誰に?)、哀しい、寂しい、イライラする…言葉には表現しにくい
感情ってのもあるよな、その感情はどこにあるのか?(どこで感じているのか?)
次に思考のチェック、猫がネズミが出てくる穴を見張るような気持ちで
「気づきの場」に思考が現れるのを待つ…ぽつんと想念が生まれ、しばらく留まり
どこかへ去っていく、次に別の思考が浮かんで来るのを観察する
しつこく留まる想念もある、例えば何かの音楽のフレーズとか、追い払おうと思うほど
しつこい、頭にこびりついたイメージとか、無理に追い払おうとしないで
ただただ無心に観察する…気づきの場に何が現れるか?現れるものにいちいち
反応しないでただひたすら観察する…って寒かったら何か羽織ったり、虫に刺されたら
かゆみ止め塗って座りなおすけどww

108 幸せな名無しさん :2018/09/08(土) 08:44:28 ID:mj316IX60
なんか気づいちゃったんですけど、
・ここが今ハワイ(実際は自分の家)
・最愛の彼とハワイ満喫中(実際は連絡さえ取ってない)

今までは( )内を採用してたけど、ハワイ関係の認識を自分で採用しちゃえばそれで終わりって事ですか?

109 幸せな名無しさん :2018/09/08(土) 12:38:28 ID:c7r3iJKA0
>>108
しょうゆこと。

110 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 20:54:06 ID:GBIJsoZY0
チケット7章の「関連付けの放棄」をすると、クレンジングとかしているわけでもないのにエゴが大人しくなるね。
不安を感じることと私が幸せであることは全く関係ないと認定すると、そもそも不安が出てこなくなってくるっていうか。自己観察や何かしているわけでもないのに、こんなに過去や未来への思考が出て来ないのは今までないかも。不思議。

111 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 21:06:43 ID:9fe6MMa20
自己観察というか、気付くという意味で同じだけど、瞑想を一日朝、昼、夜始めたら
好きな人から俺への好意は日に日に強くなっているのを感じるけど
仕事ではどう考えても俺の能力だとキャパ以上の仕事降ってるくせに何で
これ重要なのにやってないんだと言われても、全部が今すぐの議題ばかりで
やれることに限りがあるんだけど。
毎日11時とか終電だし、好転反応くらいに思っておけばいいのかな?
好転反応なんて好転反応があると思っているからあるというのが達人の共通した
意見だけどそう思わないとやってられないな。

112 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 22:36:48 ID:vXmKmAUU0
>>111
瞑想の初期段階ではエゴがめちゃくちゃ抵抗してくるよ。(好転反応)
激しい怒りを伴う出来事が多発してかなり辛い。怒りっぽくなるし。
でもここで瞑想を止めちゃうと無限ループに陥るから、なんとか続けたほうがいい。
そうすれば必ず現実が整ってくるから。

113 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 22:42:15 ID:9fe6MMa20
ありがとう。
続けるようにするよ。何より瞑想自体癒されるから好きだし。

114 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 23:36:04 ID:2RM.KocA0
瞑想は自分の中に絶対安心な場所があるって体感できるから良いよね。現実が辛い状況でもそれがセーフティネットの役割になるし。できれば仕事中とかも瞑想状態を維持したいと思うけど、思考に引っ張られて難しいな。目の前のことに集中するというアプローチでも上手くいかない。

115 幸せな名無しさん :2018/09/09(日) 23:42:54 ID:EHkUj5a.0
瞑想やるとイライラするのって自分だけじゃなかったのか

116 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 00:06:40 ID:SgZqbOc.0
ああここだったか…
エゴが抵抗するというより
例えば、ポジティブな考えが浮かんだら「OK、その考えはいいよね」
ネガティブな考えが浮かんだ時「その考えは良くない」、嫌な気分になったら
「こんな暗い気分でいたら運が悪くなるよ(引き寄せの法則だとそうらしいがw)
などと抵抗したり、浮かんで来た考えを追求したりすると
いつまでも考えと距離を置くことはできないよな…
気付きの場に何が来ても、嫌な考え、記憶、感情、ただ来るがままにまかせる
少しづつ巻き込まれなくなって…って自分もつい考えを追求してしまうことがあるな
瞑想ではなくて、無駄な考えに時間を費やす事が多い、まだまだ修行が足らないww

117 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 00:09:29 ID:SgZqbOc.0
心の中で何が起こっても、ただ起るままにまかせて、観察する
その考え、イメージ、情緒をただ観察する、それを打ち消したり、
どこかへ追いやろうとしたりすると、また何度も何度もそれはやってくるから

118 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 10:00:03 ID:kVMib9RA0
>>117
確かにそのとおりだけど、実際やってみると大変だよね。
誰にも邪魔されない静かな場所なら何時間でもやってられるけど、仕事中はどうしても思考に引っ張られちゃうからな。まあ仕事は思考を使うことで成り立ってるようなものだからしょうがないんだろうけど。達人さんは仕事中でも観照状態をある程度は保てるのかな?それとも「思考と同化してしまう私」を許容できるから観照とか不要!ってことかな?

119 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 12:48:24 ID:fg1XwN760
瞑想でイライラするとか怒りが込み上げるとか書いてる方々
やり方が間違っています。

120 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 13:34:47 ID:nlc/zWYA0
>>119
瞑想中にイライラするのではなくて、
瞑想してない平常時の話だと思うよ。
それに瞑想の方法は様々だから、瞑想中に怒りを感じたりイライラするのは良いと思うけどな。
その感情と同化せずに眺めることができればだけど。

121 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 16:46:07 ID:9cgYOADI0
脳波が下がるんだからイライラしたりしないでしょ。

122 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 17:08:59 ID:xM5xLC760
>>121
脳波が下がって思考活動が弱まるのは確かだけど、
胸の辺り等の重たい身体感覚はあったりするよね?
それを怒りやイライラと表現してる。
身体感覚を味わう・眺める瞑想はよくやるけど、
凝り固まった感情が解放できて自分は好きだな。

123 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 18:18:33 ID:j3WUmj4c0
瞑想スレでお願いします。

124 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 19:40:56 ID:iun.9o3I0
>>122

瞑想スレで質問してた人でしょうけど
一回、きちんとメソッド習ってみては?
サマタとラベリングみたいのを同時にしようとしてるから問題なのかも。

125 幸せな名無しさん :2018/09/10(月) 20:39:07 ID:Y/8YyrdY0
>>124
瞑想スレの質問者ではないよ。
それと自分のやり方に特に問題は感じてないけどな。122で書いたように重たい身体感覚を味わうと解放できて楽になるからよくやってるよ。
スレ違いだからこの辺にしとく。

126 幸せな名無しさん :2018/09/12(水) 09:55:36 ID:HJmJS8ns0
なんか「瞑想はこうであるべき」って考えてる人が多いんだね。自分の瞑想に対してならわかるけど、他人の方法や感覚をも型に押し込めようとするその思考が、気づきを邪魔してるものでは

127 幸せな名無しさん :2018/10/08(月) 13:35:17 ID:jHbTpPhA0
昨夜、意中の相手が2週間ぶりに通信手段をオンラインにしていたのですが
話しかけるのをためらっているうちにオフラインに。そのことを考えていたせいか、変な夢を見ました。

気づいたら数百キロ離れた彼の住む東京に来ていました。
何をしに来たのかわからないし、荷物も衣服も野暮ったい。でもとりあえず彼のところへ。

何度も通って覚えている道とは全然違うのに、なぜか彼のマンションを探す。
見つけられないので、「駅までの道を正確に思い出そして再現しよう、リセットだ。」と決める。
夢の中の私はなぜか自分が世界を再構築できることを知っている。

次は途中まで正確に再現したのに、直前の道を「それっぽいけど違うもの」、
マンションも「似ているけど違うもの」で再構築し、「これでいいか」と妥協して
マンションを訪れたら予想外のトラブルに次々と遭遇し、その都度あたふたと何とかしようと
するのだけれど、どんどん「現実」のマンションとは違う様子になっていく。
「またリセットしよう」と決めた決意。
でも「そうかこれは夢なんだ、夢なら覚めろ」と気づき、その直後、
来訪者を知らせる飼い犬の鳴き声で目が覚めた。

夢の中で私は「自分で何もかも創造できること」を知っていた、
何度でも「やり直せること」を疑いもなく信じていた。
でも理性で解決しようともがくほど、ひどいことになっていった。

これが本来の自分とエゴの違いなのかと、自分主演の短編映画で思い知らされた。


長文失礼しました。

128 127 :2018/10/08(月) 13:41:07 ID:jHbTpPhA0
〇「またリセットしよう」と決めた。
×またリセットしよう」と決めた決意。

夢の中の私ははっきりと潜在意識を意識している(変な表現だけど)訳ではなくて、
「これでいいかって妥協しながらだとどうなるかわからない」という不安を抱えながら
目的地点に向かってい、その結果、望まぬ展開を引き寄せていました。

でもリセットすると決めたら世界をすぐに再構築できて、自分の中ではそれが当然だった。

「世界は自分の意識を反映したもの」を凝縮したような夢でしたが、
いかんせん展開がぶっ飛びすぎていて、気づきを消化できない……。

129 幸せな名無しさん :2019/05/28(火) 16:45:26 ID:62/st9H.0
気づきは少しずつだからあせらず

130 幸せな名無しさん :2019/06/19(水) 20:58:20 ID:Q8Q.KbOw0
自愛スレ19で気づけた!

131 [PR] アマゾンキンドル読み放題 無料体験→amzn.to/2XsjUIA :2020/10/02(金) 16:24:54 ID:.OqaJKZs0
sage


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板